2024/04/12 更新

写真a

ホソミ シュウヘイ
細見 周平
HOSOMI Shuhei
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻  大阪公立大学大学院医学研究科 消化器内科学

    准教授  2024年04月 - 継続中

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 2024年03月

  • 医学部 医学科 

    准教授  2024年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 2024年03月

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器内科学

研究キーワード

  • 味覚受容体

  • クローン病

  • 潰瘍性大腸炎

  • 炎症性腸疾患

  • 分子標的治療

研究概要

  • 炎症性腸疾患の病態と治療
    炎症性腸疾患における生物学的製剤治療の最適化
    腸管粘膜傷害におけるプロスタグランジン輸送蛋白(SLCO2A1)の役割解明
    生体恒常性維持における腸管味覚受容体の機能解析
    レセプトデータを用いた疫学研究
    光受容蛋白による消化管運動制御機能解明
    炎症性腸疾患患者の服薬アンケート研究

研究歴

  • 光受容蛋白による消化管運動制御機能解明

    機関内共同研究

    2023年04月 - 継続中 

  • 生体恒常性維持における腸管味覚受容体の機能解析

    国内共同研究

    2019年04月 - 継続中 

  • 腸管粘膜傷害におけるプロスタグランジン輸送蛋白(SLCO2A1)の役割解明

    個人研究

    2017年04月 - 継続中 

  • 腸炎発症における腸管小胞体ストレスと肥満細胞の役割

    個人研究

    2017年04月 - 2024年03月 

  • 炎症性腸疾患治療薬の血中動態と遺伝子多型の研究

    2016年03月 - 継続中 

  • 小胞体ストレス応答によるNKG2Dリガンド発現機構と腸炎への関与の解明

    2011年06月 - 2018年03月 

  • NK細胞の細胞傷害活性抑制の分子メカニズムに関する研究

    2011年06月 - 2014年03月 

  • 炎症性腸疾患における未熟形質細胞の研究

    個人研究

    2009年04月 - 2011年03月 

  • クローン病におけるghrelinおよびそのレセプターの発現と機能についての検討

    個人研究

    2006年04月 - 2009年03月 

所属学協会

  • 日本炎症性腸疾患学会

      国内

  • American Gastroenterological Association

      国外

  • 日本消化管学会

      国内

  • 日本消化器免疫学会

      国内

  • 日本消化器内視鏡学会

      国内

  • 日本消化器病学会

      国内

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本小腸学会

      国内

  • Asian Organization for Crohn’s & Colitis

      国外

  • 日本大腸肛門病学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 学会評議員   日本消化器病学会  

    2024年01月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本内科学会  

    2023年09月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本消化器内視鏡学会  

    2021年07月 - 継続中 

  • 評議員   日本消化器免疫学会  

    2020年 - 継続中 

  • 近畿支部評議委員   日本消化器病学会  

    2018年01月 - 継続中 

受賞歴

  • 医学部長賞 特別賞

    2020年03月   大阪市立大学大学院医学研究科  

  • 教員活動表彰 特別表彰

    2019年06月   大阪市立大学  

  • 日本潰瘍学会 学会賞

    2010  

職務経歴(学外)

  • Brigham and Women’s Hospital   Postdoctoral research fellow

    2011年06月 - 2014年03月

  • 大阪医療刑務所   内科医師

    2006年04月 - 2007年03月

  • 長吉総合病院   消化器内科医師

    2005年05月 - 2006年03月

  • 東住吉森本病院   消化器内科医師

    2003年11月 - 2005年04月

  • 浅香山病院   内科医師

    2003年05月 - 2003年10月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   消化器内科学   博士課程   卒業・修了

    2005年04月 - 2009年03月

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    1996年04月 - 2002年03月

論文

  • Correlation between anxiety and decreased quality of life in patients with non-esophageal eosinophilic gastrointestinal diseases. 査読

    Tanaka F, Kanamori A, Sawada A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   8 ( 1 )   e13025   2024年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgh3.13025

    PubMed

  • Efficacy of Upadacitinib as a Second-line JAK Inhibitor in Ulcerative Colitis: A Case Series. 査読

    Hosomi S, Nishida Y, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   2023年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2653-23

    PubMed

  • The impact of COVID-19 on Japanese patients with eosinophilic gastrointestinal disorders during the vaccination era. 査読

    Fujiwara Y, Sawada A, Higashimori A, Nakata R, Tanoue K, Nishida Y, Maruyama H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   7 ( 10 )   702 - 707   2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgh3.12969

    PubMed

  • Impact of the COVID-19 Pandemic on the Lifestyle and Psychosocial Behavior of Patients with Inflammatory Bowel Diseases: A Narrative Review. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    Healthcare (Basel, Switzerland)   11 ( 19 )   2023年09月( ISSN:2227-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/healthcare11192642

    PubMed

  • Prevalence of elderly eosinophilic esophagitis and their clinical characteristics. 査読

    Fujiwara Y, Kanamori A, Sawada A, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Taira K, Tanaka F

    Scandinavian journal of gastroenterology   58 ( 11 )   1222 - 1227   2023年07月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2023.2220854

    PubMed

  • Responses of Proton Pump Inhibitors and Potassium-Competitive Acid Blockers According to Outcomes of Symptom, Endoscopy, and Histology in Patients With Eosinophilic Esophagitis. 査読

    Fujiwara Y, Sawada A, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Taira K, Tanaka F

    Journal of clinical gastroenterology   2023年06月( ISSN:0192-0790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MCG.0000000000001869

    PubMed

  • Risk factors for adverse events associated with endoscopic submucosal dissection for superficial pharyngeal cancer. 査読

    Ominami M, Nagami Y, Kono M, Yamamoto Y, Yokota C, Teranishi Y, Oishi M, Manabe T, Ochiai T, Tanoue K, Yamamura M, Maruyama H, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Sunami K, Fujiwara Y

    Surgical endoscopy   2023年05月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-023-10118-6

    PubMed

  • Upper gastrointestinal endoscopic findings in functional constipation and irritable bowel syndrome diagnosed using the Rome IV criteria: a cross-sectional survey during a medical check-up in Japan. 査読

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Nadatani Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y

    BMC gastroenterology   23 ( 1 )   140   2023年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12876-023-02784-6

    PubMed

  • Esophageal mast cells may be associated with the perception of symptoms in patients with eosinophilic esophagitis. 査読

    Kanamori A, Tanaka F, Takashima S, Sawada A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   20 ( 2 )   333 - 341   2023年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-022-00967-w

    PubMed

  • Correction to: Expert consensus on vaccination in patients with inflammatory bowel disease in Japan. 査読

    Ishige T, Shimizu T, Watanabe K, Arai K, Kamei K, Kudo T, Kunisaki R, Tokuhara D, Naganuma M, Mizuochi T, Murashima A, Inoki Y, Iwata N, Iwama I, Koinuma S, Shimizu H, Jimbo K, Takaki Y, Takahashi S, Cho Y, Nambu R, Nishida D, Hagiwara SI, Hikita N, Fujikawa H, Hosoi K, Hosomi S, Mikami Y, Miyoshi J, Yagi R, Yokoyama Y, Hisamatsu T

    Journal of gastroenterology   58 ( 4 )   431 - 432   2023年04月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-023-01965-0

    PubMed

  • Pretreatment serum monocyte chemoattractant protein-1 as a predictor of long-term outcome by ustekinumab in patients with Crohn's disease. 査読

    Okuda H, Hosomi S, Itani S, Kurimoto N, Kobayashi Y, Nakata R, Nishida Y, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   2023年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.16151

    PubMed

  • Expert consensus on vaccination in patients with inflammatory bowel disease in Japan. 査読

    Ishige T, Shimizu T, Watanabe K, Arai K, Kamei K, Kudo T, Kunisaki R, Tokuhara D, Naganuma M, Mizuochi T, Murashima A, Inoki Y, Iwata N, Iwama I, Koinuma S, Shimizu H, Jimbo K, Takaki Y, Takahashi S, Cho Y, Nambu R, Nishida D, Hagiwara SI, Hikita N, Fujikawa H, Hosoi K, Hosomi S, Mikami Y, Miyoshi J, Yagi R, Yokoyama Y, Hisamatsu T

    Journal of gastroenterology   58 ( 2 )   135 - 157   2023年02月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-022-01953-w

    PubMed

  • Neutrophil-to-lymphocyte ratio may predict clinical relapse in ulcerative colitis patients with mucosal healing. 査読

    Kurimoto N, Nishida Y, Hosomi S, Itani S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    PloS one   18 ( 1 )   e0280252   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0280252

    PubMed

  • Long-term rebleeding rate and predictive factors of rebleeding after capsule endoscopy in patients with obscure GI bleeding. 査読

    Otani K, Shimada S, Watanabe T, Nadatani Y, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    Gastrointestinal endoscopy   96 ( 6 )   956 - 969.e3   2022年12月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gie.2022.07.012

    PubMed

  • An extra 1-cm margin during endoscopic submucosal dissection can control subsquamous tumor extension of esophagogastric junction adenocarcinoma. 査読

    Manabe T, Nagami Y, Tanoue K, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Watanabe T, Fujiawaral Y

    Endoscopy international open   10 ( 11 )   E1501 - E1507   2022年11月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/a-1936-9073

    PubMed

  • Short bevacizumab infusion as an effective and safe treatment for colorectal cancer. 査読

    Taira K, Okazaki S, Akiyoshi K, Machida H, Ikeya T, Kimura A, Nakata A, Nadatani Y, Ohminami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Fujiwara Y

    Molecular and clinical oncology   17 ( 3 )   139   2022年09月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2022.2572

    PubMed

  • OTUD1 deubiquitinase regulates NF-κB- and KEAP1-mediated inflammatory responses and reactive oxygen species-associated cell death pathways. 査読

    Oikawa D, Gi M, Kosako H, Shimizu K, Takahashi H, Shiota M, Hosomi S, Komakura K, Wanibuchi H, Tsuruta D, Sawasaki T, Tokunaga F

    Cell death & disease   13 ( 8 )   694   2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41419-022-05145-5

    PubMed

  • Psychological Stress Exacerbates Inflammation of the Ileum via the Corticotropin-Releasing Hormone-Mast Cell Axis in a Mouse Model of Eosinophilic Enteritis. 査読

    Kanamori A, Tanaka F, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    International journal of molecular sciences   23 ( 15 )   2022年08月( ISSN:16616596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms23158538

    PubMed

  • Gastrointestinal IgG4 Deposition Is a New Histopathological Feature of Eosinophilic Gastroenteritis. 査読

    Kosaka S, Tanaka F, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   67 ( 8 )   3639 - 3648   2022年08月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-021-07244-3

    PubMed

  • Evaluation of long-term survival in patients with severe comorbidities after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Hirano S, Nagami Y, Yamamura M, Tanoue K, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Surgical endoscopy   36 ( 7 )   5011 - 5022   2022年07月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-021-08859-3

    PubMed

  • Lustrous White Erosions Surrounded by an Erythematous Mucosa: A Novel Endoscopic Finding of Gastric Lesions in Patients with Wilson Disease. 査読

    Kitagawa D, Ominami M, Taira K, Tanoue K, Higashimori A, Maruyama H, Itani S, Nishida Y, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Kamata N, Kuwae Y, Watanabe T, Ohsawa M, Fujiwara Y, F-study Group

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 12 )   1835 - 1841   2022年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8076-21

    PubMed

  • Pirfenidone prevents esophageal stricture by inhibiting nucleotide binding oligomerization domain like receptor protein 3 inflammasome activation. 査読

    Hirano S, Higashimori A, Nagami Y, Nadatani Y, Tanigawa T, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   37 ( 6 )   1096 - 1106   2022年06月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15861

    PubMed

  • Curly hair caused by selenium deficiency in an adult woman. 査読

    Hosomi S, Fujimoto K, Fujiwara Y

    The Journal of dermatology   49 ( 6 )   e197 - e198   2022年06月( ISSN:0385-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1346-8138.16324

    PubMed

  • A case of paradoxical response during anti-tuberculosis treatment in a patient with ulcerative colitis. 査読

    Hosomi S, Sugita N, Kanamori A, Ominami M, Otani K, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    Clinical journal of gastroenterology   15 ( 3 )   592 - 597   2022年06月( ISSN:18657257

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-022-01616-6

    PubMed

  • Angle of covered self-expandable metallic stents after placement is a risk factor for recurrent biliary obstruction. 査読

    Tanoue K, Maruyama H, Ishikawa-Kakiya Y, Kinoshita Y, Hayashi K, Yamamura M, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    World journal of hepatology   14 ( 5 )   992 - 1005   2022年05月( ISSN:1948-5182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4254/wjh.v14.i5.992

    PubMed

  • Effect of the Coronavirus Disease 2019 Lockdown on Lifestyle Factors in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Itani S, Ohminami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 9 )   1329 - 1336   2022年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8825-21

    PubMed

  • A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan. 査読

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   70 ( 2 )   205 - 211   2022年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.21-87

    PubMed

  • Clinical Implication of Preoperative C-Reactive Protein/Albumin Ratio in Malignant Transformation of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm: A Propensity Score Analysis. 査読

    Maruyama H, Tanoue K, Ishikawa-Kakiya Y, Yamamura M, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Ohira G, Kimura K, Amano R, Fujiwara Y

    Diagnostics (Basel, Switzerland)   12 ( 2 )   2022年02月( ISSN:2075-4418

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/diagnostics12020554

    PubMed

  • Pyogenic Spondylitis Caused by Staphylococcus schleiferi in a Patient with Crohn's Disease. 査読

    Fujimoto K, Hosomi S, Nakata R, Sugita N, Nishida Y, Fukunaga S, Nadatani Y, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 4 )   577 - 580   2022年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.7368-21

    PubMed

  • Interferon-α exerts proinflammatory properties in experimental radiation-induced esophagitis: Possible involvement of plasmacytoid dendritic cells. 査読

    Kitamura H, Tanigawa T, Kuzumoto T, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Uematsu S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Life sciences   289   120215   2022年01月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2021.120215

    PubMed

  • Prevalence and risk factor for chronic diarrhea in participants of a Japanese medical checkup. 査読

    Matsumoto Y, Nadatani Y, Otani K, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Kimura T, Fukumoto S, Tanaka F, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   6 ( 1 )   69 - 75   2022年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgh3.12704

    PubMed

  • [Current real-world treatments for Japanese patients with eosinophilic esophagitis]. 査読

    Fujiwara Y, Tanaka F, Nakata R, Kakiya Y, Yamamura M, Tanoue K, Sawada A, Higashimori A, Nishida Y, Maruyama H, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   119 ( 10 )   929 - 936   2022年( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11405/nisshoshi.119.929

    PubMed

  • Acceptance of COVID-19 Vaccines among Patients with Inflammatory Bowel Disease in Japan. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    Healthcare (Basel, Switzerland)   10 ( 1 )   2021年12月( ISSN:2227-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/healthcare10010006

    PubMed

  • Ovariectomy-Induced Dysbiosis May Have a Minor Effect on Bone in Mice. 査読

    Kosaka S, Nadatani Y, Higashimori A, Otani K, Fujimoto K, Nagata Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Imoto S, Uematsu S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Microorganisms   9 ( 12 )   2021年12月( ISSN:2076-2607

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms9122563

    PubMed

  • The Impact of Human Herpesviruses in Clinical Practice of Inflammatory Bowel Disease in the Era of COVID-19. 査読

    Hosomi S, Nishida Y, Fujiwara Y

    Microorganisms   9 ( 9 )   2021年09月( ISSN:2076-2607

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms9091870

    PubMed

  • Gastrointestinal endoscopic practice during COVID-19 pandemic: a multi-institutional survey. 査読

    Maruyama H, Hosomi S, Nebiki H, Fukuda T, Nakagawa K, Okazaki H, Yamagami H, Hara J, Tanigawa T, Machida H, Aomatsu K, Watanabe Y, Sato H, Uno H, Takaishi O, Nomura T, Ochi M, Oshitani N, Adachi K, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Romanian journal of internal medicine = Revue roumaine de medecine interne   59 ( 2 )   166 - 173   2021年06月( ISSN:1220-4749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2478/rjim-2020-0038

    PubMed

  • Eosinophilic esophagitis and asymptomatic esophageal eosinophilia display similar immunohistological profiles. 査読

    Kitamura H, Tanaka F, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   68 ( 3 )   246 - 252   2021年05月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.20-49

    PubMed

  • Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs. 査読

    Nakata A, Tanaka F, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology   56 ( 5 )   422 - 433   2021年05月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-021-01766-3

    PubMed

  • A case of nivolumab-induced cervical lymphadenopathy in a patient with gastric cancer. 査読

    Taira K, Kimura A, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastrointestinal oncology   12 ( 2 )   880 - 884   2021年04月( ISSN:2078-6891

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jgo-20-315

    PubMed

  • Vonoprazan shows efficacy similar to that of proton pump inhibitors with respect to symptomatic, endoscopic, and histological responses in patients with eosinophilic esophagitis. 査読

    Kuzumoto T, Tanaka F, Sawada A, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   18 ( 2 )   372 - 379   2021年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-020-00783-0

    PubMed

  • Comparison of the Diagnostic Efficiency of Radial- and Convex-Arrayed Echoendoscopes for Indirect Findings of Pancreatic Cancer: A Retrospective Comparative Study Using Propensity Score Method. 査読

    Ishikawa-Kakiya Y, Maruyama H, Yamamoto K, Yamamura M, Tanoue K, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Cancers   13 ( 6 )   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers13061217

    PubMed

  • Role of nucleotide binding oligomerization domain-like receptor protein 3 inflammasome in stress-induced gastric injury. 査読

    Higashimori A, Watanabe T, Nadatani Y, Nakata A, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   36 ( 3 )   740 - 750   2021年03月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15257

    PubMed

  • Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs. 査読

    Nakata A, Tanaka F, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology   2021年02月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-021-01766-3

    PubMed

  • Prevalence and risk factors of functional constipation in the Rome IV criteria during a medical check-up in Japan. 査読

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Kimura T, Fukumoto S, Kawada N, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   2021年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15436

    PubMed

  • The impact of cytochrome P450 3A genetic polymorphisms on tacrolimus pharmacokinetics in ulcerative colitis patients. 査読

    Furuse M, Hosomi S, Nishida Y, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Watanabe K, Fujiwara Y

    PloS one   16 ( 4 )   e0250597   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250597

    PubMed

  • Impact of the Lockdown Due to the COVID-19 Pandemic on Patients With Inflammatory Bowel Disease. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Sugita N, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Frontiers in medicine   8   649759   2021年( ISSN:2296-858X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmed.2021.649759

    PubMed

  • Protective role of resolvin D1, a pro-resolving lipid mediator, in nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage. 査読

    Kuzumoto T, Tanigawa T, Higashimori A, Kitamura H, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    PloS one   16 ( 5 )   e0250862   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250862

    PubMed

  • Ceftriaxone-associated Pseudolithiasis in Elderly People: Frequency and Risk Factors. 査読

    Hotta K, Hashimura N, Takatsuka M, Matsuyama T, Nakagawa K, Yabusako T, Hosomi S, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 24 )   3857 - 3864   2021年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.7611-21

    PubMed

  • Rebamipide ameliorates indomethacin-induced small intestinal damage and proton pump inhibitor-induced exacerbation of this damage by modulation of small intestinal microbiota. 査読

    Tanigawa T, Watanabe T, Higashimori A, Shimada S, Kitamura H, Kuzumoto T, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Shiba M, Suda W, Hattori M, Fujiwara Y

    PloS one   16 ( 1 )   e0245995   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0245995

    PubMed

  • Dysbiosis in the Salivary Microbiome Associated with IgA Nephropathy-‍A‍ ‍Japanese Cohort Study. 査読

    Khasnobish A, Takayasu L, Watanabe KI, Nguyen TTT, Arakawa K, Hotta O, Joh K, Nakano A, Hosomi S, Hattori M, Suda W, Morita H

    Microbes and environments   36 ( 2 )   2021年( ISSN:1342-6311

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1264/jsme2.ME21006

    PubMed

  • A mask-based infection control method for screening endoscopy may prevent SARS-CoV-2 transmission and relieve staff anxiety. 査読

    Nadatani Y, Higashimori A, Takashima S, Maruyama H, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Fujii H, Nakano A, Taira K, Kamata N, Nagami Y, Kimura T, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Fujiwara Y

    SAGE open medicine   9   20503121211047060   2021年( ISSN:2050-3121

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/20503121211047060

    PubMed

  • Endoscopic findings of gastric lesions in patients with eosinophilic gastrointestinal disorders. 査読

    Fujiwara Y, Tanoue K, Higashimori A, Nishida Y, Maruyama M, Itani S, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Machida H, Tanigawa T, Watanabe T, Ohsawa M, F-Study group .

    Endoscopy international open   8 ( 12 )   E1817 - E1825   2020年12月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/a-1268-7312

    PubMed

  • A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer(和訳中) 査読

    Yoshikawa-Kimura Akie, Taira Koichi, Katanosaka Yuki, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer. 査読

    Watanabe T, Nadatani Y, Suda W, Higashimori A, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Tanigawa T, Nakatsu G, Hattori M, Fujiwara Y

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   2020年11月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-020-01141-w

    PubMed

  • Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-<i>Helicobacter pylori</i> antibody during a medical check-up. 査読

    Otani K, Watanabe T, Kosaka S, Matsumoto Y, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Kimura T, Fukumoto S, Kawada N, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.20-21

    PubMed

  • Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-Helicobacter pylori antibody during a medical check-up(和訳中) 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Kosaka Satoshi, Matsumoto Yuji, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Safety of Endoscopic Mucosal Resection Using a Bipolar Snare for Superficial Nonampullary Duodenal Epithelial Tumors and the Predictive Factors of Piecemeal Resection. 査読

    Yamamura M, Nagami Y, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestion   1 - 9   2020年10月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000510601

    PubMed

  • Systematic review with meta-analysis: efficacy of balloon-assisted enteroscopy for dilation of small bowel Crohn's disease strictures. 査読

    Bettenworth D, Bokemeyer A, Kou L, Lopez R, Bena JF, El Ouali S, Mao R, Kurada S, Bhatt A, Beyna T, Halloran B, Reeson M, Hosomi S, Kishi M, Hirai F, Ohmiya N, Rieder F

    Alimentary pharmacology & therapeutics   52 ( 7 )   1104 - 1116   2020年10月( ISSN:0269-2813

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/apt.16049

    PubMed

  • Repeated Endoscopic Submucosal Dissection for Esophageal Neoplasia Located Close to a Previous Endoscopic Submucosal Dissection Scar. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Sakai T, Maruyama H, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Clinical and translational gastroenterology   11 ( 8 )   e00226   2020年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14309/ctg.0000000000000226

    PubMed

  • Predictive factors for difficult endoscopic submucosal dissection for esophageal neoplasia including failure of en bloc resection or perforation. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Sakai T, Maruyama H, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Surgical endoscopy   2020年07月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-020-07777-0

    PubMed

  • Proton pump inhibitors enhance intestinal permeability via dysbiosis of gut microbiota under stressed conditions in mice. 査読

    Takashima S, Tanaka F, Kawaguchi Y, Usui Y, Fujimoto K, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Tanigawa T, Watanabe T, Imoto S, Uematsu S, Fujiwara Y

    Neurogastroenterology and motility : the official journal of the European Gastrointestinal Motility Society   32 ( 7 )   e13841   2020年07月( ISSN:1350-1925

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.13841

    PubMed

  • Slco2a1 deficiency exacerbates experimental colitis via inflammasome activation in macrophages: a possible mechanism of chronic enteropathy associated with SLCO2A1 gene. 査読

    Nakata R, Nakamura Y, Hosomi S, Okuda H, Nishida Y, Sugita N, Itani S, Nadatani Y, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Watanabe T, Yamagami H, Nakanishi T, Fujiwara Y

    Scientific reports   10 ( 1 )   4883   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-61775-9

    PubMed

  • Slco2a1 deficiency exacerbates experimental colitis via inflammasome activation in macrophages: a possible mechanism of chronic enteropathy associated with SLCO2A1 gene. 査読

    Rieko Nakata, Yoshinobu Nakamura, Shuhei Hosomi, Hiroaki Okuda, Yu Nishida, Naoko Sugita, Shigehiro Itani, Yuji Nadatani, Koji Otani, Fumio Tanaka, Noriko Kamata, Koichi Taira, Yasuaki Nagami, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Hirokazu Yamagami, Takeo Nakanishi, Yasuhiro Fujiwara

    Scientific Reports   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Exosomal hsa-miR-933 in Gastric Juice as a Potential Biomarker for Functional Dyspepsia. 査読

    Tanaka F, Takashima S, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Murakami Y, Kawada N, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   2020年01月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-020-06096-7

    PubMed

  • Endoscopic Submucosal Dissection for Esophageal Cancer Close to the Previous ESD Scar 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Sakai Taishi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTION   101 ( 1 )   89 - 89   2020年01月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer. 査読

    Yoshikawa-Kimura A, Taira K, Katanosaka Y, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5457-20

    PubMed

  • A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer. 査読

    Yoshikawa-Kimura A, Taira K, Katanosaka Y, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5457-20

    PubMed

  • Novel prognostic biomarkers of pouchitis after ileal pouch-anal anastomosis for ulcerative colitis: Neutrophil-to-lymphocyte ratio. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Fujimoto K, Nakata R, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Ohfuji S, Fujiwara Y

    PloS one   15 ( 10 )   e0241322   2020年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0241322

    PubMed

  • NOD-Like Receptor Family Pyrin Domain-Containing 3 Inflammasome Activation Exacerbates 5-Fluorouracil-Induced Small Intestinal Mucositis via Interleukin-1β Activation. 査読

    Nakata A, Nadatani Y, Watanabe T, Matsumoto Y, Kosaka S, Higashimori A, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fujiwara Y

    Digestion   1 - 15   2019年12月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000504974

    PubMed

  • Gastric acid inhibitor aggravates indomethacin-induced small intestinal injury via reducing Lactobacillus johnsonii. 査読

    Nadatani Y, Watanabe T, Suda W, Nakata A, Matsumoto Y, Kosaka S, Higashimori A, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Hattori M, Fujiwara Y

    Scientific reports   9 ( 1 )   17490   2019年11月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-53559-7

    PubMed

  • High-fat diet-mediated dysbiosis exacerbates NSAID-induced small intestinal damage through the induction of interleukin-17A. 査読

    Sugimura N, Otani K, Watanabe T, Nakatsu G, Shimada S, Fujimoto K, Nadatani Y, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Uematsu S, Fujiwara Y

    Scientific reports   9 ( 1 )   16796   2019年11月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-52980-2

    PubMed

  • Successful Eradication of Helicobacter pylori Could Prevent Metachronous Gastric Cancer: A Propensity Matching Analysis. 査読

    Nakata R, Nagami Y, Hashimoto A, Sakai T, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Ohira M, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestion   1 - 10   2019年11月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000504132

    PubMed

  • Positive correlation between pancreatic volume and post-endoscopic retrograde cholangiopancreatography pancreatitis. 査読

    Maruyama H, Shiba M, Ishikawa-Kakiya Y, Kato K, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Yamamoto A, Kabata D, Shintani A, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   2019年10月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.14878

    PubMed

  • Azathioprine Is Useful for Maintaining Long-term Remission Induced by Tacrolimus for the Treatment of Ulcerative Colitis: An Inverse Probability of a Treatment Weighing Analysis. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Sugita N, Itani S, Yukawa T, Otani K, Nagami Y, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Kakimoto K, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 16 )   2305 - 2313   2019年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2632-19

    PubMed

  • Azathioprine Is Useful for Maintaining Long-term Remission Induced by Tacrolimus for the Treatment of Ulcerative Colitis: An Inverse Probability of a Treatment Weighing Analysis. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Sugita N, Itani S, Yukawa T, Otani K, Nagami Y, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Kakimoto K, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 16 )   2305 - 2313   2019年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2632-19

    PubMed

  • Changes in Clock Genes Expression in Esophagus in Rat Reflux Esophagitis. 査読

    Hashimoto A, Uemura R, Sawada A, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   64 ( 8 )   2132 - 2139   2019年08月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-019-05546-1

    PubMed

  • Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults. 査読

    Tanaka F, Fukumoto S, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   16 ( 3 )   309 - 315   2019年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-019-00662-3

    PubMed

  • DOES TREATMENT INTENSIFICATION FOR ULCERATIVE COLITIS PATIENTS WITH CLINICAL REMISSION WHO HAVE MILD ENDOSCOPIC ACTIVITY IMPROVE LONG-TERM PROGNOSIS? 査読

    Hosomi Shuhei, Itani Shigehiro, Nakata Rieko, Sugita Naoko, Nishida Yu, Kamata Noriko, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   89 ( 6 )   AB70 - AB71   2019年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SAFETY OF EMR USED A BIPOLAR SNARE FOR SUPERFICIAL NON-AMPULLARY DUODENAL EPITHELIAL TUMOR AND PREDICTIVE FACTOR OF PIECEMEAL RESECTION 査読

    Yamamura Masafumi, Nagami Yasuaki, Hirano Shinji, Kakiya Yuki, Kinoshita Yosuke, Tanoue Koujiro, Hayashi Kappei, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   89 ( 6 )   AB356 - AB356   2019年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • RISK FACTORS FOR ADVERSE EVENTS OF ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION FOR SUPERFICIAL PHARYNGEAL CANCER USING INVERSE PROBABILITY OF TREATMENT WEIGHTING 査読

    Ominami Masaki, Nagami Yasuaki, Hirano Shinji, Kakiya Yuki, Hayashi Kappei, Kinoshita Yosuke, Tanoue Koujiro, Yamamura Masafumi, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   89 ( 6 )   AB447 - AB447   2019年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ORBIT SCORE PREDICTS MAJOR BLEEDING AFTER COLORECTAL POLYPECTOMY IN PATIENTS RECEIVING ORAL ANTICOAGULATION THERAPY 査読

    Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Ohira Mizuki, Sakai Taishi, Ominami Masaki, Maruyama Hirotsugu, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   89 ( 6 )   AB381 - AB381   2019年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MULTIPLE LUGOL-VOIDING LESIONS INCREASE THE RISK FOR METACHRONOUS RECURRENCE AFTER ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION OF SUPERFICIAL ESOPHAGEAL SQUAMOUS CELL CARCINOMA 査読

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Kakiya Yuki, Kinoshita Yosuke, Tanoue Koujiro, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   89 ( 6 )   AB206 - AB206   2019年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long-term outcome of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer in patients with severe comorbidities: a comparative propensity score analysis. 査読

    Tanoue K, Fukunaga S, Nagami Y, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   22 ( 3 )   558 - 566   2019年05月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-018-0889-8

    PubMed

  • Measurement of prostaglandin metabolites is useful in diagnosis of small bowel ulcerations. 査読

    Matsuno Y, Umeno J, Esaki M, Hirakawa Y, Fuyuno Y, Okamoto Y, Hirano A, Yasukawa S, Hirai F, Matsui T, Hosomi S, Watanabe K, Hosoe N, Ogata H, Hisamatsu T, Yanai S, Kochi S, Kurahara K, Yao T, Torisu T, Kitazono T, Matsumoto T

    World journal of gastroenterology   25 ( 14 )   1753 - 1763   2019年04月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v25.i14.1753

    PubMed

  • Barrett's esophagus is negatively associated with eosinophilic esophagitis in Japanese subjects. 査読

    Takashima S, Tanaka F, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   16 ( 2 )   168 - 173   2019年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-018-0648-2

    PubMed

  • Epithelial endoplasmic reticulum stress orchestrates a protective IgA response. 査読

    Grootjans J, Krupka N, Hosomi S, Matute JD, Hanley T, Saveljeva S, Gensollen T, Heijmans J, Li H, Limenitakis JP, Ganal-Vonarburg SC, Suo S, Luoma AM, Shimodaira Y, Duan J, Shih DQ, Conner ME, Glickman JN, Fuhler GM, Palm NW, de Zoete MR, van der Woude CJ, Yuan GC, Wucherpfennig KW, Targan SR, Rosenstiel P, Flavell RA, McCoy KD, Macpherson AJ, Kaser A, Blumberg RS

    Science (New York, N.Y.)   363 ( 6430 )   993 - 998   2019年03月( ISSN:0036-8075

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.aat7186

    PubMed

  • Safety and efficacy of endoscopic dilation of small bowel Crohn's disease strictures by balloon-assisted enteroscopy: pooled analysis of individual data from 210 patients 査読

    Bettenworth D., Bokemeyer A., Kou L., Lopez R., Halloran B. P., Reeson M., Hosomi S., Kishi M., Hirai F., Ohmiya N., Rieder F.

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   13   S379 - S379   2019年03月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Changes in Clock Genes Expression in Esophagus in Rat Reflux Esophagitis. 査読

    Hashimoto A, Uemura R, Sawada A, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   2019年02月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-019-05546-1

    PubMed

  • Involvement of gliadin, a component of wheat gluten, in increased intestinal permeability leading to non-steroidal anti-inflammatory drug-induced small-intestinal damage 査読

    Shimada Sunao, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Nakata Akinobu, Sugimura Naoki, Itani Shigehiro, Higashimori Akira, Nadatani Yuji, Otani Koji, Taira Koichi, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   14 ( 2 )   e0211436   2019年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0211436

    PubMed

  • Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects. 査読

    Tanaka F, Tominaga K, Fujikawa Y, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 3 )   321 - 328   2019年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1325-18

    PubMed

  • Autophagy deficiency exacerbates colitis through excessive oxidative stress and MAPK signaling pathway activation. 査読

    Kubota M, Kakimoto K, Nakagawa T, Koubayashi E, Nakazawa K, Tawa H, Hirata Y, Okada T, Kawakami K, Asai A, Hosomi S, Takeuchi T, Fukunishi S, Inoue T, Asahi M, Higuchi K

    PloS one   14 ( 11 )   e0225066   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0225066

    PubMed

  • Epithelial endoplasmic reticulum stress orchestrates a protective IgA response 査読

    Joep Grootjans†, Niklas Krupka†, Shuhei Hosomi† (†These three authors contributed equally), Juan D. Matute, Thomas Hanley, Svetlana Saveljeva, Thomas Gensollen, Jarom Heijmans, Hai Li, Julien P. Limenitakis, Stephanie C. Ganal-Vonarburg, Shengbao Suo, Adrienne M. Luoma, Yosuke Shimodaira, Jinzhi Duan, David Q. Shih, Margaret E. Conner, Jonathan N. Glickman, Gwenny M. Fuhler, Noah W. Palm, Marcel R. de Zoete, C. Janneke van der Woude, Guo-Cheng Yuan, Kai W. Wucherpfennig, Stephan R. Targan, Philip Rosenstiel, Richard A. Flavell, Kathy D. McCoy, Andrew J. Macpherson, Arthur Kaser, Richard S. Blumberg

    Science   in press   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Autophagy deficiency exacerbates colitis through excessive oxidative stress and MAPK signaling pathway activation. 査読

    Kubota M, Kakimoto K, Nakagawa T, Koubayashi E, Nakazawa K, Tawa H, Hirata Y, Okada T, Kawakami K, Asai A, Hosomi S, Takeuchi T, Fukunishi S, Inoue T, Asahi M, Higuchi K

    PloS one   14 ( 11 )   e0225066   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0225066

    PubMed

  • Pretreatment neutrophil-to-lymphocyte ratio predicts clinical relapse of ulcerative colitis after tacrolimus induction. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Sugita N, Itani S, Yukawa T, Otani K, Nagami Y, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    PloS one   14 ( 3 )   e0213505   2019年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0213505

    PubMed

  • Barrett's esophagus is negatively associated with eosinophilic esophagitis in Japanese subjects. 査読

    Takashima S, Tanaka F, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   2018年10月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-018-0648-2

    PubMed

  • Heparin-bridging therapy is associated with post-colorectal polypectomy bleeding in patients whose oral anticoagulation therapy is interrupted. 査読

    Sakai T, Nagami Y, Shiba M, Hayashi K, Kinoshita Y, Maruyama H, Kato K, Minamino H, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Scandinavian journal of gastroenterology   53 ( 10-11 )   1304 - 1310   2018年10月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2018.1503325

    PubMed

  • Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects. 査読

    Tanaka F, Tominaga K, Fujikawa Y, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   2018年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1325-18

    PubMed

  • Impact of preoperative biopsy on severe submucosal fibrosis on endoscopic submucosal dissection for colorectal laterally spreading tumors: a propensity score analysis. 査読

    Fukunaga S, Nagami Y, Shiba M, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe T, Fujiwara Y

    Gastrointestinal endoscopy   2018年09月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gie.2018.08.051

    PubMed

  • Usefulness of small bowel reexamination in obscure gastrointestinal bleeding patients with negative capsule endoscopy findings: Comparison of repeat capsule endoscopy and double-balloon enteroscopy 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    UNITED EUROPEAN GASTROENTEROLOGY JOURNAL   6 ( 6 )   879 - 887   2018年07月( ISSN:2050-6406

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2050640618767600

    PubMed

  • New Insights Into the Regulation of Natural-Killer Group 2 Member D (NKG2D) and NKG2D-Ligands: Endoplasmic Reticulum Stress and CEA-Related Cell Adhesion Molecule 1 査読

    Hosomi Shuhei, Grootjans Joep, Huang Yu-Hwa, Kaser Arthur, Blumberg Richard S.

    FRONTIERS IN IMMUNOLOGY   9   1324   2018年06月( ISSN:1664-3224

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fimmu.2018.01324

    PubMed

  • ADVERSE EVENTS OF ENDOSCOPIC BALLOON DILATATION FOR ESOPHAGEAL STRICTURE CAUSED BY ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION 査読

    Nakamura Yoshihiro, Nagami Yasuaki, Yamamura Masafumi, Hayashi Kappei, Kinoshita Yosuke, Tanoue Koujiro, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   87 ( 6 )   AB88 - AB89   2018年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SUCCESSFUL ERADICATION OF HELICOBACTER PYLORI REDUCES THE DEVELOPMENT OF METACHRONOUS GASTRIC CANCER AFTER ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION FOR EARLY GASTRIC CANCER: A PROPENSITY MATCHING ANALYSIS 査読

    Nakata Rieko, Nagami Yasuaki, Hashimoto Atsushi, Sakai Taishi, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Ohira Mizuki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   87 ( 6 )   AB52 - AB53   2018年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Combined Infection of Human Herpes Viruses: A Risk Factor for Subsequent Colectomy in Ulcerative Colitis 査読

    Hosomi Shuhei, Watanabe Kenji, Nishida Yu, Yamagami Hirokazu, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Nagahara Hisashi, Maeda Kiyoshi, Fujiwara Yasuhiro

    INFLAMMATORY BOWEL DISEASES   24 ( 6 )   1307 - 1315   2018年06月( ISSN:1078-0998

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ibd/izy005

    PubMed

  • CAN THE ORBIT SCORE PREDICT DELAYED BLEEDING AFTER COLORECTAL ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION IN PATIENTS RECEIVING ORAL ANTICOAGULATION THERAPY? 査読

    Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Ominami Masaki, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   87 ( 6 )   AB399 - AB399   2018年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of esophageal stricture in patients given locoregional triamcinolone injections immediately after endoscopic submucosal dissection. 査読

    Nagami Y, Ominami M, Shiba M, Sakai T, Fukunaga S, Sugimori S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Ishihara T, Yamamoto K, Fujiwara Y

    Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society   30 ( 2 )   198 - 205   2018年03月( ISSN:0915-5635

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/den.12946

    PubMed

  • Efficacy of a concomitant elemental diet to reduce the loss of response to adalimumab in patients with intractable Crohn's disease 査読

    Sugita Naoko, Watanabe Kenji, Kamata Noriko, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Arakawa Tetsuo, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   33 ( 3 )   631 - 637   2018年03月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.13969

    PubMed

  • A comparison of thiopurines vs. anti-TNF-alpha therapy in steroid-dependent ulcerative colitis 査読

    Hosomi S., Ohira M., Yamagami H., Nakata R., Sugita N., Nishida Y., Itani S., Yukawa T., Kamata N., Otani K., Nagami Y., Tanaka F., Taira K., Tanigawa T., Watanabe T., Fujiwara Y.

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   12   S341 - S341   2018年02月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum interleukin-6 level predicts future outcomes of infliximab for ulcerative colitis 査読

    Nishida Y., Hosomi S., Yukawa T., Otani K., Nagami Y., Tanaka F., Taira K., Kamata N., Yamagami H., Tanigawa T., Watanabe T., Fujiwara Y.

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   12   S482 - S482   2018年02月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Risk of pancreatitis after pancreatic duct guidewire placement during endoscopic retrograde cholangiopancreatography 査読

    Ishikawa-Kakiya Yuki, Shiba Masatsugu, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   13 ( 1 )   e0190379   2018年01月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0190379

    PubMed

  • Clinical features of chronic enteropathy associated with SLCO2A1 gene: a new entity clinically distinct from Crohn's disease. 査読

    Umeno J, Esaki M, Hirano A, Fuyuno Y, Ohmiya N, Yasukawa S, Hirai F, Kochi S, Kurahara K, Yanai S, Uchida K, Hosomi S, Watanabe K, Hosoe N, Ogata H, Hisamatsu T, Nagayama M, Yamamoto H, Abukawa D, Kakuta F, Onodera K, Matsui T, Hibi T, Yao T, Kitazono T, Matsumoto T, CEAS study group.

    Journal of gastroenterology   2018年01月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-017-1426-y

    PubMed

  • Sepsis Markers Soluble IL-2 Receptor and Soluble CD14 Subtype as Potential Biomarkers for Complete Mucosal Healing in Patients With Inflammatory Bowel Disease 査読

    Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Itani Shigehiro, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   12 ( 1 )   87 - 95   2018年01月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ecco-jcc/jjx124

    PubMed

  • Endoscopic Submucosal Dissection for Adenocarcinomas of the Esophagogastric Junction 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTION   97 ( 1 )   38 - 44   2018年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000484111

    PubMed

  • Clinical Utility of Capsule Endoscopy and Double-Balloon Enteroscopy in the Management of Obscure Gastrointestinal Bleeding 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTION   97 ( 1 )   52 - 58   2018年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000484218

    PubMed

  • Serum interleukin-6 level is associated with response to infliximab in ulcerative colitis. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Watanabe K, Watanabe K, Yukawa T, Otani K, Nagami Y, Tanaka F, Taira K, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara Y

    Scandinavian journal of gastroenterology   1 - 7   2017年11月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2017.1403647

    PubMed

  • Clinical factors associated with positive capsule endoscopy findings in patients with obscure gastrointestinal bleeding: a single-center study. 査読

    Shimada S, Watanabe T, Nadatani Y, Otani K, Taira K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Fujiwara Y

    Scandinavian journal of gastroenterology   52 ( 11 )   1219 - 1223   2017年11月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2017.1349174

    PubMed

  • Intestinal epithelial cell endoplasmic reticulum stress promotes MULT1 up-regulation and NKG2D-mediated inflammation 査読

    Hosomi Shuhei, Grootjans Joep, Tschurtschenthaler Markus, Krupka Niklas, Matute Juan D., Flak Magdalena B., Martinez-Naves Eduardo, del Moral Manuel Gomez, Glickman Jonathan N., Ohira Mizuki, Lanier Lewis L., Kaser Arthur, Blumberg Richard

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   214 ( 10 )   2985 - 2997   2017年10月( ISSN:0022-1007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20162041

    PubMed

  • Analysis of the Risk Factors of Surgery after Endoscopic Balloon Dilation for Small Intestinal Strictures in Crohn's Disease Using Double-balloon Endoscopy. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Yukawa T, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   56 ( 17 )   2245 - 2252   2017年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8224-16

    PubMed

  • A comparison of short-term therapeutic efficacy between infliximab and tacrolimus for moderate to severe ulcerative colitis 査読

    Yamagami Hirokazu, Nishida Yu, Nagami Yasuaki, Hosomi Shuhei, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    ROMANIAN JOURNAL OF INTERNAL MEDICINE   55 ( 3 )   151 - 157   2017年09月( ISSN:1582-3296

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/rjim-2017-0012

    PubMed

  • Expression of Serum Exosomal and Esophageal MicroRNA in Rat Reflux Esophagitis 査読

    Uemura Risa, Murakami Yoshiki, Hashimoto Atsushi, Sawada Akinari, Otani Koji, Taira Koichi, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Taguchi Y-h, Fujiwara Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   18 ( 8 )   2017年08月( ISSN:1422-0067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms18081611

    PubMed

  • Long-Term Outcome of Endoscopic Submucosal Dissection for Early Gastric Cancer in Patients With Severe Comorbidities: A Comparative Propensity Score Analysis 査読

    Tanoue Koujiro, Fukunaga Shusei, Nagami Yasuaki, Nakamura Yoshihiro, Kakiya Yuki, Hayashi Kappei, Kinoshita Yosuke, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Kato Kunihiro, Ominami Masaki, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB429 - AB430   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usefulness of Small Intestinal Reexamination for Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding With Negative Capsule Endoscopy Findings: Comparison of Balloon-Assisted Enteroscopy and Capsule Endoscopy 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shiba Masatsugu, Sugimura Naoki, Itani Shigehiro, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB297 - AB298   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Predictive Factor for Esophageal Stricture in Patients Who Received Locoregional Triamcinolone Injection Immediately After ESD 査読

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Shiba Masatsugu, Sakai Taishi, Fukunaga Shusei, Sugimori Satoshi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB577 - AB577   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Neutrophil-to-lymphocyte ration in ulcerative colitis predicts sustained response to infliximab 査読

    Nishida Y., Hosomi S., Watanabe K., Yukawa T., Otani K., Nagami Y., Tanaka F., Taira K., Kamata N., Shiba M., Yamagami H., Tanigawa T., Watanabe T., Tominaga K., Fujiwara Y.

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   11   S294 - S294   2017年02月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio for Predicting Loss of Response to Infliximab in Ulcerative Colitis 査読

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Yukawa Tomomi, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   12 ( 1 )   e0169845   2017年01月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0169845

    PubMed

  • Clinical factors associated with positive capsule endoscopy findings in patients with obscure gastrointestinal bleeding: a single-center study 査読

    Shimada Sunao, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Otani Koji, Taira Koichi, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   52 ( 11 )   1219 - 1223   2017年( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2017.1349174

    PubMed

  • Analysis of the Risk Factors of Surgery after Endoscopic Balloon Dilation for Small Intestinal Strictures in Crohn's Disease Using Double-balloon Endoscopy 査読

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Yukawa Tomomi, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 17 )   2245 - 2252   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Balloon-assisted endoscopy enables access to and treatment of strictures in the small intestine using endoscopic balloon dilation (EBD); however, the long-term outcomes of EBD have not been sufficiently evaluated. This study evaluated the long-term outcomes of EBD in Crohn's disease to identify the risk factors associated with the need for subsequent surgical intervention. </p><p><b>Methods </b>We retrospectively analyzed patients with Crohn's disease who had undergone EBD with double-balloon endoscopy (DBE) for small intestinal strictures at a single center between 2006 and 2015. The long-term outcomes were assessed based on the cumulative surgery-free rate following initial EBD. </p><p><b>Results </b>Seventy-two EBD with DBE sessions and 112 procedures were performed for 37 patients during this period. Eighteen patients (48.6%) required surgery during follow-up. Significant factors associated with the need for surgery in a multivariate analysis were multiple strictures (adjusted hazard ratio, 14.94; 95% confidence interval, 1.91-117.12; p=0.010). One patient (6.7%) required surgery among 15 who had single strictures compared to 17 (77.3%) among 22 patients with multiple strictures. </p><p><b>Conclusion </b>In a multivariate analysis, the presence of multiple strictures was a significant risk factor associated with the need for surgery; therefore, a single stricture might be a good indication for EBD using DBE for small intestinal strictures in Crohn's disease patients. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8224-16

    PubMed

    CiNii Article

  • NLRP3 inflammasome has a protective effect against oxazolone-induced colitis: a possible role in ulcerative colitis 査読

    Itani Shigehiro, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Sugimura Naoki, Shimada Sunao, Takeda Shogo, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    SCIENTIFIC REPORTS   6   39075   2016年12月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep39075

    PubMed

  • Roles of NLRP3 inflammasome in the pathogenesis of Th2-mediated colitis 査読

    Itani Shigehiro, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Sugimura Naoki, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31   150 - 150   2016年11月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Leukotrienes and the other airway: Celiac disease and asthma collide. 査読

    Grootjans J, Hosomi S, Blumberg RS

    The Journal of experimental medicine   212 ( 10 )   1485   2015年09月( ISSN:0022-1007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.21210insight4

    PubMed

  • [Significances and issues for capsule endoscopy in patients with Crohn's disease -toward the appropriate use]. 査読

    Watanabe K, Hosomi S, Noguchi A, Yukawa T, Kamata N, Yamagami H, Tominaga K, Watanabe T, Fujiwara Y, Nebiki H, Arakawa T

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   112 ( 7 )   1259 - 69   2015年07月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11405/nisshoshi.112.1259

    PubMed

  • Efficacy of Concomitant Elemental Diet Therapy in Scheduled Infliximab Therapy in Patients with Crohn's Disease to Prevent Loss of Response 査読

    Kamata Noriko, Oshitani Nobuhide, Watanabe Kenji, Watanabe Kimihiko, Hosomi Shuhei, Noguchi Atsushi, Yukawa Tomomi, Yamagami Hirokazu, Shiba Matsatsugu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   60 ( 5 )   1382 - 1388   2015年05月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-014-3493-8

    PubMed

  • Novel Diagnostic Findings on Capsule Endoscopy in the Small Bowel of Patients With Crohn's Disease 査読

    Watanabe Kenji, Noguchi Atsushi, Miyazaki Takako, Morimoto Kenichi, Hosomi Shuhei, Yukawa Tomomi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Nakamura Shiro, Nebiki Hiroko, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   81 ( 5 )   AB473 - AB473   2015年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Developments of novel diagnostic findings on capsule endoscopy in the small bowel of patients with Crohn's disease 査読

    Watanabe K., Noguchi A., MIyazaki T., Morimoto K., Hosomi S., Yukawa T., Kamata N., Yamgami H., Nakamura S., Arakawa T.

    JOURNAL OF CROHNS & COLITIS   9   S139 - S139   2015年02月( ISSN:1873-9946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of endoplasmic reticulum stress and autophagy as interlinking pathways in the pathogenesis of inflammatory bowel disease. 査読

    Hosomi S, Kaser A, Blumberg RS

    Current opinion in gastroenterology   31 ( 1 )   81 - 8   2015年01月( ISSN:0267-1379

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MOG.0000000000000144

    PubMed

  • Rectal biopsy, rather than ileal, is appropriate to confirm the diagnosis of early gastrointestinal graft-versus-host disease 査読

    Minamino Hiroaki, Machida Hirohisa, Tominaga Kazunari, Morimoto Kenichi, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Hayashi Yoshiki, Nagami Yasuaki, Sugimori Satoshi, Kamata Noriko, Shiba Masatsugu, Nakamae Hirohisa, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki, Arakawa Tetsuo

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   50 ( 11 )   1428 - 1434   2015年( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/00365521.2015.1054421

    PubMed

  • Paneth cells as a site of origin for intestinal inflammation. 査読

    Adolph TE, Tomczak MF, Niederreiter L, Ko HJ, Böck J, Martinez-Naves E, Glickman JN, Tschurtschenthaler M, Hartwig J, Hosomi S, Flak MB, Cusick JL, Kohno K, Iwawaki T, Billmann-Born S, Raine T, Bharti R, Lucius R, Kweon MN, Marciniak SJ, Choi A, Hagen SJ, Schreiber S, Rosenstiel P, Kaser A, Blumberg RS

    Nature   503 ( 7475 )   272 - 6   2013年11月( ISSN:0028-0836

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature12599

    PubMed

  • ER stress transcription factor Xbp1 suppresses intestinal tumorigenesis and directs intestinal stem cells. 査読

    Niederreiter L, Fritz TM, Adolph TE, Krismer AM, Offner FA, Tschurtschenthaler M, Flak MB, Hosomi S, Tomczak MF, Kaneider NC, Sarcevic E, Kempster SL, Raine T, Esser D, Rosenstiel P, Kohno K, Iwawaki T, Tilg H, Blumberg RS, Kaser A

    The Journal of experimental medicine   210 ( 10 )   2041 - 56   2013年09月( ISSN:0022-1007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20122341

    PubMed

  • CEACAM1 on activated NK cells inhibits NKG2D-mediated cytolytic function and signaling. 査読

    Hosomi S, Chen Z, Baker K, Chen L, Huang YH, Olszak T, Zeissig S, Wang JH, Mandelboim O, Beauchemin N, Lanier LL, Blumberg RS

    European journal of immunology   43 ( 9 )   2473 - 83   2013年09月( ISSN:0014-2980

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/eji.201242676

    PubMed

  • The short isoform of the CEACAM1 receptor in intestinal T cells regulates mucosal immunity and homeostasis via Tfh cell induction. 査読

    Chen L, Chen Z, Baker K, Halvorsen EM, da Cunha AP, Flak MB, Gerber G, Huang YH, Hosomi S, Arthur JC, Dery KJ, Nagaishi T, Beauchemin N, Holmes KV, Ho JW, Shively JE, Jobin C, Onderdonk AB, Bry L, Weiner HL, Higgins DE, Blumberg RS

    Immunity   37 ( 5 )   930 - 46   2012年11月( ISSN:1074-7613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.immuni.2012.07.016

    PubMed

  • 炎症性腸疾患における末梢血未熟形質細胞のケモカインレセプター発現の検討 査読

    細見 周平, 渡辺 憲治, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 十河 光栄, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   38 ( 2 )   139 - 141   2011年09月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 炎症性腸疾患における末梢血未熟形質細胞のケモカインレセプター発現の検討 査読

    細見 周平, 渡辺 憲治, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 十河 光栄, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   38 ( 2 )   139 - 141   2011年09月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    末梢血未熟形質細胞と炎症性腸疾患の病勢との関連、炎症部への集簇に関与するケモカイン・ケモカインレセプター発現を検討した。潰瘍性大腸炎・クローン病の活動期では、末梢血におけるCD19+CD20-CD138+CD38++の未熟形質細胞の割合が有意に高く、臨床的活動度と相関を示した。また、末梢血未熟形質細胞はCXCR3・CXCR4・CCR9・CCR10を主に発現する細胞であったが、潰瘍性大腸炎ではCXCR3・CXCR4の発現が有意に高く、これらは主にIgG産生細胞であった。さらに、炎症性腸疾患の炎症部ではCXCR3のligandであるCXCL9・10・11のmRNA発現が有意に高かった。以上より、CXCR3/CXCL9〜11を介した末梢血未熟形質細胞の大腸炎症粘膜への集簇が、潰瘍性大腸炎の病態に関与している可能性が示唆された。

  • Dysregulated upregulation of T-cell immunoglobulin and mucin domain-3 on mucosal T helper 1 cells in patients with Crohn's disease 査読

    Morimoto Kenichi, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Kamata Noriko, Sogawa Mitsue, Machida Hirohisa, Okazaki Hirotoshi, Tanigawa Tetsuya, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Arakawa Tetsuo

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   46 ( 6 )   701 - 709   2011年06月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/00365521.2011.568518

    PubMed

  • クローン病における TIM (T cell immunoglobulin and mucin domain)-3 発現についての検討 査読

    森本 謙一, 渡辺 憲治, 塚原 卓矢, 伊藤 良恵, 細見 周平, 鎌田 紀子, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   38 ( 1 )   64 - 66   2011年05月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Increased numbers of immature plasma cells in peripheral blood specifically overexpress chemokine receptor CXCR3 and CXCR4 in patients with ulcerative colitis 査読

    Hosomi S., Oshitani N., Kamata N., Sogawa M., Okazaki H., Tanigawa T., Yamagami H., Watanabe K., Tominaga K., Watanabe T., Fujiwara Y., Maeda K., Hirakawa K., Arakawa T.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL IMMUNOLOGY   163 ( 2 )   215 - 224   2011年02月( ISSN:0009-9104

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2249.2010.04290.x

  • クローン病に対するGMA : 急性期寛解導入の立場から(<特集>炎症性腸疾患に対するアフェレシスの新展開) 査読

    渡辺 憲治, 山上 博一, 新藤 正喜, 塚原 卓也, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 細見 周平, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本アフェレシス学会 日本アフェレシス学会雑誌   30 ( 1 )   12 - 15   2011年( ISSN:13405888

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Treatments of Crohn's disease with immunomodulators or biologics were dramatically developed recent years. Early diagnosis prior to stricture or fistula and mucosal healing should bring better prognosis. Immunosuppressive therapy, however, includes the risk for opportunistic infection or malignancy. GMA is a safe therapy option for treatment of patients with Crohn's disease. We need further investigation for its optimization.

    CiNii Article

  • 【出血性小腸疾患 内視鏡診断・治療の最前線】出血性小腸疾患の診断 腫瘍および腫瘍様病変 査読

    山上 博一, 森本 謙一, 細見 周平, 中谷 雅美, 高塚 正樹, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 十河 光栄, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)医学書院 胃と腸   45 ( 3 )   363 - 370   2010年03月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小腸腫瘍は比較的まれな疾患である.当施設において小腸悪性腫瘍,小腸GISTと診断された症例におけるDBEの検査成績について報告する.2003年12月から2009年7月までに当科においてDBE,SBEを施行した614例について検討した.小腸悪性腫瘍は17例に認めた.原発性小腸癌が10例,転移性小腸癌が4例,悪性リンパ腫が3例であった.内視鏡下生検による診断は13例(76.5%)において可能であった.OGIBで精査した294例のうち小腸悪性腫瘍を認めたものは9例(3.1%)にすぎないが小腸悪性腫瘍17例中9例(52.9%)がOGIBを契機に診断されており,OGIBは小腸悪性腫瘍診断の契機として重要である.(著者抄録)

  • Dislocation of Rab13 and vasodilator-stimulated phosphoprotein in inactive colon epithelium in patients with Crohn's disease. 査読

    Ohira M, Oshitani N, Hosomi S, Watanabe K, Yamagami H, Tominaga K, Watanabe T, Fujiwara Y, Maeda K, Hirakawa K, Arakawa T

    International journal of molecular medicine   24 ( 6 )   829 - 35   2009年12月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Dislocation of Rab13 and vasodilator-stimulated phosphoprotein in inactive colon epithelium in patients with Crohn's disease 査読

    Ohira Mizuki, Oshitani Nobuhide, Hosomi Shuhei, Watanabe Kenji, Yamagami Hirokazu, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Arakawa Tetsuo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   24 ( 6 )   829 - 835   2009年12月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijmm_00000300

  • Development of Pouchitis With Combination Therapy With Peg-Interferon alpha-2b and Ribavirin for Chronic Hepatitis C in a Patient With Ulcerative Colitis Who Underwent Pouch Surgery 査読

    Morimoto Kenichi, Yamagami Hirokazu, Hosomi Shuhei, Ohira Mizuki, Suekane Takehisa, Kamata Noriko, Sogawa Mitsue, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Tamori Akihiro, Oshitani Nobuhide, Arakawa Tetsuo

    AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   104 ( 6 )   1609 - 1610   2009年06月( ISSN:0002-9270

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ajg.2009.120

    PubMed

  • Usefulness of Double-Balloon Endoscopy in the Diagnosis of Malignant Small-Bowel Tumors 査読

    Yamagami Hirokazu, Oshitani Nobuhide, Hosomi Shuhei, Suekane Takehisa, Kamata Noriko, Sogawa Mitsue, Okazaki Hirotoshi, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    CLINICAL GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   6 ( 11 )   1202 - 1205   2008年11月( ISSN:1542-3565

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cgh.2008.05.014

    PubMed

  • Phenotypical and functional study of ghrelin and its receptor in the pathogenesis of Crohn's disease 査読

    Hosomi Shuhei, Oshitani Nobuhide, Kamata Noriko, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Watanabe Toshio, Fujiwara Yosuhiro, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Arakawa Tetsuo

    INFLAMMATORY BOWEL DISEASES   14 ( 9 )   1205 - 1213   2008年09月( ISSN:1078-0998

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ibd.20477

    PubMed

  • 炎症性腸疾患における小腸内視鏡検査の意義と課題 : クローン病を中心に 査読

    渡辺 憲治, 細見 周平, 平田 直人, 末包 剛久, 青松 和輝, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 押谷 伸英, 荒川 哲男

    The Japan Society of Coloproctology 日本大腸肛門病学会雑誌   60 ( 10 )   958 - 963   2007年10月( ISSN:00471801

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年進歩の著しい小腸内視鏡の炎症性腸疾患, 特にクローン病 (CD) における有用性と課題を中心に述べた. カプセル内視鏡 (CE) は, 低侵襲で全小腸内視鏡検査が行え, 鑑別診断, CD小腸病変の把握等に有用だが滞留のリスクがあり, 早急なPatency Capsuleの国内認可が望まれる. ダブルバルーン内視鏡は生検やバルーン拡張が行え, 極めて有用な検査だが, 癒着による深部挿入困難や, 小腸活動性病変を有する症例の挿入時の穿孔のリスクがある. 従来いわれてきた回腸終末部より口側の小骨盤内回腸にCD小腸病変の主座を置くCD症例が, 約2割存在し, 狭窄や瘻孔の発見が遅れる可能性があり, 臨床上注意を要する. 種々の免疫調節剤の開発により, 今後, 長期予後の改善を目指し, CD薬物療法の目標が従来の臨床的緩解から内視鏡的緩解に移行する可能性があり, CE, DBEの有用性と特徴を理解したCD症例のマネージメントが重要である.

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.60.958

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物

  • サイトメガロウイルス腸炎(潰瘍性大腸炎に併発)

    細見 周平、渡辺 憲治( 担当: 単著)

    炎症性腸疾患 鑑別診断アトラス  2010年 

MISC(その他記事)

  • 37. 【分子標的時代のIBD診療-IBDの寛解導入,寛解維持の実践】クローン病に対する寛解導入と寛解維持 クローン病治療における寛解導入と寛解維持の定義

    細見 周平

    IBD Research   2022年

     詳細を見る

  • 【クローン病小腸狭窄病変に対する内視鏡的バルーン拡張術-基本からピットフォールまで】クローン病小腸狭窄病変に対するバルーン拡張術 ピットフォール 悪性狭窄との鑑別 招待

    細見 周平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    (株)日本メディカルセンター Intestine   24 ( 3 )   219 - 224   2020年08月( ISSN:1883-2342

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>クローン病では小腸癌の合併が報告されており,小腸型,長期経過例,狭窄・瘻孔存在は罹患リスクが高くなる.小腸内視鏡の登場は小腸癌の内視鏡的・生検診断を可能としたが,一方で小腸狭窄への非手術治療が可能となったことで,小腸癌の手術のタイミングを逸してしまう可能性もある.クローン病関連小腸癌の疫学や特徴-内視鏡的・生検診断の困難さなど-を理解し,適切なタイミングでの悪性除外を目指した診断・治療戦略が必要である.

  • 【分子標的時代のIBD診療-IBDの寛解導入,寛解維持の実践】クローン病に対する寛解導入と寛解維持 クローン病治療における寛解導入と寛解維持の定義 招待

    細見 周平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科   35 ( 10 )   1213 - 1219   2020年08月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>高い治療効果を有する分子標的治療が可能となった今,クローン病の活動性評価には,Crohn's disease activity index(CDAI)やHarvey-Bradshawindex(HBI)といった臨床的活動性スコアに加えて,内視鏡診断や横断的画像診断といった客観的な活動性スコアの併用も重要となる.また一方で,患者中心医療の概念を基礎とした臨床試験の評価項目として,患者報告アウトカム(patient reported outcome;PRO)も注目されてきている.Treat-to-Targetの概念・治療戦略が重要視されつつあるクローン病診療において,これらのスコアの特徴や寛解の定義などを理解することは,臨床試験の立ち上げだけでなく実臨床においても大切である.

  • EFFECT OF COLCHICINE TREATMENT ON SEVERE NSAID-INDUCED SMALL INTESTINAL DAMAGE: A PILOT STUDY 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB613 - AB614   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • THE EFFECT OF PIRFENIDONE FOR ESOPHAGEAL STRICTURE AFTER CIRCUMFEREENTIAL ESOPHAGEAL ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION IN A PORCINE MODEL 査読

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Kakiya Yuki, Tanoue Kojiro, Hayashi Kappei, Sawada Akinari, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB420 - AB420   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • LONG-TERM SURVIVAL OF PATIENTS WITH SEVERE COMORBIDITIES WHO RECEIVED ENDOSCOPIC SUBMUCOSAL DISSECTION FOR ESOPHAGEAL SQUAMOUS CELL CARCINOMA: A COMPARATIVE PROPENSITY SCORE ANALYSIS 査読

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Yamamoto Kei, Manabe Taku, Kakiya Yuki, Tanoue Kojiro, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Sakai Taishi, Maruyama Hirotsugu, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB147 - AB147   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • HEPARIN BRIDGING THERAPY IS ASSOCIATED WITH DELAYED BLEEDING AFTER ENDOSCOPIC TREATMENT FOR COMMON BILE DUCT STONE IN PATIENTS TREATED WITH ORAL ANTITHROMBOTIC THERAPY 査読

    Hayashi Kappei, Maruyama Hirotsugu, Yamamoto Kei, Manabe Taku, Kimura Akie, Kakiya Yuki, Hirano Shinji, Tanoue Kojiro, Yamamura Masafumi, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   91 ( 6 )   AB368 - AB369   2020年06月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 腸管上皮の小胞体ストレスに対する免疫応答 招待

    細見 周平

    (有)科学評論社 臨床免疫・アレルギー科   73 ( 4 )   429 - 434   2020年04月( ISSN:1881-1930

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【上部消化管感染症-最近の話題を含めて】症例アトラス 感染性食道炎 食道結核 査読

    丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (株)医学書院 胃と腸   54 ( 12 )   1614 - 1617   2019年11月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【食道の炎症を視る】感染性 結核性食道炎 査読

    丸山 紘嗣, 大谷 恒治, 田中 史生, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   31 ( 8 )   1204 - 1207   2019年08月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【膵管intervention】膵炎予防のための自然脱落型膵管ステント 査読

    丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (有)科学評論社 消化器・肝臓内科   5 ( 3 )   278 - 284   2019年03月( ISSN:2432-3446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【炎症性腸疾患(第2版)-病因解明と診断・治療の最新知見-】炎症性腸疾患の内科的治療 炎症性腸疾患治療薬の使い方と特性 抗TNFα抗体製剤 アダリムマブ 査読

    鎌田 紀子, 渡辺 憲治, 細見 周平, 山上 博一, 藤原 靖弘

    (株)日本臨床社 日本臨床   76 ( 増刊3 炎症性腸疾患 )   337 - 341   2018年04月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【IBD治療薬の最適化とは?】IBD治療における栄養療法の最適化 査読

    鎌田 紀子, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 杉田 奈央子, 湯川 知洋, 細見 周平, 山上 博一, 渡辺 憲治, 藤原 靖弘

    (株)先端医学社 IBD Research   12 ( 1 )   37 - 42   2018年03月( ISSN:1881-6533

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    栄養療法はクローン病(CD)の基本的治療として位置づけられており、安全性が高いため、寛解導入、維持に広く用いられている。CDの活動期には、病状や受容性により栄養療法・薬物療法あるいは両者の組み合わせをおこなう。栄養療法はさらに中心静脈栄養療法と経腸栄養療法に大別され、後者には、おもに成分栄養剤やその他の消化態栄養剤を用いる。近年、栄養療法による生物学的製剤治療の相乗効果や炎症性サイトカイン産生抑制効果など新たな知見が報告され、栄養療法の知見が海外でも見直されている。治療効果は臨床症状のみならず血液検査、内視鏡検査などで客観的にモニタリングし、病勢を把握して症状悪化に至る前に治療の最適化を検討する。(著者抄録)

  • 【機能性消化管障害のUp to date】胃食道逆流症(GERD)と鑑別を要する疾患 査読

    田中 史生, 高嶋 信吾, 橋本 篤, 上村 理沙, 沢田 明也, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (株)東京医学社 成人病と生活習慣病   48 ( 2 )   171 - 174   2018年02月( ISSN:1347-0418

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ・心窩部〜胸部〜喉に至る領域で灼熱感、食物つかえ感などの症状がある場合に、GERDと他疾患との鑑別を要する。・GERDと主に鑑別すべき疾患は、食道運動障害、好酸球性食道炎である。・一次性食道運動障害は、高解像度食道内圧検査を用いてシカゴ分類に基づき診断する。・代表的な一次性食道運動障害は食道アカラシアであり、その治療法はカルシウム拮抗薬や硝酸薬の内服、内視鏡的バルーン拡張術や筋層切開術などである。・二次性食道運動障害の鑑別も考慮すべきである。・好酸球性食道炎の診断基準は、(1)食道運動障害に起因する症状が存在する、(2)食道粘膜の生検で、上皮内好酸球浸潤数が15個以上/高倍率視野、の二つを満たすことであるため、上部消化管内視鏡検査が必要である。・好酸球性食道炎の治療はまずプロトンポンプ阻害薬を2ヵ月投与し、不応例にはステロイド嚥下療法や抗原除去食などでの治療を行う。(著者抄録)

  • 【内視鏡所見から全身を診る】自己免疫疾患・膠原病・血管炎など 全身性エリテマトーデス(SLE)を疑う腸病変 査読

    鎌田 紀子, 渡辺 憲治, 渡部 公彦, 平田 直人, 細見 周平, 湯川 知洋, 山上 博一, 藤原 靖弘

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   29 ( 4 )   736 - 739   2017年04月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【炎症性腸疾患-ファーストタッチから長期マネジメントまで】炎症性腸疾患治療の実際 Crohn病の治療 腸管合併症を有するCrohn病の治療 査読

    鎌田 紀子, 渡辺 憲治, 細見 周平, 湯川 知洋, 山上 博一

    (株)南江堂 内科   116 ( 4 )   597 - 601   2015年10月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Crohn病は,再燃と寛解を繰り返すにつれて狭窄,瘻孔などの腸管ダメージが進展・増悪していくため,適切なモニタリングにより治療強化のタイミングを逃さないことが大切である.Crohn病の腸管合併症として,狭窄,裂溝,瘻孔,膿瘍,出血,穿孔などがある.線維性狭窄に対して,腸管切除を回避する目的で内視鏡的バルーン拡張術が施行されるようになっている.瘻孔のうち,内瘻は内科的治療が困難で手術適応となることが多い.膿瘍治療の原則は,ドレナージや原因腸管切除を目的とした外科的アプローチである.抗TNFα抗体製剤の登場により,Crohn病患者の予後改善がより図れるようになった.予後不良リスク因子と客観的な病勢モニタリングで,的確なタイミングで抗TNFα抗体製剤を導入することが大切である.(著者抄録)

  • 【クローン病診療における画像診断・内視鏡診断の活用法】クローン病におけるカプセル内視鏡の意義と課題 適正使用に向けて 査読

    渡辺 憲治, 細見 周平, 野口 篤志, 湯川 知洋, 鎌田 紀子, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 根引 浩子, 荒川 哲男

    (一財)日本消化器病学会 日本消化器病学会雑誌   112 ( 7 )   1259 - 1269   2015年07月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    既存の画像診断などで確定診断困難な小腸型クローン病(CD)の確定診断にカプセル内視鏡(CE)は有用で、transition of the small bowel lesion(TSL)はCDに特異的なCE所見である。今後、CD早期診断のためには縦走潰瘍の定義変更を検討する必要がある。大腸病変に比べ症状やCRP値と相関が乏しいCD小腸病変は、各種画像診断の特性を生かして客観的にモニタリングすることが診療の最適化に重要で、パテンシーカプセルの適正使用に基づいたCEは、低侵襲で有用な疾患活動性モニタリング法である。現存するCD内視鏡スコアには課題があり、汎用性のある新たな内視鏡スコアの開発が期待される。(著者抄録)

  • 【colitic cancerの初期病変-遡及例の検討を含めて】内視鏡検査からみたcolitic cancerの初期病変 遡及例の検討を含めて (NBI)拡大内視鏡所見を中心に 査読

    渡辺 憲治, 西下 正和, 細見 周平, 渡部 公彦, 野口 篤志, 末包 剛久, 湯川 知洋, 山崎 智朗, 鎌田 紀子, 山上 博一, 佐々木 英二, 佐野 弘治, 藤原 靖弘, 根引 浩子, 荒川 哲男

    (株)医学書院 胃と腸   49 ( 10 )   1457 - 1463   2014年09月( ISSN:0536-2180

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    拡大内視鏡を用いた潰瘍性大腸炎患者におけるサーベイランス内視鏡についてpracticalなポイントを中心に述べた.サーベイランス内視鏡のステップのうち,detectionとcharacterizationが大切で,色素やNBIによる拡大内視鏡観察が鑑別診断の精度向上に有用である.colitic cancerの初期病変を炎症関連粘膜内癌とhighおよびlow grade dysplasiaと定義した場合,非腫瘍や炎症非関連腫瘍とcolitic cancer/dysplasia初期病変との鑑別,dysplasiaと癌との鑑別,colitic cancer/dysplasiaの範囲診断や深達度診断に拡大内視鏡観察は寄与する.dysplasiaの初期病変はcolitic cancer/dysplasiaの病理学的特徴に乏しい病変の割合が高くなるため,内視鏡所見や臨床的経過を加味した診療方針が必要になる.(著者抄録)

  • 診断講座 症例から学ぶIBD鑑別診断のコツ(第23回) 腸結核 査読

    山上 博一, 渡部 公彦, 細見 周平, 野口 篤志, 湯川 知洋, 田中 史生, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)先端医学社 IBD Research   8 ( 3 )   202 - 206   2014年09月( ISSN:1881-6533

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    結核は過去の疾患と思われがちであるが、わが国はいまだ結核の中蔓延国である。結核の病変部位はおもに肺であるが小腸、大腸を病変とすることもあり、結核を増悪させる抗TNFα抗体治療などがおこなわれるクローン病との鑑別は重要である。腸結核の内視鏡像は輪状潰瘍、横走する潰瘍が特徴的とされているが多彩な病変を呈する。診断には病変部位における結核菌の存在を証明することが重要であるが、結核感染に特徴的な肉芽腫の証明や補助診断としてインターフェロンγ遊離試験(interferon-γ release assay:IGRA)なども参考にする。(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患診療の新たな展開】潰瘍性大腸炎 内視鏡診断 査読

    山上 博一, 細見 周平, 野口 篤志, 湯川 知洋, 田中 史生, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    大道学館出版部 臨牀と研究   91 ( 8 )   1008 - 1011   2014年08月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【ここまで来た、炎症性腸疾患の新展開】炎症性腸疾患(IBD) ダブルバルーン内視鏡 査読

    山上 博一, 萩原 良恵, 森本 謙一, 細見 周平, 野口 篤志, 湯川 知洋, 宮嵜 孝子, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)東京医学社 成人病と生活習慣病   44 ( 3 )   285 - 288   2014年03月( ISSN:1347-0418

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ダブルバルーン内視鏡検査(DBE)の開発・普及により、小腸粘膜の内視鏡観察が以前と比べて容易になった。Crohn病の好発部位は回腸末端であるが、回腸末端に炎症を認めない患者でも近位側の回腸に炎症を認める場合がしばしば経験される。DBEはCrohn病の微小な小腸病変でも観察でき、内視鏡下生検により肉芽腫を証明することでもCrohn病診断に寄与できる。DBEではカプセル内視鏡と違い滞留の懸念がない。Crohn病患者におけるDBEでは特に消化管穿孔に注意を要する。(著者抄録)

  • 【《こうすればできる》画像強調内視鏡による腫瘍診断】大腸 Colitic Cancerの診断 Tri-modal Image Enhanced Endoscopyによる潰瘍性大腸炎サーベイランス内視鏡 査読

    渡辺 憲治, 新藤 正喜, 浦岡 好華, 塚原 卓矢, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 細見 周平, 野口 篤志, 杉森 聖司, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   23 ( 4 )   805 - 810   2011年04月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    narrow band imaging(NBI)とauto fluorescence imaging(AFI)を含めた3光観察による潰瘍性大腸炎症例に対するサーベイランス内視鏡について述べた。全大腸NBI観察によるサーベイランスは、慣れが必要であるが、病変の効率的な拾い上げと質的診断の第一段階に有用である。AFIは、サーベイランス内視鏡における非腫瘍性病変の鑑別に有用である。しかし、病理診断基準や用語の統一、ハイリスク群の設定も含め、さまざまな課題が残されており、今後更なる検討を要する。(著者抄録)

  • 【大きく変わった!クローン病の診断基準と治療指針】カプセル/バルーン内視鏡がクローン病の診断、治療に及ぼすインパクト 査読

    渡辺 憲治, 新藤 正喜, 浦岡 好華, 塚原 卓矢, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 細見 周平, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)先端医学社 IBD Research   5 ( 1 )   17 - 23   2011年03月( ISSN:1881-6533

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    厚生労働省班会議の平成21年度診断基準改訂案、治療指針改訂案を参照しつつ、クローン病診療における小腸内視鏡の意義と課題を述べた。確定診断に小腸内視鏡検査が必要なクローン病初発例は多くはないが、初期の確定診断、鑑別診断において一定の役割を果たしていくものと思われる。クローン病症例の予後改善を目指した治療の指標として注目されている粘膜治癒の確認には内視鏡検査が適しており、カプセル内視鏡の滞留などの課題はあるが、治療効果判定など有用性は高いといえる。Agile Patency Capsuleのわが国導入によるカプセル内視鏡の適応拡大が期待される。(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患に対するアフェレシスの新展開】クローン病に対するGMA 急性期寛解導入の立場から 査読

    渡辺 憲治, 山上 博一, 新藤 正喜, 塚原 卓也, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 細見 周平, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本アフェレシス学会 日本アフェレシス学会雑誌   30 ( 1 )   12 - 15   2011年02月( ISSN:1340-5888

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    顆粒球・単球アフェレーシス(GMA)のクローン病における緩解導入療法について、昨今のクローン病治療の状況を踏まえて述べた。大腸に炎症の主座がある大腸型ないし小腸大腸型のクローン病症例に対するGMAの有効性が認められている。また、GMAは免疫抑制的治療を避けたい症例や、難治例に対するインフリキシマブやアダリムマブなどの生物学的製剤との併用において有効性が期待される。

  • IBDの最新の話題 臨床編(第15回) IBD診療におけるカプセル内視鏡検査の最前線 査読

    渡辺 憲治, 塚原 卓矢, 新藤 正喜, 渡部 公彦, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 細見 周平, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)先端医学社 IBD Research   4 ( 3 )   247 - 251   2010年09月( ISSN:1881-6533

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    炎症性腸疾患(IBD)治療の革命的な進歩により、臨床における粘膜治癒確認の重要性が認識されてきている。カプセル内視鏡検査施行における課題である滞留の回避に有効なAgile Patency Capsuleのわが国における早期導入が期待される。IBD症例におけるカプセル内視鏡検査は、検査の目的に応じて前処置、前投薬を追加しておこなうべきである。カプセル内視鏡検査は、クローン病における特徴的な所見の推移による確定診断や、粘膜治癒掌握による治療効果のモニタリングに有用な低侵襲の検査法である。(著者抄録)

  • 【小腸・大腸内視鏡 こんな時どうする 診断編】小腸病変の診断 診断困難な小腸病変に対する対応 臨床経過からみた確定診断 査読

    十河 光栄, 渡辺 憲治, 細見 周平, 鎌田 紀子, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)日本メディカルセンター Intestine   14 ( 4 )   421 - 426   2010年07月( ISSN:1883-2342

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【実践的カプセル内視鏡】カプセル内視鏡による炎症性腸疾患の診断 査読

    渡辺 憲治, 細見 周平, 塚原 卓矢, 渡部 公彦, 新藤 正喜, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 高塚 正樹, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   22 ( 3 )   323 - 328   2010年03月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Crohn病を中心に、炎症性腸疾患におけるカプセル内視鏡検査の意義、滞留リスクの回避法、検査や診断の実際について述べた。炎症性腸疾患の治療における革命的な進歩により、臨床における粘膜治癒確認の重要性が認識されつつある。検査施行における課題である滞留を、既存の画像診断法より正確に除外できるAgile Patency Capsuleの本邦における早期導入が期待される。炎症性腸疾患症例におけるカプセル内視鏡検査は、その目的に応じて前処置、前投薬を追加し、Crohn病における特徴的な所見の推移による診断や、粘膜治癒掌握による治療効果判定に努めるべきである。(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • TNFα阻害剤投与中のクローン病手術症例の術後再発予防治療の検討 国内会議

    日本大腸肛門病学会学術集会  2023年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 6. TNFα阻害剤による逆説的皮膚反応に対してウステキヌマブは有効か? 国内会議

    細見周平、中田理恵子、西田裕、鎌田紀子、藤原靖弘

    日本炎症性腸疾患学会学術集会  2022年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 高脂肪食によるディスバイオシスは、インターロイキン17Aの中和によって改善した非ステロイド性抗炎症薬起因性小腸傷害を増悪させる(High-fat diet-mediated dysbiosis increases susceptibility to NSAID-induced small intestinal damage that is rescued by IL-17A neutralization) 国内会議

    Sugimura Naoki, Otani Koji, Watanabe Toshio, Nakatsu Geicho, Shimada Sunao, Fujimoto Kosuke, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Uematsu Satoshi, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDで切除したsessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)由来の早期大腸癌の検討 国内会議

    原田 優介, 河野 光泰, 福永 周生, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nivolumab長期加療中に斜台転移を認めた進行胃癌の一例 国内会議

    中田 晃暢, 木村 明恵, 平良 高一, 田上 光治郎, 東森 啓, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • より安全で確実な十二指腸ESDを行うための工夫 国内会議

    河野 光泰, 永見 康明, 眞鍋 琢, 落合 正, 山村 匡史, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘, 木村 健二郎

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インドメタシン誘発小腸障害に対するレバミピドの阻害効果とプロトンポンプ阻害剤による傷害の悪化における、小腸細菌叢の重要性(The Significance of Small Intestinal Microbiota in the Inhibitory Effect of Rebamipide against Indomethacin-induced Small Intestinal Damage and Exacerbation of the Damage by Proton Pump Inhibitor) 国内会議

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Higashimori Akira, Shimada Sunao, Kitamura Hiroyuki, Kuzumoto Takuya, Nadatani Yuji, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Shiba Masatsugu, Suda Wataru, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的活動性を指標としたアダリムマブ増量はクローン病治療戦略として有用か? 国内会議

    細見 周平, 藤本 晃士, 中田 理恵子, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 十二指腸uncovered metallic stent留置後の腫瘍出血に対してcovered metallic stentが止血に有効であった一例 国内会議

    高橋 駿介, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における切除不能再発胃癌に対するnivolumabの使用経験 国内会議

    木村 明恵, 平良 高一, 中田 晃暢, 田上 光治郎, 東森 啓, 鋳谷 成弘, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 消化管内視鏡診療とCOVID-19 多施設アンケート 国内会議

    丸山 紘嗣, 細見 周平, 根引 浩子, 福田 隆, 仲川 浩一郎, 岡崎 博俊, 山上 博一, 原 順一, 谷川 徹也, 町田 浩久, 青松 和輝, 渡邊 芳久, 佐藤 博之, 宇野 裕典, 高石 修, 野村 勉, 越智 正博, 押谷 伸英, 足立 賢治, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 氷見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 潰瘍性大腸炎大腸全摘後回腸嚢炎の発症予測因子としての好中球・リンパ球比の検討 国内会議

    西田 裕, 細見 周平, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性消化管疾患の最前線 多様化する炎症性腸疾患の治療戦略-外科手術も含めて- 当院における難治性潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブの治療成績 国内会議

    小林 由美恵, 鋳谷 成弘, 細見 周平, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃内視鏡検診をふまえた経鼻内視鏡の新展開 コロナ流行期における上部消化管内視鏡検査のニューノーマル 経鼻内視鏡とマスクを用いた簡便な感染予防策 国内会議

    東森 啓, 灘谷 祐二, 高嶋 信吾, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道扁平上皮癌患者に対する食道ESD後は重篤な併存疾患によって予後が悪化する(Severe comorbidities influenced poor prognosis after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma) 国内会議

    平野 慎二, 永見 康明, 坂井 大志, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Colitic cancerを巡る課題と対応 当院におけるクローン病に合併した小腸癌及び結腸癌症例の検討 国内会議

    藤本 晃士, 細見 周平, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘, 福岡 達成

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管静脈瘤出血に対してfull covered金属ステントを留置し止血に成功した一例 国内会議

    高嶋 遼太, 山本 圭以, 丸山 紘嗣, 落合 正, 中田 晃暢, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDで切除し早期大腸癌が並存したsessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)の検討 国内会議

    原田 優介, 福永 周生, 河野 光泰, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 佑二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nivolumab加療中に斜台転移を認めた進行胃癌の1例 国内会議

    片之坂 友喜, 木村 明恵, 平良 高一, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道ESDにおけるオーバーチューブの使用による誤嚥性肺炎の予防効果 傾向スコアマッチング法による検討 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 平野 慎二, 垣谷 有紀, 林 克平, 田上 光治郎, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前診断と乖離した膵扁平上皮癌の一例 国内会議

    高橋 駿介, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵癌診断におけるERCP細胞診を施行するための術前超音波内視鏡所見の検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 山村 匡史, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 福永 周生, 田中 史生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆道癌患者におけるERCP関連偶発症に対する術前サルコペニアの影響 国内会議

    丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 山本 圭以, 垣谷 有紀, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総胆管結石に対する出血高危険度治療における出血・塞栓性偶発症の検討 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 林 克平, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腸疾患の現状と課題 潰瘍性大腸炎大腸全摘後回腸嚢炎の発症予測因子としての好中球・リンパ球比の検討 国内会議

    西田 裕, 細見 周平, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後天性免疫不全症候群に合併したサイトメガロウィルス食道潰瘍の一例 国内会議

    原田 優介, 西田 裕, 細見 周平, 高嶋 遼太, 金道 麻紀子, 垣谷 有紀, 河野 光泰, 落合 正, 中田 晃暢, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 福永 周生, 田中 史生, 灘谷 佑二, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • トレーニー施行における十二指腸鏡挿入困難である因子の検討 十二指腸乳頭正面視まで 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クローン病治療における手術の位置付け 術後合併症から考えるクローン病患者の手術のタイミング 国内会議

    福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 王 恩, 佐々木 麻帆, 岡崎 由季, 鎌田 紀子, 細見 周平, 鋳谷 成弘, 西田 裕, 青松 直撥, 西居 孝文, 日月 亜紀子, 井上 透, 前田 清, 西口 幸雄, 大平 雅一

    日本大腸肛門病学会雑誌  2020年09月  (一社)日本大腸肛門病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESD後に外科手術が必要と考えられたpT1大腸癌の検討 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 藤原 靖弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道ESD後狭窄高リスク症例に対するステロイド局注、ポリグリコール酸シート併用狭窄予防の効果 国内会議

    永見 康明, 大南 雅揮, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 山村 匡史, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非切除遠位悪性胆道狭窄に対するcovered selfexpandable metallic stent閉塞の危険因子の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆膵疾患に対する出血高危険度処置における出血性偶発症の危険因子の検討 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 金道 麻紀子, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 分枝型IPMNに対する悪性化のリスク因子および高齢者の経過観察期間の検討 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 金道 麻紀子, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的活動期クローン病に対するアダリムマブ増量の有効性の検討 国内会議

    細見 周平, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大谷 恒史, 田中 史生, 平良 高一, 灘谷 祐二, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ブタモデルを用いた内視鏡的粘膜下層剥離術後の食道狭窄モデルに対するピルフェニドンの効果(The effect of Pirfenidone for esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection in a porcine model) 国内会議

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Kakiya Yuki, Tanoue Kojirou, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Sawada Akinari, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Noriko Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Wilson病の3例にみられた特徴的な内視鏡所見 国内会議

    北川 大貴, 大南 雅揮, 平良 高一, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESD後に局所再発を繰り返したバレット腺癌の一例 国内会議

    眞鍋 琢, 大南 雅揮, 永見 康明, 福永 周生, 山本 圭以, 北川 大貴, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 分枝型膵管内粘液性腫瘍に対する悪性化のリスク因子および高齢者の観察期間の検討 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 眞鍋 琢, 金道 麻記子, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    膵臓  2020年07月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射線性食道炎におけるinterferon-aの役割 国内会議

    北村 寛之, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2020年07月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における高齢者胃癌の一次治療に関する検討 国内会議

    木村 明恵, 平良 高一, 鋳谷 成弘, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2020年07月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小腸疾患の病態解明と治療の進歩 Slco2a1欠損による腸炎悪化のメカニズムの検討 国内会議

    中田 理恵子, 細見 周平, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2020年07月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IBDの診断と治療における内視鏡の役割 潰瘍性大腸炎に対するベドリズマブの有効性と効果予測因子についての検討 国内会議

    鋳谷 成弘, 小林 由美恵, 細見 周平, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的観察し得た単形性上皮向性腸管T細胞リンパ腫の一例 国内会議

    川田 雄司, 山本 圭以, 金道 麻紀子, 細見 周平, 西田 裕, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘, 福岡 達成, 永原 央, 大平 雅一

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IgG4関連硬化性胆管炎に胆管癌を合併した一例 国内会議

    上村 拓也, 林 克平, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDで切除した残胃の胃底腺型胃癌の一例 国内会議

    山岸 政充, 福永 周生, 眞鍋 琢, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒文, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬剤による消化管傷害の病態研究の進歩と最近の疾患の傾向と対策 非ステロイド系抗炎症薬誘発小腸傷害における抗炎症性脂質メディエーター レゾルビンD1の意義 国内会議

    葛本 琢哉, 谷川 徹也, 北村 寛之, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃の細菌叢に対するH.pylori除去の影響(Effect of eradication of H. pylori in gastric microbiome) 国内会議

    Kosaka Satoshi, Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Suda Wataru, Nakata Akinobu, Matsumoto Yuji, Higashimori Akira, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NBIで観察し内視鏡的粘膜下層剥離術で切除した肛門管癌の1例 国内会議

    北坂 七瀬, 福永 周生, 眞鍋 琢, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESD後に追加手術が必要であった大腸T1癌の検討 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Management of Crohn's Desease to Prevent Postoperative Recurrence THE EFFECTS OF LOSS OF SKELETAL MUSCLE VOLUME ON PATIENTS WITH CROHN'S DISEASE UNDERWENT BOWEL RESECTION(和訳中) 国内会議

    Hosomi Shuhei, Sugita Naoko, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化器関連学会週間  2019年11月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害における小麦タンパク グリアジンの病原性 国内会議

    谷川 徹也, 島田 直, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 藤原 靖弘

    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2019年11月  日本小腸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腸炎モデルマウスを用いたSlco2a1の役割の検討 国内会議

    細見 周平, 中田 理恵子, 奥田 博朗, 古瀬 昧澄, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 鎌田 紀子, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 中村 吉伸, 中西 猛夫, 藤原 靖弘

    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2019年11月  日本小腸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NLRP3 inflammasome活性化が5-FU起因性小腸粘膜傷害に与える影響 国内会議

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 小阪 聡, 松本 侑士, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Peutz-Jegehers syndromeに膵癌を発症した一例 国内会議

    三崎 絢子, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃切除後Roux-enY再建における総胆管結石に対するEI-580BTの有用性の検討 国内会議

    林 克平, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 山村 匡史, 坂井 大志, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖広

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期膵癌間接所見におけるラジアル走査型EUSおよびコンベックス走査型EUSの有用性の検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 細見 周平, 大谷 恒史, 平良 高一, 田中 史生, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期胃癌に対するESD後大出血の危険因子 国内会議

    坂井 大志, 大南 雅揮, 永見 康明, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗凝固薬服用者における大腸ポリープ摘除後出血の予測 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性胸膜中皮腫に対し化学療法施行中に膵転移を来した一例 国内会議

    北川 大貴, 垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性胆道狭窄に対する金属ステント留置後の膵炎と膵頭部膵管閉塞に関する検討 国内会議

    木下 陽亮, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 十二指腸乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術の偶発症における性差を含めた検討 国内会議

    山村 匡史, 丸山 弘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 裕二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹成, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌  2019年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道Verrucous Carcinomaに対して内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した一例 国内会議

    黒川 達哉, 坂井 大志, 大南 雅揮, 山村 匡史, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 桑江 優子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道ESDにおける穿孔および一括切除不成功の予測因子 国内会議

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頭頸部表在癌に対するESDの治療成績と偶発症の危険因子 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 平野 慎二, 垣谷 有紀, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, Sakai Taishi, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表在型食道扁平上皮癌ESD後の食道内異時性癌に関する危険因子の検討 国内会議

    平野 慎二, 永見 康明, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵疾患に対する超音波内視鏡下穿刺吸引生検法におけるFranseen針とLancet針の有用性に関する検討 国内会議

    垣谷 有紀, 丸山 紘嗣, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 細見 周平, 大谷 恒史, 平良 高一, 田中 史生, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での肝門部領域胆管狭窄に対するInside Stentの有用性と安全性の検討 国内会議

    林 克平, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 渡邉 俊雄, 谷川 徹也, 山上 博一, 平良 高一, 鎌田 紀子, 永見 康明, 田中 史生, 細見 周平, 大谷 恒史, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大南 雅揮, 坂井 大志, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, 垣谷 有紀, 平野 慎二

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDにて切除した胃穹窿部の胃底腺型胃癌5例の検討 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるクローン病患者に対するUstekinumab投与の有用性についての検討 国内会議

    奥田 博朗, 杉田 奈央子, 細見 周平, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2019年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食物中の鉄・亜鉛の摂取量と潰瘍性大腸炎との関連 多施設共同・症例対照研究 国内会議

    小林 由美恵, 大藤 さとこ, 福島 若葉, 鎌田 紀子, 細見 周平, 山上 博一, 藤原 靖弘, 渡辺 憲治, 長堀 正和, 渡辺 守, 鈴木 康夫

    日本消化器病学会雑誌  2019年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵管内乳頭粘液性腫瘍の"造影される5mm以上の壁在結節"の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 林 克平, 山村 匡史, 坂井 大志, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2019年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腸管小胞体ストレスに対する免疫応答と腸炎発症メカニズム解明 国内会議

    細見 周平

    日本応用酵素協会誌  2019年03月  (公財)日本応用酵素協会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Direct oral anticoagulantsの消化管への影響と対策 DOAC服用者における大腸ESD後出血の検討 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2019年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 黒色便を契機に発見された小腸pyogenic granulomaに対し内視鏡的粘膜切除術により完全切除し得た一例 国内会議

    北川 大貴, 渡邊 晃弘, 杉田 奈央子, 中田 晃暢, 灘谷 祐二, 細見 周平, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腸疾患治療の最前線 潰瘍性大腸炎患者に対するタクロリムスの予後予測因子としての好中球・リンパ球比の検討 国内会議

    西田 裕, 細見 周平, 山上 博一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能性ディスペプシアを多角的に評価する、病態を解明し治療法を探る PPIはストレス負荷マウスにおける腸管透過性亢進をさらに増悪させる 国内会議

    高嶋 信吾, 田中 史生, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2019年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急激な経過で発症したCronkhite-Canada症候群の1例 国内会議

    岡原 一樹, 灘谷 祐二, 林 克平, 坂井 大志, 杉田 奈央子, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 弘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微生物叢から見た消化管病態の新知見 消化管各部位における細菌叢の変遷 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 中田 晃暢, 島田 直, 松本 侑士, 小阪 聡, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2019年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における在宅中心静脈栄養を施行している短腸症候群を伴うクローン病患者の検討 国内会議

    鋳谷 成弘, 杉田 奈央子, 西田 裕, 細見 周平, 鎌田 紀子, 山上 博一, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2019年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 以前のESD創痕に近接した食道癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic submucosal dissection for esophageal cancer close to the previous ESD scar) 国内会議

    Nagami Yasuaki, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Sakai Taishi, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2019年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ゴリムマブ投与中に発症した結核性胸膜炎の増悪に免疫再構築症候群の関与が考えられた潰瘍性大腸炎の一例 国内会議

    黒川 達哉, 杉田 奈央子, 細見 周平, 木下 陽亮, 山村 匡史, 坂井 大志, 大南 雅輝, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対するバイポーラスネアを用いたEMRの治療成績の検討 国内会議

    山村 匡史, 永見 康明, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 潰瘍性大腸炎患者におけるタクロリムス療法後の免疫調整剤による寛解維持効果の検討 国内会議

    西田 裕, 細見 周平, 山上 博一, 湯川 知洋, 大谷 恒史, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における癌性疼痛に対するヒドロモルフォンの使用経験 国内会議

    平良 高一, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポリグルコール酸シートとフィブリン製剤による食道癌術後瘻孔の閉鎖 Pilot study 国内会議

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2cm未満の食道・胃粘膜下腫瘍に対するボーリング生検の有用性の検討 国内会議

    木下 陽亮, 丸山 紘嗣, 杉森 聖司, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 山村 匡史, 林 克平, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 潰瘍性大腸炎緩解維持療法の現状 臨床的寛解潰瘍性大腸炎の再燃予測因子の検討 国内会議

    細見 周平, 鋳谷 成弘, 西田 裕, 山上 博一, 藤原 靖弘

    日本大腸肛門病学会雑誌  2018年09月  (一社)日本大腸肛門病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A COMPARISON OF THIOPURINES VERSUS ANTI-TNF-α THERAPY IN STEROID-DEPENDENT ULCERATIVE COLITIS USING PROPENSITY-SCORE MATCHED ANALYSIS 国際会議

    Shuhei Hosomi, Mizuki Ohira, Hirokazu Yamagami, Rieko Nakata, Naoko Sugita, Yu Nishida, Shigehiro Itani, Tomomi Yukawa, Noriko Kamata, Koji Otani, Yasuaki Nagami, Fumio Tanaka, Koichi Taira, Tetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Yasuhiro Fujiwara

    Symposium 212 IBD and Live: East Meets West  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Treatment for Refractory IBD patient 招待 国際会議

    Shuhei Hosomi

    Clinical Round-Table Talk for IBD Treatment  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 臨床的寛解潰瘍性大腸炎の再燃予測に内視鏡所見は重要か? 国内会議

    細見周平、鋳谷成弘、 西田裕、山上博一、藤原靖弘

    第100回 日本消化器内視鏡学会近畿支部例会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • The need for treatment intensification according to endoscopic activity in UC patients 国内会議

    Itani Shigehiro, Hosomi Shuhei, Yasuhiro Fujiwara

    第95回 日本消化器内視鏡学会総会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 食道粘膜下層剥離術および化学療法後に長期経過を追えた食道Neuroendocrine cell carcinomaの1例 国内会議

    垣谷 有紀, 永見 康明, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道ESD後狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術の偶発症 国内会議

    中村 吉宏, 永見 康明, 山村 匡史, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術後再建胃の早期胃癌に対するESDの検討 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 中村 吉宏, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細径経鼻内視鏡を使用した直接的経口胆道検査の有用性の検討 国内会議

    田上 光治郎, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 林 克平, 山村 匡史, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腸疾患に対する内視鏡診断の役割 潰瘍性大腸炎における内視鏡的活動度を指標とした治療強化の必要性についての検討 国内会議

    鋳谷 成弘, 細見 周平, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗凝固薬内服者における大腸ESD後出血の予測は可能か? 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除術の検討 国内会議

    山村 匡史, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 林 克平, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポリグルコール酸シートとフィブリン糊を用いた食道癌術後瘻孔の閉鎖 国内会議

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2cm未満の上部消化管粘膜下腫瘍に対するボーリング生検の有用性の検討 国内会議

    木下 陽亮, 加藤 邦洋, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2018年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 潰瘍性大腸炎患者に対する インフリキシマブの有効性と効果予測因子の検討 国内会議

    西田裕、細見周平、藤原靖弘

    第104回 日本消化器病学会総会  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • ステロイド依存性潰瘍性大腸炎における抗TNFα抗体製剤と免疫調節剤による維持療法の比較検討 国内会議

    細見周平, 大平美月, 藤原靖弘

    日本消化器病学会 近畿支部 第108回 例会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 早期胃癌ESD後ヘリコバクター・ピロリ除菌治療の有用性の検討 国内会議

    中田 理恵子, 永見 康明, 坂井 大志, 灘谷 祐二, 福永 周生, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2018年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 潰瘍性大腸炎患者に対するインフリキシマブの有効性と効果予測因子の検討 国内会議

    西田 裕, 細見 周平, 湯川 知洋, 大谷 恒史, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2018年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A comparison of thiopurines versus anti-TNF-αtherapy in steroid-dependent ulcerative colitis 国際会議

    HOSOMI Shuhei, YAMAGAMI Hirokazu 他

    13th Congress of European Crohn's and Colitis Organisation (ECCO)  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 食道ESD後狭窄症例における内視鏡的バルーン拡張術の検討 国内会議

    中村 吉宏, 永見 康明, 山村 匡史, 林 克平, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2018年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬剤性消化管障害の診断・治療の課題 NSAIDs・低用量アスピリン服用中に発症したOGIBの長期予後 単施設後ろ向き研究 国内会議

    島田 直, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2018年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NLRP3インフラマソームはオキサゾロン腸炎に対して防御的に働く 国内会議

    鋳谷 成弘, 杉村 直毅, 島田 直, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2018年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • H.pylori除菌前後の変化に注目した胃細菌叢についての検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 島田 直, 大谷 恒史, 平良 高一, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    胃病態機能研究会誌  2018年02月  (株)勁草書房コミュニケーション事業部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪市立大学でのIBD診療の現状 招待 国内会議

    細見周平

    IBD Coordination meeting  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • IBDの病態解明に向けた基礎研究の取り組み 招待 国内会議

    細見周平

    Osaka City IBD Forum  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • ウステキヌマブ投与の実際〜有効性安全性の観点から〜 招待 国内会議

    細見周平

    ステラーラ クローン病講演会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • これだけは知っておきたい炎症性腸疾患の基礎知識 招待 国内会議

    細見周平

    研修医の明日に役立つ実践セミナー  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 小胞体ストレス応答による肥満細胞 Amphiregulin発現誘導の検討 国内会議

    細見周平, 山上博一, 藤原靖弘

    第54回日本消化器免疫学会総会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道内視鏡下粘膜下層剥離術における穿孔の予測因子 国内会議

    永見 康明, 大南 雅揮, 坂井 大志, 福永 周生, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2017年09月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術後腸管(Roux-en-Y再建)におけるバルーン内視鏡下ERCPの胆管困難症例の予測 国内会議

    林 克平, 加藤 邦洋, 杉森 聖司, 中村 吉宏, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 木下 陽亮, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2017年09月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における切除不能膵癌に対するmodified FOLFIRINOX療法の治療成績 国内会議

    前田 夏美, 平良 高一, 平野 慎二, 渡部 公彦, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 平田 直人, 永見 康明, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 町田 浩久, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2017年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クローン病手術患者における骨格筋量減少の影響 国内会議

    湯川 知洋, 杉田 奈央子, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 渡部 公彦, 平田 直人, 大平 美月, 大谷 恒史, 平良 高一, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 前田 清, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2017年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腸疾患における粘膜治癒マーカーとしての血中soluble CD14 subtypeの有用性の検討 国内会議

    細見周平, 山上博一, 藤原靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部第98回支部例会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • EUS-FNA後に遅発性膵膿瘍を形成したSolid-Pseudopapillary neoplasmの一例 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 杉森 聖司, 木下 陽亮, 林 克平, 坂井 大志, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    膵臓  2017年05月  日本膵臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重篤な並存疾患を有する早期胃癌患者に対するESDの長期予後の検討 国内会議

    田上 光治郎, 福永 周生, 永見 康明, 中村 吉宏, 木下 陽亮, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2017年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 正常膵管径患者における膵管ガイドワイヤー法のERCP後膵炎に対するリスクについて 国内会議

    垣谷 有紀, 斯波 将次, 田上 光治郎, 木下 陽亮, 林 克平, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 灘谷 祐二, 細見 周平, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 平良 高一, 田中 史生, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2017年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヘパリン置換例における大腸ESD後出血に関する検討 傾向スコア法を用いて 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 中村 吉宏, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 林 克平, 坂井 大志, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2017年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Serum sepsis markers soluble CD14 subtype and soluble IL2 receptor as potential biomarkers for complete mucosal healing in patients with inflammatory bowel disease 国際会議

    HOSOMI Shuhei, YAMAGAMI Hirokazu 他

    AGA 2017  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • クローン病による小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術の長期予後と危険因子の検討 国内会議

    西田 裕, 細見 周平, 山上 博一, 湯川 知洋, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 潰瘍性大腸炎緊急手術例における周術期重篤合併症の予測因子 国内会議

    前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 松谷 慎二, 井上 透, 日月 亜紀子, 西口 幸雄, 鎌田 紀子, 山上 博一, 湯川 知洋, 細見 周平, 平田 直人, 渡辺 憲治, 天野 良亮, 山添 定明, 六車 一哉, 田中 浩明, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本大腸肛門病学会雑誌  2016年10月  (一社)日本大腸肛門病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クローン病関連癌に対する内視鏡的サーベイランスと治療成績 国内会議

    前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 松谷 慎治, 福岡 達成, 山上 博一, 鎌田 紀子, 細見 周平, 湯川 知洋, 六車 一哉, 田中 浩明, 井上 透, 日月 亜紀子, 西口 幸雄, 渡辺 憲治, 天野 良亮, 中尾 重富, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本大腸肛門病学会雑誌  2016年10月  (一社)日本大腸肛門病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 最新治療の最適化はIBDの自然史を変えるか? クローン病における抗TNFα抗体療法の効果維持予測因子の検討 国内会議

    細見 周平, 西田 裕, 鎌田 紀子

    日本消化器病学会雑誌  2016年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アダリムマブ治療中に出現した両下腿のcutaneous Crohn's diseaseの1例 国内会議

    小坪 恵理子, 梅香路 綾乃, 大迫 順子, 鶴田 大輔, 細見 周平

    日本皮膚科学会雑誌  2016年01月  (公社)日本皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クローン病における抗TNFα抗体療法の効果維持予測因子の検討 国内会議

    細見 周平, 西田 裕, 鎌田 紀子

    クローン病における抗TNFα抗体療法の効果維持予測因子の検討  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 臨床経過、内視鏡像から潰瘍性大腸炎におけるCMV感染症合併の予測は可能か? 国内会議

    細見 周平, 鋳谷 成弘, 山上 博一

    日本消化器病学会近畿支部例会  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Xbp1遺伝子欠損マウスにおけるNKG2D―NKG2Dリガンドを介した自然免疫応答の解明 国内会議

    細見 周平, Magdalena B Flak, 山上 博一, 渡辺 憲治, 荒川 哲, Richard S Blumberg

    第51回日本消化器免疫学会総会  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • クローン病に対しインフリキシマブとアザチオプリン維持投与中に急性骨髄単球性白血病を発症し、化学療法後の骨髄移植により寛解導入された一例 国内会議

    高塚 正樹, 渡辺 憲治, 新藤 正喜, 浦岡 好華, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 細見 周平, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器病学会雑誌  2011年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗CD20抗体によるB細胞標的療法が著効した蛋白漏出性胃腸症の1例 国内会議

    浦岡 好華, 谷川 徹也, 渡辺 公彦, 田中 雅子, 南野 弘明, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器病学会雑誌  2011年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クローン病におけるT cell immunoglobulin and mucin domain-3(TIM-3)の発現についての検討 国内会議

    森本 謙一, 渡辺 憲治, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 伊藤 良恵, 細見 周平, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器病学会雑誌  2011年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インフリキシマブ(IFX)とアザチオプリン(AZA)維持投与中に急性骨髄単球性白血病を発症したクローン病の一例 国内会議

    高塚 正樹, 渡辺 憲治, 伊藤 良恵, 細見 周平, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器病学会雑誌  2010年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 蛋白漏出をきたしたCollagenous colitisの一例 国内会議

    南野 弘明, 高塚 正樹, 十河 光栄, 細見 周平, 鎌田 紀子, 亀田 夏彦, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器病学会雑誌  2010年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小腸進展した多発性骨髄腫により消化管出血を認めた一例 国内会議

    松本 紘子, 高塚 正樹, 細見 周平, 亀田 夏彦, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博敏, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器病学会雑誌  2010年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • クローン病における小腸内視鏡の意義と課題 国内会議

    渡辺 憲治, 伊藤 良恵, 森本 謙一, 細見 周平, 高塚 正樹, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 荒川 哲男

    栄養-評価と治療  2010年05月  (株)メディカルレビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大腸腫瘍に対するNBI拡大観察所見分類の統一を目指して 大腸病変に対するCapillary pattern分類を用いた内視鏡診断能に関する検討 国内会議

    町田 浩久, 細見 周平, 富永 和作

    Gastroenterological Endoscopy  2010年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腸疾患における Multiplex PCR 法を用いた Clostridium difficile 及びヘルペスウイルス検出の試み 国内会議

    細見 周平, 山上 博一, 渡辺 憲治

    第93回日本消化器病学会近畿支部例会  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Capillary pattern分類を用いた大腸腫瘍・非腫瘍 性病変に対するNBI診断能に関する検討 国内会議

    細見 周平, 町田 浩久, 富永 和作, 永見 康明, 中谷 雅美, 杉森 聖司, 亀田 夏彦, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    第6回日本消化管学会総会  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

▼全件表示

科研費

  • 肥満細胞における小胞体ストレスを介した腸炎発症および腸管線維化メカニズムの解析

    基盤研究(C)  2019年04月

  • 腸管小胞体ストレスに対する免疫応答と腸炎発症メカニズム解明

    若手研究(B)  2016年04月

  • 小胞体ストレス応答によるNKG2Dリガンド発現機構と腸炎への関与の解明

    研究活動スタート支援  2014年08月

受託研究

  • 腸管小胞体ストレスに対する免疫応答と腸炎発症メカニズム解明

    日本応用酵素協会  2014年09月

奨励寄附金・助成金

  • 腸管うま味受容体を介した生体恒常性維持機構の包括的解明

    うま味研究会助成  2023年

  • 腸管上皮の味覚受容体による生体恒常性維持機構の総合理解

    公益財団法人持田記念医学薬学振興財団  2020年04月

  • 肥満細胞における小胞体ストレスを介した腸管線維化メカニズム解析

     武田科学振興財団  2019年04月

担当教育概要

  • 臓器別講義(消化器)
    小腸・大腸・肛門各論(3)炎症性腸疾患
    臨床推論(2)腹痛、便秘・下痢

担当授業科目

  • 消化管

    2023年度    

  • 消化管

    2022年度    

  • 消化管

    2021年度    

  • 消化管

    2020年度     大学

  • 消化管

    2019年度     大学

  • 消化管

    2018年度     大学

  • 消化管

    2017年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 最新科学講義

    2021年04月
    -
    2023年03月
    機関名:九州歯科大学

  • 看護学講義_消化管の疾患

    2017年04月
    -
    2020年03月
    機関名:大阪市立大学医学部看護学科

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    所属大学院生発表数:2件

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:1名 

  • 2021年度

    卒業論文指導数:1名 

社会貢献活動

  • クローン病学習交流会

    役割:講師

    堺市  2024年01月

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 難病患者療養相談会

    役割:講師

    大阪市  2023年09月

     詳細を見る

    種別:対話型集会・市民会議

  • 難病患者療養相談会

    役割:講師

    2022年10月

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 難病患者療養相談会

    役割:講師, 助言・指導

    2019年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    学習会講演として「潰瘍性大腸炎・クローン病の内科的治療について」について講演

  • 難病患者療養相談会

    役割:助言・指導

    2017年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

メディア報道

  • 元気だしてゆこう!てっちゃんねる「潰瘍性大腸炎」 テレビ・ラジオ番組

    元気だしてゆこう!てっちゃんねる  2024年01月

      詳細を見る

    SDGs:

役職

  • 全学管理職

    医学部 附属病院 内視鏡センター 

    副センター長  2024年04月 - 継続中

  • 部局内役職

    大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    医局長  2022年04月 - 2023年03月

その他

  • 職務経歴

    2015年01月 - 2016年06月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 病院講師

  • 職務経歴

    2014年04月 - 2014年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 後期研究医

  • 職務経歴

    2009年04月 - 2011年05月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 後期研究医

  • 職務経歴

    2002年05月 - 2003年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 消化器内科 前期研究医