2024/04/04 更新

写真a

トヨカワ タカヒロ
豊川 貴弘
TOYOKAWA Takahiro
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学  / 消化器外科学

研究キーワード

  • 食道癌、胃癌

研究概要

  • 食道癌、胃癌の集学的治療

研究歴

  • StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としてのTS-1+Docetaxel併用 療法とTS-1単独療法のランダム化比較第Ⅲ相試験(JACCRO GC-07(START-2)) におけるバイオマーカー研究(JACCRO GC-07AR2)

    胃癌、補助化学療法、予後因子  国内共同研究

    2018年05月 - 継続中 

  • 食道癌周術期の侵襲が合併症および予後に与える影響

    食道癌、周術期、炎症、予後  個人研究

    2018年05月 - 継続中 

  • 食道癌患者へのDCF療法時における成分栄養剤の口腔粘膜炎抑制作用の検討 -エレンタール®非投与群を対照群としたランダム化第Ⅲ相比較臨床試験-

    食道癌、術前化学療法、口腔粘膜炎、エレンタール 

    2017年01月 - 継続中 

  • 食道癌における免疫・栄養指標の意義

    食道癌、栄養、炎症、免疫  個人研究

    2015年06月 - 継続中 

  • 胃癌における免疫・栄養指標の意義

    胃癌、栄養、炎症、免疫  個人研究

    2015年01月 - 継続中 

  • 胃癌取扱い規約13版におけるStage IB胃癌の 予後因子に関する検討

    胃癌、予後因子  個人研究

    2014年04月 - 2016年03月 

  • StageⅢの治癒切除胃癌に対する術後補助化学療法としての TS-1+Docetaxel併用療法とTS-1単独療法の ランダム化比較第Ⅲ相試験 JACCRO GC-07(START-2)

    胃癌、補助化学療法、TS-1  国内共同研究

    2013年08月 - 継続中 

  • ハイリスク消化管間質腫瘍(GIST)に対する 完全切除後の治療に関する研究

    GIST、完全切除  国内共同研究

    2013年08月 - 継続中 

  • 内視鏡的粘膜下層剥離術後の適応外病変に対する 追加手術に関する検討

    胃癌、内視鏡的粘膜下層切開術、手術  個人研究

    2013年06月 - 継続中 

学歴

  • 三重大学   医学部    

論文

  • Involvement of CX3CR1(+) cells appearing in the abdominal cavity in the immunosuppressive environment immediately after gastric cancer surgery.

    Natsuki S, Yoshii M, Tanaka H, Mori T, Deguchi S, Miki Y, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Maeda K

    World journal of surgical oncology   22 ( 1 )   74   2024年03月

     詳細を見る

  • Effects of an artificial pancreas on postoperative inflammation in patients with esophageal cancer.

    Miyauchi R, Miki Y, Kasashima H, Fukuoka T, Yoshii M, Tamura T, Shibutani M, Toyokawa T, Lee S, Maeda K

    BMC surgery   24 ( 1 )   77   2024年03月

     詳細を見る

  • Results of the interim analysis of a prospective, multicenter, observational study of small subepithelial lesions in the stomach

    Iwamuro M.

    Digestive Endoscopy   36 ( 3 )   323 - 331   2024年03月( ISSN:09155635

     詳細を見る

  • Optimal extent of lymph node dissection for high-risk gastric cancer stratified by a national clinical database risk calculator.

    Kuroda K, Miki Y, Kasashima H, Yoshii M, Fukuoka T, Tamura T, Shibutani M, Toyokawa T, Lee S, Maeda K

    World journal of surgery   2024年02月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

  • Evaluation of Intraoperative Neural Monitoring During Thoracoscopic Surgery for Esophageal Cancer.

    Lee S, Fujiwara Y, Gyobu K, Tamura T, Toyokawa T, Miki Y, Yoshii M, Kasashiima H, Fukuoka T, Shibutani M, Osugi H, Maeda K

    Anticancer research   44 ( 1 )   157 - 166   2024年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • A Case of Sigmoid Colon Cancer with Simultaneous Solitary Adrenal Metastasis Refractory to Preoperative Diagnosis

    Saito T.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 13 )   1557 - 1559   2023年12月( ISSN:03850684

  • A Case of Robot-Assisted Abdominoperineal Resection Alongside En Bloc Prostatectomy and Vesico-Urethral Anastomosis for Local Recurrence

    Omori I.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 13 )   1482 - 1484   2023年12月( ISSN:03850684

  • A Case of Late Recurrence of Anal Canal Carcinoma after Surgery, Discovered following the Diagnosis of a Subcutaneous Tumor in the Perineal Region

    Naito N.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 13 )   1495 - 1497   2023年12月( ISSN:03850684

  • A Case of Advanced Recurrent Rectal Cancer Successfully Treated by Rechallenge Therapy with an Anti-Epidermal Growth Factor Receptor(EGFR)Drug

    Sakuma T.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 13 )   1504 - 1506   2023年12月( ISSN:03850684

  • 術前診断に難渋した同時性孤発性副腎転移を有するS状結腸癌の1例

    斉藤 健, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 笠島 裕明, 北山 紀州, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 李 栄柱, 田中 浩明, 加藤 実, 平山 幸良, 松江 泰佑, 増田 一輝, 内田 潤次, 前田 清

    癌と化学療法   50 ( 13 )   1557 - 1559   2023年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は72歳,男性。腹部違和感を主訴に前医を受診し,腹部単純CT検査で12cm大の左副腎腫瘍を指摘され当院へ紹介となった。内分泌スクリーニング検査では主項目は正常値であり,副腎機能亢進は認めなかった。病変の大きさから悪性を疑い,質的診断目的に腹部造影CT検査を施行したところ,S状結腸に約6cmにわたる壁肥厚を認めた。下部消化管内視鏡検査を施行したところ,S状結腸に全周性の2型腫瘍を認めた。生検結果は中分化管状腺癌であった。腫瘍マーカーはCEA23.1ng/mL,CA19-9 962U/mLであった。副腎腫瘍に関してはその大きさから悪性を疑ったが,画像検査では原発性,転移性の診断には至らなかった。S状結腸と副腎以外に病変は認めず,原発性副腎癌,転移性副腎癌のいずれにせよ完全切除が可能と判断し,診断と治療を兼ねてS状結腸切除術および左副腎合併切除術を施行した。病理組織学的検査にて副腎腫瘍の組織像が大腸癌の組織像に類似していたため,S状結腸癌の左副腎転移と診断した。(著者抄録)

  • 抗EGFR抗体薬リチャレンジ療法が著効した進行再発大腸癌の1例

    佐久間 崇, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 笠島 裕明, 西山 方規, 福井 康裕, 夏木 誠司, 西山 毅, 丸尾 晃司, 三木 友一朗, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 李 栄柱, 前田 清

    癌と化学療法   50 ( 13 )   1504 - 1506   2023年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は75歳,男性。直腸RS癌(pT3N2aM0,Stage IIIb)術後,異時性肝転移切除術後。RAS野生型,BRAF野生型,MSI陰性,HER2陰性。残肝再発および肺転移に対し,FOLFIRI+PANI,mFOLFOX6,FTD/TPI,REG療法を行ってきたが,後方治療の最終ラインでPDと判定した。全身状態が安定しておりliquid biopsyでRAS野生型であったため,抗EGFR抗体薬リチャレンジ療法(CET+IRI)を導入した。4コース終了後に転移巣の著明な縮小を認め,また腫瘍マーカーも正常化した。現在も治療継続中である。抗EGFR抗体薬は一定の休薬期間を置くことで感受性の高い集団が再度増加し,再投与によって治療効果が得られる場合がある。自験例のような最終ライン不応例において,治療選択肢の一つとして有用であると考えられた。(著者抄録)

  • 前立腺浸潤を伴う直腸癌術後局所再発に対する尿道再建を伴うロボット支援下手術の1例

    大森 威来, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 笠島 裕明, 北山 紀州, 三木 友一朗, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 加藤 実, 山崎 健史, 内田 潤次, 前田 清

    癌と化学療法   50 ( 13 )   1482 - 1484   2023年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は66歳,男性。既往歴,併存症なし。直腸癌,cT4aN3M0,cStage IIIcに対し,術前化学放射線療法後に腹腔鏡下直腸低位前方切除術(D3郭清,R0切除)を施行した。術後補助化学療法としてCAPOXを8コース施行した。術後1年目の腹部造影CT検査にて前立腺浸潤を伴う吻合部近傍の骨盤内再発を指摘され,術前化学療法としてFOLFIRI+panitumumabを12コース施行後,再発病変の縮小および他の遠隔再発が存在しないことを確認した上でロボット支援下腹会陰式直腸切断術,前立腺合併切除,尿道膀胱吻合術を施行した。術後経過は良好で,術後12日目に軽快退院となった。術後7ヵ月現在,再発なく経過しており,また手術直後に認めた尿失禁も徐々に改善し現在は排尿障害を認めていない。今回われわれは,前立腺浸潤を伴う直腸癌術後局所再発に対して,尿道再建を含めロボット支援下で安全に治療し得た1例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 会陰部皮下腫瘍を契機に発見された肛門管癌術後晩期再発の1例

    内藤 信裕, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 笠島 裕明, 宮本 裕成, 西 智史, 出口 惣大, 北山 紀州, 三木 友一朗, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 李 栄柱, 田中 浩明, 前田 清

    癌と化学療法   50 ( 13 )   1495 - 1497   2023年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は82歳,男性。X-6年,肛門管癌,左鼠径リンパ節腫大に対して腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術および左鼠径リンパ節郭清を含むD3リンパ節郭清術を施行した。左鼠径リンパ節に転移を認め,最終病理診断はpT1bN2aM0,pStage IIIaであった。術後補助化学療法としてCAPOX療法を8コース完遂した。術後5年間無再発にて経過し終診となった。X年,会陰部の皮下腫瘍を自覚し再発の可能性を疑われ,精査加療目的に当院を紹介受診した。針生検の結果,肛門管癌術後再発と診断し,会陰部皮下腫瘍切除術を施行した。今回われわれは,肛門管癌術後6年目に会陰部皮下腫瘍を契機に発見された肛門管癌術後晩期再発の1例を経験したため,若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • [A Case of Sigmoid Colon Cancer with Simultaneous Solitary Adrenal Metastasis Refractory to Preoperative Diagnosis].

    Saito T, Shibutani M, Fukuoka T, Kasashima H, Kitayama K, Tamura T, Toyokawa T, Ree S, Tanaka H, Kato M, Hirayama Y, Matsue T, Masuda K, Uchida J, Maeda K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 13 )   1557 - 1559   2023年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A Case of Robot-Assisted Abdominoperineal Resection Alongside En Bloc Prostatectomy and Vesico-Urethral Anastomosis for Local Recurrence].

    Omori I, Shibutani M, Fukuoka T, Kasashima H, Kitayama K, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Kato M, Yamazaki T, Uchida J, Maeda K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 13 )   1482 - 1484   2023年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A Case of Late Recurrence of Anal Canal Carcinoma after Surgery, Discovered following the Diagnosis of a Subcutaneous Tumor in the Perineal Region].

    Naito N, Shibutani M, Fukuoka T, Kasashima H, Miyamoto H, Nishi S, Deguchi S, Kitayama K, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Tanaka H, Maeda K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 13 )   1495 - 1497   2023年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A Case of Advanced Recurrent Rectal Cancer Successfully Treated by Rechallenge Therapy with an Anti-Epidermal Growth Factor Receptor(EGFR)Drug].

    Sakuma T, Shibutani M, Fukuoka T, Kasashima H, Nishiyama M, Fukui Y, Natsuki S, Nishiyama T, Maruo K, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Maeda K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 13 )   1504 - 1506   2023年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • Usefulness of Biopsy Specimens for Evaluating CD103(+) Tumor-resident Memory T Cells in Esophageal Cancer.

    Natsuki S, Miki Y, Tanaka H, Nishiyama M, Kasashima H, Fukuoka T, Yoshii M, Tamura T, Shibutani M, Toyokawa T, Lee S, Maeda K

    Anticancer research   43 ( 11 )   4823 - 4832   2023年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Preoperative Frailty Assessed Comprehensively by a Questionnaire Predicts a Poor Survival Following Curative Resection of Gastric Cancer.

    Tamura T, Sakurai K, Ryu K, Murata T, Miyamoto H, Nishi S, Deguchi S, Nambara M, Miki Y, Yoshii M, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Lee S, Ohira M, Maeda K

    Cancer diagnosis & prognosis   3 ( 6 )   687 - 694   2023年11月

     詳細を見る

  • Significance of CD103(+) tissue-resident memory T cells for predicting the effectiveness of immune checkpoint inhibitors in esophageal cancer.

    Natsuki S, Tanaka H, Nishiyama M, Deguchi S, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Maeda K

    BMC cancer   23 ( 1 )   1011   2023年10月

     詳細を見る

  • A case of a thoracic duct cyst extending from the mediastinum to the cisterna chyli resected using bilateral thoracoscopic surgery in the prone position.

    Miyamoto H, Lee S, Ishidate T, Kuroda K, Kasashima H, Miki Y, Yoshii M, Fukuoka T, Tamura T, Shibutani M, Toyokawa T, Maeda K

    Surgical case reports   9 ( 1 )   171   2023年09月( ISSN:2198-7793

     詳細を見る

  • The Role of Cancer-Associated Fibroblasts in Modulating Tumor Immunity in Colorectal Cancer

    Kasashima H.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 9 )   958 - 959   2023年09月( ISSN:03850684

  • [The Role of Cancer-Associated Fibroblasts in Modulating Tumor Immunity in Colorectal Cancer].

    Kasashima H, Fukui Y, Kitayama K, Miki Y, Yoshii M, Fukuoka T, Tamura T, Shibutani M, Toyokawa T, Ree S, Tanaka H, Yashiro M, Maeda K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 9 )   958 - 959   2023年09月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • A case of a thoracic duct cyst extending from the mediastinum to the cisterna chyli resected using bilateral thoracoscopic surgery in the prone position(タイトル和訳中)

    Miyamoto Hironari, Lee Shigeru, Ishidate Takemi, Kuroda Kenji, Kasashima Hiroaki, Miki Yuichiro, Yoshii Mami, Fukuoka Tatsunari, Tamura Tatsuro, Shibutani Masatsune, Toyokawa Takahiro, Maeda Kiyoshi

    Surgical Case Reports   9   1 of 8 - 8 of 8   2023年09月

  • 症例報告 好酸球性食道炎に対して腹腔鏡下噴門側胃切除術,下部食道切除術が奏効した1例

    遠藤 秀生, 三木 友一朗, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 前田 清

    日本内視鏡外科学会雑誌   28 ( 4 )   221 - 227   2023年07月( ISSN:13446703

     詳細を見る

  • 好酸球性食道炎に対して腹腔鏡下噴門側胃切除術,下部食道切除術が奏効した1例

    遠藤 秀生, 三木 友一朗, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 前田 清

    日本内視鏡外科学会雑誌   28 ( 4 )   221 - 227   2023年07月( ISSN:1344-6703

     詳細を見る

    <文献概要>好酸球性食道炎(以下,EoE)は食道上皮への好酸球浸潤を特徴とする食道運動障害や器質的狭窄を引き起こす疾患である.今回,内科的治療に難渋したEoEに対して手術加療を行った1例を経験したため報告する.症例は67歳,男性.2021年4月に脱水・嘔吐を主訴に前医を受診した.上部消化管内視鏡検査で下部食道に縦走潰瘍および白斑を認めた.生検の結果,60個/HPFの好酸球浸潤を認め,EoEの診断となった.薬物治療を含む各種内科的治療に抵抗性であったため当院紹介となり,腹腔鏡下下部食道・噴門側胃切除を施行した.術後,食事摂取良好であった.内科的治療が奏効しない場合,外科的治療が有効である可能性がある.

  • 囊胞形成を伴う大網原発消化管間質腫瘍の1例

    上坂 侑子, 三木 友一朗, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 大平 雅一, 前田 清

    日本消化器外科学会雑誌   56 ( 6 )   356 - 365   2023年06月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    <p>症例は56歳の女性で,主訴は右季肋部痛であった.造影CTで囊胞部分を伴う10 cm大の大網あるいは腸間膜の腫瘍を認めた.充実性部分が早期濃染を示したため消化管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor;以下,GISTと略記)の可能性が示唆された.囊胞成分が多く穿刺による組織診断が不可能であり,確定診断および治療目的に腫瘤切除術を施行した.開腹すると10 cm×7.5 cmの腫瘤を認め,囊胞部分は周囲と境界明瞭,充実性部分は大網と癒着,横行結腸間膜前葉への浸潤なく大網由来の腫瘤と考えた.囊胞損傷なきよう腫瘤を摘出し,病理組織学的検査でGISTと診断した.GISTの頻度は10万人に1~2人とされ,なかでも大網原発GISTは極めてまれである.過去の報告例では3割以上が囊胞を伴い,大網や腸間膜に存在する囊胞を伴う多血性腫瘤はGISTを念頭に置く必要がある.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2022.0082

  • 嚢胞形成を伴う大網原発消化管間質腫瘍の1例

    上坂 侑子, 三木 友一朗, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 大平 雅一, 前田 清

    日本消化器外科学会雑誌   56 ( 6 )   356 - 365   2023年06月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    症例は56歳の女性で,主訴は右季肋部痛であった.造影CTで嚢胞部分を伴う10cm大の大網あるいは腸間膜の腫瘍を認めた.充実性部分が早期濃染を示したため消化管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor;以下,GISTと略記)の可能性が示唆された.嚢胞成分が多く穿刺による組織診断が不可能であり,確定診断および治療目的に腫瘤切除術を施行した.開腹すると10cm×7.5cmの腫瘤を認め,嚢胞部分は周囲と境界明瞭,充実性部分は大網と癒着,横行結腸間膜前葉への浸潤なく大網由来の腫瘤と考えた.嚢胞損傷なきよう腫瘤を摘出し,病理組織学的検査でGISTと診断した.GISTの頻度は10万人に1~2人とされ,なかでも大網原発GISTは極めてまれである.過去の報告例では3割以上が嚢胞を伴い,大網や腸間膜に存在する嚢胞を伴う多血性腫瘤はGISTを念頭に置く必要がある.(著者抄録)

  • 食道扁平上皮癌の転移リンパ節における腫瘍常在記憶T細胞の予後的意義(Prognostic relevance of tumor-resident memory T cells in metastatic lymph nodes of esophageal squamous cell carcinoma)

    Natsuki Seiji, Tanaka Hiroaki, Nishiyama Masaki, Mori Takuya, Deguchi Sota, Miki Yuichiro, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Lee Shigeru, Maeda Kiyoshi

    Cancer Science   114 ( 5 )   1846 - 1858   2023年05月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    反回神経リンパ節(No.106rec)における腫瘍常在記憶(TRM)細胞を対象に、食道扁平上皮癌の腫瘍排出リンパ節内の抗腫瘍免疫応答が予後に寄与するか検討した。2011年から2017年までに当院で胸部食道癌に対する根治的食道切除術を受けた患者462例について106recリンパ節の臨床的意義とTRM細胞を調査し、No.106recリンパ節転移を示した84例(60歳以上:63例)を対象とした。免疫組織化学検査によりTRM細胞を解析し、フローサイトメトリーによりTRM細胞の機能を調査した。その結果、TRM細胞は転移リンパ節と原発腫瘍の両方で観察された。TRM細胞が豊富な標本では、TRM細胞が乏しい標本と比較して、リンパ管侵襲とリンパ節転移が減少し、生存期間が延長していた。転移リンパ節におけるTRM細胞は、原発腫瘍におけるTRM細胞よりも生存期間の延長と有意に関連していた。TRM細胞は細胞傷害性マーカーとしてグランザイムBを高レベルで発現していた。以上より、転移リンパ節におけるTRM細胞の高い浸潤が生存を改善することが示唆された。

  • Prognostic relevance of tumor-resident memory T cells in metastatic lymph nodes of esophageal squamous cell carcinoma.

    Natsuki S, Tanaka H, Nishiyama M, Mori T, Deguchi S, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Maeda K

    Cancer science   114 ( 5 )   1846 - 1858   2023年05月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

  • Dorsal Subcutaneous Fat Thickness as a Risk Factor for Pancreatic Fistula After Gastric Cancer Surgery.

    Miyamoto H, Yoshii M, Tanaka H, Nishi S, Deguchi S, Miki Y, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Maeda K

    Anticancer research   43 ( 5 )   2171 - 2178   2023年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • The Evaluation of Sarcopenia before Neoadjuvant Chemotherapy Is Important for Predicting Postoperative Pneumonia in Patients with Esophageal Cancer.

    Nishi S, Miki Y, Imai T, Nambara M, Miyamoto H, Tamura T, Yoshii M, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Maeda K

    Digestive surgery   40 ( 5 )   153 - 160   2023年( ISSN:0253-4886

     詳細を見る

  • A Case of Late Recurrence of Esophageal Cancer, 15 Years after Surgery

    Miyamoto H.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   49 ( 13 )   1570 - 1572   2022年12月( ISSN:03850684

  • 食道癌術後15年目に認めた超晩期再発の1例

    宮本 裕成, 田村 達郎, 西 智史, 出口 惣大, 三木 友一朗, 吉井 真美, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 前田 清

    癌と化学療法   49 ( 13 )   1570 - 1572   2022年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は79歳,男性。2006年に食道癌に対して根治術を施行された。術後補助化学療法は施行せず経過観察としていたが,2021年に右頸部腫脹を主訴に受診し,精査を行ったところ食道癌術後右頸部リンパ節再発と診断された。今回われわれは,術後15年の長期間経過後に転移再発を認めた食道癌超晩期再発症例を経験したので,文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • A Multi-institutional Study to Diagnose the Risk of Lymph Node Metastasis Using a CRP Genetic Polymorphism Test Kit in pT1, cN0 Thoracic Esophageal Squamous Cell Carcinoma.

    Motoyama S, Hosaka M, Kamei T, Ueno M, Watanabe M, Ohkura YU, Mine S, Tanabe S, Toyokawa T, Wakita A, Nishikawa K, Ninomiya I, Fujita K, Kanda M, Hirai M, Hoshi M, Chiu SW, Takata M, Yamaguchi T, Miura M

    Anticancer research   42 ( 12 )   6105 - 6112   2022年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • [A Case of Late Recurrence of Esophageal Cancer, 15 Years after Surgery].

    Miyamoto H, Tamura T, Nishi S, Deguchi S, Miki Y, Yoshii M, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Maeda K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   49 ( 13 )   1570 - 1572   2022年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • ロボット支援下胃切除術後に出血を契機に診断された後天性血友病の1例

    西 智史, 三木 友一朗, 吉井 真美, 宮本 裕成, 南原 幹男, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 大平 雅一

    日本消化器外科学会雑誌   55 ( 10 )   625 - 632   2022年10月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    <p>ロボット支援下胃切除術後の周術期に,腹腔内出血・消化管出血を契機に診断された後天性血友病Aの1例を経験したので報告する.症例は79歳の男性で,胃癌に対してロボット支援下幽門側胃切除術を施行された.手術時間は6時間8分,術中出血量は10 mlであった.術後に貧血を認め,術後2日目にCT,上部消化管内視鏡検査を行い,胃内に血腫を認めた.活動性出血はなく輸血を行うも創部,腹腔内,消化管内の微小出血による貧血が遷延し,血液検査にてAPTT 63.9秒と凝固異常を認めた.精査の結果,第VIII因子6%,第VIII凝固因子インヒビター27 BU/mlであり後天性血友病の診断に至った.第VII第X凝固因子製剤によるバイパス療法とステロイド投与による治療を開始し,治療開始後約2週間で凝固障害の改善傾向を認め,術後23日に軽快退院となった.担癌患者に原因不明の凝固異常を呈した場合,本疾患も鑑別として想起すべきと考えられた.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2021.0140

  • ロボット支援下胃切除術後に出血を契機に診断された後天性血友病の1例

    西 智史, 三木 友一朗, 吉井 真美, 宮本 裕成, 南原 幹男, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 大平 雅一

    日本消化器外科学会雑誌   55 ( 10 )   625 - 632   2022年10月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    ロボット支援下胃切除術後の周術期に,腹腔内出血・消化管出血を契機に診断された後天性血友病Aの1例を経験したので報告する.症例は79歳の男性で,胃癌に対してロボット支援下幽門側胃切除術を施行された.手術時間は6時間8分,術中出血量は10mlであった.術後に貧血を認め,術後2日目にCT,上部消化管内視鏡検査を行い,胃内に血腫を認めた.活動性出血はなく輸血を行うも創部,腹腔内,消化管内の微小出血による貧血が遷延し,血液検査にてAPTT 63.9秒と凝固異常を認めた.精査の結果,第VIII因子6%,第VIII凝固因子インヒビター27BU/mlであり後天性血友病の診断に至った.第VII第X凝固因子製剤によるバイパス療法とステロイド投与による治療を開始し,治療開始後約2週間で凝固障害の改善傾向を認め,術後23日に軽快退院となった.担癌患者に原因不明の凝固異常を呈した場合,本疾患も鑑別として想起すべきと考えられた.(著者抄録)

  • The safe removal of a superior mediastinal foreign body by mediastinoscopy: a case report.

    Sakuma T, Tamura T, Nambara M, Gyobu K, Yoshii M, Toyokawa T, Lee S, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M, Maeda K

    Surgical case reports   8 ( 1 )   174   2022年09月( ISSN:2198-7793

     詳細を見る

  • 縦隔鏡を用いて行った上縦隔の異物の安全な除去 症例報告(The safe removal of a superior mediastinal foreign body by mediastinoscopy: a case report)

    Sakuma Takashi, Tamura Tatsuro, Nambara Mikio, Gyobu Ken, Yoshii Mami, Toyokawa Takahiro, Lee Shigeru, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Maeda Kiyoshi

    Surgical Case Reports   8   1 of 5 - 5 of 5   2022年09月

     詳細を見る

    症例は74歳男性。庭で剪定作業を行っている際に梯子から転落し、アザレアの枝が左側の胸鎖乳突筋に刺さる事故を起こした。直ちに近医へ搬送され、当日のうちにその除去手術を受けた。以後は無症状であったが、4ヵ月後に嗄声を自覚し始めたため再受診した。精査の結果、刺さった枝が残存していることが疑われたため、上縦隔内の異物の外科的管理を目的に当科へ紹介された。上部消化管内視鏡検査では胸部上部食道の前壁に隆起病変を認め、造影CTでは上縦隔の気管と食道の間に当たる位置に直線形状で約10×45mm大の異物が描出された。異物除去手術を実施し、圧を5~8cmH2Oかける気縦隔下でビデオ縦隔鏡を挿入した。その結果、広い術視野が得られ、瘢痕組織を切開して4cm長のアザレアの枝を注意深く安全に除去することに成功した。処置中に他の縦隔臓器を損傷することは無かった。手術時間は166分、出血量は45mlであった。手術から5日目に合併症のみられない状態で退院した。以降、4ヵ月毎に行った経過観察では創傷治癒が良好であることが確認されたが患者は嗄声を依然として自覚しており、そのため音声リハビリテーションが実施された。

  • A Case Report of Psoas Abscess Formation Caused by Mucinous Cystadenocarcinoma

    Nishi S.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   49 ( 8 )   897 - 899   2022年08月( ISSN:03850684

  • 腸腰筋膿瘍を契機に発見された粘液性嚢胞腺癌の1例

    西 智史, 福岡 達成, 井関 康仁, 澁谷 雅常, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 前田 清

    癌と化学療法   49 ( 8 )   897 - 899   2022年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は65歳、女性。約2ヵ月前からの立位困難感を主訴に、近医を受診した。腹部所見で右下腹部に腫瘤を指摘され、精査加療目的に当科紹介となった。来院時に著明な炎症反応上昇およびCT検査にて後腹膜から右腸腰筋内に連続する膿瘍形成を認めた。また、内視鏡検査でBauhin弁背側に潰瘍を認めた。術前診断は大腸穿通による腸腰筋膿瘍で治療難治性のため、大腸癌合併を考慮し手術を施行した。術中所見では盲腸背側に腫瘍性病変を認め腸腰筋と一塊となり、同部位に膿瘍を認めた。回盲部切除、D3リンパ節郭清を施行した。病理検査結果では盲腸粘液嚢胞腺癌で最終診断はpT4b、N0、M0、pStage IIcであった。術後経過は良好で、退院後に補助化学療法としてFOLFOX6療法を8サイクル施行した。術後1年8ヵ月現在、無再発生存している。腸腰筋膿瘍を合併する大腸癌は非常にまれな病態であり、若干の文献的考察を加え報告する。(著者抄録)

  • [A Case Report of Psoas Abscess Formation Caused by Mucinous Cystadenocarcinoma].

    Nishi S, Fukuoka T, Iseki Y, Shibutani M, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Maeda K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   49 ( 8 )   897 - 899   2022年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • Clinical relevance of tertiary lymphoid structures in esophageal squamous cell carcinoma.

    Deguchi S, Tanaka H, Suzuki S, Natsuki S, Mori T, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Wanibuchi H, Ohira M

    BMC cancer   22 ( 1 )   699   2022年06月

     詳細を見る

  • Significance of tumor heterogeneity of p-Smad2 and c-Met in HER2-positive gastric carcinoma with lymph node metastasis.

    Tsujio G, Maruo K, Yamamoto Y, Sera T, Sugimoto A, Kasashima H, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Yashiro M

    BMC cancer   22 ( 1 )   598   2022年06月

     詳細を見る

  • CD103<sup>+</sup> T Cells May Be a Useful Biomarker in Borrmann Type 4 Gastric Cancer.

    Mori T, Tanaka H, Deguchi S, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    Cancer diagnosis & prognosis   2 ( 3 )   384 - 390   2022年05月

     詳細を見る

  • Prognostic impact of postoperative systemic inflammatory response in patients with stage II/III gastric cancer.

    Kuroda K, Toyokawa T, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Scientific reports   12 ( 1 )   3025   2022年02月

     詳細を見る

  • 胃癌における腫瘍内発現蛋白および遺伝子異常不均一性の検討

    辻尾 元, 丸尾 晃司, 山本 百合恵, 瀬良 知央, 杉本 敦史, 櫛山 周平, 西村 貞徳, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 笠島 裕明, 八代 正和

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   37 ( 0 )   31 - 31   2022年

  • CXCL1は有用な胃癌の予後予測マーカーである

    山本 百合恵, 丸尾 晃司, 辻尾 元, 瀬良 知央, 杉本 敦史, 櫛山 周平, 西村 貞德, 笠島 裕明, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 八代 正和

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   37 ( 0 )   29 - 30   2022年

  • Clinical efficacy of nivolumab is associated with tertiary lymphoid structures in surgically resected primary tumors of recurrent gastric cancer.

    Mori T, Tanaka H, Deguchi S, Yamakoshi Y, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    PloS one   17 ( 1 )   e0262455   2022年

  • クラスター分析による胃癌リンパ節転移および予後に関与する蛋白および遺伝子の解析

    辻尾 元, 丸尾 晃司, 山本 百合恵, 瀬良 知央, 杉本 敦史, 笠島 裕明, 三木 友一朗, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 八代 正和

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   38 ( 0 )   33 - 33   2022年

     詳細を見る

  • Impact of the COVID-19 Pandemic on Patients with Gastrointestinal Cancer Undergoing Active Cancer Treatment in an Ambulatory Therapy Center: The Patients' Perspective.

    Taira K, Nagahara H, Tanaka H, Kimura A, Nakata A, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Ohira M, Kawaguchi T, Fujiwara Y

    Healthcare (Basel, Switzerland)   9 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

  • Effect of Upfront Dose Reduction in the First Cycle of Chemotherapy for Unresectable/Recurrent Gastric Cancers in Patients Aged Over 80 Years

    Sera T.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   48 ( 13 )   1619 - 1621   2021年12月( ISSN:03850684

  • A Case of Hyperammonemic Encephalopathy following mFOLFOX6 plus Panitumumab Therapy for Rectal Cancer

    Tsujio G.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   48 ( 13 )   2073 - 2075   2021年12月( ISSN:03850684

  • mFOLFOX6+Panitumumab療法中に高アンモニア血症を来した直腸癌の1例

    辻尾 元, 六車 一哉, 江口 真平, 井関 康仁, 三木 友一朗, 吉井 真美, 福岡 達成, 田村 達郎, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 八代 正和, 大平 雅一

    癌と化学療法   48 ( 13 )   2073 - 2075   2021年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は80歳、男性。直腸S状部癌および腹膜播種に対し腹腔鏡下直腸高位前方切除術を施行した。直腸S状部癌、muc、pT4a、N3(14/15)、M1c、P1、pStage IVc、RAS/BRAF野生型の診断にて、入院の上mFOLFOX6+panitumumab(Pmab)療法を開始した。化学療法開始時の血液検査ではCr 1.45mg/dLと軽度腎機能障害を認めた。化学療法開始3日目朝より徐々に意識レベルの低下を認めた(JCSIII-200)。血液検査にて血漿アンモニア濃度338μg/dLと高値を認め、5-FUに伴う高アンモニア血症と診断し、5-FU持続静注の中止および分枝鎖アミノ酸製剤の投与を行った。意識レベルは翌朝には改善を認め、血漿アンモニア濃度も78μg/dLまで低下し、その後も意識障害は認めず退院となった。second-lineとしてCPT-11+Pmab療法へ変更し化学療法を開始したが、患者希望に1コースで投与終了とし化学療法を終了とした。今回われわれは、5-FUに起因する高アンモニア血症というまれな症例を経験したため若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • [Effect of Upfront Dose Reduction in the First Cycle of Chemotherapy for Unresectable/Recurrent Gastric Cancers in Patients Aged Over 80 Years].

    Sera T, Tamura T, Tanaka H, Kusunoki Y, Tsujio G, Okazaki Y, Sugimoto A, Miki Y, Yoshii M, Toyokawa T, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   1619 - 1621   2021年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A Case of Hyperammonemic Encephalopathy following mFOLFOX6 plus Panitumumab Therapy for Rectal Cancer].

    Tsujio G, Muguruma K, Eguchi S, Iseki Y, Miki Y, Yoshii M, Fukuoka T, Tamura T, Shibutani M, Nagahara H, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Yashiro M, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   2073 - 2075   2021年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 80歳以上の切除不能進行・再発胃癌に対する化学療法初回減量の経験

    瀬良 知央, 田村 達郎, 田中 浩明, 楠 由希奈, 辻尾 元, 岡崎 由季, 杉本 敦史, 三木 友一朗, 吉井 真美, 豊川 貴弘, 六車 一哉, 八代 正和, 大平 雅一

    癌と化学療法   48 ( 13 )   1619 - 1621   2021年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    高齢患者を対象とした化学療法はリスクが高く、治療マネジメントに工夫が必要である。今回われわれは、80歳以上の切除不能進行・再発胃癌患者に対する化学療法の初回減量効果について検討した。2020年1月〜2021年1月の間に教室にて80歳以上の切除不能進行・再発胃癌患者にS-1+L-OHP療法(SOX)を施行した6例を対象とした。初回減量群(U群:4例)のうちGrade 3以上の有害事象を来した症例は認めなかったが、通常量群(N群:2例)では1例に認めた。U群では全例が4コース以上を継続し得たが、N群は2例とも1コースで終了となっていた。治療効果としてPRを得たのは3例であり、すべてU群であった。second-lineに移行した症例はU群/N群=2例/0例であり、second-line治療を行った2例ともthird-lineまで移行し得た。80歳以上の高齢患者でも初回より減量することで有害事象の発生率を低減でき、長期の化学療法の継続が可能となることが示唆された。(著者抄録)

  • Clinical significance of coexisting histological diffuse type in stage II/III gastric cancer.

    Tanaka H, Yoshii M, Imai T, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Molecular and clinical oncology   15 ( 5 )   234   2021年11月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

  • The Optimal Definition of Sarcopenia for Predicting Postoperative Pneumonia after Esophagectomy in Patients with Esophageal Cancer.

    Nambara M, Miki Y, Tamura T, Yoshii M, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Shibata T, Ohira M

    World journal of surgery   45 ( 10 )   3108 - 3118   2021年10月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

  • Preoperative C-reactive protein to albumin ratio predicts anastomotic leakage after esophagectomy for thoracic esophageal cancer: a single-center retrospective cohort study.

    Sugimoto A, Toyokawa T, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Sakurai K, Kubo N, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    BMC surgery   21 ( 1 )   348   2021年09月

     詳細を見る

  • 胃癌患者における胃切除の糖代謝および脂質代謝へ及ぼす影響

    森 拓哉, 田中 浩明, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    日本消化器外科学会雑誌   54 ( 7 )   437 - 446   2021年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    <p><b>目的:</b>胃癌患者に対する胃切除が,体重や血糖,脂質にどのような影響を及ぼしているか検討した.<b>方法:</b>当科で2014年1月から2018年7月までに根治手術を施行した胃癌症例299例を対象とし,術後1年の体重減少率を算出した.また,糖尿病群58例における空腹時血糖値およびHbA1c値の変化,脂質異常症群74例における総コレステロール値および中性脂肪値の変化を検討した.さらに,糖尿病改善群と脂質異常改善群を定義し,それぞれ非改善群との比較を行った.<b>結果:</b>体重減少率中央値は9.45%であり,術式で有意差を認めた(胃全摘術 vs 幽門側/噴門側胃切除;14.5% vs 8.9%;<i>P</i>=0.0005).糖尿病群の平均空腹時血糖値およびHbA1c値は,150 mg/dlから128 mg/dl,7.06%から6.51%に改善していた.脂質異常症群において中性脂肪値は189 mg/dlから107 mg/dlへと著明な低下を認めた.術式別の変化を比較したが,低下の程度はともに差を認めなかった.糖尿病改善に影響する有意な因子は認めなかったが,Roux-en-Y再建が多い傾向にあった.また,脂質異常症は体重減少率高値の症例で改善している傾向にあった.<b>結語:</b>胃癌術後において,体重減少だけでなく,術前糖尿病や脂質異常症が改善し,特に糖尿病症例ではRoux-en-Y再建がよい可能性が示唆された.</p>

    DOI: 10.5833/jjgs.2020.0037

    CiNii Article

  • The duration of systemic inflammatory response syndrome is a reliable indicator of long-term survival after curative esophagectomy for esophageal squamous cell carcinoma.

    Kubo N, Sakurai K, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Ohira M

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   18 ( 3 )   548 - 558   2021年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

  • 胃癌患者における胃切除の糖代謝および脂質代謝へ及ぼす影響

    森 拓哉, 田中 浩明, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    日本消化器外科学会雑誌   54 ( 7 )   437 - 446   2021年07月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    目的:胃癌患者に対する胃切除が,体重や血糖,脂質にどのような影響を及ぼしているか検討した.方法:当科で2014年1月から2018年7月までに根治手術を施行した胃癌症例299例を対象とし,術後1年の体重減少率を算出した.また,糖尿病群58例における空腹時血糖値およびHbA1c値の変化,脂質異常症群74例における総コレステロール値および中性脂肪値の変化を検討した.さらに,糖尿病改善群と脂質異常改善群を定義し,それぞれ非改善群との比較を行った.結果:体重減少率中央値は9.45%であり,術式で有意差を認めた(胃全摘術vs幽門側/噴門側胃切除;14.5% vs 8.9%;P=0.0005).糖尿病群の平均空腹時血糖値およびHbA1c値は,150mg/dlから128mg/dl,7.06%から6.51%に改善していた.脂質異常症群において中性脂肪値は189mg/dlから107mg/dlへと著明な低下を認めた.術式別の変化を比較したが,低下の程度はともに差を認めなかった.糖尿病改善に影響する有意な因子は認めなかったが,Roux-en-Y再建が多い傾向にあった.また,脂質異常症は体重減少率高値の症例で改善している傾向にあった.結語:胃癌術後において,体重減少だけでなく,術前糖尿病や脂質異常症が改善し,特に糖尿病症例ではRoux-en-Y再建がよい可能性が示唆された.(著者抄録)

  • 全身性炎症反応症候群の期間は、食道扁平上皮癌に対する根治的食道切除後の長期生存に関連する信頼し得る因子である(The duration of systemic inflammatory response syndrome is a reliable indicator of long-term survival after curative esophagectomy for esophageal squamous cell carcinoma)

    Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi

    Esophagus   18 ( 3 )   548 - 558   2021年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    2005年から2015年の間に局在性食道扁平上皮癌(ESCC)に対して根治的食道切除術を行った222例(男性179例、女性43例、平均年齢63.7歳)を検討対象とした。(a)体温>38℃または<36℃、(b)心拍数>90回/分、(c)呼吸回数>20回/分、(d)白血球数>12000または<4000/mm3、の4項目中2項目以上を満たす場合を、全身性炎症反応症候群(SIRS)と定義した。SIRS期間は術後7日までのうちSIRSの診断基準を満たした日数と定義した。5年全生存率をエンドポイントとして描いた受信者操作特性曲線解析の結果、SIRS期間のカットオフ値は5.0日であった。222症例のうち、165例(74.4%)および57例(25.6%)がそれぞれ短期(<5.0)および長期(≧5.0)SIRSに分類された。ロジスティック回帰分析の結果、長期SIRSは、術後肺炎、術中大量出血、術後高CRP値および術後低アルブミン血症と有意に関連していた。多変量Cox比例ハザード分析の結果、長期SIRSは全生存率(OS)および癌特異的生存率(CSS)に関する有意な増悪因子であった。術後肺炎および術後高CRP値はいずれもOS、CSSの増悪因子ではなかった。

  • 手術症例報告 食道全周性脂肪腫に対し両側胸腔鏡下に腫瘍摘出術を施行した1例

    稲津 大輝, 李 栄柱, 形部 憲, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 大平 雅一

    手術   75 ( 6 )   1037 - 1043   2021年05月( ISSN:00374423

     詳細を見る

  • Clinicopathologic significance of TROP2 and phospho-TROP2 in gastric cancer 査読

    Kushiyama Shuhei, Yashiro Masakazu, Yamamoto Yurie, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Nakada Hiroshi, Ohira Masaichi

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   14 ( 5 )   105   2021年05月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2021.2267

    PubMed

  • 食道全周性脂肪腫に対し両側胸腔鏡下に腫瘍摘出術を施行した1例

    稲津 大輝, 李 栄柱, 形部 憲, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 大平 雅一

    手術   75 ( 6 )   1037 - 1043   2021年05月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    症例は56歳男性で、健診時の胸部X線異常陰影を指摘され、前医でCTを施行され縦隔腫瘍と診断され当院呼吸器外科紹介となった。検査結果および腫瘍サイズが大きいことより、臨床的には食道の全周性に局在する高分化型脂肪肉腫と術前診断した。左第7肋間中腋窩線に12mmポート、左第5肋間中腋窩線に5mmポート、左第9肋間前腋窩線に12mmポートを留置し、炭酸ガス陽圧気胸下に左胸腔鏡手術を行った。さらに、右第5、7肋間中腋窩線に12mmポート、右第8肋間後腋窩線に5mmポート、右第9肋間前縦窩線に5mmポートを留置し、左側と同様に陽圧気胸下に右胸腔鏡手術を行った。HE染色での診断では異型の乏しい脂肪細胞の増殖がみられ、形態での高分化型脂肪肉腫との鑑別は困難であるが、脂肪腫との診断となった。術後に軽度の胃排出遅延を認めたが早期に改善し、術18日後に軽快退院した。

  • 胃癌における三次リンパ構造は有効な腫瘍常在型T細胞の浸潤を示す(Tertiary lymphoid structures show infiltration of effective tumor-resident T cells in gastric cancer)

    Mori Takuya, Tanaka Hiroaki, Suzuki Shugo, Deguchi Sota, Yamakoshi Yoshihito, Yoshii Mami, Miki Yuichiro, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Lee Shigeru, Muguruma Kazuya, Wanibuchi Hideki, Ohira Masaichi

    Cancer Science   112 ( 5 )   1746 - 1757   2021年05月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    胃癌に浸潤したCD103(インテグリン接着分子αEβ7)を発現するT細胞と三次リンパ構造(TLS)との関連性と臨床的意義について検討した。CD103+T細胞は、CD8+T細胞を伴って胃癌の腫瘍上皮に観察され、胃癌の予後改善と関連していた。また、CD103+T細胞はTLSの周辺に存在し、CD103が強陽性の患者はTLSが豊富であった。CD103強陽性T細胞と豊富なTLSの両方を有する患者は、CD103弱陽性T細胞と乏しいTLSを有する患者よりも予後が良好であった。さらに、PD-1遮断療法を受けた患者では、CD103強陽性と豊富なTLSが良好な反応を予測した。CD103+CD8+T細胞の特徴として、CD103-CD8+T細胞に比べて、PD-1、グランザイムB、インターフェロン-γを高発現していた。以上より、胃癌に浸潤したCD103+CD8+細胞はTLSと相関しており、その結果としてCD103+CD8+細胞の胃癌に対する抗腫瘍免疫応答が促進することが示唆された。

  • Tertiary lymphoid structures show infiltration of effective tumor-resident T cells in gastric cancer.

    Mori T, Tanaka H, Suzuki S, Deguchi S, Yamakoshi Y, Yoshii M, Miki Y, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Wanibuchi H, Ohira M

    Cancer science   112 ( 5 )   1746 - 1757   2021年05月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

  • Clinicopathologic significance of TROP2 and phospho-TROP2 in gastric cancer.

    Kushiyama S, Yashiro M, Yamamoto Y, Sera T, Sugimoto A, Nishimura S, Togano S, Kuroda K, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Nakada H, Ohira M

    Molecular and clinical oncology   14 ( 5 )   105   2021年05月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

  • Association between the preoperative neutrophil-to-lymphocyte ratio and tertiary lymphoid structures surrounding tumor in gastric cancer 査読

    Yamakoshi Yoshihito, Tanaka Hiroaki, Sakimura Chie, Mori Takuya, Deguchi Sota, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Lee Shigeru, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   14 ( 4 )   76   2021年04月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2021.2238

    PubMed

  • Association between the preoperative neutrophil-to-lymphocyte ratio and tertiary lymphoid structures surrounding tumor in gastric cancer.

    Yamakoshi Y, Tanaka H, Sakimura C, Mori T, Deguchi S, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Molecular and clinical oncology   14 ( 4 )   76 - 9   2021年04月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

  • Tertiary lymphoid structures show infiltration of effective tumor-resident T cells in gastric cancer. 査読

    Mori T, Tanaka H, Suzuki S, Deguchi S, Yamakoshi Y, Yoshii M, Miki Y, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Wanibuchi H, Ohira M

    Cancer science   2021年03月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14888

    PubMed

  • [A Case of the Large Rectal GIST Treated by Laparoscopic Anus Preserving Operation after Neoadjuvant Therapy with Imatinib Mesylate]. 査読

    Matsuzuka S, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 3 )   385 - 387   2021年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Induction of Immunogenic Cell Death of Esophageal Squamous Cell Carcinoma by 5-Fluorouracil and Cisplatin. 査読

    Nishimura J, Deguchi S, Tanaka H, Yamakoshi Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    In vivo (Athens, Greece)   35 ( 2 )   743 - 752   2021年03月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12315

    PubMed

  • Induction of Immunogenic Cell Death of Esophageal Squamous Cell Carcinoma by 5-Fluorouracil and Cisplatin.

    Nishimura J, Deguchi S, Tanaka H, Yamakoshi Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    In vivo (Athens, Greece)   35 ( 2 )   743 - 752   2021年03月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

  • A Case of the Large Rectal GIST Treated by Laparoscopic Anus Preserving Operation after Neoadjuvant Therapy with Imatinib Mesylate

    Matsuzuka S.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   48 ( 3 )   385 - 387   2021年03月( ISSN:03850684

  • [A Case of the Large Rectal GIST Treated by Laparoscopic Anus Preserving Operation after Neoadjuvant Therapy with Imatinib Mesylate].

    Matsuzuka S, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 3 )   385 - 387   2021年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 術前イマチニブ療法により腹腔鏡下での肛門温存手術が可能となった巨大直腸GISTの1例

    松塚 栄恵, 井関 康仁, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 永原 央, 三木 友一朗, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    癌と化学療法   48 ( 3 )   385 - 387   2021年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は50代、女性。主訴は肛門痛で、画像検査にて9.8cmの骨盤内巨大腫瘤を指摘された。生検ではgastrointestinal stromal tumor(GIST)と診断された。腫瘍が大きく肛門温存は困難と判断し、メチル酸イマチニブ(IM)での術前療法を開始した。治療開始6ヵ月後のMRI検査で75%の腫瘍縮小を得た。腫瘍縮小に伴い肛門温存可能と判断し、腹腔鏡下超低位前方切除術を施行した。術後はIMによる補助治療を2年6ヵ月行い、切除5年目の現在、無再発生存中である。術前療法としてのIM投与は巨大直腸GISTにおける肛門温存に対して有用であり、安全な切除を可能にすると考えられた。(著者抄録)

  • The duration of systemic inflammatory response syndrome is a reliable indicator of long-term survival after curative esophagectomy for esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi

    ESOPHAGUS   2021年02月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-021-00821-5

    PubMed

  • The clinicopathological significance of CXCR2 ligand family in gastric carcinoma 査読

    Yamamoto Yurie, Yashiro Masakazu, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   422 - 422   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The association of tissue-resident memory T cells with prognosis of the patients with gastric cancer 査読

    Mori Takuya, Tanaka Hiroaki, Deguchi Sota, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Lee Shigeru, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   406 - 406   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic impact of Tertiary lymphoid structures (TLS) surrounding the tumor in esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Deguchi Sota, Tanaka Hiroaki, Mori Takuya, Nanbara Mikio, Miki Yuichiro, Iseki Yasuhito, Yoshii Mami, Fukuoka Tatsunari, Tamura Tatsuro, Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Lee Shigeru, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   479 - 479   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Immunological potential of tertiary lymphoid structures surrounding the primary tumor in gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Yamakoshi Yoshihito, Deguchi Sota, Mori Takuya, Miki Yuichiro, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Lee Shigeru, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   389 - 389   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CEA positive circulating tumor cells and its clinical significance 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Kuroda Kenji, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Lee Shigeru, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   425 - 425   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A study on characteristics of fibrosis and tumor-infiltrating lymphocytes in peritoneal metastasis of colorectal cancer 査読

    Wang En, Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Okazaki Yuki, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   791 - 791   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Two Cases of Advanced and Recurrent Gastric Cancer with Long-Term Survival Due to Successful Chemotherapy]. 査読

    Hasegawa T, Sakuma T, Kinoshita H, Yoshii M, Tamura T, Nakamoto K, Nakagawa Y, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Teraoka H, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 1 )   136 - 138   2021年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 化学療法で長期生存が得られた切除不能進行・再発胃癌の2例 査読

    長谷川 毅, 佐久間 崇, 木下 春人, 吉井 真美, 田村 達郎, 中本 健太郎, 中川 泰生, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 寺岡 均, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   48 ( 1 )   136 - 138   2021年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1:患者は73歳、男性。残胃癌に対して残胃全摘術を施行した。最終診断はpT2N0M0、pStage IBで、術後補助化学療法は行わなかった。術後1年4ヵ月に多発肝転移再発を認めた。S-1+CDDP(SP)療法を2年4ヵ月施行し、その後S-1、paclitaxel+ramucirumab、nivolumab、irinotecan、S-1+oxaliplatin(SOX)を投与したが、術後6年1ヵ月、再発後4年9ヵ月に癌死した。症例2:患者は72歳、男性。胸部CTで偶発的に胃腸囲リンパ節腫大を指摘され、精査にて傍大動脈リンパ節腫大を伴う切除不能進行胃癌と診断し、SP療法を2年6ヵ月施行した。その後S-1、SOX療法を施行したが、診断から4年目に癌死した。今回、化学療法にて長期生存を得られた切除不能進行・再発胃癌の2例を経験したので、若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis may be associated with the malignant progression of gastric cancer in the hypoxic tumor microenvironment 査読

    Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Tsujio Gen, Fukuoka Tatsunari, Yamamoto Yurie, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Nishimura Sadaaki, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Toyokawa Takahiro, Ohira Masaichi

    ONCOLOGY LETTERS   21 ( 1 )   38   2021年01月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12299

    PubMed

  • [Two Cases of Advanced and Recurrent Gastric Cancer with Long-Term Survival Due to Successful Chemotherapy].

    Hasegawa T, Sakuma T, Kinoshita H, Yoshii M, Tamura T, Nakamoto K, Nakagawa Y, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Teraoka H, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 1 )   136 - 138   2021年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 化学療法で長期生存が得られた切除不能進行・再発胃癌の2例

    長谷川 毅, 佐久間 崇, 木下 春人, 吉井 真美, 田村 達郎, 中本 健太郎, 中川 泰生, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 寺岡 均, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   48 ( 1 )   136 - 138   2021年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例1:患者は73歳、男性。残胃癌に対して残胃全摘術を施行した。最終診断はpT2N0M0、pStage IBで、術後補助化学療法は行わなかった。術後1年4ヵ月に多発肝転移再発を認めた。S-1+CDDP(SP)療法を2年4ヵ月施行し、その後S-1、paclitaxel+ramucirumab、nivolumab、irinotecan、S-1+oxaliplatin(SOX)を投与したが、術後6年1ヵ月、再発後4年9ヵ月に癌死した。症例2:患者は72歳、男性。胸部CTで偶発的に胃腸囲リンパ節腫大を指摘され、精査にて傍大動脈リンパ節腫大を伴う切除不能進行胃癌と診断し、SP療法を2年6ヵ月施行した。その後S-1、SOX療法を施行したが、診断から4年目に癌死した。今回、化学療法にて長期生存を得られた切除不能進行・再発胃癌の2例を経験したので、若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Two cases of advanced and recurrent gastric cancer with long-term survival due to successful chemotherapy

    Hasegawa T.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   48 ( 1 )   136 - 138   2021年01月( ISSN:03850684

  • SDF1α/CXCR4 axis may be associated with the malignant progression of gastric cancer in the hypoxic tumor microenvironment.

    Yashiro M, Kinoshita H, Tsujio G, Fukuoka T, Yamamoto Y, Sera T, Sugimoto A, Nishimura S, Kushiyama S, Togano S, Kuroda K, Toyokawa T, Ohira M

    Oncology letters   21 ( 1 )   38   2021年01月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

  • The clinicopathologic significance of Tks5 expression of peritoneal mesothelial cells in gastric cancer patients.

    Sugimoto A, Okuno T, Tsujio G, Sera T, Yamamoto Y, Maruo K, Kushiyama S, Nishimura S, Kuroda K, Togano S, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Yashiro M

    PloS one   16 ( 7 )   e0253702   2021年

  • Spontaneous rupture of pancreatic Acinar cell carcinoma: Report of a case

    Yamazoe S.

    International Surgery   105 ( 1-3 )   353 - 358   2021年( ISSN:00208868

     詳細を見る

  • Asporin Expression on Stromal Cells and/or Cancer Cells Might Be A Useful Prognostic Marker in Patients with Diffuse-Type Gastric Cancer.

    Yashiro M, Hasegawa T, Yamamoto Y, Tsujio G, Nishimura S, Sera T, Sugimoto A, Kushiyama S, Kasashima H, Fukuoka T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Ohira M

    European surgical research. Europaische chirurgische Forschung. Recherches chirurgicales europeennes   62 ( 1 )   53 - 60   2021年( ISSN:0014-312X

     詳細を見る

  • [A Case of Advanced Gastric Cancer with Extensive Lymph Node Metastasis That Showed pCR to Preoperative Chemotherapy Containing SP]. 査読

    Yamakoshi Y, Ohtani H, Nagamori M, Nomura S, Nakagawa H, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1933 - 1935   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 抗VEGF薬が著効した遠隔転移を伴う切除不能進行直腸癌の1例 査読

    長尾 宗英, 井関 康仁, 永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 佐々木 麻帆, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   47 ( 12 )   1719 - 1721   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は63歳、女性。前医の検診で高LDH、CK血症を指摘された。精査の結果、多発肝腫瘍・左肺腫瘍および直腸Rbに1/4周性の2型腫瘍を認めた。病理診断は腺癌であり、直腸Rb癌、多発肝転移、肺転移、cT3N1aM1b(H3、PUL1)、cStage IV bと診断した。CAPOX+bevacizumab併用療法を8コース施行した。直腸原発巣および多発肝腫瘍の著明な縮小を認めたため切除可能と判断し、腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術および肝部分切除術を施行した。最終病理診断はypT2N0M1b(H2、PUL1)、Stage IV bであった。術後にUFT+LV療法を2コース施行後に、残存している転移性肺腫瘍に対し左肺上葉切除術を施行した。その後は術後補助化学療法を施行することなく、原発巣手術より1年6ヵ月経過後も再発・新規病変なく外来通院継続中である。今回、遠隔転移を有する切除不能進行直腸癌に対して抗VEGF薬併用療法が著効し、R0切除可能となった1例を経験したため報告する。(著者抄録)

  • 当科における潰瘍性大腸炎関連癌に対する腹腔鏡下手術の現状 査読

    井関 康仁, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 永原 央, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 英柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    (一社)日本消化器外科学会 日本消化器外科学会総会   75回   P113 - 2   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • TaTMEの短期成績と展望 査読

    永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 井関 康仁, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    (一社)日本消化器外科学会 日本消化器外科学会総会   75回   P119 - 6   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Case of Advanced Rectal Cancer with Metastasis Successfully Treated with an Anti-Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) Drug]. 査読

    Nagao M, Iseki Y, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Sasaki M, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Ri S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 12 )   1719 - 1721   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 抗VEGF薬が著効した遠隔転移を伴う切除不能進行直腸癌の1例

    長尾 宗英, 井関 康仁, 永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 佐々木 麻帆, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 12 )   1719 - 1721   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は63歳、女性。前医の検診で高LDH、CK血症を指摘された。精査の結果、多発肝腫瘍・左肺腫瘍および直腸Rbに1/4周性の2型腫瘍を認めた。病理診断は腺癌であり、直腸Rb癌、多発肝転移、肺転移、cT3N1aM1b(H3、PUL1)、cStage IV bと診断した。CAPOX+bevacizumab併用療法を8コース施行した。直腸原発巣および多発肝腫瘍の著明な縮小を認めたため切除可能と判断し、腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術および肝部分切除術を施行した。最終病理診断はypT2N0M1b(H2、PUL1)、Stage IV bであった。術後にUFT+LV療法を2コース施行後に、残存している転移性肺腫瘍に対し左肺上葉切除術を施行した。その後は術後補助化学療法を施行することなく、原発巣手術より1年6ヵ月経過後も再発・新規病変なく外来通院継続中である。今回、遠隔転移を有する切除不能進行直腸癌に対して抗VEGF薬併用療法が著効し、R0切除可能となった1例を経験したため報告する。(著者抄録)

  • [A Case of Advanced Rectal Cancer with Metastasis Successfully Treated with an Anti-Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) Drug].

    Nagao M, Iseki Y, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Sasaki M, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Ri S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 12 )   1719 - 1721   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A Case of Advanced Gastric Cancer with Extensive Lymph Node Metastasis That Showed pCR to Preoperative Chemotherapy Containing SP].

    Yamakoshi Y, Ohtani H, Nagamori M, Nomura S, Nakagawa H, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1933 - 1935   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 術前SP療法によりpCRを得た高度リンパ節転移を伴う進行胃癌の1例

    山越 義仁, 大谷 博, 永森 瑞城, 埜村 真也, 中河 宏治, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   1933 - 1935   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は69歳、女性。胃体中部大彎〜上部小彎に広がる3型病変を認め、生検結果はtub2-porであった。CTで領域リンパ節腫大(bulky N)、腹部大動脈周囲リンパ節腫大を認め、cT4a、cN2、cM1(LYM)、cStage IVBの診断でSP療法を開始した。3コース施行後の効果判定で腫瘍およびリンパ節は著明に縮小を認めたため根治切除が可能であると判断し、胃全摘(D2+No.16郭清)脾臓合併切除術および右副腎部分切除術を施行した。病理組織学的検査所見では胃全割標本およびリンパ節に癌細胞の遺残を認めず、組織学的効果判定はGrade3でpCRと診断した。術後補助化学療法(S-1単独)を開始するも、1コース終了後に既往疾患の非定型抗酸菌症の増悪を認めたため以降化学療法は施行せず、術後7年無再発生存中である。(著者抄録)

  • [Biomarkers for Immunotherapy Based on the Local Microenvironment of Gastric Cancer]. 査読

    Tanaka H, Yamakoshi Y, Sakimura C, Mori T, Deguchi S, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 9 )   1292 - 1297   2020年09月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Biomarkers for Immunotherapy Based on the Local Microenvironment of Gastric Cancer].

    Tanaka H, Yamakoshi Y, Sakimura C, Mori T, Deguchi S, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 9 )   1292 - 1297   2020年09月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • Biomarkers for immunotherapy based on the local microenvironment of gastric cancer

    Tanaka H.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   47 ( 9 )   1292 - 1297   2020年09月( ISSN:03850684

  • Association between FGFR4 Gly388Arg polymorphism rs351855 or the IDH1 rs11554137 and Japanese gastric cancer 査読

    Sera Tomohiro, Yashiro Masakazu, Yamamoto Yurie, Kushitani Yukako, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Syuhei, Kuroda Kenji, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-5856

  • Immunological potential of tertiary lymphoid structures surrounding the primary tumor in gastric cancer 査読

    Yamakoshi Yoshihito, Tanaka Hiroaki, Sakimura Chie, Deguchi Sota, Mori Takuya, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   57 ( 1 )   171 - 182   2020年07月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2020.5042

    PubMed

  • Immunological potential of tertiary lymphoid structures surrounding the primary tumor in gastric cancer.

    Yamakoshi Y, Tanaka H, Sakimura C, Deguchi S, Mori T, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    International journal of oncology   57 ( 1 )   171 - 182   2020年07月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

  • Clinical significance of prognostic inflammation-based and/or nutritional markers in patients with stage III gastric cancer 査読

    Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Yoshii Mami, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Lee Shigeru, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   20 ( 1 )   517   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-020-07010-0

    PubMed

  • Clinical significance of prognostic inflammation-based and/or nutritional markers in patients with stage III gastric cancer.

    Toyokawa T, Muguruma K, Yoshii M, Tamura T, Sakurai K, Kubo N, Tanaka H, Lee S, Yashiro M, Ohira M

    BMC cancer   20 ( 1 )   517   2020年06月

     詳細を見る

  • 胸腔鏡下食道癌手術時の反回神経麻痺に対する術中神経モニタリングの効果

    李 栄柱, 藤原 有史, 稲津 大輝, 豊川 貴弘, 田村 達郎, 南原 幹男, 今西 大樹, 大杉 治司, 大平 雅一

    日本気管食道科学会会報   71 ( 2 )   215 - 217   2020年04月( ISSN:00290645

     詳細を見る

  • 日本気管食道科学会における基礎・臨床研究2 胸腔鏡下食道癌手術時の反回神経麻痺に対する術中神経モニタリングの効果 査読

    李 栄柱, 藤原 有史, 稲津 大輝, 豊川 貴弘, 田村 達郎, 南原 幹男, 今西 大樹, 大杉 治司, 大平 雅一

    (NPO)日本気管食道科学会 日本気管食道科学会会報   71 ( 2 )   215 - 217   2020年04月( ISSN:0029-0645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胸腔鏡下食道癌手術時の反回神経麻痺に対する術中神経モニタリング(IONM)の効果について検討した。その結果、CD分類1以上の術後反回神経麻痺はIONM導入前が30.9%であったのに対し、IONM施行例では13.3%と減少がみられた。また、両側の反回神経麻痺はIONM導入前が6.7%であったのに対し、IONM施行例では1例も認められなかった。今回の検討より、胸腔鏡下食道癌手術時のIONMは反回神経麻痺の発生回避に有用と思われたが、間欠法でのIONMにおける陽性的中率は55%程度であり、反応が消失しても丁寧な操作を連続することが重要であると考えられた。

  • 日本気管食道科学会における基礎・臨床研究2 胸腔鏡下食道癌手術時の反回神経麻痺に対する術中神経モニタリングの効果

    李 栄柱, 藤原 有史, 稲津 大輝, 豊川 貴弘, 田村 達郎, 南原 幹男, 今西 大樹, 大杉 治司, 大平 雅一

    日本気管食道科学会会報   71 ( 2 )   215 - 217   2020年04月( ISSN:0029-0645

     詳細を見る

    胸腔鏡下食道癌手術時の反回神経麻痺に対する術中神経モニタリング(IONM)の効果について検討した。その結果、CD分類1以上の術後反回神経麻痺はIONM導入前が30.9%であったのに対し、IONM施行例では13.3%と減少がみられた。また、両側の反回神経麻痺はIONM導入前が6.7%であったのに対し、IONM施行例では1例も認められなかった。今回の検討より、胸腔鏡下食道癌手術時のIONMは反回神経麻痺の発生回避に有用と思われたが、間欠法でのIONMにおける陽性的中率は55%程度であり、反応が消失しても丁寧な操作を連続することが重要であると考えられた。

  • 特集 高齢者に対する消化器外科治療 I. 総論 2.高齢者の耐術能をどのように評価するか

    豊川 貴弘, 吉井 真美, 田村 達郎, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一

    外科   82 ( 3 )   208 - 214   2020年03月( ISSN:0016593X

     詳細を見る

  • A Giant Gastric Gastrointestinal Stromal Tumor Successfully Resected Following Neoadjuvant Treatment With Imatinib Mesylate. 査読

    Takahashi R, Toyokawa T, Yoshii M, Tamura T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Anticancer research   40 ( 2 )   1147 - 1152   2020年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14056

    PubMed

  • A Giant Gastric Gastrointestinal Stromal Tumor Successfully Resected Following Neoadjuvant Treatment With Imatinib Mesylate.

    Takahashi R, Toyokawa T, Yoshii M, Tamura T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Anticancer research   40 ( 2 )   1147 - 1152   2020年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Gastric cancer cells alter the immunosuppressive function of neutrophils.

    Hiramatsu S, Tanaka H, Nishimura J, Yamakoshi Y, Sakimura C, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Oncology reports   43 ( 1 )   251 - 259   2020年01月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

  • 胸腔鏡下食道癌手術時の反回神経麻痺に対する術中神経モニタリングの効果 査読

    李 栄柱, 藤原 有史, 稲津 大輝, 豊川 貴弘, 田村 達郎, 南原 幹男, 今西 大樹, 大杉 治司, 大平 雅一

    特定非営利活動法人 日本気管食道科学会 日本気管食道科学会会報   71 ( 2 )   215 - 217   2020年( ISSN:0029-0645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2468/jbes.71.215

    CiNii Article

  • Correction: Microscopic distance from tumor invasion front to serosa might be a useful predictive factor for peritoneal recurrence after curative resection of T3-gastric cancer. 査読

    Togano S, Yashiro M, Miki Y, Yamamoto Y, Sera T, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Kuroda K, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Tanaka S, Ohira M

    PloS one   15 ( 5 )   e0233743   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0233743

    PubMed

  • Microscopic distance from tumor invasion front to serosa might be a useful predictive factor for peritoneal recurrence after curative resection of T3-gastric cancer. 査読

    Togano S, Yashiro M, Miki Y, Yamamato Y, Sera T, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Kuroda K, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Tanaka S, Ohira M

    PloS one   15 ( 1 )   e0225958   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0225958

    PubMed

  • Microscopic distance from tumor invasion front to serosa might be a useful predictive factor for peritoneal recurrence after curative resection of T3-gastric cancer.

    Togano S, Yashiro M, Miki Y, Yamamoto Y, Sera T, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Kuroda K, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Tanaka S, Ohira M

    PloS one   15 ( 1 )   e0225958   2020年

  • Correction: Microscopic distance from tumor invasion front to serosa might be a useful predictive factor for peritoneal recurrence after curative resection of T3-gastric cancer.

    Togano S, Yashiro M, Miki Y, Yamamoto Y, Sera T, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Kuroda K, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Tanaka S, Ohira M

    PloS one   15 ( 5 )   e0233743   2020年

  • A Case of Laparoscopic Abdominoperineal Resection for Rectal Cancer with Left-Sided Inferior Vena Cava

    Maruo K.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   46 ( 13 )   2443 - 2445   2019年12月( ISSN:03850684

  • 特集 内視鏡外科手術における思わぬ合併症と対応法 1.胸腔鏡下食道癌手術における大血管損傷への対応

    李 栄柱, 稲津 大輝, 南原 幹男, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 大平 雅一, 大杉 治司

    外科   81 ( 13 )   1305 - 1309   2019年12月( ISSN:0016593X

     詳細を見る

  • 左側下大静脈を合併した直腸癌症例に対して腹腔鏡下直腸切断術を施行した1例 査読

    丸尾 晃司, 井関 康仁, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 永原 央, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   46 ( 13 )   2443 - 2445   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳、男性。下血、便の狭小化を主訴に下部消化管内視鏡検査を施行し、直腸下部に全周性の腫瘍を認めた。生検ではGroup 5であった。術前検査にて直腸癌および直腸周囲リンパ節転移、傍大動脈リンパ節転移、左鎖骨上窩リンパ節転移、多発骨転移を認め、cT4N3M1b(OSS、LYM)、cStage IVbであった。また、左側下大静脈を伴っていた。腫瘍出血のコントロール目的に原発巣切除の方針とした。腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した。左側下大静脈は左尿管および左精巣動静脈よりさらに背側に位置しており、術中に操作の障害となることはなく定型どおりに手術可能であった。左側下大静脈を認める患者においては、手術の際に下大静脈を損傷しないよう術前に十分な解剖学的認識を得ておく必要がある。今回、比較的まれである左側下大静脈を伴った直腸癌に対して腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した症例を経験したため報告する。(著者抄録)

  • [A Case of Laparoscopic Abdominoperineal Resection for Rectal Cancer with Left-Sided Inferior Vena Cava]. 査読

    Maruo K, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2443 - 2445   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • The Clinicopathological Significance of the CXCR2 Ligands, CXCL1, CXCL2, CXCL3, CXCL5, CXCL6, CXCL7, and CXCL8 in Gastric Cancer. 査読

    Yamamoto Y, Kuroda K, Sera T, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Togano S, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Yashiro M

    Anticancer research   39 ( 12 )   6645 - 6652   2019年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13879

    PubMed

  • [A Case of Laparoscopic Abdominoperineal Resection for Rectal Cancer with Left-Sided Inferior Vena Cava].

    Maruo K, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2443 - 2445   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 左側下大静脈を合併した直腸癌症例に対して腹腔鏡下直腸切断術を施行した1例

    丸尾 晃司, 井関 康仁, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 永原 央, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2443 - 2445   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は66歳、男性。下血、便の狭小化を主訴に下部消化管内視鏡検査を施行し、直腸下部に全周性の腫瘍を認めた。生検ではGroup 5であった。術前検査にて直腸癌および直腸周囲リンパ節転移、傍大動脈リンパ節転移、左鎖骨上窩リンパ節転移、多発骨転移を認め、cT4N3M1b(OSS、LYM)、cStage IVbであった。また、左側下大静脈を伴っていた。腫瘍出血のコントロール目的に原発巣切除の方針とした。腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した。左側下大静脈は左尿管および左精巣動静脈よりさらに背側に位置しており、術中に操作の障害となることはなく定型どおりに手術可能であった。左側下大静脈を認める患者においては、手術の際に下大静脈を損傷しないよう術前に十分な解剖学的認識を得ておく必要がある。今回、比較的まれである左側下大静脈を伴った直腸癌に対して腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した症例を経験したため報告する。(著者抄録)

  • The Clinicopathological Significance of the CXCR2 Ligands, CXCL1, CXCL2, CXCL3, CXCL5, CXCL6, CXCL7, and CXCL8 in Gastric Cancer.

    Yamamoto Y, Kuroda K, Sera T, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Togano S, Okuno T, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Yashiro M

    Anticancer research   39 ( 12 )   6645 - 6652   2019年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Performance of laboratory tests for detection for Clostridioides difficile: A multicenter prospective study in Japan

    Senoh M.

    Anaerobe   60   2019年12月( ISSN:10759964

     詳細を見る

  • Gastric cancer cells alter the immunosuppressive function of neutrophils. 査読

    Hiramatsu S, Tanaka H, Nishimura J, Yamakoshi Y, Sakimura C, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Oncology reports   2019年11月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2019.7410

    PubMed

  • Preoperative neutrophil-to-lymphocyte ratio is correlated with severe postoperative complications after emergency surgery for ulcerative colitis

    Maeda K.

    International Surgery   104 ( 11-12 )   514 - 521   2019年11月( ISSN:00208868

     詳細を見る

  • Impact of tumor-infiltrating LAMP-3 dendritic cells on the prognosis of esophageal squamous cell carcinoma(和訳中) 査読

    Nishimura Junya, Tanaka Hiroaki, Yamakoshi Yoshihito, Hiramatsu Soichiro, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Esophagus   16 ( 4 )   333 - 344   2019年10月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of tumor-infiltrating LAMP-3 dendritic cells on the prognosis of esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Nishimura Junya, Tanaka Hiroaki, Yamakoshi Yoshihito, Hiramatsu Soichiro, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ESOPHAGUS   16 ( 4 )   333 - 344   2019年10月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-019-00669-w

    PubMed

  • Impact of tumor-infiltrating LAMP-3 dendritic cells on the prognosis of esophageal squamous cell carcinoma.

    Nishimura J, Tanaka H, Yamakoshi Y, Hiramatsu S, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   16 ( 4 )   333 - 344   2019年10月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

  • 腫瘍浸潤LAMP-3樹状細胞が食道扁平上皮癌の予後に及ぼす影響(Impact of tumor-infiltrating LAMP-3 dendritic cells on the prognosis of esophageal squamous cell carcinoma)

    Nishimura Junya, Tanaka Hiroaki, Yamakoshi Yoshihito, Hiramatsu Soichiro, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    Esophagus   16 ( 4 )   333 - 344   2019年10月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    食道扁平上皮癌(ESCC)内の成熟樹状細胞(DC)の局在、腫瘍浸潤リンパ球とDCとの関係、臨床転帰に及ぼす影響について検討した。外科的治療を受けたESCC患者80例(男性64例、女性16例、平均64歳)を対象に、リソソーム関連膜糖蛋白3(LAMP-3)とCD8による免疫組織化学的検討を行った。その結果、LAMP-3 DCsは癌性間質内に不規則な形状を示す細胞として現れ、LAMP-3陽性細胞は主に傍腫瘍領域に偏在し、CD8 T細胞は傍腫瘍領域と腫瘍内領域に分布していた。免疫組織化学染色と免疫蛍光染色によって、CD8 T細胞はLAMP-3 DCsの周囲に存在することが明らかになった。また、LAMP-3 DCsの傍腫瘍領域への高度浸潤は腫瘍内CD8 T細胞数と有意に関連していた。さらに、腫瘍浸潤LAMP-3 DCsまたはCD8 T細胞の数と臨床病理像との関連をみると、LAMP-3 DCsの傍腫瘍浸潤は腫瘍進展度(pT)、リンパ節転移(pN)、転移ステージ、リンパ浸潤陽性と関連し、CD8 T細胞の腫瘍内浸潤はリンパ浸潤と関連が認められた。予後との関連では、多変量解析においてpT、pNおよび傍腫瘍/腫瘍内CD8 T細胞は全生存率と独立して関連していた。局所腫瘍部位において、成熟LAMP-3 DCsは腫瘍浸潤CD8 T細胞の増加をもたらすものと考えられた。

  • Feasibility of Identifying Patients at High Risk of Hereditary Gastric Cancer Based on Clinicopathological Variables 査読

    Nishimura Sadaaki, Yashiro Masakazu, Sera Tomohiro, Yamamoto Yurie, Kushitani Yukako, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Kuroda Kenji, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 9 )   5057 - 5064   2019年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13698

    PubMed

  • Feasibility of Identifying Patients at High Risk of Hereditary Gastric Cancer Based on Clinicopathological Variables.

    Nishimura S, Yashiro M, Sera T, Yamamoto Y, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Kuroda K, Togano S, Okuno T, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   39 ( 9 )   5057 - 5064   2019年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • C-reactive protein elevation ratio as an early predictor of postoperative severe complications after laparoscopic gastrectomy for gastric cancer: a retrospective study 査読

    Tanaka Hiroaki, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Ohira Masaichi

    BMC SURGERY   19 ( 1 )   114   2019年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-019-0582-9

    PubMed

  • C-reactive protein elevation ratio as an early predictor of postoperative severe complications after laparoscopic gastrectomy for gastric cancer: a retrospective study.

    Tanaka H, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Kubo N, Sakurai K, Ohira M

    BMC surgery   19 ( 1 )   114   2019年08月

     詳細を見る

  • 手術手技 血行遮断を先行した左反回神経周囲リンパ節郭清手技

    豊川 貴弘, 田村 達郎, 吉井 真美, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一

    手術   73 ( 9 )   1351 - 1357   2019年08月( ISSN:00374423

  • 根治術後7年目に左鎖骨上リンパ節再発を来した胸部食道T1a(LPM)癌の1例 査読

    佐々木 麻帆, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   46 ( 8 )   1295 - 1297   2019年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道癌根治手術後の再発は28〜47%、その約85%が2年以内の早期に認められ、再発診断時からの生存期間中央値は5〜10ヵ月と極めて不良である。一方、壁深達度T1a(MM)、T1b(SM1)の症例でのリンパ節転移は10〜20%であることが知られており多くは手術治療が行われるが、T1a(LPM)ではリンパ節転移の頻度は極めてまれである。今回われわれは、pT1a(LPM)の食道癌根治術後7年という長期経過後に左鎖骨上リンパ節(No.104L)に再発したまれな症例を経験したので文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • [A Case of Lymph Node Recurrence Seven Years after Curative Esophagectomy for T1a(LPM)Upper Thoracic Esophageal Cancer]. 査読

    Sasaki M, Tamura T, Toyokawa T, Sakurai K, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 8 )   1295 - 1297   2019年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Lymph Node Recurrence Seven Years after Curative Esophagectomy for T1a(LPM)Upper Thoracic Esophageal Cancer].

    Sasaki M, Tamura T, Toyokawa T, Sakurai K, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 8 )   1295 - 1297   2019年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 根治術後7年目に左鎖骨上リンパ節再発を来した胸部食道T1a(LPM)癌の1例

    佐々木 麻帆, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 8 )   1295 - 1297   2019年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    食道癌根治手術後の再発は28〜47%、その約85%が2年以内の早期に認められ、再発診断時からの生存期間中央値は5〜10ヵ月と極めて不良である。一方、壁深達度T1a(MM)、T1b(SM1)の症例でのリンパ節転移は10〜20%であることが知られており多くは手術治療が行われるが、T1a(LPM)ではリンパ節転移の頻度は極めてまれである。今回われわれは、pT1a(LPM)の食道癌根治術後7年という長期経過後に左鎖骨上リンパ節(No.104L)に再発したまれな症例を経験したので文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • A case of lymph node recurrence seven years after curative esophagectomy for t1a (lpm) upper thoracic esophageal cancer

    Sasaki M.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   46 ( 8 )   1295 - 1297   2019年08月( ISSN:03850684

  • Extracellular vesicles from scirrhous gastric cancer cells induce premetastatic niche formation for peritoneal metastasis 査読

    Okuno Tomohisa, Yashiro Masakazu, Kushiyama Shuhei, Nishimura Sadaaki, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS18-5160

  • A factor (> MR 30 kDa) from cancer-associated fibroblasts may stimulate the progression of schirrous gastric cancer without FGFR2 overexpression 査読

    Kushiyama Syuhei, Yashiro Masakazu, Okuno Tomohisa, Kuroda Kenji, Tanaka Ryota, Togano Shingo, Nishimura Sadaaki, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-2045

  • Clinical significance of diffuse-type histological type coexistence in Stage II/III gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Nagahara HIsashi, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-4876

  • Long-term survival estimates in older patients with pathological stage I gastric cancer undergoing gastrectomy: Duocentric analysis of simplified scoring system.

    Sakurai K, Kubo N, Tamamori Y, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Nishiguchi Y, Hirakawa K, Ohira M

    Journal of geriatric oncology   10 ( 4 )   604 - 609   2019年07月( ISSN:1879-4068

     詳細を見る

  • Surgical Outcomes of Single-Port and Multiport Laparoscopic Resection for Gastric Gastrointestinal Stromal Tumors (GIST): a Single-Center Experience

    Muguruma K.

    Indian Journal of Surgery   81 ( 3 )   242 - 247   2019年06月( ISSN:09722068

     詳細を見る

  • Surgical Outcomes of Single-Port and Multiport Laparoscopic Resection for Gastric Gastrointestinal Stromal Tumors (GIST): a Single-Center Experience 査読

    Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    INDIAN JOURNAL OF SURGERY   81 ( 3 )   242 - 247   2019年06月( ISSN:0972-2068

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12262-018-1781-9

  • Postoperative Inflammation Is an Independent Prognostic Factor in Patients With Thoracic Esophageal Squamous Cell Carcinoma. 査読

    Toyokawa T, Tamura T, Sakurai K, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Anticancer research   39 ( 6 )   2777 - 2784   2019年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13404

    PubMed

  • Postoperative Inflammation Is an Independent Prognostic Factor in Patients With Thoracic Esophageal Squamous Cell Carcinoma.

    Toyokawa T, Tamura T, Sakurai K, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Anticancer research   39 ( 6 )   2777 - 2784   2019年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • 切除不能進行・再発胃癌に対するPaclitaxel+Ramucirumab療法の治療成績 査読

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 福岡 達成, 田村 達郎, 大平 豪, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行・再発胃癌に対する二次以降の化学療法として施行したpaclitaxel(PTX)+ramucirumab(RAM)療法(PTX 80mg/m2、day 1、8、15、RAM 8mg/kg、day 1、15)の安全性および有効性について検討した。対象は当科でPTX+RAM療法を施行した進行・再発胃癌33例で、年齢中央値は68歳、PS2以上の症例は5例であった。投与コース数の中央値は4コースで、Grade 3以上の有害事象は28例(85%)[白血球・好中球減少21例(64%)、末梢神経障害3例(9%)など]に認められた。抗腫瘍効果は奏効率14.8%、病勢コントロール率66.7%であり、全生存期間および無増悪生存期間中央値はそれぞれ9.3ヵ月、4.7ヵ月であった。切除不能進行・再発胃癌に対するPTX+RAM療法は一定の効果が期待できるが、実地臨床においては高齢かつPSの悪い症例に対して使用することも多く、慎重なマネージメントが必要である。(著者抄録)

  • [Efficacy and Safety of Paclitaxel plus Ramucirumab Therapy for Unresectable or Recurrent Gastric Cancer]. 査読

    Tsujio G, Toyokawa T, Fukuoka T, Tamura T, Ohira G, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Efficacy and Safety of Paclitaxel plus Ramucirumab Therapy for Unresectable or Recurrent Gastric Cancer].

    Tsujio G, Toyokawa T, Fukuoka T, Tamura T, Ohira G, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 切除不能進行・再発胃癌に対するPaclitaxel+Ramucirumab療法の治療成績

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 福岡 達成, 田村 達郎, 大平 豪, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    進行・再発胃癌に対する二次以降の化学療法として施行したpaclitaxel(PTX)+ramucirumab(RAM)療法(PTX 80mg/m2、day 1、8、15、RAM 8mg/kg、day 1、15)の安全性および有効性について検討した。対象は当科でPTX+RAM療法を施行した進行・再発胃癌33例で、年齢中央値は68歳、PS2以上の症例は5例であった。投与コース数の中央値は4コースで、Grade 3以上の有害事象は28例(85%)[白血球・好中球減少21例(64%)、末梢神経障害3例(9%)など]に認められた。抗腫瘍効果は奏効率14.8%、病勢コントロール率66.7%であり、全生存期間および無増悪生存期間中央値はそれぞれ9.3ヵ月、4.7ヵ月であった。切除不能進行・再発胃癌に対するPTX+RAM療法は一定の効果が期待できるが、実地臨床においては高齢かつPSの悪い症例に対して使用することも多く、慎重なマネージメントが必要である。(著者抄録)

  • Efficacy and safety of Paclitaxel plus ramucirumab therapy for unresectable or recurrent gastric cancer

    Tsujio G.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:03850684

  • 食道癌患者の食道切除後の手術成績に対するGeriatric Nutritional Risk Indexの影響(The impact of geriatric nutritional risk index on surgical outcomes after esophagectomy in patients with esophageal cancer) 査読

    Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Esophagus   16 ( 2 )   147 - 154   2019年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道扁平上皮癌(ESCC)患者におけるGeriatric Nutritional Risk Index(GNRI)と短期・長期手術成績との関連を調査した。2000〜2012年に当施設で外科的切除後に組織学的にESCCを確認した患者240例(男性196例、女性44例、平均63.4歳)を後ろ向きに調査した。全例が2〜3領域リンパ節郭清と併用して根治的食道切除術を受けた。GNRIのカットオフ値を92として、GNRI<92の低GNRI群44例とGNRI≧92の高GNRI群196例に分けた。リンパ節転移率と病理学的病期は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かった。肺合併症の割合は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かったが、多変量解析ではGNRIは肺合併症発症に対する独立危険因子ではなかった。5年全生存率は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に低かった。GNRIは全生存率に対する独立予後因子であったが、癌特異的生存率(CSS)は予後因子ではなかった。腫瘍病期の階層化による解析では、全生存率、CSSともに病期III ESCC患者で高GNRI群よりも低GNRI群の方が悪化した。病期III ESCCでは原発腫瘍サイズは高GNRI群よりも低GNRI群の方が大きい傾向にあり、術前嚥下障害の発生率は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かった。

  • The impact of geriatric nutritional risk index on surgical outcomes after esophagectomy in patients with esophageal cancer. 査読

    Kubo N, Sakurai K, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   16 ( 2 )   147 - 154   2019年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-018-0644-6

    PubMed

  • 食道癌患者の食道切除後の手術成績に対するGeriatric Nutritional Risk Indexの影響(The impact of geriatric nutritional risk index on surgical outcomes after esophagectomy in patients with esophageal cancer)

    Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    Esophagus   16 ( 2 )   147 - 154   2019年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    食道扁平上皮癌(ESCC)患者におけるGeriatric Nutritional Risk Index(GNRI)と短期・長期手術成績との関連を調査した。2000〜2012年に当施設で外科的切除後に組織学的にESCCを確認した患者240例(男性196例、女性44例、平均63.4歳)を後ろ向きに調査した。全例が2〜3領域リンパ節郭清と併用して根治的食道切除術を受けた。GNRIのカットオフ値を92として、GNRI<92の低GNRI群44例とGNRI≧92の高GNRI群196例に分けた。リンパ節転移率と病理学的病期は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かった。肺合併症の割合は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かったが、多変量解析ではGNRIは肺合併症発症に対する独立危険因子ではなかった。5年全生存率は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に低かった。GNRIは全生存率に対する独立予後因子であったが、癌特異的生存率(CSS)は予後因子ではなかった。腫瘍病期の階層化による解析では、全生存率、CSSともに病期III ESCC患者で高GNRI群よりも低GNRI群の方が悪化した。病期III ESCCでは原発腫瘍サイズは高GNRI群よりも低GNRI群の方が大きい傾向にあり、術前嚥下障害の発生率は高GNRI群よりも低GNRI群の方が有意に高かった。

  • The impact of geriatric nutritional risk index on surgical outcomes after esophagectomy in patients with esophageal cancer.

    Kubo N, Sakurai K, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   16 ( 2 )   147 - 154   2019年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

  • Adverse Effects of Preoperative Sarcopenia on Postoperative Complications of Patients With Gastric Cancer 査読

    Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Nambara Mikio, Miki Yuichiro, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 2 )   987 - 992   2019年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13203

    PubMed

  • LImpact of Skeletal Muscle Mass on Short- and Long- term Outcomes After Gastrectomy for Elderly Patients with Gastric Cancer 査読

    Sakurai K., Kubo N., Tamamori Y., Tamura T., Toyokawa T., Tanaka H., Muguruma K., Masakazu Y., Maeda K., Ohira M.

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   26   S193 - S193   2019年02月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Adverse Effects of Preoperative Sarcopenia on Postoperative Complications of Patients With Gastric Cancer.

    Tamura T, Sakurai K, Nambara M, Miki Y, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Ohira M

    Anticancer research   39 ( 2 )   987 - 992   2019年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Long-term survival estimates in older patients with pathological stage I gastric cancer undergoing gastrectomy: Duocentric analysis of simplified scoring system. 査読

    Sakurai K, Kubo N, Tamamori Y, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Nishiguchi Y, Hirakawa K, Ohira M

    Journal of geriatric oncology   2019年01月( ISSN:1879-4068

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jgo.2019.01.003

    PubMed

  • スキルス胃癌細胞株由来Exosomeは腹膜中皮細胞のmesothelial-mesenchymal transitionを引き起こし腹膜転移に関与する 査読

    奥野 倫久, 八代 正和, 櫛山 周平, 西村 貞徳, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   34   23 - 25   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    スキルス胃癌(SGC)細胞由来Exosomeの腹膜への分布とその影響を検討した。In vitroにおけるlive imagingと蛍光顕微鏡による検討の結果、SGC細胞由来Exosomeは腹膜中皮細胞に取り込まれやすく、腹膜中皮細胞を敷石状から紡錘形に形態変化させた。SGC由来のPKH26標識Exosomeをヌードマウスに3週間尾静脈投与を行った結果、腹膜に指向性に集積した。また胃癌切除組織症例における腹膜のExosomeマーカー(CD9、CD63)の発現は遠隔転移と有意に相関していたことから、CD9およびCD63は腹膜転移の予測因子であることが示唆された。

  • スキルス胃癌細胞株由来Exosomeは腹膜中皮細胞のmesothelial-mesenchymal transitionを引き起こし腹膜転移に関与する

    奥野 倫久, 八代 正和, 櫛山 周平, 西村 貞徳, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   34   23 - 25   2019年01月

     詳細を見る

    スキルス胃癌(SGC)細胞由来Exosomeの腹膜への分布とその影響を検討した。In vitroにおけるlive imagingと蛍光顕微鏡による検討の結果、SGC細胞由来Exosomeは腹膜中皮細胞に取り込まれやすく、腹膜中皮細胞を敷石状から紡錘形に形態変化させた。SGC由来のPKH26標識Exosomeをヌードマウスに3週間尾静脈投与を行った結果、腹膜に指向性に集積した。また胃癌切除組織症例における腹膜のExosomeマーカー(CD9、CD63)の発現は遠隔転移と有意に相関していたことから、CD9およびCD63は腹膜転移の予測因子であることが示唆された。

  • The clinicopathological significance of Thrombospondin-4 expression in the tumor microenvironment of gastric cancer. 査読

    Kuroda K, Yashiro M, Sera T, Yamamoto Y, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Togano S, Okuno T, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M

    PloS one   14 ( 11 )   e0224727   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0224727

    PubMed

  • スキルス胃癌細胞株由来Exosomeは腹膜中皮細胞のmesothelial-mesenchymal transitionを引き起こし腹膜転移に関与する 査読

    奥野 倫久, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一, 八代 正和, 櫛山 周平, 西村 貞徳, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   34 ( 0 )   23 - 25   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.34.23

    CiNii Article

  • スキルス胃癌細胞株由来Exosomeは腹膜中皮細胞のmesothelial-mesenchymal transitionを引き起こし腹膜転移に関与する

    奥野 倫久, 八代 正和, 櫛山 周平, 西村 貞徳, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   34 ( 0 )   23 - 25   2019年

  • The clinicopathological significance of Thrombospondin-4 expression in the tumor microenvironment of gastric cancer.

    Kuroda K, Yashiro M, Sera T, Yamamoto Y, Kushitani Y, Sugimoto A, Kushiyama S, Nishimura S, Togano S, Okuno T, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M

    PloS one   14 ( 11 )   e0224727   2019年

  • 閉塞性虫垂炎による腹腔内膿瘍膀胱穿通を来した虫垂癌の1例 査読

    辻尾 元, 永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 松谷 慎治, 楠 誓子, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は73歳、女性。下腹部痛、腹部膨満感を主訴に近医を受診、下腹部に腫瘍性病変を認め当院紹介となった。造影CT検査で、膀胱右前壁に壁肥厚および虫垂先端に連続する約6cm大の内部に壊死性変化を疑う腫瘤を認めた。虫垂腫瘍膀胱浸潤や膀胱腫瘍虫垂浸潤が疑われ手術の方針とした。約1ヵ月後の入院時に施行した造影CT検査にて虫垂先端の腫瘤は著明に縮小していたが膀胱の壁肥厚は残存しており、虫垂に造影効果を受ける腫瘤を認め、虫垂癌もしくは膀胱癌と考え手術を施行した。術中所見では虫垂先端が膀胱壁と一塊になっており、膀胱壁を含めた虫垂切除を行い、虫垂中部に約1cm大の腫瘍を認めた。迅速病理検査にて虫垂癌と診断されたため、回盲部切除+D2リンパ節郭清を追加した。病理組織学的検査で虫垂癌、pT2N0M0、pStage Iの診断、虫垂癌による閉塞性虫垂炎で虫垂が穿破し、腹腔内膿瘍を形成、膀胱に穿通したものと考えた。(著者抄録)

  • The significance of autophagy of gastric cancer stem cells 査読

    Togano Shingo, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kuroda Kenji, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   109   1253 - 1253   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The reasonability of the density of immune cells in H&E sections of colorectal cancer as the the immunological biomarker 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Kashiwagi Shinichiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   1332 - 1332   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of neoadjuvant chemotherapy on tumor infiltrating dendritic cell in esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Nishimura Junya, Tanaka Hiroaki, Yamakoshi Yoshihito, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   601 - 601   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Extracellular vesicles from gastric carcinoma induce mesothelial-mesenchymal transition of peritoneal mesothelial cells 査読

    Okuno Tomohisa, Yashiro Masakazu, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Miki Yuichiro, Kasashima Hiroaki, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   475 - 475   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Differentiation and cloning for anti-tumor immunity of intratumoral B cells in gastric cancer 査読

    Yamakoshi Yoshihito, Tanaka Hiroaki, Sakimura Chie, Nishimura Junya, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   950 - 950   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of diffuse-type histologic type coexistence in gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   479 - 479   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Case of Appendiceal Cancer Wherein the Abdominal Abscess Ruptured into the Urinary Bladder Owing to Obstructive Appendicitis]. 査読

    Tsujio G, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Matsutani S, Kusunoki C, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Appendiceal Cancer Wherein the Abdominal Abscess Ruptured into the Urinary Bladder Owing to Obstructive Appendicitis].

    Tsujio G, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Matsutani S, Kusunoki C, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 閉塞性虫垂炎による腹腔内膿瘍膀胱穿通を来した虫垂癌の1例

    辻尾 元, 永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 松谷 慎治, 楠 誓子, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は73歳、女性。下腹部痛、腹部膨満感を主訴に近医を受診、下腹部に腫瘍性病変を認め当院紹介となった。造影CT検査で、膀胱右前壁に壁肥厚および虫垂先端に連続する約6cm大の内部に壊死性変化を疑う腫瘤を認めた。虫垂腫瘍膀胱浸潤や膀胱腫瘍虫垂浸潤が疑われ手術の方針とした。約1ヵ月後の入院時に施行した造影CT検査にて虫垂先端の腫瘤は著明に縮小していたが膀胱の壁肥厚は残存しており、虫垂に造影効果を受ける腫瘤を認め、虫垂癌もしくは膀胱癌と考え手術を施行した。術中所見では虫垂先端が膀胱壁と一塊になっており、膀胱壁を含めた虫垂切除を行い、虫垂中部に約1cm大の腫瘍を認めた。迅速病理検査にて虫垂癌と診断されたため、回盲部切除+D2リンパ節郭清を追加した。病理組織学的検査で虫垂癌、pT2N0M0、pStage Iの診断、虫垂癌による閉塞性虫垂炎で虫垂が穿破し、腹腔内膿瘍を形成、膀胱に穿通したものと考えた。(著者抄録)

  • 小腸転移をきたした頭部血管肉腫の1例

    江口 真平, 前田 清, 中尾 重富, 渋谷 雅常, 永原 央, 六車 一哉, 豊川 貴弘, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本腹部救急医学会雑誌   38 ( 7 )   1209 - 1212   2018年11月( ISSN:13402242

     詳細を見る

    <p>症例は67歳,男性。頭部血管肉腫に対して当院皮膚科で放射線療法中に腹部膨満および腹痛が出現した。腹部CTで,回腸の壁肥厚と,同部より口側小腸の拡張が認められた。腸閉塞と診断し,イレウス管による保存的治療を行うも改善が認められないため手術を施行した。腹腔鏡下に腹腔内を観察したところ回腸に約5cm大の暗赤色の腫瘍を認め,口側小腸の拡張を伴っており,同部位が閉塞起点と考えられた。小開腹をおき,小腸部分切除術を施行した。病理組織学的検査では頭頂部血管肉腫からの小腸転移と診断された。血管肉腫からの小腸転移はまれであり,文献的考察を加えて報告する。</p>

    DOI: 10.11231/jaem.38.1209

    CiNii Article

  • 腸瘻チューブが原因で発症した腸重積の1例 査読

    田内 潤, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   79 ( 11 )   2276 - 2280   2018年11月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は65歳の男性.体重減少,嘔吐症状を契機に食道胃接合部癌と診断され,開腹胃全摘術,経裂孔的下部食道切除術,結腸前経路Roux-en-Y法再建を施行,術後の栄養療法目的に腸瘻造設術を併施し,12Frの腸瘻チューブを留置した.術後18日目,持続する発熱の精査目的にCT検査を施行したところ,腸瘻チューブに沿って小腸のtarget signを認め,腸重積症と考えられた.上部消化管内視鏡で整復を試みたが困難であり,緊急手術を施行した.Y脚吻合部より約10cm肛門側の空腸から約10cmに渡り順行性の重積を確認した.Hutchinson手技にて整復を試みたが,腸管壁が全層に裂けたため,損傷部を含めて小腸を10cm部分切除した.再手術後問題なく経過し,再手術後13日目に退院となった.今回,われわれは腸瘻チューブが原因となった比較的稀な成人腸重積症の1例を経験したので報告する.(著者抄録)

  • 小腸転移をきたした頭部血管肉腫の1例 査読

    江口 真平, 前田 清, 中尾 重富, 渋谷 雅常, 永原 央, 六車 一哉, 豊川 貴弘, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (一社)日本腹部救急医学会 日本腹部救急医学会雑誌   38 ( 7 )   1209 - 1212   2018年11月( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小腸転移をきたした頭部血管肉腫の1例

    江口 真平, 前田 清, 中尾 重富, 渋谷 雅常, 永原 央, 六車 一哉, 豊川 貴弘, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本腹部救急医学会雑誌   38 ( 7 )   1209 - 1212   2018年11月( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    症例は67歳、男性。頭部血管肉腫に対して当院皮膚科で放射線療法中に腹部膨満および腹痛が出現した。腹部CTで、回腸の壁肥厚と、同部より口側小腸の拡張が認められた。腸閉塞と診断し、イレウス管による保存的治療を行うも改善が認められないため手術を施行した。腹腔鏡下に腹腔内を観察したところ回腸に約5cm大の暗赤色の腫瘍を認め、口側小腸の拡張を伴っており、同部位が閉塞起点と考えられた。小開腹をおき、小腸部分切除術を施行した。病理組織学的検査では頭頂部血管肉腫からの小腸転移と診断された。血管肉腫からの小腸転移はまれであり、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • 腸瘻チューブが原因で発症した腸重積の1例

    田内 潤, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 11 )   2276 - 2280   2018年11月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    症例は65歳の男性.体重減少,嘔吐症状を契機に食道胃接合部癌と診断され,開腹胃全摘術,経裂孔的下部食道切除術,結腸前経路Roux-en-Y法再建を施行,術後の栄養療法目的に腸瘻造設術を併施し,12Frの腸瘻チューブを留置した.術後18日目,持続する発熱の精査目的にCT検査を施行したところ,腸瘻チューブに沿って小腸のtarget signを認め,腸重積症と考えられた.上部消化管内視鏡で整復を試みたが困難であり,緊急手術を施行した.Y脚吻合部より約10cm肛門側の空腸から約10cmに渡り順行性の重積を確認した.Hutchinson手技にて整復を試みたが,腸管壁が全層に裂けたため,損傷部を含めて小腸を10cm部分切除した.再手術後問題なく経過し,再手術後13日目に退院となった.今回,われわれは腸瘻チューブが原因となった比較的稀な成人腸重積症の1例を経験したので報告する.(著者抄録)

  • Lymph Node Metastasis of Mixed Adenoneuroendocrine Carcinoma after Curative Resection Using the Expanded Criteria for Early Gastric Cancer.

    Ochiai T, Ominami M, Nagami Y, Fukunaga S, Toyokawa T, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Ohira M, Ohsawa M, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 19 )   2837 - 2842   2018年10月( ISSN:0918-2918

  • Lymph Node Metastasis of Mixed Adenoneuroendocrine Carcinoma after Curative Resection Using the Expanded Criteria for Early Gastric Cancer(和訳中) 査読

    Ochiai Tadashi, Ominami Masaki, Nagami Yasuaki, Fukunaga Shusei, Toyokawa Takahiro, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Ohira Masaichi, Ohsawa Masahiko, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   57 ( 19 )   2837 - 2842   2018年10月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 早期胃癌に対する拡大適応を用いた根治的切除後のmixed adenoneuroendocrine carcinomaのリンパ節転移(Lymph Node Metastasis of Mixed Adenoneuroendocrine Carcinoma after Curative Resection Using the Expanded Criteria for Early Gastric Cancer)

    Ochiai Tadashi, Ominami Masaki, Nagami Yasuaki, Fukunaga Shusei, Toyokawa Takahiro, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Ohira Masaichi, Ohsawa Masahiko, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   57 ( 19 )   2837 - 2842   2018年10月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は70歳男性で、食道胃十二指腸内視鏡検査で、胃前庭部小彎と胃粘膜部に2つの早期胃癌病変が検出されたため入院となった。生検所見は高分化型腺癌であった。CTでリンパ節転移や遠隔転移は認められなかったため、両病変を内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)により一括切除した。病理診断の結果、小型の病変(17×9mm)は高分化型管状腺癌、大型で粘膜下に位置する病変(25×14mm)は高分化型管状腺癌であった。ESDから26ヵ月後、造影CTで幽門下リンパ節の腫大を認め、18F-FDG PET/CTで同部位にFDGの異常集積が認められた。早期胃癌の転移と診断し、腹腔鏡下幽門側胃切除術とD2リンパ節郭清を施行した。術後の病理所見でmixed adenoneuroendocrine carcinomaと診断した。術後補助化学療法としてイリノテカンとシスプラチンを4ヵ月間、S-1を8ヵ月間投与した。28ヵ月後の経過観察で転移の徴候は認めていない。

  • Significance of the Lysyl Oxidase Members Lysyl Oxidase Like 1, 3, and 4 in Gastric Cancer. 査読

    Kasashima H, Yashiro M, Okuno T, Miki Y, Kitayama K, Masuda G, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Digestion   98 ( 4 )   238 - 248   2018年07月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000489558

    PubMed

  • Verification of the methodology for evaluating tumor-infiltrating lymphocytes in colorectal cancer 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Tamura Tatsuro, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-5701

  • Impact of tumor-infiltrating dendritic cells in esophageal squamous cell carcinoma treated with neoadjuvant chemotherapy 査読

    Nishimura Junya, Tanaka Hiroaki, Yamakoshi Yoshihito, Hiramatsu Soichiro, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-65

  • Neutrophils in gastric cancer tissue inhibit the proliferation of CD4+T cells and contribute to immunosuppression 査読

    Hiramatsu Soichiro, Tanaka Hiroaki, Yamakoshi Yoshihito, Nishimura Junya, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-4747

  • Comparison of the prognostic impact and combination of preoperative inflammation-based and/or nutritional markers in patients with stage II gastric cancer. 査読

    Toyokawa T, Muguruma K, Tamura T, Sakurai K, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Oncotarget   9 ( 50 )   29351 - 29364   2018年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25486

    PubMed

  • Comparison of the prognostic impact and combination of preoperative inflammation-based and/or nutritional markers in patients with stage II gastric cancer.

    Toyokawa T, Muguruma K, Tamura T, Sakurai K, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Oncotarget   9 ( 50 )   29351 - 29364   2018年06月

     詳細を見る

  • Clinical Relevance of Postoperative Neutrophil-Lymphocyte Ratio (NLR) to Recurrence After Adjuvant Chemotherapy of S-1 for Gastric Cancer. 査読

    Tanaka H, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Miki Y, Kubo N, Sakurai K, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   38 ( 6 )   3745 - 3751   2018年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12655

    PubMed

  • Clinical Relevance of Postoperative Neutrophil-Lymphocyte Ratio (NLR) to Recurrence After Adjuvant Chemotherapy of S-1 for Gastric Cancer.

    Tanaka H, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Miki Y, Kubo N, Sakurai K, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   38 ( 6 )   3745 - 3751   2018年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Lymph Node Metastasis of Mixed Adenoneuroendocrine Carcinoma after Curative Resection Using the Expanded Criteria for Early Gastric Cancer. 査読

    Ochiai T, Ominami M, Nagami Y, Fukunaga S, Toyokawa T, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Ohira M, Ohsawa M, Fujiwara Y

    一般社団法人 日本内科学会 Internal medicine (Tokyo, Japan)   2018年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Endoscopic submucosal dissection (ESD) of lesions using expanded indications for early gastric cancer (EGC) has been accepted as an alternative treatment for cases without lymph node metastasis. We herein report a rare case of metastatic lymph node tissue in mixed adenoneuroendocrine carcinoma (MANEC) after curative ESD using the expanded pathological criteria. A 70-year-old man underwent ESD for two EGC lesions. A pathological examination revealed lesions that required curative resection based on the expanded pathological criteria of the Japanese classification of gastric carcinoma. However, lymph node metastasis was detected at 26 months after ESD. Additional surgical resection was performed and MANEC was pathologically diagnosed in the metastatic lymph node. The patient subsequently underwent additional chemotherapy and remains alive at 2 years after surgery. Even though MANEC is a rare tumor, this case suggests that periodic follow-up is important when patients undergo curative resection by ESD based on the expanded indications because of the high malignant potential and the poor prognosis. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0311-17

    PubMed

    CiNii Article

  • Neutrophils in primary gastric tumors are correlated with neutrophil infiltration in tumor-draining lymph nodes and the systemic inflammatory response 査読

    Hiramatsu Soichiro, Tanaka Hiroaki, Nishimura Junya, Sakimura Chie, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC IMMUNOLOGY   19 ( 1 )   13   2018年04月( ISSN:1471-2172

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12865-018-0251-2

    PubMed

  • Neutrophils in primary gastric tumors are correlated with neutrophil infiltration in tumor-draining lymph nodes and the systemic inflammatory response.

    Hiramatsu S, Tanaka H, Nishimura J, Sakimura C, Tamura T, Toyokawa T, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    BMC immunology   19 ( 1 )   13   2018年04月

     詳細を見る

  • Association of tumor infiltrating CD8 positive T cells and PDL-1 expression with survival after conversion surgery for unresectable gastric cancer. 査読

    Tanaka Hiroaki, Nishimura Junya, Miki Yuichiro, Tamura Tatsuro, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 ( 4 )   2018年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Significance of Immune-Cell Infiltration in Gastric]. 査読

    Tanaka H, Tamura T, Okita Y, Yoshii M, Tokumoto M, Go Y, Sakimura C, Hiramatsu S, Nishimura J, Yamagoe Y, Yashiro M, Miki Y, Toyokawa T, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 2 )   217 - 221   2018年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 複雑型クローン病患者に対する単孔式腹腔鏡下手術の実施可能性と短期臨床転帰(The feasibility and short-term clinical outcomes of single-incision laparoscopic surgery for patients with complex Crohn's disease) 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Yamagami Hirokazu, Kamata Noriko, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Toyokawa Takahiro, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   48 ( 2 )   242 - 247   2018年02月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    瘻孔形成、腹腔内膿瘍形成、再発性クローン病(CD)を有する複雑型CD患者に対して単孔式腹腔鏡下手術(SILS)の安全性と実施可能性を調査し、複雑型CD患者と原発性非浸潤性CDの単純CD患者の臨床結果を比較した。2009年11月〜2016年12月に当施設でSILSを行ったCD患者50例(男性39例、女性11例、年齢中央値36歳、範囲16〜68歳)を調査した。複雑型CD25例と単純CD25例に分け、術前データと臨床転帰を解析して両群間で比較した。手術時間、失血量、開腹切開長は両群間で有意差がなかった。開腹術への変更率と追加ポートの必要性は複雑型CD群で高い傾向があった。術後合併症率と入院期間は両群間で有意差がなかった。開腹術への適切な変更や追加ポートが処理可能な腹腔鏡下手術の施行の十分な経験のある施設であれば、直腸切除、extended嚢胞切除、緊急手術の必要のない複雑型CD患者に対して、SILS技術は施行可能であることが示唆された。

  • The feasibility and short-term clinical outcomes of single-incision laparoscopic surgery for patients with complex Crohn's disease 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Yamagami Hirokazu, Kamata Noriko, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Toyokawa Takahiro, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    SURGERY TODAY   48 ( 2 )   242 - 247   2018年02月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-017-1581-z

    PubMed

  • [Significance of Immune-Cell Infiltration in Gastric].

    Tanaka H, Tamura T, Okita Y, Yoshii M, Tokumoto M, Go Y, Sakimura C, Hiramatsu S, Nishimura J, Yamagoe Y, Yashiro M, Miki Y, Toyokawa T, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 2 )   217 - 221   2018年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • The feasibility and short-term clinical outcomes of single-incision laparoscopic surgery for patients with complex Crohn's disease.

    Maeda K, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Nakao S, Yamagami H, Kamata N, Muguruma K, Tanaka H, Toyokawa T, Hirakawa K, Ohira M

    Surgery today   48 ( 2 )   242 - 247   2018年02月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

  • 複雑型クローン病患者に対する単孔式腹腔鏡下手術の実施可能性と短期臨床転帰(The feasibility and short-term clinical outcomes of single-incision laparoscopic surgery for patients with complex Crohn's disease)

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Yamagami Hirokazu, Kamata Noriko, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Toyokawa Takahiro, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    Surgery Today   48 ( 2 )   242 - 247   2018年02月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    瘻孔形成、腹腔内膿瘍形成、再発性クローン病(CD)を有する複雑型CD患者に対して単孔式腹腔鏡下手術(SILS)の安全性と実施可能性を調査し、複雑型CD患者と原発性非浸潤性CDの単純CD患者の臨床結果を比較した。2009年11月〜2016年12月に当施設でSILSを行ったCD患者50例(男性39例、女性11例、年齢中央値36歳、範囲16〜68歳)を調査した。複雑型CD25例と単純CD25例に分け、術前データと臨床転帰を解析して両群間で比較した。手術時間、失血量、開腹切開長は両群間で有意差がなかった。開腹術への変更率と追加ポートの必要性は複雑型CD群で高い傾向があった。術後合併症率と入院期間は両群間で有意差がなかった。開腹術への適切な変更や追加ポートが処理可能な腹腔鏡下手術の施行の十分な経験のある施設であれば、直腸切除、extended嚢胞切除、緊急手術の必要のない複雑型CD患者に対して、SILS技術は施行可能であることが示唆された。

  • 手術症例報告 外科的切除を施行した十二指腸GIST8 例の臨床病理学的検討

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 木村 健二郎, 天野 良亮, 平川 弘聖, 大平 雅一

    手術   72 ( 1 )   95 - 100   2018年01月( ISSN:00374423

  • CD9-positive Exosomes from CaF Stimulate the Migration Ability of Scirrhous-type Gastric Cancer Cells 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Okuno Tomohisa, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kesei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   875 - 875   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic significance of inflammation-based and/or nutritional markers in patients with stage II gastric cancer 査読

    Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Tamura Tatsuro, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Yanaka Hiroaki

    CANCER SCIENCE   109   1088 - 1088   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Possibility of inducing tumor infiltrating lymphocytes by B cells in tertiary lymphoid structures in gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Sakimura Chie, Kazuya Muguruma, Tamura Tatsuro, Shibutani Masatsune, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   837 - 837   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 外科的切除を施行した十二指腸GIST 8例の臨床病理学的検討 査読

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 木村 健二郎, 天野 良亮, 平川 弘聖, 大平 雅一

    金原出版(株) 手術   72 ( 1 )   95 - 100   2018年01月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    外科的切除を行った十二指腸GIST(gastrointestinal stromal tumor)症例8例(男性7例、女性1例、35〜76歳)を対象とした。主訴は無症状が3例と最も多く、下血2例、倦怠感1例、腹部違和感1例、便秘1例であった。腫瘍の局在は十二指腸下行脚が7例、水平脚が1例であった。術前に十二指腸GISTの診断がついていたのは5例で、その他はGIST疑い1例、平滑筋肉腫疑い1例、十二指腸カルチノイドに対する手術中に偶然発見1例であった。術前にGISTの確定診断がついていた5例の診断方法はEUS-FNA(endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration)3例、内視鏡下生検2例であった。手術術式は十二指腸部分切除術が6例、膵頭十二指腸切除術が2例で、全例で完全切除を施行した。免疫組織染色においてc-kitは8例全例で陽性、CD34は8例中7例で陽性であった。同時性肝転移症例2例を除いた6例のリスク分類は、低リスク4例、高リスク2例であった。再発は4例に認めた。転帰は4例が無再発生存中、3例が再発生存中、1例が原病死であった。

  • 【Borderline resectable膵癌に対する集学的治療】 技術的切除可能な主要動脈浸潤局所進行膵癌に対するR0を目指した集学的治療 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 西尾 康平, 大平 豪, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)篠原出版新社 癌の臨床   63 ( 5 )   447 - 453   2018年01月( ISSN:0021-4949

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肝動脈浸潤・接触、上腸間膜動脈接触を認める局所進行膵癌42例中、膵切除を行った30例を対象とした。術前化学放射線療法の完遂率は97.6%、外科切除率は71.4%であった。NCCNガイドラインにおけるBorderline resectable(BR)が14例、Unresectable(UR)が16例で、術前治療により腫瘍径、腫瘍マーカーともに有意な低下を認めた。PD-CARやPD-CHAR、TP-CARなどの肝動脈合併膵切除症例が14例で、10例に肝動脈再建を要した。門脈合併切除は70%に行い、術中輸血率は60%であった。grade 3a以上の術後合併症発症率は36.7%であった。胃排出遅延は16.7%に認め、1例が在院死亡に至った。病理所見では、リンパ節転移例は33.3%、膵頭神経叢浸潤は43.3%、門脈浸潤率は30%であった。病理学的な90%以上の腫瘍壊死効果は43.3%に認め、R0切除率は93.3%であった。S-1による術後補助化学療法導入率は82.6%であった。2年生存率は56.1%であった。

  • Verification of the method to evaluate tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) in colorectal cancer 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   290 - 290   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The impact of Tumor-associated macrophage on chemoresistance via angiogenesis in colorectal cancer 査読

    Nakao Shigetomi, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   63 - 63   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Induction of PDL-1 on neutrophils by gastric cancer cells 査読

    Hiramatsu Soichiro, Tanaka Hiroaki, Nishimura Jyunya, Sakimura Chie, Tamura Taturo, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke D., Muguruma Kazuya, Maeda Kiyosi, Hirakawa Kousei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   285 - 285   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of tumor infiltrating dendritic cells in esophageal squamous cell carcinoma treated with neoadjuvant chemotherapy 査読

    Nishimura Junya, Tanaka Hiroaki, Hiramatsu Soichiro, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   291 - 291   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of the local immune status between the primary tumor and metastatic tumor in colorectal cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Matsutani Shiniji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   280 - 280   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【Borderline resectable膵癌に対する集学的治療】技術的切除可能な主要動脈浸潤局所進行膵癌に対するR0を目指した集学的治療

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 西尾 康平, 大平 豪, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌の臨床   63 ( 5 )   447 - 453   2018年01月( ISSN:0021-4949

     詳細を見る

    肝動脈浸潤・接触、上腸間膜動脈接触を認める局所進行膵癌42例中、膵切除を行った30例を対象とした。術前化学放射線療法の完遂率は97.6%、外科切除率は71.4%であった。NCCNガイドラインにおけるBorderline resectable(BR)が14例、Unresectable(UR)が16例で、術前治療により腫瘍径、腫瘍マーカーともに有意な低下を認めた。PD-CARやPD-CHAR、TP-CARなどの肝動脈合併膵切除症例が14例で、10例に肝動脈再建を要した。門脈合併切除は70%に行い、術中輸血率は60%であった。grade 3a以上の術後合併症発症率は36.7%であった。胃排出遅延は16.7%に認め、1例が在院死亡に至った。病理所見では、リンパ節転移例は33.3%、膵頭神経叢浸潤は43.3%、門脈浸潤率は30%であった。病理学的な90%以上の腫瘍壊死効果は43.3%に認め、R0切除率は93.3%であった。S-1による術後補助化学療法導入率は82.6%であった。2年生存率は56.1%であった。

  • 外科的切除を施行した十二指腸GIST 8例の臨床病理学的検討

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 木村 健二郎, 天野 良亮, 平川 弘聖, 大平 雅一

    手術   72 ( 1 )   95 - 100   2018年01月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    外科的切除を行った十二指腸GIST(gastrointestinal stromal tumor)症例8例(男性7例、女性1例、35〜76歳)を対象とした。主訴は無症状が3例と最も多く、下血2例、倦怠感1例、腹部違和感1例、便秘1例であった。腫瘍の局在は十二指腸下行脚が7例、水平脚が1例であった。術前に十二指腸GISTの診断がついていたのは5例で、その他はGIST疑い1例、平滑筋肉腫疑い1例、十二指腸カルチノイドに対する手術中に偶然発見1例であった。術前にGISTの確定診断がついていた5例の診断方法はEUS-FNA(endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration)3例、内視鏡下生検2例であった。手術術式は十二指腸部分切除術が6例、膵頭十二指腸切除術が2例で、全例で完全切除を施行した。免疫組織染色においてc-kitは8例全例で陽性、CD34は8例中7例で陽性であった。同時性肝転移症例2例を除いた6例のリスク分類は、低リスク4例、高リスク2例であった。再発は4例に認めた。転帰は4例が無再発生存中、3例が再発生存中、1例が原病死であった。

  • 腸瘻チューブが原因で発症した腸重積の1例 査読

    田内 潤, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   79 ( 11 )   2276 - 2280   2018年( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は65歳の男性.体重減少,嘔吐症状を契機に食道胃接合部癌と診断され,開腹胃全摘術,経裂孔的下部食道切除術,結腸前経路Roux-en-Y法再建を施行,術後の栄養療法目的に腸瘻造設術を併施し,12Frの腸瘻チューブを留置した.術後18日目,持続する発熱の精査目的にCT検査を施行したところ,腸瘻チューブに沿って小腸のtarget signを認め,腸重積症と考えられた.上部消化管内視鏡で整復を試みたが困難であり,緊急手術を施行した.Y脚吻合部より約10cm肛門側の空腸から約10cmに渡り順行性の重積を確認した.Hutchinson手技にて整復を試みたが,腸管壁が全層に裂けたため,損傷部を含めて小腸を10cm部分切除した.再手術後問題なく経過し,再手術後13日目に退院となった.今回,われわれは腸瘻チューブが原因となった比較的稀な成人腸重積症の1例を経験したので報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.79.2276

    CiNii Article

  • 小腸転移をきたした頭部血管肉腫の1例 査読

    江口 真平, 前田 清, 中尾 重富, 渋谷 雅常, 永原 央, 六車 一哉, 豊川 貴弘, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本腹部救急医学会 日本腹部救急医学会雑誌   38 ( 7 )   1209 - 1212   2018年( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>症例は67歳,男性。頭部血管肉腫に対して当院皮膚科で放射線療法中に腹部膨満および腹痛が出現した。腹部CTで,回腸の壁肥厚と,同部より口側小腸の拡張が認められた。腸閉塞と診断し,イレウス管による保存的治療を行うも改善が認められないため手術を施行した。腹腔鏡下に腹腔内を観察したところ回腸に約5cm大の暗赤色の腫瘍を認め,口側小腸の拡張を伴っており,同部位が閉塞起点と考えられた。小開腹をおき,小腸部分切除術を施行した。病理組織学的検査では頭頂部血管肉腫からの小腸転移と診断された。血管肉腫からの小腸転移はまれであり,文献的考察を加えて報告する。</p>

    DOI: 10.11231/jaem.38.1209

    CiNii Article

  • Significance of the Lysyl Oxidase Members Lysyl Oxidase Like 1, 3, and 4 in Gastric Cancer.

    Kasashima H, Yashiro M, Okuno T, Miki Y, Kitayama K, Masuda G, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Digestion   98 ( 4 )   238 - 248   2018年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

  • 腸瘻チューブが原因で発症した腸重積の1例

    田内 潤, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 11 )   2276 - 2280   2018年( ISSN:13452843

     詳細を見る

    症例は65歳の男性.体重減少,嘔吐症状を契機に食道胃接合部癌と診断され,開腹胃全摘術,経裂孔的下部食道切除術,結腸前経路Roux-en-Y法再建を施行,術後の栄養療法目的に腸瘻造設術を併施し,12Frの腸瘻チューブを留置した.術後18日目,持続する発熱の精査目的にCT検査を施行したところ,腸瘻チューブに沿って小腸のtarget signを認め,腸重積症と考えられた.上部消化管内視鏡で整復を試みたが困難であり,緊急手術を施行した.Y脚吻合部より約10cm肛門側の空腸から約10cmに渡り順行性の重積を確認した.Hutchinson手技にて整復を試みたが,腸管壁が全層に裂けたため,損傷部を含めて小腸を10cm部分切除した.再手術後問題なく経過し,再手術後13日目に退院となった.今回,われわれは腸瘻チューブが原因となった比較的稀な成人腸重積症の1例を経験したので報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.79.2276

    CiNii Article

  • Examination of cancer cells exposed to gastric serosa by serosal stamp cytology plus RT-PCR is useful for the identification of gastric cancer patients at high risk of peritoneal recurrence 査読

    Miki Yuichiro, Yashiro Masakazu, Ando Kanae, Okuno Tomohisa, Kitayama Kishu, Masuda Go, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Osawa Masahiko, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    SURGICAL ONCOLOGY-OXFORD   26 ( 4 )   352 - 358   2017年12月( ISSN:0960-7404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.suronc.2017.07.008

    PubMed

  • Examination of cancer cells exposed to gastric serosa by serosal stamp cytology plus RT-PCR is useful for the identification of gastric cancer patients at high risk of peritoneal recurrence.

    Miki Y, Yashiro M, Ando K, Okuno T, Kitayama K, Masuda G, Tamura T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Osawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Surgical oncology   26 ( 4 )   352 - 358   2017年12月( ISSN:0960-7404

  • [A Case of Small Intestinal Metastasis with Intussusception Due to Barium]. 査読

    Tsujio G, Nagahara H, Nakao S, Fukuoka T, Shibutani M, Maeda K, Matsutani S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 肛門扁平上皮癌症例の治療成績 査読

    森 拓哉, 前田 清, 福岡 達成, 澁谷 正常, 永原 央, 田村 達郎, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1647 - 1649   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回われわれは、1994〜2016年までに当院で治療した肛門扁平上皮癌14例を検討した。初回治療として手術を5例に施行したが4例に再発を認め、このうち3例は術後1年以内に死亡した。一方、9例に対し化学放射線療法(chemoradiotherapy:CRT)を初回治療として施行した。Grade 3以上の有害事象は好中球減少の1例のみであった。効果判定は全例でpartial response(PR)以上が得られ、complete response(CR)は6例であった。CR6例中4例は無再発生存中、残る2例は再発を認めたが、ともに転移巣を切除し健存である。PRの3例中1例は局所切除追加にて再発なく生存しているが、残る2例は遠隔転移再発で死亡した。CRT症例は重篤な副作用もなく、予後も比較的良好であった。CRTは根治を期待できる有効な治療法であるが、遠隔転移再発には慎重な経過観察が必要と考えられた。(著者抄録)

  • バリウム内服を契機に発症した小腸重積により診断された転移性小腸腫瘍の1例 査読

    辻尾 元, 永原 央, 中尾 重富, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 前田 清, 松谷 慎治, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は48歳、男性。受診2日前より嘔気を自覚、翌日に健康診断を受診し、胸部X線検査および食道・胃・十二指腸造影検査を施行した。胸部に異常陰影を指摘されたため当院に紹介受診となった。胸部〜骨盤部CT検査にて左肺門部に約4cm大の腫瘤を認め、小腸にtarget signを認めた。小腸重積の診断となり緊急手術の方針となった。開腹にて腹腔内を観察したところ、Treitz靱帯より約20cm、130cm肛門側の小腸に重積を認め、Hutchinson手技にて重積を解除し得た。口側の重積部では先進部に腫瘍を認めたが、肛門側の重積部では先進部に明らかな腫瘍性病変は認めずバリウム内服による蠕動亢進が原因と考えた。検索を進めたところ小腸に3ヶ所腫瘍性病変を認め、1ヶ所は口側腸重積の先進部となっていた。腫瘍を有する部位の小腸計3ヶ所を部分切除・再建し手術を終了した。病理組織検査では肺多型癌小腸転移の診断となり、現在外来で加療中である。(著者抄録)

  • [Clinical Outcome of the Patients with Anal Squamous Cell Carcinoma]. 査読

    Mori T, Maeda K, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1647 - 1649   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Small Intestinal Metastasis with Intussusception Due to Barium].

    Tsujio G, Nagahara H, Nakao S, Fukuoka T, Shibutani M, Maeda K, Matsutani S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 肛門扁平上皮癌症例の治療成績

    森 拓哉, 前田 清, 福岡 達成, 澁谷 正常, 永原 央, 田村 達郎, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1647 - 1649   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    今回われわれは、1994〜2016年までに当院で治療した肛門扁平上皮癌14例を検討した。初回治療として手術を5例に施行したが4例に再発を認め、このうち3例は術後1年以内に死亡した。一方、9例に対し化学放射線療法(chemoradiotherapy:CRT)を初回治療として施行した。Grade 3以上の有害事象は好中球減少の1例のみであった。効果判定は全例でpartial response(PR)以上が得られ、complete response(CR)は6例であった。CR6例中4例は無再発生存中、残る2例は再発を認めたが、ともに転移巣を切除し健存である。PRの3例中1例は局所切除追加にて再発なく生存しているが、残る2例は遠隔転移再発で死亡した。CRT症例は重篤な副作用もなく、予後も比較的良好であった。CRTは根治を期待できる有効な治療法であるが、遠隔転移再発には慎重な経過観察が必要と考えられた。(著者抄録)

  • バリウム内服を契機に発症した小腸重積により診断された転移性小腸腫瘍の1例

    辻尾 元, 永原 央, 中尾 重富, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 前田 清, 松谷 慎治, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は48歳、男性。受診2日前より嘔気を自覚、翌日に健康診断を受診し、胸部X線検査および食道・胃・十二指腸造影検査を施行した。胸部に異常陰影を指摘されたため当院に紹介受診となった。胸部〜骨盤部CT検査にて左肺門部に約4cm大の腫瘤を認め、小腸にtarget signを認めた。小腸重積の診断となり緊急手術の方針となった。開腹にて腹腔内を観察したところ、Treitz靱帯より約20cm、130cm肛門側の小腸に重積を認め、Hutchinson手技にて重積を解除し得た。口側の重積部では先進部に腫瘍を認めたが、肛門側の重積部では先進部に明らかな腫瘍性病変は認めずバリウム内服による蠕動亢進が原因と考えた。検索を進めたところ小腸に3ヶ所腫瘍性病変を認め、1ヶ所は口側腸重積の先進部となっていた。腫瘍を有する部位の小腸計3ヶ所を部分切除・再建し手術を終了した。病理組織検査では肺多型癌小腸転移の診断となり、現在外来で加療中である。(著者抄録)

  • [Clinical Outcome of the Patients with Anal Squamous Cell Carcinoma].

    Mori T, Maeda K, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1647 - 1649   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • Adverse Effects of Low Preoperative Skeletal Muscle Mass in Patients Undergoing Gastrectomy for Gastric Cancer 査読

    Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   24 ( 9 )   2712 - 2719   2017年09月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-017-5875-6

    PubMed

  • Adverse Effects of Low Preoperative Skeletal Muscle Mass in Patients Undergoing Gastrectomy for Gastric Cancer.

    Sakurai K, Kubo N, Tamura T, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Annals of surgical oncology   24 ( 9 )   2712 - 2719   2017年09月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

  • 手術手技 胃切除後食道癌に対する空腸再建術

    久保 尚士, 櫻井 克宣, 玉森 豊, 大平 雅一, 豊川 貴弘, 西口 幸雄

    手術   71 ( 8 )   1199 - 1203   2017年07月( ISSN:00374423

  • A case of bowel perforation due to traumatic hernia at a pelvic fracture site: a case report and review of the literature 査読

    Tanaka Ryota, Nagahara Hisashi, Maeda Kiyoshi, Ohtani Hiroshi, Shibutani Masatsune, Tamura Tatsuro, Ikeya Tetsuro, Sugano Kenji, Iseki Yasuhito, Sakurai Katsunobu, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC SURGERY   17 ( 1 )   81   2017年07月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-017-0278-y

    PubMed

  • A case of bowel perforation due to traumatic hernia at a pelvic fracture site: a case report and review of the literature.

    Tanaka R, Nagahara H, Maeda K, Ohtani H, Shibutani M, Tamura T, Ikeya T, Sugano K, Iseki Y, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    BMC surgery   17 ( 1 )   81   2017年07月

     詳細を見る

  • Immunoregulatory Function of Lymphatic Endothelial Cells in Tumor-draining Lymph Nodes of Human Gastric Cancer 査読

    Tokumoto Mao, Tanaka Hiroaki, Tauchi Yukie, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 6 )   2875 - 2883   2017年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11640

    PubMed

  • 大腸癌患者における術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合の影響(The impact of the preoperative peripheral lymphocyte count and lymphocyte percentage in patients with colorectal cancer) 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Tamura Tatsuro, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   47 ( 6 )   743 - 754   2017年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大腸癌患者において、術前免疫能を反映する末梢血リンパ球数およびリンパ球割合が有用な生存予測因子となり得るかについて検討した。さらに、それらの生存予測因子としての正確度を比較した。ステージII/IIIの大腸癌患者362例のデータを後向きに調査し、術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合に基づき患者を分類した。高リンパ球数群では低リンパ球数群に比べ(カットオフ値1700/mm3)、5年無再発生存率が高い傾向を示した(p=0.0583)。また高リンパ球数群では低リンパ球数群に比べ(カットオフ値1100/mm3)、5年全生存率が有意に高かった(p=0.0021)。高リンパ球割合群では低リンパ球割合群に比べ(カットオフ値32.4%)、5年無再発生存率および5年全生存率が有意に高かった(ともにp=0.0003)。多変量解析において、リンパ球割合が全生存と独立した関連を示した(オッズ比2.168、p=0.0308)。大腸癌患者において術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合はともに良好な予後因子であることが示された。またリンパ球割合はリンパ球数よりも優れた生存予測因子であることが示唆された。

  • The impact of the preoperative peripheral lymphocyte count and lymphocyte percentage in patients with colorectal cancer 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Tamura Tatsuro, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    SURGERY TODAY   47 ( 6 )   743 - 754   2017年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1433-2

    PubMed

  • Immunoregulatory Function of Lymphatic Endothelial Cells in Tumor-draining Lymph Nodes of Human Gastric Cancer.

    Tokumoto M, Tanaka H, Tauchi Y, Tamura T, Toyokawa T, Kimura K, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   37 ( 6 )   2875 - 2883   2017年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • 大腸癌患者における術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合の影響(The impact of the preoperative peripheral lymphocyte count and lymphocyte percentage in patients with colorectal cancer)

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Tamura Tatsuro, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    Surgery Today   47 ( 6 )   743 - 754   2017年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    大腸癌患者において、術前免疫能を反映する末梢血リンパ球数およびリンパ球割合が有用な生存予測因子となり得るかについて検討した。さらに、それらの生存予測因子としての正確度を比較した。ステージII/IIIの大腸癌患者362例のデータを後向きに調査し、術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合に基づき患者を分類した。高リンパ球数群では低リンパ球数群に比べ(カットオフ値1700/mm3)、5年無再発生存率が高い傾向を示した(p=0.0583)。また高リンパ球数群では低リンパ球数群に比べ(カットオフ値1100/mm3)、5年全生存率が有意に高かった(p=0.0021)。高リンパ球割合群では低リンパ球割合群に比べ(カットオフ値32.4%)、5年無再発生存率および5年全生存率が有意に高かった(ともにp=0.0003)。多変量解析において、リンパ球割合が全生存と独立した関連を示した(オッズ比2.168、p=0.0308)。大腸癌患者において術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合はともに良好な予後因子であることが示された。またリンパ球割合はリンパ球数よりも優れた生存予測因子であることが示唆された。

  • The impact of the preoperative peripheral lymphocyte count and lymphocyte percentage in patients with colorectal cancer.

    Iseki Y, Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Surgery today   47 ( 6 )   743 - 754   2017年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

  • [Clinical Experience of S-1 and Oxaliplatin(SOX)as the First-Line Chemotherapy for Metastatic/Recurrent Gastric Cancer]. 査読

    Toyokawa T, Tamura T, Shibutani M, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 5 )   405 - 408   2017年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 進行再発胃癌に対するSOX療法の治療成績 査読

    豊川 貴弘, 田村 達郎, 渋谷 雅常, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 5 )   405 - 408   2017年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行再発胃癌に対する一次治療としてのS-1+oxaliplatin(SOX)療法の有効性と安全性について検討した。対象は当科でSOX療法を施行した進行再発胃癌27例である。投与方法はoxaliplatin 100mg/m2を第1日目に点滴静注、S-1 80〜120mg/bodyを2週投与1週休薬で投与し、3週1コースとした。投与コース中央値は7コースで、奏効率47.6%、病勢コントロール率は76.2%であった。Grade 3以上の有害事象は、好中球減少33.3%、末梢神経障害、食欲不振11.1%、血小板減少7.4%、貧血、下痢、疲労、高カルシウム血症を3.7%に認めた。生存期間中央値には到達せず、1年生存率は63.2%であった。実地臨床においてもSOX療法の治療効果は良好で、外来で安全に施行可能であった。(著者抄録)

  • [Clinical Experience of S-1 and Oxaliplatin(SOX)as the First-Line Chemotherapy for Metastatic/Recurrent Gastric Cancer].

    Toyokawa T, Tamura T, Shibutani M, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 5 )   405 - 408   2017年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 進行再発胃癌に対するSOX療法の治療成績

    豊川 貴弘, 田村 達郎, 渋谷 雅常, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   44 ( 5 )   405 - 408   2017年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    進行再発胃癌に対する一次治療としてのS-1+oxaliplatin(SOX)療法の有効性と安全性について検討した。対象は当科でSOX療法を施行した進行再発胃癌27例である。投与方法はoxaliplatin 100mg/m2を第1日目に点滴静注、S-1 80〜120mg/bodyを2週投与1週休薬で投与し、3週1コースとした。投与コース中央値は7コースで、奏効率47.6%、病勢コントロール率は76.2%であった。Grade 3以上の有害事象は、好中球減少33.3%、末梢神経障害、食欲不振11.1%、血小板減少7.4%、貧血、下痢、疲労、高カルシウム血症を3.7%に認めた。生存期間中央値には到達せず、1年生存率は63.2%であった。実地臨床においてもSOX療法の治療効果は良好で、外来で安全に施行可能であった。(著者抄録)

  • C-Reactive Protein Indicates Early Stage of Postoperative Infectious Complications in Patients Following Minimally Invasive Esophagectomy 査読

    Miki Yuichiro, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 ( 3 )   796 - 803   2017年03月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-016-3803-8

    PubMed

  • C-Reactive Protein Indicates Early Stage of Postoperative Infectious Complications in Patients Following Minimally Invasive Esophagectomy.

    Miki Y, Toyokawa T, Kubo N, Tamura T, Sakurai K, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    World journal of surgery   41 ( 3 )   796 - 803   2017年03月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

  • Cervical chylous leakage following esophagectomy treated by intranodal lipiodol lymphangiography: a case report 査読

    Tamura Tatsuro, Kubo Naoshi, Yamamoto Akira, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC SURGERY   17 ( 1 )   20   2017年02月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-017-0218-x

    PubMed

  • Cervical chylous leakage following esophagectomy that was successfully treated by intranodal lipiodol lymphangiography: a case report.

    Tamura T, Kubo N, Yamamoto A, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    BMC surgery   17 ( 1 )   20   2017年02月

     詳細を見る

  • Role of systemic immune-inflammatory index, tumor infiltrating neutrophils and PD-1+T cells to predict the postoperative recurrence after S-1 adjuvant chemotherapy for gastric cancer: A retrospective study. 査読

    Tanaka Hiroaki, Tamura Tatsuro, Hiramatsu Soichiro, Muguruma Kazuya, Miki Yuichiro, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 ( 4 )   2017年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2期再建術を行った食道癌、胃癌、大腸癌の同時性3重複進行癌の1例 査読

    長嶋 大輔, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 大平 雅一

    大道学館出版部 臨牀と研究   94 ( 1 )   124 - 128   2017年01月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2期再建により良好な術後経過を得た食道癌・胃癌・大腸癌の同時性3重複癌の71歳男性症例を報告した。本症例は食欲低下と体重減少を主訴とし、上部消化管内視鏡検査にて食道癌と胃癌、全身検索のためのFDG-PET/CTにてS状結腸癌を認めた。各種検査所見よりcT3N2M0ステージIIIの食道癌、cT3N1M0ステージIIIAの胃癌、cT1bN0M0ステージIのS状結腸癌と診断し、全ての病変が手術適応と判断した。同時性胃癌大腸癌を伴う食道癌で胃全摘を要するため、1期的切除再建は過大侵襲と考え、食道胃切除後の再建を2期的に行う方針とした。術後はS-1による補助化学療法を行い、初回手術より10ヵ月経過した現在、無再発生存中である。

  • Prognostic significance of baseline nutritional index for patients with esophageal squamous cell carcinoma after radical esophagectomy 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Yamashita Yoshito, Hirakawa Kosei

    ESOPHAGUS   14 ( 1 )   84 - 90   2017年01月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-016-0548-2

  • 根治的食道切除後の食道扁平上皮癌患者における術前の予後指標としての栄養指数の意義(Prognostic significance of baseline nutritional index for patients with esophageal squamous cell carcinoma after radical esophagectomy) 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Yamashita Yoshito, Hirakawa Kosei

    シュプリンガー・ジャパン(株) Esophagus   14 ( 1 )   84 - 90   2017年01月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道扁平上皮癌(ESCC)に対する根治的食道切除後の短期および長期成績に、術前のprognostic nutritional index(PNI)がどのような影響を及ぼすか後ろ向きに検討した。対象はESCC患者202例(男性162例、女性40例、年齢43〜87歳)で、PNIは10×血清アルブミン値(g/dL)+0.005×総リンパ球計数(per mm3)で計算した。平均PNIは48.9±4.6で、多重ロジスティック回帰分析における受信者動作特性曲線下面積は0.5367であった。予測5年生存率はPNIが44.1の場合に最適であったためカットオフ値を44とし、患者をPNI 44以上の高PNI群(173例)と44未満の低PNI群(29例)に分類した。全生存率(OS)および無再発生存率(RFS)は高PNI群に比して低PNI群で有意に不良で、5年OSとRFSは高PNI群で67.2%と61.5%、低PNI群で41.2%と38.8%であった。術後合併症は両群で差は認められなかった。OSおよびRFSに対するCox比例ハザードモデルを用いた単変量および多変量解析では、PNIが両者に対する重要な予後因子であることが明らかとなった。PNIは根治手術を予定されているESCC患者に対する実践的予後マーカーであり、低PNIのESCC患者に対する術後の腫瘍再発に対する注意深いフォローアップが必要であることが示唆された。

  • 2期再建術を行った食道癌、胃癌、大腸癌の同時性3重複進行癌の1例

    長嶋 大輔, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 大平 雅一

    臨牀と研究   94 ( 1 )   124 - 128   2017年01月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    2期再建により良好な術後経過を得た食道癌・胃癌・大腸癌の同時性3重複癌の71歳男性症例を報告した。本症例は食欲低下と体重減少を主訴とし、上部消化管内視鏡検査にて食道癌と胃癌、全身検索のためのFDG-PET/CTにてS状結腸癌を認めた。各種検査所見よりcT3N2M0ステージIIIの食道癌、cT3N1M0ステージIIIAの胃癌、cT1bN0M0ステージIのS状結腸癌と診断し、全ての病変が手術適応と判断した。同時性胃癌大腸癌を伴う食道癌で胃全摘を要するため、1期的切除再建は過大侵襲と考え、食道胃切除後の再建を2期的に行う方針とした。術後はS-1による補助化学療法を行い、初回手術より10ヵ月経過した現在、無再発生存中である。

  • 根治的食道切除後の食道扁平上皮癌患者における術前の予後指標としての栄養指数の意義(Prognostic significance of baseline nutritional index for patients with esophageal squamous cell carcinoma after radical esophagectomy)

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Yamashita Yoshito, Hirakawa Kosei

    Esophagus   14 ( 1 )   84 - 90   2017年01月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    食道扁平上皮癌(ESCC)に対する根治的食道切除後の短期および長期成績に、術前のprognostic nutritional index(PNI)がどのような影響を及ぼすか後ろ向きに検討した。対象はESCC患者202例(男性162例、女性40例、年齢43〜87歳)で、PNIは10×血清アルブミン値(g/dL)+0.005×総リンパ球計数(per mm3)で計算した。平均PNIは48.9±4.6で、多重ロジスティック回帰分析における受信者動作特性曲線下面積は0.5367であった。予測5年生存率はPNIが44.1の場合に最適であったためカットオフ値を44とし、患者をPNI 44以上の高PNI群(173例)と44未満の低PNI群(29例)に分類した。全生存率(OS)および無再発生存率(RFS)は高PNI群に比して低PNI群で有意に不良で、5年OSとRFSは高PNI群で67.2%と61.5%、低PNI群で41.2%と38.8%であった。術後合併症は両群で差は認められなかった。OSおよびRFSに対するCox比例ハザードモデルを用いた単変量および多変量解析では、PNIが両者に対する重要な予後因子であることが明らかとなった。PNIは根治手術を予定されているESCC患者に対する実践的予後マーカーであり、低PNIのESCC患者に対する術後の腫瘍再発に対する注意深いフォローアップが必要であることが示唆された。

  • 癌微小環境における胃癌細胞の糖代謝関連酵素(PKM2, ENO1, GLS)の意義 査読

    北山 紀州, 八代 正和, 森崎 珠実, 奥野 倫久, 三木 友一朗, 笠島 裕明, 増田 剛, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   32 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.32.55

    CiNii Article

  • 癌微小環境における胃癌細胞の糖代謝関連酵素(PKM2, ENO1, GLS)の意義

    北山 紀州, 八代 正和, 森崎 珠実, 奥野 倫久, 三木 友一朗, 笠島 裕明, 増田 剛, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   32 ( 0 )   55   2017年

  • Tumor-infiltrating lymphocytes predict the chemotherapeutic outcomes in patients with stage IV colorectal cancer 査読

    Shibutani M., Maeda K., Nagahara H., Fukuoka T., Iseki Y., Matsutani S., Tamura T., Ohira G., Yamazoe S., Kimura K., Toyokawa T., Amano R., Tanaka H., Muguruma K., Hirakawa K., Ohira M.

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年12月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 癌宿主因子における予後および効果予測 査読

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渋谷 雅常, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    大道学館出版部 臨牀と研究   93 ( 12 )   1614 - 1615   2016年12月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    癌宿主因子における炎症指標の有用性について検証した。グラスゴー予後予測スコアはCRP値とアルブミン値によって算出されるが、その他の指標はそれぞれの因子の絶対値の組み合わせで求められる。カットオフ値はROC解析で求めることが多く、評価項目は全生存期間または無病生存期間に関連して測定されることが多い。すべての指標において基準とされる数値は存在しない。末梢血から求められる炎症反応や栄養状態、免疫環境などの宿主因子は、有用な予後および治療効果予測因子である可能性が示唆された。

  • 癌宿主因子における予後および効果予測

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渋谷 雅常, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    臨牀と研究   93 ( 12 )   1614 - 1615   2016年12月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    癌宿主因子における炎症指標の有用性について検証した。グラスゴー予後予測スコアはCRP値とアルブミン値によって算出されるが、その他の指標はそれぞれの因子の絶対値の組み合わせで求められる。カットオフ値はROC解析で求めることが多く、評価項目は全生存期間または無病生存期間に関連して測定されることが多い。すべての指標において基準とされる数値は存在しない。末梢血から求められる炎症反応や栄養状態、免疫環境などの宿主因子は、有用な予後および治療効果予測因子である可能性が示唆された。

  • [A Case of Metastatic Lung Cancer from Colon Cancer with a Long Partial Response with Regorafenib Treatment]. 査読

    Iseki Y, Yashiro M, Shibutani M, Nagahara H, Maeda K, Matsutani S, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2338 - 2340   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • レゴラフェニブにて18ヵ月間の長期PRが得られた大腸癌肺転移の1例 査読

    井関 康仁, 八代 正和, 渋谷 雅常, 永原 央, 前田 清, 松谷 慎治, 田村 達郎, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   43 ( 12 )   2338 - 2340   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳、女性。2005年12月、当科にてS状結腸癌に対してS状結腸切除術を施行。病理結果にてpT2N0M0、fStage Iであり、術後補助化学療法は施行せず経過観察していた。2011年11月にCEA 9.7ng/mLと上昇を認め、精査にて転移性肺癌を認めた。FOLFOX+bevacizumab(BV)療法を21コース、FOLFIRI+BV療法を6コース、XELOX+BV療法を13コース施行した。いずれのレジメンもprogressive disease(PD)となったため、fourth-lineとしてレゴラフェニブ療法を開始した。レゴラフェニブ開始前のレジメンにて手足症候群がみられたため、80mg/dayで開始した、Grade 2以上の副作用はでることなく投与開始後18ヵ月経過し、長期間partial response(PR)が持続し現在22コース施行中である。大腸癌肺転移再発症例に対してレゴラフェニブ投与により長期にわたるPRを得ることができた1例を経験した。(著者抄録)

  • [A Case of Metastatic Lung Cancer from Colon Cancer with a Long Partial Response with Regorafenib Treatment].

    Iseki Y, Yashiro M, Shibutani M, Nagahara H, Maeda K, Matsutani S, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2338 - 2340   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • レゴラフェニブにて18ヵ月間の長期PRが得られた大腸癌肺転移の1例

    井関 康仁, 八代 正和, 渋谷 雅常, 永原 央, 前田 清, 松谷 慎治, 田村 達郎, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2338 - 2340   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は66歳、女性。2005年12月、当科にてS状結腸癌に対してS状結腸切除術を施行。病理結果にてpT2N0M0、fStage Iであり、術後補助化学療法は施行せず経過観察していた。2011年11月にCEA 9.7ng/mLと上昇を認め、精査にて転移性肺癌を認めた。FOLFOX+bevacizumab(BV)療法を21コース、FOLFIRI+BV療法を6コース、XELOX+BV療法を13コース施行した。いずれのレジメンもprogressive disease(PD)となったため、fourth-lineとしてレゴラフェニブ療法を開始した。レゴラフェニブ開始前のレジメンにて手足症候群がみられたため、80mg/dayで開始した、Grade 2以上の副作用はでることなく投与開始後18ヵ月経過し、長期間partial response(PR)が持続し現在22コース施行中である。大腸癌肺転移再発症例に対してレゴラフェニブ投与により長期にわたるPRを得ることができた1例を経験した。(著者抄録)

  • Low Preoperative Prognostic Nutritional Index Predicts Poor Survival Post-gastrectomy in Elderly Patients with Gastric Cancer 査読

    Sakurai Katsunobu, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   23 ( 11 )   3669 - 3676   2016年10月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5272-6

    PubMed

  • Prognostic Significance of MicroRNA-21 Expression in Patients with Unresectable Metastatic Colon Cancer 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Ikeya Tetsuro, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 10 )   5145 - 5151   2016年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11084

    PubMed

  • Low Preoperative Prognostic Nutritional Index Predicts Poor Survival Post-gastrectomy in Elderly Patients with Gastric Cancer.

    Sakurai K, Tamura T, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Annals of surgical oncology   23 ( 11 )   3669 - 3676   2016年10月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

  • Prognostic Significance of MicroRNA-21 Expression in Patients with Unresectable Metastatic Colon Cancer.

    Iseki Y, Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Fukuoka T, Ikeya T, Matsutani S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   36 ( 10 )   5145 - 5151   2016年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • The pretreatment Controlling Nutritional Status (CONUT) score is an independent prognostic factor in patients with resectable thoracic esophageal squamous cell carcinoma: results from a retrospective study 査読

    Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   16   722   2016年09月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-016-2696-0

    PubMed

  • The pretreatment Controlling Nutritional Status (CONUT) score is an independent prognostic factor in patients with resectable thoracic esophageal squamous cell carcinoma: results from a retrospective study.

    Toyokawa T, Kubo N, Tamura T, Sakurai K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    BMC cancer   16   722   2016年09月

     詳細を見る

  • Tumor-associated macrophages induce capillary morphogenesis of lymphatic endothelial cells derived from human gastric cancer 査読

    Tauchi Yukie, Tanaka Hiroaki, Kumamoto Kanako, Tokumoto Mao, Sakimura Chie, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   107 ( 8 )   1101 - 1109   2016年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12977

    PubMed

  • 腫瘍関連マクロファージはヒト胃癌由来リンパ管内皮細胞の毛細管形成を誘導する(Tumor-associated macrophages induce capillary morphogenesis of lymphatic endothelial cells derived from human gastric cancer) 査読

    Tauchi Yukie, Tanaka Hiroaki, Kumamoto Kanako, Tokumoto Mao, Sakimura Chie, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   107 ( 8 )   1101 - 1109   2016年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃癌の予後指標である腫瘍リンパ管形成におけるマクロファージの役割について検討するため、当院で胃癌の外科的処置が施行された患者の転移リンパ節(LN)由来リンパ管内皮細胞(LEC)と腫瘍関連マクロファージ間の相互作用について評価した。LECをマクロファージと直接的または間接的に、胃癌細胞系OCUM-12の培養上清の有無の条件下で共培養を行い、LECにおよぼすマクロファージの影響を解析し、共培養したLECの形態学的変化およびマクロファージとLECのリンパ管形成遺伝子発現について検討した。その結果、LECの管形成は接触培養時にのみ観察され、OCUM-12はマクロファージ誘導性の管形成を促進した。また、毛細管形成中のLECおよび共培養マクロファージの双方で、MMPと接着分子の遺伝子発現が有意にアップレギュレートされ、癌で前処理されたマクロファージにおいて、炎症性サイトカイン、MMP、接着分子、VEGF-Cなどのリンパ管形成因子のアップレギュレーションが示され、ICAM-1とマクロファージ活性化を阻害するとLECの管形成が抑制され、免疫組織化学から、リンパ管周囲に局在するマクロファージが検出された。以上の所見から、LECとマクロファージ間の相互作用が、LN転移を発症する腫瘍リンパ管形成の初期段階で重要なことが示唆された。

  • Tumor-associated macrophages induce capillary morphogenesis of lymphatic endothelial cells derived from human gastric cancer.

    Tauchi Y, Tanaka H, Kumamoto K, Tokumoto M, Sakimura C, Sakurai K, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Cancer science   107 ( 8 )   1101 - 9   2016年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

  • 腫瘍関連マクロファージはヒト胃癌由来リンパ管内皮細胞の毛細管形成を誘導する(Tumor-associated macrophages induce capillary morphogenesis of lymphatic endothelial cells derived from human gastric cancer)

    Tauchi Yukie, Tanaka Hiroaki, Kumamoto Kanako, Tokumoto Mao, Sakimura Chie, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    Cancer Science   107 ( 8 )   1101 - 1109   2016年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    胃癌の予後指標である腫瘍リンパ管形成におけるマクロファージの役割について検討するため、当院で胃癌の外科的処置が施行された患者の転移リンパ節(LN)由来リンパ管内皮細胞(LEC)と腫瘍関連マクロファージ間の相互作用について評価した。LECをマクロファージと直接的または間接的に、胃癌細胞系OCUM-12の培養上清の有無の条件下で共培養を行い、LECにおよぼすマクロファージの影響を解析し、共培養したLECの形態学的変化およびマクロファージとLECのリンパ管形成遺伝子発現について検討した。その結果、LECの管形成は接触培養時にのみ観察され、OCUM-12はマクロファージ誘導性の管形成を促進した。また、毛細管形成中のLECおよび共培養マクロファージの双方で、MMPと接着分子の遺伝子発現が有意にアップレギュレートされ、癌で前処理されたマクロファージにおいて、炎症性サイトカイン、MMP、接着分子、VEGF-Cなどのリンパ管形成因子のアップレギュレーションが示され、ICAM-1とマクロファージ活性化を阻害するとLECの管形成が抑制され、免疫組織化学から、リンパ管周囲に局在するマクロファージが検出された。以上の所見から、LECとマクロファージ間の相互作用が、LN転移を発症する腫瘍リンパ管形成の初期段階で重要なことが示唆された。

  • Optimal management for patients not meeting the inclusion criteria after endoscopic submucosal dissection for gastric cancer 査読

    Toyokawa Takahiro, Ohira Masaichi, Tanaka Hiroaki, Minamino Hiroaki, Sakurai Katsunobu, Nagami Yasuaki, Kubo Naoshi, Yamamoto Atsushi, Sano Koji, Muguruma Kazuya, Tominaga Kazunari, Nebiki Hiroko, Yamashita Yoshito, Arakawa Tetsuo, Hirakawa Kosei

    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES   30 ( 6 )   2404 - 2414   2016年06月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-015-4491-4

    PubMed

  • Optimal management for patients not meeting the inclusion criteria after endoscopic submucosal dissection for gastric cancer.

    Toyokawa T, Ohira M, Tanaka H, Minamino H, Sakurai K, Nagami Y, Kubo N, Yamamoto A, Sano K, Muguruma K, Tominaga K, Nebiki H, Yamashita Y, Arakawa T, Hirakawa K

    Surgical endoscopy   30 ( 6 )   2404 - 14   2016年06月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

  • Current status in remnant gastric cancer after distal gastrectomy 査読

    Ohira Masaichi, Toyokawa Takahiro, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   22 ( 8 )   2424 - 2433   2016年02月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v22.i8.2424

    PubMed

  • Current status in remnant gastric cancer after distal gastrectomy.

    Ohira M, Toyokawa T, Sakurai K, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Onoda N, Hirakawa K

    World journal of gastroenterology   22 ( 8 )   2424 - 33   2016年02月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

  • Association of the immune checkpoint molecule expression with neutrophil-lymphocyte ratio in patients with gastric cancer: A retrospective study. 査読

    Tanaka Hiroaki, Tamura Tatsuro, Kimura Kenjiro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34 ( 4 )   2016年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tumor-Associated Macrophages Extend Along Lymphatic Flow in the Pre-metastatic Lymph Nodes of Human Gastric Cancer 査読

    Go Yukie, Tanaka Hiroaki, Tokumoto Mao, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   23   230 - 235   2016年02月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-015-4458-7

    PubMed

  • Predictive Potential of Preoperative Nutritional Status in Long-Term Outcome Projections for Patients with Gastric Cancer 査読

    Sakurai Katsunobu, Ohira Masaichi, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   23 ( 2 )   525 - 533   2016年02月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-015-4814-7

    PubMed

  • Predictive Potential of Preoperative Nutritional Status in Long-Term Outcome Projections for Patients with Gastric Cancer.

    Sakurai K, Ohira M, Tamura T, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Annals of surgical oncology   23 ( 2 )   525 - 33   2016年02月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

  • Tumor-Associated Macrophages Extend Along Lymphatic Flow in the Pre-metastatic Lymph Nodes of Human Gastric Cancer.

    Go Y, Tanaka H, Tokumoto M, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Muguruma K, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Annals of surgical oncology   23 Suppl 2   S230 - 5   2016年02月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kitayama Kishu, Miki Yuichiro, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatshunari, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Masaichi Ohira, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 1 )   129 - 136   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer. 査読

    Masuda GO, Yashiro M, Kitayama K, Miki Y, Kasashima H, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Masaichi O, Hirakawa K

    Anticancer research   36 ( 1 )   129 - 36   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer.

    Masuda GO, Yashiro M, Kitayama K, Miki Y, Kasashima H, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Masaichi O, Hirakawa K

    Anticancer research   36 ( 1 )   129 - 36   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Efficacy of intracorporeal reinforcing sutures for anastomotic leakage after laparoscopic surgery for rectal cancer 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Ohtani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Sugano Kenji, Ikeya Teturo, Iseki Yasuhito, Hirakawa Kosei

    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES   29 ( 12 )   3535 - 3542   2015年12月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-015-4104-2

    PubMed

  • Efficacy of intracorporeal reinforcing sutures for anastomotic leakage after laparoscopic surgery for rectal cancer.

    Maeda K, Nagahara H, Shibutani M, Ohtani H, Sakurai K, Toyokawa T, Muguruma K, Tanaka H, Amano R, Kimura K, Sugano K, Ikeya T, Iseki Y, Hirakawa K

    Surgical endoscopy   29 ( 12 )   3535 - 42   2015年12月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

  • [A Case of Demonstrating the Difficulties in Deciding How to Manage the Clinical Results after Rectal Resection]. 査読

    Nagashima D, Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2259 - 61   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 直腸癌術後再発との鑑別に苦慮した骨盤内リンパ節膿瘍の1例 査読

    長嶋 大輔, 渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   42 ( 12 )   2259 - 2261   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は69歳、男性。内視鏡的切除後に垂直断端陽性となった直腸癌(Rb)に対し腹腔鏡補助下超低位前方切除(D2)、人工肛門造設術を施行した。摘出標本に腫瘍の遺残なく、リンパ節転移も認めなかった。術後5ヵ月の腹部造影CT検査で左総腸骨動脈腹側に造影効果を受ける約2cmの腫瘤を認めた。腫瘍マーカーの上昇は認めないが、FDG-PETでSUVmax 5.3の集積を認めた。リンパ節転移の可能性を否定できず、他部位に再発を疑う所見がないことから診断的切除を行う方針とした。原発巣切除から9ヵ月目に、人工肛門閉鎖とともに病巣摘出術を行った。病理組織学的に悪性所見は認められず、リンパ節膿瘍と診断された。膿瘍形成の原因となる臨床経過はなく、成因は不明である。悪性腫瘍に対しては、進行度にかかわらず再発、転移の可能性を念頭に置かなくてはならない。各種検査が実施されるが各検査所見間に相違があり、診断に苦慮することはしばしば経験され、特に観血的処置を要する際の判断は難しい。(著者抄録)

  • 潰瘍性大腸炎関連直腸癌の術後再発に対しFOLFIRI+Bevacizumab療法にて長期CRを得られた1例 査読

    井関 康仁, 前田 清, 渋谷 雅常, 永原 央, 池谷 哲郎, 田村 達郎, 大平 豪, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   42 ( 12 )   2205 - 2207   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は60歳、男性。41歳時に潰瘍性大腸炎(全大腸炎型)を発症し、他院にて内科的治療を受けていた。60歳時に潰瘍性大腸炎関連直腸癌を指摘され、当科紹介受診となった。腹腔鏡下大腸全摘術を施行した。病理結果はpT3N2M0、pStage IIIbで、術後補助化学療法としてXELOX療法を施行するも、補助化学療法終了時の腹部CT検査にて肝および骨盤内リンパ節再発を認めたため、FOLFIRI+bevacizumab(BV)療法を開始した。4コース終了後の治療効果判定ではPRが得られ、さらに13コース終了後にはCRとなり、最終的にFOLFIRI+BV療法を計20コース施行したが、CRが維持されていたため化学療法は終了し、経過観察とした。現在、化学療法終了後3年5ヵ月が経過しているが、無再発生存中である。今回われわれは、潰瘍性大腸炎関連直腸癌の肝臓、骨盤内リンパ節再発に対してFOLFIRI+BV療法を行い、長期CRを得た1例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 大量出血を来した腎細胞癌小腸転移の1例 査読

    渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   42 ( 12 )   2251 - 2253   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳、男性。右腎細胞癌の診断で腹腔鏡下右腎摘出術を施行した(T2b、N0、M1、clear cell、Grade 3)。術後、肺転移に対して分子標的薬による加療中、脊椎転移による下半身麻痺が出現し骨形成性椎弓切除術を施行した。脊椎転移に対する手術後には、新たに肺、肝、骨、小腸への転移が確認された。その後下血が出現し、消化管の精査を施行したところ出血性小腸腫瘍を認め、出血コントロール目的に緊急手術(小腸部分切除術)を施行した。病理組織学的検査の結果、腎細胞癌の小腸転移と診断された。腎細胞癌は肺、骨、肝に転移を来すことは多いが、消化管への転移は比較的まれである。腎細胞癌の小腸転移は他臓器への転移を合併することが多いが、手術によりQOLを改善し得る可能性があると考えられた。(著者抄録)

  • クローン病患者における術前の低い予後栄養指数は腸切除後の切開部手術部位感染の発生と相関する(A preoperative low nutritional prognostic index correlates with the incidence of incisional surgical site infections after bowel resection in patients with Crohn's disease) 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Otani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Hirakawa Kosei

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   45 ( 11 )   1366 - 1372   2015年11月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2005年1月〜2013年12月に腸切除を施行したクローン病患者177例(男性138例、女性39例、年齢16〜73歳)を対象に、各種臨床病理学的因子、術前の小野寺式栄養指数(OPNI)、手術部位感染(SSI)発生の相関を後向きに検討した。177例のうち56.5%が狭窄性疾患、残り43.5%は穿孔性疾患であった。SSIの全発生率は25.9%で、このうち切開部SSIは19.8%、臓器/体腔SSIは10.2%であった。臓器/体腔SSIの4例は吻後部漏出が原因であった。全SSIおよび切開部SSIの発生率は低OPNI患者の方が高OPNI患者よりも有意に高かった。しかし、臓器/体腔SSIの発生率とOPNIの間に有意な相関はみられなかった。多変量解析により、OPNIは切開部SSIの独立危険因子であることが示された。

  • Is Anaplastic Pancreatic Cancer Originated from Invasive Ductal Carcinoma of Pancreas? 査読

    Miura K., Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Ohira G., Nishio K., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Otani H., Yashiro M., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   44 ( 8 )   1398 - 1398   2015年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaluation of the Prognostic Significance of 'High-risk Stigmata' in the International Consensus Guidelines 2012 for Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm 査読

    Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Ohira G., Miura K., Nishio K., Sakurai K., Toyokawa T., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   44 ( 8 )   1387 - 1387   2015年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A preoperative low nutritional prognostic index correlates with the incidence of incisional surgical site infections after bowel resection in patients with Crohn's disease 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Otani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Hirakawa Kosei

    SURGERY TODAY   45 ( 11 )   1366 - 1372   2015年11月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-014-1044-8

    PubMed

  • [A Patient with Recurrent Ulcerative Colitis-Associated Rectal Cancer Attaining a Complete Response with FOLFIRI plus Bevacizumab]. 査読

    Iseki Y, Maeda K, Shibutani M, Nagahara H, Ikeya T, Tamura T, Ohira G, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2205 - 7   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Small Intestinal Metastases from Renal Cell Carcinoma with Massive Bleeding]. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2251 - 3   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 直腸癌術後再発との鑑別に苦慮した骨盤内リンパ節膿瘍の1例

    長嶋 大輔, 渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2259 - 2261   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は69歳、男性。内視鏡的切除後に垂直断端陽性となった直腸癌(Rb)に対し腹腔鏡補助下超低位前方切除(D2)、人工肛門造設術を施行した。摘出標本に腫瘍の遺残なく、リンパ節転移も認めなかった。術後5ヵ月の腹部造影CT検査で左総腸骨動脈腹側に造影効果を受ける約2cmの腫瘤を認めた。腫瘍マーカーの上昇は認めないが、FDG-PETでSUVmax 5.3の集積を認めた。リンパ節転移の可能性を否定できず、他部位に再発を疑う所見がないことから診断的切除を行う方針とした。原発巣切除から9ヵ月目に、人工肛門閉鎖とともに病巣摘出術を行った。病理組織学的に悪性所見は認められず、リンパ節膿瘍と診断された。膿瘍形成の原因となる臨床経過はなく、成因は不明である。悪性腫瘍に対しては、進行度にかかわらず再発、転移の可能性を念頭に置かなくてはならない。各種検査が実施されるが各検査所見間に相違があり、診断に苦慮することはしばしば経験され、特に観血的処置を要する際の判断は難しい。(著者抄録)

  • 潰瘍性大腸炎関連直腸癌の術後再発に対しFOLFIRI+Bevacizumab療法にて長期CRを得られた1例

    井関 康仁, 前田 清, 渋谷 雅常, 永原 央, 池谷 哲郎, 田村 達郎, 大平 豪, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2205 - 2207   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は60歳、男性。41歳時に潰瘍性大腸炎(全大腸炎型)を発症し、他院にて内科的治療を受けていた。60歳時に潰瘍性大腸炎関連直腸癌を指摘され、当科紹介受診となった。腹腔鏡下大腸全摘術を施行した。病理結果はpT3N2M0、pStage IIIbで、術後補助化学療法としてXELOX療法を施行するも、補助化学療法終了時の腹部CT検査にて肝および骨盤内リンパ節再発を認めたため、FOLFIRI+bevacizumab(BV)療法を開始した。4コース終了後の治療効果判定ではPRが得られ、さらに13コース終了後にはCRとなり、最終的にFOLFIRI+BV療法を計20コース施行したが、CRが維持されていたため化学療法は終了し、経過観察とした。現在、化学療法終了後3年5ヵ月が経過しているが、無再発生存中である。今回われわれは、潰瘍性大腸炎関連直腸癌の肝臓、骨盤内リンパ節再発に対してFOLFIRI+BV療法を行い、長期CRを得た1例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 大量出血を来した腎細胞癌小腸転移の1例

    渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    癌と化学療法   42 ( 12 )   2251 - 2253   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は66歳、男性。右腎細胞癌の診断で腹腔鏡下右腎摘出術を施行した(T2b、N0、M1、clear cell、Grade 3)。術後、肺転移に対して分子標的薬による加療中、脊椎転移による下半身麻痺が出現し骨形成性椎弓切除術を施行した。脊椎転移に対する手術後には、新たに肺、肝、骨、小腸への転移が確認された。その後下血が出現し、消化管の精査を施行したところ出血性小腸腫瘍を認め、出血コントロール目的に緊急手術(小腸部分切除術)を施行した。病理組織学的検査の結果、腎細胞癌の小腸転移と診断された。腎細胞癌は肺、骨、肝に転移を来すことは多いが、消化管への転移は比較的まれである。腎細胞癌の小腸転移は他臓器への転移を合併することが多いが、手術によりQOLを改善し得る可能性があると考えられた。(著者抄録)

  • クローン病患者における術前の低い予後栄養指数は腸切除後の切開部手術部位感染の発生と相関する(A preoperative low nutritional prognostic index correlates with the incidence of incisional surgical site infections after bowel resection in patients with Crohn's disease)

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Otani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Hirakawa Kosei

    Surgery Today   45 ( 11 )   1366 - 1372   2015年11月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    2005年1月〜2013年12月に腸切除を施行したクローン病患者177例(男性138例、女性39例、年齢16〜73歳)を対象に、各種臨床病理学的因子、術前の小野寺式栄養指数(OPNI)、手術部位感染(SSI)発生の相関を後向きに検討した。177例のうち56.5%が狭窄性疾患、残り43.5%は穿孔性疾患であった。SSIの全発生率は25.9%で、このうち切開部SSIは19.8%、臓器/体腔SSIは10.2%であった。臓器/体腔SSIの4例は吻後部漏出が原因であった。全SSIおよび切開部SSIの発生率は低OPNI患者の方が高OPNI患者よりも有意に高かった。しかし、臓器/体腔SSIの発生率とOPNIの間に有意な相関はみられなかった。多変量解析により、OPNIは切開部SSIの独立危険因子であることが示された。

  • A preoperative low nutritional prognostic index correlates with the incidence of incisional surgical site infections after bowel resection in patients with Crohn's disease.

    Maeda K, Nagahara H, Shibutani M, Otani H, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Kubo N, Muguruma K, Kamata N, Yamagami H, Hirakawa K

    Surgery today   45 ( 11 )   1366 - 72   2015年11月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

  • [A Patient with Recurrent Ulcerative Colitis-Associated Rectal Cancer Attaining a Complete Response with FOLFIRI plus Bevacizumab].

    Iseki Y, Maeda K, Shibutani M, Nagahara H, Ikeya T, Tamura T, Ohira G, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2205 - 7   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A Case of Small Intestinal Metastases from Renal Cell Carcinoma with Massive Bleeding].

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2251 - 3   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A Case of Demonstrating the Difficulties in Deciding How to Manage the Clinical Results after Rectal Resection].

    Nagashima D, Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2259 - 61   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • Programmed Death-1 Ligand-1 (PDL1) Expression Is Associated with the Prognosis of Patients with Stage II/III Gastric Cancer 査読

    Tamura Tatsuro, Ohira Masaichi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 10 )   5369 - 5376   2015年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Programmed Death-1 Ligand-1 (PDL1) Expression Is Associated with the Prognosis of Patients with Stage II/III Gastric Cancer. 査読

    Tamura T, Ohira M, Tanaka H, Muguruma K, Toyokawa T, Kubo N, Sakurai K, Amano R, Kimura K, Shibutani M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 10 )   5369 - 76   2015年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Programmed Death-1 Ligand-1 (PDL1) Expression Is Associated with the Prognosis of Patients with Stage II/III Gastric Cancer.

    Tamura T, Ohira M, Tanaka H, Muguruma K, Toyokawa T, Kubo N, Sakurai K, Amano R, Kimura K, Shibutani M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 10 )   5369 - 76   2015年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Identification of tumour-reactive lymphatic endothelial cells capable of inducing progression of gastric cancer 査読

    Tokumoto Mao Watanabe, Tanaka Hiroaki, Tauchi Yukie, Kasashima Hiroaki, Kurata Kento, Yashiro Masakazu, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   113 ( 7 )   1046 - 1054   2015年09月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.282

    PubMed

  • Identification of tumour-reactive lymphatic endothelial cells capable of inducing progression of gastric cancer.

    Tokumoto MW, Tanaka H, Tauchi Y, Kasashima H, Kurata K, Yashiro M, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Amano R, Kimura K, Muguruma K, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    British journal of cancer   113 ( 7 )   1046 - 54   2015年09月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

  • Prognostic significance of the lymphocyte-to-monocyte ratio in patients with metastatic colorectal cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   21 ( 34 )   9966 - 9973   2015年09月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v21.i34.9966

    PubMed

  • Prognostic significance of the lymphocyte-to-monocyte ratio in patients with metastatic colorectal cancer.

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    World journal of gastroenterology   21 ( 34 )   9966 - 73   2015年09月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

  • Long-term survival with complete remission after hepatic arterial infusion chemotherapy for liver metastasis from gastric cancer: a case report 査読

    Toyokawa Takahiro, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   13   268   2015年09月( ISSN:1477-7819

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-015-0686-3

    PubMed

  • Long-term survival with complete remission after hepatic arterial infusion chemotherapy for liver metastasis from gastric cancer: a case report.

    Toyokawa T, Ohira M, Sakurai K, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    World journal of surgical oncology   13   268   2015年09月

     詳細を見る

  • Glasgow Prognostic Score as a Prognostic Clinical Marker in T4 Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Ohira Masaichi, Kubo Naoshi, Masuda Go, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 9 )   4897 - 4901   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of Markers of Systemic Inflammation for Predicting Survival and Chemotherapeutic Outcomes and Monitoring Tumor Progression in Patients with Unresectable Metastatic Colorectal Cancer. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe A, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 9 )   5037 - 46   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Significance of Markers of Systemic Inflammation for Predicting Survival and Chemotherapeutic Outcomes and Monitoring Tumor Progression in Patients with Unresectable Metastatic Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 9 )   5037 - 5046   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of Chemoradiation-induced Myelosuppression on Prognosis of Patients with Locally Advanced Esophageal Cancer After Chemoradiotherapy Followed by Esophagectomy. 査読

    Ohira M, Kubo N, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 9 )   4889 - 95   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Impact of Chemoradiation-induced Myelosuppression on Prognosis of Patients with Locally Advanced Esophageal Cancer After Chemoradiotherapy Followed by Esophagectomy 査読

    Ohira Masaichi, Kubo Naoshi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 9 )   4889 - 4895   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Glasgow Prognostic Score as a Prognostic Clinical Marker in T4 Esophageal Squamous Cell Carcinoma. 査読

    Ohira M, Kubo N, Masuda G, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 9 )   4897 - 901   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Glasgow Prognostic Score as a Prognostic Clinical Marker in T4 Esophageal Squamous Cell Carcinoma.

    Ohira M, Kubo N, Masuda G, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 9 )   4897 - 901   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Significance of Markers of Systemic Inflammation for Predicting Survival and Chemotherapeutic Outcomes and Monitoring Tumor Progression in Patients with Unresectable Metastatic Colorectal Cancer.

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe A, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 9 )   5037 - 46   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Impact of Chemoradiation-induced Myelosuppression on Prognosis of Patients with Locally Advanced Esophageal Cancer After Chemoradiotherapy Followed by Esophagectomy.

    Ohira M, Kubo N, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 9 )   4889 - 95   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Epithelial mesenchymal transition may contribute to anaplastic change of pancreatic ductal adenocarcinoma 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Ohira Go, Nishio Kohei, Shibutani Masatsune, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-5276

  • The albumin to globulin ratio predicts chemotherapeutic outcomes in patients with unresectable metastatic CRC 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Iseki Yasuhito, Ikeya Tetsuro, Sugano Kenji, Sakurai Katsunobu, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-577

  • Significance of an autophagy protein, microtubule-associated protein light chain 3 (LC3), in gastric cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Chung Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-992

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis might be associated with growth-interaction between cancer-associated fibroblasts and gastric cancer cells in hypoxic tumor microenvironment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kimura Kenjiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-436

  • Lysyl oxidase-like 2 (LOXL2) from cancer-associated fibroblasts stimulates the progression of gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kitayama Kisyu, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-5063

  • Impact of the preoperative Controlling Nutritional Status (CONUT) score on the clinical outcome after curative surgery for colorectal cancer 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Ikeya Tetsuro, Sugano Kenji, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsinobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-3418

  • Alteration of CD4 T cell subsets in metastatic lymph nodes of human gastric cancer 査読

    Okita Yoshihiro, Ohira Masaichi, Tanaka Hiroaki, Tokumoto Mao, Go Yukie, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Sawada Tetsuji, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ONCOLOGY REPORTS   34 ( 2 )   639 - 647   2015年08月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2015.4064

    PubMed

  • Alteration of CD4 T cell subsets in metastatic lymph nodes of human gastric cancer.

    Okita Y, Ohira M, Tanaka H, Tokumoto M, Go Y, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Muguruma K, Sawada T, Maeda K, Hirakawa K

    Oncology reports   34 ( 2 )   639 - 47   2015年08月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

  • Bone marrow-derived stromal cells are associated with gastric cancer progression 査読

    Kasashima H., Yashiro M., Nakamae H., Masuda G., Kinoshita H., Morisaki T., Fukuoka T., Hasegawa T., Sakurai K., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Ohira M., Nakane T., Hino M., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   113 ( 3 )   443 - 452   2015年07月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.236

  • Bone marrow-derived stromal cells are associated with gastric cancer progression.

    Kasashima H, Yashiro M, Nakamae H, Masuda G, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Nakane T, Hino M, Hirakawa K

    British journal of cancer   113 ( 3 )   443 - 52   2015年07月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

  • Impact of the Preoperative Controlling Nutritional Status (CONUT) Score on the Survival after Curative Surgery for Colorectal Cancer 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Sugano Kenji, Ikeya Tetsuro, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Toyokawa Takahiro, Sakurai Katsunobu, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   10 ( 7 )   e0132488   2015年07月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0132488

    PubMed

  • The Role of Adjuvant Chemotherapy for Patients with Stage IB Gastric Cancer 査読

    Toyokawa Takahiro, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 7 )   4091 - 4097   2015年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Role of Adjuvant Chemotherapy for Patients with Stage IB Gastric Cancer. 査読

    Toyokawa T, Ohira M, Sakurai K, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 7 )   4091 - 7   2015年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • The Role of Adjuvant Chemotherapy for Patients with Stage IB Gastric Cancer.

    Toyokawa T, Ohira M, Sakurai K, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 7 )   4091 - 7   2015年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • The Outcome of Surgical Treatment for Elderly Patients With Gastric Carcinoma 査読

    Sakurai Katsunobu, Muguruma Kazuya, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   111 ( 7 )   848 - 854   2015年06月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.23896

    PubMed

  • The pretreatment Controlling Nutritional Status (CONUT) score as an independent prognostic factor in patients with clinical Stage I-III esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Toyokawa T., Kubo N., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Tanaka H., Muguruma K., Ohtani H., Yashiro M., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   26   2015年06月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdv233.45

  • 転移・再発gastrointestinal stromal tumorに対する完全切除症例の検討 査読

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 清水 貞利, 寺岡 均, 西口 幸雄

    (一社)日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   48 ( 6 )   533 - 540   2015年06月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    イマチニブの登場により転移・再発gastrointestinal stromal tumor(以下,GISTと略記)の予後は劇的に改善したが,イマチニブ治療と外科的介入,特に完全切除との併用の意義は明らかにされていない.1993年から2012年の間に,転移・再発GISTと診断された23例中,完全切除を行った9例の臨床像および治療成績についてレトロスペクティブに検討した.完全切除は9例に対してのべ14回行われた.完全切除とイマチニブの併用が行われた6例は,観察期間中央値が77ヵ月(38〜109ヵ月)で,全例が生存中である.再発GISTに対して完全切除が行われた後に,補助化学療法が行われなかった7例は,全例が再々発を来し,無再発期間の中央値は394日であった.イマチニブ治療に完全切除を併用することで予後の改善が得られる可能性がある.完全切除が得られても,イマチニブは早期に再開し可及的に継続投与すべきである.(著者抄録)

  • The outcome of surgical treatment for elderly patients with gastric carcinoma.

    Sakurai K, Muguruma K, Nagahara H, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Journal of surgical oncology   111 ( 7 )   848 - 54   2015年06月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

  • 転移・再発gastrointestinal stromal tumorに対する完全切除症例の検討

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 清水 貞利, 寺岡 均, 西口 幸雄

    日本消化器外科学会雑誌   48 ( 6 )   533 - 540   2015年06月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    イマチニブの登場により転移・再発gastrointestinal stromal tumor(以下,GISTと略記)の予後は劇的に改善したが,イマチニブ治療と外科的介入,特に完全切除との併用の意義は明らかにされていない.1993年から2012年の間に,転移・再発GISTと診断された23例中,完全切除を行った9例の臨床像および治療成績についてレトロスペクティブに検討した.完全切除は9例に対してのべ14回行われた.完全切除とイマチニブの併用が行われた6例は,観察期間中央値が77ヵ月(38〜109ヵ月)で,全例が生存中である.再発GISTに対して完全切除が行われた後に,補助化学療法が行われなかった7例は,全例が再々発を来し,無再発期間の中央値は394日であった.イマチニブ治療に完全切除を併用することで予後の改善が得られる可能性がある.完全切除が得られても,イマチニブは早期に再開し可及的に継続投与すべきである.(著者抄録)

  • Re-appraisal of risk classifications for primary gastrointestinal stromal tumors (GISTs) after complete resection: indications for adjuvant therapy 査読

    Yanagimoto Yoshitomo, Takahashi Tsuyoshi, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kusanagi Hiroshi, Omori Takeshi, Masuzawa Toru, Tanaka Koji, Hirota Seiichi, Nishida Toshirou

    GASTRIC CANCER   18 ( 2 )   426 - 433   2015年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-014-0386-7

    PubMed

  • 完全切除後の原発性消化管間質腫瘍(GIST)に対するリスク分類の再検討 術後補助療法に対する適応(Re-appraisal of risk classifications for primary gastrointestinal stromal tumors(GISTs) after complete resection: indications for adjuvant therapy) 査読

    Yanagimoto Yoshitomo, Takahashi Tsuyoshi, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kusanagi Hiroshi, Omori Takeshi, Masuzawa Toru, Tanaka Koji, Hirota Seiichi, Nishida Toshirou

    シュプリンガー・ジャパン(株) Gastric Cancer   18 ( 2 )   426 - 433   2015年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    消化管間質腫瘍(GIST)の大規模な日本人集団データを用いて、GIST再発の予後予測因子を評価し、術後補助化学療法においてこれまでに報告されているリスク分類システムを比較した。完全切除されたGIST患者712例(男性382例、女性330例、年齢10〜93歳)の臨床病理学的データを分析し、潜在的予後予測因子を評価した。さらに、NIHコンセンサス基準、Joensuu's modified NIH分類(J-NIHC)、AJCCS、日本の改訂NIH基準等を比較した。単変量解析の結果、腫瘍サイズ、有糸分裂数、部位、破裂/浸潤の臨床的悪性特徴、性別が予後予測因子であった。多変量解析では、主要サイズ>5cm、有糸分裂数>5/50 HPF、胃以外の局在、破裂/肉眼的浸潤の存在が独立した有害な予後予測因子であった。高リスクGIST患者に対する術後補助療法を考慮する場合、J-NIHCが最も感度の高いリスク分類であり、AJCCSは再発予測において最も正確であると思われた。

  • FDG-PET検査で高集積を伴った食道神経鞘腫の1例 査読

    栂野 真吾, 久保 尚士, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   76 ( 4 )   720 - 725   2015年04月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は70歳,女性.胸部CT検査にて,上縦隔に長径60mm大の軟部陰影を指摘された.上部消化管内視鏡検査では,門歯より25cmの胸部上部食道に粘膜下腫瘍を認めた.超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA:Endoscopic Ultrasound-Fine Needle Aspiration Biopsy)を施行したところ,好酸性の紡錘形細胞の増殖を認め,免疫組織染色にてGIST(Gastrointestinal Stromal Tumor)が強く疑われた.FDG-PET検査では同部にSUVmax値が9.9と高集積を認めた.食道悪性GISTを含めた粘膜下腫瘍と診断し,開胸食道亜全摘・胸骨後経路胃管再建術を施行した.切除標本の免疫染色ではdesmin(-),αSMA(-),S-100(+),CD34(-),KIT(-),DOG1(-),Ki-67<1%であり,食道神経鞘腫と診断された.食道粘膜下腫瘍では平滑筋腫が最も多く,神経鞘腫は比較的稀である.また,FDG-PET検査が施行された食道神経鞘腫の報告は少なく,若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • 完全切除後の原発性消化管間質腫瘍(GIST)に対するリスク分類の再検討 術後補助療法に対する適応(Re-appraisal of risk classifications for primary gastrointestinal stromal tumors(GISTs) after complete resection: indications for adjuvant therapy)

    Yanagimoto Yoshitomo, Takahashi Tsuyoshi, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kusanagi Hiroshi, Omori Takeshi, Masuzawa Toru, Tanaka Koji, Hirota Seiichi, Nishida Toshirou

    Gastric Cancer   18 ( 2 )   426 - 433   2015年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    消化管間質腫瘍(GIST)の大規模な日本人集団データを用いて、GIST再発の予後予測因子を評価し、術後補助化学療法においてこれまでに報告されているリスク分類システムを比較した。完全切除されたGIST患者712例(男性382例、女性330例、年齢10〜93歳)の臨床病理学的データを分析し、潜在的予後予測因子を評価した。さらに、NIHコンセンサス基準、Joensuu's modified NIH分類(J-NIHC)、AJCCS、日本の改訂NIH基準等を比較した。単変量解析の結果、腫瘍サイズ、有糸分裂数、部位、破裂/浸潤の臨床的悪性特徴、性別が予後予測因子であった。多変量解析では、主要サイズ>5cm、有糸分裂数>5/50 HPF、胃以外の局在、破裂/肉眼的浸潤の存在が独立した有害な予後予測因子であった。高リスクGIST患者に対する術後補助療法を考慮する場合、J-NIHCが最も感度の高いリスク分類であり、AJCCSは再発予測において最も正確であると思われた。

  • Re-appraisal of risk classifications for primary gastrointestinal stromal tumors (GISTs) after complete resection: indications for adjuvant therapy.

    Yanagimoto Y, Takahashi T, Muguruma K, Toyokawa T, Kusanagi H, Omori T, Masuzawa T, Tanaka K, Hirota S, Nishida T

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   18 ( 2 )   426 - 33   2015年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

  • FDG-PET検査で高集積を伴った食道神経鞘腫の1例

    栂野 真吾, 久保 尚士, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 4 )   720 - 725   2015年04月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    症例は70歳,女性.胸部CT検査にて,上縦隔に長径60mm大の軟部陰影を指摘された.上部消化管内視鏡検査では,門歯より25cmの胸部上部食道に粘膜下腫瘍を認めた.超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA:Endoscopic Ultrasound-Fine Needle Aspiration Biopsy)を施行したところ,好酸性の紡錘形細胞の増殖を認め,免疫組織染色にてGIST(Gastrointestinal Stromal Tumor)が強く疑われた.FDG-PET検査では同部にSUVmax値が9.9と高集積を認めた.食道悪性GISTを含めた粘膜下腫瘍と診断し,開胸食道亜全摘・胸骨後経路胃管再建術を施行した.切除標本の免疫染色ではdesmin(-),αSMA(-),S-100(+),CD34(-),KIT(-),DOG1(-),Ki-67<1%であり,食道神経鞘腫と診断された.食道粘膜下腫瘍では平滑筋腫が最も多く,神経鞘腫は比較的稀である.また,FDG-PET検査が施行された食道神経鞘腫の報告は少なく,若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • Impact of Body Mass Index on Surgical Outcomes after Esophagectomy for Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Yamashita Yoshito, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Shibutani Masatsune, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY   19 ( 2 )   226 - 233   2015年02月( ISSN:1091-255X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11605-014-2686-y

    PubMed

  • ダブルバルーン小腸内視鏡にて診断し単孔式腹腔鏡下に切除したMeckel憩室の1例 査読

    渋谷 雅常, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 六車 一哉, 田中 浩明, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 平川 弘聖

    大道学館出版部 臨牀と研究   92 ( 2 )   208 - 210   2015年02月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    57歳女。下血を主訴に、近医の消化管内視鏡検査では明らかな出血源を同定できず、小腸からの出血を疑われ、精査加療目的に当科紹介となった。腹部CTでは空腸・回腸移行部近傍に腸管外へ突出する憩室様構造を認めた。ダブルバルーン小腸内視鏡にてMeckel憩室からの出血と診断し、単孔式腹腔鏡下に小腸部分切除術を行った。病理組織学的にもMeckel憩室が確認され、術後経過良好で、術後10日目に軽快退院した。

  • Impact of body mass index on surgical outcomes after esophagectomy for patients with esophageal squamous cell carcinoma.

    Hasegawa T, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Yamashita Y, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Shibutani M, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   19 ( 2 )   226 - 33   2015年02月( ISSN:1091-255X

     詳細を見る

  • ダブルバルーン小腸内視鏡にて診断し単孔式腹腔鏡下に切除したMeckel憩室の1例

    渋谷 雅常, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 六車 一哉, 田中 浩明, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 平川 弘聖

    臨牀と研究   92 ( 2 )   208 - 210   2015年02月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    57歳女。下血を主訴に、近医の消化管内視鏡検査では明らかな出血源を同定できず、小腸からの出血を疑われ、精査加療目的に当科紹介となった。腹部CTでは空腸・回腸移行部近傍に腸管外へ突出する憩室様構造を認めた。ダブルバルーン小腸内視鏡にてMeckel憩室からの出血と診断し、単孔式腹腔鏡下に小腸部分切除術を行った。病理組織学的にもMeckel憩室が確認され、術後経過良好で、術後10日目に軽快退院した。

  • Significance as a recurrence predictor of postoperative neutrophil-lymphocyte ratio in patients with stage II/III gastric cancer: A retrospective study 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33 ( 3 )   2015年01月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary Gastric Small Cell Carcinoma: A Series of Seven Cases 査読

    Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Tamura Tatsuro, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 1 )   563 - 567   2015年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary gastric small cell carcinoma: a series of seven cases. 査読

    Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Tamura T, Sakurai K, Kubo N, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 1 )   563 - 7   2015年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Primary gastric small cell carcinoma: a series of seven cases.

    Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Tamura T, Sakurai K, Kubo N, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 1 )   563 - 7   2015年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • FDG-PET検査で高集積を伴った食道神経鞘腫の1例 査読

    栂野 真吾, 久保 尚士, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   76 ( 4 )   720 - 725   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は70歳,女性.胸部CT検査にて,上縦隔に長径60mm大の軟部陰影を指摘された.上部消化管内視鏡検査では,門歯より25cmの胸部上部食道に粘膜下腫瘍を認めた.超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA:Endoscopic Ultrasound-Fine Needle Aspiration Biopsy)を施行したところ,好酸性の紡錘形細胞の増殖を認め,免疫組織染色にてGIST(Gastrointestinal Stromal Tumor)が強く疑われた.FDG-PET検査では同部にSUVmax値が9.9と高集積を認めた.食道悪性GISTを含めた粘膜下腫瘍と診断し,開胸食道亜全摘・胸骨後経路胃管再建術を施行した.切除標本の免疫染色ではdesmin(-),&alpha;SMA(-),S-100(+),CD34(-),KIT(-),DOG1(-),Ki-67<1%であり,食道神経鞘腫と診断された.<BR>食道粘膜下腫瘍では平滑筋腫が最も多く,神経鞘腫は比較的稀である.また,FDG-PET検査が施行された食道神経鞘腫の報告は少なく,若干の文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.76.720

    CiNii Article

  • 胃癌組織における間質酵素Lysyl Oxidase family発現の臨床病理学的意義 査読

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   43 - 44   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.43

    CiNii Article

  • 胃癌所属リンパ節内のリンパ管新生と腫瘍進展の関連 査読

    德本 真央, 田中 浩明, 田内 幸枝, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   31 - 32   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.31

    CiNii Article

  • 胃癌所属リンパ節内に浸潤する腫瘍関連マクロファージの臨床的意義 査読

    田内 幸枝, 田中 浩明, 崎村 千恵, 徳本 真央, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   27 - 28   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.27

    CiNii Article

  • 胃癌微小環境の骨髄由来細胞は癌の進展に関与する 査読

    笠島 裕明, 八代 正和, 中前 博久, 三木 友一朗, 北山 紀州, 増田 剛, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 中根 孝彦, 日野 雅之, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 ( 0 )   71 - 72   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.31.71

    CiNii Article

  • 胃癌予後マーカーとしてのRetinoblastoma binding protein 6(RBBP6)の意義 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   47 - 48   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.47

    CiNii Article

  • 大腸癌患者における術前好中球・リンパ球比の予後予測因子としての有用性 査読

    池谷 哲郎, 渋谷 雅常, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 菅野 兼史, 井関 康仁, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   25 - 26   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.25

    CiNii Article

  • FDG-PET検査で高集積を伴った食道神経鞘腫の1例

    栂野 真吾, 久保 尚士, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 4 )   720 - 725   2015年( ISSN:13452843

     詳細を見る

    症例は70歳,女性.胸部CT検査にて,上縦隔に長径60mm大の軟部陰影を指摘された.上部消化管内視鏡検査では,門歯より25cmの胸部上部食道に粘膜下腫瘍を認めた.超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA:Endoscopic Ultrasound-Fine Needle Aspiration Biopsy)を施行したところ,好酸性の紡錘形細胞の増殖を認め,免疫組織染色にてGIST(Gastrointestinal Stromal Tumor)が強く疑われた.FDG-PET検査では同部にSUVmax値が9.9と高集積を認めた.食道悪性GISTを含めた粘膜下腫瘍と診断し,開胸食道亜全摘・胸骨後経路胃管再建術を施行した.切除標本の免疫染色ではdesmin(-),αSMA(-),S-100(+),CD34(-),KIT(-),DOG1(-),Ki-67<1%であり,食道神経鞘腫と診断された.<BR>食道粘膜下腫瘍では平滑筋腫が最も多く,神経鞘腫は比較的稀である.また,FDG-PET検査が施行された食道神経鞘腫の報告は少なく,若干の文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.76.720

    CiNii Article

  • 胃癌組織における間質酵素Lysyl Oxidase family発現の臨床病理学的意義

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   43 - 44   2015年

  • 胃癌所属リンパ節内のリンパ管新生と腫瘍進展の関連

    德本 真央, 田中 浩明, 田内 幸枝, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   31 - 32   2015年

  • 胃癌所属リンパ節内に浸潤する腫瘍関連マクロファージの臨床的意義

    田内 幸枝, 田中 浩明, 崎村 千恵, 徳本 真央, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   27 - 28   2015年

  • 胃癌微小環境の骨髄由来細胞は癌の進展に関与する

    笠島 裕明, 八代 正和, 中前 博久, 三木 友一朗, 北山 紀州, 増田 剛, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 中根 孝彦, 日野 雅之, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 ( 0 )   71 - 72   2015年

  • 胃癌予後マーカーとしてのRetinoblastoma binding protein 6(RBBP6)の意義

    森崎 珠実, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   47 - 48   2015年

  • 大腸癌患者における術前好中球・リンパ球比の予後予測因子としての有用性

    池谷 哲郎, 渋谷 雅常, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 菅野 兼史, 井関 康仁, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   25 - 26   2015年

  • Impact of the Preoperative Controlling Nutritional Status (CONUT) Score on the Survival after Curative Surgery for Colorectal Cancer.

    Iseki Y, Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sugano K, Ikeya T, Muguruma K, Tanaka H, Toyokawa T, Sakurai K, Hirakawa K

    PloS one   10 ( 7 )   e0132488   2015年

  • A Positive Correlation Between Neutrophils in Regional Lymph Nodes and Progression of Gastric Cancer 査読

    Tokumoto Mao, Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Go Yukie, Okita Yoshihiro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 12 )   7129 - 7136   2014年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A positive correlation between neutrophils in regional lymph nodes and progression of gastric cancer. 査読

    Tokumoto M, Tanaka H, Ohira M, Go Y, Okita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Muguruma K, Maeda K, Sawada T, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 12 )   7129 - 36   2014年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • A positive correlation between neutrophils in regional lymph nodes and progression of gastric cancer.

    Tokumoto M, Tanaka H, Ohira M, Go Y, Okita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Muguruma K, Maeda K, Sawada T, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 12 )   7129 - 36   2014年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Early gastric cancer with suspected brain metastasis arising eight years after curative resection: a case report. 査読

    Sakurai K, Muguruma K, Murata A, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    BMC research notes   7   818   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-0500-7-818

    PubMed

  • Early gastric cancer with suspected brain metastasis arising eight years after curative resection: a case report.

    Sakurai K, Muguruma K, Murata A, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    BMC research notes   7   818   2014年11月

     詳細を見る

  • [A case of desmoid tumor and advanced sigmoid colon cancer with liver metastasis in familial adenomatous polyposis (FAP)]. 査読

    Takada K, Maeda K, Otani H, Nagahara H, Noda E, Shibutani M, Tokumoto M, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1767 - 9   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 様々な化学療法により長期生存したStage IVb食道小細胞癌の1例 査読

    山越 義仁, 久保 尚士, 大平 雅一, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   41 ( 12 )   2021 - 2023   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道小細胞癌は、非常に予後が悪く、なかでもStage IVの長期生存例の報告は少ない。今回われわれは、種々の化学療法により約2年と比較的長期に生存したStage IVb食道小細胞癌の1例を経験したので報告する。症例は70歳、男性。主訴は心窩部不快感。上部消化管内視鏡検査で胸部中部食道に1型病変を認め、生検にて小細胞癌と診断された。胸腹部CT検査で多発肝転移、遠隔リンパ節転移を認め、食道小細胞癌cT3N4M1、cStage IVbと診断した。肺小細胞癌に準じてCDDP/CPT-11療法を開始。4コース施行後、腫瘍は著明に縮小し、PRと判定した。しかし、8コース施行後、腫瘍の再増大を認めたため、CBDCA/VP-16、AMR、NGT、CDGP/5-FUを順次投与したが腫瘍はしだいに増大し、治療開始から約2年後に永眠された。(著者抄録)

  • 手術化学療法が奏効した肝転移、Desmoid Tumor合併家族性大腸腺腫症の1例 査読

    高田 晃次, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 野田 英児, 渋谷 雅常, 徳本 真央, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   41 ( 12 )   1767 - 1769   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は30歳、男性。2007年に下血を自覚し受診。CFでS状結腸癌を伴う家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis:FAP)と診断し、6月に腹腔鏡補助下大腸全摘術を施行。2008年1月、腹部CTとPETにて総腸骨動脈分岐部周囲にS状結腸癌再発を疑わす腫瘤を認め、3月に手術施行。術中迅速病理診断からdesmoid tumorと診断。全摘出術は不可能であり、手術を終了した。術後よりCOX-2inhibitorやtamoxifenを施行したが、腫瘍は増大した。10月からdoxorubicin(DOX)/dacarbazine(DTIC)療法を4コース施行すると、著明に腫瘍は縮小した。2009年4月、腹部CTにてS状結腸癌の肝転移を認め、6月に腹腔鏡補助下肝左葉切除術を施行。以降現在までの4年6ヵ月間、新規病変や残存病変の増大も認められていない。悪性腫瘍やdesmoid tumorを合併したFAPにて治療が奏効した1例を経験したため、若干の考察を含めて報告する。(著者抄録)

  • 固形癌DICに対する遺伝子組換えヒトトロンボモジュリン製剤の臨床的検討 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 渋谷 雅常, 山添 定明, 野田 諭, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 川尻 成美, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   41 ( 12 )   2503 - 2505   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景:固形癌患者は凝固活性亢進状態にあり、播種性血管内凝固症候群(DIC)の基礎疾患として重要である。一方で、新たなDIC治療薬として注目されている遺伝子組換えヒトトロンボモジュリン製剤(rTM)は、感染に伴うDICでの有用性は散見されるが、担癌患者における有用性の証明は十分とはいえない。今回、固形癌担癌患者のDICを対象とし、rTMの有用性・安全性について検討を行った。対象と方法:固形癌担癌患者のDICに対してrTMを投与した40例を対象とし、rTM製剤の有用性・安全性を検討した。結果:固形癌担癌患者40例のうち、消化器系17例(42.5%)、泌尿器系が15例(37.5%)などであった。13例(32.5%)がDIC離脱に成功しており、離脱までに要した日数の中央値は3.0日であった。有害事象は4例(10.0%)に出血傾向などが認められた。臨床因子との検討では、出血症状を有する症例は有意に離脱困難であった(p=0.043)。また、DIC離脱に成功した症例は有意に良好な転帰であった(p<0.001)。結語:固形癌担癌患者のDICに対し、rTM療法は治療選択肢の一つになると考えられた。(著者抄録)

  • 術後9年目に局所リンパ節再発を来したS状結腸癌の1例 査読

    栂野 真吾, 渋谷 雅常, 前田 清, 八代 正和, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   41 ( 12 )   1614 - 1616   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳、男性。55歳時にS状結腸癌に対してS状結腸切除術を施行した。術後5年間無再発で経過し、サーベイランス終了を予定していたが本人の希望で継続していた。術後9年目、CEA値の上昇を認めPET-CT検査を施行したところ、骨盤内に異常集積を伴う長径35mm大の腫瘍を認めた。腹骨盤CTおよびMRI検査の結果、S状結腸への浸潤を伴うリンパ節再発が疑われた。その他の部位に再発を示唆する病変を認めず、根治切除が可能と判断し、腫瘍摘出およびS状結腸切除を行った。病理検査の結果、リンパ節再発と診断された。現在、術後1年が経過するが無再発生存中である。術後5年以降の遠隔期再発についての報告は散見されるが、その特徴やサーベイランス法について文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Significance of Ductal Region in Anaplastic Pancreatic Cancer 査読

    Miura K., Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Ohira G., Nishio K., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Otani H., Yashiro M., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   43 ( 8 )   1391 - 1391   2014年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Importance of the Invasive Distance in Invasive IPMN as a Prognostic Factor 査読

    Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Miura K., Ohira G., Nishio K., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Otani H., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   43 ( 8 )   1379 - 1379   2014年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Stage IV small cell esophageal carcinoma that responded to various chemotherapeutic regimens with relative longevity - a case report]. 査読

    Yamakoshi Y, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   2021 - 3   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Effect of recombinant human soluble thrombomodulin in patients with solid carcinoma with DIC]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Shibutani M, Yamazoe S, Noda S, Sakurai K, Nagahara H, Kimura K, Kawajiri H, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Takashima T, Yashiro M, Onoda N, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   2503 - 5   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of lymph node recurrence occurring nine years after surgery for sigmoid colon cancer]. 査読

    Togano S, Shibutani M, Maeda K, Yashiro M, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1614 - 6   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of desmoid tumor and advanced sigmoid colon cancer with liver metastasis in familial adenomatous polyposis (FAP)].

    Takada K, Maeda K, Otani H, Nagahara H, Noda E, Shibutani M, Tokumoto M, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1767 - 9   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 様々な化学療法により長期生存したStage IVb食道小細胞癌の1例

    山越 義仁, 久保 尚士, 大平 雅一, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   2021 - 2023   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    食道小細胞癌は、非常に予後が悪く、なかでもStage IVの長期生存例の報告は少ない。今回われわれは、種々の化学療法により約2年と比較的長期に生存したStage IVb食道小細胞癌の1例を経験したので報告する。症例は70歳、男性。主訴は心窩部不快感。上部消化管内視鏡検査で胸部中部食道に1型病変を認め、生検にて小細胞癌と診断された。胸腹部CT検査で多発肝転移、遠隔リンパ節転移を認め、食道小細胞癌cT3N4M1、cStage IVbと診断した。肺小細胞癌に準じてCDDP/CPT-11療法を開始。4コース施行後、腫瘍は著明に縮小し、PRと判定した。しかし、8コース施行後、腫瘍の再増大を認めたため、CBDCA/VP-16、AMR、NGT、CDGP/5-FUを順次投与したが腫瘍はしだいに増大し、治療開始から約2年後に永眠された。(著者抄録)

  • 手術化学療法が奏効した肝転移、Desmoid Tumor合併家族性大腸腺腫症の1例

    高田 晃次, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 野田 英児, 渋谷 雅常, 徳本 真央, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1767 - 1769   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は30歳、男性。2007年に下血を自覚し受診。CFでS状結腸癌を伴う家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis:FAP)と診断し、6月に腹腔鏡補助下大腸全摘術を施行。2008年1月、腹部CTとPETにて総腸骨動脈分岐部周囲にS状結腸癌再発を疑わす腫瘤を認め、3月に手術施行。術中迅速病理診断からdesmoid tumorと診断。全摘出術は不可能であり、手術を終了した。術後よりCOX-2inhibitorやtamoxifenを施行したが、腫瘍は増大した。10月からdoxorubicin(DOX)/dacarbazine(DTIC)療法を4コース施行すると、著明に腫瘍は縮小した。2009年4月、腹部CTにてS状結腸癌の肝転移を認め、6月に腹腔鏡補助下肝左葉切除術を施行。以降現在までの4年6ヵ月間、新規病変や残存病変の増大も認められていない。悪性腫瘍やdesmoid tumorを合併したFAPにて治療が奏効した1例を経験したため、若干の考察を含めて報告する。(著者抄録)

  • 固形癌DICに対する遺伝子組換えヒトトロンボモジュリン製剤の臨床的検討

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 渋谷 雅常, 山添 定明, 野田 諭, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 川尻 成美, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   2503 - 2505   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    背景:固形癌患者は凝固活性亢進状態にあり、播種性血管内凝固症候群(DIC)の基礎疾患として重要である。一方で、新たなDIC治療薬として注目されている遺伝子組換えヒトトロンボモジュリン製剤(rTM)は、感染に伴うDICでの有用性は散見されるが、担癌患者における有用性の証明は十分とはいえない。今回、固形癌担癌患者のDICを対象とし、rTMの有用性・安全性について検討を行った。対象と方法:固形癌担癌患者のDICに対してrTMを投与した40例を対象とし、rTM製剤の有用性・安全性を検討した。結果:固形癌担癌患者40例のうち、消化器系17例(42.5%)、泌尿器系が15例(37.5%)などであった。13例(32.5%)がDIC離脱に成功しており、離脱までに要した日数の中央値は3.0日であった。有害事象は4例(10.0%)に出血傾向などが認められた。臨床因子との検討では、出血症状を有する症例は有意に離脱困難であった(p=0.043)。また、DIC離脱に成功した症例は有意に良好な転帰であった(p<0.001)。結語:固形癌担癌患者のDICに対し、rTM療法は治療選択肢の一つになると考えられた。(著者抄録)

  • [Stage IV small cell esophageal carcinoma that responded to various chemotherapeutic regimens with relative longevity - a case report].

    Yamakoshi Y, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   2021 - 3   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [Effect of recombinant human soluble thrombomodulin in patients with solid carcinoma with DIC].

    Asano Y, Kashiwagi S, Shibutani M, Yamazoe S, Noda S, Sakurai K, Nagahara H, Kimura K, Kawajiri H, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Takashima T, Yashiro M, Onoda N, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   2503 - 5   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A case of lymph node recurrence occurring nine years after surgery for sigmoid colon cancer].

    Togano S, Shibutani M, Maeda K, Yashiro M, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1614 - 6   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 術後9年目に局所リンパ節再発を来したS状結腸癌の1例

    栂野 真吾, 渋谷 雅常, 前田 清, 八代 正和, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1614 - 1616   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は64歳、男性。55歳時にS状結腸癌に対してS状結腸切除術を施行した。術後5年間無再発で経過し、サーベイランス終了を予定していたが本人の希望で継続していた。術後9年目、CEA値の上昇を認めPET-CT検査を施行したところ、骨盤内に異常集積を伴う長径35mm大の腫瘍を認めた。腹骨盤CTおよびMRI検査の結果、S状結腸への浸潤を伴うリンパ節再発が疑われた。その他の部位に再発を示唆する病変を認めず、根治切除が可能と判断し、腫瘍摘出およびS状結腸切除を行った。病理検査の結果、リンパ節再発と診断された。現在、術後1年が経過するが無再発生存中である。術後5年以降の遠隔期再発についての報告は散見されるが、その特徴やサーベイランス法について文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Effect of cancer associated fibroblast on gastric cancer cells under hypoxia 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kasashima Hiroaki, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3612

  • Postoperative neutrophil-lymphocyte ratio as a surrogate marker for recurrence of gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3634

  • Tumor budding and E-cadherin expression are useful predictors of nodal involvement in T1 esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3818

  • The effect of PGE2 receptor inhibitor on the microenviroment of scirrhous gastric cancer 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Sakurai Katsunobu, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3606

  • Significant association of neutrophils in regional lymph nodes with lymphangiogenesis and micrometastasis by gastric cancer 査読

    Tokumoto Mao, Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Go Yukie, Okita Yoshihiro, Sakurai Katunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1073

  • Role of lysyl oxidase and lysyl oxidase-like 2 in gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Go Yukie, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Tokumoto Mao, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1980

  • Extent of intranodal macrophage correlates with lymph node metastasis of gastric cancer 査読

    Go Yukie, Tanaka Hiroaki, Tokumoto Mao, Okita Yoshihiro, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1081

  • Establishment and characterization of two cell lines of anaplastic pancreatic cancer 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Hirata Keiichiro, Shibutani Masatsune, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3924

  • 保存版 消化器外科領域の希少悪性腫瘍 神経内分泌腫瘍 胃カルチノイドの診断と治療

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    外科   76 ( 10 )   1092 - 1096   2014年10月( ISSN:0016593X

  • Significance of preoperative nutritional assessment for gastric cancer patients with gastrectomy 査読

    Sakurai Katsunobu, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF SURGEONS   219 ( 4 )   E173 - E173   2014年10月( ISSN:1072-7515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の適応外病変に対する追加外科切除症例の検討 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (一社)日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   47 ( 10 )   561 - 570   2014年10月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:早期胃癌に対するESD後にリンパ節転移の可能性がある適応外病変と診断されれば,リンパ節郭清を目的とした追加外科切除が行われるが,多くの症例ではリンパ節転移は認められない.今回,ESD後に適応外病変と診断されたときに,リンパ節郭清を伴う追加外科切除を行う症例を適切に選別することを目的とした.対象と方法:2004年1月から2011年12月に,ESD後に適応外病変と診断されて追加外科切除を行った51例を対象とし,臨床病理学的背景,リンパ節転移の危険因子および治療成績についてretrospectiveに検討した.結果:リンパ節転移を6例(11.8%)に認めた.観察期間の中央値は56ヵ月(10〜107ヵ月)で,遠隔リンパ節再発,肝再発を1例ずつ認めた.5年disease specific survivalは97.9%であった.リンパ節転移に関する多変量解析では,静脈侵襲(OR 14.68;95%CI 1.97〜109.25,P=0.009)のみが独立した危険因子として抽出された.分化型で脈管侵襲陰性の16例ではリンパ節転移を認めなかった.結語:静脈侵襲陽性例はリンパ節転移の独立した危険因子で,追加の胃切除が強く推奨されると考えられた.さらなる検討が必要であるが,脈管侵襲がない分化型症例はリンパ節転移の可能性が低く,症例によっては追加外科切除を省略できる可能性が示唆された.(著者抄録)

  • 胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の適応外病変に対する追加外科切除症例の検討

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本消化器外科学会雑誌   47 ( 10 )   561 - 570   2014年10月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    目的:早期胃癌に対するESD後にリンパ節転移の可能性がある適応外病変と診断されれば,リンパ節郭清を目的とした追加外科切除が行われるが,多くの症例ではリンパ節転移は認められない.今回,ESD後に適応外病変と診断されたときに,リンパ節郭清を伴う追加外科切除を行う症例を適切に選別することを目的とした.対象と方法:2004年1月から2011年12月に,ESD後に適応外病変と診断されて追加外科切除を行った51例を対象とし,臨床病理学的背景,リンパ節転移の危険因子および治療成績についてretrospectiveに検討した.結果:リンパ節転移を6例(11.8%)に認めた.観察期間の中央値は56ヵ月(10〜107ヵ月)で,遠隔リンパ節再発,肝再発を1例ずつ認めた.5年disease specific survivalは97.9%であった.リンパ節転移に関する多変量解析では,静脈侵襲(OR 14.68;95%CI 1.97〜109.25,P=0.009)のみが独立した危険因子として抽出された.分化型で脈管侵襲陰性の16例ではリンパ節転移を認めなかった.結語:静脈侵襲陽性例はリンパ節転移の独立した危険因子で,追加の胃切除が強く推奨されると考えられた.さらなる検討が必要であるが,脈管侵襲がない分化型症例はリンパ節転移の可能性が低く,症例によっては追加外科切除を省略できる可能性が示唆された.(著者抄録)

  • Intranodal cytokeratin particles is a predictive marker of efficacy for neoadjuvant therapies in patients with squamous cell carcinoma of the esophagus. 査読

    Lee T, Tanaka H, Ohira M, Kubo N, Sakurai K, Toyokawa T, Muguruma K, Yamashitaz Y, Maeda K, Hirakawa K

    Hepato-gastroenterology   61 ( 133 )   1235 - 40   2014年07月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • イマチニブ部分耐性を示し切除した転移・再発GIST症例の検討 査読

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 清水 貞利, 寺岡 均, 西口 幸雄

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   75 ( 7 )   1777 - 1782   2014年07月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    はじめに:イマチニブは転移・再発GISTに対して劇的に治療成績を改善させたが,しばしば部分耐性病変を経験する.イマチニブに部分耐性をきたした転移・再発GISTに対する外科的介入の意義については明らかにされていない.対象と方法:転移・再発GISTに対してイマチニブ投与が行われた18例のうち,部分耐性病変に対して手術を行った5例についてretrospectiveに検討した.結果:転移・再発GISTにおける部分耐性病変はすべて切除できたが,全病変の切除が得られた症例はなかった.術後の無増悪生存期間の中央値は412日で,2年無増悪生存率は20%であった.生存期間中央値は1,051日で,2年生存率は60%であった.結語:イマチニブの部分耐性症例では外科的介入によりbenefitが得られる可能性がある.(著者抄録)

  • Significance of CEA and CA19-9 combination as a prognostic indicator and for recurrence monitoring in patients with stage II colorectal cancer. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 7 )   3753 - 8   2014年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Significance of CEA and CA19-9 Combination as a Prognostic Indicator and for Recurrence Monitoring in Patients with Stage II Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 7 )   3753 - 3758   2014年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Intranodal cytokeratin particles is a predictive marker of efficacy for neoadjuvant therapies in patients with squamous cell carcinoma of the esophagus.

    Lee T, Tanaka H, Ohira M, Kubo N, Sakurai K, Toyokawa T, Muguruma K, Yamashitaz Y, Maeda K, Hirakawa K

    Hepato-gastroenterology   61 ( 133 )   1235 - 40   2014年07月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

  • イマチニブ部分耐性を示し切除した転移・再発GIST症例の検討

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 清水 貞利, 寺岡 均, 西口 幸雄

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 7 )   1777 - 1782   2014年07月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    はじめに:イマチニブは転移・再発GISTに対して劇的に治療成績を改善させたが,しばしば部分耐性病変を経験する.イマチニブに部分耐性をきたした転移・再発GISTに対する外科的介入の意義については明らかにされていない.対象と方法:転移・再発GISTに対してイマチニブ投与が行われた18例のうち,部分耐性病変に対して手術を行った5例についてretrospectiveに検討した.結果:転移・再発GISTにおける部分耐性病変はすべて切除できたが,全病変の切除が得られた症例はなかった.術後の無増悪生存期間の中央値は412日で,2年無増悪生存率は20%であった.生存期間中央値は1,051日で,2年生存率は60%であった.結語:イマチニブの部分耐性症例では外科的介入によりbenefitが得られる可能性がある.(著者抄録)

  • Significance of CEA and CA19-9 combination as a prognostic indicator and for recurrence monitoring in patients with stage II colorectal cancer.

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 7 )   3753 - 8   2014年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • The Role of Type D Prostanoid Receptors and PPAR gamma in Gastric Cancer Progression 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Kinoshita Haruhito, Hasegawa Tsuyoshi, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 6 )   2771 - 2778   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 皮膚原発巣切除8年後に診断された転移性胃悪性黒色腫の1例 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   75 ( 6 )   1577 - 1582   2014年06月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は76歳の男性で,68歳時に左前胸部皮膚悪性黒色腫に対して摘出術が施行されている(T3aN0M0:Stage IIA).黒色便,貧血の精査加療目的で紹介された.上部消化管内視鏡検査で胃体上部後壁に2型腫瘍を認め,生検で悪性黒色腫と診断された.また,同時に多発皮膚転移も認めた.胃の転移巣から出血を認めたため,胃部分切除術,膵尾部・脾臓合併切除術を施行した.病理組織検査で転移性胃悪性黒色腫と診断された.術後,ダカルバジン単独療法を2コース行ったが,小脳転移からの出血を発症し,胃切除術後5ヵ月で永眠された.転移性胃悪性黒色腫の切除例の報告は少なく,若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • The role of type D prostanoid receptors and PPARγ in gastric cancer progression. 査読

    Fukuoka T, Yashiro M, Morisaki T, Kinoshita H, Hasegawa T, Kasashima H, Masuda G, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Kubo N, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 6 )   2771 - 8   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • The role of type D prostanoid receptors and PPARγ in gastric cancer progression.

    Fukuoka T, Yashiro M, Morisaki T, Kinoshita H, Hasegawa T, Kasashima H, Masuda G, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Kubo N, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 6 )   2771 - 8   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • 皮膚原発巣切除8年後に診断された転移性胃悪性黒色腫の1例

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 6 )   1577 - 1582   2014年06月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    症例は76歳の男性で,68歳時に左前胸部皮膚悪性黒色腫に対して摘出術が施行されている(T3aN0M0:Stage IIA).黒色便,貧血の精査加療目的で紹介された.上部消化管内視鏡検査で胃体上部後壁に2型腫瘍を認め,生検で悪性黒色腫と診断された.また,同時に多発皮膚転移も認めた.胃の転移巣から出血を認めたため,胃部分切除術,膵尾部・脾臓合併切除術を施行した.病理組織検査で転移性胃悪性黒色腫と診断された.術後,ダカルバジン単独療法を2コース行ったが,小脳転移からの出血を発症し,胃切除術後5ヵ月で永眠された.転移性胃悪性黒色腫の切除例の報告は少なく,若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • The Impact of Combined Thoracoscopic and Laparoscopic Surgery on Pulmonary Complications After Radical Esophagectomy in Patients With Resectable Esophageal Cancer 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 5 )   2399 - 2404   2014年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 内視鏡的バルーン拡張術で治癒したY脚吻合部狭窄による輸入脚閉塞症の1例 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   75 ( 5 )   1238 - 1243   2014年05月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は71歳の女性で,胃癌に対する開腹幽門側胃切除術,Roux-en-Y再建(Roux-en-Y脚は21mm径のCircular staplerを用いた端側吻合)の4ヵ月後に,腹痛・嘔気・食欲不振を主訴に来院した.腹部CTでRoux-Y脚吻合部のstaplerから十二指腸断端までの輸入脚が著明に拡張していたため,吻合部狭窄による輸入脚閉塞症と診断した.緊急の上部消化管内視鏡検査を施行したところ,門歯から60cmの空腸にpin holeの狭窄部位を認めた.バルーン拡張術を施行すると,輸入脚より大量の胆汁の流出を認めた.術後経過は良好で,術後第9病日に退院した.Roux-Y脚の吻合部狭窄による輸入脚閉塞症に対して,内視鏡的バルーン拡張術は非侵襲的で有用な治療法と考えられた.(著者抄録)

  • The impact of combined thoracoscopic and laparoscopic surgery on pulmonary complications after radical esophagectomy in patients with resectable esophageal cancer. 査読

    Kubo N, Ohira M, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 5 )   2399 - 404   2014年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • The impact of combined thoracoscopic and laparoscopic surgery on pulmonary complications after radical esophagectomy in patients with resectable esophageal cancer.

    Kubo N, Ohira M, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 5 )   2399 - 404   2014年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • 内視鏡的バルーン拡張術で治癒したY脚吻合部狭窄による輸入脚閉塞症の1例

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 5 )   1238 - 1243   2014年05月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    症例は71歳の女性で,胃癌に対する開腹幽門側胃切除術,Roux-en-Y再建(Roux-en-Y脚は21mm径のCircular staplerを用いた端側吻合)の4ヵ月後に,腹痛・嘔気・食欲不振を主訴に来院した.腹部CTでRoux-Y脚吻合部のstaplerから十二指腸断端までの輸入脚が著明に拡張していたため,吻合部狭窄による輸入脚閉塞症と診断した.緊急の上部消化管内視鏡検査を施行したところ,門歯から60cmの空腸にpin holeの狭窄部位を認めた.バルーン拡張術を施行すると,輸入脚より大量の胆汁の流出を認めた.術後経過は良好で,術後第9病日に退院した.Roux-Y脚の吻合部狭窄による輸入脚閉塞症に対して,内視鏡的バルーン拡張術は非侵襲的で有用な治療法と考えられた.(著者抄録)

  • Thoracoscopic Esophagectomy in the Prone Position Versus in the Lateral Position for Patients With Esophageal Cancer: A Comparison of Short-term Surgical Results 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Lee Tomohiro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    SURGICAL LAPAROSCOPY ENDOSCOPY & PERCUTANEOUS TECHNIQUES   24 ( 2 )   158 - 163   2014年04月( ISSN:1530-4515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLE.0b013e31828fa6d7

    PubMed

  • Thoracoscopic esophagectomy in the prone position versus in the lateral position for patients with esophageal cancer: a comparison of short-term surgical results.

    Kubo N, Ohira M, Yamashita Y, Sakurai K, Lee T, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Noda E, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques   24 ( 2 )   158 - 63   2014年04月( ISSN:1530-4515

  • PS-178-2 胃癌所属リンパ節内ヘルパーT細胞分画と転移の影響(PS-178 基礎 腫瘍免疫,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大北 仁裕, 田中 浩明, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 澁谷 雅常, 櫻井 克宜, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-114-5 大腸癌における再発予測因子としてのxCT発現の検討(PS-114 大腸 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    菅野 兼史, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 渋谷 雅常, 池谷 哲郎, 櫻井 克宣, 山添 定明, 野田 諭, 木村 健二郎, 川尻 成美, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-086-2 当科におけるincidental gallbladder carcinomaの治療成績(PS-086 胆 悪性-5,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    山添 定明, 天野 良亮, 木村 健二郎, 平田 啓一郎, 渋谷 雅常, 櫻井 克宣, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-053-3 胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術後の食道空腸吻合術の変遷と工夫(PS-053 胃 手術手技-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 久保 尚士, 大谷 博, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-016-3 当科において経験した膵神経内分泌腫瘍33例の治療成績(PS-016 膵 腫瘍 NET-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木村 健二郎, 天野 良亮, 山添 定明, 平田 啓一郎, 櫻井 克亘, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-126-4 StageII/III胃癌における根治切除後再発と術後好中球リンパ球比との関係(OP-126 胃 集学的治療,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 六車 一哉, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 山添 定明, 渋谷 雅常, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大谷 博, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-123-3 胃全摘術におけるNo.10リンパ節転移の意義(OP-123 胃 リンパ節郭清・手術適応,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 呉 幸枝, 笠島 裕明, 増田 剛, 渡邊 真央, 木下 春人, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-060-2 低酸素微小環境がスキルス胃癌に与える影響(OP-060 胃 基礎-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-045-5 予後因子からみたStageIV大腸癌に対する治療戦略(OP-045 大腸 大腸癌 stageIV,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大谷 博, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 大平 雅一, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-009-6 主要動脈浸潤を伴う局所進行膵癌に対する化学放射線療法後の外科切除の意義(OP-009 膵 膵癌-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 平田 啓一郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-007-7 膵切除後耐糖能悪化の危険因子に関する検討(OP-007 膵 合併症-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平田 啓一郎, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 永原 央, 桜井 克宜, 渋谷 雅常, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-216-2 進行胃癌に対するMDCTを用いた術前リンパ節転移診断(PS-216 胃 手術適応-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 山本 篤, 大谷 博, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-210-7 併存疾患を有する胃癌患者に対する鏡視下手術の周術期成績(PS-210 胃 高齢者-2・その他,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    櫻井 克宣, 六車 一哉, 石原 沙江, 西尾 康平, 田村 達郎, 平田 啓一郎, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 八代 正和, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-207-3 胸部食道癌に対する腹臥位胸腔鏡下食道切除術の有用性(PS-207 食道 鏡視下手術-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    久保 尚士, 大平 雅一, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山下 好人, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-185-7 十二指腸GISTの臨床病理学的検討(PS-185 消化管 GIST,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田村 達郎, 豊川 貴弘, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-134-7 胃癌におけるオートファジー関連分子p62/SQSTM1の臨床病理学的検討(PS-134 胃 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-178-1 胃癌の所属リンパ節内浸潤好中球とリンパ管新生との関連(PS-178 基礎 腫瘍免疫,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    渡邊 真央, 田中 浩明, 呉 幸枝, 大北 仁裕, 渋谷 雅常, 櫻井 克宣, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-175-6 胃癌における間質酵素Lysyl Oxidase発現の臨床病理学的意義(PS-175 基礎 発癌・バイオマーカー・その他-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-135-7 スキルス胃癌微笑環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性(PS-135 胃 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-007-7 膵切除後耐糖能悪化の危険因子に関する検討(OP-007 膵 合併症-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    平田 啓一郎, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 永原 央, 桜井 克宜, 渋谷 雅常, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   324   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-216-2 進行胃癌に対するMDCTを用いた術前リンパ節転移診断(PS-216 胃 手術適応-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 山本 篤, 大谷 博, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   1006   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-210-7 併存疾患を有する胃癌患者に対する鏡視下手術の周術期成績(PS-210 胃 高齢者-2・その他,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    櫻井 克宣, 六車 一哉, 石原 沙江, 西尾 康平, 田村 達郎, 平田 啓一郎, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 八代 正和, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   995   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-207-3 胸部食道癌に対する腹臥位胸腔鏡下食道切除術の有用性(PS-207 食道 鏡視下手術-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    久保 尚士, 大平 雅一, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山下 好人, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   988   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-185-7 十二指腸GISTの臨床病理学的検討(PS-185 消化管 GIST,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    田村 達郎, 豊川 貴弘, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   945   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-178-2 胃癌所属リンパ節内ヘルパーT細胞分画と転移の影響(PS-178 基礎 腫瘍免疫,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    大北 仁裕, 田中 浩明, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 澁谷 雅常, 櫻井 克宜, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   930   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-178-1 胃癌の所属リンパ節内浸潤好中球とリンパ管新生との関連(PS-178 基礎 腫瘍免疫,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    渡邊 真央, 田中 浩明, 呉 幸枝, 大北 仁裕, 渋谷 雅常, 櫻井 克宣, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   930   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-175-6 胃癌における間質酵素Lysyl Oxidase発現の臨床病理学的意義(PS-175 基礎 発癌・バイオマーカー・その他-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   925   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-135-7 スキルス胃癌微笑環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性(PS-135 胃 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   845   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-134-7 胃癌におけるオートファジー関連分子p62/SQSTM1の臨床病理学的検討(PS-134 胃 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   843   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-114-5 大腸癌における再発予測因子としてのxCT発現の検討(PS-114 大腸 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    菅野 兼史, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 渋谷 雅常, 池谷 哲郎, 櫻井 克宣, 山添 定明, 野田 諭, 木村 健二郎, 川尻 成美, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   803   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-086-2 当科におけるincidental gallbladder carcinomaの治療成績(PS-086 胆 悪性-5,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    山添 定明, 天野 良亮, 木村 健二郎, 平田 啓一郎, 渋谷 雅常, 櫻井 克宣, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   746   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-053-3 胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術後の食道空腸吻合術の変遷と工夫(PS-053 胃 手術手技-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 久保 尚士, 大谷 博, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   680   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • PS-016-3 当科において経験した膵神経内分泌腫瘍33例の治療成績(PS-016 膵 腫瘍 NET-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会)

    木村 健二郎, 天野 良亮, 山添 定明, 平田 啓一郎, 櫻井 克亘, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   606   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • OP-126-4 StageII/III胃癌における根治切除後再発と術後好中球リンパ球比との関係(OP-126 胃 集学的治療,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    田中 浩明, 六車 一哉, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 山添 定明, 渋谷 雅常, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大谷 博, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   537   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • OP-123-3 胃全摘術におけるNo.10リンパ節転移の意義(OP-123 胃 リンパ節郭清・手術適応,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    森崎 珠実, 八代 正和, 呉 幸枝, 笠島 裕明, 増田 剛, 渡邊 真央, 木下 春人, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   532   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • OP-060-2 低酸素微小環境がスキルス胃癌に与える影響(OP-060 胃 基礎-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    木下 春人, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   421   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • OP-045-5 予後因子からみたStageIV大腸癌に対する治療戦略(OP-045 大腸 大腸癌 stageIV,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    大谷 博, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 大平 雅一, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   395   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • OP-009-6 主要動脈浸潤を伴う局所進行膵癌に対する化学放射線療法後の外科切除の意義(OP-009 膵 膵癌-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会)

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 平田 啓一郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   328   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • [A case report of two-term surgery for focal progression of a huge liver metastasis and peritoneal dissemination from gastrointestinal stromal tumor during imatinib mesylate treatment]. 査読

    Toyokawa T, Teraoka H, Kitayama K, Nomura S, Kanehara I, Nishino H

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 3 )   373 - 7   2014年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 胃切除後輸入脚閉塞症10例の臨床的検討 査読

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 清水 貞利, 井上 透, 西口 幸雄

    (一社)日本腹部救急医学会 日本腹部救急医学会雑誌   34 ( 3 )   599 - 606   2014年03月( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【はじめに】輸入脚閉塞症は胃切除術後のまれな合併症の一つで,ときに致命的な経過をたどる疾患である。【対象と方法】1993年5月から2010年12月までの間に,われわれが経験した輸入脚閉塞症10例を対象に臨床像について検討を行った。【結果】男性9例,女性1例で,平均年齢は65.9(47〜83)歳であった。発症時期は術後早期・晩期に関係なく発症していた。特徴的なCT所見により80%は術前診断可能であった。保存的治療で改善した症例は3例で,7例に手術を行った。穿孔を1例,膵炎を1例に併発し,穿孔を起こした1例は術後MOFのため在院死した。【結語】本症の診断には腹部CTが極めて有用であり,穿孔・壊死または重症膵炎に至る前に診断・治療を行うことが予後の改善に肝要である。(著者抄録)

  • Intranodal Lymphangiogenesis Precedes Development of Lymph Node Metastasis and Accelerates Progression of Gastric Cancer 査読

    Watanabe Mao, Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Yoshii Mami, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Yamamoto Atsushi, Muguruma Kazuya, Yamashita Yoshito, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY   18 ( 3 )   481 - 490   2014年03月( ISSN:1091-255X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11605-013-2407-y

    PubMed

  • [A case report of two-term surgery for focal progression of a huge liver metastasis and peritoneal dissemination from gastrointestinal stromal tumor during imatinib mesylate treatment].

    Toyokawa T, Teraoka H, Kitayama K, Nomura S, Kanehara I, Nishino H

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 3 )   373 - 7   2014年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 胃切除後輸入脚閉塞症10例の臨床的検討

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 清水 貞利, 井上 透, 西口 幸雄

    日本腹部救急医学会雑誌   34 ( 3 )   599 - 606   2014年03月( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    【はじめに】輸入脚閉塞症は胃切除術後のまれな合併症の一つで,ときに致命的な経過をたどる疾患である。【対象と方法】1993年5月から2010年12月までの間に,われわれが経験した輸入脚閉塞症10例を対象に臨床像について検討を行った。【結果】男性9例,女性1例で,平均年齢は65.9(47〜83)歳であった。発症時期は術後早期・晩期に関係なく発症していた。特徴的なCT所見により80%は術前診断可能であった。保存的治療で改善した症例は3例で,7例に手術を行った。穿孔を1例,膵炎を1例に併発し,穿孔を起こした1例は術後MOFのため在院死した。【結語】本症の診断には腹部CTが極めて有用であり,穿孔・壊死または重症膵炎に至る前に診断・治療を行うことが予後の改善に肝要である。(著者抄録)

  • 胃GIST術後の巨大肝転移、腹膜播種のイマチニブ部分耐性に対して二期的に外科切除を行った1例

    豊川 貴弘, 寺岡 均, 北山 紀州, 埜村 真也, 金原 功, 西野 裕二

    癌と化学療法   41 ( 3 )   373 - 377   2014年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    胃GISTの術後巨大肝転移、腹膜再発の部分耐性に対して、二期的に部分耐性を切除した1例を経験したので文献的考察を加えて報告する。症例は初診時59歳、男性。2006年6月に胃GISTの穿孔で緊急手術を施行し、9月に胃部分切除術を施行した。2010年9月の腹部CTで肝右葉のほとんどを占める巨大肝転移を認めた。メシル酸イマチニブ(イマチニブ)を投与しSDを得られたが、肝転移、脾門部腫瘤の2病変の部分耐性となった。2011年8月に拡大肝右葉切除術、2012年2月に膵体尾部・脾合併切除、胃部分切除術を施行し、部分耐性の腫瘍を切除した。イマチニブの部分耐性に対する初回手術後16ヵ月で原病死した。(著者抄録)

  • Intranodal lymphangiogenesis precedes development of lymph node metastasis and accelerates progression of gastric cancer.

    Watanabe M, Tanaka H, Ohira M, Yoshii M, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Yamamoto A, Muguruma K, Yamashita Y, Maeda K, Sawada T, Hirakawa K

    Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   18 ( 3 )   481 - 90   2014年03月( ISSN:1091-255X

     詳細を見る

  • Subgroups of patients with very large gastrointestinal stromal tumors with distinct prognoses: a multicenter study. 査読

    Wada N, Kurokawa Y, Nishida T, Takahashi T, Toyokawa T, Kusanagi H, Hirota S, Tsujinaka T, Mori M, Doki Y

    Journal of surgical oncology   109 ( 2 )   67 - 70   2014年02月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.23471

    PubMed

  • Successful resection of esophageal carcinoma with aberrant right subclavian artery using video-assisted thoracoscopic surgery: report of two cases. 査読

    Kasashima H, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 2 )   899 - 904   2014年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Successful Resection of Esophageal Carcinoma with Aberrant Right Subclavian Artery Using Video-assisted Thoracoscopic Surgery: Report of Two Cases 査読

    Kasashima Hiroaki, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Keviura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 2 )   899 - 904   2014年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Subgroups of patients with very large gastrointestinal stromal tumors with distinct prognoses: a multicenter study.

    Wada N, Kurokawa Y, Nishida T, Takahashi T, Toyokawa T, Kusanagi H, Hirota S, Tsujinaka T, Mori M, Doki Y

    Journal of surgical oncology   109 ( 2 )   67 - 70   2014年02月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

  • Successful resection of esophageal carcinoma with aberrant right subclavian artery using video-assisted thoracoscopic surgery: report of two cases.

    Kasashima H, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 2 )   899 - 904   2014年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • [Clinical experience of imatinib mesylate for metastatic or recurrent gastrointestinal stromal tumor]. 査読

    Toyokawa T, Yamashita Y, Yamamoto A, Shimizu S, Inoue T, Kanazawa A, Tsukamoto T, Ikehara T, Nishiguchi Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 1 )   55 - 8   2014年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical experience of imatinib mesylate for metastatic or recurrent gastrointestinal stromal tumor].

    Toyokawa T, Yamashita Y, Yamamoto A, Shimizu S, Inoue T, Kanazawa A, Tsukamoto T, Ikehara T, Nishiguchi Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 1 )   55 - 8   2014年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • Portal vein stenting to treat portal vein stenosis in a patient with malignant tumor and gastrointestinal bleeding.

    Sakurai K, Amano R, Yamamoto A, Nishida N, Matsutani S, Hirata K, Kimura K, Muguruma K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Yashiro M, Ohira M, Hirakawa K

    International surgery   99 ( 1 )   91 - 5   2014年01月( ISSN:0020-8868

  • Laparoscopy-assisted total gastrectomy: a simplified approach.

    Muguruma K, Tanaka H, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Yamashita Y, Sawada T, Ohira M, Hirakawa K

    International surgery   99 ( 1 )   79 - 85   2014年01月( ISSN:0020-8868

  • Gastric metastasis from renal cell carcinoma with gastrointestinal bleeding: a case report and review of the literature.

    Sakurai K, Muguruma K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Yashiro M, Ohira M, Hirakawa K

    International surgery   99 ( 1 )   86 - 90   2014年01月( ISSN:0020-8868

  • 腹腔鏡下胃全摘・食道裂孔ヘルニア修復術後の再発ヘルニアを腹腔鏡下に修復した1例

    豊川 貴弘, 寺岡 均, 北山 紀州, 埜村 真也, 金原 功, 西野 裕二

    臨牀と研究   91 ( 1 )   119 - 121   2014年01月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    78歳女。巨大食道裂孔ヘルニアに伴う食道胃接合部の早期胃癌に対して、腹腔鏡下胃全摘術、D1+リンパ節郭清、胆嚢摘出術、食道裂孔縫縮術が施行された。術後経過は良好で第18病日に左大腿骨骨折の加療目的で転院となった。食事のつかえ感、嘔吐を認めるようになったため入院となった。吻合部を越えて約8cmより先へは屈曲が強く、内視鏡を挿入できなかった。内視鏡よりガストログラフィンを注入し造影したところ、縦隔内で一塊になった挙上空腸を認め、造影剤の流出は非常に緩慢であった。ガストログラフィン造影に引き続きCTを施行し、後縦隔に一魂となった挙上空腸を認めた。食道裂孔ヘルニアの再発と診断し、腹腔鏡下手術を施行した。術後経過は良好で、第18病日にリハビリ目的で転院となった。6ヵ月後の経口ガストロ造影検査において通過障害は認めず、術後18ヵ月経過し、再発なく通院加療中である。

  • 転移・再発GISTに対するImatinib Mesylateの治療成績

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 清水 貞利, 井上 透, 金澤 景繁, 塚本 忠司, 池原 照幸, 西口 幸雄

    癌と化学療法   41 ( 1 )   55 - 58   2014年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    転移・再発GIST 15例に対して行ったimatinibの治療成績について検討した。imatinibは400mgで投与開始し、治療効果の判定はRECISTおよびChoi基準で行った。RECIST基準による評価では奏効率は40%であったのに対して、Choi基準では奏効率は80%であった。無増悪生存期間中央値は2,031日で、5年生存率は80.0%であった。Grade 3以上の有害事象は白血球減少1例、好中球減少2例、貧血1例のみであった。6例(40%)において300mg以下への減量を要したが、減量投与群と400/800mg投与群で無増悪期間に差はなかった。GISTに対するimatinibの効果判定にはChoi基準は有用で、有害事象により継続困難な症例には減量投与でも十分な効果が得られる可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 腹腔鏡補助下大腸切除術施行中に発見された大腸sm癌同時性肝転移の1例

    渋谷 雅常, 寺岡 均, 北山 紀州, 埜村 真也, 豊川 貴弘, 金原 功

    臨牀と研究   91 ( 1 )   116 - 118   2014年01月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    65歳男。検診にて便潜血陽性を指摘された。下部消化管内視鏡検査を施行し、横行結腸に隆起型の腫瘍性病変を認めた。生検で腸癌と診断した。横行結腸癌の診断で腹腔鏡手術を開始した。腹腔内の観察では肝硬変による肝蓑面の凹凸が目立ったが、肝S4表面にはそれとは異なる1cm大の白色結節を認め、肝転移を疑った。腹腔鏡補助下左半結腸切除術を施行したのち正中の小開腹創を延長し、小開腹下に肝部分切除術を施行した。術後経過は良好で、術後8日目に軽快退院となった。退院後は外来にて術後補助化学療法(UFT/LV)を6ヵ月間施行した。術後約3年が経過するが無再発生存中である。

  • Clinical Impact of the Extent of Lymph Node Micrometastasis in Undifferentiated-Type Early Gastric Cancer 査読

    Lee Tomohiro, Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Okita Yoshihiro, Yoshii Mami, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Tanaka Sayaka, Ohsawa Masahiko, Hirakawa Kosei

    ONCOLOGY   86 ( 4 )   244 - 252   2014年( ISSN:0030-2414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000358803

    PubMed

  • Portal Vein Stenting to Treat Portal Vein Stenosis in a Patient With Malignant Tumor and Gastrointestinal Bleeding 査読

    Sakurai Katsunobu, Amano Ryosuke, Yamamoto Akira, Nishida Norifumi, Matsutani Shinya, Hirata Keiichiro, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL SURGERY   99 ( 1 )   91 - 95   2014年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-13-00128.1

    PubMed

  • 胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の適応外病変に対する追加外科切除症例の検討 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人 日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   47 ( 10 )   561 - 570   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

     <b>目的:</b>早期胃癌に対するESD後にリンパ節転移の可能性がある適応外病変と診断されれば,リンパ節郭清を目的とした追加外科切除が行われるが,多くの症例ではリンパ節転移は認められない.今回,ESD後に適応外病変と診断されたときに,リンパ節郭清を伴う追加外科切除を行う症例を適切に選別することを目的とした.<b>対象と方法:</b>2004年1月から2011年12月に,ESD後に適応外病変と診断されて追加外科切除を行った51例を対象とし,臨床病理学的背景,リンパ節転移の危険因子および治療成績についてretrospectiveに検討した.<b>結果:</b>リンパ節転移を6例(11.8%)に認めた.観察期間の中央値は56か月(10~107か月)で,遠隔リンパ節再発,肝再発を1例ずつ認めた.5年disease specific survivalは97.9%であった.リンパ節転移に関する多変量解析では,静脈侵襲(OR 14.68;95%CI 1.97~109.25,<i>P</i>=0.009)のみが独立した危険因子として抽出された.分化型で脈管侵襲陰性の16例ではリンパ節転移を認めなかった.<b>結語:</b>静脈侵襲陽性例はリンパ節転移の独立した危険因子で,追加の胃切除が強く推奨されると考えられた.さらなる検討が必要であるが,脈管侵襲がない分化型症例はリンパ節転移の可能性が低く,症例によっては追加外科切除を省略できる可能性が示唆された.

    DOI: 10.5833/jjgs.2013.0173

    CiNii Article

  • 皮膚原発巣切除8年後に診断された転移性胃悪性黒色腫の1例 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   75 ( 6 )   1577 - 1582   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は76歳の男性で,68歳時に左前胸部皮膚悪性黒色腫に対して摘出術が施行されている(T3aN0M0:Stage IIA).黒色便,貧血の精査加療目的で紹介された.上部消化管内視鏡検査で胃体上部後壁に2型腫瘍を認め,生検で悪性黒色腫と診断された.また,同時に多発皮膚転移も認めた.胃の転移巣から出血を認めたため,胃部分切除術,膵尾部・脾臓合併切除術を施行した.病理組織検査で転移性胃悪性黒色腫と診断された.術後,ダカルバジン単独療法を2コース行ったが,小脳転移からの出血を発症し,胃切除術後5カ月で永眠された.転移性胃悪性黒色腫の切除例の報告は少なく,若干の文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.75.1577

    CiNii Article

  • 内視鏡的バルーン拡張術で治癒したY脚吻合部狭窄による輸入脚閉塞症の1例 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   75 ( 5 )   1238 - 1243   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は71歳の女性で,胃癌に対する開腹幽門側胃切除術,Roux-en-Y再建(Roux-en-Y脚は21mm径のCircular staplerを用いた端側吻合)の4カ月後に,腹痛・嘔気・食欲不振を主訴に来院した.腹部CTでRoux-Y脚吻合部のstaplerから十二指腸断端までの輸入脚が著明に拡張していたため,吻合部狭窄による輸入脚閉塞症と診断した.緊急の上部消化管内視鏡検査を施行したところ,門歯から60cmの空腸にpin holeの狭窄部位を認めた.バルーン拡張術を施行すると,輸入脚より大量の胆汁の流出を認めた.術後経過は良好で,術後第9病日に退院した.Roux-Y脚の吻合部狭窄による輸入脚閉塞症に対して,内視鏡的バルーン拡張術は非侵襲的で有用な治療法と考えられた.

    DOI: 10.3919/jjsa.75.1238

    CiNii Article

  • プロテオーム解析による胃癌幹細胞関連マーカーの同定 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 梯 アンナ, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   40 - 41   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.40

    CiNii Article

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   36 - 37   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.36

    CiNii Article

  • Laparoscopy-assisted Total Gastrectomy: A Simplified Approach 査読

    Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Yamashita Yoshito, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL SURGERY   99 ( 1 )   79 - 85   2014年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-13-00090.1

    PubMed

  • Intranodal Cytokeratin Particles is a Predictive Marker of Efficacy for Neoadjuvant Therapies in Patents with Squamous Cell Carcinoma of the Esophagus 査読

    Lee Tomohiro, Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Yamashita Yoshito, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   61 ( 133 )   1235 - 1240   2014年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge14300

  • Gastric Metastasis From Renal Cell Carcinoma With Gastrointestinal Bleeding: A Case Report and Review of the Literature 査読

    Sakurai Katsunobu, Muguruma Kazuya, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL SURGERY   99 ( 1 )   86 - 90   2014年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-13-00115.1

    PubMed

  • Differential Impact of the Neutrophil-Lymphocyte Ratio on the Survival of Patients with Stage IV Gastric Cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    DIGESTIVE SURGERY   31 ( 4-5 )   327 - 333   2014年( ISSN:0253-4886

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000369278

    PubMed

  • 胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術後の適応外病変に対する追加外科切除症例の検討

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本消化器外科学会雑誌   47 ( 10 )   561 - 570   2014年( ISSN:03869768

     詳細を見る

    <b>目的:</b>早期胃癌に対するESD後にリンパ節転移の可能性がある適応外病変と診断されれば,リンパ節郭清を目的とした追加外科切除が行われるが,多くの症例ではリンパ節転移は認められない.今回,ESD後に適応外病変と診断されたときに,リンパ節郭清を伴う追加外科切除を行う症例を適切に選別することを目的とした.<b>対象と方法:</b>2004年1月から2011年12月に,ESD後に適応外病変と診断されて追加外科切除を行った51例を対象とし,臨床病理学的背景,リンパ節転移の危険因子および治療成績についてretrospectiveに検討した.<b>結果:</b>リンパ節転移を6例(11.8%)に認めた.観察期間の中央値は56か月(10~107か月)で,遠隔リンパ節再発,肝再発を1例ずつ認めた.5年disease specific survivalは97.9%であった.リンパ節転移に関する多変量解析では,静脈侵襲(OR 14.68;95%CI 1.97~109.25,<i>P</i>=0.009)のみが独立した危険因子として抽出された.分化型で脈管侵襲陰性の16例ではリンパ節転移を認めなかった.<b>結語:</b>静脈侵襲陽性例はリンパ節転移の独立した危険因子で,追加の胃切除が強く推奨されると考えられた.さらなる検討が必要であるが,脈管侵襲がない分化型症例はリンパ節転移の可能性が低く,症例によっては追加外科切除を省略できる可能性が示唆された.

    DOI: 10.5833/jjgs.2013.0173

    CiNii Article

  • 皮膚原発巣切除8年後に診断された転移性胃悪性黒色腫の1例

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 6 )   1577 - 1582   2014年( ISSN:13452843

     詳細を見る

    症例は76歳の男性で,68歳時に左前胸部皮膚悪性黒色腫に対して摘出術が施行されている(T3aN0M0:Stage IIA).黒色便,貧血の精査加療目的で紹介された.上部消化管内視鏡検査で胃体上部後壁に2型腫瘍を認め,生検で悪性黒色腫と診断された.また,同時に多発皮膚転移も認めた.胃の転移巣から出血を認めたため,胃部分切除術,膵尾部・脾臓合併切除術を施行した.病理組織検査で転移性胃悪性黒色腫と診断された.術後,ダカルバジン単独療法を2コース行ったが,小脳転移からの出血を発症し,胃切除術後5カ月で永眠された.転移性胃悪性黒色腫の切除例の報告は少なく,若干の文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.75.1577

    CiNii Article

  • 内視鏡的バルーン拡張術で治癒したY脚吻合部狭窄による輸入脚閉塞症の1例

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   75 ( 5 )   1238 - 1243   2014年( ISSN:13452843

     詳細を見る

    症例は71歳の女性で,胃癌に対する開腹幽門側胃切除術,Roux-en-Y再建(Roux-en-Y脚は21mm径のCircular staplerを用いた端側吻合)の4カ月後に,腹痛・嘔気・食欲不振を主訴に来院した.腹部CTでRoux-Y脚吻合部のstaplerから十二指腸断端までの輸入脚が著明に拡張していたため,吻合部狭窄による輸入脚閉塞症と診断した.緊急の上部消化管内視鏡検査を施行したところ,門歯から60cmの空腸にpin holeの狭窄部位を認めた.バルーン拡張術を施行すると,輸入脚より大量の胆汁の流出を認めた.術後経過は良好で,術後第9病日に退院した.Roux-Y脚の吻合部狭窄による輸入脚閉塞症に対して,内視鏡的バルーン拡張術は非侵襲的で有用な治療法と考えられた.

    DOI: 10.3919/jjsa.75.1238

    CiNii Article

  • プロテオーム解析による胃癌幹細胞関連マーカーの同定

    森崎 珠実, 八代 正和, 梯 アンナ, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   40 - 41   2014年

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉  幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   36 - 37   2014年

  • Differential impact of the neutrophil-lymphocyte ratio on the survival of patients with stage IV gastric cancer.

    Tanaka H, Muguruma K, Toyokawa T, Kubo N, Ohira M, Hirakawa K

    Digestive surgery   31 ( 4-5 )   327 - 33   2014年( ISSN:0253-4886

     詳細を見る

  • Clinical impact of the extent of lymph node micrometastasis in undifferentiated-type early gastric cancer.

    Lee T, Tanaka H, Ohira M, Okita Y, Yoshii M, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Muguruma K, Tanaka S, Ohsawa M, Hirakawa K

    Oncology   86 ( 4 )   244 - 52   2014年( ISSN:0030-2414

     詳細を見る

  • [A case of familial adenomatous polyposis presenting with thyroid cancer]. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Noda E, Ohtani H, Takii M, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Onoda N, Ohira M, Higashiyama T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2074 - 6   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 甲状腺癌を契機に発見された家族性大腸腺腫症の1例 査読

    渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 野田 英児, 大谷 博, 瀧井 麻美子, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 小野田 尚佳, 大平 雅一, 東山 卓也, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 12 )   2074 - 2076   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は24歳、女性。頸部腫瘤を主訴に近医を受診し、精査の結果、甲状腺乳頭癌cribriform-morular variant(CMV)と診断された。甲状腺癌の組織型より家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis:FAP)の合併を疑い、下部消化管内視鏡検査を施行したところ100個以上の大腸ポリープを認めた。また、腹部CT検査にて右下腹部に12cm大の腫瘤を認めた。甲状腺全摘術を施行後、大腸全摘術および腹腔内腫瘤摘出術を施行し、病理組織学的検査にて粘膜内癌合併のFAPおよび腸間膜デスモイド腫瘍と診断された。甲状腺乳頭癌CMVにはFAPを合併することが知られているが、その報告例は少ない。甲状腺乳頭癌CMVを契機に発見された腸間膜デスモイド腫瘍を伴ったFAPの1例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 気管ステント留置後に5-FU/Nedaplatinが著効した切除不能進行食道癌の1例 査読

    西村 潤也, 久保 尚士, 李 友浩, 神藤 理, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 12 )   2112 - 2114   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は68歳、男性。主訴は嗄声、呼吸困難。上部消化管内視鏡検査にて門歯から30cmの胸部中部食道に1/4周性の3型腫瘍を認め、生検で中分化型扁平上皮癌であった。胸部CT検査では腫大した左反回神経周囲リンパ節が気管を圧排し、著明な気道狭窄を伴っていた。以上から、cT4(106recL-trachea)、N2(101L、106recL、106recR)、M0、Stage IVaの切除不能進行食道癌と診断した。呼吸困難を改善するために、気管ステント(spiral Z stent:直径18mm、長径80mm)を留置し、自覚症状が改善した後に、5-fluorouracil(5-FU)とnedaplatinを併用した化学療法を開始した。治療開始後、原発巣と転移リンパ節の著明な縮小を認めた。同療法を19コース施行したが、目立った有害事象は認めず、2年6ヵ月間、完全奏効(complete response:CR)を維持している。気道狭窄を伴う局所進行食道癌に対し気管ステント留置後に化学療法を行い、CRを得られたまれな症例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 局所療法として噴門側胃切除術を施行した乳癌胃転移の1例 査読

    松谷 慎治, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 李 友浩, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 六車 一哉, 木村 健二郎, 永原 央, 野田 英児, 天野 良亮, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 12 )   2210 - 2213   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例:72歳、女性。1994年に右乳癌に対し、右乳房切除術および腋窩リンパ節郭清術を施行。2003年に胸骨・多発肺転移を認め、同年より2012年まで様々なレジメンの化学療法を施行した。2012年に腹部造影CTおよび上部消化管内視鏡にて胃噴門部に約4cm大の腫瘍性病変を認め、生検結果にて乳癌胃転移と診断した。その後も化学療法を継続したが通過障害が増悪し、噴門側胃切除術を施行した。病理組織像は硬癌、ER(3+)であり、乳癌胃転移と診断した。術後食事摂取は可能となった。考察:転移性悪性腫瘍による消化管閉塞を来す患者の全身状態は悪く予後も不良であり、緩和手術(切除、バイパス、人工肛門造設、胃瘻・腸瘻造設)を考慮する際には、手術適応の判断は慎重に行う必要がある。結語:乳癌胃転移は他の悪性腫瘍の胃転移と比較して予後が長く、通過障害に対してはQOL改善のための外科的治療が有用であることが示唆された。(著者抄録)

  • Stage IV大腸癌における予後予測因子としての好中球・リンパ球比の有用性 査読

    渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 野田 英児, 大谷 博, 菅野 兼史, 瀧井 麻美子, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 12 )   1603 - 1605   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Stage IV大腸癌における術前好中球・リンパ球比(neutrophil-to-lymphocyte ratio:NLR)の予後予測因子としての有用性を検討した。術前化学療法施行例および穿孔例を除く当科で手術を施行したStage IV大腸癌のうち術前NLRが判明している130例を対象とした。術前NLRを算出し、cut off値を3に設定。低値群(n=61)と高値群(n=69)に分類し、臨床病理学的因子や予後との相関を検討した。NLR別の2年生存率(生存期間中央値)は、低値群58.1%(38.0ヵ月)、高値群43.5%(22.3ヵ月)で、高値群が有意に予後不良であった。単変量解析では、NLR高値、腹膜播種、根治度C、組織型(非分化型)、転移臓器数2以上が有意に予後不良であり、多変量解析ではNLR、根治度、組織型、転移臓器数が独立した予後因子であった。Stage IV大腸癌における術前NLRはバイオマーカーとして有用である可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 術前化学放射線療法を行った肝動脈浸潤を伴う局所進行膵癌の1例 査読

    村田 哲洋, 木村 健二郎, 天野 良亮, 平田 啓一郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 12 )   1865 - 1867   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳、男性。分枝型IPMNの経過観察中、2011年10月にCA19-9の上昇があり、精査にて膵頭部癌の合併を指摘され当科紹介となった。12月に手術を施行したが、総肝動脈から固有肝動脈にかけての癌浸潤を認め、切除不能と判断した。化学放射線療法の方針としgemcitabine(GEM)療法および放射線療法(50.4 Gy/28 Fr)を行い、引き続いてGEM+S-1療法を施行した。効果はSDであったが、遠隔転移の出現なく腫瘍の局所制御はできていると判断し、再度根治切除を試みた。2012年10月、肝動脈合併切除/再建を伴う膵頭十二指腸切除術を施行した。血行再建は、左胃動脈と右肝動脈を吻合した。病理組織診断では腫瘍の90%以上の変性、壊死が認められ、剥離面や動脈周囲に癌遺残を認めず、R0手術が施行できたことを確認した。現在、術後8ヵ月経過し無再発生存中である。(著者抄録)

  • 食道癌の化学放射線療法中に放射線性肺臓炎を来した5例の治療経験 査読

    櫻井 克宣, 久保 尚士, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 12 )   2139 - 2142   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道癌に対する化学放射線療法(chemoradiotherapy:CRT)は、局所進行症例だけでなく切除可能例にも有効な治療法である。CRTに関連した有害事象の一つである放射線性肺臓炎(radiation pneumonitis:RP)は、重篤な経過をたどることがあり注意を要する。今回われわれは、CRT後に発症し、重症化した5例のRPを経験したので報告する。患者はすべて男性で、平均年齢は72(66〜76)歳であった。食道癌の病期はStage I、II、IVaがそれぞれ1、2、2例であった。総放射線照射量の平均値は51.8(43.4〜61.4)Gyであった。初発症状は発熱4例、血中CRP高値が1例で、咳嗽や呼吸困難などの呼吸器症状で発症したものは認めなかった。診断時期は放射線終了から平均6.8(1〜18)日で、全例胸部CT検査にてRPと診断された。5例中4例は人工呼吸器による集中治療が必要となり、全例にステロイドパルス治療が施行された。2例は軽快したが、3例は死亡した(1例は多臓器不全、2例は呼吸不全で死亡)。食道癌に対するCRT施行中に発熱やCRPの上昇を認めた場合、RPを念頭に置くことが重要である。(著者抄録)

  • Tumor budding and E-cadherin expression are useful predictors of nodal involvement in T1 esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Nakagawa Y, Ohira M, Kubo N, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 11 )   5023 - 9   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tumor Budding and E-Cadherin Expression Are Useful Predictors of Nodal Involvement in T1 Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Nakagawa Yasuo, Ohira Masaichi, Kubo Naoshi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 11 )   5023 - 5029   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Meta-analysis of laparoscopic and open surgery for gastric gastrointestinal stromal tumor. 査読

    Ohtani H, Maeda K, Noda E, Nagahara H, Shibutani M, Ohira M, Muguruma K, Tanaka H, Kubo N, Toyokawa T, Sakurai K, Yamashita Y, Yamamoto A, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 11 )   5031 - 41   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Meta-analysis of Laparoscopic and Open Surgery for Gastric Gastrointestinal Stromal Tumor 査読

    Ohtani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Noda Eiji, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatune, Ohira Masaichi, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Kubo Naoshi, Toyokawa Takahiro, Sakurai Katsunori, Yamashita Yoshito, Yamamoto Atsushi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 11 )   5031 - 5041   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Successful treatment of locally advanced squamous cell carcinoma of the esophagus by combination chemotherapy with 5-fluorouracil plus nedaplatin following tracheal stent tube placement-a case report]. 査読

    Nishimura J, Kubo N, Lee T, Shinto O, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2112 - 4   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Significance of preoperative neutrophil-to-lymphocyte ratio as a predictor of prognosis in patients with stage IV colorectal cancer]. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Noda E, Ohtani H, Sugano K, Takii M, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1603 - 5   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Five cases of severe radiation pneumonitis after chemoradiotherapy for esophageal cancer]. 査読

    Sakurai K, Kubo N, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2139 - 42   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of metastatic gastric cancer from breast cancer treated with proximal gastrectomy]. 査読

    Matsutani S, Tanaka H, Sakurai K, Lee T, Toyokawa T, Kubo N, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Maeda K, Sawada T, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2210 - 3   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of locally advanced pancreatic cancer with hepatic artery invasion treated with neoadjuvant chemoradiotherapy]. 査読

    Murata A, Kimura K, Amano R, Hirata K, Nagahara H, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Otani H, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1865 - 7   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 食道癌の化学放射線療法中に放射線性肺臓炎を来した5例の治療経験

    櫻井 克宣, 久保 尚士, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2139 - 2142   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    食道癌に対する化学放射線療法(chemoradiotherapy:CRT)は、局所進行症例だけでなく切除可能例にも有効な治療法である。CRTに関連した有害事象の一つである放射線性肺臓炎(radiation pneumonitis:RP)は、重篤な経過をたどることがあり注意を要する。今回われわれは、CRT後に発症し、重症化した5例のRPを経験したので報告する。患者はすべて男性で、平均年齢は72(66〜76)歳であった。食道癌の病期はStage I、II、IVaがそれぞれ1、2、2例であった。総放射線照射量の平均値は51.8(43.4〜61.4)Gyであった。初発症状は発熱4例、血中CRP高値が1例で、咳嗽や呼吸困難などの呼吸器症状で発症したものは認めなかった。診断時期は放射線終了から平均6.8(1〜18)日で、全例胸部CT検査にてRPと診断された。5例中4例は人工呼吸器による集中治療が必要となり、全例にステロイドパルス治療が施行された。2例は軽快したが、3例は死亡した(1例は多臓器不全、2例は呼吸不全で死亡)。食道癌に対するCRT施行中に発熱やCRPの上昇を認めた場合、RPを念頭に置くことが重要である。(著者抄録)

  • 甲状腺癌を契機に発見された家族性大腸腺腫症の1例

    渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 野田 英児, 大谷 博, 瀧井 麻美子, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 小野田 尚佳, 大平 雅一, 東山 卓也, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2074 - 2076   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は24歳、女性。頸部腫瘤を主訴に近医を受診し、精査の結果、甲状腺乳頭癌cribriform-morular variant(CMV)と診断された。甲状腺癌の組織型より家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis:FAP)の合併を疑い、下部消化管内視鏡検査を施行したところ100個以上の大腸ポリープを認めた。また、腹部CT検査にて右下腹部に12cm大の腫瘤を認めた。甲状腺全摘術を施行後、大腸全摘術および腹腔内腫瘤摘出術を施行し、病理組織学的検査にて粘膜内癌合併のFAPおよび腸間膜デスモイド腫瘍と診断された。甲状腺乳頭癌CMVにはFAPを合併することが知られているが、その報告例は少ない。甲状腺乳頭癌CMVを契機に発見された腸間膜デスモイド腫瘍を伴ったFAPの1例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 気管ステント留置後に5-FU/Nedaplatinが著効した切除不能進行食道癌の1例

    西村 潤也, 久保 尚士, 李 友浩, 神藤 理, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2112 - 2114   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は68歳、男性。主訴は嗄声、呼吸困難。上部消化管内視鏡検査にて門歯から30cmの胸部中部食道に1/4周性の3型腫瘍を認め、生検で中分化型扁平上皮癌であった。胸部CT検査では腫大した左反回神経周囲リンパ節が気管を圧排し、著明な気道狭窄を伴っていた。以上から、cT4(106recL-trachea)、N2(101L、106recL、106recR)、M0、Stage IVaの切除不能進行食道癌と診断した。呼吸困難を改善するために、気管ステント(spiral Z stent:直径18mm、長径80mm)を留置し、自覚症状が改善した後に、5-fluorouracil(5-FU)とnedaplatinを併用した化学療法を開始した。治療開始後、原発巣と転移リンパ節の著明な縮小を認めた。同療法を19コース施行したが、目立った有害事象は認めず、2年6ヵ月間、完全奏効(complete response:CR)を維持している。気道狭窄を伴う局所進行食道癌に対し気管ステント留置後に化学療法を行い、CRを得られたまれな症例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 局所療法として噴門側胃切除術を施行した乳癌胃転移の1例

    松谷 慎治, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 李 友浩, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 六車 一哉, 木村 健二郎, 永原 央, 野田 英児, 天野 良亮, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2210 - 2213   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例:72歳、女性。1994年に右乳癌に対し、右乳房切除術および腋窩リンパ節郭清術を施行。2003年に胸骨・多発肺転移を認め、同年より2012年まで様々なレジメンの化学療法を施行した。2012年に腹部造影CTおよび上部消化管内視鏡にて胃噴門部に約4cm大の腫瘍性病変を認め、生検結果にて乳癌胃転移と診断した。その後も化学療法を継続したが通過障害が増悪し、噴門側胃切除術を施行した。病理組織像は硬癌、ER(3+)であり、乳癌胃転移と診断した。術後食事摂取は可能となった。考察:転移性悪性腫瘍による消化管閉塞を来す患者の全身状態は悪く予後も不良であり、緩和手術(切除、バイパス、人工肛門造設、胃瘻・腸瘻造設)を考慮する際には、手術適応の判断は慎重に行う必要がある。結語:乳癌胃転移は他の悪性腫瘍の胃転移と比較して予後が長く、通過障害に対してはQOL改善のための外科的治療が有用であることが示唆された。(著者抄録)

  • Tumor budding and E-cadherin expression are useful predictors of nodal involvement in T1 esophageal squamous cell carcinoma.

    Nakagawa Y, Ohira M, Kubo N, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 11 )   5023 - 9   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Stage IV大腸癌における予後予測因子としての好中球・リンパ球比の有用性

    渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 野田 英児, 大谷 博, 菅野 兼史, 瀧井 麻美子, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   1603 - 1605   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    Stage IV大腸癌における術前好中球・リンパ球比(neutrophil-to-lymphocyte ratio:NLR)の予後予測因子としての有用性を検討した。術前化学療法施行例および穿孔例を除く当科で手術を施行したStage IV大腸癌のうち術前NLRが判明している130例を対象とした。術前NLRを算出し、cut off値を3に設定。低値群(n=61)と高値群(n=69)に分類し、臨床病理学的因子や予後との相関を検討した。NLR別の2年生存率(生存期間中央値)は、低値群58.1%(38.0ヵ月)、高値群43.5%(22.3ヵ月)で、高値群が有意に予後不良であった。単変量解析では、NLR高値、腹膜播種、根治度C、組織型(非分化型)、転移臓器数2以上が有意に予後不良であり、多変量解析ではNLR、根治度、組織型、転移臓器数が独立した予後因子であった。Stage IV大腸癌における術前NLRはバイオマーカーとして有用である可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Meta-analysis of laparoscopic and open surgery for gastric gastrointestinal stromal tumor.

    Ohtani H, Maeda K, Noda E, Nagahara H, Shibutani M, Ohira M, Muguruma K, Tanaka H, Kubo N, Toyokawa T, Sakurai K, Yamashita Y, Yamamoto A, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 11 )   5031 - 41   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • [Successful treatment of locally advanced squamous cell carcinoma of the esophagus by combination chemotherapy with 5-fluorouracil plus nedaplatin following tracheal stent tube placement-a case report].

    Nishimura J, Kubo N, Lee T, Shinto O, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2112 - 4   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [Significance of preoperative neutrophil-to-lymphocyte ratio as a predictor of prognosis in patients with stage IV colorectal cancer].

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Noda E, Ohtani H, Sugano K, Takii M, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1603 - 5   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [Five cases of severe radiation pneumonitis after chemoradiotherapy for esophageal cancer].

    Sakurai K, Kubo N, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2139 - 42   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A case of metastatic gastric cancer from breast cancer treated with proximal gastrectomy].

    Matsutani S, Tanaka H, Sakurai K, Lee T, Toyokawa T, Kubo N, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Maeda K, Sawada T, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2210 - 3   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A case of locally advanced pancreatic cancer with hepatic artery invasion treated with neoadjuvant chemoradiotherapy].

    Murata A, Kimura K, Amano R, Hirata K, Nagahara H, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Otani H, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1865 - 7   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • [A case of familial adenomatous polyposis presenting with thyroid cancer].

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Noda E, Ohtani H, Takii M, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Onoda N, Ohira M, Higashiyama T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2074 - 6   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 術前化学放射線療法を行った肝動脈浸潤を伴う局所進行膵癌の1例

    村田 哲洋, 木村 健二郎, 天野 良亮, 平田 啓一郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   1865 - 1867   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は64歳、男性。分枝型IPMNの経過観察中、2011年10月にCA19-9の上昇があり、精査にて膵頭部癌の合併を指摘され当科紹介となった。12月に手術を施行したが、総肝動脈から固有肝動脈にかけての癌浸潤を認め、切除不能と判断した。化学放射線療法の方針としgemcitabine(GEM)療法および放射線療法(50.4 Gy/28 Fr)を行い、引き続いてGEM+S-1療法を施行した。効果はSDであったが、遠隔転移の出現なく腫瘍の局所制御はできていると判断し、再度根治切除を試みた。2012年10月、肝動脈合併切除/再建を伴う膵頭十二指腸切除術を施行した。血行再建は、左胃動脈と右肝動脈を吻合した。病理組織診断では腫瘍の90%以上の変性、壊死が認められ、剥離面や動脈周囲に癌遺残を認めず、R0手術が施行できたことを確認した。現在、術後8ヵ月経過し無再発生存中である。(著者抄録)

  • 膿瘍形成を伴う急性虫垂炎との鑑別に難渋した鼠径ヘルニアの遅発性メッシュ感染の1例

    渋谷 雅常, 寺岡 均, 坂下 克也, 豊川 貴弘, 金原 功

    外科   75 ( 9 )   1018 - 1021   2013年09月( ISSN:0016-593X

     詳細を見る

    53歳男性。右鼠径部の圧痛を伴う膨隆を主訴に近医を受診、腹腔内膿瘍を伴う虫垂炎が疑われ、手術目的に著者らの施設へ受診となった。所見では右鼠径ヘルニアに対するメッシュプラグを用いた手術歴があり、メッシュ感染の可能性も否定できなかったが、術後7年も経過した遅発性メッシュ感染は非常に稀であり、膿瘍腔に接するように腫大した虫垂も認められたため、膿瘍形成を伴う虫垂炎と診断された。手術を行ったところ、膿瘍は腹腔内に存在していなかったが、虫垂は発赤を伴い腫大していた。だが、鼠径ヘルニア修復に用いられたプラグ直下の腹膜には虫垂先端が癒着していたため同部を剥離した。その結果、プラグの一部の露出および膿汁の流出が認められた。プラグは周囲と強固に癒着し、摘出が困難と判断し、虫垂切除術を施行後、メッシュ露出部にドレーンを留置して手術終了となった。術後は膿の細菌培養検査にてEnterococcus aviumが認められたことから抗生物質の投与で症状は落ち着いたが、ドレーンからの膿性排液が完全に消失することはなかった。以後、メッシュを核とした感染の遷延と判断し、異物摘出術を施行した。再手術後、経過は良好で、感染の再燃やヘルニアの再発は認められていない。

  • SPan-1 Is a Useful Prognostic Marker for Patients with Stage IV Gastric Cancer Who Underwent Palliative Gastrectomy: A Retrospective Multivariate Study 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   37 ( 7 )   1681 - 1687   2013年07月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-013-2016-7

    PubMed

  • SPan-1 is a useful prognostic marker for patients with stage IV gastric cancer who underwent palliative gastrectomy: a retrospective multivariate study.

    Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Nagahara H, Kimura K, Noda E, Amano R, Yamada N, Yashiro M, Maeda K, Sawada T, Hirakawa K

    World journal of surgery   37 ( 7 )   1681 - 7   2013年07月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

  • 意識消失を契機に発見された壊死型虚血性小腸炎の1例

    豊川 貴弘, 寺岡 均, 北山 紀州, 埜村 真也, 金原 功, 西野 裕二

    日本腹部救急医学会雑誌   33 ( 5 )   927 - 931   2013年07月( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    症例は64歳の男性で,意識消失しているところを当院へ救急搬送された。来院時,意識は清明であったがショック状態のため入院となった。輸液,昇圧剤によりショック状態からは回復したが,翌朝にかけて下腹部痛が徐々に増強し腹膜刺激症状が出現した。腹部CT検査で肝表面,Douglas窩に腹水を中等量認め,小腸の壁内気腫像が出現した。非閉塞性腸管虚血症を疑い緊急手術を施行した。回腸末端より約15cm口側の回腸から約10cmにわたる壊死性変化を認め小腸部分切除術を行った。病理組織学的所見上,腸管壁の全層性壊死を認め,壊死型虚血性小腸炎と診断した。術後経過は良好で,術後第9病日に退院した。壊死型虚血性小腸炎は非常にまれな病態で,文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Laparoscopic splenectomy for histiocytic sarcoma of the spleen. 査読

    Yamamoto S, Tsukamoto T, Kanazawa A, Shimizu S, Morimura K, Toyokawa T, Xiang Z, Sakurai K, Fukuoka T, Yoshida K, Takii M, Inoue K

    World journal of gastrointestinal surgery   5 ( 4 )   129 - 34   2013年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4240/wjgs.v5.i4.129

    PubMed

  • Laparoscopic splenectomy for histiocytic sarcoma of the spleen.

    Yamamoto S, Tsukamoto T, Kanazawa A, Shimizu S, Morimura K, Toyokawa T, Xiang Z, Sakurai K, Fukuoka T, Yoshida K, Takii M, Inoue K

    World journal of gastrointestinal surgery   5 ( 4 )   129 - 34   2013年04月

     詳細を見る

  • Antitumor effect of prostaglandin D2 by peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPAR gamma)-dependent pathway in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamammi, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2013-3995

  • Significance of CXCR4/SDF-1 axis expression in gastric cancer under hypoxic enviroment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Successful Resection of Esophageal Cancer with Right Aortic Arch by Video-Assisted Thoracoscopic Surgery: A Case Report 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Lee Tomohiro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yamashita Yoshito, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 4 )   1635 - 1640   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Successful resection of esophageal cancer with right aortic arch by video-assisted thoracoscopic surgery: a case report. 査読

    Kubo N, Ohira M, Lee T, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Ohtani H, Yamashita Y, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 4 )   1635 - 40   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Successful resection of esophageal cancer with right aortic arch by video-assisted thoracoscopic surgery: a case report.

    Kubo N, Ohira M, Lee T, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Ohtani H, Yamashita Y, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 4 )   1635 - 40   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • 腹腔鏡下手術を施行したupside down stomachを伴う胃癌の1例

    豊川 貴弘, 寺岡 均, 北山 紀州, 埜村 真也, 金原 功, 西野 裕二

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 4 )   931 - 935   2013年04月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    症例は78歳の女性で,嘔吐・腹痛を主訴に当科受診となった.腹部CTでupside down stomachを呈する巨大食道裂孔ヘルニアを認め,上部消化管内視鏡検査で食道胃接合部に潰瘍性病変を認め生検で中分化型腺癌と診断された.以上より,巨大食道裂孔ヘルニアに併存した早期胃癌と診断し,腹腔鏡補助下胃全摘術,食道裂孔ヘルニア修復術を施行した.最終診断はtype 0-IIc,T1bN0M0,Stage IAで癌遺残度はR0であった.術後合併症は認めず,術後18日目に転科となった.Upside down stomachと胃癌の合併例は非常にまれで,鏡視下手術が施行された報告例は本邦1例目である.(著者抄録)

  • VF-089-2 自動吻合器を用いた安全かつ容易な腹腔鏡下胃全摘術後の食道空腸吻合術(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-5-6 ニッチ線維芽細胞はTGF一βによってスキルス胃癌幹細胞の幹細胞性を維持する(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VF-089-2 自動吻合器を用いた安全かつ容易な腹腔鏡下胃全摘術後の食道空腸吻合術(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会)

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   504   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • WS-5-6 ニッチ線維芽細胞はTGF一βによってスキルス胃癌幹細胞の幹細胞性を維持する(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会)

    長谷川 毅, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   297   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

  • 子宮広間膜裂孔ヘルニア(Fenestra typeとPouch type)の2例

    渋谷 雅常, 寺岡 均, 坂下 克也, 豊川 貴弘, 金原 功

    手術   67 ( 2 )   257 - 261   2013年02月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    症例1は50歳女で、腹痛を主訴とした。イレウスの既往歴があり、腹部CT検査では骨盤内の腸管拡張や腹水を認めたが、子宮の偏位は認めず、絞扼性イレウスの診断で緊急手術を行った。術中、右子宮広間膜裂孔に嵌頓した腸管を認め、子宮広間膜の前葉と後葉を貫くFenestra typeであった。症例2は30歳女で、腹痛・嘔吐を主訴とした。腹部CTではDouglas窩に拡張した小腸の存在と子宮の圧排を認め、子宮広間膜裂孔ヘルニアに伴う嵌頓絞扼を疑って緊急手術を行った。ヘルニア門は子宮広間膜の前葉のみが開口し、盲嚢状となったPouch typeであった。

  • [A case of recurrent gastrointestinal stromal tumor with complete response from treatment with reduced dose of imatinib mesylate]. 査読

    Toyokawa T, Yamashita Y, Yamamoto A, Shimizu S, Inoue T, Ikehara T, Sakashita K, Kanehara I, Teraoka H, Nishiguchi Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 11 )   1723 - 5   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of recurrent gastrointestinal stromal tumor with complete response from treatment with reduced dose of imatinib mesylate].

    Toyokawa T, Yamashita Y, Yamamoto A, Shimizu S, Inoue T, Ikehara T, Sakashita K, Kanehara I, Teraoka H, Nishiguchi Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 11 )   1723 - 5   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • Imatinib Mesylateの減量投与にて完全寛解となった再発胃GISTの1例

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 清水 貞利, 井上 透, 池原 照幸, 坂下 克也, 金原 功, 寺岡 均, 西口 幸雄

    癌と化学療法   39 ( 11 )   1723 - 1725   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    胃GISTの術後腹膜再発に対して、有害事象によりimatinibを200mg/日へ減量したが、完全寛解(CR)が得られた1例を経験したので文献的考察を加えて報告する。症例は68歳、女性。2007年3月に胃GISTに対して幽門側胃切除術を施行した。5月のCT上、腹膜再発を認めimatinibを400mg/日で開始した。内服開始後1週間でGrade 2の浮腫・皮疹が出現し、7月より200mg/日へ減量した。その後は内服の継続が可能となり、2010年4月のCT検査で再発腫瘍は消失した。imatinibを200mg/日で内服継続し、18ヵ月間CRを維持しながら通院中である。(著者抄録)

  • 非典型的な嵌入様式を示した大網裂孔ヘルニアの1例

    坂下 克也, 寺岡 均, 豊川 貴弘, 金原 功

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 9 )   2444 - 2447   2012年09月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    大網に生じた異常裂孔に腸管が嵌入する大網裂孔ヘルニアは比較的まれな疾患であり,迅速な診断と手術加療を要する.本疾患は大網の背側に小腸が存在するため,通常腸管は背側から腹側へ嵌入する.今回われわれは非典型的に腹側から背側へ嵌入した症例を経験したので報告する.症例は66歳,男性.30年以上前に急性虫垂炎の手術既往あり.嘔気,嘔吐を主訴に前医を受診し,イレウスの診断で当科紹介となった.入院の上,イレウス管を留置するも症状の改善なく,手術加療を行った.大網右側に裂孔を認め,Treitz靱帯より約140cmの小腸が腹側から背側へ20cmに渡って嵌入していた.嵌入壊死した小腸を切除するとともに,異常裂孔部の大網を切除した.術後合併症なく,軽快退院した.われわれの検索しえた範囲では,腹側から背側へ腸管が嵌入した大網裂孔ヘルニアは本邦でこれまで1例しか報告されておらず,自験例が2例目であった.(著者抄録)

  • 急性腹症にて発症した腹膜原発漿液性乳頭状腺癌の1例

    坂下 克也, 寺岡 均, 渋谷 雅常, 豊川 貴弘, 金原 功

    臨床外科   67 ( 7 )   955 - 958   2012年07月( ISSN:0386-9857

     詳細を見る

    腹膜原発漿液性乳頭状腺癌は原発不明の癌性腹膜炎で発見され,診断に苦慮することが多い.今回,急性腹症で発症し,外科的対応に迫られた1例を経験した.症例は88歳,女性.発熱および左側腹部痛にて当院へ紹介された.腹部CT検査で骨盤内に13×7cm大の腫瘤を認めた.著明な炎症所見を伴い,S状結腸腸間膜内穿通による腹腔内膿瘍を疑い,緊急手術を施行した.腫瘤は弾性硬で被膜を有し,S状結腸から直腸Rsにかけての大腸と一塊となっていた.両側卵巣に異常を認めなかった.直腸・S状結腸を含めて腫瘍を摘出し,人工肛門を造設した.病理組織検査で腹膜原発漿液性乳頭状腺癌と診断された.現在まで9ヵ月が経過するが,再発を認めていない.(著者抄録)

  • 門脈ガスおよび大動脈内ガスを伴った原発性小腸軸捻転症による絞扼性イレウスの1例

    渋谷 雅常, 寺岡 均, 坂下 克也, 豊川 貴弘, 金原 功

    手術   66 ( 8 )   1173 - 1175   2012年07月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    64歳男。嘔吐を主訴とした。脳梗塞の後遺症で療養型病院に入院中、嘔吐後にショック状態となり緊急搬送された。CTで肝両葉の門脈末梢側に樹脂状の門脈ガス像が存在し、胃壁に気腫像を認めた。上部小腸は拡張しイレウス像を呈し、部分的に腸管気腫を認めた。弓部の大動脈内にガス像がみられた。腹膜刺激症状を伴うイレウスであったこと、短時間で腹水が増加したこと、ショック状態であったこと、アシドーシスを呈していたことから、絞扼性イレウスと診断し、開腹手術を施行した。術中、捻転した小腸を認め、Treitz靱帯から200cmの小腸が120cmにわたり360°回転していたため、用手的に捻転を解除した。小腸全体を検索したが、捻転の原因となりうる腫瘍や解剖学的異常が認められず、原発性小腸軸捻転症と診断した。捻転部小腸が壊死していたため、小腸部分切除術を施行した。術後、DICや重症肺炎を発症したが、術後47日に軽快退院となった。

  • 集学的治療により長期生存した空腸GIST同時性多発肝転移の1例

    豊川 貴弘, 金澤 景繁, 山本 篤, 清水 貞利, 山下 好人, 西口 幸雄

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 1 )   69 - 74   2012年01月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    症例は69歳,女性.2000年1月に多発肝転移併存空腸gastrointestinal stromal tumor(以下,GISTと略記)に対して空腸部分切除術が施行され,残存肝転移に対して肝動脈化学塞栓療法,経皮的エタノール注入療法やラジオ波焼灼療法による治療を行っていた.2003年7月よりイマチニブ投与を開始したところ,5年以上SDを維持したが,2009年4月に肝S6に3cm大の新病変が出現した.4ヵ月後のCTで同部位のみ増大したため,2009年10月に肝部分切除術を施行した.退院後イマチニブの投与を再開し,初回手術より130ヵ月(肝切除より14ヵ月)無増悪生存中である.GISTの同時性肝転移は非常に予後が不良であるが,イマチニブの投与と肝切除を含めた集学的治療により長期にわたる病勢コントロールが可能となった.(著者抄録)

  • Borrmann's Macroscopic Criteria and p-Smad2 Expression Are Useful Predictive Prognostic Markers for Cytology-Positive Gastric Cancer Patients Without Overt Peritoneal Metastasis 査読

    Noda Satoru, Yashiro Masakazu, Toyokawa Takahiro, Morimoto Jyunya, Shinto Osamu, Muguruma Kazuya, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   18 ( 13 )   3718 - 3725   2011年12月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-011-1768-2

    PubMed

  • Borrmann's macroscopic criteria and p-Smad2 expression are useful predictive prognostic markers for cytology-positive gastric cancer patients without overt peritoneal metastasis.

    Noda S, Yashiro M, Toyokawa T, Morimoto J, Shinto O, Muguruma K, Sawada T, Hirakawa K

    Annals of surgical oncology   18 ( 13 )   3718 - 25   2011年12月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

  • イマチニブメシル酸塩(グリベック)によるStevens-Johnson症候群の1例

    則岡 有佳, 大迫 順子, 小林 裕美, 上奥 敏司, 村上 克彦, 豊川 貴弘, 前田 清, 森川 浩安, 石井 正光

    皮膚の科学   10 ( 6 )   494 - 499   2011年12月( ISSN:1347-1813

     詳細を見る

    40歳,男性。直腸の巨大な消化管間質腫瘍(gastrointestinal stromal tumor:GIST)の治療のためイマチニブメシル酸塩(グリベック)の内服を開始したところ,15日目より発熱とともに前胸部に紅斑が出現し,拡大したため18日目に当院を受診した。眼球結膜の充血や口唇のびらん,体幹四肢に多発する標的状紅斑がみられ,高度の肝障害を認めた。Stevens-Johnson症候群と診断し,イマチニブメシル酸塩の投与を中止し,コハク酸メチルプレドニゾロンナトリウム500mg/日を3日間点滴投与したのちプレドニゾロン40mg/日の内服治療を開始した。症状の軽快とともにステロイド剤を漸減し,2ヵ月で投与を終了した。イマチニブメシル酸塩の代替治療として,スニチニブリンゴ酸塩(スーテント)を投与したところ,再度肝機能障害が出現したため中止した。イマチニブメシル酸塩のSJSは稀少例であり,若干の考察を加え報告する。(著者抄録)

  • 鼠径ヘルニア術後1年目に発症した遅発性メッシュ感染の1例

    渋谷 雅常, 寺岡 均, 坂下 克也, 豊川 貴弘, 金原 功

    手術   65 ( 12 )   1849 - 1852   2011年11月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    75歳男。40歳時右鼠径ヘルニアに対して、従来法による根治術が施行された。74歳時右鼠径ヘルニア再発による嵌頓を発症し、mesh plug法による修復術が施行された。術後1年目に創部に腫脹・疼痛・発赤等の感染兆候が出現した。右鼠径ヘルニア術後遅発性感染による膿瘍形成と診断し、切開排膿を施行後、洗浄・ドレナージ、抗生物質投与による保存的治療で感染は軽快した。外来経過観察していたが、退院2週間目から膿汁の排出を再度認めた。手術の希望がなく、約2ヵ月間保存的治療を継続したが軽快しなかった。瘻孔にゾンデを挿入するとメッシュを触知し、メッシュを核とした感染と診断した。メッシュ摘出術を施行して瘻孔を切除し、plugを摘出した。炎症により周囲組織が肥厚していたため、ヘルニア再発の可能性は低いと判断し、ヘルニア門の修復は行わず、plug摘出部に閉鎖型シリコンドレーンを留置して手術を終了した。術後経過は良好で、約1年が経過する現在、感染の再燃やヘルニアの再発は認めなかった。

  • 【腹腔鏡手術vs開腹手術(胃がん)】pT1・pT2胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術の治療成績

    竹村 雅至, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 吉田 佳世, 滝井 麻美子, 池原 照幸

    癌の臨床   56 ( 12 )   849 - 856   2011年09月( ISSN:0021-4949

     詳細を見る

    著者らの施設においてpT1・pT2胃癌に対し腹腔鏡下幽門側胃切除術を行った274例の治療成績を検討した。その結果、術後合併症では膵炎・膵液漏が5.5%と最も多く、次いでRoux-Y Stasisが2.9%、腹腔内膿瘍2.6%の順であった。死亡例は20例で、うち胃癌再発例は9例、他癌死を含む他病死は11例であった。再発例の再発時期は2年以内が67%を占めており、ほとんどの症例が3年以内に再発していた。また、再発例のうち7例はリンパ節転移陽性例であり、リンパ節転移陽性29例中24%を占めていた。一方、他病死11例は全例でリンパ節転移を認めず、pT1a例が最も多かった。更に2年以上経過した後に他癌死した症例が多かった。尚、術後の生存率は1年で100%、3年で95.9%、5年で94.6%で、壁深達度、リンパ節転移の有無、進行度別で有意差が認められた。

  • S-1/cisplatin併用化学療法が著効した同時性肝転移を伴う進行胃癌の1例

    竹村 雅至, 櫻井 克宣, 瀧井 麻美子, 森村 圭一朗, 豊川 貴弘, 平良 高一

    外科   73 ( 9 )   1006 - 1009   2011年09月( ISSN:0016-593X

     詳細を見る

    58歳男。感冒症状で近医に受診し、胃角部と幽門前庭部に2型の胃癌を指摘され紹介となった。CEAのみ上昇、内視鏡で胃角部は中分化型腺癌、幽門前庭部は高分化型腺癌と診断された。胸腹部CTでは、腹水や播種を疑う結節、胃壁の肥厚は認めず、左胃動脈近傍にリンパ節、肝S6、S8、S3に腫瘤影を認め、PETでは胃前庭部に高集積、肝に集積を認め、同時性肝転移を有する進行癌と診断した。多発肝転移を有するためS-1/cisplatine併用化学療法を行い、2コ-ス終了時にCEAは陰性化、4コース終了後のCTで肝転移は消失し、5コース終了後にS-1単剤を4週間投与した。PETで胃壁のみに取り込みを認め、内視鏡で胃病変は瘢痕化し、生検でも癌細胞は認めず、腹腔鏡下に幽門側胃切除・D1+β・BillrothI法再建術を施行した。術後に縫合不全を生じて小開腹創直下に膿瘍形成を認めドレナージ術を行った。胃病変は瘢痕化し胃角部の病変の粘膜層に異型細胞を認めたが、摘出リンパ節に転移はなく、治療開始後21ヵ月現在、新たな病巣は認めていない。

  • 胃結腸瘻を形成した下行結腸癌の1例

    豊川 貴弘, 山本 篤, 山下 好人, 井上 透, 池原 照幸, 西口 幸雄, 井上 健

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 9 )   2338 - 2343   2011年09月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    症例は68歳,男性.不消化性の下痢,曖気の精査加療目的で入院となった.腹部CTで下行結腸〜脾彎曲にかけて13cm大の腫瘤性病変を認めた.下部消化管内視鏡検査では下行結腸に隆起を主体とする5型病変を認め,ファイバーは潰瘍底より容易に胃内へと挿入された.腫瘍からの生検で高分化型腺癌と診断された.胃結腸瘻を形成した進行下行結腸癌と診断し,左半結腸切除術,D3リンパ節郭清,胃全摘,膵尾部・脾臓合併切除術を施行した.最終診断はmuc,si,n0,ly0,v0,ow(-),aw(-),stageIIで,手術根治度Aであった.われわれは内視鏡が通過することで診断できた胃結腸瘻を形成した下行結腸癌の1例を経験したので,自験例を加えた本邦報告25例の集計および文献的考察を行った.(著者抄録)

  • 残胃癌により発症した輸入脚閉塞症の1例

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 井上 透, 池原 照幸, 西口 幸雄

    日本臨床外科学会雑誌   72 ( 8 )   2004 - 2008   2011年08月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    症例は62歳,男性.37年前に十二指腸潰瘍に対して胃切除術の既往がある.1ヵ月前から嘔気・嘔吐を認めるようになり近医受診した.腹部CTで吻合部に腫瘤影と輸入脚の著明な