2022/07/13 更新

写真a

スミ トシユキ
角 俊幸
SUMI Toshiyuki
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 教授
医学部 医学科
職名
教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( - )

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

研究キーワード

  • 婦人科腫瘍

研究概要

  • 1.癌悪液質の病態生理とその改善法 2.進行癌患者に対する集学的治療 3.癌浸潤・転移のメカニズムの解明 4.更年期女性の尿失禁の診断と治療

研究歴

  • リバウンド体重増加のメカニズム

    肥満、脂肪細胞、血管新生  個人研究

    2002年04月 

  • 尿失禁

    尿失禁  機関内共同研究

    1900年04月 

  • 婦人科悪性腫瘍における血管新生

    婦人科悪性腫瘍、血管新生  機関内共同研究

    1900年04月 

  • 癌悪液質

    癌悪液質、癌貧血誘発物質、血漿浄化療法  個人研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本産科婦人科学会

      国内

  • 近畿エンドメトリオーシス研究会

      国内

  • 日本産科婦人科内視鏡学会

      国内

  • 日本緩和医療学会

      国内

  • 日本女性骨盤底医学会

      国内

  • 日本産科婦人科栄養・代謝研究会

      国内

  • 日本婦人科腫瘍学会

      国内

  • 日本癌治療学会

      国内

  • 日本癌学会

      国内

  • 近畿産科婦人科学会

      国内

  • 日本産婦人科手術学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 代議員   日本産科婦人科学会  

    2011年 - 継続中 

  • 理事   日本婦人科腫瘍学会  

    2018年 - 継続中 

  • 代議員   日本癌治療学会  

    2017年 - 継続中 

  • 理事   日本女性骨盤底医学会  

    2014年 - 継続中 

  • 理事   日本産科婦人科栄養・代謝学会  

    2013年 - 継続中 

  • 評議員   近畿産科婦人科学会  

    2009年 - 継続中 

  • 評議員   日本婦人科腫瘍学会  

    2016年 - 2017年 

  • 理事   日本婦人科腫瘍学会  

    2014年 - 2015年 

  • 幹事   日本女性骨盤底医学会  

    2006年 - 2013年 

  • 評議員   日本婦人科腫瘍学会  

    2004年 - 2013年 

  • 幹事   日本産科婦人科栄養・代謝研究会  

    2002年 - 2012年 

▼全件表示

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   外科系専攻(産婦人科)   博士課程   単位取得満期退学

    - 1998年

  • 大阪市立大学   医学部    

    - 1991年

論文

  • Pharmacokinetics of paclitaxel and carboplatin in a hemodialysis patient with advanced ovarian cancer.

    Yoshida H, Sumi T, Abe K, Ishiko O.

    Eur J Gynaecol Oncol.   30 ( 5 )   583 - 5   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diffuse alveolar haemorrhage due to pheochromocytoma crisis. 査読

    Shijubou N, Sumi T, Kamada K, Yamada Y, Nakata H, Chiba H

    Respirology case reports   9 ( 4 )   e00722   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcr2.722

    PubMed

  • Pseudomesotheliomatous carcinoma of lung adenocarcinoma diagnosed using transesophageal ultrasound-guided bronchoscopic aspiration. 査読

    Sumi T, Nakata H, Mori Y, Chiba H

    Thoracic cancer   2021年03月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1759-7714.13916

    PubMed

  • Long-term response to afatinib in an elderly patient with uncommon epidermal growth factor receptor mutation-positive lung adenocarcinoma. 査読

    Shijubou N, Sumi T, Kamada K, Sawai T, Yamada Y, Nakata H, Mori Y, Chiba H

    Thoracic cancer   12 ( 6 )   989 - 992   2021年03月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1759-7714.13869

    PubMed

  • Spontaneous pneumothorax during nintedanib therapy in patients with systemic sclerosis-associated interstitial lung disease. 査読

    Sumi T, Uehara H, Tada M, Keira Y, Kamada K, Shijubou N, Yamada Y, Nakata H, Mori Y, Chiba H

    Respirology case reports   9 ( 3 )   e00716   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcr2.716

    PubMed

  • Sedation with fentanyl and midazolam without oropharyngeal anesthesia compared with sedation with pethidine and midazolam with oropharyngeal anesthesia in ultrathin bronchoscopy for peripheral lung lesions. 査読

    Sumi T, Kamada K, Sawai T, Shijubou N, Yamada Y, Nakata H, Mori Y, Chiba H

    Respiratory investigation   59 ( 2 )   228 - 234   2021年03月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2020.10.001

    PubMed

  • Clinical benefit for clinical sequencing using cancer panel testing 査読

    Nishimura Sadaaki, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Yamamoto Yurie, Yamauchi Makoto, Sumi Toshiyuki, Kaneda Hiroyasu, Kawaguchi Tomoya, Kato Minoru, Tagami Mizuki, Oebisu Naoto, Hoshi Manabu, Kimura Kenjiro, Kubo Shoji, Muguruma Kazuya, Takashima Tsutomu, Ohira Masaichi, Yashiro Masakazu

    PLOS ONE   16 ( 2 )   e0247090   2021年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0247090

    PubMed

  • A survey of 20-year-old Japanese women: how is their intention to undergo cervical cancer screening associated with their childhood HPV vaccination status? 査読

    Kakubari Reisa, Egawa-Takata Tomomi, Ueda Yutaka, Tanaka Yusuke, Yagi Asami, Morimoto Akiko, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Matsumura Noriomi, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Kudo Risa, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   17 ( 2 )   434 - 442   2021年02月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21645515.2020.1788326

    PubMed

  • 画像検査から微小な奇形腫を疑い腹腔鏡下手術を行った卵巣未熟奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎の1例 査読

    山内 真, 南野 成則, 下村 将央, 今井 健至, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   73 ( 1 )   68 - 72   2021年02月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    抗NMDA受容体脳炎は2007年にDalmauによって提唱された若年女性に好発する自己免疫性辺縁系脳炎であり、腫瘍、とくに卵巣奇形腫に随伴することが多い。今回、明らかな卵巣腫大は認めなかったが、抗NMDA受容体抗体が陽性であり、画像検査にて右卵巣にわずかに脂肪成分を疑う部位を認めたため腹腔鏡手術を施行し、卵巣奇形腫の診断に至った症例を経験したので報告する。19歳1妊未産の女性。当院に入院する11日前から感冒症状が出現。入院4日前の夕に異常行動と全身痙攣を認め前医救急搬送となった。頭部MRIに異常所見は認められなかったが、意識障害の進行と不随意運動を認め脳炎が疑われたため当院神経内科へ紹介となった。その後、ICUへ入室し人工呼吸器管理となった。頭部造影MRIで大脳辺縁系にT2WI高信号域を認め、辺縁系脳炎と考えられた。入院後7日目に抗NMDA受容体抗体が検出され、骨盤部MRIとCTを撮像も明らかな卵巣の腫大は認めなかったが、微小な奇形腫の可能性も考慮し当科紹介となった。当科にて再度MRIと造影CTを撮影したところ、右卵巣に明確ではないがごくわずかに脂肪成分を疑う部位を偶発的に認めたため、腹腔鏡下右付属器摘出術を施行し右卵巣内に割を入れたところ、ごくわずかな脂肪組織を含む腫瘍(大きさ3mm)を認め、摘出標本の病理検査結果は未熟奇形腫grade 1であった。その後、人工呼吸器を離脱し徐々に意識状態は改善した。今回われわれは、微小な卵巣未熟奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎に対して画像検査を重ねることで微小な病変を疑い、腹腔鏡手術に踏み切り診断と回復に至った1例を経験した。抗NMDA受容体脳炎は意識障害や呼吸障害など重篤な臨床経過をたどることが多く、画像上検出が困難な微小な腫瘍でも本疾患を発症する可能性があることを念頭において、複数回の画像検査実施あるいは撮影条件を変更して画像検査を再検討する必要があると考えられた。(著者抄録)

  • PRMT1 expression predicts sensitivity to platinum-based chemotherapy in patients with ovarian serous carcinoma 査読

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Awazu Yuichiro, Nanno Shigenori, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   21 ( 2 )   162   2021年02月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12423

    PubMed

  • PRMT1 expression predicts response to neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Shimomura Masahiro, Fukuda Takeshi, Awazu Yuichiro, Nanno Shigenori, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   21 ( 2 )   150   2021年02月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12411

    PubMed

  • Is Cancer Panel Testing useful for cancer treatment? 査読

    Nishimura Sadaaki, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Yamauchi Makoto, Sumi Toshiyuki, Sawa Kenji, Kawaguchi Tomoya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Muguruma Kazuya, Takashima Tsutomu, Ohira Masaichi, Yashiro Masakazu

    CANCER SCIENCE   112   325 - 325   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • がん遺伝子パネル検査を用いたクリニカルシーケンスの課題と現状 査読

    西村 貞德, 加藤 実, 木村 健二郎, 永原 央, 六車 一哉, 李 栄柱, 高島 勉, 久保 正二, 大平 雅一, 八代 正和, 杉本 敦史, 櫛山 周平, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 山内 真, 角 俊幸, 金田 裕靖, 川口 知哉

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   36 ( 0 )   5 - 6   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.36.5

    CiNii Article

  • Lung adenocarcinoma observed within a peripheral cavitary lesion using an ultrathin bronchoscope. 査読

    Sumi T, Sawai T, Shijubou N, Yamada Y, Nakata H, Mori Y, Takahashi H

    Japanese journal of clinical oncology   50 ( 12 )   1479 - 1480   2020年12月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa063

    PubMed

  • Tuberculous peritonitis with elevated serum CA125 levels mimicking peritoneal cancer 査読

    Taniwaki A., Hashiguchi Y., Yamauchi M., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   47 ( 6 )   994 - 996   2020年12月( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31083/j.ceog.2020.06.5355

  • The post-progression survival of patients with recurrent or persistent ovarian clear cell carcinoma: results from a randomized phase III study in JGOG3017/GCIG 査読

    Kondo Eiji, Tabata Tsutomu, Suzuki Nao, Aoki Daisuke, Yahata Hideaki, Kotera Yoshio, Tokuyama Osamu, Fujiwara Keiichi, Kimura Eizo, Terauchi Fumitoshi, Sumi Toshiyuki, Okamoto Aikou, Yaegashi Nobuo, Enomoto Takayuki, Sugiyama Toru

    JOURNAL OF GYNECOLOGIC ONCOLOGY   31 ( 6 )   e94   2020年11月( ISSN:2005-0380

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3802/jgo.2020.31.e94

    PubMed

  • Lung adenocarcinoma with tumor resolution and dystrophic calcification after salvage surgery following immune checkpoint inhibitor therapy: A case report. 査読

    Sumi T, Uehara H, Masaoka T, Tada M, Keira Y, Kamada K, Shijubou N, Yamada Y, Nakata H, Mori Y, Chiba H

    Thoracic cancer   11 ( 11 )   3396 - 3400   2020年11月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1759-7714.13663

    PubMed

  • Secondary small cell vaginal cancer after operative therapy for endometrial cancer 査読

    Shimazaki Ikuji, Hashiguchi Yasunori, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   41 ( 5 )   821 - 823   2020年10月( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31083/j.ejgo.2020.05.5429

  • A survey of Japanese mothers on the effectiveness of the Ministry of Health, Labor and Welfare's revised HPV vaccine leaflet 査読

    Shiomi Mayu, Ueda Yutaka, Abe Hazuki, Yagi Asami, Sakiyama Kanako, Kimura Tadashi, Tanaka Yoshimichi, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Matsumura Noriomi, Saito Junko, Takagi Tetsu, Horikoshi Yorihiko, Shimura Kentaro

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   16 ( 10 )   2555 - 2558   2020年10月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21645515.2020.1723362

    PubMed

  • TWISTED ALEXANDER POLYNOMIAL OF A RIBBON 2-KNOT OF 1-FUSION 査読

    Kanenobu Taizo, Sumi Toshio

    OSAKA JOURNAL OF MATHEMATICS   57 ( 4 )   789 - 803   2020年10月( ISSN:0030-6126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of ultrathin bronchoscopy with conventional bronchoscopy for the diagnosis of peripheral lung lesions without virtual bronchial navigation(和訳中) 査読

    Sumi Toshiyuki, Ikeda Takumi, Sawai Takeyuki, Shijubou Naoki, Kure Kenichi, Yamada Yuichi, Nakata Hisashi, Mori Yuji, Takahashi Hiroki

    エルゼビア・ジャパン(株) Respiratory Investigation   58 ( 5 )   376 - 380   2020年09月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of ultrathin bronchoscopy with conventional bronchoscopy for the diagnosis of peripheral lung lesions without virtual bronchial navigation. 査読

    Sumi T, Ikeda T, Sawai T, Shijubou N, Kure K, Yamada Y, Nakata H, Mori Y, Takahashi H

    Respiratory investigation   58 ( 5 )   376 - 380   2020年09月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2020.03.001

    PubMed

  • Enhanced lactic acid bacteria viability with yeast coincubation under acidic conditions(和訳中) 査読

    Hirai Satomi, Kawasumi Toshiyuki

    (公社)日本農芸化学会 Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   84 ( 8 )   1706 - 1713   2020年08月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pericyte-myofibroblast transition in the human lung. 査読

    Yamaguchi M, Hirai S, Tanaka Y, Sumi T, Tada M, Takahashi H, Watanabe A, Sakuma Y

    Biochemical and biophysical research communications   528 ( 2 )   269 - 275   2020年07月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.05.091

    PubMed

  • Suciu's ribbon 2-knots with isomorphic group 査読

    Kanenobu Taizo, Sumi Toshio

    JOURNAL OF KNOT THEORY AND ITS RAMIFICATIONS   29 ( 7 )   2020年06月( ISSN:0218-2165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0218216520500534

  • Tegafur/gimeracil/oteracil-induced eosinophilic pneumonia. 査読

    Sumi T, Nakata H, Mori Y, Takahashi H

    Respirology case reports   8 ( 4 )   e00551   2020年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcr2.551

    PubMed

  • HMGCR antibody-associated myopathy in patient with endometrial cancer: a rare case 査読

    Wada T., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   41 ( 1 )   148 - 150   2020年02月( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31083/j.ejgo.2020.4901

  • Secondary small cell carcinoma of the endometrium after concurrent chemoradiotherapy for cervical cancer: a rare case 査読

    Tasaka R., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   41 ( 1 )   142 - 144   2020年02月( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.31083/j.ejgo.2020.4813

  • 卵巣成熟奇形腫の術前診断で手術を行うも子宮腫瘍と判明し腹腔鏡下子宮全摘出術を行った脂肪平滑筋腫の1例 査読

    市村 友季, 笠井 真理, 下村 将央, 山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌   36 ( 2 )   198 - 203   2020年( ISSN:1884-9938

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>  Ovarian mature teratomas present various risks, such as acute abdomen, and hence surgery is the usual protocol. On the other hand, uterine lipoleiomyoma is a variant of uterine leiomyoma, and surgery is not always performed in postmenopausal cases. We report a case of postmenopausal uterine lipoleiomyoma, preoperatively diagnosed as ovarian mature teratoma, and treated surgically. A 71-year-old woman presented a 5.5-cm mass on the left dorsal side of the uterus that was fat suppressed on magnetic resonance imaging. The preoperative diagnosis was mature teratoma of the left ovary.</p><p>  Laparoscopic bilateral salpingo-oophorectomy was planned, but we changed the operative procedure to laparoscopic hysterectomy and bilateral salpingo-oophorectomy. This was because the mass was identified as a uterine mass as no swelling was observed in either ovary during surgery. Pathological examination of the excised specimen revealed lipoleiomyoma. It may be difficult to distinguish uterine lipoleiomyomas from ovarian mature teratomas when the lipoleiomyomas are subserosal. In this case, the tumor was presumed to have originated from the uterus based on the findings of the pelvic examination, and we were able to discuss the operative procedure options in advance. One of the merits of laparoscopic surgery in this case was that the burden of changing the surgical procedure was less than that with laparotomy; however, at the same time, preoperative exclusion of malignant disease was considered important. In the diagnosis of tumors containing fat, the differential diagnosis of lipoleiomyoma should be considered.</p><p></p>

    DOI: 10.5180/jsgoe.36.2_198

    CiNii Article

  • 画像検査から微小な奇形腫を疑い腹腔鏡下手術を行った卵巣未熟奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎の1例 査読

    山内 真, 南野 成則, 下村 将央, 今井 健至, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   73 ( 1 )   68 - 72   2020年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>抗NMDA受容体脳炎は2007年にDalmauによって提唱された若年女性に好発する自己免疫性辺縁系脳炎であり,腫瘍,とくに卵巣奇形腫に随伴することが多い.今回,明らかな卵巣腫大は認めなかったが,抗NMDA受容体抗体が陽性であり,画像検査にて右卵巣にわずかに脂肪成分を疑う部位を認めたため腹腔鏡手術を施行し,卵巣奇形腫の診断に至った症例を経験したので報告する.19歳1妊未産の女性.当院に入院する11日前から感冒症状が出現,入院4日前の夕に異常行動と全身痙攣を認め前医救急搬送となった.頭部MRIに異常所見は認められなかったが,意識障害の進行と不随意運動を認め脳炎が疑われたため当院神経内科へ紹介となった.その後,ICUへ入室し人工呼吸器管理となった.頭部造影MRIで大脳辺縁系にT2WI高信号域を認め,辺縁系脳炎と考えられた.入院後7日目に抗NMDA受容体抗体が検出され,骨盤部MRIとCTを撮像も明らかな卵巣の腫大は認めなかったが,微小な奇形腫の可能性も考慮し当科紹介となった.当科にて再度MRIと造影CTを撮影したところ,右卵巣に明確ではないがごくわずかに脂肪成分を疑う部位を偶発的に認めたため,腹腔鏡下右付属器摘出術を施行し右卵巣内に割を入れたところ,ごくわずかな脂肪組織を含む腫瘍(大きさ3 mm)を認め,摘出標本の病理検査結果は未熟奇形腫grade 1であった.その後,人工呼吸器を離脱し徐々に意識状態は改善した.今回われわれは,微小な卵巣未熟奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎に対して画像検査を重ねることで微小な病変を疑い,腹腔鏡手術に踏み切り診断と回復に至った1例を経験した.抗NMDA受容体脳炎は意識障害や呼吸障害など重篤な臨床経過をたどることが多く,画像上検出が困難な微小な腫瘍でも本疾患を発症する可能性があることを念頭において,複数回の画像検査実施あるいは撮影条件を変更して画像検査を再検討する必要があると考えられた.〔産婦の進歩73(1):68-72,2021(令和3年2月)〕</p>

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.73.68

    CiNii Article

  • SERUM CA125 IN PATIENTS WITH ENDOMETRIAL CANCER 査読

    Hashiguchi Y., Yamauchi M., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   29   A170 - A170   2019年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/ijgc-2019-IGCS.409

  • Predictors for pathological parametrial invasion in clinical stage IIB cervical cancer 査読

    Matsuo Koji, Shimada Muneaki, Nakamura Keiichiro, Takei Yuji, Ushijima Kimio, Sumi Toshiyuki, Ohara Tatsuru, Yahata Hideaki, Mikami Mikio, Sugiyama Toru

    EJSO   45 ( 8 )   1417 - 1424   2019年08月( ISSN:0748-7983

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejso.2019.02.019

    PubMed

  • Predictors for pathological parametrial invasion in clinical stage iib cervical cancer: A nation-wide cohort study 査読

    Tokunaga H., Shimada M., Matsuo K., Nakamura K., Takei Y., Ushijima K., Sumi T., Ohara T., Yahata H., Mikami M., Sugiyama T.

    GYNECOLOGIC ONCOLOGY   154   273 - 274   2019年06月( ISSN:0090-8258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ygyno.2019.04.637

  • The prognosis of patients with recurrent or persistent ovarian clear cell carcinoma: Results from a randomized phase III study (JGOG3017/GCIG). 査読

    Kondo Eiji, Tabata Tsutomu, Suzuki Nao, Aoki Daisuke, Tokuyama Osamu, Kato Kiyoko, Hamano Tetsutaro, Kotera Yoshio, Fujiwara Keiichi, Kimura Eizo, Terauchi Fumitoshi, Sumi Toshiyuki, Okamoto Aikou, Yaegashi Nobuo, Enomoto Takayuki, Sugiyama Toru

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 15 )   2019年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The prognosis of patients with recurrent or persistent ovarian clear cell carcinoma: Results from a randomized phase III study (JGOG3017/GCIG). 査読

    Kondo Eiji, Tabata Tsutomu, Suzuki Nao, Aoki Daisuke, Tokuyama Osamu, Kato Kiyoko, Hamano Tetsutaro, Kotera Yoshio, Fujiwara Keiichi, Kimura Eizo, Terauchi Fumitoshi, Sumi Toshiyuki, Okamoto Aikou, Yaegashi Nobuo, Enomoto Takayuki, Sugiyama Toru

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 15 )   2019年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serous endometrial intraepithelial carcinoma diagnosed by hysteroscopic transcervical resection 査読

    Matsubara H., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   40 ( 5 )   889 - 891   2019年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo4645.2019

  • Ovarian actinomycosis mimicking ovarian malignant tumor with no history of intra-uterine device: a rare case 査読

    Oki E., Hashiguchi Y., Yamauchi M., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   46 ( 6 )   1011 - 1013   2019年( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12891/ceog4900.2019

  • Cervical cancer metastatic to the upper part of the ureter: a rare case 査読

    Kawanishi M., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   40 ( 2 )   345 - 347   2019年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo4549.2019

  • Perivascular epithelioid cell tumor of vulva: a rare case 査読

    Tasaka R., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   40 ( 1 )   148 - 150   2019年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo4158.2019

  • Primary small cell ovarian carcinoma of the pulmonary type 査読

    Hashiguchi Yasunori, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   48 - 48   2018年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary small cell ovarian carcinoma of the pulmonary type 査読

    Hashiguchi Yasunori, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   48 - 48   2018年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Age-related differences in prognosis and prognostic factors among patients with epithelial ovarian cancer. 査読

    Yoshikawa K, Fukuda T, Uemura R, Matsubara H, Wada T, Kawanishi M, Tasaka R, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   9 ( 3 )   329 - 334   2018年09月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2018.1668

    PubMed

  • CERVICAL CLEAR CELL CARCINOMA: REPORT OF A CASE 査読

    Yamauchi M., Takeshi F., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   579 - 579   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EVALUATION OF EFFICACY AND SAFETY OF BEVACIZUMAB FOR ADVANCE AND RECURRENT M.LLERIAN CARCINOMA IN OUR INSTITUTION 査読

    Matsubara H., Fukuda T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   762 - 762   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NEUTROPHIL-TO-LYMPHOCYTE RATIO IS ASSOCIATED WITH SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY AND PROGNOSIS FOR ADVANCED OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Shimomura M., Fukuda T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   834 - 834   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PROTECTIVE EFFECT OF MAGNESIUM SUPPLEMENTATION ON CISPLATIN-INDUCED RENAL TOXICITY IN PATIENTS WITH UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Inoue Y., Fukuda T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Tomoyuki I., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   297 - 297   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当院におけるAGCの管理 査読

    笠井 真理, 植村 遼, 松原 裕明, 川西 勝, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 福田 武史, 市村 友季, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   70 ( 4 )   349 - 352   2018年09月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ベセスダシステムではAGC(異型腺細胞)の判定は特定の前癌病変を指すのではなく、癌へのリスクの高さを示す診断カテゴリーとされるが、基準が定まらず管理に苦慮することが多い。当院におけるAGCの管理(精査・フォローアップの方針)は、コルポ下生検と頸管内膜生検に加え体部内膜生検も積極的に行い、AGCを反復する症例で生検を複数回行っても診断がつかない場合には診断的円錐切除術を考慮する。今回、当院がベセスダシステムに完全移行した2015年から2017年までにAGCと判定された症例の転帰と臨床的取り扱いについて後方視的に検討した結果、当院のAGC管理は妥当と考えられた。

  • 当院におけるAGCの管理 査読

    笠井 真理, 植村 遼, 松原 裕明, 川西 勝, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 福田 武史, 市村 友季, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   70 ( 4 )   349 - 352   2018年09月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ベセスダシステムではAGC(異型腺細胞)の判定は特定の前癌病変を指すのではなく、癌へのリスクの高さを示す診断カテゴリーとされるが、基準が定まらず管理に苦慮することが多い。当院におけるAGCの管理(精査・フォローアップの方針)は、コルポ下生検と頸管内膜生検に加え体部内膜生検も積極的に行い、AGCを反復する症例で生検を複数回行っても診断がつかない場合には診断的円錐切除術を考慮する。今回、当院がベセスダシステムに完全移行した2015年から2017年までにAGCと判定された症例の転帰と臨床的取り扱いについて後方視的に検討した結果、当院のAGC管理は妥当と考えられた。

  • PROTECTIVE EFFECT OF MAGNESIUM SUPPLEMENTATION ON CISPLATIN-INDUCED RENAL TOXICITY IN PATIENTS WITH UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Inoue Y, Fukuda T, Yamauchi M, Kasai M, Hashiguchi Y, Tomoyuki I, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   297 - 297   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NEUTROPHIL-TO-LYMPHOCYTE RATIO IS ASSOCIATED WITH SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY AND PROGNOSIS FOR ADVANCED OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Shimomura M, Fukuda T, Yamauchi M, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   834 - 834   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EVALUATION OF EFFICACY AND SAFETY OF BEVACIZUMAB FOR ADVANCE AND RECURRENT M.LLERIAN CARCINOMA IN OUR INSTITUTION 査読

    Matsubara H, Fukuda T, Yamauchi M, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   762 - 762   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CERVICAL CLEAR CELL CARCINOMA: REPORT OF A CASE 査読

    Yamauchi M, Takeshi F, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28   579 - 579   2018年09月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Examination of the use of needle biopsy to perform laparoscopic surgery safely on uterine smooth muscle tumors 査読

    Murakami Makoto, Ichimura Tomoyuki, Kasai Mari, Matsuda Makiko, Kawamura Naoki, Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   15 ( 6 )   8647 - 8651   2018年06月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.8425

    PubMed

  • Expression of UCP2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma 査読

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Wada Takuma, Tasaka Reiko, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   15 ( 6 )   9923 - 9928   2018年06月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.8598

    PubMed

  • 20歳の娘に子宮頸癌スクリーニングを薦めるための母親への動機づけ ランダム化研究(Motivating Mothers to Recommend Their 20-Year-Old Daughters Receive Cervical Cancer Screening: A Randomized Study) 査読

    Egawa-Takata Tomomi, Ueda Yutaka, Morimoto Akiko, Tanaka Yusuke, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Matsuzaki Shinya, Kobayashi Eiji, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Hori Yumiko, Morii Eiichi, Nakayama Tomio, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro, OCEAN Study Group(Obstetrical Gynecological Society of Osaka)

    日本疫学会 Journal of Epidemiology   28 ( 3-4 )   156 - 160   2018年04月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <Highlight>・日本の子宮頸がん検診受診率は特に20代で低い。・子宮頸がん検診未受診の20歳女性に対して、様々な受診勧奨の方法について効果を検証した。・20歳女性に対する子宮頸がん検診受診勧奨の方法として、母親を介した受診勧奨が効果的であることが明らかとなった。(著者抄録)

  • 20歳の娘に子宮頸癌スクリーニングを薦めるための母親への動機づけ ランダム化研究(Motivating Mothers to Recommend Their 20-Year-Old Daughters Receive Cervical Cancer Screening: A Randomized Study) 査読

    Egawa-Takata Tomomi, Ueda Yutaka, Morimoto Akiko, Tanaka Yusuke, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Matsuzaki Shinya, Kobayashi Eiji, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Hori Yumiko, Morii Eiichi, Nakayama Tomio, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro, OCEAN Study Group(Obstetrical Gynecological Society of Osaka)

    日本疫学会 Journal of Epidemiology   28 ( 3-4 )   156 - 160   2018年04月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <Highlight>・日本の子宮頸がん検診受診率は特に20代で低い。・子宮頸がん検診未受診の20歳女性に対して、様々な受診勧奨の方法について効果を検証した。・20歳女性に対する子宮頸がん検診受診勧奨の方法として、母親を介した受診勧奨が効果的であることが明らかとなった。(著者抄録)

  • 20歳の娘に子宮頸癌スクリーニングを薦めるための母親への動機づけ ランダム化研究(Motivating Mothers to Recommend Their 20-Year-Old Daughters Receive Cervical Cancer Screening: A Randomized Study) 査読

    Egawa-Takata Tomomi, Ueda Yutaka, Morimoto Akiko, Tanaka Yusuke, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Matsuzaki Shinya, Kobayashi Eiji, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Hori Yumiko, Morii Eiichi, Nakayama Tomio, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro, OCEAN Study Group, O, stetrical Gynecological, Society of Osaka

    日本疫学会 Journal of Epidemiology   28 ( 3-4 )   156 - 160   2018年04月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <Highlight>・日本の子宮頸がん検診受診率は特に20代で低い。・子宮頸がん検診未受診の20歳女性に対して、様々な受診勧奨の方法について効果を検証した。・20歳女性に対する子宮頸がん検診受診勧奨の方法として、母親を介した受診勧奨が効果的であることが明らかとなった。(著者抄録)

  • Motivating Mothers to Recommend Their 20-Year-Old Daughters Receive Cervical Cancer Screening: A Randomized Study. 査読

    Egawa-Takata T, Ueda Y, Morimoto A, Tanaka Y, Yagi A, Terai Y, Ohmichi M, Ichimura T, Sumi T, Murata H, Okada H, Nakai H, Mandai M, Matsuzaki S, Kobayashi E, Yoshino K, Kimura T, Saito J, Hori Y, Morii E, Nakayama T, Asai-Sato M, Miyagi E, Sekine M, Enomoto T, Horikoshi Y, Takagi T, Shimura K

    日本疫学会 Journal of epidemiology   28 ( 3 )   156 - 160   2018年03月( ISSN:0917-5040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Background:</b> In Japan, the rate of cervical cancer screening is remarkably low, especially among women in their twenties and thirties, when cervical cancer is now increasing dramatically. The aim of this study was to test whether a modified government reminder for 20-year-old women to engage in cervical cancer screening, acting through maternal education and by asking for a maternal recommendation to the daughter to receive the screening, could increase their participation rate.</p><p><b>Methods:</b> In two Japanese cities, 20-year-old girls who had not received their first cervical cancer screening before October of fiscal year 2014 were randomized into two study arms. One group of 1,274 received only a personalized daughter-directed reminder leaflet for cervical cancer screening. In the second group of 1,274, the daughters and their mothers received a combination package containing the same reminder leaflet as did the first group, plus an additional informational leaflet for the mother, which requested that the mother recommend that her daughter undergo cervical cancer screening. The subsequent post-reminder screening rates of these two study arms were compared.</p><p><b>Results:</b> The cervical cancer screening rate of 20-year-old women whose mothers received the information leaflet was significantly higher than that for women who received only a leaflet for themselves (11% vs 9%, <i>P</i> = 0.0049).</p><p><b>Conclusions:</b> An intervention with mothers, by sending them a cervical cancer information leaflet with a request that they recommend that their daughter receive cervical cancer screening, significantly improved their daughters' screening rate.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20160155

    PubMed

    CiNii Article

  • TBX2 expression is associated with platinum-sensitivity of ovarian serous carcinoma. 査読

    Tasaka R, Fukuda T, Shimomura M, Inoue Y, Wada T, Kawanishi M, Yasui T, Sumi T

    Oncology letters   15 ( 3 )   3085 - 3090   2018年03月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2017.7719

    PubMed

  • XPA expression is a predictive marker of the effectiveness of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer. 査読

    Wada T, Fukuda T, Shimomura M, Inoue Y, Kawanishi M, Tasaka R, Yasui T, Ikeda K, Sumi T

    Oncology letters   15 ( 3 )   3766 - 3771   2018年03月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.7810

    PubMed

  • Small cell ovarian carcinoma of the pulmonary type: a rare case 査読

    Kawanishi M., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   39 ( 2 )   297 - 299   2018年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo3609.2018

  • Expression of UCP2 is associated with the sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma 査読

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Shimomura Masahiro, Wada Takuma, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   42   S9 - S9   2018年( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • TBX2 expression is associated with platinum-sensitivity of ovarian serous carcinoma 査読

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   42   S9 - S9   2018年( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Time-dependent changes of the intention of mothers in Japan to inoculate their daughters with the HPV vaccine after suspension of governmental recommendation 査読

    Yagi Asami, Ueda Yutaka, Tanaka Yusuke, Nakae Ruriko, Kakubari Reisa, Morimoto Akiko, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Matsumura Noriomi, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Ikeda Sayaka, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Hirai Kei, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   14 ( 10 )   2497 - 2502   2018年( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21645515.2018.1480240

  • 当院におけるAGCの管理 査読

    笠井 真理, 安井 智代, 角 俊幸, 植村 遼, 松原 裕明, 川西 勝, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 福田 武史, 市村 友季, 橋口 裕紀

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   70 ( 4 )   349 - 352   2018年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.70.349

    CiNii Article

  • Expression of UCP2 is associated with the sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma 査読

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Shimomura Masahiro, Wada Takuma, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   42   S9 - S9   2018年( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • TBX2 expression is associated with platinum-sensitivity of ovarian serous carcinoma 査読

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   42   S9 - S9   2018年( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Kawanishi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   287 - 287   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Kawanishi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1494 - 1494   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Kawanishi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   287 - 287   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1495 - 1495   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   288 - 288   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • XPA EXPRESSION IS A POTENTIAL PREDICTIVE MARKER OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY EFFECTIVENESS FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Wada T., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Kawanishi M., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   750 - 750   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • XPA EXPRESSION IS A POTENTIAL PREDICTIVE MARKER OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY EFFECTIVENESS FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Wada T., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Kawanishi M., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   750 - 750   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   288 - 288   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Tasaka R., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1495 - 1495   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R., Fukuda T., Inoue Y., Shimomura M., Matsubara H., Wada T., Kawanishi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1494 - 1494   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • XPA EXPRESSION IS A POTENTIAL PREDICTIVE MARKER OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY EFFECTIVENESS FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Wada T, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Kawanishi M, Tasaka R, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   750 - 750   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Wada T, Tasaka R, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   288 - 288   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF UCP2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Kawanishi M, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Wada T, Tasaka R, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1495 - 1495   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Wada T, Kawanishi M, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   287 - 287   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE ASSOCIATION BETWEEN EXPRESSION OF TBX2 AND SENSITIVITY TO PLATINUM-BASED CHEMOTHERAPY FOR OVARIAN SEROUS CARCINOMA 査読

    Tasaka R, Fukuda T, Inoue Y, Shimomura M, Matsubara H, Wada T, Kawanishi M, Yasui T, Sumi T

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   27   1494 - 1494   2017年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CA19-9 in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CA19-9 in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CA19-9 in patients with endometrial cancer. 査読

    Hashiguchi Y, Kasai M, Fukuda T, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   28 Suppl 9   ix94   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdx697.086

    PubMed

  • Serum CA19-9 in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当院におけるリンパ嚢胞の発生因子についての検討 査読

    笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   69 ( 3 )   318 - 320   2017年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で後腹膜リンパ節生検または郭清を含む婦人科悪性腫瘍手術を施行した95例(年齢中央値55歳)を対象に、リンパ嚢胞発生のリスクファクターについて検討した。その結果、リンパ嚢胞発生率は35%、症候性リンパ嚢胞の発生率は4%であった。リンパ嚢胞発生のリスクファクターとしては年齢、BMI、摘出リンパ節数、鼠径上リンパ節摘出の有無、傍大動脈リンパ節摘出の有無、リンパ節転移の有無が明らかになった。リンパ浮腫のリスク因子はリンパ嚢胞のリスク因子と重複しており、リンパ浮腫を管理すると同時にリンパ嚢胞の有無を確認し、症候性リンパ嚢胞に対しては速やかに適切に対応することで、QOLを損ねず、がん治療がスムーズに継続できると考えられた。

  • 当院におけるリンパ嚢胞の発生因子についての検討 査読

    笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   69 ( 3 )   318 - 320   2017年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で後腹膜リンパ節生検または郭清を含む婦人科悪性腫瘍手術を施行した95例(年齢中央値55歳)を対象に、リンパ嚢胞発生のリスクファクターについて検討した。その結果、リンパ嚢胞発生率は35%、症候性リンパ嚢胞の発生率は4%であった。リンパ嚢胞発生のリスクファクターとしては年齢、BMI、摘出リンパ節数、鼠径上リンパ節摘出の有無、傍大動脈リンパ節摘出の有無、リンパ節転移の有無が明らかになった。リンパ浮腫のリスク因子はリンパ嚢胞のリスク因子と重複しており、リンパ浮腫を管理すると同時にリンパ嚢胞の有無を確認し、症候性リンパ嚢胞に対しては速やかに適切に対応することで、QOLを損ねず、がん治療がスムーズに継続できると考えられた。

  • UCP2 expression may represent a predictive marker of neoadjuvant chemotherapy effectiveness for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   14 ( 1 )   951 - 957   2017年07月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/o1.2017.6212

  • UCP2 expression may represent a predictive marker of neoadjuvant chemotherapy effectiveness for locally advanced uterine cervical cancer. 査読

    Imai K, Fukuda T, Wada T, Kawanishi M, Tasaka R, Yasui T, Sumi T

    Oncology letters   14 ( 1 )   951 - 957   2017年07月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2017.6212

    PubMed

  • Protein Complex of Fibrinogen Gamma Chain and Complement Factor H in Ovarian Cancer Patient Plasma 査読

    Honda Ken-Ichi, Asada Ryoko, Kageyama Katsuhiro, Fukuda Takeshi, Terada Hiroyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu, Ishiko Osamu, Sugawa Tadashi

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 6 )   2861 - 2866   2017年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11638

    PubMed

  • A retrospective clinical analysis of 5 cases of vaginal melanoma. 査読

    Tasaka R, Fukuda T, Wada T, Kawanishi M, Imai K, Kasai M, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   6 ( 3 )   373 - 376   2017年03月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2017.1158

    PubMed

  • Serum CA19-9 as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   72   S88 - S88   2017年02月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CA19-9 as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   72   S88 - S88   2017年02月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CA19-9 as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y, Kasai M, Fukuda T, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   72   S88 - S88   2017年02月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Realistic fear of cervical cancer risk in Japan depending on birth year 査読

    Yagi Asami, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Tanaka Yusuke, Nakae Ruriko, Morimoto Akiko, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Matsuzaki Shinya, Kobayashi Eiji, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Hori Yumiko, Morii Eiichi, Nakayama Tomio, Suzuki Yukio, Motoki Yoko, Sukegawa Akiko, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Yamaguchi Manako, Kudo Risa, Adachi Sosuke, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   13 ( 7 )   1700 - 1704   2017年( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/21645515.2017.1292190

    PubMed

  • 当院におけるリンパ嚢胞の発生因子についての検討 査読

    笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   69 ( 3 )   318 - 320   2017年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.69.318

    CiNii Article

  • Expression of epidermal growth factor-like domain 7 may be a predictive marker of the effect of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Yamauchi Makoto, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   12 ( 6 )   5183 - 5189   2016年12月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2016.5318

    PubMed

  • 20歳の日本人における子宮頸癌検診受診率改善を目的に枚方市で実施されたプロジェクト 自分の娘に子宮頸癌検診を勧める気を親に起こさせる(Project conducted in Hirakata to improve cervical cancer screening rates in 20-year-old Japanese: Influencing parents to recommend that their daughters undergo cervical cancer screening) 査読

    Yagi Asami, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Tanaka Yusuke, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Matsuzaki Shinya, Kobayashi Eiji, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Hori Yumiko, Morii Eiichi, Nakayama Tomio, Suzuki Yukio, Motoki Yoko, Sukegawa Akiko, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Yamaguchi Manako, Kudo Risa, Adachi Sosuke, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   42 ( 12 )   1802 - 1807   2016年12月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    親が自分の20歳の娘に子宮頸癌検診を勧める意思を効果的に惹起する方法について検討した。20歳の娘と同居している親を対象とした。2013年度に彼らの娘に子宮頸癌検診の無料クーポンを郵送してから数ヵ月後に通知葉書を郵送した。2014年度には、対象となった親に、子宮頸癌に関する情報が記載されたパンフレットと娘に見せるための子宮頸癌に関する漫画を郵送し、自分の娘に子宮頸癌検診を進めるよう要請した。2013年度および2014年度の検診受診率を比較した。2014年度に親にパンフレットを郵送した20歳女性の子宮頸癌検診受診率は、2013年度に簡素な通知葉書のみを郵送した女性より有意に高かった。2014年度全体で見ると、20歳女性の全検診受診率は、2013年度より有意に増加した。20歳の娘を持つ親に対して、娘に初めての子宮頸癌検診を勧める気を起こさせることは可能であった。

  • 20歳の日本人における子宮頸癌検診受診率改善を目的に枚方市で実施されたプロジェクト 自分の娘に子宮頸癌検診を勧める気を親に起こさせる(Project conducted in Hirakata to improve cervical cancer screening rates in 20-year-old Japanese: Influencing parents to recommend that their daughters undergo cervical cancer screening) 査読

    Yagi Asami, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Tanaka Yusuke, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Matsuzaki Shinya, Kobayashi Eiji, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Hori Yumiko, Morii Eiichi, Nakayama Tomio, Suzuki Yukio, Motoki Yoko, Sukegawa Akiko, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Yamaguchi Manako, Kudo Risa, Adachi Sosuke, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   42 ( 12 )   1802 - 1807   2016年12月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    親が自分の20歳の娘に子宮頸癌検診を勧める意思を効果的に惹起する方法について検討した。20歳の娘と同居している親を対象とした。2013年度に彼らの娘に子宮頸癌検診の無料クーポンを郵送してから数ヵ月後に通知葉書を郵送した。2014年度には、対象となった親に、子宮頸癌に関する情報が記載されたパンフレットと娘に見せるための子宮頸癌に関する漫画を郵送し、自分の娘に子宮頸癌検診を進めるよう要請した。2013年度および2014年度の検診受診率を比較した。2014年度に親にパンフレットを郵送した20歳女性の子宮頸癌検診受診率は、2013年度に簡素な通知葉書のみを郵送した女性より有意に高かった。2014年度全体で見ると、20歳女性の全検診受診率は、2013年度より有意に増加した。20歳の娘を持つ親に対して、娘に初めての子宮頸癌検診を勧める気を起こさせることは可能であった。

  • Project conducted in Hirakata to improve cervical cancer screening rates in 20-year-old Japanese: Influencing parents to recommend that their daughters undergo cervical cancer screening 査読

    Yagi Asami, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Tanaka Yusuke, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Matsuzaki Shinya, Kobayashi Eiji, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Hori Yumiko, Morii Eiichi, Nakayama Tomio, Suzuki Yukio, Motoki Yoko, Sukegawa Akiko, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Yamaguchi Manako, Kudo Risa, Adachi Sosuke, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   42 ( 12 )   1802 - 1807   2016年12月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jog.13122

    PubMed

  • 20歳の日本人における子宮頸癌検診受診率改善を目的に枚方市で実施されたプロジェクト 自分の娘に子宮頸癌検診を勧める気を親に起こさせる(Project conducted in Hirakata to improve cervical cancer screening rates in 20-year-old Japanese: Influencing parents to recommend that their daughters undergo cervical cancer screening) 査読

    Yagi Asami, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Tanaka Yusuke, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Matsuzaki Shinya, Kobayashi Eiji, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Hori Yumiko, Morii Eiichi, Nakayama Tomio, Suzuki Yukio, Motoki Yoko, Sukegawa Akiko, Asai-Sato Mikiko, Miyagi Etsuko, Yamaguchi Manako, Kudo Risa, Adachi Sosuke, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   42 ( 12 )   1802 - 1807   2016年12月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    親が自分の20歳の娘に子宮頸癌検診を勧める意思を効果的に惹起する方法について検討した。20歳の娘と同居している親を対象とした。2013年度に彼らの娘に子宮頸癌検診の無料クーポンを郵送してから数ヵ月後に通知葉書を郵送した。2014年度には、対象となった親に、子宮頸癌に関する情報が記載されたパンフレットと娘に見せるための子宮頸癌に関する漫画を郵送し、自分の娘に子宮頸癌検診を進めるよう要請した。2013年度および2014年度の検診受診率を比較した。2014年度に親にパンフレットを郵送した20歳女性の子宮頸癌検診受診率は、2013年度に簡素な通知葉書のみを郵送した女性より有意に高かった。2014年度全体で見ると、20歳女性の全検診受診率は、2013年度より有意に増加した。20歳の娘を持つ親に対して、娘に初めての子宮頸癌検診を勧める気を起こさせることは可能であった。

  • Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Imai K., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Tasaka R., Nishimura S., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   26   139 - 139   2016年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization. 査読

    Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Tasaka R., Imai K., Kasai M., Nishimura S., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   26   359 - 359   2016年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 子宮頸癌スクリーニングに関する日本の母親の態度は、娘に対する子宮頸癌スクリーニングを推奨する意向と相関する(Mothers' attitudes in Japan regarding cervical cancer screening correlates with intention to recommend cervical cancer screening for daughters) 査読

    Egawa-Takata Tomomi, Ueda Yutaka, Tanaka Yusuke, Morimoto Akiko, Kubota Satoshi, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Kudo Risa, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   21 ( 5 )   962 - 968   2016年10月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2015年2月20日〜25日にかけて、インターネットによるe-メールで、同居の20歳の娘を持つ母親を対象に、母親の子宮頸癌に対する知識、最近の子宮頸癌スクリーニング(CCS)歴と娘へのCCSに関する助言との関連性について、アンケート調査を実施した。有効回答が得られた618例のデータを用いて解析を行い、2年以内にCCSを受けていた275例をA群、CCSを受けていなかった343例をB群として、アンケートには子宮頸癌、CCSおよびヒトパピロマウイルス(HPV)に関する知識、子宮頸癌および他の癌を含む癌スクリーニングに対する態度についての質問も含まれた。その結果、A群はB群に比べ、子宮頸癌やCCSに関する知識が有意に高く、娘にしばしばCCSを受けるよう勧める傾向にあった。また、A群の娘はB群の娘に比べ、高頻度にHPVワクチン接種を受けており、さらに、本調査で子宮頸癌の情報を知った前後における娘に対するCCSを勧める割合は、A群では68%が78%に、B群では48%が59%に増加したが、いずれもA群の方が高い傾向であった。

  • The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization. 査読

    Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Tasaka R., Imai K., Kasai M., Nishimura S., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   26   359 - 359   2016年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum carcinoembryonic antigen as a tumour marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CURRENT ONCOLOGY   23 ( 5 )   E439 - E442   2016年10月( ISSN:1198-0052

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3747/co.23.3153

  • Mothers' attitudes in Japan regarding cervical cancer screening correlates with intention to recommend cervical cancer screening for daughters 査読

    Egawa-Takata Tomomi, Ueda Yutaka, Tanaka Yusuke, Morimoto Akiko, Kubota Satoshi, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Kudo Risa, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   21 ( 5 )   962 - 968   2016年10月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-016-0970-4

    PubMed

  • 子宮頸癌スクリーニングに関する日本の母親の態度は、娘に対する子宮頸癌スクリーニングを推奨する意向と相関する(Mothers' attitudes in Japan regarding cervical cancer screening correlates with intention to recommend cervical cancer screening for daughters) 査読

    Egawa-Takata Tomomi, Ueda Yutaka, Tanaka Yusuke, Morimoto Akiko, Kubota Satoshi, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Kudo Risa, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   21 ( 5 )   962 - 968   2016年10月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2015年2月20日〜25日にかけて、インターネットによるe-メールで、同居の20歳の娘を持つ母親を対象に、母親の子宮頸癌に対する知識、最近の子宮頸癌スクリーニング(CCS)歴と娘へのCCSに関する助言との関連性について、アンケート調査を実施した。有効回答が得られた618例のデータを用いて解析を行い、2年以内にCCSを受けていた275例をA群、CCSを受けていなかった343例をB群として、アンケートには子宮頸癌、CCSおよびヒトパピロマウイルス(HPV)に関する知識、子宮頸癌および他の癌を含む癌スクリーニングに対する態度についての質問も含まれた。その結果、A群はB群に比べ、子宮頸癌やCCSに関する知識が有意に高く、娘にしばしばCCSを受けるよう勧める傾向にあった。また、A群の娘はB群の娘に比べ、高頻度にHPVワクチン接種を受けており、さらに、本調査で子宮頸癌の情報を知った前後における娘に対するCCSを勧める割合は、A群では68%が78%に、B群では48%が59%に増加したが、いずれもA群の方

  • Development of an efficient strategy to improve HPV immunization coverage in Japan 査読

    Yagi Asami, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Tanaka Yusuke, Morimoto Akiko, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Okada Hidetaka, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Yoshino Kiyoshi, Kimura Tadashi, Saito Junko, Kudoh Risa, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Hirai Kei, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu, Shimura Kentaro

    BMC PUBLIC HEALTH   16 ( 1 )   1013   2016年09月( ISSN:1471-2458

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12889-016-3676-7

    PubMed

  • 後腹膜線維症による両側水腎症により発見された子宮頸癌の1例 査読

    高瀬 亜紀, 市村 友季, 中川 倫子, 村上 誠, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   68 ( 3 )   243 - 247   2016年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は35歳(未経妊)で、嘔吐と右側腹部痛で近医CTにて両側水腎症を認め、両側尿管カテーテル留置で腎機能は改善せず、当院泌尿器科で両側腎瘻造設術後に当科紹介となった。頸部細胞診はSCC疑いで、コルポスコープで脆弱な易出血性の隆起病変を認め、同部位の生検では粘液性腺癌であった。MRIで子宮体下部に3cm大の筋腫様結節、左卵巣に2〜3cm大のT1・T2強調とも高信号の内膜症性嚢胞様病変を認め、子宮頸部腺癌の診断で広汎子宮全摘術、両側付属器摘出術を行った。術中に後腹膜腔は線維化が著明で尿管は硬化し、後腹膜線維症の所見であった。病理所見で頸部に5mm大の腫瘤、子球体下部に子宮筋腫結節を認め、診断は頸部腺癌で、子宮傍組織浸潤と両側卵巣、骨盤・傍大動脈リンパ節に転移を認めた。洗浄腹水細胞診は腺癌で尿管周囲組織にも転移を認め、後腹膜線維症による水腎症合併の子宮頸部腺癌と診断し、術後化学療法を行ったが、初診17ヵ月後に原病死した。

  • Pharmacokinetic analyses of carboplatin in a patient with cancer of the fallopian tubes undergoing hemodialysis: A case report 査読

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    BIOMEDICAL REPORTS   5 ( 2 )   199 - 202   2016年08月( ISSN:2049-9434

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/br.2016.714

    PubMed

  • 後腹膜線維症による両側水腎症により発見された子宮頸癌の1例 査読

    高瀬 亜紀, 市村 友季, 中川 倫子, 村上 誠, 安井 智代, 角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   68 ( 3 )   243 - 247   2016年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は35歳(未経妊)で、嘔吐と右側腹部痛で近医CTにて両側水腎症を認め、両側尿管カテーテル留置で腎機能は改善せず、当院泌尿器科で両側腎瘻造設術後に当科紹介となった。頸部細胞診はSCC疑いで、コルポスコープで脆弱な易出血性の隆起病変を認め、同部位の生検では粘液性腺癌であった。MRIで子宮体下部に3cm大の筋腫様結節、左卵巣に2〜3cm大のT1・T2強調とも高信号の内膜症性嚢胞様病変を認め、子宮頸部腺癌の診断で広汎子宮全摘術、両側付属器摘出術を行った。術中に後腹膜腔は線維化が著明で尿管は硬化し、後腹膜線維症の所見であった。病理所見で頸部に5mm大の腫瘤、子球体下部に子宮筋腫結節を認め、診断は頸部腺癌で、子宮傍組織浸潤と両側卵巣、骨盤・傍大動脈リンパ節に転移を認めた。洗浄腹水細胞診は腺癌で尿管周囲組織にも転移を認め、後腹膜線維症による水腎症合併の子宮頸部腺癌と診断し、術後化学療法を行ったが、初診17ヵ月後に原病死した。

  • Serum Sialyl-Tn (STN) as a Tumor Marker in Patients with Endometrial Cancer 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    PATHOLOGY & ONCOLOGY RESEARCH   22 ( 3 )   501 - 504   2016年07月( ISSN:1219-4956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12253-015-0030-9

    PubMed

  • Krukenberg tumor in a 18-year-old-female: a rare case 査読

    Kuno I., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 1 )   139 - 141   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Krukenberg tumor in a 18-year-old-female: a rare case 査読

    Kuno I., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 1 )   139 - 141   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo2779.2016

  • Primary mediastinal choriocarcinoma with brain metastasis in a female patient 査読

    Kuno I., Matsumoto Y., Kasai M., Fukuda T., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 2 )   265 - 266   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo2833.2016

  • 後腹膜線維症による両側水腎症により発見された子宮頸癌の1例 査読

    高瀬 亜紀, 市村 友季, 中川 倫子, 村上 誠, 安井 智代, 角 俊幸

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   68 ( 3 )   243 - 247   2016年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>後腹膜線維症は後腹膜腔の線維化により尿管の狭窄や尿路閉塞症状をきたす疾患で,尿管の蠕動が障害されることにより水腎症が引き起こされると考えられている.今回,後腹膜線維症による両側水腎症を契機に発見された子宮頸部腺癌の1例を経験したので報告する.症例は35歳未経妊で,右側腹部痛を主訴に近医受診し,両側水腎症と血清クレアチニン高値(3.8 mg/dl)を指摘された.両側尿管カテーテルの留置を受けるも腎機能が改善しなかったため当院泌尿器科紹介となり,両側腎瘻造設術を受けた後,水腎症の原因検索を目的に当科紹介となった.初診時の超音波検査所見では頸部腫大はみられなかったが頸部細胞診はSCC疑いで,コルポスコープでは脆弱で易出血性の隆起病変がみられ,同部位の生検結果は粘液性腺癌であった.MRI画像では,頸部腫瘍や骨盤リンパ節腫大は明らかではなかった.CT画像で転移性病変ならびに腫大リンパ節は認められず,子宮頸部腺癌IB1期と診断し,広汎子宮全摘術と両側付属器摘出術を施行した.術中所見は後腹膜腔の線維化が著明で,尿管は硬化して可動性が不良で後腹膜線維症を疑う所見であった.摘出標本肉眼所見では頸部に5 mm大の腫瘤を認めたが,骨盤リンパ節に明らかな腫大は認められなかった.摘出標本の病理結果は通常型頸部腺癌で,子宮傍組織浸潤と両側卵巣および骨盤・傍大動脈リンパ節に転移を認め,尿管周囲に癌の浸潤を伴っていたことから子宮頸部腺癌による後腹膜線維症と考えられた.術後化学療法を行うも初回治療より17カ月後に原病死し,予後不良であった.器質的異常が明らかでない水腎症に遭遇した場合には,まれではあるものの本症例のように後腹膜線維症を合併した悪性腫瘍である可能性も念頭に置くべきと考えられた.〔産婦の進歩68(3):243-247,2016(平成28年8月)〕</p>

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.68.243

    CiNii Article

  • Primary mediastinal choriocarcinoma with brain metastasis in a female patient 査読

    Kuno I., Matsumoto Y., Kasai M., Fukuda T., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   37 ( 2 )   265 - 266   2016年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • On-site hemostatic suturing technique for uterine bleeding from placenta previa and subsequent pregnancy 査読

    Hamuro Akihiro, Tachibana Daisuke, Wada Natsuko, Kurihara Yasushi, Katayama Hiroko, Misugi Takuya, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    ARCHIVES OF GYNECOLOGY AND OBSTETRICS   292 ( 6 )   1181 - 1182   2015年12月( ISSN:0932-0067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00404-015-3872-1

    PubMed

  • Chemotherapy-induced neutropenia and febrile neutropenia in patients with gynecologic malignancy 査読

    Hashiguchi Yasunori, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANTI-CANCER DRUGS   26 ( 10 )   1054 - 1060   2015年11月( ISSN:0959-4973

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CAD.0000000000000279

    PubMed

  • CLINICAL ANALYSIS OF SIX PATIENTS WITH PRIMARY MALIGNANT MELANOMA IN VULVA AND VAGINA 査読

    Tasaka M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1676 - 1676   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF SIX PATIENTS WITH PRIMARY MALIGNANT MELANOMA IN VULVA AND VAGINA 査読

    Tasaka M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1676 - 1676   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF EGFL7 PREDICTS THE EFFICACY OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Yamauchi M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   172 - 172   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PEGYLATED LIPOSOMAL DOXORUBICIN FOR PLATINUM-RESISTANT OR REFRACTORY MULLERIAN CARCINOMA (EPITHELIAL OVARIAN CARCINOMA, PRIMARY CARCINOMA OF FALLOPIAN TUBE AND PERITONEAL CARCINOMA) 査読

    Wada T., Fukuda T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Deguchi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   429 - 429   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SAFETY AND EFFICACY OF DOCETAXEL PLUS CISPLATIN FOR THE PATIENTS WITH ENDOMETRIAL CANCER 査読

    Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1060 - 1060   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 針生検で診断された子宮悪性リンパ腫の2症例(Two cases of uterine malignant lymphoma diagnosed by needle biopsy) 査読

    Kasai Mari, Ichimura Tomoyuki, Murakami Makoto, Matsuda Makiko, Kawamura Naoki, Sumi Toshiyuki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   41 ( 10 )   1664 - 1668   2015年10月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1:下腹部痛を主訴として子宮腫脹と右側水腎症と診断された67歳女性(妊娠4回、出産3回)症例について検討した。腫瘍とリンパ節(LN)腫脹を示すMRI所見とsoluble interleukin-2 receptor(s-IL2R)の著明な高値から、子宮体部の悪性リンパ腫(ML)が疑われた。経頸管的針生検で採取した腫瘍組織標本の免疫組織化学染色によりびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)第4期と診断し、CTでは骨盤および傍大動脈LN転移を認めた。6サイクルR-CHOP療法施行後3年10ヵ月間のフォローアップ中の再発はなかった。症例2:下腹部痛を主訴として子宮腫脹と右側水腎症と診断された77歳女性(妊娠3回、出産2回)症例について検討した。腫瘤とLN腫脹を示すMRI所見と血清lactate dehydrogenaseの著明な高値から、筋層内の腫瘍増殖が疑われた。経頸管的針生検で採取した標本の免疫組織化学検査によりDLBCL第4期と診断し、PETでは肝臓、腸間膜、左鼠径LNにhot lesionを認めた。6サイクルのR-CHOP療法施行後9ヵ月間のフォローアップ中の再発はなかった。

  • CLINICAL ANALYSIS OF SIX PATIENTS WITH PRIMARY MALIGNANT MELANOMA IN VULVA AND VAGINA 査読

    Tasaka M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1676 - 1676   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Two cases of uterine malignant lymphoma diagnosed by needle biopsy 査読

    Kasai Mari, Ichimura Tomoyuki, Murakami Makoto, Matsuda Makiko, Kawamura Naoki, Sumi Toshiyuki

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   41 ( 10 )   1664 - 1668   2015年10月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jog.12759

    PubMed

  • SAFETY AND EFFICACY OF DOCETAXEL PLUS CISPLATIN FOR THE PATIENTS WITH ENDOMETRIAL CANCER 査読

    Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   1060 - 1060   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PEGYLATED LIPOSOMAL DOXORUBICIN FOR PLATINUM-RESISTANT OR REFRACTORY MULLERIAN CARCINOMA (EPITHELIAL OVARIAN CARCINOMA, PRIMARY CARCINOMA OF FALLOPIAN TUBE AND PERITONEAL CARCINOMA) 査読

    Wada T., Fukuda T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Deguchi M., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   429 - 429   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF EGFL7 PREDICTS THE EFFICACY OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Yamauchi M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Tasaka R., Yasui T., Deguchi M., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   25 ( 9 )   172 - 172   2015年10月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 針生検で診断された子宮悪性リンパ腫の2症例(Two cases of uterine malignant lymphoma diagnosed by needle biopsy) 査読

    Kasai Mari, Ichimura Tomoyuki, Murakami Makoto, Matsuda Makiko, Kawamura Naoki, Sumi Toshiyuki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   41 ( 10 )   1664 - 1668   2015年10月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1:下腹部痛を主訴として子宮腫脹と右側水腎症と診断された67歳女性(妊娠4回、出産3回)症例について検討した。腫瘍とリンパ節(LN)腫脹を示すMRI所見とsoluble interleukin-2 receptor(s-IL2R)の著明な高値から、子宮体部の悪性リンパ腫(ML)が疑われた。経頸管的針生検で採取した腫瘍組織標本の免疫組織化学染色によりびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)第4期と診断し、CTでは骨盤および傍大動脈LN転移を認めた。6サイクルR-CHOP療法施行後3年10ヵ月間のフォローアップ中の再発はなかった。症例2:下腹部痛を主訴として子宮腫脹と右側水腎症と診断された77歳女性(妊娠3回、出産2回)症例について検討した。腫瘤とLN腫脹を示すMRI所見と血清lactate dehydrogenaseの著明な高値から、筋層内の腫瘍増殖が疑われた。経頸管的針生検で採取した標本の免疫組織化学検査によりDLBCL第4期と診断し、PETでは肝臓、腸間膜、左鼠径LNにhot lesionを認めた。6サイクルのR-CHOP療法施行後9ヵ月間のフォローアップ中の再発

  • Serum CEA as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   51   S539 - S539   2015年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CEA as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   51   S539 - S539   2015年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum CEA as a tumor marker in patients with endometrial cancer 査読

    Hashiguchi Y, Kasai M, Fukuda T, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   51   S539 - S539   2015年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • HPVワクチンの有害事象および厚生労働省からの接種勧奨の一時中止勧告の報道によるHPVワクチン接種への影響(Effect on HPV vaccination in Japan resulting from news report of adverse events and suspension of governmental recommendation for HPV vaccination) 査読

    Morimoto Akiko, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Kanzaki Hideharu, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Yoshino Kiyoshi, Fujita Masami, Kimura Tadashi, Saito Junko, Sobue Tomotaka, Nishikawa Nobumichi, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   20 ( 3 )   549 - 555   2015年06月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    12〜18歳でHPVワクチンを公費助成で接種した健常女性2777名を対象として、子宮頸癌、癌検診、HPVワクチンに関する知識と受容度に関する質問票を送付し、HPVワクチンに関する一連の報道がワクチン接種に及ぼす影響について検討した。その結果、質問票の回収率は38%で、HPVワクチンの副作用については回答者の80%が認知していた。また、行政による接種勧奨の一時中止勧告に関する認知度は68%で、有害事象の報道後にワクチン接種を開始した回答者のうち60%が有害事象を認知の上でワクチン接種を続行していたが、29%は中止し、11%は報道を知らずにワクチン接種を続行していた。なお、ワクチン接種を中止した主な理由は有害事象の報道であり、それら有害事象に関して医師に相談した回答者は、相談しない回答者に比べ、ワクチン接種の継続率が有意に高かった。

  • Effect on HPV vaccination in Japan resulting from news report of adverse events and suspension of governmental recommendation for HPV vaccination 査読

    Morimoto Akiko, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Kanzaki Hideharu, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Yoshino Kiyoshi, Fujita Masami, Kimura Tadashi, Saito Junko, Sobue Tomotaka, Nishikawa Nobumichi, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   20 ( 3 )   549 - 555   2015年06月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-014-0723-1

    PubMed

  • HPVワクチンの有害事象および厚生労働省からの接種勧奨の一時中止勧告の報道によるHPVワクチン接種への影響(Effect on HPV vaccination in Japan resulting from news report of adverse events and suspension of governmental recommendation for HPV vaccination) 査読

    Morimoto Akiko, Ueda Yutaka, Egawa-Takata Tomomi, Yagi Asami, Terai Yoshito, Ohmichi Masahide, Ichimura Tomoyuki, Sumi Toshiyuki, Murata Hiromi, Kanzaki Hideharu, Nakai Hidekatsu, Mandai Masaki, Yoshino Kiyoshi, Fujita Masami, Kimura Tadashi, Saito Junko, Sobue Tomotaka, Nishikawa Nobumichi, Sekine Masayuki, Enomoto Takayuki, Horikoshi Yorihiko, Takagi Tetsu

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   20 ( 3 )   549 - 555   2015年06月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    12〜18歳でHPVワクチンを公費助成で接種した健常女性2777名を対象として、子宮頸癌、癌検診、HPVワクチンに関する知識と受容度に関する質問票を送付し、HPVワクチンに関する一連の報道がワクチン接種に及ぼす影響について検討した。その結果、質問票の回収率は38%で、HPVワクチンの副作用については回答者の80%が認知していた。また、行政による接種勧奨の一時中止勧告に関する認知度は68%で、有害事象の報道後にワクチン接種を開始した回答者のうち60%が有害事象を認知の上でワクチン接種を続行していたが、29%は中止し、11%は報道を知らずにワクチン接種を続行していた。なお、ワクチン接種を中止した主な理由は有害事象の報道であり、それら有害事象に関して医師に相談した回答者は、相談しない回答者に比べ、ワクチン接種の継続率が有意に高かった。

  • Complete recovery from paraneoplastic anti-NMDAR encephalitis associated with a small ovarian teratoma following a laparoscopic salpingo-oophorectomy: A case report 査読

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Yamauchi Makoto, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE   9 ( 5 )   1723 - 1726   2015年05月( ISSN:1792-0981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/etm.2015.2344

    PubMed

  • Clinical tumor diameter and prognosis of patients with FIGO stage IB1 cervical cancer (JCOG0806-A) 査読

    Kato Tomoyasu, Takashima Atsuo, Kasamatsu Takahiro, Nakamura Kenichi, Mizusawa Junki, Nakanishi Toru, Takeshima Nobuhiro, Kamiura Shoji, Onda Takashi, Sumi Toshiyuki, Takano Masashi, Nakai Hidekatsu, Saito Toshiaki, Fujiwara Kiyoshi, Yokoyama Masatoshi, Itamochi Hiroaki, Takehara Kazuhiro, Yokota Harushige, Mizunoe Tomoya, Takeda Satoru, Sonoda Kenzo, Shiozawa Tanri, Kawabata Takayo, Honma Shigeru, Fukuda Haruhiko, Yaegashi Nobuo, Yoshikawa Hiroyuki, Konishi Ikuo, Kamura Toshiharu

    GYNECOLOGIC ONCOLOGY   137 ( 1 )   34 - 39   2015年04月( ISSN:0090-8258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ygyno.2015.01.548

    PubMed

  • Administration of standard-dose BEP regimen (bleomycin plus etoposide plus cisplatin) is essential for treatment of ovarian yolk sac tumour 査読

    Satoh Toyomi, Aoki Yoichi, Kasamatsu Takahiro, Ochiai Kazunori, Takano Masashi, Watanabe Yoh, Kikkawa Fumitaka, Takeshima Nobuhiro, Hatae Masayuki, Yokota Harushige, Saito Toshiaki, Yaegashi Nobuo, Kobayashi Hiroaki, Baba Tsukasa, Kodama Shoji, Saito Tsuyoshi, Sakuragi Noriaki, Sumi Toshiyuki, Kamura Toshiharu, Yoshikawa Hiroyuki

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   51 ( 3 )   340 - 351   2015年02月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejca.2014.12.004

    PubMed

  • Sirtuin1 expression predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer. 査読

    Teramae M, Fukuda T, Wada T, Kawanishi M, Imai K, Yamauchi M, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   3 ( 1 )   73 - 78   2015年01月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2014.427

    PubMed

  • Chemotherapy-induced thrombocytopenia and clinical bleeding in patients with gynecologic malignancy 査読

    Hashiguchi Y., Fukuda T., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 2 )   168 - 173   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Early operative treatment of anti-N-methyl D-aspartate (anti-NMDA) receptor encephalitis in a patient with ovarian teratoma 査読

    Yanai S., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   42 ( 6 )   819 - 821   2015年( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12891/ceog1999.2015

  • Primary peritoneal cancer: study of 14 cases and comparison with epithelial ovarian cancer 査読

    Fukuda T., Imai K., Yamauchi M., Teramae M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 1 )   49 - 53   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/ejgo2573.2015

  • Chemotherapy-induced thrombocytopenia and clinical bleeding in patients with gynecologic malignancy 査読

    Hashiguchi Y., Fukuda T., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 2 )   168 - 173   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.12892/cjgo2595.2015

  • Primary peritoneal cancer: study of 14 cases and comparison with epithelial ovarian cancer 査読

    Fukuda T., Imai K., Yamauchi M., Teramae M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   36 ( 1 )   49 - 53   2015年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Human Papillomavirus E6 Knockdown Restores Adenovirus Mediated-estrogen Response Element Linked p53 Gene Transfer in HeLa Cells. 査読

    Kajitani K, Honda K, Terada H, Yasui T, Sumi T, Koyama M, Ishiko O

    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   16 ( 18 )   8239 - 45   2015年( ISSN:1513-7368

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Early operative treatment of anti-N-methyl D-aspartate (anti-NMDA) receptor encephalitis in a patient with ovarian teratoma 査読

    Yanai S., Hashiguchi Y., Kasai M., Fukuda T., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL OBSTETRICS & GYNECOLOGY   42 ( 6 )   819 - 821   2015年( ISSN:0390-6663

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Minimal deviation mucinous adenocarcinoma of the uterine cervix that proved difficult to differentiate from endometrial cancer: A case report 査読

    Nishii Yuko, Fukuda Takeshi, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   8 ( 6 )   2481 - 2484   2014年12月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2014.2532

    PubMed

  • CLINICAL ANALYSIS OF RECURRENT UTERINE CERVICAL CANCER AFTER SURGERY 査読

    Wada T., Fukuda T., Kawanishi M., Imai K., Yamauchi M., Hashiguchi Y., Kasai M., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   644 - 645   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF RECURRENT UTERINE CERVICAL CANCER AFTER SURGERY 査読

    Wada T., Fukuda T., Kawanishi M., Imai K., Yamauchi M., Hashiguchi Y., Kasai M., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   644 - 645   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF STAGE I TO II ADENOSQUAMOU CARCINOMA OF UTERINE CERVIX 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Wada T., Imai K., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   648 - 648   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF SIRTUIN 1 PREDICTS THE EFFICACY OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Yamauchi M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Teramae M., Tasaka R., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   545 - 545   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SAFETY AND EFFICACY OF DOCETAXEL PLUS CARBOPLATIN IN MENOPAUSAL PATIENTS WITH MULLERIAN CARCINOMA. 査読

    Imai K., Fukuda T., Kawanishi M., Wada T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   164 - 164   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF STAGE I TO II ADENOSQUAMOU CARCINOMA OF UTERINE CERVIX 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Wada T., Imai K., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   648 - 648   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF RECURRENT UTERINE CERVICAL CANCER AFTER SURGERY 査読

    Wada T., Fukuda T., Kawanishi M., Imai K., Yamauchi M., Hashiguchi Y., Kasai M., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   644 - 645   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SAFETY AND EFFICACY OF DOCETAXEL PLUS CARBOPLATIN IN MENOPAUSAL PATIENTS WITH MULLERIAN CARCINOMA. 査読

    Imai K., Fukuda T., Kawanishi M., Wada T., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   164 - 164   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF SIRTUIN 1 PREDICTS THE EFFICACY OF NEOADJUVANT CHEMOTHERAPY FOR LOCALLY ADVANCED UTERINE CERVICAL CANCER 査読

    Yamauchi M., Fukuda T., Wada T., Kawanishi M., Imai K., Teramae M., Tasaka R., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   545 - 545   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL ANALYSIS OF STAGE I TO II ADENOSQUAMOU CARCINOMA OF UTERINE CERVIX 査読

    Kawanishi M., Fukuda T., Wada T., Imai K., Yamauchi M., Kasai M., Hashiguchi Y., Ichimura T., Yasui T., Sumi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   24 ( 9 )   648 - 648   2014年11月( ISSN:1048-891X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CHEMOTHERAPY-INDUCED NEUTROPENIA IN PATIENTS WITH GYNECOLOGIC MALIGNANCY 査読

    Hashiguchi Yasunori, Fukuda Takeshi, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    ANNALS OF ONCOLOGY   25   2014年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdu435.94

  • Comparison of outcomes between squamous cell carcinoma and adenocarcinoma in patients with surgically treated stage I-II cervical cancer. 査読

    Yamauchi M, Fukuda T, Wada T, Kawanishi M, Imai K, Hashiguchi Y, Ichimura T, Yasui T, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   2 ( 4 )   518 - 524   2014年07月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2014.295

    PubMed

  • Primitive neuroectodermal tumor originating in the vulva: A case report 査読

    Matsuda Makiko, Ichimura Tomoyuki, Kasai Mari, Murakami Makoto, Hoshi Manabu, Kawamura Naoki, Sumi Toshiyuki

    ONCOLOGY LETTERS   8 ( 1 )   187 - 189   2014年07月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2014.2073

    PubMed

  • 腹式単純子宮全摘術が排尿に与える影響に関する検討 査読

    山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   61 - 64   2013年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腹式単純子宮全摘出術後に頻尿や尿意切迫感を訴える患者が存在し活過動膀胱(OAB)と診断されることがある。そこで、腹式単純子宮全摘出術が排尿に与える影響を調査し、術後にOABが出現する頻度を検討する。2011年1月から2012年1月までに当施設で腹式単純子宮全摘術を施行した46例を対象とし、術前、術後3日目、術後7日目にそれぞれ1日の尿量、尿回数、飲水量、尿失禁の回数、尿失禁量を測定し、またOAB症状質問票(OABSS)を用いてOABの有無を診断した。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれの平均一日尿量は1538ml、1280ml、1537ml、平均尿回数は8.4回、7.7回、8.5回、平均飲水量は1338ml、1122ml、1261mlと術後3日目で有意に低値となった。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれのOABSS合計点数の平均は1.5、1.8、1.6で有意差を認めなかったが、41例中2例(4.9%)で術後にOABと診断された。頻度は低いが腹式単純子宮全摘術の合併症としてOABの存在を認識する必要があることが示唆された。(著者抄録)

  • 腹式単純子宮全摘術が排尿に与える影響に関する検討 査読

    山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   61 - 64   2013年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腹式単純子宮全摘出術後に頻尿や尿意切迫感を訴える患者が存在し活過動膀胱(OAB)と診断されることがある。そこで、腹式単純子宮全摘出術が排尿に与える影響を調査し、術後にOABが出現する頻度を検討する。2011年1月から2012年1月までに当施設で腹式単純子宮全摘術を施行した46例を対象とし、術前、術後3日目、術後7日目にそれぞれ1日の尿量、尿回数、飲水量、尿失禁の回数、尿失禁量を測定し、またOAB症状質問票(OABSS)を用いてOABの有無を診断した。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれの平均一日尿量は1538ml、1280ml、1537ml、平均尿回数は8.4回、7.7回、8.5回、平均飲水量は1338ml、1122ml、1261mlと術後3日目で有意に低値となった。術前、術後3日目、術後7日目のそれぞれのOABSS合計点数の平均は1.5、1.8、1.6で有意差を認めなかったが、41例中2例(4.9%)で術後にOABと診断された。頻度は低いが腹式単純子宮全摘術の合併症としてOABの存在を認識する必要があることが示唆された。(著者抄録)

  • PLATELET TRANSFUSION DURING CHEMOTHERAPY-INDUCED THROMBOCYTOPENIA IN PATIENTS WITH GYNECOLOGIC MALIGNANCY 査読

    Hashiguchi Y., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    ANNALS OF ONCOLOGY   24   2013年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdt460.91

  • 術中腹水細胞診陽性率に関する検討 査読

    大上 健太, 市村 友季, 角 俊幸, 妹尾 紗織, 長嶋 愛子, 栗原 康, 松田 真希子, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 尾崎 宏治, 安井 智代, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   65 ( 4 )   428 - 430   2013年11月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当科で手術を行った卵巣上皮悪性腫瘍119例を対象に、組織型別の術中腹水細胞診陽性率および予後について検討した。その結果、全進行期における細胞診陽性率は、漿液性腺癌で66.7%、明細胞腺癌で57.6%と高く、類内膜腺癌では29.0%と漿液性腺癌および明細胞腺癌と比べ、有意に低い結果となった。I・II期とIII・IV期に分けて検討した場合、類内膜腺癌では進行例でも陽性率43.8%と低く、漿液性腺癌および明細胞腺癌の陽性率と有意差を認めた。粘液性腺癌では陽性率と進行期との間に強い正の相関関係が示された。細胞診陽性率と予後との検討では、明細胞腺癌において陽性例は有意に予後不良であることが確認された。

  • Treatment of advanced ovarian carcinoma coexistent with peritoneal tuberculosis. 査読

    Nagashima A, Matsumoto Y, Ohsawa M, Sumi T

    Molecular and clinical oncology   1 ( 6 )   1084 - 1086   2013年11月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2013.183

    PubMed

  • 術中腹水細胞診陽性率に関する検討 査読

    大上 健太, 市村 友季, 角 俊幸, 妹尾 紗織, 長嶋 愛子, 栗原 康, 松田 真希子, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 尾崎 宏治, 安井 智代, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   65 ( 4 )   428 - 430   2013年11月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当科で手術を行った卵巣上皮悪性腫瘍119例を対象に、組織型別の術中腹水細胞診陽性率および予後について検討した。その結果、全進行期における細胞診陽性率は、漿液性腺癌で66.7%、明細胞腺癌で57.6%と高く、類内膜腺癌では29.0%と漿液性腺癌および明細胞腺癌と比べ、有意に低い結果となった。I・II期とIII・IV期に分けて検討した場合、類内膜腺癌では進行例でも陽性率43.8%と低く、漿液性腺癌および明細胞腺癌の陽性率と有意差を認めた。粘液性腺癌では陽性率と進行期との間に強い正の相関関係が示された。細胞診陽性率と予後との検討では、明細胞腺癌において陽性例は有意に予後不良であることが確認された。

  • Chemotherapy-induced neutropenia and febrile neutropenia during chemotherapy for gynaecologic malignancy 査読

    Hashiguchi Y., Fukuda T., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   49   S277 - S277   2013年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of Copper Transporter Expression with Platinum Resistance in Epithelial Ovarian Cancer 査読

    Yoshida Hiroyuki, Teramae Masatomo, Yamauchi Makoto, Fukuda Takeshi, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 4 )   1409 - 1414   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of Copper Transporter Expression with Platinum Resistance in Epithelial Ovarian Cancer 査読

    Yoshida Hiroyuki, Teramae Masatomo, Yamauchi Makoto, Fukuda Takeshi, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 4 )   1409 - 1414   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of copper transporter expression with platinum resistance in epithelial ovarian cancer. 査読

    Yoshida H, Teramae M, Yamauchi M, Fukuda T, Yasui T, Sumi T, Honda K, Ishiko O

    Anticancer research   33 ( 4 )   1409 - 14   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Association of Copper Transporter Expression with Platinum Resistance in Epithelial Ovarian Cancer 査読

    Yoshida Hiroyuki, Teramae Masatomo, Yamauchi Makoto, Fukuda Takeshi, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 4 )   1409 - 1414   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 閉経後早期の子宮筋腫縮小率について 査読

    笠井 真理, 市村 友季, 松田 真希子, 村上 誠, 角 俊幸, 石河 修

    金原出版(株) 産婦人科の実際   62 ( 2 )   229 - 234   2013年02月( ISSN:0558-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    閉経後早期における子宮筋腫収縮率の予測因子について検討した。対象は閉経前に針生検を行った閉経後2年の子宮筋腫25例であり、針生検標本に対してestrogen receptor(ER)とvascular endothelial growth factor(VEGF)の免疫組織化学染色を行うとともに、超音波検査所見、MRI画像所見から子宮筋腫の収縮率を算出し、収縮率とER labeling index(LI)、VEGFスコア(染色強度と染色範囲の積)との関係を評価した。その結果、収縮率はVEGFスコア、ER LIと正の相関を示したが、VEGFスコアとの相関がより強かった。閉経後早期の筋腫縮小に関してはVEGFを介した血流の影響が大きい可能性が示唆され、VEGFを用いた免疫組織学的評価は閉経後の筋腫を取り扱う際の有用な情報となりうると考えられた。

  • 閉経後早期の子宮筋腫縮小率について 査読

    笠井 真理, 市村 友季, 松田 真希子, 村上 誠, 角 俊幸, 石河 修

    金原出版(株) 産婦人科の実際   62 ( 2 )   229 - 234   2013年02月( ISSN:0558-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    閉経後早期における子宮筋腫収縮率の予測因子について検討した。対象は閉経前に針生検を行った閉経後2年の子宮筋腫25例であり、針生検標本に対してestrogen receptor(ER)とvascular endothelial growth factor(VEGF)の免疫組織化学染色を行うとともに、超音波検査所見、MRI画像所見から子宮筋腫の収縮率を算出し、収縮率とER labeling index(LI)、VEGFスコア(染色強度と染色範囲の積)との関係を評価した。その結果、収縮率はVEGFスコア、ER LIと正の相関を示したが、VEGFスコアとの相関がより強かった。閉経後早期の筋腫縮小に関してはVEGFを介した血流の影響が大きい可能性が示唆され、VEGFを用いた免疫組織学的評価は閉経後の筋腫を取り扱う際の有用な情報となりうると考えられた。

  • Pegylated liposomal doxorubicin for platinum-resistant or refractory Mullerian carcinoma (epithelial ovarian carcinoma, primary carcinoma of Fallopian tube and peritoneal carcinoma): A single-institutional experience 査読

    Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki, Teramae Masatomo, Nakano Yusuke, Morishita Masanari, Terada Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY LETTERS   5 ( 1 )   35 - 38   2013年01月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2012.971

    PubMed

  • Late recurrence of malignant melanoma mimicking primary peritoneal cancer 査読

    Sano M., Hashiguchi Y., Yasui T., Sumi T., Wakasa K., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   34 ( 3 )   265 - 268   2013年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Late recurrence of malignant melanoma mimicking primary peritoneal cancer 査読

    Sano M., Hashiguchi Y., Yasui T., Sumi T., Wakasa K., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   34 ( 3 )   265 - 268   2013年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 術中腹水細胞診陽性率に関する検討 査読

    大上 健太, 市村 友季, 角 俊幸, 妹尾 紗織, 長嶋 愛子, 栗原 康, 松田 真希子, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 尾崎 宏治, 安井 智代, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   65 ( 4 )   428 - 430   2013年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.65.428

    CiNii Article

  • Presentation of a Patient who Underwent Fertility-Sparing Surgeries for Contralateral Recurrence of Ovarian Immature Teratoma with Gliomatosis Peritonei. 査読

    Seo S, Matsumoto Y, Tsukioka M, Sumi T, Wakasa K, Ishiko O

    Japanese clinical medicine   4   37 - 40   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/JCM.S11532

    PubMed

  • Pregnancy complicated by cervical varix and low-lying placenta: a case report. 査読

    Kurihara Y, Tachibana D, Teramae M, Matsumoto M, Terada H, Sumi T, Koyama M, Ishiko O

    Japanese clinical medicine   4   21 - 4   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/JCM.S11276

    PubMed

  • Pathological findings in a case of failed uterine artery embolization for placenta previa. 査読

    Wada N, Tachibana D, Nakagawa K, Terada H, Nakano A, Sumi T, Koyama M, Ishiko O, Nishida N

    Japanese clinical medicine   4   25 - 8   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/JCM.S11317

    PubMed

  • Late recurrence of malignant melanoma mimicking primary peritoneal cancer 査読

    M. Sano, Y. Hashiguchi, T. Yasui, T. Sumi, K. Wakasa, O. Ishiko

    European Journal of Gynaecological Oncology   34 ( 3 )   265 - 268   2013年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Malignant melanoma is an extremely malignant tumor with an unpredictable metastatic profile with variable periods of remission. Case: A 41-year-old woman presented with recurrent malignant melanoma which had clinical features of an acute state mimicking primary peritoneal cancer. The case was an unusual recurrence of malignant melanoma occurring seven years after diagnosis and treatment of malignant melanoma in the patient's arm. The diagnosis was established postoperatively by immunohistochemistry. Conclusion: A variety of imaging methods and pathological methods, including an exploratory laparotomy, may be necessary in cases of patients suspecting primary peritoneal cancer with a previous history of melanoma with possible metastatic dissemination. Urgent diagnosis and treatment of these patients seems to be critical.

    PubMed

  • Outcomes of traditional prolapse surgery for pelvic organ prolapse repair at a single center 査読

    Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki, Yasui Tomoyo, Koyama Masayasu, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGY & OBSTETRICS   119 ( 3 )   277 - 280   2012年12月( ISSN:0020-7292

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijgo.2012.06.021

    PubMed

  • LATE RECURRENCE OF MALIGNANT MELANOMA MIMICKING PRIMARY PERITONEAL CANCER 査読

    Hashiguchi Y., Kitamura M., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   153 - 153   2012年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LATE RECURRENCE OF MALIGNANT MELANOMA MIMICKING PRIMARY PERITONEAL CANCER 査読

    Hashiguchi Y., Kitamura M., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   153 - 153   2012年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of the mitotic-arrest deficiency 2 is associated with chemotherapy resistance in ovarian serous adenocarcinoma 査読

    Nakano Yusuke, Sumi Toshiyuki, Teramae Masatomo, Morishita Masanari, Fukuda Takeshi, Terada Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY REPORTS   28 ( 4 )   1200 - 1204   2012年10月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2012.1907

    PubMed

  • 子宮頸癌の診断で治療を行った子宮体部腺扁平上皮癌の1例 査読

    井上 裕, 市村 友季, 長嶋 愛子, 和田 夏子, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   64 ( 3 )   349 - 351   2012年09月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    子宮頸部と体部に腫瘍が存在し、原発部位が頸部か体部かの判断が困難な場合、腫瘍が扁平上皮癌であれば頸癌、腺癌なら体癌と診断することが多い。今回著者等は、頸部と体部に腫瘍を認め、頸部腫瘍生検の結果が扁平上皮癌であったため頸癌の診断で手術を行ったところ、摘出標本検査の結果は体部腺扁平上皮癌であった症例を経験した。本例からの教訓として、頸部生検の結果が扁平上皮癌であっても、体部の生検を行う必要があったと考えられた。

  • 子宮頸癌の診断で治療を行った子宮体部腺扁平上皮癌の1例 査読

    井上 裕, 市村 友季, 長嶋 愛子, 和田 夏子, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   64 ( 3 )   349 - 351   2012年09月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    子宮頸部と体部に腫瘍が存在し、原発部位が頸部か体部かの判断が困難な場合、腫瘍が扁平上皮癌であれば頸癌、腺癌なら体癌と診断することが多い。今回著者等は、頸部と体部に腫瘍を認め、頸部腫瘍生検の結果が扁平上皮癌であったため頸癌の診断で手術を行ったところ、摘出標本検査の結果は体部腺扁平上皮癌であった症例を経験した。本例からの教訓として、頸部生検の結果が扁平上皮癌であっても、体部の生検を行う必要があったと考えられた。

  • Prediction of the shrinking rate of uterine leiomyoma nodules using needle biopsy specimens 査読

    Kasai Mari, Ichimura Tomoyuki, Kawamura Naoki, Sumikura Tomoko, Matsuda Makiko, Asano Chika, Sumi Toshiyuki, Ishiko Osamu

    FERTILITY AND STERILITY   98 ( 2 )   440 - 443   2012年08月( ISSN:0015-0282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.fertnstert.2012.05.013

    PubMed

  • Reference ranges for time-related analysis of ductus venosus flow velocity waveforms in singleton pregnancies 査読

    Nakagawa Kayoko, Tachibana Daisuke, Nobeyama Hiroyuki, Fukui Mitsuru, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu, Ishiko Osamu, Hecher Kurt

    PRENATAL DIAGNOSIS   32 ( 8 )   803 - 809   2012年08月( ISSN:0197-3851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pd.3908

    PubMed

  • 本邦における骨盤臓器脱およびその治療法に関する実態調査 最終報告 査読

    石河 修, 角 俊幸, 古山 将康, 水沼 英樹, 島田 誠, 高橋 悟, 中田 真木, 堂地 勉, 日本産科婦人科学会女性ヘルスケア委員会

    (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 5 )   1415 - 1427   2012年05月( ISSN:0300-9165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ウロギネコロジー分野に関する認知度、関心度、実践度を、産婦人科研修指定病院288施設、泌尿器科専門医教育施設257施設を対象に調査した。75%の施設でウロギネコロジーの分野について理解しているものの、患者のニーズの高まりを感じている施設は35%に留まり、卒後医学教育を積極的に行っている施設は25%のみであった。骨盤臓器脱の診断法、下部尿路機能障害の診断法は十分な問診と画像評価が多かった。骨盤臓器脱に対するペッサーリー療法は産婦人科では97%で行われていたが、泌尿器科では32%のみであった。尿失禁に対する治療法も診療科間で差異が認められた。両診療科における総初診患者のうち骨盤臓器脱患者および尿失禁患者は約3%であった。

  • 本邦における骨盤臓器脱およびその治療法に関する実態調査 最終報告 査読

    石河 修, 角 俊幸, 古山 将康, 水沼 英樹, 島田 誠, 高橋 悟, 中田 真木, 堂地 勉, 日本産科婦人科学会女性ヘルスケア委員会

    (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 5 )   1415 - 1427   2012年05月( ISSN:0300-9165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ウロギネコロジー分野に関する認知度、関心度、実践度を、産婦人科研修指定病院288施設、泌尿器科専門医教育施設257施設を対象に調査した。75%の施設でウロギネコロジーの分野について理解しているものの、患者のニーズの高まりを感じている施設は35%に留まり、卒後医学教育を積極的に行っている施設は25%のみであった。骨盤臓器脱の診断法、下部尿路機能障害の診断法は十分な問診と画像評価が多かった。骨盤臓器脱に対するペッサーリー療法は産婦人科では97%で行われていたが、泌尿器科では32%のみであった。尿失禁に対する治療法も診療科間で差異が認められた。両診療科における総初診患者のうち骨盤臓器脱患者および尿失禁患者は約3%であった。

  • Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists 2011 edition 査読

    Takeda Takashi, Wong Tze Fang, Adachi Tomoko, Ito Kiyoshi, Uehara Shigeki, Kanaoka Yasushi, Kamada Masaharu, Kitagawa Hiroaki, Koseki Satoshi, Gomibuchi Hideto, Saito Juichiro, Shirasu Kazuhiro, Sueoka Kou, Sugimoto Mitsuhiro, Suzuki Mitsuaki, Sumi Toshiyuki, Takeda Satoru, Tasaka Keiichi, Noguchi Yasuyuki, Fujii Shunsaku, Fujii Tsuneo, Fujiwara Michihisa, Maeda Tsugio, Matsumoto Koji, Momoeda Mikio, Morita Mineto, Yoshimura Kazuaki, Hirai Yasuo, Kubota Toshiro, Sakuragi Noriaki, Kawabata Masakiyo, Yoshikawa Hiroyuki, Kobayashi Hiroshi, Yaegashi Nobuo

    JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH   38 ( 4 )   615 - 631   2012年04月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1447-0756.2012.01858.x

    PubMed

  • Expression of mitotic-arrest deficiency 2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer 査読

    Morishita Masanari, Sumi Toshiyuki, Nakano Yusuke, Teramae Masatomo, Fukuda Takeshi, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Ishiko Osamu

    EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE   3 ( 2 )   341 - 346   2012年02月( ISSN:1792-0981

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/etm.2011.407

    PubMed

  • Mitotic arrest deficiency 2 induces carcinogenesis in mucinous ovarian tumors 査読

    Nakano Yusuke, Sumi Toshiyuki, Morishita Masanari, Fukuda Takeshi, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY LETTERS   3 ( 2 )   281 - 286   2012年02月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2011.483

    PubMed

  • 抗癌剤耐性 卵巣癌におけるtight junction構成蛋白質とcisplatin感受性に関する検討 査読

    吉田 裕之, 角 俊幸, 寺前 雅大, 森下 真成, 中野 雄介, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 石河 修

    (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌   30 ( 1 )   35 - 39   2012年01月( ISSN:1347-8559

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Claudin-4は細胞間接着装置であるtight junctionの主要な構成分子であり、卵巣癌の発癌・進展に重要な役割を担っていると報告されているが、抗癌剤耐性機序への関与については不明である。そこで今回claudin-4と卵巣癌のcisplatin耐性との関連について検討した。卵巣癌細胞株のclaudin-4発現をsiRNAにて抑制し、cisplatinへの感受性変化を検討した。さらにclaudin-4発現とcisplatinの細胞内蓄積量の相関についても検討した。またinformed consentを得た卵巣癌症例の手術切除標本を用いて、claudin-4発現とプラチナ製剤を中心とした化学療法の効果および患者予後との関連を免疫組織学的に検討した。Claudin-4発現抑制により、卵巣癌細胞株のcisplatin感受性が増大し、またcisplatinの細胞内蓄積量の増加がみられた。一方、卵巣癌臨床検体におけるclaudin-4発現を化学療法奏効例と無効例において比較したところ、無効例で有意にその発現が増大していた。またclaudin-4発現陽性症例は陰性症例と比較して有意に予後不良であった。以上よりclaudin-4は卵巣癌のcisplatin耐性機序に関与しており、また予後因子となる可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 抗癌剤耐性 卵巣癌におけるtight junction構成蛋白質とcisplatin感受性に関する検討 査読

    吉田 裕之, 角 俊幸, 寺前 雅大, 森下 真成, 中野 雄介, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 石河 修

    (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌   30 ( 1 )   35 - 39   2012年01月( ISSN:1347-8559

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Claudin-4は細胞間接着装置であるtight junctionの主要な構成分子であり、卵巣癌の発癌・進展に重要な役割を担っていると報告されているが、抗癌剤耐性機序への関与については不明である。そこで今回claudin-4と卵巣癌のcisplatin耐性との関連について検討した。卵巣癌細胞株のclaudin-4発現をsiRNAにて抑制し、cisplatinへの感受性変化を検討した。さらにclaudin-4発現とcisplatinの細胞内蓄積量の相関についても検討した。またinformed consentを得た卵巣癌症例の手術切除標本を用いて、claudin-4発現とプラチナ製剤を中心とした化学療法の効果および患者予後との関連を免疫組織学的に検討した。Claudin-4発現抑制により、卵巣癌細胞株のcisplatin感受性が増大し、またcisplatinの細胞内蓄積量の増加がみられた。一方、卵巣癌臨床検体におけるclaudin-4発現を化学療法奏効例と無効例において比較したところ、無効例で有意にその発現が増大していた。またclaudin-4発現陽性症例は陰性症例と比較して有意に予後不良

  • Chemotherapy-related hypersensitivity reaction in Japanese patients with gynecologic malignancy 査読

    Kitada K., Hashiguchi Y., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   33 ( 3 )   252 - 254   2012年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chemotherapy-related hypersensitivity reaction in Japanese patients with gynecologic malignancy 査読

    Kitada K., Hashiguchi Y., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   33 ( 3 )   252 - 254   2012年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 本邦における骨盤臓器脱およびその治療法に関する実態調査 : 最終報告 査読

    石河 修, 角 俊幸, 古山 将康, 水沼 英樹, 島田 誠, 高橋 悟, 中田 真木, 堂地 勉

    日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌   64 ( 5 )   1415 - 1427   2012年( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 子宮頸癌の診断で治療を行った子宮体部腺扁平上皮癌の1例 査読

    井上 裕, 市村 友季, 長嶋 愛子, 和田 夏子, 森下 真成, 笠井 真理, 福田 武史, 吉田 裕之, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   64 ( 3 )   349 - 351   2012年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.64.349

    CiNii Article

  • Chemotherapy-related hypersensitivity reaction in Japanese patients with gynecologic malignancy 査読

    Kitada K., Hashiguchi Y., Fukuda T., Yoshida H., Ichimura T., Matsumoto Y., Yasui T., Sumi T., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   33 ( 3 )   252 - 254   2012年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2) 非メッシュによる治療(骨盤臓器脱の管理法,女性のヘルスケア,クリニカルディベート,生涯研修プログラム,公益社団法人日本産科婦人科学会第64回学術講演会) 査読

    角 俊幸

    日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌   64 ( 2 )   2012年( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 2) 非メッシュによる治療(骨盤臓器脱の管理法,女性のヘルスケア クリニカルディベート,第64回日本産科婦人科学会学術講演会生涯研修プログラム関係講演要旨) 査読

    角 俊幸, 堂地 勉

    日本産科婦人科学会 日本産科婦人科學會雜誌   64 ( 9 )   "N - 361"-"N-366"   2012年( ISSN:03009165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 当科における進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法 査読

    森下 真成, 角 俊幸, 中野 雄介, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 福田 武史, 橋口 裕紀, 尾崎 宏治, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   63 ( 3 )   359 - 361   2011年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    70歳未満の子宮頸癌III期に対し、主治療前化学療法(NAC)を施行した72例(平均50.5歳:N群)と、同時化学放射線治療を主体とした39例(平均56.1歳:R群)の治療成績を比較した。年齢には両群間で有意差を認めたが、進行期、組織型に有意差はなく、全生存率にも有意差は認めなかった。次に、N群をNACにより腫瘍が縮小し手術施行・術後放射線治療を追加した46例(平均49.3歳:NAC+OP+R群)と、NAC後も手術施行できず放射線治療のみ行った26例(平均52.7歳:NAC+R群)に分け、R群と比較した。年齢には3群間で有意差を認めたが、進行期、組織型に有意差はなく、全生存率はNAC+OP+R群がNAC+R群に比較して有意に良好であった。進行子宮頸癌に対するNACは、手術を施行できれば予後改善につながる可能性があることが示唆された。

  • 当科における進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法 査読

    森下 真成, 角 俊幸, 中野 雄介, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 福田 武史, 橋口 裕紀, 尾崎 宏治, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   63 ( 3 )   359 - 361   2011年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    70歳未満の子宮頸癌III期に対し、主治療前化学療法(NAC)を施行した72例(平均50.5歳:N群)と、同時化学放射線治療を主体とした39例(平均56.1歳:R群)の治療成績を比較した。年齢には両群間で有意差を認めたが、進行期、組織型に有意差はなく、全生存率にも有意差は認めなかった。次に、N群をNACにより腫瘍が縮小し手術施行・術後放射線治療を追加した46例(平均49.3歳:NAC+OP+R群)と、NAC後も手術施行できず放射線治療のみ行った26例(平均52.7歳:NAC+R群)に分け、R群と比較した。年齢には3群間で有意差を認めたが、進行期、組織型に有意差はなく、全生存率はNAC+OP+R群がNAC+R群に比較して有意に良好であった。進行子宮頸癌に対するNACは、手術を施行できれば予後改善につながる可能性があることが示唆された。

  • Claudin-4: A Potential Therapeutic Target in Chemotherapy-resistant Ovarian Cancer 査読

    Yoshida Hiroyuki, Sumi Toshiyuki, Zhi Xu, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ANTICANCER RESEARCH   31 ( 4 )   1271 - 1277   2011年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Claudin-4: A Potential Therapeutic Target in Chemotherapy-resistant Ovarian Cancer 査読

    Yoshida Hiroyuki, Sumi Toshiyuki, Zhi Xu, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ANTICANCER RESEARCH   31 ( 4 )   1271 - 1277   2011年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Claudin-4: A Potential Therapeutic Target in Chemotherapy-resistant Ovarian Cancer 査読

    Yoshida Hiroyuki, Sumi Toshiyuki, Zhi Xu, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ANTICANCER RESEARCH   31 ( 4 )   1271 - 1277   2011年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Claudin-4: a potential therapeutic target in chemotherapy-resistant ovarian cancer. 査読

    Yoshida H, Sumi T, Zhi X, Yasui T, Honda K, Ishiko O

    Anticancer research   31 ( 4 )   1271 - 7   2011年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • An Upstream Estrogen Response Element Linked to Exogenous p53 Tumor Suppressor Gene Expression Differentiates Effects of the Codon 72 Polymorphism 査読

    Honda Ken-ichi, Kajitani Koji, Nobeyama Hiroyuki, Kira Yukimi, Yabunaka Yoriko, Egami Mika, Zhi Xu, Fukuda Takeshi, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Ichimura Tomoyuki, Yaui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Ishiko Osamu

    ASIAN PACIFIC JOURNAL OF CANCER PREVENTION   12 ( 4 )   865 - 868   2011年( ISSN:1513-7368

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • An Upstream Estrogen Response Element Linked to Exogenous p53 Tumor Suppressor Gene Expression Differentiates Effects of the Codon 72 Polymorphism 査読

    Honda Ken-ichi, Kajitani Koji, Nobeyama Hiroyuki, Kira Yukimi, Yabunaka Yoriko, Egami Mika, Zhi Xu, Fukuda Takeshi, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Ichimura Tomoyuki, Yaui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Ishiko Osamu

    ASIAN PACIFIC JOURNAL OF CANCER PREVENTION   12 ( 4 )   865 - 868   2011年( ISSN:1513-7368

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • An Upstream Estrogen Response Element Linked to Exogenous p53 Tumor Suppressor Gene Expression Differentiates Effects of the Codon 72 Polymorphism 査読

    Honda Ken-ichi, Kajitani Koji, Nobeyama Hiroyuki, Kira Yukimi, Yabunaka Yoriko, Egami Mika, Zhi Xu, Fukuda Takeshi, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Ichimura Tomoyuki, Yaui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Ishiko Osamu

    ASIAN PACIFIC JOURNAL OF CANCER PREVENTION   12 ( 4 )   865 - 868   2011年( ISSN:1513-7368

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 骨盤臓器脱(性器脱)の診断と治療 査読

    角 俊幸

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   63 ( 2 )   152 - 157   2011年( ISSN:03708446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.63.152

    CiNii Article

  • 性器脱の外来管理 査読

    角 俊幸

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   63 ( 1 )   70 - 72   2011年( ISSN:03708446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.63.70

    CiNii Article

  • 当科における進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法 査読

    森下 真成, 角 俊幸, 中野 雄介, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 福田 武史, 橋口 裕紀, 尾崎 宏治, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   63 ( 3 )   359 - 361   2011年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.63.359

    CiNii Article

  • Extragastrointestinal stromal tumor originating from the vulva 査読

    Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki, Nakano Yusuke, Morishita Masanari, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY LETTERS   2 ( 5 )   797 - 799   2011年( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2011.343

    PubMed

  • An upstream estrogen response element linked to exogenous p53 tumor suppressor gene expression differentiates effects of the codon 72 polymorphism. 査読

    Honda K, Kajitani K, Nobeyama H, Kira Y, Yabunaka Y, Egami M, Zhi X, Fukuda T, Yoshida H, Matsumoto Y, Ichimura T, Yaui T, Sumi T, Ishiko O

    Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   12 ( 4 )   865 - 8   2011年( ISSN:1513-7368

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 再発卵巣がんに対する治療方針決定のためのPET検査の意義 査読

    森下 真成, 安井 智代, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 角 俊幸, 本田 謙一, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   62 ( 3 )   296 - 298   2010年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    再発卵巣癌に対し、PET検査による診断が有用であったと考えられる3症例について検討した。2例(64歳、60歳)は、再発の診断は腫瘍マーカーの上昇やCT・MRIなどにより得られ、再発部位を特定できたが、再発部位の診断はできなかった。1例(65歳)は、腫瘍マーカーの上昇により再発を疑ったものの、MRIやCTでは再発部位の特定や再発部位の診断ができなかった。全例、PET検査を追加することにより再発部位の特定・診断が可能となり、手術療法を選択することができた。腹水洗浄細胞診は陰性で、腹腔内に播種性病変もなく、その後は良好に経過した。再発卵巣癌に対し、腫瘍マーカー値、従来の画像検査にPET検査を組み合わせることにより、より効果的な個別治療法を選択できるものと考えられた。

  • 再発卵巣がんに対する治療方針決定のためのPET検査の意義 査読

    森下 真成, 安井 智代, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 角 俊幸, 本田 謙一, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   62 ( 3 )   296 - 298   2010年08月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    再発卵巣癌に対し、PET検査による診断が有用であったと考えられる3症例について検討した。2例(64歳、60歳)は、再発の診断は腫瘍マーカーの上昇やCT・MRIなどにより得られ、再発部位を特定できたが、再発部位の診断はできなかった。1例(65歳)は、腫瘍マーカーの上昇により再発を疑ったものの、MRIやCTでは再発部位の特定や再発部位の診断ができなかった。全例、PET検査を追加することにより再発部位の特定・診断が可能となり、手術療法を選択することができた。腹水洗浄細胞診は陰性で、腹腔内に播種性病変もなく、その後は良好に経過した。再発卵巣癌に対し、腫瘍マーカー値、従来の画像検査にPET検査を組み合わせることにより、より効果的な個別治療法を選択できるものと考えられた。

  • 当院での卵巣粘液性腺癌の治療成績 査読

    中野 雄介, 角 俊幸, 安部 佳代子, 梶谷 耕二, 吉田 愛, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   62 ( 1 )   27 - 29   2010年02月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    卵巣粘液性腺癌を対象に、予後における危険因子を後方視的に検討した。初回手術を施行した卵巣悪性腫瘍は218例で、うち粘液性腺癌は34例(15.6%)であった。進行期別には、I・II期の早期癌が全体の82.4%(28例)を占めた。III・IV期の進行癌は6例で、再発・再燃を83.3%(5例)に認めた。死亡症例(7例)には残存腫瘍が認められた。残存腫瘍径からみた平均生存期間は、残存腫瘍径が1cm以上(6例):35.3ヵ月、1cm以下(3例):25.0ヵ月で、両者に統計学的有意差はみられなかった。化学療法奏功率は22.2%であった。進行粘液性腺癌の予後改善のためには、手術における完全摘出の他、組織型別化学療法の確立、転移性卵巣癌と原発性卵巣癌の鑑別を行うための新たな診断法の開発等が必要であると考えられた。

  • 当院での卵巣粘液性腺癌の治療成績 査読

    中野 雄介, 角 俊幸, 安部 佳代子, 梶谷 耕二, 吉田 愛, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   62 ( 1 )   27 - 29   2010年02月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    卵巣粘液性腺癌を対象に、予後における危険因子を後方視的に検討した。初回手術を施行した卵巣悪性腫瘍は218例で、うち粘液性腺癌は34例(15.6%)であった。進行期別には、I・II期の早期癌が全体の82.4%(28例)を占めた。III・IV期の進行癌は6例で、再発・再燃を83.3%(5例)に認めた。死亡症例(7例)には残存腫瘍が認められた。残存腫瘍径からみた平均生存期間は、残存腫瘍径が1cm以上(6例):35.3ヵ月、1cm以下(3例):25.0ヵ月で、両者に統計学的有意差はみられなかった。化学療法奏功率は22.2%であった。進行粘液性腺癌の予後改善のためには、手術における完全摘出の他、組織型別化学療法の確立、転移性卵巣癌と原発性卵巣癌の鑑別を行うための新たな診断法の開発等が必要であると考えられた。

  • 再発卵巣がんに対する治療方針決定のためのPET検査の意義 査読

    森下 真成, 安井 智代, 笠井 真理, 梶谷 耕二, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 角 俊幸, 本田 謙一, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   62 ( 3 )   296 - 298   2010年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.62.296

    CiNii Article

  • 当院での卵巣粘液性腺癌の治療成績 査読

    中野 雄介, 角 俊幸, 安部 佳代子, 梶谷 耕二, 吉田 愛, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   62 ( 1 )   27 - 29   2010年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.62.27

    CiNii Article

  • A scoring system for histopathologic and immunohistochemical evaluations of uterine leiomyosarcomas 査読

    Yoshida Chika, Ichimura Tomoyuki, Kawamura Naoki, Nakano Akemi, Kasai Mari, Sumi Toshiyuki, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY REPORTS   22 ( 4 )   725 - 731   2009年10月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or_00000493

  • A scoring system for histopathologic and immunohistochemical evaluations of uterine leiomyosarcomas. 査読

    Yoshida C, Ichimura T, Kawamura N, Nakano A, Kasai M, Sumi T, Ishiko O

    Oncology reports   22 ( 4 )   725 - 31   2009年10月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Multiple organ failure of tumor-bearing rabbits in cancer cachexia is caused by apoptosis of normal organ cells 査読

    Fukuda Takeshi, Sumi Toshiyuki, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   34 ( 1 )   61 - 67   2009年01月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo_00000129

  • Multiple organ failure of tumor-bearing rabbits in cancer cachexia is caused by apoptosis of normal organ cells. 査読

    Fukuda T, Sumi T, Nobeyama H, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda K, Ishiko O

    International journal of oncology   34 ( 1 )   61 - 7   2009年01月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • A scoring system for histopathologic and immunohistochemical evaluations of uterine leiomyosarcomas.

    Yoshida C, Ichimura T, Kawamura N, Nakano A, Kasai M, Sumi T, Ishiko O.

    Oncol Rep.   22 ( 4 )   725 - 731   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pharmacokinetics of paclitaxel and carboplatin in a hemodialysis patient with advanced ovarian cancer 査読

    Yoshida H., Sumi T., Abe K., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   30 ( 5 )   583 - 585   2009年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pharmacokinetics of paclitaxel and carboplatin in a hemodialysis patient with advanced ovarian cancer. 査読

    Yoshida H, Sumi T, Abe K, Ishiko O.

    Eur J Gynaecol Oncol.   30 ( 5 )   583 - 5   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科における緩和ケアチームによる婦人科腫瘍患者への関わり 査読

    本田 謙一, 中野 雄介, 安部 佳代子, 梶谷 耕二, 吉田 愛, 吉田 裕之, 松本 佳也, 市村 友季, 角 俊幸, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   61 ( 3 )   264 - 265   2009年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.61.264

    CiNii Article

  • Pharmacokinetics of paclitaxel and carboplatin in a hemodialysis patient with advanced ovarian cancer 査読

    Yoshida H., Sumi T., Abe K., Ishiko O.

    EUROPEAN JOURNAL OF GYNAECOLOGICAL ONCOLOGY   30 ( 5 )   583 - 585   2009年( ISSN:0392-2936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Docetaxel/carboplatin併用療法後の再発症例に対するsalvage chemotherapyとしてのpaclitaxel/carboplatin併用療法の効果 査読

    吉田 裕之, 角 俊幸, 梶谷 耕二, 吉田 愛, 延山 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   61 ( 1 )   35 - 37   2009年( ISSN:03708446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.61.35

    CiNii Article

  • Multiple organ failure of tumor-bearing rabbits in cancer cachexia is caused by apoptosis of normal organ cells.

    Fukuda T, Sumi T, Nobeyama H, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda K, Ishiko O.

    Int J Oncol.   34 ( 1 )   61 - 67   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pharmacokinetics of paclitaxel and carboplatin in a hemodialysis patient with advanced ovarian cancer. 査読

    Yoshida H, Sumi T, Abe K, Ishiko O

    Eur J Gynaecol Oncol.   30 ( 5 )   583 - 5   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科における外来化学療法の現状と問題点 査読

    松本 佳也, 吉田 愛, 福田 武史, 梶谷 耕二, 田村 実穂, 吉田 裕之, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   60 ( 2 )   123 - 125   2008年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.60.123

    CiNii Article

  • 一般産婦人科医による女性排尿障害診療について 査読

    角 俊幸

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   60 ( 1 )   39 - 42   2008年( ISSN:03708446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.60.39

    CiNii Article

  • Estradiol-17 beta regulates vascular endothelial growth factor and Bcl-2 expression in HHUA cells 査読

    Zhi Xu, Honda Ken-Ichi, Sumi Toshiyuki, Yasui Tomoyo, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   31 ( 6 )   1333 - 1338   2007年12月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Estradiol-17 beta regulates vascular endothelial growth factor and Bcl-2 expression in HHUA cells 査読

    Zhi Xu, Honda Ken-Ichi, Sumi Toshiyuki, Yasui Tomoyo, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   31 ( 6 )   1333 - 1338   2007年12月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Estradiol-17beta regulates vascular endothelial growth factor and Bcl-2 expression in HHUA cells. 査読

    Zhi X, Honda K, Sumi T, Yasui T, Nobeyama H, Yoshida H, Ishiko O

    International journal of oncology   31 ( 6 )   1333 - 8   2007年12月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Dandelion T-1 extract up-regulates reproductive hormone receptor expression in mice 査読

    Zhi Xu, Honda Ken-Ichi, Ozaki Koji, Misugi Takuya, Sumi Toshiyuki, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   20 ( 3 )   287 - 292   2007年09月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dandelion T-1 extract up-regulates reproductive hormone receptor expression in mice 査読

    Zhi Xu, Honda Ken-Ichi, Ozaki Koji, Misugi Takuya, Sumi Toshiyuki, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   20 ( 3 )   287 - 292   2007年09月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vascular endothelial growth factor, matrix metalloproteinases, and cyclooxygenase-2 influence prognosis of uterine cervical cancer in young women 査読

    Noriyuki Maiko, Sumi Toshiyuki, Zhi Xu, Misugi Fumiko, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   31 ( 3 )   531 - 536   2007年09月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dandelion T-1 extract up-regulates reproductive hormone receptor expression in mice 査読

    Zhi Xu, Honda Ken-Ichi, Ozaki Koji, Misugi Takuya, Sumi Toshiyuki, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   20 ( 3 )   287 - 292   2007年09月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vascular endothelial growth factor, matrix metalloproteinases, and cyclooxygenase-2 influence prognosis of uterine cervical cancer in young women. 査読

    Noriyuki M, Sumi T, Zhi X, Misugi F, Nobeyama H, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda K, Ishiko O

    International journal of oncology   31 ( 3 )   531 - 6   2007年09月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Vascular endothelial growth factor, matrix metalloproteinases, and cyclooxygenase-2 influence prognosis of uterine cervical cancer in young women 査読

    Noriyuki Maiko, Sumi Toshiyuki, Zhi Xu, Misugi Fumiko, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   31 ( 3 )   531 - 536   2007年09月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dandelion T-1 extract up-regulates reproductive hormone receptor expression in mice. 査読

    Zhi X, Honda K, Ozaki K, Misugi T, Sumi T, Ishiko O

    International journal of molecular medicine   20 ( 3 )   287 - 92   2007年09月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Expression of glucose transporters in epithelial ovarian carcinoma: Correlation with clinical characteristics and tumor angiogenesis 査読

    Tsukioka Miho, Matsumoto Yoshinari, Noriyuki Maiko, Yoshida Chika, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY REPORTS   18 ( 2 )   361 - 367   2007年08月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of glucose transporters in epithelial ovarian carcinoma: correlation with clinical characteristics and tumor angiogenesis. 査読

    Tsukioka M, Matsumoto Y, Noriyuki M, Yoshida C, Nobeyama H, Yoshida H, Yasui T, Sumi T, Honda K, Ishiko O

    Oncology reports   18 ( 2 )   361 - 7   2007年08月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Expression of glucose transporters in epithelial ovarian carcinoma: Correlation with clinical characteristics and tumor angiogenesis 査読

    Tsukioka Miho, Matsumoto Yoshinari, Noriyuki Maiko, Yoshida Chika, Nobeyama Hiroyuki, Yoshida Hiroyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Honda Ken-Ichi, Ishiko Osamu

    ONCOLOGY REPORTS   18 ( 2 )   361 - 367   2007年08月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Estradiol-17beta regulates vascular endothelial growth factor and Bcl-2 expression in HHUA cells.

    Zhi X, Honda K, Sumi T, Yasui T, Nobeyama H, Yoshida H, Ishiko O.

    Int J Oncol.   31 ( 6 )   1333 - 1338   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dandelion T-1 extract up-regulates reproductive hormone receptor expression in mice. 査読

    Zhi X, Honda K, Ozaki K, Misugi T, Sumi T, et al.

    Int J Mol Med.   20 ( 3 )   287 - 292   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Estradiol-17beta regulates vascular endothelial growth factor and Bcl-2 expression in HHUA cells. 査読

    Zhi X, Honda K, Sumi T, Yasui T, Nobeyama H, Yoshida H, Ishiko O.

    Int J Oncol.   31 ( 6 )   1333 - 1338   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of glucose transporters in epithelial ovarian carcinoma: correlation with clinical characteristics and tumor angiogenesis. 査読

    Tsukioka M, Matsumoto Y, Yoshida H, Yasui T, Sumi T, et al.

    Oncol Rep.   18 ( 2 )   361 - 367   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vascular endothelial growth factor, matrix metalloproteinases, and cyclooxygenase-2 influence prognosis of uterine cervical cancer in young women. 査読

    Noriyuki M, Sumi T, Zhi X, Misugi F, Nobeyama H, et al.

    Int J Oncol.   31 ( 3 )   531 - 536   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科における若年子宮頸癌の現況 査読

    福田 武史, 角 俊幸, 則行 麻衣子, 梶谷 耕二, 吉田 愛, 延山 裕之, 吉田 裕之, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   59 ( 2 )   124 - 126   2007年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.59.124

    CiNii Article

  • 当科における子宮体癌に対する高用量黄体ホルモンによる妊孕性温存療法 査読

    本田 謙一, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 金岡 靖, 橘 大介, 尾崎 宏治, 中井 祐一郎, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   59 ( 4 )   293 - 294   2007年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.59.293

    CiNii Article

  • Dandelion T-1 extract up-regulates reproductive hormone receptor expression in mice.

    Zhi X, Honda K, Ozaki K, Misugi T, Sumi T, et al.

    Int J Mol Med.   20 ( 3 )   287 - 292   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vascular endothelial growth factor, matrix metalloproteinases, and cyclooxygenase-2 influence prognosis of uterine cervical cancer in young women.

    Noriyuki M, Sumi T, Zhi X, Misugi F, Nobeyama H, et al.

    Int J Oncol.   31 ( 3 )   531 - 536   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of glucose transporters in epithelial ovarian carcinoma: correlation with clinical characteristics and tumor angiogenesis.

    Tsukioka M, Matsumoto Y, Yoshida H, Yasui T, Sumi T, et al.

    Oncol Rep.   18 ( 2 )   361 - 367   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vascular endothelial growth factor, matrix metalloproteinases, and cyclooxygenase-2 influence prognosis of uterine cervical cancer in young women. 査読

    Noriyuki M, Sumi T, Zhi X, Misugi F, Nobeyama H

    Int J Oncol.   31 ( 3 )   531 - 536   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dandelion T-1 extract up-regulates reproductive hormone receptor expression in mice. 査読

    Zhi X, Honda K, Ozaki K, Misugi T, Sumi T

    Int J Mol Med.   20 ( 3 )   287 - 292   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 当科関連施設における過去5年間の鏡視下手術の検討 査読

    延山 裕之, 中村 哲生, 角 俊幸, 本田 謙一, 康 文豪, 出口 昌昭, 武曽 博, 志村 研太郎, 辰田 一郎, 植田 充冶, 西尾 順子, 朝田 拓治, 田村 俊次, 東條 一仁, 安藤 哲史, 峯真 紀子, 石河 修

    JAPAN SOCIETY OF GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC ENDOSCOPY AND MINIMALLY INVASIVE THERAPY 日本産科婦人科内視鏡學會雜誌 = The journal of the Japan Endoscopy Society of Obstetrics and Gynecology   22 ( 2 )   442 - 445   2006年12月( ISSN:1884-9938

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1) 日本産婦人科医会: 内視鏡手術 研修ノートNo71: 2-6, 2003<BR>2) 菊池盤他: 腹腔鏡下手術の適応と要約.臨床婦人科産科59: 258-261, 2005<BR>3) 安藤正明他: 内視鏡下腹膜外傍大動脈リンパ節郭清術―両側側方アプローチEndoscopic Para-Aortic Lymphadenectomy; A Bilateral Extraperitoneal Approach.日本産科婦人科内視鏡学会雑誌6: 62-28, 2000<BR>4) 内視鏡外科手術に関するアンケート調査【6】産婦人科領域.日本内視鏡外科学会雑誌9: 532-541, 2004

    DOI: 10.5180/jsgoe.22.442

    CiNii Article

  • 子宮摘出術後の女性の Sexuality の変化 : 子宮膣上部切断術の意義について 査読

    角 俊幸, 森村 美奈, 安井 智代, 石河 修

    日本性科学会 日本性科学会雑誌 = Japan Journal of Sexology   24 ( 1 )   3 - 6   2006年07月( ISSN:13496654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 浸潤子宮頸癌に対する化学療法併用放射線治療の有効性と有害事象に関する検討 査読

    福田 武史, 角 俊幸, 月岡 美穂, 則行 麻衣子, 三すぎ 卓也, 三すぎ 史子, 市村 友季, 松本 佳也, 安井 智代, 平井 光三, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   58 ( 1 )   45 - 47   2006年( ISSN:03708446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.58.45

    CiNii Article

  • 当科にて経験した顆粒膜細胞腫の検討 査読

    松本 佳也, 月岡 美穂, 則行 麻衣子, 西本 幸代, 三すぎ 卓也, 三すぎ 史子, 吉田 裕之, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 金岡 靖, 本田 謙一, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   58 ( 4 )   397 - 398   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.58.397

    CiNii Article

  • Expression of matrix metalloproteinases and tissue inhibitors of metalloproteinase in uterine endometrial carcinoma and a correlation between expression of matrix metalloproteinase-7 and prognosis 査読

    Misugi F, Sumi T, Okamoto E, Nobeyama H, Hattori K, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda K, Ishiko O

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   16 ( 4 )   541 - 546   2005年10月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of matrix metalloproteinases and tissue inhibitors of metalloproteinase in uterine endometrial carcinoma and a correlation between expression of matrix metalloproteinase-7 and prognosis 査読

    Misugi F, Sumi T, Okamoto E, Nobeyama H, Hattori K, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda K, Ishiko O

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   16 ( 4 )   541 - 546   2005年10月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of matrix metalloproteinases and tissue inhibitors of metalloproteinase in uterine endometrial carcinoma and a correlation between expression of matrix metalloproteinase-7 and prognosis. 査読

    Misugi F, Sumi T, Okamoto E, Nobeyama H, Hattori K, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda K, Ishiko O

    International journal of molecular medicine   16 ( 4 )   541 - 6   2005年10月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 悪性胚細胞腫瘍に対するBEP療法とBAP療法の臨床的比較 査読

    角 俊幸, 加藤 万紀子, 福田 武史, 北岡 美穂, 則行 麻衣子, 三〓 史子, 松本 佳也, 安井 智代, 本田 謙一, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology   23 ( 1 )   13 - 18   2005年01月( ISSN:13478559

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Expression of apoptosis-related proteins in advanced uterine cervical cancer after balloon-occluded arterial infusion chemotherapy as an indicator of the efficiency of this therapy 査読

    Okamoto E, Sumi T, Misugi F, Nobeyama H, Hattori K, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda KI, Ishiko O

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   15 ( 1 )   41 - 47   2005年01月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of apoptosis-related proteins in advanced uterine cervical cancer after balloon-occluded arterial infusion chemotherapy as an indicator of the efficiency of this therapy. 査読

    Okamoto E, Sumi T, Misugi F, Nobeyama H, Hattori K, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda K, Ishiko O

    International journal of molecular medicine   15 ( 1 )   41 - 7   2005年01月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Expression of apoptosis-related proteins in advanced uterine cervical cancer after balloon-occluded arterial infusion chemotherapy as an indicator of the efficiency of this therapy 査読

    Okamoto E, Sumi T, Misugi F, Nobeyama H, Hattori K, Yoshida H, Matsumoto Y, Yasui T, Honda KI, Ishiko O

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE   15 ( 1 )   41 - 47   2005年01月( ISSN:1107-3756

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of apoptosis-related proteins in advanced uterine cervical cancer after balloon-occluded arterial infusion chemotherapy as an indicator of the efficiency of this therapy.

    Okamoto E, Sumi T, Misugi F, Nobeyama H, Hattori K, et al.

    Int J Mol Med.   15 ( 1 )   41 - 47   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of apoptosis-related proteins in advanced uterine cervical cancer after balloon-occluded arterial infusion chemotherapy as an indicator of the efficiency of this therapy. 査読

    Okamoto E, Sumi T, Misugi F, Nobeyama H, Hattori K, et al.

    Int J Mol Med.   15 ( 1 )   41 - 47   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of matrix metalloproteinases and tissue inhibitors of metalloproteinase in uterine endometrial carcinoma and a correlation between expression of matrix metalloproteinase-7 and prognosis. 査読

    Misugi F, Sumi T, Okamoto E, Nobeyama H, Hattori K, et al.

    Int J Mol Med.   16 ( 4 )   541 - 546   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 血栓症をきたした卵巣明細胞腺癌に関する臨床的検討 査読

    北岡 美穂, 松本 佳也, 田原 三枝, 張 良実, 加藤 万紀子, 福田 武史, 則行 麻衣子, 三すぎ 卓也, 三すぎ 史子, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 平井 光三, 本田 謙一, 金岡 靖, 石河 修

    近畿産科婦人科学会 産婦人科の進歩   57 ( 2 )   164 - 167   2005年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11437/sanpunosinpo.57.164

    CiNii Article

  • Expression of matrix metalloproteinases and tissue inhibitors of metalloproteinase in uterine endometrial carcinoma and a correlation between expression of matrix metalloproteinase-7 and prognosis.

    Misugi F, Sumi T, Okamoto E, Nobeyama H, Hattori K, et al.

    Int J Mol Med.   16 ( 4 )   541 - 546   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of apoptosis-related proteins in advanced uterine cervical cancer after balloon-occluded arterial infusion chemotherapy as an indicator of the efficiency of this therapy. 査読

    Okamoto E, Sumi T, Misugi F, Nobeyama H, Hattori K

    Int J Mol Med.   15 ( 1 )   41 - 47   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of matrix metalloproteinases and tissue inhibitors of metalloproteinase in uterine endometrial carcinoma and a correlation between expression of matrix metalloproteinase-7 and prognosis. 査読

    Misugi F, Sumi T, Okamoto E, Nobeyama H, Hattori K

    Int J Mol Med.   16 ( 4 )   541 - 546   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • VEGF mRNA in adipocytes increase with rebound weight-gain after diet-restriction.

    Hattori K, Sumi T, Yasui T, Morimura M, Nobeyama H, et al.

    Int J Mol Med.   13 ( 3 )   395 - 399   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of HPV infection with prognosis after neoadjuvant chemotherapy in advanced uterine cervical cancer.

    Nobeyama H, Sumi T, Misugi F, Okamoto E, Hattori K, et al.

    Int J Mol Med.   14 ( 1 )   101 - 105   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Occlusion of the external cervical os after conization in a postpuerperal amenorrheic woman.

    Hirai K, Kanaoka Y, Sumi T, Yasui T, Nakai Y, et al.

    Arch Gynecol Obstet.   270 ( 1 )   64 - 66   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The importance of studying pressure-flow for predicting postoperative voiding difficulties in women with stress urinary incontinence: a preliminary study that correlates low Pdet x Qave with postoperative residual urine.

    Kawashima H, Okada N, Takahara Y, Kurisu T, Sumi T, et al.

    Urol Res.   32 ( 2 )   84 - 88   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of matrix metalloproteinases in human transitional cell carcinoma of the urinary bladder.

    Sumi T, Yoshida H, Hyun Y, Yasui T, Matsumoto Y, et al.

    Oncol Rep.   10 ( 2 )   345 - 349   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Female urinary incontinence diagnosis, treatment and patients concerns.

    Hirai K, Sumi T, Kanaoka Y, Ishiko O.

    Drugs Today   38 ( 7 )   487 - 493   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of matrix metalloproteinases 7 and 2 in human renal cell carcinoma.

    Sumi T, Nakatani T, Yoshida H, Hyun Y, Yasui T, et al.

    Oncol Rep.   10 ( 3 )   567 - 570   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Angiogenesis in the adipose tissue of tumor-bearing rabbits treated by cyclic plasma perfusion.

    Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Hyun Y, Ogita S

    Int J Oncol   19   785 - 790   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Indifference and resignation of Japanese women toward urinary incontinence.

    Hirai K, Ishiko O, Sumi T, Hyun Y, Nakagawa E, et al

    Int J Gynecol Obstet   75   89 - 91   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of apoptosis regulatory proteins in the skeletal muscle of tumor-bearing rabbits compared with diet-restricted rabbits.

    Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Hyun Y, Ogita S

    Int J Mol Med   8   279 - 283   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Apoptosis of muscle cells causes weight loss prior to impairment of DNA synthesis in tumor-bearing rabbits.

    Ishiko O, Sumi T, Hirai K, Honda KI, Nakata S, et al

    Jpn J Cancer Res   92   30 - 35   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of expression of apoptosis regulatory proteins in the adipose tissue of tumor-bearing and diet-restricted rabbits.

    Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Hyun Y, Ogita S.

    Int J Mol Med.   8 ( 5 )   543 - 547   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of angiogenesis in weight-loss in tumor-bearing and diet-restricted animals.

    Sumi T, Ishiko O, Yoshida H, Hyun Y, Ogita S.

    Int J Mol Med.   8 ( 5 )   533 - 536   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Angiogenesis in adipose tissues and skeletal muscles with rebound weight-gain after diet-restriction in rabbits.

    Morimura M, Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Ogita S.

    Int J Mol Med.   8 ( 5 )   499 - 503   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of cyclooxygenase-2 in ovarian mature cystic teratomas with malignant transformation.

    Sumi T, Ishiko O, Yoshida H, Hyun Y, Nakagawa E, et al.

    Int J Mol Med.   8 ( 5 )   495 - 498   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vascular endothelial growth factor levels in pleural and peritoneal fluid in Meigs" syndrome.

    Ishiko O, Yoshida H, Sumi T, Hirai K, Ogita S.

    Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol   98   129 - 130   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cyclooxygenase-2 expression in an adenoid cystic carcinoma of the uterine cervix.

    Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Tokuyama O, Wakasa K, et al.

    Oncol Rep   8   1023 - 1025   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Metachromasia of the endocervical epithelium in women treated with gonadotropin releasing hormone agonist.

    Morimura M, Ishiko O, Honda KI, Sumi T, Kawamura N, et al.

    Int J Mol Med   8   319 - 321   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The usefulness and limits of magnetic resonance imaging in the differential diagnosis of pelvic tumors.

    Kojima T, Ishiko O, Ichimura T, Nishimura S, Sumi T, et al.

    Oncol Rep   8   867 - 869   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Excellent results of radiotherapy for neuroendocrine carcinoma of the uterine cervix.

    Nakata SI, Yamamoto K, Kobayashi Y, Maeda K, Tsuda H, et al.

    Oncol Rep   8   777 - 779   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Combined diagnostic imaging for retroperitoneal schwannoma.

    Hirai K, Umesaki N, Sumi T, Ishiko O, Kanaoka Y, et al.

    Oncol Rep   8   773 - 775   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diagnosis of metastasis of ovarian clear cell carcinoma to the peritoneum of the abdominal wall by positron emission tomography with (fluorine-18)-2-deoxyglucose.

    Ishiko O, Honda K, Hirai K, Sumi T, Ogita S, et al.

    Oncol Rep   8   67 - 69   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between overexpression of cyclooxygenase-2 and suppression of apoptosis in advanced cancer of the uterine cervix after cyclic balloon-occluded arterial infusion.

    Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Matsumoto Y, Honda KI, et al.

    Oncol Rep.   8 ( 6 )   1259 - 1263   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cyclooxygenase-2 expression in malignant mesenchymal tumors and related uterine lesions.

    Matsumoto Y, Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Deguchi M, et al.

    Oncol Rep.   8 ( 6 )   1225 - 1227   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical evaluation of the Q-tip test in normal pregnant women.

    Nakamura T, Ishiko O, Hirai K, Sumi T, Nakagawa E, et al

    Gynecol Obstet Invest   51   92 - 95   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hormone replacement therapy plus pelvic floor muscle exercise for postmenopausal stress incontinence. A randomized, controlled trial.

    Ishiko O, Hirai K, Sumi T, Tatsuta I, Ogita S

    J Reprod Med   46   213 - 220   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of apoptosis regulatory proteins in advanced cancer of the uterine cervix after cyclic balloon-occluded arterial infusion.

    Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Ogita S, Yamada R

    Int J Oncol   18   1151 - 1155   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of apoptosis regulatory proteins in the skeletal muscle of tumor-bearing rabbits.

    Yoshida H, Ishiko O, Sumi T, Honda KI, Hirai K, et al

    Jpn J Cancer Res   92   631 - 637   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of cyclic plasma perfusion on apoptosis regulatory proteins in primary tumors of VX2-carcinoma-bearing rabbits.

    Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Hyun Y, Ogita S

    Int J Oncol   19   325 - 329   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Survivin, bcl-2 and matrix metalloproteinase-2 enhance progression of clear cell- and serous-type ovarian carcinomas.

    Yoshida H, Ishiko O, Sumi T, Matsumoto Y, Ogita S

    Int J Oncol   19   537 - 542   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anemia-inducing substance is related to elimination of lipolytic hyperactivity by cyclic plasma perfusion in human cancer cachexia.

    Ishiko O, Sumi T, Yoshida H, Hirai K, Honda K, et al

    Nutr Cancer   37   169 - 172   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Induction of estradiol synthesis by probucol in the adenocarcinoma cells of an ovarian clear cell tumor.

    Honda K, Ishiko O, Wakasa K, Sumi T, Kawamura N, et al.

    Anticancer Res   20   4397 - 4401   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kinetics of plasma platinum in a hemodialysis patient receiving repeated doses of cisplatin.

    Hirai K, Ishiko O, Sumi T, Kanaoka Y, Ogita S.

    Oncol Rep   7   1243 - 1245   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bleomycin, actinomycin-D, and cisplatin treatment of ovarian germ-cell malignancies contributes to reducing adverse drug reactions.

    Sumi T, Ishiko O, Yoshida H, Ogita S.

    Oncol Rep   7   1235 - 1238   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical evaluation of mature teratomas containing malignant elements.

    Hirai K, Ishiko O, Itoh F, Nakagawa E, Kanaoka Y, et al.

    Oncol Rep   7   655 - 657   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Is measuring the posterior urethrovesical angle of clinical value for controlling pelvic organ prolapse? Retrospective analysis of 107 postoperative cases.

    Sumi T,Ishiko O, Hirai K, Yoshida H, Ogita S

    Gynecol Obstet Invest   49   183 - 186   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tumor marker and MR imaging criteria for evaluating the efficacy of cyclic balloon-occluded arterial infusion for advanced cancer of the uterine cervix.

    Ishiko O, Sumi T, Yasui T, Matsumoto Y, Ogita S, et al

    Oncol Rep   7   827 - 830   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The urinary incontinence score in the diagnosis of female urinary incontinence.

    Ishiko O, Hirai K, Sumi T, Nishimura S, Ogita S

    Int J Obstet Gynecol   68   131 - 137   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Balloon-occluded arterial infusion chemotherapy, simple total hysterectomy,and radiotherapy as a useful combination-therapy for advanced cancer of the uterine cervix.

    Ishiko O, Sumi T, Yasui T, Matsumoto Y, Kawamura N, et al

    Oncol Rep   7   141 - 144   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Classification of female urinary incontinence by the scored incontinence questionnaire.

    Ishiko O, Sumi T, Hirai K, Ogita S

    Int J Gynecol Obstet   69   255 - 260   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of cyclic plasma perfusion on adipocyte apoptosis and lipolytic activity in VX2 carcinoma-bearing rabbits.

    Nishimura S, Ishiko O, Hirai K, Honda K, Sumi T, et al

    Anticancer Res   20   1657 - 1661   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Muscle cell apoptosis is responsible for the body weight loss in tumor-bearing rabbits.

    Sumi T, Ishiko O, Honda K, Hirai K, Yasui T, et al

    Osaka City Med J   45   25 - 35   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lipolytic activity of anemia-inducing substance from tumor-bearing rabbits.

    Ishiko O, Yasui T, Hirai K, Honda K, Sumi T, et al

    Nutr Cancer   33   201 - 205   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Metabolic and morphologic characteristics of adipose tissue associated with the growth of malignant tumors.

    Ishiko O, Nishimura S, Yasui T, Sumi T, Hirai K, et al

    Jpn J Cancer Res   90   655 - 659   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Elimination of anemia-inducing substance by cyclic plasma perfusion of tumor-bearing rabbits.

    Ishiko O, Hirai K, Nishimura S, Sumi T, Honda K, et al

    Clin Cancer Res   5   2660 - 2665   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Body composition analysis of cachectic rabbits by total body electrical conductivity.

    Yasui T, Ishiko O, Sumi T, Honda K, Hirai K, et al.

    Nutr Cancer   32   1 - 15   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of plasmapheresis in a rabbit model of cancer cachexia.

    Hirai K, Ishiko O, Deguchi M, Honda K, Nakata S, et al.

    Osaka City Med J   44   1 - 15   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anemia-inducing substance from plasma of patients with advanced malignant neoplasms.

    Honda K, Ishiko O, Tatsuta I, Deguchi M, Hirai K, et al.

    Cancer Res   55   3623 - 3628   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【これでわかる 婦人科稀少腫瘍】外陰腫瘍 悪性黒色腫 査読

    市村 友季, 角 俊幸

    (株)診断と治療社 産科と婦人科   88 ( 2 )   223 - 229   2021年02月( ISSN:0386-9792

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    産婦人科医として悪性黒色腫に遭遇する機会は極めて少ないが、女性生殖器に発生する悪性黒色腫は、その部位から診断は産婦人科医が行う可能性が高い。女性生殖器の悪性黒色腫は粘膜型で、皮膚悪性黒色腫に比較し予後不良のため術後補助療法を必要とすることも多いが、悪性黒色腫に対する薬物療法は次々に新しい治療が承認され飛躍的進歩を遂げている。産婦人科医にとって"まれ"だが"革新的"な腫瘍である悪性黒色腫について解説する。(著者抄録)

  • Lung adenocarcinoma observed within a peripheral cavitary lesion using an ultrathin bronchoscope(和訳中) 査読

    Sumi Toshiyuki, Sawai Takeyuki, Shijubou Naoki, Yamada Yuichi, Nakata Hisashi, Mori Yuji, Takahashi Hiroki

    Oxford University Press Japanese Journal of Clinical Oncology   50 ( 12 )   1479 - 1480   2020年12月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 手術総論(解剖)、周術期管理 査読

    福田 武史, 角 俊幸

    (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌   37 ( 2 )   84 - 92   2019年04月( ISSN:1347-8559

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 手術総論(解剖)、周術期管理 査読

    福田 武史, 角 俊幸

    (公社)日本婦人科腫瘍学会 日本婦人科腫瘍学会雑誌   37 ( 2 )   84 - 92   2019年04月( ISSN:1347-8559

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 卵巣癌・子宮頸癌のBevacizumabの実際 査読

    角 俊幸

    東海産科婦人科学会 東海産科婦人科学会雑誌   55   31 - 35   2019年03月( ISSN:0915-7204

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    ベバシズマブ(Bev)は、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)に対するモノクローナル抗体で、VEGFの働きを阻害することにより血管新生や腫瘍の増殖・転移を抑える作用を持つ分子標的治療薬の一つである。2004年に米国食品医薬品局(FDA)が未治療転移性大腸癌の治療薬として承認して以来、非小細胞肺癌、乳癌、卵巣癌、子宮頸癌にも承認されてきた。われわれの施設でも、2014年から進行・再発卵巣癌に対して、2016年から進行・再発子宮頸癌に対して、Bevを用いた化学療法を実施してきた。初発進行卵巣癌に対する奏功率は87.5%、再発卵巣癌に対する奏功率は76.2%、進行・再発子宮頸癌に対する奏功率は41.2%と、いずれも良好な成績を示した。また、当科でのBev使用全68例での有害事象の発現頻度は多くの臨床試験と同程度のものであり、Bevの安全性が確認された。婦人科悪性腫瘍に対する分子標的薬の草分けはベバシズマブ(Bev)であり、その有効性と安全性は確認されており、現時点での卵巣癌や子宮頸癌に対する化学療法の必須薬剤であると考えられる。(著者抄録)

  • 卵巣癌・子宮頸癌のBevacizumabの実際 査読

    角 俊幸

    東海産科婦人科学会 東海産科婦人科学会雑誌   55   31 - 35   2019年03月( ISSN:0915-7204

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    ベバシズマブ(Bev)は、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)に対するモノクローナル抗体で、VEGFの働きを阻害することにより血管新生や腫瘍の増殖・転移を抑える作用を持つ分子標的治療薬の一つである。2004年に米国食品医薬品局(FDA)が未治療転移性大腸癌の治療薬として承認して以来、非小細胞肺癌、乳癌、卵巣癌、子宮頸癌にも承認されてきた。われわれの施設でも、2014年から進行・再発卵巣癌に対して、2016年から進行・再発子宮頸癌に対して、Bevを用いた化学療法を実施してきた。初発進行卵巣癌に対する奏功率は87.5%、再発卵巣癌に対する奏功率は76.2%、進行・再発子宮頸癌に対する奏功率は41.2%と、いずれも良好な成績を示した。また、当科でのBev使用全68例での有害事象の発現頻度は多くの臨床試験と同程度のものであり、Bevの安全性が確認された。婦人科悪性腫瘍に対する分子標的薬の草分けはベバシズマブ(Bev)であり、その有効性と安全性は確認されており、現時点での卵巣癌や子宮頸

  • 【産科・婦人科の手術看護パーフェクトマニュアル】(第2章)実践編 術式別の術中看護マニュアル 単純子宮全摘出術(子宮脱根治術・腟式) 査読

    安井 智代, 角 俊幸

    (株)メディカ出版 オペナーシング   ( 2018臨時増刊 )   151 - 158   2018年05月( ISSN:0913-5014

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【産科・婦人科の手術看護パーフェクトマニュアル】(第2章)実践編 術式別の術中看護マニュアル 単純子宮全摘出術(子宮脱根治術・腟式) 査読

    安井 智代, 角 俊幸

    (株)メディカ出版 オペナーシング   ( 2018臨時増刊 )   151 - 158   2018年05月( ISSN:0913-5014

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The Pros and Cons for Vaginal Mesh Surgeries 経腟メッシュ手術 Consの立場から 査読

    古山 将康, 佐野 美帆, 和田 夏子, 山本 浩子, 浜崎 新, 羽室 明洋, 寺田 裕之, 橘 大介, 中野 朱美, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   11 ( 1 )   15 - 20   2014年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高齢社会でのQOL疾患である骨盤臓器脱の適切な治療は女性骨盤底医学会において重要課題である。合成メッシュを用いた骨盤底再建手術は耐久性、低侵襲性の観点からも本邦でも急速に普及したが、2008年、2011年の2回にわたる米国FDAのアラートによって腟式メッシュ手術の適応を再考すべき時期に来ている。Tension-free vaginal mesh(TVM)手術は手術手技の統一化が図れることや、子宮を温存し易い利点がありPOP手術の重要な術式の一つとなった。しかし、産婦人科で施行されてきた腟式子宮全摘、腟壁形成術に加えて、上部腟管の補強をすることでnative tissueによる骨盤臓器脱修復は解剖学的に適切な方法であり、経腟メッシュ法よりトラブルの少ない安全な手術法であることを認識してほしい。(著者抄録)

  • The Pros and Cons for Vaginal Mesh Surgeries 経腟メッシュ手術 Consの立場から 査読

    古山 将康, 佐野 美帆, 和田 夏子, 山本 浩子, 浜崎 新, 羽室 明洋, 寺田 裕之, 橘 大介, 中野 朱美, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   11 ( 1 )   15 - 20   2014年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高齢社会でのQOL疾患である骨盤臓器脱の適切な治療は女性骨盤底医学会において重要課題である。合成メッシュを用いた骨盤底再建手術は耐久性、低侵襲性の観点からも本邦でも急速に普及したが、2008年、2011年の2回にわたる米国FDAのアラートによって腟式メッシュ手術の適応を再考すべき時期に来ている。Tension-free vaginal mesh(TVM)手術は手術手技の統一化が図れることや、子宮を温存し易い利点がありPOP手術の重要な術式の一つとなった。しかし、産婦人科で施行されてきた腟式子宮全摘、腟壁形成術に加えて、上部腟管の補強をすることでnative tissueによる骨盤臓器脱修復は解剖学的に適切な方法であり、経腟メッシュ法よりトラブルの少ない安全な手術法であることを認識してほしい。(著者抄録)

  • 【診療ガイドライン婦人科外来編2014 改訂と追加のポイントを読み解く】女性医学 女性性機能障害の管理は? 査読

    福田 武史, 森村 美奈, 角 俊幸

    (株)医学書院 臨床婦人科産科   68 ( 10 )   982 - 985   2014年10月( ISSN:0386-9865

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    女性性機能障害の管理にあたり,まず性歴,既往歴,内服薬,手術歴,社会的背景などを含む問診により性機能障害の分類をする.性交疼痛障害に対しては,腟の潤い不足が原因の際は潤滑ゼリーの使用,エストロゲン欠乏が原因の際はエストロゲン投与を考慮する.性交疼痛障害以外の性機能障害の治療には専門的な知識,および十分な経験が必要である場合が多く,管理が困難と判断された際には,専門医受診を勧める.(著者抄録)

  • 【診療ガイドライン婦人科外来編2014 改訂と追加のポイントを読み解く】女性医学 女性性機能障害の管理は? 査読

    福田 武史, 森村 美奈, 角 俊幸

    (株)医学書院 臨床婦人科産科   68 ( 10 )   982 - 985   2014年10月( ISSN:0386-9865

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    女性性機能障害の管理にあたり,まず性歴,既往歴,内服薬,手術歴,社会的背景などを含む問診により性機能障害の分類をする.性交疼痛障害に対しては,腟の潤い不足が原因の際は潤滑ゼリーの使用,エストロゲン欠乏が原因の際はエストロゲン投与を考慮する.性交疼痛障害以外の性機能障害の治療には専門的な知識,および十分な経験が必要である場合が多く,管理が困難と判断された際には,専門医受診を勧める.(著者抄録)

  • 産科婦人科学のサブスペシャリティとしての骨盤底医学 査読

    古山 将康, 寺田 裕之, 浜崎 新, 佐野 美帆, 和田 夏子, 羽室 明洋, 橘 大介, 中野 朱美, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   6 - 10   2013年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    超高齢社会での質の高い医療サービスを提供するため、女性骨盤底医学が産婦人科、泌尿器科のサブスペシャリティとして確立される必要がある。欧米ではすでに2階建ての専門医として確立されており、日本の産婦人科の3つのサブスペシャリティ(周産期、婦人科腫瘍、生殖内分泌)に加えて4つめの分野として認定されることが望まれる。専門医認定には国の実情を踏まえた取り決めが必要であり、骨盤底医学の診療ガイドライン、教育ガイドラインを産婦人科、泌尿器科の共通の認定学会で策定するシステムが構築されなければならない。日本における骨盤底医学の指導医の技術力向上と研修施設認定のための施設基準の均一化を早急に図る必要がある。(著者抄録)

  • 産科婦人科学のサブスペシャリティとしての骨盤底医学 査読

    古山 将康, 寺田 裕之, 浜崎 新, 佐野 美帆, 和田 夏子, 羽室 明洋, 橘 大介, 中野 朱美, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    日本女性骨盤底医学会 日本女性骨盤底医学会誌   10 ( 1 )   6 - 10   2013年12月( ISSN:2187-5669

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    超高齢社会での質の高い医療サービスを提供するため、女性骨盤底医学が産婦人科、泌尿器科のサブスペシャリティとして確立される必要がある。欧米ではすでに2階建ての専門医として確立されており、日本の産婦人科の3つのサブスペシャリティ(周産期、婦人科腫瘍、生殖内分泌)に加えて4つめの分野として認定されることが望まれる。専門医認定には国の実情を踏まえた取り決めが必要であり、骨盤底医学の診療ガイドライン、教育ガイドラインを産婦人科、泌尿器科の共通の認定学会で策定するシステムが構築されなければならない。日本における骨盤底医学の指導医の技術力向上と研修施設認定のための施設基準の均一化を早急に図る必要がある。(著者抄録)

  • 女性のヘルスケア クリニカルディベート 骨盤臓器脱の管理法 非メッシュによる治療 査読

    角 俊幸

    (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 9 )   N - 361   2012年09月( ISSN:0300-9165

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 女性のヘルスケア クリニカルディベート 骨盤臓器脱の管理法 非メッシュによる治療 査読

    角 俊幸

    (公社)日本産科婦人科学会 日本産科婦人科学会雑誌   64 ( 9 )   N - 361   2012年09月( ISSN:0300-9165

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 日本における産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会2011年版(Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists 2011 edition) 査読

    Takeda Takashi, Wong Tze Fang, Adachi Tomoko, Ito Kiyoshi, Uehara Shigeki, Kanaoka Yasushi, Kamada Masaharu, Kitagawa Hiroaki, Koseki Satoshi, Gomibuchi Hideto, Saito Junichiro, Shirasu Kazuhiro, Sueoka Kou, Sugimoto Mitsuhiro, Suzuki Mitsuaki, Sumi Toshiyuki, Takeda Satoru, Tasaka Keiichi, Noguchi Yasuyuki, Fujii Shunsaku, Fujii Tsuneo, Fujiwara Michihisa, Maeda Tsugio, Matsumoto Koji, Momoeda Mikio, Morita Mineto, Yoshimura Kazuaki, Hirai Yasuo, Kubota Toshiro, Sakuragi Noriaki, Kawabata Masakiyo, Yoshikawa Hiroyuki, Kobayashi Hiroshi, Yaegashi Nobuo

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   38 ( 4 )   615 - 631   2012年04月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【産婦人科オフィス診療指針-保険診療上の留意点を含めて】女性医学分野 尿失禁 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)診断と治療社 産科と婦人科   79 ( Suppl. )   308 - 314   2012年04月( ISSN:0386-9792

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【産婦人科オフィス診療指針-保険診療上の留意点を含めて】女性医学分野 尿失禁 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)診断と治療社 産科と婦人科   79 ( Suppl. )   308 - 314   2012年04月( ISSN:0386-9792

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 日本における産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編 日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会2011年版(Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists 2011 edition) 査読

    Takeda Takashi, Wong Tze Fang, Adachi Tomoko, Ito Kiyoshi, Uehara Shigeki, Kanaoka Yasushi, Kamada Masaharu, Kitagawa Hiroaki, Koseki Satoshi, Gomibuchi Hideto, Saito Junichiro, Shirasu Kazuhiro, Sueoka Kou, Sugimoto Mitsuhiro, Suzuki Mitsuaki, Sumi Toshiyuki, Takeda Satoru, Tasaka Keiichi, Noguchi Yasuyuki, Fujii Shunsaku, Fujii Tsuneo, Fujiwara Michihisa, Maeda Tsugio, Matsumoto Koji, Momoeda Mikio, Morita Mineto, Yoshimura Kazuaki, Hirai Yasuo, Kubota Toshiro, Sakuragi Noriaki, Kawabata Masakiyo, Yoshikawa Hiroyuki, Kobayashi Hiroshi, Yaegashi Nobuo

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   38 ( 4 )   615 - 631   2012年04月( ISSN:1341-8076

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【いま、骨盤臓器脱が新しい-QOLの向上を追求して-】骨盤臓器脱 overview 骨盤底の解剖、骨盤臓器脱の頻度とその病態について 査読

    古山 将康, 月岡 美穂, 延山 裕之, 橘 大介, 角 俊幸, 安井 智代, 石河 修

    金原出版(株) 産婦人科の実際   60 ( 12 )   1873 - 1881   2011年11月( ISSN:0558-4728

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【いま、骨盤臓器脱が新しい-QOLの向上を追求して-】骨盤臓器脱 overview 骨盤底の解剖、骨盤臓器脱の頻度とその病態について 査読

    古山 将康, 月岡 美穂, 延山 裕之, 橘 大介, 角 俊幸, 安井 智代, 石河 修

    金原出版(株) 産婦人科の実際   60 ( 12 )   1873 - 1881   2011年11月( ISSN:0558-4728

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 骨盤臓器脱(性器脱)の診断と治療 査読

    角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   63 ( 2 )   152 - 157   2011年05月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 骨盤臓器脱(性器脱)の診断と治療 査読

    角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   63 ( 2 )   152 - 157   2011年05月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【日常診療でよくみる症状・病態-診断の指針・治療の指針-】女性生殖器の異常 帯下の異常 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)永井書店 綜合臨床   60 ( 増刊 )   1133 - 1135   2011年05月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【日常診療でよくみる症状・病態-診断の指針・治療の指針-】女性生殖器の異常 帯下の異常 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)永井書店 綜合臨床   60 ( 増刊 )   1133 - 1135   2011年05月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【婦人科内分泌療法 病態の理解と正しい診断に基づく対処・治療のポイント】更年期・老年期 排尿障害 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)医学書院 臨床婦人科産科   65 ( 4 )   578 - 583   2011年04月( ISSN:0386-9865

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【婦人科内分泌療法 病態の理解と正しい診断に基づく対処・治療のポイント】更年期・老年期 排尿障害 査読

    角 俊幸, 福田 武史, 石河 修

    (株)医学書院 臨床婦人科産科   65 ( 4 )   578 - 583   2011年04月( ISSN:0386-9865

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 性器脱の外来管理 査読

    角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   63 ( 1 )   70 - 72   2011年02月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 性器脱の外来管理 査読

    角 俊幸

    「産婦人科の進歩」編集室 産婦人科の進歩   63 ( 1 )   70 - 72   2011年02月( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 臨床病理カンファレンス 子宮頸癌 査読

    本田 謙一, 大澤 政彦, 吉田 愛, 市村 友季, 吉田 裕之, 角 俊幸, 西田 典史, 細野 雅子, 若狭 研一, 石河 修, 上田 真喜子

    (株)永井書店 綜合臨床   59 ( 5 )   1315 - 1325   2010年05月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 臨床病理カンファレンス 子宮頸癌 査読

    本田 謙一, 大澤 政彦, 吉田 愛, 市村 友季, 吉田 裕之, 角 俊幸, 西田 典史, 細野 雅子, 若狭 研一, 石河 修, 上田 真喜子

    (株)永井書店 綜合臨床   59 ( 5 )   1315 - 1325   2010年05月( ISSN:0371-1900

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 更年期女性の尿失禁

    石河修, 角俊幸

    日本医事新報   ( 3995 )   25 - 29   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 更年期外来診療の実際 中高年女性と尿失禁

    石河修, 角俊幸, 平井光三, 他

    産婦人科治療   74 ( 3 )   286 - 293   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 平滑筋腫瘍との鑑別が困難であった低異型度子宮内膜間質肉腫の1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 山内 真, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2020年11月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹水細胞診を契機に卵巣転移を診断できた子宮頸部腺癌IA1期の一例 国内会議

    笠井 真理, 市村 友季, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2020年11月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の後方視的検討 国内会議

    山内 真, 粟津 祐一朗, 南野 成則, 井上 裕太, 下村 将央, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2020年11月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における75歳以上の高齢子宮体がん患者に対する治療 国内会議

    菊池 太貴, 橋口 裕紀, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2020年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癌パネル検査は癌治療においてはたして有用か? 国内会議

    西村 貞徳, 杉本 敦史, 櫛山 周平, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 山内 真, 角 俊幸, 澤 兼二, 川口 知哉, 木村 健二郎, 永原 央, 六車 一哉, 高島 勉, 大平 雅一, 八代 正和

    日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • がん遺伝子パネル検査を用いたクリニカルシーケンスの課題と現状 国内会議

    西村 貞徳, 杉本 敦史, 櫛山 周平, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 山内 真, 角 俊幸, 金田 裕靖, 川口 知哉, 加藤 実, 木村 健二郎, 永原 央, 六車 一哉, 李 栄柱, 高島 勉, 久保 正二, 大平 雅一, 八代 正和

    日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録  2020年09月  日本分子腫瘍マーカー研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Expression of PRMT1 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma(和訳中) 国内会議

    Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Nanno Shigenori, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2020年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Paclitaxel plus cisplatin as adjuvant chemotherapy after radical hysterectomy for intermediate and high risk stage IB-IIB cervical cancer(和訳中) 国内会議

    Nanno Shigenori, Yamauchi Makoto, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2020年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Expression of TBX2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer(和訳中) 国内会議

    Inoue Yuta, Yamauchi Makoto, Nanno Shigenori, Shimomura Masahiro, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2020年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Expression of PRMT1 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer(和訳中) 国内会議

    Shimomura Masahiro, Yamauchi Makoto, Nanno Shigenori, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2020年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 無症状であった卵巣カルチノイド症候群の1例 国内会議

    山本 将太朗, 笠井 真理, 谷脇 絢子, 山内 真, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2020年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤リンパ節郭清時の閉鎖神経損傷に対して人工神経再生誘導術を用いた1例 国内会議

    粟津 祐一郎, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2020年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 針生検により診断した子宮頸部細胞診ASC-USであった子宮頸癌合併妊娠の1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2020年05月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PRMT1発現からみた局所進行子宮頸癌に対するネオアジュバント化学療法の有効性予測(Expression of PRMT1 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Shimomura Masahiro, Yamauchi Makoto, Nanno Shigenori, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹腔鏡下手術を施行した抗NMDA受容体脳炎を伴った卵巣奇形腫3例の検討 国内会議

    山内 真, 南野 成則, 井上 裕太, 下村 将央, 松原 裕明, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮筋腫増大に伴う子宮の伸長方向に関する検討 国内会議

    谷脇 絢子, 市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 松田 真希子, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中・高リスクのIB-IIB期子宮頸癌に対する広汎子宮全摘術後のアジュバント化学療法としてのパクリタキセル+シスプラチン併用療法(Paclitaxel plus cisplatin as adjuvant chemotherapy after radical hysterectomy for intermediate and high risk stage IB-IIB cervical cancer) 国内会議

    Nanno Shigenori, Yamauchi Makoto, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TBX2発現による局所進行子宮頸癌に対するネオアジュバント化学療法の有効性予測(Expression of TBX2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Inoue Yuta, Yamauchi Makoto, Nanno Shigenori, Shimomura Masahiro, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PRMT1発現と卵巣漿液性癌のプラチナベース化学療法に対する感受性との関連性(Expression of PRMT1 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Nanno Shigenori, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Kasai Mari, Fukuda Takeshi, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年03月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸癌に対するBevacizumabの使用経験 27例の再発症例における後方視的検討 国内会議

    下村 将央, 市村 友季, 井上 裕太, 松原 裕明, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2019年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸癌に対するBevacizumabの使用経験 27例の再発症例における後方視的検討 国内会議

    下村 将央, 市村 友季, 井上 裕太, 松原 裕明, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2019年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TBX2発現と局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の治療効果予測に関する検討 国内会議

    井上 裕太, 福田 武史, 下村 将央, 松原 裕明, 山内 真, 安井 智代, 角 俊幸

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PRMT1の発現は卵巣漿液性癌におけるプラチナ感受性と関連する 国内会議

    松原 裕明, 福田 武史, 井上 裕太, 下村 将央, 山内 真, 安井 智代, 角 俊幸

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Protective effect of magnesium supplementation on cisplatin-induced renal toxicity in patients with uterine cervical cancer(和訳中) 国内会議

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2019年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 針生検による診断結果をもとに腹腔鏡下手術を選択した変性子宮筋腫の1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微小な卵巣成熟嚢胞性奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎の1例 国内会議

    山内 真, 井上 裕太, 下村 将央, 松原 裕明, 今井 健至, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における再発症例に対する腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)の適応 国内会議

    高瀬 亜紀, 羽室 明洋, 植村 遼, 札場 恵, 田原 三枝, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 帝王切開瘢痕部症候群に対する腹腔鏡下修復術の2症例 国内会議

    植村 遼, 羽室 明洋, 高瀬 亜紀, 札場 恵, 田原 三枝, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レゼクトスコープを用いて診断したatypical endometrial hyperplasia in endometrial polypの1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Protective effect of magnesium supplementation on cisplatin-induced renal toxicity in patients with uterine cervical cancer(和訳中) 国内会議

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2019年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Paclitaxel plus cisplatin as adjuvant chemotherapy after radical hysterectomy for intermediate- and high-risk stage IB-IIB cervical cancer(和訳中) 国内会議

    Shimomura Masahiro, Fukuda Takeshi, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2019年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of efficacy and safety of bevacizumab for advance and recurrent Muellerian carcinoma in our institution(和訳中) 国内会議

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2019年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Assessment of time interval from the peak of E-wave to the peak of A-wave of ventricular inflow in fetuses with growth restriction(和訳中) 国内会議

    Suekane Tomoki, Kurihara Yasushi, Nakai Kensaku, Ashimura Megumi, Takase Aki, Yokoi Natsuko, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Tachibana Daisuke, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2019年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 針生検による診断結果をもとに腹腔鏡下手術を選択した変性子宮筋腫の1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微小な卵巣成熟嚢胞性奇形腫に伴う抗NMDA受容体脳炎の1例 国内会議

    山内 真, 井上 裕太, 下村 将央, 松原 裕明, 今井 健至, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における再発症例に対する腹腔鏡下仙骨腟固定術(LSC)の適応 国内会議

    高瀬 亜紀, 羽室 明洋, 植村 遼, 札場 恵, 田原 三枝, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 帝王切開瘢痕部症候群に対する腹腔鏡下修復術の2症例 国内会議

    植村 遼, 羽室 明洋, 高瀬 亜紀, 札場 恵, 田原 三枝, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レゼクトスコープを用いて診断したatypical endometrial hyperplasia in endometrial polypの1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Assessment of time interval from the peak of E-wave to the peak of A-wave of ventricular inflow in fetuses with growth restriction(和訳中) 国内会議

    Suekane Tomoki, Kurihara Yasushi, Nakai Kensaku, Ashimura Megumi, Takase Aki, Yokoi Natsuko, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Tachibana Daisuke, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2019年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of efficacy and safety of bevacizumab for advance and recurrent Muellerian carcinoma in our institution(和訳中) 国内会議

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2019年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Paclitaxel plus cisplatin as adjuvant chemotherapy after radical hysterectomy for intermediate- and high-risk stage IB-IIB cervical cancer(和訳中) 国内会議

    Shimomura Masahiro, Fukuda Takeshi, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2019年08月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行・再発卵巣癌・腹膜癌・卵管癌に対するベバシズマブの有効性と安全性 国内会議

    松原 裕明, 福田 武史, 南野 成則, 井上 裕太, 下村 将央, 川西 勝, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行子宮頸部小細胞癌の寛解後に発生した子宮内膜癌の1例 国内会議

    谷脇 絢子, 市村 友季, 笠井 真理, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤リンパ節郭清時の閉鎖神経損傷に対して人工神経再生誘導術を用いた1例 国内会議

    井上 裕太, 山内 真, 南野 成則, 下村 将央, 松原 裕明, 川西 勝, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癌性髄膜炎を発症した卵巣癌の1例 国内会議

    南野 成則, 福田 武史, 井上 裕太, 下村 将央, 松原 裕明, 川西 勝, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤リンパ節郭清時の閉鎖神経損傷に対して人工神経再生誘導術を用いた1例 国内会議

    井上 裕太, 山内 真, 南野 成則, 下村 将央, 松原 裕明, 川西 勝, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行子宮頸部小細胞癌の寛解後に発生した子宮内膜癌の1例 国内会議

    谷脇 絢子, 市村 友季, 笠井 真理, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行・再発卵巣癌・腹膜癌・卵管癌に対するベバシズマブの有効性と安全性 国内会議

    松原 裕明, 福田 武史, 南野 成則, 井上 裕太, 下村 将央, 川西 勝, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癌性髄膜炎を発症した卵巣癌の1例 国内会議

    南野 成則, 福田 武史, 井上 裕太, 下村 将央, 松原 裕明, 川西 勝, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 厚労省のHPVワクチンに関するリーフレットに関するアンケート調査 国内会議

    塩見 真由, 上田 豊, 阿部 葉月, 八木 麻未, 崎山 加奈子, 角 俊幸, 大道 正英, 岡田 英孝, 松村 謙臣, 高木 哲, 堀越 順彦, 志村 研太郎, 木村 正

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PRMT1の発現による局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の効果予測 国内会議

    下村 将央, 福田 武史, 南野 成則, 井上 裕太, 松原 裕明, 川西 勝, 山内 真, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PRMT1の発現による局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の効果予測 国内会議

    下村 将央, 福田 武史, 南野 成則, 井上 裕太, 松原 裕明, 川西 勝, 山内 真, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 厚労省のHPVワクチンに関するリーフレットに関するアンケート調査 国内会議

    塩見 真由, 上田 豊, 阿部 葉月, 八木 麻未, 崎山 加奈子, 角 俊幸, 大道 正英, 岡田 英孝, 松村 謙臣, 高木 哲, 堀越 順彦, 志村 研太郎, 木村 正

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 穿刺吸引細胞診が疑陽性であった腹壁子宮内膜症の1例 国内会議

    市村 友季, 谷脇 絢子, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2019年05月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 穿刺吸引細胞診が疑陽性であった腹壁子宮内膜症の1例 国内会議

    市村 友季, 谷脇 絢子, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2019年05月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卵巣原発の肺型小細胞癌の1例 国内会議

    南野 成則, 橋口 裕紀, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2019年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Herlyn-Werner症候群の1例 国内会議

    粟津 裕一朗, 笠井 真理, 山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2019年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Herlyn-Werner症候群の1例 国内会議

    粟津 裕一朗, 笠井 真理, 山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2019年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卵巣原発の肺型小細胞癌の1例 国内会議

    南野 成則, 橋口 裕紀, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2019年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 類似のMRI画像所見を示した異型筋腫と通常筋腫5例の検討 国内会議

    小西 菜普子, 市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 松田 真希子, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心室流入血液のE波からA波のピークの時間間隔による胎児成長遅延の評価(Assessment of time interval from the peak of E-wave to the peak of A-wave of ventricular inflow in fetuses with growth restriction) 国内会議

    Suekane Tomoki, Kurihara Yasushi, Nakai Kensaku, Ashimura Megumi, Takase Aki, Yokoi Natsuko, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Tachibana Daisuke, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 類似のMRI画像所見を示した異型筋腫と通常筋腫5例の検討 国内会議

    小西 菜普子, 市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 松田 真希子, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心室流入血液のE波からA波のピークの時間間隔による胎児成長遅延の評価(Assessment of time interval from the peak of E-wave to the peak of A-wave of ventricular inflow in fetuses with growth restriction) 国内会議

    Suekane Tomoki, Kurihara Yasushi, Nakai Kensaku, Ashimura Megumi, Takase Aki, Yokoi Natsuko, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Tachibana Daisuke, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における進行性および再発性のミュラー管がんに対するベバシズマブ療法の有効性と安全性の評価(Evaluation of efficacy and safety of bevacizumab for advance and recurrent Mullerian carcinoma in our institution) 国内会議

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸がん患者におけるシスプラチン誘発性腎毒性に対するマグネシウム補充治療の保護的な効果(Protective effect of magnesium supplementation on cisplatin-induced renal toxicity in patients with uterine cervical cancer) 国内会議

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳び腹水に対しオクレオチド・エチレフリン併用療法が有効であった卵巣癌の1例 国内会議

    内田 啓子, 笠井 真理, 山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中から高程度のリスクのステージIB-IIB子宮頸がんに対する広汎子宮切除術後の補助化学療法としてのパクリタキセルとシスプラチンの併用療法(Paclitaxel plus cisplatin as adjuvant chemotherapy after radical hysterectomy for intermediate- and high-risk stage IB-IIB cervical cancer) 国内会議

    Shimomura Masahiro, Fukuda Takeshi, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • B群溶連菌保菌母体から出生した児のアモキシシリン内服が腸内細菌叢に与える影響の検討 国内会議

    本田 謙一, 和田 卓磨, 西居 由布子, 栗原 康, 梶谷 耕二, 安藤 哲史, 芦村 恵, 高瀬 亜紀, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • B群溶連菌保菌母体から出生した児のアモキシシリン内服が腸内細菌叢に与える影響の検討 国内会議

    本田 謙一, 和田 卓磨, 西居 由布子, 栗原 康, 梶谷 耕二, 安藤 哲史, 芦村 恵, 高瀬 亜紀, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中から高程度のリスクのステージIB-IIB子宮頸がんに対する広汎子宮切除術後の補助化学療法としてのパクリタキセルとシスプラチンの併用療法(Paclitaxel plus cisplatin as adjuvant chemotherapy after radical hysterectomy for intermediate- and high-risk stage IB-IIB cervical cancer) 国内会議

    Shimomura Masahiro, Fukuda Takeshi, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳び腹水に対しオクレオチド・エチレフリン併用療法が有効であった卵巣癌の1例 国内会議

    内田 啓子, 笠井 真理, 山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸がん患者におけるシスプラチン誘発性腎毒性に対するマグネシウム補充治療の保護的な効果(Protective effect of magnesium supplementation on cisplatin-induced renal toxicity in patients with uterine cervical cancer) 国内会議

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Matsubara Hiroaki, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における進行性および再発性のミュラー管がんに対するベバシズマブ療法の有効性と安全性の評価(Evaluation of efficacy and safety of bevacizumab for advance and recurrent Mullerian carcinoma in our institution) 国内会議

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 画像検査にて悪性リンパ腫が疑われるも針生検にて頸部筋腫と診断した1例 国内会議

    内田 啓子, 市村 友季, 笠井 真理, 塩見 和彦, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2018年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 画像検査にて悪性リンパ腫が疑われるも針生検にて頸部筋腫と診断した1例 国内会議

    内田 啓子, 市村 友季, 笠井 真理, 塩見 和彦, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2018年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 女性診察手技実習プログラムとそれが研修医に与える影響【第2報】 国内会議

    森村 美奈, 島崎 郁司, 榎本 小弓, 笠井 真理, 古山 将康, 角 俊幸

    日本女性医学学会雑誌  2018年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 化学療法前の好中球/リンパ球比は、進行卵巣漿液性癌のプラチナ製剤感受性に関連する 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OCEAN STUDY中間解析および追加解析 国内会議

    八木 麻未, 上田 豊, 大道 正英, 角 俊幸, 木村 正, 岡田 英孝, 松村 謙臣, 志村 研太郎, 宮城 悦子, 榎本 隆之

    日本性感染症学会誌  2018年10月  (一社)日本性感染症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OCEAN STUDY中間解析および追加解析 国内会議

    八木 麻未, 上田 豊, 大道 正英, 角 俊幸, 木村 正, 岡田 英孝, 松村 謙臣, 志村 研太郎, 宮城 悦子, 榎本 隆之

    日本性感染症学会誌  2018年10月  (一社)日本性感染症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 化学療法前の好中球/リンパ球比は、進行卵巣漿液性癌のプラチナ製剤感受性に関連する 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 女性診察手技実習プログラムとそれが研修医に与える影響【第2報】 国内会議

    森村 美奈, 島崎 郁司, 榎本 小弓, 笠井 真理, 古山 将康, 角 俊幸

    日本女性医学学会雑誌  2018年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における遺伝性乳癌卵巣癌症候群の拾い上げに関する後方視的検討 国内会議

    内田 啓子, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2018年09月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における遺伝性乳癌卵巣癌症候群の拾い上げに関する後方視的検討 国内会議

    内田 啓子, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2018年09月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮体癌を合併した抗HMGCR抗体陽性壊死性ミオパチーの一例 国内会議

    菊川 高行, 竹内 潤, 伊藤 義彰, 有江 裕香, 木村 友美, 和田 卓磨, 橋口 裕紀, 角 俊幸

    臨床神経学  2018年09月  (一社)日本神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮体癌を合併した抗HMGCR抗体陽性壊死性ミオパチーの一例 国内会議

    菊川 高行, 竹内 潤, 伊藤 義彰, 有江 裕香, 木村 友美, 和田 卓磨, 橋口 裕紀, 角 俊幸

    臨床神経学  2018年09月  (一社)日本神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前診断を卵巣成熟奇形腫とした子宮脂肪筋腫の1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前診断を卵巣成熟奇形腫とした子宮脂肪筋腫の1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両側卵管切除術後に生じた卵管間質部妊娠に対して腹腔鏡下手術を施行した一例 国内会議

    高瀬 亜紀, 羽室 明洋, 芦村 恵, 横井 夏子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両側卵管切除術後に生じた卵管間質部妊娠に対して腹腔鏡下手術を施行した一例 国内会議

    高瀬 亜紀, 羽室 明洋, 芦村 恵, 横井 夏子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹腔鏡下に卵巣成熟嚢胞性奇形腫を摘出することにより軽快した抗NMDA受容体脳炎の1例 国内会議

    植村 遼, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 古山 将康, 角 俊幸

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹腔鏡下に卵巣成熟嚢胞性奇形腫を摘出することにより軽快した抗NMDA受容体脳炎の1例 国内会議

    植村 遼, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 古山 将康, 角 俊幸

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 手術総論(解剖)、周術期管理 国内会議

    角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2018年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における子宮頸癌に対する円錐切除術についての検討 国内会議

    和田 卓磨, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸癌広汎子宮全摘術後に発生したvaginal intraepithelial neoplasia 3の1例 国内会議

    田坂 玲子, 市村 友季, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外陰部に発生した血管周囲類上皮細胞腫瘍の1例 国内会議

    川西 勝, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 古山 将康, 角 俊幸

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リンパ節郭清手術の基本 国内会議

    角 俊幸

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • POPに対して仙骨子宮靱帯固定とA-TVMを施行した再建術の検討 国内会議

    植田 恵梨子, 羽室 明洋, 林 雅美, 高瀬 亜紀, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • POPに対して仙骨子宮靱帯固定とA-TVMを施行した再建術の検討 国内会議

    植田 恵梨子, 羽室 明洋, 林 雅美, 高瀬 亜紀, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リンパ節郭清手術の基本 国内会議

    角 俊幸

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外陰部に発生した血管周囲類上皮細胞腫瘍の1例 国内会議

    川西 勝, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 古山 将康, 角 俊幸

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸癌広汎子宮全摘術後に発生したvaginal intraepithelial neoplasia 3の1例 国内会議

    田坂 玲子, 市村 友季, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における子宮頸癌に対する円錐切除術についての検討 国内会議

    和田 卓磨, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2018年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 手術総論(解剖)、周術期管理 国内会議

    角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2018年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • イホスファミド投与後にイホスファミド脳症を発症した未分化子宮内膜間質肉腫の1例 国内会議

    下村 将央, 福田 武史, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2018年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • イホスファミド投与後にイホスファミド脳症を発症した未分化子宮内膜間質肉腫の1例 国内会議

    下村 将央, 福田 武史, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2018年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部細胞診を契機に発見されたatypical endometrial polypの1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2018年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部細胞診を契機に発見されたatypical endometrial polypの1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2018年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行および再発ミュラー管癌に対するbevacizumabの有効性と安全性(Efficacy and safety of bevacizumab for advance and recurrent Muellerian carcinoma) 国内会議

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行および再発ミュラー管癌に対するbevacizumabの有効性と安全性(Efficacy and safety of bevacizumab for advance and recurrent Muellerian carcinoma) 国内会議

    Matsubara Hiroaki, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Inoue Yuta, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胎児発育不全におけるコンピューターCTGを用いたshort term variabilityの検討 国内会議

    栗原 康, 橘 大介, 林 雅美, 高瀬 亜紀, 横井 夏子, 片山 浩子, 羽室 明洋, 三杉 卓也, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性腫瘍随伴性高カルシウム血症を伴った腟癌の1例 国内会議

    笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 年齢別の卵巣上皮癌患者の予後および予後因子の差(Difference in prognosis and prognostic factors of patients with epithelial ovarian cancer according to age) 国内会議

    Shimomura Masahiro, Fukuda Takeshi, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮病変針生検の至適症例に関する検討 国内会議

    植田 恵梨子, 市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中リスクおよび高リスクのIB-IIB期子宮頸癌に対する根治的子宮摘出術後アジュバント化学療法としてのpaclitaxelとcisplatinによる併用療法(Paclitaxel plus cisplatin as adjuvant chemotherapy after radical hysterectomy for intermediate- and high-risk stage IB-IIB cervical cancer) 国内会議

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中リスクおよび高リスクのIB-IIB期子宮頸癌に対する根治的子宮摘出術後アジュバント化学療法としてのpaclitaxelとcisplatinによる併用療法(Paclitaxel plus cisplatin as adjuvant chemotherapy after radical hysterectomy for intermediate- and high-risk stage IB-IIB cervical cancer) 国内会議

    Inoue Yuta, Fukuda Takeshi, Shimomura Masahiro, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮病変針生検の至適症例に関する検討 国内会議

    植田 恵梨子, 市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 年齢別の卵巣上皮癌患者の予後および予後因子の差(Difference in prognosis and prognostic factors of patients with epithelial ovarian cancer according to age) 国内会議

    Shimomura Masahiro, Fukuda Takeshi, Inoue Yuta, Matsubara Hiroaki, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性腫瘍随伴性高カルシウム血症を伴った腟癌の1例 国内会議

    笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胎児発育不全におけるコンピューターCTGを用いたshort term variabilityの検討 国内会議

    栗原 康, 橘 大介, 林 雅美, 高瀬 亜紀, 横井 夏子, 片山 浩子, 羽室 明洋, 三杉 卓也, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤臓器脱に対する前方腟メッシュおよび子宮仙骨靱帯固定術による再建手術後の中期転帰(Mid-term outcome after reconstructive surgery with anterior vaginal mesh and uterosacral ligament colpopexy for pelvic organ prolapse) 国内会議

    Hamuro Akihiro, Uemura Ryo, Yanai Sakika, Enomoto Koyumi, Katayama Hiroko, Misugi Takuya, Tachibana Daisuke, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 産科および婦人科診察シミュレーション訓練が研修医に及ぼす効果(Influences of obstetrics & gynecology simulation training on resident doctors) 国内会議

    Shimazaki Ikuji, Morimura Mina, Uemura Ryo, Tasaka Reiko, Yanai Sakika, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Enomoto Koyumi, Tachibana Daisuke, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤臓器脱に対する前方腟メッシュおよび子宮仙骨靱帯固定術による再建手術後の中期転帰(Mid-term outcome after reconstructive surgery with anterior vaginal mesh and uterosacral ligament colpopexy for pelvic organ prolapse) 国内会議

    Hamuro Akihiro, Uemura Ryo, Yanai Sakika, Enomoto Koyumi, Katayama Hiroko, Misugi Takuya, Tachibana Daisuke, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 産科および婦人科診察シミュレーション訓練が研修医に及ぼす効果(Influences of obstetrics & gynecology simulation training on resident doctors) 国内会議

    Shimazaki Ikuji, Morimura Mina, Uemura Ryo, Tasaka Reiko, Yanai Sakika, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Enomoto Koyumi, Tachibana Daisuke, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • XPAの発現は局所進行性子宮頸部癌に対するネオアジュバント化学療法の有効性を予測する(Expression of XPA predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UCP2発現は漿液性卵巣癌のプラチナ製剤ベース化学療法に対する感受性と関連する(Expression of UCP2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TBX2発現は漿液性卵巣癌のプラチナ製剤ベース化学療法に対する感受性と関連する(Expression of TBX2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPV E6 siRNAはestrogen response elementに関係するp53遺伝子のHPV16遺伝子統合不死化子宮頸部細胞NCE16および子宮頸部癌由来細胞CaSkiへのadenovirusを介した導入を回復させる(HPV E6 siRNA restores adenovirus-mediated transfer of p53 gene linked with estrogen response element into HPV 16 gene integrated immortaliz 国内会議

    Honda Kenichi, Kajitani Koji, Terada Hiroyuki, Takase Aki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu, Ishiko Osamu, Nakagawa Tomoko, Kurihara Yasushi, Ando Tetsuji

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPV E6 siRNAはestrogen response elementに関係するp53遺伝子のHPV16遺伝子統合不死化子宮頸部細胞NCE16および子宮頸部癌由来細胞CaSkiへのadenovirusを介した導入を回復させる(HPV E6 siRNA restores adenovirus-mediated transfer of p53 gene linked with estrogen response element into HPV 16 gene integrated immortalized cervical cells NCE16 and cervical cancer derived cells CaSki) 国内会議

    Honda Kenichi, Kajitani Koji, Terada Hiroyuki, Takase Aki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu, Ishiko Osamu, Nakagawa Tomoko, Kurihara Yasushi, Ando Tetsuji

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TBX2発現は漿液性卵巣癌のプラチナ製剤ベース化学療法に対する感受性と関連する(Expression of TBX2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UCP2発現は漿液性卵巣癌のプラチナ製剤ベース化学療法に対する感受性と関連する(Expression of UCP2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • XPAの発現は局所進行性子宮頸部癌に対するネオアジュバント化学療法の有効性を予測する(Expression of XPA predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2017年12月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行・再発卵巣癌・腹膜癌・卵管癌に対するベバシズマブの有効性と安全性 国内会議

    松原 裕明, 福田 武史, 植村 遼, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行・再発卵巣癌・腹膜癌・卵管癌に対するベバシズマブの有効性と安全性 国内会議

    松原 裕明, 福田 武史, 植村 遼, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院のAGCの管理 国内会議

    笠井 真理, 松原 裕明, 植村 遼, 川西 勝, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮腫瘍の針生検と捺印細胞診 国内会議

    笠井 真理, 市村 友季, 塩見 和彦, 村上 誠, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2017年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 女性診察手技実習プログラムとそれが研修医に与える影響 国内会議

    森村 美奈, 島崎 郁司, 植村 遼, 林 雅美, 柳井 咲花, 田坂 玲子, 森崎 珠実, 榎本 小弓, 三杉 卓也, 羽室 明洋, 笠井 真理, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 首藤 太一, 古山 将康

    日本女性医学学会雑誌  2017年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上皮性卵巣癌患者の年齢による予後及び予後因子の違い 国内会議

    吉川 健治, 福田 武史, 植村 遼, 松原 裕明, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上皮性卵巣癌患者の年齢による予後及び予後因子の違い 国内会議

    吉川 健治, 福田 武史, 植村 遼, 松原 裕明, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 女性診察手技実習プログラムとそれが研修医に与える影響 国内会議

    森村 美奈, 島崎 郁司, 植村 遼, 林 雅美, 柳井 咲花, 田坂 玲子, 森崎 珠実, 榎本 小弓, 三杉 卓也, 羽室 明洋, 笠井 真理, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 首藤 太一, 古山 将康

    日本女性医学学会雑誌  2017年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮腫瘍の針生検と捺印細胞診 国内会議

    笠井 真理, 市村 友季, 塩見 和彦, 村上 誠, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2017年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院のAGCの管理 国内会議

    笠井 真理, 松原 裕明, 植村 遼, 川西 勝, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術中に細径鉗子が破損した一例 国内会議

    高瀬 亜紀, 羽室 明洋, 林 雅美, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術中に細径鉗子が破損した一例 国内会議

    高瀬 亜紀, 羽室 明洋, 林 雅美, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性腹症にて緊急手術を行った卵巣線維腫の1例 国内会議

    市村 友季, 田坂 玲子, 笠井 真理, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における初期子宮体癌の腹腔鏡下手術の臨床成績 国内会議

    羽室 明洋, 林 雅美, 和田 卓磨, 川西 勝, 高瀬 亜紀, 田坂 玲子, 横井 夏子, 笠井 真理, 片山 浩子, 福田 武史, 三杉 卓也, 橘 大介, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における初期子宮体癌の腹腔鏡下手術の臨床成績 国内会議

    羽室 明洋, 林 雅美, 和田 卓磨, 川西 勝, 高瀬 亜紀, 田坂 玲子, 横井 夏子, 笠井 真理, 片山 浩子, 福田 武史, 三杉 卓也, 橘 大介, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性腹症にて緊急手術を行った卵巣線維腫の1例 国内会議

    市村 友季, 田坂 玲子, 笠井 真理, 角 俊幸

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤臓器脱に対するNTR手術の中長期成績 再発例の解析 国内会議

    羽室 明洋, 松原 裕明, 榎本 小弓, 柳井 咲花, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 中野 朱美, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2017年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行卵巣漿液癌におけるTBX2の発現はプラチナ製剤感受性に関連する 国内会議

    田坂 玲子, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行卵巣漿液癌におけるUCP2の発現はプラチナ製剤感受性に関連する 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における過去10年の若年子宮体癌の検討 国内会議

    内田 啓子, 市村 友季, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤臓器脱に対するNTR手術の中長期成績 再発例の解析 国内会議

    羽室 明洋, 松原 裕明, 榎本 小弓, 柳井 咲花, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 中野 朱美, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2017年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行卵巣漿液癌におけるUCP2の発現はプラチナ製剤感受性に関連する 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行卵巣漿液癌におけるTBX2の発現はプラチナ製剤感受性に関連する 国内会議

    田坂 玲子, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における過去10年の若年子宮体癌の検討 国内会議

    内田 啓子, 市村 友季, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部円錐切除術によって診断された子宮頸癌についての検討 国内会議

    笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • XPAの発現による局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の効果予測 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 川西 勝, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • XPAの発現による局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の効果予測 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 川西 勝, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部円錐切除術によって診断された子宮頸癌についての検討 国内会議

    笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年の子宮内膜異型増殖症の1症例 国内会議

    本田 謙一, 中川 倫子, 栗原 康, 寺田 裕之, 安藤 哲史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 塩田 晃子, 安藤 加奈江, 大澤 政彦

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年の子宮内膜異型増殖症の1症例 国内会議

    本田 謙一, 中川 倫子, 栗原 康, 寺田 裕之, 安藤 哲史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 塩田 晃子, 安藤 加奈江, 大澤 政彦

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 眼球内の脈絡膜に転移を認めた子宮頸癌の1例 国内会議

    内田 啓子, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癒着強固な帝王切開瘢痕部妊娠に対してTLHを施行した1症例 国内会議

    末包 智紀, 羽室 明洋, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における80歳以上の骨盤臓器脱患者に対する治療の検討 国内会議

    島崎 郁司, 羽室 明洋, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮体癌患者における血清CEA 国内会議

    川西 勝, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不正性器出血を主訴に来院し子宮頸部組織診にて診断しえたMalignant Lymphomaの3例 国内会議

    和田 卓磨, 安井 智代, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRI画像所見が診断の一助となった卵巣硬化性間質性腫瘍の1例 国内会議

    松原 裕明, 笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 今井 健至, 田坂 玲子, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRIで悪性腫瘍が疑われたserous cystadenomaの1例 国内会議

    植村 遼, 市村 友季, 今井 健至, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRIで悪性腫瘍が疑われたserous cystadenomaの1例 国内会議

    植村 遼, 市村 友季, 今井 健至, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRI画像所見が診断の一助となった卵巣硬化性間質性腫瘍の1例 国内会議

    松原 裕明, 笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 今井 健至, 田坂 玲子, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不正性器出血を主訴に来院し子宮頸部組織診にて診断しえたMalignant Lymphomaの3例 国内会議

    和田 卓磨, 安井 智代, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮体癌患者における血清CEA 国内会議

    川西 勝, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における80歳以上の骨盤臓器脱患者に対する治療の検討 国内会議

    島崎 郁司, 羽室 明洋, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癒着強固な帝王切開瘢痕部妊娠に対してTLHを施行した1症例 国内会議

    末包 智紀, 羽室 明洋, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 眼球内の脈絡膜に転移を認めた子宮頸癌の1例 国内会議

    内田 啓子, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2017年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPV遺伝子挿入子宮頸部上皮由来NCE16A細胞におけるp53遺伝子導入の効果と細胞形態 国内会議

    本田 謙一, 笠井 真理, 市村 友季, 角 俊幸, 石河 修

    日本臨床細胞学会雑誌  2017年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPV遺伝子挿入子宮頸部上皮由来NCE16A細胞におけるp53遺伝子導入の効果と細胞形態 国内会議

    本田 謙一, 笠井 真理, 市村 友季, 角 俊幸, 石河 修

    日本臨床細胞学会雑誌  2017年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤臓器脱に対するanterior vaginal meshと仙骨子宮靱帯腟固定術を用いた再建術後の中期転帰(Mid-term outcome after reconstructive surgery with anterior vaginal mesh and uterosacral ligament colpopexy for pelvic organ prolapse) 国内会議

    Hamuro Akihiro, Uemura Ryo, Yanai Sakika, Enomoto Koyumi, Katayama Hiroko, Misugi Takuya, Tachibana Daisuke, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 研修医におよぼす産婦人科シミュレーション訓練の影響(Influences of obstetrics & gynecology simulation training on resident doctors) 国内会議

    Shimazaki Ikuji, Morimura Mina, Uemura Ryo, Tasaka Reiko, Yanai Sakika, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Enomoto Koyumi, Tachibana Daisuke, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤臓器脱に対するanterior vaginal meshと仙骨子宮靱帯腟固定術を用いた再建術後の中期転帰(Mid-term outcome after reconstructive surgery with anterior vaginal mesh and uterosacral ligament colpopexy for pelvic organ prolapse) 国内会議

    Hamuro Akihiro, Uemura Ryo, Yanai Sakika, Enomoto Koyumi, Katayama Hiroko, Misugi Takuya, Tachibana Daisuke, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 研修医におよぼす産婦人科シミュレーション訓練の影響(Influences of obstetrics & gynecology simulation training on resident doctors) 国内会議

    Shimazaki Ikuji, Morimura Mina, Uemura Ryo, Tasaka Reiko, Yanai Sakika, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Enomoto Koyumi, Tachibana Daisuke, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における妊娠時のCINについての検討 国内会議

    笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 古山 将康, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 女性下部尿路症状 国内会議

    角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • XPAの発現は局所進行性子宮頸癌に対するネオアジュバント化学療法の効能を予測する(Expression of XPA predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UCP2の発現は卵巣漿液性癌に対する白金製剤化学療法への感受性と関連する(Expression of UCP2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TBX2の発現は卵巣漿液性癌に対する白金製剤化学療法への感受性と関連する(Expression of TBX2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRI T2強調画像および拡散強調画像で高信号を示す子宮腫瘍に対する針生検診断の検討 国内会議

    内田 啓子, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 村上 誠, 川村 直樹, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPVワクチン接種率の変化がもたらす出生年度ごとの子宮頸がんリスクの差異予測 国内会議

    八木 麻未, 上田 豊, 関根 正幸, 榎本 隆之, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 大道 正英, 角 俊幸, 岡田 英孝, 万代 昌紀, 木村 正, 志村 研太郎

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPV E6 siRNAは、HPV16遺伝子を組込まれた不死化子宮頸部細胞NCE16と子宮頸癌由来細胞CaSki内部への、エストロゲン応答要素を連結したp53遺伝子のアデノウイルス仲介移動を回復する(HPV E6 siRNA restores adenovirus-mediated transfer of p53 gene linked with estrogen response element into HPV 16 gene integrated immortalized cervical cell 国内会議

    Honda Kenichi, Kajitani Koji, Terada Hiroyuki, Takase Aki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu, Ishiko Osamu, Nakagawa Tomoko, Kurihara Yasushi, Ando Tetsuji

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPV E6 siRNAは、HPV16遺伝子を組込まれた不死化子宮頸部細胞NCE16と子宮頸癌由来細胞CaSki内部への、エストロゲン応答要素を連結したp53遺伝子のアデノウイルス仲介移動を回復する(HPV E6 siRNA restores adenovirus-mediated transfer of p53 gene linked with estrogen response element into HPV 16 gene integrated immortalized cervical cells NCE16 and cervical cancer derived cells CaSki) 国内会議

    Honda Kenichi, Kajitani Koji, Terada Hiroyuki, Takase Aki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki, Koyama Masayasu, Ishiko Osamu, Nakagawa Tomoko, Kurihara Yasushi, Ando Tetsuji

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPVワクチン接種率の変化がもたらす出生年度ごとの子宮頸がんリスクの差異予測 国内会議

    八木 麻未, 上田 豊, 関根 正幸, 榎本 隆之, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 大道 正英, 角 俊幸, 岡田 英孝, 万代 昌紀, 木村 正, 志村 研太郎

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRI T2強調画像および拡散強調画像で高信号を示す子宮腫瘍に対する針生検診断の検討 国内会議

    内田 啓子, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 村上 誠, 川村 直樹, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TBX2の発現は卵巣漿液性癌に対する白金製剤化学療法への感受性と関連する(Expression of TBX2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UCP2の発現は卵巣漿液性癌に対する白金製剤化学療法への感受性と関連する(Expression of UCP2 is associated with sensitivity to platinum-based chemotherapy for ovarian serous carcinoma) 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • XPAの発現は局所進行性子宮頸癌に対するネオアジュバント化学療法の効能を予測する(Expression of XPA predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 女性下部尿路症状 国内会議

    角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における妊娠時のCINについての検討 国内会議

    笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 古山 将康, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2017年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 婦人科医からみた女性の骨盤解剖と尿路合併症 国内会議

    福田 武史, 角 俊幸

    Japanese Journal of Endourology  2016年11月  (一社)日本泌尿器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 婦人科医からみた女性の骨盤解剖と尿路合併症 国内会議

    福田 武史, 角 俊幸

    Japanese Journal of Endourology  2016年11月  (一社)日本泌尿器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるリンパ嚢胞の発症因子についての検討 国内会議

    笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2016年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるリンパ嚢胞の発症因子についての検討 国内会議

    笠井 真理, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2016年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 女性診察手技実習のシミュレーション実習が研修医に与える影響 国内会議

    島崎 郁司, 森村 美奈, 植村 遼, 田坂 玲子, 柳井 咲花, 三杉 卓也, 森崎 珠実, 橘 大介, 角 俊幸, 古山 将康, 首藤 太一

    日本女性医学学会雑誌  2016年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 出生年度によって大きく異なるHPVワクチン接種率がもたらす将来の子宮頸がんリスクの出生年度による差異 国内会議

    八木 麻未, 上田 豊, 田中 佑典, 高田 友美, 寺井 義人, 角 俊幸, 万代 昌紀, 中井 英勝, 斉藤 淳子, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 榎本 隆之, 木村 正

    日本癌学会総会記事  2016年10月  日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 出生年度によって大きく異なるHPVワクチン接種率がもたらす将来の子宮頸がんリスクの出生年度による差異 国内会議

    八木 麻未, 上田 豊, 田中 佑典, 高田 友美, 寺井 義人, 角 俊幸, 万代 昌紀, 中井 英勝, 斉藤 淳子, 佐藤 美紀子, 宮城 悦子, 榎本 隆之, 木村 正

    日本癌学会総会記事  2016年10月  日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 女性診察手技実習のシミュレーション実習が研修医に与える影響 国内会議

    島崎 郁司, 森村 美奈, 植村 遼, 田坂 玲子, 柳井 咲花, 三杉 卓也, 森崎 珠実, 橘 大介, 角 俊幸, 古山 将康, 首藤 太一

    日本女性医学学会雑誌  2016年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癒着強固な帝王切開瘢痕部妊娠に対して全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH:Total Laparoscopic Hysterectomy)を施行した1例 国内会議

    松原 裕明, 羽室 明洋, 柳井 咲花, 榎本 小弓, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2016年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癒着強固な帝王切開瘢痕部妊娠に対して全腹腔鏡下子宮全摘術(TLH:Total Laparoscopic Hysterectomy)を施行した1例 国内会議

    松原 裕明, 羽室 明洋, 柳井 咲花, 榎本 小弓, 横井 夏子, 片山 浩子, 三杉 卓也, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2016年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腟狭小化を防ぐ腹腔鏡補助下造腟術(Davydov法)変法の試み 国内会議

    羽室 明洋, 林 雅美, 柳井 咲花, 栗原 康, 片山 浩子, 三杉 卓也, 尾崎 宏治, 中野 朱美, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2016年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腟狭小化を防ぐ腹腔鏡補助下造腟術(Davydov法)変法の試み 国内会議

    羽室 明洋, 林 雅美, 柳井 咲花, 栗原 康, 片山 浩子, 三杉 卓也, 尾崎 宏治, 中野 朱美, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科手術  2016年06月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮平滑筋肉腫に対するLMP2およびCD34を用いた免疫組織学的検討 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 林 琢磨, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2016年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳癌の子宮転移の1例 国内会議

    田坂 玲子, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 今井 健至, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2016年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リポソーマルドキソルビシンによる薬剤性間質性肺炎を呈した1例 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2016年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UCP2の発現による局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の効果予測 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2016年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UCP2の発現による局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の効果予測 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2016年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リポソーマルドキソルビシンによる薬剤性間質性肺炎を呈した1例 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2016年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳癌の子宮転移の1例 国内会議

    田坂 玲子, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 今井 健至, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2016年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮平滑筋肉腫に対するLMP2およびCD34を用いた免疫組織学的検討 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 林 琢磨, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2016年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎移植スクリーニングが発見の契機となった類内膜境界悪性腫瘍の1例 国内会議

    松原 裕明, 市村 友季, 今井 健至, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2016年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎移植スクリーニングが発見の契機となった類内膜境界悪性腫瘍の1例 国内会議

    松原 裕明, 市村 友季, 今井 健至, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2016年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大腸癌に合併した18歳のKrukenberg腫瘍の1例 国内会議

    内田 啓子, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2016年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大腸癌に合併した18歳のKrukenberg腫瘍の1例 国内会議

    内田 啓子, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2016年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸部細胞診での診断が困難であった子宮頸部腺癌の1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2016年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部細胞診、子宮内膜細胞診が発見の契機となる診断が困難であった卵管癌の1例 国内会議

    笠井 真理, 村上 誠, 市村 友季, 角 俊幸, 川村 直樹

    日本臨床細胞学会雑誌  2016年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頸部細胞診での診断が困難であった子宮頸部腺癌の1例 国内会議

    市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2016年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部細胞診、子宮内膜細胞診が発見の契機となる診断が困難であった卵管癌の1例 国内会議

    笠井 真理, 村上 誠, 市村 友季, 角 俊幸, 川村 直樹

    日本臨床細胞学会雑誌  2016年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部上皮NCE16IIA細胞におけるアデノウイルスによるp53遺伝子導入効果と細胞形態 国内会議

    本田 謙一, 村上 誠, 笠井 真理, 市村 友季, 角 俊幸, 石河 修

    日本臨床細胞学会雑誌  2016年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部上皮NCE16IIA細胞におけるアデノウイルスによるp53遺伝子導入効果と細胞形態 国内会議

    本田 謙一, 村上 誠, 笠井 真理, 市村 友季, 角 俊幸, 石河 修

    日本臨床細胞学会雑誌  2016年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年者子宮がん検診受診率向上プロジェクト 母親を介した20歳女性に対する子宮がん検診受診勧奨 国内会議

    八木 麻未, 上田 豊, 高田 友美, 田中 佑典, 関根 正幸, 榎本 隆之, 大道 正英, 角 俊幸, 岡田 英孝, 万代 昌紀, 木村 正, 志村 研太郎

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年者子宮がん検診受診率向上プロジェクト 母親を介した20歳女性に対する子宮がん検診受診勧奨 国内会議

    八木 麻未, 上田 豊, 高田 友美, 田中 佑典, 関根 正幸, 榎本 隆之, 大道 正英, 角 俊幸, 岡田 英孝, 万代 昌紀, 木村 正, 志村 研太郎

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 粘膜下筋腫とフォローされていた子宮体部腺肉腫の1例 国内会議

    笠井 真理, 市村 友季, 川西 勝, 福田 武, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部円錐切除術を受けた切除断端陽性患者の後向き分析(The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization) 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卵巣の小細胞癌の肺型 1症例報告(Pulmonary type of small cell carcinoma of the ovary: a case report) 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上皮性卵巣癌に対するベバシズマブを用いた治療の経験(The experience of the treatment of the epithelial ovarian cancer with bevacizumab) 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UCP2発現は局所進行性子宮頸癌に対するネオアジュバント化学療法の有効性を予測する(Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRI非典型的画像所見を示す子宮筋腫に対する腹腔鏡手術の適応についての検討 針生検は有用か? 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 松田 真希子, 笠井 真理, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPV遺伝子組み込み子宮頸部由来癌細胞および不死化細胞に対するエストロゲン応答配列付加p53遺伝子挿入アデノウイルス導入とE6遺伝子siRNAの影響 国内会議

    高瀬 亜紀, 本田 謙一, 梶谷 耕二, 寺田 裕之, 中川 倫子, 安藤 哲史, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPV遺伝子組み込み子宮頸部由来癌細胞および不死化細胞に対するエストロゲン応答配列付加p53遺伝子挿入アデノウイルス導入とE6遺伝子siRNAの影響 国内会議

    高瀬 亜紀, 本田 謙一, 梶谷 耕二, 寺田 裕之, 中川 倫子, 安藤 哲史, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRI非典型的画像所見を示す子宮筋腫に対する腹腔鏡手術の適応についての検討 針生検は有用か? 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 松田 真希子, 笠井 真理, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • UCP2発現は局所進行性子宮頸癌に対するネオアジュバント化学療法の有効性を予測する(Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上皮性卵巣癌に対するベバシズマブを用いた治療の経験(The experience of the treatment of the epithelial ovarian cancer with bevacizumab) 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卵巣の小細胞癌の肺型 1症例報告(Pulmonary type of small cell carcinoma of the ovary: a case report) 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部円錐切除術を受けた切除断端陽性患者の後向き分析(The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization) 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 粘膜下筋腫とフォローされていた子宮体部腺肉腫の1例 国内会議

    笠井 真理, 市村 友季, 川西 勝, 福田 武, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2016年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IS-MW-4-3 Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer(Group 4 Oncology 2,International Session Mini Workshop) : 国内会議

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • ISP-4-5 The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization(Group 4 Cervical Cancer 3,International Session Poster) : 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • ISP-16-9 The experience of the treatment of the epithelial ovarian cancer with bevacizumab(Group 16 Ovarian Cancer 5,International Session Poster) : 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • ISP-14-1 Pulmonary type of small cell carcinoma of the ovary : a case report(Group 14 Ovarian Cancer 3,International Session Poster) : 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • ISP-4-5 The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization(Group 4 Cervical Cancer 3,International Session Poster) : 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ISP-4-5 The retrospective analysis of the patients with positive surgical margin who underwent the uterine cervical conization(Group 4 Cervical Cancer 3,International Session Poster) : 国内会議

    Tasaka Reiko, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ISP-16-9 The experience of the treatment of the epithelial ovarian cancer with bevacizumab(Group 16 Ovarian Cancer 5,International Session Poster) : 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ISP-14-1 Pulmonary type of small cell carcinoma of the ovary : a case report(Group 14 Ovarian Cancer 3,International Session Poster) : 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IS-MW-4-3 Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer(Group 4 Oncology 2,International Session Mini Workshop) : 国内会議

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IS-MW-4-3 Expression of UCP2 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer(Group 4 Oncology 2,International Session Mini Workshop) : 国内会議

    Imai Kenji, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Kawanishi Masaru, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ISP-14-1 Pulmonary type of small cell carcinoma of the ovary : a case report(Group 14 Ovarian Cancer 3,International Session Poster) : 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ISP-16-9 The experience of the treatment of the epithelial ovarian cancer with bevacizumab(Group 16 Ovarian Cancer 5,International Session Poster) : 国内会議

    Wada Takuma, Fukuda Takeshi, Kawanishi Masaru, Imai Kenji, Tasaka Reiko, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本産科婦人科學會雜誌  2016年  日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科におけるベバシズマブの使用経験 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 沖 絵梨, 川西 勝, 田坂 玲子, 村上 誠, 山内 真, 笠井 真理, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2015年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科におけるベバシズマブの使用経験 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 沖 絵梨, 川西 勝, 田坂 玲子, 村上 誠, 山内 真, 笠井 真理, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2015年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後腹膜原発の扁平上皮癌の1例 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後腹膜原発の扁平上皮癌の1例 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部明細胞腺癌・子宮体部類内膜腺癌の重複癌の1例 国内会議

    笠井 真理, 久野 育美, 市村 友季, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸がん基礎 HPV18E6siRNAによるHeLa細胞におけるp53遺伝子挿入アデノウイルスベクター導入効果の回復 国内会議

    本田 謙一, 梶谷 耕二, 寺田 裕之, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸がんNAC/手術 EGFL7の発現による局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の効果予測 国内会議

    山内 真, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再発子宮頸癌に対する塩酸イリノテカン(CPT-11)を含む化学療法の有効性と安全性 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sirtuin 1発現から予想される局所進行性子宮頸癌に対するネオアジュバント化学療法の有効性(Expression of sirtuin 1 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • I・II期子宮平滑筋肉腫に関する検討 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • I・II期子宮平滑筋肉腫に関する検討 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sirtuin 1発現から予想される局所進行性子宮頸癌に対するネオアジュバント化学療法の有効性(Expression of sirtuin 1 predicts the efficacy of neoadjuvant chemotherapy for locally advanced uterine cervical cancer) 国内会議

    Kawanishi Masaru, Fukuda Takeshi, Wada Takuma, Tasaka Reiko, Imai Kenji, Yamauchi Makoto, Kasai Mari, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再発子宮頸癌に対する塩酸イリノテカン(CPT-11)を含む化学療法の有効性と安全性 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸がんNAC/手術 EGFL7の発現による局所進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の効果予測 国内会議

    山内 真, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸がん基礎 HPV18E6siRNAによるHeLa細胞におけるp53遺伝子挿入アデノウイルスベクター導入効果の回復 国内会議

    本田 謙一, 梶谷 耕二, 寺田 裕之, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部明細胞腺癌・子宮体部類内膜腺癌の重複癌の1例 国内会議

    笠井 真理, 久野 育美, 市村 友季, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2015年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部癌肉腫の1例 国内会議

    高瀬 亜紀, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2015年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部癌肉腫の1例 国内会議

    高瀬 亜紀, 福田 武史, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2015年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腟原発悪性黒色腫の1例 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 塩見 和彦, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 本田 謙一, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2015年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腟原発悪性黒色腫の1例 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 塩見 和彦, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 本田 謙一, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2015年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 18歳女性に発症した大腸原発Krukenberg腫瘍の1例 国内会議

    久野 育美, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した子宮頸部小細胞癌の臨床的検討 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 今井 健至, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した子宮頸部小細胞癌の臨床的検討 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 和田 卓磨, 田坂 玲子, 今井 健至, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した外陰・腟の悪性黒色腫の臨床的検討 国内会議

    田坂 玲子, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 今井 健至, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で施行した子宮筋層病変針生検516例の検討 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 松田 真希子, 笠井 真理, 浅野 愛, 中野 朱美, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮体癌に対するドセタキセル+シスプラチン併用化学療法(DP療法)の有効性と安全性 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 娘を持つ母親を対象とした子宮頸がん予防ワクチンに関する意識調査 国内会議

    高田 友美, 上田 豊, 森本 晶子, 大道 正英, 角 俊幸, 木村 正, 神崎 秀陽, 万代 昌紀, 関根 正幸, 高木 哲, 堀越 順彦, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不正出血を主訴に来院し子宮頸部組織診にて診断しえたMalignant Lymphomaの2例 国内会議

    高瀬 亜紀, 安井 智代, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラチナ製剤・タキサン製剤耐性再発上皮性卵巣癌・腹膜癌に対するリポソーマルドキソルビシンの有効性と安全性 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFL7発現と進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の治療効果予測に関する検討 国内会議

    山内 真, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 18歳女性に発症した大腸原発Krukenberg腫瘍の1例 国内会議

    久野 育美, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 18歳女性に発症した大腸原発Krukenberg腫瘍の1例 国内会議

    久野 育美, 橋口 裕紀, 笠井 真理, 福田 武史, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFL7発現と進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の治療効果予測に関する検討 国内会議

    山内 真, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プラチナ製剤・タキサン製剤耐性再発上皮性卵巣癌・腹膜癌に対するリポソーマルドキソルビシンの有効性と安全性 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 川西 勝, 田坂 玲子, 今井 健至, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不正出血を主訴に来院し子宮頸部組織診にて診断しえたMalignant Lymphomaの2例 国内会議

    高瀬 亜紀, 安井 智代, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 娘を持つ母親を対象とした子宮頸がん予防ワクチンに関する意識調査 国内会議

    高田 友美, 上田 豊, 森本 晶子, 大道 正英, 角 俊幸, 木村 正, 神崎 秀陽, 万代 昌紀, 関根 正幸, 高木 哲, 堀越 順彦, 榎本 隆之

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮体癌に対するドセタキセル+シスプラチン併用化学療法(DP療法)の有効性と安全性 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 田坂 玲子, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で施行した子宮筋層病変針生検516例の検討 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 松田 真希子, 笠井 真理, 浅野 愛, 中野 朱美, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した外陰・腟の悪性黒色腫の臨床的検討 国内会議

    田坂 玲子, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 今井 健至, 山内 真, 笠井 真理, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2015年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術中迅速病理検査で成熟嚢胞性奇形腫・永久病理標本にて未熟奇形腫G1と診断された1例 国内会議

    久野 育美, 市村 友季, 和田 琢磨, 高瀬 亜紀, 柳井 咲花, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2014年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術中迅速病理検査で成熟嚢胞性奇形腫・永久病理標本にて未熟奇形腫G1と診断された1例 国内会議

    久野 育美, 市村 友季, 和田 琢磨, 高瀬 亜紀, 柳井 咲花, 山内 真, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2014年10月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 組織診による診断が困難であった子宮頸癌の1例 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2014年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 極長鎖脂肪酸アシルCoA脱水素酵素欠損症合併妊娠の一例 国内会議

    濱崎 考史, 沖 絵梨, 佐野 美帆, 橘 大介, 角 俊幸, 但馬 剛, 重松 陽介, 田中 あけみ, 新宅 治夫, 古山 将康

    日本先天代謝異常学会雑誌  2014年10月  日本先天代謝異常学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 極長鎖脂肪酸アシルCoA脱水素酵素欠損症合併妊娠の一例 国内会議

    濱崎 考史, 沖 絵梨, 佐野 美帆, 橘 大介, 角 俊幸, 但馬 剛, 重松 陽介, 田中 あけみ, 新宅 治夫, 古山 将康

    日本先天代謝異常学会雑誌  2014年10月  日本先天代謝異常学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 組織診による診断が困難であった子宮頸癌の1例 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2014年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸がん予防ワクチンの副反応報道・積極的勧奨一時中止後の接種行動に影響を与えた因子に関するインターネット調査(An internet survey: Factors affecting HPV vaccination after media reports and suspension of governmental recommendation) 国内会議

    高田 友美, 上田 豊, 森本 晶子, 寺井 義人, 角 俊幸, 木村 正, 藤田 征巳, 斉藤 淳子, 万代 昌紀, 中井 英勝, 榎本 隆之

    日本癌学会総会記事  2014年09月  日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸がん予防ワクチンの副反応報道・積極的勧奨一時中止後の接種行動に影響を与えた因子に関するインターネット調査(An internet survey: Factors affecting HPV vaccination after media reports and suspension of governmental recommendation) 国内会議

    高田 友美, 上田 豊, 森本 晶子, 寺井 義人, 角 俊幸, 木村 正, 藤田 征巳, 斉藤 淳子, 万代 昌紀, 中井 英勝, 榎本 隆之

    日本癌学会総会記事  2014年09月  日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HeLa細胞におけるヒトパピローマウイルスE6siRNAによるp53遺伝子挿入アデノウイルスベクターの導入回復(Adenovirus vector-mediated p53 gene transduction in HeLa cells recovered by human papillomavirus E6 siRNA) 国内会議

    本田 謙一, 梶谷 耕二, 寺田 裕之, 佐野 美帆, 和田 夏子, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 西村 貞子, 出口 昌昭, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本癌学会総会記事  2014年09月  日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HeLa細胞におけるヒトパピローマウイルスE6siRNAによるp53遺伝子挿入アデノウイルスベクターの導入回復(Adenovirus vector-mediated p53 gene transduction in HeLa cells recovered by human papillomavirus E6 siRNA) 国内会議

    本田 謙一, 梶谷 耕二, 寺田 裕之, 佐野 美帆, 和田 夏子, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 西村 貞子, 出口 昌昭, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本癌学会総会記事  2014年09月  日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再発する骨盤臓器脱に対して腹腔鏡下仙骨腟固定術を施行した2症例 国内会議

    羽室 明洋, 沖 絵梨, 林 雅美, 北田 絋平, 栗原 康, 佐野 美帆, 山本 浩子, 尾崎 宏治, 寺田 裕之, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2014年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再発する骨盤臓器脱に対して腹腔鏡下仙骨腟固定術を施行した2症例 国内会議

    羽室 明洋, 沖 絵梨, 林 雅美, 北田 絋平, 栗原 康, 佐野 美帆, 山本 浩子, 尾崎 宏治, 寺田 裕之, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2014年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析中の婦人科癌患者におけるcarboplatinの体内動態に関する検討 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 和田 卓磨, 今井 健至, 山内 真, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析中の婦人科癌患者におけるcarboplatinの体内動態に関する検討 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 和田 卓磨, 今井 健至, 山内 真, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における子宮肉腫の診断と予後に関する検討 国内会議

    松田 真希子, 市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した子宮頸癌IVB期の臨床的検討 国内会議

    山内 真, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 今井 健至, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外陰部に発生したleiomyosarcomaの1例 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 川西 勝, 今井 健至, 山内 真, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卵巣成熟嚢胞性奇形腫を摘出することにより軽快した抗NMDA受容体脳炎の1例 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 山内 真, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 凝固壊死か硝子壊死の判断に苦慮した3例 国内会議

    村上 誠, 笠井 真理, 市村 友季, 松田 真希子, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • siRNAを用いたE6遺伝子阻害によるHeLa細胞へのp53遺伝子挿入アデノウイルスベクターの導入促進 国内会議

    梶谷 耕二, 本田 謙一, 寺田 裕之, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Metastasizing leiomyomaとの鑑別が困難であったGISTの1例 国内会議

    笠井 真理, 市村 友季, 松田 真希子, 村上 誠, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPVワクチン副反応報道・厚労省勧告が接種行動に与えた影響 大阪産婦人科医会OCEAN STUDY 国内会議

    森本 晶子, 上田 豊, 高田 友美, 大道 正英, 寺井 義人, 角 俊幸, 市村 友季, 神崎 秀陽, 村田 紘未, 万代 昌紀, 中井 英勝, 木村 正, 藤田 征巳, 吉野 潔, 斉藤 淳子, 祖父江 友孝, 関根 正幸, 榎本 隆之, 堀越 順一, 高木 哲

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HPVワクチン副反応報道・厚労省勧告が接種行動に与えた影響 大阪産婦人科医会OCEAN STUDY 国内会議

    森本 晶子, 上田 豊, 高田 友美, 大道 正英, 寺井 義人, 角 俊幸, 市村 友季, 神崎 秀陽, 村田 紘未, 万代 昌紀, 中井 英勝, 木村 正, 藤田 征巳, 吉野 潔, 斉藤 淳子, 祖父江 友孝, 関根 正幸, 榎本 隆之, 堀越 順一, 高木 哲

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Metastasizing leiomyomaとの鑑別が困難であったGISTの1例 国内会議

    笠井 真理, 市村 友季, 松田 真希子, 村上 誠, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • siRNAを用いたE6遺伝子阻害によるHeLa細胞へのp53遺伝子挿入アデノウイルスベクターの導入促進 国内会議

    梶谷 耕二, 本田 謙一, 寺田 裕之, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 凝固壊死か硝子壊死の判断に苦慮した3例 国内会議

    村上 誠, 笠井 真理, 市村 友季, 松田 真希子, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卵巣成熟嚢胞性奇形腫を摘出することにより軽快した抗NMDA受容体脳炎の1例 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 山内 真, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外陰部に発生したleiomyosarcomaの1例 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 川西 勝, 今井 健至, 山内 真, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した子宮頸癌IVB期の臨床的検討 国内会議

    山内 真, 福田 武史, 和田 卓磨, 川西 勝, 今井 健至, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における子宮肉腫の診断と予後に関する検討 国内会議

    松田 真希子, 市村 友季, 笠井 真理, 村上 誠, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2014年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析を行いながらTC療法を施行した慢性腎不全を合併した卵管癌の1例 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2014年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析を行いながらTC療法を施行した慢性腎不全を合併した卵管癌の1例 国内会議

    川西 勝, 福田 武史, 橋口 裕紀, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2014年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腟狭小化を防ぐ腹腔鏡補助下造腟術(Davydov法)の工夫 国内会議

    沖 絵梨, 羽室 明洋, 柳井 咲花, 佐野 美帆, 栗原 康, 和田 夏子, 山本 浩子, 中野 朱美, 尾崎 宏治, 寺田 裕之, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科の進歩  2014年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前置胎盤および低置胎盤例における胎盤剥離面の止血操作の工夫 国内会議

    橘 大介, 和田 夏子, 佐野 美帆, 栗原 康, 山本 浩子, 羽室 明洋, 浜崎 新, 寺田 裕之, 中野 朱美, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    産婦人科手術  2014年05月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両側水腎症が発見の契機となった子宮頸部腺癌の1例 国内会議

    中川 倫子, 市村 友季, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2014年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両側水腎症が発見の契機となった子宮頸部腺癌の1例 国内会議

    中川 倫子, 市村 友季, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2014年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前置胎盤および低置胎盤例における胎盤剥離面の止血操作の工夫 国内会議

    橘 大介, 和田 夏子, 佐野 美帆, 栗原 康, 山本 浩子, 羽室 明洋, 浜崎 新, 寺田 裕之, 中野 朱美, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    産婦人科手術  2014年05月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腟狭小化を防ぐ腹腔鏡補助下造腟術(Davydov法)の工夫 国内会議

    沖 絵梨, 羽室 明洋, 柳井 咲花, 佐野 美帆, 栗原 康, 和田 夏子, 山本 浩子, 中野 朱美, 尾崎 宏治, 寺田 裕之, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    産婦人科の進歩  2014年05月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Minimal deviation adenocarcinoma(MDA)の2例 国内会議

    松田 真希子, 笠井 真理, 市村 友季, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2014年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Minimal deviation adenocarcinoma(MDA)の2例 国内会議

    松田 真希子, 笠井 真理, 市村 友季, 村上 誠, 川村 直樹, 塩見 和彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2014年04月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 閉経後婦人科癌患者に対するドセタキセル+カルボプラチン併用化学療法の有効性と安全性 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 山田 詩織里, 松田 真希子, 寺前 雅大, 長嶋 愛子, 妹尾 紗織, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で外科的治療を行った子宮頸部腺扁平上皮癌I、II期症例の臨床的検討 国内会議

    西居 由布子, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 閉経後婦人科癌患者に対するドセタキセル+カルボプラチン併用化学療法の有効性と安全性 国内会議

    今井 健至, 福田 武史, 山田 詩織里, 松田 真希子, 寺前 雅大, 長嶋 愛子, 妹尾 紗織, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で外科的治療を行った子宮頸部腺扁平上皮癌I、II期症例の臨床的検討 国内会議

    西居 由布子, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸癌根治術後の再発症例における臨床的検討 国内会議

    山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮筋腫・基礎と臨床 経腹超音波断層法による子宮筋腫サイズのfollow upに関する検討 国内会議

    松田 真希子, 笠井 真理, 市村 友季, 村上 誠, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卒前卒後の産婦人科系シミュレーション教育の実際とその評価 国内会議

    森村 美奈, 寺田 裕之, 小西 雅美, 羽室 明洋, 中野 朱美, 橘 大介, 尾崎 宏治, 榎本 小弓, 奥 幸子, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SIRT1発現と進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の治療効果予測に関する検討 国内会議

    寺前 雅大, 福田 武史, 今井 健至, 山内 真, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MT1-MMP抗体を用いた子宮平滑筋腫瘍の鑑別に関する検討 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MT1-MMP抗体を用いた子宮平滑筋腫瘍の鑑別に関する検討 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 笠井 真理, 松田 真希子, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SIRT1発現と進行子宮頸癌に対する主治療前化学療法の治療効果予測に関する検討 国内会議

    寺前 雅大, 福田 武史, 今井 健至, 山内 真, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卒前卒後の産婦人科系シミュレーション教育の実際とその評価 国内会議

    森村 美奈, 寺田 裕之, 小西 雅美, 羽室 明洋, 中野 朱美, 橘 大介, 尾崎 宏治, 榎本 小弓, 奥 幸子, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮筋腫・基礎と臨床 経腹超音波断層法による子宮筋腫サイズのfollow upに関する検討 国内会議

    松田 真希子, 笠井 真理, 市村 友季, 村上 誠, 川村 直樹, 福田 武史, 橋口 裕紀, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸癌根治術後の再発症例における臨床的検討 国内会議

    山内 真, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    日本産科婦人科学会雑誌  2014年02月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊娠中に発見された子宮頸部浸潤癌5例 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 西居 由布子, 山田 詩織里, 松田 真希子, 寺前 雅大, 長嶋 愛子, 妹尾 紗織, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2013年11月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊娠中に発見された子宮頸部浸潤癌5例 国内会議

    和田 卓磨, 福田 武史, 西居 由布子, 山田 詩織里, 松田 真希子, 寺前 雅大, 長嶋 愛子, 妹尾 紗織, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸

    産婦人科の進歩  2013年11月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表層に扁平上皮癌を伴ったcervical delivered myomaの1例 国内会議

    松田 真希子, 市村 友季, 村上 誠, 笠井 真理, 川村 直樹, 石河 修, 塩見 和彦, 大澤 政彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2013年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表層に扁平上皮癌を伴ったcervical delivered myomaの1例 国内会議

    松田 真希子, 市村 友季, 村上 誠, 笠井 真理, 川村 直樹, 石河 修, 塩見 和彦, 大澤 政彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2013年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年発生した腟癌の1症例 国内会議

    本田 謙一, 村上 誠, 松田 真希子, 市村 友季, 角 俊幸, 石河 修, 笠井 真理, 浅野 愛

    日本臨床細胞学会雑誌  2013年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 結核性腹膜炎の1例 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 松田 真希子, 笠井 真理, 川村 直樹, 石河 修, 塩見 和彦, 大澤 政彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2013年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性腹膜癌 14症例と上皮性卵巣癌との比較(Primary peritoneal cancer: Study of 14 cases and comparison with epithelial ovarian cancer) 国内会議

    Fukuda Takeshi, Yamada Shiori, Nishii Yuko, Yamauchi Makoto, Matsuda Makiko, Teramae Masatomo, Seo Saori, Nagashima Aiko, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2013年10月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エストロゲン応答配列付加によるp53遺伝子導入促進へのcodon72遺伝子多型の関与(Effects of codon 72 polymorphism on adenovirus-mediated p53 gene transduction enhanced by estrogen response element) 国内会議

    本田 謙一, 梶谷 耕二, 寺田 裕之, 佐野 美帆, 和田 夏子, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本癌学会総会記事  2013年10月  日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エストロゲン応答配列付加によるp53遺伝子導入促進へのcodon72遺伝子多型の関与(Effects of codon 72 polymorphism on adenovirus-mediated p53 gene transduction enhanced by estrogen response element) 国内会議

    本田 謙一, 梶谷 耕二, 寺田 裕之, 佐野 美帆, 和田 夏子, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康, 石河 修

    日本癌学会総会記事  2013年10月  日本癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性腹膜癌 14症例と上皮性卵巣癌との比較(Primary peritoneal cancer: Study of 14 cases and comparison with epithelial ovarian cancer) 国内会議

    Fukuda Takeshi, Yamada Shiori, Nishii Yuko, Yamauchi Makoto, Matsuda Makiko, Teramae Masatomo, Seo Saori, Nagashima Aiko, Hashiguchi Yasunori, Ichimura Tomoyuki, Matsumoto Yoshinari, Yasui Tomoyo, Sumi Toshiyuki

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2013年10月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 結核性腹膜炎の1例 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 松田 真希子, 笠井 真理, 川村 直樹, 石河 修, 塩見 和彦, 大澤 政彦, 角 俊幸

    日本臨床細胞学会雑誌  2013年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年発生した腟癌の1症例 国内会議

    本田 謙一, 村上 誠, 松田 真希子, 市村 友季, 角 俊幸, 石河 修, 笠井 真理, 浅野 愛

    日本臨床細胞学会雑誌  2013年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪産婦人科医会OCEAN STUDY 国内会議

    上田 豊, 榎本 隆之, 森本 晶子, 大道 正英, 寺井 義人, 角 俊幸, 市村 友季, 神崎 秀陽, 斉藤 淳子, 万代 昌紀, 中井 英勝, 木村 正, 祖父江 友孝, 堀越 順彦, 高木 哲

    日本癌治療学会誌  2013年09月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪産婦人科医会OCEAN STUDY 国内会議

    上田 豊, 榎本 隆之, 森本 晶子, 大道 正英, 寺井 義人, 角 俊幸, 市村 友季, 神崎 秀陽, 斉藤 淳子, 万代 昌紀, 中井 英勝, 木村 正, 祖父江 友孝, 堀越 順彦, 高木 哲

    日本癌治療学会誌  2013年09月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 痕跡子宮を利用した腹腔鏡補助下造腟術(Davydov法)の症例 国内会議

    羽室 明洋, 高瀬 亜紀, 久野 育美, 中川 倫子, 今井 健至, 北田 絋平, 栗原 康, 和田 夏子, 佐野 美帆, 山本 浩子, 浜崎 新, 中野 朱美, 尾崎 宏治, 寺田 裕之, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2013年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 痕跡子宮を利用した腹腔鏡補助下造腟術(Davydov法)の症例 国内会議

    羽室 明洋, 高瀬 亜紀, 久野 育美, 中川 倫子, 今井 健至, 北田 絋平, 栗原 康, 和田 夏子, 佐野 美帆, 山本 浩子, 浜崎 新, 中野 朱美, 尾崎 宏治, 寺田 裕之, 橘 大介, 安井 智代, 角 俊幸, 古山 将康

    日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2013年08月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 針生検で診断した子宮悪性リンパ腫の2症例 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 松田 真希子, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2013年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における卵巣上皮性境界悪性腫瘍の臨床的検討 国内会議

    寺前 雅大, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2013年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 針生検で診断した子宮悪性リンパ腫の2症例 国内会議

    村上 誠, 市村 友季, 松田 真希子, 笠井 真理, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2013年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における卵巣上皮性境界悪性腫瘍の臨床的検討 国内会議

    寺前 雅大, 福田 武史, 橋口 裕紀, 松本 佳也, 市村 友季, 安井 智代, 角 俊幸, 石河 修

    日本婦人科腫瘍学会雑誌  2013年06月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)