2024/04/05 更新

写真a

ナダタニ ユウジ
灘谷 祐二
NADATANI Yuji
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 医化学  / 消化器内科学

研究キーワード

  • 食道炎

  • OGIB

  • 胃潰瘍

  • 薬剤性消化管傷害

  • 腸内細菌

  • 小腸

研究概要

  • 上部消化管の疾患、生理機能について基礎的、臨床的に幅広く研究しています。今話題の腸内細菌についても、臨床応用にむけての取り組み中です。現在の主な研究テーマは以下の通りです。

    薬剤性消化管傷害の機序解明と新規治療法の開発(NSAIDsアスピリンを含む)
    消化管細菌叢の解析とその病的意義、臨床応用の可能性の検討
    食道バレット上皮の発生とその発癌機序の解明
    胃潰瘍治癒における生化学的機序の解明
    カプセル内視鏡および小腸内視鏡を用いた小腸疾患の診断と新しい治療の開発

所属学協会

  • 日本微小循環学会

      国内

  • 日本小腸学会

      国内

  • 日本カプセル内視鏡学会

      国内

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本消化器病学会

      国内

  • 日本消化器内視鏡学会

      国内

  • 日本消化管学会

      国内

  • American Gastroenterological association

      国外

  • 日本ヘリコバクター学会

      国内

  • 日本潰瘍学会

      国内

  • 日本総合健診医学会

  • 日本人間ドック学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 学会評議員   日本消化器病学会  

    2023年01月 - 継続中 

  • ガイドライン作成委員   日本ヘリコバクター学会  

    2022年12月 - 継続中 

  • 評議員   日本微小循環学会  

    2020年09月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本消化器病学会  

    2019年10月 - 継続中 

  • 代議員   日本消化管学会  

    2019年02月 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本消化器内視鏡学会  

    2018年01月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 学会賞

    2023年02月   日本潰瘍学会   NSAIDs起因性小腸傷害における好中球細胞外トラップ(neutrophil extracellular traps: NETs)と腸内細菌の役割

  • 日本微小循環学会 奨励賞

    2020年09月  

  • 25th European Gastroenterology Week Travel Grant for Basic Scientists

    2017年11月  

  • Digestive Disease Week Young Investigator Award

    2015  

  • 消化器とフリーラジカル研究会 Best Impact Award

    2013  

  • 日本消化管学会 奨励賞

    2013  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 大阪市医学会賞

    2013  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 消化器の炎症を考える会 Nice Discussant Award

    2012  

  • The 14th Meeting of International Conference Ulcer Research Award

    2012  

  • 消化器とフリーラジカル研究会 Best Impact award

    2011  

  • 消化器の炎症を考える会 Best Discussant award

    2011  

  • 第30回サイトプロテクション研究会 奨励賞

    2011  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 消化器の炎症を考える会 Nice Discussant award

    2010  

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 東住吉森本病院   勤務医

    2007年04月 - 2008年03月

  • UT Southwestern Medical Center   Postdoctoral Fellow

    2013年07月 - 2015年07月

学歴

  • 大阪市立大学   医科学研究科   消化器内科学   博士課程   卒業・修了

    - 2012年

  • 大阪市立大学   医学部   医学科     卒業・修了

    - 2005年03月

論文

  • Correlation between anxiety and decreased quality of life in patients with non-esophageal eosinophilic gastrointestinal diseases. 査読

    Tanaka F, Kanamori A, Sawada A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   8 ( 1 )   e13025   2024年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgh3.13025

    PubMed

  • Efficacy evaluation of upper gastrointestinal endoscopy screening for secondary prevention of gastric cancer using the standardized detection ratio during a medical check-up in Japan 査読

    Tanaka Chieko, Otani Koji, Tamoto Mitsuhiro, Yoshida Hisako, Nadatani Yuji, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   advpub ( 0 )   2024年( ISSN:09120009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>We used standardized detection ratio to evaluate the quality of nasal upper gastrointestinal endoscopy screening for the secondary prevention of gastric cancer, and examined the gastric cancer risk in the era of total <i>H. pylori</i> eradication. We performed 21,931 upper gastrointestinal endoscopies, 77 subjects were diagnosed with gastric cancer. Of these, 28 had gastric cancer after <i>H. pylori</i> eradication, 47 had gastric cancer with <i>H. pylori</i>-positive or others, and 2 had <i>H. pylori</i>-negative gastric cancer. The Standardized detection ratios for men and women were 5.33 and 4.82, respectively. Multivariable logistic regression analyses performed exclusively on first endoscopy subjects, excluding <i>H. pylori</i>-negative gastric cancer, revealed that smoking was a risk factor for developing gastric cancer (adjusted odds ratio, 3.31; 95% confidence interval, 1.65–6.64; <i>P</i> = 0.001). A statistically significant interaction was found between daily alcohol consumption and <i>H. pylori</i> eradication on gastric cancer development (<i>P</i> = 0.005). In conclusion, relatively high standardized detection ratio values suggest that an appropriate endoscopic diagnosis of gastric cancer should be performed during a medical check-up. Smoking is a risk factor for developing gastric cancer, and continued alcohol consumption suggests a possible risk for developing gastric cancer after <i>H. pylori</i> eradication.</p>

    DOI: 10.3164/jcbn.24-28

  • Impact of the COVID-19 Pandemic on the Lifestyle and Psychosocial Behavior of Patients with Inflammatory Bowel Diseases: A Narrative Review. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    Healthcare (Basel, Switzerland)   11 ( 19 )   2023年09月( ISSN:2227-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/healthcare11192642

    PubMed

  • Risk factors for adverse events associated with endoscopic submucosal dissection for superficial pharyngeal cancer. 査読

    Ominami M, Nagami Y, Kono M, Yamamoto Y, Yokota C, Teranishi Y, Oishi M, Manabe T, Ochiai T, Tanoue K, Yamamura M, Maruyama H, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Sunami K, Fujiwara Y

    Surgical endoscopy   37 ( 8 )   6322 - 6332   2023年08月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-023-10118-6

    PubMed

  • Upper gastrointestinal endoscopic findings in functional constipation and irritable bowel syndrome diagnosed using the Rome IV criteria: a cross-sectional survey during a medical check-up in Japan. 査読

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Nadatani Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y

    BMC gastroenterology   23 ( 1 )   140   2023年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12876-023-02784-6

    PubMed

  • 食道の肥満細胞は好酸球性食道炎患者の症状自覚に関連する(Esophageal mast cells may be associated with the perception of symptoms in patients with eosinophilic esophagitis) 査読

    Kanamori Atsushi, Tanaka Fumio, Takashima Shingo, Sawada Akinari, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Esophagus   20 ( 2 )   333 - 341   2023年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    無症候性の食道好酸球浸潤(aEE)患者28名と、症候性の好酸球性食道炎(EoE)患者58名の食道生検標本の免疫蛍光染色により肥満細胞関連分子量を調べ、症状の自覚と肥満細胞量との関係について検討した。臨床的および内視鏡的特徴、および好酸球ピーク値について群間で有意差はなかった。EoE群の肥満細胞トリプターゼ陽性面積はaEE群と比べて有意に大きかった。EoE群のPAR-2陽性細胞数はaEE群と比べて有意に多かった。EoE群のVPAC-1陽性細胞数はaEE群と比べて有意に多かった。PAR-2陽性細胞数とVPAC-1陽性細胞数は正相関した。肥満細胞トリプターゼ陽性面積はPAR-2およびVPAC-1陽性細胞数と正相関した。以上の結果から、食道の肥満細胞とその受容体PAR-2およびVPAC-1はEoE患者の症状自覚に関与すると考えられた。

  • Pretreatment serum monocyte chemoattractant protein-1 as a predictor of long-term outcome by ustekinumab in patients with Crohn's disease. 査読

    Okuda H, Hosomi S, Itani S, Kurimoto N, Kobayashi Y, Nakata R, Nishida Y, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   2023年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.16151

    PubMed

  • Neutrophil-to-lymphocyte ratio may predict clinical relapse in ulcerative colitis patients with mucosal healing. 査読

    Kurimoto N, Nishida Y, Hosomi S, Itani S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    PloS one   18 ( 1 )   e0280252   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0280252

    PubMed

  • 実臨床における好酸球性食道炎治療の現状 査読

    藤原 靖弘, 田中 史生, 中田 理恵子, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 沢田 明也, 東森 啓, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一

    日本消化器病学会雑誌   119 ( 10 )   929 - 936   2022年10月( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当科における好酸球性食道炎306例の治療について検討した.286例(93.5%)で一次治療としてプロトンポンプ阻害薬またはカリウム競合型アシッドブロッカーが選択されていた.55例(18.0%)にステロイド嚥下療法が施行されていた.平均観察期間17.7ヵ月において,無投薬経過観察は46.4%,酸分泌抑制薬による維持療法またはオンデマンド療法は37.3%,ステロイド嚥下維持療法は9.8%であった.ほとんどの症例は胃食道逆流症に準じた治療戦略がとられており,良好な臨床経過が得られていたが,一部の症例は難治例と考えられた.本邦における実臨床での好酸球性食道炎治療の現状が明らかとなった.(著者抄録)

  • Short bevacizumab infusion as an effective and safe treatment for colorectal cancer. 査読

    Taira K, Okazaki S, Akiyoshi K, Machida H, Ikeya T, Kimura A, Nakata A, Nadatani Y, Ohminami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Fujiwara Y

    Molecular and clinical oncology   17 ( 3 )   139   2022年09月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2022.2572

    PubMed

  • Psychological Stress Exacerbates Inflammation of the Ileum via the Corticotropin-Releasing Hormone-Mast Cell Axis in a Mouse Model of Eosinophilic Enteritis. 査読

    Kanamori A, Tanaka F, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    International journal of molecular sciences   23 ( 15 )   2022年08月( ISSN:16616596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms23158538

    PubMed

  • Long-term rebleeding rate and predictive factors of rebleeding after capsule endoscopy in patients with obscure gastrointestinal bleeding. 査読

    Otani K, Shimada S, Watanabe T, Nadatani Y, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Fujiwara Y

    Gastrointestinal endoscopy   2022年07月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gie.2022.07.012

    PubMed

  • Evaluation of long-term survival in patients with severe comorbidities after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma. 査読

    Hirano S, Nagami Y, Yamamura M, Tanoue K, Sakai T, Maruyama H, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Shiba M, Watanabe T, Fujiwara Y

    Surgical endoscopy   36 ( 7 )   5011 - 5022   2022年07月( ISSN:0930-2794

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00464-021-08859-3

    PubMed

  • Lustrous White Erosions Surrounded by an Erythematous Mucosa: A Novel Endoscopic Finding of Gastric Lesions in Patients with Wilson Disease.

    Kitagawa D, Ominami M, Taira K, Tanoue K, Higashimori A, Maruyama H, Itani S, Nishida Y, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Kamata N, Kuwae Y, Watanabe T, Ohsawa M, Fujiwara Y, F-study Group.

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 12 )   1835 - 1841   2022年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8076-21

    PubMed

    CiNii Article

  • Pirfenidone prevents esophageal stricture by inhibiting nucleotide binding oligomerization domain like receptor protein 3 inflammasome activation. 査読

    Hirano S, Higashimori A, Nagami Y, Nadatani Y, Tanigawa T, Ominami M, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Journal of gastroenterology and hepatology   37 ( 6 )   1096 - 1106   2022年06月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15861

    PubMed

  • 紅斑性粘膜に取り囲まれた光沢のある白色びらん Wilson病患者における胃病変の新規内視鏡所見(Lustrous White Erosions Surrounded by an Erythematous Mucosa: A Novel Endoscopic Finding of Gastric Lesions in Patients with Wilson Disease) 査読

    Kitagawa Daiki, Ominami Masaki, Taira Koichi, Tanoue Kojiro, Higashimori Akira, Maruyama Hirotsugu, Itani Shigehiro, Nishida Yu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Kuwae Yuko, Watanabe Toshio, Ohsawa Masahiko, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 12 )   1835 - 1841   2022年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は20歳男性で、18歳時にWilson病と診断されていた。心窩部痛を認め、汎血球減少症、肝胆汁酵素の軽度上昇、セルロプラスミンと銅の血清レベル低値、尿中銅排泄量増加が判明した。内視鏡検査では、胃に紅斑に囲まれた白色びらんが認められた。8週のエソメプラゾール治療により、心窩部痛と白色びらんが改善した。症例2は27歳男性で、5歳時にWilson病と診断されていた。心窩部痛、悪心、嘔吐を認め、肝胆汁酵素の軽度上昇、セルロプラスミンと銅の血清レベル低値、尿中銅排泄量増加が判明した。内視鏡検査では、胃に紅斑性粘膜に囲まれた線形白色ビランが認められた。エソメプラゾール治療を開始後、症状が改善した。症例3は42歳男性で、30歳時にWilson病と診断されていた。上腹部症状はなかったが、汎血球減少症、肝胆汁酵素の軽度上昇、プロトロンビン活性低下、セルロプラスミンと銅の血清レベル低下、尿中銅排泄量増加が判明した。内視鏡検査では、胃の紅斑性粘膜上に斑状の白色びらんが認められた。3症例ともに、病変の生検ではオルセイン陽性組織が認められ、銅沈着が示唆された。

  • Angle of covered self-expandable metallic stents after placement is a risk factor for recurrent biliary obstruction. 査読

    Tanoue K, Maruyama H, Ishikawa-Kakiya Y, Kinoshita Y, Hayashi K, Yamamura M, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    World journal of hepatology   14 ( 5 )   992 - 1005   2022年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4254/wjh.v14.i5.992

    PubMed

  • Effect of the Coronavirus Disease 2019 Lockdown on Lifestyle Factors in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Itani S, Ohminami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 9 )   1329 - 1336   2022年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8825-21

    PubMed

    CiNii Article

  • Lifestyle changes during the coronavirus disease 2019 pandemic impact metabolic dysfunction-associated fatty liver disease. 査読

    Fujii H, Nakamura N, Fukumoto S, Kimura T, Nakano A, Nadatani Y, Tauchi Y, Nishii Y, Takashima S, Kamada Y, Watanabe T, Kawada N

    Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   42 ( 5 )   995 - 1004   2022年05月( ISSN:1478-3223

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/liv.15158

    PubMed

  • Effect of the Coronavirus Disease 2019 Lockdown on Lifestyle Factors in Japanese Patients with Inflammatory Bowel Disease(和訳中) 査読

    Nishida Yu, Hosomi Shuhei, Fujimoto Koji, Nakata Rieko, Itani Shigehiro, Ohminami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kamata Noriko, Ohfuji Satoko, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 9 )   1329 - 1336   2022年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan.

    Otani K, Watanabe T, Takahashi K, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kimura T, Fukumoto S, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   70 ( 2 )   205 - 211   2022年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.21-87

    PubMed

    CiNii Article

  • A questionnaire-based survey on the etiopathogenesis of chronic constipation during a medical check-up in Japan(和訳中) 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Fujiwara Yasuhiro

    Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   70 ( 2 )   205 - 211   2022年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical Implication of Preoperative C-Reactive Protein/Albumin Ratio in Malignant Transformation of Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm: A Propensity Score Analysis. 査読

    Maruyama H, Tanoue K, Ishikawa-Kakiya Y, Yamamura M, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Ohira G, Kimura K, Amano R, Fujiwara Y

    Diagnostics (Basel, Switzerland)   12 ( 2 )   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/diagnostics12020554

    PubMed

  • Pyogenic Spondylitis Caused by Staphylococcus schleiferi in a Patient with Crohn's Disease(和訳中) 査読

    Fujimoto Koji, Hosomi Shuhei, Nakata Rieko, Sugita Naoko, Nishida Yu, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   61 ( 4 )   577 - 580   2022年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interferon-α exerts proinflammatory properties in experimental radiation-induced esophagitis: Possible involvement of plasmacytoid dendritic cells. 査読

    Kitamura H, Tanigawa T, Kuzumoto T, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Uematsu S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Life sciences   289   120215   2022年01月( ISSN:0024-3205

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2021.120215

    PubMed

  • Prevalence and risk factor for chronic diarrhea in participants of a Japanese medical checkup. 査読

    Matsumoto Y, Nadatani Y, Otani K, Higashimori A, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Kimura T, Fukumoto S, Tanaka F, Taira K, Nagami Y, Watanabe T, Fujiwara Y

    JGH open : an open access journal of gastroenterology and hepatology   6 ( 1 )   69 - 75   2022年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgh3.12704

    PubMed

  • [Current real-world treatments for Japanese patients with eosinophilic esophagitis]. 査読

    Fujiwara Y, Tanaka F, Nakata R, Kakiya Y, Yamamura M, Tanoue K, Sawada A, Higashimori A, Nishida Y, Maruyama H, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K

    Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   119 ( 10 )   929 - 936   2022年( ISSN:0446-6586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>当科における好酸球性食道炎306例の治療について検討した.286例(93.5%)で一次治療としてプロトンポンプ阻害薬またはカリウム競合型アシッドブロッカーが選択されていた.55例(18.0%)にステロイド嚥下療法が施行されていた.平均観察期間17.7カ月において,無投薬経過観察は46.4%,酸分泌抑制薬による維持療法またはオンデマンド療法は37.3%,ステロイド嚥下維持療法は9.8%であった.ほとんどの症例は胃食道逆流症に準じた治療戦略がとられており,良好な臨床経過が得られていたが,一部の症例は難治例と考えられた.本邦における実臨床での好酸球性食道炎治療の現状が明らかとなった.</p>

    DOI: 10.11405/nisshoshi.119.929

    PubMed

  • Acceptance of COVID-19 Vaccines among Patients with Inflammatory Bowel Disease in Japan. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Kobayashi Y, Nakata R, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Fujiwara Y

    Healthcare (Basel, Switzerland)   10 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/healthcare10010006

    PubMed

  • Ovariectomy-Induced Dysbiosis May Have a Minor Effect on Bone in Mice. 査読

    Kosaka S, Nadatani Y, Higashimori A, Otani K, Fujimoto K, Nagata Y, Ominami M, Fukunaga S, Hosomi S, Kamata N, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Imoto S, Uematsu S, Watanabe T, Fujiwara Y

    Microorganisms   9 ( 12 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/microorganisms9122563

    PubMed

  • A case series of sublingual immunotherapy-induced eosinophilic esophagitis: stop or spit. 査読

    Fujiwara Y, Tanaka F, Sawada A, Nadatani Y, Nagami Y, Taira K, Nakamura N, Watanabe T, Ohsawa M, Sakamoto H

    Clinical journal of gastroenterology   14 ( 6 )   1607 - 1611   2021年12月( ISSN:1865-7257

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12328-021-01520-5

    PubMed

  • 舌下免疫療法によって誘導された好酸球性食道炎の症例集積研究 中止か吐出か(A case series of sublingual immunotherapy-induced eosinophilic esophagitis: stop or spit) 査読

    Fujiwara Yasuhiro, Tanaka Fumio, Sawada Akinari, Nadatani Yuji, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Nakamura Naohiro, Watanabe Toshio, Ohsawa Masahiko, Sakamoto Hirokazu

    Clinical Journal of Gastroenterology   14 ( 6 )   1607 - 1611   2021年12月( ISSN:1865-7257

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法(SLIT)施行中に好酸球性食道炎(EoE)を発症した6例(男女各3例、平均年齢45.7歳)を経験した。症状としては、嚥下困難、胸やけ、胸骨後不快感が認められた。内視鏡検査では典型的なEoEの所見が認められ、生検で有意な好酸球浸潤が確認された。SLITの中止、ないしは吐出を行うことで症状は軽快し、内視鏡的および組織学的寛解が得られた。SLITによりアレルゲンが食道管腔内に侵入することでEoEが誘導されることが示された。また、SLITの際の吐出が、SLIT誘導性EoEの治療法の一つとなる可能性が示唆された。

  • A Comparison of the Effectiveness of Four Aerosol Shielding Devices in Reducing Endoscopists' Exposure to Airborne Particles During Simulated Upper Gastrointestinal Endoscopy. 査読

    Higashimori A, Nadatani Y, Maruyama H, Fujiwara Y

    Clinical endoscopy   2021年10月( ISSN:2234-2400

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5946/ce.2021.175

    PubMed

  • Gastrointestinal IgG4 Deposition Is a New Histopathological Feature of Eosinophilic Gastroenteritis 査読

    Kosaka Satoshi, Tanaka Fumio, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   2021年09月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-021-07244-3

    PubMed

  • Pyogenic Spondylitis Caused by Staphylococcus schleiferi in a Patient with Crohn's Disease. 査読

    Fujimoto K, Hosomi S, Nakata R, Sugita N, Nishida Y, Fukunaga S, Nadatani Y, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    一般社団法人 日本内科学会 Internal medicine (Tokyo, Japan)   2021年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><i>Staphylococcus schleiferi</i> has rarely been reported to cause pyogenic spondylitis. A 42-year-old man had been treated for Crohn's disease with immunosuppressive agents and home parenteral nutrition via a central vein (CV) port. The patient was admitted to our hospital, presenting with neck pain and a fever. A neurological examination showed slight weakness in his left-hand muscles, and he was diagnosed with pyogenic spondylitis of C6 and C7 vertebral bodies due to catheter-related blood stream infection caused by <i>S. schleiferi</i>. An early diagnosis by magnetic resonance imaging, CV port removal and antibiotic therapy targeting <i>S. schleiferi</i> improved his symptoms. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.7368-21

    PubMed

    CiNii Article

  • The FibroScan-aspartate aminotransferase score can stratify the disease severity in a Japanese cohort with fatty liver diseases 査読

    Fujii Hideki, Fukumoto Shinya, Enomoto Masaru, Uchida-Kobayashi Sawako, Kimura Tatsuo, Tamori Akihiro, Nadatani Yuji, Takashima Shingo, Nishimoto Naoki, Kawada Norifumi

    SCIENTIFIC REPORTS   11 ( 1 )   13844   2021年07月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-93435-x

    PubMed

  • Reply to the letter by Ouyang et al. regarding our manuscript "Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer" 査読

    Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Fujiwara Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   24 ( 4 )   980 - 981   2021年07月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-021-01198-1

    PubMed

  • Validation of a two-step approach combining serum biomarkers and liver stiffness measurement to predict advanced fibrosis 査読

    Fujii Hideki, Enomoto Masaru, Fukumoto Shinya, Kimura Tatsuo, Nadatani Yuji, Takashima Shingo, Hagihara Atsushi, Uchida-Kobayashi Sawako, Tamori Akihiro, Nishimoto Naoki, Kawada Norifumi

    JGH OPEN   5 ( 7 )   801 - 808   2021年07月( ISSN:2397-9070

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgh3.12590

    PubMed

  • Protective role of resolvin D1, a pro-resolving lipid mediator, in nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage 査読

    Kuzumoto Takuya, Tanigawa Tetsuya, Higashimori Akira, Kitamura Hiroyuki, Nadatani Yuji, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   16 ( 5 )   e0250862   2021年05月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250862

    PubMed

  • Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs(和訳中) 査読

    Nakata Akinobu, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    シュプリンガー・ジャパン(株) Journal of Gastroenterology   56 ( 5 )   422 - 433   2021年05月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer(和訳中) 査読

    Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Suda Wataru, Higashimori Akira, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Nakatsu Geicho, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    シュプリンガー・ジャパン(株) Gastric Cancer   24 ( 3 )   710 - 720   2021年05月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eosinophilic esophagitis and asymptomatic esophageal eosinophilia display similar immunohistological profiles(和訳中) 査読

    Kitamura Hiroyuki, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   68 ( 3 )   246 - 252   2021年05月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The impact of cytochrome P450 3A genetic polymorphisms on tacrolimus pharmacokinetics in ulcerative colitis patients 査読

    Furuse Maizumi, Hosomi Shuhei, Nishida Yu, Itani Shigehiro, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Kamata Noriko, Watanabe Toshio, Watanabe Kenji, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   16 ( 4 )   e0250597   2021年04月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250597

    PubMed

  • A case of nivolumab-induced cervical lymphadenopathy in a patient with gastric cancer 査読

    Taira Koichi, Kimura Akie, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROINTESTINAL ONCOLOGY   12 ( 2 )   880 - 884   2021年04月( ISSN:2078-6891

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jgo-20-315

    PubMed

  • 好酸球性食道炎患者において、ボノプラザンは症状、内視鏡的および組織学的効果の点で、プロトンポンプ阻害薬と同様の効果を示す(Vonoprazan shows efficacy similar to that of proton pump inhibitors with respect to symptomatic, endoscopic, and histological responses in patients with eosinophilic esophagitis) 査読

    Kuzumoto Takuya, Tanaka Fumio, Sawada Akinari, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Esophagus   18 ( 2 )   372 - 379   2021年04月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    118例の好酸球性食道炎(EoE)患者に対して、ラベプラゾール10mg(RPZ10、22例、男性68.2%、平均年齢41.2±7.9歳)、ラベプラゾール20mg(RPZ20、34例、男性64.7%、平均年齢45.2±11.2歳)、エスメプラゾール20mg(EPZ20、25例、男性52%、平均年齢46.7±11.2歳)、ボノプラザン20mg(VPZ20、33例、男性72.7%、平均年齢45.4±8.6歳)を投与した。自覚症状は、完全消失、部分消失、無変化の3群に分け、内視鏡的効果は、薬剤投与後の内視鏡的参照スコア(EREFS)で評価した。組織学的反応は、食道生検標本中の好酸球数で、完全寛解(好酸球/高倍率視野(eos/HPF)が0/1)および寛解(<15 eos/HPF)に分けた。群間で治療開始前の臨床的特徴、内視鏡的所見、組織学的所見に差は認められなかった。臨床症状の完全消失はRPZ10群が54.5%、RPZ20群が64.7%、EPZ20群が72.0%、VPZ20群が75.7%であった。治療効果に関しては群間で有意差を認めなかった。同様に、内視鏡的および組織学的完全寛解率も群間で差は認められなかった。ボノプラザンは好酸球性食道炎患者において、プロトンポンプ阻害薬と同様の効果を示した。

  • The "New Normal" Following the COVID-19 Pandemic: A Simple Infection-Prevention Measure Using a Surgical Mask during Transnasal Endoscopy. 査読

    Higashimori A, Maruyama H, Nadatani Y, Fujiwara Y

    Clinical endoscopy   2021年03月( ISSN:2234-2400

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5946/ce.2020.291

    PubMed

  • Comparison of the Diagnostic Efficiency of Radial- and Convex-Arrayed Echoendoscopes for Indirect Findings of Pancreatic Cancer: A Retrospective Comparative Study Using Propensity Score Method 査読

    Ishikawa-Kakiya Yuki, Maruyama Hirotsugu, Yamamoto Kei, Yamamura Masafumi, Tanoue Kojiro, Higashimori Akira, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Shiba Masatsugu, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    CANCERS   13 ( 6 )   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers13061217

    PubMed

  • Classification of patients with esophageal eosinophilia by patterns of sensitization revealed by a diagnostic assay for multiple allergen-specific IgEs 査読

    Nakata Akinobu, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   2021年02月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00535-021-01766-3

    PubMed

  • Prevalence and risk factors of functional constipation in the Rome IV criteria during a medical check-up in Japan 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Takahashi Kanae, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   2021年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15436

    PubMed

  • Rebamipide ameliorates indomethacin-induced small intestinal damage and proton pump inhibitor-induced exacerbation of this damage by modulation of small intestinal microbiota. 査読

    Tanigawa T, Watanabe T, Higashimori A, Shimada S, Kitamura H, Kuzumoto T, Nadatani Y, Otani K, Fukunaga S, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Shiba M, Suda W, Hattori M, Fujiwara Y

    PloS one   16 ( 1 )   e0245995   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0245995

    PubMed

  • Impact of the Lockdown Due to the COVID-19 Pandemic on Patients With Inflammatory Bowel Disease. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Fujimoto K, Nakata R, Sugita N, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Ohfuji S, Fujiwara Y

    Frontiers in medicine   8   649759   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmed.2021.649759

    PubMed

  • 人間ドック受診を契機に発見された好酸球性食道炎の臨床像および内視鏡所見の検討 査読

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 西居 由布子, 田内 幸枝, 大谷 恒史, 田中 史生, 藤井 英樹, 中野 朱美, 木村 達郎, 福本 真也, 藤原 靖弘, 渡邉 俊雄

    人間ドック(Ningen Dock)   36 ( 4 )   545 - 551   2021年( ISSN:18801021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>目的:</b>人間ドック受診者における好酸球性食道炎(Eosinophilic esophagitis: EoE)の臨床像を明らかにすることを目的とした.</p><p><b>方法:</b>2015年4月~2020年10月の人間ドック受診者延べ33,877人を対象としEoEと診断したEoE群と,年齢・性別を合わせて無作為に抽出した対照群で検討を行った.標準的な健診項目と上部消化管内視鏡所見について単変量解析し,p値が0.1未満の因子に対して多変量解析した.またEoE群でEoEに特徴的な内視鏡所見についての検討も行った.</p><p><b>結果:</b>20,145例の解析を行いEoEの発見率は0.47%であった.単変量解析ではEoE群に飲酒歴・つかえ感や胸やけ症状・アレルギー歴があることが有意に多く,内視鏡所見と他の健診項目については有意差を認めなかった.多変量解析の結果,飲酒歴・つかえ感や胸やけ症状・アレルギー歴があること・内視鏡所見でバレット食道がないことがEoEの独立した危険因子であることが明らかになった.EoEに特徴的な内視鏡所見のなかでは縦走溝が93%と最も多く認められた.</p><p><b>結論:</b>アレルギー疾患の既往,つかえ感や胸やけ症状,飲酒歴があり,内視鏡所見でバレット食道を認めない受診者には,EoEである可能性を考え特徴的な内視鏡所見を探したうえで積極的に食道粘膜の好酸球数を評価することが人間ドックでのEoEの発見率向上のために重要であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11320/ningendock.36.545

    CiNii Article

  • 胃癌患者における斜台転移(clival metastasis)の稀な1症例(A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer) 査読

    Yoshikawa-Kimura Akie, Taira Koichi, Katanosaka Yuki, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は73歳男性で、腹膜播種を伴う進行胃癌に対し、三次療法として1年前からニボルマブ単独療法を行っていた。6サイクルのニボルマブ投与後、追跡CT検査で左頸部リンパ節腫脹、左骨盤骨転移、小型肺転移が認められた。12サイクルのニボルマブ投与により、原発腫瘍は縮小し、腫瘍マーカーが有意に低下した。全体でニボルマブは約1年継続したが(28サイクル)、原発腫瘍が再び拡大した。ある日、後頭部頭痛が生じ、自宅で非ステロイド性抗炎症薬を服用した。5日後、頭痛が改善せず、舌偏位と発話困難を認めたため、来院した。脳卒中または脳転移を疑ったが、脳造影MRI検査で斜台腫瘤が特定され、胃癌の斜台転移と診断した。斜台腫瘤は、単純CT検査や単純MRI検査のみでは特定されなかった。斜台腫瘤が頭痛、舌咽神経麻痺、舌下神経麻痺に関与していると考えられた。緩和的放射線療法を行うと、症状が徐々に改善した。

  • Endoscopic findings of gastric lesions in patients with eosinophilic gastrointestinal disorders 査読

    Fujiwara Yasuhiro, Tanoue Kojiro, Higashimori Akira, Nishida Yu, Maruyama Masatsugu, Itani Shigehiro, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Machida Hirohisa, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Ohsawa Masahiko

    ENDOSCOPY INTERNATIONAL OPEN   08 ( 12 )   E1817 - E1825   2020年12月( ISSN:2364-3722

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/a-1268-7312

    PubMed

  • Gastrointestinal endoscopic practice during COVID-19 pandemic: a multi-institutional survey. 査読

    Maruyama H, Hosomi S, Nebiki H, Fukuda T, Nakagawa K, Okazaki H, Yamagami H, Hara J, Tanigawa T, Machida H, Aomatsu K, Watanabe Y, Sato H, Uno H, Takaishi O, Nomura T, Ochi M, Oshitani N, Adachi K, Higashimori A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Romanian journal of internal medicine = Revue roumaine de medecine interne   2020年11月( ISSN:1220-4749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2478/rjim-2020-0038

    PubMed

  • Effects of Colchicine on NSAID-Induced Severe Small Intestinal Damage: A Pilot Study 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Higashimori Akira, Nadatani Yuji, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Inui Kentaro, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTION   1 - 6   2020年11月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000511255

    PubMed

  • Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer 査読

    Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Suda Wataru, Higashimori Akira, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Nakatsu Geicho, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    GASTRIC CANCER   2020年11月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-020-01141-w

    PubMed

  • Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-Helicobacter pylori antibody during a medical check-up(和訳中) 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Kosaka Satoshi, Matsumoto Yuji, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年11月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of nucleotide binding oligomerization domain-like receptor protein 3 inflammasome in stress-induced gastric injury 査読

    Higashimori Akira, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Nakata Akinobu, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   2020年09月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.15257

    PubMed

  • Vonoprazan shows efficacy similar to that of proton pump inhibitors with respect to symptomatic, endoscopic, and histological responses in patients with eosinophilic esophagitis 査読

    Kuzumoto Takuya, Tanaka Fumio, Sawada Akinari, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    ESOPHAGUS   2020年09月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-020-00783-0

    PubMed

  • Proton pump inhibitors enhance intestinal permeability via dysbiosis of gut microbiota under stressed conditions in mice 査読

    Takashima Shingo, Tanaka Fumio, Kawaguchi Yunoske, Usui Yuki, Fujimoto Kosuke, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Imoto Seiya, Uematsu Satoshi, Fujiwara Yasuhiro

    NEUROGASTROENTEROLOGY AND MOTILITY   32 ( 7 )   e13841   2020年07月( ISSN:1350-1925

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nmo.13841

    PubMed

  • 非ステロイド系抗炎症薬誘発小腸傷害における抗炎症性脂質メディエーター レゾルビンD1の意義 査読

    葛本 琢哉, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   47   87 - 90   2020年07月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ニコランジルによると考えられる消化管潰瘍の2例 査読

    大谷 恒史, 灘谷 祐二, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   47   45 - 50   2020年07月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 特集 薬剤性消化器疾患の診療 1 .薬剤性消化器疾患のメカニズム(2)下部消化管(小腸・大腸) 査読

    渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    臨床消化器内科   35 ( 7 )   683 - 688   2020年06月( ISSN:0911601X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.19020/cg.0000001194

  • Annual lung cancer screening by chest X ray to avoid further examinations. 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Fujii Hideki, Nakano Akemi, Nadatani Yuji, Tauchi Yukie, Suzumura Tomohiro, Ogawa Koichi, Kawaguchi Tomoya, Kawada Norifumi

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 15 )   2020年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Slco2a1 deficiency exacerbates experimental colitis via inflammasome activation in macrophages: a possible mechanism of chronic enteropathy associated with SLCO2A1 gene 査読

    Nakata Rieko, Nakamura Yoshinobu, Hosomi Shuhei, Okuda Hiroaki, Nishida Yu, Sugita Naoko, Itani Shigehiro, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Yamagami Hirokazu, Nakanishi Takeo, Fujiwara Yasuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   10 ( 1 )   4883   2020年03月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-61775-9

    PubMed

  • Exosomal hsa-miR-933 in Gastric Juice as a Potential Biomarker for Functional Dyspepsia. 査読

    Tanaka F, Takashima S, Nadatani Y, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fukumoto S, Watanabe T, Murakami Y, Kawada N, Fujiwara Y

    Digestive diseases and sciences   2020年01月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-020-06096-7

    PubMed

  • Novel prognostic biomarkers of pouchitis after ileal pouch-anal anastomosis for ulcerative colitis: Neutrophil-to-lymphocyte ratio. 査読

    Nishida Y, Hosomi S, Yamagami H, Fujimoto K, Nakata R, Itani S, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Tanaka F, Nagami Y, Taira K, Kamata N, Watanabe T, Iseki Y, Fukuoka T, Shibutani M, Nagahara H, Ohfuji S, Fujiwara Y

    PloS one   15 ( 10 )   e0241322   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0241322

    PubMed

  • Eosinophilic esophagitis and asymptomatic esophageal eosinophilia display similar immunohistological profiles 査読

    Kitamura Hiroyuki, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro, Tanaka Fumio, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya

    一般社団法人 日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   2020年( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Patients with asymptomatic esophageal eosinophilia (aEE) do not exhibit clinical symptoms because of esophageal dysfunction, although they have endoscopic and histological findings similar to those of eosinophilic esophagitis (EoE). The cause of the symptoms and the differences between aEE and EoE are unclear. The aim of this study is to determine whether aEE and EoE are same disease entities by comparing immune-related tissue biomarkers using immunohistological staining. Esophageal biopsy specimens from 61 patients, including 18 with aEE and 43 with EoE, were analyzed. Immunofluorescence staining was performed to quantify the immune-related tissue biomarkers such as major basic protein, eosinophil-derived neurotoxin, eotaxin-3, and immunoglobulin G4. Data are presented as median (interquartile range). There were no significant differences in clinical, endoscopic, or histological features, between patients with aEE and EoE, with the exception of body mass index. There were no significant differences in all immune-related tissue biomarkers between both groups. In conclusions, EoE and aEE displayed similar immunohistological profiles. Hence, they may be similar disease entities with some common pathogenic mechanisms. Our findings suggest that patients with aEE also have histopathological esophageal inflammation.</p>

    DOI: 10.3164/jcbn.20-49

    CiNii Article

  • A Rare Case of Clival Metastasis in a Patient with Gastric Cancer 査読

    Yoshikawa-Kimura Akie, Taira Koichi, Katanosaka Yuki, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   59 ( 24 )   3161 - 3164   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>We report a rare case of clival metastasis from gastric cancer. A 73-year-old man with advanced gastric cancer treated with nivolumab as a third-line chemotherapy experienced headache, tongue deviation, and difficulties in speaking clearly. We suspected stroke or brain metastasis, but brain contrast-enhanced magnetic resonance imaging demonstrated a clival mass, diagnosed as clival metastasis from gastric cancer. The tumor could not be identified by plain computed tomography and plain magnetic resonance imaging alone. He received palliative radiotherapy (30 Gy/10 fr); his symptoms improved gradually. Although metastasis from gastric cancer to other organs is common, bone metastases are rare. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5457-20

    PubMed

    CiNii Article

  • Utility of Kyoto Classification of Gastritis in subjects with a high-negative titer of anti-<i>Helicobacter pylori</i> antibody during a medical check-up 査読

    Otani Koji, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Kawada Norifumi, Fujiwara Yasuhiro, Watanabe Toshio, Kosaka Satoshi, Matsumoto Yuji, Nakata Akinobu, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio

    一般社団法人 日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   67 ( 3 )   317 - 322   2020年( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Subjects with a high-negative titer (3–9.9 U/ml) of serum anti-<i>Helicobacter pylori</i> (<i>H. pylori</i>) antibody represent a heterogeneous group of currently <i>H. pylori</i>-infected, <i>H. pylori</i>-uninfected, and previously <i>H. pylori</i>-infected cases. We investigated the characteristics of subjects with a high-negative titer during a medical check-up and the utility of <i>H. pylori</i> infection score, the sum of scores of endoscopic findings based on the Kyoto Classification of Gastritis, for diagnosing <i>H. pylori</i> infection. Subjects with <sup>13</sup>C-urea breath test-positive or <i>H. pylori</i> stool antigen test-positive were diagnosed as currently <i>H. pylori</i>-infected. Although around half of subjects with a high-negative titer were after eradication therapy (48.6%), currently <i>H. pylori</i>-infected were considerably confirmed (11.7%). <i>H. pylori</i> infection score showed a high value of area under the receiver operating characteristic curve [0.92; 95% confidence interval (CI), 0.84–1.00] with the most suitable cut-off value of 1.0 (sensitivity: 0.92; specificity: 0.90). Multivariate logistic regression analysis revealed that <i>H. pylori</i> infection score was an independent factor associated with increased prevalence of <i>H. pylori</i> infection (odds ratio, 9.53; 95% CI, 2.64–34.40; <i>p</i><0.001). Currently <i>H. pylori</i>-infected subjects were considerably included among the subjects with a high-negative titer, and the Kyoto Classification of Gastritis was useful to predict current <i>H. pylori</i> infection.</p>

    DOI: 10.3164/jcbn.20-21

    CiNii Article

  • NOD-Like Receptor Family Pyrin Domain-Containing 3 Inflammasome Activation Exacerbates 5-Fluorouracil-Induced Small Intestinal Mucositis via Interleukin-1β Activation. 査読

    Nakata A, Nadatani Y, Watanabe T, Matsumoto Y, Kosaka S, Higashimori A, Otani K, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Fujiwara Y

    Digestion   1 - 15   2019年12月( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000504974

    PubMed

  • Gastric acid inhibitor aggravates indomethacin-induced small intestinal injury via reducing Lactobacillus johnsonii 査読

    Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Suda Wataru, Nakata Akinobu, Matsumoto Yuji, Kosaka Satoshi, Higashimori Akira, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   9 ( 1 )   17490   2019年11月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-53559-7

    PubMed

  • High-fat diet-mediated dysbiosis exacerbates NSAID-induced small intestinal damage through the induction of interleukin-17A. 査読

    Sugimura N, Otani K, Watanabe T, Nakatsu G, Shimada S, Fujimoto K, Nadatani Y, Hosomi S, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Nagami Y, Tanigawa T, Uematsu S, Fujiwara Y

    Scientific reports   9 ( 1 )   16796   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-52980-2

    PubMed

  • Changes in Clock Genes Expression in Esophagus in Rat Reflux Esophagitis 査読

    Hashimoto Atsushi, Uemura Risa, Sawada Akinari, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   64 ( 8 )   2132 - 2139   2019年08月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10620-019-05546-1

    PubMed

  • 5-Fluorouracil(5-FU)起因性小腸粘膜傷害におけるNLRP3インフラマソームの役割

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   46   22 - 26   2019年06月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Wild Type(WT)、Caspase-1(-/-)、NLRP3(-/-)マウスに5-FUを腹腔内投与した。WTモデルマウスにはRecombinant IL-1βを5-FU投与翌日から2日間投与し、抗IL-1β中和抗体を5-FU投与から4日間投与した。さらにCaspase-1阻害薬を5-FU投与から3日間腹腔内投与した。WTマウスは5-FU投与後3日をピークとして組織学的に小腸粘膜の絨毛高が低下し、小腸組織中のKC、TNF-αのmRNA発現が増加した。Recombinant IL-1β投与により下痢の程度や小腸粘膜障害が増悪し、KCおよびTNF-αのmRNA発現が増加したが、抗IL-1β中和抗体投与により下痢の程度や小腸粘膜障害ならびにKCのmRNA発現が抑制された。Caspase-1投与やCaspase-1(-/-)マウス、NLRP3(-/-)マウスでは下痢の程度や小腸粘膜障害、KCやTNF-αのmRNA発現が抑制された。NLRP3インフラマソームはIL-1βを介して5-FU起因性小腸粘膜障害を増悪させることが示された。

  • 当科で経験した輪状潰瘍を呈した好酸球性胃腸炎の検討

    松本 侑士, 灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 小阪 聡, 中田 晃暢, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   46   31 - 35   2019年06月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    84歳男。腹痛、嘔吐を主訴とした。腹部造影CT検査で回腸にびまん性の壁肥厚と腸間膜浮腫を認め、血液検査でIGRA陽性であり腸結核が疑われたが、細菌学的、組織学的に腸結核の確定診断には至らなかった。ダブルバルーン小腸内視鏡検査で回腸中部に粘膜浮腫と輪状潰瘍、炎症瘢痕、管腔の狭小化を認め、組織学的検査で小腸粘膜内に最大79/HPFの好酸球浸潤を認めたことから好酸球性胃腸炎を疑った。診断的治療目的に腹腔鏡補助下小腸部分切除を行い、病理組織検査で好酸球浸潤は全層におよび乾酪性肉芽腫は認めずZiehl-Neelsen染色での抗酸菌は同定されなかったため、好酸球性胃腸炎と診断した。術後経過は良好で症状の再燃なく軽快退院した。

  • H.pylori除菌前後の変化に注目した胃細菌叢についての検討

    小阪 聡, 灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 松本 侑士, 中田 晃暢, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   46   11 - 15   2019年06月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2012年12月〜2016年7月にH.pylori除菌前後の前庭部・胃体部から生検を行った19名(男15名、女4名、平均年齢68.8歳)の採取組織を用い、次世代シーケンサーによる細菌叢解析を行った。Genusレベルの細菌叢構成の検討では、除菌前の前庭部はHelicobacterの占める割合が症例毎に大きく異なりStreptococcus、Prevotella、Veillonellaが比較的少数であったが、除菌後はHelicobacterが殆ど検出されずStreptococcus、Prevotella、Veillonellaの占める割合が増加した。胃体部は除菌前にはHelicobacterが72.4%を占めたが除菌後は殆ど検出されなくなり、Streptococcus、Prevotella、Neisseriaなどが占める割合が増加した。胃の細菌叢は多彩であり、部位別の変化も存在し、H.pylori除菌は胃の細菌叢の構成の全体的な変化をもたらすことが示唆された。

  • Involvement of gliadin, a component of wheat gluten, in increased intestinal permeability leading to non-steroidal anti-inflammatory drug-induced small-intestinal damage 査読

    Shimada Sunao, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Nakata Akinobu, Sugimura Naoki, Itani Shigehiro, Higashimori Akira, Nadatani Yuji, Otani Koji, Taira Koichi, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    PLOS ONE   14 ( 2 )   e0211436   2019年02月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0211436

    PubMed

  • Large Skin Ulcer and Delayed Wound Healing around a Colostomy in a Patient with Metastatic Colorectal Cancer Receiving Vascular Endothelial Growth Factor Receptor-2 Inhibitor Therapy 査読

    Taira Koichi, Nadatani Yuji, Hirano Shinji, Maeda Kiyoshi, Fujiwara Yasuhiro

    CASE REPORTS IN ONCOLOGY   12 ( 2 )   370 - 375   2019年( ISSN:1662-6575

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000500412

    PubMed

  • 非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害における小麦タンパク:グリアジンの病原性 査読

    谷川 徹也, 永見 康明, 藤原 靖弘, 島田 直, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一

    日本小腸学会 日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集   3 ( 0 )   37_1 - 37_1   2019年( ISSN:2434-2912

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>【目的】 小麦グルテンの一成分であるグリアジンはセリアック病のみならず、小腸粘膜透過性亢進作用を介して種々の疾患の病態に関与する可能性が示唆されている。今回我々は非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)起因性小腸粘膜傷害におけるグリアジンの病原性を検討した。</p><p>【方法】 グルテンフリー飼料で飼育したマウスを、グリアジン(最大250mg/kg)を経口投与した群(グリアジン群)とvehicle投与群(Ve群)に分け、グリアジンあるいはVe投与後にインドメタシンを経口投与した。粘膜傷害総面積、小腸粘膜への好中球浸潤、TNF<i>α</i>・IL-1<i>β</i> mRNAの発現、粘膜透過性、epidermal growth factor(EGF)受容体シグナルの関与を検討した。</p><p>【結果】 グリアジン群はVe群に比し粘膜傷害総面積および粘膜への好中球浸潤は高度であり、TNF<i>α</i>およびIL-1<i>β</i>のmRNA発現も高値を示した。グリアジンは粘膜透過性を亢進させた。グリアジンは小腸粘膜におけるEGF受容体のリン酸化レベルを増加させ、EGF受容体チロシンキナーゼ阻害薬(エルロチニブ)はグリアジンによるNSAID起因性小腸傷害の増悪作用を減弱させた。</p><p>【結論】 グリアジンはNSAID起因性小腸粘膜傷害の増悪因子となりうること、その機序としてEGF受容体シグナルを介した小腸粘膜透過性の亢進が関与する可能性が示唆された。</p>

    DOI: 10.32264/shocho.3.0_37_1

    CiNii Article

  • Fluorouracil(5-FU)起因性小腸粘膜傷害はNLRP3 inflammasomeによるIL-1<i>β</i>の活性化により誘導される 査読

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 小阪 聡, 松本 侑士, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本小腸学会 日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集   3 ( 0 )   42_2 - 42_2   2019年( ISSN:2434-2912

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>【背景】 NLRP3 inflammasomeはNLRP3およびpro-Caspase-1、ASCから構成され、cleaved Caspase-1を介してpro-IL-1<i>β</i>・IL-18を活性型であるmature IL-1<i>β</i>・IL-18に変換することで炎症を惹起する。5-FUは炎症性サイトカイン上昇を伴う小腸粘膜傷害を惹起することが知られているが、NLRP3 inflammasomeの5-FU起因性小腸粘膜傷害における役割は現在明らかではない。</p><p>【目的】 5-FU起因性小腸粘膜傷害におけるNLRP3 inflammasomeの役割を明らかにする。</p><p>【方法】 小腸粘膜傷害は雄性Wild Type(WT)、Caspase-1<sup>-/-</sup>、NLRP3<sup>-/-</sup>マウスに5-FUを腹腔内投与(500mg/kg)することによって惹起した。同WTモデルマウスにrecombinant IL-1<i>β</i>またはIL-18(0.1μgまたは1μg/kg/日)を腹腔内投与した。抗IL-1<i>β</i>中和抗体(100<i>μ</i>g/匹/日)を投与した。Caspase-1阻害薬(Ac-YVAD-CMK; 1mgまたは10mg/kg/日)を投与した。マウス各群の体重変化・下痢の程度や、小腸組織の組織学的検討、炎症及びNLRP3 inflammasome関連分子の発現解析を行った。</p><p>【結果】 組織学的検討では、5-FU投与後3日目を最大として絨毛高が低下し、強い炎症性変化を認めた。それはKCとTNF-<i>α</i>のmRNA発現量の増加を伴った。5-FU投与後3日目に、mature-IL-1<i>β</i>、cleaved Caspase-1、並びにNLRP3の蛋白質発現量の増加を認めた。しかし、5-FU投与後3日目にmature IL-18の増加は認めなかった。Recombinant IL-1<i>β</i>投与群で小腸粘膜傷害は増悪したが、中和抗体投与群では粘膜傷害は改善した。一方、recombinant IL-18投与群では粘膜傷害の程度に有意な変化は無かった。Ac-YVAD-cmk投与群、Caspase-1<sup>-/-</sup>とNLRP3<sup>-/-</sup>マウス群では小腸粘膜傷害は軽減した。5-FU投与はmature IL-1<i>β</i>とNLRP3 inflammasome関連分子の発現を増加させ、小腸粘膜傷害を惹起した。そして、IL-1<i>β</i>の投与は小腸粘膜傷害を増悪させ、IL-1<i>β</i>、Caspase-1、並びNLRP3の阻害は小腸粘膜傷害を抑制した。</p><p>【結語】 5-FU起因性小腸粘膜傷害はNLRP3 inflammasomeによるIL-1<i>β</i>の活性化により誘導されることが明らかになった。</p>

    DOI: 10.32264/shocho.3.0_42_2

    CiNii Article

  • 抗血栓薬の中断は原因不明消化管出血を示す患者の小腸カプセル内視鏡診断に影響を及ぼすか?(Does discontinuation of antithrombotics affect the diagnostic yield of small bowel capsule endoscopy in patients demonstrating obscure gastrointestinal bleeding?) 査読

    Nakamura Shiro, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanigawa Tetsuya, Miyazaki Takako, Iimuro Masaki, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   63 ( 2 )   149 - 153   2018年09月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小腸カプセル内視鏡(SBCE)診断に対する抗血栓薬中断の影響と、SBCE陽性所見と関連する予測因子について検討した。明白な原因不明消化管出血(OGIB)に対してSBCE検査を行い、抗血栓薬を投与した130名(男75名、平均71.9歳)の患者を対象とした。抗血栓薬の使用を続けた73名の患者のうち36名(49.3%)が陽性所見を示し、抗血栓薬を中断した57名では35名(61.4%)が陽性所見を示した。2群間でSBCE陽性所見率に差はなかった。傾向スコアマッチングを行った後でも、抗血栓薬中断はSBCE陽性所見率に影響を及ぼさなかった。最低のヘモグロビン値が、SBCE陽性所見と関連する唯一の独立予測因子であった。明らかなOGIBを示す患者について、抗血栓薬治療の中断はSBCE診断に影響を及ぼさないと考えられた。

  • Does discontinuation of antithrombotics affect the diagnostic yield of small bowel capsule endoscopy in patients demonstrating obscure gastrointestinal bleeding? 査読

    Nakamura S, Watanabe T, Shimada S, Nadatani Y, Otani K, Tanigawa T, Miyazaki T, Iimuro M, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   63 ( 2 )   149 - 153   2018年09月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.17-142

    PubMed

  • Microbiome and intestinal ischemia/reperfusion injury. 査読

    Nadatani Y, Watanabe T, Shimada S, Otani K, Tanigawa T, Fujiwara Y

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   63 ( 1 )   26 - 32   2018年07月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3164/jcbn.17-137

    PubMed

  • 酸化ストレスと消化管疾患 微生物叢と腸管の虚血/再灌流損傷(Oxidative Stress and Digestive Diseases: Microbiome and intestinal ischemia/reperfusion injury) 査読

    Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Otani Koji, Tanigawa Tetsuya, Fujiwara Yasuhiro

    (一社)日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   63 ( 1 )   26 - 32   2018年07月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usefulness of small bowel reexamination in obscure gastrointestinal bleeding patients with negative capsule endoscopy findings: Comparison of repeat capsule endoscopy and double-balloon enteroscopy 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    UNITED EUROPEAN GASTROENTEROLOGY JOURNAL   6 ( 6 )   879 - 887   2018年07月( ISSN:2050-6406

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2050640618767600

    PubMed

  • PPIによる腸内細菌叢の変化はNSAIDs小腸傷害を増悪させる

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   45   15 - 17   2018年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    従来型のプロトンポンプインヒビター(PPI)であるラベプラゾールナトリウム(Rab)とカリウムイオン競合型アシッドブロッカーであるボノプラザンフマル酸塩(Von)が小腸細菌叢に与える影響、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)起因性小腸傷害に与える影響について検討した。マウスPPI投与モデルとして、非絶食マウスにVon(20mg/kg、5mg/kg)、Rab(20mg/kg、5mg/kg)、Vehicleを7日間連続投与した後8日目にサクリファイスを行った。また、マウス糞便移植、Lactobacillus johnsoniiの経口投与、NSAIDs起因性小腸傷害マウスモデルを用いた検討を行った。VonおよびRabの低用量および高用量投与は血中ガストリン濃度を上昇させた。小腸内細菌数はVonおよびRabの低用量および高用量投与による影響を受けず、小腸Operational Taxonomic Unit数はVonおよびRabの高用量投与により増加した。NSAIDs起因性小腸傷害は高用量VonおよびRab投与にて増悪しており、VonおよびRabを投与したドナーマウスからの糞便を移植したレシピエントマウスでは、NSAID起因性小腸傷害の増悪を認めるとともに、小腸組織中TNF-αおよびIL-1βのmRNAの上昇を認めた。

  • 小麦蛋白のグリアジンは非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸粘膜傷害の増悪因子である

    島田 直, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   45   10 - 14   2018年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)起因性小腸粘膜傷害の発症機序を、グリアジンに注目して、小腸粘膜透過性の面から検討した。7〜8週齢雄性マウスを通常飼料あるいはグルテンフリー飼料で5日間飼育した。グルテンフリー飼料飼育群についてはグリアジンを12時間毎に3回経口投与した群とvehicle投与群に分けた。インドメタシン(10mg/kg)またはジクロフェナク(60mg/kg)の経口投与23時間後に1% Evans blue液を尾静脈注射し、その1時間後に解剖を行って小腸傷害を評価した。通常飼料で飼育した群と比較してグルテンフリー飼料で飼育した群はインドメタシン投与24時間後のlesion indexが有意に低く、グルテンフリー飼料で飼育した上でグリアジンを追加経口投与するとlesion indexは増加した。fluorescein isothiocyanate(FITC)-dextranの経口投与実験では、インドメタシンを投与しない段階では血清FITC-dextran濃度は低値であったが、グリアジンを前投与することで血清FITC-dextran濃度は上昇し、グリアジンによる小腸粘膜透過性亢進が確認された。また、グリアジン単回経口投与は4時間後における小腸epidermal growth factor receptor(EGFR)のリン酸化を亢進させ、Erlotinibの前投与はグリアジンによるEGFRのリン酸化の亢進を抑制していた。

  • Isoliquiritigenin Ameliorates Indomethacin-Induced Small Intestinal Damage by Inhibiting NOD-Like Receptor Family, Pyrin Domain-Containing 3 Inflammasome Activation 査読

    Nakamura Shiro, Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Miyazaki Takako, Iimuro Masaki, Fujiwara Yasuhiro

    PHARMACOLOGY   101 ( 5-6 )   236 - 245   2018年( ISSN:0031-7012

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000486599

    PubMed

  • Clinical factors associated with positive capsule endoscopy findings in patients with obscure gastrointestinal bleeding: a single-center study. 査読

    Shimada S, Watanabe T, Nadatani Y, Otani K, Taira K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Fujiwara Y

    Scandinavian journal of gastroenterology   52 ( 11 )   1219 - 1223   2017年11月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00365521.2017.1349174

    PubMed

  • Does Discontinuation of Antithrombotic Agents Affect Diagnostic Yield of Small Bowel Capsule Endoscopy in Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding? 査読

    Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Miyazaki Takako, Nakamura Shiro, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB293 - AB294   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 生薬甘草有効成分イソリクイリチゲニンはインフラマソーム活性化阻害作用を介して非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害を抑制する 査読

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 荒川 哲男, 藤原 靖弘

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   44   68 - 71   2017年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)起因性小腸傷害の発症に対する甘草有効成分の一つであるイソリクイリチゲニンの病変発生抑制効果を、NLRP3インフラマソームの活性化の面から検討した。雄性C57BL/6Jマウスを用いて、インドメタシン(IND)投与24時間前および1時間前にイソリクイリチゲニンを経口投与した。IND投与により小腸傷害が誘発されたが、イソリクイリチゲニンはINDによる小腸傷害の発生を抑制した。また、INDは小腸組織におけるIL-1βおよびNLRP3の遺伝子発現レベルを亢進させたが、イソリクイリチゲニンはこのIL-1βおよびNLRP3の遺伝子発現レベルの亢進に対して影響を及ぼさなかった。イソリクイリチゲニンによるIND誘発小腸傷害抑制効果はIL-1β依存性であると考えられた。

  • NLRP3インフラマソーム活性化阻害薬としてのコルヒチン NSAIDs起因性小腸傷害の治療薬としての可能性

    渡辺 俊雄, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 谷川 徹也, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   44   44 - 47   2017年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)起因性小腸傷害におけるインフラマソームの役割と、本傷害の治療薬としてのコルヒチンの可能性について検討した。野生型もしくはインフラマソーム関連分子ノックアウトマウスにインドメタシン(IND)10mg/kgを経口投与して小腸傷害を惹起した。また、一部のマウスにはコルヒチン(1または3mg/kg)をIND投与の30分前に前投与した。その結果、肉眼的な小腸傷害はIND投与3時間後から認められ、lesion indexは24時間後まで時間依存的に増加した。IL-16mRNAはIND投与6時間後から、成熟型IL-1β、Pro-IL-1βおよびcleaved caspase-1の発現は3時間後から増加していた。また、コルヒチンはIND投与後のcleaved caspase-1と成熟型IL-1βの発現亢進を抑制し、24時間後のlesion indexを著明に減少させていた。以上から、インフラマソームの活性化はコルヒチンにより抑制できる可能性が示唆された。

  • Usefulness of Small Intestinal Reexamination for Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding With Negative Capsule Endoscopy Findings: Comparison of Balloon-Assisted Enteroscopy and Capsule Endoscopy 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shiba Masatsugu, Sugimura Naoki, Itani Shigehiro, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Taira Koichi, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Fujiwara Yasuhiro

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   85 ( 5 )   AB297 - AB298   2017年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Microbiota Plays a Key Role in Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug-Induced Small Intestinal Damage 査読

    Otani Koji, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTION   95 ( 1 )   22 - 28   2017年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000452356

    PubMed

  • NLRP3 inflammasome has a protective effect against oxazolone-induced colitis: a possible role in ulcerative colitis 査読

    Itani Shigehiro, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Sugimura Naoki, Shimada Sunao, Takeda Shogo, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    SCIENTIFIC REPORTS   6   39075   2016年12月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep39075

    PubMed

  • Colchicine has preventive effect on nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Sugimura Naoki, Shimada Sunao, Itani Shigehiro, Higashimori Akira, Nadatani Yuji, Tanigawa Tetsuya, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31   125 - 125   2016年11月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Roles of NLRP3 inflammasome in the pathogenesis of Th2-mediated colitis 査読

    Itani Shigehiro, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Sugimura Naoki, Hosomi Shuhei, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31   150 - 150   2016年11月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Double-balloon endoscopy WAS effective in diagnosing small intestinal duplication: a case report 査読

    Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Sugawa Takashi, Eguchi Shinpei, Shimada Sunao, Otani Koji, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    SPRINGERPLUS   5 ( 1 )   1598   2016年09月( ISSN:2193-1801

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40064-016-3256-4

    PubMed

  • Colchicine prevents NSAID-induced small intestinal injury by inhibiting activation of the NLRP3 inflammasome 査読

    Otani Koji, Watanabe Toshio, Shimada Sunao, Takeda Shogo, Itani Shigehiro, Higashimori Akira, Nadatani Yuji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    SCIENTIFIC REPORTS   6   32587   2016年09月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep32587

    PubMed

  • NOD-Like Receptor Protein 3 Inflammasome Priming and Activation in Barrett's Epithelial Cells. 査読

    Nadatani Y, Huo X, Zhang X, Yu C, Cheng E, Zhang Q, Dunbar KB, Theiss A, Pham TH, Wang DH, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T, Spechler SJ, Souza RF

    Cellular and molecular gastroenterology and hepatology   2 ( 4 )   439 - 453   2016年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcmgh.2016.03.006

    PubMed

  • Mechanisms of NLRP3 inflammasome activation and its role in NSAID-induced enteropathy 査読

    Higashimori A., Watanabe T., Nadatani Y., Takeda S., Otani K., Tanigawa T., Yamagami H., Shiba M., Tominaga K., Fujiwara Y., Arakawa T.

    MUCOSAL IMMUNOLOGY   9 ( 3 )   659 - 668   2016年05月( ISSN:1933-0219

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/mi.2015.89

  • NSAIDs起因性小腸傷害に対するNLRP3インフラマソームを介したコルヒチンの効果

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 谷川 徹也, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   43   67 - 70   2016年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    C57BL/6Jマウスにコルヒチン経口投与30分後にインドメタシンを経口投与して小腸障害を誘発し、24時間後にエバンスブルー液を注射して解剖し、青染された全潰瘍面積をlesion indexとして小腸障害の程度を評価した。インドメタシン起因性小腸障害はコルヒチン1mg/kg、3mg/kg、10mg/kg投与で対照群に比べそれぞれ86%、94%、75%に抑制された。コルヒチン(1、3mg/kg)投与でNod様受容体のうちのNLRP3、IL-1βのmRNA発現量に有意な増減は認めず、mature IL-1βのタンパク発現量は有意に低下した。コルヒチン(3mg/kg)投与でcleaved caspase-1のタンパク発現量は有意に低下した。コルヒチン(1、3mg/kg)投与で抑制された小腸障害は、低用量(0.1μg/kg)の外因性IL-1β投与で有意に増悪した。NLRP3欠損マウスの小腸障害は77%抑制されたが、コルヒチン(1、3mg/kg)投与ではそれ以上に抑制しなかった。コルヒチンはNSAIDs起因性小腸障害を軽減することが判明した。

  • Propensity scoreマッチング解析を用いた非ステロイド系抗炎症薬服用関節リウマチ患者における小腸傷害の発症と高年齢との関連性の検討

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 斯波 将次, 灘谷 祐二, 永見 康明, 杉森 聖司, 山上 博一, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男, 小池 達也

    (NPO)日本高齢消化器病学会 日本高齢消化器病学会誌   18 ( 2 )   87 - 93   2016年04月( ISSN:1881-0837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【背景と目的】非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)は高率に小腸傷害を誘発する。本研究ではNSAIDs常用関節リウマチ(RA)患者における小腸傷害の発症と高年齢との関連性を、観察的データから無作為比較試験に近い結果を得る統計学的手法であるpropensity score(PS)マッチング解析を用いて検討した。【方法】当科にてカプセル小腸内視鏡検査を施行したNSAIDs常用RA患者95例における小腸粘膜欠損をscoring system(0,normal;1,red spots;2,1 to 4 erosions;3,>4 erosions;and 4,large erosions/ulcers)により評価し各症例を重症粘膜傷害(score 3 or 4)を有する例と有さない(score 0-2)例に郡別した。本研究では65歳以上を高齢者、65歳未満を非高齢者と定義した。飲酒・喫煙歴、消化性潰瘍の既往、NSAIDsの種類(COX非選択的阻害薬vs COX-2優位/選択的阻害薬)・用量、生物学的製剤、サラゾスルファピリジン、酸分泌抑制剤、ビスホスホネート、メトトレキセート、ステロイドの使用の有無を聴取した。PSマッチング解析によりケース・マッチングを行いselection biasの調整を行った。【結果】PSマッチング解析により対象患者95例から高齢者40例および非高齢者40例をマッチング・ペアとして選択した。NSAIDs服用高齢RA患者40例中21例に重症粘膜傷害が観察された。一方、非高齢者群において重症粘膜傷害を有する症例は40例中10例であり、高齢者における重症粘膜傷害有病率は有意に高率であった(p=0.014、OR4.0、95%CI、1.337-11.96)。【結論】NSAIDs服用RA患者において高齢であることは小腸傷害の発生危険因子となることが強く示唆された。(著者抄録)

  • Reduction of prostaglandin transporter predicts poor prognosis associated with angiogenesis in gastric adenocarcinoma 査読

    Takeda Shogo, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Tatsuwaki Hiroshi, Nadatani Yuji, Otani Koji, Nagami Yasuaki, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31 ( 2 )   376 - 383   2016年02月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jgh.13079

    PubMed

  • Double-balloon endoscopy WAS effective in diagnosing small intestinal duplication: a case report

    -

    Springerplus 2016;5:1598.   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NOD-Like Receptor Protein 3 Inflammasome Priming and Activation in Barrett’s Epithelial Cells

    -

    CMGH Cellular and Molecular Gastroenterology and Hepatology   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mechanisms of Activation of the NLRP3 Inflammasome and Its Role in NSAID-Induced Small Intestinal Damage 査読

    Watanabe Toshio, Higashimori Akira, Nadatani Yuji, Tanigawa Tetsuya, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   60 ( 9 )   2563 - 2563   2015年09月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inhibitory Effect of Rebamipide on Indomethacin-Induced Experimental Small Intestinal Injury and Exacerbation of the Injury Induced by Proton Pump Inhibitor: Possible Involvement of Modulation of Intestinal Microbiota by Rebamipide 査読

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Takeda Shogo, Higashimori Akira, Shimada Sunao, Nadatani Yuji, Otani Koji, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES   60 ( 9 )   2562 - 2562   2015年09月( ISSN:0163-2116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NSAIDs起因性小腸傷害におけるインフラマソームの活性化機構

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 東森 啓, 武田 翔伍, 灘谷 祐二, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   42   67 - 71   2015年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    自然免疫による生体防御機構は、パターン認識受容体(PRR)が、感染に伴う病原体関連分子パターンや細胞傷害に伴う傷害関連分子パターンを認識することで発動し、主なPRRとしてtoll-like receptorやNod様受容体(NLR)などが知られている。NLRは細胞内に存在し、危険シグナルによって活性化されるとインフラマソームという巨大分子複合体を形成して炎症を誘導する。また、インフラマソームはNSAIDs起因性小腸傷害の発症にも深く関与していることが推測されている。そこで今回、同小腸傷害におけるインフラマソームの活性化機構についてマウスモデルを用いて検討した。その結果、NSAIDs起因性小腸傷害の病態において、NLRP3インフラマソーム内で活性化されたcaspase-1により誘導された成熟型IL-1βが重要な役割を果たしていることが示唆された。

  • Evaluation of Clinical Factors Associated With Positive Capsule Endoscopy Findings in Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding: a Single-Center Analysis 査読

    Shimada Sunao, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Takeda Shogo, Otani Koji, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY   81 ( 5 )   AB478 - AB479   2015年05月( ISSN:0016-5107

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • バルーン小腸内視鏡検査で診断された小腸原発粘膜関連リンパ組織リンパ腫(Primary Small Intestinal Mucosa-associated Lymphoid Tissue Lymphoma Diagnosed by Balloon-assisted Enteroscopy) 査読

    Nadatani Yuji, Tanigawa Tetsuya, Fukunaga Shusei, Kinoshita Yosuke, Ominami Masaki, Obayashi Tomoko, Morimoto Kenichi, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   53 ( 23 )   2671 - 2674   2014年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は78歳女性で、2011年6月に貧血、2012年2月に下血のため近医に入院したが、食道胃十二指腸内視鏡検査と結腸鏡検査で出血源が特定できず、精査のため当院に紹介となった。身体所見で重度貧血と下肢の浮腫がみられた。経口ダブルバルーン内視鏡検査(DBE)を施行したところ、空腸中部から約20cm上に伸びる凝塊を覆う多発性潰瘍性病変が検出された。組織病理学的検査の所見から、小腸の粘膜関連リンパ組織(MALT)リンパ腫と診断した。2回目のDBE時に潰瘍性病変の一つで小腸穿孔が起こり、緊急小腸部分切除術を施行した。病変の外科的切除に成功し、23日後に退院となった。経過観察時点でMALTリンパ腫の再発は観察されなかった。

  • Toll-Like Receptor 2 Mediates Ischemia-Reperfusion Injury of the Small Intestine in Adult Mice 査読

    Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Kobata Atsushi, Takeda Shogo, Nadatani Yuji, Otani Koji, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    PLOS ONE   9 ( 10 )   e110441   2014年10月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110441

    PubMed

  • 【高齢化社会におけるNSAIDs消化管障害】Propensity scoreマッチング解析を用いた非ステロイド系抗炎症薬服用関節リウマチ患者における小腸傷害の発症と高年齢との関連性の検討

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 斯波 将次, 灘谷 祐二, 永見 康明, 杉森 聖司, 山上 博一, 渡邊 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男, 小池 達也

    (有)科学評論社 消化器内科   59 ( 2 )   131 - 135   2014年08月( ISSN:1884-2895

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2008年1月〜2011年12月に整形外科通院中の関節リウマチ(RA)患者中、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)を3ヵ月以上、毎日服用している95例を対象に、propensity scoreマッチング(PSM)解析を用い、NSAIDs常用RA患者における小腸傷害の発症と高年齢の関連性について検討した。嚥下障害を有しカプセル小腸内視鏡を嚥下できない者、妊娠中、腹部手術既往、心血管系・呼吸器系・脳神経系に重篤合併を除外し、65歳以上高齢者群55例、65歳未満非高齢者群40例に分けた。PSMにより非高齢者40例、高齢者40例がマッチングペアとして選択された。PSM後、非高齢者40例中、重度障害を有する症例は10例(25%)、高齢者40例中、重度障害を有する症例は21例(53%)で高齢者で重度障害例が多かった。PSM前の高齢のオッズ比は3.96で性別、消化器潰瘍既往歴、COX-2選択的阻害薬使用、抗TNF-α抗体製剤使用、副腎皮質ステロイド使用、酸分泌抑制剤使用により補正したところ、高齢者のオッズ比は3.87であった。PSM後の高齢者のオッズ比は3.32、補正後は3.50であった。

  • レバミピドの小腸内フローラ調節作用

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 東森 啓, 武田 翔伍, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   41   10 - 13   2014年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    マウスにレバミピドあるいはオメプラゾールあるいは両剤を1週間連続経口投与後にインドメタシンを経口投与し、インドメンタシン誘発小腸傷害およびプロトンポンプ阻害薬(PPI)の増悪作用に対するレバミピドの抑制効果を検討した。また、ドナー側マウスにレバミピドを1週間連続投与後、採取した小腸内容物をレシピエントマウスに単回経口投与し(フローラ移植)、5日後にインドメタシンを投与して小腸傷害を検討した。レバミピドはインドメタシン誘発小腸傷害およびPPIによるインドメタシン誘発小腸傷害増悪作用を抑制した。また、レバミピド投与マウスのフローラを移植されたマウスではインドメタシン誘発小腸傷害の程度は有意に軽微であった。レバミピドは小腸組織においてα-defensin 5のmRNAおよび蛋白発現レベルを増強したことから、α-defensin 5を介して小腸内フローラを調節しインドメタシン誘発小腸傷害を抑制する可能性があると考えられた。

  • 抗血小板・抗凝固療法施行患者における上部消化管粘膜傷害とリスク別にみた酸分泌抑制剤および粘膜防御製剤の効果 査読

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (NPO)日本高齢消化器病学会 日本高齢消化器病学会誌   16 ( 2 )   45 - 49   2014年04月( ISSN:1881-0837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    抗血小板・抗凝固療法施行患者における上部消化管粘膜傷害の有病率を調査し、高齢および消化性潰瘍の既往をハイリスク群としてサブグループ解析した。当該患者364例中、低用量アスピリン(LDA)服用者229例のうち粘膜傷害を有する者は62例(27.1%)であり、多変量解析の結果、LDAは粘膜傷害発症の有意な危険因子であった。LDA服用者のうち全体および75歳未満で消化性潰瘍の既往を有しない群(107例)では、酸分泌抑制剤服用群における傷害有病率は非服用群に比し低かったが、75歳以上の群および潰瘍既往を有する群ではLDA起因性上部消化管粘膜傷害に対する酸分泌抑制剤の予防効果は低リスク群に比し小さい可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Anti-tumour necrosis factor agents reduce non-steroidal anti-inflammatory drug-induced small bowel injury in rheumatoid arthritis patients 査読

    Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Shiba Masatsugu, Nadatani Yuji, Nagami Yasuaki, Sugimori Satoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Koike Tatsuya, Arakawa Tetsuo

    GUT   63 ( 3 )   409 - 414   2014年03月( ISSN:0017-5749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/gutjnl-2013-304713

    PubMed

  • プロバイオティクス・腸内細菌と消化器免疫 レバミピドによるインドメサシン誘発小腸傷害の抑制作用 抗菌ペプチドを介した小腸内フローラ調節作用

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 十河 光栄, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器免疫学会 消化器と免疫   ( 50 )   55 - 58   2014年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    粘膜防御製剤であるレバミピド(Reb)のインドメタシン(IM)起因性小腸傷害予防効果を腸内フローラの面から検討した。マウスにRebを1週間投与した後にIMを投与したところRebはIM起因性小腸傷害を抑制した。腸内フローラを解析したところ、Rebは小腸内フローラ構成を変化させた。また、Rebは抗菌ペプチドであるα-defensin 5の小腸組織における発現レベルを増強した。以上より、Rebはα-defensin 5を介して小腸内フローラを調節しIM誘発小腸傷害を抑制する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Preventive Effect of Rebamipide of Indomethacin-Induced Small Intestinal Injury: Possible Involvement of Modulation of Bacterial Flora via Upregulation of alpha-Defensin 5 査読

    Tanigawa Tetsuya, Otani Koji, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTION   89 ( 1 )   86 - 86   2014年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary Small Intestinal Mucosa-associated Lymphoid Tissue Lymphoma Diagnosed by Balloon-assisted Enteroscopy 査読

    Nadatani Yuji, Tanigawa Tetsuya, Fukunaga Shusei, Kinoshita Yosuke, Ominami Masaki, Obayashi Tomoko, Morimoto Kenichi, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Watanabe Toshio, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    The Japanese Society of Internal Medicine INTERNAL MEDICINE   53 ( 23 )   2671 - 2674   2014年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 78-year-old Japanese woman presented with anemia. Oral double-balloon endoscopy (DBE) detected multiple ulcerative lesions covered with coagula extending up to approximately 20 cm from the mid-jejunum. Based on the histopathological findings, the patient's condition was diagnosed as mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma of the small intestine. During the second DBE examination, a small intestinal perforation occurred in one of the ulcerative lesions, and an emergency segmental small intestinal resection was performed. The present case suggests that in MALT lymphoma, intestinal wall fragility may lead to perforation even though the lesion may appear to be a superficial ulcer on endoscopy.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.53.2271

    CiNii Article

  • 抗血栓薬と消化器内視鏡の新しいガイドライン-正しい理解・適切な運用のために 抗血栓薬関連消化管障害 病態・診療の要点・予防策 胃・十二指腸粘膜傷害 査読

    渡辺 俊雄, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    臨床消化器内科   29 ( 1 )   61 - 67   2013年12月( ISSN:0911601X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.19020/j01937.2014087314

  • High-Mobility Group Box 1 Inhibits Gastric Ulcer Healing through Toll-Like Receptor 4 and Receptor for Advanced Glycation End Products 査読

    Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Ohkawa Fumikazu, Takeda Shogo, Higashimori Akira, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Takeuchi Koji, Arakawa Tetsuo

    PLOS ONE   8 ( 11 )   e80130   2013年11月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0080130

    PubMed

  • 胃潰瘍治癒過程におけるアンチエイジング分子 Klotho の発現動態と胃潰瘍治癒に及ぼす影響 査読

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 十河 光栄, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   40 ( 1 )   64 - 68   2013年05月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 胃潰瘍治癒過程におけるアンチエイジング分子Klothoの発現動態と胃潰瘍治癒に及ぼす影響 査読

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 十河 光栄, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   40   64 - 68   2013年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃潰瘍治癒過程におけるアンチエイジング分子Klothoの発現動態と胃潰瘍治癒に及ぼす影響について検討した。7週齢雄性C57BL/6マウスを使用した。開腹して胃を露出させ、60%酢酸を30秒間漿膜側胃壁に接触させることにより潰瘍を作製した。胃においてKlothoの発現は主に胃上皮細胞に認めた。胃潰瘍組織におけるKlothoのmRNA発現は健常組織に比較して約1/5に低下し、胃潰瘍組織におけるFGF23のmRNA発現は健常胃組織に比較して著明にmRNAの発現が亢進した。マウスリコンビナントKlothoの腹腔内投与はDay7における潰瘍面積をコントロール群に比し有意に縮小させた。KlothoおよびFGF23の添加は胃上皮細胞(MKN7およびAGS)の細胞増殖を有意に亢進させた。

  • Risk factors for severe nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage 査読

    Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Nadatani Yuji, Nagami Yasuaki, Sugimori Satoshi, Okazaki Hirotoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Koike Tatsuya, Arakawa Tetsuo

    DIGESTIVE AND LIVER DISEASE   45 ( 5 )   390 - 395   2013年05月( ISSN:1590-8658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dld.2012.12.005

    PubMed

  • Rebamipide inhibits indomethacin-induced small intestinal injury: Possible involvement of intestinal microbiota modulation by upregulation of alpha-defensin 5 査読

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Otani Koji, Nadatani Yuji, Ohkawa Fumikazu, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Takeuchi Koji, Arakawa Tetsuo

    EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY   704 ( 1-3 )   64 - 69   2013年03月( ISSN:0014-2999

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2013.02.010

    PubMed

  • Incidence and risk factors of gastrointestinal bleeding in patients on low-dose aspirin therapy after percutaneous coronary intervention in Japan 査読

    Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Yoshiyama Minoru, Arakawa Tetsuo

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   48 ( 3 )   320 - 325   2013年03月( ISSN:0036-5521

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/00365521.2012.758771

    PubMed

  • Toll-like receptor 9 signaling has anti-inflammatory effects on the early phase of Helicobacter pylori-induced gastritis 査読

    Otani Koji, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Sogawa Mitsue, Yamagami Hirokazu, Shiba Masatsugu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   426 ( 3 )   342 - 349   2012年09月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.08.080

    PubMed

  • Activation of the MyD88 signaling pathway inhibits ischemia-reperfusion injury in the small intestine 査読

    Watanabe Toshio, Kobata Atsushi, Tanigawa Tetsuya, Nadatani Yuji, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Takeuchi Koji, Arakawa Tetsuo

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-GASTROINTESTINAL AND LIVER PHYSIOLOGY   303 ( 3 )   G324 - G334   2012年08月( ISSN:0193-1857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpgi.00075.2012

    PubMed

  • High Mobility Group Box 1 Promotes Small Intestinal Damage Induced by Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drugs through Toll-Like Receptor 4 査読

    Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Machida Hirohisa, Okazaki Hirotoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    AMERICAN JOURNAL OF PATHOLOGY   181 ( 1 )   98 - 110   2012年07月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2012.03.039

    PubMed

  • レバミピドによるインドメサシン誘発小腸傷害の抑制作用と抗菌ペプチドを介した小腸内フローラへの影響 査読

    谷川 徹也, 大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   39 ( 1 )   94 - 97   2012年05月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 経皮的冠動脈形成術後の消化管出血に関する検討 査読

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 谷川 徹也, 大谷 恒史, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   39 ( 1 )   42 - 46   2012年05月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Toll-like receptor 9シグナルはHelicobacter pylori誘発胃炎の初期過程において抗炎症効果を有する

    谷川 徹也, 大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 岡崎 博俊, 町田 浩久, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本消化器免疫学会 消化器と免疫   ( 48 )   97 - 100   2012年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Toll-like receptor(TLR)は微生物由来の分子を認識し自然免疫を発揮するが、そのなかでTLR9は微生物由来のオリゴヌクレオチドを認識する。本研究ではHelicobacter pylori(Hp)誘発胃炎におけるTLR9シグナルの意義をTLR9欠損マウスを用いて検討した。Hp感染2ヵ月および4ヵ月後においてHp感染により誘導されるtumor necrosis factor αおよびinterferon γの遺伝子発現はTLR9欠損マウスでは野生型マウスに比較してさらに増強しており好中球浸潤もより高度であった。以上からTLR9シグナルはHp誘発胃炎の初期過程において抗炎症的に作用することが明らかとなった。(著者抄録)

  • 大腸内視鏡検査前処置が誘因と考えられ、上行結腸に発症した狭窄型虚血性腸炎の1例 査読

    八上 佳和, 増市 秀雄, 高田 文子, 灘谷 祐二, 中原 憲一, 金光 庸恵, 大磯 龍太, 成瀬 朋子, 大谷 健二郎, 荒川 哲男

    (株)ヴァンメディカル 消化器の臨床   15 ( 1 )   107 - 110   2012年02月( ISSN:1344-3070

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は85歳、女性。CEA高値の精査目的に入院となったが、大腸内視鏡検査前処置中に血便を認めた。大腸内視鏡検査では上行結腸〜肝彎曲部に高度の発赤、浮腫を認め、狭窄もみられた。内視鏡像と病理組織所見、経過から大腸内視鏡検査前処置が誘因と考える虚血性腸炎と診断し、保存的治療で軽快した。近年、大腸内視鏡の普及に伴い高齢者への検査が増加しており、特に基礎疾患を有する場合の前処置に際し注意が必要である。(著者抄録)

  • Small Intestinal Injury Caused by NSAIDs/Aspirin: Finding New from Old 査読

    Arakawa T., Watanabe T., Tanigawa T., Tominaga K., Otani K., Nadatani Y., Fujiwara Y.

    CURRENT MEDICINAL CHEMISTRY   19 ( 1 )   77 - 81   2012年01月( ISSN:0929-8673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • High mobility group box 1 promotes small intestinal damage induced by nonsteroidal anti-inflammatory drugs through Toll-like receptor 4

    -

    Am J Pathol 2012;181:98-110   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NSAIDs起因性小腸傷害における High Mobility Group Box1 の意義 査読

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 谷川 徹也, 大谷 恒史, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   38 ( 1 )   16 - 19   2011年05月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • レバミピドによるインドメサシン誘発小腸傷害の抑制作用と小腸内フローラへの影響 査読

    大谷 恒史, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   38 ( 1 )   90 - 93   2011年05月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Mitochondrial disorders in NSAIDs-induced small bowel injury 査読

    Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Nadatani Yuji, Otani Koji, Machida Hirohisa, Okazaki Hirotoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    SOCIETY FOR FREE RADICAL RESEARCH JAPAN JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   48 ( 2 )   117 - 121   2011年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Recent studies using small bowel endoscopy revealed that non-steroidal anti-inflammatory drugs including low-dose aspirin, can often induce small bowel injury. Non-steroidal anti-inflammatory drugs-induced small bowel mucosal injury involves various factors such as enterobacteria, cytokines, and bile. Experimental studies demonstrate that both mitochondrial disorders and inhibition of cyclooxygenases are required for development of non-steroidal anti-inflammatory drugs-induced small bowel injury. Mitochondrion is an organelle playing a central role in energy production in organisms. Many non-steroidal anti-inflammatory drugs directly cause mitochondrial disorders, which are attributable to uncoupling of oxidative phosphorylation induced by opening of the mega channel called mitochondrial permeability transition pore on the mitochondrial membrane by non-steroidal anti-inflammatory drugs. Bile acids and tumor necrosis factor-α also can open the permeability transition pore. The permeability transition pore opening induces the release of cytochrome <i>c</i> from mitochondrial matrix into the cytosol, which triggers a cascade of events that will lead to cell death. Therefore these mitochondrial disorders may cause disturbance of the mucosal barrier function and elevation of the small bowel permeability, and play particularly important roles in early processes of non-steroidal anti-inflammatory drugs-induced small bowel injury. Although no valid means of preventing or treating non-steroidal anti-inflammatory drugs-induced small bowel injury has been established, advances in mitochondrial studies may bring about innovation in the prevention and treatment of this kind of injury.<br>

    DOI: 10.3164/jcbn.10-73

    PubMed

    CiNii Article

  • Rebamipide, a mucoprotective drug, inhibits NSAIDs-induced gastric mucosal injury: possible involvement of the downregulation of 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase 査読

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Ohkawa Fumikazu, Nadatani Yuji, Otani Koji, Machida Hirohisa, Okazaki Hirotoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Takeuchi Koji, Arakawa Tetsuo

    SOCIETY FOR FREE RADICAL RESEARCH JAPAN JOURNAL OF CLINICAL BIOCHEMISTRY AND NUTRITION   48 ( 2 )   149 - 153   2011年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Prostaglandin E<sub>2</sub> plays an important role in the maintenance of gastric mucosal integrity. The level of biologically active prostaglandin E<sub>2</sub> in the tissue is regulated by the balanced expression of its synthetic enzymes, such as cyclooxygenase, and its catabolic enzyme, 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase. We examined the effect of rebamipide, a mucoprotective drug, on prostaglandin E<sub>2</sub> production and metabolism in the gastric tissue and its effect on indomethacin-induced gastric mucosal injury in mice. Rebamipide suppressed indomethacin-induced gastric mucosal injury. Suppressive effect of rebamipide on indomethacin-induced gastric mucosal injury was also observed in cyclooxygenase-2-knockout mice. The mice that were treated with rebamipide showed a 2-fold increase in cyclooxygenase-2 mRNA expression in the gastric tissue, whereas 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase mRNA expression markedly decreased as compared to vehicle-treated control mice. Rebamipide did not affect the expression of cyclooxygenase-1 in the gastric tissue. Rebamipide did not increase prostaglandin E<sub>2</sub> production in the gastric tissue; however, it induced a 1.4-fold increase in the concentration of prostaglandin E<sub>2</sub> in the gastric tissue as compared to vehicle-treated control mice. These results suggest that the suppressive effect of rebamipide on non-steroidal anti-inflammatory drugs-induced gastric mucosal injury can be attributed to reduced 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase expression, which increases the prostaglandin E<sub>2</sub> concentration in the gastric tissue.<br>

    DOI: 10.3164/jcbn.10-75

    PubMed

    CiNii Article

  • 粘膜保護薬であるrebamipideはNSAIDs誘発性胃粘膜障害を抑える 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenaseのダウンレギュレーションが関与している可能性(Rebamipide, a mucoprotective drug, inhibits NSAIDs-induced gastric mucosal injury: possible involvement of the downregulation of 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase) 査読

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Ohkawa Fumikazu, Nadatani Yuji, Otani Koji, Machida Hirohisa, Okazaki Hirotoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Takeuchi Koji, Arakawa Tetsuo

    (一社)日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   48 ( 2 )   149 - 153   2011年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃粘膜の機能を正常に保つの上で重要な役割をしているPGE2に及ぼす粘膜保護薬rebamipideの作用機構について検討した。Rebamipideはマウスにおいてインドメタシンによって誘発される出血のような胃粘膜障害を抑制した。Rebamipideで処理したマウスでは、COX-2 mRNAの発現が2倍に増加したが、15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase(15-PGDH) mRNAは減少し、COX-1 mRNAには影響しなかった。RebamipideはPGE2合成を増加させることはなかったが、胃組織中のPGE2濃度を1.4倍に上昇させた。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)によって誘発された胃粘膜の障害に対してrebamipidが抑制効果を示すのは15-PGDH発現を抑えて、組織中のPGE2濃度を上昇させたことによることが明らかになった。

  • Gastrointestinal Bleeding after Percutaneous Coronary Intervention 査読

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Otani Koji, Machida Hirohisa, Okazaki Hirotoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    DIGESTION   83 ( 3 )   153 - 160   2011年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000321813

    PubMed

  • レバミピドが胃組織プロスタグランジンE_2の産生・代謝に及ぼす影響 査読

    谷川 徹也, 大川 文一, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 竹内 孝治, 荒川 哲男

    潰瘍 = Ulcer research   37 ( 1 )   85 - 88   2010年05月( ISSN:09163301

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • レバミピドが胃組織プロスタグランジンE2の産生・代謝に及ぼす影響

    谷川 徹也, 大川 文一, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 竹内 孝治, 荒川 哲男

    (一社)日本潰瘍学会 潰瘍   37 ( 1 )   85 - 88   2010年05月( ISSN:2189-7956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    生体組織において生理活性を有するPGE2の総量は、cyclooxygenase(COX)をはじめとしたPG産生酵素による産生量と、PG代謝酵素である15-hydroxy-prostaglandin dehydrogenase(15-PGDH)による代謝量との差で規定される。粘膜防御系製剤であるレバミピドはCOX-2発現誘導作用や胃粘膜組織内PG量増加作用を有することが報告されているが、本剤が胃組織の15-PGDH発現に及ぼす影響についてはいまだ不明である。そこで今回、マウスを用いてインドメサシン誘発胃粘膜傷害に対するレバミピドの効果について検討するとともに、本剤が胃組織のPG産生・代謝に及ぼす影響について15-PGDH発現動態の面から検討した。その結果、レバミピドはインドメサシン胃粘膜傷害を抑制することが確認され、その作用機序として本剤が15-PGDH発現を減弱させることでPGE2代謝を抑制し、胃組織中のPGE2含有量を増加させている可能性が示唆された。

  • Leptin Promotes Gastric Ulcer Healing via Upregulation of Vascular Endothelial Growth Factor 査読

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Otani Koji, Nadatani Yuji, Machida Hirohisa, Okazaki Hirotoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Oshitani Nobuhide, Higuchi Kazuhide, Arakawa Tetsuo

    DIGESTION   81 ( 2 )   86 - 95   2010年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000243719

    PubMed

  • A case of primary small cell carcinoma of the liver that was treated with chemotherapy 査読

    Morikawa Hiroyasu, Nakayama Yuji, Maeda Takako, Nadatani Yuji, Kobayashi Sawako, Iwai Shuji, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Sakaguchi Hiroki, Oshitani Nobuhide, Kudoh Shinzoh, Kawada Norifumi

    HEPATOLOGY INTERNATIONAL   2 ( 4 )   500 - 504   2008年12月( ISSN:1936-0533

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12072-008-9090-1

    PubMed

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【胃内細菌叢の最新の話題を知る】Helicobacter pylori除菌後でも残存するdysbiosisについて 査読

    灘谷 祐二, 渡邉 俊雄

    Helicobacter Research   27 ( 2 )   159 - 162   2023年12月( ISSN:1342-4319

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    日本では,Helicobacter pylori(H.pylori)除菌治療が保険適用となったことにより除菌後症例が増加してきている.それに伴い,除菌後胃がんが注目されてきている.最近のさまざまな研究により,当然H.pyloriが胃がん発症の危険因子であることは疑いがないが,それ以外の胃細菌叢も胃発がんに対して影響を与えることが明らかになってきた.われわれの報告した胃がん治療症例を対象におこなったH.pylori除菌前後の胃細菌叢の研究では,α多様性などの変化を伴う胃のdysbiosisは,除菌後長期間経過しても顕著な改善がみられなかった.この研究は除菌後胃がんの高リスク群を対象にしていることより,除菌後に持続していた胃dysbiosisが除菌後胃発がんの病態に関与している可能性を示唆していると考えている.(著者抄録)

  • H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医試験へのソナエ(No.8) ピロリ菌の感染診断法を解き明かす! 査読

    灘谷 祐二

    Helicobacter Research   27 ( 2 )   203 - 205   2023年12月( ISSN:1342-4319

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Helicobacter pylori(ピロリ菌)の感染率は日本においては低下してきてはいるが,まだまだ実臨床でもピロリ菌感染者の診療をおこなう機会は多い.また,一度除菌した後でも胃発がんのリスクが残ることもよく知られており,ピロリ菌関連疾患や発がんとは,長く付き合っていく必要がある.ピロリ菌の専門家を目指すために取得する資格であるH.pylori(ピロリ菌)感染症認定医は,明日からのピロリ菌の感染症診療に役に立つ知識を問われる非常に実践的な認定資格である.本稿では,この試験を受験しピロリ菌の真の専門家を目指すために必要な感染診断のための知識を概説する.(著者抄録)

  • 【Helicobacter pylori除菌後胃癌のいま】除菌後胃癌と胃内細菌叢 査読

    渡邉 俊雄, 灘谷 祐二

    Helicobacter Research   27 ( 1 )   66 - 70   2023年06月( ISSN:1342-4319

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Helicobacter pylori除菌治療の普及に伴い,除菌後胃癌に対する関心が高まっている.現時点では臨床疫学的な検討が中心であるが,分子生物学的な手法を用いた病態解析もおこなわれるようになっている.胃癌モデル動物を用いた検討では,胃癌発症にはH.pyloriが第一義的に重要であるものの,H.pylori以外の胃内共生細菌も発癌過程に関与している可能性が示されている.早期胃癌内視鏡治療症例を対象におこなった検討では,α多様性やBlautiaやFaecalibacteriumの減少に特徴付けられるH.pylori惹起性胃dysbiosisは,除菌後長期間経過しても顕著な改善がみられなかった.これらの症例は除菌後胃癌の高リスク群であることから,持続的なdysbiosisが除菌後胃発癌の病態に関与している可能性が想定される.(著者抄録)

  • 知らなきゃ損 腸管免疫学っておもしろい!(第21回) いま注目のインフラマソーム 炎症応答惹起を制御する装置 査読

    東森 啓, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    消化器病学サイエンス   6 ( 3 )   193 - 197   2022年09月( ISSN:2432-7549

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 何でも答えます!Helicobacter pylori感染症(No 18) 抗凝固薬や抗血小板薬を服用している患者さんに除菌治療をおこなう場合、注意すべきことはありますか? 査読

    灘谷 祐二, 高嶋 信吾, 渡邉 俊雄

    Helicobacter Research   26 ( 1 )   113 - 115   2022年06月( ISSN:1342-4319

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 我々の論文「早期胃癌に対して内視鏡的粘膜下層剥離術を施行した患者におけるHelicobacter pylori除菌後の長期胃内菌共生バランス失調」に対するOuyangらのレターに対する返信(Reply to the letter by Ouyang et al. regarding our manuscript "Long-term persistence of gastric dysbiosis after eradication of Helicobacter pylori in patients who underwent endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer") 査読

    Watanabe Toshio, Nadatani Yuji, Fujiwara Yasuhiro

    Gastric Cancer   24 ( 4 )   980 - 981   2021年07月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • 特集 酸分泌抑制薬の功罪 小腸・大腸 PPI投与とアスピリン小腸傷害 査読

    渡邉 俊雄, 東森 啓, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 藤原 靖弘

    消化器内視鏡   32 ( 8 )   1191 - 1195   2020年08月( ISSN:09153217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.24479/j02312.2020376640

  • 【酸分泌抑制薬の功罪】小腸・大腸 PPI投与とアスピリン小腸傷害 招待

    渡邉 俊雄, 東森 啓, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 藤原 靖弘

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   32 ( 8 )   1191 - 1195   2020年08月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    カプセル内視鏡を用いた検討により、低用量アスピリン(LDA)が高頻度に小腸傷害を惹起することが明らかになった。LDAを含む非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)による小腸傷害の機序には、腸内細菌が関与すると想定されている。一方、最近のげっ歯類を用いた検討により、プロトンポンプ阻害薬(PPI)が小腸細菌叢のdysbiosisを惹起し、NSAIDs起因性小腸傷害を増悪させる可能性が示唆されている。実際、PPIの併用によりNSAIDsあるいはLDAによる小腸傷害が増悪したとの臨床研究の結果が複数報告されているが、両者併用の小腸病変に及ぼす影響についてはいまだ結論が得られていない。両者併用の臨床的意義を評価するためには、PPIが出血性潰瘍や狭窄など臨床的重要度の高い小腸病変を増加させるか否かを検討する必要がある。(著者抄録)

  • 【消化器疾患と免疫系】薬剤起因性小腸傷害の基礎ならびに臨床研究 招待

    渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (有)科学評論社 臨床免疫・アレルギー科   74 ( 1 )   22 - 29   2020年07月( ISSN:1881-1930

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【薬剤性消化器疾患の診療】薬剤性消化器疾患のメカニズム 下部消化管(小腸・大腸) 査読

    渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科   35 ( 7 )   683 - 688   2020年06月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は粘膜のプロスタグランジン量の低下作用に加えて,topical effectと呼ばれる上皮細胞に対する直接傷害作用により,粘膜バリア機能を破綻させる.その結果,腸内細菌などが粘膜内に浸潤して自然免疫系が活性化され,引き続き起こる好中球浸潤により小腸傷害が発症する.Toll-like receptor 4シグナルが炎症の起点となり,NLRP3インフラマソームなどが炎症ネットワークをさらに活性化する.また,フルオロウラシルやイリノテカンなどの殺細胞性抗がん剤による消化管傷害においてもこれらの自然免疫系が活性化され,傷害機序の中心的な役割を果たす.一方,vascular endothelialgrowth factor経路を標的とする分子標的治療薬は比較的高頻度に消化管穿孔を惹起するが,その機序には腸管虚血などの複数の要因が関与している可能性が示唆されている.

  • 特集 こんなにある薬剤性消化管傷害 小腸および大腸 NSAIDsおよびLDAによる傷害 査読

    渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    消化器内視鏡   31 ( 6 )   906 - 911   2019年06月( ISSN:09153217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.24479/j02312.2019312033

  • 【こんなにある薬剤性消化管傷害】小腸および大腸 NSAIDsおよびLDAによる傷害

    渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   31 ( 6 )   906 - 911   2019年06月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    カプセル内視鏡やバルーン内視鏡などの小腸内視鏡を用いた検討により、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が高頻度に小腸傷害を惹起することが明らかになった。また、腸肝循環をしないことなどの薬物動態の特徴から、下部消化管をほとんど傷害しないと考えられていた低用量アスピリン(LDA)も強い小腸傷害性が確認されている。NSAIDsによる小腸傷害は、発赤、びらん、円形あるいは類円形潰瘍、不整形潰瘍、輪状潰瘍など多彩な形態を呈する。粘膜病変は多発傾向があり好発部位はないが、重症病変は遠位回腸に認められる場合が多い。また、頻度は低いがNSAIDs/LDAは大腸にも潰瘍性病変を惹起する。大腸傷害については病態も含めて不明な点が多いが、腎不全などの重篤な合併症がリスク因子になる可能性が示唆されている。安全にNSAIDs/LDAの長期投与を行うためには、下部消化管傷害に対する予防・治療法の確立が必要である。(著者抄録)

  • 【マイクロビオームと消化器疾患】NSAIDs起因性小腸傷害と腸内細菌

    渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (有)科学評論社 消化器・肝臓内科   4 ( 5 )   392 - 399   2018年11月( ISSN:2432-3446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【腸内細菌と臨床医学】NSAIDs/アスピリン起因性小腸傷害と腸内細菌

    灘谷 祐二, 藤原 靖弘

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   264 ( 1 )   59 - 64   2018年01月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    カプセル内視鏡やバルーン内視鏡の開発により、小腸の非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)/アスピリン起因性小腸粘膜傷害の発生が高頻度であることが明らかとなった。NSAIDs/アスピリン起因性小腸粘膜傷害の形成過程で、腸内細菌、とくにグラム陰性菌が、Toll-like receptor 4を代表とする自然免疫を刺激し、それによって炎症が惹起されることが明らかとなっている。また、臨床的によく使用されている酸分泌抑制剤であるプロトンポンプ阻害薬(PPI)の内服が小腸細菌叢(フローラ)のdysbiosisを誘起し、NSAIDs起因性小腸傷害を増悪させる可能性が示唆されている。現在、NSAIDs/アスピリン起因性小腸傷害治療薬として決まったものは存在しないが、治療薬候補としてプロバイオティクス、プレバイオティクスの機序をもつ薬剤があげられており、臨床研究や基礎研究でエビデンスを集積しているところである。(著者抄録)

  • 【プロバイオティクス 小児領域を中心とした基礎と実践のポイント】薬剤有害事象をいかにプロバイオティクスで制御するか?! NSAIDs起因性小腸傷害の病態とプロバイオティクスの活用

    渡辺 俊雄, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 藤原 靖弘

    (株)南山堂 薬局   68 ( 11 )   3437 - 3441   2017年10月( ISSN:0044-0035

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Key Points>カプセル内視鏡を用いた検討により、低用量アスピリンを含むNSAIDsは高頻度に小腸傷害を惹起することが判明した。NSAIDs起因性小腸傷害の発症機序には、グラム陰性菌によるTLR4シグナルの活性化が関与する。一部のプロバイオティクスのNSAIDs起因性小腸傷害に対する有効性が報告されている。PPIが小腸のdysbiosisを引き起こし、小腸傷害を増悪させる可能性が指摘されている。(著者抄録)

  • 【腸内細菌研究の最前線】腸内細菌とNSAIDs

    渡辺 俊雄, 東森 啓, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    (株)ライフ・サイエンス Progress in Medicine   37 ( 6 )   681 - 685   2017年06月( ISSN:0287-3648

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Inflammasome has an aggravating effect against gastric ulcer healing 査読

    Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Sugimura Naoki, Shimada Sunao, Otani Koji, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31   59 - 59   2016年11月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • NSAIDsによる胃腸傷害の空腹時・食後服用の違いは? 査読

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄

    (株)日本医事新報社 日本医事新報   ( 4822 )   60 - 60   2016年09月( ISSN:0385-9215

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【腸内細菌は病気とどう関連するか】腸内細菌とNSAID起因性小腸疾患

    渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 富永 和作, 藤原 靖弘, Chan Francis K.L., 荒川 哲男

    (株)東京医学社 成人病と生活習慣病   45 ( 12 )   1503 - 1507   2015年12月( ISSN:1347-0418

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    カプセル内視鏡やバルーン内視鏡の開発により小腸の詳細な観察が可能になり、LDAを含むNSAIDが上部消化管に加えて小腸を高頻度に傷害することが明らかになった。小腸傷害の発症にはグラム陰性菌が重要な役割を果たしており、グラム陰性菌由来のLPSがマクロファージ上に発現しているTLR4に結合し、炎症反応を誘起して傷害を惹起する。PPIの投与は小腸においてdysbiosisを起こし、NSAID起因性小腸傷害を増悪させる可能性が示唆されている。Probioticsは、本傷害に対して有効であることが基礎的、臨床的に示されている。健常ボランティアを対象とした一次予防試験ではなく、出血などの重症例を対象とした試験や二次予防試験の実施により、予防・治療法を確立することが急務である。(著者抄録)

  • 【高齢化時代の薬剤起因性消化管傷害-NSAIDs/抗血栓薬への対策-】薬剤起因性小腸傷害の病態と臨床像

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 斯波 将次, 灘谷 祐二, 永見 康明, 杉森 聖司, 山上 博一, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男, 小池 達也

    (株)ヴァンメディカル 消化器の臨床   17 ( 6 )   551 - 555   2014年12月( ISSN:1344-3070

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高齢化時代を迎え、変形性膝関節症や腰痛症、腰椎圧迫骨折といった加齢に関連した疾患を有する高齢者は本邦でも年々増加の一途をたどっている。これらの整形外科的疾患に対しては疼痛の緩和のために非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)が処方される。また、人口の高齢化が急速に進行しているわが国では抗血小板薬としての低用量アスピリンの使用量が増加している。しかしながら、これらの薬剤の合併症として消化管粘膜傷害が問題となる。NSAIDs起因性小腸傷害に関しての有効な予防手段についてはいまだ確立したものはなく、その病態と臨床像を解明し予防手段を確立することは重要な研究課題となっている。(著者抄録)

  • 【小腸粘膜傷害の診断と治療の最前線】NSAIDs潰瘍 温故知新

    荒川 哲男, 渡辺 俊雄, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 富永 和作, 渡辺 憲治, 藤原 靖弘

    うず潮フォーラム事務局 消化管の臨床   19   3 - 9   2014年03月( ISSN:1341-1802

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とアスピリンは、消化管傷害を来たす最たる薬物として知られている。NSAIDsは、整形外科領域やリウマチ内科で消炎鎮痛を目的とし、アスピリンは循環器や脳神経領域、ならびに代謝内分泌領域で血管イベントの一次、二次予防の目的で頻用されている。この薬剤による有害事象で最も多いのが、消化管イベント(出血、穿孔など)である。胃酸分泌領域である上部消化管が病変発生の主座を占めるが、最近、カプセル内視鏡やバルーン内視鏡の出現で小腸が可視化できるようになり、NSAIDs/アスピリンによる小腸粘膜傷害・出血がトピックスになっている。予防・治療に関しては、消化管全体を視野に入れた新しい考え方が必要になってきた。COX-2選択的阻害薬など、NSAIDs側の工夫も重要である。(著者抄録)

  • 【抗血栓薬と消化器内視鏡の新しいガイドライン-正しい理解・適切な運用のために】抗血栓薬関連消化管障害 病態・診療の要点・予防策 胃・十二指腸粘膜傷害

    渡辺 俊雄, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)日本メディカルセンター 臨床消化器内科   29 ( 1 )   61 - 67   2013年12月( ISSN:0911-601X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    抗血栓薬,とくに低用量アスピリン(LDA)は高頻度に上部消化管粘膜傷害を惹起するが,消化管出血が本傷害のもっとも重要な合併症である.LDAによる消化管粘膜傷害にはシクロオキシゲナーゼ阻害によるプロスタグランジン産生抑制作用と,"topical effect"と称されるアスピリンの上皮細胞に対する直接作用が関与する.LDAによる上部消化管粘膜傷害に対しては,プロトンポンプ阻害薬の有効性を示すエビデンスが集積されつつある.2012年に日本消化器内視鏡学会が「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」を作成し,抗血栓薬継続下での出血高危険度内視鏡を許容した.しかし,本ガイドライン中の多くのstatementは質の高いエビデンスに基づいておらず,今後の検証が必要である.(著者抄録)

  • 【抗血栓薬/NSAIDsと消化管障害-その実態と最新のマネージメントに迫る-】抗血栓薬/NSAIDsによる消化管障害とそのマネージメント 抗潰瘍薬による薬剤性消化管傷害の予防・治療戦略

    渡辺 俊雄, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)ヴァンメディカル 消化器の臨床   16 ( 2 )   176 - 180   2013年04月( ISSN:1344-3070

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    低用量アスピリンならびにNSAIDsによる消化管傷害に対する予防・治療の主流はプロトンポンプ阻害剤(PPI)である。しかし、最近大きな注目を集めている薬剤性小腸傷害に対しては、PPIは無効である。現時点で本傷害に対して有効性が確認されている薬剤はプロスタグランジン製剤のミソプロストールや粘膜防御因子増強薬のレバミピド、あるいはプロバイオティクスなどの数種の薬剤に限られる。このような臨床的背景のもと、消化管のトータルマネージメントを考慮した薬剤性消化管傷害に対する新たな予防・治療戦略の確立が求められている。(著者抄録)

  • 【なんじゃこりゃ? 内視鏡像は語る!】白苔を伴う隆起性病変

    灘谷 祐二, 十河 光栄, 荒川 哲男

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   24 ( 5 )   723 - 724   2012年05月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【内分泌器官としての消化管とその疾病〜消化管ペプチドの意義と応用〜】レプチンと関連疾患

    灘谷 祐二, 谷川 徹也, 荒川 哲男

    (株)医薬ジャーナル社 医薬ジャーナル   47 ( 8 )   2098 - 2102   2011年08月( ISSN:0287-4741

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    レプチンは主に脂肪細胞より産生されるアディポサイトカインの一つであり、視床下部を介して摂食抑制やエネルギー消費亢進等の生理作用を発揮している。最近の研究により、レプチンは摂食やエネルギー代謝の調節のみならず、免疫・炎症・発癌においても重要な役割を有していることが明らかになってきた。消化管では胃上皮においてレプチンが産生されることや、消化促進作用や胃酸分泌の調整、胃粘膜防御機構の賦活化や胃潰瘍治癒促進作用を有することが示されている。消化器疾患との関連では、レプチンの炎症性サイトカインとしての作用が炎症性腸疾患を増悪させる可能性、消化器癌では大腸癌と高レプチン血症との関連が指摘されている。(著者抄録)

  • 【低用量アスピリン時代の消化器内視鏡】低用量アスピリン起因性消化管傷害および消化管出血に関するガイドライン

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   23 ( 7 )   1171 - 1177   2011年07月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    low-dose aspirin(LDA)は、脳梗塞・狭心症・心筋梗塞などのアテローム血栓症の発症および再発予防を目的として行われる抗血小板療法における中心的な薬剤であるが、副作用として消化管粘膜傷害と消化管出血が問題となる。副作用を予防し抗血小板療法を継続するためには、科学的エビデンスに基づいた診療ガイドラインの作成が重要である。わが国におけるLDA起因性消化管傷害に関するガイドラインは、胃潰瘍ガイドラインの適用と評価に関する研究班編集の「EBMに基づいた胃潰瘍診療ガイドライン第2版」と、2009年に日本消化器病学会編集の「消化性潰瘍診療ガイドライン」であるが、両ガイドラインは主に消化性潰瘍に関連して作成された診療指針であり、LDA起因性消化管粘膜傷害の診療全般をすべてカバーしたものではない。最近では、LDA起因性小腸・大腸傷害も注意すべき副作用として注目されており、これらの病態に関する診療に関してもガイドラインの作成が望まれる。(著者抄録)

  • NSAIDs誘発小腸障害におけるミトコンドリア不全(Mitochondrial disorders in NSAIDs-Induced small bowel injury)

    Watanabe Toshio, Tanigawa Tetsuya, Nadatani Yuji, Otani Koji, Machida Hirohisa, Okazaki Hirotoshi, Yamagami Hirokazu, Watanabe Kenji, Tominaga Kazunari, Fujiwara Yasuhiro, Arakawa Tetsuo

    (一社)日本酸化ストレス学会 Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   48 ( 2 )   117 - 121   2011年03月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 第50回(2023年)日本潰瘍学会学会賞受賞講演NSAIDs起因性小腸傷害の病態について - 好中球細胞外トラップの関与をふくめて- 招待 国内会議

    灘谷 祐二

    第51回日本潰瘍学会  2024年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:沖縄コンベンションセンター  

  • 超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-TA)によって術前診断が可能であった肝門部神経鞘腫の1例 国内会議

    田村 友汰, 黒川 達哉, 島本 宜紀, 前田 夏美, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年11月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小腸病変を有するクローン病の生物学的製剤導入後の狭窄についての検討 国内会議

    中田 理恵子, 西田 裕, 細見 周平, 藤本 晃士, 小林 由美恵, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2023年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Plastic stentを用いた超音波内視鏡下胆管胃吻合術のステント再閉塞の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 黒川 達哉, 島本 宣紀, 前田 夏美, 落合 正, 垣谷 有紀, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2023年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 顆粒球吸着療法が奏効した大腸粘液癌術後Crohn病の一例 国内会議

    藤本 聖也, 西田 裕, 細見 周平, 小林 由美恵, 中田 理恵子, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年09月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健診受診者における安静時体温の分布とその影響因子に関する研究 国内会議

    灘谷 祐二, 高嶋 信吾, 金森 厚志, 田内 幸枝, 中野 朱美, 打田 佐和子, 木村 達郎, 福本 真也, 中村 淳, 渡邉 俊雄

    人間ドック  2023年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COVID-19の大流行が及ぼす当院の肺がん検診への影響 国内会議

    木村 達郎, 福本 真也, 打田 佐和子, 中野 朱美, 灘谷 祐二, 田内 幸枝, 高嶋 信吾, 金森 厚志, 揚塩 直美, 渡邉 俊雄

    人間ドック  2023年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵管鏡下生検が診断と治療方針の決定に有用であったIntraductal papillary mucinous carcinomaの一例 国内会議

    松木 晃史, 黒川 達哉, 田上 光治郎, 島本 宜紀, 前田 夏美, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 消化管細菌叢と胃の疾患 胃神経内分泌腫瘍の発症と関連した、A型胃炎における胃粘膜関連細菌叢の変化について 国内会議

    大谷 恒史, 渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 東森 啓, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2023年06月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Mindsの指針により作成される"Helicobacter pylori感染の診断と治療のガイドライン改訂版" Helicobacter pylori感染の診断と治療のガイドライン改訂版 胃がん予防・成人 国内会議

    伊藤 公訓, 鈴木 秀和, 磯本 一, 井上 和彦, 酒井 恭子, 灘谷 祐二, 下山 克

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2023年06月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Esophageal mast cells may be associated with the perception of symptoms in patients with eosinophilic esophagitis. 国内会議

    Kanamori A, Tanaka F, Takashima S, Sawada A, Ominami M, Nadatani Y, Fukunaga S, Otani K, Hosomi S, Kamata N, Nagami Y, Taira K, Watanabe T, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society  2023年04月  Esophagus

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1007/s10388-022-00967-w

    PubMed

  • NSAIDs起因性小腸傷害における好中球細胞外トラップ(neutrophil extracellular traps: NETs)と腸内細菌の役割 国内会議

    灘谷 祐二

    第50回日本潰瘍学会  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:東京  

  • ストレス負荷マウスの腸管バリアに対するプロトンポンプ阻害剤の影響について 国内会議

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 東森 啓, 大谷 恒史, 田中 史生, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会誌  2023年01月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 誤飲した胃内の単三電池を多量の残渣内からGel immersion endoscopy法を用いて除去した一例 国内会議

    牟田 侑記, 落合 正, 大南 雅揮, 山村 匡史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 母児に重度の栄養障害を伴った食道アカラシア合併妊娠に対して適切な栄養管理の後にPOEMを行った一例 国内会議

    山川 麻郁子, 落合 正, 大南 雅揮, 沢田 明也, 金澤 里映, 渡邊 晃弘, 金森 厚志, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2023年01月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 残存直腸神経内分泌腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(Endoscopic submucosal dissection for residual rectal neuroendocrine tumors) 国内会議

    Fukunaga Shusei, Kakiya Yuki, Yamamura Masafumi, Tanoue Kojiro, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2023年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PGAシートによる内視鏡的瘻孔閉鎖術が有用であった小児食道気管支瘻の1例 国内会議

    松木 晃史, 河野 光泰, 永見 康明, 中岡 達也, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年11月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EUS-FNB針でslow pull法を行い最終診断し得た腎癌膵転移の一例 国内会議

    宮部 渉平, 田上 光治郎, 黒川 達哉, 島本 宜紀, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年11月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃切除Roux-en-Y再建症例における総胆管結石に対するバルーン内視鏡下結石治療の成績と截石困難の危険因子の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 島本 宣紀, 前田 夏美, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科で経験した膵腫瘍に対するEUS-FNAB後に膿瘍を形成した4例 国内会議

    島本 宜紀, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ゴリムマブのparadoxical reactionにより掌蹠膿疱症を発症した潰瘍性大腸炎の一例 国内会議

    山川 麻郁子, 中田 理恵子, 西田 裕, 小林 由美恵, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A retrospective study comparing Franseen and Lancet needles for EUS-FNAB in solid pancreatic lesions(和訳中) 国内会議

    Ishikawa-Kakiya Yuki, Maruyama Hirotsugu, Shimamoto Yoshinori, Yamamura Masafumi, Tanoue Kojiro, Higashimori Akira, Ominami Masaki, Nadatani Yuji, Fukunaga Shusei, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Shiba Masatsugu, Fujiwara Yasuhiro

    膵臓  2022年09月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における肺がん検診におけるCOVID-19の影響について 国内会議

    木村 達郎, 福本 真也, 中野 朱美, 藤井 英樹, 灘谷 祐二, 田内 幸枝, 高嶋 信吾, 西居 由布子, 揚塩 直美, 渡邉 俊

    人間ドック  2022年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人間ドック受診者におけるアミノインデックス(胃)と既知の胃がんリスクとの関連について 国内会議

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 西居 由布子, 田内 幸枝, 藤井 英樹, 中野 朱美, 木村 達郎, 福本 真也, 藤原 靖弘, 渡邉 俊雄

    人間ドック  2022年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵頭十二指腸、門脈合併切除再建後に生じた挙上空腸静脈瘤に対しダブルバルーン小腸内視鏡併用下静脈瘤硬化療法で止血し得た一例 国内会議

    小西 勝也, 落合 正, 丸山 紘嗣, 前田 夏美, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 影山 健, 城後 篤志, 山本 晃, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能性便秘と過敏性腸症候群におけるヘリコバクター・ピロリ感染状態と上部消化管内視鏡所見について 国内会議

    大谷 恒史, 渡邉 俊雄, 灘谷 祐二, 東森 啓, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2022年06月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディスペプシアと消化管細菌叢 ストレス負荷マウスの腸管バリアに対するプロトンポンプ阻害剤の影響について 国内会議

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 東森 啓, 大谷 恒史, 田中 史生, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2022年06月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者の食道扁平上皮癌ESDに対するTCI/BIS併用プロポフォールによる鎮静法の有用性 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 前田 夏美, 平野 慎二, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy  2022年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗凝固薬内服者における大腸腫瘍の内視鏡的切除術後の出血予測 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 藤原 靖弘, 大平 美月, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 坂井 大志

    Gastroenterological Endoscopy  2022年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 切除企図肝門部領域悪性胆道狭窄に対する術前至適なplastic stent留置とRBOの危険因子の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 島本 宜紀, 前田 夏美, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一

    Gastroenterological Endoscopy  2022年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬剤性およびアレルギー性消化管疾患の病態と診療 健診を契機に発見された好酸球性食道炎の特徴 国内会議

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 渡邉 俊雄

    日本消化器病学会雑誌  2022年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脂肪肝炎:今後の展開 脂肪肝の各サブタイプにおける臨床背景ならびに生活習慣の差異 国内会議

    藤井 英樹, 灘谷 祐二, 渡邉 俊雄

    日本消化器病学会雑誌  2022年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 認知行動療法で改善を認めたRumination syndromeの一例 国内会議

    榎本 秀治, 沢田 明也, 金森 厚志, 小林 由美恵, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 鎌田 紀子, 田中 史夫, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2022年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能性腸疾患における診断と治療の進歩 当院健診・人間ドックにおける機能性便秘および慢性便秘症の実態についての疫学調査 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 田中 史生, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2022年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下大静脈平滑筋肉腫による転移と考えられた胆嚢平滑筋肉腫の一例 国内会議

    住田 真衣子, 島本 宜紀, 丸山 紘嗣, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 田内 潤, 大平 豪, 坂本 香, 大澤 政彦, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 検診消化器内視鏡施行時の飛沫対策への取り組みの有効性とスタッフへの影響の検討 国内会議

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 東森 啓, 丸山 紘嗣, 藤井 英樹, 永見 康明, 平良 高一, 木村 達郎, 福本 真也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2021年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • より安全なトリアムシノロン浸水下局注 食道ESD後狭窄予防 国内会議

    落合 正, 永見 康明, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 田上 光治郎, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2021年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵癌化学療法中にニューモシスチス肺炎が疑われた2症例 国内会議

    田上 光治郎, 沢田 明也, 東森 啓, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年09月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腸閉塞を発症した腸管子宮内膜症の一例 国内会議

    竹下 雅浩, 山本 圭以, 西田 裕, 松岡 令起, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年09月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡による経時的評価しえた食道壁内血腫の2例 国内会議

    住田 真衣子, 落合 正, 大南 雅揮, 平野 慎二, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年09月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人間ドックを契機に発見された好酸球性食道炎の臨床的特徴の検討 国内会議

    高嶋 信吾, 灘谷 祐二, 藤井 英樹, 西居 由布子, 田内 幸枝, 中野 朱美, 木村 達郎, 福本 真也, 藤原 靖弘, 渡邉 俊雄

    人間ドック  2021年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胸部単純X線検査における要精密検査判定の経年変化について 国内会議

    木村 達郎, 福本 真也, 中野 朱美, 藤井 英樹, 灘谷 祐二, 田内 幸枝, 高嶋 信吾, 西居 由布子, 河田 則文, 渡邉 俊雄

    人間ドック  2021年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝線維化進展NAFLDの100%の拾い上げを目指した際の費用対効果の検討 国内会議

    藤井 英樹, 福本 真也, 木村 達郎, 中野 朱美, 灘谷 祐二, 田内 幸枝, 高嶋 信吾, 西居 由布子, 河田 則文, 渡邉 俊雄

    人間ドック  2021年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学病院附属健診施設MedCity21におけるCOVID-19感染対策の取り組み 国内会議

    灘谷 祐二, 高嶋 信吾, 西居 由布子, 田内 幸枝, 藤井 英樹, 中野 朱美, 木村 達郎, 福本 真也, 渡邉 俊雄

    人間ドック  2021年08月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃粘膜下腫瘍様の形態を呈した早期胃癌の一例 国内会議

    竹下 雅浩, 田上 光治郎, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 山村 匡史, 東森 啓, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年07月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 出血性過形成性ポリープ様形態を呈し、内視鏡的粘膜切除術により完全切除および診断し得た淡明細胞型腎細胞癌胃転移の一例 国内会議

    田島 光, 眞鍋 琢, 大谷 恒史, 田上 光治郎, 沢田 明也, 東森 啓, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年07月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大きなsessile serrated lesion(SSL)に対する一括切除の妥当性に関する検討 国内会議

    河野 光泰, 福永 周生, 藤原 靖弘, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2021年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超高齢者における早期胃癌に対するESDの妥当性 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 平野 慎二, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 渡邉 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2021年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 良性胆管狭窄に対する内視鏡的ラジオ波焼灼療法の初期治療成績 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邊 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2021年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性胆道狭窄の胆汁粘度とその後の胆道ステントの再閉塞の検討 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 中田 晃暢, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2021年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Role of Prostaglandin E2 related pathways in gastric adenocarcinoma 招待 国内会議

    Yuji Nadatani, Toshio Watanabe, Akira Higashimori, Koji Otani, Tetsuya Tanigawa, Yasuhiro Fujiwara

    第46回日本微小循環学会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 酸分泌抑制薬はLactobacillus johnsoniiの減少を介してインドメタシン起因性小腸傷害を悪化させる。 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺俊雄、葛本琢哉、大谷恒史、谷川徹也、藤原靖弘

    第39回Cytoprotection研究会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 直腸静脈瘤に対してCTガイド下直接穿刺アプローチにて静脈瘤硬化療法を施行した一例 国内会議

    福井 純毅, 東森 啓, 金道 麻記子, 田上 光治郎, 沢田 明也, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨髄異形成症候群に合併した腸管型ベーチェット病様多発潰瘍の一例 国内会議

    山岸 政充, 西田 裕, 細見 周平, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2021年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃腫瘍内視鏡治療後患者におけるH. pylori 除菌前後の変化に注目した胃細菌叢の検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 東森 啓, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    第26回日本ヘリコバクター学会学術集会  2021年01月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 高脂肪食によるディスバイオシスは、インターロイキン17Aの中和によって改善した非ステロイド性抗炎症薬起因性小腸傷害を増悪させる(High-fat diet-mediated dysbiosis increases susceptibility to NSAID-induced small intestinal damage that is rescued by IL-17A neutralization) 国内会議

    Sugimura Naoki, Otani Koji, Watanabe Toshio, Nakatsu Geicho, Shimada Sunao, Fujimoto Kosuke, Nadatani Yuji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nagami Yasuaki, Tanigawa Tetsuya, Uematsu Satoshi, Fujiwara Yasuhiro

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道扁平上皮癌患者に対する食道ESD後は重篤な併存疾患によって予後が悪化する(Severe comorbidities influenced poor prognosis after endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma) 国内会議

    平野 慎二, 永見 康明, 坂井 大志, 河野 光泰, 眞鍋 琢, 落合 正, 山村 匡史, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃内視鏡検診をふまえた経鼻内視鏡の新展開 コロナ流行期における上部消化管内視鏡検査のニューノーマル 経鼻内視鏡とマスクを用いた簡便な感染予防策 国内会議

    東森 啓, 灘谷 祐二, 高嶋 信吾, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 消化管疾患とマイクロバイオームのクロストーク 胃がん高リスク患者におけるH. pylori除菌前後の変化に注目した胃細菌叢についての検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡邉 俊雄, 大谷 恒史, 東森 啓, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 消化管内視鏡診療とCOVID-19 多施設アンケート 国内会議

    丸山 紘嗣, 細見 周平, 根引 浩子, 福田 隆, 仲川 浩一郎, 岡崎 博俊, 山上 博一, 原 順一, 谷川 徹也, 町田 浩久, 青松 和輝, 渡邊 芳久, 佐藤 博之, 宇野 裕典, 高石 修, 野村 勉, 越智 正博, 押谷 伸英, 足立 賢治, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 氷見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 消化管におけるtranslational research 非ステロイド性抗炎症薬起因性重症小腸傷害に対するコルヒチン治療の有効性についてのパイロット試験 国内会議

    大谷 恒史, 渡邉 俊雄, 東森 啓, 灘谷 祐二, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における切除不能再発胃癌に対するnivolumabの使用経験 国内会議

    木村 明恵, 平良 高一, 中田 晃暢, 田上 光治郎, 東森 啓, 鋳谷 成弘, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的活動性を指標としたアダリムマブ増量はクローン病治療戦略として有用か? 国内会議

    細見 周平, 藤本 晃士, 中田 理恵子, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インドメタシン誘発小腸障害に対するレバミピドの阻害効果とプロトンポンプ阻害剤による傷害の悪化における、小腸細菌叢の重要性(The Significance of Small Intestinal Microbiota in the Inhibitory Effect of Rebamipide against Indomethacin-induced Small Intestinal Damage and Exacerbation of the Damage by Proton Pump Inhibitor) 国内会議

    Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Higashimori Akira, Shimada Sunao, Kitamura Hiroyuki, Kuzumoto Takuya, Nadatani Yuji, Otani Koji, Fukunaga Shusei, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Nagami Yasuaki, Taira Koichi, Shiba Masatsugu, Suda Wataru, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • より安全で確実な十二指腸ESDを行うための工夫 国内会議

    河野 光泰, 永見 康明, 眞鍋 琢, 落合 正, 山村 匡史, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘, 木村 健二郎

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nivolumab長期加療中に斜台転移を認めた進行胃癌の一例 国内会議

    中田 晃暢, 木村 明恵, 平良 高一, 田上 光治郎, 東森 啓, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESDで切除したsessile serrated adenoma/polyp(SSA/P)由来の早期大腸癌の検討 国内会議

    原田 優介, 河野 光泰, 福永 周生, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    第17回日本消化管学会総会学術集会  2021年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃腫瘍内視鏡治療後患者におけるH.pylori除菌前後の変化に注目した胃細菌叢の検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 東森 啓, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    第26回日本ヘリコバクター学会学術集会  2020年12月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射線性食道炎におけるinterferon-αの役割 国内会議

    北村 寛之, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2020年12月  (NPO)日本食道学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管静脈瘤出血に対してfull covered金属ステントを留置し止血に成功した一例 国内会議

    高嶋 遼太, 山本 圭以, 丸山 紘嗣, 落合 正, 中田 晃暢, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 東森 啓, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非アルコール性脂肪性肝疾患におけるFIB-4指標の改定カットオフ値を用いた肝線維症の重症度(The severity of hepatic fibrosis using revised cutoff points for the FIB-4 index in non-alcoholic fatty liver disease) 国内会議

    Fujii Hideki, Fukumoto Shinya, Kimura Tasuo, Nakano Akemi, Nadatani Yuji, Tauchi Yukie, Takashima Shingo, Uemura Risa, Kawada Norifumi

    第26回人間ドック学会  2020年11月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胸部X線撮影による反復的な肺癌スクリーニングはさらなる検査を回避できる利点がある(Repeat lung cancer screenings by chest X ray have a profit for the avoidance of further examinations) 国内会議

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Nakano Akemi, Fujii Hideki, Nadatani Yuji, Tauchi Yukie, Takashima Shingo, Uemura Risa, Kawadai Norifumi

    第26回人間ドック学会  2020年11月  (公社)日本人間ドック学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道ESDにおけるオーバーチューブの使用による誤嚥性肺炎の予防効果 傾向スコアマッチング法による検討 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 平野 慎二, 垣谷 有紀, 林 克平, 田上 光治郎, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前診断と乖離した膵扁平上皮癌の一例 国内会議

    高橋 駿介, 田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 河野 光泰, 落合 正, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 平良 高一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • トレーニー施行における十二指腸鏡挿入困難である因子の検討 十二指腸乳頭正面視まで 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 田上 光治郎, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    第100回内視鏡学会総会  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nivolumab加療中に斜台転移を認めた進行胃癌の1例 国内会議

    片之坂 友喜, 木村 明恵, 平良 高一, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NLRP3 inflammasome-mediated caspase-1 activation prevents gastric mucosal healing 国内会議

    Yuji Nadatani, Toshio Watanabe, Akira Higashimori, Koji Otani, Tetsuya Tanigawa, Yasuhiro Fujiwara

    第45回日本微小循環学会総会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • NLRP3 Inflammasome-derived interleukin-1β attenuates stress-induced gastric injury via the COX-2/PGE2 axis 国内会議

    東森 啓, 渡辺 俊雄,灘谷 祐二 , 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    第45回日本微小循環学会総会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 非切除遠位悪性胆道狭窄に対するcovered selfexpandable metallic stent閉塞の危険因子の検討 国内会議

    田上 光治郎, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆膵疾患に対する出血高危険度処置における出血性偶発症の危険因子の検討 国内会議

    山村 匡史, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 金道 麻紀子, 山本 圭以, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 分枝型IPMNに対する悪性化のリスク因子および高齢者の経過観察期間の検討 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 金道 麻紀子, 眞鍋 琢, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的活動期クローン病に対するアダリムマブ増量の有効性の検討 国内会議

    細見 周平, 鎌田 紀子, 藤原 靖弘, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大谷 恒史, 田中 史生, 平良 高一, 灘谷 祐二, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カプセル内視鏡診療の新たな展開 カプセル内視鏡を用いたNSAID起因性小腸傷害重症例に対するコルヒチンの有効性評価 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Wilson病の3例にみられた特徴的な内視鏡所見 国内会議

    北川 大貴, 大南 雅揮, 平良 高一, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effect of Pirfenidone for esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection in a porcine model(和訳中) 国内会議

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Kakiya Yuki, Tanoue Kojirou, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Sawada Akinari, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Noriko Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESD後に局所再発を繰り返したバレット腺癌の一例 国内会議

    眞鍋 琢, 大南 雅揮, 永見 康明, 福永 周生, 山本 圭以, 北川 大貴, 山村 匡史, 田上 光治郎, 林 克平, 丸山 紘嗣, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ESD後に外科手術が必要と考えられたpT1大腸癌の検討 国内会議

    福永 周生, 永見 康明, 藤原 靖弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ブタモデルを用いた内視鏡的粘膜下層剥離術後の食道狭窄モデルに対するピルフェニドンの効果(The effect of Pirfenidone for esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection in a porcine model) 国内会議

    Hirano Shinji, Nagami Yasuaki, Sakai Taishi, Kakiya Yuki, Tanoue Kojirou, Hayashi Kappei, Yamamura Masafumi, Sawada Akinari, Maruyama Hirotsugu, Ominami Masaki, Fukunaga Shusei, Nadatani Yuji, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Kamata Noriko, Noriko Koichi, Tanigawa Tetsuya, Watanabe Toshio, Fujiwara Yasuhiro

    Gastroenterological Endoscopy  2020年08月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 分枝型膵管内粘液性腫瘍に対する悪性化のリスク因子および高齢者の観察期間の検討 国内会議

    山本 圭以, 丸山 紘嗣, 眞鍋 琢, 金道 麻記子, 木村 明恵, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 山村 匡史, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘

    膵臓  2020年07月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射線性食道炎におけるinterferon-aの役割 国内会議

    北村 寛之, 谷川 徹也, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2020年07月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における高齢者胃癌の一次治療に関する検討 国内会議

    木村 明恵, 平良 高一, 鋳谷 成弘, 西田 裕, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 大谷 恒史, 灘谷 祐二, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2020年07月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IgG4関連硬化性胆管炎に胆管癌を合併した一例 国内会議

    上村 拓也, 林 克平, 垣谷 有紀, 山村 匡史, 田上 光治郎, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡的観察し得た単形性上皮向性腸管T細胞リンパ腫の一例 国内会議

    川田 雄司, 山本 圭以, 金道 麻紀子, 細見 周平, 西田 裕, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邊 俊雄, 藤原 靖弘, 福岡 達成, 永原 央, 大平 雅一

    日本消化器内視鏡学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2020年06月  日本消化器内視鏡学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ニコランジルによると考えられる消化管潰瘍の2例 国内会議

    大谷 恒史、灘谷 祐二、谷川 徹也、渡辺 俊雄、藤原 靖弘

    第47回日本潰瘍学会 (小田原)  2020年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非ステロイド系抗炎症薬誘発小腸傷害における抗炎症性脂質メディエーター: レゾルビンD1の傷害抑制作用 国内会議

    葛本 琢哉、谷川 徹也、灘谷 祐二、大谷 恒史、渡辺 俊雄、藤原 靖弘

    第47回日本潰瘍学会 (小田原)  2020年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃の細菌叢に対するH.pylori除去の影響(Effect of eradication of H. pylori in gastric microbiome) 国内会議

    Kosaka Satoshi, Nadatani Yuji, Watanabe Toshio, Suda Wataru, Nakata Akinobu, Matsumoto Yuji, Higashimori Akira, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Tanaka Fumio, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Tanigawa Tetsuya, Hattori Masahira, Fujiwara Yasuhiro

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬剤による消化管傷害の病態研究の進歩と最近の疾患の傾向と対策 非ステロイド系抗炎症薬誘発小腸傷害における抗炎症性脂質メディエーター レゾルビンD1の意義 国内会議

    葛本 琢哉, 谷川 徹也, 北村 寛之, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2020年01月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃切除後Roux-enY再建における総胆管結石に対するEI-580BTの有用性の検討 国内会議

    林 克平, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 山村 匡史, 坂井 大志, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    JDDW 2019 KOBE (神戸)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NLRP3 inflammasome活性化が5-FU起因性小腸粘膜傷害に与える影響 国内会議

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 小阪 聡, 松本 侑士, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    JDDW 2019 KOBE (神戸)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 輪状潰瘍を呈した好酸球性胃腸炎の一例 国内会議

    松本 侑士, 灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 小阪 聡, 中田 晃暢, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2019年11月  日本小腸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害における小麦タンパク グリアジンの病原性 国内会議

    谷川 徹也, 島田 直, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 藤原 靖弘

    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2019年11月  日本小腸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NLRP3 inflammasome活性化が5-FU起因性小腸粘膜傷害に与える影響 国内会議

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 小阪 聡, 松本 侑士, 丸山 紘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fluorouracil(5-FU)起因性小腸粘膜傷害はNLRP3 inflammasomeによるIL-1βの活性化により誘導される 国内会議

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 小阪 聡, 松本 侑士, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2019年11月  日本小腸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NLRP3 Inflammasome-derived interleukin-1β attenuates stress-induced gastric injury via the COX-2/PGE2 axis 国際会議

    Higashimori A,Watanabe T,Nadatani Y, Nakata A,Otani K,Taira K,Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Tanigawa T, Fujiwara Y

    UEG Week Barcelona 2019 (Barcelona)  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 胃切除後Roux-enY再建における総胆管結石に対するEI-580BTの有用性の検討 国内会議

    林 克平, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 木下 陽亮, 山村 匡史, 坂井 大志, 大南 雅揮, 灘谷 祐二, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖広

    Gastroenterological Endoscopy  2019年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Peutz-Jegehers syndromeに膵癌を発症した一例 国内会議

    三崎 絢子, 山村 匡史, 丸山 紘嗣, 垣谷 有紀, 田上 光治郎, 林 克平, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 大南 雅揮, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 永見 康明, 谷川 徹也, 渡邉 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年10月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健診・人間ドックにおける機能性便秘症の有病率とその関連因子について 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 上村 理沙, 灘谷 祐二, 田中 史生, 谷川 徹也, 福本 真也, 河田 則文, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌  2019年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院ピロリ外来におけるラベプラゾールまたはボノプラザンを使用した三次除菌療法の治療成績 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 田中 史生, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2019年05月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での肝門部領域胆管狭窄に対するInside Stentの有用性と安全性の検討 国内会議

    林 克平, 丸山 紘嗣, 藤原 靖弘, 渡邉 俊雄, 谷川 徹也, 山上 博一, 平良 高一, 鎌田 紀子, 永見 康明, 田中 史生, 細見 周平, 大谷 恒史, 福永 周生, 灘谷 祐二, 大南 雅揮, 坂井 大志, 木下 陽亮, 田上 光治郎, 山村 匡史, 垣谷 有紀, 平野 慎二

    Gastroenterological Endoscopy  2019年05月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Changes in Small Intestinal Microbiome During Developing and Reparing Nsaids-Induced Small Intestinal Damage 国際会議

    Yuji Nadatani, Toshio Watanabe, Akinobu Nakata, Satoshi Kosaka, Yuji Matsumoto, Akira Higashimori, Koji Otani, Shuhei Hosomi,

    The 120th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Nlrp3 Inflammasome-Mediated Il-1β Activation Enhances 5-Fu Induced Small Intestinal Mucositis 国際会議

    Nakata A, Nadatani Y, Higashimori A, Otani K, Tanigawa T,Watanabe T, Fujiwara Y

    The 120th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 黒色便を契機に発見された小腸pyogenic granulomaに対し内視鏡的粘膜切除術により完全切除し得た一例 国内会議

    北川 大貴, 渡邊 晃弘, 杉田 奈央子, 中田 晃暢, 灘谷 祐二, 細見 周平, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃癌撲滅を達成する胃癌検診体制のこれから 胃内視鏡検診におけるヘリコバクター・ピロリ除菌後胃癌の特徴とリスク因子の検討 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 上村 理沙, 灘谷 祐二, 田中 史生, 谷川 徹也, 福本 真也, 河田 則文, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2019年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急激な経過で発症したCronkhite-Canada症候群の1例 国内会議

    岡原 一樹, 灘谷 祐二, 林 克平, 坂井 大志, 杉田 奈央子, 西田 裕, 鋳谷 成弘, 丸山 弘嗣, 大南 雅揮, 福永 周生, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会近畿支部例会プログラム・抄録集  2019年02月  日本消化器病学会-近畿支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 微生物叢から見た消化管病態の新知見 消化管各部位における細菌叢の変遷 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 中田 晃暢, 島田 直, 松本 侑士, 小阪 聡, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2019年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Proton-Pump Inhibitors May Enhance Intestinal Permeability Via Dysbiosis of Gut Microbiota Under Stressed Conditions in Mice 国際会議

    Takashima S, Tanaka F,Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Taira K,Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe T,Fujiwara Y

    The 120th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • NLRP3 Inflammasome-Derived Interleukin-1ΒAttenuates Stress-Induced Gastric Injury via Activation of COX-2/PGE2 Axis 国際会議

    Higashimori A,Watanabe T,Nadatani Y, Nakata A,Otani K,Taira K,Hosomi S, Tanaka F, Nagami Y, Tanigawa T, Fujiwara Y

    The 120th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 小腸に対する基礎研究からのアプローチ NLRP3 InflammasomeはIL-1βを介して5-Fluorouracil(5-FU)起因性小腸粘膜傷害を増悪させる 国内会議

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2018年10月  日本小腸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における癌性疼痛に対するヒドロモルフォンの使用経験 国内会議

    平良 高一, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小腸内視鏡の新たな展開 小腸バルーン内視鏡を用いたヒト消化管細菌叢の検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全腸内細菌叢における性差の検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌  2018年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OGIB症例に対する再検小腸内視鏡検査の有用性 高齢者における検討を加えて 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 大谷 恒史, 島田 直, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本高齢消化器病学会誌  2018年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 感染診断法の現状と将来 健診でのH.pylori抗体の陰性高値例の実態と胃炎の京都分類による感染診断の有用性 国内会議

    大谷 恒史, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 田中 史生, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2018年05月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期胃癌ESD後ヘリコバクター・ピロリ除菌治療の有用性の検討 国内会議

    中田 理恵子, 永見 康明, 坂井 大志, 灘谷 祐二, 福永 周生, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2018年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • H.pylori除菌前後の変化に注目した胃細菌叢についての検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 島田 直, 大谷 恒史, 平良 高一, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    胃病態機能研究会誌  2018年02月  (株)勁草書房コミュニケーション事業部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬剤性消化管障害の診断・治療の課題 NSAIDs・低用量アスピリン服用中に発症したOGIBの長期予後 単施設後ろ向き研究 国内会議

    島田 直, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2018年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NLRP3インフラマソームはオキサゾロン腸炎に対して防御的に働く 国内会議

    鋳谷 成弘, 杉村 直毅, 島田 直, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 細見 周平, 永見 康明, 田中 史生, 平良 高一, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化管学会雑誌  2018年02月  (一社)日本消化管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GASTRIC MICROBIOTA ALTERNATION FOLLOWING ERADICATION OF H.PYLORI 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Shimada S, Otani K, Taira K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T,Fujiwara Y

    UEG Week Vienna 2018 (Vienna)  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NSAIDs・低用量アスピリン服用中に発症したOGIBの長期予後;単施設後ろ向き研究 Long-term prognosis of patients on NSAIDs and/or low-dose aspirin who developed obscure gastrointestinal bleeding: A retrospective study in a single institution 国内会議

    島田 直、渡辺 俊雄、灘谷 祐二、大谷 恒史、細見 周平、 田中 史生、永見 康明、  鎌田 紀子、平良 高一、山上 博一、谷川 徹也、藤原 靖弘

    第14回日本消化管学会総会学術集会(東京) ワークショップ10-1 薬剤性消化管傷害の診断、治療の課題  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • H. pylori 除菌前後の変化に注目した胃細菌叢についての検討 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、島田 直、大谷 恒史、平良 高一、細見 周平、永見 康明、田中 史生、鎌田 紀子、山上 博一、谷川 徹也、藤原 靖弘

    第50回胃病態機能研究会 主題 1-1 Young Investigator Session「酸関連疾患をめぐる諸問題」  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • NLRP3 InflammasomeはIL-1βを介して5-Fluorouracil(5-FU)起因性小腸粘膜傷害を増悪させる 国内会議

    中田 晃暢、灘谷 祐二、渡辺 俊雄、藤原 靖弘

    第56回日本小腸学会学術集会 (東京) シンポジウム2「小腸に対する基礎研究からのアプローチ」  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 小腸バルーン内視鏡を用いたヒト消化管細菌叢の検討 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、藤原 靖弘

    JDDW2018 (神戸)第60回 日本消化器病学会大会 シンポジウム2 小腸内視鏡の新たな展開  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 5-Fluorouracil(5-FU)起因性小腸粘膜傷害におけるinflammasomeの役割 国内会議

    中田 晃暢、灘谷 祐二、大谷 恒史、谷川 徹也、渡辺 俊雄、藤原 靖弘

    第46回日本潰瘍学会(名古屋)ワークショップ I「消化管粘膜障害・修復研究の最前線」  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Helicobacter pylori除菌によるヒト胃細菌叢の変化の検討 国内会議

    小阪 聡、灘谷 祐二、渡辺 俊雄、松本 侑士、中田 晃暢、大谷 恒史、谷川 徹也、藤原 靖弘

    第46回日本潰瘍学会(名古屋)シンポジウムⅠ「Helicobacter pylori除菌治療後の諸問題」  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 当科で経験した輪状潰瘍を呈した好酸球性胃腸炎の検討 国内会議

    松本 侑士、灘谷 祐二、渡辺 俊雄、小阪 聡、中田 晃暢、大谷 恒史、谷川 徹也、藤原 靖弘

    第46回日本潰瘍学会(名古屋)ワークショップⅡ 「診断・治療に難渋した消化器潰瘍性疾患:明日の実臨床へのメッセージ」  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • GASTRIC MICROBIOTA ALTERNATION FOLLOWING ERADICATION OF H.PYLORI 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Shimada S, Otani K, Taira K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T,Fujiwara Y

    The 119th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Role of Inflammasome in 5-Fu Induced Small Intestinal Mucositis 国際会議

    Nakata A, Nadatani Y, Watanabe T, Shimada S, Higashimori A, Otani K, Taira K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T,Fujiwara Y

    The 119th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Association of Endothelial Dysfunction with the Development of Atrophic Gastritis 国際会議

    Otani K, Watanabe T, Shimada S, Higashimori A, Iwakura N, Nadatani Y, Taira K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T,Fujiwara Y

    The 119th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Changes in Clock Genes Expression of the Esophagus in a Rat Reflux Esophagitis Model 国際会議

    Hasimoto A, Uemura R, Sawada A, Nadatani Y, Taira K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanebe T, Fujiwara Y

    The 119th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Inflammasome-Derived Interleukin-1β Attenuates Stress-Induced Gastric Injury 国際会議

    Higasimori A, Watanabe T, Nadatani Y, Taira K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Watanebe T, Fujiwara Y

    The 119th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NLRP3 InflammasomeはIL-1<i>β</i>を介して5-Fluorouracil(5-FU)起因性小腸粘膜傷害を増悪させる 国内会議

    中田 晃暢, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2018年  日本小腸学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>【背景】</p><p>NLRP3 InflammasomeはNLRP3およびpro-Caspase-1,ASCから構成され,Caspase-1を介してpro-IL-1<i>β</i>・pro-IL-18を活性型に変換することで炎症を惹起する.5-FUは炎症性サイトカイン上昇を伴う小腸粘膜傷害を惹起することが知られているが,NLRP3 Inflammasomeの5-FU起因性小腸粘膜傷害における役割は現在明らかではない.</p><p>【目的】</p><p>5-FU起因性小腸粘膜傷害におけるNLRP3 Inflammasomeの役割を明らかにする.</p><p>【方法】</p><p>小腸粘膜傷害は雄性C57BL/6J Wild Type,Caspase-1<sup>-/-</sup>,NLRP3<sup>-/-</sup>マウスに5-FUを腹腔内投与(500mg/kg) することによって惹起した.同モデルマウスにCaspase-1阻害薬(Ac-YVAD-CMK;1 mgまたは10 mg/kg/日)またはVehicleを,5-FU投与から3日間,腹腔内投与した.</p><p>Recombinant IL-1<i>β</i>(0.1 ngまたは1 ng/kg/日)またはVehicleは5-FU投与翌日から2日間投与した.炎症性サイトカイン・Inflammasome関連分子のmRNA発現をリアルタイムRT-PCR,蛋白質発現量をウェスタンブロッティングによって評価した.</p><p>【結果】</p><p>下痢は1日目から発生した.体重減少は5-FU投与後4日目に最大となり,7日目にかけて回復した.組織学的に絨毛高/陰窩の比は5-FU投与により減少した.5-FU投与によってTNF-<i>α</i>およびKCのmRNA発現量,Caspase-1のmRNAと活性型蛋白質の発現量は増加し,IL-1<i>β</i>のmRNAと活性型蛋白質の発現量も増加した.Ac-YVAD-cmkの投与,各ノックアウトマウスでは炎症性サイトカインのmRNA発現量が減少するとともに,小腸粘膜傷害は軽減した.IL-1<i>β</i>の投与で炎症性サイトカインのmRNA発現量が増加し,小腸粘膜傷害は増悪した.5-FU投与はNLRP3 Inflammasome下流シグナルの活性化と小腸粘膜傷害を惹起し,Caspase-1,NLRP3の阻害は小腸粘膜傷害を抑制した一方,IL-1<i>β</i>の投与はそれを増悪させた.</p><p>【結語】</p><p>NLRP3 InflammasomeはIL-1<i>β</i>を介して5-FU起因性小腸粘膜傷害を増悪すると考えられた.</p>

    DOI: 10.32264/shocho.2.0_32

    CiNii Article

  • 当科における切除不能膵癌に対するmodified FOLFIRINOX療法の治療成績 国内会議

    前田 夏美, 平良 高一, 平野 慎二, 渡部 公彦, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 福永 周生, 細見 周平, 田中 史生, 平田 直人, 永見 康明, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 町田 浩久, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2017年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヘリコバクター属Gut Microbiome ヘリコバクター・ピロリ感染の影響を含めたヒト胃細菌叢の検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 大谷 恒史, 谷川 徹也, 藤原 靖弘

    日本ヘリコバクター学会学術集会プログラム・抄録集  2017年06月  (一社)日本ヘリコバクター学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 正常膵管径患者における膵管ガイドワイヤー法のERCP後膵炎に対するリスクについて 国内会議

    垣谷 有紀, 斯波 将次, 田上 光治郎, 木下 陽亮, 林 克平, 丸山 紘嗣, 加藤 邦洋, 灘谷 祐二, 細見 周平, 湯川 知洋, 杉森 聖司, 大谷 恒史, 平良 高一, 田中 史生, 永見 康明, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2017年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内視鏡を用いた腸内微生物叢へのアプローチ 上部消化管内視鏡を用いた胃マイクロバイオームの検討 H.pylori除菌による変化の検討を含めて 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    Gastroenterological Endoscopy  2017年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腸内細菌からみた消化器疾患の病態解析 基礎と臨床 新規プロトンポンプ阻害薬ボナプラザン投与による小腸細菌叢の変化とNSAIDs起因性小腸傷害に対する影響の検討 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘

    日本消化器病学会雑誌  2017年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • DOES DISCONTINUATION OF ANTITHROMBOTIC AGENTS AFFECT DIAGNOSTIC YIELD OF SMALL BOWEL CAPSULE ENDOSCOPY IN PATIENTS WITH OBSCURE GASTROINTESTINAL BLEEDING? 国際会議

    Watanabe T, Shimada S, Nadatani Y, Otani K,Tanaka F,Nagami Y, Kamata N, Yamagami H,Tanigawa T,Shibatoge M,Miyazaki T, Nakamura S,Fujiwara Y

    UEG Week Balcerona 2017 (Spain)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 16S rRNA解析によるプロトンポンプ阻害薬投与後の小腸細菌叢の変化とNSAIDs起因性小腸傷害に与える影響の検討 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺俊雄、杉村直毅、島田直、大谷恒史、谷川徹也、永見康明、田中史生、鎌田紀子、斯波将次、山上博一、富永和作、藤原靖弘

    第13回日本消化管学会総会学術集会(名古屋) ワークショップ  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Roles of innate immune system in mice small intestinal ischemia-reperfusion injury  国内会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Otani K, Tanigawa T, Fujiwara Y

    第42回日本微小循環学会総会シンポジウム(富山)(2)「消化器と微小循環:消化管粘膜傷害、虚血、出血、消化管運動の面から  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 新規プロトンポンプ阻害薬ボノプラザン投与による小腸細菌叢の変化とNSAIDs起因性小腸傷害に対する影響の検討 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺俊雄、藤原靖弘

    第103回日本消化器病学会総会(東京)シンポジウム3(腸内細菌叢からみた消化器疾患の病態解析-基礎と臨床-)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 上部消化管内視鏡を用いた胃マイクロバイオームの検討ーH.pylori除菌による変化の検討を含めてー 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺俊雄、藤原靖弘

    第93回日本消化器内視鏡学会総会(大阪)ワークショップ5 (内視鏡を用いた腸内細菌叢へのアプローチ)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • ヘリコバクター・ピロリ感染の影響を含めたヒト胃細菌叢の検討 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、大谷 恒史、谷川 徹也、藤原 靖弘

    第23回日本ヘリコバクター学会学術集会ワークショップ(ヘリコバクター属とGut Microbiome)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • PPIによる腸内細菌叢の変化はNSAIDs小腸傷害を増悪させる 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、大谷 恒史、谷川 徹也、藤原 靖弘

    第45回日本潰瘍学会(京都) シンポジウムⅡ 「消化管炎症と腸内細菌:基礎と臨床の接点」  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • NSAIDs起因性小腸傷害におけるNLRP3インフラマソームの役割の検討 国内会議

    灘谷祐二、渡辺俊雄、大谷恒史、谷川徹也、藤原靖弘

    第55回日本小腸学会学術集会 シンポジウム1 「薬剤性小腸傷害の現状と新たな知見」  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • VONOPRAZAN, A NOVEL ACTIVE POTASSIUM-COMPETITIVE ACID BLOCKER, AND RABEPRAZOLE INDUCE SMALL INTESTINAL DYSBIOSIS AND EXACERBATE THE NON-STEROIDAL ANTI-INFLAMMATORY DRUG-INDUCED SMALL INTESTINAL ENTEROPATHY 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Sugimura N, Shimada S, Tanigawa T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Shiba M, Fujiwara, Y

    UEG Week barcelona 2017  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • ISOLIQUIRITIGENIN, A FLAVONOID COMPONENT OF LICORICE, ACCELERATE HEALING OF GASTRIC ULCER THROUGH INHIBITION OF NLRP3 INFLAMMASOME ACTIVATION 国際会議

    Tanigawa T, Nadatani Y, Shimada S, Sugimura N, Itani S, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Shiba M, Tominaga K, Watanabe T, Arakawa T, Fujiwara, Y

    The 118th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • INVOLVEMENT OF GLIADIN, A COMPONENT OF WHEAT GLUTEN, IN INCREASED INTESTINAL PERMEABILITY LEADING TO NONSTEROIDAL ANTI-INFLAMMATORY DRUG-INDUCED SMALL INTESTINAL DAMAGE 国際会議

    Shimada S, Tanigawa T, Watanabe T, Nadatani Y, Sugimura N, Itani S, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Shiba M, Tominaga K, Arakawa T, Fujiwara, Y

    The 118th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • VONOPRAZAN, A NOVEL ACTIVE POTASSIUM-COMPETITIVE ACID BLOCKER, AND RABEPRAZOLE INDUCE SMALL INTESTINAL DYSBIOSIS AND EXACERBATE THE NON-STEROIDAL ANTI-INFLAMMATORY DRUG-INDUCED SMALL INTESTINAL ENTEROPATHY 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Sugimura N, Shimada S, Tanigawa T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Shiba M, Fujiwara, Y

    The 118th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • DIFFERENCES IN CLINICAL AND ENDOSCOPIC FEATURES BETWEEN EOSINOPHILIC ESOPHAGITIS AND PROTON PUMP INHIBITOR-RESPONSIVE ESOPHAGEAL EOSINOPHILIA IN JAPAN 国際会議

    Hashimoto A, Sugawa T, Nadatani Y, Sawada A, Uemura R,Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Shiba M, Tanigawa T, Watanabe T, Fujiwara, Y

    The 118th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Does Discontinuation of Antithrombotic Agents Affect Diagnostic Yield of Small Bowel Capsule Endoscopy in Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding? 国際会議

    Watanabe T, Shimada S, Nadatani Y, Tanigawa T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Shiba M, Fujiwara, Y

    The 118th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Usefulness of Small Intestinal Reexamination for Patients With Obscure Gastrointestinal Bleeding With Negative Capsule Endoscopy Findings: Comparison of Balloon-Assisted Enteroscopy and Capsule Endoscopy 国際会議

    Otani K, Watanabe T, Shiba M, Sugimura N, Itani S, Shimada S, Nadatani Y, Tanigawa T, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Taira K, Yamagami H, Fujiwara, Y

    The 118th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 甘草有効成分イソリクイリチゲニンの実験胃潰瘍治癒促進効果 国内会議

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 島田 直, 東森 啓, 大谷 恒史, 田中 史生, 永見 康明, 鎌田 紀子, 平良 高一, 山上 博一, 斯波 将次, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    日本臨床中医薬学会学術大会プログラム・抄録集  2016年10月  日本臨床中医薬学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NLRP3 Inflammasome Ameliorates Ulcerative Colitis via Shifting Immune System to Th1 国際会議

    Itani S, Watanabe T, Nadatani Y, Naoki Sugimura, Shimada S, Takeda S, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 117th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • コルヒチンのNLRP3インフラマソーム活性化抑制を介したNSAIDs起因性小腸傷害への予防効果 国内会議

    大谷 恒史、渡辺 俊雄、島田 直、武田 翔伍、鋳谷 成弘、東森 啓、灘谷 祐二、谷川 徹也、富永 和作、藤原 靖弘、荒川 哲男

    第34回サイトプロテクション研究会 (京都)  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • レバミピドは非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害に対して、傷害抑制的な小腸フローラを形成する 国内会議

    大谷 恒史、谷川 徹也、渡辺 俊雄、武田 翔伍、東森 啓、島田 直、灘谷 祐二、永見 康明、田中 史生、鎌田 紀子、山上 博一、斯波 将次、富永 和作、藤原 靖弘、荒川 哲男

    第12回日本消化管学会総会学術集会(東京)ワークショップ  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 原因不明の消化管出血患者に対して施行したカプセル内視鏡検査での陽性所見検出率に関連する因子の検討;単独施設後ろ向き研究 国内会議

    島田 直、渡辺 俊雄、灘谷 祐二、武田 翔伍、大谷 恒史、田中 史生、永見 康明、鎌田 紀子、山上 博一、谷川 徹也、斯波 将次、富永 和作、藤原 靖弘、荒川 哲男

    第12回日本消化管学会総会学術集会(東京)コアシンポジウム  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • ヒト胃マイクロバイオームの検討―H.pylori 除菌による変化の検討を含めて― 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、武田 翔伍、島田 直、大谷 恒史、谷川 徹也、永見 康明、田中 史生、鎌田 紀子、斯波 将次、山上 博一、富永 和作、藤原 靖弘

    第53回消化器免疫学会総会(大阪)シンポジウム  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • The preventive effect of colchicine on non-steroidal anti-inflammatory drugs-induced small intestinal injury. 国際会議

    Otani K, Watanabe T, Takeda S, Itani S, Higashimori A, Nadatani Y, Shimada S, Tanigawa T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    IMKASID 2016 (Seoul, Korea) Best Abstract resentation  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Inflammasome-Mediated Caspase-1 Activation Inhibit Gastric Ulcer Healing 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Itani S, Shimada S, Otani K, Nagami Y, Tanaka F, Kamata N, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 117th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Isoliquiritigenin, a Flavonoid Component of Licorice, Prevents Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug-Induced Small Intestinal Injury Through Inhibition of NLRP3 Inflammasome Activation 国際会議

    Tanigawa T, Watanabe T, Shimada S, Nadatani Y, Takeda S, Naoki Sugimura, Otani K, Higashimori A, Tanaka F, Nagami Y, Kamata N, Yamagami H, Shiba M, Tominaga K, Fujiwara Y, Shiro Nakamura, Arakawa T

    The 117th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 胃癌におけるprostaglandin transporterの発現低下は腫瘍血管新生亢進を介した予後不良因子である 国内会議

    武田 翔伍, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 達脇 大, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 永見 康明, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 斯波 将次, 富永 和作, 藤原 靖弘, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖, 荒川 哲男

    日本消化器病学会雑誌  2015年09月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • プロペンシティスコアマッチング解析を用いた非ステロイド系抗炎症薬服用関節リウマチ患者の小腸傷害と高年齢との関連性の検討 国内会議

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 斯波 将次, 灘谷 祐二, 永見 康明, 杉森 聖司, 田中 史生, 鎌田 紀子, 山上 博一, 富永 和作, 藤原 靖弘, 小池 達也, 荒川 哲男

    日本高齢消化器病学会誌  2015年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NSAIDs起因性消化管傷害におけるHigh Mobility Group Box 1の関与についての検討 国内会議

    大谷 恒史, 灘谷 祐二, 渡辺 俊雄

    日本消化器病学会雑誌  2015年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Reduced Expression of Prostaglandin Transporter Promotes Angiogenesis in Gastric Cancer 国際会議

    Takeda, S; Tanigawa, T; Watanabe, T; Tatsuwaki, H; Nadatani, Y; Otani, K; Tanaka, F; Kamata, N; Yamagami, H ; Shiba, M; Tominaga, K; Fujiwara, ; Muguruma, K; Hirakawa, K; Arakawa, T

    The 116th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • In Barrett’s Epithelial Cells, Lipopolysaccharide (LPS) Induces TLR4 Signaling with Activation of the NLRP3 Inflammasome, Pro-Inflammatory Cytokine Secretion, and Pyroptosis: A Potential Role for the Esophageal Microbiome in Barrett’s Carcinogenesis 国際会議

    Nadatani Y, Huo XF, Zhang X, Yu CH, Zhang QY, Cheng E, Watanabe T, Fujiwara Y, Wang DH, Arakawa T, Spechler SJ, Souza RF

    The 116th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • A STAT6 Inhibitor (AS1517499) and a Tyrosine Kinase Inhibitor (Leflunomide) Block IL-13/STAT6 Signaling and Eotaxin-3 Expression in Esophageal Fibroblasts and Epithelial Cells: Promising Agents to Improve Inflammation and Prevent Fibrostenosis in EoE 国際会議

    Cheng, E; Zhang, X; Huo, XF; Yu, CH ; Zhang, QY; Nadatani, Y; Tamagawa, Y; Ding, PG; Wang, DH; Pham, TH; Dunbar, KB; Spechler, SJ; Souza, RF

    The 116th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Down-Regulation of Degradation System of Prostaglandin, 15-Hydroxyprostaglandin Dehydrogenase and Prostaglandin Transporter, in Gastric Ulcer Healing 国際会議

    Tanigawa, T; Watanabe, T; Takeda, S ; Higashimori, A; Shimada, S; Nadatani, Y; Otani, K; Tanaka, F; Kamata, N; Yamagami, H; Shiba, M; Tominaga, K ; Fujiwara, Y; Arakawa, T

    The 116th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • In Non-Neoplastic Barrett's Epithelial Cells, Acid and Bile Salts Activate VEGF Signaling to Induce Epithelial Mesenchymal Transition Through ZEB2, a Transcriptional Repressor of E-Cadherin 国際会議

    Zhang, QY; Zhang, X; Yu, CH; Huo, XF ; Nadatani, Y; Pham, TH; Cheng, E; Bajpai, M; Das, KM; Wang, DH; Spechler, SJ; Souza, RF

    The 116th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Omeprazole and Fluticasone Inhibit IL-13-Stimulated Eotaxin-3 Expression by Esophageal Epithelial Cells Through Different Mechanisms and With Additive Effects: Rationale for Combining PPIs With Topical Steroids for EoE Patients 国際会議

    Zhang, X; Huo, XF; Yu, CH; Zhang, QY ; Nadatani, Y; Tamagawa, Y; Ding, PG ; Wang, DH; Pham, TH; Dunbar, KB ; Spechler, SJ; Souza, RF; Cheng, E

    The 116th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • MECHANISMS OF ACTIVATION OF THE NLRP3 INFLAMMASOME AND ITS ROLE IN NSAID-INDUCED SMALL INTESTINAL DAMAGE 国際会議

    Watanabe T, Higashimori A, Nadatani Y, Tanigawa T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T.

    The 15th International Conference on Ulcer Research(Otawa)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Preventive Effect of Rebamipide of Indomethacin-Induced Small Intestinal Injury: Possible Involvement of Modulation of Bacterial Flora via Upregulation of alpha-Defensin 5 国際会議

    Tanigawa, T; Otani, K; Watanabe, T; Nadatani, Y; Yamagami, H; Shiba, M; Watanabe, K; Tominaga, K; Fujiwara, Y; Arakawa, T

    The 15th International Conference on Ulcer Research(Otawa)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Colchicine Prevents NSAIDs-Induced Small Intestinal Injury Through Inhibition of NLRP3 Inflammasome Activation 国際会議

    Otani, K ; Watanabe, T ; Takeda, S ; Shimada, S; Higashimori, A ; Nadatani, Y ; Tanaka, F; Kamata, N; Yamagami, H; Tanigawa, T; Shiba, M ; Tominaga, K; Fujiwara, Y; Arakawa, T

    The 116th Annual Meeting of the AGA (Washington)  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NON-STEROIDAL ANTI-INFLAMMATORY DRUGS INJURE THE SMALL INTESTINE THROUGH NLRP3 INFLAMMASOME ACTIVATION 国際会議

    Watanabe T,Higashimori A,Nadatani Y, Tominaga K, Fujiwara Y,Arakawa T

    UEG Week Vienna 2014 (Austria)  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NSAIDsによる重症小腸傷害のリスクファクターについての臨床的検討 国内会議

    大谷 恒史、灘谷 祐二、渡辺 俊雄

    第101回日本消化器病学会近畿支部例会 (大阪)【シンポジウム:NSAIDs/LDAによる薬剤性消化管障害】  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Helicobacter pylori誘発胃炎におけるToll-like receptor 9の意義 国内会議

    大谷 恒史、渡辺 俊雄、谷川 徹也、灘谷 祐二、田中 史生、鎌田 紀子、山上 博一、斯波 将次、富永 和作、藤原 靖弘、荒川 哲男

    第20回日本ヘリコバクター学会総会 (東京)【ワークショップ:H. pylori研究の最前線】  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Hot topics in small intestinal diseases: Non-steroidal anti-inflammatory drugs injure the small intestine through NLRP3 inflammasome activation 国際会議

    Watanabe T, Higashimori A, , Nadatani Y, Tanigawa T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    22nd United European Gastroenterology Week (Vienna)  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs Injure the Small Intestine Through NLRP3 Inflammasome Activation 国際会議

    Higashimori, A; Watanabe, T; Nadatani, Y; Takeda, S; Tanigawa, T ; Yamagami, H; Shiba, M; Watanabe, K ; Tominaga, K; Fujiwara, Y; Arakawa, T

    The 114th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Reduced Expression of Prostaglandin Transporter is an Independent Predictor of Poor Prognosis in Gastric Adenocarcinoma Associated With Tumor Angiogenesis 国際会議

    Takeda, S; Tanigawa, T; Watanabe, T; Tatsuwaki, H; Nadatani, Y; Yamagami, H; Shiba, M; Tominaga, K; Muguruma, K ; Hirakawa, K; Arakawa, T

    The 114th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Rebamipide Inhibits Indomethacin-Induced Experimental Small Intestinal Injury and the Exacerbation of the Injury Induced by Proton Pump Inhibitor: Possible Involvement of Intestinal Microbiota Modulation by Rebamipide 国際会議

    Tanigawa, T; Watanabe, T; Higashimori, A; Takeda, S; Nadatani, Y; Otani, K; Yamagami, H; Shiba, M ; Watanabe, K; Tominaga, K; Fujiwara, Y ; Arakawa, T

    The 114th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 胃粘膜下層剥離術(ESD)によって診断しえた胃顆粒細胞腫の1例 国内会議

    山村 匡史, 氷見 康明, 灘谷 祐二, 大林 倫子, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 大南 雅揮, 福永 周生, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy  2013年09月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における十二指腸静脈瘤18例の検討 国内会議

    大南 雅揮, 斯波 将次, 藤原 靖弘, 大林 倫子, 岡本 純一, 加藤 邦弘, 灘谷 祐二, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy  2013年09月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者におけるNSAIDs、低用量アスピリンによる消化管傷害の現状と対策 抗血小板・抗凝固療法施行患者における上部消化管粘膜傷害とリスク別にみた酸分泌抑制剤および粘膜防御製剤の効果 国内会議

    谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二

    日本高齢消化器病学会誌  2013年07月  (NPO)日本高齢消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃病態研究への基礎と臨床からのアプローチ インドメタシン起因性胃傷害におけるHigh Mobility Group Box 1の意義 国内会議

    東森 啓, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 谷川 徹也, 武田 翔伍, 大谷 恒史, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    胃病態機能研究会誌  2013年07月  (株)勁草書房コミュニケーション事業部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NBI、EUSによる食道癌深達度診断上乗せ効果と誤診の要因 国内会議

    大南 雅揮, 永見 康明, 斯波 将次, 大林 倫子, 岡本 純一, 加藤 邦洋, 灘谷 祐二, 福永 周生, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy  2013年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Reduction of NSAID-induced enteropathy in rheumatoid arthritis patients receiving anti-tumor necrosis factor therapy: A propensity-matched analysis 国際会議

    Watanabe T, Tanigawa T, Shiba M, Nadatani Y. Nagami Y, Sugimori S, Tominaga K,Fujiwara Y, Arakawa T

    The 21th United European Gastroenterogy week (Berlin)   2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 胃潰瘍治癒過程におけるHigh Mobility Group Box 1の役割の検討 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、谷川 徹也、大川 文一、大谷 恒史、富永 和作、藤原 靖弘、竹内 孝治、荒川 哲男

    第37回サイトプロテクション研究会(京都)  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Ethyl Pyruvate Ameliorates the Gastric Damage Induced by Nonsteroidal Anti-Inflammatory Drugs 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Tanigawa T, Sogawa M, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 114th Annual Meeting of the AGA (Orland)  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • The Role of Autophagy in Gastric Epithelial Cell Restitution and Reepithelialization in Gastric Ulcer Healing 国際会議

    Tanigawa T, Watanabe T, Otani K, Nadatani Y, Takeda S, Higashimori A, Sogawa M, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 114th Annual Meeting of the AGA (Orland)  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Reduction of NSAID-induced small intestinal damage in rheumatoid arthritis patients receiving anti-tumor necrosis factor therapy: A cohort study and propensity-matched analysis 国際会議

    Watanabe T, Tanigawa T, Shiba M, Nadatani Y, Nagami Y, Satoshi Sugimori, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Tatsuya Koike, Arakawa T

    The 114th Annual Meeting of the AGA (Orland)  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Overexpression of Prostaglandin Transporter Is Associated With Differentiation in Gastric Adenocarcinoma 国際会議

    Takeda, S; Tanigawa, T; Watanabe, T ; Tatsuwaki, H; Nadatani, Y; Otani, K; Sogawa, M; Yamagami, H; Shiba, M ; Watanabe, K; Tominaga, K ; Fujiwara, Y; Muguruma, K; Hirakawa, K; Arakawa, T

    The 114th Annual Meeting of the AGA (Orland)  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • High-Mobility Group Box 1はTLR4を介してNSAIDs起因性小腸傷害を悪化させる 国内会議

    灘谷 祐二

    The GI Forefront  2012年12月  (株)メディカルレビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃病態機能研究の新たな展開 消化管粘膜修復過程におけるオートファジーの意義 国内会議

    武田 翔伍, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    胃病態機能研究会誌  2012年07月  (株)勁草書房コミュニケーション事業部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • NSAIDs、LDAによる小腸粘膜傷害 関節リウマチ患者における非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害発症の危険因子の検討 国内会議

    灘谷 祐二, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2012年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における食道ESDの鎮静・鎮痛法の検討 国内会議

    大南 雅揮, 町田 浩久, 富永 和作, 大林 倫子, 岡本 純一, 南野 弘明, 灘谷 祐二, 中山 佐容子, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 岡崎 博俊, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

    Gastroenterological Endoscopy  2012年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prevalence and risk factors of severe non-steroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage in patients with rheumatoid arthritis 国際会議

    Watanabe T, Tanigawa T, Nadatani Y, Nagami Y, Sugimori S, Okazaki H, Machida H, Yamagami H,Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Koike T, Arakawa T

    The 113th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 関節リウマチ患者における非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害発症の危険因子の検討 国内会議

    灘谷 祐二、谷川 徹也、渡辺 俊雄

    第83回 日本消化器内視鏡学会総会(東京)ワークショップ  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • High-mobility Group Box1 Promotes Nonsteroidal Anti-inflammatory Drug-induced Small Intestinal Damage 国際会議

    Nadatani Y; Watanabe T; Tanigawa T; Otani K; Machida H; Okazaki H; Yamagami H; Watanabe K; Tominaga K; Fujiwara Y; Arakawa T

    7th International Symposium on Cell/Tissue Injury and Cytoprotection/Organo-protection (Honolulu)  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • High-mobility Group Box1 Promotes Nonsteroidal Anti-inflammatory Drug-induced Small Intestinal Damage 国際会議

    Nadatani Y; Watanabe T; Tanigawa T; Otani K; Machida H; Okazaki H; Yamagami H; Watanabe K; Tominaga K; Fujiwara Y; Arakawa T

    The 14th International Conference on Ulcer Research (Tokyo)  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Activation of the MyD88 signaling pathway inhibits ischemia-reperfusion injury in the small intestine 国際会議

    Watanabe T, Kobata A ,Tanigawa T, Yuji Nadatani,Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Takeuchi K, Arakawa T

    国際薬理学会(IUPHAR)GIサテライト会議(Tokyo)  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Activation of the MyD88 signaling pathway inhibits ischemia-reperfusion injury in the small intestine 国際会議

    Watanabe T, Kobata A,Tanigawa T, Yuji Nadatani,Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Takeuchi K, Arakawa T

    7th International Symposium on Cell/Tissue Injury and Cytoprotection/Organo-protection (Honolulu)  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • High-mobility Group Box1 Promotes Nonsteroidal Anti-inflammatory Drug-induced Small Intestinal Damage by Intracellular Signal Transduction Activation 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Tanigawa T, Otani K, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 113th Annual Meeting of the AGA (San Diego)  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • NSAIDs腸病変の新たな展開 非ステロイド系抗炎症薬および低用量アスピリン長期服用者における小腸傷害発生部位の検討 国内会議

    谷川 徹也, 灘谷 祐二, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2011年09月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 遺伝子、シグナルの異常と胃疾患との病態相関 TLR/RAGE受容体シグナルからみた胃潰瘍治癒過程におけるHMGB1の意義 国内会議

    灘谷 祐二, 渡辺 俊雄, 谷川 徹也, 大川 文一, 大谷 恒史, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 竹内 孝治, 荒川 哲男

    胃病態機能研究会誌  2011年07月  (株)勁草書房コミュニケーション事業部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗血小板療法による消化管傷害 抗血小板・抗凝固薬療法施行患者における上部消化管粘膜傷害発生率とリスク別にみた酸分泌抑制剤および粘膜防御製剤の効果 国内会議

    谷川 徹也, 灘谷 祐二, 渡辺 俊雄

    日本消化器病学会雑誌  2011年03月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 関節リウマチ患者における非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害の臨床背景因子の検討 国内会議

    灘谷 祐二, 谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 永見 康明, 杉森 聖司, 亀田 夏彦, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 山上 博一, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 小池 達也, 荒川 哲男

    栄養-評価と治療  2011年02月  (株)メディカルレビュー社

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Risk and Protective Factors Associated With Non-Steroidal Antiinflammatory Drug-Induced Small Intestinal Injury in Patients With Rheumatoid Arthritis 国際会議

    Tanigawa, T; Watanabe, T; Nadatani, Y ; Otani, K; Nagami, Y; Sugimori, S; Kameda, N; Okazaki, H; Machida, H ; Yamagami, H; Watanabe, K; Tominaga, K; Fujiwara, Y; Koike, T; Arakawa, T

    The 112th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • High Mobility Group Box 1はNSAIDs起因性小腸傷害の発症に関与する 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺俊雄、谷川徹也、大谷恒史、町田浩久、岡崎博俊、山上博一、渡辺憲治、富永和作、藤原靖弘、荒川哲男

    第35回サイトプロテクション研究会(京都)  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • TLR/RAGE受容体シグナルからみた胃潰瘍治癒過程におけるHMGB1の意義 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、谷川 徹也、大川 文一、大谷 恒史、町田 浩久、岡崎 博俊、山上 博一、渡辺 憲治、富永 和作、藤原靖弘、竹内 孝治、荒川 哲男

    第43回胃病態機能研究会(大阪)Young World シンポジウム  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • High Mobility Group Box 1はNSAIDs起因性小腸傷害の誘発因子である 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺俊雄、谷川徹也、町田浩久、岡崎博俊、山上博一、渡辺憲治、富永和作、藤原靖弘

    第7回日本消化管学会総会学術集会(京都)  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 経皮的冠動脈形成術後の消化管出血に関する検討 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、谷川 徹也、大谷 恒史、町田 浩久、岡崎 博俊、山上 博一、渡辺 憲治、富永 和作、藤原 靖弘、荒川 哲男

    第39回日本潰瘍学会(つくば)シンポジウム  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 胃潰瘍治癒過程におけるHMGB1の意義 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺 俊雄、谷川 徹也、大川 文一、大谷 恒史、町田 浩久、岡崎 博俊、山上 博一、渡辺 憲治、富永 和作、藤原靖弘、竹内 孝治、荒川 哲男

    第8回日本消化管学会総会学術集会(仙台)  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • High-mobility group box1 delay healing of gastric ulcer in mice 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Tanigawa T, Ohkawa F, Otani K, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 112th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Toll-Like Receptor 9 Signaling Has Anti-Inflammatory Effects on the Early Phase of Helicobacter pylori-Induced Gastritis 国際会議

    Otani, K; Watanabe, T; Tanigawa, T; Nadatani Y; Machida, H; Okazaki, H; Yamagani, H; Watanabe, K; Tominaga, K; Fujiwara, Y; Arakawa, T

    The 112th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Rebamipide Inhibits Indomethacin-Induced Small Intestinal Injury: Possible Involvement of the Modulation of Bacterial Flora Through Defensin Upregulation 国際会議

    Otani K, Tanigawa T, Watanabe T, Nadatani Y, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 112th Annual Meeting of the AGA (Chicago)  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 薬剤起因性小腸病変を巡って 現状と対策 非ステロイド系抗炎症薬服用関節リウマチ患者における小腸傷害の臨床背景因子の検討 国内会議

    谷川 徹也, 灘谷 祐二, 渡辺 俊雄

    Gastroenterological Endoscopy  2010年09月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Autophagy promotes gastric ulcer healing 国際会議

    Tanigawa T, Watanabe T, Nadatani Y, Otani K, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 111th Annual Meeting of the AGA (New Orleans)  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 関節リウマチ患者における非ステロイド系抗炎症薬起因性小腸傷害の臨床背景因子の検討 国内会議

    灘谷 祐二、谷川 徹也、渡辺 俊雄、町田浩久、岡崎博俊、山上博一、渡辺憲治、富永和作、藤原靖弘、 荒川哲男

    第48回小腸研究会(名古屋)シンポジウム  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 経皮的冠動脈形成術後における消化管出血の頻度ならびに患者背景に関する検討 国内会議

    灘谷 祐二 渡辺俊雄 荒川哲男

    第6回日本消化管学会総会学術集会(福岡)ワークショップ  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 非ステロイド系抗炎症薬誘発小腸傷害におけるhigh mobility group box 1 の意義 国内会議

    灘谷 祐二、渡辺俊雄、谷川徹也、大谷恒史、町田浩久、岡崎博俊、山上博一、渡辺憲治、富永和作、藤原靖弘、荒川哲男

    第38回日本潰瘍学会(大阪)  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • High-Mobility Group Box1: A Promoting Factor For Small Intestinal Damage Induced By Non-steroidal Anti-inflammatory Drugs 国際会議

    Nadatani Y, Watanabe T, Tanigawa T, Ohkawa F, Otani K, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T

    The 111th Annual Meeting of the AGA (New Orleans)  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 胃潰瘍治癒過程におけるプロスタグランジン代謝酵素:15-hydroxyprostaglandin dehydrogenaseの発現動態とその調節機構 国内会議

    灘谷 祐二、谷川 徹也、渡辺 俊雄、町田浩久、岡崎博俊、山上博一、渡辺憲治、富永和作、藤原靖弘、 荒川哲男

    第41回胃病態機能研究会(博多) Young World シンポジウム  2009年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 経皮的冠動脈形成術後の消化管出血に関する検討 国内会議

    灘谷祐二 渡辺俊雄 藤原靖弘

    JDDW2009 第51回日本消化器病学会大会(京都)シンポジウム  2009年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

▼全件表示

科研費

  • 放射線誘発消化管障害におけるToll様受容体9シグナルの動態解析と病態への関与

    基盤研究(C)  2019年04月

  • NSAIDs起因性小腸傷害における好中球細胞外トラップの役割と診断・治療法確立

    基盤研究(C)  2019年04月

  • 自然リンパ球からみた胃癌発生の分子生物学的機序の解明

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 腸内細菌叢解析による骨粗鬆症のメカニズム解明と新治療開発の試み

    若手研究(B)  2017年04月

  • NSAIDs起因性消化管傷害におけるインフラマソームの役割の解明と新治療法の確立

    若手研究(B)  2013年04月

奨励寄附金・助成金

  • 全消化管部位別細菌叢マッピングとそれに基づく小腸細菌叢予測モデルの作成

    大阪市立大学  2017年04月

担当授業科目

  • 臓器別講義「消化管」

    2022年度   週間授業   大学

  • 臨床病態学Ⅰ21(消化器系・運動器系)

    2019年度     大学院

国際交流活動

  • Lecture in symposium. Ningen Dock: Japan's unique comprehensive health checkup system for early detection of disease

    活動国 :ベトナム   2023年12月

その他

  • 職務経歴

    2005年04月 - 2007年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 臨床研修医

  • 職務経歴

    2008年04月 - 2012年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 医学研究科 大学院生

  • 職務経歴

    2012年04月 - 2013年06月

      詳細を見る

    大阪市立大学 医学部附属病院 前期臨床研究医

  • 職務経歴

    2015年08月 - 2016年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学 医学部附属病院 後期臨床研究医

  • 職務経歴

    2016年10月 - 2019年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 医学研究科 病院講師

  • 職務経歴

    2019年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 医学研究科 講師

▼全件表示