2024/04/12 更新

写真a

オオタ ヨウイチ
大田 陽一
OHTA Yoichi
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士 (医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

研究キーワード

  • 関節軟骨

  • 骨再生

  • 骨形成タンパク

研究歴

  • 関節軟骨の変性予防

    2012年04月 - 継続中 

  • 骨形成タンパク(BMP)による骨再生

    個人研究

    2012年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本整形外科学会

      国内

  • 中部日本整形外科災害外科学会

      国内

  • 日本人工関節学会

      国内

  • 日本股関節学会

      国内

  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

      国内

  • 日本骨代謝学会

      国内

  • 日本軟骨代謝学会

      国内

▼全件表示

受賞歴

  • 2011 American Society of Bone and Mineral Research -Young Investigator Award-

    2011年09月  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • 2011 PENN Center for Musculoskeletal Disorders 8th Annual Scientific Symposium -Poster Award-

    2011年10月  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

職務経歴(学外)

  • 大阪市立弘済院付属病院   研究医

    2003年05月 - 2004年03月

論文

  • Time elapsed from definitive diagnosis to surgery for osteonecrosis of the femoral head: a nationwide observational study in Japan. 査読

    Nakamura J, Fukushima W, Ando W, Hagiwara S, Kawarai Y, Shiko Y, Kawasaki Y, Sakai T, Ito K, Arishima Y, Chosa E, Fujimoto Y, Fujiwara K, Hasegawa Y, Hayashi S, Imagama T, Inaba Y, Ishibashi Y, Ishidou Y, Ito H, Ito H, Ito J, Jinno T, Kabata T, Kaku N, Kaneuji A, Kishida S, Kobayashi S, Komiya S, Kubo T, Majima T, Mashima N, Mawatari M, Miki H, Miyatake K, Motomura G, Nagoya S, Nakamura H, Nakamura Y, Nakanishi R, Nakashima Y, Nakasone S, Nishii T, Nishiyama T, Ohta Y, Ohzono K, Osaki M, Sasaki K, Seki T, Shishido T, Shoji T, Sudo A, Takagi M, Takahashi D, Takao M, Tanaka S, Tanaka T, Tetsunaga T, Ueshima K, Yamamoto K, Yamamoto T, Yamamoto Y, Yamasaki T, Yasunaga Y, Sugano N

    BMJ open   14 ( 3 )   e082342   2024年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2023-082342

    PubMed

  • Is bone remodelling around fully hydroxyapatite-coated and tapered-wedge stems related to the stem fixation pattern? 査読

    Ohyama Y, Minoda Y, Masuda S, Sugama R, Ohta Y, Nakamura H

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   2024年03月( ISSN:1633-8065

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00590-024-03891-0

    PubMed

  • No Impact of Contact Between the Medial Collar of a Hydroxyapatite-Coated Triple-Tapered Stem and the Femoral Neck on Periprosthetic Bone Mineral Density. 査読

    Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Ueno S, Kobayashi A, Nakamura H

    The Journal of arthroplasty   2024年02月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2024.02.011

    PubMed

  • Stem alignment with short tapered-wedge cementless stems affects bone mineral density continuously for at least 5 years after primary total hip arthroplasty. 査読

    Masuda S, Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   34 ( 1 )   57 - 65   2024年01月( ISSN:1120-7000

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/11207000231178984

    PubMed

  • Mobile-bearing prosthesis suppresses the postoperative rotational mismatch and improves patient-reported outcome measurements better than fixed-bearing prosthesis: rotational analysis by 3D measurement in total knee arthroplasty. 査読

    Ueyama H, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Takemura S, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 11 )   6781 - 6790   2023年11月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-023-04971-2

    PubMed

  • The modification of bone cut angle and joint line obliquity did not change the tibiofemoral kinematics and stability of knee joint after total knee arthroplasty. 査読

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Ohyama Y, Masuda S, Ikebuchi M, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 10 )   6345 - 6351   2023年10月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-023-04899-7

    PubMed

  • Full HA stemに付属するカラーと大腿骨頸部のコンタクトは,ステム周囲の骨密度変化に影響を及ぼすか? 査読

    岩切 健太郎, 大田 陽一, 白川 裕一朗, 小林 章郎

    Hip Joint   49 ( 1 )   269 - 273   2023年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院でFull HA stem(ACTISステム)を使用して人工股関節全置換術を行い、術後1年以上経過観察した62例を対象に、カラーと大腿骨頸部のコンタクトと術後骨密度変化の関連性について検討した。その結果、カラーと大腿骨頸部のコンタクト無群は11例、コンタクト有群は51例であった。2群とも臨床成績は非常に良好で、有意差はみられなかった。また、術後骨密度は両群ともzone 7で最も低下していたが、2群間で有意差は認めなかった。今回の検討から、カラーと大腿骨頸部のコンタクトは、術後骨密度変化に影響しないことが示唆された。

  • A new accelerometer-based portable navigation system provides high accuracy of acetabular cup placement in total hip arthroplasty in both the lateral decubitus and supine positions. 査読

    Ohyama Y, Sugama R, Kim Y, Ohta Y, Minoda Y, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 7 )   4473 - 4480   2023年07月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-022-04675-z

    PubMed

  • A double tapered fully hydroxyapatite-coated stem has less contact area to femoral cortical bone than a tapered-wedge stem: a three-dimensional computed tomography-based density mapping analysis. 査読

    Ohyama Y, Minoda Y, Ohta Y, Sugama R, Takemura S, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   143 ( 7 )   4465 - 4472   2023年07月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-022-04655-3

    PubMed

  • A comparison of accuracy and safety between stem-first and cup-first total hip arthroplasty: a prospective randomised controlled trial. 査読

    Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   33 ( 2 )   231 - 240   2023年03月( ISSN:1120-7000

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/11207000211039767

    PubMed

  • Efficacy of Early Rehabilitation for Severe Coronavirus Disease 2019 Pneumonia: Factor Analysis Using Machine Learning(タイトル和訳中) 査読

    Ikebuchi Mitsuhiko, Ohta Yoichi, Minoda Yukihide, Toki Akiko, Nakatsuchi Tamotsu, Terai Hidetomi, Nakamura Hiroaki, Kato Ryoichi, Nakajima Sigeyoshi

    Progress in Rehabilitation Medicine   8   1 - 15   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy of Early Rehabilitation for Severe Coronavirus Disease 2019 Pneumonia: Factor Analysis Using Machine Learning.

    Ikebuchi M, Ohta Y, Minoda Y, Toki A, Nakatsuchi T, Terai H, Nakamura H, Kato R, Nakajima S

    Progress in rehabilitation medicine   8 ( 0 )   20230027   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2490/prm.20230027

    PubMed

  • Measurement of spinopelvic sagittal alignment in the relaxed seated position rather than in the straight seated position is suitable for assessing spinopelvic mobility in patients before total hip arthroplasty. 査読

    Ohyama Y, Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    SICOT-J   9   2   2023年( ISSN:2426-8887

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/sicotj/2022051

    PubMed

  • Is the Anterolateral or Posterolateral Approach More Effective for Early Postoperative Recovery after Minimally Invasive Total Hip Arthroplasty? 査読

    Ohta Y, Sugama R, Minoda Y, Mizokawa S, Takahashi S, Ikebuchi M, Nakatsuchi T, Nakamura H

    Journal of clinical medicine   12 ( 1 )   2022年12月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/jcm12010139

    PubMed

  • Is medial pivot total knee arthroplasty suitable for patients with valgus knee osteoarthritis? 査読

    Iwakiri K, Ohta Y, Ohyama Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   32 ( 3 )   551 - 557   2022年04月( ISSN:1633-8065

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00590-021-03007-y

    PubMed

  • Novel susceptibility loci for steroid-associated osteonecrosis of the femoral head in systemic lupus erythematosus. 査読

    Suetsugu H, Kim K, Yamamoto T, Bang SY, Sakamoto Y, Shin JM, Sugano N, Kim JS, Mukai M, Lee YK, Ohmura K, Park DJ, Takahashi D, Ahn GY, Karino K, Kwon YC, Miyamura T, Kim J, Nakamura J, Motomura G, Kuroda T, Niiro H, Miyamoto T, Takeuchi T, Ikari K, Amano K, Tada Y, Yamaji K, Shimizu M, Atsumi T, Seki T, Tanaka Y, Kubo T, Hisada R, Yoshioka T, Yamazaki M, Kabata T, Kajino T, Ohta Y, Okawa T, Naito Y, Kaneuji A, Yasunaga Y, Ohzono K, Tomizuka K, Koido M, Matsuda K, Okada Y, Suzuki A, Kim BJ, Kochi Y, Lee HS, Ikegawa S, Bae SC, Terao C

    Human molecular genetics   31 ( 7 )   1082 - 1095   2022年03月( ISSN:0964-6906

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/hmg/ddab306

    PubMed

  • Eldecalcitol regulates the gene expressions of articular cartilage markers and differentiation markers in chondrocytes. 査読

    Takemura S, Ohta Y, Sugama R, Minoda Y, Ohyama Y, Nakamura H

    Biochemical and biophysical research communications   597   58 - 63   2022年03月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.01.119

    PubMed

  • Successful en bloc resection for femoral head clear cell chondrosarcoma without biopsy: A case report. 査読

    Hoshi M, Oebisu N, Ohta Y, Tomimoto A, Nakamura H

    Molecular and clinical oncology   16 ( 2 )   26   2022年02月( ISSN:2049-9450

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/mco.2021.2459

    PubMed

  • Medial peg position of cementless porous tantalum tibial component affects bone mineral density around the prosthesis after total knee arthroplasty: 2-year follow-up study. 査読

    Minoda Y, Ikebuchi M, Kobayashi A, Sugama R, Ohta Y, Takemura S, Yamamoto N, Nakamura H

    The Knee   34   55 - 61   2022年01月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2021.11.005

    PubMed

  • Medial Pivot型TKAにおいて大腿骨・脛骨コンポーネント設置が患者立脚型評価に与える影響 査読

    前田 真吾, 小林 章郎, 村上 将一, 増田 翔, 大田 陽一, 岩切 健太郎

    日本人工関節学会誌   51   395 - 396   2021年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Medial-Pivot(MP)型人工膝関節全置換術(TKA)におけるインプラント設置や下肢アライメントが患者満足度に与える影響を評価した。一次性変形性膝関節症に対してMP型TKAを用いて手術を行った78例(男性13例、女性65例、平均74.0±7.2歳)96膝を対象とした。WOMAC scoreは低値ほど優れる結果を示しており、痛み・こわばり・身体機能・合計のすべての項目で改善傾向が示された。脛骨コンポーネント冠状面設置角度Tβが外反設置になるほど、WOMAC scoreにおける術後1年の身体機能と合計が有意に悪化する傾向にあった。また、脛骨コンポーネント冠状面設置角度は内反3.07°から外反4.78°の範囲において、WOMAC scoreにおける術後1年の身体機能と合計のいずれも外反設置ほど悪化する弱い負の相関を認めた。MP型TKAにおいて、脛骨コンポーネントの外反設置は患者満足度の低下につながる可能性が示唆された。

  • HipAlign Supine/HipAlign New Lateralを用いたTHAは、正確なカップ設置角度で、短期成績も良好 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 竹村 進, 山本 展生, 中村 卓, 上山 秀樹, 伊東 祐紀, 金 裕学, 中村 博亮

    日本人工関節学会誌   51   21 - 22   2021年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OrthAlign社製HipAlignは、従来のナビゲーションで必要であった大きな装置を必要とせず、単回使用の手のひらサイズのデバイスを用いて、術前計画なしに、手術中に簡便に使用できるポータブルナビゲーションシステムであり、仰臥位THAで用いるHipAlign Supineと側臥位THAで用いるHipAlign New Lateralがある。今回、HipAlign Supineを使用した20関節とHipAlign New Lateralを使用した20関節の短期成績について調査した。評価項目は「カップ設置角度の絶対値誤差」「JOAスコア」「合併症(脱臼・感染)の有無」とした。調査の結果、カップ設置角度の絶対値誤差はHipAlign Supine使用群が外方開角2.7±2.5度、前方開角2.6±2.0度、HipAlign New Lateral使用群が外方開角5.1±3.8度、前方開角3.4±2.4度であった。両群ともJOAスコアは改善し、脱臼・感染例はなかった。

  • Differences in the setting of acetabular component alignment guides between the supine and lateral positions for total hip arthroplasty. 査読

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Takemura S, Yamamoto N, Nakatsuchi T, Nakamura H

    Scientific reports   11 ( 1 )   21978   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-01420-1

    PubMed

  • Changes in patient-perceived leg length discrepancy following total hip arthroplasty. 査読

    Iwakiri K, Ohta Y, Fujii T, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    European journal of orthopaedic surgery & traumatology : orthopedie traumatologie   31 ( 7 )   1355 - 1361   2021年10月( ISSN:1633-8065

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00590-021-02879-4

    PubMed

  • テーパーウェッジ型ショートステムの中期成績 ステム周囲の骨密度変化と3Dアライメントを含めた検討 査読

    増田 翔, 岩切 健太郎, 前田 真吾, 大田 陽一, 小林 章郎

    Hip Joint   47 ( 1 )   41 - 44   2021年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院でテーパーウェッジ型ショートステムを用いてTHAを施行した42例42関節(男性4関節、女性38関節、手術時平均年齢69.9歳)を対象に、ステム周囲の骨密度変化と3Dアライメントの関連性について検討した。平均経過観察期間65.3ヵ月の結果、WOMAC scoreは有意に改善し、再手術となった症例はなく、過去の報告と同様に良好な成績であった。reactive lineに関しては、術後1年でzone 1に52.4%が認められたが、術後5年で4.8%と、経過とともに減少傾向にあった。術後1~5年における屈曲挿入とzone 2骨密度変化との間には正の相関が認められた。

  • THA患者とTKA患者の患者立脚型評価による術後5年の比較検討 査読

    前田 真吾, 岩切 健太郎, 増田 翔, 大田 陽一, 小林 章郎, 高岡 邦夫

    Hip Joint   47 ( 1 )   516 - 520   2021年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    一次性/亜脱臼性変形性股関節症あるいは内側型変形性膝関節症に対する、初回THA85例(THA群)と初回TKA92例(TKA群)を対象とした。患者立脚型評価は、The Western Ontario and McMaster University Osteoarthritis Index(WOMAC) scoreを用いた。術前と術後3ヵ月、1年、その後は年1回、術後5年までの各時期において、両群間でWOMAC scoreの合計、各subscale(痛み、こわばり、身体機能)を比較した。その結果、術後4年まではTKA群がWOMAC score(合計、痛み、こわばり、身体機能)が有意に優れていた。重回帰分析から、術後3ヵ月では術式に関してTHAが有意に優れていたが、術後1年以降はTHAとTKAの術式による有意差は認めなかった。THAとTKAにおけるWOMAC scoreの比較にあたり、患者背景を調整した研究を行う必要があると考えられた。

  • Actis stemの短期成績 ステム周囲の骨密度変化と3Dステムアライメントを含めた検討 査読

    岩切 健太郎, 大田 陽一, 小林 章郎

    Hip Joint   47 ( 1 )   152 - 155   2021年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Actisステムを用いて人工股関節全置換術を行い、術後1年以上経過観察可能であった23例23関節(全例女性、手術時平均年齢73.9歳)の臨床成績、三次元的ステムアライメントとステム周囲の骨密度変化の関連について検討した。その結果、骨質、髄腔の形状に関わらず、Actisステムの初期固定性は非常に良好で、最終観察時のJOAスコアとWOMACスコアは良好であった。術後3Dステムアライメントは平均2.71±1.73°内反位、3.58±1.70°屈曲位であり、Gruenのzone分類によるステム周囲の骨密度はzone 7で最も低下したが、術後2年では改善傾向を示した。また、内外反、前後捻と骨密度変化量に相関はなかったが、zone 5において屈曲挿入と中等度の正の相関を示し、内反≧3°ではzone 1、2で有意な低下を、屈曲≧3°ではzone 2、3、4、5で有意な上昇を認めた。

  • 2種類のポータブルナビゲーションHipAlign SupineとHipAlign New Lateralを用いたTHAでのカップ設置角度の精度比較 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 竹村 進, 山本 展生, 中村 卓, 上山 秀樹, 金 裕学, 山下 竜一, 中村 博亮

    Hip Joint   47 ( 1 )   501 - 503   2021年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HipAlign New Supineを用いて側臥位で人工股関節全置換術(THA)を行った20関節(A群)と、その20関節に性別、年齢、病名をマッチさせたHipAlign Supineを用いて仰臥位THAを行った20関節(B群)を対象とした。術後1週にZed Hipを用いて三次元的に計測したカップ設置角(外方開角、前方開角)と術中に示した各ナビゲーションの表示角度との絶対値誤差を群間比較した。また、臨床成績としてJOA score、合併症(脱臼・感染)を群間比較した。その結果、JOA scoreは両群間で有意差がなく、全例に合併症を認めなかった。カップ設置角度の絶対値誤差が外方開角・前方開角ともに5°以内の差であった症例はA群65%、B群85%で、両群とも全ての症例で外方開角・前方開角とも10°以内の差で設置できていた。ポータブルナビゲーションのHipAlign SupineとHipAlign New Supineは、THAにおける正確なカップ設置と早期合併症予防に有用と考えられた。

  • Four-Millimeter Additional Bone Resection in the Distal Femur Does Not Result in an Equivalent Increase in the Extension Joint Gap in Total Knee Arthroplasty. 査読

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Ueyama H, Takemura S, Nakamura H

    The Journal of arthroplasty   36 ( 3 )   958 - 962   2021年03月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2020.09.002

    PubMed

  • Topical co-administration of zoledronate with recombinant human bone morphogenetic protein-2 can induce and maintain bone formation in the bone marrow environment. 査読

    Ueyama H, Ohta Y, Imai Y, Suzuki A, Sugama R, Minoda Y, Takaoka K, Nakamura H

    BMC musculoskeletal disorders   22 ( 1 )   94   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-021-03971-w

    PubMed

  • Japanese Orthopaedic Association 2019 Guidelines for osteonecrosis of the femoral head 査読

    Ando W.

    Journal of Orthopaedic Science   26 ( 1 )   46 - 68   2021年01月( ISSN:09492658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jos.2020.06.013

  • TKA後のスポーツ活動 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 竹村 進, 山本 展生, 中村 博亮

    日本整形外科スポーツ医学会雑誌   41 ( 3 )   160 - 163   2021年( ISSN:13408577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>近年,人工膝関節全置換術(TKA)の術後に,スポーツ活動を望む患者が増加している.1999年のKnee Society Surveyの結果から,TKA後に行なう運動は,運動の強度に応じて,推奨・経験があれば推奨・推奨しない・結論なしの4つに分類されている.ただこの報告では,日本の事情と異なったスポーツ活動が含まれており,そのまま活用することは難しい.またスポーツはインパクトの繰り返しであり,短期に加え,長期成績で評価するべきである.本研究は,TKAとスポーツ活動についての過去の報告を整理し,許容すべきスポーツ活動を提示し,現在の日本の事情を反映したアンケートの結果をしめすものである.</p>

    DOI: 10.34473/jossm.41.3_160

    CiNii Article

  • 人工股関節全置換術術前の2種類の坐位による脊椎骨盤矢状面アライメントの違い 査読

    大山 洋平, 岩切 健太郎, 谷脇 浩志, 富本 彩夏, 前田 真吾, 大田 陽一, 小林 章郎, 高岡 邦夫

    日本人工関節学会誌   50   281 - 282   2020年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術(THA)術前の変形性股関節症患者において、2種類の坐位による脊椎骨盤矢状面アライメントの違いについて検討した。変形性股関節症のため当院で初回THAを施行した72人83股(女性66人77股、男性6人6股、平均68.4±9.6歳)を対象とした。リラックスした状態での坐位(リラックス坐位)と背筋を伸ばした状態でのストレート坐位での脊椎-骨盤-股関節THA術前側面X線を用いた。評価項目はsacral slope(SS)、lumbar lordosis angle(LL)、pelvic-femoral angle(PFA)、各パラメータのストレート坐位からリラックス坐位を引いた差(Δ)とした。ストレート坐位とリラックス坐位の脊椎骨盤矢状面アライメントの各パラメータは、SS(17.4±10.8°:26.3±9.0°)、LL(18.5±14.3°:29.5±12.7°)、PFA(140.5±15.9°:131.4±14.5°)であり、全てのパラメータにおいて有意差を認めた。SSの分布はいずれの坐位においても正規分布を示したが、ΔSSは非正規分布であった。脊椎骨盤可動性ΔSSは、年齢、リラックス坐位の脊椎骨盤矢状面アライメントSS/LL/PFA、腰椎可動性ΔLL、骨盤大腿骨可動性ΔPFAと相関を認めた。

  • THA患者とTKA患者における術後患者満足度(WOMAC)の比較 査読

    前田 真吾, 岩切 健太郎, 谷脇 浩志, 富本 彩夏, 大山 洋平, 大田 陽一, 小林 章郎, 高岡 邦夫

    日本人工関節学会誌   50   759 - 760   2020年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で行った初回人工股関節全置換術(THA)患者102例と人工膝関節全置換術(TKA)患者101例における術前から術後2年までのWOMAC scoreを比較検討した。その結果、WOMAC scoreのTotalと痛み・こわばり・身体機能の各項目において、術前は全ての項目で両群間で有意差がみられなかったが、術後3ヵ月および術後1年ではこわばりや痛みを中心に有意にTHA群が良好で、術後2年では全ての項目でTHA群が有意に優れた結果となった。尚、術後2年のWOMAC scoreに影響する因子としては、THAかTAKAのいずれかの術式が影響する傾向が示された。

  • Medial Pivot型人工膝関節の大腿骨コンポーネント後顆デザインが膝屈曲角度に与える影響 査読

    大山 洋平, 小林 章郎, 岩切 健太郎, 谷脇 浩志, 富本 彩夏, 前田 真吾, 大田 陽一, 高岡 邦夫

    日本人工関節学会誌   50   239 - 240   2020年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Medial Pivot型(MP型)人工膝関節の大腿骨コンポーネント後顆デザインが術後膝屈曲角度に与える影響を明らかにすることを目的に、2014年10月~2017年11月に当院で一次性内側型変形性膝関節症に対しMP型人工膝関節置換術を施行し、術後2年以上経過観察が可能であった症例のうち、GMK Sphere(Medacta社)症例43名59膝、Physio Knee(京セラ社)症例41名63膝を対象に術後2年の膝屈曲角度、画像評価としてHip-knee-ankle angle(HKA角)、posterior condylar overhang(PCOH)などを測定した。その結果、低BMIで、術前屈曲角度が良好、術前HKA角が大きく、外側PCOHが小さい患者ほど、術後屈曲角度が良好であることが分かった。

  • 3Dテンプレートを用いて術前計画を行った従来法TKAの術後アライメント評価 査読

    前田 真吾, 小林 章郎, 谷脇 浩志, 富本 彩夏, 大山 洋平, 大田 陽一, 岩切 健太郎, 高岡 邦夫

    日本人工関節学会誌   50   19 - 20   2020年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    3Dテンプレートで術前計画を行い、ナビゲーションなどの特別な術中支援デバイスを使用せずに従来法でTKAを施行した100例について、コンポーネント設置位置の正確性を評価した。結果、術前計画と実際の設置角度との差の絶対値は、Femoral Coronal Angle(FCA)が1.32±1.14°、Femoral Saggital Angle(FSA)が1.63±1.19°、Tibia Coronal Angle(TCA)が1.37±1.03°、Tibia Saggital Angle(TSA)が1.85±1.24°であった。それぞれOutlier(>3°)の割合は、FCAが7%、FSAが13%、TCAが8%、TSAが18%であった。コンポーネントサイズ一致率は大腿骨92%、脛骨81%で、サイズ変更は全て1サイズ以内(大腿骨でup 7例、down 1例、脛骨でup 18例、down 1例)であった。これらの結果から、術中に骨切り量の内外側差を確認するなど、術前計画で得た情報を術中に反映させる工夫をすることで、ナビゲーションなどの特別なデバイスを使用しなくても正確なコンポーネント設置ができることが示唆された。

  • Malrotation of the fixed-bearing posterior stabilized total knee prosthesis causes a postoperative rotational mismatch between the femur and tibia. 査読

    Ueyama H, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Yamamura K, Nakamura S, Takemura S, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   28 ( 12 )   3810 - 3820   2020年12月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-020-05864-2

    PubMed

  • Vitamin E-infused highly cross-linked polyethylene did not reduce the number of in vivo wear particles in total knee arthroplasty. 査読

    Orita K, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Ueyama H, Takemura S, Nakamura H

    The bone & joint journal   102-B ( 11 )   1527 - 1534   2020年11月( ISSN:2049-4394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1302/0301-620X.102B11.BJJ-2020-0413.R1

    PubMed

  • Joint line elevation is not associated with mid-flexion laxity in patients with varus osteoarthritis after total knee arthroplasty. 査読

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Ueyama H, Takemura S, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   28 ( 10 )   3226 - 3231   2020年10月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-019-05828-1

    PubMed

  • HipAlign New Lateralを用いたカップ設置角度の精度検証 査読

    柳井 亮介, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 上山 秀樹, 竹村 進, 飯田 健, 中村 博亮

    Hip Joint   46 ( 2 )   950 - 952   2020年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HipAlign New Lateral(本製品)を用いて行った側臥位人工股関節全置換術(THA)でのカップ設置角度の精度を検証した。本製品を用いてTHAを行った14例14関節(男性2例、女性12例、平均62.8歳)を対象とした。全例側臥位で手術を行い、アプローチの内訳は、anterolateralアプローチが8例、direct lateralアプローチが2例、OCMアプローチが4例であった。手術中に本製品を用いてカップ設置を行い、設置後に本製品が表示した角度を記録した。カップ設置角度の誤差は絶対値で外方開角5.1±3.4°、前方開角1.3±1.3°であった。カップ設置での的中率で考えると、外方開角・前方開角ともに5°以内の誤差で設置できた症例は57%、10°以内の誤差で設置できた症例は92%であった。本製品はTHAにおけるカップ設置に有用と結論づけることが可能と思われた。

  • 2種類の坐位が脊椎骨盤矢状面アライメントに与える影響 査読

    大山 洋平, 岩切 健太郎, 前田 真吾, 大田 陽一, 小林 章郎, 高岡 邦夫

    Hip Joint   46 ( 1 )   410 - 413   2020年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    初回人工股関節全置換術(THA)を行った変形性股関節症45人51関節(男5人、女40人、年齢67.9±10.0歳)を対象として、2種類の坐位が脊椎骨盤矢状面アライメントに与える影響を検討した。脊椎-骨盤-股関節THA術前側面X線像を用いて背筋をリラックスさせた状態(リラックス坐位)と背筋を伸ばした状態(ストレート坐位)における脊椎骨盤矢状面アライメントの各パラメータを測定した結果、Sacral Slope(SS)、Pelvic Tilt、Lumbar Lordosis Angle、Pelvic-Femoral Angleにおいて坐位間で有意差を認め、坐位間での脊椎骨盤可動性ΔSSは平均9.6°であった。また、脊椎骨盤可動性ΔSSは、年齢と中等度の相関関係、また、リラックス坐位の脊椎骨盤矢状面アライメント、腰椎可動性および骨盤大腿骨可動性とは比較的強い相関関係を示した。

  • Full HA compaction stemのPOLARSTEMの操作性は良好である 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 上山 秀樹, 竹村 進, 飯田 健, 柳井 亮介, 中村 博亮

    Hip Joint   46 ( 1 )   291 - 294   2020年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当科でPOLARSTEMを使用した23例25関節を対象とし、術後1週間以内のX線像をもとに「ステムアライメント」「ステムの挿入深度」「Cancellous bedの有無」について調査した。また、術前X線でテンプレートした予想のステムサイズと実際に使用したステムサイズの違いについて調査した。ステムアライメントは、術中に内外反・屈曲伸展とも0°の挿入を目標とし、術後のX線計測では全例が内外反・屈曲伸展とも2°以内に設置されていた。ステムの挿入深度については、ラスプ深度と本物のステムの挿入深度の違いについて評価し、手術時の印象としてラスプ深度より本物のステムが浮いた症例はなかった。X線正面像でCancellous bedが確認できたのは16関節(64%)であった。術前X線でテンプレートしたステムサイズと実際のステムサイズの違いについては、実際のステムが1サイズ大きくなったものが1関節(4%)、1サイズ小さくなったものが3関節(12%)、違いはなく一致したものが21関節(84%)であった。

  • Initiating range of motion exercises within 24 hours following total knee arthroplasty affects the reduction of postoperative pain: A randomized controlled trial. 査読

    Iwakiri K, Ohta Y, Shibata Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy, rehabilitation and technology   21   11 - 16   2020年07月( ISSN:2214-6873

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.asmart.2020.03.003

    PubMed

  • Peri-prosthetic bone mineral density after simultaneous bilateral total knee arthroplasty under oral bisphosphonate therapy - A comparison between mobile- and fixed-bearing prostheses. 査読

    Ueyama H, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Nakamura S, Takemura S, Nakamura H

    The Knee   27 ( 3 )   767 - 776   2020年06月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2020.04.011

    PubMed

  • Design improvement in patient-specific instrumentation for total knee arthroplasty improved the accuracy of the tibial prosthetic alignment in the coronal and axial planes. 査読

    Yamamura K, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Nakamura S, Ueyama H, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   28 ( 5 )   1560 - 1567   2020年05月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-019-05571-7

    PubMed

  • Malrotation of the fixed-bearing posterior stabilized total knee prosthesis causes a postoperative rotational mismatch between the femur and tibia 査読

    Ueyama Hideki, Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Yamamura Kazumasa, Nakamura Suguru, Takemura Susumu, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   2020年01月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-020-05864-2

    PubMed

  • Joint line elevation is not associated with mid-flexion laxity in patients with varus osteoarthritis after total knee arthroplasty. 査読

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Ueyama H, Takemura S, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   2019年12月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-019-05828-1

    PubMed

  • HipAlign Lateralが示す脚延長量およびオフセット変化量は正確か? 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 山本 展夫, 大山 洋平, 増田 翔, 中村 博亮

    (一社)日本人工関節学会 日本人工関節学会誌   49   687 - 688   2019年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 人工股関節全置換術後静脈血栓塞栓症に対する2種類のXa阻害剤の予防効果 FondaparinuxとEdoxabanの比較検討 査読

    山本 展生, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 村上 将一, 中村 博亮

    日本人工関節学会誌   49   189 - 190   2019年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術(THA)症例225例(男性36例、女性189例、平均年齢65.2歳)を対象に、抗凝固薬fondaparinux(FP)とedoxaban(ED)のTHA術後静脈血栓塞栓症(VTE)に対する予防効果を比較検討した。内訳はFP群123例、ED群102例である。その結果、VTE発生率、Hb値、D-dimer値、推定出血量、出血合併症は2群間に有意差はなかった。

  • HipAlign Lateralが示す脚延長量およびオフセット変化量は正確か? 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 山本 展夫, 大山 洋平, 増田 翔, 中村 博亮

    日本人工関節学会誌   49   687 - 688   2019年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HipAlign Lateral(HL)を用いて行った人工股関節全置換術(THA)での脚延長量・オフセット変化量について検討した。HLを用いてTHAを行った15例15関節(男性6例、女性9例、平均64.1歳)を対象とした。全例側臥位、前側方アプローチを用いTHAを行った。使用インプラントは、カップはG7 OsseTiで、ステムはTaperloc completeもしくはCMKであった。すべてのインプラント設置後にHLが表示した脚延長量・オフセット変化量を記録した。HLが示した脚延長量・オフセット変化量とレントゲンでの脚延長量・オフセット変化量の差は、絶対値で脚延長量24±2.6mm、オフセット変化量3.7±3.5mmであった。HLを用いることにより、手術中に簡便に脚延長量・オフセット変化量を知ることができ、より患者満足度が高い手術につながる可能性が示唆された。

  • Cup alignment in total hip arthroplasty using the muscle-sparing modified Watson-Jones approach-comparison between lateral and supine positions. 査読

    Kishimura Y, Minoda Y, Mizokawa S, Sugama R, Ohta Y, Nakamura H

    International orthopaedics   43 ( 11 )   2477 - 2483   2019年11月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00264-019-04316-y

    PubMed

  • Cup alignment in total hip arthroplasty using the muscle-sparing modified Watson-Jones approach-comparison between lateral and supine positions. 査読

    Kishimura Y, Minoda Y, Mizokawa S, Sugama R, Ohta Y, Nakamura H

    International orthopaedics   43 ( 11 )   2477 - 2483   2019年11月( ISSN:0341-2695

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00264-019-04316-y

    PubMed

  • Trilogy cupのTHA術後カップ周囲骨密度変化の検討 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 山本 展夫, 村上 将一, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   45 ( 1 )   314 - 317   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 仰臥位骨盤側面X線像はfunctional pelvic planeとanatomical pelvic planeの差を計測できるか? CT撮像なしでの高精度カップ設置への可能性 査読

    岩切 健太郎, 大田 陽一, 藤井 嵩, 小林 章郎

    日本股関節学会 Hip Joint   45 ( 1 )   611 - 614   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 仰臥位THAにおけるポータブルナビゲーションのカップ設置角度の精度検証 査読

    中村 卓, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 上山 秀樹, 竹村 進, 中村 博亮, 大山 洋平

    日本股関節学会 Hip Joint   45 ( 1 )   604 - 606   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 人工股関節全置換術後静脈血栓塞栓症に対する2種類のXa阻害剤の予防効果 fondaparinuxとedoxabanの比較検討 査読

    山本 展生, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 村上 将一, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   45 ( 1 )   478 - 481   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 人工股関節全置換術後静脈血栓塞栓症に対する2種類のXa阻害剤の予防効果 fondaparinuxとedoxabanの比較検討 査読

    山本 展生, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 村上 将一, 中村 博亮

    Hip Joint   45 ( 1 )   478 - 481   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術60例を対象に、乱数表を用いてfondaparinux投与群30例とedoxaban投与群30例に分け、術後の静脈血栓塞栓症(VTE)に対する予防効果を比較した。2群とも術後3~12日の計10日間に各薬剤を投与し、VTEは術後7日の造影CTで下肢深部静脈血栓症と肺血栓塞栓症を評価した。採血は術翌日、術後3日、7日、14日に行った。評価項目は術後VTEの発生率、Hb値、D-dimer値、推定出血量(体重×0.7×Hct値変化量、Mercuriali and Inghilleriの式を用いて計算)、出血性合併症の有無で、2群間で比較した。出血性合併症はmajor bleedingを薬剤投与後のHb値1以上の低下、minor bleedingを術後7日の便潜血陽性と定義した。その結果、いずれの項目も2群間に有意差を認めなかった。THA後のVTEに対するfondaparinuxとedoxabanの予防効果に差はないと考えられた。

  • Trilogy cupのTHA術後カップ周囲骨密度変化の検討 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 卓, 上山 秀樹, 竹村 進, 山本 展夫, 村上 将一, 中村 博亮

    Hip Joint   45 ( 1 )   314 - 317   2019年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    セメントレスカップによる人工股関節全置換術(THA)症例46関節(手術時平均年齢67.9歳、経過観察期間24~96ヵ月、平均59.2ヵ月)を対象に、カップ周囲骨密度変化について検討した。骨密度はdual-energy X-ray absorptiometry(DEXA)法を用い、術後3週、6ヵ月、1年、2年、以後1年毎に測定し、カップ周囲全体及び各region of interest(ROI)での変化率を算出した。その結果、カップ周囲全体の骨密度は術後5年までは経時的に低下していた。各ROIについてはカップの裏側部分で低下が大きく、皮質骨に近い辺縁部分で低下が少なかった。

  • Design improvement in patient-specific instrumentation for total knee arthroplasty improved the accuracy of the tibial prosthetic alignment in the coronal and axial planes. 査読

    Yamamura K, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Nakamura S, Ueyama H, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   2019年06月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-019-05571-7

    PubMed

  • Efficacy of continuous local cryotherapy following total hip arthroplasty 査読

    Iwakiri Kentaro, Kobayashi Akio, Takeuchi Yuichi, Kimura Yusuke, Ohta Yoichi, Nakamura Hiroaki

    SICOT-J   5   13   2019年05月( ISSN:2426-8887

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/sicotj/2019010

    PubMed

  • An accelerometer-based portable navigation system improved prosthetic alignment after total knee arthroplasty in 3D measurements 査読

    Ueyama Hideki, Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Yamamura Kazumasa, Nakamura Suguru, Takemura Susumu, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   27 ( 5 )   1580 - 1586   2019年05月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-018-5082-4

    PubMed

  • Comparison of a vitamin E-infused highly crosslinked polyethylene insert and a conventional polyethylene insert for primary total knee arthroplasty at two years postoperatively 査読

    Takemura S., Minoda Y., Sugama R., Ohta Y., Nakamura S., Ueyama H., Nakamura H.

    BONE & JOINT JOURNAL   101B ( 5 )   559 - 564   2019年05月( ISSN:2049-4394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1302/0301-620X.101B5.BJJ-2018-1355

  • Two-dimensional measurement misidentifies alignment outliers in total knee arthroplasty: a comparison of two- and three-dimensional measurements 査読

    Ueyama Hideki, Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Yamamura Kazumasa, Nakamura Suguru, Takemura Susumu, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   27 ( 5 )   1497 - 1503   2019年05月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-018-5175-0

    PubMed

  • Effect of periarticular morphine injection for total hip arthroplasty: a randomised, double-blind trial 査読

    Iwakiri Kentaro, Ohta Yoichi, Minoda Yukihide, Kobayashi Akio, Nakamura Hiroaki

    HIP INTERNATIONAL   29 ( 3 )   245 - 252   2019年05月( ISSN:1120-7000

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1120700018780067

    PubMed

  • Two-dimensional measurement misidentifies alignment outliers in total knee arthroplasty: a comparison of two- and three-dimensional measurements. 査読

    Ueyama H, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Yamamura K, Nakamura S, Takemura S, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   27 ( 5 )   1497 - 1503   2019年05月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-018-5175-0

    PubMed

  • Effect of periarticular morphine injection for total hip arthroplasty: a randomised, double-blind trial. 査読

    Iwakiri K, Ohta Y, Minoda Y, Kobayashi A, Nakamura H

    Hip international : the journal of clinical and experimental research on hip pathology and therapy   29 ( 3 )   245 - 252   2019年05月( ISSN:1120-7000

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1120700018780067

    PubMed

  • An accelerometer-based portable navigation system improved prosthetic alignment after total knee arthroplasty in 3D measurements. 査読

    Ueyama H, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Yamamura K, Nakamura S, Takemura S, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   27 ( 5 )   1580 - 1586   2019年05月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-018-5082-4

    PubMed

  • Comparison of a vitamin E-infused highly crosslinked polyethylene insert and a conventional polyethylene insert for primary total knee arthroplasty at two years postoperatively. 査読

    Takemura S, Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Nakamura S, Ueyama H, Nakamura H

    The bone & joint journal   101-B ( 5 )   559 - 564   2019年05月( ISSN:2049-4394

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1302/0301-620X.101B5.BJJ-2018-1355.R1

    PubMed

  • Preoperative Morphology of the Proximal Femoral Canal Did Not Affect the Postoperative Bone Mineral Density Change Around the Zweymuller-Type Stem 査読

    Nakamura Suguru, Minoda Yukihide, Ohta Yoichi, Sugama Ryo, Yamamura Kazumasa, Ueyama Hideki, Nakamura Hiroaki

    ORTHOPEDICS   42 ( 5 )   E449 - E453   2019年( ISSN:0147-7447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3928/01477447-20190604-04

    PubMed

  • Preoperative morphology of the proximal femoral canal did not affect the postoperative bone mineral density change around the zweymüller-type stem 査読

    Nakamura S.

    Orthopedics   42 ( 5 )   E449 - E453   2019年( ISSN:01477447

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3928/01477447-20190604-04

  • Efficacy of continuous local cryotherapy following total hip arthroplasty. 査読

    Iwakiri K, Kobayashi A, Takeuchi Y, Kimura Y, Ohta Y, Nakamura H

    SICOT-J   5   13   2019年( ISSN:2426-8887

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1051/sicotj/2019010

    PubMed

  • Effects of interval time of the epley maneuver on immediate reduction of positional nystagmus: A Randomized, Controlled, Non-blinded Clinical Trial 査読

    Imai T.

    Frontiers in Neurology   10 ( APR )   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fneur.2019.00304

  • Accolade 2使用の短期成績 ステム周囲の骨密度変化と3Dステムアライメントを含めた検討 査読

    臼井 俊方, 岩切 健太郎, 中澤 克優, 大田 陽一, 小林 章郎

    日本股関節学会 Hip Joint   44 ( 1 )   591 - 595   2018年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Stryker社製のテーパーウェッジ型ショートステムAccolade 2を用いてTHAを施行し術後1年以上観察できた62例71関節の治療成績について検討した。男性10例、女性52例、手術時年齢は44〜93歳(平均66.5歳)、術後観察期間は12〜47ヵ月(平均23.1ヵ月)であった。JOAスコアは術前平均44.3±18.1点が最終観察時92.5±4.1点に改善し、ステム固定性は全例で生物学的固定が得られていた。ステムアライメントは、平均0.68±1.7°内反位、2.76±0.9°屈曲位、18.8±8.7°前捻に挿入されていた。ステム周囲の骨密度変化とステムアライメントとの間に相関関係は認めなかったことから、Accolade 2は内反・屈曲・前捻挿入の影響を受けにくく、初期固定が得られやすいインプラントであると考えられた。

  • HipAlign lateral systemを用いたカップ設置角度の精度検証 査読

    鳥飼 大剛, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 山村 一正, 中村 卓, 上山 秀樹, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   44 ( 2 )   684 - 686   2018年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OrthAlign社製HipAlign lateralは、人工股関節全置換術(THA)において術前の計画なしに手術中に簡便に使用できるという特徴を持つシステムである。本研究では、HipAlign lateralを用いて行ったTHAでのカップ設置角度の精度を検証した。2016年12月〜2017年4月にHipAlign lateralを用いてTHAを行った15例15関節(男性6例、女性9例)を研究対象とし、術中にHipAlign lateralが示した値と術後の単純X線像でのカップ設置角度を比較した。カップ設置角度の誤差は、絶対値で外方開角6.0±3.6°、前方開角5.7±4.2°であった。HipAlign lateralと単純X線像での角度の差は、3例を除き全ての症例が10°以内の誤差で設置することができた。10°以上の誤差を生じた3例について考察するといずれも導入初期のテクニカルエラーと考えられ、これらの3例を除外するとカップ設置角度の誤差は絶対値で外方開角4.9±2.7°、前方開角4.4±2.8°であった。カップ設置での的中率で考えると、外方開角・前方開角ともに5°以内の誤差で設置できた症例は33.0%、10°以内の誤差で設置できた症例は100%であった。

  • 側臥位THAにおける術中の冠状面側方傾斜にどう対応するべきか? 査読

    岩切 健太郎, 小林 章郎, 臼井 俊方, 中澤 克優, 大田 陽一, 高岡 邦夫

    日本股関節学会 Hip Joint   44 ( 1 )   405 - 408   2018年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    THAの手術体位には主に側臥位と仰臥位があり、現在では側臥位のほうが主流となっているが、その問題点として、手術中の骨盤固定のばらつきが挙げられる。最もばらつくのは前傾後傾であるとされているため、両上前腸骨棘に加え恥骨結合も同一平面上に固定するanatomical pelvic plane側臥位固定器を開発し、前傾後傾を抑えるのに有用であることを報告してきた。しかし、本固定器により骨盤前後傾は制御できたとしても、骨盤側方傾斜を制御することはできないと推測される。そこで今回、本固定器を用いて片側THAを施行した107例を対象に、術前立位骨盤側方傾斜角と、術直前および術直後における側臥位固定時の側方傾斜角との相関性について調べ、カップ設置精度を上げるための対応策について検討した。その結果、術直前の側臥位固定時の側方傾斜角を考慮してカップ設置を行うことで、設置外方開角におけるoutlierを減らせる可能性が示唆された。

  • 人工股関節全置換術前後の自覚的脚長差の経時的変化 術後1年までの検討(第二報) 査読

    中澤 克優, 岩切 健太郎, 竹内 雄一, 木村 祐介, 熊田 直也, 大田 陽一, 小林 章郎

    日本股関節学会 Hip Joint   44 ( 1 )   280 - 283   2018年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2014年7月〜2016年8月にprimary THAを施行した変股症患者のうち術後の他覚的脚長差が1cm未満であった64例を対象とし、術後1年までの自覚的脚長差の経時的変化について、臨床成績との関連性も含めて検討した。自覚的脚長差の平均絶対値は、術前7.0±10.0mmが術後2週時2.1±4.4mm、術後3ヵ月時0.8±2.9mm、術後1年時0.3±1.6mmと有意に改善していた。術後1年時の自覚的脚長差はWOMAC scoreやJOA scoreと相関を示した。

  • Impingement of the patellar component against the tibial post depends on the design of the post-cam mechanism: Comparison between 12 posterior stabilized total knee prostheses 査読

    Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Ikebuchi Mitsuhiko, Nakamura Hiroaki

    KNEE   25 ( 4 )   676 - 681   2018年08月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2018.05.008

    PubMed

  • 人工股関節全置換術前後の自覚的脚長差の経時的変化 術後1年までの検討(第二報) 査読

    中澤 克優, 岩切 健太郎, 竹内 雄一, 木村 祐介, 熊田 直也, 大田 陽一, 小林 章郎

    Hip Joint   44 ( 1 )   280 - 283   2018年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2014年7月~2016年8月にprimary THAを施行した変股症患者のうち術後の他覚的脚長差が1cm未満であった64例を対象とし、術後1年までの自覚的脚長差の経時的変化について、臨床成績との関連性も含めて検討した。自覚的脚長差の平均絶対値は、術前7.0±10.0mmが術後2週時2.1±4.4mm、術後3ヵ月時0.8±2.9mm、術後1年時0.3±1.6mmと有意に改善していた。術後1年時の自覚的脚長差はWOMAC scoreやJOA scoreと相関を示した。

  • Impingement of the patellar component against the tibial post depends on the design of the post-cam mechanism: Comparison between 12 posterior stabilized total knee prostheses. 査読

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Ikebuchi M, Nakamura H

    The Knee   25 ( 4 )   676 - 681   2018年08月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2018.05.008

    PubMed

  • Accolade 2使用の短期成績 ステム周囲の骨密度変化と3Dステムアライメントを含めた検討 査読

    臼井 俊方, 岩切 健太郎, 中澤 克優, 大田 陽一, 小林 章郎

    Hip Joint   44 ( 1 )   591 - 595   2018年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Stryker社製のテーパーウェッジ型ショートステムAccolade 2を用いてTHAを施行し術後1年以上観察できた62例71関節の治療成績について検討した。男性10例、女性52例、手術時年齢は44~93歳(平均66.5歳)、術後観察期間は12~47ヵ月(平均23.1ヵ月)であった。JOAスコアは術前平均44.3±18.1点が最終観察時92.5±4.1点に改善し、ステム固定性は全例で生物学的固定が得られていた。ステムアライメントは、平均0.68±1.7°内反位、2.76±0.9°屈曲位、18.8±8.7°前捻に挿入されていた。ステム周囲の骨密度変化とステムアライメントとの間に相関関係は認めなかったことから、Accolade 2は内反・屈曲・前捻挿入の影響を受けにくく、初期固定が得られやすいインプラントであると考えられた。

  • HipAlign lateral systemを用いたカップ設置角度の精度検証 査読

    鳥飼 大剛, 洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 山村 一正, 中村 卓, 上山 秀樹, 中村 博亮

    Hip Joint   44 ( 2 )   684 - 686   2018年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    OrthAlign社製HipAlign lateralは、人工股関節全置換術(THA)において術前の計画なしに手術中に簡便に使用できるという特徴を持つシステムである。本研究では、HipAlign lateralを用いて行ったTHAでのカップ設置角度の精度を検証した。2016年12月~2017年4月にHipAlign lateralを用いてTHAを行った15例15関節(男性6例、女性9例)を研究対象とし、術中にHipAlign lateralが示した値と術後の単純X線像でのカップ設置角度を比較した。カップ設置角度の誤差は、絶対値で外方開角6.0±3.6°、前方開角5.7±4.2°であった。HipAlign lateralと単純X線像での角度の差は、3例を除き全ての症例が10°以内の誤差で設置することができた。10°以上の誤差を生じた3例について考察するといずれも導入初期のテクニカルエラーと考えられ、これらの3例を除外するとカップ設置角度の誤差は絶対値で外方開角4.9±2.7°、前方開角4.4±2.8°であった。カップ設置での的中率で考えると、外方開角・前方開角ともに5°以内の誤差で設置できた症例は33.0%、10°以内の誤差で設置できた症例は100%であった。

  • Asymmetric Tibial Component Improved the Coverage and Rotation of the Tibial Component in a Medial Pivot Total Knee Prosthesis 査読

    Minoda Yukihide, Ikebuchi Mitsuhiko, Mizokawa Shigekazu, Ohta Yoichi, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF KNEE SURGERY   31 ( 5 )   416 - 421   2018年05月( ISSN:1538-8506

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0037-1604143

    PubMed

  • Asymmetric Tibial Component Improved the Coverage and Rotation of the Tibial Component in a Medial Pivot Total Knee Prosthesis. 査読

    Minoda Y, Ikebuchi M, Mizokawa S, Ohta Y, Nakamura H

    The journal of knee surgery   31 ( 5 )   416 - 421   2018年05月( ISSN:1538-8506

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1055/s-0037-1604143

    PubMed

  • 全人工膝関節置換術での関節周囲多剤カクテル療法におけるオピオイドの意義 両側TKA症例での検討 査読

    洲鎌 亮, 小林 章郎, 岡島 良明, 羅 建華, 楊 裕健, 渭川 徹秀, 箕田 行秀, 大田 陽一, 山村 一正, 中村 卓, 上山 秀樹, 中村 博亮

    (一社)日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 JOSKAS   43 ( 2 )   426 - 427   2018年04月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    両側同時人工膝関節置換術を施行した32症例(平均72.5歳)を対象に、関節周囲多剤カクテル療法におけるオピオイドの局所投与の意義について検討した。片側(モルヒネ側)に塩酸モルヒネ含有薬液を、反対側(コントロール側)には塩酸モルヒネ非含有薬液を無作為に注射した。術後疼痛のVASは(モルヒネ側vsコントロール側)、術後1日目では有意差を認めなかった。しかし、術後2日目、術後5日目、術後10日目はモルヒネ側で有意に低かった。術後疼痛のvisual analog scale(VAS)の経時的変化に関して、統計学的に有意なのは術後2、5、10日目のみであるが、術後10日目までの術後早期においては、モルヒネ側でVASが低い傾向を示していた。患者の自己評価において、モルヒネ側の方がよいと評価した割合はコントロール側の方がよいと評価した割合よりも高かった。

  • Effect of eldecalcitol on articular cartilage through the regulation of transcription factor Erg in a murine model of knee osteoarthritis 査読

    Yamamura Kazumasa, Ohta Yoichi, Mamoto Kenji, Sugama Ryo, Minoda Yukihide, Nakamura Hiroaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   495 ( 1 )   179 - 184   2018年01月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.10.155

  • Effect of eldecalcitol on articular cartilage through the regulation of transcription factor Erg in a murine model of knee osteoarthritis. 査読

    Yamamura K, Ohta Y, Mamoto K, Sugama R, Minoda Y, Nakamura H

    Biochemical and biophysical research communications   495 ( 1 )   179 - 184   2018年01月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.10.155

    PubMed

  • Efficacy of a Pelvic Lateral Positioner With a Mechanical Cup Navigator Based on the Anatomical Pelvic Plane in Total Hip Arthroplasty 査読

    Iwakiri Kentaro, Kobayashi Akio, Ohta Yoichi, Minoda Yukihide, Takaoka Kunio, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ARTHROPLASTY   32 ( 12 )   3659 - 3664   2017年12月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2017.06.033

    PubMed

  • 人工膝関節置換術後における最適な可動域訓練開始時期はいつか? ランダム化比較試験による検討 査読

    柴田 雄輝, 岩切 健太郎, 山部 孝弘, 南 義人, 大田 陽一, 小林 章郎

    (一社)日本人工関節学会 日本人工関節学会誌   47   349 - 350   2017年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工膝関節置換術(TKA)後の最適な可動域訓練開始時期を探るため、訓練内容において可動域訓練の開始時期のみを変え、術後疼痛や腫脹、可動域改善などについて比較検討した。TKAを施行した60名60膝を、可動域訓練開始時期によりDay 1群(20名)、Day 4群(20名)、Day 7群(20名)に無作為に分け、可動域訓練開始日以外は訓練内容を統一し理学療法を実施した。血液データには3群間に有意差は認められず、術前後の運動時VASの推移に関しても3群間に有意差は認められなかった。他動伸展角度については術後3ヵ月において差が有意となったが、術前からの変化量に関しては3群間に有意差は認められなかった。膝関節他動屈曲角度、膝蓋骨上縁での大腿周囲径の術前比、膝蓋骨上縁5cm近位での大腿周囲径の術前比についても、3群間に有意差は認められなかった。WOMAC scoreは3群間で術後3ヵ月において改善しており、改善量も3群間で有意差は認められなかった。以上、TKA術後の可動域訓練開始日の違いによる臨床成績に差はみられなかった。

  • 人工股関節全置換術前後の自覚的脚長差の経時的変化 術後1年までの検討 査読

    南 義人, 岩切 健太郎, 山部 孝弘, 柴田 雄輝, 大田 陽一, 小林 章郎

    (一社)日本人工関節学会 日本人工関節学会誌   47   641 - 642   2017年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で変形性股関節症に対し初回THA(人工股関節全置換術)を行い、術後の他覚的脚長差が1cm未満であった47例47股を対象に、術後1年までの自覚的脚長差の経時的変化について検討した。その結果、術後2週の自覚的脚長差は平均2.3±4.5mmであったが、術後3ヵ月で0.5±1.6mm、術後1年で0.3±1.6mmとなり、術後2週と比べ術後3ヵ月、術後1年で有意な改善が認められた。術後3ヵ月と術後1年では有意差を認めず、自覚的脚長差は術後3ヵ月で一定に達すると考えられた。術後1年の自覚的脚長差は、術後1年のWOMAC scoreやJOAスコアと有意な相関が確認された。

  • Local Efficacy of Periarticular Morphine Injection in Simultaneous Bilateral Total Knee Arthroplasty: A Prospective, Randomized, Double-Blind Trial 査読

    Iwakiri Kentaro, Ohta Yoichi, Kobayashi Akio, Minoda Yukihide, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF ARTHROPLASTY   32 ( 12 )   3637 - 3642   2017年12月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2017.07.020

    PubMed

  • 人工股関節全置換術前後の自覚的脚長差の経時的変化 術後1年までの検討 査読

    南 義人, 岩切 健太郎, 山部 孝弘, 柴田 雄輝, 大田 陽一, 小林 章郎

    日本人工関節学会誌   47   641 - 642   2017年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院で変形性股関節症に対し初回THA(人工股関節全置換術)を行い、術後の他覚的脚長差が1cm未満であった47例47股を対象に、術後1年までの自覚的脚長差の経時的変化について検討した。その結果、術後2週の自覚的脚長差は平均2.3±4.5mmであったが、術後3ヵ月で0.5±1.6mm、術後1年で0.3±1.6mmとなり、術後2週と比べ術後3ヵ月、術後1年で有意な改善が認められた。術後3ヵ月と術後1年では有意差を認めず、自覚的脚長差は術後3ヵ月で一定に達すると考えられた。術後1年の自覚的脚長差は、術後1年のWOMAC scoreやJOAスコアと有意な相関が確認された。

  • Local Efficacy of Periarticular Morphine Injection in Simultaneous Bilateral Total Knee Arthroplasty: A Prospective, Randomized, Double-Blind Trial. 査読

    Iwakiri K, Ohta Y, Kobayashi A, Minoda Y, Nakamura H

    The Journal of arthroplasty   32 ( 12 )   3637 - 3642   2017年12月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2017.07.020

    PubMed

  • Efficacy of a Pelvic Lateral Positioner With a Mechanical Cup Navigator Based on the Anatomical Pelvic Plane in Total Hip Arthroplasty. 査読

    Iwakiri K, Kobayashi A, Ohta Y, Minoda Y, Takaoka K, Nakamura H

    The Journal of arthroplasty   32 ( 12 )   3659 - 3664   2017年12月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2017.06.033

    PubMed

  • Comparison of in vivo polyethylene wear particles between mobile- and fixed-bearing TKA in the same patients 査読

    Minoda Yukihide, Hata Kanako, Ikebuchi Mitsuhiko, Mizokawa Shigekazu, Ohta Yoichi, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   25 ( 9 )   2887 - 2893   2017年09月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-016-4027-z

    PubMed

  • Comparison of in vivo polyethylene wear particles between mobile- and fixed-bearing TKA in the same patients. 査読

    Minoda Y, Hata K, Ikebuchi M, Mizokawa S, Ohta Y, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   25 ( 9 )   2887 - 2893   2017年09月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-016-4027-z

    PubMed

  • THA後の術後疼痛管理 関節周囲多剤カクテル療法vs硬膜外ブロック 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 博亮, 小林 章郎, 溝川 滋一, 原口 圭司, 高橋 信太郎

    (一社)日本関節病学会 日本関節病学会誌   36 ( 2 )   107 - 111   2017年07月( ISSN:1883-2873

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    全人工股関節置換術(THA)での関節周囲多剤カクテル療法の有用性を硬膜外ブロックと比較した。対象は、THAを施行した43関節(男性5関節、女性38関節、手術時平均年齢64.5±12.4歳)とし、関節周囲多剤カクテル療法施行群(カクテル群)と硬膜外ブロック群(Epi群)に分けた。カクテル群には塩酸モルヒネ、ステロイド、局所麻酔薬、NSAIDs、ボスミンを含んだ薬液を、皮切り直前およびインプラント設置後に関節周囲の軟部組織に注射し、その他はすべての同一の手術手技とした。その結果、術後1日目のVisual Analog Scaleは、カクテル群で有意に低く、術後疼痛の経時的変化において、関節周囲多剤カクテル注射は、周術期を通して、疼痛軽減に有効であった。また、Patient control analgesiaで用いたフェンタニル使用量は、カクテル群の方が術後24時間で有意に少なかった。患者満足度において、カクテル群で高い傾向を示した。

  • THA後の術後疼痛管理 関節周囲多剤カクテル療法vs硬膜外ブロック 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 博亮, 小林 章郎, 溝川 滋一, 原口 圭司, 高橋 信太郎

    日本関節病学会誌   36 ( 2 )   107 - 111   2017年07月( ISSN:1883-2873

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    全人工股関節置換術(THA)での関節周囲多剤カクテル療法の有用性を硬膜外ブロックと比較した。対象は、THAを施行した43関節(男性5関節、女性38関節、手術時平均年齢64.5±12.4歳)とし、関節周囲多剤カクテル療法施行群(カクテル群)と硬膜外ブロック群(Epi群)に分けた。カクテル群には塩酸モルヒネ、ステロイド、局所麻酔薬、NSAIDs、ボスミンを含んだ薬液を、皮切り直前およびインプラント設置後に関節周囲の軟部組織に注射し、その他はすべての同一の手術手技とした。その結果、術後1日目のVisual Analog Scaleは、カクテル群で有意に低く、術後疼痛の経時的変化において、関節周囲多剤カクテル注射は、周術期を通して、疼痛軽減に有効であった。また、Patient control analgesiaで用いたフェンタニル使用量は、カクテル群の方が術後24時間で有意に少なかった。患者満足度において、カクテル群で高い傾向を示した。

  • Effect of Periarticular Morphine Injection for Total Knee Arthroplasty: A Randomized, Double-Blind Trial 査読

    Iwakiri Kentaro, Minami Yoshito, Ohta Yoichi, Kobayashi Akio

    JOURNAL OF ARTHROPLASTY   32 ( 6 )   1839 - 1844   2017年06月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2016.12.034

    PubMed

  • Impingement of the patellar component against the tibial post after posterior stabilized and constrained TKA: a pilot study 査読

    Minoda Yukihide, Sugama Ryo, Ohta Yoichi, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF ORTHOPAEDIC AND TRAUMA SURGERY   137 ( 6 )   861 - 865   2017年06月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-017-2682-2

    PubMed

  • Impingement of the patellar component against the tibial post after posterior stabilized and constrained TKA: a pilot study. 査読

    Minoda Y, Sugama R, Ohta Y, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   137 ( 6 )   861 - 865   2017年06月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-017-2682-2

    PubMed

  • Effect of Periarticular Morphine Injection for Total Knee Arthroplasty: A Randomized, Double-Blind Trial. 査読

    Iwakiri K, Minami Y, Ohta Y, Kobayashi A

    The Journal of arthroplasty   32 ( 6 )   1839 - 1844   2017年06月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2016.12.034

    PubMed

  • Efficacy of the Anatomical-Pelvic-Plane Positioner in Total Hip Arthroplasty in the Lateral Decubitus Position 査読

    Iwakiri Kentaro, Kobayashi Akio, Ohta Yoichi, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF ARTHROPLASTY   32 ( 5 )   1520 - 1524   2017年05月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2016.11.048

    PubMed

  • Efficacy of the Anatomical-Pelvic-Plane Positioner in Total Hip Arthroplasty in the Lateral Decubitus Position. 査読

    Iwakiri K, Kobayashi A, Ohta Y, Takaoka K

    The Journal of arthroplasty   32 ( 5 )   1520 - 1524   2017年05月( ISSN:0883-5403

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.arth.2016.11.048

    PubMed

  • Clinical results of alumina medial pivot total knee arthroplasty at a minimum follow-up of 10 years 査読

    Nakamura Suguru, Minoda Yukihide, Nakagawa Shigeru, Kadoya Yoshinori, Takemura Susumu, Kobayashi Akio, Mizokawa Shigekazu, Ohta Yoichi, Takahashi Sinji, Yamamura Kazumasa, Nakamura Hiroaki

    KNEE   24 ( 2 )   434 - 438   2017年03月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2016.12.011

    PubMed

  • Novel alignment measurement technique for total knee arthroplasty using patient specific instrumentation 査読

    Yamamura Kazumasa, Minoda Yukihide, Mizokawa Shigekazu, Ohta Yoichi, Sugama Ryo, Nakamura Suguru, Ueyama Hideki, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF ORTHOPAEDIC AND TRAUMA SURGERY   137 ( 3 )   401 - 407   2017年03月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-017-2628-8

    PubMed

  • Novel alignment measurement technique for total knee arthroplasty using patient specific instrumentation. 査読

    Yamamura K, Minoda Y, Mizokawa S, Ohta Y, Sugama R, Nakamura S, Ueyama H, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   137 ( 3 )   401 - 407   2017年03月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-017-2628-8

    PubMed

  • Clinical results of alumina medial pivot total knee arthroplasty at a minimum follow-up of 10years. 査読

    Nakamura S, Minoda Y, Nakagawa S, Kadoya Y, Takemura S, Kobayashi A, Mizokawa S, Ohta Y, Takahashi S, Yamamura K, Nakamura H

    The Knee   24 ( 2 )   434 - 438   2017年03月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2016.12.011

    PubMed

  • THA後の術後疼痛管理:—関節周囲多剤カクテル療法 vs 硬膜外ブロック— 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 博亮, 小林 章郎, 溝川 滋一, 原口 圭司, 高橋 信太郎

    日本関節病学会 日本関節病学会誌   36 ( 2 )   107 - 111   2017年( ISSN:1883-2873

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Background:</b> In total hip arthroplasty (THA), postoperative pain control affects patient recovery and satisfaction. Periarticular injection with a multimodal protocol has been reported to be effective for pain control. There have been few studies describing only single periarticular injection using various kinds of medications for THA. In this study, we assessed the efficacy of single periarticular injection compared with epidural infusion on postoperative pain and analgesic requirements after THA.</p><p><b>Methods:</b> Forty-three patients were randomized into two groups to receive either intraoperative single periarticular injection with ropivacaine, morphine, epinephrine, methylprednisolone, ketoprofen, and saline (Cocktail group), or continuous epidural infusion for three days postoperatively (Epidural group). For rescue analgesia, intravenous patient-controlled analgesia with morphine was used for 24 hours postoperatively. The intensity of hip pain (0-100 mm on visual analog scale (VAS), for 1 to 21 days postoperatively), morphine requirements (for 24 hours), and satisfaction (0-100 mm on VAS, for 1 to 21 days postoperatively), were recorded.</p><p><b>Results:</b> VAS for pain at rest was lower in the Cocktail group than in Epidural group on postoperative day (POD) 1, which was statistically significant (7.5 vs 17.8, <i>P</i><0.05). On POD 2, POD 3, POD 5 and POD 7, the VAS in the Cocktail group was lower, but the differences were not statistically significant (<i>P</i>=0.215, 0.357, 0.140 and 0.133, respectively). After that, and up to POD 21, there was no further statistical difference of VAS for pain between the two groups. Morphine usage during the first 24 hours was lower in the Cocktail group compared to the Epidural group (0.24 vs 0.39 mg, <i>P</i><0.05). The VAS for satisfaction was generally higher in the Cocktail group, but there was no statistical difference between the two groups.</p><p><b>Conclusions:</b> Periarticular injection with multimodal medications provided superior pain relief and reduced morphine consumption compared with continuous epidural infusion after THA.</p>

    DOI: 10.11551/jsjd.36.107

    CiNii Article

  • THA後の術後疼痛管理 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 中村 博亮, 小林 章郎, 溝川 滋一, 原口 圭司, 高橋 信太郎

    日本関節病学会誌   36 ( 2 )   107 - 111   2017年( ISSN:18832873

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11551/jsjd.36.107

    CiNii Article

  • PS型TKAで術後2年屈曲角度の主な予測因子は何か 査読

    南 義人, 箕田 行秀, 岸村 裕一, 中村 卓, 山村 一正, 糸数 万紀, 大田 陽一, 溝川 滋一, 中村 博亮

    (一社)日本人工関節学会 日本人工関節学会誌   46   313 - 314   2016年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    内側型変形性膝関節症に対してPS型TKAを施行した101膝(男性16膝、女性85膝)を対象に、術後2年の膝屈曲角度に影響を与える因子について検討した。その結果、術前屈曲角度と術中屈曲角度は術後2年目の屈曲角度と有意に相関し、特に術中屈曲角度は術後2年目の屈曲角度における重要な予測因子であることが示唆された。

  • PS型TKAで術後2年屈曲角度の主な予測因子は何か 査読

    南 義人, 箕田 行秀, 岸村 裕一, 中村 卓, 山村 一正, 糸数 万紀, 大田 陽一, 溝川 滋一, 中村 博亮

    日本人工関節学会誌   46   313 - 314   2016年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    内側型変形性膝関節症に対してPS型TKAを施行した101膝(男性16膝、女性85膝)を対象に、術後2年の膝屈曲角度に影響を与える因子について検討した。その結果、術前屈曲角度と術中屈曲角度は術後2年目の屈曲角度と有意に相関し、特に術中屈曲角度は術後2年目の屈曲角度における重要な予測因子であることが示唆された。

  • Local co-application of zoledronate promotes long-term maintenance of newly formed bone induced by recombinant human bone morphogenetic protein 2 査読

    Ichikawa Koichi, Ohta Yoichi, Mamoto Kenji, Mizokawa Shigekazu, Minoda Yukihide, Imai Yuuki, Takaoka Kunio, Nakamura Hiroaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   480 ( 3 )   314 - 320   2016年11月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.10.034

  • Local co-application of zoledronate promotes long-term maintenance of newly formed bone induced by recombinant human bone morphogenetic protein 2. 査読

    Ichikawa K, Ohta Y, Mamoto K, Mizokawa S, Minoda Y, Imai Y, Takaoka K, Nakamura H

    Biochemical and biophysical research communications   480 ( 3 )   314 - 320   2016年11月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2016.10.034

    PubMed

  • Mobile-bearing TKA improved the anteroposterior joint stability in mid-flexion range comparing to fixed-bearing TKA 査読

    Minoda Yukihide, Ikebuchi Mitsuhiko, Mizokawa Shigekazu, Ohta Yoichi, Nakamura Hiroaki

    ARCHIVES OF ORTHOPAEDIC AND TRAUMA SURGERY   136 ( 11 )   1601 - 1606   2016年11月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-016-2567-9

    PubMed

  • Mobile-bearing TKA improved the anteroposterior joint stability in mid-flexion range comparing to fixed-bearing TKA. 査読

    Minoda Y, Ikebuchi M, Mizokawa S, Ohta Y, Nakamura H

    Archives of orthopaedic and trauma surgery   136 ( 11 )   1601 - 1606   2016年11月( ISSN:0936-8051

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00402-016-2567-9

    PubMed

  • Anatomical landmarks of the distal femoral condyles are not always parallel to the tibial bone cut surface in flexion during total knee arthroplasty 査読

    Itokazu Maki, Minoda Yukihide, Ikebuchi Mitsuhiko, Mizokawa Shigekazu, Ohta Yoichi, Nakamura Hiroaki

    KNEE   23 ( 4 )   725 - 729   2016年08月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2015.11.018

    PubMed

  • 骨盤座標系側臥位固定器および固定器を基準としたカップ設置ガイドの有用性の検討 査読

    岩切 健太郎, 小林 章郎, 大田 陽一, 高岡 邦夫

    日本股関節学会 Hip Joint   42 ( 1 )   500 - 502   2016年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    THAを側臥位で施行する際には、術直前に骨盤固定器による固定を行うが、骨盤前後傾がバラついた状態で固定されることがある。著者等は、このバラツキを抑えるための骨盤固定器として、両上前腸骨棘に加え恥骨結合も同一平面上に固定するanatomical pelvic plane(APP)側臥位固定器を開発し、有用であることを報告してきた。しかしながら、理想どおりAPPに固定することができたとしても、従来のカップ設置ガイドの信頼性が低いという報告があることから、カップ設置精度を安定させる方法を思慮していた。今回、APP側臥位固定に装着して使用でき、APPを指標にしたカップ設置角度を指し示す設置ガイドを考案し、有用性が認められたので報告した。

  • Posterior reference guides do not always maintain the size of posterior femoral condyles in TKA 査読

    Minoda Yukihide, Mizokawa Shigekazu, Ohta Yoichi, Ikebuchi Mitsuhiko, Itokazu Maki, Yamamura Kazumasa, Nakamura Suguru, Nakamura Hiroaki

    KNEE SURGERY SPORTS TRAUMATOLOGY ARTHROSCOPY   24 ( 8 )   2489 - 2495   2016年08月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-015-3706-5

    PubMed

  • Posterior reference guides do not always maintain the size of posterior femoral condyles in TKA. 査読

    Minoda Y, Mizokawa S, Ohta Y, Ikebuchi M, Itokazu M, Yamamura K, Nakamura S, Nakamura H

    Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA   24 ( 8 )   2489 - 95   2016年08月( ISSN:0942-2056

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00167-015-3706-5

    PubMed

  • Anatomical landmarks of the distal femoral condyles are not always parallel to the tibial bone cut surface in flexion during total knee arthroplasty. 査読

    Itokazu M, Minoda Y, Ikebuchi M, Mizokawa S, Ohta Y, Nakamura H

    The Knee   23 ( 4 )   725 - 9   2016年08月( ISSN:0968-0160

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.knee.2015.11.018

    PubMed

  • Articular Cartilage Endurance and Resistance to Osteoarthritic Changes Require Transcription Factor Erg 査読

    Ohta Yoichi, Okabe Takahiro, Larmour Colleen, Di Rocco Agnese, Maijenburg Marijke W., Phillips Amanda, Speck Nancy A., Wakitani Shigeyuki, Nakamura Takashi, Yamada Yoshihiko, Enomoto-Iwamoto Motomi, Pacifici Maurizio, Iwamoto Masahiro

    ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY   67 ( 10 )   2679 - 2690   2015年10月( ISSN:2326-5191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/art.39243

  • Articular cartilage endurance and resistance to osteoarthritic changes require transcription factor Erg. 査読

    Ohta Y, Okabe T, Larmour C, Di Rocco A, Maijenburg MW, Phillips A, Speck NA, Wakitani S, Nakamura T, Yamada Y, Enomoto-Iwamoto M, Pacifici M, Iwamoto M

    Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.)   67 ( 10 )   2679 - 90   2015年10月( ISSN:2326-5191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/art.39243

    PubMed

  • 筋腱温存型MIS-THAにおける静脈血栓塞栓症の発生率 仰臥位/側臥位での発生率の検討 査読

    中村 卓, 溝川 滋一, 箕田 行秀, 大田 陽一, 糸数 万紀, 山村 一正, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   41   786 - 788   2015年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    筋腱温存型低侵襲人工股関節全置換術を行った168例を、仰臥位によるS群59例(女性53例、男性6例、平均年齢63.6歳)と、側臥位によるL群109例(女性89例、男性20例、平均年齢65.2歳)に分け、静脈血栓塞栓症(VTE)発症率を比較検討した。患者背景で両群間に有意差はなく、全例で間欠的空気圧迫法、弾性ストッキング着用、術後3〜12日に血栓予防薬投与を行った。VTEはS群で2例(3.4%、深部静脈血栓症:DVT、症候性肺塞栓症:PE各1例)、L群で16例(14.7%、DVT 11例、PE 7例)に認め、L群で有意に多かった。DVT発症側は8例(67%、全例L群)が患側、4例(33%、S群1例、L群3例)が健側であった。S群/L群の術後1週目のFDP値(μg/ml)は13.8/15.1、D-ダイマー値(μg/ml)は6.8/7.5といずれも有意差はなく、手術時間(分)は70.0/78.7、出血量(ml)は219/166といずれも有意差を認めた。

  • THA多剤カクテル療法におけるモルヒネの有無が、嘔気減少と鎮痛効果維持に役立つか? 査読

    万代 幸司, 岩切 健太郎, 小林 章郎, 高岡 邦夫, 竹内 雄一, 木村 祐介, 大田 陽一

    日本股関節学会 Hip Joint   41   818 - 820   2015年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術を行った87例を、術中に関節周囲多剤カクテル療法を行ったM(+)群39例(男性3例、女性36例、平均年齢69.4歳)と、塩酸モルヒネ非含有で行ったM(-)群48例(男性2例、女性46例、平均年齢67歳)に分け、疼痛や嘔吐回数などを比較検討した。M(+)群/M(-)群の平均安静時疼痛VASは、術後1日目で6.5/6.9、4日目で10.6/8.6、7日目で11.3/5.0と有意差はなく、運動時疼痛VASも両群間で有意差はなかった。嘔気評価のNRS scoreはM(+)群の方が術直後、15分後で有意に高く、嘔気を認めたのは7例/1例、制吐剤使用は14例/6例といずれも有意差を認めた。モルヒネ非含有で嘔気・嘔吐を減少でき、モルヒネ0.5A使用時と同等の鎮痛効果が得られると考えられた。

  • 側臥位THAにおける新しい骨盤固定器の有用性の検討 査読

    岩切 健太郎, 小林 章郎, 高岡 邦夫, 大田 陽一

    日本股関節学会 Hip Joint   41   724 - 727   2015年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    両上前腸骨棘に加えて恥骨結合部も圧迫固定し、理論上anatomical pelvic plane(APP)に固定される新しく開発した側臥位固定器を用いて人工股関節全置換術を行った55例55関節(女性51例、男性4例、平均年齢69歳)を対象に、術前に従来の側臥位固定器による固定と、新固定器による固定のX線骨盤正面像を撮像して骨盤の前方後方傾斜を測定し、従来固定器における側臥位でのfunctional pelvic plane(FPP)に対する骨盤傾斜の差、新固定器におけるAPPに対する骨盤傾斜の差を比較検討した。従来固定器の骨盤傾斜はFPPに対し平均6.0°の後傾となり、53例(96%)が後傾固定となった。5°以上のずれを34例(62%)に認めた。新固定器の骨盤傾斜はAPPに対し平均2.7°の前傾となり、47例(85%)が前傾固定となった。5°以上のずれを12例(22%)に認め、うち11例は前傾例で、7例は恥骨結合部が十分に押さえられていなかった。

  • 人工股関節全置換術後の持続的局所寒冷療法の効果 査読

    竹内 雄一, 木村 祐介, 岩切 健太郎, 小林 章郎, 高岡 邦夫, 大田 陽一

    日本股関節学会 Hip Joint   41 ( Suppl. )   347 - 350   2015年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術を行った22例(全例女性、平均年齢68.9歳)を、術後リハビリのみを行ったcontrol群11例と、術後リハビリ+持続局所寒冷療法を行ったcryotherapy群12例に分けて調査項目を比較し、寒冷療法の効果について検討した。患者背景ではNSAIDSの投薬日数のみcontrol群で有意に多かった。安静時と歩行時疼痛VASは全測定時期(術後4、7、14、28日目)で有意差はなく、大腿周径はpatella直上・patella上5cmともcontrol群で有意に大きい傾向を示し、最大歩行速度はcryotherapy群で14日目は有意に速かったが、28日目では有意傾向となった。歩行満足度VASはcryotherapy群で4日目に有意に良好な傾向を示したが、28日目では有意差はなくなった。立ち上がりテストは全測定期間で有意差を認めなかった。JOA hip scoreでは、術前の疼痛のみに有意差を認めた。寒冷療法は大腿部の腫脹を抑制し、歩行能力を早期に改善させる傾向を認めた。

  • 人工股関節全置換術後の持続的局所寒冷療法の効果 査読

    竹内 雄一, 木村 祐介, 岩切 健太郎, 小林 章郎, 高岡 邦夫, 大田 陽一

    Hip Joint   41 ( Suppl. )   347 - 350   2015年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術を行った22例(全例女性、平均年齢68.9歳)を、術後リハビリのみを行ったcontrol群11例と、術後リハビリ+持続局所寒冷療法を行ったcryotherapy群12例に分けて調査項目を比較し、寒冷療法の効果について検討した。患者背景ではNSAIDSの投薬日数のみcontrol群で有意に多かった。安静時と歩行時疼痛VASは全測定時期(術後4、7、14、28日目)で有意差はなく、大腿周径はpatella直上・patella上5cmともcontrol群で有意に大きい傾向を示し、最大歩行速度はcryotherapy群で14日目は有意に速かったが、28日目では有意傾向となった。歩行満足度VASはcryotherapy群で4日目に有意に良好な傾向を示したが、28日目では有意差はなくなった。立ち上がりテストは全測定期間で有意差を認めなかった。JOA hip scoreでは、術前の疼痛のみに有意差を認めた。寒冷療法は大腿部の腫脹を抑制し、歩行能力を早期に改善させる傾向を認めた。

  • THA多剤カクテル療法におけるモルヒネの有無が、嘔気減少と鎮痛効果維持に役立つか? 査読

    万代 幸司, 岩切 健太郎, 小林 章郎, 高岡 邦夫, 竹内 雄一, 木村 祐介, 大田 陽一

    Hip Joint   41   818 - 820   2015年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人工股関節全置換術を行った87例を、術中に関節周囲多剤カクテル療法を行ったM(+)群39例(男性3例、女性36例、平均年齢69.4歳)と、塩酸モルヒネ非含有で行ったM(-)群48例(男性2例、女性46例、平均年齢67歳)に分け、疼痛や嘔吐回数などを比較検討した。M(+)群/M(-)群の平均安静時疼痛VASは、術後1日目で6.5/6.9、4日目で10.6/8.6、7日目で11.3/5.0と有意差はなく、運動時疼痛VASも両群間で有意差はなかった。嘔気評価のNRS scoreはM(+)群の方が術直後、15分後で有意に高く、嘔気を認めたのは7例/1例、制吐剤使用は14例/6例といずれも有意差を認めた。モルヒネ非含有で嘔気・嘔吐を減少でき、モルヒネ0.5A使用時と同等の鎮痛効果が得られると考えられた。

  • In vivo wear particles of remelted highly crosslinked polyethylene after total hip arthroplasty: report of four cases 査読

    Hata Kanako, Minoda Yukihide, Ikebuchi Mitsuhiko, Mizokawa Shigekazu, Ohta Yoichi, Miyazaki Nobuyuki, Miyake Yusuke, Nakamura Hiroaki

    JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE-MATERIALS IN MEDICINE   26 ( 3 )   133   2015年03月( ISSN:0957-4530

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10856-015-5472-9

    PubMed

  • In vivo wear particles of remelted highly crosslinked polyethylene after total hip arthroplasty: report of four cases. 査読

    Hata K, Minoda Y, Ikebuchi M, Mizokawa S, Ohta Y, Miyazaki N, Miyake Y, Nakamura H

    Journal of materials science. Materials in medicine   26 ( 3 )   133   2015年03月( ISSN:0957-4530

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10856-015-5472-9

    PubMed

  • THA感染 人工股関節後感染に対するセメントスペーサーを使用した二期的再置換の検討 査読

    溝川 滋一, 山村 一正, 糸数 万紀, 大田 陽一, 箕田 秀行, 中村 博亮

    (一社)日本人工関節学会 日本人工関節学会誌   44   581 - 582   2014年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2007年1月〜2013年3月の遅発性人工股関節感染5例5関節(全例女、平均年齢70歳)を対象に二期的再置換術を行い、治療成績を報告した。前回手術から感染発症までの期間は平均8年であり、起炎菌はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌1例を含め全例ブドウ球菌であった。治療は人工関節抜去、病巣掻爬・イソジンガーゼパッキング、洗浄後、バンコマイシン含有セメントスペーサーを留置し、4週間経静脈的抗菌薬および経口抗菌薬を投与した。CRP陰性化の後に抗菌薬フリーとし、CRP上昇・感染再燃を認めなければ二期的再置換を行った。人工関節抜去から再置換までの待機期間は平均152日であり、待機期間中にセメントスペーサーの折損2例、脱臼を1例に認め、これらの症例には両松葉杖使用を義務付け完全免荷とした。全例感染の鎮静化が得られ再置換を施行し、経過観察期間平均24ヵ月で感染の再燃は認めなかった。

  • THA感染 人工股関節後感染に対するセメントスペーサーを使用した二期的再置換の検討 査読

    溝川 滋一, 山村 一正, 糸数 万紀, 大田 陽一, 箕田 秀行, 中村 博亮

    日本人工関節学会誌   44   581 - 582   2014年12月( ISSN:1345-7608

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2007年1月~2013年3月の遅発性人工股関節感染5例5関節(全例女、平均年齢70歳)を対象に二期的再置換術を行い、治療成績を報告した。前回手術から感染発症までの期間は平均8年であり、起炎菌はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌1例を含め全例ブドウ球菌であった。治療は人工関節抜去、病巣掻爬・イソジンガーゼパッキング、洗浄後、バンコマイシン含有セメントスペーサーを留置し、4週間経静脈的抗菌薬および経口抗菌薬を投与した。CRP陰性化の後に抗菌薬フリーとし、CRP上昇・感染再燃を認めなければ二期的再置換を行った。人工関節抜去から再置換までの待機期間は平均152日であり、待機期間中にセメントスペーサーの折損2例、脱臼を1例に認め、これらの症例には両松葉杖使用を義務付け完全免荷とした。全例感染の鎮静化が得られ再置換を施行し、経過観察期間平均24ヵ月で感染の再燃は認めなかった。

  • Toward Regeneration of Articular Cartilage 査読

    Iwamoto Masahiro, Ohta Yoichi, Larmour Colleen, Enomoto-Iwamoto Motomi

    BIRTH DEFECTS RESEARCH PART C-EMBRYO TODAY-REVIEWS   99 ( 3 )   192 - 202   2013年09月( ISSN:1542-975X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bdrc.21042

    PubMed

  • ETS-TRANSCRIPTION FACTORS IN FORMATION AND MAINTENANCE OF PERMANENT ARTICULAR CARTILAGE 査読

    Larmour C., Ohta Y., Okabe T., DiRocco A., Wakitani S., Enomoto-Iwamoto M., Pacifici M., Iwamoto M.

    OSTEOARTHRITIS AND CARTILAGE   21   S20 - S20   2013年04月( ISSN:1063-4584

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Loss of β-catenin induces multifocal periosteal chondroma-like masses in mice. 査読

    Cantley L, Saunders C, Guttenberg M, Candela ME, Ohta Y, Yasuhara R, Kondo N, Sgariglia F, Asai S, Zhang X, Qin L, Hecht JT, Chen D, Yamamoto M, Toyosawa S, Dormans JP, Esko JD, Yamaguchi Y, Iwamoto M, Pacifici M, Enomoto-Iwamoto M

    The American journal of pathology   182 ( 3 )   917 - 27   2013年03月( ISSN:0002-9440

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajpath.2012.11.012

    PubMed

  • Roles of β-catenin signaling in phenotypic expression and proliferation of articular cartilage superficial zone cells. 査読

    Yasuhara R, Ohta Y, Yuasa T, Kondo N, Hoang T, Addya S, Fortina P, Pacifici M, Iwamoto M, Enomoto-Iwamoto M

    Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   91 ( 12 )   1739 - 52   2011年12月( ISSN:0023-6837

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/labinvest.2011.144

    PubMed

  • [Joint morphogenesis and development of permanent articular cartilage]. 査読

    Ohta Y, Iwamoto M

    Clinical calcium   21 ( 6 )   813 - 9   2011年06月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: CliCa1106813819

    PubMed

  • Epinephrine accelerates osteoblastic differentiation by enhancing bone morphogenetic protein signaling through a cAMP/protein kinase A signaling pathway 査読

    Uemura Takuya, Ohta Yoichi, Nakao Yoshihiro, Manaka Tomoya, Nakamura Hiroaki, Takaoka Kunio

    BONE   47 ( 4 )   756 - 765   2010年10月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2010.07.008

  • Epinephrine accelerates osteoblastic differentiation by enhancing bone morphogenetic protein signaling through a cAMP/protein kinase A signaling pathway. 査読

    Uemura T, Ohta Y, Nakao Y, Manaka T, Nakamura H, Takaoka K

    Bone   47 ( 4 )   756 - 65   2010年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2010.07.008

    PubMed

  • In Vivo Comparison of Wear Particles Between Highly Crosslinked Polyethylene and Conventional Polyethylene in the Same Design of Total Knee Arthroplasties 査読

    Iwakiri Kentaro, Minoda Yukihide, Kobayashi Akio, Sugama Ryo, Iwaki Hiroyoshi, Inori Fumiaki, Hashimoto Yusuke, Ohashi Hirotsugu, Ohta Yoichi, Fukunaga Kenji, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF BIOMEDICAL MATERIALS RESEARCH PART B-APPLIED BIOMATERIALS   91B ( 2 )   799 - 804   2009年11月( ISSN:1552-4973

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbm.b.31458

    PubMed

  • In vivo comparison of wear particles between highly crosslinked polyethylene and conventional polyethylene in the same design of total knee arthroplasties. 査読

    Iwakiri K, Minoda Y, Kobayashi A, Sugama R, Iwaki H, Inori F, Hashimoto Y, Ohashi H, Ohta Y, Fukunaga K, Takaoka K

    Journal of biomedical materials research. Part B, Applied biomaterials   91 ( 2 )   799 - 804   2009年11月( ISSN:1552-4973

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jbm.b.31458

    PubMed

  • Osteoinductive capacity and heat stability of recombinant human bone morphogenetic protein-2 produced by Escherichia coli and dimerized by biochemical processing 査読

    YANO Koichi, HOSHINO Masatoshi, OHTA Yoichi, MANAKA Tomoya, NAKA Yoshifumi, IMAI Yuuki, SEBALD Walter, TAKAOKA Kunio

    J Bone Miner Metab   27 ( 3 )   355 - 363   2009年05月( ISSN:09148779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Parathyroid hormone enhances bone morphogenetic protein activity by increasing intracellular 3 ', 5 '-cyclic adenosine monophosphate accumulation in osteoblastic MC3T3-E1 cells 査読

    Nakao Yoshihiro, Koike Tatsuya, Ohta Yoichi, Manaka Tomoya, Imai Yuuki, Takaoka Kunio

    BONE   44 ( 5 )   872 - 877   2009年05月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2009.01.370

  • Catecholamines accelerate BMP-induced osteoblastic differentiation and bone formation 査読

    Uemura T., Ohta Y., Nakao Y., Imai Y., Takaoka K.

    BONE   44   S157 - S158   2009年05月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2009.01.348

  • Osteoinductive capacity and heat stability of recombinant human bone morphogenetic protein-2 produced by Escherichia coli and dimerized by biochemical processing 査読

    Yano Koichi, Hoshino Masatoshi, Ohta Yoichi, Manaka Tomoya, Naka Yoshifumi, Imai Yuuki, Sebald Walter, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   27 ( 3 )   355 - 363   2009年05月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-009-0040-3

    PubMed

  • Parathyroid hormone enhances bone morphogenetic protein activity by increasing intracellular 3', 5'-cyclic adenosine monophosphate accumulation in osteoblastic MC3T3-E1 cells. 査読

    Nakao Y, Koike T, Ohta Y, Manaka T, Imai Y, Takaoka K

    Bone   44 ( 5 )   872 - 7   2009年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2009.01.370

    PubMed

  • Osteoinductive capacity and heat stability of recombinant human bone morphogenetic protein-2 produced by Escherichia coli and dimerized by biochemical processing. 査読

    Yano K, Hoshino M, Ohta Y, Manaka T, Naka Y, Imai Y, Sebald W, Takaoka K

    Journal of bone and mineral metabolism   27 ( 3 )   355 - 63   2009年( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-009-0040-3

    PubMed

  • Cyclic AMP enhances Smad-mediated BMP signaling through PKA-CREB pathway 査読

    OHTA Yoichi, NAKAGAWA Keisuke, IMAI Yuuki, KATAGIRI Takenobu, KOIKE Tatsuya, TAKAOKA Kunio

    26 ( 5 )   478 - 484   2008年09月( ISSN:09148779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Cyclic AMP enhances smad-mediated BMP signaling through PKA-CREB pathway 査読

    Ohta Yoichi, Nakagawa Keisuke, Imai Yuuki, Katagiri Takenobu, Koike Tatsuya, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   26 ( 5 )   478 - 484   2008年09月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-008-0850-8

  • Expression profiles of phosphodiesterase 4D splicing variants in osteoblastic cells 査読

    NOMURA FURUWATARI Chizumi, WAKITANI Shigeyuki, HASHIMOTO Yusuke, IMAI Yuuki, OHTA Yoichi, NAKAGAWA Keisuke, NAKAO Yoshihiro, TAKAYAMA Kazushi, MANAKA Tomoya, TAKAOKA Kunio

    26 ( 2 )   152 - 158   2008年03月( ISSN:09148779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Sagittal plane でのインプラントアライメントについて : 従来法と navigation 法では異なったアライメントを示す 査読

    洲鎌 亮, 小林 章郎, 箕田 行秀, 岩城 啓好, 岩切 健太郎, 大田 陽一, 松井 嘉男, 中川 滋, 格谷 義徳, 大橋 弘嗣

    膝   32 ( 1 )   78 - 82   2008年03月( ISSN:09111425

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Sagittal plane でのインプラントアライメントについて : 従来法と navigation 法では異なったアライメントを示す 査読

    洲鎌 亮, 小林 章郎, 箕田 行秀, 岩城 啓好, 岩切 健太郎, 大田 陽一, 松井 嘉男, 中川 滋, 格谷 義徳, 大橋 弘嗣

    膝   32 ( 1 )   78 - 82   2008年03月( ISSN:09111425

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Expression profiles of phosphodiesterase 4D splicing variants in osteoblastic cells 査読

    Nomura-Furuwatari Chizumi, Wakitani Shigeyuki, Hashimoto Yusuke, Imai Yuuki, Ohta Yoichi, Nakagawa Keisuke, Nakao Yoshihiro, Takayama Kazushi, Manaka Tomoya, Takaoka Kunio

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   26 ( 2 )   152 - 158   2008年03月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-007-0803-7

    PubMed

  • Expression profiles of phosphodiesterase 4D splicing variants in osteoblastic cells. 査読

    Nomura-Furuwatari C, Wakitani S, Hashimoto Y, Imai Y, Ohta Y, Nakagawa K, Nakao Y, Takayama K, Manaka T, Takaoka K

    Journal of bone and mineral metabolism   26 ( 2 )   152 - 8   2008年( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-007-0803-7

    PubMed

  • Cyclic AMP enhances Smad-mediated BMP signaling through PKA-CREB pathway. 査読

    Ohta Y, Nakagawa K, Imai Y, Katagiri T, Koike T, Takaoka K

    Journal of bone and mineral metabolism   26 ( 5 )   478 - 84   2008年( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-008-0850-8

    PubMed

  • BMPによる骨再生 : 人工股関節周囲巨大骨欠損への応用 査読

    星野 雅俊, 脇谷 滋之, 大田 陽一, 岩切 健太郎, 高岡 邦夫

    一般社団法人 日本人工臓器学会 人工臓器   36 ( 3 )   195 - 197   2007年12月( ISSN:03000818

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11392/jsao1972.36.195

    CiNii Article

  • Prostaglandin E-2 EP4 agonist (ONO-4819) accelerates BMP-induced osteoblastic differentiation 査読

    Nakagawa Keisuke, Imai Yuuki, Ohta Yoichi, Takaoka Kunio

    BONE   41 ( 4 )   543 - 548   2007年10月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2007.06.013

  • Prostaglandin E2 EP4 agonist (ONO-4819) accelerates BMP-induced osteoblastic differentiation. 査読

    Nakagawa K, Imai Y, Ohta Y, Takaoka K

    Bone   41 ( 4 )   543 - 8   2007年10月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2007.06.013

    PubMed

  • Endogenous cyclic adenosine 3 ', 5 '-monophosphate response element-binding protein (CREB) signaling enhances Smad-mediated bone morphogenetic protein (BMP) signaling 査読

    Ohta Y., Nakagawa K., Imai Y., Katagiri T., Koike T., Takaoka K.

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   22   S391 - S391   2007年09月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢女性における矢状面での下肢機能軸 (Mechanical Axis) 査読

    洲鎌 亮, 小林 章郎, 箕田 行秀, 岩城 啓好, 祷 史明, 多田 昌弘, 岩切 健太郎, 大田 陽一, 高岡 邦夫, 中川 滋, 格谷 義徳, 大橋 弘嗣

    膝 = The knee   31 ( 2 )   195 - 198   2007年05月( ISSN:09111425

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Enhancement of BMP signaling by cyclic AMP: Its role and mechanism 査読

    Ohta Y, Nakagawa K, Imai Y, Nomura C, Katagiri T, Koike T, Takaoka K

    BONE   38 ( 3 )   S17 - S17   2006年03月( ISSN:8756-3282

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2006.01.090

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • TKA後のスポーツ活動 査読

    洲鎌 亮, 箕田 行秀, 大田 陽一, 上山 秀樹, 竹村 進, 山本 展生, 中村 博亮

    JOSKAS   46 ( 2 )   424 - 425   2021年05月( ISSN:1884-8842

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 整形外科最新トピックス 手のひらサイズのナビゲーションHipAlignによるTHA手術支援 査読

    岩切 健太郎, 大田 陽一

    (株)メディカ出版 整形外科Surgical Technique   8 ( 5 )   632 - 636   2018年10月( ISSN:2185-7733

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【コンピュータ支援手術の現状と課題】"手のひらサイズ" ポータブルナビゲーションによるTHA手術支援 査読

    岩切 健太郎, 大田 陽一, 小林 章郎

    金原出版(株) 整形・災害外科   61 ( 10 )   1217 - 1223   2018年09月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>人工股関節置換術におけるポータブルナビゲーション(HipAlign)は,従来のナビゲーションに比し,経済的,かつ簡便,サイズも小さくその携帯性が主な特徴とされ,カップ設置精度についても一定の成績を獲得できるとの報告が散見されている。しかしながら,側臥位用HipAlignでは,側臥位骨盤固定でのズレ(冠状面,矢状面,横断面)や術中骨盤移動が影響しやすく前方開角にばらつきが出やすい。前方開角に影響する要素はプローブを体軸と平行に登録して規定される基準面のみであるため,体軸のレジストレーション時に,骨盤座標系骨盤固定器(APP lateral positioner)を使用することで,前方開角のばらつきを減らし安定したカップ設置精度が得られた。目標カップ設置角度の実現のため,HipAlignは術者にとって非常に有用なツールとなりうる。

  • 【コンピュータ支援手術の現状と課題】"手のひらサイズ" ポータブルナビゲーションによるTHA手術支援 査読

    岩切 健太郎, 大田 陽一, 小林 章郎

    整形・災害外科   61 ( 10 )   1217 - 1223   2018年09月( ISSN:0387-4095

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>人工股関節置換術におけるポータブルナビゲーション(HipAlign)は,従来のナビゲーションに比し,経済的,かつ簡便,サイズも小さくその携帯性が主な特徴とされ,カップ設置精度についても一定の成績を獲得できるとの報告が散見されている。しかしながら,側臥位用HipAlignでは,側臥位骨盤固定でのズレ(冠状面,矢状面,横断面)や術中骨盤移動が影響しやすく前方開角にばらつきが出やすい。前方開角に影響する要素はプローブを体軸と平行に登録して規定される基準面のみであるため,体軸のレジストレーション時に,骨盤座標系骨盤固定器(APP lateral positioner)を使用することで,前方開角のばらつきを減らし安定したカップ設置精度が得られた。目標カップ設置角度の実現のため,HipAlignは術者にとって非常に有用なツールとなりうる。

  • 【軟骨代謝研究の最前線】関節軟骨の発生と分化制御 査読

    大田 陽一, 岩本 容泰

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   21 ( 6 )   813 - 819   2011年05月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    滑膜関節は、関節軟骨、骨、靱帯、滑膜、関節包など、さまざまな組織から構成され、骨格機能において不可欠な構造である。関節は、間葉系細胞の凝集、凝集塊の分断さらに個々の関節組織の発生という過程を経て作られる。それぞれの過程では、Wnt、growth and differentiation factor-5(GDF-5)、ets-related-gene(ERG)ならびにparathyroid hormone-related protein(PTHrP)といったさまざまな因子が関わっている。本総説では、関節の成り立ち、及び関節軟骨の性質決定に関する知見を整理するとともに、それらを疾患治療の観点からも考察する。(著者抄録)

  • 【軟骨代謝研究の最前線】関節軟骨の発生と分化制御 査読

    大田 陽一, 岩本 容泰

    Clinical Calcium   21 ( 6 )   813 - 819   2011年05月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    滑膜関節は、関節軟骨、骨、靱帯、滑膜、関節包など、さまざまな組織から構成され、骨格機能において不可欠な構造である。関節は、間葉系細胞の凝集、凝集塊の分断さらに個々の関節組織の発生という過程を経て作られる。それぞれの過程では、Wnt、growth and differentiation factor-5(GDF-5)、ets-related-gene(ERG)ならびにparathyroid hormone-related protein(PTHrP)といったさまざまな因子が関わっている。本総説では、関節の成り立ち、及び関節軟骨の性質決定に関する知見を整理するとともに、それらを疾患治療の観点からも考察する。(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • サイクリックAMPが関節軟骨細胞分化に与える影響とその機序解明

    基盤研究(C)  2019年

  • 活性型ビタミンD3誘導体:エルデカルシトールの永久軟骨細胞に対する作用機序の解明

    基盤研究(C)  2017年

  • 活性型ビタミンD3による関節軟骨変性予防効果とそのメカニズムの解明

    若手研究(B)  2013年