2023/07/03 更新

写真a

ナシマ シゲキ
菜嶋 茂喜
NASHIMA Shigeki
担当
大学院工学研究科 電子物理系専攻 講師
工学部 電子物理工学科
職名
講師
所属
工学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院工学研究科 電子物理系専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 電子物理工学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪大学 )

  • 修士(工学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 光工学、光量子科学

研究キーワード

  • テラヘルツ波

  • テラヘルツ・エンハンスメント共振

  • テラヘルツ・プラズモニクス

  • テラヘルツ・メタマテリアル

  • ワイヤーグリッド偏光子

  • 分光センシング

  • フェムト秒レーザー

研究概要

  • 私は,テラヘルツ波と呼ばれる電磁波の領域を中心に研究をしています.テラヘルツ波は携帯電話に使用されている電波よりも1000倍ほど周波数の高い電磁波で,電波と光の間に位置しています.近年,X線のように物質を透視できる性質が知られる様になり,非破壊検査などに応用しようとする動きが高まっています.私はこの電波と光をつなぐ電磁波領域をもっと簡便に,もっと使い易くなるようにとの思いから,この領域の電磁波計測に関係する技術開発をしています.現在は,発生や検出に使用する超短パルスレーザーの開発や高機能な光学素子の開発に取り組んでいます.また,それらの機能を活かした分光センシングへの応用やその高感度化への技術開発に取り組んでいます.

研究歴

  • エンハンスメント共振器を用いたテラヘルツ波の増強と分光応用

    エンハンスメント共振器,テラヘルツ波の増強  国内共同研究

    2014年04月 - 継続中 

  • テラヘルツ帯高性能ワイヤーグリッド偏光子の開発

    ワイヤーグリッド、テラヘルツ波、プラズモニクス  個人研究

    2003年04月 - 継続中 

  • 金属メッシュを用いたバイオセンシング技術の開発

    金属メッシュ、バイオセンシング、テラヘルツ波  国内共同研究

    2011年04月 - 継続中 

  • 高強度テラヘルツ波光源の開発

    フェムト秒レーザー、テラヘルツ波、外部共振器  国内共同研究

    2003年04月 - 継続中 

  • 広帯域テラヘルツ時間領域分光システムの開発

    テラヘルツ波、時間領域分光  個人研究

    2003年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 応用物理学会

      国内

  • 日本赤外線学会

      国内

  • レーザー学会

      国内

委員歴(学外)

  • 編集委員 幹事   日本赤外線学会  

    2009年 - 継続中 

  • -   応用物理学会「4.量子エレクトロニクス」のプログラム編集委員  

    2012年01月 - 2013年12月 

      詳細を見る

    応用物理学会「4.量子エレクトロニクス」プログラム編集委員

職務経歴(学外)

  • 国土交通省 航空保安大学校   航空電子科   兼任

    2019年04月 - 継続中

  • 日本学術振興会特別研究員   -

    2000年 - 2002年

学歴

  • 大阪大学   工学研究科   応用物理学専攻   博士課程   卒業・修了

    1999年04月 - 2002年03月

  • 大阪大学   工学部   工学部応用物理学科     卒業・修了

    1993年04月 - 1997年03月

論文

  • 【テラヘルツ光源】多孔質膜一体型金属メッシュを用いた非標識検出法の高感度化

    鈴木 哲仁, 小川 雄一, 近藤 直, 近藤 孝志, 神波 誠治, 菜嶋 茂喜

    (NPO)日本レーザー医学会 日本レーザー医学会誌   39 ( 4 )   335 - 340   2019年01月( ISSN:0288-6200

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 多孔質膜一体型金属メッシュを用いた非標識検出法の高感度化 招待 査読

    鈴木哲仁, 小川雄一, 近藤直, 近藤孝志, 神波誠治, 菜嶋茂喜

    特定非営利活動法人 日本レーザー医学会 日本レーザー医学会誌   39 ( 4 )   335 - 340   2019年01月( ISSN:0288-6200

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    <p>金属メッシュは,入射光と微小開口の相互作用により開口近傍に電場が局在する性質を持ち,そこに誘電体が付着すると透過特性が変化するため,非標識かつ簡便なセンサとして応用できる光学素子である.アレルゲンのように微小な物質を検出対象とする場合は,対象物と局在した電場が相互作用しやすいようにすることで,検出感度の向上が期待できる.本研究では,テラヘルツ帯で高い透過性を示す多孔質ポリマーを用い,対象物の固定方法と感度との関係性を明らかにした.金属メッシュ開口部に充填した多孔質ポリマー内に反応層を設けて生体分子の選択的な検出を行った結果,金属メッシュ表面に対象物を直接固定する手法や多孔質膜を片面に密着させる手法よりも感度を向上させることに成功した.</p>

    DOI: 10.2530/jslsm.jslsm-39_0027

    CiNii Article

  • リング型共振器によるInAsから発生したテラヘルツ波の増強 査読

    三山恭弘,村岡勇宜,中川慶一,菜嶋茂喜,瀧田佑馬,熊谷寛

    日本赤外線学会学会誌   28 ( 1 )   83 - 90   2018年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    本研究では,1-GHz フェムト秒チタンサファイアレーザーを用いて発生するInAsからのテラヘルツ波(以下,THz波)に対し,その繰り返し周期に同期したリング型共振器を用いて内部増強することに成功した.テラヘルツ時間領域分光法(THz-time domain spectroscopy : THz-TDS)を用いて,非同期状態の共振器外部に取り出されたTHz波を測定した結果,共振器を7周回したTHz波を観測した.また,同期状態の共振器で増強されたTHz波をスペクトル解析した結果,0.293 THzにおいて最大23.8倍の増強を達成していることを確認した.

  • Selection of a Single Isotope of Multiply Charged Xenon (Xe-A(z+), A=128-136, z=1-6) by Using a Bradbury-Nielsen Ion Gate 査読

    Kitashoji Akihiro, Yoshikawa Taiki, Fujihara Akimasa, Kamamori Takaaki, Nashima Shigeki, Yatsuhashi Tomoyuki

    CHEMPHYSCHEM   18 ( 15 )   2007 - 2011   2017年08月( ISSN:1439-4235

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cphc.201700381

  • Metal Mesh Device Sensor Immobilized with a Trimethoxysilane-Containing Glycopolymer for Label-Free Detection of Proteins and Bacteria 査読

    Seto Hirokazu, Kamba Seiji, Kondo Takashi, Hasegawa Makoto, Nashima Shigeki, Ehara Yoshinobu, Ogawa Yuichi, Hoshino Yu, Miura Yoshiko

    ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES   6 ( 15 )   13234 - 13241   2014年08月( ISSN:1944-8244

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/am503003v

  • Coherent time-domain detection of terahertz pulses generated from noncollinear phase-matched, picosecond terahertz parametric oscillator 査読

    Tadokoro Yuzuru, Takida Yuma, Kumagai Hiroshi, Nashima Shigeki, Hangyo Masanori

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   7 ( 2 )   2014年02月( ISSN:1882-0778

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/APEX.7.022701

  • バイオセンシング応用に向けた正方開口型金属メッシュデバイスの開口比依存性 査読

    堤 太志, 菜嶋 茂喜, 細田 誠, 近藤 孝志, 神波 誠治, 小川 雄一

    電気学会研究会資料. LAV, 光応用・視覚研究会   2013 ( 15 )   15 - 19   2013年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • テラヘルツ帯プラズモニック結晶の光学機能とその先端応用 査読

    菜嶋 茂喜, 小川 雄一

    The Institute of Electrical Engineers of Japan 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   133 ( 3 )   484 - 489   2013年03月( ISSN:03854221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We introduce the recent topics concerning the 1D- and 2D- plasmonic crystals, i.e., a wire grid polarizer and a metal mesh device at terahertz frequencies. We show the remarkable increase in polarization characteristics on a freestanding double-layered wire grid polarizer. We also show the performance of metal mesh devices for biosensing application.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.133.484

    CiNii Article

  • ピコ秒光パラメトリック発振器から発生したテラヘルツ波の時間波形計測 査読

    田所 譲, 瀧田 佑馬, 熊谷 寛, 菜嶋 茂喜, 小林 中

    レーザー学会 レーザー研究   41 ( 2 )   125 - 128   2013年02月( ISSN:03870200

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ピコ秒光パラメトリック発振器から発生したテラヘルツ波の時間波形計測

    田所 譲,瀧田 佑馬,熊谷 寛,菜嶋 茂喜,小林 中

    レーザー学会学会誌 レーザー研究   41 ( 2 )   125 - 128   2013年02月( ISSN:0387-0200

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Growth of Ultrathin and Highly Efficient Organic Nonlinear Optical Crystal 4 '-Dimethylamino-N-methyl-4-Stilbazolium p-Chlorobenzenesulfonate for Enhanced Terahertz Efficiency at Higher Frequencies 査読

    Brahadeeswaran S., Takahashi Y., Yoshimura M., Tani M., Okada S., Nashima S., Mori Y., Hangyo M., Ito H., Sasaki T.

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   13 ( 2 )   415 - 421   2013年02月( ISSN:1528-7483

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cg300606g

  • 光増強共振器を用いたピコ秒テラヘルツ波パラメトリック発振器 査読

    熊谷 寛, 瀧田 佑馬, 田所 譲, 菜嶋 茂喜

    電気学会 電気学会研究会資料. OQD, 光・量子デバイス研究会   2013 ( 1 )   17 - 20   2013年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Growth of Ultrathin and Highly Efficient Organic Nonlinear Optical Crystal 4′-Dimethylamino.N.methyl-4-Stilbazolium p.Chlorobenzenesulfonate for Enhanced Terahertz Efficiency at Higher Frequencies

    S. Brahadeeswaran,, Y. Takahashi, M. Yoshimura, M. Tani, S. Okada, S. Nashima, Y. Mori, M. Hangyo, H. Ito, and T. Sasaki

    American Chemical Society, Crystal Growth adn Design   13   415 - 421   2013年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tunable Picosecond Terahertz-Wave Parametric Oscillators Based on Noncollinear Pump-Enhanced Signal-Resonant Cavity

    Y. Takida, T. Ohira, Y. Tadokoro, H. Kumagai, and S. Nashima

    IEEE JOURNAL OF SELECTED TOPICS IN QUANTUM ELECTRONICS   19 ( 1 )   8500307(1)-(7)   2013年01月( ISSN:1077-260X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Time-Domain Measurements of Terahertz Waves Generated from Picosecond Optical Parametric Oscillator

    Y. Tadokoro, Y. Takida, H. Kumagai, S. Nashima, and A. Kobayashi

    The Review of Laser Engineering   41 ( 2 )   125 - 128   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tunable Picosecond Terahertz-Wave Parametric Oscillators Based on Noncollinear Pump-Enhanced Signal-Resonant Cavity 査読

    Takida Yuma, Ohira Tatsuya, Tadokoro Yuzuru, Kumagai Hiroshi, Nashima Shigeki

    IEEE JOURNAL OF SELECTED TOPICS IN QUANTUM ELECTRONICS   19 ( 1 )   2013年( ISSN:1077-260X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/JSTQE.2012.2206801

  • テラヘルツ波~中赤外光領域の時間領域分光システムの高速化に向けた回転式時間遅延ステージの作製

    菜嶋茂喜,中峰寛朗,細田誠

    日本赤外線学会誌   22 ( 2 )   71 - 78   2012年12月( ISSN:0916-7900

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 光二重共振型テラヘルツ波パラメトリック発振器におけるアイドラー波の波長可変特性 査読

    瀧田 佑馬, 大平 達也, 田所 譲, 熊谷 寛, 菜嶋 茂喜

    The Institute of Electrical Engineers of Japan 電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. C, A publication of Electronics, Information and Systems Society   132 ( 8 )   1299 - 1300   2012年08月( ISSN:03854221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We experimentally investigated the wavelength tuning of oscillating idler (Stokes) waves by slightly translating the position of a mirror constituting an enhancement cavity in a terahertz (THz)-wave parametric oscillator (TPO) with optical double resonance. The wide tuning range of the idler wavelength was from 781.5 to 787.3 nm, corresponding to the frequency range of THz (signal) waves from 0.7 to 3.5 THz. The measured intersecting angle between pump and idler waves was in good agreement with the theoretical calculation of the noncollinear phase-matching condition in all the above tuning range.

    DOI: 10.1541/ieejeiss.132.1299

    CiNii Article

  • 光二重共振型テラヘルツ波パラメトリック発振器におけるアイドラー波の波長可変特性

    瀧田佑馬,大平達也,田所謙,熊谷寛,菜嶋茂喜

    電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌   132 ( 8 )   1299 - 1300   2012年08月( ISSN:3854221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ピコ秒エンハンスメントキャビティによるテラヘルツ波パラメトリック発生(2)エンハンスメントキャビティの評価

    熊谷寛,瀧田佑馬,前田真吾,大平達也,菜嶋茂喜

    日本赤外線学会 日本赤外線学会誌   21 ( 2 )   80 - 84   2012年05月( ISSN:0916-7900

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ピコ秒エンハンスメントキャビティによるテラヘルツ波パラメトリック発生(1)テラヘルツ波発生の評価

    瀧田佑馬,熊谷寛,前田真吾,大平達也,菜嶋茂喜

    日本赤外線学会 日本赤外線学会誌   21 ( 2 )   75 - 79   2012年05月( ISSN:0916-7900

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Terahertz absorption spectroscopy of protein-containing reverse micellar solution 査読

    Murakami H., Toyota Y., Nishi T., Nashima S.

    CHEMICAL PHYSICS LETTERS   519-20   105 - 109   2012年01月( ISSN:0009-2614

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cplett.2011.11.029

  • Terahertz absorption spectroscopy of protein-containing reverse micellar solution

    H. Murakami, Y. Toyota, T. Nishi, and S. Nashima

    Chemical Physics Letters   519-520   105 - 109   2012年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noncascading THz-wave parametric oscillator synchronously pumped by mode-locked picosecond Ti:sapphire laser in doubly-resonant external cavity 査読

    Takida Yuma, Maeda Shingo, Ohira Tatsuya, Kumagai Hiroshi, Nashima Shigeki

    OPTICS COMMUNICATIONS   284 ( 19 )   4663 - 4666   2011年09月( ISSN:0030-4018

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.optcom.2011.04.072

  • Noncascading THz-wave parametric oscillator synchronously pumped by mode-locked picosecond Ti:sapphire laser in doubly-resonant external cavity

    Y. Takida, S. Maeda, T. Ohira, H. Kumagai, and S. Nashima

    Optics Communications   284 ( 19 )   4663 - 4666   2011年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Laser original: Proton generation and terahertz radiation from a thin-foil target with a high-intensity laser (「アジア域における超高強度レーザー開発の現状」特集号) 査読

    Sagisaka Akito, Pirozhkov Alexander S., Mori Michiaki, YOGO Akifumi, OGURA Koichi, ORIMO Satoshi, NISHIUCHI Mamiko, MA Jinglong, KIRIYAMA Hiromitsu, KANAZAWA Shuhei, KONDO Shuji, NAKAI Yoshiki, SHIMOMURA Takuya, TANOUE Manabu, AKUTSU Atsushi, OKADA Hajime, MOTOMURA Tomohiro, DAIDO Hiroyuki, KONDO Kiminori, BULANOV Sergei V., ESIRKEPOV Timur Zh., NASHIMA Shigeki, HOSODA Makoto, NAGATOMO Hideo, OISHI Yuji, NEMOTO Koshichi, CHOI Il Woo, LEE Seong Ku, LEE Jongmin

    レ-ザ-学会 レーザー研究   38 ( 9 )   702 - 705   2010年09月( ISSN:03870200

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Proton generation and Terahertz radiation from a thin-foil target with a high-intensity laser

    -

    The Review of Laser engineering, The Laser Society of Japan   38 ( 9 )   702 - 705   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Proton Generation and Terahertz Radiation from A Thin-Foil Target with A High-Intensity Laser: 査読

    SAGISAKA Akito, S. PIROZHKOV Alexander, MORI Michiaki, YOGO Akifumi, OGURA Koichi, ORIMO Satoshi, NISHIUCHI Mamiko, MA Jinglong, KIRIYAMA Hiromitsu, KANAZAWA Shuhei, KONDO Shuji, NAKAI Yoshiki, SHIMOMURA Takuya, TANOUE Manabu, AKUTSU Atsushi, OKADA Hajime, MOTOMURA Tomohiro, DAIDO Hiroyuki, KONDO Kiminori, V. BULANOV Sergei, Zh. ESIRKEPOV Timur, NASHIMA Shigeki, HOSODA Makoto, NAGATOMO Hideo, OISHI Yuji, NEMOTO Koshichi, Woo CHOI Il, Ku LEE Seong, LEE Jongmin

    The Laser Society of Japan レーザー研究   38 ( 9 )   702 - 705   2010年( ISSN:0387-0200

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Proton signals and terahertz (THz) radiation are simultaneously observed in a laser-plasma interaction

    DOI: 10.2184/lsj.38.702

    CiNii Article

  • High-intensity laser-driven particle and electromagnetic wave sources for science, industry, and medicine

    -

    Frontiers of Optoelectronics in China   2 ( 3 )   299 - 303   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dependence on chirp rate and spectral resolution of the terahertz field pulse waveform measured by electro-optic detection using a chirped optical pulse and a spectrometer and its effect on terahertz spectroscopy 査読

    Murakami H., Shimizu K., Katsurada M., Nashima S.

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   104 ( 10 )   2008年11月( ISSN:0021-8979

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.3021151

  • Simultaneous generation of a proton beam and terahertz radiation in high-intensity laser and thin-foil interaction 査読

    Sagisaka A., Daido H., Nashima S., Orimo S., Ogura K., Mori M., Yogo A., Ma J., Daito I., Pirozhkov A. S., Bulanov S. V., Esirkepov T. Zh., Shimizu K., Hosoda M.

    APPLIED PHYSICS B-LASERS AND OPTICS   90 ( 3-4 )   373 - 377   2008年03月( ISSN:0946-2171

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00340-008-2931-8

  • Dependence of THz field pulse waveform measured by electro-optic detection using a chirped optical pulse with a spectrometer on chirp rate and spectral resolution and its effect on THz spectroscopy

    H. Murakami, K. Shimizu, M. Katsurada, and S. Nashima

    Journal of Applied Physics   104 ( 10 )   103111(1)-(7)   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Simultaneous generation of a proton beam and terahertz radiation in high-intensity laser and thin-foil interaction

    A. Sagisaka, H. Daido, S. Nashima, S. Orimo, K. Ogura, M. Mori, A. Yogo, J. Ma, I. Daito, A. S. Piro

    Applied Physics B-Lasers and Optics   90 ( 42798 )   373 - 377   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Magnetic-field-driven artificial muscle based on the H. Huxley Model: Fundamental experiments 査読

    Hosoda Makoto, Nishimoto Yoshiko, Nashima Shigeki

    Japan Society of Applied Physics JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 2-LETTERS & EXPRESS LETTERS   46 ( 8-11 )   L170 - L172   2007年03月( ISSN:0021-4922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We experimentally demonstrate an artificial muscle driven by an externally applied magnetic field. The drive mechanism simulated a model proposed by H. Huxley for bionic muscle contraction. Small magnetic needles swing with a time-varying magnetic field and enable linear motion of an object on the needles. In the future, this fundamental mechanism could prove useful for realizing linear actuators for robots.

    DOI: 10.1143/JJAP.46.L170

    CiNii Article

  • Magnetic-Field-Driven Artificial Muscle based on the H. Huxley Model: Fundamental Experiments

    M. Hosoda, Y. Nishimoto, and S. Nashima

    Japanese Journal of Applied Physics   46 ( 8 )   L170   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Faraday ellipticity and Faraday rotation of a doped-silicon wafer studied by terahertz time-domain spectroscopy 査読

    Morikawa O., Quema A., Nashima S., Sumikura H., Nagashima T., Hangyo M.

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   100 ( 3 )   2006年08月( ISSN:0021-8979

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.2219981

  • Faraday ellipticity and Faraday rotation of a doped-silicon wafer studied by terahertz time-domain spectroscopy

    -

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   100   33105   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Measurement of electrical properties of GaN thin films using Terahertz-time domain spectroscopy 査読

    Nagashima T, Takata K, Nashima S, Harima H, Hangyo M

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 1-REGULAR PAPERS BRIEF COMMUNICATIONS & REVIEW PAPERS   44 ( 2 )   926 - 931   2005年02月( ISSN:0021-4922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/JJAP.44.926

  • Measurement of electrical properties of GaN thin films using terahertz-time domain spectroscopy

    T. Nagashima, K. Takata, S. Nashima, H. Harima, and M. Hangyo

    Japanese Journal of Applied Physics   44 ( 2 )   926   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uniaxial-strain-induced transition from type-II to type-I band configuration of quantum well microtubes

    -

    Physica E: Low-Dimensional Systems and Nanostructures   21   732   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Characterization of GaAs-based micro-origami mirrors by optical actuation

    J. M. Z. Ocampo, P. O. Vaccaro, K. Kubota, T. Fleischmann, T. S. Wang, T. Aida, T. Ohnishi, A. Sugim

    Microelectronic Engineering   73-74   429   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Optical actuation of micromirrors fabricated by the micro-origami technique

    J. M. Zanardi Ocampo, P. O. Vaccaro, T. Fleischmann, T-S. Wang, K. Kubota, T. Aida, T. Ohnishi, A. S

    Applied Physics Letters   83   3647   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Quantum-well microtube constructed from a freestanding thin quantum-well layer

    -

    American Institute of Physics   83 ( 5 )   1017   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Spectroscopy by pulsed terahertz radiation

    M. Hangyo, T. Nagashima and S. Nashima

    MEASUREMENT SCIENCE AND TECHNOLOGY   13   1 - 12   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Terahertz-time domain spectroscopic measurement of moderately-doped silicon using InAs emitter under magnetic field

    A. Quema, M. Migita, S. Nashima, and M. Hangyo

    Japanese Journal of Applied Physics   40 ( 2A )   867 - 872   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Temperature dependence of optical and electronic properties of moderately doped silicon at terahertz frequencies

    O. Morikawa, K. Takata, and M. Hangyo

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   90 ( 2 )   837 - 842   2001年( ISSN:0021-8979

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of optical properties of highly doped silicon by terahertz time domain reflection spectroscopy

    O. Morikawa, K. Takata, and M. Hangyo

    APPLIED PHYSICS LETTERS   79 ( 24 )   3923 - 3925   2001年( ISSN:0003-6951

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of the electromagnetic pulse emission from YBa2Cu3O7- and Y0.7Pr0.3Ba2Cu3O7 excited by femtosecond laser pulses

    H. Wald, C. Steigmeier, P. Seidel, S. Nashima, M. Tonouchi, and M. Hangyo

    Physica C   341-348   1899 - 1900   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Femtosecond optical response of Y0.7Pr0.3Ba2Cu3O7-delta thin films

    M. Tonouchi, M. Hangyo, KU. Barholz, F. Schmidl, H. Wald, and P. Seidel

    PHYSICA B   284 ( 1 )   931 - 932   2000年( ISSN:0921-4526

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Two components in femtosecond optical response of Y0.7Pr0.3Ba2Cu3O7-delta thin films in superconducting state

    M. Tonouchi, M. Hangyo, KU. Barholz, F. Schmidl, and P. Seidel

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS PART 2-LETTERS   39 ( 7A )   L663-L666   2000年( ISSN:0021-4922

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Optical response in amorphous GaAs thin films prepared by pulsed laser deposition

    T. Kiwa, I. Kawashima, S. Nashima, M. Hangyo, and M. Tonouchi

    Japanese Journal of Applied Physics   39 ( 11 )   6304 - 6308   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ion-beam milling of YBCO thin films and their characterization by time-resolved pump-probe method

    M. Hangyo, S. Nashima, M. Kawamura, S. Shikii, and M. Tonouchi

    IEEE Transactions on Applied Superconductivity   9 ( 2 )   1952 - 1955   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 日本赤外線学会学会誌

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 30周年記念号の特集記事「p.テラヘルツ」)

    日本赤外線学会  2021年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:207   担当ページ:4  

MISC(その他記事)

  • テラヘルツ帯プラズモニック結晶の光学機能とその先端応用

    小川 雄一

    電気学会論文誌. C, 電子・情報・システム部門誌   133 ( 3 )   484 - 489   2013年03月( ISSN:0385-4221

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • GaAs薄膜による光駆動マイクロマシン

    細田誠,泉本亮,菜嶋茂喜

    大阪市立大学工学部紀要   45   143 - 144   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

講演・口頭発表等

  • ウィスパリングギャラリーモード共振器を用いたテラヘルツ時間領域全反射減衰分光の高感度化

    中井一輝,岡田大河,菜嶋茂喜

    レーザー学会学術講演会 第43回年次大会  2023年01月  レーザー学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:ウインクあいち(愛知県)  

  • テラヘルツ波を用いた潤滑油中の気泡含有率の実時間測定 国内会議

    前田航汰,菜嶋茂喜

    シンポジウム「テラヘルツ科学の最先端Ⅸ」  2022年11月  日本分光学会 テラヘルツ分光部会,応用物理学会 テラヘルツ電磁波技術研究会,テラヘルツテクノロジーフォーラム,電子情報通信学会マイクロ波テラヘルツ光電子技術研究専門委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:フェニックス・プラザ (福井市民福祉会館)  

  • テラヘルツ波を用いた潤滑油中の気泡含有率の非接触測定 国内会議

    前田航汰,菜嶋茂喜

    第31回(2022年度)日本赤外線学会研究発表会  2022年11月  日本赤外線学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡大学浜松キャンパス 佐鳴会館  

  • Fabry-Pérot型共振器 による SI-GaAsから発生したテラヘルツ波の増強 国内会議

    今藤聖,菜嶋茂喜,瀧田佑馬,熊谷寛

    第31回(2022年度)日本赤外線学会研究発表会  2022年11月  日本赤外線学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:静岡大学浜松キャンパス 佐鳴会館  

  • 直線及び波状のワイヤーグリッドによるテラヘルツ帯メタマテリアルの層間距離依存性 国内会議

    糸井健人,姫野拓真,山﨑大吾,菜嶋茂喜

    シンポジウム「テラヘルツ科学の最先端Ⅷ」  2021年11月  公益社団法人 日本分光学会 テラヘルツ分光部会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • WGM共振器を用いたTHz-TD-ATR 分光センシング技術の開発 国内会議

    中井一輝,岡田大河,菜嶋茂喜

    シンポジウム「テラヘルツ科学の最先端Ⅷ」  2021年11月  公益社団法人 日本分光学会 テラヘルツ分光部会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • テラヘルツ近接場イメージングを用いた長方形開口型金属メッシュによるマイクロアレイセンシング 国内会議

    柴田一輝,日野優太,井上美香,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一

    シンポジウム「テラヘルツ科学の最先端Ⅷ」  2021年11月  公益社団法人 日本分光学会 テラヘルツ分光部会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 異なる開口サイズからなる金属メッシュを用いたテラヘルツ・マイクロアレイセンシング 国内会議

    柴田一輝,日野優太,井上美香,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一

    2021年第82回応用物理学会秋季学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • テラヘルツ光渦誘起による金属細線からの特異なベクトル場の発生 国内会議

    井上美香,岡本知也,藤原爽太郎,青石宗一郎,日野優太,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一,宮本克彦,尾松孝茂

    シンポジウム「テラヘルツ科学の最先端V」  2020年11月  公益社団法人 日本分光学会 テラヘルツ分光部会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 二重織金網の層間電磁結合 国内会議

    山﨑大吾,姫野拓真,速水重輝,菜嶋茂喜

    2020年第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年09月 

  • 金属探針を使ったテラヘルツ光渦の超集束効果 国内会議

    井上美香 ,岡本知也,藤原爽太郎,青石宗一郎,日野優太,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一,宮本克彦,尾松孝茂

    2020年第81回応用物理学会秋季学術講演会  2020年09月 

  • テラヘルツ光渦によるメタルメッシュ型マイクロアレイセンサーの開発Ⅱ -金属探針との結合条件の検討- 国内会議

    井上美香 ,岡本知也,藤原爽太郎,青石宗一郎,日野優太,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一,宮本克彦,尾松孝茂

    BioMedical Forum 2020  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • 金属メッシュの異常透過領域に見られる高次Dip構造を用いたバイオセンシングの高感度化 国内会議

    藤原爽太郎, 岡本知也, 青石宗一郎, 菜嶋茂喜, 近藤孝志, 神波誠治, 鈴木哲仁, 小川雄一

    BioMedical Forum 2020  2020年02月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

  • テラヘルツ光渦によるメタルメッシュ型マイクロアレイセンサーの開発Ⅱ -金属探針との結合条件の検討- 国内会議

    井上美香, 岡本知也, 藤原爽太郎, 青石宗一郎, 日野優太, 菜嶋茂喜, 近藤孝志, 神波誠治, 鈴木哲仁, 小川雄一, 宮本克彦, 尾松孝茂

    BioMedical Forum 2020  2020年02月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

  • 金属メッシュの異常透過領域に見られる高次Dip構造を用いたバイオセンシングの高感度化 国内会議

    藤原爽太郎,岡本知也,青石宗一郎,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一

    BioMedical Forum 2020  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • WGM共振器を用いたテラヘルツATR法の高感度化 国内会議

    岡田大河,中川慶一,三山恭弘,植村祥伍,菜嶋茂喜

    第28回(2019年度) 日本赤外線学会研究発表会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:福井大学  

  • 金属メッシュ型マイクロアレイセンサーの開発 国内会議

    日野優太, 岡本知也, 藤原爽太郎, 菜嶋茂喜, 近藤孝志, 神波誠治, 鈴木哲仁, 小川雄一

    第28回(2019年度) 日本赤外線学会研究発表会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催地:福井大学  

  • テラヘルツ準光学素子の作製 国内会議

    菜嶋茂喜

    第28回(2019年度) 日本赤外線学会研究発表会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学  

  • WGM共振器を用いたテラヘルツATR法の高感度化 国内会議

    岡田大河, 中川慶一, 三山恭弘, 植村祥伍, 菜嶋茂喜

    第28回(2019年度) 日本赤外線学会研究発表会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催地:福井大学  

  • テラヘルツ準光学素子の作製 国内会議

    菜嶋茂喜

    第28回(2019年度) 日本赤外線学会研究発表会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学  

  • テラヘルツ円偏光光渦による金属メッシュデバイス中の単一擬似局在ダークプラズモンの選択励起 国内会議

    岡本知也,青石宗一郎,三代裕太,日野優太,井上美香,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一,宮本克彦,尾松孝茂

    OCU先端光科学シンポジウム  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • 延伸と屈曲ワイヤーグリッドによるテラヘルツ帯負の屈折率物質 国内会議

    姫野拓真, 速水重輝, 青石宗一郎, 太田一輝, 菜嶋茂喜

    OCU先端光科学シンポジウム  2019年10月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

  • テラヘルツ円偏光光渦による金属メッシュデバイス中の単一擬似局在ダークプラズモンの選択励起 国内会議

    岡本知也, 青石宗一郎, 三代裕太, 日野優太, 井上美香, 菜嶋茂喜, 近藤孝志, 神波誠治, 鈴木哲仁, 小川雄一, 宮本克彦, 尾松孝茂

    OCU先端光科学シンポジウム  2019年10月 

     詳細を見る

    開催地:大阪市立大学  

  • 延伸と屈曲ワイヤーグリッドによるテラヘルツ帯負の屈折率物質 国内会議

    姫野拓真,速水重輝,青石宗一郎,太田一輝,菜嶋茂喜

    OCU先端光科学シンポジウム  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪市立大学  

  • ウィスパリングギャラリーモード共振器を用いたテラヘルツ時間領域全反射減衰分光 国内会議

    岡田大河,中川慶一,三山恭弘,植村祥伍,菜嶋茂喜

    2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 金属メッシュデバイスのマイクロアレイ化 国内会議

    日野優太, 岡本知也, 藤原爽太郎, 菜嶋茂喜, 近藤孝志, 神波誠治, 鈴木 哲仁, 小川雄一

    2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

  • 延伸と屈曲ワイヤーグリッドによるフリースタンド型の負の屈折率物質 国内会議

    姫野拓真, 速水重輝, 青石宗一郎, 太田一輝, 菜嶋茂喜

    2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

  • ウィスパリングギャラリーモード共振器を用いたテラヘルツ時間領域全反射減衰分光 国内会議

    岡田大河, 中川慶一, 三山恭弘, 植村祥伍, 菜嶋茂喜

    2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

  • 金属メッシュデバイスのマイクロアレイ化 国内会議

    日野優太,岡本知也,藤原爽太郎,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木 哲仁,小川雄一

    2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 延伸と屈曲ワイヤーグリッドによるフリースタンド型の負の屈折率物質 国内会議

    姫野拓真,速水重輝,青石宗一郎,太田一輝,菜嶋茂喜

    2019年第80回応用物理学会秋季学術講演会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 金属メッシュデバイスのマイクロアレイ解析を目指したテラヘルツ円偏光光渦による単一擬似局在ダークプラズモンの選択励起 国内会議

    岡本知也,三代裕太,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一

    シンポジウム「テラヘルツ科学の最先端V」  2018年12月  公益社団法人 日本分光学会 テラヘルツ分光部会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉大学 けやき会館  

  • 平織金網における屈曲構造に伴う磁気共鳴モードの発生 国内会議

    青石宗一郎,速水重輝,岡本知也,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一

    2018年 第79回 応用物理学会秋季学術講演会  2018年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 金属単一開口における局在型疑似多重極プラズモンモードの発生 国内会議

    岡本知也,三代裕太,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一

    2018年 第79回 応用物理学会秋季学術講演会  2018年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 金属メッシュの異常透過領域に見られる高次Dip構造の発生 国内会議

    藤原爽太郎,江原宜伸,三代祐太,岡本知也,青石宗一郎,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一

    2018年 第79回 応用物理学会秋季学術講演会  2018年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 20 μmワイヤーを用いたエアギャップ型二重ワイヤーグリッド偏光子の作製と評価 国内会議

    太田一輝,上田誠矢 ,菜嶋茂喜

    2018年 第79回 応用物理学会秋季学術講演会  2018年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 外部型エンハンスメント共振器によるテラヘルツ波の増強 国内会議

    植村祥伍,村岡勇宜,中川慶一,三山恭弘,菜嶋茂喜,瀧田佑馬,熊谷寛

    2018年 第79回 応用物理学会秋季学術講演会  2018年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • 内部型エンハンスメント共振器によるテラヘルツ波の増強 国内会議

    三山恭弘,村岡勇宜,中川慶一,菜嶋茂喜,瀧田佑馬,熊谷寛

    2018年 第79回 応用物理学会秋季学術講演会  2018年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋国際会議場  

  • リングキャビティによるInAsから発生したテラヘルツ波の増強 国内会議

    三山恭弘,村岡勇宜,中川慶一,菜嶋茂喜,瀧田佑馬,熊谷寛

    2017年 第78回 応用物理学会秋季学術講演会  2017年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場・国際センター・福岡サンパレス  

  • エアギャップを用いた二重ワイヤーグリッド偏光子の作製と評価 国内会議

    菜嶋茂喜

    2017年 第78回 応用物理学会秋季学術講演会  2017年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場・国際センター・福岡サンパレス  

  • テラヘルツ光渦による金属メッシュデバイスの透過Dip発生 国内会議

    岡本知也,三代裕太,菜嶋茂喜,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川雄一,宮本克彦,尾松孝茂

    2017年 第78回 応用物理学会秋季学術講演会  2017年09月  公益社団法人 応用物理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡国際会議場・国際センター・福岡サンパレス  

  • ウィスパリングギャラリーモードを用いたテラヘルツ波電場のエンハンス効果 国内会議

    中川慶一,村岡勇宜,菜嶋茂喜

    レーザー学会学術講演会 第37回年次大会   2017年01月  一般社団法人 レーザー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学 常三島キャンパス  

  • テラヘルツ集光ビーム照射時に発生する金属メッシュデバイスのDip構造 国内会議

    -

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  2016年09月 

  • ウィスパリングギャラリーモード共振器を用いたテラヘルツ波増大の検討 国内会議

    -

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  2016年09月 

  • スペーサーを用いた二重ワイヤーグリッド偏光子の作製と評価 国内会議

    -

    第77回応用物理学会秋季学術講演会  2016年09月 

  • 高繰り返しフェムト秒レーザーを用いたテラヘルツ波のエンハンスメント共振の検討 国内会議

    村岡勇宜,下井陵平,菜嶋茂喜,細田誠,瀧田佑馬,田所譲,熊谷寛

    レーザー学会学術講演会 第36回年次大会  2016年01月  一般社団法人 レーザー学会

     詳細を見る

    開催地:名城大学 天白キャンパス  

  • 金属メッシュデバイスの四重極子型共鳴モードに与える開口周期の影響 国内会議

    三代裕太,江原宜伸,澤坂駿介,藤村拓矢,菜嶋茂喜,細田誠,近藤孝志,神波誠治,鈴木哲仁,小川 雄一

    テラヘルツ科学の最先端 シンポジウム「テラヘルツ科学の最先端 II」  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 長方形開口型金属メッシュデバイスの異常透過領域に見られるDip構造のアスペクト比依存性 国内会議

    -

    第76回応用物理学会秋季学術講演会  2015年09月 

  • ステンレス平織金網の異常透過領域における光学異方性 国内会議

    -

    第76回応用物理学会秋季学術講演会  2015年09月 

  • キャビティ効果によるテラヘルツ波放射の増大の検討 国内会議

    -

    第76回応用物理学会秋季学術講演会  2015年09月 

  • フリースタンド型ワイヤーグリッドにおける表面波の断面形状依存性 Ⅱ 国内会議

    -

    第76回応用物理学会秋季学術講演会  2015年09月 

  • Dip structure in metal mesh devices with squared- and trapezoid-shape holes 国際会議

    T. Fujimura, Y. Ehara, S. Nashima, M. Hosoda, T. Kondo, S. Kamba, T. Suzuki, and Y. Ogawa

    The Second International Symposium on Frontiers in THz Technology (FTT2015)  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • High extinction ratio double-layered free-standing wire-grid polarizer 国際会議

    S. Nashima, T. Handa, and M. Hosoda

    The Second International Symposium on Frontiers in THz Technology (FTT2015)  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • THz波のエンハンスメント共振に向けたGHzフェムト秒チタンサファイアレーザーの製作 国内会議

    下井陵平,瀧田佑馬,田所譲,菜嶋茂喜,細田誠,熊谷寛

    レーザー学会学術講演会第35回年次大会  2015年01月  一般社団法人 レーザー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学 高輪校舎  

  • レーザー加工による溝構造を施したテラヘルツ帯フリースタンド型ワイヤーグリッド偏光子の作製 国内会議

    鎌森隆明,菜嶋茂喜,細田誠

    レーザー学会学術講演会第35回年次大会  2015年01月  一般社団法人 レーザー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東海大学 高輪校舎  

  • テラヘルツ時間領域分光法における位相アンラップの決定方法について 国内会議

    -

    2014年秋季 第75回応用物理学会学術講演会  2014年09月 

  • QスイッチYAGレーザーによるフレーム加工を施したフリースタンド型ワイヤーグリッドの偏光子の作製と評価 国内会議

    -

    2014年秋季 第75回応用物理学会学術講演会  2014年09月 

  • 金属メッシュデバイスにおけるTHzスペクトルDip構造に対する厚み依存性 国内会議

    -

    2014年秋季 第75回応用物理学会学術講演会  2014年09月 

  • THzスペクトルに対するDip構造の台形型金属メッシュデバイスの開口形状依存性 国内会議

    -

    2014年秋季 第75回応用物理学会学術講演会  2014年09月 

  • フリースタンド型ワイヤーグリッドにおける表面波の断面形状依存性 国内会議

    -

    2014年秋季 第75回応用物理学会学術講演会  2014年09月 

  • 長方形開口型金属メッシュデバイスの透過特性 国内会議

    -

    2014年秋季 第75回応用物理学会学術講演会  2014年09月 

  • フリースタンド型ワイヤーグリッドにおける表面励起波の観測 国内会議

    -

    2013年秋季 第74回応用物理学会学術講演会  2013年09月 

  • フリースタンド型2重ワイヤーグリッド偏光子の層間距離依存性 国内会議

    -

    2013年秋季 第74回応用物理学会学術講演会  2013年09月 

  • 金属メッシュデバイスの斜入射時に発生するDip構造の解明 国内会議

    -

    2013年秋季 第74回応用物理学会学術講演会  2013年09月 

  • 台形開口型金属メッシュデバイスのDip構造の入射角依存性 国内会議

    -

    2013年秋季 第74回応用物理学会学術講演会  2013年09月 

  • 金属メッシュデバイスにおける異常透過に対する開口形状の影響 国内会議

    -

    2013年秋季 第74回応用物理学会学術講演会  2013年09月 

  • バイオセンシングに向けた金属メッシュデバイスの感度分布 国内会議

    -

    2013年秋季 第74回応用物理学会学術講演会  2013年09月 

  • FDTD電磁界計算機によるV溝構造の電場増強効果 国内会議

    -

    2013年秋季 第74回応用物理学会学術講演会  2013年09月 

  • 光整流効果によるBNA結晶からのTHz波発生特性 国内会議

    -

    2013年春季 第60回応用物理学会学術講演会  2013年03月 

  • Terahertz radiation characteristics on BNA crystal by terahertz time domain spectroscopy 国際会議

    S. Nashima, K. Shibata, M. Hosoda, T. Yokoe, K. Inoue, H. Hashimoto, K. Miyamoto,T. Notake, H. Minamide, and H. Ito

    International Symposium on Frontiers in THz Technology (FTT2012)  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Quantitative analysis on toluene contents in hexane solution using terahertz time domain spectroscopy 国際会議

    S. Nashima, R. Nishimura, and M. Hosoda

    37st International Conference on Infrared and Millimeter Waves and 18th International Conference on Terahertz Electronics  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高温におけるGaAs光伝導アンテナからのテラヘルツ波放射強度の増大(Ⅱ) 国内会議

    -

    2012年秋季 第73回応用物理学会学術講演会  2012年09月 

  • 2 重フリースタンドワイヤーグリッドの作製方法の検討 国内会議

    -

    2011年秋季 第72回応用物理学会学術講演会  2011年09月 

  • テラヘルツ時間領域分光法によるBNA結晶からのTHz波放射特性の評価II 国内会議

    -

    2011年秋季 第72回応用物理学会学術講演会  2011年09月 

  • 簡易型GaAs 光伝導素子の端面からのテラヘルツ波放射 国内会議

    -

    2011年秋季 第72回応用物理学会学術講演会  2011年09月 

  • 高温領域におけるGaAs光伝導アンテナからのTHz波放射強度の増大 国内会議

    -

    2011年秋季 第72回応用物理学会学術講演会  2011年09月 

  • テラヘルツ時間領域分光法によるBNA結晶からのTHz 波放射特性の評価 国内会議

    -

    2011年春季 第58回応用物理学会学術講演会  2011年03月 

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • テラヘルツ時間領域分光システムの応用

    2005年から可能

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:技術相談, 受託研究, 共同研究  

    活用分野・応用方法等:テラヘルツ波領域は,比較的透過する物質が多い事が明らかになりつつあり,非破壊検査や内部診断などへの応用が期待されています.

    中核となる知識・技術・情報等:物性 光学 電磁気学

    予測される波及効果:産業や医療の分野で非破壊検査や内部診断などへの応用が期待されています

    従来の研究との優位性、特徴:テラヘルツ波はX線のように物質を透視できる性質が知られる様になり,X線と異なる性質を持ち,かつ人体にも安全なことから,X線とは異なる情報を有した非破壊検査や内部診断などに応用できる可能性があります.

    フェムト秒レーザーを利用して放射されたテラヘルツ波を光源とする時間領域システムを構築し,様々な物質に対してテラヘルツ波領域の電磁応答測定の有用性を調べてきました.

科研費

  • 共振器を用いたテラヘルツ時間領域分光システムの開発

    基盤研究(C)  2022年04月

  • テラヘルツ-キャビティエンハンスト分光システムの開発

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 外部共振器を用いたテラヘルツ波増強技術の確立

    若手研究(B)  2014年04月

  • 中赤外領域における偏光変調を用いた時間領域分光システムの開発と応用

    若手研究(B)  2004年04月

その他補助金等

  • フェムト秒レーザー励起による過渡プラズマミラーを用いたテラヘルツ波の波形制御

    未設定  2007年04月

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:工学研究科 電子情報系専攻の前田航汰さん(M2)が
    第31回(令和4年度)日本赤外線学会研究発表会で優秀発表賞を受賞しました.

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:工学研究科 電子情報系専攻の前田航汰さん(M2)が
    「シンポジウム テラヘルツ科学の最先端Ⅸ」で優秀学生発表賞を受賞しました.

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:工学研究科 電子情報系専攻の中井一輝さん(M2)が レーザー学会学術講演会
    第43回年次大会(1/18-20)で優秀ポスター発表賞を受賞しました.(1月19日)

  • 2021年度

     詳細を見る

    独自項目:2021年8月23日(月)~9月17日(金)に開催された 「JST(科学技術振興機構)主催の「イノベーション・ジャパン」~大学見本市~」 で,「テラヘルツ波用の高消光比なワイヤーグリッド」を紹介しました!!@オンライン開催

  • 2021年度

     詳細を見る

    独自項目:2021年11月9日(火)に開催された「大阪府立大学・大阪市立大学 新技術説明会2021」で,「6Gで期待されるテラヘルツ領域の高消光比な偏光フィルター」というタイトルでワイヤーグリッドの作製技術を紹介しました!!@オンライン

  • 2021年度

     詳細を見る

    独自項目:電子・物理工学科波動物理工学研究室の4回生チームが日本赤外線学会学生会企画:「私たち、研究中です」で行われたプレゼンテーションで優秀発表賞を受賞しました(10月21日).

  • 2020年度

     詳細を見る

    独自項目:電子・物理工学科の前田航汰君(B4)が日本赤外線学会学生会企画:「私たち、研究始めました!」で優秀発表賞を受賞しました(10月29日).

  • 2020年度

     詳細を見る

    独自項目:電子情報系専攻 波動物理工学研究室の三山恭弘君(2018年度修了生)が日本赤外線学会第6回論文賞を受賞しました.

  • 2019年度

     詳細を見る

    独自項目:11月14日に福井大学文京キャンパスで開かれた日本赤外線学会学生会企画:「学会へ行こう3~研究始めました~」において,長尾大夢君(B4)と山﨑大吾君(B4)が,優秀発表賞に選ばれました.

  • 2019年度

     詳細を見る

    独自項目:11月14日~11月15日に福井大学文京キャンパスで開かれた第28回(令和元年度)日本赤外線学会研究発表会において,岡田君(M1)の発表した「WGM 共振器を用いたテラヘルツATR 法の高感度化」が,優秀発表賞に選ばれました.
    受賞者には,賞状と盾が贈られました.

  • 2018年度

     詳細を見る

    独自項目:2018年12月5日~12月7日に千葉大学 けやき会館で開かれたシンポジウム「テラヘルツ科学の最先端V」において,岡本知也君(M2)の発表した「金属メッシュデバイスのマイクロアレイ解析を目指したテラヘルツ円偏光光渦による単一擬似局在ダークプラズモンの選択励起」が,最優秀学生発表賞に選ばれました.受賞者には,賞状と図書カードが贈られました.

  • 2018年度

     詳細を見る

    独自項目:2019年2月4日に大阪府立大学学術交流会館で開かれた「BioMedical Forum 2019」において,岡本知也君(M2)の発表した「P-16:テラヘルツ光渦によるメタルメッシュ型マイクロアレイセンサーの開発」が,優秀ポスター賞に選ばれました.受賞者には,盾と図書カードが贈られました.

  • 2017年度

     詳細を見る

    独自項目:共同研究者の北庄司さん(理学研究科)の原著論文がChemPhysChemにアクセプトされ,Inside Back Coverが掲載されました.

  • 2017年度

     詳細を見る

    独自項目:共同研究者の瀧田祐馬さん(工学博士,工学研究科 後期博士課程 平成24年3月修了)の原著論文が第3回(H29年度)日本赤外線学会学会誌論文賞に選ばれました.

  • 2017年度

     詳細を見る

    独自項目:10月26日~10月27日に大阪市立大学杉本キャンパス 学術情報センターで開かれた第27回(平成29年度)日本赤外線学会研究発表会において,三山君(M1)の発表した「リング型共振器によるInAsから発生したテラヘルツ波の増強」が,優秀発表賞に選ばれました.受賞者には,賞状と盾が贈られました.

  • 2016年度

     詳細を見る

    独自項目:2016/12/6に開催された 「大阪府立大学・大阪市立大学 ニューテクフェア2016」 で二重ワイヤーグリッドの積層化技術を紹介しました!!@大阪産業創造館(大阪)

  • 2014年度

     詳細を見る

    独自項目:応用物理学会テラヘルツ電磁波技術研究会が主催する若手研究者サマースクールが8月18-19日の期間,木更津竜宮城ホテル三日月で開催され,電子情報系専攻の江原宜伸君(波動物理工学研)が優秀発表者に選ばれました.受賞者には,図書券が送られました.

  • 2014年度

     詳細を見る

    独自項目:014/8/25 電気学会が,部門大会において講演された若手研究者の中から選出される電気学会優秀論文発表賞に, 電子情報系専攻前期博士課程の堤太志君(2013年度当時M2)が選ばれました.

  • 2014年度

     詳細を見る

    独自項目:2014/2/14に開催された「バイオインターフェース先端マテリアル 第4回シンポジウム」にて, 学部4回生の藤村拓矢君が若手優秀発表賞に選ばれました.

  • 2013年度

     詳細を見る

    独自項目:10月31日~11月1日に防衛大学(神奈川県横須賀市)開かれた第23回(平成25年度)日本赤外線学会研究発表会において,下井陵平君(M1)の発表した「高繰り返し周期フェムト秒チタンサファイアレーザーの製作」がポスター優秀発表賞に選ばれました.受賞者には,賞状と盾が贈られました.

  • 2013年度

     詳細を見る

    独自項目:2013/10/25に開催された「市大・府大合同新技術説明会」で二重ワイヤーグリッドの技術を紹介しました!!@JST東京本部別館ホール

  • 2013年度

     詳細を見る

    独自項目:2013/8/29に金属メッシュを用いた微量物質のセンシング応用に関して,共同研究先の株式会社村田製作所からプレスリリースされました !!

  • 2013年度

     詳細を見る

    独自項目:2014年2月14日(金)に「バイオインターフェース先端マテリアル」第4回シンポジウムが開催しました.会場になった高原記念館の外は大阪では珍しく雪景色でしたが,室内では熱気あるポスター発表が繰り広げられました.その中から,電子情報系専攻の藤村拓矢君(波動物理工学研究室)と化学生物系専攻の濱田裕之が若手優秀発表賞に選ばれました.

  • 2012年度

     詳細を見る

    独自項目:2012/8/6~8に開催された「電磁波技術研究会若手研究者サマースクール」で行われた参加学生対象の研究発表会にて,電子情報系専攻の柴田浩昌と瀧田祐馬の2名が優秀発表者として選ばれました!!

  • 2011年度

     詳細を見る

    独自項目:応用物理学会テラヘルツ電磁波技術研究会若手研究者サマースクール(開催期間:2011/8/8~10 場所:湯郷グランドホテル)で,柴田浩昌君(修士1回)、山田恭平君(修士1回)、瀧田佑馬君(博士1回)の3名が優秀発表者として選ばれました!!

▼全件表示

担当教育概要

  •  量子力学Ⅰ演習(2020年度迄)では,「波動方程式の性質」,「量子力学の枠組み」および「ポテンシャル問題」に関する基礎的演習問題を解くことで,シュレディンガー方程式や波動関数について理解し,量子力学における基礎的計算力の向上を目標としています.  電子・物理工学実験Ⅰ(およびⅡ)では,電子・物理工学に関係する電子回路や真空,光学,物性物理,計測技術の実験を行い,実験を通じて物理現象への理解を深めると同時に,実験装置の操作法を指導しています.  電気・電子計測学では,計測の基礎および測定データの処理について学び,計測システムの基本構成と各構成要素の動作,信号の処理方法を学びます.  波動物理工学特論では,現代社会の一端を支えている光エレクトロニクスや量子エレクトロニクスの分野の先端的光科学や超高速光技術やテラヘルツ技術等に関する内容を学びます.

担当授業科目

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2021年度   週間授業   大学

  • 電子・物理工学概論

    2021年度   週間授業   大学

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2021年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2021年度   週間授業   大学

  • 電気・電子計測学

    2021年度   週間授業   大学

  • 特別演習(電子・物理工学Ⅱ)

    2021年度     大学院

  • 波動物理工学特論

    2021年度   週間授業   大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅱ)

    2021年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅰ)

    2021年度   週間授業   大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅰ)

    2020年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅱ)

    2020年度     大学院

  • 波動物理工学特論

    2020年度   週間授業   大学院

  • 特別演習(電子・物理工学Ⅱ)

    2020年度     大学院

  • 電気・電子計測学

    2020年度   週間授業   大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2020年度     大学

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2020年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2020年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2020年度     大学

  • 量子力学Ⅰ演習

    2020年度   実習   大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2019年度     大学

  • 総合教育科目A「技術と環境」

    2019年度     大学

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2019年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2019年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2019年度     大学

  • 量子力学Ⅰ演習

    2019年度     大学

  • 電気・電子計測学

    2019年度     大学

  • 特別演習(波動物理工学Ⅱ)

    2019年度     大学院

  • 波動物理工学特論

    2019年度     大学院

  • 特別演習(電子・物理工学Ⅱ)

    2019年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅰ)

    2019年度     大学院

  • 特別演習(電子・物理工学Ⅱ)

    2018年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅱ)

    2018年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅰ)

    2018年度     大学院

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2018年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2018年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2018年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2018年度     大学

  • 電気・電子計測学

    2018年度     大学

  • 波動物理工学特論

    2018年度     大学院

  • 量子力学Ⅰ演習

    2018年度     大学

  • 特別演習(電子・物理工学Ⅱ)

    2017年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅱ)

    2017年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅰ)

    2017年度     大学院

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2017年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅱ

    2017年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2017年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2017年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2017年度     大学

  • 電気・電子計測学

    2017年度     大学

  • 波動物理工学特論

    2017年度     大学院

  • 量子力学Ⅰ演習

    2017年度     大学

  • 特別演習(電子・物理工学Ⅱ)

    2016年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅱ)

    2016年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅰ)

    2016年度     大学院

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2016年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2016年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2016年度     大学

  • 波動物理工学特論

    2016年度     大学院

  • 電気・電子計測学

    2016年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2016年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅱ

    2016年度     大学

  • 量子力学Ⅰ演習

    2016年度     大学

  • 総合教育科目「技術と環境」

    2016年度     大学

  • 特別演習(電子・物理工学Ⅱ)

    2015年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅱ)

    2015年度     大学院

  • 特別演習(波動物理工学Ⅰ)

    2015年度     大学院

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2015年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2015年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2015年度     大学

  • 波動物理工学特論

    2015年度     大学院

  • 電気・電子計測学

    2015年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2015年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅱ

    2015年度     大学

  • 量子力学Ⅰ演習

    2015年度     大学

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2014年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2014年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2014年度     大学

  • 量子力学Ⅰ演習

    2014年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2014年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅱ

    2014年度     大学

  • 電気・電子計測学

    2014年度     大学

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2013年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2013年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2013年度     大学

  • 総合教育科目A「技術と生命」

    2013年度     大学

  • 量子力学Ⅰ演習

    2013年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2013年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅱ

    2013年度     大学

  • 電気・電子計測学

    2013年度     大学

  • 特別演習(応用物理学Ⅱ)

    2013年度     大学院

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2012年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2012年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2012年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2012年度     大学

  • 量子力学Ⅰ演習

    2012年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2012年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅱ

    2012年度     大学

  • 量子エレクトロニクス

    2012年度     大学

  • 電気・電子計測学

    2012年度     大学

  • 特別演習(応用物理学Ⅱ)

    2012年度    

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2011年度     大学

  • 電子・物理工学関係外書講読

    2011年度     大学

  • 電子・物理工学概論

    2011年度     大学

  • 量子力学Ⅰ演習

    2011年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅰ

    2011年度     大学

  • 電子・物理工学実験Ⅱ

    2011年度     大学

  • 電気・電子計測学

    2011年度     大学

  • 特別演習(応用物理学Ⅱ)

    2011年度     大学院

  • 卒業研究 (電子・物理工学科)

    2010年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 電気磁気学

    2019年04月
    -
    継続中
    機関名:国土交通省 航空保安大学校

FD活動

  • 教育方法の改善  2021年度

     詳細を見る

    講義資料や演習課題の改善を行い,学生の学習に取り組む姿勢が変わった.

  • FD活動への貢献  2021年度

     詳細を見る

    (前期)新入生アンケート結果に関する分析と検討
    (前期・後期)全学授業評価アンケートの実施結果に関する分析と検討
    (前期・後期)学科企画授業評価アンケートの実施および結果に関する分析と検討

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    (前期)新入生アンケート結果に関する分析と検討
    (前期・後期)全学授業評価アンケートの実施結果に関する分析と検討
    (前期・後期)学科企画授業評価アンケートの実施および結果に関する分析と検討

  • 教育方法の改善  2020年度

     詳細を見る

    講義資料や演習課題の改善を行い,学生の学習に取り組む姿勢が変わった.

  • 教育方法の改善  2019年度

     詳細を見る

    講義資料や演習課題の改善を行い,学生の学習に取り組む姿勢が変わった.

  • FD活動への貢献  2019年度

     詳細を見る

    (前期)新入生アンケート結果に関する分析と検討
    (前期・後期)全学授業評価アンケートの実施結果に関する分析と検討
    (前期・後期)学科企画授業評価アンケートの実施および結果に関する分析と検討

  • 教育方法の改善  2018年度

     詳細を見る

    講義資料や演習課題の改善を行い,学生の学習に取り組む姿勢が変わった.

  • 教育方法の改善  2017年度

     詳細を見る

    電子・物理工学実験のテキストの改善を行い,学生の学習に取り組む姿勢が変わった.

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:3名  卒業論文審査数:3件

    博士前期課程学生指導数:6名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):3件  修士論文審査数(副査):2件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:【学部・研究科横断型教育プログラムへの貢献】工学教育改革検討委員会に参加した.

  • 2017年度

      詳細を見る

    独自項目:電子物理工学実験Ⅰの改善を行い,会社訪問を導入した.その結果,学生が積極的に参加し取り組む姿勢が見られた.

社会貢献活動

  • 東大阪ものづくりサロン

    役割:運営参加・支援

    山本光学株式会社,シグマ光機株式会社  2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:サイエンスカフェ

    参加者数:20(人)

  • 大阪市立高等学校 見学会

    2021年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:施設一般公開

    参加者数:30(人)

  • マスメディア活動

    2013年04月 - 2014年03月

     詳細を見る

    電子情報系専攻の菜嶋茂喜(講師)が開発に協力した金属メッシュデバイスが,2013年8月29日,村田製作所より発表されました(掲載情報:株式会社村田製作所HP,日経産業新聞,日刊工業新聞,電波新聞).金属メッシュデバイスは,金属シートに数マイクロメートルオーダーの穴を周期的に空けた構造をしており,検査対象物を付着させると(テラヘルツ波や赤外線の)電磁波の透過特性が大きく変化することを利用して,微量物質を簡単に検出することができます.大阪市立大学では金属メッシュデバイスの動作原理や具体的な設計の指針などで協力しており,PM2.5や花粉などの微小物質やナノリットル程度の液体や細菌などの検出が簡単に行え,医療や環境,食品,安全など広範囲な分野での応用が期待されています.

  • 産学官連携活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    大阪府立大学・大阪市立大学 ニューテクフェア2012(2012.11,大阪)に出席し,「テラヘルツ波領域におけるフリースタンド型二重ワイヤーグリッドの作製と応用」についての技術説明を行った.

  • 小中高生向け教育活動

    2010年04月 - 2011年03月

     詳細を見る

    中学生サマーセミナー

その他

  • 職務経歴

    2005年10月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院工学研究院 講師

  • 職務経歴

    2002年04月 - 2005年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院工学研究院 助手