2024/04/05 更新

写真a

オオフジ サトコ
大藤 さとこ
OHFUJI Satoko
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

  • 学士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

研究キーワード

  • 疫学

  • 肝疾患

  • 難病

  • 感染症

研究概要

  • 感染症、難病、肝疾患を中心とした各種疾患の疾病負荷、リスク因子・予防因子、予後に関する疫学研究を実施しています。

研究歴

  • 難病の疫学研究

    リスク因子、門脈血行異常症、潰瘍性大腸炎  国内共同研究

    1900年04月 

  • 感染症の疫学

    インフルエンザ、百日咳、ノロウイルス  個人研究

    1900年04月 

  • 肝疾患の疫学

    C型慢性肝疾患、脂肪肝、リスク因子  国内共同研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本疫学会

    2004年11月 - 継続中   国内

  • 日本感染症学会

    2021年11月 - 継続中   国内

  • 日本門脈圧亢進症学会

    2015年01月 - 継続中   国内

  • 日本ワクチン学会

    2008年12月 - 継続中   国内

  • 日本公衆衛生学会

    2002年08月 - 継続中   国内

  • 日本肝臓学会

    2001年11月 - 継続中   国内

  • 日本内科学会

    1999年11月 - 継続中   国内

  • 日本消化器病学会

    1999年11月 - 継続中   国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 大阪市建築審査会   大阪市  

    2023年11月 - 継続中 

      詳細を見る

    委員

  • 自殺防止対策部会   大阪市精神保健福祉審議会  

    2023年04月 - 継続中 

      詳細を見る

    委員長

  • 予防接種事務デジタル化等事業調査研究業務   厚生労働省   

    2023年03月 

      詳細を見る

    委員

  • JE編集委員会   一般社団法人日本疫学会   

    2023年01月 - 継続中 

      詳細を見る

    委員

  • 広報委員会疫学リテラシー普及促進ワーキンググループ   一般社団法人日本疫学会   

    2022年01月 - 継続中 

      詳細を見る

    委員

  • ワクチン評価に関する小委員会   厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会   

    2019年04月 - 継続中 

      詳細を見る

    委員

  • 倫理審査部会   堺市衛生研究所  

    2018年04月 - 2022年03月 

      詳細を見る

    委員

  • 食品安全委員会   内閣府  

    2017年10月 - 2021年09月 

      詳細を見る

    専門委員

  • 健康格差ワーキング及び研修会   大阪市保健所  

    2017年06月 - 2018年03月 

      詳細を見る

    外部委員

  • 代議員   日本疫学会  

    2017年06月 - 2019年06月 

  • 自殺防止対策部会   大阪市精神保健福祉審議会  

    2017年04月 - 2023年03月 

      詳細を見る

    委員

  • 健康寿命に関連する要因の分析にかかる研修会および健康寿命ワーキング   大阪市保健所  

    2016年11月 - 2017年03月 

      詳細を見る

    外部委員

  • 運営協議会   堺市衛生研究所  

    2016年04月 - 2022年03月 

      詳細を見る

    委員

  • 評議員会   日本疫学会  

    2012年01月 - 2014年03月 

      詳細を見る

    評議員

  • ワクチン評価に関する小委員会   厚生労働省厚生科学審議会・感染症分科会予防接種部会  

    2010年09月 - 2011年03月 

      詳細を見る

    肺炎球菌ワクチン作業チームメンバー

  • ワクチン評価に関する小委員会   厚生労働省厚生科学審議会・感染症分科会予防接種部会  

    2010年09月 - 2011年03月 

      詳細を見る

    おたくふかぜワクチン作業チームメンバー

  • PCB廃棄物処理事業監視委員会   大阪市  

    2009年09月 - 継続中 

      詳細を見る

    委員

▼全件表示

受賞歴

  • Teacher of the year

    2018年03月   大阪市立大学医学部  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第5回日本ワクチン学会高橋奨励賞

    2016年10月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪市医学会長賞

    2013年01月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪市医学会賞

    2010年01月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 若草第一病院   消化器内科医師

    2001年05月 - 2002年03月

  • 公立忠岡病院   内科医師

    2000年05月 - 2001年04月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   博士課程   卒業・修了

    2002年04月 - 2006年03月

  • 大阪市立大学   医学部   医学科     卒業・修了

    1993年04月 - 1999年03月

論文

  • Factors impacting antibody kinetics, including fever and vaccination intervals, in SARS-CoV-2-naïve adults receiving the first four mRNA COVID-19 vaccine doses. 査読

    Matsuura T, Fukushima W, Nakagama Y, Kido Y, Kase T, Kondo K, Kaku N, Matsumoto K, Suita A, Mukai E, Nitahara Y, Konishi A, Kasamatsu A, Nakagama S, Nakagami-Yamaguchi E, Ohfuji S, Kaneko Y, Kaneko A, Kakeya H, Hirota Y

    Scientific reports   14 ( 1 )   7217   2024年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-024-57931-0

    PubMed

  • Epidemiology of Fontan-associated liver disease in Japan: Results from a nationwide survey in 2021. 査読

    Ohfuji S, Tanaka A, Kogiso T, Kanto T

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   2024年03月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/hepr.14040

    PubMed

  • Excess mortality in COVID-19-affected solid organ transplant recipients across the pandemic. 査読

    Yamanaga S, Shimata K, Ohfuji S, Yoshikawa M, Natori Y, Hibi T, Yuzawa K, Egawa H, Japan Society for Transplantation COVID-19 Registry Study Group

    American journal of transplantation : official journal of the American Society of Transplantation and the American Society of Transplant Surgeons   2024年03月( ISSN:1600-6135

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ajt.2024.03.016

    PubMed

  • Safety and effectiveness of SARS-CoV-2 vaccines for patients with intractable hepatobiliary diseases: A multicenter, questionnaire-based, cross-sectional study. 査読

    Tanifuji A, Ohfuji S, Matsumoto K, Abe M, Komori A, Takahashi A, Kawata K, Sato K, Joshita S, Umemura T, Ueno M, Nakayama N, Kakisaka K, Arinaga-Hino T, Ito K, Kanai S, Miura R, Arizumi T, Asaoka Y, Ito T, Shimizu T, Yoshida H, Ohta M, Mizuno S, Isayama H, Morimoto Y, Mochida S, Ohira H, Tanaka A

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   2024年02月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/hepr.14018

    PubMed

  • Antibody responses after BNT162b2 vaccination in Japanese geriatric intermediate care facilities. 査読

    Suita A, Ohfuji S, Kasamatsu A, Kondo K, Nakata H, Kita T, Deguchi A, Fujimoto M, Iba K, Sakamoto H, Iwasaka K, Sakamoto N, Sakamoto H, Yodoi Y, Kido Y, Nakagama Y, Konishi A, Mukai E, Matsumoto K, Matsuura T, Kase T, Kakeya H, Fukushima W, Hirota Y

    Vaccine: X   15   100412   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jvacx.2023.100412

    PubMed

  • Immunogenicity and safety of influenza vaccine in patients with lung cancer receiving immune checkpoint inhibitors: A single-center prospective cohort study. 査読

    Nakashima K, Homma Y, Taniguchi J, Kubota N, Otsuki A, Ito H, Otsuka Y, Kondo K, Ohfuji S, Fukushima W, Hirota Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 11 )   1038 - 1045   2023年11月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2023.07.008

    PubMed

  • Comparison of BNT162b2 and mRNA1273 vaccines in solid organ transplant recipients: Post-Hoc analysis of a Japanese national prospective study 査読

    Yoshikawa M, Natori Y, Oki R, Unagami K, Ohfuji S, Imamura R, Ishida H, Takahara S, Hirota Y, Egawa H.

    Scandinavian Journal of Immunology   98   e133082023   2023年10月( ISSN:03009475

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/sji.13308

  • No association between inactivated influenza vaccination and influenza viral load at diagnosis among young Japanese children: An observational study of the 2013/2014 through 2017/2018 influenza seasons. 査読

    Mukai E, Fukushima W, Morikawa S, Nakata K, Hiroi S, Fujioka M, Matsushita T, Kubota M, Yagi Y, Takechi T, Takasaki Y, Shindo S, Yamashita Y, Yokoyama T, Kiyomatsu Y, Matsumoto K, Maeda A, Kondo K, Ito K, Kase T, Ohfuji S, Hirota Y

    Influenza and other respiratory viruses   17 ( 10 )   e13213   2023年10月( ISSN:1750-2640

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/irv.13213

    PubMed

  • The Association between the First Cry and Clinical Outcomes in CDH Neonates: A Retrospective Study. 査読

    Takeuchi Y, Nomura A, Yamoto M, Ohfuji S, Fujii S, Yoshimoto S, Funakoshi T, Shinkai M, Urushihara N, Yokoi A

    Children (Basel, Switzerland)   10 ( 7 )   1145   2023年06月( ISSN:2227-9067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/children10071145

    PubMed

  • Incidence and risk factors for norovirus-related diarrhea in Japanese geriatric intermediate care facilities: A prospective cohort study. 査読

    Suita A, Ohfuji S, Fukushima W, Ito K, Kase T, Kondo K, Ishibashi M, Kumashiro H, Kawai S, Deguchi A, Nakata H, Iba K, Kita T, Kinugawa K, Hamada K, Fujimoto M, Furukawa Y, Sowa E, Nakazawa H, Hirota Y

    Geriatrics & gerontology international   23 ( 3 )   179 - 187   2023年03月( ISSN:14441586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/ggi.14539

    PubMed

  • Pretreatment serum monocyte chemoattractant protein-1 as a predictor of long-term outcome by ustekinumab in patients with Crohn's disease. 査読

    Okuda H, Hosomi S, Itani S, Kurimoto N, Kobayashi Y, Nakata R, Nishida Y, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   2023年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jgh.16151

    PubMed

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000459

  • Effectiveness of Live Attenuated Varicella-Zoster Vaccine in Adults Older than 50 Years in Japan: A Retrospective Cohort Study. 査読

    Matsumoto K, Ohfuji S, Inohara K, Akechi M, Kumashiro H, Ishibashi M, Irie S, Hirota Y

    Vaccines   11 ( 2 )   259   2023年01月( ISSN:2076-393X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/vaccines11020259

    PubMed

  • Real-world vaccine effectiveness of mRNA vaccines for SARS-CoV-2; a test-negative case-control study in a medium-sized clinic. 査読

    Aoshima M, Ohfuji S

    Human vaccines & immunotherapeutics   18 ( 7 )   2147353   2022年12月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/21645515.2022.2147353

    PubMed

  • Smoking and drinking habits relating to development of ulcerative colitis in Japanese: A multicenter case-control study. 査読

    Kondo K, Ono Y, Ohfuji S, Watanabe K, Yamagami H, Watanabe M, Nishiwaki Y, Fukushima W, Hirota Y, Suzuki Y, Japanese Case‐Control Study Group for Ulcerative Colitis

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   7 ( 1 )   61 - 67   2022年12月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/jgh3.12857

    PubMed

  • Influence of a biliary stent in patients with advanced pancreatic cancer treated with modified FOLFIRINOX. 査読

    Yoshikawa-Kimura A, Taira K, Maruyama H, Ishikawa-Kakiya Y, Yamamura M, Tanoue K, Hagihara A, Uchida-Kobayashi S, Enomoto M, Kimura K, Tanaka S, Amano R, Takemura S, Ohfuji S, Tanaka F, Nagami Y, Fujiwara Y

    Medicine   101 ( 49 )   e32150   2022年12月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000032150

    PubMed

  • Effectiveness of the 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine against community-acquired pneumonia in older individuals after the introduction of childhood 13-valent pneumococcal conjugate vaccine: A multicenter hospital-based case-control study in Japan. 査読

    Nakashima K, Suzuki K, Aoshima M, Murabata M, Kondo K, Ohfuji S, Fukushima W, Maeda A, Hirota Y, Pneumonia in Elderly People Study Group

    Vaccine   40 ( 46 )   6589 - 6598   2022年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.09.055

    PubMed

  • Kinetics of anti-SARS-CoV-2 antibody titer in healthy adults up to 6 months after BNT162b2 vaccination measured by two immunoassays: A prospective cohort study in Japan. 査読

    Matsuura T, Fukushima W, Nakagama Y, Kido Y, Kase T, Kondo K, Kaku N, Matsumoto K, Suita A, Komiya E, Mukai E, Nitahara Y, Konishi A, Kasamatsu A, Nakagami-Yamaguchi E, Ohfuji S, Kaneko Y, Kaneko A, Kakeya H, Hirota Y

    Vaccine   40 ( 38 )   5631 - 5640   2022年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.08.018

    PubMed

  • Effect of the Coronavirus Disease 2019 Lockdown on Lifestyle Factors in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Itani S, Ohminami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Internal medicine   61 ( 9 )   1329 - 1336   2022年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8825-21

    PubMed

    CiNii Article

  • Annual trends in adverse events following mumps vaccination in Japan: A retrospective study. 査読

    Ohfuji S, Tanaka T, Nakano T, Kase T, Kondo K, Fukushima W, Hirota Y

    Vaccine   40 ( 7 )   988 - 993   2022年02月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.01.008

    PubMed

  • Incidence of Mumps Deafness in Japan, 2005-2017: Analysis of Japanese Insurance Claims Database. 査読

    Takagi A, Ohfuji S, Nakano T, Kumihashi H, Kano M, Tanaka T

    Journal of epidemiology   32 ( 1 )   21 - 26   2022年01月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    <p><b>Background:</b> Mumps deafness causes serious problems, and incidence data are needed to identify its disease burden. However, such data are limited, and the reported incidence is highly variable. Nationwide studies in Japan with a large age range are lacking.</p><p><b>Methods:</b> This was a retrospective observational investigation of the 2005–2017 mumps burden using employment-based health insurance claims data. Data were analyzed for 5,190,326 people aged 0–64 years to estimate the incidence of mumps deafness.</p><p><b>Results:</b> Of 68,112 patients with mumps (36,423 males; 31,689 females), 102 (48 males; 54 females) developed mumps deafness—an incidence of 15.0 per 10,000 patients (1 in 668 patients). Fifty-four (52.9%) patients had mumps deafness in childhood (0–15 years), and 48 (47.1%) had mumps deafness in adolescence and adulthood (16–64 years); most cases occurred in childhood, the peak period for mumps onset. The incidence of mumps deafness per 10,000 patients was 73.6 in adolescence and adulthood, 8.4 times higher than the incidence of 8.8 in childhood (<i>P</i> < 0.001). In childhood, the incidence of mumps deafness was 7.2 times higher among 6–15-year-olds (13.8; 95% CI, 10.2–18.2) than among 0–5-year-olds (1.9; 95% CI, 0.6–4.5), and this difference was statistically significant (<i>P</i> < 0.001). No sex difference was observed.</p><p><b>Conclusions:</b> The incidence of mumps deafness per 10,000 patients aged 0–64 years was 15.0 (1 in 668 patients). A secondary risk of deafness following mumps virus infection was identified not only for children, but also for adolescents and adults.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20200233

    PubMed

    CiNii Article

  • Response to Letter to the Editor: Do age-related differences in the incidence of mumps deafness reflect a true difference or a misclassification of mumps deafness? 査読

    Takagi A, Ohfuji S, Nakano T, Kumihashi H, Kano M, Tanaka T

    Journal of epidemiology   32 ( 1 )   55 - 56   2022年01月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2188/jea.JE20210098

    PubMed

    CiNii Article

  • Environmental factors, medical and family history, and comorbidities associated with primary biliary cholangitis in Japan: a multicenter case-control study. 査読

    Matsumoto K, Ohfuji S, Abe M, Komori A, Takahashi A, Fujii H, Kawata K, Noritake H, Tadokoro T, Honda A, Asami M, Namisaki T, Ueno M, Sato K, Kakisaka K, Arakawa M, Ito T, Tanaka K, Matsui T, Setsu T, Takamura M, Yasuda S, Katsumi T, Itakura J, Sano T, Tamura Y, Miura R, Arizumi T, Asaoka Y, Uno K, Nishitani A, Ueno Y, Terai S, Takikawa Y, Morimoto Y, Yoshiji H, Mochida S, Ikegami T, Masaki T, Kawada N, Ohira H, Tanaka A

    Journal of gastroenterology   57 ( 1 )   19 - 29   2022年01月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00535-021-01836-6

    PubMed

  • Impact of the Lockdown Due to the COVID-19 Pandemic on Patients With Inflammatory Bowel Disease. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Sugita N, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Frontiers in medicine   8   649759   2021年12月( ISSN:2296-858X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3389/fmed.2021.649759

    PubMed

  • Influence of Prior Influenza Vaccination on Current Influenza Vaccine Effectiveness in Children Aged 1 to 5 Years. 査読

    Matsumoto K, Fukushima W, Morikawa S, Fujioka M, Matsushita T, Kubota M, Yagi Y, Takasaki Y, Shindo S, Yamashita Y, Yokoyama T, Kiyomatsu Y, Hiroi S, Nakata K, Maeda A, Kondo K, Ito K, Kase T, Ohfuji S, Hirota Y

    Vaccines   9 ( 12 )   1447   2021年12月( ISSN:2076-393X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/vaccines9121447

    PubMed

  • 3歳未満小児におけるインフルエンザワクチンの有効性 2018/19~2019/20シーズンのまとめ(厚生労働省研究班報告として)

    福島 若葉, 森川 佐依子, 松本 一寛, 藤岡 雅司, 松下 享, 久保田 恵巳, 八木 由奈, 高崎 好生, 進藤 静生, 清松 由美, 廣井 聡, 中田 恵子, 伊藤 一弥, 前田 章子, 近藤 亨子, 迎 恵美子, 加瀬 哲男, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    病原微生物検出情報月報   42 ( 11 )   255 - 257   2021年11月( ISSN:0915-5813

  • Thoracoscopic repair of congenital diaphragmatic hernia in neonates: findings of a multicenter study in Japan. 査読

    Okawada M, Ohfuji S, Yamoto M, Urushihara N, Terui K, Nagata K, Taguchi T, Hayakawa M, Amari S, Masumoto K, Okazaki T, Inamura N, Toyoshima K, Inoue M, Furukawa T, Yokoi A, Kanamori Y, Usui N, Tazuke Y, Saka R, Okuyama H, Japanese Congenital Diaphragmatic Hernia Study Group

    Surgery today   51 ( 10 )   1694 - 1702   2021年10月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00595-021-02278-6

    PubMed

  • Mumps-Related Disease Burden in Japan: Analysis of JMDC Health Insurance Reimbursement Data for 2005-2017 査読

    Ohfuji Satoko, Takagi Akira, Nakano Takashi, Kumihashi Hideaki, Kano Munehide, Tanaka Toshihiro

    Journal of Epidemiology   31 ( 8 )   464 - 470   2021年08月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    <Highlight>●2005年から2017年の健康保険組合加入者500万人以上のデータを用いて、日本におけるムンプスおよびムンプス関連合併症の発生頻度を検討した。●ムンプスの年間発生率は0-5歳の年齢層で最も高く、次に6-15歳であり、男性よりも女性で発生率が高かった。●ムンプス関連合併症の発生率は、男性の方が女性よりも2.5倍高く、最も多い合併症は睾丸炎であった。●後遺症を残すムンプス関連合併症の発生率を減少させるには、ムンプスワクチンの接種率向上が急務である。(著者抄録)

    DOI: 10.2188/jea.JE20200048.

  • COVID-19 Vaccine Hesitancy and Its Associated Factors in Japan. 査読

    Okubo R, Yoshioka T, Ohfuji S, Matsuo T, Tabuchi T

    Vaccines   9 ( 6 )   662   2021年06月( ISSN:2076-393X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/vaccines9060662

    PubMed

  • Lifestyles Associated with Prognosis After Eradication of Hepatitis C Virus: A Prospective Cohort Study in Japan 査読

    Ohfuji Satoko, Matsuura Tomoka, Tamori Akihiro, Kubo Shoji, Sasaki Satoshi, Kondo Kyoko, Ito Kazuya, Fukushima Wakaba

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   66 ( 6 )   2118 - 2128   2021年06月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10620-020-06475-0

    PubMed

  • Optimal timing of surgery in infants with prenatally diagnosed isolated left-sided congenital diaphragmatic hernia: a multicenter, cohort study in Japan 査読

    Yamoto Masaya, Ohfuji Satoko, Urushihara Naoto, Terui Keita, Nagata Kouji, Taguchi Tomoaki, Hayakawa Masahiro, Amari Shoichiro, Masumoto Kouji, Okazaki Tadaharu, Inamura Noboru, Toyoshima Katsuaki, Uchida Keiichi, Furukawa Taizo, Okawada Manabu, Yokoi Akiko, Kanamori Yukata, Usui Noriaki, Tazuke Yuko, Saka Ryuta, Okuyama Hiroomi, Japanese Congenital Diaphragmatic Hernia Study Group

    Surgery Today   51 ( 6 )   880 - 890   2021年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    孤発性左側先天性横隔膜ヘルニア(CDH)の新生児に対する至適手術時期を検討した。出生前にCDHと診断された新生児276例(男児144例、女児132例)を対象に多施設共同コホート研究を実施し、手術施行時期を基に生後24時間未満群(第1群)43例、24〜47時間群(第2群)66例、48〜71時間群(第3群)69例、72時間以上群(第4群)98例に分類して各群の臨床的アウトカムを比較した。検討の結果、Kaplan-Meier生存曲線による180日生存率は第1群が86%、第2群が97%、第3群が91%、第4群が91%であり有意な群間差は認められなかった。出生時体重、軽度先天異常、Apgarスコア、肝脱出、胃脱出、動脈管シャントおよび肺断面積/頭囲比を補正後の多変量解析では、第2群が他の群と比較して死亡率が有意に低値を示していた。また、血管作動薬の使用は第2群と第3群で少なく、第3群では手術合併症が低く、第4群で在院期間が有意に延長していた。Apgarスコアの重症度に基づく層別解析では、軽度例では4群間に死亡率に関して有意差はみられず、中等度例では第2群において生存率の有意な上昇、重度例では死亡率に有意差はなかった。CDHを呈する新生児に対して、軽度例では生後72時間が経過してからの手術の有用性は示されず、中等例に対しては生後24時間以内の手術施行は推奨されないと思われた。また、重症例に対する至適手術時期を明確にすることはできなかった。

    DOI: 10.1007/s00595-020-02156-7.

  • Association of Dietary Fatty Acid Intake With the Development of Ulcerative Colitis: A Multicenter Case-Control Study in Japan. 査読

    Kobayashi Y, Ohfuji S, Kondo K, Fukushima W, Sasaki S, Kamata N, Yamagami H, Fujiwara Y, Suzuki Y, Hirota Y

    Inflammatory bowel diseases   27 ( 5 )   617 - 628   2021年04月( ISSN:1078-0998

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/ibd/izaa140

    PubMed

  • Prognosis of conventional vs. high-frequency ventilation for congenital diaphragmatic hernia: a retrospective cohort study 査読

    Fuyuki Makiko, Usui Noriaki, Taguchi Tomoaki, Hayakawa Masahiro, Masumoto Kouji, Kanamori Yutaka, Amari Shoichiro, Yamoto Masaya, Urushihara Naoto, Inamura Noboru, Yokoi Akiko, Okawada Manabu, Okazaki Tadaharu, Toyoshima Katsuaki, Furukawa Taizou, Terui Keita, Ohfuji Satoko, Tazuke Yuko, Uchida Keiichi, Okuyama Hiroomi

    JOURNAL OF PERINATOLOGY   41 ( 4 )   814 - 823   2021年04月( ISSN:0743-8346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41372-020-00833-6

    PubMed

  • Association between coffee and green tea intake and pneumonia among the Japanese elderly: a case-control study. 査読

    Kondo K, Suzuki K, Washio M, Ohfuji S, Adachi S, Kan S, Imai S, Yoshimura K, Miyashita N, Fujisawa N, Maeda A, Fukushima W, Hirota Y, Pneumonia in Elderly People Study Group.

    Scientific reports   11 ( 1 )   5570   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-021-84348-w

    PubMed

  • Estimated Prevalence of Cronkhite-Canada Syndrome, Chronic Enteropathy Associated With SLCO2A1 Gene, and Intestinal Behget's Disease in Japan in 2017: A Nationwide Survey 査読

    Oba Mari S., Murakami Yoshitaka, Nishiwaki Yuji, Asakura Keiko, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Nakamura Yoshikazu, Suzuki Yasuo

    Journal of Epidemiology   31 ( 2 )   139 - 144   2021年02月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    <Highlight>●クロンカイトカナダ症候群と非特異性多発性小腸潰瘍症、腸管型ベーチェット病は難治性の腸管障害をきたす希少疾患である。●これらの疾患の患者数を日本の全医療機関を対象に調査し2017年の有病率を推計した。●100万人当たりの有病率はクロンカイトカナダ症候群が3.7人、非特異性多発性小腸潰瘍症が3.1人、腸管型ベーチェット病が24.8人であった。(著者抄録)

    DOI: 10.2188/jea.JE20190349.

  • Effectiveness of four doses of pertussis vaccine during infancy diminished in elementary school age: A test-negative case-control study in Japan 査読

    Ohfuji Satoko, Okada Kenji, Mouri Yoko, Mihara Yuka, Ishii Shigeki, Miyata Akiko, Fujino Motoko, Motomura Chikako, Ito Hiroaki, Ohta Mitsuhiro, Kasahara Yoshihito, Nakamura Hideo, Hasui Masaki, Yoshikawa Tetsushi, Tanaka Takaaki, Nakano Takashi, Koshida Rie, Araki Kaoru, Hara Megumi, Hirota Yoshio

    Vaccine   39 ( 1 )   11 - 17   2021年01月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2020.11.035

    PubMed

  • Novel prognostic biomarkers of pouchitis after ileal pouch-anal anastomosis for ulcerative colitis: Neutrophil-to-lymphocyte ratio 査読

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Fujimoto Koji, Nakata Rieko, Itani Shigehiro, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kamata Noriko, Watanabe Toshio, Iseki Yasuhito, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Ohfuji Satoko, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   15 ( 10 )   e0241322   2020年10月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0241322

    PubMed

  • Comparison of immunogenicity between candidate influenza A(H3N2) virus vaccine strains in Japan: A randomized controlled trial using a monovalent vaccine of A/Saitama/103/2014 (CEXP-002) and A/Hong Kong/4801/2014 (X-263) 査読

    Kase Tetsuo, Inoue Megumi, Morikawa Saeko, Kumashiro Hiroko, Hiroi Satoshi, Nakata Keiko, Ito Kazuya, Ishibashi Motoki, Tsuru Tomomi, Irie Shin, Maeda Akiko, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    VACCINE   38 ( 42 )   6524 - 6532   2020年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2020.08.025

    PubMed

  • Risk of Seasonal Influenza by Occupation in a Railway Company in a Metropolitan Area of Japan during Three Influenza Seasons 査読

    Fukusumi Munehisa, Kanagawa Yoshiyuki, Ohfuji Satoko, Miyazaki Kenji, Matsui Tamano, Mizoguchi Kaoru, Yuguchi Yasutoshi, Fukushima Wakaba, Oishi Kazunori, Hirota Yoshio

    Japanese Journal of Infectious Diseases   73 ( 4 )   268 - 271   2020年07月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    <p>Station staff may be at high risk for influenza due to high frequency contact with other people. We examined the risk of influenza by occupational group in a railway company. A retrospective observational study was conducted among employees at a branch office of a railway company in eastern Japan, located in a metropolitan area, for 2012/13, 2013/14, and 2014/15 influenza seasons. The study population included employees who had received influenza vaccination for the season in question and the previous season. Outcome was defined as self-reported influenza illness during the respective season, identified through the vaccine screening questionnaire in the following season. Study participants included employees whose outcome information could be obtained. Standardized morbidity ratios (SMRs) by occupational group (station staff, engineers, train crew) for each season were calculated. For 2012/13, 2013/14, and 2014/15 seasons, attack rates were 4.7% (19/403), 5.2% (21/407), and 7.8% (31/397), respectively. Among the participants, SMRs of station staff were lower in the 2012/13 (SMR = 57; 95% confidence intervals [CI] = 18–133) and 2014/15 (SMR = 75; 95%CI = 36–138) seasons and similar to other groups in the 2013/14 season. Enhanced countermeasures, regardless of occupational group, may be effective in preventing the spread of influenza infection.</p>

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2019.245

    PubMed

    CiNii Article

  • Risk factors for hepatocellular carcinoma in treated chronic hepatitis C patients-Relationship to smoking and alcohol 査読

    Matsuura Tomoka, Ohfuji Satoko, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Kubo Shoji, Kioka Kiyohide, Kawada Norifumi, Fukushima Wakaba

    JGH OPEN   4 ( 5 )   867 - 875   2020年04月( ISSN:2397-9070

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/jgh3.12331

    PubMed

  • Safety of influenza vaccination on adverse birth outcomes among pregnant women: A prospective cohort study in Japan. 査読

    Ohfuji S, Deguchi M, Tachibana D, Koyama M, Takagi T, Yoshioka T, Urae A, Ito K, Kase T, Maeda A, Kondo K, Fukushima W, Hirota Y, Osaka Pregnant Women Influenza Study Group.

    International journal of infectious diseases   93   68 - 76   2020年04月( ISSN:1201-9712

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijid.2020.01.033

    PubMed

  • Hypoalbuminemia, Pneumococcal Vaccination and the Risk of Community-Acquired Pneumonia in the Elderly: a Case-Control Study in Southern Japan. 査読

    Washio Masakazu, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Fujisawa Nobumitsu, Matsumoto Takafumi, Tashiro Hideki, Nogami Hiroko, Iwanaga Tomoaki, Nakanishi Yoichi, Kitazono Takanari, Suzuki Kanzo, Ide Yuichiro, Hirota Yoshio

    International Medical Journal   27 ( 1 )   24 - 27   2020年02月( ISSN:1341-2051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    65歳以上の高齢者における市中肺炎の発症と肺炎球菌ワクチンの予防効果を明らかにするため、院内症例対照研究を行った。福岡県の4病院が経験した市中肺炎の新規発症患者70名(男性49名、年齢65〜98歳)(症例群)と、患者ごとに性別と年齢をマッチさせて選出した肺炎以外の外来受診患者146名(男性97名、65〜97歳)(対照群)を研究対象とした。年齢、性別、受診病院で調整した場合、低アルブミン血症は市中肺炎罹患のリスク増大と有意に関連し(調整済みオッズ比(OR)4.15、95%信頼区間(CI)1.76〜9.80)、日常生活活動度は市中肺炎リスクと負に関連していた(「自立可能」対「障害あり」の比較における調整済みOR 0.45、95%CI 0.22〜0.93)。さらにサブグループ解析で低アルブミン血症がみられた集団に限定した場合、ここ5年以内にワクチン接種を受けたことは市中肺炎リスク低減と関連していることが無調整の場合には有意に示されたが(粗オッズ比0.22、95%CI 0.06〜0.86)、先の3因子で調整後には有意なものとしては検出されなかった。高齢者において低アルブミン血症がみられること、および日常生活活動に障害があることは市中肺炎リスクを増大させている可能性が示された。また肺炎球菌ワクチンは低アルブミン血症の高齢者に対し市中肺炎を予防できると考えられた。

  • Estimated prevalence of ulcerative colitis and Crohn's disease in Japan in 2014: an analysis of a nationwide survey. 査読

    Murakami Y, Nishiwaki Y, Oba MS, Asakura K, Ohfuji S, Fukushima W, Suzuki Y, Nakamura Y

    Journal of gastroenterology   54 ( 12 )   1070 - 1077   2019年12月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00535-019-01603-8

    PubMed

  • Association between dietary iron and zinc intake and development of ulcerative colitis: A case-control study in Japan. 査読

    Kobayashi Y, Ohfuji S, Kondo K, Fukushima W, Sasaki S, Kamata N, Yamagami H, Fujiwara Y, Suzuki Y, Hirota Y, Japanese Case-Control Study Group for Ulcerative Colitis.

    Journal of gastroenterology and hepatology   34 ( 10 )   1703 - 1710   2019年10月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jgh.14642

    PubMed

  • Nationwide Survey of Pediatric Inpatients With Hand, Foot, and Mouth Disease, Herpangina, and Associated Complications During an Epidemic Period in Japan: Estimated Number of Hospitalized Patients and Factors Associated With Severe Cases. 査読

    Takechi Maria, Fukushima Wakaba, Nakano Takashi, Inui Miki, Ohfuji Satoko, Kase Tetsuo, Ito Kazuya, Kondo Kyoko, Maeda Akiko, Shimizu Hiroyuki, Hirota Yoshio

    Journal of Epidemiology   29 ( 9 )   354 - 362   2019年09月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    <Highlight>●2010年の日本における手足口病、ヘルパンギーナ、および関連合併症の小児入院症例に関する全国調査を実施した。●入院症例数を推計し、重症例の関連因子を検討した。●流行期における小児入院症例の推計数は約2,900例であった。●「若年層」が重症例の関連因子であった。●「高血糖」も重症例の関連因子であることが示唆された。(著者抄録)

    DOI: 10.2188/jea.JE20180060.

  • Japanese periodical nationwide epidemiologic survey of aberrant portal hemodynamics 査読

    Ohfuji Satoko, Furuichi Yoshihiro, Akahoshi Tomohiko, Kage Masayoshi, Obara Katsutoshi, Hashizume Makoto, Matsuura Tomoka, Fukushima Wakaba, Nakamura Yosikazu

    HEPATOLOGY RESEARCH   49 ( 8 )   890 - 901   2019年08月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/hepr.13343

    PubMed

  • Lower dietary variety is a relevant factor for malnutrition in older Japanese home-care recipients: a cross-sectional study 査読

    Tsuji Taeko, Yamamoto Kaoru, Yamasaki Kazuyo, Hayashi Fumikazu, Momoki Chika, Yasui Yoko, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Habu Daiki

    BMC GERIATRICS   19 ( 1 )   197   2019年07月( ISSN:1471-2318

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12877-019-1206-z

    PubMed

  • The association between environmental factors and the development of Crohn's disease with focusing on passive smoking: A multicenter case-control study in Japan 査読

    Kondo Kyoko, Ohfuji Satoko, Watanabe Kenji, Yamagami Hirokazu, Fukushima Wakaba, Ito Kazuya, Suzuki Yasuo, Hirota Yoshio, Motoya Satoshi, Sakuraba Hirotake, Ishiguro Yo, Sasaki Iwao, Suzuki Kenji, Fukuda Katsuyuki, Saruta Masayuki, Shinozaki Masaru, Shimizu Toshiaki, You Aoyagi, Nagahori Masakazu, Watanabe Mamoru, Kanai Takanori, Iizuka Bunei, Watanabe Toshiaki, Kobayashi Kiyonori, Kunisaki Reiko, Sugita Akira, Ishige Takashi, Miura Soichiro, Hokari Ryota, Hanai Hiroyuki, Goto Hidemi, Ando Takafumi, Tanida Satoshi, Joh Takashi, Mizoshita Tsutomu, Sasaki Makoto, Kitamura Kazuya, Umegae Satoru, Fujiyama Yoshihide, Ando Akira, Shimizu Seiji, Yoshioka Kazuhiko, Kitano Atsuo, Aomatsu Kazuki, Naito Yuji, Yoshida Masaru, Ooi Makoto, Matsumoto Takayuki, Fukunaga Ken, Iimuro Masaki, Ikeuchi Hiroki, Ishihara Shunji, Tanaka Shinji, Ueno Yoshitaka, Matsui Toshiyuki, Yano Yutaka, Yamasaki Hiroshi, Mitsuyama Keichi, Yamamoto Shojiro, Tsubouchi Hirohito, Sugimura Kazuhito, Tenjin Takanori

    PLOS ONE   14 ( 6 )   e0216429   2019年06月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0216429

    PubMed

  • Nationwide epidemiologic study of norovirus-related hospitalization among Japanese older adults 査読

    Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Ito Kazuya, Kase Tetsuo, Maeda Akiko, Fukushima Wakaba, Masuda Taisei, Kano Munehide

    BMC INFECTIOUS DISEASES   19 ( 1 )   400   2019年05月( ISSN:1471-2334

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12879-019-4007-2

    PubMed

  • Effects of a Public Subsidy Program for Mumps Vaccine on Reducing the Disease Burden in Nagoya City, Japan. 査読

    Ozaki Takao, Goto Yasuhiro, Nishimura Naoko, Nakano Takashi, Kumihashi Hideaki, Kano Munehide, Ohfuji Satoko

    Japanese Journal of Infectious Diseases   72 ( 2 )   106 - 111   2019年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    ムンプスワクチン接種の公的助成プログラム導入から7年が経過した名古屋市におけるワクチン接種率、接種後の副反応の発現状況、定点でのムンプスの発症患者数について検討した。1歳児のワクチン接種率は助成プログラム初年の2010年が24.3%、7年目の2016年が91.0%であり、初年度と比較して3.7倍に達していた。年齢別にみると、2016年のムンプスワクチン接種率は1歳児が91.0%、2歳児が91.4%、3歳児が94.4%、4歳児が93.3%、5歳児が88.1%、6歳児が84.3%であった。1歳児の定点当たりムンプス発症者数はプログラム導入前の7年間が平均0.67、導入後の7年間が平均0.23であり有意な減少が認められた。2歳児以降についても同様に、助成プログラムの導入前後で発症者数に有意差がみられた。全年齢層でみても定点あたりムンプス発症者数は平均17.0〜7.5に有意に減少していた。また、調査期間6.5年におけるワクチン接種者140316名のうち、1例のみに無菌性髄膜炎の発症を認め(0.7例/100000人)、これ以外の重篤な副反応の発現はみられなかった。ムンプスワクチン公的助成プログラムは有用かつ安全であることが示された。

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2018.276.

  • Preventive effects of pneumococcal and influenza vaccines on community-acquired pneumonia in older individuals in Japan: a case-control study. 査読

    Suzuki K, Kondo K, Washio M, Kan S, Imai S, Yoshimura K, Ota C, Ohfuji S, Fukushima W, Hirota Y, Nakashima K

    Human vaccines & immunotherapeutics   15 ( 9 )   2171 - 2177   2019年02月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/21645515.2019.1584023

    PubMed

  • Safety of live attenuated varicella-zoster vaccine in patients with underlying illnesses compared with healthy adults: a prospective cohort study 査読

    Ohfuji Satoko, Ito Kazuya, Inoue Megumi, Ishibashi Motoki, Kumashiro Hiroko, Hirota Yoshio, Kayano Eiji, Ota Naoshi

    BMC INFECTIOUS DISEASES   19 ( 1 )   95   2019年01月( ISSN:1471-2334

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12879-019-3719-7

    PubMed

  • A new approach to risk stratification using fetal MRI to predict outcomes in congenital diaphragmatic hernia: the preliminary retrospective single institutional study 査読

    Yokoi Akiko, Ohfuji Satoko, Yoshimoto Seiji, Sugioka Yusuke, Akasaka Yoshinobu, Funakoshi Toru

    TRANSLATIONAL PEDIATRICS   7 ( 4 )   356 - 361   2018年10月( ISSN:2224-4344

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21037/tp.2018.09.01

    PubMed

  • Age-specific incidence of aseptic meningitis following mumps vaccination from 2013-2016: estimation based on the number of reported adverse reactions to immunization in Japan 査読

    Kumihashi Hideaki, Kano Munehide, Ohfuji Satoko

    The Japanese Journal of Antibiotics   71 ( 5 )   233 - 244   2018年10月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Incidence of aseptic meningitis following the Torii strain-derived dried live attenuated mumps vaccine 査読

    Kumihashi Hideaki, Kano Munehide, Ohfuji Satoko

    The Japanese Journal of Antibiotics   71 ( 4 )   157 - 170   2018年08月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Correction: Stagnation of histopathological improvement is a predictor of hepatocellular carcinoma development after hepatitis C virus eradication. 査読

    Motoyama H, Tamori A, Kubo S, Uchida-Kobayashi S, Takemura S, Tanaka S, Ohfuji S, Teranishi Y, Kozuka R, Kawamura E, Hagihara A, Morikawa H, Enomoto M, Murakami Y, Kawada N

    PloS one   13 ( 7 )   e0201423   2018年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0201423

    PubMed

  • Prior vaccinations improve immunogenicity of inactivated influenza vaccine in young children aged 6 months to 3 years A cohort study 査読

    Ito Kazuya, Mugitani Ayumi, Irie Shin, Ishibashi Motoki, Takasaki Yoshio, Shindo Shizuo, Yokoyama Takashi, Yamashita Yuji, Shibao Keigo, Koyanagi Hideki, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Maeda Akiko, Kase Tetsuo, Hirota Yoshio

    MEDICINE   97 ( 29 )   e11551   2018年07月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000011551

    PubMed

  • Immunogenicity of simultaneous versus sequential administration of a 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine and a quadrivalent influenza vaccine in older individuals: A randomized, open-label, non-inferiority trial. 査読

    Nakashima K, Aoshima M, Ohfuji S, Yamawaki S, Nemoto M, Hasegawa S, Noma S, Misawa M, Hosokawa N, Yaegashi M, Otsuka Y

    Human vaccines & immunotherapeutics   14 ( 8 )   1923 - 1930   2018年03月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/21645515.2018.1455476

    PubMed

  • Stagnation of histopathological improvement is a predictor of hepatocellular carcinoma development after hepatitis C virus eradication. 査読

    Motoyama H, Tamori A, Kubo S, Uchida-Kobayashi S, Takemura S, Tanaka S, Ohfuji S, Teranishi Y, Kozuka R, Kawamura E, Hagihara A, Morikawa H, Enomoto M, Murakami Y, Kawada N

    PloS one   13 ( 3 )   e0194163   2018年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0194163

    PubMed

  • Protective Effect of Maternal Influenza Vaccination on Influenza in Their Infants: A Prospective Cohort Study. 査読

    Ohfuji S, Deguchi M, Tachibana D, Koyama M, Takagi T, Yoshioka T, Urae A, Ito K, Kase T, Maeda A, Kondo K, Fukushima W, Hirota Y, Osaka Pregnant Women Influenza Study Group .

    The Journal of infectious diseases   217 ( 6 )   878 - 886   2018年03月( ISSN:0022-1899

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/infdis/jix629

    PubMed

  • 高齢者肺炎に対する23価肺炎球菌ワクチンと季節性インフルエンザワクチンの予防効果 症例対照研究における対照選択の重要性

    近藤 亨子, 鈴木 幹三, 鷲尾 昌一, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    大阪市医学会雑誌   66   56 - 56   2017年12月( ISSN:0386-4103

  • Factors associated with functional limitations in the daily living activities of Japanese hip osteoarthritis patients 査読

    Kondo Kyoko, Jingushi Seiya, Ohfuji Satoko, Sofue Muroto, Itoman Moritoshi, Matsumoto Tadami, Hamada Yoshiki, Shindo Hiroyuki, Takatori Yoshio, Yamada Harumoto, Yasunaga Yuji, Ito Hiroshi, Mori Satoshi, Owan Ichiro, Fujii Genji, Ohashi Hirotsugu, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Inui Miki, Takahashi Shinji, Hirota Yoshio

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RHEUMATIC DISEASES   20 ( 10 )   1372 - 1382   2017年10月( ISSN:1756-1841

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/1756-185X.12955

    PubMed

  • Key points in evaluating immunogenicity of pandemic influenza vaccines: A lesson from immunogenicity studies of influenza A(H1N1) pdm09 vaccine 査読

    Ohfuji Satoko, Kobayashi Masayuki, Ide Yuichiro, Egawa Yumi, Saito Tomoko, Kondo Kyoko, Ito Kazuya, Kase Tetsuo, Maeda Akiko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 39 )   5303 - 5308   2017年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.092

    PubMed

  • Control selection and confounding factors: A lesson from a Japanese case-control study to examine acellular pertussis vaccine effectiveness 査読

    Ohfuji Satoko, Okada Kenji, Nakano Takashi, Ito Hiroaki, Hara Megumi, Kuroki Haruo, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 36 )   4801 - 4805   2017年08月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.004

    PubMed

  • Oseltamivir use and severe abnormal behavior in Japanese children and adolescents with influenza: Is a self-controlled case series study applicable? 査読

    Fukushima Wakaba, Ozasa Kotaro, Okumura Akihisa, Mori Masaaki, Hosoya Mitsuaki, Nakano Takashi, Tanabe Takuya, Yamaguchi Naoto, Suzuki Hiroshi, Mori Mitsuru, Hatayama Hideaki, Ochiai Hirotaka, Kondo Kyoko, Ito Kazuya, Ohfuji Satoko, Nakamura Yosikazu, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 36 )   4817 - 4824   2017年08月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.007

    PubMed

  • Estimating influenza disease burden among pregnant women: Application of self-control method 査読

    Ohfuji Satoko, Deguchi Masaaki, Tachibana Daisuke, Koyama Masayasu, Takagi Tetsu, Yoshioka Takayuki, Urae Akinori, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 36 )   4811 - 4816   2017年08月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.006

    PubMed

  • Effectiveness of 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine and seasonal influenza vaccine for pneumonia among the elderly - Selection of controls in a case-control study 査読

    Kondo Kyoko, Suzuki Kanzo, Washio Masakazu, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    VACCINE   35 ( 36 )   4806 - 4810   2017年08月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2017.07.005

    PubMed

  • Timing and outcome of stoma closure in very low birth weight infants with surgical intestinal disorders. 査読

    Mochizuki K, Hayakawa M, Urushihara N, Miyake H, Yokoi A, Shiraishi J, Fujinaga H, Ohashi K, Esumi G, Ohfuji S, Amae S, Yanai T, Furukawa T, Tazuke Y, Minagawa K, Okuyama H

    Surgery today   47 ( 8 )   1001 - 1006   2017年08月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00595-017-1498-6

    PubMed

  • Immunogenicity study to investigate the interchangeability among three different types of polio vaccine: A cohort study in Japan 査読

    Ohfuji Satoko, Ito Kazuya, Ishibashi Motoki, Shindo Shizuo, Takasaki Yoshio, Yokoyama Takashi, Yokoyama Takato, Yamashita Yuji, Shibao Keigo, Nakano Takashi, Tsuru Tomomi, Irie Shin, Hirota Yoshio

    MEDICINE   96 ( 23 )   e7073   2017年06月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000007073

    PubMed

  • Diagnosis and treatment guidelines for aberrant portal hemodynamics: The Aberrant Portal Hemodynamics Study Group supported by the Ministry of Health, Labor and Welfare of Japan 査読

    Moriyasu Fuminori, Furuichi Yoshihiro, Tanaka Atsushi, Takikawa Hajime, Yoshida Hiroshi, Sakaida Isao, Obara Katsutoshi, Hashizume Makoto, Kage Masayoshi, Ohfuji Satoko, Kitano Seigo, Kawasaki Seiji, Kokubu Shigehiro, Matsutani Shoichi, Eguchi Susumu, Shiomi Susumu, Kojima Tetsuhito, Maehara Yoshihiko, Kuniyoshi Yukio

    HEPATOLOGY RESEARCH   47 ( 5 )   373 - 386   2017年04月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/hepr.12862

  • Immunogenicity of trivalent influenza vaccine in patients with lung cancer undergoing anticancer chemotherapy. 査読

    Nakashima K, Aoshima M, Ohfuji S, Suzuki K, Katsurada M, Katsurada N, Misawa M, Otsuka Y, Kondo K, Hirota Y.

    Hum Vaccin Immunother.   13 ( 3 )   543 - 550   2017年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/21645515.2016.1246094.

  • Factors associated with diagnostic stage of hip osteoarthritis due to acetabular dysplasia among Japanese female patients: a cross-sectional study 査読

    Ohfuji Satoko, Jingushi Seiya, Kondo Kyoko, Sofue Muroto, Itoman Moritoshi, Matsumoto Tadami, Hamada Yoshiki, Shindo Hiroyuki, Takatori Yoshio, Yamada Harumoto, Yasunaga Yuji, Ito Hiroshi, Mori Satoshi, Owan Ichiro, Fujii Genji, Ohashi Hirotsugu, Takahashi Shinji, Hirota Yoshio

    BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS   17   320   2016年08月( ISSN:1471-2474

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12891-016-1179-4

    PubMed

  • Hypoalbuminemia and Other Factors Related to the Development of Pneumonia Acquired Outside Hospital in the Young Elderly and the Old Elderly: the Finding from a Case-Control Study in Southern Japan. 査読

    Washio Masakazu, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Fujisawa Nobumitsu, Matsumoto Takafumi, Tashiro Hideki, Nogami Hiroko, Iwanaga Tomoaki, Nakanishi Yoichi, Kitazono Takanari, Suzuki Kanzo, Hirota Yoshio

    International Medical Journal   23 ( 4 )   313 - 315   2016年08月( ISSN:1341-2051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    日本人高齢者における病院外で発症した肺炎の危険因子または予防因子の評価を目的として行われた症例対照研究の第2報を報告した。本調査は、2009年10月〜2012年3月に初めて病院外で発症した肺炎と診断された患者50例と、肺炎以外の他の疾患による外来患者110例を対象に行った。症例群には65〜74歳の前期高齢者19例(男性14例、女性5例、平均69.9±2.9歳)と75歳以上の後期高齢者31例(男性18例、女性13例、平均82.9±6.0歳)、対照群には前期高齢者48例(男性34例、女性14例、平均69.6±3.3歳)と後期高齢者62例(男性32例、女性30例、平均82.6±5.7歳)が含まれた。ヘモグロビン値<10.0g/dlを貧血、血清アルブミン値<3.5g/dlを低アルブミン血症と定義した。インフルエンザワクチンは後期高齢者群で肺炎のリスクを低下させた。前期高齢者と後期高齢者の両群で、低アルブミン血症は対照群と比べて症例群で多く認められた。年齢、性別、病院で補正した後、低アルブミン血症は前期高齢者群(OR=9.19、95%CI=2.15〜39.21)と後期高齢者群(OR=11.72、9S%C1=3.02〜35.94)の両群で肺炎のリスクを増加させた。介護施設に入所している被験者を除外した後も、低アルブミン血症は肺炎の有意な危険因子であった。

  • Immunogenicity and efficacy of A/H1N1pdm vaccine among subjects with severe motor and intellectual disability in the 2010/11 influenza season. 査読

    Hara M, Hanaoka T, Maeda K, Kase T, Ohfuji S, Fukushima W, Hirota Y.

    J Epidemiol.   26 ( 6 )   300 - 306   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2188/jea.JE20150036.

  • Hypoalbuminemia, influenza vaccination and other factors related to the development of pneumonia acquired outside hospitals in southern Japan: A case-control study. 査読

    Washio M, Kondo K, Fujisawa N, Harada E, Tashiro H, Ohfuji S, et al; the Kyushu Task Force for CAP Risk in the Elderly.

    Geriatr Gerontol Int.   16 ( 2 )   223 - 229   2016年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/ggi.12456.

  • Risk factors for surgical intestinal disorders in VLBW infants: Case-control study. 査読

    Okuyama H, Ohfuji S, Hayakawa M, Urushihara N, Yokoi A, Take H, Shiraishi J, Fujinaga H, Ohashi K, Minagawa K, Misaki M, Nose S, Taguchi T

    Pediatrics international   58 ( 1 )   34 - 39   2016年01月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/ped.12815

    PubMed

  • Booster influenza vaccination does not improve immune response in adult inflammatory bowel disease patients treated with immunosuppressives: a randomized controlled trial.

    Matsumoto H, Ohfuji S, Watanabe K, Yamagami H, Fukushima W, Maeda K, Kamata N, Sogawa M, Shiba M, et al.

    J Gastroenterol.   50 ( 8 )   876 - 886   2015年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Outcomes in VLBW infants with surgical intestinal disorders at 18 months of corrected age. 査読

    Hayakawa M, Taguchi T, Urushihara N, Yokoi A, Take H, Shiraishi J, Fujinaga H, Ohashi K, Oshiro M, Ohfuji S, et al.

    Pediatr Int.   57 ( 4 )   633 - 638   2015年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/ped.12594.

  • Reactogenicity of trivalent inactivated influenza vaccine in young children: Pronounced reactions by previous successive vaccinations 査読

    Okada Chika, Fujieda Megumi, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Maeda Akiko, Nakano Takashi, Kaji Masaro, Hirota Yoshio

    VACCINE   33 ( 30 )   3586 - 3591   2015年07月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2015.05.040

    PubMed

  • Association between monovalent influenza A (H1N1) pdm09 vaccine and pneumonia among the elderly in the 2009-2010 season in Japan: A case-control study 査読

    Kondo Kyoko, Suzuki Kanzo, Washio Masakazu, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   11 ( 5 )   1088 - 1093   2015年05月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/21645515.2015.1016668

    PubMed

  • Safety of a pandemic influenza vaccine and the immune response in patients with duchenne muscular dystrophy. 査読

    Saito T, Ohfuji S, Matsumura T, Saito T, Maeda K, Maeda A, Fukushima W, Fujimura H, Sakoda S, Hirota Y.

    Intern Med.   54 ( 10 )   1199 - 1205   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.1186.

  • Effectiveness of acellular pertussis vaccine in a routine immunization program: A multicenter, case-control study in Japan 査読

    Ohfuji Satoko, Okada Kenji, Nakano Takashi, Ito Hiroaki, Hara Megurni, Kuroki Haruo, Hirota Yoshio

    VACCINE   33 ( 8 )   1027 - 1032   2015年02月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2015.01.008

    PubMed

  • Pertussis outbreak in university students and evaluation of acellular pertussis vaccine effectiveness in Japan 査読

    Hara Megumi, Fukuoka Mami, Tashiro Katsuya, Ozaki Iwata, Ohfuji Satoko, Okada Kenji, Nakano Takashi, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    BMC INFECTIOUS DISEASES   15   45   2015年02月( ISSN:1471-2334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12879-015-0777-3

    PubMed

  • Trivalent influenza vaccine-induced antibody response to circulating influenza a (H3N2) viruses in 2010/11 and 2011/12 seasons. 査読

    Hiroi S, Morikawa S, Nakata K, Maeda A, Kanno T, Irie S, Ohfuji S, Hirota Y, Kase T.

    Hum Vaccin Immunother.   11 ( 2 )   386 - 390   2015年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/21645515.2015.1009338.

  • Detection of influenza vaccine effectiveness among nursery school children: lesson from a season with cocirculating respiratory syncytial virus. 査読

    Nakata K, Fujieda M, Miki H, Fukushima W, Ohfuji S, Maeda A, Kase T, Hirota Y.

    Hum Vaccin Immunother.   11 ( 3 )   545 - 552   2015年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/21645515.2015.1011982.

  • Determinants of participation in prostate cancer screening: A simple analytical framework to account for healthy-user bias 査読

    Tabuchi Takahiro, Nakayama Tomio, Fukushima Wakaba, Matsunaga Ichiro, Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Kawano Eiji, Fukuhara Hiroyuki, Ito Yuri, Oshima Akira

    CANCER SCIENCE   106 ( 1 )   108 - 114   2015年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/cas.12561

    PubMed

  • Pre-Illness Isoflavone Consumption and Disease Risk of Ulcerative Colitis: A Multicenter Case-Control Study in Japan 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Watanabe Kenji, Sasaki Satoshi, Yamagami Hirokazu, Nagahori Masakazu, Watanabe Mamoru, Hirota Yoshio

    PLOS ONE   9 ( 10 )   e110270   2014年10月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110270

    PubMed

  • Factor-associated caregiver burden in medically complex patients with special health-care needs 査読

    Yotani Nobuyuki, Ishiguro Akira, Sakai Hirokazu, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   56 ( 5 )   742 - 747   2014年10月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/ped.12339

    PubMed

  • Immunogenicity of the Trivalent Inactivated Influenza Vaccine in Young Children Less than 4 Years of Age, with a Focus on Age and Baseline Antibodies 査読

    Mugitani Ayumi, Ito Kazuya, Irie Shin, Eto Takashi, Ishibashi Motoki, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    CLINICAL AND VACCINE IMMUNOLOGY   21 ( 9 )   1253 - 1260   2014年09月( ISSN:1556-6811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/CVI.00200-14

    PubMed

  • Individualized and institutionalized residential place-based discrimination and self-rated health: a cross-sectional study of the working-age general population in Osaka city, Japan 査読

    Tabuchi Takahiro, Nakaya Tomoki, Fukushima Wakaba, Matsunaga Ichiro, Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Inui Miki, Sayanagi Yuka, Hirota Yoshio, Kawano Eiji, Fukuhara Hiroyuki

    BMC PUBLIC HEALTH   14   449   2014年05月( ISSN:1471-2458

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/1471-2458-14-449

    PubMed

  • Immunogenicity of influenza A(H1N1)pdm09 vaccine in patients with diabetes mellitus With special reference to age, body mass index, and HbA1c 査読

    Egawa Yumi, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Maeda Kazuhiro, Inaba Masaaki, Hirota Yoshio

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   10 ( 5 )   1187 - 1194   2014年05月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.4161/hv.28252

    PubMed

  • Influenza A(H1N1)pdm09 vaccine effectiveness and other characteristics associated with hospitalization in chronic liver disease patients 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Sasaki Yachiyo, Tamori Akihiro, Kurai Osamu, Kioka Kiyohide, Maeda Kazuhiro, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    LIVER INTERNATIONAL   34 ( 5 )   700 - 706   2014年05月( ISSN:1478-3223

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/liv.12295

    PubMed

  • Infliximab and/or immunomodulators inhibit immune responses to trivalent influenza vaccination in adults with inflammatory bowel disease 査読

    Hagihara Yoshie, Ohfuji Satoko, Watanabe Kenji, Yamagami Hirokazu, Fukushima Wakaba, Maeda Kazuhiro, Karnata Noriko, Sogawa Mitsue, Shiba Masatsugu, Tanigawa Tetsuya, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Hirota Yoshio, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   8 ( 3 )   223 - 233   2014年03月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.crohns.2013.08.008

    PubMed

  • Relationship of acetabular dysplasia in females with osteoarthritis of the hip to the distance between both anterior superior iliac spines. 査読

    Okano K, Jingushi S, Ohfuji S, Sofue M, Hirota Y, Itoman M, Hamada Y, Shindo H, Takatori Y, Yamada H, Yasunaga Y, Ito H, Mori S, Owan I, Ohashi H, Yamaguchi K

    Medical science monitor   20   116 - 22   2014年01月( ISSN:1234-1010

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.12659/MSM.889704

    PubMed

  • Effect modification of body mass index and body fat percentage on fatty liver disease in a Japanese population 査読

    Saida Tomomi, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Kondo Kyoko, Matsunaga Ichiro, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   29 ( 1 )   128 - 136   2014年01月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jgh.12377

    PubMed

  • Immunogenicity of a monovalent influenza A(H1N1)pdm09 vaccine in patients with hematological malignancies. 査読

    Ide Y, Imamura Y, Ohfuji S, Fukushima W, Ide S, Tsutsumi C, Koga M, Maeda K, Hirota Y.

    Hum Vaccin Immunother.   10 ( 8 )   2387 - 2394   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.4161/hv.29094.

  • Usefulness of dual echo volumetric isotropic turbo spin echo acquisition (VISTA) in MR imaging of the temporomandibular joint. 査読

    Sugimori Y, Tanaka S, Nishimura T, Yamamoto A, Ohfuji S, Naito Y, Katsumata Y, Miki Y

    Magnetic resonance in medical sciences   12 ( 4 )   249 - 259   2013年12月( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2463/mrms.2013-0009.

    PubMed

  • Effect of Caffeine-Containing Beverage Consumption on Serum Alanine Aminotransferase Levels in Patients with Chronic Hepatitis C Virus Infection: A Hospital-Based Cohort Study 査読

    Sasaki Yachiyo, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tamori Akihiro, Enomoto Masaru, Habu Daiki, Iwai Shuji, Uchida-Kobayashi Sawako, Fujii Hideki, Shiomi Susumu, Kawada Norifumi, Hirota Yoshio

    PLOS ONE   8 ( 12 )   e83382   2013年12月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0083382

    PubMed

  • Immunogenicity of influenza A(H1N1)pdm09 vaccine and the associated factors on lowered immune response in patients with hepatitis C 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tamori Akihiro, Maeda Kazuhiro, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    INFLUENZA AND OTHER RESPIRATORY VIRUSES   7 ( 3 )   456 - 465   2013年05月( ISSN:1750-2640

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/j.1750-2659.2012.00424.x

    PubMed

  • 糖尿病患者におけるインフルエンザ A(H1N1) pdm09 ワクチンの免疫原性 査読

    江藤 隆, 松原 恵, 永水 美里, 石橋 元規, 都留 智巳, 伊藤 一弥, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 入江 伸, 廣田 良夫

    糖尿病   56 ( 4 )   219 - 226   2013年04月( ISSN:0021437X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    糖尿病患者はインフルエンザに罹患すると重篤化する懸念がある.当該患者集団でのワクチンの免疫原性の検討は重要である.2009/2010シーズンに,外来通院中糖尿病患者49人にA(H1N1)pdm09ワクチンを2回接種し,解析は48人で行った.免疫原性の指標として幾何平均抗体価(GMT),平均上昇倍数(MFR),抗体保有率(SP),抗体応答率(SR),抗体陽転率(SC)を算出した.抗体応答との関連因子として接種前HI価,年齢,HbA1cなどについて検討した.ワクチン接種後,いずれのカテゴリーにおいてもGMTの上昇は有意であり,全体の1回目接種後(S1)MFRは5.3倍であった.全例解析でSPはS1で52 %,2回目接種後(S2)で54 %,SRはS1で69 %,S2で77 %,SCはS1で46 %,S2で48 %であった.MFRとSCの結果から,本対象での抗体誘導は欧州医薬品審査庁の基準を満たした.接種前HI価とSPに正の関連,年齢とSRに負の関連を認めたが,糖尿病関連因子と抗体応答との間には有意な関連を認めなかった.本結果は,糖尿病の進行が直ちにワクチンの免疫原性の低下に関与するとは言えないことを示唆し,接種禁忌でない糖尿病患者にワクチン接種を推奨することには合理性があると考えられた.<br>

    DOI: 10.11213/tonyobyo.56.219

    CiNii Article

  • Effectiveness of an influenza A (H1N1) 2009 monovalent vaccine among Japanese pregnant women: A prospective observational study assessing antibody efficacy 査読

    Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Deguchi Masaaki, Kawabata Kazume, Hatayama Hideaki, Yoshida Hideki, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    VACCINE   30 ( 52 )   7630 - 7636   2012年12月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2012.10.027

    PubMed

  • Prognostic factors in patients with idiopathic portal hypertension: Two Japanese nationwide epidemiological surveys in 1999 and 2005 査読

    Murai Yoko, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tamakoshi Akiko, Yamaguchi Shohei, Hashizume Makoto, Moriyasu Fuminori, Hirota Yoshio

    HEPATOLOGY RESEARCH   42 ( 12 )   1211 - 1220   2012年12月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/j.1872-034X.2012.01033.x

    PubMed

  • Nutritional status in relation to lifestyle in patients with compensated viral cirrhosis 査読

    Hayashi Fumikazu, Momoki Chika, Yuikawa Miho, Simotani Yuko, Kawamura Etsushi, Hagihara Atsushi, Fujii Hideki, Kobayashi Sawako, Iwai Shuji, Morikawa Hiroyasu, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Kawada Norifumi, Ohfuji Satoko, Fukusima Wakaba, Habu Daiki

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   18 ( 40 )   5759 - 5770   2012年10月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3748/wjg.v18.i40.5759

    PubMed

  • Pediatric hospitalizations with influenza A infection during the 2009-2010 pandemic in five hospitals in Japan 査読

    Kobayashi Masayuki, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Sugiura Shiro, Kohdera Urara, Itoh Yuhei, Ide Saburo, Ohbu Keizou, Hirota Yoshio

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   54 ( 5 )   613 - 618   2012年10月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/j.1442-200X.2012.03645.x

    PubMed

  • Immunogenicity and Reactogenicity of a Monovalent Inactivated 2009 Influenza A Vaccine in Adolescents: With Special Reference to Pre-Existing Antibody 査読

    Kobayashi Masayuki, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Maeda Akiko, Maeda Kazuhiro, Fujioka Masashi, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF PEDIATRICS   160 ( 4 )   632 - 637   2012年04月( ISSN:0022-3476

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jpeds.2011.09.055

    PubMed

  • Diminished immunogenicity to pandemic H1N1 2009 influenza vaccine in subjects with severe motor and intellectual disability 査読

    Hara Megumi, Hanaoka Tomoyuki, Mizushima Takashi, Honma Junya, Maeda Kazuhiro, Ohfuji Satoko, Tanaka Keitaro, Hirota Yoshio

    VACCINE   29 ( 46 )   8323 - 8329   2011年10月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2011.08.097

    PubMed

  • Immunogenicity of a Monovalent 2009 Influenza A (H1N1) Vaccine Among Pregnant Women: Lowered Antibody Response by Prior Seasonal Vaccination 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Deguchi Masaaki, Kawabata Kazume, Yoshida Hideki, Hatayama Hideaki, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   203 ( 9 )   1301 - 1308   2011年05月( ISSN:1537-6613

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/infdis/jir026

    PubMed

  • Osteoarthritis hip joints in Japan: involvement of acetabular dysplasia 査読

    Jingushi Seiya, Ohfuji Satoko, Sofue Muroto, Hirota Yoshio, Itoman Moritoshi, Matsumoto Tadami, Hamada Yoshiki, Shindo Hiroyuki, Takatori Yoshio, Yamada Harumoto, Yasunaga Yuji, Ito Hiroshi, Mori Satoshi, Owan Ichiro, Fujii Genji, Ohashi Hirotsugu, Iwamoto Yukihide, Miyanishi Keita, Iga Toshiro, Takahira Naonobu, Sugimori Tanzo, Sugiyama Hajime, Okano Kunihiko, Karita Tatsuro, Ando Kenichi, Hamaki Takanari, Hirayama Teruhisa, Iwata Ken, Nakasone Satoshi, Matsuura Masanori, Mawatari Taro

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   16 ( 2 )   156 - 164   2011年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00776-011-0025-7

    PubMed

  • Influenza vaccine effectiveness in primary school children in Japan: a prospective cohort study using rapid diagnostic test results 査読

    Yamaguchi Shinya, Ohfuji Satoko, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   16 ( 6 )   407 - 413   2010年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10156-010-0070-8

    PubMed

  • Multiinstitutional epidemiological study regarding osteoarthritis of the hip in Japan 査読

    Jingushi Seiya, Ohfuji Satoko, Sofue Muroto, Hirota Yoshio, Itoman Moritoshi, Matsumoto Tadami, Hamada Yoshiki, Shindo Hiroyuki, Takatori Yoshio, Yamada Harumoto, Yasunaga Yuji, Ito Hiroshi, Mori Satoshi, Owan Ichiro, Fujii Genji, Ohashi Hirotsugu, Iwamoto Yukihide, Miyanishi Keita, Iga Toshiro, Takahira Naonobu, Sugimori Tanzo, Sugiyama Hajime, Okano Kunihiko, Karita Tatsuro, Ando Kenichi, Hamaki Takanari, Hirayama Teruhisa, Iwata Ken, Nakasone Satoshi, Matsuura Masanori, Mawatari Taro

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   15 ( 5 )   626 - 631   2010年09月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00776-010-1507-8

    PubMed

  • 不活化インフルエンザワクチンとギラン・バレー症候群の関連についての文献的考察 査読

    小林 真之, 武知 茉莉亜, 近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    日本公衆衛生雑誌   57 ( 8 )   605 - 611   2010年08月( ISSN:05461766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <b>目的</b> 不活化インフルエンザワクチン接種とギラン•バレー症候群(GBS)の関連について文献的に考察する。<br/><b>方法</b> 米国予防接種諮問委員会(The US Advisory Committee on Immunization Practices: US-ACIP)の勧告に引用されている文献を中心に,不活化インフルエンザワクチンと GBS の関連についてこれまでの報告を要約するとともに,考察を加える。<br/><b>結果</b> 1976年,米国において接種キャンペーンが実施された A/New Jersey/76インフルエンザワクチンについては GBS との因果関係が明らかであった。その後の季節性インフルエンザワクチンと GBS については,一貫した論拠は得られなかった。統計学的に有意な関連を報告した文献では,研究の限界を考慮した寄与危険は最大で100万接種あたり1.6例と推定されていた。<br/><b>考察</b> 通常の季節性インフルエンザワクチンと GBS の因果関係について,結論は得られなかった。しかし,これまで報告されているインフルエンザの疾病負担およびワクチン有効性と対比すると,インフルエンザワクチン接種が疾病負担を軽減する有益性は,観察されている季節性ワクチン接種後の GBS のリスクを大きく上まわると考察された。

    DOI: 10.11236/jph.57.8_605

    CiNii Article

  • Inactivated influenza vaccine effectiveness against influenza-like illness among young children in Japan-With special reference to minimizing outcome misclassification 査読

    Ochiai Hirotaka, Fujieda Megumi, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Kondo Kyoko, Maeda Akiko, Nakano Takashi, Kamiya Hitoshi, Hirota Yoshio

    VACCINE   27 ( 50 )   7031 - 7035   2009年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2009.09.067

    PubMed

  • Comparison of the effect of BCAA granules on between decompensated and compensated cirrhosis. 査読

    Habu D, Nishiguchi S, Nakatani S, Lee C, Enomoto M, Tamori A, Takeda T, Ohfuji S, Fukushima W, Tanaka T, Kawamura E, Shiomi S

    Hepato-gastroenterology   56 ( 96 )   1719 - 1723   2009年11月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    PubMed

  • 米国におけるブタ(swine)インフルエンザ集団発生(1976年)から全国予防接種キャンペーン開始までの経緯. 査読

    武知茉莉亜, 小林真之, 近藤亨子, 大藤さとこ, 福島若葉, 前田章子, 廣田良夫.

    厚生の指標   56 ( 13 )   20 - 27   2009年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Maternal fat consumption during pregnancy and risk of wheeze and eczema in Japanese infants aged 16-24 months: the Osaka Maternal and Child Health Study 査読

    Miyake Y, Sasaki S, Tanaka K, Ohfuji S, Hirota Y.

    THORAX   64 ( 9 )   815 - 821   2009年09月( ISSN:0040-6376

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1136/thx.2009.115931

  • Noninvasive laboratory tests proposed for predicting cirrhosis in patients with chronic hepatitis C are also useful in patients with non-alcoholic steatohepatitis 査読

    Fujii Hideki, Enomoto Masaru, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Mori Mami, Kobayashi Sawako, Iwai Shuji, Morikawa Hiroyasu, Tamori Akihiro, Sakaguchi Hiroki, Ikura Yoshihiro, Ueda Makiko, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   44 ( 6 )   608 - 614   2009年06月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00535-009-0046-6

    PubMed

  • Memory outcome following transsylvian selective amygdalohippocampectomy in 62 patients with hippocampal sclerosis Clinical article 査読

    Morino Michiharu, Ichinose Tsutomu, Uda Takehiro, Kondo Kyoko, Ohfuji Satoko, Ohata Kenji

    JOURNAL OF NEUROSURGERY   110 ( 6 )   1164 - 1169   2009年06月( ISSN:0022-3085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3171/2008.9.JNS08247

    PubMed

  • Sibship size and prevalence of allergic disorders in Japan: The Ryukyus Child Health Study 査読

    Ohfuji Satoko, Miyake Yoshihiro, Arakawa Masashi, Tanaka Keiko, Sasaki Satoshi

    PEDIATRIC ALLERGY AND IMMUNOLOGY   20 ( 4 )   377 - 384   2009年06月( ISSN:0905-6157

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/j.1399-3038.2008.00804.x

    PubMed

  • 解剖を中心とした脳神経手術手技 島限を温存した経シルビウス裂到達法の選択的海馬扁桃体摘出術-手術手技と海馬硬化症70例に対する術後の高次脳機能について 査読

    森野 道晴, 一ノ瀬 努, 大藤 さとこ, 近藤 亨子, 大畑 建治

    Neurological Surgery   37 ( 1 )   15 - 23   2009年01月( ISSN:03012603

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.11477/mf.1436100867

    CiNii Article

  • Association between Bone Mineral Density and Periodontal Status in Japanese Women 査読

    Miki H, Fukushima W, Ohfuji S, et al.

    Osaka City Medical journal   54 ( 2 )   83 - 93   2008年12月( ISSN:00306096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    CiNii Article

  • Essential tools for assessing influenza vaccine efficacy in improperly conducted studies: a Japanese perspective. 査読

    Hirota Y, Fukushima W, Fujieda M, Ohfuji S, Maeda A

    Vaccine   26 ( 50 )   6455 - 8   2008年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2008.06.041

    PubMed

  • Influenza vaccine effectiveness and confounding factors among young children 査読

    Fujieda Megumi, Maeda Akiko, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Kaji Masaro, Hirota Yoshio

    VACCINE   26 ( 50 )   6481 - 6485   2008年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2008.06.034

    PubMed

  • Selection bias in evaluating of influenza vaccine effectiveness: A lesson from an observational study of elderly nursing home residents 査読

    Fukushima Wakaba, Hayashi Yoshimitsu, Mizuno Yaichi, Suzuki Kanzo, Kase Tetsuo, Ohfuji Satoko, Fujieda Megumi, Maeda Akiko, Hirota Yoshio

    VACCINE   26 ( 50 )   6466 - 6469   2008年11月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2008.06.038

    PubMed

  • Does a late evening meal reduce the risk of hepatocellular carcinoma among patients with chronic hepatitis C? 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tanaka Takashi, Habu Daiki, Takeda Tadashi, Tamori Akihiro, Sakaguchi Hiroki, Seki Shuichi, Kawada Norifumi, Nishiguchi Shuhei, Shiomi Susumu, Hirota Yoshio

    HEPATOLOGY RESEARCH   38 ( 9 )   860 - 868   2008年09月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/j.1872-034X.2008.00355.x

    PubMed

  • Clinical role of FDG-PET for HCC: relationship of glucose metabolic indicator to Japan Integrated Staging (JIS) score. 査読

    Kawamura E, Habu D, Ohfuji S, Fukushima W, Enomoto M, Torii K, Kawabe J, Kondo K, Tamori A, Kawada N, Shiomi S

    Hepato-gastroenterology   55 ( 82-83 )   582 - 586   2008年03月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    PubMed

  • Home environment and suspected atopic eczema in Japanese infants: The Osaka Maternal and Child Health Study 査読

    Miyake Yoshihiro, Ohya Yukihiro, Tanaka Keiko, Yokoyama Tetsuji, Sasaki Satoshi, Fukushima Wakaba, Ohfuji Satoko, Saito Kyoko, Kiyohara Chikako, Hirota Yoshio

    PEDIATRIC ALLERGY AND IMMUNOLOGY   18 ( 5 )   425 - 432   2007年08月( ISSN:0905-6157

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/j.1399-3038.2007.00545.x

    PubMed

  • インフルエンザワクチンの接種対象 査読

    大藤 さとこ, 藤枝 恵, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    日本公衆衛生雑誌   54 ( 6 )   361 - 367   2007年06月( ISSN:05461766

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <b>目的</b> 最近10年間におけるインフルエンザワクチン接種対象の変遷を検討する。<br/><b>方法</b> 米国予防接種諮問委員会(The US Advisory Committee on Immunization Practices, US-ACIP)の1997年から2006年に到る勧告について記述する。<br/><b>結果</b> 1997年勧告からの主な変更点は以下の通りである。①月齢 6~23か月の乳幼児をハイリスク・グループに含めたこと,②ハイリスク・グループの妊婦として,第 2 三半期以降の妊婦から全妊婦に拡大したこと,③何らかの神経・筋症状を呈する基礎疾患を有しており,誤嚥性肺炎を起こす恐れのある者をハイリスク・グループに含めたこと,④インフルエンザに罹患すると診療所,救急外来,病院を受診するリスクが高い者というカテゴリーを新たに設定したこと,またその中に月齢24~59か月の小児と50~64歳の者を含めたこと,⑤ハイリスク者にインフルエンザを伝播する者として,月齢 0~59か月の小児と接触する者を含めたこと,⑥ハイリスク者にインフルエンザを伝播する者を大きく 3 群(保健医療従事者,ハイリスク者との接触者,月齢 0~59か月の小児と接触する者)に整理したこと,である。<br/><b>結論</b> この10年間における最も主要な変更点は,月齢 6~59か月の乳幼児に対する勧告接種である。これ以外の年齢層においても,勧告接種の対象集団は拡大しつつある。

    DOI: 10.11236/jph.54.6_361

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Risk of postpartum depression in relation to dietary fish and fat intake in Japan: the Osaka Maternal and Child Health Study 査読

    Miyake Yoshihiro, Sasaki Satoshi, Yokoyama Tetsuji, Tanaka Keiko, Ohya Yukihiro, Fukushima Wakaba, Saito Kyoko, Ohfuji Satoko, Kiyohara Chikako

    PSYCHOLOGICAL MEDICINE   36 ( 12 )   1727 - 1735   2006年12月( ISSN:0033-2917

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1017/S0033291706008701

    PubMed

  • Dietary folate and vitamins B-12, B-6, and B-2 intake and the risk of postpartum depression in Japan: The Osaka Maternal and Child Health Study 査読

    Miyake Yoshihiro, Sasaki Satoshi, Tanaka Keiko, Yokoyama Tetsuji, Ohya Yukihiro, Fukushima Wakaba, Saito Kyoko, Ohfuji Satoko, Kiyohara Chikako, Hirota Yoshio

    JOURNAL OF AFFECTIVE DISORDERS   96 ( 1-2 )   133 - 138   2006年11月( ISSN:0165-0327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jad.2006.05.024

    PubMed

  • Coffee consumption and reduced risk of hepatocellular carcinoma among patients with chronic type C liver disease: A case-control study 査読

    Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Tanaka Takashi, Habu Daiki, Tamori Akihiro, Sakaguchi Hiroki, Takeda Tadashi, Kawada Norifumi, Seki Shuichi, Nishiguchi Shuhei, Shiomi Susumu, Hirota Yoshio

    HEPATOLOGY RESEARCH   36 ( 3 )   201 - 208   2006年11月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.hepres.2006.07.010

    PubMed

  • 家族要因とアレルギー性疾患との関連 沖縄小児健康調査Ryukyus Child Health Study

    大藤 さとこ, 三宅 吉博, 荒川 雅志, 田中 景子, 佐々木 敏, 大矢 幸弘

    アレルギー   55 ( 8-9 )   1215 - 1215   2006年09月( ISSN:0021-4884

  • Does alcohol increase the risk of hepatocellular carcinoma among patients with hepatitis C virus infection? 査読

    Fukushima W, Tanaka T, Ohfuji S, Habu D, Tamori A, Kawada N, Sakaguchi H, Takeda T, Nishiguchi S, Seki S, Shiomi S, Hirota Y

    HEPATOLOGY RESEARCH   34 ( 3 )   141 - 149   2006年03月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.hepres.2005.12.003

    PubMed

  • C型肝細胞癌発生に及ぼす飲酒習慣の関与について. 招待

    田中 隆, 福島 若葉, 大藤 さとこ, 廣田 良夫, 西口 修平, 関 守一, 塩見 進.

    アルコールと医学生物学.   24   127 - 131   2004年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Relationship between branched-chain amino acid to tyrosine ratio (BTR) and porto-systemic shunt in the Child-Pugh grade A cirrhosis determined by per-rectal portal scintigraphy. 査読

    Habu D, Nishiguchi S, Nakatani S, Kawamura E, Ishizu H, Lee C, Ohfuji S, Fukushima W, Tanaka T, Kawamura T, Shiomi S.

    Hepatol Res.   27 ( 1 )   57 - 61   2003年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • An autopsy case of POEMS syndrome with a high level of IL-6 and VEGF in the serum and ascitic fluid. 査読

    Minamitani S, Ohfuji S, Nishiguchi S, Shiomi S, Ogami M, Matsuo T, Ohsawa M, Ohta K, Hino M.

    Intern Med.   41 ( 3 )   233 - 236   2002年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

▼全件表示

書籍等出版物

  • はじめて学ぶやさしい疫学 改訂第4版 査読

    日本疫学会監修( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 4章ー4 症例対照研究)

    南江堂  2024年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:215   担当ページ:46-51   著書種別:学術書  

  • インフルエンザの疫学と予防(2021年版)

    (監修)廣田良夫、(編集)入江伸、伊藤一弥、福島若葉、大藤さとこ( 担当: 共訳 ,  範囲: 編集)

    日本公衆衛生協会  2022年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:52   担当ページ:52   著書種別:学術書  

  • インフルエンザの疫学と予防(2020年版)

    廣田良夫(監修)、入江伸、伊藤一弥、福島若葉、大藤さとこ(編集)( 担当: 共訳 ,  範囲: 編集)

    日本公衆衛生協会  2021年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:54   担当ページ:54   著書種別:学術書  

  • インフルエンザの疫学と予防(2019年版)

    (監修)廣田良夫、(編集)入江伸、伊藤一弥、福島若葉、大藤さとこ( 担当: 共訳 ,  範囲: 編集)

    日本公衆衛生協会  2020年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:50   担当ページ:50   著書種別:学術書  

  • インフルエンザの疫学と予防(2018年版)

    廣田良夫(監修)、入江伸、福島若葉、大藤さとこ、伊藤一弥(編集)( 担当: 共訳)

    日本公衆衛生協会  2019年03月 

  • インフルエンザの疫学と予防(2017年版)

    廣田良夫、葛西健(監修)、入江伸、福島若葉、大藤さとこ、伊藤一弥(編集)( 担当: 共訳)

    日本公衆衛生協会  2018年03月 

  • インフルエンザの疫学と予防(2016年版)

    廣田良夫、葛西健(監修)、小笹晃太郎、入江伸、福島若葉、大藤さとこ、伊藤一弥(編集)( 担当: 共訳)

    日本公衆衛生協会  2017年03月 

  • インフルエンザの疫学と予防(2015年版)

    廣田良夫、葛西健(監修)、小笹晃太郎、入江伸、福島若葉、大藤さとこ(編集)( 担当: 共訳)

    日本公衆衛生協会  2016年03月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • インフルエンザの予防と対策(2014年版)

    廣田良夫、葛西健(監修)、小笹晃太郎、入江伸、福島若葉、大藤さとこ(編集)( 担当: 共訳)

    日本公衆衛生協会  2015年03月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • インフルエンザの予防と対策(2013 年版).

    監修:廣田 良夫, 葛西 健. 編集:小笹晃太郎, 入江 伸, 福島 若葉,大藤 さとこ.( 担当: 共訳)

    (財)日本公衆衛生協会.  2014年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • インフルエンザの予防と対策(2012 年版).

    監修:廣田 良夫, 葛西 健. 編集:小笹晃太郎, 入江 伸, 福島 若葉,大藤 さとこ.( 担当: 共訳)

    (財)日本公衆衛生協会.  2013年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • インフルエンザの予防と対策(2011 年版).

    監修:廣田 良夫, 葛西 健. 編集:小笹晃太郎, 入江 伸, 福島 若葉,大藤 さとこ.( 担当: 共訳)

    (財)日本公衆衛生協会.  2012年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • インフルエンザの予防と対策(2010 年版).

    監修:廣田 良夫, 葛西 健. 編集:小笹晃太郎, 鷲尾 昌一, 福島 若葉,大藤 さとこ.( 担当: 共訳)

    (財)日本公衆衛生協会.  2011年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 大腸疾患NOW 2009

    2. 大藤さとこ*、福島若葉、廣田良夫、押谷伸英、渡辺憲治、長堀正和、渡辺守、For the Japanese Case-Control Study Group for Ulcerative Colitis( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 潰瘍性大腸炎のリスク因子に関する症例対照研究)

    日本メディカルセンター  2009年01月 

     詳細を見る

    総ページ数:223   担当ページ:177-182   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • インフルエンザの予防と対策(2009 年版).

    監修:廣田 良夫, 葛西 健. 編集:小笹晃太郎, 鷲尾 昌一, 福島 若葉,大藤 さとこ.( 担当: 共訳)

    (財)日本公衆衛生協会.  2009年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 季節性インフルエンザワクチンに関する勧告 ; 新型インフルエンザワクチンに関する勧告

    廣田 良夫, 葛西 健, 小笹 晃太郎, 鷲尾 昌一, 福島 若葉, 大藤 さとこ( 担当: 単著)

    日本公衆衛生協会  2009年  ( ISBN:9784819202206

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • Absenteeism as measure of disease burden. In: A practical guide for designing and conducting influenza disease burden studies.

    Hirota Y, Ohfuji S.( 担当: 共著)

    World Health Organization.  2008年 

  • インフルエンザの予防と対策(2007 年版).

    監修:廣田 良夫, 葛西 健. 編集:小笹晃太郎, 鷲尾 昌一, 大藤 さとこ.( 担当: 共訳)

    (財)日本公衆衛生協会.  2008年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • インフルエンザの予防と対策(2006年版).

    監修:廣田 良夫, 葛西 健. 編集:小笹晃太郎, 鷲尾 昌一, 大藤 さとこ.( 担当: 共訳)

    (財)日本公衆衛生協会.  2007年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • インフルエンザの予防と対策

    廣田 良夫, 葛西 健, 小笹 晃太郎, 鷲尾 昌一, 藤枝 恵, 大藤 さとこ, 福島 若葉, Centers for Disease Control and Prevention (U.S.)( 担当: 単著)

    日本公衆衛生協会  2005年  ( ISBN:4819201921

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【早わかり消化器内視鏡関連ガイドライン2023】消化器全般におよぶもの 門脈血行異常症ガイドライン.

    1) 古市 好宏, 鹿毛 政義, 小原 勝敏, 大藤 さとこ, 赤星 朋比古, 日高 央, 太田 正之, 吉田 寛, 橋爪 誠, 田中 篤.

    消化器内視鏡   35 ( 9 )   1295 - 1302   2023年09月

  • 【ワクチンup to date】新型コロナウイルスワクチン 有効性と安全性 小児における新型コロナウイルスワクチンの有効性評価.

    大藤さとこ

    小児内科   55 ( 9 )   1505 - 1509   2023年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 【肝の希少疾患】特発性門脈圧亢進症 招待

    鹿毛 政義, 古市 好宏, 大藤 さとこ, 隈部 力, 草野 弘宣, 近藤 礼一郎, 矢野 博久, 緒方 俊郎, 江森 啓悟, 井上 博人, 黒松 亮子, 於保 和彦, 田中 篤

    消化器・肝臓内科   9 ( 5 )   555 - 566   2021年05月( ISSN:2432-3446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 患者および家族とのより良いコミュニケーションのために Advanced Communication インフルエンザワクチン接種の効果と有効性について、諸外国のデータとともに教えてください 招待

    大藤 さとこ

    (株)メディカルレビュー社 Up-to-date子どもの感染症   8 ( Suppl.1 )   24 - 25   2020年09月( ISSN:2187-7742

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 小児感染症Q&A 百日咳ワクチンは、どのくらいの期間有効なのですか 招待

    大藤 さとこ

    (株)メディカルレビュー社 Up-to-date子どもの感染症   7 ( 1 )   12 - 13   2019年12月( ISSN:2187-7742

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 【実地内科医のための潰瘍性大腸炎診療ABC】治療 食事指導・生活指導 招待

    大藤 さとこ, 小林 由美恵, 近藤 亨子

    (株)診断と治療社 診断と治療   107 ( 7 )   837 - 841   2019年07月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <Headline>1 肉や卵などのたんぱく質を食べ過ぎないことが、潰瘍性大腸炎の再燃を予防しうる。2 禁煙は潰瘍性大腸炎の発生リスクの増加に関連するが、再燃リスクの増加に対しては一貫した結果が得られていない。3 少量の飲酒や適度の運動は、潰瘍性大腸炎の臨床経過に影響しない。4 ストレスイベントは、潰瘍性大腸炎の再燃に影響しうる可能性がある。5 潰瘍性大腸炎の臨床経過に影響する食習慣・生活習慣に関して、さらなるエビデンスの蓄積が必要である。(著者抄録)

  • 妊婦に対するワクチン接種について インフルエンザを中心に 招待

    大藤 さとこ

    金原出版(株) 小児科   60 ( 2 )   163 - 171   2019年02月( ISSN:0037-4121

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

    <文献概要>妊婦はインフルエンザ重症化のハイリスクグループに分類されており,WHOは「妊婦をインフルエンザワクチンの最優先接種対象に位置づけるよう推奨する」というポジションペーパーを示している.妊婦に対するインフルエンザワクチン接種は,妊婦自身のインフルエンザを予防する効果のほか,ワクチン接種を受けることができない出生児のインフルエンザを予防する効果を有する.一方,現在のところ,ワクチン接種を受けた妊婦で流産・死産・早産・先天奇形などの発生率が増加するという報告はほとんどない.妊婦に対するワクチン接種は,有効性に関するメリットと安全性に関するデメリットのバランスを考慮して,実施すべきである.

  • 【炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-】 炎症性腸疾患の疫学 わが国の炎症性腸疾患の危険因子に関する研究成果 招待

    大藤 さとこ, 近藤 亨子

    (株)日本臨床社 日本臨床   76 ( 増刊3 )   46 - 50   2018年04月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 【炎症性腸疾患のいま】 疫学と研究の進展 炎症性腸疾患の疫学 わが国と欧米を比較して 招待

    大藤 さとこ

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   256 ( 10 )   1003 - 1007   2016年03月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

    炎症性腸疾患(IBD)は西洋に多く、東洋に少ない疾患であると認識されていたが、近年、わが国のみならず中国、韓国、インドでも罹患率が上昇している。そこで、生活習慣の欧米化や生活環境がIBDの発生に関与している可能性が指摘されている。疾患のリスク因子を解明するため多くの研究が実施されてきたが、研究デザイン上の限界や、報告数が少ないといった難病特有の問題のために、かならずしも明確な結論に至っていない要因も多い。一方、近年の治療技術の向上により疾患の死亡率が低下してきたことから、長期患者の寛解維持、および悪性腫瘍(とくに大腸癌)の予防も重要事項にあげられる。あらたな発症者を可能なかぎり予防し、長期患者の予後を可能なかぎり改善するため、公衆衛生上の観点からも疾患のリスク因子を早急に解明するとともに、予後改善に対する取組みが急務である。(著者抄録)

  • ワクチンの有効性・安全性評価とVPD(vaccine preventable diseases)対策への適用に関する分析疫学研究 2015年版「インフルエンザの予防と対策」の刊行

    小笹晃太郎, 入江伸, 福島若葉, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 鈴木幹三, 吉田英樹, 原めぐみ, 都留智巳, 葛西健, 前田章子, 石橋元規, 伊藤一弥, 伊藤一弥, 井上恵, 大西浩文, 近藤亨子, 白源正成, 洲崎みどり, 松永一朗, 麦谷歩, 廣田良夫, 廣田良夫

    ワクチンの有効性・安全性評価とVPD(Vaccine Preventable Diseases)対策への適用に関する分析疫学研究 平成27年度 総括・分担研究報告書   153 - 155   2016年

     詳細を見る

  • Association between monovalent influenza A (H1N1) pdm09 vaccine and pneumonia among the elderly in the 20092010 season in Japan: A case-control study (vol 11, pg 1088, 2015)

    Kyoko Kondo, Kanzo Suzuki, Masakazu Washio, Satoko Ohfuji, Wakaba Fukushima, Akiko Maeda, Yoshio Hirota

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   11 ( 10 )   2510 - 2510   2015年10月( ISSN:2164-5515 ( eISSN:2164-554X

     詳細を見る

  • Vaccine Epidemiology: Principles and Methods 妊婦における季節性インフルエンザの健康影響に関する調査 Self-control method 招待

    大藤 さとこ

    (株)臨床医薬研究協会 臨床医薬   31 ( 4 )   317 - 323   2015年04月( ISSN:0910-8211

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • Vaccine Epidemiology:Principles and Methods ワクチン接種の有害事象 Self-control methodによる因果性検証(事例紹介) 招待

    大藤 さとこ

    (株)臨床医薬研究協会 臨床医薬   31 ( 4 )   335 - 338   2015年04月( ISSN:0910-8211

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 【炎症性腸疾患-病態研究から標的治療への展開-】 病態研究から標的治療へ 発症に関与するリスク因子解明 招待

    大藤 さとこ

    (株)最新医学社 最新医学   70 ( 2 )   195 - 204   2015年02月( ISSN:0370-8241

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

    炎症性腸疾患(IBD)のリスク因子解明において,症例対照研究は中心的な役割を担っている.しかし,研究デザイン上の限界や,報告数が少ないといった難病特有の問題のために,必ずしも明確な結論に至っていない要因も多い.これまでの研究からリスク因子として結論づけられているものは,IBDの家族歴,虫垂切除歴,喫煙習慣のみである.IBDの新たな発症者を可能な限り予防するため,リスク因子の解明が急務である.(著者抄録)

  • Determinants of participation in prostate cancer screening: a simple analysis to account for healthy‐user bias

    TABUCHI Takahiro, TABUCHI Takahiro, NAKAYAMA Tomio, FUKUSHIMA Wakaba, MATSUNAGA Ichiro, OHFUJI Satoko, KONDO Kyoko, KAWANO Eiji, FUKUHARA Hiroyuki, ITO Yuri, OSHIMA Akira

    Journal of Epidemiology   25 ( Supplement 1 )   130   2015年( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

  • 【日常診療とワクチン】 糖尿病患者とワクチン 招待

    大藤 さとこ, 廣田 良夫

    (株)東京医学社 成人病と生活習慣病   44 ( 12 )   1436 - 1439   2014年12月( ISSN:1347-0418

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    糖尿病患者は感染症に罹患しやすく、重症化のリスクが高い。したがって、糖尿病患者における感染症予防は、日常診療の中で重要な課題である。糖尿病患者に推奨すべきワクチンとして、インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンがある。両ワクチンの有効性や安全性に関して、糖尿病患者を対象とした研究結果は、いまだ十分ではないが、特にインフルエンザワクチンに肺炎球菌ワクチンを併用することで、冬季の肺炎リスクが減少、入院リスクが減少、死亡が減少などの効果が示唆されている。また、副反応に関する懸念は、報告されていない。糖尿病患者に対するワクチン接種は、患者がその感染症に罹患した時のリスクと、ワクチンの有効性、副反応とのバランスを勘案して、適応判断を論ずることが重要である。(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患攻略の手引き-これだけは知っておきたい!】 ここまでわかってきた炎症性腸疾患の疫学と病態 今後の課題は? 炎症性腸疾患の疫学 招待

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)医学書院 Medicina   51 ( 6 )   994 - 996   2014年06月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <ポイント>潰瘍性大腸炎の患者数は10万人,Crohn病の患者数は3万人を超えている.増加要因として,(1)診断能力の向上,(2)治療法の進歩による予後の改善,がある.新患の増加には,生活習慣の欧米化が関与している可能性がある.炎症性腸疾患のリスク因子の解明は,疾患の一次予防につながりうる.(著者抄録)

  • 【ここまで来た、炎症性腸疾患の新展開】 炎症性腸疾患のリスク因子 招待

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)東京医学社 成人病と生活習慣病   44 ( 3 )   256 - 260   2014年03月( ISSN:1347-0418

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    近年、炎症性腸疾患の有病率および罹患率が上昇しており、その背景には生活習慣の関与も示唆されている。「潰瘍性大腸炎」に対しては、「虫垂切除歴」によるリスク低下、「禁煙」によるリスク上昇などの報告がある。しかし、「飲酒」や「食習慣」に関しては、報告数が少なく、必ずしも明確な結論が得られていない。「Crohn病」に対しては、「虫垂切除歴」や「喫煙」によるリスク上昇などの報告がある。しかし、「虫垂切除歴」に関しては、「Crohn病」の初期症状としての腹痛により「虫垂切除」を受けたことが「Crohn病」との関連を示したにすぎない(reverse causality)という可能性もある。また、「飲酒」や「食習慣」に関しては、いまだに報告数が少ない。このように、炎症性腸疾患の原因は、いまだ不明な部分が多い。しかし、新たな発症者を可能な限り予防するため、公衆衛生上の観点からも、疾患のリスク因子を早急に解明することが急務である。(著者抄録)

  • 乳幼児におけるインフルエンザワクチン接種の副反応について

    岡田知佳, 福島若葉, 大藤さとこ, 近藤享子, 前田章子, 廣田良夫

    日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   18th   2014年

     詳細を見る

  • 予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究 2013年版「インフルエンザの予防と対策」の刊行

    小笹晃太郎, 入江伸, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 鈴木幹三, 吉田英樹, 原めぐみ, 都留智巳, 葛西健, 福島若葉, 前田章子, 石橋元規, 江藤隆, 大西浩文, 近藤亨子, 白源正成, 洲崎みどり, 松永一朗, 麦谷歩, 井手悠一郎, 廣田良夫

    予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   187 - 189   2014年

     詳細を見る

  • 【クローズアップ インフルエンザ】 インフルエンザワクチンの有効性 招待

    大藤 さとこ, 廣田 良夫

    (株)東京医学社 小児内科   45 ( 11 )   2005 - 2008   2013年11月( ISSN:0385-6305

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <Key Points>(1)インフルエンザのハイリスク者におけるワクチン有効性は、観察研究で評価することが多い。(2)観察研究で考慮すべき種々の課題を理解していれば、観察研究結果の蓄積により、ワクチン有効性の要約が可能である。(3)乳幼児や妊婦を対象としたワクチン有効性研究は少なく、未だ要約されるにいたっていない。(4)高齢者のみならず、乳幼児や妊婦を対象としたワクチン有効性研究の蓄積が必要である。(著者抄録)

  • 感染症対策の話題 ワクチン疫学研究の原理と方法 新型インフルエンザワクチンの免疫原性と有効性の評価 招待

    原 めぐみ, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (一社)日本衛生学会 日本衛生学雑誌   68 ( 3 )   153 - 160   2013年09月( ISSN:0021-5082

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    2009年4月にメキシコとアメリカで感染者が確認された新型インフルエンザであるA/H1N1pdmは瞬く間に世界中に広がり、本邦でも同年5月には患者が確認された。インフルエンザワクチンの有効性評価のための疫学研究の原理と方法について述べ、著者等が2009年のパンデミック時に経験した新型インフルエンザワクチンの免疫原性と有効性の調査研究について報告した。本稿で詳述した研究全てにおいて、接種前抗体価が高いほど、ワクチン接種後の免疫原性が低いという関連が認められた。発症予防効果を主要評価項目とするワクチンの有効性評価の際には、アウトカムの精度および正確度が重要である。特に、後方視的調査ではバイアスを伴いやすいので十分な注意が必要である。

  • 臨床医のための疫学と統計学の基本. 招待

    福島 若葉,大藤 さとこ,廣田 良夫

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 7 )   563 - 571   2013年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 臨床医のための疫学と統計学の基本

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    日本整形外科学会雑誌   87 ( 7 )   563 - 571   2013年07月( ISSN:0021-5325

  • ワクチン疫学研究の原理と方法:新型インフルエンザワクチンの免疫原性と有効性の評価.

    原めぐみ, 大藤さとこ, 福島 若葉, 廣田良夫

    日本衛生学雑誌   68 ( 3 )   153 - 160   2013年

  • 予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究 2012年版「インフルエンザの予防と対策」の刊行

    小笹晃太郎, 入江伸, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 鈴木幹三, 原めぐみ, 都留智巳, 葛西健, 福島若葉, 前田章子, 石橋元規, 江藤隆, 大西浩文, 小林真之, 近藤亨子, 白源正成, 洲崎みどり, 武知茉莉亜, 松永一朗, 麦谷歩, 井手悠一郎, 佐柳有香, 高橋真治

    予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   197 - 199   2013年

     詳細を見る

  • 【潰瘍性大腸炎・クローン病 実地医家は増え続ける患者をどのように診ていくか】 セミナー/実地医家が知っておくべき実地診療に必要な診断プロセス 炎症性腸疾患はなぜ、増えているのか? 疫学と環境因子 招待

    大藤 さとこ, 渡辺 憲治, 廣田 良夫

    (株)文光堂 Medical Practice   29 ( 7 )   1119 - 1120   2012年07月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 壮年期変形性股関節症の診断と関節温存療法 変形性股関節症の病因と疫学 招待

    大藤 さとこ, 神宮司 誠也, 近藤 亨子, 高橋 真治, 廣田 良夫

    (株)医学書院 臨床整形外科   47 ( 4 )   301 - 306   2012年04月( ISSN:0557-0433

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    わが国の変形性股関節症は,臼蓋形成不全によるものが約8割を占め,一次性は1割に満たない.診断時の平均年齢は,一次性が68歳,二次性が57歳である.したがって,臼蓋形成不全を有する患者が,変形性股関節症の診断を受けるまでには,多数の年月が経過していると考えられる.一次性の変形性股関節症に関しては,高齢,肥満,運動,肉体労働などが,発生関連要因として報告されている.しかし,これらの要因が,臼蓋形成不全を含む二次性の股関節症の発生にも影響しうるかどうかは,論拠の蓄積を要する.(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患-病因解明と診断・治療の最新知見-】 炎症性腸疾患の疫学 炎症性腸疾患の危険因子 招待

    大藤 さとこ, 乾 未来, 井手 悠一郎, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)日本臨床社 日本臨床   70 ( 増刊1 )   52 - 55   2012年02月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 【VPDを制御するためのわが国の課題】 インフルエンザ 招待

    大藤 さとこ, 廣田 良夫

    (株)永井書店 綜合臨床   60 ( 11 )   2275 - 2281   2011年11月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    2009年にインフルエンザA(H1N1)ウイルスによる世界的大流行(パンデミック)が発生し、大きな関心を集めたことは記憶に新しい。2009年6月11日に世界保健機関(WHO)がパンデミックを宣言し、2010年9月10日にパンデミック終息宣言が出されるまでの間、全世界で少なくとも約18,400人の死亡例が確認された。本邦では、同ウイルスによる大きな流行が生じたものの、死亡例が他国に比べて圧倒的に少なかったことは、幸運であった。パンデミック時に最善の対応ができるか否かは、平常時のインフルエンザ流行に適切に対応できる体制を有しているかどうかに依存する。したがって本稿では、インフルエンザのハイリスク集団について整理するとともに、インフルエンザ予防の中心であるワクチンに焦点を当て、その有効性を概説する。また、他国のインフルエンザ対策の現状に関する情報をともに、わが国のインフルエンザ対策の課題、とくにワクチン接種対象について検討する。(著者抄録)

  • 【潰瘍性大腸炎-長期経過観察例の諸問題】 再燃の因子となるものは? 招待

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科   26 ( 8 )   1115 - 1124   2011年06月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    潰瘍性大腸炎は原因不明の難治性炎症性腸管障害であり,経過中に寛解と再燃を繰り返す者が多い.診断後1年間の再燃率は約30〜50%,5年では約60〜70%と報告されている.しかし,再燃率は診断時の病態により影響を受けるため,報告により若干のばらつきがある.再燃に影響する因子として,診断時の年齢,病変部位,重症度などがある.しかし,その他の因子については再燃因子というには論拠が希薄である.また,家族歴,喫煙,虫垂切除歴など潰瘍性大腸炎の発生に関連する因子は,必ずしも再燃に強く影響しているわけではなさそうである.再燃に影響する因子の解明は,患者の寛解維持効果を向上させるためにも重要な検討課題である.(著者抄録)

  • 神経筋疾患患者におけるインフルエンザワクチン接種の安全性と有効性

    斎藤 朋子, 大藤 さとこ, 松村 剛, 豊岡 圭子, 斉藤 利雄, 猪山 昭徳, 安井 久美子, 辰巳 美昌, 藤村 晴俊, 廣田 良夫

    臨床神経学   50 ( 12 )   1215 - 1215   2010年12月( ISSN:0009-918X ( eISSN:1882-0654

  • 潰瘍性大腸炎のリスク因子-多施設共同・症例対照研究より. 招待

    大藤 さとこ,福島 若葉,廣田 良夫,押谷 伸英,渡辺 憲治,長堀 正和,渡辺 守.

    IBD Research   3 ( 4 )   271 - 276   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 【これからのIBD研究における研究班の使命は】 総括的疫学解析による疾病構造変化の追究. 招待

    武林 亨,朝倉 敬子,大藤 さとこ,福島若葉,廣田 良夫.

    IBD Research   2 ( 1 )   28 - 37   2008年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 【大腿骨頭壊死症 疫学・病態から治療まで】特発性大腿骨壊死症の疫学. 招待

    福島 若葉,大藤 さとこ,廣田 良夫

    Clin Calcium.   17 ( 6 )   843 - 848   2007年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 【大腿骨頭壊死症 疫学・病態から治療まで】 特発性大腿骨頭壊死症の疫学

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    Clinical Calcium   17 ( 6 )   843 - 848   2007年05月( ISSN:0917-5857

  • 今冬のインフルエンザ:インフルエンザワクチンの有効性と接種の適応. 招待

    大藤 さとこ,藤枝 恵,福島 若葉,前田章子,廣田 良夫

    臨牀と研究.   83 ( 12 )   1816 - 1822   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 特定疾患の疫学に関する研究 1.全国疫学調査 門脈血行異常症の全国疫学調査―一次調査の最終結果および二次調査の中間報告―

    福島若葉, 大藤さとこ, 竹村重輝, 落合裕隆, 廣田良夫, 山口将平, 橋爪誠, 玉腰暁子, 永井正規

    特定疾患の疫学に関する研究 平成17年度総括・分担研究報告書   20 - 30   2006年

     詳細を見る

  • 門脈血行異常症の全国疫学調査―中間報告―

    廣田良夫, 福島若葉, 大藤さとこ, 竹村重輝, 落合裕隆, 玉腰暁子, 永井正規

    門脈血行異常症調査研究班 平成17年度研究報告書   50 - 57   2006年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 健康成人における,BNT162b2ワクチン接種後6ヵ月間の2種類の試薬で測定した抗SARS-CoV-2抗体価の動態 日本における前向きコホート研究 国内会議

    松浦 知香, 福島 若葉, 中釜 悠, 城戸 康年, 加瀬 哲男, 近藤 亨子, 加来 奈津子, 松本 一寛, 吹田 安佐詠, 小宮 枝里子, 迎 恵美子, 仁田原 裕子, 小西 絢子, 笠松 彩音, 山口 悦子[中上], 大藤 さとこ, 金子 幸弘, 金子 明, 掛屋 弘, 廣田 良夫

    大阪市医学会雑誌  2023年12月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪市における新型コロナワクチン接種効果の見える化 国内会議

    平松由佳、山本晃士、小林茉奈実、木坂麻梨奈、廣川秀徹、國吉裕子、松本珠実、近藤享子、松浦知香、大藤さとこ、福島若葉、揚久恵

    第82回日本公衆衛生学会総会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者施設入所者および職員に対するCOVID-19ワクチン接種後抗体価の検討 国内会議

    笠松 彩音, 大藤 さとこ, 吹田 安佐詠, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 城戸 康年, 中釜 悠, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 掛屋 弘, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    第27回日本ワクチン学会学術集会  2023年09月  日本ワクチン学会

     詳細を見る

    開催地:静岡  

  • SARS-CoV-2 mRNAワクチン接種後の接種間隔を長くすると、3回目および4回目接種後抗体価は高くなる 国内会議

    松浦 知香, 福島 若葉, 加瀬 哲男, 大藤 さとこ, 近藤 亨子, 吹田 安佐詠, 迎 恵美子, 小西 絢子, 笠松 彩, 城戸 康年, 中釜 悠, 加来 奈津子, 掛屋 弘, 金子 幸弘, 廣田 良夫

    第27回日本ワクチン学会学術集会  2023年09月  日本ワクチン学会

     詳細を見る

    開催地:静岡  

  • The Difference of Outcomes Against Covid-19 Between Variants of Concern in Solid Organ Transplant Recipients: Japanese National Registry Study 国際会議

    Yamanaga S, Shimata K, Ohfuji S, Hibi T, Yoshikawa M, Natori Y, Yuzawa K, Egawa H, Japanese Society for Organ Transplantation COVID-19 registry study group

    2023年06月  AMERICAN SOCIETY OF TRANSPLANTATION

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 小児へのPCV13導入後の高齢者市中肺炎に対するPPSV23の有効性 多施設共同症例対照研究

    中島 啓, 鈴木 幹三, 青島 正大, 村端 真由美, 近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    日本呼吸器学会誌  2023年03月  (一社)日本呼吸器学会

  • 小児におけるインフルエンザワクチン接種とインフル エンザ診断時鼻汁ウイルス量の関連 国内会議

    迎 恵美子、福島 若葉、森川 佐依子、中田 恵子、廣井 聡、松本 一寛、前田 章子、近藤 亨子、伊藤 一弥、加瀬 哲男、大藤 さとこ、廣田 良夫

    第33回日本疫学会学術総会  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 健康成人におけるBNT162b2ワクチン初回シリーズ接種後の発熱と接種後6カ月間の抗SARS-CoV-2抗体価との関連 国内会議

    松浦 知香、福島 若葉、加瀬 哲男、大藤 さとこ、 近藤 亨子、松本 一寛、吹田 安佐詠、迎 恵美子、小西 絢子、笠松 彩音、仁田原 裕子、加来 奈津子、中釜 悠、城戸 康年、掛屋 弘、廣田 良夫

    第33回日本疫学会学術総会  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康成人におけるBNT162b2ワクチン接種後6カ月間の抗SARS-CoV-2抗体価の動態:2種類の免疫測定法による評価 国内会議

    松浦知香、福島若葉、加瀬哲男、大藤さとこ、近藤亨子、松本一寛、吹田安佐詠、迎恵美子、小西絢子、笠松彩音、加来奈津子、中釜悠、城戸康年、掛屋弘、廣田良夫

    第26回日本ワクチン学会学術集会  2022年11月  日本ワクチン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新型コロナウイルスワクチン接種回数別の免疫原性に影響する要因 国内会議

    大藤 さとこ、吹田安佐詠、笠松彩音、近藤亨子、仲田裕行、城戸康年、中釜悠、小西絢子、迎恵美子、松本一寛、松浦知香、加瀬哲男、掛屋弘、福島若葉、廣田良夫

    第26回日本ワクチン学会学術集会  2022年11月  日本ワクチン学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:香川  

  • 自己免疫性肝胆膵疾患の新展開 原発性胆汁性胆管炎発症に関与する環境因子の同定-多施設共同国内症例対照研究 国内会議

    松本 康佑, 大藤 さとこ, 田中 篤

    JDDW2022  2022年10月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Inactivated influenza vaccination did not reduce influenza viral load at diagnosis among young Japanese children during the 2013/2014 through 2017/2018 influenza seasons. 国際会議

    Mukai E, Fukushima W, Morikawa S, Nakata K, Hiroi S, Fujioka M, Matsushita T, Kubota M, Yagi Y, Takechi T, Takasaki Y, Shindo S, Yamashita Y, Yokoyama T, Kiyomatsu Y, Matsumoto K, Maeda A, Kondo K, Ito K, Kase T, Ohfuji S, Hirota Y.

    Influenza Option Ⅺ  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Belfast  

  • 門脈圧亢進症の治療 門脈血行異常症における診療ネットワーク構築 国内会議

    赤星 朋比古, 大藤 さとこ, 橋爪 誠, 鹿毛 政義

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • test negative case control designによる川崎幸クリニック発熱外来受診者のSARS-CoV-2ワクチン効果の検討 単施設後ろ向き研究 国内会議

    青島 正大, 大藤 さとこ

    第96回日本感染症学会総会・学術講演会  2022年04月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 百日咳の現状と課題 ワクチン疫学研究から 国内会議

    大藤 さとこ

    第31回日本外来小児科学会春季カンファレンス  2022年03月  (一社)日本外来小児科学会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 腎移植後患者に対するCOVID-19ワクチン抗体獲得性について 国内会議

    海上 耕平, 石渡 亜由美, 神澤 太一, 清水 朋一, 乾 政志, 尾本 和也, 田邉 一成, 高木 敏男, 吉川 美喜子, 大藤 さとこ, 湯沢 賢治, 江川 裕人, 石田 英樹

    第55回日本臨床腎移植学会  2022年02月  (一社)日本臨床腎移植学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者施設入所者・職員での新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 中間解析結果(その2) 国内会議

    大藤 さとこ, 吹田 安佐詠, 笠松 彩音, 城戸 康年, 中釜 悠, 掛屋 弘, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    第32回日本疫学会学術総会  2022年01月  (一社)日本疫学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高齢者施設入所者・職員での新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 中間解析結果(その1) 国内会議

    吹田 安佐詠, 大藤 さとこ, 笠松 彩音, 城戸 康年, 中釜 悠, 掛屋 弘, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    第32回日本疫学会学術総会  2022年01月  (一社)日本疫学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新型コロナウイルス感染症罹患者における死亡の関連因子(大阪府新型コロナウイルス対応状況管理システム) 国内会議

    近藤 亨子, 吹田 安佐詠, 大藤 さとこ, 迎 恵美子, 加瀬 哲男, 福島 若葉

    第32回日本疫学会学術総会  2022年01月  (一社)日本疫学会

  • 大阪市民を対象とした子宮頸がん検診未受診者の関連因子の検討 横断研究 国内会議

    迎 恵美子, 大藤 さとこ, 近藤 享子, 福島 若葉

    第80回日本公衆衛生学会総会  2021年12月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高齢者施設入所者および職員における新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 国内会議

    大藤さとこ、吹田安佐詠、笠松彩音、近藤亨子、仲田裕行、城戸康年、中釜悠、小西絢子、迎恵美子、松本一寛、松浦知香、加瀬哲男、掛屋弘、福島若葉、廣田良夫

    第25回日本ワクチン学会学術集会  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 新型コロナウイルスワクチンの有効性に関する疫学的検討:Antibody efficacyの側面から 招待 国内会議

    大藤さとこ

    第25回日本ワクチン学会学術集会・シンポジウム  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 百日咳の疫学とワクチン接種の意義 招待 国内会議

    大藤 さとこ

    第53回日本小児感染症学会総会・学術集会  2021年10月  (一社)日本小児感染症学会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • The incidence and risk factors of acute infectious diarrhea in Japanese geriatric intermediate care facility 国際会議

    Suita A, Ohfuji S, Fukushima W, Ito K, Kase T, Kondo K, Ishibashi M, Kumashiro H, Kawai S, Deguchi A, Nakata H, Iba K, Kita T, Kinugawa K, Hamada K, Fujimoto M, Furukawa Y, Sowa E, Nakazawa H, Hirota Y.

    WCE2021  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Disease burden of mumps in Japan: descriptive epidemiology based on the health insurance reimbursement database. 国際会議

    Ohfuji S, Takagi A, Nakano T, Kumihashi H, Kano M, Tanaka T.

    WCE2021  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 難治性肝疾患:病態解明と治療法確立に向けた基礎・臨床研究の最前線 門脈血行異常症の臨床疫学特性の検討 国内会議

    大藤 さとこ, 古市 好宏, 田中 篤

    第107回日本消化器病学会学術集会  2021年04月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • おたふくかぜワクチン接種後の有害事象に関する調査 国内会議

    大藤 さとこ、加瀬 哲男、近藤 亨子、田中 孝明、中野 貴司、福島 若葉、廣田 良夫

    第31回日本疫学会学術総会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者における低アルブミン血症と院外肺炎発症のリスク 症例対照研究 国内会議

    鷲尾 昌一, 近藤 亨子, 福島 若葉, 大藤 さとこ, 廣田 良夫, 高齢者肺炎研究グループ

    第31回日本疫学会学術総会   2021年02月  (一社)日本疫学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 先天性横隔膜ヘルニアの児の最適な呼吸器設定 重症度による層化解析の検討 国内会議

    冬木 真規子, 大藤 さとこ, 奥山 宏臣, 新生児先天性横隔膜ヘルニア研究グループ

    第31回日本疫学会学術総会   2021年02月  (一社)日本疫学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 潰瘍性大腸炎発症と喫煙・飲酒習慣の関連 多施設共同症例対照研究 国内会議

    近藤 亨子, 小野 優, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    第31回日本疫学会学術総会   2021年02月  (一社)日本疫学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 現行プログラムによる百日咳ワクチンの有効性:多施設共同・症例対照研究 国内会議

    大藤 さとこ、岡田 賢司、三原 由佳、宮田 章子、藤野 元子、本村 知華子、中村 英夫、吉川 哲史、田中 孝明、中野 貴司、廣田 良夫

    第24回 日本ワクチン学会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPVワクチンの有効性・安全性に関する系統的レビュー 国内会議

    大藤さとこ

    第24回 日本ワクチン学会学術集会・シンポジウム  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 大阪府下の介護老人保健施設における下痢症の罹患率とそのリスク因子 国内会議

    吹田 安佐詠, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 近藤 亨子, 伊藤 一弥, 廣田 良夫

    第79回日本公衆衛生学会総会  2020年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 食事中の微量元素の摂取と潰瘍性大腸炎発生との関連 国内会議

    大藤 さとこ、小林 由美恵、近藤 亨子、福島 若葉、廣田 良夫、For the Japanese Case-Control Study Group for Ulcerative Colitis

    第30回日本疫学会学術総会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 妊婦および乳幼児に対するインフルエンザワクチンの有効性と安全性 招待 国内会議

    大藤 さとこ

    第23回日本ワクチン学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 妊婦に対するインフルエンザワクチン接種の安全性:妊娠転帰に及ぼす影響 国内会議

    大藤 さとこ、加瀬 哲男、前田 章子、近藤 亨子、福島 若葉、廣田 良夫、for the Osaka Pregnant Women Influenza Study Group

    第23回日本ワクチン学会学術集会  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ウイルス除去を達成したC型慢性肝炎患者における、肝癌の発症と関連する生活習慣因子 国内会議

    松浦 知香, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 田守 昭博, 木岡 清英

    第78回日本公衆衛生学会総会  2019年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 難治性炎症性腸管障害希少疾患の有病者数推計に関する全国疫学調査 国内会議

    大庭 真梨, 村上 義孝, 西脇 祐司, 朝倉 敬子, 大藤 さとこ, 福島 若葉

    第78回日本公衆衛生学会総会  2019年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 自衛隊におけるインフルエンザワクチン有効性の検討 国内会議

    轟 伊佐雄, 大藤 さとこ, 福島 若葉

    第78回日本公衆衛生学会総会  2019年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 現行プログラムによる百日咳ワクチンの有効性 多施設共同・症例対照研究 国内会議

    大藤 さとこ, 原 めぐみ, 近藤 亨子, 福島 若葉, 廣田 良夫, 岡田 賢司, 中野 貴司, 荒木 薫, 本村 知華子, 藤野 元子, 吉川 哲史, 宮田 章子, 三原 由佳, 石井 茂樹, 田中 敏博, 伊東 宏明, 笠井 正志, 毛利 陽子, 太田 光博

    第78回日本公衆衛生学会総会  2019年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 特発性大腿骨頭壊死症の地域分布 全国疫学調査データを用いた検討 国内会議

    福島 若葉, 伊藤 一弥, 大藤 さとこ, 近藤 亨子, 中村 好一, 谷 哲郎, 安藤 渉, 菅野 伸彦, 坂井 孝司

    第78回日本公衆衛生学会総会  2019年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 日本人におけるクローン病発症の関連因子 10歳前後の食習慣に着目して 国内会議

    近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 伊藤 一弥, 廣田 良夫

    第78回日本公衆衛生学会総会  2019年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 門脈血行異常症の特徴 全国疫学調査の結果から 国内会議

    古市 好宏, 大藤 さとこ, 糸井 隆夫, 橋爪 誠

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effectiveness of maternal influenza vaccination to protect their infants against influenza: prospective cohort study in Japan 国際会議

    Ohfuji S, Deguchi M, Tachibana D, Koyama M, Takagi T, Yoshioka T, Urae A, Fukushima W, Hirota Y, and for the Osaka Pregnant Women Influenza Study Group.

    Options Ⅹ for the control of Influenza  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

  • Safety of influenza vaccination in pregnant women in terms of adverse birth outcomes: prospective cohort study in Japan 国際会議

    Ohfuji S, Deguchi M, Tachibana D, Koyama M, Takagi T, Yoshioka T, Urae A, Fukushima W, Hirota Y, and for the Osaka Pregnant Women Influenza Study Group.

    Options Ⅹ for the control of Influenza  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

  • 食物中の鉄・亜鉛の摂取量と潰瘍性大腸炎との関連 多施設共同・症例対照研究 国内会議

    小林 由美恵, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 鎌田 紀子, 細見 周平, 山上 博一, 藤原 靖弘, 渡辺 憲治, 長堀 正和, 渡辺 守, 鈴木 康夫

    第105回日本消化器病学会総会  2019年05月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊婦に対するインフルエンザワクチンの安全性:妊娠転帰への影響 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫、for the Osaka Pregnant Women Influenza Study Group

    第29回日本疫学会学術総会  2019年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • C型肝炎に対する抗ウイルス治療後の予後に影響する要因 国内会議

    大藤 さとこ, 松浦 知香, 近藤 亨子, 伊藤 一弥, 福島 若葉

    第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高齢者における院外発症肺炎発症の関連要因 症例対照研究 国内会議

    鷲尾 昌一, 近藤 亨子, 福島 若葉, 大藤 さとこ, 井手 悠一郎, 廣田 良夫

    第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 特定健診データから見た生活習慣病と生活習慣の関連 国内会議

    沖井 由佳, 中川 裕子, 神谷 教子, 大島 詔, 大藤 さとこ

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2018年10月  第77回日本公衆衛生学会総会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 日本人におけるクローン病の発症関連因子 口腔内衛生との関連 国内会議

    近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 伊藤 一弥, 廣田 良夫

    第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 公衆衛生の観点でみるインフルエンザワクチン接種の意義 妊婦および小児での有効性を中心に 国内会議

    大藤 さとこ

    第77回日本公衆衛生学会総会  2018年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • インフルエンザワクチンの有効性・安全性の考え方―母親への接種を中心に― 国内会議

    大藤さとこ

    Takeda ワクチン全国Web講演会  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 妊婦のインフルエンザワクチン接種の有効性:出生児のインフルエンザに対する効果 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫、for the Osaka Pregnant Women Influenza Study Group

    第21回日本ワクチン学会学術集会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者におけるノロウイルス胃腸炎の入院例に関する全国疫学調査 国内会議

    大藤 さとこ、近藤 亨子、伊藤 一弥、前田 章子、福島 若葉、増田 大星、大竹 淳

    第76回日本公衆衛生学会総会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 潰瘍性大腸炎およびクローン病の有病者数推計に関する全国疫学調査 国内会議

    村上 義孝, 西脇 祐司, 桑原 絵里加, 大庭 真梨, 朝倉 敬子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 中村 好一

    第76回日本公衆衛生学会総会  2017年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 日本人におけるクローン病の発症関連因子 国内会議

    近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 伊藤 一弥, 廣田 良夫

    第76回日本公衆衛生学会総会  2017年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 健康寿命延伸にかかる要因分析の取り組み(第2報) 国内会議

    神谷 教子, 中川 裕子, 吉野 祥一, 半羽 宏之, 國吉 裕子, 大島 詔, 吉村 高尚, 大藤 さとこ

    第76回日本公衆衛生学会総会  2017年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Influenza disease burden among Japanese pregnant women―a self-control method―. 国際会議

    Ohfuji S

    WCE2017_Symposium 20  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 疫学・統計学の基礎-ワクチンを事例として- 招待 国内会議

    大藤 さとこ

    第107・108回 データマネジメントPMS協議会  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 消化管手術を行った極低出生体重児の生命予後に関する検討 国内会議

    江角元史郎、永田公二、落合正行、大野通暢、藤永英志、松沢要、望月響子、白石 淳、漆原直人、横井暁子、早川昌弘、田附裕子、大藤さとこ、奥山宏臣、田口智章

    第53回日本周産期・新生児医学会学術集会  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超低出生体重児の外科と治療成績 超低出生体重児の消化管機能障害における開腹手術の予後について 国内13施設による症例対照研究結果 国内会議

    江角 元史郎, 近藤 琢也, 岩中 剛, 三好 きな, 永田 公二, 落合 正行, 田口 智章, 早川 昌弘, 漆原 直人, 望月 響子, 横井 暁子, 白石 淳, 藤永 英志, 大橋 研介, 大藤 さとこ, 天江 新太郎, 古川 泰三, 矢内 俊裕, 田附 裕子, 奥山 宏臣

    第117回日本外科学会定期学術集会  2017年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門脈血行異常症の全国疫学調査 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、中村 好一

    第27回日本疫学会学術総会  2017年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 門脈血行異常症の全国疫学調査 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、中村 好一

    第75回日本公衆衛生学会総会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高齢者における肺炎と嗜好飲料(コーヒー・紅茶・緑茶)との関連 症例対照研究 国内会議

    近藤 亨子, 鷲尾 昌一, 大藤 さとこ, 前田 章子, 福島 若葉, 廣田 良夫, 鈴木 幹三

    第75回日本公衆衛生学会総会   2016年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 首都圏の鉄道会社における職種別のインフルエンザ罹患に関する疫学研究 国内会議

    福住 宗久, 溝口 かおる, 神奈川 芳行, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫, 大石 和徳

    第75回日本公衆衛生学会総会   2016年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 学歴・青少年期家計状態と成人期の肥満との関連 大阪市における横断研究から 国内会議

    松永 一朗, 福島 若葉, 田淵 貴大, 撫井 賀代, 中川 裕子, 乾 未来, 近藤 亨子, 大藤 さとこ, 廣田 良夫, 佐柳 有香, 川野 英二, 福原 宏幸

    第75回日本公衆衛生学会総会   2016年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大阪市保健所・保健福祉センターにおける医学部学生実習の取組み 国内会議

    吉村 高尚, 澤田 好伴, 稲田 浩, 吉田 英樹, 撫井 賀代, 松永 一朗, 大藤 さとこ, 福島 若葉

    第75回日本公衆衛生学会総会   2016年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 3,000m持続走成績と糖尿病罹患との関連性 職域におけるコホート研究 国内会議

    轟 伊佐雄, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    第75回日本公衆衛生学会総会   2016年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 定金 敦子, 小笹 晃太郎

    第75回日本公衆衛生学会総会   2016年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 疫学・統計学の基礎-感染症ワクチンにおける安全性・有効性検討について- 招待 国内会議

    大藤さとこ

    第20回日本ワクチン学会学術集会モーニングセミナー  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 妊婦におけるインフルエンザの疾病負担:self-control methodによる評価 国際会議

    Ohfuji S, Deguchi M, Tachibana D, Koyama M, Takagi T, Yoshioka T, Urae A, Fukushima W, Hirota Y, and for the Osaka Pregnant Women Influenza Study Group.

    第9回インフルエンザ国際会議  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 妊婦における季節性インフルエンザの健康影響について 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫、for the Osaka Pregnant Women Influenza Study Group

    第26回日本疫学会学術総会  2016年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 学歴・青少年期家計状態と心血管疾患危険因子との関連 大阪市における横断研究から 国内会議

    松永 一朗, 福島 若葉, 田淵 貴大, 撫井 賀代, 中川 裕子, 乾 未来, 近藤 亨子, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    第74回日本公衆衛生学会総会  2015年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 歯科検診受診状況および関連因子 大阪市における住民ベースの横断研究から 国内会議

    近藤 亨子, 三木 仁志, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 松永 一朗, 乾 未来, 田淵 貴大, 撫井 賀代, 中川 裕子, 廣田 良夫

    第74回日本公衆衛生学会総会  2015年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 定金 敦子, 大藤 さとこ, 福島 若葉

    第74回日本公衆衛生学会総会  2015年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 小児外科におけるナショナルスタディと診断治療ガイドラインの構築 極低出生体重児の消化管機能障害に関する周産期背景因子ならびに予後の検討 国内会議

    奥山 宏臣, 大藤 さとこ, 早川 昌弘, 漆原 直人, 横井 暁子, 白石 淳, 望月 響子, 藤永 英志, 大橋 研介, 永田 公二, 天江 新太郎, 古川 泰三, 矢内 俊裕, 田附 裕子, 皆川 京子, 低出生体重児消化管機能障害の疾患概念確立に向けた疫学調査研究班

    第52回日本小児外科学会学術集会  2015年05月  日本小児外科学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 極低出生体重児におけるMRIについての検討 NEC、FIPとの差異 国内会議

    江角 元史郎, 永田 公二, 落合 正行, 田口 智章, 早川 昌弘, 漆原 直人, 望月 響子, 横井 暁子, 白石 淳, 藤永 英志, 大橋 研介, 大藤 さとこ, 天江 新太郎, 古川 泰三, 矢内 俊裕, 田附 裕子, 奥山 宏臣, 低出生体重児の消化管機能障害に関する周産期背景因子の疫学調査研究班

    第52回日本小児外科学会学術集会  2015年05月  日本小児外科学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Pre-illness isoflavone consumption and disease risk of ulcerative colitis: a multicenter case-control study in Japan. 招待 国際会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫、for the Japanese Case-Control Study Group for Ulcerative Colitis

    第25回日本疫学会学術総会  2015年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Vaccine epidemiology: Principles and Methods ワクチン接種の有害事象:self-control methodによる因果性検証(事例紹介) 招待 国内会議

    大藤 さとこ

    第18回日本ワクチン学会学術集会  2014年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Vaccine epidemiology: Principles and Methods 妊婦における季節性インフルエンザの健康影響に関する調査 -Self-control method- 招待 国内会議

    大藤 さとこ

    第18回日本ワクチン学会学術集会  2014年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • イソフラボン摂取と潰瘍性大腸炎発生との関連 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫

    第73回日本公衆衛生学会総会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 学歴・青少年期家計状態と心血管疾患危険因子との関連 大阪市における横断研究から 国内会議

    松永 一朗, 福島 若葉, 田淵 貴大, 撫井 賀代, 中川 裕子, 乾 未来, 近藤 亨子, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    第73回日本公衆衛生学会総会  2014年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 変形性膝関節症の関連因子 大阪市における住民ベースの横断研究から 国内会議

    近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 松永 一朗, 乾 未来, 田淵 貴大, 撫井 賀代, 中川 裕子, 廣田 良夫

    第73回日本公衆衛生学会総会  2014年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 定金 敦子, 大藤 さとこ, 福島 若葉

    第73回日本公衆衛生学会総会抄録集  2014年11月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 手術を受けた児の長期予後 消化管機能障害を呈した極低出生体重児の18ヵ月における予後 国内会議

    早川 昌弘, 白石 淳, 武 浩志, 田口 智章, 藤永 英志, 漆原 直人, 横井 暁子, 大藤 さとこ, 大橋 研介, 奥山 宏臣

    第50回日本周産期・新生児医学会学術集会  2014年07月  (一社)日本周産期・新生児医学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 極低出生体重児における消化管穿孔手術症例の検討 全国high volume center 10施設の集計結果から 国内会議

    江角 元史郎, 田口 智章, 早川 昌弘, 漆原 直人, 武 浩志, 横井 暁子, 白石 淳, 大橋 研介, 大藤 さとこ, 奥山 宏臣

    第51回日本小児外科学会学術集会  2014年05月  日本小児外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 現行プログラムによる百日咳ワクチンの有効性:多施設共同・症例対照研究 国内会議

    大藤 さとこ、岡田 賢司、中野 貴司、伊東 宏明 、原 めぐみ、廣田 良夫

    第24回日本疫学会学術総会  2014年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • B型・C型肝炎ウイルス検査受検の状況および関連因子 大阪市における横断研究から 国内会議

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 田淵 貴大, 撫井 賀代, 中川 裕子, 乾 未来, 近藤 亨子, 松永 一朗, 廣田 良夫

    第72回日本公衆衛生学会総会  2013年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肝疾患患者におけるインフルエンザA(H1N1)pdm09ワクチンの有効性 国内会議

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    第72回日本公衆衛生学会総会  2013年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 学歴と心血管疾患危険因子の有病(保有)割合 大阪市における横断研究から 国内会議

    松永 一朗, 福島 若葉, 田淵 貴大, 撫井 賀代, 中川 裕子, 乾 未来, 近藤 亨子, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    第72回日本公衆衛生学会総会  2013年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 変形性股関節症男性患者の診断時重症度に関連する因子 国内会議

    近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 乾 未来, 廣田 良夫

    第72回日本公衆衛生学会総会  2013年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 定金 敦子, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    第72回日本公衆衛生学会総会  2013年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • グローバル感染症に対するリスク管理と予防対策 新型インフルエンザワクチン(2009)の免疫原性と有効性:妊婦・慢性肝疾患患者 国内会議

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 出口 昌昭, 川端 和女, 吉田 英樹, 畑山 英明, 田守 昭博, 前田 一洋, 前田 章子, 廣田 良夫

    第83回日本衛生学学術総会  2013年03月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グローバル感染症に対するリスク管理と予防対策 新型インフルエンザワクチン(2009)の免疫原性と有効性 妊婦における有効性 国内会議

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 出口 昌昭, 川端 和女, 畑山 英明, 吉田 英樹, 前田 章子, 廣田 良夫

    第83回日本衛生学学術総会   2013年03月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グローバル感染症に対するリスク管理と予防対策 新型インフルエンザワクチン(2009)の免疫原性と有効性 中高生における免疫原性 国内会議

    廣田 良夫, 小林 真之, 大藤 さとこ, 福島 若葉

    第83回日本衛生学学術総会   2013年03月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 臼蓋形成不全による変形性股関節症患者の体重と診断時重症度との関連 国内会議

    大藤 さとこ、近藤 亨子、高橋 真治、乾 未来、廣田 良夫

    第23回日本疫学会学術総会  2013年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2009/2010シーズンおよび2010/2011シーズンを通じた同一乳幼児におけるA(H1N1)09pdmワクチンの免疫原性 国内会議

    進藤 静生, 高崎 好生, 横山 隆, 山下 祐二, 芝尾 敬吾, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    第13回九州外来小児科学研究会  2012年12月  (一社)日本外来小児科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2009/2010シーズンおよび2010/2011シーズンを通じた同一乳幼児におけるA/カルフォルニア/7/2009(H1N1)pdmワクチンの免疫原性 国内会議

    進藤 静生, 高崎 好生, 芝尾 敬吾, 横山 隆, 山下 祐二, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    第13回九州外来小児科学研究会  2012年12月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊婦における新型インフルエンザワクチンの副反応 国内会議

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 吉田 英樹, 畑山 英明, 前田 章子, 廣田 良夫

    第71回日本公衆衛生学会総会  2012年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 臼蓋形成不全による変形性股関節症患者の股関節機能に関連する因子 国内会議

    近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 高橋 真治, 乾 未来, 廣田 良夫

    第71回日本公衆衛生学会総会  2012年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 臼蓋形成不全による変形性股関節症患者の体重と診断時重症度との関連 国内会議

    大藤 さとこ, 近藤 亨子, 高橋 真治, 乾 未来, 廣田 良夫

    第71回日本公衆衛生学会総会  2012年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    第71回日本公衆衛生学会総会  2012年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 妊婦における新型インフルエンザワクチンの免疫原性-直近の季節性ワクチン接種による抗体応答の低下- 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、出口 昌昭、川端 和女、吉田 英樹、畑山 英明、前田 章子、廣田 良夫

    第466回大阪市医学会  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • わが国における感染症対策の動向と課題 インフルエンザ対策とワクチン有効性評価 国内会議

    廣田 良夫, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    第82回日本衛生学会学術総会  2012年03月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性肝疾患患者における新型インフルエンザの発生関連要因 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫

    第22回日本疫学会学術総会  2012年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 変形性股関節症女性患者における機能障害と関連する因子 国内会議

    近藤 亨子、大藤 さとこ、中原 薫、高橋 真治、廣田 良夫、神宮司 誠也

    第22回日本疫学会学術総会  2012年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肝疾患患者における新型インフルエンザワクチンの有効性 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫

    第15回日本ワクチン学会学術集会  2011年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2010/11シーズンインフルエンザワクチンによって誘導されたA(H3N2)野生株に対する抗体 国内会議

    加瀬 哲男、前田 章子、中田 恵子、入江 伸、大藤 さとこ、廣田 良夫

    第15回日本ワクチン学会学術集会  2011年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 筋ジストロフィー患者における新型インフルエンザワクチンの免疫原性と安全性 国内会議

    齋藤 朋子、大藤 さとこ、前田章子、廣田 良夫

    第15回日本ワクチン学会学術集会  2011年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳幼児におけるインフルエンザワクチン接種後の副反応 国内会議

    武知 茉莉亜, 藤枝 恵, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 近藤 亨子, 前田 章子, 廣田 良夫

    第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 肝疾患患者における新型インフルエンザワクチンの有効性 国内会議

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 廣田 良夫

    第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 変形性股関節症患者の機能障害と関連する因子(日整会プロジェクト研究のデータ解析) 国内会議

    近藤 亨子, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 乾 未来, 高橋 真治, 廣田 良夫

    第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ワクチンによるインフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 鷲尾 昌一, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    第70回日本公衆衛生学会総会  2011年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2009年新型インフルエンザAH1N1pdm感染者の血清学的追跡 国内会議

    前田 章子, 菅野 恒治, 加瀬 哲男, 大藤 さとこ, 廣田 良夫, 森川 佐依子, 廣井 聡

    第52回日本臨床ウイルス学会  2011年06月  日本臨床ウイルス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝疾患患者における新型インフルエンザワクチンの免疫原性と安全性 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫

    第21回日本疫学会学術総会  2011年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 変形性股関節症女性患者における生殖歴と疾患重症度との関連 国内会議

    中原 薫、大藤 さとこ、近藤 亨子、高橋 真治、廣田 良夫、神宮司 誠也

    第21回日本疫学会学術総会  2011年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 変形性股関節症女性患者における機能障害と関連する因子 国内会議

    近藤 亨子、大藤 さとこ、中原 薫、高橋 真治、廣田 良夫、神宮司 誠也

    第21回日本疫学会学術総会  2011年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 妊婦における新型インフルエンザワクチンの免疫原性 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、吉田 英樹、畑山 英明、前田 章子、廣田 良夫

    第14回日本ワクチン学会学術集会  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝疾患患者における新型インフルエンザワクチンの免疫原性 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫

    第14回日本ワクチン学会学術集会  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インフルエンザの予防と対策に関する啓発 国内会議

    小笹 晃太郎, 鷲尾 昌一, 福島 若葉, 大藤 さとこ

    第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 季節性インフルエンザワクチンと新型インフルエンザワクチンの肺炎予防効果 国内会議

    鈴木 幹三, 鷲尾 昌一, 小島原 典子, 近藤 亨子, 福島 若葉, 大藤 さとこ, 菅 榮, 山本 俊信, 太田 千晴, 山本 和英, 中西 洋一, 池松 秀之, 藤澤 伸光, 田代 英樹, 清水 義久, 藤本 典子, 米嶋 康臣, 武富 正彦, 廣田 良夫, 厚生労働科学研究費補助金「インフルエンザ及び近年流行が問題となっている呼吸器感染症の分析疫学研究」高齢者肺炎研究グループ

    第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 妊婦における新型インフルエンザワクチンの有効性 国内会議

    福島 若葉, 大藤 さとこ, 吉田 英樹, 畑山 英明, 前田 章子, 廣田 良夫

    第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 妊婦における新型インフルエンザワクチンの免疫原性 国内会議

    大藤 さとこ, 福島 若葉, 吉田 英樹, 畑山 英明, 前田 章子, 廣田 良夫

    第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 在宅療養高齢者におけるインフルエンザ発病に関連する因子 国内会議

    鈴木 幹三, 近藤 亨子, 熊谷 桂子, 前田 章子, 福島 若葉, 大藤 さとこ, 廣田 良夫

    第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 中学生・高校生における新型インフルエンザワクチンの免疫原性 国内会議

    小林 真之, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    第69回日本公衆衛生学会総会  2010年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Immunogenicity of a monovalent 2009 influenza A (H1N1) vaccine among pregnant women 国際会議

    Ohfuji S, Fukushima W, Deguchi M, Kawabata K, Yoshida H, Hatayama H, Maeda A, Hirota Y.

    Options for the control of InfluenzaⅦ  2010年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hong Kong  

  • Effectiveness of a monovalent 2009 influenza A (H1N1) vaccine among pregnant women 国際会議

    Fukushima W, Ohfuji S, Deguchi M, Kawabata K, Yoshida H, Hatayama H, Maeda A, Hirota Y.

    Options for the control of InfluenzaⅦ  2010年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hong Kong  

  • 感染症研究の現状と最近の知見 中学生・高校生における新型インフルエンザワクチンの免疫原性 国内会議

    小林 真之, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 前田 章子, 廣田 良夫

    第80回日本衛生学会学術総会  2010年04月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Factors associated with disease severity among female Japanese patients with hip osteoarthritis. 国内会議

    Ohfuji S, Kondo K, Nakahara K, Hirota Y, Jingushi S.

    第20回日本疫学会学術総会  2010年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Factors associated with functional limitation in Japanese female patients with hip osteoarthritis 国内会議

    Kondo K, Ohfuji S, Nakahara K, Hirota Y, Jingushi S.

    第20回日本疫学会学術総会  2010年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 非アルコール性脂肪肝の女性患者における肝疾患進展の関連要因 国内会議

    大藤 さとこ、福島 若葉、廣田 良夫

    第68回日本公衆衛生学会総会  2009年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • C型慢性肝疾患患者での糖尿病と肝細胞癌の関連 国内会議

    大藤さとこ、福島若葉、廣田良夫

    第18回日本疫学会学術総会  2008年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 乳幼児におけるインフルエンザワクチンの免疫原性について 国内会議

    入江伸、大藤さとこ、伊藤一弥、石橋元規、高見沢昭久、合田英雄、高崎好生、進藤静生、横山隆、山下祐二、芝尾京子、前田章子、廣田良夫

    第11回日本ワクチン学会学術集会  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳幼児におけるインフルエンザワクチンの接種量と免疫原性に関する研究 国内会議

    伊藤一弥、大藤さとこ、入江伸、石橋元規、高見沢昭久、石川豊数、高崎好生、進藤静生、横山隆、山下祐二、芝尾京子、前田章子、廣田良夫

    第66回日本公衆衛生学会総会  2007年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Immunogenicity of trivalent inactivated influenza vaccine among children less than 4 years of age. 国際会議

    Irie S, Fujieda M, Ito K, Ishibashi M, Takamizawa A, Ishikawa T, Takasaki Y, Shindo S, Yokoyama T, Yamashita Y, Shibao K, Koyanagi H, Maeda A, Ohfuji S, Hirota Y

    Influenza Option Ⅴ.  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 非アルコール性脂肪肝(NAFLD)患者における肝疾患進展のリスク因子 国内会議

    大藤さとこ、福島若葉、廣田良夫

    第17回日本疫学会学術総会  2007年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 妊娠時肉類および脂肪酸摂取と乳児アトピー性皮膚炎疑いとの関連 : 大阪母子保健研究(疫学2,一般演題(口演),第56回日本アレルギー学会秋季学術大会) 国内会議

    齋藤 京子, 横山 徹爾, 三宅 吉博, 佐々木 敏, 田中 景子, 大矢 幸弘, 福島 若葉, 大藤 さとこ, 清原 千香子, 廣田 良夫

    第56回日本アレルギー学会秋季学術総会  2006年11月  一般社団法人 日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.15036/arerugi.55.1215_1

    CiNii Article

  • 家族要因とアレルギー性疾患との関連 : 沖縄小児健康調査Ryukyus Child Health Study(疫学2,一般演題(口演),第56回日本アレルギー学会秋季学術大会) 国内会議

    大藤 さとこ, 三宅 吉博, 荒川 雅志, 田中 景子, 佐々木 敏, 大矢 幸弘

    第56回日本アレルギー学会秋季学術総会  2006年11月  一般社団法人 日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.15036/arerugi.55.1215_3

    CiNii Article

  • 臨床研究のデザインについて(観察研究) 国内会議

    大藤 さとこ

    第60回国立病院総合医学会  2006年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • C型慢性肝疾患患者における夜食摂取とHCCの関連 国内会議

    大藤さとこ、福島若葉、田中隆、廣田良夫

    第16回日本疫学会学術総会  2006年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • C型慢性肝疾患患者におけるカフェイン含有飲料摂取頻度と発癌の関連 国内会議

    大藤さとこ、福島若葉、田中隆、廣田良夫

    第15回日本疫学会学術総会  2005年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • HCCに関連する食事因子 国内会議

    大藤さとこ、福島若葉、田中隆、廣田良夫

    第63回日本公衆衛生学会総会  2004年10月  日本公衆衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 感染症に関する疫学研究

  • 肝疾患に関する分析疫学研究

  • 難病に関する疫学研究

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 肝疾患の予防に関する疫学調査

     詳細を見る

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究  

  • 難病の予防に関する疫学調査

     詳細を見る

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究  

  • 感染症の予防に関する疫学調査

     詳細を見る

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究  

科研費

  • Budd-Chiari症候群の予後に関する分析疫学研究

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 新型コロナウイルスワクチンの抗体応答の関連因子:メタボロミクスに着目した検討

    基盤研究(B)  2023年04月

  • 新型コロナウイルスワクチンの抗体応答の関連因子:メタボロミクスに着目した検討

    基盤研究(B)  2022年04月

  • 新開発超音波エラストグラフィーによる画期的「非侵襲的食道胃静脈瘤診断法」の開発

    基盤研究(C)  2017年04月

  • C型肝炎に対する抗ウイルス治療後の予後に関する分析疫学研究

    基盤研究(B)  2017年04月

  • 生後6ヵ月未満児のインフルエンザ予防に関する疫学調査

    基盤研究(B)  2013年04月

  • 脂肪肝患者における予後の予測因子に関する疫学研究

    若手研究(B)  2007年04月

▼全件表示

受託研究

  • FALDの疫学調査・レジストリ拡充と病態解明に基づく診療ガイドライン作成に資する研究

    国立研究開発法人国立国際医療研究センター  国際医療研究開発費  2022年10月

  • FALDのレジストリ構築と病態解明に基づく診療ガイドライン作成に資する研究

    国立研究開発法人国立国際医療研究センター  国際医療研究開発費  2022年04月

  • FALDのレジストリ構築と病態解明に基づく診療ガイドライン作成に資する研究

    国立研究開発法人  2021年04月

  • FALDのレジストリ構築と病態解明に基づく診療ガイドライン作成に資する研究

    国立研究開発法人  2020年12月

  • 先天性横隔膜ヘルニアにおける最適な人工換気法・手術時期・手術方法に関する研究

    2019年04月

  • 先天性横隔膜ヘルニアにおける最適な人工換気法・手術時期・手術方法に関する研究

    2018年04月

  • 先天性横隔膜ヘルニアにおける最適な人工換気法・手術時期・手術方法に関する研究

    2017年04月

  • 門脈血行異常症に関する調査研究

    2015年04月

  • 門脈血行異常症に関する調査研究

    2014年04月

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 妊娠中の予防接種の重要性に対する意識向上

    ファイザージャパン株式会社  独立医学教育助成金  2023年01月

  • 女性、特に妊婦への予防接種に対する知識ギャップを解消するための教育活動

    ファイザージャパン株式会社  2019年12月

その他補助金等

  • 難病疫学研究の適正推進に資する情報や知見の普及・啓発に関する研究

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  2024年04月

  • ワクチンの有効性・安全性の疫学的評価と予防接種政策の最適化に資する研究

    厚生労働省  2024年04月

  • 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  2024年04月

  • 小児期発症の希少難治性肝胆膵疾患における医療水準並びに患者QOLの向上のための調査研究

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  2024年04月

  • 難病疫学研究の適正推進に資する情報や知見の普及・啓発に関する研究

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  2023年04月

  • 小児期発症の希少難治性肝胆膵疾患における医療水準並びに患者QOLの向上のための調査研究

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  2023年04月

  • 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究

    厚生労働省  2023年04月

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究

    厚生労働省  2022年04月

  • 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究

    厚生労働省  2022年04月

  • 小児期発症の希少難治性肝胆膵疾患における医療水準並びに患者QOLの向上のための調査研究

    厚生労働省  厚生労働科学研究費補助金  2022年04月

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究

    厚生労働省  2021年04月

  • 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究

    厚生労働省  2021年04月

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究

    厚生労働省  2020年04月

  • 難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究

    厚生労働省  2020年04月

  • ワクチンの有効性・安全性の臨床評価とVPDの疾病負荷に関する疫学研究

    厚生労働省  2019年04月

  • ワクチンの有効性・安全性の臨床評価とVPDの疾病負荷に関する疫学研究

    厚生労働省  2018年04月

  • ワクチンの有効性・安全性の臨床評価とVPDの疾病負荷に関する疫学研究

    厚生労働省  2017年04月

  • ワクチンの有効性・安全性評価とVPD(vaccine preventable disease)対策への適用に関する分析疫学研究

    厚生労働省  2016年04月

  • 低出生体重児消化器機能障害の疾患概念確立に向けた疫学調査研究

    厚生労働省  2015年04月

  • ワクチンの有効性・安全性評価とVPD(vaccine preventable disease)対策への適用に関する分析疫学研究

    厚生労働省  2015年04月

  • ワクチンの有効性・安全性評価とVPD(vaccine preventable disease)対策への適用に関する分析疫学研究

    厚生労働省  2014年04月

  • 低出生体重児消化器機能障害の疾患概念確立に向けた疫学調査研究

    厚生労働省  2014年04月

  • 低出生体重児の消化器機能障害に関する 周産期背景因子の疫学調査研究

    厚生労働省  2013年04月

  • 予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究

    厚生労働省  2013年04月

  • 予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究

    厚生労働省  2012年04月

  • 予防接種に関するワクチンの有効性・安全性等についての分析疫学研究

    厚生労働省  2011年04月

  • インフルエンザ及び近年流行が問題となっている呼吸器感染症の分析疫学研究

    厚生労働省  2010年04月

  • インフルエンザ及び近年流行が問題となっている呼吸器感染症の分析疫学研究

    厚生労働省  2009年04月

  • インフルエンザ及び近年流行が問題となっている呼吸器感染症の分析疫学研究

    厚生労働省  2008年04月

▼全件表示

担当教育概要

  • 疫学研究に関する研究デザイン、解析法、結果の解釈についての講義を行っている。肝疾患や難病、感染症の疫学研究については、実際の研究例をまじえながら講義している。

担当授業科目

  • 人体を考える

    2023年度   週間授業   大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2023年度     大学

  • 医学研究推進コース3

    2023年度   実習   大学

  • 疫学研究の原理と方法

    2023年度     大学院

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2023年度     大学

  • M3修業実習

    2022年度     大学

  • 疫学研究の原理と方法

    2022年度     大学院

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2022年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2022年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2021年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2021年度     大学

  • 疫学研究の原理と方法

    2021年度     大学院

  • M3修業実習

    2021年度     大学

  • M3修業実習

    2020年度     大学

  • 環境と健康

    2020年度     大学

  • 疫学研究の原理と方法

    2020年度     大学院

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2020年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2020年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2019年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2019年度     大学

  • M3修業実習

    2019年度     大学

  • 疫学研究:デザインと妥当性

    2019年度     大学院

  • M3修業実習

    2018年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅱ

    2018年度     大学

  • 公衆衛生学Ⅰ

    2018年度     大学

  • 疫学研究:デザインと妥当性

    2018年度     大学院

  • M3公衆衛生学

    2017年度     大学

  • M4公衆衛生学

    2017年度     大学

  • 環境と健康

    2017年度     大学

  • 疫学研究:デザインと妥当性

    2017年度     大学院

  • 疫学研究:デザインと妥当性

    2016年度     大学院

  • BSL演習

    2016年度     大学

  • M4公衆衛生学

    2016年度     大学

  • M3公衆衛生学

    2016年度     大学

  • 病理病態学概論「肝疾患の疫学と予防」

    2015年度     大学院

  • M4公衆衛生学

    2015年度     大学

  • M3公衆衛生学

    2015年度     大学

  • BSL演習

    2015年度     大学

  • BSL演習

    2014年度     大学

  • M3公衆衛生学

    2014年度     大学

  • M4公衆衛生学

    2014年度     大学

  • 病理病態学概論「肝疾患の疫学と予防」

    2014年度     大学院

  • 環境と健康

    2014年度     大学

▼全件表示

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市職員を対象に「大阪市保健衛生統計講習会」の講師を務めて、アンケートの手法や統計解析手法の習得を支援した(参加者45人)。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市職員を対象に「大阪市保健衛生統計講習会」の講師を務めて、アンケートの手法や統計解析手法の習得を支援した(参加者29人)。

社会貢献活動

  • 第58回八戸臨床感染症研究会

    役割:講師

    2023年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪市南部HPV講演会

    役割:講師

    2023年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 愛媛ワクチンフォーラム2023

    役割:講師

    2023年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 福島県小児科医会総会・講演会

    役割:講師

    2023年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • Meiji Seika ファルマ Web カンファレンス

    役割:講師

    2023年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 広島県小児科医会オンライン講演会

    役割:講師

    2023年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 秋田県小児科医会総会

    役割:講師

    2023年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 静岡県東部臨床小児懇話会

    役割:講師

    2023年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 塩釜市医師会予防接種・感染症研修会

    役割:講師

    2023年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 前橋市小児科医会学術講演会

    役割:講師

    2022年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 第19回熊本ワクチン懇話会

    役割:講師

    2022年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 札幌市小児科医会学術講演会

    役割:講師

    2022年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • Meiji Vaccine Seminar「ワクチン接種の意義~インフルエンザ・百日咳を中心に~」

    役割:講師

    2022年10月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 第22回福井県予防接種研究会学術講演会

    役割:講師

    2022年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • Meiji Seika ファルマ Web カンファレンス「百日咳対策におけるワクチン接種の意義」

    役割:講師

    2022年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪市立大学×大阪府「健康キャンパス・プロジェクト」ヘルスリテラシー向上 健康セミナー

    役割:講師

    2021年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 多摩小児アレルギー臨床懇話会

    役割:講師

    2021年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • つがる小児科医学術講演会

    役割:講師

    2021年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 千葉市小児科医会 WEB講演会

    役割:講師

    2021年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 和歌山小児科医会学術講演会

    役割:講師

    2020年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • ラジオNIKKEI/インターネットライブ

    役割:講師

    2020年05月

     詳細を見る

    種別:テレビ・ラジオ番組

  • 一般向け教育活動

    役割:講師

    2019年09月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    第235回市民医学講座「インフルエンザワクチン接種の意義」

  • 一般向け教育活動

    役割:講師

    2015年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    第196回市民医学講座「インフルエンザ対策と予防接種」

  • その他活動

    役割:助言・指導

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    武田薬品工業(株)・ワクチン領域エキスパートパネル・委員

  • 一般向け教育活動

    役割:講師

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    第184回市民医学講座「生活習慣と肝臓病」

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 感染症の予防

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:研究者, 社会人・一般, 企業

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2021年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2020年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2019年度

    研究者受入数 :0名

  • 2018年度

    研究者受入数 :0名

  • 2017年度

    研究者受入数 :0名

▼全件表示

国際交流活動

  • WHO西太平洋地域事務局によるGOARNパートナー機関エンゲージメント会議に出席した。

    活動区分 :研究

    活動国 :日本、オーストラリア、フィリピンなど   2023年11月

  • WHO西太平洋地域事務局によるGOARNパートナー機関エンゲージメント会議に出席した。

    活動区分 :研究

    活動国 :日本、オーストラリア、フィリピンなど   2022年11月

その他

  • 職務経歴

    2015年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学・准教授

  • 職務経歴

    2010年04月 - 2015年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学・講師

  • 職務経歴

    2006年04月 - 2010年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学・助教

  • 職務経歴

    1999年05月 - 2000年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部付属病院第3内科 研修医