2024/03/06 更新

写真a

タナカ フミオ
田中 史生
TANAKA Fumio
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
プロフィール
研究テーマとして主に機能性消化管疾患(機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群等)、好酸球性消化管疾患(好酸球性食道炎等)、胃食道逆流症に取り組んでいます。
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 内科学一般  / Internal Medicine (Including Psychosomatic Medicine)

  • ライフサイエンス / 消化器内科学  / Gastroenterology

研究キーワード

  • 機能性消化管疾患

  • 機能性消化管障害

  • 機能性ディスペプシア

  • 過敏性腸症候群

  • 好酸球性消化管疾患

  • 好酸球性食道炎

  • 胃食道逆流症

研究概要

  • 機能性消化管疾患、好酸球性消化管疾患に関する病態生理の解明、診断法・治療法の開発

研究歴

  • バレット食道と好酸球性食道炎の関連性の検討

    好酸球性食道炎  個人研究

    2018年01月 - 2018年10月 

  • ストレス負荷マウスにおけるプロトンポンプ阻害薬投与の腸管透過性への影響

    ストレス  個人研究

    2017年04月 - 2021年05月 

  • ウェアラブルデバイスを用いた、機能性消化管障害の自律神経機能解析

    機能性消化管障害  個人研究

    2017年02月 - 継続中 

  • 機能性ディスペプシアにおける、胃液中エクソソーム由来miRNA発現量の網羅的解析

    機能性ディスペプシア  個人研究

    2016年05月 - 継続中 

  • MedCity21人間ドックで診断された好酸球性食道炎、食道好酸球浸潤の臨床的特徴の検討

    好酸球性食道炎  個人研究

    2016年03月 - 2019年03月 

  • H.pylori感染状況に基づき細分類した機能性ディスペプシア患者における内視鏡的評価

    機能性ディスペプシア 

    2016年03月 - 2019年02月 

  • 機能性消化管疾患患者の患者検体を用いた病態メカニズムの研究 -メタボローム解析による胃不全麻痺の病態解明-

    機能性消化管疾患  個人研究

    2016年03月 - 2018年06月 

  • 腸管グリア細胞の動態・ストレス応答からみた機能性ディスペプシアの病態解析

    機能性ディスペプシア  個人研究

    2012年04月 - 2014年03月 

  • 内視鏡下十二指腸生検標本を用いたグリア細胞由来神経栄養因子とディスペプシア症状の関連性

    機能性ディスペプシア  個人研究

    2011年06月 - 2016年03月 

  • 胃潰瘍治癒過程におけるCytoglobinの発現解析

    消化性潰瘍  個人研究

    2011年04月 - 2013年03月 

  • 腹膜中皮細胞へのInterleukin-10遺伝子導入によるマウス胃癌腹膜播種抑制

    胃癌  個人研究

    2004年04月 - 2008年03月 

  • 骨髄間葉系幹細胞の経静脈的投与によるラットDSS腸炎発症抑制

    骨髄間葉系幹細胞移植  個人研究

    2004年04月 - 2008年03月 

所属学協会

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本消化器病学会

      国内

  • 日本消化器内視鏡学会

      国内

  • 日本消化管学会

      国内

  • 日本神経消化器病学会

      国内

  • 日本ヘリコバクター学会

      国内

  • 米国消化器病学会

      国内

  • 日本食道学会

      国内

  • 日本潰瘍学会

      国内

  • 日本高齢消化器病学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • Associate Editor   Journal of Gastroenterology  

    2021年06月 - 継続中 

  • 学術評議員   日本消化器内視鏡学会  

    2020年09月 - 継続中 

  • 作成委員   日本消化器病学会ガイドライン委員会 機能性ディスペプシア(FD)作成委員会  

    2018年12月 - 継続中 

  • 指導医   日本消化管学会  

    2018年11月 - 継続中 

  • 指導医   日本消化器病学会  

    2018年01月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本消化器内視鏡学会  

    2017年06月 - 継続中 

  • 胃腸科専門医   日本消化管学会  

    2016年11月 - 継続中 

  • 学会評議員(本部評議員)   日本消化器病学会  

    2016年01月 - 継続中 

  • 総合内科専門医   日本内科学会  

    2014年12月 - 継続中 

  • H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医   日本ヘリコバクター学会  

    2014年11月 - 継続中 

  • 指導医   日本消化器内視鏡学会  

    2012年12月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本消化器病学会  

    2012年01月 - 継続中 

  • 専門医   日本消化器病学会  

    2009年01月 - 継続中 

  • 専門医   日本消化器内視鏡学会  

    2008年12月 - 継続中 

  • 胃腸科認定医   日本消化管学会  

    2007年11月 - 継続中 

  • 認定内科医   日本内科学会  

    2007年10月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 第25回日本神経消化器病学会 学会賞 最優秀賞

    2023年09月   日本神経消化器病学会  

  • 第24回 日本神経消化器病学会 優秀演題賞 (研究指導)

    2022年09月   日本神経消化器病学会  

  • 第28回日本ヘリコバクター学会学術集会 優秀賞 (研究指導)

    2022年06月   日本ヘリコバクター学会学術集会  

  • 第35回 日本消化器病学会 奨励賞 (研究指導)

    中田晃暢

    2022年04月   日本消化器病学会  

  • 第23回 日本神経消化器病学会 並木賞(研究指導)

    中田理恵子

    2021年10月   日本神経消化器病学会  

  • 第21回 日本神経消化器病学会 学会賞 最優秀演題(研究指導)

    高嶋信吾

    2020年01月   日本神経消化器病学会  

  • Journal of Neurogastroenterology and Motility, Best reviewers 2018 (second half)

    田中史生

    2019年04月   Journal of Neurogastroenterology and Motility  

  • The Oxygen Club of California Award; Young Investigator Award

    Fumio Tanaka

    2014年03月   The Oxygen Club of California   Upregulated Cytoglobin in fibroblasts and myofibroblasts may conbtribute to healing of gastric mucosal injuries during late healing phase

     詳細を見る

    2014年5月26日に開催された17th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research International (SFRRI)での発表に対し、the Oxygen Club of California Award; Young Investigator Awardを受賞した。

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪社会医療センター付属病院   内科   内科長

    2019年04月 - 2020年03月

  • 泉大津市立病院   消化器内科   医長

    2008年04月 - 2011年03月

  • 東住吉森本病院   内科   医員

    2003年05月 - 2005年03月

  • 東住吉森本病院   内科   医員

    2002年05月 - 2002年10月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   臨床医科学専攻 消化器器官制御内科学分野   博士課程   卒業・修了

    2004年04月 - 2008年03月

  • 大阪市立大学   医学部   医学科     卒業・修了

    1995年04月 - 2001年03月

論文

  • Correlation between anxiety and decreased quality of life in patients with non-esophageal eosinophilic gastrointestinal diseases.

    Tanaka F, Kanamori A, Sawada A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   8 ( 1 )   e13025   2024年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    DOI: 10.1002/jgh3.13025

    PubMed

  • Impact of the COVID-19 Pandemic on the Lifestyle and Psychosocial Behavior of Patients with Inflammatory Bowel Diseases: A Narrative Review.

    Nishida Y, Hosomi S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    Healthcare (Basel, Switzerland)   11 ( 19 )   2023年09月( ISSN:2227-9032

     詳細を見る

  • Prevalence of elderly eosinophilic esophagitis and their clinical characteristics.

    Fujiwara Y, Kanamori A, Sawada A, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Taira K, Tanaka F

    Scandinavian journal of gastroenterology   1 - 6   2023年06月( ISSN:0036-5521

  • Responses of Proton Pump Inhibitors and Potassium-Competitive Acid Blockers According to Outcomes of Symptom, Endoscopy, and Histology in Patients With Eosinophilic Esophagitis.

    Fujiwara Y, Sawada A, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Taira K, Tanaka F

    Journal of clinical gastroenterology   2023年06月( ISSN:0192-0790

  • Risk factors for adverse events associated with endoscopic submucosal dissection for superficial pharyngeal cancer.

    Ominami M, Nagami Y, Kono M, Yamamoto Y, Yokota C, Teranishi Y, Oishi M, Manabe T, Ochiai T, Tanoue K, Yamamura M, Maruyama H, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Sunami K, Fujiwara Y

    Surgical endoscopy   2023年05月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

  • Upper gastrointestinal endoscopic findings in functional constipation and irritable bowel syndrome diagnosed using the Rome IV criteria: a cross-sectional survey during a medical check-up in Japan.

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Nadatani Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y

    BMC gastroenterology   23 ( 1 )   140   2023年05月

     詳細を見る

  • What are the optimal first-line therapies for patients with microsatellite instability-high/mismatch repair-deficient metastatic colorectal cancer?

    Taira K, Kimura A, Nakata A, Tanaka F, Nagami Y, Fujiwara Y

    Annals of palliative medicine   12 ( 3 )   607 - 610   2023年05月( ISSN:2224-5820

     詳細を見る

  • Two cases of eosinophilic gastrointestinal disorder due to newly appearing food allergies after cord blood transplantation.

    Harada N, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Sakaida M, Tanaka S, Kuwae Y, Higashimori A, Tanaka F, Ohsawa M, Fujiwara Y, Hino M, Nakamae H

    Transplant immunology   77   101781   2023年04月( ISSN:0966-3274

     詳細を見る

  • Esophageal mast cells may be associated with the perception of symptoms in patients with eosinophilic esophagitis.

    Kanamori A, Tanaka F, Takashima S, Sawada A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   20 ( 2 )   333 - 341   2023年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1007/s10388-022-00967-w

    PubMed

  • Pretreatment serum monocyte chemoattractant protein-1 as a predictor of long-term outcome by ustekinumab in patients with Crohn's disease.

    Okuda H, Hosomi S, Itani S, Kurimoto N, Kobayashi Y, Nakata R, Nishida Y, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   2023年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

  • Neutrophil-to-lymphocyte ratio may predict clinical relapse in ulcerative colitis patients with mucosal healing.

    Kurimoto N, Nishida Y, Hosomi S, Itani S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    PloS one   18 ( 1 )   e0280252   2023年

  • The impact of COVID-19 on Japanese patients with eosinophilic gastrointestinal disorders during the vaccination era

    Fujiwara Y.

    JGH Open   2023年

     詳細を見る

  • Analysis of autonomic function during natural defecation in patients with irritable bowel syndrome using real-time recording with a wearable device.

    Nakata R, Tanaka F, Sugawara N, Kojima Y, Takeuchi T, Shiba M, Higuchi K, Fujiwara Y

    PloS one   17 ( 12 )   e0278922   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0278922

    PubMed

  • Influence of a biliary stent in patients with advanced pancreatic cancer treated with modified FOLFIRINOX.

    Yoshikawa-Kimura A, Taira K, Maruyama H, Ishikawa-Kakiya Y, Yamamura M, Tanoue K, Hagihara A, Uchida-Kobayashi S, Enomoto M, Kimura K, Tanaka S, Amano R, Takemura S, Ohfuji S, Tanaka F, Nagami Y, Fujiwara Y

    Medicine   101 ( 49 )   e32150   2022年12月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000032150

    PubMed

  • An extra 1-cm margin during endoscopic submucosal dissection can control subsquamous tumor extension of esophagogastric junction adenocarcinoma.

    Manabe T, Nagami Y, Tanoue K, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Watanabe T, Fujiawaral Y

    Endoscopy international open   10 ( 11 )   E1501 - E1507   2022年11月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

  • 当院での高齢者におけるPPI・P-CAB抵抗性GERDの亜分類比率、特徴の検討

    田中史生, 藤原靖弘

    潰瘍 (ULCER RESEARCH) ・日本潰瘍学会   49   25 - 29   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 実臨床における好酸球性食道炎治療の現状

    藤原 靖弘, 田中 史生, 中田 理恵子, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 沢田 明也, 東森 啓, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一

    日本消化器病学会雑誌   119 ( 10 )   929 - 936   2022年10月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    当科における好酸球性食道炎306例の治療について検討した.286例(93.5%)で一次治療としてプロトンポンプ阻害薬またはカリウム競合型アシッドブロッカーが選択されていた.55例(18.0%)にステロイド嚥下療法が施行されていた.平均観察期間17.7ヵ月において,無投薬経過観察は46.4%,酸分泌抑制薬による維持療法またはオンデマンド療法は37.3%,ステロイド嚥下維持療法は9.8%であった.ほとんどの症例は胃食道逆流症に準じた治療戦略がとられており,良好な臨床経過が得られていたが,一部の症例は難治例と考えられた.本邦における実臨床での好酸球性食道炎治療の現状が明らかとなった.(著者抄録)

  • 超音波内視鏡下肝胃瘻孔形成術におけるプラスチックステントの治療成績

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 島本 宜紀, 前田 夏美, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   64 ( Suppl.2 )   2119 - 2119   2022年10月( ISSN:0387-1207

  • 膵小型腫瘤性病変に対する内視鏡診断の有用性および安全性に関する検討

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 島本 宣紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   64 ( Suppl.2 )   2123 - 2123   2022年10月( ISSN:0387-1207

  • 胃切除Roux-en-Y再建症例における総胆管結石に対するバルーン内視鏡下結石治療の成績と截石困難の危険因子の検討

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 島本 宣紀, 前田 夏美, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   64 ( Suppl.2 )   2089 - 2089   2022年10月( ISSN:0387-1207

  • 当科で経験した膵腫瘍に対するEUS-FNAB後に膿瘍を形成した4例

    島本 宜紀, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   64 ( Suppl.2 )   2127 - 2127   2022年10月( ISSN:0387-1207

  • 実臨床における好酸球性食道炎治療の現状

    藤原 靖弘, 田中 史生, 中田 理恵子, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 沢田 明也, 東森 啓, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一

    日本消化器病学会雑誌   119 ( 10 )   929 - 936   2022年10月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    当科における好酸球性食道炎306例の治療について検討した.286例(93.5%)で一次治療としてプロトンポンプ阻害薬またはカリウム競合型アシッドブロッカーが選択されていた.55例(18.0%)にステロイド嚥下療法が施行されていた.平均観察期間17.7ヵ月において,無投薬経過観察は46.4%,酸分泌抑制薬による維持療法またはオンデマンド療法は37.3%,ステロイド嚥下維持療法は9.8%であった.ほとんどの症例は胃食道逆流症に準じた治療戦略がとられており,良好な臨床経過が得られていたが,一部の症例は難治例と考えられた.本邦における実臨床での好酸球性食道炎治療の現状が明らかとなった.(著者抄録)

    その他URL: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2022&ichushi_jid=J01118&link_issn=&doc_id=20221018300007&doc_link_id=1390575185895536768&url=https%3A%2F%2Fcir.nii.ac.jp%2Fcrid%2F1390575185895536768&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_2.gif

  • Short bevacizumab infusion as an effective and safe treatment for colorectal cancer.

    Taira K, Okazaki S, Akiyoshi K, Machida H, Ikeya T, Kimura A, Nakata A, Nadatani Y, Ohminami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Fujiwara Y

    Molecular and clinical oncology   17 ( 3 )   139   2022年09月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

  • Psychological Stress Exacerbates Inflammation of the Ileum via the Corticotropin-Releasing Hormone-Mast Cell Axis in a Mouse Model of Eosinophilic Enteritis.

    Kanamori A, Tanaka F, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    International journal of molecular sciences   23 ( 15 )   8538 - 8538   2022年08月( ISSN:16616596

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms23158538

    PubMed

  • Long-term rebleeding rate and predictive factors of rebleeding after capsule endoscopy in patients with obscure gastrointestinal bleeding.

    Otani K, Shimada S, Watanabe T, Nadatani Y, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    Gastrointestinal endoscopy   2022年07月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

  • Pirfenidone prevents esophageal stricture by inhibiting nucleotide binding oligomerization domain like receptor protein 3 inflammasome activation.

    Hirano S, Higashimori A, Nagami Y, Nadatani Y, Tanigawa T, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   37 ( 6 )   1096 - 1106   2022年06月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jgh.15861

    PubMed

  • 潰瘍性大腸炎症例に認められた、抗結核薬投与中の奇異性反応の一例(A case of paradoxical response during anti-tuberculosis treatment in a patient with ulcerative colitis)

    Hosomi Shuhei, Sugita Naoko, Kanamori Atsushi, Ominami Masaki, Otani Koji, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Fujiwara Yasuhiro

    Clinical Journal of Gastroenterology   15 ( 3 )   592 - 597   2022年06月( ISSN:1865-7257

     詳細を見る

    症例は71歳女性で、ステロイド依存性潰瘍性大腸炎(UC)に罹患していたが、内視鏡的に高度活動性の再燃が認められたため入院した。ゴリムマブおよび1日30mgのプレドニゾロンを開始し、臨床的寛解が得られた。しかし、ゴリムマブの7回目投与の際に全身倦怠感と発熱が認められた。インターフェロン-ガンマ放出アッセイは陽性で、胸水の結核(TB)に対するPCR検査も陽性であった。CT所見と合わせて、結核性胸膜炎と診断された。ゴリムマブを中断せずに標準的な抗結核治療(イソニアジド、リファンピシン、エタンブトール、ピラジナミド)を開始した。4週間後に発熱と胸水の増加が認められた。奇異性反応と診断し、プレドニゾロン30mgを投与し、症状は改善した。一般的にはTNF-α阻害薬を継続すればこのような奇異性反応は起こらないとされているが、本症例では、TNF-α阻害薬を継続していたにもかかわらず、奇異性反応が認められた。

  • 除菌療法が奏功せずESDで一括切除したHelicobacter pylori陰性直腸MALTリンパ腫の一例

    金澤 里映, 眞鍋 琢, 山村 匡史, 永見 康明, 島本 宜紀, 前田 夏美, 河野 光泰, 垣谷 有紀, 落合 正, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集   108回   89 - 89   2022年06月

  • 膵頭十二指腸、門脈合併切除再建後に生じた挙上空腸静脈瘤に対しダブルバルーン小腸内視鏡併用下静脈瘤硬化療法で止血し得た一例

    小西 勝也, 落合 正, 丸山 紘嗣, 前田 夏美, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 影山 健, 城後 篤志, 山本 晃, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集   108回   84 - 84   2022年06月

  • 経口胆道鏡が術前の範囲診断に有用であった胆管内乳頭状腫瘍の1例

    榎本 秀治, 島本 宜紀, 東森 啓, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 田内 潤, 大平 豪, 久保 正二, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集   108回   84 - 84   2022年06月

  • 紅斑性粘膜に取り囲まれた光沢のある白色びらん Wilson病患者における胃病変の新規内視鏡所見(Lustrous White Erosions Surrounded by an Erythematous Mucosa: A Novel Endoscopic Finding of Gastric Lesions in Patients with Wilson Disease)

    Kitagawa Daiki, Ominami Masaki, Taira Koichi, Tanoue Kojiro, Higashimori Akira, Maruyama Hirotsugu, Itani Shigehiro, Nishida Yu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Kuwae Yuko, Watanabe Toshio, Ohsawa Masahiko, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 12 )   1835 - 1841   2022年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例1は20歳男性で、18歳時にWilson病と診断されていた。心窩部痛を認め、汎血球減少症、肝胆汁酵素の軽度上昇、セルロプラスミンと銅の血清レベル低値、尿中銅排泄量増加が判明した。内視鏡検査では、胃に紅斑に囲まれた白色びらんが認められた。8週のエソメプラゾール治療により、心窩部痛と白色びらんが改善した。症例2は27歳男性で、5歳時にWilson病と診断されていた。心窩部痛、悪心、嘔吐を認め、肝胆汁酵素の軽度上昇、セルロプラスミンと銅の血清レベル低値、尿中銅排泄量増加が判明した。内視鏡検査では、胃に紅斑性粘膜に囲まれた線形白色ビランが認められた。エソメプラゾール治療を開始後、症状が改善した。症例3は42歳男性で、30歳時にWilson病と診断されていた。上腹部症状はなかったが、汎血球減少症、肝胆汁酵素の軽度上昇、プロトロンビン活性低下、セルロプラスミンと銅の血清レベル低下、尿中銅排泄量増加が判明した。内視鏡検査では、胃の紅斑性粘膜上に斑状の白色びらんが認められた。3症例ともに、病変の生検ではオルセイン陽性組織が認められ、銅沈着が示唆された。

  • Angle of covered self-expandable metallic stents after placement is a risk factor for recurrent biliary obstruction.

    Tanoue K, Maruyama H, Ishikawa-Kakiya Y, Kinoshita Y, Hayashi K, Yamamura M, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    World journal of hepatology   14 ( 5 )   992 - 1005   2022年05月

     詳細を見る

  • 切除企図肝門部領域悪性胆道狭窄に対する術前至適なplastic stent留置とRBOの危険因子の検討

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 前田 夏美, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy   64 ( Suppl.1 )   813 - 813   2022年04月( ISSN:0387-1207

  • 高齢者の食道扁平上皮癌ESDに対するTCI/BIS併用プロポフォールによる鎮静法の有用性

    大南 雅揮, 永見 康明, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 前田 夏美, 平野 慎二, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy   64 ( Suppl.1 )   750 - 750   2022年04月( ISSN:0387-1207

  • 難易度克服を目指した22G針を用いた超音波内視鏡下胆管胃吻合術

    丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy   64 ( Suppl.1 )   812 - 812   2022年04月( ISSN:0387-1207

  • 膵疾患に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検法におけるFNA針とFNB針の有用性と安全性に関する検討

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy   64 ( Suppl.1 )   869 - 869   2022年04月( ISSN:0387-1207

  • 健康診断時の慢性便秘症の疫学・病因に関する質問票調査(A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan)

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   70 ( 2 )   205 - 211   2022年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    健康診断の受診者10658名のうち質問票調査で慢性便秘症(CC)の診断基準を満たした467名を対象として検討した。過敏性腸症候群(IBS)を有する者は21名であり、IBSのない者(n=446)と比べて睡眠障害やその他の症状を伴う頻度が高く、残便感や肛門直腸閉塞感の発生頻度が高かった。IBS者と非IBS者の排便頻度に有意差がみられた。順序ロジスティック回帰分析で、高い排便頻度と関連する因子はIBS、男性および日常的な運動であった。

  • Evidence-based clinical practice guidelines for functional dyspepsia 2021. 査読

    Miwa H, Nagahara A, Asakawa A, Arai M, Oshima T, Kasugai K, Kamada K, Suzuki H, Tanaka F, Tominaga K, Futagami S, Hojo M, Mihara H, Higuchi K, Kusano M, Arisawa T, Kato M, Joh T, Mochida S, Enomoto N, Shimosegawa T, Koike K.

    J Gastroenterol.   57 ( 2 )   47 - 61   2022年02月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

  • Interferon-α exerts proinflammatory properties in experimental radiation-induced esophagitis: Possible involvement of plasmacytoid dendritic cells. 査読

    Kitamura H, Tanigawa T, Kuzumoto T, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Uematsu S, Watanabe T, Fujiwara Y.

    Life Sci.   2022年01月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2021.120215.

  • Prevalence and risk factor for chronic diarrhea in participants of a Japanese medical checkup.

    Matsumoto Y, Nadatani Y, Otani K, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Kimura T, Fukumoto S, Tanaka F, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   6 ( 1 )   69 - 75   2022年01月

     詳細を見る

  • A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   advpub ( 0 )   205 - 211   2022年( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

  • [Current real-world treatments for Japanese patients with eosinophilic esophagitis].

    Fujiwara Y, Tanaka F, Nakata R, Kakiya Y, Yamamura M, Tanoue K, Sawada A, Higashimori A, Nishida Y, Maruyama H, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   119 ( 10 )   929 - 936   2022年( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    <p>当科における好酸球性食道炎306例の治療について検討した.286例(93.5%)で一次治療としてプロトンポンプ阻害薬またはカリウム競合型アシッドブロッカーが選択されていた.55例(18.0%)にステロイド嚥下療法が施行されていた.平均観察期間17.7カ月において,無投薬経過観察は46.4%,酸分泌抑制薬による維持療法またはオンデマンド療法は37.3%,ステロイド嚥下維持療法は9.8%であった.ほとんどの症例は胃食道逆流症に準じた治療戦略がとられており,良好な臨床経過が得られていたが,一部の症例は難治例と考えられた.本邦における実臨床での好酸球性食道炎治療の現状が明らかとなった.</p>

    DOI: 10.11405/nisshoshi.119.929

    PubMed

  • Ovariectomy-Induced Dysbiosis May Have a Minor Effect on Bone in Mice. 査読

    Kosaka S, Nadatani Y, Higashimori A, Otani K, Fujimoto K, Nagata Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Imoto S, Uematsu S, Watanabe T, Fujiwara Y.

    Microorganisms.   2021年12月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/microorganisms9122563.

  • Impact of the Lockdown Due to the COVID-19 Pandemic on Patients With Inflammatory Bowel Disease. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Sugita N, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Ohfuji S, Fujiwara Y.

    Front Med (Lausanne).   2021年12月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3389/fmed.2021.649759.

  • Lustrous White Erosions Surrounded by an Erythematous Mucosa: A Novel Endoscopic Finding of Gastric Lesions in Patients with Wilson Disease. 査読

    Kitagawa D, Ominami M, Taira K, Tanoue K, Higashimori A, Maruyama H, Itani S, Nishida Y, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Kamata N, Kuwae Y, Watanabe T, Ohsawa M, Fujiwara Y; F-study Group.

    Intern Med.   2021年12月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8076-21.

  • 下大静脈平滑筋肉腫による転移と考えられた胆嚢平滑筋肉腫の一例

    住田 真衣子, 島本 宜紀, 丸山 紘嗣, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 田内 潤, 大平 豪, 坂本 香, 大澤 政彦, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集   107回   102 - 102   2021年12月

  • Evaluation of long-term survival in patients with severe comorbidities after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Hirano S, Nagami Y, Yamamura M, Tanoue K, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y.

    Surg Endosc.   2021年11月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00464-021-08859-3.

  • 酸分泌抑制薬がストレス負荷マウスの腸管バリア機能に与える影響と機序 招待

    高嶋信吾, 田中史生, 藤原靖弘

    潰瘍 (ULCER RESEARCH)   48   40 - 42   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A case series of sublingual immunotherapy-induced eosinophilic esophagitis: stop or spit. 査読

    Fujiwara Y, Tanaka F, Sawada A, Nadatani Y, Nagami Y, Taira K, Nakamura N, Watanabe T, Ohsawa M, Sakamoto H

    Clinical journal of gastroenterology   2021年09月( ISSN:1865-7257

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-021-01520-5

    PubMed

  • Gastrointestinal IgG4 Deposition Is a New Histopathological Feature of Eosinophilic Gastroenteritis 査読

    Kosaka Satoshi, Tanaka Fumio, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   2021年09月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-021-07244-3

    PubMed

  • A mask-based infection control method for screening endoscopy may prevent SARS-CoV-2 transmission and relieve staff anxiety 査読

    Nadatani Yuji, Higashimori Akira, Takashima Shingo, Maruyama Hirotsugu, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Fujii Hideki, Nakano Akemi, Taira Koichi, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    SAGE OPEN MEDICINE   9   2021年09月( ISSN:2050-3121

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/20503121211047060

  • Pyogenic Spondylitis Caused by Staphylococcus schleiferi in a Patient with Crohn's Disease. 査読

    Fujimoto K, Hosomi S, Nakata R, Sugita N, Nishida Y, Fukunaga S, Nadatani Y, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    一般社団法人 日本内科学会 Internal medicine (Tokyo, Japan)   2021年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><i>Staphylococcus schleiferi</i> has rarely been reported to cause pyogenic spondylitis. A 42-year-old man had been treated for Crohn's disease with immunosuppressive agents and home parenteral nutrition via a central vein (CV) port. The patient was admitted to our hospital, presenting with neck pain and a fever. A neurological examination showed slight weakness in his left-hand muscles, and he was diagnosed with pyogenic spondylitis of C6 and C7 vertebral bodies due to catheter-related blood stream infection caused by <i>S. schleiferi</i>. An early diagnosis by magnetic resonance imaging, CV port removal and antibiotic therapy targeting <i>S. schleiferi</i> improved his symptoms. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.7368-21

    PubMed

    CiNii Article

  • 特集 増えている大人の消化管アレルギー 好酸球性消化管疾患 好酸球性食道炎

    北村 寛之, 田中 史生, 藤原 靖弘

    診断と治療   109 ( 7 )   951 - 955   2021年07月( ISSN:0370999X

     詳細を見る

  • Protective role of resolvin D1, a pro-resolving lipid mediator, in nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage 査読

    Kuzumoto Takuya, Tanigawa Tetsuya, Higashimori Akira, Kitamura Hiroyuki, Nadatani Yuji, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   16 ( 5 )   e0250862   2021年05月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250862

    PubMed

  • Eosinophilic esophagitis and asymptomatic esophageal eosinophilia display similar immunohistological profiles 査読

    Kitamura H, Tanaka F, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Fujiwara Y.

    J Clin Biochem Nutr.   68 ( 3 )   246 - 252   2021年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   国際・国内誌:国際誌  

  • The impact of cytochrome P450 3A genetic polymorphisms on tacrolimus pharmacokinetics in ulcerative colitis patients 査読

    Furuse Maizumi, Hosomi Shuhei, Nishida Yu, Itani Shigehiro, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kamata Noriko, Watanabe Toshio, Watanabe Kenji, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   16 ( 4 )   e0250597   2021年04月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250597

    PubMed

  • A case of nivolumab-induced cervical lymphadenopathy in a patient with gastric cancer 査読

    Taira Koichi, Kimura Akie, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROINTESTINAL ONCOLOGY   12 ( 2 )   880 - 884   2021年04月( ISSN:2078-6891

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jgo-20-315

    PubMed

  • Comparison of the Diagnostic Efficiency of Radial- and Convex-Arrayed Echoendoscopes for Indirect Findings of Pancreatic Cancer: A Retrospective Comparative Study Using Propensity Score Method 査読

    Ishikawa-Kakiya Yuki, Maruyama Hirotsugu, Yamamoto Kei, Yamamura Masafumi, Tanoue Kojiro, Higashimori Akira, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    CANCERS   13 ( 6 )   1217 - 1217   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.3390/cancers13061217

    PubMed

  • Impact of improvement of sleep disturbance on symptoms and quality of life in patients with functional dyspepsia 査読

    Nakamura Fumihiko, Kuribayashi Shiko, Tanaka Fumio, Kawami Noriyuki, Fujiwara Yasuhiro, Iwakiri Katsuhiko, Kusano Motoyasu, Uraoka Toshio

    BMC GASTROENTEROLOGY   21 ( 1 )   78 - 78   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1186/s12876-021-01659-y

    PubMed

  • Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs 査読

    Nakata Akinobu, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   2021年02月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s00535-021-01766-3

    PubMed

  • Prevalence and risk factors of functional constipation in the Rome IV criteria during a medical check-up in Japan 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   2021年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/jgh.15436

    PubMed

  • Effect of Eradication of H. pylori in Gastric Microbiome 査読

    Kosaka Satoshi, Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Suda Wataru, Nakata Akinobu, Matsumoto Yuji, Higashimori Akira, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTION   102 ( 1 )   103 - 103   2021年01月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rebamipide ameliorates indomethacin-induced small intestinal damage and proton pump inhibitor-induced exacerbation of this damage by modulation of small intestinal microbiota. 査読

    Tanigawa T, Watanabe T, Higashimori A, Shimada S, Kitamura H, Kuzumoto T, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Shiba M, Suda W, Hattori M, Fujiwara Y

    PloS one   16 ( 1 )   e0245995   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0245995

    PubMed

  • 認知行動療法が有効であったexcessive supragastric belchingの1例 査読

    藤原 靖弘, 沢田 明也, 橋本 篤, 高嶋 信吾, 田中 史生

    (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌   117 ( 12 )   1081 - 1086   2020年12月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Endoscopic findings of gastric lesions in patients with eosinophilic gastrointestinal disorders.

    Fujiwara Y, Tanoue K, Higashimori A, Nishida Y, Maruyama M, Itani S, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Machida H, Tanigawa T, Watanabe T, Ohsawa M, F-Study group .

    Endoscopy international open   8 ( 12 )   E1817 - E1825   2020年12月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

  • Gastrointestinal endoscopic practice during COVID-19 pandemic: a multi-institutional survey. 査読

    Maruyama H, Hosomi S, Nebiki H, Fukuda T, Nakagawa K, Okazaki H, Yamagami H, Hara J, Tanigawa T, Machida H, Aomatsu K, Watanabe Y, Sato H, Uno H, Takaishi O, Nomura T, Ochi M, Oshitani N, Adachi K, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Romanian journal of internal medicine = Revue roumaine de medecine interne   2020年11月( ISSN:1220-4749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.2478/rjim-2020-0038

    PubMed

  • Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer 査読

    Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Suda Wataru, Higashimori Akira, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Nakatsu Geicho, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   2020年11月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s10120-020-01141-w

    PubMed

  • Safety of Endoscopic Mucosal Resection Using a Bipolar Snare for Superficial Nonampullary Duodenal Epithelial Tumors and the Predictive Factors of Piecemeal Resection. 査読

    Yamamura M, Nagami Y, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestion   1 - 9   2020年10月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1159/000510601

    PubMed

  • Vonoprazan shows efficacy similar to that of proton pump inhibitors with respect to symptomatic, endoscopic, and histological responses in patients with eosinophilic esophagitis. 査読

    Kuzumoto T, Tanaka F, Sawada A, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   2020年09月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s10388-020-00783-0

    PubMed

  • NLRP3 inflammasome-derived interleukin-1β attenuates stress-induced gastric injury via the COX-2/PGE<sub>2</sub> axis. 査読

    Higashimori A, Watanabe T, Nadatani Y, Nakata A, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   2020年09月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/jgh.15257

    PubMed

  • Supragastric belching in Japan: lower prevalence and relevance for management of gastroesophageal reflux disease compared to United Kingdom 査読

    Sawada Akinari, Itami Hideaki, Nakagawa Kenichiro, Hirano Shinji, Kitamura Hiroyuki, Nakata Rieko, Takashima Shingo, Abe Yasuaki, Saito Masahiro, Yazaki Etsuro, Kawamura Osamu, Tanaka Fumio, Takeuchi Toshihisa, Koike Tomoyuki, Masamune Atsushi, Fujiwara Yasuhiro, Higuchi Kazuhide, Sifrim Daniel

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   2020年08月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    BACKGROUND: Supragastric belching (SGB) may play a role in the pathophysiology of proton pump inhibitors (PPIs)-refractoriness in gastroesophageal reflux disease (GERD). SGB may be present in up to 40% of reflux symptoms in PPI-refractory GERD. Most reports on SGB have come from Western countries, and little is known about the prevalence and relevance of SGB in Asian refractory GERD patients. This study aimed at comparing the role of SGB in GERD patients in Japan and the UK. METHODS: We re-analyzed impedance-pH monitoring tracings from patients who were referred to tertiary centers in Japan and the UK due to PPI-refractory reflux symptoms. The prevalence of excessive SGB and the impact of SGB on reflux symptoms were compared between the two countries. RESULTS: Impedance-pH tracings from124 Japanese and 83 British patients were re-analyzed. Japanese patients were significantly younger and had smaller body mass index than the British (P < 0.001). Japanese patients had significantly lower prevalence of excessive SGB (18.5%) than the UK (36.1%) irrespective of reflux phenotype (P = 0.006). Logistic regression analysis showed that the geographical/cultural difference was the only factor associated with the different prevalence of SGB (odds ratio; 2.91, 95% CI 1.09-7.73, P = 0.032). SGB were related to typical reflux symptoms very rarely in Japan [0% (0-4.9)] compared to the UK [35% (0-54.1)] (P = 0.071). CONCLUSIONS: The prevalence of SGB and their impact on reflux symptoms is significantly lower in Japan compared to the UK. The difference is not related to reflux parameters but might come from ethnic/cultural factors to be further characterized.

    DOI: 10.1007/s00535-020-01720-9

    PubMed

  • Response letter to the editor: Impact of proton pump inhibitors on intestinal permeability in stressed animal model. 査読

    Takashima S, Tanaka F, Fujiwara Y

    Neurogastroenterology and motility : the official journal of the European Gastrointestinal Motility Society   e13960 - e13960   2020年08月( ISSN:1350-1925

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/nmo.13960

    PubMed

  • Repeated Endoscopic Submucosal Dissection for Esophageal Neoplasia Located Close to a Previous Endoscopic Submucosal Dissection Scar. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Sakai T, Maruyama H, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Clinical and translational gastroenterology   11 ( 8 )   e00226 - e00226   2020年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.14309/ctg.0000000000000226

    PubMed

  • Predictive factors for difficult endoscopic submucosal dissection for esophageal neoplasia including failure of en bloc resection or perforation 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES   2020年07月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s00464-020-07777-0

    PubMed

  • Proton pump inhibitors enhance intestinal permeability via dysbiosis of gut microbiota under stressed conditions in mice 査読

    Takashima Shingo, Tanaka Fumio, Kawaguchi Yunoske, Usui Yuki, Fujimoto Kosuke, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Imoto Seiya, Uematsu Satoshi, Fujiwara Yasuhiro

    NEUROGASTROENTEROLOGY AND MOTILITY   32 ( 7 )   e13841   2020年07月( ISSN:1350-1925

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.13841

    PubMed

  • EFFECT OF COLCHICINE TREATMENT ON SEVERE NSAID-INDUCED SMALL INTESTINAL DAMAGE: A PILOT STUDY 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB613 - AB614   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE EFFECT OF PIRFENIDONE FOR ESOPHAGEAL STRICTURE AFTER CIRCUMFEREENTIAL ESOPHAGEAL ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION IN A PORCINE MODEL 査読

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Kakiya Yuki, Tanoue Kojiro, Hayashi Kappei, Sawada Akinari, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB420 - AB420   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • RISK FACTORS OF MALIGNANT PROGRESSION AND FOLLOW-UP INTERVAL IN ELDERLY PATIENTS WITH BRANCH DUCT-INTRADUCTAL PAPILLARY MUCINOUS NEOPLASM 査読

    Yamamoto Kei, Maruyama Hirotsugu, Manabe Taku, Kimura Akie, Kakiya Yuki, Tanoue Kojiro, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB181 - AB181   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • RISK FACTOR OF RECURRENT BILIARY OBSTRUCTION OF COVERED SELF-EXPANDABLE METALLIC STENT FOR UNRESECTABLE DISTAL MALIGNANT BILIARY STRICTURE 査読

    Tanoue Kojiro, Maruyama Hirotsugu, Yamamoto Kei, Manabe Taku, Kakiya Yuki, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB344 - AB345   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LONG-TERM SURVIVAL OF PATIENTS WITH SEVERE COMORBIDITIES WHO RECEIVED ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION FOR ESOPHAGEAL SQUAMOUS CELL CARCINOMA: A COMPARATIVE PROPENSITY SCORE ANALYSIS 査読

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Yamamoto Kei, Manabe Taku, Kakiya Yuki, Tanoue Kojiro, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB147 - AB147   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • INCREASED INCIDENCE OF ELECTROCOAGULATION SYNDROME AFTER COROLECTAL ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION IN ELDERLY PATIENTS: A RETROSPECTIVE STUDY 査読

    Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Yamamoto Kei, Manabe Taku, Kakiya Yuki, Tanoue Kojiro, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB492 - AB492   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • HEPARIN BRIDGING THERAPY IS ASSOCIATED WITH DELAYED BLEEDING AFTER ENDOSCOPIC TREATMENT FOR COMMON BILE DUCT STONE IN PATIENTS TREATED WITH ORAL ANTITHROMBOTIC THERAPY 査読

    Hayashi Kappei, Maruyama Hirotsugu, Yamamoto Kei, Manabe Taku, Kimura Akie, Kakiya Yuki, Hirano Shinji, Tanoue Kojiro, Yamamura Masafumi, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB368 - AB369   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Endoscopic closure of refractory esophageal fistula after esophagectomy using polyglycolic acid sheets: a pilot study 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Sakai Taishi, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Lee Shigeru, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN   8 ( 5 )   E591 - E595   2020年05月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/a-1119-6352

    PubMed

  • Slco2a1 deficiency exacerbates experimental colitis via inflammasome activation in macrophages: a possible mechanism of chronic enteropathy associated with SLCO2A1 gene. 査読

    Nakata R, Nakamura Y, Hosomi S, Okuda H, Nishida Y, Sugita N, Itani S, Nadatani Y, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Watanabe T, Yamagami H, Nakanishi T, Fujiwara Y

    Scientific reports   10 ( 1 )   4883   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-61775-9

    PubMed

  • Randomised trial of acid inhibition by vonoprazan 10/20 mg once daily vs rabeprazole 10/20 mg twice daily in healthy Japanese volunteers (SAMURAI pH study) 査読

    Takeuchi Toshihisa, Furuta Takahisa, Fujiwara Yasuhiro, Sugimoto Mitsushige, Kasugai Kunio, Kusano Motoyasu, Okada Hiroyuki, Suzuki Takahiro, Higuchi Tomohiro, Kagami Takuma, Uotani Takahiro, Yamade Mihoko, Sawada Akinari, Tanaka Fumio, Harada Satoshi, Ota Kazuhiro, Kojima Yuichi, Murata Masaki, Tamura Yasuhiro, Funaki Yasushi, Kawamura Osamu, Okamoto Yuki, Fujimoto Kazuma, Higuchi Kazuhide

    ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS   51 ( 5 )   534 - 543   2020年03月( ISSN:0269-2813

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/apt.15641

    PubMed

  • Exosomal hsa-miR-933 in Gastric Juice as a Potential Biomarker for Functional Dyspepsia. 査読

    Tanaka F, Takashima S, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Murakami Y, Kawada N, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   2020年01月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-020-06096-7

    PubMed

  • Endoscopic Submucosal Dissection for Esophageal Cancer Close to the Previous ESD Scar 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Sakai Taishi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTION   101 ( 1 )   89 - 89   2020年01月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Novel prognostic biomarkers of pouchitis after ileal pouch-anal anastomosis for ulcerative colitis: Neutrophil-to-lymphocyte ratio. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Fujimoto K, Nakata R, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Ohfuji S, Fujiwara Y

    PloS one   15 ( 10 )   e0241322   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0241322

    PubMed

  • Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-<i>Helicobacter pylori</i> antibody during a medical check-up 査読

    Otani Koji, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro, Watanabe Toshio, Kosaka Satoshi, Matsumoto Yuji, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio

    一般社団法人 日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   2020年( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Subjects with a high-negative titer (3–9.9 U/ml) of serum anti-<i>Helicobacter pylori</i> (<i>H. pylori</i>) antibody represent a heterogeneous group of currently <i>H. pylori</i>-infected, <i>H. pylori</i>-uninfected, and previously <i>H. pylori</i>-infected cases. We investigated the characteristics of subjects with a high-negative titer during a medical check-up and the utility of <i>H. pylori</i> infection score, the sum of scores of endoscopic findings based on the Kyoto Classification of Gastritis, for diagnosing <i>H. pylori</i> infection. Subjects with <sup>13</sup>C-urea breath test-positive or <i>H. pylori</i> stool antigen test-positive were diagnosed as currently <i>H. pylori</i>-infected. Although around half of subjects with a high-negative titer were after eradication therapy (48.6%), currently <i>H. pylori</i>-infected were considerably confirmed (11.7%). <i>H. pylori</i> infection score showed a high value of area under the receiver operating characteristic curve [0.92; 95% confidence interval (CI), 0.84–1.00] with the most suitable cut-off value of 1.0 (sensitivity: 0.92; specificity: 0.90). Multivariate logistic regression analysis revealed that <i>H. pylori</i> infection score was an independent factor associated with increased prevalence of <i>H. pylori</i> infection (odds ratio, 9.53; 95% CI, 2.64–34.40; <i>p</i><0.001). Currently <i>H. pylori</i>-infected subjects were considerably included among the subjects with a high-negative titer, and the Kyoto Classification of Gastritis was useful to predict current <i>H. pylori</i> infection.</p>

    DOI: 10.3164/jcbn.20-21

    CiNii Article

  • A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer. 査読

    Yoshikawa-Kimura A, Taira K, Katanosaka Y, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5457-20

    PubMed

  • [A case of excessive supragastric belching treated with cognitive behavioral therapy]. 査読

    Fujiwara Y, Sawada A, Hashimoto A, Takashima S, Tanaka F

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   117 ( 12 )   1081 - 1086   2020年( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11405/nisshoshi.117.1081

    PubMed

  • NOD-Like Receptor Family Pyrin Domain-Containing 3 Inflammasome Activation Exacerbates 5-Fluorouracil-Induced Small Intestinal Mucositis via Interleukin-1β Activation. 査読

    Nakata A, Nadatani Y, Watanabe T, Matsumoto Y, Kosaka S, Higashimori A, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fujiwara Y

    Digestion   1 - 15   2019年12月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000504974

    PubMed

  • Gastric acid inhibitor aggravates indomethacin-induced small intestinal injury via reducing Lactobacillus johnsonii 査読

    Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Suda Wataru, Nakata Akinobu, Matsumoto Yuji, Kosaka Satoshi, Higashimori Akira, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   9 ( 1 )   17490   2019年11月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-53559-7

    PubMed

  • High-fat diet-mediated dysbiosis exacerbates NSAID-induced small intestinal damage through the induction of interleukin-17A. 査読

    Sugimura N, Otani K, Watanabe T, Nakatsu G, Shimada S, Fujimoto K, Nadatani Y, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Uematsu S, Fujiwara Y

    Scientific reports   9 ( 1 )   16796   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-52980-2

    PubMed

  • Successful Eradication of Helicobacter pylori Could Prevent Metachronous Gastric Cancer: A Propensity Matching Analysis. 査読

    Nakata R, Nagami Y, Hashimoto A, Sakai T, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Ohira M, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestion   1 - 10   2019年11月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000504132

    PubMed

  • Positive correlation between pancreatic volume and post-endoscopic retrograde cholangiopancreatography pancreatitis. 査読

    Maruyama H, Shiba M, Ishikawa-Kakiya Y, Kato K, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Yamamoto A, Kabata D, Shintani A, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   2019年10月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.14878

    PubMed

  • 特集 食道の炎症を視る 感染性 結核性食道炎

    丸山 紘嗣, 大谷 恒治, 田中 史生, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    消化器内視鏡   31 ( 8 )   1204 - 1207   2019年08月( ISSN:09153217

     詳細を見る

  • Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults 査読

    Tanaka Fumio, Fukumoto Shinya, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    ESOPHAGUS   16 ( 3 )   309 - 315   2019年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-019-00662-3

    PubMed

  • DOES TREATMENT INTENSIFICATION FOR ULCERATIVE COLITIS PATIENTS WITH CLINICAL REMISSION WHO HAVE MILD ENDOSCOPIC ACTIVITY IMPROVE LONG-TERM PROGNOSIS? 査読

    Hosomi Shuhei, Itani Shigehiro, Nakata Rieko, Sugita Naoko, Nishida Yu, Kamata Noriko, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   89 ( 6 )   AB70 - AB71   2019年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ORBIT SCORE PREDICTS MAJOR BLEEDING AFTER COLORECTAL POLYPECTOMY IN PATIENTS RECEIVING ORAL ANTICOAGULATION THERAPY 査読

    Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Ohira Mizuki, Sakai Taishi, Ominami Masaki, Maruyama Hirotsugu, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   89 ( 6 )   AB381 - AB381   2019年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Azathioprine is Useful for Maintaining Long-term Remission Induced by Tacrolimus for the Treatment of Ulcerative Colitis: An Inverse Probability of a Treatment Weighing Analysis. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Sugita N, Itani S, Yukawa T, Otani K, Nagami Y, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Kakimoto K, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    一般社団法人 日本内科学会 Internal medicine (Tokyo, Japan)   2019年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>The need for and efficacy of immunomodulators for maintaining remission after tacrolimus therapy have not been sufficiently defined. This study evaluated the efficacy of immunomodulators for maintaining remission in patients with ulcerative colitis after tacrolimus therapy. </p><p><b>Methods </b>Patients with active ulcerative colitis who started oral tacrolimus between January 2009 and September 2017 and were responsive were retrospectively evaluated. Long-term outcomes were compared using Cox proportional hazard regression with inverse probability of treatment weighting. </p><p><b>Results </b>Among the 63 patients in the study, 45 received immunomodulators. During the follow-up, 30 patients (47.6%) experienced a relapse. The relapse-free survival rate was significantly worse in the group that did not receive immunomodulators than in those that did (p=0.01, log-rank test); the 2-year relapse-free rates were 22.5% and 63.6% in the non-immunomodulator and immunomodulator groups, respectively. A multivariate analysis showed immunomodulator treatment to be an independent protective factor for clinical relapse (adjusted hazard ratio: 0.35, 95% confidence interval: 0.16-0.78, p=0.01). A Cox regression analysis using inverse probability of treatment weighting also showed that immunomodulator maintenance therapy was correlated with a longer relapse-free survival (hazard ratio: 0.31, 95% confidence interval: 0.15-0.64, p<0.01), A similar response was also observed in non-steroid-dependent patients (hazard ratio: 0.36, 95% confidence interval: 0.14-0.99, p=0.047). No serious adverse events occurred due to tacrolimus or immunomodulator, and immunomodulator use did not increase the incidence of adverse events caused by tacrolimus. </p><p><b>Conclusion </b>Our data suggest that the use of immunomodulators to maintain remission after tacrolimus therapy is beneficial for patients with ulcerative colitis. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2632-19

    PubMed

    CiNii Article

  • 重症併存症がみられる患者の早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の晩期成績 傾向スコアを用いた比較解析(Long-term outcome of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in patients with severe comorbidities: a comparative propensity score analysis) 査読

    Tanoue Kojiro, Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    シュプリンガー・ジャパン(株) Gastric Cancer   22 ( 3 )   558 - 566   2019年05月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    早期胃癌の患者に対し内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行した場合の晩期成績を重症併存症の有無で比較する後ろ向きコホート研究を施行した。早期胃癌に罹患し、当院にて2004年2月〜2013年6月にESDを施行され、2016年7月まで経過観察が続けられた患者488名を解析対象とした。そのうち、米国麻酔科学会術前全身状態分類(ASA-PS)にてクラス1または2と分類された患者は375名(対照群)、3と分類され重症併存症を有すると定義された患者は113名(重症併存症群)であった。傾向スコア分析にて比較した結果、重症併存症群の5年全生存率は79.1%であり、対照群での87.7%よりも有意に低かった。Cox比例ハザード回帰分析およびinverse probability of treatment weighting法による分析を施行した結果、どちらの分析方法を用いた場合でも重症併存症群に属することは死亡に関し有意な危険因子となることが示された。有害事象については、傾向スコアマッチングを行った後の両群間において有意差は認められなかった。

  • Association between endoscopic findings of eosinophilic esophagitis and responsiveness to proton pump inhibitors 査読

    Sawada Akinari, Hashimoto Atsushi, Uemura Risa, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN   7 ( 4 )   E433 - E439   2019年04月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/a-0859-7276

    PubMed

  • The Predictive Factors of Responsiveness to Proton Pump Inhibitor Therapy for Eosinophilic Esophagitis 査読

    Hashimoto Atsushi, Sugawa Takashi, Iwakura Narika, Uemura Risa, Sawada Akinari, Otani Koji, Taira Koichi, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL DISORDERS   1 ( 1 )   220 - 230   2019年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/gidisord1010017

  • Changes in Clock Genes Expression in Esophagus in Rat Reflux Esophagitis. 査読

    Hashimoto A, Uemura R, Sawada A, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   2019年02月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-019-05546-1

    PubMed

  • Involvement of gliadin, a component of wheat gluten, in increased intestinal permeability leading to non-steroidal anti-inflammatory drug-induced small-intestinal damage 査読

    Shimada Sunao, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Nakata Akinobu, Sugimura Naoki, Itani Shigehiro, Higashimori Akira, Nadatani Yuji, Otani Koji, Taira Koichi, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   14 ( 2 )   e0211436   2019年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0211436

    PubMed

  • PPI反応性好酸球性食道炎における自覚症状、内視鏡像、組織所見の改善度についての検討 査読

    藤原 靖弘, 橋本 篤, 上村 理沙, 沢田 明也, 大谷 恒史, 田中 史生, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄

    (一社)日本消化管学会 日本消化管学会雑誌   3 ( Suppl. )   255 - 255   2019年02月( ISSN:2433-3840

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pretreatment neutrophil-to-lymphocyte ratio predicts clinical relapse of ulcerative colitis after tacrolimus induction. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Sugita N, Itani S, Yukawa T, Otani K, Nagami Y, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    PloS one   14 ( 3 )   e0213505   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0213505

    PubMed

  • Optimal Biopsy Protocol to Evaluate Histological Effectiveness of Proton Pump Inhibitor Therapy in Patients with Eosinophilic Esophagitis. 査読

    Fujiwara Y, Hashimoto A, Uemura R, Sawada A, Otani K, Tanaka F, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Kabata D, Kuwae Y, Shintani A, Ohsawa M

    Digestion   1 - 8   2018年11月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000494253

    PubMed

  • Heparin-bridging therapy is associated with post-colorectal polypectomy bleeding in patients whose oral anticoagulation therapy is interrupted. 査読

    Sakai T, Nagami Y, Shiba M, Hayashi K, Kinoshita Y, Maruyama H, Kato K, Minamino H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Scandinavian journal of gastroenterology   1 - 7   2018年10月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2018.1503325

    PubMed

  • Barrett's esophagus is negatively associated with eosinophilic esophagitis in Japanese subjects. 査読

    Takashima S, Tanaka F, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   2018年10月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-018-0648-2

    PubMed

  • Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects. 査読

    Tanaka F, Tominaga K, Fujikawa Y, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    一般社団法人 日本内科学会 Internal medicine (Tokyo, Japan)   2018年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Gastric depressive erosions may be associated with dyspepsia.

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1325-18

    PubMed

    CiNii Article

  • Impact of preoperative biopsy on severe submucosal fibrosis on endoscopic submucosal dissection for colorectal laterally spreading tumors: a propensity score analysis. 査読

    Fukunaga S, Nagami Y, Shiba M, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe T, Fujiwara Y

    Gastrointestinal endoscopy   2018年09月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gie.2018.08.051

    PubMed

  • Usefulness of small bowel reexamination in obscure gastrointestinal bleeding patients with negative capsule endoscopy findings: Comparison of repeat capsule endoscopy and double-balloon enteroscopy 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    UNITED EUROPEAN GASTROENTEROLOGY JOURNAL   6 ( 6 )   879 - 887   2018年07月( ISSN:2050-6406

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2050640618767600

    PubMed

  • Combined Infection of Human Herpes Viruses: A Risk Factor for Subsequent Colectomy in Ulcerative Colitis 査読

    Hosomi Shuhei, Watanabe Kenji, Nishida Yu, Yamagami Hirokazu, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Nagahara Hisashi, Maeda Kiyoshi, Fujiwara Yasuhiro

    INFLAMMATORY BOWEL DISEASES   24 ( 6 )   1307 - 1315   2018年06月( ISSN:1078-0998

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ibd/izy005

    PubMed

  • ADVERSE EVENTS OF ENDOSCOPIC BALLOON DILATATION FOR ESOPHAGEAL STRICTURE CAUSED BY ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION 査読

    Nakamura Yoshihiro, Nagami Yasuaki, Yamamura Masafumi, Hayashi Kappei, Kinoshita Yosuke, Tanoue Koujiro, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   87 ( 6 )   AB88 - AB89   2018年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SUCCESSFUL ERADICATION OF HELICOBACTER PYLORI REDUCES THE DEVELOPMENT OF METACHRONOUS GASTRIC CANCER AFTER ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION FOR EARLY GASTRIC CANCER: A PROPENSITY MATCHING ANALYSIS 査読

    Nakata Rieko, Nagami Yasuaki, Hashimoto Atsushi, Sakai Taishi, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Ohira Mizuki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   87 ( 6 )   AB52 - AB53   2018年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CAN THE ORBIT SCORE PREDICT DELAYED BLEEDING AFTER COLORECTAL ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION IN PATIENTS RECEIVING ORAL ANTICOAGULATION THERAPY? 査読

    Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Ominami Masaki, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   87 ( 6 )   AB399 - AB399   2018年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of esophageal stricture in patients given locoregional triamcinolone injections immediately after endoscopic submucosal dissection. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Shiba M, Sakai T, Fukunaga S, Sugimori S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Ishihara T, Yamamoto K, Fujiwara Y

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   30 ( 2 )   198 - 205   2018年03月( ISSN:0915-5635

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/den.12946

    PubMed

  • Efficacy of a concomitant elemental diet to reduce the loss of response to adalimumab in patients with intractable Crohn's disease 査読

    Sugita Naoko, Watanabe Kenji, Kamata Noriko, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Arakawa Tetsuo, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   33 ( 3 )   631 - 637   2018年03月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.13969

    PubMed

  • Comparison of propofol with midazolam in endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma: a randomized controlled trial. 査読

    Ominami M, Nagami Y, Shiba M, Tominaga K, Sakai T, Maruyama H, Kato K, Minamino H, Fukunaga S, Tanaka F, Sugimori S, Kamata N, Machida H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Journal of gastroenterology   53 ( 3 )   397 - 406   2018年03月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-017-1358-6

    PubMed

  • Intern Med. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Shiba M, Sakai T, Fukunaga S, Sugimori S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Ishihara T, Yamamoto K, Fujiwara Y

    Dig Endosc.   2018年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A comparison of thiopurines vs. anti-TNF-alpha therapy in steroid-dependent ulcerative colitis 査読

    Hosomi S., Ohira M., Yamagami H., Nakata R., Sugita N., Nishida Y., Itani S., Yukawa T., Kamata N., Otani K., Nagami Y., Tanaka F., Taira K., Tanigawa T., Watanabe T., Fujiwara Y.

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   12   S341 - S341   2018年02月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum interleukin-6 level predicts future outcomes of infliximab for ulcerative colitis 査読

    Nishida Y., Hosomi S., Yukawa T., Otani K., Nagami Y., Tanaka F., Taira K., Kamata N., Yamagami H., Tanigawa T., Watanabe T., Fujiwara Y.

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   12   S482 - S482   2018年02月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Risk of pancreatitis after pancreatic duct guidewire placement during endoscopic retrograde cholangiopancreatography 査読

    Ishikawa-Kakiya Yuki, Shiba Masatsugu, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   13 ( 1 )   e0190379   2018年01月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0190379

    PubMed

  • Sepsis Markers Soluble IL-2 Receptor and Soluble CD14 Subtype as Potential Biomarkers for Complete Mucosal Healing in Patients With Inflammatory Bowel Disease 査読

    Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Itani Shigehiro, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   12 ( 1 )   87 - 95   2018年01月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ecco-jcc/jjx124

    PubMed

  • Endoscopic Submucosal Dissection for Adenocarcinomas of the Esophagogastric Junction 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTION   97 ( 1 )   38 - 44   2018年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000484111

    PubMed

  • Clinical Utility of Capsule Endoscopy and Double-Balloon Enteroscopy in the Management of Obscure Gastrointestinal Bleeding 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTION   97 ( 1 )   52 - 58   2018年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000484218

    PubMed

  • A Metastatic Gastric Tumor from Ovarian Cancer 査読

    Kono Mitsuhiro, Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Sakai Taishi, Fukuda Takeshi, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   57 ( 3 )   345 - 349   2018年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Gastric metastasis from ovarian cancer has rarely been reported. We herein report the case of a 64-year-old woman with gastric metastasis from ovarian cancer that was diagnosed as surgical stage IA. Diagnostic and staging laparotomy showed mucinous carcinoma of the right ovary. At one month after surgery, bone metastasis was detected via scintigraphy. On esophagogastroduodenoscopy, a 10-mm elevated lesion with ulceration on the top was seen in the stomach. The immunohistochemical analysis of biopsy specimens showed that these metastases arose from ovarian cancer. We recommend that physicians remain aware of the possibility of gastric metastasis in patients with ovarian cancer. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9147-17

    PubMed

    CiNii Article

  • Serum interleukin-6 level is associated with response to infliximab in ulcerative colitis. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Watanabe K, Watanabe K, Yukawa T, Otani K, Nagami Y, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Scandinavian journal of gastroenterology   1 - 7   2017年11月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2017.1403647

    PubMed

  • Current Status and Perspective of Call Request in Lung Cancer Screening 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Morikawa Hiroyasu, Nakano Akemi, Tanaka Fumio, Morisaki Tamami, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Current Status and Perspective of Call Request in Lung Cancer Screening. 査読

    Kimura T, Fukumoto S, Morikawa H, Nakano A, Tanaka F, Morisaki T, Kawada N, Hirata K

    Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   28 Suppl 9   ix109   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdx621.066

    PubMed

  • A comparison of short-term therapeutic efficacy between infliximab and tacrolimus for moderate to severe ulcerative colitis 査読

    Yamagami Hirokazu, Nishida Yu, Nagami Yasuaki, Hosomi Shuhei, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    ROMANIAN JOURNAL OF INTERNAL MEDICINE   55 ( 3 )   151 - 157   2017年09月( ISSN:1582-3296

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/rjim-2017-0012

    PubMed

  • 細径内視鏡を用いた当院人間ドックにおける胃がん標準化発見比の検討. 査読

    田中史生, 福本真也 他

    人間ドック   31 ( 5 )   661 - 667   2017年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Expression of Serum Exosomal and Esophageal MicroRNA in Rat Reflux Esophagitis 査読

    Uemura Risa, Murakami Yoshiki, Hashimoto Atsushi, Sawada Akinari, Otani Koji, Taira Koichi, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Taguchi Y-h, Fujiwara Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   18 ( 8 )   2017年08月( ISSN:1422-0067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms18081611

    PubMed

  • Does Discontinuation of Antithrombotic Agents Affect Diagnostic Yield of Small Bowel Capsule Endoscopy in Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding? 査読

    Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Miyazaki Takako, Nakamura Shiro, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB293 - AB294   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Predictive Factor for Esophageal Stricture in Patients Who Received Locoregional Triamcinolone Injection Immediately After ESD 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Shiba Masatsugu, Sakai Taishi, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB577 - AB577   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long-Term Outcome of Endoscopic Submucosal Dissection for Early Gastric Cancer in Patients With Severe Comorbidities: A Comparative Propensity Score Analysis 査読

    Tanoue Koujiro, Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Nakamura Yoshihiro, Kakiya Yuki, Hayashi Kappei, Kinoshita Yosuke, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Ominami Masaki, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB429 - AB430   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usefulness of Small Intestinal Reexamination for Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding With Negative Capsule Endoscopy Findings: Comparison of Balloon-Assisted Enteroscopy and Capsule Endoscopy 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shiba Masatsugu, Sugimura Naoki, Itani Shigehiro, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB297 - AB298   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Neutrophil-to-lymphocyte ration in ulcerative colitis predicts sustained response to infliximab 査読

    Nishida Y., Hosomi S., Watanabe K., Yukawa T., Otani K., Nagami Y., Tanaka F., Taira K., Kamata N., Shiba M., Yamagami H., Tanigawa T., Watanabe T., Tominaga K., Fujiwara Y.

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   11   S294 - S294   2017年02月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Single Locoregional Triamcinolone Injection Immediately After Esophageal Endoscopic Submucosal Dissection Prevents Stricture Formation 査読

    Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Ominami Masaki, Sakai Taishi, Minamino Hiroaki, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Yamagami Hirokazu, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    CLINICAL AND TRANSLATIONAL GASTROENTEROLOGY   8 ( 2 )   e75   2017年02月( ISSN:2155-384X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ctg.2017.5

    PubMed

  • Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio for Predicting Loss of Response to Infliximab in Ulcerative Colitis 査読

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   12 ( 1 )   e0169845   2017年01月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0169845

    PubMed

  • 胸部要精密検査判定の現況と呼び出しシステムの活用. 査読

    4. 木村達郎, 福本真也, 森川浩安, 中野朱美, 田中史生, 森崎珠美, 河田則文, 平田一人.

    人間ドック   31 ( 5 )   661 - 667   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 細径内視鏡を用いた当院人間ドックにおける胃がん標準化発見比の検討 査読

    田中 史生, 福本 真也, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 大谷 恒史, 森崎 珠実, 藤原 靖弘, 河田 則文, 平田 一人

    公益社団法人 日本人間ドック学会 人間ドック(Ningen Dock)   32 ( 3 )   537 - 543   2017年( ISSN:1880-1021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>目的:</b>人間ドックでの胃がん発見精度の評価方法として胃がん発見率が挙げられるが,母集団の性差,年齢分布により影響を受ける.そこで我々は標準化発見比を指標として用い,細径内視鏡を用いた当院人間ドックでの胃がん発見精度を調査した.<br><b>方法:</b>2016年1月4日から1年間,当院人間ドックで上部消化管内視鏡検査を施行された4,927例において,胃がんの標準化発見比,発見率等を検討した.<br><b>結果:</b>男性における胃がん存在期待値合計は3.48であり,胃がん発見症例数は13例であった.すなわち,男性での標準化発見比は3.74であった.特に65~69歳では存在期待値0.95に対して7例の胃がんを発見した.一方,女性での胃がん存在期待値合計は1.12,胃がん発見症例数は1例であり,標準化発見比は0.89であった.また,男女合算では,存在期待値4.60に対して14例の胃がんを発見しており,標準化発見比は3.04であった.さらには,胃がん発見率は男女合算で0.28%,年代別に解析すると,50~59歳では0.21%,60歳以上では0.78%であった.<br><b>結論:</b>当院での人間ドックにおいて,胃がんの標準化発見比を検討することにより,罹患率が高い年齢層で確実に胃がんの発見,診断がなされていることが示された.

    DOI: 10.11320/ningendock.32.537

    CiNii Article

  • Postprandial Symptoms Felt at the Lower Part of the Epigastrium and a Possible Association of Pancreatic Exocrine Dysfunction with the Pathogenesis of Functional Dyspepsia 査読

    Fujikawa Yoshiko, Tominaga Kazunari, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    INTERNAL MEDICINE   56 ( 13 )   1629 - 1635   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.8193

    PubMed

  • Microbiota Plays a Key Role in Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug-Induced Small Intestinal Damage 査読

    Otani Koji, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTION   95 ( 1 )   22 - 28   2017年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000452356

    PubMed

  • Clinical factors associated with positive capsule endoscopy findings in patients with obscure gastrointestinal bleeding: a single-center study 査読

    Shimada Sunao, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Otani Koji, Taira Koichi, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   52 ( 11 )   1219 - 1223   2017年( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2017.1349174

    PubMed

  • Analysis of the Risk Factors of Surgery after Endoscopic Balloon Dilation for Small Intestinal Strictures in Crohn's Disease Using Double-balloon Endoscopy 査読

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Yukawa Tomomi, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 17 )   2245 - 2252   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Balloon-assisted endoscopy enables access to and treatment of strictures in the small intestine using endoscopic balloon dilation (EBD); however, the long-term outcomes of EBD have not been sufficiently evaluated. This study evaluated the long-term outcomes of EBD in Crohn's disease to identify the risk factors associated with the need for subsequent surgical intervention. </p><p><b>Methods </b>We retrospectively analyzed patients with Crohn's disease who had undergone EBD with double-balloon endoscopy (DBE) for small intestinal strictures at a single center between 2006 and 2015. The long-term outcomes were assessed based on the cumulative surgery-free rate following initial EBD. </p><p><b>Results </b>Seventy-two EBD with DBE sessions and 112 procedures were performed for 37 patients during this period. Eighteen patients (48.6%) required surgery during follow-up. Significant factors associated with the need for surgery in a multivariate analysis were multiple strictures (adjusted hazard ratio, 14.94; 95% confidence interval, 1.91-117.12; p=0.010). One patient (6.7%) required surgery among 15 who had single strictures compared to 17 (77.3%) among 22 patients with multiple strictures. </p><p><b>Conclusion </b>In a multivariate analysis, the presence of multiple strictures was a significant risk factor associated with the need for surgery; therefore, a single stricture might be a good indication for EBD using DBE for small intestinal strictures in Crohn's disease patients. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8224-16

    PubMed

    CiNii Article

  • NLRP3 inflammasome has a protective effect against oxazolone-induced colitis: a possible role in ulcerative colitis 査読

    Itani Shigehiro, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Sugimura Naoki, Shimada Sunao, Takeda Shogo, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    SCIENTIFIC REPORTS   6   39075   2016年12月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep39075

    PubMed

  • Concentration of Glial Cell Line-Derived Neurotrophic Factor Positively Correlates with Symptoms in Functional Dyspepsia 査読

    Tanaka Fumio, Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   61 ( 12 )   3478 - 3485   2016年12月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-016-4329-5

    PubMed

  • Alteration of Esophageal Microbiome by Antibiotic Treatment Does Not Affect Incidence of Rat Esophageal Adenocarcinoma 査読

    Sawada Akinari, Fujiwara Yasuhiro, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Gi Min, Wanibuchi Hideki, Arakawa Tetsuo

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   61 ( 11 )   3161 - 3168   2016年11月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-016-4263-6

    PubMed

  • Concentration of Glial Cell Line-Derived Neurotrophic Factor Positively Correlates with Symptoms in Functional Dyspepsia. 査読 国際共著

    Tanaka F, Tominaga K, Fujikawa Y, et al.

    Digestive Diseases and Sciences   61 ( 12 )   3478 - 3485   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Colchicine prevents NSAID-induced small intestinal injury by inhibiting activation of the NLRP3 inflammasome 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Takeda Shogo, Itani Shigehiro, Higashimori Akira, Nadatani Yuji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    SCIENTIFIC REPORTS   6   32587   2016年09月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep32587

    PubMed

  • Hybrid therapy with locoregional steroid injection and polyglycolic acid sheets to prevent stricture after esophageal endoscopic submucosal dissection 査読

    Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Yamagami Hirokazu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN   4 ( 9 )   E1017 - E1022   2016年09月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0042-111906

    PubMed

  • Single Locoregional Triamcinolone Injection Immediately After ESD for Superficial Esophageal Cancer Prevents Stricture Formation: A Propensity Score Matching Analysis 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Shiba Masatsugu, Sakai Taishi, Minamino Hiroaki, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB583 - AB583   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Randomized Controlled Trial of Sedation: Comparing Propofol With Midazolam in Endoscopic Submucosal Dissection for Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Ominami Masaki, Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Kamata Noriko, Machida Hirohisa, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB571 - AB572   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Predictive Endoscopic Findings of Positive Vertical Margin in Endoscopic Submucosal Dissection for Submucosal Invasive Colorectal Carcinoma: Towards Expanded Indications for Endoscopic Resection 査読

    Kinoshita Yosuke, Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Tanoue Koujiro, Hayashi Kappei, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Ominami Masaki, Sugimori Satoshi, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB364 - AB365   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lithotripsy Is the Risk Factor of Post-Endoscopic Retrograde Cholangiopancreatography (PEP) Using Propensity Score Matching Analysis 査読

    Sugimori Satoshi, Shiba Masatsugu, Tanoue Koujiro, Kinoshita Yosuke, Hayashi Kappei, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Minamino Hiroaki, Kato Kunihiro, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB260 - AB260   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heparin bridging therapy is associated with post-colorectal polypectomy bleeding in patients with interrupted oral anticoagulation therapy 査読

    Sakai Taishi, Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Hayashi Kappei, Tanoue Koujiro, Kinoshita Yosuke, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB406 - AB407   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Preoperative Biopsy on Colorectal Endoscopic Submucosal Dissection for Laterally Spreading Tumors: Using Propensity Score Matching 査読

    Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Tanoue Koujiro, Hayashi Kappei, Kinoshita Yosuke, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Ominami Masaki, Sugimori Satoshi, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB118 - AB118   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Preoperative Biopsy on Colorectal Endoscopic Submucosal Dissection for Laterally Spreading Tumors: Using Propensity Score Matching 査読

    Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Tanoue Koujiro, Hayashi Kappei, Kinoshita Yosuke, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Ominami Masaki, Sugimori Satoshi, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB118 - AB118   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Single Locoregional Triamcinolone Injection Immediately After ESD for Superficial Esophageal Cancer Prevents Stricture Formation: A Propensity Score Matching Analysis 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Shiba Masatsugu, Sakai Taishi, Minamino Hiroaki, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB583 - AB583   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heparin bridging therapy is associated with post-colorectal polypectomy bleeding in patients with interrupted oral anticoagulation therapy 査読

    Sakai Taishi, Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Hayashi Kappei, Tanoue Koujiro, Kinoshita Yosuke, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   83 ( 5 )   AB406 - AB407   2016年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Disorder of autonomic nervous system and its vulnerability to external stimulation in functional dyspepsia 査読

    Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Tsumoto Chikako, Kadouchi Kaori, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   58 ( 2 )   161 - 165   2016年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.15-140

  • Structural changes in gastric glial cells and delayed gastric emptying as responses to early life stress and acute adulthood stress in rats 査読

    Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    LIFE SCIENCES   148   254 - 259   2016年03月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2016.02.025

    PubMed

  • Reduction of prostaglandin transporter predicts poor prognosis associated with angiogenesis in gastric adenocarcinoma 査読

    Takeda Shogo, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tatsuwaki Hiroshi, Nadatani Yuji, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31 ( 2 )   376 - 383   2016年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.13079

    PubMed

  • FD : 診療ガイドライン2014 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    一般社団法人 日本心身医学会 心身医学   56 ( 10 )   977 - 985   2016年( ISSN:0385-0307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>日本消化器病学会から, 「機能性消化管疾患診療ガイドライン2014—機能性ディスペプシア (FD) 」が発刊された. FD診療に関連するエビデンスとして, 本邦から報告されたランダム化比較試験結果を含め多数の論文が紹介されている. FDの病態生理は不明な点が多いが, 胃酸分泌や消化管運動機能を代表とする生理機能の異常に端を発し, 発症につながるのであろう. したがって, 酸分泌抑制薬, 消化管運動機能改善薬を用いた治療が, どの程度効果的であるかは注目に値する. 有症状患者に対する診断・治療のフローチャートが提唱され, 多くの試験結果から有効性が証明された種々の薬剤を用いた薬物治療が施されることになるが, すべての患者に対応しきれているとはいえない. 標準的とされる薬物治療で効果が乏しい場合, 他の代替治療が必要となり, その際には心身医学的治療が選択されることもしばしばである. しかし, 消化器内科医にとってこの分野は, 不得手であることも事実である. FD診療ガイドラインについて概説し, 過敏性を含めた内臓知覚に関連する問題点も含め, 心身医学の役割との関連の中で概説する.</p>

    DOI: 10.15064/jjpm.56.10_977

    CiNii Article

  • Inhibitory Effect of Rebamipide on Indomethacin-Induced Experimental Small Intestinal Injury and Exacerbation of the Injury Induced by Proton Pump Inhibitor: Possible Involvement of Modulation of Intestinal Microbiota by Rebamipide 査読

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Takeda Shogo, Higashimori Akira, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   60 ( 9 )   2562 - 2562   2015年09月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enteric glial cells are associated with stress-induced colonic hyper-contraction in maternally separated rats 査読

    Fujikawa Y., Tominaga K., Tanaka F., Tanigawa T., Watanabe T., Fujiwara Y., Arakawa T.

    NEUROGASTROENTEROLOGY AND MOTILITY   27 ( 7 )   1010 - 1023   2015年07月( ISSN:1350-1925

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.12577

  • The Five-Year Survival Rate After Endoscopic Submucosal Dissection for Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Ominami Masaki, Nagami Yasuaki, Shiba Masatsugu, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Okamoto Junichi, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   81 ( 5 )   AB516 - AB517   2015年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Safety and Long-Term Survival of Endoscopic Submucosal Dissection for Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma in Elderly Patients 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Shiba Masatsugu, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Okamoto Junichi, Kato Kunihiro, Minamino Hiroaki, Fukunaga Shusei, Tanaka Fumio, Sugimori Satoshi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   81 ( 5 )   AB516 - AB516   2015年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaluation of Clinical Factors Associated With Positive Capsule Endoscopy Findings in Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding: a Single-Center Analysis 査読

    Shimada Sunao, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Takeda Shogo, Otani Koji, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   81 ( 5 )   AB478 - AB479   2015年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NSAIDs起因性小腸傷害におけるインフラマソームの活性化機構 査読

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 東森 啓, 武田 翔伍, 灘谷 祐二, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   42   67 - 71   2015年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    自然免疫による生体防御機構は、パターン認識受容体(PRR)が、感染に伴う病原体関連分子パターンや細胞傷害に伴う傷害関連分子パターンを認識することで発動し、主なPRRとしてtoll-like receptorやNod様受容体(NLR)などが知られている。NLRは細胞内に存在し、危険シグナルによって活性化されるとインフラマソームという巨大分子複合体を形成して炎症を誘導する。また、インフラマソームはNSAIDs起因性小腸傷害の発症にも深く関与していることが推測されている。そこで今回、同小腸傷害におけるインフラマソームの活性化機構についてマウスモデルを用いて検討した。その結果、NSAIDs起因性小腸傷害の病態において、NLRP3インフラマソーム内で活性化されたcaspase-1により誘導された成熟型IL-1βが重要な役割を果たしていることが示唆された。

  • Basophil infiltration in eosinophilic oesophagitis and proton pump inhibitor-responsive oesophageal eosinophilia 査読

    Iwakura N., Fujiwara Y., Tanaka F., Tanigawa T., Yamagami H., Shiba M., Tominaga K., Watanabe T., Iijima K., Koike T., Walls A. F., Arakawa T.

    ALIMENTARY PHARMACOLOGY & THERAPEUTICS   41 ( 8 )   776 - 784   2015年04月( ISSN:0269-2813

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/apt.13141

  • 消化器病学を駆使した機能性ディスペプシアの治療(機能性消化管障害の最適治療を求めて,2014年,第55回日本心身医学会総会ならびに学術講演会(千葉)) 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    一般社団法人 日本心身医学会 心身医学   55 ( 3 )   224 - 232   2015年( ISSN:0385-0307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    機能性ディスペプシア(functional dyspepsia:FD)の病態は,心身医学の側面からみて縁遠い位置にあるものではない.胃酸分泌や消化管運動などの消化管生理機能障害が関与しているが,これらの機能は脳腸相関を考慮すれば心理的側面からの制御も受けているからである.2014年に作成されたFD診療ガイドラインでは,その病態から治療までを網羅しているが完全なものではない.すべての患者において一元的に適応されるわけではないからである.特に治療面においては,プラセボ効果の高い疾患であるため,プラセボ対照ランダム化比較試験の結果において,特定の薬剤種における一定の方向性がいまだ示されていない.つまり,消化器内科医が主として行う薬物治療での効果についての確固たる結論は得られておらず,今後もさらなる検討が待たれているのである.

    DOI: 10.15064/jjpm.55.3_224

    CiNii Article

  • Pharmacological Treatment for Functional Dyspepsia and Irritable Bowel Syndrome : Current Standards and Promising Therapies 査読

    Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Tanaka Fumio, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    一般社団法人 日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine   16 ( 4 )   242 - 251   2015年( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Functional dyspepsia (FD) and irritable bowel syndrome (IBS) are functional diseases without identified organic cause and intruduced as part of the Rome III criteria published in 2006. Because of non-organic diseases, pharmacological treatment (not invasive surgical treatment) is the preferred therapy for such diseases. Meanwhile, evidence-based clinical practice guidelines for FD and IBS have been published in Japan. However, no definite therapeutic strategy for FD and IBS has yet been established. To understand more appropriate treatments according to the respective pathophysiology, this review introduces the several pharmacological treatments including current standards and proposes future promising therapies based on these guidelines. First, this review covered clinical evidence for standard and recommended drugs such as acid suppressants, prokinetics, probiotics, and bulking polymers for the management of FD and IBS. Next, this review progressed to propose future promising treatments for their managements. A comprehensive understanding of relevant therapeutic regimens and pharmacological treatment using drug candidates including future promising drugs is required for the optimal and more effective treatment of FD and IBS.

    DOI: 10.14442/jgfm.16.4_242

    CiNii Article

  • Gastric Glial Cells as Responses to Early Life Stress (Maternal Separation) and Acute Stress in Adulthood in Rats 査読

    Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Tanaka Fumio, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTION   91 ( 1 )   87 - 87   2015年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Rome III classification and characteristics of Japanese patients with functional dyspepsia]. 査読

    Tominaga K, Fujikawa Y, Tanaka F, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   111 ( 6 )   1079 - 87   2014年06月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Successful Treatment of Betamethasone Syrup on Autoimmune Esophagitis 査読

    Kohata Yukie, Fujiwara Yasuhiro, Kato Kunihiro, Tanaka Fumio, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Tateishi Chiharu, Tsuruta Daisuke, Arakawa Tetsuo

    AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   109 ( 3 )   451 - 453   2014年03月( ISSN:0002-9270

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ajg.2013.455

    PubMed

  • Rome III基準と日本人のFDの特徴 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    The Japanese Society of Gastroenterology 日本消化機病學會雜誌. 乙   111 ( 6 )   1079 - 1087   2014年( ISSN:1349-7693

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    機能性ディスペプシア(FD)の認知度が高まり,2013年3月には本邦で保険病名として収載されることにもなった.しかし,FDに対する定義・診断にいたっては,2006年に出されたRome III基準に準拠している現状がある.Rome III基準が,日本人に適した基準,日本の保険制度に適した基準であるかについて疑問視される状況の中で,本邦におけるFD診療ガイドラインも2014年に提唱されている.このような現状において,日本人FDの特徴について改めて振り返り,日本の医療現場におけるRome III基準の適性について検証する時期に来ているのかもしれない.本稿ではこれらの点について概説することにする.

    DOI: 10.11405/nisshoshi.111.1079

    CiNii Article

  • Mesenchymal stem cells administered in the early phase of tumorigenesis inhibit colorectal tumor development in rats 査読

    Katsuno Takayuki, Ochi Masahiro, Tominaga Kazunari, Tanaka Fumio, Sogawa Mitsue, Tanigawa Tetsuya, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    SOCIETY FOR FREE RADICAL RESEARCH JAPAN JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   53 ( 3 )   170 - 175   2013年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To investigate the differences between the effects of mesenchymal stem cells (MSCs) administered in the early and late phases of tumorigenesis, MSCs were isolated from bone marrow and colorectal tumors were produced by exposing 7-week-old F344 rats to 1,2-dimethylhydrazine and dextran sulfate sodium. We evaluated tumor number and volume (week 25), MSC localization, number of aberrant crypt foci (ACF), transforming growth factor (TGF)-β1 protein levels in the rectum after administration of MSCs (week 5 or 15), and the effects of MSC-conditioned medium on ACL15 cell proliferation. Administered MSCs labeled with PKH26 were observed in the rectum. Administered MSCs in the early phase (week 5) before tumor occurrence (week 12) significantly decreased tumor number and volume (1.5 vs 4 and 21 mm<sup>3</sup> vs 170 mm<sup>3</sup>; <i>p</i><0.01), but not administered MSCs in the late phase (week 15). Administered MSCs in the early phase reduced ACF number on days 14 and 35 (1.9 vs 4.1 and 3.7 vs 7.3; <i>p</i><0.01). Rectal TGF-β1 increased 1.3 fold on day 3, and MSC-conditioned medium containing TGF-β1 abundantly inhibited ACL15 cell proliferation. MSCs administered in the early phase but not late phase inhibited colorectal tumor development in a rat model.

    DOI: 10.3164/jcbn.13-68

    PubMed

    CiNii Article

  • Cytoglobin May Be Involved in the Healing Process of Gastric Mucosal Injuries in the Late Phase Without Angiogenesis 査読

    Tanaka Fumio, Tominaga Kazunari, Sasaki Eiji, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Kawada Norifumi, Yoshizato Katsutoshi, Arakawa Tetsuo

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   58 ( 5 )   1198 - 1206   2013年05月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-012-2514-8

    PubMed

  • [Functional gastrointestinal disorders (FGID): progress in diagnosis and treatments. Topic III. Recent topics; 1. Promising pharmacological therapy for FGID in the future]. 査読

    Tominaga K, Fujikawa Y, Tanaka F, Sogawa M, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   102 ( 1 )   96 - 104   2013年01月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 今後期待される薬物療法 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    The Japanese Society of Internal Medicine 日本内科学会雑誌   102 ( 1 )   96 - 104   2013年01月( ISSN:00215384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2006年にRome III基準として出された機能性消化管障害(FGID)には,機能性食道障害,機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)(functional dyspepsia:FD),過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS),機能性便秘・下痢,機能性腹痛症候群などがある.治療の中心が薬物治療であることは言うまでもない.しかし,本邦において保険病名として認められ確固たる位置づけにあるIBSにおいてさえも,日常診療の中で金科玉条の如く遂行される絶対的な治療薬は存在しないのが現状であり,新規治療薬が開発され治療選択肢が増えることが期待されている.<br>

    DOI: 10.2169/naika.102.96

    CiNii Article

  • 消化管グリア細胞動態とストレス応答 査読

    藤川 佳子, 富永 和作, 田中 史生, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Japanese Society of Psychosomatic Medicine on Digestive Diseases 消化器心身医学   20 ( 1 )   30 - 32   2013年( ISSN:1340-8844

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    enteric glial cell(EGC)は,消化管神経細胞と共にenteric nervous system(ENS)を構成し,消化管機能に重要な役割を果たしている。しかし,全身ストレス負荷に対する消化管応答として,EGCに与えられる影響については不明である。そこで本研究では,8週齢のWistar系雄性ラットに対して,水浸疲労ストレスを経時的に負荷し,胃のEGCの発現動態を定量評価し,さらには筋層間神経叢のwhole mount標本にて形態変化について検討した。EGCのマーカーであるglial fibrillary acid protein(GFAP)のmRNAは1時間をピークに増加し,その後時間経過とともに減少した。胃のEGCは,ストレス負荷後では非ストレス負荷状態と比較して形態変化を示すことが判明した。消化管EGCは個体のストレス応答として,その形態的変化を示し,消化管での機能的変化へと繋がる可能性が示唆された。

    DOI: 10.11415/jpdd.20.30

    CiNii Article

  • Clinical classification of subgroups according to the Rome III criteria cannot be used to distinguish the associated respective pathophysiology in Japanese patients with functional dyspepsia. 査読

    Ochi M, Tominaga K, Tanaka F, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   52 ( 12 )   1289 - 93   2013年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Clinical Classification of Subgroups According to the Rome III Criteria Cannot be Used to Distinguish the Associated Respective Pathophysiology in Japanese Patients with Functional Dyspepsia 査読

    Ochi Masahiro, Tominaga Kazunari, Tanaka Fumio, Tanigawa Tetsuya, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    The Japanese Society of Internal Medicine INTERNAL MEDICINE   52 ( 12 )   1289 - 1293   2013年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>Objective</b> Patients who meet the Rome III criteria for functional dyspepsia (FD) are generally classified into the following two subgroups, those with postprandial distress syndrome (PDS) and those with epigastric pain syndrome (EPS), in order to treat the dyspeptic symptoms caused by the respective pathophysiological conditions. However, whether simple classification of FD can accurately distinguish the pathophysiological differences between PDS and EPS remains to be clarified because the pathophysiology of FD is characterized and complicated by various factors.<br> <b>Methods</b> After classifying FD patients who were not receiving medication at the initial visit, we assessed and compared the following pathophysiological factors between the PDS and EPS groups: (1) the gastric reservoir and emptying functions using a radioisotope method (n=75), (2) the autonomic nervous system (ANS) function using electrocardiography (n=45), (3) gastric mucosal atrophy and intestinal metaplasia using histological examinations (n=47), (4) endoscopic findings of the stomach, such as superficial changes, abnormal gastroesophageal flap valves (n=67) and (5) <i>Helicobacter pylori</i> infection (n=48).<br> <b>Results</b> The FD patients exhibited higher rates of an impaired reservoir function (49.3%), gastric emptying disorders (54.7%) and relative hyperactivity of the sympathetic nervous system (31.9%) than the control subjects. However, endoscopic and histological changes of the stomach were similar in both the FD patients and control subjects. In addition, no differences were observed in the above-mentioned factors between the PDS and EPS groups.<br> <b>Conclusion</b> The simple classification of FD patients into two subgroups according to the Rome III criteria following diagnosis does not indicate any differences in the pathophysiology related to the respective dyspeptic symptoms of FD patients.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.52.9205

    CiNii Article

  • Cytoglobin may be involved in the healing process of gastric mucosal injuries in the late phase without angiogenesis. 査読

    Tanaka F, Tominaga K, Sasaki E, et al.

    Digestive Diseases and Sciences   58 ( 5 )   1198 - 1206   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Multicenter Study on the Prevalence of Eosinophilic Esophagitis and PPI-Responsive Esophageal Eosinophilic Infiltration 査読

    Fujiwara Yasuhiro, Sugawa Takashi, Tanaka Fumio, Tatsuwaki Hiroshi, Okuyama Masatsugu, Hayakawa Tsuyoshi, Yamamori Kazuki, Wada Rikimon, Ohtani Kenjiro, Uno Hironori, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Yoshihisa, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Takaishi Osamu, Saeki Yoshihiko, Nebiki Hiroko, Oshitani Nobuhide, Sato Hiroshi, Arakawa Tetsuo

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   51 ( 23 )   3235 - 3239   2012年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>Objective</b> Eosinophilic esophagitis (EoE) is diagnosed by the presence of dysphagia and intraepithelial eosinophilic infiltration of &ge;15 per high-power field (HPF). EoE should be distinguished from proton pump inhibitor-responsive esophageal eosinophilic infiltration (PPI-R EEI) in patients that are responsive to PPI treatment. The aim of this study was to determine the prevalence of EoE and PPI-R EEI in Japanese patients in a multicenter study.<br> <b>Methods</b> Ten hospitals participated in this study. Esophageal biopsy was performed when the patients had typical EoE symptoms or when endoscopic findings revealed a typical EoE appearance. EEI was defined as the intraepithelial eosinophilic infiltration of &ge;15 per HPF. Patients with EEI received rabeprazole for 8 weeks to distinguish EoE from PPI-R EEI.<br> <b>Results</b> A total of 13,634 subjects that underwent upper gastrointestinal endoscopy because of further examination or as a routine checkup were enrolled. Seventy-one (0.5%) patients suspected with EoE were examined by biopsy. A histological examination of 7 (9.9%) cases revealed EEI. Two of these 7 patients showed no symptoms and the other 5 were treated with PPI. Two (0.01%) patients were diagnosed with EoE and 3 (0.02%) with PPI-R EEI.<br> <b>Conclusion</b> EoE and PPI-R EEI were rare in Japanese patients that underwent upper gastrointestinal endoscopy.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.51.8670

    CiNii Article

  • Retrospective Analysis of Non-Anaplastic Peripheral T-Cell Lymphoma in Pediatric Patients in Japan 査読

    Kobayashi Ryoji, Yamato Kazumi, Tanaka Fumiko, Takashima Yoshifumi, Inada Hiroko, Kikuchi Akira, Kumagai Masa-aki, Sunami Shosuke, Nakagawa Atsuko, Fukano Reiji, Fujita Naoto, Mitsui Tetsuo, Tsurusawa Masahito, Mori Tetsuya

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   54 ( 2 )   212 - 215   2010年02月( ISSN:1545-5009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pbc.22329

  • Exogenous administration of mesenchymal stem cells ameliorates dextran sulfate sodium-induced colitis via anti-inflammatory action in damaged tissue in rats 査読

    Tanaka Fumio, Tominaga Kazunari, Ochi Masahiro, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Ohta Kensuke, Oshitani Nobuhide, Higuchi Kazuhide, Arakawa Tetsuo

    LIFE SCIENCES   83 ( 23-24 )   771 - 779   2008年12月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2008.09.016

    PubMed

  • Effect of chronic stress on gastric emptying and plasma ghrelin levels in rats 査読

    Ochi Masahiro, Tominaga Kazunari, Tanaka Fumio, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Oshitani Nobuhide, Higuchi Kazuhide, Arakawa Tetsuo

    LIFE SCIENCES   82 ( 15-16 )   862 - 868   2008年04月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2008.01.020

    PubMed

  • Interleukin-10 gene transfer to peritoneal mesothelial cells suppresses peritoneal dissemination of gastric cancer cells due to a persistently high concentration in the peritoneal cavity 査読

    Tanaka F., Tominaga K., Shiota M., Ochi M., Kuwamura H., Tanigawa T., Watanabe T., Fujiwara Y., Oshitani N., Higuchi K., Iwao H., Arakawa T.

    CANCER GENE THERAPY   15 ( 1 )   51 - 59   2008年01月( ISSN:0929-1903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.cgt.7701104

  • Exogenous administration of mesenchymal stem cells ameliorates dextran sulfate sodium-induced colitis via anti-inflammatory action in damaged tissue in rats. 査読 国際共著

    Tanaka F, Tominaga K, Ochi M, et al.

    Life Sciences   83 ( 233-24 )   771 - 779   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Primary duodenal lymphoma: Successful rituximab treatment and evaluation by FDG-PET 査読

    Tanaka Fumio, Tominaga Kazunari, Ochi Masahiro, Yamada Takao, Sasaki Eiji, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Uchida Toshiyuki, Oshitani Nobuhide, Higuchi Kazuhide, Arakawa Tetsuo

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   54 ( 78 )   1658 - 1661   2007年09月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ストレプトゾトシン誘発糖尿病モデルラットにおける胃潰瘍治癒に対するラフチジンの効果 査読

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 越智 正博, 田中 史生, 須川 貴史, 早川 剛, 佐々木 英二, 斯波 将次, 富永 和作, 藤原 靖弘, 押谷 伸英, 樋口 和秀, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   34 ( 1 )   38 - 41   2007年05月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ラットDSS誘発大腸炎に対する骨髄間葉系幹細胞の有効性について 査読

    田中 史生, 富永 和作, 越智 正博, 谷川 徹也, 佐々木 英二, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 押谷 伸英, 樋口 和秀, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   33 ( 2 )   135 - 138   2006年09月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物

  • 最新ガイドラインに基づく消化器疾患診療指針2023-’24 トピックス 1. 消化管疾患 好酸球性食道炎・胃腸炎

    田中 史生,沢田 明也,藤原 靖弘

    総合医学社  2023年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:p.180-183  

  • FDのガイドラインと治療の実際 消化管運動機能改善薬をどう使いこなすか.

    田中史生、富永和作、渡辺俊雄 他( 担当: 共著)

    ヴァンメディカル. FD診療のすべて -その理論から実践まで-.   2015年04月 

     詳細を見る

    担当ページ:5  

  • FD診療のすべて : その理論から実践まで : 機能性ディスペプシア

    三輪 洋人( 担当: 単著)

    ヴァンメディカル  2015年  ( ISBN:9784860921194

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

MISC(その他記事)

  • 【機能性消化管障害のメカニズム最前線】機能性消化管障害と微細炎症 ―好酸球と肥満細胞 招待

    田中 史生,山本 圭以,沢田 明也,藤原 靖弘

    臨床栄養   143 ( 5 )   673 - 680   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 【管理栄養士も知っておきたい 機能性消化管障害の症状とその管理】機能性消化管障害のメカニズム最前線 機能性消化管障害と微細炎症 好酸球と肥満細胞

    田中 史生, 山本 圭以, 沢田 明也, 藤原 靖弘

    臨床栄養   143 ( 5 )   673 - 680   2023年10月( ISSN:0485-1412

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  • コアシンポジウム総括 ”機能性消化管疾患の病態と治療“をふりかえって(第17回~第19回) 招待

    二神 生爾, 田中 史生, 三輪 洋人

    日本消化管学会雑誌   7 ( 1 )   52 - 56   2023年09月

     詳細を見る

  • 【機能性消化管障害の治療戦略】機能性消化管障害と好酸球性消化管疾患の違いは何か?

    田中 史生, 渡邊 晃弘, 金森 厚志, 沢田 明也, 藤原 靖弘

    カレントテラピー   41 ( 6 )   523 - 528   2023年06月( ISSN:0287-8445

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    好酸球性消化管疾患(eosinophilic gastrointestinal diseases:EGIDs)は消化管の慢性アレルギー性疾患であり,食物抗原に対して好酸球や肥満細胞が関与する免疫応答を生じる.一方の機能性消化管障害(functional gastrointestinal disorders:FGIDs)は多くの因子が複雑に関与した病態生理を有するが,そのひとつの因子として消化管の微細炎症が関与している.すなわちFGIDsにおいても好酸球や肥満細胞が関与しているため,EGIDsとの病態の共通点や違いについては十分明らかではない.また内視鏡下での生検組織を用いて好酸球数を計測することがEGIDsの診断には必須であるが,カットオフ値付近の症例についてはFGIDsとの鑑別が困難である.その一方で,EGIDsとFGIDsの診断基準は明確に異なっており,治療法も異なっている.そのため実臨床においては,FGIDsだと診断する前に,EGIDsを鑑別し,除外しておくことが極めて重要である.(著者抄録)

  • 【GERDを極める】GERDの基礎 定義,分類,疫学など

    金森 厚志, 田中 史生, 藤原 靖弘

    消化器内視鏡   35 ( 5 )   560 - 567   2023年05月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    胃食道逆流症(GERD)の有病率は,1990年代後半より著明に増加し,最近では緩やかな増加にとどまっている。GERDは,内視鏡検査や食道pH・インピーダンス検査により,逆流性食道炎,非びらん性GERD(NERD),逆流過敏性食道,機能性胸やけに分類される。GERDの症状には,最も高頻度にみられる定型症状(胸やけ,呑酸)と非定型症状(胸痛,食道外症状)がある。食道外症状には,喉頭炎,咳嗽,喘息,歯の酸蝕症などがあり,胃食道逆流に伴う咽喉頭領域の症状は,咽喉頭逆流症(LPRD)として扱われる。GERDの診断にはこれらの症状の正確な評価が必要であり,さまざまな質問票が開発されている。本邦ではFスケール問診表(frequency scale for the symptoms of GERD:FSSG)やGerdQが広く使われており,初期診断だけでなく治療を行う際の経時的評価にも有用である。また,GERD患者の逆流症状の重症度は食道症状による不安や過敏症と関連しており,食道症状に対する高警戒を評価する質問票(esophageal hypervigilance and anxiety scale:EHAS)を用いたGERD患者の心理面の評価はQOL向上にむけた診療の一助となる。(著者抄録)

  • 【臨床に必要な消化管アレルギー疾患】好酸球性消化管疾患 好酸球性食道炎 c.無症候性好酸球性食道炎

    田中 史生, 渡邊 晃弘, 金森 厚志, 沢田 明也, 藤原 靖弘

    臨床消化器内科   38 ( 6 )   661 - 665   2023年05月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    <文献概要>無症候性食道好酸球浸潤は食道上皮内に著明な好酸球浸潤をきたしているにもかかわらず,そのことに起因する症状がない疾患である.診断の契機として健診等での上部消化管内視鏡検査で偶然発見されることが多い.無症候性食道好酸球浸潤の病態生理は概ね好酸球性食道炎(EoE)と類似しているが,臨床的特徴に差がある報告もあり,その差異は未だ明らかではない.現状では自然経過についての報告が少なく,治療の必要性について定まった見解がないが,治療を行う場合はプロトンポンプ阻害薬が奏功する症例が多い.EoEに進展する症例もあり,無治療であっても内視鏡検査や問診による定期的な経過観察が望ましい.

  • ストレス負荷マウスの腸管バリアに対するプロトンポンプ阻害剤の影響について

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 東森 啓, 大谷 恒史, 田中 史生, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会誌   24 ( 2 )   117 - 119   2023年01月( ISSN:2187-8005

  • 治療法の再整理とアップデートのために専門家による私の治療 非びらん性胃食道逆流症(NERD)

    田中 史生, 藤原 靖弘

    日本医事新報   ( 5142 )   40 - 41   2022年11月( ISSN:0385-9215

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 【好酸球性消化管疾患】好酸球性食道炎の疫学・病態・発症機序

    田中 史生, 金森 厚志, 沢田 明也, 藤原 靖弘

    消化器内科   4 ( 5 )   53 - 60   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

    好酸球性食道炎(Eosinophilic esophagitis:EoE)は、日本を含め世界的に有病率が増加している慢性アレルギー性疾患である。EoEの病因・病態として食道上皮のバリア障害が背景にあり、牛乳、鶏卵、小麦、大豆などの食物抗原や吸入抗原が食道扁平上皮内や粘膜固有層内へと侵入し、それらの抗原への過剰な免疫応答が起こるとされる。EoEでの免疫応答はTh2型免疫応答が主体であり、Th2細胞からのInterleukin-4、5、13などのTh2サイトカインの産生を介して好酸球、肥満細胞などが炎症性物質を放出する。慢性持続的な炎症により、食道の線維化が起こり狭窄症状を誘発し得る。またEoEには遺伝性素因、環境因子の影響があり、気管支喘息などの他のアレルギー性疾患の合併も多い。近年では消化管細菌叢や、アレルギー性疾患に対する経口免疫療法とEoEとの関連性についても研究が進んでいる。(著者抄録)

  • 特集I 好酸球性消化管疾患および類縁・鑑別疾患 好酸球性食道炎 (EoE)

    田中史生,金森厚志,小阪聡,沢田明也,藤原靖弘

    消化器・肝臓内科   11 ( 2 )   135 - 143   2022年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 高齢者における消化器診療 高齢者における代表的消化器疾患とその治療 アレルギー性消化管疾患 招待

    1. 小阪 聡,田中史生,藤原靖弘

    南江堂.内科.   128 ( 4 )   865 - 869   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 【増えている大人の消化管アレルギー】好酸球性消化管疾患 好酸球性食道炎 査読

    北村 寛之, 田中 史生, 藤原 靖弘

    (株)診断と治療社 診断と治療   109 ( 7 )   951 - 955   2021年07月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Headline>1 好酸球性食道炎は食物のつまり感や嚥下困難などの食道機能障害に起因する症状があり、上皮内好酸球が高倍率視野で15個以上浸潤している慢性アレルギー疾患である。2 内視鏡所見では浮腫、輪状溝、白斑、縦走溝、狭窄などがみられ、それらの所見は食道上皮内の炎症所見と相関している。3 約半数以上でプロトンポンプ阻害薬もしくはカリウムイオン競合型アシッドブロッカーが奏功し、治療の第一選択薬となっている。これらが奏功しない場合の多くの症例はステロイド嚥下療法が有効である。(著者抄録)

  • 特集 GERD診療を考える -内視鏡専門医が教える軽症から重症例に対する検査と薬剤の使い方- 3. 高齢者のGERD診療は, 通常のGERD診療とどこが異なるか. 招待

    金森厚志, 田中史生, 藤原靖弘.

    医学出版. 消化器内科   2 ( 12 )   21 - 26   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 分枝型膵管内粘液性腫瘍に対する悪性化のリスク因子および高齢者の観察期間の検討

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 眞鍋 琢, 金道 麻記子, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    膵臓   35 ( 3 )   A356 - A356   2020年07月( ISSN:0913-0071 ( eISSN:1881-2805

  • 【上部消化管感染症-最近の話題を含めて】症例アトラス 感染性食道炎 食道結核 査読

    丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (株)医学書院 胃と腸   54 ( 12 )   1614 - 1617   2019年11月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 特集 機能性消化管疾患:上部 Ⅲ. 診断と治療 1. 胃食道逆流症 (4) 胃食道逆流症の薬物治療 招待

    田中史生, 高嶋信吾, 藤原靖弘

    日本臨牀社, 日本臨牀   77 ( 10 )   1654 - 1659   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Peutz-Jegehers syndromeに膵癌を発症した一例

    三崎 絢子, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集   111回   87 - 87   2019年10月

  • 【食道の炎症を視る】感染性 結核性食道炎 査読

    丸山 紘嗣, 大谷 恒治, 田中 史生, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   31 ( 8 )   1204 - 1207   2019年08月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術の偶発症における性差を含めた検討 査読

    山村 匡史, 丸山 弘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹成, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (NPO)日本高齢消化器病学会 日本高齢消化器病学会誌   22 ( 1 )   139 - 139   2019年07月( ISSN:1881-0837

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術の偶発症における性差を含めた検討

    山村 匡史, 丸山 弘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹成, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌   22 ( 1 )   139 - 139   2019年07月( ISSN:1881-0837

  • 【膵管intervention】膵炎予防のための自然脱落型膵管ステント 査読

    丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (有)科学評論社 消化器・肝臓内科   5 ( 3 )   278 - 284   2019年03月( ISSN:2432-3446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 急激な経過で発症したCronkhite-Canada症候群の1例 査読

    岡原 一樹, 灘谷 祐二, 林 克平, 坂井 大志, 杉田 奈央子, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 弘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会-近畿支部 日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集   110回   107 - 107   2019年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ポリグルコール酸シートとフィブリン製剤による食道癌術後瘻孔の閉鎖 Pilot study 査読

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.2 )   2089 - 2089   2018年10月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対するバイポーラスネアを用いたEMRの治療成績の検討 査読

    山村 匡史, 永見 康明, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.2 )   2117 - 2117   2018年10月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対するバイポーラスネアを用いたEMRの治療成績の検討

    山村 匡史, 永見 康明, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.2 )   2117 - 2117   2018年10月( ISSN:0387-1207

  • CHANGES IN CLOCK GENES EXPRESSION OF THE ESOPHAGUS IN A RAT REFLUX ESOPHAGITIS MODEL 査読

    Atsushi Hashimoto, Risa Uemura, Akinari Sawada, Yuji Nadatani, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Fumio Tanaka, Yasuaki Nagami, Noriko Kamata, Koichi Taira, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   154 ( 6 )   S475 - S475   2018年05月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    0

  • 【糖尿病における合併症としての消化器疾患】 機能性ディスペプシアとGastroparesis 我が国と海外との比較も含めて. 招待

    田中史生, 藤原靖弘

    月間糖尿病   10 ( 1 )   56 - 65   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 術後再建胃の早期胃癌に対するESDの検討 査読

    大南 雅揮, 永見 康明, 中村 吉宏, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   714 - 714   2018年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 術後再建胃の早期胃癌に対するESDの検討

    大南 雅揮, 永見 康明, 中村 吉宏, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy   60 ( Suppl.1 )   714 - 714   2018年04月( ISSN:0387-1207

  • 胃食道逆流症(GERD)と鑑別を要する疾患.

    田中史生、高嶋信吾、橋本篤 他

    東京出版社. 成人病と生活習慣病.   48 ( 2 )   171 - 174   2018年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 当科における切除不能膵癌に対するmodified FOLFIRINOX療法の治療成績 査読

    前田 夏美, 平良 高一, 平野 慎二, 渡部 公彦, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 平田 直人, 永見 康明, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 町田 浩久, 藤原 靖弘

    (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌   114 ( 臨増大会 )   A864 - A864   2017年09月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 術後腸管(Roux-en-Y再建)におけるバルーン内視鏡下ERCPの胆管困難症例の予測 査読

    林 克平, 加藤 邦洋, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 木下 陽亮, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   59 ( Suppl.2 )   2196 - 2196   2017年09月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • EUS‐FNA後に遅発性膵膿瘍を形成したSolid‐Pseudopapillary neoplasmの一例 査読

    田上光治郎, 丸山紘嗣, 杉森聖司, 木下陽亮, 林克平, 坂井大志, 加藤邦洋, 大南雅揮, 福永周生, 大谷恒史, 細見周平, 田中史生, 永見康明, 平良高一, 鎌田紀子, 山上博一, 谷川徹也, 斯波将次, 渡辺俊雄, 藤原靖弘

    すい臓   32 ( 3 )   637   2017年05月( ISSN:0913-0071

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • DIFFERENCES IN CLINICAL AND ENDOSCOPIC FEATURES BETWEEN EOSINOPHILIC ESOPHAGITIS AND PROTON PUMP INHIBITOR-RESPONSIVE ESOPHAGEAL EOSINOPHILIA IN JAPAN 査読

    Atsushi Hashimoto, Takashi Sugawa, Yuji Nadatani, Akinari Sawada, Risa Uemura, Koji Otani, Koichi Taira, Shuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   152 ( 5 )   S863 - S863   2017年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    0

    DOI: 10.1016/S0016-5085(17)32965-7

  • 重篤な並存疾患を有する早期胃癌患者に対するESDの長期予後の検討 査読

    田上 光治郎, 福永 周生, 永見 康明, 中村 吉宏, 木下 陽亮, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   59 ( Suppl.1 )   1002 - 1002   2017年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ヘパリン置換例における大腸ESD後出血に関する検討 傾向スコア法を用いて 査読

    福永 周生, 永見 康明, 中村 吉宏, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   59 ( Suppl.1 )   941 - 941   2017年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • VONOPRAZAN, A NOVEL ACTIVE POTASSIUM-COMPETITIVE ACID BLOCKER, AND RABEPRAZOLE INDUCE SMALL INTESTINAL DYSBIOSIS AND EXACERBATE THE NON-STEROIDAL ANTI-INFLAMMATORY DRUG-INDUCED SMALL INTESTINAL ENTEROPATHY 査読

    Yuji Nadatani, Toshio Watanabe, Naoki Sugimura, Sunao Shimada, Koji Otani, Koichi Taira, Shuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Yasuhiro Fujiwara

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   152 ( 5 )   S814 - S814   2017年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • SERUM SEPSIS MARKERS SOLUBLE CD14 SUBTYPE AND SOLUBLE IL2 RECEPTOR AS POTENTIAL BIOMARKERS FOR COMPLETE MUCOSAL HEALING IN PATIENTS WITH INFLAMMATORY BOWEL DISEASE 査読

    Shuhei Hosomi, Hirokazu Yamagami, Shigehiro Itani, Kimihiko Watanabe, Naoto Hirata, Tomomi Yukawa, Koji Otani, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Koichi Taira, Noriko Kamata, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   152 ( 5 )   S777 - S777   2017年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • SERUM INTERLEUKIN-6 LEVEL PREDICTS SHORT-TERM CLINICAL RESPONSE OF ANTI-TUMOR NECROSIS FACTOR THERAPY IN PATIENTS WITH ULCERATIVE COLITIS 査読

    Yu Nishida, Kenji Watanabe, Shuhei Hosomi, Hirokazu Yamagami, Koji Otani, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Koichi Taira, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   152 ( 5 )   S385 - S385   2017年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • EFFECT OF ONO-8539, A PROSTANOID EP1 RECEPTOR ANTAGONIST, ON TRANSIENT LOWER ESOPHAGEAL SPHINCTER RELAXATION IN HEALTHY MALE SUBJECTS 査読

    Akinari Sawada, Risa Uemura, Takashi Sugawa, Koji Otani, Koichi Taira, Shuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Toshio Watanabe, Hiroki Okada, Yasuhiro Fujiwara

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   152 ( 5 )   S146 - S146   2017年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    0

    DOI: 10.1016/S0016-5085(17)30816-8

  • ISOLIQUIRITIGENIN, A FLAVONOID COMPONENT OF LICORICE, ACCELERATE HEALING OF GASTRIC ULCER THROUGH INHIBITION OF NLRP3 INFLAMMASOME ACTIVATION

    Tetsuya Tanigawa, Yuji Nadatani, Sunao Shimada, Naoki Sugimura, Shigehiro Itani, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Koichi Taira, Hirokazu Yamagami, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Toshio Watanabe, Tetsuo Arakawa, Yasuhiro Fujiwara

    GASTROENTEROLOGY   152 ( 5 )   S886 - S886   2017年04月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • INVOLVEMENT OF GLIADIN, A COMPONENT OF WHEAT GLUTEN, IN INCREASED INTESTINAL PERMEABILITY LEADING TO NONSTEROIDAL ANTI-INFLAMMATORY DRUG-INDUCED SMALL INTESTINAL DAMAGE

    Sunao Shimada, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Naoki Sugimura, Shigehiro Itani, Yuji Nadatani, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Koichi Taira, Hirokazu Yamagami, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Tetsuo Arakawa, Yasuhiro Fujiwara

    GASTROENTEROLOGY   152 ( 5 )   S505 - S505   2017年04月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • ステロイド局注およびポリグリコール酸シートの併用療法による食道ESD後狭窄予防 査読

    永見 康明, 斯波 将次, 富永 和作, 坂井 大志, 南野 弘明, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.2 )   1987 - 1987   2016年10月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高齢者(80歳以上)におけるERCP後膵炎の検討 査読

    林 克平, 加藤 邦洋, 斯波 将次, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 木下 陽亮, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 田中 史生, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘

    (NPO)日本高齢消化器病学会 日本高齢消化器病学会誌   19 ( 1 )   71 - 71   2016年07月( ISSN:1881-0837

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 80歳以上の高齢者における早期胃癌内視鏡治療後の長期予後 査読

    南野 弘明, 永見 康明, 斯波 将次, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅輝, 福永 周生, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   719 - 719   2016年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ESDによる完全摘除可能な大腸T1b癌の予測 査読

    木下 陽亮, 福永 周生, 永見 康明, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 大南 雅揮, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   669 - 669   2016年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 確定診断に至るまで複数回の生検を要した早期食道悪性黒色腫の一例 査読

    林 克平, 大南 雅揮, 永見 康明, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 福永 周生, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 雅次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男, 藤原 有史, 岸田 哲, 李 栄柱, 大杉 治司

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   787 - 787   2016年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トリアムシノロン局所注射による表在型食道癌ESD後の狭窄予防 傾向スコアマッチ分析 査読

    永見 康明, 大南 雅揮, 斯波 将次, 南野 弘明, 福永 周生, 杉森 聖司, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   58 ( Suppl.1 )   622 - 622   2016年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • NLRP3 Inflammasome Ameliorates Ulcerative Colitis via Shifting Immune System to Th1 査読

    Shigehiro Itani, Toshio Watanabe, Yuji Nadatani, Naoki Sugimura, Sunao Shimada, Shogo Takeda, Koji Otani, Syuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Tetsuo Arakawa

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   150 ( 4 )   S377 - S377   2016年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Inflammasome-Mediated Caspase-1 Activation Inhibit Gastric Ulcer Healing 査読

    Yuji Nadatani, Toshio Watanabe, Shigehiro Itani, Sunao Shimada, Koji Otani, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Tetsuo Arakawa

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   150 ( 4 )   S683 - S684   2016年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Isoliquiritigenin, a Flavonoid Component of Licorice, Prevents Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug-Induced Small Intestinal Injury Through Inhibition of NLRP3 Inflammasome Activation

    Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Sunao Shimada, Yuji Nadatani, Shogo Takeda, Naoki Sugimura, Koji Otani, Akira Higashimori, Fumio Tanaka, Yasuaki Nagami, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Shiro Nakamura, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   150 ( 4 )   S490 - S490   2016年04月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 食道胃接合部癌に対する内視鏡治療 病理組織による治癒判定の個別化 査読

    永見 康明, 大南 雅揮, 斯波 将次, 坂井 大志, 南野 弘明, 福永 周生, 杉森 聖史, 田中 史生, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)勁草書房コミュニケーション事業部 胃病態機能研究会誌   48   63 - 63   2016年02月( ISSN:1880-3652

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 過敏性腸症候群(IBS)における腸管グリア細胞の変化. 査読

    藤川佳子, 富永和作, 田中史生, 谷川徹也, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男.

    医歯薬出版株式会社. 臨床栄養   128 ( 6 )   737 - 740   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 機能性消化管疾患 FD:診療ガイドライン2014. 招待

    富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 谷川徹也, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男.

    三輪書店. 心身医学   56 ( 10 )   977 - 985   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • ヘパリン置換を施行した抗凝固剤内服症例での大腸polypectomy、EMR後出血の検討 査読

    坂井 大志, 永見 康明, 斯波 将次, 丸山 紘嗣, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 大南 雅揮, 福永 周生, 田中 史生, 鎌田 紀子, 杉森 聖司, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.2 )   2151 - 2151   2015年09月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高齢者食道扁平上皮癌に対するESDの長期成績 査読

    永見 康明, 大南 雅揮, 斯波 将次, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 岡本 純一, 南野 弘明, 福永 周生, 杉森 聖司, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.2 )   2117 - 2117   2015年09月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 表在型食道扁平上皮癌に対するESDの長期成績 査読

    大南 雅揮, 永見 康明, 斯波 将次, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 福永 周生, 田中 史生, 鎌田 紀子, 杉森 聖司, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.2 )   2116 - 2116   2015年09月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 早期胃癌内視鏡治療非治癒切除症例の長期予後 査読

    南野 弘明, 永見 康明, 斯波 将次, 坂井 大志, 大南 雅揮, 福永 周生, 豊川 貴弘, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 山上 博一, 田中 浩明, 六車 一哉, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 大平 雅一, 平川 弘聖, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   57 ( Suppl.2 )   2095 - 2095   2015年09月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【機能性消化管障害-気のせいでない科学の裏付けと最新治療-】機能性胃腸症(FD) FDの薬物療法 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)診断と治療社 診断と治療   103 ( 8 )   1019 - 1025   2015年08月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Headline> 1 FDは、消化管粘膜には傷害をもたない機能性消化管疾患の一つであり、治療の中心は薬物療法となる。2 FDの病態生理には、多因子が複雑に関与している。したがって、治療薬の選択は容易ではなく、標準的治療法の確立は困難とされている。3 FD診療において、近年日本におけるFD診療ガイドラインが発行された。4 FD診療ガイドラインのなかで、初期治療として推奨されているのは酸分泌抑制薬と運動機能改善薬であり、二次治療として推奨されているのは抗うつ薬・抗不安薬と漢方薬である。5 薬物療法に抵抗性を示すFDに対する今後の薬物治療薬の開発が期待されている。(著者抄録)

  • Colchicine Prevents NSAIDs-Induced Small Intestinal Injury Through Inhibition of NLRP3 Inflammasome Activation

    Koji Otani, Toshio Watanabe, Shogo Takeda, Sunao Shimada, Akira Higashimori, Yuji Nadatani, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   148 ( 4 )   S917 - S917   2015年04月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Reduced Expression of Prostaglandin Transporter Promotes Angiogenesis in Gastric Cancer

    Shogo Takeda, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Hiroshi Tatsuwaki, Yuji Nadatani, Koji Otani, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Kazuya Muguruma, Kosei Hirakawa, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   148 ( 4 )   S378 - S378   2015年04月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Intracellular Activity and Characteristic Features of Enteric Glial Cells Were Caused by Stimulation With Corticosterone

    Yoshiko Fujikawa, Kazunari Tominaga, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   148 ( 4 )   S535 - S535   2015年04月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Expression and Localization of NLRP3 and NLRP6 Inflammasomes in Colonic Mucosa of Patients With Ulcerative Colitis

    Shigehiro Itani, Toshio Watanabe, Shuuhei Hosomi, Fumio Tanaka, Atsushi Noguchi, Tomomi Yukawa, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   148 ( 4 )   S693 - S693   2015年04月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Down-Regulation of Degradation System of Prostaglandin, 15-Hydroxyprostaglandin Dehydrogenase and Prostaglandin Transporter, in Gastric Ulcer Healing

    Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Shogo Takeda, Akira Higashimori, Sunao Shimada, Yuji Nadatani, Koji Otani, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   148 ( 4 )   S105 - S105   2015年04月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 【機能性消化管疾患-病態の解明と新たな治療】機能性消化管疾患の病態 機能性ディスペプシアの運動異常と酸感受性

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    臨床消化器内科   30 ( 2 )   171 - 178   2015年01月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    機能性ディスペプシア(functional dyspepsia;FD)は,2013年に本邦で保険病名として収載され,2014年には日本消化器病学会から診療ガイドラインが発刊された消化器疾患である.その病態生理に多因子が関与していることは,数々の報告から示唆されているが,個々の因子を詳細に関連づける系統的な報告は未だ存在しない.しかし,胃・十二指腸粘膜に明らかな組織傷害がなく,これら臓器での生理的機能の障害が症状発現因子であるとの観点からすると,胃・十二指腸の臓器固有の生理的機能を改めて考える必要がある.そのなかで,消化管運動機能異常や胃酸に対する知覚過敏性は,FDの病態生理にとって一義的に重要であることは,誰しもが認めるところである.そこで,本稿ではこれらの点について概説した.(著者抄録)

  • 消化器病学を駆使した機能性ディスペプシアの治療. 査読

    富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 谷川徹也, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男.

    三輪出版. 心身医学   55 ( 3 )   224 - 232   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • FDの薬物療法. 査読

    富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 谷川徹也, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男.

    診断と治療社. 診断と治療   103 ( 8 )   1019 - 1025   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 機能性消化管疾患の病態 機能性ディスペプシアの運動異常と酸感受性. 招待

    富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男.

    日本メディカルセンター. 臨床消化器内科   30 ( 2 )   171 - 178   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 診断講座 症例から学ぶIBD鑑別診断のコツ(第23回) 腸結核 査読

    山上 博一, 渡部 公彦, 細見 周平, 野口 篤志, 湯川 知洋, 田中 史生, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)先端医学社 IBD Research   8 ( 3 )   202 - 206   2014年09月( ISSN:1881-6533

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    結核は過去の疾患と思われがちであるが、わが国はいまだ結核の中蔓延国である。結核の病変部位はおもに肺であるが小腸、大腸を病変とすることもあり、結核を増悪させる抗TNFα抗体治療などがおこなわれるクローン病との鑑別は重要である。腸結核の内視鏡像は輪状潰瘍、横走する潰瘍が特徴的とされているが多彩な病変を呈する。診断には病変部位における結核菌の存在を証明することが重要であるが、結核感染に特徴的な肉芽腫の証明や補助診断としてインターフェロンγ遊離試験(interferon-γ release assay:IGRA)なども参考にする。(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患診療の新たな展開】潰瘍性大腸炎 内視鏡診断 査読

    山上 博一, 細見 周平, 野口 篤志, 湯川 知洋, 田中 史生, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    大道学館出版部 臨牀と研究   91 ( 8 )   1008 - 1011   2014年08月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【機能性ディスペプシアと過敏性腸症候群の実地診療 器質的疾患を否定しても残る症状にどう対処するか】機能性消化管疾患の日常診療に必要な具体的知識とその活用 胃酸と機能性ディスペプシアの関係

    田中 史生, 富永 和作, 荒川 哲男

    Medical Practice   31 ( 8 )   1265 - 1269   2014年08月( ISSN:0910-1551

  • 【機能性ディスペプシア(FD)診療のこれから】Rome III基準と日本人のFDの特徴 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌   111 ( 6 )   1079 - 1087   2014年06月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    機能性ディスペプシア(FD)の認知度が高まり、2013年3月には本邦で保険病名として収載されることにもなった。しかし、FDに対する定義・診断にいたっては、2006年に出されたRome III基準に準拠している現状がある。Rome III基準が、日本人に適した基準、日本の保険制度に適した基準であるかについて疑問視される状況の中で、本邦におけるFD診療ガイドラインも2014年に提唱されている。このような現状において、日本人FDの特徴について改めて振り返り、日本の医療現場におけるRome III基準の適性について検証する時期に来ているのかもしれない。本稿ではこれらの点について概説することにする。(著者抄録)

  • Are Morphological Changes Caused by Acute and Chronic Stresses in Enteric Glial Cells of the Colon Reversible or Irreversible Throughout Aging in Rats?

    Kazunari Tominaga, Yoshiko Fujikawa, Fumio Tanaka, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Kenji Watanabe, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   146 ( 5 )   S90 - S90   2014年05月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 機能性消化管疾患の日常診療に必要な具体的知識とその活用 胃酸と機能性ディスペプシアの関係 招待

    田中史生、富永和作、荒川哲男

    文光堂. Medical Practice   31 ( 8 )   1265 - 1269   2014年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 【PPI抵抗性GERDに対する診療の現状】PPI抵抗性GERDに使用される薬剤の特徴と使用上の注意 漢方薬 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)自然科学社 医学と薬学   71 ( 4 )   575 - 584   2014年03月( ISSN:0389-3898

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【機能性ディスペプシア(FD)診療の新潮流】FDの病態・症状と酸分泌抑制薬を使いこなすためのコツ 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)ヴァンメディカル 消化器の臨床   16 ( 6 )   596 - 602   2013年12月( ISSN:1344-3070

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    機能性ディスペプシア(FD)の病態が多岐にわたり複雑に関与していることは周知である。個々のFD患者において、上部消化管内視鏡検査を含めた種々検査での所見が類似したものであるため、個別の病態としての関与や治療選択を行う判断基準が、患者からの症状を中心としたものとなることも事実である。したがって、酸分泌抑制薬を使用するに際して、目の前にいる患者が訴えるディスペプシア症状と胃酸分泌が関連していることを適切に判断(診断)することが理想的となる。その診断をすることが、酸分泌抑制薬を使いこなすためのコツであり、このコツを会得することは重要であるがなかなか困難なようである。(著者抄録)

  • Structural Plasticity of Gastric Glial Cells As Responses to Early Life Stress (Maternal Separation) and Acute Stress in Adulthood in Rats

    Kazunari Tominaga, Yoshiko Fujikawa, Fumio Tanaka, Mitsue Sogawa, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Kenji Watanabe, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   144 ( 5 )   S57 - S57   2013年05月( ISSN:0016-5085 ( eISSN:1528-0012

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 非定型天疱瘡および類天疱瘡による食道潰瘍の1例 査読

    木幡 幸恵, 加藤 邦洋, 岡本 純一, 大南 雅揮, 福永 周生, 田中 史生, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   55 ( Suppl.1 )   1187 - 1187   2013年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【機能性消化管障害(FGID):診断と治療の進歩】最近の話題 今後期待される薬物療法

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本内科学会雑誌   102 ( 1 )   96 - 104   2013年01月( ISSN:0021-5384

  • 【高齢者の機能性消化器疾患】高齢者における知覚異常と機能性消化器疾患の関連 査読

    富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)ライフ・サイエンス Geriatric Medicine   50 ( 8 )   911 - 918   2012年08月( ISSN:0387-1088

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    機能性消化器疾患とは、機能性ディスペプシア(functional dyspepsia:FD)や過敏性腸症候群(Irritable bowel syndrome:IBS)に代表されるように、明らかな組織傷害が認められないにもかかわらず消化器関連症状を有する疾患群であり、その病態生理として知覚異常、なかでも内臓知覚過敏が関与することが知られている。高齢者と知覚との関連性について考えてみると、加齢に伴う変化として知覚異常が出現するか、出現するならば知覚過敏か知覚鈍麻かという2点が焦点となる。知覚の中でも内臓知覚に関しては、その詳細機序が最近になりようやく解明されつつあり、機能性消化器疾患との関連性についても言及されるようになってきたところである。しかし、加齢に伴い内臓知覚での変化(異常)が出現し、さらには機能性消化器疾患の病態にまで関与してくるか否かについては未だ不明な点が多い。(著者抄録)

  • 胃間葉系腫瘍における経過観察法の検討 査読

    杉森 聖司, 大西 美穂, 富永 和作, 岡本 純一, 大林 倫子, 南野 弘明, 大南 雅揮, 中山 佐容子, 福永 周生, 木幡 幸恵, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   54 ( Suppl.1 )   1251 - 1251   2012年04月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 原発部位、組織発生の推定に難渋し、免疫染色を併用した1例 査読

    上田 美和, 田渕 真彦, 星 智子, 福永 周生, 田中 史生, 青松 和輝, 格谷 洋和, 山形 知, 押谷 伸英

    (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌   107 ( 臨増大会 )   A976 - A976   2010年09月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 虚血性大腸炎に続発したサイトメガロウイルス腸炎の1例 査読

    西田 直浩, 青松 和輝, 星 智子, 上田 美和, 福永 周生, 田淵 真彦, 田中 史生, 藤崎 公達, 格谷 洋和, 山形 知, 押谷 伸英, 山内 周

    (一社)日本消化器内視鏡学会 Gastroenterological Endoscopy   52 ( 3 )   412 - 418   2010年03月( ISSN:0387-1207

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    80歳女性。患者は血便を主訴に精査入院となった。第4病日目に大腸内視鏡検査が予定されたが、腸管洗浄法による前処置中に突然気分不良、37.7度の発熱が出現したため、検査延期後、第6病日目に施行された。その結果、虚血性大腸炎と診断され、抗生剤の投与、絶食、中心静脈栄養にて加療が行なわれたが、経口摂取再開後に水様性下痢、発熱が再び出現した。第40病日目に再度大腸内視鏡検査を行ったところ、下行結腸に潰瘍がみられ、病理組織学的に核内封入体が認められた。虚血性大腸炎に続発したサイトメガロウイルス腸炎と診断され、第48病日目よりganciclovir投与を開始、下痢と発熱は速やかに消失し、患者は第88病日目に軽快退院となった。

    DOI: 10.11280/gee.52.412

  • 【炎症性腸疾患 最新知見】 クローン病 新しい診断技術は実際の臨床に役立つのか 査読

    押谷 伸英, 星 智子, 上田 美和, 福永 周生, 田淵 真彦, 田中 史生, 青松 和輝, 山形 知

    (株)最新医学社 最新医学   64 ( 9 )   1830 - 1834   2009年09月( ISSN:0370-8241

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    クローン病(CD)の診断や病状把握に関して,欧米ではMRIやCTを用いた小腸造影検査(enteroclysis)により,腸管外病変の描出のみならず,腸管を描出する試みが行われている.本邦においては,内視鏡検査および消化管造影検査法が普及しており,MRIやCTによる小腸造影検査に関してはそれほど行われていない.一方,本邦においてダブルバルーン小腸内視鏡検査が開発され,深部小腸の観察が容易になったことから,CDの診断,治療における深部小腸病変の内視鏡的観察が重要視されるようになった.(著者抄録)

  • Unique expression of cytoglobin/stellate cell activation-associated protein as an oxygen supplier before angiogenesis during gastric ulcer healing in rats

    Kazunari Tominaga, Eiji Sasaki, Fumio Tanaka, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Kenji Watanabe, Yasuhiro Fujiwara, Nobuhide Oshitani, Norifumi Kawada, Katsutoshi Yoshizato, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   134 ( 4 )   A17 - A17   2008年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Intravenously administered bone marrow-derived mesenchymal stem cells gather into inflamed tissues to prevent focal inflammation in dextran sulfate sodium-induced acute colitis in rats 査読

    Fumio Tanaka, Kazunan Tominaga, Masahiro Ochi, Tetsuya Tanigawa, Masatsugu Shiba, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara, Nobuhide Oshitani, Kazuhide Higuchi, Tetsuo Arakawa

    W B SAUNDERS CO-ELSEVIER INC GASTROENTEROLOGY   132 ( 4 )   A232 - A232   2007年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Lafutidine promotes healing of gastric ulcer in Streptozotocin-induced diabetic rats via upregulation of vascular endothelial growth factor

    Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Masahiro Ochi, Fumio Tanaka, Takashi Sugawa, Masatsugu Shiba, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Nobuhide Oshitani, Kazuhide Higuchi, Tetsuo Arakawa

    GASTROENTEROLOGY   132 ( 4 )   A410 - A411   2007年04月( ISSN:0016-5085

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン 改訂第2版の要点~六君子湯の位置づけとエビデンス~ 国内会議

    田中 史生

    日本消化器病学会東海支部第139回例会ランチョンセミナー  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • The analysis of anxiety and depression in patients with non-esophageal eosinophilic gastrointestinal diseases as compared to those in patients with disorders of gut-brain interaction 国際会議

    Fumio Tanaka, Akinari Sawada, Yasuhiro Fujiwara

    JDDW2023  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 誤飲したニトリル手袋の内視鏡的除去に成功した一例 国内会議

    田端 秀崇, 河野 光泰, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年11月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

  • 超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-TA)によって術前診断が可能であった肝門部神経鞘腫の1例 国内会議

    田村 友汰, 黒川 達哉, 島本 宜紀, 前田 夏美, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年11月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン 改訂第2版の要点~六君子湯の位置づけとエビデンス~ 国内会議

    田中 史生

    日本消化器病学会東北支部第25回教育講演会スポンサードセミナー1  2023年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Plastic stentを用いた超音波内視鏡下胆管胃吻合術のステント再閉塞の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 黒川 達哉, 島本 宣紀, 前田 夏美, 落合 正, 垣谷 有紀, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2023年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 小腸病変を有するクローン病の生物学的製剤導入後の狭窄についての検討 国内会議

    中田 理恵子, 西田 裕, 細見 周平, 藤本 晃士, 小林 由美恵, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2023年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 機能性ディスペプシアに特徴的な胃液中エクソソーム由来マイクロRNAの解析 国内会議

    田中 史生、沢田 明也、藤原 靖弘

    第25回 日本神経消化器病学会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • ウェアラブルデバイスによる機能性ディスペプシアの自律神経機能解析 国内会議

    田中 史生、中田 理恵子、菅原 徳暎、竹内 利寿、樋口 和秀、藤原 靖弘

    第25回 日本神経消化器病学会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • DCyBorD療法を施行した胃限局性AL型アミロイドーシスの1例 国内会議

    小畠 康平, 島本 宜紀, 田中 史生, 垣谷 有紀, 中田 理恵子, 中田 晃暢, 田上 光治郎, 沢田 明也, 東森 啓, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 平良 高一, 西本 光孝, 日野 雅之, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年09月  日本消化器病学会-近畿支部

  • 顆粒球吸着療法が奏効した大腸粘液癌術後Crohn病の一例 国内会議

    藤本 聖也, 西田 裕, 細見 周平, 小林 由美恵, 中田 理恵子, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年09月  日本消化器病学会-近畿支部

  • 好酸球性胃腸炎患者における不安・抑うつの解析 ~機能性消化管疾患との比較~ 国内会議

    田中 史生, 沢田 明也, 藤原 靖弘

    第6回 アレルギー消化器疾患研究会  2023年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「消化管疾患と性差」 性差に関する炎症性腸疾患患者における緊急事態宣言による生活の変化に関する検討 国内会議

    西田 裕, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌  2023年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

  • 消化管細菌叢と胃の疾患 胃神経内分泌腫瘍の発症と関連した、A型胃炎における胃粘膜関連細菌叢の変化について 国内会議

    大谷 恒史, 渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 東森 啓, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2023年06月  (一社)日本ヘリコバクター学会

  • 膵管鏡下生検が診断と治療方針の決定に有用であったIntraductal papillary mucinous carcinomaの一例 国内会議

    松木 晃史, 黒川 達哉, 田上 光治郎, 島本 宜紀, 前田 夏美, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

  • 好酸球食道炎の病態と治療戦略 実臨床における好酸球性食道炎306例の治療現状 国内会議

    沢田 明也, 藤原 靖弘, 田中 史生, 永見 康明

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2023年06月  (NPO)日本食道学会

  • 食道アカラシアに対するPOEMと外科手術の長期治療成績 食道運動障害患者におけるPOEM術後の食道残存症状に対する心理的因子の影響 国内会議

    落合 正, 沢田 明也, 大南 雅揮, 渡邊 晃弘, 金森 厚志, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2023年06月  (NPO)日本食道学会

  • 膵管鏡下生検が診断と治療方針の決定に有用であったIntraductal papillary mucinous carcinomaの一例 国内会議

    松木 晃史, 黒川 達哉, 田上 光治郎, 島本 宜紀, 前田 夏美, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

  • PATIENTS WITH NON-ESOPHAGEAL EOSINOPHILIC GASTROINTESTINAL DISORDERS HAVE ANXIETY WHICH CORRELATES WITH DECREASED MENTAL HEALTH-RELATED QUALITY OF LIFE EQUIVALENT TO THAT IN PATIENTS WITH DISORDERS OF GUT-BRAIN INTERACTION 国際会議

    Fumio Tanaka, Akihiro Watanabe, Atsushi Kanamori, Akinari Sawada, Masaki Ominami, Shusei Fukunaga, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Koichi Taira, and Yasuhiro Fujiwara

    DDW2023  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 心理的ストレスは肥満細胞活性化を介して好酸球性小腸炎を増悪させる 国内会議

    金森厚志、田中史生、藤原靖弘

    第109回 日本消化器病学会総会  2023年04月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 膵実質が残存している膵癌に対する金属ステント留置が内視鏡治療後膵炎に与える影響の検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 黒川 達哉, 島本 宜紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2023年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 心理的ストレスは肥満細胞を介した腸管バリア機能障害により好酸球性小腸炎を増悪させる 国内会議

    金森厚志、田中史生、藤原靖弘

    第41回 Cytoprotection研究会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表在型咽頭癌における最適な治療戦略の探究 国内会議

    河野 光泰, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一

    日本消化器病学会雑誌  2023年03月  (一財)日本消化器病学会

  • 胆管狭窄に対する経口胆道鏡および直視下生検の診断成績の検討 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 黒川 達哉, 島本 宜紀, 前田 夏美, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2023年03月  (一財)日本消化器病学会

  • 好酸球性消化管疾患の診断と治療 心理的ストレスは肥満細胞の活性化を介して好酸球性小腸炎を増悪させる 国内会議

    金森 厚志, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2023年03月  (一財)日本消化器病学会

  • ウェアラブルデバイスを用いた機能性ディスペプシアの自律神経機能解析 国内会議

    中田 理恵子、田中 史生、菅原 徳暎、小嶋 融一、竹内 利寿、斯波 将次、樋口 和秀、藤原 靖弘

    第19回 日本消化管学会総会学術集会  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 心理的ストレスはCRH-mast cell axisを介した機序により好酸球性小腸炎を増悪する 国内会議

    金森厚志、田中史生、藤原靖弘

    第19回 日本消化管学会総会学術集会  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Endoscopic submucosal dissection for residual rectal neuroendocrine tumors(タイトル和訳中) 国際会議

    Fukunaga Shusei, Kakiya Yuki, Yamamura Masafumi, Tanoue Kojiro, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

  • 誤飲した胃内の単三電池を多量の残渣内からGel immersion endoscopy法を用いて除去した一例 国内会議

    牟田 侑記, 落合 正, 大南 雅揮, 山村 匡史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

  • 炎症性消化管疾患の最前線【本邦のtreat to target確立を目指して】クローン病に対するUstekinumab有効性の予測は可能か? 国内会議

    細見 周平, 中田 理恵子, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

  • 機能性消化管疾患の病態と治療【新たな展開を求めて】内視鏡的筋層切開術を受けた食道運動障害患者の術後残存食道症状に対する心理的因子の影響 国内会議

    落合 正, 沢田 明也, 大南 雅揮, 金森 厚志, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

  • 機能性消化管疾患の病態と治療【新たな展開を求めて】ウェアラブルデバイスを用いた機能性ディスペプシアの自律神経機能解析 国内会議

    中田 理恵子, 田中 史生, 菅原 徳瑛, 小嶋 融一, 竹内 利寿, 樋口 和秀, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

  • 小児から成人の好酸球性消化管疾患診療の最前線 心理的ストレスはCRH-mast cell axisを介した機序により好酸球性小腸炎を増悪する 国内会議

    金森 厚志, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

  • GERDの診断・病態・治療の新展開 経口内視鏡的筋層切開術後の逆流性食道炎と横隔膜脚収縮能に関する検討 国内会議

    沢田 明也, 落合 正, 大南 雅揮, 金森 厚志, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

  • 母児に重度の栄養障害を伴った食道アカラシア合併妊娠に対して適切な栄養管理の後にPOEMを行った一例

    山川 麻郁子, 落合 正, 大南 雅揮, 沢田 明也, 金澤 里映, 渡邊 晃弘, 金森 厚志, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年01月  日本消化器病学会-近畿支部

  • 腸閉塞を契機に診断した膀胱癌術後再発による直腸狭窄の一例

    高木 克規, 島本 宜紀, 東森 啓, 宮部 渉平, 垣谷 有紀, 中田 理恵子, 山村 匡史, 田上 光治郎, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 平山 幸良, 内田 潤次, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年01月  日本消化器病学会-近畿支部

  • 母児に重度の栄養障害を伴った食道アカラシア合併妊娠に対して適切な栄養管理の後にPOEMを行った一例

    山川 麻郁子, 落合 正, 大南 雅揮, 沢田 明也, 金澤 里映, 渡邊 晃弘, 金森 厚志, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年01月  日本消化器病学会-近畿支部

  • 腸閉塞を契機に診断した膀胱癌術後再発による直腸狭窄の一例

    高木 克規, 島本 宜紀, 東森 啓, 宮部 渉平, 垣谷 有紀, 中田 理恵子, 山村 匡史, 田上 光治郎, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 平山 幸良, 内田 潤次, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年01月  日本消化器病学会-近畿支部

  • PGAシートによる内視鏡的瘻孔閉鎖術が有用であった小児食道気管支瘻の1例 国内会議

    松木 晃史, 河野 光泰, 永見 康明, 中岡 達也, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年11月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

  • EUS-FNB針でslow pull法を行い最終診断し得た腎癌膵転移の一例 国内会議

    宮部 渉平, 田上 光治郎, 黒川 達哉, 島本 宜紀, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年11月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン 改訂第2版で何が変わったのか?~漢方薬の位置づけを含めて~ 国内会議

    田中史生

    日本消化器病学会近畿支部第117回例会ランチョンセミナー4   2022年10月  日本消化器病学会近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 食道ESD後狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術後ステロイド局所注射の効果 国内会議

    永見 康明, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 超音波内視鏡下肝胃瘻孔形成術におけるプラスチックステントの治療成績 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 島本 宜紀, 前田 夏美, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 膵小型腫瘤性病変に対する内視鏡診断の有用性および安全性に関する検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 島本 宣紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 胃切除Roux-en-Y再建症例における総胆管結石に対するバルーン内視鏡下結石治療の成績と截石困難の危険因子の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 島本 宣紀, 前田 夏美, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 直腸肛門管腫瘍に対するESD前後の排便機能に関する検討 国内会議

    小林 由美恵, 福永 周生, 河野 光泰, 奥田 博朗, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2022年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 当科で経験した膵腫瘍に対するEUS-FNAB後に膿瘍を形成した4例 国内会議

    島本 宜紀, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • フルチカゾン嚥下療法により改善する下咽頭・喉頭の形質細胞増多症を併発した好酸球性食道炎の一例 国内会議

    高木 克規, 沢田 明也, 宮部 渉平, 黒川 達哉, 島本 宜紀, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 中田 理恵子, 山村 匡史, 田上 光治郎, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 高野 さくらこ, 角南 貴司子, 大澤 政彦, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年10月  日本消化器病学会-近畿支部

  • ゴリムマブのparadoxical reactionにより掌蹠膿疱症を発症した潰瘍性大腸炎の一例 国内会議

    山川 麻郁子, 中田 理恵子, 西田 裕, 小林 由美恵, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年10月  日本消化器病学会-近畿支部

  • 心理的ストレスはCRH-mast cell axisを介して好酸球性小腸炎を増悪させる 国内会議

    金森厚志、田中史生、藤原靖弘

    第24回 日本神経消化器病学会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 食道上皮内の肥満細胞は好酸球性食道炎の症状知覚に関連する 国内会議

    金森厚志、田中史生、藤原靖弘

    第5回アレルギー消化器疾患研究会  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能性便秘と過敏性腸症候群におけるヘリコバクター・ピロリ感染状態と上部消化管内視鏡所見について 国内会議

    大谷 恒史, 渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 東森 啓, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2022年06月  (一社)日本ヘリコバクター学会

  • ディスペプシアと消化管細菌叢 ストレス負荷マウスの腸管バリアに対するプロトンポンプ阻害剤の影響について 国内会議

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 東森 啓, 大谷 恒史, 田中 史生, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2022年06月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン 改訂第2版の要点 ~六君子湯の位置づけも含めて~ 招待 国内会議

    田中史生

    浪速区医師会学術講演会  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • ESOPHAGEAL MAST CELLS ARE ASSOCIATED WITH THE PERCEPTION OF SYMPTOMS IN PATIENTS WITH EOSINOPHILIC ESOPHAGITIS 国際会議

    Atsushi Kanamori, Fumio Tanaka, Masaki Ominami, Yuji Nadatani, Shusei Fukunaga, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Noriko Kamata, Yasuaki Nagami, Koichi Taira, Toshio Watanabe, and Yasuhiro Fujiwara

    DDW2022  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • PSYCHOLOGICAL STRESS EXACERBATES INFLAMMATION OF THE ILEUM VIA THE CORTICOTROPIN-RELEASING HORMONE-MAST CELL AXIS IN A MOUSE MODEL OF EOSINOPHILIC GASTROENTERITIS 国際会議

    Atsushi Kanamori, Fumio Tanaka, Masaki Ominami, Yuji Nadatani, Shusei Fukunaga, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Noriko Kamata, Yasuaki Nagami, Koichi Taira, and Yasuhiro Fujiwara

    DDW2022  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン第2版の改訂ポイント ~漢方薬の今の位置づけを含めて~ 招待 国内会議

    田中史生

    第103回日本消化器内視鏡学会総会 ランチョンセミナー  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 生検検体を用いた好酸球性胃腸炎におけるIgG4沈着の検討 国内会議

    小阪聡、田中史生、藤原靖弘

    第108回 日本消化器病学会総会  2022年04月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 高齢者の食道扁平上皮癌ESDに対するTCI/BIS併用プロポフォールによる鎮静法の有用性 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 前田 夏美, 平野 慎二, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy  2022年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 難易度克服を目指した22G針を用いた超音波内視鏡下胆管胃吻合術 国内会議

    丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy  2022年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 膵疾患に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検法におけるFNA針とFNB針の有用性と安全性に関する検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy  2022年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 抗凝固薬内服者における大腸腫瘍の内視鏡的切除術後の出血予測 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 藤原 靖弘, 大平 美月, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 坂井 大志

    Gastroenterological Endoscopy  2022年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 切除企図肝門部領域悪性胆道狭窄に対する術前至適なplastic stent留置とRBOの危険因子の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 前田 夏美, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy  2022年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 過敏性腸症候群の排便前後の自律神経活動の変化 国内会議

    中田 理恵子、田中 史生、菅原 徳暎、小嶋 融一、竹内 利寿、斯波 将次、樋口 和秀、藤原 靖弘

    第4回 機能性腸疾患研究会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での高齢者におけるPPI・P-CAB抵抗性GERDの亜分類比率、特徴の検討 国内会議

    田中史生、藤原靖弘

    第49回 日本潰瘍学会  2022年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • リアルタイムに測定した過敏性腸症候群の自律神経機能の解析 国内会議

    中田理恵子、田中史生、菅原徳瑛、小嶋融一、竹内利寿、斯波将次、樋口和秀、藤原 靖弘

    第18回 日本消化管学会総会学術集会  2022年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 左前腕類上皮肉腫の膵転移によって閉塞性膵炎を発症した1例

    牟田 侑記, 島本 宜紀, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 沢田 明也, 東森 啓, 西田 裕, 大南 雅輝, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年02月  日本消化器病学会-近畿支部

  • 下大静脈平滑筋肉腫による転移と考えられた胆嚢平滑筋肉腫の一例

    住田 真衣子, 島本 宜紀, 丸山 紘嗣, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 田内 潤, 大平 豪, 坂本 香, 大澤 政彦, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

  • 改訂ガイドラインを踏まえたFD・GERDの最新治療 招待 国内会議

    田中史生

    南大阪フォーラム  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン 改訂第2版の要点 ~六君子湯の位置づけも含めて 招待 国内会議

    田中史生

    高知市医師会 学術講演会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • ウェアラブルデバイスを用いた過敏性腸症候群の自律神経機能解析 国内会議

    中田理恵子、田中史生、菅原徳瑛、小嶋融一、竹内利寿、斯波将次、樋口和秀、藤原靖弘

    第23回 日本神経消化器病学会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炭酸ガスを用いた経口胆道鏡による観察法

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2021年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球浸潤における食道組織の免疫組織学的比較検討 国内会議

    北村寛之、田中史生、藤原靖弘

    第75回 日本食道学会学術集会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 好酸球食道炎の病態・診断・治療の最新の知見 好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球浸潤における食道組織の免疫組織学的比較検討

    北村 寛之, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2021年09月  (NPO)日本食道学会

  • モンテルカストにより改善した「ひび割れ粘膜」を拡大内視鏡で視認し得た好酸球性胃腸炎の一例

    金澤 里映, 田中 史生, 福井 純毅, 中田 晃暢, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年09月  日本消化器病学会-近畿支部

  • 食道運動異常症、裂孔ヘルニアの診断・病態・治療 Jackhammer esophagusの本邦での全国実態調査

    保坂 浩子, 川見 典之, 田中 史生, 佐藤 裕樹, 原 謙, 田中 心和, 舟木 康, 栗林 志行, 眞部 紀明, 岩切 勝彦

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2021年09月  (NPO)日本食道学会

  • 当院の高齢者におけるPPI・P-CAB抵抗性GERDの特徴 国内会議

    田中史生、金森厚志、藤原靖弘

    第23回 日本高齢消化器病学会総会  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 高齢者GERD/消化性潰瘍の現況と課題 当院の高齢者におけるPPI・P-CAB抵抗性GERDの特徴 国内会議

    田中 史生, 金森 厚志, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌  2021年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 出血性過形成性ポリープ様形態を呈し、内視鏡的粘膜切除術により完全切除および診断し得た淡明細胞型腎細胞癌胃転移の一例

    田島 光, 眞鍋 琢, 大谷 恒史, 田上 光治郎, 沢田 明也, 東森 啓, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年07月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン 改訂第2版の要点 ~六君子湯の位置づけも含めて 招待 国内会議

    田中史生

    機能性消化管疾患KAMPO Web Short Lecture  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • FD・GERDに関する最新トピックス 招待 国内会議

    田中史生

    消化管疾患懇話会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球浸潤における病態生理の比較検討 国内会議

    北村寛之、田中史生、藤原靖弘

    第107回 日本消化器病学会総会  2021年04月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 大きなsessile serrated lesion(SSL)に対する一括切除の妥当性に関する検討 国内会議

    河野 光泰, 福永 周生, 藤原 靖弘, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2021年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 良性胆管狭窄に対する内視鏡的ラジオ波焼灼療法の初期治療成績 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邊 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2021年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性胆道狭窄の胆汁粘度とその後の胆道ステントの再閉塞の検討 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 中田 晃暢, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2021年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超高齢者における早期胃癌に対するESDの妥当性 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 平野 慎二, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 渡邉 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2021年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 消化管アレルギー疾患:診療の現状と展望 好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球浸潤における病態生理の比較検討 国内会議

    北村 寛之, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2021年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 遠位胆道悪性狭窄に対するPolytetrafluoloethylete(PTFE)カバーを用いたSEMSの有用性と安全性の検討 国内会議

    丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 渡邉 俊夫

    日本消化器病学会雑誌  2021年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸分泌阻害薬がストレス負荷マウスの腸管バリアに与える影響と機序 国内会議

    高嶋信吾、田中史生、藤原靖弘

    第48回 日本潰瘍学会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • H. pylori未感染FD (機能性ディスペプシア)と除菌後FDにおける胃液中エクソソーム由来miRNA発現プロファイルの相違について 国内会議

    田中史生, 藤原靖弘

    第17回 日本消化管学会総会学術集会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 睡眠障害を伴った機能性ディスペプシア患者における睡眠障害の改善が便秘症状に与える影響 国内会議

    中村 文彦, 栗林 志行, 根本 夕夏子, 田中 史生, 川見 典之, 藤原 靖弘, 岩切 勝彦, 草野 元康, 浦岡 俊夫

    第17回 日本消化管学会総会学術集会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 24時間MII-pH検査を用いたPPI・P-CAB抵抗性GERDにおけるbelching disorderの検討 国内会議

    田中史生、金森厚志、平野慎二、北村寛之、高嶋信吾、中田理恵子、沢田明也、藤原靖弘

    第17回 日本消化管学会総会学術集会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 直腸静脈瘤に対してCTガイド下直接穿刺アプローチにて静脈瘤硬化療法を施行した一例 国内会議

    福井 純毅, 東森 啓, 金道 麻記子, 田上 光治郎, 沢田 明也, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨髄異形成症候群に合併した腸管型ベーチェット病様多発潰瘍の一例 国内会議

    山岸 政充, 西田 裕, 細見 周平, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDで切除したsessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)由来の早期大腸癌の検討 国内会議

    原田 優介, 河野 光泰, 福永 周生, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高脂肪食によるディスバイオシスは、インターロイキン17Aの中和によって改善した非ステロイド性抗炎症薬起因性小腸傷害を増悪させる(High-fat diet-mediated dysbiosis increases susceptibility to NSAID-induced small intestinal damage that is rescued by IL-17A neutralization) 国内会議

    Sugimura Naoki, Otani Koji, Watanabe Toshio, Nakatsu Geicho, Shimada Sunao, Fujimoto Kosuke, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Uematsu Satoshi, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道扁平上皮癌患者に対する食道ESD後は重篤な併存疾患によって予後が悪化する(Severe comorbidities influenced poor prognosis after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma) 国内会議

    平野 慎二, 永見 康明, 坂井 大志, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃内視鏡検診をふまえた経鼻内視鏡の新展開 コロナ流行期における上部消化管内視鏡検査のニューノーマル 経鼻内視鏡とマスクを用いた簡便な感染予防策 国内会議

    東森 啓, 灘谷 祐二, 高嶋 信吾, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 消化管内視鏡診療とCOVID-19 多施設アンケート 国内会議

    丸山 紘嗣, 細見 周平, 根引 浩子, 福田 隆, 仲川 浩一郎, 岡崎 博俊, 山上 博一, 原 順一, 谷川 徹也, 町田 浩久, 青松 和輝, 渡邊 芳久, 佐藤 博之, 宇野 裕典, 高石 修, 野村 勉, 越智 正博, 押谷 伸英, 足立 賢治, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 氷見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能性消化管疾患の病態と治療 機能性消化管疾患のUp-to-date-病態から治療法まで- H. pylori未感染FD(機能性ディスペプシア)と除菌後FDにおける胃液中エクソソーム由来miRNA発現プロファイルの相違について 国内会議

    田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性便秘診療の新展開 睡眠障害の改善が便秘症状に与える影響 国内会議

    中村 文彦, 栗林 志行, 根本 夕夏子, 田中 史生, 川見 典之, 藤原 靖弘, 岩切 勝彦, 草野 元康, 浦岡 俊夫

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における切除不能再発胃癌に対するnivolumabの使用経験 国内会議

    木村 明恵, 平良 高一, 中田 晃暢, 田上 光治郎, 東森 啓, 鋳谷 成弘, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 好酸球性食道炎・GERD診療の最前線 24時間MII-pH検査を用いたPPI・P-CAB抵抗性GERDにおけるbelching disorderの検討 国内会議

    田中 史生, 金森 厚志, 平野 慎二, 北村 寛之, 高嶋 信吾, 中田 理恵子, 沢田 明也, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 十二指腸uncovered metallic stent留置後の腫瘍出血に対してcovered metallic stentが止血に有効であった一例 国内会議

    高橋 駿介, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的活動性を指標としたアダリムマブ増量はクローン病治療戦略として有用か? 国内会議

    細見 周平, 藤本 晃士, 中田 理恵子, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • より安全で確実な十二指腸ESDを行うための工夫 国内会議

    河野 光泰, 永見 康明, 眞鍋 琢, 落合 正, 山村 匡史, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘, 木村 健二郎

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nivolumab長期加療中に斜台転移を認めた進行胃癌の一例 国内会議

    中田 晃暢, 木村 明恵, 平良 高一, 田上 光治郎, 東森 啓, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 好酸球性食道炎に対するPPIとP-CABを用いた初期治療効果の比較検討 国内会議

    葛本琢哉, 田中史生, 永見康明, 谷川徹也, 渡辺俊雄, 藤原靖弘

    第74回 日本食道学会学術集会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 放射線性食道炎におけるinterferon-αの役割 国内会議

    北村 寛之, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管静脈瘤出血に対してfull covered金属ステントを留置し止血に成功した一例 国内会議

    高嶋 遼太, 山本 圭以, 丸山 紘嗣, 落合 正, 中田 晃暢, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDで切除し早期大腸癌が並存したsessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)の検討 国内会議

    原田 優介, 福永 周生, 河野 光泰, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 佑二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重篤な併存疾患を有する食道扁平上皮癌患者に対するESD後の長期予後 国内会議

    平野 慎二, 永見 康明, 大南 雅揮, 山村 匡史, 林 克平, 田上 光治郎, 福永 周生, 田中 史生, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • H. pylori感染状況からみた機能性ディスペプシアにおける胃液中エクソソーム由来miRNA発現プロファイルの検討 国内会議

    田中史生、藤原靖弘

    第22回 日本神経消化器病学会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 機能性ディスペプシアの症状およびQOLに及ぼす睡眠障害の影響に関する前向き観察研究 国内会議

    中村文彦、栗林志行、根本夕夏子、田中史生、川見典之、藤原靖弘、岩切勝彦、草野元康、浦岡俊夫

    第22回 日本神経消化器病学会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 好酸球性胃炎の内視鏡像の特徴についての検討 国内会議

    藤原 靖弘, 小阪 聡, 田中 史生

    JDDW2020 (第100回日本消化器内視鏡学会総会)  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 傾向スコアを用いた好酸球性食道炎に対するPPIとP-CABの初期治療効果の比較検討 国内会議

    葛本 琢哉, 田中 史生, 藤原 靖弘

    JDDW2020 (第62回日本消化器病学会大会)  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 食道ESDにおけるオーバーチューブの使用による誤嚥性肺炎の予防効果 傾向スコアマッチング法による検討 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 平野 慎二, 垣谷 有紀, 林 克平, 田上 光治郎, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵癌診断におけるERCP細胞診を施行するための術前超音波内視鏡所見の検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 山村 匡史, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 福永 周生, 田中 史生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆道癌患者におけるERCP関連偶発症に対する術前サルコペニアの影響 国内会議

    丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 山本 圭以, 垣谷 有紀, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総胆管結石に対する出血高危険度治療における出血・塞栓性偶発症の検討 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 林 克平, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性疾患における最先端の内視鏡診療-H.pylori関連胃炎(胃炎の京都分類改訂を踏まえて) 好酸球性胃炎の内視鏡像の特徴についての検討 国内会議

    藤原 靖弘, 小阪 聡, 田中 史生

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 好酸球性上部消化管疾患の基礎と臨床 傾向スコアを用いた好酸球性食道炎に対するPPIとP-CABの初期治療効果の比較検討 国内会議

    葛本 琢哉, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2020年10月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • トレーニー施行における十二指腸鏡挿入困難である因子の検討 十二指腸乳頭正面視まで 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Food allergy-GI and mechanisms Cluster analysis using a diagnostic panel of serum multiple allergen-specific immunoglobulin E in patients with eosinophilic esophagitis(和訳中) 国内会議

    Fujiwara Yasuhiro, Nakata Akinobu, Tanaka Fumio

    アレルギー  2020年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前診断と乖離した膵扁平上皮癌の一例 国内会議

    高橋 駿介, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後天性免疫不全症候群に合併したサイトメガロウィルス食道潰瘍の一例 国内会議

    原田 優介, 西田 裕, 細見 周平, 高嶋 遼太, 金道 麻紀子, 垣谷 有紀, 河野 光泰, 落合 正, 中田 晃暢, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 福永 周生, 田中 史生, 灘谷 佑二, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nivolumab加療中に斜台転移を認めた進行胃癌の1例 国内会議

    片之坂 友喜, 木村 明恵, 平良 高一, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食物アレルギー GIと機序 好酸球性食道炎患者における血清特異的IgE(マルチアレルゲン)の診断パネルを用いたクラスター分析(Food allergy-GI and mechanisms Cluster analysis using a diagnostic panel of serum multiple allergen-specific immunoglobulin E in patients with eosinophilic esophagitis)

    Fujiwara Yasuhiro, Nakata Akinobu, Tanaka Fumio

    アレルギー  2020年10月  (一社)日本アレルギー学会

  • ストレス負荷マウスに対する酸分泌阻害薬投与の影響と機序 国内会議

    高嶋信吾、田中史生、藤原靖弘

    第38回 Cytoprotection研究会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球浸潤における免疫プロファイルの比較検討 国内会議

    北村 寛之、田中 史生、藤原 靖弘

    第3回 アレルギー消化器疾患研究会  2020年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道ESD後狭窄高リスク症例に対するステロイド局注、ポリグリコール酸シート併用狭窄予防の効果 国内会議

    永見 康明, 大南 雅揮, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 山村 匡史, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非切除遠位悪性胆道狭窄に対するcovered selfexpandable metallic stent閉塞の危険因子の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆膵疾患に対する出血高危険度処置における出血性偶発症の危険因子の検討 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 金道 麻紀子, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 分枝型IPMNに対する悪性化のリスク因子および高齢者の経過観察期間の検討 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 金道 麻紀子, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的活動期クローン病に対するアダリムマブ増量の有効性の検討 国内会議

    細見 周平, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大谷 恒史, 田中 史生, 平良 高一, 灘谷 祐二, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Wilson病の3例にみられた特徴的な内視鏡所見 国内会議

    北川 大貴, 大南 雅揮, 平良 高一, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effect of Pirfenidone for esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection in a porcine model(和訳中) 国内会議

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Kakiya Yuki, Tanoue Kojirou, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Sawada Akinari, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Noriko Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESD後に局所再発を繰り返したバレット腺癌の一例 国内会議

    眞鍋 琢, 大南 雅揮, 永見 康明, 福永 周生, 山本 圭以, 北川 大貴, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESD後に外科手術が必要と考えられたpT1大腸癌の検討 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 藤原 靖弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射線性食道炎におけるinterferon-aの役割 国内会議

    北村 寛之, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2020年07月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における高齢者胃癌の一次治療に関する検討 国内会議

    木村 明恵, 平良 高一, 鋳谷 成弘, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2020年07月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 分枝型膵管内粘液性腫瘍に対する悪性化のリスク因子および高齢者の観察期間の検討 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 眞鍋 琢, 金道 麻記子, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    膵臓  2020年07月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IgG4関連硬化性胆管炎に胆管癌を合併した一例 国内会議

    上村 拓也, 林 克平, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的観察し得た単形性上皮向性腸管T細胞リンパ腫の一例 国内会議

    川田 雄司, 山本 圭以, 金道 麻紀子, 細見 周平, 西田 裕, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘, 福岡 達成, 永原 央, 大平 雅一

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PATTERNS OF ALLERGIC SENSITIZATION BASED ON CLUSTER ANALYSIS USING A DIAGNOSTIC PANEL OF SERUM MULTIPLE ALLERGEN-SPECIFIC IMMUNOGLOBULIN E IN PATIENTS WITH ESOPHAGEAL EOSINOPHILIA 国際会議

    Akinobu Nakata, Fumio Tanaka, Yuji Nadatani, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Noriko Kamata, Koichi Taira, Yasuaki Nagami, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, and Yasuhiro Fujiwara

    DDW2020  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • EOSINOPHILIC ESOPHAGITIS AND ASYMPTOMATIC ESOPHAGEAL EOSINOPHILIA HAVE SIMILAR IMMUNOHISTOLOGICAL FEATURES 国際会議

    Hiroyuki Kitamura, Fumio Tanaka, Yuji Nadatani, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Noriko Kamata, Koichi Taira, Yasuaki Nagami, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    DDW2020  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 酸分泌阻害薬がストレス負荷マウスの腸管バリアに与える影響と機序 国内会議

    高嶋信吾、田中史生、藤原靖弘

    第48回 日本潰瘍学会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 食道好酸球浸潤患者に対する抗原特異的IgE抗体パネル検査としてのViewアレルギー39の有用性の検討 国内会議

    中田 晃暢,田中 史生,高嶋 信吾,橋本 篤,永見 康明,谷川 徹也,渡辺 俊雄,藤原 靖弘

    第16回 日本消化管学会総会学術集会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • ストレス環境下でプロトンポンプ阻害薬はdysbiosisを介し腸管透過性亢進を増悪させる 国内会議

    高嶋信吾, 田中史生, 藤原靖弘

    第21回 日本神経消化器病学会  2020年01月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 薬剤による消化管傷害の病態研究の進歩と最近の疾患の傾向と対策 非ステロイド系抗炎症薬誘発小腸傷害における抗炎症性脂質メディエーター レゾルビンD1の意義 国内会議

    葛本 琢哉, 谷川 徹也, 北村 寛之, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃の細菌叢に対するH.pylori除去の影響(Effect of eradication of H. pylori in gastric microbiome) 国内会議

    Kosaka Satoshi, Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Suda Wataru, Nakata Akinobu, Matsumoto Yuji, Higashimori Akira, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 好酸球性消化管疾患の診断と治療の現状 食道好酸球浸潤患者に対する抗原特異的IgE抗体パネル検査としてのViewアレルギー39の有用性の検討 国内会議

    中田 晃暢, 田中 史生, 高嶋 信吾, 橋本 篤, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NBIで観察し内視鏡的粘膜下層剥離術で切除した肛門管癌の1例 国内会議

    北坂 七瀬, 福永 周生, 眞鍋 琢, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESD後に追加手術が必要であった大腸T1癌の検討 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDで切除した残胃の胃底腺型胃癌の一例 国内会議

    山岸 政充, 福永 周生, 眞鍋 琢, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒文, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プロトンポンプ阻害薬がストレス負荷マウスの腸管透過性に与える影響と機序 国内会議

    高嶋信吾、田中史生、藤原靖弘

    第5回 G PLUS  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能性ディスペプシアを合併したPPI・P-CAB抵抗性GERDにおける夜間ベースラインインピーダンス平均値の検討 国内会議

    田中史生, 金森厚志, 藤原靖弘

    第61回 日本消化器病学会大会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • GERD治療の進歩と問題点 機能性ディスペプシアを合併したPPI・P-CAB抵抗性GERDにおける夜間ベースラインインピーダンス平均値の検討 国内会議

    田中 史生, 金森 厚志, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害における小麦タンパク グリアジンの病原性 国内会議

    谷川 徹也, 島田 直, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 藤原 靖弘

    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2019年11月  日本小腸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NLRP3 inflammasome活性化が5-FU起因性小腸粘膜傷害に与える影響 国内会議

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 小阪 聡, 松本 侑士, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道好酸球浸潤患者における抗原特異的IgE抗体を用いた抗原感作のクラスター解析 国内会議

    中田晃暢, 田中史生, 藤原靖弘

    日本消化器病学会近畿支部第111回例会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 胃切除後Roux-enY再建における総胆管結石に対するEI-580BTの有用性の検討 国内会議

    林 克平, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 山村 匡史, 坂井 大志, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖広

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期膵癌間接所見におけるラジアル走査型EUSおよびコンベックス走査型EUSの有用性の検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 細見 周平, 大谷 恒史, 平良 高一, 田中 史生, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期胃癌に対するESD後大出血の危険因子 国内会議

    坂井 大志, 大南 雅揮, 永見 康明, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗凝固薬服用者における大腸ポリープ摘除後出血の予測 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性胆道狭窄に対する金属ステント留置後の膵炎と膵頭部膵管閉塞に関する検討 国内会議

    木下 陽亮, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性胸膜中皮腫に対し化学療法施行中に膵転移を来した一例 国内会議

    北川 大貴, 垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 好酸球性消化管障害の現状 食道好酸球浸潤患者における抗原特異的IgE抗体を用いた抗原感作のクラスター解析 国内会議

    中田 晃暢, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Peutz-Jegehers syndromeに膵癌を発症した一例 国内会議

    三崎 絢子, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院消化器内科における六君子湯研究のあゆみ 国内会議

    田中 史生

    第23回 OSAKA漢方研究会  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健診・人間ドックにおける機能性便秘症の有病率とその関連因子について 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 上村 理沙, 灘谷 祐二, 田中 史生, 谷川 徹也, 福本 真也, 河田 則文, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌  2019年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Utility of View allergy 39 for the diagnosis of allergic comorbidities in patients with eosinophilic esophagitis 国内会議

    Akinobu Nakata, Fumio Tanaka, Shingo Takashima, Atsushi Hashimoto, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    第73回 日本食道学会学術集会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 当院でのGERD患者における夜間ベースラインインピーダンス平均値の検討 国内会議

    金森厚志、田中史生、藤原靖弘

    第97回 日本消化器内視鏡学会総会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 好酸球性食道炎患者におけるアレルギー性共存症の診断のための検査セットであるView allergy 39の活用(Utility of View allergy 39 for the diagnosis of allergic comorbidities in patients with eosinophilic esophagitis)

    Nakata Akinobu, Tanaka Fumio, Takashima Shingo, Hashimoto Atsushi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年06月  (NPO)日本食道学会

  • 好酸球性食道炎に対するPPIとP-CABの自覚症状・内視鏡所見・組織学的改善効果についての検討 国内会議

    藤原靖弘、橋本篤、田中史生

    第97回 日本消化器内視鏡学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • PROTON-PUMP INHIBITORS MAY ENHANCE INTESTINAL PERMEABILITY VIA DYSBIOSIS OF GUT MICROBIOTA UNDER STRESSED CONDITIONS IN MICE 国際会議

    Shingo Takashima, Fumio Tanaka, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Koichi Taira, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    DDW2019  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EXOSOMAL HSA-MIR-933 IN GASTRIC JUICE AS POTENTIAL BIOMARKER FOR FUNCTIONAL DYSPEPSIA 国際会議

    Fumio Tanaka, Shingo Takashima, Koji Otani, Shuhei Hosomi, Yasuaki Nagami, Noriko Kamata, Koichi Taira, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    DDW2019  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • VONOPRAZAN SHOWS EFFICACY SIMILAR TO THAT OF PRPTON PUMP INHIBITORS WITH RESPECT TO SYMPTOMATIC, ENDOSCOPIC, HISTOLOGICAL RESPONSES AMONG EOSINOPHILIC ESOPHAGITIS PATIENTS 国際会議

    Yasuhiro Fujiwara, Atsushi Hashimoto, Risa Uemura, Akinari Sawada, Koji Otani, Fumio Tanaka, Yasuaki Nagami, Hirokazu Yamagami, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe

    DDW2019  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 当科で経験した好酸球性消化管疾患(eosinophilic gastrointestinal disorders:EGIDs)患者の併存アレルギー疾患についての検討 国内会議

    中田 晃暢,高嶋 信吾,橋本 篤,丸山 紘嗣,大南 雅揮,灘谷 祐二,福永 周生,大谷 恒史,細見 周平,田中 史生,永見 康明,鎌田 紀子,平良 高一,山上 博一,谷川 徹也,斯波 将次,渡辺 俊雄,藤原 靖弘

    第2回 アレルギー消化器疾患研究会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能性ディスペプシアにおける胃液中エクソソーム由来miRNA発現量の網羅的解析 国内会議

    田中 史生、村上 善基、藤原 靖弘

    第105回 日本消化器病学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 食道Verrucous Carcinomaに対して内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した一例 国内会議

    黒川 達哉, 坂井 大志, 大南 雅揮, 山村 匡史, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 桑江 優子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道ESDにおける穿孔および一括切除不成功の予測因子 国内会議

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頭頸部表在癌に対するESDの治療成績と偶発症の危険因子 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 平野 慎二, 垣谷 有紀, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, Sakai Taishi, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表在型食道扁平上皮癌ESD後の食道内異時性癌に関する危険因子の検討 国内会議

    平野 慎二, 永見 康明, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵疾患に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検法におけるFranseen針とLancet針の有用性に関する検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 細見 周平, 大谷 恒史, 平良 高一, 田中 史生, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院ピロリ外来におけるラベプラゾールまたはボノプラザンを使用した三次除菌療法の治療成績 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 田中 史生, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2019年05月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での肝門部領域胆管狭窄に対するInside Stentの有用性と安全性の検討 国内会議

    林 克平, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 渡邉 俊雄, 谷川 徹也, 山上 博一, 平良 高一, 鎌田 紀子, 永見 康明, 田中 史生, 細見 周平, 大谷 恒史, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大南 雅揮, 坂井 大志, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, 垣谷 有紀, 平野 慎二

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 好酸球性消化管疾患の内視鏡診断と治療(上部) 好酸球性食道炎に対するPPIとP-CABの自覚症状・内視鏡所見・組織学的改善効果についての検討 国内会議

    藤原 靖弘, 橋本 篤, 田中 史生

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDにて切除した胃穹窿部の胃底腺型胃癌5例の検討 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • よくある症状から考える機能性消化管疾患の漢方治療 招待 国内会議

    田中史生

    漢方おもしろ講座 Vol.32  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • PPIはストレス負荷マウスにおける腸管透過性亢進をさらに増悪させる 国内会議

    高嶋信吾、田中史生、他

    第15回 日本消化管学会総会学術集会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • ストレス負荷マウスにおけるPPI投与の腸管透過性への影響について 国内会議

    高嶋信吾、田中史生 他

    第20回 日本神経消化器病学会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • バレット食道と好酸球性食道炎との関連性の検討 国内会議

    高嶋信吾、田中史生 他

    第72回日本食道学会学術集会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Increased intestinal permeability induced by proton pump inhibitor under stress conditions in mice 国際会議

    Fumio Tanaka, Shingo Takashima, et al.

    Summer School on Stress; From Hans Selye’s original concept to recent advances  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 好酸球浸潤を来す食道疾患の話題 バレット食道と好酸球性食道炎との関連性の検討

    高嶋 信吾, 田中 史生, 大谷 恒史, 山上 博一, 谷川 徹也, 福本 真也, 渡辺 俊雄, 河田 則文, 平田 一人, 藤原 靖弘

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2018年06月  (NPO)日本食道学会

  • 便秘型過敏性腸症候群 診療Up To Date 招待 国内会議

    田中史生

    第34回研究会「基礎と臨床の接点」  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • H.pylori除菌前後の変化に注目した胃細菌叢についての検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 島田 直, 大谷 恒史, 平良 高一, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    胃病態機能研究会誌  2018年02月  (株)勁草書房コミュニケーション事業部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 禁煙治療によるIBS症状への長期的影響 国内会議

    中田理恵子, 田中史生, 藤原靖弘

    第59回日本消化器病学会大会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 食道好酸球浸潤における、非アレルギー性危険因子の検討 国内会議

    田中史生, 須川貴史, 森崎珠実 他

    第71回日本食道学会学術集会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • EoEを解明する 食道好酸球浸潤における、非アレルギー性危険因子の検討

    田中 史生, 須川 貴史, 森崎 珠実, 中野 朱美, 木村 達郎, 森川 浩安, 福本 真也, 河田 則文, 平田 一人, 藤原 靖弘

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2017年06月  (NPO)日本食道学会

  • Depressive erosion may be positively correlated with the presence of functional dyspepsia in Japanese subjects of private health screening program 国際会議

    Fumio Tanaka, Shinya Fukumoto, Tamami Morisaki, et al.

    5th Biennial Congress of the Asian Neurogastroenterology & Motility Association  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 人間ドックにおける機能性ディスペプシアの内視鏡的評価 –「胃炎の京都分類」を用いて– 国内会議

    田中史生, 富永和作, 福本真也 他

    第49回胃病態機能研究会  2017年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 人間ドック受診者では、好酸球性食道炎の有病率が高い可能性がある 国内会議

    田中史生, 須川貴史, 森崎珠実 他

    日本総合健診医学会第45回学術大会  2017年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の存在や発症リスクと非アルコール性脂肪性肝疾患の関連は内臓脂肪蓄積を介したものである

    福本 真也, 森崎 珠実, 田中 史生, 中野 朱美, 木村 達郎, 森川 浩安, 河田 則文, 平田 一人

    総合健診  2017年01月  (一社)日本総合健診医学会

  • 甘草有効成分イソリクイリチゲニンの実験胃潰瘍治癒促進効果 国内会議

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 島田 直, 東森 啓, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 斯波 将次, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本臨床中医薬学会学術大会プログラム・抄録集  2016年10月  日本臨床中医薬学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 感染状況に基づき細分化したH.pyloriディスペプシアと機能性ディスペプシアの比較検討 国内会議

    富永和作、田中史生、藤川佳子、谷川徹也、渡辺俊雄、藤原靖弘

    第18回 日本神経消化器病学会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 好酸球性食道炎とPPI反応性食道好酸球浸潤についての臨床的検討

    須川 貴史, 藤原 靖弘, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 荒川 哲男

    日本消化器病学会雑誌  2016年09月  (一財)日本消化器病学会

  • Controlled Attenuation Parameter(CAP)の人間ドックにおける有用性の検討 経過観察例からの検討

    森川 浩安, 今久保 千佳, 山下 真理子, 森崎 珠実, 中野 朱美, 田中 史生, 木村 達郎, 福本 真也, 河田 則文

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

  • 大学病院附属人間ドック施設における胸部D2判定の現況と課題

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

  • H. Pylori 感染胃炎 ボノプラザンを用いた除菌療法の現状 ~当院での経験も交えて~ 招待 国内会議

    田中史生

    OSAKA GI Conference  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • H.pylori感染状況に基づき細分類した機能性ディスペプシア患者における内視鏡的評価-「胃炎の京都分類」を用いた検討- 国内会議

    田中史生, 富永和作, 藤川佳子 他

    第12回 日本消化管学会総会学術集会  2016年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 内視鏡下十二指腸生検標本を用いたグリア細胞由来神経栄養因子とディスペプシア症状の関連性 国内会議

    田中史生, 藤川佳子, 富永和作

    第90回 日本消化器内視鏡学会総会  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 機能性ディスペプシアにおける十二指腸上皮細胞間距離とグリア細胞由来神経栄養因子の検討 国内会議

    田中史生, 富永和作, 藤川佳子 他

    第11回 日本消化管学会総会学術集会  2015年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性ストレス環境下での十二指腸粘膜内グリア細胞由来神経栄養因子の発現と、細胞接着分子発現量との相関性解析 国内会議

    田中史生、富永和作、藤川佳子、谷川徹也、渡辺俊雄、藤原靖弘、平田一人、荒川哲男

    第16回 日本神経消化器病学会  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • グリア細胞由来神経栄養因子と十二指腸上皮細胞間距離からみた機能性ディスペプシアの病態解析 国内会議

    田中史生、富永和作、藤川佳子、谷川徹也、渡辺俊雄、藤原靖弘、荒川哲男

    第56回 日本消化器病学会大会  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 慢性ストレス負荷による十二指腸粘膜内グリア細胞由来神経栄養因子の発現と、細胞接着分子発現量との相関性解析 国内会議

    田中史生、富永和作、藤川佳子、谷川徹也、渡辺俊雄、藤原靖弘、平田一人、荒川哲男

    第46回 胃病態機能研究会  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Chronic psychological stress down-regulates the expressions of glial cell line-derived neurotrophic factor and E-cadherin, which are associated with duodenal mucosal barrier dysfunction in mice 国際会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    Digestive Disease Week (DDW) 2014  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • IBSモデルにおける大腸グリア細胞の形態変化と大腸運動機能への影響 国内会議

    藤川佳子、田中史生、富永和作

    第100回 日本消化器病学会総会  2014年04月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Upregulated Cytoglobin in fibroblasts and myofibroblasts may conbtribute to healing of gastric mucosal injuries during late healing phase 国際会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    17th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research International (SFRRI)  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 幼少期ストレスで惹起される胃グリア細胞の形態変化と胃運動機能への影響 国内会議

    藤川佳子、田中史生、富永和作

    第55回 日本消化器病学会大会   2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Upregulated Cytoglobin in fibroblasts and myofibroblasts may contribute to healing of gastric mucosal injuries before angiogenesis during late healing phase 国際会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    The 15th Taishotoyama International Symposium on Gastroenterology  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 胃潰瘍治癒過程におけるCytoglobinの発現解析 国内会議

    田中史生、富永和作、佐々木英二、谷川徹也、渡辺俊雄、藤原靖弘、河田則文、吉里勝利、荒川哲男

    第54回 日本消化器病学会大会  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 好酸球性食道炎およびPPI反応性食道好酸球浸潤の頻度に関する多施設共同研究 国内会議

    藤原靖弘、須川貴史、田中史生 他

    第54回 日本消化器病学会大会  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Cytoglobin is upregulated in the early healing phase of gastric mucosal injury 国際会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    The 14th Meeting of International Conference on Ulcer Research (ICUR)  2012年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Unique expression of cytoglobin/stellate cell activation-associated protein as an oxygen supplier before angiogenesis during gastric ulcer healing in rats 国際会議

    Kazunari Tominaga, Fumio Tanaka, Tetsuo Arakawa

    Digestive Disease Week (DDW) 2008  2008年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹膜中皮細胞へのInterleukin-10遺伝子導入によるマウス胃癌腹膜播種抑制 国内会議

    田中史生、富永和作、越智正博、谷川徹也、渡辺俊雄、藤原靖弘、押谷伸英、樋口和秀、荒川哲男

    第88回日本消化器病学会近畿支部例会  2008年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 腹膜中皮細胞を標的としたInterleukin-10遺伝子導入によるマウス胃癌腹膜播種抑制 国内会議

    田中史生、富永和作、越智正博、谷川徹也、渡辺俊雄、藤原靖弘、押谷伸英、樋口和秀、荒川哲男

    第4回日本消化管学会総会  2008年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹膜中皮細胞を標的としたInterleukin-10遺伝子導入によるマウス胃癌腹膜播種抑制 国内会議

    田中史生、富永和作、越智正博、谷川徹也、渡辺俊雄、藤原靖弘、押谷伸英、樋口和秀、荒川哲男

    第435回大阪市医学会例会  2007年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨髄間葉系幹細胞の経静脈的投与によるラットDSS腸炎発症抑制 国内会議

    田中史生、富永和作、越智正博、谷川徹也、斯波将次、渡辺俊雄、藤原靖弘、押谷伸英、樋口和秀、荒川哲男

    第49回 日本消化器病学会大会  2007年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Interleukin-10 gene transfer to peritoneal mesothelial cells suppresses dissemination of gastric cancer cells mediated by its continuous and high concentration in peritoneal cavity 国際会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    Digestive Disease Week (DDW) 2007  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Intravenous bone marrow-derived mesenchymal stem cell transfer prevents dextran sulfate sodium-induced acute colitis via focal anti-inflammatory function in rats 国内会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    Digestive Disease Week (DDW) 2007  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Bone marrow-derived mesenchymal stem cells prevent dextran sulfate sodium-induced colitis via anti-inflammatory function in rats 国際会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    The 12th Taishotoyama International Symposium on Gastroenterology  2007年04月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Intraperitoneal interleukin-10 gene transfer cause continuous cytokine production by peritoneal mesothelial cells and suppress peritoneal disseminated gastric cancer growth and cachexia 国際会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    2007 American Association of Cancer Research (AACR) Annual Meeting  2007年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ラットDSS誘発大腸炎における骨髄間葉系幹細胞の抗炎症効果と発症抑制 国内会議

    田中史生、富永和作、越智正博、谷川徹也、斯波将次、渡辺俊雄、藤原靖弘、押谷伸英、樋口和秀、荒川哲男

    第3回日本消化管学会総会  2007年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • ラットDSS誘発大腸炎に対する骨髄間葉系幹細胞の抗炎症効果 国内会議

    田中史生、富永和作、越智正博、谷川徹也、佐々木英二、斯波将次、渡辺俊雄、藤原靖弘、押谷伸英、樋口和秀、荒川哲男

    第48回 日本消化器病学会大会  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Anti-inflammatory effects induced by bone marrow-derived mesenchymal stem cells for dextran sulfate sodium-induced colitis in rats 国内会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    The 12th Meeting of International Conference on Ulcer Research (ICUR)  2006年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Anti-inflammation and repair induced by bone marrow-derived mesenchymal stem cells for dextran sulfate sodium-induced colitis in rats 国内会議

    Fumio Tanaka, Kazunari Tominaga, et al.

    Digestive Disease Week (DDW) 2006  2006年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ラットDSS誘発大腸炎に対する骨髄間葉系幹細胞の有効性について 国内会議

    田中史生、富永和作、越智正博、谷川徹也、佐々木英二、渡辺俊雄、藤原靖弘、押谷伸英、樋口和秀、荒川哲男

    第33回日本潰瘍学会   2005年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Combined Administration of 5FU with CDHP Exert Synergistic Antitumor Effect for 5FU Resistant Gastric Cancer Cells. 国際会議

    Eiji Sasaki, Kazunari Tominaga, Hikaru Kuwamura, Fumio Tanaka, Tetsuo Arakawa, et al.

    Educational Seminar for Young Investigators The 3rd Japan GRG/AGA Symposium  2004年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

Works(作品等)

  • 第20回 日本消化管学会総会学術集会 コアシンポジウム2「機能性消化管疾患~最新の診断と治療~ 【さらなる進歩を目指して】 副司会 (座長) 

    2024年02月

  • 第19回 日本消化管学会総会学術集会 コアシンポジウム4「機能性消化管疾患の病態と治療 [新たな展開を求めて]」 副司会 (座長)

    2023年02月

  • 第16回 身体疾患とメンタルヘルス研究会 教育講演 座長

    2022年01月

     詳細を見る

    発表場所:大阪公立大学  

  • 1. 日本消化器病学会近畿支部 第115回例会 アフタヌーンセミナー1「機能性消化管疾患ガイドライン2021~漢方薬を含めた治療戦略~」座長

    2021年09月

  • 日本消化器病学会近畿支部 第111回例会 ワークショップ「好酸球性消化管障害の現状」座長

    2019年10月

  • 第102回日本消化器内視鏡学会近畿支部支部例会「Young Endoscopist Session 5 食道・胃」座長

    2019年07月

  • 日本消化器病学会近畿支部 第107回例会「Young Investigator Session 10; 胃十二指腸 3」座長

    田中史生

    2017年09月

  • 日本消化器内視鏡学会近畿支部 第94回支部例会 「食道・胃4」座長

    田中史生

    2015年06月

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 好酸球性消化管疾患の病態解析

    カテゴリ:ライフサイエンス 

  • 機能性消化管障害の病態解析、自律神経機能解析

    カテゴリ:ライフサイエンス 

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 好酸球性食道炎、好酸球性胃腸炎に関する研究

     詳細を見る

    交流の種別:技術相談, 共同研究  

  • 機能性消化管障害の病態解析、自律神経機能解析

     詳細を見る

    交流の種別:技術相談, 共同研究  

科研費

  • 酸分泌抑制薬はストレス環境下でバリア機能障害を惹起し好酸球性胃腸炎を増悪させるか

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 機能性ディスペプシアにおける、胃液中エクソソーム由来miRNA発現量の網羅的解析

    基盤研究(C)  2016年04月

  • 慢性ストレス環境での、グリア細胞由来神経栄養因子による十二指腸上皮透過性の制御

    若手研究(B)  2014年04月

  • 腸管グリア細胞の動態・ストレス応答からみた機能性ディスペプシアの病態解析

    若手研究(B)  2012年04月

奨励寄附金・助成金

  • 腹膜中皮細胞へのInterleukin-10遺伝子導入によるマウス胃癌腹膜播種抑制

    財団法人 安田記念医学財団  2004年04月

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:機能性ディスペプシアにおける、胃液中エクソソーム由来miRNA発現量の網羅的解析 研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:機能性ディスペプシアにおける胃液中エクソソーム由来miRNA発現量の再評価
    研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球浸潤におけるトランスクリプトーム解析、遺伝子解析 研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:ヘリコバクター・ピロリ菌除菌症例の全国前向き調査-全国除菌レジストリー 実施分担者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:食道多チャンネルインピーダンス・pHモニタリングを用いた胃食道逆流症の病態解析
    研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:ウェアラブルデバイスを用いた、機能性消化管障害の自律神経機能解析-大阪市立大学による多施設参加臨床研究-
    研究代表者担当、本学研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:好酸球性消化管疾患の病態生理の解析 研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:アジア地域のセリアック病患者の割合を推定するための試験的調査 
    -防衛医科大学校による多施設共同研究- 本学研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:好酸球性胃腸炎(EGE)はストレス環境下で酸分泌抑制薬により増悪するか 研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:血中マイクロRNAの解析による慢性膵炎の早期診断法の確立と線維化機序の解明 研究責任者担当

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:機能性消化管疾患、好酸球性消化管疾患の病型変化と病態解析 研究責任者担当

▼全件表示

担当教育概要

  • 大阪公立大学大学院医学研究科にて、医学部学生や大学院生、研修医、研究医に対し、消化器病学・消化管内視鏡などの消化器内科診療・消化器領域の研究に関する教育、指導を行う。さらには同施設に勤務する看護師、臨床検査技師、放射線技師等のコメディカルに対し、臨床業務に関する技術指導、教育等を行う。一般市民を対象に、教育セミナーを開催する。

担当授業科目

  • 臓器別講義 消化管

    2023年度     大学

  • M6クリニカルクラークシップ講義「機能性消化管疾患の鑑別診断演習」

    2023年度     大学

  • 大学院博士課程演習「消化器内科学演習(消化器病態学演習)」「消化器内科学演習(先端消化器病演習)」 大学院博士課程講義「消化器内科学(消化器内科学特論)」

    2023年度     大学院

  • M5クリニカルクラークシップ講義「症状から考える機能性消化管疾患」

    2023年度     大学

  • M6 Post-CC OSCE評価者

    2023年度     大学

  • 臓器別講義 消化管

    2022年度     大学

  • 大学院博士課程演習「消化器内科学演習(消化器病態学演習)」「消化器内科学演習(先端消化器病演習)」 大学院博士課程講義「消化器内科学(消化器内科学特論)」

    2022年度     大学院

  • M5クリニカルクラークシップ講義「症状から考える機能性消化管疾患」

    2022年度     大学

  • M6 Post-CC OSCE評価者

    2022年度     大学

  • JMECC アシスタントインストラクター

    2022年度     大学

  • M6クリニカルクラークシップ講義「機能性消化管疾患の鑑別診断演習」

    2022年度     大学

  • 医学研究科医科学専攻(修士課程)講義「機能性消化管障害の診断・治療」

    2021年度     大学院

  • 大学院博士課程演習「消化器内科学演習(消化器病態学演習)」「消化器内科学演習(先端消化器病演習)」 大学院博士課程講義「消化器内科学(消化器内科学特論)」

    2021年度     大学院

  • 臓器別講義 消化管

    2021年度     大学

  • M5クリニカルクラークシップ講義「症状から考える機能性消化管疾患」

    2021年度     大学

  • 臓器別講義 消化管

    2020年度     大学

  • M5クリニカルクラークシップ講義「症状から考える機能性消化管疾患」

    2020年度     大学

  • 大学院博士課程演習「消化器内科学演習(消化器病態学演習)」「消化器内科学演習(先端消化器病演習)」 大学院博士課程講義「消化器内科学(消化器内科学特論)」

    2020年度     大学院

  • 大学院博士課程演習「消化器内科学演習(消化器病態学演習)」「消化器内科学演習(先端消化器病演習)」 大学院博士課程講義「消化器内科学(消化器内科学特論)」

    2019年度     大学院

  • 大学院博士課程演習「消化器内科学演習(消化器病態学演習)」「消化器内科学演習(先端消化器病演習)」 大学院博士課程講義「消化器内科学(消化器内科学特論)」

    2018年度     大学院

  • 臓器別講義 消化管

    2018年度     大学

  • 現代の医療

    2018年度     大学

  • 大学院博士課程演習「消化器内科学演習(消化器病態学演習)」「消化器内科学演習(先端消化器病演習)」 大学院博士課程講義「消化器内科学(消化器内科学特論)」

    2017年度     大学院

  • 機能性消化管障害の診断・治療

    2017年度     大学院

  • 臓器別講義 消化管

    2017年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 機能性消化管障害の診断・治療

    機関名:大阪市立大学大学院医学研究科

  • 臓器別講義 消化管

    機関名:大阪市立大学医学部

  • 現代の医療

    機関名:大阪市立大学

FD活動

  • 教育方法の改善   2023年度

  • FD活動への貢献  2023年度

  • FD活動への貢献   2022年度

     詳細を見る

    FD活動への貢献

  • 教育方法の改善   2022年度

     詳細を見る

    教育方法の改善

  • FD活動への貢献  2021年度

  • 教育方法の改善  2021年度

  • 教育方法の改善  2020年度

  • FD活動への貢献  2020年度

  • FD活動への貢献  2019年度

  • 教育方法の改善  2018年度

     詳細を見る

    消化器内科学講座 教務係、M5 ユニット型CC・OSCE担当、M3・4 臓器別講義 時間割等の作成担当、M4 外来型CCファシリテーター、M6CC担当

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    FD講習会参加

  • 教育方法の改善  2017年度

     詳細を見る

    M4外来型Clinical Clerkship ファシリテーターアシスタント

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    臨床研修指導医養成のためのワークショップ修了、FD講習会参加

▼全件表示

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2021年度

  • 2020年度

  • 2019年度

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:海外留学生指導

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:M3・4 臓器別講義 時間割等作成担当、M5 ユニット型CC・OSCE担当等

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:海外留学生指導

▼全件表示

社会貢献活動

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン 改訂第2版で何が変わったのか?~漢方薬の位置づけを含めて~

    役割:講師

    日本消化器病学会近畿支部  日本消化器病学会近畿支部第117回例会ランチョンセミナー4   2022年10月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン 改訂第2版の要点 ~六君子湯の位置づけも含めて~

    役割:講師

    浪速区医師会  浪速区医師会学術講演会   2022年05月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 機能性ディスペプシア診療ガイドライン第2版の改訂ポイント ~漢方薬の今の位置づけを含めて~

    役割:講師

    日本消化器内視鏡学会  第103回日本消化器内視鏡学会総会 ランチョンセミナー   2022年05月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 大阪社会医療センター付属病院での医療に関する社会貢献

    2019年04月 - 2020年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:その他

  • ご存知ですか?ピロリ菌と胃がんについて

    役割:講師

    あべのハルカス メディカルモール、MedCity21  ハルカス大学 MedCity21医学講座 第10回  あべのハルカス25階 会議室E  2016年01月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:150(人)

    あべのハルカス内メディカルモール主催の市民公開講座「ハルカス大学プロジェクト」の「第10回 MedCity21医学講座」にて、「ご存知ですか?ピロリ菌と胃がんについて」という講義を行った。

  • ピロリ菌と胃がん

    役割:講師

    あべのハルカス メディカルモール、MedCity21  ハルカス大学 MedCity21医学講座 第5回  あべのハルカス25階 会議室E  2015年03月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:150(人)

    あべのハルカス内メディカルモール主催の市民公開講座「ハルカス大学プロジェクト」の「第5回 MedCity21医学講座」にて、「ピロリ菌と胃がん」という講義を行った。

▼全件表示

メディア報道

  • Realtime monitoring with a wearable device reveals IBS-related changes インターネットメディア

    Asia Research News  2023年01月

  • Realtime monitoring with a wearable device reveals IBS-related changes インターネットメディア

    AlphaGalileo  2023年01月

  • Realtime monitoring with a wearable device reveals IBS-related changes インターネットメディア

    EurekAlert!  2023年01月

  • International Press release「Realtime monitoring with a wearable device reveals IBS-related changes」

    2023年01月

  • プレスリリース「過敏性腸症候群に関する研究 ウェアラブルデバイスで自律神経活動を測定 交感神経が排便前後の病態に関与」

    2022年12月

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 機能性消化管障害の診断、治療

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:大学生, 大学院生, 社会人・一般, 企業, 市民団体

独自項目・特記事項(社会活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:Journal of Gastroenterology, Associate editor (機関紙編集委員会JG 委員)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化器病学会ガイドライン委員会
    機能性ディスペプシア(FD)作成委員会
    委員

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化管学会 広報委員

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化管学会 広報委員

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:Journal of Gastroenterology, Associate editor (機関紙編集委員会JG 委員)

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化器病学会ガイドライン委員会
    機能性ディスペプシア(FD)作成委員会
    委員

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化器病学会ガイドライン委員会
    機能性ディスペプシア(FD)作成委員会
    委員

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:Journal of Gastroenterology, Associate editor (機関紙編集委員会JG 委員)

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化器病学会ガイドライン委員会
    機能性ディスペプシア(FD)作成委員会
    委員

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化器病学会ガイドライン委員会
    機能性ディスペプシア(FD)作成委員会
    委員

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:日本消化器病学会ガイドライン委員会
    機能性ディスペプシア(FD)作成委員会
    委員

▼全件表示

国際交流活動

  • M5CC 海外留学生の指導

    活動区分 :教育

    2018年04月 - 2019年03月

その他

  • 職務経歴

    2022年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪公立大学大学院 医学研究科 消化器内科学 准教授

  • 職務経歴

    2021年07月 - 2022年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学 准教授

  • 職務経歴

    2017年04月 - 2021年06月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学 講師

  • 職務経歴

    2014年04月 - 2017年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 先端予防医療学 講師

  • 職務経歴

    2011年04月 - 2014年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学 後期臨床研究医

  • 職務経歴

    2004年04月 - 2008年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 消化器内科学 大学院生

  • 職務経歴

    2002年11月 - 2003年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 第三内科 研修医

  • 職務経歴

    2001年05月 - 2002年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 研修医

▼全件表示