2024/02/05 更新

写真a

サトウ テツヤ
佐藤 哲也
SATOH Tetsuya
担当
大学院理学研究科 化学専攻 教授
理学部 化学科
職名
教授
所属
理学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

研究歴

  • 遷移金属触媒を用いる有機合成反応開発

    C-H官能基化、有機金属化学、クロスカップリング  個人研究

    1995年04月 

委員歴(学外)

  • OM News編集委員長   近畿化学協会有機金属部会  

    2024年01月 - 継続中 

  • OM News編集副委員長   近畿化学協会有機金属部会  

    2023年01月 - 2023年12月 

受賞歴

  • The top 5% of reviewers for Angewandte Chemie

    2019年03月  

  • クラリベート・アナリティクス Highly Cited Researchers 2018

    2018年11月  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • クラリベート・アナリティクス Highly Cited Researchers 2017

    2017年11月  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • 大阪市立大学教員活動表彰 研究分野

    2017年04月  

  • 長瀬研究振興賞

    2017年04月  

  • The top 5% of reviewers for Angewandte Chemie

    2017  

  • トムソンロイター Highly Cited Researchers 2016

    2016  

  • トムソンロイター Highly Cited Researchers 2015

    2015  

  • 大阪大学総長による表彰

    2015  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • GSC賞 文部科学大臣賞

    2014  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第3回大阪大学総長奨励賞

    2014  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • トムソンロイター Highly Cited Researchers 2014

    2014  

  • トムソンロイター 2012年リサーチフロントアワード

    2012  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • Thieme Chemistry Journals Award 2010

    2010  

  • 有機合成化学協会 高砂香料工業 研究企画賞

    2007  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学   大学院理学研究科   教授

    2015年04月 - 2022年03月

  • ロチェスター大学   -

    2000年 - 2001年

  • 大阪大学   -

    1995年 - 2014年

論文

▼全件表示

書籍等出版物

  • Synthesis of Fused Heterocycles via Transition-Metal-Catalyzed C-H Functionalization

    Y. Usuki, T. Satoh( 担当: 共著)

    Wiley-VCH  2022年 

     詳細を見る

    総ページ数:9999   担当ページ:in press  

  • 直接的芳香族カップリング反応の設計と応用

    佐藤 哲也( 担当: 共著)

    シーエムシー出版  2019年05月 

     詳細を見る

    総ページ数:212   担当ページ:41-53  

  • Rhodium(III)-Catalyzed Annulative Carbon–Hydrogen Bond Functionalization

    T. Satoh, M. Miura( 担当: 共著)

    Wiley-VCH  2019年 

     詳細を見る

    総ページ数:667   担当ページ:489-519  

  • Reactions Involving Elimination of CO2 and Ketones

    -( 担当: 共著)

    Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals, Wiley-VCH  2016年04月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Vinylation Using a Rhodium(III) Catalyst

    -( 担当: 共著)

    Georg Thieme•Science of Synthesis (Vol. Catalytic Transformations via C–H Activation 1)  2015年10月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Metal-Catalyzed Single Bond Construction

    T. Satoh, M. Miura( 担当: 共著)

    Wiley-VCH  2014年 

     詳細を見る

    担当ページ:1389-1426  

  • Transition-Metal-Mediated Aromatic Ring Construction

    T. Satoh, M. Miura( 担当: 共著)

    John Wiley and Sons  2013年 

     詳細を見る

    担当ページ:683-720  

  • 有機化学のためのスペクトル解析法[第2版]

    ( 担当: 単著)

    化学同人  2010年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 3価ロジウム触媒を用いる炭素-水素結合の直接誘導体化反応 招待 査読

    佐藤 哲也

    THE CHEMICAL TIMES・関東化学   ( 252 )   10 - 13   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 環境調和型脱水素クロスカップリングの新手法開発

    -

    シーエムシー出版・月刊ファインケミカル   ( 5 )   25 - 30   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Rhodium-Catalyzed Regioselective Olefination Directed by a Carboxylic Group 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   76巻, 9号, 3024-3033頁   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo200509m

  • Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling of Benzylamines with Alkynes through Dehydrogenation and Dehydrogenative Cyclization 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Lett.   40巻, 6号, 600-602頁   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1246/cl.2011.600

  • Rhodium-Catalyzed Oxidative 1:1, 1:2, and 1:4 Coupling Reactions of Phenylazoles with Internal Alkynes through the Regioselective Cleavages of Multiple C-H Bonds 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   76巻, 1号, 13-24頁   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo1021184

  • Copper-Mediated Intermolecular Direct Biaryl Coupling 査読

    佐藤 哲也

    J. Am. Chem. Soc.   133巻, 7号, 2160-2162頁   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ja111401h

  • Copper-Catalyzed Annulative Amination of ortho-Alkynylphenols with Hydroxylamines: Synthesis of 3-Aminobenzofurans by Umpolung Amination Strategy 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   13巻, 9号, 2395-2397頁   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol200651r

  • Bond Activation and Molecular Activation 査読

    SATOH Tetsuya

    Kagaku Dojin   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Ruthenium-Catalyzed Oxidative Vinylation of Heteroarene Carboxylic Acids with Alkenes via Regioselective C–H Bond Cleagave 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   13巻, 4号, 706-708頁   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol102942w

  • 不活性結合・不活性分子の活性化 査読

    佐藤 哲也

    化学同人   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Synthesis of Highly Substituted Acenes through Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling of Arylboron Reagents with Alkynes 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   in press   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo200339w

  • Synthesis of 1,4-Diarylbuta-1,3-dienes through Palladium-catalyzed Decarboxylative Coupling of Unsaturated Carboxylic Acids 査読

    佐藤 哲也

    Adv. Synth. Catal.   353巻, 4号, 631-636頁   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/adsc.201000897

  • Stereospecific Copper-Catalyzed C–H Allylation of Electron-Deficient Arenes with Allyl Phosphates 査読

    佐藤 哲也

    Angew. Chem., Int. Ed.   50巻, 13号, 2990-2994頁   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/anie.201007733

  • A New Entry of Amination Reagents for Heteroaromatic C-H Bonds: Copper-Catalyzed Direct Amination of Azoles with Chloroamines at Room Temperature 査読

    佐藤 哲也

    J. Am. Chem. Soc.   132巻, 20号, 6900-6901頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ja101939r

  • Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling/Cyclization of Benzamides with Alkynes via C-H Bond Cleavage 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Lett.   39巻, 7号, 744-746頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1246/cl.2010.744

  • Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling/Cyclization of 2-Phenylindoles with Alkynes via C-H and N-H Bond Cleavages with Air as the Oxidant 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   12巻, 9号, 2068-2071頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol100560k

  • Palladium-Catalyzed Direct Oxidative Alkenylation of Azoles 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   75巻, 15号, 5421-5424頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo101214y

  • Palladium-Catalyzed Direct Benzylation of Azoles with Benzyl Carbonates 査読

    SATOH Tetsuya

    Org. Lett.   12巻, 6号, 1360-1363頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Palladium-Catalyzed Direct Benzylation of Azoles with Benzyl Carbonates 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   12巻, 6号, 1360-1363頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Palladium- and Nickel-Catalyzed Direct Alkylation of Azoles with Unactivated Alkyl Bromides and Chlorides 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Eur. J.   16巻, 41号, 12307-12311頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/chem.201001631

  • Oxidative Nickel-Air Catalysis in C-H Arylation: Direct Cross-Coupling of Azoles with Arylboronic Acids using Air as Sole Oxidant 査読

    佐藤 哲也

    ChemCatChem   2巻, 11号, 1403-1406頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/cctc.201000223

  • Oxidative Coupling of Aromatic Substrates with Alkynes and Alkenes under Rhodium Catalysis 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Eur. J.   16巻, 37号, 11212-11222頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/chem.201001363

  • Nickel-Catalyzed Direct C-H Arylation and Alkenylation of Heteroarenes with Organosilicon Reagents 査読

    佐藤 哲也

    Angew. Chem., Int. Ed.   49巻, 12号, 2202-2205頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/anie.200906996

  • Nickel- and Copper-Catalyzed Direct Alkynylation of Azoles and Polyfluoroarenes with Terminal Alkynes under O2 or Atmospheric Conditions 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   12巻, 10号, 2358-2361頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol100699g

  • Copper-Mediated Direct Cross-Coupling of 1,3,4-Oxadiazoles and Oxazoles with Terminal Alkynes 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Eur. J.   16巻, 6号, 1772-1775頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/chem.200902916

  • Rhodium/Phosphine/Amine-HBr Catalyst System for Highly Selective Cross-Cyclodimerization of Aryl- and Alkylalkynes: Efficient Access to Multisubstituted Naphthalene Derivatives 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Eur. J.   16巻, 2号, 445-449頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/chem.200902519

  • Tranistion-Metal-Catalyzed Regioselective Arylation and Vinylation of Carboxylic Acids 査読

    佐藤 哲也

    Synthesis   20号, 3395-3409頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1055/s-0030-1258225

  • Synthesis of α,ω-Diarylbutadienes and -Hexatrienes via Decarboxylative Coupling of Cinnamic Acids with Vinyl Bromides under Palladium Catalysis 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   12巻, 3号, 592-595頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol9027896

  • Synthesis of Substituted Stilbenes via Direct Decarboxylative Coupling of Cinnamic Acids with Arylboronic Acids under Palladium Catalysis 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Lett.   39巻, 1号, 68-69頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1246/cl.2010.68

  • Synthesis of Stilbene and Distyrylbenzene Derivatives through Rhodium-Catalyzed ortho-Olefination and Decarboxylation of Benzoic Acids 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   12巻, 24号, 5776-5779頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol1027392

  • Synthesis of Naphtho[1,8-bc]pyran Derivatives and Related Compounds through Hydroxy Group Directed C-H Bond Cleavage under Rhodium Catalysis 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Asian J.   5巻, 4号, 847-851頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/asia.200900639

  • Room Temperature Direct Alkynylation of 1,3,4-Oxadiazoles with Alkynyl Bromides under Copper Catalysis 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   75巻, 5号, 1764-1766頁   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo9025622

  • Copper-Mediated Direct Arylation of 1,3,4-Oxadiazoles and 1,2,4-Triazoles with Aryl Iodides 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   11巻, 14号, 3072-3075頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol9011212

  • Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling of Aromatic Imines with Internal Alkynes via Regioselective C-H Bond Cleavage 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Commun.   34号, 5141-5143頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1039/b910198e

  • Rhodium-Catalyzed Mono- and Divinylation of 1-Phenylpyrazoles and Related Compounds via Regioselective C-H Bond Cleavage 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   74巻, 18号, 7094-7099頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo901485v

  • Rhodium-catalyzed and Coordination-assisted Regioselective Alkenylation of Aromatic C-H Bonds with Terminal Silylacetylenes 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Lett.   38巻, 2号, 118-119頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1246/cl.2009.118

  • Palladium-Catalyzed Three-Component 1:2:1 Coupling of Aryl Iodides, Alkynes, and Alkenes To Produce 1,3,5-Hexatriene Derivatives 査読

    佐藤 哲也

    Adv. Synth. Catal.   351巻, 9号, 1431-1436頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/adsc.200900096

  • Nickel-Catalyzed Direct Arylation of Azoles with Aryl Bromides 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   11巻, 8号, 1737-1740頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol900159a

  • Nickel-Catalyzed Direct Alkynylation of Azoles with Alkynyl Bromides 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   11巻, 18号, 4156-4159頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol901684h

  • Nickel-Catalyzed C-H Alkenylation and Alkylation of 1,3,4-Oxadiazoles with Alkynes and Styrenes 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   74巻, 16号, 6410-6413頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo901350j

  • Nickel- and Rhodium-Catalyzed Addition of Terminal Silylacetylenes to Propargyl Amines: Catalyst-Dependent Complementary Regioselectivity 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   74巻, 9号, 3576-3578頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo900474d

  • Modern Arylation Methods 査読

    佐藤 哲也

    WILEY-VCH   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/9783527627325

  • Fused Ring Construction around Pyrrole-, Indole-, and Related Compounds via Palladium-Catalyzed Oxidative Coupling with Alkynes 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   74巻, 19号, 7481-7488頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo9016698

  • Fluorescent Diarylindoles by Palladium-Catalyzed Direct and Decarboxylative Arylations of Carboxyindoles 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Eur. J.   15巻、15号、3674-3677頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/chem.200900098

  • Synthesis of 2,3-Diarylbenzo[b]thiophenes via Nickel-Catalyzed Suzuki-Miyaura Cross-Coupling and Palladium-Catalyzed Decarboxylative Arylation 査読

    佐藤 哲也

    Adv. Synth. Catal.   351巻, 16号, 2683-2688頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/adsc.200900480

  • Waste-Free Synthesis of Condensed Heterocyclic Compounds by Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling of Substituted Arene or Heteroarene Carboxylic Acids with Alkynes 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   74巻, 9号, 3478-3483頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo900396z

  • Synthesis of Highly Substituted Naphthalene and Anthracene Derivatives by Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling of Arylboronic Acids with Alkynes 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   印刷中   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol9021172

  • Synthesis of Condensed Heteroaromatic Compounds by Palladium-Catalyzed Oxidative Coupling of Heteroarene Carboxylic Acids with Alkynes 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   11巻, 11号, 2337-2340頁   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol900736s

  • Synthesis of 2,5-diaryloxazoles through van Leusen reaction and copper-mediated direct arylation 査読

    佐藤 哲也

    Tetrahedron Lett.   50巻, 印刷中   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2009.02.039

  • Catalytic Synthesis of Oligoene and Enyne Derivatives through Carbometalation of Internal Alkynes 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Rec.   8巻, 5号, 326-336頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/tcr.20158

  • Rhodium-Catalyzed Regioselective Arylation of Phenylazoles and Related Compounds with Arylboron Reagents via C-H Bond Cleavage 査読

    佐藤 哲也

    J. Organomet. Chem.   693巻, 14号, 2438-2442頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2008.04.029

  • Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling of Triarylmethanols with Internal Alkynes via Successive C-H and C-C Bond Cleavages 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   73巻, 1号, 298-300頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo7022087

  • Rhodium-Catalyzed Oxidative Coupling between Salicylaldehydes and Internal Alkynes with C–H Bond Cleavage To Produce 2,3-Disubstituted Chromones 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Asian. J.   3巻, 5号, 881-886頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/asia.200800037

  • Rhodium-Catalyzed Anti Selective Cross-Addition of Bis(trimethylsilyl)acetylene to Diarylacetylenes via Carbon-Silicon Bond Cleavage 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   10巻, 9号, 1751-1754頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol8004003

  • Rhodium-catalyzed (E)-selective cross-dimerization of terminal alkynes 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Commun.   29号, 3405-3407頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1039/b804573a

  • Rhodium- and Iridium-Catalyzed Oxidative Coupling of Benzoic Acids with Alkynes and Alkenes 査読

    佐藤 哲也

    Pure Appl. Chem.   80巻, 5号, 1127-1134頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1351/pac200880051127

  • Regioselective C–H Functionalization Directed by Removable Carboxyl Group: Palladium-Catalyzed Vinylation at the Unusual Position of Indole and Related Heteroaromatic Rings 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   10巻, 6号, 1159-1162頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol8000602

  • Palladium/Phosphite-Catalyzed 1,4-Addition of Arylboronic Acids to Acrylic Acid Derivatives 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   73巻, 4号, 1590-1592頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo702546t

  • Palladium/Phosphite or Phosphate Catalyzed Oxidative Coupling of Arylboronic Acids with Alkynes to Produce 1,4-Diaryl-1,3-Butadienes 査読

    佐藤 哲也

    Adv. Synth. Catal.   350巻, 3号, 509-514頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/adsc.200700533

  • Palladium-Catalyzed Perarylation of 3-Thiophene- and 3-Furancarboxylic Acids Accompanied by C-H Bond Cleavage and Decarboxylation 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett..   10巻, 9号, 1851-1854頁, 2008年   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol800466b

  • Ligand-Controlled Cross-Dimerization and -Trimerization of Alkynes under Nickel Catalysis 査読

    佐藤 哲也

    Adv. Synth. Catal.   350巻, 14-15号, 2274-2278頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/adsc.200800399

  • Invention of Conjugated Electronic Structures: Synthesis, Functions and Applications 査読

    SATOH Tetsuya

    CMC Publishing   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Fluorescent Naphthyl- and Anthrylazoles from the Catalytic Coupling of Phenylazoles with Internal Alkynes through the Cleavage of Multiple C–H Bonds 査読

    佐藤 哲也

    Angew. Chem., Int. Ed.   47巻, 21号, 4019-4022頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/anie.200800924

  • Copper-mediated direct arylation of benzoazoles with aryl iodides 査読

    佐藤 哲也

    Tetrahedron Lett.   49巻, 10号, 1598-1600頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2008.01.042

  • Continuous Hydrogen Evolution from Cyclohexanes over Platinum Catalysts Supported on Activated Carbon Fibers 査読

    佐藤 哲也

    Fuel Process. Technol.   89巻, 4号, 415-418頁   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1016/j.fuproc.2007.11.010

  • 電子共役系有機材料の創製・機能開発・応用 査読

    佐藤 哲也

    シーエムシー出版   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • An Efficient Waste-Free Oxidative Coupling via Regioselective C-H Bond Cleavage: Rh/Cu-Catalyzed Reaction of Benzoic Acids with Alkynes and Acrylates under Air 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   9巻, 7号, 1407-1409頁   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol070406h

  • Rhodium-Catalyzed Diarylation of Oxalates Using Arylboron Compounds 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   72巻, 6号, 2255-2257頁   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo062628j

  • Rhodium- and Iridium-Catalyzed Oxidative Coupling of Benzoic Acids with Alkynes via Regioselective C-H Bond Cleavage 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   72巻, 14号, 5362-5367頁   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo070735n

  • Regio- and Stereoselective Cross-Coupling of tert-Propargyl Alcohols with Bis(trimethylsilyl)acetylene and Its Utilization in Constructing a Fluorescent Donor-Acceptor System 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   9巻, 11号, 2231-2233頁   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol070799k

  • Palladium-Catalyzed Intermolecular Three-Component Coupling of Organic Halides with Alkynes and Alkenes: Efficient Synthesis of Oligoene Compounds 査読

    佐藤 哲也

    Adv. Synth. Catal.   349巻, 14-15号, 2317-2325頁   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1002/adsc.200700171

  • Directed Metallation 査読

    佐藤 哲也

    Springer   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Directed Metallation 査読

    SATOH Tetsuya

    Springer   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Catalytic Direct Arylation of Heteroaromatic Compounds 査読

    佐藤 哲也

    Chem Lett.   36巻, 2号, 200-205頁   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1246/cl.2007.200

  • Rhodium-catalyzed Selective Cross-coupling of Internal Alkynes with a Terminal Silylacetylene 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Lett.   36巻, 7号, 830-831頁   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1246/cl.2007.830

  • Synthesis of Alkylated Benzo[2,1-b:3,4-b’]dithiophenes by Annulative Coupling and Their Direct Arylation under Palladium Catalysis 査読

    佐藤 哲也

    Chem. Lett.   36巻, 11号, 1336-1337頁   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1246/cl.2007.1336

  • Catalytic Aryl-Aryl Coupling via Cleavage of C-H or C-C Bond 査読

    佐藤 哲也

    J. Synth. Org. Chem., Jpn.   64巻, 11号, 1199-1207頁   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.64.1199

  • Rhodium-Catalyzed Addition of Arylboron Compounds to Nitriles, Ketones, and Imines 査読

    佐藤 哲也

    J. Organomet. Chem.   691巻, 12号, 2821-2826頁   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2006.02.022

  • Palladium-Catalyzed Selective 2,3-Diarylation of α,α-Disubstituted 3-Thiophenemethanols via Cleavage of C-H and C-C Bonds 査読

    佐藤 哲也

    J. Org. Chem.   71巻, 21号, 8309-8311頁   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/jo061412e

  • Palladium in Organic Synthesis

    Springer   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Handbook of C-H Transformations

    Wiley-VCH   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Rhodium-Catalyzed Arylation Using Arylboron Compounds: Efficient Coupling with Aryl Halides and Unexpected Multiple Arylation of Benzonitrile 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   7 (11) 2229-2231   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol050590b

  • Regio- and Stereoselective Homo-Coupling of γ-Arylated tert-Propargyl Alcohols with Liberating a Ketone Molecule and Successive Cyclization to Produce Fluorescent Dihydrofuran Derivatives 査読

    佐藤 哲也

    J. Am. Chem. Soc.   127 (44) 15354-15355   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ja055452w

  • Palladium-Catalyzed Intermolecular Three-Component Coupling of Aryl Iodides, Alkynes, and Alkenes To Produce 1,3-Butadiene Derivatives 査読

    佐藤 哲也

    Org. Lett.   7 (9), 1781-1783/,   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ol0503743

  • Palladium in Organic Synthesis 査読

    佐藤 哲也

    Springer   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Palladium in Organic Synthesis 査読

    SATOH Tetsuya

    Springer   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Palladium in Organic Synthesis 査読

    SATOH Tetsuya

    Springer   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Palladium in Organic Synthesis 査読

    佐藤 哲也

    Springer   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Mizoroki-Heck Type Arylation of Alkenes Using Aroyl Chlorides under Base-Free Conditions 査読

    佐藤 哲也

    Tetrahedron Lett.   46 (48) 8269-8271   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2005.09.179

  • Handbook of C-H Transformations 査読

    SATOH Tetsuya

    Wiley-VCH   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Handbook of C-H Transformations 査読

    佐藤 哲也

    Wiley-VCH   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Efficient and Reusable Palladium Catalysts Supported on Activated Carbon Fibers for Dehydrogenation of Tetrahydronaphthalene 査読

    SATOH Tetsuya

    Energy Fuels, 2005, 19 (3), 731-735   19 (3), 731-735/,   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ef040083v

  • Continuous Hydrogen Evolution from Tetrahydronaphthalene over Palladium Catalysts Supported on Activated Carbon Fibers 査読

    SATOH Tetsuya

    Energy Fuels, 2005, 19 (5), 2110-2113   19 (5), 2110-2113/,   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1021/ef050090z

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 高性能触媒および高効率触媒反応開発・触媒作用機構解明研究拠点の構築 招待 国内会議

    佐藤哲也

    複合先端研究機構プロジェクト研究成果報告会  2022年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Rhodium(III)- and Iridium(III)-Catalyzed Dehydrogenative Coupling of Aromatic Substrates with Unsaturated Compounds 招待 国際会議

    T. Satoh

    104th Canadian Chemistry Conference and Exhibition (IUPAC | CCCE 2021)  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 遷移金属触媒を用いる新規カップリング反応の開発 招待 国内会議

    佐藤哲也

    第41回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • クロスカップリング入門 招待 国内会議

    佐藤哲也

    大阪市立大学化学セミナー 〜先端科学研修〜  2021年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高性能触媒および高効率触媒反応開発・触媒作用機構解明研究拠点の構築 招待 国内会議

    佐藤哲也

    複合先端研究機構プロジェクト研究成果報告会  2021年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 触媒的脱水素カップリングの新展開 招待 国内会議

    佐藤哲也

    山田科学振興財団2019年度研究交歓会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Regioselective C–H Functionalization under Rhodium(III)-Catalysis 招待 国際会議

    Tetsuya Satoh

    The 4th International Symposium on C-H Activation (ISCHA4)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • カルボン酸等の入手容易なビルディングブロックの触媒的変換反応 招待 国内会議

    佐藤哲也

    新学術領域研究「精密制御反応場」第5回公開シンポジウム  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 炭素―水素結合活性化を基軸とする高効率分子変換法の開発 招待 国内会議

    佐藤哲也

    長瀬科学技術振興財団平成29年度研究成果発表会  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Synthesis of pai-Conjugated Molecules via Transition-Metal-Catalyzed C-H Functionalization 招待 国際会議

    T. Satoh

    9th OCARINA International Symposium  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 遷移金属錯体触媒を用いる炭素ー水素結合の直接誘導体化法の開発 招待 国内会議

    佐藤哲也

    先端錯体工学研究会年会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 環境に優しい低エミッション型脱水素クロスカップリング反応の開発 招待 国内会議

    佐藤哲也

    JACI/JST交流セミナー  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • クロスカップリング入門 招待 国内会議

    佐藤哲也

    大阪市立大学文化交流センター講座「温故知新」  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Transition-Metal-Catalyzed Regioselective C-H Functionalization 招待 国際会議

    T. Satoh

    International Symposium on Pure & Applied Chemistry 2017  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • カルボン酸を始めとする入手容易な分子の触媒的変換反応の開発 国内会議

    -

    新学術領域研究「精密制御反応場」第2回公開シンポジウム  2017年01月 

  • Transition-Metal-Catalyzed Transformation of Benzoic Acids and Related Compounds 国内会議

    -

    International Symposium on C–O Activation  2016年10月 

  • Rhodium(III)-Catalyzed Regioselective C–H Functionalization 国際会議

    -

    3rd International Conference on Organometallics and Catalysis  2016年08月 

  • ロジウム(III)触媒を用いる脱水素カップリング反応 国内会議

    -

    第49回有機金属若手の会 夏の学校  2016年07月 

  • 含ヘテロ原子配向基を利用したC−H官能基化反応 国内会議

    -

    ヘテロ原子部会平成28年度第1回懇話会  2016年05月 

  • 遷移金属触媒を用いるC−Hアリール化・アルケニル化および裏話 国内会議

    -

    第73回講演会 有機化学研究会白鷺セミナー  2015年06月 

  • C–H官能基化 国内会議

    -

    第42回有機金属化学セミナー  2015年06月 

  • 遷移金属触媒を用いる芳香族C-H結合の直接誘導体化法の開発 国内会議

    -

    大阪市立大学理学部化学科談話会  2015年05月 

  • Rhodium- and Ruthenium-Catalyzed Regioselective C–H Functionalization 招待 国際会議

    Tetsuya Satoh and Masahiro Miura

    The 41st International Conference on Coordination Chemistry (ICCC41)  2014年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

科研費

  • 脱水素クロスカップリングを利用した機能性配向基の開発とそのペプチド合成への応用

    基盤研究(B)  2023年

  • 脱水素クロスカップリングを利用した機能性配向基の開発とそのペプチド合成への応用

    基盤研究(B)  2023年

  • 脱水素クロスカップリングを利用した機能性配向基の開発とそのペプチド合成への応用

    基盤研究(B)  2022年

  • ベンゼンからペンタセンへの直接変換:四環増環を経るペンタセン類の一挙合成法の開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2022年

  • 脱水素クロスカップリングを利用した機能性配向基の開発とそのペプチド合成への応用

    基盤研究(B)  2022年

  • 脱水素クロスカップリングを利用した機能性配向基の開発とそのペプチド合成への応用

    基盤研究(B)  2020年04月

  • ベンゼンからペンタセンへの直接変換:四環増環を経るペンタセン類の一挙合成法の開発

    挑戦的研究(萌芽)  2018年06月

  • 多孔質反応場を利用したカルボン酸類の触媒的変換法の開発

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2018年04月

  • 細孔内を反応場とする脱カルボキシル化/カルボキシル化を伴う新反応開発

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2016年04月

  • アセン骨格を有する有機塩結晶の創製と配列制御による高効率キャリア輸送材料への応用

    基盤研究(B)  2013年04月

  • カルボキシル基を配向基とする炭素―水素および炭素―炭素結合の直截的変換法の開発

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2013年04月

  • 普遍結合の自在変換に基づく機能性分子創製法の革新

    基盤研究(S)  2012年05月

  • フルオラスハイブリッド型イオン液体を特異的反応場とするアルコール類の高度変換

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2012年04月

  • 低級脂肪族カルボン酸類の炭素ー水素および炭素ー炭素結合切断を伴う直截的変換

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2011年04月

  • 第一遷移元素触媒を活用した炭素-水素結合切断を伴う酸化的環化反応の開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2010年

  • 酸化的カップリングによる含硫黄縮合芳香族化合物の高効率合成

    基盤研究(C)  2010年

  • 炭素-水素および炭素-炭素結合の選択的切断を基軸とするクロスカップリング

    基盤研究(B)  2008年

  • クロスカップリングの新方法論:炭素-炭素結合の切断と生成

    基盤研究(B)  2006年

  • 遷移金属触媒を用いる芳香族ハロゲン化物とベンジルアルコール類のクロスカップリング

    若手研究(B)  2002年

  • 遷移金属錯体触媒を用いるフェノール類へのO位およびP位選択的置換基導入反応の開発

    奨励研究(A)  1999年

  • フェノール類-アルデヒド-一酸化炭素の三成分反応によるγ-ラクトンの一段階合成

    奨励研究(A)  1996年

▼全件表示

受託研究

  • バイオミメティックな超分子ナノ空間の創出によるCO2の高効率回収、及び資源化技術の研究開発

    2015年10月

  • 環境に優しい低エミッション型脱水素クロスカップリング反応の開発

    2012年10月

奨励寄附金・助成金

  • 結合切断による有機合成:オリゴペプチド合成におけるパラダイムシフト

    大阪公立大学  戦略的研究  2022年04月

  • 究極の低エミッション型クロスカップリング反応の開発

    大学  2020年04月

  • バイオマス由来カルボン酸類の低エミッション型クロスカップリングによる有用分子合成法の開発

    大学  2018年04月

  • クロスカップリングの新展開:最高難度分子変換への挑戦

    大学  2017年04月

  • 炭素―水素結合活性化を基軸とする高効率分子変換法の開発

    長瀬科学技術振興財団  2017年04月

  • 触媒的脱水素カップリングの新展開:sp3炭素-水素結合のエナンチオ選択的誘導体化

    山田科学振興財団  2017年04月

▼全件表示

その他補助金等

  • 都市部での自然エネルギー貯蔵システムに利用可能な水素貯蔵媒体の開発

    未設定  2015年04月

担当授業科目

  • 基礎有機化学A

    2023年度   週間授業   大学

  • 海外特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 有機金属化学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学実験Ⅲ

    2023年度   週間授業   大学

  • 化学特別演習4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 基礎有機化学A

    2022年度   週間授業   大学

  • 化学特別研究3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 有機金属化学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究1(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D2物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D3物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 有機化学2

    2022年度   週間授業   大学

  • 前期海外特別研究2(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学実験Ⅲ

    2021年度     大学

  • 特別研究

    2021年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2021年度     大学院

  • 前期特別研究

    2021年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1&2

    2021年度     大学院

  • 後期特別研究

    2021年度     大学院

  • 有機化学2

    2021年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2021年度     大学

  • 有機化学2

    2020年度     大学

  • 後期特別研究

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1&2

    2020年度     大学院

  • 前期特別研究

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2020年度     大学院

  • 創成有機分子科学特論Ⅰ

    2020年度     大学院

  • 機能有機化学特別講義2

    2020年度     大学院

  • 特別研究

    2020年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2020年度     大学

  • 後期特別研究

    2019年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1&2

    2019年度     大学院

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2019年度     大学院

  • 機能分子科学

    2019年度     大学院

  • 特別研究

    2019年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2019年度     大学

  • 有機化学3

    2019年度     大学

  • 化学セミナー

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2018年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2018年度     大学

  • 特別研究

    2018年度     大学

  • 機能分子科学

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2018年度     大学院

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1&2

    2018年度     大学院

  • 後期特別研究

    2018年度     大学院

  • 有機化学3

    2018年度     大学

  • 後期特別研究

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール1&2

    2017年度     大学院

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2017年度     大学院

  • 機能分子科学

    2017年度     大学院

  • 特別研究

    2017年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2017年度     大学

  • 化学セミナー

    2017年度     大学

  • 有機化学3

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2016年度     大学

  • 有機化学3

    2016年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2016年度     大学

  • 特別研究

    2016年度     大学

  • 機能有機分子科学特論Ⅰ

    2016年度    

  • 機能分子科学演習

    2016年度    

  • 前期特別研究

    2016年度    

  • 機能分子科学ゼミナール1&2

    2016年度     大学

  • 後期特別研究

    2016年度    

  • 後期特別研究

    2015年度    

  • 機能有機分子科学特論Ⅰ

    2015年度    

  • 基礎化学実験Ⅰ

    2015年度     大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2015年度     大学

  • 化学実験Ⅲ

    2015年度     大学

  • 特別研究

    2015年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2015年度    

  • 前期特別研究

    2015年度    

  • 機能分子科学ゼミナール1&2

    2015年度    

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    所属大学院生発表数:6件

  • 2022年度

    所属大学院生発表数:6件

独自項目・特記事項(管理運営)

  • 2023年度

      詳細を見る

    特記事項:2023年度は、化学物質管理委員会の副委員長を務めた。旧市大と旧府大でそれぞれ運用されてきた化学物質管理要綱を融合させ、全キャンパスでの方針として統一された要綱を作り上げた。今後も、合併に伴う研究室のキャンパス内移動や労働安全衛生規則等の法改正が予定されており、これに合わせた要綱の改訂などを調整中である。

  • 2022年度

      詳細を見る

    特記事項:2022年度は、化学物質管理委員会の委員長を務めた。旧市大と旧府大でそれぞれ運用されてきた化学物質管理要綱を融合させ、全キャンパスでの方針として統一された要綱を作り上げた。今後も、労働安全衛生規則等の法改正が予定されており、これに合わせた要綱の改訂などを調整中である。