2022/07/13 更新

写真a

エムラ カズオ
永村 一雄
EMURA Kazuo
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 教授
生活科学部 居住環境学科
職名
教授
所属
生活科学研究院

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 居住環境学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 工学博士 ( 東京理科大学 )

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備  / 居住環境工学

  • 人文・社会 / 家政学、生活科学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備  / 建築環境工学

研究キーワード

  • 熱環境 省エネルギー 建物

研究概要

  • 気候変動とヒートアイランド現象にともなう大都市部での酷暑環境緩和のため、環境にやさしい住まい方の提案を行う。同時に、温室効果ガスの排出割合が大きい建築分野においては、建物自体を低炭素型建築へ移行させるための方策と、都市内部での過剰な蓄・放熱抑制のための建物外皮の高反射化も行う。国内での取り組みに加え、世界最大の排出国である中国においても、今後激増するCO2のうち、建物由来の排出分を抑制するための国際共同研究を行っている。

研究歴

  • 建築気候のための気象要素の統計解析

    統計解析、気象要素、評価  国内共同研究

    1987年04月 - 継続中 

  • 再帰型高反射素材の熱性能評価

    再帰反射、ヒートアイランド、熱環境  国内共同研究

    2005年04月 - 継続中 

  • 低炭素化のための建物の熱性能評価

    熱性能、評価、熱損失係数  国際共同研究

    1980年04月 - 継続中 

  • 温冷感申告における尺度構成

    温冷感申告、尺度構成、解析  国内共同研究

    1980年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本建築学会

      国内

  • 空気調和・衛生工学会

      国内

  • 応用統計学会

      国内

  • 日本計算機統計学会

      国内

  • 日本行動計量学会

      国内

  • システム制御情報学会

      国内

  • 計測自動制御学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • -   審議会・政策研究会等の委員会  

    2015年04月 - 2016年03月 

      詳細を見る

    大阪市住宅審議会委員

職務経歴(学外)

  • 大阪市役所   住宅局   参事(兼職)

    2003年04月 - 2005年03月

  • 金沢工業大学   工学部   助手

    1984年04月 - 1989年09月

  • 東京理科大学   理工学部   助手

    1980年04月 - 1984年03月

学歴

  • 東京理科大学   理工学部   建築学科    

    - 1980年

論文

  • Performance of Retro-Reflective Building Envelope Materials with Fixed Glass Beads 査読

    Yuan Jihui, Farnham Craig, Emura Kazuo

    APPLIED SCIENCES-BASEL   9 ( 8 )   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/app9081714

  • Host Range-Associated Clustering Based on Multilocus Variable-Number Tandem-Repeat Analysis, Phylotypes, and Virulence Genes of Atypical Enteropathogenic Escherichia coli Strains 査読

    Parvej Md Shafiullah, Nakamura Hiromi, Alam Md Ashraful, Wang Lili, Zhang Shaobo, Emura Kazuo, Kage-Nakadai Eriko, Wada Takayuki, Hara-Kudo Yukiko, Nishikawa Yoshikazu

    APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY   85 ( 6 )   2019年03月( ISSN:0099-2240

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.02796-18

  • Predictive artificial neural network models to forecast the seasonal hourly electricity consumption for a University Campus 査読

    Yuan Jihui, Farnham Craig, Azuma Chikako, Emura Kazuo

    SUSTAINABLE CITIES AND SOCIETY   42   82 - 92   2018年10月( ISSN:2210-6707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scs.2018.06.019

  • Bayesian Modeling of Flood Frequency Analysis in Bangladesh Using Hamiltonian Monte Carlo Techniques 査読

    Alam Md Ashraful, Farnham Craig, Emura Kazuo

    WATER   10 ( 7 )   2018年07月( ISSN:2073-4441

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/w10070900

  • Best-Fit Probability Models for Maximum Monthly Rainfall in Bangladesh Using Gaussian Mixture Distributions 査読

    Alam Md Ashraful, Farnham Craig, Emura Kazuo

    GEOSCIENCES   8 ( 4 )   2018年04月( ISSN:2076-3263

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/geosciences8040138

  • Effects of Recent Climate Change on Hourly Weather Data for HVAC Design: A Case Study of Osaka 査読

    Yuan Jihui, Emura Kazuo, Farnham Craig

    SUSTAINABILITY   10 ( 3 )   2018年03月( ISSN:2071-1050

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/su10030861

  • Effect of recent climate change on design hourly weather data: Case study for Osaka 査読

    Jihui Yuan*, Kazuo Emura, Craig Farnham

    Sustainability   10 ( 861 )   1 - 15   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Best-Fit Probability Distributions and Return Periods for Maximum Monthly Rainfall in Bangladesh 査読

    Md Ashraful Alam, Kazuo Emura, Craig Farnham, Jihui Yuan

    Climate   6 ( 9 )   1 - 16   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A study on the durability of a glass bead retro-reflective material applied to building facades 査読

    Jihui Yuan, Kazuo Emura, Craig Farnham

    Progress in Organic Coatings   120   36 - 48   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Optimal combination of thermal resistance of insulation materials and primary fuel sources for six climate zones of Japan 査読

    Yuan Jihui, Farnham Craig, Emura Kazuo

    ENERGY AND BUILDINGS   153   403 - 411   2017年10月( ISSN:0378-7788

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.enbuild.2017.08.039

  • Is urban albedo or urban green covering more effective for urbanmicro climate improvement?: A simulation for Osaka 査読

    Yuan Jihui, Emura Kazuo, Farnham Craig

    SUSTAINABLE CITIES AND SOCIETY   32   78 - 86   2017年07月( ISSN:2210-6707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.scs.2017.03.021

  • 建物運用のゼロエネルギー化に関する事例研究 〜大阪市立大学杉本キャンパスを対象として〜 査読

    東 千香子, 永村 一雄, Farnham Craig

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2017 ( 0 )   229 - 232   2017年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>大阪市立大学を事例に、再生可能エネルギーを利用し、既存の建物を運用によって、エネルギー消費を正味でゼロにすることを考えていく。まず本研究では、大阪市立大学杉本キャンパスのエネルギー消費の大部分を占めている電力消費に関して、30分ごとの実測データ(2013年度から2015年度)をもとに分析を行った。主に、時別の消費実態や変動、建物や地区ごとの消費実態や内訳、ピーク電力、気温と電力消費の関係ついての分析結果を報告する。</p>

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2017.10.0_229

    CiNii Article

  • Measurement of the evaporative cooling effect: oscillating misting fan 査読

    Farnham Craig, Zhang Lili, Yuan Jihui, Emura Kazuo, Alam Ashraful M., Mizuno Takeo

    BUILDING RESEARCH AND INFORMATION   45 ( 7 )   783 - 799   2017年( ISSN:0961-3218

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09613218.2017.1278651

  • The creation of weather data for AC design using two weather indices for Osaka 査読

    Jihui Yuan*, Kazuo Emura, Craig FarnhamSiqiang Lu, Chao He

    Energy and Buildings   134   248 - 258   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Measurement of the Evaporative Cooling Effect of an Oscillating Misting Fan on the Thermal Environment of a Large Indoor Space 査読

    Craig Farnham, Lili Zhang, Jihui Yuan*, Kazuo Emura, Ashraful Md Alam, Takeo Mizuno

    Building Research & Information   45 ( 7 )   783 - 799   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Is urban albedo or urban greening covering more effective for urban microclimate improvement? : A simulation for Osaka 査読

    Jihui Yuan, Kazuo Emura, Craig Farnham

    Sustainable Cities and Society   32   78 - 86   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of highly reflective roofing sheet on building thermal loads for a school in Osaka 査読

    Jihui Yuan, Kazuo Emura, Craig Farnham

    MATEC Web of Conferences   119   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Frequency analysis of annual maximum hourly precipitation and determination of best fit probability distribution for regions in Japan 査読

    Jihui Yuan*, Kazuo Emura, Craig Farnham, Md Ashraful Alam

    Urban Climate   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Optimal combination of thermal resistance of external walls and primary fuel sources for six climate zones of Japan 査読

    Jihui Yuan, Craig Farnham, Kazuo Emura

    Energy and Buildings   153   403 - 411   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Optimum insulation thickness for building exterior walls in 32 regions of China to save energy and reduce CO2 emissions 査読

    Jihui Yuan*, Craig Farnham, Kazuo Emura

    Sustainability   9 ( 10 )   1 - 13   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Inter-building effect and its relation with highly reflective envelopes on building energy use: Case study for cities of Japan 査読

    ihui Yuan*, Craig Farnham, Kazuo Emura

    Atmosphere   8 ( 211 )   1 - 13   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Proposal for optimum combination of reflectivity and insulation thickness of building exterior walls for annual thermal load in Japan 査読

    Yuan Jihui, Farnham Craig, Emura Kazuo, Alam Md Ashraful

    BUILDING AND ENVIRONMENT   103   228 - 237   2016年07月( ISSN:0360-1323

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.buildenv.2016.04.019

  • 日射量による昼光照度、PAR、UV-A、UV-Bの推定 査読

    井川 憲男, 永村 一雄, ファーナム クレイグ

    日本建築学会 日本建築学会環境系論文集   81 ( 726 )   679 - 685   2016年( ISSN:1348-0685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    &nbsp;For the high reliable simulation, appropriate meteorological data to reproduce the real phenomenon is essential. However, it is not easy to obtain the actual information about all of the weather elements from the ordinary weather stations. For example, eve n in weather station the solar irradiance has been measured, daylight illuminance and PAR and UV-A and UV-B have not been measured. Therefore, daylight illuminance which is necessary for the planning and prediction of indoor environment is estimated from t he solar irradiance. Also, the relationships between solar radiation and PAR, UV-A and UV-B as high-prediction techniques are not established. PAR is an essential element in such as the development of the plant. The UV radiation is very important environmental factor in relation to biological effects and architectural degradation. The estimation technique leads to accurate environmental prediction or wider target if daylight illuminance, PAR, UV-A and UV-B can be estimated from the solar irradiance.<br>&nbsp;The measurement of weather data was started on January 1, 2006 in Osaka City University (34&deg;36&rsquo;'N, 135&deg;30' E). In this study, 10-minute intervals data was applied. The sky conditions were classified by two indices those are the clear sky index (<i>Kc</i>) and the cloudless index (<i>Cle</i>) defined by Igawa.<br>&nbsp;The equations for estimating the daylight illuminances were developed from the solar irradiance based on the measurement data in Osaka. The newly developed model referred to as the Igawa_D was compared with Igawa_C mode l, Perez model and Olseth model using the actual measurement 140722 pieces values obtained from 2006 to 2011. The models used in the comparative study by the MBE and RMSE were confirmed of their accuracy. The MBE and RMSE of proposed Igawa_D were smaller than other models.<br>&nbsp;On the basis of the data measured at Osaka in 2008, formulae to estimate the PAR from the solar irradiance were developed. The 68, 400 pieces of the measured data in Osaka from 2007 to 2009 were applied for the validation of developed PAR efficacy equations, and the equations were confirmed of their accuracy.<br>&nbsp;It is well known that UV-B on the ground is strongly affected by the absorption of ozone, but it is not easy to obtain the time series data of ozone. Therefore, estimation equations were developed as the parameter of <i>Kc</i> and <i>Cle</i> using the measurement data in 2012. Comparing the estimation vales with the measurement data from 2012 to 2013, the global UV-A, the diffuse UV-A and the direct normal UV-A estimated by the proposed equations are found of their good reproducibility. The equations for UV-B developed here somewhat accuracy is low as compared to UV-A, but is believed to be sufficient for practical use.<br>&nbsp;After trying to establish equations to estimate daylight illuminance, PAR, UV-A and UV-B based on the solar irradiance, it seems practically useful to propose these estimation equations. Since the solar irradiance is prepared in the Expanded AMeDAS weather data as a basic data, daylight illuminance, PAR, UV-A and UV-B will be able to provide easily throughout the country based on the solar irradiance data.

    DOI: 10.3130/aije.81.679

    CiNii Article

  • 外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発 (その172)30年拡張アメダス気象データ 査読

    二宮 秀與, 永村 一雄, 窪田 真樹, 赤坂 裕

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2016 ( 0 )   13 - 16   2016年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>30年(1981〜2010)の拡張アメダス気象データを用いて、10年毎のデグリーデーの変化を考察した。その結果、温暖化の影響で暖房デグリーデーが減少し、冷房デグリーデーが増加する傾向が顕著に見られた。エンタルピーデーは冷房デグリーデーと同様に増加する傾向が見られるが、増加の割合は小さかった。1981〜2015年度を対象に極端季について考察し、県庁所在地の厳冬,暖冬,猛暑,冷夏の年度を整理した。</p>

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2016.5.0_13

    CiNii Article

  • Potential for application of retro-reflective materials instead of highly reflective materials for urban heat island mitigation 査読

    Jihui Yuan, Kazuo Emura, Craig Farnham

    Urban Studies Research   2016   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1155/2016/3626294

  • Optical analysis of glass bead retro-reflective materials for urban heat island mitigation 査読 国際共著

    Jihui Yuan*, Kazuo Emura, Hideki Sakai, Craig Farnham, Siqiang Lu

    Solar Energy   132   203 - 213   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A method to estimate the potential of rooftop photovoltaic power generation for a region 査読 国際共著

    Jihui Yuan, Craig Farnham, Kazuo Emura, Siqiang Lu

    Urban Climate   17   1 - 19   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Proposal for optimum combination of reflectivity and insulation thickness of building external walls for annual thermal load in Japan 査読

    Jihui Yuan, Craig Farnham, Kazuo Emura, Md Ashraful Alam

    Building and Environment   103   228 - 237   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Highly Reflective Roofing Sheets Installed on a School Building to Mitigate the Urban Heat Island Effect in Osaka 査読

    Jihui Yuan, Kazuo Emura, Craig Farnham

    Sustainability   8 ( 6 )   514   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Application of glass beads as retro-reflective facades for urban heat island mitigation: Experimental investigation and simulation analysis 査読

    Jihui Yuan*, Kazuo Emura, Craig Farnham, Hideki Sakai

    Building and Environment   105   140 - 152   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 中国・上海のCSWD標準年気象データの日射天空成分比の改良 査読

    袁継輝、永村一雄、Craig Farnham

    日本建築学会技術報告集   21 ( 48 )   693 - 696   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Evaluation of cooling effects: outdoor water mist fan 査読

    C. Farnham, K. Emura, and T. Mizuno

    Building Research & Information   43 ( 3 )   334 - 345   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Geometrical-optics analysis of reflective glass beads applied to building coatings 査読

    J. Yuan, K. Emura, V. Farnham

    Solar Energy   122   997 - 1010   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A study on the accuracy of determining the retro-reflectance of retro-reflective material by heat balance 査読

    J. Yuan, C. Farnham, K. Emura

    Solar Energy   122   419 - 428   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A method to measure retro-reflectance and durability of retro- reflective materials for building outer walls 査読

    J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam

    Journal of Building Physics   38 ( 6 )   500 - 516   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Development of a retro-reflective material as building coating and evaluation on albedo of urban canyons and building heat loads 査読

    J. Yuan, C. Farnham, K. Emura

    Energy and Buildings   103   107 - 117   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Development and application of a simple BEMS to measure energy consumption of buildings 査読

    J. Yuan, K. Emura, V. Farnham

    Energy and Buildings   109   1 - 11   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Regional Flooding and Rainfall Frequency Analysis in Bangladesh 査読

    ALAM Md Ashraful, EMURA Kazuo, FARNHAM Craig, YUAN Jihui

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2015 ( 0 )   1 - 4   2015年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>In Bangladesh flooding is the most common natural disaster. Most of the lands are inundated by water because of heavy rainfall. Because of the strong relationship with rainfall this paper discusses the regional rainfall frequency of different hydrological regions of Bangladesh and the relationship with floods in this region.</p>

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2015.10.0_1

    CiNii Article

  • Measurement of Mist Fan Cooling Effects in a Large Enclosed Space 査読

    ZHANG Lili, FARNHAM Craig, EMURA Kazuo, YUAN Jihui

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2015 ( 0 )   5 - 8   2015年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>In Japan, the use of water mists to create outdoor cooling on hot days is becoming common.Large factories can become hot in summer, but air conditioning is difficult, so the risk to the workers of heat stroke is high. To decrease the risk, we used an oscillating mist fan to cool the air in a large warehouse space</p>

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2015.2.0_5

    CiNii Article

  • Measurement of Energy Consumption on a University Campus by Using a Simple BEMS 査読

    YUAN Jihui, EMURA Kazuo, Farnham Craig

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2015 ( 0 )   5 - 8   2015年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Energy consumption, including electric and gas consumption of a university campus were measured in 2013 and 2014. Electric consumption of air-conditioning and carbon dioxide emissions on campus were both estimated for a period of 2 years. Additionally, the relationship of outdoor temperature and electric consumption was examined in this paper.</p>

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2015.9.0_5

    CiNii Article

  • Construction of Visualization of Power Energy Consumption in University Campus -- As an Example of Osaka City University Sugimoto Campus --

    J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam

    The 2nd Asia conference of International Building Performance Simulation Association, IBPSA Asia Conf. (ASim2014), held in Nagoya, Japan   2014年11月

  • Investigation and visualization of power consumption in University Campus: As an example of Osaka City University Sugimoto Campus

    J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam

    10th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia, October 14-17   140 - 145   2014年10月

  • 41292 Thermal Comfort from a Mist Evaporative Cooling Fan on Hot Summer Days: A Case Study 査読

    Farnham Craig, エムラ カズオ

    日本建築学会 学術講演梗概集   ( 2014 )   607 - 608   2014年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41557 大学教室の照明・空調機の消し忘れ調査(スマートグリッドとBEMS,環境工学II,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    袁 継輝, 永村 一雄

    日本建築学会 環境工学II   ( 2014 )   1165 - 1166   2014年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発 (その131) BESTで使用される拡張アメダス気象データに関連するツール類の開発状況 査読

    松本 真一, 村上 周三, 赤坂 裕, 井川 憲男, 永村 一雄, 武田 和大, 二宮 秀與, 窪田 真樹

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2014 ( 0 )   5 - 8   2014年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>拡張アメダス気象データはBESTで利用できる入力データである。既報(その131)では,最新版の年別EA気象データファイルと関連ツールの開発状況と旧版との違いなどの留意点を報告した。本稿はその続報で,技術的な留意点として,最新版のEA気象データの操作で新たに適用されている太陽位置の計算方法(松本の方法)を詳述した。また,その適用例として,SolMapと称する太陽位置図作成ツールについて解説した。</p>

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2014.5.0_5

    CiNii Article

  • An Investigation of Power Consumption in Osaka City University Sugimoto Campus

    J. Yuan, K. Emua, C. Farhnam

    Advanced Civil and Environmental Engineering, WIT Transactions on The Buildt Environment   157   649 - 657   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 41726 建物エネルギー消費量の簡易可視化システム開発の試み(コミッショニング(2)・BEMS 応用,環境工学II,2013 年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    袁 継輝, 永村 一雄

    日本建築学会 環境工学II   ( 2013 )   1473 - 1474   2013年08月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Evaluation of the Solar Reflectance of Highly Reflective Roofing Sheets Installed on Building Roofs

    J. Yuan, K. Emua, H. Sakai

    Journal of Building Physics   ( 2 )   170 - 184   2013年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発 (その 114) BEST で使用される拡張アメダス気象データの開発状況 査読

    松本 真一, 村上 周三, 赤坂 裕, 井川 憲男, 永村 一雄, 武田 和大, 二宮 秀與, 窪田 真樹

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2013 ( 0 )   9 - 12   2013年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>As well known, the Expanded AMeDAS (EA) Weather Data can be utilized for the BEST via a format conversion tool. It is preferable to utilize recent weather data for the BEST to get more precise simulated results. In order to provide new EA Weather Data of recent years after 2000 and the related computer tools, the authors have worked on the development. The official DVDs release of them is coming soon. In this report, features of the new EA Weather Data and the related tools are introduced.</p>

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2013.5.0_9

    CiNii Article

  • 再帰反射シート応用のための屋外長期曝露による反射率の変動 査読

    袁 継輝, 永村 一雄

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2013 ( 0 )   245 - 248   2013年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>本報では、よりすぐれた反射指向性を有する再帰反射素材は、その多くが道路交通標識など特定用途に利用が限られており、建材としての適用を考えるには、反射率の経年劣化などの熱性能評価のみならず、素材や設置方法を含めた耐久性についても検証する必要があろう。こうした観点から、現存する再帰反射型素材の反射性能が経年でどう変化するかを確認するとともに、性能低下があるとすれば、素材表面での劣化や物理的損傷が生じるかを確認することから始めている。</p>

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2013.10.0_245

    CiNii Article

  • 41052 高反射防水シートの現場における反射率とその継時変化(外皮の遮熱,環境工学II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    永村 一雄, 袁 継輝, 酒井 英樹

    日本建築学会 環境工学II   ( 2012 )   103 - 104   2012年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41560 建物消費電力の簡易可視化システム開発の試み(BEMS,環境工学II,2012年度大会(東海)学術講演会・建築デザイン発表会) 査読

    李 俊杰, 永村 一雄

    日本建築学会 環境工学II   ( 2012 )   1127 - 1128   2012年09月( ISSN:18839363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 学校屋上での高反射防水シートの反射率の測定

    袁継輝、永村一雄、酒井英樹

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 180 )   23 - 30   2012年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 天空輝度・放射輝度分布を推定するAll Skey Modelの改良

    井川憲男、永村一雄

    日本建築学会環境系論文集   77 ( 673 )   121 - 127   2012年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 天空輝度・放射輝度分布を推定するAll Sky Modelの改良 査読

    井川 憲男, 永村 一雄

    日本建築学会 日本建築学会環境系論文集   77 ( 673 )   121 - 127   2012年( ISSN:1348-0685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Energy conservation is an indispensable assignment in the building now. It is demanded to establish the technology that integrates the thermal environment and the luminous environment securing the indoor environmental quality. We should understand the phenomenon as minutely as possible that originates in the radiation from the sun and the sky that is a large factor of turbulence.<br>CIE recommended CIE Standard General Sky about the sky luminance distribution. Even the method of selecting 15 Sky Type is not shown. Authors tried the improvement of previous All Sky Model based on the measurement data of IDMP in Osaka aiming the high accurate estimation method of luminance and radiance distributions of sky.<br>In this paper, the appearance circumstance of Types of the CIE Standard General Sky and the assignment in estimating Types is shown based on the measurement data in Osaka and the improved All Sky Model is introduced.

    DOI: 10.3130/aije.77.121

    CiNii Article

  • J-16 現場測定による高反射防水シートの反射率の経時変化 査読

    永村 一雄, 哀 継輝, 酒井 英樹

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2012 ( 0 )   1049 - 1052   2012年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2012.1.0_1049

    CiNii Article

  • 41217 指向性を有する再帰反射材の日射反射率の入射角依存性評価(日射遮蔽,環境工学II) 査読

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2011 )   441 - 442   2011年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41229 全天・天空比率を考慮した中国・上海の標準年気象データの修正(気象データ・地域特性,環境工学II) 査読

    永村 一雄, 袁 揚, 呂 思強, 譚 洪衛, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2011 )   465 - 466   2011年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41221 学校屋上での高反射防水シートの反射率の実測(日射遮蔽,環境工学II) 査読

    袁 継輝, 永村 一雄, 酒井 英樹

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2011 )   449 - 450   2011年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 指向性を有する再帰反射材の試作及び日射反射特性の測定

    酒井英樹、伊與田浩志、永村一雄、井川憲男

    日本建築学会構造系論文集   76 ( 665 )   1229 - 1234   2011年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 指向性を有する再帰反射材の試作及び日射反射特性の測定:指向性再帰反射材によるヒートアイランド対策 その1 査読

    酒井 英樹, 伊與田 浩志, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 日本建築学会構造系論文集   76 ( 665 )   1229 - 1234   2011年( ISSN:1340-4202

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Two kinds of directional retroreflective materials are manufactured, which are designed to show abrupt change in reflectance at the incident angle (&Theta;) of around 30 degrees. The measured solar reflectances are 17.7 percent for &Theta; &ge; 40 deg. and 39.0 percent for &Theta; &le; 20 deg. for one type; 54.4 percent and 40.8 percent for the other. Building materials having these kinds of incident angle dependences can be used as cool roofs free of side effect; they can be high-reflective exclusively against summer sunlight, and low-reflective against other light sources, such as, winter sunlight, headlights of cars, and street lights.

    DOI: 10.3130/aijs.76.1229

    CiNii Article

  • OS-13 外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール 「BEST」の開発 : (その79) 1分値気象データの開発 査読

    井川 憲男, 村上 周三, 石野 久彌, 赤坂 裕, 永村 一雄, 曽我 和弘, 二宮 秀與, 松本 真一

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2011 ( 0 )   1679 - 1682   2011年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2011.2.0_1679

    CiNii Article

  • B-3 学校屋上での高反射防水シートの反射率の実測 査読

    袁 継輝, 永村 一雄, 酒井 英樹

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2011 ( 0 )   89 - 92   2011年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2011.1.0_89

    CiNii Article

  • 41249 中国・上海での日射の実測と全天・天空比率の検討(気象(1),環境工学II) 査読

    袁 揚, 永村 一雄, 呂 思強, 譚 洪衛, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2010 )   497 - 498   2010年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41252 ネットワーク接続型簡易温湿度計測システムの試作 : 地域気象情報観測網の構築(気象(1),環境工学II) 査読

    永村 一雄

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2010 )   503 - 504   2010年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 41250 拡張アメダス気象データの更新に伴う気温の欠測補充について(気象(1),環境工学II) 査読

    永村 悦子, 永村 一雄

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2010 )   499 - 500   2010年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Research on the typical meteorological year data of Shanghai for the building enerygy consumpsion calculation

    Shen Zhoohuo, Tan Hongwei, Lu Siqiang, Kazuo Emura

    HV&AC Shanghi   40 ( 1 )   89 - 94   2010年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Statistical characteristics of five sets of standard year weather data in China

    Siqiang Lu, Kazuo Emura, Norio Igawa

    Architectural Science Review   53 ( 4 )   415 - 428   2010年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • C-2 気温・降水量の極端現象の抽出について(セッションC 屋外環境・気象) 査読

    滝沢 英貴, 永村 一雄

    人間-生活環境系会議 人間-生活環境系シンポジウム報告集   34   41 - 44   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年の気候変動やヒートアイランド現象の影響によって都市部の環境が変化している.その影響により,熱中症や都市型洪水等の多発が懸念される.本研究では気温の唐突な変化や突出した降水量の発現を捉えることを目的とする.調査は日本全国の気象データに対して統計的手法を用いて極端現象の抽出を行なう.その結果,大阪市では1990年の前後10年の比較で気温の上昇傾向がみられる.国内各地では1988年前後に多くの地点で気温の上昇傾向,降水量の特異的値の発現の増加傾向がみられる.また,降水量の特異的値の発現に増加傾向がみられ,関東地方では他の地域に比べ発現数が少ない.

    CiNii Article

  • シミュレーションによる再帰反射特性の推定と都市キャニオンの日射反射率評価

    井上奈緒子、永村一雄

    日本建築学会環境系論文集   74 ( 643 )   1059 - 1064   2009年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 41035 シミュレーションによる再帰反射特性の推定と都市キャニオンの日射反射率評価 : 都市の温熱環境改善をめざして(選抜梗概,建築物の熱・環境性能の評価,オーガナイズドセッション,環境工学II) 査読

    永村 一雄, 井上 奈緒子

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2009 )   79 - 82   2009年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41438 異なる暖房方式における被験者実験の温冷感申告とその定量化に関する研究(住宅設備(3),環境工学II) 査読

    松前 和則, 江本 圭輔, 秋元 孝之, 桑沢 保夫, 永村 一雄

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2009 )   903 - 904   2009年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 中国5地点における熱負荷計算用標準年気象データについて

    呂思強、永村一雄、井川憲男

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 146 )   73 - 81   2009年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 北京の建物熱負荷計算用標準年気象データについて

    呂思強、永村一雄、井川憲男

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 142 )   31 - 38   2009年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中国の熱負荷計算用標準年気象データ5種の比較研究--気候特性と熱負荷特性 査読

    Lu Siqiang, 永村 一雄, 井川 憲男

    大阪市立大学 生活科学研究誌   8   71 - 81   2009年( ISSN:13486926

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • F-37 異なる暖房方式の等価設定条件に関する研究 : 被験者実験とサーマルマネキン実験結果による考察 査読

    江本 圭輔, 松前 和則, 秋元 孝之, 桑沢 保夫, 永村 一雄

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2009 ( 0 )   1307 - 1310   2009年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recently, there are so many ways of use for heating equipment at home. The suitable way of use is depending on the posture, place of occupants, and surface of floor. Subjective experiments were conducted in an experimental room which was controlled to be 20℃ of operative temperature using floor heating and air conditioner. Thermal sensation with floor heating was higher compared to that with air conditioner under the same operative temperature condition.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2009.2.0_1307

    CiNii Article

  • 戸建住宅の熱損失係数に関する実用的現場実測法の開発と実測例,服部哲幸,坂本雄三,福田秀朗(評論) 査読

    永村 一雄

    日本建築学会 日本建築学会技術報告集   ( 28 )   2008年10月( ISSN:13419463

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 屋外測定による再帰反射材の日射に対する再帰反射率推定

    酒井英樹、小林春奈、永村一雄、井川憲男

    日本建築学会構造系論文集   73 ( 632 )   1713 - 1718   2008年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 熱負荷計算による中国5地域における標準年気象データの比較

    呂思強、永村一雄、井川憲男

    IBPSA Japan   2008   1 - 6   2008年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 再帰反射材の照り返し抑制効果

    酒井英樹、永村一雄、井川憲男

    日本建築学会構造系論文集   73 ( 630 )   1239 - 1244   2008年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 41023 風向風速の1分値気象観測データの欠測補充 : 大阪・東京の作成事例(気象データ,環境工学II) 査読

    永村 一雄, 永村 悦子

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2008 )   45 - 46   2008年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41561 住宅の断熱性能や居住者の使用実態を考慮した異なる暖房方式の温熱快適性評価 : その2 被験者実験による快適性評価(住宅(1),環境工学II) 査読

    江本 圭輔, 松前 和則, 鍵屋 慎一, 秋元 孝之, 桑沢 保夫, 永村 一雄

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2008 )   1157 - 1158   2008年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41560 住宅の断熱性能や居住者の使用実態を考慮した異なる暖房方式の温熱快適性評価 : その1 住宅全体とリビングルームの熱損失量測定(住宅(1),環境工学II) 査読

    松前 和則, 江本 圭輔, 鍵屋 慎一, 秋元 孝之, 桑沢 保夫, 永村 一雄

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2008 )   1155 - 1156   2008年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41506 建築エネルギー・環境シミュレーションツールBESTの開発 : 第2報 1分値気象データの開発(シミュレーションツール(1),環境工学II) 査読

    二宮 秀與, 村上 周三, 赤坂 裕, 井川 憲男, 永村 一雄, 永村 悦子, 曽我 和弘, 武田 和大, 松本 真一

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2008 )   1029 - 1030   2008年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41025 中国・北京の建物熱負荷計算用気象データについて(アジアの気象データ,環境工学II) 査読

    呂 思強, 永村 一雄, 井川 憲男, 二宮 秀與

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2008 )   49 - 50   2008年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 実験モデル住宅内における床暖房・エアコン暖房使用時の高齢者の生理・心理反応

    橋口暢子、栃原裕、大中忠勝、永村一雄、伊藤宏充、吉竹史郎

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 135 )   1 - 9   2008年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 健康に関する大学生の意識(1)HLCを用いた検討 査読

    中須賀 洋子, 亀田 翠, 藤本 佳子, 毛受 矩子, 永村 一雄, 曽根 良昭, 新平 鎮博

    兵庫大学 兵庫大学論集   ( 13 )   189 - 194   2008年( ISSN:13421646

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大学における健康教育を受講した大学生236人を対象に、健康に関する意識を、Health Locus of Control (健康変数)などを用いて調査した。結果、Health Locus of Control は、1回生は高い(健康に努力する)が、2回生、3回生になると下がる傾向を認め、また、同様に男性が低く、学部による差が認められた。Health Locus of Control (健康変数)は、健康教育の教育効果を知る指標となる可能性が示唆された。

    CiNii Article

  • OS-9 外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発(その21) : 1分値気象データの開発 査読

    二宮 秀與, 村上 周三, 赤坂 裕, 井川 憲男, 永村 一雄

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2008 ( 0 )   1085 - 1088   2008年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To improve the accuracy of the simulation, the calculation logic corresponding to the short time interval weather data was introduced in BEST. In this report, the property of the 1-minute interval weather data measured by Japan Meteorological Agency is described. And the adaptive smoothing of solar irradiation data and the imputation of missing values for development of 1-minute interval data are described.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2008.2.0_1085

    CiNii Article

  • F-11 異なる暖房方式の温熱快適性評価 : 住宅の断熱性能や居住者の使用実態による影響 査読

    江本 圭輔, 松前 和則, 鍵屋 慎一, 秋元 孝之, 桑沢 保夫, 永村 一雄

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2008 ( 0 )   465 - 468   2008年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There are so many ways of use for heating equipment at home. The suitable way of use is depending on the posture, place of occupants, the surface of floor, and also air tightness and insulation performance of rooms. The occupant survey was performed in the living room of the case study house. Under the same thermal comfort condition, the operative temperature of the floor heating system was lower than that in the case of the electrical heat pump. The difference of thermal comfort voted by subjects was not seen either with or without rug set on the floor.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2008.1.0_465

    CiNii Article

  • E-16 北京の建物熱負荷計算用気象データの特性 査読

    呂 思強, 永村 一雄, 井川 憲男

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2008 ( 0 )   409 - 412   2008年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper compares the developed weather data of Beijing by the different organizations. The main elements while the temperature, the solar radiation and the humidity are took out and compared in the statistics. And by studying the source data, interpolation, solar radiation model and the composition of typical meteorological year of the several data sets, to discuss the data sets from the quality.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2008.1.0_409

    CiNii Article

  • 41056 再帰反射材の日射反射特性 : (その1)照り返し低減効果の実証実験(環境工学II,日射伝播) 査読

    酒井 英樹, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2007 )   111 - 112   2007年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41117 風・気温の欠測補充について : 1分値EA気象データ作成の検討(環境工学II,気象データ) 査読

    永村 一雄, 永村 悦子

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2007 )   233 - 234   2007年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41057 再帰反射材の日射反射特性 : (その2)屋外測定による再帰反射率推定(環境工学II,日射伝播) 査読

    小林 春奈, 永村 一雄, 酒井 英樹, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2007 )   113 - 114   2007年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 分光反射率に基づく建築材料の日射反射率の測定方法 -測定条件の妥当性の検討-

    酒井英樹、永村一雄、井川憲男

    日本建築学会環境系論文報告集   ( 616 )   31 - 36   2007年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • OS-28 外皮・躯体と設備・機器の総合エネルギーシミュレーションツール「BEST」の開発(その11) : 1分値気象データ開発のための風・気温の欠測補充 査読

    永村 一雄, 村上 周三, 赤坂 裕, 永村 悦子

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2007 ( 0 )   2009 - 2012   2007年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The BAST requires 1-minite interval data. AMeDAS data set consiste of measured values such as temperature, wind velocity, and wind direction. These contain a lot of missing values. This paper discusses the imputation of missing values for development of 1-minute interval data from AMeDAS data set.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2007.3.0_2009

    CiNii Article

  • D-28 再帰反射材の日射反射率算出方法の検討 査読

    小林 春奈, 永村 一雄, 酒井 英樹, 井川 憲男

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2007 ( 0 )   1063 - 1066   2007年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We practiced .thermal measurement outdoors using solar reflective materials that have the potential to suppress heat-island effect. Solar reflectance is calculated by heat balance in one case that samples are horizontal and the other case that samples are inclined so that the angle of incidence is almost normal incidence (about 7degree).We estimate that retroreflective components are 4 to 14 percent for bead-embedded type, 17 to 19 percent for capsule-lens type, and 23 to 30 percent for prism-array type.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2007.2.0_1063

    CiNii Article

  • A-63 実測による住宅の熱損失係数推定手法の検討(学術研究) 査読

    小上 佳子, 永村 一雄, 井川 憲男, 二宮 秀與

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 近畿支部発表会論文集   2006 ( 0 )   251 - 254   2007年( ISSN:2185-9175

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18948/shasekinki.2006.0_251

    CiNii Article

  • The Energy Consumption of the Public Buildings in Osaka Japan 査読

    S. Lu, K. Emura, N. Igawa, H. Nimiya

    Proceedings of the 10th International Building Performance Simulation Association Conference, Sep. 3-6 2007, China   1866 - 1870   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • 分光反射率に基づく建築材料の日射反射率の測定方法-測定条件の妥当性の検討-

    -

    日本建築学会環境系論文集   ( 616 )   31 - 36   2007年( ISSN:13480685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 41071 建築材料の日射反射率の算出方法 : (その1) 分光反射率の測定条件の検討(材料の日射反射, 環境工学II) 査読

    小林 春奈, 酒井 英樹, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2006 )   141 - 142   2006年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41248 高気密高断熱住宅における暖房快適性に関する研究 : その9 末梢部位の皮膚温低下(暖房・温冷感, 環境工学II) 査読

    近藤 亮子, 大橋 真紀, 永村 一雄, 土川 忠浩, 齋藤 輝幸, 秋元 孝之

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2006 )   513 - 514   2006年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41135 風向・風速の欠測補充について : 非同時性と非線形変換の適用(気象データ, 環境工学II) 査読

    永村 一雄

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2006 )   269 - 270   2006年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 41120 公共建築物におけるエネルギー消費量調査 : 大阪のある自治体の事例(建築のエネルギー消費, 環境工学II) 査読

    呂 思強, 永村 一雄, 井川 憲男, 二宮 秀與

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2006 )   239 - 240   2006年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41110 大阪の住宅における用途別エネルギー消費量の実態(住宅のエネルギー消費 (4), 環境工学II) 査読

    大橋 真紀, 永村 一雄

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2006 )   219 - 220   2006年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41072 建築材料の日射反射率の算出方法 : (その2) 日射分光分布モデルの適用(材料の日射反射, 環境工学II) 査読

    酒井 英樹, 永村 一雄, 井川 憲男

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2006 )   143 - 144   2006年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 大阪における太陽放射昼光測定システムの建設 査読

    井川 憲男, 永村 一雄, 二宮 秀與, 菊池 卓郎

    一般社団法人 照明学会 照明学会 全国大会講演論文集   39 ( 0 )   37 - 37   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    地球環境を考慮した今後の建物環境予測には、太陽放射の波長に依存する気象要素を測定・収集し、これを基にした気象要素の推定法を開発する必要がある。このため、大阪市立大学に新設した、太陽放射昼光測定システムの概要を報告する。IDMPの研究クラスの測定項目を網羅するとともに、UV-A、UV-B、PAR、赤外放射量などを増強した測定システムを構築した。測定方法は、IDMPのガイドに倣った。日射量、照度などは1分間隔で、天空放射輝度分布と天空輝度分布は10分間隔で測定する。測定データの管理・保存とその後の処理を考慮して、新たに測定システムを開発した。制御・記録用パソコンに収集・保存されたデータは、LAN経由でサーバーにコピーされる。サーバーには、特定メンバーのみアクセスを許可し、データ保存とセキュリティ管理を確保し、その後のデータ整理・分析の効率化も図る。常時の測定状態は、計測室のパソコンの画面上で確認できる。2006年1月1日を測定開始日として、連続測定を開始した。蓄積されたデータは、各種気象要素推定法の開発に資する予定である。

    DOI: 10.11515/ieijac.39.0.37.0

    CiNii Article

  • H-7 公共建築物におけるエネルギー消費量調査 : 大阪のある自治体の事例 査読

    呂 思強, 永村 一雄, 井川 憲男, 二宮 秀與

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2006 ( 0 )   667 - 670   2006年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, it aims to understand the energy consumption realities in current public buildings and to obtain the examination data for energy conservation measures. Between fiscal year 2000 to fiscal year 2002 in public buildings in a self-governing body with Osaka City, various energy consumption data of these three years month by month are collected and the structure of consumption is analyzed. Moreover, taking as an example actual building with the heat loading is simulated. The heat load characteristic is understood and the relation to actual consumption is analyzed. It proposes the strategy for energy conservation.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2006.1.0_667

    CiNii Article

  • E-66 被験者実験による高気密・高断熱住宅の暖房快適性の検討 : その5 末梢部位の皮膚温低下 査読

    近藤 亮子, 永村 一雄, 大橋 真紀, 土川 忠浩, 齋藤 輝幸, 秋元 孝之

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2006 ( 0 )   1985 - 1988   2006年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The experiments in a super-insulated house were tested for the purpose of examining the influence that a difference of a heating method of an air-conditioner and floor heating gave the physiological response of the human body. In this report, we examine skin temperatures change characteristic by an environmental condition, sex difference and heating method.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2006.3.0_1985

    CiNii Article

  • Physiological and Subjective Responses in the Elderly When Using Floor Heating and Air Conditioning Systems : A Study in a Purposebuilt Experimental House (Proceedings of the 54th Meeting of Japan Society of Physiological Anthropology) : 査読

    HASHIGUCHI Nobuko, TOCHIHARA Yutaka, OHNAKA Tadakatsu, EMURA Kazuo, ITO Hiromitsu, YOSHITAKE Shiro

    Japan Society of Physiological Anthropology Journal of physiological anthropology   25 ( 2 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41080 高気密高断熱住宅における暖房の快適性に関する研究 : その6 実験室の温熱環境と申告値の概略(室内環境と快適性・小学校の熱環境,環境工学II) 査読

    永村 一雄, 大橋 真紀, 土川 忠浩, 齋藤 輝幸, 西尾 雄彦, 河原 ゆう子

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2005 )   189 - 190   2005年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 41081 高気密高断熱住宅における暖房の快適性に関する研究 : その7 末梢部位の皮膚温変動(室内環境と快適性・小学校の熱環境,環境工学II) 査読

    大橋 真紀, 永村 一雄, 土川 忠浩, 齋藤 輝幸, 西尾 雄彦, 河原 ゆう子

    日本建築学会 学術講演梗概集. D-2, 環境工学II, 熱, 湿気, 温熱感, 自然エネルギー, 気流・換気・排煙, 数値流体, 空気清浄, 暖冷房・空調, 熱源設備, 設備応用   ( 2005 )   191 - 192   2005年07月( ISSN:1341450X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 都市環境に配慮した高反射率塗料による熱負荷軽減技術の開発・評価--温度測定による塗面の絶対反射率の推定 査読

    酒井 英樹, 永村 一雄, 土井 正

    大阪市立大学 生活科学研究誌   4   75 - 81   2005年( ISSN:13486926

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • C-48 実験モデル住宅内における床暖房・エアコン暖房使用時の高齢者の生理心理反応 査読

    橋口 暢子, 栃原 裕, 大中 忠勝, 永村 一雄, 伊藤 宏充, 吉竹 史郎

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2005 ( 0 )   1669 - 1672   2005年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to investigate the effects of a floor heating (condition F) and an air conditioning system (condition A) on thermal responses in the elderly in a purpose-built experimental house. Subjects were nine elderly men and nine university students. The air temperature at sitting head height in condition A was set at 27℃, and the maximum difference in vertical air temperature was 5℃. The air and floor temperatures in condition F were 23 and 29℃, respectively. There was no significant difference in thermal responses under the conditions A and F between elderly and young subjects. However, instep and sole skin temperatures related significantly to thermal comfort in elderly subjects, whereas the relationship was not found in young subjects.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2005.3.0_1669

    CiNii Article

  • C-30 被験者実験による高気密・高断熱住宅の暖房快適性の検討 : その4 末梢部位の皮膚温変動 査読

    大橋 真紀, 永村 一雄, 土川 忠浩, 齋藤 輝幸, 深木 隆行, 河原 ゆう子

    公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集   2005 ( 0 )   885 - 888   2005年( ISSN:1880-3806

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This experiment is done to see the effect that of a floor heater and an air-conditioner on female subjects. In the morning, those subjects keep at rest, and are exposed to the experiment for two hours in the highly air-tight and insulated room in the afternoon. The decrease of skin temperature, as which defined that the difference of the temperature between the navels and the right side of feet is above six degrees, is caused for each of heating system. The tendencies of skin temperature decreasing are divided into three types, one always keeps decreasing, one sometimes gets decreasing, the other dose not decrease any time.

    DOI: 10.18948/shasetaikai.2005.2.0_885

    CiNii Article

  • HEATING THERMAL COMFORT IN HIGHLY AIR-TIGHT AND INSULATED HOUSE

    Daisuke KATAHIRA, Takashi AKIMOTO, Yasuo KUWASAWA, Kazuo EMURA

    Proc. of the 10th Int. Conf. on Indoor Air Quality and Climate   12 - 13   2005年

  • Heating thermal comfort in highly air-tight and insulated house

    D. Katahira, T. Akimoto, Y. Kuwasawa, K. Emura

    Proc. of the 10th Int. Conf. on Indoor Air Cuality and Climate, Sep. 4-9, Beijin, China   12 - 18   2005年

  • 集合住宅における暖房の使用状況に関する研究

    前 真之,鍋島美奈子,二宮秀與,永村一雄,長井達夫,他

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 89 )   45 - 54   2003年( ISSN:0385275X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 集合住宅における冷房の使用状況に関する研究

    前 真之,鍋島美奈子,永村一雄,長井達夫,二宮秀與,他

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 87 )   41 - 50   2002年( ISSN:0385275X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 住宅の環境設計データブック

    吉野博,絵内正道,永村一雄ほか

    丸善   87   2001年( ISBN:4818926604

▼全件表示

書籍等出版物

  • 図説建築設備

    芳村恵司,宇野朋子,田邉陽一,永村一雄,ファーナム・クレイグ 他( 担当: 共著)

    学芸出版  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:199   担当ページ:20-48  

  • 拡張アメダス気象データ 1981-2000

    赤坂、新井、井川、石野、永村、郡、曽我、西岡、二宮、松本( 担当: 共著)

    丸善  2005年  ( ISBN:4-99022-591-0

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Expanded AMeDAS Weather Data

    H. Akasaka, H. Nimiya, S. Matsumoto, K. Soga, K. Emura( 担当: 共著)

    丸善  2003年  ( ISBN:4818926639

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • 拡張アメダス気象データ

    赤坂裕,他

    丸善   135-174,243-257   2000年( ISBN:481892654X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 温熱環境設計データブック

    吉野博,他

    建築知識   42 ( 11 )   207 - 222   2000年( ISSN:03881741

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Regional Difference of Energy Consumption for Hot Water Supply System

    -

    Proceedings of Building Simulation"99(Sixth Int. IBPSA Conf. )   2   737 - 744   1999年

  • 床暖房の接触温度と安全性の評価-耐熱防音フローリング仕様の集合住宅の事例-

    -

    -   1998年

  • Statistical Independence between Vertically Non-uniform Thermal Environment for Design of Air-Conditioning System with Underfloor Air Supply

    -

    Building Services and Engineering Research and Technology   19/3   1998年

  • 寒冷地における給湯設備用排気筒内の結露防止-排気ガス温度の測定と推定モデルとの比較-

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   46   1 - 6   1998年

  • 低温やけど防止に関する床暖房の安全性 その2 接触部位皮膚温の経時変化

    -

    大阪市立大学 生活科学部紀要   46   7 - 11   1998年

  • A Proposal of Optimal Floor Surface Temperature Based on Survey of Literatures Related to Floor Heating Environment in Japan

    -

    Applied Human Science(Journal of Physiological Anthropology)   17 ( 2 )   61 - 66   1998年

  • 血液循環を考慮した局所加熱時の生体内部温度の推定

    -

    日本生理人類学会   2 ( 1 )   47 - 52   1997年

  • 低温やけど防止に関する床暖房の安全性-接触温度調査-

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   45   53 - 57   1997年

  • 床吹出し空調下における人体の上部・下部温冷感・快適感の独立性

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   45   59 - 64   1997年

  • Thermal Sensation and Comfort to Non-uniform Vertical Air Temperature in Rooms

    -

    Proceedings of a Conference on Indoor and Built Environment Problems in Asia, held at Malaysia   67 - 75   1997年

  • The Database of Living Environmental Performance of Houses

    -

    Proceedings of a Conference on Indoor and Built Environment Problems in Asia beld at Malaysia   126 - 132   1997年

  • カテゴリ・データと対数変換-義衣量と暑がり・寒がりのケーススタディー

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   45   65 - 69   1997年

  • 線形回帰分析による給水温度予測

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   45   47 - 52   1997年

  • 給湯器のダクト内結露防止のための排気ガス温度の推定

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   45   43 - 46   1997年

  • Estimation of Water Temperature for Design of Hot-Water Supply System Based on Energy Conservation

    -

    Proceedings of CIB-62 Symposium on Water Supply and Drainage for Buildings, Yokohama, JAPAN   1997年

  • 温冷感申告値の多項選択モデルによる回帰分析

    -

    日本建築学会計画系論文集   ( 502 )   65 - 70   1997年

  • 大阪の10年間(1980-1989)の気象データの整備と各種設計用外界条件の作成

    -

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 61 )   25 - 35   1996年

  • 暖房による冬期浴室の温熱環境の改善

    -

    日本生理人類学会誌   1 ( 1 )   21 - 26   1996年

  • 非定常熱環境における生理・心理反応の応答特性の推定

    -

    日本生理人類学会誌   1 ( 2 )   87 - 92   1996年

  • 温冷感申告値の回帰分析における誤差項の正規性に関する検討

    -

    日本建築学会計画系論文集   ( 484 )   81 - 87   1996年

  • Comparison of Several Solor Radiation Models from the Data collected in Japan

    -

    Journal of Architectural Planning and Enviromental Engineering   ( 476 )   19 - 27   1995年

  • 三階建て住宅に設置された天窓をもつ吹抜空間の温熱環境-ケーススタディ-

    -

    日本家政学会誌   46 ( 9 )   885 - 892   1995年

  • The Effect on a Residential Thermal Environment of an Openable Toplight under Conditions of High Solar Radiation

    -

    Indoor Evironment   4   365 - 376   1995年

  • 実環境下における皮膚温と温冷感の変動

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   43   131 - 135   1995年

  • 断熱材の厚さからみた壁面防露(その2)熱的異型部における熱流解析に関する研究

    -

    -   1995年

  • 血流による伝熱の冷却効果を考慮した人体内部温度分布の推定モデル-床暖房時の低温火傷の予防に関して-

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   43   125 - 129   1995年

  • 雲情報を用いた日射の直散分離

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   43   107 - 117   1995年

  • 大阪(新版),奈良,金沢,輪島の標準気象データ平均年の作成,および大阪(旧版),富山を加えた標準気象データによる各地の気候特性

    -

    空気調和・衛生工学会論文集   ( 59 )   1995年

  • Sweating and Individual Differences of Thermal Sensation

    -

    Proceedings of the Second International Congress on Physiological Anthropology, Kiel, Sep.   61 - 66   1994年

  • Thermal Characteristics of Residence with Openable Toplight

    -

    Proceedings of the International Conference on Indoor Air Quality in Asia, Beijing, China, Oct.   418 - 424   1994年

  • Thermal Environment of Residence with Openable Roof

    -

    Proceedings of the Second International Congress on Physiological Anthropology, Kiel, Sep.   81 - 86   1994年

  • 建物の熱負荷と地域特性

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   42   81 - 84   1994年

  • カテゴリ・データの統計解析とその応用上の問題点-正規性-

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   42   75 - 80   1994年

  • 大阪の標準気象データに関する研究 その1 大阪の気象データ10年間の整備とその特性

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要日   42   67 - 73   1994年

  • 「暑がり」「寒がり」と発汗量

    -

    日本生気象学会誌   30 ( 3 )   150   1993年

  • 発汗量と心理反応

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   41,81   1993年

  • 吹抜空間をもつ住宅の快適環境実現のための基礎的研究

    -

    大阪市立大学生活科学部   41,61   1993年

  • 冬期浴室の暖房について

    -

    日本生気象学会誌   30 ( 3 )   111   1993年

  • 建物の保温性能とその測定法

    -

    日本繊維製品消費科学会   33/1   1992年

  • 床暖房の快適性に関する研究

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   39   1991年

  • 温冷感申告の尺度構成とそのモデル化

    -

    空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集   1991年

  • 大阪の標準気象データ

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   39   1991年

  • 共役勾配系の反復解法を用いた定常型Navier-Stokes方程式の数値実験

    -

    大阪市立大学生活科学部紀要   38   1990年

  • Approximation of the Thermal Characteristics function of Mult-layer Walls Using System Reduction Techniques

    -

    Transactions of SHASE   38   1988年

  • 現場測定にもとづく壁体熱特性の推定

    -

    日本建築学会計画系論文報告集   369   1986年

  • 人体生理と温冷感からみた床暖房

    -

    住宅設備   6/7   1986年

  • 現場における住宅の保温性能試験方法の研究

    -

    日本建築学会計画系論文報告集   354   1985年

  • 床暖房と人体生理および温冷感との関係に関する実験的基礎研究

    -

    日本建築学会計画系論文報告集   353   1985年

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

Works(作品等)

  • 寒冷地住宅の熱環境問題に関する調査研究

    1991年

  • 床暖房のアメニティ評価に関する研究

    1990年

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 住宅の保温性能試験方法の開発

    今後3年間程度

     詳細を見る

    交流の種別:受託研究  

    活用分野・応用方法等:次世代省エネ基準などで策定された基準値を、施工後の住宅が満たしているか否かを判定するための試験方法として使える。

    次世代省エネ基準のもと、住宅の保温性といった熱的性能を竣工時に評価する必要が出てきた。工場や設計上で問題がなくとも、施工は別であるから、竣工後に検査できないと意味がない。そのための検査方法を開発する。

  • 床暖房の性能評価

    今後2年間程度

     詳細を見る

    交流の種別:共同研究  

    活用分野・応用方法等:床暖房の完成検査指針の策定。BLで提案中。

    床暖房の安全性を考慮した熱的性能を、竣工時に検査する

担当教育概要

  • 住宅の温熱環境が快適になるよう、また省エネを実践する暮らしを実現するための方策や手段の理論を講義しています。

担当授業科目

  • 卒業研究

    2017年度     大学

  • 居住環境学概論

    2017年度     大学

  • 住居学概論

    2017年度     大学

  • 環境システム設計及び実験

    2017年度     大学

  • 生活情報学及び実習

    2017年度     大学

  • 居住環境工学II

    2017年度     大学

  • 居住環境工学I

    2017年度     大学

  • 生活応用統計学特論

    2017年度     大学院

  • 設計インターンシップIII

    2017年度     大学院

  • 後期特別研究

    2017年度     大学院

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 居住環境システム設計特論演習

    2017年度     大学院

  • 居住環境工学特論

    2017年度     大学院

▼全件表示

社会貢献活動

  • ヒートアイランド大阪に暮らすために

    役割:講師

    大阪府立岸和田高等学校  2013年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    参加者数:16(人)

役職

  • 全学管理職

    大阪市立大学

    特命副学長  2018年04月 - 2019年03月

その他

  • 職務経歴

    2018年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 特命副学長(教育改革担当)

  • 職務経歴

    2016年04月 - 2018年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 生活科学研究科 研究院長・研究科長・学部長

  • 職務経歴

    2014年04月 - 2016年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 生活科学研究科 大学教育研究評議員

  • 職務経歴

    2000年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 生活科学部 教授

  • 職務経歴

    1997年10月 - 2000年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 生活科学部 助教授

  • 職務経歴

    1989年10月 - 1997年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 生活科学部 講師

▼全件表示