2024/02/23 更新

写真a

トヨダ ヒロミツ
豊田 宏光
TOYODA Hiromitsu
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学  / 医学教育 医療者教育 医学教育システム

  • ライフサイエンス / 整形外科学  / 脊椎脊髄外科

研究キーワード

  • 脊椎疾患

  • 骨粗鬆症

  • サルコペニア

  • 再生医療

  • 医学教育学

  • 脊髄、神経疾患

  • 整形外科

研究歴

  • 脊椎手術の臨床成績に影響する因子に関する研究

    個人研究

    2008 - 継続中 

  • 高齢者の転倒要因に関する研究

    2019 - 継続中 

  • 低温大気圧プラズマを用いた整形外科領域での再生医療への応用

    国内共同研究

    2017 - 継続中 

  • 脊椎疾患におけるサルコペニアの関連に関する研究

    個人研究

    2016 - 継続中 

  • アウトカム基盤型教育に関する研究

    2015 - 継続中 

  • 卒然教育におけるシミュレーション医療

    個人研究

    2014 - 継続中 

  • 新規骨補填材料の開発

    機関内共同研究

    2014 - 継続中 

  • 思春期特発性側弯症に対する新規手術方法の開発

    個人研究

    2012 - 継続中 

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する椎体形成術の臨床成績

    個人研究

    2011 - 継続中 

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲除圧術の臨床成績

    2000 - 継続中 

所属学協会

  • 日本整形外科学会

      国内

  • 日本脊椎脊髄病学会

      国内

  • 日本腰痛学会

      国内

  • 日本病院総合診療医学会

    2021年 - 継続中

  • 中部日本整形外科災害外科学会

      国内

  • 日本骨粗鬆症学会

  • 日本医学教育学会

  • 日本側弯症学会

  • 日本低侵襲脊椎外科学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   中部日本整形外科災害外科学会  

    2023年10月 - 継続中 

  • 医療系OSCE課題作成・管理小委員会委員   公益社団法人医療系大学間共用試験実施評価機構  

    2023年04月 - 2024年03月 

  • Editorial Board:Journal of Orthopaedic Science   Journal of Orthopaedic Science  

    2019年12月 - 継続中 

  • 評議員   日本腰痛学会  

    2016年09月 - 継続中 

  • 委員   日本整形外科学会腰椎椎間板ヘルニアガイドライン策定委員会  

受賞歴

  • Best presentaion award Silver

    2023年07月   Pacific and Asian Society of Minimally Invasive Spine Surgery   The incidence of postoperative progressive segment degeneration at decompression and adjacent segments after minimally invasive lumbar decompression surgery: a 5-year follow-up study

  • ISSLS PRIZE IN CLINICAL SCIENCE 2019

    Hori Y, Hoshino M, Inage K, Miyagi M, Takahashi S, Ohyama S, Suzuki A, Tsujio T, Terai H, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Kato M, Matsumura A, Namikawa T, Seki M, Yamada K, Habibi H, Salimi H, Yamashita M, Yamauchi T, Furuya T, Orita S, Maki S, Shiga Y, Inoue M, Inoue G, Fujimaki H, Murata K, Kawakubo A, Kabata D, Shintani A, Ohtori S, Takaso M, Nakamura H

    2019年06月   Clinical importance of trunk muscle mass for low back pain, spinal balance, and quality of life-a multicenter cross-sectional study.

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本骨代謝学会 骨形成・優秀ポスター賞

    骨形成・優秀ポスター賞

    2004年08月   日本骨代謝学会   Prostaglandin E EP4 Agonistの局所徐放はRhBMP-2誘導骨形成作用増強をさせる

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学   医学研究科 臨床医科学専攻

    2012年10月 - 継続中

  • 大阪市立総合医療センター   整形外科   後期臨床研究医

    2006年04月 - 2008年03月

  • 美唄労災病院   整形外科   医員

    2005年04月 - 2006年03月

  • 関西労災病院   整形外科   研修医

    2000年04月 - 2001年03月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   博士課程   卒業・修了

    2001年04月 - 2005年03月

  • 大阪市立大学   医学部    

論文

  • Residual Paresthesia after Surgery for Degenerative Cervical Myelopathy: Incidence and Impact on Clinical Outcomes and Satisfaction.

    Tamai K, Terai H, Iwamae M, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Sawada Y, Okamura Y, Kobayashi Y, Nakamura H

    Spine   2023年12月( ISSN:0362-2436

  • 抗凝固療法が有効であった多発動脈血栓症を合併した自己免疫性蛋白漏出性胃腸症の1例

    山内 健, 並川 浩己, 衣畑 成紀, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌   19 ( 5 )   337 - 342   2023年09月( ISSN:2185-8136

     詳細を見る

    70歳,男性。数日で体重が13kg増加し,低Alb血症(1.4g/dL)が出現し,当科に入院した。入院時,リウマチ因子・抗核抗体・抗SS-A抗体陽性および補体低値で,体幹部造影CT検査で腹部大動脈に壁在血栓を認めた。99mTc標識ヒト血清Albシンチグラフィ検査を行い,胃下部~上部空腸にradioisotopeの集積があり,自己免疫性蛋白漏出性胃腸症と診断した。プレドニンを開始したが,その10日後,強い上腹部痛が出現した。D-dimerが著明な高値で,体幹部造影CT検査で腹部大動脈,上腸管膜動脈等に血栓が多発していた。ヘパリンによる抗凝固療法を開始し,腹痛は軽快,D-dimerは低下した。血清Albも上昇傾向に転じ,その後,体幹部造影CT検査で血栓は消失した。動脈硬化性疾患の危険因子を有している蛋白漏出性胃腸症の症例においては,血栓症の精査を行い抗凝固療法の導入を検討すべきである。(著者抄録)

  • Factors Predicting the Final Diagnosis in Image-Guided Percutaneous Needle Biopsy for Suspected Spinal Tumors.

    Oka M, Suzuki A, Terai H, Kato M, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 13 )   2023年06月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • Muscle strength rather than appendicular skeletal muscle mass might affect spinal sagittal alignment, low back pain, and health-related quality of life.

    Tanaka Y, Miyagi M, Inoue G, Hori Y, Inage K, Murata K, Fujimaki H, Kuroda A, Yokozeki Y, Inoue S, Mimura Y, Takahashi S, Ohyama S, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Tsujio T, Toyoda H, Orita S, Eguchi Y, Shiga Y, Furuya T, Maki S, Ikeda S, Shirasawa E, Imura T, Nakazawa T, Uchida K, Ohtori S, Nakamura H, Takaso M

    Scientific reports   13 ( 1 )   9894   2023年06月

     詳細を見る

  • Risk Factors for Poor Outcome after Palliative Surgery for Metastatic Spinal Tumors.

    Suzuki A, Terai H, Takahashi S, Kato M, Toyoda H, Tamai K, Hori Y, Okamura Y, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 10 )   2023年05月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • 診断に難渋した胸椎病的骨折の1例

    鈴木 摩耶, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   66 ( 3 )   507 - 508   2023年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    症例は54歳女性で、人間ドックにて全身に多発する骨硬化性病変を指摘され、精査目的に当院紹介となった。経過中に腰痛が出現し、MRIで第9胸椎に病的骨折を認めた。血液検査や骨生検では異常所見は認めず、入院後に硬性コルセット装着にて安静加療を行ったが、徐々に骨折部の圧壊の進行を認めたため、第21病日に第7~12胸椎の後方除圧固定術を施行した。術中迅速病理検査では急性骨髄炎の診断であったが、術後の病理組織検査では悪性リンパ腫を否定できず、その後の精査結果よりSAPHO症候群の診断に至った。

  • Deep Learning Algorithm for Identifying Cervical Cord Compression Due to Degenerative Canal Stenosis on Radiography.

    Tamai K, Terai H, Hoshino M, Tabuchi H, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Yabu A, Sawada Y, Iwamae M, Oka M, Nakaniwa K, Okada M, Nakamura H

    Spine   48 ( 8 )   519 - 525   2023年04月( ISSN:0362-2436

  • Risk factors for fracture by same-level falls among workers across sectors: a cross-sectional study of national open database of the occupational injuries in Japan.

    Hayashi C, Ogata S, Toyoda H, Tanemura N, Okano T, Umeda M, Mashino S

    Public health   217   196 - 204   2023年04月( ISSN:0033-3506

     詳細を見る

  • Less-invasive decompression procedures can reduce risk of reoperation for lumbar spinal stenosis with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis extended to the lumbar segment: analysis of two retrospective cohorts.

    Yamada K, Toyoda H, Hyakumachi T, Abe Y, Takahashi S, Suzuki A, Terai H, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   32 ( 2 )   505 - 516   2023年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • Periostin increased by mechanical stress upregulates interleukin-6 expression in the ligamentum flavum.

    Yabu A, Suzuki A, Hayashi K, Hori Y, Terai H, Orita K, Habibi H, Salimi H, Kono H, Toyoda H, Maeno T, Takahashi S, Tamai K, Ozaki T, Iwamae M, Ohyama S, Imai Y, Nakamura H

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   37 ( 2 )   e22726   2023年02月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

  • Prevalence, risk factors, and potential symptoms of hyponatremia after spinal surgery in elderly patients.

    Kinoshita Y, Tamai K, Oka M, Habibi H, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Nakamura H

    Scientific reports   12 ( 1 )   18622   2022年11月

     詳細を見る

  • 関節リウマチにおける腰痛増強のリスク因子 7年追跡研究の解析(Risk factors for low back pain increase in rheumatoid arthritis: Analysis of a 7-year follow-up study)

    Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Inui Kentaro, Koike Tatsuya, Okano Tadashi, Yabu Akito, Hori Yusuke, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    Modern Rheumatology   32 ( 6 )   1027 - 1034   2022年11月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)における腰痛増強の影響とリスク因子について長期コホート研究により検討した。追跡調査を完遂したRA患者113例を対象(女性99名、男性14名、年齢中央値63歳)に、視覚的アナログスケール(VAS)を用いてベースライン時と比べた腰痛の増強を評価し、患者の人口統計学的特徴およびX線画像所見の変化からリスク因子を同定した。平均追跡期間7年におけるVASの平均変化は-0.8mmであった。腰痛が増強した患者では増強していない患者と比べてQOLが有意に低下し、精神状態も悪化していた。RAのコントロール不良が腰痛増強の独立したリスク因子として同定された。

  • Machine-learning-based approach for nonunion prediction following osteoporotic vertebral fractures.

    Takahashi S, Terai H, Hoshino M, Tsujio T, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Tamai K, Yabu A, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   2022年10月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • Risk Factors for Low Back Pain Increase in Rheumatoid Arthritis: Analysis of a 7-year Follow-up Study.

    Yamada K, Suzuki A, Takahashi S, Inui K, Koike T, Okano T, Yabu A, Hori Y, Toyoda H, Nakamura H

    Modern rheumatology   2022年10月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Change in Physical and Mental Quality-of-Life between the Short- and Mid-Term Periods after Cervical Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy: A Retrospective Cohort Study with Minimum 5 Years Follow-up.

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Kato M, Toyoda H, Takahashi S, Yabu A, Sawada Y, Iwamae M, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 17 )   2022年09月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • Associations between physical function, falls, and the fear of falling among older adults participating in a community-based physical exercise program: A longitudinal multilevel modeling study.

    Toyoda H, Hayashi C, Okano T

    Archives of gerontology and geriatrics   102   104752   2022年06月( ISSN:0167-4943

  • Decreased muscle mass and strength affected spinal sagittal malalignment.

    Miyagi M, Inoue G, Hori Y, Inage K, Murata K, Kawakubo A, Fujimaki H, Koyama T, Yokozeki Y, Mimura Y, Takahashi S, Ohyama S, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Tsujio T, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Orita S, Eguchi Y, Shiga Y, Furuya T, Maki S, Shirasawa E, Saito W, Imura T, Nakazawa T, Uchida K, Ohtori S, Nakamura H, Takaso M

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   31 ( 6 )   1431 - 1437   2022年06月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • Mid-term changes in spinopelvic sagittal alignment in lumbar spinal stenosis with coexisting degenerative spondylolisthesis or scoliosis after minimally invasive lumbar decompression surgery: minimum 5-year follow-up.

    Salimi H, Toyoda H, Terai H, Yamada K, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   2022年05月( ISSN:1529-9430

  • Facet Joint Opening on Computed Tomography is a Predictor of Poor Clinical Outcomes After Minimally Invasive Decompression Surgery for Lumbar Spinal Stenosis.

    Yamada K, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Suzuki A, Hoshino M, Terai H, Nakamura H

    Spine   2022年04月( ISSN:0362-2436

  • Incidence of postoperative progressive segment degeneration at decompression and adjacent segments after minimally invasive lumbar decompression surgery: a 5-year follow-up study 査読

    Habibi H, Toyoda H, Terai H, Yamada K, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Salimi H, Hori Y, Yabu A, Nakamura H.

    J Neurosurg Spine   4   1 - 8   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3171/2021.12.SPINE211151

  • Incidence of and risk factors for spondylolisthesis, scoliosis, and vertebral fracture in rheumatoid arthritis.

    Yamada K, Suzuki A, Takahashi S, Inui K, Koike T, Okano T, Yabu A, Hori Y, Toyoda H, Nakamura H

    Journal of bone and mineral metabolism   2022年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • 頸椎減圧手術または腰椎減圧手術を受けた患者における精神衛生の改善とその予測因子の比較(Improvements in Mental Well-Being and its Predictive Factors in Patients who Underwent Cervical versus Lumbar Decompression Surgery)

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   6 ( 1 )   10 - 16   2022年01月

     詳細を見る

    頸椎減圧手術または腰椎減圧手術を受けた患者の2年後における精神衛生の変化とその予測因子を検討した。頸椎減圧手術施行群121例(男性50例、女性71例、平均65.8±11.7歳)と腰椎減圧手術施行群111例(男性67例、女性34例、平均67.3±10.8歳)を対象に、SF-36精神的サマリースコア(MCS)を測定し、その変化と関連する術前臨床スコアを評価した。傾向スコアマッチング法により両群85例を解析対象としたところ、平均MCSはいずれも術後2年において術前と比較して有意に改善しており、頸椎減圧群と腰椎減圧群に有意差は認められなかった。単変量解析ではMCSの改善度と術前のSF-36身体的日常役割機能、SF-36活力、SF-36社会的機能(SF)およびSF-36精神的日常役割機能(RE)との間に有意な相関がみられ、c-JOAスコア、VASスコアとの関連はなかった。また、年齢と性別を補正後の線形回帰分析ではMCSの改善度は術前のSF-36 SF、SF-36 REと独立して関連していた。頸椎減圧手術、腰椎減圧手術後にMCSの改善が得られ、腰椎減圧群では術前の背部痛と活動、頸椎減圧群では社会的機能がMCS改善に繋がる因子であることが示された。

  • Japanese Orthopaedic Association (JOA) clinical practice guidelines on the management of lumbar disc herniation, third edition - secondary publication.

    Haro H, Ebata S, Inoue G, Kaito T, Komori H, Ohba T, Sakai D, Sakai T, Seki S, Shiga Y, Suzuki H, Toyota H, Watanabe K, Yamato Y

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   27 ( 1 )   31 - 78   2022年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • The Essence of Clinical Practice Guidelines for Lumbar Disc Herniation, 2021: 5. Prognosis.

    Toyoda H

    Spine surgery and related research   6 ( 4 )   333 - 336   2022年

     詳細を見る

  • Japanese Orthopaedic Association (JOA) clinical practice guidelines on the management of lumbar disc herniation, third edition - secondary publication. 査読 国際共著

    Haro H, Ebata S, Inoue G, Kaito T, Komori H, Ohba T, Sakai D, Sakai T, Seki S, Shiga Y, Suzuki H, Toyota H, Watanabe K, Yamato Y.

    J Orthop Sci   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Long-term participation in community-based group resistance exercises delays the transition from robustness to frailty in older adults: a retrospective cohort study

    Hayashi Chisato, Toyoda Hiromitsu, Ogata Soshiro, Okano Tadashi, Mashino Sonoe

    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE   26 ( 1 )   105   2021年12月( ISSN:1342-078X

     詳細を見る

  • Prevalence of Restless Legs Syndrome and its Symptoms among Patients with Spinal Disorders

    Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   10 ( 21 )   2021年11月

     詳細を見る

  • Percutaneous Endovascular Retrieval of Large Cement Leakage into the Right Atrium Following Cement-Augmented Pedicle Screw Instrumentation(和訳中)

    Takahashi Shinji, Sohgawa Etsuji, Suzuki Akinobu, Yamamoto Akira, Sasaki Ryo, Tanaka Katsuaki, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   5 ( 6 )   446 - 449   2021年11月

  • Relationship between facet joint opening on CT and facet joint effusion on MRI in patients with lumbar spinal stenosis: analysis of a less invasive decompression procedure.

    Yamada K, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Suzuki A, Hoshino M, Terai H, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   1 - 9   2021年10月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • 高齢者のコミュニティベースの集団レジスタンス運動への長期参加はロバストからフレイルへの移行を遅らせる 後ろ向きコホート研究(Long-term participation in community-based group resistance exercises delays the transition from robustness to frailty in older adults: a retrospective cohort study)

    Hayashi Chisato, Toyoda Hiromitsu, Ogata Soshiro, Okano Tadashi, Mashino Sonoe

    Environmental Health and Preventive Medicine   26   1 of 9 - 9 of 9   2021年10月( ISSN:1342-078X

     詳細を見る

    集団レジスタンス運動に参加している地域住民の基本チェックリスト(KCL)スコアを評価した。2010年4月~2019年12月に集団レジスタンス運動に参加した2567名(平均74.2±8.0歳)を対象とした。体力測定(最初の1年は4ヵ月毎、その後毎年1回)回数によって参加者を短期(<3回)、中期(4~6回)、長期(7~13回)群に分類した。ベースライン体力測定からの平均期間は全体で2.35年、短期、中期、長期群では0.75年、3.81年、6.44年であった。短期、中期、長期群のベースラインKCLスコアに有意差がみられたが年齢に有意差はみられなかった。短期群は71歳、中期群は72歳、長期群は76歳でプレフレイルに達した。短期、中期、長期群のKCLスコアの推定周辺平均(EMM)は3.98、4.49、3.87点であった。80歳の3群全てのKCLスコアはプレフレイル範囲に属したが、集団レジスタンス運動に参加している高齢者のKCLスコアのEMMは90歳でフレイル範囲には達しなかった。マルチレベルモデル分析によりKCLスコアは年齢が1歳加算されると0.82点変化することが示された。長期群のKCLスコアは-0.93点変化した。長期群のベースラインのKCLスコアの改善は75歳でロバストの範囲に留まったことから、機能低下が始まる前にレジスタンス運動に参加することが重要であると考えられた。

  • Clinical outcomes of laminoplasty for patients with lysosomal storage disease including mucopolysaccharidosis and mucolipidoses: a retrospective cohort study

    Terai Hidetomi, Tamai Koji, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    ORPHANET JOURNAL OF RARE DISEASES   16 ( 1 )   401   2021年09月

     詳細を見る

  • Clinical Outcomes of Minimally Invasive Posterior Decompression for Lumbar Spinal Stenosis with Degenerative Spondylolisthesis.

    Kobayashi Y, Tamai K, Toyoda H, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   46 ( 18 )   1218 - 1225   2021年09月( ISSN:0362-2436

  • Direct Lateral Corpectomy and Reconstruction Using an Expandable Cage Improves Local Kyphosis but Not Global Sagittal Alignment

    Terai Hidetomi, Takahashi Shinji, Yasuda Hiroyuki, Konishi Sadahiko, Maeno Takafumi, Kono Hiroshi, Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Kato Minori, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   10 ( 17 )   2021年09月

     詳細を見る

  • The effect of minimally invasive lumbar decompression surgery on sagittal spinopelvic alignment in patients with lumbar spinal stenosis: a 5-year follow-up study

    Salimi Hamidullah, Toyoda Hiromitsu, Yamada Kentaro, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   35 ( 2 )   177 - 184   2021年08月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • A bone replacement-type calcium phosphate cement that becomes more porous in vivo by incorporating a degradable polymer

    Shimatani Akiyoshi, Toyoda Hiromitsu, Orita Kumi, Ibara Yuta, Yokogawa Yoshiyuki, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE-MATERIALS IN MEDICINE   32 ( 7 )   77   2021年07月( ISSN:0957-4530

     詳細を見る

  • Differences in surgical outcome after anterior corpectomy and reconstruction with an expandable cage with rectangular footplates between thoracolumbar and lumbar osteoporotic vertebral fracture.

    Terai H, Takahashi S, Yasuda H, Konishi S, Maeno T, Kono H, Matsumura A, Namikawa T, Kato M, Hoshino M, Tamai K, Toyoda H, Suzuki A, Nakamura H

    North American Spine Society journal   6   100071   2021年06月

     詳細を見る

  • Long-term participation in community group exercise improves lower extremity muscle strength and delays age-related declines in walking speed and physical function in older adults

    Hayashi Chisato, Ogata Soshiro, Okano Tadashi, Toyoda Hiromitsu, Mashino Sonoe

    EUROPEAN REVIEW OF AGING AND PHYSICAL ACTIVITY   18 ( 1 )   6   2021年05月( ISSN:1813-7253

     詳細を見る

  • Meckel憩室への異物穿通による肝膿瘍の1例

    北本 和裕, 並川 浩己, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌   110 ( 5 )   996 - 1000   2021年05月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    54歳男性。1ヵ月にわたり持続する発熱の精査目的で入院となった。腹部超音波検査では肝右葉に最大40mm大の境界不明瞭な低エコー領域が認められた。また、腹部造影CTでは肝右葉に辺縁のみ造影される境界明瞭な低濃度域に加え、小腸内に20mm大の異物がみられた。一方、小腸内視鏡では異物は確認できなかったが、2度目のCTでも小腸内の異物は確認された。以上、これらの所見を踏まえて、本症例は小腸の異物穿孔による肝膿瘍が疑われた。腹腔鏡下手術を行ったところ、手術所見ではMeckel憩室に硬結が触知され、同部位を切除した結果、最終的にMeckel憩室への異物(魚骨)穿通による肝膿瘍と確定診断された。術後は発熱および炎症反応の再燃はなく、経過は良好であった。

  • Gender-specific analysis for the association between trunk muscle mass and spinal pathologies

    Hori Yusuke, Hoshino Masatoshi, Inage Kazuhide, Miyagi Masayuki, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Suzuki Akinobu, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Toyoda Hiromitsu, Kato Minori, Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Seki Masahiko, Yamada Kentaro, Habibi Hasibullah, Salimi Hamidullah, Yamashita Masaomi, Yamauchi Tomonori, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Maki Satoshi, Shiga Yasuhiro, Inoue Masahiro, Inoue Gen, Fujimaki Hisako, Murata Kosuke, Kawakubo Ayumu, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Ohtori Seiji, Takaso Masashi, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   11 ( 1 )   7816   2021年04月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

  • Classification and prognostic factors of residual symptoms after minimally invasive lumbar decompression surgery using a cluster analysis: a 5-year follow-up cohort study

    Toyoda Hiromitsu, Yamada Kentaro, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Salimi Hamidullah, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   30 ( 4 )   918 - 927   2021年04月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • Clinical Comparison of Combined Cortical Bone Trajectory and Transarticular Surface Screw Versus Standard Pedicle Screw Insertion by Wiltse Approach for L5 Isthmic Spondylolisthesis.

    Terai H, Tamai K, Takahashi S, Umano M, Iwamae M, Toyoda H, Suzuki A, Hoshino M, Nakamura H

    Clinical spine surgery   2021年03月( ISSN:2380-0186

  • Using artificial intelligence to diagnose fresh osteoporotic vertebral fractures on magnetic resonance images.

    Yabu A, Hoshino M, Tabuchi H, Takahashi S, Masumoto H, Akada M, Morita S, Maeno T, Iwamae M, Inose H, Kato T, Yoshii T, Tsujio T, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Okawa A, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   2021年03月( ISSN:1529-9430

  • Relationship between number of radiological risk factors for delayed union after osteoporotic vertebral fracture and clinical outcomes

    Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Sasaoka Ryuichi, Yasuda Hiroyuki, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Tsujio Tadao, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF OSTEOPOROSIS   16 ( 1 )   20   2021年02月( ISSN:1862-3522

     詳細を見る

  • Presence of sarcopenia does not affect the clinical results of balloon kyphoplasty for acute osteoporotic vertebral fracture.

    Ohyama S, Hoshino M, Takahashi S, Hori Y, Yasuda H, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Toyoda H, Dohzono S, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   122   2021年01月

     詳細を見る

  • Impact of paravertebral muscle in thoracolumbar and lower lumbar regions on outcomes following osteoporotic vertebral fracture: a multicenter cohort study

    Habibi Hasibullah, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Takayama Kazushi, Sasaoka Ryuichi, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Toyoda Hiromitsu, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF OSTEOPOROSIS   16 ( 1 )   2   2021年01月( ISSN:1862-3522

     詳細を見る

  • Risk factors of the poor long-term prognosis of osteoporotic vertebral fractures: A multicenter cohort study

    Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Suzuki Akinobu, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Takayama Kazushi, Toyoda Hiromitsu, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY   29 ( 1 )   2309499021994969   2021年01月( ISSN:1022-5536

     詳細を見る

  • 帯状疱疹ウイルス感染後に発症した腹部偽性ヘルニアの1例

    幕内 安弥子, 栩野 吉弘, 河南 裕介, 奥山 直木, 福本 一夫, 並川 浩己, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    (一社)日本病院総合診療医学会 日本病院総合診療医学会雑誌   17 ( 1 )   126 - 128   2021年01月( ISSN:2185-8136

     詳細を見る

    症例は68歳男性で、左下腹部膨満感を主訴とした。13日前に左下腹部と左腰部に皮疹を認め、8日前に帯状疱疹と診断され、アシクロビル点滴後バラシクロビル、プレガバリン内服を開始し、5日前に帯状疱疹の瘢痕化を認めていた。立位と坐位では左下腹部に5×15cm大の膨隆を認めたが、腹部単純CT検査で異常を認めなかったことから標記の診断とした。腹圧をかけないことと便秘をしないように指導して経過観察した結果、4ヵ月後には左下腹部の膨隆は消失した。

  • Percutaneous Endovascular Retrieval of Large Cement Leakage into the Right Atrium Following Cement-Augmented Pedicle Screw Instrumentation

    Takahashi Shinji, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki, Sohgawa Etsuji, Suzuki Akinobu, Yamamoto Akira, Sasaki Ryo, Tanaka Katsuaki, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2021年

  • In vivo study on the healing of bone defect treated with non-thermal atmospheric pressure gas discharge plasma.

    Shimatani A, Toyoda H, Orita K, Hirakawa Y, Aoki K, Oh JS, Shirafuji T, Nakamura H

    PloS one   16 ( 10 )   e0255861   2021年

  • オンライン模擬患者参加型コミュニケーション実習における思わぬ成果と弊害

    幕内 安弥子, 栩野 吉弘, 奥山 直木, 福本 一夫, 並川 浩己, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 首藤 太一

    日本医学教育学会 医学教育   52 ( 3 )   278 - 279   2021年( ISSN:0386-9644

  • Improvements in Mental Well-Being and its Predictive Factors in Patients who Underwent Cervical versus Lumbar Decompression Surgery

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2021年

     詳細を見る

    <p><b>Introduction:</b></p><p>Mental well-being is essential for patient satisfaction. Therefore, a better understanding of the changes in the mental well-being of patients following spinal surgery can be useful to surgeons. We compared the 2-year postoperative change in the mental well-being of patients who underwent cervical and lumbar decompression surgery. Additionally, the predictive factors for improvement in mental well-being associated with both methods were evaluated.</p><p><b>Methods:</b></p><p>The patients who underwent spinal decompression surgery and were followed >2 years postoperatively were enrolled (lumbar cohort: n = 111, cervical cohort: n = 121). The 36-item Short-Form Health Survey (SF-36) mental component summary (MCS) was set as the mental well-being parameter, and the minimal clinically important difference (MCID) was defined as 4.0. After adjusting the cervical and lumbar cohorts using propensity scores, the improvements in the MCS were compared between the groups using a mixed-effect model. To identify predictors for improvements, the correlation between the MCS changes and preoperative clinical scores was evaluated. Subsequently, multivariate linear regression was applied, which included variables with p < 0.10 in the former analysis as explanatory variables, and the change of MCS as the objective variable.</p><p><b>Results:</b></p><p>There were no significant differences in the MCS improvement between the adjusted cervical and lumbar cohorts; 47% and 49%, respectively, had MCS improvement score >MCIDs. However, predictors for the improvement were different between the two cohorts: SF-36 Social functioning in cervical surgery and lower back pain and SF-36 Role physical in lumbar surgery.</p><p><b>Conclusions:</b></p><p>Although there was no significant difference in the improvement in the mental well-being between patients who underwent either cervical or lumbar decompression surgery, less than half of the patients in both groups achieved a meaningful improvement. Preoperative back pain and personal activity were independent predictors in the lumbar cohort, while social functioning was the only predictor in the cervical cohort.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0060

    CiNii Article

  • Time-Course of Physical and Mental Well-Being Improvements After Cervical Surgery.

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   2020年11月( ISSN:0362-2436

  • Can Conventional Magnetic Resonance Imaging Substitute Three-Dimensional Magnetic Resonance Imaging in the Diagnosis of Lumbar Foraminal Stenosis?

    Hasib MM, Yamada K, Hoshino M, Yamada E, Tamai K, Takahashi S, Suzuki A, Toyoda H, Terai H, Nakamura H

    Asian spine journal   2020年10月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

  • Residual numbness of the upper extremity after cervical surgery in patients with cervical spondylotic myelopathy.

    Iwamae M, Suzuki A, Tamai K, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   1 - 8   2020年07月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • The natural course of the paravertebral muscles after the onset of osteoporotic vertebral fracture

    Takahashi S., Hoshino M., Takayama K., Sasaoka R., Tsujio T., Yasuda H., Kanematsu F., Kono H., Toyoda H., Ohyama S., Hori Y., Nakamura H.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   31 ( 6 )   1089 - 1095   2020年06月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

  • CTにおけるfacet joint openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 6 )   936 - 941   2020年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    CTにおけるfacet joint opening(FO)は不安定性の指標になるとの報告がある一方で,腰椎変性疾患に対して低侵襲除圧術の限界について一定した見解がない.本研究は低侵襲除圧術で手術加療を行い最低5年の経過観察をしえた244例の再手術についてFOを含めて危険因子解析を行った.その結果,除圧椎間のFOのみならず,腰椎全体でFOをきたす椎間が多いことも再手術の危険因子であることが示された.(著者抄録)

  • 内視鏡とナビゲーションを併用し低侵襲に治療しえたC2動脈瘤様骨嚢腫の1例

    河合 秀幸, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   461 - 462   2020年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    17歳男。頸部痛を主訴とした。多発性線維性骨異形成症による併存症、L2・L3の動脈瘤様骨嚢腫に対してハイドロキシアパタイト(HA)を用いた椎体形成術の既往があり、頸椎単純CTでは後頭骨・頭蓋底および各頸椎椎体のすりガラス状陰影、C2椎体に骨溶解像と後壁の菲薄化、病的骨折を疑わせる後壁の一部途絶を認めた。線維性骨異形成症に伴うC2動脈瘤様骨嚢腫による切迫骨折と診断して内視鏡と術中CT navigation下に頸椎前方アプローチでHAを用いたC2椎体形成術を選択し、最小侵襲で安全に椎体形成術を行うことができた。病理診断は線維性骨異形成症に伴う動脈瘤性骨嚢腫で、術後1週の単純CTではC2内にHAが充填されており、脱出や隣接椎体に明らかな骨折などは認めなかった。

  • The Severity of Cervical Disc Degeneration does not Impact Two-year Postoperative Outcomes in Patients with Cervical Spondylotic Myelopathy who Underwent Laminoplasty.

    Habibi H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ahmadi SA, Nakamura H

    Spine   2020年04月( ISSN:0362-2436

  • Delayed-onset pneumothorax after posterior spinal fusion for idiopathic scoliosis: Report of two cases

    Terai H.

    Indian Spine Journal   3 ( 1 )   110 - 113   2020年01月( ISSN:25895079

     詳細を見る

  • Surgical Outcomes of a New Technique Using a Convex Rod Rotation Maneuver for Adolescent Idiopathic Scoliosis

    Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2020年

     詳細を見る

    <p><b>Introduction:</b> Because of adolescent idiopathic scoliosis (AIS), most surgeons use rod rotation on the concave side for Lenke types 1 and 2 curves. Nevertheless, the accurate placement of pedicle screws within dysplastic pedicles, especially on the concave side, is sometimes challenging. Conversely, there is a concern that apical rotation might be exacerbated after convex rod rotation maneuver (RRM) because the rod is rotated in the same direction as vertebral rotation. This study aims to demonstrate the surgical technique and outcomes of a convex RRM with direct vertebral rotation (DVR) for the correction of AIS.</p><p><b>Technical Note: </b>Multilevel pedicle screws were inserted into the vertebrae. The pre-bent pure titanium rod was set on the convex side and then derotated to nearly 90°. DVR was conducted for the desired vertebrae. Another pre-bent titanium alloy rod, for placement on the concave side, was contoured the same as the rod on the convex side. Using a reduction tube that allowed easier capture of the rod, the rod was connected to the concave side screws. DVR was again conducted for the desired vertebrae. Among the 59 patients, the correction rate of the main thoracic curve in Lenke types 1 and 2 AIS was 75.1% and 65.0%, respectively. The absolute value of the change in apical vertebral rotation between pre- and post-operative computed tomography (CT) scans in Lenke types 1 and 2 curves was 4.8° and 4.2°, respectively.</p><p><b>Conclusions: </b>The convex RRM improved vertebral rotation in Lenke types 1 and 2 AIS. This procedure should be regarded as one of the surgical options for AIS, especially in patients with a narrow pedicle width on the concave side.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2020-0185

    CiNii Article

  • 内視鏡とナビゲーションを併用し低侵襲に治療しえたC2動脈瘤様骨嚢腫の1例

    河合 秀幸, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   461 - 462   2020年( ISSN:0008-9443

  • CTにおけるfacet joint openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 6 )   936 - 941   2020年( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    <p>CTにおけるfacet joint opening(FO)は不安定性の指標になるとの報告がある一方で,腰椎変性疾患に対して低侵襲除圧術の限界について一定した見解がない.本研究は低侵襲除圧術で手術加療を行い最低5年の経過観察をしえた244例の再手術についてFOを含めて危険因子解析を行った.その結果,除圧椎間のFOのみならず,腰椎全体でFOをきたす椎間が多いことも再手術の危険因子であることが示された.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2020-0512

    CiNii Article

  • Characteristic radiological findings for revision surgery after balloon kyphoplasty

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Yasuda Hiroyuki, Hori Yusuke, Ohyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Hayashi Kazunori, Tsujio Tadao, Kono Hiroshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Toyoda Hiromitsu, Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Kanematsu Fumiaki, Terakawa Masaki, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   9 ( 1 )   18513   2019年12月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

  • Improvement in Patient Mental Well-being After Surgery for Cervical Spondylotic Myelopathy.

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   2019年11月( ISSN:0362-2436

  • Impact of Sarcopenia on Clinical Outcomes of Minimally Invasive Lumbar Decompression Surgery.

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    Scientific reports   9 ( 1 )   16619   2019年11月

     詳細を見る

  • Sarcopenia is related to spinal sagittal imbalance in patients with spinopelvic mismatch

    Ohyama Shoichiro, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   28 ( 9 )   1929 - 1936   2019年09月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • 特集 DISHの臨床 DISHの疫学

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   653 - 660   2019年07月( ISSN:09144412

     詳細を見る

  • 特集 DISHの臨床 腰椎変性疾患とDISH

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   685 - 692   2019年07月( ISSN:09144412

     詳細を見る

  • Increased advanced glycation end products in hypertrophied ligamentum flavum of diabetes mellitus patients.

    Maruf MH, Suzuki A, Hayashi K, Habibi H, Salimi H, Terai H, Tamai K, Hoshino M, Toyoda H, Yamada K, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   2019年06月( ISSN:1529-9430

  • Clinical Impact of Cervical Imbalance on Surgical Outcomes of Laminoplasty: A Propensity Score-Matching Analysis.

    Tamai K, Suzuki A, Yabu A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Nakamura H

    Clinical spine surgery   2019年05月( ISSN:2380-0186

  • Fibroblast Growth Factor 9 Is Upregulated Upon Intervertebral Mechanical Stress-Induced Ligamentum Flavum Hypertrophy in a Rabbit Model.

    Hayashi K, Suzuki A, Terai H, Ahmadi SA, Rahmani MS, Hasib MM, Habibi H, Hori Y, Yamada K, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Imai Y, Nakamura H

    Spine   2019年04月( ISSN:0362-2436

  • Impact of Hemodialysis on Surgical Outcomes and Mortality Rate after Lumbar Spine Surgery: A Matched Cohort Study(和訳中)

    Hori Yusuke, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 2 )   151 - 156   2019年04月

  • Impact of Hemodialysis on Surgical Outcomes and Mortality Rate after Lumbar Spine Surgery: A Matched Cohort Study(和訳中)

    Hori Yusuke, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 2 )   151 - 156   2019年04月

  • Answer to the Letter to the Editor concerning "The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders" by Toyoda H, et al. (Eur Spine J; doi.org/10.1007/s00586-018-5858-8).

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   2019年03月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • Development of a scoring system for predicting adjacent vertebral fracture after balloon kyphoplasty.

    Takahashi S, Hoshino M, Yasuda H, Hori Y, Ohyama S, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Toyoda H, Dohzono S, Sasaoka R, Kanematsu F, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   2019年03月( ISSN:1529-9430

  • Association between MRI findings and back pain after osteoporotic vertebral fractures: a multicenter prospective cohort study.

    Ahmadi SA, Takahashi S, Hoshino M, Takayama K, Sasaoka R, Tsujio T, Yasuda H, Kanematsu F, Kono H, Toyoda H, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   2019年02月( ISSN:1529-9430

  • ISSLS PRIZE IN CLINICAL SCIENCE 2019: clinical importance of trunk muscle mass for low back pain, spinal balance, and quality of life-a multicenter cross-sectional study.

    Hori Y, Hoshino M, Inage K, Miyagi M, Takahashi S, Ohyama S, Suzuki A, Tsujio T, Terai H, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Kato M, Matsumura A, Namikawa T, Seki M, Yamada K, Habibi H, Salimi H, Yamashita M, Yamauchi T, Furuya T, Orita S, Maki S, Shiga Y, Inoue M, Inoue G, Fujimaki H, Murata K, Kawakubo A, Kabata D, Shintani A, Ohtori S, Takaso M, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   2019年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders

    Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ohyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Yamada Kentaro, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   28 ( 2 )   241 - 249   2019年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • 平山病の長期悪化患者に対する外科的治療(Surgical Treatment of a Patient with Prolonged Exacerbation of Hirayama Disease)

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Tamura Akiko, Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 1 )   95 - 97   2019年01月

     詳細を見る

    症例は48歳女性で、右遠位上手部と前腕の進行性脱力を呈していた。症状は15歳時に始まり、右手の冷感も伴っていた。3年後には右手指の伸展が困難となり、寒冷気候中では巧緻運動障害も経験していた。筋力低下の悪化も進行し、近位同側下肢の緩徐な進行性脱力も現れたため当院に来院した。神経学的検査で、右遠位上肢の顕著な萎縮と鷲手変形が明らかとなり、罹患した前腕の尺骨側と手で中程度から重度の感覚障害が観察された。頸部MRIでは、C4-5、C5-6、C6-7レベルでのT2強調画像上に高輝度領域を伴う非対称な前後方向平坦化が見られ、屈位の頸部MRIでは後部硬膜壁の変位がない脊髄前方移動、当該脊髄のC4-5およびC5-6レベルでの圧迫が明らかとなった。C4-5およびC5-6レベルでの前方除圧固定術を行い、ポリエーテルエーテルケトンケージを各椎体間スペースに配置して頸椎前彎を達成した。術後2年で右足は完全な強さを維持しているが、右遠位上肢の顕著な萎縮と鷲手変形は残存している。

  • 胸椎におけるヒト黄色靱帯の解剖学的解析 後胸椎手術の臨床適応(Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery)

    Ahmadi Sayed Abdullah, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Akhgar Javid, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Rahmani Mohammad Suhrab, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   24 ( 1 )   62 - 67   2019年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    防腐処理死体20検体を用いて、胸椎黄色靱帯の解剖学的解明を試みた。全椎体を採取後に椎弓根を垂直面で切断、T1/T2からT12/L1の黄色靱帯を造影剤で染色し、CT像によって形状と椎体骨構造との関係を評価した。その結果、胸椎の層間腔内に左右二つの黄色靱帯が存在しており、腹側でcranial laminae、背側でcaudal laminaeを被覆していた。正中における黄色靱帯の高さは頭側から尾側に向かって徐々に増大しており、平均高はT1/T2で11.8±1.6mm、T12/L1で15.1±0.1mmを示していた。黄色靱帯の幅も頭側から尾側にかけて緩やかに増加しており、平均幅はT1/T2で13.8±1.4mm、T12/L1で17.8±1.6mmであった。なお、いずれの脊椎レベルでも幅に有意な左右差はなかった。また、黄色靱帯によるcaudal laminaの被覆率は上位脊椎から下位脊椎に向かって徐々に増加し、平均被覆率はT1で31.7%、T12で41.7%であったが、cranial laminaの被覆率は減少しており、平均被覆率はT2で12.6%、L1で4.3%であった。黄色靱帯で被覆されない空白域に関して脊椎レベルでの差はなく、平均53.9±2.5%を示していた。胸椎椎間孔において、黄色靱帯は椎間関節をT2/T3からT12/L1のレベルで被覆していたが、T1/T2レベルでの被覆はみられなかった。

  • 平山病の長期悪化患者に対する外科的治療(Surgical Treatment of a Patient with Prolonged Exacerbation of Hirayama Disease)

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Tamura Akiko, Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 1 )   95 - 97   2019年01月

     詳細を見る

    症例は48歳女性で、右遠位上手部と前腕の進行性脱力を呈していた。症状は15歳時に始まり、右手の冷感も伴っていた。3年後には右手指の伸展が困難となり、寒冷気候中では巧緻運動障害も経験していた。筋力低下の悪化も進行し、近位同側下肢の緩徐な進行性脱力も現れたため当院に来院した。神経学的検査で、右遠位上肢の顕著な萎縮と鷲手変形が明らかとなり、罹患した前腕の尺骨側と手で中程度から重度の感覚障害が観察された。頸部MRIでは、C4-5、C5-6、C6-7レベルでのT2強調画像上に高輝度領域を伴う非対称な前後方向平坦化が見られ、屈位の頸部MRIでは後部硬膜壁の変位がない脊髄前方移動、当該脊髄のC4-5およびC5-6レベルでの圧迫が明らかとなった。C4-5およびC5-6レベルでの前方除圧固定術を行い、ポリエーテルエーテルケトンケージを各椎体間スペースに配置して頸椎前彎を達成した。術後2年で右足は完全な強さを維持しているが、右遠位上肢の顕著な萎縮と鷲手変形は残存している。

  • Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery(和訳中)

    Yamada Kentaro, Satoh Shigenobu, Hashizume Hiroshi, Yoshimura Noriko, Kagotani Ryohei, Ishimoto Yuyu, Abe Yuichiro, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Masuda Takeshi, Muraki Shigeyuki, Nakamura Hiroaki, Yoshida Munehito

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 1 )   118 - 124   2019年01月( ISSN:0914-8779

  • 胸椎におけるヒト黄色靱帯の解剖学的解析 後胸椎手術の臨床適応(Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery)

    Ahmadi Sayed Abdullah, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Akhgar Javid, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Rahmani Mohammad Suhrab, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   24 ( 1 )   62 - 67   2019年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    防腐処理死体20検体を用いて、胸椎黄色靱帯の解剖学的解明を試みた。全椎体を採取後に椎弓根を垂直面で切断、T1/T2からT12/L1の黄色靱帯を造影剤で染色し、CT像によって形状と椎体骨構造との関係を評価した。その結果、胸椎の層間腔内に左右二つの黄色靱帯が存在しており、腹側でcranial laminae、背側でcaudal laminaeを被覆していた。正中における黄色靱帯の高さは頭側から尾側に向かって徐々に増大しており、平均高はT1/T2で11.8±1.6mm、T12/L1で15.1±0.1mmを示していた。黄色靱帯の幅も頭側から尾側にかけて緩やかに増加しており、平均幅はT1/T2で13.8±1.4mm、T12/L1で17.8±1.6mmであった。なお、いずれの脊椎レベルでも幅に有意な左右差はなかった。また、黄色靱帯によるcaudal laminaの被覆率は上位脊椎から下位脊椎に向かって徐々に増加し、平均被覆率はT1で31.7%、T12で41.7%であったが、cranial laminaの被覆率は減少しており、平均被覆率はT2で12.6%、L1で4.3%であった。黄色靱帯で被覆されない空白域に関して脊椎レベルでの差はなく、平均53.9±2.5%を示していた。胸椎椎間孔において、黄色靱帯は椎間関節をT2/T3からT12/L1のレベルで被覆していたが、T1/T2レベルでの被覆はみられなかった。

  • Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery(和訳中)

    Yamada Kentaro, Satoh Shigenobu, Hashizume Hiroshi, Yoshimura Noriko, Kagotani Ryohei, Ishimoto Yuyu, Abe Yuichiro, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Masuda Takeshi, Muraki Shigeyuki, Nakamura Hiroaki, Yoshida Munehito

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 1 )   118 - 124   2019年01月( ISSN:0914-8779

  • Comparison of minimally invasive decompression and combined minimally invasive decompression and fusion in patients with degenerative spondylolisthesis with instability

    Hayashi Kazunori, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE   57   79 - 85   2018年11月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

  • Spinopelvic Sagittal Alignment after Microendoscopic Laminotomy in Patients with Lumbar Degenerative Spondylolisthesis

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Hori Yusuke, Takahashi Shinji, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROLOGICAL SURGERY PART A-CENTRAL EUROPEAN NEUROSURGERY   79 ( 6 )   479 - 485   2018年11月( ISSN:2193-6315

     詳細を見る

  • Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery.

    Ahmadi SA, Suzuki A, Terai H, Tamai K, Akhgar J, Hoshino M, Toyoda H, Rahmani MS, Hayashi K, Ohyama S, Takahashi S, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2018年09月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • 誌上シンポジウム 椎弓形成術 アップデート 高齢者に対する頚椎椎弓形成術

    豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 中村 博亮

    臨床整形外科   53 ( 8 )   705 - 711   2018年08月( ISSN:05570433

     詳細を見る

  • Cost-Effectiveness of Balloon Kyphoplasty for Patients with Acute/ Subacute Osteoporotic Vertebral Fractures in the Super-Aging Japanese Society.

    Takahashi S, Hoshino M, Yasuda H, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Toyoda H, Dohzono S, Kanematsu F, Hori Y, Nakamura H

    Spine   2018年08月( ISSN:0362-2436

  • 隣接する椎間板変性は骨粗鬆症性脊椎骨折の癒合率に悪影響を及ぼす 多施設共同コホート研究(The degeneration of adjacent intervertebral discs negatively influence union rate of osteoporotic vertebral fracture: A multicenter cohort study)

    Rahmani Mohammad Suhrab, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Takayama Kazushi, Sasaoka Ryuichi, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   23 ( 4 )   627 - 634   2018年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    癒合遅延に対するリスク因子としての終板骨折および椎間板変性について検討した。新鮮骨粗鬆症性脊椎骨折(OVF)を有する患者を対象とした。登録時および6ヵ月目の追跡調査時にMRIおよびX線検査を実施した。隣接する椎間板の変性グレード(modified Pfirrmann grading systemを使用)および終板障害をMRIにより評価した。体重負荷時の仰臥位X線画像に基づき、椎体前壁の角運動および圧縮率を評価した。患者(女性112例、男性27例)が6ヵ月の追跡調査を完了した。癒合遅延が27例に認められた。低グレードの変性を伴うより健康な隣接尾側椎間板が癒合遅延のリスク増加と関連していた。両側の終板損傷および椎体前壁の著しい圧縮が癒合遅延と有意に関連していた。6ヵ月の追跡調査期間の終了時に、隣接する頭側椎間板変性の急速な進行が認められた。

  • 隣接する椎間板変性は骨粗鬆症性脊椎骨折の癒合率に悪影響を及ぼす 多施設共同コホート研究(The degeneration of adjacent intervertebral discs negatively influence union rate of osteoporotic vertebral fracture: A multicenter cohort study)

    Rahmani Mohammad Suhrab, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Takayama Kazushi, Sasaoka Ryuichi, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   23 ( 4 )   627 - 634   2018年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    癒合遅延に対するリスク因子としての終板骨折および椎間板変性について検討した。新鮮骨粗鬆症性脊椎骨折(OVF)を有する患者を対象とした。登録時および6ヵ月目の追跡調査時にMRIおよびX線検査を実施した。隣接する椎間板の変性グレード(modified Pfirrmann grading systemを使用)および終板障害をMRIにより評価した。体重負荷時の仰臥位X線画像に基づき、椎体前壁の角運動および圧縮率を評価した。患者(女性112例、男性27例)が6ヵ月の追跡調査を完了した。癒合遅延が27例に認められた。低グレードの変性を伴うより健康な隣接尾側椎間板が癒合遅延のリスク増加と関連していた。両側の終板損傷および椎体前壁の著しい圧縮が癒合遅延と有意に関連していた。6ヵ月の追跡調査期間の終了時に、隣接する頭側椎間板変性の急速な進行が認められた。

  • Balloon Kyphoplasty Versus Conservative Treatment for Acute Osteoporotic Vertebral Fractures with Poor Prognostic Factors: Propensity-Score-Matched Analysis Using Data From Two Prospective Multicenter Studies.

    Hoshino M, Takahashi S, Yasuda H, Terai H, Watanabe K, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Toyoda H, Dohzono S, Kanematsu F, Hori Y, Nakamura H

    Spine   2018年06月( ISSN:0362-2436

  • Preoperative severity of facet joint degeneration does not impact the 2-year clinical outcomes and cervical imbalance following laminoplasty.

    Tamai K, Suzuki A, Yabu A, Takahashi S, Toyoda H, Hoshino M, Terai H, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   2018年06月( ISSN:1529-9430

  • Concurrences and Differences between Faculty Staff and Standardized Patients in the Assessment of Medical Students in the Post-Clinical Clerkship Objective Structured Clinical Examination(和訳中)

    Makuuchi Ayako, Takemoto Yasuhiko, Shimazaki Ikuji, Namikawa Hiroki, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Kamata Noriko, Toyoda Hiromitsu, Tochino Yoshihiro, Morimura Mina, Shuto Taichi

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   64 ( 1 )   1 - 8   2018年06月( ISSN:0030-6096

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績 非RA患者とのMatched Case Control Study

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   9 ( 6 )   1044 - 1048   2018年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)の腰椎病変にはすべり・側彎・椎体骨折が含まれるが、これらはいずれも非RA患者でもみられる。本研究はRA腰椎病変を合併する脊柱管狭窄症手術を行った15例と年齢・性別・病態・手術術式をmatchさせた非RA患者25例の術後成績を比較検討した。その結果、術前画像が同様のRA群/非RA群で臨床成績に差がなかったものの固定後隣接椎間障害・除圧後すべり増強がRAで多くみられる傾向にあった。(著者抄録)

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績 非RA患者とのMatched Case Control Study

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   9 ( 6 )   1044 - 1048   2018年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)の腰椎病変にはすべり・側彎・椎体骨折が含まれるが、これらはいずれも非RA患者でもみられる。本研究はRA腰椎病変を合併する脊柱管狭窄症手術を行った15例と年齢・性別・病態・手術術式をmatchさせた非RA患者25例の術後成績を比較検討した。その結果、術前画像が同様のRA群/非RA群で臨床成績に差がなかったものの固定後隣接椎間障害・除圧後すべり増強がRAで多くみられる傾向にあった。(著者抄録)

  • 予後不良因子を持つ骨粗鬆症性新鮮椎体骨折に対するBKPの有用性 多施設前向き介入研究(第1報)

    星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 渡辺 享永, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 笹岡 隆一, 堂園 将, 兼松 文昭, 白 隆光, 高山 和士, 加藤 相勲, 堀 悠介, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   9 ( 5 )   959 - 964   2018年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    予後不良因子(MRI・T2強調画像における高信号あるいは低信号広範)を持つ骨粗鬆症性新鮮椎体骨折に対するBKP早期介入の多施設単群前向き介入試験における中間解析では、BKP早期介入の45例は、同一の予後不良因子を持ち保存治療を受けた患者で性・年齢・骨折高位をマッチさせた45例との比較で、有意にADLの低下を防ぎ、QOLを回復させ、椎体変形を改善した。しかし隣接椎体骨折の発生は高率に認められた。(著者抄録)

  • The degeneration of adjacent intervertebral discs negatively influence union rate of osteoporotic vertebral fracture: A multicenter cohort study.

    Rahmani MS, Takahashi S, Hoshino M, Takayama K, Sasaoka R, Tsujio T, Yasuda H, Kanematsu F, Kono H, Toyoda H, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2018年04月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • A Case of Imported Taenia asiatica Infection in Japan.

    Namikawa H, Takemoto Y, Shimazaki I, Makuuchi A, Kobayashi M, Kinuhata S, Yamada K, Fujimoto H, Toyoda H, Kamata N, Tochino Y, Teramoto I, Abe N, Morimura M, Kakeya H, Shuto T

    Japanese journal of infectious diseases   71 ( 2 )   170 - 171   2018年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

  • 日本における輸入Taenia asiatica感染症の1症例(A Case of Imported Taenia asiatica Infection in Japan)

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Shimazaki Ikuji, Makuuchi Ayako, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Toyoda Hiromitsu, Kamata Noriko, Tochino Yoshihiro, Teramoto Isao, Abe Niichiro, Morimura Mina, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases   71 ( 2 )   170 - 171   2018年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    症例は47歳女性で、肛門からproglottidsが排出され、下腹部に不快感があった。患者は約10ヵ月前にフィリピンに1ヵ月間滞在し、生のブタ肝臓を食していた。触知腹部腫瘍や腹部圧痛は観察されず、身体検査は正常であった。血液検査、その他検査結果は正常範囲内であった。proglottidsの所見、臨床データ、食事歴からTaenia saginataまたはT.asiatica感染が疑われた。プラジカンテル600mg/日と下剤を投与し、多くのproglottidsと寄生虫の頭節が排出され、駆虫に成功した。多重PCRによってT.asiaticaと同定した。食事歴を調査したところ、日本では通常は肉を焼いて食べ、生では食べないことから、最終的に輸入T.asiatica感染症と診断した。

  • 日本における輸入Taenia asiatica感染症の1症例(A Case of Imported Taenia asiatica Infection in Japan)

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Shimazaki Ikuji, Makuuchi Ayako, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Toyoda Hiromitsu, Kamata Noriko, Tochino Yoshihiro, Teramoto Isao, Abe Niichiro, Morimura Mina, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases   71 ( 2 )   170 - 171   2018年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    症例は47歳女性で、肛門からproglottidsが排出され、下腹部に不快感があった。患者は約10ヵ月前にフィリピンに1ヵ月間滞在し、生のブタ肝臓を食していた。触知腹部腫瘍や腹部圧痛は観察されず、身体検査は正常であった。血液検査、その他検査結果は正常範囲内であった。proglottidsの所見、臨床データ、食事歴からTaenia saginataまたはT.asiatica感染が疑われた。プラジカンテル600mg/日と下剤を投与し、多くのproglottidsと寄生虫の頭節が排出され、駆虫に成功した。多重PCRによってT.asiaticaと同定した。食事歴を調査したところ、日本では通常は肉を焼いて食べ、生では食べないことから、最終的に輸入T.asiatica感染症と診断した。

  • Validity and Reproducibility of Various Measurement Methods for Craniocervical Sagittal Balance.

    Tamai K, Suzuki A, Takahashi S, Hoshino M, Toyoda H, Hayashi K, Ohyama S, Kishimura Y, Onode E, Umano M, Terai H, Nakamura H

    Clinical spine surgery   31 ( 2 )   80 - 85   2018年03月( ISSN:2380-0186

  • Validity and Reproducibility of Various Measurement Methods for Craniocervical Sagittal Balance

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Kishimura Yuichi, Onode Ema, Umano Masayuki, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    CLINICAL SPINE SURGERY   31 ( 2 )   80 - 85   2018年03月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

  • Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery.

    Yamada K, Satoh S, Hashizume H, Yoshimura N, Kagotani R, Ishimoto Y, Abe Y, Toyoda H, Terai H, Masuda T, Muraki S, Nakamura H, Yoshida M

    Journal of bone and mineral metabolism   2018年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • Differences in short-term clinical and radiological outcomes depending on timing of balloon kyphoplasty for painful osteoporotic vertebral fracture

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Watanabe Kyoei, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kono Hiroshi, Sasaoka Ryuichi, Dohzono Sho, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   23 ( 1 )   51 - 56   2018年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • 有痛性骨粗鬆症性椎体骨折に対するバルーン後彎形成術の時期に応じた短期臨床的および放射線学的転帰の差(Differences in short-term clinical and radiological outcomes depending on timing of balloon kyphoplasty for painful osteoporotic vertebral fracture)

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Watanabe Kyoei, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kono Hiroshi, Sasaoka Ryuichi, Dohzono Sho, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   23 ( 1 )   51 - 56   2018年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    2012年1月-2016年1月にバルーン後彎形成術を受けた連続患者72例を対象とした多施設共同コホート研究を行った。患者を有痛性骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)発症後の後彎形成術時期に応じた2群(早期群(2ヵ月以内):女性19名、男性8名、平均年齢79.9歳、晩期群(2ヵ月より後):女性31名、男性14名、平均年齢77.9歳)に分けて解析した。6ヵ月超継続して追跡した。晩期群では術前の骨折椎体の角運動と前方椎体高の圧迫が大きかった。年齢および術前転帰について調整した最終転帰では、早期群で晩期群よりも腰痛の視覚的アナログ尺度(VAS)スコアが低くなった。最終の相対前方椎体高および後彎角は、早期群で晩期群よりも大きく維持されたが、絶対差は有意ではなかった。

  • 有痛性骨粗鬆症性椎体骨折に対するバルーン後彎形成術の時期に応じた短期臨床的および放射線学的転帰の差(Differences in short-term clinical and radiological outcomes depending on timing of balloon kyphoplasty for painful osteoporotic vertebral fracture)

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Watanabe Kyoei, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kono Hiroshi, Sasaoka Ryuichi, Dohzono Sho, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   23 ( 1 )   51 - 56   2018年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    2012年1月-2016年1月にバルーン後彎形成術を受けた連続患者72例を対象とした多施設共同コホート研究を行った。患者を有痛性骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)発症後の後彎形成術時期に応じた2群(早期群(2ヵ月以内):女性19名、男性8名、平均年齢79.9歳、晩期群(2ヵ月より後):女性31名、男性14名、平均年齢77.9歳)に分けて解析した。6ヵ月超継続して追跡した。晩期群では術前の骨折椎体の角運動と前方椎体高の圧迫が大きかった。年齢および術前転帰について調整した最終転帰では、早期群で晩期群よりも腰痛の視覚的アナログ尺度(VAS)スコアが低くなった。最終の相対前方椎体高および後彎角は、早期群で晩期群よりも大きく維持されたが、絶対差は有意ではなかった。

  • Impact of Hemodialysis on Surgical Outcomes and Mortality Rate After Lumbar Spine Surgery: A Matched Cohort Study

    Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2018年

     詳細を見る

    <p><b>Introduction: </b>Despite ongoing improvements in both dialysis and surgical techniques, spinal surgery in patients undergoing hemodialysis (HD) is a challenge to surgeons because of the high mortality rate. However, no previous studies have examined clinical outcomes after lumbar surgery in HD patients. The purpose of this study is to compare clinical outcomes and complication rates after lumbar spinal surgery in patients with or without hemodialysis.</p><p><b>Methods:</b> This retrospective, matched cohort study was conducted to compare surgical outcomes between HD vs non-HD patients who underwent lumbar surgery at our hospital. Controls were individually matched to cases at a ratio of 1:2. Clinical outcomes, complications, and mortality rates were compared between the two groups.</p><p><b>Results: </b>Twenty-nine patients in the HD group and 57 in the non-HD group were included in the current study. Five patients in the HD group died during the follow-up period, whereas no patients died in the non-HD group (mortality rate, 17.2% vs. 0%, <i>P</i> = 0.003). Japanese Orthopaedic Association (JOA) scores were significantly less improved in the HD group than in the non-HD group (11.9 vs. 14.2 preoperatively, <i>P</i> = 0.001; 19.9 vs. 25.1 at final follow-up, <i>P</i> < 0.001). Five patients underwent repeat surgery in the HD group, which was significantly higher than the non-HD group (17.2% vs. 3.5%, <i>P</i> = 0.041).</p><p><b>Conclusions:</b> The current study indicates that patients undergoing HD had poor outcomes after lumbar spinal surgery. Moreover, 5 of 29 patients died within a mean 2.4-years follow-up. The indications for lumbar spine surgery in HD patients must be carefully considered because of poor surgical outcomes and high mortality rate.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2018-0025

    CiNii Article

  • Surgical Treatment of a Patient with Prolonged Exacerbation of Hirayama Disease

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Tamura Akiko, Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2018年

  • 誌上シンポジウム 慢性腰痛のサイエンス -高齢者の腰痛-腰痛と骨粗鬆症性椎体骨折

    豊田 宏光, 星野 雅俊, 高橋 真治, 辻尾 唯雄, 中村 博亮

    臨床整形外科   52 ( 12 )   1153 - 1158   2017年12月( ISSN:05570433

     詳細を見る

  • 看護学生1年生に対する情報通信技術を活用した事前授業とシミュレータ演習を合体したブレンド型授業導入の試み

    並川 浩己, 竹本 恭彦, 竹重 友美, 奥 幸子, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 日本プライマリ・ケア連合学会誌   40 ( 4 )   192 - 194   2017年12月( ISSN:2185-2928

     詳細を見る

    目的:情報通信技術を活用した事前授業とシミュレータ演習を合体したブレンド型授業を導入した。方法:対象は看護学科1年生55名。授業前日までに録音付きスライドを視聴するよう指示した。結果:本授業は能動的な学びを促進した。実習時間を長く確保でき、学生の充足感があった。一方、準備、管理の問題点が指摘された。考察:今後、情報通信技術を活用した事前授業の配置についての議論、システムの構築、整備が必要である。(著者抄録)

  • 看護学生1年生に対する情報通信技術を活用した事前授業とシミュレータ演習を合体したブレンド型授業導入の試み

    並川 浩己, 竹本 恭彦, 竹重 友美, 奥 幸子, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 日本プライマリ・ケア連合学会誌   40 ( 4 )   192 - 194   2017年12月( ISSN:2185-2928

     詳細を見る

    目的:情報通信技術を活用した事前授業とシミュレータ演習を合体したブレンド型授業を導入した。方法:対象は看護学科1年生55名。授業前日までに録音付きスライドを視聴するよう指示した。結果:本授業は能動的な学びを促進した。実習時間を長く確保でき、学生の充足感があった。一方、準備、管理の問題点が指摘された。考察:今後、情報通信技術を活用した事前授業の配置についての議論、システムの構築、整備が必要である。(著者抄録)

  • Anatomical analysis of human ligamentum flavum in the cervical spine: Special consideration to the attachments, coverage, and lateral extent

    Rahmani Mohammad Suhrab, Terai Hidetomi, Akhgar Javid, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   22 ( 6 )   994 - 1000   2017年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • ヒト頸椎黄色靱帯の解剖学的解析 付着、被覆、横方向の広がりに関する特記事項(Anatomical analysis of human ligamentum flavum in the cervical spine: Special consideration to the attachments, coverage, and lateral extent)

    Rahmani Mohammad Suhrab, Terai Hidetomi, Akhgar Javid, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   22 ( 6 )   994 - 1000   2017年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    ヒト頸椎黄色靱帯(LF)の寸法、付着部、被覆範囲、LFと神経孔または椎間関節との関連性を検討した。ホルマリン固定死体15体(男性7体、女性8体、平均死亡時年齢83歳)から全脊柱を一塊として摘出し、椎弓根基部で2つに切離した。C2-C3〜C7-T1のLF90本を背側から測定した後、鉄材含有造影剤を塗布してCT撮影を行った。CT画像データから3次元CT画像を構築し、腰椎後方視認時の黄色靱帯の位置や、黄色靱帯と椎弓峡部、椎間間隙との正確な位置関係を計測した。LF高はC2-C3からC7-T1にかけて次第に長くなり、各レベルで内側部から外側部にかけて次第に縮小していた。LF幅およびLF厚は、頭側端から尾側端まで比較的一定であった。頸椎椎間関節の頭側端は平均4.6±0.7mmのLFで被覆されていたが、頸椎神経孔へのLFの進入はみられなかった。

  • Restrictions of cervical flexion after laminoplasty increase in the mechanical stress at the occipitocervical junction in non-rheumatoid arthritis patients

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE   45   187 - 192   2017年11月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

  • Mechanical stress induces elastic fibre disruption and cartilage matrix increase in ligamentum flavum

    Hayashi Kazunori, Suzuki Akinobu, Ahmadi Sayed Abdullah, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Javid Akgar, Rahmani Mohammad Suhrab, Hasib Maruf Mohammad, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 )   13092   2017年10月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

  • Characterizing the course of back pain after osteoporotic vertebral fracture: a hierarchical cluster analysis of a prospective cohort study

    Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Takayama Kazushi, Iseki Kazumichi, Sasaoka Ryuichi, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Sasaki Takeharu, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF OSTEOPOROSIS   12 ( 1 )   82   2017年09月( ISSN:1862-3522

     詳細を見る

  • 非定型色素過剰と活動性肺結核にみられた結核誘発性Addison病(Addison's Disease Caused by Tuberculosis with Atypical Hyperpigmentation and Active Pulmonary Tuberculosis)

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Kainuma Shigeto, Umeda Sakurako, Makuuchi Ayako, Fukumoto Kazuo, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Isaka Yoshihiro, Toyoda Hiromitsu, Kamata Noriko, Tochino Yoshihiro, Hiura Yoshikazu, Morimura Mina, Shuto Taichi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 14 )   1843 - 1847   2017年07月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は48歳男性で、4ヵ月前から持続する全身疲労と食欲不振を主訴に来院した。顔面と体幹に色素斑が生じており、体重は14kg減少していた。皮膚所見では主に顔面、口唇、体幹に茶色の色素斑を認め、この他の身体所見に異常はなかった。臨床検査の結果から副腎不全を疑い、腹部超音波検査とCTを行ったところ両側副腎の肥大を認めた。さらに、胸部X線検査と胸部CTで両肺野に多発結節影を伴う空洞形成が認められ、結核誘発性Addison病、活動性肺結核の疑いで入院となった。生食の投与と経口ヒドロコルチゾン20mg/日を開始したところ、全身疲労や食欲不振をはじめとする諸症状の緩和と低ナトリウム血症の改善が得られた。また、2回目までの喀痰検査は陰性であったが、3回目の検査でMycobacterium陽性所見が得られ、PCR解析によってMycobacterium tuberculosis complexが検出された。このため、4剤併用(イソニアジド、リファンピシン、ピラジナミド、エタンブトール)による治療を開始し、色素過剰の著明な緩和を得て、1ヵ月後に退院となった。

  • 非定型色素過剰と活動性肺結核にみられた結核誘発性Addison病(Addison's Disease Caused by Tuberculosis with Atypical Hyperpigmentation and Active Pulmonary Tuberculosis)

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Kainuma Shigeto, Umeda Sakurako, Makuuchi Ayako, Fukumoto Kazuo, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Isaka Yoshihiro, Toyoda Hiromitsu, Kamata Noriko, Tochino Yoshihiro, Hiura Yoshikazu, Morimura Mina, Shuto Taichi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 14 )   1843 - 1847   2017年07月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は48歳男性で、4ヵ月前から持続する全身疲労と食欲不振を主訴に来院した。顔面と体幹に色素斑が生じており、体重は14kg減少していた。皮膚所見では主に顔面、口唇、体幹に茶色の色素斑を認め、この他の身体所見に異常はなかった。臨床検査の結果から副腎不全を疑い、腹部超音波検査とCTを行ったところ両側副腎の肥大を認めた。さらに、胸部X線検査と胸部CTで両肺野に多発結節影を伴う空洞形成が認められ、結核誘発性Addison病、活動性肺結核の疑いで入院となった。生食の投与と経口ヒドロコルチゾン20mg/日を開始したところ、全身疲労や食欲不振をはじめとする諸症状の緩和と低ナトリウム血症の改善が得られた。また、2回目までの喀痰検査は陰性であったが、3回目の検査でMycobacterium陽性所見が得られ、PCR解析によってMycobacterium tuberculosis complexが検出された。このため、4剤併用(イソニアジド、リファンピシン、ピラジナミド、エタンブトール)による治療を開始し、色素過剰の著明な緩和を得て、1ヵ月後に退院となった。

  • Anterior Cervical Discectomy and Fusion Provides Better Surgical Outcomes Than Posterior Laminoplasty in Elderly Patients With C3-4 Level Myelopathy

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    SPINE   42 ( 8 )   548 - 555   2017年04月( ISSN:0362-2436

  • Incidence of Pleural Fluid and Its Associated Risk Factors After Posterior Spinal Fusion in Patients With Adolescent Idiopathic Scoliosis

    Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    SPINE   42 ( 8 )   603 - 609   2017年04月( ISSN:0362-2436

  • Cervical lordotic alignment following posterior spinal fusion for adolescent idiopathic scoliosis: reciprocal changes and risk factors for malalignment

    Hayashi Kazunori, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-PEDIATRICS   19 ( 4 )   440 - 447   2017年04月( ISSN:1933-0707

     詳細を見る

  • Clinical and Radiological Outcomes after Microscopic Bilateral Decompression via a Unilateral Approach for Degenerative Lumbar Disease: Minimum 5-Year Follow-Up

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Matsumura Akira, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    ASIAN SPINE JOURNAL   11 ( 2 )   285 - 293   2017年04月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

  • Anatomical analysis of the relation between human ligamentum flavum and posterior spinal bony prominence

    Akhgar Javid, Terai Hidetomi, Rahmani Mohammad Suhrab, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ikebuchi Mitsuhiko, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   22 ( 2 )   260 - 265   2017年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • ヒトの黄色靱帯と脊椎後方骨性隆起の関連についての解剖学的解析(Anatomical analysis of the relation between human ligamentum flavum and posterior spinal bony prominence)

    Akhgar Javid, Terai Hidetomi, Rahmani Mohammad Suhrab, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ikebuchi Mitsuhiko, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   22 ( 2 )   260 - 265   2017年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    骨性隆起と黄色靱帯との正確な位置関係を明らかにした。20体のホルマリン固定屍体から脊柱を離断した後に椎弓根基部にて椎弓根を切離し、椎弓と黄色靱帯を取り出した。黄色靱帯と椎弓の位置関係を計測した後、CT撮影を行った。CT撮影で得られたDICOMデータを用いて三次元CT画像解析装置により解析し、腰椎を後方からみた場合の黄色靱帯の位置を視覚化した。また、黄色靱帯と脊椎後方骨性隆起との正確な位置関係を調べた。両側LFはV型であり、付随する椎弓の形に沿っていた。LFの形状は腰上部において変化が認められたが、L5-S1のLFの形状は他の位置のLFとは異なっており、L5-S1のLFは各例で多様であった。椎弓根の内側縁とLFの外側縁の平均幅は腰上部から腰下部にかけて拡大していた。正中部における層間の空間とLFの頭蓋境界との幅は徐々に拡大し、L1で8.2mm、L4で11.1mm、L5で9.3mmであった。コントラストLFおよび再構成CTを用いた解剖学的解析により、骨性隆起とLF境界との関連が明らかとなった。

  • Prevalence of Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis in Patients with Spinal Disorders

    Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Dohzono Sho, Matsumoto Tomiya, Nakamura Hiroaki

    ASIAN SPINE JOURNAL   11 ( 1 )   63 - 70   2017年02月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

  • Time course of osteoporotic vertebral fractures by magnetic resonance imaging using a simple classification: a multicenter prospective cohort study

    Takahashi S., Hoshino M., Takayama K., Iseki K., Sasaoka R., Tsujio T., Yasuda H., Sasaki T., Kanematsu F., Kono H., Toyoda H., Nakamura H.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   28 ( 2 )   473 - 482   2017年02月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

  • 看護学生1年生に対する情報通信技術を活用した事前授業とシミュレータ演習を合体したブレンド型授業導入の試み 査読

    並川 浩己, 竹本 恭彦, 竹重 友美, 奥 幸子, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会 日本プライマリ・ケア連合学会誌   40 ( 4 )   192 - 194   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>目的:</b>情報通信技術を活用した事前授業とシミュレータ演習を合体したブレンド型授業を導入した.</p><p><b>方法:</b>対象は看護学科1年生55名.授業前日までに録音付きスライドを視聴するよう指示した.</p><p><b>結果:</b>本授業は能動的な学びを促進した.実習時間を長く確保でき,学生の充足感があった.一方,準備,管理の問題点が指摘された.</p><p><b>考察:</b>今後,情報通信技術を活用した事前授業の配置についての議論,システムの構築,整備が必要である.</p>

    DOI: 10.14442/generalist.40.192

    CiNii Article

  • Addison's Disease Caused by Tuberculosis with Atypical Hyperpigmentation and Active Pulmonary Tuberculosis

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Kainuma Shigeto, Umeda Sakurako, Makuuchi Ayako, Fukumoto Kazuo, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Isaka Yoshihiro, Toyoda Hiromitsu, Kamata Noriko, Tochino Yoshihiro, Hiura Yoshikazu, Morimura Mina, Shuto Taichi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 14 )   1843 - 1847   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    <p>We herein report a case of Addison's disease caused by tuberculosis characterized by atypical hyperpigmentation, noted as exacerbation of the pigmentation of freckles and the occurrence of new freckles, that was diagnosed in the presence of active pulmonary tuberculosis. The clinical condition of the patient was markedly ameliorated by the administration of hydrocortisone and anti-tuberculosis agents. When exacerbation of the pigmentation of the freckles and/or the occurrence of new freckles are noted, Addison's disease should be considered as part of the differential diagnosis. In addition, the presence of active tuberculosis needs to be assumed whenever we treat patients with Addison's disease caused by tuberculosis, despite its rarity. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7976

    PubMed

    CiNii Article

  • Clinical Outcome of Cervical Laminoplasty and Postoperative Radiological Change for Cervical Myelopathy With Degenerative Spondylolisthesis

    Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    SPINE   41 ( 23 )   1808 - 1812   2016年12月( ISSN:0362-2436

  • Predicting delayed union in osteoporotic vertebral fractures with consecutive magnetic resonance imaging in the acute phase: a multicenter cohort study

    Takahashi S., Hoshino M., Takayama K., Iseki K., Sasaoka R., Tsujio T., Yasuda H., Sasaki T., Kanematsu F., Kono H., Toyoda H., Nakamura H.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   27 ( 12 )   3567 - 3575   2016年12月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

  • 咽頭部違和感で発見された頸椎巨大神経鞘腫の1例

    林 和憲, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 6 )   1215 - 1216   2016年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    16歳男。1ヵ月前より咽頭部違和感を自覚し、学校健診にて咽頭部腫瘤を指摘され、同時期より左上肢の脱力を自覚するようになった。喉頭内視鏡にて咽頭後壁、左側粘膜下に弾性硬の腫瘤を認め、各種画像所見よりEden分類type 3の頸椎砂時計腫と診断して摘出術を計画した。当科と耳鼻科との合同で前方後方進入を用いた切除術を施行し、病理診断は神経鞘腫であった。術後、一時的に右耳介後方C3領域に軽度の知覚低下を認めたが、術後1年の現在、知覚低下は改善し、筋力も術前MMT4からMMT5に回復した。

  • 咽頭部違和感で発見された頸椎巨大神経鞘腫の1例

    林 和憲, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 6 )   1215 - 1216   2016年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    16歳男。1ヵ月前より咽頭部違和感を自覚し、学校健診にて咽頭部腫瘤を指摘され、同時期より左上肢の脱力を自覚するようになった。喉頭内視鏡にて咽頭後壁、左側粘膜下に弾性硬の腫瘤を認め、各種画像所見よりEden分類type 3の頸椎砂時計腫と診断して摘出術を計画した。当科と耳鼻科との合同で前方後方進入を用いた切除術を施行し、病理診断は神経鞘腫であった。術後、一時的に右耳介後方C3領域に軽度の知覚低下を認めたが、術後1年の現在、知覚低下は改善し、筋力も術前MMT4からMMT5に回復した。

  • Laminar closure after expansive open-door laminoplasty: fixation methods and cervical alignments impact on the laminar closure and surgical outcomes

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki

    SPINE JOURNAL   16 ( 9 )   1062 - 1069   2016年09月( ISSN:1529-9430

  • 椎体骨折癒合不全に伴う神経根症

    玉井 孝司, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1246 - 1250   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    骨粗鬆症性椎体骨折後癒合不全に起因する神経根症の頻度や推移を明らかにするため、椎体形成術を行った症例を後ろ向きに解析した。結果、椎体骨折後癒合不全の20%に根症状を伴っており、70%の症例で腰痛≦下肢痛であったが、90%の症例で罹患椎体単独の椎体形成術にて早期に根症状が消失していた。発症要因としては、静的因子である椎間孔狭窄などより、動的因子である椎体不安定性の関与が強い可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 椎体骨折癒合不全に伴う神経根症

    玉井 孝司, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1246 - 1250   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    骨粗鬆症性椎体骨折後癒合不全に起因する神経根症の頻度や推移を明らかにするため、椎体形成術を行った症例を後ろ向きに解析した。結果、椎体骨折後癒合不全の20%に根症状を伴っており、70%の症例で腰痛≦下肢痛であったが、90%の症例で罹患椎体単独の椎体形成術にて早期に根症状が消失していた。発症要因としては、静的因子である椎間孔狭窄などより、動的因子である椎体不安定性の関与が強い可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 転移性脊椎腫瘍に対するCTガイド局所麻酔下椎体形成術 当科での手技とその効果及び安全性

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 林 和憲, 大山 翔一郎, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 8 )   1313 - 1318   2016年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    本研究の目的は転移性脊椎腫瘍に対する椎体形成術の当科での手法を報告し、その効果と問題点を明らかにすることである。局所麻酔下にCT下で椎体形成術を4例に施行し、術前後の疼痛、ADL、合併症について調査した。術後疼痛は全例で改善し、3例でADLの改善が認められた。セメントの脊柱管への漏出が3例に認められたが、重篤な合併症は認めなかった。転移性脊椎腫瘍に対する局麻下椎体形成術は低侵襲で有効な治療法となり得る。(著者抄録)

  • Utility of Discography as a Preoperative Diagnostic Tool for Intradural Lumbar Disc Herniation

    Matsumoto Tomiya, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Dohzono Sho, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    ASIAN SPINE JOURNAL   10 ( 4 )   771 - 775   2016年08月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

  • Factors associated with improvement in sagittal spinal alignment after microendoscopic laminotomy in patients with lumbar spinal canal stenosis

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Matsumoto Tomiya, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   25 ( 1 )   39 - 45   2016年07月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • 腰椎椎弓部分切除術の術後疼痛に対して脊髄後枝内側枝ブロックを含めた術中ロピバカイン局所投与は有効である

    林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 6 )   1065 - 1069   2016年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    腰椎除圧術に対し、脊髄後枝ブロックと皮神経ブロックを含めた、術中ロピバカイン局所注射法(DRCCR)を考案した。DRCCRを施行した20例と年齢性別手術椎間をマッチさせた対照群20例を比較検討。局注群で術後24時間まで有意に創部痛VASが少なく、14日目まで少ない傾向がみられた。局注に伴う重大な合併症は認めなかった。DRCCRは従来の鎮痛法と比較し術後早期の創部痛軽減に有効かつ簡便、安全であった。(著者抄録)

  • 腰椎椎弓部分切除術の術後疼痛に対して脊髄後枝内側枝ブロックを含めた術中ロピバカイン局所投与は有効である

    林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   7 ( 6 )   1065 - 1069   2016年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    腰椎除圧術に対し、脊髄後枝ブロックと皮神経ブロックを含めた、術中ロピバカイン局所注射法(DRCCR)を考案した。DRCCRを施行した20例と年齢性別手術椎間をマッチさせた対照群20例を比較検討。局注群で術後24時間まで有意に創部痛VASが少なく、14日目まで少ない傾向がみられた。局注に伴う重大な合併症は認めなかった。DRCCRは従来の鎮痛法と比較し術後早期の創部痛軽減に有効かつ簡便、安全であった。(著者抄録)

  • Effect of Spinal Fixation in Rabbits With Metastatic Tumor Using a Novel Spinal Fusion Model

    Yamada Kentaro, Terai Hidetomi, Matsumoto Tomiya, Okabe Takahiro, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    CLINICAL SPINE SURGERY   29 ( 4 )   E215 - E221   2016年05月( ISSN:1536-0652

  • 頸椎手術後に後彎変形が進行し頸椎前方・後方矯正固定術を行った関節リウマチの1例

    上田 昭一, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   499 - 500   2016年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    66歳女性(関節リウマチ罹病歴19年)。脊髄症に対する椎弓形成術後4年目に脊髄麻痺症状が再燃し、入院となった。椎弓X線では頸椎後彎変形の進行がみられ、MRIおよびCTでは後彎、すべりの進行によりC3/4レベルの再圧迫が認められた。入院後はハローベストを装着することで、頸椎アライメントの改善が得られ。それに伴い、筋力もMMT 3から4程度に回復した。以後、臨床経過から頸椎後彎による脊髄症と診断され、頸椎前方・後方矯正固定術を施行した。その結果、術後MMTは上下肢ともに4から5レベルまで回復し、術後矯正損失は認めず、JOAスコアも術前の4点から術後9.5点まで改善した。

  • 2つの側方経路腰椎椎体間固定(OLIF/XLIF)の手術成績の比較

    山田 祐太郎, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   449 - 450   2016年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    著者らは2椎間以内の側方経路腰椎椎体間固定を行った19例の短期成績について、術式別にOLIF群9例とXLIF群10例に分け、比較検討した。その結果、1)手術時間、総出血量、JOAスコア改善率は両群間で有意差がなく、術前症状は全例で改善が得られた。2)合併症はOLIF群で腹膜損傷を1例に認められた。術後1週時点の大腿部痛はOLIF群が3例、XLIF群が8例と、XLIF群で有意に多く認められたが、全例、術後3週以内に消失していた。3)画像評価として、椎間板高・椎間前彎角の変化量および脊柱管前後径拡大率には有意差を認められなかったが、OLIF群ではケージが前方に設置される傾向にあった。

  • Effect of Spinal Fixation in Rabbits With Metastatic Tumor Using a Novel Spinal Fusion Model.

    Yamada K, Terai H, Matsumoto T, Okabe T, Suzuki A, Toyoda H, Nakamura H

    Clinical spine surgery   29 ( 4 )   E215 - 21   2016年05月( ISSN:2380-0186

  • 咽頭部違和感で発見された頚椎巨大神経鞘腫の1例 査読

    林 和憲, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 6 )   1215 - 1216   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2016.1215

    CiNii Article

  • Anatomical Location of the Common Iliac Veins at the Level of the Sacrum: Relationship between Perforation Risk and the Trajectory Angle of the Screw

    Akhgar Javid, Terai Hidetomi, Rahmani Mohammad Suhrab, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2016   1457219   2016年( ISSN:2314-6133

     詳細を見る

  • 2つの側方経路腰椎椎体間固定(OLIF/XLIF)の手術成績の比較

    山田 祐太郎, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   449 - 450   2016年( ISSN:0008-9443

  • 頚椎手術後に後弯変形が進行し頚椎前方・後方矯正固定術を行った関節リウマチの1例

    上田 昭一, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   59 ( 3 )   499 - 500   2016年( ISSN:0008-9443

  • 思春期特発性側彎症に対する剛性の異なる2種類の太径ロッドを用いた後方矯正固定術の矯正効果

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   6 ( 11 )   1607 - 1613   2015年11月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    われわれは純チタン製の6.35mm径ロッドを先に凸側挿入し、変形矯正を行った後に、さらに剛性の強いチタン合金製の6.35mmロッドを挿入する術式を考案し、本術式の矯正効果と頂椎の回旋度についての評価を行った。矯正率は、胸椎カーブが主であるLenke 1、2、3群では74.5%、胸腰椎カーブが主であるLenke 5、6では75.8%であった。また、頂椎の回旋角度の改善も認められ、凸側から変形矯正を行っても回旋変形は悪化しないことが判明した。(著者抄録)

  • 思春期特発性側彎症に対する剛性の異なる2種類の太径ロッドを用いた後方矯正固定術の矯正効果

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   6 ( 11 )   1607 - 1613   2015年11月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    われわれは純チタン製の6.35mm径ロッドを先に凸側挿入し、変形矯正を行った後に、さらに剛性の強いチタン合金製の6.35mmロッドを挿入する術式を考案し、本術式の矯正効果と頂椎の回旋度についての評価を行った。矯正率は、胸椎カーブが主であるLenke 1、2、3群では74.5%、胸腰椎カーブが主であるLenke 5、6では75.8%であった。また、頂椎の回旋角度の改善も認められ、凸側から変形矯正を行っても回旋変形は悪化しないことが判明した。(著者抄録)

  • 延髄から胸髄まで広範囲信号変化と脊髄腫大を来し、脊髄炎との鑑別を要した頸椎後縦靱帯骨化症の1例

    柴田 雄輝, 林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 ( 5 )   939 - 940   2015年09月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    82歳女。歩行困難と巧緻運動障害を主訴とした。10年前より両上肢の痺れが出現し、半年前より歩行困難と巧緻運動障害が生じた。身体所見でRomberg徴候が強陽性であり、Hoffman反射は右側で陽性、Babinski反射は両側で陽性であった。MRIで延髄からT2高位にかけてT1強調像で低〜等信号、T2強調像で高信号の連続した髄内信号変化と脊髄腫大の所見を認め、CTでC6-7に後縦靱帯骨化がみられた。脊髄炎を疑い、各種ウイルス抗体検査、抗AQP抗体およびACEを含めた血液検査および髄液検査を施行した。しかし、検査結果は陰性であったため、頸椎後縦靱帯骨化症および脊髄浮腫と診断した。C3-6椎弓形成とC2、C7部分椎弓切除術を施行したところ、巧緻運動障害が改善した。また、術後1週のMRIで延髄からT2高位にかけて連続した脊髄内信号変化はC5/6に限局するまでに縮小し、脊髄腫大も改善した。術後3ヵ月に四点杖歩行が可能になるまで回復した。

  • 延髄から胸髄まで広範囲信号変化と脊髄腫大を来し、脊髄炎との鑑別を要した頸椎後縦靱帯骨化症の1例

    柴田 雄輝, 林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 ( 5 )   939 - 940   2015年09月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    82歳女。歩行困難と巧緻運動障害を主訴とした。10年前より両上肢の痺れが出現し、半年前より歩行困難と巧緻運動障害が生じた。身体所見でRomberg徴候が強陽性であり、Hoffman反射は右側で陽性、Babinski反射は両側で陽性であった。MRIで延髄からT2高位にかけてT1強調像で低〜等信号、T2強調像で高信号の連続した髄内信号変化と脊髄腫大の所見を認め、CTでC6-7に後縦靱帯骨化がみられた。脊髄炎を疑い、各種ウイルス抗体検査、抗AQP抗体およびACEを含めた血液検査および髄液検査を施行した。しかし、検査結果は陰性であったため、頸椎後縦靱帯骨化症および脊髄浮腫と診断した。C3-6椎弓形成とC2、C7部分椎弓切除術を施行したところ、巧緻運動障害が改善した。また、術後1週のMRIで延髄からT2高位にかけて連続した脊髄内信号変化はC5/6に限局するまでに縮小し、脊髄腫大も改善した。術後3ヵ月に四点杖歩行が可能になるまで回復した。

  • 腰椎すべり症に対する内視鏡下椎弓切除術の治療成績 すべりのない腰部脊柱管狭窄症の治療成績との比較

    鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   6 ( 8 )   1325 - 1330   2015年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    内視鏡下椎弓切除術を行い除圧レベルにすべりがあるすべり有群36例とすべり無群46例の2群にて術後成績を比較・検討した。術後JOA score及び各VAS値は両群共に術後有意な改善が認められたが、2群間には有意差を認めなかった。しかし改善率25%以下である成績不良例の症例はすべり有群にのみ3例8%に認められた。腰椎すべり症に対しても内視鏡下椎弓切除術の治療成績はすべりの無い症例と同等で概ね良好だが、成績不良例が少数存在する。(著者抄録)

  • 腰椎すべり症に対する内視鏡下椎弓切除術の治療成績 すべりのない腰部脊柱管狭窄症の治療成績との比較

    鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   6 ( 8 )   1325 - 1330   2015年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    内視鏡下椎弓切除術を行い除圧レベルにすべりがあるすべり有群36例とすべり無群46例の2群にて術後成績を比較・検討した。術後JOA score及び各VAS値は両群共に術後有意な改善が認められたが、2群間には有意差を認めなかった。しかし改善率25%以下である成績不良例の症例はすべり有群にのみ3例8%に認められた。腰椎すべり症に対しても内視鏡下椎弓切除術の治療成績はすべりの無い症例と同等で概ね良好だが、成績不良例が少数存在する。(著者抄録)

  • The influence of preoperative spinal sagittal balance on clinical outcomes after microendoscopic laminotomy in patients with lumbar spinal canal stenosis

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Matsumoto Tomiya, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   23 ( 1 )   49 - 54   2015年07月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • 原著 学校検診で発見された脊髄由来神経鞘腫の1例

    松下 直樹, 井口 広義, 和田 匡史, 小杉 祐季, 豊田 宏光, 山根 英雄

    耳鼻咽喉科・頭頸部外科   87 ( 6 )   427 - 430   2015年05月( ISSN:09143491

     詳細を見る

  • 学校検診で発見された脊髄由来神経鞘腫の1例

    松下 直樹, 井口 広義, 和田 匡史, 小杉 祐季, 豊田 宏光, 山根 英雄

    (株)医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科   87 ( 6 )   427 - 430   2015年05月( ISSN:0914-3491

     詳細を見る

    16歳男。少し左手に力が入りにくい自覚があった。耳鼻咽喉科の検診で咽頭後壁の腫脹を指摘された。画像所見からは脊髄由来の神経鞘腫が最も考えられた。また、左前腕における知覚および運動紳経の軽度の障害が確認された。神経障害を認め、放置によって症状が進行したと考えられた。悪性の可能性も完全には否定できないため、手術を施行した。迅速病理検査にて神経鞘腫であることが確認され、腫瘍はサイズが大きくかつ複雑な形状をしていたため、一塊切除は不可能と判断し、内部を超音波外科吸引装置で減量をしながら剥離を行った。術後、神経脱落症状はなく、左前腕に認めていた知覚および運動神経障害はともに改善した。

  • 学校検診で発見された脊髄由来神経鞘腫の1例

    松下 直樹, 井口 広義, 和田 匡史, 小杉 祐季, 豊田 宏光, 山根 英雄

    (株)医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科   87 ( 6 )   427 - 430   2015年05月( ISSN:0914-3491

     詳細を見る

    16歳男。少し左手に力が入りにくい自覚があった。耳鼻咽喉科の検診で咽頭後壁の腫脹を指摘された。画像所見からは脊髄由来の神経鞘腫が最も考えられた。また、左前腕における知覚および運動紳経の軽度の障害が確認された。神経障害を認め、放置によって症状が進行したと考えられた。悪性の可能性も完全には否定できないため、手術を施行した。迅速病理検査にて神経鞘腫であることが確認され、腫瘍はサイズが大きくかつ複雑な形状をしていたため、一塊切除は不可能と判断し、内部を超音波外科吸引装置で減量をしながら剥離を行った。術後、神経脱落症状はなく、左前腕に認めていた知覚および運動神経障害はともに改善した。

  • A new corrective technique for adolescent idiopathic scoliosis: convex manipulation using 6.35 mm diameter pure titanium rod followed by concave fixation using 6.35 mm diameter titanium alloy

    Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Dozono Sho, Yasuda Hiroyuki, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    SCOLIOSIS AND SPINAL DISORDERS   10 ( Suppl 2 )   S14   2015年( ISSN:1748-7161

     詳細を見る

  • 延髄から胸髄まで広範囲信号変化と脊髄腫大を来し, 脊髄炎との鑑別を要した頚椎後縦靱帯骨化症の1例 査読

    柴田 雄輝, 林 和憲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 ( 5 )   939 - 940   2015年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2015.939

    CiNii Article

  • Which is the best schedule of autologous blood storage for preoperative adolescent idiopathic scoliosis patients?

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Yasuda Hiroyuki, Dozono Shou, Nakamura Hiroaki

    SCOLIOSIS AND SPINAL DISORDERS   10 ( Suppl 2 )   S11   2015年( ISSN:1748-7161

     詳細を見る

  • 整形外科の手術手技-私はこうしている 脊椎・骨盤・体幹 腰椎 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式片側進入両側除圧術

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 66 )   222 - 226   2014年10月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • 【整形外科の手術手技-私はこうしている】 脊椎・骨盤・体幹 腰椎 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式片側進入両側除圧術

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)南江堂 別冊整形外科   ( 66 )   222 - 226   2014年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式片側進入両側除圧術について検討した。腰部脊柱管狭窄症に対して棘突起縦割式片側進人両側除圧を行い、2年以上経過観察可能であった34例(縦割群)を対象とした。通常の傍脊柱筋を棘突起から切離する方法で片側進入両側除圧術を行った34例(筋切離群)を対照群とした。術前腰痛VASは縦割群で有意に高かった。1椎間あたりの平均手術時間は、有意に縦割群のほうが短かったが、1椎間あたり平均出血量は両群間に有意差は認めなかった。両群ともに術前JOAスコアおよび各種VASは術後有意に改善し、術後2年時まで改善は保たれた。術後2年時の下肢しびれVASは有意に縦割群で低かったが、その他の項目は両群間に有意差は認めなかった。再手術例の割合に両群間で有意差は認めなかった。縦割群における術後2年時点での縦割棘突起の癒合率は86.7%であった。

  • Spinopelvic alignment of diffuse idiopathic skeletal hyperostosis in lumbar spinal stenosis

    Yamada Kentaro, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   23 ( 6 )   1302 - 1308   2014年06月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • THE FEATURES OF DEGENERATIVE LUMBAR SCOLIOSIS IN RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS - MATCHED COHORT STUDY

    Anno S., Yasuda H., Suzuki A., Koike T., Inui K., Terai H., Toyoda H., Tada M., Sugioka Y., Okano T., Yamada K., Takahashi S., Mamoto K., Nakamura H.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   73   305 - 305   2014年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

  • Tandem keyhole foraminotomy in the treatment of cervical radiculopathy: retrospective review of 35 cases

    Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Yasuda Hiroyuki, Kaneda Kunikazu, Katsutani Hirofumi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND RESEARCH   9   38   2014年05月( ISSN:1749-799X

     詳細を見る

  • Radiographic Evaluation of Segmental Motion of Scoliotic Wedging Segment in Degenerative Lumbar Scoliosis

    Yasuda Hiyoyuki, Matsumura Akira, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Dozono Sho, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES   26 ( 7 )   379 - 384   2013年10月( ISSN:1536-0652

  • 硬膜内に脱出した腰椎椎間板ヘルニアの1例 査読

    松本 富哉, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 堂園 将, 堀 悠介, 中村 博亮

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 4 )   863 - 864   2013年07月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.863

    CiNii Article

  • 切迫骨折に先立つ長骨転移に対する内部固定の役割 実験モデル(The role of internal fixation for long bone metastasis prior to impending fracture: an experimental model)

    Ibrahim Mohammad, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   18 ( 4 )   659 - 666   2013年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    内部固定による長骨転移モデルを確立し、切迫骨折に先立つ長骨転移に対する予防的内部固定の骨破壊、腫瘍進行、死亡に及ぼす影響について検討した。ウサギ45匹を均等に内部固定、対照、シャムの3群に分け、脛骨にVX2腫瘍細胞を移植した。ウサギをX線とCTでモニターし、2週間ごとに血清検査を行った。固定群に比べてシャム群と対照群でウサギ脛骨の有意に高い骨破壊率が認められた。3週間目に固定群、シャム群、対照群でそれぞれ0.2、0.4、2.3%の容積骨量減少を認め、5週目にはそれぞれ1.2、2.5、6.1%に増加した。固定群はシャム群と対照群に比べ、有意な生存延長を示した。予防的内部固定は骨破壊と腫瘍進行を抑制し、長骨転移患者の生存期間を延長することが示唆された。

  • 硬膜内に脱出した腰椎椎板ヘルニアの1例

    松本 富哉, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 堂園 将, 堀 悠介, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 4 )   863 - 864   2013年07月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    63歳男。3年ほど前から腰痛、右臀部から下腿外側痛が出現した。腰椎椎間板ヘルニアを指摘され、保存治療にて軽快していた。突然激しい右臀部から下腿外側痛が出現した。MRIの矢状断像でL4/5椎間板の後方への突出、また硬膜内にT1、T2ともに等信号の腫瘤陰影をみとめ、水平断像では椎間板レベルでは硬膜嚢の連続性の途絶、また椎弓根レベルでは硬膜内に腫瘤陰影をみとめた。CTでL4/5椎間板内、脊柱管内にガス像をみとめた。L4/5椎間板造影、椎間板造影後CTでは硬膜管内への造影剤の流入をみとめた。硬膜内腰椎椎間板ヘルニアと診断し、手術を施行した。足部のしびれが軽度残存しているが、筋力低下、疼痛は消失した。

  • 硬膜内に脱出した腰椎椎板ヘルニアの1例

    松本 富哉, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 堂園 将, 堀 悠介, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 4 )   863 - 864   2013年07月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    63歳男。3年ほど前から腰痛、右臀部から下腿外側痛が出現した。腰椎椎間板ヘルニアを指摘され、保存治療にて軽快していた。突然激しい右臀部から下腿外側痛が出現した。MRIの矢状断像でL4/5椎間板の後方への突出、また硬膜内にT1、T2ともに等信号の腫瘤陰影をみとめ、水平断像では椎間板レベルでは硬膜嚢の連続性の途絶、また椎弓根レベルでは硬膜内に腫瘤陰影をみとめた。CTでL4/5椎間板内、脊柱管内にガス像をみとめた。L4/5椎間板造影、椎間板造影後CTでは硬膜管内への造影剤の流入をみとめた。硬膜内腰椎椎間板ヘルニアと診断し、手術を施行した。足部のしびれが軽度残存しているが、筋力低下、疼痛は消失した。

  • The role of internal fixation for long bone metastasis prior to impending fracture: an experimental model

    Ibrahim Mohammad, Terai Hidetomi, Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   18 ( 4 )   659 - 666   2013年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • Radiographic evaluation of postoperative bone regrowth after microscopic bilateral decompression via a unilateral approach for degenerative lumbar spondylolisthesis

    Dohzono Sho, Matsumura Akira, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   18 ( 5 )   472 - 478   2013年05月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • Characteristics of Diabetes Associated With Poor Improvements in Clinical Outcomes After Lumbar Spine Surgery

    TAKAHASHI Shinji, SUZUKI Akinobu, TOYODA Hiromitsu, TERAI Hidetomi, DOHZONO Sho, YAMADA Kentarou, MATSUMOTO Tomiya, YASUDA Hiroyuki, TSUKIYAMA Kuniaki, SHINOHARA Yoshikazu, IBRAHIM Mohammad, NAKAMURA Hiroaki

    Spine   38 ( 6 )   516 - 522   2013年03月( ISSN:03622436

     詳細を見る

  • Characteristics of Diabetes Associated With Poor Improvements in Clinical Outcomes After Lumbar Spine Surgery

    Takahashi Shinji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Dohzono Sho, Yamada Kentarou, Matsumoto Tomiya, Yasuda Hiroyuki, Tsukiyama Kuniaki, Shinohara Yoshikazu, Ibrahim Mohammad, Nakamura Hiroaki

    SPINE   38 ( 6 )   516 - 522   2013年03月( ISSN:0362-2436

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例 査読

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 高度 (第5) 腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例 査読

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年01月( ISSN:0008-9443

  • 高度(第5)腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年01月( ISSN:0008-9443

  • 高度 (第5) 腰椎分離すべり症に対して経仙骨的椎間固定を行った1例 査読

    寺川 雅基, 堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   103 - 104   2013年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.103

    CiNii Article

  • 軸椎歯突起後方偽腫瘍に対し手術加療を行った超高齢者の2例 査読

    尾崎 友則, 堂園 将, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 松本 富哉, 中村 博亮

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   56 ( 1 )   119 - 120   2013年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2013.119

    CiNii Article

  • Atypical erosive pustular dermatosis of the scalp with eosinophilia and erythroderma

    Hiroyasu Sho, Tsuruta Daisuke, Yamane Takahisa, Shioi Atsushi, Toyoda Hiromitsu, Ishii Masamitsu, Kobayashi Hiromi

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   39 ( 12 )   1089 - 1091   2012年12月( ISSN:0385-2407

  • 神経障害を合併した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する内視鏡下椎体形成術の治療成績

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮, 辻尾 唯雄, 星野 雅俊

    (一社)日本骨折治療学会 骨折   34 ( 3 )   528 - 531   2012年09月( ISSN:0287-2285

     詳細を見る

    今回我々は神経障害を合併した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対して行った内視鏡下椎体形成術単独の治療成績を検討した。対象は13例(男性2例、女性11例)であり、治療成績は腰背部痛VAS、歩行状態、modified Frankel scaleにより評価した。画像的評価として椎体楔状角、椎体高比率および骨片の脊柱管占拠率を測定・評価した。腰背部痛VASは術後有意に改善し、全例で術後歩行可能となった。神経障害は11例で改善が認められた。椎体楔状角および椎体高比率はいずれも術後改善を認めたが、骨片の脊柱管占拠率は術前後で有意な変化は認められなかった。本研究より神経障害を有する骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対しても椎体形成術のみで一定の治療成績が得られることが判明した。骨片の脊柱管占拠率が変化しないにも関わらず神経障害の改善が認められたことから、椎体の安定化が神経障害の改善に非常に重要であることが示唆された。(著者抄録)

  • 神経障害を合併した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する内視鏡下椎体形成術の治療成績

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮, 辻尾 唯雄, 星野 雅俊

    (一社)日本骨折治療学会 骨折   34 ( 3 )   528 - 531   2012年09月( ISSN:0287-2285

     詳細を見る

    今回我々は神経障害を合併した骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対して行った内視鏡下椎体形成術単独の治療成績を検討した。対象は13例(男性2例、女性11例)であり、治療成績は腰背部痛VAS、歩行状態、modified Frankel scaleにより評価した。画像的評価として椎体楔状角、椎体高比率および骨片の脊柱管占拠率を測定・評価した。腰背部痛VASは術後有意に改善し、全例で術後歩行可能となった。神経障害は11例で改善が認められた。椎体楔状角および椎体高比率はいずれも術後改善を認めたが、骨片の脊柱管占拠率は術前後で有意な変化は認められなかった。本研究より神経障害を有する骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対しても椎体形成術のみで一定の治療成績が得られることが判明した。骨片の脊柱管占拠率が変化しないにも関わらず神経障害の改善が認められたことから、椎体の安定化が神経障害の改善に非常に重要であることが示唆された。(著者抄録)

  • Asymmetric Degeneration of Paravertebral Muscles in Patients With Degenerative Lumbar Scoliosis

    Shafaq Najibullah, Suzuki Akinobu, Matsumura Akira, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Yasuda Hiroyuki, Ibrahim Mohammad, Nakamura Hiroaki

    SPINE   37 ( 16 )   1398 - 1406   2012年07月( ISSN:0362-2436

  • Efficacy of interspinous process lumbar fusion with recombinant human bone morphogenetic protein-2 delivered with a synthetic polymer and beta-tricalcium phosphate in a rabbit model

    Matsumoto Tomiya, Toyoda Hiromitsu, Dohzono Sho, Yasuda Hiroyuki, Wakitani Shigeyuki, Nakamura Hiroaki, Takaoka Kunio

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   21 ( 7 )   1338 - 1345   2012年07月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • Prognostic Factors for Reduction of Activities of Daily Living Following Osteoporotic Vertebral Fractures

    MATSUMOTO Tomiya, HOSHINO Masatoshi, TSUJIO Tadao, TERAI Hidetomi, NAMIKAWA Takashi, MATSUMURA Akira, KATO Minori, TOYODA Hiromitsu, SUZUKI Akinobu, TAKAYAMA Kazushi, TAKAOKA Kunio, NAKAMURA Hiroaki

    Spine   37 ( 13 )   1115 - 1121   2012年06月( ISSN:03622436

     詳細を見る

  • Prognostic Factors for Reduction of Activities of Daily Living Following Osteoporotic Vertebral Fractures

    Matsumoto Tomiya, Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Namikawa Takashi, Matsumura Akira, Kato Minori, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Takaoka Kunio, Nakamura Hiroaki

    SPINE   37 ( 13 )   1115 - 1121   2012年06月( ISSN:0362-2436

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後QOL低下に関与する因子についての調査研究

    豊田 宏光, 松本 富哉, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 並川 崇, 松村 昭, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    ライフサイエンス出版(株) Osteoporosis Japan   20 ( 1 )   70 - 73   2012年02月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    骨粗鬆症性椎体骨折患者310例(男性44例、女性266例、年齢64〜93歳、平均年齢75.8歳)を対象に受傷時と受傷後6ヵ月目のQOL/ADL評価を行い、QOL低下に関与する因子について検討した。その結果、QOL回復を阻害する因子として「椎体後壁に損傷を認める」と「定期的な運動をしていない」が有意な危険因子として抽出された。特に椎体後壁に損傷を認める症例では認めない症例と比較し、受傷後6ヵ月目のVAS、椎体高比率、骨折部の骨癒合が得られていない偽関節になる割合が有意に高いことが判明した。

  • 低侵襲除圧術における腰椎椎間関節温存率の新たな計測法 従来法との比較

    山田 賢太郎, 松田 英樹, 鱧永 浩, 河野 浩, 曹 寿憲, 豊田 宏光, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   2 ( 6 )   1130 - 1134   2011年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    低侵襲除圧術での腰椎支持性の温存の評価として椎間関節温存率が計測されている。われわれは椎間関節全体を評価可能な新しい計測法(面積法)を考案した。片側進入両側除圧を行った50例100関節を対象とし、従来法と面積法で比較・検討を行った。進入側で両計測法に差を認め、10%以上の温存率の差を認めた椎間は38%存在した。今後面積法を用いた温存率と術後長期成績を対比し、低侵襲除圧術の限界を探る必要があると考えた。(著者抄録)

  • Clinical Outcome of Microsurgical Bilateral Decompression via Unilateral Approach for Lumbar Canal Stenosis : Minimum Five-Year Follow-up

    TOYODA Hiromitsu, NAKAMURA Hiroaki, KONISHI Sadahiko, DOHZONO Sho, KATO Minori, MATSUDA Hideki

    Spine   36 ( 5 )   410 - 415   2011年03月( ISSN:03622436

     詳細を見る

  • Clinical Outcome of Microsurgical Bilateral Decompression via Unilateral Approach for Lumbar Canal Stenosis Minimum Five-Year Follow-up

    Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki, Konishi Sadahiko, Dohzono Sho, Kato Minori, Matsuda Hideki

    SPINE   36 ( 5 )   410 - 415   2011年03月( ISSN:0362-2436

  • 大腸癌骨転移の整形外科的治療

    星 学, 大戎 直人, 早川 景子, 家口 尚, 豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)南江堂 整形外科   61 ( 10 )   1073 - 1076   2010年09月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    大腸癌骨転移の整形外科的治療について検討した。対象は2001年6月〜2008年8月までに整形外科において画像所見で大腸癌骨転移と診断された7例(男性5例、女性2例、平均年齢62.3歳)で、観察期間は平均367.4日であった。整形外科初診時の状況は癌治療歴2例、原発巣切除歴5例、抗癌薬治療歴2例で、腫瘍マーカーCEA 10ng/ml以上が3例、内臓転移は副腎2例、リンパ節2例、肝、肺、脳各1例であった。最終時の転帰は原病死4例、生存中3例、1年生存率は50%であった。初診時の骨転移部位は大腿骨4例、骨盤2例、肩甲骨、頭蓋骨、肋骨、胸椎各1例であり、5例(71%)が単発転移であった。転移病巣に対する処置は切開生検2例、腫瘍切除5例で、放射線治療は大腿骨3部位、舟状骨、腰椎、胸椎、骨盤各1部位、受診後抗癌薬治療6例、不明1例であった。

  • 大腸癌骨転移の整形外科的治療

    星 学, 大戎 直人, 早川 景子, 家口 尚, 豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)南江堂 整形外科   61 ( 10 )   1073 - 1076   2010年09月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    大腸癌骨転移の整形外科的治療について検討した。対象は2001年6月〜2008年8月までに整形外科において画像所見で大腸癌骨転移と診断された7例(男性5例、女性2例、平均年齢62.3歳)で、観察期間は平均367.4日であった。整形外科初診時の状況は癌治療歴2例、原発巣切除歴5例、抗癌薬治療歴2例で、腫瘍マーカーCEA 10ng/ml以上が3例、内臓転移は副腎2例、リンパ節2例、肝、肺、脳各1例であった。最終時の転帰は原病死4例、生存中3例、1年生存率は50%であった。初診時の骨転移部位は大腿骨4例、骨盤2例、肩甲骨、頭蓋骨、肋骨、胸椎各1例であり、5例(71%)が単発転移であった。転移病巣に対する処置は切開生検2例、腫瘍切除5例で、放射線治療は大腿骨3部位、舟状骨、腰椎、胸椎、骨盤各1部位、受診後抗癌薬治療6例、不明1例であった。

  • External hip protectors are effective for the elderly with higher-than-average risk factors for hip fractures

    Koike T., Orito Y., Toyoda H., Tada M., Sugama R., Hoshino M., Nakao Y., Kobayashi S., Kondo K., Hirota Y., Takaoka K.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   20 ( 9 )   1613 - 1620   2009年09月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

  • 運動器疾患腰痛症今日の診療のためにガイドライン外来診療2009

    豊田 宏光

    日経メディカル開発   272 - 279   2009年

  • Effect of preserving paraspinal muscles on postoperative axial pain in the selective cervical laminoplasty

    Kato Minori, Nakamura Hiroaki, Konishi Sadahiko, Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Fukushima Wakaba, Kondo Kyoko, Matsuda Hideki

    SPINE   33 ( 14 )   E455 - E459   2008年06月( ISSN:0362-2436

  • Effect of preserving paraspinal muscles on postoperative axial pain in the selective cervical laminoplasty.

    Kato M, Nakamura H, Konishi S, Dohzono S, Toyoda H, Fukushima W, Kondo K, Matsuda H

    Spine   33 ( 14 )   E455 - 9   2008年06月( ISSN:0362-2436

  • C2、C7棘突起付着筋群を温存し、吸収性PLLAの Lateral mass screw を用いた片開き式頚椎椎弓形成術の術後成績 査読

    前野 考史, 寺井 秀富, 堂園 将, 高山 和士, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 松村 昭, 辻尾 唯雄, 中村 博亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術侵襲度の比較 : 内視鏡視下手術vs顕微鏡視下手術

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 松村 昭, 堂園 将, 前野 考史, 高山 和士, 豊田 宏光, 中村 博亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:1346-4876

  • 腰椎椎間板ヘルニアによる筋力低下発生及び改善遅延に関わる危険因子解析

    鈴木 亨暢, 松村 昭, 小西 定彦, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 堂園 将, 高山 和士, 前野 考史, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:1346-4876

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する手術侵襲度の比較 : 内視鏡視下手術vs顕微鏡視下手術 査読

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 松村 昭, 堂園 将, 前野 考史, 高山 和士, 豊田 宏光, 中村 博亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎椎間板ヘルニアによる筋力低下発生及び改善遅延に関わる危険因子解析 査読

    鈴木 亨暢, 松村 昭, 小西 定彦, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 堂園 将, 高山 和士, 前野 考史, 高岡 邦夫, 中村 博亮

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   19 ( 2 )   2008年03月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Generation of tendon-to-bone interface "Enthesis" with use of recombinant BMP-2 in a rabbit model

    Hashimoto Yusuke, Yoshida Gen, Toyoda Hiromitsu, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC RESEARCH   25 ( 11 )   1415 - 1424   2007年11月( ISSN:0736-0266

     詳細を見る

  • Enhancing effects of a prostaglandin EP4 receptor agonist on recombinant human bone morphogenetic protein-2 mediated spine fusion in a rabbit model

    Namikawa Takashi, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Kato Minori, Toyoda Hiromitsu, Yano Koichi, Nakamura Hiroaki, Takaoka Kunio

    SPINE   32 ( 21 )   2294 - 2299   2007年10月( ISSN:0362-2436

  • Enhancing effects of a prostaglandin EP4 receptor agonist on recombinant human bone morphogenetic protein-2 mediated spine fusion in a rabbit model.

    Namikawa T, Terai H, Hoshino M, Kato M, Toyoda H, Yano K, Nakamura H, Takaoka K

    Spine   32 ( 21 )   2294 - 9   2007年10月( ISSN:0362-2436

  • A cluster randomized controlled trial to evaluate the effects of hip protectors against risk factors for hip fracture in nursing homes.

    Koike T., Orito Y., Tada M., Sugama R., Toyoda H., Hoshino M., Nakao Y., Kobayashi S., Takaoka K.

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   21   S293 - S293   2006年09月( ISSN:0884-0431

  • Heparin potentiates the in vivo ectopic bone formation induced by bone morphogenetic protein-2

    Zhao Baohong, Katagiri Takenobu, Toyoda Hiromitsu, Takada Takatora, Yanai Takako, Fukuda Toru, Chung Ung-il, Koike Tatsuya, Takaoka Kunio, Kamijo Ryutaro

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   281 ( 32 )   23246 - 23253   2006年08月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

  • Hip protector overcomes the effect of risk factors for hip fracture in the elderly

    Koike T., Orito Y., Tada M., Sugama R., Toyoda H., Nakao Y., Hoshino M., Kobayashi S., Takaoka K.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   65   421 - 421   2006年07月( ISSN:0003-4967

  • 2-5-35 ヒッププロテクタによる大腿骨頚部骨折予防効果は転倒危険因子の影響を凌駕する(転倒予防,口演,一般演題,リハビリテーション医学の進歩と実践,第43回日本リハビリテーション医学会学術集会) 査読

    小池 達也, 折戸 芳紀, 豊田 宏光, 多田 昌弘, 洲鎌 亮, 中尾 佳裕

    社団法人日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌   43 ( 0 )   2006年05月( ISSN:0034351X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • A biodegradable delivery system for antibiotics and recombinant human bone morphogenetic protein-2: A potential treatment for infected bone defects

    Suzuki A, Terai H, Toyoda H, Namikawa T, Yokota Y, Tsunoda T, Takaoka K

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC RESEARCH   24 ( 3 )   327 - 332   2006年03月( ISSN:0736-0266

     詳細を見る

  • Optimized use of a biodegradable polymer as a carrier material for the local delivery of recombinant human bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2)

    Kato M, Toyoda H, Namikawa T, Hoshino M, Terai H, Miyamoto S, Takaoka K

    BIOMATERIALS   27 ( 9 )   2035 - 2041   2006年03月( ISSN:0142-9612

  • Augmentation of bone morphogenetic protein-induced bone mass by local delivery of a prostaglandin E EP4 receptor agonist

    Toyoda H, Terai H, Sasaoka R, Oda K, Takaoka K

    BONE   37 ( 4 )   555 - 562   2005年10月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

  • Evaluation of rotator cuff tears with magnetic resonance arthrography.

    Toyoda H, Ito Y, Tomo H, Nakao Y, Koike T, Takaoka K

    Clinical orthopaedics and related research   439   109 - 15   2005年10月( ISSN:0009-921X

     詳細を見る

  • Evaluation of rotator cuff tears with magnetic resonance arthrography

    Toyoda H, Ito Y, Tomo H, Nakao Y, Koike T, Takaoka K

    CLINICAL ORTHOPAEDICS AND RELATED RESEARCH   ( 439 )   109 - 115   2005年10月( ISSN:0009-921X

     詳細を見る

  • Prevention of hip fracture in aged-care facilities with increased use of hip protectors in Japan.

    Koike T, Orito Y, Toyoda H, Tada M, Sugama R, Kobayashi S, Takaoka K

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   20 ( 9 )   S291 - S292   2005年09月( ISSN:0884-0431

  • Experimental spinal fusion with recombinant human bone morphogenetic protein-2 delivered by a synthetic polymer and beta-tricalcium phosphate in a rabbit model

    Namikawa T, Terai H, Suzuki E, Hoshino M, Toyoda H, Nakamura H, Miyamoto S, Takahashi N, Ninomiya T, Takaoka K

    SPINE   30 ( 15 )   1717 - 1722   2005年08月( ISSN:0362-2436

  • Experimental Spinal Fusion With Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2 Delivered by a Synthetic Polymer and β-Tricalcium Phosphate in a Rabbit Model

    NAMIKAWA Takashi, TERAI Hidetomi, SUZUKI Eisuke, HOSHINO Masatoshi, TOYODA Hiromitsu, NAKAMURA Hiroaki, MIYAMOTO Shimpei, TAKAHASHI Naoyuki, NINOMIYA Tadashi, TAKAOKA Kunio

    Spine   30 ( 15 )   1717 - 1722   2005年08月( ISSN:03622436

     詳細を見る

  • Experimental spinal fusion with recombinant human bone morphogenetic protein-2 delivered by a synthetic polymer and beta-tricalcium phosphate in a rabbit model.

    Namikawa T, Terai H, Suzuki E, Hoshino M, Toyoda H, Nakamura H, Miyamoto S, Takahashi N, Ninomiya T, Takaoka K

    Spine   30 ( 15 )   1717 - 22   2005年08月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

  • Evaluation of new drug delivery system for rhBMP-2 in a rabbit lumbar spine fusion model.

    Namikawa T, Terai H, Suzuki E, Hoshino A, Toyoda H, Nakamura H, Miyamoto S, Takaoka K

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   19   S208 - S208   2004年10月( ISSN:0884-0431

  • Local release of a prostanoid receptor EP4 agonist with rhBMP-2 enhances bone morphogenctic protein-induced bone formation.

    Toyoda H, Terai H, Sasaoka R, Oda K, Takaoka K

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   19   S147 - S147   2004年10月( ISSN:0884-0431

  • Low adherence with external hip protectors due to both hip protector itself and garment.

    Koike T, Toyoda H, Sugama R, Tada M, Orito Y, Takaoka K

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   19   S451 - S451   2004年10月( ISSN:0884-0431

  • Does chronic cervical myelopathy affect respiratory function?

    Toyoda H, Nakamura H, Konishi S, Terai H, Takaoka K

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   1 ( 2 )   175 - 178   2004年09月( ISSN:0022-3085

  • Does chronic cervical myelopathy affect respiratory function?

    Toyoda H, Nakamura H, Konishi S, Terai H, Takaoka K

    Journal of neurosurgery. Spine   1 ( 2 )   175 - 8   2004年09月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • Intradural extramedullary hemangioblastoma differentiated by MR images in the cervical spine - A case report and review of the literature

    Toyoda H, Seki M, Nakamura H, Inoue Y, Yamano Y, Takaoka K

    JOURNAL OF SPINAL DISORDERS & TECHNIQUES   17 ( 4 )   343 - 347   2004年08月( ISSN:1536-0652

  • Intradural extramedullary hemangioblastoma differentiated by MR images in the cervical spine: a case report and review of the literature.

    Toyoda H, Seki M, Nakamura H, Inoue Y, Yamano Y, Takaoka K

    Journal of spinal disorders & techniques   17 ( 4 )   343 - 7   2004年08月( ISSN:1536-0652

     詳細を見る

  • A prostanoid receptor EP4 agonist enhances ectopic bone formation induced by recombinant human bone morphogenetic protein-2

    Sasaoka R, Terai H, Toyoda H, Imai Y, Sugama R, Takaoka K

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   318 ( 3 )   704 - 709   2004年06月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

  • 骨粗鬆症性椎体骨折偽関節例に対するバルーンを用いた kyphoplasty 査読

    星野 雅俊, 中村 博亮, 小西 定彦, 長山 隆一, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 並川 崇, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 前野 考史, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   15 ( 1 )   2004年05月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 脊椎手術後における抗生剤投与期間短縮の試み : 術後3日投与と7日投与の比較

    鈴木 亨暢, 中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 並川 崇, 加藤 相勲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 前野 考史, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   15 ( 1 )   2004年05月( ISSN:1346-4876

  • 脊椎手術後における抗生剤投与期間短縮の試み : 術後3日投与と7日投与の比較 査読

    鈴木 亨暢, 中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 並川 崇, 加藤 相勲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 前野 考史, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   15 ( 1 )   2004年05月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側除圧術 : 術前後MRIによる評価 査読

    並川 崇, 中村 博亮, 小西 定彦, 長山 隆一, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 前野 考史, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   15 ( 1 )   2004年05月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 頚椎椎弓形成術に伴う脊髄および硬膜の拡大率と臨床成績との関係 査読

    豊田 宏光, 中村 博亮, 小西 定彦, 長山 隆一, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 並川 崇, 加藤 相勲, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 前野 孝史, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   15 ( 1 )   2004年05月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Prostaglandin E EP4 receptor agonist enhances ectopic bone formation induced by rhBMIP-2.

    Terai H, Sasaoka R, Toyoda H, Imai Y, Sugama R, Takaoka K

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   18   S185 - S185   2003年09月( ISSN:0884-0431

  • Prostaglandin E EP4 receptor agonist (ONO-4819)はrhBMP-2による骨形成作用を促進する 査読

    寺井 秀富, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 今井 祐記, 洲鎌 亮, 高岡 邦夫

    日本骨形態計測学会雑誌 = Journal of Japanese Society of Bone Morphometry   13 ( 2 )   2003年05月( ISSN:09174648

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 頚部脊髄症における呼吸機能の影響 査読

    豊田 宏光, 中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 笹岡 隆一, 洲鎌 亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   14 ( 1 )   2003年02月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎椎間板ヘルニアに対する MED 術後1年以上経過例の画像的変化について : Micro discectomy の比較検討

    笹岡 隆一, 中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 洲鎌 亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   14 ( 1 )   2003年02月( ISSN:1346-4876

  • 内視鏡視下腰椎前方椎間固定術における手術方法の比較 : 一期的手術法と二期的手術法を比較して 査読

    洲鎌 亮, 中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   14 ( 1 )   2003年02月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎椎間板ヘルニアに対する MED 術後1年以上経過例の画像的変化について : Micro discectomy の比較検討 査読

    笹岡 隆一, 中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 洲鎌 亮, 高岡 邦夫

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   14 ( 1 )   2003年02月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 肩腱板断裂に対するMRアルトログラムの意義 査読

    豊田 宏光, 伊藤 陽一, 乾 健太郎, 山野 慶樹

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   45 ( 6 )   965 - 966   2002年11月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 肩腱板断裂に対するMRアルトログラムの意義

    豊田 宏光, 伊藤 陽一, 乾 健太郎, 山野 慶樹

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   45 ( 6 )   965 - 966   2002年11月( ISSN:0008-9443

  • 頚部脊髄症における呼吸機能の検討 査読

    豊田 宏光, 中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 山野 慶樹

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   45 ( 5 )   905 - 906   2002年09月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 人工股関節再置換術時の臼蓋再建におけるcageの使用経験 査読

    徳原 善雄, 大橋 弘嗣, 格谷 義徳, 豊田 宏光, 山野 慶樹

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   45 ( 4 )   661 - 662   2002年07月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 舟状骨偽関節に対する血管柄付橈骨移植の経験 査読

    日高 典昭, 久次米 剛, 兼松 文昭, 中川 敬介, 松田 英樹, 恵木 丈, 豊田 宏光

    骨折   24 ( 2 )   749 - 753   2002年05月( ISSN:02872285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性すべり症に対する内視鏡視下前方椎体間固定術 査読

    中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 洲鎌 亮, 山野 慶樹

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   13 ( 1 )   2002年04月( ISSN:13464876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 腰椎変性すべり症に対する内視鏡視下前方椎体間固定術

    中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 洲鎌 亮, 山野 慶樹

    日本脊椎脊髄病学会雑誌 = The journal of the Japan Spine Research Society   13 ( 1 )   2002年04月( ISSN:1346-4876

  • 頚部脊髄症における呼吸機能の検討 査読

    豊田 宏光, 中村 博亮, 小西 定彦, 鈴木 英介, 山野 慶樹

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   45 ( 5 )   905 - 906   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2002.905

    CiNii Article

  • 人工股関節再置換術時の臼蓋再建におけるcageの使用経験 査読

    徳原 善雄, 大橋 弘嗣, 格谷 義徳, 豊田 宏光, 山野 慶樹

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   45 ( 4 )   661 - 662   2002年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2002.661

    CiNii Article

  • 肩けん板断裂に対するMRアルトログラムの意義 査読

    豊田 宏光, 伊藤 陽一, 乾 健太郎, 山野 慶樹

    THE CENTRAL JAPAN ASSOCIATION OF ORTHOPAEDIC SURGERY AND TRAUMATOLOGY 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   45 ( 6 )   965 - 966   2002年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2002.965

    CiNii Article

  • 頸椎高位に発生した硬膜内髄外血管芽細胞腫の1例

    豊田 宏光, 関 昌彦, 中村 博亮, 小西 定彦, 中塚 洋直, 山野 慶樹

    整形外科   52 ( 7 )   777 - 780   2001年07月( ISSN:00305901

▼全件表示

書籍等出版物

  • The 腰痛「その腰痛、ただの腰痛じゃないですよ」

    豊田宏光( 担当: 分担執筆)

    速考 脊椎外科診療エッセンス 南江堂  2022年04月 

     詳細を見る

    総ページ数:230   担当ページ:97-107  

  • たかが問診、されど問診 慢性疼痛患者のミカタ

    豊田宏光( 担当: 共著)

    速考 脊椎外科診療エッセンス 南江堂  2022年04月 

     詳細を見る

    総ページ数:230   担当ページ:214-222  

  • しびれに向き合ってみる

    豊田宏光( 担当: 共著)

    速考 脊椎外科診療エッセンス 南江堂  2022年04月 

     詳細を見る

    総ページ数:230   担当ページ:208-213  

  • 避けて通れない感染症:化膿性脊椎炎と上手な付き合い方

    豊田宏光

    速考 脊椎外科診療エッセンス 南江堂  2022年04月 

     詳細を見る

    総ページ数:230   担当ページ:108-117  

  • 脊髄髄内腫瘍

    豊田宏光( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 脊髄髄内腫瘍)

    今日の整形外科治療指針第8版 医学書院  2021年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:964   担当ページ:562-564  

  • 脊髄髄外腫瘍

    豊田宏光( 担当: 分担執筆)

    今日の整形外科治療指針第8版 医学書院  2021年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:964   担当ページ:564-567  

  • 腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン2021 (改訂第3版)

    豊田宏光( 担当: 分担執筆)

    南江堂  2021年05月 

  • 第1章 整形外科研修でのアドバイス C勉強のしかた 6 学会に行こう

    豊田宏光, 中村博亮( 担当: 共著)

    整形外科研修ノート 改訂第2版 診断と治療社  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:26-28  

  • 第1章 整形外科研修でのアドバイス C勉強のしかた 4 医学論文の読み方

    豊田宏光, 中村博亮( 担当: 共著)

    整形外科研修ノート 改訂第2版 診断と治療社  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:21-22  

  • 第1章 整形外科研修でのアドバイス C勉強のしかた 3 文献検索のしかた

    豊田宏光、中村博亮( 担当: 単著)

    整形外科研修ノート 改訂第2版 診断と治療社  2016年 

     詳細を見る

    担当ページ:19-20  

  • 第Ⅳ章椎体骨折の治療と予後 Ⅳ1-2 手術療法の考慮が必要な病態 (1)椎体骨折癒合不全

    豊田宏光、中村博亮( 担当: 共著)

    椎体骨折診療ガイド ライフサイエンス出版  2015年 

     詳細を見る

    担当ページ:111-115  

  • カラ―アトラス脊椎・脊髄外科 手術器具の使い方

    豊田宏光、中村博亮( 担当: 共著)

    カラ―アトラス脊椎・脊髄外科 中外医学社  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:87-100  

  • 今日の臨床サポート 骨粗鬆症性椎体骨折

    豊田宏光, 中村博亮( 担当: 共著)

    Elsevier Japan KK  2013年 

  • 骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の診断指針

    豊田宏光、中村博亮( 担当: 共著)

    運動器診療最新ガイドライン 総合医学社  2012年 

     詳細を見る

    担当ページ:221-225  

  • 運動器系の病気 -脊髄の病気、その他-

    豊田宏光、中村博亮( 担当: 共著)

    Big doctor 法研 六訂版 家庭医学大全科  2010年 

     詳細を見る

    担当ページ:1368-1375  

  • 運動器疾患 腰痛症

    中村博亮、豊田宏光( 担当: 共著)

    ガイドライン外来診療2009 日経メディカル開発  2009年 

     詳細を見る

    担当ページ:272-279  

  • Heparin enhances BMP activity by maintaining high levels of nuclear phosphorylated Smad1/5/8

    Baohong Zhao,Takenobu Katagiri, Hiromitsu Toyoda,Takatora Takada,Tatsuya Koike, Kunio Takaoka, Ryutaro Kamijo( 担当: 共著)

    New Frontiers in Regenerative Medicine. Springer, Tokyo  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:37-42  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【整形外科領域における人工知能の応用】人工知能を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システム MR画像における新鮮椎体骨折の識別

    藪 晋人, 星野 雅俊, 田淵 仁志, 高橋 真治, 寺井 秀富, 升本 浩紀, 前野 考史, 岩前 真由, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 猪瀬 弘之, 吉井 俊貴, 大川 淳, 中村 博亮

    臨床整形外科   57 ( 10 )   1205 - 1211   2022年10月( ISSN:0557-0433

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いてMR画像(T1強調画像,矢状断)による新鮮骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)の診断を行い,その精度を2人の脊椎外科医と比較した.新鮮OVFの診断においてCNNのROC曲線下面積は0.949であった.感度,特異性および精度は(CNN/脊椎外科医1/脊椎外科医2)感度:0.881/0.881/1.000,特異度:0.879/0.862/0.655,精度:0.880/0.870/0.800であった.MR画像を用いた新鮮OVF診断において,CNN分類器の診断能は良好であり,また脊椎外科医と同等であった.

  • The Essence of Clinical Practice Guidelines for Lumbar Disc Herniation, 2021: Prognosis(和訳中)

    Toyoda Hiromitsu

    Spine Surgery and Related Research   6 ( 4 )   333 - 336   2022年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 日本整形外科学会(JOA)腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン第3版 二次出版(Japanese Orthopaedic Association(JOA) clinical practice guidelines on the management of lumbar disc herniation, third edition: secondary publication)

    Haro Hirotaka, Ebata Shigeto, Inoue Gen, Kaito Takashi, Komori Hiromichi, Ohba Tetsuro, Sakai Daisuke, Sakai Toshinori, Seki Shoji, Shiga Yasuhiro, Suzuki Hidenori, Toyota Hiromitsu, Watanabe Kazuyuki, Yamato Yu, Matsumoto Morio, Yamashita Toshihiko, Ishibashi Yasuyuki, Yoshida Masahiro, The third edition of lumbar disc herniation clinical practice guidelines preparation organization, The Japanese Orthopaedic Association, The Japanese Orthopaedic Association clinical practice guidelines committee, The lumbar disc herniation clinical practice guidelines preparation committee

    Journal of Orthopaedic Science   27 ( 1 )   31 - 78   2022年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Surgical Outcomes of a New Technique Using a Convex Rod Rotation Maneuver for Adolescent Idiopathic Scoliosis(和訳中)

    Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   5 ( 3 )   205 - 210   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【DISHの臨床】DISHの疫学

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    (株)三輪書店 脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   653 - 660   2019年07月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに 近年,びまん性特発性骨増殖症(diffuse idiopathic skeletal hyperostosis:DISH)に対する関心が高まりつつある.DISHは前縦靱帯骨化を主病変とする病態から脊柱不撓性をもたらすものの,後縦靱帯骨化症(ossification of the posterior longitudinal ligament:OPLL)や黄色靱帯骨化症(ossification of the yellow ligament:OYL)とは異なり単独で神経障害や著しい疼痛をもたらすことはまれな疾患である.しかしながら,高齢者の脊椎疾患の治療を行っていると,DISHが背景に存在する脊椎外傷や変性疾患に遭遇することは少なくない.本稿では,DISHに関する本邦の臨床研究の歴史を振り返り,疫学知見に関するレビューを行った.

  • 【DISHの臨床】腰椎変性疾患とDISH

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (株)三輪書店 脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   685 - 692   2019年07月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>はじめに Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis(DISH)は,Resnickらにより定義された椎体に骨性架橋を認める病態である.DISHの弊害の中で脊椎脊髄外科医にとって最も特徴的なものは,DISHに伴う椎体骨折である.DISHによる椎体骨折は低エネルギー外傷で起こり得,遅発性神経麻痺,また骨折部の高度な不安定性に留意するべきと報告されている.これらはDISHによる骨性架橋による長いレバーアームのため,骨折部へ応力が集中され引き起こされると考えられている.同様の機序で,慢性疾患である腰部脊柱管狭窄症に対してもDISHは負の影響があると推察されるが,古くにDISHと脊柱管狭窄に関する症例報告がなされて以降,まとまった症例での報告は数少ない.本稿では,著者らの臨床研究結果も交えて,DISHの腰椎変性疾患への影響に焦点を当てて解説する.

  • 椎弓形成術 アップデート 高齢者に対する頸椎椎弓形成術

    豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 中村 博亮

    (株)医学書院 臨床整形外科   53 ( 8 )   705 - 711   2018年08月( ISSN:0557-0433

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>高齢者頸髄症の特徴は,罹病期間が長く,術前神経障害が重篤で,動的因子の関与が多くなると脊髄症状の急速な悪化を認める点である.具体的には,C3-4レベルの不安定性による急性増悪例や頸椎すべり症を伴う例に留意が必要となる.後療法の簡便さ,合併症の頻度などから椎弓形成術が一般的に選択され,多くの研究者がその良好な安定した臨床成績を報告しているが,高齢者の脊椎手術に対する期待も変化してきており,患者や家族のニーズを尊重しながら治療方針を進めていくことが求められる.

  • 慢性腰痛のサイエンス 高齢者の腰痛 腰痛と骨粗鬆症性椎体骨折

    豊田 宏光, 星野 雅俊, 高橋 真治, 辻尾 唯雄, 中村 博亮

    (株)医学書院 臨床整形外科   52 ( 12 )   1153 - 1158   2017年12月( ISSN:0557-0433

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    当教室で行った骨粗鬆症性椎体骨折に対する多施設研究の結果について概説する.1回目の研究から,約80%は予後良好であるが,骨癒合不全に至ると臨床上の問題が増え,予後不良例の予測においては,装具や入院などの治療的介入よりも,後壁損傷を認めること,T2強調画像の特徴的な所見,運動習慣のないことなどの要因が重要であることが判明した.2回目の研究からは,MRIでの骨折部の信号変化は長期にわたり残存すること,椎体骨折後の腰痛の推移には4つのパターンがあり,骨折部の安定化が疼痛緩和に寄与することが判明した.(著者抄録)

  • 【脆弱性骨折のすべて】 骨折の臨床、手術療法<椎体> 骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存治療(EBMと治療のコツ)

    豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)全日本病院出版会 Orthopaedics   29 ( 12 )   31 - 36   2016年11月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法におけるEBMについて概説する。保存療法にまつわるエビデンスは海外の論文を参考にしても乏しく、安静臥床が果たして必要なのか、どの装具が一番効果があるのか、入院させたほうが予後が良くなるのかなどの疑問に答えられる研究報告はまだ出ていないのが現状である。患者背景の違いが大きく画一的な治療を求めることに無理があるのかもしれないが、予後を予測して予後不良因子を持った患者に対して選択的かつ強力な医療介入を行うことが、高騰する社会医療費を鑑みたうえでも重要になってくる。予後予測には受傷時のMRI T2強調画像や後壁損傷の有無が重要な因子となる。さらなるデータの蓄積により予後不良因子をもった患者に対する保存治療の最適化や手術療法への切り替えのタイミングについて検討を行っていく必要がある。(著者抄録)

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の自然経過からみた治療戦略

    豊田 宏光, 中村 博亮

    日本生体電気・物理刺激研究会 日本生体電気・物理刺激研究会誌   30   9 - 13   2016年11月( ISSN:1882-1014

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【よくわかる、臨床で使える「骨粗鬆症」アップデート】 骨粗鬆症の治療 椎体骨折の外科的治療

    豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)診断と治療社 診断と治療   104 ( 10 )   1287 - 1292   2016年10月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    1 (1)神経障害、(2)骨癒合が得られず疼痛が遷延、(3)AS/DISH(強直性脊椎骨増殖症)を伴う場合は手術を考慮する。2 骨癒合が得られず、体動時の腰背部痛が残存する患者は椎体形成術のよい適応となる。3 骨癒合後遺残変形に対して矯正固定術が施行される場合がある。(著者抄録)

  • 【骨粗鬆症性椎体骨折治療のコツとpitfall】 骨粗鬆症性椎体骨折に対するリン酸カルシウムセメントを用いた椎体形成術のコツとpitfall 骨セメント塊逸脱や再圧潰発生の危険因子からみた椎体形成術の適応と限界

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (株)全日本病院出版会 整形外科最小侵襲手術ジャーナル   ( 73 )   53 - 62   2014年12月( ISSN:1342-3991

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    当院では、骨粗鬆症性椎体骨折骨癒合不全に対して経椎弓根的に挿入した内視鏡下に椎体クレフト腔内を掻爬し、ウロマチックバルーンを用いてリン酸カルシウムペーストの充填空間を形成する椎体形成術を行っている。1年以上経過観察が可能であった49椎体の臨床成績は良好であり、除痛効果、ADL改善ともに優れた術式であった。しかし、続発性新規椎体骨折や術後再圧潰(再骨折)、骨セメント塊の逸脱などが課題として挙げられた。多変量解析を用いて、術後再圧潰、骨セメント塊の逸脱の危険因子を検討した結果、American Society of Anesthesiologists-Physical Statusが3以上、椎体壁損傷数が3以上であることが、年齢や骨密度よりも重要な因子であることが判明した。椎体形成術単独療法の良い適応は、椎体壁損傷数が2以下の生体材料を格納する椎体の壁がしっかりと保たれた椎体骨折であり、3以上の高度椎体壁破壊例に対しては、後方インストゥルメンテーションの併用が推奨される。(著者抄録)

  • 【高齢者脆弱性骨折の予防と治療】 高齢者脆弱性骨折の治療 部位別各論 新鮮脊椎椎体骨折 保存的治療

    豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)南江堂 整形外科   65 ( 8 )   802 - 808   2014年07月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 脊椎疾患におけるレッドフラッグサインとイエローフラッグサイン

    豊田 宏光

    (一社)西宮市医師会 西宮市医師会医学雑誌   ( 19 )   22 - 26   2014年03月( ISSN:1341-2574

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    近年、各国の腰痛診療ガイドラインでは腰痛患者をレッドフラッグサイン、グリーンライト、イエローフラッグサインの三つのカテゴリーに診断トリアージすることが推奨されている。レッドフラッグサインとは、重篤な疾患の可能性がある徴候を意味する。イエローフラッグサインとは慢性腰痛、休職、長期の活動低下に移行する可能性のある徴候を意味する。機能的疾患である非特異的腰痛症の文献を参考に、運動器疼痛性疾患のマネージメントについて述べた。

  • 【脊椎椎体骨折の治療】 骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節に対する内視鏡併用椎体形成術

    寺井 秀富, 豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)全日本病院出版会 Orthopaedics   26 ( 3 )   7 - 13   2013年03月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高齢者の増加に伴って骨粗鬆症性椎体骨折後偽関節となる症例が増加している。偽関節レベルでの不安定性が疼痛の原因となっていれば、偽関節腔にセメントを注入する椎体形成術によって疼痛や歩行機能障害の劇的な改善が期待できる。椎体形成術にはHAやPMMA、CPC(リン酸カルシウムセメント)が用いられるが、我々は偽関節に対してはCPCを用いている。椎体内で長期にCPCを安定させるには、ある程度大きなセメント塊を形成させる必要がある。そのためにはセメント注入スペース確保のための偽関節腔掻爬が重要なステップとなる。本稿ではバルーンを使って偽関節腔を広げた後に内視鏡を用いて偽関節腔内を掻爬し、十分なセメント注入スペースを確保する術式を詳説し、当院で施行した本法の手術加療成績を併せて報告する。(著者抄録)

  • 【新・痛みのマネジメント-包括的な疼痛治療と鎮痛薬の選択基準を考える-】 「痛みのマネジメント」におけるコミュニケーションとは 患者とのコミュニケーション

    豊田 宏光

    (株)ライフ・サイエンス Progress in Medicine   33 ( 1 )   93 - 96   2013年01月( ISSN:0287-3648

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 好酸球増多症および紅皮症を伴う頭皮の非定型びらん性膿疱性皮膚症(Atypical erosive pustular dermatosis of the scalp with eosinophilia and erythroderma)

    Hiroyasu Sho, Tsuruta Daisuke, Yamane Takahisa, Shioi Atsushi, Toyoda Hiromitsu, Ishii Masamitsu, Kobayashi Hiromi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Dermatology   39 ( 12 )   1089 - 1091   2012年12月( ISSN:0385-2407

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 卒後研修講座 骨粗鬆症性椎体骨折の治療戦略

    豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)南江堂 整形外科   63 ( 11 )   1189 - 1196   2012年10月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【脊柱再建と生体材料-中・長期成績】 生体活性リン酸カルシウムセメントによる椎体形成の中・長期成績

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 星野 雅俊, 中村 博亮

    (株)三輪書店 脊椎脊髄ジャーナル   25 ( 7 )   679 - 686   2012年07月( ISSN:0914-4412

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【知っておきたい最新骨粗鬆症診療マニュアル】 骨粗鬆症性椎体骨折の治療 保存療法

    豊田 宏光, 中村 博亮

    (株)全日本病院出版会 Orthopaedics   25 ( 5 )   131 - 140   2012年05月( ISSN:0914-8124

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法についての現状、治療の流れ、ブロック治療、装具療法の効果について私見を交え概説する。保存療法にまつわるエビデンスは海外の論文を参考にしても乏しく、どの装具が一番効果があるのか、どれくらいの期間装着させればよいのか、入院させたほうが予後が良くなるのかなどの疑問に答えられる研究報告はまだ出ていないのが現状であった。患者背景の違いが大きく画一的な治療を求めることに無理があるのかもしれないが、予後を予測して予後不良因子を持った患者に対して選択的かつ強力な医療介入を行うことで治療の効率化が図れるのではないかと考えている。また予後不良因子を持った患者に対する最適な保存治療、手術療法への切り替えのタイミングについても今後検討を行っていく必要がある。我が国でも、大規模な疫学研究や介入研究が行われるようになってきており、今後さらなるデータの蓄積により治療のガイドライン策定が望まれる。(著者抄録)

  • 【症状からアプローチするプライマリケア】 腰痛

    豊田 宏光, 中村 博亮

    日本医師会 日本医師会雑誌   140 ( 特別2 )   S236 - S239   2011年10月( ISSN:0021-4493

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【頸椎神経根症に対する手術的治療】 頸椎症性神経根症に対する顕微鏡視下key hole foraminotomy

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 中村 博亮, 金田 国一, 谷内 政俊

    金原出版(株) 整形・災害外科   54 ( 6 )   679 - 685   2011年05月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 脳室腹腔シャントの過剰ドレナージにより頸髄症を引き起こした1例 国内会議

    川端 健太, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 澤田 雄大, 岩前 真由, 岡村 悠貴, 小林 祐人, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2023年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低温大気圧プラズマの骨折遷延治癒モデルに対する骨癒合促進効果の検討 国内会議

    斉藤 公亮, 豊田 宏光, 中澤 克優, 伴 祥高, 八百 花, 荻 久美, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2023年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低温大気圧プラズマを用いた腱の修復促進効果の検討 国内会議

    中澤 克優, 豊田 宏光, 間中 智哉, 折田 久美, 平川 義弘, 斉藤 公亮, 飯尾 亮介, 八百 花, 呉 準席, 白藤 立, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2023年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 本学の診療参加型臨床実習における簡易版臨床能力評価(mini-CEX)の実施状況 国内会議

    豊田 宏光, 栩野 吉弘, 吉田 寿子, 鎌田 紀子, 並川 浩己, 福本 一夫, 幕内 安弥子, 奥山 直木, 山内 健, 岡田 明子, 首藤 太一

    医学教育  2023年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学病院における初期研修医に対する一般外来研修の取り組み 国内会議

    福本 一夫, 山内 健, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 鎌田 紀子, 豊田 宏光, 栩野 吉弘, 首藤 太一

    医学教育  2023年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • web会議ツールを用いた研修医のための多施設合同症例報告会の取り組み 国内会議

    奥山 直木, 豊田 宏光, 山内 健, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 首藤 太一

    医学教育  2023年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SP養成の光と影 あべのSP本舗の10年をふりかえって 国内会議

    幕内 安弥子, 栩野 吉弘, 山内 健, 奥山 直木, 福本 一夫, 並川 浩己, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 首藤 太一

    医学教育  2023年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AIS Lenke type 1,2におけるCoplanarによる短期治療成績の検討 多施設共同研究 国内会議

    村上 悠介, 森平 泰, 山田 勝崇, 野尻 英俊, 森野 忠夫, 中村 英一郎, 友利 正樹, 大谷 和之, 明田 浩司, 永井 琢哉, 豊田 宏光, 伊藤 研悠, 片柳 順也, 種市 洋

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後の後彎変形に対する脊柱再建術後のdistal junctional kyphosisの危険因子 国内会議

    澤田 雄大, 高橋 真治, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 藪 晋人, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する前後方固定と3 Column Osteotomyの比較 国内会議

    高橋 真治, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 藪 晋人, 澤田 雄大, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 顕微鏡的除圧術後の除圧部および隣接部位の進行性変性の発生率 5年間の追跡調査(Incidence of progressive segment degeneration at decompression and adjacent segments after microscopic decompression: 5-year follow-up) 国内会議

    Habibi Hasibullah, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成の固定椎弓数削減は患者満足度を向上させる SKIP-2 多施設ランダム化比較試験(第一報) 国内会議

    玉井 孝司, 寺井 秀富, 寺川 雅基, 高橋 真治, 小林 祐人, 馬野 雅之, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 岩前 真由, 豊田 宏光, 関 昌彦, 加藤 相勲, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎単純X線側面像で強い脊髄圧排を検知する深層学習アルゴリズムの精度検証 国内会議

    玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 田淵 仁志, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 澤田 雄大, 岩前 真由, 岡田 充弘, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術後経過観察期間が5年の腰椎変性疾患手術例における質調整生存年(QALY)の検討 国内会議

    加藤 相勲, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 並川 崇, 松村 昭, 星野 雅俊, 鈴木 享暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 澤田 雄大, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下椎弓切除術の臨床成績と成績不良因子 国内会議

    鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 加藤 相勳, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎低侵襲除圧術における術後腰痛遺残例を予測する因子の探索 決定木分析を用いた検討 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 岩前 真由, 澤田 雄大, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環軸椎固定術におけるMagerl Brooks法とGoel-Harms法の臨床成績比較と成績不良因子の検討 国内会議

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 加藤 相勲, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮, 藪 晋人, 澤田 雄大, 岩前 真由

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期特発性側彎症の生理的胸椎後彎形成におけるCoplanar法の有用性 多施設データベースによる検討 国内会議

    山田 勝崇, 森平 泰, 野尻 英俊, 森野 忠夫, 中村 英一郎, 友利 正樹, 大谷 和之, 明田 浩司, 永井 琢哉, 豊田 宏光, 伊藤 研悠, 片柳 順也, 種市 洋

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 傾向スコアマッチング法を用いた高齢者における脊椎手術後低Na血症患者の症状・転帰に関する検討 国内会議

    木下 右貴, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 澤田 雄大, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低温大気圧プラズマを用いた骨癒合促進効果の検討 国内会議

    斉藤 公亮, 岡田 充弘, 豊田 宏光, 中村 博亮

    日本手外科学会雑誌  2023年04月  (一社)日本手外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低侵襲腰椎後方除圧術において抗血小板薬内服継続は周術期に影響を及ぼすか? 国内会議

    澤田 雄大, 玉井 孝司, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コンドリアーゼ椎間板内注入療法は漸次的な治療効果を示す可能性がある 国内会議

    上松 正人, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Periostinは力学負荷により増加し,IL-6産生を促進する事で黄色靱帯内の炎症を惹起する 国内会議

    藪 晋人, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 堀 悠介, 寺井 秀富, 河野 浩, 豊田 宏光, 前野 考史, 高橋 真治, 玉井 孝司, 尾崎 友則, 岩前 真由, 今井 祐記, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lumbar modifier BまたはC胸椎特発性側彎症に対する選択的胸椎固定術のLIVは何を基準とすべきか 国内会議

    森平 泰, 新井 秀和, 高田 知史, 山田 勝崇, 野尻 英俊, 森野 忠夫, 中村 英一郎, 友利 正樹, 大谷 和之, 明田 浩司, 永井 琢哉, 豊田 宏光, 伊藤 研悠, 片柳 順也, 種市 洋

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lenke type 1特発性側彎症に対するVertebral Coplanar Alignment(VCA)法での術後肩バランス不良の発生に関係する因子の検討 国内会議

    志村 有永, 野尻 英俊, 森平 泰, 新井 秀和, 高田 知史, 山田 勝崇, 近藤 直也, 森野 忠夫, 中村 英一郎, 友利 正樹, 大谷 和之, 明田 浩司, 永井 琢哉, 豊田 宏光, 伊藤 研悠, 種市 洋

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • JOABPEQにおけるminimally clinical important difference(MCID)の年代別検討 国内会議

    加藤 相勲, 寺井 秀富, 並川 崇, 松村 昭, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 享暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 澤田 雄大, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Expandable Lateral Interbody Spacerを用いた側方経路椎体間固定術 国内会議

    寺井 秀富, 豊田 宏光

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Coplanar法でConcave screw densityを減らす事が出来るか? 国内会議

    友利 正樹, 森平 泰, 山田 勝崇, 野尻 英俊, 森野 忠夫, 中村 英一郎, 大谷 和之, 明田 浩司, 永井 琢哉, 豊田 宏光, 伊藤 研悠, 片柳 順也, 種市 洋

    Journal of Spine Research  2023年04月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する前後方固定と3CO骨切り術の比較 国内会議

    高橋 真治, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 藪 晋人, 澤田 雄大, 岩前 真由, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2023年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 年代別に検討した腰椎変性疾患手術例における質調整生存年(QALY) 国内会議

    加藤 相勲, 寺井 秀富, 並川 崇, 松村 昭, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2023年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 尺骨骨欠損モデルラビットにおける低温大気圧プラズマを用いた骨癒合促進効果の検討 国内会議

    嶋谷 彰芳, 豊田 宏光, 折田 久美, 呉 準席, 白藤 立, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2023年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多診療科で考える脊椎転移の治療 脊椎外科医によるがん脊椎転移のマネージメント 国内会議

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2023年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低温大気圧プラズマを用いた骨癒合促進効果の検討 国内会議

    斉藤 公亮, 豊田 宏光, 岡田 充弘, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2023年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低温大気圧プラズマを用いた難治性骨折骨癒合促進効果の検討 国内会議

    斉藤 公亮, 豊田 宏光, 岡田 充弘, 中澤 克優, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2023年03月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 既存椎体骨折を含む椎間の腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲後方除圧術の臨床成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 加藤 相勲, 寺井 秀富, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2022年10月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 診断に難渋した胸椎病的骨折の1例 国内会議

    鈴木 摩耶, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2022年10月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎低侵襲除圧術における脊椎アライメントの経時的変化と臨床成績との関連 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2022年10月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 痛み診療に役立つ医療面接の技術と薬物療法 国内会議

    豊田 宏光

    中国・四国整形外科学会雑誌  2022年10月  中国・四国整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環軸椎亜脱臼に対するMagerl-Brooks法とGoel-Harms法の臨床成績 国内会議

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2022年10月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 既存椎体骨折を含む椎間の腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲後方除圧術の臨床成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 加藤 相勲, 寺井 秀富, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2022年10月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 診断に難渋した胸椎病的骨折の1例 国内会議

    鈴木 摩耶, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2022年10月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎低侵襲除圧術における脊椎アライメントの経時的変化と臨床成績との関連 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2022年10月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 痛み診療に役立つ医療面接の技術と薬物療法 国内会議

    豊田 宏光

    中国・四国整形外科学会雑誌  2022年10月  中国・四国整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環軸椎亜脱臼に対するMagerl-Brooks法とGoel-Harms法の臨床成績 国内会議

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2022年10月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 診療参加型臨床実習における簡易版臨床能力評価(mini-CEX)の導入とその意義 国内会議

    豊田 宏光, 栩野 吉弘, 吉田 寿子, 鎌田 紀子, 並川 浩己, 福本 一夫, 幕内 安弥子, 奥山 直木, 岡田 明子, 首藤 太一

    医学教育  2022年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療面接模擬患者が身体診察を兼任したPost-CC OSCEの試み 国内会議

    幕内 安弥子, 栩野 吉弘, 奥山 直木, 福本 一夫, 並川 浩己, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 首藤 太一

    医学教育  2022年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 診療参加型臨床実習における簡易版臨床能力評価(mini-CEX)の導入とその意義 国内会議

    豊田 宏光, 栩野 吉弘, 吉田 寿子, 鎌田 紀子, 並川 浩己, 福本 一夫, 幕内 安弥子, 奥山 直木, 岡田 明子, 首藤 太一

    医学教育  2022年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療面接模擬患者が身体診察を兼任したPost-CC OSCEの試み 国内会議

    幕内 安弥子, 栩野 吉弘, 奥山 直木, 福本 一夫, 並川 浩己, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 首藤 太一

    医学教育  2022年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 黄色靱帯肥厚を伴う腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内注入療法は効果不十分となる可能性がある 国内会議

    上松 正人, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するballoon kyphoplastyと保存治療の医療費の比較 介護費とインフォーマルケア費の検討 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前の全身状態別に検討した腰椎変性疾患手術例における質調整生存年(QALY) 国内会議

    加藤 相勲, 寺井 秀富, 並川 崇, 松村 昭, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎低侵襲手術の中・長期成績と脊椎アライメントの経時的変化について 国内会議

    豊田 宏光, 山田 賢太郎, Hamidullah Salimi, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腫瘍が疑われた脊椎病変に対する経皮的針生検の診断率と最終診断に関連する因子の検討 国内会議

    岡 誠, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単純X線写真にて頸椎後縦靱帯骨化を同定するdeep learningアルゴリズムの診断能力検証 国内会議

    玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 藪 晋人, 佐々木 遼, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 黄色靱帯肥厚に関わる遺伝子の網羅的解析 黄色靱帯肥厚ウサギモデルを用いての検討 国内会議

    藪 晋人, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 堀 悠介, 折田 久美, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 今井 祐記, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者における脊椎手術後鉱質コルチコイド反応性低Na血症の発生率 国内会議

    木下 右貴, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するballoon kyphoplasty後の残存腰痛のリスク因子(Risk factors for residual back pain after balloon kyphoplasty for osteoporotic vertebral fracture) 国内会議

    Salimi Hamidullah, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Hori Yusuke, Yasuda Hiroyuki, Tsujio Tadao, Oyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Kono Hiroshi, Dohzono Sho, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyと保存治療の医療費の比較 介護費とインフォーマルケア費の検討 国内会議

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎症性脊髄症術後における身体的・心理的QOLの長期的推移 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 高橋 真治, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 認知症患者に対するBalloon Kyphoplastyの手術成績 国内会議

    堀 悠介, 高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 寺井 秀富, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎除圧術術後に発生する隣接椎間障害と定義される椎間板変性の検討 除圧術後にも隣接椎間障害は発生するのか? 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, Habibi Hasibullah, 山田 賢太郎, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎まで及ぶDISHを伴う腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲除圧術の効果 傾向スコアマッチングによる再手術のリスク 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 百町 貴彦, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 柳橋 寧, 安倍 雄一郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腫瘍が疑われた脊椎病変に対する経皮的針生検の診断率と最終診断に関連する因子の検討 国内会議

    岡 誠, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機械学習による骨粗鬆症性椎体骨折後の骨癒合不全の予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 姑息的手術を行った転移性脊椎腫瘍例における成績不良と術後早期死亡の危険因子 国内会議

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 加藤 相勳, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 地域在住高齢者における転倒と口腔機能、認知機能の関係 いきいき百歳体操参加者の調査から 国内会議

    林 知里, 豊田 宏光, 岡野 匡志

    日本衛生学雑誌  2022年03月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コンドリアーゼ椎間板内注入療法は黄色靱帯肥厚を伴う腰椎椎間板ヘルニアに対しては効果不十分となる可能性がある 国内会議

    上松 正人, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Tight Film Terminaleの臨床的特徴と脊髄終糸切断術の臨床成績 国内会議

    寺井 秀富, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 加藤 相勲, 小林 祐人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lenke type 1、2特発性側彎症における術後最終Cobb角の予測 国内会議

    寺井 秀富, 高橋 真治, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 薮 晋人, 鈴木 亨暢, 加藤 相勲, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • JOABPEQにおけるminimally clinical important difference(MCID)の検討 国内会議

    加藤 相勲, 寺井 秀富, 並川 崇, 松村 昭, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 享暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AI画像診断システムと脊椎外科医での単純X線写真を用いた頸椎後縦靱帯骨化症患者診断精度の比較 国内会議

    玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 藪 晋人, 佐々木 亮, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 黄色靱帯肥厚を伴う腰椎椎間板ヘルニアに対するコンドリアーゼ椎間板内注入療法は効果不十分となる可能性がある 国内会議

    上松 正人, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 黄色靱帯肥厚に関わる遺伝子の網羅的解析 黄色靱帯肥厚ウサギモデルを用いての検討 国内会議

    藪 晋人, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 堀 悠介, 折田 久美, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 今井 祐記, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者における脊椎手術後鉱質コルチコイド反応性低Na血症の発生率 国内会議

    木下 右貴, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するballoon kyphoplasty後の残存腰痛のリスク因子(Risk factors for residual back pain after balloon kyphoplasty for osteoporotic vertebral fracture) 国内会議

    Salimi Hamidullah, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Hori Yusuke, Yasuda Hiroyuki, Tsujio Tadao, Oyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Kono Hiroshi, Dohzono Sho, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyと保存治療の医療費の比較 介護費とインフォーマルケア費の検討 国内会議

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するballoon kyphoplastyと保存治療の医療費の比較 介護費とインフォーマルケア費の検討 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎症性脊髄症術後における身体的・心理的QOLの長期的推移 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 高橋 真治, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 認知症患者に対するBalloon Kyphoplastyの手術成績 国内会議

    堀 悠介, 高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 寺井 秀富, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前の全身状態別に検討した腰椎変性疾患手術例における質調整生存年(QALY) 国内会議

    加藤 相勲, 寺井 秀富, 並川 崇, 松村 昭, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎除圧術術後に発生する隣接椎間障害と定義される椎間板変性の検討 除圧術後にも隣接椎間障害は発生するのか? 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, Habibi Hasibullah, 山田 賢太郎, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎低侵襲手術の中・長期成績と脊椎アライメントの経時的変化について 国内会議

    豊田 宏光, 山田 賢太郎, Hamidullah Salimi, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎まで及ぶDISHを伴う腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲除圧術の効果 傾向スコアマッチングによる再手術のリスク 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 百町 貴彦, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 柳橋 寧, 安倍 雄一郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腫瘍が疑われた脊椎病変に対する経皮的針生検の診断率と最終診断に関連する因子の検討 国内会議

    岡 誠, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腫瘍が疑われた脊椎病変に対する経皮的針生検の診断率と最終診断に関連する因子の検討 国内会議

    岡 誠, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機械学習による骨粗鬆症性椎体骨折後の骨癒合不全の予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 姑息的手術を行った転移性脊椎腫瘍例における成績不良と術後早期死亡の危険因子 国内会議

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 加藤 相勳, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 地域在住高齢者における転倒と口腔機能、認知機能の関係 いきいき百歳体操参加者の調査から 国内会議

    林 知里, 豊田 宏光, 岡野 匡志

    日本衛生学雑誌  2022年03月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単純X線写真にて頸椎後縦靱帯骨化を同定するdeep learningアルゴリズムの診断能力検証 国内会議

    玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 藪 晋人, 佐々木 遼, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2022年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コンドリアーゼ椎間板内注入療法は黄色靱帯肥厚を伴う腰椎椎間板ヘルニアに対しては効果不十分となる可能性がある 国内会議

    上松 正人, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 加藤 相勲, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Tight Film Terminaleの臨床的特徴と脊髄終糸切断術の臨床成績 国内会議

    寺井 秀富, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 加藤 相勲, 小林 祐人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lenke type 1、2特発性側彎症における術後最終Cobb角の予測 国内会議

    寺井 秀富, 高橋 真治, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 薮 晋人, 鈴木 亨暢, 加藤 相勲, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AI画像診断システムと脊椎外科医での単純X線写真を用いた頸椎後縦靱帯骨化症患者診断精度の比較 国内会議

    玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 藪 晋人, 佐々木 亮, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2022年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • いきいき百歳体操への参加は,フレイルへの移行を遅らせる 後ろ向きコホート研究 国内会議

    林 知里, 豊田 宏光, 尾形 宗士郎, 岡野 匡志, 畑山 浩志, 増野 園惠

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌  2021年10月  (一社)日本サルコペニア・フレイル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • いきいき百歳体操への参加は,フレイルへの移行を遅らせる 後ろ向きコホート研究 国内会議

    林 知里, 豊田 宏光, 尾形 宗士郎, 岡野 匡志, 畑山 浩志, 増野 園惠

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌  2021年10月  (一社)日本サルコペニア・フレイル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の治癒過程における傍脊柱筋の影響 多施設共同前向きコホート研究 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 大山 翔一朗, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本骨粗鬆症学会雑誌  2021年09月  (一社)日本骨粗鬆症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 次世代シーケンサーを用いた黄色靱帯肥厚に関わる遺伝子の網羅的解析 黄色靱帯肥厚ウサギモデルを用いての検討 国内会議

    藪 晋人, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 堀 悠介, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司

    日本整形外科学会雑誌  2021年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オンラインを活用した模擬患者参加型コミュニケーション実習 国内会議

    幕内 安弥子, 栩野 吉弘, 奥山 直木, 福本 一夫, 並川 浩己, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 首藤 太一

    医学教育  2021年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 診療参加型臨床実習におけるOSCEの導入とその意義について 国内会議

    豊田 宏光, 栩野 吉弘, 吉田 寿子, 鎌田 紀子, 並川 浩己, 福本 一夫, 幕内 安弥子, 岡田 明子, 首藤 太一

    医学教育  2021年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外来型クリニカルクラークシップの導入と効果 国内会議

    福本 一夫, 豊田 宏光, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 首藤 太一

    医学教育  2021年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者における脊椎術後低ナトリウム血症の発生率と危険因子 国内会議

    木下 右貴, 玉井 孝司, 岡 誠, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工知能技術を用いた画像診断システムによる単純X線写真での頸椎後縦靱帯骨化症患者診断能力の検証 国内会議

    玉井 孝司, 星野 雅俊, 藪 晋人, 佐々木 亮, 田淵 仁志, 今西 勁峰, 升本 浩紀, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システムの開発 MR画像における新旧椎体骨折の分類 国内会議

    藪 晋人, 星野 雅俊, 高橋 真治, 田淵 仁志, 升本 浩紀, 今西 勁峰, 前野 考史, 岩前 真由, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 堀 悠介, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の予後予測システムの開発 MR画像を用いた遷延癒合予測 国内会議

    藪 晋人, 星野 雅俊, 高橋 真治, 田淵 仁志, 升本 浩紀, 今西 勁峰, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 堀 悠介, 猪瀬 弘之, 大川 淳, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下位腰椎の骨粗鬆症性椎体骨折に対する椎体置換術の臨床成績 胸腰移行部との比較 国内会議

    寺井 秀富, 高橋 真治, 玉井 孝司, 松村 昭, 前野 考史, 安田 宏之, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 小西 定彦, 河野 浩, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下位腰椎における骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyの治療効果 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 玉井 孝司, 堂園 将, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クラスター解析を用いた高齢者脊椎術後低ナトリウム血症の分類と特徴 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 木下 右貴, 岡 誠, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Trans Articular Surface Screw(TASS)を用いた低侵襲L5/S椎体間固定 国内会議

    寺井 秀富, 玉井 孝司, 岩前 真由, 馬野 雅之, 高橋 真治, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CTにおけるFacet-joint Openingは腰部脊柱管狭窄症に対する低侵襲除圧術の術後成績に影響する 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CTにおけるFacet-joint OpeningとMRIにおけるFacet-joint Effusionの関係 腰椎変性疾患に対する低侵襲手術症例における検討 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Cluster解析を用いた脊柱矢状面アライメントの分類 脊椎外来患者1,378例での検討 国内会議

    堀 悠介, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 稲毛 一秀, 折田 純久, 宮城 正行, 井上 玄, 大鳥 精司, 高相 晶士, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2021年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 体幹筋量低下が腰痛,腰椎機能,脊柱後彎,QOLに及ぼす影響 多施設縦断研究からの報告 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 宮城 正行, 稲毛 一秀, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 辻尾 唯雄, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 折田 純久, 井上 玄, 大鳥 精司, 高相 晶士, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 力学的負荷は経時的に黄色靱帯の肥厚・変性を引き起こす ウサギ隣接椎間固定長期モデルを用いての検討 国内会議

    堀 悠介, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 大山 翔一朗, 藪 晋人, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪府下におけるモアレ法による側彎症検診と二次検診の結果分析 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 高橋 真治, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期特発性側彎症における凸側でのRod Rotation Maneuver(RRM)と矯正率,椎体回旋角度の関係 国内会議

    高橋 真治, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎疾患を伴う高齢患者における低栄養状態と患者QOL 国内会議

    岡 誠, 玉井 孝司, 木下 右貴, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎術後に発生した鉱質コルチコイド反応性低ナトリウム血症の5例 国内会議

    木下 右貴, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2021年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎まで及ぶDISHを伴う腰部脊柱管狭窄症に対して低侵襲除圧術は有効か? 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎低侵襲除圧術が脊椎アライメントに及ぼす影響 脊椎アライメントの推移と臨床成績との関連 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, Salimi Hamidullah, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側除圧術の術後5年成績 クラスター解析を用いた術後遺残症状の分類と推移の検討 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績と成績不良に関与する因子 国内会議

    鈴木 亨暢, 岡村 悠貴, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重度の脊柱管狭窄位での高度椎間板変性は、頸椎性脊髄症患者に対する椎弓形成術の手術成績に良い影響を与える(The severe disc degeneration at the level of severe spinal stenosis may have positive effect on the surgical outcomes of laminoplasty for the patients with cervical spondylotic myelopathy) 国内会議

    Habibi Hasibullah, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Ahmadi Sayed Abdullah, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチにおける腰椎すべり側彎の新規発生の危険因子とその影響 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 藪 晋人, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチ患者における腰痛悪化の危険因子とその影響 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 藪 晋人, 堀 悠介, 豊田 宏光, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎症性脊髄症術後における身体側面・心理側面的QOLの経時的変化 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折における傍脊柱筋の経時的変化と筋減少に関連する因子 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 河野 浩, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2021年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するballoon kyphoplastyの効果は術後2年以降も維持されるか? 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2021年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性脊椎骨折へのballoon kyphoplasty後に残存する腰痛のリスク因子(Risk factors for residual back pain after balloon kyphoplasty in osteoporotic vertebral fracture) 国内会議

    Hamidullah Salimi, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Hori Yusuke, Yasuda Hiroyuki, Tsujio Tadao, Oyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Kono Hiroshi, Dohzono Sho, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2021年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における静脈血栓塞栓症予防の取り組み 予防評価票と医師指示におけるPDCAサイクル 国内会議

    北村 孝一, 仲谷 薫, 藤長 久美子, 中村 和徳, 岡本 綾子, 清水 由紀, 豊田 宏光, 田中 克明, 大平 雅一, 山口 悦子

    医療の質・安全学会誌  2020年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クラスター解析を用いた脊柱矢状面アライメントの分類 脊椎外来患者1,378例での検討 国内会議

    堀 悠介, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 鈴木 亨暢, 稲毛 一秀, 宮城 正行, 大鳥 精司, 高相 晶士, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年09月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 分解性高分子を配合した生体内で多孔化する骨置換型リン酸カルシウムセメントの開発 国内会議

    嶋谷 彰芳, 豊田 宏光, 折田 久美, 横川 善之, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年09月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学病院における初期研修医に対する一般外来研修プログラムの現状と効果 国内会議

    福本 一夫, 豊田 宏光, 河南 裕介, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    医学教育  2020年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪市立大学における臨床実習中OSCEの導入とその意義 国内会議

    豊田 宏光, 竹本 恭彦, 栩野 吉弘, 鎌田 紀子, 並川 浩己, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 吉田 寿子, 岡田 明子, 首藤 太一

    医学教育  2020年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来患者におけるむずむず脚症候群の有病率 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2020年04月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CTにおけるfacet openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2020年04月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後首下がり症候群に対する頸胸椎前方後方同時固定術後に再度ミエロパチーをきたした1例 国内会議

    小林 祐人, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2020年04月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳室腹腔シャントの過剰ドレナージにより頸髄症を引き起こした一例 国内会議

    中庭 和敬, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2020年04月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 静脈血栓塞栓症予防における空気圧式マッサージ器の患者への使用状況調査と運用変更 国内会議

    北村 孝一, 仲谷 薫, 藤長 久美子, 松尾 光則, 中村 和徳, 岡本 綾子, 島本 千秋, 豊田 宏光, 大平 雅一, 山口 悦子

    日本臨床工学技士会会誌  2020年04月  (公社)日本臨床工学技士会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Balloon Kyphoplasty術後2年時の脊柱インバランスは臨床成績に影響するか? 国内会議

    岩前 真由, 星野 雅俊, 高橋 真治, 堀 悠介, 安田 宏之, 寺井 秀富, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • すべりを有する腰部脊柱管狭窄症椎間に対する低侵襲後方除圧術の5年成績 国内会議

    小林 祐人, 玉井 孝司, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • すべりを有する腰部脊柱管狭窄症椎間に対する低侵襲後方除圧術の5年成績 国内会議

    小林 祐人, 玉井 孝司, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CTにおけるfacet openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者脊柱アライメントへの骨粗鬆症性椎体骨折の影響 脊椎疾患大規模横断研究による解析 国内会議

    藪 晋人, 星野 雅俊, 堀 悠介, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 堂園 将, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyの効果は術後2年以降も維持されるか? 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 岩前 真由, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折における傍脊柱筋の経時的変化とその減少に関連する因子 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 笹岡 隆一, 高山 和士, 兼松 文昭, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折が高齢者脊柱バランスと症状に及ぼす影響 脊椎疾患大規模横断研究による解析 国内会議

    藪 晋人, 星野 雅俊, 堀 悠介, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 堂園 将, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 加藤 相勲, 松村 昭, 並川 崇, 関 昌彦, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸部傍脊柱筋量・筋変性と頸椎バランス及び頸椎変性所見との関連性 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチ患者における頸部痛とその危険因子 国内会議

    鈴木 亨暢, 藪 晋人, 山田 賢太郎, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチ患者における頸椎病変の発生関連因子 国内会議

    藪 晋人, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊髄障害を有する頸胸椎脊髄髄外腫瘍の手術成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡視下腰椎除圧術後2年時のMental Component Summaryに影響を与える術前因子は何か? 国内会議

    柳井 亮介, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 小林 祐人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡下腰椎除圧術後2年時の心理的側面QOLに影響を与える術前因子は何か 国内会議

    柳井 亮介, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 堀 悠介, 小林 祐人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 体幹筋量は椎体骨折の有無にかかわらず腰痛と脊柱バランスに関連する 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 堂園 将, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 加藤 相勲, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不安神経症の併存は脊髄刺激療法後の再手術率に影響を与えない 米国保険データ11,029症例の解析 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不安定性を有する腰椎変性辷り症に対する低侵襲手術成績の比較 MEL vs LLIF 国内会議

    藪 晋人, 豊田 宏光, 林 和憲, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クラスター解析を用いた脊柱矢状面アライメントの分類 脊椎外来患者1,378例での検討 国内会議

    堀 悠介, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 堂園 将, 稲毛 一秀, 折田 純久, 宮城 正行, 井上 玄, 大鳥 精司, 高相 晶士, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lumbar indentation valueおよびGoutallier分類を用いた腰部傍脊柱筋定性・定量評価方法の有用性検討 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lumbar indentation value、及び、Goutallier分類を用いた腰部傍脊柱筋定性・定量評価方法の有用性検討 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎症性脊髄症術後における心理的側面QOLの改善とその術前予測因子 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎症性脊髄症術後における心理的側面QOLの改善とその術前予測因子 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2020年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡とナビゲーションを併用し低侵襲に治療しえたC2動脈瘤様骨瘤腫の1例 国内会議

    河合 秀幸, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2019年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Balloon Kyphoplasty後隣接椎体骨折の臨床的意義とその予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 安田 宏之, 中村 博亮

    日本骨粗鬆症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本骨粗鬆症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折コホート研究による長期予後不良に影響を与える因子の解明 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 並川 崇, 加藤 相勲, 松村 昭, 中村 博亮

    日本骨粗鬆症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本骨粗鬆症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症の痛みについて(骨粗鬆症をとりまく痛みを考える〜基礎・臨床知見の融合) 骨粗鬆症椎体骨折の自然経過と手術治療 痛みを中心に 国内会議

    星野 雅俊, 高橋 真治, 豊田 宏光, 中村 博亮

    日本骨粗鬆症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本骨粗鬆症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 力学的負荷は経時的に黄色靱帯の肥厚・変性を引き起こす ウサギ隣接椎間固定長期モデルを用いての検討 国内会議

    堀 悠介, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年09月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 手術検討中の腰椎椎間板ヘルニア患者に対するヘルニコアの短期成績 国内会議

    小林 祐人, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2019年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡とナビゲーションを併用し低侵襲に治療しえたC2動脈瘤様骨瘤腫の1例 国内会議

    河合 秀幸, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2019年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 手術検討中の腰椎椎間板ヘルニア患者に対するヘルニコアの短期成績 国内会議

    小林 祐人, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 笹岡 隆一, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2019年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 力学的負荷は経時的に黄色靱帯の肥厚・変性を引き起こす ウサギ隣接椎間固定長期モデルを用いての検討 国内会議

    堀 悠介, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 藪 晋人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年09月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 本学スキルスシミュレーションセンター(SCC)活用の工夫 国内会議

    首藤 太一, 栩野 吉弘, 奥 幸子, 吉川 有葵, 高岡 奈緒美, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 森村 美奈, 竹本 恭彦

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌  2019年08月  日本シミュレーション医療教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders 国際会議

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    International Society for the Study of the Lumbar Spine  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Clinical Impact of Sarcopenia for the Outcomes of Minimally Invasive Lumbar Decompression Surgery 国際会議

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    International Society for the Study of the Lumbar Spine  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Clinical Impact of Sarcopenia for the Outcomes of Minimally Invasive Lumbar Decompression Surgery 国内会議

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    International Society for the Study of the Lumbar Spine  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders 国内会議

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    International Society for the Study of the Lumbar Spine  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Klebsiella pneumoniae菌血症の30日後死亡予測因子の解析 遺伝子学的特徴も含めて 国内会議

    並川 浩己, 杉本 和宏, 松丸 直裕, 榮山 新, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山内 健, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 山田 康一, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 金子 幸弘, 掛屋 弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2019年05月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科に受診した抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の1例 国内会議

    福本 一夫, 竹本 恭彦, 山内 健, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2019年05月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 仙骨部くも膜嚢腫に腰椎椎間板ヘルニアを合併し鑑別を要した1例 国内会議

    木下 右貴, 鈴木 亨暢, 飯尾 亮介, 岩前 真由, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2019年05月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メッケル憩室の魚骨穿通による肝膿瘍の一例 国内会議

    奥山 直木, 鎌田 紀子, 山内 健, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2019年05月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Klebsiella pneumoniae菌血症の30日後死亡予測因子の解析 遺伝子学的特徴も含めて 国内会議

    並川 浩己, 杉本 和宏, 松丸 直裕, 榮山 新, 仁木 誠, 仁木 満美子, 山内 健, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 山田 康一, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 金子 幸弘, 掛屋 弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2019年05月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科に受診した抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の1例 国内会議

    福本 一夫, 竹本 恭彦, 山内 健, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2019年05月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 仙骨部くも膜嚢腫に腰椎椎間板ヘルニアを合併し鑑別を要した1例 国内会議

    木下 右貴, 鈴木 亨暢, 飯尾 亮介, 岩前 真由, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2019年05月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メッケル憩室の魚骨穿通による肝膿瘍の一例 国内会議

    奥山 直木, 鎌田 紀子, 山内 健, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2019年05月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経根近傍でのバイポーラ焼灼止血時に注意すべきポイント 家兎を用いた実験的研究の結果より 国内会議

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 玉井 孝司, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療法の標準化 骨粗鬆症性椎体骨折に対する外科的治療戦略 国内会議

    寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 山田 賢太郎, 玉井 孝司, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する前後方同時固定術は局所後彎は改善させるがSVAは改善させない 国内会議

    寺井 秀富, 高橋 真治, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 大山 翔一郎, 堀 悠介, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折におけるBalloon Kyphoplasty Failureの画像学的特徴 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 堂園 将, 兼松 文昭, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性の脊椎骨折に及ぼすPVMの影響 多施設共同コホート研究(Impact of the PVM on Osteoporotic Vertebral Fracture: a multicenter cohort study) 国内会議

    Habibi Hasibullah, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki, Sasaoka Ryuichi, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Takayama Kazushi

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸部前後屈時におけるT1椎体動作の評価 荷重下動態MRI解析 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, Buser Zorica, Wang Jeffrey, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸部前後屈時におけるT1椎体動作の評価 荷重下前後屈MRI解析 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 岩前 真由, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸胸椎脊髄髄外腫瘍による脊髄症の手術成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, 加藤 相勲, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎間板変性の重症度は頸椎症性脊髄症患者に対する椎弓形成術後の改善に影響を及ぼさない(The Severity of Cervical Disc Degeneration does not impact on the improvement after Laminoplasty for the patient with Cervical Spondylotic Myelopathy) 国内会議

    Habibi Hasibullah, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Ahmadi Sayed Abdullah, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後にJOAスコアのMCIDを獲得出来ない頸椎症性脊髄症患者の術前予測因子は何か? 傾向スコアマッチング解析 国内会議

    藪 晋人, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 林 和憲, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後2年時の上肢しびれに関連する術前因子は何か? 国内会議

    岩前 真由, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後2年時の上肢しびれに関連する術前因子は何か 国内会議

    岩前 真由, 玉井 孝司, 鈴木 亨輔, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後2年時のPhysical Component Summaryに影響を与える術前因子は何か? 国内会議

    岩前 真由, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後2年時のphysical component summaryに影響を与える術前因子は何か 国内会議

    岩前 真由, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎バランス不良患者の荷重下動態MRIにおける特徴 1806例の傾向スコアマッチング解析 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, Buser Zorica, Wang Jeffrey, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチにおける腰椎病変の新規発生の危険因子 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 荷重位MRI解析による頸椎バランス不良患者の画像的特徴 1500症例を用いたpropensity score matching study 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 岩前 真由, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰痛の大規模疫学研究 都市圏高齢者運動器コホート研究(Shiraniwa Study)からみた高齢者腰痛の特徴 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 堀 悠介, 辻尾 唯雄, 小竹 志郎, 小林 章郎, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎椎間孔狭窄診断において3D-MRI精査を要する症例の特徴 単純X線と症状から 国内会議

    山田 賢太郎, 星野 雅俊, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎椎間孔狭窄症の診断において従来型MRI検査は3D-MRIを代替可能か(Can the conventional MRI substitute for the 3D-MRI to diagnose lumbar foraminal stenosis?) 国内会議

    Maruf Mohammad Hasib, Yamada Kentaro, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Takahashi Shinji, Suzaki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環軸椎亜脱臼に対する上位頸椎固定術の手術成績 固定法により違いはあるか 国内会議

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中心静脈カテーテル留置は頸椎術後創部感染の独立した危険因子である 39,893症例の後向きコホート研究 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, Buser Zorica, Wang Jeffrey, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • サルコペニアは予後不良因子を有する骨粗鬆症性椎体骨折に対する早期BKP治療成績に影響を与えるか 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 堂園 将, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparison of minimally invasive decompression and combined minimally invasive decompression and fusion in patients with degenerative spondylolisthesis with instability(和訳中) 国内会議

    Hayashi Kazunori, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • C7の傾斜角はT1の傾斜角を代替できるのか 頸椎のX線画像と荷重負荷MRIsを用いた分析(Can C7 slope substitute the T1 slope? An analysis using cervical radiographs and weight-bearing MRIs) 国内会議

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Buser Zorica, Wang Jeffrey C., Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BKPの手術成績に対するびまん性特発性骨増殖症(DISH)の影響 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 堂園 将, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BKPの手術成績に対するびまん性特発性骨増殖症(DISH)の影響 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 笹岡 隆一, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Balloon Kyphoplasty後隣接椎体骨折の臨床的意義とその予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 堂園 将, 兼松 文昭, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Balloon kyphoplasty後隣接椎体骨折の臨床的意義とその予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 堀 悠介, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クラスター解析を用いた腰部脊柱管狭窄症術後遺残症状の分類と予後因子に関する検討 国内会議

    豊田 宏光, 山田 賢太郎, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 享暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 林 和憲, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎脊髄疾患診療における費用対効果について 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBKPの費用対効果 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 笹岡 隆一, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Balloon Kyphoplasty後隣接椎体骨折の臨床的意義とその予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 堂園 将, 兼松 文昭, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療法の標準化 骨粗鬆症性椎体骨折に対する外科的治療戦略 国内会議

    寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 山田 賢太郎, 玉井 孝司, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する前後方同時固定術は局所後彎は改善させるがSVAは改善させない 国内会議

    寺井 秀富, 高橋 真治, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 大山 翔一郎, 堀 悠介, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折におけるBalloon Kyphoplasty Failureの画像学的特徴 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 堂園 将, 兼松 文昭, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性の脊椎骨折に及ぼすPVMの影響 多施設共同コホート研究(Impact of the PVM on Osteoporotic Vertebral Fracture: a multicenter cohort study) 国内会議

    Habibi Hasibullah, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki, Sasaoka Ryuichi, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Takayama Kazushi

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸部前後屈時におけるT1椎体動作の評価 荷重下動態MRI解析 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, Buser Zorica, Wang Jeffrey, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸部前後屈時におけるT1椎体動作の評価 荷重下前後屈MRI解析 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 岩前 真由, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸胸椎脊髄髄外腫瘍による脊髄症の手術成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, 加藤 相勲, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎間板変性の重症度は頸椎症性脊髄症患者に対する椎弓形成術後の改善に影響を及ぼさない(The Severity of Cervical Disc Degeneration does not impact on the improvement after Laminoplasty for the patient with Cervical Spondylotic Myelopathy) 国内会議

    Habibi Hasibullah, Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Ahmadi Sayed Abdullah, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後にJOAスコアのMCIDを獲得出来ない頸椎症性脊髄症患者の術前予測因子は何か? 傾向スコアマッチング解析 国内会議

    藪 晋人, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 林 和憲, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後2年時の上肢しびれに関連する術前因子は何か? 国内会議

    岩前 真由, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後2年時の上肢しびれに関連する術前因子は何か 国内会議

    岩前 真由, 玉井 孝司, 鈴木 亨輔, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後2年時のPhysical Component Summaryに影響を与える術前因子は何か? 国内会議

    岩前 真由, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎弓形成術後2年時のphysical component summaryに影響を与える術前因子は何か 国内会議

    岩前 真由, 玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎バランス不良患者の荷重下動態MRIにおける特徴 1806例の傾向スコアマッチング解析 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, Buser Zorica, Wang Jeffrey, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチにおける腰椎病変の新規発生の危険因子 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 荷重位MRI解析による頸椎バランス不良患者の画像的特徴 1500症例を用いたpropensity score matching study 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 岩前 真由, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰痛の大規模疫学研究 都市圏高齢者運動器コホート研究(Shiraniwa Study)からみた高齢者腰痛の特徴 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 堀 悠介, 辻尾 唯雄, 小竹 志郎, 小林 章郎, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎椎間孔狭窄診断において3D-MRI精査を要する症例の特徴 単純X線と症状から 国内会議

    山田 賢太郎, 星野 雅俊, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎椎間孔狭窄症の診断において従来型MRI検査は3D-MRIを代替可能か(Can the conventional MRI substitute for the 3D-MRI to diagnose lumbar foraminal stenosis?) 国内会議

    Maruf Mohammad Hasib, Yamada Kentaro, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Takahashi Shinji, Suzaki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子 国内会議

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎脊髄疾患診療における費用対効果について 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBKPの費用対効果 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 笹岡 隆一, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経根近傍でのバイポーラ焼灼止血時に注意すべきポイント 家兎を用いた実験的研究の結果より 国内会議

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 玉井 孝司, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環軸椎亜脱臼に対する上位頸椎固定術の手術成績 固定法により違いはあるか 国内会議

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中心静脈カテーテル留置は頸椎術後創部感染の独立した危険因子である 39,893症例の後向きコホート研究 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 堀 悠介, Buser Zorica, Wang Jeffrey, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • サルコペニアは予後不良因子を有する骨粗鬆症性椎体骨折に対する早期BKP治療成績に影響を与えるか 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 堂園 将, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クラスター解析を用いた腰部脊柱管狭窄症術後遺残症状の分類と予後因子に関する検討 国内会議

    豊田 宏光, 山田 賢太郎, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 享暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 林 和憲, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparison of minimally invasive decompression and combined minimally invasive decompression and fusion in patients with degenerative spondylolisthesis with instability(和訳中) 国内会議

    Hayashi Kazunori, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • C7の傾斜角はT1の傾斜角を代替できるのか 頸椎のX線画像と荷重負荷MRIsを用いた分析(Can C7 slope substitute the T1 slope? An analysis using cervical radiographs and weight-bearing MRIs) 国内会議

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Buser Zorica, Wang Jeffrey C, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BKPの手術成績に対するびまん性特発性骨増殖症(DISH)の影響 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 堂園 将, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BKPの手術成績に対するびまん性特発性骨増殖症(DISH)の影響 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 笹岡 隆一, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2019年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Balloon kyphoplasty後隣接椎体骨折の臨床的意義とその予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 堀 悠介, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不安定状態を伴う変性脊椎すべり症の患者における低侵襲除圧術と低侵襲除圧固定術の比較(Comparison of minimally invasive decompression and combined minimally invasive decompression and fusion in patients with degenerative spondylolisthesis with instability) 国内会議

    Hayashi Kazunori, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不安定状態を伴う変性脊椎すべり症の患者における低侵襲除圧術と低侵襲除圧固定術の比較(Comparison of minimally invasive decompression and combined minimally invasive decompression and fusion in patients with degenerative spondylolisthesis with instability) 国内会議

    Hayashi Kazunori, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    日本整形外科学会雑誌  2019年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • hypermucoviscous Klebsiella pneumoniaeによる菌血症の臨床的特徴と予測因子の解析 国内会議

    並川 浩己, 榮山 新, 山内 健, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 老沼 研一, 山田 康一, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 金子 幸弘, 掛屋 弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年11月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • hypermucoviscous Klebsiella pneumoniaeによる菌血症の臨床的特徴と予測因子の解析 国内会議

    並川 浩己, 榮山 新, 山内 健, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 老沼 研一, 山田 康一, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 金子 幸弘, 掛屋 弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年11月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 静脈血栓塞栓症予防における空気圧式マッサージ器の稼働率調査と運用変更 国内会議

    北村 孝一, 山口 悦子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 清水 由紀, 仲谷 薫, 稲崎 水奈子, 豊田 宏光, 大平 雅一, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2018年10月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 静脈血栓塞栓症予防における空気圧式マッサージ器の稼働率調査と運用変更 国内会議

    北村 孝一, 山口 悦子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 清水 由紀, 仲谷 薫, 稲崎 水奈子, 豊田 宏光, 大平 雅一, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2018年10月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 側彎症術後、遅発性に自然気胸を生じた2症例 国内会議

    寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎椎間孔狭窄の診断に通常MRIは3D-MRIの代用となりえるか? 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 側彎症術後、遅発性に自然気胸を生じた2症例 国内会議

    寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎椎間孔狭窄の診断に通常MRIは3D-MRIの代用となりえるか? 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年09月  (一社)中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績 Matched case control study 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    北海道整形災害外科学会雑誌  2018年08月  北海道整形災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績 Matched case control study 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    北海道整形災害外科学会雑誌  2018年08月  北海道整形災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Extended-spectrum β-lactamase産生菌菌血症による院内死亡の予測因子の検討 国内会議

    並川 浩己, 河南 裕介, 奥山 直木, 長瀬 浩海, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 山田 康一, 藤本 寛樹, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 掛屋 弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複雑性尿路感染症を呈した、直腸周囲膿瘍からの直腸膀胱瘻の一例 国内会議

    衣畑 成紀, 栩野 吉弘, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 臨床実習後客観的臨床能力試験での医学生評価における教員と模擬患者の一致と相違 国内会議

    幕内 安弥子, 竹本 恭彦, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 鎌田 紀子, 豊田 宏光, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    医学教育  2018年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹部偽性ヘルニアの一例 国内会議

    幕内 安弥子, 栩野 吉弘, 河南 裕介, 奥山 直木, 長瀬 浩海, 福本 一夫, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腸間膜リンパ節腫大を契機に発見された、粟粒結核の一例 国内会議

    長瀬 浩海, 衣畑 成紀, 河南 裕介, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 知っておきたい腰痛診療の新常識 国内会議

    豊田 宏光

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 初期臨床研修医に対するアウトカム基盤型教育の好影響 国内会議

    衣畑 成紀, 竹本 恭彦, 奥山 直木, 長瀬 浩海, 河南 裕介, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    医学教育  2018年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Extended-spectrum β-lactamase産生菌菌血症による院内死亡の予測因子の検討 国内会議

    並川 浩己, 河南 裕介, 奥山 直木, 長瀬 浩海, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 山田 康一, 藤本 寛樹, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 掛屋 弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複雑性尿路感染症を呈した、直腸周囲膿瘍からの直腸膀胱瘻の一例 国内会議

    衣畑 成紀, 栩野 吉弘, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腸間膜リンパ節腫大を契機に発見された、粟粒結核の一例 国内会議

    長瀬 浩海, 衣畑 成紀, 河南 裕介, 奥山 直木, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 知っておきたい腰痛診療の新常識 国内会議

    豊田 宏光

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2018年06月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    鈴木 亨暢, 堀 悠介, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2018年06月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術中CTとnavigationにより小侵襲に切除可能であったosteoid osteomaの1例 国内会議

    津本 柊子, 鈴木 亨暢, 藪 晋人, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年05月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Balloon kyphoplasty後隣接椎体骨折の検討 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2018年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者脊柱後彎症において骨粗鬆症性椎体骨折が存在する割合とその特徴について 国内会議

    藪 晋人, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 辻尾 唯雄, 関 昌彦, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2018年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対する固定術の侵襲と治療成績(前方アプローチVS後方アプローチ) 国内会議

    寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 山田 賢太郎, 玉井 孝司, 林 和憲, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対しX-coreを用いた椎体置換術施行後に生じる隣接椎骨折に関する検討 国内会議

    寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年03月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆性椎体骨折の直後に何が起きようとしているのか(What's it gonna be? Immediately after osteoporotic vertebral fracture) 国内会議

    Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎椎間板変性症は患者のHRQOL(健康関連QOL)に影響を及ぼすか(Does the cervical disc degeneration impact on the patient's HRQOL(Health Related Quality of Life)?) 国内会議

    Habibi Hasibullah, Tamai Koji, Yabu Akito, Ahmadi Sayed Abdullah, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 荷重位MRI解析による頸椎バランス不良患者の画像的特徴 1500症例を用いたPropensity score matching study 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, Bucer Zorica, Wang Jeffrey C., 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎疾患治療の費用対効果 BKPの費用対効果の評価 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 笹岡 隆一, 高山 和士, 兼松 文昭, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来患者におけるむずむず脚症候群の有病率調査 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 享暢, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 玉井 孝司, 林 和憲, 大山 翔一郎, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環軸椎亜脱臼に対する上位頸椎固定術の手術成績 固定法により違いはあるか? 国内会議

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 予後不良因子を有する骨粗鬆症性新鮮椎体骨折に対する早期BKP介入は、サルコペニアの有無によらず有効である 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 堀 悠介, 豊田 宏光, 堂園 将, 笹岡 隆一, 兼松 文昭, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不安定性を有する腰椎変性辷り症に対する低侵襲手術成績の比較 CBT-PLIF vs MEL 国内会議

    林 和憲, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒトの死体の胸椎における黄色靱帯の解剖学的研究(Anatomical study of ligamentum flavum in humans cadaveric thoracic spine) 国内会議

    Ahmdi Sayed Abdullah, Terai Hidetomi, Akhgar Jawid, Rahmani Suhrab, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    日本整形外科学会雑誌  2018年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績は非RAより劣っているか? 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年03月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OVF後の腰痛スコアのMRIシグナル変化を用いた予測 多施設共同前向きコホート研究(Prediction of back pain score after OVF by using MRI signal change: multicenter prospective cohort study) 国内会議

    Ahmadi Sayed Abdullah, Takahashi Shinji, Rahmani Sohrab, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hayashi Kazunori, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • JOACMEQに関連する頸椎頭蓋バランス因子は何か? 国内会議

    藪 晋人, 玉井 孝司, Ahmadi Sayed Abdullah, Habibi Hasibullah, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 林 和憲, 堀 悠介, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BKPのセメント注入形状による手術成績への影響 一塊を目指すべきか 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 林 和憲, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 堂園 将, 笹岡 隆一, 兼松 文昭, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BKPのセメント注入形状による手術成績への影響 一塊を目指すべきか 国内会議

    堀 悠介, 星野 雅俊, 高橋 真治, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 堂園 将, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2018年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Balloon Kyphoplasty後隣接椎体骨折の臨床的意義と危険因子 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 河野 浩, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 堂園 将, 兼松 文昭, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • JOACMEQに関連する頸椎頭蓋バランス因子は何か? 国内会議

    藪 晋人, 玉井 孝司, Ahmadi Sayed Abdullah, Habibi Hasibullah, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 林 和憲, 堀 悠介, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者脊柱後彎症において骨粗鬆症性椎体骨折が存在する割合とその特徴について 国内会議

    藪 晋人, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 辻尾 唯雄, 関 昌彦, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2018年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 荷重位MRI解析による頸椎バランス不良患者の画像的特徴 1500症例を用いたPropensity score matching study 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, Bucer Zorica, Wang Jeffrey C, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎疾患治療の費用対効果 BKPの費用対効果の評価 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 安田 宏之, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 河野 浩, 笹岡 隆一, 高山 和士, 兼松 文昭, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来患者におけるむずむず脚症候群の有病率調査 国内会議

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 鈴木 享暢, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 玉井 孝司, 林 和憲, 大山 翔一郎, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環軸椎亜脱臼に対する上位頸椎固定術の手術成績 固定法により違いはあるか? 国内会議

    鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, 藪 晋人, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒトの死体の胸椎における黄色靱帯の解剖学的研究(Anatomical study of ligamentum flavum in humans cadaveric thoracic spine) 国内会議

    Ahmdi Sayed Abdullah, Terai Hidetomi, Akhgar Jawid, Rahmani Suhrab, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Nakamura Hiroaki

    日本整形外科学会雑誌  2018年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績は非RAより劣っているか? 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2018年03月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OVF後の腰痛スコアのMRIシグナル変化を用いた予測 多施設共同前向きコホート研究(Prediction of back pain score after OVF by using MRI signal change: multicenter prospective cohort study) 国内会議

    Ahmadi Sayed Abdullah, Takahashi Shinji, Rahmani Sohrab, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hayashi Kazunori, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2018年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両手指関節痛と浮腫が血糖コントロールにより改善した一例 国内会議

    河南 裕介, 衣畑 成紀, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一, 福本 一夫, 林 礼行

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年01月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した血管内大細胞型B細胞リンパ腫の4例 国内会議

    福本 一夫, 竹本 恭彦, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 朴 勤植, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年01月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 左上肢挙上困難を主訴に来院した神経痛性筋萎縮症の一例 国内会議

    衣畑 成紀, 豊田 宏光, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年01月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医学科5年生の臨床実習における救急外来シミュレーションの実践 国内会議

    小林 正宜, 栩野 吉弘, 竹重 友美, 奥 幸子, 河南 裕介, 奥山 直木, 長瀬 浩海, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年01月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両手指関節痛と浮腫が血糖コントロールにより改善した一例 国内会議

    河南 裕介, 衣畑 成紀, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一, 福本 一夫, 林 礼行

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年01月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した血管内大細胞型B細胞リンパ腫の4例 国内会議

    福本 一夫, 竹本 恭彦, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 朴 勤植, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年01月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 左上肢挙上困難を主訴に来院した神経痛性筋萎縮症の一例 国内会議

    衣畑 成紀, 豊田 宏光, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年01月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医学科5年生の臨床実習における救急外来シミュレーションの実践 国内会議

    小林 正宜, 栩野 吉弘, 竹重 友美, 奥 幸子, 河南 裕介, 奥山 直木, 長瀬 浩海, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2018年01月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性期における経時的MRIを用いた骨粗鬆症性椎体骨折後遷延治癒の予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 高山 和士, 井関 一道, 笹岡 隆一, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 佐々木 健陽, 兼松 文昭, 河野 浩, 豊田 宏光, 中村 博亮

    大阪市医学会雑誌  2017年12月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性期における経時的MRIを用いた骨粗鬆症性椎体骨折後遷延治癒の予測 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 高山 和士, 井関 一道, 笹岡 隆一, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 佐々木 健陽, 兼松 文昭, 河野 浩, 豊田 宏光, 中村 博亮

    大阪市医学会雑誌  2017年12月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来患者における体幹筋量・背筋力とサルコペニアとの関連 国内会議

    豊田宏光、星野雅俊、大山翔一郎、寺井秀富、鈴木亨暢、山田賢太郎、高橋真治、林和憲、玉井孝司、堀悠介、中村博亮

    第25回日本腰痛学会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来患者における体幹筋量・背筋力とサルコペニアとの関連 国内会議

    豊田宏光, 星野雅俊, 大山翔一郎, 寺井秀富, 鈴木亨暢, 山田賢太郎, 高橋真治, 林和憲, 玉井孝司, 堀悠介, 中村博亮

    第25回日本腰痛学会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の自然経過からみた治療戦略 国内会議

    豊田宏光

    第7回中四国MISt研究会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の自然経過からみた治療戦略 国内会議

    豊田宏光

    第7回中四国MISt研究会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外来通院患者におけるサルコペニア有病率 地域住民高齢者との比較研究 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 小竹 志郎, 辻尾 唯雄, 小林 章郎, 中村 博亮

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌  2017年10月  (一社)日本サルコペニア・フレイル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外来通院患者におけるサルコペニア有病率 地域住民高齢者との比較研究 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 小竹 志郎, 辻尾 唯雄, 小林 章郎, 中村 博亮

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌  2017年10月  (一社)日本サルコペニア・フレイル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後の認知機能へ影響を与える因子 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本骨粗鬆症学会雑誌  2017年09月  (一社)日本骨粗鬆症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アウトカム基盤型学習を取り入れた外来臨床実習の試み 国内会議

    豊田宏光、栩野吉弘、幕内安弥子、並川浩己、小林正宜、衣畑成紀、鎌田紀子、森村美奈、竹本恭彦、首藤太一

    第49回日本医学教育学会大会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アウトカム基盤型学習を取り入れた外来臨床実習の試み 国内会議

    豊田 宏光, 栩野 吉弘, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 鎌田 紀子, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    医学教育  2017年08月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 黄色靱帯は力学負荷により弾性線維が破綻し、軟骨化生が生じて肥厚する 隣接椎体間固定動物モデルによる検証 国内会議

    林 和憲, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 山田 賢太郎, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2017年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者におけるロコモティブシンドローム、サルコペニア、フレイルの頻度と包含関係 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 小林 章郎, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2017年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 研修医、医学生向けシミュレーション教育「ER当直セミナー」の開催 国内会議

    小林 正宜, 衣畑 成紀, 島崎 郁司, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 津村 えりか, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌  2017年08月  日本シミュレーション医療教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 看護学1年生に対する反転型実習導入の試み 国内会議

    並川 浩己, 竹本 恭彦, 竹重 友美, 奥 幸子, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    医学教育  2017年08月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 地域住民高齢者と脊椎外来通院患者におけるサルコペニア有病率の比較研究 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 小林 章郎, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2017年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クリニカルクラークシップにおける「ER体験シミュレーション」の開催報告 国内会議

    小林 正宜, 栩野 吉弘, 竹重 友美, 奥 幸子, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 並川 浩己, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    医学教育  2017年08月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 地域住民高齢者と脊椎外来通院患者におけるサルコペニア有病率の比較研究 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 小林 章郎, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2017年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者におけるロコモティブシンドローム、サルコペニア、フレイルの頻度と包含関係 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 小林 章郎, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2017年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 研修医、医学生向けシミュレーション教育「ER当直セミナー」の開催 国内会議

    小林 正宜, 衣畑 成紀, 島崎 郁司, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 津村 えりか, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌  2017年08月  日本シミュレーション医療教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 看護学1年生に対する反転型実習導入の試み 国内会議

    並川 浩己, 竹本 恭彦, 竹重 友美, 奥 幸子, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    医学教育  2017年08月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1年間続く腹痛を主訴に来院し、前皮神経絞扼症候群と診断し得た一例 国内会議

    小林 正宜, 島崎 郁司, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2017年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 移動性関節炎を呈した、回帰性リウマチの一例 国内会議

    衣畑 成紀, 栩野 吉弘, 島崎 郁司, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2017年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多職種連携により治療を完遂しえた子宮頸癌の1例 国内会議

    島崎 郁司, 衣畑 成紀, 甲斐沼 成, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2017年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Enterococcus faecalisとEnterococcus faeciumによる菌血症の比較検討 国内会議

    並川 浩己, 竹本 恭彦, 島崎 郁司, 幕内 安弥子, 柴多 渉, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 山田 康一, 藤本 寛樹, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 掛屋 弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2017年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多職種連携により治療を完遂しえた子宮頸癌の1例 国内会議

    島崎 郁司, 衣畑 成紀, 甲斐沼 成, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2017年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 移動性関節炎を呈した、回帰性リウマチの一例 国内会議

    衣畑 成紀, 栩野 吉弘, 島崎 郁司, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2017年07月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の自然経過と予後不良因子 国内会議

    豊田宏光

    第16回骨折治療を考える会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の自然経過と予後不良因子 国内会議

    豊田宏光

    第16回骨折治療を考える会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Characterizing the Course of Low Back Pain after Osteoporotic Vertebral Fracture: A Hierarchical Cluster Analysis of a Prospective Cohort Study 国際会議

    Toyoda H, Takahashi S, Hoshino M, Takayama K, Sasaoka R, Tsujio T, Yasuda H, Kanematsu F, Kono H, Nakamura H

    The 44th Annual Meeting International Society for the Study of the Lumbar Spine  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 知っておきたいロコモティブシンドローム 国内会議

    豊田宏光

    第211回市民医学講座  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 知っておきたいロコモティブシンドローム 国内会議

    豊田宏光

    第211回市民医学講座  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後、骨癒合不全の高リスク患者に対する装具療法の効果 国内会議

    豊田宏光 星野雅俊 辻尾唯雄 高橋真治 寺井秀富 鈴木亨暢 高山和士 井関一道 笹岡隆一 安田宏之 兼松文昭 河野浩 中村 博亮

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 脊椎外科外来患者における体幹筋量・背筋力とサルコペニアとの関連 国内会議

    豊田宏光、星野雅俊、大山翔一郎、寺井秀富、鈴木亨暢、山田賢太郎、高橋真治、林和憲、玉井孝司、堀悠介、中村博亮

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • サルコペニアが腰部脊柱管狭窄症の術後成績に及ぼす影響 国内会議

    豊田宏光、星野雅俊、大山翔一郎、寺井秀富、鈴木亨暢、山田賢太郎、高橋真治、林和憲、玉井孝司、堀悠介、中村博亮

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 脊椎外科外来患者における体幹筋量・背筋力とサルコペニアとの関連 国内会議

    豊田宏光, 星野雅俊, 大山翔一郎, 寺井秀富, 鈴木亨暢, 山田賢太郎, 高橋真治, 林和憲, 玉井孝司, 堀悠介, 中村博亮

    第46回日本脊椎脊髄病学会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊柱外来通院患者に占めるサルコペニアの頻度と特徴 地域住民高齢者との比較研究 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 豊田 宏光, 小林 章郎, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2017年04月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊柱外来通院患者に占めるサルコペニアの頻度と特徴 地域住民高齢者との比較研究 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 豊田 宏光, 小林 章郎, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2017年04月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2つの腰椎側方椎体間固定術(XLIFとOLIF)のランダム化比較試験 術後大腿部症状への影響 国内会議

    星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 山田 賢太郎, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後の認知機能へ影響を与える因子 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 林 和憲, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後の認知機能へ影響を与える因子 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 林 和憲, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2017年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後、骨癒合不全の高リスク患者に対する装具療法の効果 国内会議

    豊田 宏光, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 高橋 真治, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 高山 和士, 井関 一道, 笹岡 隆一, 安田 宏之, 兼松 文昭, 河野 浩, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の術前骨折形態がBKPの術後有害事象へ及ぼす影響 国内会議

    星野 雅俊, 高橋 真治, 豊田 宏光, 辻尾 唯雄, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 笹岡 隆一, 堂園 将, 安田 宏之, 渡辺 享永, 山田 賢太郎, 林 和憲, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の術前骨折形態がBKPの術後成績へ及ぼす影響 国内会議

    星野 雅俊, 高橋 真治, 豊田 宏光, 辻尾 唯雄, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 笹岡 隆一, 安田 宏之, 渡辺 享永, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2017年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチ患者における画像的腰椎病変および腰痛の危険因子の同定 国内会議

    堀 悠介, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 透析は腰椎手術の術後成績および死亡率に影響するか? A matched cohort study 国内会議

    堀 悠介, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前頸髄横断面積は圧迫性頸髄症に対する椎弓形成術の術後成績予測因子となり得るか? 国内会議

    尾崎 友則, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 林 和憲, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎椎間に力学負荷がかかると黄色靱帯は肥厚し、軟骨化生が生じる 隣接椎体間固定動物モデルによる検証 国内会議

    林 和憲, 鈴木 亨暢, Sayed Ahmadi Abdullah, Akgar Javid, Rahmani Mohammad Shurab, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 大山 翔一朗, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎変性すべり症に対する内視鏡下椎弓切除後の脊柱矢状面アライメント変化 国内会議

    堂園 将, 豊田 宏光, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎において黄色靱帯は椎間関節を覆うが頸椎は覆わない(Ligamentum flavum covers facet joint in lumbar spine, but not in cervical spine) 国内会議

    Rahmani Mohammad Suhrab, Terai Hidetomi, Akhgar Javid, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ahmadi Kazunori Abdullah, Hayashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊髄腫瘍の疫学 単一施設22年間の手術症例による検討 国内会議

    鈴木 亨暢, 加藤 相勲, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎術後における認知機能障害との関連因子 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 林 和憲, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来通院患者と地域住民高齢者に占めるサルコペニアの頻度と特徴 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 藪 晋人, 小林 章郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来患者における体幹筋量・背筋力とサルコペニアとの関連 国内会議

    豊田 宏光, 星野 雅俊, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期特発性側彎症の後方矯正固定術後に認められる胸水貯留とリスク因子 国内会議

    林 和憲, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後方椎体間固定術(PLIF)を施行した10代High-grade spondylolisthesis患者6例の検討 国内会議

    寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 高橋 真治, 山田 賢太郎, 林 和憲, 大山 翔一朗, 玉井 孝司, 尾崎 友則, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    堀 悠介, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 予後不良因子を持つ骨粗鬆症性新鮮椎体骨折に対するBKPの有用性 多施設前向き介入研究(第一報) 国内会議

    星野 雅俊, 高橋 真治, 寺井 秀富, 渡辺 享永, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 笹岡 隆一, 堂園 将, 豊田 宏光, 河野 浩, 兼松 文昭, 白 隆光, 高山 和士, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒトの死体の胸椎における黄色靱帯の解剖学的研究(Anatomical study of ligamentum flavum in humans cadaveric thoracic Spine) 国内会議

    Sayed Ahmadi Abdullah, Terai Hidetomi, Akhgar Javid, Rahmani Mohanmad Suhrab, Toyoda Hiromitsu, Hayashi Kazunori, Suzuki Akinobu, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • サルコペニアが腰部脊柱管狭窄症の術後成績に及ぼす影響 国内会議

    豊田 宏光, 星野 雅俊, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Trans articular surface screw(TASS)法を用いた低侵襲腰仙椎固定術 国内会議

    寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 高橋 真治, 山田 賢太郎, 林 和憲, 大山 翔一朗, 玉井 孝司, 尾崎 友則, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RA腰椎病変を合併する腰部脊柱管狭窄症の手術成績は非RA患者よりも劣っているか? 国内会議

    山田 賢太郎, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Lenke type 5cの特発性側彎症に対する後方矯正固定術 術後にcoronal off balanceとなる因子は何か 国内会議

    林 和憲, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における転移性脊椎腫瘍に対する姑息的手術の治療成績 国内会議

    堀 悠介, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎椎間に力学負荷がかかると黄色靱帯は肥厚し、軟骨化生が生じる 隣接椎体間固定動物モデルによる検証 国内会議

    林 和憲, 鈴木 亨暢, Sayed Ahmadi Abdullah, Akgar Javid, Rahmani Mohammad Shurab, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 大山 翔一朗, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎変性すべり症に対する内視鏡下椎弓切除後の脊柱矢状面アライメント変化 国内会議

    堂園 将, 豊田 宏光, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎において黄色靱帯は椎間関節を覆うが頸椎は覆わない(Ligamentum flavum covers facet joint in lumbar spine, but not in cervical spine) 国内会議

    Rahmani Mohammad Suhrab, Terai Hidetomi, Akhgar Javid, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Ahmadi Kazunori Abdullah, Hayashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊髄腫瘍の疫学 単一施設22年間の手術症例による検討 国内会議

    鈴木 亨暢, 加藤 相勲, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 大山 翔一朗, 尾崎 友則, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎術後における認知機能障害との関連因子 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 大山 翔一朗, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 林 和憲, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来通院患者と地域住民高齢者に占めるサルコペニアの頻度と特徴 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 高橋 真治, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 藪 晋人, 小林 章郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来患者における体幹筋量・背筋力とサルコペニアとの関連 国内会議

    豊田 宏光, 星野 雅俊, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 山田 賢太郎, 高橋 真治, 林 和憲, 玉井 孝司, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期特発性側彎症の後方矯正固定術後に認められる胸水貯留とリスク因子 国内会議

    林 和憲, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 鈴木 亨暢, 高橋 真治, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後方椎体間固定術(PLIF)を施行した10代High-grade spondylolisthesis患者6例の検討 国内会議

    寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 高橋 真治, 山田 賢太郎, 林 和憲, 大山 翔一朗, 玉井 孝司, 尾崎 友則, 堀 悠介, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2017年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESBL産生大腸菌とESBL非産生大腸菌による菌血症の比較検討 国内会議

    並川 浩己, 島崎 郁司, 幕内 安弥子, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 山田 康一, 藤本 寛樹, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 掛屋 弘, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年12月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 診断と治療方針に苦慮した腋窩腫瘤の1例 国内会議

    福本 一夫, 栩野 吉弘, 島崎 郁司, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 池邉 孝, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年12月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 海外での長期滞在から帰国後に好酸球性血管浮腫を発症した一例 国内会議

    幕内 安弥子, 竹本 恭彦, 島崎 郁司, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年12月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 検診便潜血検査を契機に診断し得たアメーバ赤痢大腸炎の一例 国内会議

    小林 正宜, 大年 辰幸, 島崎 郁司, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 津村 えりか, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 内本 定彦, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年12月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 切除診療科選択に苦慮した後腹膜腫瘍の1例 国内会議

    島崎 郁司, 福本 一夫, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年12月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 検診便潜血検査を契機に診断し得たアメーバ赤痢大腸炎の一例 国内会議

    小林 正宜, 大年 辰幸, 島崎 郁司, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 津村 えりか, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 内本 定彦, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年12月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 海外での長期滞在から帰国後に好酸球性血管浮腫を発症した一例 国内会議

    幕内 安弥子, 竹本 恭彦, 島崎 郁司, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年12月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 静脈血栓塞栓症予防対策の標準化に向けた取り組み 新しい静脈血栓塞栓症予防のための評価フローの開発 国内会議

    藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 岡村 尚枝, 仲谷 薫, 大平 雅一, 豊田 宏光, 田中 克明, 福田 武史, 仲川 将志

    医療の質・安全学会誌  2016年10月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 静脈血栓塞栓症予防対策の標準化に向けた取り組み 新しい静脈血栓塞栓症予防のための評価フローの開発 国内会議

    藤長 久美子, 山口 悦子, 上, 中村 和徳, 岡村 尚枝, 仲谷 薫, 大平 雅一, 豊田 宏光, 田中 克明, 福田 武史, 仲川 将志

    医療の質・安全学会誌  2016年10月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 第3頸椎に発生した軟骨肉腫clear cell typeの1例 国内会議

    小林 祐人, 鈴木 亨暢, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2016年09月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折は高齢者脊柱後彎症の主因ではない 国内会議

    星野 雅俊, 藪 晋人, 高橋 真治, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 辻尾 唯雄, 関 昌彦, 中村 博亮

    日本骨粗鬆症学会雑誌  2016年09月  (一社)日本骨粗鬆症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折におけるMRI所見の経時的変化の解明 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高山 和士, 井関 一道, 笹岡 隆一, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 河野 浩, 中村 博亮

    日本骨粗鬆症学会雑誌  2016年09月  (一社)日本骨粗鬆症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 階層的クラスター解析からみた骨粗鬆症性椎体骨折後腰痛の分類と臨床的特徴 多施設前向きコホート研究 国内会議

    豊田 宏光, 高橋 真治, 星野 雅俊, 高山 和士, 井関 一道, 笹岡 隆一, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 河野 浩, 中村 博亮

    日本骨粗鬆症学会雑誌  2016年09月  (一社)日本骨粗鬆症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超高齢化社会の課題 骨粗鬆症、ロコモ、サルコペニアの最近の話題 国内会議

    豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2016年09月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 約30年後に遅発性増悪をきたした若年性一側上肢筋萎縮症の1例 国内会議

    堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 林 和憲, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2016年09月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 第3頸椎に発生した軟骨肉腫clear cell typeの1例 国内会議

    小林 祐人, 鈴木 亨暢, 大山 翔一朗, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2016年09月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 約30年後に遅発性増悪をきたした若年性一側上肢筋萎縮症の1例 国内会議

    堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 林 和憲, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2016年09月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • High-speed drillの摩擦熱が神経に及ぼす影響の検討 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, Javid Akhgar, Mohammad Suhrab, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 林 和憲, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2016年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成人脊柱変形患者では非側彎患者と比較しT1 pelvic angleの撮影姿勢による変化が少ない 立位と臥位X線撮影による基準関連妥当性を用いた検討 国内会議

    林 和憲, 寺井 秀富, 高橋 真治, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2016年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • High-speed drillの摩擦熱が神経に及ぼす影響の検討 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, Javid Akhgar, Mohammad Suhrab, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 林 和憲, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2016年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成人脊柱変形患者では非側彎患者と比較しT1 pelvic angleの撮影姿勢による変化が少ない 立位と臥位X線撮影による基準関連妥当性を用いた検討 国内会議

    林 和憲, 寺井 秀富, 高橋 真治, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2016年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OSCE世代の目線によるSP養成(第2報) 国内会議

    幕内 安弥子, 森村 美奈, 梅田 桜子, 甲斐沼 成, 福本 一夫, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 鹿島 知可子, 廣橋 一裕, 首藤 太一

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数診療科が連携して行う腰椎穿刺シミュレーション実習の教育効果について 国内会議

    豊田 宏光, 竹重 友美, 奥 幸子, 甲斐沼 成, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 中村 博亮, 首藤 太一

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 研修医、医学生向け「ER当直セミナー」を開催して 国内会議

    小林 正宜, 衣畑 成紀, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医学部6年生による4年生への実習指導の試み 国内会議

    衣畑 成紀, 甲斐沼 成, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医学生の臨床能力を向上させるために シミュレーションセンターを活用した医学生の臨床能力向上の工夫 国内会議

    首藤 太一, 栩野 吉弘, 奥 幸子, 岡田 明子, 竹重 友美, 藤田 奈緒美, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 森村 美奈, 竹本 恭彦

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「臨床研修指導医養成のためのワークショップ」におけるアウトカム基盤型カリキュラム作成の試み 国内会議

    小林 正宜, 竹本 恭彦, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OSCE世代の目線によるSP養成(第2報) 国内会議

    幕内 安弥子, 森村 美奈, 梅田 桜子, 甲斐沼 成, 福本 一夫, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 鹿島 知可子, 廣橋 一裕, 首藤 太一

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 研修医、医学生向け「ER当直セミナー」を開催して 国内会議

    小林 正宜, 衣畑 成紀, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医学部6年生による4年生への実習指導の試み 国内会議

    衣畑 成紀, 甲斐沼 成, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 小林 正宜, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医学生の臨床能力を向上させるために シミュレーションセンターを活用した医学生の臨床能力向上の工夫 国内会議

    首藤 太一, 栩野 吉弘, 奥 幸子, 岡田 明子, 竹重 友美, 藤田 奈緒美, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 森村 美奈, 竹本 恭彦

    医学教育  2016年07月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • おしりから白い物が出ると訴える40代女性フィリピン人の1例 国内会議

    並川 浩己, 竹本 恭彦, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 福本 一夫, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年06月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年者の原因不明の胸痛において、頭皮の皮疹が診断に寄与した一例 国内会議

    衣畑 成紀, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 小林 正宜, 甲斐沼 成, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 竹本 恭彦, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年06月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵外分泌機能検査が診断に有用であった難治性下痢の一例 国内会議

    小林 正宜, 鎌田 紀子, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 竹本 恭彦, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年06月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医学生に対する2つの異なるロールプレイシミュレーションを活用した行動変容講義の試み 国内会議

    小林 正宜, 竹本 恭彦, 竹重 友美, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 福本 一夫, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 首藤 太一

    日本シミュレーション医療教育学会雑誌  2016年06月  日本シミュレーション医療教育学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ランダム皮膚生検で確診した血管内大細胞型B細胞リンパ腫の2例 国内会議

    福本 一夫, 竹本 恭彦, 甲斐沼 成, 梅田 桜子, 幕内 安弥子, 並川 浩己, 小林 正宜, 衣畑 成紀, 豊田 宏光, 鎌田 紀子, 栩野 吉弘, 森村 美奈, 朴 勤植, 首藤 太一

    日本病院総合診療医学会雑誌  2016年06月  (一社)日本病院総合診療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2つの低侵襲腰椎側方固定術(OLIF vs XLIF)の利点と欠点 国内会議

    星野 雅俊, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 大山 翔一朗, 山田 祐太郎, 林 和憲, 玉井 孝司, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者脊柱後彎症において骨粗鬆症性椎体骨折が存在する割合と特徴 国内会議

    藪 晋人, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 玉井 孝司, 大山 翔一朗, 寺川 雅基, 辻尾 唯雄, 関 昌彦, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者に特有なC3/4を責任高位とする脊髄症 国内会議

    玉井 孝司, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 林 和憲, 大山 翔一朗, 高橋 真治, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後骨癒合不全に至るMRIの経時的変化の解明 多施設共同前向きコホート研究 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 高山 和士, 井関 一道, 笹岡 隆一, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 河野 浩, 兼松 文昭, 豊田 宏光, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2016年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折後骨癒合不全に至るMRIの経時的変化の解明 多施設共同前向きコホート研究 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高山 和士, 辻尾 唯雄, 笹岡 隆一, 安田 宏之, 河野 浩, 兼松 文昭, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折受傷時の椎体後壁損傷は長期予後不良に関連する 国内会議

    星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2016年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折の長期予後に影響する受傷時の特徴的MRI所見 国内会議

    星野 雅俊, 寺井 秀富, 辻尾 唯雄, 鈴木 亨暢, 並川 崇, 加藤 相勲, 松村 昭, 高山 和士, 豊田 宏光, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折における腰痛の推移からみた臨床的特徴の探索研究 多施設前向きコホート研究2012-2014(中間報告) 国内会議

    豊田 宏光, 高橋 真治, 星野 雅俊, 高山 和士, 井関 一道, 笹岡 隆一, 辻尾 唯雄, 安田 宏之, 兼松 文昭, 河野 浩, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨粗鬆症性椎体骨折におけるMRIのSTIRは発症時期の特定に有用か? 国内会議

    高橋 真治, 星野 雅俊, 高山 和士, 辻尾 唯雄, 笹岡 隆一, 安田 宏之, 河野 浩, 兼松 文昭, 豊田 宏光, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎軟骨肉腫clear cell typeに対し手術加療を行った1例 国内会議

    大山 翔一朗, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2016年03月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸椎の黄色靱帯の3D解剖学的研究(Three-Dimensional Anatomical Study of Liga-mentum Flavum in Cervical Spine) 国内会議

    Rahmani Mohammad Suhrab, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Tamai Koji, Akhgar Javid, Ahmadi Sayed Abdullah, Hayashi Kazunori, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頭蓋頸椎バランスを評価する最も有用な指標は何か? CCG、C1SVA、2種のC2SVAの比較 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2016年03月  中部日本整形外科災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頭蓋頸椎バランスを評価する最も有用な指標は何か? CCG、C1SVA、2種のC2SVAの比較 国内会議

    玉井 孝司, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, Akhgar Javid, Suhrab Mohammad, Ahmadi Sayed Abdullah, 豊田 宏光, 星野 雅俊, 林 和憲, 大山 翔一朗, 高橋 真治, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腰椎手術が後期高齢者のQOLに及ぼす効果 国内会議

    堂園 将, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2016年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊椎外科外来受診患者に占めるサルコペニアの頻度 Asian Working Group for Sarcopenia診断基準を用いて 国内会議

    大山 翔一朗, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 高橋 真治, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 鈴木 亨暢, 林 和憲, 中村 博亮

    Journal of Spine Research  2016年03月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊柱 腰椎除圧手術後の疼痛管理におけるロピバカインを用いた背部後枝伝導ブロックを含む術中の鎮痛薬注射の有効性