2024/05/21 更新

写真a

モリオカ トモアキ
森岡 与明
MORIOKA Tomoaki
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

研究キーワード

  • 糖尿病

  • 肥満

  • 動脈硬化

  • アディポカイン

  • サルコペニア

研究概要

  • 1.肥満・糖尿病における膵β細胞,脂肪細胞,骨格筋の分子病態生理学的研究
    2.2型糖尿病におけるインスリン抵抗性、インスリン分泌不全、動脈硬化合併症に関する臨床的研究
    3.糖尿病,慢性腎臓病におけるサルコペニアに関する基礎的・臨床的研究

委員歴(学外)

  • 学術調査研究等倫理審査委員会 事前審査委員   日本糖尿病学会  

    2023年02月 - 継続中 

  • 専門医認定委員会委員   日本糖尿病学会  

    2021年04月 - 2025年03月 

  • 評議員   日本動脈硬化学会  

    2019年07月 - 継続中 

  • Editorial Board   Journal of Clinical Medicine, Endocrinology and Metabolism  

    2019年06月 - 継続中 

  • 評議員   日本糖尿病合併症学会  

    2018年12月 - 継続中 

  • 学術評議員   日本糖尿病学会  

    2015年05月 - 継続中 

  • 委員   近畿膵移植適応評価検討会  

    2015年03月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本内科学会  

    2014年09月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本糖尿病学会  

    2012年11月 - 継続中 

  • 顧問医   大阪糖尿病協会  

    2012年 - 継続中 

▼全件表示

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   代謝内分泌病態内科学   博士課程   卒業・修了

    - 2004年

  • 大阪市立大学   医学部   医学科     卒業・修了

    - 1997年

論文

  • Differential associations of fetuin-A and calcification propensity with cardiovascular events and subsequent mortality in patients undergoing hemodialysis 査読

    Mori K, Shoji T, Nakatani S, Uedono H, Ochi A, Yoshida H, Imanishi Y, Morioka T, Tsujimoto Y, Kuro-O M, Emoto M.

    Clin Kidney J   17 ( 3 )   sfae042   2024年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/ckj/sfae042

  • Patient-reported difficulty in activities of daily living and corresponding muscle weakness in elderly patients undergoing haemodialysis. 査読

    Matsufuji S, Shoji T, Lee S, Hoshio A, Tanaka R, Fujimoto K, Watanuki H, Nishimura M, Tsujimoto Y, Morioka T, Mori K, Emoto M.

    Nephrology (Carlton)   2024年02月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/nep.14279

  • Seasonal variations for newly prescribed urate-lowering drugs for asymptomatic hyperuricemia and gout in Japan 査読

    Kurajoh M, Akari S, Nakamura T, Ihara Y, Imai T, Morioka T, Emoto M

    Front Pharmacol   15   1230562   2024年01月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3389/fphar.2024.1230562

  • Serum Fibroblast Growth Factor 23 Levels are Associated with Vascular Smooth Muscle Dysfunction in Type 2 Diabetes 査読

    30 ( 12 )   1838 - 1848   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.5551/jat.64000

  • 〔テクニカルノート〕糖尿病透析患者におけるリアルタイム持続グルコース測定の活用 招待

    森岡与明,森 克仁,繪本正憲

    大阪透析研究会会誌   40 ( 2 )   133 - 139   2023年09月( ISSN:0912-6937

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • Association of plasma xanthine oxidoreductase activity with vascular endothelial function independent of serum uric acid level: MedCity21 health examination registry 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Akari S, Murase T, Nakamura T, Ihara Y, Imai T, Nagata Y, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Watanabe T, Emoto M.

    Int J Cardiol Heart Vasc   48   101264   2023年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2023.101264

  • 高用量ビオチン服用に起因すると考えられる遊離サイロキシンおよび遊離トリヨードサイロニン高値をきたしたバセドウ病患者 1症例報告(Elevated free thyroxine and free triiodothyronine probably caused by high-dose biotin intake in a patient with Graves' disease: a case report)

    Shimmaru Kento, Inami Mitsuhiro, Hamaoka Aya, Fujiwara Noriko, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Kamei Nozomu

    Endocrine Journal   70 ( 8 )   833 - 837   2023年08月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    症例は46歳男性で、11年前にバセドウ病と診断され、チアマゾール5mg/日を7年間継続投与していた。また他院にて掌蹠膿疱症に対しビオチン72mg/日を処方され、11ヵ月前より高用量ビオチンを服用していた。今回の受診時に遊離サイロキシン(FT4)および遊離トリヨードサイロニン(FT3)高値が判明した。FT4は1年前の1.04ng/dLから2.20ng/dLへ、FT3は1年前の3.05pg/mLから9.84pg/mLへ上昇した。甲状腺刺激ホルモンは基準範囲内であり、バセドウ病再燃の徴候も認めなかった。高用量ビオチンの影響が強く疑われたことから、検査前48時間以降はビオチン服用を控えるよう指示した。その結果、再検査ではFT4およびFT3は基準範囲内まで低下した。同時に測定試薬をストレプトアビジン・ビオチン法によるものからビオチンを含まないものへ変更し、それ以降の測定値は基準範囲内を維持している。

  • Elevated free thyroxine and free triiodothyronine probably caused by high-dose biotin intake in a patient with Graves' disease: a case report. 査読

    Shimmaru K, Inami M, Hamaoka A, Fujiwara N, Morioka T, Emoto M, Kamei N.

    Endocr J.   70 ( 8 )   833 - 837   2023年06月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ23-0062

  • Improvement in the mobility of a patient with fibroblast growth factor 23-related hypophosphatemic osteomalacia and decompensated liver cirrhosis in response to burosumab: a case report 査読

    3. Toi N, Imanishi Y, Nagata Y, Kurajoh M, Morioka T, Shoji T, Shinto Y, Emoto M.

    Endocr J   70 ( 4 )   419 - 426   2023年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ22-0520

  • 線維芽細胞増殖因子23関連低リン血性骨軟化症および非代償性肝硬変患者におけるブロスマブ投与による運動能力の改善 症例報告(Improvement in the mobility of a patient with fibroblast growth factor 23-related hypophosphatemic osteomalacia and decompensated liver cirrhosis in response to burosumab: a case report)

    Toi Norikazu, Imanishi Yasuo, Nagata Yuki, Kurajoh Masafumi, Morioka Tomoaki, Shoji Tetsuo, Shinto Yoshitaka, Emoto Masanori

    Endocrine Journal   70 ( 4 )   419 - 426   2023年04月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    症例は75歳女性。多発椎体骨折による背部痛および運動制限を呈していた。骨粗鬆症、変形性膝関節症、頸部脊柱管狭窄症の既往があった。FGF23関連低リン血性骨軟化症および肝硬変を併発していた。アルファカルシドールおよび経口リン酸塩による治療で血清リン酸塩濃度および背部痛のわずかな改善が認められた。しかし、股関節骨折を呈し、車椅子となっていた。股関節骨折8週間後からブロスマブを開始したところ、血清リン酸塩濃度および尿細管リン再吸収閾値が上昇した。その後、運動能力は徐々に改善し、治療16週後には杖なしで歩行可能になった。腰椎骨密度は48週後に上昇した。治療開始前に1回、治療開始後に2回、肝性脳症を発症したが、肝機能は保たれていた。

  • Serum phosphate as an independent factor associated with cholesterol metabolism in patients undergoing hemodialysis: a cross-sectional analysis of the DREAM cohort. 査読

    1. Okute Y, Shoji T, Shimomura N, Tsujimoto Y, Nagata Y, Uedono H, Nakatani S, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Imanishi Y, Emoto M.

    Nephrol Dial Transplant   38 ( 4 )   1002 - 1008   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/ndt/gfac222.

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000412

  • Inflammation Related to Association of Low Uric Acid and Progression to Severe Disease in Patients Hospitalized for Non-Severe Coronavirus Disease 2019. 査読

    4. Kurajoh M, Hiura Y, Numaguchi R, Ihara Y, Imai T, Morioka T, Emoto M, Nishiguchi Y.

    Biomedicines   11 ( 3 )   854   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/biomedicines11030854

  • Reduced Risk of Progression from Non-Severe to Severe COVID-19 in Hospitalized Dialysis Patients by Full COVID-19 Vaccination. 査読

    Ichii M, Kurajoh M, Okute Y, Ihara Y, Imai T, Morioka T, Mori K, Shoji T, Tsujimoto Y, Ubai T, Emoto M

    J Clin Med   11 ( 21 )   6348   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: doi.org/10.3390/jcm11216348

  • Effects of alfacalcidol on cardiovascular outcomes according to alkaline phosphatase levels in the J-DAVID trial 査読

    Oka T, Sakaguchi Y, Isaka Y, Ishii H, Kabata D, Shintani A, Nakatani S, Morioka T, Mori K, Inaba M, Emoto M, Shoji T

    Sci Rep   12 ( 1 )   15463   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-022-19820-2.

  • Dialysate calcium, alfacalcidol, and clinical outcomes: A post-hoc analysis of the J-DAVID trial 査読

    Iseki K, Kabata D, Shoji T, Inaba M, Emoto M, Mori K, Morioka T, Nakatani S, Shintani A

    PLoS One   17 ( 9 )   e0273195   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0273195

  • Complete Right Bundle Branch Block as a Predictor of Cardiovascular Events in Type 2 Diabetes 査読

    Ono K, Uchimoto S, Miyazaki M, Honda N, Mori K, Morioka T, Imai T, Shoji T, Emoto M

    J Clin Med   11 ( 15 )   4618   2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/jcm11154618

  • Associations of time-dependent changes in phosphorus levels with cardiovascular diseases in patients undergoing hemodialysis: results from the Japan Dialysis Active Vitamin D (J-DAVID) randomized clinical trial 査読

    2. Koshi-Ito E, Inaguma D, Ishii H, Yuzawa Y, Kabata D, Shintani A, Inaba M, Emoto M, Mori K, Morioka T, Nakatani S, Shoji T

    Clin Kidney J   15 ( 12 )   2281 - 2291   2022年08月

     詳細を見る

  • 血液透析患者における血清インスリン様増殖因子1と新規心血管イベントおよびその後の死亡との関連 DREAMコホート(Associations of Serum Insulin-Like Growth Factor 1 with New Cardiovascular Events and Subsequent Death in Hemodialysis Patients: The DREAM Cohort)

    Nakaya Rino, Shoji Tetsuo, Nagata Yuki, Nakatani Shinya, Mori Katsuhito, Morioka Tomoaki, Tsujimoto Yoshihiro, Emoto Masanori

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   29 ( 8 )   1153 - 1165   2022年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    血液透析患者における血清インスリン様増殖因子1(IGF-1)濃度と、新規心血管イベントおよびその後の死亡との関連を検討した。維持血液透析患者に対して5年間経過観察を行った。ベースライン血清IGF-1値を測定し、516例(男性63%、年齢中央値61歳)をIGF-1値三分位でT1群175例、T2群170例、T3群171例に分けた。総死亡率、新規心血管疾患(CVD)イベント、CVDイベント後の死亡について評価した。全原因死亡が106例、新規CVDが190例で生じ、61例がその後に死亡した。169例が感染症によって入院し、47例がその後死亡した。全原因死亡のリスクはT1群で最も高く、この関連は多変量補正モデルでも有意であった。CVD転帰ではIGF-1は新規CVDイベントと関連しなかったが、補正モデルではその後の死亡と有意に関連していた。IGF-1は、感染症による入院の独立した予測因子ではなかったが、その後の死亡を予測した。

  • Possible role of insulin resistance in activation of plasma xanthine oxidoreductase in health check-up 査読

    Kurajoh, M. Fukumoto, S. Akari, S. Murase, T. Nakamura, T. Takahashi, K. Yoshida, H. Nakatani, S. Tsuda, A. Morioka, T. Mori, K. Imanishi, Y. Hirata, K. Emoto, M.

    Sci Rep   12 ( 1 )   2022年06月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-022-11094-y

  • Factors associated with atrial fibrillation in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: a cross-sectional study 査読

    Honda, N. Ochi, A. Uchimoto, S. Kakutani, Y. Yamazaki, Y. Morioka, T. Shoji, T. Inaba, M. Emoto, M.

    Diabetol Int   13 ( 3 )   503 - 512   2022年06月( ISSN:2190-1678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s13340-021-00563-w

    その他URL: https://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s13340-021-00563-w.pdf

  • Nutritional Status Association With Sarcopenia in Patients Undergoing Maintenance Hemodialysis Assessed by Nutritional Risk Index 査読

    Kurajoh, M. Mori, K. Miyabe, M. Matsufuji, S. Ichii, M. Morioka, T. Kizu, A. Tsujimoto, Y. Emoto, M.

    Front Nutr   9   896427   2022年06月

     詳細を見る

  • Glycated hemoglobin level on admission associated with progression to severe disease in hospitalized patients with non-severe coronavirus disease 2019 査読

    Numaguchi, R. Kurajoh, M. Hiura, Y. Imai, T. Morioka, T. Saito, M. Shiraishi, S. Emoto, M. Nishiguchi, Y.

    J Diabetes Investig   2022年05月( ISSN:2040-1124

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jdi.13845

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/pdfdirect/10.1111/jdi.13845?download=true

  • Nutritional Status Association With Sarcopenia in Patients Undergoing Maintenance Hemodialysis Assessed by Nutritional Risk Index

    Kurajoh,Masafumi Mori,Katsuhito Miyabe,Mizuki Matsufuji,Shota Ichii,Mitsuru Morioka,Tomoaki Kizu,Akane Tsujimoto,Yoshihiro Emoto,Masanori

    Frontiers in Nutrition   9   2022年05月( ISSN:2296-861X

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3389/fnut.2022.896427

  • New-onset fulminant type 1 diabetes after severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 vaccination: A case report 査読

    Sasaki, K. Morioka, T. Okada, N. Natsuki, Y. Kakutani, Y. Ochi, A. Yamazaki, Y. Shoji, T. Ohmura, T. Emoto, M.

    J Diabetes Investig   13 ( 7 )   1286 - 1289   2022年02月( ISSN:2040-1124

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/jdi.13771

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/pdfdirect/10.1111/jdi.13771?download=true

  • A Case of New-onset Type 1 Diabetes after Covid-19 mRNA Vaccination 査読

    Yano, M. Morioka, T. Natsuki, Y. Sasaki, K. Kakutani, Y. Ochi, A. Yamazaki, Y. Shoji, T. Emoto, M.

    Intern Med   61 ( 8 )   1197 - 1200   2022年02月( ISSN:1349-7235

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.9004-21

    その他URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/internalmedicine/advpub/0/advpub_9004-21/_pdf

  • Nutritional Disorder Evaluated by the Geriatric Nutritional Risk Index Predicts Death After Hospitalization for Infection in Patients Undergoing Maintenance Hemodialysis

    Machiba, Yuri Mori, Katsuhito Shoji, Tetsuo Nagata, Yuki Uedono, Hideki Nakatani, Shinya Ochi, Akinobu Tsuda, Akihiro Morioka, Tomoaki Yoshida, Hisako Tsujimoto, Yoshihiro Emoto, Masanori

    Journal of Renal Nutrition   2022年02月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.1053/j.jrn.2022.01.008

  • 腎機能正常の非糖尿病男性における内臓脂肪と線維芽細胞増殖因子23の関連性におけるアディポネクチンの役割(Role of adiponectin in the relationship between visceral adiposity and fibroblast growth factor 23 in non-diabetic men with normal kidney function)

    Natsuki Yuka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Ochi Akinobu, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Shoji Tetsuo, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    Endocrine Journal   69 ( 2 )   121 - 129   2022年02月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    MedCity21健康診断レジストリに登録され、包括的健康診断を行った腎機能正常の非糖尿病成人189例(男性94例、女性95例、中央値52歳)を対象に、血清線維芽細胞増殖因子23(FGF23)と内臓脂肪および血清アディポネクチン(ADPN)の関連を横断的に検討した。男性は女性に比べて血清FGF23が有意に高値で、CT上の内臓脂肪面積(VFA)が有意に大きく、血清ADPNが有意に低値であった。男性において、血清FGF23はVFAと正相関し、これは年齢、推算糸球体濾過量、カルシウム・リン・intact副甲状腺ホルモン・1,25ジヒドロキシビタミンDの血清レベルを調整後も有意性が維持された。血清ADPNを共変量に含めた場合、血清ADPNは男性における血清FGF23の独立した決定因子であったが、VFAは決定因子ではなかった。ADPNは、男性における内臓脂肪とFGF23の関連性に重要な役割を有することが示唆された。

  • Association between Levocarnitine Treatment and the Change in Knee Extensor Strength in Patients Undergoing Hemodialysis: A Post-Hoc Analysis of the Osaka Dialysis Complication Study

    Matsufuji, S. Shoji, T. Lee, S. Yamaguchi, M. Nishimura, M. Tsujimoto, Y. Nakatani, S. Morioka, T. Mori, K. Emoto, M.

    Nutrients   14 ( 2 )   2022年01月( ISSN:2072-6643

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/nu14020343

  • 血液透析中の患者における心血管イベントと総死亡率の予測因子としての遊離トリヨードチロニン低値 DREAMコホート(Low Free Triiodothyronine Level as a Predictor of Cardiovascular Events and All-Cause Mortality in Patients Undergoing Hemodialysis: The DREAM Cohort)

    Yamazaki Yuko, Shoji Tetsuo, Miyashima Masako, Nagata Yuki, Kakutani Yoshinori, Ochi Akinobu, Morioka Tomoaki, Nakatani Shinya, Mori Katsuhito, Tsujimoto Yoshihiro, Emoto Masanori

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   28 ( 10 )   1071 - 1082   2021年10月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    遊離トリヨードチロニン(FT3)低値が血液透析中の患者における心血管疾患イベントの独立予測因子であるかどうかを調べた。血液透析中の慢性腎疾患患者を対象に、血清FT3、遊離チロキシン、甲状腺刺激ホルモン値を測定した。5年間の経過観察を行い、心血管疾患の新規発症、死亡日と死亡原因を評価した。438例をFT3値の三分位で最低FT3群171例(男性56.7%、中央値63歳)、中等度FT3群103例(男性68.0%、中央値63歳)、最高FT3群164例(男性68.3%、中央値57歳)に分けた。経過観察期間中、154例が新規に心血管疾患を発症し、86例があらゆる原因で死亡した。Kaplan-Meier分析では低FT3値が新規心血管イベントとあらゆる原因による死亡に対する抗リスクと関連した。FT3と新規心血管疾患イベントの逆相関は、年齢、性別、血液透析期間、糖尿病性腎症、高血圧、脂質異常症、喫煙の補正後も有意であったが、以前の心血管疾患、N末端プロ脳性ナトリウム利尿ペプチドの補正後では有意ではなかった。FT3は総死亡率と独立に関連しなかった。

  • Dissociation of Glycated Albumin and HbA1c Is Associated With a Decline of Glomerular Filtration Rate as Evaluated by Inulin Clearance 査読

    Tsuda, A. Mori, K. Nakatani, S. Machiba, Y. Uedono, H. Kurajoh, M. Yamada, S. Morioka, T. Inaba, M. Ishimura, E. Uchida, J. Emoto, M.

    Diabetes Care   44 ( 11 )   e188 - e189   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2337/dc21-1218

  • Associations of Serum Insulin-Like Growth Factor 1 with New Cardiovascular Events and Subsequent Death in Hemodialysis Patients: The DREAM Cohort

    Nakaya, R. Shoji, T. Nagata, Y. Nakatani, S. Mori, K. Morioka, T. Tsujimoto, Y. Emoto, M.

    J Atheroscler Thromb   2021年09月

     詳細を見る

  • Role of adiponectin in the relationship between visceral adiposity and fibroblast growth factor 23 in non-diabetic men with normal kidney function 査読

    Natsuki, Y. Morioka, T. Fukumoto, S. Kakutani, Y. Yamazaki, Y. Ochi, A. Kurajoh, M. Mori, K. Shoji, T. Imanishi, Y. Inaba, M. Emoto, M.

    Endocr J   69 ( 2 )   121 - 129   2021年09月( ISSN:1348-4540

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ21-0185

    その他URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/endocrj/69/2/69_EJ21-0185/_pdf

  • Associations of cardiovascular disease and blood pressure with cognition in hemodialysis patients: The Osaka Dialysis Complication Study

    Shoji, T. Fujii, H. Mori, K. Nakatani, S. Nagata, Y. Morioka, T. Inaba, M. Emoto, M.

    Nephrol Dial Transplant   2021年08月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/ndt/gfab247

  • Effects of fetuin-A-containing calciprotein particles on posttranslational modifications of fetuin-A in HepG2 cells 査読

    Hideki Uedono, Katsuhito Mori, Akinobu Ochi, Shinya Nakatani, Yuya Miki, Akihiro Tsuda, Tomoaki Morioka, Yuki Nagata, Yasuo Imanishi, Tetsuo Shoji, Masaaki Inaba, Masanori Emoto

    Sci Rep   11 ( 1 )   7486   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Uric acid shown to contribute to increased oxidative stress level independent of xanthine oxidoreductase activity in MedCity21 health examination registry 査読

    Masafumi Kurajoh, Shinya Fukumoto, Shio Yoshida, Seigo Akari, Takayo Murase, Takashi Nakamura, Haruka Ishii, Hisako Yoshida, Yuki Nagata, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Yasuo Imanishi, Kazuto Hirata, Masanori Emoto

    Sci Rep   11 ( 1 )   7378   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Is Stiffness Parameter β Useful for the Evaluation of Atherosclerosis?~ Its Clinical Implications, Limitations, and Future Perspectives ~ 査読

    Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Masanori Emoto

    J Atheroscler Thromb   jat.RV17047   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Low Free Triiodothyronine Level as a Predictor of Cardiovascular Events and All-Cause Mortality in Patients Undergoing Hemodialysis: The DREAM Cohort 査読

    Yamazaki, Y. Shoji, T. Miyashima, M. Nagata, Y. Kakutani, Y. Ochi, A. Morioka, T. Nakatani, S. Mori, K. Tsujimoto, Y. Emoto, M.

    J Atheroscler Thromb   28 ( 10 )   1071 - 1082   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.5551/jat.60624

  • Albuminuria rather than glomerular filtration rate is associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes 査読

    Kakutani Y, Morioka T, Mori K, Yamazaki Y, Ochi A, Kurajoh M, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    J Diabetes Complications   34 ( 12 )   10702   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 糖尿病性腎臓病の現況と新たな治療戦略

    繪本正憲,森岡与明,森克仁

    大阪市医学会雑誌   69   9 - 14   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Etelcalcetide decreases the PTH–calcium setpoint without changing maximum and minimum PTH secretion in mice with primary hyperparathyroidism 査読

    Hayashi N, Imanishi Y, Hirakawa T, Kobayashi I, Tateishi T, Miyaoka D, Nagata Y, Mori K, Morioka T, Inoue A, Harada K, Inaba M, Emoto M

    Journal of Bone and Mineral Metabolism   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Myostatin: The Missing Link between Sarcopenia and Cardiovascular Disease in Chronic Kidney Disease? 査読

    Morioka T

    J Atheroscler Thromb   27 ( 10 )   1036 - 1038   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 糖尿病における上腕血圧左右差およびその末梢動脈疾患との選択的関連(Inter-Arm Blood Pressure Difference in Diabetes Mellitus and Its Preferential Association with Peripheral Artery Disease)

    Miyashima Masako, Shoji Tetsuo, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Ochi Akinobu, Morioka Tomoaki, Shinohara-Mitsuki Kayo, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   27 ( 8 )   780 - 788   2020年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    自動血圧測定器を用いて両上腕血圧を測定した被験者を、糖尿病患者1316例と非糖尿病患者1264例に分類し、上腕血圧の左右差(IAD)に対する糖尿病の関与と、心血管疾患との関連を横断研究により検討した。糖尿病患者は非糖尿病患者と比べてIADの値が大きく、10mmHg以上のIADの有病率が有意に高かったが、交絡因子を補正後に有意差はなくなった。心血管疾患のリスク因子で補正後のモデルにおいて、冠動脈疾患、脳卒中、末梢動脈疾患のうち、末梢動脈疾患のみがIADと有意に関連した。特に若年の患者では、末梢動脈疾患とIADの相関が顕著であった。糖尿病はIADの独立関連因子ではなかった。

  • Plasma xanthine oxidoreductase activity change over 12 months independently associated with change in serum uric acid level: MedCity21 health examination registry 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Murase T, Nakamura T, Nagata Y, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Kawada N, Hirata K, Emoto M

    Clin Chem Lab Med   2020-0563   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Independent association of plasma xanthine oxidoreductase activity with serum uric acid level based on stable isotope-labeled xanthine and liquid chromatography/triple quadrupole mass spectrometry: MedCity21 health examination registry 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Emoto M, Murase T, Nakamura T, Ishihara T, Go H, Yamamoto K, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Inaba M

    Clin Chem Lab Med   58 ( 5 )   780 - 786   2020年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Visceral adiposity is associated with the discrepancy between glycated albumin and HbA1c in type 2 diabetes 査読

    Maruo S, Motoyama K, Hirota T, Kakutani Y, Yamazaki Y, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    Diabetol Int   11 ( 4 )   368 - 375   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The Inhibitory Roles of Vitamin K in Progression of Vascular Calcification. 査読

    Shioi A, Morioka T, Shoji T, Emoto M

    Nutrients   12 ( 2 )   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu12020583

    PubMed

  • Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus(和訳中) 査読

    Kurajoh Masafumi, Inaba Masaaki, Motoyama Koka, Kuriyama Nagato, Ozaki Etsuko, Koyama Teruhide, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Diabetes Investigation   11 ( 1 )   174 - 183   2020年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Insulin Resistance Associated with Plasma Xanthine Oxidoreductase Activity Independent of Visceral Adiposity and Adiponectin Level: MedCity21 Health Examination Registry 査読

    Kurajoh Masafumi, Fukumoto Shinya, Murase Takayo, Nakamura Takashi, Ishihara Takuma, Go Hirofumi, Yamamoto Kouji, Nakatani Shinya, Tsuda Akihiro, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Imanishi Yasuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ENDOCRINOLOGY   2019   1762161   2019年12月( ISSN:1687-8337

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2019/1762161

    PubMed

  • Inter-Arm Blood Pressure Difference in Diabetes Mellitus and Its Preferential Association with Peripheral Artery Disease. 査読

    Miyashima M, Shoji T, Kakutani Y, Yamazaki Y, Ochi A, Morioka T, Shinohara-Mitsuki K, Fukumoto S, Shioi A, Inaba M, Emoto M

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 Journal of atherosclerosis and thrombosis   2019年12月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Aim: </b>Inter-arm blood pressure difference (IAD) is known to be associated with a composite of cardiovascular disease (CVD) and with CVD risk factors. However, only limited information is available regarding the contribution of diabetes mellitus to IAD and the association of IAD with individual CVDs, such as coronary artery disease (CAD), stroke, and peripheral artery disease (PAD).<b> </b></p><p><b>Methods: </b>We addressed these issues in this cross-sectional study of 2580 participants who had simultaneous blood pressure measurements in both arms using an automated device.<b> </b></p><p><b>Results: </b>Compared with 1,264 nondiabetic subjects, 1316 patients with diabetes mellitus had a greater IAD (<i>P</i>=0.01) and a higher prevalence of IAD of ≥ 10 mmHg (8.4% vs. 5.4%, <i>P</i>=0.002). However, such difference was not significant after the adjustment for potential confounders. Among CAD, stroke, and PAD, only PAD was significantly associated with IAD in a model adjusted for the CVD risk factors. Age was found to modify the association between IAD and PAD, with the association being more prominent in the younger subgroup.<b> </b></p><p><b>Conclusion: </b>Thus, diabetes mellitus itself was not an independent factor associated with IAD. A larger IAD was preferentially associated with the presence of PAD, and this association was modified by age.</p>

    DOI: 10.5551/jat.52886

    PubMed

    CiNii Article

  • Plasma omentin levels are inversely associated with atherosclerosis in type 2 diabetes patients with increased plasma adiponectin levels: a cross-sectional study. 査読

    Nishimura M, Morioka T, Hayashi M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Kurajoh M, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    Cardiovascular diabetology   18 ( 1 )   167   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12933-019-0973-3

    PubMed

  • Adenosine Attenuates Aortic Smooth Muscle Cell Calcification through A(3) Adenosine Receptor 査読

    Fujimoto Kenta, Shioi Atsushi, Miki Yuya, Kakutani Yoshinori, Morioka Tomoaki, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    東北ジャーナル刊行会 TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   249 ( 4 )   275 - 283   2019年12月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Vascular calcification is a typical feature of atherosclerosis and is associated with adverse cardiovascular events such as myocardial infarction and stroke. Several studies have suggested that adenosine, an ATP metabolite may function as an endogenous regulator of arterial calcification. However, its effects on vascular smooth muscle cell calcification have not been clarified. In this study, we investigated the inhibitory effects of adenosine on vascular calcification in vitro by utilizing the culture of human aortic smooth muscle cells (HASMCs). Osteoblastic differentiation of HASMCs was induced by the treatment with oncostatin M and osteogenic differentiation medium. Adenosine and its metabolically stable analogue, 2-chloroadenosine (CADO) significantly reduced matrix mineralization and alkaline phosphatase (ALP) activities in HASMCs. The mRNA expression of tissue non-specific alkaline phosphatase (TNAP) was down-regulated by adenosine and CADO, but the mRNA expression of other osteoblastic differentiation markers, such as Runt-related transcription factor 2 (RUNX2) and bone sialoprotein (BSP)-II, was not significantly affected by these two reagents. Among the adenosine receptor (AR) subtype-selective agonists used, only IB-MECA (A<sub>3</sub> AR-selective agonist) significantly decreased in vitro mineralization and ALP activities in HASMCs, but not with CCPA (A<sub>1</sub> AR-selective agonist), CGS21680 (A<sub>2a</sub> AR-selective agonist), or BAY60-6583 (A<sub>2b</sub> AR-selective agonist). Importantly, IB-MECA also down-regulated expression of TNAP mRNA. Finally, knockdown of A<sub>3</sub> AR, but not A<sub>1</sub> AR, A<sub>2a</sub> AR, or A<sub>2b</sub> AR, significantly reversed the inhibitory actions of adenosine, CADO, or IB-MECA on in vitro calcification and ALP activities in HASMCs. These data suggest that adenosine attenuates HASMC calcification through A<sub>3</sub> AR. </p>

    DOI: 10.1620/tjem.249.275

    PubMed

    CiNii Article

  • Comments from the Editor of the Special Issue "Type 2 Diabetes: Update on Pathophysiology and Treatment" 査読

    Morioka Tomoaki

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   8 ( 11 )   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.3390/jcm8111939

    PubMed

  • Oncostatin M induces C2C12 myotube atrophy by modulating muscle differentiation and degradation 査読

    Miki Yuya, Morioka Tomoaki, Shioi Atsushi, Fujimoto Kenta, Sakura Takeshi, Uedono Hideki, Kakutani Yoshinori, Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   516 ( 3 )   951 - 956   2019年08月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.06.143

    PubMed

  • INSULIN RESISTANCE IN SUBJECTS WITH IMPAIRED FASTING GLUCOSE AND/OR IMPAIRED GLUCOSE TOLERANCE IS SIGNIFICANTLY ASSOCIATED WITH INTRAGLOMERULAR HYDROSTATIC PRESSURE AND ALBUMINURIA 査読

    Ishimura Eiji, Tsuda Akihiro, Machiba Yuri, Uedono Hideki, Ochi Akinobu, Nakatani Shinya, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Uchida Junji, Emoto Masanori, Nakatani Tatsuya, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   34   2019年06月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Independent association of plasma xanthine oxidoreductase activity with serum uric acid level based on stable isotope-labeled xanthine and liquid chromatography/triple quadrupole mass spectrometry: MedCity21 health examination registry. 査読

    Kurajoh M, Fukumoto S, Emoto M, Murase T, Nakamura T, Ishihara T, Go H, Yamamoto K, Nakatani S, Tsuda A, Yamada S, Morioka T, Mori K, Imanishi Y, Inaba M

    Clinical chemistry and laboratory medicine   2019年05月( ISSN:1434-6621

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1515/cclm-2019-0199

    PubMed

  • Inverse association of plasma leptin with cortical thickness at distal radius determined with a quantitative ultrasound device in patients with type 2 diabetes mellitus. 査読

    Kurajoh M, Inaba M, Motoyama K, Kuriyama N, Ozaki E, Koyama T, Yamada S, Morioka T, Imanishi Y, Emoto M

    Journal of diabetes investigation   2019年05月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.13071

    PubMed

  • Improvement of glycemic control by treatment for insomnia with suvorexant in type 2 diabetes mellitus 査読

    Toi Norikazu, Inaba Masaaki, Kurajoh Masafumi, Morioka Tomoaki, Hayashi Noriyuki, Hirota Tomoe, Miyaoka Daichi, Emoto Masanori, Yamada Shinsuke

    JOURNAL OF CLINICAL AND TRANSLATIONAL ENDOCRINOLOGY   15   37 - 44   2019年03月( ISSN:2214-6237

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcte.2018.12.006

    PubMed

  • Plasma omentin levels are associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes at elevated cardiovascular risk 査読

    Hayashi M, Morioka T, Hatamori M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Kurajoh M, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M.

    Diabetes Res Clin Pract   148   160 - 168   2019年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と血圧の関連 査読

    吉田 潮, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁

    一般社団法人 日本痛風・尿酸核酸学会 痛風と尿酸・核酸   43 ( 1 )   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14867/gnamtsunyo.43.1_69

    CiNii Article

  • Improvement of glycemic control by treatment for insomnia with suvorexant in type 2 diabetes mellitus 査読

    Toi N, Inaba M, Kurajoh M, Morioka T, Hayashi N, Hirota T, Miyaoka D, Emoto M, Yamada S

    J Clin Transl Endocrinol   15   37 - 44   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Association of Albuminuria With Intraglomerular Hydrostatic Pressure and Insulin Resistance in Subjects With Impaired Fasting Glucose and/or Impaired Glucose Tolerance 査読

    Tsuda A, Ishimura E, Uedono H, Ochi A, Nakatani S, Morioka T, Mori K, Uchida J, Emoto M, Nakatani T, Inaba M

    Diabetes Care   41 ( 11 )   2414 - 2420   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Inhibitory Effects of Intranasal Administration of Insulin on Fat Oxidation during Exercise Are Diminished in Young Overweight Individuals 査読

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    JOURNAL OF CLINICAL MEDICINE   7 ( 10 )   2018年10月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm7100308

    PubMed

  • 肥満2型糖尿病患者における血漿レプチン値と睡眠の質との正の関連(Positive association of plasma leptin with sleep quality in obese type 2 diabetes patients) 査読

    Hirota Tomoe, Morioka Tomoaki, Yoda Koichiro, Toi Norikazu, Hayashi Noriyuki, Maruo Saori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Yamada Shinsuke, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Diabetes Investigation   9 ( 5 )   1100 - 1105   2018年09月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者におけるレプチンと睡眠の質との関連を調べた。2011年10月〜2016年7月に当施設に入院した2型糖尿病患者182例(男性100例、女性82例、年齢中央値61歳)を対象に、空腹時血漿レプチン値を測定し、単一チャネル脳波で睡眠構造を評価した。最初の睡眠周期中のデルタパワーを用いて解析した。肥満群は113例、非肥満群は69例であった。未調整解析では肥満群で血漿レプチン値とデルタパワーで評価した熟睡に対するパラメータとの間に正の関連があった。年齢、BMI、無呼吸低呼吸指数といった潜在的交絡因子の補正後、多変量解析では肥満群で血漿レプチン値はデルタパワーと正の関連を示したが、総睡眠時間とは関連しなかった。非肥満群ではデルタパワーも総睡眠時間もレプチン値とは関連しなかった。

  • Plasma polyunsaturated fatty acid profile is associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka T, Emoto M, Imamura S, Kakutani Y, Yamazaki Y, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Inaba M

    Diab Vasc Dis Res   15 ( 4 )   352 - 355   2018年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Correlation analysis of monocyte subsets and insulin resistance considering fetuin-A involvement in patients with type 2 diabetes 査読

    Maruo S, Mori K, Motoyama K, Nakamura M, Kawarabayashi R, Kakutani Y, Yamazaki Y, Morioka T, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    Clin Transl Med   7   9   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PubMed

  • それぞれの糖尿病合併症から他の合併症を眺める 動脈硬化から腎・眼・神経合併症を考える Diabetic Kidney Diseaseを中心に 査読

    絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁

    (一社)日本糖尿病合併症学会 糖尿病合併症   32 ( 1 )   49 - 51   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    動脈硬化評価検査を受けた2258例(男性1330例、女性928例、平均61.0±11.5歳)を対象とした。CKD重症度分類の各ステージにおける頻度を評価し、eGFR<60mL/min/m2であるG3a以降例は全症例の30.0%、G3a以降かつ顕性アルブミン尿を認めない(アルブミン尿(ACR)<300mg/gCre)例は全症例の17.0%、微量アルブミン尿を認めない例は全症例の9.9%であった。各動脈硬化サロゲートマーカーとeGFRおよびACRとの単相関関係について検討し、eGFRは、脈波伝播速度(PWV)、内膜中膜複合体(IMT)、Stiffness β、血管内皮機能(FMD)、平滑筋機能(NMD)と、おのおの有意な相関関係を示した。ACRは、PWV、IMT、Stiffness β、FMD、NMDと、おのおの有意な相関関係を示した。年齢、BMI、糖尿病罹病期間、収縮期血圧、HbA1c値、LDL-C、喫煙有無、RAA薬投与有無、スタチン投与有無で調整した重回帰分析では、eGFRに対して、PWVおよびFMDがおのおの独立した寄与を示し、ACRに対しては、PWV、IMT、Stiffness βおよびFMDがおのおの独立した寄与を示した。

  • 両側性副腎摘出術後の2型糖尿病患者におけるダパグリフロジン(DAPA)治療後の高カリウム血症の発現(Development of hyperkalemia following treatment with dapagliflozin(DAPA) in a patient with type 2 diabetes after bilateral adrenalectomy) 査読

    Miyaoka Daichi, Tsuda Akihiro, Hayashi Noriyuki, Toi Norikazu, Yamasaki Akiyo, Nagata Yuki, Nakatani Shinya, Kurajoh Masafumi, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    シュプリンガー・ジャパン(株) CEN Case Reports   7 ( 1 )   29 - 33   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は79歳女性で、70歳時に手術不能のクッシング病再発によるコントロール不良の副腎皮質機能亢進症に対して両側性副腎摘出術を行い、術後はグルココルチコイド補充療法を行っていた。71歳時に2型糖尿病と診断され、シタグリプチンとミグリトールによる治療を行った。79歳時に6ヵ月間で体重が約5kg増加し、HbA1c>12%となったため、来院した。ダパグリフロジン(DAPA)5mg/日を追加すると、高カリウム血症が出現し(6.5mEq/L)、血漿レニン活性が53.1ng/mL/時に上昇した。アルドステロン欠乏症と診断し、フルドロコルチゾン0.1mg/日を開始すると、翌日の血清カリウムは5.8mEq/Lに低下し、7日後には血清カリウム4.0mEq/L、血漿レニン活性5.8ng/mL/時となった。

  • Positive Association of Plasma Leptin with Sleep Quality in Obese Type 2 Diabetic Patients. 査読

    Hirota T, Morioka T, Yoda K, Toi N, Hayashi N, Maruo S, Yamazaki Y, Kurajoh M, Motoyama K, Yamada S, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    Journal of diabetes investigation   2018年02月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12826

    PubMed

  • Altered Serum n-6 Polyunsaturated Fatty Acid Profile and Risks of Mortality and Cardiovascular Events in a Cohort of Hemodialysis Patients. 査読

    Kuwamura Y, Shoji T, Okute Y, Yamazaki Y, Motoyama K, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Tsujimoto Y, Shioi A, Emoto M, Inaba M

    Journal of renal nutrition : the official journal of the Council on Renal Nutrition of the National Kidney Foundation   28 ( 1 )   54 - 63   2018年01月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2017.07.001

    PubMed

  • Plasma soluble leptin receptor levels are associated with pancreatic beta-cell dysfunction in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   9 ( 1 )   55 - 62   2018年01月( ISSN:2040-1124

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12657

  • 血漿可溶性レプチン受容体値は2型糖尿病患者における膵β細胞機能障害と関連する(Plasma soluble leptin receptor levels are associated with pancreatic β-cell dysfunction in patients with type 2 diabetes)

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    Journal of Diabetes Investigation   9 ( 1 )   55 - 62   2018年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    2型糖尿病患者における血漿可溶性レプチン受容体(Ob-R)値とインスリン耐性および膵β細胞機能の関連を調べた。2型糖尿病患者283例(男性60.1%、平均61±12歳)に対して、血漿可溶性Ob-R値およびレプチン値をELISA法で測定した。インスリン抵抗性指数(HOMA-IR)、β細胞機能のホメオスタシスモデルアセスメント(HOMA-β)、Cペプチドインデックスを計算した。血漿レプチン中央値は3.4ng/mL、可溶性Ob-R中央値は23.6ng/mLであった。血漿レプチン値はHOMA-IR、HOMA-β、Cペプチドインデックスと強く且つ正に関連した。血漿可溶性Ob-R値はHOMA-β、Cペプチド指標と強く且つ負に関連したが、HOMA-IRとは弱く関連した。血漿可溶性Ob-R値、血漿レプチン値、スルホニル尿素の使用、年齢、性別、BMI、および他の共変量を含む多変量解析では、可溶性Ob-R値はHOMA-β、Cペプチドインデックスと独立に負に関連したが、HOMA-IRには有意に関連しなかった。可溶性Ob-Rが肥満と循環レプチン値から独立して、膵β細胞のインスリン分泌機能に影響を及ぼす因子の一つであることが示唆された。

  • <b>人間ドック受診者におけるキサンチン酸化還元酵素活性と</b><b>糖代謝との関連</b> 査読

    藏城 雅文, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁

    一般社団法人 日本痛風・核酸代謝学会 痛風と核酸代謝   42 ( 1 )   2018年( ISSN:1344-9796

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6032/gnam.42.102

    CiNii Article

  • 健常若年成人における単回運動後の血清イリシン値上昇は安静時エネルギー消費量および食事誘発性熱産生を調節しない(Elevation in Serum Irisin Levels after a Single Bout of Exercise do not Modulate Resting Energy Expenditure and Diet-induced Thermogenesis in Healthy Young Adults) 査読

    Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Okazaki Kazunobu, Miura Katsuyuki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   93 - 104   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    正常体重で運動不足の若年成人9名(男性7名、女性2名、年齢25〜40歳)を対象に、単回運動後の血清イリシン値上昇が食事誘発性熱産生(DTI)を調節するか検討した。本研究は無作為化非盲検交差試験であり、前日に40分間の自転車エルゴメータ運動を行う運動試行と運動を実施しない非運動試行の2試行を行った。両試行において安静時エネルギー消費とDTIを試験食摂取後180分まで評価した。運動前後、食前、間接的熱量測定中の30分毎に採血し、血清イリシン値を評価した。運動直後に血清イリシン値は上昇の傾向を示し、食後の血清イリシン値ならびに曲線下面積(AUC)は、運動試行において非運動試行に比べ有意に高値であった。しかし、安静時エネルギー消費とDTIは試行間で差を認めなかった。各試行において、血清イリシン値のAUCとDTIのAUCとの間に有意な関連を認めなかった。血清イリシン値はBMI、体脂肪率、インスリン抵抗性指数のいずれとも有意な関連を認めなかった。食後の血中グルコースとインスリン値の上昇については試行間で差を認めなかった。

  • Development of hyperkalemia following treatment with dapagliflozin (DAPA) in a patient with type 2 diabetes after bilateral adrenalectomy. 査読

    Miyaoka D, Tsuda A, Hayashi N, Toi N, Yamasaki A, Nagata Y, Nakatani S, Kurajoh M, Yamada S, Morioka T, Imanishi Y, Emoto M, Inaba M

    CEN case reports   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13730-017-0286-x

    PubMed

  • Evaluation of efficacy and indications of surgical fixation for multiple rib fractures: a propensity-score matched analysis 査読

    Uchida K., Nishimura T., Takesada H., Morioka T., Hagawa N., Yamamoto T., Kaga S., Terada T., Shinyama N., Yamamoto H., Mizobata Y.

    EUROPEAN JOURNAL OF TRAUMA AND EMERGENCY SURGERY   43 ( 4 )   541 - 547   2017年08月( ISSN:1863-9933

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00068-016-0687-0

  • GLP-1 signalling compensates for impaired insulin signalling in regulating beta cell proliferation in beta IRKO mice 査読

    Kawamori Dan, Shirakawa Jun, Liew Chong Wee, Hu Jiang, Morioka Tomoaki, Duttaroy Alokesh, Burkey Bryan, Kulkarni Rohit N.

    DIABETOLOGIA   60 ( 8 )   1442 - 1453   2017年08月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00125-017-4303-6

    PubMed

  • Plasma homocysteine and cerebral small vessel disease as possible mediators between kidney and cognitive functions in patients with diabetes mellitus 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kuwamura Yukinobu, Okute Yujiro, Naganuma Toshihide, Shima Hideaki, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shimono Taro, Fujii Hisako, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 )   4382   2017年06月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-04515-w

    PubMed

  • Lipopolysaccharide-binding protein is associated with arterial stiffness in patients with type 2 diabetes: a cross-sectional study 査読

    Sakura Takeshi, Morioka Tomoaki, Shioi Atsushi, Kakutani Yoshinori, Miki Yuya, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    CARDIOVASCULAR DIABETOLOGY   16 ( 1 )   62   2017年05月( ISSN:1475-2840

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12933-017-0545-3

    PubMed

  • The Association between Monocyte Surface CD163 and Insulin Resistance in Patients with Type 2 Diabetes 査読

    Kawarabayashi Reina, Motoyama Koka, Nakamura Miyuki, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES RESEARCH   2017   6549242   2017年( ISSN:2314-6745

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/6549242

    PubMed

  • POTENTIAL ADVANTAGE OF REPAGLINIDE MONOTHERAPY IN GLYCEMIC CONTROL IN PATIENTS WITH TYPE 2 DIABETES AND SEVERE RENAL IMPAIRMENT 査読

    Mori K., Emoto M., Numaguchi R., Yamazaki Y., Urata H., Motoyama K., Morioka T., Shoji T., Inaba M.

    ACTA ENDOCRINOLOGICA-BUCHAREST   13 ( 2 )   133 - 137   2017年( ISSN:1841-0987

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4183/aeb.2017.133

  • 内臓脂肪症は2型糖尿病男性において血管厚よりも血管硬化度と主に関連する(Visceral Adiposity is Preferentially Associated with Vascular Stiffness Rather than Thickness in Men with Type 2 Diabetes) 査読

    Morigami Hirokazu, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Imamura Satoshi, Numaguchi Ryutaro, Asada Mariko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   23 ( 9 )   1067 - 1079   2016年09月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者161例(男性92例、女性69例、平均61±14歳)を対象に、総頸動脈壁厚と血管硬化度に対する内臓脂肪症の影響を調査した。血圧、胴囲を測定し、血液サンプルから生化学的パラメータを解析した。内臓脂肪面積(VFA)と皮下脂肪面積(SFA)をデュアル生体インピーダンス解析で測定し、総頸動脈の内中膜複合体厚(IMT)と硬化度パラメータβを超音波検査で測定した。男性ではVFAと胴囲が血管硬化度パラメータβと正に関連し、BMI、胴囲、SFAがIMTと負に関連した。女性では血管硬化度パラメータβやIMTに有意に関連する肥満関連指標はなかった。年齢や他の潜在的交絡因子の補正後の多変量回帰分析では、男性ではVFA、SFA、胴囲、BMIは硬化度パラメータβと独立して有意に関連し、これら肥満関連指標はIMTの決定因子ではなかった。2型糖尿病男性では内臓脂肪症は頸動脈硬化度に関連したが、厚さには関連しなかった。

  • Clinical implication of CD163 on flow mediated dilatation in type 2 diabetes 査読

    Kawarabayashi R., Motoyama K., Nakamura M., Asada M., Kakutani Y., Yamazaki Y., Morioka T., Mori K., Fukumoto S., Shoji T., Emoto M., Inaba M.

    DIABETOLOGIA   59   S278 - S279   2016年08月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inflammatory CD14++CD16+monocytes contribute to atherosclerosis in type 2 diabetes 査読

    Nakamura M., Motoyama K., Kawarabayashi R., Okute Y., Asada M., Kakutani Y., Yamazaki Y., Morioka T., Mori K., Fukumoto S., Shoji T., Emoto M., Inaba M.

    DIABETOLOGIA   59   S526 - S527   2016年08月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Head computed tomographic measurement as a predictor of outcome in patients with subdural hematoma with cerebral edema 査読

    Yamamura Hitoshi, Morioka Takasei, Yamamoto Tomonori, Mizobata Yasumitsu

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF TRAUMA RESUSCITATION & EMERGENCY MEDICINE   24   2016年06月( ISSN:1757-7241

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13049-016-0271-y

  • Plasma C1q/TNF-Related Protein-9 Levels Are Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes without Renal Dysfunction 査読

    Asada Mariko, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Kakutani Yoshinori, Kawarabayashi Reina, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Andmasaaki

    JOURNAL OF DIABETES RESEARCH   2016   8624313   2016年( ISSN:2314-6745

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2016/8624313

    PubMed

  • Leptin is Associated with Local Stiffness of the Carotid Artery in Overweight Patients with Type 2 Diabetes 査読

    Numaguchi Ryutaro, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Imamura Satoshi, Urata Hiromi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES & METABOLISM   6 ( 11 )   2015年11月( ISSN:2155-6156

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4172/2155-6156.1000627

  • Indoxyl sulfate suppresses hepatic fetuin-A expression via the aryl hydrocarbon receptor in HepG2 cells 査読

    Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Nakatani Shinya, Emoto Masanori, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   30 ( 10 )   1683 - 1692   2015年10月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfv250

    PubMed

  • インスリノーマにより高血糖がマスクされた腎不全合併2型糖尿病の1例 査読

    瓦林 令奈, 森岡 与明, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 宮部 美月, 山崎 祐子, 福本 真也, 石村 栄治, 天野 良亮, 平川 弘聖, 稲葉 雅章

    (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌   104 ( 10 )   2185 - 2190   2015年10月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は46歳女性で、転倒して右膝後縦靱帯剥離骨折を認め、日中の全身倦怠感、冷汗を認めた。右膝後縦靱帯剥離骨折の手術目的で入院した。第2病日の朝食摂取4時間30分後に冷汗と意識消失発作が出現し、低血糖を認めた。ブドウ糖静脈注射にて意識は回復し、低血糖発作の精査目的で転科した。1500kcalの食事療法に加えて、グルコースの持続点滴を行うも、低血糖発作を頻回に認めた。超音波内視鏡および選択的動脈刺激静脈サンプリングの結果より、膵尾部・脾動脈近傍の小結節がインスリノーマの可能性が高いと診断した。第37病日、腹腔鏡下膵尾部切除術(脾臓温存術)を施行した。摘出組織の病理所見でインスリノーマと診断した。インスリノーマ切除後は高血糖が出現した。インスリン治療の導入で血糖コントロールは安定し、退院した。第24病日、持続するネフローゼ症候群と腎機能低下の精査目的に腎生検を施行し、糖尿病性腎症と診断した。

  • [A Case of Type 2 Diabetes with Renal Failure and History of Preexisting Hyperglycemia Masked by Insulinoma]. 査読

    Kawarabayashi R, Morioka T, Emoto M, Kakutani Y, Miyabe M, Yamazaki Y, Fukumoto S, Ishimura E, Amano R, Hirakawa K, Inaba M

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   104 ( 10 )   2185 - 92   2015年10月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • ASSOCIATION BETWEEN SILENT CEREBROVASCULAR DISEASE AND COGNITIVE IMPAIRMENT IN PATIENTS WITH CHRONIC KIDNEY DISEASE AND DIABETES MELLITUS 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Okute Yujiro, Kuwamura Nobuyuki, Shima Hideaki, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   30   2015年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfv192.48

  • Response to comment on Imamura et al. Plasma polyunsaturated fatty acid profile and delta-5 desaturase activity are altered in patients with type 2 diabetes. Metabolism 2014;63(11):1432-8. 査読

    Imamura S, Morioka T, Yamazaki Y, Numaguchi R, Urata H, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    Metabolism: clinical and experimental   64 ( 4 )   e3 - 4   2015年04月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2014.12.006

    PubMed

  • Advantage of Insulin Glulisine Over Regular Insulin in Patients With Type 2 Diabetes and Severe Renal Insufficiency 査読

    Urata Hiromi, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF RENAL NUTRITION   25 ( 2 )   129 - 134   2015年03月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2014.07.011

    PubMed

  • インスリノーマにより高血糖がマスクされた腎不全合併2型糖尿病の1例 査読

    瓦林 令奈, 森岡 与明, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 宮部 美月, 山崎 祐子, 福本 真也, 石村 栄治, 天野 良亮, 平川 弘聖, 稲葉 雅章

    一般社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌   104 ( 10 )   2185 - 2192   2015年( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>重篤な低血糖発作を契機に診断された糖尿病,腎不全合併の膵尾部微小インスリノーマの1例を経験した.Fajans指数,Turner指数,Grunt指数,選択的動脈刺激静脈サンプリングでは診断基準を十分満たさず,腫瘍サイズ,ネフローゼ症候群,腎不全の影響が示唆された.インスリノーマ診断前数年間は検診にて高血糖指摘されず,組織学的に明らかな糖尿病腎症,増殖網膜症を認めたことより,インスリノーマにより高血糖がマスクされた状態で細小血管症が進展したと推察された極めて稀な症例と考えられた.</p>

    DOI: 10.2169/naika.104.2185

    CiNii Article

  • Sustained Decrease of Early-Phase Insulin Secretion in Japanese Women with Gestational Diabetes Mellitus Who Developed Impaired Glucose Tolerance and Impaired Fasting Glucose Postpartum 査読

    Katayama Hiroko, Tachibana Daisuke, Hamuro Akihiro, Misugi Takuya, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Koyama Masayasu

    JAPANESE CLINICAL MEDICINE   6   35 - 9   2015年( ISSN:1179-6707

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4137/JCM.S32743

    PubMed

  • Injectable cell scaffold restores impaired cell-based therapeutic angiogenesis in diabetic mice with hindlimb ischemia 査読

    Takeda Koji, Fukumoto Shinya, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Kageyama Ken, Sakai Yukimasa, Sato Hideki, Suzuki Masakazu, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Emoto Masanori, Furuzono Tsutomu, Nakajima Koichi, Inaba Masaaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   454 ( 1 )   119 - 124   2014年11月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.10.045

    PubMed

  • Plasma polyunsaturated fatty acid profile and delta-5 desaturase activity are altered in patients with type 2 diabetes 査読

    Imamura Satoshi, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Numaguchi Ryutaro, Urata Hiromi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   63 ( 11 )   1432 - 1438   2014年11月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2014.08.003

    PubMed

  • Comparison of effects of pioglitazone and glimepiride on plasma soluble RAGE and RAGE expression in peripheral mononuclear cells in type 2 diabetes: Randomized controlled trial (PioRAGE) 査読

    Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Monden Masayo, Shoji Takuhito, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Fukui Mitsuru, Fujii Hisako, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    ATHEROSCLEROSIS   234 ( 2 )   329 - 334   2014年06月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2014.03.025

    PubMed

  • Immunogenicity of influenza A(H1N1)pdm09 vaccine in patients with diabetes mellitus With special reference to age, body mass index, and HbA1c 査読

    Egawa Yumi, Ohfuji Satoko, Fukushima Wakaba, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Maeda Kazuhiro, Inaba Masaaki, Hirota Yoshio

    HUMAN VACCINES & IMMUNOTHERAPEUTICS   10 ( 5 )   1187 - 1194   2014年05月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4161/hv.28252

    PubMed

  • 糖尿病患者における腎機能、コレステロール吸収およびレムナントリポ蛋白質の蓄積(Kidney Function, Cholesterol Absorption and Remnant Lipoprotein Accumulation in Patients with Diabetes Mellitus) 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kimoto Eiji, Okute Yujiro, Shima Hideaki, Naganuma Toshihide, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   21 ( 4 )   346 - 354   2014年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病(T2DM)患者における、慢性腎疾患(CKD)、コレステロール代謝、レムナントリポタンパク質の関係について検討した。2型糖尿病患者146名の空腹時血清について、レムナントリポタンパク質コレステロール(RemL-C)、コレステロール合成マーカーのラトステロール、コレステロール吸収マーカーのカンペステロールの濃度を測定した。また、尿中アルブミンクレアチニン比(U-ACR)と推算糸球体濾過量(eGFR)から慢性腎疾患(CKD)の程度を調べた。RemL-C、ラトステロールおよびカンペステロールの中央値は、それぞれ14.5mg/dL、2.1μg/mL、2.3μg/mLであった。RemL-C濃度はU-ACRと正の相関、eGFRと負の相関、ラトステロールおよびカンペステロールの濃度と正の相関を示した。ラトステロール濃度はU-ACRと有意な相関を示さなかったが、eGFRとは正相関した。カンペステロール濃度はACRと正の相関、eGFRと負の相関を示した。重回帰分析では、ラトステロールとカンペステロールは両方とも、U-ACR、eGFRおよび他の変数とは独立してRemL-C濃度と正の関係を示した。

  • Clinical assessment of delayed gastric emptying and diabetic complications using gastric emptying scintigraphy: Involvement of vascular disorder 査読

    Kotani Kohei, Kawabe Joji, Kawamura Etsushi, Kawano Naoya, Emoto Masanori, Yoshida Atsushi, Higashiyama Shigeaki, Morioka Tomoaki, Inaba Masaaki, Shiomi Susumu

    CLINICAL PHYSIOLOGY AND FUNCTIONAL IMAGING   34 ( 2 )   151 - 158   2014年03月( ISSN:1475-0961

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cpf.12079

    PubMed

  • Direct Inhibitory Effects of Pioglitazone on Hepatic Fetuin-A Expression 査読

    Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Nakatani Shinya, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Koyama Hidenori, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki

    PLOS ONE   9 ( 2 )   e88704   2014年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0088704

    PubMed

  • Leptin is associated with vascular endothelial function in overweight patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Kawano Naoya, Imamura Satoshi, Numaguchi Ryutaro, Urata Hiromi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    CARDIOVASCULAR DIABETOLOGY   13   10   2014年01月( ISSN:1475-2840

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1475-2840-13-10

    PubMed

  • Kidney Function, Cholesterol Absorption and Remnant Lipoprotein Accumulation in Patients with Diabetes Mellitus 査読

    Sonoda Mika, Shoji Testuo, Kimoto Eiji, Okute Yujiro, Shima Hideaki, Naganuma Toshihide, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    Japan Atherosclerosis Society Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   21 ( 4 )   346 - 354   2014年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b><i>Aim</i></b>: Remnant lipoproteins are atherogenic and increased in patients with type 2 diabetes mellitus (T2DM), chronic kidney disease (CKD) and other conditions. Thus far, information is limited regarding the synthesis and absorption of cholesterol in CKD patients and a possible link to the remnant levels. We examined possible alterations in serum markers of cholesterol synthesis and absorption and their potential associations with remnant lipoproteins in patients with CKD.<br><b><i>Methods</i></b>: The subjects included 146 consecutive patients with T2DM in various stages of CKD. We measured the levels of remnant lipoprotein cholesterol (RemL-C), lathosterol (a cholesterol synthesis marker) and campesterol (a cholesterol absorption marker). The urinary albumin to creatinine ratio (U-ACR) and estimated glomerular filtration rate (eGFR) were used to describe the degree of CKD.<br><b><i>Results</i></b>: The median (interquartile range) levels of RemL-C, lathosterol and campesterol were 14.5 (11.5-23.4) mg/dL, 2.1 (1.7-2.9) <i>μ</i>g/mL and 2.3 (1.7-3.0) <i>μ</i>g/mL, respectively. The RemL-C level was positively correlated with the U-ACR and inversely correlated with the eGFR. The RemL-C level was positively correlated with both the lathosterol and campesterol levels. The lathosterol level was not significantly correlated with the U-ACR, although it was positively correlated with the eGFR. In contrast, the campesterol level was positively correlated with the ACR and inversely with the eGFR. In the multiple regression analysis, both lathosterol and campesterol were positively associated with the RemL-C level, independent of the U-ACR, eGFR and other variables.<br><b><i>Conclusions</i></b>: The serum campesterol concentrations are higher in patients with a greater degree of albuminuria and a lower renal funtion. In this study, the markers of cholesterol absorption and synthesis were independent determinants of the RemL-C level. Increased intestinal cholesterol absorption may be an additional mechanism for remnant accumulation in T2DM patients with CKD.

    DOI: 10.5551/jat.20594

    CiNii Article

  • Plasma soluble leptin receptor levels are associated with beta cell function in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka T., Emoto M., Yamazaki Y., Urata H., Imamura S., Numaguchi R., Motoyama K., Mori K., Fukumoto S., Shoji T., Inaba M.

    DIABETOLOGIA   56   S255 - S255   2013年09月( ISSN:0012-186X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2型糖尿病患者における無症候性頸動脈アテローム性動脈硬化症に及ぼすレプチン/可溶性レプチン受容対比の臨床的影響(Clinical Impact of the Leptin to Soluble Leptin Receptor Ratio on Subclinical Carotid Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes) 査読

    Yamazaki Yuko, Emoto Masanori, Morioka Tomoaki, Kawano Naoya, Lee Eiko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   20 ( 2 )   186 - 194   2013年02月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者317名を対象に、空腹時血漿レプチン濃度と可溶性レプチン受容体(sOb-R)濃度をELISAで測定した。また、総頸動脈の内膜中膜複合体厚(IMT)を超音波で測定した。IMTはsOb-R濃度、年齢、糖尿病罹病期間、血清クレアチニン濃度(sCre)、収縮期血圧(SBP)と有意に関連していたが、レプチン濃度やレプチン/sOb-R比とは関連していなかった。レプチン濃度とsOb-R濃度、レプチン/sOb-R比はインスリンで血糖をコントロールされている患者のIMTと強い相関を示したが、食事療法のみ或いは経口血糖降下薬で治療されている患者のIMTとは相関していなかった。年齢、性別、糖尿病罹病期間、体格指数、SBP、HbA1c、トリグリセリド、LDL-コレステロール、sCre、喫煙、インスリン療法を含めた重回帰分析では、血漿レプチンおよびレプチン/sOb-R比はインスリンで治療されている患者のIMTと単独で関連し、肥満および他の危険因子とは関連がなかった。

  • Receptor for Advanced Glycation End Products Regulates Adipocyte Hypertrophy and Insulin Sensitivity in Mice Involvement of Toll-Like Receptor 2 査読

    Monden Masayo, Koyama Hidenori, Otsuka Yoshiko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Takuhito, Mima Yohei, Motoyama Koka, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Emoto Masanori, Yamamoto Yasuhiko, Yamamoto Hiroshi, Nishizawa Yoshiki, Kurajoh Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Inaba Masaaki

    DIABETES   62 ( 2 )   478 - 489   2013年02月( ISSN:0012-1797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db11-1116

    PubMed

  • Clinical Impact of the Leptin to Soluble Leptin Receptor Ratio on Subclinical Carotid Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes 査読

    Yamazaki Yuko, Emoto Masanori, Morioka Tomoaki, Kawano Naoya, Lee Eiko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    Japan Atherosclerosis Society Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   20 ( 2 )   186 - 194   2013年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Aim: The adipocyte-derived hormone leptin plays a key role in the regulation of food intake and energy expenditure. Recent studies have suggested that leptin is also involved in the pathogenesis of obesity-associated atherosclerosis and cardiovascular disease. In this study, we investigated the associations of leptin and the soluble leptin receptor (sOb-R) with atherosclerosis in patients with type 2 diabetes.<BR>Methods: Three hundred seventeen type 2 diabetic subjects were enrolled in this cross-sectional study. Fasting plasma leptin and sOb-R concentrations were measured by enzyme-linked immunosorbent assays. The intima-media thickness (IMT) of the common carotid artery was measured by ultrasound.<BR>Results: The IMT was significantly associated with sOb-R concentrations, age, diabetes duration, serum creatinine (sCre) levels, and systolic blood pressure (SBP), but not with leptin concentrations or the leptin/sOb-R ratio. The concentrations of leptin (<i>r</i>=0.478, <i>p</i><0.001) and the sOb-R (<i>r</i>= −0.404, <i>p</i><0.001) and the leptin/sOb-R ratio (<i>r</i>=0.501, <i>p</i><0.001) were strongly correlated with IMT in subjects treated with insulin for glycemic control, but not in those treated with diet alone or oral hypoglycemic agents. Multiple regression analysis, including age, sex, diabetes duration, body mass index, SBP, HbA1c, triglycerides, LDL-cholesterol, sCre, smoking, and insulin therapy, revealed that plasma leptin and the leptin/sOb-R ratio were independently associated with IMT in subjects treated with insulin.<BR>Conclusions: Plasma leptin and the leptin/sOb-R ratio are associated with atherosclerosis in patients with type 2 diabetes on insulin therapy, and these associations were independent of obesity and other cardiovascular risk factors.

    DOI: 10.5551/jat.14662

    CiNii Article

  • Undercarboxylated osteocalcin does not correlate with insulin resistance as assessed by euglycemic hyperinsulinemic clamp technique in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Motoyama Koka, Lee Eiko, Yamada Shinsuke, Morioka Tomoaki, Imanishi Yasuo, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    DIABETOLOGY & METABOLIC SYNDROME   4 ( 1 )   53   2012年12月( ISSN:1758-5996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1758-5996-4-53

    PubMed

  • TRAIL is not associated with endothelial and vascular smooth muscle dysfunction in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Hiura Yoshikazu, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, KAWANO Naoya, MOTOYAMA Koka, MORIOKA Tomoaki, FUKUMOTO Shinya, SHOJI Tetsuo, INABA Masaaki

    Springer Japan Diabetology international   3 ( 3 )   146 - 151   2012年09月( ISSN:21901678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • TRAILは2型糖尿病患者の内皮機能障害および血管平滑筋機能障害とは関連しない(TRAIL is not associated with endothelial and vascular smooth muscle dysfunction in patients with type 2 diabetes mellitus) 査読

    Hiura Yoshikazu, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Kawano Naoya, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    シュプリンガー・ジャパン(株) Diabetology International   3 ( 3 )   146 - 151   2012年09月( ISSN:2190-1678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    明瞭な腎機能障害が見られない2型糖尿病患者121名を対象として、血清中の腫瘍壊死因子関連アポトーシス誘導性リガンド(TRAIL)と、内皮機能障害および血管平滑筋機能障害との関連について検討した。TRAILレベルはELISA法で測定し、内皮と血管平滑筋の機能障害はそれぞれ血流依存性血管拡張法(FMD)とニトログリセリン依存性血管拡張法(NMD)で評価した。その結果、血清TRAILレベルはFMDとNMDのいずれとも関連しなかった(それぞれr=0.038、p=0.678とr=0.096、p=0.343)。この成績から、血清TRAILレベルは内皮機能障害および血管平滑筋機能障害とは関連せず、TRAILは早期のアテローム性動脈硬化とは関連しないことが示唆された。

  • Antialbuminuric advantage of cilnidipine compared with L-type calcium channel blockers in type 2 diabetic patients with normoalbuminuria and microalbuminuria 査読

    Fukumoto Shinya, Ishimura Eiji, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Kimoto Eiji, Wakikawa Ken, Shoji Shigeichi, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE   97 ( 1 )   91 - 98   2012年07月( ISSN:0168-8227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2012.01.024

    PubMed

  • 自己注射が困難な糖尿病血液透析患者に対する看護師の支援による週3回のインスリン注射(Thrice-weekly Insulin Injection with Nurse's Support for Diabetic Hemodialysis Patients Having Difficulty with Self Injection) 査読

    Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Takahashi Tatsuji, Matsumoto Akihide, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   58 ( 1 )   35 - 38   2012年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血糖管理のために、インスリンNPH或いはインスリングラルギンを用いた透析ユニットで、看護師の支援の下で行う週3回のインスリン注射法(TWIN)の有用性について評価した。ヘモグロビンA1c(HbA1c)濃度が≧8.0%で、血液透析を受けている2型糖尿病の外来患者5名(66歳男性、66歳女性、69歳男性、76歳男性、64歳女性)を対象とした。6ヵ月以内で、HbA1c濃度は全患者で9.3±1.1%から6.9±0.7%に低下し、低血糖症状を示さなかった。これらの予備的結果から、インスリン自己投与が困難で、血糖管理不良の血液透析施行中の糖尿病患者において、TWINは実際的な選択になることが示された。

  • Thrice-weekly Insulin Injection with Nurse's Support for Diabetic Hemodialysis Patients Having Difficulty with Self Injection 査読

    Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Takahashi Tatsuji, Matsumoto Akihide, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市立大学 Osaka City Medical journal   58 ( 1 )   35 - 38   2012年06月( ISSN:00306096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Enhanced GLP-1-and Sulfonylurea-Induced Insulin Secretion in Islets Lacking Leptin Signaling 査読

    Morioka Tomoaki, Dishinger John. F., Reid Kendra. R., Liew Chong Wee, Zhang Ting, Inaba Masaaki, Kennedy Robert. T., Kulkarni Rohit. N.

    MOLECULAR ENDOCRINOLOGY   26 ( 6 )   967 - 976   2012年06月( ISSN:0888-8809

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/me.2011-1306

    PubMed

  • 2型糖尿病患者における内皮及び血管平滑筋機能障害と心血管危険因子、血管合併症、潜在的頸動脈粥状硬化症との関連(Association of Endothelial and Vascular Smooth Muscle Dysfunction with Cardiovascular Risk Factors, Vascular Complications, and Subclinical Carotid Atherosclerosis in Type 2 Diabetic Patients) 査読

    Kawano Naoya, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Yamazaki Yuko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Koyama Hidenori, Okuno Yasuhisa, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   19 ( 3 )   276 - 284   2012年03月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者181例(平均年齢64±10歳、糖尿病の持続12±10年)を対象とした。血流仲介血管拡張(FMD)とニトログリセリン仲介血管拡張(NMD)により内皮機能障害と血管平滑筋機能異常を評価した。FMDとNMDはそれぞれ対象者の6.4±3.9%、13.4±6.6%にみられた。FMDの頻度は微小血管障害及び大血管障害がある患者とこれらがない患者とで有意の差はなかったが、NMDの頻度はこれらの血管障害がある患者の方がない患者よりも有意に低率であった。また、NMDは慢性腎疾患の進行とともに減少したが(P=0.005)、FMDは減少しなかった。多変量回帰解析によると、FMDに対する独立寄与因子は年齢、喫煙、血圧、糖化ヘモグロビン、総コレステロールで、NMDに対する因子は年齢、血圧、腹囲であった。

  • Matrix extracellular phosphoglycoprotein is expressed in causative tumors of oncogenic osteomalacia 査読

    IMANISHI Yasuo, HASHIMOTO Jun, ANDO Wataru, KOBAYASHI Keisuke, UEDA Takafumi, NAGATA Yuki, MIYAUCHI Akimitsu, KOYANO Hajime M., KAJI Hiroshi, SAITO Takatoshi, OBA Koichi, KOMATSU Yasato, MORIOKA Tomoaki, MORI Katsuhito, MIKI Takami, INABA Masaaki

    Journal of bone and mineral metabolism   30 ( 1 )   93 - 99   2012年01月( ISSN:09148779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Matrix extracellular phosphoglycoprotein is expressed in causative tumors of oncogenic osteomalacia 査読

    Imanishi Yasuo, Hashimoto Jun, Ando Wataru, Kobayashi Keisuke, Ueda Takafumi, Nagata Yuki, Miyauchi Akimitsu, Koyano Hajime M., Kaji Hiroshi, Saito Takatoshi, Oba Koichi, Komatsu Yasato, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Miki Takami, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   30 ( 1 )   93 - 99   2012年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-011-0290-8

    PubMed

  • マトリックス細胞外phosphoglycoproteinは腫瘍原性骨軟化症の原因腫瘍に発現する(Matrix extracellular phosphoglycoproteie is expressed in causative tumors of oncogenic osteomalacia) 査読

    Imanishi Yasuo, Hashimoto Jun, Ando Wataru, Kobayashi Keisuke, Ueda Takafumi, Nagata Yuki, Miyauchi Akimitsu, Koyano Hajime M., Kaji Hiroshi, Saito Takatoshi, Oba Koichi, Komatsu Yasato, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Miki Takami, Inaba Masaaki

    (一社)日本骨代謝学会 Journal of Bone and Mineral Metabolism   30 ( 1 )   93 - 99   2012年01月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腫瘍原性骨軟化症(OOM)腫瘍における、マトリックス細胞外phosphoglycoprotein(MEPE)とFGF23の発現を転写および翻訳レベルで検討した。OOM腫瘍患者11名において、定量的リアルタイムRT-PCR法と免疫染色法によりMEPEとFGF23の発現を分析した。OOM腫瘍におけるFGF23とMEPE遺伝子の発現は、非OOM腫瘍よりも10^4〜10^5高かった。免疫組織化学では、FGF23は全員、MEPEは11名中10名で観察された。OOM腫瘍においてはFGF23と同様に、MEPE発現が認められた。FGF23の低リン酸血症作用に加えて、MEPE或いはMEPE関連モチーフペプチドがOOM患者の骨石灰化抑制に関係していると考えられた。

  • Association of Endothelial and Vascular Smooth Muscle Dysfunction with Cardiovascular Risk Factors, Vascular Complications, and Subclinical Carotid Atherosclerosis in Type 2 Diabetic Patients 査読

    Kawano Naoya, Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Yamazaki Yuko, Urata Hiromi, Tsuchikura Shoko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Koyama Hidenori, Okuno Yasuhisa, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   19 ( 3 )   276 - 284   2012年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaluation of bone markers in hypophosphatemic rickets/osteomalacia 査読

    Nagata Yuki, Imanishi Yasuo, Ishii Akira, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Naka Hiroshi, Mori Katsuhito, Miki Takami, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    ENDOCRINE   40 ( 2 )   315 - 317   2011年10月( ISSN:1355-008X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12020-011-9512-z

    PubMed

  • Association of serum TRAIL levels with atherosclerosis in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Kawano Naoya, Mori Katsuhito, Emoto Masanori, Lee Eiko, Kobayashi Ikue, Yamazaki Yuko, Urata Hiromi, Morioka Tomoaki, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    DIABETES RESEARCH AND CLINICAL PRACTICE   91 ( 3 )   316 - 320   2011年03月( ISSN:0168-8227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2010.11.034

    PubMed

  • Different effects of diabetic autonomic neuropathy on regional transcutaneous oxygen tension in patients with peripheral arterial disease. 査読

    Mima Y, Fukumoto S, Ueno H, Koyama H, Tanaka S, Morioka T, Motoyama K, Emoto M, Shoji T, Nishizawa Y, Inaba M

    Osaka city medical journal   56 ( 2 )   27 - 36   2010年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 末梢動脈疾患患者における糖尿病性自律神経障害が局所の経皮的酸素分圧に及ぼす様々な影響(Different Effects of Diabetic Autonomic Neuropathy on Regional Transcutaneous Oxygen Tension in Patients with Peripheral Arterial Disease) 査読

    Mima Yohei, Fukumoto Shinya, Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Tanaka Shinji, Morioka Tomoaki, Motoyama Koka, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   56 ( 2 )   27 - 36   2010年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    経皮酸素分圧(TcPO2)を測定することにより、糖尿病性自律神経障害(DAN)が皮膚微小循環に及ぼす影響を評価した。糖尿病患者41名を含む患者52名(104肢)を対象に、脹脛部と足背部の安静時のTcPO2(REST-TcPO2)と運動後のTcPO2(Ex-TcPO2)を同時に測定した。全患者に血管造影を行い、動脈狭窄の有無を評価した。非神経障害患者群、感覚性神経障害のみの患者群、DAN患者群の間でTcPO2値を比較した。脹脛部、足背部のどちらにおいても、DANのある糖尿病患者のEx-TcPO2値は、神経障害がない糖尿病患者より有意に低かった。しかし、これら群間にREST-TcPO2の差はなかった。次に、複数の臨床的因子を調整後に、重回帰分析を行い、DANが各TcPO2に及ぼす影響を評価した。DANは、脹脛部のREST-およびEx-TcPO2の有意な決定因子であったが、それは動脈狭窄や感覚性神経障害とは無関係であった。対照的に、DANは足背部のREST-およびEx-TcPO2の独立決定因子ではなかった。DANは脹脛部の皮膚微小循環に有意な影響を及ぼすが、足背部の皮膚微小循環には有意な影響を及ぼさないことが明らかとなった。

  • Assessment of diabetic gastroparesis using scintigraphic gastric emptying 査読

    Kotani K., Kawamura E., Yoshida A., Kawano N., Higashiyama S., Morioka T., Mori K., Kawabe J., Emoto M., Inaba M., Shiomi S.

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   25   A160 - A161   2010年09月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Receptor for advanced glycation end-products (RAGE) regulation of adiposity and adiponectin is associated with atherogenesis in apoE-deficient mouse 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Shoji Takuhito, Monden Masayo, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Otsuka Yoshiko, Mima Yohei, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shioi Atsushi, Yamamoto Hiroshi, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    ATHEROSCLEROSIS   211 ( 2 )   431 - 436   2010年08月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.04.006

    PubMed

  • Fetuin-A and atherosclerotic calcified plaque in patients with type 2 diabetes mellitus 査読

    Emoto Masanori, Mori Katsuhito, Lee Eiko, Kawano Naoya, Yamazaki Yuko, Tsuchikura Shoko, Morioka Tomoaki, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    METABOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL   59 ( 6 )   873 - 878   2010年06月( ISSN:0026-0495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.metabol.2009.10.005

    PubMed

  • Systemic chemotherapy using paclitaxel and carboplatin plus regional hyperthermia and hyperbaric oxygen treatment for non-small cell lung cancer with multiple pulmonary metastases: preliminary results. 査読

    Ohguri T, Imada H, Narisada H, Yahara K, Morioka T, Nakano K, Miyaguni Y, Korogi Y

    International journal of hyperthermia : the official journal of European Society for Hyperthermic Oncology, North American Hyperthermia Group   25 ( 2 )   160 - 7   2009年03月( ISSN:0265-6736

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/02656730802610357

    PubMed

  • The Combination of IMT and Stiffness Parameter β is Highly Associated with Concurrent Coronary Artery Disease in Type 2 Diabetes 査読

    LEE Eiko, EMOTO Masanori, TERAMURA Megumi, TSUCHIKURA Shoko, UENO Hiroki, SHINOHARA Kayo, MORIOKA Tomoaki, MORI Katsuhito, KOYAMA Hidenori, SHOJI Tetsuo, OKUNO Yasuhisa, INABA Masaaki, NISHIZAWA Yoshiki

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   16 ( 1 )   33 - 39   2009年02月( ISSN:13403478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Radiotherapy with 8-MHz radiofrequency-capacitive regional hyperthermia for stage III non-small-cell lung cancer: the radiofrequency-output power correlates with the intraesophageal temperature and clinical outcomes. 査読

    Ohguri T, Imada H, Yahara K, Morioka T, Nakano K, Terashima H, Korogi Y

    International journal of radiation oncology, biology, physics   73 ( 1 )   128 - 35   2009年01月( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijrobp.2008.03.059

    PubMed

  • Concurrent chemoradiotherapy with gemcitabine plus regional hyperthermia for locally advanced pancreatic carcinoma: initial experience. 査読

    Ohguri T, Imada H, Yahara K, Narisada H, Morioka T, Nakano K, Korogi Y

    Radiation medicine   26 ( 10 )   587 - 96   2008年12月( ISSN:0288-2043

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-008-0279-y

    PubMed

  • Disruption of leptin receptor expression in the pancreas directly affects beta cell growth and function in mice. 査読

    Morioka T, Asilmaz E, Hu J, Dishinger JF, Kurpad AJ, Elias CF, Li H, Elmquist JK, Kennedy RT, Kulkarni RN

    The Journal of clinical investigation   117 ( 10 )   2860 - 8   2007年10月( ISSN:0021-9738

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/JCI30910

    PubMed

  • Effect of prophylactic hyperbaric oxygen treatment for radiation-induced brain injury after stereotactic radiosurgery of brain metastases. 査読

    Ohguri T, Imada H, Kohshi K, Kakeda S, Ohnari N, Morioka T, Nakano K, Konda N, Korogi Y

    International journal of radiation oncology, biology, physics   67 ( 1 )   248 - 55   2007年01月( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijrobp.2006.08.009

    PubMed

  • Receptor for advanced glycation end products is involved in impaired angiogenic response in diabetes 査読

    Shoji Takuhito, Koyama Hidenori, Morioka Tomoaki, Tanaka Shinji, Kizu Akane, Motoyama Kohka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shimogaito Noriko, Takeuchi Masayoshi, Yamamoto Yasuhiko, Yonekura Hideto, Yamamoto Hiroshi, Nishizawa Yoshiki

    DIABETES   55 ( 8 )   2245 - 2255   2006年08月( ISSN:0012-1797

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/db05-1375

    PubMed

  • Impact of glycemic control on survival of diabetic patients on chronic regular nemodialysis - A 7-year observational study 査読

    Oomichi Takeshi, Emoto Masanori, Tabata Tsutomu, Morioka Tomoaki, Tsujimoto Yoshihiro, Tahara Hideki, Shoji Tetsuo, Nishizawa Yoshiki

    DIABETES CARE   29 ( 7 )   1496 - 1500   2006年07月( ISSN:0149-5992

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2337/dc05-1887

    PubMed

  • Insulin resistance index as a predictor for pioglitazone treatment in type 2 diabetes. 査読

    Araki T, Emoto M, Yokoyama H, Motoyama K, Morioka T, Tahara H, Koyama H, Shoji T, Okuno Y, Inaba M, Nishizawa Y

    Osaka city medical journal   51 ( 1 )   19 - 25   2005年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • 32章4節 糖尿病の治療

    森岡与明( 担当: 分担執筆)

    ナーシンググラフィカ疾患と看護「腎・泌尿器・内分泌代謝」(メディカ出版)  2020年01月 

     詳細を見る

    総ページ数:493   担当ページ:22   著書種別:教科書・概説・概論  

  • 第Ⅲ章 腎症2期~4期:透析療法導入までの治療ポイント 5. 薬物療法 1) 血糖管理 (4) 経口血糖降下薬

    森岡与明,森克仁,絵本正憲( 担当: 分担執筆)

    稲葉雅章,絵本正憲,森克仁編.糖尿病腎症の治療のポイント~早期腎症から透析療法まで~(医薬ジャーナル社)  2016年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:383   担当ページ:6  

  • 14. Ectopic Fat Accumulation and Glucose Homeostasis: Role of Leptin in Glucose and Lipid Metabolism and Mass Maintenance in Skeletal Muscle

    Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Koka Motoyama, Masanori Emoto( 担当: 分担執筆)

    Masaaki Inabaed. Musculoskeletal Disease Associated with Diabetes Mellitus, Springer Japan  2016年 

     詳細を見る

    総ページ数:296   担当ページ:13  

  • 11. Pancreatic islet β-cell failure in obesity

    Tomoaki Morioka, Rohit N. Kulkarni( 担当: 分担執筆)

    Metabolic Basis of Obesity, Springer Science  2011年 

     詳細を見る

    総ページ数:391   担当ページ:19  

MISC(その他記事)

  • 糖尿病透析患者におけるリアルタイム持続グルコース測定の活用

    森岡 与明, 森 克仁, 繪本 正憲

    大阪透析研究会会誌   40 ( 2 )   133 - 139   2023年09月( ISSN:0912-6937

  • II.糖尿病治療薬に関する最近の話題治療選択のアルゴリズム 腎症を合併した肥満2 型糖尿病患者 招待

    森岡与明,繪本正憲

    日本臨床   80 ( 4 )   606 - 612   2022年04月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • (特集)多様化する生活習慣と糖尿病診療「睡眠と糖尿病の関係」 招待

    森岡与明

    日経メディカル開発・DM Ensemble   9 ( 3 )   27 - 30   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • とことんわかる 血糖値【血糖コントロールの改善・安定化のコツとポイントにつながる19症例】第3章 症例でわかる血糖値 7. 周術期の管理 招待

    山崎祐子,森岡与明

    糖尿病ケア(メディカ出版)   2020秋季増刊 ( 通巻224 )   152 - 158   2020年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 血糖変動の読み解き方 招待

    森岡与明

    サノフィ株式会社   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • CGMを活用したチーム医療 招待

    森岡与明

    日本メドトロニック・3C Professionals~プロフェッショナルからプロフェッショナルへ~~   3   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 【GLP-1受容体作動薬-こいつはいったい何者なのか】REWIND デュラグルチド 査読

    森岡 与明, 絵本 正憲

    (株)ライフメディコム カレントテラピー   37 ( 7 )   667 - 671   2019年07月( ISSN:0287-8445

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    いくつかのGLP-1受容体作動薬の大規模臨床試験の成績が近年報告された。主要心血管イベントへの影響についてリキシセナチドおよび持続性エキセナチドについてはプラセボに対して非劣性が、リラグルチドおよびセマグルチドについてはプラセボに対して優越性が示された。デュラグルチドについてはResearching cardiovascular Events with a Weekly INcretin in Diabetes(REWIND)試験の成績が2019年中に公表予定となっている。既報の試験がいずれも心血管疾患リスクの高い患者を対象とし、追跡期間が比較的短い(5年間満)のに対して、REWIND試験は対象患者に心血管疾患を有する割合が少なく(31%)、追跡期間が長く設定(7〜8年)されているのが特徴である。本試験がさまざまな程度の心血管リスクを有する幅広い2型糖尿病成人患者を対象としていることから、本試験結果が日常診療レベルで2型糖尿病患者におけるGLP-1受容体作動薬の有用性を考えるうえで意義深いエビデンスとなることが期待される。(著者抄録)

  • 【血糖コントロール 病棟での「あるある」を解決します!】(1章)病棟でよくある病態の血糖コントロール 急性期病態の血糖コントロール 査読

    森岡 与明

    (株)羊土社 レジデントノート   21 ( 4 )   636 - 641   2019年06月( ISSN:1344-6746

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    (1)急性疾患を併発した糖尿病患者はストレスにより高血糖となることが多い(2)入院患者の血糖コントロール目標は140〜180mg/dLとし、低血糖を起こさないよう注意する(3)全身状態の安定していない患者さんにはインスリン静脈内持続注入療法による血糖コントロールを行う(4)経口摂取の安定しない非重症患者には、皮下注射による強化インスリン療法(ベーサル・ボーラス)で血糖コントロールを行う(著者抄録)

  • 【かかりつけ医が知っておきたい糖尿病注射薬の知識】今さら聞けない?インスリン・GLP-1の基本 GLP-1受容体作動薬を使うべき場面 査読

    森岡 与明

    (株)診断と治療社 診断と治療   107 ( 3 )   267 - 273   2019年03月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <Headline>1 GLP-1受容体作動薬は血糖依存的なインスリン分泌促進作用およびグルカゴン分泌抑制作用を有し、空腹時および食後高血糖の改善効果を発揮する。2 低血糖リスクは単独使用では低いものの、インスリンやSU薬との併用で低血糖リスクが増加するため、本剤との併用する際にはインスリンまたはSU薬を減量するなど注意を要する。3 血糖降下作用に加え、食欲抑制作用、体重の低下作用を有する。また、短時間型と長時間型に大別され、臨床効果の特徴が異なる。4 インスリン分泌能の保たれた肥満の2型糖尿病患者がよい投与対象となる。近年、本剤による心血管予後および腎予後の改善効果が示され、投与対象の拡大が予想される。5 副作用として、低血糖のほか、嘔気、便秘、下痢等の胃腸障害があり、膵炎、腹部手術または腸閉塞の既往歴のある患者には慎重投与を要する。(著者抄録)

  • 【糖尿病と睡眠障害】睡眠障害は2型糖尿病発症リスクを高めるか? インスリン分泌と作用機序の側面から 査読

    森岡 与明, 稲葉 雅章

    (株)ライフ・サイエンス 睡眠医療   12 ( 1 )   9 - 15   2018年03月( ISSN:1882-2096

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ・2型糖尿病患者において、睡眠時間の異常(短時間または長時間)、睡眠の質の低下、あるいは睡眠呼吸障害などの睡眠関連の異常が存在し、糖代謝異常や血糖コントロールの不良に関連する。・生体における糖代謝調節機能は、睡眠や概日リズムの影響を受け、不十分な睡眠により悪影響を受ける。・健常者において睡眠時間や徐波睡眠を強制的に制限すると、インスリン拮抗ホルモンや交感神経系を介して脳組織の糖利用障害、膵β細胞のインスリン分泌不全、および末梢組織のインスリン感受性低下から糖代謝異常が惹起される。・近年の前向き研究の成績により、短時間睡眠、長時間睡眠、入眠困難、あるいは中途覚醒により示される睡眠障害が2型糖尿病の発症に関連することが示唆される。・2型糖尿病をはじめとする生活習慣病と睡眠障害との関連に着目した研究・診療が今後進展することが期待される。(著者抄録)

  • 2型糖尿病の病態形成と動脈硬化合併症におけるレプチンの役割 査読

    森岡 与明

    (一社)日本糖尿病合併症学会 糖尿病合併症   30 ( 2 )   145 - 152   2016年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    我々は、脂肪細胞由来のレプチンが糖代謝異常や動脈硬化に果たす役割についてこれまで検討を行ってきた。(1)膵臓特異的レプチン受容体欠損マウスの解析より、レプチンが直接的に膵β細胞の機能と量を調節し、その作用障害が肥満・2型糖尿病における高インスリン血症や膵β細胞不全に寄与することを明からにした。(2)2型糖尿病患者において血中レプチン濃度がインスリン抵抗性・高インスリン血症に関連する一方で、血中可溶性レプチン受容体濃度が肥満、代謝危険因子および膵β細胞機能と負に関連することを明らかにした。(3)2型糖尿病患者において、血中レプチン濃度が肥満や代謝危険因子とは独立して頸動脈壁肥厚・壁硬化の進展に関連することを明らかにした。以上より、膵β細胞の機能・量および動脈の機能・形態がレプチンによる調節を受けており、それが肥満・2型糖尿病の病態形成と動脈硬化合併症の機序の一つとして存在することが示唆された。(著者抄録)

  • 【糖尿病治療薬Update-適正使用に向けて】経口血糖降下薬の特性と注意点 チアゾリジン薬 査読

    森岡 与明, 絵本 正憲

    (株)医学書院 Medicina   53 ( 1 )   42 - 44   2016年01月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <ポイント>チアゾリジン薬は,脂肪細胞の分化促進を介してインスリン抵抗性を改善させる.血糖改善効果の発現は緩やかであるが,長期間にわたりHbA1cの改善が維持される.抗動脈硬化作用を有しており,心血管疾患予防効果が期待される.使用にあたり,体重増加,浮腫,骨折,膀胱癌などにつき注意が必要である.(著者抄録)

  • 糖尿病 臨床分野での進歩 GLP-1受容体作動薬の臨床効果 査読

    絵本 正憲, 森岡 与明, 稲葉 雅章

    (株)中外医学社 Annual Review糖尿病・代謝・内分泌   2016   55 - 65   2016年01月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    日常診療に汎用されるようになったDPP-4阻害薬とは異なり,GLP-1受容体作動薬は,より強い血糖低下作用,体重減少作用,多面的作用などの期待がある一方で,皮下注射療法であることや消化器症状などの副作用の懸念等より,本邦ではまだまだ日常診療での十分な展開をみせていない.しかし,近年,短時間作用型(エキセナチド,リキシセナチド),長時間作用型(持続性エキセナチド,リラグルチド,デュラグルチド)の臨床効果の相違が明らかとなり,リラグルチドなどの2型糖尿病への適応拡大,週1回製剤も登場しつつある.特に,リキシセナチドに関するGetGoal study,持続性エキセナチドに関するDURATION study,デュラグルチドに関するAWARD studyなど一連の良好な臨床試験成績が示され,今後の日常診療における新たな展開が期待されている.(著者抄録)

  • 【新しい循環器病のバイオマーカー-臨床的意義を理解する-】循環器疾患における各種バイオマーカーの意義 EPA/AA(eicosapentaenoic acid/arachidonic acid)比 査読

    森岡 与明, 今村 哲史, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 庄司 哲雄

    (株)メジカルビュー社 Heart View   19 ( 12 )   229 - 233   2015年11月( ISSN:1342-6591

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【CKDと心血管病の関係はどこまで解明されたか?】血管内皮機能・血管機能からCKDの特徴をみる 査読

    森岡 与明, 絵本 正憲, 庄司 哲雄

    (株)先端医学社 Vascular Medicine   9 ( 2 )   108 - 115   2013年10月( ISSN:1880-2478

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    心血管疾患リスクの高いCKD患者において、動脈硬化の早期診断と心血管イベントの代替エンドポイントとしての治療モニタリングの目的で、簡便で非侵襲的な血管機能評価法の必要性は高いといえる。内皮依存性血管拡張反応(FMD)による血管内皮機能、大動脈の脈波速度(PWV)、中心血圧および増大係数(AI)、頸動脈stiffness parameterβによる動脈壁硬化度の測定が血管機能検査として多く用いられている。CKD患者における成績は十分ではないが、各種の血管機能指標がCKD患者において機能低下を示すこと、また将来の腎機能障害進展、心血管イベントや総死亡に対する予測因子としての可能性が近年示されている。(著者抄録)

  • 【脂質代謝とその異常】動脈硬化の生理学的検査・画像診断 査読

    森岡 与明, 絵本 正憲, 西澤 良記

    (有)科学評論社 内分泌・糖尿病・代謝内科   37 ( 3 )   257 - 266   2013年09月( ISSN:1884-2917

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【膵β細胞増殖を調節するシグナル】レプチンシグナルのβ細胞機能と増殖における役割 査読

    森岡 与明, 西沢 良記, Kulkarni Rohit N.

    (有)科学評論社 内分泌・糖尿病・代謝内科   30 ( 1 )   61 - 69   2010年01月( ISSN:1884-2917

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 糖尿病性アシドーシスの治療経過中に無症候性の膵酵素上昇が生じた1型糖尿病の1例

    新丸 研登, 越智 章展, 三木 祐哉, 古谷 真彦, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 繪本 正憲

    糖尿病  2024年02月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病における血管内皮グリコカリックス障害とアルブミン尿および動脈硬化との関連 国内会議

    角谷佳則、森岡与明、山崎祐子、越智章展、庄司哲雄、繪本正憲

    第38回日本糖尿病合併症学会  2023年10月  日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山市  

  • 尿毒症物質が肝臓での糖新生に及ぼす影響ー培養肝細胞を用いた検討ー 国内会議

    越智章展、森克仁、仲谷慎也、上殿英記、今西康雄、庄司哲雄、森岡与明、繪本正憲

    第38回日本糖尿病合併症学会  2023年10月  日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:岡山市  

  • 糖尿病性ケトアシドーシスの治療経過中に無症候性の膵酵素上昇が生じた 1 型糖尿病の 1 例 国内会議

    新丸研登、越智章展、三木祐哉、古谷真彦、角谷佳則、山崎祐子、森岡与明、繪本正憲

    第60回日本糖尿病学会近畿地方会  2023年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

  • 妊娠中のインスリン療法で生じた抗インスリン抗体により高インスリン血症を呈した一例 国内会議

    木下舜一、角谷佳則、北村充、田原三枝、山崎祐子、越智章展、森岡与明、庄司哲雄、橘大介、繪本正憲

    第60回日本糖尿病学会近畿地方会  2023年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

  • SMBG 単独(第 1 子)と isCGM 併用(第 2 子)で血糖管理した 2 型糖尿病合併妊娠の一例 国内会議

    北村充、角谷佳則、田原三枝、三木祐哉、山崎祐子、越智章展、森岡与明 、庄司哲雄、橘大介、繪本正憲

    第60回日本糖尿病学会近畿地方会  2023年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

  • 腎症(4) 尿毒症物質が肝臓での糖新生に及ぼす影響 培養肝細胞を用いた検討

    越智 章展, 森 克仁, 仲谷 慎也, 上殿 英記, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 森岡 与明, 繪本 正憲

    糖尿病合併症  2023年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 血管・動脈硬化・高血圧(2) 2型糖尿病における血管内皮グリコカリックス障害と糖尿病合併症との関連

    角谷 佳則, 森岡 与明, 山崎 祐子, 越智 章展, 庄司 哲雄, 繪本 正憲

    糖尿病合併症  2023年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • Increased Fibroblast Growth Factor 23 Levels are Associated with Vascular Smooth Muscle Dysfunction in Type 2 Diabetes 国際会議

    Tomoaki Morioka, Yuka Natsuki, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Akinobu Ochi, Masafumi Kurajoh, KatsuhitoMori, Yasuo Imanishi, Tetsuo Shoji, Masaaki Inaba, Masanori Emoto

    IDF-WPR Congress 2023 / 15th Scientific Meeting of AASD  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Syndecan-1, a Marker of Endothelial Glycocalyx Degradation, is Associated with Arterial Stiffness in Type 2 Diabetes 国際会議

    Yoshinori Kakutani, Tomoaki Morioka, Yuko Yamazaki, Akinobu Ochi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto

    IDF-WPR Congress 2023 / 15th Scientific Meeting of AASD  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • p-Cresol suppresses gluconeogenesis in cultured hepatocytes 国際会議

    Akinobu Ochi, Katsuhito Mori, Shinya Nakatani, Hideki Uedono, Yasuo Imanishi, Tetsuo Shoji, Tomoaki Morioka, Masanori Emoto

    IDF-WPR Congress 2023 / 15th Scientific Meeting of AASD  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血液透析患者における血清リンとコレステロール代謝の関連性 国内会議

    庄司哲雄、森克仁、角谷佳則、森岡与明、福本真也、繪本正憲

    第55回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2023年07月  日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮市  

  • 2型糖尿病におけるグリコカリックス障害と動脈スティフネスの関連 国内会議

    角谷佳則、森岡与明、山崎祐子、越智章展、庄司哲雄、繪本正憲

    第55回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2023年07月  日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇都宮市  

  • Syndecan-1, a Marker of Endothelial Glycocalyx Degradation, is Associated with Albuminuria in Type 2 Diabetes 国際会議

    Yoshinori Kakutani, Tomoaki Morioka, Yuko Yamazaki, Akinobu Ochi, Shinya Fukumoto, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto

    American Diabetes Association 83rd Scientific Sessions  2023年06月  American Diabetes Association

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego  

  • CHDFを併用し救命したirAEによる糖尿病性ケトアシドーシスの一例 国内会議

    三木祐哉、越智章展、納谷幸祐、高野愛、森克仁、森岡与明、川口知哉、繪本正憲

    第68回日本透析医学会学術集会・総会  2023年06月  日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

  • 維持血液透析患者における骨密度と海綿骨微細構造への糖尿病の影響 国内会議

    木津あかね、下村菜生子、土蔵尚子、宮部美月、辻本吉広、森克仁、森岡与明、繪本正憲

    第68回日本透析医学会学術集会・総会  2023年06月  日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸市  

  • Surprise Questionは透析患者のフレイルを評価しているのか~Osaka Dialysis Complication Study(ODCS)~ 国内会議

    庄司哲雄、仲谷慎也、森克仁、森岡与明、繪本正憲

    第68回日本透析医学会学術集会・総会  2023年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

  • 糖尿病血液透析患者におけるGA/HbA1c比と栄養状態の関連 国内会議

    宮部美月、木津あかね、土蔵尚子、下村菜生子、辻本吉広、森克仁、森岡与明、繪本正憲

    第68回日本透析医学会学術集会・総会  2023年06月  日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸市  

  • 血液透析患者におけるリンとコレステロール代謝の関連性 国内会議

    庄司哲雄、辻本吉広、永田友貴、上殿英記、仲谷慎也、森岡与明、森克仁、福本真也、今西康雄、繪本正憲

    第66回日本腎臓学会学術総会  2023年06月  日本腎臓学会

     詳細を見る

    開催地:横浜市  

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性は血清尿酸値と独立して血管内皮機能と関連する 招待 国内会議

    藏城雅文、福本真也、赤利精悟、村瀬貴代、中村敬志、井原康貴、今井匠、永田友貴、森岡与明、森克仁、今西康雄、繪本正憲

    第96回日本内分泌学会学術総会  2023年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • 2型糖尿病および非糖尿病者における血清石灰化傾向(T50)の動脈壁特性との関係 国内会議

    上殿英記,庄司哲雄,永倉優,仲谷慎也,森克仁, 永田友貴,今西康雄,森岡与明,福本真也,渡邊俊雄, 繪本正憲,

    第66回日本糖尿病学会年次学術集会  2023年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 血清石灰化傾向(T50)に対する2型糖尿病の影響についての検討 国内会議

    永倉 優,庄司 哲雄,上殿 英記,仲谷 慎也,森 克仁,永田 友貴,今西 康雄,森岡 与明,福本 真也,渡邊 俊雄,繪本 正憲

    第66回日本糖尿病学会年次学術集会  2023年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 2型糖尿病における血管内皮グリコカリックス障害マーカーSyndecan-1と動脈硬化との関連 国内会議

    角谷佳則,森岡与明,山崎祐子,越智章展,庄司哲雄,繪本正憲

    第66回日本糖尿病学会年次学術集会  2023年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • HIF-PH阻害薬によるHIF-1αの持続発現はC2C12 myoblastの分化抑制に関与する 国内会議

    三木 祐哉,越智 章展,上殿 英記,角谷 佳則,永田 友貴,森 克仁,今西 康雄,庄司 哲雄,森岡 与明,繪本 正憲

    第66回日本糖尿病学会年次学術集会  2023年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • p-クレゾールは培養肝細胞での糖新生を抑制する 国内会議

    越智章展,森克仁,仲谷慎也,上殿英記,今西康雄, 庄司哲雄,森岡与明,繪本正憲

    第66回日本糖尿病学会年次学術集会  2023年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 血管石灰化の新たな成因と治療戦略 血清石灰化傾向(T50)を用いたCKD-MBD管理

    庄司 哲雄, 仲谷 慎也, 森 克仁, 森岡 与明, 繪本 正憲

    日本透析医学会雑誌  2023年05月  (一社)日本透析医学会

  • 運動でCKDの心血管死亡リスクはどこまで抑制できるか 招待 国内会議

    庄司哲雄、森 克仁、森岡与明、繪本正憲

    第13回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会  2023年03月  日本腎臓リハビリテーション学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大宮  

  • 糖尿病血液透析患者におけるGA/HbA1c 比と栄養状態の関連 国内会議

    宮部美月、木津あかね、土蔵尚子、下村菜生子、辻本吉広、森 克仁、森岡与明、繪本正憲

    第98回大阪透析研究会  2023年03月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 透析患者におけるリアルタイムCGM 活用の可能性 招待 国内会議

    森岡与明

    第98回大阪透析研究会  2023年03月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪  

  • 当院におけるGLP-1 受容体作動薬製剤使用状況と有用性 国内会議

    土蔵尚子、木津あかね、下村菜生子、宮部美月、辻本吉広、森岡与明、森 克仁、繪本正憲

    第98回大阪透析研究会  2023年03月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 維持血液透析患者における糖尿病と海綿骨微細構造指標との関連 国内会議

    木津あかね、下村菜緒子、土蔵尚子、宮部美月、辻本吉広、森 克仁、森岡与明、繪本正憲

    第98回大阪透析研究会  2023年03月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • ペムブロリズマブによる糖尿病性ケトアシドーシスに対してCHDF を施行した一例 国内会議

    三木祐哉、越智章展、納谷幸佑、高野 愛、森 克仁、森岡与明、川口知哉、繪本正憲

    第98回大阪透析研究会  2023年03月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • Surprise Question は透析患者のフレイルを評価しているのか:ODCS 研究 国内会議

    庄司哲雄、仲谷慎也、森 克仁、森岡与明、繪本正憲

    第98回大阪透析研究会  2023年03月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 中脳梗塞による動眼神経麻痺の改善に血糖コントロールが有効であった2型糖尿病の1例 国内会議

    足立千紘,越智章展,三木祐哉,柳田遥,角谷佳則,山崎祐子,森岡与明,繪本正憲,岡本光佑,伊藤義彰

    第239回日本内科学会近畿地方会  2023年03月  日本内科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 血清尿酸値と独立した血漿中キサンチン酸化還元酵素活性と血管内皮機能との関連

    藏城 雅文, 赤利 精悟, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 福本 真也, 井原 康貴, 今井 匠, 森岡 与明, 繪本 正憲

    日本痛風・尿酸核酸学会総会プログラム・抄録集  2023年01月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

  • 非高尿酸血症COVID-19患者における血清尿酸値と炎症・COVID-19重症化との関連

    藏城 雅文, 沼口 隆太郎, 日浦 義和, 森岡 与明, 繪本 正憲

    日本痛風・尿酸核酸学会総会プログラム・抄録集  2023年01月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

  • 血液透析患者における血清マグネシウムと血清石灰化傾向(T50)との関連 国内会議

    森克仁、庄司哲雄、仲谷慎也、上殿英記、津田昌宏、永田友貴、森岡与明、繪本正憲

    第41回日本マグネシウム学会学術集会  2022年12月  日本マグネシウム学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:WEB  

  • うつ病の医療保護入院中に血糖コントロールと卵巣癌手術を行った2型糖尿病の一例 国内会議

    柳田遥,角谷佳則,北村充,本多美穂子,出口裕彦,南野成則,安井智代,森岡与明,角俊幸,井上幸紀,繪本正憲

    第59回日本糖尿病学会近畿地方会  2022年11月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • 糖尿病の動脈硬化リスクとしての骨ミネラル代謝異常の可能性 招待 国内会議

    森岡与明

    第59回日本糖尿病学会近畿地方会  2022年11月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸  

  • 残胃・残膵全摘術施行後に高度の栄養障害を呈し全身管理に苦慮した膵性糖尿病の一例 国内会議

    山崎 祐子、木村 健二郎、夏木 裕香、北村 充、角谷 佳則、越智 章展、石沢 武彰、森岡 与明、庄司 哲雄、絵本 正憲

    第59回日本糖尿病学会近畿地方会  2022年11月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • ニボルマブ投与後に発症した高齢者の劇症1型糖尿病の1例 国内会議

    納谷幸佑,森岡与明,夏木裕香,田中浩明,山崎祐子,夏木誠司,出口惣大,庄司哲雄,前田清 ,繪本正憲

    第59回日本糖尿病学会近畿地方会  2022年11月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • SGLT2阻害薬投与と心不全の集学的治療にて尿蛋白が著明に減少した糖尿病性腎症の1例 国内会議

    渡邊亘平、越智章展、泉家康宏、三木祐哉、宮島雅子、角谷佳則、山崎祐子、森岡与明、庄司哲雄、繪本正憲

    第59回日本糖尿病学会近畿地方会  2022年11月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • 血管内皮グリコカリックス障害マーカーSyndecan-1と2型糖尿病アルブミン尿の関連 国内会議

    角谷佳則,森岡与明,福本真也,山崎祐子,越智章展,庄司哲雄,繪本正憲

    第37回日本糖尿病合併症学会  2022年10月  日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:京都  

  • 消化器疾患の周術期血糖管理up-to-date 招待 国内会議

    森岡与明

    日本消化器病学会近畿支部第117回例会  2022年10月  日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪  

  • 血管内皮グリコカリックス障害マーカーである血清Syndecan-1は2型糖尿病のアルブミン尿と関連する 国内会議

    角谷佳則,森岡与明,福本真也,山崎祐子,越智章展,庄司哲雄,繪本正憲

    第54回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2022年07月  日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:久留米  

  • 慢性腎臓病における脳心血管病と認知機能 国内会議

    庄司哲雄,森克仁,森岡与明,繪本正憲

    第54回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2022年07月  日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:久留米  

  • 血液透析患者におけるカルニチン治療と膝伸展筋力の変化との関連 国内会議

    松藤勝太、庄司哲雄、李寿恵、山口勝生、西村眞理、辻本吉広、仲谷慎也、森岡与明、森克仁、繪本正憲

    第67回日本透析医学会学術集会・総会  2022年07月  日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • 脳心腎臓血管病の予防 慢性腎臓病における脳心血管病と認知機能

    庄司 哲雄, 森 克仁, 森岡 与明, 繪本 正憲

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2022年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血液透析患者におけるキサンチン酸化還元酵素阻害薬服用とサルコペニアの関連 国内会議

    藏城雅文、森克仁、宮部美月、松藤勝太、一居充、森岡与明、木津あかね、辻本吉広、繪本正憲

    第95回日本内分泌学会学術総会  2022年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:別府/WEB  

  • 2型糖尿病患者において血清FGF23濃度は血管平滑筋機能異常と関連する 国内会議

    夏木裕香、森岡与明、福本真也、角谷佳則、山崎祐子、越智章展、藏城雅文、森克仁、庄司哲雄、今西康雄、稲葉雅章、繪本正憲

    第95回日本内分泌学会学術総会  2022年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:別府/WEB  

  • 2型糖尿病のアルブミン尿と血清Syndecan-1の関連性 国内会議

    角谷佳則、森岡与明、福本真也、山崎祐子、越智章展、庄司哲雄、繪本正憲

    第95回日本内分泌学会学術総会  2022年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:別府/WEB  

  • 片側の下垂体重複腺腫が卒中を発症したサブクリニカルクッシング病の一例 国内会議

    北村充、藏城雅文、山崎祐子、森岡与明、森迫拓貴、庄司哲雄、後藤剛夫、繪本正憲

    第95回日本内分泌学会学術総会  2022年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:別府/WEB  

  • 新型コロナウイルスワクチン接種後に1型糖尿病を発症した1例 国内会議

    矢野正博、森岡与明、夏木裕香、佐々木けやき、角谷佳則、越智章展、山崎祐子、庄司哲雄、繪本正憲

    第95回日本内分泌学会学術総会  2022年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:別府/WEB  

  • 新型コロナウイルスワクチン接種後に発症した劇症1型糖尿病の1例 国内会議

    佐々木けやき、森岡与明、岡田夏実、矢野正博、夏木裕香、角谷佳則、山崎祐子、越智章展、庄司哲雄、大村崇、繪本正憲

    第95回日本内分泌学会学術総会  2022年06月  日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:別府/WEB  

  • 2型糖尿病における血清Syndecan-1とアルブミン尿の関連 国内会議

    角谷佳則,森岡与明,福本真也,山崎祐子,越智章展,庄司哲雄,繪本正憲

    第65回日本糖尿病学会年次学術集会  2022年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 2 型糖尿病患者の血清FGF23 濃度と血管平滑筋機能異常との関連性 国内会議

    夏木裕香,森岡与明,福本真也,角谷佳則,山崎祐子,越智章展,藏城雅文,森克仁,庄司哲雄,今西康雄,稲葉雅章,繪本正憲

    第65回日本糖尿病学会年次学術集会  2022年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • 新型コロナウイルスワクチン接種後に発症した急性発症1 型糖尿病の1 例 国内会議

    矢野正博,森岡与明,夏木裕香,佐々木けやき,角谷佳則,越智章展,山崎祐子,庄司哲雄,繪本正憲

    第65回日本糖尿病学会年次学術集会  2022年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • 新型コロナウイルスワクチン接種後に発症した劇症1 型糖尿病の1 例 国内会議

    佐々木けやき,森岡与明,岡田夏実,矢野正博,夏木裕香,角谷佳則,山崎祐子,越智章展,庄司哲雄,大村崇,繪本正憲

    第65回日本糖尿病学会年次学術集会  2022年05月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • 術後大量のインスリンを要したのち投薬を中止し得た巨大プロラクチノーマの1例

    北村 充, 山崎 祐子, 吉田 潮, 中村 美之, 角谷 佳則, 越智 章展, 森迫 拓貴, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 後藤 剛夫, 繪本 正憲

    糖尿病  2022年05月  (一社)日本糖尿病学会

  • 退院後の療養指導にCGMを有効活用できた重症反応性低血糖の1例

    重里 樹里, 角谷 佳則, 小野 克宏, 北村 充, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 繪本 正憲

    糖尿病  2022年05月  (一社)日本糖尿病学会

  • 高インスリン血症を契機にインスリン受容体異常症と診断された一例 国内会議

    高須悠一、森岡与明、佐々木けやき、夏木裕香、西村雅美、角谷佳則、山崎祐子、越智章展、繪本正憲

    第235回日本内科学会近畿地方会  2022年03月  日本内科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市/WEB  

  • 血液透析患者におけるXOR阻害薬服用とサルコペニアとの関連 国内会議

    藏城雅文、森克仁、宮部美月、松藤勝太、一居充、森岡与明、木津あかね、辻本吉広、繪本正憲

    第55回日本痛風・尿酸核酸学会総会  2022年02月  日本痛風・尿酸核酸学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:福井市/WEB  

  • 血液透析患者におけるGNRIによる栄養評価と感染症入院後の予後との関連

    待場 優里, 森 克仁, 庄司 哲雄, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 吉田 寿子, 辻本 吉広, 繪本 正憲

    日本病態栄養学会誌  2022年01月  (一社)日本病態栄養学会

  • 「今、あらためて糖尿病を問い直す」④糖尿病合併症 招待 国内会議

    森岡与明

    インスリン発見100周年シンポジウム  2021年11月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

  • 術後大量のインスリンを要したのち投薬を中止し得た巨大プロラクチノーマの一例 国内会議

    北村充,山崎祐子,吉田潮,中村美之,角谷佳則,越智章展,森迫拓貴,森岡与明,庄司哲雄,後藤剛夫,繪本正憲

    第58回日本糖尿病学会近畿地方会  2021年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • アテゾリズマブ投与中に免疫関連有害事象による低血糖を認めた膵性糖尿病の1例 国内会議

    矢野正博,越智章展,中村美之,谷陽子,新丸研登,三木祐哉,藏城雅文,森岡与明,川口知哉,繪本正憲

    第58回日本糖尿病学会近畿地方会  2021年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 2型糖尿病患者での心房細動に影響を及ぼす因子の検討 国内会議

    本田夏希,内本定彦,越智章展,宮﨑祐宗,小野克宏,黒田智康,森岡与明,大年辰幸,繪本正憲

    第58回日本糖尿病学会近畿地方会  2021年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 生体腎移植後のミトコンドリア糖尿病患者の血糖コントロールを行った1例 国内会議

    小野克宏,越智章展,森克仁,吉田潮,三木祐哉,山崎祐子,岩井友明,森岡与明,庄司哲雄,内田潤次,繪本正憲

    第58回日本糖尿病学会近畿地方会  2021年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 退院後の療養指導に CGM を有効活用できた重症反応性低血糖の一例 国内会議

    重里樹里,角谷佳則,小野克宏,北村充,山崎祐子,越智章展,森岡与明,庄司哲雄,繪本正憲

    第58回日本糖尿病学会近畿地方会  2021年10月  日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • 2型糖尿病患者における血清FGF23濃度と血管平滑筋機能異常との関連性 国内会議

    夏木裕香,森岡与明,福本真也,角谷佳則,山崎祐子,越智章展,藏城雅文,森克仁,庄司哲雄,今西康雄,稲葉雅章,繪本正憲

    第53回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2021年10月  日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • Serum FGF23 Levels Are Associated with Vascular Smooth Muscle Dysfunction in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Yuka Natsuki,Tomoaki Morioka,Shinya Fukumoto,Yoshinori Kakutani,Yuko Yamazaki,Akinobu Ochi,Masahumi Kurajoh,Katsuhito Mori,Tetsuo Shoji,Yasuo Imanishi,Masaaki Inaba,Masanori Emoto

    The 19th International Symposium on Atherosclerosis  2021年10月  International Atherosclerosis Sciety

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto, Japan  

  • 透析液カルシウム濃度と生命予後 J-DAVID試験post-hoc解析

    井関 邦敏, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 繪本 正憲, 森 克仁, 森岡 与明, 仲谷 慎也

    日本腎臓学会誌  2021年09月  (一社)日本腎臓学会

  • 筋肉・骨・運動器 HIF1-α発現亢進は骨格筋分化の抑制に関与する HIF-PH阻害薬を用いた基礎検討

    三木 祐哉, 越智 章展, 角谷 佳則, 上殿 英記, 永田 友貴, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 繪本 正憲

    糖尿病合併症  2021年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 血液透析患者における新規の栄養評価指標であるNRI-JHと総死亡、心血管イベント、感染症入院との関連

    待場 優里, 森 克仁, 庄司 哲雄, 西出 孝蔵, 森岡 史行, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 辻本 吉広, 繪本 正憲

    日本腎臓学会誌  2021年06月  (一社)日本腎臓学会

  • 血液透析患者におけるNRI-JHによる栄養評価と総死亡,心血管イベント,感染症入院との関連

    待場 優里, 森 克仁, 庄司 哲雄, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 辻本 吉広, 繪本 正憲

    日本透析医学会雑誌  2021年05月  (一社)日本透析医学会

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性変化は尿酸値変化と関連する

    藏城 雅文, 福本 真也, 赤利 精悟, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 永田 友貴, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 繪本 正憲

    日本内分泌学会雑誌  2021年04月  (一社)日本内分泌学会

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積およびアディポネクチンとの関連性 国内会議

    森岡 与明, 夏木 裕香, 福本 真也, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 稲葉 雅章, 繪本 正憲

    第41回日本肥満学会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満,糖尿病,血管障害の制圧をめざして 国内会議

    森岡与明

    大阪市立大学第9回Lunch Webinar  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • オンコスタチンMは腎不全に伴うサルコペニアに関与する 国内会議

    三木祐哉、森岡与明、塩井淳、佐倉剛史、角谷佳則、藤元健太、上殿英記、越智章展、森克仁、庄司哲雄、稲葉雅章、繪本正憲

    第65回日本透析医学会学術集会・総会  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アディポカインと糖尿病合併症 国内会議

    森岡与明

    第57回日本糖尿病学会近畿地方会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • アディポネクチン,オメンチンと糖尿病腎症との関連性 国内会議

    森岡与明、西村雅美、林麻里子、角谷佳則、山崎祐子、森 克仁、福本真也、塩井 淳、庄司哲雄、稲葉雅章、繪本正憲

    第63回日本糖尿病学会年次学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sensor Augmented Pump療法により血糖コントロールの改善が得られた1型糖尿病腹膜透析患者の一例 国内会議

    角谷 佳則、 森岡 与明、 夏木 裕香、 西村 雅美、 武本 佳昭、 稲葉 雅章、 繪本 正憲

    第63回日本糖尿病学会年次学術集会  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 維持血液透析患者における甲状腺ホルモン(FT3)と心血管イベントとの関連 DREAMコホート

    山崎 祐子, 庄司 哲雄, 宮島 雅子, 角谷 佳則, 越智 章展, 森岡 与明, 土蔵 尚子, 下村 菜生子, 辻本 吉広, 稲葉 雅章, 繪本 正憲

    日本透析医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本透析医学会

  • 糖尿病血液透析患者におけるTime in rangeの検討

    佐々木 けやき, 角谷 佳則, 和田 憲嗣, 土蔵 尚子, 木津 あかね, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 繪本 正憲, 辻本 吉広

    日本透析医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本透析医学会

  • 血漿中XOR活性と血管内皮機能との関連

    藏城 雅文, 福本 真也, 吉田 潮, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 吉田 寿子, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲

    日本内分泌学会雑誌  2020年08月  (一社)日本内分泌学会

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積との関連にアディポネクチンが介在する 国内会議

    森岡与明、夏木裕香、福本真也、角谷佳則、山崎裕子、藏城雅文、森克仁、塩井淳、庄司哲雄、今西康雄、稲葉雅章、繪本正憲

    第93回日本内分泌学会学術総会  2020年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積・アディポネクチンとの関連 国内会議

    森岡与明、夏木佑香、福本真也、角谷佳則、山崎祐子、藏城雅文、森克仁、塩井淳、庄司哲雄、稲葉雅章、繪本正憲

    第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2020年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病ケトアシドーシスの経過中に脳梗塞を発症した若年成人1型糖尿病の1例

    宮島 雅子, 角谷 佳則, 岡本 光佑, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 伊藤 義彰, 稲葉 雅章

    糖尿病  2020年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • 透析日の血糖評価およびインスリン量調整にCGMが有用であった2型糖尿病血液透析患者の1例

    岡藤 梨華, 角谷 佳則, 吉田 潮, 仲谷 慎也, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 長沼 俊秀, 武本 佳昭, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2020年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性と血清尿酸値との関連

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 石原 拓磨, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    メタボリックシンドローム  2020年07月  高尿酸血症・メタボリックシンドロームリサーチフォーラム

  • 血清IGF-1低値と心血管イベント後の死亡リスクの関連 血液透析患者におけるコホート研究(DREAM)

    庄司 哲雄, 中舎 璃乃, 森岡 与明, 森 克仁, 辻本 吉広, 絵本 正憲

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2020年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 膵癌の治療中に脾臓摘出後重症感染症で急激な経過を辿った2型糖尿病の1例

    西村 雅美, 中野 雅信, 山岸 政充, 三木 祐哉, 脇田 史明, 山田 康一, 木村 健二郎, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2020年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • SGLT2阻害薬の糖新生に対する肝での直接作用 国内会議

    越智 章展、森 克仁、河渕 真治、上殿 英記、角谷 佳則、山崎 祐子、森岡 与明、塩井 淳 、庄司 哲雄 、絵本 正憲、栄田 敏之、稲葉 雅章

    第31回分子糖尿病学シンポジウム  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Oncostatin M Inhibits C2C12 Myotube Formation through the STAT 3 Pathway 国際会議

    YUYA MIKI, TOMOAKI MORIOKA, ATSUSHI SHIOI, TAKESHI SAKURA, KENTA FUJIMOTO, YOSHINORI KAKUTANI, HIDEKI UEDONO, KATSUHITO MORI, TETSUO SHOJI, MASANORI EMOTO, MASAAKI INABA

    国際糖尿病連合 IDF2019  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 糖代謝異常が存在すると糸球体内圧およびインスリン抵抗性がアルブミン尿と関連する

    津田 昌宏, 石村 栄治, 上殿 英記, 越智 章展, 仲谷 慎也, 森岡 与明, 森 克仁, 内田 潤次, 絵本 正憲, 仲谷 達也, 稲葉 雅章

    大阪市医学会雑誌  2019年12月  大阪市医学会

  • オンコスタチンMによるSTAT3経路を介した骨格筋萎縮への関与 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 越智 章展, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第40回日本肥満学会  2019年11月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血漿adiponectin濃度別に見たomentinと2型糖尿病の動脈硬化との関連性 国内会議

    西村 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第40回日本肥満学会  2019年11月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血清リン濃度とメタボリック症候群、アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第40回日本肥満学会  2019年11月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大血管障害 Δ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は2型糖尿病の動脈硬化合併症に関与する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第34回日本糖尿病合併症学会  2019年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • AdenosineはA3 receptorを介してERK1/2およびSTAT3のリン酸化を抑制することによりoncostatin Mによる血管平滑筋細胞の石灰化を抑制する 国内会議

    藤元 健太, 塩井 淳, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血漿Δ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は2型糖尿病の動脈スティフネスに関連する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 腎機能正常者における血清リン濃度とメタボリック症候群、アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 上腕血圧の左右差に対する糖尿病の関与と心血管疾患との関連 国内会議

    宮島 雅子, 庄司 哲雄, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Omentinは2型糖尿病のadiponectin高値群において動脈硬化に負に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第51回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 糖尿病血液透析患者に生じた足壊疽に対してチーム医療を行った一例 国内会議

    吉田 潮, 越智 章展, 藤川 平四朗, 寒川 悦次, 津田 壮太朗, 畑森 雅美, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 羽多野 隆治, 影山 健, 濱本 晋一, 長沼 俊秀, 武本 佳昭, 絵本 正憲, 元村 尚嗣, 三木 幸雄, 仲谷 達也, 稲葉 雅章

    第11回日本下肢救済・足病学会学術集会  2019年06月  日本下肢救済・足病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fetuin-A-containing calciprotein particles(CPP)によるfetuin-A翻訳後修飾について 国内会議

    上殿 英記, 森 克仁, 藤元 健太, 越智 章展, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 三木 祐哉, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本腎臓学会学術総会  2019年06月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma Delta-5 Desaturase Index Is Associated with Arterial Stiffness in Type 2 Diabetes 国際会議

    Tomoaki Morioka, Masanori Emoto, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masaaki Inaba

    第79回米国糖尿病学会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The Trend of Diabetic Kidney Disease with Low eGFR and Absence of Albuminuria in Type 2 Diabetic Patients in Japan from 1996-2015 国際会議

    Yoshinori Kakutani, Masanori Emoto, Katsuhito Mori, Yuko Yamazaki, Akinobu Ochi, Tomoaki Morioka, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masaaki Inaba

    第79回米国糖尿病学会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma Omentin Levels Are Inversely Associated with Atherosclerosis in Type 2 Diabetes Patients with Elevated Plasma Adiponectin Levels 国際会議

    Masami Hatamori, Tomoaki Morioka, Mariko Senda, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    第79回米国糖尿病学会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Serum Phosphorus Levels Are Associated with the Metabolic Syndrome and Adiponectin Levels in Nondiabetic Women with Normal Kidney Function 国際会議

    Yuka Natsuki, Tomoaki Morioka, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Masafumi Kurajoh, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Yasuo Imanishi, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    第79回米国糖尿病学会  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Upregulation of omentin and its role against atherosclerosis in type 2 diabetes 国内会議

    Morioka Tomoaki, Hayashi Mariko, Hatamori Masami, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    第11回アジア糖尿病学会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病Diabetic Kidney Diseaseにおけるアルブミン尿を伴わない腎機能低下例頻度の年代間比較 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 森 克仁, 越智 章展, 山崎 祐子, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患のインスリン抵抗性におけるキサンチン酸化還元酵素活性の関与 国内会議

    福本 真也, 藏城 雅文, 元山 宏華, 森岡 与明, 中村 敬志, 村瀬 貴代, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 河田 則文, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血漿adiponectin高値の2型糖尿病においてomentinは動脈硬化に負に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 腎機能正常者における血清リン濃度とメタボリック症候群,アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 人間ドック受診者におけるキサンチン酸化還元酵素活性と血圧の関連 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と肝脂肪化・肝硬度の関連 人間ドック受診者における検討 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オンコスタチンMはSTAT3経路を介して骨格筋萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 「外来糖尿病教室」受講に引き続く「外来個人栄養指導」継続は血糖コントロールを有意に改善する 国内会議

    上田 修子, 桑村 幸伸, 徳地 真紀, 松本 茉衣, 黒田 佳那, 木村 和哉, 垣谷 隆介, 角谷 佳則, 越智 章展, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 石村 栄治

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SGLT2阻害薬の肝細胞に対する直接作用 Canagliflozinは肝細胞に直接作用し糖新生を抑制する 国内会議

    越智 章展, 森 克仁, 上殿 英記, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における肥満度と橈骨皮質骨厚菲薄化の関連 血中レプチンの関与 国内会議

    藏城 雅文, 元山 宏華, 栗山 長門, 尾崎 悦子, 小山 晃英, 山田 真介, 森岡 与明, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2型糖尿病におけるCD16陽性単球の脈波伝播速度に対する関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2型糖尿病においてΔ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は動脈スティフネスに関連する 国内会議

    木本 栄司, 森岡 与明, 山崎 祐子, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 高橋 均, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年05月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿レプチン濃度と橈骨皮質骨厚との関連 国内会議

    藏城 雅文, 元山 宏華, 栗山 長門, 尾崎 悦子, 小山 晃英, 山田 真介, 森岡 与明, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年05月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と平均血圧との関連 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第92回日本内分泌学会学術総会  2019年05月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 上腕血圧の左右差に対する糖尿病の関与と心血管疾患との関連 国内会議

    宮島 雅子, 庄司 哲雄, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第62回日本糖尿病学会年次学術集会  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と血圧の関連 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第52回日本痛風・核酸代謝学会総会  2019年02月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿中キサンチン酸化還元酵素活性は血清尿酸値と独立して関連する 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 石原 拓磨, 郷 洋文, 山本 紘司, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第52回日本痛風・核酸代謝学会総会  2019年02月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝内脂肪蓄積は内臓肥満者でのみ2型糖尿病と関連する 国内会議

    福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 大谷 恒史, 田内 幸枝, 上村 理沙, 河田 則文, 稲葉 雅章

    日本総合健診医学会第47回大会  2019年02月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と血圧の関連 国内会議

    吉田 潮, 藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム抄録集  2019年01月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Plasma Omentin Levels Are Inversely Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Masami Hatamori, Tomoaki Morioka, Mariko Senda, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    第12回国際糖尿病連合西太平洋会議/第10回アジア糖尿病学会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Factors Associated with Plasma Omentin Levels in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Tomoaki Morioka, Mariko Hayashi, Masami Hatamori, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    第12回国際糖尿病連合西太平洋会議/第10回アジア糖尿病学会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 腎不全に伴うサルコペニアにオンコスタチンMが関与する 国内会議

    三木祐哉,森岡与明,塩井 淳,佐倉剛史,角谷佳則,藤元健太,上殿英記,森 克仁,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 専門外来でのチーム医療によりCSII導入後早期に血糖コントロールの改善が得られた症例 国内会議

    角谷 佳則,森岡 与明,畑森 雅美,森田 けやき,広田 知依,江尻 加奈子,服部 俊一,藤本 浩毅,播磨 美佳 ,絵本 正憲,稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 局所インスリンアレルギー反応および抗インスリン抗体陽性を認めた妊娠糖尿病の1例 国内会議

    宮島 雅子, 山崎 祐子, 林 麻里子, 島崎 郁司, 片山 浩子, 森岡 与明, 橘 大介, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 古山 将康, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 専門外来におけるFreeStyleリブレProを用いた多職種連携によるチーム医療 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 角谷 佳則, 森田 けやき, 広田 知依, 江尻 加奈子, 服部 俊一, 藤本 浩毅, 播磨 美佳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 専門外来でのチーム医療によりCSII導入後早期に血糖コントロールの改善が得られた症例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 畑森 雅美, 森田 けやき, 広田 知依, 江尻 加奈子, 服部 俊一, 藤本 浩毅, 播磨 美佳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 変性した膠原線維の増生を伴ったインスリン由来限局性アミロイドーシスの1例 国内会議

    吉田 潮, 角谷 佳則, 中野 雅信, 三木 祐哉, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森木 安紗子, 菅原 弘二, 絵本 正憲, 鶴田 大輔, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右下肢蜂窩織炎を契機に大腿骨化膿性骨髄炎が判明した2型糖尿病の1例 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 首藤 亜侑美, 上村 卓也, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 中村 博亮, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の血糖コントロール悪化の原因として脳腫瘍が考えられた1例 国内会議

    玉井 宏介, 越智 章展, 島本 宜紀, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 中条 公輔, 森岡 与明, 絵本 正憲, 大畑 建治, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の橈骨皮質骨厚とCD16陽性単球の関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病のGA、GA/HbA1cに対する内臓脂肪面積の関連 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1型糖尿病の経過中にtriple X症候群と判明した1例 国内会議

    中舎 璃乃, 越智 章展, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 日野 雅之, 稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 専門外来におけるFreeStyleリブレProを用いた多職種連携によるチーム医療 国内会議

    畑森 雅美,森岡 与明,角谷 佳則,森田 けやき,広田 知依,江尻 加奈子,服部 俊一,藤本 浩毅,播磨 美佳 ,絵本 正憲,稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右下肢蜂窩織炎を契機に大腿骨化膿性骨髄炎が判明した2型糖尿病の一例 国内会議

    三木 祐哉,森岡 与明,首藤 亜侑美,上村 卓也,角谷 佳則,山崎 祐子,塩井 淳,庄司 哲雄,絵本 正憲,中 村 博亮,稲葉 雅章

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎臓病 2型糖尿病におけるDiabetic Kidney Diseaseの経時的変遷 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 森 克仁, 越智 章展, 山崎 祐子, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    第33回日本糖尿病合併症学会  2018年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 動脈硬化 2型糖尿病におけるオメンチンと動脈硬化・血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 林 麻里子, 畑森 雅美, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第33回日本糖尿病合併症学会  2018年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 2型糖尿病におけるオメンチンと動脈硬化・血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡与明,林麻里子,畑森雅美,朝田真里子,山崎祐子,角谷佳則,元山宏華,森 克仁,福本真也,塩井 淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第33回日本糖尿病合併症学会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 血漿omentin濃度は2型糖尿病患者の動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オンコスタチンMはSTAT3を介して骨格筋萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • インスリン抵抗性は、内臓脂肪面積と独立して、キサンチン酸化還元酵素活性と関連する 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 石原 拓磨, 郷 洋文, 山本 紘司, 森岡 与明, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 稲葉 雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における睡眠深度と肥満との関連性 国内会議

    広田 知依, 森岡 与明, 与田 紘一郎, 都井 律和, 林 礼行, 丸尾 沙織, 藏城 雅文, 山田 真介, 吉田 政樹, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オンコスタチンMはSTAT3を介して骨格筋萎縮に関与する 国内会議

    三木祐哉,森岡与明,塩井 淳,佐倉剛史,角谷佳則,藤元健太,上殿英記,森 克仁,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血漿omentin濃度は2型糖尿病患者の血管内皮機能に関連する 国内会議

    林 麻里子, 森岡 与明, 畑森 雅美, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    第39回日本肥満学会  2018年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 明日に役立つ実践・糖尿病治療 招待 国内会議

    森岡 与明

    第4回研修医の明日に役立つ実践セミナー  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 脂肪酸を識る 2型糖尿病・慢性腎臓病における多価不飽和脂肪酸代謝異常の血管機能・心血管イベントへの関与 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 庄司 哲雄

    第50回日本動脈硬化学会総会  2018年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 心血管疾患を有さない2型糖尿病患者において血漿omentin濃度は動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森雅美、森岡与明、千田麻里子、朝田真里子、山崎祐子、角谷佳則、元山宏華、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第50回日本動脈硬化学会総会  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 大血管障害を有する2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田麻里子、森岡与明、朝田真理子、角谷佳則、山崎祐子、元山宏華、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第50回日本動脈硬化学会総会  2018年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 関節リウマチ治療強化前後における睡眠動態の変化について 国内会議

    林 礼行, 山田 真介, 都井 律和, 広田 知依, 森岡 与明, 吉田 政樹, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本睡眠学会第43回定期学術集会  2018年07月  (一社)日本睡眠学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 人間ドック受診者におけるキサンチン酸化還元酵素活性と糖代謝との関連 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    痛風と核酸代謝  2018年07月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Masami Hatamori, Tomoaki Morioka, Mariko Senda, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    第78回米国糖尿病学会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Sleep Quarity Is Assicuated with Obesity in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Tomoe Hirota, Tomoaki Morioka, Koichiro Yoda, Norikazu Toi, Noriyuki Hayashi, Saori Maruo, Masafumi Kurajoh, Shinsuke Yamada, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    第78回米国糖尿病学会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Vascular Endothelial Function in Patients with Type 2 Diabetes and Cardiobascular Diseases. 国際会議

    Mariko Senda, Tomoaki Morioka, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    第78回米国糖尿病学会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • AdenosineはA3 receptorを介してヒト血管平滑筋細胞によるin vitroでの石灰化を抑制する 国内会議

    藤元 健太, 塩井 淳, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃切除後の食後高血糖に対するボグリボースの効果をCGMで検討した2型糖尿病の1例 国内会議

    森田 けやき, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗GAD抗体陰性で抗IA-2抗体陽性であった高齢発症1型糖尿病の1例 国内会議

    畑森 雅美, 千田 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心血管疾患を有さない2型糖尿病患者において血漿omentin濃度は動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大血管障害を有する2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スタチン関連ミオパチーを認めた家族性高コレステロール血症合併2型糖尿病の1症例 国内会議

    待場 優里, 森岡 与明, 丸尾 沙織, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 竹内 潤, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 伊藤 義彰, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血糖是正後に右腓骨神経麻痺が出現した2型糖尿病の1例

    宮島 雅子, 元山 宏華, 丸尾 沙織, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2 型糖尿病患者において睡眠深度は肥満に関連する 国内会議

    広田知依,森岡与明,与田紘一郎,都井律和,林礼行,丸尾沙織,藏城雅文,山田真介,吉田政樹,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2 型糖尿病患者における血漿omentin 濃度と動脈硬化との関連 国内会議

    畑森雅美,森岡与明,千田麻里子,朝田真里子,山崎祐子,角谷佳則,元山宏華,森克仁,福本真也,塩井淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オンコスタチンM はマウス筋管細胞の萎縮に関与する 国内会議

    三木祐哉,森岡与明,佐倉剛史,角谷佳則,藤元健太,上殿英記,森克仁,塩井淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2 型糖尿病患者における血漿omentin 濃度の検討 国内会議

    森岡与明,千田麻里子,朝田真里子,角谷佳則,山崎祐子,元山宏華,森克仁,福本真也,塩井淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2 型糖尿病患者における血漿omentin 濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田麻里子,森岡与明,朝田真里子,角谷佳則,山崎祐子,元山宏華,森克仁,福本真也,塩井淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ME/CFS患者の睡眠障害について 国内会議

    山田 真介, 林 礼行, 都井 律和, 広田 知依, 山口 浩二, 藏城 雅文, 森岡 与明, 吉田 政樹, 倉恒 弘彦, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本疲労学会誌  2018年05月  日本疲労学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fetuin-A-containing calciprotein particles(CPP)の肝でのetuin-A発現調節 国内会議

    上殿 英記, 森 克仁, 越智 章展, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 藤元 健太, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2018年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Diabetic kidney diseaseにおける血管内皮機能とeGFR・アルブミン尿の関連性 国内会議

    絵本 正憲, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2018年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中単球サブセットとfetuin-A、インスリン抵抗性との関係 国内会議

    丸尾 沙織, 森 克仁, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 中村 美之, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性人間ドック受診者において糖代謝はキサンチン酸化還元酵素活性と関連する 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 実臨床におけるダパグリフロジンの臨床因子、QOLへの効果の検討 多施設共同前向き調査 国内会議

    上野 宏樹, 栗原 琴美, 玉井 杏奈, 小原 正也, 浦田 博美, 元山 宏華, 森岡 与明, 辻本 吉広, 宮本 雅史, 絵本 正憲, 細井 雅之, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • キサンチン酸化還元酵素活性と糖代謝との関連 人間ドック受診者における検討 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2018年04月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オンコスタチンMはマウス筋管細胞の萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SGLT2阻害薬の糸球体濾過量に対する影響 国内会議

    森 克仁, 上田 修子, 津田 昌宏, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 元山 宏華, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2018年04月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fetuin-A-containing calciprotein particles(CPP)による肝fetuin-A発現調整 国内会議

    上殿 英記, 森 克仁, 越智 章展, 藤元 健太, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 塩井 淳

    日本腎臓学会誌  2018年04月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Diabetic kidney diseaseにおける頸動脈肥厚度とeGFRおよびアルブミン尿との関連 国内会議

    山崎 祐子, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Diabetic kidney diseaseにおける血管内皮機能とeGFRおよびアルブミン尿との関連 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度の検討 国内会議

    森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と動脈硬化との関連 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において睡眠深度は肥満に関連する 国内会議

    広田 知依, 森岡 与明, 与田 紘一郎, 都井 律和, 林 礼行, 丸尾 沙織, 藏城 雅文, 山田 真介, 吉田 政樹, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患は内臓肥満者でのみ2型糖尿病と関連する

    福本 真也, 絵本 正憲, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 河田 則文, 平田 一人, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • アデニン誘導性腎不全マウスにおけるサルコペニアにオンコスタチンMが関与する 国内会議

    三木祐哉、森岡与明、佐倉剛史、角谷佳則、藤元健太、上殿英記、森克仁、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第30回腎と脂質研究会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能障害を有する2型糖尿病患者において血漿omentin濃度は血管内皮機能に関連する 国内会議

    千田麻里子、森岡与明、朝田真里子、角谷佳則、山崎祐子、元山宏華、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第30回腎と脂質研究会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は大動脈スティフネスと関連する 国内会議

    佐倉剛史、森岡与明、塩井淳、角谷佳則、三木祐哉、山崎祐子、元山宏華、森克仁、福本真也、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第30回腎と脂質研究会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 正常体重および過体重の若年者に対する鼻腔内insulin投与が運動中の脂肪酸化に及ぼす作用(Effects of intranasal insulin administration on fat oxidation during exercise in normal-weight and overweight young individuals) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Hanno Genta, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人間ドック受診者におけるキサンチン酸化還元酵素活性と糖代謝との関連 国内会議

    藏城 雅文, 福本 真也, 永田 友貴, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 山田 真介, 森 克仁, 今西 康雄, 絵本 正憲, 平田 一人, 村瀬 貴代, 中村 敬志, 稲葉 雅章

    日本痛風・核酸代謝学会総会プログラム抄録集  2018年01月  (一社)日本痛風・尿酸核酸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康な若年者において鼻腔内投与による脳へのインスリン送達により運動中の脂肪酸化が減少する(Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young individuals) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Hanno Genta, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • それぞれの糖尿病合併症から他の合併症を眺める 動脈硬化から腎・眼・神経合併症を考える Diabetic Kidney Diseaseを中心に 国内会議

    絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食事療法・運動療法 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山 久代, 竹田 良祐, 河合 英理子, 半野 源太, 太田 暁美, 森田 恵美子, 今井 大喜, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管・動脈硬化 2型糖尿病患者におけるオメンチンと血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 瓦林 令奈, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管・動脈硬化 2型糖尿病における動脈硬化とDiabetic Kidney Diseaseの関連性 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 元山 宏華, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎症 SGLT2阻害薬の糸球体濾過量(GFR)に対する影響(eGFRcreat・eGFRcys・イヌリンクリアランスの比較) 国内会議

    森 克仁, 上田 修子, 津田 昌宏, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アデニン誘導性腎不全マウスにおけるサルコペニアにオンコスタチンMが関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌  2017年10月  (一社)日本サルコペニア・フレイル学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病において血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は動脈硬化と関連する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 元山 宏華, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹部CTにて偶然インスリン皮下結節が指摘された2型糖尿病の1例 国内会議

    三木 祐哉, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性腎臓病を伴う2型糖尿病における尿中鉄測定の意義 国内会議

    仲谷 慎也, 石村 栄治, 富畑 あゆ美, 都井 律和, 津田 昌宏, 山田 真介, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院入院の若年発症糖尿病患者における検討 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 妊娠初期にGA低値で経過した肥満糖尿病の1例 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 角谷 佳則, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ルセオグリフロジン投与後に夜間血糖が安定化した肥満2型糖尿病の1例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ソフトドリンクケトアシドーシスをきたした肥満2型糖尿病の1例 国内会議

    森岡 史行, 元山 宏華, 福田 裕介, 三木 祐哉, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カナグリフロジンを安全に投与しえた高齢者2型糖尿病の1例 国内会議

    曽根 一真, 朝田 真里子, 森岡 与明, 三木 祐哉, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリンアレルギーが疑われた1型糖尿病の1例 国内会議

    千田 麻里子, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標」策定に伴う現状調査 国内会議

    河崎 尚史, 元山 宏華, 高橋 典子, 西川 武司, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 永山 勝也

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病透析患者に対するテネリグリプチン投与による血中fetuin-A濃度への影響 国内会議

    上殿 英記, 森 克仁, 和田 憲嗣, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 元山 宏華, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病透析患者におけるオマリグリプチン切り替えによる血糖コントロールに対する影響 国内会議

    林 礼行, 森 克仁, 藤井 智子, 山田 真介, 元山 宏華, 森岡 与明, 今西 康雄, 絵本 正憲, 岡田 茂樹, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者におけるSGLT2阻害薬のイヌリンクリアランスで評価した腎機能に対する影響 国内会議

    上田 修子, 森 克仁, 津田 昌宏, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 元山 宏華, 森岡 与明, 石村 栄治, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の血管内皮機能に対するオメンチンとアディポネクチンとの関連性の相異 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 瓦林 令奈, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2017年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における腎内Renin-angiotensin system(RAS)活性 国内会議

    仲谷 慎也, 石村 栄治, 津田 昌宏, 森 克仁, 元山 宏華, 森岡 与明, 長沼 俊秀, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における内臓脂肪面積とGA、GA/HbA1cとの関連 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 広田 知依, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2017年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるインスリン抵抗性とfetuin-A、血中単球サブセットとの関係 国内会議

    森 克仁, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 中村 美之, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2017年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 瓦林 令奈, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 信也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2017年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチ患者の治療前後における睡眠の変化について 国内会議

    林 礼行, 山田 真介, 都井 律和, 広田 知依, 森岡 与明, 吉田 政樹, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2017年06月  (一社)日本睡眠学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 睡眠障害を有する2型糖尿病患者において、睡眠治療介入は血糖コントロールを改善させる 国内会議

    都井 律和, 山田 真介, 林 礼行, 広田 知依, 与田 紘一郎, 藏城 雅文, 森岡 与明, 吉田 政樹, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2017年06月  (一社)日本睡眠学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ME/CFS(筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群)における睡眠障害について 国内会議

    山田 真介, 林 礼行, 都井 律和, 広田 知依, 山口 浩二, 森岡 与明, 吉田 政樹, 倉恒 弘彦, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2017年06月  (一社)日本睡眠学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるGA/HbA1c比と体脂肪組成の関係 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山 久代, Naghavi Nooshin, 竹田 良祐, 太田 暁美, 森田 恵美子, 河合 英理子, 半野 源太, 今井 大喜, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と2型糖尿病の併存および発症リスクとの関連は内臓脂肪蓄積を介する 国内会議

    福本 真也, 絵本 正憲, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 河田 則文, 平田 一人, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病患者における腎機能と認知機能の関連に対する血漿ホモシステイン濃度と無症候性脳血管障害の関与 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 長沼 俊秀, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 下野 太郎, 藤井 比佐子, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2017年04月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SGLT2阻害薬のイヌリンクリアランスで評価した糸球体濾過量への影響 国内会議

    森 克仁, 上田 修子, 津田 昌宏, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 元山 宏華, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連性 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 瓦林 令奈, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における末梢血単球CD163発現とインスリン抵抗性の関連 国内会議

    瓦林 令奈, 元山 宏華, 中村 美之, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における夜間血糖変動に対するSGLT2阻害薬 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 上田 修子, 瓦林 令奈, 中村 美之, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は大動脈スティフネスと関連する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 三木 祐哉, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における炎症性単球サブセットと各種動脈硬化指標との関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析患者における多価不飽和脂肪酸代謝異常 国内会議

    桑村 幸伸, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 園田 実香, 森岡 与明, 森 克仁, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2016年09月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2016年09月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3T3-L1脂肪細胞においてOncostatin Mは褐色化を抑制する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2016年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における睡眠の質と肥満との関連性 国内会議

    広田 知依, 森岡 与明, 与田 紘一郎, 都井 律和, 林 礼行, 森上 浩和, 朝田 真里子, 山田 真介, 吉田 政樹, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2016年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者の血糖コントロールと睡眠障害の関連性について 国内会議

    都井 律和, 与田 紘一郎, 林 礼行, 広田 知依, 宮岡 大知, 山田 真介, 吉田 政樹, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2016年07月  (一社)日本睡眠学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病患者における認知機能障害 無症候性脳血管障害及び腎機能の関与 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 伸幸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 睡眠の質は2型糖尿病における肥満度に関連する 国内会議

    広田 知依, 森岡 与明, 与田 紘一郎, 都井 律和, 林 礼行, 森上 浩和, 朝田 真里子, 山田 真介, 吉田 政樹, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2016年07月  (一社)日本睡眠学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 発症後巨大陰性T波が出現した84歳高齢劇症1型糖尿病の1例 国内会議

    広田 知依, 元山 宏華, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗精神病薬投与中に糖尿病ケトアシドーシスを伴って発症した1型糖尿病の1例 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性疲労症候群患者の睡眠障害について 国内会議

    林 礼行, 山田 真介, 都井 律和, 広田 知依, 山口 浩二, 森岡 与明, 吉田 政樹, 倉恒 弘彦, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集  2016年07月  (一社)日本睡眠学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急激な腎機能低下からIgG4関連腎臓病の併発が判明した2型糖尿病の1症例 国内会議

    朝田 真里子, 森岡 与明, 小林 郁江, 林 礼行, 一居 充, 森 克仁, 石村 栄治, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発不明で剖検にて膵癌(未分化癌)と判明した2型糖尿病の1症例 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 浦田 博美, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は2型糖尿病患者において肥満、インスリン抵抗性および動脈硬化と関連する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 園田 実香, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2016年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アデニン誘導性腎不全マウスにおける悪液質に白色脂肪細胞の褐色化が関与する 国内会議

    森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2016年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液透析患者における多価不飽和脂肪酸代謝異常 国内会議

    桑村 幸伸, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 園田 実香, 森岡 与明, 森 克仁, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2016年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における中間型CD14++CD16+単球サブセットと動脈硬化指標との関連 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 奥手 祐治郎, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 裕子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Oncostatin Mは3T3-L1脂肪細胞の褐色化を抑制する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病末梢血単球表面GLP-1受容体発現の動脈硬化における臨床的意義 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 片岡 美之, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD163発現と血流依存性血管拡張反応(FMD)との関連 国内会議

    瓦林 令奈, 元山 宏華, 片岡 美之, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 松本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血糖管理に対する在宅食事指導用ポーションコントロールツールの有用性 非盲検ランダム化並行群間比較試験による検討 国内会議

    福本 真也, 森岡 与明, 藤本 浩毅, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 田中 史生, 森崎 珠実, 塚田 定信, 絵本 正憲, 河田 則文, 平田 一人, 稲葉 雅章

    総合健診  2016年01月  (一社)日本総合健診医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 生体腎移植術の周術期に良好な血糖管理をなし得た透析療法期1型糖尿病の症例 国内会議

    小原 正也, 森岡 与明, 山崎 祐子, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2015年12月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血漿C1q/TNF-related protein-9濃度の臨床的意義 国内会議

    森岡 与明, 朝田 真里子, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 佐倉 剛史, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2015年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者において内臓脂肪型肥満は頸動脈硬化度に関連する 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2015年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 異なった治療選択をしたGAD抗体低値緩徐進行1型糖尿病の2症例 国内会議

    片岡 美之, 元山 宏華, 三島 誉史, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行した合併症を有する2型糖尿病にインスリノーマが併発した1症例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 福本 真也, 絵本 正憲, 石村 栄治, 天野 良亮, 平川 弘聖, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年07月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Injectable Cell Scaffold併用血管新生療法の糖尿病下肢虚血マウスにおける有効性 国内会議

    福本 真也, 武田 紘治, 佐藤 秀樹, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 古薗 勉, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非侵襲的動脈硬化検査をガイドラインにどう反映させるか エコートラッキング法による頸動脈stiffness parameter β 測定法とエビデンスから考える臨床的意義 国内会議

    絵本 正憲, 元山 宏華, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管石灰化におけるマクロファージ低酸素誘導因子の役割 Oncostatin Mの発現調節 国内会議

    角谷 佳則, 塩井 淳, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 岡崎 博一, 小山 英則, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者における内臓脂肪型肥満と頸動脈硬化度との関連 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD163発現と動脈硬化危険因子との関連 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は食後のGLP-1分泌を増加させる 国内会議

    平沢 良和, 横山 久代, Nooshin Naghavi, 山科 吉弘, 竹田 良祐, 太田 暁美, 今井 大喜, 岡崎 和伸, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 宮側 敏明

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 桑村 幸伸, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2015年04月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病下肢虚血マウスにおけるInjectable Cell Scaffold併用血管新生療法の有効性 国内会議

    福本 真也, 武田 紘治, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 男性2型糖尿病患者において内臓脂肪蓄積は頸動脈硬化度と関連する 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性腎不全患者における多価不飽和脂肪酸プロフィールとdelta5-desaturase index 国内会議

    桑村 幸伸, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 園田 実香, 森岡 与明, 森 克仁, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2015年04月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後肢の虚血を伴う糖尿病マウスにおける、注入可能な細胞の足場を用い、障害を受けた細胞を利用した治療的血管新生による回復(Restoration of impaired cell-based therapeutic angiogenesis in diabetic mice with hindlimb ischemia by Injectable cell scaffold) 国内会議

    Fukumoto Shinya, Takeda Koji, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康な若年の成人における急激な運動による血清イリシン濃度の上昇は食事誘発性の熱産生を調節しない(Elevation of serum irisin level by acute exercise does not modulate diet-induced thermogenesis in healthy young adults) 国内会議

    Nooshin Naghavi, Yokoyama Hisayo, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Miyagawa Toshiaki

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿C1q/TNF-related protein-9濃度の検討 国内会議

    森岡 与明, 朝田 真里子, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血漿多価不飽和脂肪酸濃度は血管内皮機能に関連する 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 日浦 義和, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血漿C1q/TNF-related protein-9濃度は動脈硬化に関連する 国内会議

    朝田 真里子, 森岡 与明, 森上 浩和, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血流依存性血管拡張反応(FMD)の経時解析 国内会議

    山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 角谷 佳則, 朝田 真里子, 森上 浩和, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における橈骨遠位端皮質骨厚と関連する骨代謝マーカーの検討 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 山崎 祐子, 山田 真介, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ASVSで存在が疑われるも画像による描出が困難であった微小インスリノーマの1例 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 畑山 美樹, 曹 寿幸, 森岡 与明, 福本 真也, 河本 泉, 今村 正之, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転移性大腸癌の分子標的薬に起因すると考えられたインスリン自己免疫症候群の1例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 川野 直也, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 木村 健二郎, 大平 雅一, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵外分泌機能不全による慢性下痢症に膵消化酵素補充療法が奏功した1型糖尿病の1例 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 元山 宏華, 木津 あかね, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病合併CKD患者におけるステロール合成・吸収とレムナントリポ蛋白との関連 国内会議

    庄司 哲雄, 木本 栄司, 園田 実香, 奥手 祐治郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年12月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン抗体を有し著明な高血糖・ケトアシドーシスを呈した糖尿病透析患者の1例 国内会議

    瓦林 令奈, 山崎 祐子, 中条 美月, 角谷 佳則, 仲谷 慎也, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レパグリニドによる糖尿病保存期腎不全の血糖コントロールにおける5症例の検討 国内会議

    沼口 隆太郎, 森 克仁, 絵本 正憲, 浦田 博美, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年11月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者において血中多価不飽和脂肪酸濃度は肥満・レプチン感受性に関連する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 今村 哲史, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 森上 浩和, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    肥満研究  2014年10月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病においてレプチンは動脈硬化に関連する 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2014年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 半月体形成性糸球体腎炎を合併したIgG4関連腎臓病(IgG4-RKD)の1例 国内会議

    林 礼行, 朝田 真里子, 小林 郁江, 角谷 佳則, 一居 充, 森岡 与明, 森 克仁, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2014年08月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血漿多価不飽和脂肪酸プロファイルと血管内皮機能との関係 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2014年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インドキシル硫酸による肝細胞のfetuin-A発現抑制にはAryl Hydrocarbon Receptorが関与する 国内会議

    越智 章展, 森 克仁, 仲谷 慎也, 森岡 与明, 今西 康雄, 絵本 正憲, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2014年05月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎機能低下に伴うコレステロール吸収の亢進とレムナントリポ蛋白蓄積 糖尿病患者における横断的研究 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 木本 栄司, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2014年05月  (一社)日本腎臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インドキシル硫酸はAryl Hydrocarbon Receptorを介して肝細胞のfetuin-A発現を抑制する 国内会議

    越智 章展, 森 克仁, 仲谷 慎也, 森岡 与明, 今西 康雄, 絵本 正憲, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2014年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるDual BIA法による内臓脂肪面積とインスリン抵抗性関連因子の検討 国内会議

    森上 浩和, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病におけるレプチンの頸動脈硬化度に及ぼす影響 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病患者における慢性腎臓病、無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 嶋 英昭, 奥手 祐治郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レパグリニドの糖尿病保存期腎不全患者の血糖コントロールに対する効果 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者の血糖管理に対するポーションコントロールツールの開発とその有用性 国内会議

    武田 紘治, 福本 真也, 藤本 浩毅, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 塚田 定信, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血中多価不飽和脂肪酸濃度 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における末梢血単球表面GLP-1受容体発現と関連する因子の解析 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2014年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肥満2型糖尿病患者において血中レプチン濃度は頸動脈硬化度と関連する 国内会議

    沼口 隆太郎, 森岡 与明, 山崎 祐子, 今村 哲史, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    肥満研究  2013年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者におけるピオグリタゾンとグリメピリドのRAGEおよび可溶性RAGEに対する影響 無作為群間比較試験、PioRAGE 国内会議

    小山 英則, 田中 新二, 門田 真砂世, 三間 洋平, 庄司 拓仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 山本 徹也, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2013年06月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 持続血糖モニターを用いた糖尿病性保存期腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型インスリン製剤の有効性 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 一居 充, 仲谷 慎也, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2013年05月  (一社)日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における単球CD14+CD16+/CD14++CD16-サブセットと関連する因子 国内会議

    元山 宏華, 絵本 正憲, 三島 誉史, 今村 哲史, 武田 紘治, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細胞移植/血管新生療法の効果を増幅するNano Scaffoldの糖尿病重症下肢虚血に対する有効性の検討 国内会議

    武田 紘治, 福本 真也, 三間 洋平, 松田 晶二郎, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 絵本 正憲, 古薗 勉, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 持続血糖モニターを用いた糖尿病性腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型インスリン製剤の有効性の評価 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト血管内皮細胞においてTumor necrosis factor-αはJNK-、p38-MAP kinaseとATF4を介して終末糖化産物受容体(RAGE)のsheddingを促進する 国内会議

    小山 英則, 門田 真佐世, 庄司 拓仁, 森岡 与明, 藏城 雅文, 塩井 淳, 山本 徹也, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2013年04月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン非使用2型糖尿病患者におけるカーボカウント食事療法の有効性の検討(4C study) 国内会議

    福本 真也, 細井 雅之, 川村 智行, 庄司 繁市, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン抵抗性惹起糖蛋白質fetuin-Aの肝での発現調節(pioglitazoneの影響) 国内会議

    越智 章展, 森 克仁, 絵本 正憲, 仲谷 慎也, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • RAGEおよび可溶性RAGEに対するピオグリタゾンとグリメピリドの無作為群間比較試験(PioRAGE) 国内会議

    小山 英則, 田中 新二, 門田 真砂世, 三間 洋平, 庄司 拓仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 福井 充, 藤井 比佐子, 山本 徹也, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • <治療に活かす>動脈硬化超音波診断の最前線 エコートラッキング法によるStiffness parameter β その測定と臨床的意義 国内会議

    絵本 正憲, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    超音波医学  2013年04月  (公社)日本超音波医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血管内皮機能と腎機能の関連性 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 山崎 祐子, 川野 直也, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中レプチン・可溶性レプチン受容体濃度とインスリン感受性・β細胞機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における炎症性CD14+CD16+単球サブセットと動脈硬化指標との関連 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 今村 哲史, 武田 紘治, 沼口 隆太郎, 浦田 博美, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 空腹時低血糖を呈さないインスリノーマの1症例 国内会議

    今村 哲史, 森岡 与明, 川野 直也, 北尾 彰代, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 緊急帝王切開術中もCSIIにて血糖管理し得た1型糖尿病合併妊娠の1例 国内会議

    沼口 隆太郎, 福本 真也, 浦田 博美, 三島 誉史, 今村 哲史, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2013年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レプチンシグナルを欠損する膵ラ氏島においてGLP-1およびスルホニル尿素剤によるインスリン分泌は増強する 国内会議

    森岡 与明, Jf Dishinger, Kr Reid, Cw Liew, T Zhang, 稲葉 雅章, Rt Kennedy, Rn Kulkarni

    大阪市医学会雑誌  2012年12月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中レプチン、可溶性レプチン受容体濃度と動脈壁肥厚・硬化との関連性 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 川野 直也, 浦田 博美, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    肥満研究  2012年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低血糖を繰り返し脳MRIにて両側海馬病変を認めた1型糖尿病の1例 国内会議

    三島 誉史, 元山 宏華, 竹内 珠貴, 三間 洋平, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 武田 景敏, 嶋田 裕之, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリン自己注射困難症な糖尿病透析患者における週3回インスリン治療(TWINS) 国内会議

    庄司 哲雄, 絵本 正憲, 森 克仁, 森岡 与明, 福本 真也, 高橋 達也, 松本 昭英, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2012年09月  大阪透析研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血中TRAIL濃度と血管内皮機能との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 日浦 義和, 川野 直也, 浦田 博美, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病の経過中に自己免疫性膵炎を急発症した症例 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 田中 新二, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章, 森川 浩安, 河田 則文

    糖尿病  2012年09月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血中可溶性レプチン受容体濃度と動脈壁肥厚・硬化との関連性 国内会議

    山崎 祐子, 森岡 与明, 川野 直也, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工膵臓最新型および旧型モデルによる標準グルコースクランプ法の比較検討 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 今村 哲史, 沼口 隆太郎, 川野 直也, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血清尿酸値と動脈硬化指標との関連性 国内会議

    李 英子, 絵本 正憲, 川野 直也, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 三間 洋平, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2012年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血清undercarboxylated osteocalcinと正常血糖クランプ法で評価したインスリン抵抗性との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 山田 真介, 永田 友貴, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 後藤 仁志, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    Osteoporosis Japan  2011年11月  ライフサイエンス出版(株)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • くる病、骨軟化症における血清P1NPの検討 国内会議

    永田 友貴, 今西 康雄, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 三木 隆己, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    Osteoporosis Japan  2011年11月  ライフサイエンス出版(株)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血管障害 2型糖尿病患者における血中TRAIL濃度と血管内皮機能との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 日浦 義和, 川野 直也, 浦田 博美, 山崎 祐子, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2011年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎症 2型糖尿病における内皮非依存性血管拡張反応はCKD stage進展とともに低下する 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 奥野 泰久, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2011年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃排出シンチグラフィによる糖尿病性胃腸症の評価 国内会議

    小谷 晃平, 川村 悦史, 吉田 敦史, 東山 滋明, 河邉 讓治, 川野 直也, 森岡 与明, 森 克仁, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 塩見 進

    核医学  2011年09月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レプチンシグナルによる膵β細胞機能調節 国内会議

    森岡 与明, Wee Liew Chong, John Dishinger F., Kendra Reid R., 絵本 正憲, 稲葉 雅章, Robert Kennedy T., Rohit Kulkarni N.

    肥満研究  2011年09月  (一社)日本肥満学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒト内皮細胞において腫瘍壊死因子-αは、JNK-、p38-MAPキナーゼ、ATF4経路を介して最終糖化産物に対する受容体のsheddingを刺激する(Tumor necrosis factor-α stimulates shedding of receptor for advanced glycation end-products through JNK-, p38-MAP kinase and ATF4 pathway in human endothelial cells) 国内会議

    Monden Masayo, Koyama Hidenori, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Kurajyo Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血管機能と合併症の関連性 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 庄司 哲雄, 奥野 泰久, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病性自律神経障害が下肢末梢循環に及ぼす影響は部位によって異なる 国内会議

    福本 真也, 三間 洋平, 上野 宏樹, 森岡 与明, 田中 新二, 森 克仁, 小山 英則, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病性腎不全患者の血糖コントロールにおける超速効型・速効型インスリン製剤の比較 国内会議

    浦田 博美, 森 克仁, 絵本 正憲, 川野 直也, 山崎 祐子, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者におけるundercarboxylated osteocalcinとインスリン抵抗性との関係 国内会議

    森 克仁, 絵本 正憲, 李 英子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 今西 康雄, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CGM装着によるスキントラブルに関する検討 国内会議

    江尻 加奈子, 好光 いおり, 濱田 洋子, 浦田 博美, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃排出シンチグラフィーを用いた糖尿病性胃腸症の検討 国内会議

    小谷 晃平, 川村 悦史, 吉田 敦史, 川野 直也, 東山 滋明, 森岡 与明, 森 克仁, 河邉 讓治, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 塩見 進

    日本消化器病学会雑誌  2011年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病における血管内皮機能とトレンド解析 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 森 克仁, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 元山 宏華, 森岡 与明, 小山 英則, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性副甲状腺機能亢進症に腎不全を合併し著明なPTH上昇を認めた2型糖尿病の1例 国内会議

    濱本 佳恵, 山田 真介, 今西 康雄, 森岡 与明, 蔵城 雅文, 絵本 正憲, 石村 栄治, 西澤 良記, 稲葉 雅章, 森下 寿々枝

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SU剤内服患者のシタグリプチン併用における血糖日内変動の検討(CGMによる比較) 国内会議

    浦田 博美, 森岡 与明, 元山 宏華, 西村 真貴, 土蔵 尚子, 森 克仁, 庄司 哲雄, 小山 英則, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • DPP4阻害薬薬への変更でインスリン抗体起因性低血糖症が改善した1症例 国内会議

    土蔵 尚子, 福本 真也, 浦田 博美, 森岡 与明, 田中 新二, 絵本 正憲, 小山 英則, 庄司 哲雄, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    糖尿病  2011年03月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるアルブミン尿とeGFRの頸動脈壁硬化・大動脈脈波速度に及ぼす影響 国内会議

    山崎 祐子, 絵本 正憲, 土蔵 尚子, 李 英子, 川野 直也, 浦田 博美, 森岡 与明, 森 克仁, 田中 新二, 福本 真也, 小山 英則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖尿病における血管内皮機能と頸動脈硬化症 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 李 英子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 森岡 与明, 森 克仁, 小山 英則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 循環血液中可溶型RAGEに対する糖尿病治療薬の影響 ピオグリタゾンとグリメピリドの多施設無作為比較試験(PioRAGE)(第1報) 国内会議

    田中 新二, 小山 英則, 三間 洋平, 福本 真也, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 庄司 哲雄, 倉戸 真砂世, 福井 充, 藤井 比佐子, 細井 雅之, 上野 宏樹, 日浦 義和, 庄司 繁市, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レプチンシグナルを欠損する膵β細胞においてGLP-1およびSU剤によるインスリン分泌反応は増強する 国内会議

    森岡 与明, Dishinger John, Reid Kendra, Kennedy Robert, Kulkarni Rohit, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Pioglitazoneによる終末糖化産物受容体(RAGE)依存性及び非依存性の脂肪分布調節作用 国内会議

    大塚 淑子, 小山 英則, 森岡 与明, 倉戸 真砂代, 森 克仁, 塩井 淳, 田中 新二, 福本 真也, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病患者における血中TRAIL濃度と動脈硬化、プラーク石灰化との関係 国内会議

    李 英子, 森 克仁, 絵本 正憲, 川野 直也, 山崎 祐子, 浦田 博美, 土蔵 尚子, 三間 洋平, 小林 郁江, 森岡 与明, 小山 英則, 庄司 哲雄, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病におけるインスリン抵抗性とその推定値に関する臨床的検討 人工膵臓による標準的グルコースクランプ法の成績から 国内会議

    浦田 博美, 絵本 正憲, 森岡 与明, 森 克仁, 李 英子, 川野 直也, 山崎 祐子, 小山 英則, 庄司 哲雄, 奥野 泰久, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における微量アルブミン尿とeGFRの動脈壁硬化に及ぼす影響 国内会議

    山崎 祐子, 絵本 正憲, 土蔵 尚子, 李 英子, 川野 直也, 森岡 与明, 田中 新二, 小山 英則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2型糖尿病における血管内皮機能と頸動脈硬化症 国内会議

    川野 直也, 絵本 正憲, 森 克仁, 山崎 祐子, 浦田 博美, 李 英子, 森岡 与明, 小山 英則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年02月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • 肥満からの肝発癌における腸内細菌叢の役割解明とそれに基づいた発癌予防策の確立

    基盤研究(C)  2019年04月

  • 慢性腎臓病に伴うサルコペニアにおけるオンコスタチンMの役割

    基盤研究(C)  2018年04月

  • レプチンの膵β細胞機能と量における役割

    若手研究(B)  2009年04月

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:治験責任医師

    特記事項:日本人の肥満症患者を対象として,BI456906を皮下投与したときの有効性及び安全性をプラセボと比較する,ランダム化,二重盲検,並行群間,76週間,第III相試験
    2024.2開始

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:治験分担医師

    特記事項:協和キリン,バルドキソロンメチル(RTA 402)の国内第3相試験

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:治験責任医師

    特記事項:日本人2型糖尿病患者を対象とした経口血糖降下薬単剤との併用療法又は単独療法におけるデュラグルチド2用量の有効性及び安全性を検討する無作為化二重盲検並行群間比較試験(AWARD-JPN)

  • 2021年度

     詳細を見る

    独自項目:治験分担医師

    特記事項:協和キリン,バルドキソロンメチル(RTA 402)の国内第3相試験,2018年度~分担医師として参加.

  • 2021年度

     詳細を見る

    独自項目:治験責任医師

    特記事項:日本人2型糖尿病患者を対象とした経口血糖降下薬単剤との併用療法又は単独療法におけるデュラグルチド2用量の有効性及び安全性を検討する無作為化二重盲検並行群間比較試験(AWARD-JPN)

担当教育概要

  • 内分泌代謝(糖尿病)内科学

担当授業科目

  • M4ユニット型臓器別講義 内分泌・代謝 3コマ「糖尿病の急性合併症」「糖尿病の経口薬治療」「糖尿病の注射薬治療」

    2024年度   集中講義   大学

  • M4ユニット型臓器別講義 内分泌・代謝 3コマ「糖尿病の急性合併症」「糖尿病の経口薬治療」「糖尿病の注射薬治療」

    2023年度   集中講義   大学

  • M4ユニット型臓器別講義 内分泌・代謝 PBLチュートリアル

    2022年度   集中講義   大学

  • M4ユニット型臓器別講義 内分泌・代謝 3コマ「糖尿病の急性合併症」「糖尿病の経口薬治療」「糖尿病の注射薬治療」

    2022年度   集中講義   大学

  • M4ユニット型臓器別講義 内分泌・代謝

    2021年度   集中講義   大学

  • M4臓器別講義 内分泌代謝コース

    2020年度     大学

  • M4臓器別講義 内分泌代謝コース

    2019年度     大学

  • 医学研究科医科学専攻(修士課程)講義「肥満・糖尿病・動脈硬化」

    2018年度     大学院

  • M4臓器別講義 内分泌代謝コース

    2018年度     大学

▼全件表示

FD活動

  • 2023年度教育分野FD-Web講演会への参加  2023年度

     詳細を見る

    ①2022/6/5 第1回教育分野FD-Web講演会に参加
    ②2022/9/6 第2回教育分野FD-Web講演会に参加
    ③2022/12/4 第3回教育分野FD-Web講演会に参加
    ④2023/3/6 第4回教育分野FD-Web講演会に参加

  • JACME認証評価作業部会委員  2023年度

     詳細を見る

    2024年度2度目受審に向けて「領域7.プログラム評価」の副担当として,2023年度年次報告書の作成および自己点検評価書の作成準備を行った.また,年3回のIR運営委員会にオブザーバーとして参加した.

  • カリキュラム策定委員会臨床部会WG委員  2023年度

     詳細を見る

    委員として年5回の会議に参加,ユニット内統括,臨床実習プログラム改善への取り組み

  • 大阪公立大病院初期研修医委員会 委員  2023年度

     詳細を見る

    月1回の会議に参加.科内の研修医の研修管理・指導統括.2022年度は研修医による指導医評価システムを他1名の委員と協力し作成・実施した.初期研修医採用試験の試験問題(第二内科)の作成・統括,また全体のブラッシュアップ委員として全科の問題作成に携わった.

  • 令和5年度共用試験医学系臨床実習前OSCE外部評価者  2023年度

     詳細を見る

    2023.09.16開催 岐阜大学医学部

  • 令和4年度共用試験Post-CC OSCE外部評価者  2022年度

     詳細を見る

    2022.10.1-2開催 宮崎大学医学部

  • 大阪公立大病院初期研修医委員会 委員  2022年度

     詳細を見る

    月1回の会議に参加.科内の研修医の研修管理・指導統括.2022年度は研修医による指導医評価システムを他1名の委員と協力し作成・実施した.初期研修医採用試験の試験問題(第二内科)の作成・統括,また全体のブラッシュアップ委員として全科の問題作成に携わった.

  • 大阪公立大学内科連絡会実務部会委員  2022年度

     詳細を見る

    委員として内科専門医研修プログラムの管理.月1回の会議に参加.
    2023.3にて終了.

  • 臨床前OSCE認定評価者更新講習会  2022年度

     詳細を見る

    受講・修了し認定を受けた(頭頚部診察)2022/10/23.

  • JACME認証評価作業部会委員  2022年度

     詳細を見る

    2024年度2度目受審に向けて「領域7.プログラム評価」の副担当として,2022年度報告書の作成,IR運営委員会への参加

  • カリキュラム策定委員会臨床部会WG委員  2022年度

     詳細を見る

    委員として年5回の会議に参加,ユニット内統括,臨床実習プログラム改善への取り組み

  • 2022年度教育分野FD-Web講演会への参加  2022年度

     詳細を見る

    ①2022/6/6第1回教育分野FD-Web講演会に参加
    ②2022/9/7第2回教育分野FD-Web講演会に参加
    ③2022/12/5第3回教育分野FD-Web講演会に参加

  • 令和3年度教育分野FD講習会への参加  2021年度

     詳細を見る

    2022.3.15 令和3年度 第4回教育分野FD-Web講演会
    2021.12.1 令和3年度 第3回教育分野FD-Web講演会
    2021.9.8 令和3年度 第2回教育分野FD-Web講演会
    2021.6.7 令和3年度 第1回教育分野FD-Web講演会

  • 令和3年度第2回教育分野FD Web講演会での講演  2021年度

     詳細を見る

    講演:【シリーズ:講義・実習の新しい形】「M5ユニット型OSCEの紹介~カルテ記載の意識向上を図る」

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    ・大阪市立大学医学部カリキュラム委員会臨床ワーキンググループ委員
    ・ユニット型臨床実習ユニットCディレクター
    ・大阪市大病院研修医委員会 委員
    ・内科専門医制度大阪市大内科連絡会実務部会委員
    ・2020年度M4臓器別講義試験問題作成「内分泌代謝」,科内統括・ブラッシュアップ
    ・2019年度M6卒業総合試験問題作成,科内統括・ブラッシュアップ
    ・大阪市大病院2021年度採用臨床研修医選考筆記試験問題作成・科内統括
    ・大阪市大病院2021年度採用臨床研修医選考試験面接試験担当
    ・学内FD講演会(①2020.9.11②2020.12.2③2021.3.5)に参加.
    ・臨床実習後OSCE(post-CC OSCE)評価者認定講習会(2021.3.27)を受講.

  • FD活動への貢献  2019年度

     詳細を見る

    ・大阪市立大学医学部カリキュラム委員会臨床ワーキンググループ委員
    ・ユニット型臨床実習ユニットCディレクター
    ・大阪市大病院研修医委員会 委員
    ・内科専門医制度大阪市大内科連絡会実務部会委員
    ・第13回大阪市大JMECC(2019.10.26)インストラクター(ブース長)
    ・2019年度M4臓器別講義試験問題作成「内分泌代謝」
    ・2019年度M6卒業総合試験問題作成
    ・大阪市大病院2020年度採用臨床研修医選考筆記試験問題作成
    ・大阪市大病院2020年度採用臨床研修医選考試験面接試験担当

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    内科専門医制度大阪市大内科連絡会実務部会委員

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    大阪市大病院研修医委員会 委員

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    第9回大阪市大JMECC(2018.5.19)インストラクター(ブース長)
    第11回大阪市大JMECC(2019.2.23)インストラクター(ブース長)

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    大阪市立大学カリキュラム再編部会 臨床ワーキンググループ 委員.臨床実習M5CC ユニット(C)ディレクターを務めた.

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    2018年度M4臓器別講義試験問題作成「内分泌代謝」
    2018年度M6卒業総合試験問題作成
    大阪市大病院平成31年度採用臨床研修医選考筆記試験問題作成

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    第16回大阪市立大学臨床研修指導医養成のためのワークショップ(2019.2.8-9)においてタスクフォース(講習会世話人)として参加した.

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:1名

  • 2021年度

    卒業論文指導数:1名 

    博士後期課程学生指導数:1名

  • 2020年度

    卒業論文指導数:1名 

    博士前期課程学生指導数:2名 

  • 2019年度

    卒業論文指導数:2名 

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:4名

  • 2018年度

    博士後期課程学生指導数:5名

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:令和5年度「看護師特定行為研修」研修指導

    特記事項:血糖コントロールに係る薬剤投与関連:実習指導を5名の研修生に対して実施した.

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:①ユニット型臓器別講義試験「内分泌・代謝」コーディネーター
    ②令和5年度M6卒業試験「代謝内分泌病態内科学・腎臓病態内科学」統括者
    ③令和6年度初期臨床研修医採用試験問題(内分泌.代謝,腎臓領域 作成担当

    特記事項:①試験問題作成の統括,ブラッシュアップ,成績評価,再試験実施・評価
    ②試験問題作成の統括,ブラッシュアップ
    ③)試験問題の作成,科内統括

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:①医学部M5臨床実習②医学部M6選択型実習③医学部M4外来型臨床実習

    特記事項:①医学部M5臨床実習(ユニット型CC)の診療科内統括・グループ指導(2週間)を担当.ユニットC(6診療科)のユニットディレクター,ユニット型OSCEの実施統括(年5回).
    ②医学部M6選択型CC:合計5名の実習統括・指導.
    ③医学部M4外来臨床実習において当診療科での外来実習の統括・指導を行った(4名/1グループ).

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:初期研修医,内科専攻医,後期研究医への指導

    特記事項:・病棟入院患者診療チームの指導医として,通常の病棟診療指導,週1回のグループカンファレンス,診療科カンファレンスを行い,初期研修医常時1-2名,内科専攻医(自科3名,他科常時1名),大学院生1-2名の診療指導を行った.
    ・内科専攻医による学会発表指導:内科地方会0件,日本糖尿病学会0件,内分泌学会0件,糖尿病地方会3件,
    ・病院講師,後期研究医による研究成果の発表指導:学会発表6件・論文発表2件.

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:令和4年度「看護師特定行為研修」研修指導

    特記事項:血糖コントロールに係る薬剤投与関連:実習指導を6名の研修生に対して実施した.

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:①ユニット型臓器別講義試験「内分泌・代謝」コーディネーター
    ②令和4年度M6卒業試験「代謝内分泌病態内科学・腎臓病態内科学」統括者

    特記事項:①試験問題作成の統括,ブラッシュアップ,成績評価,再試験実施
    ②試験問題作成の統括,ブラッシュアップ

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:①医学部M5臨床実習②医学部M6選択型実習③医学部M4外来型臨床実習

    特記事項:①医学部M5臨床実習(ユニット型CC)の科内統括・グループ指導(2週間)を担当.ユニットC(6診療科)のユニットディレクター,ユニット型OSCEの実施統括(年5回).
    ②医学部M6選択型CC:合計4名の実習統括・指導.
    ③医学部M4外来臨床実習において当診療科での外来実習の統括・指導を行った(4名/1グループ).

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:初期研修医,内科専攻医,後期研究医への指導

    特記事項:・病棟入院患者診療チームの指導医として,通常の病棟診療指導,週1回のグループカンファレンス,診療科カンファレンスを行い,初期研修医常時2-3名,内科専攻医(自科5名,他科9名),大学院生1名の診療指導を行った.
    ・内科専攻医による学会発表指導:内科地方会1件,日本糖尿病学会1件,内分泌学会1件,糖尿病地方会3件.
    ・後期研究医による研究成果の発表指導:学会発表4件・論文発表1件.

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:医学部M5臨床実習
    医学部M6選択型臨床実習
    医学部M4外来型臨床実習

    特記事項:1.医学部M5臨床実習(ユニット型CC)のグループ指導(2週間)を3グループ15名担当した.
    2.医学部M6選択型CC:合計4名の実習統括・指導を行った.
    3.医学部M4外来臨床実習において当診療科での外来実習の統括・指導を行った(4名/1グループ).

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:初期研修医,内科専攻医,後期研究医の指導

    特記事項:・病棟入院患者診療チームの指導医として,通常の病棟診療指導,週1回のグループカンファレンス,診療科カンファレンスを行い,初期研修医常時2~3名,内科専攻医(自科4名,他科9名),大学院生2名の診療指導を行った.
    ・内科専攻医による診療科内での症例検討会の発表指導2件,学会発表2件,論文発表1件を行った.
    ・後期研究医による症例報告の学会発表・論文発表を1件行った.

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:1.医学部M5臨床実習(ユニット型CC)のグループ指導(2週間)を3グループ15名担当した.
    2.医学部M6選択型CC︓前期3名,後期3名の実習統括・指導を予定していたが,Covid-19流⾏により中⽌となった.
    3.医学部M4外来臨床実習において当診療科での外来実習の統括・指導を行った(4名/1グループ).

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:1.医学部M5臨床実習(ユニット型CC)のグループ指導(2週間)を4グループ12名担当した.
    2.医学部M6臨床実習において当診療科での実習全体の統括・学生評価を行った(6名/2グループ).
    3.医学部M4外来臨床実習において当診療科での外来実習の統括・指導を行った(4名/1グループ).

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:1.医学部M5臨床実習(ユニット型CC)のグループ指導(2週間)を3グループ14名担当した.
    2.医学部M6臨床実習において当診療科での実習全体の統括・学生評価を行った(6名/2グループ).
    3.医学部M4外来臨床実習において当診療科での外来実習の統括・指導を行った(9名/2グループ).

▼全件表示

社会貢献活動

  • 講演「100症例の使用経験から考えるツイミーグの使い方」ディスカッション「ツイミーグの好適患者像を考える」

    役割:司会, インタビュアー

    住友ファーマ株式会社  Dual Seminar in 大阪市南部  2024年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:40(人)

  • 肥満合併糖尿病治療の新展開

    役割:講師

    大阪糖尿病アカデミー・ノボノルディスクファーマ社  大阪糖尿病アカデミー(ODA)   2024年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 糖尿病治療のこれまでの進歩と今後の課題

    役割:コメンテーター, 講師

    バイエル薬品株式会社  バイエル薬品株式会社 社内勉強会  2024年02月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:出前授業

    参加者数:20(人)

  • 地域連携をめざした 糖尿病治療の最適化と個別化 

    役割:講師

    サノフィ株式会社  Think about Simplification for Diabetes Treatment ~多様な患者背景から考察する~  2023年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 第45回CLINICAL UPDATE FORUM

    役割:企画, 運営参加・支援

    大阪公立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学・腎臓病態内科学  第45回CLINICAL UPDATE FORUM  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:80(人)

  • DM Teams Conference~ 最新の糖尿病治療について考える~

    役割:企画, 運営参加・支援

    ノボ・ノルディスクファーマ株式会社  DM Teams Conference~ 最新の糖尿病治療について考える~  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:20(人)

  • 地域で支えるこれからの糖尿病診療

    役割:講師

    大阪市生野区医師会  生野区医師会講演会  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:40(人)

  • 老年医学の立場からみた SGLT2阻害薬使用のメリット・デメリット

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    日本ベーリンガーインゲルハイム  Newton DM Conference  2023年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:40(人)

  • 地域で支えるこれからの糖尿病治療

    役割:講師

    住友ファーマ株式会社  Diamond Seminar in 大阪市南部  2023年09月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 地域で支える糖尿病治療 ~早期治療強化と継続をめざして~

    役割:講師

    住友ファーマ株式会社  Diamond Seminar in 大阪市南部  2023年09月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:20(人)

  • Digital LABO. 2023

    役割:コメンテーター, 司会, 運営参加・支援

    サノフィ株式会社  Digital LABO. 2023  2023年08月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:25(人)

  • 地域で支えるこれからの糖尿病治療

    役割:講師

    DM net ONE/すみれ病院  第27回DM net ONE勉強会  2023年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:20(人)

  • 新規糖尿病治療薬チルゼパチドのエッセンス

    役割:パネリスト, 司会

    日本イーライリリー株式会社・田辺三菱製薬株式会社  世界初GIP/GLP-1受容体作動薬の可能性を考えるー新たな選択肢の登場でどう変わるのかー  2023年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:70(人)

  • 新型コロナウィルス感染症と糖尿病

    役割:講師

    住友ファーマ株式会社  DiaMond LIVE Seminar in 大阪市  2023年06月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 患者さんの人生を守る これからの糖尿病治療

    役割:講師

    大阪市浪速区医師会  浪速区医師会学術講演会  2023年05月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 糖尿病の合併症リスク管理~ 個別化医療をめざして~

    役割:講師

    サノフィ株式会社  第44回 CLINICAL UPDATE FORUM 一般講演  2023年04月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 令和5年度 大阪市生活保護法医療扶助業務担当非常勤嘱託医師

    役割:助言・指導

    大阪市福祉局生活福祉部  2023年04月 - 2024年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 座長「症例から考えた2型糖尿病における経口セマグルチドの位置づけ」「2型糖尿病患者さんに合わせた治療戦略〜IDegLira、経口セマグルチドの活用〜」

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    大阪糖尿病アカデミー・ノボノルディスクファーマ社  大阪糖尿病アカデミー(ODA)  2023年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 透析患者における リアルタイムCGM活用の可能性

    役割:講師

    テルモ株式会社  第98回大阪透析研究会 企業共催セミナー7  2023年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 「血糖降下」から「β細胞保護」へ~糖尿病治療のパラダイムシフト~

    役割:司会

    住友ファーマ株式会社  DiaMondSeminar in大阪市南部  2023年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 学校医として知っておきたい 1型糖尿病の基礎知識

    役割:講師

    大阪府学校医会  令和4年度第2回学校保健研修会  2023年02月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

  • 糖尿病治療の過去・現在・未来

    役割:講師

    ノボ・ノルディスクファーマ株式会社  大阪糖尿病アカデミー(ODA)   2023年01月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:20(人)

  • 糖尿病治療の進歩とこれから

    役割:講師

    MSD株式会社  Diabetes Meeting in 北摂  2022年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 講演「ツイミーグの使用経験」,パネルディスカッション「ツイミーグの好適患者像を考える」の座長

    役割:司会

    住友ファーマ株式会社  DUAL SEMINAR IN 大阪市南部  2022年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 治療薬の進歩とこれからの糖尿病治療

    役割:講師

    ロシュDCジャパン   ロシュDCジャパン 社内勉強会  2022年12月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:5(人)

  • 治療薬の進歩とこれからの糖尿病治療

    役割:講師

    ノボ・ノルディスクファーマ株式会社  Oral GLP-1 seminar   2022年11月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 新型コロナウィルス感染症と糖尿病

    役割:講師

    MSD株式会社  学術講演会「糖尿病×感染症」  2022年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 消化器疾患の 周術期血糖管理 up-to-date

    役割:講師

    MSD株式会社  日本消化器病学会近畿支部第117回例会 アフタヌーンセミナー3  2022年10月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 糖尿病診療連携におけるポリファーマシーを考える

    役割:司会

    大塚製薬株式会社  DiabetologyClinical Update~高血圧の新治療戦略を考える~  2022年09月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • フレームワークで考える病診連携におけるGLP-1受容体作動薬の使い分け

    役割:司会

    住友ファーマ  Medical Network Seminarin 大阪~ジレンマに向き合う糖尿病診療~  2022年08月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 私の治療指針WEB版 わが国の糖尿病治療の方向性

    役割:コメンテーター, 講師, 助言・指導

    大正製薬株式会社  大正製薬学術インタビュー  2022年07月

     詳細を見る

    種別:出前授業

    参加者数:5(人)

  • 進化する2型糖尿病の注射薬治療

    役割:講師, 情報提供

    ノボ・ノルディスクファーマ株式会社  DIABETES Conference  2022年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:80(人)

  • 患者さんの人生を守るこれからの糖尿病治療

    役割:講師, 情報提供

    大日本住友製薬株式会社  DiaMond Live Seminar in 東大阪  2022年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • リアルタイムCGMが役立つ患者像・活用シーンについて

    役割:司会

    テルモ株式会社  リアルタイムCGMの学び舎 in大阪  2022年03月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • ツイミーグ錠の臨床的位置づけを検討

    役割:パネリスト, 講師, 情報提供

    大日本住友製薬株式会社  DUAL Seminar in 兵庫  2022年03月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:80(人)

  • 治療薬の進化とこれからの糖尿病治療

    役割:講師, 情報提供

    ノボ・ノルディスクファーマ株式会社  GLP-1 WEB講演会のご案内  2022年02月

  • 最新の糖尿病治療戦略~”もう一歩”次に行く治療は?~

    役割:司会

    大日本住友製薬株式会社  DUAL Seminar in Osaka City  2022年02月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 糖尿病の血管合併症と治療の方向性

    役割:コメンテーター, 講師, 助言・指導

    興和創薬株式会社  興和創薬オンライン社内勉強会  2022年01月

     詳細を見る

    種別:出前授業

    参加者数:10(人)

  • 患者さんの未来を守る糖尿病治療のこれから

    役割:講師, 情報提供

    大日本住友製薬株式会社  DiaMond Seminar in ひらかた  2022年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 進化する糖尿病の注射薬治療 ~インスリンとGLP-1の有効活用~

    役割:講師, 情報提供

    サノフィ株式会社  Latest diabetes news webinar  2021年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 患者さんを守るこれからの糖尿病治療

    役割:講師, 情報提供

    大日本住友製薬株式会社  DUAL Seminar in 泉州  2021年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • ディスカッション「最先端研究から糖尿病診療を考える」

    役割:コメンテーター, 講師

    日本イーライリリー株式会社  最先端研究から糖尿病診療を考える会  2021年11月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:30(人)

  • 進化する糖尿病の注射薬治療

    役割:講師

    ノボ・ノルディスクファーマ株式会社  GLP-1 Therapy Update Seminar  2021年10月

  • 血糖値をよくしたい気持ちと日常生活のジレンマを考慮した薬物治療

    役割:司会

    大日本住友製薬株式会社  Diabetes & Incretin Seminar in Osaka  2021年07月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 患者さんを守る糖尿病治療 ~診療ガイドラインを読み解く~

    役割:講師

    日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社  Diabetes Web Conference  2021年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 進化する糖尿病の注射薬治療

    役割:講師

    ノボ・ノルディスクファーマ株式会社  DM Teams Conference ~最新の糖尿病治療について考える~  2021年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 糖尿病性腎症を考慮した糖尿病治療の現状と課題

    役割:司会

    日本イーライリリー株式会社  Diabetes Online Conference@OCU  2021年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 最新の糖尿病網膜症診療

    役割:運営参加・支援

    小野薬品工業株式会社  第22回Osaka Diabetes Clinical Conference~Expert Meeting~  2021年04月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • ②なぜ心臓病に影響するのか

    役割:出演, 講師

    MBS毎日放送  医のココロ「糖尿病と向き合う」  2021年03月

     詳細を見る

    対象: メディア

    種別:テレビ・ラジオ番組

    TV出演を通して,一般市民に糖尿病と心臓病との関係,予防法について分かりやすく解説した.

  • 早期からの糖尿病治療の重要性~インクレチン関連薬の可能性~

    役割:司会

    大日本住友製薬株式会社  Incretin Web Seminar  2021年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:80(人)

  • 令和の糖尿病治療戦略~GLP-1RA Next Decade~

    役割:司会

    ノボ・ノルディスクファーマ株式会社  GLP-1 Web講演会  2021年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 新たな糖尿病注射剤~インクレチン効果を活かすための治療戦略~

    役割:司会

    サノフィ株式会社  Diabetes Web Seminar  2021年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 患者さんを守る糖尿病治療 ~診療ガイドラインを読み解く~

    役割:コメンテーター, 講師, 助言・指導

    MSD株式会社  MSDオンライン社内勉強会  2021年01月

     詳細を見る

    種別:出前授業

    参加者数:10(人)

  • 令和3年度大学入学共通テスト

    役割:運営参加・支援

    大学入試センター  令和3年度大学入学共通テスト  大阪市立大学杉本キャンパス  2021年01月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:50(人)

    大学入学共通テストの試験室責任者を担当した.

  • 患者さんを守る糖尿病治療~診療ガイドラインを読み解く~

    役割:コメンテーター, 講師, 助言・指導

    協和発酵キリン株式会社  協和発酵キリン株式会社社内勉強会  2020年12月

     詳細を見る

    種別:出前授業

    参加者数:10(人)

  • 最近の糖尿病診療~ガイドラインを読み解く~

    役割:講師

    ⼤阪府栄養⼠会  健康づくり提唱のつどい  大阪リバーサイドホテル  2020年12月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

    大阪府栄養士会会員の管理栄養士を対象に最近の糖尿病治療にかんする教育的講演を行った.栄養士生涯教育単位振替:病態栄養 代謝疾患1単位,栄養 生理栄養素と代謝 免疫 1単位

  • 診療ガイドラインに基づく患者さんのための糖尿病治療

    役割:講師, 助言・指導

    大正製薬  大正製薬学術センター勉強会  2020年09月

     詳細を見る

    種別:出前授業

    参加者数:10(人)

  • 国内学会口演発表座長

    役割:司会

    日本糖尿病学会,日本動脈硬化学会,日本内科学会  日本糖尿病学会総会,日本動脈硬化学会総会,日本内科学会近畿地方会  2020年07月 - 2021年03月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:講演会

  • 「2型糖尿病の病態と薬物治療~~SGLT2阻害薬を中心に~」「心不全発症を考慮した糖尿病治療とは」

    役割:司会, 企画

    日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社  第2回Galileo Conference  2020年02月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:50(人)

  • 大阪市立大学第238回市民医学講座

    役割:講師

    大阪市立大学医学部  第238回市民医学講座「肥満,メタボと糖尿病」  あべのメディクス 医学情報センター・ホール  2019年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:対話型集会・市民会議

    参加者数:180(人)

    「肥満・メタボと糖尿病」と題して,一般市民への啓発となる内容の講演を行い,質問にもお答えした.

  • 世界糖尿病デー サブイベント

    役割:運営参加・支援

    大阪糖尿病協会  世界糖尿病デー サブイベント  ディアモール大阪  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:フェスティバル

    参加者数:200(人)

    大阪の地下街で糖尿病に関するイベントを通して啓発活動,個別相談を行った.

  • 肝臓病教室「脂肪肝と糖尿病」

    役割:講師

    大阪市立大学医学部附属病院肝胆膵内科・11階西病棟  肝臓病教室  大阪市大病院18階会議室  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:対話型集会・市民会議

    参加者数:30(人)

    市大病院に通院中のの肝臓病患者,糖尿病患者を対象に「脂肪肝と糖尿病」をテーマに,「糖尿病と肝臓の深い関係」と題して講演を行い質疑応答を行った.

  • 第32回糖尿病療養指導士講演会

    役割:講師

    大阪府臨床検査技師会 糖尿病療養指導部会  大阪大学中之島センター  2019年07月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

    「糖尿病治療up-to-date -FGMを活用する-」と題して,臨床検査技師を対象に糖尿病の最新情報,フラッシュグルコースモニタリングに関する講演を行った.

  • 第32回糖尿病療養指導士講演会

    役割:講師

    大阪府臨床検査技師会 糖尿病療養指導部会  大阪大学中之島センター  2019年07月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:セミナー・ワークショップ

    「糖尿病治療up-to-date -FGMを活用する-」と題して,臨床検査技師を対象に糖尿病の最新情報,フラッシュグルコースモニタリングに関する講演を行った.

  • Editorial Board, Journal of Clinical Medicine

    役割:編集

    MDPI AG, Basel, Switzerland  Journal of Clinical Medicine, Endocrinology and Metabolism  2019年06月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:新聞・雑誌

    臨床内科学の国際専門誌,JCMの内分泌代謝部門の編集委員会委員として,年間10件ほどの投稿論文の審査を統括した.

  • 国内学会講演・ポスターセッション座長

    役割:司会

    日本糖尿病学会,日本肥満学会,日本内科学会近畿地方会,日本糖尿病学会近畿地方会,日本糖尿病合併症学会  上記各学会において口演・ポスターの座長  各学会会場  2019年05月 - 2019年11月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

    各学会において,口演あるいはポスターセッションの座長として司会進行,質疑応答を執り行った.

  • 医療ボランティア 骨粗鬆症・生活習慣病ネットワーク

    役割:講師

    医療ボランティア 骨粗鬆症・生活習慣病ネットワーク  第111回生活習慣病・骨粗しょう症健康セミナー  大阪市立総合生涯学習センター  2019年03月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 市民団体

    種別:対話型集会・市民会議

    参加者数:100(人)

    市民公開講座での講演「こうして予防!糖尿病」

  • 専門医試験面接官

    役割:運営参加・支援

    日本糖尿病学会  第29回専門医試験  パシフィコ横浜  2018年10月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:その他

    参加者数:20(人)

    糖尿病専門医試験の面接官,対象20名

  • 国内学会講演発表座長

    役割:司会

    第55回日本糖尿病学会近畿地方会  神戸国際会議場  2018年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

    口演発表「腎症・透析予防」の座長

  • 阿倍野区医師会区民健康講座

    役割:講師

    大阪市阿倍野区医師会  阿倍野区医師会区民健康講座  阿倍野区民センター  2018年09月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    参加者数:500(人)

    市民公開講座での生活習慣病の講演「あなたは大丈夫?こうして予防!糖尿病」

  • 阿倍野区医師会区民健康講座

    役割:講師

    大阪市阿倍野区医師会  阿倍野区医師会区民健康講座  阿倍野区民センター  2018年09月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    市民公開講座での生活習慣病の講演「あなたは大丈夫?こうして予防!糖尿病」

  • 国内学会ポスター発表座長

    役割:司会

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

    ポスターセッションの座長

  • 国際専門誌特集号の編集

    役割:編集

    MDPI AG, Basel, Switzerland  Journal of Clinical Medicine  2018年04月 - 2019年07月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:会誌・広報誌

    国際誌Journal of Clinical Medicine特集号「2型糖尿病:病態生理と治療のアップデート」の客員編集員として投稿論文の審査判定,編集全般を行った.

▼全件表示

メディア報道

  • 新型コロナワクチン接種後の1型糖尿病発症について 会誌・広報誌

    メディカルジャーナル社  DITN~糖尿病医療を支える情報をお届けする~2023年6月号  トピックス  2023年06月

      詳細を見る

    SDGs:

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 糖尿病治療のこれまでの進歩と今後の課題

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    SDGs:

    対象:社会人・一般, 企業

    製薬会社の社内勉強会において,糖尿病治療に関する最新情報の提供を行った.

  • 学校医として知っておきたい 1型糖尿病の基礎知識

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学)

     詳細を見る

    SDGs:

    対象:学術団体

    大阪府の学校医に対して1型糖尿病に関する教育的講演を行った.20230218

  • 糖尿病ステップアップセミナー2021「糖尿病腎症の患者さんを守る療養指導」2021.7.3

    分野:医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育)

     詳細を見る

    対象:社会人・一般

    糖尿病療養指導士兵庫県連合会では糖尿病療養指導に関わるスタッフの知識と指導技術の向上を目指して、下記の内容でセミナーを開催します。最近の重要なテーマを選定してその分野で著名な講師を招聘しました。

学術貢献活動

  • 日本糖尿病学会 医療スタッフ優秀演題賞選考委員会委員

    役割:審査・評価

    日本糖尿病学会  2024年02月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 第67回日本糖尿病学会年次学術集会 査読委員

    役割:審査・評価, 査読

    日本糖尿病学会  2023年11月 - 2024年01月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 第38回日本糖尿病合併症学会 ワークショップ6座長「血管・動脈硬化・高血圧➁」

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本糖尿病合併症学会  2023年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第241回日本内科学会近畿地方会「内分泌・代謝2」座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本内科学会  2023年09月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第66回日本糖尿病学会年次学術集会ポスター51「脂肪細胞の生物学:褐色脂肪細胞・ベージュ細胞の生物学」座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本糖尿病学会  2023年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本糖尿病学会誌「糖尿病」編集委員会委員

    役割:企画立案・運営等, 監修, 審査・評価

    日本糖尿病学会  2023年04月 - 2027年03月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 学術論文査読 英文誌8件,和文誌1件

    役割:査読

    各種出版社・学会  2023年04月 - 2024年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 第239回日本内科学会近畿地方会

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本内科学会  2023年03月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本糖尿病学会学術調査研究等倫理審査委員会 事前審査委員

    役割:審査・評価

    日本糖尿病学会  2023年02月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第66回日本糖尿病学会年次学術集会 査読委員

    役割:審査・評価, 査読

    日本糖尿病学会  2022年11月 - 2023年01月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 第37回日本糖尿病合併症学会ワークショップ13「肥満・脂肪細胞2」

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本糖尿病合併症学会  2022年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 「糖尿病診療ガイドライン2024」策定委員会協力者

    役割:学術調査立案・実施

    日本糖尿病学会  2022年06月 - 2024年12月

     詳細を見る

    種別:学術調査 

  • 第65回日本糖尿病学会年次学術集会 一般演題126「腸の生物学:腸内細菌と代謝」座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本糖尿病学会  2022年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 英文学術論文査読 9件

    役割:査読

    各種出版社・学会  2022年04月 - 2023年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 第65回日本糖尿病学会年次学術集会 査読委員

    役割:審査・評価, 査読

    日本糖尿病学会  2021年11月 - 2022年01月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第58回日本糖尿病学会近畿地方会 一般演題「感染症1(コロナ)」座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本糖尿病学会  2021年10月

  • 第36回日本糖尿病合併症学会ワークショップ3「その他(基礎)」座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本糖尿病合併症学会  2021年10月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 第64回日本糖尿病学会年次学術集会 一般口演「腸の生物学3」座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本糖尿病学会  2021年05月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 大阪市医学会 評議員

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 査読

    大阪市医学会  2021年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本糖尿病学会近畿支部選挙管理委員会委員

    役割:学術調査立案・実施

    日本糖尿病学会  2021年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本糖尿病学会専門医認定委員会 委員

    役割:審査・評価

    日本糖尿病学会  2021年04月 - 2025年03月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 欧文学術論文査読 5件

    役割:査読

    2021年04月 - 2022年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 第65回日本透析医学会学術集会・総会 ワークショップ「最新技術の透析患者への応用と糖尿病管理の実際」座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本透析医学会  2020年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本内科学会 第229回近畿地方会 一般演題座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    日本内科学会  2020年09月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 肝臓病教室「脂肪肝と糖尿病」

    大阪市立大学医学部附属病院肝胆膵内科・11階西病棟  ( 大阪市大病院18階会議室 ) 2019年10月

     詳細を見る

    市大病院に通院中のの肝臓病患者,糖尿病患者を対象に「脂肪肝と糖尿病」をテーマに,「糖尿病と肝臓の深い関係」と題して講演を行い質疑応答を行った.

  • Editorial Board, Journal of Clinical Medicine

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 学術調査立案・実施

    MDPI  2019年06月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 日本動脈硬化学会 評議員

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 学術調査立案・実施

    日本動脈硬化学会  2019年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本糖尿病合併症学会 評議員

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 学術調査立案・実施

    日本糖尿病合併症学会  2018年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 近畿膵移植適応評価検討会 委員

    役割:審査・評価

    近畿膵移植適応評価検討会  2015年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  • 日本糖尿病学会 学術評議員

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 学術調査立案・実施

    日本糖尿病学会  2015年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本内科学会 近畿支部評議員

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 学術調査立案・実施

    日本内科学会  2014年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 大阪糖尿病協会 顧問医

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 学術調査立案・実施

    大阪糖尿病協会  2012年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 日本糖尿病学会近畿支部評議員

    役割:企画立案・運営等, 審査・評価, 学術調査立案・実施, 査読

    日本糖尿病学会  2012年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

▼全件表示

独自項目・特記事項(社会活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    SDGs:

    独自項目:大阪市福祉局 令和5年度 生活保護法医療扶助業務担当非常勤嘱託職員(嘱託医師)

    特記事項:以下の業務を行った.月1回の書類審査,月1回程度の医療機関個別指導.
    ・医療扶助に関する各種給付要否意見書等の内容確認及び審査に関すること。
    ・診療報酬明細書等の内容点検、審査に関すること。
    ・医療扶助等にかかる専門的判断及び必要な審査に関すること。
    ・医療扶助以外の扶助において医学的判断を要する場合の助言指導に関すること。

  • 2022年度

      詳細を見る

    SDGs:

    独自項目:新型コロナウィルス感染症 ホテル療養者オンライン診療

    特記事項:オンライン診療協力1回 2023.1.30

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:新型コロナウィルス感染症PCR検査担当

    特記事項:大学・病院職員および大阪市保健所より依頼のあった新型コロナ感染症疑いの人に対して鼻腔PCR検体採取の業務を担当した.2021年度6回.

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:新型コロナウイルス ホテル療養者オンライン診療

    特記事項:オンライン診療担当医師 1回

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:新型コロナウィルス感染症ワクチン接種協力

    特記事項:市立大学教職員職域接種1回,市民対象集団接種1回,府大市大職域接種1回,大阪市大規模接種会場統括係6回担当.

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:新型コロナウィルス感染症PCR検査担当

    特記事項:大学・病院職員および大阪市保健所より依頼のあった新型コロナ感染症疑いの人に対して鼻腔PCR検体採取の業務を担当した.2020年度3回.

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2023年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2021年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2020年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2019年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

国際交流活動

  • JICE 2023年度第2回中国江蘇省衛生健康委員会 クリニカルフェロー訪日研修において,診療科として1名の医師の研修を受け入れ,研修の科内統括・調整を担当した.

    活動区分 :社会貢献

    活動国 :中国   2023年10月 - 2023年12月

その他

  • 職務経歴

    2020年07月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院 医学研究科代謝内分泌病態内科学 准教授

  • 職務経歴

    2011年04月 - 2020年06月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 代謝内分泌病態内科学 講師