2024/04/09 更新

写真a

モリモト ヨシキ
森本 善樹
MORIMOTO Yoshiki
担当
大学院理学研究科 化学専攻 教授
理学部 化学科
職名
教授
所属
理学研究院
連絡先
メールアドレス
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 理学博士 ( 北海道大学 )

  • 理学修士 ( 北海道大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 天然物合成

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 選択的合成

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学  / 天然物化学

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学  / 生物活性分子

研究キーワード

  • カスケード反応

  • ケミカルバイオロジー

  • 構造活性相関

  • 生合成模倣合成

  • 生合成

  • 全合成

  • 不斉合成

  • 生物活性

  • 構造決定

  • 天然物合成

研究概要

  •  自然科学の学問分野にあって化学の最も特徴的な側面の一つは、分子のレベルで物質を合成することができるということである。従って、自由自在に物質合成ができるということは物質を扱う科学研究の幅を大きく広げることになる。我々の研究室では、生命現象の担い手である天然有機化合物(構造学的、生物学的におもしろい二次代謝産物)を主な対象として、その全合成を研究の中心に据えながら物質合成のレベル向上に貢献したいと考えている。さらに、全合成研究から派生する様々な科学的側面にも興味を持ち、分子サイドの視点から生命現象の本質を理解したいと考えている。

研究歴

所属学協会

  • 日本化学会

    1987年01月 - 継続中   国内

  • 有機合成化学協会

    1990年01月 - 継続中   国内

委員歴(学外)

  • 世話人   第52回複素環化学討論会  

    2023年04月 - 2024年03月 

      詳細を見る

    学会の運営を行う。

  • 組織委員   第15回国際有機化学京都会議(IKCOC-15)  

    2023年 - 2024年 

  • 研究指導者   九州大学先導物質化学研究所  

    2022年12月 

      詳細を見る

    生物活性化合物の全合成とその活性について議論する。

  • 世話人   第51回複素環化学討論会  

    2022年04月 - 2023年03月 

      詳細を見る

    学会の運営を行う。

  • 世話人   第50回複素環化学討論会  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • 学生講演賞審査員   日本化学会第101春季年会  

    2021年03月 

  • 代議員   有機合成化学協会  

    2019年12月 - 2023年11月 

      詳細を見る

    協会の予算、決算、人事等について審議し議決する。

  • 科学研究費委員会専門委員   独立行政法人日本学術振興会  

    2019年12月 - 2022年10月 

      詳細を見る

    提出された科研費申請書を審査する。

  • 優秀講演賞・学生講演賞審査員   日本化学会第99春季年会  

    2019年03月 

  • 組織委員   第27回国際複素環化学会議(27th ISHC Congress)  

    2018年10月 - 2019年09月 

  • 学生講演賞審査員   日本化学会第98春季年会  

    2018年03月 

  • 特別研究員等審査会専門委員、卓越研究員候補者選考委員会書面審査員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員   独立行政法人日本学術振興会  

    2017年08月 - 2018年07月 

  • 学生講演賞審査員   日本化学会第97春季年会  

    2017年03月 

  • 組織委員   第14回国際有機化学京都会議(IKCOC-14)  

    2017年 - 2018年 

  • 世話人   第47回複素環化学討論会  

    2017年 

  • 優秀講演賞・学生講演賞審査員   日本化学会第96春季年会  

    2016年03月 

  • 組織委員   第20回大阪市立大学国際会議(ICUIC-2016)  

    2016年 - 2017年 

  • 組織委員   第13回国際有機化学京都会議(IKCOC-13)  

    2014年 - 2016年 

  • 世話人、学生講演賞審査員   第44回複素環化学討論会  

    2014年 

  • プログラム編成委員、学生講演賞審査委員   日本化学会第93春季年会  

    2012年12月 - 2103年03月 

  • 優秀講演賞・学生講演賞審査委員   日本化学会第92春季年会  

    2012年03月 

  • 組織委員長   大阪市立大学重点研究シンポジウム「天然物分子科学研究の最前線」  

    2011年 

  • 組織委員長、学生ポスター賞審査委員   The 15th Osaka City University International Conference on Spin Chemistry and Dynamic Molecular Science & Research Meeting of Dynamic Molecular Devices  

    2010年 - 2011年 

  • プログラム編成委員、学生講演賞審査委員   日本化学会第90春季年会  

    2009年12月 - 2010年03月 

  • 近畿支部代議員   日本化学会  

    2007年 - 2008年 

  • 評議員   有機合成化学協会  

    2003年 - 2006年 

  • 関西支部幹事   有機合成化学協会  

    2000年 - 2003年 

  • 「化学と工業」誌トピックス委員会委員   日本化学会  

    1997年 - 1999年 

▼全件表示

受賞歴

  • 永年勤続表彰(30年)

    森本 善樹

    2022年09月   公立大学法人大阪公立大学   永年勤続表彰(30年)

  • 長瀬研究振興賞

    森本善樹

    2018年04月   公益財団法人長瀬科学技術振興財団   エナンチオ発散現象を示す天然物の探索とその生成機構の解明

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 永年勤続表彰

    2018年03月   公立大学法人大阪市立大学   永年勤続表彰

  • 有機合成化学協会関西支部賞

    森本善樹

    2003年11月   有機合成化学協会関西支部   立体選択的ポリテトラヒドロフラン構築法の開発と天然物合成への展開

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本化学会若い世代の特別講演会特別講演証

    森本善樹

    2001年03月   日本化学会   高度な対称性を有するスクワレン由来細胞毒性ポリエーテル、テウリレンとグラブレスコールの全合成

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 有機合成化学協会藤沢薬品工業研究企画賞

    森本善樹

    1999年03月   有機合成化学協会   高酸化状態にあるレニウムを用いる酸化反応の開発とその有機合成への展開

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 九州大学   非常勤講師

    2022年12月

  • 北海道大学   大学院環境科学院   非常勤講師

    2017年08月

  • 日本学術振興会   北海道大学大学院理学研究科   特別研究員

    1991年04月 - 1992年03月

学歴

  • 北海道大学   大学院理学研究科   化学専攻   博士課程   卒業・修了

    1987年04月 - 1991年03月

  • 北海道大学   大学院理学研究科   化学専攻   修士課程   卒業・修了

    1985年04月 - 1987年03月

  • 北海道大学   理学部   化学科   学士課程   卒業・修了

    1981年04月 - 1985年03月

論文

  • Halogenated Cyclic Monoterpenoids with Anti-biofouling Activity from the Okinawan Red Marine Alga Portieria hornemannii 査読

    Shinnosuke Ishigami, Ryosuke Fukada, Genki Nagasaka, Tomoki Tsuruta, Keisuke Nishikawa, Yu Sasaki, Kazumi Nimura, Iori Oshima, Yukimasa Yamagishi, Yoshiki Morimoto, Takashi Kamada, and Takahiro Ishii

    Chemistry & Biodiversity   21   e202400436   2024年03月( ISSN:1612-1872

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The red algal genus Portieria is a prolific producer of halogenated monoterpenoids. In this study, we isolated and characterised monoterpenoids from the Okinawan red algae Portieria hornemannii. A new polyhalogenated cyclic monoterpenoid, 2(R)-chloro-1,6(S)-dibromo-3(8)(Z)-ochtoden-4(R)-ol (1), along with three known monoterpenoids, (2R,3(8)E,4S,6R)-6-bromo-2-chloro-1,4-oxido-3(8)-ochtodene (2), 1-bromo-2-chloroochtoda-3(8),5-dien-4-one (3), and 2-chloro-1-hydroxyochtoda-3(8),5-dien-4-one (4) were isolated from the methanol extract of three populations of P. hornemannii. These compounds were characterised using a combination of spectroscopic methods and chemical synthesis, and the absolute stereochemistry of compounds 1 and 2 was determined. In addition, all isolated compounds were screened for their anti-biofouling activity against the mussel Mytilus galloprovincialis, and 1 exhibited strong activity. Therefore, halogenated monoterpenoids have the potential to be used as natural anti-biofouling drugs.

    DOI: doi.org/10.1002/cbdv.202400436

  • Divergent Nine-Step Syntheses of Perhydrohistrionicotoxin Analogs and Their Inhibition Activity Toward Chicken 4𝜷2-Neuronal Nicotinic Acetylcholine Receptors 査読

    Keisuke Nishikawa, Yosuke Ono, Sumito Mori, Koichi Takayama, Makoto Ihara, Kazuhiko Matsuda, and Yoshiki Morimoto

    The Journal of Organic Chemistry   89 ( 6 )   4128 - 4133   2024年03月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Histrionicotoxin (HTX) alkaloids, which are isolated
    from Colombian poison dart frogs, are analgesic neurotoxins that
    modulate nicotinic acetylcholine receptors (nAChRs) as antagonists.
    Perhydrohistrionicotoxin (pHTX) is the potent synthetic analogue of
    HTX and possesses a 1-azaspiro[5.5]undecane skeleton common to the
    HTX family. Here, we show for the first time the divergent nine-step
    synthesis of pHTX and its three stereoisomers from the known aldehyde
    through a one-step construction of the 1-azaspiro[5.5]undecane
    framework from a linear amino ynone substrate. Surprisingly, some
    pHTX diastereomers exhibited antagonistic activities on the chicken
    α4β2-neuronal nAChRs that were more potent than pHTX.

    DOI: doi.org/10.1021/acs.joc.3c02988

  • Structure-Activity Relationship of anti-Inflammatory Meroterpenoids Isolated from Dictyopteris polypodioides in RAW264 Cells 査読

    Momochika Kumagai, Akana Matsuda, Nozomi Shiiba, Tomoki Tsuruta, Hikaru Endo, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    Bioscience, Biotechnology & Biochemistry   88   2024年( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Establishment of “Ring-Size-Divergent” Synthetic Strategy: Divergent Synthesis, Stereochemical Assignments, and Biological Activity Studies of Nerolidol-Type Sesquiterpenoids and Feroniellins 査読

    Keisuke Nishikawa, Tomonori Teranishi, Tomoki Tsuruta, Toshiki Niwa, Kengo Morita, Subaru Hashimoto, Akihiro Hoshino, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    The Journal of Organic Chemistry   88 ( 22 )   15844 - 15861   2023年11月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Biomimetic epoxide-opening cascade cyclizations of polyepoxides enable the efficient and rapid construction of polyether skeletons. In this study, we discovered a method for switching the cyclization mode from
    tetrahydrofuran to tetrahydropyran (THP) formation in epoxide-opening cascades of polyepoxides. The THP formation proceeded via an
    epoxoniumion intermediate by simple heating in neutral water. Next, by
    expanding the switching reaction, we successfully established a “ring-size-divergent” synthetic strategy that enabled the synthesis of the five-, six-, and seven-membered ether rings from identical diepoxide cyclization precursors under simple acidic or neutral conditions. The “ring-size-divergent” synthetic strategy was applied to the short divergent synthesis of nerolidol-type sesquiterpenoids and feroniellins, resulting in the revision of the proposed stereochemistry of certain natural products and the determination of all of the absolute configurations. Additionally, the antiinflammatory activities of the synthetic samples were evaluated.

    DOI: doi.org/10.1021/acs.joc.3c01913

  • Divergent Synthesis of Nerolidol-Type Sesquiterpenoids Produced by Soil Bacterium from an Identical Starting Material via Diepoxide Precursors: Stereochemical Revision and Absolute Configuration of a THF Natural Product 査読

    Tomonori Teanishi, Keisuke Nishikawa, Akihisa Matsuura, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    Chemistry Letters   51 ( 11 )   1062 - 1066   2022年11月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    A divergent asymmetric synthesis of two nerolidol-type sesquiterpenoids with a five- or a six-membered ether ring was established from an identical commercially available trans,trans-farnesyl acetate through the cyclization of diepoxide precursors under simple acidic or neutral conditions, respectively. In addition, the relative configuration of a nerolidol-type sesquiterpenoid with a tetrahydrofuran ring was revised. Its absolute configuration was determined by its asymmetric synthesis and a modified Mosher’s analysis. Furthermore, the cytotoxicity and nitric oxide production inhibitory activity of the synthesized compounds were assessed.

    DOI: doi.org/10.1246/cl.220390

  • Total Synthesis, Revised Structure, and Cytotoxic Activities of Iubol 査読

    Keisuke Nishikawa, Naoto Taki, Kento Nishikibe, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    Chemistry Letters   51 ( 10 )   1000 - 1003   2022年08月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    To unambiguously establish the stereostructure of the marine cytotoxic bromotriterpenoid iubol, a member of the thyrsiferol family, asymmetric chemical synthesis has been carried out. The synthesis features a one-pot process for the tetrahydropyranyl D ring construction through a stoichiometric Sharpless asymmetric epoxidation of allylic alcohols followed by titanium chelation-assisted 6-exo oxacyclization. In this paper, we report the asymmetric total synthesis of iubol, revision of the proposed structure to the C22-epimer, and preliminary cytotoxic activities of synthetic compounds against some tumor cells.

    DOI: 10.1246/cl.220312

  • Dose-Dependent Alkaloid Sequestration and N-Methylation of Decahydroquinoline in Poison Frogs 査読 国際共著

    Adriana M. Jeckel, Sarah K. Bolton, Katherine R. Waters, Marta M. Antoniazzi, Carlos Jared, Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto, Taran Grant, and Ralph A. Saporito

    Journal of Experimental Zoology Part A: Ecological and Integrative Physiology   337 ( 5 )   537 - 546   2022年06月( ISSN:2471-5646

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Sequestration of chemical defenses from dietary sources is dependent on the availability of compounds in the environment and the mechanism of sequestration. Previous experiments have shown that sequestration efficiency varies among alkaloids in poison frogs, but little is known about the underlying mechanism. The aim of this study was to quantify the extent to which alkaloid sequestration and modification are dependent on alkaloid availability and/or sequestration mechanism. To do this, we administered different doses of histrionicotoxin (HTX) 235A and decahydroquinoline (DHQ) to captive‐bred Adelphobates galactonotus and measured alkaloid quantity in muscle, kidney, liver, and feces. HTX 235A and DHQ were detected in all organs, whereas only DHQ was present in trace amounts in feces. For both liver and skin, the quantity of alkaloid accumulated increased at higher doses for both alkaloids. Accumulation efficiency in the skin increased at higher doses for HTX 235A but remained constant for DHQ. In contrast, the efficiency of HTX 235A accumulation in the liver was inversely related to dose and a similar, albeit statistically nonsignificant, pattern was observed for DHQ. We identified and quantified the N‐methylation of DHQ in A. galactonotus, which represents a previously unknown example of alkaloid modification in poison frogs. Our study suggests that variation in alkaloid composition among individuals and species can result from differences in sequestration efficiency related to the type and amount of alkaloids available in the environment.

    DOI: https://doi.org/10.1002/jez.2587

  • Asymmetric Total Synthesis of Toxicodenane A by Samarium Iodide-Induced Barbier-Type Cyclization and Its Cell Protective Effect against Lipotoxicity 査読

    Keisuke Nishikawa, Koki Kikuta, Tomoki Tsuruta, Hitoshi Nakatsukasa, Sho Sugahara, Shinji Kume, and Yoshiki Morimoto

    Organic Letters   24 ( 2 )   531 - 535   2022年01月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The asymmetric total synthesis of toxicodenane A, a sesquiterpenoid expected to be promising for diabetic nephropathy, was achieved. In the synthesis, a samarium iodide (SmI2)-induced Barbier-type cyclization and a regio- and stereoselective allylic oxidation followed by a dehydration cyclization were employed as key steps. Furthermore, the first asymmetric syntheses of both enantiomers were accomplished using the previously mentioned synthetic strategy. Finally, the synthetic compounds significantly inhibited lipotoxicity-mediated inflammatory and fibrotic
    responses in mouse renal proximal tubular cells.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.1c03924

  • Asymmetric Total Syntheses, Stereostructures, and Cytotoxicities of Marine Bromotriterpenoids Aplysiol B (Laurenmariannol) and Saiyacenol A 査読

    Kento Nishikibe, Keisuke Nishikawa, Momochika Kumagai, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto

    Chemistry–An Asian Journal   17 ( 1 )   e202101137 - e202101137   2021年11月( ISSN:1861-471X

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    There are marine cytotoxic bromotriterpenoids, named the
    thyrsiferol family that are structurally characterized by some
    tetrahydropyran (THP) and tetrahydrofuran (THF) rings. The
    thyrsiferol family belongs to natural products that are often difficult to
    determine their stereostructures even by the current, highly advanced
    spectroscopic methods, especially in acyclic systems including
    stereogenic tetrasubstituted carbon centers. In such cases, it is
    effective to predict and synthesize the possible stereostructures.
    Herein, to elucidate ambiguous stereostructures and unassigned
    absolute configurations of aplysiol B, laurenmariannol, and saiyacenol
    A, members of the thyrsiferol family, we carried out their asymmetric
    chemical syntheses featuring 6-exo and 5-exo oxacyclizations of
    epoxy alcohol precursors and 6-endo bromoetherification of a
    bishomoallylic alcohol. In this paper, we report total assignments of
    their stereostructures through their asymmetric chemical syntheses
    and also their preliminary cytotoxic activities against some tumor cells.
    These results could not have been achieved without depending on
    asymmetric total synthesis.

    DOI: 10.1002/asia.202101137

  • Establishing a “Ring-Size-Divergent” Synthetic Strategy: Synthesis, Structural Revision, and Absolute Configuration of Feroniellins 査読

    Keisuke Nishikawa, Toshiki Niwa, Kento Nishikibe, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    Chemistry—A European Journal   27 ( 43 )   11045 - 11049   2021年08月( ISSN:1521-3765

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Feroniellin analogs isolated from Feroniella lucida possess a furanocoumarin skeleton connected to monoterpenic five- to seven-membered ethereal rings by an ether linkage and exhibit a broad spectrum of biological activities. In this contribution, we intended to establish a
    “ring-size-divergent” synthetic strategy for the monoterpenic five- to seven-membered ethereal rings through the chemical sythesis of feroniellins. The short and comprehensive synthesis of feroniellins was achieved in only two steps from easily available bergamottin based on the “ring-size-divergent” strategy. In addition, these syntheses resulted in revision of the proposed structures for feroniellins A and B and the determination of all the absolute configurations of feroniellins; their preliminary anti-inflammatory activities were investigated as well.

    DOI: 10.1002/chem.202101603

  • One-Step Synthesis of the 1-Azaspiro[5.5]undecane Skeleton Characteristic of Histrionicotoxin Alkaloids from Linear Substrates via Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization 査読

    Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Hiroaki Yoshida, Toshiki Niwa, Yuichiro Fushii, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto

    Chemistry – An Asian Journal   16 ( 14 )   1882 - 1886   2021年07月( ISSN:1861-471X

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Histrionicotoxin (HTX) alkaloids isolated from the poison arrow frogs possess a unique structure characterized by a 1-azaspiro[5.5]undecane skeleton common to the HTX family. The unique molecular architecture of HTXs and the interest as potential target drugs have prompted synthetic
    chemists to promote the total synthesis so far. However, all of the synthetic strategies to access the 1-azaspiro[5.5]undecane framework of HTXs take a multistep approach from linear starting materials due to stepwise construction of either six-membered carbo- or azacycle. Herein, we report the direct one-step construction of the 1-azaspiro[5.5]undecane skeleton from linear amino ynone substrates bearing an N-methoxycarbonyl group utilizing our mercuric triflate (Hg(OTf)2)-catalyzed cycloisomerization reaction. The utility of this novel methodology was demonstrated by the total and formal syntheses of HTX-235A and HTX-283A, respectively, from the azaspirocycle.

    DOI: 10.1002/asia.202100383

  • Tetrodotoxin Framework Construction from Linear Substrates Utilizing a Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction: Synthesis of the Unnatural Analogue 11-nor-6,7,8-Trideoxytetrodotoxin 査読

    Keisuke Nishikawa, Takayuki Noguchi, Seiho Kikuchi, Takahiro Maruyama, Yusuke Araki, Mari Yotsu-Yamashita, and Yoshiki Morimoto

    Organic Letters   23 ( 5 )   1703 - 1708   2021年03月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    In this contribution, we propose a new synthetic approach to tetrodotoxin (TTX), one of the most famous marine toxins that, after first preparing a functionalized linear substrate, forms a cyclohexane core from the substrate utilizing our mercuric triflate (Hg(OTf)2)-catalyzed cycloisomerization reaction. The concept was applied to the synthesis of 11-nor-6,7,8-trideoxyTTX and 11-nor-4,9-anhydro-6,7,8-trideoxyTTX, which are unnatural TTX analogues, demonstrating the validity of our new approach.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.1c00125

  • Natural Product Synthesis Strategy Based on the Concept of Directly Constructing the Ring Skeletons from Linear Substrates 招待 査読

    Keisuke Nishikawa, Momochika Kumagai, Kunihiro Matsumura, Kento Nishikibe, and Yoshiki Morimoto

    Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan   79 ( 3 )   197 - 209   2021年03月( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Our concept of natural product synthesis is to directly construct the ring skeletons, frequently occurring in natural products with strong biological activities, from easily accessible linear substrates, and our group has established practical methods for synthesizing useful natural products along our synthetic strategy. First, we developed a cycloisomerization reaction to directly synthesize nitrogen─containing spirocycles from linear substrates, accompanied with construction of a stereogenic tetrasubstituted spiro─carbon. The reaction enabled us to achieve the efficient total synthesis of lepadiformines, revealing a phenomenon of their enantiodivergence. The synthesis of histrionicotoxins, frog poisons, was also accomplished through our original cyclization reaction. In addition, we found the critical switching of cyclization modes of polyepoxides in acidic
    aqueous media and neutral water, and the novel cascade cyclization was applied to the synthesis of natural products.

  • 4ß-Hydroxywithanolide E and Withanolide E from Physalis peruviana L. Inhibit Adipocyte Differentiation of 3T3-L1 Cells through Modulation of Mitotic Clonal Expansion 査読

    Momochika Kumagai, Izumi Yoshida, Takashi Mishima, Masahiro Ide, Kazuhiro Fujita, Matsumi Doe, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    Journal of Natural Medicines   75 ( 1 )   232 - 239   2020年11月( ISSN:1340-3443

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Obesity is a risk factor for many diseases, including type 2 diabetes and cardiovascular disease, and is related to the rising morbidity and mortality. Discovery of agents targeting adipogenesis, especially from natural sources, is important for the treatment of obesity. Here, we aimed to identify anti-adipogenic substances in methanol extracts of Physalis peruviana and to investigate their effect, along with underlying mechanisms. Activity-guided fractionation of the extract revealed 4β-hydroxywithanolide E (HWE) and withanolide E (WE) as the adipogenesis inhibitors. Both compounds suppressed mRNA expression of central adipogenic transcription factors, peroxisome proliferator-activated receptor γ, and CCAAT/enhancer-binding protein α in the early stage of adipocyte differentiation. The inhibitory action of these two withanolides on adipogenesis was largely limited to this stage. The proliferation of preadipocytes was markedly suppressed by treatment
    with HWE and WE for 24 and 48 h in the differentiation medium, and cell-cycle arrest in the G0/G1 phase was observed. Therefore, our results suggested that withanolides from P. peruviana to be novel anti-adipogenic compounds that modulate mitotic clonal expansion.

    DOI: 10.1007/s11418-020-01458-x

  • Use of Whole-Body Cryosectioning and Desorption Electrospray Ionization Mass Spectrometry Imaging To Visualize Alkaloid Distribution in Poison Frogs 査読 国際共著

    Adriana M. Jeckel, Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto, Ralph A. Saporito, Taran Grant, and Demian R. Ifa

    JOURNAL OF MASS SPECTROMETRY   55 ( 6 )   e4520 - e4520   2020年05月( ISSN:1096-9888

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Ambient mass spectrometry is useful for analyzing compounds that would be affected by other chemical procedures. Poison frogs are known to sequester alkaloids from their diet, but the sequestration pathway is unknown. Here, we describe methods for whole‐body cryosectioning of frogs and use desorption electrospray ionization mass spectrometry imaging (DESI‐MSI) to map the orally administered alkaloid histrionicotoxin 235A in a whole‐body section of the poison frog Dendrobates tinctorius. Our results show that whole‐body cryosectioning coupled with histochemical staining and DESI‐MSI is an effective technique to visualize alkaloid distribution and help elucidate the mechanisms involved in alkaloid sequestration in poison frogs.

    DOI: 10.1002/jms.4520

  • Fluorinated Kavalactone Inhibited RANKL-Induced Osteoclast Differentiation of RAW264 Cells 査読

    Momochika Kumagai, Keisuke Nishikawa, Takashi Mishima, Izumi Yoshida, Masahiro Ide, Akio Watanabe, Kazuhiro Fujita, and Yoshiki Morimoto

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   43 ( 5 )   898 - 903   2020年05月( ISSN:0918-6158

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Bone loss and bone-related disease are associated with the deregulation of osteoclast function, and therefore agents that affect osteoclastogenesis have attracted attention. The purpose of the present study was to discover modified kavalactone analogs as potential anti-osteoclastogenic agents. We assessed the effect of 26 analogs on osteoclast differentiation in vitro. The most potent compound, (E)-6-(2-fluorostyryl)-4-methoxy-2H-pyran-2-one (22), suppressed receptor activator of nuclear factor-κB ligand (RANKL)-induced osteoclastogenic differentiation of RAW264 cells with IC50 values of 4.3 μM. A partial structure–activity relationship study revealed the importance of fluorine and its position within the 5,6-dehydrokawain skeleton. The results of a pit formation assay suggested that compound 22 prevents osteoclastic bone resorption by inhibiting osteoclastogenesis. Moreover, compound 22 downregulated mRNA expression levels of RANKLinduced nuclear factor of activated T cells c1 (NFATc1) and osteoclastogenesis-related genes. These results suggest that (E)-6-(2-fluorostyryl)-4-methoxy-2H-pyran-2-one scaffold could lead to the identification of new anti-resorptive agents.

    DOI: 10.1248/bpb.b20-00063

  • Critical Switching of Cyclization Modes of Polyepoxides in Acidic Aqueous Media and Neutral Water: Synthesis and Revised Structure of a Nerolidol-Type Sesquiterpenoid 査読

    Keisuke Nishikawa, Kengo Morita, Subaru Hashimoto, Akihiro Hoshino, Takumi Ikeuchi, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 ( 30 )   10168 - 10172   2019年07月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Biomimetic epoxide-opening cascades of polyepoxides enable the efficient and rapid construction of polyether frameworks. Herein, we show that the epoxide-opening cascade cyclization that affords tetrahydrofuran products in acidic aqueous media produces tetrahydropyran (THP) in neutral water. THP formation proceeded by simply heating polyepoxides in neutral water and followed a different cyclization mode from those observed so far. The novel cascade cyclization in H2O was applied to the synthesis of a new nerolidol-type sesquiterpenoid, resulting in revision of the proposed structure and determination of the absolute configuration.

    DOI: 10.1002/anie.201906039

  • Formal Total Synthesis of Histrionicotoxin Alkaloids via Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization and SmI2-Induced Ring Expansion 査読

    Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Hiroaki Yoshida, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto

    RSC ADVANCES   8 ( 21 )   11296 - 11303   2018年03月( ISSN:2046-2069

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The efficient formal total synthesis of histrionicotoxin alkaloids was achieved. In this process, two key reactions were used to construct a core 1-azaspiro[5.5]undecane framework common to histrionicotoxins: a mercuric triflate (Hg(OTf)2)-catalyzed cycloisomerization of a linear substrate, which was developed in our laboratory, and a samarium iodide (SmI2)-mediated ring expansion.

    DOI: 10.1039/c8ra02011f

  • Evaluation of Aculeatin and Toddaculin Isolated from Toddalia asiatica as Anti-inflammatory Agents in LPS-Stimulated RAW264 Macrophages 査読

    Momochika Kumagai, Akio Watanabe, Izumi Yoshida, Takashi Mishima, Munetomo Nakamura, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   41 ( 1 )   132 - 137   2018年01月( ISSN:0918-6158

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Anti-inflammatory activity of aculeatin and toddaculin, which are coumarins with a similar structure isolated from Toddalia asiatica (L.) LAM., was evaluated using lipopolysaccharide (LPS)-stimulated RAW264 mouse macrophage cells. Both aculeatin and toddaculin significantly inhibited mRNA expression of inflammatory mediators and nitric oxide production. Furthermore, Toddaculin suppressed LPS-induced phosphorylation of p38 and extracellular signal-regulated kinase (ERK)1/2 and inhibited LPS-induced activation of nuclear factor-kappaB (NF-κB). However, aculeatin did not exhibit such effects, suggesting that aculeatin and toddaculin suppress LPS-induced inflammation of RAW264 cells via different mechanisms. The cellular uptake of these compounds was also evaluated. Toddaculin was detected in RAW264 cells after 4 and 24 h.
    However, aculeatin levels were not observed in RAW264 cells at all incubation intervals. These results indicate that de-epoxidation of a prenyl group can increase hydrophobicity of molecule and is thought to accelerate
    cellular uptake and/or interactions with the phospholipid bilayers of cell membranes.

    DOI: https://doi.org/10.1248/bpb.b17-00607

  • Total Syntheses of Lepadiformine Marine Alkaloids with Enantiodivergency, Utilizing Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction and their Cytotoxic Activities 査読

    Keisuke Nishikawa, Kengo Yamauchi, Seiho Kikuchi, Shinnosuke Ezaki, Tomoyuki Koyama, Haruka Nokubo, Kunihiro Matsumura, Takeshi Kodama, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 ( 40 )   9535 - 9545   2017年07月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The enantioselective total syntheses of lepadiformine marine alkaloids, azatricyclic natural products isolated from marine tunicates, were completed. These alkaloids have a unique chemical structure characterized by the trans-1-azadecalin (AB ring system) fused with the spirocyclic ring (AC ring system). Here we found that a cycloisomerization reaction from functionalized linear substrates to a 1-azaspiro[4.5]decane framework corresponding to the AC ring in lepadiformines is promoted by a catalytic amount of mercury(II) triflate (Hg(OTf)2). The total syntheses of (–)-lepadiformines A and B were achieved in 28% and 21% overall yields, respectively, through the novel cycloisomerization reaction. The syntheses of (+)- and (–)-lepadiformine C hydrochloride salts also enabled us to determine the absolute configuration of natural lepadiformine C. It has been found that a phenomenon of enantiodivergence occurs in lepadiformine
    alkaloids from a single species of marine tunicate, Clavelina moluccensis. The cytotoxic activities of synthesized lepadiformine hydrochloride salts and their synthetic intermediates were evaluated.

    DOI: 10.1002/chem.201701475

  • Synthesis of Novel 5,6-Dehydrokawain Analogs as Osteogenic Inducers and Their Action Mechanisms 査読

    Momochika Kumagai, Keisuke Nishikawa, Takashi Mishima, Izumi Yoshida, Masahiro Ide, Keiko Koizumi, Munetomo Nakamura, and Yoshiki Morimoto

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS   27 ( 11 )   2401 - 2406   2017年06月( ISSN:0960-894X

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2017.04.016

  • Total Synthesis of the Cytotoxic Marine Triterpenoid Isodehydrothyrsiferol Reveals Partial Enantiodivergency in the Thyrsiferol Family of Natural Products 査読

    Akihiro Hoshino, Haruka Nakai, Miyako Morino, Keisuke Nishikawa, Takeshi Kodama, Kento Nishikibe, and Yoshiki Morimoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 ( 11 )   3064 - 3068   2017年03月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Recently, the phenomenon of enantiodivergence was uncovered as a new phenomenon in the biosynthesis of natural products. In nature, chiral natural products are usually produced in optically active form, but both enantiomers
    sometimes arise in different genera and/or species or in a single species. Here we show through enantioselective total synthesis that the natural product isodehydrothyrsiferol shows partial enantiodivergency in that six of the nine or ten asymmetric centers are enantiomeric to those of other members of the marine squalene-derived triterpenoid thyrsiferol family. In addition, isodehydrothyrsiferol and dehydrothyrsiferol, which show partial enantiodivergency, were isolated from the same producer, the red alga Laurencia viridis. These results demonstrate that partial enantiodivergence can develop even between natural products originating from a single species.

    DOI: 10.1002/anie.201611829

  • Total Synthesis of Nitropyrrolins A, B, and D 査読

    Hikaru Mitani, Tomoki Matsuo, Takeshi Kodama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, and Yoshiki Morimoto

    TETRAHEDRON   72 ( 45 )   7179 - 7184   2016年11月( ISSN:0040-4020

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The chemical synthetic method of cytotoxic nitropyrrolins A (1), B (2), and D (4), 2-nitropyrrole terpenoids rarely occurring in nature, has been developed for further biological studies. After the synthesis of nitropyrrolin B has first been achieved, nitropyrrolin B was transformed into nitropyrrolins A and D in two steps and one step, respectively. The regio- and stereoselective epoxide-cleavage reaction was highlighted in the direct conversion of nitropyrrolin B to D.

    DOI: 10.1016/j.tet.2016.09.058

  • 5,6-Dehydrokawain from Alpinia zerumbet Promotes Osteoblastic MC3T3-E1 Cell Differentiation 査読

    Momochika Kumagai, Takashi Mishima, Akio Watanabe, Teppei Harada, Izumi Yoshida, Kazuhiro Fujita, Masatoshi Watai, Shinkichi Tawata, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    Bioscience, Biotechnology & Biochemistry   80 ( 7 )   1425 - 1432   2016年07月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1080/09168451.2016.1153959

  • Total Synthesis of (–)-Lepadiformine A Utilizing Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction 査読

    Keisuke Nishikawa, Seiho Kikuchi, Shinnosuke Ezaki, Tomoyuki Koyama, Haruka Nokubo, Takeshi Kodama, Yoshimitsu Tachi, and Yoshiki Morimoto

    #IORGANIC LETTERS#IR   17 ( 23 )   5772 - 5775   2015年12月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.5b02867

  • Total Synthesis and Complete Stereochemical Assignment of Heronapyrroles A and B 査読

    Tomoki Matsuo, Subaru Hashimoto, Keisuke Nishikawa, Takeshi Kodama, Seiho Kikuchi, Yoshimitsu Tachi, and Yoshiki Morimoto

    #ITETRAHEDRON LETTERS#IR   56 ( 39 )   5345 - 5348   2015年09月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.07.094

  • Analysis of Enantiofacial Selective Epoxidation Catalyzed by Flavin-containing Monooxygenase Lsd18 Involved in Ionophore Polyether Lasalocid Biosynthesis 査読

    Gaku Suzuki, Atsushi Minami, Mayu Shimaya, Takeshi Kodama, Yoshiki Morimoto, Hiroki Oguri, and Hideaki Oikawa

    公益社団法人 日本化学会 #ICHEMISTRY LETTERS#IR   43 ( 11 )   1779 - 1781   2014年11月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Enzymatic epoxidation represents a key biosynthetic transformation in the construction of polyether skeletons. A single flavin-containing monooxygenase, Lsd18, is involved in ionophore polyether lasalocid biosynthesis and participates in the enantioselective epoxidations of the diene precursor. Biotransformation studies utilizing structurally simplified monoolefin analogs with different substitution patterns revealed important structural requirements for the enantiofacial selectivity of Lsd18-catalyzed epoxidations. These results enabled us to propose a substrate binding model of Lsd18, which was applied to the biosynthesis of other polyethers.

    DOI: 10.1246/cl.140721

    CiNii Article

  • Biomimetic Total Synthesis of (–)-Neroplofurol and (+)-Ekeberin D4 Triggered by Hydrolysis of Terminal Epoxides 査読

    Takeshi Kodama, Shingo Aoki, Tomoki Matsuo, Yoshimitsu Tachi, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    公益社団法人 日本化学会 #ICHEMISTRY LETTERS#IR   43 ( 10 )   1662 - 1664   2014年10月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    To accumulate the chemical basis of epoxide-opening cascade biogenesis, chemical syntheses of sesqui- and triterpenoids were performed. The biomimetic total syntheses of (–)-neroplofurol (1) and (+)-ekeberin D4 (2) were accomplished by protic acid-catalyzed hydrolysis of the terminal epoxide from nerolidol diepoxide 3 and squalene tetraepoxide 4 through single and double 5-exo cyclizations in intermediates 5 and 6, respectively. This chemical reaction mimics the direct hydrolysis mechanism of epoxide hydrolases, enzymes that catalyze an epoxide-opening reaction to finally produce vicinal diols.

    DOI: 10.1246/cl.140618

    CiNii Article

  • A Convergent Total Synthesis of Antiplasmodial C2 Symmetric (+)-Ekeberin D4 査読

    Takeshi Kodama, Shingo Aoki, Seiho Kikuchi, Tomoki Matsuo, Yoshimitsu Tachi, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    #ITETRAHEDRON LETTERS#IR   54 ( 41 )   5647 - 5649   2013年10月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.08.025

  • Biomimetic Epoxide-Opening Cascades of Oxasqualenoids Triggered by Hydrolysis of the Terminal Epoxide 査読

    Yoshiki Morimoto, Eriko Takeuchi, Hitomi Kambara, Takeshi Kodama, Yoshimitsu Tachi, and Keisuke Nishikawa

    #IORGANIC LETTERS#IR   15 ( 12 )   2966 - 2969   2013年06月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ol401081e

  • TIPSOTf-Promoted Tandem Reaction through Rearrangement of Epoxides into Aldehydes with Selective Alkyl Migration Followed by Prins-Type Cyclization to Cyclopentanes 査読

    Takeshi Kodama, Shingo Harada, Takeshi Tanaka, Yoshimitsu Tachi, and Yoshiki Morimoto

    #ISYNLETT#IR   23 ( 3 )   458 - 462   2012年02月( ISSN:0936-5214

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1055/s-0031-1290324

  • Total Synthesis of Marine Halogen-Containing Triterpene Polyethers Using Regioselective 5-exo and 6-endo Cyclizations and the Stereochemistry 招待 査読

    Yoshiki Morimoto

    #IJOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY, JAPAN#IR   70 ( 2 )   154 - 165   2012年02月( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • Rings D-Seco and B,D-Seco Tetranortriterpenoids from Root Bark of Entandrophragma angolense 査読 国際共著

    Nsiama Tienabe Kipassa, Hiroaki Okamura, Toshiyuki Hamada, Yoshiki Morimoto, Matsumi Doe, Tetsuo Iwagawa, and Munehiro Nakatani

    #IPHYTOCHEMISTRY#IR   72 ( 14-15 )   1854 - 1858   2011年10月( ISSN:0031-9422

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2011.05.014

  • Cytotoxic Eunicellin-Type Diterpenes from the Soft Coral Liophyton viscudium 査読

    Tetsuo Iwagawa, Taiki Kusatsu, Keiko Tsuha, Toshiyuki Hamada, Hiroaki Okamura, Tatsuhiko Furukawa, Shin-ichi Akiyama, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto, Fumihito Iwase, and Kaoru Takemura

    #IHETEROCYCLES#IR   83 ( 9 )   2149 - 2155   2011年09月( ISSN:0385-5414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.3987/COM-11-12251

  • Diastereoselective Synthesis of the Indeno-Tetrahydropyridine Core Bearing a Diaryl-Substituted Stereogenic Quaternary Carbon Center of Haouamine B 査読

    Takeshi Tanaka, Hiromi Inui, Hiroshi Kida, Takeshi Kodama, Takuya Okamoto, Aki Takeshima, Yoshimitsu Tachi, and Yoshiki Morimoto

    #ICHEMICAL COMMUNICATIONS#IR   47 ( 10 )   2949 - 2951   2011年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c0cc04453a

  • Cytotoxic Isomalabaricane Derivatives and a Monocyclic Triterpene Glycoside from the Sponge Rhabdastrella globostellata 査読 国際共著

    Miyabi Hirashima, Kazuomi Tsuda, Toshiyuki Hamada, Hiroaki Okamura, Tatsuhiko Furukawa et al.

    #IJournal of Natural Products#IR   73 ( 9 )   1512 - 1518   2010年09月( ISSN:01633864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Seven new isomalabaricane derivatives, rhabdastins A–G (17), and a new monocyclic triterpene glycoside, rhabdastoside A (8), have been isolated from the methanol extract of the sponge Rhabdastrella globostellata, collected at Amamioshima, Japan. Three of them were isolated as their corresponding methyl esters, rhabdastins A–D (13). Their structures were determined on the basis of spectroscopic and X-ray diffraction analyses. The isolated compounds were evaluated for their cytotoxicity against the proliferation of promyelocytic leukemia HL-60 cells. Compounds 4, 5, 7, and 11, possessing a cyclopentane side chain, exhibited weak activity, with IC50 values of 21, 29, 44, and 11 μM, respectively, while compounds 1, 2, and 3, with a 2-substituted-propanoate side chain, were inactive at 100 μM. In addition, the mechanism of cytotoxicity of compounds 4 and 5 was investigated.

  • Cytotoxic Biscembranes from the Soft Coral Sarcophyton glaucum 査読

    Tetsuo Iwagawa, Kanta Hashimoto, Yukiko Yokogawa, Hiroaki Okamura, and Yoshiki Morimoto et al.

    #IJournal of Natural Products#IR   72 ( 5 )   946 - 949   2009年05月( ISSN:01633864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Total Synthesis and Determination of the Absolute Configuration of (+)-Omaezakianol 査読

    Yoshiki Morimoto, Tatsuya Okita, and Hitomi Kambara

    #IAngewandte Chemie, International Edition#IR   48 ( 14 )   2538 - 2541   2009年( ISSN:14337851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Three Mexicanolides from the Root Bark of Entandrophragma angolense 査読 国際共著

    Nsiama Tienabe Kipassa, Hiroaki Okamura, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto, and Tetsuo Iwagawa et al.

    #IHeterocycles#IR   75 ( 1 )   157 - 164   2008年( ISSN:03855414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Squalene-Derived Triterpene Polyethers from the Red Alga Laurencia omaezakiana 査読

    Yoshihide Matsuo, Minoru Suzuki, Michio Masuda, Toshiyuki Iwai, and Yoshiki Morimoto

    #IHelvetica Chimica Acta#IR   91 ( 7 )   1261 - 1266   2008年( ISSN:15222675

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • The Role of Chemical Synthesis in Structure Elucidation of Oxasqualenoids 招待 査読

    Yoshiki Morimoto

    #IOrganic & Biomolecular Chemistry#IR   6 ( 10 )   1709 - 1719   2008年( ISSN:14770520

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

  • Limonoids from the Stem Bark of Cedrela odorata 査読 国際共著

    Nsiama Tienabe Kipassa, Tetsuo Iwagawa, Hiroaki Okamura, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto et al.

    #IPhytochemistry#IR   69 ( 8 )   1782 - 1787   2008年( ISSN:00319422

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Aplysinopsin Dimers from a Stony Coral. Tubastraea aurea 査読

    Tetsuo Iwagawa, Miho Miyazaki, Yukiko Yokogawa, Hiroaki Okamura, and Yoshiki Morimoto et al.

    #IHeterocycles#IR   75 ( 8 )   2023 - 2028   2008年( ISSN:03855414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Biological Activity Tests of Chemical Constituents from Two Brazilian Labiatae Plants 査読

    Takahiko Isobe, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto, Kumiko Nagata, and Ayumi Ohsaki et al.

    #IYakugaku Zasshi#IR   127 ( 2 )   389 - 395   2007年( ISSN:00316903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Total Synthesis and Determination of the Absolute Configuration of (+)-Intricatetraol 査読

    Yoshiki Morimoto, Tatsuya Okita, Mamoru Takaishi, and Takeshi Tanaka

    #IAngewandte Chemie, International Edition#IR   46 ( 7 )   1132 - 1135   2007年( ISSN:14337851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Assignment of the Absolute Configuration of the Marine Pentacyclic Polyether (+)-Enshuol by Total Synthesis 査読

    Yoshiki Morimoto, Hiromi Yata, and Yoshihiro Nishikawa

    #IAngewandte Chemie, International Edition#IR   46 ( 34 )   6481 - 6484   2007年( ISSN:14337851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Two-Directional Synthesis and Stereochemical Assignment toward a C2 Symmetric Oxasqualenoid (+)-Intricatetraol 査読

    Yoshiki Morimoto, Mamoru Takaishi, Noriko Adachi, Tatsuya Okita, and Hiromi Yata

    #IORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY#IR   4 ( 17 )   3220 - 3222   2006年( ISSN:1477-0520

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/b608098g

  • Reagent-Controlled Switching of 5-exo to 6-endo Cyclizations in Epoxide Openings 査読

    Yoshiki Morimoto, Yoshihiro Nishikawa, Chigusa Ueba, and Takeshi Tanaka

    #IAngewandte Chemie, International Edition#IR   45 ( 5 )   810 - 812   2006年( ISSN:14337851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Rings B,D-Seco Limonoids from the Leaves of Swietenia mahogani 査読 国際共著

    Samir A. M. Abdelgaleil, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto, and Munehiro Nakatani

    #IPhytochemistry#IR   67 ( 5 )   452 - 458   2006年( ISSN:00319422

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • The Anti-Helicobacter pylori Flavones in a Brazilian Plant, Hyptis fasciculata, and the Activity of Methoxyflavones 査読

    Takahiko Isobe, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto, Kumiko Nagata, and Ayumi Ohsaki

    #IBiological & Pharmaceutical Bulletin#IR   29 ( 5 )   1039 - 1041   2006年( ISSN:09186158

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Biscembranes from the Soft Coral Sarcophyton glaucum 査読

    Tetsuo Iwagawa, Kanta Hashimoto, Hiroaki Okamura, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto et al.

    #IJournal of Natural Products#IR   69 ( 8 )   1130 - 1133   2006年( ISSN:01633864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Briarlides I-R, Briarane Diterpenes from a Gorgonian Briareum sp. 査読

    Tetsuo Iwagawa, Naoto Nishitani, Munehiro Nakatani, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto et al.

    #IJournal of Natural Products#IR   68 ( 1 )   31 - 35   2005年( ISSN:01633864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Briarane Diterpenes from a Gorgonian Briareum sp. 査読

    Tetsuo Iwagawa, Kazutaka Babazono, Munehiro Nakatani, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto et al.

    #IHeterocycles#IR   65 ( 3 )   607 - 617   2005年( ISSN:03855414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Briviolides, New Briarane Diterpenes from a Gorgonian Briareum sp. 査読

    Tetsuo Iwagawa, Kazutaka Babazono, Hiroaki Okamura, Munehiro Nakatani, and Yoshiki Morimoto et al.

    #IHeterocycles#IR   65 ( 9 )   2083 - 2093   2005年( ISSN:03855414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Structures, Biological Activities, and Total Syntheses of 13-Hydroxy- and 13-Acetoxy-14-nordehydrocacalohastine, Novel Modified Furanoeremophilane-Type Sesquiterpenes from Trichilia cuneata 査読

    Matsumi Doe, Taku Shibue, Hiroyuki Haraguchi, and Yoshiki Morimoto

    #IOrganic Letters#IR   7 ( 9 )   1765 - 1768   2005年( ISSN:15237060

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Total Synthesis and Complete Assignment of the Stereostructure of a Cytotoxic Bromotriterpene Polyether (+)-Aurilol 査読

    Yoshiki Morimoto, Yoshihiro Nishikawa, and Mamoru Takaishi

    #IJournal of the American Chemical Society#IR   127 ( 16 )   5806 - 5807   2005年( ISSN:00027863

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Structure, Synthesis, and Biological Activity of 14-Methoxy-1,2-dehydrocacalol Methyl Ether, a New Modified Furanoeremophilane Type Sesquiterpene from Trichilia cuneata 査読

    Matsumi Doe, Yoshinori Hirai, Kozo Shibata, Hiroyuki Haraguchi, and Yoshiki Morimoto et al.

    #IChemistry Letters#IR   33 ( 6 )   714 - 715   2004年( ISSN:03667022

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Total Synthesis of Five Cacalol Families at Different Oxidation Stages, Modified Furanoeremophilane Sesquiterpenes from Cacalia and Senecio Species 査読

    Yoshinori Hirai, Matsumi Doe, Takamasa Kinoshita, and Yoshiki Morimoto

    #IChemistry Letters#IR   33 ( 2 )   136 - 137   2004年( ISSN:03667022

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Total Synthesis and Assignment of the Double-Bond Position and Absolute Configuration of (–)-Pyrinodemin A 査読

    Yoshiki Morimoto, Satoru Kitao, Tatsuya Okita, and Takamasa Shoji

    #IOrganic Letters#IR   5 ( 9 )   2611 - 2614   2003年05月( ISSN:15237060

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Total Synthesis of Highly Symmetric Squalene-Derived Cytotoxic Polyethers 査読

    Yoshiki Morimoto, Toshiyuki Iwai, and Takamasa Kinoshita

    #IJournal of Synthetic Organic Chemistry, Japan#IR   60 ( 11 )   1112 - 1122   2002年11月( ISSN:00379980

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Total Synthesis and Determination of the Stereochemistry of 2-Amino-3-cyclopropylbutanoic Acid, a Novel Plant Growth Regulator Isolated from the Mushroom Amanita castanopsidis Hongo 査読

    Yoshiki Morimoto, Mamoru Takaishi, Takamasa Kinoshita, Kazuhiko Sakaguchi, and Kozo Shibata

    #IChemical Communications#IR   ( 1 )   42 - 43   2002年01月( ISSN:00224936

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Asymmetric Total Synthesis of Highly Symmetric Squalene-Derived Cytotoxic Polyethers 招待 査読

    Yoshiki Morimoto, Takamasa Kinoshita, and Toshiyuki Iwai

    #IChirality#IR   14 ( 7 )   578 - 586   2002年( ISSN:08990042

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Stereospecific and Biomimetic Synthesis of CS and C2 Symmetric 2,5-Disubstituted Tetrahydrofuran Rings as Central Building Blocks of Biogenetically Intriguing Oxasqualenoids 査読

    Yoshiki Morimoto, Toshiyuki Iwai, Yoshihiro Nishikawa, and Takamasa Kinoshita

    #ITetrahedron: Asymmetry#IR   13 ( 24 )   2641 - 2647   2002年( ISSN:09574166

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Complete Assignment of the Stereostructure of a New Squalene-Derived Epoxy Tri-THF Diol from Spathelia glabrescens by Total Synthesis 査読 国際共著

    Yoshiki Morimoto, Mamoru Takaishi, Toshiyuki Iwai, Takamasa Kinoshita, and Helen Jacobs

    #ITetrahedron Letters#IR   43 ( 33 )   5849 - 5852   2002年( ISSN:00404039

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthesis of Hyperolactones A and C 査読

    Toshihiko Ueki, Matsumi Doe, Rika Tanaka, Yoshiki Morimoto, Kazuo Yoshihara et al.

    #IJournal of Heterocyclic Chemistry#IR   38 ( 1 )   165 - 172   2001年( ISSN:0022152X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Stereocontrolled Total Synthesis of the Stemona Alkaloid (–)-Stenine 査読

    Yoshiki Morimoto, Maki Iwahashi, Takamasa Kinoshita, and Koji Nishida

    #IChemistry-A European Journal#IR   7 ( 19 )   4107 - 4116   2001年( ISSN:09476539

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthesis and Absolute Configuration of Lactone II Isolated from Streptomyces sp. Go 40/10 査読

    Toshihiko Ueki, Yoshiki Morimoto, and Takamasa Kinoshita

    #IChemical Communications#IR   ( 18 )   1820 - 1821   2001年( ISSN:00224936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Total Synthesis and Determination of the Absolute Configuration of (–)-Longilene Peroxide 査読

    Yoshiki Morimoto, Toshiyuki Iwai, and Takamasa Kinoshita

    #ITetrahedron Letters#IR   42 ( 36 )   6307 - 6309   2001年( ISSN:00404039

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Total Synthesis of (+)-Eurylene and (+)-14-Deacetyl Eurylene 査読

    Yoshiki Morimoto, Koji Muragaki, Toshiyuki Iwai, Yukio Morishita, and Takamasa Kinoshita

    #IAngewandte Chemie, International Edition#IR   39 ( 22 )   4082 - 4084   2000年( ISSN:14337851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Suggestion of Unexpected Sulfur Dioxide Mechanism for Deoxygenations of Pyridine N-Oxides with Alkanesulfonyl Chlorides and Triethylamine 査読

    Yoshiki Morimoto, Hajime Kurihara, Takamasa Shoji, and Takamasa Kinoshita

    #IHeterocycles#IR   53 ( 7 )   1471 - 1474   2000年( ISSN:03855414

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Can α-Sultone Exist as a Chemical Species? First Experimental Implication for Intermediacy of α-Sultone 査読

    Yoshiki Morimoto, Hajime Kurihara, and Takamasa Kinoshita

    #IChemical Communications#IR   ( 3 )   189 - 190   2000年( ISSN:00224936

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • The Birch Reduction of Heterocyclic Compounds. V. Birch Reduction of 2- and 5-Acylfuran-3-carboxylic Acids and Reductive Elimination of 2-(Arylmethoxymethyl)furan-3-carboxylic Acids 査読

    Yasuo Ohta, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto, and Takamasa Kinoshita

    #IJournal of Heterocyclic Chemistry#IR   37 ( 4 )   751 - 755   2000年( ISSN:0022152X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Regiospecific Synthesis of 2-Substituted Furanonaphthoquinones 査読

    Yasuo Ohta, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto, and Takamasa Kinoshita

    #IJournal of Heterocyclic Chemistry#IR   37 ( 4 )   731 - 734   2000年( ISSN:0022152X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Revised Structure of Squalene-Derived PentaTHF Polyether, Glabrescol, through Its Enantioselective Total Synthesis: Biogenetically Intriguing CS vs C2 Symmetric Relationships 査読

    Yoshiki Morimoto, Toshiyuki Iwai, and Takamasa Kinoshita

    #IJournal of the American Chemical Society#IR   122 ( 29 )   7124 - 7125   2000年( ISSN:00027863

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthesis and Absolute Configuration of (–)-Meridinol and (–)-3-Epimeridinol 査読

    Daisuke Takano, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto, Kazuo Yoshihara, and Takamasa Kinoshita

    #IJournal of Heterocyclic Chemistry#IR   36 ( 1 )   221 - 224   1999年( ISSN:0022152X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Effective Combination of Two-Directional Synthesis and Rhenium(VII) Chemistry: Total Synthesis of meso Polyether Teurilene 査読

    Yoshiki Morimoto, Toshiyuki Iwai, and Takamasa Kinoshita

    #IJournal of the American Chemical Society#IR   121 ( 29 )   6792 - 6797   1999年( ISSN:00027863

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Conformational Behavior on 2,2,3-Trisubstituted 1,2,3,4-Tetrahydroquinoline Alkaloids, Virantmycin, Benzastatins, and their Congeners, Evaluated by Semi-empirical Molecular Orbital Calculations 査読

    Yoshiki Morimoto

    #IJournal of Heterocyclic Chemistry#IR   35 ( 2 )   279 - 284   1998年( ISSN:0022152X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

  • Novel Dimers of 2,2'-(m-Phenylene)bis(4,5-diphenyl-1-imidazolyl) Diradical 査読

    Keiji Okada, Kunihiko Imamura, Masaji Oda, Masatoshi Kozaki, Yoshiki Morimoto et al.

    #IChemistry Letters#IR   ( 9 )   891 - 892   1998年( ISSN:03667022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Total Syntheses of Macrocyclic Marine Alkaloids, Haliclamines A and B: A Convenient and Expeditious Assembly of 3-Substituted Pyridine Derivatives with Different Alkyl Chains to the Bispyridinium Macrocycle 査読

    Yoshiki Morimoto, Chiho Yokoe, Hajime Kurihara, and Takamasa Kinoshita

    #ITetrahedron#IR   54 ( 40 )   12197 - 12214   1998年( ISSN:00404020

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • The Birch Reduction of Heterocyclic Compounds. IV. Birch Reduction of 3-Acylfurans. Competition between Ring Reduction, Carbonyl Reduction, and Dimer Formation 査読

    Daisuke Takano, Yoshitaka Nakajima, Ikuko Miyahara, Ken Hirotsu, Rika Tanaka et al.

    #IJournal of Heterocyclic Chemistry#IR   35 ( 6 )   1285 - 1293   1998年( ISSN:0022152X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Diastereoselective Two-Directional Synthesis and Cation Transport Ability of the Central Tristetrahydrofuranyl Unit of meso Polyether Glabrescol as Naturally Occurring Podand 査読

    Yoshiki Morimoto, Toshiyuki Iwai, Takeshi Yoshimura, and Takamasa Kinoshita

    #IBioorganic & Medicinal Chemistry Letters#IR   8 ( 15 )   2005 - 2010   1998年( ISSN:0960894X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • The Birch Reduction of Heterocyclic Compounds. III. Birch Reduction-Elimination Reaction of 2- and 3-Furancarboxylic Acid Derivatives 査読

    Yasuo Ohta, Mari Onoshima, Masumi Tamura, Rika Tanaka, Yoshiki Morimoto et al.

    #IJournal of Heterocylic Chemistry#IR   35 ( 2 )   461 - 465   1998年( ISSN:0022152X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Preparation and Characterization of Novel High-Spin Organoborane Dianions 査読

    Riho Suzuki, Masaji Oda, Atsushi Kajiwara, Mikiharu Kamachi, Masatoshi Kozaki et al.

    #ITetrahedron Letters#IR   39 ( 36 )   6483 - 6486   1998年( ISSN:00404039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • New Aspect of Methanesulfonyl Chloride: Unusual Deoxygenations of Pyridine N-Oxides with Methanesulfonyl Chloride and Triethylamine 査読

    Yoshiki Morimoto, Hajime Kurihara, Chiho Yokoe, and Takamasa Kinoshita

    #IChemistry Letters#IR   ( 8 )   829 - 830   1998年( ISSN:03667022

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 4,4'-(Trimethylene)bis(2,6-di-t-butylphenoxy) Diradical: An Application of the Sequential Redox-Solid State Photolysis (SRSSP) Method 査読

    Koji Nakatuji, Masaji Oda, Masatoshi Kozaki, Yoshiki Morimoto, and Keiji Okada

    #IChemistry Letters#IR   ( 8 )   845 - 846   1998年( ISSN:03667022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Synthesis of (±)-Methylenolactocin and (±)-trans Cognac Lactone 査読

    Yasuo Ohta, Takashi Okamoto, Masumi Tamura, Matsumi Doe, Yoshiki Morimoto et al.

    #IJournal of Heterocyclic Chemistry#IR   35 ( 2 )   485 - 487   1998年( ISSN:0022152X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthesis and Absolute Configuration of (+)-Hyperolactone B 査読

    Toshihiko Ueki, Daisuke Ichinari, Kazuo Yoshihara, Yoshiki Morimoto, and Takamasa Kinoshita

    #ITetrahedron Letters#IR   39 ( 7 )   667 - 668   1998年( ISSN:00404039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Highly Diastereoselective Cyclizations of Bishomoallylic Tertiary Alcohols Promoted by Rhenium(VII) Oxide. Critical Steric versus Chelation Effects in Alkoxyrhenium Intermediates 査読

    Yoshiki Morimoto and Toshiyuki Iwai

    #IJournal of the American Chemical Society#IR   120 ( 7 )   1633 - 1634   1998年( ISSN:00027863

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Unexpected Stability of δ-Lactones with Axial Substituents rather than Equatorial Ones. Conformational Evaluation by Molecular Mechanics and Molecular Orbital Calculations 査読

    Yoshiki Morimoto and Haruhisa Shirahama

    #ITetrahedron#IR   53 ( 6 )   2013 - 2024   1997年( ISSN:00404020

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Total Synthesis of Haliclamine A, a Macrocyclic Marine Alkaloid Related to the Key Biogenetic Intermediate of Manzamines 査読

    Yoshiki Morimoto and Chiho Yokoe

    #ITetrahedron Letters#IR   38 ( 52 )   8981 - 8984   1997年( ISSN:00404039

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Studies on the Asymmetric Synthesis of Stemona Alkaloids: Total Synthesis of (–)-Stenine 査読

    Yoshiki Morimoto, Maki Iwahashi, Koji Nishida, Yuji Hayashi, and Haruhisa Shirahama

    #IAngewandte Chemie, International Edition in English#IR   35 ( 8 )   904 - 906   1996年( ISSN:14337851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Stereocontrolled Synthesis of C10–C22 Fragment of the Immunosuppressant FK506. An Occurrence of Complementary Stereoselectivity in the C15 Ketone Reduction 査読

    Yoshiki Morimoto, Atsushi Mikami, Shin-itsu Kuwabe, and Haruhisa Shirahama

    #ITetrahedron: Asymmetry#IR   7 ( 12 )   3371 - 3390   1996年( ISSN:09574166

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthetic Studies on Virantmycin. 2. Total Synthesis of Unnatural (+)-Virantmycin and Determination of Its Absolute Stereochemistry 査読

    Yoshiki Morimoto and Haruhisa Shirahama

    #ITetrahedron#IR   52 ( 32 )   10631 - 10652   1996年( ISSN:00404020

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthetic Studies on Virantmycin. 1. Total Synthesis of (±)-Virantmycin and Determination of Its Relative Stereochemistry 査読

    Yoshiki Morimoto, Fuyuhiko Matsuda, and Haruhisa Shirahama

    #ITetrahedron#IR   52 ( 32 )   10609 - 10630   1996年( ISSN:00404020

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthetic Study on Stemona Alkaloids. Highly Stereoselective Construction of α-Methyl-γ-lactone Substituted 1-Azabicyclo[5.3.0]decanes 査読

    Yoshiki Morimoto and Maki Iwahashi

    #ISynlett#IR   ( 12 )   1221 - 1222   1995年( ISSN:09365214

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • An Efficient Approach toward Pyrrolidinyllactone System Characteristic of the Stemona Alkaloids. Lewis Acid Catalyzed Stereoselective Reaction of N-Benzyloxycarbonyl-2-methoxypyrrolidine with 3-Methyl-2-trimethylsilyloxyfuran 査読

    Yoshiki Morimoto, Koji Nishida, Yuji Hayashi, and Haruhisa Shirahama

    #ITetrahedron Letters#IR   34 ( 36 )   5773 - 5776   1993年( ISSN:00404039

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthesis and Stereochemistry of Virantmycin 査読

    Yoshiki Morimoto

    北海道大学学位論文   1 - 138   1991年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:学位論文(博士)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • Total Synthesis of (±)-Virantmycin and Determination of Its Stereochemistry 査読

    Yoshiki Morimoto, Fuyuhiko Matsuda, and Haruhisa Shirahama

    #ISynlett#IR   ( 3 )   201 - 203   1991年( ISSN:09365214

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Unprecedented Stability of δ-Lactones with Axial Substituents rather than Equatorial ones; Comparison with the Prelog-Djerassi Lactone Derivative 査読

    Yoshiki Morimoto, Atsushi Mikami, and Haruhisa Shirahama

    #IJournal of the Chemical Society, Chemical Communications#IR   ( 19 )   1376 - 1378   1991年( ISSN:00224936

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • A Synthesis of C1–C22 Fragment of the Immunosuppressant FK506. Stereoselective Construction of (E)-Trisubstituted Double Bond (C19–C20) via Ester-enolate Claisen Rearrangement 査読

    Yoshiki Morimoto, Atsushi Mikami, Shin-itsu Kuwabe, and Haruhisa Shirahama

    #ITetrahedron Letters#IR   32 ( 25 )   2909 - 2912   1991年( ISSN:00404039

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • An Efficient Approach toward Virantmycin: Stereospecific Construction of Tetrahydroquinoline Ring System Employing Intramolecular Nitrene-addition Reaction 査読

    Yoshiki Morimoto, Fuyuhiko Matsuda, and Haruhisa Shirahama

    #ITetrahedron Letters#IR   31 ( 42 )   6031 - 6034   1990年( ISSN:00404039

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Assignment of Absolute Configuration for Virantmycin and Synthesis of Its Antipode 査読

    Yoshiki Morimoto, Kaoko Oda, Haruhisa Shirahama, Takeshi Matsumoto, and Satoshi Omura

    #IChemistry Letters#IR   ( 6 )   909 - 912   1988年( ISSN:03667022

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Virantmycinの合成研究 査読

    森本 善樹

    北海道大学修士論文   1 - 25   1987年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:学位論文(修士)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 改訂3版 基礎化学実験

    大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ 編( 担当: 共著 ,  範囲: 基礎化学実験Ⅰ 3. 有機化合物の反応と合成;基礎化学実験Ⅱ 1. アジピン酸の合成(ケトン-エノラートの酸化) 2. 安息香酸メチルの合成(カルボン酸のエステル化反応) 他)

    ふくろう出版  2017年  ( ISBN:978-4-86186-686-9

     詳細を見る

    総ページ数:254   担当ページ:44–73 and 83–99   著書種別:教科書・概説・概論  

  • 改訂2版 基礎化学実験

    大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ 編( 担当: 共著 ,  範囲: 基礎化学実験Ⅰ 3. 有機化合物の反応と合成;基礎化学実験Ⅱ 1. アジピン酸の合成(ケトン-エノラートの酸化) 2. 安息香酸メチルの合成(カルボン酸のエステル化反応) 他)

    ふくろう出版  2014年  ( ISBN:978-4-86186-585-5

     詳細を見る

    総ページ数:227   担当ページ:44–73 and 83–99   著書種別:教科書・概説・概論  

  • 天然物合成で活躍した反応─実験のコツとポイント

    有機合成化学協会 編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 68 Shiの不斉エポキシ化;83 Curtius転位)

    化学同人  2011年  ( ISBN:978-4-7598-1479-8

     詳細を見る

    総ページ数:209   担当ページ:136, 137, 166, and 167   著書種別:学術書   参加形態:コレスポンディングオーサー

  • 高校生・化学宣言PART3

    中沢 浩,森本 善樹 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 12 高校化学グランドコンテストを支える人々)

    遊タイム出版  2010年  ( ISBN:978-4-86010-281-4

     詳細を見る

    総ページ数:231   担当ページ:215 and 216   著書種別:一般書・啓蒙書   参加形態:コレスポンディングオーサー

  • 改訂版 基礎化学実験

    大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ 編( 担当: 共著 ,  範囲: 基礎化学実験Ⅰ 3. 有機化合物の反応と合成;基礎化学実験Ⅱ 1. アジピン酸の合成(ケトン-エノラートの酸化) 2. 安息香酸メチルの合成(カルボン酸のエステル化反応) 他)

    ふくろう出版  2010年  ( ISBN:978-4-86186-416-2

     詳細を見る

    総ページ数:228   担当ページ:44–73 and 83–99   著書種別:教科書・概説・概論  

  • 天然物の全合成 2000~2008(日本)

    有機合成化学協会 編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 7 (+)-Aurilol; 116 (–)-Stenine)

    化学同人  2009年  ( ISBN:978-4-7598-1277-0

     詳細を見る

    総ページ数:268   担当ページ:12, 13, 218, and 219   著書種別:学術書   参加形態:コレスポンディングオーサー

  • 基礎化学実験

    大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ 編( 担当: 共著 ,  範囲: 基礎化学実験Ⅰ 3. 有機化合物の反応と合成;基礎化学実験Ⅱ 有機実験)

    ふくろう出版  2006年  ( ISBN:4-86186-264-7

     詳細を見る

    総ページ数:174   担当ページ:39–61 and 71–84   著書種別:教科書・概説・概論  

  • はじめての有機スペクトル解析ーIR, NMR, MSデータを読む

    安達 勇光,宇野 英満,上村 明男,築部 浩,森本 善樹 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2部 各種スペクトルデータと解析結果 Problem 49–56)

    丸善株式会社  2004年  ( ISBN:4-621-07505-5

     詳細を見る

    総ページ数:185   担当ページ:144–159   著書種別:学術書   参加形態:コレスポンディングオーサー

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • ヨウ化サマリウムによるバービアー型環化反応を鍵工程とするトキシコデナン類の不斉全合成:糖尿病性腎症の低分子創薬シード分子の探索 招待 査読

    西川慶祐,森本善樹

    月刊ファインケミカル   52 ( 1 )   36 - 44   2023年01月( ISSN:0913-6150

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    糖尿病性腎症の創薬シード化合物の探索のため,セスキテルペノイド類では過去にない
    特異な骨格をもつ,トキシコデナン A の不斉全合成を実施した。ヨウ化サマリウムによ
    るバービアー型環化と,位置および立体選択的なアリル酸化に続く脱水環化により三環性骨格を構築し,天然物の両鏡像異性体を供給し生物機能を評価した。

  • エナンチオ発散現象を示す天然物の探索とその生成機構の解明 招待

    森本 善樹

    公益財団法人長瀬科学技術振興財団研究報告集2018年度版   30   59 - 69   2019年08月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 複雑な分子の創薬開発を可能にする分子技術の創出 招待

    森本 善樹

    公益財団法人アステラス病態代謝研究会「平成25年度第45回助成研究報告集」   https://www.astellas.com/jp/byoutai/other/reports_h25/pdf/25-49_morimoto.pdf   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • トリテルペンポリエーテルの生合成鍵反応の研究 招待

    森本 善樹

    旭硝子財団助成研究成果報告2011   2011年( ISSN:1882-0069

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 大学って何? 招待

    森本 善樹

    るつぼ   58   46 - 48   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 創薬を目指した新奇骨格をもつ細胞毒性アルカロイドハウアミンの化学合成研究 招待

    森本 善樹

    医科学応用研究財団研究報告2008   27   391 - 395   2010年( ISSN:09145117

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 化学合成を基盤とした細胞毒性オキサスクアレノイドの分子科学的研究 招待

    森本 善樹

    平成17年度~平成19年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   1 - 89   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 化学合成による細胞毒性オキサスクアレノイドの構造研究 招待

    森本 善樹

    財団法人実吉奨学会研究報告集   22   92 - 96   2005年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • Synthetic Studies on Marine Cytotoxic Halogen-Containing Oxasqualenoids 招待

    Yoshiki Morimoto

    Annual Report of the Novartis Foundation (Japan) for the Promotion of Science   17   118 - 120   2005年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • Stereospecific and Biomimetic Synthesis of CS and C2 Symmetric 2,5-Disubstituted Tetrahydrofuran Rings as Central Building Blocks of Biogenetically Intriguing Oxasqualenoids 招待

    Yoshiki Morimoto, Toshiyuki Iwai, Yoshihiro Nishikawa, and Takamasa Kinoshita

    財団法人松籟科学技術振興財団研究報告集   15   55 - 65   2004年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 植物起源ポリエ-テル系化合物の合成研究及びその機能解明と人工分子系の構築 招待

    森本 善樹

    財団法人実吉奨学会研究報告集   20   122 - 125   2003年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • スクアレン由来細胞毒性トリテルペンポリエーテルの全合成研究 招待 査読

    森本 善樹

    #IFabrica#IR   15   2 - 8   2003年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • スクアレン由来ポリエーテル類の細胞毒性発現機構解明への化学合成的アプローチ 招待

    森本 善樹

    平成13年度~平成14年度科学研究費補助金基盤研究(C)(2)研究成果報告書   1 - 66   2003年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • Symposium on Molecular Chirality-2001 招待 査読

    Hiroshi Tsukube and Yoshiki Morimoto

    #IChirality#IR   14 ( 7 )   533 - 533   2002年( ISSN:08990042

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Highly Diastereoselective Cyclizations of Bishomoallylic Tertiary Alcohols Promoted by Rhenium(VII) Oxide. Critical Steric versus Chelation Effects in Alkoxyrhenium Intermediates 招待

    Yoshiki Morimoto and Toshiyuki Iwai

    財団法人松籟科学技術振興財団研究報告集   11   2000年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 生合成類似経路による抗腫瘍性アルカロイド、マンザミン類の合成研究 招待

    森本 善樹

    財団法人実吉奨学会研究報告集   16   116 - 120   1999年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 特異な骨格を持つ生理活性アルカロイド、チュベロステモニン類の不斉合成研究 招待

    森本 善樹

    財団法人実吉奨学会研究報告集   14   129 - 132   1997年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 生体内Diels-Alder反応の可能性 招待 査読

    森本 善樹

    化学と工業   47 ( 4 )   560 - 561   1994年04月( ISSN:00227684

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Synthetic Studies on the Seco-Dolastane-Type Diterpene Isolinearol 国内会議

    Tomoki Tsuruta, Yukika Yoshino, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    The 104th CSJ Annual Meeting (2024)  2024年03月  The Chemical Society of Japan

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Funabashi Campus, Nihon University, Funabashi  

  • ロリトレムBの合成研究 国内会議

    寺西智徳,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第104春季年会  2024年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学船橋キャンパス、船橋  

  • ペルヒドロヒストリオニコトキシン類のニコチン性アセチルコリン受容体に対する阻害活性の構造活性相関 国内会議

    森 澄海人,西川 慶祐,小野 陽介,高山 浩一,伊原 誠,松田 一彦,森本 善樹

    日本農薬学会第49回大会  2024年03月  日本農薬学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学奈良キャンパス、奈良  

  • 生物が生み出す天然有機化合物の世界 招待

    森本善樹

    大阪公立大学文化交流センター専門家講座  2023年12月  大阪公立大学文化交流センター

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪公立大学文化交流センター、大阪  

  • Studies on Total Synthesis of the Dolastane-Type Diterpene Possessing Inhibition Activity against Byssal Threads of the Mussel 国際会議

    Tomoki Tsuruta, Yukika Yoshino, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-15)  2023年11月  Kinka Chemical Society, Japan

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rihga Royal Hotel Kyoto, Kyoto  

  • Establishment of "Ring-Size-Divergant" Synthetic Strategy of Terpenoids Having Five-, Six-, and Seven-Membered Ether Rings from Identical Polyepoxides 国際会議

    Tomonori Teranishi, Keisuke Nishikawa, Toshiki Niwa, Kengo Morita, Subaru Hashimoto, Akihiro Hoshino, and Yoshiki Morimoto

    The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-15)  2023年11月  Kinka Chemical Society, Japan

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rihga Royal Hotel Kyoto, Kyoto  

  • 含臭素トリテルペノイド、カリクラドールの不斉全合成、立体構造の決定、細胞毒性評価 国内会議

    西川慶祐,錦部健人,熊谷百慶,森本善樹

    第67回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2023年10月  香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学、千葉  

  • アザスピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン類の不斉全合成とニコチン性アセチルコリン受容体の阻害活性 国内会議

    小野陽介,西川慶祐,松村匡浩,森 澄海人,高山浩一,伊原 誠,松田一彦,森本善樹

    第65回天然有機化合物討論会  2023年09月  日本化学会・日本薬学会・日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学、東京  

  • Structure-Activity Relationship of Perhydrohistrionicotoxins for Inhibition of the α4β2 Nicotinc Acetylcholine Receptors 国際会議

    Sumito Mori, Keisuke Nishikawa, Yosuke Ono, Koichi Takayama, Makoto Ihara, Kazuhiko Matsuda, and Yoshiki Morimoto

    Control of Human Disease Vectors, Pests and Parasites: Meeting the Challenges of Resistance and Sustainability  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Queen's College, Cambridge, UK  

  • イガイの足糸形成を阻害するseco-ドラスタン型ジテルペンIsolinearolの合成研究 国内会議

    鶴田智暉,吉野優季花,西川慶祐,森本善樹

    第43回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2023年08月  有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学、京都  

  • 紅藻由来トリテルペンポリエーテル、ニバリオールの全合成研究 国内会議

    中尾信之介,西川慶祐,林 幹史朗,森本善樹

    第43回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2023年08月  有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学、京都  

  • フグ毒テトロドトキシンの不斉全合成研究 国内会議

    小野陽介,西川慶祐,安田陸人,森本善樹

    第43回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2023年08月  有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学、京都  

  • Lolitrem Bの合成研究 国内会議

    寺西智徳,西川慶祐,森本善樹

    第43回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2023年08月  有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学、京都  

  • 6-epi-テトロドトキシンの不斉全合成研究 国内会議

    小野陽介,西川慶祐,田村真一朗,森本善樹

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス、野田  

  • トキシコデナンCの不斉合成研究 国内会議

    鶴田智暉,中尾信之介,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス、野田  

  • ペルヒドロヒストリオニコトキシンの不斉全合成 国内会議

    小野陽介,西川慶祐,奥村光浩,森本善樹

    日本化学会第103春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学野田キャンパス、野田  

  • 海洋天然物の全合成からエナンチオ発散現象との遭遇へ 招待 国内会議

    森本善樹

    横浜市立大学セミナー  2023年01月  横浜市立大学

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン開催  

  • 海洋天然物の全合成からエナンチオ発散現象との遭遇へ 招待 国内会議

    森本善樹

    九州大学大学院理学府講演会  2022年12月  九州大学

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • 海洋天然物の全合成からエナンチオ発散現象との遭遇へ 招待 国内会議

    森本善樹

    九州大学先導物質化学研究所講演会  2022年12月  九州大学

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:九州大学筑紫キャンパス  

  • 二枚貝の足糸形成を阻害するドラスタン型ジテルペンの合成研究 国内会議

    鶴田智暉,小林謙太,西川慶祐,森本善樹

    第66回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2022年11月  香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄県西原町  

  • 細胞毒性含臭素トリテルペノイド、ユーボールの全合成、構造修正、絶対配置の決定、構造活性相関 国内会議

    西川慶祐,滝 直人,熊谷百慶,森本善樹

    第66回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2022年11月  香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄県西原町  

  • "リングサイズ発散"合成法の確立: 5~7員環エーテルをもつテルペノイド類の全合成、構造改訂、絶対配置の決定、生物活性 国内会議

    西川慶祐,寺西智徳,林 幹史郎,丹羽俊揮,森田健吾,橋本統星,熊谷百慶,森本善樹

    第64回天然有機化合物討論会  2022年09月  日本化学会・日本薬学会・日本農芸化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡  

  • ペルヒドロヒストリオニコトキシンの不斉全合成研究 国内会議

    小野陽介,西川慶祐,伏井雄一郎,奥村光浩,森本善樹

    第42回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2022年08月  有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 6-epiテトロドトキシンの全合成研究 国内会議

    田村真一朗,西川慶祐,森本善樹

    第42回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2022年08月  有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 分子内還元的求核付加を鍵反応とするドラスタン型ジテルペンの合成研究 国内会議

    鶴田智暉,小林謙太,西川慶祐,森本善樹

    第42回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2022年08月  有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • ペルヒドロヒストリオニコトキシンの不斉全合成研究 国内会議

    小野陽介,西川慶祐,伏井雄一郎,森本善樹

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:西宮  

  • 含窒素スピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン235Aの不斉全合成:鍵直鎖分子の検討 国内会議

    伏井雄一郎,西川慶祐,松村匡浩,森本善樹

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:西宮  

  • ジエポキシドからのジオキサビシクロ[3.2.1]オクタン骨格一挙構築反応の確立 国内会議

    林 幹史朗,西川慶祐,寺西智徳,森本善樹

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:西宮  

  • 二枚貝の足糸形成を阻害するドラスタン型ジテルペンの不斉全合成研究 国内会議

    鶴田智暉,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:西宮  

  • Establishment of "Ring Size Divergant" Synthetic Method of Terpenoids Having Five, Six, and Seven-Membered Ether Rings from Identical Polyepoxides 国際会議

    Keisuke Nishikawa, Toshiki Niwa, Akihisa Matsuura, Kento Nishikibe, Kengo Morita, Subaru Hashhimoto, Akihiro Hoshino, and Yoshiki Morimoto

    The 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  • "リングサイズ発散"合成戦略の確立と天然物合成への応用 国内会議

    寺西智徳,西川慶祐,丹羽俊揮,森田健吾,橋本統星,松浦晃久,森本善樹

    第50回複素環化学討論会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 含窒素スピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン235Aの不斉全合成 国内会議

    伏井雄一郎,松村匡浩,西川慶祐,森本善樹

    第11回CSJ化学フェスタ2021  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • "リングサイズ発散"合成戦略の確立と天然物合成への応用 国内会議

    寺西智徳,西川慶祐,丹羽俊揮,森田健吾,橋本統星,松浦晃久,森本善樹

    第11回CSJ化学フェスタ2021  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 含窒素スピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン235Aの不斉全合成 国内会議

    伏井雄一郎,松村匡浩,西川慶祐,森本善樹

    第50回複素環化学討論会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • カリクラドールの不斉全合成と構造決定 国内会議

    錦部健人,西川慶祐,熊谷百慶,森本善樹

    第63回天然有機化合物討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪とオンラインのハイブリッド開催  

  • 二枚貝の足糸形成を阻害するドラスタン型ジテルペンの合成研究 国内会議

    鶴田智暉,西川慶祐,森本善樹

    第41回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」   2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • カリクラドールの全合成と全立体構造の決定 国内会議

    錦部健人,西川慶祐,森本善樹

    第41回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 含窒素スピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン235Aの不斉全合成 国内会議

    伏井雄一郎,松村匡浩,西川慶祐,森本善樹

    第41回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • "リングサイズ発散"合成戦略の確立とネロリドール型セスキテルペノイド類の発散合成 国内会議

    寺西智徳,西川慶祐,松浦晃久,森田健吾,橋本統星,森本善樹

    第41回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • (–)-Tetrodotoxinの合成研究 国内会議

    安田陸人,野口隆幸,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • (+)-および (–)-トキシコデナンAの不斉全合成 国内会議

    菊田弘毅,鶴田智暉,菅原 翔,久米真司,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • Total Synthesis and Structural Determination of a Marine Natural Product Callicladol with Potent Antitumor Activity against Mouse Leukemia Cells 国内会議

    Kento Nishikibe, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • ヨウ化サマリウムを用いたドラスタン型ジテルペンの合成研究 国内会議

    鶴田智暉,菊田弘毅,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 紅藻由来含臭素ポリエーテル類縁体の絶対立体配置特異的な細胞増殖抑制効果 国内会議

    熊谷百慶,西川慶祐,錦部健人,尾方勇太,森本善樹,加藤早苗

    令和3年度日本水産学会春季大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • エナンチオ発散現象を示すブロモトリテルペノイド中分子の効率的合成に向けて 国内会議

    森本善樹

    新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」令和2年度取りまとめシンポジウム  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 抗腫瘍活性を示す海洋産ポリエーテル(–)-アプリシオールBの不斉全合成による構造改訂と細胞毒性評価 国内会議

    錦部健人,熊谷百慶,西川慶祐,森本善樹

    第10回CSJ化学フェスタ2020  2020年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • (+)-トキシコデナンAの不斉全合成 国内会議

    西川慶祐,菊田弘毅,中務人誌,福山裕香,森本善樹

    第62回天然有機化合物討論会  2020年09月  日本化学会・日本薬学会・日本農芸化学会・名古屋大学大学院生命農学研究科・創薬科学研究科・情報学研究科

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 海洋天然物の全合成からエナンチオ発散現象との遭遇へ 招待 国内会議

    森本善樹

    第40回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2020年08月  有機合成化学協会関西支部・日本薬学会関西支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン開催  

  • Suggestion of the Relative Configuration of a Red Alga-Derived Polyether Callicladol Based on the Model Synthesis 国内会議

    Kento Nishikibe, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:野田  

  • ジエポキシドの環化モードの切り替え反応を用いた、ネロリドール型セスキテルペノイド類の発散的合成と構造改訂 国内会議

    松浦晃久,池内拓海,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:野田  

  • ヒストリオニコトキシン235Aの不斉全合成 国内会議

    松村匡浩,西川慶祐,吉田浩明,伏井雄一郎,森本善樹

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:野田  

  • Feroniellin類の短段階発散的合成と構造改訂 国内会議

    丹羽俊揮,錦部健人,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:野田  

  • (+)-トキシコデナンAの不斉全合成 国内会議

    菊田弘毅,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:野田  

  • 同じポリエポキシドから5~7員環エーテルをもつテルペノイド類のリングサイズ発散合成法の確立 国内会議

    森本善樹,西川慶祐

    新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第9回成果報告会  2020年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:豊中  

  • Studies on Total Synthesis of Polycitorol A Utilizing Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction 国際会議

    Priscilla Mei Yen Yoong, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    18th Asian Chemical Congress  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Taipei  

  • Asymmetric Total Synthesis and Structural Elucidation of Marine Triterpene Polyethers (–)-Aplysiol B and (+)-Saiyacenol A with Potent Antitumor Activity 国際会議

    Kento Nishikibe, Moe Tokita, Naoto Taki, Momochika Kumagai, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    18th Asian Chemical Congress  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Taipei  

  • 含窒素スピロ環一挙構築を鍵とするTetrodotoxin骨格の合成 国内会議

    野口隆幸,武田莉奈,丸山高広,荒木勇介,西川慶祐,森本善樹

    第116回有機合成シンポジウム  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 酸性水媒体および中性水中下におけるポリエポキシド環化様式のクリティカルスイッチング:ネロリドールセスキテルペノイドおよびフェロニエリン類の合成と構造改訂 国内会議

    西川慶祐,森田健吾,橋本統星,星野晃大,池内拓海,丹羽俊樹,森本善樹

    第61回天然有機化合物討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島  

  • 酸性水媒体および中性水中下におけるポリエポキシド環化様式のクリティカルスイッチング:ネロリドールセスキテルペノイドおよびフェロニエリン類の合成と構造改訂 国内会議

    西川慶祐,森田健吾,橋本統星,星野晃大,錦部健人,池内拓海,丹羽俊樹,森本善樹

    第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田  

  • 抗腫瘍活性を示す海洋産トリテルペンポリエーテル (–)-アプリシオールBと (+)-サイヤセノールAの不斉全合成及び構造決定 国内会議

    錦部健人,熊谷百慶,西川慶祐,森本善樹

    第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田  

  • トキシコデナンAの不斉全合成 国内会議

    菊田弘毅,中務人誌,福山裕香,西川慶祐,森本善樹

    第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:秋田  

  • Total Synthesis of Histrionicotoxin 235A 国際会議

    Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Toshiki Niwa, Mai Takami, and Yoshiki Morimoto

    27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kyoto  

  • Studies on Total Synthesis of Polycitorol A Utilizing Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction 国際会議

    Priscilla Mei Yen Yoong, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto  

  • Asymmetric Total Synthesis and Structural Elucidation of Marine Triterpene Polyethers (–)-Aplysiol B and (+)-Saiyacenol A with Poent Antitumor Activity 国際会議

    Kento Nishikibe, Moe Tokita, Naoto Taki, Momochika Kumagai, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto  

  • ジエポキシドの水中環化反応による環化生成物の絶対配置及び生成機構の解明 国内会議

    池内拓海,西川慶祐,森本善樹

    第39回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」   2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺  

  • トキシコデナンAの不斉全合成 国内会議

    菊田弘毅,中務人誌,福山裕香,西川慶祐,森本善樹

    第39回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」   2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺  

  • Feroniellin類の短段階合成と構造改訂 国内会議

    丹羽俊輝,西川慶祐,森本善樹

    第39回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」   2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺  

  • 紅藻由来細胞毒性ポリエーテルCallicladolの全立体構造の決定 国内会議

    錦部健人,西川慶祐,森本善樹

    第39回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」   2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺  

  • カエル毒ヒストリオニコトキシン類の不斉全合成研究 国内会議

    松村匡浩,吉田浩明,小山智之,丹羽俊輝,高見麻衣,伏井雄一郎,西川慶祐,森本善樹

    第39回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」   2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:堺  

  • 抗腫瘍活性を示す海洋産トリテルペンポリエーテル (–)-アプリシオールBと (+)-サイヤセノールAの不斉全合成及び構造決定 国内会議

    錦部健人,熊谷百慶,西川慶祐,森本善樹

    第54回天然物化学談話会  2019年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • 化学合成と酵素合成の反応集積化によるブロモトリテルペノイド中分子の効率的合成に向けて 国内会議

    森本 善樹

    新学術領域研究「中分子戦略」第8回成果報告会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 化学合成と酵素合成の反応集積化によるブロモトリテルペノイド中分子の効率的合成に向けて 招待 国内会議

    森本 善樹

    新学術領域研究「中分子戦略」第8回成果報告会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都  

  • エナンチオ発散現象を示す天然物の探索とその生成機構の解明 招待 国内会議

    森本 善樹

    公益財団法人長瀬科学技術振興財団平成30年度受賞者研究成果発表会  2019年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  • Tetrodotoxin骨格の合成 国内会議

    野口隆幸,武田莉奈,丸山高弘,荒木勇介,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第99春季年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • Total Synthesis of Histrionicotoxin 235A 国際会議

    Kunihiro Matsumura, Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Toshiki Niwa, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Toward Efficient Synthesis of Cytotoxic Bromotriterpenoid Middle Molecules Integrated by Chemical and Enzymatic Syntheses 国際会議

    Yoshiki Morimoto

    The 4th International Symposium on Middle Molecular Strategy  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台  

  • 水銀トリフラート触媒を用いた1-アザスピロ[5.5]ウンデカン骨格の一挙構築によるヒストリオニコトキシン235Aの全合成 国内会議

    松村匡浩,吉田浩明,高見麻衣,小山智之,西川慶祐,森本善樹

    第60回天然有機化合物討論会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米  

  • ヒストリオニコトキシン235Aの全合成 国内会議

    松村匡浩,西川慶祐,吉田浩明,高見麻衣,丹羽俊輝,小山智之,森本善樹

    第38回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:西宮  

  • サイヤセノールAの全合成 国内会議

    西川慶祐,錦部健人,森本善樹

    第38回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:西宮  

  • 海洋産細胞毒性ポリエーテル群の構造活性相関研究 国内会議

    尾形勇太,錦部健人,滝 直人,熊谷百慶,西川慶祐,森本善樹

    第38回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:西宮  

  • Tetrodotoxin骨格の合成研究 国内会議

    野口隆幸,荒木勇介,丸山高広,西川慶祐,森本善樹

    第38回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:西宮  

  • 最近遭遇した海洋天然物のエナンチオ発散現象 招待 国内会議

    森本善樹

    第13回化学生態学研究会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:函館  

  • 化学合成と酵素合成の反応集積化によるトリテルペノイド中分子の高効率合成 国内会議

    森本善樹

    新学術領域研究「反応集積化が導く中分子戦略:高次生物機能分子の創製」第6回成果報告会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • ヒストリオニコトキシン類の合成研究 国内会議

    松村匡浩,吉田浩明,高見麻衣,小山智之,西川慶祐,森本善樹

    第16回次世代を担う有機化学シンポジウム  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:吹田  

  • 中性水中環化反応を用いたネロリドール型セスキテルペノイドの不斉全合成 国内会議

    森田健吾,橋本統星,星野晃大,竹内絵里子,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:船橋  

  • Tetrodotoxinの全合成研究 国内会議

    武田莉奈,荒木勇介,菊池正峰,吉山春香,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:船橋  

  • Studies on Total Synthesis of Histrionicotoxins 国内会議

    Kunihiro Matsumura, Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:船橋  

  • 海洋産ポリエーテルSaiyacenol Aの全合成 国内会議

    錦部健人,西川慶祐,森本善樹

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:船橋  

  • Synthetic Studies on Toxicodenane A 国内会議

    Hitoshi Nakatsukasa, Yuka Fukuyama, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    日本化学会第98春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:船橋  

  • 中性水中環化反応を用いたネロリドール型セスキテルペンの全合成と構造改訂 国内会議

    森田健吾,橋本統星,星野晃大,西川慶祐,森本善樹

    第112回有機合成シンポジウム  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • 食用ホオズキ(Physalis peruviana)の未利用部位から得られたwithanolide類縁体の3T3-L1細胞脂肪蓄積抑制効果 国内会議

    熊谷百慶,吉田 泉,三嶋 隆,井出将博,中村宗知,土江松美,西川慶祐,森本善樹

    日本農芸化学会関西支部例会(第501回講演会)  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • Tetrodotoxinの全合成研究 国内会議

    武田莉奈,荒木勇介,丸山高広,菊池正峰,吉山春香,西川慶祐,森本善樹

    第47回複素環化学討論会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知  

  • ヒストリオニコトキシンの形式全合成 国内会議

    松村匡浩,吉田浩明,西川慶祐,森本善樹

    第47回複素環化学討論会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:高知  

  • ヒストリオニコトキシンの形式全合成 国内会議

    松村匡浩,吉田浩明,西川慶祐,森本善樹

    第7回CSJ化学フェスタ2017  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • 最近遭遇した天然物のエナンチオ発散現象 招待 国内会議

    森本善樹

    シンポジウム「天然物化学の新展開」  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌  

  • チルシフェロール類共通骨格のエナンチオ発散現象:アプリシオールB及び22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの全合成と構造改訂 国内会議

    錦部健人,鴇田百栄,滝 直人,西川慶祐,森本善樹

    第59回天然有機化合物討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  • チルシフェロール類の共通骨格におけるエナンチオ発散現象—イソデヒドロチルシフェロールの全合成と全立体構造決定を中心として— 招待 国内会議

    森本善樹

    北海道大学講演会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:札幌  

  • ヒストリオニコトキシンの形式全合成 国内会議

    松村匡浩,吉田浩明,西川慶祐,森本善樹

    第37回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの全合成と構造改訂、およびエナンチオ発散現象 国内会議

    西川慶祐,錦部健人,鴇田百栄,滝 直人,森本善樹

    第37回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • トキシコデナンAの全合成研究 国内会議

    中務人志,福山裕香,西川慶祐,森本善樹

    第37回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 中性水中環化反応を用いたネロリドール型セスキテルペンの全合成と構造改訂 国内会議

    森田健吾,橋本統星,星野晃大,西川慶祐,森本善樹

    第37回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 海洋産ポリエーテルAplysiol Bの全合成と構造改訂、および細胞毒性評価 国内会議

    錦部健人,鴇田百栄,滝 直人,熊谷百慶,西川慶祐,森本善樹

    第37回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Tetrodotoxinの全合成研究 国内会議

    武田莉奈,荒木勇介,丸山高広,菊池正峰,吉山春香,西川慶祐,森本善樹

    第37回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 食用ホオズキ(Physalis sp.)廃棄部より得られた3T3-L1細胞脂肪蓄積抑制物質の同定と作用機序の解明 国内会議

    熊谷百慶,西川慶祐,三嶋 隆,吉田 泉,井出将博,小泉慶子,中村宗知,森本善樹

    第71回日本栄養・食糧学会大会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宜野湾  

  • 42 (-)-イソデヒドロチルシフェロールとデヒドロチルシフェロールの全合成と全立体構造の決定(口頭発表の部) 国内会議

    中井 遥, 星野 晃大, 森野 光耶子, 神原 瞳, 児玉 猛, 菊池 正峰, 舘 祥光, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会講演要旨集  2012年  天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Isodehydrothyrsiferol, one of the possible structures of which was shown as 1, was isolated from the red alga Laurencia viridis by Norte et al. in 1996 (Scheme 1). The plane structure of isodehydrothyrsiferol and the relative configuration of the D-ring were determined by the NMR analysis. The stereostructure of the A,B,C-ring system was elucidated by comparing the NMR data with those of dehydrothyrsiferol (2), isolated from the red alga Laurencia pinnatifida by Martin et al. in 1984. However, the stereochemical relationship between the A,B,C- and the D-ring systems due to the intervening methylene chain and the absolute configuration have never been determined. Both of isodehydrothyrsiferol and 2 exhibit cytotoxic activity with IC_<50> = 0.01 μg/mL against murine leukemia P388. To determine the entire stereostructure of isodehydrothyrsiferol, we embarked on the total synthesis. We planned convergent strategy that united the common B,C-ring system 4 with the D-ring 5 or 6 by Suzuki-Miyaura cross coupling (Scheme 1). The common B,C-ring system 4 was constructed from the known epoxy alcohol 10^4 through two 6-exo oxacyclizations of appropriate epoxy alcohols (Scheme 2). After hydroborating D-ring 22, prepared as shown in Schemes 3 and 4, with an excess of 9-BBN, Suzuki-Miyaura cross coupling with triflate 4 in the presence of LiCl and Ph_3As^<12> afforded a coupling product 23 in 66% yield (Scheme 4). Removal of protective groups and subsequent 6-endo bromoetherification gave target molecule 1, ^1H and ^<13>C NMR spectra of which were inconsistent with those of natural isodehydrothyrsiferol. Another possible diastereomer 25 was synthesized from ent-22. ^1H and ^<13>C NMR spectra of synthetic 25 was identical to those of natural isodehydrothyrsiferol except for a sign of the optical rotation. Thus, it was found that the entire stereostructure of natural (+)-isodehydrothyrsiferol is shown as ent-25 including the absolute configuration. We have also achieved the total synthesis of dehydrothyrsiferol (2) and 15(28)-anhydrothyrsiferyl diacetate (3).

    DOI: 10.24496/tennenyuki.54.0_247

    CiNii Article

  • 42 エポキシドの加水分解反応を引き金とする仮想生合成様オキサ環化反応に基づくオキササイクリックテルペノイドの全合成(口頭発表の部) 国内会議

    児玉 猛, 青木 慎悟, 松尾 知樹, 竹内 絵里子, 星野 晃大, 舘 祥光, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会講演要旨集  2011年  天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    In the course of our synthetic and structural studies on highly oxidized and structurally diverse cytotoxic triterpene polyethers, which are thought to be biogenetically squalene-derived natural products (oxasqualenoids), isolated from both marine and terrestrial organisms, we have been interested in the biogenesis of polyTHF rings-containing oxasqualenoids which might be synthesized in a single event by the cascade oxacyclization from acyclic precursor squalene polyepoxides.3 In this symposium, we report that the chemical synthesis of some THE rings-containing oxacyclic terpenoids, (-)-neroplofurol (1), (+)-ekeberin D4 (2), and (±)-glabrescol (3), has been accomplished on the basis of the hypothetical biomimetic oxacyclization triggered by acidic hydrolysis of the terminal epoxide (Scheme 2). In conclusion, we demonstrated that the biomimetic epoxide-opening cascades from acyclic precursor polyepoxides 4-6 to oxacyclic terpenoids 1-3, respectively, can be reproduced in a single event by chemical reaction (Scheme 3-5). These results experimentally support the Cane-Celmer-Westley hypothesis' as a general biogenesis of natural polyethers and accumulate chemical basis for the cyclization mechanism relative to the epoxide hydrolase Lsd19^2 in the biosynthesis of lasalocid A (Scheme 1).

    DOI: 10.24496/tennenyuki.53.0_247

    CiNii Article

  • P-3 ハウアミンBの合成研究(ポスター発表の部) 国内会議

    田中 剛, 乾 広美, 紀田 博志, 児玉 猛, 岡本 拓也, 竹島 亜季, 舘 祥光, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会講演要旨集  2010年  天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    Haouamines A (1) and B (2) were isolated from the marine ascidian Aplidium haouarianum collected off the coast of southern Spain. They belong to an unprecedented class of alkdaloids. A unique feature of haouamines is an eleven-membered 3-aza-[7]-paracyclophane moiety, which is so highly strained. The B ring of paracyclophane moiety is non planar and exists in a pseudo-boat conformation. Other features are a diaryl-substituted stereogenic quaternary center and an anti-Bredt double bond. In solution, each haouamine exists as an inseparable mixture of two interconverting isomers. Haouamine A exibits cytotoxic activity against the HT-29 human colon carcinoma cell, and haouamine B does against the MS-1 mice endothelial cells. The novel molecular architecture, the kinetic aspect in the molecule, and the biological activity of haouamines atract a lot of chemists. Therefore, haouamines are challenging synthetic targets. Baran and Burns reported the synthesis of (±)-haouamine A in 2006, and the asymmetric synthesis of (+)-haouamine A in 2008. Recently Baran and co-workers accomplished the synthesis of an atropisomer of haouamine A, and indicated that the inseparable mixture oftwo interconverting isomers in solution was no due to atropisomerism. Weinreb's, Furstner's, and Ishibashi's groups have achieved the formal total synthesis. In this symposium, we report synthetic studies on haouamine B (2) by our original approach. We envisioned that the stereogenic quaternary center could be construced via an intramolecular palladium-catalyzed α-C-arylation, and the anti-Bredt doule bond introduced from a vinylogous amide by TsNHNH_2. The C2-C3 bond formation should be carried out through Suzuki-Miyaura coupling. Construction of the piperidine segment 5 could be completed by the regioselective introductoin of aryl substituents to 4-methoxypyridine (6) usin 3-methoxyphenylboronic acid (7) and 3,5-dimethoxybenzylzinc chloride (8). We also report an introducton of the stereogenic center at C17 position by Comins method.

    DOI: 10.24496/tennenyuki.52.0_247

    CiNii Article

  • 32 ポリTHF環を有するトリテルペンポリエーテルの構造及び生合成仮説による全合成(口頭発表の部) 国内会議

    竹内 絵里子, 神原 瞳, 矢田 裕美, 大北 達哉, 森本 善樹, 松尾 嘉英, 鈴木 稔, 増田 道夫

    天然有機化合物討論会講演要旨集  2007年  天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    During this decade, we have been engaged in synthetic and structural studies on highly oxidized and structurally diverse cytotoxic triterpene polyethers, which are thought to be biogenetically squalene-derived natural products (oxasqualenoids), isolated form both marine and terrestrial organisms. In particular, we have been interested in the biogenesis of polyTHF rings-containing oxasqualenoids which might be synthesized in a single step by the sequential oxacyclization from acyclic precursors squalene polyepoxides. In this symposium, we report that a novel oxasqualenoid omaezakianol (1) was isolated from the red alga Laurencia omaezakiana Masuda sp. by Suzuki et al. in 1994, and the structure including the absolute configuration has recently been found to be shown by a structural formula 6 through spectroscopic methods (Figure 1), the derivatization experiments (Scheme 1), and the asymmetric total synthesis (Scheme 2). We also report that the total synthesis of neighboring tri- and tetraTHF rings-containing teurilene (7) (Scheme 3) and (+)-omaezalcianol (6) (Scheme 4), respectively, has been accomplished on the basis of the biogenetic hypothesis (Scheme 1).

    DOI: 10.24496/tennenyuki.49.0_187

    CiNii Article

  • P-195 STRUCTURES, SYNTHESES, AND BIOLOGICAL ACTIVITIES OF NEW MODIFIED FURANOEREMOPHILANE-TYPE SESQUITERPENES FROM TRICHILIA CUNEATA 国際会議

    Doe Matsumi, Hirai Yoshinori, Shibue Taku, Akiyama Tomonari, Haraguchi Hiroyuki, Morimoto Yoshiki

    International Symposium on the Chemistry of Natural Products  2006年  天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    DOI: 10.24496/intnaturalprod.2006.0__P-195_

    CiNii Article

  • P-9 メキシコ産植物、Trichilia cuneata由来の新規修飾型フラノエレモフィラン型セスキテルペンの構造、合成、生理活性(ポスター発表の部) 国内会議

    土江 松美, 平井 義則, 渋江 卓, 穐山 知成, 原口 博行, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会講演要旨集  2006年  天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    Herein we report the structures of eight compounds 1〜8 isolated from Trichilia cuneata, which belongs to Maliaceae Trichilia family. This plant is one of shrubs composing the endemic medicinal plant complex in Mexico, and the crude extract exhibited the highly antioxidative activity in our bioactivity-screening. The methanol extract of dried stem bark and leaves of T. cuneata was successively purified by column chromatography on silica gel and by recycling preparative GPC (gel permeation chromatography). Among the compounds, 1, 3, and 7 were novel modified furanoeremophilane-type sesquiterpenes, and others were known compounds. Next, the antioxidative activities were evaluated for those compounds with the mitochondria and the microsomes prepared from the rat livers. As the result, both the NADH-dependent mitochondrial and NADPH-dependent microsomal lipid peroxidations were strongly inhibited by these natural products. So it is thought that those compounds might be useful as the lead compounds in the field of medicinal chemistry. Therefore, we planned total syntheses of the three new compounds 1, 3, and 7. First, as for the compounds 3 and 7, we devised a highly convergent route based on the regioselective trisubstituted furan synthesis using a palladium-catalyzed three-component coupling reaction developed by Balme et al. The naphthofuran A,B,C-ring framework could be constructed by an intramolecular Friedel-Crafts acylation of carboxylic acid 12. Next, as for the compound 1 which has a substituent at C-6 position, the different strategy from that for the compounds 3 and 7 would be needed. So we envisaged the brominated tetralin as the possible intermediate, which would be derived from the tetralone 19 via the furan ring formation. The tetralone 19 will be constructed from commercially available γ-valerolactone 20 and 4-bromoveratrole 21 by Friedel-Crafts reactions. As the result we achieved the first total syntheses of compounds 1, 3, and 7, and the spectral characteristics of three synthetic compounds were consistent with those observed for the natural products, respectively.

    DOI: 10.24496/tennenyuki.48.0_265

    CiNii Article

  • P-211 TOTAL SYNTHESIS AND COMPLETE ASSIGNMENT OF THE STEREOSTRUCTURE OF A CYTOTOXIC BROMOTRITERPENE POLYETHER (+)-AURILOL 国際会議

    Nishikawa Yoshihiro, Tanaka Takeshi, Yata Hiromi, Ueba Chigusa, Takaishi Mamoru, Morimoto Yoshiki

    International Symposium on the Chemistry of Natural Products  2006年  天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    DOI: 10.24496/intnaturalprod.2006.0__P-211_

    CiNii Article

  • 8 海洋産含臭素オキサスクアレノイド(+)-イントリカテトラオールと(+)-エンシュオールの全合成による全立体構造の決定(口頭発表の部) 国内会議

    大北 達哉, 矢田 裕美, 高石 守, 足立 紀子, 西川 佳宏, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会講演要旨集  2005年  天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    Recently, highly oxidized and structurally unique triterpene polyethers, which are thought to be biogenetically squalene-derived natural products (oxasqualenoids), have been isolated from both marine and terrestrial lives. Among them are intricatetraol (1) isolated from the red alga Laurencia intricata in 1993 and enshuol (2) isolated from the red alga Laurencia omaezakiana Masuda sp. in 1995 by Suzuki et al. A crude fraction including intricatetraol (1) as a major component exhibits cytotoxic activity against P388 with IC_<50> of 12.5μg/mL. There have also been many other types of oxasqualenoids; however, it is often difficult to determine their stereostructures even by the current highly advanced spectroscopic methods, especially in acyclic systems including quaternary carbon centers. In such cases, it is effective to predict and synthesize the possible stereoisomers. Although the plane structures and partial stereochemistries of 1 and 2 were also elucidated by NMR methods as shown in 1 and 2, determination of the entire stereochemistries of compounds 1 and 2 has not been reached. In this symposium, we report that the total assignment of the incomplete stereostructures of unique bromine-containing (+)-intricatetraol (1) and (+)-enshuol (2) to the structural formulas 3 and 4, respectively, has been achieved through their first asymmetric total syntheses featuring biogenetic-like regioselective ether ring formations to secure the stereochemical pathway (Schemes 2 and 3).

    DOI: 10.24496/tennenyuki.47.0_43

    CiNii Article

▼全件表示

科研費

  • 含窒素スピロ環を一挙構築する不斉環化異性化反応の開発:アルカロイド合成の新戦略

    基盤研究(C)  2019年04月

  • アレルギー様食中毒防止のためのヒスタミン解毒効果のある嗜好的調理法の確立

    挑戦的研究(萌芽)  2019年04月

  • 化学合成と酵素合成の反応集積化によるトリテルペノイド中分子の高効率合成

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2018年04月

  • 含ハロゲン船底防汚物質のケミカルバイオロジー

    基盤研究(B)  2016年04月

  • 化学合成を基盤とした生物活性天然物の分子科学的研究

    基盤研究(B)  2008年04月

  • 化学合成を基盤とした細胞毒性オキサスクアレノイドの分子科学的研究

    基盤研究(C)  2005年04月

  • カスケード型環化反応による細胞毒性生体機能オキサスクアレノイドの合成

    特定領域研究  2005年04月

  • 分子性ポーラス配位空間で安定化された水ナノクラスターの構造とダイナミクス

    特定領域研究  2005年04月

  • 海洋産生理活性大環状アルカロイドの効率的合成戦略の開発

    特定領域研究(A)  2001年04月

  • スクアレン由来ポリエーテル類の細胞毒性発現機構解明への化学合成的アプローチ

    基盤研究(C)  2001年04月

  • 生合成類似経路による抗腫瘍性アルカロイド、マンザミン類の合成研究

    奨励研究(A)  1999年04月

  • 特異な骨格を持つ生理活性アルカロイド、チュベロステモニン類の不斉合成研究

    奨励研究(A)  1997年04月

  • 特異な骨格を持つ生理活性アルカロイド、チュベロステモニン類の不斉合成研究

    奨励研究(A)  1996年04月

  • 特異な骨格を持つ生理活性アルカロイド、チュベロステモニン類の不斉合成研究

    奨励研究(A)  1995年04月

  • 特異な骨格を持つ生理活性アルカロイド、チュベロステモニン類の不斉合成研究

    奨励研究(A)  1994年04月

  • 不斉アジリジン化反応の開発とその天然物合成への応用

    特別研究員奨励費  1991年04月

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 右手と左手の関係にある部分構造をもつ天然分子の探索と意義の解明

    公益財団法人 小柳財団  小柳財団研究助成  2024年04月

  • エナンチオ発散現象を示す天然物の探索とその生成機構の解明

    公益財団法人長瀬科学技術振興財団  2018年04月

  • 複雑な分子の創薬開発を可能にする分子技術の創出

    公益財団法人アステラス病態代謝研究会  2013年

  • トリテルペンポリエーテルの生合成鍵反応の研究

    財団法人旭硝子財団  2010年04月

  • 創薬を目指した新規骨格をもつ細胞毒性アルカロイドハウアミンの化学合成研究

    財団法人医科学応用研究財団  2007年

  • 海洋産細胞毒性含ハロゲンオキサスクアレノイドの合成研究

    財団法人ノバルティス科学振興財団  2004年04月

  • 化学合成による細胞毒性オキサスクアレノイドの構造研究

    団法人実吉奨学会  2003年

  • 植物起源ポリエーテル系化合物の合成研究及びその機能解明と人工分子系の構築

    財団法人実吉奨学会  2001年

  • スクアレン由来ポリエーテル類の細胞毒性発現機構解明への化学合成的アプローチ

    財団法人松籟科学技術振興財団  2000年

  • 高酸化状態にあるレニウムを用いる酸化反応の開発とその有機合成への展開

    有機合成化学協会  1999年03月

  • スクワレン由来ポリエーテル類の細胞毒性発現機構解明への合成化学的アプローチ

    公益財団法人内藤記念科学振興財団  1998年

  • スクワレン由来ポリエーテル類の細胞毒性発現機構解明への有機合成化学的アプローチ

    財団法人サントリー生物有機科学研究所  1998年

  • 生合成類似経路による抗腫瘍性アルカロイド、マンザミン類の合成研究

    財団法人実吉奨学会  1997年

  • 生理活性ポリエーテル系化合物の合成及びその機能解明

    公益信託三菱油化化学研究奨励基金  1997年

  • 植物起源ポリエーテル系化合物の合成研究及びその機能解明と人工分子系の構築

    財団法人松籟科学技術振興財団  1996年

  • 特異な骨格を持つ生理活性アルカロイド、チュベロステモニン類の不斉合成研究

    財団法人実吉奨学会  1995年

▼全件表示

その他補助金等

  • エナンチオ発散現象を示す海洋産抗腫瘍性ブロモトリテルペノイドの分子科学研究

    大阪公立大学  2022年度大阪公立学戦略的研究推進事業(STEP-UP研究)  2022年06月

  • 動的分子科学イノベーション

    大学  2010月

  • 新規骨格をもつ細胞毒性生体機能アルカロイドハウアミンの合成研究

    大学  2006月

  • 高酸化状態にあるレニウムを用いる酸化反応の開発とその有機合成への展開

    大学  2000月

研究員受入実績

  • 2023年度  研究員数:2名

  • 2022年度  研究員数:2名

担当教育概要

  • 1.全学教育:受験勉強的な発想はやめてもらい、近代合理主義に裏打ちされた自然科学における物の見方や考え方を、化学を通して伝えるよう努めている。 2.専門教育:化学の学問体系を全体的に理解してもらい、化学科卒業に必要な専門的知識及び技術を身につけてもらうようにしている。 3.大学院教育:最新の文献内容が理解できる程度に、より高度な専門的知識を習得してもらい、研究者としての自覚を持ってもらうよう心掛けている。 4.研究室での指導:毎日の議論を通じて、目の前で起こる現象を自分で考えることができ、自分の研究がうまく行くためにはどうすればよいかを常に意識してもらうよう努めている。

担当授業科目

  • 海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 有機化学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究4

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 前期海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究Ⅰ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学実験Ⅲ

    2023年度   週間授業   大学

  • 有機化学4

    2023年度   週間授業   大学

  • 化学特別演習4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 有機化学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能有機化学特別講義2

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究1(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能有機化学特別講義2

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D3物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D2物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 有機化学4

    2022年度   週間授業   大学

  • 特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 創成分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 前期海外特別研究2(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究II

    2021年度     大学院

  • 化学前期特別研究I

    2021年度     大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2021年度     大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2021年度     大学院

  • 後期特別研究(D3物質分子系)

    2021年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2021年度     大学院

  • 機能有機分子科学特論II

    2021年度     大学院

  • 化学産業論

    2021年度     大学院

  • 特別研究

    2021年度     大学

  • 化学実験III

    2021年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2021年度     大学

  • 基礎有機化学I

    2021年度     大学

  • 化学前期特別研究II

    2020年度     大学院

  • 化学前期特別研究I

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2020年度     大学院

  • 後期特別研究(D2物質分子系)

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 特別研究

    2020年度     大学

  • 化学実験III

    2020年度     大学

  • 有機化学演習2

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2020年度     大学

  • 基礎有機化学I

    2020年度     大学

  • 機能分子科学ゼミナール

    2019年度     大学院

  • 後期特別研究

    2019年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2019年度     大学院

  • 化学前期特別研究I

    2019年度     大学院

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 基幹有機化学

    2019年度     大学院

  • 特別研究

    2019年度     大学

  • 化学実験S

    2019年度     大学

  • 化学実験III

    2019年度     大学

  • 有機化学1

    2019年度     大学

  • 化学セミナー

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2018年度     大学

  • 有機化学1

    2018年度     大学

  • 化学実験III

    2018年度     大学

  • 特別研究

    2018年度     大学

  • 基幹有機化学

    2018年度     大学院

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2018年度     大学院

  • 後期特別研究

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2018年度     大学院

  • 化学実験S

    2018年度     大学

  • 化学セミナー

    2018年度     大学

  • 理科基礎セミナー

    2017年度     大学

  • 有機化学1

    2017年度     大学

  • 化学実験III

    2017年度     大学

  • 特別研究

    2017年度     大学

  • 基幹有機化学

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2017年度     大学院

  • 基礎有機化学II

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2017年度     大学

  • 後期特別研究

    2017年度     大学院

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 有機化学3-2

    1900年度     大学

  • 分子有機化学特論 I

    1900年度    

  • 化学情報とスペクトル演習

    1900年度     大学

  • 有機化学2

    1900年度     大学

  • 有機化学演習

    1900年度     大学

  • 実験で知る自然の世界

    1900年度     大学

  • 基礎有機化学I

    1900年度     大学

  • 基礎化学実験II

    1900年度     大学

  • 天然物有機化学

    1900年度     大学

  • 化学セミナ-2

    1900年度     大学

  • 有機化学実験

    1900年度     大学

  • 応用機器分析

    1900年度     大学

  • 卒業研究

    1900年度     大学

  • 分子有機化学ゼミナ-ル

    1900年度    

  • 分子有機化学演習

    1900年度    

  • 分子有機化学特論 II

    1900年度    

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 有機化学共通特論

    2022年12月
    機関名:九州大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 有機化学共通特論

    2022年12月
    機関名:九州大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 環境物質科学特別講義II

    2017年08月
    機関名:北海道大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

FD活動

  • 教育方法の改善  2023年度

     詳細を見る

    担当専門教育科目及び大学院担当科目受講生による授業アンケートを行い,授業の充実と改善に役立てた.

  • 教育方法の改善  2022年度

     詳細を見る

    担当専門教育科目及び大学院担当科目受講生による授業アンケートを行い,授業の充実と改善に役立てた.

  • 教育方法の改善  2021年度

     詳細を見る

    担当全学共通科目,専門教育科目及び大学院担当科目受講生による授業アンケートを行い,授業の充実と改善に役立てた.

  • 教育方法の改善  2020年度

     詳細を見る

    担当全学共通科目,専門教育科目及び大学院担当科目受講生による授業アンケートを行い,授業の充実と改善に役立てた.

  • 教育方法の改善  2019年度

     詳細を見る

    担当専門教育及び大学院担当科目受講生による授業アンケートを行い,授業の充実と改善に役立てた.

  • 教育方法の改善  2018年度

     詳細を見る

    担当専門教育及び大学院担当科目受講生による授業アンケートを行い,授業の充実と改善に役立てた.

  • 教育方法の改善  2017年度

     詳細を見る

    担当全学共通,専門教育及び大学院担当科目受講生による授業アンケートを行い,授業の充実と改善に役立てた.

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:5件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:1件  所属大学院生発表数:4件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:3名 

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:3名 

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):6件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):2件

  • 2021年度

    卒業論文指導数:3名 

    博士前期課程学生指導数:6名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):3件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2020年度

    卒業論文指導数:3名 

    博士前期課程学生指導数:5名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):2件  修士論文審査数(副査):2件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2019年度

    卒業論文指導数:4名 

    博士前期課程学生指導数:7名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):4件  修士論文審査数(副査):5件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2018年度

    卒業論文指導数:4名 

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2017年度

    卒業論文指導数:4名 

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):4件  修士論文審査数(副査):5件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):0件

▼全件表示

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:教育推進本部経費申請に協力し「研究科横断型での国際化推進教育によるグローバル科学技術人材育成」のプログラムが採択された.本経費でM1とM2学生の日本化学会秋季事業 第11回CSJ化学フェスタ2021への参加・発表を支援した.2022年度まで支援対象専攻に採択されている日本化学工業協会の化学人材育成プログラムの専攻内選考委員を務めプログラムの推進に努めた.

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:外部の外国人留学生の大学院一般入試を支援し合格した.来年度当研究室で受け入れ予定.

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:M1学生が第11回CSJ化学フェスタ2021優秀ポスター発表賞受賞.D3学生がJST次世代研究者挑戦的プログラム「リゾーム型研究人材育成プログラム」に採択された.

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:教育推進本部経費申請「能動的学習支援による研究科横断型での科学技術人材育成」に協力したが惜しくも不採択であった.2022年度まで支援対象専攻に採択されている日本化学工業協会の化学人材育成プログラムにおいて,22年度以降の支援対象専攻と奨学金給付対象の採択に協力した.

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:D2学生が「海洋汚損生物に対して忌避作用を示す天然物を模倣した、環境にやさしい船底防汚剤の開発」の研究課題で2020年度笹川科学研究助成に採択されるのを支援した.

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:教育推進本部経費申請に協力し「研究科横断型での国際化教育推進による科学技術人材育成」のプログラムが採択された.本経費でD1学生の台湾で開催されたThe 18th Asian Chemical Congressへの参加・発表を支援した.2022年度まで支援対象専攻に採択されている日本化学工業協会の化学人材育成プログラムの推進に努めた.

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:M1学生が第39回有機合成若手セミナー優秀研究発表賞受賞.M2外国人留学生がThe 18th Asian Chemical CongressでBest Prize受賞.B4学生の他大学院受験を支援し合格した.

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:M2の外国人留学生1名の修士修了を支援した.2019年度開始の英語のみで修了できる大学院課程の入試がうまく行くよう前向きな議論を行った.

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:M1の外国人留学生を1名受け入れた.2019年度開始予定の英語のみで修了できる大学院課程の開設へ向けて前向きな議論を行った.

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:D2学生が第38回有機合成若手セミナー優秀研究発表賞受賞.B4学生が化学科卒業研究発表会ベストプレゼンテーション賞受賞.B4学生の他大学院受験を支援し合格した.

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:教育推進本部経費申請に協力し「研究科横断型での国際化教育推進による化学生物系人材育成」のプログラムが採択された.2022年度まで支援対象専攻に採択されている日本化学工業協会の化学人材育成プログラムの推進に努めた.

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:2019年度開始予定の英語のみで修了できる大学院課程の開設へ向けて前向きな議論を行った.

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:教育推進本部経費申請に協力し「研究科横断型大学院教育改革の推進と化学人材育成」のプログラムが採択された.2022年度まで支援対象専攻に採択されている日本化学工業協会の化学人材育成プログラムの推進に努めた.

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:北海道大学大学院環境科学院の非常勤講師として環境物質科学特別講義Ⅱの集中講義を10コマ担当した.D1学生が第7回CSJ化学フェスタ2017優秀ポスター発表賞受賞.M2学生が第37回有機合成若手セミナー優秀研究発表賞受賞.社会人ドクターの学生が標準修業年限の3年で学位を取得.B4学生の他大学院受験を支援し合格した.

▼全件表示

社会貢献活動

  • 生物が生み出す天然有機化合物の世界

    役割:講師

    大阪公立大学文化交流センター  専門家講座  2023年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:21(人)

  • 海洋天然物の全合成からエナンチオ発散現象との遭遇へ

    役割:講師

    横浜市立大学  横浜市立大学セミナー  2023年01月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:20(人)

  • 海洋天然物の全合成からエナンチオ発散現象との遭遇へ

    役割:講師

    九州大学  九州大学大学院理学府講演会  2022年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 海洋天然物の全合成からエナンチオ発散現象との遭遇へ

    役割:講師

    九州大学  九州大学先導物質化学研究所講演会  2022年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 新学術領域研究「中分子戦略」取りまとめシンポジウム

    役割:情報提供, 調査担当, 報告書執筆

    2020年10月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者, 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 第40回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」

    役割:講師, 情報提供

    2020年08月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 学術団体, 企業

    種別:講演会

    参加者数:200(人)

  • 新学術領域研究「中分子戦略」第8回成果報告会

    役割:講師, 寄稿

    新学術領域研究「中分子戦略」  京都大学桂キャンパス  2019年05月 - 2019年06月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 公益財団法人長瀬科学技術振興財団平成30年度受賞者研究成果発表会

    役割:講師, 情報提供, 報告書執筆, 寄稿

    公益財団法人長瀬科学技術振興財団  大阪科学技術センター  2019年04月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:200(人)

  • 第16回高校化学グランドコンテスト

    役割:情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    大阪市立大学  大阪市立大学  2019年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, メディア

    種別:フェスティバル

    参加者数:300(人)

  • 米子高専学生の合成有機化学研究室見学

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援

    大阪市立大学  2019年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 研究者

    種別:施設一般公開

    参加者数:10(人)

  • 第13回化学生態学研究会

    役割:講師

    2018年06月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 第15回高校化学グランドコンテスト

    役割:情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2018年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 行政機関, メディア

    種別:フェスティバル

  • シンポジウム「天然物化学の新展開」

    役割:講師

    2017年09月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 米子高専学生の合成有機化学研究室見学

    役割:助言・指導, 情報提供, 企画

    2017年09月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 教育関係者, 研究者, 学術団体

    種別:施設一般公開

  • 北海道大学講演会

    役割:講師

    2017年08月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 地方独立行政法人大阪産業技術研究所と共同研究

    役割:助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援

    2017年04月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 学術団体, 企業, 行政機関

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 第14回高校化学グランドコンテスト

    役割:情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2017年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 行政機関, メディア

    種別:フェスティバル

  • 有機合成セミナー

    役割:講師

    有機合成化学協会  静岡県立大学  2016年06月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 第13回高校化学グランドコンテスト

    役割:情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    大阪市立大学  大阪市立大学  2016年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

    参加者数:300(人)

  • 横浜市大シンポジウム『天然物有機化学研究の最前線』

    役割:講師

    横浜市立大学  2015年09月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 第12高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    大阪市立大学  大阪市立大学  2015年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

    参加者数:300(人)

  • 理研シンポジウム「第15回分析・解析技術と化学の最先端」

    役割:講師, 情報提供

    理化学研究所  2014年12月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 学術団体, 企業

    種別:講演会

    参加者数:150(人)

  • 公益財団法人アステラス病態代謝研究会第45回研究報告会

    役割:講師, 情報提供, 報告書執筆

    公益財団法人アステラス病態代謝研究会  日本工業倶楽部  2014年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:150(人)

  • 大阪市立大学教職員労働組合

    役割:情報提供, 運営参加・支援

    大阪市立大学  2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業

    種別:その他

  • 第11高校化学グランドコンテスト

    役割:情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2014年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 第10回高校化学グランドコンテスト

    役割:コメンテーター, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 調査担当

    2013年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • オープンキャンパス学科説明会

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援

    大阪市立大学  大阪市立大学  2012年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 第9回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 調査担当

    大阪市立大学  大阪市立大学  2012年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

    参加者数:300(人)

  • オープンキャンパス体験実験

    役割:助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 実演

    大阪市立大学  大阪市立大学  2011年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 2011旭硝子財団助成研究発表会

    役割:講師, 情報提供, 報告書執筆

    旭硝子財団  ホテルグランドヒル市ヶ谷  2011年07月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:200(人)

  • 第8回高校化学グランドコンテスト

    役割:情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2011年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 第7回高校化学グランドコンテスト

    役割:情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2010年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 住友化学講演会

    役割:講師, 情報提供

    住友化学株式会社農業化学品研究所  2009年09月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 有機合成夏期セミナー「明日の有機合成化学」

    役割:講師, 情報提供, 寄稿

    有機合成化学協会関西支部  大阪科学技術センター  2009年09月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 学術団体, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:200(人)

  • 新化学科の将来像を探るシンポジウム

    役割:講師, 情報提供

    大阪市立大学  2009年08月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 第6回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 調査担当

    2009年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 三井化学講演会

    役割:講師, 情報提供

    三井化学触媒科学研究所  2008年01月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 第5回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 調査担当, 寄稿

    2008年 - 2009年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 分子精密制御の高次物質化学

    役割:講師, 情報提供

    大阪市立大学  2007年12月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 秋の市大授業

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 寄稿

    大阪市立大学  大阪市立大学  2007年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 学術団体

    種別:出前授業

    参加者数:150(人)

  • 第10回有機分子構築法夏の学校

    役割:講師, 情報提供

    ながさき式見ハイツ  2007年06月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 第4回高校化学グランドコンテスト

    役割:コメンテーター, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2007年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 分子精密制御の物質化学2006

    役割:講師, 情報提供

    大阪市立大学  2006年12月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 大阪市立大学化学セミナー

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供

    大阪市立大学  2006年11月

     詳細を見る

    対象: 大学生

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 大塚有機合成シンポジウム

    役割:講師, 情報提供

    大塚製薬能力開発研究所  2006年09月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 研究者, 企業

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 大阪市立大学化学セミナー

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供

    大阪市立大学  2006年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:出前授業

    参加者数:100(人)

  • 第9回有機分子構築法夏の学校

    役割:講師, 情報提供

    ながさき式見ハイツ  2006年06月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 第3回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2006年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 大阪市立大学オープンキャンパス

    役割:助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 調査担当

    2005年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 第2回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援, 調査担当

    2005年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 大阪市立大学大学院理学研究科化学科・物質科学科談話会

    役割:講師, 情報提供

    大阪市立大学  2004年01月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 第1回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 調査担当

    2004年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 企業, メディア

    種別:フェスティバル

  • 第1回有機合成化学協会関西支部賞受賞講演会

    役割:講師, 情報提供

    有機合成化学協会関西支部  大阪科学技術センター  2003年11月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 学術団体, 企業

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 第30回有機反応懇談会

    役割:講師, 情報提供, 寄稿

    神戸大学  2003年08月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 学術団体, 企業

    種別:講演会

    参加者数:200(人)

  • 第9回大阪市立大学最先端研究講座

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供

    大阪市立大学文化交流センター  2001年08月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:出前授業

    参加者数:100(人)

  • 日本化学会第79春季年会若い世代の特別講演

    役割:講師, 情報提供, 寄稿

    日本化学会  甲南大学  2001年03月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 企業

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 第27回有機反応懇談会

    役割:講師, 情報提供, 寄稿

    大阪市立大学  2000年08月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 企業

    種別:講演会

    参加者数:200(人)

  • 第3回有機分子構築法夏の学校

    役割:講師, 情報提供

    京都薬科大学セミナーハウス  2000年07月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 日本化学会第77秋季年会

    役割:講師, 情報提供, 寄稿

    日本化学会  北海道大学  1999年09月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 企業

    種別:講演会

    参加者数:150(人)

  • 研究シーズ集へ記事掲載

    役割:情報提供, 寄稿

    1999年 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 行政機関, メディア

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 大阪市立大学理学部化学科談話会

    役割:講師, 情報提供

    大阪市立大学  1992年04月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

  • 2021年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2020年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2019年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

  • 2018年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

  • 2017年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

▼全件表示

国際交流活動

  • サンパウロ大学とブタンタン研究所(ブラジル),ノートルダム大学とジョンキャロル大学(アメリカとの共同研究で,我々が合成したカエル毒ヒストリオニコトキシン235Aとデカヒドロキノリン(DHQ)のセマダラヤドクガエルAdelphobates galactonotus内での体内隔離についての研究をJ. Exp. Zool. A Ecol. Integr. Physiol.に発表した.

    活動区分 :研究

    活動国 :ブラジル、アメリカ合衆国   2022年06月

  • サンパウロ大学(ブラジル),ジョンキャロル大学(アメリカ),ヨーク大学(カナダ)との共同研究で,カエル毒ヒストリオニコトキシンの毒ガエル体内分布に関する研究をJ. Mass Spectrom.に発表した.

    活動区分 :研究

    活動国 :Brazil, USA, and Canada   2020年06月

  • サンパウロ大学(ブラジル),ヨーク大学(カナダ)及びジョンキャロル大学(アメリカ)とカエル毒ヒストリオニコトキシンに関する共同研究を開始した.

    活動区分 :研究

    活動国 :Brazil, Canada, and USA   2018年06月 - 継続中

その他

  • 職務経歴

    2022年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪公立大学 大学院理学研究科 教授

  • 職務経歴

    2007年04月 - 2022年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院理学研究科 教授

  • 職務経歴

    2001年04月 - 2007年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院理学研究科 助教授

  • 職務経歴

    1999年04月 - 2001年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学部 助教授

  • 職務経歴

    1995年10月 - 1999年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学部 講師

  • 職務経歴

    1992年04月 - 1995年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学 理学部 助手

▼全件表示