2023/04/01 更新

写真a

キムラ ケンジロウ
木村 健二郎
KIMURA Kenjiro
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2023年04月 - 継続中

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 2023年03月

  • 医学部 医学科 

    准教授  2023年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 2023年03月

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究キーワード

  • 膵臓癌,手術,膵頭十二指腸切除術,内視鏡手術

研究概要

  • 膵臓癌に対する集学的治療。癌関連線維芽細胞と膵癌の相互作用について。膵癌患者由来腫瘍組織移植動物による個別化抗がん剤治療の開発.

研究歴

  • 膵臓癌に対する集学的治療

    機関内共同研究

    2010年10月 - 継続中 

所属学協会

  • アメリカ国癌学会(AACR)

      国外

  • 日本外科学会。日本消化器外科学会。日本肝胆膵外科学会。日本膵臓学会。日本癌治療学会

      国内

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   肝胆膵外科   博士課程   卒業・修了

    2002年04月 - 2006年03月

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    1994年04月 - 2000年03月

論文

  • Durable response after discontinuation of pembrolizumab therapy for intrahepatic cholangiocarcinoma: a case report. 査読

    Eguchi S, Shinkawa H, Sato Y, Nakai K, Takemura S, Tanaka S, Amano R, Kimura K, Ohira G, Nishio K, Kinoshita M, Tauchi J, Miyazaki T, Ishihara A, Shirai D, Kubo S

    Clinical journal of gastroenterology   2021年04月( ISSN:1865-7257

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-021-01396-5

    PubMed

  • Nomograms predicting extra- and early intrahepatic recurrence after hepatic resection of hepatocellular carcinoma. 査読

    Shinkawa H, Tanaka S, Takemura S, Amano R, Kimura K, Kinoshita M, Takahashi K, Matsuzaki S, Kubo S

    Surgery   169 ( 4 )   922 - 928   2021年04月( ISSN:0039-6060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2020.10.012

    PubMed

  • Clinical benefit for clinical sequencing using cancer panel testing 査読

    Nishimura Sadaaki, Sugimoto Atsushi, Kushiyama Shuhei, Togano Shingo, Kuroda Kenji, Yamamoto Yurie, Yamauchi Makoto, Sumi Toshiyuki, Kaneda Hiroyasu, Kawaguchi Tomoya, Kato Minoru, Tagami Mizuki, Oebisu Naoto, Hoshi Manabu, Kimura Kenjiro, Kubo Shoji, Muguruma Kazuya, Takashima Tsutomu, Ohira Masaichi, Yashiro Masakazu

    PLOS ONE   16 ( 2 )   e0247090   2021年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0247090

    PubMed

  • Lenvatinib-Induced Tumor-Related Hemorrhages in Patients with Large Hepatocellular Carcinomas 査読

    Uchida-Kobayashi Sawako, Kageyama Ken, Yamamoto Akira, Ikenaga Hiroko, Yoshida Kanako, Kotani Kohei, Kimura Kenjiro, Odagiri Naoshi, Hagihara Atsushi, Fujii Hideki, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Kubo Shoji, Miki Yukio, Kawada Norifumi

    ONCOLOGY   99 ( 3 )   186 - 191   2021年02月( ISSN:0030-2414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000510911

    PubMed

  • がん遺伝子パネル検査を用いたクリニカルシーケンスの課題と現状 査読

    西村 貞德, 加藤 実, 木村 健二郎, 永原 央, 六車 一哉, 李 栄柱, 高島 勉, 久保 正二, 大平 雅一, 八代 正和, 杉本 敦史, 櫛山 周平, 栂野 真吾, 黒田 顕慈, 山内 真, 角 俊幸, 金田 裕靖, 川口 知哉

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   36 ( 0 )   5 - 6   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.36.5

    CiNii Article

  • Surgical outcomes for hepatocellular carcinoma detected after hepatitis C virus eradiation by direct-acting antivirals 査読

    Tanaka Shogo, Shinkawa Hiroji, Tamori Akihiro, Takemura Shigekazu, Takahashi Shinji, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Ohira Go, Kawada Norifumi, Kubo Shoji

    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   122 ( 8 )   1543 - 1552   2020年12月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.26184

    PubMed

  • Prognostic value of expanded liver transplantation criteria-the 5-5-500 rule-in patients with hepatic resection for intermediate-stage hepatocellular carcinoma 査読

    Shinkawa Hiroji, Tanaka Shogo, Takemura Shigekazu, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Kinoshita Masahiko, Miyazaki Toru, Kubo Shoji

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   27 ( 10 )   682 - 689   2020年10月( ISSN:1868-6974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.792

    PubMed

  • Prognostic value of expanded liver transplantation criteria: the 5-5-500 rule: in patients with hepatic resection for intermediate-stage hepatocellular carcinoma(和訳中) 査読

    Shinkawa Hiroji, Tanaka Shogo, Takemura Shigekazu, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Kinoshita Masahiko, Miyazaki Toru, Kubo Shoji

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   27 ( 10 )   682 - 689   2020年10月( ISSN:1868-6974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The findings of the contrast-enhanced CT and risk factors for hepatic infarction after pancreatoduodenectomy 査読

    Shindo Daisuke, Yamamoto Akira, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Yamazoe Sadaaki, Shimono Taro, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   38 ( 6 )   547 - 552   2020年06月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-020-00934-4

    PubMed

  • The findings of the contrast-enhanced CT and risk factors for hepatic infarction after pancreatoduodenectomy(和訳中) 査読

    Shindo Daisuke, Yamamoto Akira, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Yamazoe Sadaaki, Shimono Taro, Miki Yukio

    (公社)日本医学放射線学会 Japanese Journal of Radiology   38 ( 6 )   547 - 552   2020年06月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Establishment of a Liver Transplant Patient-derived Tumor Xenograft (PDX) Model Using Cryopreserved Pancreatic Ductal Adenocarcinoma 査読

    Tanaka Ryota, Kageyama Ken, Kimura Kenjiro, Eguchi Shinpei, Tauchi Jun, Shinkawa Hiroji, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Yamamoto Akira, Tanaka Shogo, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kubo Shoji, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   40 ( 5 )   2637 - 2644   2020年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14234

    PubMed

  • Preoperative Neutrophil-to-lymphocyte Ratio Predicts Tumor-infiltrating CD8(+) T Cells in Biliary Tract Cancer 査読

    Tanaka Ryota, Kimura Kenjiro, Eguchi Shinpei, Tauchi Jun, Shibutani Masatune, Shinkawa Hiroji, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Tanaka Shogo, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kubo Shoji, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   40 ( 5 )   2881 - 2887   2020年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14264

    PubMed

  • Establishment of patient-derived tumor xenograft (PDX) model as artificially-created liver metastasis using cryopreserved pancreatic ductal adenocarcinoma 査読

    Kimura Kenjiro, Tanaka Ryota, Amano Ryosuke, Kubo Shoji, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 4 )   2020年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of intratumoral tertiary lymphoid structure (TLS) as predictictive factors of nivolumab therapy after conversion surgery for unresectable gastric cancer: A retrospective study 査読

    Tanaka Hiroaki, Mori Takuya, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 4 )   2020年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日本における腹腔鏡下膵切除術に関する多施設共同前向き登録研究 患者1429例の評価に関する報告(A multicenter prospective registration study on laparoscopic pancreatectomy in Japan: report on the assessment of 1,429 patients) 査読

    Ohtsuka Takao, Nagakawa Yuichi, Toyama Hirochika, Takeda Yutaka, Maeda Atsuyuki, Kumamoto Yusuke, Nakamura Yoshiharu, Hashida Kazuki, Honda Goro, Fukuzawa Kengo, Toyoda Eiji, Tanabe Minoru, Gotohda Naoto, Matsumoto Ippei, Ryu Tomoki, Uyama Ichiro, Kojima Toru, Unno Michiaki, Ichikawa Daisuke, Inoue Yosuke, Matsukawa Hiroyoshi, Sudo Takeshi, Takaori Kyoichi, Yamaue Hiroki, Eguchi Susumu, Tahara Munenori, Shinzeki Makoto, Eguchi Hidetoshi, Kurata Masanao, Morimoto Mamoru, Hayashi Hiromitsu, Marubashi Shigeru, Inomata Masafumi, Kimura Kenjiro, Amaya Koji, Sho Masayuki, Yoshida Ryuichi, Murata Akihiro, Yoshitomi Hideyuki, Hakamada Kenichi, Yasunaga Masafumi, Abe Nobutsugu, Hioki Masayoshi, Tsuchiya Masaru, Misawa Takeyuki, Seyama Yasuji, Noshiro Hirokazu, Sakamoto Eiji, Hasegawa Kiyoshi, Kawabata Yasunari, Uchida Yoichiro, Kameyama Shinichiro, Ko Saiho, Takao Takashi, Kitahara Kenji, Nakahira Shin, Baba Hideo, Watanabe Masahiko, Yamamoto Masakazu, Nakamura Masafumi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   27 ( 2 )   47 - 55   2020年02月( ISSN:1868-6974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腹腔鏡下膵切除術(LP)に関する日本の現状を安全性と実施可能性の観点から調べた。多施設前向き登録システムに報告された、術前の患者背景と予定手術、施行手術と手術成績のデータを収集し、経験レベルを基に各施設間で比較した。100施設における1429例の患者のデータが利用可能で、腹腔鏡下膵尾部切除術(LDP)1197例(男性506例、女性691例、年齢11〜91歳)、腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(LPD)232例(男性125例、女性107例、年齢19〜88歳)であった。LDPの熟練施設は19施設、LPDの熟練施設は5施設であった。予定手術に対する手術完遂率はLDP 92%、LPD 91%であった。術後合併症率と90日死亡率は、LDPで17%と0.3%、LPDで30%と0.4%であった。LDPの熟練施設では、手術時間が短く、出血量も少なく、膵瘻発生率も低かった。またLPD熟練施設では純粋腹腔鏡手技率が高く、手術時間は短かった。日本では、特に熟練施設で両手術は安全に施行されていた。

  • A multicenter prospective registration study on laparoscopic pancreatectomy in Japan: report on the assessment of 1,429 patients 査読

    Ohtsuka Takao, Nagakawa Yuichi, Toyama Hirochika, Takeda Yutaka, Maeda Atsuyuki, Kumamoto Yusuke, Nakamura Yoshiharu, Hashida Kazuki, Honda Goro, Fukuzawa Kengo, Toyoda Eiji, Tanabe Minoru, Gotohda Naoto, Matsumoto Ippei, Ryu Tomoki, Uyama Ichiro, Kojima Toru, Unno Michiaki, Ichikawa Daisuke, Inoue Yosuke, Matsukawa Hiroyoshi, Sudo Takeshi, Takaori Kyoichi, Yamaue Hiroki, Eguchi Susumu, Tahara Munenori, Shinzeki Makoto, Eguchi Hidetoshi, Kurata Masanao, Morimoto Mamoru, Hayashi Hiromitsu, Marubashi Shigeru, Inomata Masafumi, Kimura Kenjiro, Amaya Koji, Sho Masayuki, Yoshida Ryuichi, Murata Akihiro, Yoshitomi Hideyuki, Hakamada Kenichi, Yasunaga Masafumi, Abe Nobutsugu, Hioki Masayoshi, Tsuchiya Masaru, Misawa Takeyuki, Seyama Yasuji, Noshiro Hirokazu, Sakamoto Eiji, Hasegawa Kiyoshi, Kawabata Yasunari, Uchida Yoichiro, Kameyama Shinichiro, Ko Saiho, Takao Takashi, Kitahara Kenji, Nakahira Shin, Baba Ilideo, Watanabe Masahiko, Yamamoto Masakazu, Nakamura Masafumi

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   2019年12月( ISSN:1868-6974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/jhbp.695

    PubMed

  • 開腹下および腹腔鏡下肝切除の施行患者に対して行う短期予防的抗生物質投与(Giving short-term prophylactic antibiotics in patients undergoing open and laparoscopic hepatic resection) 査読

    Shinkawa Hiroji, Tanaka Shogo, Takemura Shigekazu, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Nishioka Takayoshi, Ito Tokuji, Miyazaki Toru, Ishihara Atsushi, Kubo Shoji

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Annals of Gastroenterological Surgery   3 ( 5 )   506 - 514   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2012年4月〜2017年12月に当施設で肝腫瘍に対して開腹下または腹腔鏡下肝切除を実施した患者における術後短期予防的抗生物質投与の有効性を後ろ向きに評価した。開腹下肝切除は218例(男性72.0%、65歳超73.4%)、腹腔鏡下肝切除は185例(男性70.8%、65歳超68.6%)で実施した。予防的抗生物質としてフロモキセフナトリウムを皮膚切開1時間前に投与し、2014年3月までは術後12時間ごとに3日間、2014年4月以降は術後24時間以内に投与した。長期投与群と短期投与群で術後感染性合併症の発生率を比較した。開腹下および腹腔鏡下肝切除実施患者の短期投与群および長期投与群で潜在的交絡因子に対する補正のために傾向スコア対応を行った。開腹下肝切除患者では短期投与群が143例、長期投与群が75例、腹腔鏡下肝切除患者ではそれぞれ122例と63例であった。傾向スコアマッチング後の術後感染症の発生率は、開腹下肝切除患者の短期投与群が18.9%、長期投与群が12.2%、腹腔鏡下肝切除患者ではそれぞれ3.3%と1.7%で、有意差はなかった。手術部位感染は開腹下肝切除患者では短期投与群が13.5%で長期投与群が10.8%、腹腔鏡下肝切除患者ではそれぞれ3.3%と1.7%で同等であった。

  • 腹腔鏡下胆嚢摘出術中に胆嚢底部に認めた異所性肝の1例 査読

    伊藤 厳太郎, 八代 正和, 山添 定明, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大平 雅一

    (株)南江堂 外科   81 ( 9 )   999 - 1002   2019年08月( ISSN:0016-593X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Efficacy and Safety of Paclitaxel plus Ramucirumab Therapy for Unresectable or Recurrent Gastric Cancer]. 査読

    Tsujio G, Toyokawa T, Fukuoka T, Tamura T, Ohira G, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 切除不能進行・再発胃癌に対するPaclitaxel+Ramucirumab療法の治療成績 査読

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 福岡 達成, 田村 達郎, 大平 豪, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   46 ( 5 )   895 - 899   2019年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行・再発胃癌に対する二次以降の化学療法として施行したpaclitaxel(PTX)+ramucirumab(RAM)療法(PTX 80mg/m2、day 1、8、15、RAM 8mg/kg、day 1、15)の安全性および有効性について検討した。対象は当科でPTX+RAM療法を施行した進行・再発胃癌33例で、年齢中央値は68歳、PS2以上の症例は5例であった。投与コース数の中央値は4コースで、Grade 3以上の有害事象は28例(85%)[白血球・好中球減少21例(64%)、末梢神経障害3例(9%)など]に認められた。抗腫瘍効果は奏効率14.8%、病勢コントロール率66.7%であり、全生存期間および無増悪生存期間中央値はそれぞれ9.3ヵ月、4.7ヵ月であった。切除不能進行・再発胃癌に対するPTX+RAM療法は一定の効果が期待できるが、実地臨床においては高齢かつPSの悪い症例に対して使用することも多く、慎重なマネージメントが必要である。(著者抄録)

  • 子宮体癌術後の肝転移脾転移に対し切除術を行った1例 査読

    田伏 真理, 大平 豪, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山添 定明, 大平 雅一

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   44 ( 2 )   319 - 326   2019年04月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    子宮体癌の肝転移脾転移切除症例を経験したので報告する.症例は69歳,女性.4年前に当院で子宮体癌に対して腹式単純子宮全摘出術,両側付属器摘出術,骨盤リンパ節郭清を施行.術後補助化学療法施行中,画像検査で肝S5に肝腫瘍を1箇所,脾門部に脾腫瘍を1箇所指摘された.他に転移巣がみられなかったことから根治切除可能と判断し,脾臓摘出術および肝S5部分切除術を施行した.病理診断では類内膜腺癌,ER陽性,p53陽性であり子宮体癌の肝転移脾転移と診断した.術後9ヵ月無再発生存中である.(著者抄録)

  • The prognostic significance of the advanced lung cancer inflammation index in patients with unresectable metastatic colorectal cancer: a retrospective study 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC CANCER   19 ( 1 )   241   2019年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-019-5468-9

    PubMed

  • Long-term outcomes after biliary diversion operation for pancreaticobiliary maljunction in adult patients 査読

    Aota Takanori, Kubo Shoji, Takemura Shigekazu, Tanaka Shogo, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Yamazoe Sadaaki, Shinkawa Hiroji, Ohira Go, Shibata Toshihiko, Horiike Masaki

    ANNALS OF GASTROENTEROLOGICAL SURGERY   3 ( 2 )   217 - 223   2019年03月( ISSN:2475-0328

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ags3.12239

    PubMed

  • 成人膵胆管合流異常患者に対する胆汁分流手術後の長期転帰(Long-term outcomes after biliary diversion operation for pancreaticobiliary malfunction in adult patients) 査読

    Aota Takanori, Kubo Shoji, Takemura Shigekazu, Tanaka Shogo, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Yamazoe Sadaaki, Shinkawa Hiroji, Ohira Go, Shibata Toshihiko, Horiike Masaki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Annals of Gastroenterological Surgery   3 ( 2 )   217 - 223   2019年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胆道癌を有さない膵胆管合流異常(PBM)に対して胆汁分流手術を施行した成人患者40例を対象に、特に先天性胆道拡張症(CBD)のタイプに関連して、長期転帰を評価した。A群はIa型またはIc型CBD、または非拡張型胆管を有する患者20例(男性2例、女性18例、年齢20〜73歳)、B群はIV-A型CBDを有する患者20例(男性6例、女性14例、年齢26〜67歳)で構成された。2群間で臨床所見および術後転帰を比較した。40例のうち9例は反復性胆管炎を患い、これら9例のうち8例は胆汁分流手術後に肝結石症を患った。術後3年2ヵ月から24年の時点で、A群では死亡は認められなかったが、B群において4例が胆道癌、膵癌または肝不全で死亡した。これら4例のうち3例において、血清CA19-9濃度は癌の検出前に増加した。1例は反復性胆管炎による肝不全で死亡した。胆管炎、肝結石症および再手術を反復した患者、胆道癌、膵癌または肝不全で死亡した患者の割合は、A群よりもB群で有意に高かった。生存率はB群がA群より有意に悪かった。

  • 【手術部位感染(SSI)におけるリスク因子】腹腔鏡下肝切除術は手術部位感染の頻度を減少させたか 傾向スコアマッチングを用いた開腹下肝切除との比較検討 査読

    田中 肖吾, 竹村 茂一, 新川 寛二, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 西岡 孝芳, 田内 潤, 伊藤 得路, 宮崎 徹, 石原 敦, 久保 正二

    (一社)日本外科感染症学会 日本外科感染症学会雑誌   16 ( 1 )   34 - 40   2019年03月( ISSN:1349-5755

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    (背景)腹腔鏡下肝切除の手術部位感染(SSI)に対する影響は知られていない。(患者・方法)2007〜2016年に肝細胞癌に対し腹腔鏡下肝切除を施行した193例(LH群)および開腹下肝切除を施行した314例(OH群)に対し傾向スコアマッチングを行った結果、片群117例ずつ抽出された。2群間のSSIを含めた治療成績に関して比較検討した。(結果)術後合併症の頻度はLH群で低かったが(P=0.038)、SSIの頻度は2群間で差は認められなかった(3例vs6例、P=0.499)。切開創SSIはLH群1例/OH群4例(P=0.370)および臓器/体腔SSIはLH群2例/OH群2例に認められ(P=1.00)、有意差はみられなかった。ただし完全腹腔鏡下84例では切開創SSIは認められなかった(P=0.087 vs OH群)。(まとめ)傾向スコアマッチングの結果、腹腔鏡下肝切除と開腹下肝切除ではSSI発症率に差が認められなかった。(著者抄録)

  • A case of perforation of a pancreatic duct by a pancreatic stent during chemoradiotherapy for pancreatic head cancer: a case report 査読

    Mori Takuya, Ohira Go, Kimura Kenjiro, Yamazoe Sadaaki, Amano Ryosuke, Ohira Masaichi

    SURGICAL CASE REPORTS   5 ( 1 )   10   2019年01月( ISSN:2198-7793

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-019-0571-3

    PubMed

  • 膵頭癌に対する化学放射線療法中の膵臓ステントによる膵管穿孔の1症例 1症例報告(A case of perforation of a pancreatic duct by a pancreatic stent during chemoradiotherapy for pancreatic head cancer: a case report) 査読

    Mori Takuya, Ohira Go, Kimura Kenjiro, Yamazoe Sadaaki, Amano Ryosuke, Ohira Masaichi

    Springer Berlin Heidelberg Surgical Case Reports   5 ( January )   1 - 4   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    局所進行膵頭癌のため閉塞性黄疸および膵炎を呈した62歳男性症例について検討した。内視鏡下で胆道ステントと膵臓ステントを両方留置し、その後化学放射線療法を施行した。4ヵ月後に重度の腹痛を呈した。造影CTを実施し、膵臓ステントによる膵管穿孔と診断し、緊急手術を施行した。穿孔部位の両側に膵管チューブを挿入し、経皮的経胃ドレナージを実施した。術後経過は順調であった。チューブを切断し、内瘻ドレナージに切り替えた。

  • 腹腔鏡下肝切除術は手術部位感染の頻度を減少させたか:―傾向スコアマッチングを用いた開腹下肝切除との比較検討― 査読

    田中 肖吾, 伊藤 得路, 宮崎 徹, 石原 敦, 久保 正二, 竹村 茂一, 新川 寛二, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 西岡 孝芳, 田内 潤

    一般社団法人 日本外科感染症学会 日本外科感染症学会雑誌   16 ( 1 )   34 - 40   2019年( ISSN:1349-5755

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>(背景)腹腔鏡下肝切除の手術部位感染(SSI)に対する影響は知られていない。(患者・方法)2007. 2016年に肝細胞癌に対し腹腔鏡下肝切除を施行した 193例(LH群)および開腹下肝切除を施行した 314例(OH群)に対し傾向スコアマッチングを行った結果,片群 117例ずつ抽出された。2群間の SSIを含めた治療成績に関して比較検討した。(結果)術後合併症の頻度は LH群で低かったが( P=0.038),SSIの頻度は 2群間で差は認められなかった(3例vs 6例, P=0.499)。切開創 SSIは LH群 1例 /OH群 4例( P=0.370)および臓器 /体腔 SSIは LH群 2例 /OH群 2例に認められ( P=1.00),有意差はみられなかった。ただし完全腹腔鏡下 84例では切開創 SSIは認められなかった(P=0.087 vs OH群)。(まとめ)傾向スコアマッチングの結果,腹腔鏡下肝切除と開腹下肝切除では SSI発症率に差が認められなかった。</p>

    DOI: 10.24679/gekakansen.16.1_34

    CiNii Article

  • 肝硬変患者の周術期における感染制御を目的とした栄養管理 査読

    新川 寛二, 宮崎 徹, 石原 敦, 久保 正二, 竹村 茂一, 田中 肖吾, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 西岡 孝芳, 伊藤 得路

    日本外科代謝栄養学会 外科と代謝・栄養   53 ( 2 )   105 - 109   2019年( ISSN:0389-5564

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11638/jssmn.53.2_105

    CiNii Article

  • 高齢がん患者に対する手術療法と栄養療法 ③膵がん手術 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 田村 達郎, 永原 央, 花山 佳子, 大平 雅一

    一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会 日本静脈経腸栄養学会雑誌   34 ( 2 )   87 - 91   2019年( ISSN:2189-0161

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>高齢化社会を迎えている本邦において膵がん患者数は増加の一途をたどっており、日常診療では高齢膵がん患者を切除する機会も増えてきている。高齢膵がん患者に対して切除を企図する場合には膵切除のリスクと膵がんの予後のリスクを鑑みて患者にbenefitがあるかどうかを慎重に判断して決定する必要がある。近年の手術手技やデバイスの進歩にも関わらず膵切除は高い死亡リスクを伴った手術であるが、患者の併存疾患も含めて慎重な耐術能評価を行って切除適応があれば非高齢者と同等の安全性をもって手術は可能である。しかしながら膵がんはたとえ切除し得たとしても予後不良ながん腫であり、特に高齢者は非高齢者よりも切除後の予後は有意に不良である。予後を改善するには術前から術後まで良好な全身状態を保つ必要があり、そのためには外科医のみならず糖尿病内科医、在宅医、栄養士、理学療法士等の多職種がチームとなって患者の栄養管理をはじめとする術前後の長期的な継続的サポートをすることが重要である。</p>

    DOI: 10.11244/jspen.34.87

    CiNii Article

  • 子宮体癌術後の肝転移脾転移に対し切除術を行った1例 査読

    田伏 真理, 大平 豪, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山添 定明, 大平 雅一

    日本外科系連合学会 日本外科系連合学会誌   44 ( 2 )   319 - 326   2019年( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>子宮体癌の肝転移脾転移切除症例を経験したので報告する.症例は69歳,女性.4年前に当院で子宮体癌に対して腹式単純子宮全摘出術,両側付属器摘出術,骨盤リンパ節郭清を施行.術後補助化学療法施行中,画像検査で肝S5に肝腫瘍を1箇所,脾門部に脾腫瘍を1箇所指摘された.他に転移巣がみられなかったことから根治切除可能と判断し,脾臓摘出術および肝S5部分切除術を施行した.病理診断では類内膜腺癌,ER陽性,p53陽性であり子宮体癌の肝転移脾転移と診断した.術後9カ月無再発生存中である.</p>

    DOI: 10.4030/jjcs.44.319

    CiNii Article

  • 膵癌乳腺転移との鑑別を要した膵癌・男性乳癌重複の1例 査読

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 天野 良亮, 後藤 航, 浅野 有香, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   45 ( 13 )   1857 - 1859   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)では、男性乳癌や膵癌の既往が重要となり、BRCA遺伝子変異を考慮して診断を進めるべきである。また、進行膵癌は多様な転移を来し、まれではあるが乳腺組織への転移の報告も散見される。今回われわれは、膵癌乳腺転移との鑑別を要した膵癌・男性乳癌重複の1例を経験したので報告する。症例は67歳、男性。発熱、右季肋部痛、全身倦怠感を主訴に近医を受診し、CT精査にて膵尾部癌多発肝転移・腹膜転移が疑われ、当院紹介となった。家族歴に特記すべき事項はなかった。左前胸部に約2cm大の弾性硬の腫瘤を認め、超音波検査で左乳腺C領域に2.8cm大の内部不均質で境界不明瞭な腫瘤が確認された。膵癌からの乳腺転移も否定し得ず、針生検を行ったところ、病理所見より乳腺原発が明らかとなった。以上より、膵尾部癌、cT4N1M1、Stage IVおよび原発性乳癌、cT2N0M0、Stage IIAとの同時性重複癌とした。全身精査中に腫瘍増大により肝不全が進行、best supportive care(BSC)に至った。(著者抄録)

  • [A Case of Male Breast Cancer Suspected of Breast Metastasis from Pancreatic Cancer]. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Amano R, Goto W, Asano Y, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1857 - 1859   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 十二指腸乳頭部癌切除後の予後及び再発因子の検討 査読

    西尾 康平, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山添 定明, 大平 豪, 大平 雅一

    日本胆道学会 胆道   32 ( 5 )   833 - 841   2018年12月( ISSN:0914-0077

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    十二指腸乳頭部癌(AC)は他の膵頭部領域癌に比べ各施設とも症例数が限られており、未だ予後因子やその特性について詳細な報告は少ない。そこで、1998年4月から2014年12月まで当科で切除を施行したAC43例を対象とし、予後及び再発と臨床病理学的因子の関係について後方視的に検討を行った。組織型が中分化型/低分化型腺癌(mod/por)である症例が独立した予後不良因子であった(p=0.0065)。また、mod/por(p=0.0002)、リンパ節転移個数が2個以上(p=0.0306)、術前減黄処置施行例(p=0.0315)が独立した再発危険因子であった。組織型がmod/porやリンパ節転移個数が2個以上の症例に対しては術後補助療法の必要性を考慮すべきと考えられた。(著者抄録)

  • Pancreatic cancer cell fraction estimation in a DNA sample 査読

    Ishihara Hiroki, Yamashita Satoshi, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Hirakawa Kosei, Ueda Takako, Murakami Yoshiki, Tamori Akihiro, Kawada Norifumi, Hagihara Atsushi, Ushijima Toshikazu

    CANCER SCIENCE   109   1171 - 1171   2018年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Case of Appendiceal Cancer Wherein the Abdominal Abscess Ruptured into the Urinary Bladder Owing to Obstructive Appendicitis]. 査読

    Tsujio G, Nagahara H, Shibutani M, Fukuoka T, Matsutani S, Kusunoki C, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 閉塞性虫垂炎による腹腔内膿瘍膀胱穿通を来した虫垂癌の1例 査読

    辻尾 元, 永原 央, 渋谷 雅常, 福岡 達成, 松谷 慎治, 楠 誓子, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   45 ( 13 )   2458 - 2460   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は73歳、女性。下腹部痛、腹部膨満感を主訴に近医を受診、下腹部に腫瘍性病変を認め当院紹介となった。造影CT検査で、膀胱右前壁に壁肥厚および虫垂先端に連続する約6cm大の内部に壊死性変化を疑う腫瘤を認めた。虫垂腫瘍膀胱浸潤や膀胱腫瘍虫垂浸潤が疑われ手術の方針とした。約1ヵ月後の入院時に施行した造影CT検査にて虫垂先端の腫瘤は著明に縮小していたが膀胱の壁肥厚は残存しており、虫垂に造影効果を受ける腫瘤を認め、虫垂癌もしくは膀胱癌と考え手術を施行した。術中所見では虫垂先端が膀胱壁と一塊になっており、膀胱壁を含めた虫垂切除を行い、虫垂中部に約1cm大の腫瘍を認めた。迅速病理検査にて虫垂癌と診断されたため、回盲部切除+D2リンパ節郭清を追加した。病理組織学的検査で虫垂癌、pT2N0M0、pStage Iの診断、虫垂癌による閉塞性虫垂炎で虫垂が穿破し、腹腔内膿瘍を形成、膀胱に穿通したものと考えた。(著者抄録)

  • Pancreatic Cancer Cell Fraction Estimation in a DNA Sample. 査読

    Ishihara H, Yamashita S, Amano R, Kimura K, Hirakawa K, Ueda T, Murakami Y, Tamori A, Tanabe K, Kawada N, Hagihara A, Ushijima T

    Oncology   1 - 10   2018年08月( ISSN:0030-2414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000491637

    PubMed

  • The prognostic value of the systemic inflammatory score in patients with unresectable metastatic colorectal cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ONCOLOGY LETTERS   16 ( 1 )   666 - 672   2018年07月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.8628

    PubMed

  • A case of complete splenic infarction after laparoscopic spleen-preserving distal pancreatectomy 査読

    Kimura Kenjiro, Ohira Go, Amano Ryosuke, Tanaka Ryota, Ohira Tauchi Masaichi

    BMC SURGERY   18 ( 1 )   22   2018年04月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-018-0353-z

    PubMed

  • Association of tumor infiltrating CD8 positive T cells and PDL-1 expression with survival after conversion surgery for unresectable gastric cancer. 査読

    Tanaka Hiroaki, Nishimura Junya, Miki Yuichiro, Tamura Tatsuro, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36 ( 4 )   2018年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Comparison of the local immune status between the primary tumor and metastatic tumor in colorectal cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Matsutani Shiniji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   280 - 280   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic significance of inflammation-based and/or nutritional markers in patients with stage II gastric cancer 査読

    Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Tamura Tatsuro, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Yanaka Hiroaki

    CANCER SCIENCE   109   1088 - 1088   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Possibility of inducing tumor infiltrating lymphocytes by B cells in tertiary lymphoid structures in gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Sakimura Chie, Kazuya Muguruma, Tamura Tatsuro, Shibutani Masatsune, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Yashiro Masakazu, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   837 - 837   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The impact of Tumor-associated macrophage on chemoresistance via angiogenesis in colorectal cancer 査読

    Nakao Shigetomi, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   63 - 63   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 外科的切除を施行した十二指腸GIST 8例の臨床病理学的検討 査読

    辻尾 元, 豊川 貴弘, 木村 健二郎, 天野 良亮, 平川 弘聖, 大平 雅一

    金原出版(株) 手術   72 ( 1 )   95 - 100   2018年01月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    外科的切除を行った十二指腸GIST(gastrointestinal stromal tumor)症例8例(男性7例、女性1例、35〜76歳)を対象とした。主訴は無症状が3例と最も多く、下血2例、倦怠感1例、腹部違和感1例、便秘1例であった。腫瘍の局在は十二指腸下行脚が7例、水平脚が1例であった。術前に十二指腸GISTの診断がついていたのは5例で、その他はGIST疑い1例、平滑筋肉腫疑い1例、十二指腸カルチノイドに対する手術中に偶然発見1例であった。術前にGISTの確定診断がついていた5例の診断方法はEUS-FNA(endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration)3例、内視鏡下生検2例であった。手術術式は十二指腸部分切除術が6例、膵頭十二指腸切除術が2例で、全例で完全切除を施行した。免疫組織染色においてc-kitは8例全例で陽性、CD34は8例中7例で陽性であった。同時性肝転移症例2例を除いた6例のリスク分類は、低リスク4例、高リスク2例であった。再発は4例に認めた。転帰は4例が無再発生存中、3例が再発生存中、1例が原病死であった。

  • 【Borderline resectable膵癌に対する集学的治療】技術的切除可能な主要動脈浸潤局所進行膵癌に対するR0を目指した集学的治療 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 西尾 康平, 大平 豪, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)篠原出版新社 癌の臨床   63 ( 5 )   447 - 453   2018年01月( ISSN:0021-4949

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肝動脈浸潤・接触、上腸間膜動脈接触を認める局所進行膵癌42例中、膵切除を行った30例を対象とした。術前化学放射線療法の完遂率は97.6%、外科切除率は71.4%であった。NCCNガイドラインにおけるBorderline resectable(BR)が14例、Unresectable(UR)が16例で、術前治療により腫瘍径、腫瘍マーカーともに有意な低下を認めた。PD-CARやPD-CHAR、TP-CARなどの肝動脈合併膵切除症例が14例で、10例に肝動脈再建を要した。門脈合併切除は70%に行い、術中輸血率は60%であった。grade 3a以上の術後合併症発症率は36.7%であった。胃排出遅延は16.7%に認め、1例が在院死亡に至った。病理所見では、リンパ節転移例は33.3%、膵頭神経叢浸潤は43.3%、門脈浸潤率は30%であった。病理学的な90%以上の腫瘍壊死効果は43.3%に認め、R0切除率は93.3%であった。S-1による術後補助化学療法導入率は82.6%であった。2年生存率は56.1%であった。

  • Verification of the method to evaluate tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) in colorectal cancer 査読

    Matsutani Shinji, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Nakao Shigetomi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   290 - 290   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy of Transhepatic Anterior Approach to the Inferior Vena Cava for Malignant Pheochromocytoma Invading Right Posterior Lobe of the Liver: A Case Report 査読

    Tsujio Gen, Kimura Kenjiro, Tauchi Yukie, Ohira Go, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Nishio Kohei, Onoda Naoyosi, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    INTERNATIONAL SURGERY   103 ( 1-2 )   80 - 86   2018年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-17-00130.1

  • 十二指腸乳頭部癌切除後の予後及び再発因子の検討 査読

    西尾 康平, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山添 定明, 大平 豪, 大平 雅一

    日本胆道学会 胆道   32 ( 5 )   833 - 841   2018年( ISSN:0914-0077

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>十二指腸乳頭部癌(AC)は他の膵頭部領域癌に比べ各施設とも症例数が限られており,未だ予後因子やその特性について詳細な報告は少ない.そこで,1998年4月から2014年12月まで当科で切除を施行したAC43例を対象とし,予後及び再発と臨床病理学的因子の関係について後方視的に検討を行った.組織型が中分化型/低分化型腺癌(mod/por)である症例が独立した予後不良因子であった(p=0.0065).また,mod/por(p=0.0002),リンパ節転移個数が2個以上(p=0.0306),術前減黄処置施行例(p=0.0315)が独立した再発危険因子であった.組織型がmod/porやリンパ節転移個数が2個以上の症例に対しては術後補助療法の必要性を考慮すべきと考えられた.</p>

    DOI: 10.11210/tando.32.833

    CiNii Article

  • [A Case of Small Intestinal Metastasis with Intussusception Due to Barium]. 査読

    Tsujio G, Nagahara H, Nakao S, Fukuoka T, Shibutani M, Maeda K, Matsutani S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical Outcome of the Patients with Anal Squamous Cell Carcinoma]. 査読

    Mori T, Maeda K, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1647 - 1649   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Synchronous Triple Cancer of the Breast, Duodenal and Lung]. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Amano R, Goto W, Asano Y, Ohira G, Kimura K, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1074 - 1076   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • バリウム内服を契機に発症した小腸重積により診断された転移性小腸腫瘍の1例 査読

    辻尾 元, 永原 央, 中尾 重富, 福岡 達成, 渋谷 雅常, 前田 清, 松谷 慎治, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1973 - 1975   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は48歳、男性。受診2日前より嘔気を自覚、翌日に健康診断を受診し、胸部X線検査および食道・胃・十二指腸造影検査を施行した。胸部に異常陰影を指摘されたため当院に紹介受診となった。胸部〜骨盤部CT検査にて左肺門部に約4cm大の腫瘤を認め、小腸にtarget signを認めた。小腸重積の診断となり緊急手術の方針となった。開腹にて腹腔内を観察したところ、Treitz靱帯より約20cm、130cm肛門側の小腸に重積を認め、Hutchinson手技にて重積を解除し得た。口側の重積部では先進部に腫瘍を認めたが、肛門側の重積部では先進部に明らかな腫瘍性病変は認めずバリウム内服による蠕動亢進が原因と考えた。検索を進めたところ小腸に3ヶ所腫瘍性病変を認め、1ヶ所は口側腸重積の先進部となっていた。腫瘍を有する部位の小腸計3ヶ所を部分切除・再建し手術を終了した。病理組織検査では肺多型癌小腸転移の診断となり、現在外来で加療中である。(著者抄録)

  • 肛門扁平上皮癌症例の治療成績 査読

    森 拓哉, 前田 清, 福岡 達成, 澁谷 正常, 永原 央, 田村 達郎, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1647 - 1649   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回われわれは、1994〜2016年までに当院で治療した肛門扁平上皮癌14例を検討した。初回治療として手術を5例に施行したが4例に再発を認め、このうち3例は術後1年以内に死亡した。一方、9例に対し化学放射線療法(chemoradiotherapy:CRT)を初回治療として施行した。Grade 3以上の有害事象は好中球減少の1例のみであった。効果判定は全例でpartial response(PR)以上が得られ、complete response(CR)は6例であった。CR6例中4例は無再発生存中、残る2例は再発を認めたが、ともに転移巣を切除し健存である。PRの3例中1例は局所切除追加にて再発なく生存しているが、残る2例は遠隔転移再発で死亡した。CRT症例は重篤な副作用もなく、予後も比較的良好であった。CRTは根治を期待できる有効な治療法であるが、遠隔転移再発には慎重な経過観察が必要と考えられた。(著者抄録)

  • 同時性三重複癌(乳癌・十二指腸癌・肺癌)の1例 査読

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 天野 良亮, 後藤 航, 浅野 有香, 大平 豪, 木村 健二郎, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 12 )   1074 - 1076   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は71歳、女性。皮膚黄染と右季肋部痛を主訴に近医を受診した。腹部CTや血液検査により、十二指腸乳頭部が閉塞起点となる閉塞性黄疸と考えられた。内視鏡による精査にて十二指腸乳頭部癌と診断され、精査加療目的に当院へ紹介となった。術前CT検査では、両肺野および左乳腺に腫瘤影、左腋窩にもリンパ節腫大が認められた。乳腺超音波検査では、左乳腺ECD領域に1.7cm大の不整形腫瘤を認め、針生検にて原発性乳癌と診断された。さらに肺病変の原発巣精査目的にて、胸腔鏡下右肺部分切除術を施行、原発性肺腺癌との診断に至った。骨シンチグラフィにて多発骨転移も確認された。以上より、骨転移を伴う高度進行性の同時性三重複癌と診断した。今回われわれは、同時性に乳癌・十二指腸癌・肺癌の三重複癌を認めたまれな1例を経験したので、文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Doublecortin and CaM kinase-like-1 as an independent prognostic factor in patients with resected pancreatic carcinoma 査読

    Nishio Kohei, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Nakata Bunzo, Yamazoe Sadaaki, Ohira Go, Miura Kotaro, Kametani Naoki, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   23 ( 31 )   5764 - 5772   2017年08月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v23.i31.5764

    PubMed

  • A case of bowel perforation due to traumatic hernia at a pelvic fracture site: a case report and review of the literature 査読

    Tanaka Ryota, Nagahara Hisashi, Maeda Kiyoshi, Ohtani Hiroshi, Shibutani Masatsune, Tamura Tatsuro, Ikeya Tetsuro, Sugano Kenji, Iseki Yasuhito, Sakurai Katsunobu, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC SURGERY   17 ( 1 )   81   2017年07月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-017-0278-y

    PubMed

  • Immunoregulatory Function of Lymphatic Endothelial Cells in Tumor-draining Lymph Nodes of Human Gastric Cancer 査読

    Tokumoto Mao, Tanaka Hiroaki, Tauchi Yukie, Tamura Tatsuro, Toyokawa Takahiro, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   37 ( 6 )   2875 - 2883   2017年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11640

    PubMed

  • The impact of the preoperative peripheral lymphocyte count and lymphocyte percentage in patients with colorectal cancer 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Tamura Tatsuro, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    SURGERY TODAY   47 ( 6 )   743 - 754   2017年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-016-1433-2

    PubMed

  • 大腸癌患者における術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合の影響(The impact of the preoperative peripheral lymphocyte count and lymphocyte percentage in patients with colorectal cancer) 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Tamura Tatsuro, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   47 ( 6 )   743 - 754   2017年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大腸癌患者において、術前免疫能を反映する末梢血リンパ球数およびリンパ球割合が有用な生存予測因子となり得るかについて検討した。さらに、それらの生存予測因子としての正確度を比較した。ステージII/IIIの大腸癌患者362例のデータを後向きに調査し、術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合に基づき患者を分類した。高リンパ球数群では低リンパ球数群に比べ(カットオフ値1700/mm3)、5年無再発生存率が高い傾向を示した(p=0.0583)。また高リンパ球数群では低リンパ球数群に比べ(カットオフ値1100/mm3)、5年全生存率が有意に高かった(p=0.0021)。高リンパ球割合群では低リンパ球割合群に比べ(カットオフ値32.4%)、5年無再発生存率および5年全生存率が有意に高かった(ともにp=0.0003)。多変量解析において、リンパ球割合が全生存と独立した関連を示した(オッズ比2.168、p=0.0308)。大腸癌患者において術前末梢血リンパ球数およびリンパ球割合はともに良好な予後因子であることが示された。またリンパ球割合はリンパ球数よりも優れた生存予測因子であることが示唆された。

  • [Clinical Experience of S-1 and Oxaliplatin(SOX)as the First-Line Chemotherapy for Metastatic/Recurrent Gastric Cancer]. 査読

    Toyokawa T, Tamura T, Shibutani M, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 5 )   405 - 408   2017年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • The Clinical Indications for Limited Surgery of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas 査読

    Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Ymazoe Sadaaki, Ohira Go, Nishio Kohei, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   41 ( 5 )   1358 - 1365   2017年05月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-016-3824-3

    PubMed

  • 進行再発胃癌に対するSOX療法の治療成績 査読

    豊川 貴弘, 田村 達郎, 渋谷 雅常, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   44 ( 5 )   405 - 408   2017年05月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行再発胃癌に対する一次治療としてのS-1+oxaliplatin(SOX)療法の有効性と安全性について検討した。対象は当科でSOX療法を施行した進行再発胃癌27例である。投与方法はoxaliplatin 100mg/m2を第1日目に点滴静注、S-1 80〜120mg/bodyを2週投与1週休薬で投与し、3週1コースとした。投与コース中央値は7コースで、奏効率47.6%、病勢コントロール率は76.2%であった。Grade 3以上の有害事象は、好中球減少33.3%、末梢神経障害、食欲不振11.1%、血小板減少7.4%、貧血、下痢、疲労、高カルシウム血症を3.7%に認めた。生存期間中央値には到達せず、1年生存率は63.2%であった。実地臨床においてもSOX療法の治療効果は良好で、外来で安全に施行可能であった。(著者抄録)

  • 脾sclerosing angiomatoid nodular transformationの1例 査読

    森 拓哉, 山添 定明, 大平 豪, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大平 雅一

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   78 ( 5 )   1102 - 1106   2017年05月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は49歳,女性.右進行乳癌の診断で化学療法を施行されていた.同時に脾腫瘍も指摘されており,明らかにはサイズ変化はないもののPETにて集積亢進を認めたため,乳癌の脾転移を含め悪性疾患の可能性が否定できず,診断・治療目的に腹腔鏡下脾臓摘出術を施行した.免疫組織化学検査所見でsclerosing angiomatoid nodular transformationと診断された.本疾患は2004年に報告された脾腫瘤形成性良性疾患の一つと考えられており,報告例が少ない稀な疾患である.今回われわれは腹腔鏡下脾摘出術を施行し,診断しえた症例を経験したので報告する.(著者抄録)

  • Analysis of the origin of anaplastic pancreatic cancer and the mechanism of its dedifferentiation 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Ohira Go, Nishio Kohei, Kametani Naoki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   24 ( 3 )   176 - 184   2017年03月( ISSN:1868-6974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.429

    PubMed

  • 膵退形成癌の起源とその脱分化機構の解析(Analysis of the origin of anaplastic pancreatic cancer and the mechanism of its dedifferentiation) 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Ohira Go, Nishio Kohei, Kametani Naoki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences   24 ( 3 )   176 - 184   2017年03月( ISSN:1868-6974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    細胞系列、上皮間葉転換(EMT)、癌幹細胞様細胞(CSC)の観点から、膵退形成癌(APC)の起源と進行について調べた。APC患者6例と分化型膵管腺癌(PDAC)患者53例の標本を用いて、SOX9、E-カドヘリン、ビメンチン、ZEB1、Snail、N-カドヘリン、CD24、CD44の発現を免疫組織化学的に推定した。その結果、ほぼ全ての症例で膵管細胞マーカーであるSOX9の発現が陽性で、E-カドヘリン発現はAPC症例で陰性、殆どのPDAC症例で陽性であった。その他のEMT関連蛋白質発現およびCSC関連蛋白質発現はPDAC症例よりも遥かに多くのAPC症例が陽性であった。HE染色組織スライドから癌性病変、未分化型病変、分化型病変(管様病変:DL)の割合を大まかに計算したところ、APCでは平均でDLが癌性病変の12%を占めた。APCは膵管細胞様の特徴を有し、EMTおよびCSC特性の獲得を介して脱分化成分を獲得することが示唆された。

  • Role of systemic immune-inflammatory index, tumor infiltrating neutrophils and PD-1+T cells to predict the postoperative recurrence after S-1 adjuvant chemotherapy for gastric cancer: A retrospective study. 査読

    Tanaka Hiroaki, Tamura Tatsuro, Hiramatsu Soichiro, Muguruma Kazuya, Miki Yuichiro, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 ( 4 )   2017年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Preoperative predictors for early recurrence of resectable pancreatic cancer 査読

    Nishio Kohei, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Ohrira Go, Nakata Bunzo, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   15 ( 1 )   16   2017年01月( ISSN:1477-7819

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-016-1078-z

    PubMed

  • 脾sclerosing angiomatoid nodular transformationの1例 査読

    森 拓哉, 山添 定明, 大平 豪, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大平 雅一

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   78 ( 5 )   1102 - 1106   2017年( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は49歳,女性.右進行乳癌の診断で化学療法を施行されていた.同時に脾腫瘍も指摘されており,明らかにはサイズ変化はないもののPETにて集積亢進を認めたため,乳癌の脾転移を含め悪性疾患の可能性が否定できず,診断・治療目的に腹腔鏡下脾臓摘出術を施行した.免疫組織化学検査所見でsclerosing angiomatoid nodular transformationと診断された.本疾患は2004年に報告された脾腫瘤形成性良性疾患の一つと考えられており,報告例が少ない稀な疾患である.今回われわれは腹腔鏡下脾摘出術を施行し,診断しえた症例を経験したので報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.78.1102

    CiNii Article

  • 癌宿主因子における予後および効果予測 査読

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渋谷 雅常, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 平川 弘聖, 大平 雅一

    大道学館出版部 臨牀と研究   93 ( 12 )   1614 - 1615   2016年12月( ISSN:0021-4965

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    癌宿主因子における炎症指標の有用性について検証した。グラスゴー予後予測スコアはCRP値とアルブミン値によって算出されるが、その他の指標はそれぞれの因子の絶対値の組み合わせで求められる。カットオフ値はROC解析で求めることが多く、評価項目は全生存期間または無病生存期間に関連して測定されることが多い。すべての指標において基準とされる数値は存在しない。末梢血から求められる炎症反応や栄養状態、免疫環境などの宿主因子は、有用な予後および治療効果予測因子である可能性が示唆された。

  • Tumor-infiltrating lymphocytes predict the chemotherapeutic outcomes in patients with stage IV colorectal cancer 査読

    Shibutani M., Maeda K., Nagahara H., Fukuoka T., Iseki Y., Matsutani S., Tamura T., Ohira G., Yamazoe S., Kimura K., Toyokawa T., Amano R., Tanaka H., Muguruma K., Hirakawa K., Ohira M.

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年12月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Giant duodenal ulcers after neurosurgery for brainstem tumors that required reoperation for gastric disconnection: a report of two cases 査読

    Nobori Chihoko, Kimura Kenjiro, Ohira Go, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Tanaka Hiroaki, Naito Kentaro, Takami Toshihiro, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    BMC SURGERY   16 ( 1 )   75   2016年11月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-016-0189-3

    PubMed

  • [A Case of Metastatic Lung Cancer from Colon Cancer with a Long Partial Response with Regorafenib Treatment]. 査読

    Iseki Y, Yashiro M, Shibutani M, Nagahara H, Maeda K, Matsutani S, Tamura T, Ohira G, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2338 - 2340   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • レゴラフェニブにて18ヵ月間の長期PRが得られた大腸癌肺転移の1例 査読

    井関 康仁, 八代 正和, 渋谷 雅常, 永原 央, 前田 清, 松谷 慎治, 田村 達郎, 大平 豪, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   43 ( 12 )   2338 - 2340   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳、女性。2005年12月、当科にてS状結腸癌に対してS状結腸切除術を施行。病理結果にてpT2N0M0、fStage Iであり、術後補助化学療法は施行せず経過観察していた。2011年11月にCEA 9.7ng/mLと上昇を認め、精査にて転移性肺癌を認めた。FOLFOX+bevacizumab(BV)療法を21コース、FOLFIRI+BV療法を6コース、XELOX+BV療法を13コース施行した。いずれのレジメンもprogressive disease(PD)となったため、fourth-lineとしてレゴラフェニブ療法を開始した。レゴラフェニブ開始前のレジメンにて手足症候群がみられたため、80mg/dayで開始した、Grade 2以上の副作用はでることなく投与開始後18ヵ月経過し、長期間partial response(PR)が持続し現在22コース施行中である。大腸癌肺転移再発症例に対してレゴラフェニブ投与により長期にわたるPRを得ることができた1例を経験した。(著者抄録)

  • 手術手技 尾側膵切除術における膵切離法の検討 補強材付staplerの有用性 査読

    大平 豪, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 西尾 康平, 大平 雅一

    金原出版(株) 手術   70 ( 12 )   1611 - 1616   2016年11月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    尾側膵切除術は広く適応される術式であるが、膵液瘻の術後合併症が高率に認められるため、補強材付自動縫合器による切離方法について解説した。膵切離法は、自動縫合器で切離可能であれば良悪性を問わず自動縫合器を使用し、使用の際の注意点として、膵皮膜の温存がある。補強材付自動縫合器はステープルサイズが段階的に細くなるタイプを使用し、補強材による面での膵圧挫、把持することで膵損傷をしにくくなる。縫合器も、開腹手術、腹腔鏡手術ともに全自動でできるタイプの縫合器を使用し、手ぶれによる損傷を減らしている。膵切離高が11mm以上では、補強材付縫合器の方が有意に補強材のない縫合器よりも膵液瘻発生を防止した。

  • Prognostic Significance of MicroRNA-21 Expression in Patients with Unresectable Metastatic Colon Cancer 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Fukuoka Tatsunari, Ikeya Tetsuro, Matsutani Shinji, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 10 )   5145 - 5151   2016年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.11084

    PubMed

  • Outcomes after resection of occupational cholangiocarcinoma 査読

    Kubo Shoji, Takemura Shigekazu, Tanaka Shogo, Shinkawa Hiroji, Kinoshita Masahiko, Hamano Genya, Ito Tokuji, Koda Masaki, Aota Takanori, Yamamoto Takatsugu, Terajima Hiroaki, Tachiyama Gorou, Yamada Terumasa, Nakamori Shoji, Arimoto Akira, Fujikawa Masahiro, Tomimaru Yoshito, Sugawara Yasuhiko, Nakagawa Kei, Unno Michiaki, Mizuguchi Toru, Takenaka Kenji, Kimura Koichi, Shirabe Ken, Saiura Akio, Uesaka Katsuhiko, Taniguchi Hiroki, Fukuda Akira, Chong Ja-Mun, Kuwae Yuko, Ohsawa Masahiko, Sato Yasunori, Nakanuma Yasuni

    JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES   23 ( 9 )   556 - 564   2016年09月( ISSN:1868-6974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jhbp.373

  • Pancreatic Fibroblasts Stimulate the Motility of Pancreatic Cancer Cells through IGF1/IGF1R Signaling under Hypoxia 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Doi Yosuke, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   11 ( 8 )   e0159912   2016年08月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0159912

    PubMed

  • Control Status of Atherosclerotic Cardiovascular Risk Factors Among Japanese High-Risk Subjects:Analyses of a Japanese Health Check Database from 2008 to 2011. 査読

    Hasegawa K, Tsukamoto K, Kunimi M, Asahi K, Iseki K, Moriyama T, Yamagata K, Tsuruya K, Fujimoto S, Narita I, Konta T, Kondo M, Kimura K, Ohashi Y, Watanabe T

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   23 ( 8 )   991 - 1003   2016年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.31906

    PubMed

  • Tumor-associated macrophages induce capillary morphogenesis of lymphatic endothelial cells derived from human gastric cancer 査読

    Tauchi Yukie, Tanaka Hiroaki, Kumamoto Kanako, Tokumoto Mao, Sakimura Chie, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER SCIENCE   107 ( 8 )   1101 - 1109   2016年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12977

    PubMed

  • 腫瘍関連マクロファージはヒト胃癌由来リンパ管内皮細胞の毛細管形成を誘導する(Tumor-associated macrophages induce capillary morphogenesis of lymphatic endothelial cells derived from human gastric cancer) 査読

    Tauchi Yukie, Tanaka Hiroaki, Kumamoto Kanako, Tokumoto Mao, Sakimura Chie, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   107 ( 8 )   1101 - 1109   2016年08月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃癌の予後指標である腫瘍リンパ管形成におけるマクロファージの役割について検討するため、当院で胃癌の外科的処置が施行された患者の転移リンパ節(LN)由来リンパ管内皮細胞(LEC)と腫瘍関連マクロファージ間の相互作用について評価した。LECをマクロファージと直接的または間接的に、胃癌細胞系OCUM-12の培養上清の有無の条件下で共培養を行い、LECにおよぼすマクロファージの影響を解析し、共培養したLECの形態学的変化およびマクロファージとLECのリンパ管形成遺伝子発現について検討した。その結果、LECの管形成は接触培養時にのみ観察され、OCUM-12はマクロファージ誘導性の管形成を促進した。また、毛細管形成中のLECおよび共培養マクロファージの双方で、MMPと接着分子の遺伝子発現が有意にアップレギュレートされ、癌で前処理されたマクロファージにおいて、炎症性サイトカイン、MMP、接着分子、VEGF-Cなどのリンパ管形成因子のアップレギュレーションが示され、ICAM-1とマクロファージ活性化を阻害するとLECの管形成が抑制され、免疫組織化学から、リンパ管周囲に局在するマクロファージが検出された。以上の所見から、LECとマクロファージ間の相互作用が、LN転移を発症する腫瘍リンパ管形成の初期段階で重要なことが示唆された。

  • 横行結腸と瘻孔を形成した膵仮性嚢胞内出血の1例 査読

    西尾 康平, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山本 晃, 大谷 博, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   77 ( 6 )   1546 - 1550   2016年06月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は40歳,男性.主訴は血便.30歳よりアルコール性慢性膵炎の急性増悪を繰り返していた.4ヵ月前に膵仮性嚢胞内出血を指摘され,手術予定であった.1週間前から血便を認め,当日朝に多量の下血を認め緊急入院となった.入院時,血圧は98/65mmHg,血液検査で軽度貧血を認めた.造影CTでは膵尾部に50mm大の仮性嚢胞を認め,嚢胞内部に血腫を認めた.また,嚢胞と横行結腸の瘻孔形成が疑われ,横行結腸穿通を伴う膵仮性嚢胞内出血が血便の原因であると疑った.出血が持続するため,同日緊急血管造影検査を施行した.脾動脈下極枝に仮性動脈瘤を認め,同部位のコイル塞栓術を施行した.以後は血便なく経過した.再出血,嚢胞結腸瘻による感染等を考慮し,膵体尾部切除術および左半結腸切除術を施行した.本症例のように消化管出血を伴う膵仮性嚢胞結腸瘻は稀であり,若干の文献的考察を加えて報告する.(著者抄録)

  • Pancreatic cancer biomarkers among exosome-fractionated circulating miRNAs. 査読

    Hagihara Atsushi, Murakami Yoshiki, Tamori Akihiro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34 ( 15 )   2016年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/JCO.2016.34.15_suppl.e15671

  • Establishment and characterization of new cell lines of anaplastic pancreatic cancer, which is a rare malignancy: OCUP-A1 and OCUP-A2 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Ohira Go, Murata Akihiro, Nishio Kohei, Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    BMC CANCER   16   268   2016年04月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-016-2297-y

    PubMed

  • Association of the immune checkpoint molecule expression with neutrophil-lymphocyte ratio in patients with gastric cancer: A retrospective study. 査読

    Tanaka Hiroaki, Tamura Tatsuro, Kimura Kenjiro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   34 ( 4 )   2016年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • von Recklinghausen病にソマトスタチン産生十二指腸神経内分泌腫瘍と空腸gastrointestinal stromal tumorを合併した1例 査読

    村田 哲洋, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 西尾 康平, 平川 弘聖

    (一社)日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   49 ( 2 )   152 - 160   2016年02月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    von Recklinghausen病(以下,VRDと略記)はさまざまな消化管の腫瘍性病変を合併することが知られている.我々は,VRDにソマトスタチン産生十二指腸神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor;以下,NETと略記)と空腸gastrointestinal stromal tumor(以下,GISTと略記)が合併したまれな1例を経験したので報告する.症例は63歳の女性で,検診の上部消化管内視鏡検査にて十二指腸乳頭部の口側近傍にびらんを一部に伴った隆起性病変を指摘された.腹部CTでは造影効果を受ける2cm大の腫瘍であった.生検の結果は十二指腸NETであり,亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を行った.術中,空腸に1.5cm大の腫瘍を認め,同時に小腸部分切除術を施行した.術後病理組織学的検査にて十二指腸腫瘍はソマトスタチン染色陽性のNET,小腸腫瘍はGISTと診断された.(著者抄録)

  • von Recklinghausen病にソマトスタチン産生十二指腸神経内分泌腫瘍と空腸gastrointestinal stromal tumorを合併した1例 査読

    村田 哲洋, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 西尾 康平, 平川 弘聖

    一般社団法人 日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   49 ( 2 )   152 - 160   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

     von Recklinghausen病(以下,VRDと略記)はさまざまな消化管の腫瘍性病変を合併することが知られている.我々は,VRDにソマトスタチン産生十二指腸神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor;以下,NETと略記)と空腸gastrointestinal stromal tumor(以下,GISTと略記)が合併したまれな1例を経験したので報告する.症例は63歳の女性で,検診の上部消化管内視鏡検査にて十二指腸乳頭部の口側近傍にびらんを一部に伴った隆起性病変を指摘された.腹部CTでは造影効果を受ける2 cm大の腫瘍であった.生検の結果は十二指腸NETであり,亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を行った.術中,空腸に1.5 cm大の腫瘍を認め,同時に小腸部分切除術を施行した.術後病理組織学的検査にて十二指腸腫瘍はソマトスタチン染色陽性のNET,小腸腫瘍はGISTと診断された.

    DOI: 10.5833/jjgs.2015.0068

    CiNii Article

  • 横行結腸と瘻孔を形成した膵仮性嚢胞内出血の1例 査読

    西尾 康平, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山本 晃, 大谷 博, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   77 ( 6 )   1546 - 1550   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は40歳,男性.主訴は血便.30歳よりアルコール性慢性膵炎の急性増悪を繰り返していた.4カ月前に膵仮性嚢胞内出血を指摘され,手術予定であった.1週間前から血便を認め,当日朝に多量の下血を認め緊急入院となった.入院時,血圧は98/65mmHg,血液検査で軽度貧血を認めた.造影CTでは膵尾部に50mm大の仮性嚢胞を認め,嚢胞内部に血腫を認めた.また,嚢胞と横行結腸の瘻孔形成が疑われ,横行結腸穿通を伴う膵仮性嚢胞内出血が血便の原因であると疑った.出血が持続するため,同日緊急血管造影検査を施行した.脾動脈下極枝に仮性動脈瘤を認め,同部位のコイル塞栓術を施行した.以後は血便なく経過した.再出血,嚢胞結腸瘻による感染等を考慮し,膵体尾部切除術および左半結腸切除術を施行した.本症例のように消化管出血を伴う膵仮性嚢胞結腸瘻は稀であり,若干の文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.77.1546

    CiNii Article

  • Efficacy of intracorporeal reinforcing sutures for anastomotic leakage after laparoscopic surgery for rectal cancer 査読

    Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Shibutani Masatsune, Ohtani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Sugano Kenji, Ikeya Teturo, Iseki Yasuhito, Hirakawa Kosei

    SURGICAL ENDOSCOPY AND OTHER INTERVENTIONAL TECHNIQUES   29 ( 12 )   3535 - 3542   2015年12月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-015-4104-2

    PubMed

  • Is Anaplastic Pancreatic Cancer Originated from Invasive Ductal Carcinoma of Pancreas? 査読

    Miura K., Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Ohira G., Nishio K., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Otani H., Yashiro M., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   44 ( 8 )   1398 - 1398   2015年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Evaluation of the Prognostic Significance of 'High-risk Stigmata' in the International Consensus Guidelines 2012 for Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm 査読

    Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Ohira G., Miura K., Nishio K., Sakurai K., Toyokawa T., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   44 ( 8 )   1387 - 1387   2015年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Analysis of Clinicopathological Features of Early Recurrence After Curative Resection for Pancreatic Cancer 査読

    Nishio K., Kimura K., Amano R., Miura K., Ohira G., Yamazoe S., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   44 ( 8 )   1403 - 1403   2015年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Adverse Effect of Re-elevation of Postoperative Inflammatory Reaction on Recurrence Free Survival Time of Patients Undergoing Potentially Curative Resection for Distal Pancreatic Cancer 査読

    Yamazoe S., Amano R., Kimura K., Ohira G., Nishio K., Miura K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   44 ( 8 )   1427 - 1427   2015年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Patient with Recurrent Ulcerative Colitis-Associated Rectal Cancer Attaining a Complete Response with FOLFIRI plus Bevacizumab]. 査読

    Iseki Y, Maeda K, Shibutani M, Nagahara H, Ikeya T, Tamura T, Ohira G, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2205 - 7   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Small Intestinal Metastases from Renal Cell Carcinoma with Massive Bleeding]. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2251 - 3   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Demonstrating the Difficulties in Deciding How to Manage the Clinical Results after Rectal Resection]. 査読

    Nagashima D, Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   2259 - 61   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 大量出血を来した腎細胞癌小腸転移の1例 査読

    渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   42 ( 12 )   2251 - 2253   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳、男性。右腎細胞癌の診断で腹腔鏡下右腎摘出術を施行した(T2b、N0、M1、clear cell、Grade 3)。術後、肺転移に対して分子標的薬による加療中、脊椎転移による下半身麻痺が出現し骨形成性椎弓切除術を施行した。脊椎転移に対する手術後には、新たに肺、肝、骨、小腸への転移が確認された。その後下血が出現し、消化管の精査を施行したところ出血性小腸腫瘍を認め、出血コントロール目的に緊急手術(小腸部分切除術)を施行した。病理組織学的検査の結果、腎細胞癌の小腸転移と診断された。腎細胞癌は肺、骨、肝に転移を来すことは多いが、消化管への転移は比較的まれである。腎細胞癌の小腸転移は他臓器への転移を合併することが多いが、手術によりQOLを改善し得る可能性があると考えられた。(著者抄録)

  • 直腸癌術後再発との鑑別に苦慮した骨盤内リンパ節膿瘍の1例 査読

    長嶋 大輔, 渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 大谷 博, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   42 ( 12 )   2259 - 2261   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は69歳、男性。内視鏡的切除後に垂直断端陽性となった直腸癌(Rb)に対し腹腔鏡補助下超低位前方切除(D2)、人工肛門造設術を施行した。摘出標本に腫瘍の遺残なく、リンパ節転移も認めなかった。術後5ヵ月の腹部造影CT検査で左総腸骨動脈腹側に造影効果を受ける約2cmの腫瘤を認めた。腫瘍マーカーの上昇は認めないが、FDG-PETでSUVmax 5.3の集積を認めた。リンパ節転移の可能性を否定できず、他部位に再発を疑う所見がないことから診断的切除を行う方針とした。原発巣切除から9ヵ月目に、人工肛門閉鎖とともに病巣摘出術を行った。病理組織学的に悪性所見は認められず、リンパ節膿瘍と診断された。膿瘍形成の原因となる臨床経過はなく、成因は不明である。悪性腫瘍に対しては、進行度にかかわらず再発、転移の可能性を念頭に置かなくてはならない。各種検査が実施されるが各検査所見間に相違があり、診断に苦慮することはしばしば経験され、特に観血的処置を要する際の判断は難しい。(著者抄録)

  • 潰瘍性大腸炎関連直腸癌の術後再発に対しFOLFIRI+Bevacizumab療法にて長期CRを得られた1例 査読

    井関 康仁, 前田 清, 渋谷 雅常, 永原 央, 池谷 哲郎, 田村 達郎, 大平 豪, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   42 ( 12 )   2205 - 2207   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は60歳、男性。41歳時に潰瘍性大腸炎(全大腸炎型)を発症し、他院にて内科的治療を受けていた。60歳時に潰瘍性大腸炎関連直腸癌を指摘され、当科紹介受診となった。腹腔鏡下大腸全摘術を施行した。病理結果はpT3N2M0、pStage IIIbで、術後補助化学療法としてXELOX療法を施行するも、補助化学療法終了時の腹部CT検査にて肝および骨盤内リンパ節再発を認めたため、FOLFIRI+bevacizumab(BV)療法を開始した。4コース終了後の治療効果判定ではPRが得られ、さらに13コース終了後にはCRとなり、最終的にFOLFIRI+BV療法を計20コース施行したが、CRが維持されていたため化学療法は終了し、経過観察とした。現在、化学療法終了後3年5ヵ月が経過しているが、無再発生存中である。今回われわれは、潰瘍性大腸炎関連直腸癌の肝臓、骨盤内リンパ節再発に対してFOLFIRI+BV療法を行い、長期CRを得た1例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • Programmed Death-1 Ligand-1 (PDL1) Expression Is Associated with the Prognosis of Patients with Stage II/III Gastric Cancer. 査読

    Tamura T, Ohira M, Tanaka H, Muguruma K, Toyokawa T, Kubo N, Sakurai K, Amano R, Kimura K, Shibutani M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 10 )   5369 - 76   2015年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Programmed Death-1 Ligand-1 (PDL1) Expression Is Associated with the Prognosis of Patients with Stage II/III Gastric Cancer 査読

    Tamura Tatsuro, Ohira Masaichi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Sakurai Katsunobu, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 10 )   5369 - 5376   2015年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腹膜透析患者における体液量の変化は腹膜機能に影響を与えるのか? 査読

    櫻田 勉, 音羽 孝則, 小板橋 賢一郎, 末木 志奈, 松井 勝臣, 柴垣 有吾, 木村 健二郎

    (株)東京医学社 腎と透析   79 ( 別冊 腹膜透析2015 )   77 - 78   2015年10月( ISSN:0385-2156

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腹膜透析(PD)導入後より2回腹膜平衡試験(PET)を施行した患者のうち、観察期間中に心血管病(CVD)eventやPD関連腹膜炎がなく、同時期にαhANP、BNPを測定した患者25名(男性14名、女性11名、平均年齢59歳)を対象に、腹膜機能と体液量との関連を明らかにするための調査を行った。導入後、6ヵ月で有意な体重増加を認めたが、D/P Cr、αhANP、BNPに変化は認めなかった。αhANPとBNPの変化率に相関が認められたが、D/P Crの変化率に対するαhANPとBNPの変化率に相関はなかった。導入初期のPD患者の体液量の変化と腹膜機能には関連が認められなかった。D/P Crが上昇した患者群において体液過剰を占める傾向が見られた。体液過剰のあるPD患者のD/P Crは真の腹膜劣化を示していない可能性があった。本研究は症例数も少なく、追跡期間も短い後ろ向き観察研究であることから、今後さらなる検討が必要であると考えられた。

  • Identification of tumour-reactive lymphatic endothelial cells capable of inducing progression of gastric cancer 査読

    Tokumoto Mao Watanabe, Tanaka Hiroaki, Tauchi Yukie, Kasashima Hiroaki, Kurata Kento, Yashiro Masakazu, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   113 ( 7 )   1046 - 1054   2015年09月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.282

    PubMed

  • Prognostic significance of the lymphocyte-to-monocyte ratio in patients with metastatic colorectal cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   21 ( 34 )   9966 - 9973   2015年09月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v21.i34.9966

    PubMed

  • Significance of Markers of Systemic Inflammation for Predicting Survival and Chemotherapeutic Outcomes and Monitoring Tumor Progression in Patients with Unresectable Metastatic Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Sakurai Katsunobu, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   35 ( 9 )   5037 - 5046   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Significance of Markers of Systemic Inflammation for Predicting Survival and Chemotherapeutic Outcomes and Monitoring Tumor Progression in Patients with Unresectable Metastatic Colorectal Cancer. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe A, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   35 ( 9 )   5037 - 46   2015年09月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Epithelial mesenchymal transition may contribute to anaplastic change of pancreatic ductal adenocarcinoma 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Ohira Go, Nishio Kohei, Shibutani Masatsune, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-5276

  • Impact of the preoperative Controlling Nutritional Status (CONUT) score on the clinical outcome after curative surgery for colorectal cancer 査読

    Iseki Yasuhito, Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Ikeya Tetsuro, Sugano Kenji, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsinobu, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-3418

  • The albumin to globulin ratio predicts chemotherapeutic outcomes in patients with unresectable metastatic CRC 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Iseki Yasuhito, Ikeya Tetsuro, Sugano Kenji, Sakurai Katsunobu, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-577

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis might be associated with growth-interaction between cancer-associated fibroblasts and gastric cancer cells in hypoxic tumor microenvironment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kimura Kenjiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-436

  • Pancreatectomy with major arterial resection after neoadjuvant chemoradiotherapy gemcitabine and S-1 and concurrent radiotherapy for locally advanced unresectable pancreatic cancer 査読

    Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Nakata Bunzo, Yamazoe Sadaaki, Motomura Hisashi, Yamamoto Akira, Tanaka Sayaka, Hirakawa Kosei

    SURGERY   158 ( 1 )   191 - 200   2015年07月( ISSN:0039-6060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2015.02.016

    PubMed

  • The Outcome of Surgical Treatment for Elderly Patients With Gastric Carcinoma 査読

    Sakurai Katsunobu, Muguruma Kazuya, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   111 ( 7 )   848 - 854   2015年06月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.23896

    PubMed

  • A case of bilateral pheochromocytoma during pregnancy 査読

    Kitayama Kishu, Kashiwagi Shinichiro, Amano Ryosuke, Noda Satoru, Ohira Go, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Hamamoto Kae, Hamuro Akihiro, Ohsawa Masahiko, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    BMC SURGERY   15   55   2015年05月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-015-0041-1

    PubMed

  • Nonfunctional adrenocortical carcinoma initially presenting as retroperitoneal hemorrhage 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Amano Ryosuke, Onoda Naoyoshi, Noda Satoru, Hirata Keiichiro, Asano Yuka, Kurata Kento, Miura Koutaro, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Ohsawa Masahiko, Kitagawa Seiichi, Hirakawa Kosei

    BMC Surgery   15   46   2015年04月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-015-0031-3

    PubMed

  • [hENT1, dCK, RRM, WFA-MY.1E12]. 査読

    Amano R, Murata A, Kimura K, Yamazoe S, Hirakawa K

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 3   481 - 4   2015年03月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Two-surgeon technique for liver transection using precoagulation by a soft-coagulation system and ultrasonic dissection. 査読

    Yamada N, Amano R, Kimura K, Murata A, Yashiro M, Tanaka S, Wakasa K, Hirakawa K

    Hepato-gastroenterology   62 ( 138 )   389 - 92   2015年03月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Impact of Body Mass Index on Surgical Outcomes after Esophagectomy for Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Yamashita Yoshito, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Shibutani Masatsune, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY   19 ( 2 )   226 - 233   2015年02月( ISSN:1091-255X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11605-014-2686-y

    PubMed

  • gemcitabine感受性関連分子は切除不能・再発胆道癌におけるgemcitabine単独投与例の予後予測に有用か 査読

    三浦 光太郎, 天野 良亮, 村田 哲洋, 仲田 文造, 木村 健二郎, 山添 定明, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   15 - 16   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.15

    CiNii Article

  • 大腸癌患者における術前好中球・リンパ球比の予後予測因子としての有用性 査読

    池谷 哲郎, 渋谷 雅常, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 菅野 兼史, 井関 康仁, 櫻井 克宣, 山添 定明, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   25 - 26   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.25

    CiNii Article

  • Two-Surgeon Technique For Liver Transection Using Precoagulation By A Soft-Coagulation System And Ultrasonic Dissection 査読

    Yamada Nobuya, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Murata Akihiro, Yashiro Masakazu, Tanaka Sayaka, Wakasa Kenichi, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   62 ( 138 )   389 - 392   2015年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge14950

  • 胃癌所属リンパ節内に浸潤する腫瘍関連マクロファージの臨床的意義 査読

    田内 幸枝, 田中 浩明, 崎村 千恵, 徳本 真央, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   27 - 28   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.27

    CiNii Article

  • Clinical and pathological features of five-year survivors after pancreatectomy for pancreatic adenocarcinoma 査読

    Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Nakata Bunzo, Yamazoe Sadaaki, Hirata Keiichiro, Murata Akihiro, Miura Kotaro, Nishio Kohei, Hirakawa Toshiki, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   12   360   2014年11月( ISSN:1477-7819

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1477-7819-12-360

    PubMed

  • [A case of desmoid tumor and advanced sigmoid colon cancer with liver metastasis in familial adenomatous polyposis (FAP)]. 査読

    Takada K, Maeda K, Otani H, Nagahara H, Noda E, Shibutani M, Tokumoto M, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1767 - 9   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Persisting Elevation of Postoperative CRP Predicts Outcome of Patients With Curative Distal Pancreatectomy for Pancreatic Cancer 査読

    Yamazoe S., Amano R., Kimura K., Hirata K., Miura K., Hirakawa K.

    PANCREAS   43 ( 8 )   1425 - 1426   2014年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Importance of the Invasive Distance in Invasive IPMN as a Prognostic Factor 査読

    Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Miura K., Ohira G., Nishio K., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Otani H., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   43 ( 8 )   1379 - 1379   2014年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Elevated preoperative serum C-reactive protein levels are associated with poor survival in patients with colorectal cancer. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Ohtani H, Sugano K, Ikeya T, Kimura K, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Hepato-gastroenterology   61 ( 136 )   2236 - 40   2014年11月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Stage IV small cell esophageal carcinoma that responded to various chemotherapeutic regimens with relative longevity - a case report]. 査読

    Yamakoshi Y, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   2021 - 3   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Effect of recombinant human soluble thrombomodulin in patients with solid carcinoma with DIC]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Shibutani M, Yamazoe S, Noda S, Sakurai K, Nagahara H, Kimura K, Kawajiri H, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Takashima T, Yashiro M, Onoda N, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   2503 - 5   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of lymph node recurrence occurring nine years after surgery for sigmoid colon cancer]. 査読

    Togano S, Shibutani M, Maeda K, Yashiro M, Nagahara H, Ohtani H, Sakurai K, Yamazoe S, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1614 - 6   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Significance of Ductal Region in Anaplastic Pancreatic Cancer 査読

    Miura K., Kimura K., Amano R., Yamazoe S., Ohira G., Nishio K., Shibutani M., Sakurai K., Nagahara H., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Otani H., Yashiro M., Maeda K., Ohira M., Hirakawa K.

    PANCREAS   43 ( 8 )   1391 - 1391   2014年11月( ISSN:0885-3177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of cancer associated fibroblast on gastric cancer cells under hypoxia 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kasashima Hiroaki, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3612

  • Extent of intranodal macrophage correlates with lymph node metastasis of gastric cancer 査読

    Go Yukie, Tanaka Hiroaki, Tokumoto Mao, Okita Yoshihiro, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1081

  • Establishment and characterization of two cell lines of anaplastic pancreatic cancer 査読

    Miura Kotaro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Hirata Keiichiro, Shibutani Masatsune, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3924

  • The effect of PGE2 receptor inhibitor on the microenviroment of scirrhous gastric cancer 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Sakurai Katsunobu, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3606

  • Predictive Factors for Change of Diabetes Mellitus Status After Pancreatectomy in Preoperative Diabetic and Nondiabetic Patients 査読

    Hirata Keiichiro, Nakata Bunzo, Amano Ryosuke, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Hirakawa Kosei

    JOURNAL OF GASTROINTESTINAL SURGERY   18 ( 9 )   1597 - 1603   2014年09月( ISSN:1091-255X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11605-014-2521-5

    PubMed

  • A prognostic indicator for the resection of liver metastasis of colorectal cancer 査読

    Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Nakata Bunzo, Kimura Kenjiro, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    SURGERY TODAY   44 ( 7 )   1287 - 1292   2014年07月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-013-0699-x

    PubMed

  • Low Nutritional Prognostic Index Correlates with Poor Survival in Patients with Stage IV Colorectal Cancer Following Palliative Resection of the Primary Tumor 査読

    Maeda Kiyoshi, Shibutani Masatsune, Otani Hiroshi, Nagahara Hisashi, Sugano Kenji, Ikeya Teturo, Kubo Naoshi, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   38 ( 5 )   1217 - 1222   2014年05月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-013-2386-x

    PubMed

  • The Impact of Combined Thoracoscopic and Laparoscopic Surgery on Pulmonary Complications After Radical Esophagectomy in Patients With Resectable Esophageal Cancer 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 5 )   2399 - 2404   2014年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The impact of combined thoracoscopic and laparoscopic surgery on pulmonary complications after radical esophagectomy in patients with resectable esophageal cancer. 査読

    Kubo N, Ohira M, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 5 )   2399 - 404   2014年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Thoracoscopic Esophagectomy in the Prone Position Versus in the Lateral Position for Patients With Esophageal Cancer: A Comparison of Short-term Surgical Results 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Lee Tomohiro, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    SURGICAL LAPAROSCOPY ENDOSCOPY & PERCUTANEOUS TECHNIQUES   24 ( 2 )   158 - 163   2014年04月( ISSN:1530-4515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLE.0b013e31828fa6d7

    PubMed

  • OP-007-7 膵切除後耐糖能悪化の危険因子に関する検討(OP-007 膵 合併症-2,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平田 啓一郎, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 永原 央, 桜井 克宜, 渋谷 雅常, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-216-2 進行胃癌に対するMDCTを用いた術前リンパ節転移診断(PS-216 胃 手術適応-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    豊川 貴弘, 六車 一哉, 田中 浩明, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 山本 篤, 大谷 博, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-210-7 併存疾患を有する胃癌患者に対する鏡視下手術の周術期成績(PS-210 胃 高齢者-2・その他,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    櫻井 克宣, 六車 一哉, 石原 沙江, 西尾 康平, 田村 達郎, 平田 啓一郎, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 八代 正和, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-207-3 胸部食道癌に対する腹臥位胸腔鏡下食道切除術の有用性(PS-207 食道 鏡視下手術-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    久保 尚士, 大平 雅一, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山下 好人, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-185-7 十二指腸GISTの臨床病理学的検討(PS-185 消化管 GIST,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田村 達郎, 豊川 貴弘, 六車 一哉, 渋谷 雅常, 山添 定明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-178-2 胃癌所属リンパ節内ヘルパーT細胞分画と転移の影響(PS-178 基礎 腫瘍免疫,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大北 仁裕, 田中 浩明, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 澁谷 雅常, 櫻井 克宜, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-178-1 胃癌の所属リンパ節内浸潤好中球とリンパ管新生との関連(PS-178 基礎 腫瘍免疫,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    渡邊 真央, 田中 浩明, 呉 幸枝, 大北 仁裕, 渋谷 雅常, 櫻井 克宣, 山添 定明, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-135-7 スキルス胃癌微笑環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性(PS-135 胃 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-134-7 胃癌におけるオートファジー関連分子p62/SQSTM1の臨床病理学的検討(PS-134 胃 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-114-5 大腸癌における再発予測因子としてのxCT発現の検討(PS-114 大腸 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    菅野 兼史, 前田 清, 大谷 博, 永原 央, 渋谷 雅常, 池谷 哲郎, 櫻井 克宣, 山添 定明, 野田 諭, 木村 健二郎, 川尻 成美, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-086-2 当科におけるincidental gallbladder carcinomaの治療成績(PS-086 胆 悪性-5,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    山添 定明, 天野 良亮, 木村 健二郎, 平田 啓一郎, 渋谷 雅常, 櫻井 克宣, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-053-3 胃癌に対する腹腔鏡下胃全摘術後の食道空腸吻合術の変遷と工夫(PS-053 胃 手術手技-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 渋谷 雅常, 山添 定明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 久保 尚士, 大谷 博, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-016-3 当科において経験した膵神経内分泌腫瘍33例の治療成績(PS-016 膵 腫瘍 NET-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木村 健二郎, 天野 良亮, 山添 定明, 平田 啓一郎, 櫻井 克亘, 渋谷 雅常, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PD-11-7 クローン病術前抗TNF-α抗体薬治療症例における周術期合併症の検討(PD-11 パネルディスカッション(11)薬物療法の進歩に応じた炎症性腸疾患の外科治療,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    前田 清, 永原 央, 大谷 博, 渋谷 雅常, 菅野 兼史, 池谷 哲郎, 天野 良亮, 六車 一哉, 田中 浩明, 木村 健二郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-126-4 StageII/III胃癌における根治切除後再発と術後好中球リンパ球比との関係(OP-126 胃 集学的治療,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 六車 一哉, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 山添 定明, 渋谷 雅常, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 大谷 博, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-048-1 大腸癌における術前CEA・CA19-9値の意義(OP-048 大腸 その他,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    渋谷 雅常, 前田 清, 永原 央, 大谷 博, 池谷 哲郎, 菅野 兼史, 櫻井 克宜, 山添 定明, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-045-5 予後因子からみたStageIV大腸癌に対する治療戦略(OP-045 大腸 大腸癌 stageIV,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大谷 博, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 大平 雅一, 六車 一哉, 田中 浩明, 久保 尚士, 豊川 貴弘, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-009-6 主要動脈浸潤を伴う局所進行膵癌に対する化学放射線療法後の外科切除の意義(OP-009 膵 膵癌-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 平田 啓一郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Successful resection of esophageal carcinoma with aberrant right subclavian artery using video-assisted thoracoscopic surgery: report of two cases. 査読

    Kasashima H, Kubo N, Ohira M, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 2 )   899 - 904   2014年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Portal Vein Stenting to Treat Portal Vein Stenosis in a Patient With Malignant Tumor and Gastrointestinal Bleeding 査読

    Sakurai Katsunobu, Amano Ryosuke, Yamamoto Akira, Nishida Norifumi, Matsutani Shinya, Hirata Keiichiro, Kimura Kenjiro, Muguruma Kazuya, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL SURGERY   99 ( 1 )   91 - 95   2014年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-13-00128.1

    PubMed

  • Gastric Metastasis From Renal Cell Carcinoma With Gastrointestinal Bleeding: A Case Report and Review of the Literature 査読

    Sakurai Katsunobu, Muguruma Kazuya, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yashiro Masakazu, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL SURGERY   99 ( 1 )   86 - 90   2014年( ISSN:0020-8868

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9738/INTSURG-D-13-00115.1

    PubMed

  • Elevated Preoperative Serum C-Reactive Protein Levels are Associated with Poor Survival in Patients with Colorectal Cancer 査読

    Shibutani Masatsune, Maeda Kiyoshi, Nagahara Hisashi, Ohtani Hiroshi, Sugano Kenji, Ikeya Tetsuro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   61 ( 136 )   2236 - 2240   2014年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge13770

  • Prognostic value of preoperative inflammation-based prognostic scores in patients with stage IV colorectal cancer who undergo palliative resection of asymptomatic primary tumors. 査読

    Maeda K, Shibutani M, Otani H, Nagahara H, Sugano K, Ikeya T, Amano R, Kimura K, Sakurai K, Kubo N, Muguruma K, Tanaka H, Inoue T, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 12 )   5567 - 73   2013年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Prognostic Value of Preoperative Inflammation-based Prognostic Scores in Patients with Stage IV Colorectal Cancer who Undergo Palliative Resection of Asymptomatic Primary Tumors 査読

    Maeda Kiyoshi, Shibutani Masatsune, Otani Hiroshi, Nagahara Hisashi, Sugano Kenji, Ikeya Tetsuro, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Tanaka Hiroaki, Inoue Toru, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 12 )   5567 - 5573   2013年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Successful treatment of locally advanced squamous cell carcinoma of the esophagus by combination chemotherapy with 5-fluorouracil plus nedaplatin following tracheal stent tube placement-a case report]. 査読

    Nishimura J, Kubo N, Lee T, Shinto O, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2112 - 4   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Significance of preoperative neutrophil-to-lymphocyte ratio as a predictor of prognosis in patients with stage IV colorectal cancer]. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Noda E, Ohtani H, Sugano K, Takii M, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1603 - 5   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Five cases of severe radiation pneumonitis after chemoradiotherapy for esophageal cancer]. 査読

    Sakurai K, Kubo N, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Toyokawa T, Amano R, Tanaka H, Muguruma K, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2139 - 42   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of metastatic gastric cancer from breast cancer treated with proximal gastrectomy]. 査読

    Matsutani S, Tanaka H, Sakurai K, Lee T, Toyokawa T, Kubo N, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Maeda K, Sawada T, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2210 - 3   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of locally advanced pancreatic cancer with hepatic artery invasion treated with neoadjuvant chemoradiotherapy]. 査読

    Murata A, Kimura K, Amano R, Hirata K, Nagahara H, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Otani H, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1865 - 7   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of familial adenomatous polyposis presenting with thyroid cancer]. 査読

    Shibutani M, Maeda K, Nagahara H, Noda E, Ohtani H, Takii M, Kimura K, Toyokawa T, Amano R, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Onoda N, Ohira M, Higashiyama T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2074 - 6   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of emphysematous cholecystitis during the course of chemotherapy for gastric cancer]. 査読

    Kuroda K, Tanaka H, Amano R, Lee T, Ohira M, Muguruma K, Kubo N, Sakurai K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Maeda K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2316 - 8   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tumor Budding and E-Cadherin Expression Are Useful Predictors of Nodal Involvement in T1 Esophageal Squamous Cell Carcinoma 査読

    Nakagawa Yasuo, Ohira Masaichi, Kubo Naoshi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 11 )   5023 - 5029   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tumor budding and E-cadherin expression are useful predictors of nodal involvement in T1 esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Nakagawa Y, Ohira M, Kubo N, Yamashita Y, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Shibutani M, Yamazoe S, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Ohtani H, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 11 )   5023 - 9   2013年11月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • In Vitro Effects of Lapatinib with Gemcitabine for Pancreatic Cancer Cells 査読

    Murata Akihiro, Nakata Bunzo, Komoto Masahiro, Hirata Keiichiro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   60 ( 126 )   1484 - 1487   2013年09月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge13195

    PubMed

  • IGF-1 receptor and IGF binding protein-3 might predict prognosis of patients with resectable pancreatic cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Murata Akihiro, Hirata Keiichiro, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Nakata Bunzo, Hirakawa Kosei

    BMC CANCER   13   392   2013年08月( ISSN:1471-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2407-13-392

    PubMed

  • SPan-1 Is a Useful Prognostic Marker for Patients with Stage IV Gastric Cancer Who Underwent Palliative Gastrectomy: A Retrospective Multivariate Study 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   37 ( 7 )   1681 - 1687   2013年07月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-013-2016-7

    PubMed

  • Prognostic predictive values of gemcitabine sensitivity-related gene products for unresectable or recurrent biliary tract cancer treated with gemcitabine alone 査読

    Murata Akihiro, Amano Ryosuke, Yamada Nobuya, Kimura Kenjiro, Yashiro Masakazu, Nakata Bunzo, Hirakawa Kosei

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   11   117   2013年05月( ISSN:1477-7819

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1477-7819-11-117

    PubMed

  • 十二指腸から発生した異所性膵癌の1例 査読

    平田 啓一郎, 天野 良亮, 木村 健二郎, 村田 哲洋, 大平 雅一, 平川 弘聖, 田中 さやか

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   74 ( 4 )   1066 - 1070   2013年04月( ISSN:13452843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は76歳,女性.嘔吐を主訴に近医を受診した.上部消化管内視鏡検査で十二指腸下行脚に狭窄を認め,生検にて腺癌と診断され,精査加療目的に当科紹介となった.<BR>腹部造影CTにて,十二指腸下行脚の壁肥厚,総胆管の拡張を認めた.膵臓には腫瘤を認めず,主膵管の拡張も認めなかった.原発性十二指腸癌の術前診断で手術を施行した.手術所見は十二指腸下行脚に3cm大の腫瘍を認め,亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を施行した.病理診断は,十二指腸粘膜下層~固有筋層内の異所性膵組織から発生した膵癌の所見であった.<BR>今回われわれはまれな十二指腸の異所性膵癌の1例を経験したので若干の文献的考察を加え報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.74.1066

    CiNii Article

  • 十二指腸に神経内分泌腫瘍とGISTを併発した神経線維腫症1型の1例 査読

    中村 雅憲, 山田 靖哉, 天野 良亮, 木村 健二郎, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   74 ( 4 )   942 - 946   2013年04月( ISSN:13452843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    神経線維腫症1型(以下NF1)の42歳男性.平成22年3月,黒色便にて近医受診.上部消化管内視鏡にて十二指腸に腫瘍を認め,当院紹介.腹部CTにて十二指腸下行脚~水平脚に50×50×25mmの腫瘤を認めた.上部消化管内視鏡・EUSで十二指腸下行脚Vater乳頭近傍に中心陥凹伴う21×16mmの粘膜下腫瘍を認め,生検では神経内分泌腫瘍(以下NET)であった.水平脚にも51×31mmの粘膜下腫瘍を認めた.5月に膵頭十二指腸切除術を施行.病理結果はNETとgastrointestinal stromal tumor (以下GIST)であった.術後経過は良好で術後19日目に退院し,現在まで2年8カ月再発を認めていない.NETやGISTが合併したNF1は近年比較的報告されているが,重複症例の報告は少ない.NF1に合併したNETとGISTについて,若干の文献的考察を加えて報告する.

    DOI: 10.3919/jjsa.74.942

    CiNii Article

  • Antitumor effect of prostaglandin D2 by peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPAR gamma)-dependent pathway in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamammi, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2013-3995

  • Significance of CXCR4/SDF-1 axis expression in gastric cancer under hypoxic enviroment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Successful Resection of Esophageal Cancer with Right Aortic Arch by Video-Assisted Thoracoscopic Surgery: A Case Report 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Lee Tomohiro, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Ohtani Hiroshi, Yamashita Yoshito, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   33 ( 4 )   1635 - 1640   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Successful resection of esophageal cancer with right aortic arch by video-assisted thoracoscopic surgery: a case report. 査読

    Kubo N, Ohira M, Lee T, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Ohtani H, Yamashita Y, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   33 ( 4 )   1635 - 40   2013年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • PS-039-3 胸部食道癌患者に対する鏡視下食道切除術は術後肺合併症の発生を抑制するか(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 雅一, 久保 尚士, 李 友浩, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 野田 英児, 天野 良亮, 田中 浩明, 六車 一哉, 山下 好人, 八代 正和, 前田 清, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-265-3 後腹膜原発脂肪肉腫の治療成績(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    石原 沙江, 天野 良亮, 木村 健二郎, 村田 哲洋, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-226-1 膵IPMNの浸潤癌への進展におけるMUC1とHER2の発現の意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木村 健二郎, 天野 良亮, 大平 豪, 村田 哲洋, 平田 啓一郎, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-198-3 大腸癌における予後予測因子としての術前好中球・リンパ球比の有用性(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    渋谷 雅常, 前田 清, 野田 英児, 永原 央, 菅野 兼史, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 井上 透, 西口 幸雄, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-183-1 腹腔鏡下胃切除術の低侵襲性における基礎的検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    吉井 真美, 田中 浩明, 六車 一哉, 李 友浩, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-182-6 切除不能進行・再発原発性小腸癌に対する化学療法(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    奥野 倫久, 前田 清, 野田 英児, 永原 央, 渋谷 雅常, 菅野 兼史, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 井上 透, 西口 幸雄, 仲田 文造, 大平 雅一, 池原 照幸, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-115-3 膵癌における癌間質相互作用の役割とIGFシグナルの関与(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 長谷川 毅, 青松 直撲, 吉井 真美, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-076-3 大腸癌早期再発症例の臨床病理学的検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    野田 英児, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 菅野 兼史, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 井上 透, 西口 幸雄, 仲田 文造, 大平 雅一, 池原 照幸, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-071-3 深達度pT1,pT2直腸癌における局所再発危険因子の検討(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    菅野 兼史, 野田 英児, 前田 清, 永原 央, 渋谷 雅常, 柏木 伸一郎, 木村 健二郎, 川尻 成美, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-058-4 胃癌原発巣,転移リンパ節内の免疫微小環境の変化(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大北 仁裕, 田中 浩明, 吉井 真美, 李 友浩, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-052-1 胃癌所属リンパ節の詳細な病理組織検討と転移との関連性(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    渡邊 真央, 田中 浩明, 六車 一哉, 櫻井 克宣, 李 友浩, 永原 央, 木村 健二郎, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-305-1 胃癌腹膜播種症例に対する胃切除適応における血液データの意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 六車 一哉, 櫻井 克宣, 李 友浩, 久保 尚士, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • YT-6-6(YRA) 進行再発胆道癌gemcitabine治療症例におけるhENT1,dCK発現の意義(YT Young Researcher Award & Traveler's Grant,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    村田 哲洋, 天野 良亮, 平田 啓一郎, 木村 健二郎, 山田 靖哉, 仲田 文造, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VF-089-2 自動吻合器を用いた安全かつ容易な腹腔鏡下胃全摘術後の食道空腸吻合術(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 山本 篤, 山下 好人, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VF-061-3 安全確実な膵空腸吻合を目指した手技の工夫(VF ビデオフォーラム,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山田 靖哉, 平田 啓一郎, 村田 哲洋, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-364-1 長期生存がえられた浸潤性膵管癌切除症例から検討した予後規定因子について(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    黒田 顕慈, 木村 健二郎, 天野 良亮, 村田 哲洋, 平田 啓一郎, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-309-5 リンパ節内微小転移からみた未分化型早期胃癌に対するSentinel Node Navigation Surgery(SNNS)の限界(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    李 友浩, 田中 浩明, 六車 一哉, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • MUC5AC protects pancreatic cancer cells from TRAIL-induced death pathways 査読

    Hoshi Hirotaka, Sawada Tetsuji, Uchida Motoyuki, Iijima Hiroko, Kimura Kenjiro, Hirakawa Kosei, Wanibuchi Hideki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   42 ( 3 )   887 - 893   2013年03月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2013.1760

    PubMed

  • MUC1 and HER2 might be Associated with Invasive Phenotype of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm 査読

    Ohira Go, Kimura Kenjiro, Yamada Nobuya, Amano Ryosuke, Nakata Bunzo, Doi Yosuke, Murata Akihiro, Yashiro Masakazu, Tanaka Sayaka, Ohsawa Masahiko, Wakasa Kenichi, Hirakawa Kosei

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   60 ( 125 )   1067 - 1072   2013年( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge121268

    PubMed

  • Impact of preoperative diabetes mellitus on clinical outcome after pancreatectomy 査読

    Nakata Bunzo, Ishikawa Tetsuro, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY   11 ( 9 )   757 - 761   2013年( ISSN:1743-9191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2013.07.008

    PubMed

  • Comparison of prognosis between patients of pancreatic head cancer with and without obstructive jaundice at diagnosis 査読

    Nakata Bunzo, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY   11 ( 4 )   344 - 349   2013年( ISSN:1743-9191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2013.02.023

    PubMed

  • [A case of far-advanced gastric cancer successfully treated with S-1/paclitaxel/krestin immunochemotherapy, followed by curative resection]. 査読

    Muguruma K, Tanaka H, Sakurai K, Kimura K, Nagahara H, Amano R, Noda E, Kubo N, Maeda K, Sawada T, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   1770 - 2   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Locally recurrent case of gastric cancer with serosal invasion after four months of endoscopic submucosal dissection]. 査読

    Takii M, Tanaka H, Kuroda K, Asano Y, Sakurai K, Muguruma K, Kubo N, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Noda E, Yamada N, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2342 - 4   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case report of a stage IV gastric cancer patient with rapid progression of liver metastases induced by postoperative anastomotic leakage]. 査読

    Lee T, Tanaka H, Muguruma K, Sakurai K, Kubo N, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Noda E, Maeda K, Sawada T, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   1773 - 5   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Successful Resection of Esophageal Carcinoma Associated with Double Aortic Arch: A Case Report 査読

    Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Yamashita Yoshito, Sakurai Katsunobu, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   32 ( 8 )   3351 - 3355   2012年08月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Successful resection of esophageal carcinoma associated with double aortic arch: a case report. 査読

    Kubo N, Ohira M, Yamashita Y, Sakurai K, Tanaka H, Muguruma K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Yashiro M, Maeda K, Hirakawa K

    Anticancer research   32 ( 8 )   3351 - 5   2012年08月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Antitumor effect of prostaglandin E2 receptor inhibitors in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatshu Naoki, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-1211

  • Predictive value of metastatic lymph node ratio in diagnosis of recurrence after surgical resection of gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yoshii Mami, Lee Tomohiro, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Yashiro Masakazu, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3396

  • Clinical significance of insulin-like growth factor 1 receptor (IGF1R) expression in pancreatic cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Fukuoka Tatsunari, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-708

  • Effect of neoadjuvant therapy for the number of lymph node micrometastasis in esophageal squamous cell carcinoma 査読

    Lee Tomohiro, Tanaka Hiroaki, Yoshii Mami, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjirou, Amano Ryousuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Onoda Naoyoshi, Sawada Tetsuji, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsurou, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3440

  • Comparison proteome analysis of scirrhous gastric carcinoma stem cell-like SP and hypoxia-resistant cell lines 査読

    Morisaki Tamami, Yashiro Masakazu, Kakehashi Anna, Okita Yoshihiro, Fukuoka Tatsunari, Aomatsu Naoki, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3380

  • Relationship between loss of heterozygosity of HLA-A gene and HLA class I expression in gastric cancer 査読

    Yoshii Mami, Tanaka Hiroaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-514

  • TGF-beta from niche fibroblasts increases the stemness cancer stem cell-like side population cells in gastric cancer 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Fukuoka Tatsunari, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3337

  • The expression of human equilibrative nucleoside transporter 1 (hENT1) is associated with overall survival in advanced biliary tract carcinoma (BTC) treated with gemcitabine 査読

    Murata Akihiro, Amano Ryousuke, Kimura Kenjiro, Yamada Nobuya, Nakata Bunzo, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsurou, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-711

  • PS-007-8 胃癌における血清SPan-1およびCEA高値例の臨床病理学的意義(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 大北 仁裕, 福岡 達成, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-148-7 膵癌におけるIGF1R発現と予後の相関関係(PS-148 膵 基礎-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 吉井 真美, 長谷川 毅, 青松 直撥, 松岡 順子, 村田 哲洋, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保尚士, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-129-5 胃癌リンパ節転移は,HLA class I発現低下と相関する(PS-129 胃 基礎-5,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    吉井 真美, 田中 浩明, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-128-1 長期成績からみた胃癌幽門側切除後消化管再建法についての検討(PS-128 胃 手術手技,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-124-8 原発性十二指腸癌切除例の検討(PS-124 胃 臨床,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平田 啓一郎, 天野 良亮, 山田 靖哉, 木村 健二郎, 村田 哲洋, 櫻井 克宣, 川尻 成美, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 前田 清, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-068-6 食道癌に対する術前治療のリンパ節微小転移個数に及ぼす効果(PS-068 食道 基礎・病理,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    李 友浩, 田中 浩明, 森本 純也, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-063-2 術後合併症からみた胸部食道癌手術における腹腔鏡補助下胃管作成術(HALS)の有用性(PS-063 食道 術後合併症,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 雅一, 久保 尚士, 田中 浩明, 櫻井 克宜, 六車 一哉, 李 友浩, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 八代 正和, 山田 靖哉, 前田 清, 山下 好人, 澤田 鉄二, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-018-1 大腸癌同時性腹膜播種症例の臨床病理学的検討(PS-018 大腸 腹膜播種,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    野田 英児, 前田 清, 永原 央, 井上 透, 木村 健二郎, 天野 良亮, 渋谷 雅常, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 山田 靖哉, 高島 勉, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 川尻 成美, 西口 幸男, 大平 雅一, 石川 哲郎, 池原 照幸, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-010-3 未分化型早期胃癌に対する組織型からみた外科治療戦略(PS-010 胃 手術適応-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 六車 一哉, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 山田 靖哉, 八代 正和, 山下 好人, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-009-2 外科的切除を行なったstage IV胃癌患者の予後因子の検討(PS-009 胃 手術適応-1,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    久保 尚士, 櫻井 克宣, 田中 浩明, 六車 一哉, 八代 正和, 澤田 鉄二, 山下 好人, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 高島 勉, 山田 靖哉, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-034-1 膵頭十二指腸切除後の周術期および遠隔期合併症の検証(SF-034 サージカルフォーラム(34)膵 合併症-2,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    天野 良亮, 山田 靖哉, 木村 健二郎, 村田 哲洋, 櫻井 克宣, 平田 啓一郎, 松岡 順子, 川尻 成美, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-008-7 胃癌によるCD11b陽性樹状細胞誘導の意義(PS-008 胃 基礎-4,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大北 仁裕, 田中 浩明, 岩内 武彦, 吉井 真実, 李 友浩, 久保 尚士, 六車 一哉, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • VD-009-5 腹腔鏡下大腸癌手術における縫合不全ゼロを目指したDST吻合法の工夫(VD-009 ビデオセッション(9)直腸 鏡視下-1,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    永原 央, 前田 清, 野田 英児, 渋谷 雅常, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-093-3 大腸癌先進部における低分化胞巣の臨床的意義(SF-093 サージカルフォーラム(93)大腸 病理,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    渋谷 雅常, 野田 英児, 前田 清, 永原 央, 井上 透, 川尻 成美, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 西口 幸雄, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Spontaneously complete regression of pseudolymphoma of the remnant pancreas after pancreaticoduodenectomy 査読

    Nakata B., Amano R., Matsuoka J., Sugimori S., Ohsawa M., Wakasa K., Egashira Y., Kimura K., Yamada N., Hirakawa K.

    PANCREATOLOGY   12 ( 3 )   215 - 218   2012年( ISSN:1424-3903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pan.2012.02.011

  • 脾摘が有用であったLeft-sided portal hypertentionの4例 査読

    櫻井 克宣, 大平 雅一, 木村 健二郎, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本門脈圧亢進症学会 日本門脈圧亢進症学会雑誌   18 ( 2 )   135 - 140   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    脾静脈閉塞に起因する胃静脈瘤を来した4例に対して脾摘を行い良好な結果が得られたので報告する.患者の平均年齢は55.8歳(53~60歳),すべて男性であった.症状は消化管出血が3例,無症状が1例であった.脾静脈閉塞の原因は膵炎2例,膵癌1例,脾悪性リンパ腫1例であった.4例とも脾摘が行われ,術後の上部消化管内視鏡検査では全例胃静脈瘤は消失し再発は認めておらず,脾摘は有用な治療であると考えられた.

    DOI: 10.11423/jsph.18.135

    CiNii Article

  • [Salvage esophagectomy after definitive chemoradiation therapy]. 査読

    Kubo N, Tanaka H, Sakurai K, Muguruma K, Nagahara H, Kimura K, Noda E, Amano R, Yamada N, Yashiro M, Maeda K, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   1948 - 50   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Our experience of the treatment with XELOX±Bevacizumab for unresectable advanced colorectal cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Maeda K, Fuyuhiro Y, Nagahara H, Kimura K, Amano R, Noda E, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Yashiro M, Yamada N, Nakata B, Ohira M, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   1936 - 8   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of long-term survival after undergoing S-1 based multidisciplinary therapy for liver metastasis of gastric cancer]. 査読

    Ito G, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Sakurai K, Kimura K, Nagahara H, Noda E, Amano R, Yamada N, Yashiro M, Maeda K, Sawada T, Nakata B, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2348 - 50   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • PS-013-3 スキルス胃癌細胞による樹状細胞の直接的機能抑制(PS-013 ポスターセッション(13)胃:基礎-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩内 武彦, 田中 浩明, 吉井 真美, 伊藤 厳太郎, 久保 尚士, 六車 一哉, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-162-1 胃癌におけるMHC classI発現の有無と術後補助免疫化学療法の効果(PS-162 ポスターセッション(162)胃:その他-4,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    伊藤 厳太郎, 田中 浩明, 六車 一哉, 吉井 真美, 岩内 武彦, 久保 尚志, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-119-6 StageIV胃癌に対する外科的治療介入の意義(PS-119 ポスターセッション(119)胃:集学的治療-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    六車 一哉, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 李 友浩, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 八代 正和, 山田 靖哉, 山下 好人, 豊川 貴弘, 山本 篤, 清水 貞利, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-089-5 胃癌術後におけるPSK併用補助免疫化学療法の効果(PS-089 ポスターセッション(89)胃:化学療法-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    田中 浩明, 六車 一哉, 久保 尚士, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 山田 靖哉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-015-5 低酸素環境下におけるスキルス胃癌細胞の上皮間葉転換(EMT)の機序と阻害物質の検討(PS-015 ポスターセッション(15)胃:基礎-3,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    松岡 順子, 八代 正和, 柏木 伸一郎, 加藤 幸裕, 冬廣 雄彦, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-013-4 制御性T細胞浸潤と胃癌組織型との関係(PS-013 ポスターセッション(13)胃:基礎-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    吉井 真美, 田中 浩明, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 六車 一哉, 山田 靖哉, 八代 正和, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-039-5 胃癌幹細胞様SP細胞の腫瘍形成におけるニッチ線維芽細胞の影響(SF-039 サージカルフォーラム(39)胃:基礎-1,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 松岡 順子, 冬廣 雄彦, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SY-2-4 膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)の亜型分類と悪性度の検討(SY-2 シンポジウム(2)IPMNをめぐる諸問題-診断から治療まで-,第111回日本外科学会定期学術集会) 査読

    大平 豪, 山田 靖哉, 天野 良亮, 木村 健二郎, 村田 哲洋, 中本 健太郎, 永原 央, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 高島 勉, 八代 正和, 小野田 尚佳, 前田 清, 澤田 鉄二, 仲田 文造, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   112 ( 1 )   2011年05月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Direct inhibitory effects of gastric cancer against dendritic cells 査読

    Iwauchi Takehiko, Tanaka Hiroaki, Yoshii Mami, Ito Gentaro, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-793

  • Impact of histological types on infiltration of regulatory T cells in gastric cancer 査読

    Yoshii Mami, Tanaka Hiroaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjirou, Amano Ryousuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsurou, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-796

  • The effect of synergic anti-proliferation of DNA methyltransferase inhibitor binding to anti-cancer drugs in gastric cancer 査読

    Muguruma Kazuya, Yashiro Masakazu, Tanaka Hiroaki, Kimura Kenjirou, Nagahara Hisashi, Amano Ryousuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsurou, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-100

  • The impact of adjuvant immunochemotherapy using protein-bound polysaccharide-K on overall survival of gastric cancer 査読

    Tanaka Hiroaki, Ohira Masaichi, Muguruma Kazuya, Kubo Naoshi, Nagahara Hsashi, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Yamada Nobuya, Yashiro Masakazu, Maeda Kiyoshi, Onoda Naoyoshi, Sawada Tetsuji, Nakata Bunzo, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   71   2011年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2011-1796

  • Tumor-associated MUC5AC stimulates in vivo tumorigenicity of human pancreatic cancer 査読

    Hoshi Hirotaka, Sawada Tetsuji, Uchida Motoyuki, Saito Hikaru, Iijima Hiroko, Toda-Agetsuma Mikako, Wada Tsutomu, Yamazoe Sadaaki, Tanaka Hiroaki, Kimura Kenjiro, Kakehashi Anna, Wei Min, Hirakawa Kosei, Wanibuchi Hideki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   38 ( 3 )   619 - 627   2011年03月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2011.911

    PubMed

  • HER3 Overexpression as an Independent Indicator of Poor Prognosis for Patients with Curatively Resected Pancreatic Cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Nakata Bunzo, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Shimizu Sadatoshi, Ohira Go, Yamada Nobuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ONCOLOGY   81 ( 3-4 )   192 - 198   2011年( ISSN:0030-2414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000333825

    PubMed

  • [A case of anastomotic recurrence of gastric cancer who underwent esophagojejunostomy, treated with S-1 monotherapy leading to complete response (CR)]. 査読

    Kimura K, Takeuchi K, Ohkita H, Aomatsu N, Hirata K, Nishii T, Kosaka K, Tei S, Uchima Y, Tanaka H

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 8 )   1565 - 8   2010年08月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical experience of chemotherapy with S-1/CDDP for highly-advanced gastric cancer]. 査読

    Uchima Y, Kosaka K, Kimura K, Okita Y, Sim JK, Aomatsu N, Hirata K, Lee WH, Lee T, Nishii T, Tei S, Takeuchi K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 7 )   1287 - 90   2010年07月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of advanced gastric cancer with malignant ascites responding to weekly paclitaxel therapy]. 査読

    Toyokawa T, Sawada T, Muguruma K, Kim T, Kimura K, Inoue T, Yamashita Y, Yashiro M, Ohira M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   33 ( 11 )   1637 - 40   2006年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Antitumor effect of trastuzumab for pancreatic cancer with high HER-2 expression and enhancement of effect by combined therapy with gemcitabine 査読

    Kimura Kenjiro, Sawada Tetsuji, Komatsu Midori, Inoue Masafumi, Muguruma Kazuya, Nishihara Tamahiro, Yamashita Yoshito, Yamada Nobuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CLINICAL CANCER RESEARCH   12 ( 16 )   4925 - 4932   2006年08月( ISSN:1078-0432

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-06-0544

  • 胃癌術後の血清亜鉛濃度について 査読

    木村 健二郎, 大平 雅一, 阿古 英次, 高畑 哲也, 六車 一哉, 井上 透, 西原 承浩, 山下 好人, 澤田 鉄二, 平川 弘聖

    外科と代謝・栄養   40 ( 4 )   183 - 190   2006年08月( ISSN:03895564

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 新規ヒト化抗膵癌ムチン抗体の作製とその基礎的解析 査読

    木村 健二郎, 澤田 鉄二, 小松 みどり, 六車 一哉, 西原 承浩, 山下 好人, 八代 正和, 山田 靖哉, 加藤 保之, 平川 弘聖, 鈴木 定彦

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   107 ( 2 )   2006年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [Immunotherapy for pancreatic cancer by antibody directed against mucin]. 査読

    Sawada T, Kimura K, Hirakawa K

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   64 Suppl 1   274 - 8   2006年01月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) gene transfection inhibits the liver metastasis of pancreatic cancer by preventing angiogenesis 査読

    Inoue M, Sawada T, Uchima Y, Kimura K, Nishihara T, Tanaka H, Yashiro M, Yamada N, Ohira M, Hirakawa K

    ONCOLOGY REPORTS   14 ( 6 )   1445 - 1451   2005年12月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Plasminogen activator inhibitor-1 (PAI-1) gene transfection inhibits the liver metastasis of pancreatic cancer by preventing angiogenesis. 査読

    Inoue M, Sawada T, Uchima Y, Kimura K, Nishihara T, Tanaka H, Yashiro M, Yamada N, Ohira M, Hirakawa K

    Oncology reports   14 ( 6 )   1445 - 51   2005年12月( ISSN:1021-335X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • S5-4. 胃癌術後の血中亜鉛濃度に与える因子についての検討(第34回胃外科・術後障害研究会) 査読

    木村 健二郎, 澤田 鉄二, 井上 透, 西原 承浩, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   38 ( 9 )   1531 - 1532   2005年09月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • メシル酸ガベキサートによる膵癌細胞の浸潤・肝転移抑制効果(第60回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    澤田 鉄二, 内間 恭武, 木村 健二郎, 井上 雅文, 西原 承浩, 六車 一哉, 前田 清, 山田 靖哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 超音波内視鏡下FNAを応用した胃GISTの診断および治療戦略(GIST-診断と治療の問題点, 第60回日本消化器外科学会総会) 査読

    六車 一哉, 澤田 鉄二, 木村 健二郎, 井上 透, 西原 承浩, 八代 正和, 山下 好人, 山田 靖哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 膵癌細胞におけるHER-2の発現と Trastuzumab による抗腫瘍効果(第60回日本消化器外科学会定期学術総会) 査読

    木村 健二郎, 澤田 鉄二, 井上 雅文, 六車 一哉, 西原 承浩, 山下 好人, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本消化器外科学会 日本消化器外科学会雑誌   38 ( 7 )   2005年07月( ISSN:03869768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物

  • Overcoming Pancreatic Cancer -Focusing on Retro-pancreatic Invasion

    Takukazu Nagakawa, Kenjiro Kimura( 担当: 共著 ,  範囲: Handling of resected pancreatic cancer specimens for accurate pathological evaluation)

    Japanese Society of Pancreatic Surgery  2019年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:169   担当ページ:91-95   著書種別:学術書  

  • DS NOW 合併切除と血行再建 拡大手術を安全に行うために

    上西紀夫,後藤満一,杉山正則,渡邊昌彦,木村健二郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 肝合併切除切除を伴う胃全摘術)

    メジカルレビユー社  2011年04月  ( ISBN:987-4-7583-1158-8

     詳細を見る

    総ページ数:198   担当ページ:53-63   著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • 【膵頭十二指腸切除の完全ガイド-定型術式から困難症例への対処法まで】困難症例に対する手技・対処法 血管合併切除を伴うPD 門脈再建,動脈合併切除 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 元村 尚嗣, 大平 豪, 新川 寛二, 田中 肖吾, 竹村 茂一, 久保 正二

    (株)医学書院 臨床外科   75 ( 13 )   1443 - 1446   2020年12月( ISSN:0386-9857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>ポイント ◆術前画像で脈管の解剖を十分に把握しておき,門脈・動脈の浸潤範囲と再建方法をIVR医,血管外科医とともに十分に検討しておく.◆術中に起こりうるあらゆることを想定して,術前血流改変,抗血栓性門脈バイパス用カテーテルの用意,血管グラフトのプランニングを行う.◆随伴性膵炎,血流改変,術前治療などにより高度な組織変性をきたしており,細心の手術操作が必要である.

  • 【最新の周術期リハビリテーション・栄養管理】肝癌における周術期栄養療法とリハビリテーション療法 査読

    新川 寛二, 竹村 茂一, 田中 肖吾, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 西岡 孝芳, 田内 潤, 宮崎 徹, 石原 敦, 江口 真平, 白井 大介, 久保 正二

    (株)へるす出版 消化器外科   43 ( 2 )   191 - 198   2020年02月( ISSN:0387-2645

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新専門医制度の開始により見えてきたその現状と課題 外科専門医新制度「試行」から見えてきた展望ならびに課題 査読

    田中 肖吾, 天野 良亮, 大平 雅一, 久保 正二, 西山 典利, 小野田 尚佳, 堀池 正樹, 六車 一哉, 李 栄柱, 田中 浩明, 藤井 弘通, 木村 健二郎, 永原 央, 大野 耕一, 柴田 利彦

    (一社)日本外科学会 日本外科学会雑誌   120 ( 5 )   591 - 594   2019年09月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【外科におけるカテーテル管理のコツ】腹腔内留置カテーテル 肝胆膵切除で用いる腹腔ドレーン 査読

    新川 寛二, 竹村 茂一, 田中 肖吾, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 西岡 孝芳, 田内 潤, 久保 正二

    (株)南江堂 外科   81 ( 9 )   956 - 960   2019年08月( ISSN:0016-593X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>胆道再建を伴わない待機的肝切除術における腹腔ドレーン留置は,必ずしも必要としない.その際,胆汁漏や難治性腹水などの合併症リスクの高い症例ではドレーンが情報的,予防的および治療的役割をはたすことがあるため,個々の症例に応じた腹腔ドレーン留置の判断が必要である.一方,膵切除術においては,非留置群での高い死亡率から腹腔ドレーンを留置すべきと考えられている.肝切除および膵切除ともに逆行性感染などの合併症を考慮して,ドレーン排液に異常所見がなければ早期のドレーン抜去が推奨されている.また,胆汁漏や膵液漏,臓器/体腔感染に対するドレーン留置が長期間にわたる際には,感染に対する標準予防策を基本としたドレーン管理が重要である.さらに,病態に応じた腹腔ドレーンの選択および逆行性感染防止策,事故(自己)抜去予防や接続はずれ予防策などを考慮したドレーンの固定や管理が必要となる.

  • 【腹腔鏡下肝胆膵手術の新時代-ラパロからロボティクスへ-】肝臓 転移性肝癌に対する腹腔鏡下肝切除 大腸癌肝転移を中心に 査読

    田中 肖吾, 竹村 茂一, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 新川 寛二, 大平 豪, 久保 正二

    (株)アークメディア 肝・胆・膵   79 ( 1 )   59 - 63   2019年07月( ISSN:0389-4991

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【高齢がん患者の栄養療法〜現状とこれから〜】高齢がん患者に対する手術療法と栄養療法 膵がん手術 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 田村 達郎, 永原 央, 花山 佳子, 大平 雅一

    (株)ジェフコーポレーション 日本静脈経腸栄養学会雑誌   34 ( 2 )   87 - 91   2019年06月( ISSN:2189-0161

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高齢化社会を迎えている本邦において膵がん患者数は増加の一途をたどっており、日常診療では高齢膵がん患者を切除する機会も増えてきている。高齢膵がん患者に対して切除を企図する場合には膵切除のリスクと膵がんの予後のリスクを鑑みて患者にbenefitがあるかどうかを慎重に判断して決定する必要がある。近年の手術手技やデバイスの進歩にも関わらず膵切除は高い死亡リスクを伴った手術であるが、患者の併存疾患も含めて慎重な耐術能評価を行って切除適応があれば非高齢者と同等の安全性をもって手術は可能である。しかしながら膵がんはたとえ切除し得たとしても予後不良ながん腫であり、特に高齢者は非高齢者よりも切除後の予後は有意に不良である。予後を改善するには術前から術後まで良好な全身状態を保つ必要があり、そのためには外科医のみならず糖尿病内科医、在宅医、栄養士、理学療法士等の多職種がチームとなって患者の栄養管理をはじめとする術前後の長期的な継続的サポートをすることが重要である。(著者抄録)

  • 【JSES技術認定取得をめざせ!】臓器別:膵臓 合格者が語る認定取得の実際 腹腔鏡下膵体尾部切除(膵脾合併切除) 査読

    木村 健二郎, 天野 良亮, 大平 豪, 山添 定明, 田内 潤, 新川 寛二, 田中 肖吾, 竹村 茂一, 久保 正二, 大平 雅一

    (株)医学書院 臨床外科   74 ( 5 )   625 - 629   2019年05月( ISSN:0386-9857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>ポイント ◆技術認定医申請ビデオにおいて重要なポイントは,ドライな視野を保ちつつ,スムーズに手術を進行し,危険な操作は行わないことである.◆術者の技量のみならず,助手とスコピストを含めた手術チームの総合力が求められる.◆ブラインド操作でのエネルギーデバイスの使用とクリッピング操作は禁忌である.常にデバイスの先端を確認することが重要である.

  • 手術のtips and pitfalls 膵頭十二指腸切除術における肝動脈合併切除 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎

    (一社)日本外科学会 日本外科学会雑誌   120 ( 3 )   332 - 334   2019年05月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【「病態栄養学からみた感染制御:特殊病態下における周術期の感染制御を目的とした栄養管理」】肝硬変患者の周術期における感染制御を目的とした栄養管理 査読

    新川 寛二, 竹村 茂一, 田中 肖吾, 天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 西岡 孝芳, 伊藤 得路, 宮崎 徹, 石原 敦, 久保 正二

    日本外科代謝栄養学会 外科と代謝・栄養   53 ( 2 )   105 - 109   2019年04月( ISSN:0389-5564

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    肝細胞癌に対する肝切除症例の多くは慢性肝炎や肝硬変を併存しているため、特に肝硬変患者では蛋白・エネルギー低栄養状態を特徴とした栄養障害が高頻度にみられる。肝硬変患者にみられる栄養障害は肝切除術後合併症、特に感染性合併症の発症と密接に関連していると考えられている。肝硬変を中心とした肝切除や肝移植症例に対して、分岐鎖アミノ酸投与や免疫栄養療法を行い、術後感染性合併症発症率が低下したとの報告が認められる。その機序として、分岐鎖アミノ酸投与による好中球貪食能の促進作用などによる免疫能改善や、免疫栄養療法において中心的役割を担うω3系脂肪酸の宿主免疫能の調節作用の可能性が示されている。しかし、肝硬変患者における栄養療法などによる術後感染性合併症予防効果に関するエビデンスは十分ではなく、さらなる検討が必要である。(著者抄録)

  • 【腹腔鏡下膵体尾部切除の手術手技】脾動静脈を温存した腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除 査読

    木村 健二郎, 大平 豪, 山添 定明, 天野 良亮, 久保 正二, 大平 雅一

    金原出版(株) 手術   72 ( 12 )   1719 - 1725   2018年11月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【徹底解説!-膵頭十二指腸切除の手術手技】手術手技 脈管合併切除 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 大平 雅一

    (株)医学書院 臨床外科   73 ( 3 )   331 - 335   2018年03月( ISSN:0386-9857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>【ポイント】 ◆術前画像で脈管の解剖を十分に把握しておき,門脈・動脈の浸潤範囲を想定してその切除範囲と再建方法を詳細に検討しておく.◆術前にあらゆることを想定して術前血流改変,抗血栓性門脈バイパス用カテーテルの用意,血管グラフトのプランニングを行う.

  • 【局所進行膵癌の治療限界に挑む】局所進行膵癌に対する肝動脈合併膵切除の治療成績 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 大平 豪, 大平 雅一

    医学図書出版(株) 胆と膵   38 ( 11 )   1275 - 1280   2017年11月( ISSN:0388-9408

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    肝動脈浸潤を伴う局所進行膵癌に対する化学放射線療法はリンパ節転移率を低下させ、高い腫瘍壊死効果も得られることより強い局所制御効果が期待できる。それらの症例にR0をめざした肝動脈合併膵切除を行うことで高率にR0切除が可能であり予後に寄与する可能性がある。肝動脈再建については術前血流改変を駆使することで肝梗塞や肝膿瘍などのリスクを低減させ、なかには肝動脈非再建で可能な場合も経験する。肝動脈のような主要動脈浸潤をきたす進行膵癌の多くは診断時にはsystemic diseaseと考えられているが、真の局所進行症例も存在すると考えられ、それらを判断する指標・バイオマーカーの開発、術前治療期間、術前治療の指摘レジメンの検討が今後の課題である。(著者抄録)

  • 【膵癌血管浸潤例の外科切除適応と治療ストラテジー:Up to date 2016】血管合併切除を伴う外科切除手技のポイント 肝動脈浸潤を示す膵頭部癌の外科切除術式 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 西尾 康平, 大平 豪, 大平 雅一

    医学図書出版(株) 胆と膵   37 ( 7 )   635 - 639   2016年07月( ISSN:0388-9408

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    肝動脈浸潤を伴う膵頭部癌はこれまで本邦の多くの施設で非切除とされてきたが、近年の化学(放射線)療法(CRT)の進歩によりCRT後に総肝動脈合併膵頭十二指腸切除術(PD-CHAR)を行うことで予後に寄与する可能性が報告されている。本術式は肝動脈浸潤部を一切触れることなくen bloc切除が可能であり、またCRTの強力な局所制御により高率なR0切除を得ることが可能である。しかしながら従来の膵頭十二指腸切除術より高リスクであり、重篤な合併症の発生が手術関連死亡に直結する可能性を含んでいる。よって修練された手術技能は当然であるが、術前治療期間中における十分な全身状態の管理、緻密な手術のプランニング、厳密な手術適応基準、厳重な周術期管理、そして他科との綿密な連携が必要であることは言うまでもない。(著者抄録)

  • 【胆膵疾患における血管系IVR】化学放射線治療後の血流改変を伴う膵切除 査読

    天野 良亮, 山本 晃, 木村 健二郎, 山添 定明, 西尾 康平, 大平 豪, 大平 雅一, 平川 弘聖

    医学図書出版(株) 胆と膵   37 ( 5 )   433 - 438   2016年05月( ISSN:0388-9408

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    近年の化学(放射線)療法の進歩により以前は切除不能と扱われていた主要動脈浸潤を伴う局所進行膵癌症例に対して化学放射線療法後に血管合併切除を伴う膵切除を行う集学的治療戦略が注目されている。ただし主要動脈合併膵切除は高率なmorbidityとmortalityが報告されており、化学放射線療法後となるとそのリスクはさらに高くなる。血管合併膵切除術の安全性を確保するためには術前に切除予定動脈の塞栓術を行い術後の血流状態を術前に構築する術前血流改変が有用である。そして血管合併切除を含めたen bloc切除を行うことで術中・術後合併症は軽減できる。ただしこれらの集学的治療には十分に修練された膵臓外科医の技術は言うまでもなく、他科医・他職種の協力によるチームでの治療マネジメントが必要不可欠である。(著者抄録)

  • 【肝内胆管癌:治療成績の改善を目指して】薬物療法 動注化学療法 査読

    大平 豪, 天野 良亮, 木村 健二郎, 三浦 光太郎, 山添 定明, 平川 弘聖

    (株)アークメディア 肝・胆・膵   72 ( 1 )   115 - 119   2016年01月( ISSN:0389-4991

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 手術手技 肝動脈浸潤を伴う局所進行膵癌に対する化学放射線療法後の肝動脈合併膵切除術 腹腔動脈合併膵全摘術の手技について 査読

    天野 良亮, 木村 健二郎, 山添 定明, 西尾 康平, 大平 豪, 平川 弘聖

    金原出版(株) 手術   69 ( 11 )   1621 - 1625   2015年10月( ISSN:0037-4423

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等