2024/03/10 更新

写真a

デグチ ヤスヒコ
出口 裕彦
DEGUCHI Yasuhiko
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 精神神経科学  / 産業精神保健 双極症 うつ病 

研究キーワード

  • 双極症

  • うつ病

  • 産業精神保健

研究概要

  • 職場のメンタルヘルス
    就労者の気分障害の早期発見
    気分障害のバイオマーカー探索

所属学協会

  • 日本精神神経学会

      国内

  • 日本総合病院精神医学会

      国内

  • 日本産業衛生学会近畿地方会

      国内

  • 日本精神科産業医協会

      国内

  • 日本森田療法学会

      国内

  • 日本産業衛生学会

      国内

  • 日本産業精神保健学会

      国内

  • 日本うつ病学会

      国内

  • Society for Neuroscience

      国外

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 委員   大阪市精神医療審査会  

    2023年04月 - 継続中 

  • 編集委員   日本産業精神保健学会  

    2022年10月 - 継続中 

  • 大阪市指導力向上支援・判定会議 委員   大阪市教育委員会  

    2022年04月 - 継続中 

  • 代議員   日本産業精神保健学会  

    2019年 - 継続中 

  • Academic editor   PLoS ONE  

    2018年 - 継続中 

  • 代議員   日本産業衛生学会近畿地方会   

    2016年 - 継続中 

  • 相談員   大阪産業保健総合支援センター  

    2015年04月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 大阪市医学会学会賞

    2016  

学歴

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    1995年04月 - 2002年03月

  • 大阪市立大学   医学研究科   博士課程   卒業・修了

    - 2012年03月

論文

  • Significant Weight Gain With the Administration of Lurasidone and Valproic Acid in Schizophrenia and Bipolar Disorder Patients. 査読

    Okura S, Deguchi Y, Cho T, Kageyama Y, Inoue K

    Cureus   15 ( 11 )   e49005   2023年11月( ISSN:2168-8184

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7759/cureus.49005

    PubMed

  • Association of worker's mental health with changes in exercise time, going-out time, and screen time (TV time, internet time, and game time) before and after the COVID-19 pandemic: A cross-sectional study. 査読

    Okawa Y, Iwasaki S, Deguchi Y, Nakamichi Y, Uesaka Y, Okura S, Maekubo K, Inoue K

    Neuropsychopharmacology reports   2023年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/npr2.12391

    PubMed

  • Mitochondrial Gene Abnormality Complicated by Perinatal-Onset Depression. 査読

    Kageyama Y, Sukigara A, Uesaka Y, Deguchi Y, Inoue K

    The primary care companion for CNS disorders   25 ( 5 )   2023年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4088/PCC.23cr03501

    PubMed

  • Relationship between Work Life Balance and Temperament among Japanese Workers(タイトル和訳中) 査読

    Nakamichi Yoko, Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Okawa Yutaro, Uesaka Yuki, Inoue Koki

    Osaka City Medical Journal   69 ( 1 )   11 - 19   2023年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ten-year trends in long-term sickness absence among Japanese public servants: 2009-2018(和訳中) 査読

    Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Hirota Tomoyuki, Shirahama Yoshiki, Nakamichi Yoko, Okawa Yutaro, Uesaka Yuki, Inoue Koki

    Industrial Health   61 ( 1 )   068 - 077   2023年01月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prolonged extrapyramidal symptoms induced by long-term, intermittent administration of low-dose olanzapine along with metoclopramide for emesis: A case report(和訳中) 査読

    Sakamoto Shoko, Deguchi Yasuhiko, Uchida Sawako, Itoh Yoshiaki, Inoue Koki

    Neuropsychopharmacology Reports   42 ( 3 )   380 - 383   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prolonged extrapyramidal symptoms induced by long-term, intermittent administration of low-dose olanzapine along with metoclopramide for emesis: A case report. 査読

    Sakamoto S, Deguchi Y, Uchida S, Itoh Y, Inoue K

    Neuropsychopharmacology reports   2022年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/npr2.12277

    PubMed

  • Somatic Symptoms as Stress Responses among Japanese Workers Measured by the Brief Job Stress Questionnaire(和訳中) 査読

    Kadowaki Aya, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Mitake Tomoe, Okuda Yukako, Niki Akihiro, Hirota Tomoyuki, Shirahama Yoshiki, Nakamichi Yoko, Inoue Koki

    Osaka City Medical Journal   68 ( 1 )   11 - 18   2022年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between Job Stressors and Extended Long-term Sickness Absence due to Mental Disorders among Public Servants in Japan(和訳中) 査読

    Shirahama Yoshiki, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Kadowaki Aya, Niki Akihiro, Hirota Tomoyuki, Nakamichi Yoko, Inoue Koki

    Osaka City Medical Journal   68 ( 1 )   39 - 49   2022年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ten-year trends in long-term sickness absence among Japanese public servants: 2009-2018. 査読

    Iwasaki S, Deguchi Y, Hirota T, Shirahama Y, Nakamichi Y, Okawa Y, Uesaka Y, Inoue K

    Industrial health   2022年04月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2486/indhealth.2021-0169

    PubMed

  • Relationships between Occupational Stress, Change in Work Environment during the COVID-19 Pandemic, and Depressive and Anxiety Symptoms among Non-Healthcare Workers in Japan: A Cross-Sectional Study. 査読

    Deguchi Y, Iwasaki S, Niki A, Kadowaki A, Hirota T, Shirahama Y, Nakamichi Y, Okawa Y, Uesaka Y, Inoue K

    International journal of environmental research and public health   19 ( 2 )   2022年01月( ISSN:1661-7827

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/ijerph19020983

    PubMed

  • Intra-individual state-dependent comparison of plasma mitochondrial DNA copy number and IL-6 levels in patients with bipolar disorder. 査読

    Kageyama Y, Deguchi Y, Kasahara T, Tani M, Kuroda K, Inoue K, Kato T

    Journal of affective disorders   2021年10月( ISSN:0165-0327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jad.2021.10.098

    PubMed

  • Relationship between initial self-perceived depressive symptoms and disease severity in working patients with first-onset major depressive disorder 査読

    Hirota Tomoyuki, Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Sakaguchi Aya, Niki Akihiro, Shirahama Yoshiki, Nakamichi Yoko, Inoue Koki

    PLOS ONE   16 ( 7 )   e0255084   2021年07月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0255084

    PubMed

  • Nervonic acid level in cerebrospinal fluid is a candidate biomarker for depressive and manic symptoms: A pilot study 査読

    Kageyama Yuki, Deguchi Yasuhiko, Hattori Kotaro, Yoshida Sumiko, Goto Yu-ichi, Inoue Koki, Kato Tadafumi

    BRAIN AND BEHAVIOR   e02075   2021年02月( ISSN:2162-3279

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/brb3.2075

    PubMed

  • Gender differences in self-perceived changes among Japanese workers with depression 査読

    Niki A., Deguchi Y., Iwasaki S., Mitake T., Okuda Y., Sakaguchi A., Hirota T., Shirahama Y., Nakamichi Y., Inoue K.

    OCCUPATIONAL MEDICINE-OXFORD   70 ( 9 )   680 - 684   2020年12月( ISSN:0962-7480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/occmed/kqaa202

  • Major depressive disorder due to social isolation during the coronavirus disease 2019 pandemic: an elderly woman's first episode of major depressive disorder 査読

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Inoue Koki

    PSYCHOGERIATRICS   20 ( 6 )   934 - 935   2020年11月( ISSN:1346-3500

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/psyg.12607

    PubMed

  • Burnout and occupational stressors among non-medical occupational health staff. 査読

    Okuda Y, Iwasaki S, Deguchi Y, Nitta T, Mitake T, Sakaguchi A, Niki A, Inoue K

    Occupational medicine (Oxford, England)   2019年12月( ISSN:0962-7480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/occmed/kqz160

    PubMed

  • 成人における森田神経質傾向とASD傾向との関連について 査読

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会 日本森田療法学会雑誌   30 ( 2 )   121 - 127   2019年10月( ISSN:1881-2651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    森田神経質者にみられる強いとらわれやこだわりは、自閉症スペクトラム(ASD)の特徴である柔軟性の乏しい行動や予測困難性などとの関連が疑われる。そこで森田神経質傾向とASD傾向について森田神経質調査票とASD指数日本語版(AQ-J)を用いその関連を調査した。当院外来通院患者39名(男性22名、女性17名;44.4歳)を対象とした。AQ-J総得点と森田神経質調査票の得点には正の相関を認めた。森田神経質調査票の下位尺度の中では弱力的傾向のみがAQ-J総得点と正の相関を示した。森田神経質調査票の得点とAQ-Jの下位尺度である社会的スキル、注意の切り替え、コミュニケーション、想像力との間に正の相関を認めた。森田神経質の弱力性のみがAQ-Jの下位尺度と正の相関を示した。本研究の結果よりASD傾向と森田神経質の弱力性との関連がある可能性が認められた。生来のASD傾向が森田神経質の弱力性の一部を形作り、森田神経質の中でも独立した要因である可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Relationship between Burnout and Mental-Illness-Related Stigma among Nonprofessional Occupational Mental Health Staff 査読

    Mitake Tomoe, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Nitta Tomoko, Nogi Yukako, Kadowaki Aya, Niki Akihiro, Inoue Koki

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2019   5921703   2019年09月( ISSN:2314-6133

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2019/5921703

    PubMed

  • Depression and occupational stress in Japanese school principals and vice-principals 査読

    Nitta T., Deguchi Y., Iwasaki S., Kanchika M., Inoue K.

    OCCUPATIONAL MEDICINE-OXFORD   69 ( 1 )   39 - 46   2019年01月( ISSN:0962-7480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/occmed/kqy149

  • Gender differences in the relationships between perceived individual-level occupational stress and hazardous alcohol consumption among Japanese teachers: A cross-sectional study. 査読

    Deguchi Y, Iwasaki S, Kanchika M, Nitta T, Mitake T, Nogi Y, Kadowaki A, Niki A, Inoue K

    PloS one   13 ( 9 )   e0204248   2018年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0204248

    PubMed

  • Higher Occupational Stress and Stress Responses in Public Servants Requiring Long-term Sickness Absence due to Mental Disorders(和訳中) 査読

    Ogawa Koichiro, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Fukuda Yuichi, Nitta Tomoko, Nogi Yukako, Mitake Tomoe, Inoue Koki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   64 ( 1 )   9 - 17   2018年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between work role stressors and sleep quality 査読

    Iwasaki S., Deguchi Y., Inoue K.

    OCCUPATIONAL MEDICINE-OXFORD   68 ( 3 )   171 - 176   2018年04月( ISSN:0962-7480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/occmed/kqy021

  • Plasma Nervonic Acid Is a Potential Biomarker for Major Depressive Disorder: A Pilot Study. 査読

    Kageyama Y, Kasahara T, Nakamura T, Hattori K, Deguchi Y, Tani M, Kuroda K, Yoshida S, Goto YI, Inoue K, Kato T

    The international journal of neuropsychopharmacology   21 ( 3 )   207 - 215   2018年03月( ISSN:1461-1457

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ijnp/pyx089

    PubMed

  • The effect of long-term sickness absence on coworkers in the same work unit. 査読

    Fukuda Y, Iwasaki S, Deguchi Y, Ogawa K, Nitta T, Inoue K

    Industrial health   56 ( 1 )   2 - 9   2018年02月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2486/indhealth.2017-0053

    PubMed

  • 長期病欠が同一部署の同僚に及ぼす影響(The effect of long-term sickness absence on coworkers in the same work unit) 査読

    Fukuda Yuichi, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Ogawa Koichiro, Nitta Tomoko, Inoue Koki

    Industrial Health   56 ( 1 )   2 - 9   2018年01月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    精神障害による長期病欠(LTSA-MD)の発生が同僚の職業性ストレスに及ぼす影響について検討した。2011〜2012年に地方公務員16032名(男性11178名、女性4854名、平均42.0±9.5歳)を対象とする後向きコホート研究を行った。職業性ストレスは、職業性ストレス簡易調査票(BJSQ)により評価した。調査期間中に108名が90日を超えるLTSA-MDを取得した。ベースラインのBJSQスコア、性別、年齢、総従業員数、社会的サポートを調整後、LTSA-MD発生後の同僚では職務ストレッサーおよびストレス反応が悪化していた。同僚における社会的サポートの変化は認めなかった。以上より、同一部署のLTSA-MD発生は、同僚の職業性ストレスに悪影響を及ぼすことが示された。同僚における二次的な精神障害や病欠を予防するには、早期の介入的戦略が必要であると考えられた。

  • The relationship between circulating mitochondrial DNA and inflammatory cytokines in patients with major depression. 査読

    Kageyama Y, Kasahara T, Kato M, Sakai S, Deguchi Y, Tani M, Kuroda K, Hattori K, Yoshida S, Goto Y, Kinoshita T, Inoue K, Kato T

    Journal of affective disorders   2017年06月( ISSN:0165-0327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jad.2017.06.001

    PubMed

  • Workers' Job Stress is Associated with Departmental Incidence of Associates' Long-term Sickness Absence Caused by Mental Disorders(和訳中) 査読

    Konishi Akihito, Iwasaki Shinichi, Deguchi Yasuhiko, Ishimoto Hideyuki, Inoue Koki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   25 - 35   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationships between temperaments, occupational stress, and insomnia among Japanese workers 査読

    Deguchi Yasuhiko, Iwasakii Shinichi, Ishimoto Hideyuki, Ogawa Koichiro, Fukuda Yuichi, Nitta Tomoko, Mitake Tomoe, Nogi Yukako, Inoue Koki

    PLOS ONE   12 ( 4 )   e0175346   2017年04月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0175346

    PubMed

  • Search for plasma biomarkers in drug-free patients with bipolar disorder and schizophrenia using metabolome analysis 査読

    Kageyama Yuki, Kasahara Takaoki, Morishita Hiromasa, Mataga Nobuko, Deguchi Yasuhiko, Tani Munehide, Kuroda Kenji, Hattori Kotaro, Yoshida Sumiko, Inoue Koki, Kato Tadafumi

    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES   71 ( 2 )   115 - 123   2017年02月( ISSN:1323-1316

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/pcn.12461

    PubMed

  • 【精神医学のバイオマーカー革新】双極性障害および統合失調症の薬剤非服用患者におけるメタボローム解析を用いた血漿バイオマーカーの探索(【Innovations of Biomarkers in Psychiatry】Search for plasma biomarkers in drug-free patients with bipolar disorder and schizophrenia using metabolome analysis) 査読

    Kageyama Yuki, Kasahara Takaoki, Morishita Hiromasa, Mataga Nobuko, Deguchi Yasuhiko, Tani Munehide, Kuroda Kenji, Hattori Kotaro, Yoshida Sumiko, Inoue Koki, Kato Tadafumi

    Psychiatry and Clinical Neurosciences   71 ( 1-2 )   115 - 123   2017年02月( ISSN:1323-1316

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2週間以上にわたり向精神病薬を服用していない双極性障害(BD)患者、統合失調症(SZ)患者、大うつ病(MDD)患者の血漿検体を用いて新たなバイオマーカーの探索を実施した。対象はBD患者6例(男性1例、女性5例、平均41.8±13.3歳)、SZ患者17例(男性8例、女性9例、平均33.6±15.7歳)、MDD患者9例(男性3例、女性6例、平均39.1±10.2歳)とした。血漿代謝産物の分析にはキャピラリー電気泳動飛行時間型質量分析を用いた。SZ群では対照群と比較してクレアチン値が低く、2-ヒドロキシ酪酸値が高かった。シトルリンはBD群において対照群に比べて有意に減少していたが、投薬治療を受けるBD群では再現されなかった。コリン値はSZ群においてMDD群よりも低かった。患者の症状と代謝産物との間に有意な相関は認められなかった。BDのバイオマーカーには、ドーパミン代謝産物であるNメチルノルサルソリノールが候補物質として挙げられた。

  • Paroxetine 増量後10日目にセロトニン症候群を呈した1 例 査読

    野木優香子,林皓章,深田亮介,出口裕彦,岩﨑進一,木岡哲郎,井上幸紀

    精神科治療学   32 ( 12 )   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新規抗うつ薬で強い副作用が出現し低用量のイミプラミンへの切り替えが有効であった重症うつ病の1症例 査読

    門脇彩, 出口裕彦, 柳川枝里佳, 野木優香子, 井上幸紀

    臨床精神医学   46 ( 8 )   1031 - 1036   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Relationship between depressive symptoms and perceived individual level occupational stress among Japanese schoolteachers. 査読

    Nakada A, Iwasaki S, Kanchika M, Nakao T, Deguchi Y, Konishi A, Ishimoto H, Inoue K

    Industrial health   54 ( 5 )   396 - 402   2016年10月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2486/indhealth.2015-0195

    PubMed

  • 日本人教師における抑うつ症状と個人レベルの認識されている職業ストレスとの関連(Relationship between depressive symptoms and perceived individual level occupational stress among Japanese schoolteachers) 査読

    Nakada Akihiro, Iwasaki Shinichi, Kanchika Masaru, Nakao Takehisa, Deguchi Yasuhiko, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Inoue Koki

    Industrial Health   54 ( 5 )   396 - 402   2016年09月( ISSN:0019-8366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    日本人教師において、抑うつ症状と、役割の問題を含む個人レベルの認識されている職業ストレスとの関連を検討した。日本のある都市の公立学校に勤務する教師1,006名を対象として実施した。Zung's Self-Rating Depression Scale(SDS)日本語版を用いて、抑うつ症状を評価し、一般的職業性ストレス調査票を用いて、職業ストレスおよび社会的サポートの3つの項目を評価した。SDSスコア50超の被験者を「抑うつ群」に分類した。抑うつ症状と、認識されている個人レベルの職業ストレスとの関連を、多重ロジスティック回帰分析を用いて評価した。計202名(20.1%)の教師が抑うつ群に分類された。役割曖昧性が高い、役割葛藤が高い、量的労働負荷が多い、および家族や友人からの社会的サポートが少ないことが、抑うつ症状と有意な関連があることが判明した。

  • A Clinical Pilot Study of Plasma Mitochondrial DNA as a Biomarker for Bipolar Disorder 査読

    Kageyama Yuki, Kasahara Takaoki, Deguchi Yasuhiko, Tani Munehide, Kuroda Kenji, Hattori Kotaro, Yoshida Sumiko, Inoue Koki, Kato Tadafumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY   19   71 - 71   2016年06月( ISSN:1461-1457

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Usefulness of Assessing and Identifying Workers' Temperaments and Their Effects on Occupational Stress in the Workplace 査読

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Ogawa Koichiro, Fukuda Yuichi, Nitta Tomoko, Inoue Koki

    PLOS ONE   11 ( 5 )   e0156339   2016年05月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0156339

    PubMed

  • 職場における妄想性障害の早期発見、早期対応について

    出口 裕彦

    Modern Physician   36   48 - 51   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aggression in Teachers is Related to Role Conflict and Role Ambiguity as Occupational Stress. 査読

    Kanchika M, Iwasaki S, Konish A, Deguchi Y, Kobayashi Y, Nakada A, Inoue K

    Osaka city medical journal   61 ( 2 )   93 - 104   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 教師の攻撃性は役割の矛盾と役割の曖昧さの職業ストレスと関連している(Aggression in Teachers is Related to Role Conflict and Role Ambiguity as Occupational Stress) 査読

    Kanchika Masaru, Iwasaki Shinichi, Konishi Akihito, Deguchi Yasuhiko, Kobayashi Yumi, Nakada Akihiro, Inoue Koki

    Osaka City Medical Journal   61 ( 2 )   93 - 104   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般内科診療で役立つうつ病の知識-こころの問題にどう対処するか 特定の場面におけるうつ状態への対応 産業精神医学 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦

    内科   115 ( 2 )   245 - 248   2015年02月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j00974.2015095431

    CiNii Article

  • うつ病に対する早期の気づきと早期対応、早期診断について 査読

    出口 裕彦

    Depression Frontier   13   34 - 39   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 精神症状の鑑別に苦慮しジギタリス中毒の診断に至ったアルツハイマー型認知症の1例 査読

    出口裕彦, 橋本博史, 小西章仁, 岩﨑進一, 井上幸紀

    臨床精神医学   43 ( 8 )   1193 - 1197   2014年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationships between occupational stress and depressive symptoms among prison officers in Japan 査読

    Yasuhiko Deguchi, Koki Inoue, Tomohiro Muramatsu, Shinichi Iwasaki et al.

    Osaka City Medical Journal   59 ( 2 )   91 - 98   2014年03月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of “Shinkeishitsu” on Occupational Stress in Japanese Workers 査読

    Shinichi Iwasaki, Yasuhiko Deguchi and Koki Inoue

    SOJ psychology   1 ( 3 )   1 - 7   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本の刑務官における職業的ストレスと抑うつ症状の関係性(Relationships between Occupational Stress and Depressive Symptoms among Prison Officers in Japan) 査読

    Deguchi Yasuhiko, Inoue Koki, Muramatsu Tomohiro, Iwasaki Shinichi, Yamauchi Tsuneo, Nakao Takehisa, Muroya Masayo, Kobayashi Yumi, Kato Yasuyuki, Kiriike Nobuo

    Osaka City Medical Journal   59 ( 2 )   91 - 98   2013年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害を併存するアルコール症者の一例 査読

    出口裕彦, 岩﨑進一, 井上幸紀

    日本森田療法学会雑誌   24 ( 2 )   189 - 196   2013年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 過去へのとらわれがみられた身体表現性障害の一例 査読

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 小林 由実, 室矢 匡代, 井上 幸紀

    日本森田療法学会雑誌 = Japanese journal of Morita therapy   23 ( 2 )   165 - 171   2012年10月( ISSN:18812651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ラモトリギンとバルプロ酸の併用が奏効した急速交代型双極性障害の1例 査読

    出口裕彦, 岩﨑進一, 井上幸紀, 切池信夫

    臨床精神医学   41 ( 8 )   1043 - 1047   2012年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本における刑務官の職業性ストレスと職務不満足感の関連について 査読

    出口裕彦

    矯正医学   60 ( 1 )   1 - 8   2011年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 森田療法的アプローチで症状が軽快した疼痛性障害の3症例 査読

    岩崎 進一, 井上 幸紀, 出口 裕彦, 小林 由実, 北西 憲二

    日本森田療法学会 日本森田療法学会雑誌 = Japanese journal of Morita therapy   21 ( 2 )   187 - 194   2010年10月( ISSN:09177485

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 総合病院における精神科医 : その立場や役割の多様性 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 引地 克仁, 中尾 剛久, 出口 裕彦, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫

    Japanese Society of General Hospital Psychiatry 総合病院精神医学 = Japanese journal of general hospital psychiatry   22 ( 1 )   1 - 6   2010年01月( ISSN:09155872

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    総合病院における精神科医の業務は往診など他科領域を含めて広い。そして設立主体や病床の有無などにより,教育指導や研究の必要性,精神科救急での役割,経営への関与など求められるものに差があり,同じ総合病院精神科医でも立場や役割は多様である。職業性ストレスは「仕事の要求・コントロール度・社会的支援の不均衡」や「努力と報酬の不均衡」などで表されることが多いが,有床公立総合病院の精神科医などでそれらは高くなると考えられる。総合病院精神科医への支援はその多様性に配慮したうえで,個別に自助・互助・公助などから多面的に検討する必要がある。例として,総合病院では症候性精神障害など複雑な症例を数多く経験できる「やりがい」を感じている医師も多く,その長所を強化することなどが自助になる。また大学などからの人的応援体制整備を行うこと(互助)や,医療秘書の導入や経済的支援の増加(公助)が必要となる。

    DOI: 10.11258/jjghp.22.1

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物

  • おとなの発達障がいマネジメントハンドブック

    ( 担当: 共著)

    労働調査会   2021年 

     詳細を見る

    著書種別:一般書・啓蒙書  

  • 面接指導版 嘱託産業医のためのストレスチェック実務Q&A II 知っておきたい基本知識 3 うつ病の基礎知識

    ストレスチェック実務Q&A編集委員会( 担当: 単著)

    産業医学振興財団  2016年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:213   著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • ダイバーシティ,ジェンダーフリー社会におけるメンタルヘルス ダイバーシティ&インクルージョンと就労 精神障害者の雇用を中心に

    出口 裕彦

    日本社会精神医学会雑誌   32 ( 3 )   221 - 226   2023年08月( ISSN:0919-1372

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    近年,少子高齢化,雇用意識やライフスタイル,価値観の多様化など様々な背景から,企業にはダイバーシティ経営が求められるようになった。ダイバーシティ経営を推進するためにはインクルージョンの推進も同時に行う必要がある。ダイバーシティとは,多様性,個人や集団の間に存在する様々な違いであり,企業においては多様な人材の就業機会を増やし,積極的に活用しようとする考え方を指す。インクルージョンとは包括,包含,受け入れて一緒に働くということで,一人ひとりが「職場で尊重されたメンバーとして扱われている」と認識している状態を指す。2018年4月1日より,障害者雇用義務の対象として,これまでの身体障害,知的障害に精神障害が加わり,企業には合理的配慮が求められる時代となった。今後,法定雇用率が段階的に引き上げられていく予定である。本稿では,精神障害の治療を継続しながら,障害者雇用で長期間,就労を継続できている3名を紹介する。精神科主治医としては,今後さらに就労環境について知る姿勢を持つ重要性が増すと思われ,精神症状が安定し就労意欲のある患者には,障害者雇用,パートタイム雇用,作業所など社会との繋がりが持てるよう支援したいと考えている。精神科を専門とする産業医としては,障害者雇用に際して(1)雇用契約という面は外せないこと,(2)安全配慮義務の視点は障害者雇用でも重要であること,(3)支援体制を整えることのできる事業所は限られていること,(4)無理のないできる範囲での合理的配慮を提供すること,などに留意しながら,「障害者の戦力化」は「企業の戦力化」という意識を持って支援したいと考える。(著者抄録)

  • 【成人精神疾患の背景に潜む神経発達症のインパクト-いかに見抜き、いかに対応するか-】就労者の精神疾患に神経発達症が及ぼすインパクト 主治医および精神科を専門とする産業医の立場から

    出口 裕彦, 岩崎 進一

    精神科治療学   37 ( 1 )   29 - 34   2022年01月( ISSN:0912-1862

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    神経発達症を背景に二次障害を呈する就労者の支援には、「助けられ上手」を目指すという働き方を勧めつつ、不断に変化し続ける人格に働きかけて成長を促すこと、自己効力感が回復できるよう支援すること、「診断、告知は当事者に有益な場合にのみ」という姿勢、が求められる(主治医の立場)。神経発達症ではこれまでの診断概念や疾病性、事例性の概念を変えることが求められ、対応方法も従来の外部医療機関に繋いで任せるという方法では難しい。神経発達症就労者への個別性の高い対応要求には大きな負担を伴い、周囲からの反発も招きやすい。職場への神経発達症への理解を深める働きかけが必要である(産業医の立場)。(著者抄録)

  • 【現代社会における不安の病理と対応】withコロナ時代の就労者を取り巻く環境と、就労者の今日的不安 査読

    出口 裕彦

    (株)星和書店 精神科治療学   35 ( 12 )   1305 - 1310   2020年12月( ISSN:0912-1862

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    働き盛りのメンタルヘルス不調、メンタルヘルス不調による長期休職者は増加している。新型コロナウイルス感染拡大に伴う社会状況や就労環境の急激な変化、生物学的感染だけでなく心理的感染や社会的感染への不安は、今日の就労者の大きなストレス要因となっており、働き方の大きな転換が求められている。われわれ精神科医には、時代の変化、背景を念頭に就労者の不安に関わることが求められ、森田療法的アプローチは不安の尽きないwithコロナ時代における就労者のセルフケア、精神的支援に役立つと考えている。(著者抄録)

  • 大うつ病性障害における社会的損失と職場における早期発見の重要性 査読

    仁木 晃大, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 井上 幸紀

    (一社)日本産業精神保健学会 産業精神保健   28 ( 4 )   368 - 371   2020年12月( ISSN:1340-2862

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 職域のメンタルヘルス不調における最近の知見 査読

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    (公財)産業医学振興財団 産業医学レビュー   31 ( 2 )   129 - 151   2018年09月( ISSN:1343-6805

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    社会環境や労働環境の急激な変化により、メンタルヘルス不調は増加している。大阪府において2000〜2014年に調査が行われた精神疾患による休職者数の推移について概説した。次いで、代表的な職業性ストレスモデル、職業性ストレスとメンタルヘルス不調や気質の関連について、文献を基に概観した。最後に、職場のメンタルヘルスにおける基本的概念として、事例性と疾病性、4つのケア、相互連携について解説した。

  • 診療の秘訣 患者の「よりよく生きたいという生の欲望」を意識して診療にあたる

    出口 裕彦

    Modern Physician   38 ( 4 )   412 - 412   2018年04月( ISSN:0913-7963

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 職業性ストレスとメンタルヘルス不調について 査読

    岩﨑進一,出口裕彦,井上幸紀

    産業医学レビュー   31 ( 2 )   129 - 151   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 「ライフステージの中の不安とサイコセラピー」 就労者の不安とサイコセラピー 不安や生の欲望を生かすという視点からの支援 査読

    出口 裕彦

    日本サイコセラピー学会 日本サイコセラピー学会雑誌   18 ( 1 )   43 - 48   2017年12月( ISSN:1347-071X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    人に嫌われるのではないか、うまくできないのではないか、病気になるのではないか、など日常生活や就労に不安や悩みは尽きず、一般に誰もが持ち合わせている。うまく折り合いをつけられず、不安や恐怖、症状を消すために時間を費やす人もいれば、欲求の水準が高すぎて理想の自分と現実とのギャップに思い悩み、葛藤する人もいる。森田正馬は悩みや不安の裏には欲求があるとし、それを生の欲望と表現した。生の欲望とは「よりよく生きたい」という、誰もが本能的に持ち合わせている自然な欲求のことである。筆者は不安を扱う際に森田療法的アプローチを行うことが多く、実現可能な日常生活の充実に目を向け、患者自身が生の欲望を感じとり自ら変わろうとするきっかけをつかめるような支援を心がけている。「生の欲望を刺激し、欲求を生活や人生、就労に活かす」という視点は、不安の尽きない時代における就労者のセルフケア、精神的支援に役立つと考えている。(

  • 【職場のメンタルヘルスの不調に気づく】 知っておくとタメになる、専門医の対応 職場における妄想性障害の早期発見、早期対応について 査読

    出口裕彦, 岩﨑進一, 井上幸紀

    Modern Physician   36 ( 1 )   48 - 51   2016年01月( ISSN:0913-7963

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ストレスによる身体への影響-職場のストレスと抑うつとの関連 査読

    出口裕彦,岩﨑進一,井上幸紀

    Depression Strategy   6 ( 2 )   4 - 7   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【うつ病の一次予防、二次予防】 うつ病に対する早期の気づきと早期対応、早期診断について 査読

    出口裕彦, 井上幸紀

    Depression Frontier   13 ( 1 )   34 - 39   2015年03月( ISSN:1347-8893

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【一般内科診療で役立つうつ病の知識-こころの問題にどう対処するか】 特定の場面におけるうつ状態への対応 産業精神医学 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦

    (株)南江堂 内科   115 ( 2 )   245 - 248   2015年02月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    急激な社会経済状況の変化に伴い,職域でうつ病を含めたメンタルヘルス不調が増えている.産業医であれば内科医であってもメンタルヘルス不調に対応する必要があり,その場合,安全配慮義務と危機管理を念頭に事例性に注目する.メンタルヘルス不調への一次〜三次予防として国は,「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」,「心の健康問題により休業した労働者の職場復帰支援の手引き」など,さまざまな指針や手引きを示している.うつ病を含めたメンタルヘルス不調に対して,産業医は国の示した指針や手引きなどを理解し,精神科主治医との立場の違いを理解し,連携を行うことが求められる.(著者抄録)

  • 職場のうつ 「職場のうつ」の治療と対応 薬物療法 査読

    出口裕彦

    こころの科学   ( 169 )   36 - 41   2013年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 矯正職員のメンタルヘルスに関する調査研究の動向 査読

    出口裕彦, 井上幸紀

    産業精神保健   20 ( 1 )   59 - 63   2012年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【総合病院での医師の働き方を支援する】 総合病院における精神科医 その立場や役割の多様性 査読

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 引地 克仁, 中尾 剛久, 出口 裕彦, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫

    (一社)日本総合病院精神医学会 総合病院精神医学   22 ( 1 )   1 - 6   2010年01月( ISSN:0915-5872

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Human plasma transcriptome analysis in plasma NCAM1 positive extracellular vesicles with major depression 国際共著 国際会議

    Yuki Kageyama, Yasuhiko Deguchi, Shohei Okura, Koki Inoue, Conor Liston

    Society for Neuroscience 2023  2023年11月  Society for Neuroscience

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Washington  

  • 不要なベンゾジアゼピン系睡眠薬を減らすための睡眠薬院内標準指示作成の取り組み 国内会議

    川口 博資, 出口 裕彦, 馬場 華奈己, 須田 泰記, 武田 景敏, 小林 美保, 小谷 晃平, 中尾 吉孝, 徳和目 篤史, 山口 悦子[中上]

    第18回医療の質・安全学会学術集会  2023年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The correlation between “Shinkeishitsu” and anxious temperament by TEMPS-A 国際会議

    Yasuhiko Deguchi, Shinichi Iwasaki, Koki Inoue

    The 11th International Congress of Morita-therapy  2023年09月  The International Committee for Morita Therapy

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Canada, Vancouver  

  • 労働者におけるインターネット依存症と感情気質、職業性ストレスとの関連性 国内会議

    上坂友紀、出口裕彦、岩﨑進一、大川雄太郎、大蔵将平、前久保公雄、井上幸紀

    第30回 日本産業精神保健学会  2023年08月  日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 大阪における新型コロナウィルス感染拡大前後でのメンタルヘルス不調者の動向と事業所の支援体制について 国内会議

    出口裕彦、岩崎進一、中道陽子、上坂友紀、大川雄太郎、大蔵将平、前久保公雄、太尾恵理、影山祐紀、井上幸紀

    第20回 日本うつ病学会  2023年07月  日本うつ病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台  

  • アモキサピンの出荷停止によりうつ状態が悪化し、クロミプラミンとオランザピンの併用療法が奏功した一例 国内会議

    松﨑汰緒、出口裕彦、大藏将平、松永彩香、井上幸紀

    第132回 近畿精神神経学会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:滋賀  

  • うつ病の医療保護入院中に血糖コントロールと卵巣癌手術を行った2型糖尿病の1例 国内会議

    柳田 遥, 角谷 佳則, 北村 充, 本多 美穂子, 出口 裕彦, 南野 成則, 安井 智代, 森岡 与明, 角 俊幸, 井上 幸紀, 繪本 正憲

    第59回日本糖尿病学会近畿地方会  2023年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪における新型コロナウィルス感染拡大前後でのメンタルヘルス不調者の動向およびメンタルヘルス不調者への事業所の支援体制 招待 国内会議

    出口裕彦

    第41回日本社会精神医学会 シンポジウム9 コロナ禍で変わる職域のメンタルヘルス対応  2023年03月  兵庫医科大学

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:兵庫  

  • ダイバーシティ&インクルージョンと就労〜精神科主治医、精神科を専門とする産業医の立場から〜 招待 国内会議

    出口裕彦

    第41回日本社会精神医学会 シンポジウム2 ダイバーシティ・ジェンダーフリー時代におけるメンタルヘルス  2023年03月  兵庫医科大学

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:兵庫  

  • 感冒症状後に亜急性発症の亜昏迷状態を呈し、診断に苦慮した自閉スペクトラム症を併存する双極性障害の一例 国内会議

    松永彩香、出口裕彦、角野信、井上幸紀

    第131回 近畿精神神経学会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • ミトコンドリア遺伝子異常に周産期発症のうつ病を合併した一例 国内会議

    鋤柄文香、影山祐紀、上坂友紀、出口裕彦、井上幸紀

    第131回 近畿精神神経学会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • Intra-individual state-dependent comparison of plasma mitochondrial DNA copy number and IL-6 levels in patients with bipolar disorder 国際会議

    Yuki Kageyama, Yasuhiko Deguchi, Takaoki Kasahara, Munehide Tani, Kenji Kuroda, Koki Inoue, Tadafumi Kato

    Neuroscience 2022  2022年11月  Society for Neuroscience

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sandiego  

  • 大阪におけるメンタルヘルス不調者等に対する事業所の支援体制と就労継続に関する研究~beforeコロナ時代およびwithコロナ時代という視点からの比較~

    出口裕彦

    産業保健調査研究会 労働安全衛生機構  2022年10月  労働安全衛生機構

     詳細を見る

    開催地:オンライン  

  • 新型コロナウイルス感染症拡大による運動、外出、スクリーンタイムの変化とメンタルヘルスとの関連 国内会議

    大川雄太郎、岩﨑進一、出口裕彦、太尾恵理、中道陽子、上坂友紀、大蔵将平、前久保公雄、井上幸紀

    第28回日本産業精神保健学会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本人就労者におけるワークライフバランスと気質の関連 国内会議

    中道陽子、出口裕彦、岩﨑進一、太尾恵理、上坂友紀、大川雄太郎、大蔵将平、前久保公雄、井上幸紀

    第28回日本産業精神保健学会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者の仕事-家庭流出(スピルオーバー)と気質の関連について 国内会議

    中道 陽子, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 太尾 恵理, 上坂 友紀, 大川 雄太郎, 大蔵 将平, 前久保 公雄, 井上 幸紀

    産業精神保健  2022年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新型コロナウイルス感染症に対するスティグマと森田神経質の関連について 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    日本森田療法学会雑誌  2022年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ルラシドン、バルプロ酸ナトリウムの併用により著明な体重増加を認めた統合失調症の1例 国内会議

    大藏将平、出口裕彦、長徹二、井上幸紀

    第129回 近畿精神神経学会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 背景に神経発達症を持つ就労者の日常診療で留意していること 招待 国内会議

    出口裕彦

    第63回 関西産研研究会  2022年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Relationships between occupational stress, change in work environment toward COVID-19 and depressive and anxiety symptoms among non-health care workers during the third wave of COVID-19 pandemic in Japan: A cross-sectional study. 国際会議

    Yasuhiko Deguchi, Shinichi Iwasaki, Akihiro Niki, Aya Kadowaki, Tomoyuki Hirota, Yoshiki Shirahama, Yoko Nakamichi, Yutaro Okawa, Tomoki Uesaka, Koki Inoue

    11th Conference of the International Society for Affective Disorders  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 制吐目的で長期間、不定期投与した低用量オランザピンにより錐体外路症状が出現し、中止後も持続した1例 国内会議

    坂本 祥子, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    第117回日本精神神経学会学術総会  2021年09月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 難治性双極性障害うつ状態に対して高用量T4強化療法を施行した1例 国内会議

    上坂 友紀, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    第128回近畿精神神経学会  2021年07月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Blonanserin patchの使用によりジストニアが軽減し、自宅退院となった慢性期統合失調症の1例 国内会議

    撫井 章弘, 出口 裕彦, 野木 怜, 井上 幸紀

    第127回近畿精神神経学会  2021年02月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 初発うつ病就労者の最初に自覚した抑うつ症状と重症度の関連について 国内会議

    広田 知行, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 坂口 彩, 仁木 晃大, 白濱 嘉樹, 中道 陽子, 井上 幸紀

    第27回日本産業精神保健学会  2021年02月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精神疾患により長期休職に至った公務員の職業性ストレスについて 国内会議

    白濱 嘉樹, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 坂口 彩, 仁木 晃大, 広田 知行, 中道 陽子, 井上 幸紀

    第28回日本産業ストレス学会  2020年12月  日本産業ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病や透析、メンタルヘルス不調の治療と就労の両立支援 招待 国内会議

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 出口 裕彦

    第65回 日本透析医学会学術集会・総会  2020年11月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 気質とメンタルヘルス 就労者の職業性ストレスと気質の関連について 招待 国内会議

    出口 裕彦

    第116回日本精神神経学会学術総会  2020年09月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 高ストレス就労者における職業性ストレスと心理的および身体的反応の優位性との関連 国内会議

    坂口 彩, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 奥田 優香子, 三武 友絵, 仁木 晃大, 広田 知行, 白濱 嘉樹, 中道 陽子, 井上 幸紀

    第93回日本産業衛生学会  2020年05月  (公社)日本産業衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • うつ病就労者における職場での主観的事例性の性差について 国内会議

    仁木 晃大, 出口 裕彦, 岩崎 進一, 三武 友絵, 奥田 優香子, 坂口 彩, 広田 知行, 中道 陽子, 井上 幸紀

    第26回日本産業精神保健学会  2019年08月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • よりよい障害者雇用を行うために〜障害者雇用について、精神科医として思うこと〜 国内会議

    出口裕彦

    第67回日本産業衛生学会 近畿地方会総会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Search for blood biomarkers of depression. 国際会議

    Kageyama Y, Kasahara T, Deguchi Y, Tani M, Kuroda K, Hattori K, Yoshida S, Inoue K, Kato T.

    JMSA Life Science Forum 2019  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:New York  

  • Intra-individual alteration of plasma metabolites for bipolar disorder: a pilot study. 国際会議

    Kageyama Y, Deguchi Y, Kasahara T, Tani M, Kuroda K, Kato T, Inoue K.

    Neuroscience 2018  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego  

  • 血漿代謝産物を利用した気分障害のバイオマーカー 国内会議

    影山祐紀,笠原和起,中村健道,服部功太郎,出口裕彦,谷宗英,黒田健治,吉田寿美子,後藤 雄一,井上幸紀,加藤忠史

    第40回日本生物学的精神医学会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教員管理職における抑うつ症状と職業性ストレスの関連について 国内会議

    新田朋子,出口裕彦,岩﨑進一,野木優香子,三武友絵,門脇彩,仁木晃大,井上幸紀 

    第15回日本うつ病学会  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 産業精神保健における連携の透明化〜精神科主治医の立場から〜 招待 国内会議

    出口裕彦

    第25回日本産業精神保健学会 産業医部会シンポジウム  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 事業場内メンタルヘルス担当者におけるストレスとバーンアウトの関係 国内会議

    野木優香子,岩﨑進一,出口裕彦,新田朋子,三武友, 門脇彩,仁木晃大,井上 幸紀

    第25回日本産業精神保健学会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 企業のメンタルヘルス担当者の精神疾患に対するスティグマとバーンアウトの関連性 国内会議

    三武友絵,岩﨑進一,出口裕彦,新田朋子,野木優香子,門脇彩,仁木晃大,井上幸紀

    第25回日本産業精神保健学会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者の不安とサイコセラピー〜不安や生の欲望を生かすという視点からの支援〜 招待 国内会議

    出口裕彦

    第18回日本サイコセラピー学会   2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 就労者の気質とその職業性ストレスへの影響を職場において評価、認識することの有効性について 国内会議

    出口 裕彦, 岩崎 進一, 小西 章仁, 石本 英之, 小川 弘一郎, 福田 友一, 新田 朋子, 井上 幸紀

    大阪市医学会  2017年12月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森田神経質と自閉症スペクトラム指数との関連 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    第35回日本森田療法学会  2017年11月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The relationship between circulating mitochondrial DNA and inflammatory cytokines in patients with major depression. 国際会議

    Yuki Kageyama, Takaoki Kasahara, Masaki Kato, Shiho Sakai, Yasuhiko Deguchi, Munehide Tani, Kenji Kuroda, Kotaro Hattori, Sumiko Yoshida, Kenji Kuroda, Yu-ichi Goto, Toshihiko Kinoshita, Koki Inoue, Tadafumi Kato

    Neuroscience2017  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気分障害の診断バイオマーカー 国内会議

    影山祐紀,笠原和起,中村健道,服部功太郎,出口裕彦,谷宗英,黒田健治,吉田寿美子,後藤雄一,井上幸紀,加藤忠史

    第36回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自然な寛解、回復を目指すうつ病治療 薬物療法と睡眠衛生指導に焦点を当てて 国内会議

    出口 裕彦

    第31回日本臨床内科医学会  2017年09月  (一社)日本臨床内科医会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 日本人就労者における気質、職業性ストレスと不眠の関連ついて 国内会議

    出口裕彦、岩﨑進一、小川弘一郎、福田友一、新田朋子、三武友絵、野木優香子、井上幸紀

    第26回産業精神保健学会  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Search for Plasma Biomarkers of Depression by Metabolome Analysis in an Animal Model and Clinical Samples 国際会議

    Yuki Kageyama, Takaoki Kasahara, Takemichi Nakamura, Yasuhiko Deguchi, Munehide Tani, Kenji Kuroda, Kotaro Hattori, Sumiko Yoshida, Kenji Kuroda, Koki Inoue, Tadafumi Kato

    PCS International Conference of Neuroscience  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抑うつ症状がみられる労働者の発症初期の疾病性、事例性と森田神経質傾向との関連 国内会議

    岩﨑進一,出口裕彦

    第35回日本森田療法学会  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Search for Plasma Biomarkers of Depression by Metabolome Analysis in an Animal Model and Clinical Samples 国際会議

    Yuki Kageyama, Takaoki Kasahara, Yasuhiko Deguchi, Munehide Tani, Kenji Kuroda, Kotaro Hattori, Sumiko Yoshida, Koki Inoue, Tadafumi Kato

    Neuroscience 2016  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Diego  

  • 治療抵抗性症例に対する急性期医療の工夫 治療抵抗性統合失調症治療のための地域ネットワーク構築の試み 国内会議

    島本 卓也, 岩崎 理一, 西倉 秀哉, 岩田 和彦, 籠本 孝雄, 出口 裕彦, 井上 幸紀, 三井 浩, 木下 利彦, 小深田 博紀, 黒田 健治, 渡邊 治夫, 出口 靖之, 天正 雅美, 澤 温, 和田 照平, 白川 治, 山森 英長, 木下 真也, 米田 博

    第24回日本精神科救急学会学術総会  2016年10月  (一社)日本精神科救急学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • うつ病就労者と双極性障害就労者が職場で最初に自覚する主観的抑うつ症状の相違について 国内会議

    出口裕彦,岩﨑進一,仲田昭弘,小林由実,小西章仁,石本英之,小川弘一郎,福田友一,新田朋子,井上幸紀

    第13回日本うつ病学会  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • A Clinical Pilot Study of Plasma Mitochondrial DNA as a Biomarker for Bipolar Disorder 国際会議

    Yuki Kageyama, Takaoki Kasahara, Yasuhiko Deguchi, Munehide Tani, Kenji Kuroda, Kotaro Hattori, Sumiko Yoshida, Koki Inoue, Tadafumi Kato

    30th CINP World congress of neuropsychopharmachology   2016年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Seoul  

  • 双極性障害のバイオマーカー候補としての血漿中ミトコンドリアDNA 国内会議

    影山 祐紀, 笠原 和起, 出口 裕彦, 谷 宗英, 黒田 健治, 服部 功太郎, 吉田 寿美子, 井上 幸紀, 加藤 忠史

    第46回日本神経精神薬理学会  2016年07月  (一社)日本神経精神薬理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 部署内で休職者が出ることによる周囲の労働者への影響について 国内会議

    福田 友一, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 石本 英之, 小川 弘一郎, 井上 幸紀

    第23回日本産業精神保健学会  2016年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • メンタルヘルス不調による長期休職者の職業性ストレスの比較 傾向スコアマッチングを用いて 国内会議

    小川 弘一郎, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 石本 英之, 福田 友一, 井上 幸紀

    第23回日本産業精神保健学会  2016年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 主治医と精神科産業医、双方の立場で経験した症例を通して 双極性障害と就労について考える 国内会議

    出口 裕彦

    第23回日本産業精神保健学会  2016年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • メンタルヘルス不調による長期休職の職業性ストレス簡易調査票、K6による予測能について 国内会議

    石本 英之, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 福田 友一, 小川 弘一郎, 井上 幸紀

    第23回日本産業精神保健学会  2016年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森田神経質と自閉スペクトラム症のオーバーラップについて 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会雑誌  2016年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炭酸リチウム血中濃度有効治療域で濃度依存的にアカシジアと両前脛骨部の疼痛が出現した双極I型障害の1例 国内会議

    金本 絵里, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    精神神経学雑誌  2015年08月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 教員の抑うつ症状と職業性ストレスの関連性 国内会議

    仲田 昭弘, 岩崎 進一, 菅近 優, 小西 章仁, 出口 裕彦, 小林 由実, 井上 幸紀

    産業精神保健  2015年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Delusional Parasitosis after Bilateral Frontal Lobe Contusion, Successfully Treated with Blonanserin 国際会議

    Iwakura Yoshihiro, Deguchi Yasuhiko, Inoue Koki

    WPA Regional Congress  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Temperaments of Workers Play a Protective or Vulnerable Role against Occupational Stress 国際会議

    Deguchi Yasuhiko, Iwasaki Shinichi, Yamauchi Tsuneo, Kanchika Masaru, Konishi Akihito, Ishimoto Hideyuki, Ogawa Kouichiro, Fukuda Yuichi, Nitta Tomoko, Inoue Koki

    WPA Regional Congress  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Osaka  

  • 復職後の就労継続支援に睡眠覚醒リズム表を用いた双極性障害の一例 国内会議

    新田 朋子, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小西 章仁, 石本 英之, 小川 弘一郎, 福田 友一, 井上 幸紀

    産業精神保健  2015年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非休職者のストレス調査からわかるメンタルヘルス不調による休職者の出現 国内会議

    小西 章仁, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 菅近 優, 石本 英之, 新田 朋子, 小川 弘一郎, 福田 友一, 井上 幸紀

    産業衛生学雑誌  2015年05月  (公社)日本産業衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 過重労働とメンタルヘルス 精神科医からみた課題 国内会議

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦

    日本医学会総会会誌  2015年04月  日本医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学生の学生相談と森田療法的アプローチ 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会雑誌  2015年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹部手術後にカタトニアを呈した双極I型障害の1例 国内会議

    柳原 枝里佳, 出口 裕彦, 林 皓章, 古塚 大介, 井上 幸紀

    精神神経学雑誌  2015年02月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラモトリギンにより播種性紅斑丘疹型薬疹を呈した1例 国内会議

    影山 祐紀, 出口 裕彦, 井上 幸紀

    精神神経学雑誌  2015年01月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職業ストレスと攻撃性の関連 国内会議

    菅近 優, 岩崎 進一, 小林 由実, 小西 章人, 出口 裕彦, 石本 英之, 新田 朋子, 井上 幸紀

    産業精神保健  2014年07月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 企業のメンタルヘルス不調者数とその影響・対策について 国内会議

    小西 章仁, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 菅近 優, 石本 英之, 新田 朋子, 井上 幸紀

    産業精神保健  2014年07月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場での行動異常を契機に診断に至った前頭側頭型認知症の2例 国内会議

    菅近 優, 出口 裕彦, 小西 章人, 小林 由実, 中井 雄大, 岩崎 進一, 橋本 博史, 井上 幸紀

    産業衛生学雑誌  2014年05月  (公社)日本産業衛生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経性過食症患者の抑うつ症状に対して認知行動療法を行った2症例 国内会議

    山内常生,出口裕彦,岡田優,原田朋子,児玉祐也,井上幸紀

    第17回日本摂食障害学会・学術集会  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 勤労者におけるうつ病の早期症状・事例性について 国内会議

    小林由実,岩﨑進一,仲田昭弘,山内常生,出口裕彦,室矢匡代,菅近優,小西章仁,井上幸紀

    第20回日本産業精神保健学会  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本における刑務官の職業性ストレスと抑うつ症状の関連について 国内会議

    出口裕彦,岩﨑進一,村松知拡,山内常生,仲田昭弘,室矢匡代,菅近優,小西章仁,小林由実,井上幸紀,加藤保之

    第10回日本うつ病学会  2013年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 摂食障害の実態に関するアンケート調査 国内会議

    山内 常生, 井上 幸紀, 岩崎 進一, 出口 裕彦, 小林 由実, 室矢 匡代, 菅近 優, 切池 信夫

    精神神経学雑誌  2012年05月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者における森田神経質性格の影響 国内会議

    岩崎 進一, 出口 裕彦

    日本森田療法学会雑誌  2012年04月  日本森田療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外来での森田療法的アプローチが有効であった社交不安障害を併存するアルコール依存症者の一例 国内会議

    出口裕彦,岩﨑進一,井上幸紀

    第29回日本森田療法学会  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 就労者における森田神経質性格の影響 国内会議

    岩﨑進一,出口裕彦,小林由実,奥野正景,井上幸紀

    第29回日本森田療法学会  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 治療抵抗性の急速交代型双極性障害重症うつ病エピソードに対してlamotrigineが著効した1例 国内会議

    出口裕彦,井上幸紀,岩﨑進一,松井徳造,室矢匡代,小林由実,切池信夫

    第8回日本うつ病学会  2011年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 教師の抑うつ症状と職業性ストレスの関連について 国内会議

    中尾剛久,井上幸紀,岩﨑進一,出口裕彦,山内常生,室矢匡代,小林由実,切池信夫

    第8回日本うつ病学会  2011年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 教師の抑うつ症状と職業性ストレスの関連について 国内会議

    中尾 剛久, 井上 幸紀, 岩崎 進一, 山内 常生, 出口 裕彦, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫

    産業ストレス研究  2010年12月  日本産業ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 収容分類級別による矯正職員の職業性ストレスの比較検討 国内会議

    出口 裕彦, 井上 幸紀, 村松 知拡, 岩崎 進一, 山内 常生, 中尾 剛久, 室矢 匡代, 小林 由実, 切池 信夫, 加藤 保之

    産業ストレス研究  2010年12月  日本産業ストレス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 身体表現性障害と過去へのとらわれ 国内会議

    岩﨑進一,出口裕彦,小林由美,室矢匡代,井上幸紀

    第28回日本森田療法学会  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転移性脳腫瘍を合併した認知症を伴うパーキンソン病の一例 国内会議

    小林 由実, 橋本 博史, 出口 裕彦, 切池 信夫

    精神神経学雑誌  2010年07月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大うつ病エピソードから替え玉妄想を中心とした幻覚妄想状態に移行した一例 国内会議

    出口裕彦,井上幸紀,岩﨑進一,松井徳造,中尾剛久,室矢匡代,小林由実,切池信夫

    第7回日本うつ病学会  2010年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 労働者の抑うつ気分と生活習慣 国内会議

    井上幸紀,岩﨑進一,中尾剛久,出口裕彦,山内常生,室矢匡代,小林由実,切池信夫

    第7回日本うつ病学会  2010年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大阪市における教職員復職支援事業 国内会議

    井上 幸紀, 岩崎 進一, 松井 徳造, 橋本 博史, 中尾 剛久, 林 皓章, 出口 裕彦, 切池 信夫

    産業精神保健  2009年06月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparison of Job Stress Recognition between before and after Treatment of Depressive Workers 国際会議

    Koki Inoue, Shinichi Iwasaki, Tsuneo Yamauchi, Teruaki Hayashi, Yasuhiko Deguchi, Nobuo Kiriike

    2nd WFSBP Asia-Pacific Congress and 30th Annual Meeting of JSBP  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職場における対人関係と睡眠障害・飲酒の関連について 国内会議

    岩﨑進一,井上幸紀,村松知拡,山内常生,林皓章,中尾剛久,出口裕彦,佐野祥子,切池信夫

    第15回産業精神保健学会  2008年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抑うつ症状で受診した労働者が感じる職業性ストレスの治療前後での比較 国内会議

    井上幸紀,岩﨑進一,山内常生,林皓章,中尾剛久,出口裕彦,切池信夫

    第104回日本精神神経学会学術総会  2008年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 摂食障害患者における職業性ストレスに関する検討 国内会議

    山内 常生, 井上 幸紀, 岩崎 進一, 村松 知拡, 林 皓章, 中尾 剛久, 出口 裕彦, 切池 信夫

    産業精神保健  2008年05月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 看護師の離職率を減らすための要因に関する検討 精神科病院に勤務する看護師を対象に 国内会議

    林 皓章, 井上 幸紀, 岩崎 進一, 村松 知拡, 山内 常生, 中尾 剛久, 出口 裕彦, 切池 信夫

    産業精神保健  2008年05月  (一社)日本産業精神保健学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 出産を契機に非定型精神病が再発し、炭酸リチウムの投与及び環境調整が奏功した一例 国内会議

    出口裕彦,松井徳造,羽野寧,熨斗孝充,切池信夫

    第27回精神科診断学会  2007年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • 尿中多環芳香族炭化水素を用いたうつ病重症度バイオマーカーの探索

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 機械学習による職場のメンタルヘルス休職者の予測

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 自殺予防に資するメタボローム解析による双極性障害の病相交代予測バイオマーカー探索

    若手研究(B)  2016年04月

  • 就労者における双極性障害の早期診断、事例性に関する研究

    若手研究(B)  2014年04月

奨励寄附金・助成金

  • 気分障害のバイオマーカー探索研究

    武田薬品工業株式会社  2022年

  • 大阪におけるメンタルヘルス不調者等に対する事業所の支援体制と就労継続に関する研究〜beforeコロナ時代およびwithコロナ時代という視点からの比較〜

    独立行政法人労働者健康安全機構  2021年04月

  • 双極性障害に併存する不安症への森田療法の適応探索

    (公財)メンタルヘルス岡本記念財団  2018年08月

担当授業科目

  • うつ病、双極症

    2023年度   隔週偶数   大学

  • うつ病、双極性障害

    2022年度   隔週偶数   大学

  • うつ病、双極性障害

    2021年度   隔週偶数   大学

  • うつ病、双極性障害

    2020年度   隔週偶数   大学

  • うつ病、双極性障害

    2019年度     大学

  • 医の倫理

    2018年度     大学

  • うつ病、双極性障害

    2018年度     大学

  • 医の倫理

    2017年度     大学

  • うつ病、双極性障害

    2017年度     大学

  • うつ病、双極性障害

    2016年度     大学

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:2名 

  • 2022年度

    卒業論文指導数:1名 

社会貢献活動

  • 適応障害の見立てと支援

    役割:講師

    大阪府商工労働部 雇用推進室 就業促進課  2023年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • withコロナ時代のセルフケア〜不安との付き合い方を模索する〜

    役割:講師

    大阪市社会福祉協議会  福祉職員のメンタルヘルス研修(一般職員対象)  2022年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • withコロナ時代のセルフケア〜不安との付き合い方を模索する〜

    役割:講師

    大阪市社会福祉協議会  福祉職員のメンタルヘルス研修(一般職員対象)  2021年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • コミュニケーションのコツ(精神障がいを中心に)

    役割:講師

    大阪府 商工労働部 雇用推進室 就業促進課 障がい者雇用促進グループ   大阪府 精神障がい者・発達障がい者雇用セミナー  2021年06月

  • withコロナ時代のセルフケア〜不安との付き合い方を模索する〜

    役割:講師

    大阪市社会福祉協議会  福祉職員のメンタルヘルス研修(一般職員対象)  2021年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • コミュニケーションのコツ(精神障がいを中心に)

    役割:講師

    大阪府 商工労働部 雇用推進室 就業促進課 障がい者雇用促進グループ   大阪府 精神障がい者・発達障がい者雇用セミナー、第2弾 「精神障がい者・発達障がい者の雇用とコミュニケーションのコツ」  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 企業, 行政機関

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • ウィズコロナ時代のこころの健康法

    役割:講師

    NHK厚生文化事業団 近畿支局  ハートカフェ at たによん  2020年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • コミュニケーションのコツ(精神障がいを中心に)

    役割:講師

    大阪府 商工労働部 雇用推進室 就業促進課 障がい者雇用促進グループ   大阪府 精神障がい者・発達障がい者雇用セミナー、第2弾 「精神障がい者・発達障がい者の雇用とコミュニケーションのコツ」  2019年09月

     詳細を見る

    対象: 企業, 行政機関

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • ストレスへの気づきとセルフケア

    役割:講師

    大阪市立大学医学部  大阪市立大学医学部第213回市民医学講座  2017年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

▼全件表示

学術貢献活動

  • 論文査読

    役割:査読

    2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 論文査読

    役割:査読

    2021年04月 - 2022年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

独自項目・特記事項(管理運営)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:リエゾンチーム専任医師