2024/04/06 更新

写真a

キムラ タツオ
木村 達郎
KIMURA Tatsuo
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 肺癌細胞株における基礎研究 ( 大阪市立大学 )

研究キーワード

  • 健診

  • 副作用

  • 肺癌

所属学協会

  • 米国癌学会 (AACR)

      国外

  • 世界肺癌学会(IASLC)

      国外

  • 日本総合健診医学会

      国内

  • 米国癌治療学会 (ASCO)

      国外

  • 日本がん分子標的治療学会

      国内

  • 欧州癌学会 (ESMO)

      国外

  • 日本臨床腫瘍学会

      国内

  • 日本肺癌学会

      国内

  • 日本人間ドック・予防医療学会

      国内

  • 日本呼吸器学会

      国内

  • 日本呼吸器内視鏡学会

      国内

  • 日本内科学会

      国内

▼全件表示

論文

  • Efficacy evaluation of upper gastrointestinal endoscopy screening for secondary prevention of gastric cancer using the standardized detection ratio during a medical check-up in Japan

    Tanaka Chieko, Otani Koji, Tamoto Mitsuhiro, Yoshida Hisako, Nadatani Yuji, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   advpub ( 0 )   2024年( ISSN:09120009

     詳細を見る

    <p>We used standardized detection ratio to evaluate the quality of nasal upper gastrointestinal endoscopy screening for the secondary prevention of gastric cancer, and examined the gastric cancer risk in the era of total <i>H. pylori</i> eradication. We performed 21,931 upper gastrointestinal endoscopies, 77 subjects were diagnosed with gastric cancer. Of these, 28 had gastric cancer after <i>H. pylori</i> eradication, 47 had gastric cancer with <i>H. pylori</i>-positive or others, and 2 had <i>H. pylori</i>-negative gastric cancer. The Standardized detection ratios for men and women were 5.33 and 4.82, respectively. Multivariable logistic regression analyses performed exclusively on first endoscopy subjects, excluding <i>H. pylori</i>-negative gastric cancer, revealed that smoking was a risk factor for developing gastric cancer (adjusted odds ratio, 3.31; 95% confidence interval, 1.65–6.64; <i>P</i> = 0.001). A statistically significant interaction was found between daily alcohol consumption and <i>H. pylori</i> eradication on gastric cancer development (<i>P</i> = 0.005). In conclusion, relatively high standardized detection ratio values suggest that an appropriate endoscopic diagnosis of gastric cancer should be performed during a medical check-up. Smoking is a risk factor for developing gastric cancer, and continued alcohol consumption suggests a possible risk for developing gastric cancer after <i>H. pylori</i> eradication.</p>

    DOI: 10.3164/jcbn.24-28

  • Chest radiography as a biomarker of ageing: artificial intelligence-based, multi-institutional model development and validation in Japan.

    Mitsuyama Y, Matsumoto T, Tatekawa H, Walston SL, Kimura T, Yamamoto A, Watanabe T, Miki Y, Ueda D

    The lancet. Healthy longevity   4 ( 9 )   e478 - e486   2023年09月

  • Upper gastrointestinal endoscopic findings in functional constipation and irritable bowel syndrome diagnosed using the Rome IV criteria: a cross-sectional survey during a medical check-up in Japan.

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Nadatani Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y

    BMC gastroenterology   23 ( 1 )   140   2023年05月

     詳細を見る

  • Lifestyle changes during the coronavirus disease 2019 pandemic impact metabolic dysfunction-associated fatty liver disease.

    Fujii H, Nakamura N, Fukumoto S, Kimura T, Nakano A, Nadatani Y, Tauchi Y, Nishii Y, Takashima S, Kamada Y, Watanabe T, Kawada N

    Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   42 ( 5 )   995 - 1004   2022年05月( ISSN:1478-3223

     詳細を見る

  • 健康診断時の慢性便秘症の疫学・病因に関する質問票調査(A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan)

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   70 ( 2 )   205 - 211   2022年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    健康診断の受診者10658名のうち質問票調査で慢性便秘症(CC)の診断基準を満たした467名を対象として検討した。過敏性腸症候群(IBS)を有する者は21名であり、IBSのない者(n=446)と比べて睡眠障害やその他の症状を伴う頻度が高く、残便感や肛門直腸閉塞感の発生頻度が高かった。IBS者と非IBS者の排便頻度に有意差がみられた。順序ロジスティック回帰分析で、高い排便頻度と関連する因子はIBS、男性および日常的な運動であった。

  • A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan.

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   70 ( 2 )   205 - 211   2022年03月( ISSN:0912-0009

  • Prevalence and risk factor for chronic diarrhea in participants of a Japanese medical checkup.

    Matsumoto Y, Nadatani Y, Otani K, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Kimura T, Fukumoto S, Tanaka F, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   6 ( 1 )   69 - 75   2022年01月

     詳細を見る

  • Phase II Study of the Modified Weekly Nab-paclitaxel Regimen in Previously Treated Patients With Advanced Non-Small Cell Lung Cancer.

    Yoshimura N, Sawa K, Nakai T, Matsumoto Y, Mitsuoka S, Kimura T, Asai K, Yana T, Kawaguchi T, Hirata K

    American journal of clinical oncology   44 ( 12 )   613 - 618   2021年12月( ISSN:0277-3732

  • 人間ドック受診を契機に発見された好酸球性食道炎の臨床像および内視鏡所見の検討

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 西居 由布子, 田内 幸枝, 大谷 恒史, 田中 史生, 藤井 英樹, 中野 朱美, 木村 達郎, 福本 真也, 藤原 靖弘, 渡邉 俊雄

    人間ドック   36 ( 4 )   545 - 551   2021年12月( ISSN:1880-1021

     詳細を見る

    目的:人間ドック受診者における好酸球性食道(Eosinophilic esophagitis:EoE)の臨床像を明らかにすることを目的とした。方法:2015年4月~2020年10月の人間ドック受診者延べ33,877人を対象としEoEと診断したEoE群と、年齢・性別を合わせて無作為に抽出した対照群で検討を行った。標準的な健診項目と上部消化管内視鏡所見について単変量解析し、p値が0.1未満の因子に対して多変量解析した。またEoE群でEoEに特徴的な内視鏡所見についての検討も行った。結果:20,145例の解析を行いEoEの発見率は0.47%であった。単変量解析ではEoE群に飲酒歴・つかえ感や胸やけ症状・アレルギー歴があることが有意に多く、内視鏡所見と他の健診項目については有意差を認めなかった。多変量解析の結果、飲酒歴・つかえ感や胸やけ症状・アレルギー歴があること・内視鏡所見でバレット食道がないことがEoEの独立した危険因子であることが明らかになった。EoEに特徴的な内視鏡所見のなかでは縦走溝が93%と最も多く認められた。結論:アレルギー疾患の既往、つかえ感や胸やけ症状、飲酒歴があり、内視鏡所見でバレット食道を認めない受診者には、EoEである可能性を考え特徴的な内視鏡所見を探したうえで積極的に食道粘膜の好酸球数を評価することが人間ドックでのEoEの発見率向上のために重要であると考えられた。(著者抄録)

  • The FibroScan-aspartate aminotransferase score can stratify the disease severity in a Japanese cohort with fatty liver diseases.

    Fujii H, Fukumoto S, Enomoto M, Uchida-Kobayashi S, Kimura T, Tamori A, Nadatani Y, Takashima S, Nishimoto N, Kawada N

    Scientific reports   11 ( 1 )   13844   2021年07月

     詳細を見る

  • Validation of a two-step approach combining serum biomarkers and liver stiffness measurement to predict advanced fibrosis.

    Fujii H, Enomoto M, Fukumoto S, Kimura T, Nadatani Y, Takashima S, Hagihara A, Uchida-Kobayashi S, Tamori A, Nishimoto N, Kawada N

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   5 ( 7 )   801 - 808   2021年07月

     詳細を見る

  • Prevalence and risk factors of functional constipation in the Rome IV criteria during a medical check-up in Japan 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   2021年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15436

    PubMed

  • 人間ドック受診を契機に発見された好酸球性食道炎の臨床像および内視鏡所見の検討

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 西居 由布子, 田内 幸枝, 大谷 恒史, 田中 史生, 藤井 英樹, 中野 朱美, 木村 達郎, 福本 真也, 藤原 靖弘, 渡邉 俊雄

    人間ドック(Ningen Dock)   36 ( 4 )   545 - 551   2021年( ISSN:18801021

     詳細を見る

    <p><b>目的:</b>人間ドック受診者における好酸球性食道炎(Eosinophilic esophagitis: EoE)の臨床像を明らかにすることを目的とした.</p><p><b>方法:</b>2015年4月~2020年10月の人間ドック受診者延べ33,877人を対象としEoEと診断したEoE群と,年齢・性別を合わせて無作為に抽出した対照群で検討を行った.標準的な健診項目と上部消化管内視鏡所見について単変量解析し,p値が0.1未満の因子に対して多変量解析した.またEoE群でEoEに特徴的な内視鏡所見についての検討も行った.</p><p><b>結果:</b>20,145例の解析を行いEoEの発見率は0.47%であった.単変量解析ではEoE群に飲酒歴・つかえ感や胸やけ症状・アレルギー歴があることが有意に多く,内視鏡所見と他の健診項目については有意差を認めなかった.多変量解析の結果,飲酒歴・つかえ感や胸やけ症状・アレルギー歴があること・内視鏡所見でバレット食道がないことがEoEの独立した危険因子であることが明らかになった.EoEに特徴的な内視鏡所見のなかでは縦走溝が93%と最も多く認められた.</p><p><b>結論:</b>アレルギー疾患の既往,つかえ感や胸やけ症状,飲酒歴があり,内視鏡所見でバレット食道を認めない受診者には,EoEである可能性を考え特徴的な内視鏡所見を探したうえで積極的に食道粘膜の好酸球数を評価することが人間ドックでのEoEの発見率向上のために重要であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11320/ningendock.36.545

    CiNii Article

  • Repeat lung cancer screenings reveal less CXR abnormalities with different variations than first-time screening 査読

    Tatsuo Kimura, Shinya Fukumoto, Akemi Nakano, Hideki Fujii, Yuji Nadatani, Yukie Tauchi, Shingo Takashima, Yuko Nishii, Koji Otani, Naomi Ageshio, Tomohiro Suzumura and Norifumi Kawada

    Health Prim Car   5   1 - 5   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.15761/HPC.1000210

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000808

  • A mask-based infection control method for screening endoscopy may prevent SARS-CoV-2 transmission and relieve staff anxiety.

    Nadatani Y, Higashimori A, Takashima S, Maruyama H, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Fujii H, Nakano A, Taira K, Kamata N, Nagami Y, Kimura T, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Fujiwara Y

    SAGE open medicine   9   20503121211047060   2021年( ISSN:2050-3121

     詳細を見る

  • Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-<i>Helicobacter pylori</i> antibody during a medical check-up. 査読

    Otani K, Watanabe T, Kosaka S, Matsumoto Y, Nakata A, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Kimura T, Fukumoto S, Kawada N, Fujiwara Y

    一般社団法人 日本酸化ストレス学会 Journal of clinical biochemistry and nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Subjects with a high-negative titer (3–9.9 U/ml) of serum anti-<i>Helicobacter pylori</i> (<i>H. pylori</i>) antibody represent a heterogeneous group of currently <i>H. pylori</i>-infected, <i>H. pylori</i>-uninfected, and previously <i>H. pylori</i>-infected cases. We investigated the characteristics of subjects with a high-negative titer during a medical check-up and the utility of <i>H. pylori</i> infection score, the sum of scores of endoscopic findings based on the Kyoto Classification of Gastritis, for diagnosing <i>H. pylori</i> infection. Subjects with <sup>13</sup>C-urea breath test-positive or <i>H. pylori</i> stool antigen test-positive were diagnosed as currently <i>H. pylori</i>-infected. Although around half of subjects with a high-negative titer were after eradication therapy (48.6%), currently <i>H. pylori</i>-infected were considerably confirmed (11.7%). <i>H. pylori</i> infection score showed a high value of area under the receiver operating characteristic curve [0.92; 95% confidence interval (CI), 0.84–1.00] with the most suitable cut-off value of 1.0 (sensitivity: 0.92; specificity: 0.90). Multivariate logistic regression analysis revealed that <i>H. pylori</i> infection score was an independent factor associated with increased prevalence of <i>H. pylori</i> infection (odds ratio, 9.53; 95% CI, 2.64–34.40; <i>p</i><0.001). Currently <i>H. pylori</i>-infected subjects were considerably included among the subjects with a high-negative titer, and the Kyoto Classification of Gastritis was useful to predict current <i>H. pylori</i> infection.</p>

    DOI: 10.3164/jcbn.20-21

    PubMed

    CiNii Article

  • 健診時のピロリ菌抗体価が陰性高値であった被験者における胃炎の京都分類の有用性(Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-Helicobacter pylori antibody during a medical check-up)

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Kosaka Satoshi, Matsumoto Yuji, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    ピロリ菌抗体価が陰性高値と判定された被験者におけるピロリ菌感染診断のための胃炎の京都分類の有用性を調べた。研究デザインは単施設後ろ向き観察研究とした。健診でピロリ菌のIgG抗体価を測定した13203名のうち1690名に陰性高値が認められ、そのうちの当院を受診した111名について13C尿素の呼気試験(UBT)または糞便中の抗原検査(HpSA)、内視鏡検査を行った。評価者3名による所見の評価には木村-竹本分類の他に胃炎の京都分類を用いた。UBT陽性者またはHpSA陽性者を現感染者と判定した。胃炎の京都分類に基づく内視鏡5所見(び漫性発赤、粘膜浮腫、ひだ肥厚蛇行、粘稠性粘液、結節形成)の有(1)無(0)スコアを合計した「ピロリ菌感染スコア」を開発した。ROC曲線を描いて最適なカットオフ値を設定した。111名のピロリ菌抗体価中央値は4.0、UBT陽性10名、HpSA陽性3名で、13名(11.7%)が現感染、54名(48.6%)は除菌後の既感染、44名(39.6%)はその他であった。ピロリ菌感染スコアのROC曲線下面積は0.92で、感度と特異度が最大となるピロリ菌感染スコアのカットオフ値は1であった(内視鏡5所見のうちの1所見が確認されることを意味する)。多変量ロジスティック回帰分析により、ピロリ菌感染スコアがピロリ菌感染を予測する独立因子であることが判明した。

  • Mutational landscape of multiple primary lung cancers and its correlation with environmental factors 査読

    Izumi Motohiro, Oyanagi Jun, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Tani Yoko, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Kawaguchi Tomoya, Koh Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-2333

  • Annual lung cancer screening by chest X ray to avoid further examinations. 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Fujii Hideki, Nakano Akemi, Nadatani Yuji, Tauchi Yukie, Suzumura Tomohiro, Ogawa Koichi, Kawaguchi Tomoya, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 15 )   2020年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Predictive impact of low-frequency pretreatment T790M mutation in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Hirata Kazuto, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya

    LUNG CANCER   139   80 - 88   2020年01月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2019.10.029

    PubMed

  • A Polymorphism rs6726395 in Nrf2 Contributes to the Development of Emphysema-Associated Age in Smokers Without COPD 査読

    Sugitani A., Asai K., Watanabe T., Suzumura T., Kojima K., Kubo H., Sato K., Ijiri N., Yamada K., Kimura T., Fukumoto S., Hirata K., Kawaguchi T.

    LUNG   197 ( 5 )   559 - 564   2019年10月( ISSN:0341-2040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00408-019-00251-2

  • Impact of tumor microenvironment on the efficacy of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors in patients with EGFR-mutant non-small cell lung cancer 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya

    CANCER SCIENCE   110 ( 10 )   3244 - 3254   2019年10月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14156

    PubMed

  • EGFR遺伝子変異がみられる非小細胞肺癌の患者において腫瘍微小環境が上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬の有効性に及ぼす影響(Impact of tumor microenvironment on the efficacy of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors in patients with EGFR-mutant non-small cell lung cancer)

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya

    Cancer Science   110 ( 10 )   3244 - 3254   2019年10月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    非小細胞肺癌への1次治療として上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)治療を行った時の有効性に関して腫瘍微小環境が及ぼす影響を検討した。EGFR遺伝子に変異が認められる進行非小細胞肺癌患者の診療録を精査した。2013年8月~2017年12月に当院で診療した上記の患者52名(女性35名)を最終的な解析対象とした。治療前に得た検体に対し免疫組織化学解析を行い、腫瘍細胞におけるprogrammed cell death-1 ligand-1(PD-L1)陽性細胞の割合のスコア、およびCD8陽性腫瘍浸潤リンパ球(TIL)の浸潤の程度を示すスコアを評価して、それらの高低を組み合わせた4群に症例を分類した。両スコアが共に高かった群ではprogrammed cell death-1 ligand-2(PD-L2)発現の陽性率が57.1%と4群中で最も高く、奏効率は14.3%と最も低いことがいずれも有意に示された。無増悪生存期間中央値は両スコアが共に高い群で2.4ヵ月と最も短く、PD-L1スコアが低くCD8陽性TILスコアが高い群で17.5ヵ月と最も長いことも有意に示された。PD-L1発現とCD8陽性TILで評価した治療前の腫瘍微小環境によってEGFR-TKIの有効性が異なることが明らかになった。

  • Association between low-frequency pretreatment EGFR T790M mutation and tumor immune microenvironment in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Kawaguchi Tomoya, Koh Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-4906

  • Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults 査読

    Tanaka Fumio, Fukumoto Shinya, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    ESOPHAGUS   16 ( 3 )   309 - 315   2019年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-019-00662-3

    PubMed

  • Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults(和訳中) 査読

    Tanaka Fumio, Fukumoto Shinya, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    シュプリンガー・ジャパン(株) Esophagus   16 ( 3 )   309 - 315   2019年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本人成人における肥満と裂孔ヘルニアは食道好酸球浸潤の非アレルギー性危険因子である可能性がある(Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults)

    Tanaka Fumio, Fukumoto Shinya, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    Esophagus   16 ( 3 )   309 - 315   2019年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    食道好酸球浸潤(EE)の非アレルギー性危険因子について横断研究により検討した。健康診断において消化管内視鏡検査を受けた被検者を対象とした。EE被験者(男性15名、女性12名、年齢中央値45歳)と非EE被験者(男性2803名、女性3134名、年齢中央値51歳)の臨床的特徴を比較した。EEの検出率は0.45%であった。EE被験者の20名は症候性、7名は無症候性であった。単変量解析の結果、非EE被験者と比較してEE被検者はBMIが有意に高かった。内視鏡所見において、EE被検者は裂孔ヘルニアの割合が有意に高かった。EE被検者は年齢が有意に若く、気管支喘息の割合が高かった。多変量解析の結果、非EE被験者と比較してEE被検者はBMIおよび裂孔ヘルニアと正に関連していた。傾向検定において、高いBMI分類は有意なEE有病率増加傾向を示した。

  • Phase I/II study of intermitted erlotinib in combination with docetaxel in patients with recurrent non-small cell lung cancer (WJOG4708L). 査読

    Kimura T, Kawaguchi T, Chiba Y, Yoshioka H, Watanabe K, Kijima T, Kogure Y, Oguri T, Yoshimura N, Niwa T, Kasai T, Hayashi H, Ono A, Asai K, Tanaka H, Yano S, Yamamoto N, Nakanishi Y, Nakagawa K

    Japanese journal of clinical oncology   2019年06月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyz088

    PubMed

  • Annual lung cancer screening by chest x-ray results in higher profits for the exclusion of lung cancer. 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Morikawa Hiroyasu, Nakano Akemi, Otani Koji, Tauchi Yukie, Uemura Risa, Suzumura Tomohiro, Ogawa Koichi, Kawaguchi Tomoya, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   37 ( 15 )   2019年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy and safety of ultrasound (US) guided percutaneous needle biopsy for peripheral lung or pleural lesion: comparison with computed tomography (CT) guided needle biopsy 査読

    Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Yamada Kazuhiro, Nakai Toshiyuki, Suzumura Tomohiro, Sakagami Kazuki, Yoshimoto Naoki, Sato Kanako, Tanaka Hidenori, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    JOURNAL OF THORACIC DISEASE   11 ( 3 )   936 - 943   2019年03月( ISSN:2072-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.01.88

    PubMed

  • 日本人被験者における機能性ディスペプシアと陥凹型胃びらんとの関連性(Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects) 査読

    Tanaka Fumio, Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

     Internal Medicine   58 ( 3 )   321 - 328   2019年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    機能性ディスペプシア(FD)の自験例を対象に、FDに関連する内視鏡所見を胃炎の京都分類に従って調査する横断研究を施行した。当院にて上部消化管内視鏡検査を施行された健診受診者のうち、器質的疾患がみられた例などを除外した456名を解析対象とした。そのうち5.5%に当たる25名(女性14名、年齢中央値47.0歳)がFDと診断され(罹患群)、残りの431名は健康と判定された(健康対照群)。両群の内視鏡検査所見を単変量解析にて比較した結果、稜線状発赤がみられた被験者の割合は罹患群で0%、健康対照群で18.6%と罹患群の方が有意に低く、逆に陥凹型びらんの割合はそれぞれ20.0%、7.9%と罹患群の方が高く、そのp値は0.0522であった。びらんが陽性の集団におけるFD罹患者の割合は12.8%で、びらん陰性集団での4.8%よりも高かった。胃炎の京都分類に記載されているその他の内視鏡所見に関しては両群間で有意差は示されなかった。単変量解析で関連性が示された2種の所見に関し多変量解析を行ったところ、陥凹型びらん所見陽性のみがFD罹患に対する独立関連因子であることが有意に示された(オッズ比2.92、95%信頼区間1.03〜8.26)。以上の結果から、陥凹型びらん所見はFDと関連していると考えられた。

  • Nrf2 Polymorphisms Contributes to Emphysema in Healthy Smokers 査読

    Sugitani A., Asai K., Miyamoto A., Kojima K., Kubo H., Kyoumoto Y., Kawamoto T., Yoshida S., Okamoto A., Satou K., Yamada K., Ijiri N., Watanabe T., Tochino Y., Kanazawa H., Kimura T., Fukumoto S., Hirata K., Kawaguchi T.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   199   2019年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects 査読

    Tanaka F, Tominaga K, Fujikawa Y, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    Internal Medicine   58 ( 3 )   321 - 328   2018年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1325-18

    PubMed

  • Predictive impact of low-frequency pretreatment T790M mutation in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Oyanagi Jun, Fukui Mitsuru, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Kawaguchi Tomoya, Hirata Kazuto, Koh Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-2613

  • Higher Body Mass Index Prolongs Survival Time in Non-Small Cell Lung Cancer with Good Performance Status 査読

    Suzumura T., Kawaguchi T., Mitsuoka S., Kimura T., Yoshimura N., Yoshimoto N., Sawa K., Matsumoto Y., Hirata K.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S1990 - S1990   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of Postoperative Lung Function in Patients with Lung Cancer by Lung Lobe 査読

    Hara K., Izumi N., Tsukioka T., Chung K., Komatsu H., Toda M., Miyamoto H., Kimura T., Suzuki S., Yoshida A., Higashiyama S., Kawabe J., Nishiyama N.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S2355 - S2355   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dose Escalation Study of Concurrent Chemoradiotherapy With the Use of Involved-field Conformal Radiotherapy and Accelerated Hyperfractionation in Combination With Cisplatin and Vinorelbine Chemotherapy for Stage III Non-small Cell Lung Cancer: The Final Report. 査読

    Yoshimura N, Tada T, Matsumoto Y, Sawa K, Yoshimoto N, Suzumura T, Tanaka H, Mitsuoka S, Kimura T, Tamiya T, Hirashima T, Kawaguchi T, Kudoh S, Hosono M, Hirata K

    American journal of clinical oncology   2017年10月( ISSN:0277-3732

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/COC.0000000000000412

    PubMed

  • Current Status and Perspective of Call Request in Lung Cancer Screening 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Morikawa Hiroyasu, Nakano Akemi, Tanaka Fumio, Morisaki Tamami, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Current Status and Perspective of Call Request in Lung Cancer Screening. 査読

    Kimura T, Fukumoto S, Morikawa H, Nakano A, Tanaka F, Morisaki T, Kawada N, Hirata K

    Annals of oncology : official journal of the European Society for Medical Oncology   28 Suppl 9   ix109   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdx621.066

    PubMed

  • PIK3CA mutation as a distinctive genetic feature of non-small cell lung cancer with chronic obstructive pulmonary disease: A comprehensive mutational analysis from a multi-institutional cohort 査読

    Sawa Kenji, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya, Kambayashi Satoshi, Asai Kazuhisa, Mitsuoka Shigeki, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Yoshimoto Naoki, Kubo Akihito, Saka Hideo, Matsumura Akihide, Wanibuchi Hideki, Yamamoto Nobuyuki, Nishiyama Noritoshi, Hirata Kazuto

    LUNG CANCER   112   96 - 101   2017年10月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2017.07.039

    PubMed

  • 上皮成長因子受容体(EGFR)T790M陽性非小細胞肺癌に対するオシメルチニブによって生じた間質性肺疾患(Interstitial Lung Disease Induced by Osimertinib for Epidermal Growth Factor Receptor(EGFR) T790M-positive Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Matsumoto Yoshiya, Kawaguchi Tomoya, Yamamoto Norio, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kuwae Yuko, Hirata Kazuto

     Internal Medicine   56 ( 17 )   2325 - 2328   2017年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は75歳男性で、喫煙歴はなかったが、脳転移を伴うステージIV肺腺癌と診断された。遺伝子検査でエクソン21のEGFR L858R変異が明らかになったため、ファーストライン治療としてエルロチニブ投与を行ったところ部分寛解が得られた。7ヵ月後のCTで肺原発腫瘍の再増殖が認められ、生検でエクソン21のEGFR L858R変異とエクソン20のT790M変異が明らかになったため、セカンドライン治療としてオシメルチニブ投与を開始した。その5週間後、全身疲労と呼吸困難が出現し、胸部CTで両肺野にび漫性のスリガラス陰影とコンソリデーションが明らかになった。気管支肺胞洗浄液の分析では著明なリンパ球増加が認められ、経気管支肺生検で線維化と著明なリンパ球浸潤を伴う肥厚した間質が明らかになった。これらの所見からオシメルチニブによって生じた間質性肺疾患と診断した。メチルプレドニゾロンパルス療法後にプレドニゾロン投与を行い、入院38日目に退院となった。

  • 細径内視鏡を用いた当院人間ドックにおける胃がん標準化発見比の検討 査読

    田中 史生, 福本 真也, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 大谷 恒史, 森崎 珠実, 藤原 靖弘, 河田 則文, 平田 一人

    日本人間ドック学会 人間ドック   32 ( 3 )   537 - 543   2017年09月( ISSN:1880-1021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:人間ドックでの胃がん発見精度の評価方法として胃がん発見率が挙げられるが、母集団の性差、年齢分布により影響を受ける。そこで我々は標準化発見比を指標として用い、細径内視鏡を用いた当院人間ドックでの胃がん発見精度を調査した。方法:2016年1月4日から1年間、当院人間ドックで上部消化管内視鏡検査を施行された4,927例において、胃がんの標準化発見比、発見率等を検討した。結果:男性における胃がん存在期待値合計は3.48であり、胃がん発見症例数は13例であった。すなわち、男性での標準化発見比は3.74であった。特に65〜69歳では存在期待値0.95に対して7例の胃がんを発見した。一方、女性での胃がん存在期待値合計は1.12、胃がん発見症例数は1例であり、標準化発見比は0.89であった。また、男女合算では、存在期待値4.60に対して14例の胃がんを発見しており、標準化発見比は3.04であった。さらには、胃がん発見率は男女合算で0.28%、年代別に解析すると、50〜59歳では0.21%、60歳以上では0.78%であった。結論:当院での人間ドックにおいて、胃がんの標準化発見比を検討することにより、罹患率が高い年齢層で確実に胃がんの発見、診断がなされていることが示された。(著者抄録)

  • 胸部要精密検査判定の現況と呼び出しシステムの活用 査読

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    日本人間ドック学会 人間ドック   31 ( 5 )   661 - 667   2017年03月( ISSN:1880-1021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:胸部単純X線検査は肺疾患、特に肺がんのスクリーニング検査として検診や健診において重要である。その一方で、胸部単純X線検査には診断の限界があり、陳旧性肺結核などの病変がある場合、肺がんの指摘が困難な場合もある。当施設では有所見者に対する積極的受診勧告を行っており、今回はその有効性について検討した。方法:2015年1月1日から1年間に、胸部単純X線検査を施行した5,603例の胸部D2判定者(要精密検査)の画像所見の内訳、最終診断病名、発見率を検討した。結果:D2判定者は230例(4.1%)、呼び出しシステムにより197例(85.7%)に電話にて受診勧告を行った。また、32例(13.9%)に対して健診当日に胸部X線検査に異常ありと説明した。174例(75.7%)が当施設にてCT検査を施行した。肺野陰影は156例(89.7%)、そのうち結節影は106例、すりガラス陰影は17例であった。経過観察必要な陰影は20例、4例が肺がんと診断された。肺がん発見率は0.07%であった。集積症例の肺がん存在期待値は3.93人であり、標準化発見比は1.02であった。結論:当施設における胸部単純X線検査にてD2判定となった症例の実態と呼び出しシステムの有効性を明らかにした。当施設のような最終診断、治療まで可能な施設では再受診率が高い傾向にあり、二次予防として肺がんの早期発見、早期治療に有効であると考えられた。(著者抄録)

  • Interstitial Lung Disease Induced by Osimertinib for Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR) T790M-positive Non-small Cell Lung Cancer 査読

    Matsumoto Yoshiya, Kawaguchi Tomoya, Yamamoto Norio, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kuwae Yuko, Hirata Kazuto

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 17 )   2325 - 2328   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>A 75-year-old man with stage IV lung adenocarcinoma was treated with osimertinib due to disease progression despite having been administered erlotinib. Both an epidermal growth factor receptor (EGFR) L858R mutation on exon 21 and a T790M mutation on exon 20 were detected in a specimen from a recurrent primary tumor. Five weeks after osimertinib initiation, he developed general fatigue and dyspnea. Chest computed tomography scan revealed diffuse ground glass opacities and consolidation on both lungs. An analysis of the bronchoalveolar lavage fluid revealed marked lymphocytosis, and a transbronchial lung biopsy specimen showed a thickened interstitium with fibrosis and prominent lymphocytic infiltration. We diagnosed the patient to have interstitial lung disease induced by osimertinib. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8467-16

    PubMed

    CiNii Article

  • 胸部要精密検査判定の現況と呼び出しシステムの活用 査読

    木村 達郎, 福本 真也, 森川 浩安, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 河田 則文, 平田 一人

    公益社団法人 日本人間ドック学会 人間ドック (Ningen Dock)   31 ( 5 )   661 - 667   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>目的:</b>胸部単純X線検査は肺疾患,特に肺がんのスクリーニング検査として検診や健診において重要である.その一方で,胸部単純X線検査には診断の限界があり,陳旧性肺結核などの病変がある場合,肺がんの指摘が困難な場合もある.当施設では有所見者に対する積極的受診勧告を行っており,今回はその有効性について検討した.<br><b>方法:</b>2015年1月1日から1年間に,胸部単純X線検査を施行した5,603例の胸部D2判定者(要精密検査)の画像所見の内訳,最終診断病名,発見率を検討した.<br><b>結果:</b>D2判定者は230例(4.1%),呼び出しシステムにより197例(85.7%)に電話にて受診勧告を行った.また,32例(13.9%)に対して健診当日に胸部X線検査に異常ありと説明した.174例(75.7%)が当施設にてCT検査を施行した.肺野陰影は156例(89.7%),そのうち結節影は106例,すりガラス陰影は17例であった.経過観察必要な陰影は20例,4例が肺がんと診断された.肺がん発見率は0.07%であった.集積症例の肺がん存在期待値は3.93人であり,標準化発見比は1.02であった.<br><b>結論:</b>当施設における胸部単純X線検査にてD2判定となった症例の実態と呼び出しシステムの有効性を明らかにした.当施設のような最終診断,治療まで可能な施設では再受診率が高い傾向にあり,二次予防として肺がんの早期発見,早期治療に有効であると考えられた.

    DOI: 10.11320/ningendock.31.661

    CiNii Article

  • 細径内視鏡を用いた当院人間ドックにおける胃がん標準化発見比の検討 査読

    田中 史生, 福本 真也, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 大谷 恒史, 森崎 珠実, 藤原 靖弘, 河田 則文, 平田 一人

    公益社団法人 日本人間ドック学会 人間ドック (Ningen Dock)   32 ( 3 )   537 - 543   2017年( ISSN:1880-1021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>目的:</b>人間ドックでの胃がん発見精度の評価方法として胃がん発見率が挙げられるが,母集団の性差,年齢分布により影響を受ける.そこで我々は標準化発見比を指標として用い,細径内視鏡を用いた当院人間ドックでの胃がん発見精度を調査した.<br><b>方法:</b>2016年1月4日から1年間,当院人間ドックで上部消化管内視鏡検査を施行された4,927例において,胃がんの標準化発見比,発見率等を検討した.<br><b>結果:</b>男性における胃がん存在期待値合計は3.48であり,胃がん発見症例数は13例であった.すなわち,男性での標準化発見比は3.74であった.特に65~69歳では存在期待値0.95に対して7例の胃がんを発見した.一方,女性での胃がん存在期待値合計は1.12,胃がん発見症例数は1例であり,標準化発見比は0.89であった.また,男女合算では,存在期待値4.60に対して14例の胃がんを発見しており,標準化発見比は3.04であった.さらには,胃がん発見率は男女合算で0.28%,年代別に解析すると,50~59歳では0.21%,60歳以上では0.78%であった.<br><b>結論:</b>当院での人間ドックにおいて,胃がんの標準化発見比を検討することにより,罹患率が高い年齢層で確実に胃がんの発見,診断がなされていることが示された.

    DOI: 10.11320/ningendock.32.537

    CiNii Article

  • Alectinib-Induced Erythema Multiforme and Successful Rechallenge with Alectinib in a Patient with Anaplastic Lymphoma Kinase-Rearranged Lung Cancer. 査読

    Kimura T, Sowa-Osako J, Nakai T, Ohyama A, Kawaguchi T, Tsuruta D, Ohsawa M, Hirata K

    Case reports in oncology   9 ( 3 )   826 - 832   2016年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000453314

    PubMed

  • Comparison of the Clinical Courses of Patients with Influenza after Neuraminidase Inhibitors Treatment: A Postcard Survey of the 2013-2014 Influenza Season in Osaka 査読

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Kureya Yuko, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Shintaku Haruo, Hirata Kazuto

    Osaka City Medical Journal   62 ( 1 )   29 - 38   2016年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors in previously treated advanced non-small-cell lung cancer with wild-type EGFR 査読

    Mitsuoka Shigeki, Kawaguchi Tomoya, Kubo Akihito, Isa Shun-ichi, Asai Kazuhisa, Uji Masato, Watanabe Tetsuya, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Nakai Toshiyuki, Suzumura Tomohiro, Tanaka Hidenori, Matsuura Kuniomi, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    EXPERT OPINION ON PHARMACOTHERAPY   17 ( 2 )   193 - 203   2016年01月( ISSN:1465-6566

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1517/14656566.2016.1109635

    PubMed

  • The Macroscopic Appearance of Computed Tomography-guided Needle Biopsy Specimens Correlates with Tumor Metastasis in Non-small Cell Lung Cancer 査読

    Nakai Toshiyuki, Kimura Tatsuo, Suzumura Tomohiro, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Yamamoto Norio, Matsuura Kuniomi, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Yoshimura Naruo, Kawaguchi Tomoya, Kudoh Shinzoh, Matsuoka Toshiyuki, Ohsawa Masahiko, Hirata Kazuto

    Osaka City Medical Journal   61 ( 2 )   105 - 112   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 非小細胞肺がんにおいてコンピュータ断層撮影支援により穿刺生検した検体の巨視的な様相は腫瘍の転移と相関している(The Macroscopic Appearance of Computed Tomography-guided Needle Biopsy Specimens Correlates with Tumor Metastasis in Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Nakai Toshiyuki, Kimura Tatsuo, Suzumura Tomohiro, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Yamamoto Norio, Matsuura Kuniomi, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Yoshimura Naruo, Kawaguchi Tomoya, Kudoh Shinzoh, Matsuoka Toshiyuki, Ohsawa Masahiko, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 2 )   105 - 112   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase II study of a combination regimen of gefitinib and pemetrexed as first-line treatment in patients with advanced non-small cell lung cancer harboring a sensitive EGFR mutation 査読

    Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Mitsuoka Shigeki, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Nakai Toshiyuki, Suzumira Tomohiro, Matusura Kuniomi, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Kawaguchi Tomoya, Hirata Kazuto

    LUNG CANCER   90 ( 1 )   65 - 70   2015年10月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2015.06.002

    PubMed

  • Elevated beta-catenin pathway as a novel target for patients with resistance to EGF receptor targeting drugs 査読

    Nakata Asuka, Yoshida Ryo, Yamaguchi Rui, Yamauchi Mai, Tamada Yoshinori, Fujita Andre, Shimamura Teppei, Imoto Seiya, Higuchi Tomoyuki, Nomura Masaharu, Kimura Tatsuo, Nokihara Hiroshi, Higashiyama Masahiko, Kondoh Kazuya, Nishihara Hiroshi, Tojo Arinobu, Yano Seiji, Miyano Satoru, Gotoh Noriko

    SCIENTIFIC REPORTS   5   13076   2015年08月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep13076

    PubMed

  • A multicenter phase II study of carboplatin and paclitaxel for advanced thymic carcinoma: WJOG4207L 査読

    Hirai F., Yamanaka T., Taguchi K., Daga H., Ono A., Tanaka K., Kogure Y., Shimizu J., Kimura T., Fukuoka J., Iwamoto Y., Sasaki H., Takeda K., Seto T., Ichinose Y., Nakagawa K., Nakanishi Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   26 ( 2 )   363 - 368   2015年02月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdu541

  • 肺腺癌におけるβカテニンの活性化はイレッサ(gefitinib)への耐性に寄与する 査読

    中田 飛鳥, 吉田 亮, 山口 類, 玉田 嘉紀, 藤田 アンドレ, 島村 徹平, 井元 清哉, 樋口 知之, 野村 将春, 木村 達郎, 軒原 浩, 東山 聖彦, 近藤 和也, 西原 広史, 東條 有伸, 矢野 聖二, 宮野 悟, 後藤 典子

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 ( 0 )   46 - 47   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.31.46

    CiNii Article

  • Magnesium supplementation and high volume hydration reduce the renal toxicity caused by cisplatin-based chemotherapy in patients with lung cancer: a toxicity study 査読

    Oka Takako, Kimura Tatsuo, Suzumura Tomohiro, Yoshimoto Naoki, Nakai Toshiyuki, Yamamoto Norio, Matsuura Kuniomi, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    BMC PHARMACOLOGY & TOXICOLOGY   15   70   2014年12月( ISSN:1471-2210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/2050-6511-15-70

    PubMed

  • Multiplex genomic profiling of non-small cell lung cancer patients enrolled in the LETS phase III trial of first-line S-1/carboplatin versus paclitaxel/carboplatin (WJOG6611LTR) 査読

    Yoshioka Hiroshige, Okamoto Isamu, Sakai Kazuko, Morita Satoshi, Kaneda Hiroyasu, Takeda Koji, Hirashima Tomonori, Kogure Yoshihito, Kimura Tatsuo, Takahashi Toshiaki, Atagi Shinji, Seto Takashi, Sawa Toshiyuki, Yamamoto Masashi, Satouchi Miyako, Okuno Motoyasu, Nagase Seisuke, Nakagawa Kazuhiko, Nakanishi Yoichi, Nishio Kazuto

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32 ( 15 )   2014年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase III Study Comparing Amrubicin Plus Cisplatin With Irinotecan Plus Cisplatin in the Treatment of Extensive-Disease Small-Cell Lung Cancer: JCOG 0509 査読

    Satouchi Miyako, Kotani Yoshikazu, Shibata Taro, Ando Masahiko, Nakagawa Kazuhiko, Yamamoto Nobuyuki, Ichinose Yukito, Ohe Yuichiro, Nishio Makoto, Hida Toyoaki, Takeda Koji, Kimura Tatsuo, Minato Koichi, Yokoyama Akira, Atagi Shinji, Fukuda Haruhiko, Tamura Tomohide, Saijo Nagahiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   32 ( 12 )   1262 - +   2014年04月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.2013.53.5153

    PubMed

  • Multiplex genomic profiling of non-small cell lung cancers from the LETS phase III trial of first-line S-1/carboplatin versus paclitaxel/carboplatin: results of a West Japan Oncology Group study 査読

    Okamoto Isamu, Sakai Kazuko, Morita Satoshi, Yoshioka Hiroshige, Kaneda Hiroyasu, Takeda Koji, Hirashima Tomonori, Kogure Yoshihito, Kimura Tatsuo, Takahashi Toshiaki, Atagi Shinji, Seto Takashi, Sawa Toshiyuki, Yamamoto Masashi, Satouchi Miyako, Okuno Motoyasu, Nagase Seisuke, Takayama Koichi, Tomii Keisuke, Maeda Tadashi, Oizumi Satoshi, Fujii Shinji, Akashi Yusaku, Nishino Kazumi, Ebi Noriyuki, Nakagawa Kazuhiko, Nakanishi Yoichi, Nishio Kazuto

    ONCOTARGET   5 ( 8 )   2293 - 2304   2014年04月( ISSN:1949-2553

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 7.高齢者,ハイリスク 査読

    木村 達郎, 工藤 新三, 平田 一人

    The Japanese Society of Internal Medicine 日本内科学会雑誌   103 ( 6 )   1346 - 1354   2014年( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高齢者の増加に伴い,高齢者肺癌,及び,合併症をもつハイリスク症例に対する癌化学療法を行う機会が増えてきている.高齢者肺癌に対する臨床試験における化学療法レジメン,総合的高齢者機能評価(CGA),高齢者脆弱性検査(VES-13)等による機能評価,肝腎機能障害等の臓器機能低下例に対する化学療法について概説した.個々の症例について治療前に全身機能評価し,それぞれの患者にふさわしい治療を選択するのが望まれる.

    DOI: 10.2169/naika.103.1346

    CiNii Article

  • A MULTICENTER PROSPECTIVE STUDY OF CARBOPLATIN AND PACLITAXEL FOR ADVANCED THYMIC CARCINOMA: WEST JAPAN ONCOLOGY GROUP 4207L 査読

    Shimizu Junichi, Hirai Fumihiko, Yamanaka Takeharu, Taguchi Keni-chi, Daga Haruko, Kogure Yoshihito, Kimura Tatsuo, Tanaka Kaoru, Iwamoto Yasuo, Ono Akira, Sasaki Hidefumi, Fukuoka Junya, Nishiyama Kenichi, Takeda Koji, Seto Takashi, Ichinose Yukito, Nakagawa Kazuhiko, Nakanishi Yoichi

    J Thorac Oncol   8   S270 - S270   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • TRANSFORMING GROWTH FACTOR-B1 GENETIC POLYMORPHISMS RELATE TO ERLOTINIB INDUCED DIARRHEA 査読

    Kimura Tatsuo, Suzumura Tomohiro, Kudoh Shinzoh, Matsuura Kuniomi, Nakai Toshiyuki, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Kira Yukimi, Hirata Kazuto

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S799 - S800   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THE RELATIONSHIP BETWEEN FRESH MACROSCOPIC APPEARANCE OF TISSUE SPECIMEN BY CT GUIDED BIOPSY AND ITS CLINICOPATHOLOGICAL FEATURE IN 58 PATIENTS WITH NSCLC 査読

    Nakai Toshiyuki, Kimura Tatsuo, Mitsuoka Shigeki, Yamamoto Norio, Yoshimoto Naoki, Tochino Yoshihiro, Tamagaki Gakuya, Kudoh Shinzoh, Matusoka Toshiyuki, Hirata Kazuto

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S1057 - S1057   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • GODDARD CLASSIFICATION IS ASSOCIATED WITH CLINICAL CHARACTERISTICS IN PATIENTS WITH COPD AND ADVANCED NSCLC. 査読

    Matsuura Kuniomi, Kimura Tatsuo, Nakai Toshiyuki, Yamamoto Norio, Tamagaki Gakuya, Mitsuoka Shigeki, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    J Thorac Oncol   8   S700 - S700   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • C609T POLYMORPHISM OF NADPH QUINONE OXIDOREDUCTASE 1 CORRELATES CLINICAL HEMATOLOGICAL TOXICITIES IN LUNG CANCER PATIENTS TREATED WITH AMRUBICIN 査読

    Oka Takako, Nagata Misato, Kimura Tatsuo, Suzumura Tomohiro, Kira Yukimi, Yoshimoto Naoki, Nakai Toshiyuki, Matsuura Kuniomi, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   18   149 - 149   2013年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A MULTICENTER PROSPECTIVE STUDY OF CARBOPLATIN AND PACLITAXEL FOR ADVANCED THYMIC CARCINOMA : WEST JAPAN ONCOLOGY GROUP 4207L 査読

    Kogure Yoshihito, Hirai Fumihiko, Yamanaka Takeharu, Taguchi Kenichi, Takeda Koji, Daga Haruko, Kimura Tatsuo, Shimizu Junichi, Tanaka Kaoru, Iwamoto Yasuo, Ono Akira, Sasaki Hidefumi, Fukuoka Junya, Nishiyama Kenichi, Seto Takashi, Ichinose Yukito, Nakagawa Kazuhiko, Nakanishi Yoichi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   22 - 22   2013年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A MULTICENTER PROSPECTIVE STUDY OF CARBOPLATIN AND PACLITAXEL FOR ADVANCED THYMIC CARCINOMA : WEST JAPAN ONCOLOGY GROUP 4207L 査読

    Kogure Yoshihito, Hirai Fumihiko, Yamanaka Takeharu, Taguchi Kenichi, Takeda Koji, Daga Haruko, Kimura Tatsuo, Shimizu Junichi, Tanaka Kaoru, Iwamoto Yasuo, Ono Akira, Sasaki Hidefumi, Fukuoka Junya, Nishiyama Kenichi, Seto Takashi, Ichinose Yukito, Nakagawa Kazuhiko, Nakanishi Yoichi

    J Thorac Oncol   8   22 - 22   2013年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Skeletal-related events in advanced lung adenocarcinoma patients evaluated EGFR mutations. 査読

    Nagata M, Kudoh S, Mitsuoka S, Suzumura T, Umekawa K, Tanaka H, Matsuura K, Kimura T, Yoshimura N, Hirata K

    Osaka City Medical Journal   59 ( 1 )   45 - 52   2013年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Reaction of plasma adiponectin level in non-small cell lung cancer patients treated with EGFR-TKIs. 査読

    Umekawa K, Kimura T, Kudoh S, Suzumura T, Nagata M, Mitsuoka S, Matsuura K, Oka T, Yoshimura N, Kira Y, Hirata K

    Osaka city medical journal   59 ( 1 )   53 - 60   2013年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • EGFR-TKIs療法を受けた非小細胞肺がん患者における血漿アディポネクチン濃度の応答(Reaction of Plasma Adiponectin Level in Non-small Cell Lung Cancer Patients Treated with EGFR-TKIs) 査読

    Umekawa Kanako, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Suzumura Tomohiro, Nagata Misato, Mitsuoka Shigeki, Matsuura Kuniomi, Oka Takako, Yoshimura Naruo, Kira Yukimi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   59 ( 1 )   53 - 60   2013年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Reaction of Plasma Adiponectin Level in Non-small Cell Lung Cancer Patients Treated with EGFR-TKIs) 査読

    Umekawa Kanako, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Suzumura Tomohiro, Nagata Misato, Mitsuoka Shigeki, Matsuura Kuniomi, Oka Takako, Yoshimura Naruo, Kira Yukimi, Hirata Kazuto

    Osaka City Medical Journal   59 ( 1 )   53 - 60   2013年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上皮増殖因子受容体変異陽性の進行性肺腺がん患者における骨格に関連した有害事象(Skeletal-related Events in Advanced Lung Adenocarcinoma Patients Evaluated EGFR Mutations)

    Nagata Misato, Kudoh Shinzoh, Mitsuoka Shigeki, Suzumura Tomohiro, Umekawa Kanako, Tanaka Hidenori, Matsuura Kuniomi, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Hirata Kazuto

    Osaka City Medical Journal   59 ( 1 )   45 - 52   2013年06月( ISSN:0030-6096

  • Plasma RANTES, IL-10, and IL-8 levels in non-small-cell lung cancer patients treated with EGFR-TKIs. 査読

    Umekawa K, Kimura T, Kudoh S, Suzumura T, Oka T, Nagata M, Mitsuoka S, Matsuura K, Nakai T, Yoshimura N, Kira Y, Hirata K

    BMC research notes   6   139   2013年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-0500-6-139

    PubMed

  • Dose Escalation and Feasibility Study of Amrubicin Combined With Cisplatin in Previously Untreated Patients With Advanced Non-Small Cell Lung Cancer 査読

    Yoshimura Naruo, Kimura Tatsuo, Mitsuoka Shigeki, Kyoh Shigenori, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Ichimaru Yukikazu, Hirata Kazuto, Kudoh Shinzoh

    AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY-CANCER CLINICAL TRIALS   36 ( 2 )   105 - 109   2013年04月( ISSN:0277-3732

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/COC.0b013e31823fe617

    PubMed

  • Prospective Assessment of Continuation of Erlotinib or Gefitinib in Patients with Acquired Resistance to Erlotinib or Gefitinib Followed by the Addition of Pemetrexed 査読

    Yoshimura Naruo, Okishio Kyoichi, Mitsuoka Shigeki, Kimura Tatsuo, Kawaguchi Tomoya, Kobayashi Masaji, Hirashima Tomonori, Daga Haruko, Takeda Koji, Hirata Kazuto, Kudoh Shinzoh

    J Thorac Oncol   8 ( 1 )   96 - 101   2013年01月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/JTO.0b013e3182762bfb

    PubMed

  • General information to obtain spherical particles with ordered mesoporous structures. 査読

    Kimura T, Yamauchi Y

    Chemistry, an Asian journal   8 ( 1 )   160 - 7   2013年01月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201200649

    PubMed

  • C609T Polymorphism of NADPH Quinone Oxidoreductase 1 Correlates Clinical Hematological Toxicities in Lung Cancer Patients Treated with Amrubicin. 査読

    Nagata M, Kimura T, Suzumura T, Kira Y, Nakai T, Umekawa K, Tanaka H, Matsuura K, Mitsuoka S, Yoshimura N, Oka T, Kudoh S, Hirata K

    Clinical Medicine Insights. Oncology   7   31 - 9   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/CMO.S10839

    PubMed

  • Reduced CYP2D6 function is associated with gefitinib-induced rash in patients with non-small cell lung cancer 査読

    Suzumura Tomohiro, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Umekawa Kanako, Nagata Misato, Matsuura Kuniomi, Tanaka Hidenori, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Kira Yukimi, Nakai Toshiyuki, Hirata Kazuto

    BMC CANCER   12   568   2012年12月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2407-12-568

    PubMed

  • 葉書アンケートによるインフルエンザ治療実態調査 査読

    栩野 吉弘, 藤岡 雅司, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 新宅 治夫, 平田 一人

    日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy   60 ( 5 )   541 - 548   2012年09月( ISSN:13407007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • CORRELATION OF C609T POLYMORPHISM OF NADPH QUINONE OXIDOREDUCTASE 1 AND HEMATOLOGICAL TOXICITIES IN LUNG CANCER PATIENTS TREATED WITH AMRUBICIN 査読

    Nagata M., Kimura T., Suzumura T., Kudoh S., Umekawa K., Kira Y., Matsuura K., Nakai T., Mitsuoka S., Hirata K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   92 - 92   2012年09月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 葉書アンケートによるインフルエンザ治療実態調査 査読

    栩野 吉弘, 藤岡 雅司, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 新宅 治夫, 平田 一人

    (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌   60 ( 5 )   541 - 548   2012年09月( ISSN:1340-7007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景:2009年に新型インフルエンザ(A/H1N1)が流行し、2010年には抗インフルエンザ薬のlaninamivirとperamivirが使用可能となった。目的:葉書アンケートによりインフルエンザ治療の実態を調査すること。方法:2010年12月から2011年4月に迅速診断によりインフルエンザと診断された患者に、診断医が直接アンケート葉書を渡した。内容は患者背景(年齢・性別・合併疾患)、使用薬剤、ワクチン接種歴、症状とその経過、薬剤の副作用とした。結果:回収率は25.8%(249/963)で、合併疾患は気管支喘息が最も多かった。ワクチン接種により発熱の程度や有熱期間に変化はなかった。症状はA型で関節痛、B型で倦怠感・頭痛が多かった。使用薬剤はA型10歳以上ではoseltamivir(34%)、zanamivir(31%)、laninamivir(33%)が同程度で、9歳以下では圧倒的にoseltamivir(77%)が多かった。一方、B型は吸入薬が多かった。各薬剤間で解熱までの日数に有意差はなかったが、A型ではlaninamivirが早期に解熱する傾向があり、副作用も少ない傾向があった。結語:laninamivirは効果と副作用が他剤と同等以上であり、単回吸入で完結する簡便さからインフルエンザ治療の中心になりうる薬剤と考えられた。また、今後のインフルエンザ治療では各薬剤の特性(投与経路や耐性など)を生かした薬剤選択を考慮すべきである。(著者抄録)

  • INCREASE OF PLASMA ADIPONECTIN LEVELS AND DECREASE OF PRO-INFLAMMATORY CYTOKINES IN NON-SMALL CELL LUNG CANCER PATIENTS TREATED WITH EGFR-TKIS 査読

    Umekawa K., Kimura T., Suzumura T., Kudoh S., Nakai T., Nagata M., Matsuura K., Mitsuoka S., Yoshimura N., Hirata K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   79 - 80   2012年09月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • GEFITINIB (G) AND PEMETREXED (PEM) AS A FIRST LINE TREATMENT IN PATIENTS WITH EGFR MUTANT ADVANCED NON-SMALL CELL LUNG CANCER (NSCLC): A PHASE II STUDY 査読

    Yoshimura N., Matsuura K., Mitsuoka S., Asai K., Tochino Y., Kimura T., Nakai M., Mitsukawa Y., Hirata K., Kudoh S.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   412 - 413   2012年09月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • REDUCED CYP2D6 FUNCTION POTENTIATES THE GEFITINIB-INDUCED RASH IN PATIENTS WITH NON-SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Suzumura T., Kimura T., Kudoh S., Umekawa K., Nagata M., Kira Y., Nakai T., Matsuura K., Yoshimura N., Hirata K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   79 - 79   2012年09月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • INCREASE OF PLASMA ADIPONECTIN LEVELS AND DECREASE OF PRO-INFLAMMATORY CYTOKINES IN NON-SMALL CELL LUNG CANCER PATIENTS TREATED WITH EGFR-TKIS 査読

    Umekawa K., Kimura T., Suzumura T., Kudoh S., Nakai T., Nagata M., Matsuura K., Mitsuoka S., Yoshimura N., Hirata K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   79 - 80   2012年09月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • GEFITINIB (G) AND PEMETREXED (PEM) AS A FIRST LINE TREATMENT IN PATIENTS WITH EGFR MUTANT ADVANCED NON-SMALL CELL LUNG CANCER (NSCLC): A PHASE II STUDY 査読

    Yoshimura N., Matsuura K., Mitsuoka S., Asai K., Tochino Y., Kimura T., Nakai M., Mitsukawa Y., Hirata K., Kudoh S.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   412 - 413   2012年09月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of Adverse Events of Erlotinib with those of Gefitinib in Patients with Non-small Cell Lung Cancer: A Case-control Study in a Japanese Population 査読

    Suzumura Tomohiro, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Umekawa Kanako, Nagata Misato, Tanaka Hidenori, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Kira Yukimi, Hirata Kazuto

    Osaka City Medical Journal   58 ( 1 )   25 - 34   2012年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    エルロチニブ(E)とゲフィチニブ(G)の代謝プロフィールは異なり、チトクロームP450(CYP)2D6はGの代謝には関与するが、Eの代謝には関与しない。両剤の代謝の違いにより、異なる有害作用が生じると考え、非小細胞肺癌の日本人患者集団において有害作用の頻度を比較した。112名がG療法、74名がE療法、17名がE後にG療法を受けた。CYP2D6表現型を、機能的代謝レベルと、代謝レベル低下の2群に分けた。Eに対するGの発疹のオッズ比(OR)は0.38、下痢のORは0.46、肝機能障害のORは3.30であった。CYP2D6の機能低下はGおよびEの両群で有害作用のリスク増大と関係しなかった。EはGよりも発疹および下痢の発症率が高く、肝機能障害はG群で多く発症した。

  • 非小細胞肺癌患者におけるエルロチニブとゲフィチニブの有害作用の比較 日本人集団における症例対照研究(Comparison of Adverse Events of Erlotinib with those of Gefitinib in Patients with Non-small Cell Lung Cancer: A Case-control Study in a Japanese Population) 査読

    Suzumura Tomohiro, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Umekawa Kanako, Nagata Misato, Tanaka Hidenori, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Kira Yukimi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   58 ( 1 )   25 - 34   2012年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    エルロチニブ(E)とゲフィチニブ(G)の代謝プロフィールは異なり、チトクロームP450(CYP)2D6はGの代謝には関与するが、Eの代謝には関与しない。両剤の代謝の違いにより、異なる有害作用が生じると考え、非小細胞肺癌の日本人患者集団において有害作用の頻度を比較した。112名がG療法、74名がE療法、17名がE後にG療法を受けた。CYP2D6表現型を、機能的代謝レベルと、代謝レベル低下の2群に分けた。Eに対するGの発疹のオッズ比(OR)は0.38、下痢のORは0.46、肝機能障害のORは3.30であった。CYP2D6の機能低下はGおよびEの両群で有害作用のリスク増大と関係しなかった。EはGよりも発疹および下痢の発症率が高く、肝機能障害はG群で多く発症した。

  • Comparison of Adverse Events of Erlotinib with those of Gefitinib in Patients with Non-small Cell Lung Cancer : A Case-control Study in Japansese Population 査読

    Suzumura Tomohiro, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Umekawa Kanako, Nagata Misato, Tanaka Hidenori, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Kira Yukimi, Hirata Kazuto

    大阪市立大学 Osaka City Medical journal   58 ( 1 )   25 - 34   2012年06月( ISSN:00306096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [Carcinomatous meningitis in a post-operative patient with lung adenocarcinoma for which erlotinib was effective - a case report]. 査読

    Manabe M, Mitsuoka S, Umekawa K, Tanaka H, Kimura T, Yoshimura N, Takeda A, Kudoh S, Hirata K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 4 )   633 - 5   2012年04月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 癌性髄膜炎に対してエルロチニブが有効であった肺腺癌術後再発症例 査読

    間部 賢寛, 光岡 茂樹, 梅川 加奈子, 田中 秀典, 木村 達郎, 吉村 成央, 武田 景敏, 工藤 新三, 平田 一人

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   39 ( 4 )   633 - 635   2012年04月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は53歳、女性。肺腺癌に対して手術および化学療法を施行された後、経過観察されていた。術後約1年5ヵ月経過後、意識障害および幻覚を主訴に入院となった。CTおよびMRIにて癌性髄膜炎・多発肺転移と診断し、エルロチニブでの治療を開始した。症状は速やかに消失し、治療開始後7ヵ月を経過した現在も再発なく経過している。(著者抄録)

  • 14.2度の気管支動脈塞栓術(BAE)を行い,気管支鏡と造影CTにて約4年半経過を追えた気管支動脈肺動脈シャントの1例(第91回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会)

    光岡 茂樹, 吉井 直子, 中井 俊之, 井尻 尚樹, 今橋 由美子, 玉垣 学也, 永田 光里, 梅川 加奈子, 今 由香里, 香川 直美, 山本 典雄, 松浦 邦臣, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   34 ( 5 )   529 - 530   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.5_529_4

    CiNii Article

  • Hepatocyte Growth Factor Expression in EGFR Mutant Lung Cancer with Intrinsic and Acquired Resistance to Tyrosine Kinase Inhibitors in a Japanese Cohort 査読

    Yano Seiji, Yamada Tadaaki, Takeuchi Shinji, Tachibana Keisei, Minami Yuko, Yatabe Yasushi, Mitsudomi Tetsuya, Tanaka Hidenori, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Nokihara Hiroshi, Ohe Yuichiro, Yokota Jun, Uramoto Hidetaka, Yasumoto Kosei, Kiura Katsuyuki, Higashiyama Masahiko, Oda Makoto, Saito Haruhiro, Yoshida Junji, Kondoh Kazuya, Noguchi Masayuki

    J Thorac Oncol   6 ( 12 )   2011 - 2017   2011年12月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/JTO.0b013e31823ab0dd

    PubMed

  • 過去の化学療法感受性別に見た、進展型小細胞肺癌のamrubicin療法後の臨床転帰(Clinical Outcome of Amrubicin Therapy According to the Prior Chemotherapy Sensitivities of Extensive Small Cell Lung Cancer) 査読

    Mitsuoka Shigeki, Kudoh Shinzoh, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Tanaka Hidenori, Suzumura Tomohiro, Umekawa Kanako, Nagata Misato, Ueda Takako, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   57 ( 2 )   59 - 66   2011年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    治療抵抗性再発性小細胞肺癌(SCLC)におけるセカンドライン化学療法としてのamrubicin(AMR)の有効性と安全性について後向き解析により検討した。2003年7月から2009年2月に27症例に対し、用量40mg/m2/日のAMRを3週間ごとのday 1-3に投与した。安全性は全例を評価対象とした。有効性を評価した26例(1例は反応を評価できず)のうち、化学療法感受性再発が12例、化学療法抵抗性再発が14例であった。化学療法感受性再発の12例中6例と化学療法抵抗性再発の14例中7例、13例が部分奏効に達した。化学療法感受性再発例および抵抗性再発例の生存期間中央値はそれぞれ9.7ヵ月と8.4ヵ月であり、有意差が認められた。有害事象は全27例で見られた。グレード3および4の好中球減少症がそれぞれ8例と15例に見られた。グレード3および4の血小板減少症はそれぞれ10例と2例で発現した。非血液学的毒性は、発熱性好中球減少症を除き、おおむね軽度であった。発熱性好中球減少症は6例に見られた。治療関連死はなかった

  • Clinical Outcome of Amrubicin Therapy According to the Prior Chemotherapy Sensitivities of Extensive Small Cell Lung Cancer 査読

    Mitsuoka Shigeki, Kudoh Shinzoh, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Tanaka Hidenori, Suzumura Tomohiro, Umekawa Kanako, Nagata Misato, Ueda Takako, Hirata Kazuto

    Osaka City Medical Journal   57 ( 2 )   59 - 66   2011年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    治療抵抗性再発性小細胞肺癌(SCLC)におけるセカンドライン化学療法としてのamrubicin(AMR)の有効性と安全性について後向き解析により検討した。2003年7月から2009年2月に27症例に対し、用量40mg/m2/日のAMRを3週間ごとのday 1-3に投与した。安全性は全例を評価対象とした。有効性を評価した26例(1例は反応を評価できず)のうち、化学療法感受性再発が12例、化学療法抵抗性再発が14例であった。化学療法感受性再発の12例中6例と化学療法抵抗性再発の14例中7例、13例が部分奏効に達した。化学療法感受性再発例および抵抗性再発例の生存期間中央値はそれぞれ9.7ヵ月と8.4ヵ月であり、有意差が認められた。有害事象は全27例で見られた。グレード3および4の好中球減少症がそれぞれ8例と15例に見られた。グレード3および4の血小板減少症はそれぞれ10例と2例で発現した。非血液学的毒性は、発熱性好中球減少症を除き、おおむね軽度であった。発熱性好中球減少症は6例に見られた。治療関連死はなかった。AMRは再発SCLC、特に化学療法抵抗性再発SCLCの治療に有効で、その毒性は予測可能かつ対処可能であった。

  • Reaction of plasma hepatocyte growth factor levels in non-small cell lung cancer patients treated with EGFR-TKIs 査読

    Tanaka Hidenori, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Mitsuoka Shigeki, Watanabe Tetsuya, Suzumura Tomohiro, Tachibana Keisei, Noguchi Masayuki, Yano Seiji, Hirata Kazuto

    Int J Cancer   129 ( 6 )   1410 - 1416   2011年09月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.25799

    PubMed

  • A Phase I/II Study of Amrubicin and Irinotecan in Patients With Extensive Disease Small Cell Lung Cancer WJTOG0302 査読

    Kimura T., Harada T., Shimokawa M., Takayama K., Kudoh S., Sato S., Saeki S., Miyawaki H., Moriyama A., Nakagawa K.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   47   S624 - S624   2011年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prospective Assesment of Combined Pemetrexed and Erlotinib or Gefitinib Therapy After the Relapse to Erlotinib or Gefitinib in Patients With Advanced Non-Small Cell Lung Cancer Having an Active Epidermal Growth Factor Receptor Mutation 査読

    Okishio K., Yoshimura N., Kimura T., Daga H., Takeda K., Kawaguchi T., Kobayashi M., Hirashima T., Hirata K., Kudoh S.

    EUROPEAN JOURNAL OF CANCER   47   S628 - S629   2011年09月( ISSN:0959-8049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dose-escalation study of chemoradiotherapy of three-dimensional conformal radiotherapy (3D-CRT) with accelerated hyperfractionation (AHF) and concurrent chemotherapy (cisplatin and vinorelbine) for unresectable stage III non-small cell lung cancer (NSCLC) 査読

    Yoshimura N., Kudoh S., Tanaka H., Sizumira N., Kimura T., Mitsuoka S., Tada T., Hosono M. H., Hirata K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   29 ( 15 )   2011年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Review of the management of relapsed small-cell lung cancer with amrubicin hydrochloride. 査読

    Kimura T, Kudoh S, Hirata K

    Clinical Medicine Insights. Oncology   5   23 - 34   2011年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/CMO.S5072

    PubMed

  • P16-3 気管支鏡検査にて肺野に炎症性変化を認めた胸壁発生扁平上皮癌の一例(胸膜/胸壁/縦隔,ポスター16,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    木村 達郎, 工藤 新三, 栩野 吉弘, 児玉 豊城, 松村 佐恵子, 光岡 茂樹, 吉村 成央, 浅井 一久, 一丸 之寿, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 白土 直子, 小林 大起, 玉垣 学也, 武田 倫子, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   33 ( 0 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.Special_S261_3

    CiNii Article

  • Soft Tissue Squamous Cell Carcinoma in Chest Wall with an Incomplete Border Sign 査読

    Tatsuo Kimura, Shinzoh Kudoh, Yoshihiro Tochino, Toyoki Kodama, Saeko Matsumura, Kazuto Hirata

    J Med Cases   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 外国文献紹介

    木村 達郎

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   33 ( 5 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.5_404

    CiNii Article

  • REACTION OF PLASMA HEPATOCYTE GROWTH FACTOR BY ADMINISTRATION EGFR-TKIS IN LUNG CANCER PATIENTS 査読

    Tanaka H., Kimura T., Suzumura T., Umekawa K., Nagata M., Mitsuoka S., Kudoh S., Yano S., Hirata K.

    ANNALS OF ONCOLOGY   21   133 - 133   2010年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of adverse events of erlotinib with those of gefitinib in Japanese patients with NSCLC 査読

    Suzumura T., Kudoh S., Kimura T., Umekawa K., Tanaka H., Mitsuoka S., Yoshimura N., Hirata K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   28 ( 15 )   2010年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Feasibility study of adjuvant vinorelbine and cisplatin in Japanese patients with completely resected stage H-IHA non-small cell lung cancer 査読

    Yoshimura N., Kudoh S., Mitsuoka S., Kimura T., Hirata K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   28 ( 15 )   2010年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase II Trial of Amrubicin for Second-Line Treatment of Advanced Non-small Cell Lung Cancer Results of the West Japan Thoracic Oncology Group Trial (WJTOG0401) 査読

    Kaneda Hiroyasu, Okamoto Isamu, Hayashi Hidetoshi, Yoshioka Hiroshige, Miyazaki Masaki, Kudoh Shinzoh, Kimura Tatsuo, Sugiura Takamune, Sawa Toshiyuki, Takeda Koji, Iwamoto Yasuo, Satouchi Miyako, Akita Kenji, Saito Hiroshi, Goto Isao, Shibata Kazuhiko, Fukuoka Masahiro, Nakagawa Kazuhiko

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   5 ( 1 )   105 - 109   2010年01月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Plasma concentration of amrubicinol in plateau phase in patients treated for 3 days with amrubicin is correlated with hematological toxicities 査読

    Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Tanaka Hidenori, Asai Kazuhisa, Kyoh Shigenori, Tochino Yoshihiro, Umekawa Kanako, Hirata Kazuto

    ANTI-CANCER DRUGS   20 ( 6 )   513 - 518   2009年07月( ISSN:0959-4973

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CAD.0b013e32832b0585

    PubMed

  • Squamous Cell Carcinoma Presenting as a Solitary Growing Cyst in Lung: A Diagnostic Pitfall in Daily Clinical Practice 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Hanada Shoji, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto, Suehiro Shigefumi

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   15 ( 3 )   174 - 177   2009年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Squamous Cell Carcinoma Presenting as a Solitary Growing Cyst in Lung: A Diagnostic Pitfall in Daily Clinical Practice 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Hanada Shoji, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto, Suehiro Shigefumi

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   15 ( 3 )   174 - 177   2009年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Plasma concentration of amrubicinol in gamma phase in patients treated for 3 days with amrubicin and hematological toxicities 査読

    Kimura T., Kudoh S., Mitsuoka S., Tanaka H., Kyoh S., Suzumura T., Yoshimura N., Asai K., Tochino Y., Hirata K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   27 ( 15 )   2009年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase II Study of Docetaxel and Carboplatin in Elderly Patients with Advanced Non-small Cell Lung Cancer 査読

    Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Kimura Tatsuo, Mitsuoka Shigeki, Kyoh Shigenoir, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Kodama Toyoki, Ichimaru Yukikazu, Yana Takashi, Hirata Kazuto

    J Thorac Oncol   4 ( 3 )   371 - 375   2009年03月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Squamous cell carcinoma presenting as a solitary growing cyst in lung: a diagnostic pitfall in daily clinical practice 査読

    Iwata T., Nishiyama N., Nagano K., Izumi N., Tsukioka T., Hanada S., Kimura T., Kudoh S., Hirata K., Suehiro S.

    Ann Thorac Cardiovasc Surg   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 45.巨大ブラ切除にて発見されたCA19-9産生を示した肺腺癌の1例(第88回日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動) 査読

    児玉 豊城, 植田 隆子, 梅川 加奈子, 藤本 寛樹, 渡邉 徹也, 田中 秀典, 野村 奈穂, 湯峯 克也, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 宇治 正人, 姜 成勲, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   48 ( 6 )   2008年10月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-47 完全切除非小細胞肺癌に対する術後補助化嘗療法としてのシスプラチン+ビノレルビン併用療法の認容性試験(術後補助療法,第49回日本肺癌学会総会号) 査読

    吉村 成央, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 工藤 新三, 梁 尚志, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   48 ( 5 )   2008年10月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-149 高齢者肺癌患者の当院における治療の現状(疫学・発癌と危険因子,第49回日本肺癌学会総会号) 査読

    田中 秀典, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 工藤 新三, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   48 ( 5 )   2008年10月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • O-82 アムルビシン投与患者における臨床効果と薬物血中濃度との比較検討(抗癌剤感受性・副作用,第49回日本肺癌学会総会号) 査読

    木村 達郎, 工藤 新三, 光岡 茂樹, 田中 秀典, 吉村 成央, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   48 ( 5 )   2008年10月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Pharmacokinetic and pharmacodynamics (PK/PD) approach for myelosupressions of amrubicin (AMR) in patients with lung cancer 査読

    Kimura T., Kudoh S., Mitsuoka S., Yoshimura N., Hirata K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   26 ( 15 )   2008年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase I study of amrubicin and cisplatin in previously untreated patients with advanced non-small-cell lung cancer 査読

    Yoshimura N., Kudoh S., Kimura T., Mitsuoka S., Yana T., Hirata K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   26 ( 15 )   2008年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Monitoring of chemotherapy response in malignant pleural mesothelioma using fluorodeoxyglucose positron emission tomography. 査読

    Kimura T, Koyama K, Kudoh S, Kawabe J, Yoshimura N, Mitsuoka S, Shiomi S, Hirata K

    Internal Medicine   47 ( 23 )   2053 - 6   2008年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • P17-3 慢性咳嗽を契機に発見された気道異物の2例(異物,ポスター17,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    児玉 豊城, 植田 隆子, 白土 直子, 今橋 由美子, 梅田 喜亮, 野村 奈穂, 一丸 之寿, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 宇治 正人, 姜 成勲, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   30 ( 0 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.30.Special_S202_3

    CiNii Article

  • P-422 当院における非喫煙者女性腺癌の予後の検討(一般演題(ポスター)45 分子標的治療3,第48回日本肺癌学会総会) 査読

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 金澤 博, 鴨井 博, 木村 達郎, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   47 ( 5 )   2007年10月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 44.発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例(第86回日本肺癌学会関西支部会) 査読

    今橋 由美子, 工藤 新三, 金澤 博, 鴨井 博, 木村 達郎, 光岡 茂樹, 平田 一人, 岩田 隆, 泉 信博, 西山 典利

    日本肺癌学会 肺癌   47 ( 4 )   2007年08月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例を経験し,比較的まれと考えられたので報告する.1例目は59歳男性,発熱と白血球増多で発症し,平成18年9月25日に右肺上葉切除術を施行したところ,発熱や白血球増多は軽快した。12月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.2例目は52歳の男性,発熱と白血球増多で発症し,放射線と化学療法の同時併用療法を平成16年11月より行った.効果はSDであったが,発熱や白血球増多は軽快した.平成18年11月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.

    CiNii Article

  • Phase II study of docetaxel and carboplatin in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer: Final results 査読

    Yoshimura N., Kudoh S., Kimura T., Mitsuoka S., Yana T., Hirata K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 ( 18 )   2007年06月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2. 当院においてゲフィチニブが著効した症例の検討(第85回 日本肺癌学会関西支部会,支部活動) 査読

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 木村 達郎, 平田 一人, 松浦 邦臣

    日本肺癌学会 肺癌   47 ( 2 )   2007年04月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 8.歯科治療中に発症した,原因不明の呼吸困難の1例(第81回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会)

    一丸 之寿, 白土 直子, 今橋 由美子, 梅田 喜亮, 野村 奈穂, 児玉 豊城, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 姜 成勲, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   29 ( 5 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.29.5_319_3

    CiNii Article

  • O-71 未治療進行非小細胞肺癌に対する塩酸アムルビシンとシスプラチン併用療法の臨床第I/II相試験(肺癌化学療法, 第47回日本肺癌学会総会) 査読

    吉村 成央, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 梁 尚志, 工藤 新三, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   46 ( 5 )   2006年11月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • P-486 ヒト上皮成長因子受容体 (EGFR) の変異を有する非小細胞肺癌に対するゲフィチニブの第II相試験 (WJTOG 0403)(分子標的治療3, 第47回日本肺癌学会総会) 査読

    木村 達郎, 岡本 勇, 菓子井 達彦, 浦田 佳子, 田村 研治, 平島 智徳, 一瀬 幸人, 海老 規之, 佐藤 太郎, 福岡 正博

    日本肺癌学会 肺癌   46 ( 5 )   2006年11月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 10. 当院においてゲフィチニブを6ヶ月以上使用した症例の検討(第84回 日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動) 査読

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 姜 成勲, 木村 達郎, 平田 一人, 松浦 邦臣

    日本肺癌学会 肺癌   46 ( 4 )   2006年08月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Smoking history and prior surgical resection predict sensitivity to gefitinib in advanced non-small-cell lung cancer. 査読

    Matsuura K, Kudoh S, Yoshimura N, Kimura T, Mitsuoka S, Hirata K, Yoshikawa J, Iwao H

    Osaka city medical journal   52 ( 1 )   1 - 8   2006年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 13.当院でのプラチナを含む2剤併用術後補助化学療法の経験(第83回 日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動) 査読

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 平田 一人, 岩田 隆, 井上 清

    日本肺癌学会 肺癌   46 ( 2 )   2006年04月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 31.未治療進行非小細胞肺癌に対する塩酸アムルビシンとシスプラチン併用療法の臨床第I相試験(第83回 日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動) 査読

    吉村 成央, 光岡 茂樹, 姜 成勲, 木村 達郎, 工藤 新三, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   46 ( 2 )   2006年04月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • EKB-569, a new irreversible epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor, with clinical activity in patients with non-small cell lung cancer with acquired resistance to gefitinib 査読

    Yoshimura N, Kudoh S, Kimura T, Mitsuoka S, Matsuura K, Hirata K, Matsui K, Negoro S, Nakagawa K, Fukuoka M

    LUNG CANCER   51 ( 3 )   363 - 368   2006年03月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2005.10.006

    PubMed

  • Phase II study of combination of docetaxel and carboplatin in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer 査読

    Mitsuoka Shigeki, Kudoh Shinzoh, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Hirata Kazuto

    ANNALS OF ONCOLOGY   17   227 - 227   2006年( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢者進行非小細胞肺癌に対するドセタキセルとカルボプラチンの併用第II相試験(18 高齢者肺癌, 第46回 日本肺癌学会総会) 査読

    吉村 成央, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 一丸 之寿, 姜 成勲, 工藤 新三, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   45 ( 5 )   2005年11月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 当院でのプラチナを含む2剤併用術後補助化学療法の経験(10 補助療法と脳転移治療, 第46回 日本肺癌学会総会) 査読

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 平田 一人, 岩田 隆, 井上 清俊

    日本肺癌学会 肺癌   45 ( 5 )   2005年11月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 3. 未治療高齢者進行非小細胞肺癌に対するドセタキセル(D)とカルボプラチン(C)の併用第II相試験(第82回 日本肺癌学会関西支部会, 支部活動) 査読

    吉村 成央, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 工藤 新三, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   45 ( 6 )   764 - 765   2005年10月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 59. 胸腔内滑膜肉腫の1例(第82回 日本肺癌学会関西支部会, 支部活動) 査読

    光岡 茂樹, 遠山 佳樹, 木村 達郎, 吉村 成央, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人, 家口 尚

    日本肺癌学会 肺癌   45 ( 6 )   2005年10月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Monitoring of chemotherapy response in multiple disseminated malignant pleural mesothelioma using fluorodeoxyglucose positron emission tomography. 査読

    Kimura T, Kudoh S, Yoshimura N, Mitsuoka S, Matsuura K, Koyama K, Kawabe J, Okamura M, Hirata K, Shiomi S, Yoshikawa J

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   23 ( 16 )   664S - 664S   2005年06月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 13. 超高齢進展型小細胞肺癌にAMR単剤による治療が奏功した1例(第81回日本肺癌学会関西支部会, 支部活動) 査読

    松浦 邦臣, 工藤 新三, 江口 陽介, 野村 奈穂, 立石 善隆, 野村 佐恵子, 遠山 佳樹, 児玉 豊城, 一丸 之寿, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 金沢 博, 平田 一人, 吉川 純一

    日本肺癌学会 肺癌   45 ( 1 )   2005年02月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 8.肺癌術後左主気管支内転移に対し腔内,外照射および気管支鏡下高周波スネア,ステント留置を施行した1例(第76回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会)

    児玉 豊城, 野村 奈穂, 江口 陽介, 遠山 佳樹, 松浦 邦臣, 野村 佐恵子, 一丸 之寿, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 光岡 茂樹, 姜 成勳, 木村 達郎, 吉村 成央, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   27 ( 1 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.27.1_84_3

    CiNii Article

  • The association of adenocarcinoma and hemosputum in pulmonary malignancies 査読

    Yamauchi S, Kudoh S, Kimura T, Yoshimura N, Mukohara T, Hirata K, Yoshikawa J

    RESPIRATION   72 ( 5 )   499 - 503   2005年( ISSN:0025-7931

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000087674

    PubMed

  • Mutant DNA in Plasma of Lung Cancer Patients: Potential for Monitoring Response to Therapy.

    -

    Annals of the New York Academy of Sciences   1022   55 - 60   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oblique approach of computed tomography guided needle biopsy using multiplanar reconstruction image by multidetector-row CT in lung cancer.

    -

    Eur Journal of Radiol   52 ( 2 )   206 - 211   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Activated Akt expression has significant correlation with EGFR and TGF-alpha expressions in stage I NSCLC

    Mukohara T, Kudoh S, Matsuura K, Yamauchi S, Kimura T, Yoshimura N, Kanazawa H, Hirata K, Inoue K, Wanibuchi H, Fukushima S, Yoshikawa J

    Anticancer Res   24 ( 1 )   11 - 7   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of epidermal growth factor receptor (EGFR) and downstream-activated peptides in surgically excised non-small cell lung cancer (NSCLC)

    Toru Mukohara, Shinzoh Kudoh, Setsuko Yamauchi, Tatsuo Kimura, Naruo Yoshimura, Hiroshi Kanazawa, Kazuto Hirata, Hideki Wanibuchi, Shoji Fukushima, Kiyotoshi Inoue, Junichi Yoshikawa

    Lung Cancer   41 ( 2 )   123 - 130   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Additive Effects of Amurubicin with Cisplatin on Human Lung Cancer Cell Lines

    Yamauchi S, Kudoh S, Kimura T, Hirata K, Yoshikawa J

    Osaka City Med J   48 ( 1 )   69 - 76   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic factors in elderly patients with unresectable non-small cell lung cancer.

    Kimura T, Kudoh S, Hirata K, Takifuji N, Negoro S, Yoshikawa J

    Anticancer Res   21 ( 2B )   1379 - 1383   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • In Vitro Schedule Dependency in the Treatment of Topoisomerase I and II.

    Kimura T

    Osaka City Med. J   47 ( 1 )   33 - 41   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Churg-Strauss syndrome diagnosed and followed with gastrointestinal fiberscopic studies and electroneuromyography

    Tatsuo KIMURA, Yusuke NAKAOKA, Ken YOSHIDA, Tosihiko SUNAMI, Yoshio MURAHASHI, Hiroshi HISATSUNE, Nagato KURIYAMA, Susumu SEKIKAWA, Naotsugu KURIHARA

    Internal Medicine   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Monitoring of Chemotherapy Response in Malignant Pleural Mesothelioma

    Tatsuo Kimura, Shinzoh Kudoh and Kazuto Hirata ( 担当: 共著)

    InTech Europe   2012年02月 

     詳細を見る

    総ページ数:336   担当ページ:16   著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

▼全件表示

担当教育概要

  • 肺癌診療におけるがん化学療法の実際
    肺がん患者検体を用いた副作用発現のメカニズムの研究
    胸膜疾患について
    人間ドックにおける肺がん検診

担当授業科目

  • 呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2023年度     大学

  • 呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2022年度     大学

  • 呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2021年度     大学

  •  呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2020年度     大学

  •  呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2019年度     大学

  •  呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2018年度     大学

  •  呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2017年度     大学

  •  呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2016年度     大学

  •  呼吸器病学 「胸膜疾患」

    2015年度     大学

  • PBLチュートリアル 呼吸器内科

    2013年度     大学

  • PBLチュートリアル 呼吸器内科

    2012年度     大学

  • PBLチュートリアル 呼吸器内科

    2011年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 中毒学

    機関名:大阪府立大学大学院看護学類・看護学研究科

  • 循環器内科

    機関名:大阪府立大学大学院看護学類・看護学研究科

  • 血液内科

    機関名:大阪府立大学大学院看護学類・看護学研究科

  • 中毒学

    機関名:大阪府立大学大学院看護学類・看護学研究科

FD活動

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    人間ドック健診専門医として職場の運営に携わる

  • FD活動への貢献  2019年度

     詳細を見る

    人間ドック健診専門医試験 合格

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    がん治療認定医 更新試験合格

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    肺がんCT検診認定医維持のため、講習会受講

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:呼吸器内科研究医に対し、研究の指導、外来診療の指導を行った。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:呼吸器内科研究医に対し、研究の指導、外来診療の指導を行った。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:呼吸器内科研究医に対し、研究の指導、外来診療の指導を行った。

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:呼吸器内科研究医に対し、研究の指導、外来診療の指導を行った。

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:呼吸器内科研究医に対し、研究の指導、外来診療の指導を行った。

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:呼吸器内科研究医に対し、研究の指導、外来診療の指導を行った。

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:呼吸器内科ローテートの学生に対し、外来診療の指導を行った。

▼全件表示

社会貢献活動

  • 第46回 ハルカス大学 MedCity21 医学講座

    役割:講師

    2024年03月

  • 第1回 ビッグデータを用いたがん予防医療国際シンポジウム

    役割:講師

    次世代のがんプロフェッショナル養成プラン  あべのハルカス25階  2024年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 市民団体

    種別:講演会

    健診における内科診察(頸部・胸部)の心得

  • 第45回 ハルカス大学 MedCity21 医学講座

    役割:講師

    2024年02月 - 2024年03月

     詳細を見る

    種別:インターネット

  • 第34回 ハルカス大学 MedCity21 医学講座

    役割:講師

    あべのハルカス25階  2022年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 市民団体

    種別:インターネット

    健診における内科診察(頸部・胸部)の心得

  • 第23回 ハルカス大学 MedCity21 医学講座

    役割:講師

    ハルカス大学プロジェクト  あべのハルカス25階  2018年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 市民団体

    種別:講演会

    「肺がん・検診の重要性について」とのタイトルにて1時間の講義

  • 第9回 ハルカス大学 MedCity21 医学講座

    役割:講師

    2015年11月

  • 第4回 ハルカス大学 MedCity21 医学講座

    役割:講師

    2015年01月

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 肺癌の治療 -抗がん剤の特性についてー

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:社会人・一般

    肺癌に使われる抗がん剤について概論する
    抗がん剤治療について深く理解していただく

国際交流活動

  • 第1回 ビッグデータを用いたがん予防医療国際シンポジウム
    第4期次世代のがんプロフェッショナル養成プラン  「阪神5大学サステナブルがん人材養成プラン」

    2024年03月

役職

  • 全学管理職

    大学院医学研究科 

    外来運営委員  2017年04月 - 継続中