2024/04/30 更新

写真a

ナカムラ ヒロアキ
中村 博亮
NAKAMURA Hiroaki
担当
医学部附属病院 病院長
職名
医学部附属病院 病院長
所属
学長等
プロフィール
整形外科学全般にわたって、診療、研究、教育、管理運営を行っている。診療の専門領域である脊椎脊髄学では、特に内視鏡脊椎手術を本邦でもいち早く取り入れ、その普及に努めている。また研究面では、動物実験にて実臨床に還元できる、あるいは臨床現場で生じた疑問を基礎的研究で解明している。同時に臨床研究にも力を注ぎ、特に高齢者疾患について、前向き観察研究を実施している。

担当・職階

  • 医学部附属病院 病院長  2022年10月 - 継続中

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 2022年09月

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 2022年09月

取得学位

  • 医学博士 ( - )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学  / 整形外科学

研究キーワード

  • 整形外科学

  • 脊椎脊髄外科

  • 低侵襲脊椎手術

  • 高齢者運動疾患コホート研究

研究概要

  • 脊椎疾患は、脊髄、馬尾や神経根が圧排されて上下肢の機能障害や疼痛を生じる疾患である.保存的治療に抵抗する場合、手術的加療の適応となる。手術は内蔵手術とは異なり、病変部である神経要素を直接切除して補填することは不可能で、除圧や固定など周囲環境の整備を施行しているにすぎない。しかし神経組織周囲に到達するため、表層構造である皮膚や筋肉はその経路にあたるという理由だけで切開や圧排を余儀なくされ、これが術後の愁訴を誘発する可能性がある。これら病変と直接関係のない組織の切開や圧排を最小限にする手術するための研究を行っている.

研究歴

  • 脊椎外科における内視鏡視下手術

    脊椎外科、最小侵襲手術、内視鏡視下手術「  個人研究

    1900年04月 - 継続中 

  • 高齢者脊椎疾患に対する前向き観察研究

    高齢者脊椎疾患 

    2005 - 継続中 

  • 脊椎疾患に対する電気診断

    脊髄電気診断  個人研究

    1900年04月 

  • 側弯症

    側弯症  個人研究

    1900年04月 

  • 脊椎疾患に対する手術的治療

    脊椎外科  個人研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本整形外科学会

      国内

  • 日本脊椎脊髄病学会

      国内

  • 日本関節病学会

      国内

  • 日本整形外科バイオマテリアル研究会

      国内

  • 国際腰椎学会

      国内

  • アジア太平洋小侵襲脊椎外科学会

      国内

  • 日本腰痛学会

      国内

  • 日本関節病学会

      国内

  • 日本内視鏡外科学会

      国内

  • 日本整形外科スポーツ医学会

      国内

  • 日本リハビリテーション医学会

      国内

  • 中部日本整形災害外科学会

      国内

  • 国際整形災害外科学会

      国外

  • 日本側弯症学会

      国内

  • 日本低侵襲脊椎外科学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 会長   第134回中部日本整形外科災害外科学会学術集会  

    2020年 

  • 理事   日本腰痛学会  

    2019年09月 - 継続中 

  • 会長   第45回日本整形外科スポーツ医学会学術集会  

    2019年 

  • 理事長   日本脊椎脊髄病学会  

    2018年04月 - 継続中 

  • 会長   第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会  

    2018年 

  • 理事   日本関節病学会  

    2017年 - 継続中 

  • 2017president   アジア太平洋小侵襲脊椎外科学会  

    2017年 

  • 理事   日本内視鏡外科学会  

    2016年12月 - 継続中 

  • 理事   日本整形外科学会  

    2015年05月 - 2017年05月 

  • 理事   日本整形外科スポーツ医学会  

    2013年09月 - 2017年09月 

  • 副理事長   日本脊椎脊髄病学会  

    2010年04月 - 2014年04月 

  • 会長   日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会  

    2007年 

  • 評議員   日本脊椎脊髄病学会  

    2001年 - 継続中 

  • 評議員   中部日本整形災害外科学会  

    1999年 - 継続中 

  • 幹事   日本低侵襲脊椎外科学会  

    1998年 - 継続中 

  • 代議員   日本整形外科学会  

  • active member   国際腰椎学会  

  • Board member   アジア太平洋小侵襲脊椎外科学会  

  • 代議員   日本リハビリテーション医学会  

▼全件表示

受賞歴

  • 大阪市医学会市長賞

    1993  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 国際腰椎学会臨床最優秀賞

    2019  

     詳細を見る

    受賞国:スウェーデン王国

職務経歴(学外)

  • 英国ロンドン大学ハマースミス病院   研修医

    1989年04月 - 1990年03月

  • オーストラリアアデレードクイーンエリザベス病院   整形外科   脊椎フェロー

    2002年04月 - 2003年03月

  • 大阪市立総合医療センター整形外科   部長

    2006年04月 - 2008年03月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   外科系   博士課程   卒業・修了

    - 1989年

  • 大阪市立大学   医学部   医     卒業・修了

    - 1983年

論文

  • Effect of Preserving Paraspinal Muscles on Post Operative Axial Pain in the Selective Cervical Laminoplasty

    -

    Spine   33 ( 14 )   E455-9   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Male elite soccer players have a higher incidence of accessory ossicles in the foot and ankle.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Inui K, Sugama R, Sugimoto T, Akizuki Y, Nakamura H

    International orthopaedics   48 ( 4 )   1049 - 1055   2024年04月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00264-023-06074-4

    PubMed

  • Quadriceps Tendon With Bone Autograft Has Better Stability and Magnetic Resonance Imaging Maturation Than Hamstring Tendon Autograft After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction in Patients With Knee Hyperextension.

    Yamasaki S, Hashimoto Y, Iida K, Han C, Kinoshita T, Nishino K, Nishida Y, Takigami J, Nakamura H

    Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   40 ( 4 )   1234 - 1244   2024年04月( ISSN:0749-8063

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arthro.2023.08.013

    PubMed

  • Neurological recovery rate and predictive factors of incomplete AIS grade C spinal cord injury in the older aged population.

    Tamai K, Terai H, Nakamura H, Yokogawa N, Sasagawa T, Nakashima H, Segi N, Ito S, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Watanabe K, Yamane J, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Kuroda A, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    Spinal cord   62 ( 4 )   149 - 155   2024年04月( ISSN:1362-4393

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41393-024-00963-0

    PubMed

  • Is bone remodelling around fully hydroxyapatite-coated and tapered-wedge stems related to the stem fixation pattern?

    Ohyama Y, Minoda Y, Masuda S, Sugama R, Ohta Y, Nakamura H

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   2024年03月( ISSN:1633-8065

     詳細を見る

  • Residual Paresthesia After Surgery for Degenerative Cervical Myelopathy: Incidence and Impact on Clinical Outcomes and Satisfaction.

    Tamai K, Terai H, Iwamae M, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Sawada Y, Okamura Y, Kobayashi Y, Nakamura H

    Spine   49 ( 6 )   378 - 384   2024年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000004907

    PubMed

  • Impact of malnutrition on mortality and neurological recovery of older patients with spinal cord injury.

    Tamai K, Terai H, Nakamura H, Yokogawa N, Sasagawa T, Nakashima H, Segi N, Ito S, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Watanabe K, Yamane J, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Kuroda A, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    Scientific reports   14 ( 1 )   5853 - 5853   2024年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-024-56527-y

    PubMed

  • Comparison of cost, surgical time, and clinical results between arthroscopic transosseous rotator cuff repair with lateral cortical augmentation and arthroscopic transosseous equivalent suture bridge: A propensity score-matched analysis.

    Hirakawa Y, Manaka T, Ito Y, Nakazawa K, Iio R, Kubota N, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   29 ( 2 )   529 - 536   2024年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jos.2023.02.003

    PubMed

  • Degeneration of Cervical Multifidus Muscles Negatively Affects Physical Activity-related Quality of Life After Laminoplasty for Degenerative Cervical Myelopathy.

    Iwamae M, Tamai K, Suzuki A, Terai H, Hoshino M, Kato M, Toyoda H, Takahashi S, Yabu A, Sawada Y, Nakamura H

    Clinical spine surgery   2024年02月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000001585

    PubMed

  • No Impact of Contact Between the Medial Collar of a Hydroxyapatite-Coated Triple-Tapered Stem and the Femoral Neck on Periprosthetic Bone Mineral Density.

    Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Ueno S, Kobayashi A, Nakamura H

    The Journal of arthroplasty   2024年02月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arth.2024.02.011

    PubMed

  • Age-based comparison of meniscal dimensions between an asymptomatic complete discoid lateral meniscus and normal meniscus: MRI evaluation.

    Hashimoto Y, Nishino K, Kinoshita T, Iida K, Hiroaki N

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   144 ( 2 )   791 - 798   2024年02月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-023-05084-6

    PubMed

  • Short-Term Risk Factors for Distal Junctional Kyphosis after Spinal Reconstruction Surgery in Patients with Osteoporotic Vertebrae.

    Sawada Y, Takahashi S, Terai H, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Tamai K, Yabu A, Iwamae M, Nakamura H

    Asian spine journal   18 ( 1 )   101 - 109   2024年02月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.31616/asj.2023.0174

    PubMed

  • Correction to: Age‑based comparison of meniscal dimensions between an asymptomatic complete discoid lateral meniscus and normal meniscus: MRI evaluation.

    Hashimoto Y, Nishino K, Kinoshita T, Iida K, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   144 ( 2 )   799 - 799   2024年02月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-023-05157-6

    PubMed

  • Impact of Incident Osteoporotic Vertebral Fractures on 5-Year Postoperative Outcomes and Spinal Alignment Following Lumbar Fusion Surgery.

    Taniwaki H, Hoshino M, Kinoshita Y, Matsumura A, Namikawa T, Takahashi S, Kato M, Nakamura H

    Spine surgery and related research   8 ( 1 )   83 - 90   2024年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.22603/ssrr.2023-0160

    PubMed

  • Impact of constrained humeral liner on impingement-free range of motion and impingement type in reverse shoulder arthroplasty using a computer simulation.

    Nakazawa K, Manaka T, Minoda Y, Hirakawa Y, Ito Y, Iio R, Nakamura H

    Journal of shoulder and elbow surgery   33 ( 1 )   181 - 191   2024年01月( ISSN:1058-2746

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jse.2023.06.038

    PubMed

  • 経験と考察 腓骨変形を伴った脛骨遠位発生骨軟骨腫の臨床像

    星 学, 大戎 直人, 高田 尚輝, 岩井 正, 伴 祥高, 八百 花, 中村 博亮

    整形外科   75 ( 1 )   15 - 19   2024年01月( ISSN:0030-5901

  • Upper Instrumented Vertebra Anchorの違いは成人脊柱変形手術におけるProximal Junctional Vertebral Fractureの発生に影響するか?

    柳井 亮介, 松村 昭, 並川 崇, 星野 雅俊, 谷脇 浩志, 木下 右貴, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   15 ( 1 )   20 - 27   2024年01月( ISSN:1884-7137

  • Stem alignment with short tapered-wedge cementless stems affects bone mineral density continuously for at least 5 years after primary total hip arthroplasty.

    Masuda S, Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   34 ( 1 )   57 - 65   2024年01月( ISSN:1120-7000

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/11207000231178984

    PubMed

  • Peripheral nerve regeneration by bioabsorbable nerve conduits filled with platelet-rich fibrin.

    Hama S, Yokoi T, Orita K, Uemura T, Takamatsu K, Okada M, Nakamura H

    Clinical neurology and neurosurgery   236   108051 - 108051   2024年01月( ISSN:0303-8467

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.clineuro.2023.108051

    PubMed

  • Comparison of short-term clinical outcomes and radiographic changes in Grammont reverse shoulder arthroplasty between the French and Japanese populations: A propensity score-matched analysis.

    Hirakawa Y, Manaka T, Ito Y, Nakazawa K, Iio R, Kubota N, Nakamura H, Collin P

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   29 ( 1 )   128 - 132   2024年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jos.2022.11.008

    PubMed

  • Bone mineral density around cementless short stems after reverse shoulder arthroplasty: changes over time and its relationship to stem positioning.

    Nakazawa K, Manaka T, Hirakawa Y, Ito Y, Iio R, Oi N, Nakamura H

    JSES international   8 ( 1 )   119 - 125   2024年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jseint.2023.08.015

    PubMed

  • Lower preoperative Hounsfield unit values as a risk factor for poor 5-year clinical outcomes after lumbar spine surgery.

    Taniwaki H, Hoshino M, Kinoshita Y, Matsumura A, Namikawa T, Kato M, Takahashi S, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   33 ( 1 )   11 - 18   2024年01月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00586-023-07995-9

    PubMed

  • Low-Intensity Pulsed Ultrasound for Delayed Union of Distal Radius Fracture After Palmar Locking Plate Fixation: A Case Report.

    Hama S, Moriya K, Matsuyama Y, Maki Y, Nakamura H

    Cureus   16 ( 1 )   e51468   2024年01月( ISSN:2168-8184

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.7759/cureus.51468

    PubMed

  • Impact of Incident Osteoporotic Vertebral Fractures on 5-Year Postoperative Outcomes and Spinal Alignment Following Lumbar Fusion Surgery(タイトル和訳中)

    Taniwaki Hiroshi, Hoshino Masatoshi, Kinoshita Yuki, Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Takahashi Shinji, Kato Minori, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   8 ( 1 )   83 - 90   2024年01月

  • The Duration of Bone Healing and Nonunion Ratio After Ulnar Shortening Osteotomy Using a 5-Hole Forearm Compression Plate With Transverse Osteotomy.

    Hama S, Moriya K, Koda H, Tsubokawa N, Maki Y, Nakamura H

    Hand (New York, N.Y.)   15589447231218402 - 15589447231218402   2023年12月( ISSN:1558-9447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/15589447231218402

    PubMed

  • Comparative analysis of discoid lateral meniscus size: a distinction between symptomatic and asymptomatic cases.

    Nishino K, Hashimoto Y, Kinoshita T, Iida K, Tsumoto S, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   31 ( 12 )   5783 - 5790   2023年12月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00167-023-07650-2

    PubMed

  • 橈骨遠位端骨折に対して遠位設置型もしくは関節縁型掌側ロッキングプレートによる内固定を施行した症例の術後手根管症候群発症オッズの比較

    濱 峻平, 森谷 浩治, 幸田 久男, 坪川 直人, 牧 裕, 中村 博亮

    日本手外科学会雑誌   40 ( 3 )   182 - 184   2023年12月( ISSN:2185-4092

     詳細を見る

    橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート(palmer locking plate:PLP)であるDual Loc Radiiシステム(メイラ社)のV3はV7よりも遠位に設置可能であるため,V3使用症例では術後に手根管症候群(carpal tunnel syndrome:CTS)の発症がV7使用症例よりも危惧される.本研究の目的は,橈骨遠位端骨折に対してV7またはV3を用いて内固定を行った症例の術後CTS発症オッズを比較することである.2019年12月から2022年5月にV7またはV3を用いて手術加療を行った患者を後ろ向きに調べた.V7群とV3群はそれぞれ128例,70例で,術後CTS発症数はV7群で6例,V3群で3例であった.多変量ロジスティック回帰分析で,V7群とV3群でCTS発症オッズに有意差はなかった.術後CTS発症率はV7群,V3群ともに4~5%で,過去のPLP術後CTS発症率の報告と同等の発症頻度であった.(著者抄録)

  • 新しいPatient Specific Instrument:MyHipを用いたTHAでの大腿骨頸部骨切りの精度評価

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 大山 洋平, 増田 翔, 中村 博亮

    日本人工関節学会誌   53   313 - 314   2023年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    THAの術前にMyHipを用いてPatient specific instrument(PSI)を作成し、術中にこのPSIを利用して大腿骨頸部骨切りを行った68例の骨切り精度を評価した。評価方法は、手術計画で設定した「骨切り面から大腿骨頭最近位部の距離」と、手術中に実際に切り出された大腿骨頭を計測した「大腿骨頸部骨切り面と大腿骨頭最近位部の距離」を比較した。結果、「大腿骨頸部骨切り面と大腿骨頭最近位部の距離」は、手術計画で45.2±4.6mm、実際の計測値で45.3±5.0mmであった。ボーンソーの刃の厚みが1.27mmであることから、精度としては1.4±2.2mm、絶対値誤差は1.9±1.7mmとなった。症例個々にみると、手術計画との骨切りレベル誤差2mm以内で骨切りできたのは68例中42例(62%)、誤差3mm以内は53例(78%)であった。

  • Saucerization of complete discoid lateral meniscus is associated with change of morphology of the lateral femoral condyle and tibial plateau.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Nishino K, Iida K, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 12 )   7019 - 7026   2023年12月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-023-04999-4

    PubMed

  • Nerve Grafting for Isolated Injury to the Intrinsic Motor Branch of the Ulnar Nerve due to a Stab Injury: A Case Report.

    Yokoi T, Uemura T, Okada M, Saito K, Onode E, Nakamura H

    Journal of hand and microsurgery   15 ( 5 )   395 - 398   2023年12月( ISSN:0974-3227

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1055/s-0042-1749442

    PubMed

  • Machine-learning-based approach for nonunion prediction following osteoporotic vertebral fractures.

    Takahashi S, Terai H, Hoshino M, Tsujio T, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Tamai K, Yabu A, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   32 ( 11 )   3788 - 3796   2023年11月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • Reliability and validity of a new deltoid muscle area measurement method after reverse shoulder arthroplasty.

    Nakazawa K, Manaka T, Hirakawa Y, Ito Y, Iio R, Oi N, Nakamura H

    JSES international   7 ( 6 )   2500 - 2506   2023年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jseint.2023.08.002

    PubMed

  • Optimal Prognostic Factors for Metastatic and Inoperable Sarcomas Treated With Pazopanib, Eribulin, and Trabectedin.

    Iwai T, Hoshi M, Oebisu N, Takada N, Ban Y, Yao H, Nakamura H

    In vivo (Athens, Greece)   37 ( 6 )   2634 - 2641   2023年11月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21873/invivo.13371

    PubMed

  • Mobile-bearing prosthesis suppresses the postoperative rotational mismatch and improves patient-reported outcome measurements better than fixed-bearing prosthesis: rotational analysis by 3D measurement in total knee arthroplasty.

    Ueyama H, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Takemura S, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 11 )   6781 - 6790   2023年11月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-023-04971-2

    PubMed

  • Bilateral locking or triggering fingers due to intratendinous calcium pyrophosphate dihydrate crystal deposition: A case report(タイトル和訳中)

    Miyashima Yusuke, Uemura Takuya, Hama Shunpei, Konishi Sadahiko, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 6 )   1456 - 1460   2023年11月( ISSN:0949-2658

  • The Impact of Multidisciplinary Approaches to Social Functioning on Surgical Outcomes After Surgery for Cervical Myelopathy.

    Tamai K, Terai H, Watanabe S, Tashiro Y, Omine T, Katsuda H, Shimada N, Kobayashi Y, Nakamura H

    Spine   48 ( 19 )   1365 - 1372   2023年10月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000004764

    PubMed

  • Parathyroid Hormone Inhibits Fatty Infiltration and Muscle Atrophy After Rotator Cuff Tear by Browning of Fibroadipogenic Progenitors in a Rodent Model.

    Iio R, Manaka T, Takada N, Orita K, Nakazawa K, Hirakawa Y, Ito Y, Nakamura H

    The American journal of sports medicine   51 ( 12 )   3251 - 3260   2023年10月( ISSN:0363-5465

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/03635465231190389

    PubMed

  • The modification of bone cut angle and joint line obliquity did not change the tibiofemoral kinematics and stability of knee joint after total knee arthroplasty.

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Ohyama Y, Masuda S, Ikebuchi M, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 10 )   6345 - 6351   2023年10月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-023-04899-7

    PubMed

  • 寒冷凝集素症患者に人工関節置換術を施行した1例

    田中 和幸, 家口 尚, 笹岡 隆一, 馬野 雅之, 谷 亮佑, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   66 ( 5 )   835 - 836   2023年09月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    84歳女、5年前に近医で貧血を指摘され、当院血液内科の精査で寒冷凝集素症と診断された。今回、左変股症の症状が増悪したため、人工股関節置換術を施行した。周術期の寒冷曝露を避けるため、室温を30℃に設定するとともに、術中は温風式加温装置を用い、輸液や洗浄液も加温水を使用した。その結果、急激な溶血を起こすことなく安全に手術を施行できた。

  • Risk of Revision After Vertebral Augmentation for Osteoporotic Vertebral Fracture: A Narrative Review.

    Takahashi S, Inose H, Tamai K, Iwamae M, Terai H, Nakamura H

    Neurospine   20 ( 3 )   852 - 862   2023年09月( ISSN:2586-6583

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.14245/ns.2346560.280

    PubMed

  • Long-duration upper extremity surgery under brachial plexus block combined with intravenous dexmedetomidine sedation without an anesthesiologist.

    Miyashima Y, Uemura T, Konishi S, Nakamura H

    Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS   84   107 - 114   2023年09月( ISSN:1748-6815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2023.05.040

    PubMed

  • Assessment of Prevalence and Risk Factors for Central Sensitization Related to Shoulder Osteoarthritis and Rotator Cuff Tears Using the Central Sensitization Inventory: A Cross-Sectional Study in Shoulder Surgery Patients.

    Iio R, Manaka T, Nakazawa K, Hirakawa Y, Ito Y, Ogura A, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 17 )   2023年08月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jcm12175633

    PubMed

  • Posterior subtotal meniscectomy revealed the worst scenario for the progression of osteocartilaginous damage in cases of juvenile discoid lateral meniscus with peripheral tear.

    Hashimoto Y, Nishino K, Yamasaki S, Nishida Y, Tomihara T, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 8 )   5157 - 5165   2023年08月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-022-04747-0

    PubMed

  • Arthroscopic surgery for symptomatic discoid lateral meniscus improves meniscal status assessed by magnetic resonance imaging T2 mapping.

    Nishino K, Hashimoto Y, Nishida Y, Yamasaki S, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 8 )   4889 - 4897   2023年08月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-023-04819-9

    PubMed

  • Partial tibial nerve transfer for iatrogenic peroneal nerve palsy after endovenous laser ablation for varicose veins of the lower extremity: A case report.

    Uemura T, Miyashima Y, Konishi S, Takamatsu K, Nakamura H

    Microsurgery   43 ( 5 )   507 - 511   2023年07月( ISSN:0738-1085

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/micr.31023

    PubMed

  • Bone Marrow-Derived Fibrin Clots Stimulate Healing of a Knee Meniscal Defect in a Rabbit Model.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Orita K, Iida K, Takahashi S, Nakamura H

    Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   39 ( 7 )   1662 - 1670   2023年07月( ISSN:0749-8063

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arthro.2022.12.013

    PubMed

  • COVID-19アウトブレイク後の高齢者におけるロコモティブシンドローム発症 12000名以上を対象とした集団ベース横断研究(Development of locomotive syndrome in elderly population after COVID-19 outbreak: A population-based cross-sectional study with over 12,000 participants)

    Terai Hidetomi, Tamai Koji, Takahashi Shinji, Katsuda Hiroshi, Shimada Nagakazu, Hori Yusuke, Kobayashi Yuto, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 4 )   895 - 900   2023年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    COVID-19アウトブレイク前後における高齢者のロコモティブシンドローム(LS)の有病率の変化とリスク因子を検討した。COVID-19パンデミック前後に5項目Geriatric Locomotive Function Scale(GLFS-5)質問票に回答が得られた65歳以上の高齢者12197名を対象に横断サーベイ研究を行った。GLFS-5に基づいて2~3点をLSステージ1、4~5点をステージ2、6点以上をステージ3と判定し、パンデミック期間中のライフスタイルの変化を評価した。LSの有病率はパンデミック前が41.3%、パンデミック後が47.1%と増加しており、パンデミック後の新規LS発症は765名(6.3%)、LS-3発症は296名であった。LS発症群と非LS群の比較では、LS群には女性および75歳超が多く、運動習慣の減少が生じていた。多重ロジスティック回帰分析では、パンデミック後のLS発症のリスク因子として高齢、女性、運動レベル低下が抽出された。また、LS-3発症群ではLS-1/2群と比較して年齢が高く、運動習慣が著明に減少しており、多重ロジスティック回帰分析では高齢と運動習慣の減少がLS-3発症と有意に関連していた。このほか、腰痛、関節痛、しびれの有病率はLSの新規発症群、LS-3発症群において有意に高値を示していた。今回の解析結果から、日本人全体ではCOVID-19パンデミック後に約200万人の高齢者がLSを新規に発症し、軽度~中等度のLS患者のうち10%ほどが重症に移行したと推測された。

  • A new accelerometer-based portable navigation system provides high accuracy of acetabular cup placement in total hip arthroplasty in both the lateral decubitus and supine positions.

    Ohyama Y, Sugama R, Kim Y, Ohta Y, Minoda Y, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 7 )   4473 - 4480   2023年07月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-022-04675-z

    PubMed

  • A double tapered fully hydroxyapatite-coated stem has less contact area to femoral cortical bone than a tapered-wedge stem: a three-dimensional computed tomography-based density mapping analysis.

    Ohyama Y, Minoda Y, Ohta Y, Sugama R, Takemura S, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 7 )   4465 - 4472   2023年07月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-022-04655-3

    PubMed

  • Lateral meniscus autograft transplantation using hamstring tendon with a sandwiched bone marrow - derived fibrin clot: A case report.

    Iida K, Hashimoto Y, Nishino K, Nishida Y, Nakamura H

    International journal of surgery case reports   108   108444 - 108444   2023年07月( ISSN:2210-2612

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2023.108444

    PubMed

  • Factors Predicting the Final Diagnosis in Image-Guided Percutaneous Needle Biopsy for Suspected Spinal Tumors.

    Oka M, Suzuki A, Terai H, Kato M, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 13 )   2023年06月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jcm12134292

    PubMed

  • 歩数計を用いたウォーキング促進プログラムにおける金銭的インセンティブの有効性(Effectiveness of Financial Incentives for a Pedometer-based Walking Promotion Program)

    Komiya Eriko, Taniuchi Satsuki, Shiba Masatsugu, Shintani Ayumi, Nakamura Hiroaki

    Osaka City Medical Journal   69 ( 1 )   31 - 39   2023年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    インセンティブを伴うウォーキング促進プログラムの医療費削減効果について検討した。2016年10月~2018年3月に、大阪府高石市在住の40~75歳の市民16816名を対象に、毎日の歩数に応じてインセンティブが付与される歩行促進プログラムを実施した。参加希望者は市に参加登録し、自身のスマートフォンか活動量計のどちらかを選択、市内各地に設置された歩数登録端末を使用して自らの歩数を集計した。医療費データは国民健康保険のデータを使用した。プログラム参加群(1945名)と年齢・性別・医療費をマッチングさせた対照群(1945名)を設定し、年間医療費を比較した。順序ロジスティック回帰分析の結果、高石市在住者のサンプルにおいて、インセンティブを伴うウォーキング促進プログラムへの参加は1年間の医療費削減と相関していた。プログラム参加群と対照群の1年間における医療費の差は21261324円/年であった。インセンティブを伴うウォーキング促進プログラムは医療費削減の観点から有効な政策であると考えられた。

  • Three-dimensional adipose-derived stem cell spheroids exert potent therapeutic effects on rat femur osteochondral defects.

    Ueyama H, Okano T, Orita K, Mamoto K, Yamada Y, Nakamura H

    The Knee   42   382 - 389   2023年06月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.knee.2023.04.017

    PubMed

  • Association between Opioid Requirement and Overall Survival in Patients with Spinal Metastases.

    Dohzono S, Sasaoka R, Takamatsu K, Nakamura H

    Spine surgery and related research   7 ( 3 )   235 - 241   2023年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0169

    PubMed

  • Anti-Tumor Effect and Neurotoxicity of Ethanol Adjuvant Therapy after Surgery of a Soft Tissue Sarcoma.

    Ban Y, Hoshi M, Oebisu N, Orita K, Iwai T, Yao H, Nakamura H

    Current oncology (Toronto, Ont.)   30 ( 6 )   5251 - 5265   2023年05月( ISSN:1198-0052

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/curroncol30060399

    PubMed

  • Deep learning-based screening tool for rotator cuff tears on shoulder radiography.

    Iio R, Ueda D, Matsumoto T, Manaka T, Nakazawa K, Ito Y, Hirakawa Y, Yamamoto A, Shiba M, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2023年05月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jos.2023.05.004

    PubMed

  • Risk Factors for Poor Outcome after Palliative Surgery for Metastatic Spinal Tumors.

    Suzuki A, Terai H, Takahashi S, Kato M, Toyoda H, Tamai K, Hori Y, Okamura Y, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 10 )   2023年05月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • Glenoid bone grafting with coracoid transfer in reverse shoulder arthroplasty for chronic anterior dislocation: a case report.

    Katsumasa Nakazawa, Tomoya Manaka, Yoichi Ito, Yoshihiro Hirakawa, Ryosuke Iio, Hiroaki Nakamura

    JSES reviews, reports, and techniques   3 ( 2 )   225 - 229   2023年05月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.xrrt.2022.11.002

    PubMed

  • 高齢のロコモティブシンドローム患者の検出に用いられる人工知能モデル 横断研究(Artificial intelligence model to identify elderly patients with locomotive syndrome: A cross-section study)

    Takahashi Shinji, Nonomiya Yuta, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Ohyama Shoichiro, Shintani Ayumi, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 3 )   656 - 661   2023年05月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    高齢のロコモティブシンドローム(LS)患者の検出に用いられる人工知能(AI)ベースの決定システムを開発し、その有用性について検討した。高齢者409名(男性164名、女性245名、平均73.5±5.4歳)を対象に、横断研究を実施して足部スキャン圧システムとして歩行中の足底圧分布を測定し、さらに画像処理システムには畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いて足底圧をベースにLSの発症可能性を推定した。AIモデルのロジスティック回帰段階では、年齢、性別、身長、体重およびCNNの出力にもとづいて発症予測方程式を作成した。開発コホートの対象者は300名で、このうち104名(34.7%)がLSと診断された。三分割交差検証データセットの平均確度はトレーニングセットが0.71、検証セットが0.68を示しており、CNN出力はLS発症群の方が健常者群より有意に高かった。開発コホートにおける平均AUCは0.84、臨床モデルの平均AUCは0.80であった。足底圧分布をベースとしたAIモデルはLSのスクリーニングに有用なツールであることが示された。

  • 関節リウマチ患者における頸部痛とその関連因子(Neck pain and related factors in patients with rheumatoid arthritis)

    Suzuki Akinobu, Yamada Kentaro, Yabu Akito, Tamai Koji, Takahashi Shinji, Inui Kentaro, Okano Tadashi, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    Modern Rheumatology   33 ( 3 )   503 - 508   2023年05月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    関節リウマチ患者146例(女性82.9%、年齢24~87歳)を対象に、頸部痛がQOLに及ぼす影響と、頸部痛の関連因子について検討した。全例で立位および頸部側面のX線撮像を施行した。頸部痛は質問票と視覚的評価スケールにより評価し、頸部痛による機能障害度はneck disability index(NDI)により測定した。QOLの評価にはEuroQol-5 dimension(EQ-5D)を使用した。頸部痛は81例(55.5%)で認め、平均VASは36.0±20.0mmであった。頸部痛の陽性患者は陰性患者に比べてQOL値が有意に低く、NDIが有意に高かった(いずれもP<0.01)。X線で環軸関節亜脱臼(AAS)は46例(31.5%)で認め、垂直位亜脱臼(VS)は17例(11.6%)であった。多変量解析で年齢(OR 0.958、95%CI 0.924~0.993、P=0.018)、C7矢状垂直軸(OR 1.015、95%CI 1.001~1.029、P=0.036)、上頸部の亜脱臼(AASまたはVS)(OR 2.851、95%CI 1.162~6.993、P=0.022)、椎体終板の侵蝕像(OR 1.434、95%CI 1.021~2.015、P=0.038)が頸部痛の有意な関連因子であった。

  • 関節リウマチ患者における頸動脈プラークの新規発生率 TOMORROW研究の6年間の調査結果(Incidence of new carotid plaques in rheumatoid arthritis patients: 6-Year prospective results of the TOMORROW study)

    Anno Shohei, Okano Tadashi, Mamoto Kenji, Sugioka Yuko, Tada Masahiro, Inui Kentaro, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    Modern Rheumatology   33 ( 3 )   481 - 489   2023年05月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    頸動脈エコー検査を施行した関節リウマチ(RA)患者と健常者を対象に、頸動脈プラークの新規発生率を比較した。対象は、「RA患者の罹患率と死亡率を下げるためのリスク因子のトータルマネージメント」(TOMORROW研究)に登録されたRA患者208例と、年齢・性別を一致させた健常者205例で、2011年と2017年に頸動脈エコー検査を施行した。試験参加後に53例が脱落し、最終的にRA群175例(女性83.71%、平均58.9±12.7歳)と対照群185例(女性84.32%、平均58.47±12.52歳)を解析した。RA群の疾患活動性のコントロールは比較的に良好で、DAS28-CRPは平均で2.79±1.15、DAS28-CRPが5.1を超える高疾患活動性は僅か7例であった。2011年に頸動脈プラークの有病率はRA群(46.9%)の方が対照群(35.7%)より有意に高かったが、2017年までの6年間で頸動脈プラークの新規発生率に有意な群間差はなかった。多重ロジスティック回帰分析でRAは頸動脈プラークの新規発生のリスク因子でなかった(OR 0.708、95%CI 0.348~1.440)。

  • 診断に難渋した胸椎病的骨折の1例

    鈴木 摩耶, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   66 ( 3 )   507 - 508   2023年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    症例は54歳女性で、人間ドックにて全身に多発する骨硬化性病変を指摘され、精査目的に当院紹介となった。経過中に腰痛が出現し、MRIで第9胸椎に病的骨折を認めた。血液検査や骨生検では異常所見は認めず、入院後に硬性コルセット装着にて安静加療を行ったが、徐々に骨折部の圧壊の進行を認めたため、第21病日に第7~12胸椎の後方除圧固定術を施行した。術中迅速病理検査では急性骨髄炎の診断であったが、術後の病理組織検査では悪性リンパ腫を否定できず、その後の精査結果よりSAPHO症候群の診断に至った。

  • 腸管発生のデスモイド型線維腫症が転移悪性化したと考えられる1例

    田中 和幸, 家口 尚, 星 学, 伴 祥高, 笹岡 隆一, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   66 ( 3 )   391 - 392   2023年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    症例は51歳女性で、横行結腸のデスモイド腫瘍切除術後半年で右腸腰筋内の複数病変が出現した。デスモイド腫瘍として経過観察したが、2年の経過で腫瘍が増悪し、切開生検を行った。病理診断は腸病変と同様のデスモイド腫瘍であり、VBL+MTX投与を開始したが、徐々に腫瘍の再増大と局所症状の増悪を認め、半年後に2度目の切開生検を行い、デスモイド型線維腫症の転移悪性化と診断した。陽子線治療を行い、腫瘍は軽度縮小するも、3ヵ月後に多発胸膜転移をきたし死亡した。

  • 脊椎転移患者におけるオピオイド所要量と全生存期間との関連(Association between Opioid Requirement and Overall Survival in Patients with Spinal Metastases)

    Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Takamatsu Kiyohito, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   7 ( 3 )   235 - 241   2023年05月

     詳細を見る

    脊椎転移患者にみられるオピオイド所要量が生存期間に及ぼす影響、オピオイド所要量と腫瘍関連脊椎不安定性との関連について検討した。脊椎転移と診断された428例を対象に診断後1ヵ月におけるオピオイド処方を調査して、経口モルヒネ当量5mg/日以上のオピオイド投与群193例(男性99例、女性94例、平均68.2歳)と5mg/日未満の非オピオイド投与群235例(男性124例、女性111例、平均67.2歳)に分類、脊椎不安定性腫瘍性スコア(SINS)をもとにした脊椎不安定性および全生存期間とオピオイド投与との関連を評価した。腫瘍原発部位は肺癌が159例と最も多く、乳癌が75例、前立腺癌が46例であり、転移部位は胸椎、腰椎、頸椎の順となっていた。全生存期間中央値はオピオイド投与群の方が非オピオイド投与群より有意に短く、多変量解析では死亡リスクはオピオイド投与群が非オピオイド投与群の約2倍に達していた。オピオイド投与群の方がSINSスコアが有意に高く、重度の脊椎不安定性を有することが明らかになった。

  • 肩甲骨翼状変形を呈した骨軟骨腫の1例

    足立 拓矢, 星 学, 八百 花, 伴 祥高, 大戎 直人, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   66 ( 3 )   477 - 478   2023年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    症例は13歳男子で、2年前より誘因なく右肩甲部痛が出現し、野球の投球時に右肩甲部痛が強いため当科を受診した。初診時、右肩甲骨の翼状変形を認め、単純X線・3DCT・MRI所見より右肩甲骨の前面から発生した骨軟骨腫と診断し、骨腫瘍摘出術を施行した。病理所見は典型的な骨軟骨腫であり、術後は翼状変形や疼痛の改善が得られ、術後3ヵ月の時点で合併症や再発はみられず、良好に経過している。

  • MRIの予後不良因子を持たない新鮮骨粗鬆症性椎体骨折の保存加療における腰痛遺残リスク

    岩前 真由, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 星野 雅俊, 高橋 真治, 馬野 雅之, 小林 祐人, 勝田 紘史, 金田 国一, 島田 永和, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   14 ( 5 )   786 - 793   2023年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    はじめに:新鮮OVFのうちMRI予後不良因子(T2強調像で高信号限局型,低信号広範囲型)がないにも関わらず腰痛が遺残した症例について検討した.対象と方法:後ろ向きコホート研究.対象はOVFに対し保存加療を選択し,6ヶ月以上経過観察できた55例(平均年齢75.1歳,女性47例).MRIの予後不良因子を有する症例,馬尾・神経根の圧排を認める症例は除外した.6ヶ月時の腰痛VAS≧40の症例を腰痛遺残群(16例),その他を対照群(39例)に群分けした.評価項目は,初診時のX線動態撮影(座位・仰臥位側面)や全脊柱X線各種パラメーター,腰痛/臀部痛VAS,ODIを用いた.結果:単変量解析にて,初診時の臀部痛VAS(p=0.002),椎体可動角(p=0.047),TK(p=0.046),LL(p=0.031)に有意差があった.以上の有意な項目に年齢,性別,初診時腰痛VASを加えた多変量解析の結果,初診時の臀部痛VASが独立した腰痛遺残の危険因子であった(調整Odds比=1.526,p=0.019).結語:OVF受傷後6ヶ月時の腰痛遺残の危険因子は,初診時の臀部痛であった.(著者抄録)

  • Deep Learning Algorithm for Identifying Cervical Cord Compression Due to Degenerative Canal Stenosis on Radiography.

    Tamai K, Terai H, Hoshino M, Tabuchi H, Kato M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Yabu A, Sawada Y, Iwamae M, Oka M, Nakaniwa K, Okada M, Nakamura H

    Spine   48 ( 8 )   519 - 525   2023年04月( ISSN:0362-2436

  • Delirium Risk Score in Elderly Patients with Cervical Spinal Cord Injury and/or Cervical Fracture.

    Tamai K, Terai H, Nakamura H, Yokogawa N, Sasagawa T, Nakashima H, Segi N, Ito S, Funayama T, Eto F, Yamaji A, Watanabe K, Yamane J, Takeda K, Furuya T, Yunde A, Nakajima H, Yamada T, Hasegawa T, Terashima Y, Hirota R, Suzuki H, Imajo Y, Ikegami S, Uehara M, Tonomura H, Sakata M, Hashimoto K, Onoda Y, Kawaguchi K, Haruta Y, Suzuki N, Kato K, Uei H, Sawada H, Nakanishi K, Misaki K, Kuroda A, Inoue G, Kakutani K, Kakiuchi Y, Kiyasu K, Tominaga H, Tokumoto H, Iizuka Y, Takasawa E, Akeda K, Takegami N, Funao H, Oshima Y, Kaito T, Sakai D, Yoshii T, Ohba T, Otsuki B, Seki S, Miyazaki M, Ishihara M, Okada S, Imagama S, Kato S

    Journal of clinical medicine   12 ( 6 )   2023年03月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jcm12062387

    PubMed

  • Perioperative Essential Amino Acid Supplementation Facilitates Quadriceps Muscle Strength and Volume Recovery After TKA: A Double-Blinded Randomized Controlled Trial.

    Ueyama H, Kanemoto N, Minoda Y, Taniguchi Y, Nakamura H

    The Journal of bone and joint surgery. American volume   105 ( 5 )   345 - 353   2023年03月( ISSN:0021-9355

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2106/JBJS.22.00675

    PubMed

  • 手関節に生じたLipofibromatous hamartomaの1例

    大西 裕真, 宅間 仁美, 森山 美知子, 新谷 康介, 細見 僚, 北野 利夫, 中川 敬介, 中村 博亮

    近畿小児整形外科   34   28 - 30   2023年03月( ISSN:1345-1154

     詳細を見る

    女児。3歳時に右手関節掌側から手掌部にかけての腫瘤を主訴として紹介来院した。MRIではT1・T2強調画像ともに高輝度の組織内に点在する低輝度部が見られ、手根管部でやや絞扼されたダンベル状腫瘤像(50mm×15mm×11mm)を認め、右正中神経に生じた脂肪線維性過誤腫と考えられた。MRIにて経過観察を行った。その結果、徐々に腫瘤の厚みが減少して扁平化し、7歳現在まで神経症状は出現せずに経過している。引き続き経過観察を行い、手根管症状群に準じた症状を呈するようになれば、手根管開放術を行う方針である。

  • Postoperative D-dimer levels predict venous thromboembolisms detected with contrast-enhanced computerized tomography in patients undergoing anterior cruciate ligament reconstruction.

    Hashimoto Y, Komiya E, Nishino K, Nishida Y, Masuda A, Nakamura H

    BMC musculoskeletal disorders   24 ( 1 )   95 - 95   2023年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12891-023-06212-4

    PubMed

  • Less-invasive decompression procedures can reduce risk of reoperation for lumbar spinal stenosis with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis extended to the lumbar segment: analysis of two retrospective cohorts.

    Yamada K, Toyoda H, Hyakumachi T, Abe Y, Takahashi S, Suzuki A, Terai H, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   32 ( 2 )   505 - 516   2023年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • コロナ禍において電話外来診療の継続に否定的であった腰椎変性疾患患者の特徴

    林 和憲, 田中 亨, 前野 考史, 坂和 明, 榎原 恒之, 田中 秀和, 窪田 穣, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   14 ( 2 )   88 - 92   2023年02月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    はじめに:コロナ禍に関連し,電話外来診療を導入した病院は多い.診療システムの継続性や発展性を考慮すると,ニーズの把握と適応症例の明確化が望まれる.本研究の目的は電話診療継続を希望しなかった患者群の特徴を明らかにすることである.対象と方法:電話診療を施行後,主要評価項目として今後の診療希望形態を収集した腰椎変性疾患患者293例を対象とした.質問票を用い,「常に電話診療」「通常の対面診療に電話診療をはさむ」「有事の際に電話診療」「常に対面診療」の4択での回答を依頼した.副次評価項目として患者背景,診療内容,症状の経過を診療記録から収集し,ロジスティック回帰分析を用いて「常に対面診療」を希望した例の特徴を検討した.結果:対面診療希望例は29%であった.他の回答例と比較し70歳代が多く(オッズ比:2.30),電話診療期間の腰痛NRSが高く(1.15),日常生活能力がJ1の例が少ない(0.40)ことがわかった.結語:腰痛の強い例やADLの低い例では,電話診療の継続を希望しない例が多かった.対面で痛みを医師に直接訴えたい例,触診や処置を希望する例が含まれる可能性が考えられる.(著者抄録)

  • Relationship between body mass index and spinal pathology in community-dwelling older adults.

    Takeuchi Y, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Tsujio T, Kotake S, Yabu A, Hoshino M, Terai H, Kobayashi A, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   32 ( 2 )   428 - 435   2023年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • Periostin increased by mechanical stress upregulates interleukin-6 expression in the ligamentum flavum.

    Yabu A, Suzuki A, Hayashi K, Hori Y, Terai H, Orita K, Habibi H, Salimi H, Kono H, Toyoda H, Maeno T, Takahashi S, Tamai K, Ozaki T, Iwamae M, Ohyama S, Imai Y, Nakamura H

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   37 ( 2 )   e22726   2023年02月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1096/fj.202200917RR

    PubMed

  • The remaining parameters of patellar instability could be affected for osteoarthritic change after medial patellofemoral ligament reconstruction with or without anteromedialization of the tibial tubercle osteotomy for patellar instability: a retrospective cohort study.

    Hashimoto Y, Nishino K, Tomohiro T, Tsumoto S, Nakamura H

    BMC musculoskeletal disorders   24 ( 1 )   56 - 56   2023年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12891-022-06100-3

    PubMed

  • 高齢者の胸腰椎椎体骨折に対するBKP周術期の合併症頻度とその対策

    田中 和幸, 笹岡 隆一, 馬野 雅之, 谷 亮佑, 家口 尚, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   66 ( 1 )   23 - 24   2023年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    骨粗鬆症性椎体骨折または転移性脊椎腫瘍に対しballoon kyphoplasty(BKP)単独、あるいは脊椎固定術併用BKPを施行した67例79椎体(男性26例、女性41例、平均年齢79.5歳)を対象に、周術期の合併症について検討した。その結果、BKP術後にセメント漏出は43例(54.4%)に認められ、うち血管内漏出は7例(8.9%)であった。BKP単独群57例では隣接椎体骨折を10例(17.5%)で生じ、その発生時期は平均24.4日であった。尚、隣接椎体骨折群は非骨折群と比較し、椎体楔状角の矯正角度が大きい傾向を示していた。

  • 神経性食思不振を原因とする痛風性膝関節炎に対する関節鏡下デブリードマン 1症例報告(Arthroscopic debridement for gouty arthritis of the knee caused by anorexia nervosa: A case report)

    Kinoshita Takuya, Hashimoto Yusuke, Okano Tadashi, Nishida Yohei, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   28 ( 1 )   286 - 289   2023年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    症例は44歳女性で、1年半前から二次性歩行障害と膝伸展制限を伴う左膝関節痛を呈しており、関節液吸引といった保存療法を受けるも症状は徐々に悪化していた。思春期より神経性食思不振(AN)をきたし、約10年前に閉経に至り、36歳時にアルコール中毒、37歳時に腎不全、42歳時に高尿酸血症と診断されアロプリノールを処方されていた。受診時の身体所見ではBMI 12.3kg/m2と著明なるい痩を認め、膝関節ROMは20~100°に制限されており、関節周囲に腫脹と圧痛がみられた。単純X線検査で軟部組織による透過性現象と左膝関節腔の狭小化、MRIで多量の関節滲出液、膝蓋上包と膝蓋下脂肪体における腫瘤を認め、臨床検査結果と合わせてANを原因とする痛風性膝関節炎と診断を下し、関節鏡下デブリードマンを施行した。関節鏡所見では大腿顆と滑膜軟骨に粉状の白色沈着物を認め、滑膜切除術と膝蓋上包、膝蓋下脂肪体および中外側溝の結節切除を行った。術後は早期に全荷重負荷とし、疼痛と関節伸展制限は著明に改善が得られた。術後1年、無症状で経過しており、膝関節ROMは0~125°を示し、自立歩行が可能となっている。

  • 小児肘外傷における上腕骨遠位外側骨片の転位方向による簡易鑑別(第2報)

    中川 敬介, 日高 典昭, 久保 卓也, 新谷 康介, 鈴木 啓介, 細見 僚, 中村 博亮

    日本肘関節学会雑誌   30 ( 2 )   23 - 28   2023年( ISSN:1349-7324

  • Measurement of spinopelvic sagittal alignment in the relaxed seated position rather than in the straight seated position is suitable for assessing spinopelvic mobility in patients before total hip arthroplasty.

    Ohyama Y, Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    SICOT-J   9   2 - 2   2023年( ISSN:2426-8887

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1051/sicotj/2022051

    PubMed

  • Impact of the COVID-19 pandemic on bone and soft tissue tumor treatment: A single-institution study.

    Ban Y, Hoshi M, Oebisu N, Shimatani A, Takada N, Iwai T, Nakamura H

    PloS one   18 ( 4 )   e0283835   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0283835

    PubMed

  • Efficacy of Early Rehabilitation for Severe Coronavirus Disease 2019 Pneumonia: Factor Analysis Using Machine Learning.

    Ikebuchi M, Ohta Y, Minoda Y, Toki A, Nakatsuchi T, Terai H, Nakamura H, Kato R, Nakajima S

    Progress in rehabilitation medicine   8   20230027 - 20230027   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2490/prm.20230027

    PubMed

  • Efficacy of Early Rehabilitation for Severe Coronavirus Disease 2019 Pneumonia: Factor Analysis Using Machine Learning(タイトル和訳中)

    Ikebuchi Mitsuhiko, Ohta Yoichi, Minoda Yukihide, Toki Akiko, Nakatsuchi Tamotsu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki, Kato Ryoichi, Nakajima Sigeyoshi

    Progress in Rehabilitation Medicine   8   1 - 15   2023年

  • Is the Anterolateral or Posterolateral Approach More Effective for Early Postoperative Recovery after Minimally Invasive Total Hip Arthroplasty?

    Ohta Y, Sugama R, Minoda Y, Mizokawa S, Takahashi S, Ikebuchi M, Nakatsuchi T, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 1 )   2022年12月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jcm12010139

    PubMed

  • High tartrate-resistant acid phosphatase (TRACP 5b) level in cystic fluid is a significant prognostic marker for postoperative recurrence in solitary bone cysts.

    Hoshi M, Oebisu N, Iwai T, Shimatani A, Takada N, Ban Y, Nakamura H

    Journal of children's orthopaedics   16 ( 6 )   519 - 527   2022年12月( ISSN:1863-2521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/18632521221129368

    PubMed

  • Review of the referral documents of patients with malignant soft tissue tumors.

    Hoshi M, Oebisu N, Iwai T, Shimatani A, Ban Y, Takada N, Yao H, Nakamura H

    Scientific reports   12 ( 1 )   19527 - 19527   2022年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-022-24158-w

    PubMed

  • Prevalence, risk factors, and potential symptoms of hyponatremia after spinal surgery in elderly patients.

    Kinoshita Y, Tamai K, Oka M, Habibi H, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Nakamura H

    Scientific reports   12 ( 1 )   18622   2022年11月

     詳細を見る

  • Increased Surgical Experience in Microendoscopic Spinal Surgery Can Reduce Development of Postoperative Spinal Epidural Hematoma and Improve the Clinical Outcomes.

    Iwamae M, Tamai K, Kaneda K, Terai H, Katsuda H, Shimada N, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 21 )   2022年11月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jcm11216495

    PubMed

  • び漫性特発性骨増殖症関連化膿性脊椎炎患者における平均余命不良(Life Expectancy Is Poor in Patients with Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis-Related Pyogenic Vertebral Osteomyelitis)

    Yamada Kentaro, Ieguchi Makoto, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   6 ( 6 )   654 - 663   2022年11月

     詳細を見る

    化膿性脊椎炎(PVO)の治療後死亡率にび漫性特発性骨増殖症(DISH)が及ぼす影響について検討した。単施設で治療を受けたPVO患者55例(男性30例、女性25例、中央値73歳)を対象に後ろ向きコホート研究を実施し、DISH関連PVO群13例とDISH非関連PVO群42例に分類して死亡率の差を評価した。PVOの罹患部位は頸椎が4例(7%)、胸椎が12例(22%)、腰椎が39例(71%)で、起因菌が33例(60%)から検出され、黄色ブドウ球菌が最も多かった。静注抗生剤の投与期間中央値は6週間、手術を13例(24%)に施行し、経過観察期間中の死亡は18例(33%)となっていた。DISH関連PVO群の死亡率は62%で、88%が入院後1年以内の死亡であり、Kaplan-Meier生存曲線解析では2年死亡率はDISH関連PVO群の方がDISH非関連PVO群より高値を示していた。DISH関連PVO群の方が年齢が有意に高く、入院時のCRPも高値を示しており、敗血症が死因であったのはDISH関連PVO群が8例中6例、DISH非関連PVO群が10例中5例であった。このほか、PVO罹患中心部が椎体であったのはDISH関連PVO群が38%、DISH非関連PVO群が5%と有意差が認められた。DISH関連PVO患者の死亡率は高く、平均余命も短いことが明らかになった。

  • The Potential of Using an Autogenous Tendon Graft by Injecting Bone Marrow Aspirate in a Rabbit Meniscectomy Model.

    Iida K, Hashimoto Y, Orita K, Nishino K, Kinoshita T, Nakamura H

    International journal of molecular sciences   23 ( 20 )   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/ijms232012458

    PubMed

  • Microvascular neural blood flow assessment for a chronic nerve compression neuropathy mouse model by fluorescein angiography.

    Hama S, Yokoi T, Okada M, Uemura T, Takamatsu K, Nakamura H

    Neurological research   44 ( 10 )   937 - 945   2022年10月( ISSN:0161-6412

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/01616412.2022.2072101

    PubMed

  • 【上肢疾患の診断と治療の進歩(新鮮外傷を除く)】疾患各論 神経障害・末梢神経疾患 手根管症候群 有鉤骨鉤の解剖学的破格が鏡視下手根管開放術に与える影響

    斉藤 公亮, 岡田 充弘, 石河 恵, 中村 博亮

    別冊整形外科   ( 82 )   160 - 163   2022年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    鏡視下手根管開放術(ECTR)を施行する際、有鉤骨鉤は手根骨の尺側縁として触知可能なランドマークであるが、有鉤骨鉤には解剖学的破格(低形成)が存在し注意を要する。今回、当科で2016~2020年にECTRを施行した53例56手を対象とし、有鉤骨鉤の低形成を認めた症例の割合と有害事象について調査した。低形成は6手(11%)に認めた。有害事象は、低形成を認めた2手に発生し、内訳は正中神経領域の一過性の痺れ1手、鈍棒挿入時における尺骨神経領域への放散痛1手で、いずれも保存的治療により改善した。このうち放散痛が生じた症例を提示した。

  • 上腕骨近位端骨折続発症に対するリバース型人工肩関節置換術の短期成績

    飯尾 亮介, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中澤 克優, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 2 )   309 - 312   2022年10月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    上腕骨近位端骨折続発症に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の短期成績について検討したので報告する.対象は上腕骨近位端骨折続発症に対して,RSAを施行し術後1年以上経過観察可能であった17肩である.評価項目は術後1年時の自動可動域(屈曲,外転,外旋,結帯動作),疼痛,日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(以下JOAスコア)とし,既往手術・RSA術後の大結節の異常の有無と術後成績との関連についても検討した.術後屈曲,外転,JOAスコアは術前後で有意な改善を認めた.また,既往手術なし群はあり群と比較して術後外転可動域が有意に高い値であったが,大結節の異常の有無で術後臨床成績に有意差はなかった.上腕骨近位端骨折続発症に対するRSAは術後成績の改善を認めたが,手術の既往,大結節の治癒が術後成績に影響する可能性があり,初回の治療選択の見極めが重要であり,手術手技の工夫も要すると考えられた.(著者抄録)

  • 【上肢疾患の診断と治療の進歩(新鮮外傷を除く)】総論 侵襲的治療 人工関節手術 ナビゲーションシステムを用いたリバース型人工肩関節置換術の実際

    中澤 克優, 間中 智哉, 飯尾 亮介, 伊藤 陽一, 平川 義弘, 中村 博亮

    別冊整形外科   ( 82 )   51 - 55   2022年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    RSA施行時にナビゲーションを使用した群15例(N群)と非使用群9例(C群)とで肩甲骨コンポーネントの設置状態を比較し、ナビゲーションの有用性について検討した。術中の肩甲骨コンポーネント目標設置位置は、肩甲骨関節窩前後捻角(GV)と肩甲骨関節窩傾斜角(GI)を0°、下方への張り出し(IO)を3mmとし、目標位置と実際の設置位置とのズレを調べた。結果、GVのズレはN群が3.4±2.3°、C群が7.1±4.3°で、N群のほうが有意に小さかった。GIのズレはN群3.2±1.6°、C群9.9±6.7°で、N群が有意に小さかった。IOのズレはN群1.4±0.9mm、C群2.6±2.6mmで、有意差は認められなかった。手術時間に有意な群間差はなかった。

  • Postoperative Physical Therapy Program Focused on Low Back Pain Can Improve Treatment Satisfaction after Minimally Invasive Lumbar Decompression.

    Terai H, Tamai K, Kaneda K, Omine T, Katsuda H, Shimada N, Kobayashi Y, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 19 )   2022年09月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jcm11195566

    PubMed

  • Nerve-End Capping Treatment with a Polyglycolic Acid Conduit for Rat Sciatic Neuroma: A Preliminary Report.

    Onode E, Uemura T, Hama S, Yokoi T, Okada M, Takamatsu K, Nakamura H

    Journal of reconstructive microsurgery   38 ( 9 )   711 - 720   2022年09月( ISSN:0743-684X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1055/s-0042-1757208

    PubMed

  • Intrameniscal degeneration and meniscotibial ligament loosening are associated factors with meniscal extrusion of symptomatic discoid lateral meniscus.

    Nishino K, Hashimoto Y, Iida K, Kinoshita T, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   31 ( 6 )   2358 - 2365   2022年09月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00167-022-07161-6

    PubMed

  • Change in Physical and Mental Quality-of-Life between the Short- and Mid-Term Periods after Cervical Laminoplasty for Cervical Spondylotic Myelopathy: A Retrospective Cohort Study with Minimum 5 Years Follow-up.

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Kato M, Toyoda H, Takahashi S, Yabu A, Sawada Y, Iwamae M, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 17 )   2022年09月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • ACL Graft Matching: Cadaveric Comparison of Microscopic Anatomy of Quadriceps and Patellar Tendon Grafts and the Femoral ACL Insertion Site.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Iida K, Nakamura H

    The American journal of sports medicine   50 ( 11 )   2953 - 2960   2022年09月( ISSN:0363-5465

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/03635465221110895

    PubMed

  • Transplantation of Parathyroid Hormone-Treated Achilles Tendon Promotes Meniscal Regeneration in a Rat Meniscal Defect Model.

    Nishino K, Hashimoto Y, Nishida Y, Orita K, Takigami J, Nakamura H

    The American journal of sports medicine   50 ( 11 )   3102 - 3111   2022年09月( ISSN:0363-5465

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/03635465221112954

    PubMed

  • Decreased daily exercise since the COVID-19 pandemic and the deterioration of health-related quality of life in the elderly population: a population-based cross-sectional study.

    Tamai K, Terai H, Takahashi S, Katsuda H, Shimada N, Habibi H, Nakamura H

    BMC geriatrics   22 ( 1 )   678   2022年08月

     詳細を見る

  • Prediction of the future leg length after rotationplasty in a 3-year-old boy with extraskeletal Ewing sarcoma and long follow-up until skeletal maturity: a case report.

    Yao H, Hoshi M, Okamoto T, Takami M, Ieguchi M, Nakamura H

    Japanese journal of clinical oncology   52 ( 12 )   1436 - 1440   2022年08月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/jjco/hyac133

    PubMed

  • Comparison of postoperative knee flexion and patient satisfaction between newly and conventionally designed medial pivot total knee arthroplasty: a 5-year follow-up matched cohort study.

    Ueyama H, Kanemoto N, Minoda Y, Yamamoto N, Taniguchi Y, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   142 ( 8 )   2057 - 2064   2022年08月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-021-04121-6

    PubMed

  • Two positioned MRI can visualize and detect the location of peripheral rim instability with snapping knee in the no-shift-type of complete discoid lateral meniscus.

    Hashimoto Y, Nishino K, Yamasaki S, Nishida Y, Takahashi S, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   142 ( 8 )   1971 - 1977   2022年08月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

  • リバース型人工肩関節置換術後感染に対して持続的局所抗菌薬灌流を施行した一例

    橋村 剛, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 1 )   236 - 240   2022年08月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術(RSA)後感染に対して持続的局所抗菌薬灌流(CLAP)を施行した1例を経験したので報告する.症例は87歳女性.6ヵ月前に右肩化膿性関節炎を発症し,鏡視下デブリドマン施行.抗菌薬治療後にRSAを施行した.術後3週で創部に感染兆候出現し,各種検査所見よりRSA術後人工関節周囲感染と診断.洗浄,デブリドマン,インプラント交換及びCLAPを施行.術後1年で感染の再燃なく経過良好である.(著者抄録)

  • Evaluation of the knee joint morphology associated with a complete discoid lateral meniscus, as a function of skeletal maturity, using magnetic resonance imaging.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Iida K, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 4 )   2095 - 2102   2022年07月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-022-04538-7

    PubMed

  • Advanced glycation end products in musculoskeletal system and disorders.

    Suzuki A, Yabu A, Nakamura H

    Methods (San Diego, Calif.)   203   179 - 186   2022年07月( ISSN:1046-2023

     詳細を見る

  • Surgical Management of Discoid Lateral Meniscus With Anterior Peripheral Instability: Retaining an Adequate Residual Meniscus Volume.

    Hashimoto Y, Yamasaki S, Guttmann D, Reid JB 3rd, Marvil S, Kinoshita T, Nakamura H

    Arthroscopy techniques   11 ( 7 )   e1141 - e1147   2022年07月( ISSN:2212-6287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.eats.2022.02.021

    PubMed

  • Comparison of new and old all-inside suture devices in meniscal cyst formation rates after meniscal repair.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Nishino K, Nishida Y, Takahashi S, Nakamura H

    International orthopaedics   46 ( 7 )   1563 - 1571   2022年07月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

  • Shiraniwa Studyからみた高齢者腰痛の特徴とその対策

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 星野 雅俊, 堀 悠介, 藪 晋人, 辻尾 唯雄, 竹内 雄一, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 6 )   809 - 817   2022年06月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    <p>我々は2016年8月より都市圏在住65歳以上の高齢者409名を対象に,腰痛を含めた身体症状や,身体機能評価,画像検査からなる観察研究(Shiraniwa Study)を行っている.</p><p>その横断解析の結果より,高齢者腰痛の独立した関連因子は脊柱インバランス(SVA>95),肥満(BMI≧25.0),既存椎体骨折,不安の強さであり,腰痛対策としてこれらに介入することが有効と考えた.</p><p>縦断的に脊柱インバランス進行を生じた高齢者の特徴を解析したところ,ロコモ度2は独立した脊柱インバランス進行の予測因子であった.また,経時的にロコモ度が改善した高齢者は体重減少を認めていたことから,減量はロコモ度改善を介して脊柱インバランス進行の抑制に寄与する可能性があると考えられた.</p><p>減量は高齢者腰痛の関連因子である,肥満,脊柱インバランスの両者に影響することから,有効な高齢者腰痛対策となり得ると注目している.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2022-0602

  • 人工知能技術を活用した骨粗鬆症性椎体骨折の画像診断補助システム

    藪 晋人, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 6 )   844 - 850   2022年06月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    <p>高齢化社会の進行に伴い,骨粗鬆症患者数も増加の一途をたどっている.骨粗鬆症性椎体骨折は高齢者のADLやQOLを低下させるため,早期に適切な治療介入を行う必要があり,精度の高い診断が重要となる.近年,人工知能による物体認識は畳み込みニューラルネットワーク(Convolutional neural network:CNN)の開発により著しく改善を認め,画像診断サポートツールに応用されている.過去に我々はCNNを用いてMR画像で新鮮椎体骨折を検出するシステムを構築した.本稿ではその研究成果を述べるとともに骨粗鬆症性椎体骨折に関する診断や画像診断サポートツールとしての人工知能の有用性についてレビューした.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2022-0607

  • Development of locomotive syndrome in elderly population after COVID-19 outbreak: A population-based cross-sectional study with over 12,000 participants.

    Terai H, Tamai K, Takahashi S, Katsuda H, Shimada N, Hori Y, Kobayashi Y, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   28 ( 4 )   895 - 900   2022年06月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • Does Systemic Chemotherapy Influence Skeletal Growth of Young Osteosarcoma Patients as a Treatment-Related Late Adverse Effect?

    Hoshi M, Oebisu N, Iwai T, Ban Y, Nakamura H

    Current oncology (Toronto, Ont.)   29 ( 6 )   4081 - 4089   2022年06月( ISSN:1198-0052

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/curroncol29060325

    PubMed

  • Association between Age and Trunk Muscle Area and Density in Patients with Spinal Metastases.

    Dohzono S, Sasaoka R, Takamatsu K, Nakamura H

    Asian spine journal   16 ( 5 )   677 - 683   2022年06月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.31616/asj.2021.0192

    PubMed

  • Incidence of New Carotid Plaques in Rheumatoid Arthritis Patients: Six Years Prospective Results of the TOMORROW Study.

    Anno S, Okano T, Mamoto K, Sugioka Y, Tada M, Inui K, Koike T, Nakamura H

    Modern rheumatology   33 ( 3 )   481 - 489   2022年06月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/mr/roac051

    PubMed

  • Bipedicled digital artery perforator volar adiposal turned-over flap for reconstruction of transverse fingertip amputation.

    Onode E, Takamatsu K, Kazuki K, Nakamura H

    JPRAS open   32   111 - 115   2022年06月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jpra.2022.02.006

    PubMed

  • Pain and numbness one month after carpal tunnel release predict patient-reported outcome measures at sixth months.

    Hama S, Okada M, Yokoi T, Uemura T, Nakamura H

    Journal of plastic surgery and hand surgery   56 ( 3 )   167 - 171   2022年06月( ISSN:2000-656X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/2000656X.2021.1953041

    PubMed

  • Decreased muscle mass and strength affected spinal sagittal malalignment.

    Miyagi M, Inoue G, Hori Y, Inage K, Murata K, Kawakubo A, Fujimaki H, Koyama T, Yokozeki Y, Mimura Y, Takahashi S, Ohyama S, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Tsujio T, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Orita S, Eguchi Y, Shiga Y, Furuya T, Maki S, Shirasawa E, Saito W, Imura T, Nakazawa T, Uchida K, Ohtori S, Nakamura H, Takaso M

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   31 ( 6 )   1431 - 1437   2022年06月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • 頚椎椎弓形成術術後鎮痛における多剤カクテル注射の有効性の検討:前向き無作為化比較試験

    寺川 雅基, 安田 宏之, 小西 定彦, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 5 )   778 - 783   2022年05月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    <p><b>はじめに:</b>頚椎椎弓形成術における多剤カクテル注射の術後鎮痛効果と安全性の検討を前向き無作為化比較試験で行った.</p><p><b>対象と方法:</b>頚椎椎弓形成術を施行した50例を無作為にカクテル群(ロピバカイン18 ml,フルルビプロフェン1.25 ml,0.1%アドレナリン0.1 ml,水溶性プレドニン0.75 ml)25例,対照群(レボブピバカイン0.5%20 ml投与)25例に分けた.創部痛VAS(帰室時,術後3,6,12時間,術後1,2,3,5,6,7日目),帰室後鎮痛剤を使用するまでの時間,24時間以内の鎮痛剤使用回数を比較した.</p><p><b>結果:</b>創部痛VASは術後1,3,5,6日目においてカクテル群が有意に低かった(p=0.01,0.019,0.024,0.009).24時間以内の鎮痛剤使用回数はカクテル群で有意に使用回数が少なかった(p=0.04).術後合併症は認めなかった.</p><p><b>結語:</b>多剤カクテル注射はレボブピバカイン単剤の局所浸潤麻酔法と比較し,頚椎椎弓形成術後6日以内の創部痛VAS,24時間以内の鎮痛薬使用量を減少させた.多剤カクテル注射は頚椎椎弓形成術術後疼痛管理の一選択肢になると考える.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2021-0067

  • Neck Pain and Related Factors in Patients with Rheumatoid Arthritis.

    Suzuki A, Yamada K, Yabu A, Tamai K, Takahashi S, Inui K, Okano T, Koike T, Nakamura H

    Modern rheumatology   33 ( 3 )   503 - 508   2022年05月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Association of a Wider Medial Gap (Medial Laxity) in Flexion with Self-Reported Knee Instability After Medial-Pivot Total Knee Arthroplasty.

    Ueyama H, Kanemoto N, Minoda Y, Nakagawa S, Taniguchi Y, Nakamura H

    The Journal of bone and joint surgery. American volume   104 ( 10 )   910 - 918   2022年05月( ISSN:0021-9355

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2106/JBJS.21.01034

    PubMed

  • 3D-cultured small size adipose-derived stem cell spheroids promote bone regeneration in the critical-sized bone defect rat model.

    Yamada Y, Okano T, Orita K, Makino T, Shima F, Nakamura H

    Biochemical and biophysical research communications   603   57 - 62   2022年05月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.03.027

    PubMed

  • 大腿部悪性軟部腫瘍に対する広範切除後の残存筋の経時的変化の検討

    高田 尚輝, 星 学, 大戎 直人, 嶋谷 彰芳, 伴 祥高, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 3 )   467 - 468   2022年05月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • Association of Postoperative Lateral Meniscal Extrusion With Cartilage Degeneration on Magnetic Resonance Imaging After Discoid Lateral Meniscus Reshaping Surgery.

    Nishino K, Hashimoto Y, Iida K, Nishida Y, Yamasaki S, Nakamura H

    Orthopaedic journal of sports medicine   10 ( 5 )   23259671221091997 - 23259671221091997   2022年05月( ISSN:2325-9671

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/23259671221091997

    PubMed

  • 大腿部悪性軟部腫瘍に対する広範切除後の残存筋の経時的変化の検討

    高田 尚輝, 星 学, 大戎 直人, 嶋谷 彰芳, 伴 祥高, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 3 )   467 - 468   2022年05月( ISSN:0008-9443

  • Usefulness of Preoperative Planning by Three-Dimensional Planning Software for Pedicle Screw Placement in Thoracolumbar Surgeries: Misplacement Rate and Associated Risk Factors(和訳中)

    Ozaki Tomonori, Yamada Kentaro, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   6 ( 3 )   279 - 287   2022年05月

  • Mid-term changes in spinopelvic sagittal alignment in lumbar spinal stenosis with coexisting degenerative spondylolisthesis or scoliosis after minimally invasive lumbar decompression surgery: minimum five-year follow-up.

    Salimi H, Toyoda H, Terai H, Yamada K, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   22 ( 5 )   819 - 826   2022年05月( ISSN:1529-9430

  • COVID-19肺炎治療中に膝関節偽痛風を併発し、肺炎の増悪との鑑別が必要であった1例

    林 和憲, 坂和 明, 榎原 恒之, 田中 亨, 窪田 穣, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 3 )   365 - 366   2022年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    82歳女性。前医にてCOVID-19肺炎の入院加療中に炎症所見上昇、発熱が認められ、第12病日に当院へ転院となった。入院時の胸部CTで両肺野に広範な肺炎像がみられ、デキサメサゾンの投与を漸減した。しかし、第15病日には炎症所見が再び上昇し、同時に右膝痛が出現した。胸部X線では肺炎像の増悪はみられず、第19病日に右膝関節穿刺を行ったところ、膝関節偽痛風と診断された。穿刺後は速やかに解熱し、関節痛の改善もみられ、第29病日に自宅退院となった。目下、発症から10ヵ月経過で偽痛風の再発はみられていない。

  • 頸椎椎弓形成術術後鎮痛における多剤カクテル注射の有効性の検討 前向き無作為化比較試験

    寺川 雅基, 安田 宏之, 小西 定彦, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 5 )   778 - 783   2022年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    はじめに:頸椎椎弓形成術における多剤カクテル注射の術後鎮痛効果と安全性の検討を前向き無作為化比較試験で行った.対象と方法:頸椎椎弓形成術を施行した50例を無作為にカクテル群(ロピバカイン18ml,フルルビプロフェン1.25ml,0.1%アドレナリン0.1ml,水溶性プレドニン0.75ml)25例,対照群(レボブピバカイン0.5%20ml投与)25例に分けた.創部痛VAS(帰室時,術後3,6,12時間,術後1,2,3,5,6,7日目),帰室後鎮痛剤を使用するまでの時間,24時間以内の鎮痛剤使用回数を比較した.結果:創部痛VASは術後1,3,5,6日目においてカクテル群が有意に低かった(p=0.01,0.019,0.024,0.009).24時間以内の鎮痛剤使用回数はカクテル群で有意に使用回数が少なかった(p=0.04).術後合併症は認めなかった.結語:多剤カクテル注射はレボブピバカイン単剤の局所浸潤麻酔法と比較し,頸椎椎弓形成術後6日以内の創部痛VAS,24時間以内の鎮痛薬使用量を減少させた.多剤カクテル注射は頸椎椎弓形成術術後疼痛管理の一選択肢になると考える.(著者抄録)

  • Induction of chondrogenesis with a RANKL-binding peptide, WP9QY, in vitro and in vivo in a rabbit model.

    Furuya Y, Mera H, Itokazu M, Terai S, Nakamura H, Wakitani S, Yasuda H

    Biochemical and biophysical research communications   602   98 - 104   2022年04月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.03.019

    PubMed

  • 特集 末梢神経-Current Concept in 2022 Ⅰ.末梢神経再生の基礎 末梢神経再生におけるextrinsic growthとハイブリッド型人工神経の開発

    上村 卓也, 横井 卓哉, 高松 聖仁, 中村 博亮

    整形・災害外科   65 ( 5 )   479 - 484   2022年04月( ISSN:03874095

     詳細を見る

  • Author Correction: Local transplantation of adipose-derived stem cells has a significant therapeutic effect in a mouse model of rheumatoid arthritis.

    Ueyama H, Okano T, Orita K, Mamoto K, Ii M, Sobajima S, Iwaguro H, Nakamura H

    Scientific reports   12 ( 1 )   6327 - 6327   2022年04月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-022-10386-7

    PubMed

  • Thoracic Outlet Syndrome with Subclavian Artery Thrombosis Caused by Synostosis of the First and Second Ribs: A Case Report.

    Onode E, Takamatsu K, Kazuki K, Nakamura H

    JBJS case connector   12 ( 2 )   2022年04月( ISSN:21603251

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2106/JBJS.CC.21.00751

    PubMed

  • Evaluation of knee bone morphology in juvenile patients with complete discoid lateral meniscus using magnetic resonance imaging.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Nishida Y, Iida K, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   142 ( 4 )   649 - 655   2022年04月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-021-03908-x

    PubMed

  • Is medial pivot total knee arthroplasty suitable for patients with valgus knee osteoarthritis?

    Iwakiri K, Ohta Y, Ohyama Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   32 ( 3 )   551 - 557   2022年04月( ISSN:1633-8065

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00590-021-03007-y

    PubMed

  • Microendoscopic Lumbar Posterior Decompression Surgery for Lumbar Spinal Stenosis: Literature Review.

    Suzuki A, Nakamura H

    Medicina (Kaunas, Lithuania)   58 ( 3 )   2022年03月( ISSN:1010-660X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/medicina58030384

    PubMed

  • Facet Joint Opening on Computed Tomography Is a Predictor of Poor Clinical Outcomes After Minimally Invasive Decompression Surgery for Lumbar Spinal Stenosis.

    Yamada K, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Suzuki A, Hoshino M, Terai H, Nakamura H

    Spine   47 ( 5 )   405 - 413   2022年03月( ISSN:0362-2436

  • Expression and function of fibroblast growth factor 1 in the hypertrophied ligamentum flavum of lumbar spinal stenosis(和訳中)

    Habibi Hasibullah, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Salimi Hamidullah, Hori Yusuke, Orita Kumi, Yabu Akito, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   27 ( 2 )   299 - 307   2022年03月( ISSN:0949-2658

  • 早期に腫瘍切除術を施行した足趾外骨腫の1例

    大平 千夏, 中川 敬介, 中村 博亮

    近畿小児整形外科   33   33 - 35   2022年03月( ISSN:1345-1154

     詳細を見る

    症例は2歳0ヵ月男児で、左第4趾の変形にて近医を受診し、腫瘍や外傷後の変形が疑われた。紹介受診時には左第4趾の遠位が外側に偏位していたが、発赤・発熱・圧痛などはみられず、単純X線では左第4趾の基節骨骨頭の骨性隆起と中節骨の外側への亜脱臼を認めた。MRI T2強調画像にて骨幹端から発生した腫瘍が関節面に及んでいたことから単発性外骨腫を疑い、dysplasia epiphyseal hemimelica(DEH)を否定した上で早期に腫瘍切除術を行った。術中、関節軟骨を被覆していた腫瘍と軟骨帽を可及的に切除し、PIP関節を整復してK-wireで固定した。その結果、術後6ヵ月で腫瘍の再発は認めず、PIP関節のアライメントも良好である。関節面に及んだ外骨腫に対しては、年齢や症状の有無によらず、早期に切除することが望ましいと考えられた。

  • Serum Cartilage Oligomeric Matrix Protein Detects Early Osteoarthritis in Patients With Anterior Cruciate Ligament Deficiency.

    Nishida Y, Hashimoto Y, Orita K, Nishino K, Kinoshita T, Nakamura H

    Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   38 ( 3 )   873 - 878   2022年03月( ISSN:0749-8063

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arthro.2021.06.019

    PubMed

  • Outcomes of Sarcopenia Treatment for Malignant Bone and Soft Tissue Tumors in Elderly Patients.

    Ban Y, Manabu H, Oebisu N, Shimatani A, Takada N, Nakamura H

    Cancer diagnosis & prognosis   2 ( 2 )   194 - 200   2022年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21873/cdp.10094

    PubMed

  • 緊急で絞扼部切除術を施行した先天性内反足を伴う先天性絞扼輪症候群の1例

    中川 淳生, 中川 敬介, 中村 博亮, 大平 千夏, 新谷 康介, 細見 僚, 北野 利夫

    近畿小児整形外科   33   10 - 12   2022年03月( ISSN:1345-1154

     詳細を見る

    症例は生後20日の女児で、生下時から両内反足、両上下肢絞扼輪症候群を合併し、特に左下腿に強い絞扼と浮腫を認めた。Ponseti法による両先天性内反足の治療を開始し、右足は順調に経過したが、左足は強いリンパ浮腫のため矯正ギプス治療を継続できなかった。月齢が低く、サイズが小さいため、手術時期について検討しながら装具装着で待機していたが、生後2ヵ月時に急激な循環不全をきたし、左下腿の色調増悪を認めたため、緊急手術として絞扼輪切除術を行った。その後、左側外側接地した状態で安定した歩行を獲得できたため、1歳10ヵ月時に後内側解離術を行い、2歳0ヵ月時点で左足は軽度内反位を認めるもほぼ足底接地可能である。

  • A deep learning algorithm to identify cervical ossification of posterior longitudinal ligaments on radiography.

    Tamai K, Terai H, Hoshino M, Yabu A, Tabuchi H, Sasaki R, Nakamura H

    Scientific reports   12 ( 1 )   2113 - 2113   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-022-06140-8

    PubMed

  • Artificial intelligence model to identify elderly patients with locomotive syndrome: A cross-section study.

    Takahashi S, Nonomiya Y, Terai H, Hoshino M, Ohyama S, Shintani A, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   28 ( 3 )   656 - 661   2022年02月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • Incidence of postoperative progressive segment degeneration at decompression and adjacent segments after minimally invasive lumbar decompression surgery: a 5-year follow-up study.

    Habibi H, Toyoda H, Terai H, Yamada K, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Salimi H, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   37 ( 1 )   1 - 8   2022年02月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • Eldecalcitol regulates the gene expressions of articular cartilage markers and differentiation markers in chondrocytes.

    Takemura S, Ohta Y, Sugama R, Minoda Y, Ohyama Y, Nakamura H

    Biochemical and biophysical research communications   597   58 - 63   2022年02月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.01.119

    PubMed

  • Galectin-3 promotes the adipogenic differentiation of PDGFRα+ cells and ectopic fat formation in regenerating muscle.

    Takada N, Takasugi M, Nonaka Y, Kamiya T, Takemura K, Satoh J, Ito S, Fujimoto K, Uematsu S, Yoshida K, Morita T, Nakamura H, Uezumi A, Ohtani N

    Development (Cambridge, England)   149 ( 3 )   2022年02月( ISSN:0950-1991

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1242/dev.199443

    PubMed

  • A cemented mobile-bearing total knee prosthesis prevents peri-prosthetic bone mineral density loss around the femoral component: a consecutive follow-up at a mean of 11 years.

    Minoda Y, Ikebuchi M, Kobayashi A, Iwaki H, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   30 ( 2 )   734 - 739   2022年02月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

  • Autologous Platelet-Rich Fibrin Membrane to Augment Healing of Microfracture Has Better Macroscopic and Histologic Grades Compared With Microfracture Alone on Chondral Defects in a Rabbit Model.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Orita K, Nishida Y, Nishino K, Nakamura H

    Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   38 ( 2 )   417 - 426   2022年02月( ISSN:0749-8063

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arthro.2021.04.055

    PubMed

  • The health-related quality of life of patients with musculoskeletal disorders after the COVID-19 pandemic.

    Terai H, Tamai K, Takahashi S, Hori Y, Iwamae M, Ohyama S, Yabu A, Hoshino M, Nakamura H

    International orthopaedics   46 ( 2 )   189 - 195   2022年02月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

  • Surgical Treatment of Ulnar Cleft Hand with All Fingers - A Report of Two Patients.

    Nakagawa K, Takayama S, Hidaka N, Nakamura H

    The journal of hand surgery Asian-Pacific volume   27 ( 1 )   178 - 182   2022年02月( ISSN:2424-8355

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1142/S2424835522720043

    PubMed

  • Successful <i>en bloc</i> resection for femoral head clear cell chondrosarcoma without biopsy: A case report.

    Hoshi M, Oebisu N, Ohta Y, Tomimoto A, Nakamura H

    Molecular and clinical oncology   16 ( 2 )   26 - 26   2022年02月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3892/mco.2021.2459

    PubMed

  • No Difference in Postoperative Knee Flexion and Patient Joint Awareness Between Cruciate-Substituting and Cruciate-Retaining Medial Pivot Total Knee Prostheses: A 10-Year Follow-Up Study.

    Ueyama H, Kanemoto N, Minoda Y, Yamamoto N, Taniguchi Y, Nakamura H

    The Journal of arthroplasty   37 ( 2 )   279 - 285   2022年02月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arth.2021.11.016

    PubMed

  • Biochemical Characteristics and Clinical Result of Bone Marrow-Derived Fibrin Clot for Repair of Isolated Meniscal Injury in the Avascular Zone.

    Hashimoto Y, Nishino K, Orita K, Yamasaki S, Nishida Y, Kinoshita T, Nakamura H

    Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   38 ( 2 )   441 - 449   2022年02月( ISSN:0749-8063

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arthro.2021.05.026

    PubMed

  • Efficacy of Pazopanib in the Treatment of Metastatic Malignant Giant Cell Tumor of Soft Tissue: A Case Report.

    Iwai T, Oebisu N, Hoshi M, Takada N, Nakamura H

    Current oncology (Toronto, Ont.)   29 ( 2 )   758 - 765   2022年01月( ISSN:1198-0052

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/curroncol29020064

    PubMed

  • Finite Element Analysis Could Predict and Prevent a Pathological Femoral Shaft Fracture after En Bloc Resection of a Large Osteoid Osteoma.

    Iwai T, Oebisu N, Hoshi M, Takada N, Nakamura H

    Children (Basel, Switzerland)   9 ( 2 )   2022年01月( ISSN:2227-9067

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/children9020158

    PubMed

  • Impact of the COVID-19 Pandemic on Elderly Patients with Spinal Disorders.

    Terai H, Takahashi S, Tamai K, Hori Y, Iwamae M, Hoshino M, Ohyama S, Yabu A, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   11 ( 3 )   2022年01月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyと保存治療の医療費の比較:介護費とインフォーマルケア費の検討

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 1 )   57 - 64   2022年01月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    <p><b>はじめに:</b>骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)は高齢者の多くが罹患する骨折であり介護費用に与える影響が懸念される.一方でBalloon kyphoplasty(BKP)はOVFに対して広く行われている治療の一つである.本研究目的は過去の報告をもとに介護費用及び介護者の生産性損失を含めた保存治療およびBKPの費用を推計することである.</p><p><b>対象と方法:</b>OVF後のADL分布は,新規にOVFを発症した受傷後2ヶ月以内の65歳以上の者を対象としてBKPあるいは保存治療を実施した6ヶ月間の多施設前向き研究のデータを使用した.介護費用の推計やインフォーマルケア費用の推計について,主に厚生労働省が公表しているデータを基に推計した.</p><p><b>結果:</b>介護費用は,治療実施6ヶ月後時点のADL分布と要介護度と日常生活自立度の分布を基に算出した.治療実施6ヶ月後時点の要介護度別の1人あたり介護費は,BKP群39,497円/月,保存療法群58,298円/月,差分18,801円/月であった.インフォーマルケア費用の比較として,治療実施6ヶ月後時点の要介護度別の1人あたりインフォーマルケア費用は,BKP群で35,722円/月,保存療法群で44,102円/月,差分は8,380円/月であった.</p><p><b>結語:</b>BKPによるADLの改善が,介護費用および介護者の生産性損失を削減する可能性がある.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2021-0041

    CiNii Article

  • Staged Corrective Surgery for a Patient With Sagittal Malalignment Related to Noonan Syndrome: A Case Report.

    Iwamae M, Matsumura A, Namikawa T, Hoshino M, Hori Y, Nakamura H

    JBJS case connector   12 ( 1 )   2022年01月( ISSN:21603251

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2106/JBJS.CC.21.00559

    PubMed

  • Prognostic value of psoas major muscle density in patients with breast cancer metastases to bone: a retrospective single-center cohort study.

    Yao H, Dohzono S, Sasaoka R, Takamatsu K, Nakamura H

    Japanese journal of clinical oncology   52 ( 1 )   8 - 13   2022年01月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/jjco/hyab166

    PubMed

  • 入院前スクリーニング検査にてCOVID-19感染症と診断された4例の検討

    窪田 穣, 林 和憲, 坂和 明, 榎原 恒之, 田中 亨, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 1 )   79 - 80   2022年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • 整形外科疾患に対する電話等診療において高い患者診療満足度を得るためには何に留意すべきか

    林 和憲, 田中 亨, 坂和 明, 榎原 恒之, 田中 秀和, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 1 )   1 - 4   2022年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

    <p>【目的】整形外科疾患に対する電話等診療が,どの程度の患者診療満足度を得られるシステムであるのか,何に留意すれば高い満足度を得られ易いのかを検討すること.【対象】2020年5月から7月までに当院で1回以上の電話診療を施行した670例.【方法】前向き観察研究を行った.患者診療満足度および患者背景,診療内容と経過を収集し,多変量解析を用いて満足度に影響した因子を検討した.【結果】患者診療満足度は4段階評価の満点(「とても満足」)を選択した例が52%であった.満点を選択した群は,しなかった群と比較し,70歳代・80歳代の患者が多く(オッズ比:2.04),電話等診療で自分の訴えを十分に医師に伝えられたと感じ(同9.54),十分な運動指導を受けたと感じていた(同1.98)例が多かった.【結論】対象の年齢に留意して電話等診療を適用し,十分に訴えを聞いて運動指導を行うことは患者診療満足度向上に寄与する可能性がある.</p>

    DOI: 10.11359/chubu.2022.1

  • 椎間楔状化や側方すべりを有する椎間への腰椎手術の検討

    加藤 相勲, 並川 崇, 松村 昭, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 1 )   97 - 98   2022年01月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • 臨床室 脊椎術後に発生した鉱質コルチコイド反応性低ナトリウム血症の1例

    木下 右貴, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    整形外科   73 ( 1 )   28 - 31   2022年01月( ISSN:00305901

     詳細を見る

  • An analysis of tumor-related skin temperature differences in malignant soft-tissue tumors.

    Shimatani A, Hoshi M, Oebisu N, Takada N, Ban Y, Nakamura H

    International journal of clinical oncology   27 ( 1 )   234 - 243   2022年01月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s10147-021-02044-1

    PubMed

  • 整形外科疾患に対する電話等診療において高い患者診療満足度を得るためには何に留意すべきか

    林 和憲, 田中 亨, 坂和 明, 榎原 恒之, 田中 秀和, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 1 )   1 - 4   2022年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    1回以上の電話診療を施行した670例を対象に、患者の満足度に影響した因子について検討した。患者診療満足度の質問票項目に、「とても満足していた」と回答した347例(高満足度群:男性45.2%、平均71.8歳)と、それ以外の回答であった323例(中・低満足度群:男性47.7%、平均70.0歳)の2群に分け、2群間で副次検討項目につき単変量解析を行った。その結果、患者の診療満足度は4段階評価で満点を選択したものが52%であり、とくに70歳代・80歳代で満足度が高い例が多かった。多変量解析では、患者年齢、「訴えの伝達」、「運動指導」が患者満足度に影響する因子であることが明らかとなった。

  • 悪性軟部腫瘍における腫瘍に関連した皮膚温度差の解析(An analysis of tumor-related skin temperature differences in malignant soft-tissue tumors)

    Shimatani Akiyoshi, Hoshi Manabu, Oebisu Naoto, Takada Naoki, Ban Yoshitaka, Nakamura Hiroaki

    International Journal of Clinical Oncology   27 ( 1 )   234 - 243   2022年01月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    サーモグラフィーを用いて、悪性軟部腫瘍における皮膚温上昇の臨床的意義とそれに関連する因子を後方視的に検討した。2017年2月から2021年3月までに手術で病理診断が確定した脂肪腫性腫瘍を除く軟部腫瘍患者118例(年齢20〜92歳)を対象とした。良性病変は61例、悪性腫瘍は57例であった。サーモグラフィーにより患側の腫瘍全体を含む領域と健側の患側と対称的な領域の皮膚温を測定した。良性病変患者の皮膚温差は平均0.03±0.26℃であったが、悪性腫瘍患者の皮膚温差は平均0.35±0.42℃であった。ROC曲線解析の結果、良性病変と悪性腫瘍の皮膚温差のカットオフ値は0.2℃、曲線下面積(AUC)は0.75、オッズ比(OR)は6.71(感度66.7%、特異度77.0%)であった。良性病変では61例中14例、悪性腫瘍では57例中38例で、患側の皮膚温が健側と比較して0.2℃以上高かった。0.2℃以上の皮膚温の差は、悪性腫瘍の存在と有意に関連していた(p<0.001)。さらに、ロジスティック回帰分析により、腫瘍間血液供給は皮膚温上昇と関連していた(OR 3.22、95%CI 2.03〜5.13、p<0.001)。以上より、悪性軟部腫瘍では腫瘍間血液供給が皮膚温上昇に影響を与えることが示された。

  • 入院前スクリーニング検査にてCOVID-19感染症と診断された4例の検討

    窪田 穣, 林 和憲, 坂和 明, 榎原 恒之, 田中 亨, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 1 )   79 - 80   2022年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    当院の入院前スクリーニング検査でCOVID-19感染症と診断された4例(77歳男性、75歳女性、69歳女性、76歳女性)について検討した。その結果、炎症性疾患であった1例は発熱・高炎症反応を呈していたが、その他の症例はスクリーニング検査時に咳嗽や発熱などの臨床症状を認めず、炎症反応も正常値であった。4例における入院時スクリーニング検査陽性からPCR陰性化までの期間は平均4.25日であった。いずれの症例も特別な治療は行わず、経過観察のみで退院・一般病床への転棟となった。

  • Ultrasound and biopsy findings in arthritis with familial Mediterranean fever.

    Yamada Y, Inui K, Okano T, Mandai K, Nishikomori R, Nakamura H, Tsuruta D

    Journal of medical ultrasonics (2001)   49 ( 1 )   115 - 116   2022年01月( ISSN:1346-4523

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s10396-021-01157-4

    PubMed

  • Silicone Implant Arthroplasty for Severe Bony Ankylosis of the Proximal Interphalangeal Joints in Rheumatoid Arthritis.

    Uemura T, Egi T, Okada M, Okano T, Konishi S, Nakamura H

    Orthopedics   45 ( 1 )   e53 - e56   2022年01月( ISSN:0147-7447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3928/01477447-20211101-02

    PubMed

  • Incidence of and risk factors for spondylolisthesis, scoliosis, and vertebral fracture in rheumatoid arthritis.

    Yamada K, Suzuki A, Takahashi S, Inui K, Koike T, Okano T, Yabu A, Hori Y, Toyoda H, Nakamura H

    Journal of bone and mineral metabolism   40 ( 1 )   120 - 131   2022年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

  • Prognostic value of psoas major muscle density in patients with breast cancer metastases to bone: a retrospective single-center cohort study(和訳中)

    Yao Hana, Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Takamatsu Kiyohito, Nakamura Hiroaki

    Japanese Journal of Clinical Oncology   52 ( 1 )   8 - 13   2022年01月( ISSN:0368-2811

  • Nerve capping technique with nerve conduit for treating painful digital neuroma: A case report(和訳中)

    Uemura Takuya, Onode Ema, Yokoi Takuya, Shintani Kosuke, Okada Mitsuhiro, Takamatsu Kiyohito, Konishi Sadahiko, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   27 ( 1 )   284 - 287   2022年01月( ISSN:0949-2658

  • Medial peg position of cementless porous tantalum tibial component affects bone mineral density around the prosthesis after total knee arthroplasty: 2-year follow-up study.

    Minoda Y, Ikebuchi M, Kobayashi A, Sugama R, Ohta Y, Takemura S, Yamamoto N, Nakamura H

    The Knee   34   55 - 61   2022年01月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.knee.2021.11.005

    PubMed

  • Incidence of and risk factors for spondylolisthesis, scoliosis, and vertebral fracture in rheumatoid arthritis(和訳中)

    Yamada Kentaro, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Inui Kentaro, Koike Tatsuya, Okano Tadashi, Yabu Akito, Hori Yusuke, Toyoda Hiromitsu, Nakamura Hiroaki

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   40 ( 1 )   120 - 131   2022年01月( ISSN:0914-8779

  • Improvements in Mental Well-Being and its Predictive Factors in Patients who Underwent Cervical versus Lumbar Decompression Surgery(和訳中)

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   6 ( 1 )   10 - 16   2022年01月

  • Correction to: An analysis of tumor-related skin temperature differences in malignant soft-tissue tumors.

    Shimatani A, Hoshi M, Oebisu N, Takada N, Ban Y, Nakamura H

    International journal of clinical oncology   27 ( 1 )   244 - 244   2022年01月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s10147-021-02055-y

    PubMed

  • 椎間楔状化や側方すべりを有する椎間への腰椎手術の検討

    加藤 相勲, 並川 崇, 松村 昭, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   65 ( 1 )   97 - 98   2022年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    3mm以上の側方すべりまたは5°以上の椎間楔状化を伴う腰椎変性疾患110例を対象に、顕微鏡視下片側進入両側除圧術を施行した71例(除圧群:女性29例、男性42例、平均71.4歳)、腰椎後方椎体間固定術を施行した39例(固定群:女性24例、男性15例、平均73.4歳)に分け、臨床成績を比較検討した。その結果、術後2年のJOAスコア改善率は除圧群52.9%、固定群57.4%と、両群間で有意差を認めなかった。VASやSF-36の改善量も両群間で有意差を認めなかった。再手術例は除圧群7例、固定群0例と、除圧群で再手術例が有意に多かった。再手術の原因は、椎間孔部狭窄6例、椎間変性の増悪1例で、再手術例のJOAスコア改善率は平均24%と成績不良であった。

  • 臨床室 脊椎術後に発生した鉱質コルチコイド反応性低ナトリウム血症の1例

    木下 右貴, 玉井 孝司, 寺井 秀富, 豊田 宏光, 鈴木 亨暢, 中村 博亮

    整形外科   73 ( 1 )   28 - 31   2022年01月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    症例は77歳女性で、両下肢痛、両下肢しびれ、腰痛を主訴とした。腰部脊椎管狭窄症の診断でL4/L5前側方進入椎体間固定術を施行した。術後3日に低Na血症(129mEq/l)を認め、食塩経口負荷で一旦改善傾向を認めたが、術後12日のリハビリテーション後よりNa 116mEq/lの重篤な低Na血症を認めた。アンジオテンシンII受容体拮抗薬系降圧薬とNSAIDsを定期内服し、初回の腰椎後方除圧術後にも低Na血症で入院加療した既往が判明し、鉱質コルチコイド反応性低Na血症の可能性を考えた。イルベサルタン・アムロジピンベシル酸塩配合、セレコキシブの内服を中止し、1.7%生理食塩水投与を開始した。翌日にNa 124mEq/lまで改善したため1.2%生理食塩水投与に変更し、術後17日より食塩経口負荷を、術後19日よりフルドロコルチゾン酢酸エステル投与を開始した。術後22日にNa 133mEq/lで自宅退院し、退院後4ヵ月でフルドロコルチゾン酢酸エステルを終了した。

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyと保存治療の医療費の比較 介護費とインフォーマルケア費の検討

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   13 ( 1 )   57 - 64   2022年01月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    はじめに:骨粗鬆症性椎体骨折(OVF)は高齢者の多くが罹患する骨折であり介護費用に与える影響が懸念される.一方でBalloon kyphoplasty(BKP)はOVFに対して広く行われている治療の一つである.本研究目的は過去の報告をもとに介護費用及び介護者の生産性損失を含めた保存治療およびBKPの費用を推計することである.対象と方法:OVF後のADL分布は,新規にOVFを発症した受傷後2ヵ月以内の65歳以上の者を対象としてBKPあるいは保存治療を実施した6ヵ月間の多施設前向き研究のデータを使用した.介護費用の推計やインフォーマルケア費用の推計について,主に厚生労働省が公表しているデータを基に推計した.結果:介護費用は,治療実施6ヵ月後時点のADL分布と要介護度と日常生活自立度の分布を基に算出した.治療実施6ヵ月後時点の要介護度別の1人あたり介護費は,BKP群39,497円/月,保存療法群58,298円/月,差分18,801円/月であった.インフォーマルケア費用の比較として,治療実施6ヵ月後時点の要介護度別の1人あたりインフォーマルケア費用は,BKP群で35,722円/月,保存療法群で44,102円/月,差分は8,380円/月であった.結語:BKPによるADLの改善が,介護費用および介護者の生産性損失を削減する可能性がある.(著者抄録)

  • Improvements in Mental Well-Being and its Predictive Factors in Patients who Underwent Cervical versus Lumbar Decompression Surgery.

    Tamai K, Suzuki A, Toyoda H, Terai H, Hoshino M, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine surgery and related research   6 ( 1 )   10 - 16   2022年

  • リバース型人工肩関節置換術後感染に対して持続的局所抗菌薬灌流を施行した一例

    橋村 剛, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 松田 淑伸, 中村 博亮

    肩関節   46 ( 1 )   236 - 240   2022年( ISSN:09104461

     詳細を見る

    リバース型人工肩関節置換術(RSA)後感染に対して持続的局所抗菌薬灌流(CLAP)を施行した1例を経験したので報告する.症例は87歳女性.6か月前に右肩化膿性関節炎を発症し,鏡視下デブリドマン施行.抗菌薬治療後にRSAを施行した.術後3週で創部に感染兆候出現し,各種検査所見よりRSA術後人工関節周囲感染と診断.洗浄,デブリドマン,インプラント交換及びCLAPを施行.術後1年で感染の再燃なく経過良好である.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.46.236

  • Usefulness of Preoperative Planning by Three-Dimensional Planning Software for Pedicle Screw Placement in Thoracolumbar Surgeries: <i>Misplacement Rate and Associated Risk Factors</i>.

    Ozaki T, Yamada K, Nakamura H

    Spine surgery and related research   6 ( 3 )   279 - 287   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0185

    PubMed

  • Tumor-skin invasion is a reliable risk factor for poor prognosis in superficial soft tissue sarcomas.

    Iwai T, Hoshi M, Oebisu N, Takada N, Ban Y, Nakamura H

    PloS one   17 ( 9 )   e0274077   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0274077

    PubMed

  • Nerve-End Capping Treatment with a Polyglycolic Acid Conduit for Rat Sciatic Neuroma: A Preliminary Report

    Onode E.

    Journal of Reconstructive Microsurgery   2022年( ISSN:0743684X

     詳細を見る

  • Life Expectancy Is Poor in Patients with Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis-Related Pyogenic Vertebral Osteomyelitis.

    Yamada K, Ieguchi M, Takahashi S, Nakamura H

    Spine Surgery and Related Research   advpub ( 0 )   654 - 663   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.22603/ssrr.2022-0021

    PubMed

  • Risk Factors for Low Back Pain Increase in Rheumatoid Arthritis: Analysis of a 7-year Follow-up Study.

    Yamada K, Suzuki A, Takahashi S, Inui K, Koike T, Okano T, Yabu A, Hori Y, Toyoda H, Nakamura H

    Modern rheumatology   32 ( 6 )   1027 - 1034   2021年12月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • 経験と考察 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行による生活様式の変化に対して運動指導を希望する整形外科患者の特徴

    馬野 雅之, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 勝田 紘史, 島田 永和, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 13 )   1327 - 1332   2021年12月( ISSN:00305901

     詳細を見る

  • An Analysis of Compensatory Trunk Movements in Shoulder Joint Movements: Application to Healthy Individuals and Patients after Shoulder Joint Surgery(和訳中)

    Nakatsuchi Tamotsu, Ikebuchi Mitsuhiko, Nishinohara Takahiro, Nakajima Shigeyoshi, Nakamura Hiroaki

    Osaka City Medical Journal   67 ( 2 )   81 - 90   2021年12月( ISSN:0030-6096

  • Surgical excision of heterotopic ossification associated with anti-N-methyl-d-aspartate receptor encephalitis: A case report.

    Iida K, Hashimoto Y, Okazaki S, Nishida Y, Nakamura H

    International journal of surgery case reports   89   106643 - 106643   2021年12月( ISSN:22102612

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2021.106643

    PubMed

  • HipAlign Supine/HipAlign New Lateralを用いたTHAは、正確なカップ設置角度で、短期成績も良好

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 竹村 進, 山本 展生, 中村 卓, 上山 秀樹, 伊東 祐紀, 金 裕学, 中村 博亮

    日本人工関節学会誌   51   21 - 22   2021年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    OrthAlign社製HipAlignは、従来のナビゲーションで必要であった大きな装置を必要とせず、単回使用の手のひらサイズのデバイスを用いて、術前計画なしに、手術中に簡便に使用できるポータブルナビゲーションシステムであり、仰臥位THAで用いるHipAlign Supineと側臥位THAで用いるHipAlign New Lateralがある。今回、HipAlign Supineを使用した20関節とHipAlign New Lateralを使用した20関節の短期成績について調査した。評価項目は「カップ設置角度の絶対値誤差」「JOAスコア」「合併症(脱臼・感染)の有無」とした。調査の結果、カップ設置角度の絶対値誤差はHipAlign Supine使用群が外方開角2.7±2.5度、前方開角2.6±2.0度、HipAlign New Lateral使用群が外方開角5.1±3.8度、前方開角3.4±2.4度であった。両群ともJOAスコアは改善し、脱臼・感染例はなかった。

  • Arthroscopic Repair for Parrot Beak Tear of Lateral Meniscus with Reduction Suture and Inside-Out Technique.

    Hashimoto Y, Takigami J, Tomihara T, Salimi H, Katsuda H, Shimada N, Nakamura H

    Arthroscopy techniques   10 ( 12 )   e2633 - e2637   2021年12月( ISSN:2212-6287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.eats.2021.08.005

    PubMed

  • 経験と考察 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行による生活様式の変化に対して運動指導を希望する整形外科患者の特徴

    馬野 雅之, 寺井 秀富, 玉井 孝司, 勝田 紘史, 島田 永和, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 13 )   1327 - 1332   2021年12月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    2020年11〜12月に大阪府内で行われた大規模アンケート調査から、COVID-19流行以後の生活様式の変化に対して運動指導を希望する整形外科患者の特徴について分析した。その結果、運動指導の希望がある患者は高齢、女性、膝関節疾患や股関節疾患、外出頻度が低下した患者、運動頻度が低下した患者、運動頻度が増加した患者で有意に多かった。また、運動指導の希望がない患者でも運動習慣の低下が約1/3、ADLの増悪が約1割の患者に存在することが明らかになった。

  • 特集 末梢神経の再建2021 人工神経の展望-iPS細胞を付加した人工神経の研究開発

    上村 卓也, 高松 聖仁, 中村 博亮

    臨床整形外科   56 ( 11 )   1343 - 1348   2021年11月( ISSN:05570433

  • Characteristics and Short-Term Surgical Outcomes of Patients with Recurrent Lumbar Disc Herniation after Percutaneous Laser Disc Decompression.

    Terai H, Tamai K, Iwamae M, Kaneda K, Katsuda H, Shimada N, Nakamura H

    Medicina (Kaunas, Lithuania)   57 ( 11 )   2021年11月( ISSN:1010-660X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/medicina57111225

    PubMed

  • Differences in the setting of acetabular component alignment guides between the supine and lateral positions for total hip arthroplasty.

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Takemura S, Yamamoto N, Nakatsuchi T, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   21978 - 21978   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-021-01420-1

    PubMed

  • Heated Tobacco Products Impair Cell Viability, Osteoblastic Differentiation, and Bone Fracture-Healing.

    Nishino K, Tamai K, Orita K, Hashimoto Y, Nakamura H

    The Journal of bone and joint surgery. American volume   103 ( 21 )   2024 - 2031   2021年11月( ISSN:0021-9355

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2106/JBJS.20.02227

    PubMed

  • High production of egc2-related staphylococcal enterotoxins caused a food poisoning outbreak.

    Umeda K, Ono HK, Wada T, Motooka D, Nakamura S, Nakamura H, Hu DL

    International journal of food microbiology   357   109366   2021年11月( ISSN:0168-1605

  • Arthroscopic Saucerization With Inside-Out Repair and Anterocentral Shift of a Discoid Lateral Meniscus With Retention of Adequate Volume of Residual Meniscus.

    Hashimoto Y, Yamasaki S, Reid JB 3rd, Guttmann D, Nishino K, Nakamura H

    Arthroscopy techniques   10 ( 11 )   e2553 - e2557   2021年11月( ISSN:2212-6287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.eats.2021.07.039

    PubMed

  • セメント強化椎弓根スクリュー留置後に生じた右房への大量セメントリークに対する経皮的血管内回収術(Percutaneous Endovascular Retrieval of Large Cement Leakage into the Right Atrium Following Cement-Augmented Pedicle Screw Instrumentation)

    Takahashi Shinji, Sohgawa Etsuji, Suzuki Akinobu, Yamamoto Akira, Sasaki Ryo, Tanaka Katsuaki, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   5 ( 6 )   446 - 449   2021年11月

     詳細を見る

    症例は78歳女性で、T12の骨粗鬆症性椎体骨折に対して椎体切除術が施行され、椎弓根スクリューのゆるみが生じる可能性が考えられたため、セメント注入型椎弓根スクリュー留置術を行うこととした。T10、T11、L1、L2にスクリューを挿入後、T10スクリュー内に骨セメントを注入し、数分後にL2スクリューにもセメント注入を行った。しかし、この時点でL2椎弓根スクリューから静脈への骨セメント漏出が認められ、セメントは徐々に頭側に移動して心臓レベルまで達したため手術を中止した。血圧、心拍数、心電図所見には変化はみられず、セメント周囲の血栓形成予防目的にヘパリンを投与し、肺動脈塞栓術を施行した。経食道心エコー検査では遊走したセメントは右房に流入して心房中隔に達していた。カテーテルを用いたセメント除去を計画し、超音波ガイド下に右大腿静脈を介して下大静脈に16Fシースを進め、回収カテーテルを右房まで到達させた。トリプルループスネアを用いて遊走セメントを捕捉することができ、長さ6.5cmで針状の外観を呈していた。術後の造影CTでは肺塞栓症や心穿孔は認められず、背部痛の改善が得られた。

  • Serum cartilage oligomeric matrix protein is correlated with quantitative magnetic resonance imaging and arthroscopic cartilage findings in anterior cruciate ligament deficient knees without osteoarthritic changes.

    Nishida Y, Hashimoto Y, Orita K, Nishino K, Kinoshita T, Nakamura H

    Clinical rheumatology   40 ( 11 )   4629 - 4638   2021年11月( ISSN:0770-3198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10067-021-05800-w

    PubMed

  • COVID-19パンデミックによる外出頻度の減少が脊椎疾患患者に及ぼす負の影響(Reductions in the Frequency of Going Out Due to the COVID-19 Pandemic Negatively Affect Patients with Spinal Disorders)

    Terai Hidetomi, Iwamae Masayoshi, Tamai Koji, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Ohyama Shoichiro, Yabu Akito, Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   5 ( 6 )   365 - 374   2021年11月

     詳細を見る

    COVID-19パンデミックに伴う外出頻度の減少が脊椎疾患患者に及ぼす影響を検討した。脊椎クリニックを受診する脊椎疾患患者855例を対象に多施設共同横断質問紙調査研究を実施した。外出頻度減少群160例と非減少群695例に分類し、運動習慣、ロコモティブシンドローム(LS)の有病率および健康関連QOL(HRQOL)をパンデミックの前後に評価した。その結果、HRQOLに関してEQ-5D-5Lスコアは外出減少群の方が非減少群より有意に低下していた。多変量ロジスティック回帰分析では、COVID-19パンデミック後に外出頻度が減少した患者においてパンデミック前と比較して、運動習慣の減少、LSの発症率増加、HRQOLの悪化が認められた。また、外出頻度の減少がみられた160例を軽度減少群116例と高度減少群44例に分けてサブ解析を実施したところ、脊椎疾患の重症度、運動習慣、LSの有病率およびHRQOLに関して有意な群間差はなかった。COVID-19パンデミックに伴う外出制限によって、脊椎疾患患者において運動習慣の有意な減少、LSの発症率増加、HRQOLの悪化が生じていた。

  • 腰椎に進展するびまん性特発性骨増殖症患者の腰椎狭窄症に対する除圧術後の同レベルでの再手術のリスク因子(Risk Factors for Reoperation at Same Level after Decompression Surgery for Lumbar Spinal Stenosis in Patients with Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis Extended to the Lumbar Segments)

    Yamada Kentaro, Abe Yuichiro, Yanagibashi Yasushi, Hyakumachi Takahiko, Nakamura Hiroaki

    Spine Surgery and Related Research   5 ( 6 )   381 - 389   2021年11月

     詳細を見る

    びまん性特発性骨増殖症(DISH)患者の腰椎狭窄症(LSS)に対する除圧術後の再手術の長期リスク因子を検討した。LSSに対して除圧術が施行された1150例のうち、術前の画像で腰椎への進展が認められた57例(男性48例、女性9例、平均69.5±6.4歳)を対象にサーベイ研究を実施し、初回手術と同レベルでの再手術に関わるリスク因子を評価した。その結果、初回手術と同レベルの再手術が施行されたのは10例(17.5%)であり、再手術までの期間は平均24.4±21.3ヵ月であった。再手術施行群と非施行群との比較では、DISHによる骨化セグメント数、腰痛骨化スコアに有意差は認められず、多変量解析でも有意なリスク因子は抽出されなかった。一方、減圧レベルでの差をみると、矢状回転角10°以上を示すのは再手術施行群の方が非施行群より有意に多く、CT上の椎間関節開大も再手術施行群に多く検出された。除圧レベル〜DISH下端部の距離と再手術との間に有意な関連はなく、Cox比例ハザード回帰分析では再手術の独立リスク因子として矢状回転角10°以上と椎間関節開大の2つが示された。

  • Prevalence of Restless Legs Syndrome and its Symptoms among Patients with Spinal Disorders.

    Terai H, Toyoda H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Yabu A, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   10 ( 21 )   2021年10月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • 骨・軟部腫瘍のマネジメント(その2) Ⅲ.良性骨腫瘍・腫瘍類似疾患の治療 2)単純性骨嚢腫 単純性骨嚢腫の病因

    星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 家口 尚, 高見 勝次, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 80 )   45 - 49   2021年10月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • 骨・軟部腫瘍のマネジメント(その2) Ⅴ.再建法,その他 4)その他 ナビゲーション支援下骨・軟部腫瘍手術

    家口 尚, 星 学, 大戎 直人, 伴 祥高, 高松 聖仁, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 80 )   130 - 134   2021年10月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • 骨・軟部腫瘍のマネジメント(その2) Ⅲ.良性骨腫瘍・腫瘍類似疾患の治療 3)類骨骨腫 類骨骨腫のマネジメント

    大戎 直人, 星 学, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 伴 祥高, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 80 )   63 - 66   2021年10月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • Relationship between facet joint opening on CT and facet joint effusion on MRI in patients with lumbar spinal stenosis: analysis of a less invasive decompression procedure.

    Yamada K, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Suzuki A, Hoshino M, Terai H, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   36 ( 3 )   1 - 9   2021年10月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • 3次元術前計画ソフトウェアを用いた椎弓根スクリューの刺入精度の検討

    尾崎 友則, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   12 ( 10 )   1246 - 1250   2021年10月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    <p><b>はじめに:</b>脊椎固定術において椎弓根スクリュー(PS)の逸脱は神経・血管損傷,椎弓根の骨折などの合併症を引き起こす.今回,3次元術前計画ソフトウェアを用いた胸腰椎の固定術におけるPSの刺入精度を調査したので報告する.</p><p><b>対象と方法:</b>対象は2019年4月から2020年3月までにPSによる胸腰椎の固定術を行った33例(263本)である.3次元ソフトウェア(ZedSpine,LEXI,Tokyo,Japan)を用いて全例に対しスクリュー径・長さ・刺入経路を術前に計画した.PSの刺入精度を術後CTで評価した.刺入方法(経皮的手技,open手技),術者(A;脊椎手術経験10年以上,B;脊椎手術経験5年未満,C;脊椎非専門整形外科医)による逸脱率の違いに関しても検討を行った.</p><p><b>結果:</b>PSの逸脱は合計12本(4.6%)あり,Grade 1が8例,Grade 2が3例,Grade 3が1例であった.PS逸脱例による神経,血管損傷は認めなかった.またGrade 1以上を逸脱群とした時,経皮的手技とopen手技とでは逸脱率に有意な差を認めなかった(経皮的手技5.0%(6/119),open 4.2%(6/144).p=0.73).術者間による差も認めなかった(A 4.5%(7/157),B 4.3%(3/69),C 5.4%(2/37),p=0.96).</p><p><b>結論:</b>3次元ソフトウェアによる術前計画はPS刺入において逸脱率を低下させる一助になる.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2021-1005

    CiNii Article

  • PES法を用いて固定を行ったDISHを伴う胸腰椎椎体骨折の小経験―経過不良例を鑑みた適応に対する考察―

    山田 賢太郎, 尾崎 友則, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   12 ( 10 )   1257 - 1263   2021年10月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    <p><b>はじめに:</b>DISHを伴う胸腰椎椎体骨折は骨性架橋の存在により骨折部に力学的ストレスがかかりやすく,長範囲に固定するなど工夫が必要である.近年,椎体終板を貫くPenetrating Endplate Screw(PES)法が考案され,良好な固定力や成績が報告されてきた.本症例報告の目的は当院でPES法を用いた3例の手術成績を報告するとともにPES法の適応について考察することである.</p><p><b>症例:</b>スクリューはDISH架橋椎体にはPES法で,非DISH架橋椎体には従来のpedicle screw(PS)軌道で設置した.2例は経過良好であったが,1例は術後1週で固定最尾側L2のスクリューの引き抜きが生じ,次第にゆるみが大きくなりL2根症状を呈し経過不良であった.経過不良であった1例はDISH架橋椎体最尾側の骨折であり,PES法を2aboveに従来のPSを2belowに設置していた.</p><p><b>結語:</b>経過不良の1例は脊椎アンカーの固定力に頭尾側で差があった事が原因と推察された.DISH架橋椎体内の骨折にはPES法は有用であるが,DISH非架橋椎体にも固定を行う必要のある症例に対しては,非架橋椎体の固定法の工夫が必要である.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2021-1007

    CiNii Article

  • Evaluation of regenerated cartilage using T2 mapping methods after opening-wedge high tibial osteotomy with microfracture at the cartilage defect: a preliminary study.

    Iida K, Hashimoto Y, Nishida Y, Yamasaki S, Nakamura H

    Journal of experimental orthopaedics   8 ( 1 )   91 - 91   2021年10月( ISSN:2197-1153

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s40634-021-00413-3

    PubMed

  • Pathological fracture of a solitary bone cyst in the calcaneus: a case series and literature review.

    Hoshi M, Iwai T, Oebisu N, Shimatani A, Takada N, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 3 )   1155 - 1162   2021年10月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-021-04202-6

    PubMed

  • Delayed aortic injury after thoracic corrective osteotomy: a case report.

    Masuda S, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   31 ( 12 )   3703 - 3707   2021年10月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

  • 3次元術前計画ソフトウェアを用いた椎弓根スクリューの刺入精度の検討

    尾崎 友則, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   12 ( 10 )   1246 - 1250   2021年10月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    はじめに:脊椎固定術において椎弓根スクリュー(PS)の逸脱は神経・血管損傷,椎弓根の骨折などの合併症を引き起こす.今回,3次元術前計画ソフトウェアを用いた胸腰椎の固定術におけるPSの刺入精度を調査したので報告する.対象と方法:対象は2019年4月から2020年3月までにPSによる胸腰椎の固定術を行った33例(263本)である.3次元ソフトウェア(ZedSpine,LEXI,Tokyo,Japan)を用いて全例に対しスクリュー径・長さ・刺入経路を術前に計画した.PSの刺入精度を術後CTで評価した.刺入方法(経皮的手技,open手技),術者(A;脊椎手術経験10年以上,B;脊椎手術経験5年未満,C;脊椎非専門整形外科医)による逸脱率の違いに関しても検討を行った.結果:PSの逸脱は合計12本(4.6%)あり,Grade 1が8例,Grade 2が3例,Grade 3が1例であった.PS逸脱例による神経,血管損傷は認めなかった.またGrade 1以上を逸脱群とした時,経皮的手技とopen手技とでは逸脱率に有意な差を認めなかった(経皮的手技5.0%(6/119),open 4.2%(6/144).p=0.73).術者間による差も認めなかった(A 4.5%(7/157),B 4.3%(3/69),C 5.4%(2/37),p=0.96).結論:3次元ソフトウェアによる術前計画はPS刺入において逸脱率を低下させる一助になる.(著者抄録)

  • 【骨・軟部腫瘍のマネジメント(その2)】再建法,その他 その他 ナビゲーション支援下骨・軟部腫瘍手術

    家口 尚, 星 学, 大戎 直人, 伴 祥高, 高松 聖仁, 中村 博亮

    別冊整形外科   ( 80 )   130 - 134   2021年10月( ISSN:0287-1645

     詳細を見る

    術中CTナビゲーション支援下に骨・軟部腫瘍手術を行った37例40手術を対象に、治療成績を後方視的に調査した。組織型は良性21例、悪性骨腫瘍5例、悪性軟部腫瘍骨浸潤11例であった。その結果、術後経過観察期間は平均37.0ヵ月であった。腫瘍最大径は平均40.1mmで、皮膚切開は平均8.1cmであった。手術時間は平均166分で、出血量は平均103mlであった。全例でナビゲーションの使用目的を達成できた。悪性腫瘍の広範切除はclear marginであった。経過観察期間内に良性の動脈瘤様骨嚢腫1例と骨内ガングリオン1例が再発したが、再手術を行った症例はなかった。悪性末梢神経鞘腫瘍の他院切除後再発の症例において再発を認め、再切除を行った。最終観察時に癌の転移を含めた悪性腫瘍の予後はCDF 9例、NED 4例、AWD 2例、DOD 1例であった。

  • PES法を用いて固定を行ったDISHを伴う胸腰椎椎体骨折の小経験 経過不良例を鑑みた適応に対する考察

    山田 賢太郎, 尾崎 友則, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   12 ( 10 )   1257 - 1263   2021年10月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    はじめに:DISHを伴う胸腰椎椎体骨折は骨性架橋の存在により骨折部に力学的ストレスがかかりやすく,長範囲に固定するなど工夫が必要である.近年,椎体終板を貫くPenetrating Endplate Screw(PES)法が考案され,良好な固定力や成績が報告されてきた.本症例報告の目的は当院でPES法を用いた3例の手術成績を報告するとともにPES法の適応について考察することである.症例:スクリューはDISH架橋椎体にはPES法で,非DISH架橋椎体には従来のpedicle screw(PS)軌道で設置した.2例は経過良好であったが,1例は術後1週で固定最尾側L2のスクリューの引き抜きが生じ,次第にゆるみが大きくなりL2根症状を呈し経過不良であった.経過不良であった1例はDISH架橋椎体最尾側の骨折であり,PES法を2aboveに従来のPSを2belowに設置していた.結語:経過不良の1例は脊椎アンカーの固定力に頭尾側で差があった事が原因と推察された.DISH架橋椎体内の骨折にはPES法は有用であるが,DISH非架橋椎体にも固定を行う必要のある症例に対しては,非架橋椎体の固定法の工夫が必要である.(著者抄録)

  • Nerve capping treatment using a bioabsorbable nerve conduit with open or closed end for rat sciatic neuroma.

    Hama S, Uemura T, Onode E, Yokoi T, Okada M, Takamatsu K, Nakamura H

    Clinical neurology and neurosurgery   209   106920 - 106920   2021年10月( ISSN:0303-8467

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.clineuro.2021.106920

    PubMed

  • Morphological Changes in the Residual Meniscus After Reshaping Surgery for a Discoid Lateral Meniscus.

    Nishino K, Hashimoto Y, Tsumoto S, Yamasaki S, Nakamura H

    The American journal of sports medicine   49 ( 12 )   3270 - 3278   2021年10月( ISSN:0363-5465

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/03635465211033586

    PubMed

  • An adult case of spontaneous healing of concurrent osteochondritis dissecans of the lateral femoral condyle after saucerization with meniscal repair for discoid lateral meniscus: A case report.

    Nishino K, Hashimoto Y, Nishida Y, Yamasaki S, Nakamura H

    International journal of surgery case reports   87   106427 - 106427   2021年10月( ISSN:22102612

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2021.106427

    PubMed

  • Clinical outcomes of laminoplasty for patients with lysosomal storage disease including mucopolysaccharidosis and mucolipidoses: a retrospective cohort study.

    Terai H, Tamai K, Hoshino M, Toyoda H, Suzuki A, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Orphanet journal of rare diseases   16 ( 1 )   401   2021年09月

     詳細を見る

  • Clinical Outcomes of Minimally Invasive Posterior Decompression for Lumbar Spinal Stenosis with Degenerative Spondylolisthesis.

    Kobayashi Y, Tamai K, Toyoda H, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   46 ( 18 )   1218 - 1225   2021年09月( ISSN:0362-2436

  • Direct Lateral Corpectomy and Reconstruction Using an Expandable Cage Improves Local Kyphosis but Not Global Sagittal Alignment.

    Terai H, Takahashi S, Yasuda H, Konishi S, Maeno T, Kono H, Matsumura A, Namikawa T, Kato M, Hoshino M, Tamai K, Toyoda H, Suzuki A, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   10 ( 17 )   2021年09月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • Impact of the COVID-19 pandemic on the development of locomotive syndrome.

    Terai H, Hori Y, Takahashi S, Tamai K, Iwamae M, Hoshino M, Ohyama S, Yabu A, Nakamura H

    Journal of orthopaedic surgery (Hong Kong)   29 ( 3 )   23094990211060967   2021年09月( ISSN:1022-5536

     詳細を見る

  • A comparison of accuracy and safety between stem-first and cup-first total hip arthroplasty: a prospective randomised controlled trial.

    Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   33 ( 2 )   11207000211039767 - 240   2021年08月( ISSN:1120-7000

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/11207000211039767

    PubMed

  • Divergent Dislocation of the Elbow in an Adult with Ehlers-Danlos Syndrome: A Case Report.

    Onode E, Takamatsu K, Kuroda T, Kazuki K, Nakamura H

    JBJS case connector   11 ( 3 )   2021年08月( ISSN:21603251

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2106/JBJS.CC.21.00159

    PubMed

  • Open-door laminoplasty with stand-alone autologous bone spacers: evaluation of enlarged laminar arch with CT-multiplanar reconstruction.

    Kono H, Matsuda H, Maeno T, Iwamae M, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   35 ( 5 )   1 - 5   2021年08月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3171/2021.1.SPINE201633

    PubMed

  • 2種類のポータブルナビゲーションHipAlign SupineとHipAlign New Lateralを用いたTHAでのカップ設置角度の精度比較

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 竹村 進, 山本 展生, 中村 卓, 上山 秀樹, 金 裕学, 山下 竜一, 中村 博亮

    Hip Joint   47 ( 1 )   501 - 503   2021年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    HipAlign New Supineを用いて側臥位で人工股関節全置換術(THA)を行った20関節(A群)と、その20関節に性別、年齢、病名をマッチさせたHipAlign Supineを用いて仰臥位THAを行った20関節(B群)を対象とした。術後1週にZed Hipを用いて三次元的に計測したカップ設置角(外方開角、前方開角)と術中に示した各ナビゲーションの表示角度との絶対値誤差を群間比較した。また、臨床成績としてJOA score、合併症(脱臼・感染)を群間比較した。その結果、JOA scoreは両群間で有意差がなく、全例に合併症を認めなかった。カップ設置角度の絶対値誤差が外方開角・前方開角ともに5°以内の差であった症例はA群65%、B群85%で、両群とも全ての症例で外方開角・前方開角とも10°以内の差で設置できていた。ポータブルナビゲーションのHipAlign SupineとHipAlign New Supineは、THAにおける正確なカップ設置と早期合併症予防に有用と考えられた。

  • Comparison of Occurrence of Bone Tunnel Laceration, Clinical Results, and Cuff Repair Integrity of Transosseous Arthroscopic Rotator Cuff Repair With and Without Lateral Cortical Augmentation.

    Hirakawa Y, Manaka T, Ito Y, Matsuda Y, Nakazawa K, Iio R, Nakamura H

    Arthroscopy, sports medicine, and rehabilitation   3 ( 4 )   e981 - e988   2021年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.asmr.2021.02.004

    PubMed

  • Long-term survival of transplanted induced pluripotent stem cell-derived neurospheres with nerve conduit into sciatic nerve defects in immunosuppressed mice. 査読

    Yokoi T, Uemura T, Takamatsu K, Onode E, Shintani K, Hama S, Miyashima Y, Okada M, Nakamura H

    Biochemistry and biophysics reports   26   100979 - 100979   2021年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bbrep.2021.100979

    PubMed

  • Spontaneous Improvement of Postoperative Coronal Imbalance Following Selective Thoracolumbar-Lumbar Fusion in Lenke 5C Adolescent Idiopathic Scoliosis.

    Matsumura A, Iwamae M, Namikawa T, Kato M, Hori Y, Hidaka N, Nakamura H, Terai H

    World neurosurgery   151   e241 - e249   2021年07月( ISSN:1878-8750

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2021.04.024

    PubMed

  • Bilateral locking or triggering fingers due to intratendinous calcium pyrophosphate dihydrate crystal deposition: A case report.

    Miyashima Y, Uemura T, Hama S, Konishi S, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   28 ( 6 )   1456 - 1460   2021年06月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jos.2021.05.008

    PubMed

  • A bone replacement-type calcium phosphate cement that becomes more porous in vivo by incorporating a degradable polymer.

    Shimatani A, Toyoda H, Orita K, Ibara Y, Yokogawa Y, Nakamura H

    Journal of materials science. Materials in medicine   32 ( 7 )   77 - 77   2021年06月( ISSN:0957-4530

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10856-021-06555-1

    PubMed

  • 3. 今後の展望 4) iPS細胞を併用した人工神経の開発研究

    上村 卓也, 高松 聖仁, 中村 博亮

    人工臓器   50 ( 1 )   89 - 93   2021年06月( ISSN:03000818

     詳細を見る

  • The effect of minimally invasive lumbar decompression surgery on sagittal spinopelvic alignment in patients with lumbar spinal stenosis: a 5-year follow-up study.

    Salimi H, Toyoda H, Yamada K, Terai H, Hoshino M, Suzuki A, Takahashi S, Tamai K, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Journal of neurosurgery. Spine   35 ( 2 )   1 - 8   2021年06月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

  • Differences in surgical outcome after anterior corpectomy and reconstruction with an expandable cage with rectangular footplates between thoracolumbar and lumbar osteoporotic vertebral fracture.

    Terai H, Takahashi S, Yasuda H, Konishi S, Maeno T, Kono H, Matsumura A, Namikawa T, Kato M, Hoshino M, Tamai K, Toyoda H, Suzuki A, Nakamura H

    North American Spine Society journal   6   100071   2021年06月

     詳細を見る

  • 手根管症候群における手指感覚評価とCTSI-JSSH(CTSボストン質問表)との関連

    横井 卓哉, 岡田 充弘, 上村 卓也, 新谷 康介, 斧出 絵麻, 中村 博亮

    末梢神経   32 ( 1 )   100 - 105   2021年06月( ISSN:0917-6772

     詳細を見る

    手根管症候群に対する客観的な感覚評価における重症度と、患者立脚型質問表に反映される重症度との間の関連は明確ではない。本検討では、CTS患者の手指感覚障害をSemmes-Weinstein monofilament test・静的2点識別覚にて評価し、CTSI-JSSH質問表の各質問との関連を検討した。疾患特異性の高いCTSI-JSSH質問表の感覚に関する質問項目であっても、SWとs2PDとの間に相関関係はほとんどみられなかった。(著者抄録)

  • Neuralgic amyotrophyの残存麻痺に対して、局所麻酔下でのwide awake hand surgeryによる腱移行術で機能再建を行った1例

    上村 卓也, 高松 聖仁, 小西 定彦, 中村 博亮

    末梢神経   32 ( 1 )   147 - 152   2021年06月( ISSN:0917-6772

     詳細を見る

    神経痛性筋萎縮症(neuralgic amyotrophy;NA)による右短母指外転筋の遺残麻痺・母指対立障害に対して、腱移行手術を施行した症例(63歳、男性)について報告する。発症後1年で局所麻酔によるwide awake surgeryを行い、環指の浅指屈筋を長母指伸筋と短母指外転筋に腱移行した。術後2年において右母指対立は可能で、母指の使いやすさも改善していた。NAで最終的に麻痺筋が残存した場合は腱移行術による機能再建が適応となるが、NAの筋力回復は多様で個々の症例によって異なるため、術中に手指の自動運動を確認できるwide awake surgeryによる腱移行術が有用であった。(著者抄録)

  • 特集 ロコモティブシンドロームの現況 Ⅳ.住民コホートによる評価 8.Shiraniwaスタディ

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 6 )   642 - 645   2021年05月( ISSN:00305901

     詳細を見る

  • 脊柱インバランスが進行する高齢者の特徴は?―都市圏高齢者運動器コホート研究(Shiraniwa Study)2年経過の結果より―

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   12 ( 5 )   759 - 765   2021年05月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    <p><b>はじめに:</b>本研究の目的は脊柱インバランスが進行する高齢者の特徴を示すことである.</p><p><b>対象と方法:</b>Shiraniwa Study初年度,3年次のいずれにも参加した321名(男性133名,女性188名,平均72.9±4.9歳)を対象とした.全脊柱X線写真より計測したC7SVAより,≦40 mm,40 mm~95 mm,>95 mmの3段階に分け,2年の経過で1段階以上増悪したものを進行群とし,その特徴を評価した.</p><p><b>結果:</b>14.0%(45名)が進行群に該当した.ロコモ度2該当者は進行群で有意に多く(55.6%/28.0%,p<0.01),調整オッズ比2.35(95%信頼区間:1.08~5.12)と脊柱インバランス進行の独立した予測因子であった一方で,既存椎体骨折,椎間板変性,背筋力,サルコペニア有病率に有意差は認めなかった.また,体幹部重量に占める筋量が進行群で有意に低かった(男:74.1%/78.2%,p=0.02,女:63.7%/70.9%,p<0.01).</p><p><b>結語:</b>ロコモ度2は脊柱インバランス進行の予測因子であり,進行群で体幹部重量に占める筋量が有意に低かった.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2021-0014

    CiNii Article

  • 特集 ロコモティブシンドロームの現況 Ⅵ.疾患とロコモ 3.脊柱アライメントと筋量,筋力

    堀 悠介, 高橋 真治, 大山 翔一朗, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科   72 ( 6 )   667 - 670   2021年05月( ISSN:00305901

     詳細を見る

  • 特集 骨粗鬆症性椎体骨折-難治例の診断・治療を中心に- 急性期骨粗鬆症性椎体骨折の診断-難治例の予測も含めて

    寺井 秀富, 高橋 真治, 星野 雅俊, 藪 晋人, 中村 博亮

    関節外科 基礎と臨床   40 ( 5 )   482 - 488   2021年05月( ISSN:02865394

     詳細を見る

  • 特集 骨粗鬆症性椎体骨折-難治例の診断・治療を中心に- 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBKP治療-難治例への応用とピットフォール

    高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 大山 翔一朗, 堀 悠介, 中村 博亮

    関節外科 基礎と臨床   40 ( 5 )   529 - 534   2021年05月( ISSN:02865394

     詳細を見る

  • Long-term, Time-course Evaluation of Ligamentum Flavum Hypertrophy Induced by Mechanical Stress: An Experimental Animal Study. 査読

    Hori Y, Suzuki A, Hayashi K, Ohyama S, Yabu A, Maruf MH, Habibi H, Salimi H, Nakamura H

    Spine   46 ( 9 )   E520 - E527   2021年05月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003832

    PubMed

  • Posttraumatic triggering of the extensor pollicis brevis tendon in de Quervain's disease successfully diagnosed with ultrasonography: A case report 査読

    Uemura Takuya, Yano Koichi, Miyashima Yusuke, Konishi Sadahiko, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF CLINICAL ULTRASOUND   49 ( 4 )   398 - 400   2021年05月( ISSN:0091-2751

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/jcu.22934

    PubMed

  • Response to the Letter to the Editor: "Vertebral fracture prevalence in RA, likely medicinal intervention-related, suggests need for greater attention to osteoporosis-prevention".

    Suzuki A, Okano T, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   21 ( 5 )   885 - 886   2021年05月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2021.01.013

    PubMed

  • 脊柱インバランスが進行する高齢者の特徴は? 都市圏高齢者運動器コホート研究(Shiraniwa Study)2年経過の結果より

    大山 翔一朗, 高橋 真治, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 辻尾 唯雄, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   12 ( 5 )   759 - 765   2021年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    はじめに:本研究の目的は脊柱インバランスが進行する高齢者の特徴を示すことである.対象と方法:Shiraniwa Study初年度,3年次のいずれにも参加した321名(男性133名,女性188名,平均72.9±4.9歳)を対象とした.全脊柱X線写真より計測したC7SVAより,≦40mm,40mm〜95mm,>95mmの3段階に分け,2年の経過で1段階以上増悪したものを進行群とし,その特徴を評価した.結果:14.0%(45名)が進行群に該当した.ロコモ度2該当者は進行群で有意に多く(55.6%/28.0%,p<0.01),調整オッズ比2.35(95%信頼区間:1.08〜5.12)と脊柱インバランス進行の独立した予測因子であった一方で,既存椎体骨折,椎間板変性,背筋力,サルコペニア有病率に有意差は認めなかった.また,体幹部重量に占める筋量が進行群で有意に低かった(男:74.1%/78.2%,p=0.02,女:63.7%/70.9%,p<0.01).結語:ロコモ度2は脊柱インバランス進行の予測因子であり,進行群で体幹部重量に占める筋量が有意に低かった.(著者抄録)

  • Gender-specific analysis for the association between trunk muscle mass and spinal pathologies. 査読

    Hori Y, Hoshino M, Inage K, Miyagi M, Takahashi S, Ohyama S, Suzuki A, Tsujio T, Terai H, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Kato M, Matsumura A, Namikawa T, Seki M, Yamada K, Habibi H, Salimi H, Yamashita M, Yamauchi T, Furuya T, Orita S, Maki S, Shiga Y, Inoue M, Inoue G, Fujimaki H, Murata K, Kawakubo A, Kabata D, Shintani A, Ohtori S, Takaso M, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   7816   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-87334-4

    PubMed

  • Classification and prognostic factors of residual symptoms after minimally invasive lumbar decompression surgery using a cluster analysis: a 5-year follow-up cohort study 査読

    Toyoda Hiromitsu, Yamada Kentaro, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Salimi Hamidullah, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   30 ( 4 )   918 - 927   2021年04月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-021-06754-y

    PubMed

  • Clinical Comparison of Combined Cortical Bone Trajectory and Transarticular Surface Screw Versus Standard Pedicle Screw Insertion by Wiltse Approach for L5 Isthmic Spondylolisthesis. 査読

    Terai H, Tamai K, Takahashi S, Umano M, Iwamae M, Toyoda H, Suzuki A, Hoshino M, Nakamura H

    Clinical spine surgery   34 ( 10 )   E580 - E587   2021年03月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000001170

    PubMed

  • Fate and contribution of induced pluripotent stem cell-derived neurospheres transplanted with nerve conduits to promoting peripheral nerve regeneration in mice. 査読

    Yokoi T, Uemura T, Takamatsu K, Shintani K, Onode E, Hama S, Miyashima Y, Okada M, Nakamura H

    Bio-medical materials and engineering   32 ( 3 )   171 - 181   2021年03月( ISSN:0959-2989

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3233/BME-201182

    PubMed

  • Using artificial intelligence to diagnose fresh osteoporotic vertebral fractures on magnetic resonance images. 査読

    Yabu A, Hoshino M, Tabuchi H, Takahashi S, Masumoto H, Akada M, Morita S, Maeno T, Iwamae M, Inose H, Kato T, Yoshii T, Tsujio T, Terai H, Toyoda H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Hori Y, Okawa A, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   21 ( 10 )   1652 - 1658   2021年03月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2021.03.006

    PubMed

  • Trunk Muscle Mass Measured by Bioelectrical Impedance Analysis Reflecting the Cross-Sectional Area of the Paravertebral Muscles and Back Muscle Strength: A Cross-Sectional Analysis of a Prospective Cohort Study of Elderly Population. 査読

    Salimi H, Ohyama S, Terai H, Hori Y, Takahashi S, Hoshino M, Yabu A, Habibi H, Kobayashi A, Tsujio T, Kotake S, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   10 ( 6 )   1 - 10   2021年03月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm10061187

    PubMed

  • Predictive signs of peripheral rim instability with magnetic resonance imaging in no-shift-type complete discoid lateral meniscus 査読

    Hashimoto Yusuke, Nishino Kazuya, Yamasaki Shinya, Nishida Yohei, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    SKELETAL RADIOLOGY   50 ( 9 )   1829 - 1836   2021年03月( ISSN:0364-2348

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00256-021-03753-4

    PubMed

  • Biglycan expression and its function in human ligamentum flavum 査読

    Salimi Hamidullah, Suzuki Akinobu, Habibi Hasibullah, Orita Kumi, Hori Yusuke, Yabu Akito, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   11 ( 1 )   4867 - 4867   2021年03月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-021-84363-x

    PubMed

  • Time Course of Physical and Mental Well-being Improvements After Cervical Surgery. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   46 ( 5 )   E303 - E309   2021年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003787

    PubMed

  • Four-Millimeter Additional Bone Resection in the Distal Femur Does Not Result in an Equivalent Increase in the Extension Joint Gap in Total Knee Arthroplasty 査読

    Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Ueyama Hideki, Takemura Susumu, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ARTHROPLASTY   36 ( 3 )   958 - 962   2021年03月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arth.2020.09.002

    PubMed

  • MRI T2マッピングからみた半月板修復後治癒時期の検討

    山崎 真哉, 橋本 祐介, 西田 洋平, 中村 博亮

    JOSKAS   46 ( 1 )   38 - 39   2021年03月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    半月板縫合後の治癒評価において、単純MRIでは損傷時の高輝度変化が術後長期間残存するため正確な評価は困難とされている。近年、軟骨や半月板の質的MRIが開発され、単純MRIでは特定できない異常を捉えることが可能になってきた。著者等は、質的MRIの一つであるT2マッピングを用いて半月板縫合後の治癒評価を行い、単純MRIに比べて有意に正確に評価できたことを以前報告した。今回、本法を用いて半月板縫合後治癒時期の検討を行った。対象はACL再建術施行時に半月板縫合を行った14例とした。検討方法は、術前のT2マッピングで損傷部位に認めたcolored meniscal tear line(CMTL)が、術後3・6・12ヵ月のうちどの時点で消失したか調べた。結果、術後3ヵ月で消失したものが4例、6ヵ月が5例、12ヵ月が5例であり、平均消失時期は術後7.3ヵ月であった。

  • 骨付き大腿四頭筋腱を用いた膝前十字靱帯再建術後の採取部痛の検討 エコー所見との関連

    山崎 真哉, 橋本 祐介, 西野 壱哉, 中村 博亮

    JOSKAS   46 ( 1 )   52 - 53   2021年03月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    当院で2018〜2019年に骨付き大腿四頭筋腱を用いてACL再建術を行い術後12ヵ月以上観察しえた13例を対象とし、術後6ヵ月・12ヵ月時の「腱採取部痛」「大腿四頭筋力」「ハムストリング筋力」、術後12ヵ月時の「膝関節前方安定性」「腱採取部ドプラー信号強度」等について調査した。ドプラー信号強度は、grade 0(信号なし)、grade 1(spot状の信号)、grade 2(腱の厚みの半分以下の信号)、grade 3(腱の厚みの半分以上の信号)に分類し、grade別で「腱採取部痛」「筋力」を比較した。術後12ヵ月時の臨床成績は「関節安定性」「腱採取部痛」「筋力」とも良好であった。ドプラー信号強度は、grade 0または1が11例(85%)、grade 2が2例(15%)で、grade 3はなかった。grade 0・1群はgrade 2群に比べて「腱採取部痛」「筋力」の数値が良好であった。

  • Expression and function of fibroblast growth factor 1 in the hypertrophied ligamentum flavum of lumbar spinal stenosis. 査読

    Habibi H, Suzuki A, Hayashi K, Salimi H, Hori Y, Orita K, Yabu A, Terai H, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   27 ( 2 )   299 - 307   2021年02月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jos.2021.01.004

    PubMed

  • Bioabsorbable nerve conduits three-dimensionally coated with human induced pluripotent stem cell-derived neural stem/progenitor cells promote peripheral nerve regeneration in rats 査読

    Onode Ema, Uemura Takuya, Takamatsu Kiyohito, Yokoi Takuya, Shintani Kosuke, Hama Shunpei, Miyashima Yusuke, Okada Mitsuhiro, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   11 ( 1 )   4204 - 4204   2021年02月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-021-83385-9

    PubMed

  • Comparative Study of the Spinopelvic Alignment in Patients With Idiopathic Lumbar Scoliosis Between Adulthood and Adolescence. 査読

    Hori Y, Matsumura A, Namikawa T, Kato M, Iwamae M, Nakamura H

    World neurosurgery   149   e309 - e315   2021年02月( ISSN:1878-8750

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2021.02.031

    PubMed

  • Expression and function of FGF9 in the hypertrophied ligamentum flavum of lumbar spinal stenosis patients. 査読

    Habibi H, Suzuki A, Hayashi K, Salimi H, Terai H, Hori Y, Tamai K, Orita K, Ohyama S, Yabu A, Maruf MH, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   21 ( 6 )   1010 - 1020   2021年02月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2021.02.004

    PubMed

  • Wide-awake local anesthesia and temporary tourniquet for tendon surgery of the hand. 査読

    Miyashima Y, Uemura T, Konishi S, Nakamura H

    Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS   74 ( 7 )   1633 - 1701   2021年02月( ISSN:1748-6815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2021.01.011

    PubMed

  • Relationship between number of radiological risk factors for delayed union after osteoporotic vertebral fracture and clinical outcomes 査読

    Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Suzuki Akinobu, Takayama Kazushi, Sasaoka Ryuichi, Yasuda Hiroyuki, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Tsujio Tadao, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF OSTEOPOROSIS   16 ( 1 )   20   2021年02月( ISSN:1862-3522

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11657-021-00884-y

    PubMed

  • Magnetic Resonance Imaging T2 Relaxation Times of Articular Cartilage Before and After Arthroscopic Surgery for Discoid Lateral Meniscus. 査読

    Nishino K, Hashimoto Y, Nishida Y, Yamasaki S, Nakamura H

    Arthroscopy : the journal of arthroscopic & related surgery : official publication of the Arthroscopy Association of North America and the International Arthroscopy Association   37 ( 2 )   647 - 654   2021年02月( ISSN:0749-8063

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arthro.2020.09.036

    PubMed

  • The short-term outcomes of minimally invasive decompression surgery in patients with lumbar ossification or calcification of the ligamentum flavum 査読

    Tamai Koji, Kaneda Kunikazu, Iwamae Masayoshi, Terai Hidetomi, Katsuda Hiroshi, Shimada Nagakazu, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   34 ( 2 )   203 - 210   2021年02月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3171/2020.6.SPINE20946

    PubMed

  • Risk Assessment for Pathological Fracture After Bone Tumour Biopsy 査読

    Iwai Tadashi, Hoshi Manabu, Oebisu Naoto, Orita Kumi, Shimatani Akiyoshi, Takada Naoki, Nakamura Hiroaki

    ANTICANCER RESEARCH   41 ( 2 )   679 - 686   2021年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21873/anticanres.14819

    PubMed

  • Risk factors for subsequent vertebral fracture after acute osteoporotic vertebral fractures 査読

    Inose Hiroyuki, Kato Tsuyoshi, Ichimura Shoichi, Nakamura Hiroaki, Hoshino Masatoshi, Togawa Daisuke, Hirano Toru, Tokuhashi Yasuaki, Ohba Tetsuro, Haro Hirotaka, Tsuji Takashi, Sato Kimiaki, Sasao Yutaka, Takahata Masahiko, Otani Koji, Momoshima Suketaka, Takahashi Kunihiko, Yuasa Masato, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   30 ( 9 )   2698 - 2707   2021年01月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00586-021-06741-3

    PubMed

  • Costal osteochondral graft for a postoperative cartilage defect in a patient with polydactyly. 査読

    Nakagawa K, Hidaka N, Kitano T, Nakamura H

    BMJ case reports   14 ( 1 )   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1136/bcr-2020-237823

    PubMed

  • Changes in patient-perceived leg length discrepancy following total hip arthroplasty. 査読

    Iwakiri K, Ohta Y, Fujii T, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   31 ( 7 )   1355 - 1361   2021年01月( ISSN:1633-8065

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00590-021-02879-4

    PubMed

  • Relationship of back muscle and knee extensors with the compensatory mechanism of sagittal alignment in a community-dwelling elderly population. 査読

    Takahashi S, Hoshino M, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Kobayashi A, Tsujio T, Kotake S, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   2179   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-82015-8

    PubMed

  • A cemented mobile-bearing total knee prosthesis prevents peri-prosthetic bone mineral density loss around the femoral component: a consecutive follow-up at a mean of 11 years 査読

    Minoda Yukihide, Ikebuchi Mitsuhiko, Kobayashi Akio, Iwaki Hiroyoshi, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   2021年01月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-021-06448-4

    PubMed

  • Topical co-administration of zoledronate with recombinant human bone morphogenetic protein-2 can induce and maintain bone formation in the bone marrow environment 査読

    Ueyama Hideki, Ohta Yoichi, Imai Yuuki, Suzuki Akinobu, Sugama Ryo, Minoda Yukihide, Takaoka Kunio, Nakamura Hiroaki

    BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS   22 ( 1 )   94 - 94   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12891-021-03971-w

    PubMed

  • Presence of sarcopenia does not affect the clinical results of balloon kyphoplasty for acute osteoporotic vertebral fracture. 査読

    Ohyama S, Hoshino M, Takahashi S, Hori Y, Yasuda H, Terai H, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Toyoda H, Dohzono S, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   122   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-80129-z

    PubMed

  • Impact of paravertebral muscle in thoracolumbar and lower lumbar regions on outcomes following osteoporotic vertebral fracture: a multicenter cohort study 査読

    Habibi Hasibullah, Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Takayama Kazushi, Sasaoka Ryuichi, Tsujio Tadao, Yasuda Hiroyuki, Kanematsu Fumiaki, Kono Hiroshi, Toyoda Hiromitsu, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF OSTEOPOROSIS   16 ( 1 )   2   2021年01月( ISSN:1862-3522

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11657-020-00866-6

    PubMed

  • Factors related to postoperative coronal imbalance in adult lumbar scoliosis 査読

    Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Kato Minori, Hori Yusuke, Hidaka Noriaki, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   34 ( 1 )   66 - 72   2021年01月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3171/2020.6.SPINE20670

    PubMed

  • Ultrasound assessment, unlike clinical assessment, reflects enthesitis in patients with psoriatic arthritis. 査読

    Yamada Y, Inui K, Okano T, Mandai K, Mamoto K, Koike T, Takeda S, Yamashita E, Yoshida Y, Tateishi C, Tsuruta D, Nakamura H

    Clinical and experimental rheumatology   39 ( 1 )   139 - 145   2021年01月( ISSN:0392-856X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.55563/clinexprheumatol/u8qc6c

    PubMed

  • Risk factors of the poor long-term prognosis of osteoporotic vertebral fractures: A multicenter cohort study 査読

    Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Tsujio Tadao, Suzuki Akinobu, Namikawa Takashi, Kato Minori, Matsumura Akira, Takayama Kazushi, Toyoda Hiromitsu, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SURGERY   29 ( 1 )   2309499021994969   2021年01月( ISSN:1022-5536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2309499021994969

    PubMed

  • Risk factors for postoperative graft laxity without re-injury after double-bundle anterior cruciate ligament reconstruction in recreational athletes 査読

    Yamasaki Shinya, Hashimoto Yusuke, Iida Ken, Nishino Kazuya, Nishida Yohei, Takigami Junsei, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    KNEE   28   338 - 345   2021年01月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2020.12.009

    PubMed

  • Predictors of dropout from cohort study due to deterioration in health status, with focus on sarcopenia, locomotive syndrome, and frailty: From the Shiraniwa Elderly Cohort (Shiraniwa) study 査読

    Ohyama Shoichiro, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Yabu Akito, Kobayashi Akio, Tsujio Tadao, Kotake Shiro, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   26 ( 1 )   167 - 172   2021年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.02.006

    PubMed

  • Ultrasound assessment, unlike clinical assessment, reflects enthesitis in patients with psoriatic arthritis

    Yamada Y.

    Clinical and Experimental Rheumatology   39 ( 1 )   139 - 145   2021年01月( ISSN:0392856X

  • 健康状態の悪化のうち特にサルコペニア、ロコモティブシンドローム、フレイルによるコホート研究からの脱落の予測因子 白庭高齢者コホート研究(Predictors of dropout from cohort study due to deterioration in health status, with focus on sarcopenia, locomotive syndrome, and frailty: From the Shiraniwa Elderly Cohort(Shiraniwa) study)

    Ohyama Shoichiro, Hoshino Masatoshi, Takahashi Shinji, Hori Yusuke, Yabu Akito, Kobayashi Akio, Tsujio Tadao, Kotake Shiro, Nakamura Hiroaki

    Journal of Orthopaedic Science   26 ( 1 )   167 - 172   2021年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    高齢者コホート研究(白庭研究)に登録された被験者におけるサルコペニア、ロコモティブシンドローム(LS)およびフレイルの有病率について検討し、このような健康悪化状態がコホート研究からの脱落に及ぼす影響を評価した。2016年の第1回サーベイに参加した65歳以上の409名(男性164名、女性245名、平均73.5歳)を対象にサルコペニアなどの有病率を調査し、2017年の第2回サーベイに参加できなかった者を脱落者と判定、研究からの脱落に関わる予測因子を評価した。第1回サーベイの409名中、サルコペニアの有病率は4.4%、LSステージ2の有病率は40.1%、フレイルの有病率は14.2%であった。また、サルコペニア群のうち77.8%にLSステージ2、フレイル群のうち89.7%にLSステージ2の罹患が認められた。第2回サーベイに参加できなかったのは71名で、最終的にこのうち46名を脱落者と判定した。コホート研究からの脱落率はサルコペニア、LSステージ2およびフレイルの三つがいずれもみられなかった者が4.5%、LSステージ2を有する者が12.3%、フレイルを有する者が33.3%、サルコペニア、LSステージ2、フレイルの三つをすべて有する者が37.5%となっていた。多変量ロジスティック回帰分析では、脱落の独立予測因子としてLSステージ2とフレイルが抽出された。

  • Pediatric giant cell reparative granuloma of the lower clivus: A case report and review of the literature.

    Nakamura H, Morisako H, Ohata H, Kuwae Y, Teranishi Y, Goto T

    Journal of craniovertebral junction & spine   12 ( 1 )   86 - 90   2021年01月( ISSN:0974-8237

     詳細を見る

  • Percutaneous Endovascular Retrieval of Large Cement Leakage into the Right Atrium Following Cement-Augmented Pedicle Screw Instrumentation 査読

    Takahashi Shinji, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki, Sohgawa Etsuji, Suzuki Akinobu, Yamamoto Akira, Sasaki Ryo, Tanaka Katsuaki, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   5 ( 6 )   446 - 449   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0011

    PubMed

    CiNii Article

  • Ultrasound assessment, unlike clinical assessment, reflects enthesitis in patients with psoriatic arthritis 査読

    Yamada Y., Inui K., Okano T., Mandai K., Mamoto K., Koike T., Takeda S., Yamashita E., Yoshida Y., Tateishi C., Tsuruta D., Nakamura H.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL RHEUMATOLOGY   39 ( 1 )   139 - 145   2021年( ISSN:0392-856X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Risk Factors for Reoperation at Same Level after Decompression Surgery for Lumbar Spinal Stenosis in Patients with Diffuse Idiopathic Skeletal Hyperostosis Extended to the Lumbar Segments 査読

    Yamada Kentaro, Abe Yuichiro, Yanagibashi Yasushi, Hyakumachi Takahiko, Nakamura Hiroaki

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   5 ( 6 )   381 - 389   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <p><b>Introduction. </b>Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis (DISH) extended to the lumbar segments (L-DISH) reportedly has adverse effects on the surgical outcomes of lumbar spinal stenosis (LSS). However, the risk factors in patients with L-DISH have not been clarified. The purpose of this study was to investigate the long-term risk factors for reoperation at the same level after decompression surgery alone for LSS in patients with L-DISH in a retrospective cohort study.</p><p><b>Methods. </b>A postoperative postal survey was sent to 1,150 consecutive patients who underwent decompression surgery alone for LSS from 2002 to 2010. Among all respondents, patients who exhibited L-DISH by preoperative total spine X-ray were included in this study. We investigated risk factors for reoperation at the same level as the initial surgery among various demographic and radiological parameters, including the lumbar ossification condition and computed tomography (CT) or magnetic resonance imaging findings.</p><p><b>Results. </b>A total of 57 patients were analyzed. Reoperations at the same level as that of the index surgery were performed in 10 patients (17.5%) and at 11 levels within a mean of 9.2 years. Cox proportional hazard regression analysis indicated that the independent risk factors for reoperation were a sagittal rotation angle ≥ 10° (adjusted hazard ratio: 5.17) and facet opening on CT (adjusted hazard ratio: 4.82). Neither sagittal translation nor the ossification condition in the lumbar segments affected reoperations.</p><p><b>Conclusions. </b>A sagittal rotation angle ≥ 10° and facet opening on preoperative CT were risk factors for reoperation at the same level as that of the index surgery in patients with L-DISH.<b></b>The surgical strategy should be carefully considered in those patients.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2020-0227

    PubMed

    CiNii Article

  • 3D 術前シミュレーションソフトウェアを用いたリバース型人工肩関節置換術の可動域 -Medialized 型とLateralized 型の比較-

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   435 - 435   2021年( ISSN:09104461

  • 乾癬患者における関節症状の有無と皮膚病変の重症度およびBMIの関連について

    万代 幸司, 乾 健太郎, 岡野 匡志, 山田 祐太郎, 吉村 仁志, 小池 達也, 中村 博亮

    日本脊椎関節炎学会誌   8 ( 2 )   51 - 55   2021年

     詳細を見る

    当院通院中の乾癬患者94例(女性34例36%、年齢58.4±14.7歳)を対象に、関節症状の合併と皮膚病変の重症度およびBMIの関連について検討した。その結果、乾癬患者のうち関節症状を合併したPsA群は48例、合併なしのPsO群は46例であった。2群間でBMIに有意差はみられなかった。また、PsA群においてBMI、皮膚病変の重症度、関節症状の重症度は、いずれも有意な関連を認めなかった。

  • リバース型人工肩関節置換術におけるインプラント設置状態が可動域に与える影響 -3次元可動域シミュレーションを用いた検討-

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   436 - 436   2021年( ISSN:09104461

  • セメントレスshort-stemを用いたリバース型人工肩関節置換術後2年のインプラント周囲の単純X線変化

    山下 竜一, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   462 - 462   2021年( ISSN:09104461

  • スーチャーブリッジ法による鏡視下腱板修復術後における患者満足度に関連する因子の検討

    岡田 彩夏, 間中 智哉, 飯尾 亮介, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   444 - 444   2021年( ISSN:09104461

  • グレノスフィアのサイズがリバース型人工肩関節置換術後可動域に与える影響 -3次元可動域シミュレーションを用いた検討-

    間中 智哉, 平川 義弘, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   437 - 437   2021年( ISSN:09104461

  • TKA後のスポーツ活動

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 竹村 進, 山本 展生, 中村 博亮

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   41 ( 3 )   160 - 163   2021年( ISSN:13408577

     詳細を見る

    <p>近年,人工膝関節全置換術(TKA)の術後に,スポーツ活動を望む患者が増加している.1999年のKnee Society Surveyの結果から,TKA後に行なう運動は,運動の強度に応じて,推奨・経験があれば推奨・推奨しない・結論なしの4つに分類されている.ただこの報告では,日本の事情と異なったスポーツ活動が含まれており,そのまま活用することは難しい.またスポーツはインパクトの繰り返しであり,短期に加え,長期成績で評価するべきである.本研究は,TKAとスポーツ活動についての過去の報告を整理し,許容すべきスポーツ活動を提示し,現在の日本の事情を反映したアンケートの結果をしめすものである.</p>

    DOI: 10.34473/jossm.41.3_160

    CiNii Article

  • Reductions in the Frequency of Going Out Due to the COVID-19 Pandemic Negatively Affect Patients with Spinal Disorders.

    Terai H, Iwamae M, Tamai K, Takahashi S, Hori Y, Ohyama S, Yabu A, Hoshino M, Nakamura H

    Spine surgery and related research   5 ( 6 )   365 - 374   2021年

  • Prediction of Risk Factors for Pathological Fracture After Bone Tumor Biopsy Using Finite Element Analysis.

    Iwai T, Hoshi M, Oebisu N, Orita K, Shimatani A, Takada N, Nakamura H

    Cancer management and research   13   3849 - 3856   2021年( ISSN:1179-1322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2147/CMAR.S307586

    PubMed

  • Interposed Trans-osseous法による骨孔式ARCRの治療成績

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   448 - 448   2021年( ISSN:09104461

  • In vivo study on the healing of bone defect treated with non-thermal atmospheric pressure gas discharge plasma.

    Shimatani A, Toyoda H, Orita K, Hirakawa Y, Aoki K, Oh JS, Shirafuji T, Nakamura H

    PloS one   16 ( 10 )   e0255861   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0255861

    PubMed

  • Bone healing of distal radius nonunion treated with bridge plating with bone graft substitutes in combination with systemic romosozumab administration: A case report.

    Uemura T, Yano K, Takamatsu K, Miyashima Y, Yasuda H, Konishi S, Nakamura H

    Joint diseases and related surgery   32 ( 2 )   526 - 530   2021年( ISSN:2687-4784

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.52312/jdrs.2021.82661

    PubMed

  • Arthro Tunneler<SUP>TM</SUP> を用いた骨孔式鏡視下腱板修復術後における患者満足度に関連する因子の検討

    飯尾 亮介, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一, 岡田 彩夏, 中村 博亮

    肩関節   45 ( 3 )   449 - 449   2021年( ISSN:09104461

  • 特集 脊椎骨粗鬆症性椎体骨折に対する治療戦略-薬物療法を中心にUP TO DATE 骨粗鬆症性椎体骨折の保存療法の限界について-前向き多施設研究結果を踏まえて

    寺井 秀富, 高橋 真治, 星野 雅俊, 藪 晋人, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   33 ( 12 )   1052 - 1057   2020年12月( ISSN:09144412

     詳細を見る

  • Evaluation of FGFR inhibitor ASP5878 as a drug candidate for achondroplasia 査読

    Ozaki Tomonori, Kawamoto Tatsuya, Iimori Yuki, Takeshita Nobuaki, Yamagishi Yukiko, Nakamura Hiroaki, Kamohara Masazumi, Fujita Kaori, Tanahashi Masayuki, Tsumaki Noriyuki

    SCIENTIFIC REPORTS   10 ( 1 )   20915   2020年12月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-77345-y

    PubMed

  • Futile complete recanalization: patients characteristics and its time course

    Kitano T.

    Scientific Reports   10 ( 1 )   2020年12月

     詳細を見る

  • Analysis of Gait in Stroke Patients with Hemiplegia Using a Wearable Accelerometer(和訳中) 査読

    Nakatsuchi Tamotsu, Ikebuchi Mitsuhiko, Nishikawa Tomoya, Sugahara Tetsuya, Nakajima Shigeyoshi, Morimoto Masanobu, Nakamura Hiroaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   66   31 - 37   2020年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ウェアラブル加速度計(以下、加速度計)を用いて、脳卒中片麻痺患者の歩行中の頸部/腰部動揺と歩行能力との関連を評価した。さらに、当該患者の歩行能力を予測する客観的評価ツールとして加速度計を利用可能か評価した。足に関節障害のない脳卒中片麻痺患者(患者群)36名(男性29名、女性7名、平均69.9±9.1歳)と健常者(対照群)40名(男性26名、女性14名、平均27.7±7.7歳)を対象に、第7頸椎(C7)と第3腰椎(L3)に加速度計を装着した。歩行時の加速度は、3軸方向(内側、垂直、前後)で測定した。二乗平均平方根を算出し、頸部/腰部動揺の指標とした。これらの値とFunctional Ambulation Classification(FAC)スコアで測定した歩行自立度との関連を評価した。その結果、患者群では歩行自立度の低下に伴って頸部・腰部動揺が3軸方向とも有意に増加した。患者群では、歩行自立度が低いほど頸部動揺が大きくなったが、FAC3群では頸部動揺が腰部動揺より大きく、逆の現象が見られた。

  • 手根管症候群における定量的ring finger splittingの陽性率の検討 査読

    横井 卓哉, 上村 卓也, 斧出 絵麻, 新谷 康介, 岡田 充弘, 中村 博亮

    (一社)日本手外科学会 日本手外科学会雑誌   37 ( 2 )   54 - 58   2020年12月( ISSN:2185-4092

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    手根管症候群と診断し手術を施行した症例に対し,術前に知覚障害を定量的に評価し,環指正中線を境界とする知覚障害,いわゆるring finger splittingの陽性率と,電気生理学的重症度の違いによる陽性率の差について検討した.ring finger splittingは手根管症候群のおおよそ6-7割で陽性となり,その陽性率は電気学的重症度によらず不変であった.診断の際にはring finger splittingの陽性率を念頭におき診断を進めることが肝要である.(著者抄録)

  • Residual numbness of the upper extremity after cervical surgery in patients with cervical spondylotic myelopathy 査読

    Iwamae Masayoshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF NEUROSURGERY-SPINE   33 ( 6 )   734 - 741   2020年12月( ISSN:1547-5654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/2020.4.SPINE191566

    PubMed

  • Prediction of satisfaction after correction surgery for adult spinal deformity: differences between younger and older patients 査読

    Hayashi Kazunori, Boissiere Louis, Larrieu Daniel, Bourghli Anouar, Gille Olivier, Vital Jean-Marc, Guevara-Villazon Fernando, Pellise Ferran, Sanchez Perez-Grueso Francisco Javier, Kleinstuck Frank, Acaroglu Emre, Alanay Ahmet, Nakamura Hiroaki, Obeid Ibrahim

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   29 ( 12 )   3051 - 3062   2020年12月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00586-020-06611-4

    PubMed

  • Long-term clinical outcomes of medial pivot total knee arthroplasty for Asian patients: A mean 10-year follow-up study 査読

    Ueyama Hideki, Kanemoto Narihiro, Minoda Yukihide, Yamamoto Nobuo, Taniguchi Yoshiki, Nakamura Hiroaki

    KNEE   27 ( 6 )   1778 - 1786   2020年12月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.knee.2020.09.009

    PubMed

  • Ehlers-Danlos症候群の成人に生じた肘関節分散脱臼の1例 査読

    斧出 絵麻, 高松 聖仁, 香月 憲一, 中村 博亮

    (一社)日本手外科学会 日本手外科学会雑誌   37 ( 2 )   109 - 112   2020年12月( ISSN:2185-4092

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肘関節分散脱臼は腕尺関節,腕橈関節,近位橈尺関節の全てが脱臼する稀な疾患で,大半が小児例である.成人例の報告は本邦で4例,海外で7例と極めて珍しく,全例で観血的整復固定を要する骨折を合併していた.今回,極めて稀なEhlers-Danlos症候群の成人に発症した肘関節分散脱臼を経験したため報告する.症例は32歳,男性で,スノーボード中に後方へ転倒し,右肘関節伸展,前腕回外位で手をつき受傷した.近医で右肘関節分散脱臼と診断されたが,整復位保持が困難で当院紹介受診となり,受傷2週間後に手術を施行した.輪状靱帯と内側側副靱帯が断裂しており,同部位を縫合した.また脱臼に伴う関節包の著明な弛緩を認めたため,縫縮したところ,易脱臼性は改善された.術後3年の最終調査時において,肘関節の回内制限は残存しているが易脱臼性はなく,動揺性も認めていない.観血的整復固定を要する骨折を伴わない肘関節分散脱臼は成人例では極めて稀であり,本症例はEhlers-Danlos症候群に起因する軟部組織の脆弱性や過伸展性,関節の弛緩性を有していたことが原因ではないかと考えられた.(著者抄録)

  • Do rheumatoid arthritis patients have low back pain or radiological lumbar lesions more frequently than the healthy population? - Cross-sectional analysis in a cohort study with age and sex-matched healthy volunteers 査読

    Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Takahashi Shinji, Yamada Kentaro, Inui Kentaro, Tada Masahiro, Okano Tadashi, Sugioka Yuko, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    SPINE JOURNAL   20 ( 12 )   1995 - 2002   2020年12月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2020.06.020

    PubMed

  • 都市部で乳児股関節健診推奨項目の導入を目指す試み 発育性股関節形成不全(脱臼)診断遅延例を減らすための方策の検討

    中川 敬介, 宅間 仁美, 森山 美知子, 新谷 康介, 細見 僚, 北野 利夫, 中村 博亮

    日本小児整形外科学会雑誌   29 ( 2 )   324 - 328   2020年12月( ISSN:0917-6950

     詳細を見る

    日本小児整形外科学会および日本小児股関節研究会の取り組みにより、乳児股関節検診の推奨項目が作成され、全国的に実施している地域が増えてきている。ただし、都市部では、新生児数が多いことに伴う、二次検診施設の確保の憂いもあり、まだあまり導入が進んでいない。そこで、大阪府において推奨項目が導入できるかどうか評価するため、二つのアンケート調査を施行した。若手整形外科医師へのアンケート調査からは、一般整形外科医における乳児股関節二次検診はおおむね可能と考えられる結果であり、また、医療機関へのアンケート調査からは、多くの施設から受け入れ可との回答が得られた。より良い検診体制の構築に向けて、大阪府における乳児股関節検診推奨項目の導入は可能であると考える。一次健診医である小児科医および二次検診医となる整形外科医が勤務する施設と、緊密な連携体制を構築し、医療体制の充実を図る必要がある。(著者抄録)

  • Periprosthetic Loss of Bone Mineral Density After Cementless Porous Tantalum and Cemented Total Knee Arthroplasties: A Mean of 11-Year Concise Follow-Up of a Previous Report 査読

    Minoda Yukihide, Kobayashi Akio, Ikebuchi Mitsuhiko, Iwaki Hiroyoshi, Inori Fumiaki, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ARTHROPLASTY   35 ( 11 )   3156 - 3160   2020年11月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.arth.2020.06.014

    PubMed

  • 多骨病変を伴った希な小児リンパ管腫症の1例 査読

    家口 尚, 星 学, 大戎 直人, 伴 祥高, 高松 聖仁, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 6 )   915 - 916   2020年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • アンモニア濃度換算式Handheld odor meterを用いた骨軟部腫瘍の臭気強度測定 査読

    高田 尚輝, 星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 6 )   909 - 910   2020年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • リバース型人工肩関節置換術後1年の臨床成績の年代別比較 査読

    山下 竜一, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 富本 彩夏, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   44 ( 2 )   409 - 412   2020年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)術後1年の臨床成績及び周術期合併症発生率を年代別に比較した.対象はRSAを施行した122肩である.術前,術後1年に肩関節自動可動域,Constant score,VASを評価した.手術時年齢を80歳未満群(以下,U群)85肩,80歳以上群(以下,O群)37肩の2群に分けて比較検討した.両群ともに術前と比較して術後1年で,屈曲,外転,Constant score,VASの有意な改善がみられた.術前から術後1年での臨床成績の改善値は,屈曲,外転,下垂位外旋,Constant score,VASでは両群に有意差を認めなかったが,結帯に関してはU群が有意に低下していた.周術期合併症発生率はU群で16.5%,O群で8.1%であった.術後1年の臨床成績の改善値は,結帯を除いて両群に有意差はなく,周術期合併症発生率も両群に有意差を認めなかった.(著者抄録)

  • リバース型人工肩関節置換術における術後3次元評価システムの精度検証 2次元計測との比較 査読

    間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   44 ( 2 )   425 - 428   2020年11月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    リバース型人工肩関節置換術の術後CT画像を使用し,2次元(以下,2D)評価と3次元(以下,3D)評価を行い,検者間及び検者内信頼性を検証した.対象は12例.2D評価として,SYNAPSE VINCENTを用いて計測した.3D評価として,Zed Shoulderを用いた.肩甲骨関節窩傾斜角(以下,GI),肩甲骨関節窩前後捻角(以下,GV),ステム後捻角(以下,SR),上腕骨オフセット(以下,HO)を計測した.2名の整形外科医で,1ヵ月以上の間隔を空けて2回計測した.2D計測と3D計測の検者間及び検者内信頼性を級内相関係数(ICC)にて算出した.検者間信頼性において2D計測のGI,SRと3D計測のHOが低く,検者内信頼性において2D計測のGV,HOと3D計測のSR,HOが低かった.今後,3D評価のさらなる再現性と正確性の確立のため,3Dで各種パラメータを自動表示するために必要な肩甲骨及び上腕骨上の特徴的な点をとる方法を検討する必要がある.(著者抄録)

  • Vitamin E-infused highly cross-linked polyethylene did not reduce the number of in vivo wear particles in total knee arthroplasty 査読

    Orita K., Minoda Y., Sugama R., Ohta Y., Ueyama H., Takemura S., Nakamura H.

    BONE & JOINT JOURNAL   102B ( 11 )   1527 - 1534   2020年11月( ISSN:2049-4394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1302/0301-620X.102B11.BJJ-2020-0413.R1

    PubMed

  • Simultaneous Opposition Tendon Transfer with Median Nerve Decompression for Severe Bilateral Carpal Tunnel Syndrome in Adolescents with Hunter Syndrome: A Case Report 査読

    Uemura Takuya, Okada Mitsuhiro, Terai Hidetomi, Yokoi Takuya, Onode Ema, Shintani Kosuke, Konishi Sadahiko, Nakamura Hiroaki

    PLASTIC AND RECONSTRUCTIVE SURGERY-GLOBAL OPEN   8 ( 11 )   e3251   2020年11月( ISSN:2169-7574

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/GOX.0000000000003251

    PubMed

  • Posterior vertebral column resection with short-segment fusion for the patients with congenital kyphoscoliosis 査読

    Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Kato Minori, Hori Yusuke, Iwamae Masayoshi, Hidaka Noriaki, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF PEDIATRIC ORTHOPAEDICS-PART B   29 ( 6 )   572 - 579   2020年11月( ISSN:1060-152X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/BPB.0000000000000729

    PubMed

  • Can Conventional Magnetic Resonance Imaging Substitute Three-Dimensional Magnetic Resonance Imaging in the Diagnosis of Lumbar Foraminal Stenosis? 査読

    Hasib MM, Yamada K, Hoshino M, Yamada E, Tamai K, Takahashi S, Suzuki A, Toyoda H, Terai H, Nakamura H

    Asian spine journal   15 ( 4 )   472 - 480   2020年10月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31616/asj.2020.0133

    PubMed

  • Traumatic index extensor tendon attenuation mimicking closed tendon rupture: two case reports 査読

    Miyashima Yusuke, Uemura Takuya, Yokoi Takuya, Hama Shunpei, Okada Mitsuhiro, Konishi Sadahiko, Nakamura Hiroaki

    BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS   21 ( 1 )   672 - 672   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12891-020-03692-6

    PubMed

  • Factors Related to Postoperative Osteochondritis Dissecans of the Lateral Femoral Condyle After Meniscal Surgery in Juvenile Patients With a Discoid Lateral Meniscus 査読

    Hashimoto Yusuke, Nishino Kazuya, Reid John B. III, Yamasaki Shinya, Takigami Junsei, Tomihara Tomohiro, Takahashi Shinji, Shimada Nagakazu, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF PEDIATRIC ORTHOPAEDICS   40 ( 9 )   E853 - E859   2020年10月( ISSN:0271-6798

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BPO.0000000000001636

    PubMed

  • Advanced glycation end products in musculoskeletal system and disorders. 査読

    Suzuki A, Yabu A, Nakamura H

    Methods (San Diego, Calif.)   2020年09月( ISSN:1046-2023

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ymeth.2020.09.012

    PubMed

  • The Severity of Cervical Disc Degeneration Does Not Impact 2-year Postoperative Outcomes in Patients With Cervical Spondylotic Myelopathy Who Underwent Laminoplasty 査読

    Habibi Hasibullah, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Takahashi Shinji, Ahmadi Sayed Abdullah, Nakamura Hiroaki

    SPINE   45 ( 18 )   E1142 - E1149   2020年09月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003528

    PubMed

  • Patients with a quadriceps tendon shorter than 60 mm require a patellar bone plug autograft in anterior cruciate ligament reconstruction 査読

    Yamasaki Shinya, Hashimoto Yusuke, Han Changhun, Nishino Kazuya, Hidaka Noriaki, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   29 ( 6 )   1927 - 1935   2020年09月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00167-020-06261-5

    PubMed

  • A new classification for coronal malalignment in adult spinal deformity: a validation and the role of lateral bending radiographs 査読

    Hayashi Kazunori, Boissiere Louis, Cawley DerekT T., Larrieu Daniel, Kieser David, Berjano Pedro, Lamartina Claudio, Gupta Munich, Silvestre Clement, Protopsaltis Themi, Bourghli Anouar, Pellise Ferran, Annis Prokopis, Papadopoulos Elias C., Kreichati Gaby, Pizones Javier, Nakamura Hiroaki, Ames Christopher P., Obeid Ibrahim

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   29 ( 9 )   2287 - 2294   2020年09月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00586-020-06513-5

    PubMed

  • 陳旧性肩関節前方脱臼に対するリバース型人工肩関節置換術の短期臨床成績 査読

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   44 ( 1 )   21 - 24   2020年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    陳旧性肩関節前方脱臼に対して様々な治療法が報告されている.本研究の目的は陳旧性肩関節前方脱臼に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の短期臨床成績を評価することである.対照は10例10肩,女性9肩,男性1肩で,手術時平均年齢は78.4歳であった.臨床成績は術前,術後1年時に評価し,肩関節自動可動域(屈曲,外転,下垂位外旋,内旋),日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(以下JOAスコア),Constantスコアを測定した.肩関節自動可動域は屈曲が術前平均46.5度から術後1年で平均104度に,外転が術前平均46.5度から術後1年で平均92度に,下垂位外旋が術前平均-6.5度から術後1年で平均11.5度に,結帯スコアは術前平均1.6点が術後1年で平均4点に,JOAスコアは術前平均32.6点が術後1年で平均67.4点に,Constantスコアは術前平均23.3点が術後1年で平均50.3点に有意に改善みられた(全てp<0.05).陳旧性肩関節前方脱臼に対するRSAの術後1年での臨床成績は良好であった.(著者抄録)

  • 関節リウマチに伴う重度PIP関節強直に対して人工指関節(シリコンインプラント)置換術で治療した1例 査読

    上村 卓也, 恵木 丈, 小西 定彦, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 5 )   737 - 738   2020年09月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    46歳女。右環指・小指の変形を主訴に紹介受診した。右小指は約5年前、環指は約3年前に、それぞれPIP関節炎に伴う屈曲変形が出現し、その後関節強直に至っていた。患者はPIP関節屈曲変形の矯正だけでなく手指屈曲が可能な可動性のあるPIP関節を希望したため、環指・小指の人工PIP関節(シリコンインプラント)置換術を施行した。後療法ではPIP関節を伸展位に保持できるよう、PIP関節を伸展位で長めに外固定することにより良好な術後可動域が得られた。

  • 人工肩関節全置換術後の反復性肩関節後方脱臼に対してリバース型人工肩関節置換術を施行した一例 査読

    富本 彩夏, 間中 智哉, 中澤 克優, 伊藤 陽一, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   44 ( 1 )   213 - 217   2020年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工肩関節全置換術(以下,TSA)術後の反復性肩関節後方脱臼に対して,リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)を施行した1例を経験したので報告する.症例は86歳女性で,肩関節単純X線でTSA後の上腕骨頭の上方化,CTでグレノイドコンポーネントの後捻と上腕骨頭の後方亜脱臼を認めた.ステムとグレノイドコンポーネントを抜去し,Norris法による腸骨移植を併用し,RSAを施行した.術後1年で再脱臼を認めることなく経過良好である.(著者抄録)

  • リバース型人工肩関節置換術における術前3次元評価システムの再現性評価 査読

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   44 ( 1 )   196 - 200   2020年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    リバース型人工肩関節置換術の術前CT画像を使用し,2次元(以下,2D)評価と3次元(以下,3D)評価を行い,検者間及び検者内信頼性を検証した.対象は12例.3D評価として,術前に1mmスライスで撮像したCTのaxial像のDICOMデータをLEXI社Zed Shoulderに読み込み関節窩傾斜角(以下,GI),関節窩前後捻角(以下,GV),上腕骨後捻角(以下HR),関節窩最大高(以下,GH),関節窩最大幅(以下,GW)を計測した.一方,2D評価として単純CTを用い計測した.2名の整形外科医で,1ヵ月以上の間隔にて2回計測した.2D計測と3D計測の検者間及び検者内信頼性を級内相関係数(ICC)にて算出した.検者間信頼性において2D計測のGI,GVと3D計測のGI,GV,HRが低く,検者内信頼性において2D計測のGI,GVと3D計測のGIが低かった.今後,3D評価のさらなる再現性と正確性の確立のため,参照点デジタイズの方法の改良および座標系の再構築を行う必要性がある.(著者抄録)

  • Investigation of multiple primary cancers in patients with bone and soft tissue primary malignancies: A retrospective, institution-based study 査読

    Shimatani Akiyoshi, Hoshi Manabu, Oebisu Naoto, Iwai Tadashi, Takada Naoki, Nakamura Hiroaki

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   13 ( 3 )   17 - 6   2020年09月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3892/mco.2020.2088

    PubMed

  • Surgical outcomes of multilevel posterior lumbar interbody fusion versus lateral lumbar interbody fusion for the correction of adult spinal deformity: A comparative clinical study

    Iwamae M.

    Asian Spine Journal   14 ( 4 )   421 - 429   2020年08月( ISSN:19761902

     詳細を見る

  • Full HA compaction stemのPOLARSTEMの操作性は良好である 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 上山 秀樹, 竹村 進, 飯田 健, 柳井 亮介, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   46 ( 1 )   291 - 294   2020年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当科でPOLARSTEMを使用した23例25関節を対象とし、術後1週間以内のX線像をもとに「ステムアライメント」「ステムの挿入深度」「Cancellous bedの有無」について調査した。また、術前X線でテンプレートした予想のステムサイズと実際に使用したステムサイズの違いについて調査した。ステムアライメントは、術中に内外反・屈曲伸展とも0°の挿入を目標とし、術後のX線計測では全例が内外反・屈曲伸展とも2°以内に設置されていた。ステムの挿入深度については、ラスプ深度と本物のステムの挿入深度の違いについて評価し、手術時の印象としてラスプ深度より本物のステムが浮いた症例はなかった。X線正面像でCancellous bedが確認できたのは16関節(64%)であった。術前X線でテンプレートしたステムサイズと実際のステムサイズの違いについては、実際のステムが1サイズ大きくなったものが1関節(4%)、1サイズ小さくなったものが3関節(12%)、違いはなく一致したものが21関節(84%)であった。

  • 骨粗鬆症性第4腰椎椎体骨折後遅発性麻痺に対してX-coreを用い後方要素を温存したShort fusionの治療経験 査読

    佐々木 亮, 前野 考史, 河野 浩, 馬野 雅之, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 8 )   1038 - 1043   2020年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    第4腰椎椎体骨折後遅発性麻痺に対して,X-coreを用いて後方棘突起列を温存した1 above 1 belowのShort fusionを3症例に行った.術後臨床成績は良好であり,術後局所前彎角や椎体間高は矯正され最終観察時まで維持できており,全例で骨癒合を認めた.骨粗鬆症性第4腰椎椎体骨折後遅発性麻痺に対して,本術式は選択肢の一つとなり得ると考えられた.(著者抄録)

  • 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyの適応と限界 査読

    高橋 真治, 星野 雅俊, 中村 博亮

    (一社)日本骨粗鬆症学会 日本骨粗鬆症学会雑誌   6 ( 3 )   398 - 401   2020年08月( ISSN:2189-8383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon kyphoplasty(BKP)後、再手術になる症例について、術前の画像学的特徴を調査した。対象は、BKP後の再手術14例とBKP単独105例とした。再手術14例中10例は、後方固定の追加を行い、セメントを抜去せず、instrumentationと骨移植を行った。4例は前方後方同時固定術を行い、前方からの椎体亜全摘、セメント除去および骨移植を実施した。骨折形態についてはAO分類を用いた。脆弱性骨折については、椎体楔状角や動態撮影での椎体可動性、CTでの後壁損傷、椎弓根骨折、棘突起骨折、diffuse idiopathic skeletal hyperostosis(DISH)の存在、終板の欠損、Split typeなどの評価を行った。その結果、再手術群とBKP単独群において、術前の椎体可動性は、再手術群で有意に大きかった。術前椎体楔状角は、有意差がなかった。術直後の楔状角は、再手術群で有意に小さかった。DISHおよび、棘突起骨折や椎弓根骨折、後壁損傷は有意差がなかった。Split typeおよび終板欠損は、再手術で有意に頻度が高かった。ROC curveでは、再手術に関連する術前の椎体可動角のカットオフ値は14°であった。Split type、14°以上の椎体可動性、終板欠損が再手術の危険因子であった。

  • Surgical Outcomes of Multilevel Posterior Lumbar Interbody Fusion versus Lateral Lumbar Interbody Fusion for the Correction of Adult Spinal Deformity: A Comparative Clinical Study 査読

    Iwamae Masayoshi, Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Kato Minori, Hori Yusuke, Yabu Akito, Sawada Yuta, Hidaka Noriaki, Nakamura Hiroaki

    ASIAN SPINE JOURNAL   14 ( 4 )   421 - 429   2020年08月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.31616/asj.2019.0357

    PubMed

  • Intra-Articular Injection of Stromal Cell-Derived Factor 1 alpha Promotes Meniscal Healing via Macrophage and Mesenchymal Stem Cell Accumulation in a Rat Meniscal Defect Model 査読

    Nishida Yohei, Hashimoto Yusuke, Orita Kumi, Nishino Kazuya, Kinoshita Takuya, Nakamura Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 ( 15 )   1 - 17   2020年08月( ISSN:16616596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/ijms21155454

    PubMed

  • HipAlign New Lateralを用いたカップ設置角度の精度検証 査読

    柳井 亮介, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 上山 秀樹, 竹村 進, 飯田 健, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   46 ( 2 )   950 - 952   2020年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HipAlign New Lateral(本製品)を用いて行った側臥位人工股関節全置換術(THA)でのカップ設置角度の精度を検証した。本製品を用いてTHAを行った14例14関節(男性2例、女性12例、平均62.8歳)を対象とした。全例側臥位で手術を行い、アプローチの内訳は、anterolateralアプローチが8例、direct lateralアプローチが2例、OCMアプローチが4例であった。手術中に本製品を用いてカップ設置を行い、設置後に本製品が表示した角度を記録した。カップ設置角度の誤差は絶対値で外方開角5.1±3.4°、前方開角1.3±1.3°であった。カップ設置での的中率で考えると、外方開角・前方開角ともに5°以内の誤差で設置できた症例は57%、10°以内の誤差で設置できた症例は92%であった。本製品はTHAにおけるカップ設置に有用と結論づけることが可能と思われた。

  • Arthroscopic debridement for gouty arthritis of the knee caused by anorexia nervosa: A case report. 査読

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Okano T, Nishida Y, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2020年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.04.016

    PubMed

  • Arthroscopic debridement for gouty arthritis of the knee caused by anorexia nervosa: A case report.

    Kinoshita T, Hashimoto Y, Okano T, Nishida Y, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   2020年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

  • Abnormal displacement of discoid lateral meniscus with snapping knee detected by full extension and deep flexion MRI: Report of two cases 査読

    Hashimoto Yusuke, Kazuya Nishino, Takigami Junsei, Yamasaki Shinya, Tomihara Tomohiro, Shimada Nagakazu, Nakamura Hiroaki

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF SPORT MEDICINE ARTHROSCOPY REHABILITATION AND TECHNOLOGY   21   1 - 4   2020年07月( ISSN:2214-6873

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.asmart.2020.03.004

    PubMed

  • 脊椎肥厚性硬膜炎の1例 査読

    大西 裕真, 北 輝夫, 佐々木 亮, 高山 和士, 坂中 秀樹, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 4 )   527 - 528   2020年07月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    77歳男。1週間前より誘因なく出現した腰背部痛、左優位の両下肢筋力低下、臍部以下のしびれにて受診した。血液検査ではCRP上昇を認めたが、腫瘍、自己免疫疾患、血管炎マーカーは陰性であり、髄液検査では単核球優位の細胞数と総蛋白の上昇を呈した。画像検査ではMRIガドリニウム造影でTh9-L2の多椎間に連続し、硬膜を全周性に取り囲む占拠性病変を認めたことから肥厚性硬膜炎が疑われ、ステロイド治療が有効であったが、診断確定の目的で背側肥厚硬膜切除生検を行い、肥厚性硬膜炎と診断された。術後再発は認めず、術後1年経過時点で筋力は改善し、屋内伝い歩きが可能となった。

  • Initiating range of motion exercises within 24 hours following total knee arthroplasty affects the reduction of postoperative pain: A randomized controlled trial 査読

    Iwakiri Kentaro, Ohta Yoichi, Shibata Yuuki, Minoda Yukihide, Kobayashi Akio, Nakamura Hiroaki

    ASIA-PACIFIC JOURNAL OF SPORT MEDICINE ARTHROSCOPY REHABILITATION AND TECHNOLOGY   21   11 - 16   2020年07月( ISSN:2214-6873

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.asmart.2020.03.003

    PubMed

  • Clinical significance of thermal detection of soft-tissue tumors(和訳中) 査読

    Shimatani Akiyoshi, Hoshi Manabu, Oebisu Naoto, Iwai Tadashi, Takada Naoki, Nakamura Hiroaki

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   25 ( 7 )   1418 - 1424   2020年07月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    軟部組織腫瘍患者100例を対象とし、整形外科腫瘍医により、触診で認められる異常熱感部位の温度を測定し、皮膚温と悪性腫瘍との関連を調査した。なお、患側部と健側部の実測値の測定には非接触型赤外線温度計と赤外線サーモグラフィーカメラで計測した。その結果、整形外科腫瘍医の半数以上から、患側部と健側部間では0.2℃以上の温度差が検出され、軟部組織腫瘍患者100例中92例に対し、触診所見の一致が認められた。また、異常な温度分布に関しても、悪性腫瘍の有無との有意な関連性が示され、0.2℃以上の温度差は、悪性腫瘍と有意に関連することが明らかにされた。本検討により、整形外科腫瘍医による異常な温度分布の検出は、軟部組織病変で悪性腫瘍を示唆する、臨床的に重要な所見と判断された。

  • Clinical significance of thermal detection of soft-tissue tumors 査読

    Shimatani Akiyoshi, Hoshi Manabu, Oebisu Naoto, Iwai Tadashi, Takada Naoki, Nakamura Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 ( 7 )   1418 - 1424   2020年07月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01658-1

    PubMed

  • Predictors of residual low back pain after acute osteoporotic compression fracture. 査読

    Inose H, Kato T, Ichimura S, Nakamura H, Hoshino M, Togawa D, Hirano T, Tokuhashi Y, Ohba T, Haro H, Tsuji T, Sato K, Sasao Y, Takahata M, Otani K, Momoshima S, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   26 ( 3 )   453 - 458   2020年06月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.04.015

    PubMed

  • CTにおけるfacet joint openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   11 ( 6 )   936 - 941   2020年06月( ISSN:18847137

     詳細を見る

    <p>CTにおけるfacet joint opening(FO)は不安定性の指標になるとの報告がある一方で,腰椎変性疾患に対して低侵襲除圧術の限界について一定した見解がない.本研究は低侵襲除圧術で手術加療を行い最低5年の経過観察をしえた244例の再手術についてFOを含めて危険因子解析を行った.その結果,除圧椎間のFOのみならず,腰椎全体でFOをきたす椎間が多いことも再手術の危険因子であることが示された.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2020-0512

    CiNii Article

  • Promising abscopal effect of combination therapy with thermal tumour ablation and intratumoural OK-432 injection in the rat osteosarcoma model 査読

    Iwai Tadashi, Oebisu Naoto, Hoshi Manabu, Orita Kumi, Yamamoto Akira, Hamamoto Shinichi, Kageyama Ken, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   10 ( 1 )   9679 - 9679   2020年06月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-020-66934-6

    PubMed

  • 2020 Chitranjan S. Ranawat Award: Perioperative essential amino acid supplementation suppresses rectus femoris muscle atrophy and accelerates early functional recovery following total knee arthroplasty A PROSPECTIVE DOUBLE-BLIND RANDOMIZED CONTROLLED TRIAL 査読

    Ueyama H., Kanemoto N., Minoda Y., Taniguchi Y., Nakamura H.

    BONE & JOINT JOURNAL   102B ( 6 )   10 - 18   2020年06月( ISSN:2049-4394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1302/0301-620X.102B6.BJJ-2019-1370.R1

    PubMed

  • RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS WITH HIGH DISEASE ACTIVITY AND TREATED WITH HIGH DOSE GLUCOCORTICOID FREQUENTLY FALL: NINE YEARS OF THE TOMORROW STUDY 査読

    Anno S., Sugioka Y., Mamoto K., Okano T., Tada M., Inui K., Koike T., Nakamura H.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   79   597 - 597   2020年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2020-eular.2413

  • Peri-prosthetic bone mineral density after simultaneous bilateral total knee arthroplasty under oral bisphosphonate therapy - A comparison between mobile- and fixed-bearing prostheses 査読

    Ueyama Hideki, Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Nakamura Suguru, Takemura Susumu, Nakamura Hiroaki

    KNEE   27 ( 3 )   767 - 776   2020年06月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.knee.2020.04.011

    PubMed

  • GLUCOCORTICOID USE IS ASSOCIATED WITH DETERIORATION OF MUSCLE QUALITY AND FUNCTION: FROM THE CHIKARA STUDY 査読

    Yamada Y., Tada M., Mandai K., Hidaka N., Inui K., Nakamura H.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   79   614 - 615   2020年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2020-eular.1617

  • EARLY IMPROVEMENT OF THE POWER DOPPLER SIGNAL CAN PREDICT TO CONTINUE THE BIOLOGICAL DMARDS AFTER 1 YEAR. 査読

    Okano T., Mamoto K., Yamada Y., Mandai K., Anno S., Inui K., Koike T., Nakamura H.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   79   1404 - 1404   2020年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2020-eular.2794

  • DENOSUMAB INCREASE THE BONE MINERAL DENSITY REGARDLESS OF DISEASE ACTIVITY, THE BIOLOGICAL DISEASE-MODIFYING ANTIRHEUMATIC DRUGS, THE CONCOMITANT TYPE OF VITAMIN D, AND PRETREATMENT OF OSTEOPOROSIS IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS. 査読

    Anno S., Okano T., Inui K., Koike T., Nakamura H.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   79   1413 - 1414   2020年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2020-eular.2538

  • CTにおけるfacet joint openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である 査読

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 6 )   936 - 941   2020年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CTにおけるfacet joint opening(FO)は不安定性の指標になるとの報告がある一方で,腰椎変性疾患に対して低侵襲除圧術の限界について一定した見解がない.本研究は低侵襲除圧術で手術加療を行い最低5年の経過観察をしえた244例の再手術についてFOを含めて危険因子解析を行った.その結果,除圧椎間のFOのみならず,腰椎全体でFOをきたす椎間が多いことも再手術の危険因子であることが示された.(著者抄録)

  • AGEING IN RA PATIENTS DETERIORATED MODIFIED HEALTH ASSESSMENT QUESTIONNAIRE (MHAQ) OVER A 7-YEAR PERIOD INDEPENDENTLY FROM DISEASE ACTIVITY 査読

    Inui K., Sugioka Y., Okano T., Tada M., Mamoto K., Orita K., Nakamura H.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   79   280 - 281   2020年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2020-eular.2775

  • ADIPOCYTOKINE FLUCTUATES WITH INFLAMMATORY MARKERS OR DISEASE ACTIVITY IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS FROM FIVE-YEAR DATA OF TOMORROW STUDY 査読

    Mamoto K., Inui K., Okano T., Sugioka Y., Tada M., Koike T., Nakamura H.

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   79   948 - 949   2020年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2020-eular.4030

  • 2020 Chitranjan S. Ranawat Award: Perioperative essential amino acid supplementation suppresses rectus femoris muscle atrophy and accelerates early functional recovery following total knee arthroplasty.

    Ueyama H, Kanemoto N, Minoda Y, Taniguchi Y, Nakamura H

    The bone & joint journal   102-B ( 6_Supple_A )   10 - 18   2020年06月( ISSN:2049-4394

  • CTにおけるfacet joint openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    Journal of Spine Research   11 ( 6 )   936 - 941   2020年06月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    CTにおけるfacet joint opening(FO)は不安定性の指標になるとの報告がある一方で,腰椎変性疾患に対して低侵襲除圧術の限界について一定した見解がない.本研究は低侵襲除圧術で手術加療を行い最低5年の経過観察をしえた244例の再手術についてFOを含めて危険因子解析を行った.その結果,除圧椎間のFOのみならず,腰椎全体でFOをきたす椎間が多いことも再手術の危険因子であることが示された.(著者抄録)

  • Lumbar modifier A-Rの思春期特発性側彎症(Lenke 1 or 2)に対する後方矯正固定術 distal adding-on発生の危険因子の検討 査読

    松村 昭, 並川 崇, 加藤 相勲, 堀 悠介, 岩前 真由, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 5 )   820 - 826   2020年05月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    はじめに:Lenke 1,2 A-Rに対する矯正固定術後distal adding-on(DA)を評価した.対象と方法:術後2年以上の34例を対象とし各パラメータ,臨床成績を検討した.結果:DAは29.4%に発生し,LIVがLSTVより近位設置例で発生率が高かった.臨床成績はDA発生群で低かった.結語:Lenke 1,2 ARではLIVをLSTV以遠に設置しDAを予防しうる.(著者抄録)

  • 頸椎矢状面バランスが頸椎椎弓形成術の術後成績とアライメント変化に与える影響についての検討 査読

    加藤 相勲, 並川 崇, 松村 昭, 大平 千夏, 日高 典昭, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   459 - 460   2020年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎椎弓形成術を行った圧迫性頸髄症110例(男71例、女39例、平均手術時年齢67歳)を対象としてcervical SVA(C2-7SVA)を指標とした頸椎矢状面のバランスが術後成績とアライメントに及ぼす影響を検証した。術前C2-7SVA 35mm未満の96例を頸椎バランス良好群、35mm以上の14例を頸椎バランス不良群とし、臨床成績、患者立脚型評価、頸椎アライメントパラメーターの変化を比較した。その結果、JOA score改善率は頸椎バランス不良群で悪い傾向にあった(p=0.08)。SF-36 physical component summaryの術後2年間の変化量は頸椎バランス不良群の方が頸椎バランス良好群よりも有意に低下していた。術後頸部痛Visual Analogue Scaleは両群とも増悪傾向にあり、頸椎バランス不良群で頸椎バランス良好群よりも悪化する傾向にあった(p=0.08)。JOACMEQ頸椎機能は頸椎バランス不良群の方が頸椎バランス良好群よりも有意に低下していた。頸椎矢状面アライメントパラメータの変化量のうち、C2-7角が頸椎バランス良好群では減少、頸椎バランス不良群では増加し、C2-7角の変化量には両群間で有意差があった。その他の頸椎矢状面アライメントパラメータの変化量には有意差は認められなかった。以上、頸椎矢状面バランス不良を伴う圧迫性頸髄症に対する頸椎椎弓形成術の臨床成績は良好ではなかった。

  • 関節リウマチ群と非関節リウマチ群における超音波リアルタイム組織エラストグラフィーで測定した正中神経硬度の比較(Comparison of median nerve stiffness with and without rheumatoid arthritis by ultrasound real-time tissue elastography: A propensity score matching study) 査読

    Anno Shohei, Okano Tadashi, Mamoto Kenji, Sugioka Yuko, Takeda Setsuko, Hashimoto Ayumi, Yamashita Emi, Morinaka Rika, Ueda Hatsue, Inui Kentaro, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    Taylor & Francis Modern Rheumatology   30 ( 3 )   481 - 488   2020年05月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    関節リウマチ(RA)患者の正中神経硬度を手根管症候群症状のない非RA群と比較した。RA群201例の402手と非RA群111例の222手を対象に、超音波リアルタイム組織エラストグラフィーを行い、手根管入口部と手根管入口近位部の正中神経弾性として、外周、断面積、strain ratioを評価した。傾向スコアマッチング後、RA群104例(女性81.7%、平均65.5±12.1歳)と非RA群70例(女性82.9%、平均68.7±13.2歳)の各135手を解析した。正中神経の外周と断面積は両群間で有意差がなかった。手根管入口部でのみ、正中神経のstrain ratioは非RA群よりもRA群の方が有意に高かった。RA患者の屈筋腱と手首関節の炎症状態が正中神経における線維性変化を生じることが示唆された。

  • 脱分化型脂肪肉腫内に転移した進行期乳がんの1例 査読

    家口 尚, 伴 祥高, 星 学, 大戎 直人, 高松 聖仁, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   405 - 406   2020年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    58歳女。呼吸苦を主訴とした。左乳房に自壊した乳癌病変を認め、乳房生検で浸潤型進行期乳癌と病理診断された。胸部単純X線画像、CTで右胸水貯留と両肺内に多数の転移巣を認め、骨シンチでは多発骨転移の病巣が存在した。さらに右大腿部有痛性の巨大な軟部腫瘍を認め、造影MRIでT1/T2WIともに均一に高輝度、脂肪抑制を受ける部分と、T1WIで等輝度かつ不均一に造影されT2で高輝度の2病巣が存在し、脱分化型脂肪肉腫が疑われた。乳癌のホルモン療法と骨転移に対するデノスマブ投与により2週間で呼吸苦が改善し全身麻酔可能となったため、大腿部腫瘍広範切除を行った。病理診断で腫瘍内に脂肪肉腫と異なる原発病巣と似た上皮成分を認め、免疫組織でも乳癌の腫瘍内転移と診断された。大腿部の局所再発はなく術後11ヵ月通院加療中である。

  • 摘出手術により下肢痛の改善が得られた神経鞘腫症の1例 査読

    大平 千夏, 加藤 相勲, 並川 崇, 松村 昭, 日高 典昭, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   467 - 468   2020年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    59歳男。7ヵ月前より左臀部、大腿後外側部痛が出現した。MRIではT12〜L5レベルの硬膜管内にT1強調像で低〜等信号、T2脂肪抑制像で低信号、Gd造影T1強調像で造影効果を示す多数の腫瘤陰影(最大径22mm大)を認めた。多発性脊髄・馬尾腫瘍を生じる疾患として神経鞘腫症や神経線維腫症(NF)を鑑別に挙げ、家族歴やNFに特有の身体所見・画像所見がないことから神経鞘腫症を最も疑った。左L5神経根ブロックで除痛効果が得られたことより、L4レベルの最大腫瘍とその周辺の腫瘍を責任病変と考えてL4椎弓切除、L5上部椎弓切除を行い、硬膜管内の複数の神経原性様腫瘍を可及的に摘出した。病理組織学的診断はschwannomaであり、術後、左臀部と大腿後外側部痛は改善し、髄液漏などの合併症や残存腫瘍の増大は認めていない。

  • 多椎間の腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側除圧術 変性側彎が出現し進行するのか? 査読

    谷脇 浩志, 辻尾 唯雄, 関 昌彦, 星野 雅俊, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   353 - 354   2020年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2015年以降に3椎間以上の腰部脊柱管狭窄症に対し顕微鏡視下片側進入両側除圧術を施行し術後2年以上経過観察した23例(男19例、女4例、平均年齢72.4歳)を対象に、術後成績と変性側彎の出現・進行の有無を検討し、年齢と性別を合わせた1椎間の23例を対照群として比較検討した。術前、術後2年の平均L1-L5側彎角は、単椎間でそれぞれ2.0°、2.6°、多椎間でそれぞれ3.7°、4.3°であり、両群ともに術前後の側彎角に有意差は認めなかった。単椎間および多椎間の平均JOAスコアはそれぞれ術前15.1、14.8、術後2年でそれぞれ25.8、26であり、両群とも術前後で有意差を認めなかった。以上より、3椎間以上の腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下片側進入両側除圧術は、1椎間症例と差がなく、臨床成績も良好であった。

  • 内視鏡とナビゲーションを併用し低侵襲に治療しえたC2動脈瘤様骨嚢腫の1例 査読

    河合 秀幸, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   461 - 462   2020年05月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    17歳男。頸部痛を主訴とした。多発性線維性骨異形成症による併存症、L2・L3の動脈瘤様骨嚢腫に対してハイドロキシアパタイト(HA)を用いた椎体形成術の既往があり、頸椎単純CTでは後頭骨・頭蓋底および各頸椎椎体のすりガラス状陰影、C2椎体に骨溶解像と後壁の菲薄化、病的骨折を疑わせる後壁の一部途絶を認めた。線維性骨異形成症に伴うC2動脈瘤様骨嚢腫による切迫骨折と診断して内視鏡と術中CT navigation下に頸椎前方アプローチでHAを用いたC2椎体形成術を選択し、最小侵襲で安全に椎体形成術を行うことができた。病理診断は線維性骨異形成症に伴う動脈瘤性骨嚢腫で、術後1週の単純CTではC2内にHAが充填されており、脱出や隣接椎体に明らかな骨折などは認めなかった。

  • 特集 脊椎脊髄疾患に対する分類・評価法 第2章 胸椎・胸腰椎 びまん性特発性骨増殖症(DISH)の診断基準

    高橋 真治, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   33 ( 4 )   320 - 325   2020年04月( ISSN:09144412

     詳細を見る

  • 鏡視下手術の進歩--小関節から脊椎まで Ⅱ.肩関節 L字型骨孔作製デバイスを用いた骨孔式鏡視下腱板修復術の実際

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 中村 博亮

    別冊整形外科   1 ( 77 )   51 - 56   2020年04月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • 特集 強直性脊椎炎・乾癬性関節炎とその周辺疾患 脊椎関節炎を見逃さないための留意点-若年者の持続する腰背部痛-

    乾 健太郎, 岡野 匡志, 中村 博亮

    関節外科 基礎と臨床   39 ( 4 )   414 - 424   2020年04月( ISSN:02865394

     詳細を見る

  • 習慣性膝蓋骨脱臼に対するMPFL再建術およびFulkerson法併用の手術成績 査読

    津本 柊子, 橋本 祐介, 韓 昌勲, 山崎 真哉, 西田 洋平, 中村 博亮

    (一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 JOSKAS   45 ( 2 )   504 - 505   2020年04月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    習慣性膝蓋骨脱臼に対しMPFL再建術およびFulkerson法を併用した4例6膝(手術時平均年齢18.5歳)の術後成績について検討した。平均追跡期間29ヵ月の結果、Kujala scoreは術前66.3±7.9点から術後96.5±4.5点へ有意な改善が認められた。画像所見ではISR、CDIは術前後で有意な変化を認めず、TT-TG距離、CA、TAについては術後に有意な改善が認められた。尚、術後に再脱臼を生じた症例はみられなかった。

  • 関節症性変化を伴う反復性膝蓋骨脱臼に対するMPFL再建およびFulkerson法併用の手術成績 査読

    津本 柊子, 橋本 祐介, 韓 昌勲, 山崎 真哉, 西田 洋平, 中村 博亮

    (一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 JOSKAS   45 ( 2 )   506 - 507   2020年04月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    関節症性変化を伴う反復性膝蓋骨脱臼に対しMPFL再建およびFulkerson法を併用した5例7膝(手術時平均年齢37.7歳)の術後成績について検討した。平均追跡期間54ヵ月の結果、Kujala total scoreは術前51.4±10.1点から術後95.3±4.3点へ有意に改善していた。画像所見でISR、CDIは術前後で有意な変化を認めなかったが、TT-TG距離、CA、TAについては術後に有意な改善が認められた。また、PF関節裂隙最短距離は術後に増加し、術後PFOAの進行はみられなかった。

  • Assessment of Meniscal Healing Status by Magnetic Resonance Imaging T2 Mapping After Meniscal Repair 査読

    Yamasaki Shinya, Hashimoto Yusuke, Nishida Yohei, Teraoka Takanori, Terai Shozaburo, Takigami Junsei, Nakamura Hiroaki

    AMERICAN JOURNAL OF SPORTS MEDICINE   48 ( 4 )   853 - 860   2020年03月( ISSN:0363-5465

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/0363546520904680

    PubMed

  • 陳旧性肩関節後方脱臼骨折に対してリバース型人工肩関節置換術を施行した1例 査読

    増田 翔, 間中 智哉, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 中村 博亮

    (一社)日本骨折治療学会 骨折   42 ( 2 )   389 - 392   2020年03月( ISSN:0287-2285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【緒言】陳旧性肩関節後方脱臼骨折に対して、リバース型人工肩関節置換術(以下、RSA)を施行した1例を経験したので報告する。【症例】73歳、女性。8ヵ月前に右肩を強打し、単純X線にて上腕骨大結節骨折を指摘され、保存的加療を行っていた。疼痛が持続するためにCTを撮影し、右肩関節後方脱臼骨折を認めたために前医紹介となり、観血的骨接合術を施行した。しかし、術後再脱臼を認めたために当科紹介となった。身体所見では右肩関節の著明な可動域制限、画像検査では上腕骨頭の後方脱臼、大結節の後内側転位、腱板の脂肪変性を認めた。本症例に対して、GPSナビゲーションを用いてRSAを施行した。【考察】本症例では脱臼期間が8ヵ月であること、腱板の脂肪変性を認めたこと、転位した大結節が修復困難であったことから、腱板機能不全例に対しても挙上動作の回復が可能となるRSAを選択し良好な成績を得た。(著者抄録)

  • 半月板縫合後の治癒評価にMRI-T2マッピングは有用である 査読

    山崎 真哉, 橋本 祐介, 西田 洋平, 寺岡 貴徳, 寺井 彰三郎, 瀧上 順誠, 中村 博亮

    (一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 JOSKAS   45 ( 1 )   32 - 33   2020年03月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    前十字靱帯再建時に半月板縫合を行った24例(男性9例、女性15例、平均年齢23.3歳)を対象に、半月板縫合後の治癒評価としてのMRI-T2マッピングの有用性を検討した。抜釘時の再鏡視所見から、完全治癒群(C群:16例)、不完全治癒/治癒不全群(I/N群:10例)に分類したところ、T2マッピングによるT2値減少量はC群とI/N群の間で有意差が認められた。更にROC曲線では半月板治癒のカットオフ値は5.2msecとなり、感度81.2%、特異度80%、オッズ比17.3であった。初回術前MRIでの損傷部そのもののT2値は平均65msecで、この値を示すマッピングが再鏡視時にも残存していた例はC群16例中3例、I/N群10例中9例と有意差がみられ、感度は81.%、特異度は90%、オッズ比は39.0であった。

  • A case series of seven patients with recurrent median nerve neuropathy treated by the revision surgery of median nerve neurolysis and wrapping with radial artery perforator adipose flap.

    Uemura T, Takamatsu K, Okada M, Yokoi T, Onode E, Miyashima Y, Konishi S, Nakamura H

    Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS   73 ( 3 )   453 - 459   2020年03月( ISSN:1748-6815

     詳細を見る

  • Local transplantation of adipose-derived stem cells has a significant therapeutic effect in a mouse model of rheumatoid arthritis. 査読

    Ueyama H, Okano T, Orita K, Mamoto K, Sobajima S, Iwaguro H, Nakamura H

    Scientific reports   10 ( 1 )   3076 - 3076   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-020-60041-2

    PubMed

  • The natural course of the paravertebral muscles after the onset of osteoporotic vertebral fracture 査読

    Takahashi S., Hoshino M., Takayama K., Sasaoka R., Tsujio T., Yasuda H., Kanematsu F., Kono H., Toyoda H., Ohyama S., Hori Y., Nakamura H.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   31 ( 6 )   1089 - 1095   2020年02月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-020-05338-8

    PubMed

  • Successful pre-operative local control of skin exposure by sarcoma using combination of systemic chemotherapy and Mohs' chemosurgery 査読

    Hoshi Manabu, Iwai Tadashi, Oebisu Naoto, Nakamura Hiroaki

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   18 ( 1 )   36 - 36   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12957-020-01815-w

    PubMed

  • Risk Factors of Nonunion After Acute Osteoporotic Vertebral Fractures: A Prospective Multicenter Cohort Study. 査読

    Inose H, Kato T, Ichimura S, Nakamura H, Hoshino M, Togawa D, Hirano T, Tokuhashi Y, Ohba T, Haro H, Tsuji T, Sato K, Sasao Y, Takahata M, Otani K, Momoshima S, Yuasa M, Hirai T, Yoshii T, Okawa A

    Spine   45 ( 13 )   895 - 902   2020年02月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003413

    PubMed

  • Surgical Management of Spinal Disorders in People with Mucopolysaccharidoses. 査読

    Terai H, Nakamura H

    International journal of molecular sciences   21 ( 3 )   2020年02月( ISSN:16616596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms21031171

    PubMed

  • 特集 骨粗鬆症性椎体骨折治療の最新知見 骨粗鬆症性椎体骨折による脊椎障害に対する手術治療

    寺井 秀富, 中村 博亮

    整形・災害外科   63 ( 2 )   187 - 194   2020年02月( ISSN:03874095

  • 特集 骨粗鬆症性椎体骨折治療の最新知見 骨粗鬆症性椎体骨折治療体系における医療経済

    高橋 真治, 星野 雅俊, 中村 博亮

    整形・災害外科   63 ( 2 )   211 - 215   2020年02月( ISSN:03874095

  • Patient-reported outcomes for cervical disease in end-stage renal disease patients: Propensity matching analysis using volunteer data. 査読

    Tamai K, Yabu A, Takayama K, Kita T, Sakanaka H, Suzuki A, Nakamura H

    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia   72   130 - 133   2020年02月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2019.12.045

    PubMed

  • Malrotation of the fixed-bearing posterior stabilized total knee prosthesis causes a postoperative rotational mismatch between the femur and tibia 査読

    Ueyama Hideki, Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Yamamura Kazumasa, Nakamura Suguru, Takemura Susumu, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   28 ( 12 )   3810 - 3820   2020年01月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00167-020-05864-2

    PubMed

  • Glucocorticoid use is an independent risk factor for developing sarcopenia in patients with rheumatoid arthritis: from the CHIKARA study. 査読

    Yamada Y, Tada M, Mandai K, Hidaka N, Inui K, Nakamura H

    Clinical rheumatology   39 ( 6 )   1757 - 1764   2020年01月( ISSN:0770-3198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10067-020-04929-4

    PubMed

  • Bow hunter's syndrome after cervical laminoplasty in a patient with rheumatoid arthritis with bony ankylosis in the cervical spine: a case report. 査読

    Dohzono S, Sasaoka R, Takamatsu K, Nakamura H

    Modern rheumatology case reports   4 ( 1 )   11 - 15   2020年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/24725625.2019.1662985

    PubMed

  • 肘部管症候群に対する尺骨神経皮下前方移行術の術後成績 術前電気生理学的検査と臨床評価の関連の検討 査読

    岡本 幸太郎, 横井 卓哉, 岡田 充弘, 斧出 絵麻, 中村 博亮

    (一社)日本手外科学会 日本手外科学会雑誌   36 ( 4 )   506 - 509   2020年01月( ISSN:2185-4092

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肘部管症候群に対して尺骨神経前方移行術を施行し,術後1年間経過観察可能であった30例30肘を対象とし,術前と術後1年で電気生理学的評価と,客観的な臨床評価(握力,ピンチ力による運動評価,尺骨神経領域のSemmes-Weinstein monofilaments test,静的2点識別覚による知覚評価,Quick DASH,Hand20による患者立脚型機能評価)を行い,術前と術後1年での電気生理学的評価と臨床評価を比較検討した.さらに,術前電気生理学的検査結果と,術前と術後1年における臨床評価との間に関連があるか検討した.術前電気生理学的検査結果は,術前・術後1年でいくつかの詳細な臨床評価と相関することを示した.すなわち,過去の報告と同様,術後良好な成績を得るためには電気生理学的な重症度が進行する前に手術を行う事が肝要である.(著者抄録)

  • Delayed-onset pneumothorax after posterior spinal fusion for idiopathic scoliosis: Report of two cases

    Terai H.

    Indian Spine Journal   3 ( 1 )   110 - 113   2020年01月( ISSN:25895079

     詳細を見る

  • Bow hunter's syndrome after cervical laminoplasty in a patient with rheumatoid arthritis with bony ankylosis in the cervical spine: a case report(和訳中) 査読

    Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Takamatsu Kiyohito, Nakamura Hiroaki

    Taylor & Francis Modern Rheumatology Case Reports   4 ( 1 )   11 - 15   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は59歳女性で、右向きで睡眠中に突然左半身麻痺となり搬送された。目眩、失神、悪心、構音障害、嚥下障害の既往はなかった。関節リウマチの既往があり、プレドニゾロン、サラゾスルファピリジン、レフルノミド、ゴリムマブを服用していた。15ヵ月前にC3椎弓切除およびC4-C7の頸椎椎弓形成術を受けた。受診時のMRIで右小脳橋部に梗塞所見を認めた。頸動脈超音波検査で頸部の右回旋で右椎骨動脈の血流量が顕著に低下し、左回旋で左椎骨動脈の血流量が低下した。CT画像の矢状面で左右の環軸関節およびC4-C5椎間関節に骨性強直を認めた。脊椎血管造影で頸部の右回旋時にC3-C4レベルで右椎骨動脈の血流遅延、また頸部の左回旋時に左椎骨動脈の血流遅延を認めた。頸部の非回旋時に椎骨動脈の閉塞または狭窄はなかった。頸椎X線検査でC3レベルに後方すべりを認め、C3-C4レベルで骨硬化性変化を認めた。頸部MRIで脊髄圧迫は見られなかった。以上の所見からBow hunter症候群と診断し、頸部回旋による椎骨動脈の狭窄により血栓が形成されたと判断した。頸椎後方固定術を施行し、保存的治療により1年後に歩行可能となった。

  • 骨粗鬆症性第4腰椎椎体骨折後遅発性麻痺に対してX-coreを用い後方要素を温存したShort fusionの治療経験 査読

    佐々木 亮, 前野 考史, 河野 浩, 馬野 雅之, 中村 博亮

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 8 )   1038 - 1043   2020年( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>第4腰椎椎体骨折後遅発性麻痺に対して,X-coreを用いて後方棘突起列を温存した1 above 1 belowのShort fusionを3症例に行った.術後臨床成績は良好であり,術後局所前弯角や椎体間高は矯正され最終観察時まで維持できており,全例で骨癒合を認めた.骨粗鬆症性第4腰椎椎体骨折後遅発性麻痺に対して,本術式は選択肢の一つとなり得ると考えられた.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2020-0807

    CiNii Article

  • 骨粗鬆症性椎体骨折における診断とリハビリテーションを含めた治療の変遷 査読

    高橋 真治, 星野 雅俊, 中村 博亮

    公益社団法人 日本リハビリテーション医学会 The Japanese journal of rehabilitation medicine = リハビリテーション医学   57 ( 9 )   836 - 844   2020年( ISSN:1881-3526

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2490/jjrmc.57.836

    CiNii Article

  • 頚椎矢状面バランスが頚椎椎弓形成術の術後成績とアライメント変化に与える影響についての検討 査読

    加藤 相勲, 並川 崇, 松村 昭, 大平 千夏, 日高 典昭, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   459 - 460   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.459

    CiNii Article

  • 陳旧性肩関節前方脱臼に対するリバース型人工肩関節置換術の短期臨床成績 査読

    松田 淑伸, 中村 博亮, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 1 )   21 - 24   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    陳旧性肩関節前方脱臼に対して様々な治療法が報告されている.本研究の目的は陳旧性肩関節前方脱臼に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の短期臨床成績を評価することである.対照は10例10肩,女性9肩,男性1肩で,手術時平均年齢は78.4才であった.臨床成績は術前,術後1年時に評価し,肩関節自動可動域(屈曲,外転,下垂位外旋,内旋),日本整形外科学会肩関節疾患治療成績判定基準(以下JOAスコア),Constantスコアを測定した.肩関節自動可動域は屈曲が術前平均46.5度から術後1年で平均104度に,外転が術前平均46.5度から術後1年で平均92度に,下垂位外旋が術前平均-6.5度から術後1年で平均11.5度に,結帯スコアは術前平均1.6点が術後1年で平均4点に,JOAスコアは術前平均32.6点が術後1年で平均67.4点に,Constantスコアは術前平均23.3点が術後1年で平均50.3点に有意に改善みられた(全てp < 0.05).陳旧性肩関節前方脱臼に対するRSAの術後1年での臨床成績は良好であった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.21

    CiNii Article

  • 関節リウマチに伴う重度PIP関節強直に対して人工指関節(シリコンインプラント)置換術で治療した1例 査読

    上村 卓也, 恵木 丈, 小西 定彦, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 5 )   737 - 738   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.737

    CiNii Article

  • 脱分化型脂肪肉腫内に転移した進行期乳がんの1例 査読

    家口 尚, 伴 祥高, 星 学, 大戎 直人, 高松 聖仁, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   405 - 406   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.405

    CiNii Article

  • 脊椎肥厚性硬膜炎の1例 査読

    大西 裕真, 北 輝夫, 佐々木 亮, 高山 和士, 坂中 秀樹, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 4 )   527 - 528   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.527

    CiNii Article

  • 正常肩甲帯動態の加齢性変化 査読

    市川 耕一, 富本 彩夏, 中村 博亮, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 松田 淑伸, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 3 )   493 - 493   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.493

    CiNii Article

  • 摘出手術により下肢痛の改善が得られた神経鞘腫症の1例 査読

    大平 千夏, 加藤 相勲, 並川 崇, 松村 昭, 日高 典昭, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   467 - 468   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.467

    CiNii Article

  • 従来法とナビゲーション使用例におけるリバース型人工肩関節置換術後の肩甲骨コンポーネント設置状態の比較 査読

    間中 智哉, 富本 彩夏, 中村 博亮, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 3 )   510 - 510   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.510

    CiNii Article

  • 多骨病変を伴った希な小児リンパ管腫症の1例 査読

    家口 尚, 星 学, 大戎 直人, 伴 祥高, 高松 聖仁, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 6 )   915 - 916   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.915

    CiNii Article

  • 多椎間の腰部脊柱管狭窄症に対する片側進入両側除圧術:―変性側弯が出現し進行するのか?― 査読

    谷脇 浩志, 辻尾 唯雄, 関 昌彦, 星野 雅俊, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   353 - 354   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.353

    CiNii Article

  • 内視鏡とナビゲーションを併用し低侵襲に治療しえたC2動脈瘤様骨嚢腫の1例 査読

    河合 秀幸, 鈴木 亨暢, 寺井 秀富, 星野 雅俊, 豊田 宏光, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 3 )   461 - 462   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.461

    CiNii Article

  • 体幹筋の臨床的意義 査読

    堀 悠介, 星野 雅俊, 中村 博亮

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 6 )   883 - 889   2020年( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>腰痛や脊柱変形は健康寿命の延伸を目指す我が国にとって克服すべき課題である.体幹筋は体幹支持に重要な要素だが,体幹筋の萎縮や脂肪変性がこうした病態に与える影響は明らかになっていない.我々は多施設横断研究によって体幹筋量の低下と腰痛や機能障害,脊柱後弯が関連していることを証明した.本稿ではその研究結果を中心に,体幹筋の加齢に伴う変化と,腰痛や脊柱アライメントとの関連,介入方法に関して文献をレビューした.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2020-0503

    CiNii Article

  • 人工肩関節全置換術後の反復性肩関節後方脱臼に対してリバース型人工肩関節置換術を施行した一例 査読

    富本 彩夏, 間中 智哉, 中澤 克優, 伊藤 陽一, 中村 博亮

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 1 )   213 - 217   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工肩関節全置換術(以下,TSA)術後の反復性肩関節後方脱臼に対して,リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)を施行した1例を経験したので報告する.症例は86歳女性で,肩関節単純X線でTSA後の上腕骨頭の上方化,CTでグレノイドコンポーネントの後捻と上腕骨頭の後方亜脱臼を認めた.ステムとグレノイドコンポーネントを抜去し,Norris法による腸骨移植を併用し, RSAを施行した.術後1年で再脱臼を認めることなく経過良好である.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.213

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術後1年の臨床成績の年代別比較 査読

    山下 竜一, 富本 彩夏, 中村 博亮, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 2 )   409 - 412   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)術後1年の臨床成績及び周術期合併症発生率を年代別に比較した.対象はRSAを施行した122肩である.術前,術後1年に肩関節自動可動域,Constant score,VASを評価した.手術時年齢を80歳未満群(以下,U群)85肩,80歳以上群(以下,O群)37肩の2群に分けて比較検討した.両群ともに術前と比較して術後1年で,屈曲,外転,Constant score,VASの有意な改善がみられた.術前から術後1年での臨床成績の改善値は,屈曲,外転,下垂位外旋,Constant score,VASでは両群に有意差を認めなかったが,結帯に関してはU群が有意に低下していた.周術期合併症発生率はU群で16.5%,O群で8.1%であった.術後1年の臨床成績の改善値は,結帯を除いて両群に有意差はなく,周術期合併症発生率も両群に有意差を認めなかった.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.409

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術の術中術後合併症 -256例の経験- 査読

    伊藤 陽一, 富本 彩夏, 中村 博亮, 間中 智哉, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 3 )   508 - 508   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.508

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術のインプラント設置位置は術後筋力に影響するか? 査読

    中澤 克優, 富本 彩夏, 中村 博亮, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 3 )   512 - 512   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.512

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術における術後3次元評価システムの精度検証 -2次元計測との比較- 査読

    間中 智哉, 富本 彩夏, 中村 博亮, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 2 )   425 - 428   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    リバース型人工肩関節置換術の術後CT画像を使用し,2次元(以下,2D)評価と3次元(以下,3D)評価を行い,検者間及び検者内信頼性を検証した.対象は12例.2D評価として,SYNAPSE VINCENT<SUP>&reg;</SUP>を用いて計測した.3D評価として,Zed Shoulder<SUP>&reg;</SUP>を用いた.肩甲骨関節窩傾斜角(以下,GI),肩甲骨関節窩前後捻角(以下,GV),ステム後捻角(以下,SR),上腕骨オフセット(以下,HO)を計測した.2名の整形外科医で,1か月以上の間隔を空けて2回計測した.2D計測と3D計測の検者間及び検者内信頼性を級内相関係数(ICC)にて算出した.検者間信頼性において2D計測のGI,SRと3D計測のHOが低く,検者内信頼性において2D計測のGV,HOと3D計測のSR,HOが低かった.今後,3D評価のさらなる再現性と正確性の確立のため,3Dで各種パラメータを自動表示するために必要な肩甲骨及び上腕骨上の特徴的な点をとる方法を検討する必要がある.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.425

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術における術前3次元評価システムの再現性評価 査読

    中澤 克優, 富本 彩夏, 中村 博亮, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 1 )   196 - 200   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    リバース型人工肩関節置換術の術前CT画像を使用し,2次元(以下,2D)評価と3次元(以下,3D)評価を行い,検者間及び検者内信頼性を検証した.対象は12例.3D評価として,術前に1mmスライスで撮像したCTのaxial像のDICOMデータをLEXI社Zed Shoulder<SUP>&reg;</SUP>に読み込み関節窩傾斜角(以下,GI),関節窩前後捻角(以下,GV),上腕骨後捻角(以下HR),関節窩最大高(以下,GH),関節窩最大幅(以下,GW)を計測した.一方,2D評価として単純CTを用い計測した.2名の整形外科医で,1か月以上の間隔にて2回計測した.2D計測と3D計測の検者間及び検者内信頼性を級内相関係数(ICC)にて算出した.検者間信頼性において2D計測のGI,GVと3D計測のGI,GV,HRが低く,検者内信頼性において2D計測のGI,GVと3D計測のGIが低かった.今後,3D評価のさらなる再現性と正確性の確立のため,参照点デジタイズの方法の改良および座標系の再構築を行う必要性がある.

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.196

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節置換術における患者満足度に関連する因子の検討 査読

    飯尾 亮介, 中村 博亮, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 3 )   509 - 509   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.509

    CiNii Article

  • リバース型人工肩関節全置換術の臨床成績 -利き手側の影響- 査読

    中澤 克優, 富本 彩夏, 中村 博亮, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一

    日本肩関節学会 肩関節   44 ( 3 )   511 - 511   2020年( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11296/katakansetsu.44.511

    CiNii Article

  • アンモニア濃度換算式Handheld odor meterを用いた骨軟部腫瘍の臭気強度測定 査読

    高田 尚輝, 星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 6 )   909 - 910   2020年( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11359/chubu.2020.909

    CiNii Article

  • Surgical Outcomes of a New Technique Using a Convex Rod Rotation Maneuver for Adolescent Idiopathic Scoliosis 査読

    Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Yabu Akito

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   5 ( 3 )   205 - 210   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Introduction:</b> Because of adolescent idiopathic scoliosis (AIS), most surgeons use rod rotation on the concave side for Lenke types 1 and 2 curves. Nevertheless, the accurate placement of pedicle screws within dysplastic pedicles, especially on the concave side, is sometimes challenging. Conversely, there is a concern that apical rotation might be exacerbated after convex rod rotation maneuver (RRM) because the rod is rotated in the same direction as vertebral rotation. This study aims to demonstrate the surgical technique and outcomes of a convex RRM with direct vertebral rotation (DVR) for the correction of AIS.</p><p><b>Technical Note: </b>Multilevel pedicle screws were inserted into the vertebrae. The pre-bent pure titanium rod was set on the convex side and then derotated to nearly 90°. DVR was conducted for the desired vertebrae. Another pre-bent titanium alloy rod, for placement on the concave side, was contoured the same as the rod on the convex side. Using a reduction tube that allowed easier capture of the rod, the rod was connected to the concave side screws. DVR was again conducted for the desired vertebrae. Among the 59 patients, the correction rate of the main thoracic curve in Lenke types 1 and 2 AIS was 75.1% and 65.0%, respectively. The absolute value of the change in apical vertebral rotation between pre- and post-operative computed tomography (CT) scans in Lenke types 1 and 2 curves was 4.8° and 4.2°, respectively.</p><p><b>Conclusions: </b>The convex RRM improved vertebral rotation in Lenke types 1 and 2 AIS. This procedure should be regarded as one of the surgical options for AIS, especially in patients with a narrow pedicle width on the concave side.</p>

    DOI: 10.22603/ssrr.2020-0185

    PubMed

    CiNii Article

  • Lumbar modifier A-Rの思春期特発性側弯症(Lenke 1 or 2)に対する後方矯正固定術―distal adding-on発生の危険因子の検討― 査読

    松村 昭, 並川 崇, 加藤 相勲, 堀 悠介, 岩前 真由, 中村 博亮

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 5 )   820 - 826   2020年( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>はじめに:</b>Lenke 1,2 A-Rに対する矯正固定術後distal adding-on(DA)を評価した.</p><p><b>対象と方法:</b>術後2年以上の34例を対象とし各パラメータ,臨床成績を検討した.</p><p><b>結果:</b>DAは29.4%に発生し,LIVがLSTVより近位設置例で発生率が高かった.臨床成績はDA発生群で低かった.</p><p><b>結語:</b>Lenke 1,2 ARではLIVをLSTV以遠に設置しDAを予防しうる.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2019-0015

    CiNii Article

  • Flexor tenosynovitis of the hand due to rare nontuberculous mycobacterium (Mycobacterium haemophilum) in an immunocompromised patient 査読

    Yokoi Takuya, Saito Kosuke, Uemura Takuya, Takizawa Etsuko, Hidaka Noriaki, Okada Mitsuhiro, Nakamura Hiroaki

    CASE REPORTS IN PLASTIC SURGERY AND HAND SURGERY   7 ( 1 )   116 - 119   2020年( ISSN:2332-0885

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/23320885.2020.1830775

    PubMed

  • CTにおけるfacet joint openingは腰椎変性疾患に対する低侵襲除圧術の再手術の危険因子である 査読

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 玉井 孝司, 高橋 真治, 鈴木 亨暢, 星野 雅俊, 寺井 秀富, 中村 博亮

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 6 )   936 - 941   2020年( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>CTにおけるfacet joint opening(FO)は不安定性の指標になるとの報告がある一方で,腰椎変性疾患に対して低侵襲除圧術の限界について一定した見解がない.本研究は低侵襲除圧術で手術加療を行い最低5年の経過観察をしえた244例の再手術についてFOを含めて危険因子解析を行った.その結果,除圧椎間のFOのみならず,腰椎全体でFOをきたす椎間が多いことも再手術の危険因子であることが示された.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2020-0512

    CiNii Article

  • Balloon Kyphoplasty後隣接椎体骨折の臨床的意義とその予測 査読

    高橋 真治, 星野 雅俊, 中村 博亮

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   11 ( 5 )   811 - 819   2020年( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Balloon kyphoplasty(BKP)後に隣接椎体骨折が生じることはよく知られているが,その危険因子や予測については報告が限られている.また,その臨床的意義も報告により異なる.我々は隣接椎体骨折が及ぼす影響およびその発生を予測する因子を受傷後2ヶ月以内にBKPを実施した症例で検討した.本著ではその研究を中心に,隣接椎体骨折が臨床的に及ぼす影響,またその予測に関して文献をレビューした.</p>

    DOI: 10.34371/jspineres.2019-0021

    CiNii Article

  • Anterior cruciate ligament reconstruction with anterior closing wedge osteotomy for failed high tibial osteotomy-A case report 査読

    Nishino Kazuya, Hashimoto Yusuke, Nishida Yohei, Nakamura Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY CASE REPORTS   73   116 - 120   2020年( ISSN:2210-2612

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijscr.2020.06.102

    PubMed

  • Evaluation of dual release of stromal cell-derived factor-1 and basic fibroblast growth factor with nerve conduit for peripheral nerve regeneration: An experimental study in mice 査読

    Shintani Kosuke, Uemura Takuya, Takamatsu Kiyohito, Yokoi Takuya, Onode Ema, Okada Mitsuhiro, Tabata Yasuhiko, Nakamura Hiroaki

    MICROSURGERY   40 ( 3 )   377 - 386   2019年12月( ISSN:0738-1085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/micr.30548

    PubMed

  • Joint line elevation is not associated with mid-flexion laxity in patients with varus osteoarthritis after total knee arthroplasty. 査読

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Ueyama H, Takemura S, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   28 ( 10 )   3226 - 3231   2019年12月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00167-019-05828-1

    PubMed

  • Characteristic radiological findings for revision surgery after balloon kyphoplasty 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Yasuda Hiroyuki, Hori Yusuke, Ohyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Hayashi Kazunori, Tsujio Tadao, Kono Hiroshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Toyoda Hiromitsu, Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Kanematsu Fumiaki, Terakawa Masaki, Nakamura Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   9 ( 1 )   18513   2019年12月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-55054-5

    PubMed

  • The relationship between graft intensity on MRI and tibial tunnel placement in anatomical double-bundle ACL reconstruction. 査読

    Teraoka T, Hashimoto Y, Takahashi S, Yamasaki S, Nishida Y, Nakamura H

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   29 ( 8 )   1749 - 1758   2019年12月( ISSN:1633-8065

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00590-019-02518-z

    PubMed

  • Transplantation of autologous bone marrow-derived mesenchymal stem cells under arthroscopic surgery with microfracture versus microfracture alone for articular cartilage lesions in the knee: A multicenter prospective randomized control clinical trial. 査読

    Hashimoto Y, Nishida Y, Takahashi S, Nakamura H, Mera H, Kashiwa K, Yoshiya S, Inagaki Y, Uematsu K, Tanaka Y, Asada S, Akagi M, Fukuda K, Hosokawa Y, Myoui A, Kamei N, Ishikawa M, Adachi N, Ochi M, Wakitani S

    Regenerative therapy   11   106 - 113   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.reth.2019.06.002

    PubMed

  • 人工股関節全置換術後静脈血栓塞栓症に対する2種類のXa阻害剤の予防効果 FondaparinuxとEdoxabanの比較検討 査読

    山本 展生, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 村上 将一, 中村 博亮

    (一社)日本人工関節学会 日本人工関節学会誌   49   189 - 190   2019年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術(THA)症例225例(男性36例、女性189例、平均年齢65.2歳)を対象に、抗凝固薬fondaparinux(FP)とedoxaban(ED)のTHA術後静脈血栓塞栓症(VTE)に対する予防効果を比較検討した。内訳はFP群123例、ED群102例である。その結果、VTE発生率、Hb値、D-dimer値、推定出血量、出血合併症は2群間に有意差はなかった。

  • HipAlign Lateralが示す脚延長量およびオフセット変化量は正確か? 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 山本 展夫, 大山 洋平, 増田 翔, 中村 博亮

    (一社)日本人工関節学会 日本人工関節学会誌   49   687 - 688   2019年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HipAlign Lateral(HL)を用いて行った人工股関節全置換術(THA)での脚延長量・オフセット変化量について検討した。HLを用いてTHAを行った15例15関節(男性6例、女性9例、平均64.1歳)を対象とした。全例側臥位、前側方アプローチを用いTHAを行った。使用インプラントは、カップはG7 OsseTiで、ステムはTaperloc completeもしくはCMKであった。すべてのインプラント設置後にHLが表示した脚延長量・オフセット変化量を記録した。HLが示した脚延長量・オフセット変化量とレントゲンでの脚延長量・オフセット変化量の差は、絶対値で脚延長量24±2.6mm、オフセット変化量3.7±3.5mmであった。HLを用いることにより、手術中に簡便に脚延長量・オフセット変化量を知ることができ、より患者満足度が高い手術につながる可能性が示唆された。

  • Transplantation of autologous bone marrow-derived mesenchymal stem cells under arthroscopic surgery with microfracture versus microfracture alone for articular cartilage lesions in the knee: A multicenter prospective randomized control clinical trial(和訳中) 査読

    Hashimoto Yusuke, Nishida Yohei, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki, Mera Hisashi, Kashiwa Kaori, Yoshiya Shinichi, Inagaki Yusuke, Uematsu Kota, Tanaka Yasuhito, Asada Shigeki, Akagi Masao, Fukuda Kanji, Hosokawa Yoshiya, Myoui Akira, Kamei Naosuke, Ishikawa Masakazu, Adachi Nobuo, Ochi Mitsuo, Wakitani Shigeyuki

    (一社)日本再生医療学会 Regenerative Therapy   11   106 - 113   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    関節鏡視下で自家骨髄由来間葉系幹細胞(BMSC)移植術をマイクロフラクチャー法(MFX)と共に施行する治療の有効性を、MFX単独治療と比較する形で調査した。有症性の膝関節軟骨欠損を有する患者を、BMSCとMFXとで治療する実験群7名(女性4名、平均42.6±15.7歳)とMFXのみで治療する対照群4名(全員男性、平均46.3±9.4歳)とに無作為に割り付けた。その手術治療の前と48週後とで国際膝記録委員会の膝評価質問票、および膝関節損傷と変形性関節症転帰スコア(Knee injury and Osteoarthritis Outcome Score;KOOS)を用いて臨床結果を評価したが、実験群ではいずれの評価においても術前後で有意な差は観察されなかった。しかし群間比較した場合には、術後48週の時点で実験群が示したKOOSのQOLスコアは対照群よりも高い傾向にあることが示された(P=0.07)。48週後に軟骨修復組織の定量評価として測定した膝関節MRI画像のT2マッピング値には両群間で有意差は示されなかったが、定性評価とした軟骨修復組織の磁気共鳴観察(Magnetic Resonance Observation of Cartilage Repair Tissue;MOCART)の平均スコアは実験群の方が有意に高かった。

  • Possible pathogenesis of calcaneal bone cysts 査読

    Hoshi Manabu, Oebisu Naoto, Iwai Tadashi, Shimatani Akiyoshi, Takada Naoki, Aono Masanari, Ieguchi Makoto, Takami Masatsugu, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF ORTHOPAEDIC AND TRAUMA SURGERY   140 ( 10 )   1303 - 1310   2019年11月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00402-019-03299-0

    PubMed

  • Improvement in Patient Mental Well-being After Surgery for Cervical Spondylotic Myelopathy. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Yabu A, Nakamura H

    Spine   45 ( 10 )   E568 - E575   2019年11月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003337

    PubMed

  • Impact of Sarcopenia on Clinical Outcomes of Minimally Invasive Lumbar Decompression Surgery. 査読

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    Scientific reports   9 ( 1 )   16619   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-53053-0

    PubMed

  • Calcific myonecrosis自験例の報告

    永田 浩之, 星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1077 - 1078   2019年11月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • 骨梁間型転移を示し,骨シンチグラフィー陰性を呈した横紋筋肉腫の1例

    高田 尚輝, 星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1061 - 1062   2019年11月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • 術後に創部遷延治癒を来した神経線維腫性象皮症の2例

    星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 高田 尚輝, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1065 - 1066   2019年11月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • 術中CTナビゲーション支援下骨軟部腫瘍手術

    家口 尚, 星 学, 大戎 直人, 伴 祥高, 高松 聖仁, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1071 - 1072   2019年11月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • 臨床室 術後深部感染後後弯変形に対する前・後・前方の3段階矯正固定術の1例

    澤田 雄大, 松村 昭, 並川 崇, 加藤 相勲, 岩前 真由, 中村 博亮

    整形外科   70 ( 12 )   1255 - 1258   2019年11月( ISSN:00305901

  • 骨折を来した踵骨骨嚢腫の1例

    伴 祥高, 渡辺 享永, 山田 賢太郎, 家口 尚, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1073 - 1074   2019年11月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • 難治性瘻孔を初発とした手指骨骨サルコイドーシスの1例

    高田 尚輝, 大戎 直人, 星 学, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1081 - 1082   2019年11月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • 骨転移をきたした直腸gastrointestinal stromal tumorの1例

    岡崎 史朗, 伴 祥高, 渡辺 享永, 家口 尚, 中村 博亮

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1057 - 1058   2019年11月( ISSN:00089443

     詳細を見る

  • Cup alignment in total hip arthroplasty using the muscle-sparing modified Watson-Jones approach-comparison between lateral and supine positions. 査読

    Kishimura Y, Minoda Y, Mizokawa S, Sugama R, Ohta Y, Nakamura H

    International orthopaedics   43 ( 11 )   2477 - 2483   2019年11月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00264-019-04316-y

    PubMed

  • Clinical course of soft tissue sarcomas presenting as malignant wounds. 査読

    Hoshi M, Oebisu N, Iwai T, Ieguchi M, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   24 ( 6 )   1088 - 1093   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.07.010

    PubMed

  • Safety of Intra-articular Methotrexate Injection With and Without Electroporation for Inflammatory Small Joints in Patients With Rheumatoid Arthritis 査読

    Tada Masahiro, Inui Kentaro, Okano Tadashi, Mamoto Kenji, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    CLINICAL MEDICINE INSIGHTS-ARTHRITIS AND MUSCULOSKELETAL DISORDERS   12   1179544119886303 - 1179544119886303   2019年11月( ISSN:1179-5441

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/1179544119886303

    PubMed

  • 臨床室 術後深部感染後後彎変形に対する前・後・前方の3段階矯正固定術の1例 査読

    澤田 雄大, 松村 昭, 並川 崇, 加藤 相勲, 岩前 真由, 中村 博亮

    (株)南江堂 整形外科   70 ( 12 )   1255 - 1258   2019年11月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    71歳女性。他院にてL1椎体骨折偽関節に対しL1椎体形成併用Th11〜L3後方固定術を受けるも、術後深部感染(SSI)を発症した。VCMの投与、2度の掻爬、洗浄を施行されるもSSIは鎮静化せず、術後2ヵ月で脊椎インストゥルメントの抜去が行われた。抜釘後、SSIは鎮静化するも後彎変形が進行し、腰背部痛、右上肢のしびれが増強したため、手術目的で当科へ紹介となった。当科ではSSI後の後彎変形に対し前・後・前方の3段階矯正固定術を行った。その結果、術後の単純X線像およびCTで矢状面アライメントとバランスはともに改善し、局所後彎角は8°と良好に矯正されていた。最終観察時のJOAスコアは9点から20点に改善し、術後9ヵ月現在、術後感染の徴候はみられず、腰痛も改善している。

  • 骨転移をきたした直腸gastrointestinal stromal tumorの1例 査読

    岡崎 史朗, 伴 祥高, 渡辺 享永, 家口 尚, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1057 - 1058   2019年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    84歳女性。4年前に直腸gastrointestinal stromal tumor(GIST)に対し腹会陰式直腸切除術を受けたが、術後4年に左大腿部痛が出現した。X線、CTで左大腿骨転子部に溶骨性病変と小転子骨折を認め、PETで同部位に腫瘍性病変を認めた。血液検査では腫瘍マーカーなどの異常は認めなかった。外来針生検で紡錘形細胞と核腫大を伴う類円形細胞の増殖を認め、免疫染色はCD34とc-kitが陽性、Ki67が10〜20%程度であり、直腸GISTの骨転移と診断した。Mirel's scoreは11点、新片桐スコアは2点であり、長期生存が見込めた。悪性腫瘍広範切除術および腫瘍用人工骨頭置換術を施行した。術後化学療法や放射線療法は患者や家族の希望で実施しなかった。術後10ヵ月の現在、再発や転移はなく、ウォーカーで歩行可能である。

  • 骨梁間型転移を示し、骨シンチグラフィー陰性を呈した横紋筋肉腫の1例 査読

    高田 尚輝, 星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1061 - 1062   2019年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    62歳男性。右大腿軟部腫瘤を主訴とした。MRIで右大腿の長内転筋内に4.5×7.5×7.0mmの腫瘍を認め、針生検の診断は横紋筋肉腫(T2bN0M0 stage 3)であった。腫瘍広範切除術を施行し、病理診断は多発型横紋筋肉腫であった。術後8ヵ月にFDG-PET/CTで第11胸椎と左坐骨に転移を認め、転移巣に対し重粒子線療法と化学療法を行った。術後12ヵ月に肺転移を認め、骨転移もPDの状態となった。肺転移に対し化学療法と経皮的ラジオ波焼灼術を行い、骨転移に対してはストロンチウムの投与を計画し、骨シンチグラフィーを撮影した。骨シンチグラフィーの所見はFDG-PET/CTの所見と大きく乖離し、骨への異常集積を認めなかった。そのため、ストロンチウムの適応とならず、骨修飾薬を投与した。更に放射線療法とPazopanibの投与を行ったが、初診から約2年後に腫瘍死した。

  • 骨折を来した踵骨骨嚢腫の1例 査読

    伴 祥高, 渡辺 享永, 山田 賢太郎, 家口 尚, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1073 - 1074   2019年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    13歳男性。階段から落下し、両踵の疼痛が出現した。CTで左踵骨三角部に24×22×18mmの比較的境界明瞭な溶骨性変化と骨折後変化を認め、骨腫瘍の踵骨内占拠率は矢状断で38%、冠状断で100%であった。MRIで多房性嚢胞性腫瘤とfluid-fluid levelを伴う高蛋白な液貯留を認めた。踵骨骨嚢腫により菲薄化した部位に、外傷を契機に強い外力が加わり骨折をきたしたと考え、受診後2週に手術を施行した。直径10mmの骨開窓を行い、嚢腫内部を掻爬して顆粒状β-TCPを充填した。術後、すぐに部分荷重を開始し、術後2週に全荷重を開始した。軽い運動は術後4週に許可し、術後2ヵ月から制限なしとした。術後1年の現在、再発を認めていない。

  • 難治性瘻孔を初発とした手指骨骨サルコイドーシスの1例 査読

    高田 尚輝, 大戎 直人, 星 学, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1081 - 1082   2019年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    32歳男性。3ヵ月前から持続する右示指の腫脹を主訴とした。前医で右示指骨腫瘍を指摘され、当科紹介受診となった。右示指中手指節関節以遠に腫脹を認め、背側に2ヶ所の瘻孔形成がみられた。前腕は皮疹を伴っていた。X線で中節骨に膨張性、溶骨性の変化を認め、骨シンチグラフィーで右示指中節骨、胸骨、右肋骨、左膝蓋骨、両側脛骨、右足関節に異常集積を認めた。FDG-PETで肺門、縦隔、全身リンパ節、骨に加え、右精巣上体に集積亢進を認めた。前医で皮疹の切開生検が行われていたことが分かり、病理組織を確認すると、類上皮細胞性の肉芽腫形成を認めた。サルコイドーシスや転移性腫瘍が鑑別に挙がり、泌尿器科で高位精巣摘出術、呼吸器科で経気管支肺生検が施行された。病理診断はいずれも類上皮肉芽腫であった。総合的にサルコイドーシスと診断し、専門的な治療が必要と判断し、転院となった。

  • 術後に創部遷延治癒を来した神経線維腫性象皮症の2例 査読

    星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 高田 尚輝, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1065 - 1066   2019年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は56歳男性で、腫瘍増大による歩行困難を主訴とした。幼少時から神経線維腫症を指摘されていた。両側の腰部から下腿にかけて著明な皮膚の肥厚を認め、針生検術の診断は神経線維腫であった。神経線維腫性象皮症の診断で右腰部から下腿にかけて腫瘍減量手術を施行し、短距離の歩行が可能となった。術後1年5ヵ月に左腰部から膝後面の腫瘍減量手術を施行したが、術後4日より創部が離開し、細菌培養で緑膿菌と黄色ブドウ球菌を検出した。感染巣が広範囲のためデブリドメントを施行し、創部が治癒した。症例2は30歳女性で、右踵部の腫瘍増大を主訴とした。既往歴に神経線維腫症があった。右踵部を中心に著明な皮膚の肥厚を認め、神経線維腫性象皮症と診断した。腫瘍減量手術を施行したが、術後8日より創部が離開し、細菌培養で黄色ブドウ球菌を検出した。患者に創部の消毒法を指導した後、自宅での処置を開始し、3ヵ月後に創部が治癒した。

  • 術中CTナビゲーション支援下骨軟部腫瘍手術 査読

    家口 尚, 星 学, 大戎 直人, 伴 祥高, 高松 聖仁, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1071 - 1072   2019年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    術中CTナビゲーション支援下に骨軟部腫瘍手術を行った32例を対象に、治療成績を調査した。対象は良性17例、悪性15例で、良性は骨内ガングリオン3例、動脈瘤様骨嚢腫4例、線維性骨異形成症3例、骨軟骨腫2例、類骨骨腫2例などであった。悪性は骨髄腫2例、脊索腫2例、軟骨肉腫3例、軟部肉腫の骨浸潤6例などであった。平均経過観察期間は29.5ヵ月であった。その結果、平均皮膚切開長は8.8cmで、手術体位は仰臥位12例、腹臥位12例、側臥位8例であった。平均麻酔時間は263分、平均手術時間は156分、平均出血量は97gであった。CT撮影と確認に平均29分を要し、術中CTの撮影回数は1回28例、2回2例、3回1例であった。最終観察時の腫瘍的予後はCDFが7例、NEDが3例、AWDが3例、DODが1例であった。局所再発を良性2例に認め、内訳は動脈瘤様骨嚢腫1例、ガングリオン1例であった。悪性の再発は2例で、悪性末梢神経鞘腫瘍1例、平滑筋肉腫1例であった。

  • Calcific myonecrosis自験例の報告 査読

    永田 浩之, 星 学, 大戎 直人, 岩井 正, 嶋谷 彰芳, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 6 )   1077 - 1078   2019年11月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は76歳男性で、5年前から持続する右下腿の腫脹を主訴とした。既往歴に右脛骨骨折(50年前)があった。右下腿に10×7×3cmの圧痛のない弾性軟の腫瘤を触知し、右腓骨神経麻痺を認めた。生検の診断は石灰化であった。CTで右下腿に石灰化を伴う腫瘤を認め、腫瘤掻爬術を施行した。病理所見はヒアリン化した線維性組織やフィブリン、血塊で、異型細胞の増殖がなく、Calcific myonecrosisと診断した。症例2は58歳男性で、4年前に右下肢の血腫に対し掻爬術を受けたが、術後3年に疼痛が再燃した。既往歴に下腿の骨折(50年前)があった。右下肢前面に弾性硬、可動性良好な7cm大の腫瘤を触知し、CTで右下腿前面に石灰化を伴う腫瘤を認めた。血管造影で前脛骨動脈から腫瘍への血流を認めたため、術前に塞栓術を施行し、掻爬を施行した。病理所見は硝子化、石灰化した組織と血塊で、異型細胞の増殖がなく、Calcific myonecrosisと診断した。

  • Clinical course of soft tissue sarcomas presenting as malignant wounds(和訳中) 査読

    Hoshi Manabu, Oebisu Naoto, Iwai Tadashi, Ieguchi Makoto, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   24 ( 6 )   1088 - 1093   2019年11月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Malignant woundをきたした軟部組織肉腫患者の臨床経過について検討した。軟部組織肉腫患者13例(男性12例、女性1例、中央値75歳)を対象とした。組織病理に基づく最終診断は未分化型多形性肉腫が4例、粘液線維肉腫が3例、多形性脂肪肉腫が2例、肺胞軟部肉腫が1例、悪性末梢神経鞘腫が1例、類上皮肉腫が1例、高分化型脂肪肉腫が1例であった。MRI所見による最大径は3.7〜25.1cmで、局在部位は大腿が4例、胸壁が4例、下肢が2例、鼠径部が1例、上腕が1例、前腕が1例であった。出血性malignant woundを13例のうち6例に認め、術前ヘモグロビン値は7.5±1.9g/dLと非出血性malignant wound例と比較して有意に低値を示していた。局所治療に関して、切除不能と判定した1例は緩和治療とし、9例に広範切除、1例に断端切除を施行した。術後の局所再発の発症を2例に認めた。13例のうち3例にはドキソルビシンベースの化学療法を行ったが、最終観察時までに死亡の転帰に至った。また、腫瘍切除を行った12例のうち5例に手術部位感染症の発症を認め、有意な関連因子として年齢、腫瘍サイズ、術前ヘモグロビン値、皮膚再建の術式が挙げられた。最終アウトカムは無病生存が4例、有病生存が1例、原病死亡が7例、他病死亡が1例となり、5年生存率は25.4%、生存期間中央値は34.0ヵ月であった。

  • Mental health status and sagittal spinopelvic alignment correlate with self-image in patients with adult spinal deformity before and after corrective surgery 査読

    Hayashi Kazunori, Boissiere Louis, Guevara-Villazon Fernando, Larrieu Daniel, Bourghli Anouar, Gille Olivier, Vital Jean-Marc, Pellise Ferran, Sanchez Perez-Grueso Francisco Javier, Kleinstueck Frank, Acaroglu Emre, Alanay Ahmet, Nakamura Hiroaki, Obeid Ibrahim

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   29 ( 1 )   63 - 72   2019年10月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00586-019-06200-0

    PubMed

  • Fibroblast Growth Factor 9 Is Upregulated Upon Intervertebral Mechanical Stress-Induced Ligamentum Flavum Hypertrophy in a Rabbit Model. 査読

    Hayashi K, Suzuki A, Terai H, Ahmadi SA, Rahmani MS, Maruf MH, Habibi H, Hori Y, Yamada K, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Tamai K, Ohyama S, Imai Y, Nakamura H

    Spine   44 ( 20 )   E1172 - E1180   2019年10月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000003089

    PubMed

  • A case series of seven patients with recurrent median nerve neuropathy treated by the revision surgery of median nerve neurolysis and wrapping with radial artery perforator adipose flap. 査読

    Uemura T, Takamatsu K, Okada M, Yokoi T, Onode E, Miyashima Y, Konishi S, Nakamura H

    Journal of plastic, reconstructive & aesthetic surgery : JPRAS   2019年10月( ISSN:1748-6815

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bjps.2019.09.051

    PubMed

  • Increased advanced glycation end products in hypertrophied ligamentum flavum of diabetes mellitus patients 査読

    Maruf Mohammad Hasib, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Habibi Hasibullah, Salimi Hamidullah, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Yamada Kentaro, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    SPINE JOURNAL   19 ( 10 )   1739 - 1745   2019年10月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2019.06.001

    PubMed

  • Autogenic Rib Graft for Atlantoaxial and Occipitocervical Fixation in Pediatric Patients 査読

    Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Kato Minori, Hori Yusuke, Iwamae Masayoshi, Hidaka Noriaki, Konishi Sadahiko, Nakamura Hiroaki

    ASIAN SPINE JOURNAL   13 ( 5 )   713 - 720   2019年10月( ISSN:1976-1902

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.31616/asj.2018.0312

    PubMed

  • Changes in viscoelastic properties of articular cartilage in early stage of osteoarthritis, as determined by optical coherence tomography-based strain rate tomography 査読

    Nakamura Suguru, Ikebuchi Mitsuhiko, Saeki Souichi, Furukawa Daisuke, Orita Kumi, Niimi Nobuo, Tsukahara Yoshito, Nakamura Hiroaki

    BMC MUSCULOSKELETAL DISORDERS   20 ( 1 )   417 - 417   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12891-019-2789-4

    PubMed

  • Prevalence, development, and factors associated with cyst formation after meniscal repair with the all-inside suture device 査読

    Terai Shozaburo, Hashimoto Yusuke, Yamasaki Shinya, Takahashi Shinji, Shimada Nagakazu, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF ORTHOPAEDIC AND TRAUMA SURGERY   139 ( 9 )   1261 - 1268   2019年09月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-019-03176-w

    PubMed

  • リバース型人工肩関節置換術におけるMPR解析を用いたベースプレート及びスクリュー設置状態の検討 査読

    飯尾 亮介, 平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中澤 克優, 山下 竜一, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   43 ( 2 )   630 - 633   2019年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究の目的はリバース型人工肩関節置換術(Reverse shoulder arthroplasty:以下RSA)術後CTをMulti-planer reconstruction解析(以下MPR解析)することにより理想的なスクリュー長を検討することである.対象はRSAを施行し術後CTでMPR解析が可能であった19例19肩で,使用機種は全例Aequalis Ascend Flex(Wright Medical Inc,Memphis,USA)であった.術後CTを用いてベースプレートの設置位置とセンターペグ及びスクリュー挿入方向に存在する骨長をMPR解析する事により評価した.ベースプレートのセンターペグ方向への骨長はベースプレートから体側の骨皮質まで平均26.3mmであり,ベースプレート固定に用いた上方スクリュー方向,前方スクリュー方向,下方スクリュー方向,後方スクリュー方向への平均骨長はベースプレートから骨皮質までそれぞれ16.7mm,17.3mm,25.5mm,17.6mmであった.ベースプレート周囲には肩甲上神経が走行しており,骨長を大きく上回るスクリューは神経損傷を生じる可能性があり,最適なスクリュー長を決定する必要がある.(著者抄録)

  • 高度関節窩骨欠損症例に対するリバース型人工肩関節置換術の治療成績 査読

    中澤 克優, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 松田 淑伸, 清水 勇人, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   43 ( 2 )   634 - 637   2019年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【目的】本研究の目的は,高度関節窩骨欠損症例に対するリバース型人工肩関節置換術(以下RSA)の対処法及び治療成績を検討することである.【対象と方法】対象は5肩で,平均関節窩骨欠損割合は関節面最大横径レベルで67%であった.高度関節窩骨欠損症例に対するRSAの対処法及び臨床成績を検討した.【結果】4肩において上腕骨頭を用いて移植骨を作成し,新鮮化した関節窩縁に圧着させ仮固定した後にベースプレートを設置した.1肩では,Norris法による腸骨移植を用いてベースプレートを設置した.1肩において,glenoid componentの上方傾斜を認めたが,glenoid componentのゆるみは認めず,自動可動域とJOAスコアは改善した.【考察・結論】高度関節窩骨欠損症例に対するRSAでは,骨欠損の形状に合わせた骨移植を併用しベースプレートを設置することが重要である.また,肩甲骨形態を正確に把握することが難しいため手術手技を工夫する必要がある.(著者抄録)

  • Sarcopenia is related to spinal sagittal imbalance in patients with spinopelvic mismatch 査読

    Ohyama Shoichiro, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   28 ( 9 )   1929 - 1936   2019年09月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-06066-2

    PubMed

  • 腱板大断裂・広範囲断裂に対するスーチャーブリッジ法と骨孔法の比較(第2報) 査読

    松田 淑伸, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 市川 耕一, 平川 義弘, 清水 勇人, 中澤 克優, 飯尾 亮介, 山下 竜一, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   43 ( 2 )   570 - 572   2019年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腱板大断裂・広範囲断裂に対する鏡視下腱板修復術においてsuture bridge法(以下SB法)と骨孔法(以下TO法)を比較検討した.対象は42例42肩,SB法は20肩,TO法は22肩であった.手術時間,術中使用したインプラント費用,術後1年時の臨床成績及び菅谷分類を用いた腱板修復状態を2群間で比較検討した.手術時間はSB法と比較してTO法で有意に短時間であった.インプラント費用はSB法と比較してTO法で有意に低額であった.術前と比較して術後1年時の臨床成績は両群ともに有意に改善みられたが,2群間で有意差は認めなかった.腱板再断裂率はSB法では36.8%,TO法では18.2%であったが,2群間で有意差は認めなかった.腱板大断裂・広範囲断裂に対するSB法とTO法の臨床成績,腱板修復状態は同等であったが,手術時間はTO法で有意に短時間であり,術中使用したインプラント費用はTO法で有意に低額であった.(著者抄録)

  • 誌上シンポジウム 整形外科治療の費用対効果 骨粗鬆症性椎体骨折に対するBalloon Kyphoplastyの費用対効果

    高橋 真治, 星野 雅俊, 中村 博亮

    臨床整形外科   54 ( 8 )   791 - 797   2019年08月( ISSN:05570433

     詳細を見る

  • Prognostic value of low psoas muscle mass in patients with cervical spine metastasis 査読

    Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Takamatsu Kiyohito, Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF CLINICAL NEUROSCIENCE   66   56 - 60   2019年08月( ISSN:0967-5868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jocn.2019.05.024

    PubMed

  • Exploration of the Optimal Shape for Bone Tumour Biopsy. 査読

    Iwai T, Hoshi M, Oebisu N, Orita K, Shimatani A, Takada N, Nakamura H

    Anticancer research   39 ( 8 )   4191 - 4197   2019年08月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21873/anticanres.13579

    PubMed

  • Trilogy cupのTHA術後カップ周囲骨密度変化の検討 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 山本 展夫, 村上 将一, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   45 ( 1 )   314 - 317   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    セメントレスカップによる人工股関節全置換術(THA)症例46関節(手術時平均年齢67.9歳、経過観察期間24〜96ヵ月、平均59.2ヵ月)を対象に、カップ周囲骨密度変化について検討した。骨密度はdual-energy X-ray absorptiometry(DEXA)法を用い、術後3週、6ヵ月、1年、2年、以後1年毎に測定し、カップ周囲全体及び各region of interest(ROI)での変化率を算出した。その結果、カップ周囲全体の骨密度は術後5年までは経時的に低下していた。各ROIについてはカップの裏側部分で低下が大きく、皮質骨に近い辺縁部分で低下が少なかった。

  • 椎間板楔状化はあるが椎間孔部狭窄を伴っていない腰部脊柱管狭窄症に対する顕微鏡視下片側進入両側除圧術(MBDU)の治療成績 査読

    関 昌彦, 堀 悠介, 藪 晋人, 寺川 雅基, 中村 博亮

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Journal of Spine Research   10 ( 8 )   1167 - 1171   2019年08月( ISSN:1884-7137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    椎間孔部狭窄を伴わない1椎間の腰部脊柱管狭窄症97例に対し、顕微鏡視下片側進入両側除圧術を行い2年以上経過観察した。このうち3度以上の椎間板楔状化を伴っていた27例のJOAスコアは、術前平均15.7点が最終調査時25.0点に改善(改善率69.7%)した。一方、伴っていなかった70例は、術前16.6点が25.6点に改善(改善率71.3%)した。術後成績は両群で有意差を認めなかった。また椎間板部楔状角は術前平均4.3度が最終調査時3.6度と有意に減少した。(著者抄録)

  • 仰臥位THAにおけるポータブルナビゲーションのカップ設置角度の精度検証 査読

    中村 卓, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 上山 秀樹, 竹村 進, 中村 博亮, 大山 洋平

    日本股関節学会 Hip Joint   45 ( 1 )   604 - 606   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HipAlignを用いて仰臥位人工股関節全置換術を行った35例39関節を対象に、術中のHipAlignが示したカッブ設置角度と術後2週のCT画像をZedHipで三次元画像計測したカップ設置角度との差を算出した。カップ設置角度の差の絶対値を絶対値誤差と定義し、radiographic定義のinclinationとanteversionの絶対値誤差を計算した。その結果、inclinationの絶対値誤差は平均2.2°、anteversionの絶対値誤差は平均2.8°で、5°差以内の症例は33関節(84.6%)、10°差以内の症例は38関節(97.4%)であった。HipAlignの精度は高く、臨床的に信頼できるナビゲーションシステムと考えられた。

  • 人工股関節全置換術後静脈血栓塞栓症に対する2種類のXa阻害剤の予防効果 fondaparinuxとedoxabanの比較検討 査読

    山本 展生, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 村上 将一, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   45 ( 1 )   478 - 481   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術60例を対象に、乱数表を用いてfondaparinux投与群30例とedoxaban投与群30例に分け、術後の静脈血栓塞栓症(VTE)に対する予防効果を比較した。2群とも術後3〜12日の計10日間に各薬剤を投与し、VTEは術後7日の造影CTで下肢深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症を評価した。採血は術翌日、術後3日、7日、14日に行った。評価項目は術後VTEの発生率、Hb値、D-dimer値、推定出血量(体重×0.7×Hct値変化量、Mercuriali and Inghilleriの式を用いて計算)、出血性合併症の有無で、2群間で比較した。出血性合併症はmajor bleedingを薬剤投与後のHb値1以上の低下、minor bleedingを術後7日の便潜血陽性と定義した。その結果、いずれの項目も2群間に有意差を認めなかった。THA後のVTEに対するfondaparinuxとedoxabanの予防効果に差はないと考えられた。

  • 特集 DISHの臨床 DISHの疫学

    豊田 宏光, 寺井 秀富, 山田 賢太郎, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   653 - 660   2019年07月( ISSN:09144412

     詳細を見る

  • 特集 DISHの臨床 腰椎変性疾患とDISH

    山田 賢太郎, 豊田 宏光, 寺井 秀富, 中村 博亮

    脊椎脊髄ジャーナル   32 ( 7 )   685 - 692   2019年07月( ISSN:09144412

     詳細を見る

  • 臨床室 多椎間腰椎黄色靱帯石灰化症により神経根性疼痛をきたした1例

    津本 柊子, 玉井 孝司, 久保 卓也, 藪 晋人, 寺井 秀富, 中村 博亮

    整形外科   70 ( 8 )   857 - 860   2019年07月( ISSN:00305901

  • Development of a scoring system for predicting adjacent vertebral fracture after balloon kyphoplasty 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Yasuda Hiroyuki, Hori Yusuke, Ohyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Hayashi Kazunori, Tsujio Tadao, Kono Hiroshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Toyoda Hiromitsu, Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Kanematsu Fumiaki, Nakamura Hiroaki

    SPINE JOURNAL   19 ( 7 )   1194 - 1201   2019年07月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2019.02.013

    PubMed

  • Analysis of allergens in corn-dependent exercise-induced anaphylaxis. 査読

    Nakamura H, Nakamura M, Shimizu N, Matsunaga K, Kondo Y

    Annals of allergy, asthma & immunology : official publication of the American College of Allergy, Asthma, & Immunology   123 ( 1 )   103 - 105   2019年07月( ISSN:1081-1206

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.anai.2019.04.005

    PubMed

  • 臨床室 多椎間腰椎黄色靱帯石灰化症により神経根性疼痛をきたした1例 査読

    津本 柊子, 玉井 孝司, 久保 卓也, 藪 晋人, 寺井 秀富, 中村 博亮

    (株)南江堂 整形外科   70 ( 8 )   857 - 860   2019年07月( ISSN:0030-5901

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    71歳女性。右下肢痛が出現し、黄色靱帯石灰化症による右L2/L3椎間孔部狭窄症と診断され、L2/L3右椎間孔拡大術が施行された。その後、黄色靱帯石灰化症による右L3/L4椎間孔部狭窄症に対しL3/L4椎間孔拡大術を施行した。今回、右下肢痛、しびれが再度出現し、黄色靱帯石灰化症によるL2/L3、L3/L4腰部脊柱管狭窄を認めたため、L2/L3、L3/L4顕微鏡下後方除圧術を行った。その結果、術後は右下肢の疼痛は速やかに改善したが、しびれは残存した。

  • Design improvement in patient-specific instrumentation for total knee arthroplasty improved the accuracy of the tibial prosthetic alignment in the coronal and axial planes. 査読

    Yamamura K, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Nakamura S, Ueyama H, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   28 ( 5 )   1560 - 1567   2019年06月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00167-019-05571-7

    PubMed

  • DIFFERENCES OF LIFESTYLE HABITS OF SMOKING, DRINKING ALCOHOL AND CAFFEINATED COFFEE CONSUMPTION BETWEEN RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS AND HEALTHY CONTROL - TOMORROW STUDY- 査読

    Yoshimura Hitoshi, Inui Kentaro, Koike Tatsuya, Sugioka Yuko, Okano Tadashi, Mandai Koji, Yamada Yutaro, Mamoto Kenji, Tada Masahiro, Nakamura Hiroaki

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   78   645 - 645   2019年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-eular.4138

  • PREVALENCE AND SEVERITY OF CLINICAL AND IMAGING AXIAL SPONDYLOARTHRITIS IN PATIENTS WITH INFLAMMATORY BOWEL DISEASE 査読

    Okano Tadashi, Inui Kentaro, Mandai Koji, Yamada Yutaro, Sugioka Yuko, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   78   1827 - 1827   2019年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-eular.3587

  • PREDICTING SARCOPENIA AND OBESITY BY MEASURING THIGH MUSCLE AND FAT THICKNESS BY ULTRASOUND IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS: FROM THE CHIKARA STUDY 査読

    Yamada Yutaro, Tada Masahiro, Mandai Koji, Hidaka Noriaki, Inui Kentaro, Nakamura Hiroaki

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   78   697 - 698   2019年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-eular.1430

  • MORTALITY RATE OF RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS EVEN IN THE NEW ERA OF BIOLOGICS IS HIGHER THAN THE CONTROL GROUP: EIGHT YEARS OF THE TOMORROW STUDY 査読

    Mandai Koji, Koike Tatsuya, Sugioka Yuko, Inui Kentaro, Okano Tadashi, Yamada Yutaro, Tada Masahiro, Mamoto Kenji, Anno Shohei, Nakamura Hiroaki

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   78   1591 - 1592   2019年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-eular.1317

  • RISK FACTORS FOR DEVELOPING SARCOPENIA IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS AT 2 YEARS: FROM THE CHIKARA STUDY 査読

    Yamada Yutaro, Tada Masahiro, Mandai Koji, Hidaka Noriaki, Inui Kentaro, Nakamura Hiroaki

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   78   352 - 353   2019年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-eular.1399

  • THE INCIDENCE AND RISK FACTOR OF NEW CAROTID PLAQUES AND THE PROGRESSION RATE OF CAROTID PLAQUES IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS IN 6 YEARS PROSPECTIVE CASE CONTROL STUDY. - TOMORROW STUDY- 査読

    Anno Shohei, Inui Kentaro, Okano Tadashi, Mamoto Kenji, Sugioka Yuko, Tada Masahiro, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   78   119 - 120   2019年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-eular.2925

  • 外側円板状半月板術後に残存半月板量減少をきたす症例の特徴と危険因子の検討 査読

    西野 壱哉, 橋本 祐介, 西田 洋平, 山崎 真哉, 中村 博亮

    (一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 JOSKAS   44 ( 3 )   718 - 724   2019年06月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【背景】外側円板状半月板(以下,DLM)に対する手術方法として,辺縁半月板を温存する形成切除術は全摘・亜全摘術と比べて術後後期の離断性骨軟骨炎や関節症性変化の発生を低下させる.一方で術後に形成した半月板幅の縮小を認めることが報告されているが,その詳細な経過や原因についてはまだ明らかでない.【目的】DLMに対して形成切除術もしくは形成縫合術を行った症例の,術後半月板形態の変化と,その時期,形態変化発生の関連因子を検討すること.【対象と方法】2009年から2015年に有症状性のDLMに対して手術を行い,2年以上経過観察しえた44膝(男性24膝,女性20膝,手術時平均年齢11.4歳)を対象とした.形成切除は全症例半月板幅を辺縁から6mm以上温存し,辺縁不安定症例には縫合を追加した.術後3,6,12,24ヵ月での外側半月板前中後節の幅と高さ,中節部逸脱量をMRI T2脂肪抑制矢状断中央像,冠状断中央像を用いて測定した.術後3ヵ月から24ヵ月にかけての中節幅の縮小率[(3ヵ月の計測値-24ヵ月の計測値)/3ヵ月の計測値]と逸脱量の相関関係を検討した.また,術後24ヵ月での中節幅が5mm未満(減少群)20例と5mm以上(温存群)24例の2群に分け,中節幅の推移とそれに関連する術前危険因子として年齢,性別,Tegner activity scale,Lysholm score,MRI所見;Ahn分類,半月板内部変性(T2高信号)の有無について検討を行った.【結果】術後残存半月板幅の縮小率は術後3ヵ月から24ヵ月の間で前節部11%,中節部20%,後節部7%であり,それぞれ有意に縮小した(p<.001).半月板逸脱量と中節幅の縮小率に正の相関を認めた(r=0.389,p=0.034).中節幅減少群は術後3ヵ月より5mm未満に縮小を認め(p<.001),術前MRIでの半月板内部変性が術後残存中節部幅の減少をきたす危険因子として検出された(オッズ比11.2,95%信頼区間1.15〜109,p=.038).【結語】DLMに対する形成切除,縫合術後残存半月板幅は術後3ヵ月から24ヵ月の間で7〜20%縮小した.術後24ヵ月時点で残存半月板中節部幅が5mm未満に縮小をきたす症例は術後3ヵ月時点で中節部幅が小さく,術前MRIにて半月板内部に変性を認める症例が多かった.(著者抄録)

  • THE LACK OF EXERCISE HABIT WAS A RISK FACTOR FOR CLINICAL FRACTURES IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS -TOMORROW STUDY- 査読

    Anno Shohei, Inui Kentaro, Sugioka Yuko, Mamoto Kenji, Okano Tadashi, Tada Masahiro, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    ANNALS OF THE RHEUMATIC DISEASES   78   333 - 333   2019年06月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2019-eular.3427

  • Clinical Impact of Cervical Imbalance on Surgical Outcomes of Laminoplasty: A Propensity Score-Matching Analysis. 査読

    Tamai K, Suzuki A, Yabu A, Terai H, Hoshino M, Toyoda H, Takahashi S, Ohyama S, Hori Y, Nakamura H

    Clinical spine surgery   33 ( 1 )   E1 - E7   2019年05月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000000849

    PubMed

  • Low paravertebral muscle mass in patients with bone metastases from lung cancer is associated with poor prognosis. 査読

    Dohzono S, Sasaoka R, Takamatsu K, Hoshino M, Nakamura H

    Supportive care in cancer : official journal of the Multinational Association of Supportive Care in Cancer   28 ( 1 )   389 - 394   2019年05月( ISSN:0941-4355

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00520-019-04843-9

    PubMed

  • Efficacy of continuous local cryotherapy following total hip arthroplasty 査読

    Iwakiri Kentaro, Kobayashi Akio, Takeuchi Yuichi, Kimura Yusuke, Ohta Yoichi, Nakamura Hiroaki

    SICOT-J   5   13 - 13   2019年05月( ISSN:2426-8887

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1051/sicotj/2019010

    PubMed

  • Effect of periarticular morphine injection for total hip arthroplasty: a randomised, double-blind trial 査読

    Iwakiri Kentaro, Ohta Yoichi, Minoda Yukihide, Kobayashi Akio, Nakamura Hiroaki

    HIP INTERNATIONAL   29 ( 3 )   245 - 252   2019年05月( ISSN:1120-7000

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/1120700018780067

    PubMed

  • ISSLS PRIZE IN CLINICAL SCIENCE 2019: clinical importance of trunk muscle mass for low back pain, spinal balance, and quality of lifea multicenter cross-sectional study 査読

    Hori Yusuke, Hoshino Masatoshi, Inage Kazuhide, Miyagi Masayuki, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Suzuki Akinobu, Tsujio Tadao, Terai Hidetomi, Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Toyoda Hiromitsu, Kato Minori, Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Seki Masahiko, Yamada Kentaro, Habibi Hasibullah, Salimi Hamidullah, Yamashita Masaomi, Yamauchi Tomonori, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Maki Satoshi, Shiga Yasuhiro, Inoue Masahiro, Inoue Gen, Fujimaki Hisako, Murata Kosuke, Kawakubo Ayumu, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Ohtori Seiji, Takaso Masashi, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   28 ( 5 )   914 - 921   2019年05月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-05904-7

    PubMed

  • Comparison of a vitamin E-infused highly crosslinked polyethylene insert and a conventional polyethylene insert for primary total knee arthroplasty at two years postoperatively 査読

    Takemura S., Minoda Y., Sugama R., Ohta Y., Nakamura S., Ueyama H., Nakamura H.

    BONE & JOINT JOURNAL   101B ( 5 )   559 - 564   2019年05月( ISSN:2049-4394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1302/0301-620X.101B5.BJJ-2018-1355

  • The Impact of Cervical Spinal Muscle Degeneration on Cervical Sagittal Balance and Spinal Degenerative Disorders 査読

    Tamai Koji, Grisdela Phillip Jr., Romanu Joshua, Paholpak Permsak, Nakamura Hiroaki, Wang Jeffrey C., Buser Zorica

    CLINICAL SPINE SURGERY   32 ( 4 )   E206 - E213   2019年05月( ISSN:2380-0186

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/BSD.0000000000000789

    PubMed

  • Two-dimensional measurement misidentifies alignment outliers in total knee arthroplasty: a comparison of two- and three-dimensional measurements 査読

    Ueyama Hideki, Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Yamamura Kazumasa, Nakamura Suguru, Takemura Susumu, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   27 ( 5 )   1497 - 1503   2019年05月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00167-018-5175-0

    PubMed

  • 整形外科診療における最先端技術 Ⅰ.診断,評価 1.新しい画像・機能診断 多機能OCTを用いた早期変形性関節症軟骨の粘弾性力学特性マイクロ断層診断

    池淵 充彦, 中村 卓, 箕田 行秀, 中村 博亮, 古川 大介, 佐伯 壮一

    別冊整形外科   1 ( 75 )   27 - 31   2019年04月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • 整形外科診療における最先端技術 Ⅰ.診断,評価 5.動的評価 2D-3Dマッチングを用いた肩甲骨三次元動態解析

    池淵 充彦, 箕田 行秀, 中村 博亮, 中土 保, 中島 重義

    別冊整形外科   1 ( 75 )   108 - 111   2019年04月( ISSN:02871645

     詳細を見る

  • Comparison of median nerve stiffness with and without rheumatoid arthritis by ultrasound real-time tissue elastography: A propensity score matching study 査読

    Anno Shohei, Okano Tadashi, Mamoto Kenji, Sugioka Yuko, Takeda Setsuko, Hashimoto Ayumi, Yamashita Emi, Morinaka Rika, Ueda Hatsue, Inui Kentaro, Koike Tatsuya, Nakamura Hiroaki

    MODERN RHEUMATOLOGY   30 ( 3 )   1 - 8   2019年04月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/14397595.2019.1602914

    PubMed

  • Impact of Hemodialysis on Surgical Outcomes and Mortality Rate after Lumbar Spine Surgery: A Matched Cohort Study(和訳中) 査読

    Hori Yusuke, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 2 )   151 - 156   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰椎手術後の臨床転帰と合併症率を血液透析(HD)の有無で比較した。2010年1月〜2015年12月に当施設で腰椎手術を施行されたHD患者と非HD患者を比較する後ろ向き対応コホート研究を実施した。臨床転帰は日本整形外科学会(JOA)スコアで、腰痛、下肢痛、下肢のしびれは視覚アナログスケール(VAS)で評価した。HD群29例(男性58.6%、平均69.7±6.8歳)と非HD群57例(男性57.9%、平均70.1±6.7歳)を比較した。HD群のJOAスコアは8.0改善し、非HD群の10.9よりも改善度が有意に低かった。腰痛、下肢痛、下肢のしびれに対するVASスコアの改善はHD群と非HD群で差はなかった。経過観察期間中、HD群では5例が死亡したのに対し、非HD群では死亡が認められず、死亡率はHD群が有意に高かった。再手術率はHD群が17.2%で非HD群の3.5%よりも有意に高かった。

  • Prognostic value of paravertebral muscle density in patients with spinal metastases from gastrointestinal cancer 査読

    Dohzono Sho, Sasaoka Ryuichi, Takamatsu Kiyohito, Hoshino Masatoshi, Nakamura Hiroaki

    SUPPORTIVE CARE IN CANCER   27 ( 4 )   1207 - 1213   2019年04月( ISSN:0941-4355

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00520-018-4465-x

    PubMed

  • Incidence and Risk Factors for Meniscal Cyst After Meniscal Repair 査読

    Nishino Kazuya, Hashimoto Yusuke, Nishida Yohei, Terai Shozaburo, Takahashi Shinji, Yamasaki Shinya, Nakamura Hiroaki

    ARTHROSCOPY-THE JOURNAL OF ARTHROSCOPIC AND RELATED SURGERY   35 ( 4 )   1222 - 1229   2019年04月( ISSN:0749-8063

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arthro.2018.11.039

    PubMed

  • Risk Factors for Proximal Junctional Fracture Following Fusion Surgery for Osteoporotic Vertebral Collapse with Delayed Neurological Deficits: A Retrospective Cohort Study of 403 Patients(和訳中) 査読

    Tamai Koji, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki, Watanabe Kei, Katsumi Keiichi, Ohashi Masayuki, Shibuya Yohei, Izumi Tomohiro, Hirano Toru, Kaito Takashi, Yamashita Tomoya, Fujiwara Hiroyasu, Nagamoto Yukitaka, Matsuoka Yuji, Suzuki Hidekazu, Nishimura Hirosuke, Tagami Atsushi, Yamada Syuta, Adachi Shinji, Yoshii Toshitaka, Ushio Shuta, Harimaya Katsumi, Kawaguchi Kenichi, Yokoyama Nobuhiko, Oishi Hidekazu, Doi Toshiro, Kimura Atsushi, Inoue Hirokazu, Inoue Gen, Miyagi Masayuki, Saito Wataru, Nakano Atsushi, Sakai Daisuke, Nukaga Tadashi, Ikegami Shota, Shimizu Masayuki, Futatsugi Toshimasa, Ohtori Seiji, Furuya Takeo, Orita Sumihisa, Imagama Shiro, Ando Kei, Kobayashi Kazuyoshi, Kiyasu Katsuhito, Murakami Hideki, Yoshioka Katsuhito, Seki Shoji, Hongo Michio, Kakutani Kenichiro, Yurube Takashi, Aoki Yasuchika, Oshima Masashi, Takahata Masahiko, Iwata Akira, Endo Hirooki, Abe Tetsuya, Tsukanishi Toshinori, Nakanishi Kazuyoshi, Watanabe Kota, Hikata Tomohiro, Suzuki Satoshi, Isogai Norihiro, Okada Eijiro, Funao Haruki, Ueda Seiji, Shiono Yuta, Nojiri Kenya, Hosogane Naobumi, Ishii Ken

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 2 )   171 - 177   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨粗鬆症性椎体圧潰(OVC)に対する外科的治療後のproximal junctional fracture(PJFr)の発生率と独立危険因子を同定した。Japan Association of Spine Surgeons with Ambitionに所属する機関の2016年の登録データを後ろ向きに解析した。T10以下のOVCによる神経障害に対して矯正手術を実施し、2年以上経過観察を行った403例(女性331例、男性72例、平均73.8±7.8歳)を解析した。63例にPJFrを認めた。多重ロジスティック回帰分析の結果、骨粗鬆症のグレードとlower instrumented vertebraレベルがPJFrの独立危険因子であった。受信者動作特性曲線解析では、腰椎骨密度が良好な予測能の有意な因子であったが、股関節骨密度は有意な因子ではなかった。初回手術後のPJFrの予測に対する最適カットオフ値は腰椎骨密度0.61g/cm2であった。

  • 膝前十字靱帯損傷患者における血清中の軟骨代謝マーカーの有用性 T2マッピングとの関連に注目して 査読

    西田 洋平, 橋本 祐介, 小宮 枝里子, 西野 壱哉, 中村 博亮

    (一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 JOSKAS   44 ( 2 )   338 - 339   2019年04月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    過去3年6ヵ月の前十字靱帯(ACL)再建術症例36例(男子11例、女性25例、手術時平均年齢21.8±8.8歳)を対象に、血清中の軟骨代謝マーカーであるCartilage oligomeric matrix protein(COMP)値と早期変形性膝関節症(早期OA)、MRI-T2マッピングとの関連を検討した。対象は術前単純X線でOAを認めない症例とした。検討内容は、術前の運動レベル、受傷から手術までの期間、半月板損傷の有無、KT-2000による不安定性の健患差、血清MMP-3値、MRIマッピングによるT2値との関連の有無であった。その結果、受傷から手術までの期間は平均8.6±19ヵ月(中央値3.6ヵ月)、血清COMP値は平均150.1±59.9ng/mlであった。血清COMP値はKT健患差、血清MMP-3値、大腿骨内顆及び脛骨内顆のT2で正に相関していた。

  • 膝前十字靱帯大腿骨付着部の組織学的評価 査読

    橋本 祐介, 西田 洋平, 中村 博亮

    (一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 JOSKAS   44 ( 2 )   408 - 409   2019年04月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    受傷から6ヵ月以内の前十字靱帯再建術7例を対象に、術中に関節鏡視下で靱帯実質部付着部位とfan-like extension付着部位の組織採取を行い、部位別の組織評価を行った。遺残靱帯と軟骨縁の間のfan-like extension部位のAM束側をAP、PL束側をPPとし、mid-substance付着部位M束側をAC、PL束側をPCとした。線維軟骨が存在し、tidemarkが明瞭であるものをD type A、線維軟骨は存在するが、tidemarkが不明瞭であるものをD type B、腱が直接固着するものをIDとした。その結果、組織学的評価はACでD type Aが5例(71%)、D type Bが2例(29%)で、APでD type Bが2例(29%)、IDが5例(71%)であった。また、PCでD type Bが4例(57%)、IDが3例(43%)で、PPでIDが(100%)であった。前十字靱帯AM実質部付着部の組織はD type Aが多く、PL実質部付着部は必ずしもD type Aではなかった。fn-like extension部位はほぼIDであった。

  • Prevention of Nerve Root Thermal Injury Caused by Bipolar Cauterization Near the Nerve Roots 査読

    Ohyama Shoichiro, Takahashi Shinji, Tamai Koji, Hori Yusuke, Hirakawa Yoshihiro, Hoshino Masatoshi, Suzuki Akinobu, Nakamura Hiroaki

    SPINE   44 ( 6 )   E321 - E328   2019年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002846

    PubMed

  • Nerve capping technique with nerve conduit for treating painful digital neuroma: A case report. 査読

    Uemura T, Onode E, Yokoi T, Shintani K, Okada M, Takamatsu K, Konishi S, Nakamura H

    Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association   27 ( 1 )   284 - 287   2019年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jos.2019.02.012

    PubMed

  • Answer to the Letter to the Editor concerning "The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders" by Toyoda H, et al. (Eur Spine J; doi.org/10.1007/s00586-018-5858-8). 査読

    Toyoda H, Hoshino M, Ohyama S, Terai H, Suzuki A, Yamada K, Takahashi S, Hayashi K, Tamai K, Hori Y, Nakamura H

    European spine journal : official publication of the European Spine Society, the European Spinal Deformity Society, and the European Section of the Cervical Spine Research Society   28 ( 5 )   1252 - 1253   2019年03月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-019-05942-1

    PubMed

  • Cost-effectiveness of Balloon Kyphoplasty for Patients With Acute/Subacute Osteoporotic Vertebral Fractures in the Super-Aging Japanese Society 査読

    Takahashi Shinji, Hoshino Masatoshi, Yasuda Hiroyuki, Terai Hidetomi, Hayashi Kazunori, Tsujio Tadao, Kono Hiroshi, Suzuki Akinobu, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Toyoda Hiromitsu, Dohzono Sho, Kanematsu Fumiaki, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    SPINE   44 ( 5 )   E298 - E305   2019年03月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002829

    PubMed

  • Does sagittal imbalance impact the surgical outcomes of short-segment fusion for lumbar spinal stenosis associated with degenerative lumbar scoliosis? 査読

    Hori Yusuke, Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Kato Minori, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Ozaki Tomonori, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   24 ( 2 )   224 - 229   2019年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.10.005

    PubMed

  • Does sagittal imbalance impact the surgical outcomes of short-segment fusion for lumbar spinal stenosis associated with degenerative lumbar scoliosis?(和訳中) 査読

    Hori Yusuke, Matsumura Akira, Namikawa Takashi, Kato Minori, Takahashi Shinji, Ohyama Shoichiro, Ozaki Tomonori, Yabu Akito, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   24 ( 2 )   224 - 229   2019年03月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Short segment fusion(SSF、3レベル未満)を受け、少なくとも2年間の追跡調査が可能であった腰椎変性側彎症(DLS)患者70例を対象に、後向きに考察した。術前(PreO)および最終追跡調査(FFU)時に、立位全脊柱X線検査によりPI-LL、PT、SVA、T1骨盤角(TPA)を測定した。腰痛(LBP)に関する日本整形外科学会スコア(JOAs)の改善に基づき手術転帰を評価し、視覚的アナログ尺度によりLBPレベルを評価した(LBP-VAS)。X線画像パラメータと手術転帰の間の関連を分析した。JOAsに基づき患者を3群(不良/普通/良好)に分けた。Jonckheere-Terpstra傾向検定による分析から、各群において以下のX線画像パラメータが手術転帰との有意な傾向が認められた。最終追跡調査時のLBP-VASについて、3群間に有意な相関が認められた。PreOとFFUいずれにおいても、JOAsの改善とPI-LL、SVA、TPAの間に有意な相関が認められた。

  • 恥骨坐骨関節結合部骨髄炎の1例 査読

    家口 尚, 渡辺 亨永, 伴 祥高, 鳥飼 大剛, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 2 )   343 - 344   2019年03月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    13歳女。5ヵ月前に発熱と左股関節痛が出現し、近医を受診した。化膿性股関節炎を疑われ、MRIを施行されたが異常は認められず、症状は一旦軽快したが、疼痛のため体育等を欠席しがちであった。今回、疼痛が増悪したため前医受診し、X線で恥骨の骨融解像、CTとMRIで骨髄内外の病変を認められ、恥骨腫瘍の診断で当科に紹介された。造影MRIで骨髄内から皮下に液体貯留を認め、膿瘍の被膜が造影された。骨髄炎による膿瘍形成と診断し、大陰唇付近の腫脹部を穿刺したところ白色膿汁が約15ml吸引された。慢性骨髄炎の亜急性転化と考え、レボフロキサシンを5日間投与した後、手術を行った。そのさい膿汁の排出を再び認めたため、恥骨の上枝下枝の開窓と骨髄内組織の徹底掻爬・洗浄を行った。術後にCEZを2日間投与し、症状・検査所見とも改善した。

  • 骨肉腫の多発肺転移から続発性気胸を繰り返した1例 査読

    宮島 佑介, 大戎 直人, 嶋谷 彰芳, 星 学, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 2 )   253 - 254   2019年03月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    21歳女性。急激な呼吸困難を主訴とした。骨肉腫(UICC TNM分類stage IIb)に対する処理骨による患肢温存術、術後化学療法を行った。術後7ヵ月に右肺転移し肺部分切除、その後、骨肉腫が再発し腫瘍広範切除と腫瘍用人工関節置換を行い、初回手術より18ヵ月に化学療法DG療法を開始した。5コース終了後に仰臥位での呼吸苦が出現し、肺野単純X線、CTで気腫様変化した転移腫瘍の破裂による右気胸を認めた。胸腔ドレナージは効果がなく、化学療法のたびに気胸を繰り返し、気胸発症は計3回、肺部分切除を2回行った。

  • 診断・治療に難渋した大腿骨骨腫瘍の1例 査読

    高田 尚輝, 大戎 直人, 嶋谷 彰芳, 岩井 正, 星 学, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 2 )   249 - 250   2019年03月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    36歳男性。近医にて左大腿骨腫瘍を指摘された。初診時、単純X線、MRIで左大腿骨骨幹部に溶骨性病変を認め、皮質骨の菲薄化を伴い切迫骨折の状態であった。患者の治療拒否により患肢免荷で経過観察としたが、初診時より約6ヵ月後に交通事故により病的骨折をきたした。術中迅速病理診断では判定不能であったため、二期的手術を行った。病理所見より、動脈瘤様骨嚢腫の最終診断が得られた。最終手術で拡大病巣掻爬術および人工骨・腸骨移植術、骨接合術を行った。術後10ヵ月現在、骨癒合傾向を認めた。

  • Association between MRI findings and back pain after osteoporotic vertebral fractures: a multicenter prospective cohort study. 査読

    Ahmadi SA, Takahashi S, Hoshino M, Takayama K, Sasaoka R, Tsujio T, Yasuda H, Kanematsu F, Kono H, Toyoda H, Nakamura H

    The spine journal : official journal of the North American Spine Society   19 ( 7 )   1186 - 1193   2019年02月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2019.02.007

    PubMed

  • Nerve capping with a nerve conduit for the treatment of painful neuroma in the rat sciatic nerve 査読

    Onode E, Uemura T, Takamatsu K, Shintani K, Yokoi T, Okada M, Nakamura H

    Journal of neurosurgery   132 ( 3 )   1 - 9   2019年02月( ISSN:0022-3085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3171/2018.10.JNS182113

    PubMed

  • Comparison of Rigid and Soft-Brace Treatments for Acute Osteoporotic Vertebral Compression Fracture: A Prospective, Randomized, Multicenter Study 査読

    Kato Tsuyoshi, Inose Hiroyuki, Ichimura Shoichi, Tokuhashi Yasuaki, Nakamura Hiroaki, Hoshino Masatoshi, Togawa Daisuke, Hirano Toru, Haro Hirotaka, Ohba Tetsuro, Tsuji Takashi, Sato Kimiaki, Sasao Yutaka, Takahata Masahiko, Otani Koji, Momoshima Suketaka, Tateishi Ukihide, Tomita Makoto, Takemasa Ryuichi, Yuasa Masato, Hirai Takashi, Yoshii Toshitaka, Okawa Atsushi

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   8 ( 2 )   2019年02月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jcm8020198

    PubMed

  • Preoperative severity of facet joint degeneration does not impact the 2-year clinical outcomes and cervical imbalance following laminoplasty 査読

    Tamai Koji, Suzuki Akinobu, Yabu Akito, Takahashi Shinji, Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    SPINE JOURNAL   19 ( 2 )   246 - 252   2019年02月( ISSN:1529-9430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.spinee.2018.06.343

    PubMed

  • The association of back muscle strength and sarcopenia-related parameters in the patients with spinal disorders 査読

    Toyoda Hiromitsu, Hoshino Masatoshi, Ohyama Shoichiro, Terai Hidetomi, Suzuki Akinobu, Yamada Kentaro, Takahashi Shinji, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Hori Yusuke, Nakamura Hiroaki

    EUROPEAN SPINE JOURNAL   28 ( 2 )   241 - 249   2019年02月( ISSN:0940-6719

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00586-018-5858-8

    PubMed

  • Balloon Kyphoplasty Versus Conservative Treatment for Acute Osteoporotic Vertebral Fractures With Poor Prognostic Factors: Propensity Score Matched Analysis Using Data From Two Prospective Multicenter Studies. 査読

    Hoshino M, Takahashi S, Yasuda H, Terai H, Watanabe K, Hayashi K, Tsujio T, Kono H, Suzuki A, Tamai K, Ohyama S, Toyoda H, Dohzono S, Kanematsu F, Hori Y, Nakamura H

    Spine   44 ( 2 )   110 - 117   2019年01月( ISSN:0362-2436

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BRS.0000000000002769

    PubMed

  • Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery 査読

    Ahmadi Sayed Abdullah, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Akhgar Javid, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Rahmani Mohammad Suhrab, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   24 ( 1 )   62 - 67   2019年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2018.08.023

    PubMed

  • Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery 査読

    Yamada Kentaro, Satoh Shigenobu, Hashizume Hiroshi, Yoshimura Noriko, Kagotani Ryohei, Ishimoto Yuyu, Abe Yuichiro, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Masuda Takeshi, Muraki Shigeyuki, Nakamura Hiroaki, Yoshida Munehito

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   37 ( 1 )   118 - 124   2019年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-017-0901-0

    PubMed

  • Anatomical analysis of the human ligamentum flavum in the thoracic spine: Clinical implications for posterior thoracic spinal surgery(和訳中) 査読

    Ahmadi Sayed Abdullah, Suzuki Akinobu, Terai Hidetomi, Tamai Koji, Akhgar Javid, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Rahmani Mohammad Suhrab, Hayashi Kazunori, Ohyama Shoichiro, Takahashi Shinji, Nakamura Hiroaki

    (公社)日本整形外科学会 Journal of Orthopaedic Science   24 ( 1 )   62 - 67   2019年01月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    防腐処理死体20検体を用いて、胸椎黄色靱帯の解剖学的解明を試みた。全椎体を採取後に椎弓根を垂直面で切断、T1/T2からT12/L1の黄色靱帯を造影剤で染色し、CT像によって形状と椎体骨構造との関係を評価した。その結果、胸椎の層間腔内に左右二つの黄色靱帯が存在しており、腹側でcranial laminae、背側でcaudal laminaeを被覆していた。正中における黄色靱帯の高さは頭側から尾側に向かって徐々に増大しており、平均高はT1/T2で11.8±1.6mm、T12/L1で15.1±0.1mmを示していた。黄色靱帯の幅も頭側から尾側にかけて緩やかに増加しており、平均幅はT1/T2で13.8±1.4mm、T12/L1で17.8±1.6mmであった。なお、いずれの脊椎レベルでも幅に有意な左右差はなかった。また、黄色靱帯によるcaudal laminaの被覆率は上位脊椎から下位脊椎に向かって徐々に増加し、平均被覆率はT1で31.7%、T12で41.7%であったが、cranial laminaの被覆率は減少しており、平均被覆率はT2で12.6%、L1で4.3%であった。黄色靱帯で被覆されない空白域に関して脊椎レベルでの差はなく、平均53.9±2.5%を示していた。胸椎椎間孔において、黄色靱帯は椎間関節をT2/T3からT12/L1のレベルで被覆していたが、T1/T2レベルでの被覆はみられなかった。

  • Ultrasonographic findings in a patient with reactive arthritis induced by intravesical BCG therapy for bladder cancer 査読

    Yoshimura Hitoshi, Okano Tadashi, Inui Kentaro, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF MEDICAL ULTRASONICS   46 ( 1 )   163 - 165   2019年01月( ISSN:1346-4523

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s10396-018-0889-7

    PubMed

  • Secondary osteosarcoma in patients previously treated for childhood cancer: Three case reports 査読

    Shimatani Akiyoshi, Aono Masanari, Hoshi Manabu, Oebisu Naoto, Iwai Tadashi, Takada Naoki, Hara Junichi, Nitani Chika, Nakamura Hiroaki

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   10 ( 1 )   153 - 158   2019年01月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3892/mco.2018.1752

    PubMed

  • 膀胱癌への膀胱内BCG療法により誘発された反応性関節炎患者の超音波所見(Ultrasonographic findings in a patient with reactive arthritis induced by intravesical BCG therapy for bladder cancer) 査読

    Yoshimura Hitoshi, Okano Tadashi, Inui Kentaro, Nakamura Hiroaki

    シュプリンガー・ジャパン(株) Journal of Medical Ultrasonics   46 ( 1 )   163 - 165   2019年01月( ISSN:1346-4523

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は69歳男性で、膀胱上皮内癌と診断され、膀胱内BCG療法が施行された。3回目の膀胱内BCG注射後に左手関節に疼痛と腫脹を呈し、翌週には左手関節症状の悪化と右手関節の疼痛と腫脹が認められた。超音波検査により、両手関節の関節内滑膜炎、手関節屈筋腱腱鞘炎および手関節伸筋腱鞘炎と橈側手根屈筋腱(FCR)の腱付着部炎が描出され、両手関節FCRの重度腱付着部炎から、膀胱内BCG療法で誘発された反応性関節炎(ReA)と確定診断された。NSAID療法で症状が改善されなかったため、メトトレキサート、サラゾスルファピリジンおよびプレドニゾロン投与を行ったところ、1ヵ月後に手関節痛と腫脹は軽減され、超音波検査でも炎症所見の改善が認められた。ReA治療の間も膀胱内BCG療法は継続して行い、3ヵ月後に治療終了した結果、6ヵ月後には、手関節症状と超音波像の炎症所見は概ね消失したことが確認された。本例から、膀胱内BCG療法の有害事象としてReAを考慮に入れ、ReAの確定診断に超音波検査が有用であることが示された。

  • 後方除圧術を実施した腰椎変性疾患例における質調整生存年(quality-adjusted life year:QALY) 査読

    加藤 相勲, 並川 崇, 松村 昭, 中村 博亮

    (一社)中部日本整形外科災害外科学会 中部日本整形外科災害外科学会雑誌   62 ( 1 )   17 - 18   2019年01月( ISSN:0008-9443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腰椎変性疾患に対し3椎間までの後方除圧術を実施した300例(男性151例、女性149例、平均70.1歳)を対象とし、術前と術後3ヵ月/1年/2年でのQOL効用値、術後1年/2年での獲得QALY(質調整生存年)を調査した。なお、QOL効用値はAraらが報告したpredicting SF-6Dを使用し、QOL効用値に生存年数を乗じて獲得QALYを算出した。その結果、全例におけるQOL効用値は術前0.516、術後3ヵ月0.569、術後1年0.57、術後2年0.568で、術後2年でのQOL効用値の改善は0.05であった。また、獲得QALYは全例において術後1年で0.047、術後2年で0.1であった。

  • 広汎性特発性骨増殖症は手術を必要とする腰部脊柱管狭窄症と関連する(Diffuse idiopathic skeletal hyperostosis is associated with lumbar spinal stenosis requiring surgery) 査読

    Yamada Kentaro, Satoh Shigenobu, Hashizume Hiroshi, Yoshimura Noriko, Kagotani Ryohei, Ishimoto Yuyu, Abe Yuichiro, Toyoda Hiromitsu, Terai Hidetomi, Masuda Takeshi, Muraki Shigeyuki, Nakamura Hiroaki, Yoshida Munehito

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   37 ( 1 )   118 - 124   2019年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    手術を必要とする腰部脊柱管狭窄症(LSS)患者とLSSの症状のない被験者における広汎性特発性骨増殖症(DISH)の有病率を調査し、手術を必要とするLSSとDISHとの関連を明らかにした。症候性LSSに対して手術を実施した患者2363例(男性49.8%、平均68.0±8.4歳)とLSSのない対照787例(男性33.4%、平均67.2±12.4歳)を調査した。DISHの有病率はX線検査でLSSのない無症候性対照では14.4%、X線検査でLSSのある無症候性対照では21.1%、手術を必要とするLSS患者では31.7%で、有意に増加した。DISHの分布は群間で同様であったが、手術を必要とするLSS患者では胸郭下部と上部中央腰椎域の頻度が高かった。年齢、性別、BMI、糖尿病の補正後、多変量解析ではDISHが手術を必要とするLSSに関連する独立因子であった。手術を必要とするLSS患者では、DISHのない患者よりも手術を必要とするDISH患者において、腰椎上部での狭窄と多層狭窄の高発生率が観察された。DISHによる下部可動域における減少によって、LSSの発症または重度が増加することが示唆された。

  • 平山病の長期悪化患者に対する外科的治療(Surgical Treatment of a Patient with Prolonged Exacerbation of Hirayama Disease) 査読

    Dohzono Sho, Toyoda Hiromitsu, Tamura Akiko, Hayashi Kazunori, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki

    (一社)日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   3 ( 1 )   95 - 97   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は48歳女性で、右遠位上手部と前腕の進行性脱力を呈していた。症状は15歳時に始まり、右手の冷感も伴っていた。3年後には右手指の伸展が困難となり、寒冷気候中では巧緻運動障害も経験していた。筋力低下の悪化も進行し、近位同側下肢の緩徐な進行性脱力も現れたため当院に来院した。神経学的検査で、右遠位上肢の顕著な萎縮と鷲手変形が明らかとなり、罹患した前腕の尺骨側と手で中程度から重度の感覚障害が観察された。頸部MRIでは、C4-5、C5-6、C6-7レベルでのT2強調画像上に高輝度領域を伴う非対称な前後方向平坦化が見られ、屈位の頸部MRIでは後部硬膜壁の変位がない脊髄前方移動、当該脊髄のC4-5およびC5-6レベルでの圧迫が明らかとなった。C4-5およびC5-6レベルでの前方除圧固定術を行い、ポリエーテルエーテルケトンケージを各椎体間スペースに配置して頸椎前彎を達成した。術後2年で右足は完全な強さを維持しているが、右遠位上肢の顕著な萎縮と鷲手変形は残存している。

  • Preoperative Morphology of the Proximal Femoral Canal Did Not Affect the Postoperative Bone Mineral Density Change Around the Zweymuller-Type Stem 査読

    Nakamura Suguru, Minoda Yukihide, Ohta Yoichi, Sugama Ryo, Yamamura Kazumasa, Ueyama Hideki, Nakamura Hiroaki

    ORTHOPEDICS   42 ( 5 )   E449 - E453   2019年( ISSN:0147-7447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3928/01477447-20190604-04

    PubMed

  • Intraoperative bone tunnel laceration affects integrity of arthroscopic transosseous rotator cuff repair with a tunneling device 査読

    Hirakawa Yoshihiro, Manaka Tomoya, Ito Yoichi, Ichikawa Koichi, Matsuda Yoshinobu, Shimizu Hayato, Nakamura Hiroaki

    CURRENT ORTHOPAEDIC PRACTICE   30 ( 4 )   336 - 342   2019年( ISSN:1940-7041

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/BCO.0000000000000776

  • Impact of Hemodialysis on Surgical Outcomes and Mortality Rate after Lumbar Spine Surgery: A Matched Cohort Study 査読

    Hori Yusuke, Takahashi Shinji, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu, Suzuki Akinobu, Hayashi Kazunori, Tamai Koji, Ohyama Shoichiro, Nakamura Hiroaki

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 SPINE SURGERY AND RELATED RESEARCH   3 ( 2 )   151 - 156   2019年( ISSN:2432-261X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Introduction: Despite ongoing improvements in both dialysis and surgical techniques, spinal surgery in patients undergoing hemodialysis (HD) is a challenge to surgeons because of the high mortality rate. However, no previous studies have examined clinical outcomes after lumbar surgery in HD patients. The purpose of this study is to compare clinical outcomes and complication rates after lumbar spinal surgery in patients with or without hemodialysis.</p><p>Methods: This retrospective, matched cohort study was conducted to compare surgical ou