2023/03/21 更新

写真a

ナカジマ ヒロシ
中島 洋
NAKAJIMA Hiroshi
担当
大学院理学研究科 化学専攻 教授
理学部 化学科
職名
教授
所属
理学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(理学) ( 総合研究大学院大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面  / 生物無機化学

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 錯体化学

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面  / 生物無機化学

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学  / 錯体化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学  / 医用材料化学

研究キーワード

  • Engneering of Natural protein

  • Thermophilic bacteria

  • 金属錯体

  • 金属クラスター

  • タンパク質の機能改変

  • 好熱菌由来タンパク質

  • センサータンパク質

研究歴

  • シグナル変換タンパク質を用いた新たなバイオセンサー素子の開発

    シグナル変換タンパク質、バイオセンサー、生物電気化学  個人研究

    2010年04月 

  • 近赤外光を利用する新たな化学反応の開発

    近赤外光応答性CO放出錯体、生体適合性プルシアンブルー  個人研究

    2015年04月 - 継続中 

  • タンパク質ー金属錯体複合機能性分子の開発

    中空タンパク質、好熱菌由来タンパク質、電子伝達タンパク質、金属錯体  個人研究

    2010年04月 - 継続中 

  • 好熱菌由来タンパク質を利用する機能性材料の開発

    好熱菌、機能性材料、金属タンパク質  個人研究

    2003年04月 

所属学協会

  • 日本生物物理学会

  • 日本化学会 生体機能関連化学部会

  • 日本化学会

  • American Chemical Sciety

委員歴(学外)

  • 討論会・国際会議運営委員   錯体化学会  

    2020年 - 2022年 

  • 実行委員長   第72回錯体化学会討論会  

    2020年 - 2021年 

  • 実行委員長   第45回生体分子科学討論会  

    2017年07月 - 2018年06月 

  • 国内実行委員   第15回国際応用生物無機化学シンポジウム  

    2017年 - 2019年 

  • 国内実行委員   国際錯体化学コンファレンス2018  

    2016年 - 2018年 

  • 委員   日本学術振興会特別研究員書面審査委員  

    2014年04月 - 2016年03月 

  • 委員   科学技術振興機構 日印バイオ医学研究 ワークショップメンバー  

    2011年04月 - 2012年03月 

      詳細を見る

    JST 日印バイオメディカルワークショップ 日本側メンバー

  • 代議員   日本化学会東海支部幹事会  

    2007年04月 - 2008年03月 

      詳細を見る

    日本化学会東海支部 代議員

  • 幹事   日本錯体化学会若手会関西支部  

    2001年04月 - 2002年03月 

      詳細を見る

    日本化学会、生体機能関連化学部会若手会 幹事長

▼全件表示

受賞歴

  • 特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰

    2016  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • ドイツミュンスター大学   化学科   非常勤講師

    2008年03月

  • インドTATA基礎科学研究所   客員教授

    2005年09月 - 2005年11月

  • 名古屋大学   理学研究科   准教授

    2003年 - 2015年

  • 分子科学研究所   相関領域   助手

    2003年

  • 北陸先端科学技術大学院大学助手   材料科学研究科   助手

    1996年04月 - 2002年12月

  • 北陸先端科学技術大学院大学   材料科学研究科   助教

    1996年 - 2003年

  • 日本学術振興会   特別研究員

    1994年04月 - 1996年03月

  • 日本学術振興会 特別研究員

    1994年04月 - 1996年03月

▼全件表示

学歴

  • 大阪大学   工学研究科   応用化学専攻   修士課程   卒業・修了

    1991年04月 - 1993年03月

  • 総合研究大学院大学   数物科学研究科   構造分子科学専攻   博士課程   卒業・修了

    - 1996年03月

  • 大阪大学   工学部   応用化学科     卒業・修了

    - 1991年03月

論文

  • Red-light responsive photoCORM activated in aqueous acid solution 査読

    Natsuo Nomura, Seiya Tanaka, Masakazu Hirotsu, Takanori Nishioka, Hiroshi Nakajima

    J. Organomet. Chem.   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2022.122578

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000156

  • DOPAnization of tyrosine in α-synuclein by tyrosine hydroxylase leads to the formation of oligomers 査読

    Mingyue Jin, Sakiko Matsumoto, Takashi Ayaki, Hodaka Yamakado, Tomoyuki Taguchi, Natsuko Togawa, Ayumu Konno, Hirokazu Hirai, Hiroshi Nakajima, Shoji Komai, Ryuichi Ishida, Syuhei Chiba, Ryosuke Takahashi, Toshifumi Takao, Shinji Hirotsune

    Nature Commun.   13   6880   2022年

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41467-022-34555-4

  • Radical mediated rapid In vitro formation of c-type cytochrome 査読 国際共著

    Sheikh Muhammad Ibrahim,Sami Ben Aoun,Hiroshi Nakajima, Fethi Kooli, Yoshihito Watanabe

    Biomolecules   12 ( 10 )   1329   2022年

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/BIOM12101329

  • Electronic and steric impact of bis-NHC ligands on reactions of Pt3S2 cores in trinuclear complexes bearing bis-NHC ligands with various lengths of alkylene bridges 査読

    Natsuki Yabune, Hiroshi Nakajima, Takanori Nishioka

    Dalton Trans.   50   12079 - 12082   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/D1DT02747F

  • Synthesis of iron(III)-carbonyl complex with variable wavelength range for CO release depending on protonation and deprotonation of axial phosphorous ligands 査読

    SeiyaTanaka, NatsuoNomura, Takanori Nishioka, Masakazu Hirotsu, Hiroshi Nakajima

    J. Organomet. Chem.   21   121843 - 121852   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2021.121843

  • Use of a Ferritin L134P Mutant for the Facile Conjugation of Prussian Blue in the Apoferritin Cavity 査読

    uta IkenoueYuta Ikenoue, Yuhei O. Tahara, Makoto Miyata, Takanori Nishioka, Shigetoshi Aono, Hiroshi Nakajima

    Inorg. Chem.   60   4693 - 4704   2021年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.inorgchem.0c03660

  • Metal-metal bond formation of triplatinum cores with a silver(I) ion affording a heptanuclear cluster bearing four Pt-Ag bonds 査読

    Natsuki Yabune, Hiroshi Nakajima, Takanori Nishioka

    Dalton Tansaction   49 ( 23 )   7680 - 7683   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/d0dt01227k

  • Reduction-triggered Ligand Dissociation of Trinuclear Complex Bearing Three Kinds of Metal-ligand Units 査読

    Natsuki Yabune, Ryosuke Monju, Hiroshi Nakajima, Takanori Nishioka

    Bull Chem Soc Jpn   48   1511 - 1514   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    A heterometallic trinuclear complex with three metal-metal bonds, which is constituted of three kinds of metal-ligand units bridged by two sulfido ligands, reacts with a 2-electron donor to afford an adduct accompanied with elongation of the metal-metal bonds. Cyclic voltammograms of the complexes showed that the adduct releases the 2-electron donor after electrochemical 1-electron reduction.A heterometallic trinuclear complex with three metal-metal bonds, which is constituted of three kinds of metal-ligand units bridged by two sulfido ligands, reacts with a 2-electron donor to afford an adduct accompanied with elongation of the metal-metal bonds. Cyclic voltammograms of the complexes showed that the adduct releases the 2-electron donor after electrochemical 1-electron reduction.

    DOI: DOI:10.1246/cl.190707

  • CO Release from N,C,S-Pincer Iron(III) Carbonyl Complexes Induced by Visible-to-NIR Light Irradiation: Mechanistic Insight into Effects of Axial Phosphorus Ligands 査読

    T. Nakae, M. Hirotsu, H. Nakajima

    Inorg. Chem.   57 ( 14 )   8615 - 8626   2018年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The Arrangement of Two N-Heterocyclic Carbene Moieties in Palladium Pincer Complexes Affects Their Catalytic Activity towards Suzuki-Miyaura Cross-Coupling Reactions in Water 査読

    Imanaka Yosuke, Shiomoto Naotoshi, Tamaki Mako, Maeda Yuri, Nakajima Hiroshi, Nishioka Takanori

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   90 ( 1 )   59 - 67   2017年01月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20160300

  • Visible-light-induced release of CO by thiolate iron(III) carbonyl complexes bearing N,C,S-pincer ligands 査読

    T. Nakae, M. Hirotsu, S. Aono, H. Nakajima

    Dalton Trans.   45 ( 41 )   16153 - 16156   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Visible-light-induced release of CO by thiolate iron(III) carbonyl complexes bearing N,C,S-pincer ligands 査読

    Nakae Toyotaka, Hirotsu Masakazu, Aono Shigetoshi, Nakajima Hiroshi

    DALTON TRANSACTIONS   45 ( 41 )   16153 - 16156   2016年( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6dt03399g

  • Creation of a Thermally Tolerant Peroxidase 査読

    Y. Watanabe, H. Nakajima

    Methods in Enzymology   580   455 - 470   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Construction of an enterobactin analogue with symmetrically arranged monomer subunits of ferritin

    Nakajima H., Kondo M., Nakane T., Abe S., Nakao T., Watanabe Y., Ueno T.

    Chem. Commun.   51   16609 - 16612   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of nitric oxide on VnfA, a transcriptional activator of VFe-nitrogenase in Azotobacter vinelandii 査読

    Miura Yukio, Yoshimitsu Kyohei, Takatani Nobuyuki, Watanabe Yoshihito, Nakajima Hiroshi

    The Journal of Biochemistry   157 ( 5 )   365 - 375   2015年05月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    VnfAとは,VFe-ニトロゲナーゼの転写調節因子である.本研究では,VnfAの補欠分子族である3Fe-4S型クラスターが一酸化窒素存在下で鉄ニトロシル錯体へ変化するものの,部分的な転写活性化能(活性型の50%程度)を維持することを見出した.この結果は,以前の研究で同定した環境因子(活性酸素種)によってクラスターが分解し,VnfAが失活することと対照的であり,その生理的意義に興味がもたれる.(著者抄録)

  • Effect of nitric oxide on VnfA, a transcriptional activator of VFe-nitrogenase in Azotobacter vinelandii 査読

    Miura Yukio, Yoshimitsu Kyohei, Takatani Nobuyuki, Watanabe Yoshihito, Nakajima Hiroshi

    JOURNAL OF BIOCHEMISTRY   157 ( 5 )   365 - 375   2015年05月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvu083

  • Construction of an enterobactin analogue with symmetrically arranged monomer subunits of ferritin 査読

    Nakajima Hiroshi, Kondo Mio, Nakane Taiki, Abe Satoshi, Nakao Takahiro, Watanabe Yoshihito, Ueno Takafumi

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   51 ( 93 )   16609 - 16612   2015年( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c5cc06904a

  • Effect of Nitric Oxide on VnfA, a transcriptional activator of VFe-nitrogenase in Azotobacter vinelandii.

    Nakajima H., Miyazaki S., Itoh T., Hayamura M. Watanabe Y.

    J. Biochem   157   365 - 375   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Azurin-DNA Conjugate with the Binding Motif of a Transcriptional Regulator, CooA: CO-dependent Modulation of the Electron-transfer Reaction 査読

    Nakajima Hiroshi, Miyazaki Soji, Itoh Takaaki, Hayamura Mao, Watanabe Yoshihito

    CHEMISTRY LETTERS   43 ( 8 )   1204 - 1206   2014年08月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.140284

  • Azurin-DNA Conjugate with Binding Motif of a Transcriptional Regulator, CooA: CO Dependent Modulation of Electron Transfer Reaction

    oshimitsu K., Takatani N., Kanematsu Y., Miura Y., Watanabe Y., Nakajima H.

    Chem. Lett.   43   1204 - 1206   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maintenance of complete remission after allogeneic stem cell transplantation in leukemia patients treated with Wilms tumor 1 peptide vaccine 査読

    Maeda T., Hosen N., Fukushima K., Tsuboi A., Morimoto S., Matsui T., Sata H., Fujita J., Hasegawa K., Nishida S., Nakata J., Nakae Y., Takashima S., Nakajima H., Fujiki F., Tatsumi N., Kondo T., Hino M., Oji Y., Oka Y., Kanakura Y., Kumanogoh A., Sugiyama H.

    BLOOD CANCER JOURNAL   3   2013年08月( ISSN:2044-5385

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bcj.2013.29

  • Thermodynamic effects of the alteration of the axial ligand on the unfolding of the thermostable cytochrome c 査読

    KB. Rabindra, H. Nakajima, R. Jitumani, Y. Watanabe, S. Mazumdar

    Biochemistry   52   1373 - 1384   2013年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi300982v

  • Ligand-switching intermediates for the CO-sensing transcriptional activator CooA measured by pulse radiolysis

    Nakajima H., Matsuo T., Tawara T., Aono S.

    J. Biol. Chem.   276   37895 - 37899   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The role of the GAF and central domains of the transcriptional activator VnfA in Azotobacter vinelandii

    Nakajima H., Shoji O., Watanabe Y.

    FEBS J.   278   3287 - 3297   2011年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular Design of Heme Proteins for Future Application. Catal. Surv. Asia

    akajima H., Takatani N., Yoshimitsu K., Itoh M., Aono S., Takahashi Y., Watanabe Y.

    Catal. Surv. Asia   15   134 - 143   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular Design of Heme Proteins for Future Application 査読

    H. Nakajima, O. Shoji, Y. Watanabe

    Catal. Surv. Asia.   15   134 - 143   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10563-011-9117-9

  • The role of the GAF and central domains of the transcriptional activator VnfA in Azotobacter vinelandii 査読

    Kyohei Yoshimitsu, Nobuyuki Takatani, Yukio Miura, Yoshihito Watanabe, Hiroshi Nakajima

    FEBS Journal   278 ( 18 )   3287 - 3297   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1742-4658.2011.08245.x

  • Rational engineering of Thermus thermophilus Cytochrome c552 to thermally tolerant artificial peroxidase

    Rosenberger N., Studer A., Takatani N., Nakajima H.

    J. Chem. Soc. Dalton Trans.   39   3105 - 3114   2010年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The role of Fe-S cluster in the sensory domain of nitrogenase transcriptional activator VnfA Azotobacter vinelandii

    Nakajima H., Ramanathan R., Kawaba N., Watanabe Y.

    FEBS J.   277   817 - 832   2010年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rational engineering of Thermus thermophilus Cytochrome c552 to thermally tolerant artificial peroxidase 査読

    H. Nakajima, K. Ramanathan, N. Kawaba, Y. Watanabe

    J. Chem. Soc. Dalton Trans   39   3105 - 3114   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/b924365h

  • *Purification And Characterization Of The Nitrogenase Transcriptional Activator, Vnfa, From Azotobacter Vinelandii 査読

    H. Nakajima, N. Takatani, K. Yoshimitsu, M. Itoh, S. Aono, Y. Takahashi, Y. Watanabe

    FEBS Journal   277 ( 3 )   817 - 832   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1742-4658.2009.07530.x

  • Azurin–Poly(N-isopropylacrylamide) Conjugates by Site-Directed Mutagenesis and their Temperature Dependent Behavior in Electron Transfer Processes

    Nakajima H., Ichikawa Y., Satake Y., Takatani N., Manna SK., Rajbongshi J., Mazumdar S., Watanabe Y.

    Angew. Chem. Int. Ed.   48   1946 - 1949   2009年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • *Azurin-poly(N-Isopropylacrylamide) Conjugates by Site Directed Mutagenesis and their Thermosensitive Behavior in Electron Transfer Processes 査読

    N. Rosenberger, A. Studer, N. Takatani, H. Nakajima,Y. Watanabe

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   48   1946 - 1949   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200804440

  • Mechanism of Intermolecular electron Transfer in the Photoexcited Zn-Substituted Cytochrome c: Theoretical and Experimental Perspective

    Ichikawa Y., Nakajima H., Watanabe Y.

    J. Am. Chem. Soc.   130   5302 - 5310   2008年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Engineering of Thermus thermophilus Cytochrome c552: Thermally Tolerant Artificial Peroxidase

    Tokita Y., Shimura J., Nakajima H., Goto Y., Watanabe Y.

    ChemBioChem   9   2954 - 2957   2008年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • *Mechanism of intramolecular electron transfer in the photoexcited Zn-substituted cytochrome c: Theoretical and experimental perspective. 査読

    Tokita,Yuichi; Nakajima, Hiroshi; Goto, Yoshio; Watanabe, Yoshihito

    Journal of American Chemical Society   130   5302 - 5310   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja711324t

  • *Engineering of Thermus thermophilus Cytochrome c552: Thermally tolerant artificial peroxidase 査読

    H. Nakajima,, Y. Ichikawa, Y. Satake, N. Takatani, S. K. Manna, J. Rajbongshi, S. Mazumdar, Y. Watanabe

    ChemBioChem   9   2954 - 2957   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • *Incorporation of a Phebox Rhodium Complex into apo-Myoglobin Affords a Stable Organometallic Protein Showing Unprecedented Arrangement of the Complex in the Cavity 査読

    Yuh Satake, Satoshi Abe, Seiji Okazaki, Noritaka Ban, Tatsuo Hikage, Takafumi Ueno, Hiroshi Nakajima, Atsuo Suzuki, Takashi Yamane, Hisao Nishiyama, and Yoshihito Watanabe

    Organometallics   26 ( 20 )   4904 - 4908   2007年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om700471a

  • Reactivities of oxo and peroxo intermediates studied by hemoprotein mutants 査読

    Watanabe Y, Nakajima H, Ueno T

    ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH   40 ( 7 )   554 - 562   2007年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ar600046a

  • Design and structure analysis of artificial metalloproteins: Selective coordination of his64 to copper complexes with square-planar structure in the apo-myoglobin scaffold 査読

    Abe S, Ueno T, Reddy PAN, Okazaki S, Hikage T, Suzuki A , Yamane T, Nakajima H, Watanabe Y

    INORGANIC CHEMISTRY   46 ( 13 )   5137 - 5139   2007年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ic070289m

  • Hydrogen peroxide dependent monooxygenations by tricking the substrate recognition of cytochrome P450(BS beta) 査読

    Shoji O, Fujishiro T, Nakajima H, Kim M, Nagano S, Shiro Y, Watanabe Y

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   46 ( 20 )   3656 - 3659   2007年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200700068

  • Design of artificial metalloenzymes using non-covalent insertion of a metal complex into a protein scaffold. 査読

    T. Ueno, T. Koshiyama, S. Abe, N. Yokoi, M. Ohashi, H. Nakajima and Y. Watanabe

    J. Organomet. Chem.   692 ( 1-3 )   142 - 147   2007年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2006.08.043

  • Characterization of peroxide-bound heme species generated in the reaction of thermally tolerant cytochrome c552 with hydrogen peroxide 査読

    Ichikawa Y, Nakajima H, Watanabe Y

    ChemBioChem   7 ( 10 )   1582 - 1589   2006年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.200600135

  • Design of metal cofactors activated by a protein-protein electron transfer system 査読

    T. Ueno, N. Yokoi, M. Unno, T. Matsui, Y. Tokita, M. Yamada, M. Ikeda-Saito, H. Nakajima and Y. Watanabe

    Proc. Nat. Acad. Sci. USA   103 ( 25 )   9416 - 9421   2006年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0510968103

  • Characterization of peroxide bound heme species generated in reaction of thermally tolerant cytochrome c552 with hydrogen peroxide

    Nakajima H., Honma Y., Tawara T., Kato T., Park SY., Miyatake H., Shiro Y., Aono S.

    ChemBioChem   7   1582 - 1589   2006年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of mutation on the dissociation and recombination dynamics of CO in transcriptional regulator CooA: A picosecond infrared transient absorption study 査読

    Zhang TQ, Rubtsov IV, Nakajima H, Aono S, Yoshihara K

    Biochemistry   45 ( 30 )   9246 - 9253   2006年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi0603672

  • Spectroscopic and redox properties of a CooA homologue from Carboxydothermus hydrogenoformans 査読

    S. Inagaki, C. Masuda, T. Akaishi, H. Nakajima, S. Yoshioka, T. Ohta, B. Pal, T. Kitagawa and S. Aono

    J. Biol. Chem.   280 ( 5 )   3269 - 3274   2005年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M409884200

  • Resonance Raman and ligand-binding analysis of the oxygen-sensing signal transducer protein HemAT from Bacillus subtilis 査読

    Aono s, Nakajima H, Ohta T, Kitagawa T

    Oxy. Sens. Meth. Enzym.   381   618 - 628   2004年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0076-6879(04)81040-1

  • Characterization of the heme environmental structure of cytoglobin, a fourth globin in humans 査読

    Sawai H, Kawada N, Yoshizato K, Nakajima H, Aono S, Shiro Y

    BIOCHEMISTRY   42 ( 17 )   5133 - 5142   2003年05月( ISSN:0006-2960

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/bi027067e

  • Oxygen-sensing and signal transduction by the heme-based sensor protein HemAT-Bs 査読

    S. Aono, T. Iwabuchi, H. Nakajima, T. Ohta and T. Kitagawa

    J Inorg Biochem   96 ( 1 )   16 - 16   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Resonance Raman and ligand binding studies of the oxygen-sensing signal transducer protein HemAT from Bacillus subtilis 査読

    S. Aono, T. Kato, M. Matsuki, H. Nakajima, T. Ohta, T. Uchida and T. Kitagawa

    J Biol Chem   277   13528 - 13538   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Excitation energy transfer between J-aggregates in layer-by-layer alternate assemblies 査読

    Nakajima H, Kometani N, Asami K, Yonezawa Y

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   143 ( 2-3 )   161 - 167   2001年10月( ISSN:1010-6030

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Redox properties and coordination structure of the heme in the CO-sensing transcriptional activator CooA

    Nakajima H., Nakagawa E., Kobayashi K., Tagawa S., Aono S.

    J. Biol. Chem.   276   7055 - 7061   2001年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Binding of CO at the Pro(2) side is crucial for the activation of CO-sensing transcriptional activator CooA - H-1 NMR spectroscopic studies 査読

    K. Yamamoto, H. Ishikawa, S. Takahashi, K. Ishimori, I. Morishima, H. Nakajima and S. Aono

    J Biol Chem   276   11473 - 11476   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • EXAFS analysis for heme ligands in CO-dependent transcriptional activator CooA 査読

    H. Nakajima, E. Nakagawa, S. Aono, S. Y. Park, H. Miyatake and Y. Shiro

    J Inorg Biochem   86   355 - 355   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Conformational dynamics of the transcriptional regulator CooA protein studied by subpicosecond mid-infrared vibrational spectroscopy 査読 国際共著

    I. V. Rubtsov, T. Q. Zhang, H. Nakajima, S. Aono, G. I. Rubtsov, S. Kumazaki and K. Yoshihara

    J Am Chem Soc   123 ( 41 )   10056 - 10062   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Control of CooA activity by the mutation at the C-terminal end of the heme-binding domain.

    -

    J. Inorg. Biochem.   78   63 - 68   2000年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CO sensing and regulation of gene expression by the transcriptional activator CooA 査読

    S. Aono, Y. Honma, K. Ohkubo, T. Tawara, T. Kamiya and H. Nakajima

    J Inorg Biochem   82   51 - 56   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Transcriptional regulation of gene expression by metalloproteins 査読

    S. Aono and H. Nakajima

    Prog React Kinet Mech   25   65 - 107   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Identification of histidine 77 as the axial heme ligand of carbonmonoxy CooA by picosecond time-resolved resonance Raman spectroscopy 査読

    T. Uchida, H. Ishikawa, K. Ishimori, I. Morishima, H. Nakajima, S. Aono, Y. Mizutani and T. Kitagawa

    Biochemistry   39 ( 42 )   12747 - 12752   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Dissociation and recombination between ligands and heme in a CO-sensing transcriptional activator CooA - A flash photolysis study 査読

    S. Kumazaki, H. Nakajima, T. Sakaguchi, E. Nakagawa, H. Shinohara, K. Yoshihara and S. Aono

    J Biol Chem   275   38378 - 38383   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characterization of heme environmental structure of cytoglobin, a fourth globin in human 査読

    H. Ishikawa, K. Yamamoto, H. Harada, K. Ishimori, I. Morishima, H. Nakajima and S. Aono

    J Inorg Biochem   74   176 - 176   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Characterization of the heme environment in CooA by H-1 NMR spectroscopy 招待 査読

    H. Ishikawa, K. Yamamoto, H. Harada, K. Ishimori, I. Morishima, H. Nakajima and S. Aono

    J Inorg Biochem   74   176 - 176   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Structure and function of CooA, a novel transcriptional regulator containing a b-type heme as a CO sensor 査読

    S. Aono and H. Nakajima

    Coordi Chem Rev   190   267 - 282   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Selective production of acetone in the electrochemical reduction of CO2 catalyzed by a Ru-naphthyridine complex 査読

    T. Mizukawa, K. Tsuge, H. Nakajima and K. Tanaka

    Angew Chem Int Ed   38   362 - 363   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Regulation of gene expression with the CO-sensing transcriptional activator CooA 査読

    S. Aono and H. Nakajima

    J Inorg Biochem   74 ( 1 )   9 - 9   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著  

  • Recognition of target DNA and transcription activation by the CO-sensing transcriptional activator CooA 査読

    S. Aono, H. Takasaki, H. Unno, T. Kamiya and H. Nakajima

    Biochem Biophysl Res Commun   261 ( 2 )   270 - 275   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Electrochemical evidence of the redox-controlled ligand exchange of the heme in the CO-sensing transcriptional activator CooA 査読

    H. Nakajima and S. Aono

    Chem Lett   11   1233 - 1234   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Excited-state dynamics of the mixed J-aggregate of two kinds of cyanine dyes in layer-by-layer alternate assemblies 査読

    Kometani N, Nakajima H, Asami K, Yonezawa Y, Kajimoto O

    CHEMICAL PHYSICS LETTERS   294 ( 6 )   619 - 624   1998年09月( ISSN:0009-2614

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heme environmental structure of CooA is modulated by the target DNA binding 査読

    T. Uchida, H. Ishikawa, S. Takahashi, K. Ishimori, I. Morishima, K. Ohkubo, H. Nakajima and S. Aono

    J Biol Chem   273   19988 - 19992   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Stabilization of Ru(bpy)(2)(CO)(eta(1)-CO2) and unprecedented reversible oxide transfer reactions from CO32- to Ru(bpy)(2)(CO)(2) (2+) and from Ru(bpy)(2)(CO)(eta(1)-CO2) to CO2 査読

    H. Nakajima, K. Tsuge, K. Toyohara and K. Tanaka

    J Organomet Chem   569 ( 1 )   61 - 69   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Site-directed mutagenesis of cysteine to serine in a superoxide responsive transcriptional regulator SoxR 査読

    S. Aono, H. Nakajima and K. Saito

    J Mol Cat B   4 ( 5 )   283 - 287   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Redox-controlled ligand exchange of the heme in the CO-sensing transcriptional activator CooA 査読

    S. Aono, K. Ohkubo, T. Matsuo and H. Nakajima

    J Biol Chem   273   25757 - 25764   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Interconversion of Ru-CO and Ru-eta(1)-CO2 through reversible oxide transfer reaction 招待 査読

    Tsuge, K; Tanaka, K; Nakajima, H

    ADVANCES IN CHEMICAL CONVERSIONS FOR MITIGATING CARBON DIOXIDE   114   459 - 462   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

  • Oxide transfer reaction from carbonate to metal-CO complex, affording metal-eta(1)-CO2 complex and carbon dioxide 査読

    H. Nakajima, K. Tsuge and K. Tanaka

    Chem Lett   26 ( 6 )   485 - 486   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Single transduction in the transcriptional activator CooA containing a heme-based CO sensor: Isolation of a dominant positive mutant which is active as the transcriptional activator even in the absence of CO 査読

    S. Aono, T. Matsuo, T. Shimono, K. Ohkubo, H. Takasaki and H. Nakajima

    Biochem Biophysl Res Commun   240 ( 3 )   783 - 786   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Seven-coordinated 2,2':6'2''-terpyridinemolybdenum(II) complexes: Synthesis, structure and reactivity of [Mo(CO)(C7H8)(4,4',4''-R(3)terpy) X]X' (R=H or (t)Bu) 査読

    T Daniel, H Nagao, H Nakajima, K Tanaka, A Nakamura

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   509 ( 2 )   225 - 234   1996年03月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The norbornadiene(terpyridine) complex [Mo(CO)(C7H8)(terpy)I]I (2a) is prepared in two steps from [Mo(CO)(4)(C7H8)] (1), iodine and 2,2':6',2 ''-terpyridine. On treatment with either KPF6 in methanol or AgSbF6 in CH2Cl2 the more soluble salts [Mo(Co)(C7H8)(terpy)I]PF6 (2b) and [Mo(CO)(C7H8)(terpy)I]SbF6 (2c) are isolated with good yields. With 4,4',4 ''-tri-tert-butyl-2,2':6',2 ''-terpyridine, in similar reactions the tert-butyl-substituted terpyridine compounds [Mo(CO)(C7H8)(4,4',4 ''-(t)Bu(3)terpy)I]X (X = I(3a), PF6(3b) or SbF6 (3c)) can be obtained, while the oxidation of 1 with two equivalents of CuBr2 leads to the bromo(terpyridine) complexes [Mo(CO)(C7H8)(terpy)Br]X (X = Br(4a), PF6 (4b) or SbF6 (4c)). The X-ray structural analysis for 4c reveals an unusual arrangement for the ligands around the metal center. A triangle formed by the norbornadiene and the halogen is perpendicular to the plane formed by terpyridine and CO. The iodo compound 2a as well as the bromo analogue 4a reacts with a double quantity of AgSbF6 by halogen abstraction to give a complex of the composition {[Mo(CO)(C7H8)(terpy)](2)(acetone)}(SbF6)(4) (5). Treatment of 5 with two equivalents of PMe(3) affords the phosphine complex [Mo(CO)(C7H8)(terpy)PMe(3)](SbF6)(2)-acetone (6). The similar compound [Mo(CO)(C7H8)(terpy)NCCH2CH3](SbF6)(2) (7), which can be easily prepared from 5 and a fivefold excess of propionitrile, exists in acetone in a concentration-dependent equilibrium with 5. In the presence of NaN3 or NaCl, 5 yields the complexes [Mo(CO)(C7H8)(terpy)X]SbF6 (X = N-3 (8) or Cl(9)). Whereas the azido compound 8 seems to be stable towards coordinating solvents, the chloro complex 9 slowly reacts in acetone.

    DOI: 10.1016/0022-328X(95)05823-8

  • A novel heme protein that acts as a carbon monoxide-dependent transcriptional activator in Rhodospirillum rubrum 査読

    S. Aono, H. Nakajima, K. Saito and M. Okada

    Biochemical and Biophysical Research Communications   228 ( 3 )   752 - 756   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Seven-coordinated 2,2':6'2''-terpyridinemolybdenum(II) complexes: Synthesis, structure and reactivity of Mo(CO)(C7H8)(4,4',4''-R(3)terpy) X X' (R=H or (t)Bu) 査読

    T. Daniel, H. Nagao, H. Nakajima, K. Tanaka and A. Nakamura

    J Organomet Chem   509 ( 2 )   225 - 234   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Control of the co-ordination mode of 1,8-naphthyridine ligated to ruthenium(II) bipyridine complexes 査読

    H. Nakajima, H. Nagao and K. Tanaka

    Dalton Trans   7   1405 - 1409   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • MULTISTEP CO2 REDUCTION CATALYZED BY [RU(BPY)(2)(QU)(CO)](2+) (BPY=2,2'-BIPYRIDINE, QU EQUALS QUINOLINE) - DOUBLE METHYLATION OF THE CARBONYL MOIETY RESULTING FROM REDUCTIVE DISPROPORTIONATION OF CO2 査読

    H NAKAJIMA, Y KUSHI, H NAGAO, K TANAKA

    ORGANOMETALLICS   14 ( 11 )   5093 - 5098   1995年11月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The title complexes catalyze the reductive disproportionation of CO2 forming CO and CO32- in the electrochemical CO2 reduction in CH3CN with LiBF4. The same reduction in the presence of Me(4)NBF(4) instead of LiBF4 produces CH3C(O)CH3 and CH3C(O)CH2COO- in addition to HCOO- and CO in CH3CN/DMSO (1:1, v/v). In this reaction Me(4)N(+) functions as the methylation agent of the carbonyl moiety resulting from the reductive disproportionation of CO2. The produced CH3C(O)CH3 undergoes the abstraction of its ex-proton and subsequent carboxylation to afford CH3C(O)CH2COO-.

    DOI: 10.1021/om00011a031

  • CATALYTIC FORMATION OF KETONES VIA DOUBLE ALKYLATION OF CARBON-MONOXIDE RESULTING FROM REDUCTIVE DISPROPORTIONATION OF CARBON-DIOXIDE BY RU(BPY)(2)(QU)(CO) (2+) (BPY=2,2'-BIPYRIDINE, QU=QUINOLINE) 査読

    H. Nakajima, T. Mizukawa, H. Nagao and K. Tanaka

    Chem Lett   4   251 - 252   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • MULTISTEP CO2 REDUCTION CATALYZED BY RU(BPY)(2)(QU)(CO) (2+) (BPY=2,2'-BIPYRIDINE, QU EQUALS QUINOLINE) - DOUBLE METHYLATION OF THE CARBONYL MOIETY RESULTING FROM REDUCTIVE DISPROPORTIONATION OF CO2 査読

    H. Nakajima, Y. Kushi, H. Nagao and K. Tanaka

    Organometallics   14 ( 11 )   5093 - 5098   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • NOVEL REVERSIBLE METALLACYCLIZATION IN RU(BPY)(2)(ETA(1)-NAPY)(CO) (2+) (BPY=2,2-BIPYRIDINE, NAPY=1,8-NAPHTHYRIDINE) BY INTRAMOLECULAR ATTACK OF NONBONDED NITROGEN OF NAPY TO CARBONYL CARBON 査読

    H. Nakajima and K. Tanaka

    Chem Lett   10   891 - 892   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Multistep CO2 Reduction Catalyzed by [Ru(bpy)2(qu)(CO)]2+ (bpy = 2,2'-Bipyridine, qu = Quinoline). Double Methylation of the Carbonyl Moiety Resulting from Reductive Disproportionation of CO2 査読

    H. Nakajima, Y. Kushi, H. Nagao and K. Tanaka

    Organometallics   14 ( 11 )   5093 - 5098   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • INTERCALATION AND POLYMERIZATION OF 4-ANILINOANILINE AND 4-ANILINOANILINIUM IODIDE IN THE VOPO4 AND V2O5 INTERLAYER SPACES 査読

    H. Nakajima and G. E. Matsubayashi

    J Mat Chem   5   105 - 108   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • INTERCALATION OF POLYMERIZED 3-METHYL-PYRROLE AND 3,4-DIMETHYL-PYRROLE IN THE VOPO4 INTERLAYER SPACE 査読

    H NAKAJIMA, G MATSUBAYASHI

    ROYAL SOC CHEMISTRY JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY   4 ( 8 )   1325 - 1329   1994年08月( ISSN:0959-9428

     詳細を見る

    3-Methylpyrrole (3-Mepyrr) and 3,4-dimethylpyrrole (3,4-Mepyrr) react with powdered VOPO4.2H2O suspended in ethanol to yield intercalation compounds consisting of the reduced VOPO4 lattice and poly-3-Mepyrr or poly-3;4-Me2pyrr chains; VOPO4.(H2O)1.4.(EtOH)0.2.(MeC4HNH)0.65 and VOPO4.(H2O)1.8.(EtOH)0.2.(Me2C4NH)0.6. Poly-3-Mepyrr and poly-3,4-Me2Pyrr moieties in the VOPO4 interlayer space afford single interlayer spacings of 8.2 and 9.7 angstrom, respectively. Pyrrole (Pyrr) also reacts with VOPO4.2H2O solids suspended in ethanol to yield an oxidatively polymerized compound formed on the surface of the VOPO4 grains. Factors causing the polymerization of 3-Mepyrr and 3,4-Me2pyrr in the VOPO4 interlayer space and electronic interactions of the reduced VOPO4 host lattice with the intercalated poly-3-Mepyrr and poly-3,4-Me2pyrr moieties are described based on powder X-ray diffraction patterns, infrared and X-ray photoelectron spectra together with theoretical calculations of molecular geometries and electron spin densities.

    DOI: 10.1039/jm9940401325

  • INTERCALATION OF POLYMERIZED 3-METHYL-PYRROLE AND 3,4-DIMETHYL-PYRROLE IN THE VOPO4 INTERLAYER SPACE 査読

    H. Nakajima and G. Matsubayashi

    J Mater Chem   4 ( 8 )   1325 - 1329   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • INTERCALATION POLYMERIZATION OF THE ANILINIUM CATION IN THE VOPO4 INTERLAYER SPACE 査読

    H. Nakajima, G. Matsubayashi

    Chem Lett   ( 3 )   423 - 426   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • INTERCALATIVE POLYMERIZATION OF 3-METHYLPYRROLE AND 3,4-DIMETHYLPYRROLE IN THE VOPO4 INTERLAYER SPACE 査読

    G. Matsubayashi, H. Nakajima

    Chem Lett   ( 1 )   31 - 34   1993年

     詳細を見る

  • INTERCALATION POLYMERIZATION OF THE ANILINIUM CATION IN THE VOPO4 INTERLAYER SPACE 査読

    H. Nakajima, G. Matsubayashi

    Chem Lett   ( 3 )   423 - 426   1993年

     詳細を見る

  • INTERCALATIVE POLYMERIZATION OF 3-METHYLPYRROLE AND 3,4-DIMETHYLPYRROLE IN THE VOPO4 INTERLAYER SPACE 査読

    G. Matsubayashi, H. Nakajima

    Chem Lett   ( 1 )   31 - 34   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 分子研レターズ86号_出身者の今

    中島 洋( 担当: 単著)

    分子科学研究所・分子研レターズ  2022年 

     詳細を見る

    総ページ数:2  

  • 近赤外光応答性一酸化炭素放出物質の開発

    中島 洋( 担当: 単著)

    分子科学研究所・分子研レターズ  2019年04月 

     詳細を見る

    総ページ数:11   担当ページ:11  

  • 近赤外光応答性一酸化炭素放出物質の開発 -ガス医療への応用を目指して-

    中島 洋,廣津昌和( 担当: 共著)

    化学工業社  2018年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:7   担当ページ:7  

  • クライトン生物無機化学

    中島 洋( 範囲: 第18章「非金属」)

    東京化学同人  2016年03月 

  • Protein and Enzyme Design, Vol 580, Methods in Enzymology

    中島 洋( 範囲: Creation of a Thermally Tolerant Peroxidase.)

    Academic Press, UK  2016年 

  • 酵素利用技術大系「第5章第1節 ホロ酵素の機能改変」

    中島 洋

    (株)エヌ・ティー・エス  2010年 

  • 触媒ハンドブック、第7章 酵素反応概論

    中島 洋,渡辺芳人( 担当: 共著)

    講談社サイエンティフィック  2008年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:5   担当ページ:5   著書種別:事典・辞書   参加形態:ファーストオーサー

  • 好熱菌由来タンパク質を化学の視点で利用する

    中島 洋,渡辺芳人( 担当: 共著)

    学術月報  2008年01月 

     詳細を見る

    総ページ数:7   担当ページ:7   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 学術月報「好熱菌由来タンパク質を化学の視点で利用する」

    中島 洋

    日本学術振興会  2008年01月 

  • 触媒便覧「第4章 酵素反応の速度と反応機構」

    中島 洋

    講談社サイエンティフィック  2008年 

  • 極限環境微生物由来蛋白質の化学的改変による実用蛋白質の創出

    中島 洋( 担当: 単著)

    経済産業省アカデミアロードマップ2006  2006年 

     詳細を見る

    著書種別:調査報告書  

  • 生体の概日リズムを形成する一酸化炭素センサータンパク質

    中島 洋( 担当: 単著)

    化学と工業  2004年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:3   担当ページ:3   参加形態:ファーストオーサー

  • ガス状小分子をセンシングするヘムタンパク質の構造・機能相関を解明する

    中島 洋

    生命化学研究会  2003年09月 

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • メチレン架橋ビスN−ヘテロ環カルベン−白金二核部位を組み込んだ混合配位子白金三核錯体および混合金属ロジウム白金錯体の構造と銀(I)イオンの反応 国内会議

    籔根 夏希、中島 洋、西岡 孝訓

    第103回日本化学会春季年会  2023年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉  

  • Iron-based materials for releasing a physiologically active gas molecule in response to light within the phototherapeutic window 招待 国際会議

    Hiroshi Nakajima

    International Conference on Modern Trends in Inorganic Chemistry XIV  2022年12月  Banaras Hindu University

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:India  

  • 二座キレート N-ヘテロ環カルベン配位部位をもつ糖修飾パラジウムチオラト錯体の合成と性質 国内会議

    小林 樹、中島 洋、西岡 孝訓

    日本化学会中国四国支部大会 広島大会  2022年11月  日本化学会中四国支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島  

  • Iron(III)-based photoCORM responsive to light within the phototherapeutic window in acidic solution 国内会議

    Hiroshi Nakajima, Natsuo Nomura, Takanori Nishioka, Masakazu Hirotsu

    2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二座キレートNHC配位子の架橋アルキル鎖長による白金三核錯体の反応制御 国内会議

    籔根 夏希、中島 洋、西岡 孝訓

    第72回錯体化学討論会  2022年09月  錯体化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • Iron(III)-based CORM with dynamic variation in responsive wavelengths depending on H+ 招待 国際会議

    Hiroshi Nakajima

    8th Asian Conference on Coordination Chemistry  2022年08月  ACCC8 2022 Conference Secretariat

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Taiwan  

  • 二座キレートN-ヘテロ環カルベン配位子の立体反発を利用した白金三核錯体の構造および反応制御 国内会議

    籔根 夏希、中島 洋、西岡 孝訓

    第102回日本化学会春季年会  2022年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 生体における金属イオンの役割 - 化学者の視点 - 招待

    中島 洋

    宮水学園  2022年02月  西宮市

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:西宮市  

  • An iron-based photoCORM with a protonatable ligand that regulates the wavelength for releasing CO 招待 国際会議

    Hiroshi Nakajima, Masakazu Hirotsu

    Asia Pacific Society for Materials Research 2021  2021年08月  APSMR 2022 Annual Meeting Committee

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Online  

  • プロトポルフィリンを包摂する人工シトクロムの一重項酸素発生能 国内会議

    大島 健太、西岡 孝訓、中島 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フェリチンL134P変異体に内包されたプルシアンブルーの性質 国内会議

    池上 裕太、西岡 孝訓、中島 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水系溶媒に可溶な近赤外光応答型CO放出錯体:CO放出における溶液pHの影響 国内会議

    野村 夏生、西岡 孝訓、中島 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シグナル伝達の化学

    中島 洋

    山口東京理科大 応用化学特別講義  2020年12月  山陽小野田市立 山口東京理科大学

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン  

  • Reactivity and stability of Prussian blue encapsulated in ferritin L134P mutant 国内会議

    Y. Ikenoue, T. Nishioka, H. Nakajima,

    第70回錯体化学討論会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プロトポルフィリンを包摂可能な人口シトクロムの合成 国内会議

    大島健太、西岡孝訓、中島洋

    第70回錯体化学討論会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水系溶媒に可溶な近赤外光応答型CO放出錯体CO放出における溶液pHの影響 国内会議

    野村夏生、西岡孝訓、中島洋

    第70回錯体化学討論会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フェリチン内部への分子の取り込みを目的としたフェリチン三回対称軸の改変 国内会議

    三宅宏典、西岡孝訓、中島洋

    第70回錯体化学討論会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生命機能を支える金属イオンの役割 - 化学者の視点 -

    中島 洋

    市大授業  2020年04月  大阪市立大学

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市立大学  

  • Synthesis and Property of a Heptanuclear Complex Bearing Two Triplatinum Units Bridged by a Silver(I) Ion 国内会議

    N. Yabune, H. Nakajima, T. Nishioka

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Complexation reaction of lanthanide ions with tris-catechol unit built on the three-fold axis of ferritin. 国内会議

    H. Miyake, Y. Ikenoue, T. Nishioka, H. Nakajima

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Roles of Sugar Substituents in Nickel Complexes Bearing a Chelating Bidentate N-Heterocyclic Carbene Ligand 国際会議

    T. Nishioka, K. Minami, H. Nakajima

    3 The 25th International SPACC Symposium  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Trinuclear Complexes for Molecular Sensing 国内会議

    N. Yabune, H. Nakajima, T. Nishioka

    2 The 25th International SPACC Symposium  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 修飾二座キレート型 N-ヘテロ環カルベン配位子を有する錯体の合成とカップリング反応 国内会議

    高﨑 万里, 中島 洋, 西岡 孝訓

    高知化学シンポジウム2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 田中 聖哉 国内会議

    籔根 夏希, 中島 洋, 西岡 孝訓

    高知化学シンポジウム2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • プロトン化による電子密度の変化を用いた光応答性CO放出鉄錯体の応答光制御 国内会議

    田中 聖哉, 宮崎 夏, 廣津 昌和, 西岡 孝訓, 中島 洋

    高知化学シンポジウム2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 外部刺激応答性COS放出錯体の合成 国内会議

    中村祐介,西岡孝訓,中島 洋

    第9回CSJ化学フェスタ2019  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 三種類の金属-配位子ユニットをもつ三核錯体の合成と電気化学的性質 国内会議

    籔根 夏希, 中島 洋, 西岡 孝訓

    錯体化学会第69回討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • チオフェン誘導体を用いたメタラサイクル鉄錯体の合成と性質 国内会議

    川原井 一成, 中島 洋, 中澤 琴美, 廣津 昌和

    錯体化学会第69回討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 糖修飾二座キレート型N-ヘテロ環カルベン配位子を有するロジウム錯体の合成と性 国内会議

    高﨑 万里, 中島 洋, 西岡 孝訓

    錯体化学会第69回討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 軸配位子の電子受容能変化による光応答性CO放出鉄錯体の応答光制御 国内会議

    田中 聖哉, 宮崎 夏, 廣津 昌和, 西岡 孝訓, 中島 洋

    錯体化学会第69回討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フェリチンの三回対称軸を利用したトリスカテコールと希土類イオンとの反応 国内会議

    三宅 宏典, 池上 裕太, 西岡 孝訓, 中島 洋

    錯体化学会第69回討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 白金三核錯体を銀イオンで架橋した七核クラスターの合成と構造 国内会議

    籔根夏希, 中島洋, 西岡孝訓

    2019年度先端錯体工学研究会年会  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of axial ligand on NIR-responsive CO release from iron(III)-carbonyl complex 招待 国際会議

    H. Nakajima, T. Nakae, M. Hirotsu, T. Nishioka

    1. Post conference of 15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry   2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • CO releasing iron complex responsive to biopermeable NIR light 国際会議

    H. Nakajima, T. Nakae, M. Hirotsu, T. Nishioka

    1 15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Synthesis of CO-Releasing Iron Complex Responsible to NIR and H+ 国内会議

    田中 聖哉,廣津 昌和,西岡 孝則,中島 洋

    第29回金属の関与する生体関連反応シンポジウム  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フェリチン内部空間における水溶性プルシアンブルーの合成 国内会議

    池上裕太,西岡孝訓,中島洋

    第29回金属の関与する生体関連反応シンポジウム  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 配位子にプロトン化部位を持つCO放出鉄錯体の合成 国内会議

    田中 聖哉, 廣津 昌和, 西岡 孝訓, 中島 洋,

    日本化学会第99春季年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Syntheses of Prussian Blue and its analogue in ferritin cavity 国内会議

    Y. Ikenoue, T. Nishioka, H. Nakajima,

    日本化学会第99春季年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Synthesis, Properties, and Catalytic Ability of Water-soluble Nickel(II) Complexes with Tridentate or Bidentate N-Heterocyclic Carbene Ligands Containing Pyridine and Sugar Moieties 国際会議

    M. Tamaki, H. Nakajima, T. Nishioka

    The 25th International SPACC Symposium  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of Trinuclear Complexes for Molecular Sensing 国際会議

    N. Yabune, H. Nakajima, T. Nishioka

    The 25th International SPACC Symposium  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Catalysts for Carbon-Sulfur Coupling Reactions Using Pd N-Heterocyclic Carbenes Complexes 国際会議

    M. Takasaki, H. Nakajima, T. Nishioka

    The 25th International SPACC Symposium  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フェリチンを用いた水溶性プルシアンブルーの合成 国内会議

    池上裕太, 西岡孝訓, 中島洋

    第61回 放射線化学討論会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 近赤外光応答性一酸化炭素放出鉄(III)錯体の開発 国内会議

    中島洋, 中江豊崇, 西岡孝訓, 廣津昌和

    第61回 放射線化学討論会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NIR responsive CO releasing iron complex aiming at biological use 国内会議

    中島 洋

    ICCC2018  2018年08月 

  • “NIR responsive CO releasing iron complex aiming at biological use 招待 国際会議

    H. Nakajima, M. Hirotsu, T. Nakae, T. Kusumoto

    Internatinal Coordicanation Chemistry Conference (ICCC) 201  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 光増感部位を導入した混合金属三核錯体の分光学的性質 国内会議

    藤澤直輝, 橋本秀樹, 中島洋, 西岡孝訓

    錯体化学会第68回討論会  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Water soluble Prussian Blue encapsulated in ferritin cavity 国内会議

    池上裕太, 西岡孝訓, 中島洋

    錯体化学会第68回討論会  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生体適合性の高いCORMを目指したCO放出錯体の合成とフェリチンとの複合化 国内会議

    楠本竜也, 中江豊崇, 廣津昌和, 西岡孝訓, 中島洋

    錯体化学会第68回討論会  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体適合性の高いCORMを目指したCO放出錯体の合成とフェリチンとの複合化 国内会議

    楠本竜也, 中江豊崇, 廣津昌和, 西岡孝訓, 中島洋

    第45回生体分子科学討論会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フェリチン内部空間における三次元架橋鉄錯体の合成 国内会議

    池上裕太, 西岡孝訓, 中島洋

    第45回生体分子科学討論会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • フェリチン内部空間における三次元架橋鉄錯体の合成 国内会議

    池上裕太, 中島洋

    日本化学会第98回春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 体内での利用を志向した近赤外光応答型一酸化炭素放出物質の開発 招待 国内会議

    中島 洋

    分子研研究会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 生体内での利用を志向した近赤外光応答型一酸化炭素放出物質の開発 国内会議

    中島 洋

    分子研研究会「刺激と応答−金属錯体は何を結ぶか」  2018年03月 

  • 生体適合性の高いCORMを目指したCO放出錯体の合成とフェリチンとの複合 国内会議

    楠本竜也, 中江豊崇, 廣津昌和, 中島洋

    バイオインターフェース先端マテリアルの創生 第8回シンポジウム  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis of 3D cross-linked iron complex in ferritin cavity 国内会議

    池上裕太, 西岡孝訓, 中島洋

    バイオインターフェース先端マテリアルの創生 第8回シンポジウム  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Conversion of electron transfer proteins to Biofunctional Materials 招待 国際会議

    H. Nakajima, M. Hirotsu, T. Nishioka, T. Nakae

    The 11th Japanese-Russian Workshop on ”Open Shell Compounds and Molecular Spin Devices  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Catalytic Ability of Nickel(II) Complexes with Sugar-Coated Tridentate or Bidentate N-Heterocyclic Carbene Ligands 国際会議

    M. Tamaki, K. Minami, H. Nakajima, T. Nishioka

    The 24th International SPACC Symposium  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Development of iron-based CO-releasing molecules inducible by longer wavelength light 国際会議

    T. Nakae, M. Hirotsu, H. Nakajima

    The 24th International SPACC Symposium  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Synthesis of Thiophene-Bridged Iron Carbonyl Complexes Derived from Quinolyl-Substituted Thiophenes 国際会議

    Y. Ishimoto, H. Nakajima, M. Hirotsu

    The 24th International SPACC Symposium  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Functional metal complexes in protein cavity 国内会議

    中島 洋

    The 11th Japanese Russian workshop, Hyogo  2017年11月 

  • ガス医療への応用を目指す 光応答性一酸化炭素放出物質 国内会議

    中島 洋

    JST新技術説明会  2017年11月 

  • 生体透過性の高い光に応答して一酸化炭素を放出する鉄(III)カルボニル錯体の開発 国内会議

    中江豊崇, 廣津昌和, 中島洋

    第7回CSJ化学フェスタ  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2つのN-ヘテロ環カルベン部位を有する糖修飾二座及び三座配位子を持つニッケル錯体の触媒能 国内会議

    玉置真子,南健太郎, 中島洋, 西岡孝訓

    錯体化学会第67回討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体内での利用を目指した光応答性一酸化炭素放出鉄錯体の開発 国内会議

    中江豊崇, 廣津昌和, 中島洋

    錯体化学会第67回討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • かさ高い置換基をもつチオラート鉄メタラサイクル錯体の合成と反応 国内会議

    中村佳輔, 中島洋, 廣津昌和

    錯体化学会第67回討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • チオフェン誘導体を用いたπ架橋チオラート鉄カルボニル錯体の合成 国内会議

    石本有佳梨, 中島洋, 廣津昌和

    錯体化学会第67回討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 光応答性CO放出錯体の合成とタンパク質との複合化 国内会議

    楠本竜也, 中島洋, 廣津昌和, 中江豊崇

    錯体化学会第67回討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • N-ヘテロ環カルベン部位を有する糖修飾二座及び三座配位子を持つニッケル錯体の触媒能 国内会議

    玉置真子, 南健太郎, 中島洋, 西岡孝訓

    先端錯体工学研究会2017年度年会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 鉄(III)カルボニル錯体を利用した長波長光で誘起可能な一酸化炭素放出分子の開発 国内会議

    中江豊崇, 廣津昌和, 中島洋

    先端錯体工学研究会2017年度年会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • チオフェン誘導体を用いたπ架橋チオラート鉄カルボニル錯体の合成 国内会議

    石本有佳梨, 中島洋, 廣津昌和

    先端錯体工学研究会2017年度年会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 光増感部位を持つ三核錯体の光物理学的性質 国内会議

    藤澤直輝, 中島洋, 西岡孝訓

    先端錯体工学研究会2017年度年会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 生体透過性の高い光により励起可能な一酸化炭素放出鉄カルボニ錯開発を目指して 国内会議

    中江豊崇, 廣津昌和, 中島洋

    第44回生体分子科学討論会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Carbon-Monoxide-Releasing Iron Carbonyl Complexes with an N,C,S-Tridentate Ligand Induced by Light in the Biotransparent Range 国内会議

    中江豊崇, 廣津昌和, 中島洋

    第27回金属の関与する生体関連反応シンポジウム  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of axial phosphorus ligands on visible-light-induced CO-release properties of N,C,S-pincer iron(III) complexes 国内会議

    T. Nakae, M. Hirotsu, H. Nakajima

    日本化学会第97春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Synthesis of π-Bridged Thiolate Iron Carbonyl Complexes by Using Thiophene Derivatives 国内会議

    M. Hirotsu, Y. Ishimoto, H. Nakajima

    日本化学会第97春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生体内での利用を志向した光駆動型一酸化炭素放出物質の開発 招待 国内会議

    中島洋

    バイオインターフェース先端マテリアルの創生 第7回シンポジウム  2017年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 生体内での利用を志向した光駆動型一酸化炭素放出物質の開発 国内会議

    中島 洋

    バイオインターフェース先端マテリアルの創生 第7回シンポジウム  2017年02月 

  • 生体分子を用いた新たな情報変換の仕組みづくり 国内会議

    中島 洋

    光ナノサイエンス特別講義、奈良先端大  2016年11月 

  • Engineering of Electron Transfer Protein for Biofunctional Materials 招待 国際会議

    H. Nakajima

    Japan-Korea-Taiwan Bioinorganic Chemistry Symposium 2016  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 自己無毒化機構を有する一酸化炭素放出物質の創出 —CO医療への応用- 招待 国内会議

    中島洋, 廣津昌和, 中江豊崇

    第1回ライフサイエンス談話会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • N糖修飾二座キレート型N-ヘテロ環カルベン配位子を有するニッケル錯体の合成と性質 国内会議

    南健太郎, 中島洋, 西岡孝訓

    錯体化学会第66回討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Nature of the Catalytically Active Species in Aqueous Suzuki-Miyaura Coupling Reaction Catalyzed by Palladium Complexes with C-C-N or C-N-C Pincer Ligands 国内会議

    Y. Imanaka, N. Shiomoto, H. Nakajima, T. Nishioka

    錯体化学会第66回討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • チオフェン類から誘導されるレドックス活性チオラート配位子をもつ鉄錯体の合成と性質 国内会議

    廣津昌和, 松永拓海, 中島洋

    錯体化学会第66回討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • チオラートおよびジホスフィン架橋配位子をもつ二核鉄錯体の合成と反応性 国内会議

    村田千智, 廣津昌和, 中島洋

    錯体化学会第66回討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • チオエーテル側鎖をもつN,C,S-三座シッフ塩基鉄カルボニル錯体の反応性 国内会議

    田中優衣, 廣津昌和, 中島洋

    錯体化学会第66回討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Visible-light-induced CO release of N,C,S-pincer iron(III) carbonyl complexes 国内会議

    T. Nakae, M. Hirotsu, H. Nakajima

    錯体化学会第66回討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • N−ヘテロ環カルベン配位子を有する硫黄架橋三種混合金属三核錯体のビルドアップ合成とその性質 国内会議

    文珠良侑, 前田友梨, 橋本秀樹, 中島洋, 西岡孝訓

    錯体化学会第66回討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • N-ヘテロ環カルベン(NHC)ピンサーPd錯体を触媒としたC―Sカップリング反応 国内会議

    今仲庸介, 中島洋, 西岡孝訓

    錯体化学会第66回討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 自己無毒化機構を有する一酸化炭素放出物質の創製 国内会議

    中島 洋

    杉本・阿倍野ライフサイエンス談話会  2016年09月 

  • Engineering of electron transfer proteins for signal transduction 国内会議

    中島 洋

    Japan-Korea-Taiwan Bioinorganic Chemistry Symposium 2016, Okazaki  2016年09月 

  • Water-Soluble and Visible-Light-Responsive CO-Releasing Iron(III) Carbonyl Complex 国際会議

    T. Nakae, M. Kubota, M. Hirotsu, H. Nakajima

    OCUIC-2016 Osaka City University International Conference  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Development of Sugar-Incorporated N-Heterocyclic Carbene Pincer Pd Complexes for Application to C-C Coupling Reactions in Water 国際会議

    Y. Imanaka, N. Shiomoto, H. Nakajima, T. Nishioka

    OCUIC-2016 Osaka City University International Conference  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis of a water-soluble iron(III) carbonyl complex -Possible use as a biocompatible CO releaser responsive to visible-light- 国内会議

    中江豊崇, 久保田真史, 廣津昌和, 中島洋

    第26回金属の関与する生体関連反応シンポジウム  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • N-ヘテロ環カルベン配位子と三重架橋セレン化物配位子を有する混合金属三核錯体の電気化学的性質 国内会議

    濵村菜摘, 前田友梨, 橋本秀樹, 中島洋, 西岡孝訓

    第5回JACI/GSCシンポジウム  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水素発生触媒能を有する水溶性コバルト錯体の開発および光水素発生系への適用 国内会議

    佐納惇平, 廣津昌和, 中島洋

    第5回JACI/GSCシンポジウム  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 糖修飾N-ヘテロ環カルベン(NHC)ピンサーPd錯体の水中C-Cカップリング反応への適用 国内会議

    今仲庸介, 塩本直俊, 中島洋, 西岡孝訓

    第5回JACI/GSCシンポジウム  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis of a Water-Soluble Carbon-Monoxide-Releasing Iron(III) Carbonyl Complex Responsive to Visible Light 国内会議

    T. Nakae, M. Kubota, M. Hirotsu, H. Nakajima

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Redox Behavior of Iron Complexes with Thiolate Ligands Derived from Quinolyl-Substituted Thiophenes 国内会議

    M. Hirotsu, T. Matsunaga, H. Nakajima

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • チオエーテル側鎖をもつS,C,N-三座シッフ塩基鉄カルボニル錯体の合成と性質 国内会議

    田中優衣, 廣津昌和, 中島洋

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 光水素生成触媒能を有する水溶性コバルト錯体の開発 国内会議

    佐納惇平, 廣津昌和, 中島洋

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アルケニル架橋部位とジホスフィン配位子をもつ二核鉄錯体の合成と性質 国内会議

    村田千智, 廣津昌和, 中島洋

    日本化学会第96春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Regulatory mechanism of a Fe-S cluster containing transcriptional regulator for VFe-nitrogenase 国内会議

    中島 洋

    蛋白研セミナー, 大阪  2015年03月 

  • Effect of Nitrosylation on VnfA, a Nitrogenase Transcriptional Regulator Containing Fe-S Cluster 国内会議

    中島 洋

    分子研研究会「生物無機化学の最先端と今後の展望」  2015年01月 

  • 電子伝達タンパク質チトクロムcを化学の視点で使う 国内会議

    中島 洋

    第45回中部化学支部秋季年会 特別討論会「酵素、錯体および触媒をつなぐ化学の新展開」  2014年11月 

  • Conversion of readout from transcriptional regulator by electron transfer proteins 国内会議

    中島 洋

    12th European Biological Inorganic Chemistry Conference (EuroBIC), Zurich  2014年08月 

  • 電子伝達タンパク質による転写調節因子の出力変換(Readout Conversion of Transcriptional Regulator by Electron Transfer Proteins) 国内会議

    Nakajima Hiroshi, Miyazaki Souji, Watanabe Yoshihito

    生物物理  2014年08月  (一社)日本生物物理学会

  • A modified electrode with a functionalized Azurin -A novel Biosensing mechanism- 国内会議

    中島 洋

    13th Asia pacific symposium on Microscale separation and Analysis, Jeju Korea  2013年11月 

  • VnfA, a transcriptional regulator of nitrogeneses from Azotobactor vinelandii 国内会議

    中島 洋

    Biochemistry and Bioinorganic Chemistry of the Nitrogenase Active Sites  2013年10月 

  • 電子伝達タンパク質を素材とする化学の展開 国内会議

    中島 洋

    奈良女子大理学部化学科講演会  2013年08月 

  • Dynamic Control of Inter-proteins Interaction for Protein Based Signal Transduction System 国内会議

    中島 洋

    Collaborative Conference on Materials Research 2013, Jeju Korea  2013年06月 

  • An artificial Signal Transduction System Consisting of Electron Transfer Proteins 国内会議

    中島 洋

    Campus Asia 3rd Meeting, Nanjing, China  2013年03月 

  • 金属タンパク質のダイナミクスを利用する機能の創出 国内会議

    中島 洋

    分子研研究科「生体配位化学の最前線と展望」  2013年02月 

  • シグナルトランスデューサーの化学 −機能解明と応用− 国内会議

    中島 洋

    分子研研究会「生物物質科学の展望」  2013年01月 

  • A Signal Transduction Mechanism Inspired by Natural Sensor Protein 国内会議

    中島 洋

    JST 日印バイオ医学研究 ワークショップ  2012年02月 

  • Functional analysis of VnfA, a nitrogenase transcriptional regulator from Azotobactor vinelandii 国内会議

    中島 洋

    G-COE mini-symposium in Nagoya  2011年 

  • Artificial peroxidase founded on a thermally tolerant protein from Thermus thermophilus 国内会議

    中島 洋

    第60回錯体化学討論会 Chem. Commun. Synposium  2010年 

  • Protein Engineering of Cytochrome c552 from a thermophile: A scaffold for artificial peroxidase 国内会議

    NAKAJIMA, Hiroshi

    10th IRTG joint symposium  2010年 

  • Protein Engineering of Cytochrome c552 from a thermophile: A scaffold for artificial peroxidase 国内会議

    中島 洋

    10th IRTG joint symposium  2010年 

  • Functional analysis of VnfA, a nitrogenase transcriptional regulator from Azotobacter vinelandii 国内会議

    中島 洋

    Pacifichem2010  2010年 

  • A Signal Transduction Mechanism Inspired by Natural Sensor Protein 国内会議

    中島 洋

    Symposium on Advanced in Biological Inorganic Chemsitry (SABIC2009)  2009年11月 

  • Purification and Structural Analysis of Vanadium Nitrogenase Regulating Protein in Azotobactor vinelandii 国内会議

    中島 洋

    学術創成研究「還元系金属酵素の有機金属・クラスター化学」国際シンポジウム  2009年01月 

  • Single Protein Based Photo-Switching Device Constituted With Zinc Cytochrome c And HOOC-Sam Elecrode 国内会議

    中島 洋

    IUMRS International Conference in Asia 2008  2008年12月 

  • Purification and Structural Analysis of Vanadium Nitrogenase Regulating Protein in Azotobactor vinelandii 国内会議

    中島 洋

    学術創成研究「還元系金属酵素の有機金属・クラスター化学」ワークショップ  2007年11月 

  • Purification And Structural Analysis Of Vanadium Nitrogenase Regulating Protein In Azotobactor Vinelandii 国内会議

    中島 洋

    (ICBIC) 13  2007年07月 

  • タンパク質の動的挙動を化学の立場で知る、造る、使う 国内会議

    中島 洋

    バイオインスパイアードフロンティア会議  2007年07月 

  • Creation of artificial metalloenzyme 国内会議

    中島 洋

    Guest lecture, Munster University  2007年03月 

  • 耐久性ある人工酵素・機能性タンパク質創成に向けた取り組み 国内会議

    中島 洋

    日本化学会第87回春期年会 イブニングセッション  2007年03月 

  • Transcriptional Regulator Sensing Small Gas Molecule ? Study on Sensing Mechanism? 国内会議

    中島 洋

    Lecture by invited professor, TATA Institute of Fundamental Research  2005年09月 

  • ニトロゲナーゼ転写調節因子VnfAのセンサー構造と機能 国内会議

    中島 洋

    第94回触媒討論会  2004年09月 

  • シグナル伝達タンパク質におけるシグナル感知と変換の分子機構」、分子研研究会「分子による情報の送受信 国内会議

    中島 洋

    分子研研究会「分子による情報の送受信」  2004年02月 

▼全件表示

産業財産権等

  • 一酸化炭素放出分子

    中江豊崇、廣津昌和、中島 洋

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:2017-38424 

科研費

  • プルシアンブルーの振動励起を駆動力とする近赤外光応答性薬剤放出システムの開発

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 光力学線療法への応用を志向する房状ポルフィリンカプセルの創出

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2014年04月

  • プロテアーゼ依存的な薬剤放出機構を有するタンパク質名のキャリア分子の創出

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2014年04月

  • 電子伝達タンパク質間の会合体形成を利用する遺伝子転写制御因子の出力変換

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2012年04月

  • センサーキナーゼを利用する新しいバイオセンシング機構の構築

    基盤研究(C)  2010年04月

  • 実用化に向けた酸素添加酵素の分子設計

    基盤研究(S)  2007年04月

  • 好熱性細菌由来タンパク質を基盤分子に用いた高耐久性人工酵素の創成

    基盤研究(C)  2006年04月

  • 人工補助因子による酵素活性中心の制御と新規触媒能の開発

    特定領域研究  2006年04月

  • タンパク質ケージを用いた金属ナノ微粒子形成機構の解明

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2005年04月

  • ペルオキシダーゼに対するカタラーゼ活性付与:過酸化水素との反応の制御機構解明

    特定領域研究  2005年04月

  • タンパク質複合体内部空間を利用した金属錯体の動的制御

    特定領域研究  2004年04月

  • 一酸化窒素をエフェクターとする新規なヘム含有転写調節因子の転写活性化機構

    若手研究(B)  2000年04月

  • 一酸化炭素センサーとして機能する転写調節因子CooAの構造と機能

    特定領域研究  2000年04月

▼全件表示

受託研究

  • 近赤外光に応答して一酸化炭素を放出する生体適合性分子の開発 -ガス医療への利用に向けてー

    (公財)小柳財団  2019年04月

奨励寄附金・助成金

  • 窒素酸化物をエフェクターとする新規転写調節因子Dnrの転写調節機構の解明

    北陸先端科学技術大学院大学  2000年04月

その他補助金等

  • 医療への応用に向けた 生体適合性一酸化炭素放出ハイブリッド分子の開発

    未設定  2016年04月

  • 天然センサータンパク質を規範とするシグナル変換機構の開発

    (公財)大幸財団  2009年11月

担当教育概要

  • 主に無機化学に分類される化学、錯体化学、有機金属化学、生物無機化学について、学部生を対象とする講義、演習、化学実験を担当している。また、錯体化学の分子対称性と反応論を群論を用いて理解する講義を大学院生を対象に実施している。

担当授業科目

  • 化学特別研究3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別講義D

    2022年度   集中講義   大学院

  • 有機金属化学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学実験Ⅰ

    2022年度   週間授業   大学

  • 化学特別演習3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究1(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 学術交流研究

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D3物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D2物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 無機化学演習

    2022年度   週間授業   大学

  • 有機金属化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 前期海外特別研究2(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学実験2

    2020年度     大学

  • 化学セミナー

    2020年度     大学

  • 無機化学演習

    2020年度     大学

  • 有機金属化学

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験1

    2020年度     大学

  • 化学実験2

    2019年度     大学

  • 化学産業論

    2019年度     大学院

  • 基礎化学実験1

    2019年度     大学

  • 有機金属化学

    2019年度     大学

  • 創成分子科学

    2019年度     大学院

  • 無機化学演習

    2019年度     大学

  • 化学実験

    2018年度     大学

  • 錯体化学

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験

    2018年度     大学

  • 無機化学演習

    2018年度     大学

  • 有機金属化学

    2018年度     大学

  • 創成分子科学

    2018年度     大学院

  • 無機化学演習

    2017年度     大学

  • 化学実験

    2017年度     大学

  • 錯体化学

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験

    2017年度     大学

  • 創成分子科学

    2017年度     大学院

  • 無機化学演習

    2016年度     大学

  • 創成無機分子科学特論3

    2016年度     大学院

  • 錯体化学

    2016年度     大学

  • 化学実験

    2016年度     大学

  • 基礎化学実験

    2016年度     大学

  • 無機化学演習

    2015年度     大学

  • 錯体化学

    2015年度     大学

  • 化学実験

    2015年度     大学

  • 基礎化学実験

    2015年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 応用化学特別講義A

    機関名: 山陽小野田市立山口東京理科大学

  • 電子伝達タンパク質の機能改変

    機関名:奈良先端科学技術大学院大学

  • 錯体化学

    機関名:名古屋大学, 大阪市立大学

  • 生物無機化学実験

    機関名:名古屋大学

  • 無機化学

    機関名:名古屋大学

  • 有機金属化学

    機関名:名古屋大学, 大阪市立大学

  • シグナル伝達の生化学・化学

    機関名:筑波大学

  • Metals in Biology

    機関名:Munster University

  • Chemistry of signal transducing proteins

    機関名:TATA Fundamental Research Institute

▼全件表示

FD活動

  • 教育方法の改善  2020年度

     詳細を見る

    担当科目について、毎回の講義すべての動画作成

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    新大学大学院科目策定およびカリキュラム策定への参加

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    新大学学部専門科目策定およびカリキュラム作成への参加

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    新大学基礎教育課程における基礎専門科目およびそのカリキュラム策委員会への参加

  • 教育方法の改善  2018年度

     詳細を見る

    外部専門講師による安全衛生教育の実施を行い、質の向上を図った。

  • 教育方法の改善  2017年度

     詳細を見る

    学生の就職相談役を拝命

  • 教育方法の改善  2016年度

     詳細を見る

    学生相談員を拝命

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

  • 2021年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:3件

  • 2020年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

  • 2019年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

  • 2018年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:講義内容に関する電子メールに質問の受付、
    Zoomによるリモート対面方式による質問の受付

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:国際ゼミナールの実施。外国人非常勤講師による博士前期課程学生向け講義のアレンジ

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:国際ゼミナールの実施。外国人非常勤講師による博士前期課程学生向け講義のアレンジ

  • 2017年度

  • 2016年度

      詳細を見る

    独自項目:学内教育推進本部経費を獲得し、学生の海外学会派遣をサポートした。

  • 2016年度

      詳細を見る

    独自項目:国際ゼミナールの実施。外国人非常勤講師による博士前期課程学生向け講義のアレンジ

  • 2016年度

  • 2014年度

      詳細を見る

    独自項目:名古屋大学G-COEプログラム化学系カリキュラム取りまとめ

  • 2013年度

      詳細を見る

    独自項目:名古屋大学G-COEプログラム化学系カリキュラム取りまとめ

▼全件表示

社会貢献活動

  • 大阪府立高津高等学校「体験型進路学習Ⅱ」

    役割:講師

    大阪府立高津高等学校  2022年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:施設一般公開

    参加者数:6(人)

  • 大阪サイエンスデイ高校生研究発表指導

    役割:助言・指導

    大阪府教育委員会  大阪サイエンスデイ  2022年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:研究指導

    参加者数:500(人)

  • 生体における金属イオンの役割 - 化学者の視点 -

    役割:講師

    西宮市  「宮水学園」サイエンス講座  2022年02月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:80(人)

  • 大阪府立高津高等学校「体験型進路学習Ⅱ」

    役割:講師

    大阪府立高津高等学校  体験型進路学習Ⅱ  2021年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:施設一般公開

    参加者数:6(人)

  • 大阪サイエンスデイ高校生研究発表指導

    役割:講師

    大阪府教育委員会  2021年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:研究指導

    参加者数:500(人)

  • 大阪府立北野高等学校 SSH 課題研究指導

    役割:講師, 助言・指導

    北野高校・オンライン  2020年11月 - 2021年02月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:研究指導

    参加者数:6(人)

    SSH 課題研究に対する実験・研究指導

  • 大阪サイエンスデイ高校生研究発表指導

    役割:助言・指導

    大阪府教育庁教育振興室   大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部  オンライン  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    大阪サイエンスデイにおけるSSH指定校高校生研究発表への研究・発表指導

  • オープンキャンパス模擬授業

    役割:講師

    大阪市立大学  オープンキャンパス  2020年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 保護者

    種別:講演会

    オープンキャンパス参加者に対する理学部化学科を紹介する模擬授業

  • 生命機能を支える金属イオンの役割 ― 化学者の視点 ―

    役割:講師

    大阪市立大学  市大授業  オンライン  2020年04月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    参加者数:90(人)

    高校生を対象に、大学の化学のエッセンスを紹介する講演会

  • 大阪サイエンスデイ高校生研究発表指導

    役割:助言・指導

    大阪府教育庁教育振興室   大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部  天王寺高校  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    大阪サイエンスデイにおけるSSH指定校高校生研究発表への研究・発表指導

  • 大阪サイエンスデイ高校生研究発表指導

    役割:助言・指導

    大阪府教育庁教育振興室   大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部  天王寺高校  2018年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    大阪サイエンスデイにおけるSSH指定校高校生研究発表への研究・発表指導

  • 生体内での利用を志向した光駆動型 一酸化炭素放出物質の開発

    役割:講師

    科学技術振興機構  スマートテクノロジー 新技術説明会  JST東京本部別館ホール  2017年11月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:講演会

  • 高校化学グランプリ実行委員長

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学・大阪府立大学  高校化学グランプリ  大阪市立大学  2016年06月 - 2016年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    化学の啓蒙活動の一環として、全国の高校生を対象とする実験化学コンテストの実行委員長を務めた

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 生物における金属の役割

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:高校生, 大学生, 市民団体

    生体における金属の機能と役割について、健康、病気、医薬の観点から講義する

国際交流活動

  • インドネシアアンダラス高校生への理学部化学科の紹介

    活動区分 :教育

    活動国 :Indonesia   2017年10月

その他

  • 職務経歴

    2015年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 教授