2024/04/11 更新

写真a

ヨシカワ タカヒロ
吉川 貴仁
YOSHIKAWA Takahiro
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 教授
医学部 医学科
職名
教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学  / 運動・食欲・食行動

  • ライフサイエンス / 神経科学一般  / 食欲と脳科学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学  / 運動と消化管ホルモン

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学  / 気管支喘息表現型の形成過程や自然経過

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学  / 運動と最終糖化産物

  • ライフサイエンス / 免疫学  / 運動と抗菌ペプチド群

▼全件表示

研究キーワード

  • 脳磁図

  • 生活習慣

  • 食欲

  • 運動

  • 気管支喘息

  • 無症候性気道過敏性

研究概要

  • 生活習慣病は生涯の健康や寿命を大きく左右するが、その予防には適切な運動習慣に加えて、食欲やストレス等をともに適切にコントロールすることが大切である。そこで、主に脳磁図法を用いて、これらの生活習慣要因の相互の関連性を生み出す生理学的機構を明らかにする研究に取り組んでいる。なかでも、日常の行動を決定している、無意識的、情動的な側面に注目している。こういった研究成果を発展させ、現代人の生活習慣に対する新しい指導・支援体制やプログラムの開発、さらに Quality of Lifeの向上、老後の介護予防に結び付けることを目標としている。

研究歴

  • 食欲・食行動に関わる内分泌・脳神経活動が種々の身体活動により受ける影響の検討

    脳機能イメージング、脳磁図、消化管ホルモン、運動と食欲  個人研究

    2007 - 継続中 

  • 無意識な脳活動が行動を制御する機構を利用した新規生活習慣指導法の立案

    無意識、行動、食欲  個人研究

    2014 - 継続中 

  • 芸術的感動と科学の出会い − 癒やしを定量化する試み −

    芸術、感動、神経科学  機関内共同研究

    2017 - 継続中 

  • 潜在的気道過敏性を有する無症候の若年成人における喘息関連遺伝子の検討

    無症候性気道過敏性、喘息表現型、自然経過、遺伝子解析  個人研究

    2004 - 継続中 

所属学協会

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本体力医学会

      国内

  • 日本臨床スポーツ医学会

      国内

  • 日本臨床運動療法学会

      国内

  • 日本アレルギー学会

      国内

  • 日本呼吸器学会

      国内

  • 日本未病学会

      国内

  • 全国大学保健管理協会

      国内

  • 日本産業衛生学会

      国内

  • 日本スポーツ栄養学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 評議員   日本体力医学会  

    2011年09月 - 継続中 

  • 近畿地方会代表   日本体力医学会  

    2018年08月 - 継続中 

  • 地方会実行委員   日本体力医学会  

    2018年08月 - 継続中 

  • 近畿地方会事務局   日本体力医学会  

    2014年04月 - 継続中 

  • 学会誌編集委員   日本体力医学会  

    2015年10月 - 継続中 

  • 理事   日本臨床運動療法学会  

    2021年10月 - 継続中 

  • 学会誌編集長   日本臨床運動療法学会  

    2020年09月 - 継続中 

  • 評議員   日本臨床運動療法学会  

    2017年10月 - 2021年09月 

  • 編集委員   日本臨床スポーツ医学会  

    2021年12月 - 継続中 

  • 代議員   日本臨床スポーツ医学会  

    2009年11月 - 継続中 

  • 編集委員   日本未病学会  

    2021年01月 - 継続中 

  • 評議員   日本未病学会  

    2015年10月 - 継続中 

  • 評議員   全国大学保健管理協会  

    2017年08月 - 継続中 

  • 代議員   日本産業衛生学会  

    2018年11月 - 継続中 

  • 健康スポーツ医学委員会 副委員長   大阪府医師会  

    2020年 - 継続中 

  • 健康スポーツ医学委員   大阪府医師会  

    2019年02月 - 継続中 

  • スポーツ医・科学委員   大阪府スポーツ協会  

    2016年06月 - 継続中 

  • 主管競技会医師(スポーツドクター)   大阪陸上競技協会  

    2015年04月 - 継続中 

  • 医事救護専門部会委員   大阪マラソン組織委員会  

    2015年10月 - 2023年06月 

▼全件表示

受賞歴

  • 平成30年度 大阪市医学会賞

    大阪市立大学大学院医学研究科 運動生体医学

    2019年03月  

  • 第66回関西臨床アレルギー研究会(日本アレルギー学会近畿支部会)最優秀賞

    2011年12月   関西臨床アレルギー研究会(日本アレルギー学会近畿支部会)   無症候性気道過敏性の分析からみた気管支喘息の成立過程・自然史に関する考察

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   内科学(呼吸器内科)   博士課程後期   卒業・修了

    1995年04月 - 1999年03月

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    1987年04月 - 1993年03月

論文

  • Association between eating behavior and the immediate neural activity caused by viewing food images presented in and out of awareness: a magnetoencephalography study. 査読

    17 ( 12 )   e0275959   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0275959

    PubMed

  • Neural effects of viewing children’s faces on mental fatigue: a magnetoencephalography study. 査読

    Matsuo T, Ishii A, Yoshikawa T.

    Exp Brain Res   2022年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00221-022-06466-9

  • Neural mechanism by which physical fatigue sensation suppresses physical performance: a magnetoencephalography study. 査読

    Matsuo T, Ishii A, Minami T, Nanjo H, Yoshikawa T.

    Exp Brain Res   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00221-021-06250-1

  • Association between the total amount of electromagnetic cortical neuronal activity and a decline in motivation. 査読

    Ishii A, Matsuo T, Yoshikawa T.

    Physiol Rep   9 ( 18 )   e15028   2021年09月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.14814/phy2.15028

    PubMed

  • Neural correlates of the improvement of cognitive performance resulting from enhanced sense of competence: A magnetoencephalography study. 査読

    Matsuo T, Ishii A, Ishida R, Minami T, Yoshikawa T.

    PLoS One   16 ( 7 )   e0255272   2021年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    PubMed

  • Neural effects of acute stress on appetite: A magnetoencephalography study. 査読 国際共著

    Nakamura C, Ishii A, Matsuo T, Ishida R, Yamaguchi T, Takada K, Uji M, Yoshikawa T.

    PLoS One   15 ( 1 )   e0228039   2020年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    PubMed

  • Neural effects of hand-grip-activity induced fatigue sensation on appetite: a magnetoencephalography study 査読 国際共著

    Matsuo T, Ishii A, Nakamura C, Ishida R, Yamaguchi T, Takada K, Uji M, Yoshikawa T.

    Sci Rep   9 ( 1 )   11044   2019年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-019-47580-z

    PubMed

  • Decreased alpha-band oscillatory brain activity prior to movement initiated by perception of fatigue sensation. 査読 国際共著

    Ishii A, Matsuo T, Nakamura C, Uji M, Yoshikawa T, Watanabe Y.

    Sci Rep   9 ( 1 )   4000   2019年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Neural activity induced by visual food stimuli presented out of awareness: a preliminary magnetoencephalography study. 査読

    Takada K, Ishii A, Matsuo T, Nakamura C, Uji M, Yoshikawa T.

    Sci Rep   8 ( 1 )   3119   2018年02月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Evidence for unconscious regulation of performance in fatigue. 査読

    Ishii A, Tanaka M, Yoshikawa T, Watanabe Y.

    Sci Rep   7 ( 1 )   16103   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Visual food stimulus changes resting oscillatory brain activities related to appetitive motive. 査読

    Yoshikawa T, Tanaka M, Ishii A, Yoko Yamano, Watanabe Y.

    Behav Brain Funct   12 ( 1 )   26   2016年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Application of a new parameter in the 6-minute walk test for manifold analysis of exercise capacity in patients with COPD. 査読

    Ijiri N, Kanazawa H, Yoshikawa T, Hirata K.

    Int J COPD   9   1235 - 1240   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Suppressive responses by visual food cues in postprandial activities of insular cortex as revealed by magnetoencephalography revealed by magnetoencephalography. 査読

    Yoshikawa T, Tanaka M, Ishii A, Watanabe Y.

    Brain Res   1568   31 - 41   2014年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Neural regulatory mechanism of desire for food: revealed by magnetoencephalography. 査読

    Yoshikawa T, Tanaka M, Ishii A, Fujimoto S, Watanabe Y.

    Brain Res   1453   120 - 127   2014年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of exercise training on gut hormone levels after a single bout of exercise in middle-aged Japanese women. 査読

    Ueda SY, Miyamoto T, Nakahara H, Shishido T, Usui T, Katsura Y, Yoshikawa T, Fujimoto S.

    SpringerPlus   2 ( 1 )   83   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Association of fatigue with emotional eating behavior and the response to mental stress in food intake in a young adult population. 査読

    Yoshikawa T, Tanaka M, Ishii A, Watanabe Y.

    Behav Med   40 ( 4 )   149 - 153   2013年09月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Immediate neural responses of appetitive motives and its relationship with hedonic appetite and body weight as revealed by magnetoencephalography. 査読

    Yoshikawa T, Tanaka M, Ishii A, Watanabe Y.

    Med Sci Monit   19   631 - 640   2013年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Relationship between appetitive motives and non-exercise lifestyle in a young adult population. 査読

    Yoshikawa T, Orita K, Watanabe Y, Tanaka M.

    Med Sci Monit   19   289 - 294   2013年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Validation of the Japanese version of the power of food scale in a young adult population. 査読

    Yoshikawa T, Orita K, Watanabe Y, Tanaka M.

    Psychol. Rep   111 ( 1 )   253 - 265   2012年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Association of plasma adiponectin levels with cellular hydration state measured using bioelectrical impedance analysis in patients with COPD. 査読

    Yoshikawa T, Kanazawa H.

    Int J COPD   7   515 - 521   2012年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Integrated effect of EGFR and PAR-1 signaling crosstalk on airway hyperresponsiveness. 査読

    Yoshikawa T, Kanazawa H.

    Int J Mol Med   30 ( 1 )   41 - 48   2012年07月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Comparison of salivary antimicrobial peptides and upper respiratory tract infections in elite marathon runners and sedentary subjects. 査読

    Usui T, Yoshikawa T, Orita K, Ueda S, Katsura Y, Fujimoto S.

    J Phys Fitness Sports Med   1 ( 1 )   175 - 182   2012年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characteristics of young atopic adults with self-reported past wheeze and airway hyperresponsiveness. 査読

    Yoshikawa T, Kanazawa H.

    Allergol Int   61 ( 1 )   65 - 73   2012年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Changes in salivary antimicrobial peptides, immunoglobulin A and cortisol after prolonged strenuous exercise. 査読

    Usui T, Yoshikawa T, Orita K, Ueda S, Katsura Y, Fujimoto S, Yoshimura M.

    Eur J Appl Physiol   111 ( 9 )   2005 - 2014   2011年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of acute prolonged strenuous exercise on the salivary stress markers and inflammatory cytokines. 査読

    Usui T, Yoshikawa T, Ueda S, Katsura Y, Orita K, Fujimoto S.

    Jpn J Phys Fitness Sports Med   60 ( 3 )   295 - 304   2011年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Differences in physiological characterization between Yo-Yo intermittent recovery test level 1 and level 2 in Japanese college soccer players. 査読

    Ueda S, Yamanaka A, Yoshikawa T, Katsura Y, Usui T, Orita K, Fujimoto S.

    Int J Sport Health Sci   9   33 - 38   2011年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Phenotypic differences between asymptomatic airway hyperresponsiveness and remission of asthma. 査読

    Yoshikawa T, Kanazawa H.

    Respir Med   105 ( 1 )   24 - 30   2011年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of aquatic exercise training using new water-resistance equipment on trunk muscles, abdominal circumference, and activities of daily living in elderly women. 査読

    Katsura Y, Ueda S, Yoshikawa T, Usui T, Orita K, Sakamoto H, Sotobayashi D, Fujimoto S.

    Int J Sport Health Sci   9   113 - 121   2011年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Gene polymorphism of epidermal growth factor receptor and airway hyperresponsiveness in young allergic subjects without respiratory symptoms. 査読

    Yoshikawa T, Kanazawa H, Tanaka J, Fujimoto S, Yamamoto T.

    Med Sci Monit   16 ( 4 )   CR163 - CR171   2010年04月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of aquatic exercise training using water-resistance equipment in elderly. 査読

    Katsura Y, Yoshikawa T, Ueda SY, Usui T, Sotobayashi D, Nakao H, Sakamoto H, Okumoto T, Fujimoto S.

    Eur J Appl Physiol   108 ( 5 )   957 - 964   2010年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effect of oral administration of GABA on temperature regulation in humans during rest and exercise at high ambient temperature. 査読

    Miyazawa T, Kawabata T, Suzuki T, Imai D, Hamamoto T, Yoshikawa T, Miyagawa T.

    Osaka City Med J   55 ( 2 )   99 - 108   2009年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Comparable effects of moderate intensity exercise on changes in anorectic gut hormone levels and energy intake to high intensity exercise. 査読

    Ueda S, Yoshikawa T, Katsura Y, Usui T, Fujimoto S.

    J Endocrinol   203 ( 3 )   357 - 364   2009年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Decrease in serum levels of advanced glycation end-products by short-term lifestyle modification in non-diabetic middle-aged females. 査読

    Yoshikawa T , Miyazaki A, Fujimoto S.

    Med Sci Monit   15 ( 6 )   PH65 - PH73   2009年06月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Changes in gut hormone levels and negative energy balance during aerobic exercise in obese young males. 査読

    Ueda S, Yoshikawa T, Katsura Y, Usui T, Nakao H, Fujimoto S.

    J Endocrinol   201 ( 1 )   151 - 159   2009年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cutaneous vasodilation and perspiration: independent responses to dynamic exercise in local infrared heating condition. 査読

    Suzuki T, Miyagawa T, Kawabata T, Yoshikawa T, Fujimoto S.

    Osaka City Med J   54 ( 2 )   75 - 82   2008年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Association of β 2 -adrenoreceptor genotypes with bronchodilatory effect of tiotropium in COPD. 査読

    Umeda N, Yoshikawa T, Kanazawa H, Hirata K, Fujimoto S.

    Respirology   13 ( 3 )   346 - 352   2008年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Thresholds of physical activities necessary for living a self-supporting life in elderly women. 査読

    Nakao H, Yoshikawa T, Hara T, Wang L, Suzuki T, Fujimoto S.

    Osaka City Med J   53 ( 2 )   53 - 61   2007年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Up-regulation of thrombin activity induced by vascular endothelial growth factor in asthmatic airways. 査読

    Kanazawa H, Yoshikawa T.

    Chest   132 ( 4 )   1169 - 1174   2007年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Induced sputum analysis in asymptomatic young adults with bronchial hyperresponsiveness to methacholine. 査読 国際共著

    Nomura N, Yoshikawa T, Kamoi H, Kanazawa H, Hirata K, Fujimoto S.

    Respirology   12 ( 4 )   516 - 522   2007年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of tiotropium or combined therapy with salmeterol on Hyperinflation in COPD. 査読

    Eguchi Y, Tateishi Y, Umeda N, Yoshikawa T, Kamoi H, Kanazawa H, Kudoh S, Hirata K, Fujimoto S.

    Osaka City Med J   53 ( 1 )   25 - 34   2007年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Evaluation of muscle oxygenation during exercise by NIRS in normal subjects: Significance of the NIRS threshold.

    Fujimoto S, Yoshikawa T, Tateishi Y, Wang L, Hara T, Mimura T, Nakao H, Hirata K.

    J Jpn Coll Angiol   47   21 - 7   2007年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Impaired neutrophil chemotaxis in chronic obstructive pulmonary disease. 査読

    Yoshikawa T, Dent G, Ward J, Angco G, Nong G, Nomura N, Hirata K, Djukanovic R.

    Am J Respir Crit Care Med   175 ( 5 )   473 - 479   2007年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of electrical stimulation and voluntary exercise on muscle oxygenation assessed by NIRS. 査読

    Hirata K, Hara T, Oshima Y, Yoshikawa T, Fujimoto S.

    Osaka City Med J   52 ( 2 )   67 - 78   2006年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Which common NIRS variable reflects muscle estimated lactate threshold most closely? 査読

    Wang L, Yoshikawa T, Hara T, Nakao H, Suzuki T, Fujimoto S.

    Appl Physiol Nutr Metab   31 ( 5 )   612 - 620   2006年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Influence of lower-extremity muscle force, muscle mass and asymmetry in knee extension force on gait ability in community-dwelling elderly women. 査読

    Nakao H, Yoshikawa T, Mimura T, Taketaka H, Nishimoto K, Fujimoto S.

    J Phys Ther Sci   18 ( 1 )   73 - 79   2006年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Evaluation of Peripheral Muscle Oxygenation during Exercise by Spatially Resolved Spectroscopy in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease. 査読

    Tateishi Y, Yoshikawa T, Kanazawa H, Fujiwara H , Hirata K, Yoshikawa J , Fujimoto S.

    Osaka City Med J   51 ( 2 )   65 - 72   2005年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • Body composition is related to increase in plasma adiponectin levels rather than training in young obese men. 査読

    Hara T, Fujiwara H, Nakao H, Mimura T, Yoshikawa T, Fujimoto S.

    Eur J App Physiol   94 ( 5-6 )   520 - 526   2005年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Contribution of eotaxin-1 to eosinophilic chemotactic activity of moderate and severe asthmatic sputum. 査読 国際共著

    Dent G, Hadjicharalambous C, Yoshikawa T, Handy RL, Powell J, Anderson IK, Louis R, Davies DE, Djukanovic R.

    Am J Respir Crit Care Med   169 ( 10 )   1110 - 1117   2004年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Effects of pranlukast administration on vascular endothelial growth factor levels in asthmatic patients. 査読

    Kanazawa H, Yoshikawa T, Hirata K, Yoshikawa J.

    Chest   125 ( 5 )   1700 - 1705   2004年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Severity of exercise-induced bronchoconstriction is related to airway eosinophilic inflammation in patients with asthma. 査読

    Yoshikawa T, Shoji S, Fujii T, Kanazawa H, Kudoh S, Hirata K, Yoshikawa J.

    Eur Respir J   12 ( 4 )   879 - 884   1998年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:学位論文(博士)   共著区分:共著  

  • Increased production of endogenous nitric oxide in patients with bronchial asthma and chronic obstructive pulmonary disease. 査読

    Kanazawa H, Shoji S, Yoshikawa T, Hirata K, Yoshikawa J.

    Clin Exp Allergy   28 ( 10 )   1244 - 1250   1998年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • CYFRA 21-1, a cytokeratin subunit 19 fragment, in bronchoalveolar lavage. 査読

    Kanazawa H, Yoshikawa T, Yamada M, Shoji S, Fujii T, Kudoh S, Hirata K, Yoshikawa J.

    Clin Sci   94 ( 5 )   531 - 535   1998年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の認知機能に及ぼす運動療法の介入の検討. 査読

    小林 茂, 平田一人, 織田恵輔, 臼井達矢, 吉川貴仁, 藤本繁夫.

    総合リハビリテーション   41 ( 6 )   553 - 559   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 高強度運動におけるHuman-β defensin-2の変動と唾液抗菌活性の検討. 査読

    臼井達矢, 吉川貴仁, 織田恵輔, 藤本繁夫, 上田真也, 桂 良寛.

    関西臨床スポーツ医科学研究会誌   21 ( 2011年 )   69 - 72   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 陸上および水中運動トレーニングの特性とその適応. 査読

    桂 良寛, 吉川貴仁, 臼井達矢, 織田恵輔, 上田真也, 中雄勇人, 原 丈貴, 三村達也, 藤本繁夫.

    臨床運動療法研究会誌   13 ( 1 )   1 - 4   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 大学陸上選手における気道分泌物中の抗菌性ペプチドと上気道感染症との関連. 査読

    臼井達矢, 吉川貴仁, 織田恵輔, 藤本繁夫, 上田真也, 桂 良寛.

    関西臨床スポーツ医科学研究会誌   20 ( 2010年 )   57 - 59   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 水中運動トレーニングが腹部肥満女性の体幹筋機能および日常活動動作に及ぼす効果. 査読

    桂 良寛, 吉川貴仁, 上田真也, 臼井達矢, 外林大輔, 坂本 弘, 高戸浩志, 砂山友美, 中雄勇人, 藤本繁夫.

    体力科学   59 ( 5 )   505 - 512   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 腹部肥満女性に対する水中トレーニング効果. 査読

    桂 良寛, 吉川貴仁, 上田真也, 臼井達矢, 外林大輔, 中雄勇人, 藤本繁夫, 坂本 弘, 高戸浩志, 砂山友美.

    関西臨床スポーツ医科学研究会誌   19 ( 2009年 )   29 - 32   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 有酸素運動後の消化管ホルモンの動態と食事摂取量との関係. 査読

    上田真也, 吉川貴仁, 桂 良寛, 臼井達矢, 織田恵輔, 藤本繁夫.

    日本臨床スポーツ医学会誌   18 ( 3 )   474 - 481   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 肥満者における一過性の中等度運動が消化管ホルモンの分泌と食事摂取量に及ぼす影響. 査読

    上田真也, 吉川貴仁, 桂良寛, 臼井達矢, 外林大輔, 中雄勇人, 藤本繁夫.

    肥満研究   15 ( 1 )   69 - 74   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 一過性の中等度運動が消化管ホルモンと食欲・エネルギー摂取量に及ぼす影響~若年男性に関する症例検討~ 査読

    上田真也, 吉川貴仁, 桂良寛, 中雄勇人, 鈴木崇士, 藤本繁夫.

    関西臨床スポーツ医・科学研究会誌   18 ( 2008年 )   17 - 20   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 高齢者の水中トレーニングは足関節底屈筋群と動的バランス機能を改善させる. 査読

    桂良寛, 吉川貴仁, 中雄勇人, 鈴木祟士, 上田真也, 坂本弘, 奥元多美子, 藤本繁夫.

    運動生理学会雑誌   16 ( 2 )   41 - 48   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 中高齢女性のバランス機能に対する水中運動の効果. 査読

    原丈貴, 吉川貴仁, 中雄勇人, 汪立新, 鈴木崇士, 藤本繁夫.

    体力科学   56 ( 3 )   357 - 363   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 虚弱高齢者に対する下肢筋力とその左右差を基準とした新たな運動プログラムに関する症例検討. 査読

    中雄勇人, 吉川貴仁, 汪立新, 鈴木崇士, 原丈貴, 藤本繁夫.

    関西臨床スポーツ医・科学研究会誌   16 ( 2006年 )   47 - 49   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 3軸加速度計を用いて評価した日常生活の活動強度と体重減少との関連性. 査読

    原丈貴, 松村吉浩, 山本松樹, 北堂正晴, 中尾泰史, 中雄勇人, 鈴木崇士, 吉川貴仁, 藤本繁夫.

    体力科学   55 ( 4 )   385 - 392   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 回転数・トルク数の調節が活動筋内の酸素動態およびエネルギー代謝に及ぼす影響. 査読

    汪立新, 吉川貴仁, 原丈貴, 中雄勇人, 鈴木崇士, 藤本繁夫.

    体力科学   54 ( 3 )   229 - 235   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 自転車は同一運動負荷でも回転数の差により代謝反応が異なる. 査読

    汪立新, 藤原寛, 原丈貴, 中雄勇人, 鈴木崇士, 立石喜隆, 遠山佳樹, 吉川貴仁, 藤本繁夫, 老 健.

    関西臨床スポーツ医・科学研究会誌   14 ( 2004年 )   23 - 25   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 有酸素運動後の摂食抑制に関する消化管ホルモンの動態と食事タイミングとの関係.

    上田真也, 吉川貴仁, 桂 良寛, 臼井達矢, 藤本繁夫.

    デサントスポーツ科学(委託研究報告書)   34   13 - 22   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 短時間・高強度の運動が消化管ホルモンの動態と食欲・エネルギーバランスに及ぼす影響.

    上田真也, 吉川貴仁, 桂 良寛, 臼井達矢, 藤本繁夫.

    財団法人 明治安田厚生事業団 第25回研究助成論文集.   2008年   20 - 27   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 持久運動による若年期からの肥満予防―糖化・酸化ストレスと最終糖化産物(AGE)との関連. 査読

    吉川貴仁, 藤本繁夫, 塩野祐也, 中雄勇人.

    デサントスポーツ科学   29   38 - 45   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • 後期高齢者における転倒予防のための下肢筋力とバランス能力改善を目指した新たなリハビリテーション作成に関する研究. 査読

    中雄勇人, 吉川貴仁, 原丈貴, 汪立新, 鈴木崇士, 藤本繁夫.

    大阪ガスグループ福祉財団研究報告書   20   1 - 6   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • スポーツ活動中における熱中症の実態と対策―アンケート調査を介した意識面での介入効果.

    藤本繁夫, 吉川貴仁, 片平トク子, 千田節子, 南波香織, 辰巳 昇, 大植康嗣, 時田和子.

    キャンパスヘルス(全国大学保健管理協会)   43 ( 3 )   87   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

  • 3 次元加速度センサー付き活動量計による運動強度測定の有用性に関する臨床的研究・減量を目的とした運動処方への応用.

    藤本繁夫, 原 丈貴, 中雄勇人, 鈴木崇士, 吉川貴仁, 中尾泰史, 松村吉浩, 山本松樹, 北堂正晴, 中村秀樹, 木寺和憲.

    松下電工報告書   1 - 15   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:共著  

  • スポーツ活動中における熱中症の実態と対策―アンケート調査を通じて.

    千田節子, 片平トク子, 南波香織, 辰巳 昇, 吉川貴仁, 藤本繁夫.

    キャンパスヘルス(全国大学保健管理協会)   41 ( 3 )   58   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

  • カリ二肺炎発症によりHTLV-1キャリアを診断し得た1例. 査読

    伊東友好, 伴裕雅, 高村竜一郎, 吉川貴仁, 児玉豊城, 玉垣芳則.

    日本呼吸器学会雑誌   40 ( 10 )   822 - 826   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Update on Mechanisms of Hormone Action - Focus on Metabolism, Growth and Reproduction. Chapter 4 ‘Exercise -Eating Linkage’

    Yoshikawa T.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 4. ‘Exercise -Eating Linkage’ mediated by neuro-endocrine axis and the relevance in regulation of appetite and energy balance for prevention of obesity.)

    INTECH  2011年 

     詳細を見る

    総ページ数:470   担当ページ:10   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 整形外科医のためのスポーツ医学概論

    吉川貴仁( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章-スポーツ整形外科医が知っておくべき他領域の疾患 「アスリートと呼吸器疾患」)

    中山書店  2021年  ( ISBN:978-4-521-74901-3

     詳細を見る

    総ページ数:423   担当ページ:7   著書種別:教科書・概説・概論   参加形態:ファーストオーサー

  • 新スポーツ医学 改訂新版(やさしいステューデントトレーナーシリーズ)

    岡田邦夫, 吉川貴仁, 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第3, 5章)

    嵯峨野書院  2020年  ( ISBN:978-4782305973

     詳細を見る

    総ページ数:277   担当ページ:22   著書種別:教科書・概説・概論   参加形態:ファーストオーサー

  • 呼吸器疾患-診断治療アプローチ 気管支喘息. 第7章-特殊な喘息「運動誘発喘息」

    吉川貴仁, 浅井一久, 平田一人.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第7章-特殊な喘息「運動誘発喘息」)

    中山書店  2017年 

     詳細を見る

    総ページ数:369   担当ページ:5   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 老化物質AGEsワールドに迫る!アンチエイジングのための100の質問.Chapter 6 老化・がん・その他.「運動療法でAGEsの蓄積は抑制できますか?」

    吉川貴仁.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 6 老化・がん・その他. 「運動療法でAGEsの蓄積は抑制できますか?」)

    メディカルレビュー社  2014年 

     詳細を見る

    総ページ数:225   担当ページ:2   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 初学者のための呼吸理学療法テキスト. 第Ⅰ章-2 運動生理

    藤本繁夫, 吉川貴仁.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅰ章-2 運動生理.)

    メディカ出版  2010年 

     詳細を見る

    総ページ数:248   担当ページ:17   著書種別:学術書   参加形態:セカンドオーサー

  • 運動療法と運動処方 第2版 身体活動・運動支援を効果的に進めるための知識と技術.

    藤本繁夫, 吉川貴仁.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 呼吸器疾患)

    文光堂  2008年 

     詳細を見る

    総ページ数:404   担当ページ:7   著書種別:学術書   参加形態:セカンドオーサー

  • 呼吸器疾患の運動療法と運動負荷テスト 第2版.

    藤本繁夫, 吉川貴仁.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅰ章-8.「拘束性肺疾患の運動負荷検査」)

    克誠堂出版  2007年 

     詳細を見る

    総ページ数:257   担当ページ:12   著書種別:学術書   参加形態:セカンドオーサー

  • 呼吸器疾患の運動療法と運動負荷テスト 第2版.

    吉川貴仁, 藤本繁夫.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅱ章-6-F.「運動療法の方法論と筋力トレーニング-自転車エルゴメーター」)

    克誠堂出版  2007年 

     詳細を見る

    総ページ数:257   担当ページ:11   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 運動処方の指針 .(原書第7版) 日本体力医学会体力科学編集委員会監訳

    吉川貴仁, 藤本繁夫.( 担当: 共訳 ,  範囲: 第10章 小児と高齢者に対する運動負荷試験と運動処方.)

    南江堂  2006年 

     詳細を見る

    総ページ数:383   担当ページ:19   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

  • 心肺運動負荷テストと運動療法.

    藤本繁夫, 吉川貴仁.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第3部-第Ⅱ章-6.「各種疾患の運動療法-呼吸器領域」)

    南江堂  2004年 

     詳細を見る

    総ページ数:349   担当ページ:13   著書種別:学術書   参加形態:セカンドオーサー

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • Brain science of exercise-eating linkage for improvements in modern human health. 招待 査読

    Yoshikawa T, Ueda S, Ishii A, Yamano Y, Takada K, Matsuo T, Nakamura C, Uji M.

    J Phy Fitness Sports Med   6 ( 5 )   295 - 300   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Epistatic effects of multiple receptor genes on pathophysiology of asthma – its limits and potential for clinical application. 査読

    Yoshikawa T, Kanazawa H, Fujimoto S, Hirata K.

    Med Sci Monit   20   64 - 71   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Cellular Signaling Crosstalk between Multiple Receptors for Investigation of Pathophysiology in Multifactorial Diseases - What is clinically-relevant crosstalk? 招待 査読

    Yoshikawa T, Kanazawa H.

    Curr Med Chem   20 ( 9 )   1091 - 1102   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Association of exercise with appetite and energy intake through endocrine mechanism. 招待 査読

    Yoshikawa T, Fujimoto S.

    J Phys Fitness Sports Med   1 ( 2 )   211 - 217   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Gut hormone and exercise - New perspectives for exercise-induced changes in appetite and energy balance. 招待 査読

    Yoshikawa T, Ueda SY, Fujimoto S.

    Jpn J Clin Physiol   39 ( 4 )   179 - 187   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Functional crosstalk between β2-adrenoreceptor and muscarinic acetylcholine receptor: implications for gene-gene interactions and bronchodilatory responses in patients with asthma and COPD. 招待 査読

    Yoshikawa T, Kanazawa H.

    Current Pharmacogenomics and Personalized Medicine   6 ( 4 )   302 - 319   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 食欲と運動のかかわりについて教えてください 招待

    吉川貴仁

    Calm~Approach to Glycemic Variations   11 ( 1 )   29 - 33   2024年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • COPDと気管支喘息、その周辺疾患-病態・診断・治療の最新動向 V.喘息 診断へのアプローチ 運動誘発喘息 招待

    吉川貴仁.

    日本臨床、日本臨床社   80 ( 6 )   324 - 328   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 運動による食欲コントロール~食・動・脳連関~ 招待

    吉川貴仁

    月刊糖尿病   13 ( 9 )   23 - 28   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 脳・腸相関(消化管ホルモン)がつなぐ運動と食欲・ダイエット 招待

    吉川貴仁

    美容皮膚医学/BEAUTY   22 ( 9 )   56 - 62   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • 運動が食欲に与える生理学的な影響と肥満予防-食・動・脳連関 招待

    吉川貴仁, 上田真也, 石井聡

    肥満研究(日本肥満学会)   25 ( 2 )   66 - 72   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 運動に伴うリスクと運動参加前のスクリーニング - ACSM運動処方の指針・アップデート 招待

    吉川貴仁, 宇治正人, 石井聡

    体育の科学   68 ( 6 )   397 - 402   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 患者さんからよく尋ねられる内科診療のFAQ 運動時に苦しくなるのですが、どうしたらよいでしょうか? 招待

    宇治正人, 吉川貴仁.

    臨床雑誌 南江堂   120 ( 3 )   367 - 370   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 食・動・脳連関(運動は脳を介して食意欲・行動にどう影響を与えるか) 招待

    吉川貴仁, 高田勝子, 山野葉子.

    日本未病システム学会雑誌   22 ( 3 )   21 - 25   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 特集:気管支喘息-最新の診断と治療-運動誘発喘息(EIB). 招待

    吉川貴仁.

    日本臨床、日本臨床社   74 ( 10 )   1688 - 1692   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 特集:生活習慣病と認知機能. 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 招待

    藤本繁夫、小林 茂、吉川貴仁、平田一人.

    日本臨床、日本臨床社.   72 ( 4 )   721 - 725   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 運動負荷試験. 招待

    吉川貴仁、藤本繁夫、平田一人.

    呼吸と循環, 医学書院   60 ( 10 )   1054 - 1062   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 特集:COPD:診断と治療の進歩. II 診断と検査. 3. 心肺運動負荷検査(CPET) 招待

    吉川貴仁, 藤本繁夫

    日本内科学会雑誌   101 ( 6 )   1555 - 1561   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 脳神経・内分泌学からみた運動と食欲の関係. 招待 査読

    吉川貴仁, 山本佐保, 田中繁宏.

    健康運動科学. 武庫川女子大学健康運動科学研究所   2 ( 1 )   1 - 8   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   共著区分:共著  

  • 肥満と身体活動up to date. 運動の食欲・消化管ホルモンに対する影響. 招待 査読

    吉川貴仁.

    臨床スポーツ医学、文光堂   28 ( 3 )   279 - 285   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 運動誘発性喘息とその対策-特にアスリート喘息を中心に-. 招待

    藤本繁夫、桂 良寛、上田真也、臼井達矢、織田恵輔、吉川貴仁.

    日本臨床スポーツ医学会誌   19 ( 2 )   179 - 184   2011年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 運動と食欲-消化管ホルモンからみた運動と食事のタイミング. 招待 査読

    吉川貴仁.

    日本臨床スポーツ医学会誌   18 ( 2 )   240 - 246   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 慢性閉塞性肺疾患. 招待

    金澤 博, 鴨井 博, 児玉豊城, 姜 成勲, 植田隆子, 吉川貴仁, 伊倉義弘, 大澤政彦, 岩田 隆, 平田一人, 上田真喜子

    総合臨床, 永井書店   59 ( 6 )   1494 - 1502   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 特集:インクレチン製剤-基礎と臨床. 運動とインクレチンの関係は?運動すると血中インクレチンはどうなりますか? 招待

    上田真也, 吉川貴仁, 藤本繁夫.

    肥満と糖尿病, 丹水社   9 ( 4 )   538 - 539   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

  • 高齢者の自立活動に必要な体力基準. 招待

    藤本繁夫, 中雄勇人, 三村達也, 桂良寛, 上田真也, 臼井達矢, 吉川貴仁。

    保健の科学 杏林書院   51 ( 3 )   154 - 160   2009年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 特集:慢性疾患における身体活動・運動. 慢性呼吸器疾患. 招待

    藤本繁夫, 吉川貴仁.

    実験治療, 武田薬品工業出版   696   29 - 34   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 身体活動・運動と生活習慣病 - 運動生理学と最新の予防・治療 - 慢性呼吸器疾患 招待

    藤本繁夫, 吉川貴仁.

    日本臨床   67 ( s2 )   322 - 332   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 呼吸・循環障害のリハビリテーションUpdate-生命予後・生活機能予後改善をもたらす「攻めの医療」-呼吸リハビリテーションの最新の動向 4.慢性呼吸器疾患の運動生理 招待

    吉川貴仁, 平田一人.

    Modern Physician 新興医学出版社   27 ( 2 )   141 - 144   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 特集 慢性疾患に対する身体活動のすすめかた-QOL向上への新しい具体策. 慢性呼吸器疾患患者に対する身体活動のすすめかた. 招待

    藤本繁夫, 吉川貴仁.

    臨床スポーツ医学, 文光堂   s24   186 - 197   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 慢性閉塞性肺疾患の運動生理-筋内酸素動態を含めて. 招待

    藤本繁夫, 吉川貴仁, 立石善隆, 平田一人.

    日本臨床生理学会雑誌   36 ( 2 )   75 - 81   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 喘息発作治療のコツ-喘息発作時の抗コリン薬の使い方は? 招待

    平田一人, 鴨井博, 吉川貴仁.

    Q&Aでわかるアレルギー疾患 丹水社   2 ( 5 )   469 - 471   2006年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 高齢社会における運動支援実践ガイド-実践-運動処方と運動指導、高齢者の運動処方・運動指導の注意点, f.内科的疾患がある場合-呼吸器疾患. 招待

    藤本繁夫、吉川貴仁

    臨床スポーツ医学 文光堂   s22   198 - 206   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 運動時の換気応答. 招待

    藤本繁夫, 吉川貴仁, 立石善隆.

    臨床運動療法研究会誌   7 ( 1 )   1 - 6   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 特集;プライマリーケア医が知っておくべきCOPDの病態・診断と治療. 6. 気道炎症とCOPD. 招待

    吉川貴仁, 平田一人.

    Progress in medicine ライフ・サイエンス社   25 ( 4 )   976 - 982   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 呼吸器疾患と運動. 総論編. 運動時の換気とガス交換. 招待

    藤本繁夫, 藤原 寛, 吉川貴仁.

    臨床スポーツ医学 文光堂   21 ( 4 )   313 - 319   2004年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:共著  

  • 呼吸機能と運動. その基礎と臨床への応用. 臨床 気管支喘息と運動.

    平田一人, 吉川貴仁, 大塚敏広

    臨床スポーツ医学 文光堂   16 ( 1 )   25 - 29   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Neural mechanisms related to appetitive motives: Human magnetoencephalography study. 招待 国際会議

    Takada K, Yoshikawa T.

    2017 International Symposium on Exercise and Appetite Regulation: From Obesity Prevention to Postexercise Recovery.  2017年10月  早稲田大学, 味の素

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

  • Comparable effects of moderate intensity exercise on changes in anorectic gut hormone levels and energy intake to high intensity exercise. 国際会議

    Yoshikawa T, Ueda SY.

    16th Annual Congress of European College of Sports Science  2011年07月  European College of Sports Science

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Liverpool, UK  

  • Association of beta2-adrenoceptor genotypes with bronchodilatory effect of tiotropium in COPD. 国際会議

    Umeda N, Yoshikawa T, Kanazawa H, Hirata K, Fujimoto S.

    18th Annual Congress of European Respiratory Society  2008年09月  European Respiratory Society

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Berlin, Germany  

  • Neural and behavioral evidence for unconscious control of performance in fatigue: a magnetoencephalography study 国内会議

    石井聡, 田中雅彰, 吉川貴仁, 渡辺恭良

    第41回日本神経科学大会  2018年07月  日本神経科学大会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Gene polymorphism of epidermal growth factor receptor (EGFR) and airway hyperresponsiveness (AHR) in young allergic subjects without respiratory symptoms. 国際会議

    Yoshikawa T, Kanazawa H, Hirata K.

    21st Annual Congress of European Respiratory Society.  2011年09月  European Respiratory Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Amsterdam, Netherlands  

  • Phenotypic differences between asymptomatic airway hyperresponsiveness and remission of asthma. 国際会議

    Yoshikawa T, Kanazawa H, Hirata K.

    21st Annual Congress of European Respiratory Society  2011年09月  European Respiratory Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Amsterdam, Netherlands  

  • Changes in salivary antimicrobial peptides, immunoglobulin A and cortisol after prolonged strenuous exercise. 国際会議

    Usui T, Yoshikawa T, Orita K, Ueda S, Katsura Y, Fujimoto S.

    16th Annual Congress of European College of Sports Science  2011年07月  European College of Sports Science

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Liverpool, UK  

  • Changes in gut hormone levels and negative energy balance during aerobic exercise in obese young males. 国際会議

    Ueda S, Yoshikawa T, Katsura Y, Usui T, Nakao H, Fujimoto S.

    14th Annual Congress of European College of Sports Science  2009年07月  European College of Sports Science

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Oslo, Norway  

  • Analysis of airway inflammation in allergic subjects with asymptomatic increased airway response to methacholine. 国際会議

    Yoshikawa T, Nomura N, Kanazawa H, Hirata K, Fujimoto S.

    16th Annual Congress of European Respiratory Society  2006年09月  European Respiratory Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Munich, Germany  

  • Threshold of physical activities for needed to living a self supported life for elderly women. 国際会議

    Nakao H, Yoshikawa T, Mimura T, Hara T, Wang L, Fujimoto S.

    11th Annual Congress of European College of Sports Science  2006年09月  European College of Sports Science

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lausanne, Switzerland  

  • Determinants of serum leptin and adiponectin levels in patients with COPD. 国際会議

    Tateishi Y, Hirata K, Eguchi Y, Nomura N, Tohyama Y, Yoshikawa T, Kanazawa H, Fujimoto S.

    16th Annual Congress of European Respiratory Society  2006年09月  European Respiratory Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Munich, Germany  

  • Effects of long-acting bronchodilators on changes of inspiratory capacity by hyperventilation in patients with chronic obstructive pulmonary disease. 国際会議

    Eguchi Y, Hirata K, Yoshikawa T, Kamoi H, Kanazawa H, Fujimoto S.

    16th Annual Congress of European Respiratory Society  2006年09月  European Respiratory Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Munich, Germany  

  • The effect of endurance exercise in Japanese middle-aged obese women assessed by plasma adipocytokine levels. 国際会議

    Hara T, Matsumura Y, Nakao Y, Nakao H, Suzuki T, Wang L, Yoshikawa T, Fujimoto S.

    53rd Annual Congress of American College of Sports Medicine  2006年05月  American College of Sports Medicine

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Denver, US  

  • Effect of hypoxia on the kinetics of peripheral muscle oxygenation during prolonged exercise. 国際会議

    Mimura T, Tanaka S, Ishihara K, Suzuki K, Shioya T, Hara T, Nakao H,

    53rd Annual Congress of American College of Sports Medicine  2006年05月  American College of Sports Medicine

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Denver, US  

  • Significance of muscle deoxygenation during exercise in patients with chronic obstructive pulmonary disease. 国際会議

    Tateishi Y, Eguchi Y, Nomura N, Tohyama Y, Yoshikawa T, Kanazawa H, Kudoh S, Hirata K, Yoshikawa J, Fujimoto S.

    101st Annual Congress of American Thoracic Society  2005年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, US  

  • Clinical long-term efficacy of tulobuterol patch (long acting beta2-agonist) in patients with chronic obstructive pulmonary disease. 国際会議

    Eguchi Y, Hirata K, Nomura N, Tateishi Y, Tohyama Y, Yoshikawa T, Kanazawa H, Kudoh S, Yoshikawa J, Fujimoto S.

    101st Annual Congress of American Thoracic Society  2005年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, US  

  • Early intervention with inhaled corticosteroid for mild asthma. 国際会議

    Ichimaru Y, Yoshikawa T, Otani. K, Mamoto T, Asai K, Kyou S, Kamoi H, Kanazawa H, Hirata K, Yoshikawa J.

    100th Annual Congress of American Thoracic Society  2004年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Florida, US  

  • Airway inflammation and perception of dyspnea by methacholine-induced and exercise-induced bronchoconstriction. 国際会議

    Yoshikawa T, Hirata K, Shiraishi S, Kanazawa H, Yoshikawa J.

    96th Annual Congress of American Thoracic Society  2000年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Toronto, Canada  

  • Effect of pranlukast on airway eosinophilic inflammation in patients with asthma: randomized double-blind, placebo-controlled trial. 国際会議

    Yoshikawa T, Hirata K, Shiraishi S, Kimura T, Okamoto T, Otsuka T, Kanazawa H, Yoshikawa J.

    95th Annual Congress of American Thoracic Society  1999年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, US  

  • Muscle oxygenation measured with near infrared spectroscopy and VO2 kinetics during exercise in patients with COPD. 国際会議

    Otsuka T, Okamoto T, Shiraishi S, Yoshikawa T, Hirata K, Yoshikawa J.

    95th Annual Congress of American Thoracic Society  1999年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, US  

  • The withdrawal effect of low dose theophylline on airway inflammation in COPD patients. 国際会議

    Shiraishi S, Hirata K, Yoshikawa T, Kimura T, Okamoto T, Otsuka T, Kanazawa H, Yoshikawa J.

    95th Annual Congress of American Thoracic Society  1999年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, US  

  • Inhaled steroid reduces the severity of exercise-induced bronchoconstriction (EIB) in mild asthmatics. 国際会議

    Yoshikawa T, Hirata K, Shiraishi S, Yamada M, Kanazawa H, Kudoh S, Yoshikawa J.

    8th Annual Congress of European Respiratory Society  1998年09月  European Respiratory Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Geneva, Switzerland  

  • Diurnal variation of peak expiratory flow (PEF) is closely related to airway eosinophilic inflammation in patients with mild asthma. 国際会議

    Yoshikawa T, Hirata K, Shiraishi S, Yamada M, Kanazawa H, Kudoh S, Yoshikawa J.

    8th Annual Congress of European Respiratory Society  1998年09月  European Respiratory Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Geneva, Switzerland  

  • Severity of exercise-induced bronchoconstriction (EIB) is related to eosinophilic airway inflammation in patients with asthma. 国際会議

    Yoshikawa T, Shoji T, Fujii T, Kanazawa H, Hirata K, Kurihara N, Yoshikawa J.

    94th Annual Congress of American Thoracic Society  1998年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago, US  

  • The role of induced sputum method in order to evaluate inflammation in the airway with COPD patients whose chest HRCT have low attenuation area. 国際会議

    Yoshikawa T, Shoji S, Kawaguchi T, Kanazawa H, Hikiishi F, Hirata K, Kurihara N, Yoshikawa J.

    93rd Annual Congress of American Thoracic Society  1997年05月  American Thoracic Society

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, US  

  • 脳からみた食欲の仕組みと運動の繋がり‐食・動・脳連関 招待 国内会議

    吉川貴仁

    第34回近畿小児科学会  2021年02月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

  • 脳からみた食欲の仕組みと運動との繋がり-運動のメリットと留意点 招待 国内会議

    吉川貴仁

    第10回日本健康運動看護学会  2019年12月  日本健康運動看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  • 脳科学的新規生活指導の展望 招待 国内会議

    吉川貴仁, 松尾貴司, 石井聡

    第26回日本未病システム学会  2019年11月  日本未病システム学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:名古屋  

  • 食欲調節の脳神経・内分泌系メカニズムからアスリートの食事を考える 招待 国内会議

    吉川貴仁, 宇治正人, 松尾貴司, 中村千華, 山口貴大, 石田梨佳, 高田勝子, 石井聡

    第73回日本体力医学会プログラム委員会企画シンポジウム  2018年09月  社団法人 日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福井  

  • 運動・体力医学者の立場から-中年層の過食と高齢層の低栄養摂取を考える 招待 国内会議

    吉川貴仁, 高田勝子, 石井聡, 中村千華, 松尾貴司, 山口貴大, 宇治正人, 白井誠一, 山野葉子.

    第24回日本未病システム学会学術総会  2017年11月  日本未病システム学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

  • 認知機能と運動療法. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 小林茂, 高田勝子, 中村千華, 松尾貴司, 石井聡, 宇治正人, 藤本繁夫.

    第36回日本臨床運動療法学会学術集会  2017年08月  日本臨床運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪  

  • 加齢に伴う食欲不振(anorexia of aging)と運動の関係 招待 国内会議

    吉川貴仁, 山野葉子, 高田勝子.

    第31回日本体力医学会近畿地方会  2017年03月  日本体力医学会近畿地方会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:和歌山  

  • 食・動・脳関連-運動は生理学的機序を介して食の意欲・行動をどう変えるか. 招待 国内会議

    吉川貴仁.

    第34回日本肥満症治療学会学術集会  2016年11月  日本肥満症治療学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

  • 『運動の臓器連関と未病対策』 食・動・脳連関-運動は脳を介して食意欲・行動にどう影響を与えるか. 招待 国内会議

    吉川貴仁.

    第22回日本未病システム学会学術総会  2015年10月  日本未病システム学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:北海道  

  • 熱中症予防に関する<知>と<実践>のギャップ. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 藤本繁夫.

    第21回関西臨床スポーツ医科学研究会  2011年06月  関西臨床スポーツ医科学研究会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

  • 運動誘発性喘息~発症機序、発見と予防法. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 藤本繁夫.

    第25回日本体力医学会近畿地方会  2011年01月  日本体力医学会近畿地方会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

  • 肥満者に対する運動介入が最終糖化産物(AGEs)に及ぼす影響. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 藤本繁夫.

    第24回日本体力医学会近畿地方会  2010年01月  日本体力医学会近畿地方会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:兵庫  

  • 運動と食欲-消化管ホルモンからみた運動と食事のタイミング. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 藤本繁夫.

    第20回日本臨床スポーツ医学会学術集会  2009年11月  日本臨床スポーツ医学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸  

  • 健常女性に対する運動介入が最終糖化産物(AGEs)に及ぼす影響. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 藤本繁夫, 宮崎愛子.

    第54回日本透析医学会学術集会  2009年11月  日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

  • 運動と食事・消化管ホルモンの関係. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 藤本繁夫.

    第45回日本臨床生理学会総会  2008年11月  日本臨床生理学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

  • 高齢者の体力・運動能力. 招待 国内会議

    藤本繁夫, 吉川貴仁.

    第27回日本医学会総会  2007年04月  日本医学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大阪  

  • 中高年女性の非監視下での日常運動量とアディポサイトカインとの関連. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 原 丈貴, 中雄勇人, 鈴木崇士, 汪 立新, 塩野祐也, 藤本繁夫.

    第61回日本体力医学会大会  2006年11月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸  

  • 3軸MEMS加速度センサーを応用した小型軽量の活動量計の開発. 国内会議

    松村吉浩, 原 丈貴, 吉川貴仁, 山本松樹, 北堂正晴, 中村秀樹, 木寺和憲, 藤本繁夫.

    生体医工学シンポジウム2005  2005年01月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪  

  • Evaluation of Muscle Oxygenation during Exercise by NIRS in Normal Subjects - Significance of the NIRS Threshold. 国内会議

    藤本繁夫, 吉川貴仁, 立石善隆, 三村達也, 汪 立新, 原 丈貴, 中雄勇人.

    第12回医用近赤外線分光法研究会  2005年01月  日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:大阪  

  • 運動誘発喘息. 招待 国内会議

    吉川貴仁, 平田一人, 金澤 博, 吉川純一.

    第13回日本アレルギー学会春季臨床大会  2001年04月  日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:横浜  

  • 食・動・脳連関-食欲の仕組みと運動-脳科学の視点から 招待 国内会議

    吉川貴仁

    滋賀県スポーツ医会勉強会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:草津  

    『食・動・脳連関-食欲の仕組みと運動-脳科学の視点から』のタイトルで、特に最近明らかにされつつあるヒトの食欲制御に関する脳神経・内分泌学的機序とスポーツと栄養摂取との関係について解説.

  • 熱中症に関する最近の話題と予防対策. 招待 国内会議

    吉川貴仁.

    第11回鳥取臨床スポーツ医学研究会  2012年09月  鳥取臨床スポーツ医学研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鳥取  

  • 運動イメージを用いた身体的疲労に関する脳磁図研究 国内会議

    吉川貴仁、松尾貴司、石井聡

    第40回日本臨床運動療法学会学術集会  2021年09月 

     詳細を見る

    開催地:京都  

  • 子供の顔を見ることが精神的疲労に与える影響に関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司、石井聡、南條均、吉川貴仁

    第17回日本疲労学会学術集会  2021年08月 

  • The neural mechanism by which fatigue sensation suppresses physical performance: a magnetoencephalography study 国内会議

    松尾貴司、石井聡、南條均、南尊敬、吉川貴仁

    第44回日本神経科学大会  2021年07月 

     詳細を見る

    開催地:神戸  

  • 身体的疲労感によるパフォーマンス調整メカニズムに関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司、石井聡、石田梨佳、南尊敬、南條均、吉川貴仁

    第35回日本体力医学会近畿地方会  2021年02月 

     詳細を見る

    開催地:奈良  

  • 身体的疲労感がパフォーマンスを低下させる神経メカニズムに関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司、石井聡、石田梨佳、南尊敬、吉川貴仁

    第16日本疲労学会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催地:兵庫  

  • ハンドグリップ負荷による疲労感が食欲に与える影響に関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司, 吉川貴仁

    第30回日本臨床スポーツ医学会  2019年11月  日本臨床スポーツ医学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  • 食品画像の意識的および無意識的呈示にともなう脳神経活動の検討;ヒトの脳磁図研究 国内会議

    石田梨佳, 石井聡, 松尾貴司, 中村千華, 宇治正人, 吉川貴仁

    第4回食欲・食嗜好研究会  2019年08月  食欲・食嗜好研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎  

  • 身体的な疲労感が食欲に与える影響に関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司, 石井聡, 中村千華, 石田梨佳, 南尊敬, 宇治正人, 吉川貴仁

    第38回日本臨床運動療法学会  2019年08月  日本臨床運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

  • 周囲からの期待が精神的疲労に与える影響に関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司, 小淵登生, 隅清隆, 石井聡, 中村千華, 石田梨佳, 宇治正人, 吉川貴仁

    第15回日本疲労学会学術集会  2019年05月  日本疲労学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 疲労感が行動決定の直接の原因である可能性についての検討:脳磁図研究 国内会議

    石井聡, 松尾貴司, 中村千華, 石田梨佳, 宇治正人, 田中雅彰, 吉川貴仁, 渡辺恭良

    第15回日本疲労学会学術集会  2019年05月  日本疲労学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 身体活動量が食欲の神経メカニズムに及ぼす影響に関する脳磁図研究 国内会議

    山口貴大, 中村千華, 松尾貴司, 石田梨佳, 高田勝子, 石井聡, 宇治正人, 吉川貴仁

    第33回日本体力医学会近畿地方会  2019年02月  日本体力医学会近畿地方会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:草津  

  • 将来の出来事を予期することによって生じる心理的ストレスが食欲に与える影響に関する脳磁図研究 国内会議

    中村千華, 石井聡, 松尾貴司, 高田勝子, 山口貴大, 石田梨佳, 宇治正人, 吉川貴仁

    第33回日本体力医学会近畿地方会  2019年02月  日本体力医学会近畿地方会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:草津  

  • 食欲に急性の運動負荷による疲労感が与える影響及びその神経メカニズムに関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司, 石井聡, 中村千華, 石田梨佳, 高田勝子, 山口貴大, 宇治正人, 吉川貴仁

    第82回日本体力医学会中・四国地方会  2018年12月  日本体力医学会中・四国地方会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性の運動負荷による疲労感が食欲およびその神経メカニズムに与える影響に関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司, 石井聡, 中村千華, 高田勝子, 山口貴大, 石田梨佳, 宇治正人, 吉川貴仁

    第73回日本体力医学会大会  2018年09月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:福井  

  • 食の意欲に関連した神経メカニズム:無意識下での脳磁図研究 国内会議

    高田勝子, 石井聡, 吉川貴仁

    第73回日本体力医学会大会  2018年09月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井  

  • 精神的ストレスが食欲に及ぼす影響に関する脳磁図研究 国内会議

    中村千華, 石井聡, 松尾貴司, 高田勝子, 山口貴大, 石田梨佳, 宇治正人, 吉川貴仁

    第41回日本神経科学大会  2018年07月  日本神経科学学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 無意識の視覚的食刺激による神経メカニズムに関連する脳活動の役割:ヒトの脳磁図研究 国内会議

    高田勝子, 吉川貴仁, 石井聡

    第3回食欲・食嗜好研究会  2018年06月  食欲・食嗜好研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡崎  

  • 急性の運動負荷による疲労感が食欲に与える影響に関する脳磁図研究 国内会議

    松尾貴司, 石井聡, 中村千華, 高田勝子, 宇治正人, 山口貴大, 吉川貴仁

    第14回日本疲労学会総会  2018年05月  日本疲労学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 身体的疲労における無意識下でのパフォーマンス調節メカニズムに関する脳磁図研究 国内会議

    石井聡, 田中雅彰,山野恵美,松尾貴司, 中村千華, 高田勝子, 宇治正人, 吉川貴仁,渡辺恭良

    第14回日本疲労学会総会  2018年05月  日本疲労学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 若年成人における食の意欲と運動習慣との関係. 国内会議

    山野葉子, 吉川貴仁.

    第31回日本体力医学会近畿地方会  2017年02月  日本体力医学会近畿地方会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山  

  • 炭水化物マウスリンスが運動中の生体ストレス応答に与える影響. 国内会議

    山野葉子, 吉川貴仁.

    第31回日本体力医学会近畿地方会  2017年02月  日本体力医学会近畿地方会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:和歌山  

  • 死産ケア教育の取り組み-助産師学生の教育を中心に- 国内会議

    高田勝子, 吉川貴仁.

    第13回 日本周産期メンタルヘルス学会学術集会  2016年11月  日本周産期メンタルヘルス学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • EIHを示すCOPD 患者への段階的な継続的運動介入の試み. 国内会議

    小林茂, 吉川貴仁, 鴨井博, 平田一人, 藤本繁夫.

    第35回日本臨床運動療法学会学術集会  2016年09月  日本臨床運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • 動的・静的バランス機能に関係する足趾把持筋機能の新たな指標-地域在住高齢女性での検討 国内会議

    原田圭子, 小林茂, 黒河奈緒美, 岩澤博文, 白井誠一, 吉川貴仁

    第71回日本体力医学会  2016年09月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:盛岡  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)キーワード

  • 脳磁図による瞬時の抗いがたい食欲の評価法の提案

    カテゴリ:ライフサイエンス 

科研費

  • 意識・無意識の食関連脳活動の相互作用と健康リスクから考える新規生活指導法の立案

    基盤研究(C)  2025年04月

  • 大学生女子アスリートのFemale Athlete Triadと貧血の発生状況

    基盤研究(C)  2024年04月

  • 意識・無意識の食関連脳活動の相互作用と健康リスクから考える新規生活指導法の立案

    基盤研究(C)  2024年04月

  • 脳磁図による雑音下での音声言語理解メカニズムの解明:年齢および訓練が与える影響

    基盤研究(C)  2024年04月

  • 大学生女子アスリートのFemale Athlete Triadと貧血の発生状況

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 意識・無意識の食関連脳活動の相互作用と健康リスクから考える新規生活指導法の立案

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 脳磁図による雑音下での音声言語理解メカニズムの解明:年齢および訓練が与える影響

    基盤研究(C)  2023年04月

  • 脳磁図による雑音下での音声言語理解メカニズムの解明:年齢および訓練が与える影響

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 意識・無意識の食関連脳活動の相互作用と健康リスクから考える新規生活指導法の立案

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 大学生女子アスリートのFemale Athlete Triadと貧血の発生状況

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 意識・無意識の食関連脳活動の相互作用と健康リスクから考える新規生活指導法の立案

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 食意欲の促進と抑制のバランスを考慮した肥満・低栄養への脳科学的新規運動療法の考案

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 表現型クラスター化と超高次元変数選択法による自閉症スペクトラム障害の原因解明

    基盤研究(B)  2016年04月

  • 無意識な脳活動が行動を制御する機構を利用した新規生活習慣指導法の立案

    基盤研究(C)  2014年04月

  • 運動が脳・内分泌系を介して食欲・食行動を制御する機構を考慮した新規運動処方の作成

    基盤研究(C)  2011年04月

  • 喘息予備軍の発症要因に関する細胞内シグナルクロストークに基づいた多遺伝子同時解析

    基盤研究(C)  2008年04月

  • 腹部肥満者の動脈硬化の進展に及ぼす終末糖化産物の関与と運動介入効果の検討

    基盤研究(C)  2007年04月

  • 慢性閉塞性肺疾患の病態における炎症関連因子の遺伝子学的検討-欧米人との比較

    若手研究(B)  2005年04月

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • 芸術的感動と科学の出会い − 癒やしを定量化する試み –

    大学  2017年09月

  • 食・動・脳連関から考案する運動・食事療法-抗いがたい食欲を運動により変える.

    総合健康推進財団   2017年01月

  • 運動が脳内分泌系を介して食の意欲を制御する機構の解明と新規運動処方の作成.

    花王健康科学研究会  2011年04月

  • 有酸素運動後の摂食抑制に関する消化管ホルモンの動態と食事のタイミングとの関係.

    石本記念デサントスポーツ科学振興財団  2009年04月

  • 短時間・高強度の運動が消化管ホルモンの動態と食欲・エネルギーバランスに及ぼす影響.

    明治安田厚生事業団  2008年04月

  • 高齢者の転倒予防を包括した新たなリハビリテーション・プログラム作成に関する研究-バランス能力に影響を与える下肢筋力左右差是正に焦点を当てて-

    旧・慢性疾患・リハビリテーション研究振興財団(現・公益財団法人ひと・健康・未来研究財団)  2008年04月

  • 高齢者の介護予防をめざした新しい水中運動プログラムの開発-水中抵抗用具を用いた下肢筋力とバランス機能の検証.

    新産業創生研究  2007年04月

  • 持久運動による若年者からの肥満予防-糖化・酸化ストレスと最終糖化産物(AGE)との関連.

    石本記念デサントスポーツ科学振興財団  2007年04月

  • 後期高齢者における転倒予防のための下肢筋力とバランス能力改善を目指した新たなリハビリテーション作成に関する研究.

    大阪ガスグループ福祉財団  2006年04月

▼全件表示

研究員受入実績

  • 2024年度  研究員数:1名

  • 2023年度  研究員数:1名

  • 2022年度  研究員数:1名

  • 2021年度  研究員数:1名

  • 2020年度  研究員数:1名

  • 2019年度  研究員数:1名

  • 2018年度  研究員数:1名

  • 2017年度  研究員数:1名

  • 2016年度  研究員数:1名

  • 2015年度  研究員数:1名

▼全件表示

担当教育概要

  • <共通教育科目>
    『現代人の抱える身近な健康問題』に関心と理解を深めるため、現代を生きる若者にとって、また卒後社会人としての人生を歩むうえで必要な、健康の素養を培うための教育を提供している。具体的には、HIV・エイズ、結核などの感染症(大阪市保健所と共同企画)、悪性腫瘍、気管支喘息や花粉症などのアレルギー性疾患をわかりやすく解説している。また、肥満症や糖尿病、高血圧、脂質異常症の解説を通して、人の生活習慣が健康にいかに影響を与え、その制御がいかに難しいかを伝えている。また、生命保険協会の協力のもと、年金や生命保険を含めたライフプランに関わる授業を提供している。その他、本学健康管理センターと共同で自殺予防のゲートキーパー講習や、アルコールパッチテストを用いた飲酒に関する講習、AEDを用いた応急処置の講習などを企画している。

    <医学部教育>
    医学部2回生に呼吸生理学の授業を提供している。呼吸運動と気流発生のメカニズム、酸素・二酸化炭素分圧と肺胞でのガス拡散、肺気量と死腔、肺・胸郭の弾性とコンプライアンス、肺の血流とシャント効果、肺の換気血流比、血液による酸素・二酸化炭素の運搬、呼吸と酸塩基平衡、呼吸中枢などについて、これらの知識が臨床現場でどのように応用されているか実例を提示しながら、学生に理解しやすい解説の独自のレジュメを使用して、わかりやすく教えている。また、本学呼吸器外科や放射線診断学の教員とともに、臨床との垂直型授業を提供している。

担当授業科目

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2024年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2023年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2022年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2021年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2020年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2019年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2018年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2017年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2016年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2015年度   集中講義   大学

  • 呼吸生理学(医学部2回生)

    2014年度   集中講義   大学

  • 基幹教育科目 現代社会と健康

    2024年度   週間授業   大学

  • 基幹教育科目 現代社会と健康

    2023年度   週間授業   大学

  • 基幹教育科目 現代社会と健康

    2022年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2021年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2020年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2019年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2018年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2017年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2016年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2015年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2014年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2013年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2012年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2011年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2010年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2009年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2008年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2007年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2006年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2005年度   週間授業   大学

  • 総合教育科目B 現代社会と健康

    2004年度   週間授業   大学

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2024年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2023年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2021年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2020年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2019年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2018年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2017年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2016年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2015年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2014年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2013年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2012年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2011年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)生体構造機能学(運動と食欲・食行動)

    2010年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2024年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2023年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2021年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2020年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2019年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2018年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2017年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2016年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2015年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2014年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2009年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2008年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)病理病態学概論(呼吸器疾患と運動)

    2007年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)臨床病態学(サルコペニア・フレイルを考えるー内科的立場から)

    2023年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)臨床病態学(サルコペニア・フレイルを考えるー内科的立場から)

    2021年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)臨床病態学(サルコペニア・フレイルを考えるー内科的立場から)

    2019年度   集中講義   大学院

  • 医科学専攻(修士課程)臨床病態学(サルコペニア・フレイルを考えるー内科的立場から)

    2017年度   集中講義   大学院

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 病原微生物と感染

    2023年10月
    -
    継続中
    機関名:大阪成蹊大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 疫学・保健統計学

    2023年10月
    -
    継続中
    機関名:大阪成蹊大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 人体の構造と機能Ⅱ

    2023年10月
    -
    継続中
    機関名:大阪成蹊大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 人体の構造と機能Ⅰ

    2023年04月
    -
    継続中
    機関名:大阪成蹊大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 健康管理とスポーツ医学

    2019年04月
    -
    継続中
    機関名:武庫川女子大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • アスレチックトレーナーコース講習

    2015年10月
    -
    継続中
    機関名:大阪医専

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 精神医学

    2020年04月
    -
    2023年12月
    機関名:宝塚医療大学 理学療法学科

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 運動処方と運動療法

    2019年12月
    機関名:びわこ成蹊スポーツ大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 解剖生理学

    2015年04月
    -
    2018年12月
    機関名:白鳳短期大学 総合人間学科 看護学専攻

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 疾病病態論(代謝・内分泌)

    2015年04月
    -
    2018年12月
    機関名:白鳳短期大学 総合人間学科 看護学専攻

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 解剖生理学

    2015年04月
    -
    2015年12月
    機関名:相愛大学 人間発達学部 発達栄養学科

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 生活習慣病と運動(健康運動指導士を目指す方を含む)

    2013年04月
    -
    2015年12月
    機関名:大阪経済大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    所属大学院生発表数:0件

  • 2022年度

    所属大学院生発表数:2件

  • 2021年度

    所属大学院生発表数:2件

  • 2020年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2019年度

    所属大学院生発表数:1件

  • 2018年度

    所属大学院生発表数:1件

▼全件表示

論文・研究指導集計

  • 2022年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:0名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):12件

  • 2021年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:0名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):6件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):15件

  • 2020年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):6件

    博士論文審査数(主査):1件  博士論文審査数(副査):7件

  • 2019年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:2名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):6件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):12件

  • 2018年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:1名

    修士論文審査数(主査):3件  修士論文審査数(副査):6件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):8件

  • 2017年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:4名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):1件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):9件

▼全件表示

社会貢献活動

  • 大阪国際女子マラソン スポーツドクターとして現場の医療救護活動

    役割:運営参加・支援

    日本陸上競技連盟 関西テレビ放送 産経新聞社 サンケイスポーツ  大阪国際女子マラソン会場  2023年01月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 大阪マラソン スポーツドクターとして現場の医療救護活動、医事救護感染症対策部会

    役割:運営参加・支援

    大阪府, 大阪市, (一財)大阪陸上競技協会  大阪マラソン会場  2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 大阪陸上競技協会主催競技会でのスポーツドクターとして医療救護活動

    役割:運営参加・支援

    大阪陸上競技協会  全国高等学校陸上競技大会 など  大阪マラソン会場  2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 大阪府スポーツ協会主催 大阪スポーツ医科学セミナー

    役割:司会, 企画

    大阪府スポーツ協会  大阪  2024年02月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 大阪府スポーツ協会主催 大阪スポーツ医科学セミナー

    役割:司会, 講師, 企画

    大阪府スポーツ協会  大阪  2023年02月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 大阪府スポーツ協会主催 大阪スポーツ医科学セミナー

    役割:司会, 企画

    大阪府スポーツ協会  大阪  2022年02月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:100(人)

  • 大阪府医師会主催 健康スポーツ医学講習会

    役割:司会, 講師, 企画

    大阪府医師会  大阪  2022年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • 大阪府医師会主催 健康スポーツ医学講習会

    役割:司会, 講師, 企画

    大阪府医師会  大阪  2019年10月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • 大阪府医師会主催 健康スポーツ医学再研修会

    役割:司会, 講師, 企画

    大阪府医師会  大阪  2019年08月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 研究者, 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • ヒトの健康を左右する食欲の仕組み(認定NPO法人 シニア自然大学校 (市民大学))

    役割:講師

    認定NPO法人 シニア自然大学校  シニアCITYカレッジ みぢかな自然と健康科コース  大阪市  2023年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • ヒトの健康を左右する食欲の仕組み(認定NPO法人 シニア自然大学校 (市民大学))

    役割:講師

    認定NPO法人 シニア自然大学校  シニアCITYカレッジ みぢかな自然と健康科コース  大阪市  2022年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • ヒトの健康を左右する食欲の仕組み(認定NPO法人 シニア自然大学校 (市民大学))

    役割:講師

    認定NPO法人 シニア自然大学校  シニアCITYカレッジ みぢかな自然と健康科コース  大阪市  2021年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • ヒトの健康を左右する食欲の仕組み(認定NPO法人 シニア自然大学校 (市民大学))

    役割:講師

    認定NPO法人 シニア自然大学校  シニアCITYカレッジ みぢかな自然と健康科コース  大阪市  2018年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 未病認定資格セミナー・講師、試験作成

    役割:講師, 運営参加・支援

    日本未病システム学会  未病認定資格セミナー・試験  名古屋  2023年12月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • 未病認定資格セミナー・講師、試験作成

    役割:講師, 運営参加・支援

    日本未病システム学会  未病認定資格セミナー・試験  名古屋  2022年11月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • 未病認定資格セミナー・講師、試験作成

    役割:講師, 運営参加・支援

    日本未病システム学会  未病認定資格セミナー・試験  名古屋  2021年

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • 未病認定資格セミナー・講師、試験作成

    役割:講師, 運営参加・支援

    日本未病システム学会  未病認定資格セミナー・試験  名古屋  2020年

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • 未病認定資格セミナー・講師、試験作成

    役割:講師, 運営参加・支援

    日本未病システム学会  未病認定資格セミナー・試験  名古屋  2019年

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:資格認定講習

    参加者数:100(人)

  • 脳神経とホルモンの働きを介した運動と食欲の知られざる関係-運動の役割はカロリー消費だけではない!(健康保険組合連合会大阪連合会)

    役割:講師

    健康保険組合連合会大阪連合会  健康保険組合連合会大阪連合会 講演会  大阪商工会議所  2018年07月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 社会人・一般, 企業, 行政機関

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 脳科学から見た抗いがたい食欲の正体-運動との関係(食・動・脳連関)(市大・朝日ライフサイエンス塾)

    役割:講師

    朝日ライフサイエンス  市大・朝日ライフサイエンス塾  大阪・中之島フェスティバルタワー  2018年06月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:50(人)

  • 脳磁図による瞬時の抗いがたい食欲の評価法の提案(「メディカル ジャパン2018 大阪」関西広域連合研究成果企業化促進セミナー)

    役割:講師, 情報提供

    関西広域連合  「メディカル ジャパン2018 大阪」関西広域連合研究成果企業化促進セミナー  インテックス大阪  2018年02月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業, メディア

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 第15回糖尿病市民セミナー・東京. 食事・運動療法で本当に減量できるのか?

    役割:講師

    東京都糖尿病協会  第15回糖尿病市民セミナー・東京.  東京  2017年02月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 市民団体

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:200(人)

  • 大阪スポーツ医・科学セミナー2017 ライフステージとスポーツ(中高年)

    大阪体育協会  大阪スポーツ医・科学セミナー2017  2017年02月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

    参加者数:200(人)

  • 大阪中学生サマーセミナー『人の動きを操るマジック』 (あなたにこっそりお教えします)

    役割:講師, 助言・指導

    大阪市立大学  大阪中学生サマーセミナー  2016年08月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    看護やリハビリ、介護に興味を持つ中学生を対象に、起きる・座る・立つ・歩くといった動作の原理を物理(理科)の理論を用いて楽しく体験してもらった。

  • OSAKAスポーツ大学 子供に多い内科的疾患『ぜんそく』

    役割:講師

    大阪市中央体育館  2011年

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    OSAKAスポーツ大学・ スポーツ指導者学科・ジュニアサポートコース・子供に多い内科的疾患『ぜんそく』の講義を担当(平成23年度)
    ◆関係組織:大阪市、スポーツみどり振興協会

  • 大阪市立大学 文化交流センター講座 『たばこと健康-肺疾患との関連』

    役割:講師

    大阪市立大学 文化交流センター  2011年

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    『たばこと健康-肺疾患との関連』の講義を担当(平成23年度)

  • 神戸婦人大学(神戸市 市民講座) 『内科から見た運動のメリットと注意点』

    役割:講師

    神戸市 男女参画事業  神戸市男女共同参画ビル  2004年 - 2019年04月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:100(人)

    神戸婦人大学にて『内科から見た運動のメリットと注意点』に関する講義を担当(毎年)
    ◆関係組織:神戸市市民生活推進局市民生活部男女共同参画課

▼全件表示

メディア報道

  • ダイエットに美肌!レッツ・ダンス♪ テレビ・ラジオ番組

    NHK  BSプレミアム『美と若さの新常識~カラダのヒミツ』  2019年05月

      詳細を見る

    ダイエットのために行う種々の運動が食欲やエネルギー摂取量を減らす生理的な仕組みについて解説

  • 無意識下の食欲が行動左右 新聞・雑誌

    四国新聞  四国新聞  2023年04月

      詳細を見る

    SDGs:

  • 学習意欲を引き出す情報は成績を高める。神経メカニズムを解明 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  日刊工業新聞  2021年07月

      詳細を見る

    SDGs:

  • ストレスで食欲低下、神経メカニズム解明 新聞・雑誌

    日本経済新聞  日本経済新聞  2020年02月

      詳細を見る

    SDGs:

  • スポーツドクターに聞く“ストレスとの上手な付き合い方” 新聞・雑誌

    日本スポーツ協会  Sport Japan  2019年06月

      詳細を見る

    SDGs:

  • 75歳過ぎて「食べられなくなる人」の特徴 新聞・雑誌

    講談社  週刊現代  2018年06月

      詳細を見る

    SDGs:

  • 『ダイエットはガンバるな!?』 テレビ・ラジオ番組

    テレビ東京  たけしのニッポンのミカタ  2011年01月

      詳細を見る

    SDGs:

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • スポーツ医学、アスレチックトレーナー養成、健康運動指導士養成コース

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    各種運動関連資格の取得に必要な知識に関するすべての講義を提供できる。わかりやすく工夫した授業スライドやレジュメも準備している。

  • 解剖生理学(栄養関係の資格取得希望者向け)

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:大学生

    管理栄養士の資格取得に必要な解剖生理学のすべての講義を提供できる。
    わかりやすく工夫した授業スライドやレジュメも準備している。
    他大学の栄養学科で、解剖生理学の授業を担当した実績があります。

  • 解剖生理学(医療関係の資格取得希望者向け)

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:大学生

    医療関係の資格取得に必要な解剖生理学のすべての講義を提供できる。
    わかりやすく工夫した授業スライドやレジュメも準備している。
    他大学で、解剖生理学の授業を担当してきた実績があります。

  • タバコに関する授業

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:大学生, 社会人・一般, 市民団体, 行政機関

    これまで学内外で、呼吸器内科医かつ大学教員である立場から、タバコの危険性や禁煙対策などについて講義している

独自項目・特記事項(社会活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    SDGs:

    独自項目:関西臨床スポーツ医科学研究会

    特記事項:大会長

外国人受入実績

  • 2024年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名

  • 2023年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :0名

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

役職

  • 部局内役職

    健康管理センター 

    センター長  2022年04月 - 継続中

  • 全学管理職

    保健管理センター

    所長  2014年04月 - 2021年03月

その他

  • 職務経歴

    2014年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院医学研究科 教授

  • 職務経歴

    2010年01月 - 2014年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院医学研究科 准教授

  • 職務経歴

    2007年04月 - 2009年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院医学研究科 講師

  • 職務経歴

    2004年04月 - 2007年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院医学研究科 助教