2022/07/13 更新

写真a

カトウ ミノル
加藤 実
KATO Minoru
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

論文

  • Enzalutamide versus flutamide for castration-resistant prostate cancer after combined androgen blockade therapy with bicalutamide: the OCUU-CRPC study. 査読

    Iguchi T, Tamada S, Kato M, Yasuda S, Machida Y, Ohmachi T, Ishii K, Iwata H, Yamamoto S, Kanamaru T, Morimoto K, Hase T, Tashiro K, Harimoto K, Deguchi T, Adachi T, Iwamoto K, Takegaki Y, Nakatani T

    International journal of clinical oncology   2019年09月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01554-3

    PubMed

  • Enzalutamide versus flutamide for castration-resistant prostate cancer after combined androgen blockade therapy with bicalutamide: a retrospective study(和訳中) 査読

    Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Yasuda Sayaka, Otoshi Taiyo, Hamada Kosuke, Yamasaki Takeshi, Nakatani Tatsuya

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   24 ( 7 )   848 - 856   2019年07月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enzalutamide versus flutamide for castration-resistant prostate cancer after combined androgen blockade therapy with bicalutamide: a retrospective study 査読

    Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Yasuda Sayaka, Otoshi Taiyo, Hamada Kosuke, Yamasaki Takeshi, Nakatani Tatsuya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   24 ( 7 )   848 - 856   2019年07月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01413-1

    PubMed

  • Impact of enzalutamide and sequential flutamide and enzalutamide therapy for castration-resistant prostate cancer after bicalutamide-combined androgen blockade therapy onoverall survival: A follow-up study of randomized phase 2 trial (OCCU-CRPC study). 査読

    Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Yasuda Sayaka, Otoshi Taiyo, Machida Yuichi, Ohmachi Tetsuji, Ishii Keiichi, Iwata Hiroyuki, Yamamoto Shinji, Kanamaru Tomohiro, Morimoto Kazuya, Hase Taro, Tashiro Koichiro, Harimoto Koji, Deguchi Takashi, Adachi Takahisa, Iwamoto Katsuki, Takegaki Yoshinori, Nakatani Tatsuya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 15 )   2019年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enzalutamide versus flutamide for castration-resistant prostate cancer after combined androgen blockade therapy with bicalutamide: study protocol for a multicenter randomized phase II trial (the OCUU-CRPC study) 査読

    Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Yasuda Sayaka, Yamasaki Takeshi, Nakatani Tatsuya

    BMC CANCER   19 ( 1 )   339   2019年04月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-019-5526-3

    PubMed

  • The effect of androgen receptor splice variant 7 on the growth of castration-resistant prostate cancer and the efficacy of taxane chemotherapy. 査読

    Shimizu Yasuomi, Kato Minoru, Takeyama Yuji, Hamada Kosuke, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Nakatani Tatsuya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 7 )   2019年03月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enzalutamide versus flutamide for castration-resistant prostate cancer after combined androgen blockade therapy with bicalutamide: A retrospective study. 査読

    Hamada Kosuke, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Takeyama Yuji, Shimizu Yasuomi, Yasuda Sayaka, Nakatani Tatsuya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 7 )   2019年03月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enzalutamide versus flutamide for castration-resistant prostate cancer after combined androgen blockade therapy with bicalutamide: A multicenter randomized phase II trial (OCUU-CRPC study). 査読

    Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Yasuda Sayaka, Machida Yuichi, Ohmachi Tetsuji, Ishii Keiichi, Iwata Hiroyuki, Yamamoto Shinji, Kanamaru Tomohiro, Morimoto Kazuya, Hase Taro, Tashiroro Koichiro, Harimoto Koji, Deguhi Takashi, Adachi Takahisa, Iwamoto Katsuki, Takegaki Yoshinori, Nakatani Tatsuya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 7 )   2019年03月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development of myeloid-derived suppressor cells (MDSC) targeted therapy for the treatment of cisplatin-resistant bladder cancer. 査読

    Takeyama Yuji, Kato Minoru, Shimizu Yasuomi, Hamada Kosuke, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Nakatani Tatsuya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 7 )   2019年03月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Time to progression to castration-resistant prostate cancer after commencing combined androgen blockade for advanced hormone-sensitive prostate cancer. 査読

    Tamada S, Iguchi T, Kato M, Asakawa J, Kita K, Yasuda S, Yamasaki T, Matsuoka Y, Yamaguchi K, Matsumura K, Go I, Ohmachi T, Nakatani T

    Oncotarget   9 ( 97 )   36966 - 36974   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.26426

    PubMed

  • Near infrared fluorescence imaging system for laparoscopic partial nephrectomy 査読

    Yamasaki Takeshi, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Otoshi Taiyo, Tanaka Hisao, Iguchi Taro, Nakatani Tatsuya

    CANADIAN JOURNAL OF UROLOGY   25 ( 6 )   9606 - 9613   2018年12月( ISSN:1195-9479

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Steroid sulfatase promotes invasion through epithelial-mesenchymal transition and predicts the progression of bladder cancer 査読

    Shimizu Yasuomi, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Takeyama Yuji, Fujioka Masaki, Kakehashi Anna, Nakatani Tatsuya, Wanibuchi Hideki, Gi Min

    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE   16 ( 6 )   4463 - 4470   2018年12月( ISSN:1792-0981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/etm.2018.6787

    PubMed

  • Near infrared fluorescence imaging system for laparoscopic partial nephrectomy. 査読

    Yamasaki T, Tamada S, Kato M, Otoshi T, Tanaka H, Iguchi T, Nakatani T

    The Canadian journal of urology   25 ( 6 )   9606 - 9613   2018年12月( ISSN:1195-9479

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Androgen Receptor Splice Variant 7 Drives the Growth of Castration Resistant Prostate Cancer without Being Involved in the Efficacy of Taxane Chemotherapy 査読

    Shimizu Yasuomi, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Hirayama Yukiyoshi, Takeyama Yuji, Iguchi Taro, Sadar Marianne D., Nakatani Tatsuya

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   7 ( 11 )   2018年11月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm7110444

    PubMed

  • Comparison of efficacy and toxicity of second-line combination chemotherapy regimens in patients with advanced urothelial carcinoma 査読

    Takeyama Yuji, Kato Minoru, Nishihara Chikako, Yamasaki Takeshi, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Kuratsukuri Katsuyuki, Nakatani Tatsuya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   23 ( 5 )   944 - 950   2018年10月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-018-1288-1

    PubMed

  • 進行尿路上皮癌患者における第二選択化学併用療法の治療効果と毒性の比較(Comparison of efficacy and toxicity of second-line combination chemotherapy regimens in patients with advanced urothelial carcinoma) 査読

    Takeyama Yuji, Kato Minoru, Nishihara Chikako, Yamasaki Takeshi, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Kuratsukuri Katsuyuki, Nakatani Tatsuya

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   23 ( 5 )   944 - 950   2018年10月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行尿路上皮癌に対する第二選択治療としての化学併用療法の治療効果、毒性、予後因子を後ろ向きに調査した。第二選択治療にゲムシタビンとパクリタキセルないしドセタキセルの併用療法を施行した進行ないし転移性尿路上皮癌患者70例を対象とした。ゲムシタビンとパクリタキセルの併用(GP)は33例、ゲムシタビンとドセタキセルの併用(GD)は37例であった。治療サイクル中央値は2であった。完全奏効は1例、部分奏効は5例、客観的奏効は6例であった。無増悪生存期間中央値は3.5ヵ月、全生存期間中央値は9.6ヵ月であった。全生存期間中央値はGP群9.8ヵ月、GD群9.4ヵ月であった。リスク因子数、治療反応(完全奏効、部分奏効、安定、増悪)はGP群とGD群で有意差はなかった。全生存期間の予測因子は肝臓転移、内臓、ヘモグロビン値であった。Grade 3以上の有害事象は貧血22例、血小板減少症29例、好中球減少症55例であった。

  • A change from gonadotropin releasing hormone antagonist to gonadotropin releasing hormone agonist therapy does not affect the oncological outcomes in hormone sensitive prostate cancer 査読

    Asakawa Jumpei, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Yasuda Sayaka, Ninomiya Noriko, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Ohmachi Tetusji, Nakatani Tatsuya

    BASIC AND CLINICAL ANDROLOGY   28   9   2018年07月( ISSN:2051-4190

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12610-018-0074-2

    PubMed

  • パゾパニブ術前投与が有用であった転移性腎細胞癌の1例 査読

    濱田 晃佑, 加藤 実, 山崎 健史, 井口 太郎, 玉田 聡, 仲谷 達也

    医学図書出版(株) 泌尿器外科   31 ( 7 )   1099 - 1102   2018年07月( ISSN:0914-6180

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    50歳、男性。肉眼的血尿を主訴に受診。精査にて、心嚢・肺・骨転移、脾臓・膵臓浸潤を伴う転移性左腎癌cT4N0M1と診断。パゾパニブの術前治療を2ヵ月間施行し、腫瘍および転移巣の縮小を認めた。左腎、膵尾部、脾臓合併切除を施行した。術後パゾパニブの投与を再開した。再開後も明らかな肝障害等の副作用の出現はなく経過。2年経過した現在も転移巣の増大なくPRを維持している。(著者抄録)

  • 18-Fluoride-labeled sodium fluoride positron emission tomography is effective for assessing the therapeutic effect of Radium 223; a case report 査読

    Hamada Kousuke, Tamada Satoshi, Iguchi Taro, Kato Minoru, Higashiyama Shigeaki, Kawabe Joji, Nakatani Tatsuya

    UROLOGY CASE REPORTS   19   31 - 33   2018年07月( ISSN:2214-4420

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eucr.2018.04.005

    PubMed

  • The difference in the survival rate of patients with metastatic renal cell carcinoma in the intermediate-risk group of the Memorial Sloan Kettering Cancer Center criteria. 査読

    Tamada S, Iguchi T, Yasuda S, Kato M, Yamasaki T, Nakatani T

    Oncotarget   9 ( 45 )   27752 - 27759   2018年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25554

    PubMed

  • Oncological outcomes classified according to metastatic lesions in the era of molecular targeted drugs for metastatic renal cancer. 査読

    Shimizu Y, Iguchi T, Tamada S, Yasuda S, Kato M, Ninomiya N, Yamasaki T, Nakatani T

    Molecular and clinical oncology   8 ( 6 )   791 - 796   2018年06月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2018.1614

    PubMed

  • Kamikihito improves cancer-related fatigue by restoring balance between the sympathetic and parasympathetic nervous systems 査読

    Tamada Satoshi, Ebisu Kyoko, Yasuda Sayaka, Kato Minoru, Ninomiya Noriko, Yamasaki Takeshi, Iguchi Taro, Nakatani Tatsuya, Watanabe Yasuyoshi

    PROSTATE INTERNATIONAL   6 ( 2 )   55 - 60   2018年06月( ISSN:2287-8882

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.prnil.2017.11.002

    PubMed

  • 悪性腫瘍による壁外性尿管閉塞に対する金属ステント留置の治療成績(Outcomes of indwelling metallic stents for malignant extrinsic ureteral obstruction) 査読

    Asakawa Jumpei, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Ninomiya Noriko, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Nakatani Tatsuya

    John Wiley & Sons Australia, Ltd International Journal of Urology   25 ( 3 )   258 - 262   2018年03月( ISSN:0919-8172

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    悪性腫瘍による壁外性尿管閉塞に対する金属ステント留置の治療成績を後ろ向きに評価し、ステント開存の指標を同定した。当該疾患に対して金属ステントを留置した患者52例(男性25例、女性27例、年齢24〜90歳)の66本の輸尿管を対象に、ステント留置手技成功率、当該症例の生存率、術前血漿クレアチニン値とステント閉塞の関連性、水腎症の変化とクレアチニン減少率との関連性などについて検討した。またこれらの評価項目とステント障害との関連性も評価した。観察期間中央値は180日、生存期間中央値は210日で、1年後に生存していた患者は6例(11.5%)であった。6ヵ月時点のステント開存率は86.0%、1年時点では60.0%であった。8例(15.4%)にはステント障害のため腎造瘻術を施行した。両側性尿管閉塞症例の閉塞率は片側性症例よりも有意に高かった。術前血漿クレアチニン値、腫瘍による圧迫、リンパ節転移、腹膜播種等の尿管閉塞の原因、閉塞部位とステント障害には相関は見られなかった。金属ステントは、従来のステントに比べて開存性の維持に優れ、悪性腫瘍による尿管閉塞のファーストライン治療として使用できることが示された。

  • Outcomes of indwelling metallic stents for malignant extrinsic ureteral obstruction 査読

    Asakawa Jumpei, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Ninomiya Noriko, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Nakatani Tatsuya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF UROLOGY   25 ( 3 )   258 - 262   2018年03月( ISSN:0919-8172

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iju.13500

    PubMed

  • Treatment outcomes of ureteral stenting for malignant extrinsic ureteral obstruction: a comparison between polymeric and metallic stents 査読

    Asakawa Jumpei, Iguchi Taro, Tamada Satoshi, Ninomiya Noriko, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Nakatani Tatsuya

    CANCER MANAGEMENT AND RESEARCH   10   2977 - 2982   2018年( ISSN:1179-1322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/CMAR.S172283

    PubMed

  • 晩期再発を認めた腎細胞癌の2例 査読

    大原 義和, 加藤 実, 山崎 健史, 井口 太郎, 玉田 聡, 仲谷 達也

    医学図書出版(株) 泌尿器外科   30 ( 12 )   1781 - 1783   2017年12月( ISSN:0914-6180

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    70歳、男性。腎淡明細胞癌に対して右腎摘後19年目。単純CTで1年前から増大する横行結腸腫瘤を認めた。横行結腸粘膜下腫瘍に対して開腹横行結腸部分切除施行。74歳、男性。腎淡明細胞癌に対して左腎適後17年目。単純CTで6年前から右下肺野に結節影を認め、1年前から増大傾向あり。腎細胞癌肺転移疑いで右肺底区域切除施行。摘出標本の病理結果はいずれもclear cell carcinomaであった。(著者抄録)

  • LNCaP95前立腺癌細胞において熱ショック蛋白質70阻害薬はアンドロゲン受容体発現を抑制する(Heat shock protein 70 inhibitors suppress androgen receptor expression in LNCaP95 prostate cancer cells) 査読

    Kita Kazuaki, Shiota Masayuki, Tanaka Masako, Otsuka Asuka, Matsumoto Masaki, Kato Minoru, Tamada Satoshi, Iwao Hiroshi, Miura Katsuyuki, Nakatani Tatsuya, Tomita Shuhei

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   108 ( 9 )   1820 - 1827   2017年09月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    前立腺癌細胞に由来し、アンドロゲン受容体(AR)のスプライスバリアント7(AR-V7)を発現しているLNCaP95細胞株において熱ショック蛋白質(Hsp)70阻害薬が示す作用を調べた。LNCaP95細胞株をHsp70阻害薬で処理したところ、細胞増殖能は低下し、アポトーシス細胞の割合は増加し、完全長のアンドロゲン受容体(AR-FL)やAR-V7の蛋白質濃度/mRNA発現レベルは低下した。抗Hsp70抗体を用いた免疫沈降法と質量分析法から、Y-box結合蛋白-1(YB-1)はHsp70との相互作用を通じてAR-FLやAR-V7を転写レベルで制御している分子の一つであると同定された。Hsp70阻害薬処理によりYB-1のリン酸化や核内局在化が低減したことから、Hsp70はYB-1の活性化と核内移行を介してARの調節に関与していることが示された。Hsp70阻害薬は、YB-1抑制を通じAR-FLやAR-V7発現を低減させることで去勢抵抗性前立腺癌に対する抗腫瘍活性を潜在的に有していることが示唆された。

  • Comparative effectiveness of radical prostatectomy and curative radiotherapy in localized prostate cancer: long-term follow-up 査読

    Tamada Satoshi, Ninomiya Noriko, Kitamoto Koichiro, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Iguchi Taro, Ohmachi Tetsuji, Nakatani Tatsuya

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   58 ( 4 )   552 - 558   2017年07月( ISSN:0449-3060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rrw119

    PubMed

  • 限局性前立腺癌において根治的前立腺摘除と根治的放射線治療の効果比較 長期追跡調査(Comparative effectiveness of radical prostatectomy and curative radiotherapy in localized prostate cancer: long-term follow-up) 査読

    Tamada Satoshi, Ninomiya Noriko, Kitamoto Koichiro, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Iguchi Taro, Ohmachi Tetsuji, Nakatani Tatsuya

    (一社)日本放射線影響学会 Journal of Radiation Research   58 ( 4 )   552 - 558   2017年07月( ISSN:0449-3060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    日本人患者の限局性前立腺癌(PCa)の根治的前立腺摘除(RP)と根治的放射線治療の有効性を長期、疾患特異的生存率(CSS)と全生存率(OS)について過去に遡ったコホート研究により評価した。限局性前立腺癌患者のRPと体外照射療法(EBRT)治療の治療選択は内科医が判断した。RPは248人に、EBRTは182人の患者に対して行われた。RPはリンパ節摘出を含む開腹術を適用し、EBRTには2D/3Dコンフォーマル照射にリニアアクセレータを用いて2Gy/分割(線量中央値66Gy)で治療した。OS中央値はEBRT群よりRP群で優れていたが、CSSは両群で有意差はなかった。生化学的無再発生存率(BFS)はRP群よりEBRT群で優れていた。一変量解析はCSS予測因子として腫瘍マーカーPSA≧20対<20mg/mlを同定した。しかしながら、多変量解析ではCSS因子を同定できなかった。RPとEBRTはいずれも限局性PCa患者の疾病コントロールに関して満足な結果を示した。また、低線量でも照射治療が限局性PCaに有効であることを明らかにした。

  • Carbonic anhydrase 2 is a novel invasion-associated factor in urinary bladder cancers 査読

    Tachibana Hirokazu, Gi Min, Kato Minoru, Yamano Shotaro, Fujioka Masaki, Kakehashi Anna, Hirayama Yukiyoshi, Koyama Yuki, Tamada Satoshi, Nakatani Tatsuya, Wanibuchi Hideki

    CANCER SCIENCE   108 ( 3 )   331 - 337   2017年03月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13143

    PubMed

  • 炭酸脱水酵素2は膀胱癌における新規の浸潤性関連因子である(Carbonic anhydrase 2 is a novel invasion-associated factor in urinary bladder cancers) 査読

    Tachibana Hirokazu, Gi Min, Kato Minoru, Yamano Shotaro, Fujioka Masaki, Kakehashi Anna, Hirayama Yukiyoshi, Koyama Yuki, Tamada Satoshi, Nakatani Tatsuya, Wanibuchi Hideki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   108 ( 3 )   331 - 337   2017年03月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    浸潤性尿路上皮癌(UC)モデルラットを作製し、浸潤性関連因子を分析した。N-ブチル-N-(ヒドロキシブチル)ニトロソアミン(BBN)およびフェネチルイソチオシアネート(PEITC)により浸潤性UCラットを作製し、浸潤性関連蛋白を同定した。プロテオーム解析により、浸潤性UCラットと非浸潤性UCラットの蛋白質プロファイルを比較した結果、浸潤性UCラットでは過剰発現または低発現を認めるが非浸潤性UCラットではいずれも認めない49の蛋白質が同定された。免疫組織化学的分析の結果、炭酸脱水酵素2(CA2)陽性UCの数が浸潤性UCにおいて非浸潤性UCと比較して有意に多いことが示された。さらに、CA2陽性癌の発現頻度は、ヒト筋層浸潤性膀胱癌(MIBC)において筋層非浸潤性膀胱癌(NMIBC)に比べて有意に高く、NMIBCの進行と正の相関を示した。以上より、CA2は膀胱癌における浸潤関連因子であり、膀胱癌の治療標的となり得ることが示された。

  • Targeting Androgen Receptor Activation Function-1 with EPI to Overcome Resistance Mechanisms in Castration-Resistant Prostate Cancer. 査読

    Yang YC, Banuelos CA, Mawji NR, Wang J, Kato M, Haile S, McEwan IJ, Plymate S, Sadar MD

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   22 ( 17 )   4466 - 77   2016年09月( ISSN:1078-0432

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-15-2901

    PubMed

  • Management of Enzalutamide Related Adverse Events for Castration Resistant Prostate Cancer by Patient Reported Outcomes 査読

    Iguchi Taro, Yasuda Sayaka, Kato Minoru, Yamazaki Takeshi, Tamada Satoshi, Nakatani Tatsuya

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年07月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cotargeting Androgen Receptor Splice Variants and mTOR Signaling Pathway for the Treatment of Castration-Resistant Prostate Cancer. 査読

    Kato M, Banuelos CA, Imamura Y, Leung JK, Caley DP, Wang J, Mawji NR, Sadar MD

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   22 ( 11 )   2744 - 54   2016年06月( ISSN:1078-0432

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-15-2119

    PubMed

  • 去勢抵抗性前立腺癌患者におけるイクスタンジの副作用マネジメント 査読

    井口 太郎, 安田 早也香, 二宮 典子, 加藤 実, 山崎 健史, 玉田 聡, 仲谷 達也

    医学図書出版(株) 泌尿器外科   28 ( 10 )   1685 - 1691   2015年10月( ISSN:0914-6180

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    イクスタンジを投与された去勢抵抗性前立腺癌患者45例を対象とし、患者自己評価の副作用アンケートを実施し、副作用の発現状況を調査した。12例で減量・休薬が必要であったが、減量し投与継続した8例すべてで減量後に自覚症状の改善を認めた。副作用アンケートを活用し、副作用発現症例では早期に減量することにより、副作用による治療脱落を少しでも減らすことが去勢抵抗性前立腺癌の治療成績向上に繋がると思われる。(著者抄録)

  • Association of MnSOD AA Genotype with the Progression of Prostate Cancer 査読

    Iguchi Taro, Wang Ching Y., Delongchamps Nicolas B., Kato Minoru, Tamada Satoshi, Yamasaki Takeshi, de la Roza Gustavo, Nakatani Tatsuya, Haas Gabriel P.

    PLOS ONE   10 ( 7 )   e0131325   2015年07月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0131325

    PubMed

  • Prolonging survival in metastatic renal cell carcinoma patients treated with targeted anticancer agents: a single-center experience of treatment strategy modifications 査読

    Ninomiya Noriko, Tamada Satoshi, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Iguchi Taro, Nakatani Tatsuya

    CANADIAN JOURNAL OF UROLOGY   22 ( 3 )   7798 - 7804   2015年06月( ISSN:1195-9479

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prolonging survival in metastatic renal cell carcinoma patients treated with targeted anticancer agents: a single-center experience of treatment strategy modifications. 査読

    Ninomiya N, Tamada S, Kato M, Yamasaki T, Iguchi T, Nakatani T

    The Canadian journal of urology   22 ( 3 )   7798 - 804   2015年06月( ISSN:1195-9479

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • A Case of Metastatic Urachal Carcinoma Treated With FOLFIRI (irinotecan and 5-Fluorouracil/leucovorin) Plus Bevacizumab 査読

    Kanamaru Tomohiro, Iguchi Taro, Yukimatsu Nao, Shimizu Yasuomi, Kohyama Yuki, Tachibana Hirokazu, Kato Minoru, Yamasaki Takeshi, Tamada Satoshi, Nakatani Tatsuya

    UROLOGY CASE REPORTS   3 ( 2 )   9 - 11   2015年03月( ISSN:2214-4420

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eucr.2014.11.004

    PubMed

  • マウス膀胱発癌に及ぼすタバコ主流煙吸入による修飾作用の評価(Evaluation of the Modifying Effect of Inhalation of Mainstream Cigarette Smoke on Mouse Bladder Carcinogenesis) 査読

    Kato Minoru, Wei Min, Yamano Shotaro, Fujioka Masaki, Kakehashi Anna, Wanibuchi Hideki

    日本毒性病理学会 Journal of Toxicologic Pathology   26 ( 4 )   447 - 451   2013年12月( ISSN:0914-9198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    タバコ煙吸入曝露システムを用い、膀胱発癌に対するタバコ主流煙吸入の影響を評価した。6週齢雄性C57BLマウス96匹を対照群とタバコ煙曝露群に分け、8週間にわたり飲料水中に0.025%のN-butyl-N-(4-hydroxybutyl)nitrosamine(BBN)を添加して与えた。1週間のウオッシュアウト後、対照群には清浄な空気を、曝露群には300mg/m3のタバコ主流煙を22週間にわたり1週間に5日、1日2時間吸入曝露させた。膀胱腫瘍(乳頭腫および尿路上皮癌)の発生率は、統計的有意差には至らなかったが、対照群(15.8%)よりもタバコ煙曝露群(25.0%)で高かった。膀胱上皮におけるチトクロムP450(CYP)酵素および増殖細胞核抗原(PCNA)のmRNA発現レベルを評価したところ、cyp1a1発現はタバコ煙曝露群で有意に増加したが、cyp1a2、cyp1b1、cyp2a4、cyp2b10、cyp2e1、PCNAの発現には大きな影響を及ぼさなかった。以上から、22週間にわたるタバコ主流煙への限定的曝露によりcyp1a1発現の有意な増加が認められたが、膀胱腫瘍の増加は有意ではなく、膀胱発癌に対するタバコ煙の影響を明らかにするには、より長期の曝露が必要であることが示された。

  • Diphenylarsinic acid, a chemical warfare-related neurotoxicant, promotes liver carcinogenesis via activation of aryl hydrocarbon receptor signaling and consequent induction of oxidative DAN damage in rats 査読

    Wei Min, Yamada Takanori, Yamano Shotaro, Kato Minoru, Kakehashi Anna, Fujioka Masaki, Tago Yoshiyuki, Kitano Mistuaki, Wanibuchi Hideki

    TOXICOLOGY AND APPLIED PHARMACOLOGY   273 ( 1 )   1 - 9   2013年11月( ISSN:0041-008X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.taap.2013.08.022

    PubMed

  • Evaluation of the Modifying Effect of Inhalation of Mainstream Cigarette Smoke on Mouse Bladder Carcinogenesis 査読

    Kato Minoru, Wei Min, Yamano Shotaro, Fujioka Masaki, Kakehashi Anna, Wanibuchi Hideki

    日本毒性病理学会 JOURNAL OF TOXICOLOGIC PATHOLOGY   26 ( 4 )   447 - 451   2013年( ISSN:0914-9198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cigarette smoking is one of the major risk factors of bladder cancer in humans. To date, however, there is no experimental evidence for the effects of inhalation exposure to mainstream cigarette smoke on bladder carcinogenesis. The purpose of the present study was to evaluate the effect of inhalation of mainstream cigarette smoke on mouse bladder carcinogenesis using a cigarette smoke inhalation exposure system. Six-week-old male C57BL mice were administered 0.025% N-butyl-N-(4-hydroxybutyl) nitrosamine (BBN) in their drinking water for 8 weeks and then divided into 2 groups and exposed to 0 or 300 mg/m<sup>3</sup> wet total particulate matter mainstream cigarette smoke for 2 h per day, five times per week, for 22 weeks. The incidences of bladder tumors (papilloma and urothelial carcinoma) tended to increase in the cigarette smoke-exposed group (25.0%) compared with the controls (15.8%), albeit without a statistically significant difference. We also evaluated mRNA expression levels of cytochrome P450 (cyp) enzymes and proliferating cell nuclear antigen (PCNA) in the bladder epithelium. Expression of cyp1a1 was significantly increased in the cigarette smoke-exposed group. Cigarette smoke exposure did not have a significant effect on the expression of cyp1a2, cyp 1b1, cyp 2a4, cyp 2b10, cyp 2e1, or PCNA. In conclusion, limited exposure to mainstream cigarette smoke for 22 weeks, caused a significant increase in cyp1a1 expression. This increase coupled with the nonsignificant increase in bladder tumors suggests that a longer period of exposure is required to clarify the effects of cigarette smoke on bladder carcinogenesis.

    DOI: 10.1293/tox.2013-0039

    PubMed

    CiNii Article

  • Prognostic Factor of Second Biopsy for Detection of Prostate Cancer 査読

    Chikako N., Kuratsukuri K., Morimoto K., Kato M., Nitta Y., Iguchi T., Tamada S., Tanaka T., Kawashima H., Nakatani T.

    UROLOGY   80 ( 3 )   S280 - S280   2012年09月( ISSN:0090-4295

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DDX39は膀胱癌浸潤の抑制因子として作用する(DDX39 acts as a suppressor of invasion for bladder cancer) 査読

    Kato Minoru, Wei Min, Yamano Shotaro, Kakehashi Anna, Tamada Satoshi, Nakatani Tatsuya, Wanibuchi Hideki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   103 ( 7 )   1363 - 1369   2012年07月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    膀胱癌と正常粘膜のペア標本の比較プロテオーム解析により、膀胱癌進行の予測マーカーの同定を試みた。プロテオーム解析で493の蛋白質が同定され、うち15蛋白質で癌組織特異的な過剰発現が認められ、膀胱癌組織では6例中4例でDDX39の過剰発現が認められた。303例の膀胱癌標本を用いた免疫組織化学的解析においては、DDX39はpTステージおよび組織学的進行度と逆相関することが示され、pTステージ別のDDX39高発現腫瘍の出現率はpTaで68.6%、pT1で43.5%、pTisで20.0%、pT2以上で5.3%であり、組織学的進行度別の出現率はG1期で65.2%、G2期で60.7%、G3期で19.6%であった。DDX39陽性細胞率が50%未満のDDX39低発現腫瘍は疾患進行と有意に関連性がみられ、DDX39ノックダウン膀胱癌細胞では、ネガティブコントロールと比較して腫瘍浸潤能の亢進が認められた。以上より、DDX39は浸潤抑制因子であり、DDX39機能欠損は疾患進行の予測因子となりうる可能性が示唆された。

  • DDX39 acts as a suppressor of invasion for bladder cancer 査読

    Kato Minoru, Wei Min, Yamano Shotaro, Kakehashi Anna, Tamada Satoshi, Nakatani Tatsuya, Wanibuchi Hideki

    CANCER SCIENCE   103 ( 7 )   1363 - 1369   2012年07月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2012.02298.x

    PubMed

  • 未来5-1 泌尿器科領域におけるこれからの分子標的治療(未来講演5,第99回日本泌尿器科学会総会) 査読

    玉田 聡, 加藤 実, 西原 千香子, 北本 興市郎, 井口 太郎, 田中 智章, 鞍作 克之, 川嶋 秀紀, 伸谷 達也

    一般社団法人 日本泌尿器科学会 日本泌尿器科学会雑誌   102 ( 2 )   2011年( ISSN:0021-5287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.102.265_1

    CiNii Article

  • 化学療法が著効したベリニ管癌 査読

    加藤 実, 玉田 聡, 北本 興市郎, 川嶋 秀紀, 岩井 謙仁, 仲谷 達也

    (株)医学書院 臨床泌尿器科   64 ( 11 )   857 - 860   2010年10月( ISSN:0385-2393

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は27歳,女性。左鎖骨上リンパ節腫大を主訴に受診し,生検により転移性腺癌と診断された。PET-CTより,リンパ節,肺,骨に多発性転移を有する左腎癌と診断し,経腹膜的腎摘除術を施行した。病理組織検査でベリニ管癌と診断し,ゲムシタビンとカルボプラチンの併用療法を施行した。著明な抗腫瘍効果を認めたが,4コース終了後急激に全身状態が悪化し,死亡した。病理解剖による死因は心タンポナーデであった。(著者抄録)

  • 歩行困難を主訴として来院した巨大水腎症の1例 査読

    加藤 実, 谷本 義明, 岩井 謙仁, 坂本 亘, 仲谷 達也

    医学図書出版(株) 泌尿器外科   23 ( 10 )   1493 - 1496   2010年10月( ISSN:0914-6180

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は44歳、男性。歩行困難、左大腿部痛を主訴に近医を受診。著明な腹部膨満を認めたため腹部CTを施行され、左巨大水腎症を認めた。腎瘻穿刺で10.1lの尿の流出を認め、大腿部痛は速やかに消失し歩行可能となった。逆行性腎盂尿管造影では水腎症の原因として腎盂尿管移行部狭窄症が疑われた。その後再度水腎症の悪化を認め後腹膜鏡下左腎摘除術を施行した。病理学的検査では尿管の構造に異常を認めなかった。(著者抄録)

  • 排尿筋過反射型収縮不全を認めた間質性膀胱炎 査読

    加藤 実, 玉田 聡, 田中 智章, 川嶋 秀紀, 岩井 謙仁, 仲谷 達也

    (株)医学書院 臨床泌尿器科   64 ( 6 )   427 - 430   2010年05月( ISSN:0385-2393

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    患者は70歳,女性。間質性膀胱炎に対し膀胱水圧拡張術および高気圧酸素療法を施行。膀胱部痛は消失するも,1ヵ月後に頻尿症状が増悪したためトルテロジンを投与したが改善が得られず,病態の把握のためpressure-flow studyを施行した。Detrusor hyperactivity with impaired contractile functionと診断し,ウラピジルおよびイミダフェナシンを投与したところ,症状は改善した。(著者抄録)

  • OP-434 転移性腎癌に対する分子標的薬による初期治療経験(腎腫瘍/薬物療法1,一般演題口演,第97回日本泌尿器科学会総会) 査読

    加藤 実, 木下 義久, 田部 茂, 仲谷 達也, 玉田 聡, 浅井 利大, 川嶋 秀紀, 金 卓, 杉村 一誠, 池本 慎一, 上水流 雅人, 中村 敬弘

    一般社団法人 日本泌尿器科学会 日本泌尿器科学会雑誌   100 ( 2 )   2009年( ISSN:0021-5287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5980/jpnjurol.100.297_2

    CiNii Article

  • [Case of renal cell carcinoma in a horseshoe kidney]. 査読

    Kato M, Uchida J, Iwai T, Deguchi T, Nishihara C, Ninomiya N, Kawashima H, Nakatani T

    Hinyokika kiyo. Acta urologica Japonica   54 ( 11 )   723 - 5   2008年11月( ISSN:0018-1994

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • A novel approach to successful ABO-incompatible high-titer renal transplantation 査読

    Uchida J., Iwai T., Kato M., Machida Y., Naganuma T., Kumada N., Yoshimura R., Kawashima H., Kim T., Nakatani T.

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   40 ( 7 )   2285 - 2288   2008年09月( ISSN:0041-1345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2008.06.018

  • Late-onset neutropenia in ABO-incompatible renal transplant recipients receiving two doses rituximab and 4 weeks of treatment with mycophenolate mofetil 査読

    Uchida Junii, Iwai Tomoaki, Machida Yuichi, Kitamoto Koichiro, Kato Minoru, Naganuma Toshihide, Kim Taku, Nakatani Tatsuya

    AMERICAN JOURNAL OF TRANSPLANTATION   8   523 - 524   2008年05月( ISSN:1600-6135

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

▼全件表示