2024/04/05 更新

写真a

タナカ カツアキ
田中 克明
TANAKA Katsuaki
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 麻酔科学  / Anesthesiology

研究キーワード

  • 麻酔科学

研究歴

  • 麻酔中の脳波の解析並びに吸入麻酔薬の薬物動態について

    脳波、吸入麻酔薬  個人研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本麻酔科学会

      国内

  • 日本区域麻酔学会

      国内

  • 日本臨床麻酔学会

      国内

受賞歴

  • 白羽賞

    2005  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 星ヶ丘厚生年金病院   -

    2005年 - 2006年

  • 大阪厚生年金病院   -

    2001年

  • 淀川キリスト教病院   -

    2000年

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   臨床医科学   博士課程   卒業・修了

    - 2005年

  • 大阪市立大学   医学部   医学科     卒業・修了

    - 1999年

論文

  • Deep breathing alleviates propofol-induced pain: a prospective, randomized, single-blind study.

    Tanaka K, Yoshizumi Y, Hamada T, Nishikawa K, Mori T

    Journal of anesthesia   37 ( 1 )   97 - 103   2023年02月( ISSN:0913-8668

     詳細を見る

  • 公益社団法人日本麻酔科学会第69回学術集会講演特集号 学術委員会:学会賞記念講演 Recruitment maneuverによる血行動態変化率は分離肺換気下における輸液反応性の指標として有効である

    木村 文, 末廣 浩一, 重里 尚, 藤本 陽平, 吉田 寿子, 田中 克明, 森 隆, 西川 精宣

    麻酔   71 ( 13 )   S171 - S178   2022年11月( ISSN:00214892

     詳細を見る

  • Recruitment maneuverによる血行動態変化率は分離肺換気下における輸液反応性の指標として有効である

    木村 文, 末廣 浩一, 重里 尚, 藤本 陽平, 吉田 寿子, 田中 克明, 森 隆, 西川 精宣

    麻酔   71 ( 増刊 )   S171 - S178   2022年11月( ISSN:0021-4892

     詳細を見る

    Recruitment maneuver(RM)による1回心拍出量(SV)変化量および平均動脈圧(MAP)変化量が一側肺換気(OLV)中における輸液反応性の指標として有用であるかどうか検討した。ビデオ支援胸腔鏡手術による食道切除術または肺切除術のためにOLVを行う症例30例を対象とした。ΔSV RMはSV-responderの方がSV-non-responderより有意に大きく、ΔMAP RMはBP-non-responderに比べてBP-responderで有意に高値であった。SV-responderを判別するΔSV RMのAUCは0.84であり、1回拍出量変動(SVV)と脈圧変動(PPV)はともに輸液反応性を有効に予測できなかった。SV-responderのカットオフ値は-23.7%、感度は76.5%、特異度は84.6%であった。BP-responderについては、ΔMAP RMのAUCは0.80であり、SVVとPPVはともに輸液反応性を予測できなかった。ΔMAP RMのカットオフ値は-17.3%、感度は75.0%、特異度は77.8%であった。RMによるSVとBPの変化率は輸液負荷後のSVの増加を予測することができた。従来から輸液反応性の予測に用いられてきたSVVとPPVの予測能力は低いことが示された。

  • Changes in corrected carotid flow time induced by recruitment maneuver predict fluid responsiveness in patients undergoing general anesthesia.

    Kimura A, Suehiro K, Juri T, Tanaka K, Mori T

    Journal of clinical monitoring and computing   36 ( 4 )   1069 - 1077   2022年08月( ISSN:1387-1307

     詳細を見る

  • Validation of Continuous Noninvasive Blood Pressure Monitoring Using Error Grid Analysis.

    Juri T, Suehiro K, Kanematsu R, Takahashi K, Fujimoto Y, Tanaka K, Mori T

    Anesthesia and analgesia   134 ( 4 )   773 - 780   2022年04月( ISSN:0003-2999

  • Radical-7 招待

    田中克明, 山崎広之, 森隆

    日本臨床麻酔科学会誌   42 ( 1 )   36 - 43   2022年01月( ISSN:0285-4945

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    DOI: 10.2199/jjsca.42.36

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000170

  • Changes in stroke volume induced by lung recruitment maneuver can predict fluid responsiveness during intraoperative lung-protective ventilation in prone position 査読

    Watanabe R,Suehiro K,Mukai A,Tanaka K,Yamada T,Mori T,Nishikawa K

    BMC anesthesiology   21 ( 1 )   303   2021年12月( ISSN:1471-2253

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12871-021-01527-y

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000173

  • Changes in stroke volume induced by lung recruitment maneuver can predict fluid responsiveness during intraoperative lung-protective ventilation in prone position. 査読

    Watanabe R, Suehiro K, Mukai A, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    BMC anesthesiology   21 ( 1 )   303   2021年12月( ISSN:1471-2253

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12871-021-01527-y

    PubMed

  • Hemodynamic Changes via the Lung Recruitment Maneuver Can Predict Fluid Responsiveness in Stroke Volume and Arterial Pressure During One-Lung Ventilation. 査読

    Kimura A, Suehiro K, Juri T, Fujimoto Y, Yoshida H, Tanaka K, Mori T, Nishikawa K

    Anesthesia and analgesia   133 ( 1 )   44 - 52   2021年07月( ISSN:0003-2999

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1213/ANE.0000000000005375

    PubMed

  • Effect of Systemic Vascular Resistance on the Reliability of Noninvasive Hemodynamic Monitoring in Cardiac Surgery. 査読

    Mukai A, Suehiro K, Kimura A, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia   35 ( 6 )   1782 - 1791   2021年06月( ISSN:1053-0770

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1053/j.jvca.2020.11.011

    PubMed

  • Hemodynamic Changes via the Lung Recruitment Maneuver Can Predict Fluid Responsiveness in Stroke Volume and Arterial Pressure During One-Lung Ventilation. 査読

    Kimura A, Suehiro K, Juri T, Fujimoto Y, Yoshida H, Tanaka K, Mori T, Nishikawa K

    Anesthesia and analgesia   2021年01月( ISSN:0003-2999

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1213/ANE.0000000000005375

    PubMed

  • Percutaneous Endovascular Retrieval of Large Cement Leakage into the Right Atrium Following Cement-Augmented Pedicle Screw Instrumentation 査読

    Takahashi Shinji, Tamai Koji, Nakamura Hiroaki, Sohgawa Etsuji, Suzuki Akinobu, Yamamoto Akira, Sasaki Ryo, Tanaka Katsuaki, Terai Hidetomi, Hoshino Masatoshi, Toyoda Hiromitsu

    一般社団法人 日本脊椎脊髄病学会 Spine Surgery and Related Research   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22603/ssrr.2021-0011

    CiNii Article

  • Impact of intraoperative goal-directed fluid therapy on major morbidity and mortality after transthoracic oesophagectomy: a multicentre, randomised controlled trial. 査読

    Mukai A, Suehiro K, Watanabe R, Juri T, Hayashi Y, Tanaka K, Fujii T, Ohira N, Oda Y, Okutani R, Nishikawa K

    British journal of anaesthesia   125 ( 6 )   953 - 961   2020年12月( ISSN:0007-0912

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bja.2020.08.060

    PubMed

  • Impact of intraoperative goal-directed fluid therapy on major morbidity and mortality after transthoracic oesophagectomy: a multicentre, randomised controlled trial. 査読

    Mukai A, Suehiro K, Watanabe R, Juri T, Hayashi Y, Tanaka K, Fujii T, Ohira N, Oda Y, Okutani R, Nishikawa K

    British journal of anaesthesia   125 ( 6 )   953 - 961   2020年12月( ISSN:0007-0912

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bja.2020.08.060

    PubMed

  • Effect of Systemic Vascular Resistance on the Reliability of Noninvasive Hemodynamic Monitoring in Cardiac Surgery. 査読

    Mukai A, Suehiro K, Kimura A, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia   2020年11月( ISSN:1053-0770

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jvca.2020.11.011

    PubMed

  • Impact of deep breathing on predictability of stroke volume variation in spontaneous breathing patients. 査読

    Mukai A, Suehiro K, Kimura A, Kodama S, Tanaka K, Mori T, Nishikawa K

    Acta anaesthesiologica Scandinavica   64 ( 5 )   648 - 655   2020年05月( ISSN:0001-5172

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aas.13541

    PubMed

  • Comparison of the venous-arterial CO2 to arterial-venous O-2 content difference ratio with the venous-arterial CO2 gradient for the predictability of adverse outcomes after cardiac surgery 査読

    Mukai Akira, Suehiro Koichi, Kimura Aya, Funai Yusuke, Matsuura Tadashi, Tanaka Katsuaki, Yamada Tokuhiro, Mori Takashi, Nishikawa Kiyonobu

    JOURNAL OF CLINICAL MONITORING AND COMPUTING   34 ( 1 )   41 - 53   2020年02月( ISSN:1387-1307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10877-019-00286-z

  • Comparison of the venous-arterial CO<sub>2</sub> to arterial-venous O<sub>2</sub> content difference ratio with the venous-arterial CO<sub>2</sub> gradient for the predictability of adverse outcomes after cardiac surgery. 査読

    Mukai A, Suehiro K, Kimura A, Funai Y, Matsuura T, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Journal of clinical monitoring and computing   34 ( 1 )   41 - 53   2020年02月( ISSN:1387-1307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10877-019-00286-z

    PubMed

  • Impact of deep breathing on predictability of stroke volume variation in spontaneous breathing patients 査読

    Mukai Akira, Suehiro Koichi, Kimura Aya, Kodama Sae, Tanaka Katsuaki, Mori Takashi, Nishikawa Kiyonobu

    ACTA ANAESTHESIOLOGICA SCANDINAVICA   2020年01月( ISSN:0001-5172

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aas.13541

    PubMed

  • General Anesthesia Management for Adult Mucopolysaccharidosis Patients Undergoing Major Spine Surgery. 査読

    Tsuchiya M, Terai H, Mizutani K, Funai Y, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Medical principles and practice : international journal of the Kuwait University, Health Science Centre   2019年09月( ISSN:1011-7571

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000503051

    PubMed

  • A case of esophageal perforation after intraoperative transesophageal echocardiography in a patient with a giant left atrium: unexpectedly large distortion of the esophagus revealed on retrospectively constructed three-dimensional imaging 査読

    Kimura Aya, Mori Takashi, Kihara Yuki, Watanabe Chie, Tanaka Katsuaki, Yamada Tokuhiro, Yoshida Atushi, Kawabe Joji, Sakon Yoshito, Sibata Toshihiko, Nishikawa Kiyonobu

    JA CLINICAL REPORTS   5   2019年03月( ISSN:2363-9024

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40981-019-0243-0

  • Impact of non-invasive continuous blood pressure monitoring on maternal hypotension during cesarean delivery: a randomized-controlled study. 査読

    Juri T, Suehiro K, Kimura A, Mukai A, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Journal of anesthesia   2018年09月( ISSN:0913-8668

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-018-2560-2

    PubMed

  • The Sum of Early Diastolic Annulus Velocities in the Mitral and Tricuspid Valve Can Predict Adverse Events After Cardiac Surgery. 査読

    Mukai A, Suehiro K, Fujimoto Y, Matsuura T, Tanaka K, Funao T, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Journal of cardiothoracic and vascular anesthesia   2018年05月( ISSN:1053-0770

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jvca.2018.05.043

    PubMed

  • Impact of continuous non-invasive blood pressure monitoring on hemodynamic fluctuation during general anesthesia: a randomized controlled study. 査読 国際共著

    Juri T, Suehiro K, Kimura A, Mukai A, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Journal of clinical monitoring and computing   2018年03月( ISSN:1387-1307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10877-018-0125-4

    PubMed

  • Pleth variability index can predict spinal anaesthesia-induced hypotension in patients undergoing caesarean delivery 査読

    Kuwata S., Suehiro K., Juri T., Tsujimoto S., Mukai A., Tanaka K., Yamada T., Mori T., Nishikawa K.

    ACTA ANAESTHESIOLOGICA SCANDINAVICA   62 ( 1 )   75 - 84   2018年01月( ISSN:0001-5172

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aas.13012

  • 酸素運搬能を維持するために─産科危機的出血への対応─ 査読

    田中 克明

    日本臨床麻酔学会 日本臨床麻酔学会誌   38 ( 7 )   836 - 842   2018年( ISSN:0285-4945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <p>酸素運搬能は心拍出量,酸素飽和度,ヘモグロビン値,動脈血酸素分圧の4因子で規定される.しかし,これらを連続的かつ正確にモニターできる機器の開発・普及は途上にあり,急激な経過をとり得る産科危機的出血の病態評価において,汎診療科的に使える段階にはない.産科危機的出血への対応指針ではショックインデックス(SI)が病態評価基準である.特にSI 1.0,1.5は臨床判断上の分水嶺である.妊産婦では通常,心機能・呼吸機能が大きくは障害されていないために,酸素運搬能維持のために最も重要となるのはヘモグロビン値の維持である.そのためには迅速な輸血の供給体制構築と安全・確実な輸血の投与が必要である.</p>

    DOI: 10.2199/jjsca.38.836

    CiNii Article

  • Hydroxyethyl starch 130/0.4 versus crystalloid co-loading during general anesthesia induction: a randomized controlled trial 査読

    Juri Takashi, Suehiro Koichi, Kuwata Shigemune, Tsujimoto Sayaka, Mukai Akira, Tanaka Katsuaki, Yamada Tokuhiro, Mori Takashi, Nishikawa Kiyonobu

    JOURNAL OF ANESTHESIA   31 ( 6 )   878 - 884   2017年12月( ISSN:0913-8668

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-017-2416-1

    PubMed

  • Pre-anesthetic stroke volume variation can predict cardiac output decrease and hypotension during induction of general anesthesia. 査読

    Juri T, Suehiro K, Tsujimoto S, Kuwata S, Mukai A, Tanaka K, Yamada T, Mori T, Nishikawa K

    Journal of clinical monitoring and computing   2017年06月( ISSN:1387-1307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10877-017-0038-7

    PubMed

  • The Efficacy of Fentanyl for Procedural Analgesia during Epidural Catheter Placement: Differences in Anesthesiologists' Experience(和訳中) 査読

    Shimizu Motoko, Funao Tomoharu, Miyata Taeko, Tanaka Katsuaki, Yamada Tokuhiro, Nishikawa Kiyonobu

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   9 - 16   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 本邦におけるGDTの実施状況等について 招待

    末廣 浩一, 田中 克明, 西川 精宣

    日本臨床麻酔学会誌   37 ( 2 )   211 - 218   2017年( ISSN:0285-4945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    <p>ハイリスク手術症例は手術数全体の12.5%程度しか占めていないにもかかわらず,術後死亡数の80%以上を占めるとされる.Goal-directed therapy(GDT)はハイリスク症例において予後を改善する可能性が示唆されているが,GDTの適用に関して特に基準はなく,また施設によって使用するモニターやプロトコールなどもさまざまである.2014年にわれわれは日本麻酔科学会認定施設を対象として,ハイリスク症例における血行動態モニタリングに関する調査を行った.本稿ではわれわれの調査結果を踏まえて,本邦におけるGDTの施行状況やGDTを行っていく上での問題点を考察したい.</p>

    DOI: 10.2199/jjsca.37.211

    CiNii Article

  • Hemodynamic monitoring and management in high-risk surgery: a survey among Japanese anesthesiologists 査読

    Suehiro Koichi, Tanaka Katsuaki, Mukai Akira, Joosten Alexandre, Desebbe Olivier, Alexander Brenton, Cannesson Maxime, Nishikawa Kiyonobu

    JOURNAL OF ANESTHESIA   30 ( 3 )   526 - 529   2016年06月( ISSN:0913-8668

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-016-2155-8

    PubMed

  • Improved Performance of the Fourth-Generation FloTrac/Vigileo System for Tracking Cardiac Output Changes 査読

    Suehiro Koichi, Tanaka Katsuaki, Mikawa Mika, Uchihara Yuriko, Matsuyama Taiki, Matsuura Tadashi, Funao Tomoharu, Yamada Tokuhiro, Mori Takashi, Nishikawa Kiyonobu

    JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA   29 ( 3 )   656 - 662   2015年06月( ISSN:1053-0770

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jvca.2014.07.022

    PubMed

  • The ability of the Vigileo-FloTrac system to measure cardiac output and track cardiac output changes during one-lung ventilation 査読

    Suehiro Koichi, Tanaka Katsuaki, Yamada Tokuhiro, Matsuura Tadashi, Mori Takashi, Funao Tomoharu, Nishikawa Kiyonobu

    JOURNAL OF CLINICAL MONITORING AND COMPUTING   29 ( 3 )   333 - 339   2015年06月( ISSN:1387-1307

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10877-014-9609-z

    PubMed

  • Profound hypotension during kidney transplantation for a patient with a depressive disorder 査読 国際共著

    Maki Nabatame, Katsuaki Tanaka, Yuichi Nishi, Kazutake Ikenaga, Tadashi Matsuura, Takashi Mori, Kiyonobu Nishikawa

    Journal of Anesthesia and Clinical Research   6 ( 3 )   518   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 帝王切開の脊髄くも膜下麻酔で高比重プピバカインを2mL投与したが、T12までしか麻酔高が上がらない 招待

    田中克明

    LiSA   22 ( 4 )   380 - 381   2015年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • The utility of intra-operative three-dimensional transoesophageal echocardiography for dynamic measurement of stroke volume

    Koichi Suehiro, Tokuhiro Yamada, Tadashi Matsuura , Tomoharu Funao, Takashi Mori, Kiyonobu Nishikawa

    Anaesthesia   70 ( 2 )   150 - 159   2015年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Vigileo-FloTrac (TM) System: Arterial Waveform Analysis for Measuring Cardiac Output and Predicting Fluid Responsiveness: A Clinical Review 査読

    Suehiro Koichi, Tanaka Katsuaki, Matsuura Tadashi, Funao Tomoharu, Yamada Tokuhiro, Mori Takashi, Nishikawa Kiyonobu

    JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA   28 ( 5 )   1361 - 1374   2014年10月( ISSN:1053-0770

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jvca.2014.02.020

    PubMed

  • The impact of intraoperative hypothermia on early postoperative adverse events after radical esophagectomy for cancer: a retrospective cohort study

    -

    Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia   28 ( 4 )   955 - 959   2014年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preoperative hydroperoxide concentrations are associated with an increased risk of postoperative complications after cardiac surgery 査読

    Suehiro K., Tanaka K., Matsuura T., Funao T., Yamada T., Mori T., Tsuchiya M., Nishikawa K.

    ANAESTHESIA AND INTENSIVE CARE   42 ( 4 )   487 - 494   2014年07月( ISSN:0310-057X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Discrepancy Between Superior Vena Cava Oxygen Saturation and Mixed Venous Oxygen Saturation Can Predict Postoperative Complications in Cardiac Surgery Patients

    -

    Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia   28 ( 3 )   528 - 533   2014年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Detection of Left Ventricular Dysfunction Using Early Diastolic Mitral Annular Velocity in Patients Undergoing Mitral Valve Repair for Mitral Regurgitation.

    -

    Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia   28 ( 1 )   25 - 30   2014年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A delayed case of tension pneumopericardium after total gastrectomy

    -

    Journal of Clinical Anesthesia   26 ( 1 )   58 - 61   2014年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anesthesia for Emergency Cesarean Section in a Parturient with Noonan Syndrome

    -

    Journal of Anesthesia & Clinical Research   4 ( 11 )   368   2013年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Congestive Heart Failure after Cesarean Section in a Patient with Congenital Myopathy 査読

    Kazutake IKENAGA, Katsuaki Tanaka, Aki KAWASAKI, Hiroyuki YAMASAKI, Kiyonobu NISHIKAWA

    麻酔と蘇生   49 ( 1 )   37 - 39   2013年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Systemic vascular resistance has an impact on the reliability of the Vigileo-FloTrac system in measuring cardiac output and tracking cardiac output changes 査読 国際共著

    Koichi Suehiro, Katsuaki Tanaka, Tomoharu Funao, Tadashi Matsuura, Takashi Mori, Kiyonobu Nishikawa

    British Journal of Anaesthesia   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 胸部大動脈血管内修復術後の遅発性対麻痺患者の治療成功(Successful Treatment of a Patient with Delayed onset Paraplegia after Thoracic Endovascular Aortic Repair) 査読

    Nakamura Taketo, Yamada Tokuhiro, Matsuura Tadashi, Tanaka Katsuaki, Funao Tomoharu, Nishikawa Kiyonobu

    日本循環制御医学会 循環制御   33 ( 2 )   112 - 114   2012年08月( ISSN:0389-1844

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は60歳男性で、45歳時に下行大動脈のグラフト置換術を施行されていた。グラフト近傍の嚢状動脈瘤が2年間で徐々に拡大したため、左鎖骨動脈下の遠位大動脈弓動脈瘤に対し全身麻酔下で血管内修復術を行った。手術は5時間46分で終了し、神経学的欠損の兆候は全くみられなかった。しかし、集中治療室入室後3時間目に突然麻痺がみられ、筋力が著明に低下し、右はL1以下、左はL2以下の感覚が低下した。平均動脈圧は術中80mmHg以上、術後90mmHg以上に維持していたが、ドーパミンにより120mmHg以上にしても麻痺は改善しなかった。腰部脳脊髄液ドレナージを速やかに行ったところ、筋力が改善し、触感が正常になったが、右L2以下の温度感覚は消失していた。術後7日目の血管造影では、左鎖骨下動脈と大前根髄質動脈のステントによる閉塞は認められなかった。

  • Successful Treatment of a Patient with Delayed-Onset Paraplegia after Thoracic Endovascular Aortic Repair 査読

    Nakamura Taketo, Yamada Tokuhiro, Matsuura Tadashi, Tanaka Katsuaki, Funao Tomoharu, Nishikawa Kiyonobu

    Japan Society of Circulation Control in Medicine 循環制御   33 ( 2 )   112 - 114   2012年( ISSN:0389-1844

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 60-year old man developed paraplegia three hours after thoracic endovascular aortic repair under general anesthesia for distal aortic arch aneurysm. This delayed-onset paraplegia was suspected to be due to a steal effect on the spinal small end arteries. The symptom was successfully alleviated by rapid lumbar cerebrospinal fluid drainage.

    DOI: 10.11312/ccm.33.112

    CiNii Article

  • 非心臓手術の周術期脳卒中 招待

    濱田拓, 山田徳洪, 山下淳, 舟尾友晴, 田中克明, 他

    臨床麻酔   36 ( 9 )   1357 - 1361   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 帝王切開中に生じたラテックスによるアナフィラキシーショックの1症例 査読

    池田奈保美, 小田裕, 田中克明, 中村武人, 浅田章

    麻酔   59 ( 10 )   1294 - 1297   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 灌流指標 Perfusion Index と脈波変動指標 Pleth Variability Index 招待 査読

    田中克明

    日本臨床麻酔学会誌   31 ( 2 )   347 - 352   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 麻酔科周術期業務への電子カルテと電子麻酔記録の導入(大阪市立大学医学部附属病院) 査読

    清水雅子, 田中克明, 萩原千恵, 池永十健, 吉岡美和子, 浅田章

    麻酔   60 ( 6 )   743 - 752   2011年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Effect of remifentanil on cardiovascular and bispectral index responses following the induction of anesthesia with midazolam and subsequent tracheal intubation 査読

    Miyake Wakako, Oda Yutaka, Ikeda Yuko, Tanaka Katsuaki, Hagihira Satoshi, Iwaki Hiroyoshi, Asada Akira

    2 JOURNAL OF ANESTHESIA   24 ( 2 )   161 - 167   2010年04月( ISSN:0913-8668

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-010-0895-4

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • Effect of remifentanil on cardiovascular and bispectral index responses after induction of anesthesia with midazolam and subsequent tracheal intubation. 査読 国際共著

    Wakako Miyake, Yutaka Oda, Yuko Ikeda, Katsuaki Tanaka, Satoshi Hagihira, Hiroyoshi Iwaki, Akira Asa

    Journal of Anesthesia   24 ( 2 )   161 - 167   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 術中心停止を来した慢性3枝ブロックの1症例 査読

    堀耕太郎, 舟尾友晴, 田中克明, 山田徳洪, 森隆, 浅田章

    麻酔   59 ( 2 )   206 - 209   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 脊髄くも膜下麻酔による帝王切開・分娩後にアナフィラキシーショックを生じた1症例 査読

    池田 奈保美, 田中 克明, 小田 裕, 浅田 章

    The Japanese Society of Reanimatology 蘇生   28 ( 3 )   199a - 199a   2009年( ISSN:0288-4348

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PDFファイルをご覧下さい。

    DOI: 10.11414/jjreanimatology.28.199a

    CiNii Article

  • Advance of age decreases the minimum alveolar concentrations of isoflurane and sevoflurane for maintaining bispectral index below 50 査読 国際共著

    Tadashi Matsuura, Yutaka Oda, Katsuaki Tanaka, Takashi Mori, et al.

    British Journal of Anaesthesia   102 ( 3 )   331 - 335   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • ラリンジアルマスクを用いて全身麻酔下で経尿道的膀胱結石破砕術を施行した成人のLarsen症候群症例 査読

    池永十健, 田中克明, 萩原千恵, 吉岡美和子, 他

    臨床麻酔   33   41 - 44   2009年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Propranolol increases the threshold for lidocaine-induced convulsions in awake rats: a direct effect on the brain 査読 国際共著

    Taketo Nakamura, Yutaka Oda, Ryota Takahashi, Katsuaki Tanaka, Ichiro Hase, et al.

    Anesthesia and Analgesia   106 ( 5 )   1450 - 1455   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • バソプレシンが有効であったアナフィラキシー心停止の1例 査読

    小谷百合子, 田中克明, 羽阪めぐみ, 池下和敏, 浅田章

    臨床麻酔   32 ( 8 )   1417 - 1418   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 術中輸液管理に苦慮した食道癌根治術症例-汎下垂体機能低下症の合併- 査読

    清水雅子, 舟尾友晴, 田中克明, 狩谷伸亨, 西川精宣, 他

    臨床麻酔   32 ( 5 )   929 - 993   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 術中に異常高血圧をきたし、術後に後腹膜傍神経節腫と診断された症例 査読

    嵐大輔, 田中克明, 狩谷伸享, 舟尾友晴, 他

    臨床麻酔   32 ( 10 )   1640 - 1642   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • The effect of dexmedetomidine on electrocorticography in patients with temporal lobe epilepsy under sevoflurane anesthesia 査読 国際共著

    Yutaka Oda, Sumiko Toriyama, Katsuaki Tanaka, Tadashi Matsuura, Naoya Hamaoka, Michiharu Morino, Akira Asada

    Anesthesia and Analgesia   105 ( 5 )   1272 - 1277   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Charcot-Marie-Tooth病合併妊婦における帝王切開の麻酔経験 査読

    吉岡美和子, 田中克明, 青天目牧, 松下三二, 辻村茂久

    臨床麻酔   31 ( 10 )   1589 - 1591   2007年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Nitrous oxide induces paradoxical electroencephalographic changes after tracheal intubation during isoflurane and sevoflurane anesthesia 査読 国際共著

    Oda Y, Tanaka K, Matsuura T, Hase I, Nishikawa K, Asada A

    ANESTHESIA AND ANALGESIA   102 ( 4 )   1094 - 1102   2006年04月( ISSN:0003-2999

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1213/01.ane.0000198509.55543.d6

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Epinephrine increases the extracellular lidocaine concentration in the brain: a possible mechanism for increased central nervous system toxicity 査読 国際共著

    Ryota Takahashi, Yutaka Oda, Katsuaki Tanaka, Hisayo O. Morishima, Koki Inoue, et al

    Anesthesiology   105 ( 5 )   984 - 989   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • 麻酔科スーパーローテーション教育チェックリストの作成 査読

    狩谷伸享, 西 信一, 宮田妙子, 城村佳揚子, 田中克明, 他

    麻酔   55 ( 6 )   759 - 771   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Dexmedetomidine decreases the convulsive potency of bupivacaine and levobupivacaine in rats: Involvement of alpha 2-adrenoceptor for controlling convulsions 査読 国際共著

    Tanaka K, Oda Y, Funao T, Takahashi R, Hamaoka N, Asada A

    ANESTHESIA AND ANALGESIA   100 ( 3 )   687 - 696   2005年03月( ISSN:0003-2999

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1213/01.ANE.0000144420.87770.FE

    PubMed

    J-GLOBAL

  • Vasodilation increases the threshold for bupivacaine - induced convulsions in rats 査読 国際共著

    Yutaka Oda, Tomoharu Funao, Katsuaki Tanaka, Akira Asada

    Anesthesia and Analgesia   98   677 - 682   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • The P-glycoprotein inhibitor quinidine decreases the threshold for bupivacaine - induced , but not lidocaine - induced, convulsions in rats 査読 国際共著

    Tomoharu Funao, Yutaka Oda, Katsuaki Tanaka, Akira Asada

    Canadian Journal of Anaesthesia   50 ( 9 )   805 - 811   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 麻酔・疼痛管理・集中治療領域におけるα2受容体作動薬

    西川俊昭

    克誠堂出版  2012年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 局所麻酔薬中毒・アレルギー

    西川精宣, 浅田章

    克誠堂出版  2008年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 8.手術中の低体温はなぜ避けなければいけないのか?: 周術期管理の謎22

    山崎広之( 担当: 共著)

    克誠堂出版  2015年06月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • 高カリウム血症が術後心停止の原因ではなかったか?

    松山大樹, 仲村光世, 萩原千恵, 濱田拓, 西川精宣

    麻酔   62 ( 3 )   365   2013年

  • Goal-Directed Therapy(目標指向型輸液療法)の実践 国内外の実例を交えて 本邦におけるGDTの実施状況等について 査読

    末廣 浩一, 田中 克明, 西川 精宣

    日本臨床麻酔学会 日本臨床麻酔学会誌   37 ( 2 )   211 - 218   2017年03月( ISSN:0285-4945

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ハイリスク手術症例は手術数全体の12.5%程度しか占めていないにもかかわらず,術後死亡数の80%以上を占めるとされる.Goal-directed therapy(GDT)はハイリスク症例において予後を改善する可能性が示唆されているが,GDTの適用に関して特に基準はなく,また施設によって使用するモニターやプロトコールなどもさまざまである.2014年にわれわれは日本麻酔科学会認定施設を対象として,ハイリスク症例における血行動態モニタリングに関する調査を行った.本稿ではわれわれの調査結果を踏まえて,本邦におけるGDTの施行状況やGDTを行っていく上での問題点を考察したい.(著者抄録)

  • 【よくあるトラブルを乗り越えよう3】 帝王切開の脊髄くも膜下麻酔で高比重ブピバカインを2mL投与したが,T12までしか麻酔高が上がらない 査読

    田中 克明

    (株)メディカル・サイエンス・インターナショナル LiSA   22 ( 4 )   380 - 381   2015年04月( ISSN:1340-8836

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The Vigileo-FloTrac TM System: Arterial Waveform Analysis for Measuring Cardiac Output and Predicting Fluid Responsiveness: A Clinical Review

    -

    Journal of Cardiothoracic and Vascular Anesthesia   28 ( 5 )   1361 - 1374   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 手術室における抜管後喉頭浮腫

    -

    Anet   18 ( 2 )   7 - 11   2014年05月

     詳細を見る

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • 局所麻酔薬の中枢神経作用の検討-脳波への影響および併用薬物による変化について

    若手研究(B)  2009年04月

その他補助金等

  • 中枢神経モニタリングに基く新たな麻酔方法の開発-より高い安全性と 経済効率を目指して

    未設定  2008年04月

担当教育概要

  • 麻酔科学

担当授業科目

  • 麻酔科学

    2023年度   週間授業   大学

  • 麻酔科学

    2022年度   実習   大学

  • 研究指導 統計学的分析

    2022年度   実習   大学院

  • 研究指導 基礎研究におけるデータ解析と結果解釈

    2022年度   実習   大学院

  • 発表表現演習 学会発表に向けた抄録の作成

    2022年度   実習   大学院

  • 周術期管理総論 術中呼吸管理

    2022年度   集中講義   大学院

  • 麻酔科学総論 麻酔薬の臨床薬物動態

    2022年度   集中講義   大学院

  • 麻酔科学

    2021年度   実習   大学

  • 麻酔科学

    2020年度   実習   大学

  • 麻酔科学

    2019年度     大学

  • 医用工学

    2019年度     大学

▼全件表示

その他

  • 職務経歴

    2008年

      詳細を見る

    大阪市立大学 講師

  • 職務経歴

    2006年

      詳細を見る

    大阪市立大学 病院講師

  • 職務経歴

    2006年

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 -

  • 職務経歴

    1999年 - 2000年

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 -