2024/03/14 更新

写真a

タキザワ アツシ
瀧澤 重志
TAKIZAWA Atsushi
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 教授
生活科学部 居住環境学科
職名
教授
所属
生活科学研究院

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 居住環境学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 神戸大学 )

研究分野

  • 情報通信 / 数理情報学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

研究キーワード

  • 空間情報解析

  • 機械学習

  • 離散アルゴリズム

  • 避難計画

  • アルゴリズミックデザイン

  • 不動産分析

  • Spatial analysis

所属学協会

  • 地理情報システム学会

      国内

  • 日本建築学会

      国内

  • 建築情報学会

    2021年04月 - 継続中

  • 建築情報学会

  • 日本オペレーションズリサーチ学会

  • 日本建築学会

  • 地理情報システム学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • -   学会誌等の編集・審査委員会  

    2006年06月 

      詳細を見る

    日本建築学会 論文集委員会

受賞歴

  • CAADRIA 2014 Best Paper Award

    2014年05月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2010年日本建築学会奨励賞

    2010年09月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本都市計画学会第7回関西支部研究発表会奨励賞

    2009年07月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成13年度IMS成果賞

    2001年12月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学   生活科学研究科   教授

    2018年04月 - 2022年03月

  • 大阪市立大学   工学研究科   准教授

    2013年04月 - 2018年03月

  • 京都大学   工学研究科   助教

    2007年04月 - 2013年03月

  • 京都大学   工学研究科   助手

    2003年06月 - 2007年03月

  • 神戸大学   工学部   助手

    1997年11月 - 2003年05月

学歴

  • 神戸大学   自然科学研究科   建築学専攻   修士課程   卒業・修了

    - 1997年

  • 神戸大学   工学部   建築学専攻     卒業・修了

    - 1995年

論文

  • Human mobility and medical costs of lifestyle-related diseases during the COVID-19 pandemic: A cross-sectional study in Japan 査読

    Kato H.

    Journal of Transport and Health   34   2024年01月( ISSN:22141405

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jth.2023.101728

  • Extracting real estate values of rental apartment floor plans using graph convolutional networks 査読

    Takizawa A.

    Environment and Planning B: Urban Analytics and City Science   2023年( ISSN:23998083

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/23998083231213894

  • Comparison of Physical Distances Between Pedestrians on a Street in the Central Area of Osaka City Before and After the Covid-19 Pandemic Based on Deep Learning Techniques 査読

    建築情報学会論文誌   2 ( 1 )   a1 - a28   2022年10月( ISSN:2436-3863

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    新型コロナウィルスは2020年以降,世界的な広がりを見せた.世界保健機関では人と人との物理的距離を1m以上,日本の場合は2m以上を保つことを推奨している.以上の背景から本研究では,新型コロナウィルス流行前後の日本の大都市における歩道上の歩行者間の物理的距離を,動画から深層学習の技術を用いて検出するアプローチによる統計的に比較・検証した.新型コロナウィルス流行前の映像は,2018年10月に大阪市御堂筋の難波地区で撮影されたものである.比較のため,2020年10月に同じ場所で新たに動画を撮影した.物体検出手法として一般的なYOLO v3 SPPを適用し,歩道上の歩行者一人一人を自動的に抽出し,精度評価を行った後,対象エリア内の歩道上に3つの観測エリアを設定し,歩行者間の物理的距離を計測した.物理的距離の測定には,平均最近隣距離とK関数の2つの指標を用いた.そして新型コロナウィルス流行前後の歩行者の物理的距離の変化を統計的に比較し,新型コロナウィルス流行後に物理的距離の増加がみられることを確認した.ただし物理的距離の増加は,歩行者の行動状態,密度,対人関係に依存する傾向があることが示唆された.

    DOI: 10.50926/ais.2.1_a

  • Time series cross-correlation between home range and number of infected people during the COVID-19 pandemic in a suburban city. 査読

    Kato H, Takizawa A

    PloS one   17 ( 9 )   e0267335   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0267335

    PubMed

  • Population Decline through Tourism Gentrification Caused by Accommodation in Kyoto City 査読

    Kato H.

    Sustainability (Switzerland)   14 ( 18 )   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/su141811736

  • Human Mobility and Medical Costs of Lifestyle-related Diseases during the COVID-19 Pandemic 査読

    Haruka Kato, Atsushi Takizawa

    2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21203/rs.3.rs-1935252/v1

  • Human mobility and infection from Covid-19 in the Osaka metropolitan area. 査読

    Kato H, Takizawa A

    npj urban sustainability   2 ( 1 )   20   2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s42949-022-00066-w

    PubMed

  • 信号交差点における高速畳み込みニューラルネットワーク手法による軌跡データを用いた自転車と左折車の錯綜分析 査読

    吉田 長裕, 澤田 和樹, 瀧澤 重志

    交通工学論文集   8 ( 2 )   A_273 - A_280   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    <p>自転車通行環境の安全性に関しては、自動車が車道外の自転車を認識しづらいことが事故の原因になると考えられることから、車道上を自動車と同一方向に走行することが望ましいとされ、車道上の通行を基本とした走行空間の整備が進められている。本研究では自転車・左折車の交差点流入条件の異なる複数の信号交差点でビデオ撮影を行い、直進自転車と左折車との錯綜現象を高速畳み込みニューラルネットワーク手法により得られた軌跡データを用いて分析した。錯綜時の速度変化に着目し、錯綜の危険度を交通コンフリクト指標である TTC の疑似手法と交錯点通過速度差により評価した。その結果、自転車は区間の違いによる速度変化が少ない一方、錯綜の有無と通行位置が速度決定の大きな要因となっており、特に錯綜時においては、自転車の錯綜パターンによって左折車との優先関係の傾向が異なることが明らかとなった。</p>

    DOI: 10.14954/jste.8.2_a_273

    CiNii Article

  • Impact of the Urban Exodus Triggered by the COVID-19 Pandemic on the Shrinking Cities of the Osaka Metropolitan Area 査読

    Kato H.

    Sustainability (Switzerland)   14 ( 3 )   1601 - 1601   2022年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/su14031601

  • Which residential clusters of walkability affect future population from the perspective of real estate prices in the osaka metropolitan area? 査読

    Kato H.

    Sustainability (Switzerland)   13 ( 23 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/su132313413

  • Impact of covid-19 pandemic on home range in a suburban city in the osaka metropolitan area 査読

    Kato H.

    Sustainability (Switzerland)   13 ( 16 )   8974 - 8974   2021年08月( ISSN:2071-1050

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/su13168974

  • Deep learning model to reconstruct 3D cityscapes by generating depth maps from omnidirectional images and its application to visual preference prediction 招待 査読

    Takizawa A.

    Design Science   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1017/dsj.2020.27

  • Partitioning Vertical Evacuation Areas in Umeda Underground Mall to Minimize the Evacuation Completion Time 査読

    Yamamoto Ryo, Takizawa Atsushi

    REVIEW OF SOCIONETWORK STRATEGIES   13 ( 2 )   209 - 225   2019年10月( ISSN:2523-3173

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12626-019-00037-1

  • The mixed evacuation problem 査読

    Hanawa Yosuke, Higashikawa Yuya, Kamiyama Naoyuki, Katoh Naoki, Takizawa Atsushi

    JOURNAL OF COMBINATORIAL OPTIMIZATION   36 ( 4 )   1299 - 1314   2018年11月( ISSN:1382-6905

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10878-017-0237-7

  • 成約賃料の分散比最大化に基づくオフィスビルのグレード分類手法 査読

    瀧澤 重志, 加藤 直樹

    公益社団法人 日本不動産学会 日本不動産学会誌   31 ( 1 )   58 - 63   2018年06月( ISSN:0911-3576

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5736/jares.31.1_58

    CiNii Article

  • 大地震時を想定した大阪市からの一斉徒歩帰宅シミュレーション 査読

    川岸 裕, 瀧澤 重志

    都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   4   7 - 13   2017年11月( ISSN:2189-0536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CiNii Article

  • 成約賃料の分散比最大化に基づくオフィスビルのグレード分類手法に関する研究 査読

    瀧澤 重志, 池上 純代, 加藤 直樹

    日本建築学会計画系論文集   81 ( 728 )   2259 - 2268   2016年( ISSN:13404210

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.3130/aija.81.2259

    CiNii Article

  • A Study on the Methods for Estimating the Distribution of Pedestrians in an Underground Mall by Use of Watch Cameras 招待 査読

    N. Takagi, A. Takizawa

    Computer Aided Drafting, Design and Manufacturing   25 ( 4 )   33 - 38   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 狭域空間における行為発生領域の識別的クラスタリング-整数計画法を用いた最適領域形状の決定手法と梅田地下街での検証 査読

    瀧澤重志

    日本建築学会・情報システム技術委員会 第38回情報システム利用技術シンポジウム論文集   25 - 30   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:単著  

  • 浸水被害を想定した梅田地下街の垂直避難シミュレーション 査読

    瀧澤 重志, 高木 尚哉, 谷口 与史也

    都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   2   35 - 38   2015年10月( ISSN:2189-0536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CiNii Article

  • 最速避難計画のモデリングと解法 (特集 ネットワークとモデリング) 査読

    加藤 直樹, 瀧澤 重志

    公益社団法人日本オペレーションズ・リサーチ学会 オペレーションズ・リサーチ   60 ( 8 )   437 - 442   2015年08月( ISSN:0030-3674

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    最速避難計画問題は,動的ネットワークの頂点上に存在するすべての避難者ができるだけ早く避難所のいずれかに移動する計画を求める問題である.本稿では,この問題を高速に解くヒューリスティックスを紹介する.具体的に大阪市湾岸地域における津波からの最速避難計画に適用した例を紹介する.

    CiNii Article

  • An inductive construction of rigid panel-hinge graphs and their applications to form design 招待 査読

    Yuki Kobayashi, Naoki Katoh, Tomohiro Okano, Atsushi Takizawa

    Multi-Science Publishing Co. Ltd International Journal of Architectural Computing   13 ( 1 )   45 - 63   2015年03月( ISSN:1478-0771

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A panel-hinge framework is a structure composed of rigid panels connected by hinges. It was recently proved that at a generic position, the rigidity of panel-hinge frameworks can be predicted by examining a certain combinatorial property of the underlying graph. In this study, we apply such combinatorial characteristics to create design forms. When considering the application of design forms, we must also take into account non-generic cases. In this paper we develop two new approaches
    the first one that the method inductively generates non-generic rigid panel-hinge frameworks consisting of orthogonal panels and the second one that inductively generates non-generic rigid panel-hinge frameworks based on fractal geometry coupled with space-filling convex polyhedron as a construction unit. We will give examples of forms created by the proposed method in order to demonstrate the applicability of the proposed methods to design forms.

    DOI: 10.1260/1478-0771.13.1.45

  • Enumeration of floor plans based on a zero-suppressed binary decision diagram 招待 査読

    Atsushi Takizawa, Yushi Miyata, Naoki Katoh

    Multi-Science Publishing Co. Ltd International Journal of Architectural Computing   13 ( 1 )   25 - 44   2015年03月( ISSN:1478-0771

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper presents novel algorithms for enumerating architectural floor plans. The enumeration approach attempts to generate all feasible solutions that satisfy given constraints. Therefore, such a method might usefully reveal the potential diversity of Open Building floor plans. However, combinatorial enumeration solutions easily explode even for small problem sizes. We represent a space by a set of cells and organize some cells into polyomino-like configurations. We then enumerate all cell combinations that can be tiled in the given space using an efficient search algorithm for combinatorial problems. We also propose queries for extracting specific floor plans that satisfy additional constraints from all enumerated floor plans without re-enumeration. Our approach solves a 56-cell configuration space within a realistic timeframe.

    DOI: 10.1260/1478-0771.13.1.25

  • 狭域空間におけるイベント発生領域の識別的クラスタリング-整数計画法を用いた最適領域形状の決定手法と梅田地下街での検証 査読

    瀧澤 重志

    日本建築学会・情報システム技術委員会第38回情報システム利用技術シンポジウム論文集   38   25 - 30   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する一考察 査読

    谷口 与史也, 合田 祥子, 吉中 進, 瀧澤 重志

    都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   1   17 - 22   2014年11月( ISSN:2189-0536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    CiNii Article

  • ZDDを用いた小地域単位の避難所割当案の高速列挙・抽出手法 査読

    瀧澤 重志

    都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   1   69 - 74   2014年11月( ISSN:2189-0536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 避難計画問題への離散アルゴリズムの適用 (特集 データを読み解く技術 : ビッグデータ,e-サイエンス,潜在的ダイナミクス) -- (e-サイエンス時代のアルゴリズム研究) 査読

    瀧澤 重志

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   97 ( 5 )   393 - 398   2014年05月( ISSN:0913-5693

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    阪神・淡路大震災以降,情報通信技術を防災に活用しようとする機運が高まっている.しかし防災対策では,大規模な空間データ,災害シナリオの多様性情報の不確実性などを考慮する必要があり,計算機科学や数理科学にとって挑戦的な問題を内包している.本稿では,避難計画問題に対して離散アルゴリズムの技術を応用する試みとして,避難所の地域割当てをZDD等を用いて行った研究と,動的ネットワークによる津波などからの緊急避難計画に関する研究を紹介する.

    CiNii Article

  • 線形混合モデルによる東京都内の賃貸事務所ビルに入居するテナントの消費エネルギー原単位の分析 査読

    瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本建築学会環境系論文集   78 ( 686 )   375 - 384   2013年04月( ISSN:1348-0685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We analyze the energy consumption data of tenants in office buildings in Tokyo and show that it is able to estimate the specific energy consumption of each tenant with a high degree of accuracy by using a linear mixed model. We obtain the result that attributes which strongly influence on the basic unit are temperature, tenant type and so on. From the observation of random effects, we know that the main factor to the basic unit is the individuality of tenants. We also clarify effective power saving behaviors after the Great East Japan Earthquake by a random effect.

    DOI: 10.3130/aije.78.375

    CiNii Article

  • 顕在パタンに基づく街頭犯罪分析 : 京都市伏見区における犯罪発生場所と構築環境の関係に着目した街区レベルの空間分析 査読

    瀧澤 重志

    日本建築学会計画系論文集   78 ( 686 )   957 - 967   2013年04月( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.3130/aija.78.957

    CiNii Article

  • An Emergency Evacuation Planning Model Using the Universally Quickest Flow. 査読

    Atsushi Takizawa, Masaki Inoue, Naoki Katoh

    The Review of Socionetwork Strategies   6 ( 1 )   15 - 28   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12626-012-0024-y

  • 東京都23区内のオフィスビル点検・修理業務の定量分析と管理拠点の最適配置に関する研究 査読

    大植 択真, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本建築学会技術報告集   18 ( 39 )   771 - 774   2012年( ISSN:1341-9463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The inspection and repair service in office buildings is one of the important tasks for an enterprise which provides property management services, and reducing costs incurred by the services is required for the enterprise. However, the content of the services is obscure and the location of the service center is not often optimized. With the background, we provide quantitative analysis of the service, especially the contents of the service and the working hours, and optimize the location of the service center.

    DOI: 10.3130/aijt.18.771

    CiNii Article

  • 画像解析によるポリ塩化ビニル樹脂系防水シートの伸び保持率の推定 査読

    宮下 享大, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本建築学会構造系論文集   76 ( 669 )   2021 - 2029   2011年11月( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The authors propose a method to estimate the retention of stretch of polyvinyl chloride resin waterproofing sheet using image analysis techniques. The retention of stretch is regarded as the index of deterioration of a waterproofing sheet. Firstly, we originally developed a microscope for taking digital images of the surface of water proofing sheets that can capture the crack clearly. Then various kinds of existing image attributes are adopted to characterize the crack. These features are used as explanatory variables of multiple linear regressions to estimate the retention of the stretch. Estimation models were created and validated through cross validation tests. Finally, we succeeded in creating the estimation model that exhibits about 0.96 in determination coefficient.

    DOI: 10.3130/aijs.76.2021

    CiNii Article

  • Discovering Distinctive Spatial Patterns of Snatch Theft in Kyoto City with CAEP 査読

    Atsushi Takizawa, Wonyong Koo, Naoki Katoh

    ARCHITECTURAL INST JAPAN JOURNAL OF ASIAN ARCHITECTURE AND BUILDING ENGINEERING   9 ( 1 )   103 - 110   2010年05月( ISSN:1346-7581

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Street crimes such as auto theft and snatch theft account for approximately half of all crimes committed in Japan. The strategy of CPTED (Crime Prevention through Environmental Design) is now drawing the attention of urban planners and architects. Recently, the effectiveness of CPTED has been empirically examined using GIS. In this article, the authors investigate the relationship between snatch theft and the spatial attributes of the suburbs of Kyoto City. The spatial attributes considered include demographic data, land-use, visibility of space, and illuminance on the street. These attributes are analyzed with a significance test of mean as well as via CAEP (Classification by Aggregating Emerging Patterns). From these analyses, the authors obtain the following conclusions: (i) Mean values of pedestrians, population, and visibility of non-housing sites are relatively high at snatch theft locations. (ii) Illuminance on the street is not a predominant factor. (iii) Primary spatial patterns of snatch theft locations include relatively high visibility of a public facility site. (iv) The classification accuracy of CAEP is higher than that of other general classifiers. (v) In residential areas, the risk of snatch theft tends to be high only at particular sites. Meanwhile, downtown, it can occur frequently regardless of the site.

    DOI: 10.3130/jaabe.9.103

    CiNii Article

  • 東京5区内のオフィスビルへのテナント入居と空室期間に関する分析 査読

    瀧澤 重志, 松原 周平, 加藤 直樹, 小林 篤司

    日本建築学会計画系論文集   75 ( 655 )   2221 - 2228   2010年( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this article, we analyze the occupancy length and vacancy length of tenants located in 52 rental office buildings in main five wards of Tokyo by using survival analysis. Since the rental office market tends to change periodically, we model the phenomenon of the periodic change of 2-dimentional time-series data of tenant and vacancy rate by the ellipse approximation method.&lt;br&gt;Average occupancy length is about 13 years. Attributes contributing to the increase of the occupancy length are building age and image of the rental room and etc. Average vacancy length is about 88 days. Attributes contributing to the decrease of vacancy length are good rental room image, high land price per floor-space ratio and the market condition such that its state is recovery or boom state, and etc.

    DOI: 10.3130/aija.75.2221

    CiNii Article

  • An efficient algorithm for the evacuation problem in a certain class of networks with uniform path-lengths 査読

    Naoyuki Kamiyama, Naoki Katoh, Atsushi Takizawa

    ELSEVIER SCIENCE BV DISCRETE APPLIED MATHEMATICS   157 ( 17 )   3665 - 3677   2009年10月( ISSN:0166-218X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we consider the evacuation problem in a network which consists of a directed graph with capacities and transit times on its arcs. This problem can be solved by the algorithm of Hoppe and Tardos [B. Hoppe, E. Tardos, The quickest transshipment problem, Math. Oper. Res. 25(1) (2000) 36-62] in polynomial time. However their running time is high-order polynomial, and hence is not practical in general. Thus, it is necessary to devise a faster algorithm for a tractable and practically useful subclass of this problem. In this paper, we consider a network with a sink s such that (i) for each vertex v not equal s the sum of the transit times of arcs on any path from v to s takes the same value, and (ii) for each vertex v not equal s the minimum v-s cut is determined by the arcs incident to s whose tails are reachable from v. This class of networks is a generalization of grid networks studied in the paper [N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa, An efficient algorithm for evacuation problem in dynamic network flows with uniform arc capacity, IEICE Trans. Infrom. Syst. E89-D (8) (2006) 2372-2379]. We propose an efficient algorithm for this network problem. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.dam.2009.04.007

  • 賃貸用オフィスビルのエントランスホールに対する感性評価のCAEPを用いた分析 査読

    高橋宣行, 瀧澤重志, 加藤直樹, 具源龍

    日本建築学会計画系論文集   74 ( 640 )   1403 - 1410   2009年06月( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the previous research we have revealed that kansei evaluation of rental office buildings much influences on the rent. Based on this result, in this article, we examine the kansei evaluation factor on entrance halls of office buildings in Osaka City. At first we examine the detail of entrances such as texture, lighting, visibility of a trash and so on. Then relationship between various kinds of building attributes and kansei evaluation is examined by correlation analysis and CAEP. As a result, it is clarified that some entrance attributes such as the size of an entrance hall and the existence of an auto door influences on both kansei evaluation.

    DOI: 10.3130/aija.74.1403

    CiNii Article

  • 建築教育における情報リテラシーの現状と課題に関する調査研究 査読

    本間里見, 川角典弘, 川北健雄, 下田貞幸, 瀧澤重志, 前稔文, 宮村壽

    日本建築学会・建築教育委員会 第9回建築教育シンポジウム建築教育研究論文報告集   7 - 12   2009年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • グラフマイニングを用いた室配置を考慮した賃料分析 査読

    瀧澤 重志, 吉田 一馬, 加藤 直樹

    日本建築学会環境系論文集   73 ( 623 )   139 - 146   2008年01月( ISSN:1348-0685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper we will investigate the relationship between the room layout which is mainly 3LDK type and the rent of apartment in the Suburb of Kyoto City by extracting meaningful substructures of a graph representing the room layout using a graph mining algorithm and emerging patterns. We will then construct a prediction model for the rent of apartments with high accuracy. Through our analysis, we will reveal certain typical substructures in the room layout which strongly affect the rent.

    DOI: 10.3130/aije.73.139

    CiNii Article

  • Finding an Optimal Location of Line Facility using Evolutionary Algorithm and Integer Program 招待 査読

    Takenao TAJI, Shin-ichi TANIGAWA, Naoyuki KAMIYAMA, Naoki KATOH, Atsushi TAKIZAWA

    Japan Society of Mechanical Engineers Journal of Computational Science and Technology   2 ( 3 )   362 - 370   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we consider the problem for determining an optimal location of a line facility in a city such as railway system. A line facility is modeled as a spanning tree embedded on the plane whose vertices represent stations and edges represent the rails connecting two stations, and people can travel not only by walk but also by using the line facility quickly. Suppose there are a finite number of towns in a city, only in which people lives. Then, our problem is to find a location of the stations as well as a connection of the stations such that the sum of travel time between all pairs of towns is minimum. Tsukamoto, Katoh and Takizawa proposed a heuristic algorithm for the problem which consists of two phases as follows. In the first phase, fixing the position of stations, it determines the topology of the line facility. The second phase optimizes the position of stations while the topology is fixed. The algorithm alternately executes these two phases until a converged solution is obtained. Tsukamoto et al. determined the topology of the line facility by solving minimum spanning tree (MST) in the first phase. In this paper, we propose two methods for determining the topology of the line facility so that the sum of travel time is minimized hoping to improving the previous algorithm. The first proposed method heuristically determine the topology by using evolutionary algorithm (EA). In the second method, we reduce our problem to minimum communication spanning tree (MCST) problem by making a further assumption, and solve it by formulating the problem as an integer program. We show the effectiveness of our proposed algorithm through the numerical experiments.

    DOI: 10.1299/jcst.2.362

    CiNii Article

  • 新橋に立地するオフィスビルの感性評価を考慮した賃料分析 査読

    瀧澤 重志, 材木 敦史, 加藤 直樹, 具 源龍

    日本建築学会計画系論文集   73 ( 627 )   1053 - 1059   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Property management (PM) service has been becoming the essential service for office buildings in the age of building stocks. In this study, we investigate how PM affects the rent of office buildings. 51 office buildings which are of small and middle scale in Shinbashi Area are selected for analysis. Criteria based on &amp;ldquo;kansei&amp;rdquo; judgment (the subjective judgment) of evaluators are proposed as the basis of evaluating the degree of maintenance and upgrade. Their values are derived by the field work and are integrated into the ordinary building specification and site environment data. Decision tree and rent prediction analyses are carried out. Through these analyses, we will show findings such that standard deviations of kansei judgment which are roughly discretized are important factors for rent prediction, and so on.

    DOI: 10.3130/aija.73.1053

    CiNii Article

  • Risk discovery of car-related crimes from urban spatial attributes using emerging patterns. 査読

    Atsushi Takizawa, Fumie Kawaguchi, Naoki Katoh, Kenji Mori, Kazuo Yoshida

    KES Journal   11 ( 5 )   301 - 311   2007年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/journals/kes/kes11.html#journals/kes/TakizawaKKMY07

  • 画像解析・画像認識による膜材料劣化状況の自動診断技術の開発 査読

    柳室 純, 具 源龍, 瀧澤重志, 加藤直樹, 豊田 宏, 藤原 淳, 小田憲史

    膜構造研究論文集2006   71 - 82   2007年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 航空写真からの屋根種類判別と稜線認識に関する研究-明度分布の曲線近似と平面回帰による2段階判別法の構築- 査読

    具源龍, 瀧澤重志, 加藤直樹

    日本建築学会環境系論文集   72 ( 611 )   99 - 105   2007年01月( ISSN:1348-0685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper proposes a method for discriminating roof types and determining roof ridges from aerial images. Observing that according to the slope change of a roof surface its brightness changes, our method first approximates the histogram of brightness distribution as a smooth curve. We then extract effective characteristic variables to develop a discrimination model for classifying roof types into deck roof and inclined roof. For the roofs which are classified as inclined ones, we develop a method for classifying them into hip roofs and gables after extracting additional explanatory variables obtained by applying multiple regression to 3-dimensional brightness distribution. We finally applied the model to aerial image of residential area in Kyoto city, and observed that the classification ability of our proposed method was quite high.

    CiNii Article

  • Emerging Patternsを用いた都市の車両犯罪の発生に関する分析(O分野:情報システム) 査読

    瀧澤 重志, 川口 史恵, 加藤 直樹, 森 健治, 吉田 和生

    情報科学技術レターズ   5   419 - 421   2006年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • An efficient algorithm for evacuation problem in dynamic network flows with uniform arc capacity 査読

    Naoyuki Kamiyama, Naoki Katoh, Atsushi Takizawa

    IEICE-INST ELECTRONICS INFORMATION COMMUNICATIONS ENG IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E89D ( 8 )   2372 - 2379   2006年08月( ISSN:0916-8532

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, we consider the quickest flow problem in a network which consists of a directed graph with capacities and transit times on its arcs. We present an 0(n log n) time algorithm for the quickest flow problem in a network of grid structure with uniform arc capacity which has a single sink where n is the number of vertices in the network.

    DOI: 10.1093/ietisy/e89-d.8.2372

  • 民間分譲マンションのモデルルーム来場者アンケートからの購買者の予測と分析 査読

    若野洋平, 瀧澤重志, 加藤直樹

    日本建築学会環境系論文集   71 ( 606 )   81 - 88   2006年08月( ISSN:1348-0685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We propose the prediction models which tell who will really purchase an apartment from among those who visit a model room, and analyze the characteristic of purchase based on data-mining technique. The data of questionnaire collected from those who visited model rooms usually has a lot of missing values. In order to improve the precision of prediction, the original data is converted to the one and two dimensional probability data concerning purchase. This data conversion technique is applied to the data which an estate agent in Kansai owns. Decision-tree and logistic regression are applied in order to obtain prediction models. Precisions of three different data types: original categorical data, one dimensional probability data and two-dimensional one are compared. As a result of experiment, the followings are observed: 1. two dimensional probability data with logistic regression has the highest precision through different data, 2. customers having high purchase probability do not answer the questionnaire too much.

    CiNii Article

  • 建築画像からの建築構成要素の認識手法に関する研究 ベイズ判別によるガラス開口部の認識 査読

    具源龍, 横田隆志, 瀧澤重志, 加藤直樹

    日本建築学会総合論文誌 情報化の視点からみた建築・都市のフロンティア   ( 4 )   123 - 127   2006年02月( ISSN:1347-6548

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A classifier for recognizing glass opening from architectural photographs based on extended Naive Bayes is proposed. From preliminary experiment we determine 3 possible candidates of attributes to represent color pixel each of which uses 6 color characteristics obtained together with x-y coordinates representing the relative position of the pixel in such a way that six color attributes are grouped into three pairs to be used in the extended Naive Bayes. Constructing the classifier based on the extended Naive Bayes which predicts whether a pixel represents glass or not, region segmentation is carried out based on MST. The computer experiments are carried out to demonstrate the effectiveness of the proposed method.

    CiNii Article

  • フロアプランの列挙に基づく2階建て住宅の室配置アルゴリズム 査読

    神山直之, 瀧澤重志, 加藤直樹

    日本建築学会環境系論文集   71 ( 601 )   65 - 72   2006年( ISSN:1348-0685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper presents a floor layout algorithm for a two-story house based on enumeration algorithm as well as optimization algorithm. The process is as follows. First, all floor plans are created based on the floor enumeration algorithm and some of them which have higher values with respect to adjacent relationship and direction requirement are selected. Then, area and shape of those floor layouts are optimized by the tabu search. The proposed method has several advantages over existing methods; (1) Adjacency relationship among rooms is not fixed but the designer is allowed to explore all candidates based on enumeration algorithm of floor plans. (2) The enumeration algorithm employed here has found the all possible combination of 13 rooms. This number is enough to consider general floor layout of a house. (3) This method is applicable to a two-story house. A constraint of the two-story house is effectively used for searching solution in a short time.

    DOI: 10.3130/aije.71.65_1

    CiNii Article

  • 航空写真からの建物屋根形状の判別手法の開発 : ヒストグラムの近似曲線の特徴パラメータによる判別 査読

    具源龍, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本建築学会環境系論文集   2006   449 - 450   2006年( ISSN:1341-4445

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 建築画像データベースの自動索引付けを目指した建築構成要素の認識手法の開発 畳と格子を例として 査読

    宮高泰匡, 加藤直樹, 瀧澤重志

    日本建築学会環境系論文集   70 ( 588 )   63 - 70   2005年02月( ISSN:1348-0685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper proposes two methods for identifying images which contain a particular architectural component from a database of architectural images. Applying the techniques of pattern recognition and image retrieval, the first method does this task by using the overall color distribution and the layout. Measuring the similarity between a target image and those whose classes are already known, the method determines the class which a target image belongs to, and it can be applied to classification for many types of architectural components. The second initially selects characteristic elements which will be supposed to play an important role in identifying a particular component, and constructs a model for recognizing such an architectural component by using those characteristic elements. Thus, this method requires us to construct a recognition model from scratch separately for each distinct architectural component, but it attains a higher recognition ability than the first one. The paper then carried out computational experiments by applying the methods to the identification of &quot;tatami&quot; and &quot;lattice&quot; (koshi in Japanese). It was observed that the proposed methods attains a certain level of accuracy and thus are useful for identifying architectural components.

    CiNii Article

  • ニューラルネットワークとスプライン関数によるRC造企画支援システム : RC造性能型設計における躯体コスト分析とデータベースの構築 査読

    浅川 浩司, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本計算工学会論文集 = Transactions of the Japan Society for Computational Engineering and Science   5   49 - 58   2003年05月( ISSN:13449443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Applying genetic algorithms to the optimum design of a concert hall 査読

    Sato S, Otori K, Takizawa A, Sakai H, Ando Y, Kawamura H

    JOURNAL OF SOUND AND VIBRATION   258 ( 3 )   517 - 526   2002年11月( ISSN:0022-460X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/jsvi.2002.5273

  • エージェントモデルによる連続的空間における人間行動シミュレータの構築及び建築計画への応用 査読

    織田 瑞夫, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会計画系論文集   67 ( 558 )   315 - 322   2002年( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    When we plan a building, we need to predict the states of human and spatial usage of it. In such cases, discrete definition of space has advantage in modeling and calculation, but it has limitation in spatial reproduction of human behaviors. Therefore we need to define some physical values like distance or velocity continuously for reflecting detailed human behaviors. This paper describes a modeling method on human behavior in building space. This model consists of some elements : space, agents, furniture, and obstacles. In this model, all physical values are defined with continuous real number to make human behaviors as real as possible. In order to verify the effectiveness of the proposed method, some case studies are performed regarding simplified student hall.

    DOI: 10.3130/aija.67.315

    CiNii Article

  • 建築構造物の知的ファジィ最適制御+ファジィ制御の進化的アクティブハイブリッド制振システム 査読

    地畠 宏, 三井 達雄, 谷 明勲, 河村 廣, 滝澤 重志

    日本建築学会 構造工学論文集.B   ( 47 )   89 - 96   2001年03月( ISSN:09108033

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, an evolutionary hybrid control system is proposed. A combined system of intelligent fuzzy optimal active control methods, and Fuzzy Control whose rules are optimized by Genetic Algorithm (GA) are composed. In the intelligent fuzzy optimal active control, an equivalent damping method is employed. A five-degree-of-freedom system with AMD at the top of it is used as objective structure. Digital simulations are caviled out to compare the results of intelligent fuzzy optimal control, fuzzy control and hybrid control systems. Simulation results show that proposed hybrid control system has the merits of both intelligent fuzzy optimal control and fuzzy control. The effectiveness of proposed hybrid active control system is verified by digital simulations.

    CiNii Article

  • 遺伝的アルゴリズムによるS造企画支援システム : 均等スパンの場合 査読

    浅川 浩司, 山内 正明, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会 日本建築学会技術報告集   7 ( 14 )   341 - 346   2001年( ISSN:1341-9463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    At the stage of planning of steel-frame structures, it is important to obtain the whole characteristic of the planning of construction works, the aseismic safety of structures and so on. So, this system uses Genetic Algorithm as an evolutionary computation method. This report proposes a support system by which users can obtain the useful information on the quantity surveying of steels and the basic structural performances in a short time.

    DOI: 10.3130/aijt.7.341

    CiNii Article

  • Multi-Objective Optimization of Spatial Truss Structures by Genetic Algorithm 査読

    KIDA Yasuhiro, KAWAMURA Hiroshi, TANI Akinori, TAKIZAWA Atsushi

    Forma   15 ( 2 )   133 - 139   2000年( ISSN:09116036

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 適応的マルチエージェントシステムによる都市の土地利用パターンの形成 査読

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会 日本建築学会計画系論文集   65 ( 528 )   267 - 275   2000年( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this paper, a multi-agent system is employed to model urban systems. The supposed urban system is composed of three urban agents (residence, business, and service areas). Agents interact each other economically and pay land rents and moving costs. Agents who can not adapt to the urban system die. Agents who survive in the system move or create new agents according to the information of environment, internal states, and their own rules coded on genomes. When a new agent is created, his parent's genome is followed to the new one. Using this model, urban land-use pattern formation is simulated with three different distance restrictions. In the case of slight restriction, patterns are concentric and moving areas are wide. In the case of strong restriction, pattern become concentric and moving areas become shorter. Patterns are compared with the land-use of Osaka area using fractal dimension and its similarity is confirmed.

    DOI: 10.3130/aija.65.267_1

    CiNii Article

  • セルオートマトンとしての都市 : (その1) CAの応用性と土地利用パターンの形成 査読

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会 日本建築学会計画系論文集   63 ( 506 )   203 - 209   1998年( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cities have grown and changed by intricate urban activities, and complex urban land-use patterns have formed. It is reasonable to suppose that complexity is an essential quality of cities. In this paper, the authors try to generate urban land-use patterns using an expanded cellular automata model. The proposed model is composed of three urban activities (residence, business, commerce) which interact economically. Each cell has three kinds of potentials corresponding to urban activities described with real numbers. These potentials can be considered to indicate populations or building areas. Potentials of each cell change by interactions, and each cell takes one of the following three actions: increase, disappearance, and no action. Using this model, urban land-use patterns can be generated. Comparing illustrated results with real cities, it can be said that this proposed model can simulate complex patterns of cities by relatively simple rules.

    DOI: 10.3130/aija.63.203_3

    CiNii Article

  • 遺伝的アルゴリズムを用いた都市の土地利用パターンの形成 査読

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会 日本建築学会計画系論文集   62 ( 495 )   281 - 287   1997年( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the field of construction and urban planning, arrangement problems are essential and important, and many methods for them have been studied. However, especially that of urban planning are complicated. If there are many numbers of elements, it may be difficult to discover optimum arrangement in realistic time by former methods. And worse still, the complexity of cities themselves makes systemization very difficult. In recent years, applying Genetic Algorithm (GA), which is a new method imitating the process of the living-thing evolution, to arrangement problems is studied. In this study, the authors try to reproduce urban land use by using GA with two local evaluation functions, i.e., geographical location conditions and degrees of mutual combination. First, a city arrangement model is proposed, and the coding methods of genes are shown. Then the system is applied to the land use of Kobe City. The applicability of this system is proved.

    DOI: 10.3130/aija.62.281

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物

  • Optimization of Evacuation and Walking-Home Routes from Osaka City After a Nankai Megathrust Earthquake Using Road Network Big Data 査読

    Takizawa A.( 担当: 分担執筆)

    Sublinear Computation Paradigm: Algorithmic Revolution in the Big Data Era  2021年01月  ( ISBN:9789811640971

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    DOI: 10.1007/978-981-16-4095-7_15

    Scopus

  • Advances in Mathematics Research, 25 国際共著

    Albert R. Baswell ed( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Extending Space Syntax with Efficient Enumeration Algorithms and Hypergraphs)

    Nova Science Publishers  2019年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 防災・避難計画の数理モデルの高度化と社会実装へ向けて

    瀧澤 重志, 小林 和博, 佐藤 憲一郎, 斎藤 努, 清水 正明, 間瀬 正啓, 藤澤. 克樹, 神山 直之, 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所( 担当: 単著)

    九州大学マス・フォア・インダストリ研究所, 九州大学大学院数理学府  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 東日本大震災合同調査報告 総集編

    東日本大震災合同調査報告書編集委員会編( 担当: 共編者(共編著者))

    日本建築学会  2016年12月 

     詳細を見る

    著書種別:調査報告書  

  • 建築・都市計画のための空間学事典 増補改訂版

    日本建築学会編( 担当: 分担執筆)

    井上書院  2016年10月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 東日本大震災合同調査報告 建築編7

    東日本大震災合同調査報告書編集委員会編( 担当: 共編者(共編著者))

    日本建築学会  2016年09月 

     詳細を見る

    著書種別:調査報告書  

  • Contrast Data Mining: Concepts, Algorithms and Applications

    G. Dong, J. Bailey ed( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 24 Emerging Pattern Based Analysis of Crime Spots and Rental Price)

    Chapman & Hall/CRC  2012年12月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 日本建築学会編 建築・都市計画のための調査・分析方法(改訂版)

    日本建築学会編( 担当: 分担執筆)

    井上書院  2012年05月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • アルゴリズミック・デザイン 建築・都市の新しい設計手法

    日本建築学会編( 担当: 分担執筆)

    鹿島出版会  2009年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • やさしくわかる建築・都市・環境のためのソフトコンピューティング

    日本建築学会編( 担当: 分担執筆)

    日本建築学会  2005年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 複雑系と建築・都市・社会

    日本建築学会編( 担当: 分担執筆)

    技報堂出版  2005年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 建築最適化への招待

    日本建築学会編( 担当: 分担執筆)

    日本建築学会  2005年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • Extracting real estate values of rental apartment floor plans using graph convolutional networks

    瀧澤 重志

    arXiv   -   1 - 23   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

  • 成約賃料の分散比最大化に基づくオフィスビルのグレード分類手法 招待

    瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本不動産学会誌   31 ( 1 )   58 - 63   2017年06月( ISSN:09113576 ( eISSN:21859531

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.5736/jares.31.1_58

    CiNii Article

  • 収容人数を考慮したネットワークボロノイ分割による地下街からの垂 直避難場所の割当 招待

    瀧澤 重志

    オペレーションズ・リサーチ   61(10)   668 - 669   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 最速避難計画のモデリングと解法, 特集 ネットワークとモデリン グ

    谷川 眞一, 瀧澤 重志

    オペレーションズ・リサーチ   60(8)   437 - 442   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 第1部 アーキインフォマティクス : 建築学の情報化の現在(<特集>建築情報学 アーキインフォマティクス(Archi-informatics)) 招待

    湯本 長伯, 花里 俊廣, 円満 隆平, 衣袋 洋一, 渡辺 俊, 野城 智也, 三辻 和弥, 中井 正一, 中川 貴文, 倉田 成人, 吉田 聡, 金子 智弥, 平田 京子, 栗原 伸治, 諸岡 繁洋, 中島 裕輔, 飯塚 悟, 鈴木 広隆, 湯浅 昇, 佐野 友紀, 中川 理, 加藤 孝明, 楠 浩一, 藤田 謙一, 武藤 厚, 長島 一郎, 増田 幸宏, 中野 淳太, 永田 明寛, 藤本 郷史, 武藤 正樹, 山田 哲弥, 齋藤 隆司, 瀧澤 重志, 浅野 聡, 志村 秀明, 大影 佳史, 外岡 豊, 川上 善嗣, 多田 元英, 今塚 善勝, 腰原 幹雄, 岡部 喜裕, 梅宮 典子, 赤司 泰義, 松下 眞治, 宇田 淳, 廣井 悠, 高口 洋人, 谷 明勲, 佐藤 栄治, 加藤 研一, 望月 悦子, 大久保 孝昭, 杉山 央, 本江 正茂, 齊藤 広子, 野澤 康, 長沼 一洋, 西名 大作, 甲谷 寿史, 小見 康夫, 浦江 真人, 小林 剛士, 平野 吉信, 有田 智一, 金澤 健司, 小檜山 雅之, 吹田 啓一郎, 坂本 慎一, 石橋 敏久, 長井 達夫, 蔡 成浩, 伊藤 史子, 池田 憲一, 中島 智章, 位寄 和久, 小瀬 博之, 戸倉 健太郎, 工藤 和美, 鈴木 英之, 野口 貴文, 長谷川 拓哉, 森田 武, 軽部 正彦, 冨安 亮輔, 岸本 一藏, 松田 雄二, 西澤 泰彦

    日本建築学会 建築雑誌   129 ( 1658 )   3 - 32   2014年05月( ISSN:0003-8555

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

    その他URL: https://www.aij.or.jp/paper/detail.html?productId=419880

  • 避難計画問題への離散アルゴリズムの適用 (特集 データを読み解く技術 : ビッグデータ,e-サイエンス,潜在的ダイナミクス) -- (e-サイエンス時代のアルゴリズム研究)

    瀧澤 重志

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers   97 ( 5 )   393 - 398   2014年05月( ISSN:0913-5693

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    阪神・淡路大震災以降,情報通信技術を防災に活用しようとする機運が高まっている.しかし防災対策では,大規模な空間データ,災害シナリオの多様性情報の不確実性などを考慮する必要があり,計算機科学や数理科学にとって挑戦的な問題を内包している.本稿では,避難計画問題に対して離散アルゴリズムの技術を応用する試みとして,避難所の地域割当てをZDD等を用いて行った研究と,動的ネットワークによる津波などからの緊急避難計画に関する研究を紹介する.

  • 避難計画問題への離散アルゴリズムの適用 招待

    瀧澤 重志

    電子情報通信学会誌   97   393 - 398   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 動的ネットワークによる避難モデルとマルチエージェントモデルの融合 招待

    瀧澤 重志

    日本設計工学会 設計工学   47 ( 12 )   566 - 572   2012年12月( ISSN:09192948

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 地域情報化 : 社会的課題の解決手段としての意義と展望(研究協議会,情報システム技術部門,2008年度日本建築学会大会(中国)) 招待

    瀧澤 重志

    日本建築学会 建築雑誌   ( 1586 )   2009年02月( ISSN:0003-8555

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Risk Discovery of Car-Related Crimes from Urban Spatial Attributes Using Emerging Patterns 査読

    Atsushi Takizawa, Fumie Kawaguchi, Naoki Katoh, Kenji Mori and Kazuo Yoshida

    International Journal of Knowledge-based and Intelligent Engineering Systems (KES)   11 ( 5 )   301 - 311   2007年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • マルチエージェント・シミュレーションに基づく都心部における人口分布の過渡的動態モデルに関する研究,池谷直樹,谷本潤,萩島理,相良博喜(評論) 査読

    奥俊信,瀧澤重志

    日本建築学会技術報告集   13 ( 26 )   845 - 848   2007年12月( ISSN:1881-8188|1341-9463

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.3130/aijt.13.845

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 空間的因子から見た自動車関連犯罪の発生危険場所の可視化(<連載>謎を可視化する-22) 招待

    加藤 直樹, 瀧澤 重志

    日本建築学会 建築雑誌   ( 1567 )   44 - 45   2007年10月( ISSN:00038555

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 連載 謎を可視化する22-空間的因子から見た自動車関連犯罪の発生危険箇所の可視化 査読

    加藤直樹, 瀧澤重志

    建築雑誌   123 ( 1567 )   44 - 45   2007年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 情報化の視点からみた建築・都市のフロンティア(パネルディスカッション,総合論文誌委員会, 2006年度日本建築学会大会(関東)) 査読

    瀧澤重志

    建築雑誌   122 ( 1557 )   86   2007年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 地域防災情報の共有と緊急地震速報の活用 査読

    瀧澤重志

    日本建築学会総合論文誌 情報化の視点からみた建築・都市のフロンティア   ( 4 )   42 - 43   2006年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 情報テクノロジーの開発 : 知識工学・知的システム・シミュレーション(第5部 重要論文のレビューとリスト,情報化の視点からみた建築・都市のフロンティア) 招待

    瀧澤 重志

    日本建築学会 総合論文誌   ( 4 )   146 - 149   2006年02月( ISSN:13476548

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 地域防災情報の共有と緊急地震速報の活用(第2部 ティピカルプラクティス,情報化の視点からみた建築・都市のフロンティア) 招待

    瀧澤 重志

    日本建築学会 総合論文誌   ( 4 )   42 - 43   2006年02月( ISSN:13476548

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 情報テクノロジーの開発(知識工学・知的システム,シミュレーション) 査読

    瀧澤重志

    日本建築学会総合論文誌 情報化の視点からみた建築・都市のフロンティア   ( 4 )   146 - 149   2006年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • かんがえる : 建築情報教育の試み(ネットワークを利用した新しい建築教育(2)) 招待

    木村 謙, 瀧澤 重志

    日本建築学会 建築雑誌   ( 1483 )   38 - 39   2002年02月( ISSN:00038555

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 3D都市モデルを用いた東京都区内の賃貸住戸からの眺望価値の推計-深層学習によるアプローチ- 国際共著 国内会議

    堀之内雅人,瀧澤重志,Stephen Law

    建築情報学生レビュー2023  2024年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学  

  • 最小2次元Isovist Graphによる平面被覆の最適化 国内会議

    小田原英義,瀧澤重志

    日本建築学会第46回情報・システム・利用・技術シンポジウム  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • グラフ畳み込みネットワークを用いた賃貸住宅の間取りの不動産的価値の推計方法の改良 国内会議

    瀧澤重志

    日本建築学会大会学術講演(近畿)  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • 一人称視点モデルに基づく大阪市北区の街路上での2019年の歩行者数の推定 国際共著 国内会議

    加美綾音,瀧澤重志

    日本建築学会大会学術講演(近畿)  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • 大阪市全区における街頭犯罪等のオープンデータと人流データを用いた自然監視性の定量評価に向けた基礎分析 国内会議

    田中陽子,瀧澤重志

    日本建築学会大会学術講演(近畿)  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • 3D都市モデルを用いた東京都区内の賃貸住戸からの眺望価値の推計 国内会議

    西阪穂香,瀧澤重志

    建築情報学生レビュー2022  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 最小2次元Isovistグラフを用いた 空間分析手法に関する研究 国内会議

    小田原英義,瀧澤重志

    建築情報学生レビュー2022  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 南海トラフ巨大地震時の大阪市の津波浸水想定域からの二次避難開始時刻の最適化 国内会議

    田中 陽子,瀧澤 重志

    日本建築学会第45回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 最小2次元Isovistグラフによる平面被覆問題 国内会議

    小田原英義,瀧澤重志

    日本建築学会第45回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集  2022年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 南海トラフ巨大地震における大阪市の津波浸水想定域からの2次避難開始時刻の最適化 国内会議

    田中陽子,瀧澤重志

    日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道)  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グラフ畳み込みネットワークを用いた賃貸住宅の間取りの不動産的価値の推計方法 国内会議

    瀧澤重志,山崎俊彦

    日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道)  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数の出口を有する複層階建物から短時間で退館するためのアルゴリズムの比較 国内会議

    瀧澤重志,馬塲崇仁

    日本建築学会近畿支部研究発表会  2022年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • First-Person Viewpoint Type Spatial Analysis Method Based on Deep Learning Integrating Texture, Semantic, and Geometric Spatial Features 国際会議

    Kinugawa H. Takizawa A.

    Proceedings 13th International Space Syntax Symposium, SSS 2022  2022年06月  Proceedings 13th International Space Syntax Symposium, SSS 2022

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 南海トラフ巨大地震における大阪市の津波浸水想定域からの2次避難開始時刻の最適化 国内会議

    田中 陽子

    建築情報学会 建築情報学生レビュー  2022年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数の出口を有する建物群から最速に退館するためのアルゴリズムの比較 国内会議

    馬塲 崇仁

    建築情報学会 建築情報学生レビュー  2022年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポイント型流動人口データを用いた徒歩移動者の推定方法に関する研究 国内会議

    髙木尚哉,瀧澤重志

    日本建築学会第42回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数の深層学習手法による街路の全方位の深度推定と都市景観評価への応用 国内会議

    瀧澤重志,衣川雛

    地理情報システム学会第30回学術研究発表大会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪府内における住宅系不動産の間取り画像からのアクセスグラフの自動作成と分析 国内会議

    瀧澤重志,川上宥子,山崎俊彦

    日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数の連結した建物群からの一斉退館時間を最小化する出口の領域分割方法 国内会議

    馬塲崇仁,瀧澤重志

    日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 信号交差点における高速畳み込みニューラルネットワーク手法による軌跡データを用いた自転車と左折車の錯綜分析 国内会議

    澤田和樹,吉田長裕,瀧澤重志

    交通工学研究会・第41回交通工学研究発表会論文集  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 南海トラフ巨大地震で被災が予想される大阪市内の住民の 2 次避難所への割り当て 国内会議

    瀧澤重志

    日本建築学会 令和3年度(2021年度) 近畿支部研究発表会  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポイント型流動人口データを用いた歩行者の観測地点推定方法に関する研究 国内会議

    髙木尚哉,瀧澤重志

    日本建築学会第43回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全方位画像から生成した深度マップを用いた3D都市景観を再構築する深層学習モデルと視覚的嗜好予測への応用 国内会議

    衣川雛,瀧澤重志

    日本建築学会第43回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 動画像を用いた歩道上の歩行者のトラッキングと断面交通量の推定方法の開発 国内会議

    瀧澤重志,吉田長裕,伊藤慎兵

    日本建築学会大会学術講演梗概集(関東)  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複層階を有する教育施設からの利用者の一斉退館シミュレーション 国内会議

    馬塲崇仁,瀧澤重志

    日本建築学会大会学術講演梗概集(関東)  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 深層学習による全方位深度画像の生成と街路空間の評価モデルの開発-生成された深度画像と球面CNNの検証- 国内会議

    衣川雛,瀧澤重志

    日本建築学会大会学術講演梗概集(関東)  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪市における南海トラフ地震に起因する津波からの最速避難計画手法 国内会議

    瀧澤重志,川岸裕

    日本建築学会第42回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 畳み込みニューラルネットワークと全方位空間画像による都市空間の特徴抽出と評価手法 国内会議

    衣川雛,瀧澤重志

    日本建築学会第42回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪環状線の車窓風景を対象にしたシークエンス景観の深層学習に基づくクラスタリング 国内会議

    土井亜香里,瀧澤重志

    地理情報システム学会第28回学術研究発表大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 物体検出手法に基づく動画像からの人物の位置と行動の推定法 国内会議

    瀧澤重志,川地遼佳,吉田長裕,伊藤慎兵

    日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 街路空間の全方位RGB画像から深層学習により深度画像を生成する方法に関する研究 国内会議

    衣川雛,瀧澤重志

    日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全方位画像からの推定深度情報を用いた深層学習による空間の評価予測 国内会議

    衣川 雛, 瀧澤 重志

    日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集  2019年  公益社団法人 日本都市計画学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    本研究では、コンピュータグラフィックスにより作成された深度画像と全方位RGBの各ペアをpix2pixを用いて学習することにより、街路景観の全方位RGB画像から全方位深度画像を生成する方法を開発した。 次に、さまざまな場所や気象条件の下で撮影されたさまざまな一連の画像で学習されたモデルを、Googleのストリートビュー画像に適用して深度画像を生成し、生成された深度画像の妥当性を視覚的に評価した。さらに、複数の参加者を使用してGoogleのストリートビュー画像の評価実験を行った。 DCNN(Deep Convolutional neural network)を用いたランク付け学習法を用いて、深度画像の有る場合と無い場合による画像の評価値を推定するモデルを構築した。 結果は、街路景観評価モデルの性能が深度画像の有無によって変化すことを示している。

    DOI: 10.11361/cpijkansai.17.0_9

    CiNii Article

  • 全方位画像からの推定深度情報を用いた深層学習による空間の評価予測 国内会議

    衣川 雛, 瀧澤 重志

    日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集  2019年  公益社団法人 日本都市計画学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    本研究では、コンピュータグラフィックスにより作成された深度画像と全方位RGBの各ペアをpix2pixを用いて学習することにより、街路景観の全方位RGB画像から全方位深度画像を生成する方法を開発した。 次に、さまざまな場所や気象条件の下で撮影されたさまざまな一連の画像で学習されたモデルを、Googleのストリートビュー画像に適用して深度画像を生成し、生成された深度画像の妥当性を視覚的に評価した。さらに、複数の参加者を使用してGoogleのストリートビュー画像の評価実験を行った。 DCNN(Deep Convolutional neural network)を用いたランク付け学習法を用いて、深度画像の有る場合と無い場合による画像の評価値を推定するモデルを構築した。 結果は、街路景観評価モデルの性能が深度画像の有無によって変化すことを示している。

    DOI: 10.11361/cpijkansai.17.0_9

    CiNii Article

  • Nursing Activities Measurement by Bluetooth Low Energy positioning 国際会議

    Daisuke Matsushita, Atsushi Takizawa

    The 12th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA 2018)  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The mixed evacuation problem 国内会議

    Hanawa Yosuke, Higashikawa Yuya, Kamiyama Naoyuki, Katoh Naoki, Takizawa Atsushi

    Journal of Combinatorial Optimization  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    A dynamic network introduced by Ford and Fulkerson is a directed graph with capacities and transit times on its arcs. The quickest transshipment problem is one of the most fundamental problems in dynamic networks. In this problem, we are given sources and sinks. Then the goal of this problem is to find a minimum time limit such that we can send the right amount of ow from sources to sinks. In this paper, we introduce a variant of this problem called the mixed evacuation problem. This problem models an emergent situation in which people can evacuate on foot or by car. The goal is to organize such a mixed evacuation so that an efficient evacuation can be achieved. In this paper, we study this problem from the theoretical and practical viewpoints. In the first part, we prove the polynomial-time solvability of this problem in the case where the number of sources and sinks is not large, and also prove the polynomial-time solvability and computational hardness of its variants with integer constraints. In the second part, we apply our model to the case study of Minabe town in Wakayama prefecture, Japan.

    CiNii Article

  • 3D Spatial Analysis Method with First-Person Viewpoint by Deep Convolutional Neural Network with Omnidirectional RGB and Depth Images 国際会議

    A. Takizawa, A. Furuta

    eCAADe 2017  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Extending Space Syntax with Efficient Enumeration Algorithms and Hypergraphs 国際会議

    瀧澤 重志

    1th International Space Syntax Symposium  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成約賃料の分散比最大化に基づくオフィスビルのグレード分類手法 国内会議

    瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本不動産学会誌  2017年06月  公益社団法人 日本不動産学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.5736/jares.31.1_58

    CiNii Article

  • 深度情報付き全方位画像を用いた深層畳み込みニューラルネットワークによる一人称視点型3次元空間分析手法 国内会議

    瀧澤 重志, 古田 愛理

    計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪環状線各駅の位置を含めた認知度に関する研究 国内会議

    土井 亜香里, 瀧澤 重志

    日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    大阪環状線は大阪市営地下鉄御堂筋線に比べ,乗車人員も少なく,人々から親しまれていない懸念がある.本研究では大阪環状線19駅の駅名と位置に関する認知度をアンケート調査から分析し,駅それぞれの特徴と環状線の課題点を考察する.また,各駅の認知度を2重の円の大きさとして可視化する手法も提案する.

  • Efficient algorithms for enumerating and extracting regional partitions for evacuation centres using zero-suppressed binary decision diagrams 国際会議

    瀧澤 重志

    Pedestrian and Evacuation Dynamics 2016 (PED 2016)  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The Mixed Evacuation Problem 国際会議

    Y. Hanawa, Y. Higashikawa, N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa

    The 10th Annual International Conference on Combinatorial Optimization and Applications (COCOA'16)  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A Study on the Evacuation Planning Model with Capacity-Constrained Network Voronoi Diagram in Umeda Underground Mall 国際会議

    R. Yamamoto, A. Takizawa

    11th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia (ISAIA 2016)  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of The Method for Estimating Traffic Volume of Pedestrians in An Underground Mall by Use of Watch Cameras 国際会議

    N. Takagi, A. Takizawa

    The 34th eCAADe Conference  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Estimating Potential Event Occurrence Areas in Small Space based on Semi-supervised Learning 国際会議

    瀧澤 重志

    The 34th eCAADe Conference  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11032 カメラ映像を用いた地下街歩行者の分布推定方法に関する研究(シミュレーション,情報システム技術,学術講演会・建築デザイン発表会プログラム) 国内会議

    高木 尚哉, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 8047 東京23区内に立地するオフィスビルのグレード分類モデルに関する研究(投資,発注者要求,建築社会システム,学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    池上 純代, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7105 歩車混合型の最速避難計画に関する研究(南海トラフ地震等の避難対策,都市計画,学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    伊藤 慈彦, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5375 梅田地下街浸水時における接続ビルへの避難シミュレーション(日常災害・避難・防犯,建築計画,学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    瀧澤 重志, 高木 尚哉, 谷口 与史也

    学術講演梗概集  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Efficient algorithms for enumerating and extracting region partitions for evacuation by using zero-suppressed binary decision diagrams 国際会議

    瀧澤 重志

    International Workshop on Innovative Algorithms for Big Data  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A Study on the Methods for Estimating the Distribution of Pedestrians in an Underground Mall by use of Watch Cameras 国際会議

    N. Takagi, A. Takizawa

    The 10th Asian Forum on Graphic Science 2015  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1-D-11 歩車混合型の最適避難計画に関する研究(学生セッション:公共関連(3)) 国内会議

    塙 洋介, 加藤 直樹, 瀧澤 重志, 東川 雄哉

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11007 剛なPanel-Hingeフレームワークの演繹的な生成(アルゴリズミックデザイン,情報システム技術,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    小林 祐貴, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 8094 東京都内のオフィスビルにおける環境性能と収益性の関連性分析(環境,建築社会システム,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    行政 康晃, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7495 最速輸送問題に対する高速近似解法の提案及び避難計画への応用に関する研究(避難行動計画(2),都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    伊藤 慈彦, 神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7490 都市における避難所割当ての列挙と評価手法(避難行動計画(1),都市計画,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    塙 洋介, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 21074 大阪駅前地下街の津波避難計画に関する研究(防災(1),構造II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    合田 祥子, 谷口 与史也, 吉中 進, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11067 イベント発生に基づく空間の領域分割に関する基礎的研究(数値解析,情報システム技術,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11059 カメラ映像を用いた地下街歩行者の分布推定方法に関する研究(図形処理・画像処理,情報システム技術,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    高木 尚哉, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A Basic Study on the Region Partitioning based on Semi-Supervised Classification 国際会議

    瀧澤 重志

    The GIScience 2014  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Enumeration of Floor Plans Based on Zero-Suppressed Binary Decision Diagram 国際会議

    A. Takizawa, Y. Miyata, N. Katoh

    The 19th International Conference of the Association of Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2014)  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An inductive construction of minimally rigid panel-hinge graphs and application to design form 国際会議

    Y. Kobayashi, T. Okano, A. Takizawa, N. Katoh

    The 19th International Conference of the Association of Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2014)  2014年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アーキインフォマティクス : 建築学の情報化の現在 国内会議

    湯本 長伯, 花里 俊廣, 円満 隆平, 衣袋 洋一, 渡辺 俊, 野城 智也, 三辻 和弥, 中井 正一, 中川 貴文, 倉田 成人, 吉田 聡, 金子 智弥, 平田 京子, 栗原 伸治, 諸岡 繁洋, 中島 裕輔, 飯塚 悟, 鈴木 広隆, 湯浅 昇, 佐野 友紀, 中川 理, 加藤 孝明, 楠 浩一, 藤田 謙一, 武藤 厚, 長島 一郎, 増田 幸宏, 中野 淳太, 永田 明寛, 藤本 郷史, 武藤 正樹, 山田 哲弥, 齋藤 隆司, 瀧澤 重志, 浅野 聡, 志村 秀明, 大影 佳史, 外岡 豊, 川上 善嗣, 多田 元英, 今塚 善勝, 腰原 幹雄, 岡部 喜裕, 梅宮 典子, 赤司 泰義, 松下 眞治, 宇田 淳, 廣井 悠, 高口 洋人, 谷 明勲, 佐藤 栄治, 加藤 研一, 望月 悦子, 大久保 孝昭, 杉山 央, 本江 正茂, 齊藤 広子, 野澤 康, 長沼 一洋, 西名 大作, 甲谷 寿史, 小見 康夫, 浦江 真人, 小林 剛士, 平野 吉信, 有田 智一, 金澤 健司, 小檜山 雅之, 吹田 啓一郎, 坂本 慎一, 石橋 敏久, 長井 達夫, 蔡 成浩, 伊藤 史子, 池田 憲一, 中島 智章, 位寄 和久, 小瀬 博之, 戸倉 健太郎, 工藤 和美, 鈴木 英之, 野口 貴文, 長谷川 拓哉, 森田 武, 軽部 正彦, 冨安 亮輔, 岸本 一藏, 松田 雄二, 西澤 泰彦

    建築雑誌 = Journal of architecture and building science  2014年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 都市における避難所割当ての列挙と評価手法の研究 国内会議

    中野浩太郎, 斎藤寿樹, 加藤直樹, 瀧澤重志

    第76回全国大会講演論文集  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    本研究では、優れた避難所割り当てを発見する手法の提案を目的とする。しかし、避難所割り当てを優れていると評価するためには、多様な評価基準が存在し、一義的にそれを定めることは難しい。そこで、多目的最適化手法を用いて、パレート最適解となるような避難所の割り当てパターンを探索する。また、可能な避難所割り当てパターンを全て列挙したのちに、個々の解を評価して優れた避難所割り当ての抽出を行う列挙-評価手法を用いる。以上の二つの手法を用いて、大阪市住吉区における優れた避難所割り当ての発見を試み、手法の検討を行う。

  • 普遍的最速フローモデルを用いた緊急災害時における避難計画手法に関する研究 国内会議

    大田章雄, 神山直之, 瀧澤重志, 加藤直樹

    第76回全国大会講演論文集  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    頑健な防災計画を実現するには、冗長性を持った設備計画とともに、考えうるシナリオすべてにおいて実際に計画を策定・検証できなければならない。しかし避難計画において、「1 秒でも早く多くの人が避難完了をするUniversally Quickest Flow(UQF)を求めるための計算は対象となる時間×空間に依存するネットワークに対する計算が必要になるため、多数のシナリオに対する繰り返し計算は困難であるという問題があった。本研究では動的ネットワークの計算に用いられるtime-expanded networkを用いずにUQF近似解を計算するアルゴリズムを提案する。提案手法の計算時間は対象となる空間の範囲のみに依存するため、南海トラフ地震の津波被害が懸念される大阪市のような大規模な都市においても高速にUQF の近似解を求めることが可能になる。

  • 最速輸送問題に対する高速近似解法の提案及び避難計画への応用に関する研究 (コンピュテーション) 国内会議

    大田 章雄, 神山 直之, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    最速輸送問題は,動的ネットワークの点上に配置された供給のすべてをできるだけ早く到達点のいずれかに,到達点の容量を超えないように輸送する問題である.本稿では避難計画におけるモデル化では最速避難の方針として避難完了時間の最小化,移動時間総和の最小化,各時刻の避難完了者数を時間昇順で最大化する,の3つが考えられることを説明し,3番目の方針が緊急避難のモデル化として適していること,及びその計算の高速なヒューリスティックを紹介する.

  • 2-E-2 最速輸送問題に対する高速近似解法の提案及び避難計画への応用に関する研究(防災・減災) 国内会議

    大田 章雄, 神山 直之, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-E-3 都市における避難所割当ての列挙と評価(防災・減災) 国内会議

    中野 浩太郎, 斎藤 寿樹, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高精細タイルドディスプレイを用いた大規模地下街避難の3次元可視化 国内会議

    安福 健祐, 瀧澤 重志, 高木 尚哉

    大会学術講演論文集  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Emergency Evacuation Planning Model Based on the Universally Quickest Flow 国際会議

    N. Katoh, A. Takizawa, M. Inoue

    International Conference on Simulation Technology (JSST 2013)  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1-D-4 ZDDを用いた都市の避難所割り当ての列挙(災害対策) 国内会議

    瀧澤 重志, 武知 祥史, 大田 章雄, 中野 浩太郎, 加藤 直樹, 井上 武, 堀山 貴史, 川原 純, 湊 真一

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11029 Zero-suppressed Binary Decision Diagramを用いたフロアプラン列挙手法(アルゴリズミックデザイン(2),2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 8103 商業施設における用途別のストック推定に関する研究(商業施設,建築社会システム,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    大田 章雄, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 8102 商業ビル内における利用者行動と店舗配置の関連性分析(商業施設,建築社会システム,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    三野 弘貴, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7500 大阪市における都市内滞留者の時空間分布推定 国内会議

    鵜川 壮, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7493 企業間取引ネットワークを用いた企業の事業継続性の分析 : 東日本大震災後の宮城県と岩手県を事例として 国内会議

    中野 浩太郎, 大植 択真, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11030 極小剛なPanel-Hingeグラフの列挙及び形態デザインへの応用(アルゴリズミックデザイン(2),2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    小林 祐貴, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Enumeration of Region Partitioning for Evacuation Planning Based on ZDD 国際会議

    A. Takizawa, Y. Takechi, A. Ohta, N. Katoh, T. Inoue, T. Horiyama, J. Kawahara, S. Minato

    The 11th International Symposium on Operations Research and its Applications in engineering, technology and management (ISORA 2013)  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7454 京都市伏見区における街頭犯罪と侵入犯罪の発生場所の特徴の違い(街路調査・歩行回遊性分析,都市計画,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 国内会議

    瀧澤 重志

    学術講演梗概集  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  2011年11月 

     詳細を見る

    ALGODE 2011 Organizing Committee

  • 1-I-10 非同形な静定グラフの列挙アルゴリズム(離散最適化(2)) 国内会議

    吉仲 祐史, 瀧澤 重志, 岡野 知広, 加藤 直樹

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Classification and Feature Extraction of Criminal Occurrence Points using CAEP with Transductive Clustering 国際会議

    瀧澤 重志

    STGIS2011  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Emergency Evacuation Planning Model using the Universally Quickest Flow 国際会議

    A. Takizawa, M. Inoue, N. Katoh

    The 10th International Symposium on Operations Research and its Applications in engineering, technology and management (ISORA 2011)  2011年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 8058 東京都23区内のオフィスビル点検・修理業務の定量分析と業務拠点の最適配置に関する研究(プログラミング・維持管理,建築社会システム) 国内会議

    大植 択真, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  2011年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Inverse Estimation of the Point Position from an Image of Kernel Density Estimation 国際会議

    瀧澤 重志

    GeoComputation 11  2011年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-C-7 大阪主要オフィスエリアにおける企業立地・移転要因に関する分析(都市・地域・国土(1)) 国内会議

    小林 篤司, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集  2011年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Enumeration Algorithm of Minimally Rigid Graph Structure 国際会議

    T. Okano, N. Katoh, A. Takizawa, Y. Yoshinaka

    Algode 2011  2011年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グラフマイニングを用いた室配置を考慮した賃料分析 : 京都市郊外の3LDKを中心とした賃貸マンションを対象として(2010年日本建築学会奨励賞) 国内会議

    瀧澤 重志

    建築雑誌  2010年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7505 大阪府の家電メーカー取引関連企業の移転に関する分析(人口分布・街区密度,都市計画) 国内会議

    瀧澤 重志, 小林 篤司, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  2010年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 8060 空間属性を考慮したオフィスビルの貸室の賃料推定に関する研究(マネジメント,建築社会システム) 国内会議

    徐 小芳, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  2010年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 建物壁面の属性を考慮したひったくり犯罪の空間分析 国内会議

    瀧澤 重志

    日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Discovering Distinctive Spatial Patterns on Snatch in Kyoto City with CAEP 国際会議

    A. Takizawa, W. Koo, N. Katoh

    GeoComputation 2009  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1-D-8 動的ネットワークフローを用いた避難所の収容人数の評価(離散・組合せ最適化(3)) 国内会議

    神山 直之, 川端 祐人, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of Capacities of Refuges in Urban Areas by using Dynamic Network Flows 国際会議

    N. Kamiyama, A. Takizawa, N. Katoh, Y. Kawabata

    The 8th International Symposium on Operations Research and Its Applications (ISORA 2009)  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5336 経路障害発生時の集団経路探索行動における情報共有の有効性に関する理論的研究(経路探索,建築計画I) 国内会議

    井上 雅樹, 神山 直之, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎  2009年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 8083 東京23区内のオフィスビルへのテナントの入居期間の分析(オフィスビル・REIT,建築社会システム) 国内会議

    松原 周平, 小林 篤司, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  2009年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7386 CAEPを用いた京都市郊外におけるひったくりの空間分析(居住空間の防犯,都市計画) 国内会議

    瀧澤 重志, 具 源龍, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  2009年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The Multicover Problem in Graphs arising from Patrol Route Planning 国際会議

    M. Inoue, N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa, W. Koo

    International Symposium on Scheduling 2009  2009年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CAEPを用いた京都市郊外におけるひったくりの空間分析 国内会議

    瀧澤 重志, 具 源龍, 加藤 直樹

    日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集  2009年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1B2 The Multicover Problem in Graphs arising from Patrol Route Planning : 国内会議

    Inoue Masaki, Kamiyama Naoyuki, Katoh Naoki, Takizawa Atsushi, Koo Wonyong

    Proceedings of International Symposium on Scheduling  2009年  日本機械学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    In this paper, we consider the following covering problem in graphs which is motivated by patrol route planning. Suppose that we are given a graph G=(V,E), a cost function c:2^E→R_+ and a requirement function r:V→Z_+, where R_+ and Z_+ represent the set of nonnegative reals and integers, respectively. Then, we consider the problem of finding minimum cost k subgraphs with a prescribed property (e.g., trees or paths) such that each v∈V is contained in at least r(v) subgraphs, where the cost of each subgraph is defined by the value of the function c for its edge set and the cost of k subgraphs is defined by the sum of their costs. Since this problem includes the travelling salesman problem as a subcase, it is NP-hard. In this paper, we consider two special cases of this problem. We first consider the problem where we cover the input graph by using trees. For this problem, we present a heuristic algorithm and we apply our algorithm to a numerical example arising from Nagoya City in Japan. We next consider the problem where we are given a path as the input graph and we cover it by using subpaths. For this problem, we first show that if each edge is given a cost and the cost of each path is defined by the sum of the costs of the edges contained in it, this problem can be solved in time bounded by a polynomial in the size of G, k and max{r(v)|v∈V}. Next, we show that if k=max{r(v)|v∈V}holds, this problem can be solved in polynomial time for a general cost function. Furthermore, we prove that if each edge is given a cost and the cost of each path is defined by the square of the sum of the costs of the edges contained in it, we can solve this problem more efficiently.

    CiNii Article

  • 11008 直交グラフ描画を用いた展示の空間分割法(設計システム・CAD,情報システム技術) 国内会議

    宗本 晋作, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2008年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7425 空室率と募集賃料の時系列データに基づく東京23区主要オフィスエリアのクラスタリング(計測手法,都市計画) 国内会議

    松原 周平, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  2008年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11025 不確定なOD需要・枝容量を持つネットワーク均衡流に対するパラメトリックアプローチ(シミュレーション・数理計画・数理統計,情報システム技術) 国内会議

    加藤 直樹, 瀧澤 重志, 神山 直之

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2008年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11024 動的ネットワークにおける現実的な制約を持つ避難計画問題(シミュレーション・数理計画・数理統計,情報システム技術) 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2008年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11023 大阪市内のオフィスビルにおける感性評価の決定要因分析(シミュレーション・数理計画・数理統計,情報システム技術) 国内会議

    瀧澤 重志, 高橋 宣行, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2008年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1-D-1 Arc-disjoint In-trees in Directed Graphs 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集  2008年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2-F-5 感性評価を考慮したオフィスビルの賃料推定モデル(マーケティング(1)) 国内会議

    具 源龍, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集  2008年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1-E-3 空室率と募集賃料の時系列データに基づく東京23区主要オフィスエリアのクラスタリング(都市・地域・行政(1)) 国内会議

    松原 周平, 加藤 直樹, 瀧澤 重志, 神山 直之, 杉本 和也, 山方 俊彦

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集  2008年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1-D-2 線的施設配置問題に関する研究(離散アルゴリズム(1)) 国内会議

    田治 剛有, 谷川 眞一, 神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    日本オペレーションズ・リサーチ学会春季研究発表会アブストラクト集  2008年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Arc-disjoint In-trees in Directed Graphs 国内会議

    N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa

    The nineteenth Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms (SODA2008)  2008年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有向グラフ上の辺素な内向木に関する最大最小定理 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    情報処理学会研究報告アルゴリズム(AL)  2007年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    本論文では,|S|=dを満たす特別な点集合S={S1 ... Sd.}⊆Vを持つ有向グラフD=(V A) と関数 f:S→Nが与えられたとき,各 Ti j が si を根とし,si に到達可能なVの点集合を張るような,全てのi=1 ... dに対して、Ti 1 Ti 2... Ti f(si)と表される辺素な内向木の集合が存在する必要十分条件を与える.ただし,Nは自然数の集合であるとする.この定理は,[2]によって与えられた定理,つまり特別な点S∈Vを持つ有向木D=(V A)と自然数K∈Nが与えられたとき,虎個の辺素なVを張るsを根とする内向木が存在する必要十分条件の一般化となっている.さらに本論文では,[1]によって与えられた内向木のパッキングに関する別の特徴付けを,我々の場合へ拡張する.Given a directed graph D = (V,A) and a set of specified vertices S = {s1..., sd} ⊆ V with |S| = d and a function f:S 窶髏 N where N denotes the set of natural numbers, we present a necessary and sufficient condition that there exist Σsi∈s f(si) arc-disjoint in-trees denoted by Ti,1,Ti,2,....,Ti,f(si) for every i = 1,..., d such that Ti,1,..., Ti,f(si) are rooted at Si and each Ti,j spans vertices from which si is reachable. This generalizes the result of Edmonds [2], i.e., the necessary and sufficient condition that for a directed graph D = (V, A) with a specified vertex s ∈ V, there are k arc-disjoint in-trees rooted at s each of which spans V. Furthermore, we extend another characterization of packing in-trees of Edmonds [1] to the one in our case.

  • 11005 建物のファサード画像からの建築構成要素の認識(設計システム・図形処理,情報システム技術) 国内会議

    具 源龍, 滝澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5584 単一パス長ネットワークにおける避難計画問題に対する効率的なアルゴリズム(避難・安全,建築計画I) 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. E-1, 建築計画I, 各種建物・地域施設, 設計方法, 構法計画, 人間工学, 計画基礎  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11018 京都市伏見区におけるひったくりを中心とした犯罪空間分析(数理・シミュレーション,情報システム技術) 国内会議

    瀧澤 重志, 佐伯 研, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11015 線的施設配置問題に関する基礎研究(数理・シミュレーション,情報システム技術) 国内会議

    田治 剛有, 加藤 直樹, 瀧澤 重志, 谷川 眞一

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11006 画像解析・画像認識による劣化膜材料の残存強度の推定(設計システム・図形処理,情報システム技術) 国内会議

    柳室 純, 具 源龍, 瀧澤 重志, 加藤 直樹, 豊田 宏, 藤原 淳, 小田 憲史

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5007 平面計画を考慮した3LDKマンションの賃貸価格解析(建築計画) 国内会議

    吉田 一馬, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5052 新橋に立地するオフィスビルにおける賃貸料の推定に関する研究(建築計画) 国内会議

    材木 敦史, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • DS-1-6 An Efficient Algorithm for the Evacuation Problem in a Certain Class of a Network with Uniform Path-Lengths 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2007年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Theoretical and Practical Issues of Evacuation Planning in Urban Areas 国際会議

    N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa

    The 8th Hellenic European Research on Computer Mathematics & its Applications  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Generalization of theorem of Edmonds 国際会議

    N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa

    The Kyoto International Conference on Computational Geometry and Graph Theory  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Finding the optimal location of line facility using Evolutionary Algorithm 国際会議

    T. Taji, S. Tanigawa, N. Katoh, A. Takizawa

    The Third Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics in conjunction with Eleventh International Conference on Enhancement and Promotion of Computational Methods in Engineering and Science  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Applying Graph Mining to Discover Substructures of Room Layouts Which Affect the Rent of Apartments 国際会議

    A. Takizawa, K. Yoshida, N. Katoh

    The 2007 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Efficient Algorithm for the Evacuation Problem in a Certain Class of Networks with Uniform Path-Lengths 国際会議

    N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa

    The sixth international conference on Graphs and Optimization  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Efficient Algorithm for the Evacuation Problem in a Certain Class of a Network with Uniform Path-Lengths 国内会議

    N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa

    The Third International Conference on Algorithmic Aspect in Information and Management (AAIM2007)  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 辺の容量が一定のネットワークにおける動的なフローを用いた避難計画問題に対する効率的なアルゴリズム(モデリングと最適化の理論) 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    数理解析研究所講究録  2006年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An efficient algorithm for the evacuation problem in dynamic network flows with uniform arc capacity and its extension (モデリングと最適化の理論--RIMS研究集会報告集) 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    数理解析研究所講究録  2006年12月  京都大学数理解析研究所

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2-C-12 An Efficient Algorithm for Evacuation Problems in a Certain Class of Layered Networks 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集  2006年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • I_049 航空写真からの建物屋根形状の判別手法の開発(I分野:画像認識・メディア理解) 国内会議

    具 源龍, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11016 航空写真からの建物屋根形状の判別手法の開発 : 色・形状情報からの線形判別(生産情報システム・図形処理・画像処理, 情報システム技術) 国内会議

    高橋 宣行, 加藤 直樹, 瀧澤 重志, 具 源龍

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2006年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11025 辺の容量が一定のネットワークにおける動的なフローを用いた避難計画問題に対する効率的なアルゴリズム(シミュレーション : 計画・構造, 情報システム技術) 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2006年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11024 指定避難施設の地域割当問題へのEMO|APヒューリスティクスの適用 : 3目的割当問題におけるサポート非劣解の列挙(シミュレーション : 計画・構造, 情報システム技術) 国内会議

    瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2006年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11023 車両犯罪の発生に関する都市空間分析(シミュレーション : 計画・構造, 情報システム技術) 国内会議

    川口 史恵, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2006年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11022 災害救助ヘリコプタの実時間出動計画 : 新潟中越地震のデータを例に(シミュレーション : 計画・構造, 情報システム技術) 国内会議

    丸山 英毅, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2006年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Applying data mining to the evaluation of furniture arrangements in one-room apartments 国際会議

    A. Zaiki, A. Takizawa, N. Katoh, J. Fujita

    7th World Congress on Computational Mechanics  2006年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Assignment of Evacuation Centers against Great Disasters by EMO/AP Heuristics with Three Objectives 国際会議

    A. Takizawa, N. Katoh

    7th Int. Conf. on Multi-Objective Programming and Goal Programming  2006年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7021 京都市西京区における都市空間の可視性分析(都市計画) 国内会議

    瀧澤 重志, 川口 史恵, 加藤 直樹

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2006年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 辺の容量が一定のネットワークにおける動的なフローを用いた避難計画問題に対する効率的なアルゴリズム 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション  2006年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    本論文では,辺に容量と移動時間の与えられたグラフで構成されるネットワークにおける最速フロー問題を扱う。与えられるネットワークの点の数をnとしたとき,本論文ではシンクを一つ持つ,辺の容量が一定のグリッドネットワークにおける最速フロー問題に対するO(n log n)時間アルゴリズムを提案する。

  • DS-1-5 辺の容量が一定のグラフにおける動的なネットワークフローを用いた避難問題に対する効率的なアルゴリズム(DS-1.COMP-NHC学生シンポジウム,シンポジウム) 国内会議

    神山 直之, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    電子情報通信学会総合大会講演論文集  2006年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Efficient algorithm for Evacuation Problem in a Certain Class of Layered Networks 国際会議

    N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa

    The 9th Japan-Korea Joint Workshop on Algorithms and Computation  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Hierarchical Image Recognition Method for Architectural Components from Building Facade 国際会議

    W. Koo, A. Takizawa, N. Katoh

    6th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • An Efficient Algorithm for Evacuation Problem in Dyanmic Network Flows with Uniform Arc Capacity, 国際会議

    N. Kamiyama, N. Katoh, A. Takizawa

    The Second International Conference on Algorithmic Aspect in Information and Management (AAIM2006)  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11011 ベイズ判別による建築画像からのガラス開口部の認識手法に関する研究(図形処理・画像処理,情報システム技術) 国内会議

    横田 隆志, 川口 史恵, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2005年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11051 都市における線的施設配置問題に関する研究(シミュレーション・数理計画,情報システム技術) 国内会議

    塚本 智久, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2005年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11050 マンションモデルルーム来場者アンケートに基づく購買者予測モデルの開発(シミュレーション・数理計画,情報システム技術) 国内会議

    瀧澤 重志, 若野 洋平, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2005年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11012 幾何学的迂回率最小化問題に関する研究(図形処理・画像処理,情報システム技術) 国内会議

    加藤 直樹, 大原 有祐, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2005年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 地代決定に着目した都市の土地利用変化のエージェントシミュレーション 国内会議

    瀧澤 重志

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2005年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 都市内鉄道の最適ネットワークの形 国内会議

    川口 史恵, 塚本 智久, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    形の科学会誌 = Bulletin of the Society for Science on Form  2005年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2001 多目的GAsを用いた太陽光発電モジュールの最適配置システム : 壁面ルーバーとして用いた場合(構造) 国内会議

    矢守 啓二, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2005年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5086 不整形な宅地分割を意図した区画割と道路配置の同時最適化に関する基礎的研究(建築計画) 国内会議

    瀧澤 重志, 渡辺 誠

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2005年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5071 学生の居室における家具配置の満足度調査(建築計画) 国内会議

    材木 敦史, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2005年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2007 通路空間におけるニューラルネットワーク学習型人間歩行モデル : シミュレーションと実験結果との比較(構造) 国内会議

    島田 陽子, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2005年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2005 都市における線的施設配置問題に関する研究(構造) 国内会議

    塚本 智久, 川口 史恵, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2005年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • AGENT-BASED URBAN SIMULATION: RELATIONSHIP BETWEEN DECISION-MAKING OF RENT AND SPACE-TIME LAND USE PATTERN 国際会議

    瀧澤 重志

    The 8th International Conference on GeoComputation  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 11040 GAを用いた太陽光発電モジュールの最適配置システム(知的システム(2),情報システム技術) 国内会議

    矢守 啓二, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2004年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7203 1次元都市において各主体の効用を増加させる地代決定に関する人工社会シミュレーション(都市解析モデル,都市計画) 国内会議

    瀧澤 重志

    学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題  2004年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11026 フロアプラン列挙に基づく二層構造物の室配置最適化手法(シミュレーション・数理計画・数理統計,情報システム技術) 国内会議

    神山 直之, 瀧澤 重志, 加藤 直樹

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2004年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11016 建築画像のデータベースに対する自動索引付けのための建築構成要素の認識手法の開発 : 畳と格子を例として(図形処理・画像処理,情報システム技術) 国内会議

    宮高 泰匡, 加藤 直樹, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2004年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11043 障害物識別センサを有するニューラルネットワーク学習型人間歩行モデル : エージェントの速度変化を考慮した場合(知的システム(2),情報システム技術) 国内会議

    島田 陽子, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2004年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2009 リユース可能なブロック建築構法に関する研究(構造) 国内会議

    高坂 公也, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2004年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7023 インタラクティブ都市空間構成システム(都市計画) 国内会議

    佐藤 浩之, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2004年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7014 セルオートマトンとマルチエージェントモデルを用いた震災救助時空間システム(都市計画) 国内会議

    谷 明勲, 割出 祐子, 河村 廣, 山邊 友一郎, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2004年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5078 障害物識別センサを有するニューラルネットワーク学習型人間歩行モデル : エージェントの速度変化を考慮した場合(建築計画) 国内会議

    島田 陽子, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2004年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5076 対話型進化計算法を用いた建築物内装デザインの合意形成に関する研究(建築計画) 国内会議

    田川 和正, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2004年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4016 GAを用いた太陽光発電モジュールの最適配置システム(環境工学) 国内会議

    矢守 啓二, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2004年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 1015 鹿児島建築市場における分散的な施工スケジューリング決定のシミュレーション分析(工程計画・機械・ロボット工法,材料施工) 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-1, 材料施工  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11028 エージェントシステムによる地震被害と救助シミュレーション(知的システム(1),情報システム技術) 国内会議

    山村 貴史, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11017 GAを用いた「再築システムの家」のリフォーム手順最適化(建築生産システム・FM,情報システム技術) 国内会議

    杜 宇, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11032 インタラクティブ都市空間構成システム : シミュレーションによるユーザ趣向の検討(知的システム(2),情報システム技術) 国内会議

    佐藤 浩之, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21332 建築構造物の知的アクティブ制御に関する実験的研究 : 1層頂部にアクチュエータを設置した2層供試体の場合(アクティブマスダンパー,構造II) 国内会議

    矢野 健太郎, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21327 建築構造物の知的ファジィ最適アクティブハイブリッド制御に関する研究 : (その2)複数地震波による制御力切り替えルールの最適化(アクティブマスダンパー,構造II) 国内会議

    高木 浩輔, 井上 将, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21326 建築構造物の知的ファジィ最適アクティブハイブリッド制御に関する研究 : (その1)複数地震波によるファジィ制御ルールの最適化(アクティブマスダンパー,構造II) 国内会議

    井上 将, 高木 浩輔, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21196 リカレント耐震設計 : IV.リカレント単位フレームにおける、減衰、摩擦を考慮した地震応答解析(応答特性とその評価(2),構造II) 国内会議

    長谷川 英樹, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 20116 リカレント建築の構造部材に関する研究 : リユース可能な建築構造部材の解析(構造解析,構造I) 国内会議

    高坂 公也, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11044 リカレント建築社会における資源経済循環のマルチエージェントシステムによる数値解析 : 地球銀行の提案(シミュレーション・VR,情報システム技術) 国内会議

    神末 直和, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11043 マルチエージェントによるリカレント建築構造部材の循環ダイナミクスの分析(シミュレーション・VR,情報システム技術) 国内会議

    辻 慎太郎, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11033 対話型進化計算法を用いた建築物内装デザインシステムの開発 : 分散を評価に取り入れた合意形成システム(知的システム(2),情報システム技術) 国内会議

    田川 和正, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2003年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2019 リユース可能な建築構造部材の応力解析(構造) 国内会議

    高坂 公也, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7030 インタラクティブ都市空間構成システム : GAの最適化によるユーザが望む都市空間の創出(都市計画) 国内会議

    佐藤 浩之, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5095 GAを用いた「再築システムの家」のリフォーム手順最適化(建築計画) 国内会議

    杜 宇, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5077 エージェントを用いた人間行動モデル : 美術館における鑑賞行動(建築計画) 国内会議

    勝山 道雄, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5076 他者との衝突回避行動を学習する人間歩行モデルの開発(建築計画) 国内会議

    島田 陽子, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5074 エージェントシステムによる地震被害と救助シミュレーション(建築計画) 国内会議

    山村 貴史, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4074 マルチエージェントによるリカレント建築構造部材の循環ダイナミクスの分析(環境工学) 国内会議

    辻 慎太郎, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4063 リカレント建築社会における資源経済循環のマルチエージェントシステムによる数値解析 : 地球銀行の提案(環境工学) 国内会議

    神末 直和, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4027 GAによる自然光を考慮した開口形態の形成に関する研究(環境工学) 国内会議

    大竹 布紗, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4013 遺伝的アルゴリズムを応用したコンサートホール形態の探求(環境工学) 国内会議

    林 達郎, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲, 安藤 四一

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2065 建築構造物の知的アクティブ制御に関する実験的研究 : 1層頂部にアクチュエータを設置した2層構造物の場合(構造) 国内会議

    矢野 健太郎, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2064 建築構造物のファジィ最適アクティブ制御実験システムに関する実験的研究 : 制御力加力方法の違いによる制御効果の検討(構造) 国内会議

    藤田 裕之, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2063 建築構造物の知的ファジィ最適アクティブハイブリッド制御に関する研究 : (その2)最適化されたファジィ制御ルールを用いた制御力切り替えルールの最適化(構造) 国内会議

    高木 浩輔, 井上 将, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2062 建築構造物の知的ファジィ最適アクティブハイブリッド制御に関する研究 : (その1)ファジイ制御ルールの最適化(構造) 国内会議

    井上 将, 高木 浩輔, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2061 弾塑性復元力特性を有する建築構造物の知的ファジィ最適アクティブ制御システム : 等価可変質量型の検討(構造) 国内会議

    網元 正憲, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2042 リカレント耐震設計に関する基礎的研究 : III.リカレント単位フレームの地震応答性状に及ぼす減衰の効果(構造) 国内会議

    長谷川 英樹, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2003年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11028 マルチエージェントによるリカレント建築構造部材の流通システム : リカレント建築と SI 建築の場合の比較 国内会議

    辻 慎太郎, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21316 建築構造物の知的ファジィ最適アクティブ制御に関する実験的研究 : 実験結果とシミュレーション結果の比較 国内会議

    藤田 裕之, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21315 弾塑性復元力特性を有する建築構造物の知的ファジィ最適アクティブ制御システム : 帰属度関数の設定の影響 国内会議

    網元 正憲, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21314 建築構造物の進化的知的ファジィ最適アクティブハイブリッド制御システム : 制御力切り替え方法+ファジィ制御の設定の最適化 国内会議

    高木 浩輔, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21174 リカレント耐震設計 : II. リカレント単位モデル化フレームの応答性状と固有周期 国内会議

    長谷川 英樹, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11054 インタラクティブ都市空間構成システム : ユーザが望む空間特性の GA による最適化システムの構築 国内会議

    佐藤 浩之, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11053 対話型進化計算法を用いた建築物内外装デザインシステムの開発 : 研究室内装デザインの検討への適用 国内会議

    田川 和正, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11052 リカレント建築の設計支援情報インフラシステム : Web データベースによる設計支援環境の構築 国内会議

    石田 陵, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11051 地震防災知的情報システム : 目的地選択基準の最適化 国内会議

    山村 貴史, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11050 遺伝的アルゴリズムを用いた最適開口形態の探求 : 日照・採光条件を制御するツール 国内会議

    大竹 布紗, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11049 遺伝的アルゴリズムによるコンサートホールの最適設計 : 改良型モデルと情報の利用法の検討 国内会議

    林 達郎, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲, 安藤 四一

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11031 エージェントによる美術館における人間行動モデル : 美術館内行動の調査 2 国内会議

    勝山 道雄, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. 構造系  2002年08月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • Multi-Agent Urban Simulator による都市シミュレーション : バージェスの同心円モデルの再構築(2002年度大会 (北陸) 学術講演梗概集) 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. 計画系  2002年06月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7047 地震防災知的情報システム : 目的地選択基準の最適化 国内会議

    山村 貴史, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7053 インタラクティブ都市空間構成システム : ユーザが望む空間特性の GA による最適化システムの構築 国内会議

    佐藤 浩之, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2005 遺伝的アルゴリズムを用いた建築構造物の最適耐震構造特性配置選定システム : 5 層粘弾性型構造物の剛性および粘性減衰配置 国内会議

    山田 真由美, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5035 リカレント建築の柱・梁部材の開発 : ブロックシステムによるフレーム構法の提案 国内会議

    高坂 公也, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5034 リカレント建築物解体最適化支援システムの構築 : 三次元構造物解体におけるエネルギー消費量、コストを考慮して 国内会議

    杜 宇, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5033 リカレント建築の設計支援情報インフラシステム 国内会議

    石田 陵, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5032 ニューラルネットワークにより移動ルールを学習する歩行モデルの開発 : 静的な障害物の回避行動に関する基礎的実験 国内会議

    中島 信雄, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5031 対話型進化計算法を用いた建築物内外装デザインシステムの開発 : ユーザの嗜好を活かした IGA による選定システム 国内会議

    田川 和正, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5030 エージェントによる美術館における人間行動モデル : 美術館内における鑑賞行動の調査 国内会議

    勝山 道雄, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4063 GA によるコンサートホール空間の最適化に関する研究 : 改良型モデルと情報の利用法の検討 国内会議

    林 達郎, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲, 安藤 四一

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4019 遺伝的アルゴリズムを用いた最適開口形態の探求 : 日照・採光条件を考慮した場合 国内会議

    大竹 布紗, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2112 弾塑性復元力特性を有する建築構造物の知的ファジィ最適アクティブ制御システム : bi-linear 型復元力特性を有する 1 質点構造物への適応 国内会議

    網元 正憲, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2111 建築物の知的ファジィ最適アクティブ制御と連動した制御装置性能特性設定の最適化 : 制振装置エネルギー消費と制御効果のバランスを考慮した場合 国内会議

    地畠 宏, 谷 明勲, 河村 廣, 滝澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2110 建築構造物の進化的知的ファジィ最適アクティブハイブリッド制御システム : 制御力切り替え方法の最適化 国内会議

    高木 浩輔, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2109 建築構造物の知的ファジィ最適アクティブ制御に関する実験的研究 : 既報の実験結果とシミュレーション結果の比較 国内会議

    藤田 裕之, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2086 リカレント耐震設計に関する基礎的研究 : I. リカレント単位モデル化フレームの倒壊応答性状 国内会議

    長谷川 英樹, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2015 マルチエージェントによるリカレント建築構造部材の流通システム : SI 建築とリカレント建築の場合の比較 国内会議

    辻 慎太郎, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2014 低層・小規模の建築物を対象とした建築構造部材のリユースシステムに関する研究 国内会議

    長谷川 靖太, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2013 ファジィネットワークによる各種構造性能指向型最適構造計画システム 国内会議

    岩田 淳秀, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2002年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • マルチエージェントを用いた美術館における鑑賞行動のシミュレーション 国内会議

    勝山 道雄, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    計算工学講演会論文集  2002年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 複雑系関連ソフトウェア(建築ソフトのフロンティア 第3回) 国内会議

    瀧澤 重志

    建築雑誌  2002年03月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11010 遺伝的アルゴリズムを用いたマルコフ連鎖型建築資材循環システムの最適設計(建築生産システム,情報システム技術) 国内会議

    稲田 隆一, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11011 遺伝的アルゴリズムを用いた鉄骨建築物解体順序最適化(建築生産システム,情報システム技術) 国内会議

    杜 宇, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11035 エージェントモデルによる建築空間内における人間行動シミュレータ(シミュレーション・数理計画・数理統計(2),情報システム技術) 国内会議

    織田 端夫, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21140 ファジイ最適制御による建築構造物の知的アクティブ制御に関する実験的研究 : 制御力加力方法による制御効果の比較(制御理論と制振,構造II) 国内会議

    藤田 裕之, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11053 条件付きファジィ集合ルールを用いた地震動入力予測 : 遺伝的アルゴリズムを用いた予測ルールのチューニング(知的システム(2),情報システム技術) 国内会議

    谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11049 離散型モデルとGAによるコンサートホール空間の最適化に関する研究(知的システム(1),情報システム技術) 国内会議

    林 達郎, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲, 安藤 四一

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11048 遺伝的アルゴリズムを用いた最適開口計画システム(知的システム(1),情報システム技術) 国内会議

    大竹 布紗, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11047 マルチエージェントによるリカレント建築構造部材の流通システム(知的システム(1),情報システム技術) 国内会議

    辻 慎太郎, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11045 リアルタイム知的地震防災システム : 応急対策支援シミュレーション(知的システム(1),情報システム技術) 国内会議

    山村 貴史, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11036 エージェントとGAを用いた美術館における絵画の最適配置システム(シミュレーション・数理計画・数理統計(2),情報システム技術) 国内会議

    勝山 道雄, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2001年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • Web データベースとGAを用いたリカレント建築設計支援システムの構築 国内会議

    石田 陵, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    計算工学講演会論文集  2001年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2006 条件付きファジィ集合ルールを用いた地震動入力予測 : 遺伝的アルゴリズムを用いた予測ルールのチューニング(構造) 国内会議

    谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7034 リアルタイム知的地震防災システム : 応急対策支援シミュレーション(都市計画) 国内会議

    山村 貴史, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7004 リカレント都市構想(都市計画) 国内会議

    河村 廣, 瀧澤 重志, 長谷川 靖太

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5085 リカレント建築構造部材のWebデータベースシステム(建築計画) 国内会議

    藤川 謙司, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5084 マルチエージェントによるリカレント建築構造部材の流通システム(建築計画) 国内会議

    辻 慎太郎, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5070 エージェントモデルによる建築空間内における人間行動シミュレータの構築(建築計画) 国内会議

    織田 瑞夫, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5069 エージェントモデルとGAを用いた美術館における絵画の最適配置システム(建築計画) 国内会議

    勝山 道雄, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4029 離散型モデルとGAによるコンサートホール空間の最適化に関する研究(環境工学) 国内会議

    林 達郎, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲, 安藤 四一

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4006 遺伝的アルゴリズムを用いた最適開口計画システム(環境工学) 国内会議

    大竹 布紗, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2074 Webデータベースを用いた再使用可能な建築構造部材による建築設計支援システムの構築(構造) 国内会議

    石田 陵, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2073 GAを用いた鉄骨建築物解体順序の最適化(構造) 国内会議

    杜 宇, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2072 遺伝的アルゴリズムを用いたマルコフ連鎖型建築資材循環システムの最適設計(構造) 国内会議

    稲田 隆一, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2022 建築構造物の知的ファジィ最適制御+ファジィ制御の進化的アクティブハイブリッド制振システム(構造) 国内会議

    地畠 宏, 谷 明勲, 河村 廣, 滝澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2021 建築構造物のファジィ最適制御による知的アクティブ制御に関する実験的研究 : 制御力加力方法に関する検討(構造) 国内会議

    藤田 裕之, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2016 ニューラルネットワークを用いた建築構造物の損傷推定 : 同一観測点で観測された地震波に対する推定精度について(構造) 国内会議

    井上 賀介, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2001年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11027 ニューラルネットワークを用いた建築構造物の損傷推定 : (bi-linear)型復元力が特性を有する場合 国内会議

    井上 賀介, 谷 明勲, 河村 廣, 龍澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11030 対話型進化計算法による家具デザイン : 遺伝的プログラミングによる被験者の嗜好の構造化 国内会議

    滝瀧 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 23031 アンケートを利用した耐震性能に関する顧客満足度評価システムの研究 : その4 適用例 国内会議

    薦野 和彦, 堤 和敏, 林 和也, 寺岡 勝, 瀧澤 重志, 谷 明勲, 河村 廣

    学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 23030 アンケートを利用した耐震性能に関する顧客満足度評価システムの研究 : その3 目標層間変形角の設定 国内会議

    堤 和敏, 薦野 和彦, 林 和也, 寺岡 勝, 瀧澤 重志, 谷 明イ明勲, 河村 廣

    学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 23029 アンケートを利用した耐震性に関する顧客満足度評価システムの研究 : その2 インターネットによるカンケート結果 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲, 堤 和敏, 薦野 和彦, 林 和也, 寺岡 勝

    学術講演梗概集. C-2, 構造IV, 鉄筋コンクリート構造, プレストレストコンクリート構造, 壁構造・組積構造  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21383 複合制御方法を用いた知的ファジィ最適アクティブ制御システム : その2 : 単独制御、2種複合制御、3種複合制御方法の比較 国内会議

    三井 達雄, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11041 連続空間におけるエージェントモデルによる人間行動シミュレーション 国内会議

    織田 瑞夫, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11033 マルコフ連鎖、及び、遺伝的アルゴリズムを用いた建築資材循環システムの最適設計 国内会議

    稲田 隆一, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11032 ファジィネットワークを用いた環境負荷を考慮した最適構造材料選定システム 国内会議

    岩田 淳秀, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  2000年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7087 クラシファイアシステムを適用したマルチエージェントシステムによる街区パターンの形成 : 多種類の要素による試行(都市計画) 国内会議

    石田 和幸, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2028 遺伝的アルゴリズムによる立体トラス型構造物の多目的最適化(構造) 国内会議

    木田 康博, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5059 連続空間におけるエージェントモデルによる人間行動シミュレーション(建築計画) 国内会議

    織田 瑞夫, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5050 対話型進化計算法による家具デザイン : 遺伝的プログラミングによる被験者の嗜好の構造化(建築計画) 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5049 リカレント建築を指向した遺伝的アルゴリズムによる建築部材の平面配置決定システムに関する研究(建築計画) 国内会議

    石田 陵, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2090 複合制御方法を用いた知的ファジィ最適アクティブ制御システム : その2:単独制御、2種複合制御、3種複合制御方法の比較(構造) 国内会議

    三井 達雄, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2080 ニューラルネットワークを用いた建築構造物の損傷推定 : bi-linear型復元力特性を有する場合(構造) 国内会議

    井上 賀介, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2031 GAを用いた建築物解体の最適化(構造) 国内会議

    杜 宇, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2030 ファジィネットワークによる環境負荷を考慮した最適構造材料選定システム(構造) 国内会議

    岩田 淳秀, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2029 マルコフ連鎖、及び、遺伝的アルゴリズムを用いた建築資材循環システムの最適設計(構造) 国内会議

    稲田 隆一, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  2000年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 条件付きファジィ集合ルールを用いた地震動入力予測 : 予測精度の検討 国内会議

    谷 明勲, 河村 廣, 瀧沢 重志

    計算工学講演会論文集  2000年05月  日本計算工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • エージェントモデルによる建築空間内における人間行動シミュレーション 国内会議

    織田 瑞夫, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    計算工学講演会論文集  2000年05月  日本計算工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11009 人工生命システムによるスペースフレーム構造物の形態形成 国内会議

    木田 康博, 山田 喜章, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1999年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11017 LCAを用いた環境指向型構造材料計画システム 国内会議

    林 哲也, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1999年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11016 クラシファイア・システムを用いた街区パターンの形成 国内会議

    石田 和幸, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1999年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11015 適応的マルチエージェントシステムによる都市の土地利用パターンの形成 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1999年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11014 エージェントモデルを用いた学生食堂における群衆のふるまいのシミュレーション 国内会議

    織田 瑞夫, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1999年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 1130 マルコフ連鎖を用いた建築資材の循環に関する研究 国内会議

    稲田 隆一, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-1, 材料施工  1999年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21417 複合制御方法を用いた知的ファジィ最適アクティブ制御システム 国内会議

    三井 達雄, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  1999年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21045 ファジィ理論を用いた公共建築物の耐震性能設計に関する研究 国内会議

    中島 賢二, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  1999年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • クラシファイア・システムを用いた街区パターンの形成 国内会議

    石田 和幸, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    計算工学講演会論文集  1999年05月  日本計算工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7048 セルオートマトンを用いた都市火災のシミュレーション(都市計画) 国内会議

    山田 篤, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2031 人工生命システムによるスペースフレーム構造物の形態形成(構造) 国内会議

    木田 康博, 山田 喜章, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7047 クラシファイア・システムを用いた街区パターンの形成(都市計画) 国内会議

    石田 和幸, 瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7046 適応的マルチエージェントシステムによる都市の土地利用パターンの形成(都市計画) 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 5071 エージェントモデルを用いた学生食堂における群衆のふるまいのシミュレーション(建築計画) 国内会議

    織田 瑞夫, 河村 廣, 瀧澤 重志, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 4001 LCAを用いた環境指向型構造材料計画システム(環境工学) 国内会議

    林 哲也, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 環境系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2101 複合制御方法を用いた知的ファジィ最適アクティブ制御システム(構造) 国内会議

    三井 達雄, 谷 明勲, 河村 廣, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2082 ファジィ理論を用いた公共建築物の耐震性能設計に関する研究(構造) 国内会議

    中島 賢二, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2079 GAを用いた条件付きファジィ集合ルールによる地震動入力予測(構造) 国内会議

    藤本 由美, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2033 マルコフ連鎖を用いた建築資材の循環に関する研究(構造) 国内会議

    稲田 隆一, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2032 自律分散型ファジイネットワークによる構造計画システム(構造) 国内会議

    十河 恒明, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1999年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11012 フレーム知識表現によるインテリジェントファジィネットワークの構築 国内会議

    十河 恒明, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1998年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11017 マルチエージェントシステムによる仮想的俊モデルの構築 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1998年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11015 人工生命理論を用いた都市交通ネットワーク形成シミュレーション 国内会議

    石田 和幸, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1998年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11013 人工生命システムによるスペースフレーム構造物の形態形成に関する研究 国内会議

    木田 康博, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1998年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 複雑系的アプローチによる都市パターンの形成 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    計算工学講演会論文集  1998年05月  日本計算工学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7062 人工生命理論を用いた都市交通ネットワーク形成シミュレーション(都市計画) 国内会議

    石田 和幸, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  1998年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2035 人工生命システムによるスペースフレーム構造物の形態形成に関する研究(構造) 国内会議

    木田 康博, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1998年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7030 マルチエージェントシステムによる仮想的都市モデルの構築(都市計画) 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  1998年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2037 フレーム知識表現によるインテリジェントファジィネットワークの構築(構造) 国内会議

    十河 恒明, 河村 廣, 谷 明勲, 瀧澤 重志

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1998年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11030 セルオートマトンを用いた都市の土地利用パターンの形成 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1997年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 2082 セルオートマトンを用いた都市の土地利用パターンの形成(構造) 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1997年05月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 11062 セルオートマトンを用いた都市の形態形成に関する研究 国内会議

    滝沢 重志, 河村 広, 谷 明勲

    学術講演梗概集. A-2, 防火,海洋,情報システム技術  1996年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 7043 遺伝的位置情報、局所的・相互的評価による都市形成(都市計画) 国内会議

    瀧澤 重志, 河村 廣, 谷 明勲

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 計画系  1996年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 21031 兵庫県南部地震による住宅建材被害の調査 国内会議

    滝沢 重志, 河村 廣, 谷 明勲, 劉 世宏, 陳 彪

    学術講演梗概集. B-2, 構造II, 振動, 原子力プラント  1995年07月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 247 兵庫県南部地震による住宅建材被害の調査(構造) 国内会議

    滝沢 重志, 河村 廣, 谷 明勲, 劉 世宏, 陳 彪

    日本建築学会近畿支部研究報告集. 構造系  1995年06月  日本建築学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • Reproduction of Burges's Concentric Circle Land use Model by Multi Agent System 国際会議

    A. Takizawa, H. Kawamura, A. Tani

    Symmetry: Art and Science 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

科研費

  • 空間の有するテクスチャ・幾何・構成的な情報を統合して扱う新たな空間分析手法の開発

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 深層学習を用いた護岸壁面のひび割れ検知Webシステムの開発

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 動的ネットワークフローに基づく最適避難計画の理論基盤構築

    基盤研究(B)  2019年04月

  • 医療福祉施設利用者の行動計測によるウェルネス向上

    基盤研究(B)  2018年04月

  • 高速列挙アルゴリズムとHypergraphによるSpace Syntaxの拡張

    基盤研究(C)  2016年04月

  • スマートシティ実現のための多階層型データ解析及び最適化システムの開発と評価

    基盤研究(A)  2016年04月

  • 直観幾何学の確立とその計算機科学,建築工学および数学教育との連携の推進

    基盤研究(B)  2015年07月

  • 半教師ありクラスタリングに基づく空間の曖昧性を考慮した狭域空間分析手法の開発

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 建築・都市分野における離散数理基盤の構築と大規模最適化への展開

    基盤研究(A)  2013年04月

  • 空間的因子からみた侵入犯罪と街頭犯罪の関連性の分析と数理的設計手法への展開

    若手研究(B)  2010年

  • 建築・都市分野における計算幾何学と離散最適化

    基盤研究(B)  2009年

  • 監視性と領域性を考慮した街頭犯罪の空間データマイニング分析

    若手研究(B)  2008年

  • 建築・都市分野における幾何構造の抽出および列挙アルゴリズムの開発

    基盤研究(C)  2007年

  • 3次元空間データマイニングによる都市街頭犯罪の空間分析と発生予測モデルの構築

    若手研究(B)  2006年

  • 計算幾何学に基づく高次元データからの知識抽出のための実用的アルゴリズムの研究

    基盤研究(C)  2005年

  • 幾何的配置問題の計算量限界と近似可能性の研究

    特定領域研究  2004年

  • 都市の人工社会研究のためのオントロジーに基づく基礎モデルの構築

    若手研究(B)  2003年

  • 都市の構成論的理解へ向けたオントロジーを用いた分散型計算環境の構築

    若手研究(B)  2001年

  • 環境共生を指向する性能型知的構造計画システム

    萌芽的研究  1999年

▼全件表示

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:指導学生の受賞

    特記事項:小田原英義,瀧澤重志,最小2次元Isovist Graphによる平面被覆の最適化,日本建築学会第46回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集,報告,建築会館,pp.229-232,2023.12.7(2023年度日本建築学会情報・システム・利用・技術シンポジウム若手優秀発表賞)

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:指導学生の受賞

    特記事項:2022年度日本建築学会情報システム技術委員会情報・システム・利用・技術シンポジウム若手優秀発表賞(田中 陽子,瀧澤 重志,南海トラフ巨大地震時の大阪市の津波浸水想定域からの二次避難開始時刻の最適化,日本建築学会第45回情報・システム・利用・技術シンポジウム論文集,報告,建築会館,pp.280-283,2022.12.2)

担当教育概要

  • 建築社会システムや建築情報学関連の講義・演習を担当

学外での担当授業科目

  • 情報技術の最前線

    2020年04月
    -
    継続中
    機関名:兵庫県立大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • データマイニング論

    2009年09月
    -
    継続中
    機関名:関西大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:1件  所属大学院生発表数:3件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:2件  所属大学院生発表数:6件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:4件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:3名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:4名  卒業論文審査数:6件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):3件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • 産学官連携活動

    2009年04月 - 2010年03月

     詳細を見る

    株式会社帝国データバンクとの企業間取引構造の分析

  • 産学官連携活動

    2008年04月 - 2009年03月

     詳細を見る

    株式会社大和ハウス工業との画像解析による建物防水シートの劣化推定システムの研究開発

  • 産学官連携活動

    2006年04月 - 2007年03月

     詳細を見る

    株式会社ザイマックスとのオフィスビルのPM業務に関するデータ分析(継続中)

  • 産学官連携活動

    2006年04月 - 2007年03月

     詳細を見る

    株式会社太陽工業との画像を用いた膜構造材料の残存強度推定モデルに関する研究

学術貢献活動

  • 日本建築学会情報システムシンポジウム論文WG主査

    役割:企画立案・運営等

    2023年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  • 日本建築学会 規準・論文グローバル対応TF・データ公開とV&V WG

    役割:企画立案・運営等

    2023年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 建築情報学会学術活動委員会委員

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等, 審査・評価

    2021年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本建築学会若手優秀発表賞

    役割:審査・評価

    2021年04月 - 2023年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本建築学会情報システムシンポジウム論文WG幹事

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等, 審査・評価, 査読

    2018年04月 - 2023年03月

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名

その他

  • 職務経歴

    2013年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 准教授