2024/02/20 更新

写真a

イズミ ノブヒロ
泉 信博
IZUMI Nobuhiro
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 心臓血管外科学  / 呼吸器外科学

研究キーワード

  • 肺癌

  • 気管支インターベンション

  • 縦隔腫瘍

研究概要

  • 肺癌
    気管支インターベンション
    縦隔腫瘍
    嚢胞性肺疾患
    呼吸器感染症

所属学協会

  • 日本呼吸器外科学会

      国内

  • 日本胸部外科学会

      国内

  • 日本呼吸器内視鏡学会

      国内

  • 日本肺癌学会

      国内

  • 日本外科学会

      国内

  • 小切開・鏡視外科学会

      国内

▼全件表示

論文

  • First measurement of muon neutrino charged-current interactions on hydrocarbon without pions in the final state using multiple detectors with correlated energy spectra at T2K

    Abe K.

    Physical Review D   108 ( 11 )   2023年12月( ISSN:24700010

     詳細を見る

  • Elevation of the Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio Is a Significant Postoperative Poor Prognostic Factor in Patients With Clinical T3-4 Centrally Located Primary Lung Cancer.

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Ito R, Suzuki S, Nishiyama N

    Anticancer research   43 ( 4 )   1631 - 1636   2023年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • GLUT1 and PKM2 may be useful prognostic predictors in patients with non‑small cell lung cancer following curative R0 resection.

    Ito R, Yashiro M, Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Yamamoto Y, Nishiyama N

    Oncology letters   25 ( 3 )   129   2023年03月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

  • Measurements of neutrino oscillation parameters from the T2K experiment using 3.6 × 1021 protons on target.

    Abe K, Akhlaq N, Akutsu R, Ali A, Alonso Monsalve S, Alt C, Andreopoulos C, Antonova M, Aoki S, Arihara T, Asada Y, Ashida Y, Atkin ET, Barbi M, Barker GJ, Barr G, Barrow D, Batkiewicz-Kwasniak M, Bench F, Berardi V, Berns L, Bhadra S, Blanchet A, Blondel A, Bolognesi S, Bonus T, Bordoni S, Boyd SB, Bravar A, Bronner C, Bron S, Bubak A, Buizza Avanzini M, Caballero JA, Calabria NF, Cao S, Carabadjac D, Carter AJ, Cartwright SL, Catanesi MG, Cervera A, Chakrani J, Cherdack D, Chong PS, Christodoulou G, Chvirova A, Cicerchia M, Coleman J, Collazuol G, Cook L, Cudd A, Dalmazzone C, Daret T, Davydov YI, De Roeck A, De Rosa G, Dealtry T, Delogu CC, Densham C, Dergacheva A, Di Lodovico F, Dolan S, Douqa D, Doyle TA, Drapier O, Dumarchez J, Dunne P, Dygnarowicz K, Eguchi A, Emery-Schrenk S, Erofeev G, Ershova A, Eurin G, Fedorova D, Fedotov S, Feltre M, Finch AJ, Fiorentini Aguirre GA, Fiorillo G, Fitton MD, Franco Patiño JM, Friend M, Fujii Y, Fukuda Y, Fusshoeller K, Giannessi L, Giganti C, Glagolev V, Gonin M, González Rosa J, Goodman EAG, Gorin A, Grassi M, Guigue M, Hadley DR, Haigh JT, Hamacher-Baumann P, Harris DA, Hartz M, Hasegawa T, Hassani S, Hastings NC, Hayato Y, Henaff D, Hiramoto A, Hogan M, Holeczek J, Holin A, Holvey T, Hong Van NT, Honjo T, Iacob F, Ichikawa AK, Ikeda M, Ishida T, Ishitsuka M, Israel HT, Iwamoto K, Izmaylov A, Izumi N, Jakkapu M, Jamieson B, Jenkins SJ, Jesús-Valls C, Jiang JJ, Jonsson P, Joshi S, Jung CK, Jurj PB, Kabirnezhad M, Kaboth AC, Kajita T, Kakuno H, Kameda J, Kasetti SP, Kataoka Y, Katayama Y, Katori T, Kawaue M, Kearns E, Khabibullin M, Khotjantsev A, Kikawa T, Kikutani H, King S, Kiseeva V, Kisiel J, Kobata T, Kobayashi H, Kobayashi T, Koch L, Kodama S, Konaka A, Kormos LL, Koshio Y, Kostin A, Koto T, Kowalik K, Kudenko Y, Kudo Y, Kuribayashi S, Kurjata R, Kutter T, Kuze M, La Commara M, Labarga L, Lachner K, Lagoda J, Lakshmi SM, Lamers James M, Lamoureux M, Langella A, Laporte JF, Last D, Latham N, Laveder M, Lavitola L, Lawe M, Lee Y, Lin C, Lin SK, Litchfield RP, Liu SL, Li W, Longhin A, Long KR, Lopez Moreno A, Ludovici L, Lu X, Lux T, Machado LN, Magaletti L, Mahn K, Malek M, Mandal M, Manly S, Marino AD, Marti-Magro L, Martin DGR, Martini M, Martin JF, Maruyama T, Matsubara T, Matveev V, Mauger C, Mavrokoridis K, Mazzucato E, McCauley N, McElwee J, McFarland KS, McGrew C, McKean J, Mefodiev A, Megias GD, Mehta P, Mellet L, Metelko C, Mezzetto M, Miller E, Minamino A, Mineev O, Mine S, Miura M, Molina Bueno L, Moriyama S, Moriyama S, Morrison P, Mueller TA, Munford D, Munteanu L, Nagai K, Nagai Y, Nakadaira T, Nakagiri K, Nakahata M, Nakajima Y, Nakamura A, Nakamura H, Nakamura K, Nakamura KD, Nakano Y, Nakayama S, Nakaya T, Nakayoshi K, Naseby CER, Ngoc TV, Nguyen VQ, Niewczas K, Nishimori S, Nishimura Y, Nishizaki K, Nosek T, Nova F, Novella P, Nugent JC, O'Keeffe HM, O'Sullivan L, Odagawa T, Ogawa T, Okada R, Okinaga W, Okumura K, Okusawa T, Ospina N, Owen RA, Oyama Y, Palladino V, Paolone V, Pari M, Parlone J, Parsa S, Pasternak J, Pavin M, Payne D, Penn GC, Pershey D, Pickering L, Pidcott C, Pintaudi G, Pistillo C, Popov B, Porwit K, Posiadala-Zezula M, Prabhu YS, Pupilli F, Quilain B, Radermacher T, Radicioni E, Radics B, Ramírez MA, Ratoff PN, Reh M, Riccio C, Rondio E, Roth S, Roy N, Rubbia A, Ruggeri AC, Ruggles CA, Rychter A, Sakashita K, Sánchez F, Santucci G, Schloesser CM, Scholberg K, Scott M, Seiya Y, Sekiguchi T, Sekiya H, Sgalaberna D, Shaikhiev A, Shaker F, Shaykina A, Shiozawa M, Shorrock W, Shvartsman A, Skrobova N, Skwarczynski K, Smyczek D, Smy M, Sobczyk JT, Sobel H, Soler FJP, Sonoda Y, Speers AJ, Spina R, Suslov IA, Suvorov S, Suzuki A, Suzuki SY, Suzuki Y, Sztuc AA, Tada M, Tairafune S, Takayasu S, Takeda A, Takeuchi Y, Takifuji K, Tanaka HK, Tanihara Y, Tani M, Teklu A, Tereshchenko VV, Teshima N, Thamm N, Thompson LF, Toki W, Touramanis C, Towstego T, Tsui KM, Tsukamoto T, Tzanov M, Uchida Y, Vagins M, Vargas D, Varghese M, Vasseur G, Vilela C, Villa E, Vinning WGS, Virginet U, Vladisavljevic T, Wachala T, Walsh JG, Wang Y, Wan L, Wark D, Wascko MO, Weber A, Wendell R, Wilking MJ, Wilkinson C, Wilson JR, Wood K, Wret C, Xia J, Xu YH, Yamamoto K, Yamamoto T, Yanagisawa C, Yang G, Yano T, Yasutome K, Yershov N, Yevarouskaya U, Yokoyama M, Yoshimoto Y, Yoshimura N, Yu M, Zaki R, Zalewska A, Zalipska J, Zaremba K, Zarnecki G, Zhao X, Zhu T, Ziembicki M, Zimmerman ED, Zito M, Zsoldos S, T2K Collaboration

    The European physical journal. C, Particles and fields   83 ( 9 )   782   2023年( ISSN:1434-6044

  • Detailed Surgical Techniques and Short-term Clinical Outcomes of Sleeve Lobectomy for Locally Advanced Right Lower Lobe Lung Cancer.

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Ito R, Suzuki S, Nishiyama N

    Anticancer research   42 ( 12 )   5977 - 5982   2022年12月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Influence of hospital capabilities and prehospital time on outcomes of thrombectomy for stroke in Japan from 2013 to 2016

    Kurogi A.

    Scientific Reports   12 ( 1 )   2022年12月

     詳細を見る

  • Impact of Central Airway Infiltration Type in Primary Lung Cancer Patients Treated With Sleeve Lobectomy.

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Ito R, Suzuki S, Nishiyama N

    In vivo (Athens, Greece)   36 ( 6 )   2981 - 2985   2022年11月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

  • DOCK2 is involved in the host genetics and biology of severe COVID-19

    Namkoong H.

    Nature   609 ( 7928 )   754 - 760   2022年09月( ISSN:00280836

     詳細を見る

  • Lung cancer surgery after COVID-19 infection in a patient with severe interstitial pneumonia and restrictive ventilatory impairment.

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Inoue H, Ito R, Suzuki S, Nishiyama N

    Surgical case reports   8 ( 1 )   173   2022年09月( ISSN:2198-7793

     詳細を見る

  • Elevation of Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio Is a Significant Poor Prognostic Factor in Completely Resected Centrally Located Lung Squamous Cell Carcinoma.

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Ito R, Suzuki S, Nishiyama N

    In vivo (Athens, Greece)   36 ( 5 )   2303 - 2307   2022年09月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

  • Current status of primary liver cancer and decompensated cirrhosis in Japan: launch of a nationwide registry for advanced liver diseases (REAL).

    Okushin K, Tateishi R, Takahashi A, Uchino K, Nakagomi R, Nakatsuka T, Minami T, Sato M, Fujishiro M, Hasegawa K, Eguchi Y, Kanto T, Kubo S, Yoshiji H, Miyata H, Izumi N, Kudo M, Koike K

    Journal of gastroenterology   57 ( 8 )   587 - 597   2022年08月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

  • Liver Cancer Study Group of Japan Clinical Practice Guidelines for Intrahepatic Cholangiocarcinoma.

    Kubo S, Shinkawa H, Asaoka Y, Ioka T, Igaki H, Izumi N, Itoi T, Unno M, Ohtsuka M, Okusaka T, Kadoya M, Kudo M, Kumada T, Kokudo N, Sakamoto M, Sakamoto Y, Sakurai H, Takayama T, Nakashima O, Nagata Y, Hatano E, Harada K, Murakami T, Yamamoto M

    Liver cancer   11 ( 4 )   290 - 314   2022年07月( ISSN:2235-1795

     詳細を見る

  • Large Tumor Size and High Neutrophil-to-lymphocyte Ratio Predicts Poor Prognosis After Pneumonectomy or Sleeve Lobectomy in Patients With Non-small-cell Lung Cancer.

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Ito R, Suzuki S, Nishiyama N

    Anticancer research   42 ( 6 )   3029 - 3034   2022年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Construction status and prospects of the Hyper-Kamiokande project

    Itow Y.

    Proceedings of Science   395   2022年03月

  • Changes in pedicle pericardial fat tissue around the anastomotic site after tracheobronchoplasty.

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Matsuda Y, Ito R, Kimura T, Miki Y, Nishiyama N

    Surgery today   52 ( 3 )   414 - 419   2022年03月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

  • Artificial pneumothorax suppresses postoperative inflammatory reaction in mediastinal tumor surgery.

    Ito R, Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Kimura T, Shibata T, Nishiyama N

    General thoracic and cardiovascular surgery   70 ( 3 )   257 - 264   2022年03月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

  • Lymph Node Metastasis Location and Postoperative Adjuvant Chemotherapy in Patients With pN1 Stage IIB Non-small Cell Lung Cancer.

    Ito R, Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Kimura T, Kishimoto K, Nishiyama N

    In vivo (Athens, Greece)   36 ( 1 )   355 - 360   2022年01月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

  • Peripheral pulmonary mucous gland adenoma with a cavity mimicking lung cancer.

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Inoue H, Ito R, Matsuda Y, Nishiyama N

    General thoracic and cardiovascular surgery   70 ( 1 )   92 - 95   2022年01月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

  • Mapping the human genetic architecture of COVID-19

    Niemi M.E.K.

    Nature   600 ( 7889 )   472 - 477   2021年12月( ISSN:00280836

     詳細を見る

  • Completion lower lobectomy after basal segmentectomy for pulmonary sclerosing pneumocytoma with lymph node metastasis.

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Inoue H, Ito R, Nishiyama N

    Journal of surgical case reports   2021 ( 11 )   rjab492   2021年11月( ISSN:2042-8812

     詳細を見る

  • Artificial intelligence-supported lung cancer detection by multi-institutional readers with multi-vendor chest radiographs: a retrospective clinical validation study.

    Ueda D, Yamamoto A, Shimazaki A, Walston SL, Matsumoto T, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Inoue H, Kabata D, Nishiyama N, Miki Y

    BMC cancer   21 ( 1 )   1120   2021年10月

     詳細を見る

  • Clinical characteristics of immunoglobulin IgG4-related sclerosing cholangitis: Comparison of cases with and without autoimmune pancreatitis in a large cohort

    Naitoh I.

    Digestive and Liver Disease   53 ( 10 )   1308 - 1314   2021年10月( ISSN:15908658

     詳細を見る

  • Effect of Diameter and Number of Hepatocellular Carcinomas on Survival After Resection, Transarterial Chemoembolization, and Ablation.

    Kawaguchi Y, Hasegawa K, Hagiwara Y, De Bellis M, Famularo S, Panettieri E, Matsuyama Y, Tateishi R, Ichikawa T, Kokudo T, Izumi N, Kubo S, Sakamoto M, Shiina S, Takayama T, Nakashima O, Murakami T, Vauthey JN, Giuliante F, De Carlis L, Romano F, Ruzzenente A, Guglielmi A, Kudo M, Kokudo N

    The American journal of gastroenterology   116 ( 8 )   1698 - 1708   2021年08月( ISSN:0002-9270

  • Impact of hepatitis C virus on survival in patients undergoing resection of intrahepatic cholangiocarcinoma: Report of a Japanese nationwide survey.

    Kaibori M, Yoshii K, Kashiwabara K, Kokudo T, Hasegawa K, Izumi N, Murakami T, Kudo M, Shiina S, Sakamoto M, Nakashima O, Matsuyama Y, Eguchi S, Yamashita T, Takayama T, Kokudo N, Kubo S

    Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   51 ( 8 )   890 - 901   2021年08月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

  • Influence of caliber mismatch on patients' clinical course after sleeve lobectomy.

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Miyamoto H, Ito R, Kimura T, Nishiyama N

    General thoracic and cardiovascular surgery   69 ( 7 )   1079 - 1085   2021年07月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

  • First T2K measurement of transverse kinematic imbalance in the muon-neutrino charged-current single- π+ production channel containing at least one proton

    Abe K.

    Physical Review D   103 ( 11 )   2021年06月( ISSN:24700010

     詳細を見る

  • Improved constraints on neutrino mixing from the T2K experiment with 3.13×1021 protons on target

    Abe K.

    Physical Review D   103 ( 11 )   2021年06月( ISSN:24700010

     詳細を見る

  • [Sleeve Lobectomy for Right Middle Lobe and S6 Segment Lung Cancer:Report of a Case].

    Ito R, Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Miyamoto H, Kimura T, Yamamoto S, Nishiyama N

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   74 ( 6 )   469 - 471   2021年06月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

  • Management of hepatocellular carcinoma in Japan: JSH consensus statements and recommendations 2021 update

    Kudo M.

    Liver Cancer   10 ( 3 )   181 - 223   2021年06月( ISSN:22351795

     詳細を見る

  • Applicability of APRI and FIB-4 as a transition indicator of liver fibrosis in patients with chronic viral hepatitis.

    Itakura J, Kurosaki M, Setoyama H, Simakami T, Oza N, Korenaga M, Tanaka M, Torimura T, Sakamoto N, Enomoto N, Ueno Y, Kawada N, Kaneko S, Nishiguchi S, Chayama K, Tanaka J, Izumi N, Kanto T

    Journal of gastroenterology   56 ( 5 )   470 - 478   2021年05月( ISSN:0944-1174

     詳細を見る

  • Measurements of and + charged-current cross-sections without detected pions or protons on water and hydrocarbon at a mean anti-neutrino energy of 0.86 GeV

    Abe K.

    Progress of Theoretical and Experimental Physics   2021 ( 4 )   2021年04月

     詳細を見る

  • Tumor Size and N2 Lymph Node Metastasis Are Significant Risk Factors for Early Recurrence in Completely Resected Centrally Located Primary Lung Cancer Patients. 査読

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Miyamoto H, Ito R, Kimura T, Nishiyama N

    Anticancer research   41 ( 4 )   2165 - 2169   2021年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.14989

    PubMed

  • Report of the 21st Nationwide Follow-up Survey of Primary Liver Cancer in Japan (2010-2011) 査読

    Kudo Masatoshi, Izumi Namiki, Kokudo Norihiro, Sakamoto Michiie, Shiina Shuichiro, Takayama Tadatoshi, Tateishi Ryosuke, Nakashima Osamu, Murakami Takamichi, Matsuyama Yutaka, Takahashi Arata, Miyata Hiroaki, Kubo Shoji

    HEPATOLOGY RESEARCH   2021年03月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13612

  • Analysis of Patient Outcome after Non-curative Resection for Hepatocellular Carcinoma Using Nationwide Survey Data in Japan 査読

    Aoki Taku, Kubota Keiichi, Kubo Shoji, Eguchi Susumu, Izumi Namiki, Kokudo Norihiro, Sakamoto Michiie, Shiina Shuichiro, Takayama Tadatoshi, Nakashima Osamu, Matsuyama Yutaka, Murakami Takamichi, Kudo Masatoshi

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   45 ( 2 )   607 - 614   2021年02月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-020-05830-6

  • Analysis of Patient Outcome after Non-curative Resection for Hepatocellular Carcinoma Using Nationwide Survey Data in Japan.

    Aoki T, Kubota K, Kubo S, Eguchi S, Izumi N, Kokudo N, Sakamoto M, Shiina S, Takayama T, Nakashima O, Matsuyama Y, Murakami T, Kudo M

    World journal of surgery   45 ( 2 )   607 - 614   2021年02月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

  • Influence of caliber mismatch on patients' clinical course after sleeve lobectomy 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Miyamoto Hikaru, Ito Ryuichi, Kimura Takuya, Nishiyama Noritoshi

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   2021年01月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-020-01582-1

    PubMed

  • T2K measurements of muon neutrino and antineutrino disappearance using 3.13 x 10(21) protons on target 査読

    Abe K., Akhlaq N., Akutsu R., Ali A., Alt C., Andreopoulos C., Antonova M., Aoki S., Arihara T., Asada Y., Ashida Y., Atkin E. T., Awataguchi Y., Barker G. J., Barr G., Barrow D., Batkiewicz-Kwasniak M., Beloshapkin A., Bench F., Berardi V, Berns L., Bhadra S., Blondel A., Bolognesi S., Bonus T., Bourguille B., Boyd S. B., Bravar A., Berguno D. Bravo, Bronner C., Bron S., Bubak A., Avanzini M. Buizza, Cao S., Cartwright S. L., Catanesi M. G., Cervera A., Cherdack D., Christodoulou G., Cicerchia M., Coleman J., Collazuol G., Cook L., Coplowe D., Cudd A., De Rosa G., Dealtry T., Delogu C. C., Dennis S. R., Densham C., Dergacheva A., Di Lodovico F., Dolan S., Doyle T. A., Dumarchez J., Dunne P., Eguchi A., Eklund L., Emery-Schrenk S., Ereditato A., Finch A. J., Fiorentini G. A., Francois C., Friend M., Fujii Y., Fukuda R., Fukuda Y., Fusshoeller K., Giganti C., Gonin M., Gorin A., Guigue M., Hadley D. R., Hamacher-Baumann P., Hartz M., Hasegawa T., Hassani S., Hastings N. C., Hayato Y., Hiramoto A., Hogan M., Holeczek J., Van N. T. Hong, Honjo T., Iacob F., Ichikawa A. K., Ikeda M., Ishida T., Ishitsuka M., Iwamoto K., Izmaylov A., Izumi N., Jakkapu M., Jamieson B., Jenkins S. J., Jesus-Valls C., Jonsson P., Jung C. K., Jurj P. B., Kabirnezhad M., Kakuno H., Kameda J., Kasetti S. P., Kataoka Y., Katayama Y., Katori T., Kearns E., Khabibullin M., Khotjantsev A., Kikawa T., Kikutani H., King S., Kisiel J., Kobata T., Kobayashi T., Koch L., Konaka A., Kormos L. L., Koshio Y., Kostin A., Kowalik K., Kudenko Y., Kuribayashi S., Kurjata R., Kutter T., Kuze M., Labarga L., Lagoda J., Lamoureux M., Last D., Laveder M., Lawe M., Litchfield R. P., Liu S. L., Longhin A., Ludovici L., Lu X., Lux T., Machado L. N., Magaletti L., Mahn K., Malek M., Manly S., Maret L., Marino A. D., Marti-Magro L., Maruyama T., Matsubara T., Matsushita K., Mauger C., Mavrokoridis K., Mazzucato E., McCauley N., McElwee J., McFarland K. S., McGrew C., Mefodiev A., Mezzetto M., Minamino A., Mineev O., Mine S., Miura M., Bueno L. Molina, Moriyama S., Mueller Th A., Munteanu L., Nagai Y., Nakadaira T., Nakahata M., Nakajima Y., Nakamura A., Nakamura K., Nakano Y., Nakayama S., Nakaya T., Nakayoshi K., Naseby C. E. R., Ngoc T. V, Nguyen V. Q., Niewczas K., Nishimura Y., Noah E., Nonnenmacher T. S., Nova F., Nowak J., Nugent J. C., O'Keeffe H. M., O'Sullivan L., Odagawa T., Ogawa T., Okada R., Okumura K., Okusawa T., Owen R. A., Oyama Y., Palladino V, Paolone V, Pari M., Parker W. C., Parsa S., Pasternak J., Pavin M., Payne D., Penn G. C., Pickering L., Pidcott C., Pintaudi G., Pistillo C., Popov B., Porwit K., Posiadala-Zezula M., Pritchard A., Quilain B., Radermacher T., Radicioni E., Radics B., Ratoff P. N., Riccio C., Rondio E., Roth S., Rubbia A., Ruggeri A. C., Ruggles C., Rychter A., Sakashita K., Sanchez F., Santucci G., Schloesser C. M., Scholberg K., Scott M., Seiya Y., Sekiguchi T., Sekiya H., Sgalaberna D., Shaikhiev A., Shaykina A., Shiozawa M., Shorrock W., Shvartsman A., Skwarczynski K., Smy M., Sobczyk J. T., Sobel H., Soler F. J. P., Sonoda Y., Spina R., Suvorov S., Suzuki A., Suzuki S. Y., Suzuki Y., Sztuc A. A., Tada M., Tajima M., Takeda A., Takeuchi Y., Tanaka H. K., Tanihara Y., Tani M., Teshima N., Thompson L. F., Toki W., Touramanis C., Towstego T., Tsui K. M., Tsukamoto T., Tzanov M., Uchida Y., Vagins M., Valder S., Vargas D., Vasseur G., Vilela C., Vinning W. G. S., Vladisavljevic T., Wachala T., Walker J., Walsh J. G., Wang Y., Wark D., Wascko M. O., Weber A., Wendell R., Wilking M. J., Wilkinson C., Wilson J. R., Wood K., Wret C., Xia J., Yamamoto K., Yanagisawa C., Yang G., Yano T., Yasutome K., Yershov N., Yokoyama M., Yoshida T., Yu M., Zalewska A., Zalipska J., Zaremba K., Zarnecki G., Ziembicki M., Zito M., Zsoldos S.

    PHYSICAL REVIEW D   103 ( 1 )   2021年01月( ISSN:2470-0010

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.103.L011101

  • Surgical outcomes of primary lung cancers following esophagectomy for primary esophageal carcinoma. 査読

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Inoue H, Miyamoto H, Ito R, Kimura T, Nishiyama N

    Japanese journal of clinical oncology   2021年01月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa254

    PubMed

  • Congenital bronchial atresia complicated by a lung abscess due to Aspergillus fumigatus: a case report 査読

    Kuwabara Gaku, Sone Risa, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Yamada Koichi, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Nishiyama Noritoshi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    BMC PULMONARY MEDICINE   21 ( 1 )   2   2021年01月( ISSN:1471-2466

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12890-020-01367-5

    PubMed

  • Congenital bronchial atresia complicated by a lung abscess due to Aspergillus fumigatus: a case report.

    Kuwabara G, Sone R, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Yamada K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Komatsu H, Izumi N, Nishiyama N, Kawaguchi T, Kakeya H

    BMC pulmonary medicine   21 ( 1 )   2   2021年01月

     詳細を見る

  • Is platelet monitoring during 7-day lusutrombopag treatment necessary in chronic liver disease patients with thrombocytopenia undergoing planned invasive procedures? A phase IIIb open-label study

    Numata K.

    Hepatology Research   50 ( 10 )   1141 - 1150   2020年10月( ISSN:13866346

     詳細を見る

  • Measurement of the charged-current electron (anti-)neutrino inclusive cross-sections at the T2K off-axis near detector ND280

    Abe K.

    Journal of High Energy Physics   2020 ( 10 )   2020年10月

     詳細を見る

  • 重症大動脈弁狭窄症の経カテーテル大動脈弁置換術後の肺癌に対する肺切除 1症例報告(Pulmonary Resection for Lung Cancer Following Transcatheter Aortic Valve Implantation for Severe Aortic Valve Stenosis: A Case Report) 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Chung Kyukwang, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   26 ( 4 )   220 - 223   2020年08月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    労作時呼吸困難を主訴とする82歳女性症例について検討した。心エコー検査で重症大動脈弁狭窄症(AS)が認められた。胸部CT検査で右肺下葉の19mmの結節、気管支鏡生検で腺癌が判明した。重症ASに対し、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)を行った。3週後、肺癌に対して右肺下葉切除術と縦隔郭清を行った。術後の経過は良好で、術後8日目に退院した。

  • Combined sleeve lobectomy for centrally located primary lung cancer and lung cancer with hilar lymph node metastasis.

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Miyamoto H, Ito R, Kimura T, Nishiyama N

    Japanese journal of clinical oncology   50 ( 7 )   794 - 799   2020年07月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

  • 原発性の中心型肺癌および肺門リンパ節転移を伴う肺癌に対するスリーブ肺葉切除術の併用(Combined sleeve lobectomy for centrally located primary lung cancer and lung cancer with hilar lymph node metastasis) 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Miyamoto Hikaru, Ito Ryuichi, Kimura Takuya, Nishiyama Noritoshi

    Oxford University Press Japanese Journal of Clinical Oncology   50 ( 7 )   794 - 799   2020年07月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    原発性の中心型肺癌または肺門リンパ節に転移した肺癌に対し2010〜2017年にスリーブ肺葉切除術(SL)を行った患者47名(男性39名、年齢33〜84歳)の臨床経過を後方視的に評価した。気道の他に癌の浸潤がみられた部位は、肺動脈(21名)、胸壁(3名)、食道筋層壁、迷走神経、心膜(各2名)、左心房、横隔神経、上大静脈(各1名)、であった。術式としてはSLのみが24名で(単独群)、残り23名ではSLを他の治療法と併用していた(併用群)。有害事象の発生率は単独群で48%(10名)、併用群で30%(7名)であった。経過観察期間の中央値は24ヵ月で、この間に15名で再発し、12名が死亡した。併用群では全生存期間と無病生存期間はどちらも有意に短縮していた。さらに単変量解析、多変量解析のいずれにおいても併用群に属することは予後不良因子であることが示された。併用群のうち、血管形成術を除く治療法と併用されていた集団では予後が有意に悪化していた。しかし、肺門部に再発が生じた患者はいなかった。SLを他の治療法と併用しても発生する有害事象は許容範囲内であり、局所制御性も良好であった。しかし、全生存期間および無病生存期間に関しSL単独施行法と比較した場合、同併用法は予後の有意な悪化と関連していた。

  • Combined sleeve lobectomy for centrally located primary lung cancer and lung cancer with hilar lymph node metastasis 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Miyamoto Hikaru, Ito Ryuichi, Kimura Takuya, Nishiyama Noritoshi

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   50 ( 7 )   794 - 799   2020年07月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa037

    PubMed

  • Liver Resection for Multiple Hepatocellular Carcinomas A Japanese Nationwide Survey 査読

    Fukami Yasuyuki, Kaneoka Yuji, Maeda Atsuyuki, Kumada Takashi, Tanaka Junko, Akita Tomoyuki, Kubo Shoji, Izumi Namiki, Kadoya Masumi, Sakamoto Michiie, Nakashima Osamu, Matsuyama Yutaka, Kokudo Takashi, Hasegawa Kiyoshi, Yamashita Tatsuya, Kashiwabara Kosuke, Takayama Tadatoshi, Kokudo Norihiro, Kudo Masatoshi

    ANNALS OF SURGERY   272 ( 1 )   145 - 154   2020年07月( ISSN:0003-4932

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000003192

  • Liver Resection for Multiple Hepatocellular Carcinomas: A Japanese Nationwide Survey.

    Fukami Y, Kaneoka Y, Maeda A, Kumada T, Tanaka J, Akita T, Kubo S, Izumi N, Kadoya M, Sakamoto M, Nakashima O, Matsuyama Y, Kokudo T, Hasegawa K, Yamashita T, Kashiwabara K, Takayama T, Kokudo N, Kudo M, Liver Cancer Study Group of Japan

    Annals of surgery   272 ( 1 )   145 - 154   2020年07月( ISSN:0003-4932

  • Simultaneous measurement of the muon neutrino charged-current cross section on oxygen and carbon without pions in the final state at T2K 査読

    Abe K., Akhlaq N., Akutsu R., Ali A., Alt C., Andreopoulos C., Anthony L., Antonova M., Aoki S., Ariga A., Arihara T., Asada Y., Ashida Y., Atkin E. T., Awataguchi Y., Ban S., Barbi M., Barker G. J., Barr G., Barrow D., Batkiewicz-Kwasniak M., Beloshapkin A., Bench F., Berardi V, Berns L., Bhadra S., Bienstock S., Bolognesi S., Bonus T., Bourguille B., Boyd S. B., Bravar A., Bravo Berguno D., Bronner C., Bron S., Bubak A., Avanzini M. Buizza, Campbell T., Cao S., Cartwright S. L., Catanesi M. G., Cervera A., Cherdack D., Chikuma N., Christodoulou G., Cicerchia M., Coleman J., Collazuol G., Cook L., Coplowe D., Cudd A., Dabrowska A., De Rosa G., Dealtry T., Dennis S. R., Densham C., Di Lodovico F., Dokania N., Dolan S., Doyle T. A., Drapier O., Dumarchez J., Dunne P., Eguchi A., Eklund L., Emery-Schrenk S., Ereditato A., Finch A. J., Fiorillo G., Francois C., Friend M., Fujii Y., Fujita R., Fukuda D., Fukuda R., Fukuda Y., Fusshoeller K., Giganti C., Gonin M., Gorin A., Guigue M., Hadley D. R., Haigh J. T., Hamacher-Baumann P., Hartz M., Hasegawa T., Hassani S., Hastings N. C., Hayato Y., Hiramoto A., Hogan M., Holeczek J., Van N. T. Hong, Honjo T., Iacob F., Ichikawa A. K., Ikeda M., Ishida T., Ishitsuka M., Iwamoto K., Izmaylov A., Izumi N., Jakkapu M., Jamieson B., Jenkins S. J., Jesus-Valls C., Jiang M., Jonsson P., Jung C. K., Junjie X., Jurj P. B., Kabirnezhad M., Kaboth A. C., Kajita T., Kakuno H., Kameda J., Karlen D., Kasetti S. P., Kataoka Y., Katayama Y., Katori T., Kato Y., Kearns E., Khabibullin M., Khotjantsev A., Kikawa T., Kikutani H., Kim H., King S., Kisiel J., Knight A., Kobata T., Kobayashi T., Koch L., Koga T., Konaka A., Kormos L. L., Koshio Y., Kostin A., Kowalik K., Kubo H., Kudenko Y., Kukita N., Kuribayashi S., Kurjata R., Kutter T., Kuze M., Labarga L., Lagoda J., Lamoureux M., Last D., Lawe M., Licciardi M., Litchfield R. P., Liu S. L., Li X., Longhin A., Ludovici L., Lu X., Lux T., Machado L. N., Magaletti L., Mahn K., Malek M., Manly S., Maret L., Marino A. D., Marti-Magro L., Maruyama T., Matsubara T., Matsushita K., Matveev V, Mauger C., Mavrokoridis K., Mazzucato E., McCauley N., McElwee J., McFarland K. S., McGrew C., Mefodiev A., Metelko C., Mezzetto M., Minamino A., Mineev O., Mine S., Miura M., Bueno L. Molina, Moriyama S., Mueller Th A., Munteanu L., Murphy S., Nagai Y., Nakadaira T., Nakahata M., Nakajima Y., Nakamura A., Nakamura K., Nakayama S., Nakaya T., Nakayoshi K., Naseby C. E. R., Ngoc T. V, Niewczas K., Nishikawa K., Nishimura Y., Noah E., Nonnenmacher T. S., Nova F., Novella P., Nowak J., Nugent J. C., O'Keeffe H. M., O'Sullivan L., Odagawa T., Ogawa T., Okada R., Okumura K., Okusawa T., Oser S. M., Owen R. A., Oyama Y., Palladino V, Paolone V, Pari M., Parker W. C., Parsa S., Pasternak J., Pavin M., Payne D., Penn G. C., Pickering L., Pidcott C., Pintaudi G., Pistillo C., Popov B., Porwit K., Posiadala-Zezula M., Pritchard A., Quilain B., Radermacher T., Radicioni E., Radics B., Ratoff P. N., Riccio C., Rondio E., Roth S., Rubbia A., Ruggeri A. C., Ruggles C., Rychter A., Sakashita K., Sanchez F., Santucci G., Schloesser C. M., Scholberg K., Scott M., Seiya Y., Sekiguchi T., Sekiya H., Sgalaberna D., Shaikhiev A., Shaykina A., Shiozawa M., Shorrock W., Shvartsman A., Smy M., Sobczyk J. T., Sobel H., Soler F. J. P., Sonoda Y., Suvorov S., Suzuki A., Suzuki S. Y., Suzuki Y., Sztuc A. A., Tada M., Tajima M., Takeda A., Takeuchi Y., Tanaka H. K., Tanaka H. A., Tanaka S., Tanihara Y., Teshima N., Thompson L. F., Toki W., Touramanis C., Towstego T., Tsui K. M., Tsukamoto T., Tzanov M., Uchida Y., Vagins M., Valder S., Vallari Z., Vargas D., Vasseur G., Vinning W. G. S., Vladisavljevic T., Volkov V. V., Wachala T., Walker J., Walsh J. G., Wang Y., Wark D., Wascko M. O., Weber A., Wendell R., Wilking M. J., Wilkinson C., Wilson J. R., Wood K., Wret C., Yamamoto K., Yanagisawa C., Yang G., Yano T., Yasutome K., Yershov N., Yokoyama M., Yoshida T., Yu M., Zalewska A., Zalipska J., Zaremba K., Zarnecki G., Ziembicki M., Zimmerman E. D., Zito M., Zsoldos S., Zykova A.

    PHYSICAL REVIEW D   101 ( 11 )   2020年06月( ISSN:1550-7998

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.101.112004

  • First combined measurement of the muon neutrino and antineutrino charged-current cross section without pions in the final state at T2K 査読

    Abe K., Akhlaq N., Akutsu R., Ali A., Alt C., Andreopoulos C., Anthony L., Antonova M., Aoki S., Ariga A., Arihara T., Asada Y., Ashida Y., Atkin E. T., Awataguchi Y., Ban S., Barbi M., Barker G. J., Barr G., Barrow D., Barry C., Batkiewicz-Kwasniak M., Beloshapkin A., Bench F., Berardi V, Berns L., Bhadra S., Bienstock S., Blondel A., Bolognesi S., Bonus T., Bourguille B., Boyd S. B., Brailsford D., Bravar A., Bravo Berguno D., Bronner C., Bron S., Bubak A., Avanzini M. Buizza, Calcutt J., Campbell T., Cao S., Cartwright S. L., Catanesi M. G., Cervera A., Chappell A., Checchia C., Cherdack D., Chikuma N., Christodoulou G., Cicerchia M., Coleman J., Collazuol G., Cook L., Coplowe D., Cudd A., Dabrowska A., De Rosa G., Dealtry T., Denner P. F., Dennis S. R., Densham C., Di Lodovico F., Dokania N., Dolan S., Doyle T. A., Drapier O., Dumarchez J., Dunne P., Eguchi A., Eklund L., Emery-Schrenk S., Ereditato A., Fernandez P., Feusels T., Finch A. J., Fiorentini G. A., Fiorillo G., Francois C., Friend M., Fujii Y., Fujita R., Fukuda D., Fukuda R., Fukuda Y., Fusshoeller K., Giganti C., Golan T., Gonin M., Gorin A., Guigue M., Hadley D. R., Haigh J. T., Hamacher-Baumann P., Hartz M., Hasegawa T., Hassani S., Hastings N. C., Hayashino T., Hayato Y., Hiramoto A., Hogan M., Holeczek J., Van N. T. Hong, Honjo T., Iacob F., Ichikawa A. K., Ikeda M., Ishida T., Ishii T., Ishitsuka M., Iwamoto K., Izmaylov A., Izumi N., Jakkapu M., Jamieson B., Jenkins S. J., Jesus-Valls C., Jiang M., Johnson S., Jonsson P., Jung C. K., Junjie X., Jurj P. B., Kabirnezhad M., Kaboth A. C., Kajita T., Kakuno H., Kameda J., Karlen D., Kasetti S. P., Kataoka Y., Katayama Y., Katori T., Kato Y., Kearns E., Khabibullin M., Khotjantsev A., Kikawa T., Kikutani H., Kim H., King S., Kisiel J., Knight A., Knox A., Kobata T., Kobayashi T., Koch L., Koga T., Konaka A., Kormos L. L., Koshio Y., Kostin A., Kowalik K., Kubo H., Kudenko Y., Kukita N., Kuribayashi S., Kurjata R., Kutter T., Kuze M., Labarga L., Lagoda J., Lamoureux M., Last D., Laveder M., Lawe M., Licciardi M., Lindner T., Litchfield R. P., Liu S. L., Li X., Longhin A., Ludovici L., Lu X., Lux T., Machado L. N., Magaletti L., Mahn K., Malek M., Manly S., Maret L., Marino A. D., Marti-Magro L., Martin J. F., Maruyama T., Matsubara T., Matsushita K., Matveev V, Mauger C., Mavrokoridis K., Mazzucato E., McCarthy M., McCauley N., McElwee J., McFarland K. S., McGrew C., Mefodiev A., Metelko C., Mezzetto M., Minamino A., Mineev O., Mine S., Miura M., Bueno L. Molina, Moriyama S., Morrison J., Mueller Th A., Munteanu L., Murphy S., Nagai Y., Nakadaira T., Nakahata M., Nakajima Y., Nakamura A., Nakamura K. G., Nakamura K., Nakayama S., Nakaya T., Nakayoshi K., Nantais C., Naseby C. E. R., Ngoc T. V, Niewczas K., Nishikawa K., Nishimura Y., Nonnenmacher T. S., Nova F., Novella P., Nowak J., Nugent J. C., O'Keeffe H. M., O'Sullivan L., Odagawa T., Ogawa T., Okada R., Okumura K., Okusawa T., Oser S. M., Owen R. A., Oyama Y., Palladino V, Palomino J. L., Paolone V, Parker W. C., Parsa S., Pasternak J., Paudyal P., Pavin M., Payne D., Penn G. C., Pickering L., Pidcott C., Pintaudi G., Guerra E. S. Pinzon, Pistillo C., Popov B., Porwit K., Posiadala-Zezula M., Pritchard A., Quilain B., Radermacher T., Radicioni E., Radics B., Ratoff P. N., Reinherz-Aronis E., Riccio C., Rondio E., Roth S., Rubbia A., Ruggeri A. C., Ruggles C., Rychter A., Sakashita K., Sanchez F., Santucci G., Schloesser C. M., Scholberg K., Schwehr J., Scott M., Seiya Y., Sekiguchi T., Sekiya H., Sgalaberna D., Shah R., Shaikhiev A., Shaker F., Shaykina A., Shiozawa M., Shorrock W., Shvartsman A., Smirnov A., Smy M., Sobczyk J. T., Sobel H., Soler F. J. P., Sonoda Y., Steinmann J., Suvorov S., Suzuki A., Suzuki S. Y., Suzuki Y., Sztuc A. A., Tada M., Tajima M., Takeda A., Takeuchi Y., Tanaka H. K., Tanaka H. A., Tanaka S., Tanihara Y., Teshima N., Thompson L. F., Toki W., Touramanis C., Towstego T., Tsui K. M., Tsukamoto T., Tzanov M., Uchida Y., Vagins M., Valder S., Vallari Z., Vargas D., Vasseur G., Vilela C., Vinning W. G. S., Vladisavljevic T., Volkov V. V., Wachala T., Walker J., Walsh J. G., Wang Y., Wark D., Wascko M. O., Weber A., Wendell R., Wilking M. J., Wilkinson C., Wilson J. R., Wilson R. J., Wood K., Wret C., Yamada Y., Yamamoto K., Yanagisawa C., Yang G., Yano T., Yasutome K., Yen S., Yershov N., Yokoyama M., Yoshida T., Yu M., Zalewska A., Zalipska J., Zaremba K., Zarnecki G., Ziembicki M., Zimmerman E. D., Zito M., Zsoldos S., Zykova A.

    PHYSICAL REVIEW D   101 ( 11 )   2020年06月( ISSN:1550-7998

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.101.112001

  • First combined measurement of the muon neutrino and antineutrino charged-current cross section without pions in the final state at T2K

    Abe K.

    Physical Review D   101 ( 11 )   2020年06月( ISSN:24700010

     詳細を見る

  • Effect of surgical margin width after R0 resection for intrahepatic cholangiocarcinoma: A nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan 査読

    Watanabe Yukihiro, Matsuyama Yutaka, Izumi Namiki, Kubo Shoji, Kokudo Norihiro, Sakamoto Michiie, Shiina Shuichiro, Takayama Tadatoshi, Nakashima Osamu, Kudo Masatoshi

    SURGERY   167 ( 5 )   793 - 802   2020年05月( ISSN:0039-6060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2019.12.009

  • Effect of surgical margin width after R0 resection for intrahepatic cholangiocarcinoma: A nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan.

    Watanabe Y, Matsuyama Y, Izumi N, Kubo S, Kokudo N, Sakamoto M, Shiina S, Takayama T, Nakashima O, Kudo M

    Surgery   167 ( 5 )   793 - 802   2020年05月( ISSN:0039-6060

     詳細を見る

  • Report of the 20th Nationwide follow-up survey of primary liver cancer in Japan 査読

    Kudo Masatoshi, Izumi Namiki, Kubo Shoji, Kokudo Norihiro, Sakamoto Michiie, Shiina Shuichiro, Tateishi Ryosuke, Nakashima Osamu, Murakami Takamichi, Matsuyama Yutaka, Takahashi Arata, Miyata Hiroaki, Takayama Tadatoshi

    HEPATOLOGY RESEARCH   50 ( 1 )   15 - 46   2020年01月( ISSN:1386-6346

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hepr.13438

  • Significance of the surgical hepatic resection margin in patients with a single hepatocellular carcinoma 査読

    Aoki T., Kubota K., Hasegawa K., Kubo S., Izumi N., Kokudo N., Sakamoto M., Shiina S., Takayama T., Nakashima O., Matsuyama Y., Murakami T., Kudo M.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   107 ( 1 )   113 - +   2020年01月( ISSN:0007-1323

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs.11329

  • Salvage surgery for local recurrence after carbon ion radiotherapy for lung cancer: A case report 査読

    Hara Kantaro, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    RESPIRATORY MEDICINE CASE REPORTS   30   101091   2020年( ISSN:2213-0071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmcr.2020.101091

    PubMed

  • Objective Response by mRECIST Is an Independent Prognostic Factor for Overall Survival in Hepatocellular Carcinoma Treated with Sorafenib in the SILIUS Trial

    Kudo M.

    Liver Cancer   8 ( 6 )   505 - 519   2019年11月( ISSN:22351795

     詳細を見る

  • Impact of Perioperative Chemotherapy on Prognosis of Patients with Esophageal Carcinoma Undergoing Pulmonary Metastasectomy.

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Inoue H, Miyamoto H, Nishiyama N

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   25 ( 5 )   253 - 259   2019年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Purpose: To evaluate prognosis of patients with esophageal carcinoma undergoing pulmonary metastasectomy, and help determine appropriate therapeutic strategies.</p><p>Methods: We retrospectively studied 16 patients (15 men and one woman; median age 66.5 years) with esophageal carcinoma, who underwent curative resection of pulmonary metastases. Clinical characteristics and surgical outcomes were analyzed.</p><p>Results: In all, 11 patients underwent wedge resection, three segmentectomy, and two lobectomies. The average operating time and blood loss were 147 min and 103 mL, respectively. There were no perioperative deaths or severe complications. Five-year overall survival rate was 40.2% and 2-year disease-free survival rate was 35.2%. All recurrences occurred within 2 years. Univariate and multivariate analyses revealed that absence of adjuvant chemotherapy after therapy for esophageal carcinoma was a significant predictor of poor prognosis and recurrence, respectively (p <0.05). The prognosis of seven patients who underwent esophagectomy with adjuvant chemotherapy was better than that of the other nine patients (p = 0.0166).</p><p>Conclusion: Pulmonary metastasectomy in patients with esophageal carcinoma was only one choice of multimodal treatment, and perioperative chemotherapy was important for long-term survival after pulmonary metastasectomy. Pulmonary metastasectomy was effective in patients undergoing esophagectomy with adjuvant chemotherapy.</p>

    DOI: 10.5761/atcs.oa.19-00075

    PubMed

    CiNii Article

  • Impact of Perioperative Chemotherapy on Prognosis of Patients with Esophageal Carcinoma Undergoing Pulmonary Metastasectomy(和訳中) 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   25 ( 5 )   253 - 259   2019年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of Perioperative Chemotherapy on Prognosis of Patients with Esophageal Carcinoma Undergoing Pulmonary Metastasectomy(和訳中) 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   25 ( 5 )   253 - 259   2019年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of Prognosis of Intermediate-Stage HCC Patients: Validation of the Tumor Marker Score in a Nationwide Database in Japan 査読

    Hiraoka Atsushi, Michitaka Kojiro, Kumada Takashi, Izumi Namiki, Kadoya Masumi, Kokudo Norihiro, Kubo Shoji, Matsuyama Yutaka, Nakashima Osamu, Sakamoto Michiie, Takayama Tadatoshi, Kokudo Takashi, Kashiwabara Kosuke, Eguchi Susumu, Yamashita Tatsuya, Kudo Masatoshi

    LIVER CANCER   8 ( 5 )   403 - 411   2019年10月( ISSN:2235-1795

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000495944

  • Impact of Perioperative Chemotherapy on Prognosis of Patients with Esophageal Carcinoma Undergoing Pulmonary Metastasectomy(和訳中) 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   25 ( 5 )   253 - 259   2019年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thoracoscopic resection of mediastinal tumor in a patient with azygos continuation of the inferior vena cava(和訳中) 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   67 ( 8 )   720 - 722   2019年08月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • B-Mode Ultrasonography versus Contrast-Enhanced Ultrasonography for Surveillance of Hepatocellular Carcinoma: A Prospective Multicenter Randomized Controlled Trial

    Kudo M.

    Liver Cancer   8 ( 4 )   271 - 280   2019年07月( ISSN:22351795

     詳細を見る

  • Treatment Optimization for Hepatocellular Carcinoma in Elderly Patients in a Japanese Nationwide Cohort 査読

    Kaibori Masaki, Yoshii Kengo, Hasegawa Kiyoshi, Ogawa Asao, Kubo Shoji, Tateishi Ryosuke, Izumi Namiki, Kadoya Masumi, Kudo Masatoshi, Kumada Takashi, Sakamoto Michiie, Nakashima Osamu, Matsuyama Yutaka, Takayama Tadatoshi, Kokudo Norihiro, Brunker Marla

    ANNALS OF SURGERY   270 ( 1 )   121 - 130   2019年07月( ISSN:0003-4932

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000002751

  • Lusutrombopag Reduces Need for Platelet Transfusion in Patients With Thrombocytopenia Undergoing Invasive Procedures

    Hidaka H.

    Clinical Gastroenterology and Hepatology   17 ( 6 )   1192 - 1200   2019年05月( ISSN:15423565

     詳細を見る

  • 完全切除した非小細胞肺癌を有する患者における同時性または異時性多発性原発性悪性腫瘍に関連する予後(Prognosis associated with synchronous or metachronous multiple primary malignancies in patients with completely resected non-small cell lung cancer) 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   49 ( 4 )   343 - 349   2019年04月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    多発性原発性悪性腫瘍(MPM)が、完全切除した非小細胞肺癌(NSCLC)を有する患者の予後に及ぼす影響について後向きに検討した。NSCLCに対する根治的肺完全切除を受けた患者を対象とし、MPMを有する群(MPM群:男性120名、女性64名、年齢中央値70歳)と有しない群(非MPM群:男性212名、女性125名、年齢中央値67歳)の2群に分けた。5年全生存率は、MPM群で66.1%、非MPM群で75.6%であった。多変量分析からは、MPM、年齢、性別、病理期、間質性肺炎が予後に関する独立した予測因子であることが示された。過去5年以内に同時性MPMが検出された47例および異時性MPMが検出された82例では、非MPM群と比較して、予後が有意により不良であった。5年以上前に異時性MPMを発現した55例の予後と非MPM群の予後の間に差はなかった。

  • 完全切除した非小細胞肺癌を有する患者における同時性または異時性多発性原発性悪性腫瘍に関連する予後(Prognosis associated with synchronous or metachronous multiple primary malignancies in patients with completely resected non-small cell lung cancer) 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   49 ( 4 )   343 - 349   2019年04月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    多発性原発性悪性腫瘍(MPM)が、完全切除した非小細胞肺癌(NSCLC)を有する患者の予後に及ぼす影響について後向きに検討した。NSCLCに対する根治的肺完全切除を受けた患者を対象とし、MPMを有する群(MPM群:男性120名、女性64名、年齢中央値70歳)と有しない群(非MPM群:男性212名、女性125名、年齢中央値67歳)の2群に分けた。5年全生存率は、MPM群で66.1%、非MPM群で75.6%であった。多変量分析からは、MPM、年齢、性別、病理期、間質性肺炎が予後に関する独立した予測因子であることが示された。過去5年以内に同時性MPMが検出された47例および異時性MPMが検出された82例では、非MPM群と比較して、予後が有意により不良であった。5年以上前に異時性MPMを発現した55例の予後と非MPM群の予後の間に差はなかった。

  • Impact of Advanced Age on Survival in Patients Undergoing Resection of Hepatocellular Carcinoma 査読

    Kaibori Masaki, Yoshii Kengo, Yokota Isao, Hasegawa Kiyoshi, Nagashima Fumio, Kubo Shoji, Kon Masanori, Izumi Namiki, Kadoya Masumi, Kudo Masatoshi, Kumada Takashi, Sakamoto Michiie, Nakashima Osamu, Matsuyama Yutaka, Takayama Tadatoshi, Kokudo Norihim

    ANNALS OF SURGERY   269 ( 4 )   692 - 699   2019年04月( ISSN:0003-4932

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLA.0000000000002526

  • Impact of Advanced Age on Survival in Patients Undergoing Resection of Hepatocellular Carcinoma: Report of a Japanese Nationwide Survey.

    Kaibori M, Yoshii K, Yokota I, Hasegawa K, Nagashima F, Kubo S, Kon M, Izumi N, Kadoya M, Kudo M, Kumada T, Sakamoto M, Nakashima O, Matsuyama Y, Takayama T, Kokudo N, Liver Cancer Study Group of Japan

    Annals of surgery   269 ( 4 )   692 - 699   2019年04月( ISSN:0003-4932

  • Intensity of SLX predicts distance of tumor spread through alveolar spaces in stage I lung adenocarcinoma. 査読

    Hara K, Mizuguchi S, Okada S, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Ohsawa M, Inaba M, Shibata T, Nishiyama N

    Thoracic cancer   10 ( 4 )   832 - 838   2019年04月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1759-7714.13008

    PubMed

  • Positive correlation between sarcopenia and elevation of neutrophil/lymphocyte ratio in pathological stage IIIA (N2-positive) non-small cell lung cancer patients (vol 66, pg 716, 2018) 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   67 ( 3 )   348 - 348   2019年03月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-018-01056-5

    PubMed

  • Correction to: Positive correlation between sarcopenia and elevation of neutrophil/lymphocyte ratio in pathological stage IIIA (N2-positive) non-small cell lung cancer patients.

    Tsukioka T, Izumi N, Mizuguchi S, Kyukwang C, Komatsu H, Toda M, Hara K, Miyamoto H, Nishiyama N

    General thoracic and cardiovascular surgery   67 ( 3 )   348   2019年03月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

  • Intensity of SLX predicts distance of tumor spread through alveolar spaces in stage I lung adenocarcinoma. 査読

    Hara K, Mizuguchi S, Okada S, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Ohsawa M, Inaba M, Shibata T, Nishiyama N

    Thoracic cancer   2019年02月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1759-7714.13008

    PubMed

  • A randomized controlled trial of lusutrombopag in Japanese patients with chronic liver disease undergoing radiofrequency ablation

    Tateishi R.

    Journal of Gastroenterology   54 ( 2 )   171 - 181   2019年02月( ISSN:09441174

     詳細を見る

  • 【胸部の最新画像情報2019】 肺癌との鑑別に苦慮した扁平上皮腺上皮混合型乳頭腫の1例 査読

    阪井 雄紀, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 阪本 晴菜, 松下 周, 清水 重喜, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   64 ( 1 )   61 - 65   2019年01月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【胸部の最新画像情報2019】 肺癌との鑑別に苦慮した扁平上皮腺上皮混合型乳頭腫の1例 査読

    阪井 雄紀, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 阪本 晴菜, 松下 周, 清水 重喜, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   64 ( 1 )   61 - 65   2019年01月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of Perioperative Chemotherapy on Prognosis of Patients with Esophageal Carcinoma Undergoing Pulmonary Metastasectomy 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 編集委員会 ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   25 ( 5 )   253 - 259   2019年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Purpose: To evaluate prognosis of patients with esophageal carcinoma undergoing pulmonary metastasectomy, and help determine appropriate therapeutic strategies.</p><p>Methods: We retrospectively studied 16 patients (15 men and one woman; median age 66.5 years) with esophageal carcinoma, who underwent curative resection of pulmonary metastases. Clinical characteristics and surgical outcomes were analyzed.</p><p>Results: In all, 11 patients underwent wedge resection, three segmentectomy, and two lobectomies. The average operating time and blood loss were 147 min and 103 mL, respectively. There were no perioperative deaths or severe complications. Five-year overall survival rate was 40.2% and 2-year disease-free survival rate was 35.2%. All recurrences occurred within 2 years. Univariate and multivariate analyses revealed that absence of adjuvant chemotherapy after therapy for esophageal carcinoma was a significant predictor of poor prognosis and recurrence, respectively (p <0.05). The prognosis of seven patients who underwent esophagectomy with adjuvant chemotherapy was better than that of the other nine patients (p = 0.0166).</p><p>Conclusion: Pulmonary metastasectomy in patients with esophageal carcinoma was only one choice of multimodal treatment, and perioperative chemotherapy was important for long-term survival after pulmonary metastasectomy. Pulmonary metastasectomy was effective in patients undergoing esophagectomy with adjuvant chemotherapy.</p>

    DOI: 10.5761/atcs.oa.19-00075

    PubMed

    CiNii Article

  • Positive correlation between sarcopenia and elevation of neutrophil/lymphocyte ration in pathological stage IIIA(N2-positive) non-small cell lung cancer patients(和訳中) 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   66 ( 12 )   716 - 722   2018年12月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognosis associated with synchronous or metachronous multiple primary malignancies in patients with completely resected non-small cell lung cancer. 査読

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Inoue H, Hara K, Miyamoto H, Nishiyama N

    Surgery today   2018年11月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-018-1738-4

    PubMed

  • Thoracoscopic resection of mediastinal tumor in a patient with azygos continuation of the inferior vena cava. 査読

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Inoue H, Hara K, Miyamoto H, Nishiyama N

    General thoracic and cardiovascular surgery   2018年09月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-018-1009-8

    PubMed

  • Positive correlation between sarcopenia and elevation of neutrophil/lymphocyte ration in pathological stage IIIA (N2-positive) non-small cell lung cancer patients. 査読

    Tsukioka T, Izumi N, Mizuguchi S, Kyukwang C, Komatsu H, Toda M, Hara K, Miyamoto H, Nishiyama N

    General thoracic and cardiovascular surgery   2018年08月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-018-0985-z

    PubMed

  • Neutrophil-lymphocyte ratio predicts recurrence in patients with resected stage 1 non-small cell lung cancer 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Komatsu Hiroaki, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF CARDIOTHORACIC SURGERY   13 ( 1 )   78   2018年06月( ISSN:1749-8090

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13019-018-0763-0

    PubMed

  • Neutrophil-lymphocyte ratio predicts recurrence in patients with resected stage 1 non-small cell lung cancer. 査読

    Mizuguchi S, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Nishiyama N

    Journal of cardiothoracic surgery   13 ( 1 )   78   2018年06月( ISSN:1749-8090

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13019-018-0763-0

    PubMed

  • Elevation of Serum Carcinoembryonic Antigen Concentration Caused by Everolimus-Induced Lung Injury: A Case Report.

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Toda M, Hara K, Miyamoto H, Nishiyama N

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   24 ( 3 )   151 - 153   2018年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    <p>A 66-year-old woman underwent right nephrectomy for treatment of renal cell carcinoma (RCC). Two years later, she underwent wedge resection of the right lung for treatment of metastatic RCC and primary adenocarcinoma of the lung. She began oral sorafenib for the remaining nodules of the left lung, which were suspected to be metastatic RCC. Two years later, the sorafenib was changed to everolimus because of slight enlargement of the left pulmonary nodules. The carcinoembryonic antigen (CEA) concentration then increased to 25.7 ng/mL, and chest computed tomography (CT) revealed ground-glass opacities (GGO) in the bilateral lungs. Everolimus-induced lung injury was suspected, and she discontinued the everolimus. Two months later, the serum CEA concentration decreased to almost within the reference range at 5.9 ng/mL, and the GGO disappeared on chest CT. In conclusion, we encountered a patient who developed an elevated serum CEA concentration caused by everolimus-induced lung injury.</p>

    DOI: 10.5761/atcs.cr.17-00092

    PubMed

    CiNii Article

  • Loss of Muscle Mass is a Novel Predictor of Postoperative Early Recurrence in N2-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer.

    Tsukioka T, Izumi N, Kyukwang C, Komatsu H, Toda M, Hara K, Nishiyama N

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   24 ( 3 )   121 - 126   2018年06月( ISSN:1341-1098

  • N2陽性非小細胞肺癌における筋肉量減少は術後早期再発の予測因子である(Loss of Muscle Mass Is a Novel Predictor of Postoperative Early Recurrence in N2-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer) 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Chung Kyukwang, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   24 ( 3 )   121 - 126   2018年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2003年1月〜2012年12月に縦郭リンパ節郭清と根治的肺切除が施行されたN2陽性非小細胞肺癌患者47例を後ろ向きに解析し、術前の筋肉量減少と術後早期再発との関連を調べた。筋肉量はL3 muscle indexにより評価した。経過観察期間中央値は37ヵ月で、術後1年以内に再発した早期再発群は18例(中央値73歳)、非早期再発群は29例(中央値63歳)であった。早期再発群は非早期再発群に比べて予後が有意に不良であった。単変量解析では、筋肉量減少(P=0.023)、癌胎児性抗原(CEA)>5.0ng/mL、術後化学療法なしが術後早期再発の予測因子であった。多変量解析では、筋肉量減少とCEA>5.0ng/mLが独立した予測因子であることが示された。

  • エベロリムス誘発肺傷害による血清中の癌胎児性抗原濃度の上昇 1症例報告(Elevation of Serum Carcinoembryonic Antigen Concentration Caused by Everolimus-Induced Lung Injury: A Case Report) 査読

    Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   24 ( 3 )   151 - 153   2018年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳女性で、肉眼的血尿のため来院し、腹部CTで右腎腫瘍が認められた。右腎摘除後の組織学的所見は腎細胞癌であった。術後2年目の胸部CTで複数の肺結節(右中葉に一つ、右下葉に一つ、左上葉に二つ)が認められた。右肺の二つの結節に対して楔状切除を施行し、組織学検査で右中葉の原発性肺癌と右下葉の転移性腎細胞癌が明らかになった。左肺の二つの結節についても転移性腎細胞癌であると疑われたため、右肺手術後にソラフェニブ経口投与を開始した。2年後の胸部CTで左肺結節の軽度肥大が明らかになったため、ソラフェニブを中止してエベロリムス経口投与を開始した。血清中の癌胎児性抗原(CEA)は5.1ng/mLであったが、エベロリムス投与後は25.7ng/mLに増加し、胸部CTで両肺野にすりガラス陰影が認められた。エベロリムス誘発肺傷害が疑われたためエベロリムスを中止したところ、2ヵ月後に血清CEA濃度は5.9ng/mLまで減少し、すりガラス陰影も消失した。

  • N2陽性非小細胞肺癌における筋肉量減少は術後早期再発の予測因子である(Loss of Muscle Mass Is a Novel Predictor of Postoperative Early Recurrence in N2-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer)

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Chung Kyukwang, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   24 ( 3 )   121 - 126   2018年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    2003年1月~2012年12月に縦郭リンパ節郭清と根治的肺切除が施行されたN2陽性非小細胞肺癌患者47例を後ろ向きに解析し、術前の筋肉量減少と術後早期再発との関連を調べた。筋肉量はL3 muscle indexにより評価した。経過観察期間中央値は37ヵ月で、術後1年以内に再発した早期再発群は18例(中央値73歳)、非早期再発群は29例(中央値63歳)であった。早期再発群は非早期再発群に比べて予後が有意に不良であった。単変量解析では、筋肉量減少(P=0.023)、癌胎児性抗原(CEA)>5.0ng/mL、術後化学療法なしが術後早期再発の予測因子であった。多変量解析では、筋肉量減少とCEA>5.0ng/mLが独立した予測因子であることが示された。

  • Genome-wide association study identified new susceptible genetic variants in HLA class I region for hepatitis B virus-related hepatocellular carcinoma 査読

    Sawai Hiromi, Nishida Nao, Khor Seik-Soon, Honda Masao, Sugiyama Masaya, Baba Natsumi, Yamada Kayoko, Sawada Norie, Tsugane Shoichiro, Koike Kazuhiko, Kondo Yuji, Yatsuhashi Hiroshi, Nagaoka Shinya, Taketomi Akinobu, Fukai Moto, Kurosaki Masayuki, Izumi Namiki, Kang Jong-Hon, Murata Kazumoto, Hino Keisuke, Nishina Sohji, Matsumoto Akihiro, Tanaka Eiji, Sakamoto Naoya, Ogawa Koji, Yamamoto Kazuhide, Tamori Akihiro, Yokosuka Osamu, Kanda Tatsuo, Sakaida Isao, Itoh Yoshito, Eguchi Yuichiro, Oeda Satoshi, Mochida Satoshi, Yuen Man-Fung, Seto Wai-Kay, Poovorawan Yong, Posuwan Nawarat, Mizokami Masashi, Tokunaga Katsushi

    SCIENTIFIC REPORTS   8   2018年05月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-26217-7

  • Genome-wide association study identified new susceptible genetic variants in HLA class I region for hepatitis B virus-related hepatocellular carcinoma. 査読

    Sawai H, Nishida N, Khor SS, Honda M, Sugiyama M, Baba N, Yamada K, Sawada N, Tsugane S, Koike K, Kondo Y, Yatsuhashi H, Nagaoka S, Taketomi A, Fukai M, Kurosaki M, Izumi N, Kang JH, Murata K, Hino K, Nishina S, Matsumoto A, Tanaka E, Sakamoto N, Ogawa K, Yamamoto K, Tamori A, Yokosuka O, Kanda T, Sakaida I, Itoh Y, Eguchi Y, Oeda S, Mochida S, Yuen MF, Seto WK, Poovorawan Y, Posuwan N, Mizokami M, Tokunaga K

    Scientific reports   8 ( 1 )   7958 - 7958   2018年05月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-018-26217-7

    PubMed

  • Pulmonary Resection for Lung Cancer Following Transcatheter Aortic Valve Implantation for Severe Aortic Valve Stenosis: A Case Report. 査読

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Chung K, Toda M, Hara K, Nishiyama N

    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 編集委員会 Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   2018年04月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>An 82-year-old woman was referred to our hospital because of dyspnea on effort. Echocardiography revealed severe aortic valve stenosis (AS). Simultaneously, chest computed tomography (CT) revealed a 19-mm nodule in the lower lobe of the right lung, and bronchoscopic biopsy revealed adenocarcinoma. She underwent transcatheter aortic valve implantation (TAVI) for severe AS. Three weeks later, she underwent lower lobectomy of the right lung and mediastinal dissection for the lung cancer. Her postoperative course was good, and she was discharged 8 days postoperatively. In conclusion, we encountered a patient who successfully underwent pulmonary resection for lung cancer following TAVI for severe AS. We suggest that pulmonary resection following TAVI is an acceptable choice for lung cancer in patients with severe AS because of the lack of a need for cardiopulmonary bypass, the high safety and efficacy of two-stage therapy, and the short period between the two therapies.</p>

    DOI: 10.5761/atcs.cr.18-00028

    PubMed

    CiNii Article

  • Usefulness of newly proposed albumin-bilirubin grade and its modification - Japan nationwide survey 査読

    Hiraoka A., Michitaka K., Kumada T., Izumi N., Kadoya M., Kokudo N., Kubo S., Matsuyama Y., Nakashima O., Sakamoto M., Takayama T., Kokudo T., Kashiwabara K., Kudo M.

    JOURNAL OF HEPATOLOGY   68   S421 - S421   2018年04月( ISSN:0168-8278

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ステープルラインに発生した肺MAC症の1例 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   40 ( 2 )   130 - 133   2018年03月( ISSN:0287-2137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景.肺切除後のステープルラインに発生した腫瘤の鑑別としては、局所再発以外に異物肉芽腫や感染による腫瘤形成が挙げられる。症例.74歳女性。68歳時に、S状結腸癌に対しS状結腸切除術を施行。72歳時に、左肺転移に対し左肺舌区部分切除術を施行。74歳時に、右肺転移に対し右肺上葉部分切除術を施行。右肺切除術後3ヵ月目に、胸部CTで左肺舌区部分切除部のステープルラインに右肺手術時には認められなかった24mm大の腫瘤が急速に増大し、同部位にFDG-PET検査で異常集積を認めた(SUV max:5.11)。診断と治療を兼ねて左肺舌区域切除術を施行した。病理診断は乾酪壊死を伴う類上皮肉芽腫で、切除標本の培養およびPCRでMycobacterium aviumが同定された。右肺術後3ヵ月の間に左肺ステープルラインで急速に腫瘤が増大しており、右肺手術時の人工呼吸器管理/分離肺換気による気道クリアランスの低下が左肺の非結核性抗酸菌感染の顕在化につながったと考えた。結語.ステープルラインに発生した腫瘤の診断は難しく、悪性が否定できない場合は診断と治療を兼ねて切除を検討すべきと考える。(著者抄録)

  • ステープルラインに発生した肺MAC症の1例 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   40 ( 2 )   130 - 133   2018年03月( ISSN:0287-2137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景.肺切除後のステープルラインに発生した腫瘤の鑑別としては、局所再発以外に異物肉芽腫や感染による腫瘤形成が挙げられる。症例.74歳女性。68歳時に、S状結腸癌に対しS状結腸切除術を施行。72歳時に、左肺転移に対し左肺舌区部分切除術を施行。74歳時に、右肺転移に対し右肺上葉部分切除術を施行。右肺切除術後3ヵ月目に、胸部CTで左肺舌区部分切除部のステープルラインに右肺手術時には認められなかった24mm大の腫瘤が急速に増大し、同部位にFDG-PET検査で異常集積を認めた(SUV max:5.11)。診断と治療を兼ねて左肺舌区域切除術を施行した。病理診断は乾酪壊死を伴う類上皮肉芽腫で、切除標本の培養およびPCRでMycobacterium aviumが同定された。右肺術後3ヵ月の間に左肺ステープルラインで急速に腫瘤が増大しており、右肺手術時の人工呼吸器管理/分離肺換気による気道クリアランスの低下が左肺の非結核性抗酸菌感染の顕在化につながったと考えた。結語.ステープルラインに発生した腫瘤の診断は難しく、悪性が否定できない場合は診断と治療を兼ねて切除を検討すべきと考える。(著者抄録)

  • Impact of resection and ablation for single hypovascular hepatocellular carcinoma ≤2 cm analysed with propensity score weighting.

    Takayasu K, Arii S, Sakamoto M, Matsuyama Y, Kudo M, Kaneko S, Nakashima O, Kadoya M, Izumi N, Takayama T, Ku Y, Kumada T, Kubo S, Kokudo T, Hagiwara Y, Kokudo N, Liver Cancer Study Group of Japan

    Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   38 ( 3 )   484 - 493   2018年03月( ISSN:1478-3223

     詳細を見る

  • Loss of Muscle Mass is a Novel Predictor of Postoperative Early Recurrence in N2-Positive Non-Small-Cell Lung Cancer. 査読

    Tsukioka T, Izumi N, Kyukwang C, Komatsu H, Toda M, Hara K, Nishiyama N

    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 編集委員会 Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   2018年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Background: We often experienced early recurrence in patients with completely resected N2-positive non-small-cell lung cancer (NSCLC). Loss of muscle mass is a poor prognostic factor in patients with several stages of NSCLC. This study aimed to investigate the relationship between preoperative loss of muscle mass and postoperative early recurrence in patients with N2-positive NSCLC.</p><p>Methods: We retrospectively analyzed 47 male patients with completely resected pathological N2-positive NSCLC. Early recurrence was defined as that diagnosed within 1 year after the operation. We used the L3 muscle index (cross-sectional area of muscle at the L3 level, normalized for height) as a clinical measurement of loss of muscle mass (cutoff value, 52.4 cm<sup>2</sup>/m<sup>2</sup>).</p><p>Results: In all, 18 patients with early recurrence had significantly poorer outcomes compared with those without (<i>P</i> <0.01). In univariate analysis, loss of muscle mass (<i>P</i> = 0.023), carcinoembryonic antigen (CEA) level >5.0 ng/mL (<i>P</i> = 0.002), and absence of postoperative chemotherapy (<i>P</i> = 0.042) were predictors of postoperative early recurrence. In multivariate analysis, loss of muscle mass (<i>P</i> = 0.004) and CEA level >5.0 ng/mL (<i>P</i> = 0.001) were independent predictors.</p><p>Conclusions: Loss of muscle mass is an independent predictor of postoperative early recurrence in pathological N2-positive NSCLC patients.</p>

    DOI: 10.5761/atcs.oa.17-00215

    PubMed

    CiNii Article

  • Impact of multiple malignancies on surgical outcomes in patients with 1 cm or smaller non-small cell lung cancer 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   23 ( 1 )   66 - 72   2018年02月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-017-1185-z

    PubMed

  • 1cm以下の非小細胞肺癌患者の手術成績に対して複数の悪性腫瘍が及ぼす影響(Impact of multiple malignancies on surgical outcomes in patients with 1 cm or smaller non-small cell lung cancer) 査読

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) International Journal of Clinical Oncology   23 ( 1 )   66 - 72   2018年02月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1cm以下の非小細胞肺癌(NSCLC)患者の術後臨床転帰に対する複数の悪性腫瘍の影響、ならびに小型NSCLCと悪性腫瘍に対する治療間隔の影響について検討した。根治的肺切除が行われた小型NSCLC患者44例(男性19例、女性25例、年齢41〜80歳)の臨床経過を、後ろ向きに調査した。44例中1例は喀血症状、31例は他の疾患検査、12例は癌スクリーニングでNSCLCが検出された。20例(男性8例、女性12例、年齢41〜80歳)で肺癌、食道癌、乳癌等の複数の悪性疾患が認められた。経過観察期間中央値は68ヵ月で、1例で現NSCLCの再発が見られたが、NSCLCによる死亡例はなく、5年全生存率は90%であった。複数の悪性腫瘍を有する患者は悪性腫瘍の無い患者よりも予後が有意に不良であった。またNSCLCと悪性腫瘍に対する治療間隔が5年未満の患者は、5年以上の患者に比べて予後が有意に不良であった。治療間隔が5年以上の患者の予後は、複数の悪性腫瘍が無い患者と同等であった。単変量および多変量解析では、複数の悪性腫瘍の存在が有意な予後不良因子であった。結論として、小型NSCLCの予後は良好であるが、複数の悪性腫瘍の存在が有意な予後不良因子であり、短い治療間隔と予後不良との間に関連が見られた。

  • 1cm以下の非小細胞肺癌患者の手術成績に対して複数の悪性腫瘍が及ぼす影響(Impact of multiple malignancies on surgical outcomes in patients with 1 cm or smaller non-small cell lung cancer)

    Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Kyukwang Chung, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Nishiyama Noritoshi

    International Journal of Clinical Oncology   23 ( 1 )   66 - 72   2018年02月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    1cm以下の非小細胞肺癌(NSCLC)患者の術後臨床転帰に対する複数の悪性腫瘍の影響、ならびに小型NSCLCと悪性腫瘍に対する治療間隔の影響について検討した。根治的肺切除が行われた小型NSCLC患者44例(男性19例、女性25例、年齢41~80歳)の臨床経過を、後ろ向きに調査した。44例中1例は喀血症状、31例は他の疾患検査、12例は癌スクリーニングでNSCLCが検出された。20例(男性8例、女性12例、年齢41~80歳)で肺癌、食道癌、乳癌等の複数の悪性疾患が認められた。経過観察期間中央値は68ヵ月で、1例で現NSCLCの再発が見られたが、NSCLCによる死亡例はなく、5年全生存率は90%であった。複数の悪性腫瘍を有する患者は悪性腫瘍の無い患者よりも予後が有意に不良であった。またNSCLCと悪性腫瘍に対する治療間隔が5年未満の患者は、5年以上の患者に比べて予後が有意に不良であった。治療間隔が5年以上の患者の予後は、複数の悪性腫瘍が無い患者と同等であった。単変量および多変量解析では、複数の悪性腫瘍の存在が有意な予後不良因子であった。結論として、小型NSCLCの予後は良好であるが、複数の悪性腫瘍の存在が有意な予後不良因子であり、短い治療間隔と予後不良との間に関連が見られた。

  • Impact of multiple malignancies on surgical outcomes in patients with 1 cm or smaller non-small cell lung cancer. 査読

    Tsukioka T, Izumi N, Mizuguchi S, Kyukwang C, Komatsu H, Toda M, Hara K, Miyamoto H, Nishiyama N

    International journal of clinical oncology   23 ( 1 )   66 - 72   2018年02月( ISSN:1341-9625

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-017-1185-z

    PubMed

  • Platelet-to-lymphocyte ratio predicts the prognosis of patients with non-small cell lung cancer treated with surgery and postoperative adjuvant chemotherapy 査読

    Toda Michihito, Tsukioka Takuma, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Miyamoto Hikaru, Ito Ryuichi, Shibata Toshihiko, Nishiyama Noritoshi

    THORACIC CANCER   9 ( 1 )   112 - 119   2018年01月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1759-7714.12547

    PubMed

  • ステープルラインに発生した肺<i>MAC</i>症の1例 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   40 ( 2 )   130 - 133   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>背景.</b>肺切除後のステープルラインに発生した腫瘤の鑑別としては,局所再発以外に異物肉芽腫や感染による腫瘤形成が挙げられる.<b>症例.</b>74歳女性.68歳時に,S状結腸癌に対しS状結腸切除術を施行.72歳時に,左肺転移に対し左肺舌区部分切除術を施行.74歳時に,右肺転移に対し右肺上葉部分切除術を施行.右肺切除術後3か月目に,胸部CTで左肺舌区部分切除部のステープルラインに右肺手術時には認められなかった24 mm大の腫瘤が急速に増大し,同部位にFDG-PET検査で異常集積を認めた(SUV max:5.11).診断と治療を兼ねて左肺舌区域切除術を施行した.病理診断は乾酪壊死を伴う類上皮肉芽腫で,切除標本の培養およびPCRで<i>Mycobacterium avium</i>が同定された.右肺術後3か月の間に左肺ステープルラインで急速に腫瘤が増大しており,右肺手術時の人工呼吸器管理/分離肺換気による気道クリアランスの低下が左肺の非結核性抗酸菌感染の顕在化につながったと考えた.<b>結語.</b>ステープルラインに発生した腫瘤の診断は難しく,悪性が否定できない場合は診断と治療を兼ねて切除を検討すべきと考える.</p>

    DOI: 10.18907/jjsre.40.2_130

    CiNii Article

  • Elevation of Serum Carcinoembryonic Antigen Concentration Caused by Everolimus-Induced Lung Injury: A Case Report. 査読

    Komatsu H, Izumi N, Tsukioka T, Toda M, Hara K, Miyamoto H, Nishiyama N

    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery 編集委員会 Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   2017年12月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>A 66-year-old woman underwent right nephrectomy for treatment of renal cell carcinoma (RCC). Two years later, she underwent wedge resection of the right lung for treatment of metastatic RCC and primary adenocarcinoma of the lung. She began oral sorafenib for the remaining nodules of the left lung, which were suspected to be metastatic RCC. Two years later, the sorafenib was changed to everolimus because of slight enlargement of the left pulmonary nodules. The carcinoembryonic antigen (CEA) concentration then increased to 25.7 ng/mL, and chest computed tomography (CT) revealed ground-glass opacities (GGO) in the bilateral lungs. Everolimus-induced lung injury was suspected, and she discontinued the everolimus. Two months later, the serum CEA concentration decreased to almost within the reference range at 5.9 ng/mL, and the GGO disappeared on chest CT. In conclusion, we encountered a patient who developed an elevated serum CEA concentration caused by everolimus-induced lung injury.</p>

    DOI: 10.5761/atcs.cr.17-00092

    PubMed

    CiNii Article

  • Huge mediastinal liposarcoma resected by clamshell thoracotomy: a case report. 査読

    Toda M, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Okada S, Hara K, Ito R, Shibata T, Nishiyama N

    Surgical case reports   3 ( 1 )   16   2017年12月( ISSN:2198-7793

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0291-5

    PubMed

  • Diagnostic Lobectomy for Indeterminate Pulmonary Tumor 査読

    Nishiyama N., Izumi N., Tsukioka T., Tei K., Komatsu H., Toda M., Hara K., Miyamoto H.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S2190 - S2190   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sarcopenia Is a Novel Predictor of Poor Prognosis in Male Patients with Pathological Stage I Non-Small Cell Lung Cancer 査読

    Tsukioka T, Izumi N, Chung K, Komatsu H, Toda M, Hara K, Miyamoto H, Nishiyama N

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S2385 - S2386   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sarcopenia Is a Novel Predictor of Poor Prognosis in Male Patients with Pathological Stage I Non-Small Cell Lung Cancer 査読

    Tsukioka T., Izumi N., Chung K., Komatsu H., Toda M., Hara K., Miyamoto H., Nishiyama N.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S2385 - S2386   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of Postoperative Lung Function in Patients with Lung Cancer by Lung Lobe 査読

    Hara K., Izumi N., Tsukioka T., Chung K., Komatsu H., Toda M., Miyamoto H., Kimura T., Suzuki S., Yoshida A., Higashiyama S., Kawabe J., Nishiyama N.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S2355 - S2355   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diagnostic Lobectomy for Indeterminate Pulmonary Tumor 査読

    Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Tei K, Komatsu H, Toda M, Hara K, Miyamoto H

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S2190 - S2190   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of Postoperative Lung Function in Patients with Lung Cancer by Lung Lobe 査読

    Hara K, Izumi N, Tsukioka T, Chung K, Komatsu H, Toda M, Miyamoto H, Kimura T, Suzuki S, Yoshida A, Higashiyama S, Kawabe J, Nishiyama N

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S2355 - S2355   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diagnostic Lobectomy for Indeterminate Pulmonary Tumor 査読

    Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Tei K, Komatsu H, Toda M, Hara K, Miyamoto H

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 ( 11 )   S2190 - S2190   2017年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solitary splenic metastasis from lung adenocarcinoma: A case report 査読

    Hara Kantaro, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Miyamoto Hikaru, Suzuki Satoshi, Kimura Takuya, Shibata Toshihiko, Nishiyama Noritoshi

    THORACIC CANCER   8 ( 5 )   539 - 542   2017年09月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1759-7714.12477

    PubMed

  • Liver resection for hepatocellular carcinoma associated with hepatic vein invasion: A Japanese nationwide survey.

    Kokudo T, Hasegawa K, Matsuyama Y, Takayama T, Izumi N, Kadoya M, Kudo M, Kubo S, Sakamoto M, Nakashima O, Kumada T, Kokudo N, Liver Cancer Study Group of Japan

    Hepatology (Baltimore, Md.)   66 ( 2 )   510 - 517   2017年08月( ISSN:0270-9139

     詳細を見る

  • 肺癌と食道癌の同時性重複癌の9切除例の検討 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 5 )   573 - 578   2017年07月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回我々は肺腺癌と食道扁平上皮癌の同時性重複癌の9例を対象とし、術後合併症と予後について検討した。年齢中央値67歳、男性6例、女性3例。術式は右肺と食道の同時手術が5例、二期的手術が4例であった。肺癌切除術式は肺葉切除5例、区域切除4例。全例で完全切除を行い、術後在院死は認めなかった。同時手術例では2例(40%)に周術期合併症を認め、右下葉切除例が誤嚥性肺炎、胸骨後再建胃管の縫合不全、乳糜胸、気管支断端瘻および膿胸を併発した。S6区域切除例で肺炎およびARDSを併発し、気管支瘻をきたした。一方、二期的手術を行った4症例では、重篤な合併症は認めなかった。全生存期間における3年生存率は76.2%、生存期間中央値は67.1ヵ月であり、食道・肺ともに完全切除可能であれば、手術加療を考慮すべきと考えられた。また、右肺癌重複例で同時手術を行う際は、肺合併症と消化管縫合不全の同時併発に留意すべきである。(著者抄録)

  • 肺癌と食道癌の同時性重複癌の9切除例の検討 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 5 )   573 - 578   2017年07月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回我々は肺腺癌と食道扁平上皮癌の同時性重複癌の9例を対象とし、術後合併症と予後について検討した。年齢中央値67歳、男性6例、女性3例。術式は右肺と食道の同時手術が5例、二期的手術が4例であった。肺癌切除術式は肺葉切除5例、区域切除4例。全例で完全切除を行い、術後在院死は認めなかった。同時手術例では2例(40%)に周術期合併症を認め、右下葉切除例が誤嚥性肺炎、胸骨後再建胃管の縫合不全、乳糜胸、気管支断端瘻および膿胸を併発した。S6区域切除例で肺炎およびARDSを併発し、気管支瘻をきたした。一方、二期的手術を行った4症例では、重篤な合併症は認めなかった。全生存期間における3年生存率は76.2%、生存期間中央値は67.1ヵ月であり、食道・肺ともに完全切除可能であれば、手術加療を考慮すべきと考えられた。また、右肺癌重複例で同時手術を行う際は、肺合併症と消化管縫合不全の同時併発に留意すべきである。(著者抄録)

  • Genome-Wide Association Study Identifies TLL1 Variant Associated With Development of Hepatocellular Carcinoma After Eradication of Hepatitis C Virus Infection.

    Matsuura K, Sawai H, Ikeo K, Ogawa S, Iio E, Isogawa M, Shimada N, Komori A, Toyoda H, Kumada T, Namisaki T, Yoshiji H, Sakamoto N, Nakagawa M, Asahina Y, Kurosaki M, Izumi N, Enomoto N, Kusakabe A, Kajiwara E, Itoh Y, Ide T, Tamori A, Matsubara M, Kawada N, Shirabe K, Tomita E, Honda M, Kaneko S, Nishina S, Suetsugu A, Hiasa Y, Watanabe H, Genda T, Sakaida I, Nishiguchi S, Takaguchi K, Tanaka E, Sugihara J, Shimada M, Kondo Y, Kawai Y, Kojima K, Nagasaki M, Tokunaga K, Tanaka Y, Japanese Genome-Wide Association Study Group for Viral Hepatitis

    Gastroenterology   152 ( 6 )   1383 - 1394   2017年05月( ISSN:0016-5085

  • Sarcopenia is a novel poor prognostic factor in male patients with pathological Stage I non-small cell lung cancer 査読

    Tsukioka Takuma, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Komatsu Hiroaki, Okada Satoshi, Toda Michihito, Hara Kantaro, Ito Ryuichi, Shibata Toshihiko

    JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   47 ( 4 )   363 - 368   2017年04月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyx009

    PubMed

  • 病理学的ステージIの非小細胞肺癌男性患者における新規予後不良因子としてのサルコペニア(Sarcopenia is a novel poor prognostic factor in male patients with pathological Stage I non-small cell lung cancer) 査読

    Tsukioka Takuma, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Komatsu Hiroaki, Okada Satoshi, Toda Michihito, Hara Kantaro, Ito Ryuichi, Shibata Toshihiko

    Oxford University Press Japanese Journal of Clinical Oncology   47 ( 4 )   363 - 368   2017年04月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    病理学的ステージIの非小細胞肺癌男性患者215例を対象に、サルコペニア(S)が予後に及ぼす影響について検討した。CT上の第3腰椎(L3)における骨格筋の断面積を全身筋量の指標とし、Sの有無の判定に用いた。Sを呈するのが30例(年齢中央値73歳)、Sのない患者は185例(年齢中央値68歳)であった。Sは、BMI、栄養状態、血清中CYFRA 21-1値、ならびに病理学的ステージと有意に関連していたが、術後の呼吸機能およびPSとの関連は認められなかった。フォローアップ期間中央値61ヵ月において、49例が再発をきたし、死亡は90例であった。S群の方が非S群より全生存期間(OS)中央値が有意に短く(32ヵ月 vs 112ヵ月)、無病生存期間も短かった。また、病理学的ステージIA患者ではS群の方が予後不良の傾向にあり、ステージIBではS群の方が有意に予後不良であった。単変量解析では、68歳以上、BMI 18.5kg/m2未満、S、血清中CYFRA 21-1が3.5ng/mL超、病理学的ステージが予後不良の有意な予測因子であった。術後合併症の発現に関して、S群と非S群に有意差はなかったが、術後在院期間、胸腔ドレナージ期間、アジュバント化学療法の施行はS群の方が有意に悪化していた。病理学的ステージIの非小細胞肺癌男性患者において、Sは予後不良の予測因子であることが示された。

  • Liver resection for hepatocellular carcinoma associated with hepatic vein invasion: A Japanese nationwide survey. 査読

    Kokudo Takashi, Hasegawa Kiyoshi, Matsuyama Yutaka, Takayama Tadatoshi, Izumi Namiki, Kadoya Masumi, Kudo Masatoshi, Kubo Shoji, Sakamoto Michiie, Nakashima Osamu, Kumada Takashi, Kokudo Norihiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 ( 4 )   2017年02月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Huge mediastinal liposarcoma resected by clamshell thoracotomy: a case report 査読

    Toda Michihito, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Komatsu Hiroaki, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Ito Ryuichi, Shibata Toshihiko, Nishiyama Noritoshi

    SURGICAL CASE REPORTS   3 ( 1 )   16   2017年01月( ISSN:2198-7793

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0291-5

    PubMed

  • Prognostic value of the frequency of vascular invasion in stage I non-small cell lung cancer 査読

    Okada Satoshi, Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Okuno Takahiro, Shibata Toshihiko, Wanibuchi Hideki, Nishiyama Noritoshi

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   65 ( 1 )   32 - 39   2017年01月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-016-0720-6

    PubMed

  • 胸骨横断両側開胸術により切除した巨大な縦隔脂肪肉腫 1症例報告(Huge mediastinal liposarcoma resected by clamshell thoracotomy: a case report) 査読

    Toda Michihito, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Komatsu Hiroaki, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Ito Ryuichi, Shibata Toshihiko, Nishiyama Noritoshi

    Springer Berlin Heidelberg Surgical Case Reports   3 ( January )   1 - 4   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳男性で、労作時呼吸困難を主訴に来院した。6年前に心肥大と診断されたが、未治療のまま放置された。胸部X線で縦隔に巨大な腫瘤影を認めた。CTでは前縦隔に境界明瞭な径36cm大の腫瘍を認め、両肺下葉は腫瘍により圧排されていた。腫瘍の大部分は脂肪組織からなり、充実性成分を伴っていた。エコーガイド下穿刺吸引生検の結果、腫瘍の脂肪組織は異型脂肪腫様腫瘍と診断し、充実性成分は主に壊死成分であった。手術はclamshell切開により施行した。両側第4肋間開胸に胸骨横断切開を加えることにより良好な視野が得られた。両側内胸動脈を切断し、腫瘍を一括切除した。手術時間は223分、術中出血量は620mLであった。腫瘍の重量は3500gで、腫瘍径は36.5×18.5×10cmであった。切除標本の生検から脱分化型脂肪肉腫と壊死成分を含む非脂肪肉腫の特徴を有する二相性腫瘍と診断した。術後21日に退院し、20ヵ月後の再診で再発は見られなかった。

  • 胸骨横断両側開胸術により切除した巨大な縦隔脂肪肉腫 1症例報告(Huge mediastinal liposarcoma resected by clamshell thoracotomy: a case report) 査読

    Toda Michihito, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Komatsu Hiroaki, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Ito Ryuichi, Shibata Toshihiko, Nishiyama Noritoshi

    Springer Berlin Heidelberg Surgical Case Reports   3 ( January )   1 - 4   2017年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳男性で、労作時呼吸困難を主訴に来院した。6年前に心肥大と診断されたが、未治療のまま放置された。胸部X線で縦隔に巨大な腫瘤影を認めた。CTでは前縦隔に境界明瞭な径36cm大の腫瘍を認め、両肺下葉は腫瘍により圧排されていた。腫瘍の大部分は脂肪組織からなり、充実性成分を伴っていた。エコーガイド下穿刺吸引生検の結果、腫瘍の脂肪組織は異型脂肪腫様腫瘍と診断し、充実性成分は主に壊死成分であった。手術はclamshell切開により施行した。両側第4肋間開胸に胸骨横断切開を加えることにより良好な視野が得られた。両側内胸動脈を切断し、腫瘍を一括切除した。手術時間は223分、術中出血量は620mLであった。腫瘍の重量は3500gで、腫瘍径は36.5×18.5×10cmであった。切除標本の生検から脱分化型脂肪肉腫と壊死成分を含む非脂肪肉腫の特徴を有する二相性腫瘍と診断した。術後21日に退院し、20ヵ月後の再診で再発は見られなかった。

  • ステージI非小細胞肺癌における脈管侵襲頻度の予後予測能(Prognostic value of the frequency of vascular invasion in stage I non-small cell lung cancer) 査読

    Okada Satoshi, Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Toda Michihito, Hara Kantaro, Okuno Takahiro, Shibata Toshihiko, Wanibuchi Hideki, Nishiyama Noritoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   65 ( 1 )   32 - 39   2017年01月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HE染色単独による脈管侵襲評価の可能性と、ステージI非小細胞肺癌完全切除例における脈管侵襲またはリンパ管侵襲の予後への影響について検討した。ステージI非小細胞肺癌の完全切除患者251例(男性152例、女性99例)を対象に、脈管侵襲をHE染色、ビクトリアブルー(VB)染色、D2-40免疫染色で評価した。脈管侵襲とリンパ管侵襲は浸潤数に基づいて3グレードに分類した。脈管侵襲はHE染色で27例(10.8%)、VB染色で75例(29.9%)、リンパ管侵襲はHE染色で126例(50.2%)、D2-40免疫染色で70例(27.9%)に検出されたが、HE染色は高い脈管侵襲頻度を正確に検出することができず、VB染色で診断された高い頻度の脈管侵襲またはリンパ管侵襲の5%、D2-40免疫染色での27%が検出されたのみであった。エラスチン染色および免疫染色を基にした多変量解析では、複数の侵襲、高い頻度の脈管侵襲、高い頻度のリンパ管侵襲が、3年以内における癌再発の独立予測因子であった。また70歳以上、男性、高い頻度の脈管侵襲は、全生存率の独立予測因子であった。脈管侵襲はエラスチン染色を用いて確認すべきであり、脈管侵襲の有無よりもその頻度が当該患者における強力な独立予後因子であることが示唆された。

  • 肺癌と食道癌の同時性重複癌の9切除例の検討 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   31 ( 5 )   573 - 578   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>今回我々は肺腺癌と食道扁平上皮癌の同時性重複癌の9例を対象とし,術後合併症と予後について検討した.年齢中央値67歳,男性6例,女性3例.術式は右肺と食道の同時手術が5例,二期的手術が4例であった.肺癌切除術式は肺葉切除5例,区域切除4例.全例で完全切除を行い,術後在院死は認めなかった.同時手術例では2例(40%)に周術期合併症を認め,右下葉切除例が誤嚥性肺炎,胸骨後再建胃管の縫合不全,乳糜胸,気管支断端瘻および膿胸を併発した.S6区域切除例で肺炎およびARDSを併発し,気管支瘻をきたした.一方,二期的手術を行った4症例では,重篤な合併症は認めなかった.全生存期間における3年生存率は76.2%,生存期間中央値は67.1ヵ月であり,食道・肺ともに完全切除可能であれば,手術加療を考慮すべきと考えられた.また,右肺癌重複例で同時手術を行う際は,肺合併症と消化管縫合不全の同時併発に留意すべきである.</p>

    DOI: 10.2995/jacsurg.31.573

    CiNii Article

  • PET-CTで異常集積を示し外科的切除により診断しえた多発硬化性肺胞上皮腫の1例

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 柴田 利彦, 西山 典利

    胸部外科   69 ( 13 )   1123 - 1126   2016年12月( ISSN:00215252

  • [Multiple Pulmonary Sclerosing Pneumocytoma with Abnormal Accumulation of Fluorodeoxyglucose-positron Emission Tomography Diagnosed by Surgical Treatment;Report of a Case]. 査読

    Hara K, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Okada S, Toda M, Ito R, Shibata T, Nishiyama N

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   69 ( 13 )   1123 - 1126   2016年12月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • PET-CTで異常集積を示し外科的切除により診断しえた多発硬化性肺胞上皮腫の1例 査読

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 柴田 利彦, 西山 典利

    (株)南江堂 胸部外科   69 ( 13 )   1123 - 1126   2016年12月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    36歳女性(中国人)。健診の胸部X線検査で異常陰影を指摘され、紹介となった。胸部CTでは右肺下葉S7に32mm大の腫瘍影と、右肺S3に5mm大の円形結節影を認めた。PET-CT所見では右肺S7腫瘍にSUVmax4.0の異常集積を認めたが、右肺S3結節には異常集積は認められなかった。以上より、多発肺良性腫瘍、原発不明癌多発肺転移、悪性リンパ腫、あるいは原発性肺癌を疑い、診断兼治療目的で手術を施行した。その結果、術中病理検査では癌肉腫と診断されたが、最終病理診断では多発硬化性肺胞上皮腫と診断された。術後経過は良好で、7日目に退院となり、術後1年経過現在、再発なく経過している。

  • Clinical Significance of Perioperative Blood Coagulation Factor XIII in Pulmonary Resections. 査読

    Nagano K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Inoue H, Suehiro S

    Osaka city medical journal   62 ( 2 )   11 - 18   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Clinical Significance of Perioperative Blood Coagulation Factor XIII in Pulmonary Resections. 査読

    Nagano K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Inoue H, Suehiro S

    Osaka city medical journal   62 ( 2 )   11 - 18   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PET-CTで異常集積を示し外科的切除により診断しえた多発硬化性肺胞上皮腫の1例 査読

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 柴田 利彦, 西山 典利

    (株)南江堂 胸部外科   69 ( 13 )   1123 - 1126   2016年12月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    36歳女性(中国人)。健診の胸部X線検査で異常陰影を指摘され、紹介となった。胸部CTでは右肺下葉S7に32mm大の腫瘍影と、右肺S3に5mm大の円形結節影を認めた。PET-CT所見では右肺S7腫瘍にSUVmax4.0の異常集積を認めたが、右肺S3結節には異常集積は認められなかった。以上より、多発肺良性腫瘍、原発不明癌多発肺転移、悪性リンパ腫、あるいは原発性肺癌を疑い、診断兼治療目的で手術を施行した。その結果、術中病理検査では癌肉腫と診断されたが、最終病理診断では多発硬化性肺胞上皮腫と診断された。術後経過は良好で、7日目に退院となり、術後1年経過現在、再発なく経過している。

  • Clinical Significance of Perioperative Blood Coagulation Factor XIII in Pulmonary Resections. 査読

    Nagano K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Inoue H, Suehiro S

    Osaka city medical journal   62 ( 2 )   11 - 18   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Multiple Pulmonary Sclerosing Pneumocytoma with Abnormal Accumulation of Fluorodeoxyglucose-positron Emission Tomography Diagnosed by Surgical Treatment;Report of a Case].

    Hara K, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Okada S, Toda M, Ito R, Shibata T, Nishiyama N

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   69 ( 13 )   1123 - 1126   2016年12月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

  • PET-CTで異常集積を示し外科的切除により診断しえた多発硬化性肺胞上皮腫の1例 査読

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 柴田 利彦, 西山 典利

    (株)南江堂 胸部外科   69 ( 13 )   1123 - 1126   2016年12月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    36歳女性(中国人)。健診の胸部X線検査で異常陰影を指摘され、紹介となった。胸部CTでは右肺下葉S7に32mm大の腫瘍影と、右肺S3に5mm大の円形結節影を認めた。PET-CT所見では右肺S7腫瘍にSUVmax4.0の異常集積を認めたが、右肺S3結節には異常集積は認められなかった。以上より、多発肺良性腫瘍、原発不明癌多発肺転移、悪性リンパ腫、あるいは原発性肺癌を疑い、診断兼治療目的で手術を施行した。その結果、術中病理検査では癌肉腫と診断されたが、最終病理診断では多発硬化性肺胞上皮腫と診断された。術後経過は良好で、7日目に退院となり、術後1年経過現在、再発なく経過している。

    CiNii Article

  • PET-CTで異常集積を示し外科的切除により診断しえた多発硬化性肺胞上皮腫の1例

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 柴田 利彦, 西山 典利

    胸部外科   69 ( 13 )   1123 - 1126   2016年12月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

    36歳女性(中国人)。健診の胸部X線検査で異常陰影を指摘され、紹介となった。胸部CTでは右肺下葉S7に32mm大の腫瘍影と、右肺S3に5mm大の円形結節影を認めた。PET-CT所見では右肺S7腫瘍にSUVmax4.0の異常集積を認めたが、右肺S3結節には異常集積は認められなかった。以上より、多発肺良性腫瘍、原発不明癌多発肺転移、悪性リンパ腫、あるいは原発性肺癌を疑い、診断兼治療目的で手術を施行した。その結果、術中病理検査では癌肉腫と診断されたが、最終病理診断では多発硬化性肺胞上皮腫と診断された。術後経過は良好で、7日目に退院となり、術後1年経過現在、再発なく経過している。

  • 肺再切除における周術期の血中凝固第XIII因子の臨床的な意義(Clinical Significance of Perioperative Blood Coagulation Factor XIII in Pulmonary Resections) 査読

    Nagano Koshi, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Suehiro Shigefumi

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   62 ( 1 )   11 - 18   2016年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 肺再切除における周術期の血中凝固第XIII因子の臨床的な意義(Clinical Significance of Perioperative Blood Coagulation Factor XIII in Pulmonary Resections) 査読

    Nagano Koshi, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Tsukioka Takuma, Inoue Hidetoshi, Suehiro Shigefumi

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   62 ( 1 )   11 - 18   2016年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical Significance of Multiple Pulmonary Metastasectomy for Hepatocellular Carcinoma 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Komatsu Hiroaki, Iwata Takashi, Tanaka Shogo, Takemura Shigekazu, Kubo Shoji

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   40 ( 2 )   380 - 387   2016年02月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-015-3213-3

    PubMed

  • Clinical Significance of Multiple Pulmonary Metastasectomy for Hepatocellular Carcinoma.

    Mizuguchi S, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Iwata T, Tanaka S, Takemura S, Kubo S

    World journal of surgery   40 ( 2 )   380 - 7   2016年02月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

  • Arterial blood gases predict long-term prognosis in stage I non-small cell lung cancer patients 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Iwata Takashi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Nishiyama Noritoshi

    BMC SURGERY   16   3   2016年01月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-016-0119-4

    PubMed

  • Arterial blood gases predict long-term prognosis in stage I non-small cell lung cancer patients. 査読

    Mizuguchi S, Iwata T, Izumi N, Tsukioka T, Hanada S, Komatsu H, Nishiyama N

    BMC surgery   16 ( 1 )   3   2016年01月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-016-0119-4

    PubMed

  • Accurate Assessment of Vessel Invasion Using D2-40 and Victoria Blue Predicts Recurrence in Patients with Pathological Stage I NSCLC 査読

    Okada Satoshi, Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Oka-Yamamoto Hiroko, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 ( 9 )   S432 - S432   2015年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Accurate Assessment of Vessel Invasion Using D2-40 and Victoria Blue Predicts Recurrence in Patients with Pathological Stage I NSCLC 査読

    Okada Satoshi, Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Oka-Yamamoto Hiroko, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 ( 9 )   S432 - S432   2015年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mycobacterium xenopi肺感染症の2切除例 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 井上 英俊, 山本 寛子, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 6 )   745 - 750   2015年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycobacterium xenopi(M.xenopi)肺感染症は、本邦の切除報告は8例のみと少ない。M.xenopi症の2切除例を報告する。症例1:70歳男性。肺癌に対し右肺上葉切除術を施行後、経過観察の胸部CTで右肺下葉S6に24mm大の空洞性腫瘤を認めた。血清アスペルギルス抗原陽性であり、抗真菌薬にて縮小を認めず、悪性を考慮し右肺下葉部分切除術を施行した。切除標本のDNA-DNA hybridization(DDH)法でM.xenopiが同定された。症例2:45歳男性。検診で胸部異常陰影を指摘、胸部CTで右肺上葉に44mm大の空洞病変を認めた。喀痰のDDH法でM.xenopiが同定されるも、気管支拡張と病変増大を認め、右肺上葉切除術を施行した。2症例とも術後1年を経過し、再発を認めていない。M.xenopi肺感染症に対し、診断をかねた肺切除を行い、良好な成績を得た。(著者抄録)

  • Predictive Factors of Distant and Local Recurrence in Patients with Surgically Resected Stage 1 NSCLC 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Oka-Yamamoto Hiroko, Okada Satoshi, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 ( 9 )   S431 - S431   2015年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Carbon monoxide releasing molecule-3 (CORM-3) modulates progression of M1/M2 phenotypes in alveolar macrophages 査読

    Yamamoto-Oka Hiroko, Mizuguchi Shinjiro, Toda Michihito, Izumi Nobuhiro, Okada Satoshi, Minamiyama Yukiko, Takemura Shigekazu, Cepinskas Gediminas, Nishiyama Noritoshi

    FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE   86   S20 - S20   2015年09月( ISSN:0891-5849

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2015.07.079

  • Mycobacterium xenopi肺感染症の2切除例 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 井上 英俊, 山本 寛子, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 6 )   745 - 750   2015年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycobacterium xenopi(M.xenopi)肺感染症は、本邦の切除報告は8例のみと少ない。M.xenopi症の2切除例を報告する。症例1:70歳男性。肺癌に対し右肺上葉切除術を施行後、経過観察の胸部CTで右肺下葉S6に24mm大の空洞性腫瘤を認めた。血清アスペルギルス抗原陽性であり、抗真菌薬にて縮小を認めず、悪性を考慮し右肺下葉部分切除術を施行した。切除標本のDNA-DNA hybridization(DDH)法でM.xenopiが同定された。症例2:45歳男性。検診で胸部異常陰影を指摘、胸部CTで右肺上葉に44mm大の空洞病変を認めた。喀痰のDDH法でM.xenopiが同定されるも、気管支拡張と病変増大を認め、右肺上葉切除術を施行した。2症例とも術後1年を経過し、再発を認めていない。M.xenopi肺感染症に対し、診断をかねた肺切除を行い、良好な成績を得た。(著者抄録)

  • Predictive Factors of Distant and Local Recurrence in Patients with Surgically Resected Stage 1 NSCLC 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Oka-Yamamoto Hiroko, Okada Satoshi, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 ( 9 )   S431 - S431   2015年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Accurate Assessment of Vessel Invasion Using D2-40 and Victoria Blue Predicts Recurrence in Patients with Pathological Stage I NSCLC 査読

    Okada Satoshi, Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Oka-Yamamoto Hiroko, Toda Michihito, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 ( 9 )   S432 - S432   2015年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mycobacterium xenopi肺感染症の2切除例 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 井上 英俊, 山本 寛子, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 6 )   745 - 750   2015年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mycobacterium xenopi(M.xenopi)肺感染症は、本邦の切除報告は8例のみと少ない。M.xenopi症の2切除例を報告する。症例1:70歳男性。肺癌に対し右肺上葉切除術を施行後、経過観察の胸部CTで右肺下葉S6に24mm大の空洞性腫瘤を認めた。血清アスペルギルス抗原陽性であり、抗真菌薬にて縮小を認めず、悪性を考慮し右肺下葉部分切除術を施行した。切除標本のDNA-DNA hybridization(DDH)法でM.xenopiが同定された。症例2:45歳男性。検診で胸部異常陰影を指摘、胸部CTで右肺上葉に44mm大の空洞病変を認めた。喀痰のDDH法でM.xenopiが同定されるも、気管支拡張と病変増大を認め、右肺上葉切除術を施行した。2症例とも術後1年を経過し、再発を認めていない。M.xenopi肺感染症に対し、診断をかねた肺切除を行い、良好な成績を得た。(著者抄録)

  • Mycobacterium xenopi肺感染症の2切除例

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 井上 英俊, 山本 寛子, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 6 )   745 - 750   2015年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    Mycobacterium xenopi(M.xenopi)肺感染症は、本邦の切除報告は8例のみと少ない。M.xenopi症の2切除例を報告する。症例1:70歳男性。肺癌に対し右肺上葉切除術を施行後、経過観察の胸部CTで右肺下葉S6に24mm大の空洞性腫瘤を認めた。血清アスペルギルス抗原陽性であり、抗真菌薬にて縮小を認めず、悪性を考慮し右肺下葉部分切除術を施行した。切除標本のDNA-DNA hybridization(DDH)法でM.xenopiが同定された。症例2:45歳男性。検診で胸部異常陰影を指摘、胸部CTで右肺上葉に44mm大の空洞病変を認めた。喀痰のDDH法でM.xenopiが同定されるも、気管支拡張と病変増大を認め、右肺上葉切除術を施行した。2症例とも術後1年を経過し、再発を認めていない。M.xenopi肺感染症に対し、診断をかねた肺切除を行い、良好な成績を得た。(著者抄録)

  • <i>Mycobacterium xenopi</i>肺感染症の2切除例 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 井上 英俊, 山本 寛子, 西山 典利

    The Japanese Association for Chest Surgery 日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 6 )   745 - 750   2015年( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <i>Mycobacterium xenopi</i>(<i>M. xenopi</i>)肺感染症は,本邦の切除報告は8例のみと少ない.<i>M. xenopi</i>症の2切除例を報告する.症例1:70歳男性.肺癌に対し右肺上葉切除術を施行後,経過観察の胸部CTで右肺下葉S6に24 mm大の空洞性腫瘤を認めた.血清アスペルギルス抗原陽性であり,抗真菌薬にて縮小を認めず,悪性を考慮し右肺下葉部分切除術を施行した.切除標本のDNA-DNA hybridization(DDH)法で<i>M. xenopi</i>が同定された.症例2:45歳男性.検診で胸部異常陰影を指摘,胸部CTで右肺上葉に44 mm大の空洞病変を認めた.喀痰のDDH法で<i>M. xenopi</i>が同定されるも,気管支拡張と病変増大を認め,右肺上葉切除術を施行した.2症例とも術後1年を経過し,再発を認めていない.<i>M. xenopi</i>肺感染症に対し,診断をかねた肺切除を行い,良好な成績を得た.

    DOI: 10.2995/jacsurg.29.745

    CiNii Article

  • P8-1 段階的な挿管チューブサイズアップにて治癒せしめた気管切開後の気管狭窄の1例(気管・気管支腫瘍・その他,Posterセッション8,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    泉 信博, 水口 真二郎, 小松 弘明, 井上 英俊, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   37 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.37.Special_S238_1

    CiNii Article

  • O5-2 気管支腫瘍に対する軟性気管支鏡下スネア切除(Interventional Pulmonology,Oralセッション5,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    泉 信博, 水口 真二郎, 小松 弘明, 井上 英俊, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   37 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.37.Special_S177_2

    CiNii Article

  • <i>Mycobacterium xenopi</i>肺感染症の2切除例

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 井上 英俊, 山本 寛子, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌   29 ( 6 )   745 - 750   2015年( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <i>Mycobacterium xenopi</i>(<i>M. xenopi</i>)肺感染症は,本邦の切除報告は8例のみと少ない.<i>M. xenopi</i>症の2切除例を報告する.症例1:70歳男性.肺癌に対し右肺上葉切除術を施行後,経過観察の胸部CTで右肺下葉S6に24 mm大の空洞性腫瘤を認めた.血清アスペルギルス抗原陽性であり,抗真菌薬にて縮小を認めず,悪性を考慮し右肺下葉部分切除術を施行した.切除標本のDNA-DNA hybridization(DDH)法で<i>M. xenopi</i>が同定された.症例2:45歳男性.検診で胸部異常陰影を指摘,胸部CTで右肺上葉に44 mm大の空洞病変を認めた.喀痰のDDH法で<i>M. xenopi</i>が同定されるも,気管支拡張と病変増大を認め,右肺上葉切除術を施行した.2症例とも術後1年を経過し,再発を認めていない.<i>M. xenopi</i>肺感染症に対し,診断をかねた肺切除を行い,良好な成績を得た.

    DOI: 10.2995/jacsurg.29.745

    CiNii Article

  • O5-2 気管支腫瘍に対する軟性気管支鏡下スネア切除(Interventional Pulmonology,Oralセッション5,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    泉 信博, 水口 真二郎, 小松 弘明, 井上 英俊, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 西山 典利

    気管支学   37 ( Special )   S177   2015年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.37.special_s177_2

    CiNii Article

  • P8-1 段階的な挿管チューブサイズアップにて治癒せしめた気管切開後の気管狭窄の1例(気管・気管支腫瘍・その他,Posterセッション8,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    泉 信博, 水口 真二郎, 小松 弘明, 井上 英俊, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 西山 典利

    気管支学   37 ( Special )   S238   2015年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.37.special_s238_1

    CiNii Article

  • Clinical value of exogenous factor XIII for prolonged air leak following pulmonary lobectomy: a case control study 査読

    Inoue Hidetoshi, Nishiyama Noritoshi, Mizuguchi Shinjiro, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Suehiro Shigefumi

    BMC SURGERY   14   109   2014年12月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2482-14-109

    PubMed

  • Clinical value of exogenous factor XIII for prolonged air leak following pulmonary lobectomy: a case control study. 査読

    Inoue H, Nishiyama N, Mizuguchi S, Nagano K, Izumi N, Komatsu H, Suehiro S

    BMC surgery   14 ( 1 )   109   2014年12月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2482-14-109

    PubMed

  • PS-034-5 病期I期非小細胞肺癌における術前動脈血液ガス異常症例の検討(PS-034 肺 診断-2・その他,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    水口 真二郎, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 岡 寛子, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 戸田 道仁, 西山 典利

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-034-5 病期I期非小細胞肺癌における術前動脈血液ガス異常症例の検討(PS-034 肺 診断-2・その他,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    水口 真二郎, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 岡 寛子, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 戸田 道仁, 西山 典利

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • P1-12-5 EWS後に胸郭形成および大胸筋充填術を施行した間質性肺炎合併左上葉肺癌術後遅発性肺瘻の1例(EWS 1,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    泉 信博, 水口 真二郎, 小松 弘明, 井上 英俊, 岡 寛子, 岡田 諭, 原 幹太朗, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   36 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.Special_S254_2

    CiNii Article

  • Pulmonary Sequestration Presenting Elevated CA19-9 and CA125 with Ovarian Cysts 査読

    Komatsu Hiroaki, Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Inoue Hidetoshi, Oka Hiroko, Suehiro Shigefumi, Nishiyama Noritoshi

    The Editorial Committee of Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   20 ( 0 )   686 - 688   2014年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 41-year-old woman was evaluated because of elevated serum levels of the tumor markers CA19-9 and CA125. Whole-body examination revealed an intralobar pulmonary sequestration in the right lower lobe and bilateral cystic ovarian tumors (right: 20 mm, left: 60 mm in diameter, respectively). The left ovarian cyst was resected and diagnosed as an endometrioma. The right ovarian cyst was preserved because of its small size. However, the tumor marker levels remained elevated postoperatively. S10 segmentectomy of the right lung was subsequently performed. Immunohistochemical examination of the sequestrated lung demonstrated positive staining for CA19-9 in the bronchial and alveolar epithelia and mucus. After the pulmonary resection, the CA19-9 and CA125 levels decreased to their normal ranges.

    DOI: 10.5761/atcs.cr.13-00219

    CiNii Article

  • P2-3-2 気管支鏡検査後に腫瘍穿破による膿胸を併発した肺癌の1例(合併症/感染症,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 井上 英俊, 岡 寛子, 岡田 諭志, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   36 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.Special_S269_2

    CiNii Article

  • New susceptibility and resistance HLA-DP alleles to HBV-related diseases identified by a trans-ethnic association study in Asia.

    Nishida N, Sawai H, Kashiwase K, Minami M, Sugiyama M, Seto WK, Yuen MF, Posuwan N, Poovorawan Y, Ahn SH, Han KH, Matsuura K, Tanaka Y, Kurosaki M, Asahina Y, Izumi N, Kang JH, Hige S, Ide T, Yamamoto K, Sakaida I, Murawaki Y, Itoh Y, Tamori A, Orito E, Hiasa Y, Honda M, Kaneko S, Mita E, Suzuki K, Hino K, Tanaka E, Mochida S, Watanabe M, Eguchi Y, Masaki N, Murata K, Korenaga M, Mawatari Y, Ohashi J, Kawashima M, Tokunaga K, Mizokami M

    PloS one   9 ( 2 )   e86449   2014年

  • P2-3-2 気管支鏡検査後に腫瘍穿破による膿胸を併発した肺癌の1例(合併症/感染症,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 井上 英俊, 岡 寛子, 岡田 諭志, 西山 典利

    気管支学   36 ( Special )   S269   2014年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.special_s269_2

    CiNii Article

  • P1-12-5 EWS後に胸郭形成および大胸筋充填術を施行した間質性肺炎合併左上葉肺癌術後遅発性肺瘻の1例(EWS 1,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    泉 信博, 水口 真二郎, 小松 弘明, 井上 英俊, 岡 寛子, 岡田 諭, 原 幹太朗, 西山 典利

    気管支学   36 ( Special )   S254   2014年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.special_s254_2

    CiNii Article

  • Sialyl Lewis X as a predictor of skip N2 metastasis in clinical stage IA non-small cell lung cancer 査読

    Komatsu Hiroaki, Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Chung Kyukwang, Hanada Shoji, Inoue Hidetoshi, Suehiro Shigefumi, Nishiyama Noritoshi

    WORLD JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   11   309   2013年12月( ISSN:1477-7819

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1477-7819-11-309

    PubMed

  • CLINICAL SIGNIFICANCE OF PREOPERATIVE ARTERIAL BLOOD GAS IN PATIENTS WITH STAGE I NON-SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S1216 - S1216   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PULMONARY RESECTION FOR LUNG CANCER PATIENTS WITH CEREBROVASCULAR AND CARDIOVASCULAR COMORBIDITIES 査読

    Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S815 - S815   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PULMONARY RESECTION FOR LUNG CANCER PATIENTS WITH CEREBROVASCULAR AND CARDIOVASCULAR COMORBIDITIES 査読

    Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S815 - S815   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PRIMARY LUNG CANCER COEXISTING WITH LUNG METASTASES FROM OTHER MALIGNANCIES 査読

    Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S1005 - S1006   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF PTRF/CAVIN-1 IS ASSOCIATED WITH POOR PROGNOSIS OF LUNG ADENOCARCINOMA 査読

    Inoue Hidetoshi, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Chung Kyukwang, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Wanibuchi Hideki, Wei Min, Yamano Shotaro

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S475 - S475   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXAMINATION OF THE RELEVANCE OF PROLONGED PULMONARY FISTULA AFTER PULMONARY RESECTION FOR LUNG CANCER AND FACTORS ABOUT DELAYED WOUND HEALING 査読

    Nagano Koshi, Inoue Kiyotoshi, Yamamoto Aya, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Inoue Hidetoshi, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S510 - S510   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL SIGNIFICANCE OF PREOPERATIVE ARTERIAL BLOOD GAS IN PATIENTS WITH STAGE I NON-SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S1216 - S1216   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PRIMARY LUNG CANCER COEXISTING WITH LUNG METASTASES FROM OTHER MALIGNANCIES 査読

    Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S1005 - S1006   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF PTRF/CAVIN-1 IS ASSOCIATED WITH POOR PROGNOSIS OF LUNG ADENOCARCINOMA 査読

    Inoue Hidetoshi, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Chung Kyukwang, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Wanibuchi Hideki, Wei Min, Yamano Shotaro

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S475 - S475   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXAMINATION OF THE RELEVANCE OF PROLONGED PULMONARY FISTULA AFTER PULMONARY RESECTION FOR LUNG CANCER AND FACTORS ABOUT DELAYED WOUND HEALING 査読

    Nagano Koshi, Inoue Kiyotoshi, Yamamoto Aya, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Inoue Hidetoshi, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S510 - S510   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • CLINICAL SIGNIFICANCE OF PREOPERATIVE ARTERIAL BLOOD GAS IN PATIENTS WITH STAGE I NON-SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Izumi Nobuhiro, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S1216 - S1216   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXPRESSION OF PTRF/CAVIN-1 IS ASSOCIATED WITH POOR PROGNOSIS OF LUNG ADENOCARCINOMA 査読

    Inoue Hidetoshi, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Chung Kyukwang, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Oka Hiroko, Okada Satoshi, Hara Kantaro, Wanibuchi Hideki, Wei Min, Yamano Shotaro

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S475 - S475   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXAMINATION OF THE RELEVANCE OF PROLONGED PULMONARY FISTULA AFTER PULMONARY RESECTION FOR LUNG CANCER AND FACTORS ABOUT DELAYED WOUND HEALING 査読

    Nagano Koshi, Inoue Kiyotoshi, Yamamoto Aya, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Inoue Hidetoshi, Nishiyama Noritoshi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S510 - S510   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 経皮針生検5年後に胸腔内穿破した縦隔良性神経鞘腫の1例 査読

    小松 弘明, 水口 真二郎, 泉 信博, 花田 庄司, 井上 英俊, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery   27 ( 5 )   122 - 127   2013年07月( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 経皮針生検5年後に胸腔内穿破した縦隔良性神経鞘腫の1例 査読

    小松 弘明, 水口 真二郎, 泉 信博, 花田 庄司, 井上 英俊, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery   27 ( 5 )   122 - 127   2013年07月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 経皮針生検5年後に胸腔内穿破した縦隔良性神経鞘腫の1例 査読

    小松 弘明, 水口 真二郎, 泉 信博, 花田 庄司, 井上 英俊, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 5 )   662 - 667   2013年07月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は51歳男性。2006年3月、後縦隔腫瘍に対しCTガイド下生検を施行、良性神経鞘腫と診断された。2011年10月より左側胸部痛が出現、同年11月胸部X線写真で左胸水と腫瘍の増大を指摘され、紹介受診となった。CTおよびMRIで後縦隔に90mm大の腫瘤を認め、5年前の針生検部で背側に向かって突出し胸壁浸潤が疑われた。FDG-PETでは同部にSUV max4.7と異常集積を認め、神経鞘腫の悪性転化の可能性を考慮し、胸壁(肋骨)合併切除を伴う縦隔腫瘍摘出術を行った。摘出標本の組織診断は良性神経鞘腫で、悪性所見および胸壁浸潤は認めなかった。術後経過は良好で、術後一年再発を認めていない。胸水を伴う良性神経鞘腫は稀であるが、巨大な神経鞘腫では良性でもFDG-PETでの異常集積や多量の胸水貯留をきたす事があり、良性神経鞘腫と診断されても早期に積極的に切除する価値があると考えられた。(著者抄録)

  • 経皮針生検5年後に胸腔内穿破した縦隔良性神経鞘腫の1例 査読

    小松 弘明, 水口 真二郎, 泉 信博, 花田 庄司, 井上 英俊, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 5 )   662 - 667   2013年07月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は51歳男性。2006年3月、後縦隔腫瘍に対しCTガイド下生検を施行、良性神経鞘腫と診断された。2011年10月より左側胸部痛が出現、同年11月胸部X線写真で左胸水と腫瘍の増大を指摘され、紹介受診となった。CTおよびMRIで後縦隔に90mm大の腫瘤を認め、5年前の針生検部で背側に向かって突出し胸壁浸潤が疑われた。FDG-PETでは同部にSUV max4.7と異常集積を認め、神経鞘腫の悪性転化の可能性を考慮し、胸壁(肋骨)合併切除を伴う縦隔腫瘍摘出術を行った。摘出標本の組織診断は良性神経鞘腫で、悪性所見および胸壁浸潤は認めなかった。術後経過は良好で、術後一年再発を認めていない。胸水を伴う良性神経鞘腫は稀であるが、巨大な神経鞘腫では良性でもFDG-PETでの異常集積や多量の胸水貯留をきたす事があり、良性神経鞘腫と診断されても早期に積極的に切除する価値があると考えられた。(著者抄録)

  • 気管支断端瘻に対してcyanoacrylateを用いた気管支鏡下閉鎖術が奏功した1例 査読

    泉 信博, 永野 晃史, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   35 ( 1 )   56 - 59   2013年01月( ISSN:0287-2137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景.肺切除後の気管支断端瘻に対しては内視鏡的治療も含め様々な治療法が報告されているが、定型的な治療法は未だ存在しない。症例.79歳男性。右肺扁平上皮癌に対し右肺中下葉切除術を施行した。術後病理結果にて気管支断端に癌組織の遺残を認めたため、放射線療法を追加した。術後約1年で気管支鏡検査にてピンホール大の気管支断端瘻の発症を認めた。胸腔ドレナージでは感染コントロールが不良であったため開窓術を施行した。開窓術より1年6ヵ月後、cyanoacrylateを用いて気管支鏡下瘻孔閉鎖術を行い、良好な結果を得た。治療後約3ヵ月で瘻孔の再発は見られておらず、今後腔内の浄化を待って筋肉充填術を施行予定である。結論.我々は術後・放射線療法後の気管支断端瘻に対し、気管支鏡下にcyanoacrylateを用い、瘻孔閉鎖に成功した。比較的小さな気管支断端瘻にはcyanoacrylateによる閉鎖が有用である。(著者抄録)

  • 気管支断端瘻に対してcyanoacrylateを用いた気管支鏡下閉鎖術が奏功した1例 査読

    泉 信博, 永野 晃史, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 西山 典利

    (NPO)日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   35 ( 1 )   56 - 59   2013年01月( ISSN:0287-2137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景.肺切除後の気管支断端瘻に対しては内視鏡的治療も含め様々な治療法が報告されているが、定型的な治療法は未だ存在しない。症例.79歳男性。右肺扁平上皮癌に対し右肺中下葉切除術を施行した。術後病理結果にて気管支断端に癌組織の遺残を認めたため、放射線療法を追加した。術後約1年で気管支鏡検査にてピンホール大の気管支断端瘻の発症を認めた。胸腔ドレナージでは感染コントロールが不良であったため開窓術を施行した。開窓術より1年6ヵ月後、cyanoacrylateを用いて気管支鏡下瘻孔閉鎖術を行い、良好な結果を得た。治療後約3ヵ月で瘻孔の再発は見られておらず、今後腔内の浄化を待って筋肉充填術を施行予定である。結論.我々は術後・放射線療法後の気管支断端瘻に対し、気管支鏡下にcyanoacrylateを用い、瘻孔閉鎖に成功した。比較的小さな気管支断端瘻にはcyanoacrylateによる閉鎖が有用である。(著者抄録)

  • Complexin-2 (CPLX2) as a potential prognostic biomarker in human lung high grade neuroendocrine tumors 査読

    Komatsu Hiroaki, Kakehashi Anna, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Yamano Shotaro, Inoue Hidetoshi, Hanada Shoji, Chung Kyukwang, Wei Min, Suehiro Shigefumi, Wanibuchi Hideki

    CANCER BIOMARKERS   13 ( 3 )   171 - 180   2013年( ISSN:1574-0153

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/CBM-130336

    PubMed

  • 経皮針生検5年後に胸腔内穿破した縦隔良性神経鞘腫の1例 査読

    小松 弘明, 水口 真二郎, 泉 信博, 花田 庄司, 井上 英俊, 西山 典利

    The Japanese Association for Chest Surgery 日本呼吸器外科学会雑誌   27 ( 5 )   662 - 667   2013年( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は51歳男性.2006年3月,後縦隔腫瘍に対しCTガイド下生検を施行,良性神経鞘腫と診断された.2011年10月より左側胸部痛が出現,同年11月胸部X線写真で左胸水と腫瘍の増大を指摘され,紹介受診となった.CTおよびMRIで後縦隔に90 mm大の腫瘤を認め,5年前の針生検部で背側に向かって突出し胸壁浸潤が疑われた.FDG-PETでは同部にSUV max 4.7と異常集積を認め,神経鞘腫の悪性転化の可能性を考慮し,胸壁(肋骨)合併切除を伴う縦隔腫瘍摘出術を行った.摘出標本の組織診断は良性神経鞘腫で,悪性所見および胸壁浸潤は認めなかった.術後経過は良好で,術後一年再発を認めていない.胸水を伴う良性神経鞘腫は稀であるが,巨大な神経鞘腫では良性でもFDG-PETでの異常集積や多量の胸水貯留をきたす事があり,良性神経鞘腫と診断されても早期に積極的に切除する価値があると考えられた.

    DOI: 10.2995/jacsurg.27.662

    CiNii Article

  • 気管支断端瘻に対してcyanoacrylateを用いた気管支鏡下閉鎖術が奏功した1例 査読

    泉 信博, 永野 晃史, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   35 ( 1 )   56 - 59   2013年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景.肺切除後の気管支断端瘻に対しては内視鏡的治療も含め様々な治療法が報告されているが,定型的な治療法は未だ存在しない.症例. 79歳男性.右肺扁平上皮癌に対し右肺中下葉切除術を施行した.術後病理結果にて気管支断端に癌組織の遺残を認めたため,放射線療法を追加した.術後約1年で気管支鏡検査にてピンホール大の気管支断端瘻の発症を認めた.胸腔ドレナージでは感染コントロールが不良であったため開窓術を施行した.開窓術より1年6カ月後, cyanoacrylateを用いて気管支鏡下瘻孔閉鎖術を行い,良好な結果を得た.治療後約3カ月で瘻孔の再発は見られておらず,今後腔内の浄化を待って筋肉充填術を施行予定である.結論.我々は術後・放射線療法後の気管支断端瘻に対し,気管支鏡下にcyanoacrylateを用い,瘻孔閉鎖に成功した.比較的小さな気管支断端瘻にはcyanoacrylateによる閉鎖が有用である.

    DOI: 10.18907/jjsre.35.1_56

    CiNii Article

  • P2-9-5 対側肺内転移を胸腔胸下生検にて否定し1期的に根治術を施行した右肺線癌の1例(腹腔鏡-3,一般演題ポスター,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    泉 信博, 水口 真二郎, 花田 庄司, 小松 弘明, 井上 英俊, 岡 寛子, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   35 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.35.Special_S259_2

    CiNii Article

  • P2-2-1 腹腔内膿瘍 : 気管支瘻の2例の経験(気管支瘻・気道損傷-2,一般演題ポスター,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    永野 晃史, 井上 清俊, 山本 亜弥, 泉 信博, 水口 真二郎, 花田 庄司, 小松 弘明, 井上 英俊, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   35 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.35.Special_S242_1

    CiNii Article

  • P2-19-5 痙攣,喀血を繰り返した右肺紡錘細胞癌の一例(症例-12,一般演題ポスター,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    水口 真二郎, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明, 井上 英俊, 岡 寛子, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   35 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.35.Special_S282_2

    CiNii Article

  • P1-14-1 術後難治性肺瘻に対しEWSを用いた気管支充填術が奏功した1例(気管支充填術-2,一般演題ポスター,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    小松 弘明, 西山 典利, 泉 信博, 水口 真二郎, 花田 庄司, 井上 英俊, 岡 寛子, 宮本 光, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   35 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.35.Special_S220_1

    CiNii Article

  • Complexin-2 (CPLX2) as a potential prognostic biomarker in human lung high grade neuroendocrine tumors.

    Komatsu H, Kakehashi A, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Yamano S, Inoue H, Hanada S, Chung K, Wei M, Suehiro S, Wanibuchi H

    Cancer biomarkers : section A of Disease markers   13 ( 3 )   171 - 80   2013年( ISSN:1574-0153

     詳細を見る

  • P1-14-1 術後難治性肺瘻に対しEWSを用いた気管支充填術が奏功した1例(気管支充填術-2,一般演題ポスター,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    小松 弘明, 西山 典利, 泉 信博, 水口 真二郎, 花田 庄司, 井上 英俊, 岡 寛子, 宮本 光, 末廣 茂文

    気管支学   35 ( Special )   S220   2013年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.35.special_s220_1

    CiNii Article

  • P2-9-5 対側肺内転移を胸腔胸下生検にて否定し1期的に根治術を施行した右肺線癌の1例(腹腔鏡-3,一般演題ポスター,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    泉 信博, 水口 真二郎, 花田 庄司, 小松 弘明, 井上 英俊, 岡 寛子, 西山 典利

    気管支学   35 ( Special )   S259   2013年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.35.special_s259_2

    CiNii Article

  • P2-2-1 腹腔内膿瘍 : 気管支瘻の2例の経験(気管支瘻・気道損傷-2,一般演題ポスター,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    永野 晃史, 井上 清俊, 山本 亜弥, 泉 信博, 水口 真二郎, 花田 庄司, 小松 弘明, 井上 英俊, 西山 典利

    気管支学   35 ( Special )   S242   2013年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.35.special_s242_1

    CiNii Article

  • P2-19-5 痙攣,喀血を繰り返した右肺紡錘細胞癌の一例(症例-12,一般演題ポスター,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    水口 真二郎, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明, 井上 英俊, 岡 寛子, 西山 典利

    気管支学   35 ( Special )   S282   2013年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.35.special_s282_2

    CiNii Article

  • Preoperative serum value of sialyl Lewis X predicts pathological nodal extension and survival in patients with surgically treated small cell lung cancer 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Chung Kyukwang, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi, Kaji Masahide, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY   105 ( 8 )   818 - 824   2012年06月( ISSN:0022-4790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jso.23002

    PubMed

  • 肺癌が強く疑われる不明瞭な肺腫瘍に対する肺葉切除(Lobectomy for Indeterminate Lung Tumors with a Strong Suspicion of Lung Cancer) 査読

    Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Suehiro Shigefumi

    「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   18 ( 3 )   243 - 246   2012年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肺癌が強く疑われる不明瞭な肺腫瘍の組織診に対して楔形切除は難しく、肺葉切除後に完全な病理学的検査が必要である。2010年4月〜12月に原発性肺癌のために肺葉切除を行った35例中、肺葉切除後に完全な病理学的検査を行った4例を報告した。症例1は75歳男性、症例2は46歳男性、症例3は70歳女性、症例4は75歳女性で、全例で肺癌が強く疑われたが、軟性気管支鏡検査による経気管支生検で悪性を証明できなかった。各患者に肺葉切除を行い、術中病理検査を行った。症例1は中程度分化扁平上皮癌、症例2は多形癌、症例3は細気管支肺胞癌、症例4は中程度分化乳頭腺癌と診断された。術後経過は全患者で順調であった。

  • 肺癌が強く疑われる不明瞭な肺腫瘍に対する肺葉切除(Lobectomy for Indeterminate Lung Tumors with a Strong Suspicion of Lung Cancer) 査読

    Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Suehiro Shigefumi

    「Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery」編集委員会 Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   18 ( 3 )   243 - 246   2012年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肺癌が強く疑われる不明瞭な肺腫瘍の組織診に対して楔形切除は難しく、肺葉切除後に完全な病理学的検査が必要である。2010年4月〜12月に原発性肺癌のために肺葉切除を行った35例中、肺葉切除後に完全な病理学的検査を行った4例を報告した。症例1は75歳男性、症例2は46歳男性、症例3は70歳女性、症例4は75歳女性で、全例で肺癌が強く疑われたが、軟性気管支鏡検査による経気管支生検で悪性を証明できなかった。各患者に肺葉切除を行い、術中病理検査を行った。症例1は中程度分化扁平上皮癌、症例2は多形癌、症例3は細気管支肺胞癌、症例4は中程度分化乳頭腺癌と診断された。術後経過は全患者で順調であった。

  • PS-111-8 マウス敗血症モデルにおける一酸化炭素投与の肺保護効果(PS-111 肺 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    水口 真二郎, 西山 典利, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 末廣 茂文, Cepinskas Gediminas

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-111-8 マウス敗血症モデルにおける一酸化炭素投与の肺保護効果(PS-111 肺 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    水口 真二郎, 西山 典利, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 末廣 茂文, Cepinskas Gediminas

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of pulmonary resection in the diagnosis and treatment of limited-stage small cell lung cancer : revision of clinical diagnosis based on findings of resected specimen and its influence on survival 査読

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, NAGANO Koshi, IZUMI Nobuhiro, MIZUGUCHI Shinjiro, TSUKIOKA Takuma, MORITA Ryuhei, CHUNG Kyukwang, HANADA Shoji, INOUE Kiyotoshi

    General thoracic and cardiovascular surgery   60 ( 1 )   43 - 52   2012年01月( ISSN:18636705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Role of pulmonary resection in the diagnosis and treatment of limited-stage small cell lung cancer: revision of clinical diagnosis based on findings of resected specimen and its influence on survival. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Morita R, Chung K, Hanada S, Inoue K

    General thoracic and cardiovascular surgery   60 ( 1 )   43 - 52   2012年01月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-011-0847-4

    PubMed

  • 限られた病期の小細胞性肺癌に対する診断と治療における肺切除術の役割 切除標本の知見をもとにした臨床診断の修正とそれが生存率に与える影響(Role of pulmonary resection in the diagnosis and treatment of limited-stage small cell lung cancer: revision of clinical diagnosis based on findings of resected specimen and its influence on survival) 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Tsukioka Takuma, Morita Ryuhei, Chung Kyukwang, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   60 ( 1 )   43 - 52   2012年01月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1990年1月から2007年12月までの期間に著者らの施設で手術標本により小細胞性肺癌(SCLC)と診断された患者37例を対象とした後向き研究を行った。平均追跡期間は41.2ヵ月で5年生存率は57.5%であった。肺葉切除または広範囲切除をした患者が33例、縦隔リンパ節切離をした患者が29例、化学療法を受けなかった患者が15例あった。術前または術中にSCLCと診断された患者は75%、診断されなかった患者が25%あった。臨床的病期1と診断された患者が29例あったが病理学的に1期であったのは20例のみであった。病理学的1期の患者は2期の患者よりも生存率が良好であったが、臨床的病期ではそのような差はなかった。すなわち、本症の術後生存を予知する重要な因子は病理学的病期であった。

  • 限られた病期の小細胞性肺癌に対する診断と治療における肺切除術の役割 切除標本の知見をもとにした臨床診断の修正とそれが生存率に与える影響(Role of pulmonary resection in the diagnosis and treatment of limited-stage small cell lung cancer: revision of clinical diagnosis based on findings of resected specimen and its influence on survival) 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Tsukioka Takuma, Morita Ryuhei, Chung Kyukwang, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   60 ( 1 )   43 - 52   2012年01月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1990年1月から2007年12月までの期間に著者らの施設で手術標本により小細胞性肺癌(SCLC)と診断された患者37例を対象とした後向き研究を行った。平均追跡期間は41.2ヵ月で5年生存率は57.5%であった。肺葉切除または広範囲切除をした患者が33例、縦隔リンパ節切離をした患者が29例、化学療法を受けなかった患者が15例あった。術前または術中にSCLCと診断された患者は75%、診断されなかった患者が25%あった。臨床的病期1と診断された患者が29例あったが病理学的に1期であったのは20例のみであった。病理学的1期の患者は2期の患者よりも生存率が良好であったが、臨床的病期ではそのような差はなかった。すなわち、本症の術後生存を予知する重要な因子は病理学的病期であった。

  • 9.末梢型扁平上皮癌術後に診断した内視鏡的早期肺癌の重複癌の1例(第91回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会) 査読

    小松 弘明, 西山 典利, 泉 信博, 水口 真二郎, 花田 庄司, 井上 英俊, 岡 寛子, 宮本 光, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   34 ( 5 )   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.5_528_4

    CiNii Article

  • Lobectomy for indeterminate lung tumors with a strong suspicion of lung cancer. 査読

    Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Tei K, Hanada S, Komatsu H, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   18 ( 3 )   243 - 6   2012年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Lobectomy for Indeterminate Lung Tumors with a Strong Suspicion of Lung Cancer 査読

    Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Suehiro Shigefumi

    The Editorial Committee of Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   18 ( 3 )   243 - 246   2012年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Wedge resection for tissue diagnosis of indeterminate lung tumors that is strongly suspected of being lung cancer, is sometimes difficult, and lobectomy, followed by a thorough pathological examination, is required. In the present report, four cases are presented, and the following indications, which have never been discussed before, are recommended for lobectomy without a pre-resectional diagnosis. First, where larger tumors are involved, and lobectomy is expected to result in a more favorable patient status and second, where the lesions are deeply located near major pulmonary vessels, or the patient is not a candidate for wedge resection or segmental resection. In each case, tolerance to surgery and detailed, informed consent for potentially complete resection are mandatory.

    DOI: 10.5761/atcs.cr.11.01713

    CiNii Article

  • Lobectomy for indeterminate lung tumors with a strong suspicion of lung cancer. 査読

    Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Tei K, Hanada S, Komatsu H, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   18 ( 3 )   243 - 6   2012年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 9.末梢型扁平上皮癌術後に診断した内視鏡的早期肺癌の重複癌の1例(第91回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会) 査読

    小松 弘明, 西山 典利, 泉 信博, 水口 真二郎, 花田 庄司, 井上 英俊, 岡 寛子, 宮本 光, 末廣 茂文

    気管支学   34 ( 5 )   528 - 528   2012年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.5_528_4

    CiNii Article

  • Lobectomy for indeterminate lung tumors with a strong suspicion of lung cancer. 査読

    Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Tei K, Hanada S, Komatsu H, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   18 ( 3 )   243 - 6   2012年( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 胸腔鏡下肺生検により診断したpulmonary epithelioid hemangioendotheliomaの1例 査読

    花田 庄司, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 末廣 茂文

    (NPO)日本肺癌学会 肺癌   51 ( 7 )   830 - 834   2011年12月( ISSN:0386-9628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景。肺類上皮血管内皮腫(pulmonary epithelioid hemangioendothelioma:PEH)は血管内皮細胞の増殖を特徴とし、緩徐に経過する低および中間悪性度の血管性腫瘍であり、悪性腫瘍の多発肺転移などとの鑑別を要する。画像所見や、気管支内視鏡検査などで術前診断に至る症例は少なく、多くは外科的肺生検にて確定診断を得ている。今回我々は胸腔鏡下肺生検で確定診断を得たPEHの1例を報告する。症例。症例は33歳女性。検診で胸部X線異常陰影を指摘された。胸部CTで両側肺野の多発粒状陰影を認め、転移性肺腫瘍が疑われたため当科紹介となった。全身検索で明らかな原発巣は認めず、肺生検での診断が必要と考えられたため胸腔鏡下肺生検術を施行し、PEHとの診断を得た。結論。PEHは気管支鏡やCTガイド下肺生検では確定診断を得ることは困難であり、外科的肺生検が診断に有用となることが多いと考える。また、予後不良因子がない場合でも予後予測は難しく、治療方法も確立されていないことより長期にわたる定期的な経過観察が必要と考える。(著者抄録)

  • 胸腔鏡下肺生検により診断したpulmonary epithelioid hemangioendotheliomaの1例 査読

    花田 庄司, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 末廣 茂文

    (NPO)日本肺癌学会 肺癌   51 ( 7 )   830 - 834   2011年12月( ISSN:0386-9628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景。肺類上皮血管内皮腫(pulmonary epithelioid hemangioendothelioma:PEH)は血管内皮細胞の増殖を特徴とし、緩徐に経過する低および中間悪性度の血管性腫瘍であり、悪性腫瘍の多発肺転移などとの鑑別を要する。画像所見や、気管支内視鏡検査などで術前診断に至る症例は少なく、多くは外科的肺生検にて確定診断を得ている。今回我々は胸腔鏡下肺生検で確定診断を得たPEHの1例を報告する。症例。症例は33歳女性。検診で胸部X線異常陰影を指摘された。胸部CTで両側肺野の多発粒状陰影を認め、転移性肺腫瘍が疑われたため当科紹介となった。全身検索で明らかな原発巣は認めず、肺生検での診断が必要と考えられたため胸腔鏡下肺生検術を施行し、PEHとの診断を得た。結論。PEHは気管支鏡やCTガイド下肺生検では確定診断を得ることは困難であり、外科的肺生検が診断に有用となることが多いと考える。また、予後不良因子がない場合でも予後予測は難しく、治療方法も確立されていないことより長期にわたる定期的な経過観察が必要と考える。(著者抄録)

  • 胸腔鏡下胸管結紮術により治癒が得られた特発性乳び胸の1例 査読

    白土 直子, 浅井 一久, 武田 倫子, 玉垣 学也, 小林 大起, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 姜 成勲, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 花田 庄司, 丁 奎光, 泉 信博, 永野 晃史, 西山 典利, 平田 一人

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   70 ( 10 )   1070 - 1074   2011年10月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は30歳、女性。健診で右胸水貯留を指摘され、精査の結果特発性乳び胸と診断された。胸腔ドレナージと低脂肪食で治療を開始したが、反応が得られず、中心静脈栄養管理とした。しかしこれらの保存的治療でも乳びの減少が得られなかったため、胸腔鏡下に胸管結紮術を施行した。手術時に胸管へ直接インジゴカルミンを注入することで胸管の破綻部位を同定することが可能であった。(著者抄録)

  • 胸腔鏡下胸管結紮術により治癒が得られた特発性乳び胸の1例 査読

    白土 直子, 浅井 一久, 武田 倫子, 玉垣 学也, 小林 大起, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 姜 成勲, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 花田 庄司, 丁 奎光, 泉 信博, 永野 晃史, 西山 典利, 平田 一人

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   70 ( 10 )   1070 - 1074   2011年10月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は30歳、女性。健診で右胸水貯留を指摘され、精査の結果特発性乳び胸と診断された。胸腔ドレナージと低脂肪食で治療を開始したが、反応が得られず、中心静脈栄養管理とした。しかしこれらの保存的治療でも乳びの減少が得られなかったため、胸腔鏡下に胸管結紮術を施行した。手術時に胸管へ直接インジゴカルミンを注入することで胸管の破綻部位を同定することが可能であった。(著者抄録)

  • Pulmonary Resection for Lung Cancer with Impaired Pulmonary Function Due to Severe Spinal Deformity : Report of a Case 査読

    IWATA TAKASHI, NISHIYAMA NORITOSHI, NAGANO KOSHI, IZUMI NOBUHIRO, TSUKIOKA TAKUMA, TEI KEIKOH, HANADA SHOJI, INOUE KIYOTOSHI, KAJI MASAHIDE, SUEHIRO SHIGEFUMI

    Surgery today : the Japanese journal of surgery   41 ( 6 )   849 - 853   2011年06月( ISSN:09411291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Pulmonary Resection for Lung Cancer with Impaired Pulmonary Function Due to Severe Spinal Deformity : Report of a Case 査読

    IWATA TAKASHI, NISHIYAMA NORITOSHI, NAGANO KOSHI, IZUMI NOBUHIRO, TSUKIOKA TAKUMA, TEI KEIKOH, HANADA SHOJI, INOUE KIYOTOSHI, KAJI MASAHIDE, SUEHIRO SHIGEFUMI

    Surgery today : the Japanese journal of surgery   41 ( 6 )   849 - 853   2011年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • AGR2 AS A NOVEL USEFUL BIOMARKER OF HUMAN LUNG ADENOCARCINOMA 査読

    Chung Kyukwang, Nishiyama Noritoshi, Komatsu Hiroaki, Hanada Shoji, Izumi Nobuhiro, Nagano Koshi, Wanibuchi Hideki, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S954 - S954   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • BLOOD COAGULATION FACTOR XIII IN PULMONARY RESECTION 査読

    Nagano Koshi, Nishiyama Notitoshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S851 - S851   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 重度脊髄変形による肺機能障害を伴う肺癌に対する肺切除術 1症例報告(Pulmonary Resection for Lung Cancer with Impaired Pulmonary Function Due to Severe Spinal Deformity: Report of a Case) 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keikoh, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi, Kaji Masahide, Suehiro Shigefumi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   41 ( 6 )   849 - 853   2011年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肺腺癌手術を行った58歳男性症例について検討した。3歳時の脊椎カリエスの既往歴があり、それ以来喘息様の症状が頻繁に再発していた。胸部単純X線検査では、左肺門の形状不整な腫瘤と、脊柱後彎症による胸郭の重度変形を認めた。肺機能検査では、重度の拘束性換気パターンが示された。縦隔を切除せずに左肺上葉切除術を行った。喘息様症状は術後数日間は痰の喀出困難によって悪化したが、内科治療を要することなく消失した。術後8日目に呼吸困難、喀血、胸腔内出血がみられた。CTで残存左下葉の軸捻転が認められたが、症状は1週間で自然に消失した。患者は、何年もの間、労作時の咳嗽や軽度呼吸困難を頻繁に訴えていたが、肺葉切除術後もQOLは変化しなかった。手術3年後に骨転移を認め、化学療法を行ったが、手術から4年2ヵ月後に死亡した。

  • THE PROTEOME ANALYSIS OF HUMAN LUNG LARGE CELL NEUROENDOCRINE CARCINOMA 査読

    Komtsu Hiroaki, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Wanibuchi Hideki, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S714 - S714   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SERUM SIALYL LEWISX LEVEL INDICATES NODAL EXTENSION IN PATIENTS WITH CLINICAL STAGE 1A NON-SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Tsukioka Takuma, Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Tei Keiko, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S1324 - S1325   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • AGR2 AS A NOVEL USEFUL BIOMARKER OF HUMAN LUNG ADENOCARCINOMA 査読

    Chung Kyukwang, Nishiyama Noritoshi, Komatsu Hiroaki, Hanada Shoji, Izumi Nobuhiro, Nagano Koshi, Wanibuchi Hideki, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S954 - S954   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 重度脊髄変形による肺機能障害を伴う肺癌に対する肺切除術 1症例報告(Pulmonary Resection for Lung Cancer with Impaired Pulmonary Function Due to Severe Spinal Deformity: Report of a Case) 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keikoh, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi, Kaji Masahide, Suehiro Shigefumi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Surgery Today   41 ( 6 )   849 - 853   2011年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肺腺癌手術を行った58歳男性症例について検討した。3歳時の脊椎カリエスの既往歴があり、それ以来喘息様の症状が頻繁に再発していた。胸部単純X線検査では、左肺門の形状不整な腫瘤と、脊柱後彎症による胸郭の重度変形を認めた。肺機能検査では、重度の拘束性換気パターンが示された。縦隔を切除せずに左肺上葉切除術を行った。喘息様症状は術後数日間は痰の喀出困難によって悪化したが、内科治療を要することなく消失した。術後8日目に呼吸困難、喀血、胸腔内出血がみられた。CTで残存左下葉の軸捻転が認められたが、症状は1週間で自然に消失した。患者は、何年もの間、労作時の咳嗽や軽度呼吸困難を頻繁に訴えていたが、肺葉切除術後もQOLは変化しなかった。手術3年後に骨転移を認め、化学療法を行ったが、手術から4年2ヵ月後に死亡した。

  • THE PROTEOME ANALYSIS OF HUMAN LUNG LARGE CELL NEUROENDOCRINE CARCINOMA 査読

    Komtsu Hiroaki, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Wanibuchi Hideki, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S714 - S714   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SERUM SIALYL LEWISX LEVEL INDICATES NODAL EXTENSION IN PATIENTS WITH CLINICAL STAGE 1A NON-SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Tsukioka Takuma, Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Tei Keiko, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S1324 - S1325   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pulmonary resection for lung cancer with impaired pulmonary function due to severe spinal deformity: Report of a case 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keikoh, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi, Kaji Masahide, Suehiro Shigefumi

    SURGERY TODAY   41 ( 6 )   849 - 853   2011年06月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-010-4365-2

    PubMed

  • PREOPERATIVE SERUM VALUE OF SIALYL LEWIS X IS ASSOCIATED WITH PATHOLOGICAL STAGE AND SURVIVAL IN PATIENTS WITH SURGICALLY TREATED SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Kiyotoshi, Kaji Masahide, Kudoh Shinzoh, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S859 - S860   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LOBECTOMY FOR INDETERMINATE LUNG TUMORS WITH A STRONG SUSPICION OF LUNG CANCER 査読

    Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S841 - S841   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • BLOOD COAGULATION FACTOR XIII IN PULMONARY RESECTION 査読

    Nagano Koshi, Nishiyama Notitoshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S851 - S851   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LOBECTOMY FOR INDETERMINATE LUNG TUMORS WITH A STRONG SUSPICION OF LUNG CANCER 査読

    Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S841 - S841   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PREOPERATIVE SERUM VALUE OF SIALYL LEWIS X IS ASSOCIATED WITH PATHOLOGICAL STAGE AND SURVIVAL IN PATIENTS WITH SURGICALLY TREATED SMALL CELL LUNG CANCER 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Kiyotoshi, Kaji Masahide, Kudoh Shinzoh, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S859 - S860   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • AGR2 AS A NOVEL USEFUL BIOMARKER OF HUMAN LUNG ADENOCARCINOMA 査読

    Chung Kyukwang, Nishiyama Noritoshi, Komatsu Hiroaki, Hanada Shoji, Izumi Nobuhiro, Nagano Koshi, Wanibuchi Hideki, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S954 - S954   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • BLOOD COAGULATION FACTOR XIII IN PULMONARY RESECTION 査読

    Nagano Koshi, Nishiyama Notitoshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki, Inoue Hidetoshi, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S851 - S851   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LOBECTOMY FOR INDETERMINATE LUNG TUMORS WITH A STRONG SUSPICION OF LUNG CANCER 査読

    Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tei Keiko, Hanada Shoji, Komatsu Hiroaki

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   6 ( 6 )   S841 - S841   2011年06月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 10.有瘻性膿胸に対しEWSを使用した3例(第89回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会) 査読

    山本 亜弥, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 井上 英俊, 戸田 道仁, 西山 典利

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   33 ( 5 )   383 - 384   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.5_383_5

    CiNii Article

  • 胸腔鏡下肺生検により診断したpulmonary epithelioid hemangioendotheliomaの1例 査読

    花田 庄司, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 末廣 茂文

    The Japan Lung Cancer Society 肺癌   51 ( 7 )   830 - 834   2011年( ISSN:0386-9628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>背景</b>.肺類上皮血管内皮腫(pulmonary epithelioid hemangioendothelioma:PEH)は血管内皮細胞の増殖を特徴とし,緩徐に経過する低および中間悪性度の血管性腫瘍であり,悪性腫瘍の多発肺転移などとの鑑別を要する.画像所見や,気管支内視鏡検査などで術前診断に至る症例は少なく,多くは外科的肺生検にて確定診断を得ている.今回我々は胸腔鏡下肺生検で確定診断を得たPEHの1例を報告する.<b>症例</b>.症例は33歳女性.検診で胸部X線異常陰影を指摘された.胸部CTで両側肺野の多発粒状陰影を認め,転移性肺腫瘍が疑われたため当科紹介となった.全身検索で明らかな原発巣は認めず,肺生検での診断が必要と考えられたため胸腔鏡下肺生検術を施行し,PEHとの診断を得た.<b>結論</b>.PEHは気管支鏡やCTガイド下肺生検では確定診断を得ることは困難であり,外科的肺生検が診断に有用となることが多いと考える.また,予後不良因子がない場合でも予後予測は難しく,治療方法も確立されていないことより長期にわたる定期的な経過観察が必要と考える.<br>

    DOI: 10.2482/haigan.51.830

    CiNii Article

  • P36-8 気管支断端瘻に対しシアノアクリレートを用いた気管支鏡下閉鎖術が奏功した1例(外科治療/術後膿胸,ポスター36,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    丁 奎光, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   33 ( 0 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.Special_S307

    CiNii Article

  • P15-2 肝膿瘍穿破により発症した有瘻性膿胸に対し,EWSを使用した1例(有瘻性膿胸/充填術,ポスター15,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    永野 晃史, 西山 典利, 泉 信博, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   33 ( 0 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.Special_S258_2

    CiNii Article

  • 10.有瘻性膿胸に対しEWSを使用した3例(第89回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会) 査読

    山本 亜弥, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 井上 英俊, 戸田 道仁, 西山 典利

    気管支学   33 ( 5 )   383 - 384   2011年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.5_383_5

    CiNii Article

  • P15-2 肝膿瘍穿破により発症した有瘻性膿胸に対し,EWSを使用した1例(有瘻性膿胸/充填術,ポスター15,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    永野 晃史, 西山 典利, 泉 信博, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明

    気管支学   33 ( Special )   S258   2011年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.special_s258_2

    CiNii Article

  • P36-8 気管支断端瘻に対しシアノアクリレートを用いた気管支鏡下閉鎖術が奏功した1例(外科治療/術後膿胸,ポスター36,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    丁 奎光, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明

    気管支学   33 ( Special )   S307   2011年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.special_s307

    CiNii Article

  • Lung metastases from various malignancies combined with primary lung cancer 査読

    NISHIYAMA Noritoshi, IWATA Takashi, NAGANO Koshi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, TEI Keiko, YAMAMOTO Ryoji, SUEHIRO Shigefumi

    General thoracic and cardiovascular surgery   58 ( 10 )   538 - 541   2010年10月( ISSN:18636705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Lung metastases from various malignancies combined with primary lung cancer

    NISHIYAMA Noritoshi, IWATA Takashi, NAGANO Koshi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, TEI Keiko, YAMAMOTO Ryoji, SUEHIRO Shigefumi

    58 ( 10 )   538 - 541   2010年10月( ISSN:18636705

     詳細を見る

  • Lung metastases from various malignancies combined with primary lung cancer. 査読

    Nishiyama N, Iwata T, Nagano K, Izumi N, Tsukioka T, Tei K, Yamamoto R, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   58 ( 10 )   538 - 41   2010年10月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-009-0563-5

    PubMed

  • 原発性肺癌に合併する、さまざまな悪性腫瘍からの肺転移(Lung metastases from various malignancies combined with primary lung cancer) 査読

    Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keiko, Yamamoto Ryoji, Suehiro Shigefumi

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   58 ( 10 )   538 - 541   2010年10月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    原発性肺癌に合併した複数の肺転移を認めた2症例(53歳女性、70歳女性)について検討した。それぞれ右大腿の粘液性脂肪肉腫と大腸癌であり、いずれの場合も肺転移巣切除により、腫瘍のうちの1つが原発性肺癌であることが明らかになった。小結節を摘出し、原発性肺癌に合併した肺転移と診断した場合は、各疾患の予後によって追加治療を考慮すべきであると思われた。

  • 原発性肺癌に合併する、さまざまな悪性腫瘍からの肺転移(Lung metastases from various malignancies combined with primary lung cancer) 査読

    Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keiko, Yamamoto Ryoji, Suehiro Shigefumi

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   58 ( 10 )   538 - 541   2010年10月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    原発性肺癌に合併した複数の肺転移を認めた2症例(53歳女性、70歳女性)について検討した。それぞれ右大腿の粘液性脂肪肉腫と大腸癌であり、いずれの場合も肺転移巣切除により、腫瘍のうちの1つが原発性肺癌であることが明らかになった。小結節を摘出し、原発性肺癌に合併した肺転移と診断した場合は、各疾患の予後によって追加治療を考慮すべきであると思われた。

  • Lung metastases from various malignancies combined with primary lung cancer 査読

    Noritoshi Nishiyama, Takashi Iwata, Koshi Nagano, Nobuhiro Izumi, Takuma Tsukioka, Keiko Tei, Ryoji Yamamoto, Shigefumi Suehiro

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery   58 ( 10 )   538 - 541   2010年10月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Various tumors metastasize to the lung, and they are often detected as multiple nodules. We report on two cases of such multiple lung metastases combined with primary lung cancer: a myxoid liposarcoma in the right thigh and a colon cancer. In each case, a pulmonary metastasectomy revealed that one of the tumors was primary lung cancer. Regardless of recent advances in computed tomography for detecting small pulmonary nodules and ground-glass opacity components, which indicate possible primary lung cancer, the preoperative differential diagnosis for either metastatic or primary lung cancers is usually difficult because they are too small to obtain enough tissue for diagnosis, except by surgery. When nodules are removed and diagnosed as lung metastasis combined with primary lung cancer, additional treatment should be considered depending on the prognosis of each disease. © 2010 The Japanese Association for Thoracic Surgery.

    DOI: 10.1007/s11748-009-0563-5

    PubMed

  • Lung metastases from various malignancies combined with primary lung cancer.

    Nishiyama N, Iwata T, Nagano K, Izumi N, Tsukioka T, Tei K, Yamamoto R, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   58 ( 10 )   538 - 41   2010年10月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

  • Lung metastases from various malignancies combined with primary lung cancer 査読

    Noritoshi Nishiyama, Takashi Iwata, Koshi Nagano, Nobuhiro Izumi, Takuma Tsukioka, Keiko Tei, Ryoji Yamamoto, Shigefumi Suehiro

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery   58 ( 10 )   538 - 541   2010年10月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Various tumors metastasize to the lung, and they are often detected as multiple nodules. We report on two cases of such multiple lung metastases combined with primary lung cancer: a myxoid liposarcoma in the right thigh and a colon cancer. In each case, a pulmonary metastasectomy revealed that one of the tumors was primary lung cancer. Regardless of recent advances in computed tomography for detecting small pulmonary nodules and ground-glass opacity components, which indicate possible primary lung cancer, the preoperative differential diagnosis for either metastatic or primary lung cancers is usually difficult because they are too small to obtain enough tissue for diagnosis, except by surgery. When nodules are removed and diagnosed as lung metastasis combined with primary lung cancer, additional treatment should be considered depending on the prognosis of each disease. © 2010 The Japanese Association for Thoracic Surgery.

    DOI: 10.1007/s11748-009-0563-5

    PubMed

  • c-1A期非小細胞肺癌症例における術前血中SLX値測定の意義 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 丁 奎光, 末廣 茂文

    The Japanese Association for Chest Surgery 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery   24 ( 6 )   886 - 890   2010年09月( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2004年1月から2008年12月に縦隔リンパ節郭清を伴う肺葉切除を施行したc-1A期非小細胞肺癌症例131症例を対象とし,術後病理学的リンパ節転移陰性群と陽性群間の臨床病理学的因子を検討した.男性72例,女性59例,平均年齢67歳.腺癌107例,非腺癌24例であった.pN0症例113例,pN1症例6例,pN2症例12例であった.リンパ節転移陰性例(n=113)および陽性例(n=18)を比較検討すると術前血中SLX値の中央値はそれぞれ21.6U/mlおよび28.5U/mlであり,リンパ節転移陽性例で有意に高値であった(p=0.001).ROCカーブから血中SLX値についてカットオフ値(26U/ml)を決定し,臨床病理学的因子について多変量解析を行うと血中SLX値のみが独立予測因子であった(リスク比:3.527,p=0.021).c-1A期非小細胞肺癌症例において術前血中SLX値陽性例は術前精査,術式選択について慎重な検討が必要と考えられた.

    DOI: 10.2995/jacsurg.24.886

    CiNii Article

  • c-1A期非小細胞肺癌症例における術前血中SLX値測定の意義 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 丁 奎光, 末廣 茂文

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 6 )   886 - 890   2010年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2004年1月から2008年12月に縦隔リンパ節郭清を伴う肺葉切除を施行したc-1A期非小細胞肺癌症例131症例を対象とし、術後病理学的リンパ節転移陰性群と陽性群間の臨床病理学的因子を検討した。男性72例、女性59例、平均年齢67歳。腺癌107例、非腺癌24例であった。pN0症例113例、pN1症例6例、pN2症例12例であった。リンパ節転移陰性例(n=113)および陽性例(n=18)を比較検討すると術前血中SLX値の中央値はそれぞれ21.6U/mlおよび28.5U/mlであり、リンパ節転移陽性例で有意に高値であった(p=0.001)。ROCカーブから血中SLX値についてカットオフ値(26U/ml)を決定し、臨床病理学的因子について多変量解析を行うと血中SLX値のみが独立予測因子であった(リスク比:3.527、p=0.021)。c-1A期非小細胞肺癌症例において術前血中SLX値陽性例は術前精査、術式選択について慎重な検討が必要と考えられた。(著者抄録)

  • c-1A期非小細胞肺癌症例における術前血中SLX値測定の意義 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 丁 奎光, 末廣 茂文

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 6 )   886 - 890   2010年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2004年1月から2008年12月に縦隔リンパ節郭清を伴う肺葉切除を施行したc-1A期非小細胞肺癌症例131症例を対象とし、術後病理学的リンパ節転移陰性群と陽性群間の臨床病理学的因子を検討した。男性72例、女性59例、平均年齢67歳。腺癌107例、非腺癌24例であった。pN0症例113例、pN1症例6例、pN2症例12例であった。リンパ節転移陰性例(n=113)および陽性例(n=18)を比較検討すると術前血中SLX値の中央値はそれぞれ21.6U/mlおよび28.5U/mlであり、リンパ節転移陽性例で有意に高値であった(p=0.001)。ROCカーブから血中SLX値についてカットオフ値(26U/ml)を決定し、臨床病理学的因子について多変量解析を行うと血中SLX値のみが独立予測因子であった(リスク比:3.527、p=0.021)。c-1A期非小細胞肺癌症例において術前血中SLX値陽性例は術前精査、術式選択について慎重な検討が必要と考えられた。(著者抄録)

  • c-1A期非小細胞肺癌症例における術前血中SLX値測定の意義

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 丁 奎光, 末廣 茂文

    日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 6 )   886 - 890   2010年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    2004年1月から2008年12月に縦隔リンパ節郭清を伴う肺葉切除を施行したc-1A期非小細胞肺癌症例131症例を対象とし、術後病理学的リンパ節転移陰性群と陽性群間の臨床病理学的因子を検討した。男性72例、女性59例、平均年齢67歳。腺癌107例、非腺癌24例であった。pN0症例113例、pN1症例6例、pN2症例12例であった。リンパ節転移陰性例(n=113)および陽性例(n=18)を比較検討すると術前血中SLX値の中央値はそれぞれ21.6U/mlおよび28.5U/mlであり、リンパ節転移陽性例で有意に高値であった(p=0.001)。ROCカーブから血中SLX値についてカットオフ値(26U/ml)を決定し、臨床病理学的因子について多変量解析を行うと血中SLX値のみが独立予測因子であった(リスク比:3.527、p=0.021)。c-1A期非小細胞肺癌症例において術前血中SLX値陽性例は術前精査、術式選択について慎重な検討が必要と考えられた。(著者抄録)

  • c-1A期非小細胞肺癌症例における術前血中SLX値測定の意義 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 丁 奎光, 末廣 茂文

    (NPO)日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   24 ( 6 )   886 - 890   2010年09月( ISSN:0919-0945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2004年1月から2008年12月に縦隔リンパ節郭清を伴う肺葉切除を施行したc-1A期非小細胞肺癌症例131症例を対象とし、術後病理学的リンパ節転移陰性群と陽性群間の臨床病理学的因子を検討した。男性72例、女性59例、平均年齢67歳。腺癌107例、非腺癌24例であった。pN0症例113例、pN1症例6例、pN2症例12例であった。リンパ節転移陰性例(n=113)および陽性例(n=18)を比較検討すると術前血中SLX値の中央値はそれぞれ21.6U/mlおよび28.5U/mlであり、リンパ節転移陽性例で有意に高値であった(p=0.001)。ROCカーブから血中SLX値についてカットオフ値(26U/ml)を決定し、臨床病理学的因子について多変量解析を行うと血中SLX値のみが独立予測因子であった(リスク比:3.527、p=0.021)。c-1A期非小細胞肺癌症例において術前血中SLX値陽性例は術前精査、術式選択について慎重な検討が必要と考えられた。(著者抄録)

  • Extrathoracic protrusion of a chronic expanding hematoma in the chest mimicking a soft tissue tumor. 査読

    Takahama M, Yamamoto R, Nakajima R, Izumi N, Tada H

    General thoracic and cardiovascular surgery   58 ( 4 )   202 - 4   2010年04月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-009-0496-z

    PubMed

  • 軟部組織腫瘍を模倣する胸部慢性拡大胸部血腫の胸腔外突出(Extrathoracic protrusion of a chronic expanding hematoma in the chest mimicking a soft tissue tumor) 査読

    Takahama Makoto, Yamamoto Ryoji, Nakajima Ryu, Izumi Nobuhiro, Tada Hirohito

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   58 ( 4 )   202 - 204   2010年04月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    軟部組織肉腫を模倣する胸腔外に突出した慢性拡大胸部血腫の77歳日本人男性症例について検討した。25歳時に結核性強膜炎の既往歴があり、4ヵ月継続する拡大性右胸壁腫瘤を主訴とした。身体診察では右後胸壁に45×22mmの軟腫瘤を認め、臨床検査では慢性低色素性貧血が明らかになった。CT造影、T1/T2強調画像造影、FDG-PETを行った結果、慢性膿胸に関連した悪性リンパ腫が疑われた。確定診断と拡大胸壁腫瘤治療のため試験開胸術を実施した。腫瘤切開にて肋骨骨梁の破壊に伴う赤茶色の液体が明らかになった。また、標本培養にてmethicillin-susceptible Staphylococcus epidermidis陽性を認めた。18ゲージの針で穿刺した後、巨大腫瘤を開いたところ、血塊で構成されていた。600mLの血塊を掻爬した後、肺の部分剥皮術を実施した。組織病理学的に、本腫瘤は悪性部分のない顆粒細胞反応であることが確認された。術後経過は良好で、合併症もなく退院した。

  • 軟部組織腫瘍を模倣する胸部慢性拡大胸部血腫の胸腔外突出(Extrathoracic protrusion of a chronic expanding hematoma in the chest mimicking a soft tissue tumor) 査読

    Takahama Makoto, Yamamoto Ryoji, Nakajima Ryu, Izumi Nobuhiro, Tada Hirohito

    シュプリンガー・ジャパン(株) General Thoracic and Cardiovascular Surgery   58 ( 4 )   202 - 204   2010年04月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    軟部組織肉腫を模倣する胸腔外に突出した慢性拡大胸部血腫の77歳日本人男性症例について検討した。25歳時に結核性強膜炎の既往歴があり、4ヵ月継続する拡大性右胸壁腫瘤を主訴とした。身体診察では右後胸壁に45×22mmの軟腫瘤を認め、臨床検査では慢性低色素性貧血が明らかになった。CT造影、T1/T2強調画像造影、FDG-PETを行った結果、慢性膿胸に関連した悪性リンパ腫が疑われた。確定診断と拡大胸壁腫瘤治療のため試験開胸術を実施した。腫瘤切開にて肋骨骨梁の破壊に伴う赤茶色の液体が明らかになった。また、標本培養にてmethicillin-susceptible Staphylococcus epidermidis陽性を認めた。18ゲージの針で穿刺した後、巨大腫瘤を開いたところ、血塊で構成されていた。600mLの血塊を掻爬した後、肺の部分剥皮術を実施した。組織病理学的に、本腫瘤は悪性部分のない顆粒細胞反応であることが確認された。術後経過は良好で、合併症もなく退院した。

  • Extrathoracic protrusion of a chronic expanding hematoma in the chest mimicking a soft tissue tumor 査読

    Makoto Takahama, Ryoji Yamamoto, Ryu Nakajima, Nobuhiro Izumi, Hirohito Tada

    General Thoracic and Cardiovascular Surgery   58 ( 4 )   202 - 204   2010年04月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report an uncommon clinical case of extrathoracic protrusion of a chronic expanding hematoma in the chest, mimicking a soft tissue sarcoma. A 77-year-old Japanese man was successfully treated by chest wall resection and partial decortication of the lung. The postoperative pathology examination confirmed a diagnosis of a granular cell reaction. Details of the clinical and radiographic features are presented. © The Japanese Association for Thoracic Surgery 2010.

    DOI: 10.1007/s11748-009-0496-z

    PubMed

  • OP-192-2 胸腔鏡下に胸管カニュレーションによる漏出部位の同定および結紮処理を行い治癒せしめた特発性乳糜胸の1例(食道-1,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森 和彦, 李 栄柱, 岸田 哲, 岩崎 洋, 橋場 亮弥, 松田 恭典, 刑部 憲, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 花田 庄司, 大杉 治司

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-048-2 縦隔内病変に起因した原発性副甲状腺機能亢進症に対するナビゲーション手術によるFocused Approach(内分泌-2,サージカルフォーラム,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    小野田 尚佳, 石川 哲郎, 川尻 成美, 高島 勉, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SF-048-2 縦隔内病変に起因した原発性副甲状腺機能亢進症に対するナビゲーション手術によるFocused Approach(内分泌-2,サージカルフォーラム,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    小野田 尚佳, 石川 哲郎, 川尻 成美, 高島 勉, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-227-3 限局型肺小細胞癌に対する外科治療の長期成績(肺 外科治療-3,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩田 隆, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 井上 清俊, 末廣 茂文

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-192-2 胸腔鏡下に胸管カニュレーションによる漏出部位の同定および結紮処理を行い治癒せしめた特発性乳糜胸の1例(食道-1,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森 和彦, 李 栄柱, 岸田 哲, 岩崎 洋, 橋場 亮弥, 松田 恭典, 刑部 憲, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 花田 庄司, 大杉 治司

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • OP-227-3 限局型肺小細胞癌に対する外科治療の長期成績(肺 外科治療-3,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩田 隆, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 井上 清俊, 末廣 茂文

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • OP-192-2 胸腔鏡下に胸管カニュレーションによる漏出部位の同定および結紮処理を行い治癒せしめた特発性乳糜胸の1例(食道-1,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)

    森 和彦, 李 栄柱, 岸田 哲, 岩崎 洋, 橋場 亮弥, 松田 恭典, 刑部 憲, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 花田 庄司, 大杉 治司

    日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   582   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

  • OP-227-3 限局型肺小細胞癌に対する外科治療の長期成績(肺 外科治療-3,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩田 隆, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 井上 清俊, 末廣 茂文

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • OP-227-3 限局型肺小細胞癌に対する外科治療の長期成績(肺 外科治療-3,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)

    岩田 隆, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 井上 清俊, 末廣 茂文

    日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   637   2010年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

  • OP-192-2 胸腔鏡下に胸管カニュレーションによる漏出部位の同定および結紮処理を行い治癒せしめた特発性乳糜胸の1例(食道-1,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森 和彦, 李 栄柱, 岸田 哲, 岩崎 洋, 橋場 亮弥, 松田 恭典, 刑部 憲, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 花田 庄司, 大杉 治司

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   111 ( 2 )   2010年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • P16-5 経食道内視鏡的超音波下肺生検により診断に至った肺癌の1例(肺癌-1,ポスター16,第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    花田 庄司, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   32 ( 0 )   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.32.Special_S223_2

    CiNii Article

  • P16-5 経食道内視鏡的超音波下肺生検により診断に至った肺癌の1例(肺癌-1,ポスター16,第33回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    花田 庄司, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 丁 奎光, 末廣 茂文

    気管支学   32 ( Special )   S223   2010年( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.32.special_s223_2

    CiNii Article

  • Role of pulmonary resection for limited-stage small cell lung cancer 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keikou, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   4 ( 9 )   S813 - S814   2009年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of pulmonary resection for limited-stage small cell lung cancer 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Tei Keikou, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi, Suehiro Shigefumi

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   4 ( 9 )   S813 - S814   2009年09月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary Pulmonary Meningioma Presenting with Hemoptysis on Exertion 査読

    Izumi Nobuhiro, Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Nagano Koshi, Tsukioka Takuma, Hanada Shoji, Suehiro Shigefumi

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   88 ( 2 )   647 - 648   2009年08月( ISSN:0003-4975

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2008.12.058

    PubMed

  • Surgery for multiple and diffuse pulmonary arteriovenous fistulas during childhood. 査読

    Takahama M, Yamamoto R, Nakajima R, Izumi N, Tada H

    General thoracic and cardiovascular surgery   57 ( 7 )   385 - 8   2009年07月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-009-0400-x

    PubMed

  • Squamous Cell Carcinoma Presenting as a Solitary Growing Cyst in Lung : A Diagnostic Pitfall in Daily Clinical Practice 査読

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, NAGANO Koshi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, HANADA Shoji, KIMURA Tatsuo, KUDOH Shinzoh, HIRATA Kazuto, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   15 ( 3 )   174 - 177   2009年06月( ISSN:13411098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Squamous Cell Carcinoma Presenting as a Solitary Growing Cyst in Lung: A Diagnostic Pitfall in Daily Clinical Practice 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Hanada Shoji, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto, Suehiro Shigefumi

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   15 ( 3 )   174 - 177   2009年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Squamous cell carcinoma presenting as a solitary growing cyst in lung: a diagnostic pitfall in daily clinical practice. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Tsukioka T, Hanada S, Kimura T, Kudoh S, Hirata K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   15 ( 3 )   174 - 7   2009年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Squamous cell carcinoma presenting as a solitary growing cyst in lung: a diagnostic pitfall in daily clinical practice. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Tsukioka T, Hanada S, Kimura T, Kudoh S, Hirata K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   15 ( 3 )   174 - 7   2009年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Aggressive Repeat Surgery for a Recurrent Synovial Sarcoma in the Pleura 査読

    NISHIYAMA Noritoshi, IWATA Takashi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, NAGANO Koshi, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   15 ( 1 )   46 - 49   2009年02月( ISSN:13411098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Aggressive Repeat Surgery for a Recurrent Synovial Sarcoma in the Pleura

    NISHIYAMA Noritoshi, IWATA Takashi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, NAGANO Koshi, SUEHIRO Shigefumi

    Ann Thorac Cardiovasc Surg   15 ( 1 )   46 - 49   2009年02月( ISSN:13411098

     詳細を見る

  • Aggressive Repeat Surgery for a Recurrent Synovial Sarcoma in the Pleura 査読

    Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Nagano Koshi, Suehiro Shigefumi

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   15 ( 1 )   46 - 49   2009年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aggressive repeat surgery for a recurrent synovial sarcoma in the pleura. 査読

    Nishiyama N, Iwata T, Izumi N, Tsukioka T, Nagano K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   15 ( 1 )   46 - 9   2009年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aggressive repeat surgery for a recurrent synovial sarcoma in the pleura. 査読

    Nishiyama N, Iwata T, Izumi N, Tsukioka T, Nagano K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   15 ( 1 )   46 - 9   2009年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Aggressive Repeat Surgery for a Recurrent Synovial Sarcoma in the Pleura 査読

    Noritoshi Nishiyama, Takashi Iwata, Nobuhiro Izumi, Takuma Tsukioka, Koshi Nagano, Shigefumi Suehiro

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   15 ( 1 )   46 - 49   2009年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pleural synovial sarcomas are an extremely rare disease entity, and only 21 surgical cases, including this one, have been reported. We present a case of synovial sarcoma that underwent pneumonectomy for a recurrence of the disease. A 31-year-old female, who in June 2005 had undergone surgical resection of a monophasic synovial sarcoma in the left pleural cavity combined with the affected left diaphragm, was admitted to our hospital in January 2007 and underwent chemotherapy with ifosfamide, pirarubicin, and methotrexate for a recurrent synovial sarcoma in the left pleural cavity. The chest computed tomography revealed multiple tumors in the left pleura, and the tumors increased rapidly to occupy the left hemithorax. She began to complain of a severe dry cough. No other recurrent sites were found, and she underwent tumor resection combined with the entire left lung in March 2007. The tumor remained around the descending aorta. Pathological examination revealed dense proliferation of atypical spindle cells, the same findings as in the initial operation, and a diagnosis of synovial sarcoma was made. External radiation therapy up to 60 Gray was given to the tumor remaining around the descending aorta. She is now ambulatory without evidence of recurrent disease at 6 months after the second operation and 27 months after the initial surgery. Any aggressive repeat surgery as in the case here has not been previously reported. The present case suggests that aggressive tumor reduction followed by radiotherapy can achieve a good result for controlling local disease. Although optimal strategies for synovial sarcoma have yet to be established, aggressive repeat surgery could be considered in selected cases even when response to chemotherapy is insufficient and complete resection is difficult. (Ann Thorac Cardiovasc Surg 2009; 15: 46-49)

  • Aggressive repeat surgery for a recurrent synovial sarcoma in the pleura. 査読

    Nishiyama N, Iwata T, Izumi N, Tsukioka T, Nagano K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   15 ( 1 )   46 - 9   2009年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aggressive repeat surgery for a recurrent synovial sarcoma in the pleura.

    Nishiyama N, Iwata T, Izumi N, Tsukioka T, Nagano K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   15 ( 1 )   46 - 9   2009年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

  • Aggressive Repeat Surgery for a Recurrent Synovial Sarcoma in the Pleura 査読

    Noritoshi Nishiyama, Takashi Iwata, Nobuhiro Izumi, Takuma Tsukioka, Koshi Nagano, Shigefumi Suehiro

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   15 ( 1 )   46 - 49   2009年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Pleural synovial sarcomas are an extremely rare disease entity, and only 21 surgical cases, including this one, have been reported. We present a case of synovial sarcoma that underwent pneumonectomy for a recurrence of the disease. A 31-year-old female, who in June 2005 had undergone surgical resection of a monophasic synovial sarcoma in the left pleural cavity combined with the affected left diaphragm, was admitted to our hospital in January 2007 and underwent chemotherapy with ifosfamide, pirarubicin, and methotrexate for a recurrent synovial sarcoma in the left pleural cavity. The chest computed tomography revealed multiple tumors in the left pleura, and the tumors increased rapidly to occupy the left hemithorax. She began to complain of a severe dry cough. No other recurrent sites were found, and she underwent tumor resection combined with the entire left lung in March 2007. The tumor remained around the descending aorta. Pathological examination revealed dense proliferation of atypical spindle cells, the same findings as in the initial operation, and a diagnosis of synovial sarcoma was made. External radiation therapy up to 60 Gray was given to the tumor remaining around the descending aorta. She is now ambulatory without evidence of recurrent disease at 6 months after the second operation and 27 months after the initial surgery. Any aggressive repeat surgery as in the case here has not been previously reported. The present case suggests that aggressive tumor reduction followed by radiotherapy can achieve a good result for controlling local disease. Although optimal strategies for synovial sarcoma have yet to be established, aggressive repeat surgery could be considered in selected cases even when response to chemotherapy is insufficient and complete resection is difficult. (Ann Thorac Cardiovasc Surg 2009; 15: 46-49)

  • Lung Cancer Surgery in Nonagenarians 査読

    IWATA Takashi, INOUE Kiyotoshi, NISHIYAMA Noritoshi, NAGANO Koshi, IZUMI Nobuhiro, MIZUGUCHI Shinjiro, MORITA Ryuhei, TSUKIOKA Takuma, HANADA Shoji, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   14 ( 5 )   314 - 318   2008年10月( ISSN:13411098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Lung Cancer Surgery in Nonagenarians

    IWATA Takashi, INOUE Kiyotoshi, NISHIYAMA Noritoshi, NAGANO Koshi, IZUMI Nobuhiro, MIZUGUCHI Shinjiro, MORITA Ryuhei, TSUKIOKA Takuma, HANADA Shoji, SUEHIRO Shigefumi

    14 ( 5 )   314 - 318   2008年10月( ISSN:13411098

     詳細を見る

  • Lung Cancer Surgery in Nonagenarians 査読

    Iwata Takashi, Inoue Kiyotoshi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Morita Ryuhei, Tsukioka Takuma, Hanada Shoji, Suehiro Shigefumi

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   14 ( 5 )   314 - 318   2008年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pulmonary resection for non-small cell lung cancer in patients with hepatocellular carcinoma 査読

    Iwata Takashi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Morita Ryuhei, Tsukioka Takuma, Hanada Shoji, Inoue Kiyotoshi, Kubo Shoji, Takemura Shigekazu, Suehiro Shigefumi

    WORLD JOURNAL OF SURGERY   32 ( 10 )   2204 - 2212   2008年10月( ISSN:0364-2313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00268-008-9691-9

    PubMed

  • Lung cancer surgery in nonagenarians. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Hanada S, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   14 ( 5 )   314 - 8   2008年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Lung cancer surgery in nonagenarians. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Hanada S, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   14 ( 5 )   314 - 8   2008年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lung Cancer Surgery in Nonagenarians 査読

    Takashi Iwata, Kiyotoshi Inoue, Noritoshi Nishiyama, Koshi Nagano, Nobuhiro Izumi, Shinjiro Mizuguchi, Ryuhei Morita, Takuma Tsukioka, Shoji Hanada, Shigefumi Suehiro

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   14 ( 5 )   314 - 318   2008年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report two cases of lung cancer in nonagenarians successfully treated by pulmonary resection and assess the feasibility of surgical treatment in such an old population. Case 1. An asymptomatic 93-year-old man was diagnosed as having non-small cell lung cancer with clinical T1N0M0 stage IA disease, and a right upper lobectomy was performed via video-assisted thoracoscopic surgery. Mediastinal dissection was omitted. He was discharged on postoperative day 16, and he remains well without recurrence 6 months after the operation. Case 2. A 92-year-old man was diagnosed as having non-small cell lung cancer with clinical T2N0M0 stage IB disease and diminished pulmonary function. A right lower lobectomy with complicated partial resection of the diaphragm was performed via axillary thoracotomy with thoracoscopic support. He was discharged on postoperative day 28 and is well 42 months after the surgery. Although the feasibility of pulmonary resection in a nonagenarian could not be confirmed from only these two cases, pulmonary resection is a possible treatment option for lung cancer in selected nonagenarians. (Ann Thorac Cardiovasc Surg 2008; 14: 314-318)

  • Lung cancer surgery in nonagenarians. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Hanada S, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   14 ( 5 )   314 - 8   2008年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lung cancer surgery in nonagenarians.

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Hanada S, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   14 ( 5 )   314 - 8   2008年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

  • Lung Cancer Surgery in Nonagenarians 査読

    Takashi Iwata, Kiyotoshi Inoue, Noritoshi Nishiyama, Koshi Nagano, Nobuhiro Izumi, Shinjiro Mizuguchi, Ryuhei Morita, Takuma Tsukioka, Shoji Hanada, Shigefumi Suehiro

    ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   14 ( 5 )   314 - 318   2008年10月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report two cases of lung cancer in nonagenarians successfully treated by pulmonary resection and assess the feasibility of surgical treatment in such an old population. Case 1. An asymptomatic 93-year-old man was diagnosed as having non-small cell lung cancer with clinical T1N0M0 stage IA disease, and a right upper lobectomy was performed via video-assisted thoracoscopic surgery. Mediastinal dissection was omitted. He was discharged on postoperative day 16, and he remains well without recurrence 6 months after the operation. Case 2. A 92-year-old man was diagnosed as having non-small cell lung cancer with clinical T2N0M0 stage IB disease and diminished pulmonary function. A right lower lobectomy with complicated partial resection of the diaphragm was performed via axillary thoracotomy with thoracoscopic support. He was discharged on postoperative day 28 and is well 42 months after the surgery. Although the feasibility of pulmonary resection in a nonagenarian could not be confirmed from only these two cases, pulmonary resection is a possible treatment option for lung cancer in selected nonagenarians. (Ann Thorac Cardiovasc Surg 2008; 14: 314-318)

  • Contralateral pneumothorax after lung cancer surgery: report of two cases. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Suehiro S

    Osaka city medical journal   54 ( 1 )   41 - 6   2008年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Contralateral pneumothorax after lung cancer surgery: report of two cases. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Suehiro S

    Osaka city medical journal   54 ( 1 )   41 - 6   2008年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Contralateral pneumothorax after lung cancer surgery: report of two cases.

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Suehiro S

    Osaka city medical journal   54 ( 1 )   41 - 6   2008年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

  • Contralateral pneumothorax after lung cancer surgery: report of two cases. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Suehiro S

    Osaka city medical journal   54 ( 1 )   41 - 6   2008年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DP-163-5 肝硬変合併患者に対する原発性肺癌術後合併症とその危険因子(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩田 隆, 井上 清俊, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 花田 庄司

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DP-163-5 肝硬変合併患者に対する原発性肺癌術後合併症とその危険因子(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩田 隆, 井上 清俊, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 花田 庄司

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DP-163-5 肝硬変合併患者に対する原発性肺癌術後合併症とその危険因子(第108回日本外科学会定期学術集会)

    岩田 隆, 井上 清俊, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 花田 庄司

    日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   670   2008年04月( ISSN:03014894

     詳細を見る

  • DP-163-5 肝硬変合併患者に対する原発性肺癌術後合併症とその危険因子(第108回日本外科学会定期学術集会) 査読

    岩田 隆, 井上 清俊, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 花田 庄司

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   109 ( 2 )   2008年04月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • P06-01 間質性肺炎を合併した肺癌症例の検討(肺癌・合併症2,第25回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 泉 信博, 森田 隆平, 丁 奎光, 花田 庄司, 井上 清俊, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.22.463_2

    CiNii Article

  • V16-03 胸膜原発滑膜肉腫再発症例に対する左肺全摘術(進行肺癌2,第25回呼吸器外科学会総会) 査読

    西山 典利, 岩田 隆, 泉 信博, 月岡 卓馬, 永野 晃史, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.22.412_1

    CiNii Article

  • V09-03 90歳を超える超高齢肺癌患者に対する胸腔鏡下小開胸併用低侵襲手術(肺癌2,第25回呼吸器外科学会総会) 査読

    岩田 隆, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 月岡 卓馬, 花田 庄司, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.22.402_2

    CiNii Article

  • P14-02 原発性肺髄膜腫の1切除例(症例/肺腫瘍3,第25回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    泉 信博, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 月岡 卓馬, 花田 庄司

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.22.483_3

    CiNii Article

  • P14-01 結核腫を合併した肺内発生神経鞘腫の1例(症例/肺腫瘍3,第25回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    永野 晃史, 西山 典利, 岩田 隆, 泉 信博, 月岡 卓馬, 花田 庄司, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.22.483_2

    CiNii Article

  • P06-01 間質性肺炎を合併した肺癌症例の検討(肺癌・合併症2,第25回日本呼吸器外科学会総会)

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 泉 信博, 森田 隆平, 丁 奎光, 花田 庄司, 井上 清俊, 末廣 茂文

    日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   463 - 463   2008年( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.22.463_2

    CiNii Article

  • P14-02 原発性肺髄膜腫の1切除例(症例/肺腫瘍3,第25回日本呼吸器外科学会総会)

    泉 信博, 西山 典利, 岩田 隆, 永野 晃史, 月岡 卓馬, 花田 庄司

    日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   483 - 483   2008年( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.22.483_3

    CiNii Article

  • P14-01 結核腫を合併した肺内発生神経鞘腫の1例(症例/肺腫瘍3,第25回日本呼吸器外科学会総会)

    永野 晃史, 西山 典利, 岩田 隆, 泉 信博, 月岡 卓馬, 花田 庄司, 末廣 茂文

    日本呼吸器外科学会雑誌   22 ( 3 )   483 - 483   2008年( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.22.483_2

    CiNii Article

  • Late Massive Hemoptysis after Transbronchial Biopsy of Hamartoma : An Involvement of Pulmonary Artery and Vein 査読

    IWATA Takashi, INOUE Kiyotoshi, NISHIYAMA Noritoshi, IZUMI Nobuhiro, MIZUGUCHI Shinjiro, TSUKIOKA Takuma, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   13 ( 6 )   400 - 402   2007年12月( ISSN:13411098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Late Massive Hemoptysis after Transbronchial Biopsy of Hamartoma : An Involvement of Pulmonary Artery and Vein 査読

    IWATA Takashi, INOUE Kiyotoshi, NISHIYAMA Noritoshi, IZUMI Nobuhiro, MIZUGUCHI Shinjiro, TSUKIOKA Takuma, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   13 ( 6 )   400 - 402   2007年12月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Late Massive Hemoptysis after Transbronchial Biopsy of Hamartoma : An Involvement of Pulmonary Artery and Vein

    IWATA Takashi, INOUE Kiyotoshi, NISHIYAMA Noritoshi, IZUMI Nobuhiro, MIZUGUCHI Shinjiro, TSUKIOKA Takuma, SUEHIRO Shigefumi

    13 ( 6 )   400 - 402   2007年12月( ISSN:13411098

     詳細を見る

  • Factors predicting early postoperative liver cirrhosis-related complications after lung cancer surgery in patients with liver cirrhosis. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Tsukioka T, Hanada S, Suehiro S

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   6 ( 6 )   720 - 30   2007年12月( ISSN:1569-9293

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1510/icvts.2007.162487

    PubMed

  • Serum Sialyl Lewis(x) and cytokeratin 19 fragment as predictive factors for recurrence in patients with stage I non-small cell lung cancer 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Nishida Tatsuya, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Kiyotoshi, Uenishi Takahiro, Wakasa Kenichi, Suehiro Shigefumi

    LUNG CANCER   58 ( 3 )   369 - 375   2007年12月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2007.07.002

    PubMed

  • Long-term outcome of surgical treatment for non-small cell lung cancer with comorbid liver cirrhosis 査読

    Iwata Takashi, Inoue Kiyotoshi, Nishiyama Noritoshi, Nagano Koshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Morita Ryuhei, Tsukioka Takuma, Suehiro Shigefumi

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   84 ( 6 )   1810 - 1817   2007年12月( ISSN:0003-4975

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2007.07.030

    PubMed

  • Late massive hemoptysis after transbronchial biopsy of hamartoma: an involvement of pulmonary artery and vein. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 6 )   400 - 2   2007年12月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Hemorrhagic small intestine cancer with solitary pulmonary metastasis initially presented as suspected primary lung cancer: an autopsy report. 査読

    Iwata T, Inoue K, Kiriike S, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Morita R, Nishiyama N, Takemura M, Osugi H, Wakasa K, Suehiro S

    Osaka city medical journal   53 ( 2 )   109 - 16   2007年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Hemorrhagic small intestine cancer with solitary pulmonary metastasis initially presented as suspected primary lung cancer: an autopsy report. 査読

    Iwata T, Inoue K, Kiriike S, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Morita R, Nishiyama N, Takemura M, Osugi H, Wakasa K, Suehiro S

    Osaka city medical journal   53 ( 2 )   109 - 16   2007年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Late massive hemoptysis after transbronchial biopsy of hamartoma: an involvement of pulmonary artery and vein. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 6 )   400 - 2   2007年12月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Factors predicting early postoperative liver cirrhosis-related complications after lung cancer surgery in patients with liver cirrhosis. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Tsukioka T, Hanada S, Suehiro S

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   6 ( 6 )   720 - 30   2007年12月( ISSN:1569-9293

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1510/icvts.2007.162487

    PubMed

  • Hemorrhagic small intestine cancer with solitary pulmonary metastasis initially presented as suspected primary lung cancer: an autopsy report.

    Iwata T, Inoue K, Kiriike S, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Morita R, Nishiyama N, Takemura M, Osugi H, Wakasa K, Suehiro S

    Osaka city medical journal   53 ( 2 )   109 - 16   2007年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

  • Long-term outcome of surgical treatment for non-small cell lung cancer with comorbid liver cirrhosis. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Nagano K, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Tsukioka T, Suehiro S

    The Annals of thoracic surgery   84 ( 6 )   1810 - 7   2007年12月( ISSN:0003-4975

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2007.07.030

    PubMed

  • Late massive hemoptysis after transbronchial biopsy of hamartoma: an involvement of pulmonary artery and vein. 査読

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 6 )   400 - 2   2007年12月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Late massive hemoptysis after transbronchial biopsy of hamartoma: an involvement of pulmonary artery and vein.

    Iwata T, Inoue K, Nishiyama N, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 6 )   400 - 2   2007年12月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

  • Hemorrhagic small intestine cancer with solitary pulmonary metastasis initially presented as suspected primary lung cancer: an autopsy report. 査読

    Iwata T, Inoue K, Kiriike S, Izumi N, Mizuguchi S, Tsukioka T, Morita R, Nishiyama N, Takemura M, Osugi H, Wakasa K, Suehiro S

    Osaka city medical journal   53 ( 2 )   109 - 16   2007年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pulmonary metastasis from colorectal carcinoma with hepatic metastasis 査読

    TSUKIOKA Takuma, NISHIYAMA Noritoshi, IWATA Takashi, NAGANO Koshi, IZUMI Nobuhiro, MIZUGUCHI Shinjiro, MORITA Ryuhei, INOUE Kiyotoshi, SUEHIRO Shigefumi

    General thoracic and cardiovascular surgery   55 ( 11 )   455 - 460   2007年11月( ISSN:18636705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Pulmonary metastasis from colorectal carcinoma with hepatic metastasis. 査読

    Tsukioka T, Nishiyama N, Iwata T, Nagano K, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Inoue K, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   55 ( 11 )   455 - 60   2007年11月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-007-0165-z

    PubMed

  • Pulmonary Inverted Schneiderian Papilloma Causing High Serum Levels of Carcinoembryonic Antigen and Squamous Cell Carcinoma-Associated Antigen : Report of a Case 査読

    IWATA TAKASHI, INOUE KIYOTOSHI, NISHIYAMA NORITOSHI, IZUMI NOBUHIRO, MIZUGUCHI SHINJIRO, MORITA RYUHEI, TSUKIOKA TAKUMA, SUEHIRO SHIGEFUMI, OBATAKE NAOKO, WAKASA KENICHI

    Surgery today : the Japanese journal of surgery   37 ( 9 )   790 - 793   2007年09月( ISSN:09411291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Pulmonary Inverted Schneiderian Papilloma Causing High Serum Levels of Carcinoembryonic Antigen and Squamous Cell Carcinoma-Associated Antigen : Report of a Case 査読

    IWATA TAKASHI, INOUE KIYOTOSHI, NISHIYAMA NORITOSHI, IZUMI NOBUHIRO, MIZUGUCHI SHINJIRO, MORITA RYUHEI, TSUKIOKA TAKUMA, SUEHIRO SHIGEFUMI, OBATAKE NAOKO, WAKASA KENICHI

    Surgery today : the Japanese journal of surgery   37 ( 9 )   790 - 793   2007年09月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pulmonary inverted schneiderian papilloma causing high serum levels of carcinoembryonic antigen and squamous cell carcinoma-associated antigen: Report of a case 査読

    Iwata Takashi, Inoue Kiyotoshi, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Mizuguchi Shinjiro, Morita Ryuhei, Tsukioka Takuma, Suehiro Shigefumi, Obatake Naoko, Wakasa Kenichi

    SURGERY TODAY   37 ( 9 )   790 - 793   2007年09月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-007-3489-5

    PubMed

  • Serum sialyl Lewisx and cytokeratin 19 fragment as a predictive factors for recurrence in patients with stage I non-small cell lung cancer 査読

    Mizuquchi S., Nishiyama N., Iwata T., Nishida T., Izumi N., Tsukioka T., Inoue K., Suehiro S.

    EJC SUPPLEMENTS   5 ( 4 )   374 - 374   2007年09月( ISSN:1359-6349

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 44.発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例(第86回日本肺癌学会関西支部会) 査読

    今橋 由美子, 工藤 新三, 金澤 博, 鴨井 博, 木村 達郎, 光岡 茂樹, 平田 一人, 岩田 隆, 泉 信博, 西山 典利

    日本肺癌学会 肺癌   47 ( 4 )   2007年08月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例を経験し,比較的まれと考えられたので報告する.1例目は59歳男性,発熱と白血球増多で発症し,平成18年9月25日に右肺上葉切除術を施行したところ,発熱や白血球増多は軽快した。12月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.2例目は52歳の男性,発熱と白血球増多で発症し,放射線と化学療法の同時併用療法を平成16年11月より行った.効果はSDであったが,発熱や白血球増多は軽快した.平成18年11月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.

    CiNii Article

  • 44.発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例(第86回日本肺癌学会関西支部会) 査読

    今橋 由美子, 工藤 新三, 金澤 博, 鴨井 博, 木村 達郎, 光岡 茂樹, 平田 一人, 岩田 隆, 泉 信博, 西山 典利

    日本肺癌学会 肺癌   47 ( 4 )   2007年08月( ISSN:0386-9628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例を経験し,比較的まれと考えられたので報告する.1例目は59歳男性,発熱と白血球増多で発症し,平成18年9月25日に右肺上葉切除術を施行したところ,発熱や白血球増多は軽快した。12月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.2例目は52歳の男性,発熱と白血球増多で発症し,放射線と化学療法の同時併用療法を平成16年11月より行った.効果はSDであったが,発熱や白血球増多は軽快した.平成18年11月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.

  • 44.発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例(第86回日本肺癌学会関西支部会) 査読

    今橋 由美子, 工藤 新三, 金澤 博, 鴨井 博, 木村 達郎, 光岡 茂樹, 平田 一人, 岩田 隆, 泉 信博, 西山 典利

    日本肺癌学会 肺癌   47 ( 4 )   2007年08月( ISSN:0386-9628

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例を経験し,比較的まれと考えられたので報告する.1例目は59歳男性,発熱と白血球増多で発症し,平成18年9月25日に右肺上葉切除術を施行したところ,発熱や白血球増多は軽快した。12月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.2例目は52歳の男性,発熱と白血球増多で発症し,放射線と化学療法の同時併用療法を平成16年11月より行った.効果はSDであったが,発熱や白血球増多は軽快した.平成18年11月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.

  • 44.発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例(第86回日本肺癌学会関西支部会)

    今橋 由美子, 工藤 新三, 金澤 博, 鴨井 博, 木村 達郎, 光岡 茂樹, 平田 一人, 岩田 隆, 泉 信博, 西山 典利

    肺癌   47 ( 4 )   404   2007年08月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    発熱と白血球増多を伴い腹部腫瘤にて再発した肺癌の2例を経験し,比較的まれと考えられたので報告する.1例目は59歳男性,発熱と白血球増多で発症し,平成18年9月25日に右肺上葉切除術を施行したところ,発熱や白血球増多は軽快した。12月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.2例目は52歳の男性,発熱と白血球増多で発症し,放射線と化学療法の同時併用療法を平成16年11月より行った.効果はSDであったが,発熱や白血球増多は軽快した.平成18年11月の腹部CTで再発を認め,再度発熱と白血球増多が出現した.

    CiNii Article

  • Metastatic Monophasic Synovial Sarcoma of the Pleura 査読

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   13 ( 4 )   258 - 261   2007年08月( ISSN:13411098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Metastatic Monophasic Synovial Sarcoma of the Pleura 査読

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   13 ( 4 )   258 - 261   2007年08月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Metastatic Monophasic Synovial Sarcoma of the Pleura

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, SUEHIRO Shigefumi

    13 ( 4 )   258 - 261   2007年08月( ISSN:13411098

     詳細を見る

  • Metastatic monophasic synovial sarcoma of the pleura. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 4 )   258 - 61   2007年08月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Metastatic monophasic synovial sarcoma of the pleura. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 4 )   258 - 61   2007年08月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Metastatic monophasic synovial sarcoma of the pleura. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 4 )   258 - 61   2007年08月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Metastatic monophasic synovial sarcoma of the pleura.

    Iwata T, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 4 )   258 - 61   2007年08月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

  • 胸腺腫手術症例の検討 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 泉 信博, 水口 真二郎, 森田 隆平, 井上 清俊, 大畠 尚子, 若狭 研一, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery   21 ( 4 )   538 - 543   2007年06月( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    過去20年間に当院で治療をおこなった胸腺腫52症例を対象とし,WHO分類および正岡分類と予後について,また手術術式,補助療法,治療成績について検討した.今回の検討ではWHO分類は予後を反映しなかった.WHO分類と予後については症例数の畜積と更なる検討が必要と考えられた.正岡分類ではI,II胸腺種例では再発例,死亡例を認めず,III期症例では胸腔内播種性再発を1例認めたが,死亡例は認めなかった.IV期症例は高率に再発,死亡例を認め予後不良であった.II期胸腺腫6例,III期胸腺腫8例,IVa期胸腺腫2例,IVb期胸腺腫3例に術後放射線療法を施行した.術後放射線療法は局所再発抑制に有効で,特にIII期以上の症例で施行するべきである.II期胸腺種に対する術後放射線療法の適応についてはさらなる検討が必要である.また,III期以上の症例では術後化学療法を考慮し,進行したIII期症例,IV期症例では集学的治療が必要である.

    DOI: 10.2995/jacsurg.21.538

    CiNii Article

  • Solitary Fibrous Tumor of the Thymus with Local Invasiveness and Pleural Dissemination : Report of a Case 査読

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   13 ( 3 )   198 - 202   2007年06月( ISSN:13411098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Solitary Fibrous Tumor of the Thymus with Local Invasiveness and Pleural Dissemination : Report of a Case 査読

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   13 ( 3 )   198 - 202   2007年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Solitary fibrous tumor of the thymus with local invasiveness and pleural dissemination: report of a case. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 3 )   198 - 202   2007年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Solitary fibrous tumor of the thymus with local invasiveness and pleural dissemination: report of a case. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 3 )   198 - 202   2007年06月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DP-184-6 胸膜酸素暴露は生体侵襲を増幅する(第107回日本外科学会定期学術集会) 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 竹村 茂一, 南山 幸子, 岩田 隆, 泉 信博, 末廣 茂文

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   2007年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • DP-184-6 胸膜酸素暴露は生体侵襲を増幅する(第107回日本外科学会定期学術集会) 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 竹村 茂一, 南山 幸子, 岩田 隆, 泉 信博, 末廣 茂文

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   2007年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DP-184-6 胸膜酸素暴露は生体侵襲を増幅する(第107回日本外科学会定期学術集会) 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 竹村 茂一, 南山 幸子, 岩田 隆, 泉 信博, 末廣 茂文

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   2007年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DP-184-6 胸膜酸素暴露は生体侵襲を増幅する(第107回日本外科学会定期学術集会)

    月岡 卓馬, 西山 典利, 竹村 茂一, 南山 幸子, 岩田 隆, 泉 信博, 末廣 茂文

    日本外科学会雑誌   108 ( 2 )   688   2007年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

  • Early recurrence of completely resected N2-positive non-small-cell lung cancer. 査読

    Tsukioka T, Nishiyama N, Iwata T, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Inoue K, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   55 ( 3 )   113 - 8   2007年03月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-006-0082-6

    PubMed

  • Early recurrence of completely resected N2-positive non-small-cell lung cancer. 査読

    Tsukioka T, Nishiyama N, Iwata T, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Inoue K, Suehiro S

    General thoracic and cardiovascular surgery   55 ( 3 )   113 - 8   2007年03月( ISSN:1863-6705

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-006-0082-6

    PubMed

  • Biphasic Pulmonary Blastoma : Report of a Case 査読

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, INOUE Kiyotoshi, KAWATA Yasuhiro, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, SHINKAWA Kanji, SUEHIRO Shigefumi

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery   13 ( 1 )   40 - 43   2007年02月( ISSN:13411098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Biphasic Pulmonary Blastoma : Report of a Case

    IWATA Takashi, NISHIYAMA Noritoshi, INOUE Kiyotoshi, KAWATA Yasuhiro, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, SHINKAWA Kanji, SUEHIRO Shigefumi

    Ann Thorac Cardiovasc Surg   13 ( 1 )   40 - 43   2007年02月( ISSN:13411098

     詳細を見る

  • Biphasic pulmonary blastoma: report of a case. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Inoue K, Kawata Y, Izumi N, Tsukioka T, Shinkawa K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 1 )   40 - 3   2007年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Biphasic pulmonary blastoma: report of a case. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Inoue K, Kawata Y, Izumi N, Tsukioka T, Shinkawa K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 1 )   40 - 3   2007年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Biphasic pulmonary blastoma: Report of a case 査読

    Takashi Iwata, Noritoshi Nishiyama, Kiyotoshi Inoue, Yasuhiro Kawata, Nobuhiro Izumi, Takuma Tsukioka, Kanji Shinkawa, Shigefumi Suehiro

    Annals of Thoracic and Cardiovascular Surgery   13 ( 1 )   40 - 43   2007年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 73-year-old male presented with bloody sputa for a month. Chest computed tomography (CT) showed a large mass about 7 cm in diameter in the right lower lobe. Bronchoscopic curette cytology revealed class V and a suspected adenocarcinoma, although a systemic evaluation demonstrated no metastatic lesion. The patient underwent a right lower lobectomy and mediastinal dissection. A biphasic pulmonary blastoma was histologically diagnosed by a characteristic finding that it was mainly constituted of immature tumor tissue that had both epithelial and mesenchymal components. No mediastinal lymph node metastasis was proven. Stage T2N0M0 disease was diagnosed, and the patient chose not to undergo postoperative adjuvant chemotherapy
    he remains well without recurrence 36 months after the operation.

    PubMed

  • Biphasic pulmonary blastoma: report of a case.

    Iwata T, Nishiyama N, Inoue K, Kawata Y, Izumi N, Tsukioka T, Shinkawa K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 1 )   40 - 3   2007年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

  • Biphasic pulmonary blastoma: report of a case. 査読

    Iwata T, Nishiyama N, Inoue K, Kawata Y, Izumi N, Tsukioka T, Shinkawa K, Suehiro S

    Annals of thoracic and cardiovascular surgery : official journal of the Association of Thoracic and Cardiovascular Surgeons of Asia   13 ( 1 )   40 - 3   2007年02月( ISSN:1341-1098

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical value of serum cytokeratin 19 fragment and sialyl-Lewis x in non-small cell lung cancer 査読

    Mizuguchi Shinjiro, Nishiyama Noritoshi, Iwata Takashi, Nishida Tatsuya, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Inoue Kiyotoshi, Kameyama Masao, Suehiro Shigefumi

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   83 ( 1 )   216 - 222   2007年01月( ISSN:0003-4975

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2006.08.042

    PubMed

  • Clinical value of serum cytokeratin 19 fragment and sialyl-Lewis x in non-small cell lung cancer. 査読

    Mizuguchi S, Nishiyama N, Iwata T, Nishida T, Izumi N, Tsukioka T, Inoue K, Kameyama M, Suehiro S

    The Annals of thoracic surgery   83 ( 1 )   216 - 21   2007年01月( ISSN:0003-4975

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2006.08.042

    PubMed

  • PS-082-1 当院における胸腺腫手術症例の検討(縦隔腫瘍2, 第24回日本呼吸器外科学会総会号) 査読

    月岡 卓馬, 西山 典利, 岩田 隆, 泉 信博, 水口 真二郎, 森田 隆平, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   21 ( 3 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.21.474_4

    CiNii Article

  • VD-13-2 閉塞性肺炎からの腫瘍穿破による膿胸を併発した中葉入口部発生扁平上皮癌に対する右肺全摘および大網被覆術(症例(1), 第24回日本呼吸器外科学会総会号) 査読

    西山 典利, 岩田 隆, 泉 信博, 月岡 卓馬, 永野 晃史, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   21 ( 3 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.21.355_1

    CiNii Article

  • VD-12-4 MIBIラジオガイドを用いた縦隔内異所性副甲状腺腫の1切除例(縦隔腫瘍の手術(2), 第24回日本呼吸器外科学会総会号) 査読

    泉 信博, 西山 典利, 岩田 隆, 月岡 卓馬, 末広 茂文, 小野田 尚佳

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   21 ( 3 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.21.354_2

    CiNii Article

  • RV-09-1 胸腔鏡補助下腋窩小開胸(Video and axillary, V&A法)による肺切除術(その他の肺葉切除術(1), 第24回日本呼吸器外科学会総会号) 査読

    西山 典利, 井上 清俊, 岩田 隆, 泉 信博, 月岡 卓馬, 西田 達, 秋月 克彦, 永野 晃史, 水口 真二郎, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   21 ( 3 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.21.330_3

    CiNii Article

  • 一期的切除を施行した両側肺葉内肺分画症の1例 査読

    月岡 卓馬, 井上 清俊, 岩田 隆, 泉 信博, 水口 真二郎, 森田 隆平, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌 = The journal of the Japanese Association for Chest Surgery   20 ( 5 )   729 - 734   2006年07月( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    52歳男性.主訴は繰り返す喀血および呼吸器感染症.喀血に対し気管支動脈塞栓術を施行した際,左胃動脈,左下横隔動脈より左肺舌区域に流入する異常血管および右内胸動脈,右下横隔動脈より右肺中葉に流入する異常血管を認め,両側肺葉内肺分画症と診断された.貧血なく呼吸機能が良好であっため一期的に左腋窩開胸,左肺舌区域切除術,および右腋窩開胸,右肺中葉切除術を施行した.両胸腔内は繰り返す炎症のため癒着が強固であったが,両肺に流入する異常血管を確認し結紮切離した.術後29日目に軽快退院となり,術後3ヵ月経過したが喀血の再発は認めていない.両側肺葉内肺分画症の報告例は自験例を含め9例であった.しかし一期的切除術を施行された症例は自験例のみであった.

    DOI: 10.2995/jacsurg.20.729

    CiNii Article

  • High serum concentrations of sialyl Lewis(x) predict multilevel N2 disease in non-small-cell lung cancer 査読

    Mizuguchi S, Inoue K, Iwata T, Nishida T, Izumi N, Tsukioka T, Nishiyama N, Uenishi T, Suehiro S

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   13 ( 7 )   1010 - 1018   2006年07月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/ASO.2006.05.018

    PubMed

  • High serum concentrations of Sialyl Lewisx predict multilevel N2 disease in non-small-cell lung cancer. 査読

    Mizuguchi S, Inoue K, Iwata T, Nishida T, Izumi N, Tsukioka T, Nishiyama N, Uenishi T, Suehiro S

    Annals of surgical oncology   13 ( 7 )   1010 - 8   2006年07月( ISSN:1068-9265

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/ASO.2006.05.018

    PubMed

  • Impact of Mediastinal Lymph Node Dissection on Octogenarians with Non-small Cell Lung Cancer 査読

    MIZUGUCHI Shinjiro, INOUE Kiyotoshi, IWATA Takashi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, MORITA Ryuhei, NISHIDA Tatsuya, NISHIYAMA Noritoshi, SHUTO Taichi, SUEHIRO Shigefumi

    日本胸部外科学会雑誌 = The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery   54 ( 3 )   103 - 108   2006年03月( ISSN:13444964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Impact of Mediastinal Lymph Node Dissection on Octogenarians with Non-small Cell Lung Cancer

    MIZUGUCHI Shinjiro, INOUE Kiyotoshi, IWATA Takashi, IZUMI Nobuhiro, TSUKIOKA Takuma, MORITA Ryuhei, NISHIDA Tatsuya, NISHIYAMA Noritoshi, SHUTO Taichi, SUEHIRO Shigefumi

    Jpn J Thorac Cardiovasc Surg   54 ( 3 )   103 - 108   2006年03月( ISSN:13444964

     詳細を見る

  • Impact of mediastinal lymph node dissection on octogenarians with non-small cell lung cancer. 査読

    Mizuguchi S, Inoue K, Iwata T, Izumi N, Tsukioka T, Morita R, Nishida T, Nishiyama N, Shuto T, Suehiro S

    The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi   54 ( 3 )   103 - 8   2006年03月( ISSN:1344-4964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02744871

    PubMed

  • Impact of mediastinal lymph node dissection on octogenarians with non-small cell lung cancer.

    Mizuguchi S, Inoue K, Iwata T, Izumi N, Tsukioka T, Morita R, Nishida T, Nishiyama N, Shuto T, Suehiro S

    The Japanese journal of thoracic and cardiovascular surgery : official publication of the Japanese Association for Thoracic Surgery = Nihon Kyobu Geka Gakkai zasshi   54 ( 3 )   103 - 8   2006年03月( ISSN:1344-4964

     詳細を見る

  • BMP-7 opposes TGF-beta 1-mediated collagen induction in mouse pulmonary myofibroblasts through Id2 査読

    Izumi N, Mizuguchi S, Inagaki Y, Saika S, Kawada N, Nakajima Y, Inoue K, Suehiro S, Friedman SL, Ikeda K

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-LUNG CELLULAR AND MOLECULAR PHYSIOLOGY   290 ( 1 )   L120 - L126   2006年01月( ISSN:1040-0605

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajplung.00171.2005

    PubMed

  • BMP-7 opposes TGF-beta1-mediated collagen induction in mouse pulmonary myofibroblasts through Id2. 査読

    Izumi N, Mizuguchi S, Inagaki Y, Saika S, Kawada N, Nakajima Y, Inoue K, Suehiro S, Friedman SL, Ikeda K

    American journal of physiology. Lung cellular and molecular physiology   290 ( 1 )   L120 - 6   2006年01月( ISSN:1040-0605

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajplung.00171.2005

    PubMed

  • P-357 肺良性腫瘍切除症例の検討(一般示説51 肺良性腫瘍,世界をリードする呼吸器外科医に!,第23回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    加地 政秀, 若原 智之, 井上 清俊, 岩田 隆, 河田 安浩, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   20 ( 3 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.20.930_1

    CiNii Article

  • P-357 肺良性腫瘍切除症例の検討(一般示説51 肺良性腫瘍,世界をリードする呼吸器外科医に!,第23回日本呼吸器外科学会総会)

    加地 政秀, 若原 智之, 井上 清俊, 岩田 隆, 河田 安浩, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平

    日本呼吸器外科学会雑誌   20 ( 3 )   930 - 930   2006年( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.20.930_1

    CiNii Article

  • [Bronchial artery embolization for treatment of mediastinal hemorrhage after pulmonary resection: report of a case].

    Tsukioka T, Inoue K, Iwata T, Izumi N, Mizuguchi S, Morita R, Suehiro S

    Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   58 ( 13 )   1169 - 72   2005年12月( ISSN:0021-5252

     詳細を見る

  • 関節炎症状を伴ったG-CSF産生肺腺癌の一切除例 査読

    水口 真二郎, 井上 清俊, 岩田 隆, 河田 安浩, 泉 信博, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   19 ( 2 )   117 - 122   2005年03月( ISSN:09190945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は62歳男性.主訴は咳嗽および両手関節痛.末梢血液検査上, 好中球優位の白血球増多を認めたため, 血清G-CSF値を測定したところ98pg/mlと上昇していた.また胸部X線像上, 右肺下葉に径5cmの腫瘤陰影を認め, 気管支鏡下細胞診にて腺癌と診断された.諸検査にてc-T2N0M0 stage IBと診断し右肺下葉切除術および縦隔リンパ節郭清術を施行した.病期はp-T2N1M0 stage IIBであった.切除標本の抗rhG-CSF抗体を用いた免疫組織化学染色は陰性であったが, 術後白血球数, 血清G-CSF値は正常化し, 関節炎症状も消失したため, 臨床経過よりG-CSF産生肺癌と診断した.術後経過は良好で術後9ヵ月経過も関節炎症状を含め再発を認めていない.G-CSF産生肺癌の報告は近年増加しており, 自験例を含め本邦報告例92例の考察を加え報告する.

    DOI: 10.2995/jacsurg.19.117

    CiNii Article

  • 原発性肺癌小腸転移との鑑別が困難であった小腸癌肺転移の一例(症例 (9), 第22回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    切池 祥子, 井上 清俊, 岩田 隆, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 瀬尾 浩之, 李 栄柱, 竹村 雅至, 大杉 治司, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   19 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.19.509_1

    CiNii Article

  • 骨肉腫切除後の胸壁および肺転移に対する外科治療の検討(転移性肺腫瘍, 第22回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    水口 真二郎, 井上 清俊, 岩田 隆, 泉 信博, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   19 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.19.371_2

    CiNii Article

  • 胸腺腫を合併した Stiff-person 症候群に対し胸腺摘出術を施行した1例(縦隔腫瘍 (3), 第22回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    岩田 隆, 井上 清俊, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 瀬尾 浩之, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   19 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.19.445_2

    CiNii Article

  • 肺切除を行った喀血症例の検討(結核・膿胸 (2), 第22回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    加地 政秀, 若原 智之, 井上 清俊, 岩田 隆, 河田 安浩, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 森田 隆平

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   19 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.19.350_2

    CiNii Article

  • 気管支原性嚢胞3手術例の術前画像診断に関する検討(転移性肺腫瘍 (3)/肺良性腫瘍 (1), 第22回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    若原 智之, 加地 政秀, 月岡 卓馬, 森田 隆平, 水口 真二郎, 泉 信博, 岩田 隆, 井上 清俊

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   19 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.19.491_2

    CiNii Article

  • 巨大上縦隔内機能性副甲状腺癌の1例(縦隔腫瘍 (4), 第22回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    森田 隆平, 井上 清俊, 岩田 隆, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 末廣 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   19 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.19.448_2

    CiNii Article

  • 喀血を主訴とした成人両側肺分画症の一手術症例(先天性疾患/縦隔腫瘍 (1), 第22回日本呼吸器外科学会総会) 査読

    月岡 卓馬, 井上 清俊, 岩田 隆, 泉 信博, 水口 真二郎, 森田 隆平, 末広 茂文

    特定非営利活動法人 日本呼吸器外科学会 日本呼吸器外科学会雑誌   19 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2995/jacsurg.19.440_3

    CiNii Article

▼全件表示

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

  • hemi-clamshell approachで切除した胸壁浸潤を伴う巨大原発性肺癌症例

    鈴木 智詞, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一, 岡本 耀, 西山 典利

    肺癌  2023年06月  (NPO)日本肺癌学会

  • cT4(>70mm)肺門部肺癌に対する気道再建手術

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2022年05月  (一社)日本呼吸器外科学会

  • Cystic micronodular thymoma with lymphoid stromaの1切除例

    今本 皓介, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 西山 典利, 伊藤 龍一

    気管支学  2022年05月  (一社)日本呼吸器内視鏡学会

  • cT3-4肺門部肺癌の治療成績(開胸アプローチでしかたどり着けない根治性)

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一, 松田 由美, 木村 拓也, 岸本 和也, 西山 典利

    肺癌  2021年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • inductionCRT後に鎖骨を含む胸壁合併切除をおこなったPancoast肺癌の一例

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2021年05月  (一社)日本呼吸器外科学会

  • 進行胸部悪性腫瘍に対する拡大手術:どこまで切れるの? 肺門部進行肺癌に対する複雑気管支形成術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌切除後再発症例の治療選択と予後 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • T4肺癌に対するスリーブ肺葉切除 隣接臓器合併切除を要する気管支形成術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺門部病変を有する原発性肺癌に対する血行再建を伴う気管支形成術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年08月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺腺癌の組織亜型とPD-L1および臨床病理学的因子についての検討 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺癌術後の転移リンパ節個数と予後に関する検討 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺底動脈大動脈起始症の大径異常動脈に対する縫合閉鎖の工夫 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管気管支形成手術における形成部被覆の意義と盲点 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支形成術後早期再発症例の検討(再発部位とリスク因子について) 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年08月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右肺下葉切除+2連銃型気管支形成術後の気管支瘻に対し残肺全摘+大網充填術を行った1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 他診療科との合同手術 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 隣接臓器合併切除を伴うスリーブ肺葉切除術 呼吸機能温存の追求と予後について 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨壊死を伴う化膿性胸鎖関節炎に対し胸骨掻把術・胸鎖関節合併切除および大胸筋充填を施行した一例 国内会議

    木下 広敬, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2020年08月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EWSで根治した気管支断端瘻の1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支鏡の送気で無気肺を改善し吻合部血流を維持した舌区下葉管状切除の1例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 感染を合併した気管支閉鎖症の2手術例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での硬性気管支鏡を用いた治療経験 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨破壊を伴う肺ムコール症に対し左上区域切除+第3-5肋骨合併切除,広背筋充填を施行した1例 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EWSで根治した気管支断端瘻の1例

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    気管支学  2020年06月  (一社)日本呼吸器内視鏡学会

  • 肺癌術後リンパ節単独再発を再切除した4例の予後 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2020年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右下葉肺癌に対する右中下葉スリーブ切除後に器質化肺炎を発症した1例 国内会議

    増田 寛雄, 西山 典利, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一

    気管支学  2020年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する右下葉スリーブ切除術の意義 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胸椎合併切除における胸管損傷の1例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺腺癌の組織亜型とPD-L1の発現に関する検討 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科肺癌手術患者の傾向変化に関する後方視的検討 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における胸腺腫術後症例の検討 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 困難症例に対するテクニックの工夫 左肺門部肺癌に対する全摘回避の工夫 拡大気管支形成術の意義 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する右下葉スリーブ切除術の意義 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症大動脈弁狭窄症を伴う肺癌手術例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胸椎合併切除における胸管損傷の1例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺腺癌の組織亜型とPD-L1の発現に関する検討 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科肺癌手術患者の傾向変化に関する後方視的検討 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における胸腺腫術後症例の検討 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 困難症例に対するテクニックの工夫 左肺門部肺癌に対する全摘回避の工夫 拡大気管支形成術の意義 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症大動脈弁狭窄症を伴う肺癌手術例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 他科との合同手術 ダンベル型傍胸椎腫瘍に対する整形外科と呼吸器外科による合同手術 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2019年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 他科との合同手術 ダンベル型傍胸椎腫瘍に対する整形外科と呼吸器外科による合同手術 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2019年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右肺門部肺癌に対する右上葉スリーブ切除・気管支形成・肺動脈形成・上大静脈再建術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右肺門部肺癌に対する右上葉スリーブ切除・気管支形成・肺動脈形成・上大静脈再建術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前に先天性肺気道奇形が疑われた、異所性骨化を伴う嚢胞性肺疾患の1例 国内会議

    伊藤 龍一, 小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前に先天性肺気道奇形が疑われた、異所性骨化を伴う嚢胞性肺疾患の1例 国内会議

    伊藤 龍一, 小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 木村 拓也, 木下 広敬, 西山 典利

    肺癌  2019年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • S10区域切除後に残底区域切除を施行した転移性肺癌の1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺管状切除後末梢無気肺に対するEBUS用ガイドシースを用いた吸痰と送気 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 西山 典利

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 結腸気管支瘻に対するEWSの使用経験 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する拡大気管支形成術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • S10区域切除後に残底区域切除を施行した転移性肺癌の1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺管状切除後末梢無気肺に対するEBUS用ガイドシースを用いた吸痰と送気 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 西山 典利

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 結腸気管支瘻に対するEWSの使用経験 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する拡大気管支形成術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3角形の視野展開による左肺癌気管分岐部リンパ節郭清 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腺癌肺門リンパ節転移と定型カルチノイド縦隔リンパ節転移の同時性重複肺癌の1切除例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2019年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺門部肺癌の治療成績 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺門部肺癌に対する治療戦略 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 異時性多発肺癌手術例の予後 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 甲状腺癌肺転移再発と鑑別困難な肺癌の1手術例 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2019年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後方及び側方アプローチ併用で切除した椎体骨巨細胞腫の1例 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右肺門部扁平上皮癌に対する管状肺全摘術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する追加術式を伴う気管気管支形成術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する気管支・肺動脈形成術の治療成績と工夫 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 秀俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR-TKI治療後にサルベージ手術を行った1例 国内会議

    谷村 卓哉, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3角形の視野展開による左肺癌気管分岐部リンパ節郭清 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道癌術後の原発性肺癌切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌とPD-L1の発現に関する検討 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腺癌肺門リンパ節転移と定型カルチノイド縦隔リンパ節転移の同時性重複肺癌の1切除例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2019年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺門部肺癌の治療成績 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺門部肺癌に対する治療戦略 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 異時性多発肺癌手術例の予後 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 甲状腺癌肺転移再発と鑑別困難な肺癌の1手術例 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2019年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後方及び側方アプローチ併用で切除した椎体骨巨細胞腫の1例 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右肺門部扁平上皮癌に対する管状肺全摘術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する追加術式を伴う気管気管支形成術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する気管支・肺動脈形成術の治療成績と工夫 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 秀俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2019年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR-TKI治療後にサルベージ手術を行った1例 国内会議

    谷村 卓哉, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌とPD-L1の発現に関する検討 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道癌術後の原発性肺癌切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3角形の視野展開による左肺癌気管分岐部リンパ節郭清

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (一社)日本呼吸器外科学会

  • EGFR-TKI治療後にサルベージ手術を行った1例 国内会議

    谷村 卓哉, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR-TKI治療後にサルベージ手術を行った1例

    谷村 卓哉, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (一社)日本呼吸器外科学会

  • 3角形の視野展開による左肺癌気管分岐部リンパ節郭清 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2019年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングを用いた胸部レントゲンにおける肺癌検出(Deep Learning for Detecting Lung Cancers in Chest Radiographs) 国内会議

    Shimazaki Akitoshi, Ueda Daiju, Honjo Takashi, Okamoto Takayuki, Yamamoto Akira, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Shimahara Yuki, Miki Yukio

    日本医学放射線学会学術集会抄録集  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングを用いた胸部レントゲンにおける肺癌検出(Deep Learning for Detecting Lung Cancers in Chest Radiographs) 国内会議

    Shimazaki Akitoshi, Ueda Daiju, Honjo Takashi, Okamoto Takayuki, Yamamoto Akira, Nishiyama Noritoshi, Izumi Nobuhiro, Tsukioka Takuma, Shimahara Yuki, Miki Yukio

    日本医学放射線学会学術集会抄録集  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 甲状腺癌術後再発に対する気管管状切除・再建術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 秀俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    気管支学  2019年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 甲状腺癌術後再発に対する気管管状切除・再建術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 秀俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    気管支学  2019年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 90歳以上の肺癌切除例の検討 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血清CEA高値を呈した胸腺嚢胞の1切除例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺癌サルベージ手術後の鎖骨下動脈断端仮性動脈瘤の1例 国内会議

    谷村 卓哉, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺化膿症合併肺癌に対する外科治療成績 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 加地 政秀, 西山 典利

    日本外科感染症学会雑誌  2018年10月  (一社)日本外科感染症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経内分泌腫瘍に対する手術治療の現状 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性マーカーからみた高齢者肺癌外科切除例の予後予測因子 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 加地 政秀, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性心不全・腎不全を伴う高齢者の左肺門部肺癌に対しextended sleeve lobectomy type Bを施行した1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右胸腔内から送脱血をおこない、人工心肺使用下に左房合併切除を行った右肺下葉肺門部肺癌の一例 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pN2非小細胞肺癌予後良好群で認められる転移リンパ節における間葉系因子の喪失 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 90歳以上の肺癌切除例の検討 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道癌化学放射線治療後・在宅酸素療法中・高齢男性患者に発生した原発性肺癌に対する左下葉スリーブ切除術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 開胸時胸水、洗浄細胞診陽性非小細胞肺癌の予後 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血清CEA高値を呈した胸腺嚢胞の1切除例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺癌サルベージ手術後の鎖骨下動脈断端仮性動脈瘤の1例 国内会議

    谷村 卓哉, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺化膿症合併肺癌に対する外科治療成績 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 加地 政秀, 西山 典利

    日本外科感染症学会雑誌  2018年10月  (一社)日本外科感染症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神経内分泌腫瘍に対する手術治療の現状 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性マーカーからみた高齢者肺癌外科切除例の予後予測因子 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 加地 政秀, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性心不全・腎不全を伴う高齢者の左肺門部肺癌に対しextended sleeve lobectomy type Bを施行した1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 井上 英俊, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右胸腔内から送脱血をおこない、人工心肺使用下に左房合併切除を行った右肺下葉肺門部肺癌の一例 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pN2非小細胞肺癌予後良好群で認められる転移リンパ節における間葉系因子の喪失 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 開胸時胸水、洗浄細胞診陽性非小細胞肺癌の予後 国内会議

    井上 英俊, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道癌化学放射線治療後・在宅酸素療法中・高齢男性患者に発生した原発性肺癌に対する左下葉スリーブ切除術 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 90歳以上の肺癌切除例の検討

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 90歳以上の肺癌切除例の検討 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 井上 英俊, 原 幹太朗, 宮本 光, 谷村 卓哉, 西山 典利

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺癌と同時切除した上縦隔神経線維腫の1例 国内会議

    谷村 卓哉, 井上 英俊, 宮本 光, 原 幹太朗, 小松 弘明, 月岡 卓馬, 泉 信博, 西山 典利

    気管支学  2018年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺癌と同時切除した上縦隔神経線維腫の1例 国内会議

    谷村 卓哉, 井上 英俊, 宮本 光, 原 幹太朗, 小松 弘明, 月岡 卓馬, 泉 信博, 西山 典利

    気管支学  2018年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 困難例に対する手術の工夫 気管分岐部リンパ節に単発転移再発した腎細胞癌の1例 国内会議

    谷村 卓哉, 永野 晃史, 井上 清俊, 松田 由美, 戸田 道仁, 泉 信博, 西山 典利

    小切開・鏡視外科学会雑誌  2018年06月  (NPO)小切開・鏡視外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい技術と工夫 中枢型肺脂肪腫の1切除例 国内会議

    丁 奎光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 通仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓哉, 鈴木 智詞, 西山 典利

    小切開・鏡視外科学会雑誌  2018年06月  (NPO)小切開・鏡視外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい技術と工夫 メッシュ型骨接合剤プレートを用いた観血的肋骨骨折整復固定術の2例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    小切開・鏡視外科学会雑誌  2018年06月  (NPO)小切開・鏡視外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 困難例に対する手術の工夫 気管分岐部リンパ節に単発転移再発した腎細胞癌の1例 国内会議

    谷村 卓哉, 永野 晃史, 井上 清俊, 松田 由美, 戸田 道仁, 泉 信博, 西山 典利

    小切開・鏡視外科学会雑誌  2018年06月  (NPO)小切開・鏡視外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい技術と工夫 中枢型肺脂肪腫の1切除例 国内会議

    丁 奎光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 通仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓哉, 鈴木 智詞, 西山 典利

    小切開・鏡視外科学会雑誌  2018年06月  (NPO)小切開・鏡視外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい技術と工夫 メッシュ型骨接合剤プレートを用いた観血的肋骨骨折整復固定術の2例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    小切開・鏡視外科学会雑誌  2018年06月  (NPO)小切開・鏡視外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工気胸併用完全胸腔鏡下に切除した後縦隔神経節細胞腫(Ganglioneuroma)の2例 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 宮本 光, 西山 典利

    気管支学  2018年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺RFA後の有瘻性膿胸 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    気管支学  2018年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 安全な気管支形成術にむけて 気管支形成時の吻合部への緊張緩和対策(中枢側気道をいかにして受動するか) 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    気管支学  2018年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工気胸併用完全胸腔鏡下に切除した後縦隔神経節細胞腫(Ganglioneuroma)の2例 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 宮本 光, 西山 典利

    気管支学  2018年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軟性気管支鏡下スネア切除におけるソフト凝固のモノポーラとバイポーラの使用法 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    気管支学  2018年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺RFA後の有瘻性膿胸 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    気管支学  2018年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 安全な気管支形成術にむけて 気管支形成時の吻合部への緊張緩和対策(中枢側気道をいかにして受動するか) 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    気管支学  2018年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軟性気管支鏡下スネア切除におけるソフト凝固のモノポーラとバイポーラの使用法 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    気管支学  2018年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 75歳以上高齢者肺癌における術後合併症と予後との相関 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胸壁合併(第2、3肋骨)気管支肺動脈管状肺葉切除術を施行した左上葉肺癌の1手術例 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2018年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺切除術における術前血中一酸化炭素ヘモグロビン濃度の検討と意義 国内会議

    丁 奎光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支瘻に続発する膿胸に対する追加肺切除時の気管支断端被覆+VAC療法 気管支瘻再燃に対する対策 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 手術不能肺膿瘍症例に対し経皮的膿瘍ドレナージが奏功した一例 国内会議

    木村 拓也, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での肺癌切除例に関するPD-L1発現の検討 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小細胞肺癌リンパ節転移が自然退縮した後に主病巣が出現した一例 国内会議

    鈴木 智詞, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓也, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 孤立性肺抗酸菌感染症25切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発胸椎圧迫骨折が原因で生じた多発肋骨骨折と続発性気胸の1例 国内会議

    野村 奈央, 花田 庄司, 泉 信博, 木村 拓也, 宮本 光, 原 幹太朗, 戸田 道仁, 小松 弘明, 丁 奎光, 月岡 卓馬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全身性筋肉量の評価によるpN2非小細胞肺癌術後早期再発予測 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工血管の鎖骨下動脈-総頸動脈端側吻合で弓部置換を回避した鎖骨下動脈浸潤肺癌サルベージ手術 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • たこつぼ型心筋症を契機に発見され自然退縮を呈した胸腺腫の1切除例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2018年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IV期原発性非小細胞肺癌に対する根治切除施行例の検討 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 75歳以上高齢者肺癌における術後合併症と予後との相関 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者(≧75歳)肺癌の外科診療における「術式選択」が予後に及ぼす影響について 国内会議

    原 幹太朗, 月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌手術患者におけるobesity paradoxの有無 国内会議

    戸田 道仁, 月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胸壁合併(第2、3肋骨)気管支肺動脈管状肺葉切除術を施行した左上葉肺癌の1手術例 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2018年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺切除術における術前血中一酸化炭素ヘモグロビン濃度の検討と意義 国内会議

    丁 奎光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支瘻に続発する膿胸に対する追加肺切除時の気管支断端被覆+VAC療法 気管支瘻再燃に対する対策 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 手術不能肺膿瘍症例に対し経皮的膿瘍ドレナージが奏功した一例 国内会議

    木村 拓也, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での肺癌切除例に関するPD-L1発現の検討 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小細胞肺癌リンパ節転移が自然退縮した後に主病巣が出現した一例 国内会議

    鈴木 智詞, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓也, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 孤立性肺抗酸菌感染症25切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発胸椎圧迫骨折が原因で生じた多発肋骨骨折と続発性気胸の1例 国内会議

    野村 奈央, 花田 庄司, 泉 信博, 木村 拓也, 宮本 光, 原 幹太朗, 戸田 道仁, 小松 弘明, 丁 奎光, 月岡 卓馬, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全身性筋肉量の評価によるpN2非小細胞肺癌術後早期再発予測 国内会議

    宮本 光, 月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 人工血管の鎖骨下動脈-総頸動脈端側吻合で弓部置換を回避した鎖骨下動脈浸潤肺癌サルベージ手術 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 花田 庄司, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • たこつぼ型心筋症を契機に発見され自然退縮を呈した胸腺腫の1切除例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2018年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IV期原発性非小細胞肺癌に対する根治切除施行例の検討 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌手術患者におけるobesity paradoxの有無 国内会議

    戸田 道仁, 月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者(≧75歳)肺癌の外科診療における「術式選択」が予後に及ぼす影響について 国内会議

    原 幹太朗, 月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 75歳以上高齢者肺癌における術後合併症と予後との相関 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IV期原発性非小細胞肺癌に対する根治切除施行例の検討

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (一社)日本呼吸器外科学会

  • IV期原発性非小細胞肺癌に対する根治切除施行例の検討 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2018年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 75歳以上高齢者肺癌における術後合併症と予後との相関

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

  • 中葉症候群に対する手術加療を契機に診断された筋萎縮性側索硬化症の1例 国内会議

    花田 庄司, 武田 倫子, 野村 奈央, 山本 亜弥, 大宮 英泰, 伴 裕雅, 泉 信博, 岩田 隆, 西山 典利

    気管支学  2018年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺腺癌気管支内転移再発の1例 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 廣瀬 雄輝, 田中 由希奈, 西山 典利

    気管支学  2018年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中葉症候群に対する手術加療を契機に診断された筋萎縮性側索硬化症の1例 国内会議

    花田 庄司, 武田 倫子, 野村 奈央, 山本 亜弥, 大宮 英泰, 伴 裕雅, 泉 信博, 岩田 隆, 西山 典利

    気管支学  2018年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺腺癌気管支内転移再発の1例 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 廣瀬 雄輝, 田中 由希奈, 西山 典利

    気管支学  2018年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pStage IA期非小細胞肺癌症例における筋肉量と栄養状態による予後予測 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 孝明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    肺癌  2017年12月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コロイド肺腺癌の1例 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利, 桑江 優子

    肺癌  2017年12月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pStage IA期非小細胞肺癌症例における筋肉量と栄養状態による予後予測 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 孝明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    肺癌  2017年12月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コロイド肺腺癌の1例 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利, 桑江 優子

    肺癌  2017年12月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腋窩リンパ節郭清が奏功した胸壁浸潤肺癌同側腋窩リンパ節再発の2例 国内会議

    泉 信博

    日本肺癌学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腋窩リンパ節郭清が奏功した胸壁浸潤肺癌同側腋窩リンパ節再発の2例 国内会議

    泉 信博

    日本肺癌学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 22mm大の異常血管を伴う肺葉内肺分画症の1切除例 国内会議

    丁 奎光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 通仁, 原 幹太郎, 宮本 光, 木村 拓也, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再膨張性肺水腫を回避し得た1ヵ月無治療の高度自然気胸の経験例 国内会議

    花田 庄司, 岩田 隆, 野村 奈央, 山本 亜弥, 倉島 夕紀子, 泉 信博, 西澤 聡, 葛城 邦浩, 岸田 哲, 清田 誠志, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Temporary airway stent後に右上葉スリーブ切除を施行した原発性肺癌の一例 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 22mm大の異常血管を伴う肺葉内肺分画症の1切除例 国内会議

    丁 奎光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 通仁, 原 幹太郎, 宮本 光, 木村 拓也, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 視認困難な損傷部を触診で確認し止血し得た陽圧気胸下左鎖骨下静脈損傷の1例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再膨張性肺水腫を回避し得た1ヵ月無治療の高度自然気胸の経験例 国内会議

    花田 庄司, 岩田 隆, 野村 奈央, 山本 亜弥, 倉島 夕紀子, 泉 信博, 西澤 聡, 葛城 邦浩, 岸田 哲, 清田 誠志, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Temporary airway stent後に右上葉スリーブ切除を施行した原発性肺癌の一例 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 丁 奎光, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 視認困難な損傷部を触診で確認し止血し得た陽圧気胸下左鎖骨下静脈損傷の1例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 22mm大の異常血管を伴う肺葉内肺分画症の1切除例 国内会議

    丁 奎光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 通仁, 原 幹太郎, 宮本 光, 木村 拓也, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 22mm大の異常血管を伴う肺葉内肺分画症の1切除例

    丁 奎光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 通仁, 原 幹太郎, 宮本 光, 木村 拓也, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2017年10月  日本臨床外科学会

  • 原発性肺癌と悪性リンパ腫を同時発症し診断に苦慮した1例 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    気管支学  2017年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腋窩リンパ節郭清が奏功した胸壁浸潤肺癌同側腋窩リンパ節再発の2例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 花田 庄司, 岡田 諭志, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺アスペルギローマとの鑑別を要した肺過誤腫の一例 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 宿主側因子が術後補助化学療法の治療効果に及ぼす影響 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌と悪性リンパ腫を同時発症し診断に苦慮した1例 国内会議

    宮本 光, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 木村 拓也, 鈴木 智詞, 西山 典利

    気管支学  2017年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道癌肺転移15切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前間質性陰影を有する肺癌手術症例におけるリンパ節郭清範囲と予後との検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腋窩リンパ節郭清が奏功した胸壁浸潤肺癌同側腋窩リンパ節再発の2例 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 花田 庄司, 岡田 諭志, 鈴木 智詞, 木村 拓也, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺アスペルギローマとの鑑別を要した肺過誤腫の一例 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 宿主側因子が術後補助化学療法の治療効果に及ぼす影響 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前間質性陰影を有する肺癌手術症例におけるリンパ節郭清範囲と予後との検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道癌肺転移15切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 西山 典利

    肺癌  2017年09月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軟性気管支鏡下スネア切除における高周波とソフト凝固の比較 国内会議

    泉 信博

    日本呼吸器内視鏡学会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 軟性気管支鏡下スネア切除における高周波とソフト凝固の比較 国内会議

    泉 信博

    日本呼吸器内視鏡学会  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発肺結節影で認められたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 西山 典利, 久保 勇記, 大澤 政彦

    肺癌  2017年06月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年性非小細胞肺癌手術症例の検討 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2017年06月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発肺結節影で認められたメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 西山 典利, 久保 勇記, 大澤 政彦

    肺癌  2017年06月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年性非小細胞肺癌手術症例の検討 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2017年06月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後側方切開後の難治性肩甲骨下膿瘍に対する既離断広背筋を用いた筋弁充 填術 国内会議

    泉 信博

    日本呼吸器外科学会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後側方切開後の難治性肩甲骨下膿瘍に対する既離断広背筋を用いた筋弁充 填術 国内会議

    泉 信博

    日本呼吸器外科学会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右肺術後3ヵ月目に左肺ステープル断端に発生したMAC感染症の1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2017年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における気管支形成術の定型化(Three-Suturing Method) 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2017年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右肺術後3ヵ月目に左肺ステープル断端に発生したMAC感染症の1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2017年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軟性気管支鏡下スネア切除における高周波とソフト凝固の比較 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 花田 庄司, 西山 典利

    気管支学  2017年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における気管支形成術の定型化(Three-Suturing Method) 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2017年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軟性気管支鏡下スネア切除における高周波とソフト凝固の比較 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 宮本 光, 花田 庄司, 西山 典利

    気管支学  2017年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 呼吸器外科手術症例における術前NT-proBNPの測定意義 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺大細胞神経内分泌癌9切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 花田 庄司, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 甲状腺癌の胸骨柄および両側鎖骨頭転移の切除再建 国内会議

    西山 典利, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 花田 庄司

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 栄養状態と全身性筋肉量の評価によるPre-cachexiaからCachexiaへの進行予測 国内会議

    月岡 卓馬, 西山 典利, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 柴田 利彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 末梢血血球比と非小細胞肺癌の予後因子の検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後側方切開後の難治性肩甲骨下膿瘍に対する既離断広背筋を用いた筋弁充填術 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 花田 庄司, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるMicropapillary componentを有する病理病期I期肺腺癌の検討 国内会議

    原 幹太朗, 水口 真二郎, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 大澤 政彦, 稲葉 真由美, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における人工気胸下縦隔腫瘍手術症例の検討 胸腔鏡下手術との侵襲性についての比較 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小型肺癌の予後規定因子 悪性腫瘍治療歴が予後に及ぼす影響 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 婦人科不在である当院で経験した月経随伴性気胸の一経験例 国内会議

    花田 庄司, 泉 信博, 松田 由美, 山本 亜弥, 岩田 隆, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 呼吸器外科手術症例における術前NT-proBNPの測定意義 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺大細胞神経内分泌癌9切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 花田 庄司, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 甲状腺癌の胸骨柄および両側鎖骨頭転移の切除再建 国内会議

    西山 典利, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 花田 庄司

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 栄養状態と全身性筋肉量の評価によるPre-cachexiaからCachexiaへの進行予測 国内会議

    月岡 卓馬, 西山 典利, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 柴田 利彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 末梢血血球比と非小細胞肺癌の予後因子の検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 後側方切開後の難治性肩甲骨下膿瘍に対する既離断広背筋を用いた筋弁充填術 国内会議

    泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 花田 庄司, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるMicropapillary componentを有する病理病期I期肺腺癌の検討 国内会議

    原 幹太朗, 水口 真二郎, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 大澤 政彦, 稲葉 真由美, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における人工気胸下縦隔腫瘍手術症例の検討 胸腔鏡下手術との侵襲性についての比較 国内会議

    伊藤 龍一, 月岡 卓馬, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小型肺癌の予後規定因子 悪性腫瘍治療歴が予後に及ぼす影響 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 花田 庄司, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 婦人科不在である当院で経験した月経随伴性気胸の一経験例 国内会議

    花田 庄司, 泉 信博, 松田 由美, 山本 亜弥, 岩田 隆, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2017年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌症例に対する全摘症例と気管支形成症例の比較 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2017年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌症例に対する全摘症例と気管支形成症例の比較 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2017年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上大静脈症候群を呈した中縦隔胸腺腫の1例 国内会議

    岡田 諭志, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年12月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における多型癌手術症例の検討 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭史, 戸田 道仁, 原 幹太郎, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年12月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上大静脈症候群を呈した中縦隔胸腺腫の1例 国内会議

    岡田 諭志, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年12月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における多型癌手術症例の検討 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭史, 戸田 道仁, 原 幹太郎, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年12月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • E-PASSを用いた非小細胞肺癌術後合併症予測因子の検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腺扁平上皮癌17切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺癌術後高CK血症を契機に診断に至った甲状腺機能低下症の1例 国内会議

    花田 庄司, 岩田 隆, 山本 亜弥, 武田 倫子, 伴 裕雅, 水口 真二郎, 泉 信博, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺動脈形成を伴う左肺下葉切除を行った胃癌肺転移および肺門部リンパ節転移の1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右側大動脈弓を伴った左肺癌の一切除例 国内会議

    松田 由美, 西山 典利, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する全摘症例における術前術後治療の施行状況 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前方アプローチにて切除した第1肋骨腫瘍 国内会議

    泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 山本 寛子, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sarcopeniaは70歳以上の非小細胞肺癌例における予後不良因子である(回帰式を用いたL3 muscle indexの算出) 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nasal High Flowを用いて人工呼吸を回避し救命した肺癌術後間質性肺炎急性増悪の一例 国内会議

    伊藤 龍一, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 松田 由美, 中井 俊之, 田中 秀典, 渡辺 徹也, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • E-PASSを用いた非小細胞肺癌術後合併症予測因子の検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前チオトロピウム投与により肺葉切除可能であった原発性肺癌の9例の検討 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腺扁平上皮癌17切除例の検討 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺癌術後高CK血症を契機に診断に至った甲状腺機能低下症の1例 国内会議

    花田 庄司, 岩田 隆, 山本 亜弥, 武田 倫子, 伴 裕雅, 水口 真二郎, 泉 信博, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺動脈形成を伴う左肺下葉切除を行った胃癌肺転移および肺門部リンパ節転移の1例 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右側大動脈弓を伴った左肺癌の一切除例 国内会議

    松田 由美, 西山 典利, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原発性肺癌に対する全摘症例における術前術後治療の施行状況 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前方アプローチにて切除した第1肋骨腫瘍 国内会議

    泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 山本 寛子, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sarcopeniaは70歳以上の非小細胞肺癌例における予後不良因子である(回帰式を用いたL3 muscle indexの算出) 国内会議

    月岡 卓馬, 泉 信博, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nasal High Flowを用いて人工呼吸を回避し救命した肺癌術後間質性肺炎急性増悪の一例 国内会議

    伊藤 龍一, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 松田 由美, 中井 俊之, 田中 秀典, 渡辺 徹也, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術前チオトロピウム投与により肺葉切除可能であった原発性肺癌の9例の検討 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • E-PASSを用いた非小細胞肺癌術後合併症予測因子の検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nasal High Flowを用いて人工呼吸を回避し救命した肺癌術後間質性肺炎急性増悪の一例

    伊藤 龍一, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 松田 由美, 中井 俊之, 田中 秀典, 渡辺 徹也, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • Nasal High Flowを用いて人工呼吸を回避し救命した肺癌術後間質性肺炎急性増悪の一例 国内会議

    伊藤 龍一, 泉 信博, 水口 真二郎, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 松田 由美, 中井 俊之, 田中 秀典, 渡辺 徹也, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • E-PASSを用いた非小細胞肺癌術後合併症予測因子の検討

    戸田 道仁, 泉 信博, 月岡 卓馬, 小松 弘明, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 食道癌を契機に発見された気管気管支巨大症 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2016年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食道癌を契機に発見された気管気管支巨大症 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 月岡 卓馬, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 西山 典利

    気管支学  2016年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ソフト凝固を用いた軟性気管支鏡下スネア切除 国内会議

    泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利

    気管支学  2016年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ソフト凝固を用いた軟性気管支鏡下スネア切除 国内会議

    泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利

    気管支学  2016年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • I期非小細胞肺癌における再発予測因子としての好中球/リンパ球比の意義 国内会議

    水口 真二郎, 泉 信博, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利, 柴田 利彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺胞腔内腫瘍散布像を有する病理病期I期肺腺癌の検討 国内会議

    原 幹太朗, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 泉 信博, 稲葉 真由美, 大澤 政彦, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2016年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病理病期1期非小細胞肺癌における肝機能指標の意義 国内会議

    水口 真二郎, 泉 信博, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 松田 由美, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2016年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心膜腔に達した乳癌術後難治性胸壁潰瘍の手術例 国内会議

    岡田 諭志, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 松田 由美, 西山 典利, 柴田 利彦

    日本呼吸器外科学会雑誌  2016年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 一酸化炭素供与体(CORM-3)による肺胞マクロファージへの影響 国内会議

    山本 寛子, 水口 真二郎, 竹村 茂一, 泉 信博, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利, 柴田 利彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PET-CTで高集積を認めたSclerosing pneumocytomaの1例 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 西山 典利

    肺癌  2016年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • I期非小細胞肺癌における再発予測因子としての好中球/リンパ球比の意義 国内会議

    水口 真二郎, 泉 信博, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利, 柴田 利彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌の術前血清d-dimer値と病理病期・リンパ節転移との関連 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2016年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌におけるBMI低値症例の検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 柴田 利彦, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺胞腔内腫瘍散布像を有する病理病期I期肺腺癌の検討 国内会議

    原 幹太朗, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 泉 信博, 稲葉 真由美, 大澤 政彦, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2016年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病理病期1期非小細胞肺癌における肝機能指標の意義 国内会議

    水口 真二郎, 泉 信博, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 松田 由美, 伊藤 龍一, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2016年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心膜腔に達した乳癌術後難治性胸壁潰瘍の手術例 国内会議

    岡田 諭志, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 伊藤 龍一, 松田 由美, 西山 典利, 柴田 利彦

    日本呼吸器外科学会雑誌  2016年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 一酸化炭素供与体(CORM-3)による肺胞マクロファージへの影響 国内会議

    山本 寛子, 水口 真二郎, 竹村 茂一, 泉 信博, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利, 柴田 利彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PET-CTで高集積を認めたSclerosing pneumocytomaの1例 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 西山 典利

    肺癌  2016年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌におけるBMI低値症例の検討 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 柴田 利彦, 西山 典利

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌の術前血清d-dimer値と病理病期・リンパ節転移との関連 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 西山 典利

    日本呼吸器外科学会雑誌  2016年04月  (NPO)日本呼吸器外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • I期非小細胞肺癌における再発予測因子としての好中球/リンパ球比の意義 国内会議

    水口 真二郎, 泉 信博, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利, 柴田 利彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PET-CTで高集積を認めたSclerosing pneumocytomaの1例

    原 幹太朗, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 西山 典利

    肺癌  2016年04月  (NPO)日本肺癌学会

  • PET-CTで高集積を認めたSclerosing pneumocytomaの1例 国内会議

    原 幹太朗, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 西山 典利

    肺癌  2016年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • I期非小細胞肺癌における再発予測因子としての好中球/リンパ球比の意義

    水口 真二郎, 泉 信博, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 西山 典利, 柴田 利彦

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

  • 気管支閉鎖症とその末梢に粘液貯留を認めた気管支結核の1切除例 国内会議

    泉 信博

    結核  2016年03月  (一社)日本結核病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術中組織診断で原発性肺腺癌と診断され右肺下葉切除術を施行した肺結核症の一例 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博

    結核  2016年03月  (一社)日本結核病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支閉鎖症とその末梢に粘液貯留を認めた気管支結核の1切除例 国内会議

    泉 信博

    結核  2016年03月  (一社)日本結核病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術中組織診断で原発性肺腺癌と診断され右肺下葉切除術を施行した肺結核症の一例 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博

    結核  2016年03月  (一社)日本結核病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • オクトレオチドとリピオドールリンパ管造影併用にて治癒した肺癌術後乳び胸の一例 国内会議

    水口 真二郎, 泉 信博, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太朗, 堀田 怜, 松田 由美, 西山 典利

    日本臨床外科学会雑誌  2015年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺癌と食道癌の同時性重複癌の治療戦略 国内会議

    小松 弘明, 泉 信博, 水口 真二郎, 大杉 治司, 西山 典利

    肺癌  2015年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外科生検で診断された全肺野びまん性AISの一例 国内会議

    松田 由美, 西山 典利, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 戸田 道仁, 原 幹太郎, 堀田 怜, 川口 知哉, 松浦 邦臣

    肺癌  2015年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全身栄養指標と非小細胞肺癌の予後・再発との関連 国内会議

    戸田 道仁, 泉 信博, 水口 真二郎, 山本 寛子, 岡田 諭志, 原 幹太朗, 西山 典利

    肺癌  2015年10月  (NPO)日本肺癌学会