2022/07/13 更新

写真a

ヤマダ シンスケ
山田 真介
YAMADA Shinsuke
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

研究分野

  • ライフサイエンス / 内科学一般

研究概要

  • 慢性疾患における、睡眠状況および夜間血圧動態が動脈硬化進展に与える影響について。

所属学協会

  • リウマチ学会, 内科学会,骨粗鬆症学会,透析医学会,糖尿病学会、睡眠学会、内分泌学会

      国内

学歴

  • 大阪市立大学   医学系研究科   博士課程   卒業・修了

  • 大阪市立大学   医学系研究科   博士課程   卒業・修了

論文

  • Denosumab Improves Glomerular Filtration Rate in Osteoporotic Patients With Normal Kidney Function by Lowering Serum Phosphorus 査読

    Miyaoka Daichi, Inaba Masaaki, Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Ohara Masaya, Nagata Yuki, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Emoto Masanori

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   34 ( 11 )   2028 - 2035   2019年11月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbmr.3821

    PubMed

  • Thyroid blood flow in inferior thyroid artery as predictor for increase in levothyroxine dosage during pregnancy in women with Hashimoto's thyroiditis - a retrospective study 査読

    Kurajoh Masafumi, Yamasaki Akiyo, Nagasaki Toshiki, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Takahashi Kanae, Yamamoto Kouji, Shintani Ayumi, Inaba Masaaki

    BMC PREGNANCY AND CHILDBIRTH   19 ( 1 )   232   2019年07月( ISSN:1471-2393

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12884-019-2389-1

    PubMed

  • RELATIONSHIP BETWEEN SERUM THYROID STIMULATING HORMONE LEVELS AND INTRARENAL HEMODYNAMIC PARAMETERS IN SUBJECTS WITH SUBCLINICAL HYPOTHYROIDISM 査読

    Nakatani Shinya, Ishimura Eiji, Machiba Yuri, Uedono Hideki, Nagata Yuki, Tsuda Akihiro, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Uchida Junji, Emoto Masanori, Nakatani Tatsuya, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   34   2019年06月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Independent association of plasma xanthine oxidoreductase activity with serum uric acid level based on stable isotope-labeled xanthine and liquid chromatography/triple quadrupole mass spectrometry: MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Emoto M, Murase T, Nakamura T, Ishihara T, Go H, Yamamoto K, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Inaba M

    Clinical chemistry and laboratory medicine   2019年05月( ISSN:1434-6621

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/cclm-2019-0199

    PubMed

  • Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus. 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Motoyama K, Kuriyama N, Ozaki E, Koyama T, Yamada S, Morioka T, Imanishi Y, Emoto M

    Journal of diabetes investigation   2019年05月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.13071

    PubMed

  • Improvement of glycemic control by treatment for insomnia with suvorexant in type 2 diabetes mellitus 査読

    Toi Norikazu, Inaba Masaaki, Kurajoh Masafumi, Morioka Tomoaki, Hayashi Noriyuki, Hirota Tomoe, Miyaoka Daichi, Emoto Masanori, Yamada Shinsuke

    JOURNAL OF CLINICAL AND TRANSLATIONAL ENDOCRINOLOGY   15   37 - 44   2019年03月( ISSN:2214-6237

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcte.2018.12.006

    PubMed

  • Association of cystatin C- and creatinine-based eGFR with osteoporotic fracture in Japanese postmenopausal women with osteoporosis: sarcopenia as risk for fracture(和訳中) 査読

    Kurajoh Masafumi, Inaba Masaaki, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 2 )   282 - 291   2019年03月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of urinary C-megalin excretion in vitamin D metabolism in pre-dialysis CKD patients 査読

    Toi Norikazu, Inaba Masaaki, Ishimura Eiji, Tsugawa Naoko, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Hirayama Yoshiaki, Nakatani Shinya, Saito Akihiko, Yamada Shinsuke

    SCIENTIFIC REPORTS   9 ( 1 )   2207   2019年02月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-38613-8

    PubMed

  • Impaired residual renal function predicts denosumab-induced serum calcium decrement as well as increment of bone mineral density in non-severe renal insufficiency 査読

    Miyaoka D., Imanishi Y., Ohara M., Hayashi N., Nagata Y., Yamada S., Mori K., Emoto M., Inaba M.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   30 ( 1 )   241 - 249   2019年01月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-018-4688-1

  • [Osteoporosis as a risk factor for cardiovascular disease.] 査読

    Yamada S, Inaba M

    Clinical calcium   29 ( 2 )   171 - 177   2019年( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20837/4201902171

    PubMed

  • Association of heterogeneity of the thyroid gland with matrix metalloproteinase-3 in rheumatoid arthritis patients with Hashimoto's thyroiditis 査読

    Nagasaki Toshiki, Nagata Yuki, Wakita Yosuke, Yamada Shinsuke, Goto Hitoshi, Imanishi Yasuo, Onoda Naoyoshi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    MINERVA ENDOCRINOLOGICA   43 ( 4 )   398 - 405   2018年12月( ISSN:0391-1977

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.23736/S0391-1977.18.02725-6

    PubMed

  • Non-mercaptalbumin, Oxidized Form of Serum Albumin, Significantly Associated with Renal Function and Anemia in Chronic Kidney Disease Patients 査読

    Nakatani Shinya, Yasukawa Keiko, Ishimura Eiji, Nakatani Ayumi, Toi Norikazu, Uedono Hideki, Tsuda Akihiro, Yamada Shinsuke, Ikeda Hitoshi, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Yatomi Yutaka, Inaba Masaaki

    SCIENTIFIC REPORTS   8 ( 1 )   16796   2018年11月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-35177-x

    PubMed

  • Positive association of plasma leptin with sleep quality in obese type 2 diabetes patients 査読

    Hirota Tomoe, Morioka Tomoaki, Yoda Koichiro, Toi Norikazu, Hayashi Noriyuki, Maruo Saori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Yamada Shinsuke, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   9 ( 5 )   1100 - 1105   2018年09月( ISSN:2040-1124

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12826

    PubMed

  • 肥満2型糖尿病患者における血漿レプチン値と睡眠の質との正の関連(Positive association of plasma leptin with sleep quality in obese type 2 diabetes patients) 査読

    Hirota Tomoe, Morioka Tomoaki, Yoda Koichiro, Toi Norikazu, Hayashi Noriyuki, Maruo Saori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Yamada Shinsuke, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Diabetes Investigation   9 ( 5 )   1100 - 1105   2018年09月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者におけるレプチンと睡眠の質との関連を調べた。2011年10月〜2016年7月に当施設に入院した2型糖尿病患者182例(男性100例、女性82例、年齢中央値61歳)を対象に、空腹時血漿レプチン値を測定し、単一チャネル脳波で睡眠構造を評価した。最初の睡眠周期中のデルタパワーを用いて解析した。肥満群は113例、非肥満群は69例であった。未調整解析では肥満群で血漿レプチン値とデルタパワーで評価した熟睡に対するパラメータとの間に正の関連があった。年齢、BMI、無呼吸低呼吸指数といった潜在的交絡因子の補正後、多変量解析では肥満群で血漿レプチン値はデルタパワーと正の関連を示したが、総睡眠時間とは関連しなかった。非肥満群ではデルタパワーも総睡眠時間もレプチン値とは関連しなかった。

  • Association of Decreased Handgrip Strength with Reduced Cortical Thickness in Japanese Female Patients with Type 2 Diabetes Mellitus 査読

    Nakamura Miyuki, Inaba Masaaki, Yamada Shinsuke, Ozaki Etsuko, Maruo Saori, Okuno Senji, Imanishi Yasuo, Kuriyama Nagato, Watanabe Yoshiyuki, Emoto Masanori, Motoyama Koka

    SCIENTIFIC REPORTS   8 ( 1 )   10767   2018年07月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-29061-x

    PubMed

  • Development of hyperkalemia following treatment with dapagliflozin (DAPA) in a patient with type 2 diabetes after bilateral adrenalectomy 査読

    Miyaoka Daichi, Tsuda Akihiro, Hayashi Noriyuki, Toi Norikazu, Yamasaki Akiyo, Nagata Yuki, Nakatani Shinya, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    CEN CASE REPORTS   7 ( 1 )   29 - 33   2018年05月( ISSN:2192-4449

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13730-017-0286-x

    PubMed

  • 両側性副腎摘出術後の2型糖尿病患者におけるダパグリフロジン(DAPA)治療後の高カリウム血症の発現(Development of hyperkalemia following treatment with dapagliflozin(DAPA) in a patient with type 2 diabetes after bilateral adrenalectomy) 査読

    Miyaoka Daichi, Tsuda Akihiro, Hayashi Noriyuki, Toi Norikazu, Yamasaki Akiyo, Nagata Yuki, Nakatani Shinya, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    シュプリンガー・ジャパン(株) CEN Case Reports   7 ( 1 )   29 - 33   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は79歳女性で、70歳時に手術不能のクッシング病再発によるコントロール不良の副腎皮質機能亢進症に対して両側性副腎摘出術を行い、術後はグルココルチコイド補充療法を行っていた。71歳時に2型糖尿病と診断され、シタグリプチンとミグリトールによる治療を行った。79歳時に6ヵ月間で体重が約5kg増加し、HbA1c>12%となったため、来院した。ダパグリフロジン(DAPA)5mg/日を追加すると、高カリウム血症が出現し(6.5mEq/L)、血漿レニン活性が53.1ng/mL/時に上昇した。アルドステロン欠乏症と診断し、フルドロコルチゾン0.1mg/日を開始すると、翌日の血清カリウムは5.8mEq/Lに低下し、7日後には血清カリウム4.0mEq/L、血漿レニン活性5.8ng/mL/時となった。

  • Strict Phosphorus-Restricted Diet Causes Hypophosphatemic Osteomalacia in a Patient With Chronic Kidney Disease 査読

    Nagata Yuki, Imanishi Yasuo, Hayashi Noriyuki, Miyaoka Daichi, Ohara Masaya, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   2 ( 2 )   166 - 171   2018年02月( ISSN:2472-1972

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/js.2017-00335

  • Association of BAP with urinary albumin excretion in postmenopausal, but not premenopausal, non-CKD Japanese women 査読

    Ozaki Etsuko, Yamada Shinsuke, Kuriyama Nagato, Matsui Daisuke, Watanabe Isao, Koyama Teruhide, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Watanabe Yoshiyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   8 ( 1 )   82   2018年01月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-18473-w

    PubMed

  • Association between alpha-Klotho and Deep White Matter Lesions in the Brain: A Pilot Case Control Study Using Brain MRI 査読

    Kuriyama Nagato, Ozaki Etsuko, Mizuno Toshiki, Ihara Masafumi, Mizuno Shigeto, Koyama Teruhide, Matsui Daisuke, Watanabe Isao, Akazawa Kentaro, Takeda Kazuo, Takada Akihiro, Inaba Masaaki, Yamada Shinsuke, Motoyama Koka, Takeshita Wakiko, Iwai Komei, Hashiguchi Kanae, Kobayashi Daiki, Kondo Masaki, Tamura Aiko, Yamada Kei, Nakagawa Masanori, Watanabe Yoshiyuki

    JOURNAL OF ALZHEIMERS DISEASE   61 ( 1 )   145 - 155   2018年( ISSN:1387-2877

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/JAD-170466

    PubMed

  • <b>人間ドック受診者におけるキサンチン酸化還元酵素活性と</b><b>糖代謝との関連</b> 査読

    藏城 雅文, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁

    一般社団法人 日本痛風・核酸代謝学会 痛風と核酸代謝   42 ( 1 )   2018年( ISSN:1344-9796

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6032/gnam.42.102

    CiNii Article

  • Effects of Teriparatide and Sequential Minodronate on Lumbar Spine Bone Mineral Density and Microarchitecture in Osteoporosis 査読

    Miyaoka Daichi, Imanishi Yasuo, Ohara Masaya, Hayashi Noriyuki, Nagata Yuki, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   101 ( 4 )   396 - 403   2017年10月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00223-017-0295-y

    PubMed

  • 外来透析施設におけるHIV陽性患者の一看護例 はじめての受け入れ経験を振り返って 査読

    藤井 智子, 酒井 幸生, 西川 千恵, 山田 真介, 安田 英煥, 岡田 千佳子, 岡田 茂樹

    大阪透析研究会 大阪透析研究会会誌   35 ( 2 )   139 - 143   2017年09月( ISSN:0912-6937

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    数年前、HIV陽性透析患者の受け入れの可否についての問い合わせを透析導入施設より受けた。これまでHIV陽性患者の透析の経験はなかったが、受け入れることを前提として導入施設の現場見学や学習、当院の実情に見合ったマニュアル作成や院内勉強会を実施することで、問い合わせから約2週間後に当院での外来透析を開始することができた。スタッフ対象のアンケートによる振り返りでは、当初「受け入れに反対もしくは消極的」なスタッフが66%を占めていたが、受け入れ後には34%に減少した。今回のような取り組みを行うことで、外来透析施設でもHIV陽性患者の受け入れは可能であり、HIV陽性患者の血液透析ケアに対するスタッフの意識も肯定的なものへ変化し得ると思われた。(著者抄録)

  • Association between loss of bone mass due to short sleep and leptin-sympathetic nervous system activity 査読

    Kuriyama Nagato, Inaba Masaaki, Ozaki Etsuko, Yoneda Yutaro, Matsui Daisuke, Hashiguchi Kanae, Koyama Teruhide, Iwai Komei, Watanabe Isao, Tanaka Rika, Omichi Chie, Mizuno Shigeto, Kurokawa Masao, Horii Motoyuki, Niwa Fumitoshi, Iwasa Koichi, Yamada Shinsuke, Watanabe Yoshiyuki

    ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS   70   201 - 208   2017年( ISSN:0167-4943

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.archger.2017.02.005

    PubMed

  • [New methods for the evaluation of bone quality. Diseases Affecting Bone Quality.] 査読

    Yamada S, Inaba M

    Clinical calcium   27 ( 8 )   1097 - 1103   2017年( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: CliCa170810971103

    PubMed

  • Association of Nocturnal Hypertension With Disease Activity in Rheumatoid Arthritis 査読

    Hamamoto Kae, Yamada Shinsuke, Yasumoto Mari, Yoda Maki, Yoda Koichiro, Tsuda Akihiro, Okamoto Keiji, Goto Hitoshi, Inaba Masaaki

    AMERICAN JOURNAL OF HYPERTENSION   29 ( 3 )   340 - 347   2016年03月( ISSN:0895-7061

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ajh/hpv119

    PubMed

  • 慢性疲労症候群の生活習慣 筋肉量低下・筋力・身体能力低下と生活習慣との関連 査読

    榊 弥香, 福田 早苗, 田中 邦彦, 山口 浩二, 山田 真介, 絵本 正憲, 松本 美富士, 渡辺 恭良, 倉恒 弘彦, 稲葉 雅章

    日本疲労学会 日本疲労学会誌   11 ( 2 )   56 - 70   2016年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性疲労症候群(CFS)患者における筋肉量・筋力の低下、サルコペニア(S)・プレサルコペニア(PS)該当者の比率、活動量や睡眠・食生活、臨床的特徴などについて検討した。CFSの診断基準を満たす外来CFS患者30名(男7名、女23名、平均42.8歳)を対象に、体組成を測定し、アンケート調査を行った。その結果、筋肉量について同年代と比較した場合、女性CFS患者では有意に減少していた。筋肉量がPSに該当したのは18名(男5名、女性13名)、s備群に該当するのは10名(男3名、女7名)であった。握力のみがSに該当したのは女性10名で、握力と筋肉量PS双方に該当したのは5名であった。PSに該当するCFS患者と非該当患者を比較した場合、男性PS該当患者では、疲れ、筋肉痛、頭痛、重症度などがに多く、女性ではPS非該当患者の方が頭痛や意識混乱症状が多くみられた。栄養素に関しては、男性PS該当患者では、エネルギー摂取量、水分、タンパク質、亜鉛などの摂取量が少なく、女性PS該当患者ではビタミンDの摂取量が多かった。女性の握力低下CFS患者については、握力S非該当患者に比べ、平均活動量全区間の活動量が有意に低く、睡眠時間全区間における睡眠時間が有意に長かった。

  • Successful treatment with ustekinumab of psoriasis vulgaris in a patient undergoing hemodialysis 査読

    Nimmannitya Kulsupa, Tateishi Chiharu, Mizukami Yukari, Hamamoto Kae, Yamada Shinsuke, Goto Hitoshi, Okada Shigeki, Tsuruta Daisuke

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   43 ( 1 )   92 - 94   2016年01月( ISSN:0385-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.12989

    PubMed

  • 血液透析患者における尋常性乾癬に対するウステキヌマブ治療の成功例(Successful treatment with ustekinumab of psoriasis vulgaris in a patient undergoing hemodialysis) 査読

    Nimmannitya Kulsupa, Tateishi Chiharu, Mizukami Yukari, Hamamoto Kae, Yamada Shinsuke, Goto Hitoshi, Okada Shigeki, Tsuruta Daisuke

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Dermatology   43 ( 1 )   92 - 94   2016年01月( ISSN:0385-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    57歳男。多発性嚢胞腎による慢性腎不全にて透析を受けていた。難治性の局面型尋常性乾癬にて局所薬物療法および紫外線療法を行ったが、効果は部分的であった。Psoriasis Area and Severity Index(PASIスコア)は15.4であったが、ウステキヌマブ(45mg)皮下投与の4、8および12週後にそれぞれ9.1、2.2および1.3に低下した。1年後に乾癬病変が悪化したため(PASIスコア7.5)、ウステキヌマブ90mgを投与した。PASIスコアは2.8に低下し、その後も低値が持続し、症状は良好にコントロールされた。副作用はみられず、腎機能は安定していた。

  • High Coronary Heart Disease Risk in Hemodialysis Patients with Central Sleep Apnea: A Pilot Study 査読

    Sakura Mari, Inaba Masaaki, Yoda Koichiro, Ichii Mitsuru, Yamada Shinsuke, Yamakawa Tomoyuki, Ishimura Eiji, Okuno Senji, Shoji Shigeichi

    AMERICAN JOURNAL OF NEPHROLOGY   44 ( 5 )   388 - 395   2016年( ISSN:0250-8095

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000450860

    PubMed

  • Association of Erythropoietin Resistance with Fatigue in Hemodialysis Patients: A Cross-Sectional Study 査読

    Yamasaki Akiyo, Yoda Koichiro, Koyama Hidenori, Yamada Shinsuke, Tsujimoto Yoshihiro, Okuno Senji, Okada Shigeki, Inaba Masaaki

    NEPHRON   134 ( 2 )   95 - 102   2016年( ISSN:1660-8151

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000448108

    PubMed

  • Undifferentiated Spondylarthritis May More Frequent in Japanese 査読

    Goto Hitoshi, Hayashi Noriyuki, Yamada Shinsuke, Inaba Masaaki

    ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY   67   2015年10月( ISSN:2326-5191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [On "2015 Guidelines for Prevention and Treatment of Osteoporosis". CKD and osteoporosis]. 査読

    Yamada S, Inaba M

    Clinical calcium   25 ( 9 )   1329 - 38   2015年09月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: CliCa150913291338

    PubMed

  • Teriparatide Therapy Reduces Serum Phosphate and Intima-Media Thickness at the Carotid Wall Artery in Patients with Osteoporosis 査読

    Yoda Maki, Imanishi Yasuo, Nagata Yuki, Ohara Masaya, Yoda Koichiro, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Inaba Masaaki

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   97 ( 1 )   32 - 39   2015年07月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00223-015-0007-4

    PubMed

  • UNDERCARBOXYLATED OSTEOCALCIN AND INTACT OSTEOCALCIN IN CKD PATIENTS 査読

    Hamamoto Kae, Nagata Yuki, Yamazaki Akiyo, Okazaki Hisanori, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Shoji Shigeichi, Okuno Senji, Koyama Hidenori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   30   2015年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfv199.20

  • Association between Poor Glycemic Control, Impaired Sleep Quality, and Increased Arterial Thickening in Type 2 Diabetic Patients 査読

    Yoda Koichiro, Inaba Masaaki, Hamamoto Kae, Yoda Maki, Tsuda Akihiro, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Yamada Shinsuke

    PLOS ONE   10 ( 4 )   e0122521   2015年04月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0122521

    PubMed

  • Increased undercarboxylated osteocalcin/intact osteocalcin ratio in patients undergoing hemodialysis 査読

    Nagata Y., Inaba M., Imanishi Y., Okazaki H., Yamada S., Mori K., Shoji S., Koyama H., Okuno S.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   26 ( 3 )   1053 - 1061   2015年03月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-014-2954-4

  • Restoration of Parathyroid Function After Change of Phosphate Binder From Calcium Carbonate to Lanthanum Carbonate in Hemodialysis Patients With Suppressed Serum Parathyroid Hormone 査読

    Inaba Masaaki, Okuno Senji, Nagayama Harumi, Yamada Shinsuke, Ishimura Eiji, Imanishi Yasuo, Shoji Shigeichi

    JOURNAL OF RENAL NUTRITION   25 ( 2 )   242 - 246   2015年03月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2014.10.013

    PubMed

  • Decreased cortical thickness, as estimated by a newly developed ultrasound device, as a risk for vertebral fracture in type 2 diabetes mellitus patients with eGFR of less than 60 mL/min/1.73 m(2) 査読

    Mishima T., Motoyama K., Imanishi Y., Hamamoto K., Nagata Y., Yamada S., Kuriyama N., Watanabe Y., Emoto M., Inaba M.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   26 ( 1 )   229 - 236   2015年01月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-014-2843-x

  • Fibroblast Growth Factor-23 and Vitamin D Metabolism in Subjects with eGFR >= 60 ml/min/1.73 m(2) 査読

    Nakatani Shinya, Nakatani Ayumi, Tsugawa Naoko, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Ishimura Eiji, Okano Toshio, Inaba Masaaki

    NEPHRON   130 ( 2 )   119 - 126   2015年( ISSN:1660-8151

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000430870

    PubMed

  • IMPROVEMENT OF CAROTID WALL THICKNESS BY TERIPARATIDE: INTERVENTION ON VICIOUS BONE-VASCULAR AXIS 査読

    Imanishi Y., Yoda N., Nagata Y., Ohara M., Yoda K., Yamada S., Mori K., Inaba M.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   25   606 - 606   2014年11月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Updates on Lifestyle-Related Diseases and Bone Metabolism. CKD-related osteoporosis]. 査読

    Yamada S, Inaba M

    Clinical calcium   24 ( 11 )   1605 - 13   2014年11月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: CliCa141116051613

    PubMed

  • SEVEN CASES OF MULTICENTRIC RETICULOHISTIOCYTOSIS TREATED WITH INTRAVENOUS ADMINISTRATION OF ALENDRONATE 査読

    Hamamoto K., Goto H., Yamada S., Yoda M., Yoda K., Imanishi Y., Inaba M.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   73   315 - 315   2014年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2014-eular.5879

  • Association Between Glycemic Control and Morning Blood Pressure Surge With Vascular Endothelial Dysfunction in Type 2 Diabetic Patients 査読

    Yoda Koichiro, Inaba Masaaki, Hamamoto Kae, Yoda Maki, Tsuda Akihiro, Mori Katsuhito, Yamada Shinsuke, Emoto Masanori, Koyama Hidenori, Imanishi Yasuo

    DIABETES CARE   37 ( 3 )   644 - 650   2014年03月( ISSN:0149-5992

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/dc13-1102

    PubMed

  • Increased soluble IL-2 receptor levels in serum from a patient with painless thyroiditis. 査読

    Hamamoto K, Inaba M, Yamada S, Yoda M, Yoda K, Goto H, Kurajoh M, Koyama H

    Thyroid research   6 ( 1 )   12   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-6614-6-12

    PubMed

  • Relationship between serum TSH levels and intrarenal hemodynamic parameters in euthyroid subjects 査読

    Tsuda Akihiro, Inaba Masaaki, Ichii Mitsuru, Ochi Akinobu, Ohno Yoshiteru, Nakatani Shinya, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Tahara Hideki, Ishimura Eiji

    EUROPEAN JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY   169 ( 1 )   45 - 50   2013年07月( ISSN:0804-4643

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1530/EJE-13-0026

    PubMed

  • NOCTURNAL HYPERTENSION IN RA: A POSSIBLE ASSOCIATION WITH CARDIOVASCULAR EVENTS 査読

    Hamamoto K., Yamada S., Yoda M., Yoda K., Tsuda M., Okamoto K., Goto H., Inaba M.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   72   420 - 421   2013年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thyroid heterogeneity, as indicated by the CV of ultrasonographic intensities, correlates with anti-thyroid peroxidase antibodies in euthyroid Hashimoto's thyroiditis. 査読

    Wakita Y, Nagasaki T, Nagata Y, Imanishi Y, Yamada S, Yoda K, Emoto M, Ishimura E, Inaba M

    Thyroid research   6 ( 1 )   5   2013年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-6614-6-5

    PubMed

  • Undercarboxylated osteocalcin does not correlate with insulin resistance as assessed by euglycemic hyperinsulinemic clamp technique in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Motoyama Koka, Lee Eiko, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME   4 ( 1 )   53   2012年12月( ISSN:1758-5996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1758-5996-4-53

    PubMed

  • Impaired Response of FGF-23 to Oral Phosphate in Patients with Type 2 Diabetes: A Possible Mechanism of Atherosclerosis 査読

    Yoda Koichiro, Imanishi Yasuo, Yoda Maki, Mishima Takashi, Ichii Mitsuru, Yamada Shinsuke, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   97 ( 11 )   E2036 - E2043   2012年11月( ISSN:0021-972X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/jc.2012-2024

    PubMed

  • [Diabetes mellitus and osteoporosis. Bone metabolic disorder in diabetic nephropathy]. 査読

    Yamada S, Inaba M

    Clinical calcium   22 ( 9 )   1333 - 41   2012年09月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: CliCa120913331341

    PubMed

  • [Diabetes and sleeping habits]. 査読

    Yamada S, Inaba M

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70 ( 7 )   1200 - 5   2012年07月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Poor muscle quality as a predictor of high mortality independent of diabetes in hemodialysis patients 査読

    Yoda Maki, Inaba Masaaki, Okuno Senji, Yoda Koichiro, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Mori Katsuhito, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Yamakawa Tomoyuki, Shoji Shigeichi

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   66 ( 4 )   266 - 270   2012年06月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2011.11.001

    PubMed

  • Reduction of whole PTH/intact PTH ratio as a predictor of bone metabolism in cinacalcet treatment of hemodialysis patients with secondary hyperparathyroidism 査読

    Kurajoh M., Inaba M., Okuno S., Nagayama H., Yamada S., Imanishi Y., Ishimura E., Shoji S., Yamakawa T., Nishizawa Y.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   22 ( 3 )   923 - 930   2011年03月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-010-1262-x

  • Poor muscle quality rather than reduced lean body mass is responsible for the lower serum creatinine level in hemodialysis patients with diabetes mellitus 査読

    Inaba M., Kurajoh M., Okuno S., Imanishi Y., Yamada S., Mori K., Ishimura E., Yamakawa T., Nishizawa Y.

    CLINICAL NEPHROLOGY   74 ( 4 )   266 - 272   2010年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Osteoporosis in patients with low-activity rheumatoid arthritis - Preferential reduction of bone mineral density at the femur reflects impairment of physical activity 査読

    Goto Hitoshi, Sugiguchi Shigeru, Yamada Shinsuke, Okamoto Keiji, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    ENDOCRINE JOURNAL   57   S498 - S498   2010年03月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with calcaneus quantitative ultrasound in male hemodialysis patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Yamada Shinsuke, Inaba Masaaki, Okada Shigeki, Imanishi Yasuo, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   59 ( 3 )   390 - 394   2010年03月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2009.08.008

    PubMed

  • Decrease of brachial-ankle pulse wave velocity in female subclinical hypothyroid patients during normalization of thyroid function: a double-blind, placebo-controlled study 査読

    Nagasaki Toshiki, Inaba Masaaki, Yamada Shinsuke, Shirakawa Kumi, Nagata Yuki, Kumeda Yasuro, Hiura Yoshikazu, Tahara Hideki, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    EUROPEAN JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY   160 ( 3 )   409 - 415   2009年03月( ISSN:0804-4643

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1530/EJE-08-0742

    PubMed

  • Association of glycated albumin, but not glycated hemoglobin, with peripheral vascular calcification in hemodialysis patients with type 2 diabetes 査読

    Yamada Shinsuke, Inaba Masaaki, Shidara Kaori, Okada Shigeki, Emoto Masanori, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    LIFE SCIENCES   83 ( 13-14 )   516 - 519   2008年09月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2008.08.001

    PubMed

  • Utility of serum tartrate-resistant acid phosphatase (TRACP5b) as a bone resorption marker in patients with chronic kidney disease: independence from renal dysfunction 査読

    Yamada Shinsuke, Inaba Masaaki, Kurajoh Masafumi, Shidara Kaori, Imanishi Yasuo, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    CLINICAL ENDOCRINOLOGY   69 ( 2 )   189 - 196   2008年08月( ISSN:0300-0664

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2265.2008.03187.x

    PubMed

  • Reference intervals of serum tartrate-resistant acid phosphatase type 5b activity measured with a novel assay in Japanese subjects 査読

    Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki, Ishii Mitsukazu, Yamashita Hiroyuki, Miki Takami, Goto Hitoshi, Yamada Sinsuke, Chaki Osamu, Kurasawa Kentaro, Mochizuki Yoshiko

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   26 ( 3 )   265 - 270   2008年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-007-0826-0

  • Association of increased active PTH(1-84) fraction with decreased GFR and serum Ca in predialysis CRF patients: modulation by serum 25-OH-D 査読

    Kurajoh M., Inaba M., Yamada S., Imanishi Y., Tsuchida T., Ishimura E., Nishizawa Y.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   19 ( 5 )   709 - 716   2008年05月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-007-0554-2

  • Serum levels of TRAP5b, a new bone resorption marker unaffected by renal dysfunction, as a useful marker of cortical bone loss in hemodialysis patients 査読

    Shidara Kaori, Inaba Masaaki, Okuno Senji, Yamada Shinsuke, Kumeda Yasuro, Imanishi Yasuo, Yamakawa Tomoyuki, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    CALCIFIED TISSUE INTERNATIONAL   82 ( 4 )   278 - 287   2008年04月( ISSN:0171-967X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00223-008-9127-4

    PubMed

  • 潜在性甲状腺機能低下症を治療することで動脈壁硬化度は改善するか? 査読

    永田 友貴, 稲葉 雅章, 長崎 俊樹, 久米田 靖郎, 日浦 義和, 山田 真介, 白川 久美, 西沢 良記

    日本内分泌学会雑誌   83 ( 4 )   2008年03月( ISSN:00290661

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [Influence on atherosclerosis of improvement of bone mineral density after medication for osteoporosis]. 査読

    Yamada S, Inaba M, Nishizawa Y

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   65 Suppl 9   348 - 51   2007年11月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Changes in brachial-ankle pulse wave velocity in subclinical hypothyroidism during normalization of thyroid function 査読

    Nagasaki Toshiki, Inaba Masaaki, Yamada Shinsuke, Kumeda Yasuro, Hiura Yoshikazu, Nishizawa Yoshiki

    BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY   61 ( 8 )   482 - 487   2007年09月( ISSN:0753-3322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biopha.2007.04.004

    PubMed

  • Glycated albumin is a better glycemic indicator than glycated hemoglobin values in hemodialysis patients with diabetes: Effect of anemia and erythropoietin injection 査読

    Inaba Masaaki, Okuno Senji, Kumeda Yasuro, Yamada Shinsuke, Imanishi Yasuo, Tabata Tsutomu, Okamura Mikio, Okada Shigeki, Yamakawa Tomoyuki, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY   18 ( 3 )   896 - 903   2007年03月( ISSN:1046-6673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1681/ASN.2006070772

    PubMed

  • Independent association of increased trunk fat with increased arterial stiffening in postmenopausal patients with rheumatoid arthritis 査読

    Inaba Masaaki, Tanaka Kazumasa, Goto Hitoshi, Sakai Shinrei, Yamada Shinsuke, Naka Hiroshi, Imanishi Yasuo, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY   34 ( 2 )   290 - 295   2007年02月( ISSN:0315-162X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Independent association of increased trunk fat with increased arterial stiffening in postmenopausal patients with rheumatoid arthritis. 査読

    Inaba M, Tanaka K, Goto H, Sakai S, Yamada S, Naka H, Imanishi Y, Nishizawa Y

    The Journal of rheumatology   34 ( 2 )   290 - 5   2007年02月( ISSN:0315-162X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Central pulse wave velocity is responsible for increased brachial-ankle pulse wave velocity in subclinical hypothyroidism 査読

    Nagasaki Toshiki, Inaba Masaaki, Kumeda Yasuro, Hiura Yoshikazu, Yamada Shinsuke, Shirakawa Kumi, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    CLINICAL ENDOCRINOLOGY   66 ( 2 )   304 - 308   2007年02月( ISSN:0300-0664

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2265.2006.02730.x

    PubMed

  • Serum levels of TRAP5b, a new bone resorption marker unaffected by renal dysfunction, as a useful marker of bone loss in hemodialysis patients 査読

    Shoji Shigeichi, Inaba Masaaki, Shidara Kaori, Okuno Senji, Yamada Shinsuke, Kumeda Yasuro, Ishimura Eiji, Yamakawa Tomoyuki, Nishizawa Yoshiki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   22   360 - 361   2007年( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum tartrate-resistant acid phosphatase (TRAP) 5b as a new relevant bone resorption marker in predialysis patients with chronic renal failure: Its independence of renal dysfunction 査読

    Shirakawa Kumi, Inaba Masaaki, Yamada Shinsuke, Shoji Shigeichi, Shidara Kaori, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   22   169 - 169   2007年( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of the whole-PTH assay in predialysis patients with chronic renal failure 査読

    Okabe Reiko, Inaba Masaaki, Yamada Shinsuke, Shoji Shigeichi, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   22   263 - 264   2007年( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Glycated albumin is a better glycemic indicator than glycated hemoglobin values in diabetic hemodialysis patients; Effect of anemia and erythropoietin injection 査読

    Inaba Masaaki, Okuno Senji, Kumeda Yasuro, Yamada Shinsuke, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   22   221 - 221   2007年( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of fibroblast growth factor-23 in peripheral vascular calcification in non-diabetic and diabetic hemodialysis patients 査読

    Inaba M., Okuno S., Imanishi Y., Yamada S., Shioi A., Yamakawa T., Ishimura E., Nishizawa Y.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   17 ( 10 )   1506 - 1513   2006年10月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-006-0154-6

  • Independent association of increased central body fat with increased arterial stiffening in postmenopausal rheumatoid arthritis (RA) patients. 査読

    Tanaka Kazumasa, Inaba Masaaki, Goto Hitoshi, Yamada Shinsuke, Kumeda Yasuro, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    ARTHRITIS AND RHEUMATISM   54 ( 9 )   S361 - S362   2006年09月( ISSN:0004-3591

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Associations between physical activity, peripheral atherosclerosis and bone status in healthy Japanese women 査読

    Yamada Shinsuke, Inaba Masaaki, Goto Hitoshi, Nagata-Sakurai Mayumi, Kumeda Yasuro, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki

    ATHEROSCLEROSIS   188 ( 1 )   196 - 202   2006年09月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2005.10.036

    PubMed

  • [Age-related transformation of bone metabolism]. 査読

    Yamada S, Inaba M, Nishizawa Y

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64 ( 9 )   1585 - 8   2006年09月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Paraarticular trabecular bone loss at the ultradistal radius and increased arterial stiffening in postmenopausal patients with rheumatoid-arthritis 査読

    Tanaka K, Inaba M, Goto H, Nagata-Sakurai M, Sakai S, Yamada S, Ueda M, Ishimura E, Nishizawa Y

    JOURNAL OF RHEUMATOLOGY   33 ( 4 )   652 - 658   2006年04月( ISSN:0315-162X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Paraarticular trabecular bone loss at the ultradistal radius and increased arterial stiffening in postmenopausal patients with rheumatoid arthritis. 査読

    Tanaka K, Inaba M, Goto H, Nagata-Sakurai M, Sakai S, Yamada S, Ueda M, Ishimura E, Nishizawa Y

    The Journal of rheumatology   33 ( 4 )   652 - 8   2006年04月( ISSN:0315-162X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Increased pulse wave velocity in subclinical hypothyroidism 査読

    Nagasaki T, Inaba M, Kumeda Y, Hiura Y, Shirakawa K, Yamada S, Henmi Y, Ishimura E, Nishizawa Y

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   91 ( 1 )   154 - 158   2006年01月( ISSN:0021-972X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/jc.2005-1342

    PubMed

  • Involvement of paraarticular trabecular bone loss at the ultradistal radius in increased arterial stiffening in RA patients 査読

    Tanaka K, Inaba M, Goto H, Nagata-Sakurai M, Yamada S, Sakai S, Ueda M, Ishimura E, Nishizawa Y

    ARTHRITIS AND RHEUMATISM   52 ( 9 )   S335 - S336   2005年09月( ISSN:0004-3591

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of intima-media thickness in femoral artery in the determination of calcaneus osteo-sono index but not of lumbar spine bone mass in healthy Japanese people 査読

    Yamada S, Inaba M, Goto H, Nagata M, Ueda M, Nakatuka K, Tahara H, Yokoyama H, Emoto M, Shoji T, Nishizawa Y

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   16 ( 1 )   64 - 70   2005年01月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-004-1642-1

    PubMed

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 臨床薬学のための病態生理 各種病態と薬物療法のターゲット 骨・関節疾患 骨粗鬆症 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)医薬ジャーナル社 医薬ジャーナル   55 ( 3 )   839 - 849   2019年03月( ISSN:0287-4741

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>・骨粗鬆症は『骨強度(70%が骨密度,30%が骨質で説明)の低下を特徴とし,骨折のリスクが増大しやすくなる骨格疾患』と定義されている。・本邦における骨粗鬆症の約90%は,退行期骨粗鬆症(閉経後骨粗鬆症と老人性骨粗鬆症)によるものである。・超高齢社会を迎えた本邦の骨粗鬆症患者数は,およそ1,280万人(男性300万人,女性980万人)存在するものと推定されている。・骨粗鬆症は骨密度と脆弱骨折の有無により診断されるが,治療方針の決定や治療効果の判定には,骨代謝マーカーが有用である。・骨粗鬆症治療薬には,大きく分けて骨吸収抑制薬と骨形成促進薬がある。・骨代謝マーカーの値により骨粗鬆症治療薬を使い分け,まずは骨代謝マーカー値を正常値に近づけることをターゲットに治療することで,その後の骨密度の改善が見込まれる。

  • 【マグネシウム代謝-その新たな臨床的意義】基礎と総論 糖尿病とマグネシウム 査読

    山田 真介

    (株)東京医学社 腎と透析   86 ( 2 )   173 - 177   2019年02月( ISSN:0385-2156

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【動脈硬化とカルシウム〜カルシウムパラドックスの謎に迫る〜】心血管リスクとしての骨粗鬆症 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   29 ( 2 )   171 - 177   2019年01月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>骨粗鬆症は心血管疾患に対する強力な危険因子となる。それぞれの要因である骨量低下と血管石灰化には多くの共通因子が存在し,類似の機序でほぼ同時に増悪することから,骨粗鬆症治療により心血管疾患リスクを軽減しうる可能性が期待されている。そこで本稿では,血管石灰化と骨代謝に焦点を当て,その疫学,発生機序,および治療の可能性について文献学的考察を交え概説する。

  • 【『時間』を軸に考えた糖尿病治療の新展開】睡眠改善による糖尿病治療 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)医学出版 月刊糖尿病   10 ( 4 )   43 - 52   2018年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【生活習慣病および身体疾患と睡眠】骨粗鬆症と不眠 査読

    栗山 長門, 山田 真介, 稲葉 雅章, 尾崎 悦子, 八木田 和弘, 石井 好二郎, 伊藤 洋, 松井 大輔, 小山 晃英, 渡邉 功, 渡邊 能行

    (株)先端医学社 ねむりとマネージメント   5 ( 1 )   22 - 27   2018年03月( ISSN:2188-9163

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Points>・睡眠不足に関する健康問題は、骨量低下・骨代謝異常と密接に関連している。・レプチン-交感神経系を介しての皮質骨系の骨量調節の存在が報告されている。・短時間睡眠の状態では、ホルモン分泌異常、レプチン-交感神経系活性化による骨代謝障害、睡眠薬使用による転倒リスク増加、ヒト骨における体内時計の乱れなどが潜在的に存在している。・今後、医療側における骨粗鬆症と不眠への対応は、これら新しい生理メカニズムを含めて総合的に考慮する必要が生じてきている。(著者抄録)

  • 【内科医と睡眠障害-睡眠障害の診断と治療をプライマリ・ケアに】不眠の原因と治療 内分泌・代謝疾患における睡眠障害 査読

    山田 真介, 都井 律和, 稲葉 雅章

    (株)南江堂 内科   120 ( 5 )   1095 - 1100   2017年11月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    【糖代謝と睡眠障害】糖尿病患者のおよそ40%が何らかの睡眠障害を自覚している.夜間頻尿や有痛性末梢神経障害,睡眠時無呼吸症候群などの合併によりさまざまなタイプの睡眠障害をきたす.睡眠習慣の乱れは糖尿病発症・悪化のリスク因子となる.血糖コントロールの悪化は夜間の交感神経活性を賦活化させ睡眠障害を惹起する.睡眠障害はうつ症状や心血管系疾患発症の原因となる.睡眠時無呼吸症候群に伴う持続的な夜間低酸素血症は腎症の発症・増悪に寄与する.睡眠障害を治療することで血糖コントロールを改善しうる可能性がある.【脂質代謝と睡眠障害】慢性的な短時間睡眠の習慣は脂質異常の発生・悪化のリスク因子となる.閉塞性睡眠時無呼吸症候群は肥満とは独立した脂質異常発生・悪化のリスク因子となる.(著者抄録)

  • わたしのカルテから 関節リウマチと睡眠障害 査読

    山田 真介, 林 礼行, 都井 律和, 稲葉 雅章

    (株)先端医学社 ねむりとマネージメント   4 ( 2 )   77 - 81   2017年09月( ISSN:2188-9163

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【睡眠障害診療29のエッセンス】代謝性疾患 糖尿病血糖コントロールと睡眠治療 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   別冊 ( 睡眠障害診療29のエッセンス )   54 - 60   2017年09月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    糖尿病患者のおよそ40%がなんらかの睡眠障害を合併しているものと推察されている。糖尿病では、高血糖に伴う視床下部-下垂体-副腎系(HPA axis)の賦活化や夜間頻尿、末梢性神経障害による疼痛、睡眠時無呼吸症候群などの合併により、さまざまなタイプの睡眠障害が観察される。睡眠障害の存在は患者QOLを低下させるのみでなく、血糖コントロールを難渋化させる一因ともなる。このような背景から、近年、糖尿病発症予防および血糖管理を目的とした睡眠医療の重要性が注目されている。そこで本稿では、睡眠と糖尿病の関連性、および睡眠障害を合併する糖尿病患者への睡眠治療介入が血糖コントロールに与える影響について、自験データも交えて文献学的に概説する。(著者抄録)

  • 【骨質についての最新の評価法】骨質劣化をもたらす疾患・病態 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   27 ( 8 )   1097 - 1103   2017年07月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    骨質の劣化は骨密度に依存しない脆弱性骨折発生のリスク因子であり,糖尿病や慢性腎臓病などの生活習慣病関連骨粗鬆症やステロイド性骨粗鬆症などにおける易骨折性の要因であると考えられている。近年,TBS(trabecular bone score)などの簡易な検査法が開発されたことで骨梁の微細構造を迅速かつ容易に評価することが可能となり,様々な疾患で骨質を対象とした臨床研究が行われるようになってきた。そこで,本稿では骨質劣化を来しやすい疾患に焦点をあて,これらの研究結果をもとに文献学的考察を交え概説する。(著者抄録)

  • マグネシウムと糖尿病 査読

    山田 真介

    (一社)日本マグネシウム学会 マグネシウム   35 ( 2 )   38 - 47   2017年06月( ISSN:0913-4867

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    2型糖尿病患者の血清マグネシウム(Mg)濃度は健常者と比較して低い傾向にある。Mgは糖尿病のみならず、糖尿病に合併する様々な疾患との間にも密接な関連を有する。糖尿病患者におけるMgの重要性について、以下の項目に分けて概説した。1)糖尿病患者の血中Mg濃度、2)Mg摂取不足と糖尿病との関係、3)糖尿病患者での尿中Mg排泄の増加、4)血糖調節機能におけるMgの役割、5)尿中Mg測定の意義、6)糖尿病合併症とMgとの関係、7)糖尿病患者に対するMg補充療法、について述べた。

  • 【リウマチ性疾患と動脈硬化】関節リウマチ 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)先端医学社 炎症と免疫   25 ( 3 )   204 - 209   2017年04月( ISSN:0918-8371

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    近年、動脈硬化は慢性炎症性疾患であるとの概念が主流となりつつある。高血圧や糖尿病、脂質異常症などによる血管内皮障害により、単球・マクロファージが血管内膜に浸潤することで動脈硬化が形成されるという考えである。一方、典型的な慢性炎症性疾患である関節リウマチ(RA)では、炎症性サイトカインが中心的な役割を担い動脈硬化に関与していると考えられている。そこで本稿では、RAが動脈硬化を引き起こすメカニズムについて、文献学的考察を交え概説する。(著者抄録)

  • 【糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル】糖尿病血糖コントロール改善・合併症防止を目的とした睡眠障害に対する治療戦略 査読

    山田 真介

    (株)医学出版 月刊糖尿病   8 ( 11 )   88 - 99   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【"こんなときどうしたらよいか"がわかる!もう困らない 病棟での血糖コントロール】(第3章)どうする?こんなときの治療と血糖コントロール 睡眠障害と血糖コントロール 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)じほう 薬事   58 ( 14 )   3185 - 3196   2016年10月( ISSN:0016-5980

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Key Points>糖尿病患者の睡眠時間は短く、眠りも浅い傾向があり、多くの患者が何らかの睡眠障害を自覚している。睡眠習慣の乱れは糖尿病発症・悪化のリスク因子であり、逆に糖尿病患者の血糖コントロールの悪化は睡眠障害を惹起する。睡眠障害は動脈硬化、末梢神経障害、慢性腎臓病や低血糖発作など糖尿病に付随するさまざまな合併症と密接に関連する。糖尿病患者の睡眠障害を治療することで血糖コントロールを改善しうる可能性が示唆されている。(著者抄録)

  • 【骨粗鬆症治療の進歩】骨粗鬆症治療薬選択の考え方と効果の評価 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)ライフ・サイエンス Geriatric Medicine   54 ( 8 )   785 - 790   2016年08月( ISSN:0387-1088

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    超高齢化社会を迎えた本邦において、骨粗鬆症患者の増加は避けることのできない社会現象の1つであり、高齢者の転倒・骨折を予防することは、医療経済の面からも非常に重要な社会的命題であるといえる。幸い、近年の骨粗鬆症治療薬の開発はとても充実しており、適切な時期に適切な治療を行えば、転倒・骨折は十分に予防可能である。本稿では、骨粗鬆症治療薬としてエビデンスレベルの高い活性型ビタミンD3、SERM、ビスホスホネート製剤、抗RANKL抗体、PTH製剤を中心に、治療薬選択の考え方と効果の評価について概説する。(著者抄録)

  • 【リウマチ診療に必要な骨代謝マーカーの知識】ピリジノリンとデオキシピリジノリン 査読

    山田 真介

    (有)科学評論社 リウマチ科   55 ( 6 )   574 - 581   2016年06月( ISSN:0915-227X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【患者さんがみるみる変わる!ダウンロードでそのまま使える!魔法の糖尿病患者説明シート50+α】(第2章)糖尿病のリスク・合併症の患者説明シート16 糖尿病になると骨も悪くなるの? 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   ( 2016春季増刊 )   114 - 117   2016年03月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【骨粗鬆症関連ガイドラインと日常診療】続発性骨粗鬆症の診断、治療 疾患関連骨粗鬆症 CKD 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)メディカルレビュー社 THE BONE   30 ( 1 )   57 - 62   2016年03月( ISSN:0914-7047

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)を合併する骨粗鬆症患者は非常に多く、CKD合併により骨折リスクが有意に上昇することも報告されている。しかし、数ある骨粗鬆症治療薬の中で、CKD患者に対する臨床的有効性や安全性が確立された薬剤は現在のところ存在しない。本稿では、CKDと骨粗鬆症の関連性、およびCKD合併骨粗鬆症患者の治療法について文献的考察を交え概説する。(著者抄録)

  • 臨床医が実践できる診療ワンポイント(第4回) 睡眠治療が糖尿病コントロール、血管障害を改善する可能性 査読

    山田 真介, 与田 紘一郎, 都井 律和, 稲葉 雅章

    (株)先端医学社 ねむりとマネージメント   3 ( 1 )   38 - 41   2016年03月( ISSN:2188-9163

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【CKD-MBD】CKD-MBDに合併する骨粗鬆症の治療概念の変遷 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)メディカルレビュー社 THE BONE   29 ( 4 )   397 - 403   2016年01月( ISSN:0914-7047

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CKD-MBDに伴う骨粗鬆症は、ビタミンD欠乏による高回転型骨障害(線維性骨炎)とカルシウムやビタミンDの過剰負荷による低回転型骨障害(無形成骨)の2つのパターンに大別される。これまではカルシウム含有リン吸着薬やビタミンD製剤が治療の主体をなしてきたが、カルシウム受容体作動薬やさまざまな種類のカルシウム非含有リン吸着薬が続々と開発され、CKD-MBD治療は大きな変遷期を迎えている。本稿では、CKD-MBDに伴う骨代謝障害に焦点を当て、その治療概念の変遷につき概説する。(著者抄録)

  • 【骨粗鬆症の診断と治療update】骨粗鬆症と生活習慣病 CKD 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)アークメディア Bone Joint Nerve   6 ( 1 )   153 - 161   2016年01月( ISSN:2186-1110

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【睡眠障害と生活習慣】糖尿病と睡眠障害 深睡眠減少と高血糖・高血圧・動脈硬化促進の関連 査読

    与田 紘一郎, 山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)先端医学社 ねむりとマネージメント   2 ( 2 )   56 - 61   2015年09月( ISSN:2188-9163

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Points>睡眠の質は、内分泌ホルモンやインスリン抵抗性の概日リズムと関連する。血糖コントロール不良は、深睡眠の減少を特徴とする睡眠の質の低下と関連する。睡眠の質の低下は、糖尿病治療のエンドポイントである動脈硬化の一因となる。(著者抄録)

  • 【「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015」をめぐって】生活習慣病関連骨粗鬆症 CKD 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   25 ( 9 )   1329 - 1338   2015年08月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)を合併する骨粗鬆症患者は非常に多く、CKD合併により骨折リスクが有意に上昇することも報告されている。しかし、骨粗鬆症治療薬のほとんどが腎排泄性ということもあり、CKD患者に対する臨床的有効性や安全性が確立された薬剤は、現在のところ存在しない。本稿では、CKDと骨粗鬆症の関連性、およびCKD合併骨粗鬆症患者の診療で留意すべき点について、文献的考察を交え概説する。(著者抄録)

  • 【睡眠障害】疫学データに見る、糖尿病と睡眠の関係 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)メディシンラトル Diabetes Contemporary   2 ( 2 )   12 - 17   2015年06月( ISSN:2188-2681

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【骨粗鬆症治療薬】CKDの高率合併を考慮した場合に骨粗鬆症治療薬で留意すべき点 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)日本メディカルセンター 腎と骨代謝   28 ( 2 )   121 - 130   2015年04月( ISSN:0914-5265

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性腎臓病(chronic kidney disease;CKD)を合併する骨粗鬆症患者は非常に多く,CKD合併により骨折リスクが有意に上昇することも報告されている.しかし,骨粗鬆症治療薬のほとんどが腎排泄性ということもあり,CKD患者に対する臨床的有効性や安全性が確立された薬剤はない.本稿では,CKD合併骨粗鬆症患者の治療で留意すべき点について,文献的考察を交え概説する.(著者抄録)

  • 【骨粗鬆症:超高齢社会における現状と課題】骨粗鬆症の診断 骨代謝マーカー 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica   33 ( 2 )   13 - 17   2015年02月( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【骨粗鬆症-新たな骨粗鬆症治療薬と治療ストラテジー-】治療ストラテジー 骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用の考え方 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)最新医学社 最新医学   69 ( 10 )   1975 - 1983   2014年10月( ISSN:0370-8241

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    骨粗鬆症を治療するうえで,骨代謝状態を把握することは非常に重要である.しかし,そのゴールドスタンダードである骨生検は侵襲性が高く,日常診療の中で実施することは現実的ではない.そこで,骨代謝マーカーの測定が推奨されている.骨代謝マーカーの測定により,その時点での骨代謝状態を正確,かつ簡便に把握することができる.骨代謝マーカーは骨粗鬆症治療薬の選択やその効果判定を行う際に有用であり,このほど『骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用ガイドライン(2012年版)』も発表された.ここでは現在保険収載されている8種類の骨代謝マーカーについて,その適正使用の考え方につき概説する.(著者抄録)

  • 【生活習慣病と骨UPDATE】慢性腎臓病(CKD)における骨代謝異常 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   24 ( 11 )   1605 - 1613   2014年10月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)では、CKD stageが上昇するに伴い心血管死亡リスクが上昇する。「CKDに伴う骨ミネラル代謝異常(CKD-mineral and bone disorder:CKD-MBD)」もその主要な危険因子のひとつであり、できる限り早期から骨ミネラル代謝を適切に管理する必要がある。ところが、CKD-MBDはCKD stageや糖尿病合併の有無など、患者背景の違いによりさまざまな病態を呈するため、個々の病状を的確に把握し管理することは容易なことではない。本稿では、病態別に見たCKD-MBDの成り立ちを中心に、おもに血管石灰化との関連性について概説する。(著者抄録)

  • 【Common diseaseと骨粗鬆症】メタボリック症候群・生活習慣病 脂質異常症・動脈硬化性疾患と骨粗鬆症 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)メディカルレビュー社 THE BONE   28 ( 3 )   259 - 265   2014年09月( ISSN:0914-7047

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    骨粗鬆症と動脈硬化症の間には何らかの関連した機序が存在すると考えられており、実際、心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患に罹患した患者の骨粗鬆症合併頻度は非常に高い。一方で、動脈硬化性疾患の最大の原因である脂質異常症と骨粗鬆症の関係については、現在のところ一定の見解は得られていないが、スタチンの投与により骨粗鬆症も改善することから、脂質代謝と骨代謝の間にも、異常を引き起こす何らかの共通する機序が存在すると考えられている。(著者抄録)

  • わたしのカルテから 糖尿病と睡眠障害 査読

    山田 真介, 与田 紘一郎, 稲葉 雅章

    (株)先端医学社 ねむりとマネージメント   1 ( 1 )   33 - 35   2014年09月( ISSN:2188-9163

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【リウマチ性疾患における心血管障害リスク】副腎皮質ステロイドと心血管障害リスク 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (有)科学評論社 リウマチ科   52 ( 2 )   143 - 151   2014年08月( ISSN:0915-227X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 多様化する骨粗鬆症治療における薬剤選択の今後の展望 期待と解決すべき問題 テリパラチド 骨代謝マーカーの変化について 査読

    今西 康雄, 山田 真介, 与田 真貴, 三木 隆己, 稲葉 雅章

    ライフサイエンス出版(株) Osteoporosis Japan   22 ( 2 )   338 - 341   2014年04月( ISSN:0919-6307

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • リウマチ性疾患知っておきたいバイオマーカー(第5回) 骨吸収マーカーの臨床的有用性と課題 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)先端医学社 Rheumatology Clinical Research   3 ( 1 )   49 - 53   2014年04月( ISSN:2187-025X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    骨粗鬆症を治療するうえで、骨代謝状態を把握することは非常に重要であるが、そのゴールドスタンダードである骨生検は侵襲性が高く、日常診療のなかで実施することは現実的ではない。一方で、骨代謝マーカーの測定は簡便であり、骨生検をおこなわなくても、その時点での骨代謝状態をおおむね把握することができる。骨代謝マーカーは骨粗鬆症治療薬の選択やその効果判定をおこなう際に有用であり、このほど「骨粗鬆症診療における骨代謝マーカーの適正使用ガイドライン(2012年版)」も発表された。本稿では、現在保険適応されている6種類の骨吸収マーカーについて、その臨床的有用性と課題につき概説する。(著者抄録)

  • 【代謝と睡眠のかかわり】糖尿病と睡眠 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)先端医学社 ねむりと医療   7 ( 1 )   8 - 11   2014年03月( ISSN:1883-0552

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Points>睡眠習慣の乱れは、糖尿病発症のリスク因子である。糖尿病患者の多くは、睡眠障害を併発している。睡眠環境の悪化は、糖尿病患者の血糖コントロールをさらに悪化させる。(著者抄録)

  • 睡眠、生活の質の低下が高血圧および高血糖を引き起こす理由 査読

    山田 真介

    (株)日本医事新報社 日本医事新報   ( 4663 )   82 - 83   2013年09月( ISSN:0385-9215

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【検査値を読む2013】血清蛋白,その他の生化学検査 ヒドロキシプロリン(総,遊離) 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)南江堂 内科   111 ( 6 )   1300 - 1300   2013年06月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • TNF阻害療法によってRAの糖尿病リスクは減少する 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (有)科学評論社 リウマチ科   49 ( 1 )   100 - 108   2013年01月( ISSN:0915-227X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【いま,内科薬はこう使う】代謝・栄養障害薬 カルシトニン製剤 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)医学書院 Medicina   49 ( 11 )   338 - 340   2012年11月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【骨粗鬆症の実地診療up to date みんなで診よう生活習慣病としての骨粗鬆症】セミナー/骨粗鬆症の実地診療の進めかた 生活習慣病と骨粗鬆症 その診療の実際 慢性腎臓病 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)文光堂 Medical Practice   29 ( 11 )   1910 - 1915   2012年11月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【糖尿病と骨粗鬆症〜最近の進歩〜】糖尿病腎症における骨代謝異常 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   22 ( 9 )   1333 - 1341   2012年08月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    糖尿病透析患者の生命予後は、非糖尿病透析患者と比べて著しく悪い。その要因として、糖尿病患者における特異的な骨代謝異常の存在が挙げられる。骨代謝の異常は血管石灰化の発症とも密接に関連しており、これらの異常はいずれも不十分な血糖管理により惹起されるものと考えられる。ここでは、糖尿病腎症の骨代謝異常について、糖尿病透析患者に焦点を絞りその血糖コントロール状態が骨や血管に与える影響につき概説する。(著者抄録)

  • 【睡眠と生活習慣病-基礎・臨床研究の最新知見-】睡眠習慣と生活習慣病 睡眠習慣の生活習慣病発症への関与 睡眠習慣と糖尿病 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)日本臨床社 日本臨床   70 ( 7 )   1200 - 1205   2012年07月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【睡眠障害にまつわる患者さんの訴えに正しく対処する】各診療科からの一言 内分泌内科 査読

    稲葉 雅章, 山田 真介

    (株)メジカルビュー社 Mebio   29 ( 3 )   119 - 121   2012年03月( ISSN:0910-0474

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【血糖値の把握と正常化を目指して】グリコアルブミン 再評価から透析例での必然性まで 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章, 西澤 良記

    (株)医学出版 月刊糖尿病   4 ( 1 )   101 - 106   2012年01月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【生活習慣病における骨と歯】骨 動脈硬化性疾患と骨粗鬆症 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (株)メディカルレビュー社 THE BONE   25 ( 4 )   401 - 405   2011年10月( ISSN:0914-7047

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    骨粗鬆症と動脈硬化進展の間には何らかの関連した機序が存在すると考えられており、実際、慢性腎臓病、高血圧、脂質代謝異常などの動脈硬化性疾患では骨粗鬆症の合併頻度が非常に高い。すなわち、動脈硬化を予防することは、心血管系疾患だけでなく骨粗鬆症の合併リスクを軽減し得る可能性も期待できる。ここでは、慢性腎臓病、高血圧、脂質代謝異常などの動脈硬化を引き起こす代表的疾患と骨粗鬆症、ならびに骨折リスクの関連につき概説する。(著者抄録)

  • 【続発性骨粗鬆症UPDATE-内分泌疾患との関連-】クッシング症候群と骨粗鬆症 査読

    山田 真介, 稲葉 雅章

    (有)医学の世界社 ホルモンと臨床   59 ( 4 )   333 - 339   2011年04月( ISSN:0045-7167

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示