2024/04/11 更新

写真a

フクモト シンヤ
福本 真也
Fukumoto Shinya
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
連絡先
メールアドレス
ホームページ
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学  / 先制医療

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学  / 糖尿病学、バイオマーカー開発

  • ライフサイエンス / 循環器内科学  / 血管新生療法の開発

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

研究キーワード

  • 予防医学

  • 疫学

  • バイオマーカー

  • 人工知能

  • 糖尿病

  • 血管新生

  • 動脈硬化

  • 食事療法

  • コホート研究

  • 非アルコール性脂肪性肝障害

  • 肥満症

研究概要

  • 当科では健診受診者から同意を得て生体試料(血液、DNA等)と臨床データを蓄積するバイオリポジトリを構築しており、このバイオリポジトリを活用した新規バイオマーカーの開発研究や疫学研究を行っている。
    また、重症下肢虚血に対して行われる細胞移植による血管新生療法の効果を増幅するデバイスの開発研究や、新規の食事療法用ツールの開発研究等も行っている。

研究歴

  • 血管平滑筋細胞の増殖に関する研究

    個人研究

    1993年04月 - 1997年12月 

  • 血管構成細胞の分化に関する研究

    個人研究

    1998年01月 - 2001年03月 

  • 動脈硬化成因に関する基礎研究および臨床研究

    個人研究

    2001年04月 - 継続中 

  • 末梢動脈疾患(PAD)に対する血管新生療法の開発

    血管新生、骨髄細胞、幹細胞  国内共同研究

    2001年04月 - 2005年03月 

  • 高有効性・低侵襲性ハイブリッド型血管新生療法の開発研究

    国内共同研究

    2005年04月 - 継続中 

  • 新たな食事療法の開発

    機関内共同研究

    2005年04月 - 継続中 

  • 生活習慣病や癌の予防因子・予測因子の発見と、バイオマーカーの開発

    生活習慣病、がん、バイオマーカー 

    2014年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本糖尿病学会

      国内

  • 日本腎臓病学会

      国内

  • 日本動脈硬化学会

      国内

  • アメリカ糖尿病学会

      国外

  • 日本糖尿病合併症学会

      国内

  • 国際動脈硬化学会

      国外

  • 日本病態栄養学会

      国内

  • 日本人間ドック学会

      国内

  • 日本総合健診医学会

      国内

  • 日本透析医学会

      国内

  • 日本下肢救済・足病学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 教育ワーキンググループ委員   日本腎臓学会専門医制度委員会  

    2003年11月 - 2014年03月 

  • 新科学技術開発・活用小委員会委員   日本透析医学会  

    2004年09月 - 2011年08月 

  • 日本内科認定医試験・筆記試験監督官   日本内科学会・認定医制度審議会・資格認定試験委員会  

    2007年06月 - 2008年06月 

  • 病歴要約評価委員   日本内科学会・認定医制度審議会・資格認定試験委員会  

    2009年06月 - 2020年09月 

  • J-OSLER 内科専門研修指導医、病歴要約査読委員(病歴要約二次評価)   日本内科学会  

    2020年09月 - 継続中 

  • 学術評議員   日本病態栄養学会   

    2010年01月 - 継続中 

  • 評議員   日本糖尿病学会近畿支部  

    2010年11月 - 継続中 

  • 評議員   日本内科学会近畿支部  

    2012年06月 - 継続中 

  • 委員(糖尿病専門医試験 面接官)   日本糖尿病学会・専門医認定委員会  

    2013年10月 - 2016年10月 

  • 評議員   大阪市医学会  

    2014年06月 - 継続中 

  • 学術評議員   日本糖尿病学会  

    2015年05月 - 継続中 

  • 委員(書類選考委員)   日本糖尿病学会・専門医認定委員会   

    2017年05月 - 継続中 

  • 講習委員   大阪糖尿病療養指導士認定機構(CDE大阪)  

    2019年04月 - 継続中 

  • 社員、論文査読委員   日本人間ドック学会  

    2022年04月 - 継続中 

      詳細を見る

    評議員

▼全件表示

受賞歴

  • かなえ財団海外留学助成

    1997  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第10回日本心臓財団・ファイザー「高血圧と血管代謝」研究会賞

    2002  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本透析医学会賞・奨励賞受賞

    2005  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成24年度(第一回)大阪市立大学医学部長賞・特別奨励賞

    2013  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • Harvard School of Public Health   Cardiovascular lab.   ポスドク研究員

    1998年01月 - 1999年11月

  • Brigham and Women’s Hospital / Harvard Medical School   Cardiovascular lab.   ポスドク研究員

    1999年12月 - 2001年03月

学歴

  • 大阪市立大学   大学院医学研究科   内科系専攻   博士課程   卒業・修了

    1993年04月 - 1997年03月

  • 大阪市立大学   医学部   医学科     卒業・修了

    1985年04月 - 1991年03月

論文

  • Efficacy evaluation of upper gastrointestinal endoscopy screening for secondary prevention of gastric cancer using the standardized detection ratio during a medical check-up in Japan 査読

    Tanaka C, Otani K, Yoshida H, Nadatani Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   advpub   2024年( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3164/jcbn.24-28

  • Association of plasma xanthine oxidoreductase activity with vascular endothelial function independent of serum uric acid level: MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Akari S, Murase T, Nakamura T, Ihara Y, Imai T, Nagata Y, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Watanabe T, Emoto M.

    IJC Heart & Vasculature   48   101264   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Background
    Xanthine oxidoreductase (XOR) inhibitor administration, known to reduce uric acid and reactive oxygen species (ROS) production, also improves vascular endothelial function (VEF). This cross-sectional study examined our hypothesis that XOR contributes to impaired VEF through ROS but not uric acid production.

    Methods
    In 395 subjects (196 males, 199 females) without urate-lowering agent administration who underwent a health examination, plasma XOR activity was determined using our highly sensitive assay based on [13C2,15N2] xanthine and liquid chromatography/triple quadrupole mass spectrometry. For VEF evaluation, flow-mediated dilatation (FMD) in the brachial artery was determined by ultrasound, with physical and laboratory measurements also obtained.

    Results
    The median values for plasma XOR activity, serum uric acid, and FMD were 26.6 pmol/h/mL, 5.4 mg/dL, and 6.2%, respectively. Simple regression analysis showed weak correlations of both log plasma XOR activity and serum uric acid level with FMD (r = −0.213, p < 0.001 and r = −0.139, p = 0.006, respectively). However, multivariable linear regression analyses revealed that log plasma XOR activity but not serum uric acid level remained associated with FMD (β = −0.116, p = 0.037 and β = 0.041, p = 0.549, respectively) after adjustments for various clinical parameters, with no remarkable inconsistencies for the association observed in subgroups divided based on sex or uric acid level. Finally, a series of mediation analyses showed that serum uric acid level did not meet the criteria for mediator of the association of plasma XOR activity with FMD (p = 0.538).

    Conclusions
    These findings suggest the possibility that XOR contributes to the pathophysiology of impaired VEF through ROS but not uric acid production.

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2023.101264

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2023.101264

    その他URL: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2352906723000957

  • Upper gastrointestinal endoscopic fndings in functional constipation and irritable bowel syndrome diagnosed using the Rome IV criteria: a cross-sectional survey during a medical check-up in Japan. 査読

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Nadatani Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y.

    BMC Gastroenterol.   23 ( 1 )   140   2023年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12876-023-02784-6.

    DOI: 10.1186/s12876-023-02784-6.

  • Serum phosphate as an independent factor associated with cholesterol metabolism in patients undergoing hemodialysis: a cross-sectional analysis of the DREAM cohort. 査読

    Okute Y, Shoji T, Shimomura N, Tsujimoto Y, Nagata Y, Uedono H, Nakatani S, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Imanishi Y, Emoto M.

    Nephrol Dial Transplant.   38 ( 4 )   1002 - 1008   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/ndt/gfac222.

    DOI: 10.1093/ndt/gfac222.

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000412

  • Visual and quantitative evaluation of microcalcifications in mammograms with deep learning-based super-resolution. 査読

    Takashi Honjo, Daiju Ueda, Yutaka Katayama, Akitoshi Shimazaki, Atsushi Jago, Ken Kageyama, Kazuki Murai, Hiroyuki Tatekawa, Shinya Fukumoto, Akira, Yamamoto, Yukio Miki.

    Eur J Radiol.   154   110433   2022年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2022.110433.

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2022.110433.

  • Possible role of insulin resistance in activation of plasma xanthine oxidoreductase in health check‑up examinees. 査読

    Masafumi Kurajoh, Shinya Fukumoto, Seigo Akari, Takayo Murase, Takashi Nakamura, Kanae Takahashi, Hisako Yoshida, Shinya Nakatani, Akihiro Tsuda, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Yasuo Imanishi, Kazuto Hirata & Masanori Emoto.

    Sci Rep.   12 ( 1 )   10281   2022年06月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-022-11094-y.

    DOI: 10.1038/s41598-022-11094-y.

  • Lifestyle changes during the coronavirus disease 2019 pandemic impact metabolic dysfunction–associated fatty liver disease. 査読

    Hideki Fujii, Naotoshi Nakamura, Shinya Fukumoto, Tatsuo Kimura, Akemi Nakano, Yuji Nadatani, Yukie Tauchi, Yuuko Nishii, Shingo Takashima, Yoshihiro Kamada, Toshio Watanabe, Norifumi Kawada.

    Liver Int.   42 ( 5 )   995 - 1004   2022年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/liv.15158.

    DOI: 10.1111/liv.15158.

  • Development and validation of a deep learning model for detection of breast cancers in mammography from multi-institutional datasets. 査読

    Ueda D, Yamamoto A, Onoda N, Takashima T, Noda S, Kashiwagi S, Morisaki T, Fukumoto S, Shiba M, Morimura M, Shimono T, Kageyama K, Tatekawa H, Murai K, Honjo T, Shimazaki A, Kabata D, Miki Y.

    PLoS One   17 ( 3 )   e0265751   2022年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0265751.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0265751.

  • Role of adiponectin in the relationship between visceral adiposity and fibroblast growth factor 23 in non-diabetic men with normal kidney function. 査読

    Natsuki Y, Morioka T, Fukumoto S, Kakutani Y, Yamazaki Y, Ochi A, Kurajoh M, Mori K, Shoji T, Imanishi Y, Inaba M, Emoto M.

    Endocr J.   69 ( 2 )   121 - 129   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ21-0185.

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ21-0185.

  • A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan. 査読

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y.

    J Clin Biochem Nutr.   70 ( 2 )   205 - 211   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3164/jcbn.21-87.

    DOI: 10.3164/jcbn.21-87.

  • Prevalence and risk factor for chronic diarrhea in participants of a Japanese medical checkup. 査読

    Yuji Matsumoto, Yuji Nadatani, Koji Otani, Akira Higashimori, Masaki Ominami, Shusei Fukunaga, Shuhei Hosomi, Noriko Kamata, Tatsuo Kimura, Shinya Fukumoto, Fumio Tanaka, Koichi Taira, Yasuaki Nagami, Toshio Watanabe and Yasuhiro Fujiwara.

    JGH Open.   6 ( 1 )   69 - 75   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/jgh3.12704.

    DOI: 10.1002/jgh3.12704.

  • A mask-based infection control method for screening endoscopy may prevent SARS-CoV-2 transmission and relieve staff anxiety. 査読

    Nadatani Y, Higashimori A, Takashima S, Maruyama H, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Fujii H, Nakano A, Taira K, Kamata N, Nagami Y, Kimura T, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Fujiwara Y.

    SAGE Open Med.   9   2050312121   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/20503121211047060.

    DOI: 10.1177/20503121211047060.

  • The FibroScan-aspartate aminotransferase score can stratify the disease severity in a Japanese cohort with fatty liver diseases. 査読

    Fujii H, Fukumoto S, Enomoto M, Uchida-Kobayashi S, Kimura T, Tamori A, Nadatani Y, Takashima S, Nishimoto N, Kawada N.

    Sci Rep.   11 ( 1 )   13844   2021年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-021-93435-x.

    DOI: 10.1038/s41598-021-93435-x.

  • Validation of a two-step approach combining serum biomarkers and liver stiffness measurement to predict advanced fibrosis. 査読

    Fujii H, Enomoto M, Fukumoto S, Kimura T, Nadatani Y, Takashima S, Hagihara A, Uchida-Kobayashi S, Tamori A, Nishimoto N, Kawada N.

    JGH Open.   5 ( 7 )   801 - 808   2021年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/jgh3.12590.

  • Uric acid shown to contribute to increased oxidative stress level independent of xanthine oxidoreductase activity in MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Yoshida S, Akari S, Murase T, Nakamura T, Ishii H, Yoshida H, Nagata Y, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Hirata K, Emoto M.

    Sci Rep.   11 ( 1 )   7378   2021年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-021-86962-0.

    DOI: 10.1038/s41598-021-86962-0.

  • SARS-CoV-2-induced humoral immunity through B cell epitope analysis in COVID-19 infected individuals 査読

    Yoshida Shota, Ono Chikako, Hayashi Hiroki, Fukumoto Shinya, Shiraishi Satoshi, Tomono Kazunori, Arase Hisashi, Matsuura Yoshiharu, Nakagami Hironori

    SCIENTIFIC REPORTS   11 ( 1 )   5934   2021年03月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-021-85202-9

    PubMed

  • Prevalence and risk factors of functional constipation in the Rome IV criteria during a medical check-up in Japan 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   2021年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15436

    PubMed

  • 人間ドック受診を契機に発見された好酸球性食道炎の臨床像および内視鏡所見の検討 査読

    高嶋信吾、灘谷祐二、西居由布子、田内幸枝、大谷恒史、田中史生、藤井英樹、中野朱美、木村達郎、福本真也、藤原靖弘、渡邉俊雄

    人間ドック   36 ( 4 )   545 - 551   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Albuminuria rather than glomerular filtration rate is associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes 査読

    Kakutani Yoshinori, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Yamazaki Yuko, Ochi Akinobu, Kurajoh Masafumi, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    JOURNAL OF DIABETES AND ITS COMPLICATIONS   34 ( 12 )   107702   2020年12月( ISSN:1056-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdiacomp.2020.107702

    PubMed

  • Eosinophilic esophagitis and asymptomatic esophageal eosinophilia display similar immunohistological profiles 査読 国際共著

    Kitamura Hiroyuki, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   2020年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    <p>Patients with asymptomatic esophageal eosinophilia (aEE) do not exhibit clinical symptoms because of esophageal dysfunction, although they have endoscopic and histological findings similar to those of eosinophilic esophagitis (EoE). The cause of the symptoms and the differences between aEE and EoE are unclear. The aim of this study is to determine whether aEE and EoE are same disease entities by comparing immune-related tissue biomarkers using immunohistological staining. Esophageal biopsy specimens from 61 patients, including 18 with aEE and 43 with EoE, were analyzed. Immunofluorescence staining was performed to quantify the immune-related tissue biomarkers such as major basic protein, eosinophil-derived neurotoxin, eotaxin-3, and immunoglobulin G4. Data are presented as median (interquartile range). There were no significant differences in clinical, endoscopic, or histological features, between patients with aEE and EoE, with the exception of body mass index. There were no significant differences in all immune-related tissue biomarkers between both groups. In conclusions, EoE and aEE displayed similar immunohistological profiles. Hence, they may be similar disease entities with some common pathogenic mechanisms. Our findings suggest that patients with aEE also have histopathological esophageal inflammation.</p>

    DOI: 10.3164/jcbn.20-49

    CiNii Article

  • Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-Helicobacter pylori antibody during a medical check-up(和訳中) 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Kosaka Satoshi, Matsumoto Yuji, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Visceral adiposity is associated with the discrepancy between glycated albumin and HbA1c in type 2 diabetes 査読

    Maruo Saori, Motoyama Koka, Hirota Tomoe, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    DIABETOLOGY INTERNATIONAL   11 ( 4 )   368 - 375   2020年10月( ISSN:2190-1678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13340-020-00431-z

    PubMed

  • 糖尿病における上腕血圧左右差およびその末梢動脈疾患との選択的関連(Inter-Arm Blood Pressure Difference in Diabetes Mellitus and Its Preferential Association with Peripheral Artery Disease) 査読

    Miyashima Masako, Shoji Tetsuo, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Ochi Akinobu, Morioka Tomoaki, Shinohara-Mitsuki Kayo, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   27 ( 8 )   780 - 788   2020年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    自動血圧測定器を用いて両上腕血圧を測定した被験者を、糖尿病患者1316例と非糖尿病患者1264例に分類し、上腕血圧の左右差(IAD)に対する糖尿病の関与と、心血管疾患との関連を横断研究により検討した。糖尿病患者は非糖尿病患者と比べてIADの値が大きく、10mmHg以上のIADの有病率が有意に高かったが、交絡因子を補正後に有意差はなくなった。心血管疾患のリスク因子で補正後のモデルにおいて、冠動脈疾患、脳卒中、末梢動脈疾患のうち、末梢動脈疾患のみがIADと有意に関連した。特に若年の患者では、末梢動脈疾患とIADの相関が顕著であった。糖尿病はIADの独立関連因子ではなかった。

  • Plasma xanthine oxidoreductase activity change over 12 months independently associated with change in serum uric acid level: MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Murase T, Nakamura T, Nagata Y, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Kawada N, Hirata K, Emoto M

    Clinical chemistry and laboratory medicine   2020年07月( ISSN:1434-6621

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/cclm-2020-0563

    PubMed

  • Annual lung cancer screening by chest X ray to avoid further examinations. 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Fujii Hideki, Nakano Akemi, Nadatani Yuji, Tauchi Yukie, Suzumura Tomohiro, Ogawa Koichi, Kawaguchi Tomoya, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 15 )   2020年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of plasma xanthine oxidoreductase activity with blood pressure affected by oxidative stress level: MedCity21 health examination registry 査読

    Yoshida Shio, Kurajoh Masafumi, Fukumoto Shinya, Murase Takayo, Nakamura Takashi, Yoshida Hisako, Hirata Kazuto, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    SCIENTIFIC REPORTS   10 ( 1 )   4437   2020年03月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-61463-8

    PubMed

  • Exosomal hsa-miR-933 in Gastric Juice as a Potential Biomarker for Functional Dyspepsia. 査読

    Tanaka F, Takashima S, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Murakami Y, Kawada N, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   2020年01月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-020-06096-7

    PubMed

  • Insulin Resistance Associated with Plasma Xanthine Oxidoreductase Activity Independent of Visceral Adiposity and Adiponectin Level: MedCity21 Health Examination Registry 査読

    Kurajoh Masafumi, Fukumoto Shinya, Murase Takayo, Nakamura Takashi, Ishihara Takuma, Go Hirofumi, Yamamoto Kouji, Nakatani Shinya, Tsuda Akihiro, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY   2019   1762161   2019年12月( ISSN:1687-8337

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2019/1762161

    PubMed

  • Inter-Arm Blood Pressure Difference in Diabetes Mellitus and Its Preferential Association with Peripheral Artery Disease. 査読

    Miyashima M, Shoji T, Kakutani Y, Yamazaki Y, Ochi A, Morioka T, Shinohara-Mitsuki K, Fukumoto S, Shioi A, Inaba M, Emoto M

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 Journal of atherosclerosis and thrombosis   2019年12月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Aim: </b>Inter-arm blood pressure difference (IAD) is known to be associated with a composite of cardiovascular disease (CVD) and with CVD risk factors. However, only limited information is available regarding the contribution of diabetes mellitus to IAD and the association of IAD with individual CVDs, such as coronary artery disease (CAD), stroke, and peripheral artery disease (PAD).<b> </b></p><p><b>Methods: </b>We addressed these issues in this cross-sectional study of 2580 participants who had simultaneous blood pressure measurements in both arms using an automated device.<b> </b></p><p><b>Results: </b>Compared with 1,264 nondiabetic subjects, 1316 patients with diabetes mellitus had a greater IAD (<i>P</i>=0.01) and a higher prevalence of IAD of ≥ 10 mmHg (8.4% vs. 5.4%, <i>P</i>=0.002). However, such difference was not significant after the adjustment for potential confounders. Among CAD, stroke, and PAD, only PAD was significantly associated with IAD in a model adjusted for the CVD risk factors. Age was found to modify the association between IAD and PAD, with the association being more prominent in the younger subgroup.<b> </b></p><p><b>Conclusion: </b>Thus, diabetes mellitus itself was not an independent factor associated with IAD. A larger IAD was preferentially associated with the presence of PAD, and this association was modified by age.</p>

    DOI: 10.5551/jat.52886

    PubMed

    CiNii Article

  • Plasma omentin levels are inversely associated with atherosclerosis in type 2 diabetes patients with increased plasma adiponectin levels: a cross-sectional study. 査読

    Nishimura M, Morioka T, Hayashi M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Kurajoh M, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    Cardiovascular diabetology   18 ( 1 )   167   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12933-019-0973-3

    PubMed

  • A Polymorphism rs6726395 in Nrf2 Contributes to the Development of Emphysema-Associated Age in Smokers Without COPD 査読

    Sugitani A., Asai K., Watanabe T., Suzumura T., Kojima K., Kubo H., Sato K., Ijiri N., Yamada K., Kimura T., Fukumoto S., Hirata K., Kawaguchi T.

    LUNG   197 ( 5 )   559 - 564   2019年10月( ISSN:0341-2040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00408-019-00251-2

  • Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults(和訳中) 査読

    Tanaka Fumio, Fukumoto Shinya, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    シュプリンガー・ジャパン(株) Esophagus   16 ( 3 )   309 - 315   2019年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Annual lung cancer screening by chest x-ray results in higher profits for the exclusion of lung cancer. 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Morikawa Hiroyasu, Nakano Akemi, Otani Koji, Tauchi Yukie, Uemura Risa, Suzumura Tomohiro, Ogawa Koichi, Kawaguchi Tomoya, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 15 )   2019年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Independent association of plasma xanthine oxidoreductase activity with serum uric acid level based on stable isotope-labeled xanthine and liquid chromatography/triple quadrupole mass spectrometry: MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Emoto M, Murase T, Nakamura T, Ishihara T, Go H, Yamamoto K, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Inaba M

    Clinical chemistry and laboratory medicine   2019年05月( ISSN:1434-6621

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/cclm-2019-0199

    PubMed

  • 日本人被験者においてBarrett食道は好酸球性食道炎と負に関連する(Barrett's esophagus is negatively associated with eosinophilic esophagitis in Japanese subjects) 査読

    Takashima Shingo, Tanaka Fumio, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    シュプリンガー・ジャパン(株) Esophagus   16 ( 2 )   168 - 173   2019年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    好酸球性食道炎(EoF)とBarrett食道(BE)との臨床的関係性を調査した。2015年1月〜2017年9月に当施設に来院した日本人EoF患者95例(女性38例、男性57例、平均45.9±10.5歳)と当施設で人間ドックを受けた非EoF対照190名(女性76名、男性114名、平均45.9±10.5歳)を後ろ向きに調査した。臨床的特徴と、BE、逆流性食道炎(RE)、食道裂孔ヘルニア、萎縮性胃炎の有病率をEoF患者と対照で比較し、これらの因子とEoFとの関連を調査した。BEの有病率はEoF患者が2.1%で、対照の13.2%よりも有意に低かった。REの有病率は対照よりもEoF患者で高かったが有意ではなかった。食道裂孔ヘルニア、萎縮性胃炎の有病率は2群間で有意差がなかった。多変量解析ではBEはEoFと有意に負に関連し、BMIはEoFと正に関連した。

  • Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults. 査読

    Tanaka F, Fukumoto S, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   2019年03月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-019-00662-3

    PubMed

  • Impact of Therapeutic Angiogenesis Using Autologous Bone Marrow-Derived Mononuclear Cells Implantation in Critical Limb Ischemia With Scleroderma - Subanalysis of the Long-Term Clinical Outcomes Survey - 査読

    Shoji, Keisuke, Yanishi, Kenji, Yoshimi, Ryusuke, Hamada, Naoki, Kondo, Kazuhisa, Fujimoto, Kazuteru, Nakajima, Hideaki, Kuwahara, Koichiro, Higashi, Yukihito, Fukumoto, Yoshihiro, Murohara, Toyoaki, Matoba, Satoaki, Hayashida, Ryo, Shibata, Rei, Murotani, Kenta, Ando, Masahiko, Mizuno, Masaaki, Fujiwara, Tadami, Fujimoto, Kazuteru, Kato, Tamon, Kajikawa, Masato, Ootsuka, Masanori, Sasaki, Kenichiro, Saito, Yoshihiko, Fukumoto, Shinya

    JAPANESE CIRCULATION SOC CIRCULATION JOURNAL   83 ( 3 )   662 - 671   2019年03月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Many patients with collagen disease (CD), particularly scleroderma (SSc), develop critical limb ischemia (CLI), which leads to limb amputation. However, conventional therapies, including revascularization via surgical bypass, showed poor outcomes in CLI patients with CD. Many CLI patients with SSc showed poor responses to combination therapies including intravenous iloprost, PDE-5 inhibitors, and bosentan. Therefore, new methods of improving the peripheral circulation for limb salvage are required. This study was a subanalysis of the long-term clinical outcomes after autologous bone marrow-derived mononuclear cells (BM-MNC) in CLI patients with SSc. Methods and Results: We assessed no-option CLI patients with CD who underwent BM-MNC implantation at 10 institutes; 69 patients (39 with SSc-related diseases (SSc group) and 30 with other CDs (non-SSc group)), were included. The median follow-up duration was 36.5 months. The 10-year overall survival rate was 59.1% in the SSc group and 82.4% in the non-SSc group. The 10-year major amputation-free rates were 97.4% and 82.6%, respectively. The number of major or minor amputations in the SSc group trended to be less than that in

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-1044

  • Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects. 査読

    Tanaka F, Tominaga K, Fujikawa Y, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 3 )   321 - 328   2019年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1325-18

    PubMed

  • Plasma omentin levels are associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes at elevated cardiovascular risk. 査読

    Hayashi M, Morioka T, Hatamori M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Kurajoh M, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    Diabetes research and clinical practice   148   160 - 168   2019年02月( ISSN:0168-8227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2019.01.009

    PubMed

  • 日本人被験者における機能性ディスペプシアと陥凹型胃びらんとの関連性(Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects) 査読

    Tanaka Fumio, Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   58 ( 3 )   321 - 328   2019年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    機能性ディスペプシア(FD)の自験例を対象に、FDに関連する内視鏡所見を胃炎の京都分類に従って調査する横断研究を施行した。当院にて上部消化管内視鏡検査を施行された健診受診者のうち、器質的疾患がみられた例などを除外した456名を解析対象とした。そのうち5.5%に当たる25名(女性14名、年齢中央値47.0歳)がFDと診断され(罹患群)、残りの431名は健康と判定された(健康対照群)。両群の内視鏡検査所見を単変量解析にて比較した結果、稜線状発赤がみられた被験者の割合は罹患群で0%、健康対照群で18.6%と罹患群の方が有意に低く、逆に陥凹型びらんの割合はそれぞれ20.0%、7.9%と罹患群の方が高く、そのp値は0.0522であった。びらんが陽性の集団におけるFD罹患者の割合は12.8%で、びらん陰性集団での4.8%よりも高かった。胃炎の京都分類に記載されているその他の内視鏡所見に関しては両群間で有意差は示されなかった。単変量解析で関連性が示された2種の所見に関し多変量解析を行ったところ、陥凹型びらん所見陽性のみがFD罹患に対する独立関連因子であることが有意に示された(オッズ比2.92、95%信頼区間1.03〜8.26)。以上の結果から、陥凹型びらん所見はFDと関連していると考えられた。

  • Deep Learning for MR Angiography: Automated Detection of Cerebral Aneurysms 査読

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Nishimori Masataka, Shimono Taro, Doishita Satoshi, Shimazaki Akitoshi, Katayama Yutaka, Fukumoto Shinya, Choppin Antoine, Shimahara Yuki, Miki Yukio

    RADIOLOGY   290 ( 1 )   187 - 194   2019年01月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2018180901

    PubMed

  • Nrf2 Polymorphisms Contributes to Emphysema in Healthy Smokers 査読

    Sugitani A., Asai K., Miyamoto A., Kojima K., Kubo H., Kyoumoto Y., Kawamoto T., Yoshida S., Okamoto A., Satou K., Yamada K., Ijiri N., Watanabe T., Tochino Y., Kanazawa H., Kimura T., Fukumoto S., Hirata K., Kawaguchi T.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   199   2019年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Barrett's esophagus is negatively associated with eosinophilic esophagitis in Japanese subjects. 査読

    Takashima S, Tanaka F, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   2018年10月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-018-0648-2

    PubMed

  • Plasma polyunsaturated fatty acid profile is associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Imamura Satoshi, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    DIABETES & VASCULAR DISEASE RESEARCH   15 ( 4 )   352 - 355   2018年07月( ISSN:1479-1641

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1479164118774314

    PubMed

  • Altered Serum n-6 Polyunsaturated Fatty Acid Profile and Risks of Mortality and Cardiovascular Events in a Cohort of Hemodialysis Patients 査読

    Kuwamura Yukinobu, Shoji Tetsuo, Okute Yujiro, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tsujimoto Yoshihiro, Shioi Atsushi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF RENAL NUTRITION   28 ( 1 )   54 - 63   2018年01月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2017.07.001

    PubMed

  • Plasma soluble leptin receptor levels are associated with pancreatic β-cell dysfunction in patients with type 2 diabetes. 査読 国際共著

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    Journal of Diabetes Investigation   9 ( 1 )   55 - 62   2018年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    2型糖尿病患者における血漿可溶性レプチン受容体(Ob-R)値とインスリン耐性および膵β細胞機能の関連を調べた。2型糖尿病患者283例(男性60.1%、平均61±12歳)に対して、血漿可溶性Ob-R値およびレプチン値をELISA法で測定した。インスリン抵抗性指数(HOMA-IR)、β細胞機能のホメオスタシスモデルアセスメント(HOMA-β)、Cペプチドインデックスを計算した。血漿レプチン中央値は3.4ng/mL、可溶性Ob-R中央値は23.6ng/mLであった。血漿レプチン値はHOMA-IR、HOMA-β、Cペプチドインデックスと強く且つ正に関連した。血漿可溶性Ob-R値はHOMA-β、Cペプチド指標と強く且つ負に関連したが、HOMA-IRとは弱く関連した。血漿可溶性Ob-R値、血漿レプチン値、スルホニル尿素の使用、年齢、性別、BMI、および他の共変量を含む多変量解析では、可溶性Ob-R値はHOMA-β、Cペプチドインデックスと独立に負に関連したが、HOMA-IRには有意に関連しなかった。可溶性Ob-Rが肥満と循環レプチン値から独立して、膵β細胞のインスリン分泌機能に影響を及ぼす因子の一つであることが示唆された。

  • Long-Term Clinical Outcomes Survey of Bone Marrow-Derived Cell Therapy in Critical Limb Ischemia in Japan 査読

    Kazuhisa Kondo, Kenji Yanishi, Ryo Hayashida, Satoshi Shintani, Rei Shibata, Kenta Murotani, Masahiko Ando, Masaaki Mizuno, Tadami Fujiwara, Toyoaki Murohara, Satoaki Matoba, TACT Follow-up Study Investigators

    Circulation Journal   82 ( 4 )   1168 - 1178   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0510

  • Current Status and Perspective of Call Request in Lung Cancer Screening 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Morikawa Hiroyasu, Nakano Akemi, Tanaka Fumio, Morisaki Tamami, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 細径内視鏡を用いた当院人間ドックにおける胃がん標準化発見比の検討 査読

    田中 史生, 福本 真也, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 大谷 恒史, 森崎 珠実, 藤原 靖弘, 河田 則文, 平田 一人

    (公社)日本人間ドック学会 人間ドック   32 ( 3 )   537 - 543   2017年09月( ISSN:1880-1021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:人間ドックでの胃がん発見精度の評価方法として胃がん発見率が挙げられるが、母集団の性差、年齢分布により影響を受ける。そこで我々は標準化発見比を指標として用い、細径内視鏡を用いた当院人間ドックでの胃がん発見精度を調査した。方法:2016年1月4日から1年間、当院人間ドックで上部消化管内視鏡検査を施行された4,927例において、胃がんの標準化発見比、発見率等を検討した。結果:男性における胃がん存在期待値合計は3.48であり、胃がん発見症例数は13例であった。すなわち、男性での標準化発見比は3.74であった。特に65〜69歳では存在期待値0.95に対して7例の胃がんを発見した。一方、女性での胃がん存在期待値合計は1.12、胃がん発見症例数は1例であり、標準化発見比は0.89であった。また、男女合算では、存在期待値4.60に対して14例の胃がんを発見しており、標準化発見比は3.04であった。さらには、胃がん発見率は男女合算で0.28%、年代別に解析すると、50〜59歳では0.21%、60歳以上では0.78%であった。結論:当院での人間ドックにおいて、胃がんの標準化発見比を検討することにより、罹患率が高い年齢層で確実に胃がんの発見、診断がなされていることが示された。(著者抄録)

  • Plasma homocysteine and cerebral small vessel disease as possible mediators between kidney and cognitive functions in patients with diabetes mellitus 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kuwamura Yukinobu, Okute Yujiro, Naganuma Toshihide, Shima Hideaki, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shimono Taro, Fujii Hisako, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 )   4382   2017年06月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-04515-w

    PubMed

  • Lipopolysaccharide-binding protein is associated with arterial stiffness in patients with type 2 diabetes: a cross-sectional study 査読

    Sakura Takeshi, Morioka Tomoaki, Shioi Atsushi, Kakutani Yoshinori, Miki Yuya, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    CARDIOVASCULAR DIABETOLOGY   16 ( 1 )   62   2017年05月( ISSN:1475-2840

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12933-017-0545-3

    PubMed

  • 胸部要精密検査判定の現況と呼び出しシステムの活用 査読

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    (公社)日本人間ドック学会 人間ドック   31 ( 5 )   661 - 667   2017年03月( ISSN:1880-1021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:胸部単純X線検査は肺疾患、特に肺がんのスクリーニング検査として検診や健診において重要である。その一方で、胸部単純X線検査には診断の限界があり、陳旧性肺結核などの病変がある場合、肺がんの指摘が困難な場合もある。当施設では有所見者に対する積極的受診勧告を行っており、今回はその有効性について検討した。方法:2015年1月1日から1年間に、胸部単純X線検査を施行した5,603例の胸部D2判定者(要精密検査)の画像所見の内訳、最終診断病名、発見率を検討した。結果:D2判定者は230例(4.1%)、呼び出しシステムにより197例(85.7%)に電話にて受診勧告を行った。また、32例(13.9%)に対して健診当日に胸部X線検査に異常ありと説明した。174例(75.7%)が当施設にてCT検査を施行した。肺野陰影は156例(89.7%)、そのうち結節影は106例、すりガラス陰影は17例であった。経過観察必要な陰影は20例、4例が肺がんと診断された。肺がん発見率は0.07%であった。集積症例の肺がん存在期待値は3.93人であり、標準化発見比は1.02であった。結論:当施設における胸部単純X線検査にてD2判定となった症例の実態と呼び出しシステムの有効性を明らかにした。当施設のような最終診断、治療まで可能な施設では再受診率が高い傾向にあり、二次予防として肺がんの早期発見、早期治療に有効であると考えられた。(著者抄録)

  • The Association between Monocyte Surface CD163 and Insulin Resistance in Patients with Type 2 Diabetes 査読

    Kawarabayashi Reina, Motoyama Koka, Nakamura Miyuki, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES RESEARCH   2017   6549242   2017年( ISSN:2314-6745

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/6549242

    PubMed

  • 内臓脂肪症は2型糖尿病男性において血管厚よりも血管硬化度と主に関連する(Visceral Adiposity is Preferentially Associated with Vascular Stiffness Rather than Thickness in Men with Type 2 Diabetes) 査読

    Morigami Hirokazu, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Imamura Satoshi, Numaguchi Ryutaro, Asada Mariko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   23 ( 9 )   1067 - 1079   2016年09月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者161例(男性92例、女性69例、平均61±14歳)を対象に、総頸動脈壁厚と血管硬化度に対する内臓脂肪症の影響を調査した。血圧、胴囲を測定し、血液サンプルから生化学的パラメータを解析した。内臓脂肪面積(VFA)と皮下脂肪面積(SFA)をデュアル生体インピーダンス解析で測定し、総頸動脈の内中膜複合体厚(IMT)と硬化度パラメータβを超音波検査で測定した。男性ではVFAと胴囲が血管硬化度パラメータβと正に関連し、BMI、胴囲、SFAがIMTと負に関連した。女性では血管硬化度パラメータβやIMTに有意に関連する肥満関連指標はなかった。年齢や他の潜在的交絡因子の補正後の多変量回帰分析では、男性ではVFA、SFA、胴囲、BMIは硬化度パラメータβと独立して有意に関連し、これら肥満関連指標はIMTの決定因子ではなかった。2型糖尿病男性では内臓脂肪症は頸動脈硬化度に関連したが、厚さには関連しなかった。

  • Inflammatory CD14++CD16+monocytes contribute to atherosclerosis in type 2 diabetes 査読

    Nakamura M., Motoyama K., Kawarabayashi R., Okute Y., Asada M., Kakutani Y., Yamazaki Y., Morioka T., Mori K., Fukumoto S., Shoji T., Emoto M., Inaba M.

    DIABETOLOGIA   59   S526 - S527   2016年08月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical implication of CD163 on flow mediated dilatation in type 2 diabetes 査読

    Kawarabayashi R., Motoyama K., Nakamura M., Asada M., Kakutani Y., Yamazaki Y., Morioka T., Mori K., Fukumoto S., Shoji T., Emoto M., Inaba M.

    DIABETOLOGIA   59   S278 - S279   2016年08月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Plasma C1q/TNF-Related Protein-9 Levels Are Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes without Renal Dysfunction 査読

    Asada Mariko, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Kakutani Yoshinori, Kawarabayashi Reina, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Andmasaaki

    JOURNAL OF DIABETES RESEARCH   2016   8624313   2016年( ISSN:2314-6745

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2016/8624313

    PubMed

  • Visceral Adiposity is Preferentially Associated with Vascular Stiffness Rather than Thickness in Men with Type 2 Diabetes 査読

    Morigami Hirokazu, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Imamura Satoshi, Numaguchi Ryutaro, Asada Mariko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   23 ( 9 )   1067 - 1079   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.33399

    CiNii Article

  • Leptin is Associated with Local Stiffness of the Carotid Artery in Overweight Patients with Type 2 Diabetes 査読

    Numaguchi Ryutaro, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Imamura Satoshi, Urata Hiromi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES & METABOLISM   6 ( 11 )   2015年11月( ISSN:2155-6156

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4172/2155-6156.1000627

  • Indoxyl sulfate suppresses hepatic fetuin-A expression via the aryl hydrocarbon receptor in HepG2 cells 査読

    Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Nakatani Shinya, Emoto Masanori, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   30 ( 10 )   1683 - 1692   2015年10月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfv250

    PubMed

  • [A Case of Type 2 Diabetes with Renal Failure and History of Preexisting Hyperglycemia Masked by Insulinoma]. 査読

    Kawarabayashi R, Morioka T, Emoto M, Kakutani Y, Miyabe M, Yamazaki Y, Fukumoto S, Ishimura E, Amano R, Hirakawa K, Inaba M

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   104 ( 10 )   2185 - 92   2015年10月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • インスリノーマにより高血糖がマスクされた腎不全合併2型糖尿病の1例 査読

    瓦林 令奈, 森岡 与明, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 宮部 美月, 山崎 祐子, 福本 真也, 石村 栄治, 天野 良亮, 平川 弘聖, 稲葉 雅章

    (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌   104 ( 10 )   2185 - 2190   2015年10月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は46歳女性で、転倒して右膝後縦靱帯剥離骨折を認め、日中の全身倦怠感、冷汗を認めた。右膝後縦靱帯剥離骨折の手術目的で入院した。第2病日の朝食摂取4時間30分後に冷汗と意識消失発作が出現し、低血糖を認めた。ブドウ糖静脈注射にて意識は回復し、低血糖発作の精査目的で転科した。1500kcalの食事療法に加えて、グルコースの持続点滴を行うも、低血糖発作を頻回に認めた。超音波内視鏡および選択的動脈刺激静脈サンプリングの結果より、膵尾部・脾動脈近傍の小結節がインスリノーマの可能性が高いと診断した。第37病日、腹腔鏡下膵尾部切除術(脾臓温存術)を施行した。摘出組織の病理所見でインスリノーマと診断した。インスリノーマ切除後は高血糖が出現した。インスリン治療の導入で血糖コントロールは安定し、退院した。第24病日、持続するネフローゼ症候群と腎機能低下の精査目的に腎生検を施行し、糖尿病性腎症と診断した。

  • ASSOCIATION BETWEEN SILENT CEREBROVASCULAR DISEASE AND COGNITIVE IMPAIRMENT IN PATIENTS WITH CHRONIC KIDNEY DISEASE AND DIABETES MELLITUS 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Okute Yujiro, Kuwamura Nobuyuki, Shima Hideaki, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   30   2015年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfv192.48

  • Response to comment on Imamura et al. Plasma polyunsaturated fatty acid profile and delta-5 desaturase activity are altered in patients with type 2 diabetes. Metabolism 2014;63(11):1432-8. 査読

    Imamura S, Morioka T, Yamazaki Y, Numaguchi R, Urata H, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    Metabolism: clinical and experimental   64 ( 4 )   e3 - 4   2015年04月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2014.12.006

    PubMed

  • Advantage of Insulin Glulisine Over Regular Insulin in Patients With Type 2 Diabetes and Severe Renal Insufficiency 査読

    Urata Hiromi, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF RENAL NUTRITION   25 ( 2 )   129 - 134   2015年03月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2014.07.011

    PubMed

  • Sustained Decrease of Early-Phase Insulin Secretion in Japanese Women with Gestational Diabetes Mellitus Who Developed Impaired Glucose Tolerance and Impaired Fasting Glucose Postpartum 査読

    Katayama Hiroko, Tachibana Daisuke, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Koyama Masayasu

    JAPANESE CLINICAL MEDICINE   6   35 - 9   2015年( ISSN:1179-6707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/JCM.S32743

    PubMed

  • インスリノーマにより高血糖がマスクされた腎不全合併2型糖尿病の1例 査読

    瓦林 令奈, 森岡 与明, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 宮部 美月, 山崎 祐子, 福本 真也, 石村 栄治, 天野 良亮, 平川 弘聖, 稲葉 雅章

    一般社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌   104 ( 10 )   2185 - 2192   2015年( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>重篤な低血糖発作を契機に診断された糖尿病,腎不全合併の膵尾部微小インスリノーマの1例を経験した.Fajans指数,Turner指数,Grunt指数,選択的動脈刺激静脈サンプリングでは診断基準を十分満たさず,腫瘍サイズ,ネフローゼ症候群,腎不全の影響が示唆された.インスリノーマ診断前数年間は検診にて高血糖指摘されず,組織学的に明らかな糖尿病腎症,増殖網膜症を認めたことより,インスリノーマにより高血糖がマスクされた状態で細小血管症が進展したと推察された極めて稀な症例と考えられた.</p>

    DOI: 10.2169/naika.104.2185

    CiNii Article

  • Injectable cell scaffold restores impaired cell-based therapeutic angiogenesis in diabetic mice with hindlimb ischemia 査読

    Takeda Koji, Fukumoto Shinya, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Kageyama Ken, Sakai Yukimasa, Sato Hideki, Suzuki Masakazu, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Emoto Masanori, Furuzono Tsutomu, Nakajima Koichi, Inaba Masaaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   454 ( 1 )   119 - 124   2014年11月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.10.045

    PubMed

  • Plasma polyunsaturated fatty acid profile and delta-5 desaturase activity are altered in patients with type 2 diabetes 査読

    Imamura Satoshi, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Numaguchi Ryutaro, Urata Hiromi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   63 ( 11 )   1432 - 1438   2014年11月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2014.08.003

    PubMed

  • Poor glycemic control and decreased renal function are associated with increased intrarenal RAS activity in Type 2 diabetes mellitus 査読

    Nakatani S., Ishimura E., Naganuma T., Nakatani A., Ichii M., Fukumoto S., Mori K., Emoto M., Nakatani T., Inaba M.

    DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE   105 ( 1 )   40 - 46   2014年07月( ISSN:0168-8227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2014.04.019

  • Comparison of effects of pioglitazone and glimepiride on plasma soluble RAGE and RAGE expression in peripheral mononuclear cells in type 2 diabetes: Randomized controlled trial (PioRAGE) 査読

    Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Monden Masayo, Shoji Takuhito, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Fukui Mitsuru, Fujii Hisako, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    ATHEROSCLEROSIS   234 ( 2 )   329 - 334   2014年06月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2014.03.025

    PubMed

  • NEW FORMULAE FOR MORE PRECISE ESTIMATION OF RENAL FUNCTION IN DIABETIC PATIENTS - EGFR CORRECTED BY HEMOGLOBIN AIC 査読

    Tsuda Akihiro, Ishimura Eiji, Uedono Hideki, Yasumoto Mari, Nakatani Shinya, Ichii Mitsuru, Ohno Yoshiteru, Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   29   423 - 424   2014年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • RELATIONSHIP BETWEEN GLOMERULAR FILTRATION RATE AND INSULIN RESISTANCE IN HEALTHY SUBJECTS 査読

    Yasumoto Mari, Tsuda Akihiro, Ishimura Eiji, Ohno Yoshiteru, Ichii Mitsuru, Nakatani Shinya, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Uchida Junji, Emoto Masanori, Nakatani Tatsuya, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   29   142 - 143   2014年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • RELATIONSHIP BETWEEN GLOMERULAR FILTRATION RATE AND INSULIN RESISTANCE IN HEALTHY SUBJECTS 査読

    Yasumoto Mari, Tsuda Akihiro, Ishimura Eiji, Ohno Yoshiteru, Ichii Mitsuru, Nakatani Shinya, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Uchida Junji, Emoto Masanori, Nakatani Tatsuya, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   29   142 - 143   2014年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NEW FORMULAE FOR MORE PRECISE ESTIMATION OF RENAL FUNCTION IN DIABETIC PATIENTS - EGFR CORRECTED BY HEMOGLOBIN AIC 査読

    Tsuda Akihiro, Ishimura Eiji, Uedono Hideki, Yasumoto Mari, Nakatani Shinya, Ichii Mitsuru, Ohno Yoshiteru, Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   29   423 - 424   2014年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • RELATIONSHIP BETWEEN GLOMERULAR FILTRATION RATE AND INSULIN RESISTANCE IN HEALTHY SUBJECTS 査読

    Yasumoto Mari, Tsuda Akihiro, Ishimura Eiji, Ohno Yoshiteru, Ichii Mitsuru, Nakatani Shinya, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Uchida Junji, Emoto Masanori, Nakatani Tatsuya, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   29   142 - 143   2014年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NEW FORMULAE FOR MORE PRECISE ESTIMATION OF RENAL FUNCTION IN DIABETIC PATIENTS - EGFR CORRECTED BY HEMOGLOBIN AIC 査読

    Tsuda Akihiro, Ishimura Eiji, Uedono Hideki, Yasumoto Mari, Nakatani Shinya, Ichii Mitsuru, Ohno Yoshiteru, Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   29   423 - 424   2014年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significant association of poor glycemic control with increased resistance in efferent arterioles - Study of inulin and para-aminohippuric acid clearance in humans 査読

    Tsuda A., Ishimura E., Ohno Y., Ichii M., Nakatani S., Mori K., Fukumoto S., Emoto M., Inaba M.

    DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE   104 ( 2 )   234 - 240   2014年05月( ISSN:0168-8227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2014.01.030

  • 糖尿病患者における腎機能、コレステロール吸収およびレムナントリポ蛋白質の蓄積(Kidney Function, Cholesterol Absorption and Remnant Lipoprotein Accumulation in Patients with Diabetes Mellitus) 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kimoto Eiji, Okute Yujiro, Shima Hideaki, Naganuma Toshihide, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   21 ( 4 )   346 - 354   2014年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病(T2DM)患者における、慢性腎疾患(CKD)、コレステロール代謝、レムナントリポタンパク質の関係について検討した。2型糖尿病患者146名の空腹時血清について、レムナントリポタンパク質コレステロール(RemL-C)、コレステロール合成マーカーのラトステロール、コレステロール吸収マーカーのカンペステロールの濃度を測定した。また、尿中アルブミンクレアチニン比(U-ACR)と推算糸球体濾過量(eGFR)から慢性腎疾患(CKD)の程度を調べた。RemL-C、ラトステロールおよびカンペステロールの中央値は、それぞれ14.5mg/dL、2.1μg/mL、2.3μg/mLであった。RemL-C濃度はU-ACRと正の相関、eGFRと負の相関、ラトステロールおよびカンペステロールの濃度と正の相関を示した。ラトステロール濃度はU-ACRと有意な相関を示さなかったが、eGFRとは正相関した。カンペステロール濃度はACRと正の相関、eGFRと負の相関を示した。重回帰分析では、ラトステロールとカンペステロールは両方とも、U-ACR、eGFRおよび他の変数とは独立してRemL-C濃度と正の関係を示した。

  • 糖尿病患者における腎機能、コレステロール吸収およびレムナントリポ蛋白質の蓄積(Kidney Function, Cholesterol Absorption and Remnant Lipoprotein Accumulation in Patients with Diabetes Mellitus) 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kimoto Eiji, Okute Yujiro, Shima Hideaki, Naganuma Toshihide, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   21 ( 4 )   346 - 354   2014年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病(T2DM)患者における、慢性腎疾患(CKD)、コレステロール代謝、レムナントリポタンパク質の関係について検討した。2型糖尿病患者146名の空腹時血清について、レムナントリポタンパク質コレステロール(RemL-C)、コレステロール合成マーカーのラトステロール、コレステロール吸収マーカーのカンペステロールの濃度を測定した。また、尿中アルブミンクレアチニン比(U-ACR)と推算糸球体濾過量(eGFR)から慢性腎疾患(CKD)の程度を調べた。RemL-C、ラトステロールおよびカンペステロールの中央値は、それぞれ14.5mg/dL、2.1μg/mL、2.3μg/mLであった。RemL-C濃度はU-ACRと正の相関、eGFRと負の相関、ラトステロールおよびカンペステロールの濃度と正の相関を示した。ラトステロール濃度はU-ACRと有意な相関を示さなかったが、eGFRとは正相関した。カンペステロール濃度はACRと正の相関、eGFRと負の相関を示した。重回帰分析では、ラトステロールとカンペステロールは両方とも、U-ACR、eGFRおよび他の

  • Poor Glycemic Control Is a Major Factor in the Overestimation of Glomerular Filtration Rate in Diabetic Patients 査読

    Tsuda Akihiro, Ishimura Eiji, Ohno Yoshiteru, Ichii Mitsuru, Nakatani Shinya, Machida Yuuichi, Mori Katsuhito, Uchida Junji, Fukumoto Shinya, Emoto Masanori, Nakatani Tatsuya, Inaba Masaaki

    DIABETES CARE   37 ( 3 )   596 - 603   2014年03月( ISSN:0149-5992

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/dc13-1899

    PubMed

  • Direct Inhibitory Effects of Pioglitazone on Hepatic Fetuin-A Expression 査読

    Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Nakatani Shinya, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Koyama Hidenori, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki

    PLOS ONE   9 ( 2 )   e88704   2014年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0088704

    PubMed

  • Leptin is associated with vascular endothelial function in overweight patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Kawano Naoya, Imamura Satoshi, Numaguchi Ryutaro, Urata Hiromi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    CARDIOVASCULAR DIABETOLOGY   13   10   2014年01月( ISSN:1475-2840

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1475-2840-13-10

    PubMed

  • Kidney Function, Cholesterol Absorption and Remnant Lipoprotein Accumulation in Patients with Diabetes Mellitus 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kimoto Eiji, Okute Yujiro, Shima Hideaki, Naganuma Toshihide, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   21 ( 4 )   346 - 354   2014年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Injectable Cell Scaffold Restores Impaired Cell-Based Therapeutic Angiogenesis in Diabetic Mice with Hindlimb Ischemia.

    Takeda K, Fukumoto S,et al.

    Biochemical and Biophysical Research Communications   454   119 - 124   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kidney Function, Cholesterol Absorption and Remnant Lipoprotein Accumulation in Patients with Diabetes Mellitus 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kimoto Eiji, Okute Yujiro, Shima Hideaki, Naganuma Toshihide, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   21 ( 4 )   346 - 354   2014年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.20594

  • Hair Magnesium, But Not Serum Magnesium, Is Associated With Left Ventricular Wall Thickness in Hemodialysis Patients 査読

    Ochi Akinobu, Ishimura Eiji, Tsujimoto Yoshihiro, Kakiya Ryusuke, Tabata Tsutomu, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tahara Hideki, Shoji Tetsuo, Yasuda Hiroshi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    The Japanese Circulation Society CIRCULATION JOURNAL   77 ( 12 )   3029 - 3036   2013年12月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-13-0347

    CiNii Article

  • 血清マグネシウムではなく毛髪マグネシウム量は透析患者における左室壁厚と関連する(Hair Magnesium, But Not Serum Magnesium, Is Associated With Left Ventricular Wall Thickness in Hemodialysis Patients) 査読

    Ochi Akinobu, Ishimura Eiji, Tsujimoto Yoshihiro, Kakiya Ryusuke, Tabata Tsutomu, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Taha Hideki, Shoji Tetsuo, Yasuda Hiroshi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   77 ( 12 )   3029 - 3036   2013年11月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    非透析患者では血清マグネシウム(Mg)減少が心血管疾患と関連がある。透析患者では非透析患者よりも血清Mgが高値であり、心血管疾患との関連は不明である。本研究では男性透析患者79例を対象とし毛髪Mg量と心エコー図計測値との関連を検討した。毛髪Mg量と血清Mg量との間には有意の相関はなかったが、左室重量係数高値患者の毛髪Mg量は左室重量係数低値患者より有意に低値であった(31.680対51.095ng/g、P=0.005)。毛髪Mg量は左室後壁壁厚、心室中隔壁厚、左室壁厚と有意の逆相関関係があった。血清Mg濃度はこれらの心エコー図計測値との間に有意の相関はなかった。

  • 血清マグネシウムではなく毛髪マグネシウム量は透析患者における左室壁厚と関連する(Hair Magnesium, But Not Serum Magnesium, Is Associated With Left Ventricular Wall Thickness in Hemodialysis Patients) 査読

    Ochi Akinobu, Ishimura Eiji, Tsujimoto Yoshihiro, Kakiya Ryusuke, Tabata Tsutomu, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Taha Hideki, Shoji Tetsuo, Yasuda Hiroshi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   77 ( 12 )   3029 - 3036   2013年11月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    非透析患者では血清マグネシウム(Mg)減少が心血管疾患と関連がある。透析患者では非透析患者よりも血清Mgが高値であり、心血管疾患との関連は不明である。本研究では男性透析患者79例を対象とし毛髪Mg量と心エコー図計測値との関連を検討した。毛髪Mg量と血清Mg量との間には有意の相関はなかったが、左室重量係数高値患者の毛髪Mg量は左室重量係数低値患者より有意に低値であった(31.680対51.095ng/g、P=0.005)。毛髪Mg量は左室後壁壁厚、心室中隔壁厚、左室壁厚と有意の逆相関関係があった。血清Mg濃度はこれらの心エコー図計測値との間に有意の相関はなかった。

  • Plasma soluble leptin receptor levels are associated with beta cell function in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka T., Emoto M., Yamazaki Y., Urata H., Imamura S., Numaguchi R., Motoyama K., Mori K., Fukumoto S., Shoji T., Inaba M.

    DIABETOLOGIA   56   S255 - S255   2013年09月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum n-3 and n-6 Polyunsaturated Fatty Acid Profile as an Independent Predictor of Cardiovascular Events in Hemodialysis Patients 査読

    Shoji Tetsuo, Kakiya Ryusuke, Hayashi Tomoshige, Tsujimoto Yoshihiro, Sonoda Mika, Shima Hideaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tahara Hideki, Shioi Atushi, Tabata Tsutomu, Emoto Masanori, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    AMERICAN JOURNAL OF KIDNEY DISEASES   62 ( 3 )   568 - 576   2013年09月( ISSN:0272-6386

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.ajkd.2013.02.362

    PubMed

  • Plasma soluble leptin receptor levels are associated with beta cell function in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka T., Emoto M., Yamazaki Y., Urata H., Imamura S., Numaguchi R., Motoyama K., Mori K., Fukumoto S., Shoji T., Inaba M.

    DIABETOLOGIA   56   S255 - S255   2013年09月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Plasma soluble leptin receptor levels are associated with beta cell function in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka T., Emoto M., Yamazaki Y., Urata H., Imamura S., Numaguchi R., Motoyama K., Mori K., Fukumoto S., Shoji T., Inaba M.

    DIABETOLOGIA   56   S255 - S255   2013年09月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significant Positive Association Between Parathyroid Hormone and Fat Mass and Lean Mass in Chronic Hemodialysis Patients 査読

    Ishimura Eiji, Okuno Senji, Tsuboniwa Naoki, Norimine Kyoko, Fukumoto Shinya, Yamakawa Kenjiro, Yamakawa Tomoyuki, Shoji Shigeichi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF CLINICAL ENDOCRINOLOGY & METABOLISM   98 ( 3 )   1264 - 1270   2013年03月( ISSN:0021-972X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/jc.2012-3883

    PubMed

  • Receptor for Advanced Glycation End Products Regulates Adipocyte Hypertrophy and Insulin Sensitivity in Mice Involvement of Toll-Like Receptor 2 査読

    Monden Masayo, Koyama Hidenori, Otsuka Yoshiko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Takuhito, Mima Yohei, Motoyama Koka, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Emoto Masanori, Yamamoto Yasuhiko, Yamamoto Hiroshi, Nishizawa Yoshiki, Kurajoh Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Inaba Masaaki

    DIABETES   62 ( 2 )   478 - 489   2013年02月( ISSN:0012-1797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db11-1116

    PubMed

  • 2型糖尿病患者における無症候性頸動脈アテローム性動脈硬化症に及ぼすレプチン/可溶性レプチン受容対比の臨床的影響(Clinical Impact of the Leptin to Soluble Leptin Receptor Ratio on Subclinical Carotid Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes) 査読

    Yamazaki Yuko, Emoto Masanori, Morioka Tomoaki, Kawano Naoya, Lee Eiko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   20 ( 2 )   186 - 194   2013年02月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者317名を対象に、空腹時血漿レプチン濃度と可溶性レプチン受容体(sOb-R)濃度をELISAで測定した。また、総頸動脈の内膜中膜複合体厚(IMT)を超音波で測定した。IMTはsOb-R濃度、年齢、糖尿病罹病期間、血清クレアチニン濃度(sCre)、収縮期血圧(SBP)と有意に関連していたが、レプチン濃度やレプチン/sOb-R比とは関連していなかった。レプチン濃度とsOb-R濃度、レプチン/sOb-R比はインスリンで血糖をコントロールされている患者のIMTと強い相関を示したが、食事療法のみ或いは経口血糖降下薬で治療されている患者のIMTとは相関していなかった。年齢、性別、糖尿病罹病期間、体格指数、SBP、HbA1c、トリグリセリド、LDL-コレステロール、sCre、喫煙、インスリン療法を含めた重回帰分析では、血漿レプチンおよびレプチン/sOb-R比はインスリンで治療されている患者のIMTと単独で関連し、肥満および他の危険因子とは関連がなかった。

  • 2型糖尿病患者における無症候性頸動脈アテローム性動脈硬化症に及ぼすレプチン/可溶性レプチン受容対比の臨床的影響(Clinical Impact of the Leptin to Soluble Leptin Receptor Ratio on Subclinical Carotid Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes) 査読

    Yamazaki Yuko, Emoto Masanori, Morioka Tomoaki, Kawano Naoya, Lee Eiko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   20 ( 2 )   186 - 194   2013年02月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者317名を対象に、空腹時血漿レプチン濃度と可溶性レプチン受容体(sOb-R)濃度をELISAで測定した。また、総頸動脈の内膜中膜複合体厚(IMT)を超音波で測定した。IMTはsOb-R濃度、年齢、糖尿病罹病期間、血清クレアチニン濃度(sCre)、収縮期血圧(SBP)と有意に関連していたが、レプチン濃度やレプチン/sOb-R比とは関連していなかった。レプチン濃度とsOb-R濃度、レプチン/sOb-R比はインスリンで血糖をコントロールされている患者のIMTと強い相関を示したが、食事療法のみ或いは経口血糖降下薬で治療されている患者のIMTとは相関していなかった。年齢、性別、糖尿病罹病期間、体格指数、SBP、HbA1c、トリグリセリド、LDL-コレステロール、sCre、喫煙、インスリン療法を含めた重回帰分析では、血漿レプチンおよびレプチン/sOb-R比はインスリンで治療されている患者のIMTと単独で関連し、肥満および他の危険因子とは関連がなかった。

  • PADの診断・病態と新たな治療戦略(<特集>動脈硬化とアフェレシス) 査読

    福本 真也

    日本アフェレシス学会 日本アフェレシス学会雑誌   32 ( 1 )   49 - 57   2013年( ISSN:13405888

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Management of the entire body and local sites of the lower extremities is important for patients with atherosclerotic peripheral arterial disease (PAD). Patients with PAD, a manifestation of systemic atherosclerosis, are at high risk for premature mortality and ischemic events in the coronary and cerebral arteries. Therefore, the patients need prophylactic intervention for systemic atherosclerosis. Moreover, local treatment of lower extremity PAD often requires team medical care and multimodality therapy because of the complexity of pathological conditions. In this paper, the significance and methods of PAD diagnosis, and our novel angiogenic therapy for critical limb ischemia are mentioned.

    CiNii Article

  • Clinical impact of the leptin to soluble leptin receptor ratio on subclinical carotid atherosclerosis in patients with type 2 diabetes. 査読

    Yamazaki Y, Emoto M, Morioka T, Kawano N, Lee E, Urata H, Tsuchikura S, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shoji T, Nishizawa Y, Inaba M

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   20 ( 2 )   186 - 94   2013年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Hair magnesium, but not serum magnesium, is associated with left ventricular wall thickness in hemodialysis patients. 査読

    Ochi A, Ishimura E, Tsujimoto Y, Kakiya R, Tabata T, Mori K, Fukumoto S, Tahara H, Shoji T, Yasuda H, Nishizawa Y, Inaba M

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   77 ( 12 )   3029 - 36   2013年( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Quantitative Analysis of Abdominal Aortic Calcification in CKD Patients Without Dialysis Therapy by Use of the Agatston Score 査読

    Ichii Mitsuru, Ishimura Eiji, Shima Hideaki, Ohno Yoshiteru, Ochi Akinobu, Nakatani Shinya, Tsuda Akihiro, Ehara Shoichi, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Naganuma Toshihide, Takemoto Yoshiaki, Nakatani Tatsuya, Inaba Masaaki

    KIDNEY & BLOOD PRESSURE RESEARCH   38 ( 2-3 )   196 - 204   2013年( ISSN:1420-4096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000355768

    PubMed

  • Decreased serum adrenal androgen dehydroepiandrosterone sulfate and mortality in hemodialysis patients 査読

    Kakiya Ryusuke, Shoji Tetsuo, Hayashi Tomoshige, Tatsumi-Shimomura Naoko, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Shima Hideaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tahara Hideki, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   27 ( 10 )   3915 - 3922   2012年10月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfs162

    PubMed

  • TRAIL is not associated with endothelial and vascular smooth muscle dysfunction in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Hiura Yoshikazu, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, KAWANO Naoya, MOTOYAMA Koka, MORIOKA Tomoaki, FUKUMOTO Shinya, SHOJI Tetsuo, INABA Masaaki

    Springer Japan Diabetology international   3 ( 3 )   146 - 151   2012年09月( ISSN:21901678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • TRAILは2型糖尿病患者の内皮機能障害および血管平滑筋機能障害とは関連しない(TRAIL is not associated with endothelial and vascular smooth muscle dysfunction in patients with type 2 diabetes mellitus) 査読

    Hiura Yoshikazu, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Kawano Naoya, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    シュプリンガー・ジャパン(株) Diabetology International   3 ( 3 )   146 - 151   2012年09月( ISSN:2190-1678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    明瞭な腎機能障害が見られない2型糖尿病患者121名を対象として、血清中の腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導性リガンド(TRAIL)と、内皮機能障害および血管平滑筋機能障害との関連について検討した。TRAILレベルはELISA法で測定し、内皮と血管平滑筋の機能障害はそれぞれ血流依存性血管拡張法(FMD)とニトログリセリン依存性血管拡張法(NMD)で評価した。その結果、血清TRAILレベルはFMDとNMDのいずれとも関連しなかった(それぞれr=0.038、p=0.678とr=0.096、p=0.343)。この成績から、血清TRAILレベルは内皮機能障害および血管平滑筋機能障害とは関連せず、TRAILは早期のアテローム性動脈硬化とは関連しないことが示唆された。

  • TRAILは2型糖尿病患者の内皮機能障害および血管平滑筋機能障害とは関連しない(TRAIL is not associated with endothelial and vascular smooth muscle dysfunction in patients with type 2 diabetes mellitus) 査読

    Hiura Yoshikazu, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Kawano Naoya, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    シュプリンガー・ジャパン(株) Diabetology International   3 ( 3 )   146 - 151   2012年09月( ISSN:2190-1678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    明瞭な腎機能障害が見られない2型糖尿病患者121名を対象として、血清中の腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導性リガンド(TRAIL)と、内皮機能障害および血管平滑筋機能障害との関連について検討した。TRAILレベルはELISA法で測定し、内皮と血管平滑筋の機能障害はそれぞれ血流依存性血管拡張法(FMD)とニトログリセリン依存性血管拡張法(NMD)で評価した。その結果、血清TRAILレベルはFMDとNMDのいずれとも関連しなかった(それぞれr=0.038、p=0.678とr=0.096、p=0.343)。この成績から、血清TRAILレベルは内皮機能障害および血管平滑筋機能障害とは関連せず、TRAILは早期のアテローム性動脈硬化とは関連しないことが示唆された。

  • Antialbuminuric advantage of cilnidipine compared with L-type calcium channel blockers in type 2 diabetic patients with normoalbuminuria and microalbuminuria 査読

    Fukumoto Shinya, Ishimura Eiji, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Kimoto Eiji, Wakikawa Ken, Shoji Shigeichi, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE   97 ( 1 )   91 - 98   2012年07月( ISSN:0168-8227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2012.01.024

    PubMed

  • Thrice-weekly Insulin Injection with Nurse's Support for Diabetic Hemodialysis Patients Having Difficulty with Self Injection 査読

    Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Takahashi Tatsuji, Matsumoto Akihide, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市立大学 Osaka City Medical journal   58 ( 1 )   35 - 38   2012年06月( ISSN:00306096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 自己注射が困難な糖尿病血液透析患者に対する看護師の支援による週3回のインスリン注射(Thrice-weekly Insulin Injection with Nurse's Support for Diabetic Hemodialysis Patients Having Difficulty with Self Injection) 査読

    Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Takahashi Tatsuji, Matsumoto Akihide, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   58 ( 1 )   35 - 38   2012年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血糖管理のために、インスリンNPH或いはインスリングラルギンを用いた透析ユニットで、看護師の支援の下で行う週3回のインスリン注射法(TWIN)の有用性について評価した。ヘモグロビンA1c(HbA1c)濃度が≧8.0%で、血液透析を受けている2型糖尿病の外来患者5名(66歳男性、66歳女性、69歳男性、76歳男性、64歳女性)を対象とした。6ヵ月以内で、HbA1c濃度は全患者で9.3±1.1%から6.9±0.7%に低下し、低血糖症状を示さなかった。これらの予備的結果から、インスリン自己投与が困難で、血糖管理不良の血液透析施行中の糖尿病患者において、TWINは実際的な選択になることが示された。

  • 自己注射が困難な糖尿病血液透析患者に対する看護師の支援による週3回のインスリン注射(Thrice-weekly Insulin Injection with Nurse's Support for Diabetic Hemodialysis Patients Having Difficulty with Self Injection) 査読

    Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Takahashi Tatsuji, Matsumoto Akihide, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   58 ( 1 )   35 - 38   2012年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血糖管理のために、インスリンNPH或いはインスリングラルギンを用いた透析ユニットで、看護師の支援の下で行う週3回のインスリン注射法(TWIN)の有用性について評価した。ヘモグロビンA1c(HbA1c)濃度が≧8.0%で、血液透析を受けている2型糖尿病の外来患者5名(66歳男性、66歳女性、69歳男性、76歳男性、64歳女性)を対象とした。6ヵ月以内で、HbA1c濃度は全患者で9.3±1.1%から6.9±0.7%に低下し、低血糖症状を示さなかった。これらの予備的結果から、インスリン自己投与が困難で、血糖管理不良の血液透析施行中の糖尿病患者において、TWINは実際的な選択になることが示された。

  • Thrice-weekly insulin injection with nurse's support for diabetic hemodialysis patients having difficulty with self injection. 査読

    Shoji T, Emoto M, Mori K, Morioka T, Fukumoto S, Takahashi T, Matsumoto A, Nishizawa Y, Inaba M

    Osaka city medical journal   58 ( 1 )   35 - 8   2012年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • DECREASED SERUM ADRENAL ANDROGEN DEHYDROEPIANDROSTERONE SULFATE AS AN INDEPENDENT PREDICTOR OF MORTALITY IN HEMODIALYSIS PATIENTS 査読

    Shoji Tetsuo, Kakiya Ryusuke, Hayashi Tomoshige, Tatsumi-Shimomura Naoko, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Shima Hideaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tahara Hideki, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   27   294 - 294   2012年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DECREASED SERUM ADRENAL ANDROGEN DEHYDROEPIANDROSTERONE SULFATE AS AN INDEPENDENT PREDICTOR OF MORTALITY IN HEMODIALYSIS PATIENTS 査読

    Shoji Tetsuo, Kakiya Ryusuke, Hayashi Tomoshige, Tatsumi-Shimomura Naoko, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Shima Hideaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tahara Hideki, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Ishimura Eiji, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   27   294 - 294   2012年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhancement of Cell-Based Therapeutic Angiogenesis Using a Novel Type of Injectable Scaffolds of Hydroxyapatite-Polymer Nanocomposite Microspheres 査読

    Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Okada Masahiro, Tanaka Shinji, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Furuzono Tsutomu, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    PLOS ONE   7 ( 4 )   e35199   2012年04月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0035199

    PubMed

  • 2型糖尿病患者における内皮及び血管平滑筋機能障害と心血管危険因子、血管合併症、潜在的頸動脈粥状硬化症との関連(Association of Endothelial and Vascular Smooth Muscle Dysfunction with Cardiovascular Risk Factors, Vascular Complications, and Subclinical Carotid Atherosclerosis in Type 2 Diabetic Patients) 査読

    Kawano Naoya, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Yamazaki Yuko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Koyama Hidenori, Okuno Yasuhisa, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   19 ( 3 )   276 - 284   2012年03月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者181例(平均年齢64±10歳、糖尿病の持続12±10年)を対象とした。血流仲介血管拡張(FMD)とニトログリセリン仲介血管拡張(NMD)により内皮機能障害と血管平滑筋機能異常を評価した。FMDとNMDはそれぞれ対象者の6.4±3.9%、13.4±6.6%にみられた。FMDの頻度は微小血管障害及び大血管障害がある患者とこれらがない患者とで有意の差はなかったが、NMDの頻度はこれらの血管障害がある患者の方がない患者よりも有意に低率であった。また、NMDは慢性腎疾患の進行とともに減少したが(P=0.005)、FMDは減少しなかった。多変量回帰解析によると、FMDに対する独立寄与因子は年齢、喫煙、血圧、糖化ヘモグロビン、総コレステロールで、NMDに対する因子は年齢、血圧、腹囲であった。

  • 2型糖尿病患者における内皮及び血管平滑筋機能障害と心血管危険因子、血管合併症、潜在的頸動脈粥状硬化症との関連(Association of Endothelial and Vascular Smooth Muscle Dysfunction with Cardiovascular Risk Factors, Vascular Complications, and Subclinical Carotid Atherosclerosis in Type 2 Diabetic Patients) 査読

    Kawano Naoya, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Yamazaki Yuko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Koyama Hidenori, Okuno Yasuhisa, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   19 ( 3 )   276 - 284   2012年03月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者181例(平均年齢64±10歳、糖尿病の持続12±10年)を対象とした。血流仲介血管拡張(FMD)とニトログリセリン仲介血管拡張(NMD)により内皮機能障害と血管平滑筋機能異常を評価した。FMDとNMDはそれぞれ対象者の6.4±3.9%、13.4±6.6%にみられた。FMDの頻度は微小血管障害及び大血管障害がある患者とこれらがない患者とで有意の差はなかったが、NMDの頻度はこれらの血管障害がある患者の方がない患者よりも有意に低率であった。また、NMDは慢性腎疾患の進行とともに減少したが(P=0.005)、FMDは減少しなかった。多変量回帰解析によると、FMDに対する独立寄与因子は年齢、喫煙、血圧、糖化ヘモグロビン、総コレステロールで、NMDに対する因子は年齢、血圧、腹囲であった。

  • Nephronectin Expression in Glomeruli of Renal Biopsy Specimens from Various Kidney Diseases: Nephronectin Is Expressed in the Mesangial Matrix Expansion of Diabetic Nephropathy 査読

    Nakatani Shinya, Ishimura Eiji, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Yamano Shotaro, Wei Min, Emoto Masanori, Wanibuchi Hideki, Inaba Masaaki

    NEPHRON CLINICAL PRACTICE   122 ( 3-4 )   114 - 121   2012年( ISSN:1660-2110

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000350816

    PubMed

  • Association of endothelial and vascular smooth muscle dysfunction with cardiovascular risk factors, vascular complications, and subclinical carotid atherosclerosis in type 2 diabetic patients. 査読

    Kawano N, Emoto M, Mori K, Yamazaki Y, Urata H, Tsuchikura S, Motoyama K, Morioka T, Fukumoto S, Shoji T, Koyama H, Okuno Y, Nishizawa Y, Inaba M

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   19 ( 3 )   276 - 84   2012年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Association of Endothelial and Vascular Smooth Muscle Dysfunction with Cardiovascular Risk Factors, Vascular Complications, and Subclinical Carotid Atherosclerosis in Type 2 Diabetic Patients 査読

    Kawano Naoya, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Yamazaki Yuko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Koyama Hidenori, Okuno Yasuhisa, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   19 ( 3 )   276 - 284   2012年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enhancement of Cell-Based Therapeutic Angiogenesis using a Novel Type of Injectable Scaffolds of Hydroxyapatite-Polymer Nanocomposite Microspheres.

    Mima Y, Fukumoto S, et al.

    PLoS ONE   7 ( 4 )   e35199   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Antialbuminuric advantage of Cilnidipine compared with L-type calcium channel blockers in type 2 diabetic patients with normoalbuminuria and microalbuminuria

    Fukumoto S, Ishimura E, et al.

    Diabetes Research and Clinical Practice   97   91 - 98   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 血管新生を誘導する細胞スキャフォールドとしてのナノセラミックス複合微粒子の開発 査読

    古薗 勉, 藤井 秀司, 岡田 正弘, 福本 真也

    公益社団法人 日本セラミックス協会 日本セラミックス協会 年会・秋季シンポジウム 講演予稿集   2012 ( 0 )   707 - 707   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【はじめに】当研究グループではこれまで、分散性に優れる結晶性ハイドロキシアパタイト(HAp)ナノ単結晶を製造し、高分子表面に化学結合でコーティングすることによって、様々な形状の複合材料を創出してきた。本研究では、ピッカリングエマルション法を用いて、生体吸収性に優れるポリ乳酸系高分子をコアとして、HApナノ単結晶を単層被覆したミクロスフェアを合成し、細胞移植用スキャフォールドとしての効能を評価したので報告する。【実 験】まず分散性HApナノ単結晶(平均粒径50nm)を独自合成法によって調製した。次に当該HApナノ単結晶の分散溶液を、ポリL乳酸(PLLA)をジクロロメタン(DCM)に溶解させた溶液に添加し、攪拌させてHApナノ単結晶で安定化させたエマルション溶液を作製した。得られた安定化エマルション溶液を室温でローターを用いて低速で攪拌させながら、DCMを徐々に揮発させた。この一連の方法を用いて、HApナノ単結晶を単層で被覆した生体吸収性複合微粒子(HAp/PLLA複合微粒子)を得た。さらに分解速度が速いポリ(ラクチド―カプロラクトン)共重合体(PLCL=75/25)を用いて、同様な方法でHAp/PLCL複合微粒子の製造も行った。【結果と考察】走査型電子顕微鏡観察にて、当該複合微粒子のコアとなるPLLAの表面に、HApナノ単結晶がほぼ単層で均一に被覆されていた。複合微粒子の製造工程において、エマルション溶液作製時に攪拌速度を制御することによって、微粒子粒径の制御が可能であっ

    DOI: 10.14853/pcersj.2012S.0.707.0

    CiNii Article

  • Association of Endothelial and Vascular Smooth Muscle Dysfunction with Cardiovascular Risk Factors, Vascular Complications, and Subclinical Carotid Atherosclerosis in Type 2 Diabetic Patients 査読

    Kawano Naoya, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Yamazaki Yuko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Koyama Hidenori, Okuno Yasuhisa, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   19 ( 3 )   276 - 284   2012年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.10629

  • 脳虚血を合併する糖尿病患者における循環血中内皮前駆細胞とsmall-dense LDL cholesterolに及ぼすcilostazolの効果のaspirinとの比較 無作為化比較パイロット試験(Comparison of the Effect of Cilostazol with Aspirin on Circulating Endothelial Progenitor Cells and Small-Dense LDL Cholesterol in Diabetic Patients with Cerebral Ischemia: a Randomized Controlled Pilot Trial) 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Takuhito, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   18 ( 10 )   883 - 890   2011年10月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    循環血中内皮前駆細胞(EPC)と脂質代謝に与えるcilostazolの効果をアスピリンと比較する、無作為化比較対照試験を行った。Leukoaraiosisまたは無症候性の陳旧性脳梗塞を有する糖尿病の外来患者49人を対象とした。患者をcilostazol群(1日200mg、n=24)またはアスピリン群(1日100mg、n=25)に無作為に割り付け、16週間追跡調査した。主要評価項目は、循環血中CD34+ CD45(low) CD133+ VEGFR2+ EPCの変化(ΔEPC)とした。副次的評価項目はCD34+ CD45(low) CD133+前駆細胞の変化(ΔPC)、p-selectin陽性血小板、フローサイトメトリで測定した血小板-単球結合率、LDL-コレステロール、HDL-コレステロール、small dense LDL(sdLDL)-コレステロール、トリアシルグリセロールとした。各群20例の患者が試験を完遂した。16週目のΔEPCはcilostazol群のほうがアスピリン群より有意に高かったが、cilostazol群のΔPCは4週目ですでに有意に高かった。P-selectin陽性の血小板と血小板-単球結合率の変化は、両群で差を認めなかった。Cilostazol群では、4週と16週の両方でアスピリン群よりもsdLDL-コレステロールが有意に低く、HDL-コレステロールは有意に高かった。ΔEPCはsdLDLの変化と有意に逆相関し、HDLの変化とは正相関した。共分散分析の結果、ΔEPCとcilostazol治療との有意な関連性にはHDL-およびsdLDL-コレステロールの変化による交絡を認めた。脳虚血を合併する糖尿病患者において、cilostazolは循環血中EPCを低下させ、small-dense LDLを増加させた。

  • 脳虚血を合併する糖尿病患者における循環血中内皮前駆細胞とsmall-dense LDL cholesterolに及ぼすcilostazolの効果のaspirinとの比較 無作為化比較パイロット試験(Comparison of the Effect of Cilostazol with Aspirin on Circulating Endothelial Progenitor Cells and Small-Dense LDL Cholesterol in Diabetic Patients with Ce 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Takuhito, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   18 ( 10 )   883 - 890   2011年10月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    循環血中内皮前駆細胞(EPC)と脂質代謝に与えるcilostazolの効果をアスピリンと比較する、無作為化比較対照試験を行った。Leukoaraiosisまたは無症候性の陳旧性脳梗塞を有する糖尿病の外来患者49人を対象とした。患者をcilostazol群(1日200mg、n=24)またはアスピリン群(1日100mg、n=25)に無作為に割り付け、16週間追跡調査した。主要評価項目は、循環血中CD34+ CD45(low) CD133+ VEGFR2+ EPCの変化(ΔEPC)とした。副次的評価項目はCD34+ CD45(low) CD133+前駆細胞の変化(ΔPC)、p-selectin陽性血小板、フローサイトメトリで測定した血小板-単球結合率、LDL-コレステロール、HDL-コレステロール、small dense LDL(sdLDL)-コレステロール、トリアシルグリセロールとした。各群20例の患者が試験を完遂した。16週目のΔEPCはcilostazol群のほうがアスピリン群より有意に高かったが、cilostazol群のΔPCは4週目ですでに有意に高かった。P-selectin陽性の血小板と血小板-単球結合率の変化は、両群で差を認めなかった。Cilostazol群では、4週と16週の両

  • Advanced glycation end products, carotid atherosclerosis, and circulating endothelial progenitor cells in patients with end-stage renal disease 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Takuhito, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Tahara Hideki, Inaba Masaaki, Kakiya Ryusuke, Tabata Tsutomu, Miyata Toshio, Nishizawa Yoshiki

    METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   60 ( 4 )   453 - 459   2011年04月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2010.04.001

    PubMed

  • Different Impacts of Neck Circumference and Visceral Obesity on the Severity of Obstructive Sleep Apnea Syndrome 査読

    Kawaguchi Yuji, Fukumoto Shinya, Inaba Masaaki, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Shoji Shigeichi, Nishizawa Yoshiki

    OBESITY   19 ( 2 )   276 - 282   2011年02月( ISSN:1930-7381

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/oby.2010.170

    PubMed

  • Comparison of the effect of cilostazol with aspirin on circulating endothelial progenitor cells and small-dense LDL cholesterol in diabetic patients with cerebral ischemia: a randomized controlled pilot trial. 査読

    Ueno H, Koyama H, Mima Y, Fukumoto S, Tanaka S, Shoji T, Emoto M, Shoji T, Nishizawa Y, Inaba M

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   18 ( 10 )   883 - 90   2011年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Comparison of the Effect of Cilostazol with Aspirin on Circulating Endothelial Progenitor Cells and Small-Dense LDL Cholesterol in Diabetic Patients with Cerebral Ischemia: a Randomized Controlled Pilot Trial 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Takuhito, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   18 ( 10 )   883 - 890   2011年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Different impacts of neck circumference and visceral obesity on the severity of obstructive sleep apnea syndrome

    Kawaguchi Y, Fukumoto S, et al.

    Obesity   19   276 - 282   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of the Effect of Cilostazol with Aspirin on Circulating Endothelial Progenitor Cells and Small-Dense LDL Cholesterol in Diabetic Patients with Cerebral Ischemia: a Randomized Controlled Pilot Trial 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Takuhito, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   18 ( 10 )   883 - 890   2011年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.9225

  • Different Effects of Diabetic Autonomic Neuropathy on Regional Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease 査読

    Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Morinaka Tomoaki, Motoyama Koka, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市立大学 Osaka City Medical journal   56 ( 2 )   27 - 36   2010年12月( ISSN:00306096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Different effects of diabetic autonomic neuropathy on regional transcutaneous oxygen tension in patients with peripheral arterial disease. 査読

    Mima Y, Fukumoto S, Ueno H, Koyama H, Tanaka S, Morioka T, Motoyama K, Emoto M, Shoji T, Nishizawa Y, Inaba M

    Osaka city medical journal   56 ( 2 )   27 - 36   2010年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 末梢動脈疾患患者における糖尿病性自律神経障害が局所の経皮的酸素分圧に及ぼす様々な影響(Different Effects of Diabetic Autonomic Neuropathy on Regional Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease) 査読

    Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   56 ( 2 )   27 - 36   2010年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    経皮酸素分圧(TcPO2)を測定することにより、糖尿病性自律神経障害(DAN)が皮膚微小循環に及ぼす影響を評価した。糖尿病患者41名を含む患者52名(104肢)を対象に、脹脛部と足背部の安静時のTcPO2(REST-TcPO2)と運動後のTcPO2(Ex-TcPO2)を同時に測定した。全患者に血管造影を行い、動脈狭窄の有無を評価した。非神経障害患者群、感覚性神経障害のみの患者群、DAN患者群の間でTcPO2値を比較した。脹脛部、足背部のどちらにおいても、DANのある糖尿病患者のEx-TcPO2値は、神経障害がない糖尿病患者より有意に低かった。しかし、これら群間にREST-TcPO2の差はなかった。次に、複数の臨床的因子を調整後に、重回帰分析を行い、DANが各TcPO2に及ぼす影響を評価した。DANは、脹脛部のREST-およびEx-TcPO2の有意な決定因子であったが、それは動脈狭窄や感覚性神経障害とは無関係であった。対照的に、DANは足背部のREST-およびEx-TcPO2の独立決定因子ではなかった。DANは脹脛部の皮膚微小循環に有意な影響を及ぼすが、足背部の皮膚微小循環には有意な影響を及ぼさないことが明らかとなった。

  • 末梢動脈疾患患者における糖尿病性自律神経障害が局所の経皮的酸素分圧に及ぼす様々な影響(Different Effects of Diabetic Autonomic Neuropathy on Regional Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease) 査読

    Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   56 ( 2 )   27 - 36   2010年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    経皮酸素分圧(TcPO2)を測定することにより、糖尿病性自律神経障害(DAN)が皮膚微小循環に及ぼす影響を評価した。糖尿病患者41名を含む患者52名(104肢)を対象に、脹脛部と足背部の安静時のTcPO2(REST-TcPO2)と運動後のTcPO2(Ex-TcPO2)を同時に測定した。全患者に血管造影を行い、動脈狭窄の有無を評価した。非神経障害患者群、感覚性神経障害のみの患者群、DAN患者群の間でTcPO2値を比較した。脹脛部、足背部のどちらにおいても、DANのある糖尿病患者のEx-TcPO2値は、神経障害がない糖尿病患者より有意に低かった。しかし、これら群間にREST-TcPO2の差はなかった。次に、複数の臨床的因子を調整後に、重回帰分析を行い、DANが各TcPO2に及ぼす影響を評価した。DANは、脹脛部のREST-およびEx-TcPO2の有意な決定因子であったが、それは動脈狭窄や感覚性神経障害とは無関係であった。対照的に、DANは足背部のREST-およびEx-TcPO2の独立決定因子ではなかった。DANは脹脛部の皮膚微小循環に有意な影響を及ぼすが、

  • エネルギーコントロール食を実践するための新たな食事療法用デバイスについての予備検討 : 111弁当箱法 査読

    藤本 浩毅, 福本 真也, 三間 洋平, 播磨 美佳, 北原 智子, 阪下 裕子, 石川 佳代子, 野井 香梨, 花山 佳子, 灘井 城, 服部 俊一, 塚田 定信, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    一般社団法人 日本糖尿病学会 糖尿病   53 ( 9 )   706 - 712   2010年09月( ISSN:0021437X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11213/tonyobyo.53.706

    CiNii Article

  • エネルギーコントロール食を実践するための新たな食事療法用デバイスについての予備検討 111弁当箱法 査読

    藤本 浩毅, 福本 真也, 三間 洋平, 播磨 美佳, 北原 智子, 阪下 裕子, 石川 佳代子, 野井 香梨, 花山 佳子, 灘井 城, 服部 俊一, 塚田 定信, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    (一社)日本糖尿病学会 糖尿病   53 ( 9 )   706 - 712   2010年09月( ISSN:0021-437X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    弁当箱容器を用いて糖尿病用カロリー制限食を作る条件を検討した。主食:主菜:副菜の比率を1:1:1と3:1:2に其々分割する111弁当箱と312弁当箱を用いて作った計414食を栄養学的に解析した。111弁当食と312弁当食の炭水化物率は其々57.5±7.9と65.6±7.7%であり、111弁当食が糖尿病食として適正であった。食事エネルギー量は弁当箱容量と強く相関し、容量の設定によって目標とするエネルギー量に近い食事を作れると考えられた。また、重量もエネルギー量と強く相関することから、食事の重量からエネルギー量が推定できると考えられた。重回帰分析では容量、重量、主食/主菜/副菜の比率、脂質率がエネルギー量の独立した規定因子であり、これら4因子でエネルギー量の93.2%が説明された。これらの結果から、目標エネルギーに対応する容量の111弁当箱に食材を詰め、最後に重量で調整すれば適正な糖尿病食が簡便に作れると考えられた。糖尿病食事療法を簡単に実践しながら自己学習する新たな方法として111弁当箱法の可能性を示した。(著者抄録)

  • エネルギーコントロール食を実践するための新たな食事療法用デバイスについての予備検討 111弁当箱法 査読

    藤本 浩毅, 福本 真也, 三間 洋平, 播磨 美佳, 北原 智子, 阪下 裕子, 石川 佳代子, 野井 香梨, 花山 佳子, 灘井 城, 服部 俊一, 塚田 定信, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    (一社)日本糖尿病学会 糖尿病   53 ( 9 )   706 - 712   2010年09月( ISSN:0021-437X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    弁当箱容器を用いて糖尿病用カロリー制限食を作る条件を検討した。主食:主菜:副菜の比率を1:1:1と3:1:2に其々分割する111弁当箱と312弁当箱を用いて作った計414食を栄養学的に解析した。111弁当食と312弁当食の炭水化物率は其々57.5±7.9と65.6±7.7%であり、111弁当食が糖尿病食として適正であった。食事エネルギー量は弁当箱容量と強く相関し、容量の設定によって目標とするエネルギー量に近い食事を作れると考えられた。また、重量もエネルギー量と強く相関することから、食事の重量からエネルギー量が推定できると考えられた。重回帰分析では容量、重量、主食/主菜/副菜の比率、脂質率がエネルギー量の独立した規定因子であり、これら4因子でエネルギー量の93.2%が説明された。これらの結果から、目標エネルギーに対応する容量の111弁当箱に食材を詰め、最後に重量で調整すれば適正な糖尿病食が簡便に作れると考えられた。糖尿病食事療法を簡単に実践しながら自己学習する新たな

  • Regions of arterial stenosis and clinical factors determining transcutaneous oxygen tension in patients with peripheral arterial disease. 査読

    Ueno H, Fukumoto S, Koyama H, Tanaka S, Maeno T, Murayama M, Otsuka Y, Mima Y, Kawaguchi Y, Shoji T, Inaba M, Nishizawa Y

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   17 ( 8 )   858 - 69   2010年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Receptor for advanced glycation end-products (RAGE) regulation of adiposity and adiponectin is associated with atherogenesis in apoE-deficient mouse 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Shoji Takuhito, Monden Masayo, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Otsuka Yoshiko, Mima Yohei, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shioi Atsushi, Yamamoto Hiroshi, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    ATHEROSCLEROSIS   211 ( 2 )   431 - 436   2010年08月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.04.006

    PubMed

  • 末梢動脈疾患患者における動脈狭窄部位と経皮酸素圧を決定する臨床因子(Regions of Arterial Stenosis and Clinical Factors Determining Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease) 査読

    Ueno Hiroki, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Maeno Takaaki, Murayama Masahiro, Otsuka Yoshiko, Mima Yohei, Kawaguchi Yuji, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   17 ( 8 )   858 - 869   2010年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    末梢動脈疾患(PAD)において経皮酸素圧(TcPO2)を決定する因子の解明のため、PADが疑われた66例の患者(132肢)で、ふくらはぎと足背部位の安静時および運動後のTcPO2を測定した。下肢の動脈部位を5部位に分け、同側TcPO2に対する各部位の狭窄の影響を重回帰分析で評価した。ふくらはぎでは、近位動脈(総外腸骨動脈)が末梢部位(後脛骨動脈)よりも運動後TcPO2決定に関与していた。足背では、末梢部位(前脛骨動脈)が近位部位よりも運動後と安静時のTcPO2の決定に関与していた。年齢、クレアチニンおよび糖尿病は動脈狭窄と無関係にふくらはぎでの安静時TcPO2に関係した。TcPO2に影響する血管病変はふくらはぎと足背では異なり、運動後TcPO2は灌流動脈の狭窄により決定されるが、安静時TcPO2は複数の臨床因子に影響されることが明らかになった。

  • 末梢動脈疾患患者における動脈狭窄部位と経皮酸素圧を決定する臨床因子(Regions of Arterial Stenosis and Clinical Factors Determining Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease) 査読

    Ueno Hiroki, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Maeno Takaaki, Murayama Masahiro, Otsuka Yoshiko, Mima Yohei, Kawaguchi Yuji, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   17 ( 8 )   858 - 869   2010年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    末梢動脈疾患(PAD)において経皮酸素圧(TcPO2)を決定する因子の解明のため、PADが疑われた66例の患者(132肢)で、ふくらはぎと足背部位の安静時および運動後のTcPO2を測定した。下肢の動脈部位を5部位に分け、同側TcPO2に対する各部位の狭窄の影響を重回帰分析で評価した。ふくらはぎでは、近位動脈(総外腸骨動脈)が末梢部位(後脛骨動脈)よりも運動後TcPO2決定に関与していた。足背では、末梢部位(前脛骨動脈)が近位部位よりも運動後と安静時のTcPO2の決定に関与していた。年齢、クレアチニンおよび糖尿病は動脈狭窄と無関係にふくらはぎでの安静時TcPO2に関係した。TcPO2に影響する血管病変はふくらはぎと足背では異なり、運動後TcPO2は灌流動脈の狭窄により決定されるが、安静時TcPO2は複数の臨床因子に影響されることが明らかになった。

  • 新しい細胞移植療法のためのナノアパタイトコーティング微粒子材料の開発 査読

    岡田 正弘, 福本 真也, 三間 洋平, 藤井 秀司, 古薗 勉

    日本バイオマテリアル学会 バイオマテリアル : 生体材料 : Journal of Japanese Society for Biomaterials   28 ( 2 )   88 - 95   2010年04月( ISSN:13477080

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    CiNii Article

  • Dialysis modality is independently associated with circulating endothelial progenitor cells in end-stage renal disease patients 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Takuhito, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Tahara Hideki, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Nishizawa Yoshiki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   25 ( 2 )   581 - 586   2010年02月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfp358

    PubMed

  • Regions of Arterial Stenosis and Clinical Factors Determining Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease

    Ueno H, Fukumoto S, et al.

    J Atheroscler Thromb   17   858 - 869   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regions of Arterial Stenosis and Clinical Factors Determining Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease 査読

    Ueno Hiroki, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Maeno Takaaki, Murayama Masahiro, Otsuka Yoshiko, Mima Yohei, Kawaguchi Yuji, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   17 ( 8 )   858 - 869   2010年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regions of Arterial Stenosis and Clinical Factors Determining Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease 査読

    Ueno Hiroki, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Maeno Takaaki, Murayama Masahiro, Otsuka Yoshiko, Mima Yohei, Kawaguchi Yuji, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    Japan Atherosclerosis Society Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   17 ( 8 )   858 - 869   2010年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.3723

    CiNii Article

  • Phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway regulates inflammatory mediators-induced calcification of human vascular smooth muscle cells. 査読

    Okazaki H, Shioi A, Hirowatari K, Koyama H, Fukumoto S, Ishimura E, Nishizawa Y

    Osaka city medical journal   55 ( 2 )   71 - 80   2009年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Long-term clinical outcome after intramuscular implantation of bone marrow mononuclear cells (Therapeutic Angiogenesis by Cell Transplantation [TACT] trial) in patients with chronic limb ischemia 査読

    Matoba Satoaki, Tatsumi Tetsuya, Murohara Toyoaki, Imaizumi Tsutomu, Katsuda Yousuke, Ito Masaaki, Saito Yoshihiko, Uemura Shiro, Suzuki Hiroshi, Fukumoto Shinya, Yamamoto Yasutaka, Onodera Rie, Teramukai Satoshi, Fukushima Masanori, Matsubara Hiroaki

    AMERICAN HEART JOURNAL   156 ( 5 )   1010 - 1018   2008年11月( ISSN:0002-8703

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ahj.2008.06.025

    PubMed

  • Skin auto fluorescence, a marker for advanced glycation end product accumulation, is associated with arterial stiffness in patients with end-stage renal disease 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Fukumoto Shinya, Shinohara Kayo, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Tahara Hideki, Kakiya Ryusuke, Tabata Tsutomu, Miyata Toshio, Nishizawa Yoshiki

    METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   57 ( 10 )   1452 - 1457   2008年10月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2009.05.016

  • Skin autofluorescence, a marker for advanced glycation end product accumulation, is associated with arterial stiffness in patients with end-stage renal disease. 査読

    Ueno H, Koyama H, Tanaka S, Fukumoto S, Shinohara K, Shoji T, Emoto M, Tahara H, Kakiya R, Tabata T, Miyata T, Nishizawa Y

    Metabolism: clinical and experimental   57 ( 10 )   1452 - 7   2008年10月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2008.05.016

    PubMed

  • ナノアパタイトコーティング微粒子材料の開発と細胞担体への応用 査読

    岡田 正弘, 前田 駿太, 藤井 秀司, 三間 洋平, 福本 真也, 古薗 勉

    公益社団法人 日本セラミックス協会 日本セラミックス協会 年会・秋季シンポジウム 講演予稿集   2008 ( 0 )   324 - 324   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は、アパタイトナノ結晶を高分子表面にコーティングした新規複合材料を開発し、その細胞接着性を報告してきた。これまでに、医用高分子材料であるシリコーンシート、シルク繊維、ポリエステル繊維、あるいは、医用金属材料であるステンレスへのナノアパタイトコーティングに成功している。本研究では、生体吸収性高分子からなる微粒子材料へのナノアパタイトコーティングを試み、さらにその細胞担体としての機能評価について検討したので報告する。

    DOI: 10.14853/pcersj.2008F.0.324.0

    CiNii Article

  • Low circulating endogenous secretory receptor for AGEs predicts cardiovascular mortality in patients with end-stage renal disease 査読

    Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Fukumoto Shinya, Shinohara Kayo, Shoji Takuhito, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Tahara Hideki, Ishimura Eiji, Kakiya Ryusuke, Tabata Tsutomu, Yamamoto Hiroshi, Nishizawa Yoshiki

    ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY   27 ( 1 )   147 - 153   2007年01月( ISSN:1079-5642

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.ATV.0000251502.88818.4b

    PubMed

  • Association between plasma angiopoietin-like protein 3 and arterial wall thickness in healthy subjects 査読

    Hatsuda Sawako, Shoji Tetsuo, Shinohara Kayo, Kimoto Eiji, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF VASCULAR RESEARCH   44 ( 1 )   61 - 66   2007年( ISSN:1018-1172

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000098153

    PubMed

  • Platelet activation is associated with hypoadiponectinemia and carotid atherosclerosis 査読

    Shoji Takuhito, Koyama Hidenori, Fukumoto Shinya, Maeno Takaaki, Yokoyama Hisayo, Shinohara Kayo, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Yamane Takahisa, Hino Masayuki, Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki

    ATHEROSCLEROSIS   188 ( 1 )   190 - 195   2006年09月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2005.10.034

    PubMed

  • Receptor for advanced glycation end products is involved in impaired angiogenic response in diabetes 査読

    Shoji Takuhito, Koyama Hidenori, Morioka Tomoaki, Tanaka Shinji, Kizu Akane, Motoyama Kohka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shimogaito Noriko, Takeuchi Masayoshi, Yamamoto Yasuhiko, Yonekura Hideto, Yamamoto Hiroshi, Nishizawa Yoshiki

    DIABETES   55 ( 8 )   2245 - 2255   2006年08月( ISSN:0012-1797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db05-1375

    PubMed

  • Regional arterial stiffness in patients with type 2 diabetes and chronic kidney disease 査読

    Kimoto Eiji, Shoji Tetsuo, Shinohara Kayo, Hatsuda Sawako, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Okuno Yasuhisa, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF THE AMERICAN SOCIETY OF NEPHROLOGY   17 ( 8 )   2245 - 2252   2006年08月( ISSN:1046-6673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1681/ASN.2005101038

    PubMed

  • Regional Arterial Stiffness Associated with Ischemic Heart Disease in Type 2 Diabetes Mellitus 査読

    HATSUDA Sawako, SHOJI Tetsuo, SHINOHARA Kayo, KIMOTO Eiji, MORI Katsuhito, FUKUMOTO Shinya, KOYAMA Hidenori, EMOTO Masanori, NISHIZAWA Yoshiki

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   13 ( 2 )   114 - 121   2006年04月( ISSN:13403478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Regional arterial stiffness associated with ischemic heart disease in type 2 diabetes mellitus 査読

    Hatsuda S, Shoji T, Shinohara K, Kimoto E, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Nishizawa Y

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   13 ( 2 )   114 - 121   2006年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional arterial stiffness associated with ischemic heart disease in type 2 diabetes mellitus. 査読

    Hatsuda S, Shoji T, Shinohara K, Kimoto E, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Nishizawa Y

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   13 ( 2 )   114 - 21   2006年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • SREBP inhibits VEGF expression in human smooth muscle cells 査読

    Motoyama K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Shimano H, Maemura K, Nishizawa Y

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   342 ( 1 )   354 - 360   2006年03月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2006.01.139

    PubMed

  • SREBP inhibits VEGF expression in human smooth muscle cells

    Motoyama K, Fukumoto S, et al.

    Biochem Biophys Res Commun   342   354 - 360   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional Arterial Stiffness Associated with Ischemic Heart Disease in Type 2 Diabetes Mellitus 査読

    Hatsuda Sawako, Shoji Tetsuo, Shinohara Kayo, Kimoto Eiji, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Nishizawa Yoshiki

    Japan Atherosclerosis Society Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   13 ( 2 )   114 - 121   2006年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.13.114

    CiNii Article

  • Platelet-Monocyte Aggregates are Independently Associated with Occurrence of Carotid Plaques in Type 2 Diabetic Patients 査読

    SHOJI Takuhito, KOYAMA Hidenori, FUKUMOTO Shinya, MAENO Takaaki, YOKOYAMA Hisayo, SHINOHARA Kayo, EMOTO Masanori, SHOJI Tetsuo, INABA Masaaki, NISHIZAWA Yoshiki

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   12 ( 6 )   344 - 352   2005年12月( ISSN:13403478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Plasma level of endogenous secretory RAGE is associated with components of the metabolic syndrome and atherosclerosis 査読

    Koyama H, Shoji T, Yokoyama H, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Emoto M, Shoji T, Tamei H, Matsuki H, Sakurai S, Yamamoto Y, Yonekura H, Watanabe T, Yamamoto H, Nishizawa Y

    ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY   25 ( 12 )   2587 - 2593   2005年12月( ISSN:1079-5642

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.ATV.0000190660.32863.cd

    PubMed

  • Platelet-monocyte aggregates are independently associated with occurrence of carotid plaques in type 2 diabetic patients 査読

    Shoji Takuhito, Koyama Hidenori, Fukumoto Shinya, Maeno Takaaki, Yokoyama Hisayo, Shinohara Kayo, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   12 ( 6 )   344 - 352   2005年12月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of Atorvastatin of Regional Arterial Stiffness in Patients with Type 2 Diabetes Mellitus 査読

    SHINOHARA Kayo, SHOJI Tetsuo, KIMOTO Eiji, YOKOYAMA Hisayo, FUJIWARA Shigehiko, HATSUDA Sawako, MAENO Takaaki, SHOJI Takuhito, FUKUMOTO Shinya, EMOTO Masanori, KOYAMA Hidenori, NISHIZAWA Yoshiki

    Japan Atherosclerosis Society Journal of atherosclerosis and thrombosis   12 ( 4 )   205 - 210   2005年08月( ISSN:13403478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.12.205

    CiNii Article

  • Effect of atorvastatin on regional arterial stiffness in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Shinohara K, Shoji T, Kimoto E, Yokoyama H, Fujiwara S, Hatsuda S, Maeno T, Shoji T, Fukumoto S, Emoto M, Koyama H, Nishizawa Y

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   12 ( 4 )   205 - 210   2005年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of atorvastatin on regional arterial stiffness in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Shinohara K, Shoji T, Kimoto E, Yokoyama H, Fujiwara S, Hatsuda S, Maeno T, Shoji T, Fukumoto S, Emoto M, Koyama H, Nishizawa Y

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   12 ( 4 )   205 - 210   2005年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 重症下肢虚血に対する自家骨髄・末梢血単核細胞移植療法の現状と展望 : 第49回日本透析医学会シンポジウムより 査読

    小山 英則, 福本 真也, 田中 新二, 西沢 良記

    The Japanese Society for Dialysis Therapy 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy   38 ( 5 )   1181 - 1183   2005年05月( ISSN:13403451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4009/jsdt.38.1181

    CiNii Article

  • Interrelationship between indices of arterial stiffness (PWV and stiffness parameter beta) in healthy subjects 査読

    Shoji T, Hatsuda S, Shinohara K, Kimoto E, Araki T, Maeno T, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   130 - 130   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional arterial stiffness in diabetic patients with chronic kidney disease (CKD) 査読

    Kimoto E, Shoji T, Hatsuda S, Shinohara K, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Ishimura E, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   136 - 136   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional arterial stiffness related to ischemic heart disease in type 2 diabetes mellitus 査読

    Hatsuda S, Shoji T, Shinohara K, Kimoto E, Yokoyama H, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   135 - 135   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional arterial stiffness in diabetic patients with chronic kidney disease (CKD) 査読

    Kimoto E, Shoji T, Hatsuda S, Shinohara K, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Ishimura E, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   136 - 136   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interrelationship between indices of arterial stiffness (PWV and stiffness parameter beta) in healthy subjects 査読

    Shoji T, Hatsuda S, Shinohara K, Kimoto E, Araki T, Maeno T, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   130 - 130   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional arterial stiffness related to ischemic heart disease in type 2 diabetes mellitus 査読

    Hatsuda S, Shoji T, Shinohara K, Kimoto E, Yokoyama H, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   135 - 135   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional arterial stiffness in diabetic patients with chronic kidney disease (CKD) 査読

    Kimoto E, Shoji T, Hatsuda S, Shinohara K, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Ishimura E, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   136 - 136   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interrelationship between indices of arterial stiffness (PWV and stiffness parameter beta) in healthy subjects 査読

    Shoji T, Hatsuda S, Shinohara K, Kimoto E, Araki T, Maeno T, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   130 - 130   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional arterial stiffness related to ischemic heart disease in type 2 diabetes mellitus 査読

    Hatsuda S, Shoji T, Shinohara K, Kimoto E, Yokoyama H, Mori K, Fukumoto S, Koyama H, Emoto M, Nishizawa Y

    ATHEROSCLEROSIS SUPPLEMENTS   6 ( 1 )   135 - 135   2005年04月( ISSN:1567-5688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Altered relationship between body fat and plasma adiponectin in end-stage renal disease 査読

    Shoji T, Shinohara K, Hatsuda S, Kimoto E, Fukumoto S, Emoto M, Tahara H, Koyama H, Ishimura E, Miki T, Tabata T, Nishizawa Y

    METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   54 ( 3 )   330 - 334   2005年03月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2004.09.012

    PubMed

  • Effect of atorvastatin on regional arterial stiffness in patients with type 2 diabetes mellitus. 査読

    Shinohara K, Shoji T, Kimoto E, Yokoyama H, Fujiwara S, Hatsuda S, Maeno T, Shoji T, Fukumoto S, Emoto M, Koyama H, Nishizawa Y

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   12 ( 4 )   205 - 10   2005年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Platelet-Monocyte Aggregates are Independently Associated with Occurrence of Carotid Plaques in Type 2 Diabetic Patients 査読

    Shoji Takuhito, Koyama Hidenori, Fukumoto Shinya, Maeno Takaaki, Yokoyama Hisayo, Shinohara Kayo, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    Japan Atherosclerosis Society Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   12 ( 6 )   344 - 352   2005年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.12.344

    CiNii Article

  • Platelet-monocyte aggregates are independently associated with occurrence of carotid plaques in type 2 diabetic patients. 査読

    Shoji T, Koyama H, Fukumoto S, Maeno T, Yokoyama H, Shinohara K, Emoto M, Shoji T, Inaba M, Nishizawa Y

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   12 ( 6 )   344 - 52   2005年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Akt participation in the Wnt signaling pathway through Dishevelled

    Fukumoto S, Hsieh CM, et al.

    J Biol Chem   18 ( 276 )   17479 - 83   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Striated muscle preferentially expressed genes alpha and beta are two serine/threonine protein kinases derived from the same gene as the aortic preferentially expressed gene-1

    Hsieh CM, Fukumoto S, et al.

    J Biol Chem   24 ( 275 )   36966 - 73   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Distinct role of cyclic AMP and cyclic GMP in the cell cycle control of vascular smooth muscle cells: cGMP delays cell cycle transition through suppression of cyclin D1 and cdk4 activation. 査読 国際共著

    Fukumoto S, Koyama H, et al.

    Circ Res   26 ( 85 )   985 - 91   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Protein kinase C d inhibits the proliferation of vascular smooth muscle cells by suppressing G1 cyclin expression. 査読 国際共著

    Fukumoto S, Nishizawa Y, et al.

    J Biol Chem   272   13816 - 13822   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 高齢CKD患者への食事療法と低たんぱく食の是非について【サルコペニア・フレイル合併CKDではリスクを勘案した上でのたんぱく質制限緩和も考慮する】

    細島康宏、福本真也( 担当: 単著 ,  範囲: 質疑応答プロからプロへ:老年科)

    日本医事新報NO.5159  2023年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:49   著書種別:教科書・概説・概論  

  • 高齢者への正しい人間ドックの勧め方について【高齢者へは一律に勧めるべきではなく、個別に益・不利益のバランスで判断する】

    福本真也、細井雅之( 担当: 単著 ,  範囲: 質疑応答プロからプロへ:老年科)

    日本医事新報NO.5156  2023年02月 

     詳細を見る

    担当ページ:54   著書種別:教科書・概説・概論   参加形態:ファーストオーサー

  • FDG-PET/CT検査と半導体PET/CT装置を用いたがん検診への期待

    東山滋明、福本真也( 担当: 共著 ,  範囲: 3月号;NO.543:98-101)

    (株)エムイー振興協会 月刊 新医療  2020年03月 

     詳細を見る

    担当ページ:98-101   著書種別:教科書・概説・概論   参加形態:ラストオーサー

  • 再生医療に役立つナノアパタイト/生体吸収性高分子からなるコアシェル微粒子

    古薗勉、福本真也( 担当: 共著 ,  範囲: 第52巻、第3号、p134-137)

    セラミックス  2017年 

     詳細を見る

    担当ページ:134-137   著書種別:教科書・概説・概論   参加形態:ラストオーサー

  • 第7章 ピッカリングエマルション法によるコアシェル粒子の合成(普及版)

    藤井秀司、岡田正弘、古薗勉、福本真也( 担当: 共著)

    株式会社シーエムシー出版・コアシェル微粒子の設計・合成技術・応用の展開(普及版)  2016年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:246   担当ページ:p101-114   著書種別:学術書  

  • 第VI章 心血管疾患の診断と治療. 3 末梢動脈疾患

    福本真也( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社・糖尿病腎症の治療ポイント~早期腎症から透析治療まで~  2016年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:384   担当ページ:p339-349  

  • 第7章 ピッカリングエマルション法によるコアシェル粒子の合成

    藤井秀司、岡田正弘、古薗勉、福本真也( 担当: 共著)

    シーエムシー出版・11. 新材料・新素材シリーズ コアシェル微粒子の設計・合成技術・応用の展開  2010年 

     詳細を見る

    総ページ数:246   担当ページ:101-114  

  • 第3章;症状からみた歩行障害と専門医への紹介のタイミング―4「間欠性歩行障害(変動する歩行障害)」

    福本真也( 担当: 単著)

    真興交易(株)・歩行障害ハンドブック  2009年01月 

     詳細を見る

    総ページ数:262   担当ページ:64-71  

  • 第8章;透析患者の末梢動脈疾患-6「単核細胞移植」

    福本真也、小山英則、西沢良記( 担当: 共著)

    医薬ジャーナル社・最新透析医学  2008年07月 

     詳細を見る

    総ページ数:734   担当ページ:260-266  

  • 第3章;診断・管理・治療「糖尿病:(2)糖尿病透析患者の虚血肢の治療と予後」

    福本真也、小山英則、西沢良記( 担当: 共著)

    最新医学社・ 新しい診断と治療のABC(38)透析合併症  2006年05月 

     詳細を見る

    総ページ数:290   担当ページ:31-45  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 質疑応答プロからプロへ:老年科 高齢CKD患者への食事療法と低たんぱく食の是非について【サルコペニア・フレイル合併CKDではリスクを勘案した上でのたんぱく質制限緩和も考慮する】 招待

    細島康宏、福本真也

    日本医事新報   5159   49   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   国際・国内誌:国内誌  

  • 質疑応答プロからプロへ:老年科 高齢者への正しい人間ドックの勧め方について【高齢者へは一律に勧めるべきではなく、個別に益・不利益のバランスで判断する】 招待

    福本真也、細井雅之

    日本医事新報   5156   54   2023年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   国際・国内誌:国内誌  

  • FDG-PET/CT検査と半導体PET/CT装置を用いたがん検診への期待 招待

    東山滋明, 福本真也

    (株)エムイー振興協会 月刊 新医療   47 ( 3 )   98 - 101   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • なぜ今、核医学なのか 核医学が注目される理由と意義 FDG-PET/CT検査と半導体PET/CT装置を用いたがん検診への期待 査読

    東山 滋明, 福本 真也

    (株)エムイー振興協会 新医療   47 ( 3 )   98 - 101   2020年03月( ISSN:0910-7991

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    大阪市立大学医学部附属病院は、2019年10月より半導体PET/CT装置の稼働を開始しました。本稿ではFDG-PET/CT検査の概要を説明するとともに、半導体PET/CT装置の臨床的価値とがん検診に期待する点を紹介します。(著者抄録)

  • 再生医療に役立つナノアパタイト/生体吸収性高分子からなるコアシェル微粒子 招待

    古薗勉、福本真也

    セラミックス   52 ( 3 )   134 - 137   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 【患者さんがみるみる変わる!ダウンロードでそのまま使える!魔法の糖尿病患者説明シート50+α】 (第3章)食事療法の患者説明シート9 「水を飲んでも太るんです」どうすればよいの? 査読

    福本 真也

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   ( 2016春季増刊 )   132 - 136   2016年03月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 先制的予防医療を目指した健診と将来展望―MedCity21での健診の現況と今後 招待

    福本真也

    (株)エムイー振興協会 月刊 新医療   42 ( 9 )   24 - 28   2015年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 【新しい機器とシステムで創る健診戦略】 検証 効果と実績を示す技術投入 先制的予防医療を目指した健診と将来展望 MedCity21での健診の現況と今後 査読

    福本 真也

    (株)エムイー振興協会 新医療   42 ( 9 )   24 - 28   2015年09月( ISSN:0910-7991

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    大阪市立大学先端予防医療部附属クリニックMedCity21は、大学附属施設として"臨床・研究・教育"の面でその目的達成に努めることを活動の骨子として2014年4月に開所した。臨床とは「先制的な予防医療の実践」を目標とした健診・検診を意味し、研究は、健常者や未病者の遺伝子情報や臨床データ等を蓄積するバイオリポジトリ(バイオバンク)の構築と、それを基にした新たな予防医学的バイオマーカーの発見と検証を主な目的としている。教育は、予防医学研究者の人材育成である。本稿では、MedCity21の先制的予防医療を目指した健診について紹介する。(著者抄録)

  • 【患者さんにそのまま見せたい!イラスト&写真でわかる糖尿病合併症と重要治療法】 糖尿病合併症 動脈硬化性疾患 末梢動脈疾患 査読

    福本 真也

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   11 ( 11 )   1056 - 1057   2014年11月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【根拠があるから納得度UP!専門医が答える困った症例解決塾】 合併症について「困った!」(CASE 3) 足がしびれて眠れないけれど、やっぱり治療はいやだ!治療中断をくり返し、有痛性糖尿病神経障害を合併した患者さん 査読

    福本 真也

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   11 ( 10 )   936 - 938   2014年10月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【根拠があるから納得度UP!専門医が答える困った症例解決塾】 合併症について「困った!」(CASE 4) フットケアが患者さんの命を救うの? 末梢動脈疾患によって難治性足潰瘍をくり返す患者さん 査読

    福本 真也

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   11 ( 10 )   939 - 941   2014年10月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Case 3治療中断を繰り返し、有痛性糖尿病神経障害を合併した患者さん.特集「根拠があるから納得度UP!専門医が答える困った症例解決塾」2 合併症について「困った!」 招待

    福本真也

    MSメディカ出版・糖尿病ケア   11 ( 10 )   22 - 24   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • Case 4末梢動脈疾患によって難治性足潰瘍をくり返す患者さん.特集「根拠があるから納得度UP!専門医が答える困った症例解決塾」2 合併症について「困った!」 査読

    福本真也

    MSメディカ出版・糖尿病ケア   11 ( 10 )   25 - 27   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 血管新生療法の治療効果を増幅するナノスキャフォールド粒子 招待

    福本真也

    バイオインダストリー   30 ( 6 )   10 - 17   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 血管新生療法の治療効果を増幅するナノスキャフォールド粒子 査読

    福本真也

    バイオインダストリー   30 ( 6 )   10 - 17   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【カーボカウントの理論と実際、ならびにその新たな展開】 2型糖尿病とカーボカウント 査読

    藤本 浩毅, 福本 真也

    (株)医学出版 月刊糖尿病   5 ( 5 )   82 - 89   2013年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 末梢動脈疾患(PAD)の診断と意義 査読

    福本 真也

    (社医)景岳会南大阪病院 南大阪病院医学雑誌   60 ( 1 )   11 - 16   2013年04月( ISSN:0540-1259

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    Atherosclerotic peripheral arterial disease(PAD)患者には、全身と下肢局所に対する2つのマネージメントが必要である。全身のアテローム性動脈硬化症の1部分症であるPADは、冠動脈や脳動脈の虚血性イベントの発症や総死亡のhigh riskグル-プであり、そのため、全身のアテローム性動脈硬化症に対する予防的治療介入が必要である。また、下肢PADの局所治療に関しては、下肢切断を回避するために、チーム医療や集学的治療が必要となる。こういったPAD診療の成否を決める重要なポイントは、まず早期にPADを診断することである。本稿では、PAD診療の非専門スタッフでも知っておくべき、PAD診断の方法とその意義について概説する。(著者抄録)

  • 【動脈硬化とアフェレシス】 PADの診断・病態と新たな治療戦略 査読

    福本 真也

    (一社)日本アフェレシス学会 日本アフェレシス学会雑誌   32 ( 1 )   49 - 57   2013年02月( ISSN:1340-5888

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    末梢動脈疾患(PAD)の診断は、下肢の局所治療のためばかりではなく、動脈硬化症ハイリスク群としての全身管理のためにも重要である。PADの治療は、局所治療と全身管理において、予防的治療から侵襲的治療まで、同時進行的連携と経時的連携によって、様々な分野の診療科や職種が関わる。チーム医療と集学的治療によって下肢切断を49〜85%減らすことができるとされる。Trans-Atlantic Inter-Society Consensus IIと改訂米国心臓病学会財団/米国心臓協会ガイドラインを参考にPADの診断の意義、方法と病態を概説し、新規治療を紹介した。

  • PADの診断・病態と新たな治療戦略 招待

    福本真也

    日本アフェレシス学会雑誌   32 ( 1 )   49 - 57   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • PADの診断・病態と新たな治療戦略 査読

    福本真也

    日本アフェレシス学会雑誌   32 ( 1 )   49 - 57   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 2型糖尿病とカーボカウント 査読

    藤本浩毅、福本真也

    医学出版・月刊糖尿病   5 ( 5 )   82 - 89   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 2型糖尿病とカーボカウント 招待

    藤本浩毅、福本真也

    医学出版・月刊糖尿病   5 ( 5 )   82 - 89   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 2型糖尿病とカーボカウント 査読

    藤本浩毅、福本真也

    医学出版・月刊糖尿病   5 ( 5 )   82 - 89   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • PADの診断・病態と新たな治療戦略 査読

    福本真也

    日本アフェレシス学会雑誌   32 ( 1 )   49 - 57   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【患者さんがわかる!変わる! すぐに使える!究極の糖尿病患者説明シート50】 (第6章)糖尿病のリスク・合併症の患者説明シート20 糖尿病は別名「血管障害病」 脳卒中・冠動脈疾患・末梢動脈疾患 査読

    福本 真也, 絵本 正憲

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   ( 2011秋季増刊 )   164 - 167   2011年09月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【患者さんがわかる!変わる! すぐに使える!究極の糖尿病患者説明シート50】 (第6章)糖尿病のリスク・合併症の患者説明シート20 糖尿病は別名「血管障害病」 脳卒中・冠動脈疾患・末梢動脈疾患 査読

    福本 真也, 絵本 正憲

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   ( 2011秋季増刊 )   164 - 167   2011年09月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【透析フットケアのすべて】 透析患者の末梢血管疾患(peripheral arterial disease、PAD) 単核細胞移植 査読

    小山 英則, 庄司 拓仁, 福本 真也

    大阪透析研究会 大阪透析研究会会誌   29 ( 1 )   27 - 31   2011年03月( ISSN:0912-6937

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    末梢血管疾患(peripheral arterial disease)は、下肢動脈の閉塞・狭窄により末梢循環が障害され、歩行時の疼痛、安静時痛、潰瘍・壊疽などをきたす疾患である。その中でも安静時痛、潰瘍・壊疽を呈する重症下肢虚血は予後不良で、一般的に1年の下肢切断率が25%、心血管疾患を中心とした死亡率が25%と報告されている。重症下肢虚血患者の治療としては、血行再建術が必須であり、外科的バイパス術および血管内治療がまず検討されるべきである。しかしながら、これらの患者の多くが慢性腎不全、糖尿病などを合併しており、膝関節より末梢の病変を有していることが多く、必ずしも血行再建は容易ではない。近年、自家骨髄単核細胞移植・末梢血単核細胞移植が、血行再建困難な症例に試みられてきた。この治療法は移植単核細胞により末梢組織の血管新生を誘導し、血流を改善することを期待したものである。われわれの成績では、骨髄単核細胞移植、末梢血単核細胞の有効性はそれぞれ64%、58%と、下肢切断前の有力な選択肢となりうる可能性を示している。現状の方法では、慢性腎不全患者に対する有効性が30%以下と満足できるものではなく、今後の重要な研究課題である。(著者抄録)

  • 【透析フットケアのすべて】 透析患者の末梢血管疾患(peripheral arterial disease、PAD) 単核細胞移植 査読

    小山 英則, 庄司 拓仁, 福本 真也

    大阪透析研究会 大阪透析研究会会誌   29 ( 1 )   27 - 31   2011年03月( ISSN:0912-6937

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    末梢血管疾患(peripheral arterial disease)は、下肢動脈の閉塞・狭窄により末梢循環が障害され、歩行時の疼痛、安静時痛、潰瘍・壊疽などをきたす疾患である。その中でも安静時痛、潰瘍・壊疽を呈する重症下肢虚血は予後不良で、一般的に1年の下肢切断率が25%、心血管疾患を中心とした死亡率が25%と報告されている。重症下肢虚血患者の治療としては、血行再建術が必須であり、外科的バイパス術および血管内治療がまず検討されるべきである。しかしながら、これらの患者の多くが慢性腎不全、糖尿病などを合併しており、膝関節より末梢の病変を有していることが多く、必ずしも血行再建は容易ではない。近年、自家骨髄単核細胞移植・末梢血単核細胞移植が、血行再建困難な症例に試みられてきた。この治療法は移植単核細胞により末梢組織の血管新生を誘導し、血流を改善することを期待したものである。われわれの成績では、骨髄単核細胞移植、末梢血単核細胞の有効性はそれぞれ

  • 臨床病理カンファレンス 慢性腎臓病5D期(CKD5D) 査読

    石村 栄治, 福本 真也, 庄司 哲雄, 武本 佳昭, 田畑 勉, 久保 正二, 仲谷 達也, 稲葉 雅章, 若狭 研一, 上田 真喜子

    (株)永井書店 綜合臨床   60 ( 1 )   150 - 157   2011年01月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 臨床病理カンファレンス 慢性腎臓病5D期(CKD5D) 査読

    石村 栄治, 福本 真也, 庄司 哲雄, 武本 佳昭, 田畑 勉, 久保 正二, 仲谷 達也, 稲葉 雅章, 若狭 研一, 上田 真喜子

    (株)永井書店 綜合臨床   60 ( 1 )   150 - 157   2011年01月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 糖尿病は別名「血管障害病」―脳卒中・冠動脈疾患・末梢動脈疾患.患者さんがわかる!変わる!すぐに使える!究極の糖尿病患者説明シート50 招待

    福本真也、絵本正憲

    MC メディカ出版・糖尿病ケア2011年秋季増刊号   98   164 - 167   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 糖尿病は別名「血管障害病」―脳卒中・冠動脈疾患・末梢動脈疾患.患者さんがわかる!変わる!すぐに使える!究極の糖尿病患者説明シート50 査読

    福本真也、絵本正憲

    MC メディカ出版・糖尿病ケア2011年秋季増刊号   98   164 - 167   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 糖尿病は別名「血管障害病」―脳卒中・冠動脈疾患・末梢動脈疾患.患者さんがわかる!変わる!すぐに使える!究極の糖尿病患者説明シート50 査読

    福本真也、絵本正憲

    MC メディカ出版・糖尿病ケア2011年秋季増刊号   98   164 - 167   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 「慢性腎臓病 一般臨床ではどのように対応していくか」ステージ分類別対処法の概要―ハイリスク群 招待

    福本真也

    診断と治療社・診断と治療   98 ( 4 )   27 - 32   2010年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 「慢性腎臓病 一般臨床ではどのように対応していくか」ステージ分類別対処法の概要―ハイリスク群 査読

    福本真也

    診断と治療社・診断と治療   98 ( 4 )   27 - 32   2010年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 「慢性腎臓病 一般臨床ではどのように対応していくか」ステージ分類別対処法の概要―ハイリスク群 査読

    福本真也

    診断と治療社・診断と治療   98 ( 4 )   27 - 32   2010年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【バイオセラミックスルネッサンス2010】 新しい細胞移植療法のためのナノアパタイトコーティング微粒子材料 査読

    岡田 正弘, 福本 真也, 三間 洋平, 藤井 秀司, 古薗 勉

    日本バイオマテリアル学会 バイオマテリアル-生体材料-   28 ( 2 )   88 - 95   2010年04月( ISSN:1347-7080

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【慢性腎臓病 一般臨床ではどのように対応していくか】 ステージ分類別対処法の概要 ハイリスク群 査読

    福本 真也

    (株)診断と治療社 診断と治療   98 ( 4 )   565 - 570   2010年04月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【バイオセラミックスルネッサンス2010】 新しい細胞移植療法のためのナノアパタイトコーティング微粒子材料 査読

    岡田 正弘, 福本 真也, 三間 洋平, 藤井 秀司, 古薗 勉

    日本バイオマテリアル学会 バイオマテリアル-生体材料-   28 ( 2 )   88 - 95   2010年04月( ISSN:1347-7080

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【慢性腎臓病 一般臨床ではどのように対応していくか】 ステージ分類別対処法の概要 ハイリスク群 査読

    福本 真也

    (株)診断と治療社 診断と治療   98 ( 4 )   565 - 570   2010年04月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • これからの食事指導が変わる!カーボカウント・マスターガイド(第11回) 2型糖尿病と基礎カーボカウント 査読

    福本 真也

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   7 ( 2 )   189 - 193   2010年02月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • これからの食事指導が変わる!カーボカウント・マスターガイド(第11回) 2型糖尿病と基礎カーボカウント 査読

    福本 真也

    (株)メディカ出版 糖尿病ケア   7 ( 2 )   189 - 193   2010年02月( ISSN:1348-9968

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 第11回 2型糖尿病と基礎カーボカウント;これからの食事指導が変わる!カーボカウント・マスターガイド 招待

    福本真也

    MC メディカ出版・糖尿病ケア   7 ( 2 )   85 - 89   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 第11回 2型糖尿病と基礎カーボカウント;これからの食事指導が変わる!カーボカウント・マスターガイド 査読

    福本真也

    MC メディカ出版・糖尿病ケア   7 ( 2 )   85 - 89   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 第11回 2型糖尿病と基礎カーボカウント;これからの食事指導が変わる!カーボカウント・マスターガイド 査読

    福本真也

    MC メディカ出版・糖尿病ケア   7 ( 2 )   85 - 89   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 特集:CME、セルフトレーニング問題の正解と解説 招待

    福本真也

    日本腎臓学会誌   49 ( 8 )   966 - 986   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 特集:CME、セルフトレーニング問題の正解と解説 査読

    福本真也

    日本腎臓学会誌   49 ( 8 )   966 - 986   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 特集:CME、セルフトレーニング問題の正解と解説 査読

    福本真也

    日本腎臓学会誌   49 ( 8 )   966 - 986   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 特集:CME、セルフトレーニング問題の正解と解説 査読

    福本真也

    日本腎臓学会誌   49 ( 8 )   966 - 986   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 透析患者の動脈硬化;動脈硬化症の発症進展のメカニズム、(3)動脈硬化症の進展と血管平滑筋細胞

    福本真也、小山英則、西沢良記

    臨床透析   18 ( 1 )   19 - 28   2002年01月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Serum Calcification Propensity (T50) as a Novel Marker Which is Inversely Associated with Subclinical Atherosclerosis in Health Examinees. 国際会議

    Yu Nagakura, Tetsuo Shoji, Yasuko Okui, Wataru Yamashita, Hideki Uedono, Shinya Nakatani, Shinya Fukumoto, Katsuhito Mori, Toshio Watanabe and Masanori Emoto

    the 7th Congress of Asia Association of Medical Laboratory Scientists (AAMLS 2023) in conjunction with the 32nd National Scientific Conference of MIMLS  2023年10月  Asia Association of Medical Laboratory Scientists

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kuala Lumpur, Malaysia  

  • 健診受診者における安静時体温の分布とその影響因子に関する研究 国内会議

    灘谷祐二、高嶋信吾、金森厚志、田内幸枝、中野朱美、打田佐和子、木村達郎、福本真也、中村淳、渡邉俊雄

    第64回日本人間ドック学会学術大会  2023年09月  日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高崎市、群馬県  

  • COVID-19の大流行が及ぼす当院の肺がん検診への影響 国内会議

    木村達郎、福本真也、打田佐和子、中野朱美、灘谷祐二、田内幸枝、高嶋信吾、金森厚志、揚塩直美、渡邉俊雄

    第64回日本人間ドック学会学術大会  2023年09月  日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高崎市、群馬県  

  • 血液透析患者における血清リンとコレステロール代謝の関連性 国内会議

    庄司哲雄、森克仁、角谷佳則、森岡与明、福本真也、繪本正憲

    第55回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2023年07月  日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮市  

  • Syndecan-1, a Marker of Endothelial Glycocalyx Degradation, is Associated with Albuminuria in Type 2 Diabetes 国際会議

    Yoshinori Kakutani, Tomoaki Morioka, Yuko Yamazaki, Akinobu Ochi, Shinya Fukumoto, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto.

    American Diabetes Association 83rd Scientific Sessions  2023年06月  American Diabetes Association

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, CA. USA.  

  • 血液透析患者におけるリンとコレステロール代謝の関連性 国内会議

    庄司哲雄、辻本吉広、永田友貴、上殿英記、仲谷慎也、森岡与明、森克仁、福本真也、今西康雄、繪本正憲

    第66回日本腎臓学会学術総会  2023年06月  日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市  

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性は血清尿酸値と独立して血管内皮機能と関連する 国内会議

    藏城雅文、福本真也、赤利精悟、村瀬貴代、中村敬志、井原康貴、今井匠、永田友貴、森岡与明、森克仁、今西康雄、繪本正憲

    第96回日本内分泌学会学術総会  2023年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場、名古屋市  

  • Effect of the large waves of COVID-19 on false-positive results in annual lung cancer screening 国際会議

    Tatsuo Kimura, Shinya Fukumoto, Akemi Nakano, Sawako Uchida, Yuji Nadatani, Yukie Tauchi, Shingo Takashima, Yuko Nishii, Shigeki Mitsuoka, Koichi Ogawa, Naomi Ageshio, Toshio Watanabe

    ASCO annual meeting 2023  2023年06月  ASCO

     詳細を見る

    開催地:Chicago, IL. USA  

  • 血清石灰化傾向(T50)に対する2型糖尿病の影響についての検討 国内会議

    永倉優、庄司哲雄、上殿英記、仲谷慎也、森克仁、永田友貴、今西康雄、森岡与明、福本真也、渡邊俊雄、繪本正憲

    第66回日本糖尿病学会年次学術集会  2023年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島市  

  • 2型糖尿病および非糖尿病患者における血清石灰化傾向(T50)と動脈壁特性の関係 国内会議

    上殿英記、庄司哲雄、永倉優、仲谷慎也、森克仁、永田友貴、今西康雄、森岡与明、福本真也、渡邊俊雄、繪本正憲

    第66回日本糖尿病学会年次学術集会  2023年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • 血液透析患者における血清コレステロール合成・吸収マーカーと血清リン値との関連 国内会議

    奥手祐治郎、庄司哲雄、下村菜生子、辻本吉広、永田友貴、上殿英記、仲谷慎也、森岡与明、森 克仁、福本真也、今西康雄、繪本正憲

    第35回腎と脂質研究会  2023年03月  腎と脂質研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良市  

  • 血管内皮グリコカリックス障害マーカーSyndecan-1と2型糖尿病アルブミン尿の関連 国内会議

    角谷佳則,森岡与明,福本真也,山崎祐子,越智章展,庄司哲雄,繪本正憲

    第37回日本糖尿病合併症学会  2022年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都国際会館、京都市  

  • 弁当箱食事療法 招待 国内会議

    福本真也

    2022年度大阪糖尿病療養指導士認定機構 「更新のための講習会」  2022年10月  大阪糖尿病療養指導士認定機構

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市  

  • 人間ドック受診者におけるアミノインデックス(胃)と既知の胃がんリスクとの関連について 国内会議

    高嶋信吾、灘谷祐二、西居由布子、田内幸枝、藤井英樹、中野朱美、木村達郎、福本真也、藤原靖弘、渡邉俊雄

    第63回日本人間ドック学会学術大会  2022年09月  日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場、千葉市  

  • 当院における肺がん検診におけるCOVID-19の影響について 国内会議

    木村達郎、福本真也、中野朱美、藤井英樹、灘谷祐二、田内幸枝、高嶋信吾、西居由布子、揚塩直美、渡邉俊雄

    第63回日本人間ドック学会学術大会  2022年09月  日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:幕張メッセ国際会議場、千葉市  

  • 血管内皮グリコカリックス障害マーカーである血清Syndecan-1は2型糖尿病のアルブミン尿と関連する 国内会議

    角谷佳則,森岡与明,福本真也,山崎祐子,越智章展,庄司哲雄,繪本正憲

    第54回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2022年07月  日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:久留米シティプラザ、久留米市  

  • 2型糖尿病患者において血清FGF23濃度は血管平滑筋機能異常と関連する 国内会議

    夏木裕香、森岡与明、福本真也、角谷佳則、山崎祐子、越智章展、藏城雅文、森克仁、庄司哲雄、今西康雄、稲葉雅章、繪本正憲

    第95回日本内分泌学会学術総会  2022年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:別府国際コンベンションセンター 、別府市  

  • 2型糖尿病のアルブミン尿と血清Syndecan-1の関連性 国内会議

    角谷佳則、森岡与明、福本真也、山崎祐子、越智章展、庄司哲雄、繪本正憲

    第95回日本内分泌学会学術総会  2022年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:別府国際コンベンションセンター、別府市  

  • COVID-19 reduced the detection of lung cancer in first-time visitors, but not in repeated visitors in annual lung cancer screening 国際会議

    Tatsuo Kimura, Shinya Fukumoto, Akemi Nakano, Hideki Fujii, Yuji Nadatani, Shingo Takashima, Yuko Nishii, Tomohiro Suzumura, Naomi Ageshio, Toshio Watanabe

    ASCO annual meeting 2022  2022年06月  ASCO

     詳細を見る

    開催地:Chicago, IL. USA  

  • 2 型糖尿病患者の血清FGF23 濃度と血管平滑筋機能異常との関連性 国内会議

    夏木裕香,森岡与明,福本真也,角谷佳則,山崎祐子,越智章展,藏城雅文,森克仁,庄司哲雄,今西康雄,稲葉雅章,繪本正憲

    第65回日本糖尿病学会年次学術集会  2022年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸国際会議場、神戸市  

  • 2型糖尿病における血清Syndecan-1とアルブミン尿の関連 国内会議

    角谷佳則,森岡与明,福本真也,山崎祐子,越智章展,庄司哲雄,繪本正憲

    第65回日本糖尿病学会年次学術集会  2022年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸国際会議場、神戸市  

  • コロナ禍での糖尿病管理 ~優先すべきは生活習慣の改善か薬物療法の強化か~ 招待 国内会議

    福本真也

    2021年度大阪糖尿病療養指導士認定機構「更新のための講習会」  2021年10月  大阪糖尿病療養指導士認定機構

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市  

  • 胸部単純X線検査における要精密検査判定の経年変化について 国内会議

    木村達郎、福本真也、中野朱美、藤井英樹、灘谷祐二、田内幸枝、高嶋信吾、西居由布子、河田則文、渡邉俊雄

    第62回日本人間ドック学会学術大会  2021年09月  日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催  

  • 大学病院附属健診施設MedCity21におけるCOVID-19感染対策の取り組み 国内会議

    灘谷祐二、高嶋信吾、西居由布子、田内幸枝、藤井英樹、中野朱美、木村達郎、福本真也、渡邉俊雄

    第62回日本人間ドック学会学術大会  2021年09月  日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催  

  • 人間ドックを契機に発見された好酸球性食道炎の臨床的特徴の検討 国内会議

    高嶋信吾、灘谷祐二、藤井英樹、西居由布子、田内幸枝、中野朱美、木村達郎、福本真也、藤原靖弘、渡邉俊雄

    第62回日本人間ドック学会学術大会  2021年09月  日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催  

  • 肝線維化進展NAFLDの100%の拾い上げを目指した際の費用対効果の検討 国内会議

    藤井英樹、福本真也、木村達郎、中野朱美、灘谷祐二、高嶋信吾、西居由布子、河田則文、渡邉俊雄

    第62回日本人間ドック学会学術大会  2021年09月  日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催  

  • 糖尿病 招待 国内会議

    福本真也

    第一回CMC企業×ドクター座談会  2021年02月  ものづくり医療コンソーシアム(CMC)

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市  

  • 喫煙状況の違いによる栄養素摂取量の比較および人間ドック検査数値に及ぼす影響 国内会議

    菊谷 智佳, 臼杵 晴華, 王 天げつ, 百木 和, 福本 真也, 羽生 大記, 安井 洋子

    日本職業・災害医学会会誌  2020年12月  (一社)日本職業・災害医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Repeat lung cancer screenings by chest X ray have a profit for the avoidance of further examinations. 国際会議

    Tatsuo Kimura, Shinya Fukumoto, Akemi Nakano, Hideki Fujii, Yuji Nadatani, Yukie Tauchi, Shingo Takashima, Risa Uemura, Norifumi Kawada.

    Joint Meeting of the 27th International Health Evaluation and Promiotion Association and the 4th World Congress on Ningen Doch  2020年11月  Japan Society of Ningen Dock

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On demand, Web.  

  • The severity of hepatic fibrosis using revised cutoff points for the FIB-4 index in non-alcholic fatty liver disease. 国際会議

    Hideki Fujii, Shinya Fukumoto, Tatsuo Kimura, Akemi Nakano, Yuji Nadatani, Yukie Tauchi, Shingo Takashima, Risa Uemura, Norifumi Kawada.

    Joint Meeting of the 27th International Health Evaluation and Promiotion Association and the 4th World Congress on Ningen Doch  2020年11月  Japan Society of Ningen Dock

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:On demand, Web.  

  • 虚血下肢治療用細胞足場微粒子の開発と効能。第58回日本人工臓器学会大会 国内会議

    古薗勉、福本真也、佐藤秀樹、山原研一

    第58回日本人工臓器学会大会  2020年11月  日本人工臓器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:高知市  

  • 胸部X線撮影による反復的な肺癌スクリーニングはさらなる検査を回避できる利点がある(Repeat lung cancer screenings by chest X ray have a profit for the avoidance of further examinations) 国内会議

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Nakano Akemi, Fujii Hideki, Nadatani Yuji, Tauchi Yukie, Takashima Shingo, Uemura Risa, Kawadai Norifumi

    人間ドック  2020年11月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患におけるFIB-4指標の改定カットオフ値を用いた肝線維症の重症度(The severity of hepatic fibrosis using revised cutoff points for the FIB-4 index in non-alcoholic fatty liver disease) 国内会議

    Fujii Hideki, Fukumoto Shinya, Kimura Tasuo, Nakano Akemi, Nadatani Yuji, Tauchi Yukie, Takashima Shingo, Uemura Risa, Kawada Norifumi

    人間ドック  2020年11月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積およびアディポネクチンとの関連 国内会議

    森岡与明, 夏木裕香, 福本真也, 角谷佳則, 山崎祐子, 藏城雅文, 森克仁, 塩井淳, 庄司哲雄, 今西康雄, 稲葉雅章, 絵本正憲

    第41回日本肥満学会  2020年10月  日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山市  

  • アディポネクチン,オメンチンと糖尿病腎症との関連性 国内会議

    森岡与明,西村雅美,林麻里子,角谷佳則,山崎祐子,森克仁,福本真也,塩井淳,庄司哲雄,稲葉雅章,絵本正憲

    第63回日本糖尿病学会年次学術集会  2020年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催  

  • 人間ドック受診者における血漿キサンチン酸化還元酵素活性と平均血圧との関連―酸化ストレスによる 修飾― 国内会議

    吉田潮,藏城雅文,福本真也,村瀬貴代,中村敬志,吉田寿子,仲谷慎也,津田昌宏,森岡与明,森克仁,今西康雄,稲葉雅章,絵本正憲

    第63回日本糖尿病学会年次学術集会  2020年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB開催  

  • 虚血下肢治療用細胞足場微粒子の開発と効能 国内会議

    古薗 勉, 福本 真也, 佐藤 秀樹, 山原 研一

    人工臓器  2020年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝線維化進展NAFLDの拾い上げにおける2ステップアプローチの検証 国内会議

    藤井英樹、福本真也、河田則文

    第56回日本肝臓学会総会  2020年08月  日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪国際会議場、大阪市  

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積との関連にアディポネクチンが介在する 国内会議

    森岡 与明, 夏木 裕香, 福本 真也, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 稲葉 雅章, 絵本 正憲

    日本内分泌学会雑誌  2020年08月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳癌検診カテゴリー3病変の経過観察中に針生検を行った8症例の検討 国内会議

    田内 幸枝, 野田 諭, 中村 桂子, 山下 真理子, 石原 沙江, 浅野 有香, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 福本 真也, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年08月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と平均血圧との関連 酸化ストレスによる修飾 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 吉田 寿子, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 稲葉 雅章, 絵本 正憲

    日本内分泌学会雑誌  2020年08月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿中XOR活性と血管内皮機能との関連 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 吉田 潮, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 吉田 寿子, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲

    日本内分泌学会雑誌  2020年08月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積・アディポネクチンとの関連 国内会議

    森岡与明, 夏木裕香, 福本真也, 角谷佳則, 山崎祐子, 藏城雅文, 森克仁, 塩井淳, 庄司哲雄, 今西康雄, 稲葉雅章, 絵本正憲

    第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2020年07月  日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋市  

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性と血清尿酸値との関連 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 石原 拓磨, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    メタボリックシンドローム  2020年07月  高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積・アディポネクチンとの関連 国内会議

    森岡 与明, 夏木 裕香, 福本 真也, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 稲葉 雅章, 絵本 正憲

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2020年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と血管内皮機能との関連 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 吉田 寿子, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    メタボリックシンドローム  2020年07月  高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性と血管内皮機能との関連 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 吉田 潮, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 吉田 寿子, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    痛風と尿酸・核酸  2020年07月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NAFLD/NASH診療の現状と課題 肝線維化進展NAFLDの拾い上げにおける2ステップアプローチの検証 国内会議

    藤井 英樹, 福本 真也, 河田 則文

    肝臓  2020年04月  (一社)日本肝臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 注射用細胞足場微粒子の開発と血管新生療法の有効性 国内会議

    古薗 勉,福本真也,佐藤秀樹,山原研一

    日本セラミックス協会2020年年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性と血管内皮機能との関連 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 吉田 潮, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 吉田 寿子, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム抄録集  2020年01月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ICTを用いたロコモティブシンドローム予防教室の有用性の検討 国内会議

    植木 健太郎, 百木 和, 山元 穣, 池田 真帆, 井上 茜, 福本 真也, 羽生 大記, 安井 洋子

    日本病態栄養学会誌  2020年01月  (一社)日本病態栄養学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病食事療法の潮流 国内会議

    福本真也

    ノボノルディスクファーマ株式会社外部講義研修  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 血漿adiponectin濃度別に見たomentinと2型糖尿病の動脈硬化との関連性 国内会議

    西村 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第40回日本肥満学会  2019年11月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血清リン濃度とメタボリック症候群、アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第40回日本肥満学会  2019年11月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健診・人間ドックのUp To Date(総論編) 国内会議

    福本真也

    ハルカス大学(大阪市立大学医学部 第27回MedCity21医学講座)  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 大血管障害 Δ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は2型糖尿病の動脈硬化合併症に関与する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第34回日本糖尿病合併症学会  2019年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 健診・人間ドックにおける機能性便秘症の有病率とその関連因子について 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 上村 理沙, 灘谷 祐二, 田中 史生, 谷川 徹也, 福本 真也, 河田 則文, 藤原 靖弘

    第15回消化器病における性差医学・医療研究会  2019年09月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 探索的医師主導治験に向けた虚血下肢切断を回避する注射用細胞移植微粒子の開発 国内会議

    古薗 勉、福本真也,佐藤秀樹、山原研一

    第28回日本次世代人工腎臓研究会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 健康寿命延伸のための啓発活動「1:1:1バランス弁当の原理と目的(VOSメニューとの関係) 招待 国内会議

    福本真也

    大阪府議会議員勉強会  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 胸部要精密検査判定と呼び出しシステムの活用 リピーター解析 国内会議

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 大谷 恒史, 田内 幸枝, 上村 理沙, 河田 則文

    第60回日本人間ドック学会学術大会  2019年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Omentinは2型糖尿病のadiponectin高値群において動脈硬化に負に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血漿Δ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は2型糖尿病の動脈スティフネスに関連する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 腎機能正常者における血清リン濃度とメタボリック症候群、アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 当院人間ドックにおける乳癌標準化発見比の検討:2年目の解析 国内会議

    森崎 珠実, 湯山 友美, 中村 桂子, 山下 真理子, 吉田 麻弥, 中島 麻美子, 田内 幸枝, 中野 朱美, 福本 真也, 河田 則文, 大平 雅一

    第27回日本乳癌学会学術総会  2019年07月  (一社)日本乳癌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 当施設における乳癌検診の現状と成績 国内会議

    中村 桂子, 森崎 珠実, 田内 幸枝, 今久保 千佳, 山下 真理子, 中島 麻美子, 吉田 麻弥, 湯山 友美, 福本 真也, 河田 則文

    第27回日本乳癌学会学術総会  2019年07月  (一社)日本乳癌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 当施設におけるマンモグラフィー陰性乳癌の特徴 国内会議

    田内 幸枝, 野田 諭, 中村 桂子, 山下 真理子, 中島 麻美子, 吉田 麻弥, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 福本 真也, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平田 一人, 大平 雅一

    第27回日本乳癌学会学術総会  2019年07月  (一社)日本乳癌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • インスリン抵抗性は、内臓脂肪蓄積、アディポネクチン濃度と独立して、キサンチン酸化還元酵素活性と関連する 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    メタボリックシンドローム  2019年07月  高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院人間ドックにおける乳癌標準化発見比の検討 2年目の解析 国内会議

    森崎 珠実, 湯山 友美, 中村 桂子, 山下 真理子, 吉田 麻弥, 中島 麻美子, 田内 幸枝, 中野 朱美, 福本 真也, 河田 則文, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集  2019年07月  (一社)日本乳癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病食事療法のUp-To-Date-炭水化物管理の観点から- 招待 国内会議

    福本真也

    第3回DM-CKD病診連携セミナー  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Non-alcoholic fatty liver disease and Insulin Resistance are associated via Xanthine Oxidoreductase Activity 国際会議

    Fukumoto S, Kurajoh M, Nakamura T, Murase T, Kakutani Y, Yamazaki Y, Ochi A, Motoyama K, Morioka T, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    American Diabetes Association 79th Scientific Sessions  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Serum Phosphorus Levels Are Associated with the Metabolic Syndrome and Adiponectin Levels in Nondiabetic Women with Normal Kidney Function 国際会議

    Natsuki Y, Morioka T, Kakutani Y, Yamazaki Y, Kurajoh M, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Imanishi Y, Emoto M, Inaba M

    American Diabetes Association 79th Scientific Sessions  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The Trend of Diabetic Kidney Disease with Low eGFR and Absence of Albuminuria in Type 2 Diabetic Patients in Japan from 1996-2015 国際会議

    Kakutani Y, Emoto M, Mori K, Yamazaki Y, Ochi A, Morioka T, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Inaba M

    American Diabetes Association 79th Scientific Sessions  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma Delta-5 Desaturase Index Is Associated with Arterial Stiffness in Type 2 Diabetes 国際会議

    Morioka T, Emoto M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Inaba M

    American Diabetes Association 79th Scientific Sessions  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma Omentin Levels Are Inversely Associated with Atherosclerosis in Type 2 Diabetes Patients with Elevated Plasma Adiponectin Levels 国際会議

    Hatamori M, Morioka T, Senda M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    American Diabetes Association 79th Scientific Sessions  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と肝脂肪化・肝硬度の関連 人間ドック受診者における検討 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第6回肝臓と糖尿病・代謝研究会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病Diabetic Kidney Diseaseにおけるアルブミン尿を伴わない腎機能低下例頻度の年代間比較 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 森 克仁, 越智 章展, 山崎 祐子, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患のインスリン抵抗性におけるキサンチン酸化還元酵素活性の関与 国内会議

    福本 真也, 藏城 雅文, 元山 宏華, 森岡 与明, 中村 敬志, 村瀬 貴代, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 河田 則文, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿adiponectin高値の2型糖尿病においてomentinは動脈硬化に負に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能正常者における血清リン濃度とメタボリック症候群,アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人間ドック受診者におけるキサンチン酸化還元酵素活性と血圧の関連 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるCD16陽性単球の脈波伝播速度に対する関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と平均血圧との関連 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年05月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nrf2遺伝子多型と喫煙による気腫性病変の検討 国内会議

    杉谷 新, 久保 寛明, 小島 和也, 川本 珠貴, 浅井 一久, 京本 陽行, 岡本 敦子, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 井尻 尚樹, 渡辺 徹也, 金澤 博, 平田 一人, 木村 達郎, 福本 真也, 川口 知哉

    第59回日本呼吸器学会学術講演会  2019年04月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康診断の現状と展望~MedCity21の取り組み~ 招待 国内会議

    福本真也

    関西コンバーティングものづくり研究会  2019年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 他科に教えたい・他科から学びたい基本知識・手技2 Injectable cell scaffoldを用いた革新的血管新生療法の開発 国内会議

    福本 真也, 佐藤 秀樹, 山原 研一, 古薗 勉

    日本下肢救済・足病学会誌  2019年04月  日本下肢救済・足病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるomentin発現増加とそのアテローム性動脈硬化抑制作用に関する役割(Upregulation of omentin and its role against atherosclerosis in type 2 diabetes) 国内会議

    Morioka Tomoaki, Hayashi Mariko, Hatamori Masami, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性は血清尿酸値と独立して関連する 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 石原 拓磨, 郷 洋文, 山本 紘司, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第52回日本痛風・核酸代謝学会総会  2019年02月  (一社)日本痛風・核酸代謝学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と血圧の関連 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第52回日本痛風・核酸代謝学会総会  2019年02月  (一社)日本痛風・核酸代謝学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃癌撲滅を達成する胃癌検診体制のこれから 胃内視鏡検診におけるヘリコバクター・ピロリ除菌後胃癌の特徴とリスク因子の検討 国内会議

    大谷恒史, 渡辺俊雄, 上村理沙, 灘谷祐二, 田中史生, 谷川徹也, 福本真也, 河田則文, 藤原靖弘

    第15回日本消化管学会総会学術集会シンポジウム  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ロコモティブシンドローム予防教室の有用性の検証 国内会議

    岩山唯希、植木健太郎、島本かな、山本かおる、平松正和、百木和、安井洋子、羽生大記、森川浩安、福本真也

    第22回日本病態栄養学会年次学術集会  2019年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝内脂肪蓄積は内臓肥満者でのみ2型糖尿病と関連する 国内会議

    福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 大谷 恒史, 田内 幸枝, 上村 理沙, 河田 則文, 稲葉 雅章

    日本総合健診医学会第47回大会  2019年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院人間ドック乳腺超音波検査における検査成績の検討 国内会議

    山下 真理子, 森崎 珠実, 今久保 千佳, 中村 桂子, 中島 麻美子, 寒川 真理子, 片山 若菜, 玉那覇 良美, 湯山 友美, 雲瀬 千奈実, 田内 幸枝, 福本 真也

    日本総合健診医学会第47回大会  2019年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳がん検診受診者に対するピンクリボン活動~ピンクリボン投票の取り組み~ 国内会議

    湯山友美、井上裕子、森崎珠美、田内幸枝、山下真理子、中村桂子、宇都宮あかね、中島麻美子、吉田麻弥、中野朱美、福本真也、河田則文

    第28回日本乳癌検診学会学術総会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Factors Associated with Plasma Omentin Levels in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Morioka T, Hayashi M, Hatamori M, Asada M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    12th IDF-WPR Congress/10th AASD Scientific Meeting  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma Omentin Levels Are Inversely Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Hatamori M, Morioka T, Senda M, Asada M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    12th IDF-WPR Congress/10th AASD Scientific Meeting  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2型糖尿病のGA、GA/HbA1cに対する内臓脂肪面積の関連 国内会議

    丸尾 沙織,元山 宏華,角谷 佳則,山崎 祐子,森岡 与明,森 克仁,福本 真也,塩井 淳,庄司 哲雄,絵本 正憲,稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の橈骨皮質骨厚とCD16陽性単球の関連 国内会議

    中村 美之,元山 宏華,角谷 佳則,山崎 祐子,森岡 与明,森 克仁,福本 真也,塩井 淳,庄司 哲雄,絵本 正憲,稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン抵抗性は、内臓脂肪面積と独立して、キサンチン酸化還元酵素活性と関連する 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 石原 拓磨, 郷 洋文, 山本 紘司, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 稲葉 雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿omentin濃度は2型糖尿病患者の血管内皮機能に関連する 国内会議

    林 麻里子, 森岡 与明, 畑森 雅美, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿omentin濃度は2型糖尿病患者の動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Injectable cell scaffoldを用いた革新的血管新生療法の開発 国内会議

    福本真也、佐藤秀樹、山原研一、古薗勉

    第4回日本下肢救済・足病学会関西地方会学術集会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 2型糖尿病におけるDiabetic Kidney Diseaseの経時的変遷 国内会議

    角谷佳則, 森 克仁, 越智章展, 山崎祐子, 森岡与明, 福本真也, 塩井 淳, 庄司哲雄, 絵本正憲, 稲葉雅章

    第33回日本糖尿病合併症学会  2018年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるオメンチンと動脈硬化・血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 林 麻里子, 畑森 雅美, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第33回日本糖尿病合併症学会  2018年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胸部要精密検査判定と呼び出しシステムの活用 3年目の解析 国内会議

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 大谷 恒史, 森崎 珠実, 岩倉 成華, 田中 史生, 河田 則文, 平田 一人

    第59回日本人間ドック学会学術大会  2018年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健診における肝臓での超音波減衰率の検討 国内会議

    森川 浩安, 福本 真也, 木村 達郎, 中野 朱美, 大谷 恒史, 森崎 珠実, 上村 理沙, 河田 則文

    第59回日本人間ドック学会学術大会  2018年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大血管障害を有する2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2018年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心血管疾患を有さない2型糖尿病患者において血漿omentin濃度は動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2018年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Diabetic kidney diseaseにおける血管内皮機能とeGFR・アルブミン尿の関連性 国内会議

    絵本 正憲, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第63回日本透析医学会学術集会・総会  2018年06月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nonalcoholic Fatty Liver Disease Is Associated with Type 2 Diabetes Mellitus Only in Individuals with Visceral Obesity 国際会議

    Fukumoto S, Emoto M, Motoyama K, Morioka T, Shoji T, Kawada N, Hirata K, Inaba M

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Hatamori M, Morioka T, Senda M, Asada M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Vascular Endothelial Function in Patients with Type 2 Diabetes and Cardiovascular Diseases 国際会議

    Senda M, Morioka T, Asada M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Albuminuria Is More Closely Associated with Vascular Endothelial Function than eGFR in Type 2 Diabetes with Diabetic Kidney Disease 国際会議

    Kakutani Y, Emoto M, Yamazaki Y, Motoyama K, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T and Inaba M

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と動脈硬化との関連 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中単球サブセットとfetuin-A、インスリン抵抗性との関係 国内会議

    丸尾 沙織, 森 克仁, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 中村 美之, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性人間ドック受診者において糖代謝はキサンチン酸化還元酵素活性と関連する 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患は内臓肥満者でのみ2型糖尿病と関連する 国内会議

    福本 真也, 絵本 正憲, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 河田 則文, 平田 一人, 稲葉 雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度の検討 国内会議

    森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当施設における任意型検診の取り組み 国内会議

    森崎 珠実, 野田 諭, 湯山 友美, 中村 桂子, 山下 真理子, 野口 麻里, 吉田 麻弥, 中島 麻美子, 柏木 伸一郎, 福本 真也, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平田 一人, 平川 弘聖, 大平 雅一

    第26回日本乳癌学会学術総会  2018年05月  (一社)日本乳癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と糖代謝との関連:人間ドック受診者における検討 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    第91回日本内分泌学会学術総会  2018年04月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるMRAでの脳動脈瘤自動検出アルゴリズムの開発と検証 国内会議

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Shimono Taro, Tsutsumi Shinichi, Shimazaki Akitoshi, Fukumoto Shinya, Osaki Hiroko, Antoine Choppin, Shimahara Yuki, Miki Yukio

    第77回日本医学放射線学会総会  2018年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるマンモグラフィでの乳癌検出アルゴリズムの開発と検証 国内会議

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Shiba Masatsugu, Fukumoto Shinya, Noda Satoru, Onoda Naoyoshi, Hashimoto Yoshikazu, Inomata Mitsuhiro, Tsutsumi Shinichi, Miki Yukio

    第77回日本医学放射線学会総会  2018年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 知っているようで知らない糖尿病の食事療法~炭水化物食制限食の功罪とポーションコントロール~ 国内会議

    福本真也

    ハルカス大学・第20回MedCity21医学講座  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市  

  • 2型糖尿病患者において血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は大動脈スティフネスと関連する 国内会議

    佐倉剛史、森岡与明、塩井淳、角谷佳則、三木祐哉、山崎祐子、元山宏華、森克仁、福本真也、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第30回腎と脂質研究会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能障害を有する2型糖尿病患者において血漿omentin濃度は血管内皮機能に関連する 国内会議

    千田麻里子、森岡与明、朝田真里子、角谷佳則、山崎祐子、元山宏華、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第30回腎と脂質研究会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コレステロール吸収・合成は血液透析患者において異なる形で予後を予測する 国内会議

    奥手祐治郎、庄司哲雄、桑村幸伸、森克仁、塩井淳、福本真也、辻本吉広、絵本正憲、稲葉雅章

    第30回腎と脂質研究会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人間ドック受診者におけるキサンチン酸化還元酵素活性と糖代謝との関連 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    第51回日本痛風・核酸代謝学会総会  2018年02月  (一社)日本痛風・核酸代謝学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健診施設におけるFibroScanを用いたNAFLD診断の有用性 国内会議

    山下真理子、森川浩安、今久保千佳、上野梓、中村桂子、堂前有加、福本真也

    日本総合健診医学会第46回大会  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖に迷う糖尿病―食事療法と経口血糖降下薬のマリアージュ― 招待 国内会議

    福本真也

    兵庫県糖尿病懇話会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:神戸市  

  • 糖尿病食事療法と経口血糖降下薬のマッチング 招待 国内会議

    福本真也

    中央区東医師会学術講演会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市  

  • 高血糖の是正後に腓骨神経麻痺が出現した2型糖尿病の1例 国内会議

    宮島雅子、元山宏華、丸尾沙織、山崎祐子、森岡与明、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第54回日本糖尿病学会近畿地方会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国際会議場、大阪市  

  • 抗GAD抗体陰性で抗IA-2抗体陽性であった高齢発症1型糖尿病の1例 国内会議

    畑森雅美,千田麻里子,角谷佳則,山崎祐子,元山宏華,森岡与明,福本真也,塩井淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第54回日本糖尿病学会近畿地方会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国際会議場、大阪市  

  • 乳がん検診に対する意識調査の取り組み 高濃度乳腺のマンモグラフィ受診者に対する乳腺エコー推奨の試みより 国内会議

    井上 裕子, 湯山 友美, 雲瀬 千奈美, 森崎 珠実, 山下 真理子, 中村 桂子, 宇都宮 あかね, 中島 麻美子, 野口 麻里, 吉田 麻弥, 中野 朱美, 福本 真也, 河田 則文

    第27回日本乳癌検診学会学術総会  2017年11月  (NPO)日本乳癌検診学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高濃度乳腺のマンモグラフィ受診者に対する超音波推奨の試み 国内会議

    野口 麻里, 森崎 珠実, 宇都宮 あかね, 中島 麻美子, 吉田 麻弥, 西本 美登里, 中村 桂子, 山下 真理子, 湯山 友美, 井上 裕子, 雲瀬 千奈実, 福本 真也, 平田 一人

    第27回日本乳癌検診学会学術総会  2017年11月  (NPO)日本乳癌検診学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における動脈硬化とDiabetic Kidney Diseaseの関連性 国内会議

    角谷佳則,森岡与明,元山宏華,山崎祐子,森 克仁,福本真也,塩井 淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第32回日本糖尿病合併症学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京王プラザホテル、東京都  

  • SGLT2阻害薬の糸球体濾過量(GFR)に対する影響(eGFRcreat・eGFRcys・イヌリンクリアランスの比較) 国内会議

    森克仁、上田修子、津田昌宏、上殿英記、仲谷慎也、元山宏華、森岡与明、福本真也、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第32回日本糖尿病合併症学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京王プラザホテル、東京都  

  • 2型糖尿病患者におけるオメンチンと血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡与明,千田麻里子,朝田真里子,山崎祐子,角谷佳則,瓦林令奈,元山宏華,森 克仁,福本真也,塩井 淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第32回日本糖尿病合併症学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京王プラザホテル、東京都  

  • 2型糖尿病の血管内皮機能に対するオメンチンとアディポネクチンとの関連性の相異 国内会議

    千田麻里子,森岡与明,朝田真里子,山崎祐子,瓦林令奈,角谷佳則, 元山宏華,森克仁,福本真也,塩井淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第38回日本肥満学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際会議場、大阪市  

  • 2型糖尿病におけるインスリン抵抗性とfetuin-A、血中単球サブセットとの関係 国内会議

    森克仁、元山宏華、瓦林令奈、中村美之、山崎祐子、角谷佳則、森岡与明、福本真也、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第38回日本肥満学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際会議場、大阪市  

  • 2型糖尿病における内臓脂肪面積とGA、GA/HbA1c との関連 国内会議

    丸尾沙織、元山宏華、広田知依、角谷佳則、山崎祐子、森岡与明、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第38回日本肥満学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪国際会議場、大阪市  

  • 単核細胞とコアシェル微粒子とのコンビネーションによる生体調和とPAD治療効果 招待 国内会議

    古薗勉、佐藤秀樹、福本真也

    セラミックス協会第30回秋季シンポジウム  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸大学六甲台地区、神戸市  

  • NAFLD拾い上げにおけるCAP値の有用性の検討(生活習慣病進展との関連について) 国内会議

    森川浩安、広田梓、今久保千佳、大谷恒史、森崎珠実、中野朱美、木村達郎、福本真也、河田則文、平田一人

    第58回日本人間ドック学会学術大会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パレスホテル大宮、さいたま市  

  • 胸部要精密検査判定と呼び出しシステムの活用:2 年目の解析 国内会議

    木村達郎、福本真也、森川浩安、中野朱美、田中史生、森崎珠実、河田則文、平田一人

    第58回日本人間ドック学会学術大会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パレスホテル大宮、さいたま市  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 招待 国内会議

    千田麻里子,森岡与明,朝田真里子,山崎祐子,瓦林令奈,元山宏華,森克仁,福本真也,塩井淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第49回日本動脈硬化学会総会・年次学術集会  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:グランドプリンスホテル広島、広島市  

  • 食道好酸球浸潤における、非アレルギー性危険因子の検討 国内会議

    田中 史生, 須川 貴史, 森崎 珠実, 中野 朱美, 木村 達郎, 森川 浩安, 福本 真也, 河田 則文, 平田 一人, 藤原 靖弘

    第71回日本食道学会学術集会  2017年06月  (NPO)日本食道学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Plasma Omentin Levels Are Associated With Vascular Endothelial Function In Patients With Type 2 Diabetes And Renal Dysfunction 国際会議

    Mariko Senda, Tomoaki Morioka, Mariko Asada, Yuko Yamazaki, Yoshinori Kakutani, Reina Kawarabayashi, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, CA. USA  

  • Nonalcoholic Fatty Liver Disease and Type 2 Diabetes Mellitus Are Associated via Visceral Fat Accumulation 国際会議

    Shinya Fukumoto, Masanori Emoto, Koka Motoyama, Tomoaki, Morioka, Katsuhito Mori, Tetsuo Shoji, Norifumi Kawada, Kazuto Hirata, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, CA. USA  

  • Plasma Lipopolysaccharide-Binding Protein Levels Are Associated with Arterial Stiffness in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Yuya Miki, Tomoaki Morioka, Takeshi Sakura, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, CA. USA  

  • The Impact of Visceral Obesity on Glycated Albumin Hba1c Ratio in Type 2 Diabetes 国際会議

    Saori Maruo, Koka Motoyama, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, CA. USA  

  • 糖尿病患者における腎機能と認知機能の関連に対する血漿ホモシステイン濃度と無症候性脳血管障害の関与 国内会議

    園田実香、庄司哲雄、奥手祐治郎、桑村幸伸、長沼俊秀、嶋英昭、元山宏華、森岡与明、森克仁、福本真也、塩井淳、下野太郎、藤井比佐子、絵本正憲、稲葉雅章

    第60回日本腎臓学会学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台国際センター、仙台市  

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患と2型糖尿病の併存および発症リスクとの関連は内臓脂肪蓄積を介する 国内会議

    福本真也、絵本正憲、元山宏華、森岡与明、森克仁、庄司哲雄、河田則文、平田一人、稲葉雅章

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場、名古屋市  

  • 2型糖尿病患者における末梢血単球CD163発現とインスリン抵抗性の関連 国内会議

    瓦林令奈、元山宏華、中村美之、角谷佳則、山崎祐子、森岡与明、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場、名古屋市  

  • 2型糖尿病における炎症性単球サブセットと各種動脈硬化指標との関連 国内会議

    中村美之、元山宏華、角谷佳則、山崎祐子、森岡与明、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場、名古屋市  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連性 国内会議

    千田麻里子、森岡与明、朝田真里子、山崎祐子、角谷佳則、瓦林令奈、元山宏華、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場、名古屋市  

  • 2型糖尿病におけるGA/HbA1c比と体脂肪組成の関係 国内会議

    丸尾沙織、元山宏華、角谷佳則、山崎裕子、森岡与明、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場、名古屋市  

  • 糖尿病といわれたら~病態から糖質管理食まで~ 国内会議

    福本真也

    第212回市民医学講座  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市立大学医学部医学情報センター・ホール、大阪市。  

  • 医工学治療の開発と進歩 血管再生療法に用いる注射用細胞移植微粒子の開発と治療効果 国内会議

    古薗 勉, 佐藤 秀樹, 福本 真也

    医工学治療  2017年04月  (NPO)日本医工学治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腫瘍 疫学・基礎 大学病院附属人間ドック施設における肺癌診断率の検討 国内会議

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Cell Scaffoldの開発―第三報― 招待 国内会議

    福本真也

    第32回近畿MMC研究会  2017年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:リーガロイヤルホテル大阪、大阪市  

  • 人間ドックにおける機能性ディスペプシアの内視鏡的評価 「胃炎の京都分類」を用いて 国内会議

    田中 史生, 富永 和作, 福本 真也, 平田 一人, 藤原 靖弘

    胃病態機能研究会誌  2017年02月  (株)勁草書房コミュニケーション事業部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の存在や発症リスクと非アルコール性脂肪性肝疾患の関連は内臓脂肪蓄積を介したものである 国内会議

    福本真也、森崎珠実、田中史生、中野朱美、木村達郎、森川浩安、河田則文、平田一人

    日本総合健診医学会第45回大会  2017年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、浦安市  

  • 人間ドック受診者では、好酸球性食道炎の有病率が高い可能性がある 国内会議

    田中史生、須川貴史、森崎珠実、木村達郎、森川浩安、福本真也、藤原靖弘、河田則文、平田一人

    日本総合健診医学会第45回大会  2017年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、浦安市  

  • 妊婦における乳癌検診の試み 国内会議

    山下真理子、森崎珠実、今久保千佳、中村桂子、湯山友美、玉那覇良美、中島麻美子、野口麻里、中野朱美、福本真也

    日本総合健診医学会第45回大会  2017年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート、浦安市  

  • インスリンアレルギーが疑われた1型糖尿病の1例 国内会議

    千田 麻里子, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会  2016年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院入院の若年発症糖尿病患者における検討 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会  2016年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊娠初期にGA低値で経過した肥満糖尿病の1例 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 角谷 佳則, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会  2016年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹部CTにて偶然インスリン皮下結節が指摘された2型糖尿病の1例 国内会議

    三木 祐哉, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会  2016年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ソフトドリンクケトアシドーシスをきたした肥満2型糖尿病の1例 国内会議

    森岡 史行, 元山 宏華, 福田 裕介, 三木 祐哉, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第53回日本糖尿病学会近畿地方会  2016年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳癌自己触診方法の指導ツールの工夫 やってみよう胸のセルフチェック 国内会議

    湯山 友美, 玉那覇 良美, 森崎 珠実, 武田 節子, 山下 真理子, 中村 桂子, 野口 麻里, 中島 麻美子, 中野 朱美, 福本 真也, 河田 則文

    日本乳癌検診学会誌  2016年10月  (NPO)日本乳癌検診学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Inflammatry CD14++CD16+ monocytes contributes to atherosclerosis in Type 2 diabetes 国際会議

    Miyuki Nakamura, Koka Motoyama, Reina Kawarabayasi, Mariko Asada, Yujiro Okute, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    52nd EASD Annual Meeting  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Munich, Germany  

  • Clinical implications of CD163 on flow mediated dilatation in type 2 diabetes 国際会議

    Reina Kawarabayashi, Koka Motoyama, Miyuki Kataoka, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    52nd EASD Annual Meeting  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Munich, Germany  

  • Injectable Cell Scafold of Hybrid-Microsphere for Angiogenesis Therapy 招待 国際会議

    Tsutomu Furuzono, Hideki Sato, Shinya Fukumoto

    Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society- Asia Pacific Meeting  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tamsui Township near Taipei city, Taiwan  

  • 慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2016年09月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fibro Scanによる肝硬度及び脂肪蓄積度測定の有用性について 国内会議

    広田 梓, 今久保 千佳, 山下 真理子, 堂前 有加, 吉田 祐子, 森川 浩安, 福本 真也, 河田 則文

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Controlled Attenuation Parameter(CAP)の人間ドックにおける有用性の検討 経過観察例からの検討 国内会議

    森川 浩安, 今久保 千佳, 山下 真理子, 森崎 珠実, 中野 朱美, 田中 史生, 木村 達郎, 福本 真也, 河田 則文

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病患者における認知機能障害 無症候性脳血管障害及び腎機能の関与 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 伸幸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 発症後巨大陰性T波が出現した84歳高齢劇症1型糖尿病の1例 国内会議

    広田 知依, 元山 宏華, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗精神病薬投与中に糖尿病ケトアシドーシスを伴って発症した1型糖尿病の1例 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院脳ドック受診者における脳虚血性病変と頸動脈エコーおよび危険因子との関連 国内会議

    出田 貴裕, 四方田 あかね, 福本 真也, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学病院附属人間ドック施設における胸部D2判定の現況と課題 国内会議

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発不明で剖検にて膵癌(未分化癌)と判明した2型糖尿病の1症例 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 浦田 博美, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病患者における認知機能障害 無症候性脳血管障害及び腎機能の関与 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 伸幸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 発症後巨大陰性T波が出現した84歳高齢劇症1型糖尿病の1例 国内会議

    広田 知依, 元山 宏華, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗精神病薬投与中に糖尿病ケトアシドーシスを伴って発症した1型糖尿病の1例 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院脳ドック受診者における脳虚血性病変と頸動脈エコーおよび危険因子との関連 国内会議

    出田 貴裕, 四方田 あかね, 福本 真也, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学病院附属人間ドック施設における胸部D2判定の現況と課題 国内会議

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発不明で剖検にて膵癌(未分化癌)と判明した2型糖尿病の1症例 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 浦田 博美, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fibro Scanによる肝硬度及び脂肪蓄積度測定の有用性について 国内会議

    広田 梓, 今久保 千佳, 山下 真理子, 堂前 有加, 吉田 祐子, 森川 浩安, 福本 真也, 河田 則文

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Controlled Attenuation Parameter(CAP)の人間ドックにおける有用性の検討 経過観察例からの検討 国内会議

    森川 浩安, 今久保 千佳, 山下 真理子, 森崎 珠実, 中野 朱美, 田中 史生, 木村 達郎, 福本 真也, 河田 則文

    人間ドック  2016年07月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病末梢血単球表面GLP-1受容体発現の動脈硬化における臨床的意義 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 片岡 美之, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD163発現と血流依存性血管拡張反応(FMD)との関連 国内会議

    瓦林 令奈, 元山 宏華, 片岡 美之, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 松本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における中間型CD14++CD16+単球サブセットと動脈硬化指標との関連 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 奥手 祐治郎, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 裕子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病末梢血単球表面GLP-1受容体発現の動脈硬化における臨床的意義 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 片岡 美之, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD163発現と血流依存性血管拡張反応(FMD)との関連 国内会議

    瓦林 令奈, 元山 宏華, 片岡 美之, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 松本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における中間型CD14++CD16+単球サブセットと動脈硬化指標との関連 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 奥手 祐治郎, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 裕子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血糖管理に対する在宅食事指導用ポーションコントロールツールの有用性 非盲検ランダム化並行群間比較試験による検討 国内会議

    福本 真也, 森岡 与明, 藤本 浩毅, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 塚田 定信, 絵本 正憲, 河田 則文, 平田 一人, 稲葉 雅章

    総合健診  2016年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血糖管理に対する在宅食事指導用ポーションコントロールツールの有用性 非盲検ランダム化並行群間比較試験による検討 国内会議

    福本 真也, 森岡 与明, 藤本 浩毅, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 塚田 定信, 絵本 正憲, 河田 則文, 平田 一人, 稲葉 雅章

    総合健診  2016年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳がん検診の受診率向上を目指した啓発活動の取り組み 国内会議

    湯山 友美, 宇山 良美, 森崎 珠実, 武田 節子, 山下 真理子, 吉田 祐子, 野口 麻里, 中島 麻美子, 中西 由香利, 中野 朱美, 福本 真也, 河田 則文

    日本乳癌検診学会誌  2015年10月  (NPO)日本乳癌検診学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単核細胞を担持した足場微粒子注入による血管新生療法 国内会議

    古薗 勉, 佐藤 秀樹, 福本 真也

    人工臓器  2015年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単核細胞を担持した足場微粒子注入による血管新生療法 国内会議

    古薗 勉, 佐藤 秀樹, 福本 真也

    人工臓器  2015年10月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳がん検診の受診率向上を目指した啓発活動の取り組み 国内会議

    湯山 友美, 宇山 良美, 森崎 珠実, 武田 節子, 山下 真理子, 吉田 祐子, 野口 麻里, 中島 麻美子, 中西 由香利, 中野 朱美, 福本 真也, 河田 則文

    日本乳癌検診学会誌  2015年10月  (NPO)日本乳癌検診学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血漿C1q/TNF-related protein-9濃度の臨床的意義 国内会議

    森岡 与明, 朝田 真里子, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 佐倉 剛史, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2015年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者において内臓脂肪型肥満は頸動脈硬化度に関連する 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2015年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者において内臓脂肪型肥満は頸動脈硬化度に関連する 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2015年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血漿C1q/TNF-related protein-9濃度の臨床的意義 国内会議

    森岡 与明, 朝田 真里子, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 佐倉 剛史, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2015年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行した合併症を有する2型糖尿病にインスリノーマが併発した1症例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 福本 真也, 絵本 正憲, 石村 栄治, 天野 良亮, 平川 弘聖, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 異なった治療選択をしたGAD抗体低値緩徐進行1型糖尿病の2症例 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 三島 誉史, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 異なった治療選択をしたGAD抗体低値緩徐進行1型糖尿病の2症例 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 三島 誉史, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行した合併症を有する2型糖尿病にインスリノーマが併発した1症例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 福本 真也, 絵本 正憲, 石村 栄治, 天野 良亮, 平川 弘聖, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Injectable Cell Scaffold併用血管新生療法の糖尿病下肢虚血マウスにおける有効性 国内会議

    福本 真也, 武田 紘治, 佐藤 秀樹, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 古薗 勉, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者における内臓脂肪型肥満と頸動脈硬化度との関連 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者における内臓脂肪型肥満と頸動脈硬化度との関連 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Injectable Cell Scaffold併用血管新生療法の糖尿病下肢虚血マウスにおける有効性 国内会議

    福本 真也, 武田 紘治, 佐藤 秀樹, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 古薗 勉, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PAD治療に向けた足場微粒子による細胞移植法の開発 国内会議

    古薗 勉, 佐藤 秀樹, 福本 真也

    日本透析医学会雑誌  2015年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PAD治療に向けた足場微粒子による細胞移植法の開発 国内会議

    古薗 勉, 佐藤 秀樹, 福本 真也

    日本透析医学会雑誌  2015年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿C1q/TNF-related protein-9濃度の検討 国内会議

    森岡 与明, 朝田 真里子, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血漿多価不飽和脂肪酸濃度は血管内皮機能に関連する 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 日浦 義和, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血漿C1q/TNF-related protein-9濃度は動脈硬化に関連する 国内会議

    朝田 真里子, 森岡 与明, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血流依存性血管拡張反応(FMD)の経時解析 国内会議

    山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 角谷 佳則, 朝田 真里子, 森上 浩和, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における橈骨遠位端皮質骨厚と関連する骨代謝マーカーの検討 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 山崎 祐子, 山田 真介, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD163発現と動脈硬化危険因子との関連 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 桑村 幸伸, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2015年04月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病下肢虚血マウスにおけるInjectable Cell Scaffold併用血管新生療法の有効性 国内会議

    福本 真也, 武田 紘治, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者において内臓脂肪蓄積は頸動脈硬化度と関連する 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後肢の虚血を伴う糖尿病マウスにおける、注入可能な細胞の足場を用い、障害を受けた細胞を利用した治療的血管新生による回復(Restoration of impaired cell-based therapeutic angiogenesis in diabetic mice with hindlimb ischemia by Injectable cell scaffold) 国内会議

    Fukumoto Shinya, Takeda Koji, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 桑村 幸伸, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2015年04月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病下肢虚血マウスにおけるInjectable Cell Scaffold併用血管新生療法の有効性 国内会議

    福本 真也, 武田 紘治, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者において内臓脂肪蓄積は頸動脈硬化度と関連する 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後肢の虚血を伴う糖尿病マウスにおける、注入可能な細胞の足場を用い、障害を受けた細胞を利用した治療的血管新生による回復(Restoration of impaired cell-based therapeutic angiogenesis in diabetic mice with hindlimb ischemia by Injectable cell scaffold) 国内会議

    Fukumoto Shinya, Takeda Koji, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿C1q/TNF-related protein-9濃度の検討 国内会議

    森岡 与明, 朝田 真里子, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血漿多価不飽和脂肪酸濃度は血管内皮機能に関連する 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 日浦 義和, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血漿C1q/TNF-related protein-9濃度は動脈硬化に関連する 国内会議

    朝田 真里子, 森岡 与明, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血流依存性血管拡張反応(FMD)の経時解析 国内会議

    山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 角谷 佳則, 朝田 真里子, 森上 浩和, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における橈骨遠位端皮質骨厚と関連する骨代謝マーカーの検討 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 山崎 祐子, 山田 真介, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD163発現と動脈硬化危険因子との関連 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健診施設におけるControlled Attenuation Parameter(CAP)の有用性について 国内会議

    堂前 有加, 武田 節子, 山下 真理子, 今久保 千佳, 森川 浩安, 福本 真也, 河田 則文

    総合健診  2015年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人間ドックにおけるFibroScanによる肝硬度測定の有用性についての検討 国内会議

    今久保 千佳, 武田 節子, 山下 真理子, 堂前 有加, 森川 浩安, 福本 真也, 河田 則文

    総合健診  2015年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健診施設におけるControlled Attenuation Parameter(CAP)の有用性について 国内会議

    堂前 有加, 武田 節子, 山下 真理子, 今久保 千佳, 森川 浩安, 福本 真也, 河田 則文

    総合健診  2015年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人間ドックにおけるFibroScanによる肝硬度測定の有用性についての検討 国内会議

    今久保 千佳, 武田 節子, 山下 真理子, 堂前 有加, 森川 浩安, 福本 真也, 河田 則文

    総合健診  2015年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ASVSで存在が疑われるも画像による描出が困難であった微小インスリノーマの1例 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 畑山 美樹, 曹 寿幸, 森岡 与明, 福本 真也, 河本 泉, 今村 正之, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ASVSで存在が疑われるも画像による描出が困難であった微小インスリノーマの1例 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 畑山 美樹, 曹 寿幸, 森岡 与明, 福本 真也, 河本 泉, 今村 正之, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転移性大腸癌の分子標的薬に起因すると考えられたインスリン自己免疫症候群の1例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 川野 直也, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 木村 健二郎, 大平 雅一, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵外分泌機能不全による慢性下痢症に膵消化酵素補充療法が奏功した1型糖尿病の1例 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 元山 宏華, 木津 あかね, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病合併CKD患者におけるステロール合成・吸収とレムナントリポ蛋白との関連 国内会議

    庄司 哲雄, 木本 栄司, 園田 実香, 奥手 祐治郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病合併CKD患者におけるステロール合成・吸収とレムナントリポ蛋白との関連 国内会議

    庄司 哲雄, 木本 栄司, 園田 実香, 奥手 祐治郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転移性大腸癌の分子標的薬に起因すると考えられたインスリン自己免疫症候群の1例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 川野 直也, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 木村 健二郎, 大平 雅一, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵外分泌機能不全による慢性下痢症に膵消化酵素補充療法が奏功した1型糖尿病の1例 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 元山 宏華, 木津 あかね, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レパグリニドによる糖尿病保存期腎不全の血糖コントロールにおける5症例の検討 国内会議

    沼口 隆太郎, 森 克仁, 絵本 正憲, 浦田 博美, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レパグリニドによる糖尿病保存期腎不全の血糖コントロールにおける5症例の検討 国内会議

    沼口 隆太郎, 森 克仁, 絵本 正憲, 浦田 博美, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血中多価不飽和脂肪酸濃度は肥満・レプチン感受性に関連する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 今村 哲史, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 森上 浩和, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    肥満研究  2014年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血中多価不飽和脂肪酸濃度は肥満・レプチン感受性に関連する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 今村 哲史, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 森上 浩和, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    肥満研究  2014年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬事法から医薬品・医療機器法へ どう変わるのか 新法への期待と課題提起 医療機器・細胞コンビネーション製品と課題 国内会議

    古薗 勉, 佐藤 秀樹, 福本 真也

    人工臓器  2014年09月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病においてレプチンは動脈硬化に関連する 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2014年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬事法から医薬品・医療機器法へ どう変わるのか 新法への期待と課題提起 医療機器・細胞コンビネーション製品と課題 国内会議

    古薗 勉, 佐藤 秀樹, 福本 真也

    人工臓器  2014年09月  (一社)日本人工臓器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病においてレプチンは動脈硬化に関連する 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2014年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿多価不飽和脂肪酸プロファイルと血管内皮機能との関係 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2014年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿多価不飽和脂肪酸プロファイルと血管内皮機能との関係 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2014年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能低下に伴うコレステロール吸収の亢進とレムナントリポ蛋白蓄積 糖尿病患者における横断的研究 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 木本 栄司, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2014年05月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能低下に伴うコレステロール吸収の亢進とレムナントリポ蛋白蓄積 糖尿病患者における横断的研究 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 木本 栄司, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2014年05月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるDual BIA法による内臓脂肪面積とインスリン抵抗性関連因子の検討 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レパグリニドの糖尿病保存期腎不全患者の血糖コントロールに対する効果 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者の血糖管理に対するポーションコントロールツールの開発とその有用性 国内会議

    武田 紘治, 福本 真也, 藤本 浩毅, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 塚田 定信, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血中多価不飽和脂肪酸濃度 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における末梢血単球表面GLP-1受容体発現と関連する因子の解析 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるDual BIA法による内臓脂肪面積とインスリン抵抗性関連因子の検討 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病におけるレプチンの頸動脈硬化度に及ぼす影響 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病患者における慢性腎臓病、無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 嶋 英昭, 奥手 祐治郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病性腎症における推算糸球体濾過率(eGFR)過大評価及びeGFRのHbA1cによる補正に関する検討 国内会議

    津田 昌宏, 石村 栄治, 仲谷 慎也, 大野 良晃, 一居 充, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病患者における慢性腎臓病、無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 嶋 英昭, 奥手 祐治郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病性腎症における推算糸球体濾過率(eGFR)過大評価及びeGFRのHbA1cによる補正に関する検討 国内会議

    津田 昌宏, 石村 栄治, 仲谷 慎也, 大野 良晃, 一居 充, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病におけるレプチンの頸動脈硬化度に及ぼす影響 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レパグリニドの糖尿病保存期腎不全患者の血糖コントロールに対する効果 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者の血糖管理に対するポーションコントロールツールの開発とその有用性 国内会議

    武田 紘治, 福本 真也, 藤本 浩毅, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 塚田 定信, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血中多価不飽和脂肪酸濃度 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における末梢血単球表面GLP-1受容体発現と関連する因子の解析 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊娠糖尿病妊婦の産後のインスリン抵抗性および耐糖能障害に関する検討 国内会議

    山本 浩子, 橘 大介, 柳井 咲花, 北田 絋平, 栗原 康, 佐野 美帆, 和田 夏子, 浜崎 新, 羽室 明洋, 中野 朱美, 寺田 裕之, 尾崎 宏治, 元山 宏華, 福本 真也, 絵本 正憲, 古山 将康

    糖尿病と妊娠  2013年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊娠糖尿病妊婦の産後のインスリン抵抗性および耐糖能障害に関する検討 国内会議

    山本 浩子, 橘 大介, 柳井 咲花, 北田 絋平, 栗原 康, 佐野 美帆, 和田 夏子, 浜崎 新, 羽室 明洋, 中野 朱美, 寺田 裕之, 尾崎 宏治, 元山 宏華, 福本 真也, 絵本 正憲, 古山 将康

    糖尿病と妊娠  2013年10月  (一社)日本糖尿病・妊娠学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病患者において血中レプチン濃度は頸動脈硬化度と関連する 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    肥満研究  2013年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病患者において血中レプチン濃度は頸動脈硬化度と関連する 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    肥満研究  2013年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者におけるピオグリタゾンとグリメピリドのRAGEおよび可溶性RAGEに対する影響 無作為群間比較試験、PioRAGE 国内会議

    小山 英則, 田中 新二, 門田 真砂世, 三間 洋平, 庄司 拓仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 山本 徹也, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2013年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者におけるピオグリタゾンとグリメピリドのRAGEおよび可溶性RAGEに対する影響 無作為群間比較試験、PioRAGE 国内会議

    小山 英則, 田中 新二, 門田 真砂世, 三間 洋平, 庄司 拓仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 山本 徹也, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2013年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析患者の血清n-3(ω3)多価不飽和脂肪酸と心血管疾患発症リスク 国内会議

    庄司 哲雄, 林 朝茂, 垣谷 隆介, 辻本 吉広, 園田 実香, 嶋 英昭, 森 克仁, 福本 真也, 田原 英樹, 塩井 淳, 田畑 勉, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2013年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析患者の血清n-3(ω3)多価不飽和脂肪酸と心血管疾患発症リスク 国内会議

    庄司 哲雄, 林 朝茂, 垣谷 隆介, 辻本 吉広, 園田 実香, 嶋 英昭, 森 克仁, 福本 真也, 田原 英樹, 塩井 淳, 田畑 勉, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2013年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 持続血糖モニターを用いた糖尿病性保存期腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型インスリン製剤の有効性 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 一居 充, 仲谷 慎也, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2013年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 持続血糖モニターを用いた糖尿病性保存期腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型インスリン製剤の有効性 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 一居 充, 仲谷 慎也, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2013年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD14+CD16+/CD14++CD16-サブセットと関連する因子 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 今村 哲史, 武田 紘治, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン非使用2型糖尿病患者におけるカーボカウント食事療法の有効性の検討(4C study) 国内会議

    福本 真也, 細井 雅之, 川村 智行, 庄司 繁市, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン抵抗性惹起糖蛋白質fetuin-Aの肝での発現調節(pioglitazoneの影響) 国内会議

    越智 章展, 森 克仁, 絵本 正憲, 仲谷 慎也, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RAGEおよび可溶性RAGEに対するピオグリタゾンとグリメピリドの無作為群間比較試験(PioRAGE) 国内会議

    小山 英則, 田中 新二, 門田 真砂世, 三間 洋平, 庄司 拓仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 福井 充, 藤井 比佐子, 山本 徹也, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血管内皮機能と腎機能の関連性 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 川野 直也, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中レプチン・可溶性レプチン受容体濃度とインスリン感受性・β細胞機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における炎症性CD14+CD16+単球サブセットと動脈硬化指標との関連 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 今村 哲史, 武田 紘治, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD14+CD16+/CD14++CD16-サブセットと関連する因子 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 今村 哲史, 武田 紘治, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細胞移植/血管新生療法の効果を増幅するNano Scaffoldの糖尿病重症下肢虚血に対する有効性の検討 国内会議

    武田 紘治, 福本 真也, 三間 洋平, 松田 晶二郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 絵本 正憲, 古薗 勉, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 持続血糖モニターを用いた糖尿病性腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型インスリン製剤の有効性の評価 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単核細胞移植と脊髄刺激装置植え込み術が奏功したバージャー病による皮膚潰瘍の1例 国内会議

    村上 克彦, 中西 健史, 石井 正光, 武田 紘治, 福本 真也, 高橋 陵太

    日本皮膚科学会雑誌  2013年04月  (公社)日本皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細胞移植/血管新生療法の効果を増幅するNano Scaffoldの糖尿病重症下肢虚血に対する有効性の検討 国内会議

    武田 紘治, 福本 真也, 三間 洋平, 松田 晶二郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 絵本 正憲, 古薗 勉, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 持続血糖モニターを用いた糖尿病性腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型インスリン製剤の有効性の評価 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単核細胞移植と脊髄刺激装置植え込み術が奏功したバージャー病による皮膚潰瘍の1例 国内会議

    村上 克彦, 中西 健史, 石井 正光, 武田 紘治, 福本 真也, 高橋 陵太

    日本皮膚科学会雑誌  2013年04月  (公社)日本皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン非使用2型糖尿病患者におけるカーボカウント食事療法の有効性の検討(4C study) 国内会議

    福本 真也, 細井 雅之, 川村 智行, 庄司 繁市, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン抵抗性惹起糖蛋白質fetuin-Aの肝での発現調節(pioglitazoneの影響) 国内会議

    越智 章展, 森 克仁, 絵本 正憲, 仲谷 慎也, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RAGEおよび可溶性RAGEに対するピオグリタゾンとグリメピリドの無作為群間比較試験(PioRAGE) 国内会議

    小山 英則, 田中 新二, 門田 真砂世, 三間 洋平, 庄司 拓仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 福井 充, 藤井 比佐子, 山本 徹也, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血管内皮機能と腎機能の関連性 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 川野 直也, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中レプチン・可溶性レプチン受容体濃度とインスリン感受性・β細胞機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における炎症性CD14+CD16+単球サブセットと動脈硬化指標との関連 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 今村 哲史, 武田 紘治, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症虚血肢に対する細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Nano-Scaffoldの開発 国内会議

    福本 真也, 三間 洋平, 武田 紘治, 松田 晶二郎, 絵本 正憲, 古薗 勉, 稲葉 雅章

    日本下肢救済・足病学会誌  2013年02月  日本下肢救済・足病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症虚血肢に対する細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Nano-Scaffoldの開発 国内会議

    福本 真也, 三間 洋平, 武田 紘治, 松田 晶二郎, 絵本 正憲, 古薗 勉, 稲葉 雅章

    日本下肢救済・足病学会誌  2013年02月  日本下肢救済・足病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 緊急帝王切開術中もCSIIにて血糖管理し得た1型糖尿病合併妊娠の1例 国内会議

    沼口 隆太郎, 福本 真也, 浦田 博美, 三島 誉史, 今村 哲史, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 空腹時低血糖を呈さないインスリノーマの1症例 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 川野 直也, 北尾 彰代, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 緊急帝王切開術中もCSIIにて血糖管理し得た1型糖尿病合併妊娠の1例 国内会議

    沼口 隆太郎, 福本 真也, 浦田 博美, 三島 誉史, 今村 哲史, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 空腹時低血糖を呈さないインスリノーマの1症例 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 川野 直也, 北尾 彰代, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低血糖を繰り返し脳MRIにて両側海馬病変を認めた1型糖尿病の1例 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 竹内 珠貴, 三間 洋平, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 武田 景敏, 嶋田 裕之, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン自己注射困難症な糖尿病透析患者における週3回インスリン治療(TWINS) 国内会議

    庄司 哲雄, 絵本 正憲, 森 克仁, 森岡 与明, 福本 真也, 高橋 達也, 松本 昭英, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2012年09月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血中TRAIL濃度と血管内皮機能との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 日浦 義和, 川野 直也, 浦田 博美, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の経過中に自己免疫性膵炎を急発症した症例 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 田中 新二, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章, 森川 浩安, 河田 則文

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中レプチン、可溶性レプチン受容体濃度と動脈壁肥厚・硬化との関連性 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 川野 直也, 浦田 博美, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    肥満研究  2012年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低血糖を繰り返し脳MRIにて両側海馬病変を認めた1型糖尿病の1例 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 竹内 珠貴, 三間 洋平, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 武田 景敏, 嶋田 裕之, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン自己注射困難症な糖尿病透析患者における週3回インスリン治療(TWINS) 国内会議

    庄司 哲雄, 絵本 正憲, 森 克仁, 森岡 与明, 福本 真也, 高橋 達也, 松本 昭英, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2012年09月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血中TRAIL濃度と血管内皮機能との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 日浦 義和, 川野 直也, 浦田 博美, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の経過中に自己免疫性膵炎を急発症した症例 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 田中 新二, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章, 森川 浩安, 河田 則文

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中レプチン、可溶性レプチン受容体濃度と動脈壁肥厚・硬化との関連性 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 川野 直也, 浦田 博美, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    肥満研究  2012年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析患者における血清中副腎アンドロゲン、硫酸デヒドロエピアンドロステロンの低下と死亡との関係(Decreased serum adrenal androgen Dehydroepiandrosterone Sulfate and mortality in hemodialysis patients) 国内会議

    Kakiya Ryusuke, Shoji Tetsuo, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Shima Hideaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tahara Hideki, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Hayashi Tomoshige, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2012年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析患者における血清中副腎アンドロゲン、硫酸デヒドロエピアンドロステロンの低下と死亡との関係(Decreased serum adrenal androgen Dehydroepiandrosterone Sulfate and mortality in hemodialysis patients) 国内会議

    Kakiya Ryusuke, Shoji Tetsuo, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Shima Hideaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tahara Hideki, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Hayashi Tomoshige, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2012年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「アンチエイジング 血管の老化予防から」 内科の立場から 国内会議

    福本 真也

    大阪市医学会雑誌  2012年06月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「アンチエイジング 血管の老化予防から」 内科の立場から 国内会議

    福本 真也

    大阪市医学会雑誌  2012年06月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工膵臓最新型および旧型モデルによる標準グルコースクランプ法の比較検討 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 川野 直也, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血清尿酸値と動脈硬化指標との関連性 国内会議

    李 英子, 絵本 正憲, 川野 直也, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 三間 洋平, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中可溶性レプチン受容体濃度と動脈壁肥厚・硬化との関連性 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 川野 直也, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期糖尿病腎症に対するN/L型カルシウム拮抗薬の腎保護効果(CLEARED試験最終報告) 国内会議

    武田 紘治, 福本 真也, 石村 栄治, 三間 洋平, 庄司 繁市, 脇川 健, 木本 栄司, 前野 孝明, 上野 宏樹, 絵本 正憲, 西澤 良紀, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期糖尿病腎症に対するN/L型カルシウム拮抗薬の腎保護効果(CLEARED試験最終報告) 国内会議

    武田 紘治, 福本 真也, 石村 栄治, 三間 洋平, 庄司 繁市, 脇川 健, 木本 栄司, 前野 孝明, 上野 宏樹, 絵本 正憲, 西澤 良紀, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工膵臓最新型および旧型モデルによる標準グルコースクランプ法の比較検討 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 川野 直也, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血清尿酸値と動脈硬化指標との関連性 国内会議

    李 英子, 絵本 正憲, 川野 直也, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 三間 洋平, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中可溶性レプチン受容体濃度と動脈壁肥厚・硬化との関連性 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 川野 直也, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血清undercarboxylated osteocalcinと正常血糖クランプ法で評価したインスリン抵抗性との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 山田 真介, 永田 友貴, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 後藤 仁志, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    Osteoporosis Japan  2011年11月  ライフサイエンス出版(株)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管新生足場材料としてのナノセラミックス・生体吸収性高分子微粒子の開発と効能 国内会議

    古薗 勉, 岩本 多加志, 寺田 貴博, 岡田 正弘, 藤井 秀司, 三間 洋平, 福本 真也

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2011年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管新生足場材料としてのナノセラミックス・生体吸収性高分子微粒子の開発と効能 国内会議

    古薗 勉, 岩本 多加志, 寺田 貴博, 岡田 正弘, 藤井 秀司, 三間 洋平, 福本 真也

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2011年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血清undercarboxylated osteocalcinと正常血糖クランプ法で評価したインスリン抵抗性との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 山田 真介, 永田 友貴, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 後藤 仁志, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    Osteoporosis Japan  2011年11月  ライフサイエンス出版(株)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管障害 2型糖尿病患者における血中TRAIL濃度と血管内皮機能との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 日浦 義和, 川野 直也, 浦田 博美, 山崎 祐子, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2011年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎症 2型糖尿病における内皮非依存性血管拡張反応はCKD stage進展とともに低下する 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 奥野 泰久, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2011年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管障害 2型糖尿病患者における血中TRAIL濃度と血管内皮機能との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 日浦 義和, 川野 直也, 浦田 博美, 山崎 祐子, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2011年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎症 2型糖尿病における内皮非依存性血管拡張反応はCKD stage進展とともに低下する 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 奥野 泰久, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2011年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト内皮細胞において腫瘍壊死因子-αは、JNK-、p38-MAPキナーゼ、ATF4経路を介して最終糖化産物に対する受容体のsheddingを刺激する(Tumor necrosis factor-α stimulates shedding of receptor for advanced glycation end-products through JNK-, p38-MAP kinase and ATF4 pathway in human endothelial cells) 国内会議

    Monden Masayo, Koyama Hidenori, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Kurajyo Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト内皮細胞において腫瘍壊死因子-αは、JNK-、p38-MAPキナーゼ、ATF4経路を介して最終糖化産物に対する受容体のsheddingを刺激する(Tumor necrosis factor-α stimulates shedding of receptor for advanced glycation end-products through JNK-, p38-MAP kinase and ATF4 pathway in human endothelial cells) 国内会議

    Monden Masayo, Koyama Hidenori, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Kurajyo Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 貧血や炎症を伴う末期腎臓病患者において、血小板活性化の低下は心血管系疾患の予測因子である(Decreased platelet activation is a predictor for cardiovascular diseases in end-stage renal disease patients with anemia or inflammation) 国内会議

    Kurajyo Masafumi, Koyama Hidenori, Ueno Hiroki, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Yamamoto Tetsuya, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 末期腎臓病患者において血中内皮前駆細胞の減少は心血管系疾患の強力な予測因子である(Decrease of circulating endothelial progenitor cells is a strong predictor for cardiovascular diseases in end-stage renal disease patients) 国内会議

    Koyama Hidenori, Ueno Hiroki, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Kurajyo Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 末期腎臓病患者において血中内皮前駆細胞の減少は心血管系疾患の強力な予測因子である(Decrease of circulating endothelial progenitor cells is a strong predictor for cardiovascular diseases in end-stage renal disease patients) 国内会議

    Koyama Hidenori, Ueno Hiroki, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Kurajyo Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 貧血や炎症を伴う末期腎臓病患者において、血小板活性化の低下は心血管系疾患の予測因子である(Decreased platelet activation is a predictor for cardiovascular diseases in end-stage renal disease patients with anemia or inflammation) 国内会議

    Kurajyo Masafumi, Koyama Hidenori, Ueno Hiroki, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Yamamoto Tetsuya, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血管機能と合併症の関連性 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 奥野 泰久, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メタボリックシンドロームと炎症・動脈硬化 receptor for advanced glycation end-products(RAGE)を介したクロストーク 国内会議

    小山 英則, 門田 真砂世, 福本 真也, 蔵城 雅文, 山本 徹也, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2011年04月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者におけるundercarboxylated osteocalcinとインスリン抵抗性との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 李 英子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血管機能と合併症の関連性 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 奥野 泰久, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高血圧合併糖尿病の早期腎症に対するN/L型カルシウム拮抗薬の腎保護効果(CLEARED試験) 国内会議

    石村 栄治, 福本 真也, 三間 洋平, 庄司 繁市, 脇川 健, 木本 栄司, 前野 孝明, 上野 宏樹, 絵本 正憲, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病性自律神経障害が下肢末梢循環に及ぼす影響は部位によって異なる 国内会議

    福本 真也, 三間 洋平, 上野 宏樹, 森岡 与明, 田中 新二, 森 克仁, 小山 英則, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病性腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型・速効型インスリン製剤の比較 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 川野 直也, 山崎 祐子, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病性自律神経障害が下肢末梢循環に及ぼす影響は部位によって異なる 国内会議

    福本 真也, 三間 洋平, 上野 宏樹, 森岡 与明, 田中 新二, 森 克仁, 小山 英則, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病性腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型・速効型インスリン製剤の比較 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 川野 直也, 山崎 祐子, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高血圧合併糖尿病の早期腎症に対するN/L型カルシウム拮抗薬の腎保護効果(CLEARED試験) 国内会議

    石村 栄治, 福本 真也, 三間 洋平, 庄司 繁市, 脇川 健, 木本 栄司, 前野 孝明, 上野 宏樹, 絵本 正憲, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メタボリックシンドロームと炎症・動脈硬化 receptor for advanced glycation end-products(RAGE)を介したクロストーク 国内会議

    小山 英則, 門田 真砂世, 福本 真也, 蔵城 雅文, 山本 徹也, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2011年04月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者におけるundercarboxylated osteocalcinとインスリン抵抗性との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 李 英子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • DPP4阻害薬薬への変更でインスリン抗体起因性低血糖症が改善した1症例 国内会議

    土蔵 尚子, 福本 真也, 浦田 博美, 森岡 与明, 田中 新二, 絵本 正憲, 小山 英則, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高血圧合併糖尿病腎症に対するL/N型とL型CCBの腎保護効果の比較検討 国内会議

    三間 洋平, 福本 真也, 石村 栄治, 庄司 繁市, 脇川 健, 木本 栄司, 前野 孝明, 上野 宏樹, 廣渡 要, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高血圧合併糖尿病腎症に対するL/N型とL型CCBの腎保護効果の比較検討 国内会議

    三間 洋平, 福本 真也, 石村 栄治, 庄司 繁市, 脇川 健, 木本 栄司, 前野 孝明, 上野 宏樹, 廣渡 要, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • DPP4阻害薬薬への変更でインスリン抗体起因性低血糖症が改善した1症例 国内会議

    土蔵 尚子, 福本 真也, 浦田 博美, 森岡 与明, 田中 新二, 絵本 正憲, 小山 英則, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい細胞移植療法のためのナノアパタイトコーティング微粒子材料の開発 国内会議

    岡田 正弘, 三間 洋平, 藤井 秀司, 福本 真也, 古薗 勉

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2010年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい細胞移植療法のためのナノアパタイトコーティング微粒子材料の開発 国内会議

    岡田 正弘, 三間 洋平, 藤井 秀司, 福本 真也, 古薗 勉

    日本バイオマテリアル学会大会予稿集  2010年11月  日本バイオマテリアル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症下肢虚血に対する細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Nano-Scaffoldの開発 国内会議

    三間 洋平, 福本 真也, 小山 英則, 岡田 正弘, 田中 新二, 古薗 勉, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2010年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症下肢虚血に対する細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Nano-Scaffoldの開発 国内会議

    三間 洋平, 福本 真也, 小山 英則, 岡田 正弘, 田中 新二, 古薗 勉, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2010年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症下肢虚血に対する細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Nano Scaffoldの開発 国内会議

    三間 洋平, 福本 真也, 小山 英則, 岡田 正弘, 田中 新二, 村山 正洋, 大塚 淑子, 古薗 勉, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    日本透析医学会雑誌  2010年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症下肢虚血に対する細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Nano Scaffoldの開発 国内会議

    三間 洋平, 福本 真也, 小山 英則, 岡田 正弘, 田中 新二, 村山 正洋, 大塚 淑子, 古薗 勉, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    日本透析医学会雑誌  2010年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるアルブミン尿とeGFRの頸動脈壁硬化・大動脈脈波速度に及ぼす影響 国内会議

    山崎 祐子, 絵本 正憲, 土蔵 尚子, 李 英子, 川野 直也, 浦田 博美, 森岡 与明, 森 克仁, 田中 新二, 福本 真也, 小山 英則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シロスタゾールによる血管内皮前駆細胞数増加作用 脳虚血所見を伴う糖尿病患者が対象のアスピリンとの無作為並行群間比較試験 国内会議

    上野 宏樹, 小山 英則, 三間 洋平, 村山 正洋, 庄司 拓仁, 田中 新二, 福本 真也, 絵本 正憲, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Pioglitazoneによる終末糖化産物受容体(RAGE)依存性及び非依存性の脂肪分布調節作用 国内会議

    大塚 淑子, 小山 英則, 森岡 与明, 倉戸 真砂代, 森 克仁, 塩井 淳, 田中 新二, 福本 真也, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるアルブミン尿とeGFRの頸動脈壁硬化・大動脈脈波速度に及ぼす影響 国内会議

    山崎 祐子, 絵本 正憲, 土蔵 尚子, 李 英子, 川野 直也, 浦田 博美, 森岡 与明, 森 克仁, 田中 新二, 福本 真也, 小山 英則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症下肢虚血に対する細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Nano Scaffoldの開発 国内会議

    三間 洋平, 福本 真也, 小山 英則, 岡田 正弘, 田中 新二, 村山 正洋, 大塚 淑子, 古薗 勉, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 循環血液中可溶型RAGEに対する糖尿病治療薬の影響 ピオグリタゾンとグリメピリドの多施設無作為比較試験(PioRAGE)(第1報) 国内会議

    田中 新二, 小山 英則, 三間 洋平, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 倉戸 真砂世, 福井 充, 藤井 比佐子, 細井 雅之, 上野 宏樹, 日浦 義和, 庄司 繁市, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 循環血液中可溶型RAGEに対する糖尿病治療薬の影響 ピオグリタゾンとグリメピリドの多施設無作為比較試験(PioRAGE)(第1報) 国内会議

    田中 新二, 小山 英則, 三間 洋平, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 倉戸 真砂世, 福井 充, 藤井 比佐子, 細井 雅之, 上野 宏樹, 日浦 義和, 庄司 繁市, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症下肢虚血に対する細胞移植/血管新生療法の治療効果を増幅するInjectable Nano Scaffoldの開発 国内会議

    三間 洋平, 福本 真也, 小山 英則, 岡田 正弘, 田中 新二, 村山 正洋, 大塚 淑子, 古薗 勉, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シロスタゾールによる血管内皮前駆細胞数増加作用 脳虚血所見を伴う糖尿病患者が対象のアスピリンとの無作為並行群間比較試験 国内会議

    上野 宏樹, 小山 英則, 三間 洋平, 村山 正洋, 庄司 拓仁, 田中 新二, 福本 真也, 絵本 正憲, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Pioglitazoneによる終末糖化産物受容体(RAGE)依存性及び非依存性の脂肪分布調節作用 国内会議

    大塚 淑子, 小山 英則, 森岡 与明, 倉戸 真砂代, 森 克仁, 塩井 淳, 田中 新二, 福本 真也, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ステロイド治療が有効であったIGF-II産生肝細胞癌によるNICTHの1例 国内会議

    田中 新二, 庄司 拓仁, 小山 英則, 川野 直也, 絵本 正憲, 福本 真也, 福田 いずみ, 肥塚 直美, 西沢 良記

    糖尿病  2010年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ステロイド治療が有効であったIGF-II産生肝細胞癌によるNICTHの1例 国内会議

    田中 新二, 庄司 拓仁, 小山 英則, 川野 直也, 絵本 正憲, 福本 真也, 福田 いずみ, 肥塚 直美, 西沢 良記

    糖尿病  2010年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産業財産権等

  • 複合粒子及びそれを用いた細胞製剤

    福本真也、稲葉雅章、三間洋平、古薗勉、藤井秀司、小粥康充、松田晶二郎、高森秀樹

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2012-101189 

    細胞移植による血管新生療法の効果を増幅するデバイス

  • 医療用組成物および医療用キットPCT出願(韓国)

    福本真也、小山英則、西沢良記、古薗 勉、岡田正弘

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:国際出願番号;PCT/JP2009/061726 

    特許番号/登録番号:Patent No.: 第10-1577010号 

    細胞移植による血管新生療法の効果を増幅するデバイス

  • 医療用組成物および医療用キットPCT出願(ヨーロッパ)

    福本真也、小山英則、西沢良記、古薗 勉、岡田正弘

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:国際出願番号;PCT/JP2009/061726 

    特許番号/登録番号:European patent NO. 2298365 

    細胞移植による血管新生療法の効果を増幅するデバイス

  • 医療用組成物および医療用キットPCT出願(中国)

    福本真也、小山英則、西沢良記、古薗 勉、岡田正弘

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:国際出願番号;PCT/JP2009/061726 

    特許番号/登録番号:Patent No.: ZL 200980123603.8 

    細胞移植による血管新生療法の効果を増幅するデバイス

  • 医療用組成物および医療用キットPCT出願(アメリカ)

    福本真也、小山英則、西沢良記、古薗 勉、岡田正弘

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:国際出願番号;PCT/JP2009/061726 

    特許番号/登録番号:Patent NO.: US 9,642,938 B2 

    細胞移植による血管新生療法の効果を増幅するデバイス

  • 医療用組成物および医療用キット

    福本真也、小山英則、西沢良記、古薗 勉、岡田正弘

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2008-169433 

    特許番号/登録番号:特許第5725489号 

    細胞移植による血管新生療法の効果を増幅するデバイス

  • 弁当用カロリー量測定システム及び弁当用カロリー量測定器

    福本真也、西沢良記、藤本浩毅、塚田定信

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2007-149587 

    特許番号/登録番号:特許第4926837号 

    食事療法をサポートする在宅食事療法用ツール

  • 弁当容器、弁当容器セットおよび弁当容器の選定方法

    福本真也

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特開2006-667 

    公開番号:特開2006-667 

    公表番号:特開2006-667 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 目的とする食事エネルギー量と理想的な3大栄養素組成を簡単に達成することができる食事療法理論

    カテゴリ:機械・ものづくり・計測機器 

  • 細胞移植による血管新生効果を増幅するinjectable cell scaffold粒子

    カテゴリ:医療機器 

科研費

  • 生活習慣病の発症に対する肝内脂肪蓄積の直接的影響とそのメカニズムに関する検討

    基盤研究(C)  2018年

  • 2型糖尿病患者の在宅食事指導におけるポーションコントロールツールの有用性の検討

    基盤研究(C)  2015年

  • インスリン非使用2型糖尿病患者におけるカーボカウント食事指導法の有効性の検討

    基盤研究(C)  2011年

  • 肥満・動脈硬化における終末糖化産物受容体を介した炎症シグナルの意義

    基盤研究(C)  2011年

  • 血管石灰化の進展におけるWntシグナル経路の役割に関する研究

    基盤研究(C)  2008年

  • ナノスキャホールドによる高有効性・低侵襲性ハイブリッド型血管新生療法の開発

    基盤研究(C)  2008年

  • 終末糖化産物受容体及びその可溶性受容体を標的とした肥満・動脈硬化の制御

    基盤研究(C)  2008年

▼全件表示

共同研究(外部資金獲得実績のあるもの)

  • Injectable cell scaffold (ICS-001) を用いた革新的血管新生療法の開発(Injectable cell scaffold (ICS-001) を用いた革新的血管新生療法の治験実施)

    AMED  令和5年度「橋渡し研究プログラム」・シーズC  2023年05月

受託研究

  • Injectable cell scaffold (ICS-001) を用いた革新的血管新生療法の開発(Injectable cell scaffold (ICS-001) を用いた革新的血管新生療法の治験実施)

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  令和5年度「橋渡し研究プログラム」・シーズC  2023年05月

  • Injectable cell scaffoldを用いた革新的血管新生療法の探索的医師主導治験

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)  「医療機器開発推進研究事業」医療費適正化に資する革新的医療機器の探索的医師主導治験・臨床試験  2019年

  • 軽度認知機能低下(MCI)を予測する血中代謝産物の網羅的探索研究

    2019年

  • 血圧を予測する非接触的測定要素の探索的研究

    2019年

  • 人工知能を用いた自動眼底スクリーニング検査法の開発

    2019年

  • 虚血下肢の切断回避を実現する細胞移植用ナノスキャフォールドの開発

    2008年10月

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患が2型糖尿病の発症に及ぼす影響とそのメカニズムの検討

    民間企業  2019年

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患が2型糖尿病の発症に及ぼす影響とそのメカニズムの検討

    民間企業  2019年

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患が2型糖尿病の発症に及ぼす影響の検討

    民間企業  2019年

  • 虚血下肢に対する血管新生療法の効果を増幅するInjectable cell scaffoldの臨床応用を目的とした前臨床試験

    民間企業  2019年

  • 生活習慣病の発症・進展に関する新たなバイオマーカーの開発

    民間企業  2018年

  • 生活習慣病の発症・進展の予知・予防につながる新規バイオマーカーに関する研究

    民間企業  2017年

  • 生活習慣病の発症・進展に関する要因の検討

    民間企業  2017年

  • 慢性腎臓病の予知・予防につながる新規バイオマーカーの探索的研究

    民間企業  2017年

  • 生活習慣病の発症・進展に関する要因の検討

    民間企業  2017年

  • 日本人2型糖尿病患者におけるポーションコントロールツールの有効性に関する検討

    民間企業  2016年

  • 慢性腎臓病の予知・予防につながる新規バイオマーカーに関する探索的研究活動

    民間企業  2016年

  • 内分泌代謝系疾患領域に対する研究助成

    民間企業  2016年

  • 虚血下肢の治療を目的としたInjectable cell scaffoldの非臨床試験

    文部科学省  2014年

  • 塩分チェックシートと、判定量ソルトペーパー法を用いた随時尿中食塩排泄量チェックによりセルフモニタリングの減塩の有用性

    公益財団法人大阪腎臓バンク  2014年

  • 虚血下肢の治療を目的としたInjectable cell scaffoldの前臨床試験

    文部科学省  2011年

  • 重症下肢虚血に対する自家骨髄単核細胞移植の有効性–透析患者を含めた検討–

    財団法人大阪腎臓バンク  2003年

  • 血管平滑筋細胞におけるSREBPを介したスタチンによるVEGF発現低下作用の解明

    日本心臓財団  2002年

▼全件表示

その他補助金等

  • 健康都市大阪を目指した都市部多目的コホート研究と健康支援システムの構築

    大学  2016月

  • 健康長寿を実現するための都市部多目的コホート(MedCity21レジストリー)の樹立と健康支援システムの構築; 健康都市大阪プロジェクト

    大学  2014月

  • 海外留学

    かなえ医薬振興財団  1998月

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:我々が研究開発した食事療法理論と特許事項を基に、産学連携事業として「1:1:1バランス弁当」の販売を2019年2月から開始し、研究成果を市民に還元している。また、弁当法による栄養療法の啓発活動を行っている。

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:2018年度に獲得した科研費・基盤研究(C)(代表者)の課題がコロナ禍の影響で延長となり継続中である。
    また、2021年度に獲得した科研費・基盤研究(C)(代表者)の研究課題も同時に行っている。

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:共同研究にて開発した特許技術を臨床応用しAMEDの助成を受けて医師主導型治験を開始した。(研究成果を社会へ還元している)

    特記事項:医師主導型治験に際し、2023年11月9日にプレス発表を行った(https://www.omu.ac.jp/info/research_news/entry-08756.html)「細胞治療による安価で有効な革新的血管新生療法の開発を目指して ~包括的高度慢性下肢虚血(CLTI)患者を対象とした自家末梢血単核細胞と移植用細胞足場Injectable cell scaffold (ICS-001)の併用による医師主導治験~」

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:MedCity21における健診者ベースの生体サンプルと臨床データを蓄積したバイオリポジトリを構築し、学内外の研究者と共同研究を行っている。

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:我々が研究開発した食事療法理論と特許事項を基に、産学連携事業として「1:1:1バランス弁当」の販売を2019年2月から開始し、研究成果を市民に還元している。また、弁当法による栄養療法の啓発活動を行っている。

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:2018年度に獲得した科研費・基盤研究(C)(代表者)の課題がコロナ禍の影響で延長となり継続中である。
    また、2021年度に獲得した科研費・基盤研究(C)(代表者)の研究課題も同時に行っている。

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:MedCity21における健診者ベースの生体サンプルと臨床データを蓄積したバイオリポジトリを構築し、学内外の研究者と共同研究を行っている。

  • 2021年度

     詳細を見る

    独自項目:我々が研究開発した食事療法理論と特許事項を基に、産学連携事業として「1:1:1バランス弁当」の販売を2019年2月から開始し、研究成果を市民に還元している。また、弁当法による栄養療法の啓発活動を行っている。

  • 2021年度

     詳細を見る

    独自項目:MedCity21における健診者ベースの生体サンプルと臨床データを蓄積したバイオリポジトリを構築し、学内外の研究者と共同研究を行っている。

▼全件表示

担当教育概要

  • 医学研究科医科学専攻・修士課程および博士課程の大学院生に対し、先端予防医療学や代謝内分泌学における基礎および臨床医学研究の指導を行う。生活習慣病や悪性疾患の病因・病態の理解と、その発症前診断や早期診断に関わる最新の知識を習得し、疫学研究や新たなバイオマーカーの発見・開発を行う能力を修得することを目的とする。
    学士課程教育については、M4臨床臓器別講義において代謝内分泌コースの講義を行ったり、M4臨床スターター実習や先端予防医療学におけるM6学生対象の選択型クリニカルクラークシップ等を担当する。

担当授業科目

  • M4臨床臓器別講義~内分泌・代謝コース~糖尿病7

    2023年度   集中講義   大学

  • 医学生実習プログラム(EXコース)M6選択型クリニカルクラークシップ

    2023年度   実習   大学

  • M4臨床実習前OSCE内部評価者(医療面接)

    2023年度   実習   大学

  • M4臨床臓器別講義~内分泌・代謝コース~糖尿病7

    2022年度   集中講義   大学

  • M4臨床スターター実習

    2022年度   実習   大学

  • 医学生実習プログラム(EXコース)M6選択型クリニカルクラークシップ

    2022年度   実習   大学

  • M4臨床臓器別講義~内分泌・代謝コース~糖尿病7

    2021年度     大学

  • 先端予防医療学

    2020年度     大学院

  • 先端予防医療学

    2019年度     大学院

  • 動脈硬化学

    1900年度    

  • 腎不全学

    1900年度     大学

  • 腎臓病学

    1900年度     大学

  • 糖尿病学

    1900年度     大学

  • 分子生物学

    1900年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 動脈硬化症(代謝内分泌病態内科学授業)

    機関名:大阪市立大学

  • 医学総論(全学部生対象)

    機関名:大阪市立大学

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:M4臨床実習前OSCE内部評価者(医療面接)を担当

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:人間ドック健診専門医制度指導医としてMedCity21健診センタースタッフの教育に携わった。

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪糖尿病療養指導士認定機構講習委員として、「更新のための講習会」講師等を勤め、大阪府内のコメディカルの教育に携わった。

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:日本内科学会J-OSLER内科専門医制度専攻医プログラムの内科指導医として、病歴要約二次評価者として国内の内科専門医教育に携わった。

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:日本糖尿病学会認定糖尿病専門医研修指導医を務めた。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪糖尿病療養指導士認定機構講習委員として、「更新のための講習会」講師等を勤め、大阪府内のコメディカルの教育に携わった。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:日本内科学会J-OSLER内科専門医制度専攻医プログラムの内科指導医として、病歴要約二次評価者として国内の内科専門医教育に携わった。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:日本糖尿病学会認定糖尿病専門医研修指導医を務めた。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:人間ドック健診専門医制度指導医としてMedCity21健診センタースタッフの教育に携わった。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:日本内科学会J-OSLER内科専門医制度専攻医プログラムの内科指導医として、病歴要約二次評価者として内科専門医の教育に携わった。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:日本糖尿病学会認定糖尿病専門医研修指導医を務めた。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪糖尿病療養指導士認定機構講習委員として、「更新のための講習会」講師等、コメディカルの教育に携わった。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:生活科学科の学部生にフィールドワークの環境を提供し結果解釈等の指導を行った。

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪国際医療機構(グローバル人材育成の大阪市大の会)会員

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:生活科学研究科の学部生および修士課程院生の研究課題について、MedCity21をそのフィールドワークの場として提供し、研究内容についても部分的に指導を行う体制を継続している。

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:生活科学科の学部生と前期博士課程院生にフィールドワークの環境を提供し結果解釈等の指導を行った。

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪国際医療機構(グローバル人材育成の大阪市大の会)会員

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:生活科学科の学部生と修士課程院生にフィールドワークの環境を提供し結果解釈等の指導を行った。

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪国際医療機構(グローバル人材育成の大阪市大の会)会員

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:生活科学科の学部生と修士課程院生にフィールドワークの環境を提供し結果解釈等の指導を行った。

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:生活科学科の学部生と修士課程院生にフィールドワークの環境を提供し結果解釈等の指導を行った。

  • 2016年度

      詳細を見る

    独自項目:生活科学科の学部生と修士課程院生にフィールドワークの環境を提供し結果解釈等の指導を行った。

▼全件表示

社会貢献活動

  • 第44回MedCity21市民医学講座:検診・健診・人間ドックの受け方(2023年度、後編:がん検診)

    役割:講師

    大阪公立大学大学院医学研究科  WEB  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

  • 糖尿病治療薬アップデート:2023年度大阪糖尿病療養指導士認定機構 「更新のための講習会」の講師を勤め、大阪府内のコメディカル教育に携わった

    役割:講師

    大阪糖尿病療養指導士認定機構  2023年度大阪糖尿病療養指導士認定機構 「更新のための講習会」  2023年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • 役に立つ検診・健診・人間ドックを受けるための基礎知識

    役割:講師

    大阪市東淀川区役所  令和5年度東淀川区第42回みんなの健康展  2023年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:300(人)

  • 第43回MedCity21市民医学講座:検診・健診・人間ドックの受け方(2023年度、前編:全体像と生活習慣病)

    役割:講師

    大阪公立大学大学院医学研究科  WEB  2023年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

  • 健康情報ブログ「111弁当箱健康法」の配信

    役割:編集長, 編集, 講師, 情報提供

    2023年05月 - 継続中

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:インターネット

  • 2022年度大阪糖尿病療養指導士認定機構 「更新のための講習会」の講師を勤め、大阪府内のコメディカル教育に携わった

    役割:講師

    大阪糖尿病療養指導士認定機構  2022年度大阪糖尿病療養指導士認定機構 「更新のための講習会」  2022年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:資格認定講習

  • 市民講座:ハルカス大学(WEB配信)「健診・人間ドックの正しい受け方 第2弾:がん検診」を行った。

    役割:講師

    大阪公立大学大学院医学研究科  2022年08月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

  • 会社研修会講演「糖尿病診療に対するコロナ禍の影響-2年半のデータが示すafterコロナ診療への提言-」を行った

    役割:講師

    ノボノルディスクファーマ株式会社  社内研修会  2022年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:10(人)

  • 市民講座:ハルカス大学(WEB配信)「健診・人間ドックの正しい受け方 第1弾:生活習慣病」を行った

    役割:講師

    大阪公立大学大学院医学研究科  2022年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

  • 日本内科学会J-OSLER内科専門医制度専攻医指導医として専門研修病歴要約二次評価を行っている

    役割:助言・指導

    2022年 - 継続中

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:資格認定講習

  • 会社研修会講演「コロナ禍における糖尿病診療の在り方-2年間のデータが示すafterコロナ診療への提言-」を行った

    役割:講師

    興和創薬株式会社  社内研修会  2021年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:10(人)

  • 2021年度大阪糖尿病療養指導士認定機構 「更新のための講習会」の講師を担当

    役割:講師

    大阪糖尿病療養指導士認定機構  2021年度大阪糖尿病療養指導士認定機構 「更新のための講習会」  2021年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:資格認定講習

  • 「糖尿病」第一回CMC企業×ドクター座談会講演

    役割:パネリスト, コメンテーター, 講師, 情報提供

    ものづくり医療コンソーシアム(CMC)  CMC企業×ドクター座談会  2021年02月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 日本内科学会J-OSLER内科専門医制度専攻医指導医として専門研修病歴要約二次評価を行っている

    役割:助言・指導

    2021年

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:資格認定講習

  • 第64回日本糖尿病学会年次学術集会 査読委員

    役割:助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    2020年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:その他

  • 産経新聞社全国版朝刊「生活」面『知ってる?!』 人間ドック④ 医療発展へバイオバンク整備

    役割:取材協力

    産経新聞  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:新聞・雑誌

  • 産経新聞社全国版朝刊「生活」面『知ってる?!』 人間ドック③ がん検診も変化

    役割:取材協力

    産経新聞  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:新聞・雑誌

  • 産経新聞社全国版朝刊14面「生活」面『知ってる?!』 人間ドック② がん発見に有用 PET/CT検査

    役割:取材協力

    産経新聞  社全国版朝刊14面  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:新聞・雑誌

  • 日本内科学会J-OSLER内科専門医制度専攻医指導医として専門研修病歴要約二次評価を行っている

    役割:助言・指導

    2020年

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:資格認定講習

  • 第63回日本糖尿病学会年次学術集会 査読委員

    2019年12月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:その他

  • 市民医学講座:ハルカス大学・第27回MedCity21医学講座「健診・人間ドックのUp To Date(総論編)」

    役割:講師

    あべのハルカス25階 会議室、大阪市  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • 大阪糖尿病療養指導士認定機構 2019年度「更新のための講習会」

    役割:講師

    大阪糖尿病療養指導士認定機構  大阪大学中之島センター  2019年10月

     詳細を見る

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • グローカル・アイ、「からだデリ」シリーズが大阪府認定弁当に 健康増進を啓発

    日本食糧新聞  日本食糧新聞  日本食糧新聞 2019年8月16日11924号03面  2019年08月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:新聞・雑誌

    我々が開発した「1:1:1お弁当箱ダイエット法」に基づく健康弁当の販売および食事啓発活動について取材を受けた。

  • エビデンスが取れた“ボス弁当”で健康お届け―大阪府議ら対象に勉強会―

    夕刊フジ  夕刊フジ  2019年8月15日(木)夕刊フジ  2019年08月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 大阪府のV.O.Sメニュー承認弁当を発売/グローカル・アイ

    フードWEBウイークリー  フードWEBウイークリー  2019年8月9日(金)フードWEBウイークリー  2019年08月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:新聞・雑誌

    我々が開発した「1:1:1お弁当箱ダイエット法」に基づく健康弁当の販売および食事啓発活動について取材を受けた。

  • 大阪府議会議員勉強会

    役割:講師

    大阪府議会議員  大阪府議会議員勉強会  大阪府庁内会議室  2019年08月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:50(人)

    健康寿命延伸のための啓発活動「1:1:1バランス弁当の原理と目的(VOSメニューとの関係)」について講義。

  • 大阪市立大学附属病院考案の「1:1:1お弁当箱ダイエット法」とは?-福本真也准教授と塚田主幹に聞く◆Vol.2

    m3.com  m3.com  2019年8月6日(火)m3.com  2019年08月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業

    種別:インターネット

  • 大阪市立大学附属病院考案の「1:1:1お弁当箱ダイエット法」とは?-福本真也准教授らに聞く◆Vol.1

    m3.com  m3.com  2019年7月30日(水)m3.com  2019年07月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体

    種別:インターネット

  • 講演会:健康診断の現状と展望~MedCity21の取り組み~

    役割:講師

    関西コンバーティングものづくり研究会  関西コンバーティングものづくり研究会定例会  ハートンホール日本生命御堂筋ビル、大阪市  2019年04月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

    参加者数:200(人)

    健診の啓発活動を行うとともに、大学の健診センターが行っている最新技術とその効果の説明。また、産学連携事業の提案を行った。

  • 管理栄養士のレシピから生まれた健康弁当

    食品産業新聞  食品産業新聞、西日本版  2019年3月28日(木)食品産業新聞(4612号)、西日本版  2019年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • バランス弁当で生活習慣病予防

    夕刊フジ  夕刊フジ  2019年3月15日(金)夕刊フジ  2019年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 配分、量で理想食を -1:1:1バランス弁当― 藤本食品など2府8県販売

    日本食糧新聞  日本食糧新聞  2019年3月6日(水)日本食糧新聞3面(16面)  2019年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 主食・主菜・副菜 均等に 大阪市立大付属病院 バランス弁当開発

    毎日新聞  毎日新聞朝刊  2019年3月1日(金)毎日新聞、朝刊大阪ローカル22面  2019年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 特許技術を活用した「からだデリ 1:1:1バランス弁当」を販売(2019年2月開始)

    役割:企画, 運営参加・支援

    グローカル・アイ  全国スーパー・医療施設販売店等  2019年02月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:その他

  • 大学病院とコラボした弁当を販売 主食・主菜・副菜を見た目の割合で弁当箱に詰めるとエネルギー量を算出できる測定器で作る 1食500kcal~塩分2.5g未満/和歌山

    役割:取材協力

    和歌山テレビ  和歌山テレビ  2019年2月28日(木) 19:46 和歌山テレビニュース  2019年02月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, メディア

    種別:テレビ・ラジオ番組

  • 市立大、弁当ダイエット法を考案 生活習慣病予防に役立てて

    大阪日日新聞  大阪日日新聞  2019年2月13日(水)大阪日日新聞 朝刊19面  2019年02月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 我々が研究開発した食事療法理論と特許事項を基に、産学連携事業として「1:1:1バランス弁当」の販売を2019年2月から開始し、研究成果を市民に還元している。また、弁当法による栄養療法の啓発活動を継続している。

    大阪公立大学大学院医学研究科  2019年02月 - 継続中

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:その他

  • 第62回日本糖尿病学会年次学術集会 査読委員

    2018年12月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:その他

  • 第62回日本腎臓学会学術総会 査読委員

    2018年12月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:その他

  • 糖尿病啓発活動:世界糖尿病デー(ブルーサークル)イベントへの参加

    役割:運営参加・支援

    大阪糖尿病協会顧問医会主催  世界糖尿病デー  阿倍野ハルカス  2018年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:その他

    参加者数:200(人)

    糖尿病啓発活動

  • 1型糖尿病患者会つぼみの会サマーキャンプ

    役割:運営参加・支援

    1型糖尿病患者会つぼみの会  堺ビックバーン  2018年08月

     詳細を見る

    対象: 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 市民団体

    種別:その他

    参加者数:50(人)

    1型糖尿病患者会主催のサマーキャンプの医療サポート

  • 学術研修センター症例ディスカッション

    役割:講師

    大正富山医薬品株式会社  TKPガーデンシティ PREMIUM心斎橋カンファレンスルーム4A、大阪市  2018年07月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

    症例検討会(MRが参考になる糖尿病症例)

  • 市大・朝日ライフサイエンス塾

    役割:講師

    朝日カルチャーセンター中之島教室、中之島フェスティバルタワー18階、大阪市  2018年04月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

    市民講座:糖尿病治療食の新しい流れ

  • 医学市民講座:ハルカス大学・第20回MedCity21医学講座「知っているようで知らない糖尿病の食事療法~炭水化物食制限食の功罪とポーションコントロール~」

    役割:講師

    あべのハルカス25階会議室、大阪市  2018年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • ハルカス大学・第20回MedCity21医学講座

    役割:講師

    ハルカス25階会議室、大阪市  2018年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:200(人)

    市民講座「知っているようで知らない糖尿病の食事療法~炭水化物食制限食の功罪とポーションコントロール~」

  • 企業研修会

    役割:講師

    興和創薬株式会社・大阪支店会議室  2018年03月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:講演会

    参加者数:40(人)

    「MR研修」糖尿病研究におけるFibroScanの有用性

  • 動脈硬化 早めにチェック エコーで血管の広がり測定

    役割:取材協力

    朝日新聞  朝日新聞朝刊  2017年12月27日(水)朝日新聞、朝刊13版18面  2017年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, メディア

    種別:新聞・雑誌

    予防医療について新聞社の取材を受け、医療情報を発信した。

  • 第61回日本糖尿病学会年次学術集会 査読委員

    2017年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    2018年6/8-10 第61回日本糖尿病学会年次学術集会への発表演題抄録の査読

  • 第61回日本腎臓学会学術総会 査読委員

    役割:講師

    2017年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    2018年5/24-27 第61回日本腎臓学会学術総会への発表演題抄録の査読

  • 兵庫県糖尿病懇話会(医師研究会):糖に迷う糖尿病―食事療法と経口血糖降下薬のマリアージュ―

    役割:講師

    神戸ポートピアホテル、神戸市  2017年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 中央区東医師会学術講演会:糖尿病食事療法と経口血糖降下薬のマッチング

    役割:講師

    三井ガーデンホテル大阪淀屋橋、大阪市  2017年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 日本糖尿病学会・専門医認定委員会委員として学会活動に貢献

    役割:助言・指導

    2017年05月 - 2021年03月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    糖尿病学会活動

  • 市民医学講座:糖尿病といわれたら~病態から糖質管理食まで~

    役割:講師

    大阪市立大学医学部 医学情報センター・ホールあべのメディックス6階  2017年05月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 111弁当で適切な食事量を 大阪市大が考案

    毎日新聞  毎日新聞  2015年12月1日(火)毎日新聞 大阪ローカル 21面  2015年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 特集;最新医療機器を現場視点から検証する「大阪の日本一高いビルで展開される公立大学発の健診・ドック事業の要は、大学の高度な人材と高性能な機器群」巻頭グラビア

    役割:取材協力, 寄稿

    月刊新医療  月刊新医療 第42巻第6号;8-14:2015  月刊新医療 第42巻第6号;8-14:2015  2015年06月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:新聞・雑誌

  • 糖尿病啓発活動:世界糖尿病デー(ブルーサークル)への参加

    役割:助言・指導, 企画, 運営参加・支援

    2014年11月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 保護者, 社