2024/05/01 更新

写真a

イヨタ ヒロユキ
伊與田 浩志
IYOTA Hiroyuki
担当
大学院工学研究科 機械系専攻 教授
工学部 機械工学科
職名
教授
所属
工学研究院

担当・職階

  • 大学院工学研究科 機械系専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 機械工学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪市立大学 )

  • 修士(工学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学  / 伝熱工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学  / 湿度計測

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学  / 食品工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学  / 乾燥工学

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学  / 色彩学

研究キーワード

  • 湿度

  • 過熱水蒸気

  • 食品加工

  • 乾燥

  • 測色

研究概要

  • 化学原料、部材、食品や農産物等の製造や加工の際には、製品の品質向上と同時に、省エネルギー化や環境負荷の低減が求められます。そこで高温の水蒸気(過熱水蒸気)や様々な温度・湿度の空気を上手く利用し、材料の熱的な性質をふまえながら、加工工程を最適化するための方法や装置の開発に取り組んでいます。
    主な課題
    ・過熱水蒸気・高湿度空気の高度利用研究(乾燥・食品加工・湿度計測と制御,他)
    ・厨房(業務用・家庭用)の省エネルギー化手法の多面的検討
    ・スチームオーブンの熱解析(利用技術向上および高性能化)

研究歴

  • 過熱水蒸気乾燥の基礎と応用

    過熱水蒸気、乾燥、ふく射  機関内共同研究

    1992年04月 

  • 病院・福祉施設の給食サービスに関する社会科学的研究

    大阪市立大学 知と健康グローカル事業 学内外共同研究  国内共同研究

    2020年09月 - 継続中 

  • 天然由来物を粘結剤としたエコ鋳型と鋳型新造型法

    国内共同研究

    2011 - 2019 

  • 食品焼成用オーブン庫内における加熱環境測定装置の開発

    国内共同研究

    2010年04月 - 継続中 

  • 色彩と光沢の評価装置の開発

    測色,光沢,画像処理  機関内共同研究

    2009年04月 - 継続中 

  • 高温湿り空気・過熱水蒸気の高度利用のための湿度センサ

    国内共同研究

    2009 - 継続中 

  • 水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒装置の開発

    国内共同研究

    2008年04月 - 2019 

  • 光学センサを用いた循環機能計測による生態適応能の解析

    国内共同研究

    2005年04月 - 2010 

  • 調理と食品加工の省エネ方法の多面的検討

    機関内共同研究

    1998年04月 - 継続中 

  • アマランサス種子の高度利用研究と加工装置の開発

    膨化加工  機関内共同研究

    1998年04月 - 2018年04月 

  • 高性能吸収式ヒートポンプの開発

    吸収、マランゴニ対流、界面活性剤  国内共同研究

    1994年04月 - 2014年03月 

所属学協会

  • 日本機械学会

      国内

  • 化学工学会

      国内

  • 日本伝熱学会

      国内

  • 日本熱物性学会

      国内

  • 日本冷凍空調学会

      国内

  • 日本食品工学会

      国内

  • 日本調理科学会

      国内

  • 日本食品科学工学会

      国内

  • 給食経営管理学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 支部代表委員   日本機械学会  

    2023年 - 継続中 

  • 商議員(99期)/代表   日本機械学会関西支部  

    2022年 - 2023年 

  • 大阪府流域下水道施設 整備運営事業者選定評価委員会 委員   大阪府  

    2022年 - 2024年03月 

  • 汚泥処理施設整備運営事業 委員   大阪市  

    2021年 - 継続中 

  • 過熱水蒸気新技術研究会 学識委員   一般社団法人大阪科学技術センター  

    2022年 - 2023年03月 

  • 2023年度年次大会実行委員   日本食品科学工学会  

    2022年 - 2023年 

  • 熱工学コンファレンス実行委員   日本機械学会熱工学部門  

    2022年 - 2023年 

  • 国際交流委員   日本食品工学会  

    2017年 - 継続中 

  • 委員   日本調理科学会近畿支部  

    2018年 - 継続中 

  • 支部委員   日本調理科学会近畿支部  

    2015年 - 継続中 

  • 運営委員   日本食品科学工学会関西支部  

    2015年 - 継続中 

  • 代議員   日本食品工学会  

    2007年 - 継続中 

  • 年次大会実行委員   日本熱物性学会  

    2022年 

  • 商議員(97期)   日本機械学会関西支部  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • 2020年度年次大会実行委員   日本食品工学会  

    2019年 - 2020年 

  • 運営委員(96期)   日本機械学会熱工学部門  

    2017年 - 2020年 

  • 商議員(94期)   日本機械学会関西支部  

    2017年 - 2018年 

  • 理事   日本冷凍空調学会  

    2012年 - 2013年 

▼全件表示

受賞歴

  • 研究賞

    2023年08月   日本食品工学会   食品加工における過熱水蒸気利用に関する研究

  • 日本色彩学会第52回全国大会 発表奨励賞

    深河慎平,伊與田浩志,酒井英樹

    2021年06月   日本色彩学会   ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発 その6:温湿度制御容器内の材料の色彩・光沢測定

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第21回(2020年度)年次大会 優秀発表賞

    澤野桃子, 増田勇人, 伊與田浩志, 下山田真

    2020年08月   日本食品工学会   フリージング中の撹拌速度によるアイスクリームの気泡・脂肪球サイズ制御に関する研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • センシングフォーラム研究奨励賞

    北村祥太,福地航平,伊與田浩志,辻岡哲夫

    2019年08月   計測自動制御学会計測部門   湿潤材料の表面温度測定による湿度測定法 ~非定常条件における精度向上~

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本熱物性学会賞 論文賞

    伊與田浩志,杉山久仁子,山形純子,三浦孝平

    2018年11月   日本熱物性学会賞   水蒸気の凝縮を利用した食品加熱に関する研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本色彩学会第49回全国大会 発表奨励賞

    棚田優祐,福地航平,伊與田浩志,酒井英樹

    2018年06月   日本色彩学会   水蒸気高度利用のための加熱試験装置の開発:高温中での食品色変化モニタリング

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 農業食料工学会論文賞(技術論文)

    野田崇啓、伊與田浩志、日?靖之、井上保、横江未央

    2015年10月   農業食料工学会   水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒技術に関する研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第32回センシングフォーラム ポスターセッション優秀賞

    児玉 飛翔, 森川  暉大, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫, 尾崎 太郎

    2015年09月   計測自動制御学会計測部門   食品焼成用オーブン庫内における加熱環境測定装置の開発(リールオーブン内の温度・湿度分布のワイヤレス測定)

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本ヒートアイランド学会 論文賞(2014)

    四宮徳章,西村伸也,伊與田浩志

    2014   日本ヒートアイランド学会   ヒートアイランドに関する都市空調システムの検討-就寝時におけるルームエアコンの動的運転特性の予測および空調顕熱排熱量の時空間解析-

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本食品工学会 第10回年次大会 優秀発表賞(ポスター発表の部)

    一色翔悟,伊與田浩志,井上保,山形純子

    2009   日本食品工学会   湿り材料の温度測定による簡易湿度測定法の検討

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第30回(平成14年度)日本冷凍空調学会賞<学術賞>

    西村伸也,野邑奉弘,伊與田浩志,川上隆一郎

    2002   日本冷凍空調学会   界面活性剤による吸収器の性能向上に関する研究(マランゴニ対流の発生・成長機構の解明と吸収促進効果の簡易評価法)

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第2回アジア-オセアニア乾燥国際会議優秀論文賞

    N. Nishimura, H. Iyota, T. Nomura and S.Habu

    2001   Local Heat Transfer Characteristics of a Multi-Slot Impinging Hot Air Jet

  • 第28回(平成12年度)日本冷凍空調学会賞<学術賞>

    西村伸也,野邑奉弘,伊與田浩志,上殿紀夫

    2000   日本冷凍空調学会   吸収冷凍機吸収器の小型・高性能化研究(管ピッチ可変型吸収器を用いた吸収器形状の最適化検討)

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本冷凍空調学会 奨励賞

    伊與田浩志

    1998   日本冷凍空調学会   低圧下における過熱水蒸気の非定常凝縮熱伝達とその応用に関する研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

学歴

  • 大阪市立大学   工学研究科   機械工学   博士課程前期  

    - 1994年

  • 大阪市立大学   工学部   機械工学科    

    - 1992年

論文

  • Representative velocity scale of Rayleigh-Bénard convection with shear-thinning fluids 査読

    Canadian Journal of Chemical Engineering   102 ( 2 )   1007 - 1016   2024年02月( ISSN:00084034

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/cjce.25091

  • Effect of supercooling phenomenon on liquid freezing in cylindrical vessel 査読

    Taiga Nakazaki, Yuichiro Akimaru, Hiroyuki Iyota, Hayato Masuda

    18 ( 6 )   2023年11月( ISSN:19322135

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/apj.2971

  • 塗膜乾燥の理論と計算(第5報)-スラリー塗膜乾燥のシミュレーション予測- 招待 査読

    今駒 博信、堀江 孝史、伊與田浩志

    塗装工学   58 ( 9 )   344 - 2023   2023年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Kinetics of size change in air bubble and fat globule during ice cream freezing process 査読

    Hayato Masuda, Momoko Sawano, Hiroyuki Iyota, Makoto Shimoyamada

    46 ( 9 )   2023年09月( ISSN:01458876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jfpe.14420

  • Development of model for heat transfer via superheated steam considering condensation/evaporation 査読

    H. Masuda, K. Minami, N. Yuji, H. Iyota

    Heat Transfer Engineering(online)   2023年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.1002/ceat.202300065

  • Dynamics of a Polymer Solution Droplet on a High-Temperature Surface 査読

    Masuda H., K. Wada, S. Okumura, H. Iyota

    46 ( 9 )   1756 - 1762   2023年07月( ISSN:09307516

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ceat.202300065

  • 塗膜乾燥の理論と計算(第4報)-無孔スラリー塗膜乾燥のモデル化- 招待 査読

    今駒 博信、堀江 孝史、伊與田浩志

    塗装工学   58 ( 7 )   244 - 254   2023年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 塗膜乾燥の理論と計算(第3報)-希薄スラリー塗膜乾燥のモデル化と粒子同伴限界含水率の決定- 招待 査読

    今駒 博信、栗本 浩輔、堀江 孝史、伊與田浩志

    塗装工学   58 ( 6 )   204 - 217   2023年06月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Numerical Simulation during Development of Taylor−Couette Flow with Shear-thinning Fluids 査読

    Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota, Naoto Ohmura

    Chemical Engineering Transactions   100   307 - 312   2023年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3303/CET23100052

  • Thermo-fluid dynamics and synergistic enhancement of heat transfer by interaction between Taylor-Couette flow and heat convection 査読

    Hayato Masuda, Kanta Nakagawa, Hiroyuki Iyota, Steven Wang, Naoto Ohmura

    PHILOSOPHICAL TRANSACTIONS OF THE ROYAL SOCIETY A-MATHEMATICAL PHYSICAL AND ENGINEERING SCIENCES   381 ( 2246 )   2023年05月( ISSN:1364-503X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    This study experimentally and numerically investigated the thermo-fluid dynamics of Taylor-Couette flow with an axial temperature gradient from the chemical engineering perspective. A Taylor-Couette apparatus with a jacket vertically divided into two parts was used in the experiments. Based on the flow visualization and temperature measurement for glycerol aqueous solutions with various concentrations, the flow pattern was classified into six modes: heat convection dominant mode (Case I), heat convection-Taylor vortex flow alternate mode (Case II), Taylor vortex flow dominant mode (Case III), fluctuation maintaining Taylor cell structure mode (Case IV), segregation between Couette flow and Taylor vortex flow mode (Case V) and upward motion mode (Case VI). These flow modes weremapped in terms of the Reynolds and Grashof numbers. Cases II, IV, V and VI are regarded as transition flow patterns between Case I and Case III, depending on the concentration. In addition, numerical simulations showed that in Case II, heat transfer was enhanced when the Taylor-Couette flow was altered by heat convection. Moreover, the average Nusselt number with the alternate flow was higher than that with the stable Taylor vortex flow. Thus, the interaction between heat convection and Taylor-Couette flow is an effective tool to enhance heat transfer.This article is part of the theme issue 'Taylor-Couette and related flows on the centennial of Taylor's seminal Philosophical Transactions paper (Part 2)'.

    DOI: 10.1098/rsta.2022.0116

  • 塗膜乾燥の理論と計算(第2報)-Fick型ポリマー溶液塗膜乾燥のモデル化と相互拡散係数の決定- 招待 査読

    今駒 博信、木本 涼太,堀江 孝史、伊與田 浩志

    塗装工学   58 ( 3 )   78 - 87   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 塗膜乾燥の理論と計算(第1報)-塗膜温度変化法によるFick型水溶液塗膜の乾燥速度曲線の高精度測定- 招待 査読

    今駒 博信、堀江 孝史、伊與田 浩志

    塗装工学   58 ( 2 )   38 - 46   2023年02月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Role of agitation in the freezing process of liquid foods using sucrose aqueous solution as a model liquid 査読

    Hayato Masuda, Tomohiro Ryuzaki, Hiroyuki Iyota

    330   1111000   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Global Convection Characteristics of Conical Taylor-Couette Flow with Shear-Thinning Fluids 査読

    44 ( 11 )   2049 - 2055   2021年11月( ISSN:0930-7516

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ceat.202100236

  • 閉鎖空間内にある材料の非接触測色法の提案 査読

    磯見 麻衣, 酒井 英樹, 伊與田 浩志

    日本建築学会 日本建築学会技術報告集   ( 67 )   1166 - 1170   2021年10月( ISSN:1341-9463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>It was shown that the color of materials in a closed space can be measured from the outside of space under diffuse illuminations by using a concave glass as a partition. The measurement accuracy is <i>ΔE*<sub>ab</sub></i> = 0.9 in average for 24 colors of the standard color chart, where <i>ΔE*<sub>ab</sub></i> is the color difference in <i>L*a*b*</i> (D65/ 2-deg.) color space of JIS Z8781-4. It is lower than that of the conventional colorimetry without a glass partition, in which the measurement accuracy is <i>ΔE*<sub>ab</sub></i> = 0.7 in average; it is, however, high enough compared to that of visual colorimetry.</p>

    DOI: 10.3130/aijt.27.1166

    CiNii Article

  • Enzymatic starch hydrolysis performance of Taylor-Couette flow reactor with ribbed inner cylinder 査読

    Matsumoto Masahiro, Masuda Hayato, Hubacz Robert, Horie Takafumi, Iyota Hiroyuki, Shimoyamada Makoto, Ohmura Naoto

    CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE   231   116270   2021年02月( ISSN:0009-2509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ces.2020.116270

  • Melting Characteristics of Ice Cream Prepared with Various Agitation Speeds in Batch Freezer 査読

    M. Sawano, H. Masuda, H. Iyota, M. Shimoyamada

    Chem. Eng. Trans.   85   337 - 432   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 給食施設における新しい調理システム開発の試み~高圧処理した調理済み食品の美味特性解析~ 査読

    秋田聖子,澤田歩実,角井美穂,赤尾正,伊藤智,伊與田浩志,甲斐達男,田邊 公一,朝見祐也

    日本調理食品研究会誌   27 ( 2 )   1 - 8   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Chemical process intensification from the viewpoint of vortex dynamics 査読

    Hayato Masuda,Takefumi Horie, Hiroyuki Iyota, Naoto Ohmura

    Trends in Chemical Engineering   19   111 - 120   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 食品用プラスチック容器包装における発泡メカニズム 査読

    井上 保, 塩野 剛, 伊與田 浩志

    日本食品工学会誌   19 ( 3 )   145 - 150   2018年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Measurement of constant drying rate of wet material placed in a fluidized bed of inert particles under reduced pressure 査読 国際共著

    Yuji Tatemoto, Ryo Ogawa, Hiroyuki Iyota

    Drying Technology   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/07373937.2017.1403926

  • Development of Two New Types of Retroreflective Materials as Countermeasures to Urban Heat Islands 査読 国際共著

    Hideki Sakai, Hiroyuki Iyota

    INTERNATIONAL JOURNAL OF THERMOPHYSICS   38 ( 131 )   2017年09月( ISSN:0195-928X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10765-017-2266-y

  • 湿潤多孔質セラミックスを用いた高温気流の湿度測定法に関する研究 査読

    三浦 孝平,松本 泰希,伊與田 浩志,森川 暉大,辻岡 哲夫,田中 倫明,上杉 直輝

    日本熱物性学会 熱物性   30 ( 1 )   9 - 17   2016年02月( ISSN:0913-946X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    高温の空気や水蒸気を用いた食品加工などにおける高温気流を用いた材料の熱処理過程において,温度,圧力,湿度などは処理後の製品品質に影響を与える.本研究では,沸点温度を超える高温気流中で連続測定が可能な湿度(水蒸気モル分率)測定装置の開発を行った.測定には,乾湿計の原理を利用し,湿球温度を測定するための湿潤材料として射出成形法によって加工した多孔質セラミックスを用いた.大気圧下で100°C以上の任意の湿度を有する湿り空気から過熱水蒸気を発生できる装置を製作し,測定値の検証に使用した.気流温度160°Cから300°C,流速3 m/sで測定を行った.

    DOI: 10.2963/jjtp.30.9

    CiNii Article

  • 肉類のオーブン加熱終了後の内部温度変化に及ぼす加熱・放置条件,角皿の熱容量及び試料の厚さの影響 査読

    中村 恵子,中本 恵子,八木 千鶴,渡辺 豊子,石渡 仁子,大石 恭子,高崎 禎子,松田 康子,山形 純子,伊與田 浩志,杉山 久仁子,渋川 祥子

    一般社団法人 日本調理科学会 日本調理科学会誌   49 ( 1 )   26 - 34   2016年01月( ISSN:1341-1535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

     肉類のオーブン加熱後の内部温度変化に及ぼす加熱及び放置条件,角皿の熱容量,試料の厚さの影響を明らかにすることを目的に実験を行った。 オーブン加熱終了後に角皿に覆いをすると覆いをしない場合より,試料中心温度は75℃以上の高温を長時間保った。試料の最高到達温度は覆いの影響を受けなかったが,重量減少率は覆いをした方が大きかった。角皿の熱容量(重量/底面積比)が大きいほど,試料中心部の75℃以上の保持時間は長かった。余熱効果を得るためには,重量/底面積比が大きい角皿を用い,かつ覆いをすることが必要であった。試料の厚さは,試料の最高到達温度に影響し薄いほど高くなったが,保持時間には影響しなかった。角皿内の水平方向の熱移動を加味した計算モデルで試料中心部の75℃以上の保持時間を予測し比較したところ,実測値と同様の傾向が得られ,伝熱モデルの有用性を確認することができた。

    DOI: 10.11402/cookeryscience.49.26

    CiNii Article

  • 水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒装置の開発(第2報) -モデル予測制御に基づく制御手法の開発- 査読

    野田 崇啓,日髙 靖之,伊與田 浩志,中村 透,軽部 勇希

    農業食料工学会誌   78 ( 1 )   95 - 105   2016年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 肉類のオーブン加熱終了後の内部温度変化に及ぼす角皿の熱容量,オーブンの種類,および覆い時間の影響 査読

    大石 恭子,石渡 仁子,高崎 禎子,中村 恵子,松田 康子,伊與田 浩志,杉山 久仁子,渋川 祥子

    一般社団法人 日本調理科学会 日本調理科学会誌   49 ( 1 )   35 - 42   2016年01月( ISSN:1341-1535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

     230℃で食肉のオーブン加熱を行い,角皿の熱容量およびオーブンの加熱能の違いが加熱後の余熱による温度変化に与える影響について調べた。加熱時はオーブンの加熱能が大きいほど試料の昇温速度が大きいが,放置時の試料の温度変化は角皿熱容量が大きいほど加熱後の上昇温度が大きく,75℃保持時間が長くなることが示された。 また,覆い時間の短縮により試料の重量減少率が低下し,軟らかくなる傾向が見られ,衛生条件および調理成績を保持するには,食品の最高温度到達時間まで被覆することが目安になることが示された。

    DOI: 10.11402/cookeryscience.49.35

    CiNii Article

  • 水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒装置の開発(第2報):—モデル予測制御に基づく制御手法の開発— 査読

    野田 崇啓, 日髙 靖之, 伊與田 浩志, 中村 透, 軽部 勇希

    農業食料工学会 農業食料工学会誌   78 ( 1 )   95 - 105   2016年( ISSN:2188-224X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>筆者らは前報において,開発した水稲種子消毒装置は,穀温測定法に準じて測定した加熱直後の種子温度(以下,<i>T<sub>fin</sub></i>)を75±1°Cに設定することで,発芽率を維持したまま温湯浸漬法と同等以上の病害防除効果が得られることを明らかにした。そこで本報では,開発機で<i>T<sub>fin</sub></i>を管理するプロセス制御の構築を目的に,モデル予測制御技術の開発,具体的には,開発機の運転状況から<i>T<sub>fin</sub></i>を予測する回帰モデルを作成し,その精度を評価した。その結果,気流の湿度や加熱時間などの運転条件を説明変数とした重回帰モデルは,<i>T<sub>fin</sub></i>=66.0〜82.7°Cの予測範囲において,標準誤差0.5°C以内で<i>T<sub>fin</sub></i>を予測できることを示した。これより,作成したモデルは装置の運転制御に活用できる見通しを得た。</p>

    DOI: 10.11357/jsamfe.78.1_95

    CiNii Article

  • 食品焼成用オーブン庫内における加熱環境測定装置の開発 -リールオーブン内の温度・湿度分布のワイヤレス測定― 査読

    児玉 飛翔,尾崎 太郎,森川 暉大,伊與田 浩志,辻岡 哲夫

    計測自動制御学会論文集   52 ( 12 )   707 - 712   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.9746/sicetr.52.707

  • 「見える化」手法を活用した省エネ教育の効果(給食工程における実践的検討) 査読

    上田 由喜子,伊與田 浩志,山形 純子,池田 昌代,千須和 直美,福井 充

    日本食育学会誌   9 ( 2 )   177 - 185   2015年04月( ISSN:1882-4773

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    The objective of this study was to use a quasi-experimental design with a control group to verify the effectiveness of an education program, and to investigate the effects of improved energy-conservation awareness on students' behavioral intention using the visualization method. The education group improved for all factors following the program, and a significant difference was observed in their "motivation to learn about energy" after the program compared to before (p<0.05). Further, their "usefulness of visualization" improved significantly compared to the control group (p<0.05). In addition, excellent goodness of fit was obtained for the model of the improvement of behavioral intention. Based on these results, it was determined that the implementation of this energy-conservation education program using the "visualization method" was effective, with the results suggesting that this method, along with the increased awareness through visual experience, can contribute to the formation of attitudes and increase behavioral intention. This educational system in an energy-conservation program using the visualization method was effective. Moreover, a model of the mechanism for the improvement of behavioral intention for energy conservation was presented.

    DOI: 10.14986/shokuiku.9.177

    CiNii Article

  • Development of humidity measuring device using porous ceramic based on principle of psychrometer 査読

    Kohei Miura, Hiroyuki Iyota, Taiki Matsumoto, Tetsuo Tsujioka, Akihiro Morikawa, Michiaki Tanaka, Naoki Uesugi

    International Institute of Refrigeration Refrigeration Science and Technology   4338 - 4344   2015年( ISSN:0151-1637

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Hot air, both dry and moist, has been widely used for heating and/or a reaction atmosphere in a broad range of industrial fields including food processing, material drying, and other heat treatments. In a process that uses hot air and superheated steam, the gas flow temperature, pressure, and humidity inside the treatment chamber have a major impact on the quality of the finished product. However, there is no simple method of measuring humidity that can be used over an extended duration in applications that use superheated steam at temperatures above 100°C. In this paper, we introduce a device developed for measuring humidity, which consists of a wetted porous ceramic probe with thermocouples, a water retention control system, and computing devices. The measured humidity (steam mole fraction) is calculated from the measured wet- and dry-bulb temperatures using the adiabatic saturation line equation on which we previously reported. The equation was extended to enable its application to temperatures of up to 350°C and a humidity up to that of superheated steam. Accuracy measurements were conducted with a humidity generator and a gas flow temperature of 200°C, a gas flow velocity of 3 m/s, and steam mole fraction ranging from that of hot air to that of superheated steam. The cause of any errors was investigated.

    DOI: 10.18462/iir.icr.2015.0349

  • 過熱水蒸気を利用したイネいもち病およびばか苗病の種子消毒効果 (第2報) 査読

    越智 昭彦, 野田 崇啓, 日高 靖之, 伊與田 浩志, 中村 透

    北日本病害虫研究会 北日本病害虫研究会報   2015 ( 66 )   13 - 17   2015年( ISSN:0368-623X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>We previously reported the adaptability of some prototypes of disinfection machines use high-humidity hot air generated by mixing a superheated steam and hot air for rice seed disinfection. In this study,a new prototype with an improved hourly throughput of seeds was evaluated in terms of its effects on rice blast, "bakanae" disease, and on seed germination. All the three heat treatment conditions using the prototype showed the same disinfective effect against both diseases as hot water treatment, and seed germination was maintained. Furthermore, one of the treatment conditions showed no affects on the growth of 8 breeds of rice seedlings after disinfection.</p>

    DOI: 10.11455/kitanihon.2015.66_13

    CiNii Article

  • 水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒装置の開発(第1報) -処理条件の選定と病害防除効果- 査読

    野田 崇啓,日髙 靖之,伊與田 浩志,越智 昭彦,酒井 和彦,薮 哲男,上垣 陽平,三室 元気,守川 俊幸,磯田淳,星野 滋,有江 力,中村透,軽部 勇希

    農業食料工学会誌   77 ( 5 )   371 - 383   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 水蒸気の凝縮熱を利用した環境保全型水稲種子消毒技術に関する研究 査読

    野田 崇啓,伊與田 浩志,日髙 靖之,井上 保,横江 未央

    農業食料工学会 農業食料工学会誌   76 ( 6 )   555 - 563   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    農薬を用いない環境保全型水稲種子消毒技術の能率向上と低コスト化を目的に,水蒸気加熱による水稲種子消毒技術を検討した。本技術は,水蒸気の凝縮を利用して種子表面近傍を高温短時間で湿熱処理すること,慣行の温湯浸漬消毒と比べ,冷却·乾燥処理を簡素化することをねらいとする。<BR>水稲種子の発芽率に悪影響を及ぼすことなく高い殺菌効果を得られる条件を検討した結果,「気流温度200°C,気流湿球温度80°C,加熱時間2s,加熱流速1.8m/sで加熱後,常温通風による60s以上の通風冷却」を適処理条件と見出した。同条件の水稲種子消毒効果は,いもち病,もみ枯細菌病に対して温湯浸漬消毒と同等であった。

    DOI: 10.11357/jsamfe.76.6_555

    CiNii Article

  • Effects of popping on nutrient contents of amaranth seed 査読 国際共著

    Taro Murakami, Aiko Yutani, Tetsuo Yamano, Hiroyuki Iyota, Yotaro, Konishi

    Plant Foods for Human Nutrition   69 ( 1 )   25 - 29   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 吸収式冷房システムへの太陽熱の導入効果 -植物工場への適用可能性の検討- 査読

    西村 伸也,松原 為敏,伊與田 浩志,白柳 洋祐,山賀 勇真

    Japan Society of Refrigerating and Air Conditioning Engineers 日本冷凍空調学会論文集   31 ( 3 )   317 - 329   2014年( ISSN:1344-4905

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    <tt>夏季の冷房負荷が大きい太陽光型植物工場への熱駆動の吸収式空調システムの導入を想定し,長期間の実証試験結果に基づいて,冷房運転時のシステムの運転特性と太陽熱エネルギーの利用が性能に与える影響を実験的に調べた.その結果,まず,太陽熱の利用により,通常の都市ガス単独運転時と比べて</tt>COP <tt>が20~50%程度向上し</tt>1.3 <tt>から</tt>1.5 <tt>となることが分かった.また,太陽熱単独による単効用運転時と,都市ガスのみによる二重効用運転時のデータを抽出し性能を算出した.その結果,太陽熱単独運転時の</tt>COP <tt>は</tt>0.6 <tt>から</tt>0.8 <tt>程度であること,都市ガス単独運転時の</tt>COP <tt>は</tt>1.0 <tt>から</tt>1.2 <tt>程度であることを明らかにした.加えて空調負荷の少ない中間期には,</tt>COP <tt>は最大で</tt>1.8 <tt>程度を示した.以上より,吸収式冷房システムへの太陽熱導入が効果的であることを実証し</tt><tt>た. </tt>

    DOI: 10.11322/tjsrae.14-24_PF

    CiNii Article

  • Color Measurement Methods for Optimization of Oven Operation (Baking of Sliced Bread with Superheated Steam and Hot Air) 査読 国際共著

    Hiroyuki IYOTA, Hideki SAKAI , Yusuke MAMIYA

    Japanese Society for Food Science and Technology Food Science and Technology Research   19 ( 6 )   939 - 947   2013年11月( ISSN:1344-6606

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    An in-situ color measurement method during heating in an oven is required for optimizing the oven cooking operation. However, conventional colorimetric apparatus is not applicable because such processes usually involve high temperatures and wet surfaces. In this study, we equip an oven chamber with optical fibers connected to a halogen light and spectrometer to perform the in-situ (real time) color measurement. To demonstrate the usability of this method, we observed the color change in white bread heated by hot air and superheated steam at 200°C as a trial experiment, and compared results from two other types of colorimetric measurements of the samples after heating: a color image recording system using a digital camera, and a commercial spectrophotometer. We found that the value of <i>L</i>* decreased more quickly, and <i>b</i>* had a lower value for baking by superheated steam in comparison with baking by hot air at the same temperature.

    DOI: 10.3136/fstr.19.939

    CiNii Article

  • Effect of “visualization” of gas consumption on student's awareness about energy conservation during food service training 査読 国際共著

    Nanae KURATATE, Hiroyuki IYOTA, Junko YAMAGATA, Tomohiro KAYANO, Masayo IKEDA, Naomi CHISUWA, Mitsuru FUKUI, Yukiko UEDA

    日本エネルギー学会   92 ( 8 )   695 - 701   2013年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 給食経営管理実習中の消費電力の推算および実測によるエネルギー教育の試み 査読

    山形 純子,伊與田 浩志,小林 慧子,菊崎 泰枝

    日本給食経営管理学会誌   7 ( 1 )   31 - 42   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 給食経営管理実習における調理機器の使用実態とガス消費量の把握 査読

    池田 昌代,加藤 亜由美,武田 知江美,山形 純子,伊與田 浩志,細田 明美,関 千代子,君羅 満

    日本家政学会誌   64 ( 5 )   233 - 242   2013年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気を利用したイネいもち病およびばか苗病の種子消毒効果 査読

    越智 昭彦,野田 崇啓,日高靖之,伊與田 浩志,中村 透

    北日本病虫研報   64   29 - 34   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 水蒸気凝縮を伴う調理オーブンの伝熱機構解析 査読

    山形 純子,伊與田 浩志,西村 伸也

    日本食品科学工学会誌   59 ( 10 )   491 - 502   2012年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 湿潤材料の温度測定による高温用広域湿度センサの開発 (多孔質セラミックスの感湿部材料への適用) 査読

    井上 保,伊與田 浩志,一色 翔悟

    日本機械学会論文集(B編)   78 ( 792 )   1451 - 1461   2012年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 球状湿潤材料の温度測定による過熱水蒸気と空気混合比の簡易測定(高温高湿度域に拡張した断熱冷却線に基づく推算) 査読

    伊與田 浩志,一色 翔悟,井上 保,山形 純子

    日本機械学会論文集(B編)   78 ( 790 )   1267 - 1278   2012年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 湿潤材料の温度測定による高温用広域湿度センサの開発(循環水量の影響をふまえた測定精度の向上) 査読

    北原 貴志,伊與田 浩志,井上 保

    日本機械学会論文集(B編)   78 ( 787 )   686 - 696   2012年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気と高温空気の混合気体を利用した水稲種子消毒装置の開発 査読

    野田 崇啓,日高 靖之,横江未央,伊與田 浩志,井上 保,西村 俊成,越智 昭彦,酒井 和彦,中村 透

    農業機械学会誌   74 ( 1 )   79 - 82   2012年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Steam Condensation-based Heat Transfer Mechanism Analysis of Cooking Ovens 査読

    Junko Yamagata, Hiroyuki Iyota, Nobuya Nishimura

    JAPAN SOC FOOD SCIENCE TECHNOLOGY JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY-NIPPON SHOKUHIN KAGAKU KOGAKU KAISHI   59 ( 10 )   491 - 502   2012年( ISSN:1341-027X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In order to improve the utility of cooking ovens, we conducted heat transfer mechanism analyses of a convection/steam combined oven by focusing on steam condensation. Spherical wet gauzes were used as the sample material. The heat transfer mechanisms were analyzed by considering the heat balance on the surface of the spherical gauze using the measured mass change of the sample. the temperature change of the sample surface and gas flow. In this manner, we could estimate the heat flux in terms of heat transfer and heat flux changes with time. The estimated data were used to generate diagrams that visually depicted the heat transfer mechanisms in terms of heat flux changes with time. The diagrams provided to visually understand and compare each heat transfer quantity. incremental moisture content and heat quantity generated because of steam condensation on the sample material, as well as drying rates under different heating conditions. In addition, the heat transfer mechanism of a steam convection oven was analyzed using this method. We analyzed the effects of each setting condition (e.g., temperature, humidity. and velocity) on the heat flux, moisture content, and temperature of the sample material during heating. From the analysis results, it was possible to understand and compare the heating characteristics between oven types, and to set the proper conditions for achieving optimal oven heating.

  • Reduction of Reflected Heat of the Sun by Retroreflective Materials 査読 国際共著

    Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hiroyuki Iyota

    Journal of Heat Island Institute International   7 ( 2 )   218 - 221   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Method for Measuring Solar Reflectance of Retroreflective Materials Using Emitting-Receiving Optical Fiber 査読 国際共著

    Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hideya Shimada, Nobuya Nishimura

    Journal of Heat Island Institute International   7 ( 2 )   213 - 217   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Defatting and dehydration of meat products during heating in steam convection oven 査読 国際共著

    Junko YAMAGATA, Hiroyuki IYOTA, Kuniko SUGIYAMA, Nobuya NISHIMURA

    Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics 2011   11   86 - 91   2011年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 肉類のオーブン加熱終了後の内部温度変化に及ぼす放置条件の影響 査読

    高崎 禎子,阿部 芳子,石渡 仁子,中村 恵子,原 知子,松田 康子,山形 純子,伊與田 浩志, 杉山 久仁子,渋川 祥子

    日調科誌   44 ( 4 )   277 - 285   2011年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 指向性を有する再帰反射材の試作及び日射反射特性の測定―指向性再帰反射材によるヒートアイランド対策 その1― 査読

    酒井 英樹,伊與田 浩志,永村 一雄,井川 憲男

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   76 ( 665 )   1229 - 1234   2011年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Two kinds of directional retroreflective materials are manufactured, which are designed to show abrupt change in reflectance at the incident angle (&Theta;) of around 30 degrees. The measured solar reflectances are 17.7 percent for &Theta; &ge; 40 deg. and 39.0 percent for &Theta; &le; 20 deg. for one type; 54.4 percent and 40.8 percent for the other. Building materials having these kinds of incident angle dependences can be used as cool roofs free of side effect; they can be high-reflective exclusively against summer sunlight, and low-reflective against other light sources, such as, winter sunlight, headlights of cars, and street lights.

    DOI: 10.3130/aijs.76.1229

    CiNii Article

  • 大量調理施設におけるエネルギー消費意識の実態調査と管理栄養士養成課程の学内給食実習におけるエネルギー消費量「見える化」の試み 査読

    山形 純子,伊與田 浩志,山岸 あづみ,赤尾 正,菊﨑 泰枝,西村 伸也,藤原 政嘉

    日本給食経営管理学会誌   5 ( 1 )   29 - 37   2011年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • デジタルカメラを用いた食品の焼き色評価装置の開発 査読

    伊與田 浩志,酒井 英樹,高砂 裕行,島田 秀弥

    日本食品工学会誌   11 ( 4 )   203 - 213   2010年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Volume of a liquid drop detaching from a sphere 査読 国際共著

    Kenji Katoh, Hiroyuki Iyota, Tamotsu Inoue, Tomoya Tsujino

    Heat Transfer Asian Research   39 ( 6 )   396 - 409   2010年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 含水多孔平板の誘電乾燥発熱率 査読

    今駒 博信,坪田 圭司,堀江 孝史,大村 直人,伊與田 浩志

    化学工学論文集   36   379 - 382   2010年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Prediction Method for Drying Time of Wet Porous Material in Humid Hot Air and Superheated Steam 査読 国際共著

    Tamotsu Inoue, Iyota Hiroyuki, Nobuya Nishimura

    DRYING TECHNOLOGY   28 ( 5 )   608 - 614   2010年05月( ISSN:0737-3937

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/07373931003788650

  • 構成要素の高性能化が蒸気圧縮式空調機の運転特性に及ぼす影響の総合的評価,-ら旋溝付管が性能に及ぼす影響- 査読

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田 浩志

    日本冷凍空調学会論文集   27 ( 1 )   11 - 20   2010年03月( ISSN:13444905

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    System performance prediction model for air-cooled air conditioner has been developed, and influences of Grooved tubes on performance of air conditioners with R410A were quantitatively investigated. Calculated results with simulation model correspond approximately to measured results by the authors and other researchers. After that, performances of air conditioners with grooved tubes were predicted. Results show that condensation heat transfer coefficients decrease with the rise of air conditioning load rate, and boiling heat transfer coefficients increase with the rise of air conditioning load rate. On the other hand, pressure drops increase 1.2-1.4 times in evaporator. Then, COPs of air conditioners with the grooved tube are 1.16 times higher than COP of air-conditioners with the smooth tube.

    DOI: 10.11322/tjsrae.27.11

    CiNii Article

  • オーブン加熱における肉製品の熱・物質移動機構-油脂分・水分の減少率に与える水蒸気の影響- 査読

    山形純子, 伊與田浩志, 渋川祥子

    第30回日本熱物性シンポジウム講演論文集   30   431-433   2009年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Pore Size Distribution on Heat and Moisture Transfer in Porous Material for High Humidity Hot Air and Superheated Steam Drying 査読 国際共著

    Tamotsu INOUE, Hiroyuki IYOTA, Nobuya NISHIMURA, Masamichi YOSHIDA

    Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics 2009   9   54 - 59   2009年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Drying Characteristics of Porous Materials Containing Sucrose/NaCl Aqueous Solution at Wide Range of Steam Partial Pressures 査読 国際共著

    Hiroyuki IYOTA, Satoshi FUJITA, Naoya KINOSHITA, Masamichi YOSHIDA, Atsushi HASHIMOTO

    日本実験力学会 実験力学 : journal of JSEM   9 ( 0 )   s48 - s53   2009年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The convective drying of glass-bead-packed beds containing sucrose/NaCl aqueous solution was examined at a wide range of steam partial pressures using room air to superheated steam at 160 &deg;C. The sucrose distribution in the sample materials after drying was affected by the humidity of the drying media and the glass bead diameter. This indicated that the density gradient affected convection flow. The drying time of the sample material with NaCl aqueous solution at a steam partial pressure of 16 kPa (high-humidity air) was shorter than that under other conditions.

    DOI: 10.11395/jjsem.9.s48

    CiNii Article

  • Optimal conditions for popping of amaranth seeds 査読 国際共著

    T. Inoue, H. Iyota, T. Uemura, J. Yamagata, Y. Konishi, Y. Tatemoto

    Drying Technology   27 ( 7 )   918 - 926   2009年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 球下端に付着した液滴の落下体積(熱工学,内燃機関,動力など) 査読

    加藤 健司,伊與田 浩志,井上 保,辻野 智也

    日本機械学会論文集(B編)   75 ( 755 )   1503 - 1509   2009年07月( ISSN:03875016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    A theoretical and experimental study is conducted to investigate the detached volume from the pendant drop on sphere surface. From the observation of droplet detachment by use of a high speed video camera, the movement of upper part from the neck of droplet is quite slow compared with that of detaching lower part. The surface profile of upper part was calculated approximately as a static problem by using the axi-symmetric Laplace equation. Using the droplet profile, the system energy was calculated including the work done by the solid-liquid wetting behavior. Based on the condition of energy minimum, the volume of upper part was determined among the solutions satisfying the boundary conditions and the volume of detached part V was calculated. The volume V increases with the sphere diameter and approaches to that for the plate. V is strongly dependent on the wettability between sphere and liquid, and decreases with the receding contact angle. The detached volume of water droplet was measured for spheres of porous brick with various diameters. The results agreed well with theoretical ones obtained in this study.

    DOI: 10.1299/kikaib.75.755_1503

    CiNii Article

  • 温熱および運動負荷時における生体反応の解析 -皮膚血流計を用いた循環系機能の計測と評価手法の検討- 査読

    伊與田 浩志,大家 朗,山形 純子,鈴木 崇士,宮側 敏明,河端 隆志

    日本冷凍空調学会論文集   26 ( 1 )   121 - 129   2009年03月( ISSN:13444905

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    The simple and noninvasive measuring methods of bioinstrumentation in humans is required for optimization of air conditioning and management of thermal environments, taking into consideration the individual specificity of the human body as well as the stress conditions affecting each. Changes in human blood circulation were induced with environmental factors such as heat, cold, exercise, mental stress, and so on. In this study, the physiological responses of human body to heat stress and exercise were investigated in the initial phase of the developmental research. We measured the body core and skin temperatures, skin blood flow, and pulse wave as the indices of the adaptation of the cardiovascular system. A laser Doppler skin blood flowmetry using an optical-sensor with a small portable data logger was employed for the measurement. These results reveal the heat-stress and exercise-induced circulatory responses, which are under the control of the sympathetic nerve system. Furthermore, it was suggested that the activity of the sympathetic nervous system could be evaluated from the signals of the pulse wave included in the signals derived from skin blood flow by means of heart rate variability assessments and detecting peak heights of velocity-plethysmogram.

    DOI: 10.11322/tjsrae.26.121

    CiNii Article

  • ヒートアイランドに関する空調機の実運転特性および排熱特性の調査研究  第1報:ニューラルネットワークによるルームエアコンの実性能簡易測定手法の提案 査読

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田 浩志,倉田 理

    日本冷凍空調学会論文集   26 ( 1 )   93 - 104   2009年03月( ISSN:13444905

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    A novel simple measuring method of actual performance of room air-conditioners by neural net work analysis (NNW) has been developed. The actual performance for a long term which is difficult to be measured by air enthalpy method is able to be measured easily by this method. In other words, actual performance of room air-conditioners can be measured by the proposed NNW method without measurement of air flow at indoor unit and outdoor unit which changes due to clogging of heat exchanger by dust. In order to gather data for training and testing the proposed NNW method, the room air-conditioner for experiment was set up. Inputs to NNW are outdoor temperature, indoor temperature, indoor wet-bulb temperature, inlet temperature of evaporator, outlet temperature of evaporator, condensation temperature and power consumption. The output from NNW is COP. The COP by NNW method has mean errors under 2.8% in quasi-steady operation condition and has mean errors under 4.6% in unsteady operation condition, compared to the COP of air enthalpy method. Results show that the COP of air conditioners can be measured easily for a long term using NNW within a high degree of accuracy.

    DOI: 10.11322/tjsrae.26.93

    CiNii Article

  • Effect of Humidity on Drying of Porous Materials in Fluidized Bed under Reduced Pressure 査読 国際共著

    Yuji TATEMOTO, Ryosuke KIMURA, Hiroyuki IYOTA, Junko YAMAGATA

    Drying Technology   27 ( 3 )   437 - 444   2009年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • ヒートアイランド解析に有用な蒸気圧縮式空冷空調機の実性能簡易予測式の提案 査読

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田 浩志

    日本冷凍空調学会論文集   26 ( 1 )   69 - 80   2009年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • ヒートアイランドに関する都市空調システムの検討-就寝時におけるルームエアコンの動的運転特性の予測および空調顕熱排熱量の時空間解析- 査読

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田 浩志

    日本ヒートアイランド学会論文集   4   1 - 9   2009年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • ヒートアイランドに関する都市空調システムの検討 -エネルギー供給に基づく空調排熱の時空間特性の予測 査読

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田 浩志

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会 論文集   33 ( 138 )   29 - 38   2008年09月( ISSN:0385275X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    ヒートアイランド対策検討の観点から,空調排熱の時空間特性を明らかにすることを目的に,電力と都市ガスのエネルギー供給に基づく空調排熱の推算を行なった.エネルギー供給量を建物用途・使用用途別に分離することによって求めた冷房用エネルギー消費量より,大阪市における空調排熱の時空間特性を予測した.エネルギー消費原単位により推定した顕熱量と比較すると,実エネルギー供給量に基づく顕熱量は,小規模な店舗と娯楽施設が多くを占める都市の繁華街では,夜間において極めて多くなることがわかった.また,都市の高温化の影響について調べた結果,同地域では,1.5〜6.0℃の気温上昇に伴い顕熱量が70〜140W/m^2程度増加することがわかった.

    DOI: 10.18948/shase.33.138_29

    CiNii Article

  • Effect of Gas Humidity on Material Temperature and Moisture Content Changes of Wet Spherical Porous Material in Humid Hot Air and Superheated Steam 査読 国際共著

    Tamotsu INOUE, Hiroyuki IYOTA, Tomoki TANAKA, Nobuya NISHIMURA

    Journal of the Japanese Society for Experimental Mechanics   8   31 - 36   2008年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effect of Time-Dependent Humidity Profiles from Air to Superheated Steam on Drying of a Wetted Starch Sphere 査読 国際共著

    Hiroyuki Iyota, Tamotsu Inoue, Junko Yamagata, Nobuya Nishimura

    Drying Technology   26 ( 2 )   211 - 221   2008年02月( ISSN:0737-3937

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 非親水性多孔平板の減率乾燥における乾き圏の水蒸気移動 査読

    伊與田 浩志,今駒 博信

    化学工学論文集   33 ( 6 )   506 - 518   2007年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 高温気流中での球状多孔質材料の乾燥時間に与える乾・湿球温度の影響 査読

    井上 保,伊與田 浩志,西村伸也,野邑 奉弘

    日本機械学会論文集(B編)   73 ( 728 )   1068 - 1076   2007年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 温度変化データを用いた乾燥速度の測定 査読

    西村 伸也,瀧川 悌二,伊與田 浩志,今駒 博信

    化学工学論文集   33 ( 2 )   101 - 106   2007年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Measurement of drying rate from temperature data during drying of slab materials 査読

    Nobuya Nishimura, Teiji Takigawa, Hiroyuki Iyota, Hironobu Imakoma

    SOC CHEMICAL ENG JAPAN KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU   33 ( 2 )   101 - 106   2007年03月( ISSN:0386-216X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A simple method was proposed for estimating drying rate from the material temperature change in a drying process. This method was applied to convective and combined convective-conductive dryings of a thin glass-particle layer, i.e., non-hygroscopic porous slab, and to convective drying of a PVA solution film. The method was proved to be useful except for two cases; the period when the temperature rise of the drying material is not accompanied by moisture evaporation; and the period when the quantity of moisture evaporating is small with the change in material temperature is extremely small. The proposed method can be applied to estimate drying rate of a coated web in a rapid drying using hot air, where the conventional method of estimating drying rate from mass change data is difficult to apply.

  • 固体高分子型燃料電池を用いた冷熱取り出し型ホームコージェネレーションシステムの開発 -第1報:システムのモデル化と性能解析 査読

    西村 伸也,本田 国昭,川上 隆一郎,西河 鋭長,伊與田 浩志,野邑 奉弘

    日本冷凍空調学会論文集   24 ( 1 )   13 - 24   2007年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Micro-scale distributed power generation system, which means a micro-cogeneration system in almost cases, has been paid a great attention from a standpoint of saving fossil fuels' consumption and preventing global warming. Especially, polymer electrolyte fuel cell (PEFC) is considered the most promising power generation system for small scale commercial use and residential use. In the PEFC cogeneration system, small amount of waste heat at low temperature from a cell stack is almost used to produce hot water. Therefore, in the paper, we proposed a new heat utilization method of the waste heat for air conditioning. In the proposed home cogeneration system, absorption refrigerator is introduced in order to produce chilled water. Thermal performances of the proposed system have been analyzed by a computer simulation which was developed for the prediction both of power generation characteristics of PEFC and absorption refrigerator's behavior.

    DOI: 10.11322/tjsrae.24.13

    CiNii Article

  • 低風速都市沿岸域に適したマイクロ風力発電システムの開発( 第1報-代表的都市沿岸域の風況・発電特性) 査読

    西村 伸也,伊與田 浩志,松尾 淳,野邑 奉弘

    太陽エネルギー   33 ( 1 )   35 - 43   2007年01月( ISSN:03889564

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    CiNii Article

  • ヒートアイランドに関するルームエアコンの動的運転特性を考慮した実性能予測(外気温が性能へ及ぼす影響の評価) 査読

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田 浩志,野邑 奉弘

    日本冷凍空調学会論文集   24 ( 4 )   447 - 458   2007年( ISSN:13444905

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Split type air conditioners are operated actually in the situation unlike the condition that was described in a product catalog. On the other hand, exhaust heat from air conditioner is considered as one of the causes of heat island problem in urban area, and the air conditioner performance and heat load affect exhaust heat amount. In this study, air conditioner performances in both standard summer day and severe hot day were examined by dynamic simulation which considered outdoor weather changes. As a result, actual performances of the air conditioner were demonstrated as a function of outdoor temperature, heat load and indoor temperature. The higher the outdoor temperature and heat load rise, the smaller influences of indoor temperature against COP became. In standard summer day, relative performance exceeded by 15 to 45% than that of JIS operating condition. Also, COP in severe hot day decreased about 6% at the peak time than that of standard day. As a result, the air conditioner exhaust heat during one day which was predicted by the proposed simulation model became about 16% smaller than the conventional prediction model.

    DOI: 10.11322/tjsrae.24.447

    CiNii Article

  • 熱風リサイクル・材料静置型回分式熱風乾燥器のモデル化と性能評価 査読

    -

    化学工学論文集   33 ( 2 )   107 - 115   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • アマランス種子の膨化加工の最適化(体積増加率向上のための気流温度と種子含水率の操作) 査読

    伊與田 浩志,小西 洋太郎,井上 保,吉田 香梨,西村 伸也

    The Society of Chemical Engineers, Japan 化学工学論文集   32 ( 2 )   167 - 172   2006年03月( ISSN:0386216X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    アマランスの種子は栄養価が高く,また適切な条件下で加熱すると急激な水分蒸発と共に膨化(ポッピング)する性質を有しており,膨化は消化性が改善されるなど有用な加工法の一つである.本研究では,膨化に大きな影響を与える種子含水率に注目し,その調整と測定方法,ならびに機械的強度に与える影響について検討した.さらに,種子の初期含水率と気流温度が膨化による体積増加ならびに膨化後の性状に与える影響について,熱風として高温空気と過熱水蒸気を用いて流動床型の膨化装置により調べた.その結果,種子の初期含水率が約0.15,気流温度が約260°Cの高温空気中で,体積増加率は約8.7倍と最も大きくなった.また,気流温度が高いほど種子の変色が激しいことがわかった.一方,過熱水蒸気中では,体積増加率が最大となる初期含水率は,空気の場合よりもわずかに低くなる傾向がみられ,最大の体積増加率も空気中に比べてやや小さくなった.その原因は水蒸気の初期凝縮により,アマランス種皮の機械的強度が低下したためと考えられる.また,アマランス種子の水分吸着等温線より,体積増加率が最大となる含水率は,相対湿度の増加に対して,平衡含水率が急増し始める直前の含水率付近であり,それ以上の含水率では,体積増加率が減少するとともに,弾性率低下が顕著となることがわかった.また,これらの結果から最適な含水率に調整するための指針を示した.

    DOI: 10.1252/kakoronbunshu.32.167

    CiNii Article

  • Popping of Amaranth Seeds in Hot Air and Superheated Steam 査読 国際共著

    H. Iyota, Y. Konishi, T. Inoue, K. Yoshida, N. Nishimura, T. Nomura

    Drying Technology   23 ( 6 )   1273 - 1287   2005年( ISSN:0737-3937

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1081/DRT-200059502

  • Measurement of Absorbed Power of Glass Particle Layer on Moisture Content and Drying Rate by Combined Convective and Microwave Drying 査読 国際共著

    Hironobu IMAKOMA, Daisuke KATSURA, Kazuhiro KAWAMURA, Hiroyuki IYOTA, Nobuya NISHIMURA

    Drying Technology   23 ( 6 )   1289 - 1301   2005年( ISSN:0737-3937

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 高温気流中での湿り澱粉球の乾燥に与える気流湿度の影響 査読

    伊與田 浩志,井上 保,西村伸也,野邑 奉弘

    日本食品工学会誌   6 ( 4 )   237 - 243   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Study of Amaranth Seeds Popping in Hot Air and Superheated Steam 査読 国際共著

    Hiroyuki IYOTA, Yotaro KONISHI, Tamotsu INOUE, Kaori YOSHIDA, Nobuya NISHIURA, Tomohiro NOMURA

    Proc. of Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering   859   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effect of Moisture Content on the Expansion Volume of Popped Amaranth Seeds by Hot Air and Superheated Steam Using a Fluidized Bed System 査読 国際共著

    Yotaro KONISHI, Hiroyuki IYOTA, Kaori YOSHIDA, Junko MORITANI, Tamotsu INOUE, Nobuya NISHIMURA, Tomohiro NOMURA

    Biosci. Biotechnol. Biochem.   68 ( 10 )   2186 - 2189   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 過熱水蒸気および高温空気気流中での炭水化物食品の乾燥  (ジャガイモスライス表面の着色特性) 査読

    伊與田 浩志,小西 洋太郎,吉田 香梨,西村 伸也,野邑 奉弘,吉田 正道

    化学工学論文集   29 ( 1 )   94 - 99   2003年01月( ISSN:0386216X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    大気圧の過熱水蒸気雰囲気下で食品を乾燥あるいは加工処理する方法は,食品が水蒸気の凝縮により処理直後に急速加熱されること,殺菌効果が期待できること,また,空気を用いた処理と比して高温でも製品が酸化されにくいことなど,さまざまな特徴を有している.そのため,過熱水蒸気は乾燥分野のみならず,製品の高品質化・高機能化のために食品加工分野への適用が期待されている.<br>本研究では,代表的な炭水化物系の食材であるジャガイモの生スライスを試料とし,170℃および240℃の過熱水蒸気ならびに高温空気気流中で乾燥実験を行い,特に表面の色の変化とその原因について調べた.その結果,過熱水蒸気乾燥では表面近傍においても澱粉が糊化されることにより,空気乾燥時よりも表面の色味が強くなり,また,光沢を有することが明らかになった.また,試料全体の成分定量結果から,過熱水蒸気乾燥の方が糊化澱粉(水溶性多糖)量の増加がはやく,また,着色に寄与すると思われる低分子糖と遊離アミノ酸の増加量も空気乾燥のものより多くなる傾向が得られた.

    DOI: 10.1252/kakoronbunshu.29.94

    CiNii Article

  • 界面活性剤による吸収器の性能向上に関する研究(マランゴニ対流の発生・成長機構の解明と吸収促進効果の簡易評価法 ) 査読

    西村 伸也,野邑 奉弘,伊與田 浩志,川上 隆一郎

    日本冷凍空調学会論文集   19 ( 3 )   223 - 235   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Effects of an addition of surfactant to a lithium bromide aqueous solution have been investigated experimentally. N-octanol was used as a surfactant. The Marangoni convection occurred at/beneath the solution surface in the very beginning of steam absorption was observed both by a real-time type laser holographic visualization and by temperature measurements with extremely fine gauge thermocouples. Generation and growth of the Marangoni convection were both observed and evaluated quantitatively by the flow visualization. Furthermore, solution's surface temperatures with and without addition of the surfactant were measured minutely. Cell's formation pattern and migration speed at the surface were measured varying the initial surfactant's concentration ranging from 0 to 50000 ppm and the shallow liquid layer thickness ranging from 2 to 5 mm. And spacio-temporal scales of the Marangoni convection were determined. Also solution temperature changes at the surface were compared. Temperature increases when the surfactant was added to its solubility limit became almost double than that case of no surfactant. From these temperature differences, effects of the surfactant on absorber's performances were estimated by a calculation quantitatively with diffusion coefficient as an evaluation value.

    DOI: 10.11322/tjsrae.19.223

    CiNii Article

  • Effect of Initial Steam Condensation on Color Changes of Potatoes During Drying in Superheated Steam 査読 国際共著

    H. Iyota, N. Nishimura, T. Nomura, Y. Konishi, K. Yoshida

    Proc. of 13th Int. Drying Symposium   1352 - 1359   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 全密閉形ロータリ圧縮機の高効率化の研究(ひずみゲージによる圧縮機のトルクの直接測定) 査読

    松島 正年,野邑 奉弘,西村 伸也,伊與田 浩志,稲葉 恒一

    日本冷凍空調学会論文集   18 ( 1 )   39 - 50   2001年03月( ISSN:13444905

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    This research was conducted in order to better identify the torque loss of a hermetic rotary compressor for one revolution, and to directly obtain the actual shaft power of the compressor. A testing compressor and a gas cycle type simplified calorimeter were developed for direct measurement of the compressor torque. <br> A strain gauge was stuck on the shaft between a compressor and a motor. Thus, the compressor torque could be measured directly by the strain gauge and data were transmitted to out of the compressor's vessel through a slip ring. Rotational speed of the compressor was measured by using a gap sensor also. From these measurement results, actual shaft power was calculated experimentally. <br>On the other hand, effective compressive torque for compressing refrigerant gas was predicted theoretically. From both experimental and theoretical results, torque loss of the compressor was determined as the difference of the compressor torque from the effective compressive torque. Consequently, a loss of over-compression could be revealed from the torque loss experimentally. Furthermore, overall adiabatic efficiencies of compressors obtained by the actual shaft power were 1.1&sim;3.5% higher than former overall adiabatic efficiencies obtained by the motor output.

    DOI: 10.11322/tjsrae.18.39

    CiNii Article

  • Simulation of Superheated Steam Drying Considering Initial Steam Condensation 査読 国際共著

    H. Iyota, N.Nishimura, M.Yoshida, T.Nomura

    Drying Technology   19 ( 7 )   1425 - 1440   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Starch Gelatinization of Sliced Raw Potatoes During Drying in Superheated Steam and Hot Air 査読 国際共著

    Hiroyuki Iyota, Nobuya Nishimura, Yotaro Konishi, Tomohiro Nomura, Masando Toyama, Kaori Yoshida

    Proc. of 2nd Asian-Oceania Drying conference   527 - 536   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Drying of Sliced Raw Potatoes in Superheated Steam and Hot Air 査読 国際共著

    H. Iyota, N.Nishimura, T.Onuma, T.Nomura

    Drying Technology   19 ( 7 )   1411 - 1424   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 吸収冷凍機吸収器の小型・高性能化研究(水平伝熱管型吸収器の吸収熱交換特性) 査読

    西村 伸也,野邑 奉弘,伊與田 浩志,上殿 紀夫

    日本冷凍空調学会論文集   17 ( 3 )   223 - 235   2000年10月( ISSN:13444905

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Absorption refrigerators available today are designed and commercialized on the basis of empirical technology. So the absorption phenomenon and heat transfer process in a conventional absorber of horizontal smooth tubes type have not been clarified yet. In the present study, a prototype experimental absorber which enables us to observe a falling film of aqueous lithium bromide on the tubes in its optically was manufactured. The absorber consists of 13 horizontal smooth tubes. And absorption experiments were carried out with a use of n-octanol as a surfactant ranging from 0 to 500ppm. Behaviors of a solution flow both on the horizontal tubes and in the space among them were observed by using a high speed video camera. Moreover, temperature distributions of the falling film of aqueous lithium bromide, cooling water and heat transfer tubes' surfaces were measured minutely. The ratios of wettability of tubes' surface were estimated, and heat transfer values on the absorber were evaluated. The refrigerating capacity increases to double with increasing surfactant concentration until its solubility limit .And it was revealed that the enhancement of refrigerating capacity with addition of the surfactant is mainly caused by a spread of wet surface of tubes.

    DOI: 10.11322/tjsrae.17.223

    CiNii Article

  • 吸収冷凍機吸収器の小型・高性能化研究(管ピッチ可変型吸収器を用いた吸収器形状の最適化検討) 査読

    西村 伸也,野邑 奉弘,伊與田 浩志,上殿 紀夫

    日本冷凍空調学会論文集   17 ( 3 )   237 - 248   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Modeling of Superheated Steam Drying Including Changes from Condensation to Evaporation Occurring in Early Stage 査読 国際共著

    H. iyota, N. Nishimura, T. Nomura

    Proc.of 12th Int. Drying Symposium   338   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Characteristics of Combined Heat Transfer of Superheated Steam Drying (Numerical Study on Coupled Cenvection and Gas Radiation Heat Transfer) 査読 国際共著

    H. iyota, N. Nishimura, T. Nomura

    Heat Transfer Asian Research   29 ( 5 )   385 - 399   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 過熱水蒸気乾燥における凝縮から蒸発への反転過程(球および無限平板の一次元伝熱モデルによる反転過程の簡易推算法) 査読

    伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘

    日本機械学会論文集(B編)   66 ( 650 )   2681 - 2688   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • A Reverse Process of Superheated Steam Drying from Condensation to Evaporation 査読 国際共著

    H. iyota, N. Nishimura,T. Nomura

    Heat Transfer Asian Research   28 ( 5 )   352 - 366   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Novel Water Facilities for Creation of Confortable Urban Micrometeology 査読 国際共著

    N.Nishimura, T.Nomura, H. iyota, S.Kimoto

    Solar Energy   64 ( 4-6 )   197 - 207   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • マルチパルスレーザーホログラフィーによる非等温二次元衝突噴流の熱流動場の可視化 査読

    太田 孝二,西村 伸也,野邑 奉弘,伊與田 浩志

    The Visualization Society of Japan 可視化情報学会誌   18 ( 1 )   225 - 228   1998年( ISSN:0916-4731

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Local heat transfer characteristics of high temperature impinging two-dimensional air jets were investigated by using a novel multi-pulsed laser holographic interferometry. Thermal flow fields at nozzle-to-plate space were visualized real-time for various jet velocities and nozzle-to-plate distances, which were recorded by using a high-speed streak camera(5000fps). Instantaneous development and growth of streamwise vortices were clearly visualized by this novel method. The results indicate that the local heat transfer coefficients are greatly affected by the large-scale vortices which appear in the wall jet region. Furthermore, it could be demonstrated that this multi-pulsed laser holographic technique is effectively applicable to the high-speed observation of the impinging jets.

    DOI: 10.3154/jvs.18.Supplement1_225

    CiNii Article

  • 界面活性剤添加によりLiBr水溶液表面に生じるマランゴニ対流の可視化 査読

    西村 伸也,野邑 奉弘,伊與田 浩志,松本 英之

    The Visualization Society of Japan 可視化情報学会誌   18 ( 1 )   29 - 32   1998年( ISSN:0916-4731

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Surface tension induced (Marangoni-Benard) convection occurs at a surface of lithium bromide (LiBr) aqueous solution with addition of a small amount of surfactant was observed in order to investigate a mechanism of absorption enhancement by surfactant. Real time type laser holographic interferometry was used to visualize the transient phenomena occurred at/beneath the LiBr aqueous solution's surface in the very beginning(0-20msec) of steam absorption under vacuum condition(0.7kPa). Experiments were performed varying the initial surfactant concentration from 0 to 200ppm and the liquid layer thickness of 3-5mm. Pentagonal or hexagonal cell's patterns were observed at the surface clearly. And those cells evolved from small to large size instantly. Thereafter large scale chaotic eddies were induced at the surface.

    DOI: 10.3154/jvs.18.Supplement1_29

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気乾燥における複合熱伝達特性(気流からの対流とガス熱放射による複合熱伝達の数値計算) 査読

    伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘

    日本機械学会論文集(B編)   64 ( 619 )   821 - 828   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気乾燥における凝縮から蒸発への反転過程 査読

    伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘

    日本機械学会論文集(B編)   63 ( 612 )   2764 - 2770   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 都市微気象の創生型水施設の開発(実測による環境創生型水施設の提案と風洞モデル実験) 査読

    野邑 奉弘,西村 伸也,伊與田 浩志,木本 進弥

    太陽エネルギー   23 ( 2 )   31 - 38   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 乾湿計による湿度測定の原理と応用

    伊與田浩志,鈴木崇士( 担当: 共著)

    ドライシンドロームの基礎と臨床,メディカルレビュー社  2016年01月  ( ISBN:978-4-7792-1617-6

     詳細を見る

    総ページ数:201   担当ページ:75-81   著書種別:教科書・概説・概論   参加形態:ファーストオーサー

  • 溶媒乾燥に伴う溶質・結晶の析出挙動

    伊與田浩志( 担当: 単著)

    分散・塗布・乾燥の基礎と応用,テクノシステム  2014年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:600   担当ページ:265-272   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 過熱水蒸気の特徴と利用技術

    伊與田浩志,野邑奉弘( 担当: 共著)

    水-基礎・ヘルスケア・環境浄化・先端応用技術-,NTS  2006年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:560   担当ページ:381-391   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 過熱水蒸気を用いた食品加工技術

    伊與田浩志,野邑奉弘( 担当: 共著)

    水の特性と新しい利用技術,NTS  2004年05月  ( ISBN:4-86043-048-4

     詳細を見る

    総ページ数:464   担当ページ:191-198   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 過熱蒸気乾燥

    野邑奉弘,伊與田浩志( 担当: 共著)

    乾燥工学の進展,化学工業社  2000年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:145   担当ページ:28-34   著書種別:学術書   参加形態:セカンドオーサー

MISC(その他記事)

  • 食品加工における過熱水蒸気利用に関する研究(解説・研究賞) 招待 査読

    伊與田 浩志

    日本食品工学会誌   25 ( 1 )   1 - 7   2024年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: https://doi.org/10.11301/jsfe.23641

  • 水蒸気の凝縮を伴うコンベクションオーブン加熱 -運転制御と伝熱工学の視点から- 招待 査読

    伊與田浩志

    日本調理科学会誌   57 ( 1 )   1 - 6   2024年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 食品技術講座6:食品の安全・品質に関する技術講座,第84回 食品加工におけるオーブンの技術講座(4) 招待 査読

    杉山久仁子,伊與田浩志

    冷凍   95 ( 1116 )   30 - 33   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 食品技術講座6:食品の安全・品質に関する技術講座,第83回 食品加工におけるオーブンの技術講座(3) 招待 査読

    伊與田浩志,増田勇人,杉山久仁子

    冷凍   95 ( 1115 )   23 - 26   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 複雑形状物の色彩・光沢・再帰の同時非接触測色システム 招待

    酒井英樹,伊與田浩志

    ケミカルエンジニアリング   65 ( 8 )   501 - 515   2020年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 日本熱物性学会賞論文賞を受賞して 招待

    伊與田浩志

    熱物性   33 ( 1 )   5 - 5   2019年

     詳細を見る

  • パン・菓子の製造装置における水蒸気利用技術に関する研究 招待

    伊與田浩志,辻岡哲夫,酒井英樹

    公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団,平成29年度年報   2018年

     詳細を見る

  • 水の蒸発と伝熱学~オーブンの中の温度と湿度~ 招待

    伊與田浩志

    山崎製パン株式会社,社報やまざき2017年12月号   ( 579 )   30 - 31   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 水の蒸発と伝熱学~コーンとアマランサス種子のポップ~ 招待

    伊與田浩志

    山崎製パン株式会社,社報やまざき2017年11月号   ( 578 )   30 - 31   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 高温・高湿度域の湿度計測と利用の最前線 招待

    伊與田浩志

    伝熱(日本伝熱学会会誌)   56 ( 237 )   17 - 23   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 水の蒸発と伝熱学~冷めないラーメンをつくる~ 招待

    伊與田浩志

    山崎製パン株式会社,社報やまざき 2017年10月号   ( 576 )   30 - 31   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 食品オーブン庫内に設置可能なワイヤレス温度・湿度計測ノードの開発 : 温度計測の高精度化と安定化の検討 査読

    辻岡 哲夫, 北村 祥太, 棚田 優祐, 山本 裕之, 伊與田 浩志

    計測自動制御学会計測部門 センシングフォーラム資料   34   219 - 222   2017年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • パン・菓子の製造装置における水蒸気利用技術に関する研究 招待

    伊與田浩志,辻岡哲夫,酒井英樹

    公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団   32   409 - 414   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 調理科学と機械工学 招待

    伊與田浩志

    日本調理科学会誌 創立50周年記念増刊号   50   52 - 53   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.11402/cookeryscience.50.S50

  • パン・菓子の製造装置における水蒸気利用技術に関する研究 招待

    伊與田浩志,辻岡哲夫

    公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団,平成27年度年報   31   366 - 271   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 高能率水稲種子消毒装置の開発 査読

    野田崇啓, 日高靖之, 越智昭彦, 酒井和彦, 薮哲男, 上垣陽平, 守川俊幸, 三室元気, 磯田淳, 星野滋, 伊與田浩志, 辻岡哲夫, 有江力

    生研センター研究報告会   2014   15 - 27   2015年03月( ISSN:1880-0637

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 水蒸気の凝縮熱を利用した水稲種子消毒装置の開発 査読

    野田崇啓, 日高靖之, 伊與田浩志, 越智昭彦, 酒井和彦, 薮哲男, 上垣陽平, 三室元気, 守川俊幸, 磯田淳, 星野滋, 有江力, 中村透, 軽部勇希

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2015   117   2015年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • P-6 アクリルドームとデジタルカメラを用いた色情報記録装置の開発(第46回全国大会発表論文集) 査読

    伊與田 浩志, 酒井 英樹, 高山 正宏, 仲森 裕司

    日本色彩学会 日本色彩学会誌   39 ( 5 )   113 - 116   2015年( ISSN:0389-9357

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

    その他URL: http://id.nii.ac.jp/1141/00054264/

  • 3B-4 スチームコンベクションオーブン庫内の加熱環境と食品の色変化との関係(第46回全国大会発表論文集) 査読

    仲森 裕司, 伊與田 浩志, 酒井 英樹, 吉岡 秀矩, 高山 正宏

    日本色彩学会 日本色彩学会誌   39 ( 5 )   84 - 86   2015年( ISSN:0389-9357

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

    その他URL: http://id.nii.ac.jp/1141/00054254/

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第6報)開発機の処理条件制御技術の開発 査読

    野田崇啓, 日高靖之, 伊與田浩志, 中村透, 軽部勇希

    農業環境工学関連学会合同大会講演要旨集(CD-ROM)   2015   ROMBUNNO.D103   2015年( ISSN:1880-2087

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • オーブン型加熱装置内における処理環境プロファイルの実測定装置の開発 招待

    伊與田浩志

    公益財郎記念食品科学振興財団 平成26年度年報   30   26 - 32   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気を利用したイネ苗立枯細菌病の防除~接種方法の違いが防除効果に及ぼす影響~ 査読

    濱田亜矢子, 藪哲男, 松田絵里子, 安達直人, 野田崇啓, 日高靖之, 伊與田浩志, 中村透, 松谷俊弘

    北陸病害虫研究会報   ( 63 )   40   2014年12月( ISSN:0388-8053

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 過熱水蒸気を利用した乾燥と加熱 招待

    伊與田浩志,井上 保

    冷凍   89 ( 1045 )   13 - 18   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気を利用した乾燥と加熱 (特集 最近の食品製造加工技術の進歩) 査読

    伊與田 浩志, 井上 保

    日本冷凍空調学会 冷凍   89 ( 1045 )   749 - 754   2014年11月( ISSN:0034-3714

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第5報)―大型連続式試験装置2号機の試作と水稲種子消毒性能の評価― 査読

    野田崇啓, 日高靖之, 伊與田浩志, 中村透, 越智昭彦, 酒井和彦, 守川俊幸, 濱田亜矢子, 藪哲男, 磯田淳, 星野滋

    農業食料工学会年次大会講演要旨   73rd   27   2014年05月( ISSN:2188-2584

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 過熱水蒸気の温度・湿度センシングのための保水制御 : 局部静電容量による湿潤状態検出に基づく制御と安定化 (回路とシステム) 査読

    宮脇 望, 森川 暉大, 辻岡 哲夫, 三浦 孝平, 松本 泰希, 伊與田 浩志, 田中 倫明, 北村 治雄

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 ( 463 )   211 - 215   2014年03月( ISSN:0913-5685

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    近年,乾燥や殺菌,調理などの分野において,過熱水蒸気の利用が拡大している.過熱水蒸気を利用する加工装置では,気流温度とともに装置内の水蒸気濃度も重要な操作パラメータである.そのため,高温下で利用可能で経済的な湿度センサが求められている.また,高温下で湿度センシングをするときには感湿部の適切な保水状態の維持が求められる.本稿では,感湿部の湿潤状態検出のための水分量センサの原理と,その水分量センサを用いて開発した湿度センサの構造について示した.そして,局部水分量センサを用いて湿潤状態検出が可能であることと,水分量センサを用いた保水制御が有効であることを明らかにした.

    CiNii Article

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討 : 水の蒸発効果を利用した大気顕熱負荷削減方法の評価手法の検討 査読

    上田 昇, 西村 伸也, 伊與田 浩志

    日本冷凍空調学会 日本冷凍空調学会年次大会講演論文集 Proceedings of the JSRAE Annual Conference   B335 - 1-4   2014年( ISSN:2188-5397

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気の基礎と技術動向 招待

    伊與田浩志

    食品と開発   49 ( 22 )   4 - 6   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気を利用した乾燥・加熱技術の動向 招待

    伊與田浩志

    コンバーテック   489   119 - 121   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気・高湿度空気の利用技術(プロセスにおける水蒸気の濃度管理の重要性) 招待

    伊與田浩志

    はかる(一般社団法人日本計量機器工業連合会)   30 ( 2 )   12 - 15   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 加熱媒体としての過熱水蒸気と湿り空気の利用 招待

    伊與田浩志

    冷凍   88 ( 1031 )   3 - 7   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気と高温空気の混合気体を利用した加熱・乾燥 招待

    伊與田浩志

    日本化学工学会バイオ部会 News Letter   32   4 - 7   2013年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討 : 冷房ピーク時の性能改善法調査 査読

    上田 昇, 西村 伸也, 伊與田 浩志

    日本冷凍空調学会 日本冷凍空調学会年次大会講演論文集 = Proceedings of the JSRAE Annual Conference   301 - 304   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気および乾熱空気処理によるイネいもち病とイネばか苗病の殺菌効果と種子発芽に与える影響 第2報 査読

    越智昭彦, 野田崇啓, 窪田陽介, 横江未央, 吉永慶太, 日高靖之, 伊與田浩志, 中村透, 松田和一郎

    北日本病害虫研究会報   ( 63 )   239   2012年12月( ISSN:0368-623X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • I132 湿潤材料の温度測定による高温用広域湿度センサの開発 : 多孔質セラミックスの水分移動に与える細孔径分布の影響(OS-16: 多孔質体内の熱物質輸送と応用(3)) 査読

    井上 保, 中西 梨佳, 稲田 真之介, 伊與田 浩志

    一般社団法人日本機械学会 熱工学コンファレンス講演論文集   2012   279 - 280   2012年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    We applied the theory of a psychrometer to develop a humidity monitoring system by using porous ceramics as a sensing element. The effects of porosities and pore size distributions on water transfer were investigated theoretically and experimentally. Several types of cylindrical porous ceramics were used. In addition, we compared the moisture transfer coefficients / permeability coefficients. The results showed that capillary water transfer were higher in the conditions that porosity was laeger and pore size distribution was wider. The water transfer by pressure difference were higher in the conditions that mode diameter was laeger.

    CiNii Article

  • 41 ソーラークーリングシステムの期間性能評価(再生可能エネルギーの有効活用(1),オーガナイズドセッション2(1)) 査読

    西村 伸也, 射手矢 知輝, 范 凱, 伊與田 浩志, 松原 為敏

    社団法人空気調和・衛生工学会 空気調和・冷凍に関する連合講演会講演論文集   ( 46 )   171 - 174   2012年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 高温湿り空気・過熱水蒸気の高度利用のための湿度モニタリング法 招待

    伊與田浩志

    ケミカルエンジニヤリング   57 ( 1 )   71 - 76   2012年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第4報)―大型連続式試験装置の試作改良と消毒効果確認試験― 査読

    野田崇啓, 日高靖之, 横江未央, 伊與田浩志, 越智昭彦, 酒井和彦, 中村透, 松田和一郎

    農業環境工学関連学会合同大会講演要旨集(CD-ROM)   2012   ROMBUNNO.E41   2012年( ISSN:1880-2087

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 過熱水蒸気および乾熱空気処理によるイネいもち病とイネばか苗病の殺菌効果と種子発芽に与える影響 査読

    越智昭彦, 日高靖之, 野田崇啓, 横江未央, 小林研, 吉永慶太, 中山夏希, 伊與田浩志, 西村俊成, 中村透, 松田和一郎

    北日本病害虫研究会報   ( 62 )   205   2011年12月( ISSN:0368-623X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 過熱水蒸気を用いた水稲種子消毒技術の開発 査読

    野田崇啓, 伊與田浩志, 西村俊成, 日高靖之, 中村透, 松田和一郎

    Thermophys Prop   32nd   210 - 212   2011年11月( ISSN:0911-1743

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 41217 指向性を有する再帰反射材の日射反射率の入射角依存性評価(日射遮蔽,環境工学II) 査読

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    一般社団法人日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   2011   441 - 442   2011年07月( ISSN:1341-450X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 水稲種子の過熱水蒸気によるいもち病,ばか苗病防除の可能性 査読

    越智昭彦, 野田崇啓, 日高靖之, 伊與田浩志, 井上保, 一色翔悟, 武田俊広, 中村透

    北日本病害虫研究会報   ( 61 )   262   2010年12月( ISSN:0368-623X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第2報)―バッチ式基礎試験装置および連続式試験装置の消毒効果確認試験― 査読

    野田崇啓, 日高靖之, 横江未央, 伊與田浩志, 西村俊成, 一色翔悟, 越智昭彦, 酒井和彦, 中村透, 武田俊広, 松田和一郎, 後藤恒義

    農業機械学会年次大会講演要旨   69th   22 - 23   2010年09月( ISSN:1347-6467

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第3報)―数値計算による温度・水分量変化の予測― 査読

    西村俊成, 伊與田浩志, 西村伸也, 野田崇啓, 日高靖之, 中村透

    農業機械学会年次大会講演要旨   69th   24 - 25   2010年09月( ISSN:1347-6467

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 過熱水蒸気乾燥-広範囲な水蒸気濃度の利用と制御の重要性- 招待

    伊與田浩志

    分離技術   39 ( 6 )   30 - 36   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • スチコンとポップアマランス 招待

    伊與田浩志,山形純子

    熱物性(日本熱物性学会会誌)   23 ( 4 )   216 - 221   2009年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気を用いた乾燥と利用技術 招待

    伊與田浩志,井上 保

    FFIジャーナル   214 ( 2 )   139 - 149   2009年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第1報)―基礎試験装置による熱処理条件の検討― 査読

    野田崇啓, 日高靖之, 伊與田浩志, 井上保, 中村透, 武田俊広, 後藤恒義

    農業環境工学関連学会合同大会講演要旨集(CD-ROM)   2009   ROMBUNNO.I11   2009年( ISSN:1880-2087

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 過熱水蒸気オーブンってどうなってる? 招待

    伊與田 浩志

    一般社団法人日本機械学会 日本機械学會誌 = Journal of the Society of Mechanical Engineers   111 ( 1081 )   956 - 957   2008年12月( ISSN:00214728

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気による加熱の基礎と装置開発 招待

    伊與田 浩志

    食品と開発   43 ( 12 )   11 - 14   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 熱工学 招待

    松浦 章裕, 古畑 朋彦, 吉田 正道, 伊與田 浩志, 窪田 光宏

    化学工学 = CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN   72 ( 10 )   522 - 526   2008年10月( ISSN:03759253

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    CiNii Article

  • 相変化伝熱(化学工学年鑑2008,熱工学) 招待

    伊與田 浩志

    化学工学   72 ( 10 )   524 - 525   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気を用いた乾燥の特徴と利用技術 招待

    伊與田浩志

    粉体と工業   38 ( 11 )   41 - 49   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気の基礎 招待

    伊與田浩志,野邑奉弘

    食品工業(光琳)   48 ( 14 )   20 - 28   2005年( ISSN:0559-8990

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気による乾燥処理法 招待

    伊與田浩志,野邑奉弘

    Jasco Report   7   71 - 74   2003年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気の高度利用による食品の高機能化 招待

    伊與田浩志

    ネスレ科学振興会年報   8   58 - 64   2002年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気による食品の乾燥 招待

    伊與田浩志,野邑奉弘

    食品と開発   37 ( 12 )   5 - 7   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 過熱水蒸気乾燥法 招待

    野邑奉弘,伊與田 浩志

    化学工学   66 ( 7 )   409 - 413   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 低圧下における過熱水蒸気の非定常凝縮熱伝達とその応用に関する研究 招待

    伊與田浩志

    冷凍   74 ( 860 )   32 - 33   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 半導体レーザ吸収分光法に基づく湿度測定に関する研究 国内会議

    山本靖登、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会関西支部第99期定時総会講演会メカボケーション学生研究発表セッション  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 食品の凍結過程制御のための高周波利用に関する研究 国内会議

    野川多聞、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会関西支部第99期定時総会講演会メカボケーション学生研究発表セッション  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • ドーム型照明装置を用いた半透明層を有する材料の色評価 国内会議

    樋口芽以、衣川歩夢、伊與田浩志、酒井英樹

    令和5年度日本色彩学会関西支部大会  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 過熱面に滴下された高分子液滴の動的挙動 国内会議

    高橋 考輝,増田 勇人, 伊與田 浩志

    化学工学会 福井大会2023  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 円錐型テイラー・クエット流の伝熱特性に及ぼす頂角の影響 国内会議

    百鳥 航平,増田 勇人, 伊與田 浩志

    化学工学会 福井大会2023  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 可塑化ポリマー水溶液塗膜の乾燥特性と光沢変化 国内会議

    衣川 歩夢,樋口 芽以, 伊與田 浩志,増田 勇人,今駒 博信

    化学工学会 福井大会2023  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 高温高湿度空気中での水蒸気の凝縮を伴う多孔材料の加熱乾燥過程と湿度の影響 国内会議

    林 亮太,森原 優人,伊與田 浩志,増田 勇人,今駒 博信

    化学工学会 福井大会2023  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 大学病院調理場と給食経営管理実習室のガス・電気・水使用量の調査と比較 国内会議

    伊與田浩志、藤本恵美子、高橋孝子、出口美輪子、池田昌代、山形純子、田中治子、赤尾 正、菊崎泰枝

    第18回日本給食経営管理学会学術総会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • スチームコンベクションオーブンによる調理条件の異なるゆで卵の品質と嗜好性の官能評価 国内会議

    髙橋孝子、後藤昌弘、鈴木利里子、成山美瞳、林亮太、森原優人、伊與田浩志

    第18回日本給食経営管理学会学術総会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 大阪府における福祉施設の栄養管理業務に関する実態調査(第1報:栄養管理と栄養情報共有の現状) 国内会議

    田中治子、出口美輪子、赤尾正、川村尚也 、伊與田浩志

    第18回日本給食経営管理学会学術総会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 大阪府の福祉施設における栄養管理業務に関する実態調査(第2報:給食サービスの理想像と取り組むべき課題) 国内会議

    出口美輪子、田中治子、赤尾正、川村尚也、伊與田浩志

    第18回日本給食経営管理学会学術総会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 円筒容器内の水系ゲルの凍結過程に与える正逆交互回転の影響 国内会議

    中﨑 大雅,野川 多聞,伊與田 浩志,増田 勇人

    No.23-38 日本機械学会熱工学コンファレンス 2023   2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 高分子を含んだライデンフロスト液滴の高温ラチェット面上における運動特性 国内会議

    増田 勇人,奥村 慎一郎,和田 光生,伊與田 浩志

    No.23-38 日本機械学会熱工学コンファレンス 2023   2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Numerical simulation of conical Taylor-Couette flow with radial temperature gradient 国際会議

    Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota, Naoto Ohmura

    The 33rd International Symposium on Transport Phenomena  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kumamoto  

  • Carreauモデル流体系におけるレイリー・べナール対流の代表速度スケールに及ぼすレオロジー特性の影響 国内会議

    増田 勇人,伊與田 浩志,太田 光浩

    化学工学会 第54回秋季大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 軸流を伴う液-液二相テイラー・クエット流の流動遷移特性 国内会議

    菊池 祐汰,増田 勇人,伊與田 浩志

    化学工学会 第54回秋季大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 高温面上に浮遊するライデンフロスト液滴同士の衝突現象 国内会議

    和田 光生,増田 勇人,伊與田 浩志

    化学工学会 第54回秋季大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • フリージングに伴うアイスクリーム中の気泡・脂肪球サイズ変化に及ぼす撹拌操作の影響 国内会議

    河内 竜太郎,増田 勇人,伊與田 浩志

    化学工学会 第54回秋季大会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 食品加工における過熱水蒸気利用に関する研究 招待 国内会議

    伊與田浩志

    日本食品工学会 第24 回(2023 年度)年次大会  2023年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  • Advanced control of microstructure in ice cream by agitation and mixing operations during freezing process 国際会議

    Hayato Masuda, Tomohiro Ryuzaki, Hiroyuki Iyota

    17th European Conference on Mixing  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Portugal  

  • Numerical simulation during development of Taylor-Couette flow with shear-thinning fluids 国際会議

    Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota, Naoto Ohmura

    16th International Conference on CHEMICAL AND PROCESS ENGINEERING  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Italy Napoli  

  • 過熱水蒸気乾燥法の基礎と応用 ~幅広い温度と湿度の利用~ 招待 国内会議

    伊與田浩志

    第218回TMC技術研修会  2023年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  • Motion of droplet containing polymer on high temperature surface 国際会議

    Hayato Masuda, Shinichiro Okumura, Koki Wada, Hiroyuki Iyota

    The 11th International Conference on Multiphase flow  2023年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:kobe  

  • 高温高湿度環境の高度利用のための NDIR 法による湿度測定装置の開発 国内会議

    林 亮太、湯地 道士、伊與田 浩志、増田 勇人

    日本機械学会関西支部第98期定時総会講演会メカボケーション学生研究発表セッション  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ドーム型照明を用いた色彩と光沢の非接触測定装置の開発(Radianceを用いた装置の動作シミュレーション) 国内会議

    衣川 歩夢、深河 慎平、伊與田 浩志、増田 勇人、酒井 英樹

    日本機械学会関西支部第98期定時総会講演会メカボケーション学生研究発表セッション  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水系ゲルを試料とした凍結過程の制御と解析に関する研究 国内会議

    中﨑 大雅、野川 多聞、伊與田 浩志、増田 勇人

    日本機械学会関西支部第98期定時総会講演会メカボケーション学生研究発表セッション  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高温面上に浮遊する液滴同士の衝突現象に関する研究 国内会議

    和田 光生、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会関西支部第98期定時総会講演会メカボケーション学生研究発表セッション  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高湿度空気を利用した水蒸気凝縮を伴う多孔質材料の加熱操作に関する研究 国内会議

    湯地 道士、林 亮太、伊與田 浩志、増田 勇人、今駒 博信

    日本機械学会関西支部 第98期定時総会講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた色彩と光沢の非接触測定装置の開発(光反射モデルを用いた光沢度の測定精度向上法の提案) 国内会議

    深河 慎平、伊與田 浩志、酒井 英樹、増田 勇人、衣川 歩夢

    日本機械学会関西支部 第98期定時総会講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気混合法を用いた湿度発生装置の開発(TDLAS法による時間変動の検証と装置の性能評価) 国内会議

    坂元 千里、山本 靖登、伊與田 浩志、増田 勇人、阿部 恒、田中 秀幸

    日本機械学会関西支部 第98期定時総会講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 液-液二相テイラー・クエット流における流動特性 国内会議

    菊池 祐汰、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会関西支部2022年度関西学生会卒業研究発表講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 層流撹拌槽における混合・伝熱特性に関する研究 国内会議

    河内 竜太郎、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会関西支部2022年度関西学生会卒業研究発表講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 半導体レーザ吸収分光法に基づく湿度測定に関する研究 (装置関数の導入と実測吸収波形の計算) 国内会議

    山本 靖登、坂元 千里、伊與田 浩志、増田 勇人、川崎 昌博、阿部 恒

    日本機械学会関西支部2022年度関西学生会卒業研究発表講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品の凍結過程制御のための高周波利用に関する研究 国内会議

    野川 多聞、中﨑 大雅、伊與田 浩志、増田 勇人

    日本機械学会関西支部2022年度関西学生会卒業研究発表講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温面上に滴下された高分子液滴の運動に関する研究 国内会議

    櫻井 綾介、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会関西支部2022年度関西学生会卒業研究発表講演会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lighting Simulation of Non-contact 2D Color and Gloss Measuring System Using Dome Illumination 国際会議

    Ayumu Kinugawa, Hiroyuki Iyota, Shimpei Fukagawa, Hayato Masuda and Hideki Sakai

    8th Asia Color Association Conference  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Dynamics of Polymer Solution Droplet on High Temperature Surface 国際会議

    H. Masuda, K. Wada, S. Okumura, H. Iyota

    The 4th International Symposium on Multiscale Multiphase Process Engineering (MMPE)  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 近赤外線を用いた光吸収による湿度測定に関する研究 国内会議

    林亮太,湯地道士,伊與田浩志,増田勇人

    日本食品工学会第23年次大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アイスクリームのフリージングプロセスにおける脂肪球ダイナミクスに及ぼす撹拌速度の影響 国内会議

    増田勇人,澤野桃子,下山田真,伊與田浩志

    日本食品工学会第23年次大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フリージング中におけるアイスクリームの内部構造形成過程に及ぼす撹拌操作の影響 国内会議

    龍崎友弘,増田勇人,伊與田浩志,下山田真

    化学工学会第53回秋季大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温ラチェット面上におけるライデンフロスト液滴の運動モデル 国内会議

    奥村慎一郎,和田光生,増田勇人,伊與田浩志

    化学工学会第53回秋季大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軸方向温度勾配を有するTaylor-Couette-Poiseuille流の流動ダイナミクス 国内会議

    中川幹太,増田勇人,伊與田浩志

    化学工学会第53回秋季大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 径方向温度勾配を伴う円錐型テイラー・クエット流の流動ダイナミクス 国内会議

    増田勇人,中川幹太,伊與田浩志,大村直人

    化学工学会第53回秋季大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of supercooling phenomenon on liquid freezing in cylindrical vessel 国際会議

    Taiga Nakazaki, Yuichiro Akimaru, Hiroyuki Iyota, Hayato Masuda

    19th ASIAN PACIFIC CONFEDERATION OF CHEMICAL ENGINEERING CONGRESS (APCChE) CONFERENCE 2022  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of Polymer Addition on Dynamic Leidenfrost Phenomenon 国際会議

    Koki Wada, Ryosuke Sakurai, Shinichiro Okumura, Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota

    19th ASIAN PACIFIC CONFEDERATION OF CHEMICAL ENGINEERING CONGRESS (APCChE) CONFERENCE 2022  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フリージング中における撹拌速度がアイスクリーム内の気泡/脂肪球サイズ変化に及ぼす影響 国内会議

    増田勇人,澤野桃子,伊與田浩志,下山田真

    混相流シンポジウム2022  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気乾燥法の基礎と応用 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    紙パルプ技術協会 第26回 製紙技術セミナー  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高分子を含むライデンフロスト液滴における高分子添加量の影響 国内会議

    増田 勇人, 和田 光生, 奥村 慎一郎, 伊與田 浩志

    第59回日本伝熱シンポジウム  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AOBSERVATION OF COLOR AND GLOSS CHANGE DURING THAWING OF FOODS USING A NON-CONTACT 2D MEASUREMENT SYSTEM WITH A DIGITAL CAMERA 国際会議

    Ayumu Kinugawa, Hiroyuki Iyota, Shimpei Fukagawa, Hayato Masuda, Hideki Sakai

    6th Asia Color Association Conference  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪府における給食経営管理業務に関する実態調査(第1報:COVID-19 禍における病院栄養部門運営の課題) 国内会議

    出口美輪子、田中治子、赤尾正、伊與田浩志

    第16回日本給食経営管理学会学術総会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 未来型医療福祉給食サービス実現への調査研究(主体と課題・視点の整理について) 国内会議

    伊與田浩志,酒井英樹,赤尾正,相馬明郎,川村尚也

    第16回日本給食経営管理学会学術総会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大阪府における給食経営管理業務に関する実態調査(第2報:病院における栄養管理の実態と情報共有の課題) 国内会議

    田中治子、出口美輪子、赤尾正、伊與田浩志

    第16回日本給食経営管理学会学術総会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高圧処理した米飯の美味特性解析~給食施設における新しい調理システム開発の試み~ 国内会議

    秋田聖子,角井美穂,赤尾正,伊藤智,伊與田浩志,田邊公一,朝見祐也

    第16回日本給食経営管理学会学術総会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Estimation of wide-range humidity in high temperature airflow in oven for food industry 国際会議

    Naoto Yuji, Koki Minami, Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota

    The 2nd Asian Conference on Thermal Sciences  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of rheological property on Leidenfrost droplet motion 国際会議

    Shinichiro Okumura, Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota

    The 2nd Asian Conference on Thermal Sciences  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Degree of supercooling of sugar aqueous solution in freezing process with agitation 国際会議

    Tomohiro Ryuzaki, Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota

    The 2nd Asian Conference on Thermal Sciences  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ファイバを用いたレーザ吸収分光法によるオーブン庫内の湿度測定装置の開発 国内会議

    棚田優祐, 田代晃一郎, 伊與田浩志, 西田耕介, 中内崚河,梅川豊文, 川崎昌博

    第40回 日本熱物性シンポジウム  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 温度分布を有するテイラー渦流のダイナミクスに流体物性が及ぼす影響 国内会議

    増田 勇人, 中川 幹太, 藤永 大輝, 伊與田 浩志, 大村 直人

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 液体凍結現象における撹拌の影響 国内会議

    増田 勇人, 龍崎 友弘, 伊與田 浩志

    化学工学会 第52回秋季大会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of color and gloss measurement system with wide-range temperature and humidity control unit 国際会議

    Shimpei Fukagawa, Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Mai Isomi

    International Colour Association (AIC) 14th Congress  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of Rheological Properties on Couette-Taylor flow with Axial Temperature Distribution 国際会議

    Kanta Nakagawa, Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota

    21st International Couette Taylor Workshop (ICTW21)  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発 その5:閉鎖空間内にある材料の色彩・光沢測定 国内会議

    酒井英樹,伊與田浩志

    日本色彩学会第52回全国大会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発 その6:温湿度制御容器内の材料の色彩・光沢測定 国内会議

    深河慎平,伊與田浩志,酒井英樹

    日本色彩学会第52回全国大会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Melting Characteristics of Ice Cream Prepared with Various Agitation Speeds in Batch Freezer 国際会議

    Momoko Sawano, Hayato Masuda, Hiroyuki Iyota, Makoto Shimoyamada

    The 3rd International Conference on Engineering Future Food  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 浮力を伴うテイラー・クエット流の流動ハ゜ターンにおけるレオロシ゛ー特性の影響 国内会議

    増田 勇人, 中川 幹太, 伊與田 浩志,大村 直人

    第58回日本伝熱シンポジウム  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • パイプオリフィス流量計を用いた広域湿度発生装置の開発 国内会議

    秋丸 優一朗、藤原 尚之、伊與田 浩志、増田 勇人

    日本機械学会 関西支部第96期定時総会講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Global Convection Characteristics of Conical Taylor-Couette Flow with Shear-thinning Fluids 国際会議

    H. Masuda, H. Iyota, N. Ohmura

    24th International Congress of Chemical and Process Engineering (CHISA2021 Virtually)  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気の凝縮を伴う材料加熱における非定常熱物質移動現象の解析 (水蒸気モル分率の影響) 国内会議

    皆美 孝機、伊與田 浩志、増田 勇人、湯地 道士

    日本機械学会 関西支部第96期定時総会講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 波長可変半導体レーザ吸収分光法による広範囲な湿度計測に関する研究 国内会議

    田代 晃一朗,岡本 卓也,伊與田 浩志、西田 耕介、梅川 豊文、川崎 昌博

    日本機械学会 関西支部第96期定時総会講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TDLAS法による湿度計測における計測範囲の広域化に関する研究 国内会議

    岡本 卓也、田代 晃一朗、伊與田 浩志、増田 勇人、西田 耕介、梅川 豊文,川崎 昌博

    日本機械学会 関西支部第96期定時総会講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 過熱水蒸気混合法による湿度発生装置の開発に関する研究 (発生湿度評価のため の冷却部の熱解析) 国内会議

    中山 綾太、伊與田 浩志、増田 勇人、田代 晃一朗

    日本機械学会 関西学生会2020年度学生員卒業研究発表講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水の相変化を伴う非定常伝熱場における材料加熱過程の解析 国内会議

    湯地 道士、伊與田 浩志、増田 勇人、皆美 孝機

    日本機械学会 関西学生会2020年度学生員卒業研究発表講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 撹拌を伴う液体の凍結プロセスにおけるトルクの時系列変動の解析 国内会議

    龍崎 友弘、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会 関西学生会2020年度学生員卒業研究発表講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温平板上に置かれた非ニュートン液滴挙動に与えるレオロジー特性の影響 国内会議

    奥村 慎一郎、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会 関西学生会2020年度学生員卒業研究発表講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軸方向温度分布を伴う垂直型テイラー・クエット流における温度振動とレオロジー特性の関係 国内会議

    中川 幹太、増田 勇人、伊與田 浩志

    日本機械学会 関西学生会2020年度学生員卒業研究発表講演会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた温湿度環境の制御機能を有する色彩・光沢の二次元評価装置の開発 国内会議

    深河慎平, 伊與田浩志, 酒井英樹,磯見麻衣

    令和2年度 日本色彩学会関西支部大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温面上における非ニュートン流体液滴の運動 国内会議

    増田 勇人, 奥村 慎一郎, 伊與田 浩志

    化学工学会, 第86年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of colorimetric and gloss measurement system in a temperature/humidity control using a digital camera 国際会議

    Shimpei Fukagawa,Hideki Sakai, Hiroyuki Iyota

    online international students exchange between OCU and RMUTT  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アイスクリーム中の気泡が融解特性に与える影響 国内会議

    増田勇人,伊與田浩志,澤野桃子,下山田真

    第41回 日本熱物性シンポジウム  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レーザ吸収分光法によるオーブン庫内の湿度測定に関する研究 国内会議

    岡本卓也,棚田優祐,田代晃一朗,伊與田浩志,増田勇人,西田耕介,梅川豊文,川崎昌博

    第41回 日本熱物性シンポジウム  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 回転円錐間におけるshear-thinning流体流れの数値解析 国内会議

    増田勇人, 伊與田浩志, 大村直人

    化学工学会, 第50回秋季大会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フリージング中の撹拌速度によるアイスクリームの気泡・脂肪球サイズ制御に関する研究 国内会議

    澤野桃子, 増田勇人, 伊與田浩志, 下山田真

    日本食品工学会第21回(2020年度)年次大会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発(その5:食品の色彩と光沢の測定) 国内会議

    磯見麻衣,酒井英樹,廣内 綾,伊與田浩志

    日本食品工学会第21回(2020年度)年次大会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発 その3:自動化及び測定精度の検証 国内会議

    磯見麻衣,廣内 綾,伊與田浩志,酒井英樹

    日本色彩学会第51回全国大会(2020)   2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発 その4 : 色彩・光沢・再帰反射の同時測定 国内会議

    酒井英樹,伊與田浩志

    日本色彩学会第51回全国大会(2020)   2020年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 過熱水蒸気混合法による高露点湿度標準発生装置の開発 国内会議

    藤原 尚之,秋丸 優一朗,伊與田 浩志

    日本機械学会 関西支部第95期定時総会講演会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • TDLAS法による高温高湿度空気流の湿度計測 国内会議

    田代 晃一朗,棚田 優祐,伊與田 浩志,西田 耕介,中内 崚河,梅川 豊文,川崎 昌博

    日本機械学会 関西支部第95期定時総会講演会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • COLOR OF COOKED RICE TO IMPROVE APPETITE FOR ELDERLY 国際会議

    Pantakan Sukontee, Chanprapha Phuangsuwan, Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Mitsuo Ikeda

    the 5th Asia Color Association Conference  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • DEVICE INDEPENDENT SIMULTANEOUS LIGHTNESS CONTRAST 国際会議

    Saran Chantra, Mitsuo Ikeda, Hideki Sakai, Hiroyuki Iyota, Chanprapha Phuangsuwan

    the 5th Asia Color Association Conference  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MEASUREMENT OF WET COLORS OF BRICKS AND GRAVELS BY USING A NON-CONTACT COLORIMETRIC SYSTEM WITH DOME ILLUMINATION 国際会議

    Mai Isomi, Hideki Sakai, Tsugumichi Watanabe, Hiroyuki Iyota

    the 5th Asia Color Association Conference  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Automatization of 2D-Image Recording System for Analysis of Change in Food Appearance using Dome Illumination with Digital Camera 国際会議

    Aya Hirouchi, Hiroyuki Iyota, Mai Isomi, Hiroyuki Yamamoto, Hideki Sakai

    the 5th Asia Color Association Conference  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光ファイバを用いたレーザ吸収分光法によるオーブン庫内の湿度測定装置の開発 国内会議

    棚田優祐, 田代晃一郎, 伊與田浩志, 西田耕介, 中内崚河,梅川豊文, 川崎昌博

    第40回 日本熱物性シンポジウム  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 温暖化がエネルギー消費ならびにCO2濃度に及ぼす影響の総合的評価-気温・海水温の高温化に伴う原動機性能の推定- 国内会議

    西村伸也,藤本恵美子,坂中稔基,伊與田浩志

    ヒートアイランド学会第14回全国大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 温暖化がエネルギー消費ならびにCO2濃度に及ぼす影響の総合的評価 -気温・海水温の高温化に伴う原動機性能の推定- 国内会議

    西村伸也,藤本恵美子,坂中稔基,伊與田浩志

    ヒートアイランド学会第14回全国大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気混合法による小型湿度発生装置の開発と食品加熱実験 国内会議

    皆美孝機,田代晃一朗,藤原尚之,棚田優祐,伊與田浩志,酒井英樹

    日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:香川  

  • 加熱中のモデル材料の温度履歴に基づく連続式蒸し器の熱解析 国内会議

    山本裕之,北村祥太,伊與田浩志,辻岡哲夫

    日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 過熱水蒸気混合法による小型湿度発生装置の開発と食品加熱実験 国内会議

    皆美孝機,田代晃一朗,藤原尚之,棚田優祐,伊與田浩志,酒井英樹

    日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 加熱中のモデル材料の温度履歴に基づく連続式蒸し器の熱解析 国内会議

    山本裕之,北村祥太,伊與田浩志,辻岡哲夫

    日本食品工学会第20回(2019年度)年次大会  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • In-situ Color Measurement in Steam Oven for Food Quality Analysis 招待 国際会議

    Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai

    The 2nd Int. Conf. on Appl. Sci., Eng. and Interdisciplinary Studies 2019 (2 nd ASEIS 2019) and The 4th Prachachuen Research Network Int. Conf. (4th PRN-CON)  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Theory and practice of color measurement 招待 国際会議

    Hideki Sakai and Hiroyuki Iyota

    The 2nd Int. Conf. on Appl. Sci., Eng. and Interdisciplinary Studies 2019 (2 nd ASEIS 2019) and The 4th Prachachuen Research Network Int. Conf. (4th PRN-CON)  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 面光源と点光源における光沢感評価 国内会議

    磯見 麻衣, 酒井 英樹, 伊與田 浩志

    日本色彩学会誌  2019年06月  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>素材表面に感じる光沢感は,その素材で構成されている製品や空間の視覚的評価に大きな影響を持つ.しかし,光沢感は素材の特性だけで決まるものではなく,観察する際の照明条件によっても変わってくる.そこで,本研究では,面光源下と点光源下における光沢感の違いを明らかにすることを目的として,光沢感の主観評価実験を行った.鏡面光沢度や明度の異なる球体試料11種の光沢感を,面光源と点光源の下で被験者30名に評価させた.その結果,面光源・点光源とも,鏡面光沢度が高くなり,明度が低くなるほど,光沢感が高くなる傾向が見られたが,</p><p>(1)面光源下と比較して,点光源下では,高光沢の表面のみ光沢感が増す(光沢比強調効果).</p><p>(2)点光源下では,高光沢表面の明度による光沢感の感じ方の違いを抑える効果がある(光沢平滑化効果).</p><p>ということがわかった.実験ではさらに,低光沢と高光沢の試料について,高級感,硬軟感,温冷感,軽重感,新旧感などの光沢感情を評価させたが,</p><p>(3)点光源下の方がその光沢感情の違い(特に硬軟感・温冷感.高光沢試料ほど硬く,冷たい)が明確になった.</p><p>これらの知見は,商品や空間を演出する際の照明設計の指針となる.</p>

    DOI: 10.15048/jcsaj.43.3__9

    CiNii Article

  • 面光源と点光源における光沢感評価 国内会議

    磯見麻衣,酒井英樹,伊與田浩志

    日本色彩学会第50回全国大会(2019)  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Non-Contact Colorimetric Measurement Using Dome Illumination for Complex Shape Objects 国際会議

    H. Sakai, M. Isomi and H. Iyota

    the 4th Asia Color Association Conference  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Heating Test Equipment for Improved Utilization of Superheated Steam: Monitoring Color Change in Food at High Temperature 国際会議

    Y. Tanada, H. Iyota, H. Sakai and K. Fukuchi

    the 4th Asia Color Association Conference  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Gloss Distribution Measurement of Foods and their Visual Palatability Evaluation 国際会議

    M. Isomi, H. Iyota and H. Sakai

    the 4th Asia Color Association Conference  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of Surface Color of Steam-Cooked Manju through Non-Contact Colorimetric Measurement Using Dome Illumination: Effect of Processing Conditions 国際会議

    H. Yamamoto, H. Sakai, S. Kitamura, M. Takayama and H. Iyota

    the 4th Asia Color Association Conference  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 過熱水蒸気・高湿度空気の高度利用に関する研究 招待 国内会議

    伊與田浩志,辻岡哲夫,酒井英樹

    大阪府立大学・大阪市立大学ニューテクフェア2018  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 200℃を超える高温下で動作可能なワイヤレス温度・湿度センサの開発 ~ 食品工学への応用とその課題 ~ 招待 国内会議

    辻岡哲夫,伊與田浩志

    平成30年電気関係学会関西連合大会  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2周波数を用いた無線センサネットワークに関する一考察 国内会議

    辻岡 哲夫, 駿河 大樹, 伊與田 浩志

    第41回情報理論とその応用シンポジウム(SITA2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブンを活用したノンフライコロッケの品質評価 国内会議

    菊田千景,村上太郎,阪口菜緒,古川佳世子,原千晶,南野真紀,大谷優希菜,赤尾正,伊與田浩志

    第14回日本給食経営管理学会学術総会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 食品オーブン庫内に設置可能なワイヤレス温度・湿度計測ノードの開発-食品工場内ワイヤレスセンサネットワーク構築に関する実験的検討 国内会議

    辻岡哲夫,北村祥太,山本裕之,伊與田浩志

    第35回センシングフォーラム  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 湿潤材料の表面温度測定による湿度測定法 ~非定常条件における精度向上~ 国内会議

    北村祥太,福地航平,伊與田浩志,辻岡哲夫

    第35回センシングフォーラム  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムによる蒸し饅頭の色彩評価:蒸し条件の影響 国内会議

    山本裕之,酒井英樹,北村祥太,高山正宏,伊與田浩志

    日本色彩学会第49回全国大会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品の光沢度分布測定とおいしさ感評価 国内会議

    磯見麻衣,酒井英樹,伊與田浩志

    日本色彩学会第49回全国大会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水蒸気高度利用のための加熱試験装置の開発:高温中での食品色変化モニタリング 国内会議

    棚田優祐,福地航平,伊與田浩志,酒井英樹

    日本色彩学会第49回全国大会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気利用の基礎と応用 ~加熱と乾燥,湿度の意味~ 招待 国内会議

    伊與田浩志

    「特産農産物機能性活用研究開発プラットフォーム」「健康長寿社会実現に向けた取り組み」公開シンポジウム  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高温高露点域の簡易湿度標準発生法に関する研究 国内会議

    湯谷 智, 吉岡 秀矩, 伊與田 浩志, 阿部 恒

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 講演予稿集  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品オーブン庫内に設置可能なワイヤレス温度・湿度計測ノードの開発 -温度計測の高精度化と安定化の検討- 国内会議

    辻岡 哲夫, 北村 祥太, 棚田 優祐, 山本 裕之, 伊與田 浩志

    第34回センシングフォーラム(計測自動制御学会計測部門)  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 湿潤材料の温度測定による高温用湿度計測器の開発 (熱解析に基づく精度向上法の検討) 国内会議

    北村 祥太, 野村 宗充, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫, 上杉 直輝

    第34回センシングフォーラム(計測自動制御学会計測部門)  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 連続式蒸し器への空気供給操作が庫内環境と食品の色に与える影響 国内会議

    高山 正宏, 児玉 飛翔, 北村 祥太, 伊與田 浩志, 酒井 英樹, 辻岡 哲夫

    日本食品工学会第18回(2017年度)年次大会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 産業用オーブン庫内のワイヤレス加熱環境測定装置の開発 国内会議

    北村 祥太, 児玉 飛翔, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫

    日本食品工学会第18回(2017年度)年次大会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発その1:自由曲面試料の色彩測定 国内会議

    酒井 英樹, 磯見 麻衣, 伊與田 浩志

    日本色彩学会第48回全国大会発表論文集  2017年06月  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

     平らで均一な測定用試料を作ることが困難な天然由来の材料などの物体の色彩及び光沢を測定する方法を提案する(光沢測定はその2で報告).複雑形状の試料をそのまま測定するには,非接触で行う必要があるが,照明は別途用意しなければならず,一般に測定精度を担保することが難しい.この問題に対して,我々は積分球を模した内壁が白色のドーム型照明装置を作成し,常に一定の照明条件とすることで,非接触であっても再現性よく測色できることを示した(既発表).しかし,ドーム型照明では,高光沢の試料は,試料面の傾きに係わらず,測色値に照明光の正反射成分が必ず含まれる.すなわち,色彩の測定には,正反射成分を含まない測色(SCE)と含む測色(SCI)とがあるが,従来のドーム型照明では,SCI測定しかできなかった.そこで,その改良版として,ドーム内に可動式の光トラップ板を設置することで,SCEとSCIを切り替えて測定することを試みた.その結果に基づき,光トラップ付きドーム型照明装置を,SCE / SCIの同時測定が可能な非接触式測色システムとして提案する.

    DOI: 10.15048/jcsaj.41.3__10

    CiNii Article

  • A Novel Production Method For Foundry Cores by Molding Polysaccharide-Coated Sand Using Superheated Steam and Air 国際会議

    H. Iyota, I. Ide, S. Nishida, T. Nishimura, K. Ogura,K. Motoyama

    2nd Nordic Baltic Drying Conference (NBDC 2017)  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明を用いた非接触式測色システムの開発その2:自由曲面試料の光沢測定 国内会議

    磯見 麻衣, 酒井 英樹, 伊與田 浩志

    日本色彩学会第48回全国大会発表論文集  2017年06月  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

     平らで均一な測定用試料を作ることが困難な天然由来の材料などの物体の光沢を測定する方法を提案する.その1では,ドーム型照明装置に可動式の光トラップ板を設置することで,正反射成分を含まない測色(SCE)と含む測色(SCI)が同時に行えることを報告したが,SCEとSCIの明度差は,正反射成分によって生じていることから,その差分から正反射成分が抽出できると考えられる.その2では,この考えに基づき,SCEとSCIの明度差から試料面の光沢度を算出する方法を検討した.光沢度が既知の球体試料を測定対象として,明度差から20度鏡面光沢度を予測する実験式を作成した結果,明度L*が80未満の物体について,接触式光沢計で測定した値と15以内で一致した.本測定法の特徴として,複雑な形状の試料について,その形のままで,各部位の光沢度,つまり,光沢の二次元分布を測定できることが挙げられる.

    DOI: 10.15048/jcsaj.41.3__12

    CiNii Article

  • 高温気流乾燥における水蒸気と空気の高度利用 招待 国内会議

    伊與田浩志

    機械学会関西支部 第93期第1回支部専門部会 第二部会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 300℃まで動作可能なワイヤレスセンサノードのための乾湿計の開発 国内会議

    野村 宗充,伊與田 浩志,辻岡 哲夫

    第39回情報理論とその応用シンポジウム (SITA)  2016年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品と一緒に焼成してオーブン庫内の温湿度測定ができるワイヤレスセンサノードの開発 - 遮熱ケース構造の最適化 - 国内会議

    北村祥太,伊與田浩志,辻岡哲夫

    第39回情報理論とその応用シンポジウム (SITA)  2016年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温気流乾燥における水蒸気の積極的利用~過熱水蒸気と湿度~ 招待 国内会議

    伊與田浩志

    化学工学会関西支部主催 食品分野の単位操作最前線  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 水蒸気の凝縮を利用した食品加熱に関する研究 国内会議

    伊與田 浩志,杉山 久仁子,山形 純子,三浦 孝平

    第37回 日本熱物性シンポジウム  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 給食経営管理実習中の消費電力の推算及び実測によるエネルギー教育の試み 国内会議

    山形 純子,小林 慧子,伊與田 浩志,菊﨑 泰枝

    第12回日本給食経営管理学会学術総会  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乾湿計の原理による沸点温度以上での湿度測定法(精度検証のための湿度発生装置の開発) 国内会議

    湯谷 智, 三浦 孝平, 吉岡 秀矩, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫, 阿部 恒

    日本機械学会熱工学コンファレンス2016  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水蒸気を利用するオーブンの利用技術向上のための補助教材の制作と評価 国内会議

    伊與田 浩志,山形 純子,赤尾 正,杉山 久仁子

    第38回日本家政学会関西支部研究発表会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 業務用介護食品利用によるメリット・デメリット 国内会議

    赤尾 正、塩谷 亜希子、橋本ちひろ、伊與田 浩志

    第63回日本栄養改善学会学術総会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ドーム型照明とデジタルカメラを用いた食品色情報の解析 国内会議

    高山 正宏,伊與田 浩志,酒井 英樹,仲森 裕司

    日本色彩学会第47回全国大会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品用連続蒸し器庫内における加熱環境測定装置の開発(温度・湿度分布のワイヤレス測定) 国内会議

    児玉 飛翔, 高山 正宏, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫

    第33回センシングフォーラム(計測自動制御学会計測部門)  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Estimation of Humidity in Drying Chamber from Wet-Material Temperature for Improved Utilization of Superheated Steam 国際会議

    H. Iyota, T. Inoue, J. Yamagata

    Proc. of 20th International Drying Symposium   2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effect of Moisture Content on Bubble Formation in Heat Sealing for Plastic Container 国際会議

    T. Inoue, T. Shiono, H. Iyota

    Proc. of 20th International Drying Symposium   2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Psychrometer using porous ceramic probe for improved utilization of superheated steam 国際会議

    H. Iyota, K.Miura, H. Yoshioka, T. Tsujioka, M. Tanaka, N. Uesugi

    Abstracts Book of Symposium on Temperature and Thermal Measurements in Industry and Science  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of a wireless temperature/humidity sensor node that can be placed on ovens 国際会議

    T. Tsujioka, A. Morikawa, K. Kodama, T. Ozaki, H. Iyota

    Abstracts Book of Symposium on Temperature and Thermal Measurements in Industry and Science  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 乾湿計の原理による沸点温度以上での湿度測定法-湿度発生装置と測定精度の検討- 国内会議

    吉岡 秀矩, 伊與田 浩志, 三浦 孝平, 湯谷 智, 辻岡 哲夫, 阿部 恒

    第53回日本伝熱シンポジウム  2016年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高湿度気流発生装置の試作と不確かさ評価 国内会議

    吉岡 秀矩, 伊與田 浩志, 三浦 孝平, 湯谷 智, 阿部 恒

    日本機械学会関西支部講演会講演論文集  2016年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    CiNii Article

  • ドーム型照明・受光装置を用いた食品の色測定 国内会議

    高山 正宏,伊與田 浩志,酒井 英樹,仲森 裕司

    日本色彩学会平成27年度関西支部大会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 空気ー過熱水蒸気混合法による湿度発生装置の開発と不確かさ解析 国内会議

    湯谷 智,三浦 孝平,吉岡 秀矩,伊與田 浩志,阿部 恒

    日本機械学会関西学生会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品工場用オーブン庫内のモバイル型熱環境測定装置の開発 国内会議

    尾崎 太郎,伊與田 浩志,辻岡 哲夫,森川 暉大,児玉 飛翔

    日本機械学会 関西学生会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 920MHz帯無線ネットワークを用いたオーブン庫内外間通信における受信信号強度特性とパケットロス率特性に関する実験的検討 国内会議

    森川 暉大,辻岡 哲夫,児玉飛翔,尾崎 太郎,伊與田 浩志

    第38回情報理論とその応用シンポジウム  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療及び介護保険施設における業務用介護食品利用によるメリット・デメリット 国内会議

    赤尾 正,塩谷 亜希子,高井友里栄,伊與田 浩志

    11回日本給食経営管理学会学術総会  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乾湿計の原理に基づく高温気流の湿度計測(室内空気から過熱水蒸気域での精度評価) 国内会議

    吉岡 秀矩,伊與田 浩志,三浦 孝平,辻岡 哲夫

    第32回センシングフォーラム(計測自動制御学会計測部門)  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品焼成用オーブン庫内における加熱環境測定装置の開発(リールオーブン内の温度・湿度分布のワイヤレス測定) 国内会議

    児玉 飛翔, 森川 暉大, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫, 尾崎 太郎

    第32回センシングフォーラム(計測自動制御学会計測部門)  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アクリルドームとデジタルカメラを用いた色情報記録装置の開発 国内会議

    伊與田 浩志, 酒井 英樹, 高山 正宏, 仲森 裕司

    日本色彩学会第46回全国大会発表論文集  2015年09月  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    CiNii Article

  • スチームコンベクションオーブン庫内の加熱環境と食品の色変化との関係 国内会議

    仲森 裕司, 伊與田 浩志, 酒井 英樹, 吉岡 秀矩, 高山 正宏

    日本色彩学会第46回全国大会発表論文集  2015年09月  一般社団法人 日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • Development of Measuring Device Using Porous Ceramic Based on Principle of Psychrometer 国際会議

    Kohei MIURA, Hiroyuki IYOTA, Taiki MATSUMOTO, Tetsuo TSUJIOKA, Akihiro MORIKAWA, Michiaki TANAKA, Naoki UESUGI

    Proceedings of 24th IIR International Congresses of Refrigeration  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 多糖類を粘結剤とした水蒸気利用造型法の短時間化 国内会議

    伊與田 浩志, 元山 亮介, 井出 勇, 西田 伸司

    日本鋳造工学会 全国講演大会講演概要集  2015年05月  公益社団法人 日本鋳造工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.11279/jfeskouen.166_23

    CiNii Article

  • Color Monitoring Method under High Temperature during Oven Cooking 国際会議

    Yuji NAKAMORI, Hiroyuki IYOTA, Hideki SAKAI, Taiki MATSUMOTO, Shuhei NOMURA

    Proc. of AIC2015  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Color Measurement of Meat in Cooking under LED Lightings with Different Spectral Distributions 国際会議

    Akari KAGIMOTO,Risa SHIOMI,Shino OKUDA,Mami MASUDA,Katsunori OKAJIMA,Hideki SAKAI, Hiroyuki IYOTA

    Proc. of AIC2015  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 乾湿計の原理を用いた沸点以上での湿度測定法に関する研究 国内会議

    三浦 孝平 松本 泰希 伊與田浩志 森川 暉大 辻岡 哲夫 田中 倫明 上杉 直輝

    第49回空気調和・冷凍連合講演会  2015年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温・加圧下における湿度測定のための装置開発 国内会議

    吉岡 秀矩,元山 亮介,三浦孝平,伊與田 浩志,辻岡 哲夫

    日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オーブン型加熱装置内におけるワイヤレス測定装置の開発 国内会議

    児玉 飛翔,三浦 孝平,森川暉大,伊與田 浩志,辻岡 哲夫

    日本機械学会関西学生会平成26年度学生員卒業研究発表講演会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気・高湿度空気による加熱の基礎と装置開発 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    食品ニューテクノロジー研究会2015年2月例会  2015年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 低色温度光源とCCDカメラを用いた食品焼成中の色測定 国内会議

    仲森 裕司,伊興田 浩志,酒井英樹,野村 周平,松本 泰希

    平成26年度日本色彩学会関西支部大会  2015年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乾湿計の原理に基づく多孔質セラミックスを用いた水蒸気濃度測定法の検討 国内会議

    三浦 孝平,松本 泰希,伊與田 浩志,森川 暉大,辻岡 哲夫,田中 倫明,上杉 直輝

    第35回日本熱物性学会シンポジウム  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水蒸気を利用した加熱の基礎とその応用 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    第9回農産物有用化合物活用研究会(公益財団法人わかやま産業振興財団)  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • スチームコンベクションオーブンに関する小冊子の作成と教育への利用 国内会議

    山形 純子,赤尾 正,伊與田浩志,杉山 久仁子

    第10回日本給食経営管理学会学術総会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 給食経営管理実習における消費エネルギー「見える化」システム導入による省エネルギー意識の検討 国内会議

    池田 昌代、及川 玲佳、三浦彰子、伊與田 浩志、上田 由喜子、関 千代子、君羅 満、秋山 聡子、鈴野 弘子

    第10回日本給食経営管理学会学術総会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水蒸気を利用したオーブン加熱における水蒸気濃度変化の影響 国内会議

    野村 周平,松本 泰希,伊與田 浩志,山形 純子,杉山 久仁子

    第35回日本熱物性学会シンポジウム  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲種子消毒装置3号機のイネシンガレセンチュウに対する殺線虫効果 国内会議

    星野 滋・野田崇啓・日髙靖之・伊與田浩志・中村 透

    日本線虫学会第22回大会  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of a device that uses steam condensation heat to disinfect rice seeds 国際会議

    Takahiro Noda, Yasuyuki Hidaka, Hiroyuki Iyota, Toru Nakamura, Akihiko Ochi, Kazuhiko Sakai, Toshiyuki Morikawa, Tetsuo Yabu, Jun Isota, Shigeru Hoshino, Tsutomu Arie

    Book of abstracts of the 11th Conference of the European Foundation for Plant Pathology  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討-水の蒸発効果を利用した大気顕熱負荷削減方法の評価手法の検討- 国内会議

    上田 昇, 西村 伸也, 伊與田浩志,塚脇 主瑛

    2014年度日本冷凍空調学会年次大会  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of shutter speed of digital cameras for color measurement 国際会議

    Hideki SAKAI, Hiroyuki IYOTA

    Proc. of the 2nd Asia Color Association Conference  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of food appearance monitoring system for oven cooking 国際会議

    Taiki MATSUMOTO, Shuhei NOMURA, Hiroyuki IYOTA, Hideki SAKAI

    Proc. of the 2nd Asia Color Association Conference  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ソーラクリングシステムの特性解析- 運転モード別の性能判- 国内会議

    山賀 勇真 ,西村 伸也, 松原 為敏,白柳 洋祐

    2014年度日本冷凍空調学会年次大会  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肉類のオーブン加熱における余熱の有効利用-覆い時間を短縮による余熱効果の検証- 国内会議

    大石 恭子, 石渡 仁子, 高崎 禎子, 中村 恵子, 松田 康子, 伊與田 浩志, 杉山 久仁子, 渋川 祥子

    日本調理科学会大会研究発表要旨集  2014年08月  日本調理科学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    【目的】これまでの研究<sup>1-3)</sup>において、230℃のオーブン加熱で、肉中心温度が70℃に到達後1分間の加熱、その後ホイルで肉を覆う余熱利用により、75℃1分間以上保持の衛生条件が満たされることを明らかにした。また熱容量の大きい角皿を用いた余熱利用であれば、65℃から1分間の加熱でも同条件が満たされたが、硬さの増加が促された。本研究では、衛生条件を満たし、かつ物性改善を図るために覆い時間短縮による効果を検討した。 <br> 【方法】既報と同様に、厚さ15㎜の豚ヒレ肉9個を角皿に並べ、230℃設定のガスあるいは電気オーブンで加熱し、角皿対角線上の3個の試料中心温度を測定した。2個目の試料温度が65℃に到達して1分後に加熱を終え、直ちにアルミホイルで角皿を5分間(&lsquo;65℃・5分&rsquo;)または30分間(&lsquo;65℃・30分&rsquo;)覆った。75℃到達後1分間加熱し、30分間放置した試料(&lsquo;75℃・0分&rsquo;)も調製し、加熱後の肉の重量、形状、硬さを測定し、官能検査を行った。 <br> 【結果】 &lsquo;65℃・30分&rsquo; &lsquo;65℃・5分&rsquo; &lsquo;75℃・0分&rsquo;の75℃保持時間は6.7分、5.8分、4.6分であり、3試料間に有意な差(p<0.05)が認められた。加熱終了時の中心温度は、65℃加熱は74℃、75℃加熱は80℃であり、覆った試料は覆い3分後に最高温度に達しているため、昇温幅に覆い時間5分と30分の違いはなく、いずれの試料も最高温度は約82℃であった。加熱後の重量減少率は3試料間に差はなく、歪率20%における応力は&lsquo;65℃・30分&rsquo;が最も大きく、最も小さい&lsquo;75℃・0分&rsquo;との間に有意な差が認められた。官能検査においては&lsquo;65℃・5分&rsquo;は&lsquo;75℃・0分&rsquo;に比べて有意に軟らかいことが示され、覆い時間短縮による硬さ軽減の効果が認められた。<sup>1)2)</sup>調理科誌44,p72,p277 <sup>3)</sup>H25年度調理科学会大会発表要旨集p.56

    DOI: 10.11402/ajscs.26.0_120

    CiNii Article

  • スチームコンベクションオーブンの教育用シミュレーションソフトウェアの開発-モデル材料を用いた加熱実験との比較- 国内会議

    伊與田 浩志, 茅野 知広, 松本 泰希, 野村 周平, 山形 純子, 杉山 久仁子

    日本調理科学会大会研究発表要旨集  2014年08月  日本調理科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    【目的】スチームコンベクションオーブンは,庫内温度や水蒸気量等を設定できる機能を有した加熱装置として広く利用されている。しかし,実際の庫内の水蒸気量は設定値とは異なっており,機種によっても差異の傾向は異なっている<sup>1)</sup>。このことは,使用する機種によって設定する温度や水蒸気量の最適値が異なることを意味する。また,より目的にあった加熱調理を行うためには,利用者が装置の諸特性や実際の庫内の水蒸気量が食品に与える影響を理解しておくことが望ましい。そこで本研究では,装置の構造や制御方式をふくめて熱・物質移動の状態をモデル化し庫内状態と材料温度を数値計算により知ることで,装置及び水蒸気量に関する理解を深めるためのソフトウェアの開発を試みた。【方法】市販機種(GN2/3,4段,ガス式,一部改造)を対象に,まず,庫内の水蒸気量と温度変化の測定結果から,計算に使用する装置のボイラの蒸発能力,制御パターン,外気空気の吸引量(相当量),放熱量等を把握し,その結果をふまえて装置のモデル化を行った。形状や物理化学的な変化のない円柱状の含水耐火断熱レンガ(B-1(JIS-R2611),直径50mm,厚さ15mm,含水率約60%)をモデル材料とし,水蒸気量の設定値別(ホットエアー,20%,60%,100%)に材料中心温度,庫内の温度・水蒸気量の変化を測定し,計算結果と比較した。【結果】適切なパラメータ値を用いることで,4種類の水蒸気量設定値における庫内の温度・水蒸気量の予測結果は実測値とよく一致した。加熱後の重量減少率は,凝縮水挙動(オーブン皿への流下等)がモデル化していないため,予測値は実測値より少なくなる傾向になった。1)日本調理科学会平成25年度大会要旨集(1P-33)

    DOI: 10.11402/ajscs.26.0_121

    CiNii Article

  • Thermal Evaluation of A Solar Assised Absorption Air-Conditioning System 国際会議

    Nobuya Nishimura, Tametoshi Matsubara, Yousuke Shirayanagi, Yuma Yamaga

    Grand Renewable Energy 2014   2014年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を利用した連続式種子消毒装置2号機のイネシンガレセンチュウに対する殺線虫効果 国内会議

    星野 滋・野田 崇啓・日髙 靖之・伊與田 浩志・中村 透

    第19回農林害虫防除研究会徳島大会  2014年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気の温度湿度センシング : 2.4GHz帯無線ネットワークを用いた遠隔モニタリングとその応用 招待 国内会議

    森川 暉大, 宮脇 望, 辻岡 哲夫, 三浦 孝平, 松本 泰希, 伊與田 浩志, 田中 倫明, 北村 治雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年07月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    近年,乾燥や消毒,調理などの分野において,過熱水蒸気の利用が拡大している.過熱水蒸気を利用する加工装置において,温度に加えて,湿度は製品品質に影響を与える重要な操作パラメータである.そのため,高温下で利用可能な湿度センサが求められている.更に,装置内の湿度を数値化して,監視したいという需要も存在する.そこで,我々は高温下の湿度を遠隔でリアルタイムに監視できるシステムの開発を進めている.本稿では,本システムの構造について示し,高温下において湿度を正常に計測できること,リアルタイムにデータを遠隔監視できることを実験的に示す.

    CiNii Article

  • 視覚評価実験に基づく光沢感の分類基準の提案 国内会議

    酒井 英樹,伊與田 浩志

    日本色彩学会視覚情報基礎研究会第20回研究発表会  2014年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 太陽熱を利用した廃棄物発電の効率改善 国内会議

    生駒 拓也,藤岡 彰,西村 伸也

    第19回動力・エネルギー技術シンポジウム  2014年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水蒸気を利用した食品加工技術向上のための湿度測定装置の開発 国内会議

    伊與田 浩志

    FOOMA JAPAN2014 アカデミックプラザ研究発表  2014年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第5報) -大型連続式試験装置2号機の試作と水稲種子消毒性能の評価- 国内会議

    野田 崇啓、日髙 靖之、伊與田 浩志、中村 透、越智 昭彦、酒井 和彦、守川 俊幸、濱田 亜矢子、藪 哲男、磯田淳、星野 滋

    第73回農業食料工学会年次大会  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光沢・半光沢・光沢なし -光沢感の分類基準の検討(研究発表,第45回全国大会発表論文集) 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志

    日本色彩学会第45回全国大会発表論文集  2014年05月  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 単純形状金型を用いた水蒸気利用造型法のプロセス解析 国内会議

    小倉 達士,伊與田 浩志,井出 勇,西田 伸司

    日本鋳造工学会 第164回全国講演大会  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 差圧式流量計を用いた高温高湿度空気の流量および湿度の同時計測 国内会議

    元山 亮介, 伊與田 浩志, 小倉 達士, 西村 伸也

    日本機械学会関西支部講演会講演論文集  2014年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気の温度・湿度センシングのための保水制御 ~ 局部静電容量による湿潤状態検出に基づく制御と安定化~ 国内会議

    宮脇 望, 森川 暉大, 辻岡 哲夫, 三浦 孝平, 松本 泰希, 伊與田 浩志, 田中 倫明, 北村 治雄

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年03月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    近年,乾燥や殺菌,調理などの分野において,過熱水蒸気の利用が拡大している.過熱水蒸気を利用する加工装置では,気流温度とともに装置内の水蒸気濃度も重要な操作パラメータである.そのため,高温下で利用可能で経済的な湿度センサが求められている.また,高温下で湿度センシングをするときには感湿部の適切な保水状態の維持が求められる.本稿では,感湿部の湿潤状態検出のための水分量センサの原理と,その水分量センサを用いて開発した湿度センサの構造について示した.そして,局部水分量センサを用いて湿潤状態検出が可能であることと,水分量センサを用いた保水制御が有効であることを明らかにした.

    CiNii Article

  • 湿潤多孔質セラミックスを用いた水蒸気濃度測定装置の開発(高温度域における精度と実用性の向上) 国内会議

    三浦 孝平,松本 泰希,野村周平,伊與田 浩志,宮脇 望,辻岡 哲夫,田中 倫明,北村 治雄

    関西学生会 平成25年度学生員卒業研究発表講演会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水蒸気オーブンの中を「見える化」~水蒸気利用技術向上のための測定法の提案~ 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    過熱水蒸気による食の研究会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 過熱水蒸気を利用したイネ苗立枯細菌病の防除 -接種方法の違いが防除効果に及ぼす影響- 国内会議

    濱田 亜矢子・藪 哲男・松田絵里子・安達 直人・野田 崇啓・日髙 靖之・伊與田 浩志・中村 透・松谷 俊弘

    第66回北陸病害虫研究会  2014年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蒸気・排熱から生まれる価値~生産設備の中へどう取り込むか~ 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    第3回スマートファクトリーソリューション研究会  2014年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高温下における温度湿度センシング ~2.4GHz帯無線ネットワークを用いたリモート計測 ~ 国内会議

    森川 暉大, 宮脇 望, 辻岡 哲夫, 三浦 孝平, 伊與田 浩志

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年01月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    近年,乾燥や殺菌,加熱,調理などの分野で過熱水蒸気の利用が拡大している.過熱水蒸気を利用する加工装置において湿度は製品品質に影響を与える重要な操作パラメータである.しかし,高温下の湿度を遠隔でリアルタイムに監視できるシステムは存在しない.そこで,本稿では,無線ネットワークを用いたリモート計測システムを提案し,その概要を示した.次に,スチームコンベクションオーブン内から同庫外へ,無線周波数帯として920MHz帯,2.4GHz帯を用いて通信を行い,それぞれの電波伝搬特性を明らかにする実験を行った.実験結果よりどちらの周波数帯でも,スチームコンベクションオーブンの覗き窓から電波が漏れるため,スチームコンベクションオーブン内から,同庫外に通信が可能であることを明らかにした.

    CiNii Article

  • 色彩教材を作る : LED素子を使ったRGB混色装置「かんから1号」と生活のリズムを整える「光る健康安心時計」 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫

    日本色彩学会誌  2014年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気の利用技術向上のための蒸気・空気混合比の測定装置 国内会議

    伊與田 浩志,辻岡 哲夫

    イノベーションジャパン2014  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単純形状金型を用いた水蒸気利用造型法のプロセス解析 国内会議

    小倉 達士, 伊與田 浩志, 井出 勇, 西田 伸司

    鋳造工学 全国講演大会講演概要集  2014年  公益社団法人 日本鋳造工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.11279/jfeskouen.164_75

    CiNii Article

  • Characterization of baked color of cookie, toast and chicken: a model of light-colored food 国際会議

    Shuhei Nomura, Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai

    Proc. of the 1st Asia Color Association Conference  2013年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Accuracy of color measurement by using digital cameras and the standard color chart 国際会議

    Hideki Sakai, Saya Yoshikawa, Hiroyuki Iyota

    Proc. of the 1st Asia Color Association Conference  2013年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 過熱水蒸気の基本的な性質-直接接触式の熱・物質の輸送媒体として- 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    第51回全日本ボイラー大会パネルディスカッション  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 給食経営管理実習における「見える化」手法を活用した省エネ教育の実践 国内会議

    上田 由喜子, 増見 里恵, 伊與田 浩志, 山形 純子, 池田 昌代, 千須和 直美, 福井 充

    日本給食経営管理学会学術総会プログラム・講演要旨集  2013年11月  日本給食経営管理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 天然由来物を粘結剤としたエコ鋳型と鋳型新造型法 国内会議

    井出 勇, 関 徹, 西田 伸司, 早藤 孝平, 平松 潤子, 伊與田 浩志

    日本鋳造工学会 第163回全国講演大会講演概要集  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Wide-Range Psychrometric Chart for Improved Utilization of Superheated Steam and Humid Air 国際会議

    H. Iyota, T. Inoue, J. Yamagata, T. Tsujioka

    Abstracts Book of Symposium on Temperature and Thermal Measurements in Industry and Science  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • A Study on Water Retention Control for a Humidity Sensor at High Temperature 国際会議

    T. Tsujioka, H. Iyota, M. Ohmori, M. Tanaka, H. Kitamura

    Abstracts Book of Symposium on Temperature and Thermal Measurements in Industry and Science  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 天然由来物を粘結剤とした水蒸気利用造型法における加熱条件の最適化 国内会議

    伊與田 浩志, 小倉 達士, 西村 俊成, 井出 勇, 西田 伸司, 丸山 徹

    日本鋳造工学会 第163回全国講演大会講演概要集  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 天然由来物を粘結剤とした鋳型の砂焼付き性 国内会議

    丸山 徹, 村本 祐麿, 伊與田 浩志, 井出 勇, 西田 伸司

    日本鋳造工学会 第163回全国講演大会講演概要集  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • B-18-22 高温下における温度・湿度センシングのための保水制御システム -水供給ポンプを用いた制御系の実験的検証- 国内会議

    辻岡 哲夫, 宮脇 望, 森川 暉大, 松本 泰希, 伊與田 浩志, 田中 倫明, 北村 治雄

    電子情報通信学会ソサイエティ大会通信講演論文集  2013年09月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 「見える化」手法を活用したエネルギー教育の有効性に関する実践的検討 国内会議

    増見 里恵, 伊與田 浩志, 山形 純子, 茅野 友広, 池田 昌代, 千須和 直美, 福井 充, 上田 由貴子

    日本教育工学会 第29回全国大会プログラム集  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討-冷房ピーク時の性能改善法調査- 国内会議

    西村 伸也, 上田 昇, 波多野 勇介, 伊與田 浩志

    2013年度日本冷凍空調学会年次大会講演論文集  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブンにおける過熱水蒸気の有効利用に関する研究 国内会議

    古都 丞美, 山形 純子, 黒川 みどり, 伊與田 浩志, 杉山 久仁子

    日本調理科学会大会研究発表要旨集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 簡易湿度測定法によるスチームコンベクションオーブンの庫内湿度比較 国内会議

    山形 純子, 茅野 友広, 伊與田 浩志, 杉山 久仁子

    日本調理科学会大会研究発表要旨集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高湿度空気・過熱水蒸気の利用技術動向と湿度計測 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    日本計量機器工業連合会  2013年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Sensory evaluation of preference of baked food color 国際会議

    Hideki SAKAI and Hiroyuki IYOTA

    Proc. of International Colour Association   2013年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Change in Food Color During Cooking with Steam Oven 国際会議

    Hiroyuki IYOTA, Hideki SAKAI , Yusuke MAMIYA

    Proc. of International Colour Association   2013年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • スチームを利用した加熱機器の蒸気・空気混合比の簡易測定法と伝熱解析 国内会議

    伊與田 浩志

    2013国際食品工業展,アカデミックプラザ研究発表  2013年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高湿度環境下での湿度モニタリングと制御技術の確立 国内会議

    伊與田 浩志

    平成23年度及び平成24年度補助金採択事業の成果発表会  2013年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品の加熱・乾燥処理における単位操作「食品機械における熱エネルギーの伝達と水分調節」 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    日本食品工学会フォーラム2013  2013年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高温下における温度・湿度センシングのための保水制御システム 国内会議

    辻岡 哲夫, 伊與田 浩志, 大森 雅仁, 山形 純子, 田中 倫明, 北村 治雄

    電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報  2013年04月  一般社団法人電子情報通信学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    過熱水蒸気を熱媒体とした食品の乾燥・消毒・調理において,温度・湿度制御は重要である.筆者らは,200℃を超える高温下でも湿度測定が可能な経済的な湿度センサを提案してきた.本センサは,乾球温度(Dry-bulb temperature)と湿球温度(Wet-bulb temperature)から湿度を算出する原理を用いるが,正確な湿球温度測定のためには,湿潤材料内の測定部付近の水温を均一に保ちつつ保水量を維持できる保水制御と,それに適したセンサ構造が必須となる.本稿では,湿潤材料として多孔質セラミックを用いた高い耐久性を有する湿度センサを試作した.多孔質セラミック内部の水位センサと多孔質セラミック表面の水分センサを具備させ,電動ピンチバルブを介して水タンクを接続し,マイクロコントローラを用いてセンサの出力をもとに適切な保水制御を自動的に行うことを検討した.目標水位を定めてそれに漸近させる制御アルゴリズムを提案し,伝達関数による解析を行った.更に,実際の食品消毒装置に試作した湿度センサを取り付け,保水制御の有効性を確認した.また,多孔質セラミック表面の水分センサの出力と湿球温度が正常に測定できる範囲の関係を実験的に求めた.

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気を利用したイネ苗立枯細菌病の防除 国内会議

    安達 直人・濱田 亜矢子・藪 哲男・野田 崇啓・日髙 靖之・横江 未央・伊與田 浩志・中村 透・松谷 俊弘

    平成25年度日本植物病理学会  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 湿潤材料温度による水蒸気濃度測定装置の開発(静電容量に基づく保水量制御と連続測定) 国内会議

    大森 雅仁, 伊與田 浩志, 辻岡 哲夫, 山形 純子

    日本機械学会関西支部講演会講演論文集  2013年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 湿潤多孔質セラミックスを用いた水蒸気濃度測定装置の開発 国内会議

    伊與田 浩志, 松本 泰希, 野村 周平, 辻岡 哲夫, 田中 倫明, 北村 治雄

    日本機械学会関西支部講演会講演論文集  2013年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気処理によるイネいもち病菌およびイネばか苗病菌に対する殺菌効果と種子発芽に与える影響 国内会議

    越智 昭彦、野田 崇啓、日高靖之、横江 未央、伊與田 浩志、中村 透、松谷 俊弘

    第66回北日本病害虫研究発表会  2013年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • D-01 省エネルギー性と意匠性を備えた指向性再帰反射材を外壁に用いた家(カラーデザイン作品発表,第44回全国大会発表論文集) 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志

    日本色彩学会第44回全国大会発表論文集  2013年  日本色彩学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    CiNii Article

  • 加熱媒体として高温高湿度空気を用いた鋳型造型に関する研究 国内会議

    小倉 達士, 西村 俊成, 伊與田 浩志, 西田 伸司, 井出 勇

    熱工学コンファレンス講演論文集  2012年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    A new molding method using high humidity hot air as heating media was developed. We constructed a laboratory-scale apparatus for concluding basic experimental studies. Packed beds of silica sand coated with/without phenol resins or sugars as an adhesive agent were used as the material. During the initial stage of heating with high humidity air, the temperature of the packed bed uniformly rises rapidly by steam condensation. Results of molding tests indicated that the relationship between the wall temperature of the heating section and the dew-point temperature of the heating media, for regulating the condensation in the packed bed, should be optimized to improve the quality of products and to reduce the heating time.

    CiNii Article

  • 給食経営管理実習を利用したエネルギー教育の試み ~定格消費電力と作業工程表に基づいた消費電力量の予測と実測~ 国内会議

    山形 純子, 小林 慧子, 伊與田 浩志, 菊﨑 泰枝

    第8回日本給食経営管理学会学術総会講演要旨集  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 湿潤材料の温度測定による高温用広域湿度センサの開発(多孔質セラミックスの水分移動に与える細孔径分布の影響) 国内会議

    井上 保, 中西 梨佳, 稲田 真之介, 伊與田 浩志

    熱工学コンファレンス講演論文集  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 給食経営管理実習におけるガス消費量「見える化」システムの構築と消費量低減化に対する教育の可能性 国内会議

    上田 由喜子, 倉立 奈々恵, 伊與田 浩志, 山形 純子, 茅野 友広, 池田 昌代, 千須和 直美, 福井 充

    第8回日本給食経営管理学会学術総会講演要旨集  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 給食経営管理実習の調理工程に関わる予熱とガス消費量の測定 国内会議

    池田 昌代, 宮原 恵那, 柳原亮, 山形 純子, 伊與田 浩志, 関 千代子, 君羅 満

    第8回日本給食経営管理学会学術総会講演要旨集  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • EFFECTS OF POPPING ON AMARANTH SEED NUTRIENTS 国際会議

    Taro MURAKAMI, Aiko YUTANI, Hiroyuki IYOTA, Tetsuo YAMANO, Yotaro KONISHI

    Proc. of The 6th International Conference of the European Amarant Association: Neglected and Under-utilized Species Research in 21st Century  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 過熱水蒸気を用いた水稲種子消毒装置の開発 国内会議

    野田 崇啓, 伊與田 浩志, 日髙 靖之, 中村 透

    第33回日本熱物性シンポジウム講演論文集  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブンの加熱特性 -庫内温度,風速,蒸気量による影響- 国内会議

    古都 丞美, 山形 純子, 黒川みどり, 伊與田 浩志, 杉山 久仁子

    第33回日本熱物性シンポジウム講演論文集  2012年10月  取扱注意

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブンのモデル化と伝熱解析 国内会議

    茅野 友広, 伊與田 浩志, 山形 純子, 間宮 佑介, 杉山 久仁子

    第33回日本熱物性シンポジウム講演論文集  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 曲面に付着した液滴の落下体積 国内会議

    加藤 健司, 伊與田 浩志, 井口 学

    材料とプロセス(日本鉄鋼協会)  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Browning Scale of Baked Foods Based on Color Measurement 国際会議

    Hideki SAKAI, Hiroyuki IYOTA

    Proc. of Interim Meeting of the International Colour Association (AIC 2012  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気乾燥 -広範囲な水蒸気濃度の利用と制御の重要性- 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    第20回静岡フォーラム・第45回研究交流セミナー "省エネルギーと乾燥技術"  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第4報)-大型連続式試験装置の試作改良と消毒効果確認試験- 国内会議

    野田 崇啓, 日髙 靖之, 横江未央, 伊與田 浩志, 越智 昭彦, 酒井 和彦, 中村 透, 松田 和一郎

    農業環境工学関連学会2012合同大会  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 家庭用ルームエアコンの期間性能評価 - 低負荷時の冷房性能および地域特性 国内会議

    波多野 勇介, 西村 伸也, 伊與田 浩志

    2012年度日本冷凍空調学会年次大会講演論文集  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ソーラークーリングシステムの特性解析 国内会議

    西村 伸也, 射手矢 知輝, 伊與田 浩志, 松原 為敏

    2012年度日本冷凍空調学会年次大会講演論文集  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エネルギー教育における「見える化」システムの構築と消費量低減化に対する意識の変化 国内会議

    倉立 奈々恵, 伊與田 浩志, 山形 純子, 茅野 友広, 池田 昌代, 千須和 直美, 福井 充, 上田 由喜子

    日本教育工学会第28回全国大会講演論文集  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肉類のオーブン加熱における余熱の有効利用-覆いを利用した場合の最適加熱条件の検討- 国内会議

    中村 恵子, 石渡 仁子, 大石 恭子, 高崎 禎子, 中本 恵子, 松田 康子, 八木 千鶴, 渡辺 豊子, 山形 純子, 杉山 久仁子, 渋川 祥子

    日本調理科学会平成24年度大会要旨集  2012年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水蒸気供給機能を有するオーブンの対流・ふく射による加熱特性の簡易測定 国内会議

    岩波 伸悟, 伊與田 浩志, 山形 純子, 間宮 佑介, 茅野 友広,

    日本食品工学会第13回(2012年度)年次大会要旨集  2012年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • スチームオーブンレンジによる焼き色変化過程に与える水蒸気濃度の影響 国内会議

    間宮 佑介, 伊與田 浩志, 山形 純子, 酒井 英樹

    日本食品工学会第13回(2012年度)年次大会講演要旨集  2012年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of the paddy seed sterilization device using mixture of superheated steam and hot air 国際会議

    Takahiro NODA, Yasuyuki HIDAKA, Mio YOKOE, Hiroyuki Iyota, Akihiko Ochi, Toru Nakamura, Waichiro MATSUDA

    IFT12 Book of Abstracts-Digital, ID:042-01, Las Vegas, USA (2012.6.25)  2012年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • F113 都市型バイオマス利用エネルギーシステムの開発 : 廃棄物発電の高度化検討(OS10 外燃機関・廃熱利用技術) 国内会議

    西村 伸也, 中村 敦, 藤岡 彰, 伊與田 浩志

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム  2012年06月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The authors have been investigating about thermal utilization of the biomass resources in the city from the viewpoint of prevention of global warming. In this report, we examined high efficiency of the waste generation theoretically among a waste incineration plant and the sewage treatment plant where a waste biomass was concentrated. Specifically, we examined about two improvement methods. One way was a heating of the steam by means of a digestion gas which is generated through the sewerage treatment process. The other way is an introduction of binary cycle power generation by means of a working medium that has a low boiling temperature. As a result, it was revealed that the efficiency of incineration power generation is improved 8 percent at the maximum.

    CiNii Article

  • ソーラークーリングシステムの期間性能評価 国内会議

    西村 伸也, 射手矢 知輝, 范 凱,伊與田 浩志, 松原 為敏

    第46回空気調和・冷凍連合講演会論文集  2012年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of Time-Dependent Humidity Profiles on Change in Food Color during Heating with Steam Convection Oven 招待 国際会議

    Hiroyuki IYOTA, Yusuke MAMIYA, Tomohiro KAYANO, Junko YAMAGATA, Hideki SAKA, Kuniko SUGIYAMA

    Proc. of the International Congress on Food Engineering and Technology (IFET2012)  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • In-situ Color Measurement and Photo-dome Photographing System for Food Quality Analysis 国際会議

    Hiroyuki IYOTA, Hideki SAKAI

    Proc. of the International Congress on Food Engineering and Technology (IFET2012)  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヒートアイランド対策、太陽エネルギー利用、意匠性利用を目的とした多目的・多機能指向性再帰反射材料 国内会議

    酒井 英樹、伊與田 浩志

    第5回大阪オープン・イノベーション・マッチング会(グリーンイノベーション)  2012年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温湿り空気・過熱水蒸気の高度利用のための湿度センサ 国内会議

    伊與田 浩志

    第5回大阪オープン・イノベーション・マッチング会(グリーンイノベーション)  2012年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブン加熱の最適化に関する研究(庫内水蒸気量変化に与える調理条件の影響) 国内会議

    山形 純子, 伊與田 浩志, 茅野 友広, 間宮 佑介, 西村 伸也

    第32回日本熱物性シンポジウム講演論文集  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 給食経営管理実習中のガス・電力消費量の「見える化」および測定によるエネルギー教育の試み 国内会議

    山形 純子, 小林 慧子, 伊與田 浩志, 茅野 友広, 上田 由喜子, 菊﨑 泰枝

    第7回日本給食経営管理学会学術総会講演要旨集  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大量調理施設の作業環境改善と省エネルギー化の取り組み 国内会議

    茅野 友広, 伊與田 浩志, 山形 純子, 赤尾 正, 岩倉 邦彦, 塚田 定信, 藤原 政嘉

    第7回日本給食経営管理学会学術総会講演要旨集  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 給食経営管理実習の調理作業におけるガス消費量の測定 国内会議

    池田 昌代, 加藤 亜由美, 武田 知江美, 山形 純子, 伊與田 浩志, 関 千代子, 君羅 満

    第7回日本給食経営管理学会学術総会講演要旨集  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲種子消毒技術の開発 国内会議

    -

    第32回日本熱物性シンポジウム  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 太陽熱利用吸収式冷暖房システムの熱工学的解析(空調負荷特性) 国内会議

    射手矢 知輝, 西村 伸也, 伊與田 浩志, 松原 為敏

    2011年度日本冷凍空調学会年次大会講演論文集  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of Porosity and Pore Size Distribution on Capollary Water Transfer in Porous Media 国際会議

    Tamotsu Inoue, Hiroyuki Iyota

    Proc. of 7th Asia-Pacific Drying Conference, T1-2(6 pages),Tianjin, China  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気によるパン類の焼成 国内会議

    山田 盛二, 小松 雅一, 高光 健太郎, 園田 行彦, 伊與田  浩志, 山形 純子

    日本食品科学工学会第58回大会講演集  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 家庭用ルームエアコンの実性能簡易測定法の開発(冷房時除湿の影響) 国内会議

    三吉 直也, 西村 伸也, 伊與田 浩志

    2011年度日本冷凍空調学会年次大会講演論文集  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームオーブンの伝熱学 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    平成23年度日本調理科学会加熱調理研究会  2011年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 指向性を有する再帰反射材の日射反射率の入射角依存性評価 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集  2011年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MCFCを基幹とする都市型バイオマス利用エネルギーシステムの開発 国内会議

    谷川 慶太, 西村 伸也, 中村 敦, 伊與田 浩志

    動力・エネルギー技術の最前線講演論文集 : シンポジウム  2011年06月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Digestion gas that is generated by anaerobic digestion of wet biomass such as raw sludge and garbage consist of 40% CH_4 and 60% CO_2. At first, molten carbonate fuel cell running on the digestion gas was proposed and a simple prediction model about performance of MCFC cogeneration system was developed in order to examine the characteristics of the system. As results, it turned out generating efficiency of MCFC-CGS is about 42% when the stack operating temperature was 700 degree Celsius and its thermoelectric ratio could be set up according to the stack operating temperature. Next, 5 basic urban buildings model were developed in order to examine capability of innovating MCFC-CGS to those buildings. As results, it turned out that MCFC-CGS could purvey 100% thermal demands of hotel and public facility and generate over 0.5% of the digestion gas used as a fuel of MCFC-CGS at apartment house, office building and commerce facility.

    CiNii Article

  • 太陽熱利用吸収式冷暖房システムの熱工学的解析 (システムのモデル化と性能評価) 国内会議

    射手矢 知輝, 西村 伸也, 伊與田 浩志, 松原 為敏

    環境工学総合シンポジウム2011講演論文集  2011年06月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Solar energy use air-conditioning system has been attracting great attention from the view point of global wanning problem. In this paper, the performance of a solar-assisted absorption chiller heater of 352 kilowatt refrigeration capacity has been examined experimentally through a long series of proof examination of 17 months. Also, the analytical model of solar collector subsystem has been developed and the temperature changes at the collector outlet were calculated in order to investigate the performance theoretically. Solar radiation irradiance, temperatures at inlet and outlet of circulation water in three types of solar collector, collecting heat amount by the solar energy and town gas consumption rate were measured continuously every ten minute. From these measured data, both of the solar collector performances and the absorption chiller heater performance were calculated and the performance properties of the system against the solar radiation were revealed. Consequently, the amount of town gas consumption of the absorption chiller heater has been decreased about 13 percent through air-conditioning period. Also different characteristics of three types of solar collectors to the solar radiation were revealed quantitatively.

    CiNii Article

  • 実気象データを用いた家庭用ルームエアコンの冷房期間効率の評価 国内会議

    三吉 直也, 西村 伸也, 伊與田 浩志

    第45回空気調和・冷凍連合講演会  2011年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 調理加工によるポップアマランス配合食品中の葉酸への影響 国内会議

    村上 太郎, 山野 哲夫, 西村 俊成, 伊與田 浩志, 小西 洋太郎

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2011年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を用いた乾燥と利用技術 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    平成22年度「けいはんな地域イノベーションネットワーク形成事業」「環境・エネルギー産業活性化支援事業」第3回研究分科会  2011年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Defatting and dehydration of meat products during heating in steam convection oven 国際会議

    Junko YAMAGATA, Hiroyuki IYOTA, Kuniko SUGIYAMA, Nobuya NISHIMURA

    Proc. of 5th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 給食経営管理実習中のガス消費量「見える化」によるエネルギー教育の試み 国内会議

    山形 純子,伊與田 浩志,茅野 友広,小西 洋太郎,菊崎泰枝,赤尾 正,藤原 政嘉

    第6回日本給食経営管理学会学術総会  2010年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 太陽熱利用吸収式冷暖房システムの熱工学的解析-太陽熱集熱器の実験的解析- 国内会議

    柳 真豊, 西村 伸也, 伊與田 浩志, 鶴岡 浩, 射手矢 知輝

    2010年度日本冷凍空調学会年次大会  2010年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討-第10報 空調機の各種改善が実性能と空調排熱に及ぼす影響- 国内会議

    西村 伸也, 三吉 直也, 伊與田 浩志

    2010年度日本冷凍空調学会年次大会  2010年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第3報) -数値計算による温度・水分量変化の予測- 国内会議

    西村 俊成,伊與田 浩志,西村 伸也,野田 崇啓,日高 靖之,中村 透

    第69回農業機械学会  2010年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第2報)-バッチ式基礎試験装置および連続式試験装置の消毒効果確認試験- 国内会議

    野田 崇啓,日高 靖之,横江未央,伊與田 浩志,西村俊成,一色 翔悟, 越智 昭彦,酒井 和彦,中村 透,武田 俊広,松田 和一郎,後藤 恒義

    第69回農業機械学会  2010年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 凝縮を伴う調理オーブンの伝熱解析と水分量変化の予測 国内会議

    山形 純子,伊與田 浩志,西村 伸也

    日本食品科学工学会第57回大会  2010年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 湿潤材料の温度測定による高温用広域湿度センサの開発 (測定精度と応答性の向上) 国内会議

    井上 保, 伊與田 浩志 ,一色 翔悟

    年次大会講演論文集  2010年09月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    A simple method is required for measuring humidity in a wide range of conditions from room air to superheated steam for several hours. In this study, we applied the theory of a psychrometer to develop a humidity monitoring system by using cylindrical porous ceramic media as a sensing element. This system contains a section for supplying/discharging water. We tested the performance of this system in terms of its measurement accuracy and response time. At a gas flow rate of 1 m/s and a gas temperature less than 310℃, the error of the steam mole fraction was observed to be less than 10%. In addition, a response time was reduced as a sensing element diameter was smaller. The system had a 90% response time of less than 60 s at a gas temperature of 200℃, a gas flow rate of 1 m/s, a flow rate of supplied water of 0.01 g/s and a water temperature of 25℃ when a sensing element diameter was 9mm.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2010.3.0_17

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気気流による食品焼成時の色変化の連続測定 国内会議

    島田 秀弥,伊與田 浩志,酒井 英樹,北原 貴志

    日本食品工学会第11回(2010年度)年次大会  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肉類のオーブン加熱終了後の内部温度変化に及ぼす放置条件の影響 国内会議

    高崎 禎子, 阿部 芳子, 石渡仁子, 中村 恵子, 原 知子, 松田 康子, 山形 純子, 伊與田浩志, 杉山 久仁子, 渋川 祥子

    日本調理科学会平成22年度大会  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表計算ソフトを用いた各種オーブンの加熱特性の検討 国内会議

    伊與田 浩志,山形 純子,高砂 裕行

    日本調理科学会平成22年度大会  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蒸気供給によるオーブンの加熱特性の変化と脱脂効果-生挽肉での検討- 国内会議

    中本 恵子、池内 ますみ、河村 亜紀、赤石 記子、杉山 久仁子、長尾 慶子、 藤本 千鶴、升井 洋至、山下 英代、山本 由美、渡辺 豊子、山形純子、伊與田 浩志、渋川 祥子

    日本調理科学会平成22年度大会  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • デジタルカメラを用いた食品の焼き色評価装置の試作 国内会議

    伊與田 浩志,酒井 英樹,高砂 裕行,島田 秀弥

    日本食品工学会第11回(2010年度)年次大会  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アルコール水溶液を用いた空調室外機の凝縮温度制御に関する研究 国内会議

    西村 伸也,西浦 紳太朗,三吉 直也

    ヒートアイランド学会第5回全国大会  2010年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食品加工における水・空気・スチームの高度利用-ポップアマランス・過熱水蒸気乾燥の研究から- 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    大阪生活衛生協会講演会  2010年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • バイオマスのガス燃料化と溶融炭酸塩形燃料電池コージェネレーションへの適用(システムのモデル化と性能評価) 国内会議

    谷川 慶太, 西村 伸也, 伊與田 浩志

    環境工学総合シンポジウム2010講演論文集  2010年06月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Micro scale gasifier of the biomass of waste origin, which are woody pellets, using the superheated steam as a heating medium has been developed and the feasibility of the generation pyrolysis gas as a fuel for micro cogeneration was verified. Thermal cracking experiments were conducted about woody pellets in the temperature range from 500 to 700 degree Celsius. Then, the gas generation rate, the calorific value and cold gas efficiency of the gas were measured. Next, Bio-MCFC-CGS which system is constructed from biomass pyrolysis gasification system and MCFC cogeneration system running on its biogas was proposed and a simple prediction model about performance of MCFC cogeneration system was developed in order to examine feasibilities of those pyrolysis gases as a fuel. As results, it was revealed that the calorific values of the pyrolysis gases are about 14 to 19 MJ/Nm^3, and become 1/3 to 1/2 than that of town gas(13A). Furthermore, it turned out that the power generation efficiencies become lower when those pyrolysis gases were used as a fuel. But, it turned out that the total efficiencies are almost same to the case of town gas also.

    CiNii Article

  • Development of a Compact Absorption Refrigerator Assisted by Low Temperature Level Heat Sources 国際会議

    Nobuya NISHIMURA, Tatsuya FUKUDA, Hiroyuki IYOTA

    Proc. of 5th Asian Conference on Refrigeration and Air-conditioning  2010年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 家庭用ルームエアコンの実性能簡易測定法の開発,-冷房・暖房運転時の実性能測定結果- 国内会議

    三吉 直也,倉田 理,西村 伸也,伊與田 浩志

    第44回空気調和・冷凍連合講演会  2010年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蒸気圧縮式空調機構成要素の高性能化が運転性能に及ぼす影響,-高性能伝熱管が性能に及ぼす影響- 国内会議

    西村 伸也,四宮 徳章,伊與田 浩志

    第44回空気調和・冷凍連合講演会  2010年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • バイオマスのガス燃料化と溶融炭酸塩型燃料電池コージェネレーションへの適用 国内会議

    谷川 慶太,西村 伸也,伊與田 浩志

    第26回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス  2010年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 湿潤材料の温度測定による高温用広域湿度センサの開発 (感湿部表面の水分保持性能の向上) 国内会議

    北原 貴志 ,,井上 保, 伊與田 浩志, 西村 伸也

    年次大会講演論文集  2010年  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    We have developed a humidity sensor by applying the principle of the Assman psychrometer. Cylindrical porous ceramic material was used in this sensor for sensing humidity. Some water flowing in the center of the sensing element is supplied to the surface by means of capillary flow, and the temperature of the wetted surface is used as a wet-bulb temperature. In this study, the relationship between the water evaporation rate and the surface temperature of the humidity sensing element were experimentally and theoretically investigated under various gas temperature (100-300℃) and flow velocity (1-10 m/s) conditions. Three types of porous materials with different pore size distributions were used as the sensing element. The difference between the surface temperature and the calculated value of wet-bulb temperature was observed to be large when the evaporation rate was high and the porosity and the median diameter of the sensing element was low.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2010.3.0_19

    CiNii Article

  • The factor analysis of the heat island phenomena in Osaka city - The effects by environmental of typcial urban areas based on measurement 国際会議

    Masumoto, Fukunaga, Ohmori, Ohnishi, Iyota, Nishimura

    Proc. of Int. Workshop on Physical Modelling of Flow and Dispersion Phenomena  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 過熱水蒸気乾燥-広範囲な水蒸気濃度の利用と制御の重要性- 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    第15回関西地区分離技術講演会  2009年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Development of a Biomass Gasifier which uses the Superheated Steam and its Application to Micro Co-Generation System 国際会議

    Nobuya NISHIMURA, Shunse RYO, Tomohiro NOMURA, Hiroyuki IYOTA, Takashi FUJII, Kenji KANAZAWA

    Proceedings of the International Conference on Power Engineering : ICOPE  2009年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Micro scale gasifier of biomass, which are refuse derived fuel and wood pellets, using the superheated steam has been developed and the feasibility of the generation pyrolysis gas as a fuel for micro co-generation was verified. The thermal cracking experiments were conducted at the superheated steam temperature from 500 to 700 degree C. The quantitative analysis of pyrolysis gases were carried out and residue amounts of char and tar were determined. Moisture and tar in the pyrolysis gas were removed by a cooling device which was kept at 0 degree C. The calorific values of the pyrolysis gases were about 14 to 19 MJ/Nm^3, and were 1/3 to 1/2 than that of town gas(13A). Then, the refined gas was supplied to a micro gas engine of 1 kW output as a fuel. The experiments were conducted repeatedly by changing the mixture ratio of pyrolysis gas and town gas. As a result, it turned out that the mixture of 13% of pyrolysis gas to the town gas is possible under keeping constant power output.

    CiNii Article

  • オーブン加熱における肉製品の熱・物質移動機構 : 油脂分・水分の減少率に与える水蒸気の影響 国内会議

    杉山 久仁子, 山形 純子, 伊與田 浩志, 渋川 祥子

    日本熱物性シンポジウム  2009年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • アレルギー対応クッキーの品質特性-生地を真空包装し冷凍保存した場合- 国内会議

    菊崎 泰枝,岡本 夕佳,山形純子,伊與田 浩志,藤原 政嘉

    第5回日本給食経営管理学会学術総会  2009年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sterlization of Paddy Seed Using Mixture of Superheated Steam and Hot Air 国際会議

    Hiroyuki IYOTA,Tamotsu INOUE,Takahiro NODA, Yasuyuki HIDAKA, Shogo ISSHIKI

    Proc. of 6th Asia-Pacific Drying Conference, pp454-460,Bangkok, Thailand  2009年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 家庭用ルームエアコンの実性能簡易測定法の開発  ―第2報 サイクルシミュレーションによる実性能測定結果の検証― 国内会議

    倉田 理,西村 伸也,伊與田 浩志

    2009年度日本冷凍空調学会年次大会  2009年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院厨房における水道光熱費の検討 国内会議

    赤尾 正,山形 純子,伊與田浩志,藤原 政嘉

    第5回日本給食経営管理学会学術総会  2009年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 給食経営管理実習時のガス消費量の「見える化」による省エネ意識の変化 国内会議

    山形 純子,伊與田 浩志,菊崎 泰枝,赤尾 正,西村 伸也,藤原 政嘉

    第5回日本給食経営管理学会学術総会  2009年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 湿潤材料の温度測定による過熱水蒸気と空気混合比の簡易測定法 国内会議

    一色 翔悟, 伊與田 浩志, 井上 保, 山形 純子

    日本機械学会 年次大会講演論文集  2009年09月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    A method for measuring a steam mole fraction at the temperature of around 80 - 300℃ and the steam mole fraction of hot air to superheated steam as the objects of heating devices for cooking, and so on, was considered in this study. The temperatures of spherical wet materials (brick and gauze) were measured in a flow system wherein the temperatures and humidity were regulated by heaters and by balancing the flow rate of steam and air, respectively. The steam mole fraction was calculated from the wet material temperatures by two methods, based on adiabatic saturated temperature and on heat and mass transfer model in boundary layer. These calculation results were in good agreement with the set values of the experimental flow conditions. The psychrometric chart for a wide temperature and humidity range including superheated steam was proposed as well. In addition, error factors of between the measured temperatures of wet material and the adiabatic saturated temperature were investigated.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2009.3.0_101

    CiNii Article

  • Method for Measuring Solar Reflectance of Retroreflective Materials Using Emitting-Receiving Optical Fiber 国際会議

    Hiroyuki Iyota, Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hideya Shimada, Nobuya Nishimura

    Second International Conference on Countermeasure to Urban Heat Islands (online publishing)  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Reduction of Reflected Heat of the Sun by Retroreflective Materials 国際会議

    Hideki Sakai, Kazuo Emura, Norio Igawa, Hiroyuki Iyota

    Second International Conference on Countermeasure to Urban Heat Islands (online publishing)  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 都市熱環境改善のための再帰反射材の簡易性能評価手法の検討 国内会議

    島田 秀弥,伊與田 浩志,西村 伸也,酒井 英樹,永村 一雄,井川 憲男

    化学工学会第41回秋季大会  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 塩水溶液を含む多孔材料の過熱水蒸気乾燥に与えるマイクロ波照射の影響 国内会議

    高砂 裕行,伊與田 浩志,今駒 博信,西村 伸也

    化学工学会第41回秋季大会  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を利用した水稲の種子消毒に関する研究(第1報) -基礎試験装置による熱処理条件の検討- 国内会議

    野田 崇啓,日髙 靖之,伊與田 浩志,井上 保,中村 透,武田 俊広,後藤 恒義

    農業環境工学関連学会2009合同学会  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブンの最適運転条件の検討 国内会議

    山形 純子, 伊與田 浩志, 一色 翔悟, 西村 伸也

    日本機械学会 年次大会講演論文集  2009年09月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    A steam convection oven can heat a large amount of food using steam generated from a small boiler. To measure the changes in the humidity of the gas in heating chamber, we set a wet spherical gauze in the chamber during heating with and without steam.In the case of heating with steam, the steam mole fraction of chamber reached 100% after approximately 3min, the material temperature increased faster, and lesser water evaporated than in the case of heating without steam. Furthermore, it is shown that the amount of food in the chamber is effected on the humidity increasing rate during heating without steam. We show that the humidity of the gas in oven chamber affects the material temperature, the mass of evaporated water, and the time required for heating, all of these facters are important for good cooking.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2009.3.0_103

    CiNii Article

  • 建築材料の日射反射率の算出方法 (その3)トレーサビリティのある耐候性試験の実施例 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. A-1, 材料施工  2009年08月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 蒸気供給によるオーブンの加熱特性の変化と脱脂効果 国内会議

    杉山 久仁子、山形 純子,伊與田 浩志,他15名,

    日本調理科学会平成21年度大会  2009年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討(第9報 実性能簡易評価ツールの開発) 国内会議

    西村 伸也,四宮 徳章,伊與田 浩志

    ヒートアイランド学会第4回全国大会  2009年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 都市における自然エネルギー利用マイクロ発電システムの屋外実験 国内会議

    西村 伸也,野邑 奉弘,福島 貴志

    ヒートアイランド学会第4回全国大会  2009年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 湿り材料の温度測定による簡易湿度測定法の検討 国内会議

    一色 翔悟,伊與田 浩志,井上 保,山形 純子

    日本食品工学会第10回(2009年度)年次大会  2009年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温用広域湿度センサの開発 国内会議

    伊與田 浩志,井上 保,一色翔悟,山形 純子

    日本食品工学会第10回(2009年度)年次大会  2009年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討 (第8報:暖房運転時における家庭用空調機の実性能予測) 国内会議

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田 浩志

    第43回空気調和・冷凍連合講演会  2009年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長野県伊那市における地産地消の実践(アマランスの学校給食への利用) 招待 国内会議

    山形 純子

    第13回アマランス・キノアシンポジウム  2008年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Effect of Pore Size Distribution on Heat and Moisture Transfer in Porous Material for High Humidity Hot Air and Superheated Steam Drying 国際会議

    Tamotsu INOUE , Hiroyuki IYOTA , Nobuya NISHIMURA, Masamichi YOSHIDA

    Proc. of 3rd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics  2008年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Drying Characteristics of Porous Material Containing Sucrose and NaCl Aqueous Solution in a Wide Range of Hot Humid Air 国際会議

    Hiroyuki IYOTA , Satoshi FUJITA, Naoya KINOSHITA, Masamichi YOSHIDA, Atsushi HASHIMOTO

    Proc. of 3rd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics  2008年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 学校給食における地場産物の積極的な活用-長野県伊那市におけるアマランスの利用- 国内会議

    山形 純子,北澤 和恵,伊與田 浩志,根本 和洋

    第4回日本給食経営管理学会学術総会  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of Steam Concentration in Drying Medium on Convective Drying of Porous Material Containing NaCl Aqueous Solution 国際会議

    H. Iyota, N. Kinoshita, T. Inoue, N. Nishimura, M. Yoshida

    Proc. of 16th Int. Drying Symposium  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of Gas Humidity on Drying Characteristics of Porous Materials Immersed in Fluidized Bed Under Reduced Pressure 国際会議

    Y. Tatemoto, R. Kimura, H. Iyota and J. Yamagata

    Proc. of 16th Int. Drying Symposium  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prediction Method for Drying Time of Wet Porous Material in Humid Hot Air and Superheated Steam 国際会議

    T. Inoue, H. Iyota, N. Nishimura

    Proc. of 16th Int. Drying Symposium  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大量調理施設におけるエネルギー管理意識に関する調査 国内会議

    山岸 あづみ,山形 純子,伊與田 浩志,赤尾 正,藤原 政嘉

    第4回日本給食経営管理学会学術総会  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブン加熱における庫内水蒸気濃度が食品の昇温に与える影響 国内会議

    山形 純子,伊與田 浩志,西村 伸也,菊崎 泰枝,藤原 政嘉

    第4回日本給食経営管理学会学術総会  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を利用した加熱の基礎 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    日本熱物性シンポジウム  2008年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    CiNii Article

  • Drying Characteristics of Porous Materials in Fluidized Bed with Various Humidity under Reduced Pressure 国際会議

    Tatemoto, Y., R. Kimura, H. Iyota and J. Yamagata

    Proc.of the 8th International Conference on Separation Science and Technology (ICSST08)  2008年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 固体高分子型燃料電池を用いた冷熱取り出し型ホームコージェネレーションシステムの開発 国内会議

    福田 達矢,西村 伸也,伊與田浩志,上殿 紀夫

    2008年度日本冷凍空調学会年次大会  2008年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討(第7報:ニューラルネットワークを用いた実性能測定法の開発) 国内会議

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田浩志,倉田 理

    2008年度日本冷凍空調学会年次大会  2008年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 家庭用ルームエアコンの実性能簡易測定法の開発 国内会議

    倉田 理,西村 伸也,伊與田 浩志,四宮 徳章

    2008年度日本冷凍空調学会年次大会  2008年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再帰反射材の日射反射特性 (その3)再帰反射成分の分光特性および入射角依存性の測定 国内会議

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. A-1, 材料施工  2008年09月  一般社団法人日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • Investigation of the Hospital Catering Stuff's Awareness of Energy Management via Questionnaire 国際会議

    Junko Yamagata, Hiroyuki Iyota, Nobuya Nishimura, Tadashi Akao, Masayoshi Fujiwara

    Proc. of 15th International Congress of Dietetics  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 熱処理した雑穀を添加した製パンの物性と栄養価 国内会議

    小西 洋太郎, 小梅 安紀子,新居 真由子,伊與田 浩志,川西 正子

    日本応用糖質科学会平成20年度大会(第57回)  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長野県伊那市におけるアマランス種子の学校給食への利用 国内会議

    山形 純子,北澤 和恵,伊與田 浩志,根本 和洋

    第55回日本栄養改善学会学術総会  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高湿度乾燥における乾燥時間の予測に関する研究 国内会議

    井上 保, 伊與田 浩志, 西村 伸也

    日本機械学会 年次大会講演論文集  2008年08月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The effect of dry- and wet-bulb temperatures on the drying time of a wet spherical porous material in high-temperature gas flow was investigated. The changes in the mass and surface and core temperatures of the material during drying were measured using a test apparatus, in which the dry- and wet-bulb temperatures could be controlled in the range of 120-280 and 40-100 ℃, respectively. A wet spherical brick was used as the sample porous material. The experimental results showed that the mean moisture content at the end of surface evaporation period (the critical moisture content) was low under high wet-bulb temperatures. Further, the standardized drying characteristics curves for falling drying rate periods were in good agreement with each other under all experimental conditions. In addition, the time required to reduce the moisture content below the critical moisture content was almost the same under all wet-bulb conditions at the same constant drying rate, regardless of steam condensation.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2008.3.0_31

    CiNii Article

  • 暑熱および運動負荷時における生体反応の解析(皮膚血流計を用いた循環系機能の計測と評価手法の検討) 国内会議

    伊與田 浩志,大家 朗,鈴木崇士,山形 純子,西村 伸也,宮側 敏明,河端 隆志

    ヒートアイランド学会第3回全国大会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 投受光一体型光ファイバを用いた再帰反射材の簡易性能評価法の検討 国内会議

    伊與田 浩志,酒井 英樹,永村 一雄,井川 憲男,西村 伸也

    ヒートアイランド学会第3回全国大会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 屋外測定による再帰反射材の日射に対する再帰反射率推定-再帰反射材の日射照り返し抑制効果に注目して- 国内会議

    酒井 英樹,伊與田 浩志,永村 一雄,井川 憲男

    ヒートアイランド学会第3回全国大会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討(就寝時におけるルームエアコンの実性能予測) 国内会議

    西村 伸也,四宮 徳章,伊與田 浩志

    ヒートアイランド学会第3回全国大会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高湿度空気を用いた水稲種子無病化のための熱処理条件の模索 国内会議

    八谷 満,伊與田 浩志,井上保,野田 崇啓

    農業機械学会東北支部会研究発表会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 球下端に付着した液滴の落下体積 国内会議

    加藤 健司,伊與田 浩志,井上 保,辻野 智也

    混相流学会年会講演会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気加熱時の球状材料に懸垂する凝縮液滴の挙動予測 国内会議

    伊與田 浩志,加藤 健司,辻野 智也,井上 保

    日本食品工学会2008年度年次大会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブン加熱における伝熱形態の時間変化 国内会議

    山形 純子,伊與田 浩志,西村 伸也

    日本食品工学会2008年度年次大会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポップアマランスの製造と利用(長野県伊那市での取り組み) 国内会議

    根本 和洋,伊與田 浩志,井上 保,山形 純子,上村 貴仁,小西 洋太郎

    日本食品工学会2008年度年次大会  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気を用いたバイオマスのガス燃料化と小型コージェネレーションへの適用研究 (小型コージェネレーションへの適用研究 国内会議

    梁 俊世, 西村 伸也, 伊與田 浩志, 野邑 奉弘, 井上 保

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2008年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Micro scale pelletized RDF (Refuse derived fuel) gasifier using the superheated steam as gasifying agent was developed and the feasibility of the syngas as fuel for micro co-generation was verified. The thermal cracking experiment of wood was conducted at 500 to 700 degrees C. Syngas was analyzed and char and tars content were determined and analyzed. Moisture and tar in syngas were removed by a cooling device kept at 0 degree C. The calorific value of syngas was about 14 MJ, and was about 1/3 of town gas. Then, refining gas was supplied as fuel of a micro gas engine of 1 kW of outputs. And the production of electricity using the micro gas engine was measured. It experimented by changing the mixture ratio of syngas and town gas. As a result, it turned out that the mixture ratio of syngas is 13% possible for rated operation. Moreover, it compared with the simulation result. Furthermore, it investigated theoretically also about the feasibility as fuel for molten carbonate fuel cell.

    CiNii Article

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討 (第6報:ビル用マルチエアコンの実性能予測 国内会議

    四宮 徳章, 西村 伸也, 伊與田 浩志

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2008年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Sprit type air conditioners are on the increase for large building because of easy installed. Increase in sprit type air conditioners had air cooled heat exchangers, for example multi-type packaged unit system, causes increase in amount of sensible exhaust heat generated when they are at work. The likely explanation that this is one of causes of heat island phenomena is being discussed. In this study, the method of prediction for multi-type packaged unit system performances was devised, and COP and amount of exhaust heat from multi-type packaged unit system during operation were predicted. As a result, the higher outdoor temperature, the lower COP became. COP difference between our prediction and a test operated Daikin Industries, Ltd., falls within 0.5% under the influences of outdoor temperature. On the other hand, exhaust heat from sprit type air conditioners during one day which was predicted in sever hot day was occurred about 11 % larger than in standard summer day.

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気を用いたバイオマスのガス燃料化と小型コージェネレーションへの適用研究 (RDFの熱分解特性と燃料化) 国内会議

    井上 保, 西村 伸也, 伊與田 浩志, 野邑 奉弘, 梁 俊世

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2008年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Micro scale RDF gasifier in which the superheated steam is used as gasifying agent was developed and the feasibility of the syngas as fuel for micro co-generation was verified. The thermal cracking experiment of RDF was conducted with the temperature range from 500 to 700 degrees C. Then the gasification experiments of the RDF were carried out with a bench scale reactor of the packed-bed type. Furthermore, the heat and mass transfer analysis model of the system was constructed and examined. From both the experimental and theoretical work, first, the pyrolysis characteristics of the RDF within the temperature range from 573 K to 853 K were revealed. Moreover, the production rates of pyrolysis gas under different experiment condition of superheated steam were determined and compared with the calculation results. And the ingredient of the pyrolysis gas was analyzed. After all, the pyrolysis gas which is generated from the RDF by thermal cracking was showed that it can fully use as gas fuel.

    CiNii Article

  • 熱と空気と過熱水蒸気の話-乾燥と食品加工の研究から- 招待 国内会議

    伊與田 浩志,山形 純子

    日本熱物性学会生活環境懇話会 第四回研究会  2008年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討(第5報:エネルギー供給に基づく空調排熱の時空間特性の予測) 国内会議

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田 浩志

    第42回空気調和・冷凍連合講演会  2008年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再帰反射性塗料の塗布乾燥と簡易性能評価手法の検討 国内会議

    徳田 裕太, 伊與田 浩志, 酒井 英樹, 西村 伸也

    日本機械学会 関西支部講演会講演論文集  2008年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 高温高湿度乾燥における多孔質材料の熱・水分移動に与える細孔径分布の影響 国内会議

    井上 保, 伊與田 浩志, 西村 伸也

    日本機械学会 関西支部講演会講演論文集  2008年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 多孔質材料の乾燥過程に与える気流湿度の影響 国内会議

    田中 友喜, 伊與田 浩志, 井上 保, 西村 伸也

    日本機械学会 関西支部講演会講演論文集  2008年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 湿度と圧力変動を有する高湿度空気乾燥法に関する研究 国内会議

    一色 翔悟,伊與田 浩志,西村 伸也

    日本機械学会関西学生会平成19年度卒業研究発表講演  2008年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 減圧流動層乾燥特性に及ぼすガス湿度の影響 国内会議

    木村 亮,立元 雄治,伊與田浩志,山形 純子

    化学工学会第73年会研究発表講演  2008年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気流乾燥中の材料温度履歴に与える乾燥熱風の条件変動の影響 国内会議

    一色 翔悟, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 北 拓士, 河村 和彦

    日本機械学会 年次大会講演論文集  2008年  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Generally, the conditions of convective heating in equipments used for food processing, such as a dryer or an oven, varies slightly. For instance, in automatic regulation, door opening/closing can cause such fluctuations. In this study, the effect of flow conditions (temperature, humidity, and pressure under constant/nonconstant conditions) on the material temperature and drying rate is investigated by an experiment and a numerical study using an approximate model for heat and mass transfer. The results show that the change in the humidity of the drying media is affected strongly by the material temperature and drying rate. With in a few seconds of a decrease in the humidity, the evaporation rate increases temporarily under the experimental conditions of this study.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2008.3.0_27

    CiNii Article

  • Human Adaptability by Cardiovascular System Measurement using an Optical-Sensor 国内会議

    KAWABATA Takashi, IYOTA Hiroyuki, OHYA Akira, YAMAGATA Junko, KAWABATA Yasuyo, MIYAGAWA Toshiaki

    Proceedings of the 57th Meeting of Japan Society of Physiological Anthropology  2008年  Japan Society of Physiological Anthropology

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気および高湿度空気乾燥初期の凝縮水挙動 国内会議

    辻野 智也, 井上 保, 山形 純子, 伊與田 浩志, 西村 伸也

    日本機械学会 年次大会講演論文集  2008年  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The behavior of condensed water on the surface of a spherical porous material by direct contact condensation in the early stage of superheated steam/high humid hot air drying was investigated experimentally. A spherical brick was used as the sample porous material. The changes in the mass and surface and core temperatures of the material during drying were measured at various dry- and wet-bulb temperatures of the drying media, and various initial moisture contents of the material. From the experimental result, it was observed that the amount of condensate increased with a decrease in the dry-bulb temperature at high wet-bulb temperature or an increase in the wet-bulb temperature. The amount of one drop of condensate decreased at high wet-bulb temperature. Furthermore, when the initial moisture content of material was slightly lower than the maximum moisture content of the material, the total amount of drops was increased.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2008.3.0_29

    CiNii Article

  • 高温高湿度空気を用いた塩化ナトリウム水溶液を含む多孔質材料の気流乾燥 国内会議

    木下 直哉, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 吉田 正道

    日本機械学会 熱工学コンファレンス講演論文集  2007年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Convective drying of glass beads packed beds containing NaCl aqueous solution, under a wide range of gas temperature and humidity (room air to superheated steam), and the relationship between surface salt deposition, material temperature and moisture content changes, was investigated. In the case of high gas temperature and low humidity, salt deposition was evenly distributed across the bed surface, and salt crystallization was observed to begin at high moisture content. Drying proceeded over two stages of distinctly different drying rates. At high humidity, salt crystallization was observed to begin at lower moisture content, and was unevenly distributed across the bed surface.

    CiNii Article

  • スチームコンベクションオーブンを利用した加熱調理の特性と給食経営管理における有用性の検討 国内会議

    菊崎 泰枝,御前 加奈,岡本夕佳,山形 純子,伊與田 浩志,藤原 政嘉

    第3回給食経営管理学会  2007年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スチームコンベクションオーブンの使用形態とエネルギー消費 国内会議

    山形 純子,伊與田 浩志,西村 伸也,菊﨑 泰枝,藤原 政嘉

    第3回給食経営管理学会  2007年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 固体高分子型燃料電池を用いた冷熱取り出し型ホームコージェネレーションシステムの開発(低温排熱駆動用吸収式冷凍機の基本特性) 国内会議

    福田 達矢,西村 伸也,伊與田 浩志,川上 隆一郎,本田國昭

    2007年度日本冷凍空調学会年次大会  2007年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アマランス種子の連続膨化加工装置の開発 国内会議

    伊與田 浩志,井上 保,上村貴仁,小西 洋太郎

    農業環境工学関連2007年合同大会  2007年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of Gas Humidity on Material Temperature and Moisture Content Changes of Wet Spherical Porous Material in Humid hot air and Superheated Steam 国際会議

    Tamotsu INOUE, Hiroyuki IYOTA, Tomoki TANAKA, Nobuya NISHIMURA

    Proc. of 2nd International Symposium on Advanced Fluid/Solid Science and Technology in Experimental Mechanics  2007年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討 -サイクルシミュレーションによる空調排熱の時空間特性予測- 国内会議

    西村 伸也,四宮 徳章,伊與田 浩志

    ヒートアイランド学会第2回全国大会  2007年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Air-conditioning Systems in Urban Areas with Respect to the Heat Island Problem 国際会議

    N.Shinomiya, N.Nishimura, T.Nomura, H.Iyota, K.Masumoto

    Proc. of 22nd International Congress of Refrigeration  2007年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optimization for Popping Treatment of Amaranth Seeds in a New Prototype Continuous Processing System 国際会議

    Tamotsu INOUE, Hiroyuki IYOTA, T.UEMURA, L.ZHANG, Yotaro KONISHI

    Proc. of 5th Asia-Pacific Drying Conference  2007年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討 (第4報) 室内熱負荷を考慮した家庭用空調機の動特性) 国内会議

    四宮 徳章, 西村 伸也, 伊與田 浩志, 野邑 奉弘, 津山 達雄

    日本機械学会第17回環境工学総合シンポジウム2007講演論文集, 7  2007年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    In recent years, urban areas have been experiencing a rise in the regional atmospheric temperature because of heat island phenomenon, which increases the summer heat. One of the causes of that is an exhaust heat from air-conditioners. In this paper, we analyze dynamic characteristics of a split type air-conditioner's operation taking into consideration thermal loads to be able to get closer to the real operation. Also, we survey the deterioration in the performance of these air-conditioners and the increase of exhaust heat from them ascribable to the temperature rise caused by the heat island phenomenon. As a result, dynamic characteristics of a split type air-conditioner's operations are grasped by controlling compressor's frequency In addition, COP and amount of exhaust heat in practice operation are simulated to examine influences of indoor setting temperature and air flow rate of outdoor unit.

    CiNii Article

  • 塩水溶液を含む多孔質材料の気流乾燥における水蒸気の高度利用研究 国内会議

    伊與田 浩志,西村 伸也

    ソルト・サイエンス研究財団平成18年度助成研究発表会  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討 (第3報 気温の地域特性を考慮した家庭用空調機の動特性解析) 国内会議

    四宮 徳章, 西村 伸也, 野邑奉弘, 伊與田 浩志

    第41回空気調和・冷凍連合講演会  2007年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 塩化ナトリウム水溶液を含む粒子充填層の気流乾燥における湿球温度の影響(界面・相変化・熱物性とその応用3) 国内会議

    伊與田 浩志, 木下 直哉, 西村 伸也, 吉田 正道

    日本機械学会 熱工学コンファレンス講演論文集  2006年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The effects of wet-bulb temperature of drying media and material's pore diameter on drying characteristics and time were investigated experimentally. Glass bead (mean diameters of 110 and 400μm) packed beds which contained pure water or NaCl aqueous solution were used as porous sample material. The material mass and temperature changes were measured and the surface condition changes by salt crystallization were observed during drying. From these results, in cases where water was contained, the wet-bulb temperature was lower, the drying time was shorter. In cases where NaCI aqueous solution was contained, the wet-bulb temperature was lower, the drying time was longer and the material surface was covered with crystallized salt evenly distributed with glass beads with a mean diameter of 110μm.

    CiNii Article

  • 高湿度気流中におけるエタノール水溶液を含む多孔材料の乾燥(界面・相変化・熱物性とその応用3) 国内会議

    宮田 祥明, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 吉田 正道

    日本機械学会 熱工学コンファレンス講演論文集  2006年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Drying of porous material containing a low boiling point solvent in high humidity air was investigated. Glass beads (mean diameter 50μm) packed beds which contained ethanol or water were used as model material. Mass and surface temperature of the material was measured during drying. In case of material containing ethanol, determinable mass increase was not measured even when the material temperature was lower than the steam dew point temperature of drying media at the early stage. The reason is that the ethanol evaporation from the material occurred simultaneously with steam condensation from the drying media onto the material surface.

    CiNii Article

  • 放射熱を有する暑熱環境下における運動時生体反応の測定 国内会議

    鈴木 崇士,伊與田 浩志,河端 隆志,藤本 繁夫,宮側 敏明

    第27回日本熱物性シンポジウム  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Temperatur Change Method for Measurement of Drying Rate 国際会議

    D.Kan, T.Takigawa, H.Imakoma, N.Ohmura, H.Iyota, N.Nishimura

    Proc. of Int. Workshop on Process Intensification in Fluid and Particle Engineering  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Model and Energy Performance of Convective Batch Tray Dryer 国際会議

    D.Masuda, T.Takigawa, H.Imakoma, N.Ohmura, H.Iyot, N.Nishimura

    Proc. of Int. Workshop on Process Intensification in Fluid and Particle Engineering  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヒートアイランド問題に関する都市空調システムの検討(第2報:個別分散空調機の実性能予測シミュレーション) 国内会議

    四宮 徳章,西村 伸也,伊與田浩志,野邑 奉弘

    2006年度日本冷凍空調学会年次大会  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 光学センサを用いた循環系機能計測による生体適応能の解析 国内会議

    大家 朗, 河端 隆志, 宮側 敏明, 伊與田 浩志

    日本機械学会 2006年度 年次大会講演論文集  2006年09月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The greatly changes of the human circulation dynamics induced by heat, cold, exercise and mental stress or postural change, etc. as environmental factors were known well. To determine the human adaptability by cardiovascular system measurement using an optical-sensor, a small and portable data logger, in which high-speed sampling measurement by 2.56kHz throughout 14 hours continuously was possible, was developed in this study. In addition, we measured the both of skin blood flow and pulse wave as the index of the adaptation of circulatory system to the heat stress and exercise. These results suggested that the sympathetic nerve system as the human circulatory response was able to be evaluated from the signals of the pulse wave included in the signal of skin blood flow.

    DOI: 10.1299/jsmemecjo.2006.7.0_133

    CiNii Article

  • アマランス種子のポップ加工技術 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    第10回アマランス・キノアシンポジウム  2006年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • アマランス種子の膨化による澱粉およびタンパク質への影響 国内会議

    小西 洋太郎,森谷 純子,清枝 真帆,若 原望美,伊與田浩志

    日本応用糖質科学会2006年度年次大会  2006年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乾燥中の多孔材料内における水溶性成分の移動現象(気流乾燥における湿度の影響) 国内会議

    伊與田 浩志,藤田 聡,橋本 篤,吉田 正道,西村 伸也

    日本食品工学会2006年度年次大会  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Feasibility study of a novel hot air dryer to be driven by polymer electrolyte fuel cell’s low temperature waste heat 国際会議

    N. Nishimura, K. Honda, R. Kawakami, H. Iyota, T. Nomura, N. Uedono

    Proc. of 15th Int. Drying Symposium  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Increase in mechanical strength of mould by combined convective and microwave drying in casting process 国際会議

    E. Yamaguchi, K. Kawamura, H. Imakoma, K. Tsubota, T. Takigawa, H. Iyota, N.Nishimura

    Proc. of 15th Int. Drying Symposium  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of steam partial pressure on drying of wetted starch ball in humid hot air and superheated steam 国際会議

    H. Iyota, T. Inoue, N. Nishimura, T. Nomura

    Proc. of 15th Int. Drying Symposium  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高温気流中での湿り澱粉球の乾燥に与える気流湿度の影響 国内会議

    井上 保,伊與田 浩志,西村伸也,野邑 奉弘

    日本食品工学会2006年度年次大会  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高湿度気流中での糖・塩水溶液を含む多孔材料の乾燥特性 国内会議

    藤田 聡, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 野邑 奉弘, 橋本 篤, 吉田 正道

    日本機械学会 熱工学コンファレンス講演論文集  2005年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The effects of porous material's pore diameter and wet-bulb temperature of drying media on solute distribution contained in the material after drying were investigated experimentally. Glass beads (mean diameters of 110, 400 and 800μ m) packed beds which contained pure water; sucrose; NaCl; mixed(sucrose and NaCl) aqueous solution were used as porous sample material. From these results, the smaller pore diameters and the lower wet-bulb temperature caused the sucrose contained near the surface to increase. The sucrose distribution in the material was effected, but almost all of amount of NaCl remained at the surface of the material in every experimental condition excluding the mixed solution. In case of the mixed solution, the amount of sucrose contained near the surface after drying was increased by higher NaCl concentration.

    CiNii Article

  • 糖・塩水溶液を含む多孔材料の乾燥に与える気流湿度の影響 国内会議

    伊與田 浩志,藤田 聡,橋本篤,吉田 正道,西村 伸也,野邑 奉弘

    第26回日本熱物性シンポジウム  2005年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホームコージェネレーション用低温排熱駆動吸収冷凍機の開発(低濃度用吸収器の特性解析) 国内会議

    亀井 紀考,西村 伸也,野邑奉弘,伊與田 浩志,川上 隆一郎,本田 國昭,上殿 紀夫

    2005年度日本冷凍空調学会年次大会  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高湿度気流中での塗料の乾燥に与える気流湿度の影響, 国内会議

    伊與田 浩志,宮田 祥明,西村 伸也,野邑 奉弘,吉田 正道,今駒 博信

    化学工学会第37回秋季大会  2005年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温高湿度気流中での糖・塩水溶液を含む多孔質体の乾燥, 国内会議

    藤田 聡,伊與田 浩志,西村伸也,野邑 奉弘,橋本 篤,吉田 正道

    化学工学会第37回秋季大会  2005年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホームコージェネレーション用低温排熱駆動吸収冷凍機の開発(吸収冷凍機と室内空調計算の連成シミュレーション) 国内会議

    西村 伸也, 野邑 奉弘, 伊與田 浩志, 川上 隆一郎, 本田 國昭, 上殿 紀夫

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2005年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    A novel home cogeneration system that is available to air conditioning use has been proposed, and its feasibility has been investigated theoretically. Waste heat from PEFC that is used as a generator is usually utilized as a hot water in micro cogeneration. But, in Japan, in order to reduce increasing power consumption for air conditioning in residential use, it is indispensable to develop a home cogeneration system that can be used for air conditioning. Therefore, a single effect absorption chiller heater was adopted as waste heat recovery equipment. The absorption chiller heater is driven by the low temperature waste heat from the PEFC and is available for air conditioning. Their performances and efficiencies were predicted quantitatively by computer simulation. Furthermore, air conditioning performances of the absorption chiller heater were calculated with considering real weather conditions and were cleared for cooling water temperature changes.

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気加熱 招待 国内会議

    伊與田 浩志

    日本食品工学会第6回年次大会講演  2005年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高電圧場中での水の蒸発速度に与える気流湿度の影響(GS-6 熱プロセス・燃焼排出物,研究発表講演) 国内会議

    堂前 隆史, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 野邑 奉弘

    関西支部講演会講演論文集  2005年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Effect of gas humidity and high voltage electrical field (HVEF) on evaporation rate were investigated. A pin type electrode was fixed above the water surface. Mass and temperature changes of water were measured under a continuous current electrical field and with parallel gas flow to the water surface. The experimental results showed that evaporation was enhanced with HVEF, gas humidity increased, evaporation rate was decreased but rate of evaporation acceleration by HVEF was increased. Water temperature reached a level approximate to wet-bulb temperature when HVEF wasn't used. Using HVEF, water temperature reached a lower than that without HVEF reading in the low humidity test, and reached a higher reading in the high humidity test.

    CiNii Article

  • 廃熱を利用した間欠減圧式乾燥装置の開発(GS-6 熱プロセス・燃焼排出物,研究発表講演) 国内会議

    松永 博, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 野邑 奉弘

    関西支部講演会講演論文集  2005年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Recently, there has been a need for effective use of low temperature exhaust heat. So, we have suggested the intermittent suction dryer which can use low temperature exhaust heat (steam of latm or water of less than 100℃) as a heat source and use steam condensation in an auxiliary vacuum tank for reducing chamber pressure intermittently. Heat and mass transport mechanism in material to be dried under intermittently reducing pressure, and the utility of intermittent suction effect were investigated experimentally. Used coffee grounds were used as the material to be dried, both the temperature and moisture content distributions were measured. The heat flux from heat source to sample was also measured. From these results, it was shown that water in the area of greater than saturation temperature evaporated rapidly under intermittently reducing pressure and some vapor condensed in the area of less than saturation temperature. Evaporation became rapid at intermittent reducing pressure.

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気および高湿度空気による食品加工に関する研究 : 澱粉の糊化と乾燥に与える気流湿度の影響(オーガナイズドセッション4 材料創成プロセスと熱工学) 国内会議

    伊與田 浩志, 小西 洋太郎, 川畑 仁志, 西村 伸也, 野邑 奉弘

    熱工学コンファレンス講演論文集  2004年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Drying of potato starch paste in hot air, high humid air and superheated steam was examined. Initial moisture content was 0.92kg/kg-d.b., wet bulb temperature of gas flow ranged from 48℃ to 100℃, and gas temperature was 160℃. Temperature and moisture content changes of samples during drying were measured, and cross sections of samples were observed by SEM. The property of dried starch was strongly affected by wet bulb temperature - gelatinization effectively occurred only at higher temperature with water. In addition, the initial condensation/evaporation process in high humid air treatment, based on temperature and moisture content changes, was modeled as reverse process - an important process for material properties for drying.

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気および高湿度空気による食品加工に関する研究 : 糖溶液を含む多孔質体の乾燥特性に与える気流湿度の影響(オーガナイズドセッション4 材料創成プロセスと熱工学) 国内会議

    川畑 仁志, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 野邑 奉弘, 橋本 篤, 吉田 正道

    熱工学コンファレンス講演論文集  2004年11月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Effect of wet-bulb temperature on a drying rate of porous material containing water or sugar aqua solution in high-temperature (160℃) gas flow was investigated experimentally. Glass beads were used as the sample porous material. Mass and surface temperature changes of the sample during drying were measured with a test apparatus, in which wet-bulb temperature could be controlled from 48℃ to 100℃. From these results, it was shown that when the wet-bulb temperature was higher, the drying rate was smaller and the distribution of local sugar concentration was more even in this experiment. Whereas the water in the sample maintained a constant drying rate, the sucrose solution's drying rate decreased gradually after drying was commenced.

    CiNii Article

  • 低風速臨海都市域に適した風力発電システムの開発 国内会議

    松尾 淳, 野邑 奉弘, 西村 伸也, 伊與田 浩志

    太陽/風力エネルギー講演論文集 = Proceedings of JSES/JWEA Joint Conference  2004年11月  日本太陽エネルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • Study of Amaranth Seeds Popping in Hot Air and Superheated Steam 国際会議

    Hiroyuki IYOTA, Yotaro KONISHI, Tamotsu INOUE, Kaori YOSHIDA, Nobuya NISHIURA, Tomohiro NOMURA

    Proc. of Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering  2004年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 固体高分子型燃料電池を用いた冷温熊取出し型ホームコージェネレーションシステムの検討(エネルギー有効利用(2),空気調和・冷凍・エネルギー有効利用技術) 国内会議

    西村 鋭長, 西村 伸也, 野邑 奉弘, 伊與田 浩志, 本田 國昭, 上殿 紀夫

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2004年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    A novel home cogeneration system that is available to air conditioning use has been proposed, and its feasibility has been investigated theoretically. Waste heat from the PEFC is usually utilized as a hot water in micro cogeneration. But, in Japan, in order to reduce increasing power consumption for air conditioning in residential use, it is indispensable to develop a home cogeneration system that can be used for air conditioning. Therefore, a single effect absorption chiller heater was adopted as waste heat recovery equipment. The absorption chiller heater is driven by the low temperature waste heat of the PEFC and is available for air conditioning. Their performances and efficiencies were predicted quantitatively by computer simulation. Total efficiency of the system reached about 80 % when the waste heat is recovered only as a hot water. But the total efficiency decreased with an increase of waste heat use for the purpose of air conditioning.

    CiNii Article

  • 海陸一体型まちづくりにおける自然エネルギーの導入検討 国内会議

    藤井 義之, 野邑 奉弘, 西村 伸也, 伊與田 浩志, 山口 克人, 村田 武一郎, 松尾 淳

    第14回環境工学総合シンポジウム講演論文集, 2004, 東京  2004年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Feasibility of a solar-wind hybrid power generation system in an urban coastal area, in order to construct an environmental symbiotic maritime city, has been investigated by an actual measurement. The research site is situated at Omaehama in Nishinomiya. The solar-wind hybrid power generation system is composed of two solar cells of 128W, two wind turbines of 450W, power controller, DC to AC inverter, and data acquisition unit. The solar cell output and wind turbine output were measured every fifteen minutes. Although the rated power generation of the wind turbine was larger than that of the solar panel, the generated electric power by the PV was larger than that of the wind turbine. The amount of power generation by the solar cell was almost proportional to the quantity of solar insolation. On the other hand, the amount of power generation by the wind turbine did not increase proportionally to the velocity of the wind and has been greatly influenced by the cut-in velocity of the wind turbine.

    CiNii Article

  • 多孔体内の気相一方物質移動における圧力・濃度分布の簡易推算法(多孔体乾燥中の温度推算への適用)(GS-6 熱工学(1)) 国内会議

    伊與田 浩志, 西村 伸也, 今駒 博信, 野邑 奉弘

    関西支部講演会講演論文集  2004年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    A new approximated expression for non-isobaric unidirectional gas transfer caused by molecular diffusion, viscous and Knudsen flow has been formulated. The new approximated expression is a combination of the unidirectional isobaric diffusion equation within free space and the Darcy flow equation. The equations were derived from strict equations for one-dimensional binary component isothermal gas transfer within porous media that was modeled by the parallel pore model. It was shown that the calculation results, calculated by strict equations and by approximated equations, were in agreement. In addition, the temperature and pressure, at the inner evaporative surface of the porous material during drying in hot humid air, were predicted by the new approximated expression, and the effect of air humidity on material temperature was investigated.

    CiNii Article

  • 高温高湿度および過熱水蒸気処理における凝縮から蒸発への反転過程(非定常平板伝熱モデルによる反転過程特性の解析)(GS-6 熱工学(2)) 国内会議

    遠藤 滋, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 野邑 奉弘

    関西支部講演会講演論文集  2004年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The characteristics of reverse process on parallel flow of high-humid hot air were investigated by numerical study. The mass and temperature of material during the treatment process were calculated by a one-dimensional plate non-steady heat transfer model with water as a treatment material. Murray-Landis I method was used for the moving boundary problem. As a result, it was shown that restoration time"-"the time material's mass return to initial mass"-"increases uniformly as humidity of hot air or thickness of material increases, and it decreases uniformly as heat flux from hot air or initial temperature of material increases. Moreover temperatures at the center of material at restoration time were predicted in several gas temperatures, humidities and material thicknesses. And the method to determine the best conditions of temperature and humidity of hot air for heating the material, without either drying or wetting, was shown.

    CiNii Article

  • 高温気流中での球状多孔質材料の乾燥特性に与える湿球温度の影響(GS-6 熱工学(1)) 国内会議

    井上 保, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 野邑 泰弘

    関西支部講演会講演論文集  2004年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Effect of dry-bulb and wet-bulb temperature on the drying time of spherical porous material in high temperature gas flow was investigated experimentally. Mass and center of material temperature changes of material during drying were measured with a test apparatus, in which dry-bulb and wet-bulb temperature could be controlled. Spherical red brick was used as the sample porous material (15mm in diameter, 0.235 kg-water/kg-dry at initial moisture content). From these results, it was shown that the moisture content of each condition achieved the same reading at same elapsed time for the condition of high dry-bulb temperature"-"regardless of steam condensation at early stage of drying. Because, critical moisture content was lower, as wet-bulb temperature was increased, and the differences of drying rate during constant rate period were smaller.

    CiNii Article

  • 409 環境共生型まちづくりにおけるパーソナルエネルギーシステム : 低温排熱駆動型吸収式ボトミングサイクルの検討 国内会議

    西村 伸也, 野邑 奉弘, 伊與田 浩志, 川上 隆一郎, 坂口 貴俊

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2003年06月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Feasibility of a novel environment symbiotic micro cogeneration system for residential purpose has been investigated for Sustainable Marine City that we call SuMaC. SuMaC is a fictitious reclaimed island (800-900 ha) on Osaka bay coastal zone with 39,000 residents. Thermodynamic analysis was carried out for the micro cogeneration systems consisting of a micro gas turbine, a micro gas engine and a polymer electrolyte fuel cell as topping and a single effect absorption chiller as a bottoming, in which natural energies are highly utilized. And their performances and efficiencies were predicted quantitatively. Total efficiency of the system exceeds 80% when the micro gas turbine or micro gas engine was used as a prime mover. And feasibility of the proposed environment symbiotic micro cogeneration systems were verified by computer simulation.

    CiNii Article

  • A304 DEVELOPMENT OF AN ENVIRONMENT SYMBIOTIC MICRO COGENERATION SYSTEM FOR SUSTAINABLE MARINE CITY 国際会議

    NISHIMURA Nobuya, NOMURA Tomohiro, IYOTA Hiroyuki, FUJII Yoshiyuki, SAKAGUCHI Takatoshi

    Proceedings of the International Conference on Power Engineering : ICOPE  2003年  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Feasibility of a novel environment symbiotic micro cogeneration system for residential purpose has been investigated for Sustainable Marine City that we call SuMaC. SuMaC is a fictitious reclaimed island (800-900 ha) on Osaka bay coastal zone with 39,000 residents. Thermodynamic analysis was carried out for the micro cogeneration systems consisting of a micro gas turbine, a micro gas engine and a polymer electrolyte fuel cell as topping and a single effect absorption chiller as a bottoming, in which natural energies are highly utilized. And their performances and efficiencies were predicted quantitatively. Total efficiency of the system exceeds 80% when the micro gas turbine or micro gas engine was used as a prime mover. And feasibility of the proposed environment symbiotic micro cogeneration system was verified by computer simulation.

    CiNii Article

  • 臭化リチウム水溶液表面に生じるマランゴニ対流の動的挙動 国内会議

    西村 伸也, 野邑 奉弘, 伊與田 浩志

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2002年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Dynamic behaviors of Marangoni convection induced at LiBr aqueous solution by addition of a surfactant have been investigated experimentally by using a real-time type laser holographic visualization system. N-octanol was used as a surfactant. The Marangoni convections occurred at/beneath the solution surface in the very beginning of steam absorption were observed in three dimensions. At first, vertical convective motions induced in the LiBr aqueous solution by addition of the surfactant were observed varying the initial surfactant's concentration ranging from 0 to 50000ppm and the liquid layer thickness ranging from 5 to 25mm. And, horizontal convective motions induced at the LiBr aqueous solution by addition of the surfactant were observed varying the initial surfactant's concentration ranging from 0 to 400ppm and the shallow liquid layer thickness ranging from 2 to 5mm. Pentagonal or hexagonal cell patterns were clearly observed at the surface and these cells instantly grew in size from small to large during the 10 milliseconds after the beginning of absorption. Thus, generation and growth processes of the Marangoni convection were revealed from the visualization results. And, spatial-temporal scales of the Marangoni convection were determined experimentally.

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気および高温空気噴出しを伴う多孔質金属面上における液滴の蒸発挙動 国内会議

    伊與田 浩志,野邑 奉弘,西村 伸也,仲尾 崇弘

    化学工学会第67年会研究発表  2002年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of Initial Steam Condensation on Color Changes of Potatoes During Drying in Superheated Steam 国際会議

    H. Iyota, N. Nishimura, T. Nomura, Y. Konish, K. Yoshida

    Proc. of 13th Int. Drying Symposium  2002年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温空気および過熱水蒸気気流中でのアマランス種子の膨化 国内会議

    小西 洋太郎, 吉田 香梨, 伊與田 浩志, 井上 保, 西村 伸也, 野邑 奉弘

    日本調理科学会大会研究発表要旨集  2002年  日本調理科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    アマランス種子は常圧加熱で膨化することが知られている。本研究は熱媒体として高温空気および過熱水蒸気(SHS)を用い、温度、時間、種子の水分含量が及ぼす膨化体積への影響を比較、検討し、次のような結果を得た。(1)高温空気でnative種子(水分含量11.5%)を加熱した場合、260℃、10秒で体積増加率が最大値(8.7)となった。一方、同条件のSHS加熱では、体積増加率は小さく7.4であった。(2)高温空気、SHSにかかわらず、水分含量11.7%に調整した試料が最大膨化率を示したが、その際の膨化率は高温空気処理がSHS処理よりも大きかった。(3)SHSによる膨化率の低値の理由として、加熱初期に試料表面に水分凝縮が生じるため、種皮の軟化により、膨化が起こる際の圧力が減じられたためかもしれない。

    DOI: 10.11402/ajscs.14.0.86.0

    CiNii Article

  • 気流吹き出しを伴う多孔質金属表面近傍での液滴の蒸発実験 国内会議

    伊與田 浩志, 野邑 奉弘, 西村 伸也

    微粒化シンポジウム講演論文集 = Symposium (ILASS-Japan) on Atomization  2001年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 吸収冷温水機の加速耐久試験による経年能力検証 国内会議

    野邑 奉弘,西村 伸也,伊與田 浩志, 川上 隆一郎

    平成13年度日本冷凍空調学会学術講演会  2001年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プレート型吸収熱交換器の性能解析 国内会議

    野邑 奉弘,西村 伸也,伊與田 浩志, 本松 孝,上殿 紀夫

    平成13年度日本冷凍空調学会学術講演会  2001年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポリマーラテックス乾燥における熱風の絶対湿度の影響 国内会議

    福呂 吉彦,伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘,鳥谷 明弘

    化学工学会第34回秋季大会  2001年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気および空気中でのポリマーラテックスの乾燥 国内会議

    鈴木 崇士,伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘,鳥谷 明弘

    化学工学会第34回秋季大会  2001年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 流下液膜式プレート型吸収熱交換器の開発 (界面活性剤添加の影響) 国内会議

    西村 伸也, 野邑 奉弘, 伊與田 浩志

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2001年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Influences of a surfactant on performance of a novel plate type absorber have been investigated experimentally. Experiments were conducted on the vertical flat plate type absorber for absorption refrigerator/chiller, with changing surfactant's concentration. Surfactant(n-octanol) concentration was varied in the range of 0〜100ppm. Temperatures of LiBr aqueous solution, cooling water and heat transfer surface were measured minutely. Furthermore, flow conditions of LiBr aqueous solution were continuously observed optically by using a high-speed video camera. Refrigerating capacities were calculated from those measurement results. Results showed that absorber performances were significantly enhanced with increase of surfactant concentration. In case of surfactant concentration is 100ppm, absorber performance became about double than that case of no surfactant. Also, many protuberant "ropey" flows of LiBr aqueous solution were observed at upper region in the plate. These ropey flows swung side to side horizontally with a frequency of about 10 hertz. Consequently, it has been confirmed that those improvement were caused by the occurrence of Marangoni convection in the solution flow when the surfactant was added.

    CiNii Article

  • 過熱水蒸気加熱によるジャガイモ澱粉糊化への影響 国内会議

    吉田 香梨,小西 洋太郎,伊與田 浩志,西村 伸也,野邑奉弘

    日本調理学会近畿支部第28回研究発表会  2001年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気気流中でのジャガイモスライスの乾燥と性状変化 国内会議

    伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘,吉田 正道,小西 洋太郎

    化学工学会関西支部(福井大会)  2001年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気乾燥における初期凝縮のモデル化とその効果 国内会議

    伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘,吉田 正道,小 西洋太郎

    化学工学会第66年会研究発表講演  2001年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気乾燥の乾燥特性に関する研究 国内会議

    大沼 隆宏, 伊與田 浩志, 西村 伸也, 野邑 奉弘

    機械学会 関西支部講演会講演論文集  2001年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The analysis, which takes into consideration a condensation of superheated steam in the early stage of superheated steam drying, had hardly been done. We made a test apparatus for measuring a mass change of dried material in superheated steam drying and in air drying. In this study, we measured the drying rates and compared the characteristic drying curves of superheated steam drying with that of air drying. Next we calculated constant drying rates for several Reynolds numbers. From calculation results, we found an inversion point temperature became about 350℃.

    CiNii Article

  • 複数ノズルによる非等温二次元衝突噴流の熱伝達特性(GS-6・9 強制対流熱伝達) 国内会議

    羽生 敏, 西村 伸也, 野邑 奉弘, 伊與田 浩志

    機械学会 関西支部講演会講演論文集  2001年03月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Heat transfer characteristics of non-isothermal two-dimensional impinging hot air jet were investigated experimentally with multiple nozzles. Average and local heat transfer coefficients between an impingement plate and two-dimensional impinging hot air jet were measured by using thermocouples mounted in a heat transfer block. The parameters studied were nozzle-to-impingement plate distance (H/B=2,4,6,8,10), jet velocity (U_J=11m/s,22 m/s,28m/s), and jet temperature (t_j=50℃,100℃,150℃). From the results, it was found that influences both of jet velocities and jet temperatures on local Nusselt numbers. Also it was cleared that the high heat transfer coefficients were kept in case of multiple nozzles than that of single nozzle.

    CiNii Article

  • 高温空気二次元衝突噴流の局所熱伝達特性(オーガナイズドセッション6 : 自由噴流,衝突噴流およびはく離を伴う熱・物質移動) 国内会議

    笹部 祐治, 西村 伸也, 野邑 奉弘, 伊與田 浩志

    熱工学講演会講演論文集  2001年  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    The local heat transfer characteristics of non-isothermal two-dimentional impinging hot air jets were investigated experimentally. Average and local heat transfer coefficients between an impingement plate and two-dimensional impinging hot air jets were measured by thermocouples mounted in a heat transfer block. Furthermore, the spontaneous appearance and growth of streamwise vortices were observed by high speed real-time laser holographic interferometry. From the results, it was found that the local heat transfer characteristics were quite different with in case of single nozzle and in case of multi-slot nozzles. Also it was cleared that the local heat transfer coefficients at the stagnation line were affected by the large-scale vortices on the boundary layer.

    DOI: 10.1299/jsmeptec.2001.0_439

    CiNii Article

  • Starch Gelatinization of Sliced Raw Potatoes During Drying in Superheated Steam and Hot Air 国際会議

    H. Iyota, N. Nishimura, Y. Konishi, T. Nomura, M. Toyama, K. Yoshida

    Proc. of 2nd Asian-Oceania Drying Conference  2001年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気加熱のジャガイモの糖質への影響 国内会議

    吉田 香梨,小西 洋太郎,伊與田 浩志,西村 伸也,野邑奉弘

    日本農芸化学会2001年度大会  2001年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 界面活性剤による吸収器の性能向上に関する研究 国内会議

    西村 伸也, 野邑 奉弘, 伊與田 浩志, 奥野 泰幸

    環境工学総合シンポジウム講演論文集  2000年07月  一般社団法人日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Effects of a surfactant on performance of absorbers have been investigated experimentally. Experiments were conducted on three types of absorber, that are horizontal bear tube type and vertical plate type absorbers for absorption refrigerator/chiller, air-cooled vertical tube type absorber for heat transformer, with changing surfactant's concentration. Surfactant (n-octanol) concentration was varied in the range of 0&acd;250ppm. Temperatures of solution, coolant (water or air) and heat transfer surface were measured minutely. Furthermore, in case of the absorption refrigerator, flow conditions of LiBr aqueous solution were continuously observed optically. Refrigerating capacities and heat transfer rate to air were determined from those measurement results. Results showed that absorber performances were significantly improved with increase of surfactant concentration. In case of the absorption refrigerator/chiller, absorber performances became about double than that case of no surfactant. On the contrary, absorber performance increased only 15% in case of the heat transformer. Also, it has been confirmed that those improvement were caused by the occurrence of Marangoni convection in the solution flow when the surfactant was added.

    CiNii Article

  • 界面活性剤による吸収器の性能向上に関する研究 国内会議

    西村 伸也,野邑 奉弘,伊與田 浩志,奥野 泰幸

    第10回環境工学総合シンポジウム  2000年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気中でのポリマーラテックスの噴霧乾燥 国内会議

    伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘,他2名

    化学工学会第65年会研究発表講演  2000年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Modeling of Superheated Steam Drying Including Changes from Condensation to Evaporation Occurring in Early Stage 国際会議

    H. Iyota, N. Nishimura, T. Nomura

    Proc.of 12th Int. Drying Symposium  2000年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 界面活性剤を添加した臭化リチウム水溶液の表面温度測定 国内会議

    奥野 泰幸,西村 伸也,野邑奉弘,伊與田 浩志

    平成12年度日本冷凍空調学会学術講演会  2000年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高温空気および過熱水蒸気気流中での生ジャガイモの乾燥 国内会議

    伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘,大沼 隆宏

    化学工学会第33回秋季大会  2000年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 縦型管内吸収熱交換器の性能解析 国内会議

    西村 伸也,野邑 奉弘,伊與田 浩志,武智 亮太

    第9回環境工学総合シンポジウム  1999年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過熱水蒸気乾燥での乾燥特性に関する研究 国内会議

    大沼 隆宏,伊與田 浩志,西村 伸也,野邑 奉弘

    機械学会関西支部第257回講演会  1999年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 可視化による非等温二次元衝突噴流の局所熱伝達特性の検討 国内会議

    西村 伸也,野邑 奉弘,伊與田 浩志,太田 孝二

    第36回日本伝熱シンポジウム  1999年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 流下液膜式プレート型吸収熱交換器の開発(プレート型吸収器の性能解析) 国内会議

    野邑 奉弘,西村 伸也,伊與田 浩志,西山 隆,上殿 紀夫

    平成11年度日本冷凍空調学会学術講演会  1999年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マルチパルスレーザーホログラフィによる非等温二次元衝突噴流の熱流動場の可視化 国内会議

    大田 孝二,西村 伸也,野邑奉弘,伊與田 浩志

    第26回可視化情報シンポジウム  1998年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 界面活性剤添加によりLiBr水溶液表面に生じるマランゴニ対流の可視化 国内会議

    西村 伸也,野邑 奉弘,,伊與田 浩志,松本 英之

    第26回可視化情報シンポジウム  1998年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A novel Wall Injection Type Superheated Steam Drying Using a Permeable Porous Metal 国際会議

    H. Iyota,T. Nomura,N. Nishimura, et al

    Proc. of 11th Int. Drying Symposium  1998年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effect of Fluid Radiation on Evapportion of Water into Laminar Stream of Superheated Steam 国際会議

    Nishimura, Iyota, Nomura

    Proc. of the 9th Int. Drying Symposium  1994年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産業財産権等

  • 種子の消毒装置

    野田 崇啓,日高 靖之,横江 未央,伊與田 浩志,中村 透

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特許出願 2010-203165  

    特許番号/登録番号:特許第5621085号 

  • 加熱調理器

    原 圭祐, 門馬 哲也, 伊與田 浩志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特許出願2008-124864 

    特許番号/登録番号:特許第5203038号 

  • 照明装置

    酒井英樹,伊與田浩志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2022-01926 

  • 照明装置

    酒井英樹,伊與田浩志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2019-109512 

  • 湿度発生装置

    伊與田浩志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2018-012443 

    特許番号/登録番号:特許7055345 

  • 測定装置

    伊與田浩志,辻岡哲夫

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:2015-132727 

    特許番号/登録番号:特許6653134 

  • 蒸気量測定装置

    北村治雄, 田中倫明, 伊與田浩志, 辻岡哲夫

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2013-054032 

    特許番号/登録番号:特許第6279220号 

  • 鋳型の製造方法

    井出 勇, 伊與田 浩志,関 徹,西田 伸司,早藤 孝平

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2012-210740 

    特許番号/登録番号:特許第6121120号 

  • 種子消毒装置

    野田崇啓,日高靖之,伊與田浩志,中村透, 軽部勇希

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願 2014-230803 

    特許番号/登録番号: 登録6782882 

  • 重合体粒子の製造方法

    面手昌樹,鳥谷明弘,白水大輔,伊與田浩志

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2002-589557 

    特許番号/登録番号: 登録4094434 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 湿度の制御

    カテゴリ:機械・ものづくり・計測機器 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 過熱水蒸気・高温高湿度空気の加熱処理への高度利用

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究, 講演  

    活用分野・応用方法等:乾燥,食品加工など

    詳細説明:過熱水蒸気に限らず,多成分蒸気,高湿度空気中でも上記と同様のプロセスの設計が可能.蒸気の直接接触凝縮現象を,非定常伝熱現象として捉えて制御することにより,工業的な利用を目指す.

    過熱水蒸気や高湿度空気中に処理物を投入すると表面で結露し,処理物は急速に加熱される.結露した水は,再び蒸発する.これらの一連の非定常な伝熱現象を利用した,新たなプロセスと装置設計に関する研究.

科研費

  • 高濃度水蒸気の高効率利用のための水蒸気発生法と計測法に関する研究

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 高温高湿度の高度利用のための湿度測定法と精度評価技術に関する研究

    基盤研究(C)  2015年04月

  • 水蒸気オーブンの利用技術向上のためのシミュレーションソフトウェアの開発

    基盤研究(C)  2011年04月

  • ヒートアイランド対策に有効な反射指向性を有する太陽熱高反射材の開発

    基盤研究(C)  2007年04月

  • 環境・運動適応能に関する循環調節系・神経系の解析への光学複合バイオセンサーの応用

    基盤研究(A)  2004年04月

  • 過熱水蒸気および高湿度空気中における水蒸気の非定常相変化現象の解析とその応用

    若手研究(B)  2003年04月

  • 臭化リチウム水溶液中でのマランゴニ対流発生のモデル化と吸収器高性能化への適用

    基盤研究(C)  2001年04月

  • 低温物体表面における過熱水蒸気の凝縮から蒸発への非定常相変化現象の解析とその応用

    若手研究(B)  2001年04月

  • 冷物体表面における過熱水蒸気の凝縮から蒸発への高速非定常相変化現象の解析

    奨励研究A  1999年04月

  • マルチパルスレーザーホログラフィによる流下液膜の蒸気吸収・伝熱促進機構の解明と熱工学的評価

    基盤研究(C)  1997年04月

▼全件表示

受託研究

  • 複雑形状物の色彩・光沢・再帰反射の同時非接触測色システムの開発

    国立研究開発法人科学技術振興機構  JST起業活動支援プログラム(GAPファンド)  2021年08月

  • 超広域湿度センサを用いた湿度制御によるマイクロ波併用高性能過熱水蒸気処理装置の開発

    大阪市  2010年

  • 高温高湿度環境下での湿度モニタリングと制御技術の確立

    2010年

  • 天然由来物を粘結剤とした環境調和型エコ鋳型とその製造方法の開発

    2010年

  • 超広域湿度センサを用いた湿度制御による高性能過熱水蒸気処理装置の開発

    JST  2009年

  • 超広域湿度センサを用いた湿度制御による過熱水蒸気処理装置の高性能化

    JST  2008年

  • 塩水溶液を含む多孔質材料の気流乾燥における水蒸気の高度利用研究

    ソルトサイエンス研究財団  2006年

  • 過熱水蒸気の高度利用による食品の高機能化

    ネスレ科学振興会  2000年

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 加熱・焼成プロセスにおける湿度制御の最適化に関する研究

    公益財団法人 飯島藤十郎 記念食品科学振興財団  2022年04月

  • パン・菓子の製造装置における水蒸気利用技術に関する研究

    公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団  2017年04月

  • パン・菓子の製造装置における水蒸気利用技術に関する研究

    公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団  2016年04月

  • オーブン型加熱装置内における処理環境プロファイルの実測定装置の開発

    公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団  2015年04月

  • 塩化ナトリウム水溶液を含む多孔材料のマイクロ波併用過熱水蒸気乾燥に関する研究

    ソルトサイエンス研究財団  2008年

その他補助金等

  • 未来型医療福祉給食サービス実現への調査研究

    大阪市立大学  令和4度知と健康のグローカル拠点事業推進研究  2022年04月

研究員受入実績

  • 2022年度  研究員数:3名

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:未来型医療福祉給食サービス実現への調査研究(大阪市立大学・令和2度採択継続課題・知と健康のグローカル拠点事業推進研究・学内競争的資金・代表)

    特記事項:学部横断的取り組み

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:未来型医療福祉給食サービス実現への調査研究(大阪市立大学・令和2度採択継続課題・知と健康のグローカル拠点事業推進研究・学内競争的資金・代表)

    特記事項:学部横断的取り組み

担当授業科目

  • 機械工学概論

    2023年度   週間授業   大学

  • 初年次ゼミナール

    2023年度   週間授業   大学

  • 技術と環境

    2023年度   週間授業   大学

  • 機械系特別研究

    2023年度   集中講義   大学院

  • 卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 熱力学Ⅰ

    2023年度   週間授業   大学

  • 設計製作実習

    2023年度   週間授業   大学

  • 機械工学演習A

    2023年度   週間授業   大学

  • 機械熱力学2

    2023年度   週間授業   大学

  • 機械製図

    2023年度   週間授業   大学

  • 環境エネルギー工学

    2023年度   週間授業   大学

  • 機械系特別研究第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機械系特別演習第2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学

  • 機械系特別演習

    2022年度   集中講義   大学院

  • 応用伝熱学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 機械系特別演習第1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機械系特別演習第1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 特別演習(応用伝熱学)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 熱力学Ⅰ

    2022年度   週間授業   大学

  • 熱システム設計論

    2022年度   週間授業   大学

  • 機械工学演習A

    2022年度   週間授業   大学

  • 機械系特別研究 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機械系特別演習第2 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 前期特別研究(機械物理系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(機械物理系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • ゼミナール(機械物理系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 卒業研究(機械工学科)

    2022年度   集中講義   大学

  • 設計製作実習(B)

    2022年度   週間授業   大学

  • 設計製作実習(A)

    2022年度   週間授業   大学

  • 機械製図

    2022年度   週間授業   大学

  • 環境エネルギー工学

    2022年度   集中講義   大学

  • 大学院特別演習

    2021年度     大学院

  • 応用伝熱学特論

    2021年度     大学院

  • 機械工学演習A

    2021年度     大学

  • 設計製作実習

    2021年度     大学

  • 機械工学実験

    2021年度     大学

  • 熱力学Ⅰ

    2021年度     大学

  • エンジニアリングデザイン

    2021年度     大学

  • 大学院特別演習

    2020年度     大学院

  • 応用伝熱学特論

    2020年度     大学院

  • 機械工学演習A

    2020年度     大学

  • 設計製作実習

    2020年度     大学

  • 機械工学実験

    2020年度     大学

  • 熱力学Ⅰ

    2020年度     大学

  • 応用伝熱学特論

    2019年度     大学院

  • 機械工学演習A

    2019年度     大学

  • 設計製作実習

    2019年度     大学

  • 機械工学実験

    2019年度     大学

  • 熱力学Ⅰ

    2019年度     大学

  • 大学院特別演習

    2019年度     大学院

  • 応用伝熱学特論

    2018年度     大学院

  • 機械工学演習C

    2018年度     大学

  • 設計製作実習

    2018年度     大学

  • 機械工学実験

    2018年度     大学

  • 熱力学Ⅱ

    2018年度     大学

  • 大学院特別演習

    2018年度     大学院

  • 熱力学Ⅱ

    2017年度     大学

  • 機械工学実験

    2017年度     大学

  • 設計製作実習

    2017年度     大学

  • 機械工学演習C

    2017年度     大学

  • 応用伝熱学特論

    2017年度     大学院

  • 大学院特別演習

    2017年度     大学院

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 特別講義(家庭用調理器の伝熱学)

    機関名:神戸大学

  • 技術と環境(基礎教育科目)

    機関名:大阪市立大学

  • 機械製図

    機関名:大阪市立大学

FD活動

  • FD活動への貢献  2019年度

     詳細を見る

    専攻内での文献調査セミナーを計画・実施(1回)

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    専攻内での文献調査セミナーを計画・実施(2回)

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    専攻内での文献調査セミナーを計画・実施(2回)

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:3件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):4件  修士論文審査数(副査):5件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):1件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:0名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):5件  修士論文審査数(副査):8件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:「イノベーション創出のための人材育成プログラム」T-CEP(Technology Commercialization & Entrepreneurship Program)2022 (主催:うめきた未来イノベーション機構 U -FINO)において生活科学研究科と工学研究科の共同研究成果を研究シーズとして採択された.学生2名も参加し,優秀賞を受賞した.

    特記事項:https://www.omu.ac.jp/eng/info/news/entry-04898.html

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:ラジャマンガラ工科大学からの科目履修生受け入れ2名(他学部と共同)

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:ラジャマンガラ工科大学との学部間協定の締結(生活科学部と
    の3者)

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:ハンブルク大学との協定に基づく派遣

社会貢献活動

  • 大阪科学技術センター 研究会学識委員

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    大阪科学技術センター  大阪科学技術センター  2007年 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

    参加者数:20(人)

  • 大阪府流域下水道  施設整備運営事業者選定評価委員会委員

    役割:運営参加・支援

    大阪府  2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 大阪市 汚泥処理施設整備運営事業

    役割:運営参加・支援

    2021年 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 泉佐野市田尻町清掃施設組合

    役割:運営参加・支援

    2019年 - 2020年

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 中学生サマーセミナー(工学部と生活科学部の共同開催)ものづくりの原点:エジソン最初の発明をつくる

    大阪市立大学  2017年07月

     詳細を見る

    対象: 中学生

  • 日本伝熱学会関西支部 セミナー委員会幹事

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:その他

  • プロポーザル学識委員

    役割:運営参加・支援

    大阪市  2012年 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 農業機械等緊急開発事業推進プロジェクトチーム 開発促進検討会委員

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    2012年 - 2014年

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

▼全件表示

メディア報道

  • 複雑形状の測色を機械化 品質管理・外観検査に活用

    日刊工業新聞  2020年05月

      詳細を見る

    SDGs:

  • アマランサスの取組み 大阪市立大准教授らが視察

    伊那谷ネット  2010年09月

      詳細を見る

    SDGs:

独自項目・特記事項(社会活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    SDGs:

    独自項目:R2年度より大阪市立大学「知と健康のグローカル拠点事業推進研究」に取り組んでいる.今年は研究に加えて,大阪府栄養士会と連携し,第三回の研修交流会を企画・開催した.またこれまでの活動成果を読み物としてまとめた.研究活動は継続する.

  • 2022年度

      詳細を見る

    SDGs:

    独自項目:R2年度より知と健康のグローカル拠点事業推進研究に取り組んでいる.今年は研究に加えて,大阪府栄養士会と連携して,2回の研修交流会を企画・開催した.

外国人受入実績

  • 2019年度

    留学生受入数 :2名

国際交流活動

  • ラジャマンガラ工科大学との部局間協定担当

    活動区分 :研究

    活動国 :Kingdom of Thailand   2018年09月 - 継続中

  • ラジャマンガラ工科大学との部局間協定担当

    活動区分 :教育

    活動国 :Kingdom of Thailand   2018年09月 - 継続中

役職

  • 部局内役職

    工学部 機械工学科 

    学科長  2024年04月 - 継続中

その他

  • 職務経歴

    2009年 - 2014年

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院工学研究科 准教授

  • 職務経歴

    2003年 - 2008年

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院工学研究科 講師

  • 職務経歴

    1994年 - 2003年

      詳細を見る

    大阪市立大学 工学部 助手