2024/03/03 更新

写真a

ソダ リョウジ
祖田 亮次
SODA Ryoji
担当
大学院文学研究科 人間行動学専攻 教授
文学部 人間行動学科
職名
教授
所属
文学研究院

担当・職階

  • 大学院文学研究科 人間行動学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 文学部 人間行動学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 文学(博士) ( 京都大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 人文地理学

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学  / 災害文化論

  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学

  • その他 / その他  / 東南アジア地域研究

研究キーワード

  • 先住民

  • 流域社会

  • 災害文化

  • 人口流動

  • サラワク

  • 河川改修

  • 人間-環境関係論

  • 都市-農村関係論

  • 資源開発・管理

  • ボルネオ

  • マレーシア

  • 技術移転

研究概要

  • ボルネオ(マレーシア)を中心に東南アジアの先住民社会における生業変化、資源利用などについて研究している。具体的には、(元)焼畑民の地域間移動と生業の多様化戦略、プランテーション開発をめぐるアクター間関係などを扱っている。また、日本を含むアジア地域における河川開発・流域社会の変容・災害への対応と自然認識等についても研究している。

研究歴

  • 東南アジア地域研究、土地・資源利用

    個人研究

    2000年04月 - 継続中 

  • 災害文化論

    個人研究

    2005年04月 - 継続中 

  • 河川流域社会論

    個人研究

    2009年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本地理学会

      国内

  • 北海道地理学会

      国内

  • 日本マレーシア学会

      国内

  • 地理科学学会

      国内

  • 人文地理学会

  • 東南アジア学会

      国内

  • 日本マレーシア学会

▼全件表示

受賞歴

  • 北海道地理学会賞

    2020年08月   北海道地理学会  

  • 人文地理学会賞

    2008  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本地理学会研究奨励賞

    2000  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 北海道大学   文学研究科   准教授

    2007年04月 - 2009年03月

  • 北海道大学   文学研究科   助教授

    2002年04月 - 2007年03月

  • 広島大学   総合地誌研究資料センター   助手

    2000年04月 - 2002年03月

学歴

  • 京都大学   文学研究科     単位取得満期退学

    - 2000年

  • 京都大学   文学部     卒業・修了

    - 1995年

論文

  • 小人口世界における生業変化と人口動態―ボルネオ北西部の事例

    祖田亮次

    脇村孝平編『近現代熱帯アジアの経済発展―経済誌と環境史の架橋』ミネルヴァ書房   61 - 84   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:学位論文(その他)   国際・国内誌:国内誌  

  • 認証制度を契機とした小農ネットワークの形成―マレーシア・サラワク州のアブラヤシ栽培を事例に 査読

    祖田亮次・生方史数・葉山アツコ

    人文研究   ( 75 )   53 - 70   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   国際・国内誌:国内誌  

  • 災害文化のジレンマとその克服―脆弱性論との関係から

    祖田亮次・松木駿也

    社会と災害文化研究所所報   ( 1 )   31 - 36   2024年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • The Employment of Indonesians on Oil palm Smallholdings in Sarawak, Malaysia

    Soda, R. and Kato, Y.

    Space, Society and Geographical Thought   ( 26 )   19 - 30   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   国際・国内誌:国内誌  

  • マレーシア・サラワク州におけるインドネシア人労働者のインフォーマル化―在地アブラヤシ小農との関係から 査読

    加藤裕美・祖田亮次

    福井県立大学論集   ( 59 )   105 - 131   2023年03月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   国際・国内誌:国内誌  

  • GIS-Based Spatial Correlation Analysis: Sustainable Development and Two Generations of Demographic Changes 査読

    Yaakub N.F.

    Sustainability (Switzerland)   14 ( 3 )   2022年02月

     詳細を見る

  • ポリティカル・エコロジー論の系譜と新たな展開――スケールに関する議論を中心に 査読

    小泉佑介, 祖田亮次

    人文地理   73 ( 3 )   245 - 260   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 多生業とは何か――東南アジアと日本の山間地域の事例から 招待

    祖田亮次

    水内俊夫・鴨河貴澄編『ひとつの日高川流域誌――多生業に生きる寒川の150年』大阪市立大学都市研究プラザ   145 - 151   2020年05月

  • 熊谷圭知著『パプアニューギニアの「場所」の物語―動態地誌とフィールドワーク―』

    祖田 亮次

    人文地理   72 ( 2 )   166 - 167   2020年( ISSN:00187216

  • ポリティカル・エコロジー論の新たな展開

    小泉 佑介, 祖田 亮次

    人文地理学会大会 研究発表要旨   2020 ( 0 )   48 - 49   2020年

  • Geomorphological Landscapes of Borneo and Riverine Society of the Kemena Catchment, Sarawak 招待

    MOKUDAI Kuniyasu, Soda Ryoji, WATAKABE Takuma

    N. Ishikawa and R. Soda (eds.) Anthropogenic Tropical Forests   25 - 40   2019年11月( ISSN:1879-7180

     詳細を見る

    掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1007/978-981-13-7513-2_2

  • 熱帯アジアにおける人‐自然関係論――ボルネオ北西部を事例として 招待

    祖田亮次

    歴史科学   ( 232 )   59 - 71   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 熱帯アジアにおける人‐自然関係論―ボルネオ北西部を事例として 査読

    祖田亮次

    歴史科学   ( 232 )   59 - 71   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Biodiversity conservation values of fragmented communally reserved forests, managed by indigenous people, in a human modified landscape in Borneo 査読

    Takeuchi Yayoi, Soda Ryoji, Diway Bibian, Kuda Tinjan ak., Nakagawa Michiko, Nagamasu Hidetoshi, Nakashizuka Tohru

    PLOS ONE   12 ( 11 )   2017年11月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/joumal.pone.0187273

  • Culture and acceptance of disasters: supernatural factors as an explanation of riverbank erosion. 査読

    Ryoji SODA

    Ngingit   9   18 - 24   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • マレーシアの中のサラワク、マレーシア研究の中のサラワク研究 査読

    祖田亮次

    マレーシア研究   6   3 - 20   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Social and ecological factors associated with the use of non-timber forest products by people in rural Borneo 査読

    Sakai Shoko, Choy Yee Keong, Kishimoto-Yamada Keiko, Takano Kohei T., Ichikawa Masahiro, Samejima Hiromitsu, Kato Yumi, Soda Ryoji, Ushio Masayuki, Saizen Izuru, Nakashizuka Tohru, Itioka Takao

    BIOLOGICAL CONSERVATION   204   340 - 349   2016年12月( ISSN:0006-3207

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biocon.2016.10.022

  • The diversity of small-scale oil palm cultivation in Sarawak, Malaysia 査読

    Soda Ryoji, Kato Yumi, Hon Jason

    GEOGRAPHICAL JOURNAL   182 ( 4 )   353 - 363   2016年12月( ISSN:0016-7398

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to describe the patterns of land use that have emerged on the island of Borneo in the wake of an oil palm boom in its indigenous population. An in-depth examination of indigenous land-use changes between 2004 and 2013 in a selected oil palm farming village in Sarawak, Malaysia was conducted using data derived from high-resolution satellite images to examine the spatial distribution of oil palm cultivation. The results found that oil palms are irregularly and randomly distributed. The results of interviews with villagers further revealed a diversity of oil palm planting actors and demonstrated how this diversity relates to villagers' land-use options and decision-making. From the viewpoint of plantation management, the mosaic and patchy cultivation of small-scale oil palm farming appears inefficient and irrational. However, villagers' land-use behaviours conform to their traditional land tenure customs and allow them to secure diverse opportunistic land-use options to survive in the event of a sharp drop in the price of oil palm. The villagers' rationale for oil palm expansion also derives from their complex relationships with the diversity of actors that have interest in their land, including plantations, urban Chinese, and small- and middle-scale developers. It is important to create balanced relationships among these diverse stakeholders in order to maintain mosaic-like village landscape and realise sustainable development of oil palm cultivation in rural Sarawak.

    DOI: 10.1111/geoj.12152

  • Social and ecological factors associated with the use of non-timber forest products by people in rural Borneo. 査読

    Sakai, S., Choy, Y. K., Kishimoto-Yamada, K., Takano, K. T., Ichikawa, M., Samejima, H., Kato, Y., Soda, R., Ushio, M., Saizen, I., Nakashizuka, T. and Itioka, T.

    Biological Conservation 204 (Part B)   DOI: 10.1016/j.biocon.2016.10.   340 - 349   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 人文地理学における災害研究の動向 査読

    祖田亮次

    地理学論集   90 ( 2 )   16 - 31   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: http://doi.org/10.7886/hgs.90.16

  • 人文地理学における災害研究の動向 査読

    祖田 亮次

    北海道地理学会 地理学論集   90 ( 2 )   16 - 31   2015年( ISSN:1882-2118

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

     本稿は,英語圏の地理学,とくに人文地理学における近年の災害研究の動向を概観するものである。具体的には,2000年以降の英語圏における主要な地理学系雑誌から災害に関係する論文を抽出・吟味し,地理学とその周辺で行われてきた災害研究に関わる議論を振り返りながら,今後の災害研究の方向性について展望する。過去十数年の災害研究を概観してみると,災害研究という領域が比較的新しいものであり,そこで議論される内容も多岐にわたって混沌とした状況である一方,その研究の動向は,空間論としての災害研究,人間-環境関係論としての災害研究,および学際性と社会性を意識する災害研究という,いくつかの主要な関心が存在することが分かる。いずれも,地理学という学問分野の本質に関わる議論であり,新領域でありながら,地理学的研究の原点に立ち返る契機を含んでいる。ただ,現状では,各地の個別の災害に対する現場レベルの具体的分析が先行し,また社会貢献を意識した実践研究の優先度が高くなっているため,災害研究の抽象化や理論化という方向性は,十分に深化しているとは言えない。災害の基礎研究や理論研究の進展が,より本質的な意味で防災や減災,復興などに貢献しうるような仕組みを構築することも,災害研究の重要な学問的・社会的責務であると思われる。

    DOI: 10.7886/hgs.90.16

    CiNii Article

  • Ethnoscape of riverine society in Bintulu Division

    Kato, Y, Samejima, H, Soda, R, Uchibori, M, Okuno, K, Ishikawa, N

    Equatorial Biomass Society   ( 14 )   1 - 14   2014年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Approaches to rethinking rural-urban migration in Southeast Asia: the case of the Iban in Sarawak, Malaysia

    -

    Husa, K., Trupp, A. and Wohlschlägl, H. eds. Southeast Asian mobility transitions: issues and trends in migration and Tourism. Vienna: Department of Geography and Regional Research, University of Vienna   100 - 121   2014年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 河川改修事業をめぐる人-自然関係の変化――阿賀野川を事例として 査読

    祖田亮次・柚洞一央

    人文研究   64   197 - 212   2013年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • マレーシア・サラワク州における小農アブラヤシ栽培の動向 査読

    加藤 裕美, 祖田 亮次

    The Hokkaido Geographical Society 地理学論集   87 ( 2 )   26 - 34   2013年( ISSN:1882-2118

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7886/hgs.87.26

    CiNii Article

  • ボルネオの里と先住民の知

    市川昌弘

    市川昌弘・祖田亮次・内藤大輔編『ボルネオの〈里〉の環境学――変貌する熱帯林と先住民の知』昭和堂   1 - 24   2013年

  • 了解可能な物語を作る――河川災害と付き合うために

    目代邦康

    市川昌弘・祖田亮次・内藤大輔編『ボルネオの〈里〉の環境学――変貌する熱帯林と先住民の知』昭和堂   55 - 93   2013年

  • 河川改修事業をめぐる人-自然関係の変化――阿賀野川を事例として

    柚洞一央

    人文研究   64   197 - 212   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 「狩猟採集民」と森林の商品化――ボルネオ北部プナンの戦略的資源利用

    石川登

    横山智編『資源と生業の地理学』海青社   137 - 164   2013年

  • 河川改修事業をめぐる人-自然関係の変化 : 阿賀野川を事例として(衣笠忠司教授退任記念) 査読

    祖田 亮次, 柚洞 一央

    大阪市立大学 人文研究   64   197 - 212   2013年( ISSN:04913329

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 流域社会から陸域社会へ

    祖田 亮次

    熱帯バイオマス社会   14   5 - 13   2013年

  • ジュラロン川流域社会の共有林

    祖田 亮次

    熱帯バイオマス社会   13   1 - 6   2013年

  • Jelalong川流域社会の共有林 ―プラオとは何か

    石川 登, 祖田 亮次, 竹内 やよい

    熱帯バイオマス社会   13   5 - 13   2013年

  • マレーシア・サラワク州における小農アブラヤシ栽培の動向 査読

    加藤裕美・祖田亮次

    地理学論集   87 ( 2 )   26 - 35   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 多自然川づくりとは何だったのか? 査読

    祖田亮次・柚洞一央

    E-Journal GEO   7 ( 2 )   147 - 157   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 多自然川づくりとは何だったのか? 査読

    祖田 亮次, 柚洞 一央

    The Association of Japanese Geographers E-journal GEO   7 ( 2 )   147 - 157   2012年( ISSN:1880-8107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1990年に建設省が各地方建設局に通達した「多自然型川づくり」の推進は,従来にない環境配慮型の川づくりを目指したものであった.この方針は1997年の改正河川法に取り入れられ,さらに2006年には「多自然川づくり」と改称され,現在にいたっている.この方針のもと,全国各地の河川でさまざまな人工構造物が設置されてきた.本稿では,過去20数年間に行われた環境配慮型河川改修の諸事例を分類・整理することで「多自然(型)川づくり」の実態を把握し,それらが河川関係者の間に大きな混乱をもたらした状況について,その背景を考察する.

    DOI: 10.4157/ejgeo.7.147

    CiNii Article

  • 熱帯バイオマス社会の複雑系――自然の時間、人の時間

    石川登・鮫島弘光

    柳澤雅之・河野泰之・甲山治・神崎護編『地球圏・生命圏の潜在力――熱帯地域社会の生存基盤』京都大学学術出版会.   283 - 315   2012年

  • 多自然川づくりとは何だったのか?

    柚洞一央

    E-Journal GEO   7 ( 2 )   147 - 157   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • マレーシア・サラワク州における小農アブラヤシ栽培の動向

    加藤裕美

    地理学論集   87 ( 2 )   26 - 35   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Life histories of migrants: bejalai experiences of the Iban in Sabah, Malaysia 査読

    祖田亮次・ロギー=スマン

    Geographical Studie   86   132 - 152   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 辺境からのグローバル化―サラワク先住民のモビリティと地方都市社会の変容

    -

    大阪市立大学都市文化研究センター編『都市の歴史的形成と文化創造力』清文堂   263 - 293   2011年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Life Histories of Migrants:Bejalai Experiences of the Iban in Sabah, Malaysia 査読

    祖田 亮次, SEMAN Logie

    The Hokkaido Geographical Society 地理学論集   86 ( 1 )   132 - 152   2011年( ISSN:1882-2118

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

     ボルネオ島のイバンは,東南アジアを代表する焼畑民として知られるだけでなく,その移動性の高さにも関心が寄せられている。しかし,豊富な研究蓄積があるイバン研究の多くは,マレーシア・サラワク州で行われた調査に基づくものであり,サバ州におけるイバンの研究は皆無に等しい。サバ州に住むイバンの多くは,1920 年代以降,サラワク州やインドネシア・西カリマンタン州から移住した者とその子孫である。筆者らは,サバ州に住むイバンの古老を対象に,彼らの移住プロセスを中心にライフヒストリーの聞き取り調査を行った。その結果,初期のイバン移住者は1920 ~ 30 年代にサバ州のタワオ地区に入植したこと,1960 年代以降にイバンのタワオ入植が急増したことなどが分かった。特に,1960年代以前にタワオに入植したイバンの多くは,豊富な移動歴と職歴を有しており,イバンの出稼ぎ移動のダイナミズムを理解する貴重な語りを得ることができた。本稿では,こうした語りを記録したものである。サバ州のイバン研究がほとんどない状況で,彼らの移動のプロセスを語りとして記録しておくことは,今後のイバン研究の進展にとって一定の価値を有すると考える。また,これらのイバンの移動を,人口移動研究の視点からいかに考察すべきかについて,若干の予備的考察も行った。

    DOI: 10.7886/hgs.86.132

    CiNii Article

  • Life histories of migrants: bejalai experiences of the Iban in Sabah, Malaysia

    -

    Geographical Studies   86   132 - 152   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 石川 登:境界の社会史――国家が所有を宣言するとき―― 査読

    祖田 亮次

    The Association of Japanese Geographers 地理学評論 Series A   83 ( 1 )   117 - 120   2010年( ISSN:1883-4388

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.4157/grj.83.117

    CiNii Article

  • ラジャン川の河岸侵食

    祖田 亮次

    Dari Kuching   7(2)   2   2010年

  • サラワク州ジュラロン川流域における民族間関係――焼畑民のプナン化過程

    祖田亮次

    藤巻正己編『マレーシアにおける貧困問題の地域的・民族集団的多様性に関する研究』(平成18~20年度科学研究費補助金基盤研究(B)成果報告書)   157 - 180   2009年03月

  • マレーシア・サラワク州における環境改変と「環境問題」 (特集 環境) 査読

    祖田亮次

    史学研究会 史林   92 ( 1 )   130 - 160   2009年( ISSN:03869369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Bank erosion along the Rajang River in Malaysia 査読

    Yuhora, Kazuhiro, Soda, Ryoji. and Watabe, Satoru.

    北海道地理学会 Geographical Studies   ( 84 )   99 - 110   2009年( ISSN:18822118

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Bank erosion along the Rajang River in Malaysia

    Yuhora, K., Soda, R. and Watabe, S.

    Geographical Studies   84   99 - 110   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 熱帯地域の森林開発と先住民社会―マレーシア・サラワク州を事例として

    -

    春山成子・藤巻正己・野間晴雄編『東南アジア』朝倉書店   380 - 389   2009年( ISBN:4254167938

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • マレーシア・サラワク州における環境改変と「環境問題」

    -

    史林   92 ( 1 )   130 - 160   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • マレーシア・ラジャン川の河岸侵食 査読

    柚洞 一央, 祖田 亮次, 渡部 悟

    The Hokkaido Geographical Society 地理学論集   84 ( 1 )   99 - 110   2009年( ISSN:1882-2118

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

     本稿では,マレーシアの最大河川ラジャン川において,近年進行している河岸侵食の実態を報告し,派生する問題について若干の考察を加える。流域面積約5万平方キロメートルを持つラジャン川の中下流域では,過去30~40年の間に河岸侵食が顕著に見られるようになった。観察および現地住民からの聞き取りによると,侵食を促す間接的背景として,河岸植生の変化,上流からの大量の土砂流入,浚渫などが挙げられ,直接的な契機としては,乾燥が続き土壌がひび割れた後の大雨や,洪水氾濫後の過剰間隙水圧のほか,船舶による航走波や流木の衝突などが考えられる。こうした侵食の影響を避けるため,河岸に位置する村々(ロングハウスという居住形態をとる先住民が多い)は,これまでに幾度もの移転を余儀なくされてきたが,近年では,土地不足や資金不足などにより移転さえも困難になっている。また,近隣の華人による土地の買占めが移転を困難にしている場合もあり,民族間の緊張関係を生み出すなど,社会問題としても顕在化しつつある。一方,現地住民の自己防衛策は非常に緩慢で,政府援助や国際協力に頼ろうとする姿勢が目立つ。こうした姿勢は中央集権化の過程で形成されたもので「補助金症候群」と揶揄される。このように,自然的要因だけでなく,社会的・政治的背景が複雑に絡み合うことで,先住民の脆弱性が増大し,レジリエンスが減退しているという現状が見られた。

    DOI: 10.7886/hgs.84.99

    CiNii Article

  • 東南アジアの農村-都市間移動再考のための視角-サラワク・イバンの事例から 査読

    祖田亮次

    E-Journal GEO   3 ( 1 )   1 - 17   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • サラワクにおけるプランテーションの拡大

    -

    秋道智彌・市川昌広編『東南アジアの森で何が起こっているか』   223 - 251   2008年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 東南アジアの農村-都市間移動再考のための視角-サラワク・イバンの事例から

    -

    日本地理学会・E-Journal GEO   3 ( 1 )   1 - 17   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Mover-oriented approach to understand rural-urban interaction: a case from Sarawak, Malaysia

    -

    Journal of Graduate School of Letters, Hokkkaido University   2   47 - 58   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • Mover-oriented approach to understand rural-urban interaction:a case from Sarawak, Malaysia 査読

    祖田 亮次

    北海道大学 Journal of the Graduate School of Letters   2   47 - 58   2007年( ISSN:18808832

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    This paper describes the entire picture of the mobility of indigenous people (the Iban) of Sarawak, Malaysia, between rural and urban areas, and tries to redefine the meaning of 'rural' and 'urban' for mobile people. While the Iban villages have been experiencing significant out-migration over the previous few decades, most of rural-to-urban migrants retain village 'membership' regardless of their current place of residence. Urban dwellers set up residential bases in both town and village, frequently moving between the two areas. This paper emphasizes that the Iban are stretching the notion...

    CiNii Article

  • Agents on the move: living strategy of the indigenous people in Sarawak, Malaysia

    -

    Annual Report on Cultural Sciences, Hokkaido University   119   79 - 101   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • Agents on the move : the living strategy of indigenous people in Sarawak, Malaysia 査読

    SODA Ryoji

    北海道大学 Annual Report on Cultural Sciences   119   79 - 101   2006年( ISSN:13460277

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 北海道におけるアジアからのインバウンド・ツーリズム 査読

    清水伊織, 祖田亮次

    北海道地理学会 北海道地理   25 - 39   2005年( ISSN:02852071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Iban city dwellers and rural property 査読

    SODA Ryoji

    Sarawak Development Journal   7 ( 1 )   38 - 47   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Difference of rice farming practices of the Iban in a national boundary area in Borneo and its socio-economic background 査読

    Kendawang, J. J., Tanaka, S., Soda, R., Seman, L., Wasli, M. H. and Sakurai, K.

    Tropics   14 ( 4 )   295 - 307   2005年( ISSN:0917-415X|1882-5729

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3759/tropics.14.295

    CiNii Article

  • マレーシア・サラワク州をめぐる国際労働移動

    -

    石川義孝編『アジア太平洋地域の人口移動』明石書店   299 - 326   2005年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • 北海道におけるアジアからのインバウンド・ツーリズム

    -

    北海道地理   80   25 - 39   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Difference of rice farming practices of the Iban in a national boundary area in Borneo and its socio-economic background

    Kendawan, J. J. et al.

    Tropics   14   259 - 307   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iban city dwellers and rural property

    -

    Sarawak Development Journal   7 ( 1 )   38 - 47   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

  • Development policy and human mobility in a developing country: voting strategy of the Iban in Sarawak, Malaysia

    -

    Southeast Asian Studies   40 ( 4 )   459 - 483   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 都市に住む先住民と農村プロパティ

    -

    石原潤編『農村空間の研究(下)』大明堂   253 - 269   2003年

     詳細を見る

    共著区分:単著  

▼全件表示

書籍等出版物

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 『淀川水系の治水と利水』(2023年度地理学実験実習I報告書)

    松木駿也・日吉健人・松田千優・祖田亮次編

    大阪公立大学文学部地理学教室   2024年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 海外リポート(マレーシアのアブラヤシ・プランテーション)

    祖田亮次

    我逢人   ( 3 )   12 - 13   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 地理学 招待

    祖田亮次

    蛍雪時代 2023年4月臨時増刊号   128 - 129   2023年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   国際・国内誌:国内誌  

  • 災害文化と人文地理学 招待

    祖田亮次

    公益社団法人日本地理学会編『地理学事典』丸善出版   530 - 531   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 林田秀樹編『アブラヤシ農園問題の研究 I【グローバル編】―東南アジアにみる地球的課題を考える』、『アブラヤシ農園問題の研究 II【ローカル編】―農園開発と地域社会の構造変化を追う』晃洋書房(書評)

    祖田亮次

    人文地理   74 ( 2 )   192 - 193   2022年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 『環濠を活用して発展した堺』(2021年度地理学野外調査実習I報告書)

    市道寛也・菅野拓・祖田亮次編

    大阪市立大学文学部地理学教室   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 『空想力の鍛え方―地域資源の再生・発見・創造の手がかりを求めて』(2020年度 地理学野外調査実習I 報告書)

    祖田亮次・松井恵麻・横林泰弘編

    大阪市立大学地理学教室   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 『つくる・みつける商店街の価値 ―大阪・広島・岡山』(2019年度地理学野外調査実習I報告書)

    祖田亮次・貫名隆洋・若林萌・大阪市立大学文学部 地理学教室

    大阪市立大学文学部地理学教室   2020年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 熊谷圭知『パプアニューギニアの「場所」の物語――動態地誌とフィールドワーク』九州大学出版会 招待

    祖田亮次

    人文地理   72 ( 2 )   166 - 167   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • 東南アジア諸国の国民統合とその課題

    祖田亮次

    2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   国際・国内誌:国内誌  

  • 『大阪におけるため池の変遷と現状―潰廃・親水・防災』(2018年度 地理学野外調査実習I 報告書)

    祖田亮次・大谷真樹・大阪市立大学文学部地理学教室編

    大阪市立大学文学部地理学教室   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 『日高川流域の生活と社会』(2017年度地理学野外調査実習I報告書)

    祖田亮次・横林泰宏・大阪市立大学文学部地理学教室編

    大阪市立大学文学部地理学教室   2018年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 災害研究と地理学 査読

    祖田亮次

    床呂郁哉・佐久間寛・塩原朝子編『災害の/とフィールドワーク』(フィールドサイエンス・コロキアム2016年度第1回ワークショップ報告書)東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所   54 - 74   2017年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 東・東南アジアにおける治水・利水技術の歴史的展開 査読

    祖田亮次

    千里地理通信(関西大学地理学研究会会報)   ( 77 )   8 - 8   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 『日本におけるイスラームの諸相』 査読

    祖田亮次・横林泰宏・大阪市立大学文学部地理学教室

    2016年度地理学野外調査実習I報告書   1 - 100   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 環境改変下における自然生態研究――異分野融合の可能性と地域研究(東南アジア学会50周年記念シンポジウム『「ものがたり」、そして「ともがたり」へ――変わりゆく東南アジアと東南アジア研究』発表要旨) 査読

    祖田亮次

    東南アジア学会会報   ( 106 )   24 - 25   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 高橋誠:巨大地震と社会――災害の地理学的研究(2016年大会特別研究発表――報告・討論の要旨および座長の所見)

    祖田亮次

    69 ( 1 )   142 - 148   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • Geographical variation in the lives of local people and socio-economic environments in Sarawak 査読

    祖田亮次

    Research Institute for Humanity and Nature   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 「交流の場」としての闘鶏――都市移住民の娯楽と文化 査読

    祖田亮次・池田愉歌

    熱帯バイオマス社会   ( 22 )   10 - 13   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ボルネオ内陸社会の流域「間」ネットワーク 査読

    祖田亮次

    マレーシア研究   3   101 - 101   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ボルネオ内陸先住民族の移動性――分水嶺を越えて 査読

    祖田亮次

    The Daily NNAマレーシア版   ( 05034 )   2013年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Distribution and trend of animal abundance in the Rajang and Baram regions, Sarawak, based on questionnaire survey 査読

    Hon, J., Sakai. S., Choy, Y. K., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Ichikawa. M., Kato, Y., Takano, T. K., Itioka, T., Soda, R., and Samejima, H.

    Collapse and Restoration of Ecosystem Networks with Human Activity. Research Institute for Humanity and Nature   158 - 165   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Changes in the lives of indigenous people and their environments in Sarawak 査読

    Sakai, S., Choy, Y. K., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Ichikawa, M., Kato, Y., Takano, T. K., Itioka, T., Soda, R., Samejima, H., and Nakashizuka, T.

    Collapse and Restoration of Ecosystem Networks with Human Activity. Research Institute for Humanity and Nature   185 - 189   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Bank erosion along the Rajang River and its social impacts 査読

    Watakabe, T., Soda, R., Mokudai, K., Ikeda, H. and Yuhora, K.

    Equatorial Biomass Society   ( 6 )   1 - 5   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 内陸先住民による小農的オイルパーム生産 査読

    加藤裕美・祖田亮次

    熱帯バイオマス社会   ( 7 )   1 - 5   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Inter-riverine society論の構築に向けて――スアイ-ジュラロン間エクスペディション 査読

    祖田亮次・ランゴブ,J.・奥野克己・甲山治・柳原秀年・石川登

    熱帯バイオマス社会   ( 10 )   1 - 6   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Preliminary joint research in Kemena/Tatau riverine area, Sarawak, Malaysia 査読

    Ishikawa, N. and Soda, R.

    Equatorial Biomass Society   ( 2 )   1 - 3   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Potentiality of oil palm smallholdings in rural communities in Sarawak, Malaysia 査読

    Soda, R. and Kato, Y

    Equatorial Biomass Society   ( 4 )   7 - 7   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Oil palm smallholding by longhouse villagers in inland area, Sarawak 査読

    Kato, Y. and Soda, R.

    Equatorial Biomass Society   ( 5 )   1 - 5   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ラジャン川における河岸侵食の特徴と社会的影響 査読

    渡壁卓磨・祖田亮次・目代邦康・池田宏・柚洞一央

    熱帯バイオマス社会   ( 6 )   1 - 4   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 書評 石川登:境界の社会史--国家が所有を宣言するとき 査読

    祖田亮次

    日本地理学会 地理学評論. [Series A]   83 ( 1 )   117 - 120   2010年( ISSN:18834388

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Overview of the project 査読

    Tomita, S., Badenoch, N. and Soda, R.

    In Tomita, S. ed. The preservation, compilation and reading of Lanten Yao traditional text in Northern Laos. (Project Report of Lanten Yao Traditional Text Studies)   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • サラワク北部Kemena/Tatau 水系での共同予備調査を終えて 査読

    石川登・祖田亮次

    熱帯バイオマス社会   ( 2 )   1 - 2   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ストックの社会,フローの社会――ノマッドの資源利用 査読

    祖田亮次

    山村則男編『人間活動下の生態系ネットワークの崩壊と再生-平成20年度FR1研究プロジェクト報告』総合地球環境学研究所   98 - 99   2009年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 書評 横山智・落合雪野編:ラオス農山村地域研究 査読

    祖田亮次

    日本地理学会 地理学評論. [Series A]   82 ( 1 )   63 - 66   2009年( ISSN:18834388

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • John Postill (2006) Media and Nation Building: How the Iban Became Malaysian (Book Review) 査読

    SODA Ryoji

    Asian Journal of Social Science   37   169 - 170   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 地誌情報のデジタル化プロジェクト 査読

    祖田亮次

    広島大学総合地誌研究資料センター編『広島大学総合地誌研究資料センター――二十年の記録と記憶』(総合地誌研 研究叢書42)   61 - 64   2006年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ボルネオにおける環境改変と人-自然関係 国内会議

    祖田亮次

    大阪公立大学第7回アカデミックカフェ「火に関わる自然環境と人の暮らしー地質年代と現在」  2022年07月  大阪公立大学

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪公立大学(大阪市)  

  • ポリティカル・エコロジー論の新たな展開―環境ガバナンスのリスケーリングに関する予備的考察 国内会議

    小泉佑介・祖田亮次

    2020年人文地理学会大会  2020年11月  人文地理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • Historical development of flood control and water use in and around Japan: 150 years of river management technology 国際会議

    Soda, R.

    UMS-TUFS Exchange Lecture on Culture and Society of Asia and Africa  2019年08月  Universiti Malaysia Sabah

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Universiti Malaysia Sabah, Sabah, Malaysia  

  • アブラヤシ認証が創り出すサラワク「小農」世界―生産者団体の活動に着目して 国内会議

    祖田亮次・生方史数・葉山アツコ

    第29回日本熱帯生態学会年次大会  2019年06月  日本熱帯生態学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学(札幌市)  

  • 東・東南アジアにおける治水・利水技術の歴史的展開――日本を中心とする河川の150年史 国内会議

    祖田亮次・大谷真樹・横林泰宏

    2018年人文地理学会大会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良大学  

  • マレーシア・サラワク州の村落周辺の森林被覆変化 国内会議

    酒井章子・Choy Yee Keong・岸本圭子・高野(竹中)宏平・市川昌広・西前出・鮫島弘光・加藤裕美・祖田亮次・潮雅之・中静透・市岡孝朗

    第28回熱帯生態学会年次大会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学  

  • 日高川流域の移住/定住促進と地域活性化 国内会議

    祖田亮次

    大阪市立大学COCフォーラム「平成29年度 CR副専攻成果報告会」  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

  • マレーシア・サラワク州における人-自然関係の変化――災害、プランテーション、保全林 国内会議

    祖田亮次

    コタキナバル日本人会第5回講演会  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:コタキナバル日本人会館(日本人学校),コタキナバル,マレーシア  

  • 河川改修をめぐる技術の形成・変容・伝播 国内会議

    祖田亮次

    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所研共同利用・共同研究課題『「わざ」の人類学的研究――技術,身体,環境』第2回研究会  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京外国語大学  

  • ボルネオにおける人間-環境関係の変化――マレーシア・サラワク州を事例に 国内会議

    祖田亮次

    総合地球環境学研究所 平成29年度インキュベーション研究「環インド洋熱帯地域における複数発展径路と自然環境-比較と連関」第2回研究会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:総合地球環境学研究所  

  • ボルネオにおける環境改変と社会的インパクト 国内会議

    祖田亮次

    大阪歴史科学協議会2017年4月例会  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:クレオ大阪中央  

  • Urbanization, population change and forest cover in rural Borneo 国内会議

    Sakai, S., Choy, Y. K., Kishimoto-Yamada, K., Takano, K., Ichikawa, M., Samejima, H., Kato, Y., Soda, R., Saizen, I., Nakashizuka, T. and Itioka, T.

    The 64th Annual Meeting of Ecological Society of Japan  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Waseda University, Shinjuku, Tokyo, Japan  

  • 環境改変下における自然生態研究――異分野接合の可能性と地域研究 国内会議

    祖田亮次

    東南アジア学会第96回研究大会(50周年記念シンポジウム:「ものがたり」,そして「ともがたり」へ――変わりゆく東南アジアと東南アジア研究)  2016年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学  

  • マレーシア(研究)の中のサラワク(研究) 国内会議

    祖田亮次

    マレーシア学会2015年度(第25回)研究大会(シンポジウム『サラワクから見るマレーシア』)  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • 災害研究と地理学 国内会議

    祖田亮次

    フィールドサイエンス・コロキアム(2016年度第1回ワークショップ『災害と/のフィールドワーク』)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京外国語大学  

  • Oil palm smallholding and mosaic-landscapes in Sarawak, Malaysia 国内会議

    Ryoji Soda

    UMS-TUFS Exchange Lecture on Culture and Society of Asia and Africa  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Universiti Malaysia Sabah, Kota Kinabalu, Malaysia  

  • マレーシア・サラワク州の地域社会が主有する保存林プラウの分布パタンと開発の影響 国内会議

    竹内やよい・祖田亮次・鮫島弘光・ビビアン=ディワイ

    第25回日本熱帯生態学会  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • ボルネオ北部の流域社会 国内会議

    祖田亮次・石川登

    第25回日本熱帯生態学会(学会連携セッション『熱帯の水系を遡る旅――沿岸から高地までの環境と暮らし』)  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • Conservation values of culturally reserved forests managed by indigenous communities in Borneo 国内会議

    Takeuchi, Y., Soda, R. and Diway B.

    52nd Annual Meeting of the Association for Tropical Biology and Conservation  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hawaii Convention Center, Honolulu, USA  

  • Variation in the use of ecosystem services by local people in Borneo: Social and ecological factors 国内会議

    Sakai, S., Choy, Y. K.., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Takano, T. K., Ichikawa, M., Samejima, H., Kato, Y., Soda, R., Ushio, M., Saizen, I., Nakashizuka, T. and Itioka, T.

    Japan Geoscience Union Meeting 2015  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chiba, Japan  

  • 何が生態系サービスの利用を左右するのか?――マレーシア・サラワク州での大規模聞き取り調査から 国内会議

    酒井章子・Choy Yee Keong・小泉都・岸本圭子・高野(竹中)宏平・市川昌広・鮫島弘光・加藤裕美・祖田亮次・潮雅之・西前出・中静透・市岡孝朗

    第62回日本生態学会企画集会『ボルネオの変容しつつあるランドスケープの中で――生物多様性・生態系サービスの現在』  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • Biodiversity of remnant forests in Jelalong, Bintulu 国内会議

    Takeuchi, Y., Soda, R., and Diway, B.

    International Seminar of “Human Nature Interactions of the Riverine Societies in Sarawak: A Transdisciplinary Approach.”  2014年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Universiti Malaysia Sarawak. Kuching, Malaysia  

  • The latest trends in small-scale oil palm farming in Sarawak, Malaysia 国内会議

    Soda, R., Kato, Y. and Hon, J.

    International Seminar of “Human Nature Interactions of the Riverine Societies in Sarawak: A Transdisciplinary Approach.”  2014年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Universiti Malaysia Sarawak. Kuching, Malaysia  

  • Thirty years of forest development and the response of indigenous people in Sarawak, Malaysia 国内会議

    Soda, R. and Kato, Y.

    UZH University Research Priority Program “Global Chang and Biodiversity.”  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Zurich, Zurich, Switzerland  

  • 地理学とフィールドワーク 国内会議

    祖田亮次

    生野高校1日総合大学  2014年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:生野高校  

  • アブラヤシ小農の土地利用/認識の変化と都市-農村関係 国内会議

    祖田亮次・加藤裕美

    第41回アブラヤシ研究会  2014年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • マレーシア・サラワクにおけるアブラヤシ小農の土地利用形態と近年の動向 国内会議

    加藤裕美・祖田亮次・ジェイソン=ホン

    第41回アブラヤシ研究会  2014年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • Changes in utilization of ecosystem services by local people: cause and consequences 国内会議

    Sakai, S., Keong, C, Y., Koizumi, M., Kishimoto-Yamada, K., Ichikawa, M., Kato, Y., Takano, T. K., Itioka, T., Soda, R., Samejima, H., Saizen, I., Nakashizuka, T.

    2014 Global Land Project Open Science Meeting  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Berlin, Germany  

  • The trends in forest development and adaptability of indigenous communities in Sarawak, Malaysia 国内会議

    Ryoji Soda

    International Seminar on “Current status and challenges of sustainable forest management in Borneo: views from governments, private sectors, NGOs, and local communities.”  2013年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto University, Kyoto, Japan  

  • 熱帯環境からみた商品連鎖の時空間的分析――グローバルな分野横断型研究の創出に向けて 国内会議

    祖田亮次

    平成24年度東南アジア研究所共同利用・共同研究拠点『東南アジア研究の国際共同研究拠点』  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • マレーシア・サラワク先住民社会におけるアブラヤシ栽培の動向――小農‐企業関係、RSPO認証、都市‐農村関係 国内会議

    祖田亮次・加藤裕美

    第31回アブラヤシ研究会  2012年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学  

  • Impacts of oil palm smallholdings on rural-urban household economy: a case in Bintulu, Sarawak 国内会議

    祖田亮次・加藤裕美

    International Seminar on “The Last Malaysian Oil Palm Frontier: Oil Palm Smallholders and the Emerging Socio-economic Landscape of Rural Sarawak.”  2012年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Universiti Malaysia Sarawak. Kuching, Malaysia  

  • マレーシア,ラジャン川における砂利取りと河岸侵食 国内会議

    目代邦康・渡壁卓磨・祖田亮次・池田宏・柚洞一央

    日本地理学会秋季学術大会  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学  

  • Potentiality of oil palm small holdings in rural communities in Sarawak, Malaysia 国内会議

    Soda, R. and Kato, Y.

    International Seminar on “Human-Nature Interactions of the Riverine Societies in Sarawak: A Transdisciplinary Approach.”  2012年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Harbourview Hotel, Kuching, Malaysia  

  • Socio-economic impacts of oil palm industry on rural communities in Sarawak, Malaysia 国内会議

    Kato, Y. and Soda, R.

    Borneo Research Council Conference  2012年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Brunei Darussalam. Bandar Sri Begawan, Brunei  

  • マレーシア・サラワクの環境改変と先住民社会 国内会議

    祖田亮次

    大阪府高等学校社会科(地歴・公民)研究会  2012年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立高津高等学校  

  • 地理学と商品連鎖 国内会議

    祖田亮次

    商品連鎖研究会  2012年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • 多自然川づくりとは何だったのか?――1990年代以降の河川行政の転換 国内会議

    祖田亮次

    大阪市立大学文学研究科研究カフェ  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

  • マイナー・ディザスターと災害文化 国内会議

    祖田亮次

    地域科学研究会  2011年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学  

  • ボルネオ熱帯雨林における環境破壊と環境保全――グローバル化のもとでの地域イメージの創出 国内会議

    祖田亮次

    大阪市立大学文化交流センター講座  2010年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

  • マレーシア・サラワク州のエコツーリズムとエスニック・ツーリズム 国内会議

    祖田亮次

    大阪市立大学2010年春の市大授業  2010年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

  • ボルネオ先住民の都市-農村間移動 国内会議

    祖田亮次

    重点研究国際シンポジウム「都市の歴史的形成と文化想像力」  2010年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学  

  • River improvement history in Japan: rethinking human-nature interactions 国内会議

    Ryoji Soda

    International Conference on “Changing Nature of “Nature”: New Perspectives from Trandisciplinary Field Science.”  2009年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto University, Kyoto, Japan  

  • マレーシア・サラワク州における河川災害 国内会議

    祖田亮次・柚洞一央

    日本地理学会秋季学術大会  2009年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学  

  • マレーシア・サラワク州ラジャン川中流域の河岸侵食 国内会議

    祖田亮次・柚洞一央

    つくば地形教室セミナー  2009年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば地形教室  

  • Bank erosion in the middle basin of the Rajang River in Sarawak, Malaysia 国内会議

    Ryoji Soda and Kazuhiro Yuhora

    International Seminar on “The Perceptions of Natural Disasters among the Peoples of Sarawak.”  2009年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Universiti Malaysia Sarawak, Kuching, Malaysia  

  • 日本の河川行政――「近自然」あるいは「多自然」 国内会議

    祖田亮次

    京都大学地域研究統合情報センター「東南アジア島嶼部における自然と非自然の境界生成に関する学際的研究」研究会  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • マレーシア・サラワク州におけるプランテーションの拡大と先住民社会 国内会議

    祖田亮次

    日本地理学会秋季学術大会  2008年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学  

  • ボルネオの環境改変と「先住民」社会 国内会議

    祖田亮次

    史学研究会例会(共通論題『環境』)  2008年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学  

  • サラワクの森林開発と先住民社会 国内会議

    祖田亮次

    第17回日本熱帯生態学会・公開シンポジウム「熱帯雨林の人と森――サラワクからの便り」  2007年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知城ホール  

  • 東マレーシアの民族・文化・人の移動 国内会議

    祖田亮次

    日本地理学会秋季学術大会  2006年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学  

  • Urban sojourners and rural property: changing family relations among the Iban in Sarawak 国内会議

    祖田亮次

    International Symposium on “Indigenous Communities: Voices towards Sustainability.”  2006年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Malaysia National University, Kuala Lumpur, Malaysia  

  • Human mobility in the periphery: cases from Malaysia 国内会議

    祖田亮次

    International workshop on “Multicultural Anxiety and National Frameworks in the Globalised World.”  2006年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hokkaido University, Sapporo, Japan  

  • Changing family relationships among the Iban: urban sojourners and rural property 国内会議

    祖田亮次

    Institute of East Asian Studies Seminar Series  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Universiti Malaysia Sarawak. Kuching, Malaysia  

▼全件表示

研究員受入実績

  • 2022年度  研究員数:1名

担当教育概要

  • 地理学

担当授業科目

  • 地理学特殊問題研究III

    2018年度     大学院

  • 地域実践演習III

    2017年度     大学

  • アゴラセミナー1a

    2017年度     大学

  • 環境と文化

    2017年度     大学

  • 地誌学II

    2017年度     大学

  • 地理学特殊問題演習III

    2017年度     大学院

  • 地理学実験実習I

    1900年度     大学

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:4名  卒業論文審査数:3件

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

社会貢献活動

  • 取材協力

    役割:取材協力

    TBSテレビ  クレイジージャーニー  2023年05月

     詳細を見る

    種別:テレビ・ラジオ番組

  • 高校での授業

    役割:講師

    長野県立松本県ヶ丘高校  探求授業の講師、エクスカーションの引率、ポスター発表の指導  2023年04月 - 2024年03月

     詳細を見る

    種別:出前授業

  • 高校教科書の執筆

    帝国書院  『高校生の地理総合』  2021年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:その他

その他

  • 職務経歴

    2017年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 文学研究院 教授

  • 職務経歴

    2009年04月 - 2017年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 文学研究科 准教授