2023/06/16 更新

写真a

フクオカ タツナリ
福岡 達成
FUKUOKA Tatsunari
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器外科学

研究キーワード

  • 大腸癌 炎症性腸疾患

研究概要

  • 大腸癌治療における治療は根治を目指す手術と再発に対する抗癌剤治療である。大腸癌手術において直腸癌手術は手術の困難性や多臓器との関係上合併症の多い手術である。合併症の発生は術後のADLの低下や術後補助化学療法の開始の遅延を招き、また予後が不良であるとされる。合併症のない直腸癌手術のために血流評価、減圧、耐圧増強を行う新規の治療方法を開発、研究を行っている。抗がん剤治療においては近年BRAF遺伝子、RAS遺伝子、MSI-Hなど多くの変異について検討され,今後さらに個別化治療は進歩、発展を続けていくと思われる。しかしながら,これらの発展した個別化治療でも対応できない癌も依然と多いのが現状であり,更なる分子標的治療薬の新規開発は必要不可欠である。近年は癌細胞自身のみではなく、その癌微小環境が癌に及ぼす影響が重要であることが明らかになってきており、その微小環境をもターゲットにした治療薬の開発は不可欠である。以前より大腸癌においてPG合成阻害剤であるアスピリンなどの非ステロイド性抗炎症剤の内服により罹患リスクが低下するとの報告があり、プロスタグランジン(PG)は、以前より腫瘍細胞の増殖に影響を及ぼすことが知られており、現在はPGの大腸癌微小環境に及ぼす影響について検討を行っている。

研究歴

  • プロスタグランジンD合成酵素における胃癌細胞増殖抑制効果

    プロスタグランジンD合成酵素 胃癌  個人研究

    2010年04月 - 2013年03月 

所属学協会

  • バイオセラピー学会

      国内

  • 日本胃癌学会

      国内

  • 日本大腸肛門病学会

      国内

  • 日本消化器病学会

      国内

  • 日本内視鏡外科学会

      国内

  • 日本癌学会

      国内

  • 日本癌治療学会

      国内

  • 日本消化器外科学会

      国内

  • 日本外科学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   日本ストーマリハビリテーション学会  

    2023年01月 - 継続中 

受賞歴

  • 大阪市医学会 会長賞

    2016年03月  

  • 大阪市立大学 医学部長賞

    2015年03月  

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   腫瘍外科学   博士課程   卒業・修了

    2010年04月 - 2013年03月

  • 大阪市立大学   医学部   医学研究科     卒業・修了

    1999年04月 - 2004年03月

論文

  • A hyperaldosteronism subtypes predictive model using ensemble learning

    Karashima S.

    Scientific Reports   13 ( 1 )   2023年12月

     詳細を見る

  • Efficacy of the polyglycolic acid sheet for preventing anastomotic leakage in double-stapling technique anastomosis for left-sided colon or rectal cancer surgery: a propensity score-matched study.

    Shibutani M, Fukuoka T, Iseki Y, Kasashima H, Maeda K

    BMC surgery   23 ( 1 )   135   2023年05月

     詳細を見る

  • Significance of the Prognostic Immune and Nutritional Index in Patients With Stage I-III Colorectal Cancer.

    Shibutani M, Kashiwagi S, Fukuoka T, Iseki Y, Kasashima H, Maeda K

    Cancer diagnosis & prognosis   3 ( 3 )   354 - 359   2023年05月

     詳細を見る

  • 連載 Medical Scope クローン病治療における内科と外科の連携

    福岡 達成, 北山 紀州, 笠島 裕明, 青松 直撥, 渋谷 雅常, 前田 清

    Pharma Medica   40 ( 1 )   46 - 49   2023年04月( ISSN:02895803

     詳細を見る

  • The Surgical Apgar Score Predicts Postoperative Complications in Elderly Patients After Surgery for Colorectal Cancer.

    Sugimoto A, Fukuoka T, Nagahara H, Shibutani M, Iseki Y, Wang E, Okazaki Y, Tachimori A, Maeda K, Ohira M

    The American surgeon   89 ( 4 )   734 - 742   2023年04月( ISSN:0003-1348

     詳細を見る

  • Prognostic significance of the Naples prognostic score in colorectal cancer patients undergoing curative resection: a propensity score matching analysis.

    Sugimoto A, Fukuoka T, Shibutani M, Kasashima H, Kitayama K, Ohira M, Maeda K

    BMC gastroenterology   23 ( 1 )   88   2023年03月

     詳細を見る

  • Predictive value of the Naples prognostic score on postoperative outcomes in patients with rectal cancer.

    Sugimoto A, Fukuoka T, Nagahara H, Shibutani M, Iseki Y, Kasashima H, Sasaki M, Ohira M, Maeda K

    Langenbeck's archives of surgery   408 ( 1 )   113   2023年03月( ISSN:1435-2443

     詳細を見る

  • Prognostic Role of Preoperative D-dimer Levels in Patients With Stage I-III Colorectal Cancer.

    Shibutani M, Kashiwagi S, Fukuoka T, Iseki Y, Kasashima H, Kitayama K, Maeda K

    Cancer diagnosis & prognosis   3 ( 1 )   38 - 43   2023年01月

     詳細を見る

  • The Significance of the D-Dimer Level as a Prognostic Marker for Survival and Treatment Outcomes in Patients With Stage IV Colorectal Cancer.

    Shibutani M, Kashiwagi S, Fukuoka T, Iseki Y, Kasashima H, Maeda K

    In vivo (Athens, Greece)   37 ( 1 )   440 - 444   2023年01月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

  • Usefulness of the skeletal muscle index in postoperative ileus of colorectal cancer patients: a retrospective cohort study.

    Sasaki M, Fukuoka T, Shibutani M, Sugimoto A, Maeda K, Ohira M

    BMC surgery   22 ( 1 )   448   2022年12月

     詳細を見る

  • Novel gene mutations in three Japanese patients with ARC syndrome associated mild phenotypes: a case series

    Satomura Y.

    Journal of Medical Case Reports   16 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

  • The impact of treatment on the psychological burden of mothers of children with chronic hepatitis C virus infection: a multicenter, questionnaire survey

    Fukuoka T.

    Scientific Reports   12 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

  • Association of cardiovascular disease risk and changes in renin levels by mineralocorticoid receptor antagonists in patients with primary aldosteronism

    Nomura M.

    Hypertension Research   45 ( 9 )   1476 - 1485   2022年09月( ISSN:09169636

     詳細を見る

  • A Case Report of Psoas Abscess Formation Caused by Mucinous Cystadenocarcinoma

    Nishi S.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   49 ( 8 )   897 - 899   2022年08月( ISSN:03850684

  • [A Case Report of Psoas Abscess Formation Caused by Mucinous Cystadenocarcinoma].

    Nishi S, Fukuoka T, Iseki Y, Shibutani M, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Maeda K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   49 ( 8 )   897 - 899   2022年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 腸腰筋膿瘍を契機に発見された粘液性嚢胞腺癌の1例

    西 智史, 福岡 達成, 井関 康仁, 澁谷 雅常, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 前田 清

    癌と化学療法   49 ( 8 )   897 - 899   2022年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は65歳、女性。約2ヵ月前からの立位困難感を主訴に、近医を受診した。腹部所見で右下腹部に腫瘤を指摘され、精査加療目的に当科紹介となった。来院時に著明な炎症反応上昇およびCT検査にて後腹膜から右腸腰筋内に連続する膿瘍形成を認めた。また、内視鏡検査でBauhin弁背側に潰瘍を認めた。術前診断は大腸穿通による腸腰筋膿瘍で治療難治性のため、大腸癌合併を考慮し手術を施行した。術中所見では盲腸背側に腫瘍性病変を認め腸腰筋と一塊となり、同部位に膿瘍を認めた。回盲部切除、D3リンパ節郭清を施行した。病理検査結果では盲腸粘液嚢胞腺癌で最終診断はpT4b、N0、M0、pStage IIcであった。術後経過は良好で、退院後に補助化学療法としてFOLFOX6療法を8サイクル施行した。術後1年8ヵ月現在、無再発生存している。腸腰筋膿瘍を合併する大腸癌は非常にまれな病態であり、若干の文献的考察を加え報告する。(著者抄録)

  • The impact of the surgical Apgar score on oncological outcomes in patients with colorectal cancer: a propensity score-matched study.

    Sugimoto A, Fukuoka T, Nagahara H, Shibutani M, Iseki Y, Sasaki M, Okazaki Y, Maeda K, Ohira M

    World journal of surgical oncology   20 ( 1 )   75   2022年03月

     詳細を見る

  • Severe pancytopenia caused by trifluridine/tipiracil in patients with metastatic colorectal cancer and an impaired renal function: A case report.

    Shibutani M, Okazaki Y, Kashiwagi S, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Clinical case reports   10 ( 3 )   e05544   2022年03月( ISSN:2050-0904

     詳細を見る

  • 症例報告 重複下大静脈を伴う直腸癌に対してロボット支援下手術を施行した1例

    吉田 瑞樹, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 大平 雅一

    日本内視鏡外科学会雑誌   27 ( 1 )   29 - 34   2022年01月( ISSN:13446703

     詳細を見る

  • 重複下大静脈を伴う直腸癌に対してロボット支援下手術を施行した1例

    吉田 瑞樹, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 大平 雅一

    日本内視鏡外科学会雑誌   27 ( 1 )   29 - 34   2022年01月( ISSN:1344-6703

     詳細を見る

    <文献概要>症例は67歳の女性で,血便を主訴に近医を受診した.下部消化管内視鏡検査で直腸S状部に2型腫瘍を指摘され,病理検査結果でGroup5と診断されたため,手術加療目的に当科を受診した.術前の造影CT検査では直腸S状部に全周性の壁肥厚と周囲リンパ節腫大を認めたが,遠隔転移を疑う所見は認めなかった.また,重複下大静脈を認めた.直腸S状部癌,cT2N1bM0,cStage IIIaと診断し,ロボット支援下直腸高位前方切除術,D3郭清を施行した.術中所見では下腸間膜動脈切離後,左側結腸間膜の内側授動の際に,尿管および左卵巣動静脈とともに左側下大静脈を確認して温存し,特に合併症なく定型的に手術を施行した.術後経過は良好であり,術後11日目に退院となった.

  • Associated factors and effects of comorbid atrial fibrillation in hypertensive patients due to primary aldosteronism

    Sakaguchi S.

    Journal of Human Hypertension   2022年( ISSN:09509240

     詳細を見る

  • Significance of information obtained during transanal drainage tube placement after anterior resection of colorectal cancer.

    Okazaki Y, Shibutani M, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Wang E, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    PloS one   17 ( 8 )   e0271496   2022年

  • Impact of the COVID-19 Pandemic on Patients with Gastrointestinal Cancer Undergoing Active Cancer Treatment in an Ambulatory Therapy Center: The Patients' Perspective.

    Taira K, Nagahara H, Tanaka H, Kimura A, Nakata A, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Toyokawa T, Lee S, Muguruma K, Ohira M, Kawaguchi T, Fujiwara Y

    Healthcare (Basel, Switzerland)   9 ( 12 )   2021年12月( ISSN:2227-9032

     詳細を見る

  • A Case of Hyperammonemic Encephalopathy following mFOLFOX6 plus Panitumumab Therapy for Rectal Cancer

    Tsujio G.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   2073 - 2075   2021年12月( ISSN:03850684

  • The Efficacy and Safety of Trifluridine/Tipiracil Treatment for Elderly Patients With Metastatic Colorectal Cancer in a Real-world Setting.

    Shibutani M, En W, Okazaki Y, Kashiwagi S, Fukuoka T, Iseki Y, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   41 ( 12 )   6211 - 6216   2021年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • [A Case of Hyperammonemic Encephalopathy following mFOLFOX6 plus Panitumumab Therapy for Rectal Cancer].

    Tsujio G, Muguruma K, Eguchi S, Iseki Y, Miki Y, Yoshii M, Fukuoka T, Tamura T, Shibutani M, Nagahara H, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Yashiro M, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   2073 - 2075   2021年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • mFOLFOX6+Panitumumab療法中に高アンモニア血症を来した直腸癌の1例

    辻尾 元, 六車 一哉, 江口 真平, 井関 康仁, 三木 友一朗, 吉井 真美, 福岡 達成, 田村 達郎, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 八代 正和, 大平 雅一

    癌と化学療法   48 ( 13 )   2073 - 2075   2021年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は80歳、男性。直腸S状部癌および腹膜播種に対し腹腔鏡下直腸高位前方切除術を施行した。直腸S状部癌、muc、pT4a、N3(14/15)、M1c、P1、pStage IVc、RAS/BRAF野生型の診断にて、入院の上mFOLFOX6+panitumumab(Pmab)療法を開始した。化学療法開始時の血液検査ではCr 1.45mg/dLと軽度腎機能障害を認めた。化学療法開始3日目朝より徐々に意識レベルの低下を認めた(JCSIII-200)。血液検査にて血漿アンモニア濃度338μg/dLと高値を認め、5-FUに伴う高アンモニア血症と診断し、5-FU持続静注の中止および分枝鎖アミノ酸製剤の投与を行った。意識レベルは翌朝には改善を認め、血漿アンモニア濃度も78μg/dLまで低下し、その後も意識障害は認めず退院となった。second-lineとしてCPT-11+Pmab療法へ変更し化学療法を開始したが、患者希望に1コースで投与終了とし化学療法を終了とした。今回われわれは、5-FUに起因する高アンモニア血症というまれな症例を経験したため若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Prevention of anastomotic leakage using a polyglycolic acid sheet in double-stapling technique anastomosis for rectal surgery.

    Shibutani M, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Okazaki Y, Hirakawa K, Ohira M

    Annals of medicine and surgery (2012)   72   103117   2021年12月( ISSN:20490801

     詳細を見る

  • Prognostic value of the density of tumor-infiltrating lymphocytes in colorectal cancer liver metastases.

    Wang E, Shibutani M, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Okazaki Y, Kashiwagi S, Tanaka H, Maeda K

    Oncology letters   22 ( 6 )   837   2021年12月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

  • Age-stratified comparison of clinical outcomes between medical and surgical treatments in patients with unilateral primary aldosteronism

    Nakamaru R.

    Scientific Reports   11 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

  • A Case of Neuroendocrine Carcinoma Originating from the Papilla of Vater

    Nishiyama T.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   48 ( 11 )   1401 - 1403   2021年11月( ISSN:03850684

  • [A Case of Neuroendocrine Carcinoma Originating from the Papilla of Vater].

    Nishiyama T, Ogawa M, Nakamoto K, Nakao S, Fukuoka T, Nakagawa Y, Iseki Y, Yamamoto T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 11 )   1401 - 1403   2021年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

  • 十二指腸乳頭部神経内分泌癌の1例

    西山 毅, 小川 正文, 中本 健太郎, 中尾 重富, 福岡 達成, 中川 泰生, 井関 康仁, 山本 時彦

    癌と化学療法   48 ( 11 )   1401 - 1403   2021年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は70歳代後半、女性。倦怠感、嘔気、上腹部不快感を主訴に近医を受診した。肝胆道系酵素の上昇を認め、当院に紹介受診した。上部消化管内視鏡検査で十二指腸乳頭部に隆起性病変を認め、生検で腺房細胞癌と診断された。亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した。摘出標本のchromogranin A、synaptophysin、CD56が陽性であり、核分裂像は>20/10HPF、Ki-67指数は60%程度であった。そのため最終診断は神経内分泌癌とした。術後は補助化学療法を行わず経過観察としたが、術後6ヵ月で多発肝転移、リンパ節転移、腹膜播種転移を認めた。カルボプラチンとエトポシドによる化学療法を6コース施行したが、転移巣増悪にて術後1年1ヵ月で死亡した。手術単独療法による予後延長効果は乏しく、術後補助化学療法の併用が必要と考えられる。(著者抄録)

  • Efficacy of adjuvant chemotherapy after complete resection of pulmonary metastasis from colorectal cancer.

    Okazaki Y, Shibutani M, Wang E, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Molecular and clinical oncology   15 ( 4 )   205   2021年10月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

  • Lactate Dehydrogenase Is a Useful Marker for Predicting the Efficacy of Bevacizumab-containing Chemotherapy in Patients With Metastatic Colorectal Cancer.

    Shibutani M, Maeda K, Kashiwagi S, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Wang EN, Okazaki Y, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   41 ( 7 )   3535 - 3542   2021年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Two girls with a neonatal screening-negative 21-hydroxylase deficiency requiring treatment with hydrocortisone for virilization in late childhood

    Onuma S.

    Clinical Pediatric Endocrinology   30 ( 3 )   143 - 148   2021年07月( ISSN:09185739

     詳細を見る

  • Diverse pathological lesions of primary aldosteronism and their clinical significance

    Nishimoto K.

    Hypertension Research   44 ( 5 )   498 - 507   2021年05月( ISSN:09169636

     詳細を見る

  • 特集 消化器・一般外科におけるCommon Diseaseの手術 エルステから高難度まで I 虫垂炎手術 10 虫垂炎に対する開腹手術・開腹移行

    福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 小川 正文, 大平 雅一

    手術   75 ( 4 )   445 - 452   2021年04月( ISSN:00374423

     詳細を見る

  • [A Case of the Large Rectal GIST Treated by Laparoscopic Anus Preserving Operation after Neoadjuvant Therapy with Imatinib Mesylate]. 査読

    Matsuzuka S, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Miki Y, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 3 )   385 - 387   2021年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Prognostic Significance of the Immunological Indices in Patients Who Underwent Complete Resection of Pulmonary Metastases of Colorectal Cancer. 査読

    Okazaki Y, Shibutani M, Wang EN, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Kashiwagi S, Tanaka H, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    In vivo (Athens, Greece)   35 ( 2 )   1091 - 1100   2021年03月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12354

    PubMed

  • A Case of the Large Rectal GIST Treated by Laparoscopic Anus Preserving Operation after Neoadjuvant Therapy with Imatinib Mesylate

    Matsuzuka S.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   48 ( 3 )   385 - 387   2021年03月( ISSN:03850684

  • 術前イマチニブ療法により腹腔鏡下での肛門温存手術が可能となった巨大直腸GISTの1例

    松塚 栄恵, 井関 康仁, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 永原 央, 三木 友一朗, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    癌と化学療法   48 ( 3 )   385 - 387   2021年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は50代、女性。主訴は肛門痛で、画像検査にて9.8cmの骨盤内巨大腫瘤を指摘された。生検ではgastrointestinal stromal tumor(GIST)と診断された。腫瘍が大きく肛門温存は困難と判断し、メチル酸イマチニブ(IM)での術前療法を開始した。治療開始6ヵ月後のMRI検査で75%の腫瘍縮小を得た。腫瘍縮小に伴い肛門温存可能と判断し、腹腔鏡下超低位前方切除術を施行した。術後はIMによる補助治療を2年6ヵ月行い、切除5年目の現在、無再発生存中である。術前療法としてのIM投与は巨大直腸GISTにおける肛門温存に対して有用であり、安全な切除を可能にすると考えられた。(著者抄録)

  • Prognostic impact of Tertiary lymphoid structures (TLS) surrounding the tumor in esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Deguchi Sota, Tanaka Hiroaki, Mori Takuya, Nanbara Mikio, Miki Yuichiro, Iseki Yasuhito, Yoshii Mami, Fukuoka Tatsunari, Tamura Tatsuro, Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Lee Shigeru, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   479 - 479   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A study on characteristics of fibrosis and tumor-infiltrating lymphocytes in peritoneal metastasis of colorectal cancer 査読

    Wang En, Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Okazaki Yuki, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   112   791 - 791   2021年02月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis may be associated with the malignant progression of gastric cancer in the hypoxic tumor microenvironment 査読

    Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Tsujio Gen, Fukuoka Tatsunari, Yamamoto Yurie, Sera Tomohiro, Sugimoto Atsushi, Nishimura Sadaaki, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Toyokawa Takahiro, Ohira Masaichi

    ONCOLOGY LETTERS   21 ( 1 )   38   2021年01月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12299

    PubMed

  • Asporin Expression on Stromal Cells and/or Cancer Cells Might Be A Useful Prognostic Marker in Patients with Diffuse-Type Gastric Cancer.

    Yashiro M, Hasegawa T, Yamamoto Y, Tsujio G, Nishimura S, Sera T, Sugimoto A, Kushiyama S, Kasashima H, Fukuoka T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Ohira M

    European surgical research. Europaische chirurgische Forschung. Recherches chirurgicales europeennes   62 ( 1 )   53 - 60   2021年( ISSN:0014-312X

     詳細を見る

  • Abundant intratumoral fibrosis prevents lymphocyte infiltration into peritoneal metastases of colorectal cancer.

    Wang E, Shibutani M, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Okazaki Y, Kashiwagi S, Tanaka H, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    PloS one   16 ( 7 )   e0255049   2021年

  • A Case of Submucosal-Like Tumor at Cecum That Was Diagnosed as Colon Metastasis from Gastric Cancer

    Okazaki Y.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2343 - 2345   2020年12月( ISSN:03850684

  • [A Case of Advanced Rectal Cancer with Metastasis Successfully Treated with an Anti-Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) Drug]. 査読

    Nagao M, Iseki Y, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Sasaki M, Yoshii M, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Ri S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 12 )   1719 - 1721   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 当科における潰瘍性大腸炎関連癌に対する腹腔鏡下手術の現状 査読

    井関 康仁, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 永原 央, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 英柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    (一社)日本消化器外科学会 日本消化器外科学会総会   75回   P113 - 2   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Case of Submucosal-Like Tumor at Cecum That Was Diagnosed as Colon Metastasis from Gastric Cancer]. 査読

    Okazaki Y, Shibutani M, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Wang E, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2343 - 2345   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • A case of advanced rectal cancer with metastasis successfully treated with an anti-vascular endothelial growth factor (VEGF) drug

    Nagao M.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   47 ( 12 )   1719 - 1721   2020年12月( ISSN:03850684

  • 抗VEGF薬が著効した遠隔転移を伴う切除不能進行直腸癌の1例

    長尾 宗英, 井関 康仁, 永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 佐々木 麻帆, 吉井 真美, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 12 )   1719 - 1721   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は63歳、女性。前医の検診で高LDH、CK血症を指摘された。精査の結果、多発肝腫瘍・左肺腫瘍および直腸Rbに1/4周性の2型腫瘍を認めた。病理診断は腺癌であり、直腸Rb癌、多発肝転移、肺転移、cT3N1aM1b(H3、PUL1)、cStage IV bと診断した。CAPOX+bevacizumab併用療法を8コース施行した。直腸原発巣および多発肝腫瘍の著明な縮小を認めたため切除可能と判断し、腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術および肝部分切除術を施行した。最終病理診断はypT2N0M1b(H2、PUL1)、Stage IV bであった。術後にUFT+LV療法を2コース施行後に、残存している転移性肺腫瘍に対し左肺上葉切除術を施行した。その後は術後補助化学療法を施行することなく、原発巣手術より1年6ヵ月経過後も再発・新規病変なく外来通院継続中である。今回、遠隔転移を有する切除不能進行直腸癌に対して抗VEGF薬併用療法が著効し、R0切除可能となった1例を経験したため報告する。(著者抄録)

  • 盲腸の粘膜下腫瘍様病変に対し回盲部切除術にて診断を得た胃癌術後大腸転移の1例

    岡崎 由季, 渋谷 雅常, 永原 央, 福岡 達成, 井関 康仁, 王 恩, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   2343 - 2345   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は70歳、女性。4年前に胃癌に対し幽門側胃切除術が施行された。術中に腹膜播種結節を認め、最終診断はpor1-2、T4a(SE)、ly2、v0、NX、H0、P1、cy0、Stage IVであった。術後はSOX療法で3年6ヵ月間病勢制御されていた。胃癌手術から4年後に腹部造影CT検査で盲腸に腫瘍性病変を認め、下部消化管内視鏡検査で中心陥凹を伴う粘膜下腫瘍様の病変を認めた。生検では悪性所見を認めなかったが、粘膜下進展する悪性腫瘍が疑われ、腹腔鏡下回盲部切除術を施行した。病理組織学的検査では粘膜下層を中心に進展する低分化型腺癌を認めた。漿膜面への露出は認めなかった。過去の胃癌と病理学的形態が類似しており、また免疫組織染色検査でCK7、CK20、CDX2の発現パターンも過去の胃癌と類似し、胃癌の大腸転移と診断された。病理組織型が印環細胞癌や低分化型腺癌の胃癌の既往がある症例で、大腸の粘膜下腫瘍様病変を認める際には胃癌の大腸転移を念頭に置く必要がある。(著者抄録)

  • Novel prognostic biomarkers of pouchitis after ileal pouch-anal anastomosis for ulcerative colitis: Neutrophil-to-lymphocyte ratio 査読

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Fujimoto Koji, Nakata Rieko, Itani Shigehiro, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kamata Noriko, Watanabe Toshio, Iseki Yasuhito, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Ohfuji Satoko, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   15 ( 10 )   e0241322   2020年10月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0241322

    PubMed

  • Combining Bevacizumab With Trifluridine/Thymidine Phosphorylase Inhibitor Improves the Survival Outcomes Regardless of the Usage History of Bevacizumab in Front-line Treatment of Patients With Metastatic Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Wang En, Okazaki Yuki, Kashiwagi Shinichiro, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   40 ( 7 )   4157 - 4163   2020年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14415

    PubMed

  • Liver abscess caused by fish bone perforation of Meckel's diverticulum: a case report 査読

    Natsuki Seiji, Iseki Yasuhito, Nagahara Hishashi, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatsune, Ohira Masaichi

    BMC SURGERY   20 ( 1 )   121   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-020-00783-y

    PubMed

  • Inflammation caused by surgical stress has a negative impact on the long-term survival outcomes in patients with colorectal cancer

    Shibutani M.

    Anticancer Research   40 ( 6 )   3535 - 3542   2020年06月( ISSN:02507005

     詳細を見る

  • Inflammation Caused by Surgical Stress Has a Negative Impact on the Long-term Survival Outcomes in Patients With Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Nakao Shigetomi, Maeda Kiyoshi, Nagahara His Ashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   40 ( 6 )   3535 - 3542   2020年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14342

    PubMed

  • Historical changes and between-facility differences in adrenal venous sampling for primary aldosteronism in Japan

    Fujii Y.

    Journal of Human Hypertension   34 ( 1 )   34 - 42   2020年01月( ISSN:09509240

     詳細を見る

  • 症例 回腸neuroendocrine tumor(NET)の5例

    南原 幹男, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 大平 雅一

    外科   82 ( 1 )   73 - 77   2020年01月( ISSN:0016593X

     詳細を見る

  • 回腸neuroendocrine tumor(NET)の5例 査読

    南原 幹男, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 大平 雅一

    (株)南江堂 外科   82 ( 1 )   73 - 77   2020年01月( ISSN:0016-593X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当科で手術を行った回腸NET(neuroendocrine tumor)5例について報告した。年齢は64〜85歳、男性3例、女性2例であった。症状は腹痛3例、腹部症状1例、なしが1例であった。発見契機はCTが3例、DBE、CFが各1例であった。平均腫瘍径は20mm以下であったが、StageはIIaが1例、IVが4例と、高率にリンパ節転移や同時性の遠隔転移が認められた。術中に播種結節も含めて切除できた3例は、それぞれ術後3年10ヵ月、術後4年3ヵ月、術後4年3ヵ月において無再発生存中である。他の2例は残存腫瘍に対しオクトレオチドによる治療を行い、術後4年、術後1年7ヵ月の時点で生存中である。

  • Prognostic Significance of Neoadjuvant Rectal Score and Indication for Postoperative Adjuvant Therapy in Rectal Cancer Patients After Neoadjuvant Chemoradiotherapy 査読

    Maeda Kiyoshi, Shibutani Masatsune, Tachimori Akiko, Nishii Takafumi, Aomatsu Naoki, Fukuoka Tatsunari, Nagahara Hisashi, Otani Hiroshi, Inoue Toru, Ohira Masaichi

    IN VIVO   34 ( 1 )   283 - 289   2020年( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11772

    PubMed

  • A Case of a Patient with Type Ⅳ Adachi Classification Treated with Laparoscopic Ileocecal Resection

    Sasaki M.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2416 - 2418   2019年12月( ISSN:03850684

  • A Case of Laparoscopic Abdominoperineal Resection for Rectal Cancer with Left-Sided Inferior Vena Cava

    Maruo K.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2443 - 2445   2019年12月( ISSN:03850684

  • [A Case of Laparoscopic Abdominoperineal Resection for Rectal Cancer with Left-Sided Inferior Vena Cava]. 査読

    Maruo K, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Tamura T, Toyokawa T, Tanaka H, Lee S, Muguruma K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2443 - 2445   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of a Patient with Type Ⅳ Adachi Classification Treated with Laparoscopic Ileocecal Resection]. 査読

    Sasaki M, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2416 - 2418   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Adachi分類IV型の腹腔動脈、上腸間膜動脈分枝形態を有する症例に対して腹腔鏡下回盲部切除術を施行した1例

    佐々木 麻帆, 井関 康仁, 福岡 達成, 澁谷 雅常, 永原 央, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2416 - 2418   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    腹腔動脈には様々な分枝形態があり、その分類の一つとしてAdachi分類が知られている。Adachi分類は腹部大動脈からの分枝である腹腔動脈およびその分枝である左胃動脈、総肝動脈、脾動脈、また上腸間膜動脈の分枝形態をI〜VI型、さらに肝動脈の変異を組み合わせて28群に区分し報告されている。このI〜VIの型のうち本症例はIV型に相当し、その頻度は2.4%と極めてまれな分枝形態である。今回われわれは、Adachi分類IV型の分枝形態をもつ患者に対して術前にその分枝形態を診断し、腹腔鏡下回盲部切除術を安全に施行し得た1例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 左側下大静脈を合併した直腸癌症例に対して腹腔鏡下直腸切断術を施行した1例

    丸尾 晃司, 井関 康仁, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 永原 央, 田村 達郎, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 李 栄柱, 六車 一哉, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2443 - 2445   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    症例は66歳、男性。下血、便の狭小化を主訴に下部消化管内視鏡検査を施行し、直腸下部に全周性の腫瘍を認めた。生検ではGroup 5であった。術前検査にて直腸癌および直腸周囲リンパ節転移、傍大動脈リンパ節転移、左鎖骨上窩リンパ節転移、多発骨転移を認め、cT4N3M1b(OSS、LYM)、cStage IVbであった。また、左側下大静脈を伴っていた。腫瘍出血のコントロール目的に原発巣切除の方針とした。腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した。左側下大静脈は左尿管および左精巣動静脈よりさらに背側に位置しており、術中に操作の障害となることはなく定型どおりに手術可能であった。左側下大静脈を認める患者においては、手術の際に下大静脈を損傷しないよう術前に十分な解剖学的認識を得ておく必要がある。今回、比較的まれである左側下大静脈を伴った直腸癌に対して腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術を施行した症例を経験したため報告する。(著者抄録)

  • The efficacy of adjuvant chemotherapy according to the risk classification of recurrence based on the systemic inflammatory markers in patients with colorectal cancer liver metastases 査読

    Shibutani M., Nagahara H., Fukuoka T., Iseki Y., Hirakawa K., Ohira M.

    ANNALS OF ONCOLOGY   30   2019年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preoperative neutrophil-to-lymphocyte ratio is correlated with severe postoperative complications after emergency surgery for ulcerative colitis

    Maeda K.

    International Surgery   104 ( 11-12 )   514 - 521   2019年11月( ISSN:00208868

     詳細を見る

  • 腎細胞癌原発の転移性小腸腫瘍により腸重積を呈した1例

    夏木 誠司, 井関 康仁, 永原 央, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 大平 雅一

    日本外科系連合学会誌   44 ( 5 )   921 - 925   2019年10月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    症例は71歳,男性.4年前に左腎細胞癌に対して腎摘出術を施行後,肺・骨・皮膚転移および腹膜播種にて当院泌尿器科に通院中であった.腹部膨満感および嘔気・嘔吐を自覚し当院を受診され,腹部造影CT検査にて小腸重積およびそれに伴う腸閉塞を認めたため同日入院の上,当科紹介となった.腸管虚血は認めなかったため,イレウス管にて腸管減圧を行った後に手術を施行した.術中所見では,回腸末端より90cm口側で小腸が重積しており,先進部に腫瘤性病変を認め,小腸部分切除術を施行した.腫瘤性病変は病理組織診断で腎癌の小腸転移と診断された.術後表層切開創SSIを認めたが,その他に大きな問題なく,術後27日目に退院となった.転移性小腸癌は比較的稀な疾患であり,なかでも腎癌原発の小腸転移は非常に稀であるため,当科での転移性小腸癌の経験例を加えて報告する.(著者抄録)

  • Change in PMI During Neoadjuvant Therapy Is a Predictive Prognostic Marker in Rectal Cancer 査読

    Fukuoka Tatsunari, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Iseki Yasuhito, Matsutani Shinji, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 9 )   5157 - 5163   2019年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13711

    PubMed

  • Efficacy of Adjuvant Chemotherapy According to the Classification of Recurrence Risk Based on Systemic Inflammatory Markers in Patients With Liver Metastases of Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 9 )   5039 - 5045   2019年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13695

    PubMed

  • 空腸狭窄をきたした外国人女性の腸結核の1例

    杉本 敦史, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 松谷 愼治, 王 恩, 大平 雅一

    日本腹部救急医学会雑誌   39 ( 6 )   1087 - 1090   2019年09月( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    症例はペルー出身の45歳女性。嘔吐,腹痛を主訴に当院を受診した。下部消化管内視鏡検査で盲腸にびらんと潰瘍を認め,またダブルバルーン小腸内視鏡検査で空腸に全周性狭窄病変を認めた。肺結核病変は認めなかったが,T-SPOT.TB検査は陽性であった。経口摂取困難のため,治療および診断目的に手術を施行した。Treitz靱帯より220cmの下部空腸に狭窄を認め,単孔式腹腔鏡下小腸部分切除術を施行した。術後経過は良好で,第9病日に退院した。術後14日目に粘膜生検の培養検査より結核菌を検出したため,腸結核の診断に至った。腸結核の好発部位は胃酸の影響を受けにくく,内容物が停滞しやすいことから回盲部や結腸とされ,空腸に発症することはまれである。また日本における外国人の人口増加に伴い,外国出身者の結核患者は増加傾向である。結核蔓延国出身者の非腫瘍性腸閉塞においては腸結核を鑑別にあげることが重要である。(著者抄録)

  • ダナパロイドナトリウムが奏効した腹腔鏡下直腸癌手術後門脈血栓症の1例 査読

    杉本 敦史, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 大平 雅一

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   80 ( 8 )   1508 - 1512   2019年08月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腹腔鏡下大腸癌手術後の門脈血栓症は稀であり,抗凝固療薬の選択や投与期間の基準はない.腹腔鏡直腸癌手術後の門脈血栓症に対し,ダナパロイドナトリウムが奏効した症例を報告する.症例は59歳,男性.下部直腸癌T1bN0M0,cStageIに対し腹腔鏡下括約筋間切除術と回腸人工肛門造設術を行った.退院後の術後29日目の血液検査で肝機能障害を認め,造影CT検査で門脈血栓を認めた.ダナパロイドナトリウムを投与し2週間で血栓は消失した.ワーファリンによる維持療法で血栓再燃はない.腹腔鏡手術での腹腔内圧上昇,高CO2血症,頭低位による門脈血流低下が原因と推察された.腹腔鏡手術後の門脈血栓症診療の一助となると考える.(著者抄録)

  • 症例報告 Persistent descending mesocolonに伴う内ヘルニアを合併した完全内臓逆位の1例

    辻尾 元, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康人, 大平 雅一

    日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 4 )   340 - 344   2019年07月( ISSN:13446703

     詳細を見る

  • Bone marrow-derived stromal cells in the tumor microenvironment might be associated with the progression of gastric cancer 査読

    Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Kushiyama Syuhei, Nishimura Sadaaki, Kuroda Kenji, Togano Shingo, Okuno Tomohisa, Miki Yuichiro, Fukuoka Tatsunari, Nakamae Hirohisa, Hino Masayuki, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-2742

  • Persistent descending mesocolonに伴う内ヘルニアを合併した完全内臓逆位の1例 査読

    辻尾 元, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康人, 大平 雅一

    (一社)日本内視鏡外科学会 日本内視鏡外科学会雑誌   24 ( 4 )   340 - 344   2019年07月( ISSN:1344-6703

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <文献概要>患者は65歳,男性.以前より完全内臓逆位を指摘されていた.腹部膨満感,右下腹部圧痛を主訴に当科を受診した.腹部CT検査にて回盲部近傍の回腸に狭窄および口側腸管の著明な拡張を認め,腸閉塞と診断した.イレウス管を挿入し保存的治療を行ったが改善に乏しく手術の方針となった.手術は腹腔鏡下に施行した.下行結腸と後腹膜との固定がされておらず,persistent descending mesocolonと診断した.S状結腸間膜と回腸末端付近の小腸間膜に癒着を認め,癒着により生じた間隙をヘルニア門とし小腸が嵌頓し内ヘルニアをきたしていた.内ヘルニアを解除し,ヘルニア門となった癒着の剥離を行った.現在再発なく経過している.

  • Clinical significance of diffuse-type histological type coexistence in Stage II/III gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Nagahara HIsashi, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-4876

  • High prevalence of diabetes in patients with primary aldosteronism (PA) associated with subclinical hypercortisolism and prediabetes more prevalent in bilateral than unilateral PA: A large, multicenter cohort study in Japan

    Akehi Y.

    Diabetes Care   42 ( 5 )   938 - 945   2019年05月( ISSN:01495992

     詳細を見る

  • 切除不能進行・再発胃癌に対するPaclitaxel+Ramucirumab療法の治療成績 査読

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 福岡 達成, 田村 達郎, 大平 豪, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行・再発胃癌に対する二次以降の化学療法として施行したpaclitaxel(PTX)+ramucirumab(RAM)療法(PTX 80mg/m2、day 1、8、15、RAM 8mg/kg、day 1、15)の安全性および有効性について検討した。対象は当科でPTX+RAM療法を施行した進行・再発胃癌33例で、年齢中央値は68歳、PS2以上の症例は5例であった。投与コース数の中央値は4コースで、Grade 3以上の有害事象は28例(85%)[白血球・好中球減少21例(64%)、末梢神経障害3例(9%)など]に認められた。抗腫瘍効果は奏効率14.8%、病勢コントロール率66.7%であり、全生存期間および無増悪生存期間中央値はそれぞれ9.3ヵ月、4.7ヵ月であった。切除不能進行・再発胃癌に対するPTX+RAM療法は一定の効果が期待できるが、実地臨床においては高齢かつPSの悪い症例に対して使用することも多く、慎重なマネージメントが必要である。(著者抄録)

  • 臍ヘルニア嵌頓を契機に診断に至った結核性腹膜炎の1例 査読

    杉本 敦史, 福岡 達成, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 松谷 愼治, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (一社)日本腹部救急医学会 日本腹部救急医学会雑誌   39 ( 4 )   755 - 758   2019年05月( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は68歳男性。難治性腹水で加療中に臍部膨隆で当科受診した。腹部CTで多量腹水と小腸の臍ヘルニア嵌頓を認めた。用手還納は困難であったため,緊急手術を施行した。ヘルニア内容は小腸で壊死所見を認めたため,切除吻合し,ヘルニア門は縫合閉鎖した。腹水検査でADA48.8U/L,血液QFT検査陽性であることから結核性腹膜炎に続発した臍ヘルニア嵌頓と診断した。術後合併症なく経過し,抗結核菌薬により改善した。結核性腹膜炎は結核感染者の0.1〜1.5%とまれな疾患であり,確定診断に難渋することが多いため,難治性腹水として長期間経過し急性腹症を続発する場合がある。本症例は結核性腹膜炎による長期間の腹水貯留および腹圧上昇が原因となった臍ヘルニア嵌頓と考えた。難治性腹水を伴う急性腹症は結核性腹膜炎を鑑別にあげ,術中に腹膜結節の検索や腹水の採取など行うことが重要である。(著者抄録)

  • [Efficacy and Safety of Paclitaxel plus Ramucirumab Therapy for Unresectable or Recurrent Gastric Cancer]. 査読

    Tsujio G, Toyokawa T, Fukuoka T, Tamura T, Ohira G, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Crohn病に対する単孔式腹腔鏡下手術に関する報告のレビュー(A review of reports on single-incision laparoscopic surgery for Crohn's disease) 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Inoue Toru, Ohira Masaichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   49 ( 5 )   361 - 368   2019年05月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Crohn病(CD)患者への単孔式腹腔鏡下手術(SILS)に関する文献のシステマティックレビューを行い、手術適応、手術手技、実施可能性、有益性について検討した。PubMedおよびMedlineを用いて2010年1月〜2018年7月に出版された論文を検索し、選択基準を満たす論文における患者年齢、性別、BMI、疾患型、SILS手技、手術手技、切開長、手術時間、開腹移行率、術後合併症、死亡率、入院期間、再手術率を評価した。最終的に患者数369例を含む11論文を抽出した。内訳は症例シリーズ2件、症例対照研究9件であった。手術手技と器具のバリエーションは幅広かった。最も多いSILSの手術適応は、回腸末端または上行結腸の狭窄ならびに閉塞で、瘻孔、腹部膿瘍、腫瘤も9例の報告でSILSの適用であった。SILSの平均手術時間は86〜171分、開腹移行率は0〜15.1%、術後合併症率は4.1〜18.8%、再手術率0〜5.9%、入院期間は4〜11日であった。CDに対するSILSの適応または禁忌は明確に定義できなかったが、当該手術はCD患者に対し実施可能かつ安全であることが示唆された。

  • A review of reports on single-incision laparoscopic surgery for Crohn's disease 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Inoue Toru, Ohira Masaichi

    SURGERY TODAY   49 ( 5 )   361 - 368   2019年05月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-018-1732-x

    PubMed

  • Efficacy and safety of Paclitaxel plus ramucirumab therapy for unresectable or recurrent gastric cancer

    Tsujio G.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:03850684

  • The prognostic significance of the advanced lung cancer inflammation index in patients with unresectable metastatic colorectal cancer: a retrospective study 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   19 ( 1 )   241   2019年03月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-019-5468-9

    PubMed

  • Impact of the occurrence of new lesions on the survival of patients who undergo chemotherapy for metastatic colorectal cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kashiwagi Shinichiro, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    MOLECULAR AND CLINICAL ONCOLOGY   10 ( 2 )   285 - 292   2019年02月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2018.1778

    PubMed

  • Prognostic Significance of the C-Reactive Protein-to-Albumin Ratio in Patients With Metastatic Colorectal Cancer Treated With Trifluridine/Thymidine Phosphorylase Inhibitor as Later-line Chemotherapy 査読

    Shibutani Masatsune, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Matsutani Shinji, Wang En, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   39 ( 2 )   1051 - 1057   2019年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13212

    PubMed

  • 臍ヘルニア嵌頓を契機に診断に至った結核性腹膜炎の1例 査読

    杉本 敦史, 福岡 達成, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 松谷 愼治, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本腹部救急医学会 日本腹部救急医学会雑誌   39 ( 4 )   755 - 758   2019年( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>症例は68歳男性。難治性腹水で加療中に臍部膨隆で当科受診した。腹部CTで多量腹水と小腸の臍ヘルニア嵌頓を認めた。用手還納は困難であったため,緊急手術を施行した。ヘルニア内容は小腸で壊死所見を認めたため,切除吻合し,ヘルニア門は縫合閉鎖した。腹水検査でADA48.8U/L,血液QFT検査陽性であることから結核性腹膜炎に続発した臍ヘルニア嵌頓と診断した。術後合併症なく経過し,抗結核菌薬により改善した。結核性腹膜炎は結核感染者の0.1〜1.5%とまれな疾患であり,確定診断に難渋することが多いため,難治性腹水として長期間経過し急性腹症を続発する場合がある。本症例は結核性腹膜炎による長期間の腹水貯留および腹圧上昇が原因となった臍ヘルニア嵌頓と考えた。難治性腹水を伴う急性腹症は結核性腹膜炎を鑑別にあげ,術中に腹膜結節の検索や腹水の採取など行うことが重要である。</p>

    DOI: 10.11231/jaem.39.755

    CiNii Article

  • 腎細胞癌原発の転移性小腸腫瘍により腸重積を呈した1例 査読

    夏木 誠司, 井関 康仁, 永原 央, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 大平 雅一

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   44 ( 5 )   921 - 925   2019年( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>症例は71歳,男性.4年前に左腎細胞癌に対して腎摘出術を施行後,肺・骨・皮膚転移および腹膜播種にて当院泌尿器科に通院中であった.腹部膨満感および嘔気・嘔吐を自覚し当院を受診され,腹部造影CT検査にて小腸重積およびそれに伴う腸閉塞を認めたため同日入院の上,当科紹介となった.腸管虚血は認めなかったため,イレウス管にて腸管減圧を行った後に手術を施行した.術中所見では,回腸末端より90cm口側で小腸が重積しており,先進部に腫瘤性病変を認め,小腸部分切除術を施行した.腫瘤性病変は病理組織診断で腎癌の小腸転移と診断された.術後表層切開創SSIを認めたが,その他に大きな問題なく,術後27日目に退院となった.転移性小腸癌は比較的稀な疾患であり,なかでも腎癌原発の小腸転移は非常に稀であるため,当科での転移性小腸癌の経験例を加えて報告する.</p>

    DOI: 10.4030/jjcs.44.921

    CiNii Article

  • 空腸狭窄をきたした外国人女性の腸結核の1例 査読

    杉本 敦史, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 松谷 愼治, 王 恩, 大平 雅一

    日本腹部救急医学会 日本腹部救急医学会雑誌   39 ( 6 )   1087 - 1090   2019年( ISSN:1340-2242

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>症例はペルー出身の45歳女性。嘔吐,腹痛を主訴に当院を受診した。下部消化管内視鏡検査で盲腸にびらんと潰瘍を認め,またダブルバルーン小腸内視鏡検査で空腸に全周性狭窄病変を認めた。肺結核病変は認めなかったが,T-SPOT<sup>®</sup>. TB検査は陽性であった。経口摂取困難のため,治療および診断目的に手術を施行した。Treitz靭帯より220cmの下部空腸に狭窄を認め,単孔式腹腔鏡下小腸部分切除術を施行した。術後経過は良好で,第9病日に退院した。術後14日目に粘膜生検の培養検査より結核菌を検出したため,腸結核の診断に至った。腸結核の好発部位は胃酸の影響を受けにくく,内容物が停滞しやすいことから回盲部や結腸とされ,空腸に発症することはまれである。また日本における外国人の人口増加に伴い,外国出身者の結核患者は増加傾向である。結核蔓延国出身者の非腫瘍性腸閉塞においては腸結核を鑑別にあげることが重要である。</p>

    DOI: 10.11231/jaem.39.1087

    CiNii Article

  • ダナパロイドナトリウムが奏効した腹腔鏡下直腸癌手術後門脈血栓症の1例 査読

    杉本 敦史, 福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 大平 雅一

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   80 ( 8 )   1508 - 1512   2019年( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>腹腔鏡下大腸癌手術後の門脈血栓症は稀であり,抗凝固療薬の選択や投与期間の基準はない.腹腔鏡直腸癌手術後の門脈血栓症に対し,ダナパロイドナトリウムが奏効した症例を報告する.症例は59歳,男性.下部直腸癌T1bN0M0,cStage Iに対し腹腔鏡下括約筋間切除術と回腸人工肛門造設術を行った.退院後の術後29日目の血液検査で肝機能障害を認め,造影CT検査で門脈血栓を認めた.ダナパロイドナトリウムを投与し2週間で血栓は消失した.ワーファリンによる維持療法で血栓再燃はない.腹腔鏡手術での腹腔内圧上昇,高CO<sub>2</sub>血症,頭低位による門脈血流低下が原因と推察された.腹腔鏡手術後の門脈血栓症診療の一助となると考える.</p>

    DOI: 10.3919/jjsa.80.1508

    CiNii Article

  • 閉塞性虫垂炎による腹腔内膿瘍膀胱穿通を来した虫垂癌の1例 査読

    辻尾 元, 永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 松谷 慎治, 楠 誓子, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は73歳、女性。下腹部痛、腹部膨満感を主訴に近医を受診、下腹部に腫瘍性病変を認め当院紹介となった。造影CT検査で、膀胱右前壁に壁肥厚および虫垂先端に連続する約6cm大の内部に壊死性変化を疑う腫瘤を認めた。虫垂腫瘍膀胱浸潤や膀胱腫瘍虫垂浸潤が疑われ手術の方針とした。約1ヵ月後の入院時に施行した造影CT検査にて虫垂先端の腫瘤は著明に縮小していたが膀胱の壁肥厚は残存しており、虫垂に造影効果を受ける腫瘤を認め、虫垂癌もしくは膀胱癌と考え手術を施行した。術中所見では虫垂先端が膀胱壁と一塊になっており、膀胱壁を含めた虫垂切除を行い、虫垂中部に約1cm大の腫瘍を認めた。迅速病理検査にて虫垂癌と診断されたため、回盲部切除+D2リンパ節郭清を追加した。病理組織学的検査で虫垂癌、pT2N0M0、pStage Iの診断、虫垂癌による閉塞性虫垂炎で虫垂が穿破し、腹腔内膿瘍を形成、膀胱に穿通したものと考えた。(著者抄録)

  • [A Case of Appendiceal Cancer Wherein the Abdominal Abscess Ruptured into the Urinary Bladder Owing to Obstructive Appendicitis]. 査読

    Tsujio G, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Matsutani S, Kusunoki C, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tumor-infiltrating Immune Cells in H&E-stained Sections of Colorectal Cancer Tissue as a Reasonable Immunological Biomarker 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Kashiwagi Shinichiro, Tanaka Hiroaki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   38 ( 12 )   6721 - 6727   2018年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.13041

    PubMed

  • The reasonability of the density of immune cells in H&E sections of colorectal cancer as the the immunological biomarker 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Kashiwagi Shinichiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   1332 - 1332   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of the Lysyl Oxidase Members Lysyl Oxidase Like 1, 3, and 4 in Gastric Cancer. 査読

    Kasashima H, Yashiro M, Okuno T, Miki Y, Kitayama K, Masuda G, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Digestion   98 ( 4 )   238 - 248   2018年07月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000489558

    PubMed

  • The prognostic value of the systemic inflammatory score in patients with unresectable metastatic colorectal cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ONCOLOGY LETTERS   16 ( 1 )   666 - 672   2018年07月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.8628

    PubMed

  • Neoadjuvant Radiotherapy with Capecitabine Plus Bevacizumab for Locally Advanced Lower Rectal Cancer: Results of a Single-institute Phase II Study. 査読

    Maeda K, Shibutani M, Otani H, Fukuoka T, Iseki Y, Matsutani S, Nagahara H, Inoue T, Tachimori A, Nishii T, Miki Y, Hosono M, Ohira M

    Anticancer research   38 ( 7 )   4193 - 4197   2018年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12713

    PubMed

  • Verification of the methodology for evaluating tumor-infiltrating lymphocytes in colorectal cancer 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Tamura Tatsuro, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-5701

  • Complete Response of Pulmonary Metastases from Rectal Cancer to Tegafur-Uracil/Leucovorin plus Bevacizumab in an Elderly Patient: A Case Report. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Matsutani S, Wang E, Hirakawa K, Ohira M

    Case reports in oncology   11 ( 2 )   461 - 466   2018年05月( ISSN:1662-6575

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000490698

    PubMed

  • A new method for evaluating tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) in colorectal cancer using hematoxylin and eosin (H-E)-stained tumor sections 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kashiwagi Shinichiro, Tanaka Hiroaki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    PLOS ONE   13 ( 4 )   e0192744   2018年04月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0192744

    PubMed

  • A comparison of the local immune status between the primary and metastatic tumor in colorectal cancer: a retrospective study 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kashiwagi Shinichiro, Tanaka Hiroaki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   18 ( 1 )   371   2018年04月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-018-4276-y

    PubMed

  • MicroRNA-96 Promotes Tumor Invasion in Colorectal Cancer via RECK 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   38 ( 4 )   2031 - 2035   2018年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12442

    PubMed

  • Significance of tumor-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy for rectal cancer 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109 ( 4 )   966 - 979   2018年04月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13542

    PubMed

  • 直腸癌に対する術前補助療法前後での腫瘍浸潤リンパ球の重要性(Significance of tumor-infiltrating lymphocytes before and after neoadjuvant therapy for rectal cancer) 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   109 ( 4 )   966 - 979   2018年04月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    局所進行性直腸癌患者を対象に、術前補助療法前後の腫瘍浸潤リンパ球(TIL)の密度を比較した。対象は、術前補助療法後(化学療法[CT]または放射線化学療法[CRT])に切除術を行った直腸癌患者64例(男性44例、女性20例、中央値66歳)で、術前補助療法前の生検検体と補助療法後の切除組織を用いてTILの密度を調べた。TILの評価は免疫組織化学染色により行った。術前にCTを実施した対象およびCRTを実施した対象の両方において、治療前の生検検体のCD8+TILの密度が低かった場合、治療への反応が悪い傾向にあった。切除組織におけるCD8+TILの低密度も同様に治療への反応性の低さと関連していた。またCRTを行った群では、CD8+TILの密度が治療後に有意に上昇していた。以上より、直腸癌においてTリンパ球に関連した免疫応答が術前補助療法への反応性に重要な役割を果たしており、療法実施前に生検検体のTILを評価することで治療効果を予測できる可能性が示された。

  • Verification of the methodology for evaluating tumor-infiltrating lymphocytes in colorectal cancer. 査読

    Matsutani S, Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Fukuoka T, Iseki Y, Hirakawa K, Ohira M

    Oncotarget   9 ( 20 )   15180 - 15197   2018年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.24612

    PubMed

  • The feasibility and short-term clinical outcomes of single-incision laparoscopic surgery for patients with complex Crohn's disease 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Yamagami Hirokazu, Kamata Noriko, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Toyokawa Takahiro, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    SURGERY TODAY   48 ( 2 )   242 - 247   2018年02月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-017-1581-z

    PubMed

  • 複雑型クローン病患者に対する単孔式腹腔鏡下手術の実施可能性と短期臨床転帰(The feasibility and short-term clinical outcomes of single-incision laparoscopic surgery for patients with complex Crohn's disease) 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Yamagami Hirokazu, Kamata Noriko, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Toyokawa Takahiro, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   48 ( 2 )   242 - 247   2018年02月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    瘻孔形成、腹腔内膿瘍形成、再発性クローン病(CD)を有する複雑型CD患者に対して単孔式腹腔鏡下手術(SILS)の安全性と実施可能性を調査し、複雑型CD患者と原発性非浸潤性CDの単純CD患者の臨床結果を比較した。2009年11月〜2016年12月に当施設でSILSを行ったCD患者50例(男性39例、女性11例、年齢中央値36歳、範囲16〜68歳)を調査した。複雑型CD25例と単純CD25例に分け、術前データと臨床転帰を解析して両群間で比較した。手術時間、失血量、開腹切開長は両群間で有意差がなかった。開腹術への変更率と追加ポートの必要性は複雑型CD群で高い傾向があった。術後合併症率と入院期間は両群間で有意差がなかった。開腹術への適切な変更や追加ポートが処理可能な腹腔鏡下手術の施行の十分な経験のある施設であれば、直腸切除、extended嚢胞切除、緊急手術の必要のない複雑型CD患者に対して、SILS技術は施行可能であることが示唆された。

  • Low-Grade appendiceal mucinous neoplasm(LAMN)の2例 査読

    福井 康裕, 福岡 達成, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 中尾 重富, 松谷 慎治, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   43 ( 1 )   93 - 101   2018年02月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は40歳男性.CEA高値で精査の結果,虫垂の嚢胞性腫瘤を指摘され当科紹介.腹部CT検査で最大径85mm大に腫大した虫垂を認め,虫垂粘液嚢腫と診断し,回盲部切除術+D2郭清を施行した.病理組織診断でLow-grade appendiceal mucinous neoplasm(LAMN)と診断された.症例2は81歳女性.下部消化管内視鏡検査で虫垂入口部に全周性隆起性病変を指摘され,生検にて広基性鋸歯状腺腫/ポリープを疑われたため,当科紹介.腹腔鏡下回盲部切除術+D2郭清を行い,病理組織診断でLAMNと診断された.LAMNは原則的に外科的切除が考慮されるが,切除範囲など明確な基準はない.また,術前診断も困難で,今回の2症例は潜在的に悪性であることを考慮し,回盲部切除術+D2郭清を行った.今後症例の蓄積・検討が必要と考える.(著者抄録)

  • Comparison of the local immune status between the primary tumor and metastatic tumor in colorectal cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Matsutani Shiniji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   280 - 280   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Verification of the method to evaluate tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) in colorectal cancer 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   290 - 290   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The impact of Tumor-associated macrophage on chemoresistance via angiogenesis in colorectal cancer 査読

    Nakao Shigetomi, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   63 - 63   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tumor-infiltrating Lymphocytes Predict the Chemotherapeutic Outcomes in Patients with Stage IV Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Matsutani Shinji, Kashiwagi Shinichiro, Tanaka Hiroaki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    IN VIVO   32 ( 1 )   151 - 158   2018年( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11218

    PubMed

  • Meta-analysis of Robot-assisted Versus Laparoscopic Surgery for Rectal Cancer 査読

    Ohtani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Nomura Shinya, Shinto Osamu, Mizuyama Yoko, Nakagawa Hiroji, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Fukuoka Tatsunari, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    IN VIVO   32 ( 3 )   611 - 623   2018年( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11283

    PubMed

  • Low-Grade appendiceal mucinous neoplasm(LAMN)の2例 査読

    福井 康裕, 福岡 達成, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 中尾 重富, 松谷 慎治, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   43 ( 1 )   93 - 101   2018年( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>症例1は40歳男性.CEA高値で精査の結果,虫垂の囊胞性腫瘤を指摘され当科紹介.腹部CT検査で最大径85mm大に腫大した虫垂を認め,虫垂粘液囊腫と診断し,回盲部切除術+D2郭清を施行した.病理組織診断でLow-grade appendiceal mucinous neoplasm(LAMN)と診断された.症例2は81歳女性.下部消化管内視鏡検査で虫垂入口部に全周性隆起性病変を指摘され,生検にて広基性鋸歯状腺腫/ポリープを疑われたため,当科紹介.腹腔鏡下回盲部切除術+D2郭清を行い,病理組織診断でLAMNと診断された.LAMNは原則的に外科的切除が考慮されるが,切除範囲など明確な基準はない.また,術前診断も困難で,今回の2症例は潜在的に悪性であることを考慮し,回盲部切除術+D2郭清を行った.今後症例の蓄積・検討が必要と考える.</p>

    DOI: 10.4030/jjcs.43.93

    CiNii Article

  • Two Cases of Long-Term Control of Metastatic Colorectal Cancer via FTD/TPI plus Bevacizumab in Elderly Patients 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Iseki Yasuhito, Matsutani Shinji, Wang En, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CASE REPORTS IN ONCOLOGY   11 ( 3 )   800 - 805   2018年( ISSN:1662-6575

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000493849

    PubMed

  • Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer 査読

    Kitayama Kishu, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Miki Yuichiro, Okuno Tomohisa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13421

    PubMed

  • ピルビン酸キナーゼアイソザイムM2およびグルタミナーゼは胃癌の治療に対する有望な分子標的となる可能性がある(Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer) 査読

    Kitayama Kishu, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Miki Yuichiro, Okuno Tomohisa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    低酸素環境下の胃癌細胞の増殖に対する反応における解糖系およびグルタミン代謝に対する酵素の重要性を評価した。4種の低酸素耐性胃癌細胞株と患者細胞株を用い、代謝に関連した酵素のmRNA発現解析および、これらの酵素が細胞増殖に及ぼす影響について調べた。全ての低酸素耐性胃癌細胞株において、解糖系酵素ピルビン酸キナーゼのアイソザイムM2(PKM2)およびグルタミナーゼ(GLS)mRNAは患者細胞と比較して高値を示した。siRNAによるノックダウンにより低酸素耐性胃癌細胞株の増殖は減少した。また、siRNAによるノックダウンまたはPKM2阻害剤シコニンとGLS阻害剤BPTES処置では、それぞれ単体よりも併用により有意に細胞増殖が減少した。in vivoにおいても併用処置により腫瘍サイズが減少した。以上より、PKM2とGLSは低酸素胃癌細胞の増殖に重要な役割を果たし、これら阻害剤の併用が胃癌治療に有用と考えられた。

  • [A Case of Laparoscopic Surgery Performed for Locally Advanced Rectal Cancer Suspected of Invasion to Prostate]. 査読

    Nagahara H, Nakao S, Fukuoka T, Shibutani M, Maeda K, Matsutani S, Doi Y, Ohtani H, Yamazaki T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1523 - 1525   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 前立腺浸潤が疑われた局所進行直腸癌に対し腹腔鏡下に手術を施行した1例 査読

    永原 央, 中尾 重富, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 前田 清, 松谷 慎治, 土井 洋輔, 大谷 博, 山崎 健史, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1523 - 1525   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は58歳、男性。肛門痛、血便を主訴に他院を受診し、前立腺浸潤を伴う直腸癌と診断、人工肛門造設術を施行され、術前化学療法としてmFOLFOX6を6コース施行後、手術目的に当院を紹介受診となった。術前評価はPRであったが前立腺の浸潤は残存していると判断し、腹腔鏡下に腹会陰式直腸切断術、前立腺合併切除、尿道膀胱吻合による尿路再建を行い、術後第10病日に軽快退院となった。術後2年を経過した現在、明らかな排尿障害、残尿は認めず無再発生存中である。本術式は良好な術野が得られ、確実な切除が得られる点で非常に有用な術式であると思われた。(著者抄録)

  • The impact of the type of progression on survival in patients with metastatic colorectal cancer 査読

    Shibutani M., Maeda K., Nagahara H., Fukuoka T., Nakao S., Matsutani S., Kashiwagi S., Hirakawa K., Ohira M.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   48 - 48   2017年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The change in the psoas muscle index in neoadjuvant therapy is a predictive prognostic marker in locally advanced rectal cancer 査読

    Fukuoka T., Maeda K., Nagahara H., Shibutani M., Nakao S., Matsutani S., Kashiwagi S., Hirakawa K., Ohira M.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   54 - 54   2017年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Clinical Outcome of the Patients with Anal Squamous Cell Carcinoma]. 査読

    Mori T, Maeda K, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1647 - 1649   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Small Intestinal Metastasis with Intussusception Due to Barium]. 査読

    Tsujio G, Nagahara H, Nakao S, Fukuoka T, Shibutani M, Maeda K, Matsutani S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 肛門扁平上皮癌症例の治療成績 査読

    森 拓哉, 前田 清, 福岡 達成, 澁谷 正常, 永原 央, 田村 達郎, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1647 - 1649   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回われわれは、1994〜2016年までに当院で治療した肛門扁平上皮癌14例を検討した。初回治療として手術を5例に施行したが4例に再発を認め、このうち3例は術後1年以内に死亡した。一方、9例に対し化学放射線療法(chemoradiotherapy:CRT)を初回治療として施行した。Grade 3以上の有害事象は好中球減少の1例のみであった。効果判定は全例でpartial response(PR)以上が得られ、complete response(CR)は6例であった。CR6例中4例は無再発生存中、残る2例は再発を認めたが、ともに転移巣を切除し健存である。PRの3例中1例は局所切除追加にて再発なく生存しているが、残る2例は遠隔転移再発で死亡した。CRT症例は重篤な副作用もなく、予後も比較的良好であった。CRTは根治を期待できる有効な治療法であるが、遠隔転移再発には慎重な経過観察が必要と考えられた。(著者抄録)

  • バリウム内服を契機に発症した小腸重積により診断された転移性小腸腫瘍の1例 査読

    辻尾 元, 永原 央, 中尾 重富, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 前田 清, 松谷 慎治, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は48歳、男性。受診2日前より嘔気を自覚、翌日に健康診断を受診し、胸部X線検査および食道・胃・十二指腸造影検査を施行した。胸部に異常陰影を指摘されたため当院に紹介受診となった。胸部〜骨盤部CT検査にて左肺門部に約4cm大の腫瘤を認め、小腸にtarget signを認めた。小腸重積の診断となり緊急手術の方針となった。開腹にて腹腔内を観察したところ、Treitz靱帯より約20cm、130cm肛門側の小腸に重積を認め、Hutchinson手技にて重積を解除し得た。口側の重積部では先進部に腫瘍を認めたが、肛門側の重積部では先進部に明らかな腫瘍性病変は認めずバリウム内服による蠕動亢進が原因と考えた。検索を進めたところ小腸に3ヶ所腫瘍性病変を認め、1ヶ所は口側腸重積の先進部となっていた。腫瘍を有する部位の小腸計3ヶ所を部分切除・再建し手術を終了した。病理組織検査では肺多型癌小腸転移の診断となり、現在外来で加療中である。(著者抄録)

  • The Prognostic Significance of the Tumor-infiltrating Programmed Cell Death-1(+) to CD8(+) Lymphocyte Ratio in Patients with Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Matsutani Shinji, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 8 )   4165 - 4172   2017年08月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11804

    PubMed

  • 特集 潰瘍性大腸炎・クローン病手術のすべて 潰瘍性大腸炎 中毒性巨大結腸症を伴う潰瘍性大腸炎に対する緊急手術

    福岡 達成, 前田 清, 渋谷 雅常, 永原 央, 中尾 重富, 大平 雅一

    手術   71 ( 7 )   965 - 969   2017年06月( ISSN:00374423

  • The peripheral monocyte count is associated with the density of tumor-associated macrophages in the tumor microenvironment of colorectal cancer: a retrospective study 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Matsutani Shinji, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   17 ( 1 )   404   2017年06月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-017-3395-1

    PubMed

  • Clinicopathologic significance of the CXCL1-CXCR2 axis in the tumor microenvironment of gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Nakamae Hirohisa, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    PLOS ONE   12 ( 6 )   e0178635   2017年06月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0178635

    PubMed

  • 経皮経肝胆嚢ドレナージ後に待機的手術を施行した急性気腫性胆嚢炎の2例 査読

    松崎 太郎, 小川 正文, 伊藤 厳太郎, 高垣 敬一, 福岡 達成, 山本 時彦

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   42 ( 1 )   91 - 96   2017年02月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は66歳男性.倦怠感,食思不振にて当院救急搬送された.腹部CTにて気腫性胆嚢炎が疑われ,緊急で経皮経肝胆嚢ドレナージ(percutaneous transhepatic gall bladder drainage:PTGBD)を施行した.第11病日にPTGBDチューブをクランプし退院した.胆嚢炎が再燃し,クランプ開放し第37病日に開腹胆嚢摘出術施行した.病理診断は急性胆嚢炎であった.症例2は60歳男性.上腹部痛にて紹介受診となった.腹部CTにて気腫性胆嚢炎を認め,緊急でPTGBDを施行した.第11病日にPTGBDチューブをクランプしたが胆嚢炎が再燃し,第19病日に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行った.病理診断は急性壊死性胆嚢炎であった.いずれも胆汁の細菌培養でClostridium perfringensが検出された.術後経過は順調で,それぞれ術後15日目と8日目に退院となった.気腫性胆嚢炎はガイドライン上,特殊な急性胆嚢炎に分類され重篤な状態に陥りやすいと言われており,重症胆嚢炎に分類される合併症を有するハイリスクな症例ではPTGBDも有用であると考えられた.(著者抄録)

  • Tumor-infiltrating lymphocytes predict the chemotherapeutic outcomes in patients with stage IV colorectal cancer 査読

    Shibutani M., Maeda K., Nagahara H., Fukuoka T., Iseki Y., Matsutani S., Tamura T., Ohira G., Yamazoe S., Kimura K., Toyokawa T., Amano R., Tanaka H., Muguruma K., Hirakawa K., Ohira M.

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年12月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CXCL1-Chemokine (C-X-C Motif) Receptor 2 Signaling Stimulates the Recruitment of Bone Marrow-Derived Mesenchymal Cells into Diffuse-Type Gastric Cancer Stroma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Nakamae Hirohisa, Kitayama Kisyu, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   186 ( 11 )   3028 - 3039   2016年11月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2016.07.024

    PubMed

  • Prognostic Significance of MicroRNA-21 Expression in Patients with Unresectable Metastatic Colon Cancer 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Ikeya Tetsuro, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 10 )   5145 - 5151   2016年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11084

    PubMed

  • Pancreatic Fibroblasts Stimulate the Motility of Pancreatic Cancer Cells through IGF1/IGF1R Signaling under Hypoxia 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Doi Yosuke, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   11 ( 8 )   e0159912   2016年08月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0159912

    PubMed

  • Lysyl oxidase is associated with the epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells in hypoxia 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    GASTRIC CANCER   19 ( 2 )   431 - 442   2016年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-015-0510-3

    PubMed

  • Lysyl oxidaseは低酸素状態における胃癌細胞の上皮間葉移行に関連している(Lysyl oxidase is associated with the epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells in hypoxia) 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    シュプリンガー・ジャパン(株) Gastric Cancer   19 ( 2 )   431 - 442   2016年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    低酸素状態の胃癌細胞における上皮間葉移行(EMT)とlysyl oxidase(LOX)の関係を検討した。2種類の胃癌細胞株(OCUM-2MD3とOCUM-12)をin vitro試験に用いた。LOXの低分子干渉RNA(siRNA)がEMTに及ぼす影響、および低酸素状態での癌細胞の運動性を、逆転写PCR法、ウェスタンブロット法、創傷治癒アッセイ法および細胞浸潤アッセイ法により解析した。544例の胃癌患者におけるLOX発現と臨床病理学的特性との相関性を免疫組織化学法により検討した。低酸素状態によって、胃癌細胞のEMTに起因する多角細胞または紡錘状細胞が増加した。低酸素状態によって誘発された癌細胞のEMTは、LOXのsiRNA処理により抑制された。低酸素状態で遊走および浸潤する胃癌細胞数は、LOXノックダウンにより有意に減少した。LOXのsiRNAは、胃癌細胞のE-cadherin濃度を有意に増加させ、vimentin濃度を有意に低下させた。LOX発現は、深達度、腫瘍分化度、リンパ節転移、リンパ浸潤、血管浸潤および腹膜転移と有意に関係していた。多変量解析の結果、LOXは、全生存期間の独立したパラメータであった。

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kitayama Kishu, Miki Yuichiro, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatshunari, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Masaichi Ohira, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 1 )   129 - 136   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer.

    Masuda GO, Yashiro M, Kitayama K, Miki Y, Kasashima H, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Masaichi O, Hirakawa K

    Anticancer research   36 ( 1 )   129 - 36   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Diffuse-type gastric cancer cells switch their driver pathways from FGFR2 signaling to SDF1/CXCR4 axis in hypoxic tumor microenvironments 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Morisaki Tamami, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Noda Satoru, Hirakawa Kosei

    CARCINOGENESIS   36 ( 12 )   1511 - 1520   2015年12月( ISSN:0143-3334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgv134

    PubMed

  • Prostaglandin D synthase is a potential novel therapeutic agent for the treatment of gastric carcinomas expressing PPAR gamma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   137 ( 5 )   1235 - 1244   2015年09月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.29392

    PubMed

  • Novel biomarkers for gastric cancer stem cells utilizing comparative proteomics analysis 査読

    Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Kakehashi Anna, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-1405

  • Significance of an autophagy protein, microtubule-associated protein light chain 3 (LC3), in gastric cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Chung Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-992

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis might be associated with growth-interaction between cancer-associated fibroblasts and gastric cancer cells in hypoxic tumor microenvironment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kimura Kenjiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-436

  • 腹腔鏡補助下に切除した虫垂管状腺腫の1例 査読

    高垣 敬一, 小川 正文, 福岡 達成, 達脇 大, 野村 勉, 山本 時彦

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   76 ( 8 )   1947 - 1952   2015年08月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    虫垂原発の良性腺腫はまれな疾患であり,術前に診断可能であった報告は少ない.今回われわれは,大腸内視鏡検査にて術前診断をしたうえで,腹腔鏡補助下に切除した虫垂管状腺腫の1例を経験したので,若干の文献的考察を加え報告する.症例は54歳の男性.便潜血反応陽性のため当院内科にて大腸内視鏡検査を施行したところ,虫垂開口部に径8mm大の隆起性病変を認めた.生検時腫瘍を牽引すると有茎性であり,根部は虫垂内であった.生検の結果管状腺腫と診断されたため,当科紹介となり手術を施行した.腹腔鏡補助下に虫垂を臍部ポート創に持ち上げ,遺残が生じないように虫垂付着部近傍の盲腸を含めて虫垂を切除した.切除標本上虫垂根部に8×4×6mm大の有茎性腫瘍を認め,病理組織学的検査にて軽度の異型を伴う虫垂管状腺腫と診断された.虫垂原発の良性腺腫に対し腹腔鏡下手術を施行した症例の報告は少ないが,自験例は腹腔鏡下手術の良い適応と考えられた.(著者抄録)

  • Bone marrow-derived stromal cells are associated with gastric cancer progression 査読

    Kasashima H., Yashiro M., Nakamae H., Masuda G., Kinoshita H., Morisaki T., Fukuoka T., Hasegawa T., Sakurai K., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Ohira M., Nakane T., Hino M., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   113 ( 3 )   443 - 452   2015年07月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.236

    PubMed

  • 胃癌におけるオートファジーの臨床病理学的意義 査読

    増田 剛, 八代 正和, 北山 紀州, 笠島 裕明, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 ( 0 )   70 - 70   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.31.70

    CiNii Article

  • Lysyl oxidase-like 2 (LOXL2) from stromal fibroblasts stimulates the progression of gastric cancer 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER LETTERS   354 ( 2 )   438 - 446   2014年11月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2014.08.014

    PubMed

  • Comparative Proteomics Analysis of Gastric Cancer Stem Cells 査読

    Morisaki Tamami, Yashiro Masakazu, Kakehashi Anna, Inagaki Azusa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   9 ( 11 )   e110736   2014年11月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110736

    PubMed

  • Effect of cancer associated fibroblast on gastric cancer cells under hypoxia 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kasashima Hiroaki, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3612

  • The stemness of gastric cancer stem cells is sustained by TGF beta produced from cancer-associated fibroblasts 査読

    Yashiro Masakazu, Hasegawa Tsuyoshi, Fukuoka Tatsunari, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3863

  • The effect of PGE2 receptor inhibitor on the microenviroment of scirrhous gastric cancer 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Sakurai Katsunobu, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3606

  • Role of lysyl oxidase and lysyl oxidase-like 2 in gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Go Yukie, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Tokumoto Mao, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1980

  • 虫垂炎にて発症したアメーバ性大腸炎の1例 査読

    中村 雅憲, 青松 直撥, 長谷川 毅, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 和輝, 青松 敬補

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   39 ( 5 )   854 - 958   2014年10月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は42歳女性.強い腹痛にて近医受診.婦人科的に異常を認めず,精査加療目的に夜間当院を紹介受診.腹部全体に強い腹痛を認め,圧痛・反跳痛は認めるも,筋性防御は軽度であった.腹部CTでは,虫垂の軽度腫大を認めたが,腹水は認めなかった.白血球は46,600/mm3と異常高値を示し,骨盤腹膜炎の診断にて緊急入院となった.翌朝,腹痛は右下腹部に限局し始め,虫垂炎による腹膜炎の診断にて緊急手術を施行した.虫垂は軽度腫大程度で穿孔は認めなかったが,少量の膿性腹水を認めた.手術は虫垂切除・腹腔洗浄ドレナージ術を施行した.術後経過は良好であったが,虫垂の病理結果にて赤血球を貪食したアメーバ虫体を多数認め,術後10日目からメトロニダゾール内服を開始した.今回,海外渡航歴がなくHuman immunodeficiency virus抗体陰性の女性に虫垂炎として発症したアメーバ性大腸炎の比較的稀な1例を経験したので報告する.(著者抄録)

  • The role of type D prostanoid receptors and PPARγ in gastric cancer progression. 査読

    Fukuoka T, Yashiro M, Morisaki T, Kinoshita H, Hasegawa T, Kasashima H, Masuda G, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Kubo N, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 6 )   2771 - 8   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • The Role of Type D Prostanoid Receptors and PPAR gamma in Gastric Cancer Progression 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Kinoshita Haruhito, Hasegawa Tsuyoshi, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 6 )   2771 - 2778   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cancer-associated fibroblasts might sustain the stemness of scirrhous gastric cancer cells via transforming growth factor-beta signaling 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Nishii Takafumi, Matsuoka Junko, Fuyuhiro Yuhiko, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shimizu Kiyoshi, Shimizu Toshiyuki, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   134 ( 8 )   1785 - 1795   2014年04月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.28520

    PubMed

  • OP-060-2 低酸素微小環境がスキルス胃癌に与える影響(OP-060 胃 基礎-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   421   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-175-6 胃癌における間質酵素Lysyl Oxidase発現の臨床病理学的意義(PS-175 基礎 発癌・バイオマーカー・その他-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   925   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-135-7 スキルス胃癌微笑環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性(PS-135 胃 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   845   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-134-7 胃癌におけるオートファジー関連分子p62/SQSTM1の臨床病理学的検討(PS-134 胃 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   843   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-123-3 胃全摘術におけるNo.10リンパ節転移の意義(OP-123 胃 リンパ節郭清・手術適応,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 呉 幸枝, 笠島 裕明, 増田 剛, 渡邊 真央, 木下 春人, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   532   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   36 - 37   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.36

    CiNii Article

  • 虫垂炎にて発症したアメーバ性大腸炎の1例 査読

    中村 雅憲, 青松 直撥, 長谷川 毅, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 和輝, 青松 敬補

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   39 ( 5 )   954 - 958   2014年( ISSN:03857883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は42歳女性.強い腹痛にて近医受診.婦人科的に異常を認めず,精査加療目的に夜間当院を紹介受診.腹部全体に強い腹痛を認め,圧痛・反跳痛は認めるも,筋性防御は軽度であった.腹部CTでは,虫垂の軽度腫大を認めたが,腹水は認めなかった.白血球は46,600/mm<sup>3</sup>と異常高値を示し,骨盤腹膜炎の診断にて緊急入院となった.翌朝,腹痛は右下腹部に限局し始め,虫垂炎による腹膜炎の診断にて緊急手術を施行した.虫垂は軽度腫大程度で穿孔は認めなかったが,少量の膿性腹水を認めた.手術は虫垂切除・腹腔洗浄ドレナージ術を施行した.術後経過は良好であったが,虫垂の病理結果にて赤血球を貪食したアメーバ虫体を多数認め,術後10日目からメトロニダゾール内服を開始した.今回,海外渡航歴がなくHuman immunodeficiency virus抗体陰性の女性に虫垂炎として発症したアメーバ性大腸炎の比較的稀な1例を経験したので報告する.

    DOI: 10.4030/jjcs.39.954

    CiNii Article

  • A c-Met inhibitor increases the chemosensitivity of cancer stem cells to the irinotecan in gastric carcinoma 査読

    Yashiro M., Nishii T., Hasegawa T., Matsuzaki T., Morisaki T., Fukuoka T., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   109 ( 10 )   2619 - 2628   2013年11月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2013.638

    PubMed

  • Laparoscopic splenectomy for histiocytic sarcoma of the spleen. 査読

    Yamamoto S, Tsukamoto T, Kanazawa A, Shimizu S, Morimura K, Toyokawa T, Xiang Z, Sakurai K, Fukuoka T, Yoshida K, Takii M, Inoue K

    World journal of gastrointestinal surgery   5 ( 4 )   129 - 34   2013年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4240/wjgs.v5.i4.129

    PubMed

  • Antitumor effect of prostaglandin D2 by peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPAR gamma)-dependent pathway in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamammi, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2013-3995

  • Significance of CXCR4/SDF-1 axis expression in gastric cancer under hypoxic enviroment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PS-004-2 乳癌術前化学療法効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   522   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • YT-4-1(YRA) 胃癌幹細胞関連蛋白の同定と臨床的意義(YT Young Researcher Award & Traveler's Grant,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 福岡 達成, 長谷川 毅, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 梯 アンナ, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   400   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-5-6 ニッチ線維芽細胞はTGF一βによってスキルス胃癌幹細胞の幹細胞性を維持する(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   297   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-4-2 スキルス胃がん幹細胞の特性(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    八代 正和, 長谷川 毅, 西居 孝文, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   292   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-305-4 4型スキルス胃癌腹膜播種転移の分子機序と新たな治療戦略(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 野田 論, 木下 春人, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 李 友浩, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   947   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-115-3 膵癌における癌間質相互作用の役割とIGFシグナルの関与(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 長谷川 毅, 青松 直撲, 吉井 真美, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   680   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-051-6 スキルス胃癌細胞の増殖能におよぼす癌周囲微小環境の影響(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   590   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 胃全摘・結腸前Roux-en-Y再建術後早期に内ヘルニアをきたした1例 査読

    福岡 達成, 竹村 哲, 菅野 兼史, 土井 洋輔, 由井 三郎

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   37 ( 5 )   955 - 960   2012年10月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は57歳男性.2010年9月に胃癌に対して胃全摘術(Roux-en-Y,結腸前再建)を施行した.術後6日目に突然の腹痛および腹部膨満を認め,腹部単純CT検査にて輸入脚および挙上空腸の著明な拡張を認めた.以上より胃全摘術後輸入脚症候群と診断し,再手術を施行した.術中所見では腹水はなく,挙上空腸と横行結腸間膜との間隙(Petersen's defect),さらに輸入脚空腸と後腹膜との間隙に小腸が陥入しており,胃癌術後内ヘルニアと診断した.挙上空腸および輸入脚の壊死は認めず,ヘルニアの解除およびヘルニア門の閉鎖を行った.胃や胆道系手術でのRoux-en-Y(以下R-Y)再建を行った症例の内ヘルニア発生頻度は0.1〜0.3%とされ,比較的稀な病態である.今回われわれは胃全摘・結腸前R-Y再建術後早期に内ヘルニアをきたした1例を経験したので,文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • An EGFR inhibitor enhances the efficacy of SN38, an active metabolite of irinotecan, in SN38-refractory gastric carcinoma cells 査読

    Yashiro Masakazu, Qiu Hong, Hasegawa Tsuyoshi, Zhang Xiaotian, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsuynari, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-780

  • The epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells was stimulated by TGF beta R signaling in hypoxia 査読

    Matsuoka Junko, Yashiro Masakazu, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Hasegawa Tsuyoshi, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-2411

  • TGF-beta from niche fibroblasts increases the stemness cancer stem cell-like side population cells in gastric cancer 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Fukuoka Tatsunari, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3337

  • Comparison proteome analysis of scirrhous gastric carcinoma stem cell-like SP and hypoxia-resistant cell lines 査読

    Morisaki Tamami, Yashiro Masakazu, Kakehashi Anna, Okita Yoshihiro, Fukuoka Tatsunari, Aomatsu Naoki, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3380

  • Clinical significance of insulin-like growth factor 1 receptor (IGF1R) expression in pancreatic cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Fukuoka Tatsunari, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-708

  • CD133 is a useful surrogate marker to predict chemosensitivity of neoadjuvant chemotherapy for breast cancer 査読

    Aomatsu Naoki, Yashiro Masakazu, Kashiwagi Shinichiro, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hirakawa Tosiki, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Takashima Tsutomu, Kawajiri Hidemi, Onoda Naoyoshi, Ishikawal Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-707

  • Antitumor effect of prostaglandin E2 receptor inhibitors in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatshu Naoki, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-1211

  • PS-007-1 スキルス胃癌に対するプロスタグランジンE2受容体(EP2)阻害剤の有効性(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   506   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-064-2 ニッチ線維芽細胞は胃癌幹細胞様SP細胞分画を増加させる(SF-064 サージカルフォーラム(64)胃 基礎-3,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   371   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-023-2 乳癌術前化学療法における低酸素マーカーCarbonic anhydrase9の有用性(SF-023 サージカルフォーラム(23)乳腺 基礎-1,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   315   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-148-7 膵癌におけるIGF1R発現と予後の相関関係(PS-148 膵 基礎-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 吉井 真美, 長谷川 毅, 青松 直撥, 松岡 順子, 村田 哲洋, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保尚士, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   788   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-007-8 胃癌における血清SPan-1およびCEA高値例の臨床病理学的意義(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 大北 仁裕, 福岡 達成, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   507   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 乳癌術前化学療法効果予測における癌幹細胞マーカーCD133の意義 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠美, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27   51 - 51   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.51

    CiNii Article

  • スキルス胃癌に特徴的な分子と標的治療 査読

    八代 正和, 福岡 達成, 森崎 珠美, 青松 直撥, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 桜井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27   5 - 6   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.5

    CiNii Article

  • CY1P0胃癌において肉眼型およびSmad2シグナルは予後マーカーとして有用である 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 野田 諭, 桜井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27   41 - 42   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.41

    CiNii Article

  • [Usefulness of immediate reconstruction after mastectomy for inflammatory breast cancer with muscle cutaneous flap]. 査読

    Aomatsu N, Kawajiri H, Takashima T, Morisaki T, Hirakawa T, Fukuoka T, Kashiwagi S, Nakamura M, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2165 - 7   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 炎症性乳癌手術に対する筋皮弁による一期再建の有用性 査読

    青松 直撥, 川尻 成美, 高島 勉, 森崎 珠実, 平川 俊基, 福岡 達成, 柏木 伸一郎, 中村 雅憲, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   38 ( 12 )   2165 - 2167   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1:59歳、女性。左炎症性乳癌(HER2 type)、T4N1M0、stage IIIBに対し化学療法を施行しPRであったが、腫瘍の増大を認めたため、胸筋温存乳房切除術+腹直筋皮弁一期再建術を施行した。術後、放射線療法、trastuzumab投与を行い、術後1年3ヵ月現在、無再発生存中である。症例2:67歳、女性。左炎症性乳癌(triple negative)、T4N2M0、stage IIIBに対し多種の化学療法を行ったが、いずれもPDであったため、腫瘍の増大による疼痛、出血のコントロール目的にて、胸筋合併乳房切除術+腹直筋皮弁一期再建術を施行した。術後、放射線療法、化学療法を行ったが、術後6ヵ月で肺転移、肝転移が出現し、術後10ヵ月目に永眠された。まとめ:炎症性乳癌に対する乳房切除術において、筋皮弁による一期再建を行えば広範な乳房切除が可能であり、有用な手技と思われた。(著者抄録)

  • 妊娠中に切除した横行結腸癌の1例 査読

    福岡 達成, 西口 幸雄, 井上 透, 山下 好人, 有本 裕一, 池原 照幸

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   72 ( 9 )   2332 - 2337   2011年09月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は41歳,女性.妊娠28週目に腹痛を認めたため,前医を受診した.精査にて横行結腸癌を疑われたため,当科紹介となった.大腸内視鏡検査にて横行結腸腫瘍を認め,生検にてtub2と診断された.明らかな遠隔転移は認めなかったため,産科医および小児科医との相談の上,妊娠29週であることから,帝王切開術および横行結腸切除術を施行した.帝王切開にては1,280gの女児(Apgar score 8/9)を出産した.病理組織検査にて横行結腸癌(tub2,ss,n2,ly0,v1,H0,P0,M0,Stage IIIb)と診断した.妊娠中に消化器癌を合併する頻度は非常に少なく,なかでも大腸癌は妊娠10万例に1〜2例といわれ,非常に稀である.治療方針は妊娠時期や患者および家族の意思を考慮する必要がある.今回妊娠中に切除した横行結腸癌の1例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • 妊娠を契機に急性増大した過誤腫の1例 査読

    坪口 裕子, 池田 克実, 瀧井 麻美子, 櫻井 克宣, 張 翔, 福岡 達成, 徳永 伸也, 久保 勇記, 井上 健, 小川 佳成

    (株)篠原出版新社 乳癌の臨床   26 ( 4 )   463 - 467   2011年08月( ISSN:0911-2251

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    27歳女。妊娠中に右乳房が腫脹し、産後の超音波(US)検査で著明な乳管拡張、乳管内の流動物を認めた。うっ滞性乳腺炎と考えて断乳等を指導し、炎症所見は改善したものの径約10cmの右乳腺腫瘍が残存した。USで嚢胞性成分と不均一な低エコー内に高エコースポットが散在する充実性成分とが混在し、MRIでは内部が島状にT1強調画像で高信号、T2強調画像で低信号を示した。針生検で悪性所見はなく、乳腺過誤腫と診断し、急性増大があり、本人も希望あり腫瘍摘出術を施行した。腫瘍は11.0×6.0×8.0cm大で被膜を有し、病理組織所見で内部に脂肪組織、拡張した導管、小葉で正常乳管を模倣した構造を示し、間質には強い線維化を認めた。一部に壊死巣を認め、その周囲に泡沫状組織球が多数存在し、乳腺過誤腫と診断された。免疫染色ではエストロゲン受容体、プロゲステロン受容体の発現を腫瘍内の上皮細胞の50〜75%に、Ki67の発現を約15%程度に認めた。術後1年経過し再発徴候はない。

  • 大網静脈内腫瘍栓が胃および結腸への直接浸潤を来した肝細胞癌の1例 査読

    福岡 達成, 塚本 忠司, 金沢 景繁, 清水 貞利, 山本 訓史, 村田 佳津子, 真鍋 隆夫, 木岡 清英, 久保 勇記, 井上 健

    (一社)日本肝臓学会 肝臓   52 ( 5 )   314 - 321   2011年05月( ISSN:0451-4203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は69歳、男性。C型肝炎併存肝細胞癌に対して6年前より計8回の肝動脈化学塞栓術(以下、TACE)が施行された。8回目のTACE施行時の血管造影検査、CT検査にて腫瘍の胃壁内浸潤を疑われた。胃内視鏡検査を施行したところ、胃前庭部に易出血性の3型病変を認めたため、出血コントロール目的にて手術を施行した。術中所見でS5肝表面に約2.5cmの腫瘍を認め、同部位に大網が被覆し、この大網内の静脈から連続して右胃大網静脈が著明に拡張し、胃前庭部の腫瘍に連続していた。この静脈内は腫瘍栓が充満し、静脈腫瘍栓の横行結腸への浸潤も認めたため、肝S5部分切除、幽門側胃切除および横行結腸部分切除術を施行した。切除標本の病理組織学的検査にて大網静脈内腫瘍栓が胃および結腸への直接浸潤を来した肝細胞癌と診断した。肝細胞癌の消化管への転移は比較的稀であり、その予後は極めて不良である。本症例について若干の文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • 進行胃癌に対するS-1/Low-Dose CDDP/Lentinan併用化学療法の検討 査読

    堀 武治, 池原 照幸, 高塚 聡, 福岡 達成, 天道 正成, 手塚 健志, 檀 信浩, 西野 裕二, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   38 ( 2 )   293 - 295   2011年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    切除不能進行胃癌と診断された8症例を対象にS-1/low-dose cisplatin(CDDP)/Lentinan併用化学療法を施行し、その有用性を検討した。化学療法のレジメンはS-1 80mg/m2 2週間投与1週間休薬、CDDP 15mg/m2とLentinan 2mg/bodyをday 1、8に週2回投与としPDになるまで施行した。有効性に関しては、総合評価で8例中1例にCR、4例にPRが認められ、奏効率は63%であった。一方、安全性に関してはgrade 3以上の有害事象として白血球減少を1例に認めるのみであり、長期間治療が継続できた症例が多くみられた。進行胃癌に対するS-1/low-dose CDDP/Lentinan併用化学療法は、有害事象が軽微なため長期にわたる治療が可能であると考えられた。(著者抄録)

  • [Combination chemotherapy of S-1/low-dose CDDP/lentinan for advanced gastric cancer]. 査読

    Hori T, Ikehara T, Takatsuka S, Fukuoka T, Tendo M, Tezuka K, Dan N, Nishino H, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 2 )   293 - 5   2011年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 骨・軟骨化生を伴う乳癌の2例 査読

    福岡 達成, 小川 佳成, 瀧井 麻美子, 池田 克実, 西口 幸雄, 池原 照幸, 久保 勇記, 井上 健

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   35 ( 6 )   883 - 888   2011年01月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は76歳,女性.主訴は右乳房腫瘤.右乳房に径26mmの腫瘍を認め,右乳房温存手術および右腋窩リンパ節郭清を施行した.病理組織検査にて軟骨化生を伴う乳癌と診断された.症例2は53歳,女性.主訴は右乳房腫瘤.右乳房に径81mmの嚢胞成分を含む腫瘍を認め,右乳房温存手術および右腋窩リンパ節郭清を施行した.病理組織検査にて類骨化生像を認め,骨化生を伴う乳癌と診断された.骨・軟骨化生を伴う乳癌は浸潤癌の特殊型であり,発生頻度は全乳癌の0.003〜0.12%と低い.本邦報告例は自験例を含め80例あり,全例が女性で平均年齢は55歳であった.腫瘍の大きさは20mm以上のものが8割以上を占め,ホルモンレセプターやHER2蛋白陰性の症例が多かった.本症例は予後不良とされるものの,症例数が少なく,病態や治療効果など不明な点も多い.今回2症例を経験したので若干の文献的考察を加え,報告する.(著者抄録)

  • 潰瘍性大腸炎術後のストーマ再脱出に対し腸管の腹腔内への固定が有効であった一例 査読

    瀧井 麻美子, 西口 幸雄, 井上 透, 出口 諭江, 福岡 達成, 吉田 佳世, 櫻井 克宣, 張 翔, 山本 訓史, 豊川 貴弘, 森村 圭一朗, 池田 克実, 山本 篤, 清水 貞利, 金沢 景繁, 竹村 雅至, 小川 佳成, 山下 好人, 有本 裕一, 塚本 忠司, 池原 照幸

    関西STOMA研究会 STOMA: Wound & Continence   18 ( 1 )   22 - 24   2011年01月( ISSN:0289-5404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ストーマ造設後の脱出は、その管理が困難でQOLを著しく損なう。ストーマ造設術に関する手技は様々な報告があるが、再脱出例に対する報告は少ない。患者は57歳の男性。潰瘍性大腸炎にて大腸全摘術、及び回腸ストーマ造設術を施行したが、半年後にストーマの脱出を認め、人工肛門再造設を施行した。しかし、その半年後7〜10cmに及ぶ再度のストーマ脱出を認め、再度手術を施行した。余剰な腸管を切離し、開腹した。ストーマ挙上腸管を腹腔内に7cm長にわたって計8針で固定した。又、腹壁脱出部も3針で補強を行った。以後、ストーマの脱出は認めていない。ストーマの再脱出症例に対して、腹腔内への固定法も有効であると思われた。(著者抄録)

  • I.単孔式ストーマ造設術の標準的手技と問題点 査読

    西口 幸雄, 井上 透, 福岡 達成, 山本 篤, 池原 照幸

    日本大腸肛門病学会 日本大腸肛門病学会雑誌   64 ( 10 )   842 - 845   2011年( ISSN:00471801

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    単孔式のストーマの造設術は,消化器外科手術,とくに大腸外科領域においては基本となる手術手技である.手術手技については施設,術者によって種々報告されているが,明確なエビデンスにもとづいた「標準」といったものはない.現時点での標準と考えられる,単孔式ストーマ造設手術手技について解説する.合併症の少ない,管理しやすい良好な消化管ストーマを造設することは,患者および家族にとってとても重要であり,すべての外科医が会得すべき手技である.<br>

    DOI: 10.3862/jcoloproctology.64.842

    CiNii Article

  • 乳癌術後症例における腫瘍マーカーNCC-ST439測定時の問題点と対策 査読

    瀧井 麻美子, 小川 佳成, 池田 克実, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 張 翔, 有本 裕一, 徳永 伸也, 西口 幸雄, 池原 照幸

    (株)篠原出版新社 乳癌の臨床   25 ( 4 )   465 - 468   2010年08月( ISSN:0911-2251

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    乳癌術後症例における腫瘍マーカーNCC-ST439(NCC)測定時の問題点と対策について検討した。根治術を施行した乳癌症例446例を対象とした。術前の陽性率はNCCが5.2%、CEAが22%、CA15-3が10%であった。術後再発症例52例におけるNCC陽性率は32.7%で、CEAが40.4%、CA15-3が36.5%であった。陽性化したが再発を認めなかった偽陽性率はNCCで8.1%、CEAは24.9%、CA15-3で11.4%であった。術後446例中49例にNCCの陽性化がみられ、17例に再発を認めた。NCC陽性例のうち転移再発を認めた17例を真陽性群、認めなかった32例を偽陽性群とした。真陽性群では60%の症例で陽性化後2回目の測定値が上昇したが、偽陽性群では69%の症例で2回目には測定値が下降し、ほとんどの症例で陰性化した。偽陽性群のうち陽性化と陰性化を繰り返す症例が33%みられた。

  • OP-012-4 残胃の癌の検討 : サーベイランスを中心に(残胃,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    豊川 貴弘, 山下 好人, 山本 篤, 瀧井 麻美子, 吉田 佳世, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 張 翔, 森村 圭一郎, 山本 訓史, 池田 克実, 清水 貞利, 金澤 景繁, 竹村 雅至, 小川 佳成, 有本 裕一, 塚本 忠司, 澤田 鉄二, 西口 幸雄, 池原 照幸, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   316   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [A case of advanced gastric cancer responding to S-1 chemotherapy for three weeks]. 査読

    Sakurai K, Yamashita Y, Shimizu S, Yoshida K, Fukuoka T, Xiang Z, Yamamoto S, Yamamoto A, Kanazawa A, Takemura M, Tsukamoto T, Nishiguchi Y, Ikehara T

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 2 )   315 - 8   2010年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 保冷剤を用いた冷却法による酢酸ゴセレリン投与時の疼痛緩和の検討 査読

    池田 克実, 小川 佳成, 永原 央, 張 翔, 櫻井 克宣, 福岡 達成, 徳永 伸也, 西口 幸雄

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   37 ( 2 )   291 - 293   2010年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    保冷剤を用いた局所冷却法による太針径LH-RH agonist投与時の疼痛緩和効果を検討した。酢酸ゴセレリンの投与を受けている閉経前乳癌術後患者18例を対象に、(1)無処置で酢酸ゴセレリンを投与する方法と、(2)保冷剤を用いて投与部位を冷却後に投与する方法の疼痛に関してアンケートを実施した。疼痛評価はNumerical Rating Scale(NRS)を用い、0〜10で評価した。酢酸ゴセレリン投与時疼痛は、(1)NRS 3.83±2.79、(2)1.39±1.29で、冷却法にて疼痛は有意に軽減された(p<0.005)。また、疼痛軽減のための改善策が必要であるとの意見は、(1)66.6%、(2)0%であった。冷却法は簡便であり、酢酸ゴセレリンの投与時の疼痛緩和に活用できると思われた。(著者抄録)

  • [Evaluation of pain reduction upon injecting goserelin acetate using an ice pack]. 査読

    Ikeda K, Ogawa Y, Nagahara H, Xiang Z, Sakurai K, Fukuoka T, Tokunaga S, Nishiguchi Y

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 2 )   291 - 3   2010年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • S-1の3週間投与にてpCRが得られた進行胃癌の1例 査読

    櫻井 克宣, 山下 好人, 清水 貞利, 吉田 佳世, 福岡 達成, 張 翔, 山本 訓史, 山本 篤, 金沢 景繁, 竹村 雅至, 塚本 忠司, 西口 幸雄, 池原 照幸

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   37 ( 2 )   315 - 318   2010年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は67歳、男性。食欲不振を主訴に受診した。精査の結果、MLU領域の4型胃癌、cT3N1H0P0M0,stage IIIAと診断した。術前にS-1を投与したが、食事摂取が困難となったため3週間で中止した。上部消化管検査では胃壁の硬化は軽度軽減していた。胃全摘術ならびにD2郭清を行い、病理組織検査にて原発巣、リンパ節ともに癌細胞の遺残なく化学療法の効果判定はGrade 3と判定した。S-1単独の化学療法にてpCRが得られた症例はまれであり報告する。(著者抄録)

  • 膀胱癌術後結腸転移を認めた1例 査読

    福岡 達成, 野田 英児, 前田 清, 井上 透, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   71 ( 1 )   150 - 153   2010年01月( ISSN:13452843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 膀胱癌術後結腸転移を認めた1例 査読

    福岡 達成, 野田 英児, 前田 清, 井上 透, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   71 ( 1 )   150 - 153   2010年01月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は70歳代の男性.膀胱癌および肺転移に対して術前化学療法を施行後,経尿道的膀胱腫瘍切除術を施行した.その後外来にて経過観察中,手術から約8ヵ月後の腹部CT検査にて左総腸骨動脈周囲リンパ節の腫大,および上行結腸に腫瘤陰影が認められた.さらに大腸内視鏡検査にて上行結腸に1型の腫瘍を認めた.上行結腸腫瘍に対し,結腸右半切除術を行い,同時に左総腸骨動脈周囲のリンパ節を摘出した.病理組織検査の結果,上行結腸の腫瘍,左総腸骨動脈周囲リンパ節ともに膀胱癌の転移と診断された.転移性大腸癌は非常に稀であり,若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • 膀胱癌術後結腸転移を認めた1例 査読

    福岡 達成, 野田 英児, 前田 清, 井上 透, 西口 幸雄, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   71 ( 1 )   150 - 153   2010年( ISSN:13452843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は70歳代の男性.膀胱癌および肺転移に対して術前化学療法を施行後,経尿道的膀胱腫瘍切除術を施行した.その後外来にて経過観察中,手術から約8カ月後の腹部CT検査にて左総腸骨動脈周囲リンパ節の腫大,および上行結腸に腫瘤陰影が認められた.さらに大腸内視鏡検査にて上行結腸に1型の腫瘍を認めた.上行結腸腫瘍に対し,結腸右半切除術を行い,同時に左総腸骨動脈周囲のリンパ節を摘出した.病理組織検査の結果,上行結腸の腫瘍,左総腸骨動脈周囲リンパ節ともに膀胱癌の転移と診断された.転移性大腸癌は非常に稀であり,若干の文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.71.150

    CiNii Article

  • [A case of the local advanced gastric cancer which became a resection possible in S-1/CDDP/lentinan neoadjuvant chemotherapy]. 査読

    Hori T, Ikehara T, Takatsuka S, Fukuoka T, Tendou M, Tezuka K, Dan N, Nishino H, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   36 ( 12 )   2309 - 11   2009年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • O-1-16 高度進行胃癌に対するTS-1/CDDP/Lentinan併用化学療法の検討(胃 進行・再発1,一般演題(口演),第63回日本消化器外科学会総会) 査読

    堀 武治, 高塚 聡, 福岡 達成, 山崎 修, 池原 照幸

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   41 ( 7 )   1154   2008年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SP-2 腹腔鏡補助下に切除しえた空腸原発印環細胞癌の1例(特別ポスター1 小腸悪性腫瘍,第62回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    福岡 達成, 前田 清, 野田 英児, 井上 透, 山下 好人, 山田 靖哉, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   40 ( 7 )   1113   2007年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【消化器・一般外科におけるCommon Diseaseの手術 エルステから高難度まで】虫垂炎手術 虫垂炎に対する開腹手術・開腹移行

    福岡 達成, 永原 央, 渋谷 雅常, 井関 康仁, 小川 正文, 大平 雅一

    手術   75 ( 4 )   445 - 452   2021年04月( ISSN:0037-4423

  • 【潰瘍性大腸炎・クローン病手術のすべて】潰瘍性大腸炎 中毒性巨大結腸症を伴う潰瘍性大腸炎に対する緊急手術 査読

    福岡 達成, 前田 清, 渋谷 雅常, 永原 央, 中尾 重富, 大平 雅一

    金原出版(株) 手術   71 ( 7 )   965 - 969   2017年06月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【消化管ストーマ造設と便失禁診療の標準化をめざして】単孔式ストーマ造設術の標準的手技と問題点 査読

    西口 幸雄, 井上 透, 福岡 達成, 山本 篤, 池原 照幸

    (一社)日本大腸肛門病学会 日本大腸肛門病学会雑誌   64 ( 10 )   842 - 845   2011年10月( ISSN:0047-1801

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    単孔式のストーマの造設術は,消化器外科手術,とくに大腸外科領域においては基本となる手術手技である.手術手技については施設,術者によって種々報告されているが,明確なエビデンスにもとづいた「標準」といったものはない.現時点での標準と考えられる,単孔式ストーマ造設手術手技について解説する.合併症の少ない,管理しやすい良好な消化管ストーマを造設することは,患者および家族にとってとても重要であり,すべての外科医が会得すべき手技である.(著者抄録)

  • 胸腔鏡下食道切除術における縦隔左側の郭清と左迷走神経肺枝の温存手技 査読

    竹村 雅至, 森村 圭一朗, 吉田 佳世, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 福岡 達成

    (一社)日本内視鏡外科学会 日本内視鏡外科学会雑誌   16 ( 2 )   245 - 250   2011年04月( ISSN:1344-6703

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    胸腔鏡下食道切除術における食道のテーピングによる中下縦隔左側の郭清手技と左迷走神経肺枝の温存手技について述べる。上縦隔郭清終了後に下縦隔で胸管をクリッピング切断し、下行大動脈壁を露出するように剥離する。その後、食道を腹側に牽引し、左胸膜を露出する層で剥離する。腹側では心嚢を露出するように剥離するが、背側の剥離層とは連続性がなく、左側境界の決定ができない。しかし、左下肺静脈の部位では、縦隔左側の境界が決定でき、しかもこの部分で食道をテーピングすると左迷走神経が一緒に牽引できる。このテーピングにより、迷走神経に緊張がかかり肺枝の確認が容易に行えるため、確実な温存が可能となる。(著者抄録)

  • 当院における消化管ストーマの標準手術手技 単孔式結腸ストーマ 査読

    福岡 達成, 西口 幸雄, 出口 諭江, 瀧井 麻美子, 吉田 佳世, 櫻井 克宣, 張 翔, 山本 訓史, 豊川 貴弘, 森村 圭一朗, 池田 克実, 山本 篤, 清水 貞利, 金澤 景繁, 竹村 雅至, 小川 佳成, 山下 好人, 有本 裕一, 塚本 忠司, 池原 照幸

    関西STOMA研究会 STOMA: Wound & Continence   17 ( 1 )   1 - 4   2010年01月( ISSN:0289-5404

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    消化管ストーマ造設術は消化器外科手術、とくに大腸外科領域においては基本となる手術手技である。手術手技については施設、術者によって種々報告されている。当院で行っている単孔式結腸ストーマ造設手術手技について解説するが、一つ一つの工程には理由がある。合併症の少ない、管理しやすい良好な消化管ストーマを造設することは患者および家族にとってとても重要であり、すべての外科医が会得すべき手技である。(著者抄録)

講演・口頭発表等