2024/02/14 更新

写真a

カケヤ ヒロシ
掛屋 弘
KAKEYA Hiroshi
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 教授
医学部 医学科
職名
教授
所属
医学研究院
プロフィール
1992年(平成4年)長崎大学医学部卒業、第2内科に入局。河野 茂先生のご指導の元、呼吸器感染症、特に真菌の研究に従事。大学院卒業後、米国国立衛生研究所(NIH)に留学。帰国後は、関連病院で呼吸器内科医として臨床経験を重ね、2007年6月より長崎大学病院・助教、その後、講師、准教授を経て、2013年4月より大阪市立大学大学院 臨床感染制御学講座 准教授として赴任。2014年10月より教授に就任〜現在に至る。

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 長崎大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学  / Respiratory Medicine

  • ライフサイエンス / 細菌学  / 感染症

  • ライフサイエンス / 細菌学  / 感染症

  • ライフサイエンス / 感染症内科学  / 呼吸器感染症, 真菌感染症

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学  / Respiratory Medicine

研究キーワード

  • 感染症

  • 耐性菌

  • 深在性真菌感染症

  • 感染症

  • 呼吸器感染症

研究概要

  • 診断が難しい深在性真菌症の早期診断法の開発を行っている。その他、「院内感染の制御」や「耐性菌の院内伝播」、「抗菌薬・抗真菌薬の適正使用」に関する研究等を実施している。

研究歴

  • 難診断深在性真菌症の早期診断法の開発 院内感染制御に関する研究

    深在性真菌症(Fungal Infection)、感染制御  個人研究

    2007年04月 

所属学協会

  • 日本嫌気性菌感染症学会

      国内

  • 日本臨床微生物学会

      国内

  • 日本環境感染学会

      国内

  • 日本結核病学会

      国内

  • 日本医真菌学会

      国内

  • 日本呼吸器学会

      国内

  • 日本化学療法学会

      国内

  • 日本感染症学会

      国内

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本臨床微生物学会

  • 日本結核病学会

  • 日本環境感染学会

  • 日本感染症学会

  • 日本嫌気性菌感染症学会

  • 日本呼吸器学会

  • 日本医真菌学会

  • 日本化学療法学会

  • 日本内科学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   日本環境感染学会  

    2019年02月 - 継続中 

  • 理事   日本嫌気性菌感染症学会  

    2017年04月 - 継続中 

  • エイズ医療委員会専門委員   大阪府感染症対策審議会エイズ対策及び医療連携推進部会  

    2017年02月 - 継続中 

  • 代議員   日本呼吸器学会  

    2012年04月 - 継続中 

  • 理事   日本化学療法学会  

    2008年12月 - 継続中 

  • 評議員   日本感染症学会  

    2008年01月 - 継続中 

  • 代議員   日本医真菌学会  

    2006年10月 - 継続中 

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学大学院   医学研究科臨床感染制御学

    2014年10月 - 継続中

  • 大阪市立大学大学院   医学研究科臨床感染制御学

    2013年04月 - 2014年09月

  • 長崎大学病院   医歯薬学総合研究科第2内科   准教授

    2012年10月 - 2013年03月

  • 長崎大学病院   医歯薬学総合研究科第2内科   准教授

    2012年10月 - 2013年03月

  • 長崎大学病院   医歯薬学総合研究科第2内科   講師

    2008年06月 - 2012年09月

  • 長崎大学病院   医歯薬学総合研究科第2内科

    2008年06月 - 2012年09月

  • 長崎大学大学院   医歯薬学総合研究科

    2007年06月 - 2013年03月

  • 長崎大学病院   医歯薬学総合研究科第2内科   助教

    2007年06月 - 2008年05月

  • 長崎大学病院   医歯薬学総合研究科第2内科

    2007年06月 - 2008年05月

  • 米国国立衛生研究所(National Institute of Health, NIH)   NIAID, Clinical Mycology Section   Visiting reseracher

    1998年04月 - 2000年03月

▼全件表示

学歴

  • 長崎大学   医学研究科   内科学   博士課程   卒業・修了

    1994年04月 - 1998年03月

  • 長崎大学   医学部   医学研究科     卒業・修了

    - 1992年03月

論文

  • Identification of a Novel Rhizopus-specific Antigen by Screening with a Signal Sequence Trap and Evaluation as a Possible Diagnostic Marker of Mucormycosis.

    Sato K, Kaneko Y, Kakeya H, et al

    Medical Mycology   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy of combination with oseltamivir phosphate and azithromycin for influenza: a multicenter, open-label, randomized study.

    Kakeya H, Seki M, Kohno S, et al.

    PLoS One   9 ( 3 )   e91293   2014年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Assessing the Impact of COVID-19 on Incident Reporting and Elucidating the Characteristics of Incident Reports for COVID-19 Patients at the Critical Care Center of a Tertiary-Care Teaching Hospital in Japan.

    Kawaguchi H, Kakeya H, Nakagami-Yamaguchi E

    The Tohoku journal of experimental medicine   262 ( 1 )   5 - 12   2024年01月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1620/tjem.2023.J087

    PubMed

  • Invasive fungal infection caused by Blastobotrys mokoenaii in an immunocompromised patient with acute myeloid leukemia: A case report.

    Shiomi I, Makuuchi Y, Noura I, Kakuno S, Niki M, Kaimi Y, Ido K, Sakatoku K, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Nakamae M, Kakeya H, Kohashi K, Hino M, Nakamae H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   2023年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • Antibody responses after BNT162b2 vaccination in Japanese geriatric intermediate care facilities.

    Suita A, Ohfuji S, Kasamatsu A, Kondo K, Nakata H, Kita T, Deguchi A, Fujimoto M, Iba K, Sakamoto H, Iwasaka K, Sakamoto N, Sakamoto H, Yodoi Y, Kido Y, Nakagama Y, Konishi A, Mukai E, Matsumoto K, Matsuura T, Kase T, Kakeya H, Fukushima W, Hirota Y

    Vaccine: X   15   100412 - 100412   2023年12月( ISSN:2590-1362

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jvacx.2023.100412

    PubMed

  • Predictors of mortality from extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae bacteremia.

    Namikawa H, Imoto W, Yamada K, Tochino Y, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    Emerging microbes & infections   12 ( 1 )   2217951   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/22221751.2023.2217951

    PubMed

  • Predictors for onset of extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli-induced bacteraemia: a systematic review and meta-analysis.

    Namikawa H, Imoto W, Yamada K, Tochino Y, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    The Journal of hospital infection   142   88 - 95   2023年12月( ISSN:0195-6701

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2023.09.017

    PubMed

  • First Japanese case of disseminated blastomycosis imported from North America: A case report(タイトル和訳中)

    Ogura Yuri, Yaguchi Takashi, Kasamatsu Yu, Nakagawa Yuta, Yamada Tomomi, Maruyama Ayano, Miyagawa-Hayashino Aya, Takayama Koichi, Shibuya Kazutoshi, Kakeya Hiroshi, Kamei Katsuhiko

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 10 )   988 - 992   2023年10月( ISSN:1341-321X

  • Prognostic Association of Liposomal Amphotericin B Doses Above 5 mg/kg/d in Mucormycosis: A Nationwide Epidemiologic and Treatment Analysis in Japan.

    Tashiro M, Namie H, Ito Y, Takazono T, Kakeya H, Miyazaki Y, Mukae H, Mikamo H, Tomoo F, Shibuya K, Izumikawa K

    Open forum infectious diseases   10 ( 10 )   ofad480   2023年10月( ISSN:2328-8957

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/ofid/ofad480

    PubMed

  • First Japanese case of disseminated blastomycosis imported from North America: A case report.

    Ogura Y, Yaguchi T, Kasamatsu Y, Nakagawa Y, Yamada T, Maruyama A, Miyagawa-Hayashino A, Takayama K, Shibuya K, Kakeya H, Kamei K

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 10 )   988 - 992   2023年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2023.06.004

    PubMed

  • Lomentospora prolificans-induced Invasive Fungal Sinusitis.

    Kakuno S, Imoto W, Teranishi Y, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   62 ( 18 )   2761 - 2762   2023年09月( ISSN:0918-2918

  • Sinusoidal obstruction syndrome associated with disseminated toxoplasmosis involving the liver after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: A case report(タイトル和訳中)

    Makuuchi Yosuke, Tanaka Sayaka, Koh Hideo, Niki Makoto, Norose Kazumi, Nakaya Yosuke, Ido Kentaro, Sakatoku Kazuki, Kuno Masatomo, Harada Naonori, Takakuwa Teruhito, Hirose Asao, Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Nakamae Mika, Hikosaka Kenji, Kakeya Hiroshi, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 9 )   909 - 912   2023年09月( ISSN:1341-321X

  • Sinusoidal obstruction syndrome associated with disseminated toxoplasmosis involving the liver after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: A case report.

    Makuuchi Y, Tanaka S, Koh H, Niki M, Norose K, Nakaya Y, Ido K, Sakatoku K, Kuno M, Harada N, Takakuwa T, Hirose A, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Nakamae M, Hikosaka K, Kakeya H, Ohsawa M, Hino M, Nakamae H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 9 )   909 - 912   2023年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2023.05.009

    PubMed

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of the Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for Clinical Microbiology in 2019-2020: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility(タイトル和訳中)

    Tokimatsu Issei, Matsumoto Tetsuya, Tsukada Hiroki, Fujikura Yuji, Miki Makoto, Morinaga Yoshitomo, Sato Junko, Wakamura Tomotaro, Kiyota Hiroshi, Tateda Kazuhiro, Yanagisawa Hideji, Sasaki Takaaki, Ikeda Hideki, Horikawa Hiroshi, Takahashi Hiroshi, Seki Masafumi, Mori Yoshiaki, Takeda Hiroaki, Kurai Daisuke, Hasegawa Naoki, Uwamino Yoshifumi, Kudo Makoto, Yamamoto Masaki, Nagano Yuko, Nomura Sakika, Tetsuka Takafumi, Hosokai Miyuki, Aoki Nobuki, Yamamoto Yoshihiro, Iinuma Yoshitsugu, Mikamo Hiroshige, Suematsu Hiroyuki, Maruyama Takaya, Kawabata Atsushi, Sugaki Yoshiko, Nakamura Atsushi, Fujikawa Yasunori, Fukumori Tatsuya, Ukimura Akira, Kakeya Hiroshi, Niki Makoto, Yoshida Koichiro, Kobashi Yoshihiro, Tokuyasu Hirokazu, Yatera Kazuhiro, Ikegami Hiroaki, Fujita Masaki, Matsumoto Takemasa, Yanagihara Katsunori, Matsuda Junichi, Hiramatsu Kazufumi, Shinzato Takashi

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 8 )   731 - 743   2023年08月( ISSN:1341-321X

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of the Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for Clinical Microbiology in 2019-2020: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility.

    Tokimatsu I, Matsumoto T, Tsukada H, Fujikura Y, Miki M, Morinaga Y, Sato J, Wakamura T, Kiyota H, Tateda K, Yanagisawa H, Sasaki T, Ikeda H, Horikawa H, Takahashi H, Seki M, Mori Y, Takeda H, Kurai D, Hasegawa N, Uwamino Y, Kudo M, Yamamoto M, Nagano Y, Nomura S, Tetsuka T, Hosokai M, Aoki N, Yamamoto Y, Iinuma Y, Mikamo H, Suematsu H, Maruyama T, Kawabata A, Sugaki Y, Nakamura A, Fujikawa Y, Fukumori T, Ukimura A, Kakeya H, Niki M, Yoshida K, Kobashi Y, Tokuyasu H, Yatera K, Ikegami H, Fujita M, Matsumoto T, Yanagihara K, Matsuda J, Hiramatsu K, Shinzato T

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 8 )   731 - 743   2023年08月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • The Clinical Evaluation of Third-generation Cephalosporins As Definitive Therapy for Enterobacter spp. and Klebsiella aerogenes Bacteremia.

    Kobayashi K, Hata A, Imoto W, Kakuno S, Shibata W, Yamada K, Kawaguchi H, Sakurai N, Nakaie K, Nakatsuka Y, Ito T, Uenoyama K, Takahashi T, Ueda S, Katayama T, Onoue M, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   62 ( 13 )   1921 - 1929   2023年07月( ISSN:0918-2918

  • Enterobacter属およびKlebsiella aerogenes菌血症に対する根治療法としての第3世代セファロスポリン系薬の臨床評価(The Clinical Evaluation of Third-generation Cephalosporins As Definitive Therapy for Enterobacter spp. and Klebsiella aerogenes Bacteremia)

    Kobayashi Kazuhiro, Hata Atsuko, Imoto Waki, Kakuno Shigeki, Shibata Wataru, Yamada Koichi, Kawaguchi Hiroshi, Sakurai Norihiro, Nakaie Kiyotaka, Nakatsuka Yukari, Ito Toshikazu, Uenoyama Kazuya, Takahashi Tamotsu, Ueda Satoru, Katayama Toshiro, Onoue Masahide, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   62 ( 13 )   1921 - 1929   2023年07月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    2010年1月~2020年12月に日本の2施設において血液培養でEnterobacter属またはKlebsiella aerogenesが検出され、感受性抗菌薬治療を行った成人患者188例を対象に後向き観察研究を行い、第3世代セファロスポリン系薬(3GC)の臨床的有効性を評価した。57例が3GC治療を行った。傾向スコアマッチング後、3GC群53例、非3GC群53例を抽出した。治療成功の定義は、治療増強または他の抗菌薬追加の必要性なし、30日以内の再発なし、30日以内の死亡なしの場合とした。3GC群と非3GC群で、感受性抗菌薬の変更率/他剤の追加率(9.4 vs 5.7%)、30日以内の再発率(7.5 vs 5.7%)、30日以内の死亡率(3.8 vs 11.3%)に有意差は認めなかった。3GC群において、感染源コントロールは良好な臨床アウトカムと関連した。Enterobacter属およびK.aerogenes菌血症に対する根治的3GC療法は臨床的に有効であることが示された。

  • Mental health complaints among healthcare workers engaged in the care of COVID-19 patients: A prospective cohort study from Japan.

    Namikawa H, Tochino Y, Okada A, Ota K, Okada Y, Yamada K, Watanabe T, Mizobata Y, Kakeya H, Kuwatsuru Y, Shibata T, Shuto T

    Journal of general and family medicine   24 ( 4 )   240 - 246   2023年07月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1002/jgf2.632

    PubMed

  • Mental health complaints among healthcare workers engaged in the care of COVID-19 patients: A prospective cohort study from Japan(タイトル和訳中)

    Namikawa Hiroki, Tochino Yoshihiro, Okada Akiko, Ota Keiko, Okada Yasuyo, Yamada Koichi, Watanabe Tetsuya, Mizobata Yasumitsu, Kakeya Hiroshi, Kuwatsuru Yumiko, Shibata Toshihiko, Shuto Taichi

    Journal of General and Family Medicine   24 ( 4 )   240 - 246   2023年07月( ISSN:2189-6577

  • Impact of antimicrobial stewardship with the Xpert MRSA/SA BC assay at a tertiary hospital in Japan.

    Yamada K, Imoto W, Shibata W, Kakuno S, Nakaie K, Myodo Y, Takayama N, Dobashi A, Imai M, Mitani K, Ogawa M, Niki M, Sakurai N, Nonose Y, Okada Y, Fujita A, Kaneko Y, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 7 )   693 - 699   2023年07月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • Impact of antimicrobial stewardship with the Xpert MRSA/SA BC assay at a tertiary hospital in Japan(タイトル和訳中)

    Yamada Koichi, Imoto Waki, Shibata Wataru, Kakuno Shigeki, Nakaie Kiyotaka, Myodo Yuka, Takayama Naomi, Dobashi Akane, Imai Minami, Mitani Kei, Ogawa Masashi, Niki Makoto, Sakurai Norihiro, Nonose Yuka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 7 )   693 - 699   2023年07月( ISSN:1341-321X

  • A Multicenter Randomized Controlled Trial To Evaluate the Efficacy and Safety of Nelfinavir in Patients with Mild COVID-19.

    Miyazaki T, Hosogaya N, Fukushige Y, Takemori S, Morimoto S, Yamamoto H, Hori M, Ozawa Y, Shiko Y, Inaba Y, Kurokawa T, Hanaoka H, Iwanami S, Kim K, Iwami S, Watashi K, Miyazawa K, Umeyama T, Yamagoe S, Miyazaki Y, Wakita T, Sumiyoshi M, Hirayama T, Izumikawa K, Yanagihara K, Mukae H, Kawasuji H, Yamamoto Y, Tarumoto N, Ishii H, Ohno H, Yatera K, Kakeya H, Kichikawa Y, Kato Y, Matsumoto T, Saito M, Yotsuyanagi H, Kohno S

    Microbiology spectrum   11 ( 3 )   e0431122   2023年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/spectrum.04311-22

    PubMed

  • Characterization of Aspergillus spp. isolated from patients with coronavirus disease 2019.

    Ogawa M, Niki M, Imoto W, Dobashi A, Imai M, Takayama N, Mitani K, Kakuno S, Shibata W, Yamada K, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 6 )   580 - 585   2023年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • 新型コロナウイルス感染症患者から単離したAspergillus属の特徴の解析(Characterization of Aspergillus spp. isolated from patients with coronavirus disease 2019)

    Ogawa Masashi, Niki Makoto, Imoto Waki, Dobashi Akane, Imai Minami, Takayama Naomi, Mitani Kei, Kakuno Shigeki, Shibata Wataru, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 6 )   580 - 585   2023年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    侵襲型肺アスペルギルス症は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重要な合併症なので、COVID-19患者から単離したAspergillus属の種の株、感受性、遺伝的均一性を分析した。2020年12月~2021年6月に当院に入院したCOVID-19患者から検出されたAspergillus属の株を薬物感受性試験とTRESPERGタイピングにより検索した。COVID-19患者122名のうち11名に12株のAspergillus属が検出された。A.fumigatusが最も多く、A.aureolus、A.nidulans、A.niger、A.terreusが各1株ずつ検出された。A.aureolusはボリコナゾール抵抗性であったが、他の株に薬物抵抗性は認められなかった。11名のうち6名が抗真菌薬治療を受けており、β-D-グルカンおよび/またはAspergillusガラクトマンナン抗原試験が陽性であった。この結果は、Aspergillus感染が病院外感染であることを示していた。

  • Differences in severity of bacteraemia caused by hypermucoviscous and non-hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae.

    Namikawa H, Oinuma KI, Yamada K, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    International journal of antimicrobial agents   61 ( 5 )   106767 - 106767   2023年05月( ISSN:0924-8579

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijantimicag.2023.106767

    PubMed

  • First report of Mycobacterium virginiense-induced synovitis and tenosynovitis of flexor digitorum superficialis and profundus muscles in Japan.

    Imoto W, Matsumoto S, Suzuki M, Ban N, Horikawa M, Mitani K, Ogawa M, Kakuno S, Shibata W, Niki M, Yamada K, Okada M, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 4 )   410 - 413   2023年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • Two cases of Clostridium ramosum bacteremia with intestinal perforation: The antimicrobial susceptibility of clinical strains.

    Yamairi K, Niki M, Imoto W, Kuwabara G, Shibata W, Oshima K, Yamada K, Kaneko Y, Kakeya H

    Anaerobe   80   102695 - 102695   2023年04月( ISSN:1075-9964

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.anaerobe.2023.102695

    PubMed

  • Predictors of hypervirulent Klebsiella pneumoniae infections: a systematic review and meta-analysis.

    Namikawa H, Oinuma KI, Yamada K, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    The Journal of hospital infection   134   153 - 160   2023年04月( ISSN:0195-6701

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2023.02.005

    PubMed

  • Fulminant Metastatic Cellulitis Caused by Stenotrophomonas Maltophilia Infection and Subsequent Candida Parapsilosis Fungemia After Cord Blood Transplantation.

    Takagi I, Harada N, Niki M, Yamada K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Kakeya H, Hino M, Nakamae H

    Transplantation proceedings   55 ( 3 )   706 - 710   2023年04月( ISSN:0041-1345

  • 浅指屈筋と深指屈筋でMycobacterium誘発性滑膜炎と腱鞘滑膜炎がみられた日本初の報告例(First report of Mycobacterium virginiense-induced synovitis and tenosynovitis of flexor digitorum superficialis and profundus muscles in Japan)

    Imoto Waki, Matsumoto Seishiro, Suzuki Maya, Ban Nozomi, Horikawa Masayoshi, Mitani Kei, Ogawa Masashi, Kakuno Shigeki, Shibata Wataru, Niki Makoto, Yamada Koichi, Okada Mitsuhiro, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 4 )   410 - 413   2023年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    症例は70歳男性で、2型糖尿病と糖尿病性網膜症の基礎疾患があった。左手の小指を車のドアにはさんで爪がはがれてから1ヵ月後、左手の指を動かすのが困難であることに気づいた。かかりつけの整形外科医でステロイド局所注入を受けたが症状は悪化していった。左手の指が拘縮し、親指~薬指が曲がった位置で固定したため当院を紹介された。左手と前腕部のMRI検査で掌の手根管~屈筋腱のT2強調画像に高信号が認められ、浅指屈筋と深指屈筋の腱鞘滑膜炎と滑膜炎が示唆された。滑膜周囲の関節液を吸引し培養した結果、Mycobacterium属菌が検出された。続いて手根管開放術と浅指屈筋・深指屈筋滑膜切除を実施した。切除された滑膜からもMycobacterium属菌が分離された。rpoB遺伝子とhap65遺伝子のシーケンス解析を行った。その結果、滑液と滑膜から分離された菌はM.virginienseと同定された。BLAST検索でM.virginienseのrpoB遺伝子塩基配列と100%、hsp65遺伝子配列と99.3%の類似性を示した。微量液体希釈法による薬剤感受性試験結果とこれまでの報告に基づいて、手術後にエタンブトール、リファブチン、クラリスロマイシンの併用療法を開始した。治療は継続中で左手の指の拘縮と運動の困難さが緩和されつつあった。治療期間は9ヵ月~1年、場合によっては18ヵ月が必要と推測された。

  • Antibody Avidity Maturation Following Recovery From Infection or the Booster Vaccination Grants Breadth of SARS-CoV-2 Neutralizing Capacity.

    Nakagama Y, Candray K, Kaku N, Komase Y, Rodriguez-Funes MV, Dominguez R, Tsuchida T, Kunishima H, Nagai E, Adachi E, Ngoyi DM, Yamasue M, Komiya K, Hiramatsu K, Uemura N, Sugiura Y, Yasugi M, Yamagishi Y, Mikamo H, Shiraishi S, Izumo T, Nakagama S, Watanabe C, Nitahara Y, Tshibangu-Kabamba E, Kakeya H, Kido Y

    The Journal of infectious diseases   227 ( 6 )   780 - 787   2023年03月( ISSN:0022-1899

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/infdis/jiac492

    PubMed

  • COVID-19 vaccination benefits in preventing severe disease in mild-to-moderate cases: An analysis in the first specialized hospital for COVID-19 in Japan(タイトル和訳中)

    Kobayashi Masanori, Miyamoto Atsushi, Watanabe Tetsuya, Sawa Kenji, Sato Kanako, Yamada Kazuhiro, Yoshii Naoko, Yamada Koichi, Kawamoto Kengo, Uji Masato, Shiraishi Satoshi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    Respiratory Investigation   61 ( 2 )   230 - 239   2023年03月( ISSN:2212-5345

  • Rifampicin exerts anti-mucoviscous activity against hypervirulent Klebsiella pneumoniae via binding to the RNA polymerase β subunit.

    Tohda M, Oinuma KI, Sakiyama A, Tsubouchi T, Niki M, Namikawa H, Yamane K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Kakeya H, Kaneko Y, Kawaguchi T

    Journal of global antimicrobial resistance   32   21 - 28   2023年03月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jgar.2022.11.018

    PubMed

  • COVID-19 vaccination benefits in preventing severe disease in mild-to-moderate cases: An analysis in the first specialized hospital for COVID-19 in Japan.

    Kobayashi M, Miyamoto A, Watanabe T, Sawa K, Sato K, Yamada K, Yoshii N, Yamada K, Kawamoto K, Uji M, Shiraishi S, Asai K, Kakeya H, Kawaguchi T

    Respiratory investigation   61 ( 2 )   230 - 239   2023年03月( ISSN:2212-5345

  • Efficacy and safety of isavuconazole against deep-seated mycoses: A phase 3, randomized, open-label study in Japan.

    Kohno S, Izumikawa K, Takazono T, Miyazaki T, Yoshida M, Kamei K, Ogawa K, Taniguchi S, Akashi K, Tateda K, Mukae H, Miyazaki Y, Okada F, Kanda Y, Kakeya H, Suzuki J, Kimura SI, Kishida M, Matsuda M, Niki Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 2 )   163 - 170   2023年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2022.10.010

    PubMed

  • 同種造血幹細胞移植後の閉塞性細気管支炎症候群患者における確定したCOVID-19関連肺アスペルギルス症のリポソーム型アムホテリシンBを用いた治療成功(Successful treatment of proven coronavirus disease 2019-associated pulmonary aspergillosis with liposomal amphotericin B in a patient with bronchiolitis obliterans syndrome after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation)

    Nakaya Yosuke, Nakashima Yasuhiro, Harada Naonori, Yamada Koichi, Makuuchi Yosuke, Kuno Masatomo, Takakuwa Teruhito, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Koh Hideo, Nakagama Yu, Kido Yasutoshi, Kanno Takayuki, Suzuki Tadaki, Nakamae Hirohisa, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 2 )   223 - 227   2023年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    症例は29歳女性で、発熱、息切れ、持続性の乾性咳嗽で当科を受診した。SARS-CoV-2の抗原検査が陽性であり、胸部CTで両側のすりガラス陰影が認められたことから、COVID-19治療のために隔離病棟に入院した。4年前に急性骨髄性白血病の治療で父親からHLA半合致同種造血幹細胞移植を受けていた。白血病は完全寛解に至ったが、造血幹細胞移植から1年半後に閉塞性細気管支炎症候群を発症したため、プレドニゾロンを内服していた。入院後、生存ウイルスの排出を伴わないSARS-CoV-2のRT-PCR陽性の遷延(COVID-19発症後133日)が認められたが、COVID-19をファビピラビル、レムデシビル、デキサメタゾン、エノキサパリンで治療した。しかし、呼吸状態が悪化し、7日目の胸部CTで中心部まで広がるすりガラス陰影と両肺に厚い空洞が多数出現した。気管支肺胞洗浄の培養と肺生検により新型コロナウイルス感染症関連肺アスペルギルス症と診断した。トリアゾール系薬剤(ボリコナゾール、イトラコナゾール、ポサコナゾール)とエキノカンジン系薬剤(カスポファンギン、ミカファンギン)の併用療法には反応しなかったが、合計16週間のリポソーム型アムホテリシンB療法により良好な反応が得られ、213日目に退院した。

  • 健康成人におけるBNT162b2ワクチン初回シリーズ接種後の発熱と接種後6ヵ月間の抗SARS-CoV-2抗体価との関連

    松浦 知香, 福島 若葉, 加瀬 哲男, 大藤 さとこ, 近藤 亨子, 松本 一寛, 吹田 安佐詠, 迎 恵美子, 小西 絢子, 笠松 彩音, 仁田原 裕子, 加来 奈津子, 中釜 悠, 城戸 康年, 掛屋 弘, 廣田 良夫

    Journal of Epidemiology   33 ( Suppl.1 )   110 - 110   2023年02月( ISSN:0917-5040

  • Successful treatment of proven coronavirus disease 2019-associated pulmonary aspergillosis with liposomal amphotericin B in a patient with bronchiolitis obliterans syndrome after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

    Nakaya Y, Nakashima Y, Harada N, Yamada K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nanno S, Nishimoto M, Koh H, Nakagama Y, Kido Y, Kanno T, Suzuki T, Nakamae H, Kakeya H, Hino M

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 2 )   223 - 227   2023年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2022.10.020

    PubMed

  • 深在性真菌症に対するイサブコナゾールの有効性と安全性 日本における第3相無作為化非盲検試験(Efficacy and safety of isavuconazole against deep-seated mycoses: A phase 3, randomized, open-label study in Japan)

    Kohno Shigeru, Izumikawa Koichi, Takazono Takahiro, Miyazaki Taiga, Yoshida Minoru, Kamei Katsuhiko, Ogawa Kenji, Taniguchi Shuichi, Akashi Koichi, Tateda Kazuhiro, Mukae Hiroshi, Miyazaki Yoshitsugu, Okada Fumito, Kanda Yoshinobu, Kakeya Hiroshi, Suzuki Junko, Kimura Shun-ichi, Kishida Mitsukazu, Matsuda Miyuki, Niki Yoshihito

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 2 )   163 - 170   2023年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    2018年4月~2021年4月に日本の39施設において深在性真菌症の日本人患者を対象に、トリアゾール系抗真菌剤イサブコナゾール(ISCZ)の有効性と安全性について検討する第3相無作為化非盲検試験を実施した。アスペルギルス症(慢性肺アスペルギルス症および侵襲性アスペルギルス症)患者をISCZまたはボリコナゾール(VRCZ)に2:1の割合で無作為化し(コホートA)、またはクリプトコッカス症およびムコール症患者をISCZによる最大84日間の治療に割り当てた(コホートB)。その結果、合計103例が登録され、試験薬を投与された。慢性肺アスペルギルス症患者における治療終了時の全奏効率はISCZ群52例(年齢35~86歳)、VRCZ群27例(年齢41~88歳)でそれぞれ82.7%、77.8%であった。クリプトコッカス症患者(10例、ISCZ群のみ)の奏効率は90.0%であった。ISCZ群の侵襲性アスペルギルス症3例中1例、ムコール症3例中1例に奏効が認められた。安全性評価では、慢性肺アスペルギルス症患者における有害事象の発生率は両試験薬群で同等であった。有害事象はISCZ群32例(61.5%)、VRCZ群23例(85.2%)で報告された。以上より、ISCZは慢性肺アスペルギルス症およびクリプトコッカス症の日本人患者において有効性および安全性を示した。

  • Muscle Biopsy-proven Drug-induced Microscopic Polyangiitis in a Patient with Tuberculosis.

    Kuwabara G, Yamada K, Tanaka K, Nozuchi S, Imoto W, Shibata W, Tohda M, Kyoh S, Itoh Y, Hashimoto M, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   62 ( 1 )   129 - 133   2023年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9599-22

    PubMed

  • Factors associated with the outcome of patients with COVID-19 requiring mechanical ventilation: A single-center observational study in Japan.

    Deguchi R, Nishimura T, Matsuo K, Wakita F, Kawamoto A, Uchida K, Yamamoto H, Yamada K, Kakeya H, Fujii H, Shibata T, Mizobata Y

    Acute medicine & surgery   10 ( 1 )   e868   2023年01月

     詳細を見る

  • 結核患者における筋生検で確認された薬剤性顕微鏡的多発血管炎(Muscle Biopsy-proven Drug-induced Microscopic Polyangiitis in a Patient with Tuberculosis)

    Kuwabara Gaku, Yamada Koichi, Tanaka Kiyomi, Nozuchi Satoshi, Imoto Waki, Shibata Wataru, Tohda Mitsunori, Kyoh Shigenori, Itoh Yoshiaki, Hashimoto Motomu, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   62 ( 1 )   129 - 133   2023年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は70歳男性で、他院で行った胸部CTで右上葉の肺結核が示唆された。無症状であったが、喀痰培養でMycobacterium tuberculosisが陽性で、肺結核と診断された。抗結核治療(イソニアジド、リファンピシン、エタンブトール、ピラジナミド)を開始した。その結果、3ヵ月後に持続熱が出現した。薬剤中止後も発熱が持続したため、精査目的で紹介来院した。ミエロペルオキシダーゼ抗好中球細胞質抗体(MPO-ANCA)が陽性で、薬剤誘発性リンパ球刺激試験はイソニアジド陽性であった。胸部CTで間質性肺炎を示唆する所見はみられなかった。造影腹部CT検査およびMRI検査では、発熱の原因となる所見はなかった。経胸壁心エコー検査で疣贅は認めず、血液・喀痰・尿の培養は陰性であった。大腿痛を認め、四肢MRI検査で両側大腿筋の血管炎が示唆された。MPO-ANCA陽性から、顕微鏡的多発血管炎(MPA)が疑われた。右大腿二頭筋の生検を行い、MPAと診断した。MPAをきたす可能性のある薬剤を使用していたことから、薬剤性MPAと診断した。プレドニゾロン投与を開始すると、発熱と大腿痛が速やかに改善した。

  • Antifungal stewardshipに貢献する微生物検査と当院の真菌症診療支援への取り組み

    仁木 誠, 掛屋 弘

    日本医真菌学会雑誌   64 ( 2 )   59 - 66   2023年( ISSN:24345229

     詳細を見る

    深在性真菌症はひとたび免疫不全宿主に発症すれば急速に進行する予後不良の感染症であり,早期の診断と適切な抗真菌薬の選択が不可欠となる.真菌同定において生化学的検査や形態学的検査は今なお主要な検査法であるが,より迅速かつ正確に原因真菌を同定するためには,質量分析装置や遺伝子検査の活用が求められる.加えて,血液などの無菌検体より真菌を検出した場合や本来感受性のある抗真菌薬を投与しているにもかかわらず,治療に難渋する場合などでは薬剤感受性試験も重要となる.検査にあたる臨床検査技師は病原真菌や真菌検査に関する知識や技術を習得し,常に抗真菌薬適正使用支援に貢献できる検査データを提供していくことが求められる.また,当院では2016年より近隣の医療機関からの検査依頼を受け入れ,病原真菌の同定や薬剤感受性試験の実施による真菌症診療支援を行っている.同定依頼を受けた菌種には<i>Aspergillus</i>属の類縁種や担子菌門に属する糸状菌も含まれており,分生子の形成が乏しく白色調の集落を呈する場合や菌糸のみの場合に多くの施設が同定に苦慮していることが示唆された.

    DOI: 10.11534/ishinkin.23.003

  • S6-1 大阪公立大学病院におけるAFS の実践とその効果

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   64.Suppl1 ( 0 )   60   2023年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • S14-5 ムーコル症の診断と治療―希少深在性真菌症の診断・治療ガイドラインを中心に―

    柴多 渉, 掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   64.Suppl1 ( 0 )   78   2023年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • S1-2 大阪公立大学のAFS の現状とその課題

    山田 康一, 掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   64.Suppl1 ( 0 )   50   2023年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • ICD-3  日常診療で遭遇する肺真菌症の特徴とピットフォール

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   64.Suppl1 ( 0 )   87   2023年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • 希少深在性真菌症の診断・治療ガイドラインの概要

    掛屋 弘

    日本医真菌学会雑誌   64 ( 3 )   73 - 76   2023年( ISSN:24345229

     詳細を見る

    日本医真菌学会では,これまでに代表的な深在性真菌症の診断・治療ガイドライン〔侵襲性カンジダ症(2013年),侵襲性カンジダ症に対するマネジメントのための臨床実践ガイドライン(2021年に改定),アスペルギルス症(2015年),クリプトコックス症(2019年)〕を発刊してきた.今回,澁谷和俊理事長を委員長に,発症頻度はまれであるが臨床的に重要な真菌症であるムーコル症,トリコスポロン症,フサリウム症,スケドスポリウム症,マラセジア症,および輸入真菌症(ヒストプラスマ症,コクシジオイデス症,パラコクシジオイデス症,ブラストミセス症,マルネッフェイ型ペニシリウム症),さらに注目されている<i>Candida auris</i>等を対象として,それらの眼病変や病理像の解説を加えた「希少深在性真菌症の診断・治療ガイドライン」を作成中である.また今回,設定した複数のクリニカルクエスチョンに対して有志によるワーキンググループがシステマティック・レビューを行い,新たなエビデンスの創出にも挑戦している.

    DOI: 10.11534/ishinkin.23.004

  • 日本医真菌学会希少深在性真菌症の診断・治療ガイドライン,システマティックレビューワーキンググループの取り組み

    木村 俊一, 柴多 渉, 冲中 敬二, 阿部 雅広, 荒岡 秀樹, 三村 健介, 戸所 大輔, 掛屋 弘

    日本医真菌学会雑誌   64 ( 3 )   87 - 95   2023年( ISSN:24345229

     詳細を見る

    ムーコル症,フサリウム症,トリコスポロン症,スケドスポリウム症などの希少深在性真菌症の診断・治療の多くはエビデンスが限られる.今回,希少深在性真菌症の診断・治療ガイドライン作成にあたり,システマティックレビューワーキンググループ(WG)が立ち上げられた.WGでは委員から候補となるクリニカルクエスチョン(CQ)があげられ,そのなかから,ムーコル症について2つ(治療期間,抗真菌薬の併用療法),フサリウム症(単剤,併用療法のどちらが推奨されるか),トリコスポロン属血流感染症(初期治療の第一選択),スケドスポリウム症(初期治療の第一選択)について1つずつ,また,眼感染症から糸状菌による内因性眼内炎の治療の6つのCQに取り組むことが決定された.システマティックレビューを進め,2022年10月の第66回日本医真菌学会総会・学術集会で進捗状況を報告した.本稿では,その後の進捗も含めて,システマティックレビューWGの取り組みについて報告する.

    DOI: 10.11534/ishinkin.23.007

  • A cross-sectional, multicenter survey of the prevalence and risk factors for Long COVID.

    Imoto W, Yamada K, Kawai R, Imai T, Kawamoto K, Uji M, Kanda H, Takada M, Ohno Y, Ohtani H, Kono M, Hikiishi A, Eguchi Y, Namikawa H, Kawaguchi T, Kakeya H

    Scientific reports   12 ( 1 )   22413   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-022-25398-6

    PubMed

    その他URL: https://www.nature.com/articles/s41598-022-25398-6

  • Correction: A multicenter, double-blind, randomized, parallel-group, placebo-controlled study to evaluate the efficacy and safety of camostat mesilate in patients with COVID-19 (CANDLE study).

    Kinoshita T, Shinoda M, Nishizaki Y, Shiraki K, Hirai Y, Kichikawa Y, Tsushima K, Shinkai M, Komura N, Yoshida K, Kido Y, Kakeya H, Uemura N, Kadota J

    BMC medicine   20 ( 1 )   478   2022年12月

     詳細を見る

  • 血液培養から検出されたClostridium属およびClostridioides属の細菌学的検討

    仁木 誠, 井本 和紀, 山田 康一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    日本嫌気性菌感染症学会雑誌   52 ( 2 )   66 - 77   2022年12月( ISSN:2188-7365

     詳細を見る

    2013年1月から2021年7月までに大阪市立大学医学部附属病院(現:大阪公立大学医学部附属病院)において血液培養から検出されたClostridium属およびClostridioides属40株を対象とし,各種同定法による同定成績とGram variabilityによる血液培養陽性時の鏡検結果への影響,そして薬剤感受性試験について検討を行った.検出菌の内訳はC.perfringensが最も多く,次いでC.butyricumであった.16S rRNA解析による同定結果との一致率は,同定キットを用いた場合は属レベルで100%,種レベルで76.7%,MALDI-TOF MSを用いた場合は種レベルで100%の一致であった.Gram variabilityにより血液培養陽性時にグラム陰性桿菌と報告した例は12.5%(5/40株)であり,内訳はC.ramosumが2株,C.tertiumが2株,C.clostridioformeが1株であった.薬剤感受性についてはペニシリン系薬およびカルバペネム系薬に対しては低いMICを示したが,VCMに高いMICを示す菌株も複数存在し,より適切な抗菌薬治療を選択するためにも早期の正確な菌種同定に加え,薬剤感受性の評価も重要であると考える.(著者抄録)

  • Clinical evaluation of cell-direct polymerase chain reaction-based nucleic acid lateral flow immunoassay for rapid detection of bacterial pathogens in clinically suspected sepsis: A multi-center study in Japan.

    Shibata W, Uchida K, Ozawa D, Imai H, Endo S, Watanabe Y, Kosai K, Kawamoto Y, Uehara H, Sugimoto N, Namikawa H, Mizobata Y, Keiji K, Yano H, Kaku M, Seki M, Yanagihara K, Kakeya H

    Journal of microbiological methods   201   106566 - 106566   2022年10月( ISSN:0167-7012

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mimet.2022.106566

    PubMed

  • A multicenter, double-blind, randomized, parallel-group, placebo-controlled study to evaluate the efficacy and safety of camostat mesilate in patients with COVID-19 (CANDLE study).

    Kinoshita T, Shinoda M, Nishizaki Y, Shiraki K, Hirai Y, Kichikawa Y, Tsushima K, Shinkai M, Komura N, Yoshida K, Kido Y, Kakeya H, Uemura N, Kadota J

    BMC medicine   20 ( 1 )   342 - 342   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12916-022-02518-7

    PubMed

  • Kinetics of anti-SARS-CoV-2 antibody titer in healthy adults up to 6 months after BNT162b2 vaccination measured by two immunoassays: A prospective cohort study in Japan.

    Matsuura T, Fukushima W, Nakagama Y, Kido Y, Kase T, Kondo K, Kaku N, Matsumoto K, Suita A, Komiya E, Mukai E, Nitahara Y, Konishi A, Kasamatsu A, Nakagami-Yamaguchi E, Ohfuji S, Kaneko Y, Kaneko A, Kakeya H, Hirota Y

    Vaccine   40 ( 38 )   5631 - 5640   2022年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.08.018

    PubMed

  • Population pharmacokinetics of linezolid and its major metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in adult patients.

    Sakurai N, Kawaguchi H, Abe J, Kuwabara G, Imoto W, Shibata W, Yamada K, Yasui H, Nakamura Y, Kakeya H

    Pharmacotherapy   42 ( 9 )   707 - 715   2022年09月( ISSN:0277-0008

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/phar.2719

    PubMed

  • Long COVID with intracranial microangiopathy.

    Imoto W, Yamada K, Kakeya H

    QJM : monthly journal of the Association of Physicians   115 ( 8 )   539   2022年08月( ISSN:14602725

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/qjmed/hcac139

    PubMed

  • Clinical manifestations of hospitalized influenza patients without risk factors: A prospective multicenter cohort study in Japan via internet surveillance.

    Ishida T, Seki M, Oishi K, Tateda K, Fujita J, Kadota JI, Kawana A, Izumikawa K, Kikuchi T, Ohmagari N, Yamada M, Maruyama T, Takazono T, Miki M, Miyazaki Y, Yamazaki Y, Kakeya H, Ogawa K, Nagai H, Watanabe A

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   28 ( 7 )   853 - 858   2022年07月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2022.02.001

    PubMed

  • 危険因子を持たない入院中のインフルエンザ患者の臨床症状 インターネットサーベイランスによる日本の多施設共同前向きコホート研究(Clinical manifestations of hospitalized influenza patients without risk factors: A prospective multicenter cohort study in Japan via internet surveillance)

    Ishida Tadashi, Seki Masafumi, Oishi Kazunori, Tateda Kazuhiro, Fujita Jiro, Kadota Jun-ichi, Kawana Akihiko, Izumikawa Koichi, Kikuchi Toshiaki, Ohmagari Norio, Yamada Mitsuhiro, Maruyama Takaya, Takazono Takahiro, Miki Makoto, Miyazaki Yoshitsugu, Yamazaki Yoshitaka, Kakeya Hiroshi, Ogawa Kenji, Nagai Hideaki, Watanabe Akira

    Journal of Infection and Chemotherapy   28 ( 7 )   853 - 858   2022年07月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    危険因子を持たない入院中のインフルエンザ患者の臨床所見を明らかにするため、インターネットサーベイランスシステムを介した多施設共同前向き観察研究を実施した。2014年11月から2020年8月(6回のインフルエンザシーズン)に、インフルエンザで重症化し、入院を必要とした患者の臨床データをインターネットサーベイランスシステムで収集・解析し、インフルエンザによる合併症の危険因子がない患者を抽出した。最終的に、危険因子を持たない患者91例(年齢16~64歳)(インフルエンザ関連入院の9.0%)を分析対象とした。危険因子なしの群は危険因子ありの群より若かったが、その他の臨床的特徴に有意差は認められなかった。危険因子なしの群の入院原因は肺炎が最も多く、原発性インフルエンザウイルス肺炎が最も一般的な肺炎であった。抗ウイルス剤投与は危険因子なしの群の96.7%で行われ、人工呼吸は18.7%で行われた。院内死亡は危険因子なしの患者3例で記録された。以上より、入院を必要とするようなインフルエンザの重篤な合併症は、危険因子を持たない患者でも一定程度発生する可能性があった。

  • Clinical characteristics and treatment outcomes of carbapenem-resistant Enterobacterales infections in Japan.

    Oka K, Matsumoto A, Tetsuka N, Morioka H, Iguchi M, Ishiguro N, Nagamori T, Takahashi S, Saito N, Tokuda K, Igari H, Fujikura Y, Kato H, Kanai S, Kusama F, Iwasaki H, Furuhashi K, Baba H, Nagao M, Nakanishi M, Kasahara K, Kakeya H, Chikumi H, Ohge H, Azuma M, Tauchi H, Shimono N, Hamada Y, Takajo I, Nakata H, Kawamura H, Fujita J, Yagi T, Japan Infection Prevention and Control Conference for National and Public University Hospitals

    Journal of global antimicrobial resistance   29   247 - 252   2022年06月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jgar.2022.04.004

    PubMed

  • 治療開始15か月後に複数の画像的変化を呈し,組織学的に診断した結核paradoxical reactionの1例

    桑原 学, 岡本 敦子, 山田 康一, 井本 和紀, 柴多 渉, 東田 充功, 渡辺 徹也, 川口 知哉, 掛屋 弘

    気管支学   44 ( 3 )   199 - 204   2022年05月( ISSN:02872137

     詳細を見る

    <p><b>背景.</b>Paradoxical reactionは結核治療開始後に一過性に既存病変の悪化や発熱などを生じる現象であり,しばしば他疾患との鑑別に難渋する.<b>症例.</b>クローン病治療中の35歳女性.発熱と胸部異常陰影精査のため当院を紹介受診した.喀痰抗酸菌塗抹,結核菌群PCRともに陽性であり肺結核および粟粒結核と診断した.結核専門病院で入院治療を行い,退院後は当院で治療を継続し画像所見の改善も認めていた.しかし治療開始15か月後から咳嗽悪化と喀痰抗酸菌塗抹再陽性化を認めたほか,胸部CTで縦隔リンパ節と右下葉コンソリデーションの増大,中間幹のポリープ様病変を認めた.気管支鏡にて各病変の生検を施行したところ乾酪壊死と類上皮細胞を認めたが,抗酸菌は検出されなかった.Paradoxical reactionによる変化と考え結核治療を継続したところ症状は改善し,気管支鏡検体の抗酸菌培養陰性確認をもって治療を終了した.<b>結論.</b>Paradoxical reactionでは遅発性に複数の所見を呈することがあり,他疾患除外のためにできる限り組織学的診断を行うべきである.</p>

    DOI: 10.18907/jjsre.44.3_199

  • COVID-19が日本の三次病院における感染症治療と感染対策に及ぼす影響(Impact of coronavirus disease 2019 on infectious disease treatment and infection control at a tertiary hospital in Japan)

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Kuwabara Gaku, Shibata Wataru, Sakurai Norihiro, Nonose Yuka, Okada Yasuyo, Nakaie Kiyotaka, Fujita Akiko, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   28 ( 5 )   616 - 622   2022年05月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    COVID-19患者の入院が三次医療施設の感染症治療と感染対策に及ぼす影響を調べた。COVID-19患者の入院前(2019年度)と後(2020年度)の期間に分け、救急科と他の診療科の患者数、使用された手指消毒剤の量、血液培養で検出された細菌、シュードモナス属細菌の薬剤耐性、使用された抗菌薬の量を比較した。救急科と他の診療科の、2020年度の入院患者数は2019年度より少なかった。2020年度に救急科、ICU、全病棟で使用された手指消毒剤の量は増加した。2015~2019年度に血液培養で検出された黄色ブドウ球菌のうちメチシリン耐性黄色ブドウ球菌のベースライン検出割合は22.2%、大腸菌と肺炎桿菌のうち基質特異性拡張型βラクタマーゼの割合は25.5%と12.1%であった。2015~2019年度に22件のカルバペネム耐性腸内細菌科細菌が検出されたが、それらのうちカルバペネマーゼ産生菌はなかった。全ての診療科で2019年度と比べて2020年度のメチシリン感受性黄色ブドウ球菌と黄色ブドウ球菌菌血症は有意に減少した。2020年度に救急科以外の診療科でシュードモナス属細菌菌血症患者数が増加したが薬剤感受性に変化は見られなかった。救急科と他の診療科で使用された抗菌薬は増加傾向を示した。COVID-19患者受入れ後入院患者が減少したにもかかわらず手指消毒剤の使用量は増加した。しかし、薬剤耐性菌検出と使用抗菌薬量に明らかな変化は見られなかった。

  • Impact of coronavirus disease 2019 on infectious disease treatment and infection control at a tertiary hospital in Japan.

    Imoto W, Yamada K, Kuwabara G, Shibata W, Sakurai N, Nonose Y, Okada Y, Nakaie K, Fujita A, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   28 ( 5 )   616 - 622   2022年05月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2022.01.008

    PubMed

  • 治療開始15ヵ月後に複数の画像的変化を呈し、組織学的に診断した結核paradoxical reactionの1例

    桑原 学, 岡本 敦子, 山田 康一, 井本 和紀, 柴多 渉, 東田 充功, 渡辺 徹也, 川口 知哉, 掛屋 弘

    気管支学   44 ( 3 )   199 - 204   2022年05月( ISSN:0287-2137

     詳細を見る

    背景.Paradoxical reactionは結核治療開始後に一過性に既存病変の悪化や発熱などを生じる現象であり,しばしば他疾患との鑑別に難渋する.症例.クローン病治療中の35歳女性.発熱と胸部異常陰影精査のため当院を紹介受診した.喀痰抗酸菌塗抹,結核菌群PCRともに陽性であり肺結核および粟粒結核と診断した.結核専門病院で入院治療を行い,退院後は当院で治療を継続し画像所見の改善も認めていた.しかし治療開始15ヵ月後から咳嗽悪化と喀痰抗酸菌塗抹再陽性化を認めたほか,胸部CTで縦隔リンパ節と右下葉コンソリデーションの増大,中間幹のポリープ様病変を認めた.気管支鏡にて各病変の生検を施行したところ乾酪壊死と類上皮細胞を認めたが,抗酸菌は検出されなかった.Paradoxical reactionによる変化と考え結核治療を継続したところ症状は改善し,気管支鏡検体の抗酸菌培養陰性確認をもって治療を終了した.結論.Paradoxical reactionでは遅発性に複数の所見を呈することがあり,他疾患除外のためにできる限り組織学的診断を行うべきである.(著者抄録)

  • COVID-19患者に対するカモスタットメシル酸塩の第III相試験(Candle study)

    木下 拓, 篠田 雅宏, 西崎 泰弘, 白木 克哉, 平井 由児, 吉川 理子, 津島 健司, 新海 正晴, 小村 直之, 吉田 和生, 城戸 康年, 掛屋 弘, 上村 尚人, 門田 淳一

    日本呼吸器学会誌   11 ( 増刊 )   259 - 259   2022年04月( ISSN:2186-5876

  • Siderophore production as a biomarker for Klebsiella pneumoniae strains that cause sepsis: A pilot study.

    Namikawa H, Niki M, Niki M, Oinuma KI, Yamada K, Nakaie K, Tsubouchi T, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Kakeya H, Shuto T

    Journal of the Formosan Medical Association = Taiwan yi zhi   121 ( 4 )   848 - 855   2022年04月( ISSN:0929-6646

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jfma.2021.06.027

    PubMed

  • COVID-19患者に対するカモスタットメシル酸塩の第III相試験(Candle study)

    木下 拓, 篠田 雅宏, 西崎 泰弘, 白木 克哉, 平井 由児, 吉川 理子, 津島 健司, 新海 正晴, 小村 直之, 吉田 和生, 城戸 康年, 掛屋 弘, 上村 尚人, 門田 淳一

    日本呼吸器学会誌   11 ( 増刊 )   259 - 259   2022年04月( ISSN:2186-5876

  • Empirical antibiotic usage and bacterial superinfections in patients with COVID-19 in Japan: A nationwide survey by the Japanese Respiratory Society.

    Takazono T, Mukae H, Izumikawa K, Kakeya H, Ishida T, Hasegawa N, Yokoyama A

    Respiratory investigation   60 ( 1 )   154 - 157   2022年01月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2021.09.004

    PubMed

  • 高齢者施設入所者・職員での新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 中間解析結果(その1)

    吹田 安佐詠, 大藤 さとこ, 笠松 彩音, 城戸 康年, 中釜 悠, 掛屋 弘, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    Journal of Epidemiology   32 ( Suppl.1 )   113 - 113   2022年01月( ISSN:0917-5040

  • 高齢者施設入所者・職員での新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 中間解析結果(その2)

    大藤 さとこ, 吹田 安佐詠, 笠松 彩音, 城戸 康年, 中釜 悠, 掛屋 弘, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    Journal of Epidemiology   32 ( Suppl.1 )   114 - 114   2022年01月( ISSN:0917-5040

  • A case of allergic bronchopulmonary mycosis due to Schizophyllum commune with elevated serum carcinoembryonic antigen levels.

    Yamaguchi M, Yamairi K, Fujii H, Miki Y, Mamoto T, Yagyu K, Niki M, Kakeya H, Shoji S

    Respiratory medicine case reports   38   101677 - 101677   2022年( ISSN:2213-0071

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.rmcr.2022.101677

    PubMed

  • SS4-2 AMR 時代のAntifungal Stewardship

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   63.Suppl1 ( 0 )   107   2022年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • SS2-3 医師の立場から

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   63.Suppl1 ( 0 )   104   2022年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • S5-4 ムーコル症を含む侵襲性糸状菌感染症の治療

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   63.Suppl1 ( 0 )   79   2022年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • S4-4 システマティックレビューWG の取り組み・進捗状況

    木村 俊一, 柴多 渉, 冲中 敬二, 阿部 雅広, 荒岡 秀樹, 三村 健介, 戸所 大輔, 掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   63.Suppl1 ( 0 )   77   2022年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • Medical Mycology Seen Through a One Health Approach.

    Kakeya H

    Medical mycology journal   63 ( 1 )   11 - 15   2022年( ISSN:21856486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.3314/mmj.22.001

    PubMed

    CiNii Article

  • ICD-2 COVID-19時代におけるAspergillus感染症と感染制御

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   63.Suppl1 ( 0 )   100   2022年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • ES3 深在性真菌症のUp-To-Date

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   63.Suppl1 ( 0 )   110   2022年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • Body Mass Index of Elderly Patients with Normal Renal Function as a Determining Factor for Initial Vancomycin Regimen Designing.

    Sakurai N, Kawaguchi H, Kuwabara G, Imoto W, Shibata W, Yamada K, Nakamura Y, Kakeya H

    Chemotherapy   67 ( 3 )   193 - 200   2022年( ISSN:0009-3157

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1159/000522455

    PubMed

  • 序説 希少深在性真菌症の診断・治療ガイドラインの概要

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   63.Suppl1 ( 0 )   75   2022年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • High-Resolution Linear Epitope Mapping of the Receptor Binding Domain of SARS-CoV-2 Spike Protein in COVID-19 mRNA Vaccine Recipients

    Nitahara Y.

    Microbiology Spectrum   9 ( 3 )   e0096521   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/Spectrum.00965-21

    PubMed

  • Genomic characterization of triple-carbapenemase-producing Acinetobacter baumannii. 査読

    Oinuma KI, Suzuki M, Sakiyama A, Tsubouchi T, Saeki K, Sato K, Niki M, Yamada K, Shibayama K, Kakeya H, Kaneko Y

    JAC-antimicrobial resistance   3 ( 4 )   dlab191   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/jacamr/dlab191

    PubMed

  • リツキシマブによるB細胞標的療法を行っている患者でSARS-CoV-2持続をきたした、矛盾した抗原特異的抗体反応(Discrepant Antigen-specific Antibody Responses Causing SARS-CoV-2 Persistence in a Patient Receiving B-cell-targeted Therapy with Rituximab)

    Takakuwa Teruhito, Nakagama Yu, Yasugi Mayo, Maeda Toshiki, Matsuo Kenji, Kiritoshi Ayako, Deguchi Ryo, Hagawa Naohiro, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Yamamoto Katsumi, Uchida Kenichiro, Noda Tomohiro, Yamada Koichi, Nishimura Tetsuro, Yamamoto Hiromasa, Kido Yasutoshi, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi, Mizobata Yasumitsu

    Internal Medicine   60 ( 23 )   3827 - 3831   2021年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は73歳男性で、食道の粘膜関連リンパ組織リンパ腫と診断され、リツキシマブを8回投与後、局所照射を行った。最終リツキシマブ投与の12週後、発熱と呼吸症状が出現し、SARS-CoV-2陽性が判明した。呼吸検体だけでなく血清もSARS-CoV-2陽性であったことから、SARS-CoV-2播種によるRNA血症が示唆された。胸部CT所見から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)H型が示唆された。重度呼吸障害のために機械的換気を行い、ファビピラビルとクロロキンによる併用療法を行ったが、明らかな有効性は得られなかった。高用量メチルプレドニゾロンにより換気パラメータが軽度に改善したが、一過性であった。イベルメクチン単回投与を行ったが、発症24日目の喀痰PCRは、依然としてSARS-CoV-2陽性であった。発症25日目の血清SARS-CoV-2特異的抗体検査では矛盾した結果が得られ、スパイク標的ウイルス中和抗体は検出レベル未満であったが、抗ヌクレオカプシド結合抗体の程度と動態は他の免疫正常重度COVID-19患者と同等であった。発症29日目、酸素化不良により死亡した。

  • Modified Pitt bacteremia score for predicting mortality in patients with candidaemia: A multicentre seven-year retrospective study conducted in Japan.

    Nakada-Motokawa N, Miyazaki T, Ueda T, Yamagishi Y, Yamada K, Kawamura H, Kakeya H, Mukae H, Mikamo H, Takesue Y, Kohno S

    Mycoses   64 ( 12 )   1498 - 1507   2021年12月( ISSN:0933-7407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/myc.13380

    PubMed

  • Isoniazid-induced Immune Thrombocytopenia.

    Kuwabara G, Tazoe K, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Yamada K, Takagi Y, Shiraishi S, Hino M, Kawaguchi T, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 22 )   3639 - 3643   2021年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6520-20

    PubMed

    CiNii Article

  • Risk factors for acute kidney injury in vancomycin and piperacillin/tazobactam combination therapy: A retrospective study.

    Yamashita Y, Kawaguchi H, Yano T, Sakurai N, Shibata W, Oshima K, Imai T, Yamada K, Nakamura Y, Nagayama K, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 11 )   1614 - 1620   2021年11月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.07.017

    PubMed

  • バンコマイシンとピペラシリン/タゾバクタム併用療法における急性腎障害の危険因子 後方視的研究(Risk factors for acute kidney injury in vancomycin and piperacillin/tazobactam combination therapy: A retrospective study)

    Yamashita Yuma, Kawaguchi Hiroshi, Yano Tsubasa, Sakurai Norihiro, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Imai Takumi, Yamada Koichi, Nakamura Yasutaka, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 11 )   1614 - 1620   2021年11月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    バンコマイシン(VCM)とピペラシリン/タゾバクタム(PIPC/TAZ)の併用療法(VPT)を受けた患者における急性腎障害(AKI)の発症リスクを後方視的に検討した。2016年1月1日から2020年3月31日までにVPTを実施した患者182例のうち、AKIを発症した患者(AKI群)は64例、発症しなかった患者(非AKI群)は118例であり、AKIの発生率は35.2%であった。VCMまたはPIPC/TAZの開始からVPT併用療法開始までの日数中央値はAKI群で有意に短かった。VPT併用療法は、非AKI群に比べてAKI群で有意に多くの患者で同日に開始された。また、AKI群では、VPT併用療法開始からAKI発症までの期間の中央値は3日(範囲1~14日)であり、30日死亡率は両群間に有意差はなかった。多変量ロジスティック回帰分析により、VPT併用療法の同日開始および血管収縮薬の併用は、AKIのリスク上昇と関連していた(それぞれ、オッズ比2.55、95%CI:1.20~5.44およびオッズ比3.22、95%CI:1.31~7.89)。以上より、VPT併用療法の同日開始と血管収縮薬の併用は、AKI発症の危険因子である可能性が示唆された。

  • イソニアジド誘発性免疫性血小板減少症(Isoniazid-induced Immune Thrombocytopenia)

    Kuwabara Gaku, Tazoe Kumiyo, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Yamada Koichi, Takagi Yasuhiro, Shiraishi Satoshi, Hino Masayuki, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   60 ( 22 )   3639 - 3643   2021年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は75歳男性で、結核および結核性脊椎炎と診断され、他院でリファンピシン(RFP)、イソニアジド(INH)、エタンブトール(EB)、ピラジナミドによる治療を開始した。1ヵ月後、肝毒性が出現し、薬剤を中止した。薬剤中止後11日目、血小板数が減少し、その後に増加した。肝機能が改善後、INHとRFPで脱感作したが、肝毒性が再発した。RFPを中止し、INHとEBを継続した。治療開始後3ヵ月目(RFP中止後10日目)、治療継続が困難であったため、搬送されてきた。血小板数が少なかったため、入院1日目と2日目に血小板輸血を行った。貧血に対し、入院1日目に赤血球輸血も行った。検査所見から、結核による二次性貧血と診断した。血小板数の減少はINH投与と関連していたため、入院3日目にINHを中止し、レボフロキサシンとストレプトマイシンを追加した。血小板関連免疫グロブリンGが陽性で、薬剤誘発性リンパ球刺激試験ではINHが陽性、RFPが陰性であった。血小板減少の他の原因は特定されなかったため、INH誘発性免疫性血小板減少症と診断した。INHを中止後、血小板数は正常化した。

  • Invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus terreus diagnosed using virtual bronchoscopic navigation and endobronchial ultrasonography with guide sheath and successfully treated with liposomal amphotericin B.

    Yoshii N, Yamada K, Niki M, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Sakatoku K, Sato K, Nakai T, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Kakeya H, Kawaguchi T

    Infection   49 ( 5 )   1049 - 1054   2021年10月( ISSN:0300-8126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s15010-020-01545-x

    PubMed

  • Complete Genome Sequence of a Clinical Isolate of Acinetobacter baumannii Harboring 11 Plasmids.

    Sakiyama A, Matsumoto Y, Tsubouchi T, Suzuki M, Niki M, Niki M, Oinuma KI, Kakeya H, Kaneko Y

    Microbiology resource announcements   10 ( 39 )   e0069521   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/MRA.00695-21

    PubMed

  • Complete Genome Sequence of Acinetobacter pittii OCU_Ac17, Isolated from Human Venous Blood.

    Matsumoto Y, Sakiyama A, Tsubouchi T, Suzuki M, Niki M, Niki M, Kakeya H, Kaneko Y

    Microbiology resource announcements   10 ( 39 )   e0069621   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/MRA.00696-21

    PubMed

  • Physical health complaints among healthcare workers engaged in the care of critically ill COVID-19 patients: A single tertiary-care center prospective study from Japan.

    Namikawa H, Tochino Y, Okada A, Ota K, Okada Y, Fujioka K, Yamada K, Watanabe T, Nakagama Y, Kido Y, Takemoto Y, Mizobata Y, Kakeya H, Kuwatsuru Y, Shibata T, Shuto T

    Journal of infection and public health   14 ( 9 )   1263 - 1267   2021年09月( ISSN:1876-0341

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiph.2021.08.023

    PubMed

  • 特集 日常診療に活かそう!AMR対策 深在性真菌症におけるAMR対策

    柴多 渉, 掛屋 弘

    JOHNS   37 ( 8 )   797 - 800   2021年08月( ISSN:09106820

     詳細を見る

  • Transmission dynamics of a linear vanA-plasmid during a nosocomial multiclonal outbreak of vancomycin-resistant enterococci in a non-endemic area, Japan.

    Fujiya Y, Harada T, Sugawara Y, Akeda Y, Yasuda M, Masumi A, Hayashi J, Tanimura N, Tsujimoto Y, Shibata W, Yamaguchi T, Kawahara R, Nishi I, Hamada S, Tomono K, Kakeya H

    Scientific reports   11 ( 1 )   14780 - 14780   2021年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-021-94213-5

    PubMed

  • Corynebacterium jeikeium-induced infective endocarditis and perivalvular abscess diagnosed by 16S ribosomal RNA sequence analysis: A case report. 査読

    Imoto W, Takahashi Y, Yamada K, Hojo K, Kawase T, Sakon Y, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Ogawa M, Niki M, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Shibata T, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 6 )   906 - 910   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.01.005

    PubMed

  • COVID-19-associated pulmonary aspergillosis in a Japanese man: A case report. 査読

    Imoto W, Himura H, Matsuo K, Kawata S, Kiritoshi A, Deguchi R, Miyashita M, Kaga S, Noda T, Yamamoto K, Yamada K, Uchida K, Nishimura T, Yamamoto H, Mizobata Y, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 6 )   911 - 914   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.02.026

    PubMed

  • 16SリボソームRNAシーケンス解析により診断されたCorynebacterium jeikeium誘導の感染性心内膜炎と弁周囲膿瘍 症例報告(Corynebacterium jeikeium-induced infective endocarditis and perivalvular abscess diagnosed by 16S ribosomal RNA sequence analysis: A case report)

    Imoto Waki, Takahashi Yosuke, Yamada Koichi, Hojo Kana, Kawase Takumi, Sakon Yoshito, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Ogawa Masashi, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Shibata Toshihiko, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 6 )   906 - 910   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    症例は66歳男性で、持続性発熱と腰痛を主訴とした。5年前に大動脈弁狭窄症(AS)と診断されていた。1年前に労作時呼吸困難と倦怠感が観察され、10ヵ月前の心電図検査で重度のASと判明していた。8ヵ月前の冠動脈CTと血管造影検査で右冠動脈狭窄症と左前下行枝狭窄症が判明していた。5ヵ月前に冠動脈バイパスと生体弁による大動脈弁置換術を受けていた。持続性完全房室ブロックのため4ヵ月前までペースメーカーを埋め込んでいた。術後2~3ヵ月後から発熱と腰痛が出現した。受診時のCRP値は高値であった。心雑音、Janeway病変、Osler結節はみられなかった。経食道心エコー図検査で僧帽弁の前尖に2個の疣贅と弁周囲膿瘍が見つかった。MRI検査で第4/5腰椎化膿性椎間板炎が判明した。タゾバクタム/ピペラシリン(TAZ/PIPC)とバンコマイシン(VCM)による経験的治療を開始し、血液培養を行った。化膿性椎間板炎は抗菌薬療法で治療した。血液からCorynebacterium jeikeiumが分離された。入院6日目にBentall処置、弁輪パッチ修復、三尖弁形成を行い、弁周囲膿瘍を摘出した。膿瘍から菌は培養されなかったが、16SリボソームRNAのシーケンス解析でC.jeikeiumシーケンスと相同性が100%一致した。分離菌がペニシリン耐性、VCM感受性のため、VCM静脈内投与を6週間継続後、リネゾリドに変更し、退院した。

  • Corynebacterium jeikeium-induced infective endocarditis and perivalvular abscess diagnosed by 16S ribosomal RNA sequence analysis: A case report.

    Imoto W, Takahashi Y, Yamada K, Hojo K, Kawase T, Sakon Y, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Ogawa M, Niki M, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Shibata T, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 6 )   906 - 910   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.01.005

    PubMed

  • 大阪での2019~2020年のインフルエンザ流行期における各種抗インフルエンザ薬投与後のインフルエンザ罹患患者の臨床経過(The Clinical Course of Patients with Influenza after Administration of Various Anti-influenza Drugs during the 2019-2020 Influenza Season in Osaka, Japan)

    Maruyama Naomi, Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Asai Kazuhisa, Hamazaki Takashi, Kakeya Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    Osaka City Medical Journal   67 ( 1 )   45 - 55   2021年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    キャップ依存性エンドヌクレアーゼであるbaloxavir marboxil(以下、baloxavir)とノイラミニダーゼ阻害薬の臨床効果を比較した報告は少ない。本研究では、2019~2020年のインフルエンザ流行期における各種抗インフルエンザ薬投与後のインフルエンザ罹患患者の臨床経過を調査した。インフルエンザの迅速診断キットで陽性の診断を受けた患者に対して質問紙調査が送付され、有効回答の得られたインフルエンザ罹患患者252例(男性120例、女性132例、平均21.8歳)を解析対象とした。baloxavirは10歳未満の患者97例のうち3例(3.1%)に、10歳以上の患者155例のうち19例(12.3%)に投与された。抗インフルエンザ薬が投与された患者の発熱期間の中央値は2~2.5日であり、oseltamivir(94例)、laninamivir(101例)、zanamivir(32例)またはbaloxavir(22例)の抗インフルエンザ薬の違いによる有意な差はなかった。249例中10例(4.0%)で2相性の発熱エピソードが生じたが、2相性の発熱エピソードの発症頻度と抗インフルエンザ薬の選択に有意な差はなかった。各有害事象の発生頻度にも4群間で差はなかった。以上の結果より、baloxavirの投与と早期発熱の緩和および2相性の発熱エピソードの発症頻度には有意な関連性がないことが示された。

  • Risk factor analysis for piperacillin-tazobactam-resistant Enterobacter spp. bacteremia at a tertiary hospital.

    Yamairi K, Yamada K, Imoto W, Kuwabara G, Shibata W, Namikawa H, Oshima K, Nakaie K, Niki M, Kaneko Y, Kakeya H

    Diagnostic microbiology and infectious disease   100 ( 2 )   115342 - 115342   2021年06月( ISSN:0732-8893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.diagmicrobio.2021.115342

    PubMed

  • COVID-19-associated pulmonary aspergillosis in a Japanese man: A case report.

    Imoto W, Himura H, Matsuo K, Kawata S, Kiritoshi A, Deguchi R, Miyashita M, Kaga S, Noda T, Yamamoto K, Yamada K, Uchida K, Nishimura T, Yamamoto H, Mizobata Y, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 6 )   911 - 914   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.02.026

    PubMed

  • 急性呼吸窮迫症候群を合併する新型コロナウイルス感染症罹患患者に対する体系的な段階的治療戦略と短期的結果(Systematic Stepwise Treatment Strategy and Its Short-term Outcomes for Patients with Corona Virus Disease 2019 Complicated by Acute Respiratory Distress Syndrome)

    Uchida Kenichiro, Matsuo Kenji, Kawata Sae, Kiritoshi Ayako, Deguchi Ryo, Himura Hoshi, Hagawa Naohiro, Miyashita Masahiro, Yamamoto Katsumi, Maeda Toshiki, Kaga Shinichiro, Noda Tomohiro, Nishimura Tetsuro, Yamamoto Hiromasa, Nonose Yuka, Kataoka Yumi, Oshima Kazuhiro, Kakeya Hiroshi, Shibata Toshihiko, Mizobata Yasumitsu

    Osaka City Medical Journal   67 ( 1 )   9 - 20   2021年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の罹患後に急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を発症した際のARDSに対する治療戦略は、医療従事者への二次感染を回避しながら一般的なARDS治療戦略を最適化する必要がある。本研究では、ARDS合併COVID-19罹患患者に対する治療戦略と転帰を後ろ向きに評価した。2020年3月~6月に単一施設におけるPCR検査でCOVID-19陽性を確認後にARDSを合併した男性患者9例(年齢中央値72歳)を対象とした。入院時のPaO2/FiO2比中央値は116であり、sequential organ failure assessmentスコアの中央値は8であった。2例は敗血症性ショックを呈し、血管拡張剤が投与されていた。治療戦略に基づいて、6例で腹臥位療法が行われたが、体外式膜型人工肺を使用した症例はいなかった。5例はARDSから回復し、合併症もなく気管内チューブは抜去された。本研究期間中における病院での致死率は33.3%であった。以上の結果より、本研究で用いたARDSを合併するCOVID-19罹患患者に対する治療戦略を用いることで、日本の他施設や他国における高い致死率と比較した際に許容できる結果を得ることができた。

  • 遺伝子検査にて同定したAspergillus thermomutatusによる慢性進行性肺アスペルギルス症の1例

    小川 将史, 仁木 誠, 明堂 由佳, 三谷 佳, 柴多 渉, 大島 一浩, 山田 康一, 掛屋 弘

    日本臨床微生物学会雑誌   31 ( 3 )   182 - 185   2021年06月( ISSN:2434-866X

     詳細を見る

    症例は62歳男性。前医にてAspergillus fumigatusによる慢性肺アスペルギルス症と診断され,itraconazoleの経口投与にて外来で治療を継続されていた。しかし,胸部X線上,左肺尖部の陰影の増悪および腎機能の悪化を認めたため,当院の感染症内科に紹介受診となった。提出された喀痰より白色の糸状菌が検出され,ITSおよびD1/D2領域のシークエンス解析にてA.fumigatusの類縁種であるAspergillus thermomutatusと同定した。また,薬剤感受性試験にてアゾール系薬に対し高いMIC値を示したため,micafunginの静脈注射へと変更となった。アスペルギルス症における早期の適切な治療の開始には,正確な菌種の同定および薬剤感受性試験の実施が重要である。(著者抄録)

  • 遺伝子検査にて同定したAspergillus thermomutatusによる慢性進行性肺アスペルギルス症の1例

    小川 将史, 仁木 誠, 明堂 由佳, 三谷 佳, 柴多 渉, 大島 一浩, 山田 康一, 掛屋 弘

    日本臨床微生物学会雑誌   31 ( 3 )   182 - 185   2021年06月( ISSN:2434-866X

     詳細を見る

    症例は62歳男性。前医にてAspergillus fumigatusによる慢性肺アスペルギルス症と診断され,itraconazoleの経口投与にて外来で治療を継続されていた。しかし,胸部X線上,左肺尖部の陰影の増悪および腎機能の悪化を認めたため,当院の感染症内科に紹介受診となった。提出された喀痰より白色の糸状菌が検出され,ITSおよびD1/D2領域のシークエンス解析にてA.fumigatusの類縁種であるAspergillus thermomutatusと同定した。また,薬剤感受性試験にてアゾール系薬に対し高いMIC値を示したため,micafunginの静脈注射へと変更となった。アスペルギルス症における早期の適切な治療の開始には,正確な菌種の同定および薬剤感受性試験の実施が重要である。(著者抄録)

  • 日本人男性におけるCOVID-19関連肺アスペルギルス症 症例報告(COVID-19-associated pulmonary aspergillosis in a Japanese man: A case report)

    Imoto Waki, Himura Hoshi, Matsuo Kenji, Kawata Sae, Kiritoshi Ayako, Deguchi Ryo, Miyashita Masahiro, Kaga Shinichiro, Noda Tomohiro, Yamamoto Katsumi, Yamada Koichi, Uchida Kenichiro, Nishimura Tetsuro, Yamamoto Hiromasa, Mizobata Yasumitsu, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 6 )   911 - 914   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    症例は72歳男性で、脳卒中による発話障害の悪化とよろめき歩行で、他院で脳梗塞と診断された。SARS-CoV-2の抗原検査とLAMP法で陽性となった。高血圧症、心房細動、COPDの病歴があり、入院1年前まで喫煙していた。抗血小板薬注入とデキサメタゾン(DEXA)治療が開始され、セフトリアキソンとアジスロマイシン(AZM)が投与された。呼吸状態が改善しないため8日後に当院へ移送された。胸部CTで両肺野にすりガラス影が認められた。気管挿管し補助呼吸を開始した。セフトリアキソンとDEXAにレムデシビルを追加した。未分画ヘパリン投与を開始した。入院13日目のCTで右下葉に結節影の集合体が出現した。18日目に発熱、臨床検査結果が悪化し、カテーテル関連血流感染が疑われた。バンコマイシンとセフェピム治療を開始し、中心静脈カテーテルを交換した。X線検査で陰影が悪化したため真菌感染症を考えミカファンギンを追加した。19日目のCT検査で右下葉の結節影集合体が塊状陰影となった。右肺の他の部位にも結節が出現して両下葉にコンソリデーションが発生した。Β-Dグルカン濃度が高く喀痰からA.fumigatusが検出されCOVID-19関連肺アスペルギルス症と診断された。ボリコナゾールに変更した。血清ガラクトマンナン抗原陽性となった。呼吸状態は悪化を続け、発作性上室頻拍が頻発し、26日目に死亡した。

  • COVID-19患者の従事者に対する身体的健康管理の取り組み

    並川 浩己, 栩野 吉弘, 岡田 明子, 太田 恵子, 岡田 恵代, 藤岡 一也, 山田 康一, 渡辺 徹也, 中釜 悠, 城戸 康年, 竹本 恭彦, 溝端 康光, 掛屋 弘, 桑鶴 由美子, 柴田 利彦, 首藤 太一

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会   12回   np427 - np427   2021年05月

  • In which cases of pneumonia should we consider treatments for Stenotrophomonas maltophilia?

    Imoto W, Yamada K, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Kakeya H

    The Journal of hospital infection   111   169 - 175   2021年05月( ISSN:0195-6701

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2021.01.011

    PubMed

  • Clinical manifestations of adult patients requiring influenza-associated hospitalization: A prospective multicenter cohort study in Japan via internet surveillance 査読

    Ishida Tadashi, Seki Masafumi, Oishi Kazunori, Tateda Kazuhiro, Fujita Jiro, Kadota Jun-ichi, Kawana Akihiko, Izumikawa Koichi, Kikuchi Toshiaki, Ohmagari Norio, Yamada Mitsuhiro, Maruyama Takaya, Takazono Takahiro, Miki Makoto, Miyazaki Yoshitsugu, Yamazaki Yoshitaka, Kakeya Hiroshi, Ogawa Kenji, Nagai Hideaki, Watanabe Akira

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   27 ( 3 )   480 - 485   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.10.021

    PubMed

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report(和訳中) 査読

    Imoto Waki, Arima Hironori, Yamada Koichi, Kanzaki Toshiyuki, Nakagawa Chihiro, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Goto Takeo, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report 査読

    Imoto Waki, Arima Hironori, Yamada Koichi, Kanzaki Toshiyuki, Nakagawa Chihiro, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Goto Takeo, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.10.001

    PubMed

  • Clinical manifestations of adult patients requiring influenza-associated hospitalization: A prospective multicenter cohort study in Japan via Internet surveillance(和訳中) 査読

    Ishida Tadashi, Seki Masafumi, Oishi Kazunori, Tateda Kazuhiro, Fujita Jiro, Kadota Jun-ichi, Kawana Akihiko, Izumikawa Koichi, Kikuchi Toshiaki, Ohmagari Norio, Yamada Mitsuhiro, Maruyama Takaya, Takazono Takahiro, Miki Makoto, Miyazaki Yoshitsugu, Yamazaki Yoshitaka, Kakeya Hiroshi, Ogawa Kenji, Nagai Hideaki, Watanabe Akira

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 3 )   480 - 485   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical manifestations of adult patients requiring influenza-associated hospitalization: A prospective multicenter cohort study in Japan via internet surveillance.

    Ishida T, Seki M, Oishi K, Tateda K, Fujita J, Kadota JI, Kawana A, Izumikawa K, Kikuchi T, Ohmagari N, Yamada M, Maruyama T, Takazono T, Miki M, Miyazaki Y, Yamazaki Y, Kakeya H, Ogawa K, Nagai H, Watanabe A

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 3 )   480 - 485   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.10.021

    PubMed

  • インフルエンザに関連して入院を必要とする成人患者の臨床症状 日本におけるインターネットによる前向き多施設コホート研究(Clinical manifestations of adult patients requiring influenza-associated hospitalization: A prospective multicenter cohort study in Japan via Internet surveillance)

    Ishida Tadashi, Seki Masafumi, Oishi Kazunori, Tateda Kazuhiro, Fujita Jiro, Kadota Jun-ichi, Kawana Akihiko, Izumikawa Koichi, Kikuchi Toshiaki, Ohmagari Norio, Yamada Mitsuhiro, Maruyama Takaya, Takazono Takahiro, Miki Makoto, Miyazaki Yoshitsugu, Yamazaki Yoshitaka, Kakeya Hiroshi, Ogawa Kenji, Nagai Hideaki, Watanabe Akira

    Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 3 )   480 - 485   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    インフルエンザに感染した重症患者の臨床状態を明らかにした。インターネット調査システムで、2014年11月~2019年8月の5インフルエンザシーズンに、インフルエンザで重症化し入院を必要とした患者のデータを収集し分析した。患者924名(中央値78歳、67~84歳)を登録し分析した(2015~2016年シーズンは他のシーズンよりも有意に若かった)。入院の原因としては肺炎が最も多く、続いて全身状態不良と呼吸器疾患の悪化であった。抗ウイルス薬が97.0%の患者に投与され、そのうちでペラミビルが最も多かった。院内死亡は44名(4.8%)であった。多変量解析では、老人ホーム入居者と肥満が院内死亡の独立予測因子であった。インフルエンザの合併は特に高齢者で重い負担となっていることが示された。

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report.

    Imoto W, Arima H, Yamada K, Kanzaki T, Nakagawa C, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Goto T, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.10.001

    PubMed

  • COVID-19患者の従事者に対する身体的健康管理の取り組み

    並川 浩己, 栩野 吉弘, 山田 康一, 掛屋 弘, 岡田 明子, 太田 恵子, 岡田 恵代, 藤岡 一也, 渡辺 徹也, 中釜 悠, 城戸 康年, 竹本 恭彦, 溝端 康光, 柴田 利彦, 首藤 太一

    日本化学療法学会雑誌   69 ( 2 )   214 - 214   2021年03月( ISSN:1340-7007

  • 頭蓋内出血と脳梗塞を伴う神経梅毒の偶発所見 症例報告(Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report)

    Imoto Waki, Arima Hironori, Yamada Koichi, Kanzaki Toshiyuki, Nakagawa Chihiro, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Goto Takeo, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    症例は神経梅毒の49歳男性。道端で意識を失い、救急搬送された。CTとMRIにて脳出血、複数の脳梗塞と脳血管の径の不整が観察されたため、入院した日に脳出血に対する手術を行った。その原因は梅毒によることが疑われた。入院した日にペニシリンによる抗菌薬治療を開始し、血清と髄液試験の結果から次の週に梅毒と診断した。病状が改善したので、ベンジルペニシリンの3週間の注入療法とその後にアモキシシリン経口投与を行い、転院した。

  • Risk factor analysis for piperacillin-tazobactam-resistant Enterobacter spp. bacteremia at a tertiary hospital. 査読

    Yamairi K, Yamada K, Imoto W, Kuwabara G, Shibata W, Namikawa H, Oshima K, Nakaie K, Niki M, Kaneko Y, Kakeya H

    Diagnostic microbiology and infectious disease   100 ( 2 )   115342   2021年02月( ISSN:0732-8893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diagmicrobio.2021.115342

    PubMed

  • Three-year epidemiological analysis of Clostridioides difficile infection and the value of hospital-infection control measures in a tertiary-care teaching hospital in Japan using PCR-based open-reading frame typing 査読

    Nakaie Kiyotaka, Yamada Koichi, Kuwabara Gaku, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Niki Makoto, Sakurai Norihiro, Nonose Yuka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   27 ( 2 )   179 - 184   2021年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.08.020

    PubMed

  • 心臓血管外科手術時の手術部位感染予防抗菌薬変更に伴う影響調査 アンピシリン/スルバクタムからクリンダマイシンへ 査読

    西浦 広将, 櫻井 紀宏, 中村 安孝, 山田 康一, 藤井 弘通, 柴田 利彦, 掛屋 弘, 永山 勝也

    (一社)日本病院薬剤師会 日本病院薬剤師会雑誌   57 ( 2 )   209 - 213   2021年02月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    従来、心臓血管外科手術では、手術部位感染予防抗菌薬としてアンピシリン/スルバクタム(ampicillin/sulbactam:以下、ABPC/SBT)が使用されていたが、抗菌薬供給不足により2019年5月1日からクリンダマイシン(clindamycin:以下、CLDM)が使用された。そこで、予防抗菌薬変更前の2019年3〜4月に手術を受けた28例をABPC/SBT群、変更後の同年5〜6月に手術を受けた20例をCLDM群とし、予防抗菌薬変更が及ぼす影響を調査した。手術部位感染発生例数はABPC/SBT群0例、CLDM群1例で、両群間に統計学的な有意差はなかったが、他剤への変更例数はCLDM群で有意に高かった。本検討よりCLDM群は、抗菌スペクトラムに該当しない原因菌による術後感染症が発生したため、CLDMを使用せざるを得ない場合は、これらの菌種による術後感染症の発生に注意する必要がある。(著者抄録)

  • Three-year epidemiological analysis of Clostridioides difficile infection and the value of hospital-infection control measures in a tertiary-care teaching hospital in Japan using PCR-based open-reading frame typing(和訳中) 査読

    Nakaie Kiyotaka, Yamada Koichi, Kuwabara Gaku, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Niki Makoto, Sakurai Norihiro, Nonose Yuka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 2 )   179 - 184   2021年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Three-year epidemiological analysis of Clostridioides difficile infection and the value of hospital-infection control measures in a tertiary-care teaching hospital in Japan using PCR-based open-reading frame typing.

    Nakaie K, Yamada K, Kuwabara G, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Niki M, Sakurai N, Nonose Y, Okada Y, Fujita A, Kaneko Y, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 2 )   179 - 184   2021年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.08.020

    PubMed

  • 心臓血管外科手術時の手術部位感染予防抗菌薬変更に伴う影響調査 アンピシリン/スルバクタムからクリンダマイシンへ

    西浦 広将, 櫻井 紀宏, 中村 安孝, 山田 康一, 藤井 弘通, 柴田 利彦, 掛屋 弘, 永山 勝也

    日本病院薬剤師会雑誌   57 ( 2 )   209 - 213   2021年02月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    従来、心臓血管外科手術では、手術部位感染予防抗菌薬としてアンピシリン/スルバクタム(ampicillin/sulbactam:以下、ABPC/SBT)が使用されていたが、抗菌薬供給不足により2019年5月1日からクリンダマイシン(clindamycin:以下、CLDM)が使用された。そこで、予防抗菌薬変更前の2019年3~4月に手術を受けた28例をABPC/SBT群、変更後の同年5~6月に手術を受けた20例をCLDM群とし、予防抗菌薬変更が及ぼす影響を調査した。手術部位感染発生例数はABPC/SBT群0例、CLDM群1例で、両群間に統計学的な有意差はなかったが、他剤への変更例数はCLDM群で有意に高かった。本検討よりCLDM群は、抗菌スペクトラムに該当しない原因菌による術後感染症が発生したため、CLDMを使用せざるを得ない場合は、これらの菌種による術後感染症の発生に注意する必要がある。(著者抄録)

  • 日本の三次医療教育病院におけるPCR-based open-reading frame typingを用いたClostridioides difficile感染症の3年間の疫学分析と院内感染対策上の価値(Three-year epidemiological analysis of Clostridioides difficile infection and the value of hospital-infection control measures in a tertiary-care teaching hospital in Japan using PCR-based open-reading frame typing)

    Nakaie Kiyotaka, Yamada Koichi, Kuwabara Gaku, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Niki Makoto, Sakurai Norihiro, Nonose Yuka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 2 )   179 - 184   2021年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    3年間の病院内におけるClostridioides difficileトキシン陽性患者のPOT法を用いた分子疫学解析を行った。後ろ向き研究には2016~2018年の間にイムノクロマト検査でC.difficileが陽性となった入院患者102例を登録した。糞便を用いたイムノクロマト検査でGDHとトキシンが陽性を示した患者群をTP群、嫌気培養後にトキシン陽性が確認された患者群をTC群とした。2016、2017、2018年のC.difficileトキシン陽性率はそれぞれ1.16、1.09、1.39/10000PDで、POT型検出数は27/34、20/31、28/37例であった。病棟内伝播株を除き、検出頻度が最も高かったPOT型は826-279(7.8%)であった。2016、2017、2018年に同一病棟で6ヵ月以内に同じPOTナンバーの株が検出された患者の割合はそれぞれ0%(0/34)、16.1%(5/31)、5.4%(2/37)であった。2017年に発生した5例中3例は病棟内伝播が疑われ、そのうち2例はバイナリートキシン陽性であった。TP群の32例中5例(16%)は病棟内伝播であったのに対しTC群では70例中2例(3%)のみが病棟内伝播であった。バイナリートキシン陽性患者の病棟内伝播率の方が陰性患者より高い傾向を示した(p=0.09)。頻繁な下痢とバイナリートキシン陽性を示す患者で病棟内伝播が確認された。

  • Congenital bronchial atresia complicated by a lung abscess due to Aspergillus fumigatus: a case report 査読

    Kuwabara Gaku, Sone Risa, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Yamada Koichi, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Nishiyama Noritoshi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    BMC PULMONARY MEDICINE   21 ( 1 )   2   2021年01月( ISSN:1471-2466

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12890-020-01367-5

    PubMed

  • Congenital bronchial atresia complicated by a lung abscess due to Aspergillus fumigatus: a case report.

    Kuwabara G, Sone R, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Yamada K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Komatsu H, Izumi N, Nishiyama N, Kawaguchi T, Kakeya H

    BMC pulmonary medicine   21 ( 1 )   2 - 2   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12890-020-01367-5

    PubMed

  • Invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus terreus diagnosed using virtual bronchoscopic navigation and endobronchial ultrasonography with guide sheath and successfully treated with liposomal amphotericin B 査読

    Yoshii Naoko, Yamada Koichi, Niki Makoto, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Sakatoku Kazuki, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    INFECTION   2021年01月( ISSN:0300-8126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s15010-020-01545-x

    PubMed

  • Discrepant Antigen-specific Antibody Responses Causing SARS-CoV-2 Persistence in a Patient Receiving B-cell-targeted Therapy with Rituximab.

    Takakuwa T, Nakagama Y, Yasugi M, Maeda T, Matsuo K, Kiritoshi A, Deguchi R, Hagawa N, Shibata W, Oshima K, Yamamoto K, Uchida K, Noda T, Yamada K, Nishimura T, Yamamoto H, Kido Y, Hino M, Kakeya H, Mizobata Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 23 )   3827 - 3831   2021年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.7884-21

    PubMed

    CiNii Article

  • S2-2 Antifungal stewardship に貢献する微生物検査と当院の真菌症診療支援への取り組み

    仁木 誠, 山田 康一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   62.Suppl1 ( 0 )   55   2021年( ISSN:09164804

  • ICD3 侵襲性真菌症に対する感染対策

    山田 康一, 掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   62.Suppl1 ( 0 )   79   2021年( ISSN:09164804

  • Coronavirus disease with multiple infarctions.

    Imoto W, Kaga S, Noda T, Oshima K, Mizobata Y, Kakeya H

    QJM : monthly journal of the Association of Physicians   113 ( 12 )   907 - 908   2020年12月( ISSN:1460-2725

     詳細を見る

  • A mouse model of rapidly progressive fatal haemorrhagic pneumonia caused by Stenotrophomonas maltophilia 査読

    Imoto Waki, Kaneko Yukihiro, Yamada Koichi, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF GLOBAL ANTIMICROBIAL RESISTANCE   23   450 - 455   2020年12月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jgar.2020.10.024

    PubMed

  • Coronavirus disease with multiple infarctions 査読

    Imoto W., Kaga S., Noda T., Oshima K., Mizobata Y., Kakeya H.

    QJM-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICINE   113 ( 12 )   907 - 908   2020年12月( ISSN:1460-2725

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/qjmed/hcaa240

  • A mouse model of rapidly progressive fatal haemorrhagic pneumonia caused by Stenotrophomonas maltophilia.

    Imoto W, Kaneko Y, Yamada K, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Niki M, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T, Kakeya H

    Journal of global antimicrobial resistance   23   450 - 455   2020年12月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jgar.2020.10.024

    PubMed

  • <sup> </sup>週 3 回透析患者に対する抗 MRSA 薬ダプトマイシン投与のシミュレーション ―週 3 回透析後投与において週末に 1.5 倍量投与は妥当か?―

    安部 順子, 山田 康一, 吉井 直子, 柴多 渉, 大島 一浩, 掛屋 弘

    臨床薬理   51 ( 6 )   325 - 330   2020年11月( ISSN:03881601

     詳細を見る

    <p>40 歳代の女性.慢性腎臓病(CKD)にて維持血液透析を週 3 回施行中で,内シャント閉塞のため人工血管植え込みあり.今回,同部位の人工血管感染からのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)菌血症,化膿性椎間板炎および両側腸腰筋膿瘍の診断にて入院となり,ダプトマイシン(DAP)1 回 6 mg/kg を週 3 回透析後に開始したが,週末は「サンフォード感染症治療ガイド」に基づき 1.5 倍に増量投与した.約 7 週間後,炎症反応は正常化し,画像所見上膿瘍も消失.DAP の週明けのトラフ濃度(C<sub>min</sub>)は 24.3 μg/mL 以下で,クレアチンキナーゼ(CK)値はほぼ正常範囲内で推移し,その他の副作用もなかった.本症例について,DAP の血中濃度 7 点からのシミュレーションにより,週 3 回の血液透析患者に対する週末の投与方法について薬物動態学的に検討した結果,有効性,安全性,耐性菌誘導の抑制の観点から,週末は 1.5 倍量 1 回の投与方法が最適であることが予測できた.</p>

    DOI: 10.3999/jscpt.51.325

    CiNii Article

  • Blood culture reports by infectious disease physicians can improve prognosis of bacteremia, including weekend-onset cases 査読

    Yamada Koichi, Kuwabara Gaku, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Niki Makoto, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Sakurai Norihiro, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INFECTIOUS DISEASES   100   174 - 179   2020年11月( ISSN:1201-9712

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijid.2020.08.013

    PubMed

  • 週3回透析患者に対する抗MRSA薬ダプトマイシン投与のシミュレーション 週3回透析後投与において週末に1.5倍量投与は妥当か? 査読

    安部 順子, 山田 康一, 吉井 直子, 柴多 渉, 大島 一浩, 掛屋 弘

    (一社)日本臨床薬理学会 臨床薬理   51 ( 6 )   325 - 330   2020年11月( ISSN:0388-1601

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は40歳代女性で、末期腎不全にて維持血液透析中であった。201X年第13病日から第94病日まで、ダプトマイシン(DAP)を、月曜日および水曜日には270mg(6mg/kg)を1日1回30分かけて透析後に点滴静注し、金曜日は400mg(9mg/kg)を同様に点滴静注した。退院時のMRIでは硬膜外膿瘍は縮小しており、DAP投与期間中、クレアチンキナーゼ値はほぼ正常範囲(20〜150IU/L)を推移し、横紋筋融解症およびその他の副作用は見られなかった。投与開始10日目から12日目に採血して得られた血中濃度は、第5回目の投与開始前14.9μg/mL、投与終了5分後94.5μg/mL、投与終了4.6時間後53.5μg/mL、投与終了27.6時間後29.7μg/mL。第6回目の投与開始前13.4μg/mL、投与終了13分後179.5μg/mL、投与終了3.9時間後88.7μg/mLであった。翌週の(月曜日)の投与前の他は予測値11.0μg/mLであった。血中濃度推移をシミュレーションした結果より、週末1.5倍に増量することに意義があると考えられた。

  • Blood culture reports by infectious disease physicians can improve prognosis of bacteremia, including weekend-onset cases. 査読

    Yamada K, Kuwabara G, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Yoshii N, Nakaie K, Niki M, Okada Y, Fujita A, Sakurai N, Kaneko Y, Kakeya H

    International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases   100   174 - 179   2020年11月( ISSN:1201-9712

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijid.2020.08.013

    PubMed

  • 当院におけるCOVID-19感染防御対策の中和抗体検査を用いた検証

    溝端 康光, 城戸 康年, 掛屋 弘, 藤岡 一也, 野々瀬 由佳, 出口 亮, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎

    日本救急医学会雑誌   31 ( 11 )   2294 - 2294   2020年11月( ISSN:0915-924X

  • 週3回透析患者に対する抗MRSA薬ダプトマイシン投与のシミュレーション 週3回透析後投与において週末に1.5倍量投与は妥当か?

    安部 順子, 山田 康一, 吉井 直子, 柴多 渉, 大島 一浩, 掛屋 弘

    臨床薬理   51 ( 6 )   325 - 330   2020年11月( ISSN:0388-1601

     詳細を見る

    症例は40歳代女性で、末期腎不全にて維持血液透析中であった。201X年第13病日から第94病日まで、ダプトマイシン(DAP)を、月曜日および水曜日には270mg(6mg/kg)を1日1回30分かけて透析後に点滴静注し、金曜日は400mg(9mg/kg)を同様に点滴静注した。退院時のMRIでは硬膜外膿瘍は縮小しており、DAP投与期間中、クレアチンキナーゼ値はほぼ正常範囲(20~150IU/L)を推移し、横紋筋融解症およびその他の副作用は見られなかった。投与開始10日目から12日目に採血して得られた血中濃度は、第5回目の投与開始前14.9μg/mL、投与終了5分後94.5μg/mL、投与終了4.6時間後53.5μg/mL、投与終了27.6時間後29.7μg/mL。第6回目の投与開始前13.4μg/mL、投与終了13分後179.5μg/mL、投与終了3.9時間後88.7μg/mLであった。翌週の(月曜日)の投与前の他は予測値11.0μg/mLであった。血中濃度推移をシミュレーションした結果より、週末1.5倍に増量することに意義があると考えられた。

  • Detection of Rhizopus-specific antigen in human and murine serum and bronchoalveolar lavage. 査読

    Shibata W, Niki M, Sato K, Fujimoto H, Yamada K, Watanabe T, Miyazaki Y, Asai K, Obata Y, Tachibana T, Kawaguchi T, Kaneko Y, Kakeya H

    Medical mycology   58 ( 7 )   958 - 964   2020年10月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/mmy/myaa001

    PubMed

  • Clinical usefulness of very high serum soluble interleukin-2 receptor levels for the detection of tuberculous peritonitis in a patient with chronic myelogenous leukemia 査読

    Moriguchi Makoto, Koh Hideo, Hayashi Tetsuya, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Imoto Waki, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   26 ( 10 )   1054 - 1057   2020年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.05.001

    PubMed

  • 慢性骨髄性白血病患者の結核性腹膜炎検出目的において、非常に高値である血中可溶性インターロイキン2受容体の臨床的有用性(Clinical usefulness of very high serum soluble interleukin-2 receptor levels for the detection of tuberculous peritonitis in a patient with chronic myelogenous leukemia) 査読

    Moriguchi Makoto, Koh Hideo, Hayashi Tetsuya, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Imoto Waki, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   26 ( 10 )   1054 - 1057   2020年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は59歳女性で、白血球増加と血小板増加を主訴とした。入院初日(HD1)、白血球・血小板増加、LDH、CRP、AST、ALT値上昇が認められた。HD4に実施したIGRAとT-SPOT.TB試験は陰性であった。骨髄生検により有意な線維症を伴う骨髄球過形成、巨核球過形成が認められた。蛍光in situハイブリダイゼーションによりフィラデルフィア転座が検出された。造影CTにより大量の腹水と肝脾腫大が認められた。HD9に血中のMajor BCR/ABL1 mRNA(IS)の陽性所見に基づいて慢性骨髄性白血病と診断した。HD22の腹腔穿刺により半透明の黄色い液体が認められ、アデノシンデアミナーゼ値はカットオフ値以上であった。HD18に、血清中に極めて高値の可溶性インターロイキン2受容体(sIL-2R)値が観察された。心肺機能低下のため悪性リンパ腫を疑い、HD29にメチルプレドニゾロンパルス療法を開始したが、結核の家族歴があったことからHD32にレボフロキサシン、イソニアジド、ストレプトマイシンを静脈内投与した。腹水の培養検査結果に基づき、HD39に結核性腹膜炎と診断した。抗結核治療により血清中のsIL-2R値は顕著に低下し、腹水量も改善した。

  • Clinical usefulness of very high serum soluble interleukin-2 receptor levels for the detection of tuberculous peritonitis in a patient with chronic myelogenous leukemia.

    Moriguchi M, Koh H, Hayashi T, Okamura H, Nanno S, Nakashima Y, Nakane T, Imoto W, Yamada K, Kakeya H, Hino M, Nakamae H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   26 ( 10 )   1054 - 1057   2020年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.05.001

    PubMed

  • 慢性骨髄性白血病患者の結核性腹膜炎検出目的において、非常に高値である血中可溶性インターロイキン2受容体の臨床的有用性(Clinical usefulness of very high serum soluble interleukin-2 receptor levels for the detection of tuberculous peritonitis in a patient with chronic myelogenous leukemia)

    Moriguchi Makoto, Koh Hideo, Hayashi Tetsuya, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Imoto Waki, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Journal of Infection and Chemotherapy   26 ( 10 )   1054 - 1057   2020年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    症例は59歳女性で、白血球増加と血小板増加を主訴とした。入院初日(HD1)、白血球・血小板増加、LDH、CRP、AST、ALT値上昇が認められた。HD4に実施したIGRAとT-SPOT.TB試験は陰性であった。骨髄生検により有意な線維症を伴う骨髄球過形成、巨核球過形成が認められた。蛍光in situハイブリダイゼーションによりフィラデルフィア転座が検出された。造影CTにより大量の腹水と肝脾腫大が認められた。HD9に血中のMajor BCR/ABL1 mRNA(IS)の陽性所見に基づいて慢性骨髄性白血病と診断した。HD22の腹腔穿刺により半透明の黄色い液体が認められ、アデノシンデアミナーゼ値はカットオフ値以上であった。HD18に、血清中に極めて高値の可溶性インターロイキン2受容体(sIL-2R)値が観察された。心肺機能低下のため悪性リンパ腫を疑い、HD29にメチルプレドニゾロンパルス療法を開始したが、結核の家族歴があったことからHD32にレボフロキサシン、イソニアジド、ストレプトマイシンを静脈内投与した。腹水の培養検査結果に基づき、HD39に結核性腹膜炎と診断した。抗結核治療により血清中のsIL-2R値は顕著に低下し、腹水量も改善した。

  • 2016年に日本化学療法学会、日本感染症学会、日本臨床微生物学会の合同サーベイランス委員会によって実施された細菌性呼吸器病原体の全国調査 病原体の抗菌薬感受性に関する概要(Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of japanese society of chemotherapy, the japanese association for infectious diseases, and the japanese society for clinical microbiology in 2016: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility) 査読

    Yanagihara Katsunori, Matsumoto Tetsuya, Tokimatsu Issei, Tsukada Hiroki, Fujikura Yuji, Miki Makoto, Morinaga Yoshitomo, Sato Junko, Wakamura Tomotaro, Kiyota Hiroshi, Tateda Kazuhiro, Hanaki Hideaki, Fujiuchi Satoru, Takahashi Manabu, Kayaba Hiroyuki, Mori Yoshiaki, Takeda Hiroaki, Ikeda Hideki, Takahashi Hiroshi, Konno Makiko, Niitsuma Katsunao, Niki Yoshihito, Takuma Takahiro, Kawana Akihiko, Kudo Makoto, Hirano Tomo, Miyazawa Naoki, Aso Sakura, Aoki Nobuki, Honma Yasuo, Yamamoto Yoshihiro, Iinuma Yoshitsugu, Mikamo Hiroshige, Yamagishi Yuka, Nakamura Atsushi, Kondo Shuhei, Kawabata Atsushi, Sugaki Yoshiko, Yamamoto Toshinobu, Nishi Isao, Hamaguchi Shigeto, Kakeya Hiroshi, Fujikawa Yasunori, Mitsuno Noriko, Ukimura Akira, Yoshida Koichiro, Hayashi Michio, Mikasa Keiichi, Kasahara Kei, Tokuyasu Hirokazu, Hino Satoshi, Shimizu Eiji, Chikumi Hiroki, Fujita Masaki, Kadota Junichi, Hiramatsu Kazufumi, Suga Moritaka, Muranaka Hiroyuki, The Surveillance Committee of the Japanese Society of Chemotherapy(JSC),The Japanese Association for Infectious Disease(JAID)and the Japanese Society for Clinical Microbiology(JSCM)

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   26 ( 9 )   873 - 881   2020年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2016年2月〜8月に気道感染症から分離された病原菌の抗菌薬感受性に関する全国調査を実施した。全国32の医療機関から送付された1104株のうち、MALDI-TOF MS法と表現型法により目的の7菌種と再同定された1062株を試験に供した。42種の抗菌薬感受性試験、β-ラクタマーゼ産生性、基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生性を調べた。1062株の内訳は、Staphylococcus aureus 143株、Streptococcus pneumoniae 210株、S.pyogenes 17株、Haemophilus influenzae 248株、Moraxella catarrhalis 151株、Klebsiella pneumoniae 134株、Pseudomonas aeruginosa 159株であった。S.aureus分離株の48.3%はMRSAであった。S.pneumoniae分離株の99.5%はペニシリン系に感受性であった。H.influenzae分離株の14.1%はβ-ラクタマーゼ産生アンピシリン耐性菌で、41.1%はβ-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性菌であった。K.pneumoniae分離株の4.5%がESBLであった。Pseudomonas aeruginosa分離株の0.6%がメタロβ-ラクタマーゼ産生菌であった。

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of japanese society of chemotherapy, the japanese association for infectious diseases, and the japanese society for clinical microbiology in 2016: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility 査読

    Yanagihara Katsunori, Matsumoto Tetsuya, Tokimatsu Issei, Tsukada Hiroki, Fujikura Yuji, Miki Makoto, Morinaga Yoshitomo, Sato Junko, Wakamura Tomotaro, Kiyota Hiroshi, Tateda Kazuhiro, Hanaki Hideaki, Fujiuchi Satoru, Takahashi Manabu, Kayaba Hiroyuki, Mori Yoshiaki, Takeda Hiroaki, Ikeda Hideki, Takahashi Hiroshi, Konno Makiko, Niitsuma Katsunao, Niki Yoshihito, Takuma Takahiro, Kawana Akihiko, Kudo Makoto, Hirano Tomo, Miyazawa Naoki, Aso Sakura, Aoki Nobuki, Honma Yasuo, Yamamoto Yoshihiro, Iinuma Yoshitsugu, Mikamo Hiroshige, Yamagishi Yuka, Nakamura Atsushi, Kondo Shuhei, Kawabata Atsushi, Sugaki Yoshiko, Yamamoto Toshinobu, Nishi Isao, Hamaguchi Shigeto, Kakeya Hiroshi, Fujikawa Yasunori, Mitsuno Noriko, Ukimura Akira, Yoshida Koichiro, Hayashi Michio, Mikasa Keiichi, Kasahara Kei, Tokuyasu Hirokazu, Hino Satoshi, Shimizu Eiji, Chikumi Hiroki, Fujita Masaki, Kadota Junichi, Hiramatsu Kazufumi, Suga Moritaka, Muranaka Hiroyuki

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   26 ( 9 )   873 - 881   2020年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.05.006

    PubMed

  • 2016年に日本化学療法学会、日本感染症学会、日本臨床微生物学会の合同サーベイランス委員会によって実施された細菌性呼吸器病原体の全国調査 病原体の抗菌薬感受性に関する概要(Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of japanese society of chemotherapy, the japanese association for infectious diseases, and the japanese society for clinical microbiology in 2016: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility)

    Yanagihara Katsunori, Matsumoto Tetsuya, Tokimatsu Issei, Tsukada Hiroki, Fujikura Yuji, Miki Makoto, Morinaga Yoshitomo, Sato Junko, Wakamura Tomotaro, Kiyota Hiroshi, Tateda Kazuhiro, Hanaki Hideaki, Fujiuchi Satoru, Takahashi Manabu, Kayaba Hiroyuki, Mori Yoshiaki, Takeda Hiroaki, Ikeda Hideki, Takahashi Hiroshi, Konno Makiko, Niitsuma Katsunao, Niki Yoshihito, Takuma Takahiro, Kawana Akihiko, Kudo Makoto, Hirano Tomo, Miyazawa Naoki, Aso Sakura, Aoki Nobuki, Honma Yasuo, Yamamoto Yoshihiro, Iinuma Yoshitsugu, Mikamo Hiroshige, Yamagishi Yuka, Nakamura Atsushi, Kondo Shuhei, Kawabata Atsushi, Sugaki Yoshiko, Yamamoto Toshinobu, Nishi Isao, Hamaguchi Shigeto, Kakeya Hiroshi, Fujikawa Yasunori, Mitsuno Noriko, Ukimura Akira, Yoshida Koichiro, Hayashi Michio, Mikasa Keiichi, Kasahara Kei, Tokuyasu Hirokazu, Hino Satoshi, Shimizu Eiji, Chikumi Hiroki, Fujita Masaki, Kadota Junichi, Hiramatsu Kazufumi, Suga Moritaka, Muranaka Hiroyuki, The Surveillance Committee of the Japanese Society of Chemotherapy(JSC),The Japanese Association for Infectious Disease(JAID)and the Japanese Society for Clinical Microbiology(JSCM)

    Journal of Infection and Chemotherapy   26 ( 9 )   873 - 881   2020年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    2016年2月~8月に気道感染症から分離された病原菌の抗菌薬感受性に関する全国調査を実施した。全国32の医療機関から送付された1104株のうち、MALDI-TOF MS法と表現型法により目的の7菌種と再同定された1062株を試験に供した。42種の抗菌薬感受性試験、β-ラクタマーゼ産生性、基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生性を調べた。1062株の内訳は、Staphylococcus aureus 143株、Streptococcus pneumoniae 210株、S.pyogenes 17株、Haemophilus influenzae 248株、Moraxella catarrhalis 151株、Klebsiella pneumoniae 134株、Pseudomonas aeruginosa 159株であった。S.aureus分離株の48.3%はMRSAであった。S.pneumoniae分離株の99.5%はペニシリン系に感受性であった。H.influenzae分離株の14.1%はβ-ラクタマーゼ産生アンピシリン耐性菌で、41.1%はβ-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性菌であった。K.pneumoniae分離株の4.5%がESBLであった。Pseudomonas aeruginosa分離株の0.6%がメタロβ-ラクタマーゼ産生菌であった。

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of japanese society of chemotherapy, the japanese association for infectious diseases, and the japanese society for clinical microbiology in 2016: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility.

    Yanagihara K, Matsumoto T, Tokimatsu I, Tsukada H, Fujikura Y, Miki M, Morinaga Y, Sato J, Wakamura T, Kiyota H, Tateda K, Hanaki H, Fujiuchi S, Takahashi M, Kayaba H, Mori Y, Takeda H, Ikeda H, Takahashi H, Konno M, Niitsuma K, Niki Y, Takuma T, Kawana A, Kudo M, Hirano T, Miyazawa N, Aso S, Aoki N, Honma Y, Yamamoto Y, Iinuma Y, Mikamo H, Yamagishi Y, Nakamura A, Kondo S, Kawabata A, Sugaki Y, Yamamoto T, Nishi I, Hamaguchi S, Kakeya H, Fujikawa Y, Mitsuno N, Ukimura A, Yoshida K, Hayashi M, Mikasa K, Kasahara K, Tokuyasu H, Hino S, Shimizu E, Chikumi H, Fujita M, Kadota J, Hiramatsu K, Suga M, Muranaka H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   26 ( 9 )   873 - 881   2020年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.05.006

    PubMed

  • AST活動による外科感染症診療の変化

    山田 康一, 桑原 学, 掛屋 弘

    日本外科感染症学会雑誌   17 ( 4 )   172 - 177   2020年08月( ISSN:13495755

     詳細を見る

    <p>当院ではASPとして「早期モニタリングとフィードバック」と「条件付き届出制」を採用している。今回外科感染症診療への有効性を菌血症全体と外科感染症の原因菌として頻度が高いBacteroidesを対象に評価を行った。その結果血液培養2セット率は上昇し,菌血症の院内死亡率は有意に改善した(34.9%→23.1%:P=0.04)。Bacteroides菌血症においてはAST活動により,経験的治療におけるカルバペネム系薬の使用頻度の減少,TAZ/PIPCの増加がみられた。また,標的治療におけるde─escalation率が上昇した(9.7%→34.8%:P=0.04)。感受性には明らかな変化はみられなかった。菌血症の予後は改善傾向であった。以上より当院でのAST活動は外科感染症診療において有効であることが示された。</p>

    DOI: 10.24679/gekakansen.17.4_172

    CiNii Article

  • The effect of intervention by an antimicrobial stewardship team on anaerobic bacteremia 査読

    Kuwabara Gaku, Yukawa Satomi, Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Yoshii Naoko, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    ANAEROBE   64   102214   2020年08月( ISSN:1075-9964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.anaerobe.2020.102214

    PubMed

  • 【外科、救急、集中治療におけるAntimicrobial Stewardship(抗菌薬適正使用支援)】AST活動による外科感染症診療の変化 査読

    山田 康一, 桑原 学, 掛屋 弘

    (一社)日本外科感染症学会 日本外科感染症学会雑誌   17 ( 4 )   172 - 177   2020年08月( ISSN:1349-5755

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院ではASPとして「早期モニタリングとフィードバック」と「条件付き届出制」を採用している。今回外科感染症診療への有効性を菌血症全体と外科感染症の原因菌として頻度が高いBacteroidesを対象に評価を行った。その結果血液培養2セット率は上昇し,菌血症の院内死亡率は有意に改善した(34.9%→23.1%:P=0.04)。Bacteroides菌血症においてはAST活動により,経験的治療におけるカルバペネム系薬の使用頻度の減少,TAZ/PIPCの増加がみられた。また,標的治療におけるde-escalation率が上昇した(9.7%→34.8%:P=0.04)。感受性には明らかな変化はみられなかった。菌血症の予後は改善傾向であった。以上より当院でのAST活動は外科感染症診療において有効であることが示された。(著者抄録)

  • The effect of intervention by an antimicrobial stewardship team on anaerobic bacteremia. 査読

    Kuwabara G, Yukawa S, Yamada K, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Yoshii N, Watanabe T, Asai K, Niki M, Nakaie K, Okada Y, Fujita A, Kaneko Y, Kawaguchi T, Kakeya H

    Anaerobe   64   102214 - 102214   2020年08月( ISSN:1075-9964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.anaerobe.2020.102214

    PubMed

  • 【外科、救急、集中治療におけるAntimicrobial Stewardship(抗菌薬適正使用支援)】AST活動による外科感染症診療の変化

    山田 康一, 桑原 学, 掛屋 弘

    日本外科感染症学会雑誌   17 ( 4 )   172 - 177   2020年08月( ISSN:1349-5755

     詳細を見る

    当院ではASPとして「早期モニタリングとフィードバック」と「条件付き届出制」を採用している。今回外科感染症診療への有効性を菌血症全体と外科感染症の原因菌として頻度が高いBacteroidesを対象に評価を行った。その結果血液培養2セット率は上昇し,菌血症の院内死亡率は有意に改善した(34.9%→23.1%:P=0.04)。Bacteroides菌血症においてはAST活動により,経験的治療におけるカルバペネム系薬の使用頻度の減少,TAZ/PIPCの増加がみられた。また,標的治療におけるde-escalation率が上昇した(9.7%→34.8%:P=0.04)。感受性には明らかな変化はみられなかった。菌血症の予後は改善傾向であった。以上より当院でのAST活動は外科感染症診療において有効であることが示された。(著者抄録)

  • ヒドロキシクロロキン,アジスロマイシン,ファビピラビルによる治療中に心室細動を起こした COVID-19 肺炎の1 例

    大島 一浩, 桑原 学, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 山田 康一, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光, 掛屋 弘

    感染症学雑誌   94 ( 4 )   600 - 603   2020年07月( ISSN:03875911

  • 今月の特集2 薬剤耐性カンジダを考える 薬剤耐性カンジダの疫学

    柴多 渉, 掛屋 弘

    臨床検査   64 ( 7 )   772 - 777   2020年07月( ISSN:04851420

     詳細を見る

  • Successful treatment with baloxavir marboxil of a patient with peramivir-resistant influenza A/H3N2 with a dual E119D/R292K substitution after allogeneic hematopoietic cell transplantation: a case report 査読

    Harada Naonori, Shibata Wataru, Koh Hideo, Takashita Emi, Fujisaki Seiichiro, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Yamada Koichi, Nakamae Hirohisa, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    BMC INFECTIOUS DISEASES   20 ( 1 )   478   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12879-020-05205-1

    PubMed

  • Successful treatment with baloxavir marboxil of a patient with peramivir-resistant influenza A/H3N2 with a dual E119D/R292K substitution after allogeneic hematopoietic cell transplantation: a case report.

    Harada N, Shibata W, Koh H, Takashita E, Fujisaki S, Okamura H, Nanno S, Yamada K, Nakamae H, Hino M, Kakeya H

    BMC infectious diseases   20 ( 1 )   478 - 478   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12879-020-05205-1

    PubMed

  • ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、ファビピラビルによる治療中に心室細動を起こしたCOVID-19肺炎の1例 査読

    大島 一浩, 桑原 学, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 山田 康一, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光, 掛屋 弘

    (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌   94 ( 4 )   600 - 603   2020年07月( ISSN:0387-5911

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    38歳男。発熱、咳嗽にて前医を受診した。異型肺炎の疑いで加療されるも呼吸困難が増強し、PCR検査でSARS-CoV-2陽性が判明した。人工呼吸器管理の上、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対してファビピラビル、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシンを併用したが、治療中に突然心室細動をきたし、心室細動の原因として薬剤性のQTc延長からR on Tとなった可能性やCOVID-19に伴う心筋炎の可能性を考え、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、デクスメデトミジンを中止した。洞調律へ回復後の12誘導心電図では1度房室ブロックを認めるのみでQT延長はみられず、その後は不整脈の出現なく経過し、呼吸状態も安定していた。

  • ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、ファビピラビルによる治療中に心室細動を起こしたCOVID-19肺炎の1例

    大島 一浩, 桑原 学, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 山田 康一, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光, 掛屋 弘

    感染症学雑誌   94 ( 4 )   600 - 603   2020年07月( ISSN:0387-5911

     詳細を見る

    38歳男。発熱、咳嗽にて前医を受診した。異型肺炎の疑いで加療されるも呼吸困難が増強し、PCR検査でSARS-CoV-2陽性が判明した。人工呼吸器管理の上、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対してファビピラビル、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシンを併用したが、治療中に突然心室細動をきたし、心室細動の原因として薬剤性のQTc延長からR on Tとなった可能性やCOVID-19に伴う心筋炎の可能性を考え、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、デクスメデトミジンを中止した。洞調律へ回復後の12誘導心電図では1度房室ブロックを認めるのみでQT延長はみられず、その後は不整脈の出現なく経過し、呼吸状態も安定していた。

  • DisseminatedMycobacterium abscessussubsp.massilienseinfection in a Good's syndrome patient negative for human immunodeficiency virus and anti-interferon-gamma autoantibody: a case report 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Hajika Yuriko, Okamoto Kousuke, Myodo Yuka, Niki Makoto, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Yoshizawa Kazutaka, Namikawa Hiroki, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Moro Hiroshi, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Itoh Yoshiaki, Kakeya Hiroshi

    BMC INFECTIOUS DISEASES   20 ( 1 )   431   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12879-020-05136-x

    PubMed

  • Disseminated Mycobacterium abscessus subsp. massiliense infection in a Good's syndrome patient negative for human immunodeficiency virus and anti-interferon-γ autoantibody: a case report. 査読

    Imoto W, Yamada K, Hajika Y, Okamoto K, Myodo Y, Niki M, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Yoshii N, Nakaie K, Yoshizawa K, Namikawa H, Watanabe T, Asai K, Moro H, Kaneko Y, Kawaguchi T, Itoh Y, Kakeya H

    BMC infectious diseases   20 ( 1 )   431 - 431   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12879-020-05136-x

    PubMed

  • The comparison of the efficacy of baloxavir and neuraminidase inhibitors for patients with influenza a in clinical practice

    Yoshii N.

    Internal Medicine   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年06月( ISSN:09182918

     詳細を見る

  • The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Sakazaki Hiromi, Maruyama Naomi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Shintaku Haruo, Kawaguchi Tomoya

    Internal Medicine   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年06月( ISSN:09182918

     詳細を見る

    <p><b>Objective </b>Baloxavir marboxil is a novel anti-influenza drug reported to have an early antiviral effect, although it also causes the appearance of variant viruses with a reduced susceptibility to baloxavir. In Japan, four neuraminidase inhibitors (NAIs) have been commonly used to treat patients with influenza. In clinical practice, the differences in the effects of baloxavir and NAIs have not been sufficiently examined. Our objective was to clarify the clinical differences in efficacy between baloxavir and NAIs. </p><p><b>Methods </b>A multicenter, observational study was conducted using postcard questionnaires during the 2018-19 influenza season. Patients who were prescribed anti-influenza drugs were provided postcard questionnaires asking about their background characteristics and their body temperatures. The factors associated with the early alleviation of the fever were analyzed, and the duration of the fever was compared between the baloxavir group and the NAI group. </p><p><b>Results </b>A total of 295 patients with influenza A, ranging in age from 0-91 years old, were enrolled in this study. A multivariate analysis showed that treatment with baloxavir and a duration from the onset to the start of treatment ≥2.5 days were factors contributing to the early alleviation of the fever from the start of treatment. The duration of the fever was significantly shorter in the baloxavir group than in the NAI group (p=0.002). </p><p><b>Conclusion </b>The present survey showed that baloxavir was significantly more effective than NAIs for treating patients with influenza A in clinical practice. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4117-19

    PubMed

    CiNii Article

  • Successful Treatment of Staphylococcus schleiferi Infection after Aortic Arch Repair: In Situ Aortic Arch Replacement and Domino Reconstruction of the Debranching Graft using Autologous Iliac Artery 査読

    Murakami Takashi, Tokuda Takanori, Nishimura Shinsuke, Fujii Hiromichi, Takahashi Yosuke, Yamane Kokoro, Inoue Kazushige, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi, Shibata Toshihiko

    ACTA MEDICA OKAYAMA   74 ( 3 )   251 - 255   2020年06月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 臨床診療のA型インフルエンザ患者に対するバロキサビルとノイラミニダーゼ阻害薬の有効性の比較(The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice) 査読

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Sakazaki Hiromi, Maruyama Naomi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Shintaku Haruo, Kawaguchi Tomoya

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    臨床診療のA型インフルエンザ患者において、バロキサビルとノイラミニダーゼ阻害薬(NAI)の有効性を比較した。2018〜2019年のインフルエンザシーズンに大阪府の50施設でバロキサビルまたはNAIが処方された患者900例を対象に郵送による質問票調査を行い、A型インフルエンザ患者295例のデータを解析した。バロキサビル投与患者は111例(男性50例、女性60例、性別不明1例、2〜72歳)、NAI投与患者は184例(男性73例、女性108例、性別不明3例、0〜91歳)であった。多変量調整後、2日以内の発熱緩和の関連因子は、バロキサビル治療、発症から治療開始までの期間≧2.5日であった。バロキサビル投与患者はNAI投与患者に比し、発熱緩和までの期間が有意に短縮した(1.94±0.09 vs.2.35±0.08日)。臨床診療のA型インフルエンザ患者において、バロキサビルはNAIよりも有効性が高いことが示された。

  • 大動脈弓修復術後のStaphylococcus schleiferi感染症の治療奏効 in situ大動脈弓置換術と、自家腸骨動脈を用いたDebranching graftのドミノ再建術(Successful Treatment of Staphylococcus schleiferi Infection after Aortic Arch Repair: In Situ Aortic Arch Replacement and Domino Reconstruction of the Debranching Graft using Autologous Iliac Artery) 査読

    Murakami Takashi, Tokuda Takanori, Nishimura Shinsuke, Fujii Hiromichi, Takahashi Yosuke, Yamane Kokoro, Inoue Kazushige, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi, Shibata Toshihiko

    岡山大学医学部 Acta Medica Okayama   74 ( 3 )   251 - 255   2020年06月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は62歳男性で、50日前、慢性Stanford B型大動脈解離のためfrozen elephant trunk修復術が施行された。術後29日目に退院したが、その8日後から発熱と全身疲労が発現し、CTで縦隔内と左腋窩動脈周辺の人工血管周囲に膿瘍が認められた。人工血管感染と診断し、入院当日に左鎖骨下のオープンドレナージ、その翌日に縦隔ドレナージを行った。入院5日目に膿瘍の膿汁培養でStaphylococcus schleiferiが判明した。抗生物質全身投与と局所陰圧閉鎖療法を行ったが感染をコントロールできなかったため、緊急手術として、人工血管による上行大動脈と大動脈弓の置換術、大網弁移植、自家腸骨動脈を用いた左鎖骨下動脈再建術を行った。術後4日目にリネゾリド(LZD)の投与を開始し、術後33日目にLZDの副作用のためダプトマイシンに変更した。術後80日目に経口ミノサイクリンに切り替え、術後115日目に介護施設に移った。

  • マルベリー小体によって診断されたヘテロ接合体女性のファブリー病の一症例(A Case of Fabry Disease in Heterozygous Female Diagnosed by Mulberry Body) 査読

    Takizawa Etsuko, Fujimoto Hiroki, Namikawa Hiroki, Yamada Kouichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本臨床検査医学会 臨床病理   68 ( 6 )   520 - 524   2020年06月( ISSN:0047-1860

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    59歳女。腕と背中の痛みおよび両手指関節炎を10年間患っており、血清中のリウマチ因子検査で関節リウマチと診断され、治療を受けていた。また、2年前に心房細動と左室肥大を発症していた。最近、耳鳴りや胃の不快感に気づき、失神様発作を発症した。定期検査で尿沈渣中にマルベリー小体(MB)が検出され、ファブリー病(FD)の疑いでα-ガラクトシダーゼ遺伝子を調べたところ、変異対立遺伝子(exon6のDel 1b)を持つヘテロ接合体であった。MBと変異したα-ガラクトシダーゼ遺伝子の検出よりFDと診断され、アガルシダーゼベータ(Fabrazyme)で酵素補充療法(ERT)による治療を開始したところ、症状は徐々に改善した。しかし、左室肥大は残っており、ERTのため定期通院とした。

  • Successful Treatment of Staphylococcus schleiferi Infection after Aortic Arch Repair: In Situ Aortic Arch Replacement and Domino Reconstruction of the Debranching Graft using Autologous Iliac Artery. 査読

    Murakami T, Tokuda T, Nishimura S, Fujii H, Takahashi Y, Yamane K, Inoue K, Yamada K, Kakeya H, Shibata T

    Acta medica Okayama   74 ( 3 )   251 - 255   2020年06月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/59959

    PubMed

  • Successful Treatment of Staphylococcus schleiferi Infection after Aortic Arch Repair: In Situ Aortic Arch Replacement and Domino Reconstruction of the Debranching Graft using Autologous Iliac Artery.

    Murakami T, Tokuda T, Nishimura S, Fujii H, Takahashi Y, Yamane K, Inoue K, Yamada K, Kakeya H, Shibata T

    Acta medica Okayama   74 ( 3 )   251 - 255   2020年06月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.18926/AMO/59959

    PubMed

  • 大動脈弓修復術後のStaphylococcus schleiferi感染症の治療奏効 in situ大動脈弓置換術と、自家腸骨動脈を用いたDebranching graftのドミノ再建術(Successful Treatment of Staphylococcus schleiferi Infection after Aortic Arch Repair: In Situ Aortic Arch Replacement and Domino Reconstruction of the Debranching Graft using Autologous Iliac Artery)

    Murakami Takashi, Tokuda Takanori, Nishimura Shinsuke, Fujii Hiromichi, Takahashi Yosuke, Yamane Kokoro, Inoue Kazushige, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi, Shibata Toshihiko

    Acta Medica Okayama   74 ( 3 )   251 - 255   2020年06月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    症例は62歳男性で、50日前、慢性Stanford B型大動脈解離のためfrozen elephant trunk修復術が施行された。術後29日目に退院したが、その8日後から発熱と全身疲労が発現し、CTで縦隔内と左腋窩動脈周辺の人工血管周囲に膿瘍が認められた。人工血管感染と診断し、入院当日に左鎖骨下のオープンドレナージ、その翌日に縦隔ドレナージを行った。入院5日目に膿瘍の膿汁培養でStaphylococcus schleiferiが判明した。抗生物質全身投与と局所陰圧閉鎖療法を行ったが感染をコントロールできなかったため、緊急手術として、人工血管による上行大動脈と大動脈弓の置換術、大網弁移植、自家腸骨動脈を用いた左鎖骨下動脈再建術を行った。術後4日目にリネゾリド(LZD)の投与を開始し、術後33日目にLZDの副作用のためダプトマイシンに変更した。術後80日目に経口ミノサイクリンに切り替え、術後115日目に介護施設に移った。

  • マルベリー小体によって診断されたヘテロ接合体女性のファブリー病の一症例(A Case of Fabry Disease in Heterozygous Female Diagnosed by Mulberry Body)

    Takizawa Etsuko, Fujimoto Hiroki, Namikawa Hiroki, Yamada Kouichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Kakeya Hiroshi

    臨床病理   68 ( 6 )   520 - 524   2020年06月( ISSN:0047-1860

     詳細を見る

    59歳女。腕と背中の痛みおよび両手指関節炎を10年間患っており、血清中のリウマチ因子検査で関節リウマチと診断され、治療を受けていた。また、2年前に心房細動と左室肥大を発症していた。最近、耳鳴りや胃の不快感に気づき、失神様発作を発症した。定期検査で尿沈渣中にマルベリー小体(MB)が検出され、ファブリー病(FD)の疑いでα-ガラクトシダーゼ遺伝子を調べたところ、変異対立遺伝子(exon6のDel 1b)を持つヘテロ接合体であった。MBと変異したα-ガラクトシダーゼ遺伝子の検出よりFDと診断され、アガルシダーゼベータ(Fabrazyme)で酵素補充療法(ERT)による治療を開始したところ、症状は徐々に改善した。しかし、左室肥大は残っており、ERTのため定期通院とした。

  • 臨床診療のA型インフルエンザ患者に対するバロキサビルとノイラミニダーゼ阻害薬の有効性の比較(The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice)

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Sakazaki Hiromi, Maruyama Naomi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Shintaku Haruo, Kawaguchi Tomoya

    Internal Medicine   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    臨床診療のA型インフルエンザ患者において、バロキサビルとノイラミニダーゼ阻害薬(NAI)の有効性を比較した。2018~2019年のインフルエンザシーズンに大阪府の50施設でバロキサビルまたはNAIが処方された患者900例を対象に郵送による質問票調査を行い、A型インフルエンザ患者295例のデータを解析した。バロキサビル投与患者は111例(男性50例、女性60例、性別不明1例、2~72歳)、NAI投与患者は184例(男性73例、女性108例、性別不明3例、0~91歳)であった。多変量調整後、2日以内の発熱緩和の関連因子は、バロキサビル治療、発症から治療開始までの期間≧2.5日であった。バロキサビル投与患者はNAI投与患者に比し、発熱緩和までの期間が有意に短縮した(1.94±0.09 vs.2.35±0.08日)。臨床診療のA型インフルエンザ患者において、バロキサビルはNAIよりも有効性が高いことが示された。

  • Complete Genome Sequence of Acinetobacter baumannii ATCC 19606(T), a Model Strain of Pathogenic Bacteria Causing Nosocomial Infection. 査読

    Tsubouchi T, Suzuki M, Niki M, Oinuma KI, Niki M, Kakeya H, Kaneko Y

    Microbiology resource announcements   9 ( 20 )   2020年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/MRA.00289-20

    PubMed

  • 特集 呼吸器感染症診療の最前線-症例から学ぶエキスパートの視点 Ⅴ.真菌感染症 肺真菌症(肺アスペルギルス症,肺クリプトコックス症)の疫学,病態,診断,治療

    掛屋 弘

    呼吸器ジャーナル   68 ( 2 )   270 - 278   2020年05月( ISSN:24323268

     詳細を見る

  • Complete Genome Sequence of Acinetobacter baumannii ATCC 19606(T), a Model Strain of Pathogenic Bacteria Causing Nosocomial Infection 査読

    Tsubouchi Taishi, Suzuki Masato, Niki Makoto, Oinuma Ken-Ichi, Niki Mamiko, Kakeya Hiroshi, Kaneko Yukihiro

    MICROBIOLOGY RESOURCE ANNOUNCEMENTS   9 ( 20 )   2020年05月( ISSN:2576-098X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MRA.00289-20

    PubMed

  • Detection of Rhizopus-specific antigen in human and murine serum and bronchoalveolar lavage. 査読

    Shibata W, Niki M, Sato K, Fujimoto H, Yamada K, Watanabe T, Miyazaki Y, Asai K, Obata Y, Tachibana T, Kawaguchi T, Kaneko Y, Kakeya H

    Medical mycology   2020年02月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mmy/myaa001

    PubMed

  • Selection of Oral Antifungals for Initial Maintenance Therapy in Chronic Pulmonary Aspergillosis: A Longitudinal Analysis. 査読

    Tashiro M, Takazono T, Saijo T, Yamamoto K, Imamura Y, Miyazaki T, Kakeya H, Ando T, Ogawa K, Kishi K, Tokimatsu I, Hayashi Y, Fujiuchi S, Yanagihara K, Miyazaki Y, Ichihara K, Mukae H, Kohno S, Izumikawa K

    Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America   70 ( 5 )   835 - 842   2020年02月( ISSN:1058-4838

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/cid/ciz287

    PubMed

  • 肺真菌症の臨床

    掛屋 弘

    日本内科学会雑誌   109 ( 2 )   293 - 300   2020年02月( ISSN:00215384

     詳細を見る

    <p>侵襲性肺アスペルギルス症は,好中球減少を伴う血液疾患患者や高用量ステロイド投与患者に発症することが多いが,近年は,慢性閉塞性肺疾患に合併する例も注目され,それぞれのガイドラインが提唱されている.また,我が国では,肺非結核性抗酸菌症患者が増加しており,慢性肺アスペルギルス症の合併にも注意する必要がある.両者が合併する場合には治療薬選択が難しく,予後も非常に不良である.肺クリプトコックス症の画像所見は,免疫状態に応じて多彩な陰影を呈し,さまざまな呼吸器疾患の鑑別疾患として考慮する.</p>

    DOI: 10.2169/naika.109.293

    CiNii Article

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に起因する肺炎に対し日本でみられた日常診療と予後因子 多施設共同前向き観察コホート研究(Daily practice and prognostic factors for pneumonia caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan: A multicenter prospective observational cohort study) 査読

    Miyazaki Taiga, Yanagihara Katsunori, Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Mukae Hiroshi, Shindo Yuichiro, Yamamoto Yoshihiro, Tateda Kazuhiro, Tomono Kazunori, Ishida Tadashi, Hasegawa Yoshinori, Niki Yoshihito, Watanabe Akira, Soma Kazui, Kohno Shigeru

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   26 ( 2 )   242 - 251   2020年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    日本の日常診療におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)肺炎の臨床成績を調査し、臨床的失敗に関する危険因子とMRSA肺炎患者の死亡率を決定する前向き観察研究を日本の48施設で共同施行した。MRSA肺炎の成人患者199名(男性160名、年齢四分位範囲69〜83歳)が適格とされたが、その肺炎の内訳は、医療・介護関連肺炎が95名、院内肺炎が76名、市中肺炎が25名、などであった。初期治療に用いられた抗MRSA薬の種類別では、バンコマイシン(VCM)が135名、リネゾリドが36名、テイコプラニンが22名であった。治癒判定時点での全臨床的失敗率は51.1%、30日死亡率は33.7%であった。VCM治療集団を対象に多変量ロジスティック回帰分析を行った。その結果、臨床的失敗の危険因子として白血球数異常(オッズ比4.34,95%CI 1.31〜14.39)が示された。また死亡に関する危険因子としては治療薬物モニタリング(TDM)が為されていないこと(オッズ比3.10,95%CI 1.35〜7.12)とC反応性蛋白質レベルの異常高値(3.54、1.26〜9.92)が明らかになった。

  • Daily practice and prognostic factors for pneumonia caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan: A multicenter prospective observational cohort study. 査読

    Miyazaki T, Yanagihara K, Kakeya H, Izumikawa K, Mukae H, Shindo Y, Yamamoto Y, Tateda K, Tomono K, Ishida T, Hasegawa Y, Niki Y, Watanabe A, Soma K, Kohno S

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   26 ( 2 )   242 - 251   2020年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.08.018

    PubMed

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌に起因する肺炎に対し日本でみられた日常診療と予後因子 多施設共同前向き観察コホート研究(Daily practice and prognostic factors for pneumonia caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan: A multicenter prospective observational cohort study)

    Miyazaki Taiga, Yanagihara Katsunori, Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Mukae Hiroshi, Shindo Yuichiro, Yamamoto Yoshihiro, Tateda Kazuhiro, Tomono Kazunori, Ishida Tadashi, Hasegawa Yoshinori, Niki Yoshihito, Watanabe Akira, Soma Kazui, Kohno Shigeru

    Journal of Infection and Chemotherapy   26 ( 2 )   242 - 251   2020年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    日本の日常診療におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)肺炎の臨床成績を調査し、臨床的失敗に関する危険因子とMRSA肺炎患者の死亡率を決定する前向き観察研究を日本の48施設で共同施行した。MRSA肺炎の成人患者199名(男性160名、年齢四分位範囲69~83歳)が適格とされたが、その肺炎の内訳は、医療・介護関連肺炎が95名、院内肺炎が76名、市中肺炎が25名、などであった。初期治療に用いられた抗MRSA薬の種類別では、バンコマイシン(VCM)が135名、リネゾリドが36名、テイコプラニンが22名であった。治癒判定時点での全臨床的失敗率は51.1%、30日死亡率は33.7%であった。VCM治療集団を対象に多変量ロジスティック回帰分析を行った。その結果、臨床的失敗の危険因子として白血球数異常(オッズ比4.34,95%CI 1.31~14.39)が示された。また死亡に関する危険因子としては治療薬物モニタリング(TDM)が為されていないこと(オッズ比3.10,95%CI 1.35~7.12)とC反応性蛋白質レベルの異常高値(3.54、1.26~9.92)が明らかになった。

  • Clinical characteristics of rapidly progressive fatal hemorrhagic pneumonia caused by stenotrophomonas maltophilia

    Imoto W.

    Internal Medicine   59 ( 2 )   193 - 198   2020年01月( ISSN:09182918

     詳細を見る

  • Clinical characteristics of rapidly progressive fatal hemorrhagic pneumonia caused by Stenotrophomonas maltophilia

    59 ( 2 )   193 - 198   2020年01月( ISSN:09182918

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia(和訳中) 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yukawa Satomi, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Nakamae Hirohisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   59 ( 2 )   193 - 198   2020年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of four neuraminidase inhibitors on influenza in Osaka, Japan: An eight-year survey(和訳中) 査読

    Tochino Yoshihiro, Yoshii Naoko, Fujioka Masashi, Hamazaki Takashi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine   21 ( 1 )   18 - 23   2020年01月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia(和訳中) 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yukawa Satomi, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Nakamae Hirohisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   59 ( 2 )   193 - 198   2020年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of four neuraminidase inhibitors on influenza in Osaka, Japan: An eight-year survey(和訳中) 査読

    Tochino Yoshihiro, Yoshii Naoko, Fujioka Masashi, Hamazaki Takashi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine   21 ( 1 )   18 - 23   2020年01月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of four neuraminidase inhibitors on influenza in Osaka, Japan: An eight-year survey 査読

    Tochino Yoshihiro, Yoshii Naoko, Fujioka Masashi, Hamazaki Takashi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    JOURNAL OF GENERAL AND FAMILY MEDICINE   21 ( 1 )   18 - 23   2020年01月( ISSN:2189-7948

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgf2.286

    PubMed

  • Effect of four neuraminidase inhibitors on influenza in Osaka, Japan: An eight-year survey(和訳中) 査読

    Tochino Yoshihiro, Yoshii Naoko, Fujioka Masashi, Hamazaki Takashi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine   21 ( 1 )   18 - 23   2020年01月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大阪におけるインフルエンザに対する4種類のノイラミニダーゼ阻害剤の効果 8年間の調査(Effect of four neuraminidase inhibitors on influenza in Osaka, Japan: An eight-year survey)

    Tochino Yoshihiro, Yoshii Naoko, Fujioka Masashi, Hamazaki Takashi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    Journal of General and Family Medicine   21 ( 1 )   18 - 23   2020年01月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    ノイラミニダーゼ阻害剤(NAI)であるラニナミビル、ペラミビル、オセルタミビル、ザナミビルの処方傾向を8年にわたって調べ、インフルエンザに関連する臨床データを評価した。インフルエンザと診断された患者に対しアンケート調査を依頼し、人口統計学的特徴、発熱などの症状、処方薬、インフルエンザの種類に関するデータを収集した。その結果、ラニナミビルは10歳以上の患者に最も処方され、オセルタミビルは10歳未満の患者に最も処方されていた。4種類のNAIはいずれもインフルエンザに対して同様の効果を示した。A型インフルエンザの患者はB型インフルエンザの患者よりも早く熱が下がった。高齢患者は発熱時の体温が低い傾向があった。ほとんどの季節で同様の結果となった。

  • Stenotrophomonas maltophiliaにより引き起こされた急速進行性致死性出血性肺炎の臨床的特徴(Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia)

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yukawa Satomi, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Nakamae Hirohisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   59 ( 2 )   193 - 198   2020年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    Stenotrophomonas maltophilia(SM)菌血症で入院した35例の医療データを用いて、SMによる出血性肺炎の予測因子を後向きに評価した。4例(男性3例、女性1例、中央値56.2歳)で出血性肺炎を認め、31例(男性19例、女性12例、中央値59.5歳)は出血性肺炎を認めなかった。出血性肺炎を認めた患者は認めなかった患者に比べて悪性血液疾患の割合が有意に高く(100 vs 38.7%)、血小板減少症の割合が有意に高く(100 vs 38.7%)、30日以内のキノロン系薬使用率が有意に高かった(75 vs 19.4%)。入院中の死亡率は、出血性肺炎を認めた患者100%、認めなかった患者32.3%であった(p=0.02)。悪性血液疾患、血小板減少症、30日以内のキノロン系薬使用歴のあるSM菌血症患者では慎重に治療を行う必要があることが示された。

  • Role of pharmacists in managing drug-resistant bacteria based on the trends in drug usage

    Nakamura Y.

    Japanese Journal of Chemotherapy   68 ( 1 )   125 - 131   2020年01月( ISSN:13407007

  • Effect of four neuraminidase inhibitors on influenza in Osaka, Japan: An eight-year survey. 査読

    Tochino Y, Yoshii N, Fujioka M, Hamazaki T, Kawaguchi T, Kakeya H, Shuto T

    Journal of general and family medicine   21 ( 1 )   18 - 23   2020年01月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1002/jgf2.286

    PubMed

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yukawa Satomi, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Nakamae Hirohisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   59 ( 2 )   193 - 198   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Hemorrhagic pneumonia due to <i>Stenotrophomonas maltophilia</i> (SM) in severely immunocompromised patients has a very poor prognosis. However, the risk factors for hemorrhagic pneumonia are not clear. </p><p><b>Methods </b>This study assessed the predictive factors of hemorrhagic pneumonia caused by SM. The medical records of patients admitted to Osaka City University Hospital with SM bacteremia between January 2008 and December 2017 were retrospectively reviewed. </p><p><b>Patients </b>All patients who had positive blood cultures for SM were included in this study. They were categorized into two groups: the SM bacteremia with hemorrhagic pneumonia group and the SM bacteremia without hemorrhagic pneumonia group. The clinical background characteristics and treatments were compared between these groups. </p><p><b>Results </b>The 35 patients with SM bacteremia included 4 with hemorrhagic pneumonia and 31 without hemorrhagic pneumonia. Hematologic malignancy (p=0.03) and thrombocytopenia (p=0.04) as well as the prior use of quinolone within 30 days (p=0.04) were more frequent in the SM bacteremia patients with hemorrhagic pneumonia than in those without hemorrhagic pneumonia. The mortality of the SM bacteremia patients with hemorrhagic pneumonia was higher than that of those without hemorrhagic pneumonia group (p=0.02). </p><p><b>Conclusion </b>Patients with SM bacteremia who have hematologic malignancy, thrombocytopenia, and a history of using quinolone within the past 30 days should be treated with deliberation. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3358-19

    PubMed

    CiNii Article

  • 肺真菌症の臨床 査読

    掛屋 弘

    一般社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌   109 ( 2 )   293 - 300   2020年( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <p>侵襲性肺アスペルギルス症は,好中球減少を伴う血液疾患患者や高用量ステロイド投与患者に発症することが多いが,近年は,慢性閉塞性肺疾患に合併する例も注目され,それぞれのガイドラインが提唱されている.また,我が国では,肺非結核性抗酸菌症患者が増加しており,慢性肺アスペルギルス症の合併にも注意する必要がある.両者が合併する場合には治療薬選択が難しく,予後も非常に不良である.肺クリプトコックス症の画像所見は,免疫状態に応じて多彩な陰影を呈し,さまざまな呼吸器疾患の鑑別疾患として考慮する.</p>

    DOI: 10.2169/naika.109.293

    CiNii Article

  • ヒドロキシクロロキン,アジスロマイシン,ファビピラビルによる治療中に心室細動を起こした COVID-19 肺炎の1 例 査読

    大島 一浩, 溝端 康光, 掛屋 弘, 桑原 学, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 山田 康一, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎

    一般社団法人 日本感染症学会 感染症学雑誌   94 ( 4 )   600 - 603   2020年( ISSN:0387-5911

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>A 38-year-old man diagnosed as having COVID-19 pneumonia was transferred to our hospital from another hospital. The patient had received favipiravir at the previous hospital, and as he still had severe respiratory dysfunction, we added hydroxychloroquine and azithromycin to the treatment regimen for COVID-19 pneumonia at our hospital. The respiratory status improved gradually with the treatment and the patient began to be weaned from mechanical ventilation. However, on the 5<sup>th </sup>hospital day, the patient developed ventricular fibrillation (Vf) and cardiac arrest, with return of spontaneous circulation (ROSC) 2 minutes after the start of cardiopulmonary resuscitation. An electrocardiogram recorded after the ROSC showed not QT interval prolongation, but first-degree atrioventricular block. Nevertheless, because both hydroxychloroquine and azithromycin could cause QT interval prolongation, both were discontinued and the Vf did not recur. The patient was transferred to another hospital after extubation and had no neurological deficit. Herein, we report a patient with COVID-19 pneumonia who developed Vf while being treated with hydroxychloroquine,azithromycin and favipiravir.</p>

    DOI: 10.11150/kansenshogakuzasshi.94.600

    CiNii Article

  • UR9 ワンヘルスアプローチで捉えるメディカル・マイコロジー 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   61 ( 0 )   2020年( ISSN:0916-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11534/jsmm.61.Suppl1.0_62

    CiNii Article

  • The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice 査読

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Sakazaki Hiromi, Maruyama Naomi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Shintaku Haruo, Kawaguchi Tomoya

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Baloxavir marboxil is a novel anti-influenza drug reported to have an early antiviral effect, although it also causes the appearance of variant viruses with a reduced susceptibility to baloxavir. In Japan, four neuraminidase inhibitors (NAIs) have been commonly used to treat patients with influenza. In clinical practice, the differences in the effects of baloxavir and NAIs have not been sufficiently examined. Our objective was to clarify the clinical differences in efficacy between baloxavir and NAIs. </p><p><b>Methods </b>A multicenter, observational study was conducted using postcard questionnaires during the 2018-19 influenza season. Patients who were prescribed anti-influenza drugs were provided postcard questionnaires asking about their background characteristics and their body temperatures. The factors associated with the early alleviation of the fever were analyzed, and the duration of the fever was compared between the baloxavir group and the NAI group. </p><p><b>Results </b>A total of 295 patients with influenza A, ranging in age from 0-91 years old, were enrolled in this study. A multivariate analysis showed that treatment with baloxavir and a duration from the onset to the start of treatment ≥2.5 days were factors contributing to the early alleviation of the fever from the start of treatment. The duration of the fever was significantly shorter in the baloxavir group than in the NAI group (p=0.002). </p><p><b>Conclusion </b>The present survey showed that baloxavir was significantly more effective than NAIs for treating patients with influenza A in clinical practice. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4117-19

    PubMed

    CiNii Article

  • ICD1 糸状菌感染症の臨床と感染制御 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   61 ( 0 )   2020年( ISSN:0916-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11534/jsmm.61.Suppl1.0_63_1

    CiNii Article

  • Executive Summary of JSMM Clinical Practice Guidelines for Diagnosis and Treatment of Cryptococcosis 2019. 査読

    Izumikawa K, Kakeya H, Sakai F, Shibuya K, Sugita T, Takazono T, Takata T, Tashiro M, Teruya K, Nakamura S, Noguchi H, Hiruma M, Makimura K, Miyazaki T, Miyazaki Y, Yamagishi Y, Yoshida K, Watanabe A

    日本医真菌学会 Medical mycology journal   61 ( 4 )   61 - 89   2020年( ISSN:2185-6486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3314/mmj.20.001

    PubMed

    CiNii Article

  • Executive Summary of JSMM Clinical Practice Guidelines for Diagnosis and Treatment of Cryptococcosis 2019 査読

    Izumikawa Koichi, Kakeya Hiroshi, Sakai Fumikazu, Shibuya Kazutoshi, Sugita Takashi, Takazono Takahiro, Takata Tohru, Tashiro Masato, Teruya Katsuji, Nakamura Shigeki, Noguchi Hiromitsu, Hiruma Masataro, Makimura Koichi, Miyazaki Taiga, Miyazaki Yoshitsugu, Yamagishi Yuka, Yoshida Koichiro, Watanabe Akira

    MEDICAL MYCOLOGY JOURNAL   61 ( 4 )   61 - 89   2020年( ISSN:2185-6486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ES3 肺糸状菌感染症マネジメントの新機軸 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   61 ( 0 )   2020年( ISSN:0916-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11534/jsmm.61.Suppl1.0_75

    CiNii Article

  • AST活動による外科感染症診療の変化 査読

    山田 康一, 桑原 学, 掛屋 弘

    一般社団法人 日本外科感染症学会 日本外科感染症学会雑誌   17 ( 4 )   172 - 177   2020年( ISSN:1349-5755

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>当院ではASPとして「早期モニタリングとフィードバック」と「条件付き届出制」を採用している。今回外科感染症診療への有効性を菌血症全体と外科感染症の原因菌として頻度が高いBacteroidesを対象に評価を行った。その結果血液培養2セット率は上昇し,菌血症の院内死亡率は有意に改善した(34.9%→23.1%:P=0.04)。Bacteroides菌血症においてはAST活動により,経験的治療におけるカルバペネム系薬の使用頻度の減少,TAZ/PIPCの増加がみられた。また,標的治療におけるde─escalation率が上昇した(9.7%→34.8%:P=0.04)。感受性には明らかな変化はみられなかった。菌血症の予後は改善傾向であった。以上より当院でのAST活動は外科感染症診療において有効であることが示された。</p>

    DOI: 10.24679/gekakansen.17.4_172

    CiNii Article

  • <sup> </sup>週 3 回透析患者に対する抗 MRSA 薬ダプトマイシン投与のシミュレーション ―週 3 回透析後投与において週末に 1.5 倍量投与は妥当か?― 査読

    安部 順子, 山田 康一, 吉井 直子, 柴多 渉, 大島 一浩, 掛屋 弘

    一般社団法人 日本臨床薬理学会 臨床薬理   51 ( 6 )   325 - 330   2020年( ISSN:0388-1601

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>40 歳代の女性.慢性腎臓病(CKD)にて維持血液透析を週 3 回施行中で,内シャント閉塞のため人工血管植え込みあり.今回,同部位の人工血管感染からのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)菌血症,化膿性椎間板炎および両側腸腰筋膿瘍の診断にて入院となり,ダプトマイシン(DAP)1 回 6 mg/kg を週 3 回透析後に開始したが,週末は「サンフォード感染症治療ガイド」に基づき 1.5 倍に増量投与した.約 7 週間後,炎症反応は正常化し,画像所見上膿瘍も消失.DAP の週明けのトラフ濃度(C<sub>min</sub>)は 24.3 μg/mL 以下で,クレアチンキナーゼ(CK)値はほぼ正常範囲内で推移し,その他の副作用もなかった.本症例について,DAP の血中濃度 7 点からのシミュレーションにより,週 3 回の血液透析患者に対する週末の投与方法について薬物動態学的に検討した結果,有効性,安全性,耐性菌誘導の抑制の観点から,週末は 1.5 倍量 1 回の投与方法が最適であることが予測できた.</p>

    DOI: 10.3999/jscpt.51.325

    CiNii Article

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yukawa Satomi, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Nakamae Hirohisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   59 ( 2 )   193 - 198   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <p><b>Objective </b>Hemorrhagic pneumonia due to <i>Stenotrophomonas maltophilia</i> (SM) in severely immunocompromised patients has a very poor prognosis. However, the risk factors for hemorrhagic pneumonia are not clear. </p><p><b>Methods </b>This study assessed the predictive factors of hemorrhagic pneumonia caused by SM. The medical records of patients admitted to Osaka City University Hospital with SM bacteremia between January 2008 and December 2017 were retrospectively reviewed. </p><p><b>Patients </b>All patients who had positive blood cultures for SM were included in this study. They were categorized into two groups: the SM bacteremia with hemorrhagic pneumonia group and the SM bacteremia without hemorrhagic pneumonia group. The clinical background characteristics and treatments were compared between these groups. </p><p><b>Results </b>The 35 patients with SM bacteremia included 4 with hemorrhagic pneumonia and 31 without hemorrhagic pneumonia. Hematologic malignancy (p=0.03) and thrombocytopenia (p=0.04) as well as the prior use of quinolone within 30 days (p=0.04) were more frequent in the SM bacteremia patients with hemorrhagic pneumonia than in those without hemorrhagic pneumonia. The mortality of the SM bacteremia patients with hemorrhagic pneumonia was higher than that of those without hemorrhagic pneumonia group (p=0.02). </p><p><b>Conclusion </b>Patients with SM bacteremia who have hematologic malignancy, thrombocytopenia, and a history of using quinolone within the past 30 days should be treated with deliberation. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3358-19

    PubMed

  • UR9 ワンヘルスアプローチで捉えるメディカル・マイコロジー

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   61.Suppl1 ( 0 )   62   2020年( ISSN:09164804

  • The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice.

    Yoshii N, Tochino Y, Fujioka M, Sakazaki H, Maruyama N, Asai K, Kakeya H, Shintaku H, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年( ISSN:0918-2918

  • The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice. 査読

    Naoko Yoshii, Yoshihiro Tochino, Masashi Fujioka, Hiromi Sakazaki, Naomi Maruyama, Kazuhisa Asai, Hiroshi Kakeya, Haruo Shintaku, Tomoya Kawaguchi

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    Objective Baloxavir marboxil is a novel anti-influenza drug reported to have an early antiviral effect, although it also causes the appearance of variant viruses with a reduced susceptibility to baloxavir. In Japan, four neuraminidase inhibitors (NAIs) have been commonly used to treat patients with influenza. In clinical practice, the differences in the effects of baloxavir and NAIs have not been sufficiently examined. Our objective was to clarify the clinical differences in efficacy between baloxavir and NAIs. Methods A multicenter, observational study was conducted using postcard questionnaires during the 2018-19 influenza season. Patients who were prescribed anti-influenza drugs were provided postcard questionnaires asking about their background characteristics and their body temperatures. The factors associated with the early alleviation of the fever were analyzed, and the duration of the fever was compared between the baloxavir group and the NAI group. Results A total of 295 patients with influenza A, ranging in age from 0-91 years old, were enrolled in this study. A multivariate analysis showed that treatment with baloxavir and a duration from the onset to the start of treatment ≥2.5 days were factors contributing to the early alleviation of the fever from the start of treatment. The duration of the fever was significantly shorter in the baloxavir group than in the NAI group (p=0.002). Conclusion The present survey showed that baloxavir was significantly more effective than NAIs for treating patients with influenza A in clinical practice.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4117-19

    PubMed

  • The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice 査読

    Naoko Yoshii, Yoshihiro Tochino, Masashi Fujioka, Hiromi Sakazaki, Naomi Maruyama, Kazuhisa Asai, Hiroshi Kakeya, Haruo Shintaku, Tomoya Kawaguchi

    INTERNAL MEDICINE   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective Baloxavir marboxil is a novel anti-influenza drug reported to have an early antiviral effect, although it also causes the appearance of variant viruses with a reduced susceptibility to baloxavir. In Japan, four neuraminidase inhibitors (NAIs) have been commonly used to treat patients with influenza. In clinical practice, the differences in the effects of baloxavir and NAIs have not been sufficiently examined. Our objective was to clarify the clinical differences in efficacy between baloxavir and NAIs.Methods A multicenter, observational study was conducted using postcard questionnaires during the 2018-19 influenza season. Patients who were prescribed anti-influenza drugs were provided postcard questionnaires asking about their background characteristics and their body temperatures. The factors associated with the early alleviation of the fever were analyzed, and the duration of the fever was compared between the baloxavir group and the NAI group.Results A total of 295 patients with influenza A, ranging in age from 0-91 years old, were enrolled in this study. A multivariate analysis showed that treatment with baloxavir and a duration from the onset to the start of treatment >= 2.5 days were factors contributing to the early alleviation of the fever from the start of treatment. The duration of the fever was significantly shorter in the baloxavir group than in the NAI group (p=0.002).Conclusion The present survey showed that baloxavir was significantly more effective than NAIs for treating patients with influenza A in clinical practice.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4117-19

  • Successful treatment of staphylococcus schleiferi infection after aortic arch repair: In situ aortic arch replacement and domino reconstruction of the debranching graft using autologous iliac artery

    Murakami T.

    Acta Medica Okayama   74 ( 3 )   251 - 255   2020年( ISSN:0386300X

  • ICD1 糸状菌感染症の臨床と感染制御

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   61.Suppl1 ( 0 )   63   2020年( ISSN:09164804

  • Executive Summary of JSMM Clinical Practice Guidelines for Diagnosis and Treatment of Cryptococcosis 2019.

    Izumikawa K, Kakeya H, Sakai F, Shibuya K, Sugita T, Takazono T, Takata T, Tashiro M, Teruya K, Nakamura S, Noguchi H, Hiruma M, Makimura K, Miyazaki T, Miyazaki Y, Yamagishi Y, Yoshida K, Watanabe A

    Medical mycology journal   61 ( 4 )   61 - 89   2020年( ISSN:21856486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.3314/mmj.20.001

    PubMed

    CiNii Article

  • ES3 肺糸状菌感染症マネジメントの新機軸

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   61.Suppl1 ( 0 )   75   2020年( ISSN:09164804

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia.

    Imoto W, Yamada K, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Yukawa S, Yoshii N, Nakaie K, Hirose A, Koh H, Watanabe T, Asai K, Nakamae H, Kaneko Y, Kawaguchi T, Hino M, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 2 )   193 - 198   2020年( ISSN:0918-2918

  • 臓器・造血幹細胞移植後感染症の診断と感染対策

    掛屋 弘

    移植   55 ( Supplement )   244_1 - 244_1   2020年( ISSN:05787947

     詳細を見る

    <p>医療の発展に伴い臓器・造血幹細胞移植患者数も増加しているが、術後感染症のマネジメントや感染対策が重要である。造血幹細胞移植患者では、移植前から著明な免疫不全を伴うために感染症を伴うこともあるが、臓器移植においては術前に免疫不全を有することは比較的限られる。一方、臓器移植後には様々な感染症を発症するが、移植後の時期や移植臓器により原因菌に特徴がある。移植初期(移植後4週以内)には、患者の基礎疾患や手術の合併症としての感染症を発症し、細菌や真菌がその主な原因病原体となる。ときに医療関連感染としての耐性菌も関与する。移植中期(移植後1〜6ヶ月)には免疫抑制薬による細胞性免疫不全に伴う日和見感染症が問題となる。ヘルペスウイルスやサイトメガロウイルス、ニューモシスチス肺炎等の予防も重要である。移植後期(6ヶ月以後)では状態が安定し、免疫抑制薬も減量され、予防薬が中止される。一方、レシピエントの多くは院外で生活するために市中感染症の感染対策が必要となる。また、移植臓器特異的な感染症としては、肺移植ではアスペルギルス、肝移植では腸内細菌やカンジダ、腎移植ではサイトメガロウイルス、BKウイルス等による感染症が知られている。講演では臓器移植および造血幹細胞移植に伴う感染症の診断および感染対策について概説する。</p>

    DOI: 10.11386/jst.55.supplement_244_1

    CiNii Article

  • Clinical and virulence factors related to the 30-day mortality of Klebsiella pneumoniae bacteremia at a tertiary hospital: a case-control study 査読

    Namikawa Hiroki, Niki Makoto, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Nakaie Kiyotaka, Sakiyama Arata, Oinuma Ken-Ichi, Tsubouchi Taishi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY & INFECTIOUS DISEASES   38 ( 12 )   2291 - 2297   2019年12月( ISSN:0934-9723

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10096-019-03676-y

    PubMed

  • 高粘稠性Klebsiella pneumoniaeに対するリファンピシンの有用性 査読

    並川 浩己, 老沼 研一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    (公財)日本感染症医薬品協会 The Japanese Journal of Antibiotics   72 ( 4 )   301 - 306   2019年12月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、日本を含めた東・東南アジアを中心として、高粘稠性のKlebsiella pneumoniae(hvKP)が臨床上問題となっている。本菌の高病原性には、莢膜多糖合成遺伝子であるregulator of mucoid phenotype A(rmpA)等の働きによる莢膜多糖の過剰産生が関与している。今までhvKPの高病原性のメカニズムに関する研究は数多くされてきているが、抗病原性療法に焦点をあてた研究はない。我々は、hvKPの高粘稠性を抑制することができる薬剤を既存の抗菌薬の中から探索した。結果、リファンピシン(RFP)に強い粘稠性抑制作用があることを発見した。またRFPは莢膜の厚さを減少させ、さらにrmpAを中心とした莢膜関連遺伝子の転写を抑制することが判明した。以上のことから、リファンピシンが本菌による難治性感染症に対する治療薬として役立つ可能性があることが示唆された。(著者抄録)

  • The intervention by an antimicrobial stewardship team can improve clinical and microbiological outcomes of resistant gram-negative bacteria(和訳中) 査読

    Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yoshii Naoko, Fujimoto Hiroki, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kawaguchi Hiroshi, Shinoda Yoshikatsu, Nakamura Yasutaka, Kaneko Yukihiro, Yoshida Hisako, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 11-12 )   1001 - 1006   2019年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高粘稠性Klebsiella pneumoniaeに対するリファンピシンの有用性 査読

    並川 浩己, 老沼 研一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    (公財)日本感染症医薬品協会 The Japanese Journal of Antibiotics   72 ( 4 )   301 - 306   2019年12月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、日本を含めた東・東南アジアを中心として、高粘稠性のKlebsiella pneumoniae(hvKP)が臨床上問題となっている。本菌の高病原性には、莢膜多糖合成遺伝子であるregulator of mucoid phenotype A(rmpA)等の働きによる莢膜多糖の過剰産生が関与している。今までhvKPの高病原性のメカニズムに関する研究は数多くされてきているが、抗病原性療法に焦点をあてた研究はない。我々は、hvKPの高粘稠性を抑制することができる薬剤を既存の抗菌薬の中から探索した。結果、リファンピシン(RFP)に強い粘稠性抑制作用があることを発見した。またRFPは莢膜の厚さを減少させ、さらにrmpAを中心とした莢膜関連遺伝子の転写を抑制することが判明した。以上のことから、リファンピシンが本菌による難治性感染症に対する治療薬として役立つ可能性があることが示唆された。(著者抄録)

  • The intervention by an antimicrobial stewardship team can improve clinical and microbiological outcomes of resistant gram-negative bacteria(和訳中) 査読

    Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yoshii Naoko, Fujimoto Hiroki, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kawaguchi Hiroshi, Shinoda Yoshikatsu, Nakamura Yasutaka, Kaneko Yukihiro, Yoshida Hisako, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 11-12 )   1001 - 1006   2019年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The intervention by an antimicrobial stewardship team can improve clinical and microbiological outcomes of resistant gram-negative bacteria 査読

    Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yoshii Naoko, Fujimoto Hiroki, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kawaguchi Hiroshi, Shinoda Yoshikatsu, Nakamura Yasutaka, Kaneko Yukihiro, Yoshida Hisako, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   25 ( 12 )   1001 - 1006   2019年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.05.026

    PubMed

  • Clinical and virulence factors related to the 30-day mortality of Klebsiella pneumoniae bacteremia at a tertiary hospital: a case-control study. 査読

    Namikawa H, Niki M, Niki M, Yamada K, Nakaie K, Sakiyama A, Oinuma KI, Tsubouchi T, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H

    European journal of clinical microbiology & infectious diseases : official publication of the European Society of Clinical Microbiology   38 ( 12 )   2291 - 2297   2019年12月( ISSN:0934-9723

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10096-019-03676-y

    PubMed

  • The intervention by an antimicrobial stewardship team can improve clinical and microbiological outcomes of resistant gram-negative bacteria.

    Yamada K, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Yoshii N, Fujimoto H, Nakaie K, Okada Y, Fujita A, Kawaguchi H, Shinoda Y, Nakamura Y, Kaneko Y, Yoshida H, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 12 )   1001 - 1006   2019年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • The intervention by an antimicrobial stewardship team can improve clinical and microbiological outcomes of resistant gram-negative bacteria 査読

    Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yoshii Naoko, Fujimoto Hiroki, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kawaguchi Hiroshi, Shinoda Yoshikatsu, Nakamura Yasutaka, Kaneko Yukihiro, Yoshida Hisako, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   25 ( 12 )   1001 - 1006   2019年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.05.026

    PubMed

  • The intervention by an antimicrobial stewardship team can improve clinical and microbiological outcomes of resistant gram-negative bacteria

    Yamada K.

    Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 12 )   1001 - 1006   2019年12月( ISSN:1341321X

     詳細を見る

  • 抗菌薬適正使用支援チームによる介入は薬剤耐性グラム陰性細菌感染の臨床転帰および微生物学的転帰を改善する(The intervention by an antimicrobial stewardship team can improve clinical and microbiological outcomes of resistant gram-negative bacteria)

    Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yoshii Naoko, Fujimoto Hiroki, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kawaguchi Hiroshi, Shinoda Yoshikatsu, Nakamura Yasutaka, Kaneko Yukihiro, Yoshida Hisako, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 11-12 )   1001 - 1006   2019年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    広域スペクトラム抗菌薬を長期間(7日以上)使用した血流感染(BSI)患者1187名(男725名、女462名)を対象に、抗菌薬適正使用支援チームによる介入が菌血症のアウトカムや抗菌薬感受性、抗菌薬の使用について後ろ向きに検討した。抗菌薬適正使用支援プログラム(ASP)導入前(2011~2013年、492名)と導入後(2014~2016年、695名)に分けて検討した。ASP導入前と後で30日死亡率に有意差はなかったが、ASP導入後の院内死亡率(18.0%、125/695)は導入前(24.8%、122/492)より低下した。ASP導入後の薬剤耐性グラム陰性菌血症の30日死亡率(10.5%、13/124)および院内死亡率(16.1%、20/124)は、導入前(それぞれ20.4%、19/93および28.0%、26/93)より低下した。広域スペクトラム抗菌薬のdays of therapyはタゾバクタム・ピペラシリンを除き減少した。種々の抗菌薬に対する感受性がASP導入後に改善された。

  • 高粘稠性Klebsiella pneumoniaeに対するリファンピシンの有用性 査読

    並川 浩己, 老沼 研一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    (公財)日本感染症医薬品協会 The Japanese Journal of Antibiotics   72 ( 4 )   301 - 306   2019年12月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    近年、日本を含めた東・東南アジアを中心として、高粘稠性のKlebsiella pneumoniae(hvKP)が臨床上問題となっている。本菌の高病原性には、莢膜多糖合成遺伝子であるregulator of mucoid phenotype A(rmpA)等の働きによる莢膜多糖の過剰産生が関与している。今までhvKPの高病原性のメカニズムに関する研究は数多くされてきているが、抗病原性療法に焦点をあてた研究はない。我々は、hvKPの高粘稠性を抑制することができる薬剤を既存の抗菌薬の中から探索した。結果、リファンピシン(RFP)に強い粘稠性抑制作用があることを発見した。またRFPは莢膜の厚さを減少させ、さらにrmpAを中心とした莢膜関連遺伝子の転写を抑制することが判明した。以上のことから、リファンピシンが本菌による難治性感染症に対する治療薬として役立つ可能性があることが示唆された。(著者抄録)

  • 高粘稠性Klebsiella pneumoniaeに対するリファンピシンの有用性

    並川 浩己, 老沼 研一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    The Japanese Journal of Antibiotics   72 ( 4 )   301 - 306   2019年12月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    近年、日本を含めた東・東南アジアを中心として、高粘稠性のKlebsiella pneumoniae(hvKP)が臨床上問題となっている。本菌の高病原性には、莢膜多糖合成遺伝子であるregulator of mucoid phenotype A(rmpA)等の働きによる莢膜多糖の過剰産生が関与している。今までhvKPの高病原性のメカニズムに関する研究は数多くされてきているが、抗病原性療法に焦点をあてた研究はない。我々は、hvKPの高粘稠性を抑制することができる薬剤を既存の抗菌薬の中から探索した。結果、リファンピシン(RFP)に強い粘稠性抑制作用があることを発見した。またRFPは莢膜の厚さを減少させ、さらにrmpAを中心とした莢膜関連遺伝子の転写を抑制することが判明した。以上のことから、リファンピシンが本菌による難治性感染症に対する治療薬として役立つ可能性があることが示唆された。(著者抄録)

  • III.ステロイド薬と感染症

    掛屋 弘

    日本内科学会雑誌   108 ( 11 )   2268 - 2274   2019年11月( ISSN:00215384

     詳細を見る

    <p>ステロイドは,感染免疫を担当する白血球の血行動態やその機能に影響する.特にCD4陽性T細胞を減少させ,細胞内寄生菌や真菌,ウイルスによる日和見感染症を発症させる.また,炎症部位や感染巣への好中球の遊走能や貪食能も低下させるため,細菌感染症の発症にも注意が必要である.そのリスクは,ステロイドの投与量が多いほど,投与期間が長いほど増加するが,リスクを定量的に評価することは難しい.そのため,投与開始後には,慎重に経過を観察し,適切な感染症予防や診断・治療を行うことが患者の予後を左右する.</p>

    DOI: 10.2169/naika.108.2268

    CiNii Article

  • 抗菌薬TDMガイドライン改訂版の発刊によるバンコマイシンの使用動向の変化とその効果に関する検討

    中村 安孝, 原林 六華, 櫻井 紀宏, 矢野 翼, 山田 康一, 永山 勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   45 ( 10 )   576 - 583   2019年10月( ISSN:1346342X

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for clinical microbiology in 2014: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility(和訳中) 査読

    Yanagihara Katsunori, Matsumoto Tetsuya, Aoki Nobuki, Sato Junko, Wakamura Tomotaro, Kiyota Hiroshi, Tateda Kazuhiro, Hanaki Hideaki, Ohsaki Yoshinobu, Fujiuchi Satoru, Takahashi Manabu, Akiba Yuji, Masunaga Shingo, Takeuchi Kenichi, Takeda Hiroaki, Miki Makoto, Kumagai Toshio, Takahashi Hiroshi, Utagawa Mutsuko, Nishiya Hajime, Kawakami Sayoko, Ishigaki Shinobu, Kobayasi Nobuyuki, Takasaki Jin, Mezaki Kazuhisa, Iwata Satoshi, Katouno Yasuhiro, Inose Rika, Niki Yoshihito, Kawana Akihiko, Fujikura Yuji, Kudo Makoto, Hirano Tomo, Yamamoto Masaki, Miyazawa Naoki, Tsukada Hiroki, Aso Sakura, Yamamoto Yoshihiro, Iinuma Yoshitsugu, Mikamo Hiroshige, Yamagishi Yuka, Nakamura Atsushi, Ohashi Minoru, Kawabata Atsushi, Sugaki Yoshiko, Seki Masafumi, Hamaguchi Shigeto, Toyokawa Masahiro, Kakeya Hiroshi, Fujikawa Yasunori, Mitsuno Noriko, Ukimura Akira, Miyara Takayuki, Hayasi Michio, Mikasa Keiichi, Kasahara Kei, Koizumi Akira, Korohasi Nobuyoshi, Matumoto Takashi, Yosimura Yutaka, Katanami Yuichi, Takesue Yoshio, Wada Yasunao, Sugimoto Keisuke, Yamamoto Tsuyoshi, Kuwabara Masao, Doi Masao, Simizu Satomi, Tokuyasu Hirokazu, Hino Satoshi, Negayama Kiyoshi, Mukae Hiroshi, Kawanami Toshinori, Yatera Kazuhiro, Fujita Masaki, Kadota Junichi, Hiramatsu Kazufumi, Aoki Yosuke, Magarifuchi Hiroki, Oho Megumi, Morinaga Yoshitomo, Suga Moritaka, Muranaka Hiroyuki, Fujita Jiro, Higa Futoshi, Tateyama Masao

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 9-10 )   657 - 668   2019年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 抗菌薬TDMガイドライン改訂版の発刊によるバンコマイシンの使用動向の変化とその効果に関する検討 査読

    中村 安孝, 原林 六華, 櫻井 紀宏, 矢野 翼, 山田 康一, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本医療薬学会 医療薬学   45 ( 10 )   576 - 583   2019年10月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 抗菌薬TDMガイドライン改訂版の発刊によるバンコマイシンの使用動向の変化とその効果に関する検討 査読

    中村 安孝, 原林 六華, 櫻井 紀宏, 矢野 翼, 山田 康一, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本医療薬学会 医療薬学   45 ( 10 )   576 - 583   2019年10月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 予防的抗生物質投与と特に関連した腹腔鏡下脾摘出術後の手術転帰(Operative outcomes after laparoscopic splenectomy with special reference to prophylactic antibiotics) 査読

    Matsuda Tsunemi, Kubo Shoji, Ueno Masaki, Takifuji Katsunari, Yamaue Hiroki, Takemura Shigekazu, Tanaka Shogo, Shinkawa Hiroji, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Asian Journal of Endoscopic Surgery   12 ( 4 )   380 - 387   2019年10月( ISSN:1758-5902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    待機的腹腔鏡下脾摘出術(LS)後の手術転帰を後ろ向きに検討した。2001〜2015年に脾機能亢進症や脾臓腫瘍等に対し当該手術を施行された患者123例(男性48例、女性75例、平均59.5±11.8歳)を対象に、手術手技標準化前(初期)と標準化後(後期)の手術転帰と手術部位感染(SSI)に対する予防的抗生物質(PA)投与の影響について検討した。術後合併症は、創傷感染、門脈幹血栓症、膵瘻、胸水が各1例、術後出血が2例、腸損傷による再手術が1例であった。術後合併症は初期と後期で差は見られなかったが、術中出血量は後期で有意に少なかった。また後期では開腹術への移行例もなかった。SSIは、手術開始1時間前と術中3時間ごとにPA投与を行った群と、それに加え術後24〜72時間に1日2回PA投与を行った群では差は見られなかった。LS後の成績は、術者の手技経験が増加すると共に改善した。また、術前1時間と術中3時間毎のPA投与はSSI予防に十分であることが示唆された。

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for clinical microbiology in 2014: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility(和訳中) 査読

    Yanagihara Katsunori, Matsumoto Tetsuya, Aoki Nobuki, Sato Junko, Wakamura Tomotaro, Kiyota Hiroshi, Tateda Kazuhiro, Hanaki Hideaki, Ohsaki Yoshinobu, Fujiuchi Satoru, Takahashi Manabu, Akiba Yuji, Masunaga Shingo, Takeuchi Kenichi, Takeda Hiroaki, Miki Makoto, Kumagai Toshio, Takahashi Hiroshi, Utagawa Mutsuko, Nishiya Hajime, Kawakami Sayoko, Ishigaki Shinobu, Kobayasi Nobuyuki, Takasaki Jin, Mezaki Kazuhisa, Iwata Satoshi, Katouno Yasuhiro, Inose Rika, Niki Yoshihito, Kawana Akihiko, Fujikur

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 9-10 )   657 - 668   2019年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Operative outcomes after laparoscopic splenectomy with special reference to prophylactic antibiotics. 査読

    Matsuda T, Kubo S, Ueno M, Takifuji K, Yamaue H, Takemura S, Tanaka S, Shinkawa H, Yamada K, Kakeya H

    Asian journal of endoscopic surgery   12 ( 4 )   380 - 387   2019年10月( ISSN:1758-5902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1111/ases.12661

    PubMed

  • 予防的抗生物質投与と特に関連した腹腔鏡下脾摘出術後の手術転帰(Operative outcomes after laparoscopic splenectomy with special reference to prophylactic antibiotics)

    Matsuda Tsunemi, Kubo Shoji, Ueno Masaki, Takifuji Katsunari, Yamaue Hiroki, Takemura Shigekazu, Tanaka Shogo, Shinkawa Hiroji, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi

    Asian Journal of Endoscopic Surgery   12 ( 4 )   380 - 387   2019年10月( ISSN:1758-5902

     詳細を見る

    待機的腹腔鏡下脾摘出術(LS)後の手術転帰を後ろ向きに検討した。2001~2015年に脾機能亢進症や脾臓腫瘍等に対し当該手術を施行された患者123例(男性48例、女性75例、平均59.5±11.8歳)を対象に、手術手技標準化前(初期)と標準化後(後期)の手術転帰と手術部位感染(SSI)に対する予防的抗生物質(PA)投与の影響について検討した。術後合併症は、創傷感染、門脈幹血栓症、膵瘻、胸水が各1例、術後出血が2例、腸損傷による再手術が1例であった。術後合併症は初期と後期で差は見られなかったが、術中出血量は後期で有意に少なかった。また後期では開腹術への移行例もなかった。SSIは、手術開始1時間前と術中3時間ごとにPA投与を行った群と、それに加え術後24~72時間に1日2回PA投与を行った群では差は見られなかった。LS後の成績は、術者の手技経験が増加すると共に改善した。また、術前1時間と術中3時間毎のPA投与はSSI予防に十分であることが示唆された。

  • 抗菌薬TDMガイドライン改訂版の発刊によるバンコマイシンの使用動向の変化とその効果に関する検討

    中村 安孝, 原林 六華, 櫻井 紀宏, 矢野 翼, 山田 康一, 永山 勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   45 ( 10 )   576 - 583   2019年10月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    抗菌薬治療薬物血中濃度モニタリング(TDM)ガイドライン(GL)改訂版の発刊前後におけるバンコマイシン(VCM)投与の状況を把握するとともに、有効性と安全性について検討した。当院において2015年1月~2015年12月(GL改定前)、2017年1月~2017年12月(GL改定後)の期間においてVCMを3日間以上投与した症例を対象とした。患者数はGL改訂前が100例(男性68例、女性32例、平均63.3±15.2歳)、GL改訂後が162例(男性95例、女性67例、平均62.4±17.0歳)であった。eGFRが80~90mL/min/1.73m2では推奨投与量25mg/kg/日に対してGL改訂前は29.1mg/kg/日と多く、GL改訂後は23.7mg/kg/日と推奨投与量より少なかった。また、eGFRが60~80mL/min/1.73m2以下の層では、改訂版の推奨投与量よりもGL改訂前がすべて高い値を示していた。CRPはGL改訂前については投与前が10.1±8.2mg/dLから投与後が4.6±5.2mg/dL、GL改訂後では投与前が10.1±9.0mg/dLから投与後が4.2±4.8mg/dLへそれぞれ統計学的に有意に低下した。また、KDIGO診断基準に基づいて判定した結果、有意にGL改訂後のほうが急性腎障害の発生率が低かった。

  • 日本化学療法学会、日本感染症学会および日本臨床微生物学会のサーベイランス委員会が2014年に実施した細菌性呼吸器病原体の全国調査 病原菌の抗菌薬感受性に関する通覧(Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for clinical microbiology in 2014: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility)

    Yanagihara Katsunori, Matsumoto Tetsuya, Aoki Nobuki, Sato Junko, Wakamura Tomotaro, Kiyota Hiroshi, Tateda Kazuhiro, Hanaki Hideaki, Ohsaki Yoshinobu, Fujiuchi Satoru, Takahashi Manabu, Akiba Yuji, Masunaga Shingo, Takeuchi Kenichi, Takeda Hiroaki, Miki Makoto, Kumagai Toshio, Takahashi Hiroshi, Utagawa Mutsuko, Nishiya Hajime, Kawakami Sayoko, Ishigaki Shinobu, Kobayasi Nobuyuki, Takasaki Jin, Mezaki Kazuhisa, Iwata Satoshi, Katouno Yasuhiro, Inose Rika, Niki Yoshihito, Kawana Akihiko, Fujikura Yuji, Kudo Makoto, Hirano Tomo, Yamamoto Masaki, Miyazawa Naoki, Tsukada Hiroki, Aso Sakura, Yamamoto Yoshihiro, Iinuma Yoshitsugu, Mikamo Hiroshige, Yamagishi Yuka, Nakamura Atsushi, Ohashi Minoru, Kawabata Atsushi, Sugaki Yoshiko, Seki Masafumi, Hamaguchi Shigeto, Toyokawa Masahiro, Kakeya Hiroshi, Fujikawa Yasunori, Mitsuno Noriko, Ukimura Akira, Miyara Takayuki, Hayasi Michio, Mikasa Keiichi, Kasahara Kei, Koizumi Akira, Korohasi Nobuyoshi, Matumoto Takashi, Yosimura Yutaka, Katanami Yuichi, Takesue Yoshio, Wada Yasunao, Sugimoto Keisuke, Yamamoto Tsuyoshi, Kuwabara Masao, Doi Masao, Simizu Satomi, Tokuyasu Hirokazu, Hino Satoshi, Negayama Kiyoshi, Mukae Hiroshi, Kawanami Toshinori, Yatera Kazuhiro, Fujita Masaki, Kadota Junichi, Hiramatsu Kazufumi, Aoki Yosuke, Magarifuchi Hiroki, Oho Megumi, Morinaga Yoshitomo, Suga Moritaka, Muranaka Hiroyuki, Fujita Jiro, Higa Futoshi, Tateyama Masao

    Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 9-10 )   657 - 668   2019年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    2014年1月~2015年4月の間に、呼吸器感染症と診断された成人患者から収集した臨床分離菌1534株について、米国臨床検査標準委員会が推奨する手法を用いて、抗菌薬感受性試験を行った。その結果、1534株の内訳は、黄色ブドウ球菌(SA)335株、肺炎球菌(SP)264株、化膿連鎖球菌29株、インフルエンザ菌(HI)281株、Moraxella catarrhalis 164株、肺炎桿菌(KP)207株、緑膿菌(PA)254株であった。メチシリン耐性SAの割合は43.6%、ペニシリン感受性SPは100%で、HIの8.2%はβ-ラクタマーゼ産生アンピシリン耐性、49.1%はβ-ラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性であった。拡大スペクトルβ-ラクタマーゼ産生KPとメタロβ-ラクタマーゼによる多剤耐性PAはそれぞれ9.2%と0.4%であった。

  • 抗菌薬TDMガイドライン改訂版の発刊によるバンコマイシンの使用動向の変化とその効果に関する検討 査読

    中村 安孝, 原林 六華, 櫻井 紀宏, 矢野 翼, 山田 康一, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本医療薬学会 医療薬学   45 ( 10 )   576 - 583   2019年10月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    抗菌薬治療薬物血中濃度モニタリング(TDM)ガイドライン(GL)改訂版の発刊前後におけるバンコマイシン(VCM)投与の状況を把握するとともに、有効性と安全性について検討した。当院において2015年1月〜2015年12月(GL改定前)、2017年1月〜2017年12月(GL改定後)の期間においてVCMを3日間以上投与した症例を対象とした。患者数はGL改訂前が100例(男性68例、女性32例、平均63.3±15.2歳)、GL改訂後が162例(男性95例、女性67例、平均62.4±17.0歳)であった。eGFRが80〜90mL/min/1.73m2では推奨投与量25mg/kg/日に対してGL改訂前は29.1mg/kg/日と多く、GL改訂後は23.7mg/kg/日と推奨投与量より少なかった。また、eGFRが60〜80mL/min/1.73m2以下の層では、改訂版の推奨投与量よりもGL改訂前がすべて高い値を示していた。CRPはGL改訂前については投与前が10.1±8.2mg/dLから投与後が4.6±5.2mg/dL、GL改訂後では投与前が10.1±9.0mg/dLから投与後が4.2±4.8mg/dLへそれぞれ統計学的に有意に低下した。また、KDIGO診断基準に基づいて判定した結果、有意にGL改訂後のほうが急性腎障害の発生率が低かった。

  • Daily practice and prognostic factors for pneumonia caused by methicillin-resistant Staphylococcus aureus in Japan: A multicenter prospective observational cohort study. 査読

    Miyazaki T, Yanagihara K, Kakeya H, Izumikawa K, Mukae H, Shindo Y, Yamamoto Y, Tateda K, Tomono K, Ishida T, Hasegawa Y, Niki Y, Watanabe A, Soma K, Kohno S

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   2019年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.08.018

    PubMed

  • Clinical characteristics of bacteremia caused by hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae at a tertiary hospital 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Sakiyama Arata, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Yoshii Naoko, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Oinuma Ken-Ichi, Tsubouchi Taishi, Niki Mamiko, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    DIAGNOSTIC MICROBIOLOGY AND INFECTIOUS DISEASE   95 ( 1 )   84 - 88   2019年09月( ISSN:0732-8893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diagmicrobio.2019.04.008

    PubMed

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for clinical microbiology in 2014: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility 査読

    Yanagihara Katsunori, Matsumoto Tetsuya, Aoki Nobuki, Sato Junko, Wakamura Tomotaro, Kiyota Hiroshi, Tateda Kazuhiro, Hanaki Hideaki, Ohsaki Yoshinobu, Fujiuchi Satoru, Takahashi Manabu, Akiba Yuji, Masunaga Shingo, Takeuchi Kenichi, Takeda Hiroaki, Miki Makoto, Kumagai Toshio, Takahashi Hiroshi, Utagawa Mutsuko, Nishiya Hajime, Kawakami Sayoko, Ishigaki Shinobu, Kobayasi Nobuyuki, Takasaki Jin, Mezaki Kazuhisa, Iwata Satoshi, Katouno Yasuhiro, Inose Rika, Niki Yoshihito, Kawana Akihiko, Fujikura Yuji, Kudo Makoto, Hirano Tomo, Yamamoto Masaki, Miyazawa Naoki, Tsukada Hiroki, Aso Sakura, Yamamoto Yoshihiro, Iinuma Yoshitsugu, Mikamo Hiroshige, Yamagishi Yuka, Nakamura Atsushi, Ohashi Minoru, Kawabata Atsushi, Sugaki Yoshiko, Seki Masafumi, Hamaguchi Shigeto, Toyokawa Masahiro, Kakeya Hiroshi, Fujikawa Yasunori, Mitsuno Noriko, Ukimura Akira, Miyara Takayuki, Hayasi Michio, Mikasa Keiichi, Kasahara Keia, Koizumi Akira, Korohasi Nobuyoshi, Matumoto Takashi, Yosimura Yutaka, Katanami Yuichi, Takesue Yoshio, Wada Yasunaoa, Sugimoto Keisuke, Yamamoto Tsuyoshi, Kuwabara Masao, Doi Masao, Simizu Satomi, Tokuyasu Hirokazu, Hino Satoshi, Negayama Kiyoshia, Mukae Hiroshi, Kawanami Toshinori, Yatera Kazuhiro, Fujita Masaki, Kadota Junichi, Hiramatsu Kazufumi, Aoki Yosuke, Magarifuchi Hiroki, Oho Megumi, Morinaga Yoshitomo, Suga Moritaka, Muranaka Hiroyuki, Fujita Jiro, Higa Futoshi, Tateyama Masao

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   25 ( 9 )   657 - 668   2019年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.05.006

    PubMed

  • Clinical characteristics of bacteremia caused by hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae at a tertiary hospital. 査読

    Namikawa H, Yamada K, Sakiyama A, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Yoshii N, Niki M, Nakaie K, Oinuma KI, Tsubouchi T, Niki M, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H

    Diagnostic microbiology and infectious disease   95 ( 1 )   84 - 88   2019年09月( ISSN:0732-8893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.diagmicrobio.2019.04.008

    PubMed

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for clinical microbiology in 2014: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility.

    Yanagihara K, Matsumoto T, Aoki N, Sato J, Wakamura T, Kiyota H, Tateda K, Hanaki H, Ohsaki Y, Fujiuchi S, Takahashi M, Akiba Y, Masunaga S, Takeuchi K, Takeda H, Miki M, Kumagai T, Takahashi H, Utagawa M, Nishiya H, Kawakami S, Ishigaki S, Kobayasi N, Takasaki J, Mezaki K, Iwata S, Katouno Y, Inose R, Niki Y, Kawana A, Fujikura Y, Kudo M, Hirano T, Yamamoto M, Miyazawa N, Tsukada H, Aso S, Yamamoto Y, Iinuma Y, Mikamo H, Yamagishi Y, Nakamura A, Ohashi M, Kawabata A, Sugaki Y, Seki M, Hamaguchi S, Toyokawa M, Kakeya H, Fujikawa Y, Mitsuno N, Ukimura A, Miyara T, Hayasi M, Mikasa K, Kasahara K, Koizumi A, Korohasi N, Matumoto T, Yosimura Y, Katanami Y, Takesue Y, Wada Y, Sugimoto K, Yamamoto T, Kuwabara M, Doi M, Simizu S, Tokuyasu H, Hino S, Negayama K, Mukae H, Kawanami T, Yatera K, Fujita M, Kadota J, Hiramatsu K, Aoki Y, Magarifuchi H, Oho M, Morinaga Y, Suga M, Muranaka H, Fujita J, Higa F, Tateyama M

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 9 )   657 - 668   2019年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for clinical microbiology in 2014: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility. 査読

    Katsunori Yanagihara, Tetsuya Matsumoto, Nobuki Aoki, Junko Sato, Tomotaro Wakamura, Hiroshi Kiyota, Kazuhiro Tateda, Hideaki Hanaki, Yoshinobu Ohsaki, Satoru Fujiuchi, Manabu Takahashi, Yuji Akiba, Shingo Masunaga, Kenichi Takeuchi, Hiroaki Takeda, Makoto Miki, Toshio Kumagai, Hiroshi Takahashi, Mutsuko Utagawa, Hajime Nishiya, Sayoko Kawakami, Shinobu Ishigaki, Nobuyuki Kobayasi, Jin Takasaki, Kazuhisa Mezaki, Satoshi Iwata, Yasuhiro Katouno, Rika Inose, Yoshihito Niki, Akihiko Kawana, Yuji Fujikura, Makoto Kudo, Tomo Hirano, Masaki Yamamoto, Naoki Miyazawa, Hiroki Tsukada, Sakura Aso, Yoshihiro Yamamoto, Yoshitsugu Iinuma, Hiroshige Mikamo, Yuka Yamagishi, Atsushi Nakamura, Minoru Ohashi, Atsushi Kawabata, Yoshiko Sugaki, Masafumi Seki, Shigeto Hamaguchi, Masahiro Toyokawa, Hiroshi Kakeya, Yasunori Fujikawa, Noriko Mitsuno, Akira Ukimura, Takayuki Miyara, Michio Hayasi, Keiichi Mikasa, Kei Kasahara, Akira Koizumi, Nobuyoshi Korohasi, Takashi Matumoto, Yutaka Yosimura, Yuichi Katanami, Yoshio Takesue, Yasunao Wada, Keisuke Sugimoto, Tsuyoshi Yamamoto, Masao Kuwabara, Masao Doi, Satomi Simizu, Hirokazu Tokuyasu, Satoshi Hino, Kiyoshi Negayama, Hiroshi Mukae, Toshinori Kawanami, Kazuhiro Yatera, Masaki Fujita, Junichi Kadota, Kazufumi Hiramatsu, Yosuke Aoki, Hiroki Magarifuchi, Megumi Oho, Yoshitomo Morinaga, Moritaka Suga, Hiroyuki Muranaka, Jiro Fujita, Futoshi Higa, Masao Tateyama

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 9 )   657 - 668   2019年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    The nationwide surveillance on antimicrobial susceptibility of bacterial respiratory pathogens from the patients in Japan was conducted by Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for Clinical Microbiology in 2014. The isolates were collected from clinical specimens obtained from well-diagnosed adult patients with respiratory tract infections during the period between January 2014 and April 2015 by three societies. Antimicrobial susceptibility testing was conducted at the central reference laboratory according to the method recommended by Clinical Laboratory Standards Institute. Susceptibility testing was evaluated in 1534 strains (335 Staphylococcus aureus, 264 Streptococcus pneumoniae, 29 Streptococcus pyogenes, 281 Haemophilus influenzae, 164 Moraxella catarrhalis, 207 Klebsiella pneumoniae, and 254 Pseudomonas aeruginosa). Ratio of methicillin-resistant S. aureus was 43.6%, and those of penicillin-susceptible S. pneumoniae was 100%. Among H. influenzae, 8.2% of them were found to be β-lactamase-producing ampicillin-resistant strains, and 49.1% to be β-lactamase-non-producing ampicillin-resistant strains. Extended spectrum β-lactamase-producing K. pneumoniae and multi-drug resistant P. aeruginosa with metallo β-lactamase were 9.2% and 0.4%, respectively.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.05.006

    PubMed

  • Nationwide surveillance of bacterial respiratory pathogens conducted by the surveillance committee of Japanese Society of Chemotherapy, the Japanese Association for Infectious Diseases, and the Japanese Society for clinical microbiology in 2014: General view of the pathogens' antibacterial susceptibility

    Yanagihara K.

    Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 9 )   657 - 668   2019年09月( ISSN:1341321X

     詳細を見る

  • Discovery of anti-mucoviscous activity of rifampicin and its potential as a candidate antivirulence agent against hypervirulent Klebsiella pneumoniae 査読

    Namikawa Hiroki, Oinuma Ken-Ichi, Sakiyama Arata, Tsubouchi Taishi, Tahara Yuhei O., Yamada Koichi, Niki Mamiko, Takemoto Yasuhiko, Miyata Makoto, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   54 ( 2 )   167 - 175   2019年08月( ISSN:0924-8579

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijantimicag.2019.05.018

    PubMed

  • Discovery of anti-mucoviscous activity of rifampicin and its potential as a candidate antivirulence agent against hypervirulent Klebsiella pneumoniae. 査読

    Namikawa H, Oinuma KI, Sakiyama A, Tsubouchi T, Tahara YO, Yamada K, Niki M, Takemoto Y, Miyata M, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H

    International journal of antimicrobial agents   54 ( 2 )   167 - 175   2019年08月( ISSN:0924-8579

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijantimicag.2019.05.018

    PubMed

  • Genome-Based Epidemiological Analysis of 13 Acinetobacter Strains Isolated from Blood Cultures of Hospitalized Patients from a University Hospital in Japan.

    Oinuma KI, Suzuki M, Nakaie K, Sato K, Saeki K, Sakiyama A, Takizawa E, Niki M, Niki M, Yamada K, Shibayama K, Kakeya H, Kaneko Y

    Japanese journal of infectious diseases   72 ( 4 )   274 - 280   2019年07月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2018.403

    PubMed

    CiNii Article

  • Genome-Based Epidemiological Analysis of 13 Acinetobacter Strains Isolated from Blood Cultures of Hospitalized Patients from a University Hospital in Japan(和訳中) 査読

    Oinuma Ken-Ichi, Suzuki Masato, Nakaie Kiyotaka, Sato Kanako, Saeki Kozo, Sakiyama Arata, Takizawa Etsuko, Niki Makoto, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Shibayama Keigo, Kakeya Hiroshi, Kaneko Yukihiro

    国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases   72 ( 4 )   274 - 280   2019年07月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mortality caused by extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae bacteremia; a case control study: alert to Enterobacteriaceae strains with high minimum inhibitory concentrations of piperacillin/tazobactam 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Fujimoto Hiroki, Takizawa Etsuko, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Oinuma Ken-Ichi, Niki Mamiko, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    DIAGNOSTIC MICROBIOLOGY AND INFECTIOUS DISEASE   94 ( 3 )   287 - 292   2019年07月( ISSN:0732-8893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diagmicrobio.2019.01.018

    PubMed

  • Mortality caused by extended-spectrum beta-lactamase-producing Enterobacteriaceae bacteremia; a case control study: alert to Enterobacteriaceae strains with high minimum inhibitory concentrations of piperacillin/tazobactam. 査読

    Namikawa H, Yamada K, Yamairi K, Shibata W, Fujimoto H, Takizawa E, Niki M, Nakaie K, Oinuma KI, Niki M, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H

    Diagnostic microbiology and infectious disease   94 ( 3 )   287 - 292   2019年07月( ISSN:0732-8893

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.diagmicrobio.2019.01.018

    PubMed

  • 日本の大学病院における入院患者の血液培養から分離された13のAcinetobacter株のゲノムベース疫学的分析(Genome-Based Epidemiological Analysis of 13 Acinetobacter Strains Isolated from Blood Cultures of Hospitalized Patients from a University Hospital in Japan)

    Oinuma Ken-Ichi, Suzuki Masato, Nakaie Kiyotaka, Sato Kanako, Saeki Kozo, Sakiyama Arata, Takizawa Etsuko, Niki Makoto, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Shibayama Keigo, Kakeya Hiroshi, Kaneko Yukihiro

    Japanese Journal of Infectious Diseases   72 ( 4 )   274 - 280   2019年07月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    入院患者の血液培養から分離された13のAcinetobacter株の特徴を明らかにするめ、全ゲノム配列解析を行った。また、PCR-based open reading frame typing(POT)を用いて遺伝子型決定を行い、その結果を多座配列タイピング(MLST)の場合と比較して、POTの遺伝子型決定法としての信頼性を確かめた。その結果、生化学的解析でほとんどの分離株がAcinetobacter baumanniiであることが示唆された。一方、ゲノム解析では分離株は六つの異なる種で構成され、A.baumanniiではない種が大半を占めることが明らかになった。すべての株は固有のADC型β-ラクタマーゼ遺伝子を持っていたが、OXA型β-ラクタマーゼはA.baumannii、A.pittii、A.colistiniresistensにのみ分布していた。MLSTを用いた場合には四つのA.baumannii株を異なるクローンとして適切に判別できたが、POTを用いた場合には四つのA.baumannii株のうち三つを区別することができなかった。これらの結果から、本研究の条件においてはMLSTと比較してPOTの遺伝子型の判別能力は低いことが示された。

  • The effects of antifungal stewardship programs at a tertiary-care teaching hospital in Japan(和訳中) 査読

    Kawaguchi Hiroshi, Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yoshii Naoka, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Shinoda Yoshikatsu, Nakamura Yasutaka, Kaneko Yukihiro, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 5-6 )   458 - 462   2019年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The effects of antifungal stewardship programs at a tertiary-care teaching hospital in Japan(和訳中) 査読

    Kawaguchi Hiroshi, Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yoshii Naoka, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Shinoda Yoshikatsu, Nakamura Yasutaka, Kaneko Yukihiro, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 5-6 )   458 - 462   2019年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The effects of antifungal stewardship programs at a tertiary-care teaching hospital in Japan

    Kawaguchi H.

    Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 6 )   458 - 462   2019年06月( ISSN:1341321X

     詳細を見る

  • The effects of antifungal stewardship programs at a tertiary-care teaching hospital in Japan.

    Kawaguchi H, Yamada K, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Yoshii N, Nakaie K, Okada Y, Fujita A, Shinoda Y, Nakamura Y, Kaneko Y, Nagayama K, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 6 )   458 - 462   2019年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • 日本の三次医療教育病院における抗真菌薬適正使用支援プログラムの効果(The effects of antifungal stewardship programs at a tertiary-care teaching hospital in Japan)

    Kawaguchi Hiroshi, Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yoshii Naoka, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Shinoda Yoshikatsu, Nakamura Yasutaka, Kaneko Yukihiro, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 5-6 )   458 - 462   2019年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    当院は2014年1月に抗真菌薬適正使用支援プログラム(AFSP)を開始した。本研究では2011年1月から2016年12月までに抗真菌薬の全身投与を受けた患者を登録し、AFSP介入前と介入後の群に分けた。抗真菌薬使用量(defined daily doses per 1000 patient-days)について群間に有意差はなかった。抗真菌薬投与日数(days of therapy per 1000 patient-days)は介入後に有意に低下した。抗真菌薬のコストは介入前の3年間と比べて介入後の3年間に260520ドル(13.5%)減少した。介入後にカンジダ血症患者の30日死亡率および院内死亡率は低下傾向を示した。AFSPは有効で費用対効果が高いアプローチであると考えられた。

  • The incidence of endophthalmitis or macular involvement and the necessity of a routine ophthalmic examination in patients with candidemia 査読

    Ueda Takashi, Takesue Yoshio, Tokimatsu Issei, Miyazaki Taiga, Nakada-Motokawa Nana, Nagao Miki, Nakajima Kazuhiko, Mikamo Hiroshige, Yamagishi Yuka, Kasahara Kei, Yoshihara Shingo, Ukimura Akira, Yoshida Koichiro, Yoshinaga Naomi, Izumi Masaaki, Kakeya Hiroshi, Yamada Koichi, Kawamura Hideki, Endou Kazuo, Yamanaka Kazuaki, Yoshioka Mutsunobu, Amino Kayoko, Ikeuchi Hiroki, Uchino Motoi, Miyazaki Yoshitsugu

    PLOS ONE   14 ( 5 )   e0216956   2019年05月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0216956

    PubMed

  • Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method 査読

    Sakurai Norihiro, Nakamura Yasutaka, Kawaguchi Hiroshi, Abe Junko, Yamada Koichi, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   67 ( 5 )   439 - 444   2019年05月( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method(和訳中) 査読

    Sakurai Norihiro, Nakamura Yasutaka, Kawaguchi Hiroshi, Abe Junko, Yamada Koichi, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    (公社)日本薬学会 Chemical & Pharmaceutical Bulletin   67 ( 5 )   439 - 444   2019年05月( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method 査読

    Sakurai Norihiro, Nakamura Yasutaka, Kawaguchi Hiroshi, Abe Junko, Yamada Koichi, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   67 ( 5 )   439 - 444   2019年05月( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method(和訳中) 査読

    Sakurai Norihiro, Nakamura Yasutaka, Kawaguchi Hiroshi, Abe Junko, Yamada Koichi, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    (公社)日本薬学会 Chemical & Pharmaceutical Bulletin   67 ( 5 )   439 - 444   2019年05月( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method 査読

    Sakurai Norihiro, Nakamura Yasutaka, Kawaguchi Hiroshi, Abe Junko, Yamada Koichi, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   67 ( 5 )   439 - 444   2019年05月( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method(和訳中) 査読

    Sakurai Norihiro, Nakamura Yasutaka, Kawaguchi Hiroshi, Abe Junko, Yamada Koichi, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    (公社)日本薬学会 Chemical & Pharmaceutical Bulletin   67 ( 5 )   439 - 444   2019年05月( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 超高速液体クロマトグラフ法を用いたヒト血漿中のリネゾリドとその代謝物、PNU-142300およびPNU-142586の測定(Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method)

    Sakurai Norihiro, Nakamura Yasutaka, Kawaguchi Hiroshi, Abe Junko, Yamada Koichi, Nagayama Katsuya, Kakeya Hiroshi

    Chemical & Pharmaceutical Bulletin   67 ( 5 )   439 - 444   2019年05月( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    ヒト血漿中のリネゾリド(LZD)とその代謝物PNU-142300およびPNU-142586を定量する超高速液体クロマトグラフ(UPLC)法を開発し、検証した。本手法ではヒト血漿試料をアセトニトリルで除蛋白した後、上清をACQUITY UPLC HSS T3カラムによる逆相クロマトグラフ法で分離・定量した。LZDの検量曲線の線形は0.2~50.0μg/mL(決定係数(r2)>0.9999)、PNU-142300とPNU-142586では0.2~20.0μg/mL(r2>0.9996と>0.9998)であった。また、上記3者のアッセイ内/アッセイ間の正確度(%)と精度(相対標準偏差、%)はFDAガイドラインの基準に合致していた。上記3者は血漿内で凍結融解3サイクルと、凍結血漿内で30日までの長期保存で安定しており、エキス内ではUPLC自動サンプラーにおいて4℃、48時間安定していた。以上より、LZD使用患者におけるLZD、PNU-142300およびPNU-142586の血漿濃度はこの手法で測定でき、LZD療法の最適化にて有用と考えられた。

  • Selection of oral antifungals for initial maintenance therapy in chronic pulmonary aspergillosis: A longitudinal analysis. 査読

    Tashiro M, Takazono T, Saijo T, Yamamoto K, Imamura Y, Miyazaki T, Kakeya H, Ando T, Ogawa K, Kishi K, Tokimatsu I, Hayashi Y, Fujiuchi S, Yanagihara K, Miyazaki Y, Ichihara K, Mukae H, Kohno S, Izumikawa K

    Clinical infectious diseases : an official publication of the Infectious Diseases Society of America   2019年04月( ISSN:1058-4838

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cid/ciz287

    PubMed

  • Successful treatment of invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus felis, a cryptic species within the Aspergillus section Fumigati: A case report 査読

    Yamairi Kazushi, Ido Kentaro, Nakamura Shigeki, Niki Makoto, Imoto Waki, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Yamada Koichi, Nakamae Hirohisa, Hino Masayuki, Kaneko Yukihiro, Miyazaki Yoshitsugu, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   25 ( 4 )   307 - 310   2019年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2018.10.016

    PubMed

  • Aspergillus section Fumigati内の潜在種Aspergillus felisに起因する侵襲性肺アスペルギローシスの治療の成功 症例報告(Successful treatment of invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus felis, a cryptic species within the Aspergillus section Fumigati: A case report) 査読

    Yamairi Kazushi, Ido Kentaro, Nakamura Shigeki, Niki Makoto, Imoto Waki, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Yamada Koichi, Nakamae Hirohisa, Hino Masayuki, Kaneko Yukihiro, Miyazaki Yoshitsugu, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 3-4 )   307 - 310   2019年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    41歳女。骨髄異形成症候群と診断されていた。自己末梢血幹細胞移植の施行19日後に発熱し、侵襲性肺アスペルギローシスと診断しボリコナゾール(VRCZ)による治療を開始した。確定診断のため、気管支鏡検査と気管支肺胞洗浄を行った。治療開始1ヵ月後でも患者の肺病変は変化なく、発熱も持続したため、抗菌薬をアンホテリシンBリポソーム製剤に切り替えたところ、副作用の嘔気が出現した。VRCZとカスポファンギン(CPFG)による併用療法を開始した結果、肺病変のサイズが徐々に減少した。気管支肺胞洗浄液から単離した糸状菌のβ-チューブリン遺伝子を、PCR産物からプライマー対を用いて直接配列決定し、Aspergillus felisとの100%の類似性を確認した。次いで実施した感受性試験の結果を基に、抗菌薬をVRCZ+CPFGからミカファンギンに変えると、5ヵ月間で治療が奏効した。

  • Aspergillus section Fumigati内の潜在種Aspergillus felisに起因する侵襲性肺アスペルギローシスの治療の成功 症例報告(Successful treatment of invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus felis, a cryptic species within the Aspergillus section Fumigati: A case report)

    Yamairi Kazushi, Ido Kentaro, Nakamura Shigeki, Niki Makoto, Imoto Waki, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Yamada Koichi, Nakamae Hirohisa, Hino Masayuki, Kaneko Yukihiro, Miyazaki Yoshitsugu, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 3-4 )   307 - 310   2019年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    41歳女。骨髄異形成症候群と診断されていた。自己末梢血幹細胞移植の施行19日後に発熱し、侵襲性肺アスペルギローシスと診断しボリコナゾール(VRCZ)による治療を開始した。確定診断のため、気管支鏡検査と気管支肺胞洗浄を行った。治療開始1ヵ月後でも患者の肺病変は変化なく、発熱も持続したため、抗菌薬をアンホテリシンBリポソーム製剤に切り替えたところ、副作用の嘔気が出現した。VRCZとカスポファンギン(CPFG)による併用療法を開始した結果、肺病変のサイズが徐々に減少した。気管支肺胞洗浄液から単離した糸状菌のβ-チューブリン遺伝子を、PCR産物からプライマー対を用いて直接配列決定し、Aspergillus felisとの100%の類似性を確認した。次いで実施した感受性試験の結果を基に、抗菌薬をVRCZ+CPFGからミカファンギンに変えると、5ヵ月間で治療が奏効した。

  • Successful treatment of invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus felis, a cryptic species within the Aspergillus section Fumigati: A case report.

    Yamairi K, Ido K, Nakamura S, Niki M, Imoto W, Shibata W, Namikawa H, Fujimoto H, Yamada K, Nakamae H, Hino M, Kaneko Y, Miyazaki Y, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 4 )   307 - 310   2019年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • Successful treatment of invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus felis, a cryptic species within the Aspergillus section Fumigati: A case report. 査読

    Yamairi K, Ido K, Nakamura S, Niki M, Imoto W, Shibata W, Namikawa H, Fujimoto H, Yamada K, Nakamae H, Hino M, Kaneko Y, Miyazaki Y, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 4 )   307 - 310   2019年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2018.10.016

    PubMed

  • Successful treatment of invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus felis, a cryptic species within the Aspergillus section Fumigati: A case report

    Yamairi K.

    Journal of Infection and Chemotherapy   25 ( 4 )   307 - 310   2019年04月( ISSN:1341321X

     詳細を見る

  • カンジダ血症に対するManagement bundleのチェックリストとしての活用 多施設研究

    植田 貴史, 竹末 芳生, 中嶋 一彦, 宮崎 泰可, 本川 奈々, 三鴨 廣繁, 山岸 由佳, 長尾 美紀, 川村 英樹, 掛屋 弘, 山田 康一, 宮崎 義継

    日本化学療法学会雑誌   67 ( 2 )   230 - 230   2019年03月( ISSN:1340-7007

  • Genome-based epidemiological analysis of 13 Acinetobacter strains isolated from blood cultures of hospitalized patients from a university hospital in Japan. 査読

    Oinuma KI, Suzuki M, Nakaie K, Sato K, Saeki K, Sakiyama A, Takizawa E, Niki M, Niki M, Yamada K, Shibayama K, Kakeya H, Kaneko Y

    国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases 編集委員会 Japanese journal of infectious diseases   2019年02月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>The genus <i>Acinetobacter</i> comprises many species that can cause infectious diseases. Despite their importance as nosocomial pathogens, the clinical distributions of individual species or clones are not well understood. In this study, we aimed to characterize 13 <i>Acinetobacter</i> strains isolated from blood cultures from Osaka City University Hospital. We conducted whole-genome sequencing to reveal their genetic background. We also performed PCR-based open reading frame typing (POT) and compared the results with those of multilocus sequence typing (MLST) to confirm its reliability as a genotyping method. Although biochemical analysis suggested that most isolates were <i>A. baumannii</i>, genomic analysis revealed that the collection of <i>Acinetobacter</i> isolates comprised six different species, with non-<i>baumannii Acinetobacter</i> species representing the majority. All strains possessed an inherent ADC-type β-lactamase gene, whereas the distribution of OXA-type enzymes was limited to <i>A. baumannii</i>, <i>A. pittii</i>, and <i>A. colistiniresistens</i>. While MLST properly discriminated four <i>A. baumannii</i> strains as different clones, POT failed to distinguish three out of the four <i>A. baumannii</i> strains from each other, highlighting a potential pitfall that may be encountered when applying POT to non-epidemiological <i>A. baumannii</i> strains.</p>

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2018.403

    PubMed

    CiNii Article

  • The effects of antifungal stewardship programs at a tertiary-care teaching hospital in Japan. 査読

    Kawaguchi H, Yamada K, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Yoshii N, Nakaie K, Okada Y, Fujita A, Shinoda Y, Nakamura Y, Kaneko Y, Nagayama K, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   2019年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.01.015

    PubMed

  • The effects of antifungal stewardship programs at a tertiary-care teaching hospital in Japan. 査読

    Kawaguchi H, Yamada K, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Yoshii N, Nakaie K, Okada Y, Fujita A, Shinoda Y, Nakamura Y, Kaneko Y, Nagayama K, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   25 ( 6 )   458 - 462   2019年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2019.01.015

    PubMed

  • 多剤耐性菌アウトブレイク バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)の集団発生事例では厳重なトイレ環境の整備も考慮すべきである

    安田 雅子, 藤谷 好弘, 朝野 和典, 掛屋 弘, 辻本 吉広

    日本環境感染学会総会プログラム・抄録集   34回   [ワーク - 6]   2019年02月

  • Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method. 査読

    Sakurai N, Nakamura Y, Kawaguchi H, Abe J, Yamada K, Nagayama K, Kakeya H

    公益社団法人 日本薬学会 Chemical & pharmaceutical bulletin   67 ( 5 )   439 - 444   2019年( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>An ultra-performance liquid chromatography (UPLC) method was developed and validated for the quantification of linezolid, PNU-142300, and PNU-142586 in human plasma. After protein precipitation using acetonitrile, the protein-free supernatant was separated using reverse-phase chromatography using an ACQUITY UPLC HSS T3 column and monitored at 254 nm. <i>p</i>-Toluic acid was used as the internal standard. No interference peak was observed at the retention times of linezolid, PNU-142300, PNU-142586, and <i>p</i>-toluic acid from blank plasma. The calibration curve of linezolid was linear from 0.2 to 50.0 µg/mL (coefficient of determination (<i>r</i><sup>2</sup>) > 0.9999) and those of PNU-142300 and PNU-142586 were linear from 0.2 to 20.0 µg/mL (<i>r</i><sup>2</sup> > 0.9996 and > 0.9998, respectively). The intra- and inter-assay accuracy (%) and precision (relative standard deviation (RSD) %) of the three components were confirmed to meet the criteria of the U.S. Food and Drug Administration guidelines. Tests confirmed the stability of linezolid, PNU-142300, and PNU-142586 in plasma during three freeze-thaw cycles and long-term storage of frozen plasma for up to 30 d; in extracts they were stable in the UPLC autosampler for over 48 h at 4°C. Furthermore, plasma concentrations of linezolid, PNU-142300 and PNU-142586 in patients treated with linezolid could be measured using the UPLC method developed in this study. This assay would be a powerful tool for therapeutic drug monitoring and clinical pharmacokinetic/pharmacodynamic (PK/PD) analyses in the optimization of linezolid treatment.</p>

    DOI: 10.1248/cpb.c18-00840

    PubMed

    CiNii Article

  • 抗菌薬TDMガイドライン改訂版の発刊によるバンコマイシンの使用動向の変化とその効果に関する検討 査読

    中村 安孝, 原林 六華, 櫻井 紀宏, 矢野 翼, 山田 康一, 永山 勝也, 掛屋 弘

    一般社団法人日本医療薬学会 医療薬学   45 ( 10 )   576 - 583   2019年( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>The Therapeutic Drug Monitoring (TDM) Guidelines for Antibiotics (the "Revised guidelines") were revised in June 2016. The Revised guidelines are followed to determine dosage and provide treatment at Osaka City University Hospital. The current study investigated VCM administration before and after the guidelines were revised as well as their effectiveness and safety. The period from January to December 2015 before the guidelines were revised ("before Revision") and the period from January to December 2017 after the guidelines were revised ("after Revision") were compared. One hundred and six patients received VCM therapy before Revision, and 184 received VCM therapy after Revision. Initially, 17.4% of patients had the recommended serum VCM level of 10-15 µg/mL, but that increased to 41.7% as a result of a pharmacist's involvement; 72.8% of patients had serum VCM below 10 µg/mL after Revision. Acute kidney injury (AKI) was evaluated based on the Kidney Disease: Improving Global Outcomes (KDIGO) criteria. The incidence of AKI was 12.3% before Revision and 5.4% after Revision, so it was significantly lower before Revision. The 30-day survival rate was 94.6% before Revision and 95.3% after Revision, so the rate did not differ significantly.</p><p>When VCM therapy was administered in accordance with the Revised guidelines, the initial serum trough level of VCM was lower than 10 µg/mL in most patients, and VCM slightly affected the kidneys. Most patients had a serum VCM of 10-15 µg/mL as a result of a pharmacist's intervention, suggesting that the serum VCM level did not affect prognosis.</p>

    DOI: 10.5649/jjphcs.45.576

    CiNii Article

  • III.ステロイド薬と感染症 査読

    掛屋 弘

    一般社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌   108 ( 11 )   2268 - 2274   2019年( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <p>ステロイドは,感染免疫を担当する白血球の血行動態やその機能に影響する.特にCD4陽性T細胞を減少させ,細胞内寄生菌や真菌,ウイルスによる日和見感染症を発症させる.また,炎症部位や感染巣への好中球の遊走能や貪食能も低下させるため,細菌感染症の発症にも注意が必要である.そのリスクは,ステロイドの投与量が多いほど,投与期間が長いほど増加するが,リスクを定量的に評価することは難しい.そのため,投与開始後には,慎重に経過を観察し,適切な感染症予防や診断・治療を行うことが患者の予後を左右する.</p>

    DOI: 10.2169/naika.108.2268

    CiNii Article

  • Measurement of Linezolid and Its Metabolites PNU-142300 and PNU-142586 in Human Plasma Using Ultra-Performance Liquid Chromatography Method.

    Sakurai N, Nakamura Y, Kawaguchi H, Abe J, Yamada K, Nagayama K, Kakeya H

    Chemical & pharmaceutical bulletin   67 ( 5 )   439 - 444   2019年( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <p>An ultra-performance liquid chromatography (UPLC) method was developed and validated for the quantification of linezolid, PNU-142300, and PNU-142586 in human plasma. After protein precipitation using acetonitrile, the protein-free supernatant was separated using reverse-phase chromatography using an ACQUITY UPLC HSS T3 column and monitored at 254 nm. <i>p</i>-Toluic acid was used as the internal standard. No interference peak was observed at the retention times of linezolid, PNU-142300, PNU-142586, and <i>p</i>-toluic acid from blank plasma. The calibration curve of linezolid was linear from 0.2 to 50.0 µg/mL (coefficient of determination (<i>r</i><sup>2</sup>) > 0.9999) and those of PNU-142300 and PNU-142586 were linear from 0.2 to 20.0 µg/mL (<i>r</i><sup>2</sup> > 0.9996 and > 0.9998, respectively). The intra- and inter-assay accuracy (%) and precision (relative standard deviation (RSD) %) of the three components were confirmed to meet the criteria of the U.S. Food and Drug Administration guidelines. Tests confirmed the stability of linezolid, PNU-142300, and PNU-142586 in plasma during three freeze-thaw cycles and long-term storage of frozen plasma for up to 30 d; in extracts they were stable in the UPLC autosampler for over 48 h at 4°C. Furthermore, plasma concentrations of linezolid, PNU-142300 and PNU-142586 in patients treated with linezolid could be measured using the UPLC method developed in this study. This assay would be a powerful tool for therapeutic drug monitoring and clinical pharmacokinetic/pharmacodynamic (PK/PD) analyses in the optimization of linezolid treatment.</p>

    DOI: 10.1248/cpb.c18-00840

    PubMed

    CiNii Article

  • The incidence of endophthalmitis or macular involvement and the necessity of a routine ophthalmic examination in patients with candidemia. 査読

    Ueda T, Takesue Y, Tokimatsu I, Miyazaki T, Nakada-Motokawa N, Nagao M, Nakajima K, Mikamo H, Yamagishi Y, Kasahara K, Yoshihara S, Ukimura A, Yoshida K, Yoshinaga N, Izumi M, Kakeya H, Yamada K, Kawamura H, Endou K, Yamanaka K, Yoshioka M, Amino K, Ikeuchi H, Uchino M, Miyazaki Y

    PloS one   14 ( 5 )   e0216956   2019年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0216956

    PubMed

  • Clostridioides difficile院内伝播の解析におけるPCR-based ORF Typing(POT)法の有用性 査読

    中家 清隆, 山田 康一, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 川口 博資, 信田 佳克, 安部 順子, 岡田 恵代, 藤田 明子, 金子 幸弘, 鈴木 匡弘, 松本 麻未, 山岸 由佳, 三鴨 廣繁, 掛屋 弘

    日本嫌気性菌感染症学会 日本嫌気性菌感染症学会雑誌   48 ( 2 )   81 - 88   2018年12月( ISSN:2188-7365

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Clostridioides difficileは有芽胞菌であり、乾燥環境でも長期生存可能であることから、医療関連感染症で重要である。また近年、欧米を中心に、第3の毒素であるbinary toxinを産生する高病原性株(BI/NAP1/027株)の出現と蔓延が問題となっている。今回、我々はA病棟でみられたbinary毒素産生株を含むクロストリデオイデス・ディフィシル感染症(Clostridioides difficile infection:CDI)の院内伝播をPCR-based Open-Reading-Flame Typing(POT)法を用いて遺伝子解析した。2017年1月から9月の期間、当院のA病棟で、入院中の患者から毒素陽性のC.difficileを9株(2株はbinary毒素陽性)検出した。その分離株をPOT法にて分子疫学解析したところbinary毒素陽性の2株とその他3株の遺伝子パターンがそれぞれ一致した。院内伝播の原因として、下痢回数が多く、便失禁をする患者がsuper-spreaderとなったことに加え、医療スタッフの手指衛生が十分でなかったことが要因と考えられた。その感染対策として、手指衛生の啓発活動、環境整備、病棟全体の塩素系消毒薬による清掃を実施して、院内伝播を終息することができたが、分子疫学解析を迅速に実施して正確な院内伝播を評価することが重要であり、今回の経験からCDIに対してもPOT法は有用性の高い分子疫学解析手法であると考えられた。(著者抄録)

  • 裂頭条虫症の2例と日本海裂頭条虫卵の発生実験 査読

    森田 諒, 山田 康一, 木俣 勲, 尾崎 鈴佳, 小林 由佳, 仁木 誠, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 吉井 直子, 掛屋 弘, 加賀谷 渉, 城戸 康年, 金子 明

    日本臨床寄生虫学会 Clinical Parasitology   29 ( 1 )   59 - 62   2018年12月( ISSN:1341-5190

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は39歳男性で、排便後に長さ約2mの白色紐状物を排泄したため当院感染症内科外来を受診した。虫卵検査の結果より裂頭条虫症と判断し、プラジカンテルを用いて駆虫した。駆虫後、長さ約5m、最大幅約8mmで正中に1列の生殖器を有する虫体を1隻排泄した。症例2は31歳女性で、排便後に長さ約20cmと約30cmの白色紐状物を排泄した。駆虫を希望し、当院感染症内科外来を受診した。虫体の写真より裂頭条虫症と判断した。患者の駆虫希望が強く、プラジカンテルを用いて駆虫を行ったが虫体は排泄されなかった。さらに、日本海裂頭条虫卵の発生実験を行ったところ、実験第34日にごく一部の虫卵内に6本の鉤を有するコラシジウムを確認した。実験第40日頃より小蓋が開き内部が空となった虫卵を散見したが、孵化したコラシジウムは確認できなかった。

  • 裂頭条虫症の2例と日本海裂頭条虫卵の発生実験 査読

    森田 諒, 山田 康一, 木俣 勲, 尾崎 鈴佳, 小林 由佳, 仁木 誠, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 吉井 直子, 掛屋 弘, 加賀谷 渉, 城戸 康年, 金子 明

    日本臨床寄生虫学会 Clinical Parasitology   29 ( 1 )   59 - 62   2018年12月( ISSN:1341-5190

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は39歳男性で、排便後に長さ約2mの白色紐状物を排泄したため当院感染症内科外来を受診した。虫卵検査の結果より裂頭条虫症と判断し、プラジカンテルを用いて駆虫した。駆虫後、長さ約5m、最大幅約8mmで正中に1列の生殖器を有する虫体を1隻排泄した。症例2は31歳女性で、排便後に長さ約20cmと約30cmの白色紐状物を排泄した。駆虫を希望し、当院感染症内科外来を受診した。虫体の写真より裂頭条虫症と判断した。患者の駆虫希望が強く、プラジカンテルを用いて駆虫を行ったが虫体は排泄されなかった。さらに、日本海裂頭条虫卵の発生実験を行ったところ、実験第34日にごく一部の虫卵内に6本の鉤を有するコラシジウムを確認した。実験第40日頃より小蓋が開き内部が空となった虫卵を散見したが、孵化したコラシジウムは確認できなかった。

  • Clostridioides difficile院内伝播の解析におけるPCR-based ORF Typing(POT)法の有用性 査読

    中家 清隆, 山田 康一, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 川口 博資, 信田 佳克, 安部 順子, 岡田 恵代, 藤田 明子, 金子 幸弘, 鈴木 匡弘, 松本 麻未, 山岸 由佳, 三鴨 廣繁, 掛屋 弘

    日本嫌気性菌感染症学会 日本嫌気性菌感染症学会雑誌   48 ( 2 )   81 - 88   2018年12月( ISSN:2188-7365

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Clostridioides difficileは有芽胞菌であり、乾燥環境でも長期生存可能であることから、医療関連感染症で重要である。また近年、欧米を中心に、第3の毒素であるbinary toxinを産生する高病原性株(BI/NAP1/027株)の出現と蔓延が問題となっている。今回、我々はA病棟でみられたbinary毒素産生株を含むクロストリデオイデス・ディフィシル感染症(Clostridioides difficile infection:CDI)の院内伝播をPCR-based Open-Reading-Flame Typing(POT)法を用いて遺伝子解析した。2017年1月から9月の期間、当院のA病棟で、入院中の患者から毒素陽性のC.difficileを9株(2株はbinary毒素陽性)検出した。その分離株をPOT法にて分子疫学解析したところbinary毒素陽性の2株とその他3株の遺伝子パターンがそれぞれ一致した。院内伝播の原因として、下痢回数が多く、便失禁をする患者がsuper-spreaderとなったことに加え、医療スタッフの手指衛生が十分でなかったことが要因と考えられた。その感染対策として、手指衛生の啓発活動、環境整備、病棟全体の塩素系消毒薬による清掃を実施して、院内伝播を終息することができたが、分子疫学解析を迅速に実施して正確な院内伝播を評価することが重要であり、今回の経験からCDIに対してもPOT法は有用性の高い分子疫学解析手法であると考えられた。(著者抄録)

  • Clostridioides difficile院内伝播の解析におけるPCR-based ORF Typing(POT)法の有用性

    中家 清隆, 山田 康一, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 川口 博資, 信田 佳克, 安部 順子, 岡田 恵代, 藤田 明子, 金子 幸弘, 鈴木 匡弘, 松本 麻未, 山岸 由佳, 三鴨 廣繁, 掛屋 弘

    日本嫌気性菌感染症学会雑誌   48 ( 2 )   81 - 88   2018年12月( ISSN:2188-7365

     詳細を見る

    Clostridioides difficileは有芽胞菌であり、乾燥環境でも長期生存可能であることから、医療関連感染症で重要である。また近年、欧米を中心に、第3の毒素であるbinary toxinを産生する高病原性株(BI/NAP1/027株)の出現と蔓延が問題となっている。今回、我々はA病棟でみられたbinary毒素産生株を含むクロストリデオイデス・ディフィシル感染症(Clostridioides difficile infection:CDI)の院内伝播をPCR-based Open-Reading-Flame Typing(POT)法を用いて遺伝子解析した。2017年1月から9月の期間、当院のA病棟で、入院中の患者から毒素陽性のC.difficileを9株(2株はbinary毒素陽性)検出した。その分離株をPOT法にて分子疫学解析したところbinary毒素陽性の2株とその他3株の遺伝子パターンがそれぞれ一致した。院内伝播の原因として、下痢回数が多く、便失禁をする患者がsuper-spreaderとなったことに加え、医療スタッフの手指衛生が十分でなかったことが要因と考えられた。その感染対策として、手指衛生の啓発活動、環境整備、病棟全体の塩素系消毒薬による清掃を実施して、院内伝播を終息することができたが、分子疫学解析を迅速に実施して正確な院内伝播を評価することが重要であり、今回の経験からCDIに対してもPOT法は有用性の高い分子疫学解析手法であると考えられた。(著者抄録)

  • Clostridioides difficile院内伝播の解析におけるPCR-based ORF Typing(POT)法の有用性 査読

    中家 清隆, 山田 康一, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 川口 博資, 信田 佳克, 安部 順子, 岡田 恵代, 藤田 明子, 金子 幸弘, 鈴木 匡弘, 松本 麻未, 山岸 由佳, 三鴨 廣繁, 掛屋 弘

    日本嫌気性菌感染症学会 日本嫌気性菌感染症学会雑誌   48 ( 2 )   81 - 88   2018年12月( ISSN:2188-7365

     詳細を見る

    Clostridioides difficileは有芽胞菌であり、乾燥環境でも長期生存可能であることから、医療関連感染症で重要である。また近年、欧米を中心に、第3の毒素であるbinary toxinを産生する高病原性株(BI/NAP1/027株)の出現と蔓延が問題となっている。今回、我々はA病棟でみられたbinary毒素産生株を含むクロストリデオイデス・ディフィシル感染症(Clostridioides difficile infection:CDI)の院内伝播をPCR-based Open-Reading-Flame Typing(POT)法を用いて遺伝子解析した。2017年1月から9月の期間、当院のA病棟で、入院中の患者から毒素陽性のC.difficileを9株(2株はbinary毒素陽性)検出した。その分離株をPOT法にて分子疫学解析したところbinary毒素陽性の2株とその他3株の遺伝子パターンがそれぞれ一致した。院内伝播の原因として、下痢回数が多く、便失禁をする患者がsuper-spreaderとなったことに加え、医療スタッフの手指衛生が十分でなかったことが要因と考えられた。その感染対策として、手指衛生の啓発活動、環境整備、病棟全体の塩素系消毒薬による清掃を実施して、院内伝播を終息することができたが、分子疫学解析を迅速に実施して正確な院内伝播を評価することが重要であり、今回の経験からCDIに対してもPOT法は有用性の高い分子疫学解析手法であると考えられた。(著者抄録)

  • 裂頭条虫症の2例と日本海裂頭条虫卵の発生実験

    森田 諒, 山田 康一, 木俣 勲, 尾崎 鈴佳, 小林 由佳, 仁木 誠, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 吉井 直子, 掛屋 弘, 加賀谷 渉, 城戸 康年, 金子 明

    Clinical Parasitology   29 ( 1 )   59 - 62   2018年12月( ISSN:1341-5190

     詳細を見る

    症例1は39歳男性で、排便後に長さ約2mの白色紐状物を排泄したため当院感染症内科外来を受診した。虫卵検査の結果より裂頭条虫症と判断し、プラジカンテルを用いて駆虫した。駆虫後、長さ約5m、最大幅約8mmで正中に1列の生殖器を有する虫体を1隻排泄した。症例2は31歳女性で、排便後に長さ約20cmと約30cmの白色紐状物を排泄した。駆虫を希望し、当院感染症内科外来を受診した。虫体の写真より裂頭条虫症と判断した。患者の駆虫希望が強く、プラジカンテルを用いて駆虫を行ったが虫体は排泄されなかった。さらに、日本海裂頭条虫卵の発生実験を行ったところ、実験第34日にごく一部の虫卵内に6本の鉤を有するコラシジウムを確認した。実験第40日頃より小蓋が開き内部が空となった虫卵を散見したが、孵化したコラシジウムは確認できなかった。

  • 裂頭条虫症の2例と日本海裂頭条虫卵の発生実験 査読

    森田 諒, 山田 康一, 木俣 勲, 尾崎 鈴佳, 小林 由佳, 仁木 誠, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 吉井 直子, 掛屋 弘, 加賀谷 渉, 城戸 康年, 金子 明

    日本臨床寄生虫学会 Clinical Parasitology   29 ( 1 )   59 - 62   2018年12月( ISSN:1341-5190

     詳細を見る

    症例1は39歳男性で、排便後に長さ約2mの白色紐状物を排泄したため当院感染症内科外来を受診した。虫卵検査の結果より裂頭条虫症と判断し、プラジカンテルを用いて駆虫した。駆虫後、長さ約5m、最大幅約8mmで正中に1列の生殖器を有する虫体を1隻排泄した。症例2は31歳女性で、排便後に長さ約20cmと約30cmの白色紐状物を排泄した。駆虫を希望し、当院感染症内科外来を受診した。虫体の写真より裂頭条虫症と判断した。患者の駆虫希望が強く、プラジカンテルを用いて駆虫を行ったが虫体は排泄されなかった。さらに、日本海裂頭条虫卵の発生実験を行ったところ、実験第34日にごく一部の虫卵内に6本の鉤を有するコラシジウムを確認した。実験第40日頃より小蓋が開き内部が空となった虫卵を散見したが、孵化したコラシジウムは確認できなかった。

  • Operative outcomes after laparoscopic splenectomy with special reference to prophylactic antibiotics. 査読

    Matsuda T, Kubo S, Ueno M, Takifuji K, Yamaue H, Takemura S, Tanaka S, Shinkawa H, Yamada K, Kakeya H

    Asian journal of endoscopic surgery   2018年11月( ISSN:1758-5902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ases.12661

    PubMed

  • 病棟薬剤業務によるVCMの急性腎障害防止効果の検討 査読

    川口 博資, 中村 安孝, 矢野 翼, 高橋 克之, 須田 泰記, 南部 敦子, 高橋 典子, 西川 武司, 山田 康一, 掛屋 弘, 永山 勝也

    (一社)日本病院薬剤師会 日本病院薬剤師会雑誌   54 ( 10 )   1264 - 1269   2018年10月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    バンコマイシン塩酸塩(vancomycin:以下、VCM)は、治療薬物モニタリング(therapeutic drug monitoring:以下、TDM)が治療効果と副作用防止につながる。今回、病棟専任薬剤師の介入によるVCMの急性腎障害発現への影響について検討を行った。VCMが投与された症例を病棟薬剤業務開始前(before inpatient pharmaceutical services:before IPS)群と、病棟薬剤業務開始後(after inpatient pharmaceutical services:以下、after IPS)群に分類した。after IPS群で、TDM実施率が有意に上昇し(p<0.001)、また、中毒域到達率が有意に低下し(p=0.029)、VCMによる急性腎障害発現率は有意に減少した(p=0.039)。これらの結果より、病棟専任薬剤師による介入は、VCMの急性腎障害を減少する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 病棟薬剤業務によるVCMの急性腎障害防止効果の検討 査読

    川口 博資, 中村 安孝, 矢野 翼, 高橋 克之, 須田 泰記, 南部 敦子, 高橋 典子, 西川 武司, 山田 康一, 掛屋 弘, 永山 勝也

    (一社)日本病院薬剤師会 日本病院薬剤師会雑誌   54 ( 10 )   1264 - 1269   2018年10月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    バンコマイシン塩酸塩(vancomycin:以下、VCM)は、治療薬物モニタリング(therapeutic drug monitoring:以下、TDM)が治療効果と副作用防止につながる。今回、病棟専任薬剤師の介入によるVCMの急性腎障害発現への影響について検討を行った。VCMが投与された症例を病棟薬剤業務開始前(before inpatient pharmaceutical services:before IPS)群と、病棟薬剤業務開始後(after inpatient pharmaceutical services:以下、after IPS)群に分類した。after IPS群で、TDM実施率が有意に上昇し(p<0.001)、また、中毒域到達率が有意に低下し(p=0.029)、VCMによる急性腎障害発現率は有意に減少した(p=0.039)。これらの結果より、病棟専任薬剤師による介入は、VCMの急性腎障害を減少する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 病棟薬剤業務によるVCMの急性腎障害防止効果の検討 査読

    川口 博資, 中村 安孝, 矢野 翼, 高橋 克之, 須田 泰記, 南部 敦子, 高橋 典子, 西川 武司, 山田 康一, 掛屋 弘, 永山 勝也

    日本病院薬剤師会雑誌   54 ( 10 )   1264 - 1269   2018年10月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    バンコマイシン塩酸塩(vancomycin:以下、VCM)は、治療薬物モニタリング(therapeutic drug monitoring:以下、TDM)が治療効果と副作用防止につながる。今回、病棟専任薬剤師の介入によるVCMの急性腎障害発現への影響について検討を行った。VCMが投与された症例を病棟薬剤業務開始前(before inpatient pharmaceutical services:before IPS)群と、病棟薬剤業務開始後(after inpatient pharmaceutical services:以下、after IPS)群に分類した。after IPS群で、TDM実施率が有意に上昇し(p<0.001)、また、中毒域到達率が有意に低下し(p=0.029)、VCMによる急性腎障害発現率は有意に減少した(p=0.039)。これらの結果より、病棟専任薬剤師による介入は、VCMの急性腎障害を減少する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 腹腔鏡下脾臓摘出術における手術成績と予防抗菌薬投与期間に関する検討 査読

    松田 常美, 久保 正二, 上野 昌樹, 瀧藤 克也, 山上 裕機, 竹村 茂一, 田中 肖吾, 新川 寛二, 山田 康一, 掛屋 弘

    日本外科感染症学会雑誌   15 ( 5 )   545 - 545   2018年10月( ISSN:1349-5755

  • 病棟薬剤業務によるVCMの急性腎障害防止効果の検討

    川口 博資, 中村 安孝, 矢野 翼, 高橋 克之, 須田 泰記, 南部 敦子, 高橋 典子, 西川 武司, 山田 康一, 掛屋 弘, 永山 勝也

    日本病院薬剤師会雑誌   54 ( 10 )   1264 - 1269   2018年10月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    バンコマイシン塩酸塩(vancomycin:以下、VCM)は、治療薬物モニタリング(therapeutic drug monitoring:以下、TDM)が治療効果と副作用防止につながる。今回、病棟専任薬剤師の介入によるVCMの急性腎障害発現への影響について検討を行った。VCMが投与された症例を病棟薬剤業務開始前(before inpatient pharmaceutical services:before IPS)群と、病棟薬剤業務開始後(after inpatient pharmaceutical services:以下、after IPS)群に分類した。after IPS群で、TDM実施率が有意に上昇し(p<0.001)、また、中毒域到達率が有意に低下し(p=0.029)、VCMによる急性腎障害発現率は有意に減少した(p=0.039)。これらの結果より、病棟専任薬剤師による介入は、VCMの急性腎障害を減少する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Successful Treatment of Intestinal Mycosis Caused by a Simultaneous Infection with Lichtheimia ramosa and Aspergillus calidoustus.

    Kaneko Y, Oinuma KI, Terachi T, Arimura Y, Niki M, Yamada K, Kakeya H, Mizutani T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 16 )   2421 - 2424   2018年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0254-17

    PubMed

    CiNii Article

  • Lichtheimia ramosaとAspergillus calidoustusの同時感染により引き起こされた消化管真菌症の治療成功(Successful Treatment of Intestinal Mycosis Caused by a Simultaneous Infection with Lichtheimia ramosa and Aspergillus calidoustus) 査読

    Kaneko Yukihiro, Oinuma Ken-ichi, Terachi Tsuneko, Arimura Yasuaki, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi, Mizutani Tetsu

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   57 ( 16 )   2421 - 2424   2018年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は53歳女性で、肺炎球菌性肺炎を発症後の敗血症性ショックにより来院した。2.5年前に食道癌手術を施行されていた。血液培養でペニシリン感受性Streptococcus pneumoniaeが検出され、人工呼吸器装着下でメロペネム、免疫グロブリン、ヒドロコルチゾンを7日間投与し、持続血液濾過透析を行った。12日目の腹部X線検査とCT検査で腹腔のフリーエアーが判明し、横行結腸穿孔に対して緊急結腸亜全摘術を行った。術後に発熱と重度炎症が持続し、大腸内視鏡検査で残存直腸に複数の潰瘍と出血が確認された。結腸組織とドレナージ標本から真菌が検出され、ムコール症が示唆された。高用量リポソーマルアムホテリシンBの投与を開始すると解熱し、ドレナージ液から糸状菌が検出されなくなり、炎症反応が消失した。分離真菌は、Lichtheimia ramosaおよびAspergillus calidoustusと特定された。

  • Lichtheimia ramosaとAspergillus calidoustusの同時感染により引き起こされた消化管真菌症の治療成功(Successful Treatment of Intestinal Mycosis Caused by a Simultaneous Infection with Lichtheimia ramosa and Aspergillus calidoustus)

    Kaneko Yukihiro, Oinuma Ken-ichi, Terachi Tsuneko, Arimura Yasuaki, Niki Mamiko, Yamada Koichi, Kakeya Hiroshi, Mizutani Tetsu

    Internal Medicine   57 ( 16 )   2421 - 2424   2018年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は53歳女性で、肺炎球菌性肺炎を発症後の敗血症性ショックにより来院した。2.5年前に食道癌手術を施行されていた。血液培養でペニシリン感受性Streptococcus pneumoniaeが検出され、人工呼吸器装着下でメロペネム、免疫グロブリン、ヒドロコルチゾンを7日間投与し、持続血液濾過透析を行った。12日目の腹部X線検査とCT検査で腹腔のフリーエアーが判明し、横行結腸穿孔に対して緊急結腸亜全摘術を行った。術後に発熱と重度炎症が持続し、大腸内視鏡検査で残存直腸に複数の潰瘍と出血が確認された。結腸組織とドレナージ標本から真菌が検出され、ムコール症が示唆された。高用量リポソーマルアムホテリシンBの投与を開始すると解熱し、ドレナージ液から糸状菌が検出されなくなり、炎症反応が消失した。分離真菌は、Lichtheimia ramosaおよびAspergillus calidoustusと特定された。

  • MRSA感染が疑われた発熱性好中球減少症の2次治療に対するDaptomycinおよびLinezolidの有効性・安全性に関する後方視的研究 査読

    櫻井 紀宏, 中村 安孝, 川口 博資, 山田 康一, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌   66 ( 4 )   504 - 512   2018年07月( ISSN:1340-7007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    発熱性好中球減少症(FN:febrile neutropenia)治療において薬剤耐性グラム陽性菌感染が疑われる状況下等では抗methicillin-resistant Staphylococcus aureus(MRSA)薬としてグリコペプチド系抗菌薬(GPs)の使用が推奨されている。しかしながら、GPs継続不可時のFNに対する2次治療として、daptomycin(DAP)やlinezolid(LZD)の有効性を検討した報告はない。そこで今回、GPs不応性のFNに対する2次治療薬としてDAPとLZDの有効性と安全性について比較検討した。2010年1月から2016年12月の期間に大阪市立大学医学部附属病院でFN治療に対してGPsが投与された患者のうち、効果不十分等の理由でDAPまたはLZDによる2次治療が実施された症例を対象とした。診療録より患者背景、臨床検査値、バイタルサインの推移、解熱効果、投与終了30日後の生存率、臨床効果、細菌学的効果について後方視的に調査した。対象症例は、DAP群20例、LZD群13例であり、患者背景、投与期間、前治療で使用されたGPsおよび投与期間に有意差は認められなかった。両群とも投与終了時の臨床効果や投与終了30日後の生存率に両群間で有意差は認めなかったが、投与開始後4日目までの解熱効果がLZD群で有効率81.8%とDAP群の有効率31.3%と比較して有意に高いことが確認された。有害事象が原因による投与中止例が両群とも1例ずつに認められたが、いずれも軽微で重篤な副作用は確認されなかった。本検討からGPsの継続が困難なFN症例に対してLZDおよびDAPはどちらも治療選択肢の一つとしてなりえる可能性がある。特にLZDにはFNのような好中球数の減少した病態に対しても抗炎症作用が発揮され、早期の解熱効果が得られると考えられる。(著者抄録)

  • MRSA感染が疑われた発熱性好中球減少症の2次治療に対するDaptomycinおよびLinezolidの有効性・安全性に関する後方視的研究

    櫻井 紀宏, 中村 安孝, 川口 博資, 山田 康一, 永山 勝也, 掛屋 弘

    日本化学療法学会雑誌   66 ( 4 )   504 - 512   2018年07月( ISSN:1340-7007

     詳細を見る

    発熱性好中球減少症(FN:febrile neutropenia)治療において薬剤耐性グラム陽性菌感染が疑われる状況下等では抗methicillin-resistant Staphylococcus aureus(MRSA)薬としてグリコペプチド系抗菌薬(GPs)の使用が推奨されている。しかしながら、GPs継続不可時のFNに対する2次治療として、daptomycin(DAP)やlinezolid(LZD)の有効性を検討した報告はない。そこで今回、GPs不応性のFNに対する2次治療薬としてDAPとLZDの有効性と安全性について比較検討した。2010年1月から2016年12月の期間に大阪市立大学医学部附属病院でFN治療に対してGPsが投与された患者のうち、効果不十分等の理由でDAPまたはLZDによる2次治療が実施された症例を対象とした。診療録より患者背景、臨床検査値、バイタルサインの推移、解熱効果、投与終了30日後の生存率、臨床効果、細菌学的効果について後方視的に調査した。対象症例は、DAP群20例、LZD群13例であり、患者背景、投与期間、前治療で使用されたGPsおよび投与期間に有意差は認められなかった。両群とも投与終了時の臨床効果や投与終了30日後の生存率に両群間で有意差は認めなかったが、投与開始後4日目までの解熱効果がLZD群で有効率81.8%とDAP群の有効率31.3%と比較して有意に高いことが確認された。有害事象が原因による投与中止例が両群とも1例ずつに認められたが、いずれも軽微で重篤な副作用は確認されなかった。本検討からGPsの継続が困難なFN症例に対してLZDおよびDAPはどちらも治療選択肢の一つとしてなりえる可能性がある。特にLZDにはFNのような好中球数の減少した病態に対しても抗炎症作用が発揮され、早期の解熱効果が得られると考えられる。(著者抄録)

  • 院内におけるAntifungal Stewardship(AFS)への取り組み

    掛屋 弘, 山田 康一, 川口 博資

    感染と抗菌薬   21 ( 2 )   149 - 158   2018年06月( ISSN:13440969

     詳細を見る

  • A Case of Imported Taenia asiatica Infection in Japan.

    Namikawa H, Takemoto Y, Shimazaki I, Makuuchi A, Kobayashi M, Kinuhata S, Yamada K, Fujimoto H, Toyoda H, Kamata N, Tochino Y, Teramoto I, Abe N, Morimura M, Kakeya H, Shuto T

    Japanese journal of infectious diseases   71 ( 2 )   170 - 171   2018年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

  • 2)肺真菌症を疑うポイントと診断のコツ

    掛屋 弘

    日本内科学会雑誌   107 ( 3 )   416 - 422   2018年03月( ISSN:00215384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/naika.107.416

    CiNii Article

  • Successful Treatment of Intestinal Mycosis Caused by a Simultaneous Infection with Lichtheimia ramosa and Aspergillus calidoustus. 査読

    Kaneko Y, Oinuma KI, Terachi T, Arimura Y, Niki M, Yamada K, Kakeya H, Mizutani T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   2018年03月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0254-17

    PubMed

  • 日本における輸入Taenia asiatica感染症の1症例(A Case of Imported Taenia asiatica Infection in Japan) 査読

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Shimazaki Ikuji, Makuuchi Ayako, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Toyoda Hiromitsu, Kamata Noriko, Tochino Yoshihiro, Teramoto Isao, Abe Niichiro, Morimura Mina, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    国立感染症研究所 Japanese Journal of Infectious Diseases   71 ( 2 )   170 - 171   2018年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は47歳女性で、肛門からproglottidsが排出され、下腹部に不快感があった。患者は約10ヵ月前にフィリピンに1ヵ月間滞在し、生のブタ肝臓を食していた。触知腹部腫瘍や腹部圧痛は観察されず、身体検査は正常であった。血液検査、その他検査結果は正常範囲内であった。proglottidsの所見、臨床データ、食事歴からTaenia saginataまたはT.asiatica感染が疑われた。プラジカンテル600mg/日と下剤を投与し、多くのproglottidsと寄生虫の頭節が排出され、駆虫に成功した。多重PCRによってT.asiaticaと同定した。食事歴を調査したところ、日本では通常は肉を焼いて食べ、生では食べないことから、最終的に輸入T.asiatica感染症と診断した。

  • 慢性肺アスペルギルス症に対するアンホテリシンBリポソーム製剤とボリコナゾールの静脈内投与の比較 日本における多施設共同試験(Intravenous liposomal amphotericin B versus voriconazole for chronic pulmonary aspergillosis: a multicenter trial in Japan) 査読

    Kohno Shigeru, Izumikawa Koichi, Ogawa Kenji, Kurashima Atsuyuki, Okimoto Niro, Suzuki Katsuhiro, Kakeya Hiroshi, Niki Yoshihito, Ichihara Kiyoshi, Miyazaki Yoshitsugu, Japan Chronic Pulmonary Aspergillosis Study Group

    長崎大学医学部 Acta Medica Nagasakiensia   61 ( 4 )   167 - 176   2018年03月( ISSN:0001-6055

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性肺アスペルギルス症(CPA)に対するアムホテリシンBリポソーム製剤(L-AMB)静注(2.5〜5.0mg/kg、1日1回)とボリコナゾール(VRCZ)静注(Day1は6mg/kgを2回、その後は4mg/kgを1日2回)を比較する多施設共同無作為化非盲検試験を実施した。CPA患者166例をL-AMB群83例(男性74.7%、中央値72.0歳)とVRCZ群83例(男性83.1%、中央値71.0歳)に無作為に割り付け、投与2週後および投与終了時に有効性を評価した。L-AMB群の51例とVRCZ群の59例をプロトコルの適合集団として解析した。その結果、L-AMB群とVRCZ群における2週後の有効率はそれぞれ49.0%と59.3%、治療終了時の有効率はそれぞれ52.9%と67.8%で、両群間で有意差はみられなかった。L-AMB群とVRCZ群における副作用の発生率はそれぞれ54.2と59.0%であり、有意差はみられなかった。以上から、CPAに対してL-AMBはVRCZと同程度に有効であり、副作用の発生率にも差はみられないことが示された。

  • Successful treatment of intestinal mycosis caused by simultaneous infection with Lichtheimia ramose and Aspergillus calcidoustus 査読

    金子幸弘、老沼研一、掛屋 弘、他

    Internal Medicine   57 ( 16 )   2421 - 2424   2018年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Successful treatment of intestinal mycosis caused by simultaneous infection with Lichtheimia ramose and Aspergillus calcidoustus 査読

    金子幸弘, 老沼研一, 掛屋 弘

    Internal Medicine   57 ( 16 )   2421 - 2424   2018年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 慢性肺アスペルギルス症に対するアンホテリシンBリポソーム製剤とボリコナゾールの静脈内投与の比較 日本における多施設共同試験(Intravenous liposomal amphotericin B versus voriconazole for chronic pulmonary aspergillosis: a multicenter trial in Japan)

    Kohno Shigeru, Izumikawa Koichi, Ogawa Kenji, Kurashima Atsuyuki, Okimoto Niro, Suzuki Katsuhiro, Kakeya Hiroshi, Niki Yoshihito, Ichihara Kiyoshi, Miyazaki Yoshitsugu, Japan Chronic Pulmonary Aspergillosis Study Group

    Acta Medica Nagasakiensia   61 ( 4 )   167 - 176   2018年03月( ISSN:0001-6055

     詳細を見る

    慢性肺アスペルギルス症(CPA)に対するアムホテリシンBリポソーム製剤(L-AMB)静注(2.5~5.0mg/kg、1日1回)とボリコナゾール(VRCZ)静注(Day1は6mg/kgを2回、その後は4mg/kgを1日2回)を比較する多施設共同無作為化非盲検試験を実施した。CPA患者166例をL-AMB群83例(男性74.7%、中央値72.0歳)とVRCZ群83例(男性83.1%、中央値71.0歳)に無作為に割り付け、投与2週後および投与終了時に有効性を評価した。L-AMB群の51例とVRCZ群の59例をプロトコルの適合集団として解析した。その結果、L-AMB群とVRCZ群における2週後の有効率はそれぞれ49.0%と59.3%、治療終了時の有効率はそれぞれ52.9%と67.8%で、両群間で有意差はみられなかった。L-AMB群とVRCZ群における副作用の発生率はそれぞれ54.2と59.0%であり、有意差はみられなかった。以上から、CPAに対してL-AMBはVRCZと同程度に有効であり、副作用の発生率にも差はみられないことが示された。

  • 日本における輸入Taenia asiatica感染症の1症例(A Case of Imported Taenia asiatica Infection in Japan)

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Shimazaki Ikuji, Makuuchi Ayako, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Toyoda Hiromitsu, Kamata Noriko, Tochino Yoshihiro, Teramoto Isao, Abe Niichiro, Morimura Mina, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    Japanese Journal of Infectious Diseases   71 ( 2 )   170 - 171   2018年03月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    症例は47歳女性で、肛門からproglottidsが排出され、下腹部に不快感があった。患者は約10ヵ月前にフィリピンに1ヵ月間滞在し、生のブタ肝臓を食していた。触知腹部腫瘍や腹部圧痛は観察されず、身体検査は正常であった。血液検査、その他検査結果は正常範囲内であった。proglottidsの所見、臨床データ、食事歴からTaenia saginataまたはT.asiatica感染が疑われた。プラジカンテル600mg/日と下剤を投与し、多くのproglottidsと寄生虫の頭節が排出され、駆虫に成功した。多重PCRによってT.asiaticaと同定した。食事歴を調査したところ、日本では通常は肉を焼いて食べ、生では食べないことから、最終的に輸入T.asiatica感染症と診断した。

  • A 47-year-old Filipina with Taenia Asiatica as the Imported Infection in Japan: A case report. 査読

    Namikawa H, Takemoto Y, Shimazaki I, Makuuchi A, Kobayashi M, Kinuhata S, Yamada K, Fujimoto H, Toyoda H, Kamata N, Tochino Y, Teramoto I, Abe N, Morimura M, Kakeya H, Shuto T

    Japanese journal of infectious diseases   2018年02月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2017.082

    PubMed

  • A 47-year-old Filipina with Taenia Asiatica as the Imported Infection in Japan: A case report. 査読

    Namikawa H, Takemoto Y, Shimazaki I, Makuuchi A, Kobayashi M, Kinuhata S, Yamada K, Fujimoto H, Toyoda H, Kamata N, Tochino Y, Teramoto I, Abe N, Morimura M, Kakeya H, Shuto T

    Japanese journal of infectious diseases   2018年02月( ISSN:1344-6304

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2017.082

  • 我が国おけるカンジダ血症の原因カンジダ属の調査(2003-2014年) 査読

    掛屋 弘、他

    日本医真菌学会誌   59   E19 - E22   2018年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 我が国おけるカンジダ血症の原因カンジダ属の調査(2003-2014年) 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会誌   59   E19 - E22   2018年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2003〜2014年までの国内におけるカンジダ血症起因菌Candida種の分布にみられる全国的な傾向 日本ヒト真菌症疫学調査委員会による報告(National Trends in the Distribution of Candida Species Causing Candidemia in Japan from 2003 to 2014: A Report by the Epidemiological Investigation Committee for Human Mycoses in Japan) 査読

    Kakeya Hiroshi, Yamada Koichi, Kaneko Yukihiro, Yanagihara Katsunori, Tateda Kazuhiro, Maesaki Shigefumi, Takesue Yoshio, Tomono Kazunori, Kadota Jun-ichi, Kaku Mitsuo, Miyazaki Yoshitsugu, Kamei Katsuhiko, Shibuya Kazutoshi, Niki Yoshitiho, Yoshida Minoru, Sei Yoshihiro, Epidemiological Investigation Committee for Human Mycoses in Japan

    (一社)日本医真菌学会 Medical Mycology Journal   59 ( 1 )   E19 - E22   2018年01月( ISSN:2185-6486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大学病院10施設から収集した2003〜2014年までのデータから、カンジダ血症および起因菌Candida種の後ろ向き疫学調査を実施した。なお、本調査では、血液培養検査検体計328318個を用いて行った。その結果、全検体に対する陽性率は13.0±0.52%で、真菌の存在率は、全検体に対して0.58±0.09%、陽性検体に対して4.46±0.66%であった。また、検体から1921株のCandida属菌が同定され、最も多く認められた菌種がC.albicans(39.5%)で、続いて、C.parapsilosis(23.3%)、C.glabrata(13.2%)、C.tropicalis(7.1%)、C.krusei(3.2%)の順に多く認められた。特にC.albicansは試験期間の前半の方が後半よりも高い存在割合が示され、C.glabrataでは試験期間の前半の方が後半よりも低く、C.kruseiでは、試験期間の前半の方が、後半よりも高い存在割合が示された。

  • 2003~2014年までの国内におけるカンジダ血症起因菌Candida種の分布にみられる全国的な傾向 日本ヒト真菌症疫学調査委員会による報告(National Trends in the Distribution of Candida Species Causing Candidemia in Japan from 2003 to 2014: A Report by the Epidemiological Investigation Committee for Human Mycoses in Japan)

    Kakeya Hiroshi, Yamada Koichi, Kaneko Yukihiro, Yanagihara Katsunori, Tateda Kazuhiro, Maesaki Shigefumi, Takesue Yoshio, Tomono Kazunori, Kadota Jun-ichi, Kaku Mitsuo, Miyazaki Yoshitsugu, Kamei Katsuhiko, Shibuya Kazutoshi, Niki Yoshitiho, Yoshida Minoru, Sei Yoshihiro, Epidemiological Investigation Committee for Human Mycoses in Japan

    Medical Mycology Journal   59 ( 1 )   E19 - E22   2018年01月( ISSN:2185-6486

     詳細を見る

    大学病院10施設から収集した2003~2014年までのデータから、カンジダ血症および起因菌Candida種の後ろ向き疫学調査を実施した。なお、本調査では、血液培養検査検体計328318個を用いて行った。その結果、全検体に対する陽性率は13.0±0.52%で、真菌の存在率は、全検体に対して0.58±0.09%、陽性検体に対して4.46±0.66%であった。また、検体から1921株のCandida属菌が同定され、最も多く認められた菌種がC.albicans(39.5%)で、続いて、C.parapsilosis(23.3%)、C.glabrata(13.2%)、C.tropicalis(7.1%)、C.krusei(3.2%)の順に多く認められた。特にC.albicansは試験期間の前半の方が後半よりも高い存在割合が示され、C.glabrataでは試験期間の前半の方が後半よりも低く、C.kruseiでは、試験期間の前半の方が、後半よりも高い存在割合が示された。

  • [National Trends in the Distribution of Candida Species Causing Candidemia in Japan from 2003 to 2014]. 査読

    Kakeya H, Yamada K, Kaneko Y, Yanagihara K, Tateda K, Maesaki S, Takesue Y, Tomono K, Kadota JI, Kaku M, Miyazaki Y, Kamei K, Shibuya K, Niki Y, Yoshida M, Sei Y

    Medical mycology journal   59 ( 1 )   E19 - E22   2018年( ISSN:2185-6486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3314/mmj.17-00014

    PubMed

  • 慢性肺アスペルギルス症に対するliposomal amphotericin B とvoriconazole の比較試験 査読

    河野 茂、泉川公一、掛屋 弘、他

    Acta Med. Nagasaki   61   167 - 176   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • S7-3 non-HIV患者(健常人、臓器移植患者、その他の免疫不全患者など)におけるクリプトコックス診療 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   59 ( 0 )   2018年( ISSN:0916-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11534/jsmm.59.Suppl1.0_64

    CiNii Article

  • S2-2 ムーコル症の最新トピックスと今後の課題 査読

    掛屋 弘, 柴多 渉

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   59 ( 0 )   2018年( ISSN:0916-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.59.Suppl1.0_51_2

    CiNii Article

  • S1-2 肺真菌症の特徴と問題点 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   59 ( 0 )   2018年( ISSN:0916-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11534/jsmm.59.Suppl1.0_49_2

    CiNii Article

  • Intravenous liposomal amphotericin B versus voriconazole for chronic pulmonary aspergillosis: a multicenter trial in Japan 査読

    Kohno Shigeru, Miyazaki Yoshitsugu, Izumikawa Koichi, Ogawa Kenji, Kurashima Atsuyuki, Okimoto Niro, Suzuki Katsuhiro, Kakeya Hiroshi, Niki Yoshihito, Ichihara Kiyoshi

    長崎大学医学部 Acta Medica Nagasakiensia   61 ( 4 )   167 - 176   2018年( ISSN:0001-6055

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Chronic pulmonary aspergillosis (CPA) is slowly progressive inflammatory pulmonary syndrome due to infection of Aspergillus spp. We conducted a randomized, multicenter, open-label trial comparing intravenous liposomal amphotericin B (L-AMB) of 2.5-5.0 mg/kg once daily with intravenous voriconazole (VRCZ) of 6 mg/kg twice on Day 1 followed by 4 mg/kg twice daily. Treatment effectiveness was defined by clinical, and radiological improvement at both 2 weeks after the initial administration and at the end of therapy. The total of 166 patients were recruited and 83 patients for each drug group were assigned. Total of 51 and 59 cases of L-AMB and VRCZ, respectively were assessed as per-protocol populations. The difference in efficacy rates between L-AMB and VRCZ was not significant, either after 2 weeks [49.0% vs. 59.3%; the absolute difference, 10.3% with a 95% confidence interval (CI), -8.4 to 29.00, P=0.279] or at the end of therapy (52.9% vs. 67.8%; the absolute difference, 14.9% with a 95% CI, -3.4 to 33.2, P=0.111). In the safety evaluation, no statistical difference of occurrence rates in both LAMB and VRCZ group (54.2% vs. 59.0%, P=0.531). L-AMB was as effective as VRCZ with no significant difference of adverse effects in the treatment of CPA. (UMIN Clinical Trials Registry number, UMIN000002236.)

    DOI: 10.11343/amn.61.167

    CiNii Article

  • 2)肺真菌症を疑うポイントと診断のコツ 査読

    掛屋 弘

    一般社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌   107 ( 3 )   416 - 422   2018年( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.2169/naika.107.416

    CiNii Article

  • [National Trends in the Distribution of Candida Species Causing Candidemia in Japan from 2003 to 2014].

    Kakeya H, Yamada K, Kaneko Y, Yanagihara K, Tateda K, Maesaki S, Takesue Y, Tomono K, Kadota JI, Kaku M, Miyazaki Y, Kamei K, Shibuya K, Niki Y, Yoshida M, Sei Y

    Medical mycology journal   59 ( 1 )   E19 - E22   2018年( ISSN:21856486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.3314/mmj.17-00014

    PubMed

    CiNii Article

  • S7-3 non-HIV患者(健常人、臓器移植患者、その他の免疫不全患者など)におけるクリプトコックス診療 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   59.Suppl1 ( 0 )   64   2018年( ISSN:09164804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.59.suppl1.0_64

    CiNii Article

  • S2-2 ムーコル症の最新トピックスと今後の課題 査読

    掛屋 弘, 柴多 渉

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   59.Suppl1 ( 0 )   51   2018年( ISSN:09164804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.59.suppl1.0_51_2

    CiNii Article

  • S1-2 肺真菌症の特徴と問題点 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   59.Suppl1 ( 0 )   49   2018年( ISSN:09164804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.59.suppl1.0_49_2

    CiNii Article

  • Intravenous liposomal amphotericin B versus voriconazole for chronic pulmonary aspergillosis: a multicenter trial in Japan

    Kohno Shigeru, Izumikawa Koichi, Ogawa Kenji, Kurashima Atsuyuki, Okimoto Niro, Suzuki Katsuhiro, Kakeya Hiroshi, Niki Yoshihito, Ichihara Kiyoshi, Miyazaki Yoshitsugu

    Acta Medica Nagasakiensia   61 ( 4 )   167 - 176   2018年( ISSN:00016055

     詳細を見る

    Chronic pulmonary aspergillosis (CPA) is slowly progressive inflammatory pulmonary syndrome due to infection of Aspergillus spp. We conducted a randomized, multicenter, open-label trial comparing intravenous liposomal amphotericin B (L-AMB) of 2.5-5.0 mg/kg once daily with intravenous voriconazole (VRCZ) of 6 mg/kg twice on Day 1 followed by 4 mg/kg twice daily. Treatment effectiveness was defined by clinical, and radiological improvement at both 2 weeks after the initial administration and at the end of therapy. The total of 166 patients were recruited and 83 patients for each drug group were assigned. Total of 51 and 59 cases of L-AMB and VRCZ, respectively were assessed as per-protocol populations. The difference in efficacy rates between L-AMB and VRCZ was not significant, either after 2 weeks [49.0% vs. 59.3%; the absolute difference, 10.3% with a 95% confidence interval (CI), -8.4 to 29.00, P=0.279] or at the end of therapy (52.9% vs. 67.8%; the absolute difference, 14.9% with a 95% CI, -3.4 to 33.2, P=0.111). In the safety evaluation, no statistical difference of occurrence rates in both LAMB and VRCZ group (54.2% vs. 59.0%, P=0.531). L-AMB was as effective as VRCZ with no significant difference of adverse effects in the treatment of CPA. (UMIN Clinical Trials Registry number, UMIN000002236.)

    DOI: 10.11343/amn.61.167

    CiNii Article

  • A Case of Imported <i>Taenia asiatica</i> Infection in Japan

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Shimazaki Ikuji, Makuuchi Ayako, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Toyoda Hiromitsu, Kamata Noriko, Tochino Yoshihiro, Teramoto Isao, Abe Niichiro, Morimura Mina, Kakeya Hiroshi, Shuto Taichi

    Japanese Journal of Infectious Diseases   71 ( 2 )   170 - 171   2018年( ISSN:13446304

  • 慢性肺アスペルギルス症に対するliposomal amphotericin B とvoriconazole の比較試験 査読

    河野 茂, 泉川公一, 掛屋 弘

    Acta Med. Nagasaki   61   167 - 176   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Recurrent High Fever Due to Intestinal Bacteria-Associated Bacteremia 査読

    Namikawa Hiroki, Takemoto Yasuhiko, Umeda Sakurako, Kobayashi Masanori, Kinuhata Shigeki, Kamata Noriko, Morimura Mina, Hosono Mitsuharu, Kakeya Hiroshi, Shibata Toshihiko, Shuto Taichi

    CLINICAL INFECTIOUS DISEASES   65 ( 10 )   1763 - 1765   2017年11月( ISSN:1058-4838

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cid/cix579

  • Recurrent High Fever due to Intestinal Bacteria-Associated Bacteremia 査読

    Hiroki Namikawa, Yasuhiko Takemoto, Sakurako Umeda, Masanori Kobayashi, Shigeki Kinuhata, Noriko Kamata, Mina Morimura, Mitsuharu Hosono, Hiroshi Kakeya, Toshihiko Shibata, Taichi Shuto

    Clinical Infectious Diseases   65 ( 10 )   1763 - 1765   2017年11月( ISSN:1537-6591

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/cid/cix579

  • Clinical characteristics of bacteremia caused by vancomycin-susceptible Enterococcus faecalis and Enterococcus feacium in a tertiary hospital; a case-control study: alert to Enterococcus faecium strains with high minimum inhibitory concentrations of daptomycin 査読

    Namikawa Hiroki, Kakeya Hiroshi, Yamada Koichi, Shibata Wataru, Fujimoto Hiroki, Kaneko Yukihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   50   S192 - S192   2017年11月( ISSN:0924-8579

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical Characteristics and Low Susceptibility to Daptomycin in Enterococcus faecium Bacteremia 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Shibata Wataru, Fujimoto Hiroki, Takizawa Etsuko, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Nakamura Yasutaka, Oinuma Ken-Ichi, Niki Mamiko, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    東北ジャーナル刊行会 TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   243 ( 3 )   211 - 218   2017年11月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><i>Enterococcus faecium</i> has high levels of resistance to multiple antibiotics, and the mortality due to <i>E. faecium</i> bacteremia is high. Accordingly, <i>E. faecium</i> strains with low susceptibility to daptomycin are a concern in clinical practice. This study assessed the predictive factors and prognosis of patients with bacteremia due to<i> E. faecium</i> as well as the antimicrobial susceptibility, particularly to daptomycin, among <i>E. faecium</i> isolates. The medical records of patients admitted to Osaka City University Hospital with <i>E. faecalis</i> (n = 60) and <i>E. faecium</i> (n = 48) bacteremia between January 2011 and March 2016 were retrospectively reviewed. The <i>E. faecalis</i> group (mean age: 62.0 years) included 22 women, and the <i>E. faecium</i> group (mean age: 59.1 years) included 19 women. Predictive factors for infection, prognosis, and isolate antimicrobial susceptibilities were evaluated. The mean Sequential Organ Failure Assessment score and mortality rate did not differ between the two groups. The independent predictors of <i>E. faecium</i> bacteremia in multivariate analysis included quinolone use (p = 0.025), malignancy (p = 0.021), and prolonged hospitalization (p = 0.016). Cardiovascular disease was associated with a reduced risk of <i>E. faecium</i> bacteremia (p = 0.015). Notably, the percentage of <i>E. faecium</i> isolates with low daptomycin susceptibility was higher than that of <i>E. faecalis</i> (8.5% vs. 0%, p = 0.036). Thus, <i>E. faecium</i> should be considered when administering antibiotic therapy to patients with a history of these predictors. Furthermore, the use of daptomycin should be avoided in case of <i>E. faecium</i> with low susceptibility to daptomycin.</p>

    DOI: 10.1620/tjem.243.211

    PubMed

    CiNii Article

  • Clinical characteristics of bacteremia caused by vancomycin-susceptible Enterococcus faecalis and Enterococcus feacium in a tertiary hospital; a case-control study: alert to Enterococcus faecium strains with high minimum inhibitory concentrations of daptomycin 査読

    Namikawa Hiroki, Kakeya Hiroshi, Yamada Koichi, Shibata Wataru, Fujimoto Hiroki, Kaneko Yukihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   50   S192 - S192   2017年11月( ISSN:0924-8579

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enterococcus faecium菌血症における臨床的特徴とダプトマイシンへの低感受性(Clinical Characteristics and Low Susceptibility to Daptomycin in Enterococcus faecium Bacteremia) 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Shibata Wataru, Fujimoto Hiroki, Takizawa Etsuko, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Nakamura Yasutaka, Oinuma Ken-ichi, Niki Mamiko, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    東北ジャーナル刊行会 The Tohoku Journal of Experimental Medicine   243 ( 3 )   211 - 218   2017年11月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    3次医療機関におけるバンコマイシン感受性Enterococcus faecalis菌血症患者60名(男38名、女22名、平均62.0歳)及びE.faecium菌血症患者48名(男29名、女19名、平均59.1歳)の臨床的特徴を挙げ、感染、予後、分離株薬剤感受性の予測因子を調べた。その結果、E.faecalis菌血症患者のうち、血液悪性腫瘍9名を含む悪性腫瘍29名、心血管疾患19名、キノロン系抗菌薬投与12名、院内感染48名であった。E.faecium菌血症患者のうち、血液悪性腫瘍21名を含む悪性腫瘍患者40名、心血管疾患4名、キノロン系抗菌薬投与24名、院内感染46名であった。E.faecium菌血症での好中球減少症は35.4%で、E.faecalis菌血症での10.0%よりも有意に高かった。E.faecalis菌血症の治療は、ペニシリン抗菌薬投与が25名で、根治療法として18名に抗MRSA薬を投与した。E.faecium菌血症では、37名に抗MRSA薬を投与した。多変量解析にてE.faecium菌血症の独立予測因子はキノロン系抗菌薬使用、悪性腫瘍、長期入院で、心血管疾患は逆の予測因子であった。抗菌薬感受性に関しては、E.faecium分離株のダプトマイシン低感受性(MIC≧3μg/mL)菌の割合が8.5%とE.faecalisの0%よりも高かった。

  • Clinical Characteristics and Low Susceptibility to Daptomycin in Enterococcus faecium Bacteremia.

    Namikawa H, Yamada K, Shibata W, Fujimoto H, Takizawa E, Niki M, Nakaie K, Nakamura Y, Oinuma KI, Niki M, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H

    The Tohoku journal of experimental medicine   243 ( 3 )   211 - 218   2017年11月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1620/tjem.243.211

    PubMed

    CiNii Article

  • Enterococcus faecium菌血症における臨床的特徴とダプトマイシンへの低感受性(Clinical Characteristics and Low Susceptibility to Daptomycin in Enterococcus faecium Bacteremia)

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Shibata Wataru, Fujimoto Hiroki, Takizawa Etsuko, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Nakamura Yasutaka, Oinuma Ken-ichi, Niki Mamiko, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    The Tohoku Journal of Experimental Medicine   243 ( 3 )   211 - 218   2017年11月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    3次医療機関におけるバンコマイシン感受性Enterococcus faecalis菌血症患者60名(男38名、女22名、平均62.0歳)及びE.faecium菌血症患者48名(男29名、女19名、平均59.1歳)の臨床的特徴を挙げ、感染、予後、分離株薬剤感受性の予測因子を調べた。その結果、E.faecalis菌血症患者のうち、血液悪性腫瘍9名を含む悪性腫瘍29名、心血管疾患19名、キノロン系抗菌薬投与12名、院内感染48名であった。E.faecium菌血症患者のうち、血液悪性腫瘍21名を含む悪性腫瘍患者40名、心血管疾患4名、キノロン系抗菌薬投与24名、院内感染46名であった。E.faecium菌血症での好中球減少症は35.4%で、E.faecalis菌血症での10.0%よりも有意に高かった。E.faecalis菌血症の治療は、ペニシリン抗菌薬投与が25名で、根治療法として18名に抗MRSA薬を投与した。E.faecium菌血症では、37名に抗MRSA薬を投与した。多変量解析にてE.faecium菌血症の独立予測因子はキノロン系抗菌薬使用、悪性腫瘍、長期入院で、心血管疾患は逆の予測因子であった。抗菌薬感受性に関しては、E.faecium分離株のダプトマイシン低感受性(MIC≧3μg/mL)菌の割合が8.5%とE.faecalisの0%よりも高かった。

  • Clinical characteristics of bacteremia caused by vancomycin-susceptible Enterococcus faecalis and Enterococcus feacium in a tertiary hospital; a case-control study: alert to Enterococcus faecium strains with high minimum inhibitory concentrations of daptomycin 査読

    Namikawa Hiroki, Kakeya Hiroshi, Yamada Koichi, Shibata Wataru, Fujimoto Hiroki, Kaneko Yukihiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS   50   S192 - S192   2017年11月( ISSN:0924-8579

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Identification of a Novel Rhizopus-specific Antigen by Screening with a Signal Sequence Trap and Evaluation as a Possible Diagnostic Marker of Mucormycosis. 査読

    Sato K, Oinuma KI, Niki M, Yamagoe S, Miyazaki Y, Asai K, Yamada K, Hirata K, Kaneko Y, Kakeya H

    Medical mycology   55 ( 7 )   713 - 719   2017年10月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/mmy/myw146

    PubMed

  • Identification of a Novel Rhizopus-specific Antigen by Screening with a Signal Sequence Trap and Evaluation as a Possible Diagnostic Marker of Mucormycosis 査読

    Sato Kanako, Oinuma Ken-Ichi, Niki Mamiko, Yamagoe Satoshi, Miyazaki Yoshitsugu, Asai Kazuhisa, Yamada Koichi, Hirata Kazuto, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    MEDICAL MYCOLOGY   55 ( 7 )   713 - 719   2017年10月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mmy/myw146

    PubMed

  • カンジダ血症の血液培養複数回陽性に関連する因子の検討 多施設共同後ろ向き観察研究

    本川 奈々, 宮崎 泰可, 竹末 芳生, 植田 貴史, 三鴨 廣繁, 山岸 由佳, 掛屋 弘, 川村 英樹, 泉川 公一, 柳原 克紀, 河野 茂, 迎 寛

    Medical Mycology Journal   58 ( Suppl.1 )   72 - 72   2017年09月( ISSN:2185-6486

  • 特集 呼吸器感染症治療薬の上手な使い方-症例から紐解く達人の技 Ⅴ.肺真菌症 侵襲性肺アスペルギルス症の第一選択薬は?

    掛屋 弘, 山田 康一, 藤本 寛樹

    呼吸器ジャーナル   65 ( 3 )   482 - 489   2017年08月( ISSN:24323268 ( ISBN:9784260028844

     詳細を見る

    <Point>侵襲性肺アスペルギルス症の第一選択薬はボリコナゾール(VRCZ)である.アムホテリシンBリポソーム製剤(L-AMB)は同等,もしくはその代替薬として位置付けられる.キャンディン系薬のミカファンギン(MCFG)やカスポファンギン(CPFG),アゾール系のイトリゾール(ITCZ)は第二選択薬に位置付けられる.また,キャンディン系薬は重症・難治例に対する併用療法の一翼を担う薬剤である.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1437200064

    その他URL: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J06862&link_issn=&doc_id=20170814310017&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1437200064&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1437200064&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  • 三次病院における基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生大腸菌による菌血症の臨床的特徴(Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by Extended-spectrum Beta-lactamase-producing Escherichia coli at a Tertiary Hospital) 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Oinuma Ken-ichi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 14 )   1807 - 1815   2017年07月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ESBL産生大腸菌による菌血症患者31例(男性12例、女性19例、平均62.5±18.9歳)、非ESBL大腸菌による菌血症患者98例(男性46例、女性52例、平均67.6±13.9歳)を対象に、菌血症発症の危険因子と予後について検討した。白血球数、CRPのような臨床検査値の測定を行い、臨床分離菌の検出を実施した。抗菌薬は菌血症発症の5日以内に経験的治療を開始した後に根治治療を行った。その結果、抗菌薬感受性に関して、ESBL大腸菌はレボフロキサシン、ゲンタマイシン、スルファメトキサゾール/トリメトプリムへの感受性が有意に低かった。投与した抗菌薬ではカルバペネム系が多く、ESBL菌血症群では18例(58.1%)がカルバペネムまたはタゾバクタム/ピペラシリンを投与されていた。危険因子について検討した単変量解析では、男女比、平均年齢、基礎疾患、白血球数、CRP値、SOFAスコアに群間差は認められなかった。多変量解析では、菌分離前の免疫抑制剤またはコルチコステロイド、キノロン投与がESBL大腸菌菌血症の発症の独立予測因子であることが示された。ESBL大腸菌菌血症患者のうち、9例にカルバペネム、4例にタゾバクタム/ピペラシリン、2例にセフメタゾールが投与されており、患者背景と死亡率に群間差はみられなかった。免疫抑制剤、コルチコステロイド、キノロンの投与によって、ESBL産生大腸菌による菌血症のリスクが高まる可能性が示された。

  • 三次病院における基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ(ESBL)産生大腸菌による菌血症の臨床的特徴(Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by Extended-spectrum Beta-lactamase-producing Escherichia coli at a Tertiary Hospital)

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Oinuma Ken-ichi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   56 ( 14 )   1807 - 1815   2017年07月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    ESBL産生大腸菌による菌血症患者31例(男性12例、女性19例、平均62.5±18.9歳)、非ESBL大腸菌による菌血症患者98例(男性46例、女性52例、平均67.6±13.9歳)を対象に、菌血症発症の危険因子と予後について検討した。白血球数、CRPのような臨床検査値の測定を行い、臨床分離菌の検出を実施した。抗菌薬は菌血症発症の5日以内に経験的治療を開始した後に根治治療を行った。その結果、抗菌薬感受性に関して、ESBL大腸菌はレボフロキサシン、ゲンタマイシン、スルファメトキサゾール/トリメトプリムへの感受性が有意に低かった。投与した抗菌薬ではカルバペネム系が多く、ESBL菌血症群では18例(58.1%)がカルバペネムまたはタゾバクタム/ピペラシリンを投与されていた。危険因子について検討した単変量解析では、男女比、平均年齢、基礎疾患、白血球数、CRP値、SOFAスコアに群間差は認められなかった。多変量解析では、菌分離前の免疫抑制剤またはコルチコステロイド、キノロン投与がESBL大腸菌菌血症の発症の独立予測因子であることが示された。ESBL大腸菌菌血症患者のうち、9例にカルバペネム、4例にタゾバクタム/ピペラシリン、2例にセフメタゾールが投与されており、患者背景と死亡率に群間差はみられなかった。免疫抑制剤、コルチコステロイド、キノロンの投与によって、ESBL産生大腸菌による菌血症のリスクが高まる可能性が示された。

  • In vitro and in vivo antifungal activities of T-2307, a novel arylamidine, against Cryptococcus gattii: an emerging fungal pathogen. 査読

    Nishikawa H, Fukuda Y, Mitsuyama J, Tashiro M, Tanaka A, Takazono T, Saijo T, Yamamoto K, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Kakeya H, Yamamoto Y, Yanagihara K, Mukae H, Kohno S, Izumikawa K

    The Journal of antimicrobial chemotherapy   72 ( 6 )   1709 - 1713   2017年06月( ISSN:0305-7453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/jac/dkx020

    PubMed

  • In vitro and in vivo antifungal activities of T-2307, a novel arylamidine, against Cryptococcus gattii: an emerging fungal pathogen 査読

    Nishikawa Hiroshi, Fukuda Yoshiko, Mitsuyama Junichi, Tashiro Masato, Tanaka Akitaka, Takazono Takahiro, Saijo Tomomi, Yamamoto Kazuko, Nakamura Shigeki, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Kakeya Hiroshi, Yamamoto Yoshihiro, Yanagihara Katsunori, Mukae Hiroshi, Kohno Shigeru, Izumikawa Koichi

    JOURNAL OF ANTIMICROBIAL CHEMOTHERAPY   72 ( 6 )   1709 - 1713   2017年06月( ISSN:0305-7453

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jac/dkx020

    PubMed

  • Clinical and Molecular Characteristics of University Hospital Patients from whom Multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa Strains were isolated(和訳中) 査読

    Yamada Koichi, Nakaie Kiyotaka, Takizawa Etsuko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Nakamura Yasutaka, Abe Junko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   1 - 8   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical and Molecular Characteristics of University Hospital Patients from whom Multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa Strains were isolated(和訳中) 査読

    Yamada Koichi, Nakaie Kiyotaka, Takizawa Etsuko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Nakamura Yasutaka, Abe Junko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   1 - 8   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical and Molecular Characteristics of University Hospital Patients from whom Multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa Strains were isolated(和訳中) 査読

    Yamada Koichi, Nakaie Kiyotaka, Takizawa Etsuko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Nakamura Yasutaka, Abe Junko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   1 - 8   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 多剤耐性緑膿菌株が分離された大学病院患者の臨床的および分子学的特性(Clinical and Molecular Characteristics of University Hospital Patients from whom Multidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa Strains were isolated)

    Yamada Koichi, Nakaie Kiyotaka, Takizawa Etsuko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Nakamura Yasutaka, Abe Junko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   1 - 8   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    当院に感染症コントロールチームが設置される前の2007年1月~2013年3月に多剤耐性緑膿菌(MDRP)株が分離された患者40例(男性28例、女性12例、平均64.3歳)の診療録を後向きに評価し、患者背景、重症度、予後、抗生物質感受性を調べた。MDRP株数は、2010年が12株、2012年が13株、2013年が4株であった。22例(55.0%)が同一病棟に入院していた。分離頻度が最も高かった検体は喀痰であった(23例、57.5%)。11例が悪性腫瘍、10例が創傷を有していた。大半の患者で機能状態(PS)は非常に低く、70.0%がPS 4、15.0%がPS 3であった。19例(47.5%)は分離前にカルバペネム系薬の治療を行っていた。逐次臓器不全評価スコアは平均5.8で、高くなかった。MDRP株の約50%は、カルバペネム系薬以外のβラクタム系薬に耐性を示さなかった。メタロβラクタマーゼ産生株は分離されなかった。遺伝子解析により、16/20(80%)の分離株が同一のゲノムパターンを有することが示された。

  • 三次病院におけるメチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌血症の臨床的特徴(Clinical Characteristics of Methicillin-resistant Coagulase-negative Staphylococcal Bacteremia in a Tertiary Hospital) 査読

    Yamada Koichi, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Nakaie Kiyotaka, Takizawa Etsuko, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kawaguchi Hiroyoshi, Nakamura Yasutaka, Abe Junko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 7 )   781 - 785   2017年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌血症患者70例(男性38例、女性32例、平均53.5歳)を対象に、臨床的特徴、グリコペプチド系薬剤の感受性を検討した。菌の同定を行った後、血球数とCRPの測定、好中球減少の評価、Sequential Organ Failure Assessment(SOFA)スコアを用いた重症度の判定を行い、抗菌薬を投与した。その結果、28例(40.0%)が白血病を有しており、36例(51.4%)が熱性好中球減少症に対する治療を受けていた。平均SOFAスコアは4.3であった。起因菌では表皮ブドウ球菌が78.6%を占めていた。39例(55.7%)が血管内カテーテルを留置され、ファーストライン治療としてテイコプラニンを投与されていたのは39例(55.7%)であり、バンコマイシンが12例(17.1%)、リネゾリドが3例(4.2%)に用いられていた。30日死亡率は4.3%であった。薬剤感受性に関しては、テイコプラニン非感受性菌が20%に達していた。また、多変量解析では、グリコペプチド系薬剤の前投与がテイコプラニン非感受性と独立して関連していた。メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌血症に対しては、抗菌薬耐性の発現を予防するためにグリコペプチド系薬剤を適切に投与する必要があると思われた。

  • 三次病院におけるメチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌血症の臨床的特徴(Clinical Characteristics of Methicillin-resistant Coagulase-negative Staphylococcal Bacteremia in a Tertiary Hospital)

    Yamada Koichi, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Nakaie Kiyotaka, Takizawa Etsuko, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kawaguchi Hiroyoshi, Nakamura Yasutaka, Abe Junko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   56 ( 7 )   781 - 785   2017年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌血症患者70例(男性38例、女性32例、平均53.5歳)を対象に、臨床的特徴、グリコペプチド系薬剤の感受性を検討した。菌の同定を行った後、血球数とCRPの測定、好中球減少の評価、Sequential Organ Failure Assessment(SOFA)スコアを用いた重症度の判定を行い、抗菌薬を投与した。その結果、28例(40.0%)が白血病を有しており、36例(51.4%)が熱性好中球減少症に対する治療を受けていた。平均SOFAスコアは4.3であった。起因菌では表皮ブドウ球菌が78.6%を占めていた。39例(55.7%)が血管内カテーテルを留置され、ファーストライン治療としてテイコプラニンを投与されていたのは39例(55.7%)であり、バンコマイシンが12例(17.1%)、リネゾリドが3例(4.2%)に用いられていた。30日死亡率は4.3%であった。薬剤感受性に関しては、テイコプラニン非感受性菌が20%に達していた。また、多変量解析では、グリコペプチド系薬剤の前投与がテイコプラニン非感受性と独立して関連していた。メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌血症に対しては、抗菌薬耐性の発現を予防するためにグリコペプチド系薬剤を適切に投与する必要があると思われた。

  • In vitro and in vivo antifungal activities of T-2307, a novel arylamidine, against Cryptococcus gattii: an emerging fungal pathogen.

    Nishikawa H, Kakeya H, et al.

    Journal of Antimicrobial and Chemotherapy   2017年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるバンコマイシンの有効性と安全性に関する検討 査読

    櫻井 紀宏, 中村 安孝, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本病院薬剤師会 日本病院薬剤師会雑誌   53 ( 2 )   176 - 180   2017年02月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    バンコマイシン(vancomycin:以下、VCM)は発熱性好中球減少症(febrile neutropenia:以下、FN)治療において、薬剤耐性グラム陽性菌感染時の標準的治療薬である。しかしながら、海外を含め小児FN患者を対象にVCMの有効性や安全性を検討した報告は少ない。そこで今回、がん化学療法実施後の小児FN患者において、VCM投与による有効性と安全性について検討した。期間は2008年1月〜2015年3月に16歳未満でVCMが投与されたFN症例を対象とした。対象症例は50例、平均年齢は8.1±4.1歳であった。VCMの投与量は39.6±3.7mg/kg/日、投与期間は9.6±5.4日であった。VCM投与による有効性評価が可能であった症例の有効率は61.5%(24/39例)、VCM投与終了30日後の生存率は96.0%(48/50例)であった。1例で薬疹によりVCM投与が中止となったが、腎機能障害による中止症例は確認されなかった。本検討結果からがん化学療法実施後の小児FN患者へのVCM投与の有効性と安全性が示唆された。(著者抄録)

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるバンコマイシンの有効性と安全性に関する検討 査読

    櫻井 紀宏, 中村 安孝, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本病院薬剤師会 日本病院薬剤師会雑誌   53 ( 2 )   176 - 180   2017年02月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    バンコマイシン(vancomycin:以下、VCM)は発熱性好中球減少症(febrile neutropenia:以下、FN)治療において、薬剤耐性グラム陽性菌感染時の標準的治療薬である。しかしながら、海外を含め小児FN患者を対象にVCMの有効性や安全性を検討した報告は少ない。そこで今回、がん化学療法実施後の小児FN患者において、VCM投与による有効性と安全性について検討した。期間は2008年1月〜2015年3月に16歳未満でVCMが投与されたFN症例を対象とした。対象症例は50例、平均年齢は8.1±4.1歳であった。VCMの投与量は39.6±3.7mg/kg/日、投与期間は9.6±5.4日であった。VCM投与による有効性評価が可能であった症例の有効率は61.5%(24/39例)、VCM投与終了30日後の生存率は96.0%(48/50例)であった。1例で薬疹によりVCM投与が中止となったが、腎機能障害による中止症例は確認されなかった。本検討結果からがん化学療法実施後の小児FN患者へのVCM投与の有効性と安全性が示唆された。(著者抄録)

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるバンコマイシンの有効性と安全性に関する検討 査読

    櫻井 紀宏, 中村 安孝, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    日本病院薬剤師会雑誌 = Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists   53 ( 2 )   176 - 180   2017年02月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    バンコマイシン(vancomycin:以下、VCM)は発熱性好中球減少症(febrile neutropenia:以下、FN)治療において、薬剤耐性グラム陽性菌感染時の標準的治療薬である。しかしながら、海外を含め小児FN患者を対象にVCMの有効性や安全性を検討した報告は少ない。そこで今回、がん化学療法実施後の小児FN患者において、VCM投与による有効性と安全性について検討した。期間は2008年1月〜2015年3月に16歳未満でVCMが投与されたFN症例を対象とした。対象症例は50例、平均年齢は8.1±4.1歳であった。VCMの投与量は39.6±3.7mg/kg/日、投与期間は9.6±5.4日であった。VCM投与による有効性評価が可能であった症例の有効率は61.5%(24/39例)、VCM投与終了30日後の生存率は96.0%(48/50例)であった。1例で薬疹によりVCM投与が中止となったが、腎機能障害による中止症例は確認されなかった。本検討結果からがん化学療法実施後の小児FN患者へのVCM投与の有効性と安全性が示唆された。(著者抄録)

    CiNii Article

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるバンコマイシンの有効性と安全性に関する検討

    櫻井 紀宏, 中村 安孝, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    日本病院薬剤師会雑誌   53 ( 2 )   176 - 180   2017年02月( ISSN:1341-8815

     詳細を見る

    バンコマイシン(vancomycin:以下、VCM)は発熱性好中球減少症(febrile neutropenia:以下、FN)治療において、薬剤耐性グラム陽性菌感染時の標準的治療薬である。しかしながら、海外を含め小児FN患者を対象にVCMの有効性や安全性を検討した報告は少ない。そこで今回、がん化学療法実施後の小児FN患者において、VCM投与による有効性と安全性について検討した。期間は2008年1月~2015年3月に16歳未満でVCMが投与されたFN症例を対象とした。対象症例は50例、平均年齢は8.1±4.1歳であった。VCMの投与量は39.6±3.7mg/kg/日、投与期間は9.6±5.4日であった。VCM投与による有効性評価が可能であった症例の有効率は61.5%(24/39例)、VCM投与終了30日後の生存率は96.0%(48/50例)であった。1例で薬疹によりVCM投与が中止となったが、腎機能障害による中止症例は確認されなかった。本検討結果からがん化学療法実施後の小児FN患者へのVCM投与の有効性と安全性が示唆された。(著者抄録)

  • S2-2 ムーコル症の血清診断法開発の試み 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   58 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11534/jsmm.58.Suppl1.0_46_2

    CiNii Article

  • Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by Extended-spectrum Beta-lactamase-producing Escherichia coli at a Tertiary Hospital 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Oinuma Ken-Ichi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 14 )   1807 - 1815   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>In recent years, infection caused by extended-spectrum beta-lactamase (ESBL)-producing organisms has become an important issue. However, comparative studies of the bacteremia caused by ESBL <i>Enterobacteriaceae</i> and non-ESBL <i>Enterobacteriaceae</i> are extremely rare in Japan. This study aimed to assess the risk factors and prognosis of patients with bacteremia due to ESBL <i>Escherichia coli</i> (<i>E. coli</i>). </p><p><b>Methods </b>The medical records of 31 patients with ESBL <i>E. coli</i> bacteremia and 98 patients with non-ESBL <i>E. coli</i> bacteremia who had been admitted to Osaka City University Hospital between January 2011 and June 2015 were retrospectively reviewed. The patient backgrounds, risk factors for infection, and prognosis were evaluated. </p><p><b>Results </b>The male-to-female ratio, mean age, underlying disease, leukocyte count, and C-reactive protein (CRP) level did not differ between the patients in the ESBL <i>E. coli</i> bacteremia and non-ESBL <i>E. coli</i> bacteremia groups. The mean Sequential Organ Failure Assessment (SOFA) score for patients with ESBL and non-ESBL <i>E. coli</i> bacteremia were 3.6 and 3.8, respectively. Further, the mortality did not differ between the two groups (9.7% vs 9.2%). However, the independent predictors associated with ESBL <i>E. coli</i> bacteremia according to a multivariate analysis were the use of immunosuppressive drugs or corticosteroids (p=0.048) and quinolones (p=0.005) prior to isolation. The mortality did not differ between the carbapenem and tazobactam/piperacillin (TAZ/PIPC) or cefmetazole (CMZ) groups for the patients with ESBL <i>E. coli</i> bacteremia. </p><p><b>Conclusion </b>Whenever we encountered patients with a history of immunosuppressive drug, corticosteroid, quinolone administration, it was necessary to perform antibiotic therapy while keeping the risk of ESBL <i>E. coli</i> in mind. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7702

    PubMed

    CiNii Article

  • Clinical Characteristics of Methicillin-resistant Coagulase-negative Staphylococcal Bacteremia in a Tertiary Hospital 査読

    Yamada Koichi, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Nakaie Kiyotaka, Takizawa Etsuko, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kawaguchi Hiroyoshi, Nakamura Yasutaka, Abe Junko, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 7 )   781 - 785   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Coagulase-negative staphylococci are among the most frequently isolated microorganisms in blood cultures. The aim of this study was to assess [1] the clinical characteristics of methicillin-resistant, coagulase-negative staphylococci bacteremia and [2] the susceptibility of the isolated bacteria to glycopeptides. </p><p><b>Methods </b>We retrospectively reviewed the medical records of 70 patients from whom methicillin-resistant coagulase-negative staphylococci had been isolated at Osaka City University Hospital between January 2010 and December 2013. We evaluated the patients' background, severity and prognosis of the disease, and the susceptibility of the isolated methicillin-resistant coagulase-negative staphylococci to glycopeptides. </p><p><b>Results </b>Out of the 70 patients tested, 28 (40.0%) had leukemia, and 36 (51.4%) had been treated for febrile neutropenia. Infection with <i>Staphylococcus epidermidis</i> accounted for 78.6% of patients. Thirty-nine cases (55.7%) were related to intravascular catheters, and 39 (55.7%) were treated using teicoplanin as a first-line therapy. The 30-day mortality rate was 4.3%. Regarding susceptibility, 20% of all isolates were non-susceptible to teicoplanin. According to multivariate analyses, it was observed that premedication using glycopeptides was independently associated with teicoplanin non-susceptibility (p=0.03; hazard ratio = 5.64; 95% confidence interval, 1.16-26.76). </p><p><b>Conclusion </b>Our results suggest that clinicians must use glycopeptides appropriately to prevent the development of further antibiotic resistance in methicillin-resistant coagulase-negative staphylococci. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7715

    PubMed

    CiNii Article

  • Efficacy and Safety of Intravenous Peramivir Compared With Oseltamivir in High-Risk Patients Infected With Influenza A and B Viruses: A Multicenter Randomized Controlled Study 査読

    Nakamura Shigeki, Miyazaki Taiga, Izumikawa Koichi, Kakeya Hiroshi, Saisho Yutaka, Yanagihara Katsunori, Miyazaki Yoshitsugu, Mukae Hiroshi, Kohno Shigeru

    OPEN FORUM INFECTIOUS DISEASES   4 ( 3 )   ofx129   2017年( ISSN:2328-8957

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ofid/ofx129

    PubMed

  • Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by Extended-spectrum Beta-lactamase-producing <italic>Escherichia coli</italic> at a Tertiary Hospital

    56 ( 14 )   1807 - 1815   2017年( ISSN:09182918

  • S2-2 ムーコル症の血清診断法開発の試み 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   58.Suppl1 ( 0 )   46 - 46   2017年( ISSN:09164804

  • Efficacy and Safety of Intravenous Peramivir Compared With Oseltamivir in High-Risk Patients Infected With Influenza A and B Viruses: A Multicenter Randomized Controlled Study. 査読

    Nakamura S, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Saisho Y, Yanagihara K, Miyazaki Y, Mukae H, Kohno S

    Open forum infectious diseases   4 ( 3 )   ofx129   2017年( ISSN:2328-8957

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/ofid/ofx129

    PubMed

  • Clinical Characteristics of Methicillin-resistant Coagulase-negative Staphylococcal Bacteremia in a Tertiary Hospital.

    Yamada K, Namikawa H, Fujimoto H, Nakaie K, Takizawa E, Okada Y, Fujita A, Kawaguchi H, Nakamura Y, Abe J, Kaneko Y, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   56 ( 7 )   781 - 785   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7715

    PubMed

    CiNii Article

  • Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by Extended-spectrum Beta-lactamase-producing Escherichia coli at a Tertiary Hospital 査読

    Hiroki Namikawa, Koichi Yamada, Hiroki Fujimoto, Ken-Ichi Oinuma, Yoshihiro Tochino, Yasuhiko Takemoto, Yukihiro Kaneko, Taichi Shuto, Hiroshi Kakeya

    INTERNAL MEDICINE   56 ( 14 )   1807 - 1815   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Objective In recent years, infection caused by extended-spectrum beta-lactamase (ESBL)-producing organisms has become an important issue. However, comparative studies of the bacteremia caused by ESBL Enterobacteriaceae and non-ESBL Enterobacteriaceae are extremely rare in Japan. This study aimed to assess the risk factors and prognosis of patients with bacteremia due to ESBL Escherichia coli (E. coli).
    Methods The medical records of 31 patients with ESBL E. coli bacteremia and 98 patients with non-ESBL E. coli bacteremia who had been admitted to Osaka City University Hospital between January 2011 and June 2015 were retrospectively reviewed. The patient backgrounds, risk factors for infection, and prognosis were evaluated.
    Results The male-to-female ratio, mean age, underlying disease, leukocyte count, and C-reactive protein (CRP) level did not differ between the patients in the ESBL E. coli bacteremia and non-ESBL E. coli bacteremia groups. The mean Sequential Organ Failure Assessment (SOFA) score for patients with ESBL and non-ESBL E. coli bacteremia were 3.6 and 3.8, respectively. Further, the mortality did not differ between the two groups (9.7% vs 9.2%). However, the independent predictors associated with ESBL E. coli bacteremia according to a multivariate analysis were the use of immunosuppressive drugs or corticosteroids (p=0.048) and quinolones (p= 0.005) prior to isolation. The mortality did not differ between the carbapenem and tazobactam/piperacillin (TAZ/PIPC) or cefmetazole (CMZ) groups for the patients with ESBL E. coli bacteremia.
    Conclusion Whenever we encountered patients with a history of immunosuppressive drug, corticosteroid, quinolone administration, it was necessary to perform antibiotic therapy while keeping the risk of ESBL E. coli in mind.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7702

    PubMed

  • Clinical Characteristics of Bacteremia Caused by Extended-spectrum Beta-lactamase-producing Escherichia coli at a Tertiary Hospital

    Hiroki Namikawa, Koichi Yamada, Hiroki Fujimoto, Ken-Ichi Oinuma, Yoshihiro Tochino, Yasuhiko Takemoto, Yukihiro Kaneko, Taichi Shuto, Hiroshi Kakeya

    INTERNAL MEDICINE   56 ( 14 )   1807 - 1815   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    Objective In recent years, infection caused by extended-spectrum beta-lactamase (ESBL)-producing organisms has become an important issue. However, comparative studies of the bacteremia caused by ESBL Enterobacteriaceae and non-ESBL Enterobacteriaceae are extremely rare in Japan. This study aimed to assess the risk factors and prognosis of patients with bacteremia due to ESBL Escherichia coli (E. coli).
    Methods The medical records of 31 patients with ESBL E. coli bacteremia and 98 patients with non-ESBL E. coli bacteremia who had been admitted to Osaka City University Hospital between January 2011 and June 2015 were retrospectively reviewed. The patient backgrounds, risk factors for infection, and prognosis were evaluated.
    Results The male-to-female ratio, mean age, underlying disease, leukocyte count, and C-reactive protein (CRP) level did not differ between the patients in the ESBL E. coli bacteremia and non-ESBL E. coli bacteremia groups. The mean Sequential Organ Failure Assessment (SOFA) score for patients with ESBL and non-ESBL E. coli bacteremia were 3.6 and 3.8, respectively. Further, the mortality did not differ between the two groups (9.7% vs 9.2%). However, the independent predictors associated with ESBL E. coli bacteremia according to a multivariate analysis were the use of immunosuppressive drugs or corticosteroids (p=0.048) and quinolones (p= 0.005) prior to isolation. The mortality did not differ between the carbapenem and tazobactam/piperacillin (TAZ/PIPC) or cefmetazole (CMZ) groups for the patients with ESBL E. coli bacteremia.
    Conclusion Whenever we encountered patients with a history of immunosuppressive drug, corticosteroid, quinolone administration, it was necessary to perform antibiotic therapy while keeping the risk of ESBL E. coli in mind.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7702

    PubMed

  • 院内感染制御に対して、新たに分離されたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌全株に関する週1回のpolymerase chain reaction-based open reading frame typing分析が与える効果(Effectiveness of weekly polymerase chain reaction-based open reading frame typing analysis of all newly isolated methicillin-resistant Staphylococcus aureus strains for controlling nosocomial infections) 査読

    Nakaie Kiyotaka, Yamada Koichi, Park Keunsik, Nakamura Yasutaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Fujimoto Hiroki, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   22 ( 11-12 )   733 - 737   2016年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    新たなメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)株の分析におけるpolymerase chain reaction-based open reading frame typing(POT)の利用と週1回の全株検査の有用性について検討した。当院では新たに検出された全てのMRSA株について、2014年は月に1回POTを行っていたが、2015年には実施回数を週に1回に増やした。その結果、通常は検出することが難しい院内感染を検出できるようになり、院内感染が2014年に比べて40%減少した。MRSA全株に対する毎週のPOTスクリーニングはMRSA院内感染を最小限に抑えるために利用できる効果的な方法の一つであると考えられた。

  • 院内感染制御に対して、新たに分離されたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌全株に関する週1回のpolymerase chain reaction-based open reading frame typing分析が与える効果(Effectiveness of weekly polymerase chain reaction-based open reading frame typing analysis of all newly isolated methicillin-resistant Staphylococcus aureus strains for controlling nosocomial infections)

    Nakaie Kiyotaka, Yamada Koichi, Park Keunsik, Nakamura Yasutaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Fujimoto Hiroki, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   22 ( 11-12 )   733 - 737   2016年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    新たなメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)株の分析におけるpolymerase chain reaction-based open reading frame typing(POT)の利用と週1回の全株検査の有用性について検討した。当院では新たに検出された全てのMRSA株について、2014年は月に1回POTを行っていたが、2015年には実施回数を週に1回に増やした。その結果、通常は検出することが難しい院内感染を検出できるようになり、院内感染が2014年に比べて40%減少した。MRSA全株に対する毎週のPOTスクリーニングはMRSA院内感染を最小限に抑えるために利用できる効果的な方法の一つであると考えられた。

  • Genome Sequence of an Acinetobacter baumannii Strain Carrying Three Acquired Carbapenemase Genes. 査読

    Oinuma KI, Suzuki M, Sato K, Nakaie K, Niki M, Takizawa E, Niki M, Shibayama K, Yamada K, Kakeya H, Kaneko Y

    Genome announcements   4 ( 6 )   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/genomeA.01290-16

    PubMed

  • Genome Sequence of an Acinetobacter baumannii Strain Carrying Three Acquired Carbapenemase Genes. 査読

    Oinuma KI, Suzuki M, Sato K, Nakaie K, Niki M, Takizawa E, Niki M, Shibayama K, Yamada K, Kakeya H, Kaneko Y

    Genome announcements   4 ( 6 )   2016年11月( ISSN:2169-8287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/genomeA.01290-16

    PubMed

  • Two unusual cases of successful treatment of hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae invasive syndrome 査読

    Namikawa Hiroki, Yamada Koichi, Fujimoto Hiroki, Oinuma Ken-Ichi, Tochino Yoshihiro, Takemoto Yasuhiko, Kaneko Yukihiro, Shuto Taichi, Kakeya Hiroshi

    BMC INFECTIOUS DISEASES   16 ( 1 )   680   2016年11月( ISSN:1471-2334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12879-016-2011-3

    PubMed

  • Two unusual cases of successful treatment of hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae invasive syndrome. 査読

    Namikawa H, Yamada K, Fujimoto H, Oinuma KI, Tochino Y, Takemoto Y, Kaneko Y, Shuto T, Kakeya H

    BMC infectious diseases   16 ( 1 )   680 - 680   2016年11月( ISSN:1471-2334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12879-016-2011-3

    PubMed

  • Effectiveness of weekly polymerase chain reaction-based open reading frame typing analysis of all newly isolated methicillin-resistant Staphylococcus aureus strains for controlling nosocomial infections.

    Nakaie K, Yamada K, Kakeya H, et al.

    Journal of Infection and Chemotherapy   22 ( 11 )   733 - 737   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Genome Sequence of an Acinetobacter baumannii Strain Carrying Three Acquired Carbapenemase Genes.

    Oinuma K, Yamada K, Kakeya H, Kaneko Y, et al.

    Genome Announce   4 ( 6 )   e01290-16   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Two unusual cases of successful treatment of hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae invasive syndrome.

    Namikawa H, Yamada K, Kakeya H, et al.

    BMC Infectious Diseases   16 ( 1 )   680   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of weekly polymerase chain reaction-based open reading frame typing analysis of all newly isolated methicillin-resistant Staphylococcus aureus strains for controlling nosocomial infections 査読

    Nakaie Kiyotaka, Yamada Koichi, Park Keunsik, Nakamura Yasutaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Fujimoto Hiroki, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   22 ( 11 )   733 - 737   2016年11月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.07.007

    PubMed

  • Effectiveness of weekly polymerase chain reaction-based open reading frame typing analysis of all newly isolated methicillin-resistant Staphylococcus aureus strains for controlling nosocomial infections. 査読

    Nakaie K, Yamada K, Park K, Nakamura Y, Okada Y, Fujita A, Fujimoto H, Kaneko Y, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   22 ( 11 )   733 - 737   2016年11月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.07.007

    PubMed

  • Relapsed Pulmonary Cryptococcosis during Tumor Necrosis Factor α Inhibitor Treatment

    Takazono T, Sawai T, Kakeya H, Kohno S, et al.

    Internal Medicine   55 ( 19 )   2877 - 2880   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • TNFα阻害剤による治療中の再発性肺クリプトコッカス症(Relapsed Pulmonary Cryptococcosis during Tumor Necrosis Factor α Inhibitor Treatment) 査読

    Takazono Takahiro, Sawai Toyomitsu, Tashiro Masato, Saijo Tomomi, Yamamoto Kazuko, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Suyama Naofumi, Izumikawa Koichi, Kakeya Hiroshi, Yanagihara Katsunori, Mukae Hiroshi, Kohno Shigeru

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 19 )   2877 - 2880   2016年10月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は35歳男性で、クローン病であったが、インフリキシマブ(IFX)を8回投与後に高熱と浸潤性肺結節が出現したため、当院呼吸器科に紹介となった。肺クリプトコッカス症と診断し、フルコナゾール(FLCZ)経口投与を開始したところ、3ヵ月後には肺浸潤が次第に改善した。FLCZは計6ヵ月間投与し、IFXはFLCZ開始から1ヵ月後に再開した。しかし、FLCZ投与終了から16ヵ月後、IFX再開から22ヵ月後に高熱、全身疲労、寝汗などが出現し、左上葉と右上葉に3×2cmの腫瘤様領域と小結節が明らかになった。組織学的検査などから肺クリプトコッカス症と診断した。FLCZ投与を開始し、IFXを中止した。FLCZ再開から2ヵ月後に左上葉の腫瘤様領域が増悪したため、イトラコナゾール+フルシトシン投与に変更したところ、左上葉における腫瘤様領域は縮小した。

  • TNFα阻害剤による治療中の再発性肺クリプトコッカス症(Relapsed Pulmonary Cryptococcosis during Tumor Necrosis Factor α Inhibitor Treatment)

    Takazono Takahiro, Sawai Toyomitsu, Tashiro Masato, Saijo Tomomi, Yamamoto Kazuko, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Suyama Naofumi, Izumikawa Koichi, Kakeya Hiroshi, Yanagihara Katsunori, Mukae Hiroshi, Kohno Shigeru

    Internal Medicine   55 ( 19 )   2877 - 2880   2016年10月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は35歳男性で、クローン病であったが、インフリキシマブ(IFX)を8回投与後に高熱と浸潤性肺結節が出現したため、当院呼吸器科に紹介となった。肺クリプトコッカス症と診断し、フルコナゾール(FLCZ)経口投与を開始したところ、3ヵ月後には肺浸潤が次第に改善した。FLCZは計6ヵ月間投与し、IFXはFLCZ開始から1ヵ月後に再開した。しかし、FLCZ投与終了から16ヵ月後、IFX再開から22ヵ月後に高熱、全身疲労、寝汗などが出現し、左上葉と右上葉に3×2cmの腫瘤様領域と小結節が明らかになった。組織学的検査などから肺クリプトコッカス症と診断した。FLCZ投与を開始し、IFXを中止した。FLCZ再開から2ヵ月後に左上葉の腫瘤様領域が増悪したため、イトラコナゾール+フルシトシン投与に変更したところ、左上葉における腫瘤様領域は縮小した。

  • 日本人患者から単離した内因性のコリスチン耐性アシネトバクター菌株(An Intrinsic Strain of Colistin-resistant Acinetobacter Isolated from a Japanese Patient) 査読

    Takizawa Etsuko, Yamada Koichi, Oinuma Ken-ichi, Sato Kanako, Niki Mamiko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 16 )   2301 - 2306   2016年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は65歳男性で、てんかんと白内障の既往があった。韓国への旅行歴はなかったが、3年前から大阪にある韓国人向けの店で働いていた。2ヵ月前から食物および液体の摂取が困難になり、頸部の腫瘍により気道が狭くなっていたため当院に紹介となった。生検で下咽頭癌と診断し、化学放射線療法を計画していたが、18病日目に発熱と悪寒がみられた。敗血症性ショックと播種性血管内凝固症候群のためメロペネム投与を開始し、さらにノルアドレナリンとγ-グロブリンを投与した。抗菌薬感受性試験で非定型的な抗菌薬感受性パターンを示し、コリスチン耐性であったが多剤耐性ではなかった。単離株がカルバペネム感受性であり、造影CTで細菌の明らかな進入路はみられなかったため、引き続きメロペネム投与を継続した。その結果、発熱と菌血症に伴う臨床症状は沈静化した。rpoB遺伝子の配列解析により、本細菌は以前に韓国のみで報告されているAcinetobacterゲノム種13BJ/14TUであることが分かった。

  • 日本人患者から単離した内因性のコリスチン耐性アシネトバクター菌株(An Intrinsic Strain of Colistin-resistant Acinetobacter Isolated from a Japanese Patient)

    Takizawa Etsuko, Yamada Koichi, Oinuma Ken-ichi, Sato Kanako, Niki Mamiko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   55 ( 16 )   2301 - 2306   2016年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は65歳男性で、てんかんと白内障の既往があった。韓国への旅行歴はなかったが、3年前から大阪にある韓国人向けの店で働いていた。2ヵ月前から食物および液体の摂取が困難になり、頸部の腫瘍により気道が狭くなっていたため当院に紹介となった。生検で下咽頭癌と診断し、化学放射線療法を計画していたが、18病日目に発熱と悪寒がみられた。敗血症性ショックと播種性血管内凝固症候群のためメロペネム投与を開始し、さらにノルアドレナリンとγ-グロブリンを投与した。抗菌薬感受性試験で非定型的な抗菌薬感受性パターンを示し、コリスチン耐性であったが多剤耐性ではなかった。単離株がカルバペネム感受性であり、造影CTで細菌の明らかな進入路はみられなかったため、引き続きメロペネム投与を継続した。その結果、発熱と菌血症に伴う臨床症状は沈静化した。rpoB遺伝子の配列解析により、本細菌は以前に韓国のみで報告されているAcinetobacterゲノム種13BJ/14TUであることが分かった。

  • Anatomical Therapeutic Chemical/Defined daily dose(ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響 査読

    中村 安孝, 上野 真希, 中家 清隆, 岡田 恵代, 藤田 明子, 藤本 寛樹, 山田 康一, 西川 武司, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本医療薬学会 医療薬学   42 ( 5 )   343 - 349   2016年05月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Anatomical Therapeutic Chemical/Defined daily dose(ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響について検討した。セフタジジム(CAZ)、セフォゾプラン(CZOP)、セフェピム(CFPM)、イミペネム/シラスタチン(IPM/CS)、メロペネム(MEPM)、シプロフロキサシン(CPFX)の6薬剤を対象薬剤とした。DDD法とDOT法による算出値の平均の差(%)が小さいのはCPFXが3.8%、最も差が大きかったのはCAZの-93.1%であった。期間ごとの各薬剤の平均耐性率は、最小がCZOPで7.9%、最大がIPMで21.8%、耐性率の最大から最小の差が最も大きかったのはCPFXで15.6%、最小はIPMで11.6%であった。感受性試験の対象となった件数は、6ヵ月間の平均で164.1検体、最大189検体、最小134検体であった。

  • Anatomical Therapeutic Chemical/Defined daily dose(ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響 査読

    中村 安孝, 上野 真希, 中家 清隆, 岡田 恵代, 藤田 明子, 藤本 寛樹, 山田 康一, 西川 武司, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本医療薬学会 医療薬学   42 ( 5 )   343 - 349   2016年05月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Anatomical Therapeutic Chemical/Defined daily dose(ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響について検討した。セフタジジム(CAZ)、セフォゾプラン(CZOP)、セフェピム(CFPM)、イミペネム/シラスタチン(IPM/CS)、メロペネム(MEPM)、シプロフロキサシン(CPFX)の6薬剤を対象薬剤とした。DDD法とDOT法による算出値の平均の差(%)が小さいのはCPFXが3.8%、最も差が大きかったのはCAZの-93.1%であった。期間ごとの各薬剤の平均耐性率は、最小がCZOPで7.9%、最大がIPMで21.8%、耐性率の最大から最小の差が最も大きかったのはCPFXで15.6%、最小はIPMで11.6%であった。感受性試験の対象となった件数は、6ヵ月間の平均で164.1検体、最大189検体、最小134検体であった。

  • Anatomical Therapeutic Chemical/Defined daily dose(ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響 査読

    中村 安孝, 上野 真希, 中家 清隆, 岡田 恵代, 藤田 明子, 藤本 寛樹, 山田 康一, 西川 武司, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本医療薬学会 医療薬学   42 ( 5 )   343 - 349   2016年05月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Anatomical Therapeutic Chemical/Defined daily dose(ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響について検討した。セフタジジム(CAZ)、セフォゾプラン(CZOP)、セフェピム(CFPM)、イミペネム/シラスタチン(IPM/CS)、メロペネム(MEPM)、シプロフロキサシン(CPFX)の6薬剤を対象薬剤とした。DDD法とDOT法による算出値の平均の差(%)が小さいのはCPFXが3.8%、最も差が大きかったのはCAZの-93.1%であった。期間ごとの各薬剤の平均耐性率は、最小がCZOPで7.9%、最大がIPMで21.8%、耐性率の最大から最小の差が最も大きかったのはCPFXで15.6%、最小はIPMで11.6%であった。感受性試験の対象となった件数は、6ヵ月間の平均で164.1検体、最大189検体、最小134検体であった。

  • Anatomical Therapeutic Chemical/Defined daily dose(ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響

    中村 安孝, 上野 真希, 中家 清隆, 岡田 恵代, 藤田 明子, 藤本 寛樹, 山田 康一, 西川 武司, 永山 勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   42 ( 5 )   343 - 349   2016年05月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    Anatomical Therapeutic Chemical/Defined daily dose(ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響について検討した。セフタジジム(CAZ)、セフォゾプラン(CZOP)、セフェピム(CFPM)、イミペネム/シラスタチン(IPM/CS)、メロペネム(MEPM)、シプロフロキサシン(CPFX)の6薬剤を対象薬剤とした。DDD法とDOT法による算出値の平均の差(%)が小さいのはCPFXが3.8%、最も差が大きかったのはCAZの-93.1%であった。期間ごとの各薬剤の平均耐性率は、最小がCZOPで7.9%、最大がIPMで21.8%、耐性率の最大から最小の差が最も大きかったのはCPFXで15.6%、最小はIPMで11.6%であった。感受性試験の対象となった件数は、6ヵ月間の平均で164.1検体、最大189検体、最小134検体であった。

  • An intrinsically colistin-resistant Acinetobacter strain isolated from a Japanese patient

    Takizawa E, Yamada K, Kakeya H, et al.

    internal medicine   55   2301 - 2306   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pseudomonas aeruginosa bacteremia among immunocompetent and immunocompromised patients: relation to initial antibiotic therapy and surviva

    Migiyama Y, Yanagihara K, Kakeya H, Kohno S, et al

    Japanese Journal of Infectious Diseases   69 ( 2 )   91 - 96   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anatomical Therapeutic Chemical / Defined daily dose (ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性菌率への影響

    中村安孝、永山勝也、掛屋 弘、他

    医療薬学   52   343 - 349   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relapsed Pulmonary Cryptococcosis during Tumor Necrosis Factor alpha Inhibitor Treatment 査読

    Takazono Takahiro, Sawai Toyomitsu, Tashiro Masato, Saijo Tomomi, Yamamoto Kazuko, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Suyama Naofumi, Izumikawa Koichi, Kakeya Hiroshi, Yanagihara Katsunori, Mukae Hiroshi, Kohno Shigeru

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   55 ( 19 )   2877 - 2880   2016年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>A 35-year-old non-HIV patient developed pulmonary cryptococcosis after the initiation of infliximab. He recovered by fluconazole treatment and completed the therapy for a total of 6 months. However, he experienced a relapse 16 months later during retreatment with infliximab, revealing an interesting clinical course contradicting retreatment. This case also represents the first case of relapsed pulmonary cryptococcosis suspected during treatment with a biologic agent. Both of these aspects generated important clinical questions about the length of pulmonary cryptococcosis treatment and the necessity of introducing a second prophylaxis for such patients. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.6969

    PubMed

    CiNii Article

  • An Intrinsic Strain of Colistin-resistant Acinetobacter Isolated from a Japanese Patient 査読

    Takizawa Etsuko, Yamada Koichi, Oinuma Ken-ichi, Sato Kanako, Niki Mamiko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   55 ( 16 )   2301 - 2306   2016年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>We herein report the first domestic case of bacteremia caused by an intrinsic strain of colistin-resistant <i>Acinetobacter</i>. The <i>Acinetobacter</i> species was detected in the hemocultures in a febrile patient. The patient was a 65-year-old-man who was admitted to our hospital for laparotomic gastrostomy. The patient's antimicrobial susceptibility patterns were atypical; they were colistin resistant but not multiple drug resistant. A sequence analysis of <i>rpoB</i> identified the bacterium as an <i>Acinetobacter</i> genomic species 13BJ/14TU, which had only been previously reported in South Korea. He had never traveled to South Korea but frequently had contact with the South Korean community. We therefore demonstrated that infection with this species could occur in domestic cases. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.6807

    PubMed

    CiNii Article

  • Pseudomonas aeruginosa bacteremia among immunocompetent and immunocompromised patients: relation to initial antibiotic therapy and surviva 査読

    Migiyama Y, Yanagihara K, Kakeya H, Kohno S

    Japanese Journal of Infectious Diseases   69 ( 2 )   91 - 96   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anatomical Therapeutic Chemical / Defined daily dose (ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性菌率への影響 査読

    中村安孝, 永山勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   52   343 - 349   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S7-4 侵襲性カンジダ症の感染制御と治療を考える~2つのASを意識して~ 査読

    山田 康一, 柴多 渉, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   57 ( 0 )   2016年( ISSN:0916-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.57.Suppl1.0_65_2

    CiNii Article

  • LS-6-2 慢性進行性肺アスペルギルス症(CPPA)の治療 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   57 ( 0 )   2016年( ISSN:0916-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11534/jsmm.57.Suppl1.0_88_2

    CiNii Article

  • Anatomical Therapeutic Chemical / Defined daily dose(ATC / DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響 査読

    中村 安孝, 掛屋 弘, 上野 真希, 中家 清隆, 岡田 恵代, 藤田 明子, 藤本 寛樹, 山田 康一, 西川 武司, 永山 勝也

    一般社団法人日本医療薬学会 医療薬学   42 ( 5 )   343 - 349   2016年( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>The anatomical therapeutic chemical/defined daily dose system (DDD), recommended by the World Health Organization, uses drug consumption data and calculates the density of antimicrobial agent use and is used at many institutions. The day of therapy (DOT) is an index used to evaluate the density of antimicrobial agent use based on the duration of use and is not related to the daily dose. We determined DDD and DOT semiannually from September 1, 2008, to March 31, 2014, and calculated the ratio of DDD to DOT (DDD / DOT). The DDD / DOT ratio can be used to evaluate the change of the daily dose. We then compared these values and evaluated their effect on the resistance ratio for <i>Pseudomonas aeruginosa</i>. Six drugs were evaluated in this study: ceftazidime, cefozopran, cefepim, imipenem/cilastatin, meropenem, and ciprofloxacin. All drugs, except ciprofloxacin, showed a significant difference between DDD and DOT. The resistance ratio for <i>Pseudomonas aeruginosa</i> was not statistically correlated with three indexes (DDD, DOT, and DDD / DOT). The three indexes (DDD, DOT, and DDD / DOT) can be used to examine the usage trends of antimicrobial agents. However, these three indicators did not show any correlation with the susceptibility rate. Therefore, these indexes should be used on the basis of their characteristics.</p>

    DOI: 10.5649/jjphcs.42.343

    CiNii Article

  • An Intrinsic Strain of Colistin-resistant Acinetobacter Isolated from a Japanese Patient.

    Takizawa E, Yamada K, Oinuma K, Sato K, Niki M, Namikawa H, Fujimoto H, Asai K, Kaneko Y, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   55 ( 16 )   2301 - 6   2016年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.6807

    PubMed

    CiNii Article

  • S7-4 侵襲性カンジダ症の感染制御と治療を考える~2つのASを意識して~ 査読

    山田 康一, 柴多 渉, 並川 浩己, 藤本 寛樹, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   57.Suppl1 ( 0 )   65   2016年( ISSN:09164804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.57.suppl1.0_65_2

    CiNii Article

  • Relapsed Pulmonary Cryptococcosis during Tumor Necrosis Factor α Inhibitor Treatment.

    Takazono T, Sawai T, Tashiro M, Saijo T, Yamamoto K, Imamura Y, Miyazaki T, Suyama N, Izumikawa K, Kakeya H, Yanagihara K, Mukae H, Kohno S

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   55 ( 19 )   2877 - 2880   2016年( ISSN:09182918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.6969

    PubMed

    CiNii Article

  • LS-6-2 慢性進行性肺アスペルギルス症(CPPA)の治療 査読

    掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   57.Suppl1 ( 0 )   88   2016年( ISSN:09164804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.57.suppl1.0_88_2

    CiNii Article

  • Anatomical Therapeutic Chemical / Defined daily dose(ATC / DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性率への影響

    中村 安孝, 上野 真希, 中家 清隆, 岡田 恵代, 藤田 明子, 藤本 寛樹, 山田 康一, 西川 武司, 永山 勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   42 ( 5 )   343 - 349   2016年( ISSN:1346342X

     詳細を見る

    <p>The anatomical therapeutic chemical/defined daily dose system (DDD), recommended by the World Health Organization, uses drug consumption data and calculates the density of antimicrobial agent use and is used at many institutions. The day of therapy (DOT) is an index used to evaluate the density of antimicrobial agent use based on the duration of use and is not related to the daily dose. We determined DDD and DOT semiannually from September 1, 2008, to March 31, 2014, and calculated the ratio of DDD to DOT (DDD / DOT). The DDD / DOT ratio can be used to evaluate the change of the daily dose. We then compared these values and evaluated their effect on the resistance ratio for <i>Pseudomonas aeruginosa</i>. Six drugs were evaluated in this study: ceftazidime, cefozopran, cefepim, imipenem/cilastatin, meropenem, and ciprofloxacin. All drugs, except ciprofloxacin, showed a significant difference between DDD and DOT. The resistance ratio for <i>Pseudomonas aeruginosa</i> was not statistically correlated with three indexes (DDD, DOT, and DDD / DOT). The three indexes (DDD, DOT, and DDD / DOT) can be used to examine the usage trends of antimicrobial agents. However, these three indicators did not show any correlation with the susceptibility rate. Therefore, these indexes should be used on the basis of their characteristics.</p>

    DOI: 10.5649/jjphcs.42.343

    CiNii Article

  • Anatomical Therapeutic Chemical / Defined daily dose (ATC/DDD)とDay of therapy(DOT)の評価と緑膿菌耐性菌率への影響

    中村安孝, 永山勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   52   343 - 349   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるLinezolidの有効性と安全性に関する検討 査読

    中村 安孝, 櫻井 紀宏, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本医療薬学会 医療薬学   41 ( 12 )   894 - 899   2015年12月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小児の発熱性好中球減少症(FN)におけるリネゾリド(LZD)の有効性と安全性について検討した。16歳未満でLZDを投与した症例を抽出した。患者数は9例(男児4名、女児5名)であり、症例数は16症例であった。体温、脈拍数、心拍数、呼吸数は有意に低下した。収縮期血圧は低下したが有意差は得られなかった。CRPは有意に低下し、PLTとWBCは上昇したが有意差は認めなかった。検出菌はα-streptococcusが8件、次いでMRSE、S.epidermidisの順で、MRSAの検出は認めなかった。LZD投与後の評価としては、消失が17件、測定なしが3件であった。FNの原因菌検索として、発熱時に血液や喀痰、尿、咽頭、便培養等を実施したが、無菌材料から有意菌の検出は認なかった。LZD投与終了理由は、症状の軽快が14症例で、30日後の生存は全症例で生存が確認された。

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるLinezolidの有効性と安全性に関する検討 査読

    中村 安孝, 櫻井 紀宏, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    (一社)日本医療薬学会 医療薬学   41 ( 12 )   894 - 899   2015年12月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小児の発熱性好中球減少症(FN)におけるリネゾリド(LZD)の有効性と安全性について検討した。16歳未満でLZDを投与した症例を抽出した。患者数は9例(男児4名、女児5名)であり、症例数は16症例であった。体温、脈拍数、心拍数、呼吸数は有意に低下した。収縮期血圧は低下したが有意差は得られなかった。CRPは有意に低下し、PLTとWBCは上昇したが有意差は認めなかった。検出菌はα-streptococcusが8件、次いでMRSE、S.epidermidisの順で、MRSAの検出は認めなかった。LZD投与後の評価としては、消失が17件、測定なしが3件であった。FNの原因菌検索として、発熱時に血液や喀痰、尿、咽頭、便培養等を実施したが、無菌材料から有意菌の検出は認なかった。LZD投与終了理由は、症状の軽快が14症例で、30日後の生存は全症例で生存が確認された。

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるLinezolidの有効性と安全性に関する検討

    中村 安孝, 櫻井 紀宏, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   41 ( 12 )   894 - 899   2015年12月( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    小児の発熱性好中球減少症(FN)におけるリネゾリド(LZD)の有効性と安全性について検討した。16歳未満でLZDを投与した症例を抽出した。患者数は9例(男児4名、女児5名)であり、症例数は16症例であった。体温、脈拍数、心拍数、呼吸数は有意に低下した。収縮期血圧は低下したが有意差は得られなかった。CRPは有意に低下し、PLTとWBCは上昇したが有意差は認めなかった。検出菌はα-streptococcusが8件、次いでMRSE、S.epidermidisの順で、MRSAの検出は認めなかった。LZD投与後の評価としては、消失が17件、測定なしが3件であった。FNの原因菌検索として、発熱時に血液や喀痰、尿、咽頭、便培養等を実施したが、無菌材料から有意菌の検出は認なかった。LZD投与終了理由は、症状の軽快が14症例で、30日後の生存は全症例で生存が確認された。

  • Effectiveness of antibacterial prophylaxis with non-absorbable polymixin B compared to levofloxacin after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation

    Koh S, Yamada K, Kakeya H, Hino M, Nakamae H, et al

    Transpl Infect Dis   17 ( 5 )   647 - 654   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of antibacterial prophylaxis with non-absorbable polymyxin B compared to levofloxacin after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation 査読

    Koh S., Yamada K., Nishimoto M., Hayashi Y., Koh H., Nakashima Y., Nakane T., Hirose A., Nakamae M., Kakeya H., Hino M., Nakamae H.

    TRANSPLANT INFECTIOUS DISEASE   17 ( 5 )   647 - 654   2015年10月( ISSN:1398-2273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tid.12416

  • Effectiveness of antibacterial prophylaxis with non-absorbable polymyxin B compared to levofloxacin after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. 査読

    Koh S, Yamada K, Nishimoto M, Hayashi Y, Koh H, Nakashima Y, Nakane T, Hirose A, Nakamae M, Kakeya H, Hino M, Nakamae H

    Transplant infectious disease : an official journal of the Transplantation Society   17 ( 5 )   647 - 54   2015年10月( ISSN:1398-2273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    同種造血幹細胞移植時感染予防の非吸収性抗生剤ポリミキシンB(PB)と全身抗生剤レボフロキサシン(LVFX)有効性をPB群106名、LVFX群140名で後方視的に検討した。2群において感染予防失敗の累積発症率、臨床的感染症の発症率、移植後100日までの非再発死亡、全生存率に有意差はなかった.<br />

    DOI: 10.1111/tid.12416

    PubMed

  • [Case report: treatment difficulty of lung and brain cryptococcosis]. 査読

    Horiuchi K, Kakeya H, Kaneko Y, Miyazaki Y

    Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   Suppl 12   15 - 18   2015年05月( ISSN:0387-5911

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Case report: treatment difficulty of lung and brain cryptococcosis]. 査読

    Horiuchi K, Kakeya H, Kaneko Y, Miyazaki Y

    Kansenshogaku zasshi. The Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases   Suppl 12   15 - 18   2015年05月( ISSN:0387-5911

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    PubMed

  • [A TUBERCULOUS PSEUDO-ANEURYSM OF THE ABDOMINAL AORTA COMPLICATED BY MILIARY TUBERCULOSIS]. 査読

    Matsutake T, Hashizume K, Kinoshita N, Sueyoshi E, Ehara N, Nakano R, Yoshida S, Fukushima K, Kakeya H, Kohno S

    Kekkaku : [Tuberculosis]   90 ( 4 )   463 - 8   2015年04月( ISSN:0022-9776

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 粟粒結核に伴った結核性腹部大動脈瘤の1例 査読

    松竹 豊司, 橋詰 浩二, 木下 直江, 末吉 英純, 江原 尚美, 中野 令伊司, 吉田 伸太郎, 福島 喜代康, 掛屋 弘, 河野 茂

    (一社)日本結核病学会 結核   90 ( 4 )   463 - 468   2015年04月( ISSN:0022-9776

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    66歳男性、粟粒結核にてisoniazid(INH)、rifampicin(RFP)、pyrazinamide(PZA)、ethambutol(EB)で治療開始した。PZAとEBの副作用のためINH、RFPでの治療となったが徐々に改善傾向となった。しかし治療開始3ヵ月後に腰痛が出現し症状は4ヵ月後にさらに悪化した。腹部単純CTでは腰椎と腹部大動脈間に腫瘤状陰影が認められ、US、MRIとPET-CTより感染性大動脈瘤を疑った。瘤診断1ヵ月後に人工血管置換術が施行された。病理では瘤壁に壊死巣と肉芽腫を、大動脈周囲リンパ節に非乾酪性類上皮肉芽腫を多数認め、抗酸菌も染色され粟粒結核に伴う感染性大動脈瘤と診断した。手術後はINH、RFP、levofloxacin(LVFX)で治療を行い計18ヵ月加療し現在も再発はない。(著者抄録)

  • [A TUBERCULOUS PSEUDO-ANEURYSM OF THE ABDOMINAL AORTA COMPLICATED BY MILIARY TUBERCULOSIS]. 査読

    Toyoshi Matsutake, Kouji Hashizume, Naoe Kinoshita, Eijun Sueyoshi, Naomi Ehara, Reiji Nakano, Shintaro Yoshida, Kiyoyasu Fukushima, Hiroshi Kakeya, Shigeru Kohno

    Kekkaku : [Tuberculosis]   90 ( 4 )   463 - 8   2015年04月( ISSN:0022-9776

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A 66-year-old man was transferred to our hospital on November 2010 owing to a diagnosis of miliary tuberculosis. Treatment was initially started with INH, RFP, PZA, and EB. However, PZA and EB were discontinued because of their adverse effects. Subsequently, chest radiographic and laboratory findings gradually improved. However, the patient experienced lumbago, which exacerbated towards the end of March 2011. An abdominal CT scan showed an abdominal mass at the L3-L5 level between the abdominal aorta and lumbar vertebra. On the basis of the findings of abdominal ultrasonography, MRI, and PET-CT, infectious abdominal aortic aneurysm was highly suspected. Therefore, vascular graft replacement surgery was performed at the beginning of May 2011. The result of histopathological analysis showed the presence of acid-fast bacteria in the aneurysm and the lymph nodes around it, revealing that the aneurysm was due to systemic miliary tuberculosis. After the surgery, the patient was administered LVFX in addition to INH and RFP for 18 months and showed no recurrence.

    PubMed

  • 粟粒結核に伴った結核性腹部大動脈瘤の1例

    松竹 豊司, 橋詰 浩二, 木下 直江, 末吉 英純, 江原 尚美, 中野 令伊司, 吉田 伸太郎, 福島 喜代康, 掛屋 弘, 河野 茂

    結核   90 ( 4 )   463 - 468   2015年04月( ISSN:0022-9776

     詳細を見る

    66歳男性、粟粒結核にてisoniazid(INH)、rifampicin(RFP)、pyrazinamide(PZA)、ethambutol(EB)で治療開始した。PZAとEBの副作用のためINH、RFPでの治療となったが徐々に改善傾向となった。しかし治療開始3ヵ月後に腰痛が出現し症状は4ヵ月後にさらに悪化した。腹部単純CTでは腰椎と腹部大動脈間に腫瘤状陰影が認められ、US、MRIとPET-CTより感染性大動脈瘤を疑った。瘤診断1ヵ月後に人工血管置換術が施行された。病理では瘤壁に壊死巣と肉芽腫を、大動脈周囲リンパ節に非乾酪性類上皮肉芽腫を多数認め、抗酸菌も染色され粟粒結核に伴う感染性大動脈瘤と診断した。手術後はINH、RFP、levofloxacin(LVFX)で治療を行い計18ヵ月加療し現在も再発はない。(著者抄録)

  • 日本の非HIV患者における肺クリプトコッカス症の臨床的特徴(Clinical features of pulmonary cryptococcosis in non-HIV patients in Japan) 査読

    Kohno Shigeru, Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Miyazaki Taiga, Yamamoto Yoshihiro, Yanagihara Katsunori, Mitsutake Kotaro, Miyazaki Yoshitsugu, Maesaki Shigefumi, Yasuoka Akira, Tashiro Takayoshi, Mine Mariko, Uetani Masataka, Ashizawa Kazuto

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   21 ( 1-2 )   23 - 30   2015年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    非HIVの肺クリプトコッカス症患者の臨床的特徴を後方視的に検討した。対象者151名中67名(44.4%)は基礎疾患を持たなかった。主な基礎疾患は糖尿病、血液疾患および膠原病であった。患者の多くで肺野末梢に分布する結節・腫瘤がみられた。基礎疾患を持つ患者では右中葉病変およびair bronchogramが多くみられた。髄膜脳炎のない患者には主にアゾール系薬剤が選択された。平均治療期間は基礎疾患がある患者で6.6ヵ月、ない患者で2.9ヵ月であった。肺結節が改善した患者のクリプトコッカス抗原力価は治療終了後も低下を続けた。抗原力価が陰性化するまでの期間は基礎疾患がある患者で13.1ヵ月、ない患者で10.7ヵ月であった。髄膜脳炎合併の有無および生/死により群分けした解析にて、クリプトコッカス症の予後に寄与する因子は、高齢、低蛋白血症、低アルブミン血症、ステロイド使用、CRP高値および髄膜脳炎合併であった。

  • 日本の非HIV患者における肺クリプトコッカス症の臨床的特徴(Clinical features of pulmonary cryptococcosis in non-HIV patients in Japan)

    Kohno Shigeru, Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Miyazaki Taiga, Yamamoto Yoshihiro, Yanagihara Katsunori, Mitsutake Kotaro, Miyazaki Yoshitsugu, Maesaki Shigefumi, Yasuoka Akira, Tashiro Takayoshi, Mine Mariko, Uetani Masataka, Ashizawa Kazuto

    Journal of Infection and Chemotherapy   21 ( 1-2 )   23 - 30   2015年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    非HIVの肺クリプトコッカス症患者の臨床的特徴を後方視的に検討した。対象者151名中67名(44.4%)は基礎疾患を持たなかった。主な基礎疾患は糖尿病、血液疾患および膠原病であった。患者の多くで肺野末梢に分布する結節・腫瘤がみられた。基礎疾患を持つ患者では右中葉病変およびair bronchogramが多くみられた。髄膜脳炎のない患者には主にアゾール系薬剤が選択された。平均治療期間は基礎疾患がある患者で6.6ヵ月、ない患者で2.9ヵ月であった。肺結節が改善した患者のクリプトコッカス抗原力価は治療終了後も低下を続けた。抗原力価が陰性化するまでの期間は基礎疾患がある患者で13.1ヵ月、ない患者で10.7ヵ月であった。髄膜脳炎合併の有無および生/死により群分けした解析にて、クリプトコッカス症の予後に寄与する因子は、高齢、低蛋白血症、低アルブミン血症、ステロイド使用、CRP高値および髄膜脳炎合併であった。

  • Clinical features of pulmonary cryptococcosis in non-HIV patients in Japan. 査読

    Kohno S, Kakeya H, Izumikawa K, Miyazaki T, Yamamoto Y, Yanagihara K, Mitsutake K, Miyazaki Y, Maesaki S, Yasuoka A, Tashiro T, Mine M, Uetani M, Ashizawa K

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   21 ( 1 )   23 - 30   2015年01月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2014.08.025

    PubMed

  • S6-3 肺ムーコル症の診断・治療の現状と課題 査読

    掛屋 弘, 金子 幸弘

    一般社団法人日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   56 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.56.Suppl1.0_64_1

    CiNii Article

  • The effect of intravenous peramivir, compared with oral oseltamivir, on the outcome of post-influenza pneumococcal pneumonia in mice. 査読

    Tanaka A, Nakamura S, Seki M, Iwanaga N, Kajihara T, Kitano M, Homma T, Kurihara S, Imamura Y, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Yanagihara K, Kohno S

    Antiviral therapy   20 ( 1 )   11 - 9   2015年( ISSN:1359-6535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3851/IMP2744

    PubMed

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるLinezolidの有効性と安全性に関する検討 査読

    中村 安孝, 櫻井 紀宏, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    一般社団法人日本医療薬学会 医療薬学   41 ( 12 )   894 - 899   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we investigated the efficacy and safety of administration of Linezolid (LZD) to pediatric febrile neutropenia (FN) patients after cancer chemotherapy. The study period was from January 2008 to June 2014, and the subjects were patients under the age of 16 receiving LZD administration (9 subjects, 16 cases, average age 9.2 ± 4.4 years). The dose of LZD was 30.7 ± 3.1 mg/kg/day, and the administration period was 12.1 ± 6.3 days. The test values were as follows: the CRP decreased from 3.9 ± 4.5 mg/dL to 0.4 ± 0.7 mg/dL (<i>P</i> < 0.01), the PLT increased from 7.1 ± 4.69 × 10<sup>4</sup> /μL to 14.5 ± 9.1 × 10<sup>4</sup> /μL (<i>P</i> < 0.01) and the WBC increased from 9.4 ± 21.6 × 10<sup>2</sup> /μL to 42.2 ± 38.5 × 10<sup>2</sup> /μL (<i>P</i> < 0.01); thus, statistically significant differences were obtained. The reason for the termination of LZD administration was due to the alleviation of the symptoms, which was observed in 14 cases (14/16 87.5%). Survival after 30 days was confirmed in all of the cases. The results suggest that LZD administration to FN pediatric patients is effective and safe.

    DOI: 10.5649/jjphcs.41.894

    CiNii Article

  • 例から学ぶ感染症セミナー −症例の疑問点から研究的考察へ− 健常者に生じ、治療に難渋した肺クリプトコックス症を合併した脳クリプトコックス症

    堀内一宏, 掛屋 弘, 金子幸弘, 宮崎義継.

    日本感染症学会雑誌   89   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 粟粒結核に伴った結核性腹部大動脈瘤の1例

    松竹豊司, 福島喜代康, 掛屋 弘, 河野 茂, 他

    結核   90   463 - 468   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • O-26 非血液領域における侵襲性肺アスペルギルス症の3例 査読

    佐藤 佳奈子, 山田 康一, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    一般社団法人日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   56 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.56.Suppl1.0_88_2

    CiNii Article

  • Clinical features of pulmonary cryptococcosis in non-HIV patients in Japan 査読

    Kohno Shigeru, Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Miyazaki Taiga, Yamamoto Yoshihiro, Yanagihara Katsunori, Mitsutake Kotaro, Miyazaki Yoshitsugu, Maesaki Shigefumi, Yasuoka Akira, Tashiro Takayoshi, Mine Mariko, Uetani Masataka, Ashizawa Kazuto

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   21 ( 1-2 )   23 - 30   2015年( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2014.08.025

    PubMed

  • O-02 慢性肺アスペルギルス症を対象とした予後調査後ろ向き研究 査読

    田代 将人, 高園 貴弘, 西條 知見, 今村 圭文, 宮崎 泰可, 掛屋 弘, 安藤 常浩, 小川 賢二, 岸 一馬, 時松 一成, 林 悠太, 藤内 智, 栁原 克紀, 宮﨑 義継, 市原 清志, 河野 茂, 泉川 公一

    一般社団法人日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   56 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.56.Suppl1.0_82_2

    CiNii Article

  • O-25 COPD患者に発症した侵襲性肺アスペルギルス症の一例 査読

    山田 康一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    一般社団法人日本医真菌学会 日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   56 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.56.Suppl1.0_88_1

    CiNii Article

  • O-02 慢性肺アスペルギルス症を対象とした予後調査後ろ向き研究

    田代 将人, 高園 貴弘, 西條 知見, 今村 圭文, 宮崎 泰可, 掛屋 弘, 安藤 常浩, 小川 賢二, 岸 一馬, 時松 一成, 林 悠太, 藤内 智, 栁原 克紀, 宮﨑 義継, 市原 清志, 河野 茂, 泉川 公一

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   56.Suppl1 ( 0 )   82   2015年( ISSN:09164804

  • The effect of intravenous peramivir, compared with oral oseltamivir, on the outcome of post-influenza pneumococcal pneumonia in mice 査読

    Akitaka Tanaka, Shigeki Nakamura, Masafumi Seki, Naoki Iwanaga, Toshiki Kajihara, Mitsutaka Kitano, Tomoyuki Homma, Shintaro Kurihara, Yoshifumi Imamura, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Hiroshi Kakeya, Katsunori Yanagihara, Shigeru Kohno

    ANTIVIRAL THERAPY   20 ( 1 )   11 - 19   2015年( ISSN:1359-6535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Background: Pneumococcal pneumonia often occurs secondary to influenza infection and accounts for a large proportion of the morbidity and mortality associated with seasonal and pandemic influenza outbreaks. Peramivir is a novel, intravenous neuraminidase inhibitor that exhibits potent antiviral activity against influenza A and B viruses. We investigated the efficacy of peramivir for modulating the severity of secondary pneumococcal pneumonia.
    Methods: CBA/JNCrlj mice, infected with influenza virus and superinfected with Streptococcus pneumoniae, were treated with either intravenous peramivir (single or multiple doses of 60 mg/kg/day) or oral oseltamivir at doses of 10 or 40 mg/kg/day in divided doses. The survival rate, viable bacterial count and virus titre in the lungs, as well as cytokine/chemokine concentration and histopathological findings were compared between both groups.
    Results: The median duration of survival of coinfected mice was significantly prolonged by treatment with multiple doses of peramivir, relative to mice treated with oseltamivir at either dose. Viable bacterial counts and virus titres in the lungs were significantly reduced by intravenous peramivir treatment compared with no treatment or oral oseltamivir treatment. The production of inflammatory cytokines/chemokines was also significantly suppressed by multiple dosing of peramivir compared with oseltamivir. Increased survival appeared to be mediated by decreased inflammation, manifested as lower levels of inflammatory cells and proinflammatory cytokines in the lungs and less severe histopathological findings. The lungs of mice treated with multiple doses of peramivir showed mild inflammatory changes compared to oseltamivir.
    Conclusions: This study demonstrated that a multiple-dose regimen of intravenous peramivir was more efficacious than a single peramivir dose or multiple doses of oseltamivir for improving outcomes in pneumococcal pneumonia following influenza virus infection in mice.

    DOI: 10.3851/IMP2744

    PubMed

  • S6-3 肺ムーコル症の診断・治療の現状と課題 査読

    掛屋 弘, 金子 幸弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   56.Suppl1 ( 0 )   64 - 64   2015年( ISSN:09164804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11534/jsmm.56.suppl1.0_64_1

    CiNii Article

  • O-26 非血液領域における侵襲性肺アスペルギルス症の3例 査読

    佐藤 佳奈子, 山田 康一, 掛屋 弘, 金子 幸弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   56.Suppl1 ( 0 )   88 - 88   2015年( ISSN:09164804

  • O-25 COPD患者に発症した侵襲性肺アスペルギルス症の一例 査読

    山田 康一, 金子 幸弘, 掛屋 弘

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   56.Suppl1 ( 0 )   88 - 88   2015年( ISSN:09164804

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるLinezolidの有効性と安全性に関する検討 査読

    中村 安孝, 櫻井 紀宏, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   41 ( 12 )   894 - 899   2015年( ISSN:1346-342X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we investigated the efficacy and safety of administration of Linezolid (LZD) to pediatric febrile neutropenia (FN) patients after cancer chemotherapy. The study period was from January 2008 to June 2014, and the subjects were patients under the age of 16 receiving LZD administration (9 subjects, 16 cases, average age 9.2 ± 4.4 years). The dose of LZD was 30.7 ± 3.1 mg/kg/day, and the administration period was 12.1 ± 6.3 days. The test values were as follows: the CRP decreased from 3.9 ± 4.5 mg/dL to 0.4 ± 0.7 mg/dL (<i>P</i> < 0.01), the PLT increased from 7.1 ± 4.69 × 10<sup>4</sup> /μL to 14.5 ± 9.1 × 10<sup>4</sup> /μL (<i>P</i> < 0.01) and the WBC increased from 9.4 ± 21.6 × 10<sup>2</sup> /μL to 42.2 ± 38.5 × 10<sup>2</sup> /μL (<i>P</i> < 0.01); thus, statistically significant differences were obtained. The reason for the termination of LZD administration was due to the alleviation of the symptoms, which was observed in 14 cases (14/16 87.5%). Survival after 30 days was confirmed in all of the cases. The results suggest that LZD administration to FN pediatric patients is effective and safe.

    DOI: 10.5649/jjphcs.41.894

    CiNii Article

  • 小児の発熱性好中球減少症におけるLinezolidの有効性と安全性に関する検討

    中村 安孝, 櫻井 紀宏, 山田 康一, 時政 定雄, 西川 武司, 新宅 治夫, 永山 勝也, 掛屋 弘

    医療薬学   41 ( 12 )   894 - 899   2015年( ISSN:1346342X

  • Effectiveness of Antibacterial Prophylaxis with Non-Absorbable Polymyxin B Compared to Levofloxacin after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Koh Shiro, Nakamae Hirohisa, Yamada Koichi, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hirose Asao, Nakamae Mika, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    BLOOD   124 ( 21 )   2014年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of Antibacterial Prophylaxis with Non-Absorbable Polymyxin B Compared to Levofloxacin after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Koh Shiro, Nakamae Hirohisa, Yamada Koichi, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hirose Asao, Nakamae Mika, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    BLOOD   124 ( 21 )   2014年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of Antibacterial Prophylaxis with Non-Absorbable Polymyxin B Compared to Levofloxacin after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Koh Shiro, Nakamae Hirohisa, Yamada Koichi, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hirose Asao, Nakamae Mika, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    BLOOD   124 ( 21 )   2014年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diagnostic performance of serum high-sensitivity prpcalcitonin and serum C-reactive protein tests for detectiong bacterial infection in febrile neutoropenia.

    Aimoto M, Koh H, Kakeya H, Hino M, et al.

    Infection   42 ( 6 )   971 - 979   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diagnostic performance of serum high-sensitivity procalcitonin and serum C-reactive protein tests for detecting bacterial infection in febrile neutropenia 査読

    Aimoto Mizuki, Koh Hideo, Katayama Takako, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    INFECTION   42 ( 6 )   971 - 979   2014年12月( ISSN:0300-8126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s15010-014-0657-6

    PubMed

  • 当院における過去7年間の多剤耐性緑膿菌分離症例の検討 査読

    山田 康一, 藤田 明子, 中家 清隆, 安部 順子, 掛屋 弘

    緑膿菌感染症研究会 緑膿菌感染症研究会講演記録   48回   59 - 63   2014年12月( ISSN:1340-6477

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    過去7年間に分離された多剤耐性緑膿菌(MDRP)40例(男性28例、女性12例、平均64.3歳)について後方視的に検討した。MDRP検出の年次推移で最も多かったのは2012年13例、次いで2010年12例であった。検出部位は喀痰23例(57.5%)、便9例(22.5%)、創部8例(20.0%)であった。基礎疾患は悪性腫瘍11例、創傷10例、心血管系疾患7例で、症例のPerformance Statusは4が28例(70.0%)と極めて不良であった。検出前の使用抗菌薬はカルバペネム系が19例(47.5%)と最も多く、薬剤感受性パターンはカルバペネム系抗菌薬以外のβ-ラクタム系薬に感受性が約50%程度であり、メタロβラクタマーゼ産生菌は認めなかった。SOFA scoreは平均5.8点であった。感染例9例中5例が死亡していた。菌株が保存されていた20株のPCR-based ORF typingでは、16株(80%)が同一株による伝播が疑われ、接触予防策強化で新規のMDRP検出は認めなくなった。

  • Diagnostic performance of serum high-sensitivity procalcitonin and serum C-reactive protein tests for detecting bacterial infection in febrile neutropenia. 査読

    Aimoto M, Koh H, Katayama T, Okamura H, Yoshimura T, Koh S, Nanno S, Nishimoto M, Hirose A, Nakamae M, Nakane T, Nakamae H, Kakeya H, Hino M

    Infection   42 ( 6 )   971 - 9   2014年12月( ISSN:0300-8126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s15010-014-0657-6

    PubMed

  • 当院における過去7年間の多剤耐性緑膿菌分離症例の検討

    山田 康一, 藤田 明子, 中家 清隆, 安部 順子, 掛屋 弘

    緑膿菌感染症研究会講演記録   48回   59 - 63   2014年12月( ISSN:1340-6477

     詳細を見る

    過去7年間に分離された多剤耐性緑膿菌(MDRP)40例(男性28例、女性12例、平均64.3歳)について後方視的に検討した。MDRP検出の年次推移で最も多かったのは2012年13例、次いで2010年12例であった。検出部位は喀痰23例(57.5%)、便9例(22.5%)、創部8例(20.0%)であった。基礎疾患は悪性腫瘍11例、創傷10例、心血管系疾患7例で、症例のPerformance Statusは4が28例(70.0%)と極めて不良であった。検出前の使用抗菌薬はカルバペネム系が19例(47.5%)と最も多く、薬剤感受性パターンはカルバペネム系抗菌薬以外のβ-ラクタム系薬に感受性が約50%程度であり、メタロβラクタマーゼ産生菌は認めなかった。SOFA scoreは平均5.8点であった。感染例9例中5例が死亡していた。菌株が保存されていた20株のPCR-based ORF typingでは、16株(80%)が同一株による伝播が疑われ、接触予防策強化で新規のMDRP検出は認めなくなった。

  • Contribution of the Slt2-regulated transcription factors to echinocandin tolerance in Candida glabrata. 査読

    Nagayoshi Y, Miyazaki T, Minematsu A, Yamauchi S, Takazono T, Nakamura S, Imamura Y, Izumikawa K, Kakeya H, Yanagihara K, Kohno S

    FEMS yeast research   14 ( 7 )   1128 - 31   2014年11月( ISSN:1567-1356

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1567-1364.12204

    PubMed

  • Contribution of the Slt2-regulated transcription factors to echinocandin tolerance in Candida glabrata 査読

    Yohsuke Nagayoshi, Taiga Miyazaki, Asuka Minematsu, Shunsuke Yamauchi, Takahiro Takazono, Shigeki Nakamura, Yoshifumi Imamura, Koichi Izumikawa, Hiroshi Kakeya, Katsunori Yanagihara, Shigeru Kohno

    FEMS YEAST RESEARCH   14 ( 7 )   1128 - 1131   2014年11月( ISSN:1567-1356

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Echinocandin-class antifungals, including micafungin, are considered as the first-line treatment for Candida glabrata infections. However, recent epidemiological surveys have revealed an increasing number of C.glabrata isolates exhibiting decreased echinocandin susceptibilities. The Slt2 mitogen-activated protein kinase pathway is important for maintenance of cell wall integrity in fungi. Rlm1 and Swi4-Swi6 cell cycle box binding factor (SBF) are transcription factors downstream of Slt2. While Slt2 and Rlm1 play important roles in response to cell wall stresses, such as micafungin exposure, little is known about SBF in C.glabrata. Here, we generated C.glabrata strains lacking or overexpressing SWI4 and SWI6 and evaluated their susceptibilities to micafungin. Micafungin tolerance considerably decreased in the swi4 strain, whereas it increased in the strains overexpressing SWI4. On the other hand, deletion of SWI6 slightly impaired micafungin tolerance, but overexpression of SWI6 had no effect. These results suggest that, although Swi4 and Swi6 form a protein complex, Swi4 is involved in micafungin tolerance more predominantly than Swi6 in C.glabrata. Furthermore, the overexpression of RLM1 induced increased micafungin tolerance in the wild-type background but not in the swi4 and swi6 strains, suggesting that Rlm1 and SBF function interdependently in response to micafungin exposure.

    DOI: 10.1111/1567-1364.12204

    PubMed

  • Three Cases of Concurrent Infection With Mycobacterium tuberculosis and Cryptococcus neoformans.

    Kakeya H, Izumikawa K, Kohno S, et al

    Internal Medicine   53 ( 15 )   1685 - 1692   2014年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Azithromycin inhibits MUC5AC induction via multidrug-resistant Acinetobacter baumannii in human airway epithelial cells

    Yamada K, Morinaga Y, Yanagihara K, Kakeya H, Kohno S, et al.

    Pulm Pharmacol Ther   28 ( 2 )   165 - 170   2014年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A comparison of susceptibility of Pseudomonas aeruginosa clinical isolates to carbapenem antibiotics in our hospital]. 査読

    Kakeya H, Yamada K, Nakaie K, Takizawa E, Okada Y, Fujita A, Nakamura Y, Abe J, Hirose A, Kaneko Y, Hino M

    The Japanese journal of antibiotics   67 ( 4 )   241 - 8   2014年08月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Azithromycin inhibits MUC5AC induction via multidrug-resistant Acinetobacter baumannii in human airway epithelial cells. 査読

    Yamada K, Morinaga Y, Yanagihara K, Kaku N, Harada Y, Uno N, Nakamura S, Imamura Y, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Mikamo H, Kohno S

    Pulmonary pharmacology & therapeutics   28 ( 2 )   165 - 70   2014年08月( ISSN:1094-5539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pupt.2014.05.006

    PubMed

  • 当院における臨床分離緑膿菌のカルバペネム系抗菌薬に対する薬剤感受性の比較 査読

    掛屋 弘, 山田 康一, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 岡田 恵代, 藤田 明子, 中村 安孝, 安部 順子, 広瀬 朝生, 金子 幸弘, 日野 雅之

    (公財)日本感染症医薬品協会 The Japanese Journal of Antibiotics   67 ( 4 )   241 - 248   2014年08月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    臨床分離緑膿菌のカルバペネム系抗菌薬に対する薬剤感受性について検討した。152例から分離した種々の臨床材料から得られた緑膿菌400株を対象とした。感受性株の割合はDRPM 78.3%、MEPM 74.3%、IPM 64.8%であった。耐性菌の割合は、DRPMが12.5%、MEPMが22.8%、IPMが28.5%で、DRPM耐性率はMEPM、IPM耐性率より有意に低かった。MEPM耐性株の7.7%、IPM耐性株の23.7%はDRPMに感受性を示した。IPM耐性株の9.6%はMEPMに感受性であった。MEPMに耐性でIPMに感受性を示す株やDRPMに耐性で、MEPMやIPMに感受性を示す株は一株もなかった。カルバペネム系抗菌薬3薬剤の中でDRPMはMEPMやIPMより優れた抗緑膿菌活性を有することが示された。

  • 「呼吸器感染症における新規抗菌薬の臨床評価法(第2版)」に準拠して評価した細菌性肺炎患者におけるレボフロキサシンの有効性と安全性(Efficacy and safety of levofloxacin in patients with bacterial pneumonia evaluated according to the new "Clinical Evaluation Methods for New Antimicrobial Agents to Treat Respiratory Infections (Second Version)") 査読

    Mukae Hiroshi, Kawanami Toshinori, Yatera Kazuhiro, Yanagihara Katsunori, Yamamoto Yoshihiro, Kakeya Hiroshi, Tokimatsu Issei, Kadota Junichi, Kohno Shigeru

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 7-8 )   417 - 422   2014年08月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    呼吸器感染症における新規抗菌薬の臨床評価法(第2版)を用いて、レボフロキサシン(LVFX)の細菌性肺炎患者に対する有効性と安全性を評価した。治癒判定(TOC)によるLVFXの有効率は市中肺炎(CAP)と医療ケア関連肺炎(HCAP)で87.5%(56/64)と85.7%(6/7)、全有効率は87.3%(62/71)であり、投与経路別では静注、経口および静注-経口でそれぞれ、81.5%(22/27)、88.9%(24/27)、100%(10/10)であった。治療終了時(EOT)の除菌率はCAP、HCAPおよび全体でそれぞれ、95.3%(41/43)、100%(4/4)、95.7%(45/47)で、原因菌は肺炎球菌(18)、インフルエンザ菌(14)、Moraxella catarrhalis(6)が多かった。有害事象発現率は15.7%(14/89)であった。

  • Mycobacterium tuberculosisとCryptococcus neoformansの同時感染の3症例(Three Cases of Concurrent Infection with Mycobacterium tuberculosis and Cryptococcus neoformans) 査読

    Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Yamada Koichi, Obata Yoko, Nishino Tomoya, Takazono Takahiro, Kosai Kosuke, Kurihara Shintaro, Nakamura Shigeki, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Tsukamoto Misuzu, Yanagihara Katsunori, Tashiro Takayoshi, Kohno Shigeru

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   53 ( 15 )   1685 - 1692   2014年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は未治療のまま放置されていた2型糖尿病の65歳女性で、肺結核の治療中にクリプトコッカス髄膜脳炎が併発した。抗結核薬に加えてアムホテリシンとフルコナゾールで治療した。症例2は高血圧、2型糖尿病および肝硬変の56歳男性で、胸部X線で両側上肺野に多発結節性陰影が発見された。M.tuberculosisとC.neoformansの感染が確認されたが、抗真菌剤との相互作用を避けて抗結核剤投与を先行させた。症例3は関節リウマチの83歳女性で、数年間服用していたプレドニゾロンを増量したところ、右上肺葉に空洞病巣、両肺にび漫性小顆粒状陰影が出現した。粟粒結核の診断で抗結核治療を行ったが、呼吸不全および心不全により死亡した。剖検時にC.neoformans培養陽性が確認された。

  • [A comparison of susceptibility of Pseudomonas aeruginosa clinical isolates to carbapenem antibiotics in our hospital]. 査読

    Kakeya H, Yamada K, Nakaie K, Takizawa E, Okada Y, Fujita A, Nakamura Y, Abe J, Hirose A, Kaneko Y, Hino M

    The Japanese journal of antibiotics   67 ( 4 )   241 - 248   2014年08月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

  • Azithromycin inhibits MUC5AC induction via multidrug-resistant Acinetobacter baumannii in human airway epithelial cells 査読

    Koichi Yamada, Yoshitomo Morinaga, Katsunori Yanagihara, Norihito Kaku, Yosuke Harada, Naoki Uno, Shigeki Nakamura, Yoshifumi Imamura, Hiroo Hasegawa, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Hiroshi Kakeya, Hiroshige Mikamo, Shigeru Kohno

    PULMONARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS   28 ( 2 )   165 - 170   2014年08月( ISSN:1094-5539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Acinetobacter baumannii is one of the main pathogens that cause ventilator-associated pneumonia (VAP). Hypersecretion of mucin in the airway is associated with the onset of VAP. Furthermore, macrolides are known to accelerate the resolution of VAP. However, this mechanism has not been elucidated. We examined whether macrolides inhibit MUC5AC production that is induced by multidrug-resistant A. baumannii (MDRAB). MUC5AC production in bronchial cells after MDRAB stimulation was analyzed by enzyme-linked immunosorbent assay and quantitative reverse transcription-polymerase chain reaction. For the inhibition study, cells were treated with azithromycin (AZM) or clarithromycin (CAM) simultaneously along with MDRAB stimulation. Western blotting was performed was performed to determine potential rules for signal modules. MDRAB induced MUC5AC production and gene expression. The EGFR-ERK/JNK-NF-kappa B pathway was involved in MDRAB-induced MUC5AC production. AZM but not CAM inhibited MUC5AC production. AZM suppressed the phosphorylation of ERK/JNK and the nuclear translocation of NF-kappa B. Our results suggest that the efficacy of macrolides against VAP may be due to the inhibition of mucin production. (C) 2014 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.pupt.2014.05.006

    PubMed

  • 「呼吸器感染症における新規抗菌薬の臨床評価法(第2版)」に準拠して評価した細菌性肺炎患者におけるレボフロキサシンの有効性と安全性(Efficacy and safety of levofloxacin in patients with bacterial pneumonia evaluated according to the new "Clinical Evaluation Methods for New Antimicrobial Agents to Treat Respiratory Infections (Second Version)")

    Mukae Hiroshi, Kawanami Toshinori, Yatera Kazuhiro, Yanagihara Katsunori, Yamamoto Yoshihiro, Kakeya Hiroshi, Tokimatsu Issei, Kadota Junichi, Kohno Shigeru

    Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 7-8 )   417 - 422   2014年08月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    呼吸器感染症における新規抗菌薬の臨床評価法(第2版)を用いて、レボフロキサシン(LVFX)の細菌性肺炎患者に対する有効性と安全性を評価した。治癒判定(TOC)によるLVFXの有効率は市中肺炎(CAP)と医療ケア関連肺炎(HCAP)で87.5%(56/64)と85.7%(6/7)、全有効率は87.3%(62/71)であり、投与経路別では静注、経口および静注-経口でそれぞれ、81.5%(22/27)、88.9%(24/27)、100%(10/10)であった。治療終了時(EOT)の除菌率はCAP、HCAPおよび全体でそれぞれ、95.3%(41/43)、100%(4/4)、95.7%(45/47)で、原因菌は肺炎球菌(18)、インフルエンザ菌(14)、Moraxella catarrhalis(6)が多かった。有害事象発現率は15.7%(14/89)であった。

  • Mycobacterium tuberculosisとCryptococcus neoformansの同時感染の3症例(Three Cases of Concurrent Infection with Mycobacterium tuberculosis and Cryptococcus neoformans)

    Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Yamada Koichi, Obata Yoko, Nishino Tomoya, Takazono Takahiro, Kosai Kosuke, Kurihara Shintaro, Nakamura Shigeki, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Tsukamoto Misuzu, Yanagihara Katsunori, Tashiro Takayoshi, Kohno Shigeru

    Internal Medicine   53 ( 15 )   1685 - 1692   2014年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例1は未治療のまま放置されていた2型糖尿病の65歳女性で、肺結核の治療中にクリプトコッカス髄膜脳炎が併発した。抗結核薬に加えてアムホテリシンとフルコナゾールで治療した。症例2は高血圧、2型糖尿病および肝硬変の56歳男性で、胸部X線で両側上肺野に多発結節性陰影が発見された。M.tuberculosisとC.neoformansの感染が確認されたが、抗真菌剤との相互作用を避けて抗結核剤投与を先行させた。症例3は関節リウマチの83歳女性で、数年間服用していたプレドニゾロンを増量したところ、右上肺葉に空洞病巣、両肺にび漫性小顆粒状陰影が出現した。粟粒結核の診断で抗結核治療を行ったが、呼吸不全および心不全により死亡した。剖検時にC.neoformans培養陽性が確認された。

  • 当院における臨床分離緑膿菌のカルバペネム系抗菌薬に対する薬剤感受性の比較

    掛屋 弘, 山田 康一, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 岡田 恵代, 藤田 明子, 中村 安孝, 安部 順子, 広瀬 朝生, 金子 幸弘, 日野 雅之

    The Japanese Journal of Antibiotics   67 ( 4 )   241 - 248   2014年08月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    臨床分離緑膿菌のカルバペネム系抗菌薬に対する薬剤感受性について検討した。152例から分離した種々の臨床材料から得られた緑膿菌400株を対象とした。感受性株の割合はDRPM 78.3%、MEPM 74.3%、IPM 64.8%であった。耐性菌の割合は、DRPMが12.5%、MEPMが22.8%、IPMが28.5%で、DRPM耐性率はMEPM、IPM耐性率より有意に低かった。MEPM耐性株の7.7%、IPM耐性株の23.7%はDRPMに感受性を示した。IPM耐性株の9.6%はMEPMに感受性であった。MEPMに耐性でIPMに感受性を示す株やDRPMに耐性で、MEPMやIPMに感受性を示す株は一株もなかった。カルバペネム系抗菌薬3薬剤の中でDRPMはMEPMやIPMより優れた抗緑膿菌活性を有することが示された。

  • 当院における臨床分離緑膿菌のカルバペネム系抗菌薬に対する薬剤感受性の比較 査読

    掛屋 弘, 山田 康一, 中家 清隆, 滝沢 恵津子, 岡田 恵代, 藤田 明子, 中村 安孝, 安部 順子, 広瀬 朝生, 金子 幸弘, 日野 雅之

    The Japanese Journal of Antibiotics   67 ( 4 )   241 - 248   2014年08月( ISSN:0368-2781

     詳細を見る

    臨床分離緑膿菌400株のカルバペネム系抗菌薬に対する薬剤感受性について検討した。感受性株の割合はDRPM 78.3%、MEPM 74.3%、IPM 64.8%であった。耐性菌の割合は、DRPMが12.5%、MEPMが22.8%、IPMが28.5%で、DRPM耐性率はMEPM、IPM耐性率より有意に低かった。MEPM耐性株の7.7%、IPM耐性株の23.7%はDRPMに感受性を示した。IPM耐性株の9.6%はMEPMに感受性であった。MEPMに耐性でIPMに感受性を示す株やDRPMに耐性で、MEPMやIPMに感受性を示す株は一株もなかった。

  • Immunomodulatory effect of linezolid on methicillin-resistant Staphylococcus aureus supernatant-induced MUC5AC overexpression in human airway epithelial cells.

    Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Kakeya H, Kohno S, et al.

    Antimicrobial Agents and Chemotherapy   58 ( 7 )   4131 - 4137   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy and safety of levofloxacin in patients with bacterial pneumonia evaluated according to the new “Clinical Evaluation Methods for New Antimicrobial Agents to Treat Respiratory Infections (Second Vresion)

    Mukae H, Kawanami T, Yatera K, Kakeya H, Kohno S, et al.

    Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 7 )   417 - 422   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy and safety of levofloxacin in patients with bacterial pneumonia evaluated according to the new "Clinical Evaluation Methods for New Antimicrobial Agents to Treat Respiratory Infections (Second Version)". 査読

    Mukae H, Kawanami T, Yatera K, Yanagihara K, Yamamoto Y, Kakeya H, Tokimatsu I, Kadota J, Kohno S

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20 ( 7 )   417 - 22   2014年07月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2014.03.009

    PubMed

  • Immunomodulatory effect of linezolid on methicillin-resistant Staphylococcus aureus supernatant-induced MUC5AC overexpression in human airway epithelial cells. 査読

    Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Kakeya H, Kohno S

    Antimicrobial Agents and Chemotherapy   58 ( 7 )   4131 - 4137   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy and safety of levofloxacin in patients with bacterial pneumonia evaluated according to the new "Clinical Evaluation Methods for New Antimicrobial Agents to Treat Respiratory Infections (Second Version)" 査読

    Hiroshi Mukae, Toshinori Kawanami, Kazuhiro Yatera, Katsunori Yanagihara, Yoshihiro Yamamoto, Hiroshi Kakeya, Issei Tokimatsu, Junichi Kadota, Shigeru Kohno

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   20 ( 7-8 )   417 - 422   2014年07月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    The guideline for the "Clinical Evaluation Methods for New Antimicrobial Agents to Treat Respiratory Infections (Second Version)," published by the Japanese Society of Chemotherapy in January 2012, was proposed to achieve consistency with FDA guidelines based on the concept of clinical evaluation used in Japan. We assessed the clinical efficacy of levofloxacin (LVFX) in patients with bacterial pneumonia according to this new set of guidelines for the first time. The clinical efficacy of LVFX in patients with community-acquired pneumonia (CAP) and healthcare-associated pneumonia (HCAP) at the test of cure (TOC) was 87.5% (56/64) and 85.7% (6/7), respectively, with an overall efficacy of 87.3% (62/71).
    The clinical efficacy of LVFX at TOC was as follows: intravenous 81.5% (22/27), oral 88.9% (24/27), switchover from intravenous to oral administration 100% (10/10), respectively. The bacterial eradication rate in the patients with CAP and HCAP and overall efficacy at the end of therapy (EOT) was 95.3% (41/43), 100.0% (4/4) and 95.7% (45/47), respectively. The frequent causative bacterial strains included Streptococcus pneumoniae (18), Haemophilus influenzae (14) and Moraxella catarrhalis (6). The incidence of adverse reactions in the patients whose safety was evaluated was 15.7% (14/89), similar to that previously reported.
    The clinical efficacy of LVFX at the early phase, EOT and TOC of CAP, as assessed according to the new and former guidelines, was 70.4% (38/54) and 27.8% (15/54), 87.0% (60/69) and 79.1% (53/67), 87.5% (56/64) and 88.1% (59/67), respectively, with no significant differences. Therefore, the new efficacy evaluation method can be used in exchange for the former evaluation method. (C) 2014, Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2014.03.009

    PubMed

  • Concurrent subcutaneous Candidal abscess and pulmonary Cryptococcosis in patient with diabetes mellitus and a history of corticosteroid therapy.

    Kakeya H, Izumikawa K, Kohno S, et al.

    Internal Medicine   53 ( 12 )   1385 - 1390   2014年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Influence of antimicrobial regimen on decreased in-hospital mortality of patients with MRSA bacteremia.

    Kaku N, Yanagihara K, Kakeya H, Kohno S, et al.

    Journal of Infection and Chemothrapy   20 ( 6 )   350 - 355   2014年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Influence of antimicrobial regimen on decreased in-hospital mortality of patients with MRSA bacteremia. 査読

    Kaku N, Yanagihara K, Morinaga Y, Yamada K, Harada Y, Migiyama Y, Nagaoka K, Matsuda J, Uno N, Hasegawa H, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Yamamoto Y, Kohno S

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20 ( 6 )   350 - 5   2014年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2013.12.009

    PubMed

  • コルチコステロイド療法の既往を有する糖尿病患者における皮下カンジダ膿瘍と肺クリプトコッカス症の同時発症(Concurrent Subcutaneous Candidal Abscesses and Pulmonary Cryptococcosis in a Patient with Diabetes Mellitus and a History of Corticosteroid Therapy) 査読

    Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Yamada Koichi, Narita Yusuke, Nishino Tomoya, Obata Yoko, Takazono Takahiro, Kurihara Shintaro, Kosai Kosuke, Morinaga Yoshitomo, Nakamura Shigeki, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Tsukamoto Misuzu, Yanagihara Katsunori, Takenaka Motoi, Tashiro Takayoshi, Kohno Shigeru

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   53 ( 12 )   1385 - 1390   2014年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    50歳男。下肢の麻痺にて近医受診し、胸部異常陰影精査のため当院に来院した。2型糖尿病、高血圧、クッシング症候群による腰椎椎間板ヘルニアの既往があった。クッシング症候群のため副腎摘出術を受け、コルチコステロイド療法を長期にわたって施行されていた。糖尿病のコントロールは不良であった。胸部CTにて結節を認め、クリプトコッカス血清抗原陽性で、肺生検の病理組織学的検査でCryptococcus neoformansに似た被嚢性酵母を認めた。入院時の血清β-D-グルカン濃度はカットオフ値の約2倍で、両下肢にいくつかの結節を認めた。MRIでは皮下膿瘍が明らかになった。針吸引液からCandida albicansが同定され、フルコナゾールとフルシトシンで治療し、再発は認めなかった。

  • MRSA菌血症患者の院内死亡率減少に対する抗菌薬療法の影響(Influence of antimicrobial regimen on decreased in-hospital mortality of patients with MRSA bacteremia) 査読

    Kaku Norihito, Yanagihara Katsunori, Morinaga Yoshitomo, Yamada Koichi, Harada Yosuke, Migiyama Yohei, Nagaoka Kentaro, Matsuda Jun-ichi, Uno Naoki, Hasegawa Hiroo, Miyazaki Taiga, Izumikawa Koichi, Kakeya Hiroshi, Yamamoto Yoshihiro, Kohno Shigeru

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 5-6 )   350 - 355   2014年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2008年1月〜2011年12月に入院したメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)菌血症患者83例(男性58例、女性25例、平均67.3±17.0歳)を対象に、患者背景、重症度、感染源、抗菌薬療法、転帰を調査した。さらに、抗菌薬感受性、Staphylococcal cassette chromosome mec(SCCmec)型、保存株における毒性遺伝子を評価した。生存者と非生存者を比較し、単変量および多変量解析を用いて30日死亡率に関連する予測因子を評価した。7日死亡率は12.0%、30日死亡率は25.3%であった。多変量解析により、30日死亡率に関連する独立予測因子として白血球減少、低血清アルブミン値、sequential organ failure assessment(SOFA)高スコア、30日以内のキノロン使用が明らかになった。2003〜2007年のデータと比べて、SOFAスコアは変化がなかったが、院内死亡率は有意に減少していた。バンコマイシン(VCM)使用に関する死亡率が有意に低かったが、MIC90は変化がなく、トラフ値10以上のVCMは過去データに比べて有意に高かった。SCCmec II値は有意に減少し、SCCmec IとIV値は有意に増加した。VCM使用における変化が院内死亡率の減少に寄与することが示唆された。

  • MRSA菌血症患者の院内死亡率減少に対する抗菌薬療法の影響(Influence of antimicrobial regimen on decreased in-hospital mortality of patients with MRSA bacteremia)

    Kaku Norihito, Yanagihara Katsunori, Morinaga Yoshitomo, Yamada Koichi, Harada Yosuke, Migiyama Yohei, Nagaoka Kentaro, Matsuda Jun-ichi, Uno Naoki, Hasegawa Hiroo, Miyazaki Taiga, Izumikawa Koichi, Kakeya Hiroshi, Yamamoto Yoshihiro, Kohno Shigeru

    Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 5-6 )   350 - 355   2014年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    2008年1月~2011年12月に入院したメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)菌血症患者83例(男性58例、女性25例、平均67.3±17.0歳)を対象に、患者背景、重症度、感染源、抗菌薬療法、転帰を調査した。さらに、抗菌薬感受性、Staphylococcal cassette chromosome mec(SCCmec)型、保存株における毒性遺伝子を評価した。生存者と非生存者を比較し、単変量および多変量解析を用いて30日死亡率に関連する予測因子を評価した。7日死亡率は12.0%、30日死亡率は25.3%であった。多変量解析により、30日死亡率に関連する独立予測因子として白血球減少、低血清アルブミン値、sequential organ failure assessment(SOFA)高スコア、30日以内のキノロン使用が明らかになった。2003~2007年のデータと比べて、SOFAスコアは変化がなかったが、院内死亡率は有意に減少していた。バンコマイシン(VCM)使用に関する死亡率が有意に低かったが、MIC90は変化がなく、トラフ値10以上のVCMは過去データに比べて有意に高かった。SCCmec II値は有意に減少し、SCCmec IとIV値は有意に増加した。VCM使用における変化が院内死亡率の減少に寄与することが示唆された。

  • コルチコステロイド療法の既往を有する糖尿病患者における皮下カンジダ膿瘍と肺クリプトコッカス症の同時発症(Concurrent Subcutaneous Candidal Abscesses and Pulmonary Cryptococcosis in a Patient with Diabetes Mellitus and a History of Corticosteroid Therapy)

    Kakeya Hiroshi, Izumikawa Koichi, Yamada Koichi, Narita Yusuke, Nishino Tomoya, Obata Yoko, Takazono Takahiro, Kurihara Shintaro, Kosai Kosuke, Morinaga Yoshitomo, Nakamura Shigeki, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Tsukamoto Misuzu, Yanagihara Katsunori, Takenaka Motoi, Tashiro Takayoshi, Kohno Shigeru

    Internal Medicine   53 ( 12 )   1385 - 1390   2014年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    50歳男。下肢の麻痺にて近医受診し、胸部異常陰影精査のため当院に来院した。2型糖尿病、高血圧、クッシング症候群による腰椎椎間板ヘルニアの既往があった。クッシング症候群のため副腎摘出術を受け、コルチコステロイド療法を長期にわたって施行されていた。糖尿病のコントロールは不良であった。胸部CTにて結節を認め、クリプトコッカス血清抗原陽性で、肺生検の病理組織学的検査でCryptococcus neoformansに似た被嚢性酵母を認めた。入院時の血清β-D-グルカン濃度はカットオフ値の約2倍で、両下肢にいくつかの結節を認めた。MRIでは皮下膿瘍が明らかになった。針吸引液からCandida albicansが同定され、フルコナゾールとフルシトシンで治療し、再発は認めなかった。

  • Predictors of the pathogenicity of methicillin-resistant Staphylococcus aureus nosocomial pneumonia.

    Nagaoka K, Yanagihara K, Kakeya H, Kohno S, et al.

    Respirology   19 ( 4 )   556 - 562   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Predictors of the pathogenicity of methicillin-resistant Staphylococcus aureus nosocomial pneumonia. 査読

    Nagaoka K, Yanagihara K, Harada Y, Yamada K, Migiyama Y, Morinaga Y, Izumikawa K, Kakeya H, Yamamoto Y, Nishimura M, Kohno S

    Respirology (Carlton, Vic.)   19 ( 4 )   556 - 62   2014年05月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/resp.12288

    PubMed

  • Clinical features of pulmonary cryptococcosis in non-HIV patients in Japan 査読

    Kohno S, Kakeya H, Izumikawa K, Miyazaki T, Yamamoto Y, Yanaghihara K, Mitsutake K, Miyazaki Y, Maesaki S, Yasuoka A, Tashiro T, Mine M, Uetani M, Ashizawa K

    MYCOSES   57   107 - 108   2014年05月( ISSN:0933-7407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical features of pulmonary cryptococcosis in non-HIV patients in Japan 査読

    Kohno S., Kakeya H., Izumikawa K., Miyazaki T., Yamamoto Y., Yanaghihara K., Mitsutake K., Miyazaki Y., Maesaki S., Yasuoka A., Tashiro T., Mine M., Uetani M., Ashizawa K.

    MYCOSES   57   107 - 108   2014年05月( ISSN:0933-7407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical features of pulmonary cryptococcosis in non-HIV patients in Japan 査読

    Kohno S, Kakeya H, Izumikawa K, Miyazaki T, Yamamoto Y, Yanaghihara K, Mitsutake K, Miyazaki Y, Maesaki S, Yasuoka A, Tashiro T, Mine M, Uetani M, Ashizawa K

    MYCOSES   57   107 - 108   2014年05月( ISSN:0933-7407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Predictors of the pathogenicity of methicillin-resistant Staphylococcus aureus nosocomial pneumonia 査読

    Kentaro Nagaoka, Katsunori Yanagihara, Yosuke Harada, Koichi Yamada, Yohei Migiyama, Yoshitomo Morinaga, Koichi Izumikawa, Hiroshi Kakeya, Yoshihiro Yamamoto, Masaharu Nishimura, Shigeru Kohno

    RESPIROLOGY   19 ( 4 )   556 - 562   2014年05月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Background and objective
    The clinical characteristics of patients with nosocomial pneumonia (NP) associated with methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) infection are not well characterized.
    Methods
    Three hundred and thirty-seven consecutive patients with MRSA isolation from respiratory specimens who attended our hospital between April 2007 and March 2011 were enrolled. Patients characteristics diagnosed with 'true' MRSA-NP were described with regards to clinical, microbiological features, radiological features and genetic characteristics of the isolates. The diagnosis of 'true' MRSA-NP was confirmed by anti-MRSA treatment effects, Gram-staining or bronchoalveolar lavage fluid culture.
    Results
    Thirty-six patients were diagnosed with 'true' MRSA-NP, whereas 34 were diagnosed with NP with MRSA colonization. Patients with a MRSA-NP had a Pneumonia Patient Outcomes Research Team score of 5 (58.3% vs 23.5%), single cultivation of MRSA (83.3% vs 38.2%), MRSA quantitative cultivation yielding more than 10(6) CFU/mL (80.6% vs 47.1%), radiological findings other than lobar pneumonia (66.7% vs 26.5%), and a history of head, neck, oesophageal or stomach surgery (30.6% vs 11.8%). These factors were shown to be independent predictors of the pathogenicity of 'true' MRSA-NP by multivariate analysis (P &lt; 0.05).
    Conclusions
    'True' MRSA-NP shows distinct clinical and radiological features from NP with MRSA colonization.

    DOI: 10.1111/resp.12288

    PubMed

  • Influence of antimicrobial regimen on decreased in-hospital mortality of patients with MRSA bacteremia 査読

    Norihito Kaku, Katsunori Yanagihara, Yoshitomo Morinaga, Koichi Yamada, Yosuke Harada, Yohei Migiyama, Kentaro Nagaoka, Jun-ichi Matsuda, Naoki Uno, Hiroo Hasegawa, Taiga Miyazaki, Koichi Izumikawa, Hiroshi Kakeya, Yoshihiro Yamamoto, Shigeru Kohno

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   20 ( 5-6 )   350 - 355   2014年05月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) is one of the most important causes of bacteremia. Recently, several epidemiological and microbiological changes have become evident in MRSA infections. The purposes of this study were to assess clinical characteristics of patients with MRSA bacteremia and microbiological changes in MRSA. We conducted a retrospective observational study on patients with MRSA bacteremia who were hospitalized between 2008 and 2011. We used univariate and multivariate analysis to evaluate the predictors associated with 30-day mortality. The 7-day and 30-day mortality rates were 12.0% and 25.3%, respectively. According to multivariate analysis, the independent predictors that associated with 30-day mortality were leukopenia, low serum albumin, high sequential organ failure assessment (SOFA) score, and quinolone use within 30 days. Compared to previous data (2003-2007), the SOFA score of the new data set remained unchanged, but in-hospital mortality decreased significantly. In particular, the mortality associated with use of vancomycin (VCM) was significantly lower. Although the minimum inhibitory concentration of VCM required to inhibit the growth of 90% of organisms (MIC90) had not changed, the trough value of VCM changed significantly; a VCM trough value of 10 or greater was significantly higher compared to previous data. Of the staphylococcal cassette chromosome mec (SCCmec) types, SCCmec II values decreased significantly, and SCCmec I and IV values increased significantly. Our results indicate that changes in VCM usage might contribute to decreased in-hospital mortality. (C) 2014, Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2013.12.009

    PubMed

  • 慢性肺アスペルギルス症の病態および臨床所見 CNPAとCCPAを臨床的に鑑別できるか?(Pathogenesis and clinical features of chronic pulmonary aspergillosis: Is it possible to distinguish CNPA and CCPA clinically?) 査読

    Izumikawa Koichi, Tashiro Takayoshi, Tashiro Masato, Takazono Takahiro, Kosai Kosuke, Morinaga Yoshitomo, Kurihara Shintaro, Nakamura Shigeki, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Tsukamoto Misuzu, Kakeya Hiroshi, Hayashi Tomayoshi, Yanagihara Katsunori, Nagayasu Takeshi, Kohno Shigeru

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 3-4 )   208 - 212   2014年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1964〜2010年に病理組織学的に診断された慢性壊死性肺アスペルギルス症(CNPA)7例、CNPA疑い5例、慢性空洞性肺アスペルギルス症(CCPA)8例および単純性肺アスペルギローマ7例について調べ、それぞれの違いについて検討した。CNPA症例およびCNPA疑い症例では初めに浸潤性または結節性のX線像がみられ、病変進行によりアスペルギローマを伴う/伴わない空洞が生じた。CCPA症例では初めに空洞、およびアスペルギローマを伴う/伴わない浸潤が周囲にみられた。CNPA症例およびCNPA疑い症例では呼吸器症状だけでなく全身症状および栄養不良がみられた。Aspergillus fumingatusが14例で分離されたが、確定診断されたCNPAでは7例中4例でA.nigerが分離された。CNPAとCCPAの鑑別は時系列的に連続する適切なX線写真がなければ困難であった。

  • 慢性肺アスペルギルス症の病態および臨床所見 CNPAとCCPAを臨床的に鑑別できるか?(Pathogenesis and clinical features of chronic pulmonary aspergillosis: Is it possible to distinguish CNPA and CCPA clinically?)

    Izumikawa Koichi, Tashiro Takayoshi, Tashiro Masato, Takazono Takahiro, Kosai Kosuke, Morinaga Yoshitomo, Kurihara Shintaro, Nakamura Shigeki, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Tsukamoto Misuzu, Kakeya Hiroshi, Hayashi Tomayoshi, Yanagihara Katsunori, Nagayasu Takeshi, Kohno Shigeru

    Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 3-4 )   208 - 212   2014年04月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    1964~2010年に病理組織学的に診断された慢性壊死性肺アスペルギルス症(CNPA)7例、CNPA疑い5例、慢性空洞性肺アスペルギルス症(CCPA)8例および単純性肺アスペルギローマ7例について調べ、それぞれの違いについて検討した。CNPA症例およびCNPA疑い症例では初めに浸潤性または結節性のX線像がみられ、病変進行によりアスペルギローマを伴う/伴わない空洞が生じた。CCPA症例では初めに空洞、およびアスペルギローマを伴う/伴わない浸潤が周囲にみられた。CNPA症例およびCNPA疑い症例では呼吸器症状だけでなく全身症状および栄養不良がみられた。Aspergillus fumingatusが14例で分離されたが、確定診断されたCNPAでは7例中4例でA.nigerが分離された。CNPAとCCPAの鑑別は時系列的に連続する適切なX線写真がなければ困難であった。

  • Efficacy of Combination Therapy with Oseltamivir Phosphate and Azithromycin for Influenza: A Multicenter, Open-Label, Randomized Study 査読

    Kakeya Hiroshi, Seki Masafumi, Izumikawa Koichi, Kosai Kosuke, Morinaga Yoshitomo, Kurihara Shintaro, Nakamura Shigeki, Imamura Yoshifumi, Miyazaki Taiga, Tsukamoto Misuzu, Yanagihara Katsunori, Tashiro Takayoshi, Kohno Shigeru

    PLOS ONE   9 ( 3 )   e91293   2014年03月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0091293

    PubMed

  • Pathogenesis and clinical features of chronic pulmonary aspergillosis - Is it possible to distinguish CNPA and CCPA clinically?

    Izumikawa K, Tashiro T, Tashiro M, Kakeya H, Kohno S, et al.

    Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 3 )   208 - 212   2014年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pathogenesis and clinical features of chronic pulmonary aspergillosis - is it possible to distinguish CNPA and CCPA clinically? 査読

    Izumikawa K, Tashiro T, Tashiro M, Takazono T, Kosai K, Morinaga Y, Kurihara S, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Tsukamoto M, Kakeya H, Hayashi T, Yanagihara K, Nagayasu T, Kohno S

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   20 ( 3 )   208 - 12   2014年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2013.10.016

    PubMed

  • Pathogenesis and clinical features of chronic pulmonary aspergillosis - Is it possible to distinguish CNPA and CCPA clinically? 査読

    Koichi Izumikawa, Takayoshi Tashiro, Masato Tashiro, Takahiro Takazono, Kosuke Kosai, Yoshitomo Morinaga, Shintaro Kurihara, Shigeki Nakamura, Yoshifumi Imamura, Taiga Miyazaki, Misuzu Tsukamoto, Hiroshi Kakeya, Tomayoshi Hayashi, Katsunori Yanagihara, Takeshi Nagayasu, Shigeru Kohno

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   20 ( 3-4 )   208 - 212   2014年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Background: The pathogenesis of chronic pulmonary aspergillosis (CPA) including chronic necrotizing pulmonary aspergillosis (CNPA), chronic cavitary pulmonary aspergillosis (CCPA), and simple aspergilloma (SA) has been poorly investigated. We examined all types of CPA cases with histopathological evidence to clarify the differences in pathogenesis and clinical features.
    Method: We searched for cases diagnosed as pulmonary aspergillosis by histopathological examination in Nagasaki University Hospital between 1964 and September 2010. All available clinical information including radiological findings were collected and analyzed.
    Result: We found 7, 5, 8, and 7 cases of proven CNPA, probable CNPA, CCPA, and SA, respectively. The radiograph of proven and probable CNPA was initially infiltrates or nodules that progress to form cavities with or without aspergilloma, whereas the radiograph of CCPA showed pre-existed cavities and peri-cavitary infiltrates with or without aspergilloma. The patients with proven and probable CNPA exhibited not only respiratory symptoms but also systemic symptoms and malnutrition. Aspergillus fumigatus was the most frequently isolated Aspergillus species (n = 14), however, Aspergillus niger was the predominant isolated species in proven CNPA cases (n = 4).
    Conclusion: Our data indicate that the cases with chronic infiltration, progressive cavitation, and subsequent aspergilloma formation should be diagnosed as CNPA, and the cases with pre-existed cavities showing peri-cavitary infiltrates with or without aspergilloma would mean CCPA. However, it may be difficult to distinguish the two subtypes if a series of adequate radiography films are not available. We propose the term "chronic progressive pulmonary aspergillosis (CPPA)" for the clinical syndrome including both CNPA and CCPA. (C) 2013, Japanese Society of Chemotherapy and The Japanese Association for Infectious Diseases. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2013.10.016

    PubMed

  • Paradoxical response to disseminated non-tuberculosis mycobacteriosis treatment in a patient receiving tumor necrosis factor-α inhibitor: a case report. 査読

    Takazono T, Nakamura S, Imamura Y, Miyazaki T, Izumikawa K, Kakeya H, Yanagihara K, Kohno S

    BMC infectious diseases   14   114   2014年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2334-14-114

    PubMed

  • Efficacy of aerosolized liposomal amphotericin B against murine invasive pulmonary mucormycosis.

    Mihara T, Kakeya H, Kohno S, et al.

    Journal of Infection and Chemotherapy   20 ( 2 )   104 - 108   2014年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prevotella intermedia Induces Severe Bacteremic Pneumococcal Pneumonia in Mice with Upregulated Platelet-Activating Factor Receptor Expression.

    Nagaoka K, Yanagihara K, Morinaga Y, Kakeya H, Kohno S, et al.