2024/02/03 更新

写真a

アサイ カズヒサ
浅井 一久
ASAI Kazuhisa
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学

研究キーワード

  • 慢性閉塞性肺疾患

  • 気管支喘息

  • サルコペニア

研究概要

  • 慢性炎症を基盤とする気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)等の閉塞性肺疾患における気道炎症の制御のために、炎症機序の解明を試みている。また、COPDにおけるサルコペニア、マイオカインのCOPD病態への関与解明を試みている。

研究歴

  • 気道炎症

    気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患  機関内共同研究

    1999年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本内科学会

  • 日本アレルギー学会

  • 日本呼吸器学会

委員歴(学外)

  • 副委員長   日本呼吸器学会肺生理専門委員会  

    2022年04月 - 継続中 

  • 委員長   日本呼吸器学会専門医認定・更新資格審査委員会  

    2020年04月 - 継続中 

  • 委員   日本呼吸器学会専門医制度統括委員会  

    2018年04月 - 継続中 

  • 委員   日本呼吸器学会将来計画委員会  

    2018年04月 - 2020年03月 

  • 副委員長   日本呼吸器学会専門医認定・更新資格審査委員会  

    2018年04月 - 2020年03月 

受賞歴

  • 大阪市医学会 大阪市長賞

    2002  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • Meakins-Christie laboratories, McGill University   博士研究員

    2004年10月 - 2006年09月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   博士課程   卒業・修了

    - 2003年

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    - 1997年

論文

  • Comparison of the specimen quality of endobronchial ultrasound-guided intranodal forceps biopsy using standard-sized forceps versus mini forceps for lung cancer: A prospective study.

    Nakai T, Matsumoto Y, Ueda T, Kuwae Y, Tanaka S, Miyamoto A, Matsumoto Y, Sawa K, Sato K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Furuse H, Uchimura K, Imabayashi T, Uenishi R, Fukui M, Tanaka H, Ohsawa M, Kawaguchi T, Tsuchida T

    Respirology (Carlton, Vic.)   2024年01月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

  • 身体活動性 up-to-date

    浅井 一久, 宮本 篤志, 西村 美沙子

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   33 ( supplement )   76s_2 - 76s_2   2023年11月( ISSN:18817319

     詳細を見る

  • Clinical significance of KL-6 in immune-checkpoint inhibitor treatment for non-small cell lung cancer.

    Nakahama K, Izumi M, Yoshimoto N, Fukui M, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Cancer chemotherapy and pharmacology   92 ( 5 )   381 - 390   2023年11月( ISSN:0344-5704

     詳細を見る

  • A Case of Successful Removal of a Foreign Body Located in the Peripheral Airway Using Flexible Bronchoscopy with Virtual Bronchoscopy Navigation.

    Hikiishi A, Nakai T, Matsui E, Yamane K, Sato K, Watanabe T, Asai K, Eguchi Y, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   advpub ( 0 )   2023年10月( ISSN:0918-2918

  • Implementing an Evidence-Based COPD Hospital Discharge Protocol: A Narrative Review and Expert Recommendations.

    Miravitlles M, Bhutani M, Hurst JR, Franssen FME, van Boven JFM, Khoo EM, Zhang J, Brunton S, Stolz D, Winders T, Asai K, Scullion JE

    Advances in therapy   40 ( 10 )   4236 - 4263   2023年10月( ISSN:0741-238X

     詳細を見る

  • Distinct contributions of muscle mass and strength stratified by nutritional status to physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease(タイトル和訳中)

    Kawai Takahiro, Asai Kazuhisa, Miyamoto Atsushi, Yamada Kazuhiro, Furukawa Yuichiro, Toyokura Erika, Nishimura Misako, Sato Kanako, Watanabe Tetsuya, Kawaguchi Tomoya

    Respiratory Investigation   61 ( 4 )   389 - 397   2023年07月( ISSN:2212-5345

  • Influence of Smoking History on the Effectiveness of Immune-checkpoint Inhibitor Therapy for Non-small Cell Lung Cancer: Analysis of Real-world Data.

    Nakahama K, Izumi M, Yoshimoto N, Fukui M, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Anticancer research   43 ( 5 )   2185 - 2197   2023年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

  • Distinct contributions of muscle mass and strength stratified by nutritional status to physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease.

    Kawai T, Asai K, Miyamoto A, Yamada K, Furukawa Y, Toyokura E, Nishimura M, Sato K, Watanabe T, Kawaguchi T

    Respiratory investigation   61 ( 4 )   389 - 397   2023年04月( ISSN:2212-5345

  • Vimentin expression correlates with immune-checkpoint inhibitor efficacy in non-small cell lung cancer.

    Nakahama K, Izumi M, Yoshimoto N, Fukui M, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Cancer   2023年04月( ISSN:0008-543X

     詳細を見る

  • COVID-19 vaccination benefits in preventing severe disease in mild-to-moderate cases: An analysis in the first specialized hospital for COVID-19 in Japan.

    Kobayashi M, Miyamoto A, Watanabe T, Sawa K, Sato K, Yamada K, Yoshii N, Yamada K, Kawamoto K, Uji M, Shiraishi S, Asai K, Kakeya H, Kawaguchi T

    Respiratory investigation   61 ( 2 )   230 - 239   2023年03月( ISSN:2212-5345

  • Rifampicin exerts anti-mucoviscous activity against hypervirulent Klebsiella pneumoniae via binding to the RNA polymerase β subunit.

    Tohda M, Oinuma KI, Sakiyama A, Tsubouchi T, Niki M, Namikawa H, Yamane K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Kakeya H, Kaneko Y, Kawaguchi T

    Journal of global antimicrobial resistance   32   21 - 28   2023年03月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

  • COVID-19 vaccination benefits in preventing severe disease in mild-to-moderate cases: An analysis in the first specialized hospital for COVID-19 in Japan(タイトル和訳中)

    Kobayashi Masanori, Miyamoto Atsushi, Watanabe Tetsuya, Sawa Kenji, Sato Kanako, Yamada Kazuhiro, Yoshii Naoko, Yamada Koichi, Kawamoto Kengo, Uji Masato, Shiraishi Satoshi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    Respiratory Investigation   61 ( 2 )   230 - 239   2023年03月( ISSN:2212-5345

  • Association of combustible cigarettes and heated tobacco products use with SARS-CoV-2 infection and severe COVID-19 in Japan: a JASTIS 2022 cross-sectional study.

    Nishimura M, Asai K, Tabuchi T, Toyokura E, Kawai T, Miyamoto A, Watanabe T, Kawaguchi T

    Scientific reports   13 ( 1 )   1120   2023年02月

     詳細を見る

  • A Culture Supernatant from an Actinomycete sp. Affects Biofilm Formation and Virulence Expression of Candida auris.

    Yamane K, Niki M, Tsubouchi T, Watanabe T, Asai K, Oinuma KI, Sakiyama A, Saren C, Matsumoto Y, Makimura K, Kaneko Y, Kawaguchi T

    Medical mycology journal   64 ( 1 )   7 - 17   2023年( ISSN:21856486

     詳細を見る

  • Diagnostic Utility and Safety of Non-Intubated Cryobiopsy Technique Using a Novel Ultrathin Cryoprobe in Addition to Conventional Biopsy Techniques for Peripheral Pulmonary Lesions.

    Nakai T, Watanabe T, Kaimi Y, Shiomi K, Ando K, Miyamoto A, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Sato K, Asai K, Matsumoto Y, Mikami Y, Ohsawa M, Kawaguchi T

    Respiration; international review of thoracic diseases   102 ( 7 )   503 - 514   2023年( ISSN:0025-7931

     詳細を見る

  • Characterization of Severe Uncontrolled Asthma in Japan: Analysis of Baseline Data from the PROSPECT Study.

    Koya T, Asai K, Iwanaga T, Hara Y, Takahashi M, Makita N, Hayashi N, Tashiro N, Tohda Y

    Journal of asthma and allergy   16   597 - 609   2023年( ISSN:1178-6965

     詳細を見る

  • SP142 evaluation contributes to the prediction of immune checkpoint inhibitor efficacy in non-small cell lung cancer with high PD-L1 expression assessed by 22C3.

    Nakahama K, Osawa M, Izumi M, Yoshimoto N, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Translational lung cancer research   11 ( 12 )   2438 - 2451   2022年12月( ISSN:2218-6751

     詳細を見る

  • 慢性期の骨格筋機能障害

    浅井 一久

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   32 ( supplement )   100s_1 - 100s_1   2022年10月( ISSN:18817319

     詳細を見る

  • 西田ら“デュピルマブ投与中に好酸球性肺炎を発症した1例”

    浅井 一久

    気管支学   44 ( 5 )   321 - 322   2022年09月( ISSN:02872137

     詳細を見る

  • Vascular endothelial growth factor receptor 2 expression and immunotherapy efficacy in non-small cell lung cancer(和訳中)

    Nakahama Kenji, Kaneda Hiroyasu, Osawa Masahiko, Fukui Mitsuru, Izumi Motohiro, Yoshimoto Naoki, Sugimoto Akira, Nagamine Hiroaki, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Tani Yoko, Mitsuoka Shigeki, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    Cancer Science   113 ( 9 )   3148 - 3160   2022年09月( ISSN:1347-9032

  • Clopidogrel-induced Eosinophilia with Hypercalcemia(和訳中)

    Yamada Kazuhiro, Asai Kazuhisa, Yanagimoto Misaki, Sone Risa, Inazu Satsuki, Mizutani Ryo, Kadotani Hideaki, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Kawaguchi Tomoya

    Internal Medicine   61 ( 17 )   2681 - 2685   2022年09月( ISSN:0918-2918

  • Idiopathic Obliterative Bronchiolitis in a Young Woman: A Rare Case of a Transbronchial Lung Biopsy Contributing to the Diagnosis(和訳中)

    Yoshii Naoko, Kamoi Hiroshi, Matsui Erika, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kanazawa Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    Internal Medicine   61 ( 18 )   2759 - 2764   2022年09月( ISSN:0918-2918

  • Association of thyroid transcription factor-1 with the efficacy of immune-checkpoint inhibitors in patients with advanced lung adenocarcinoma.

    Nakahama K, Kaneda H, Osawa M, Izumi M, Yoshimoto N, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Tani Y, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Thoracic cancer   2022年07月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

  • Response biomarkers of inhalation exposure to cigarette smoke in the mouse lung.

    Suzuki S, Asai K, Gi M, Kojima K, Kakehashi A, Oishi Y, Matsue T, Yukimatsu N, Hirata K, Kawaguchi T, Wanibuchi H

    Journal of toxicologic pathology   35 ( 3 )   247 - 254   2022年07月( ISSN:0914-9198

     詳細を見る

  • Response biomarkers of inhalation exposure to cigarette smoke in the mouse lung(和訳中)

    Suzuki Shugo, Asai Kazuhisa, Gi Min, Kojima Kazuya, Kakehashi Anna, Oishi Yuji, Matsue Taisuke, Yukimatsu Nao, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya, Wanibuchi Hideki

    Journal of Toxicologic Pathology   35 ( 3 )   247 - 254   2022年07月( ISSN:0914-9198

  • Vascular endothelial growth factor receptor 2 expression and immunotherapy efficacy in non-small cell lung cancer.

    Nakahama K, Kaneda H, Osawa M, Fukui M, Izumi M, Yoshimoto N, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Tani Y, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Cancer science   2022年06月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

  • Safe Concurrent Use of Anti-tuberculosis Drugs and Pembrolizumab in a Patient with Non-small-cell Lung Cancer Who Was Infected with Mycobacterium tuberculosis(和訳中)

    Nakahama Kenji, Kaneda Hiroyasu, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Tani Yoko, Suzumura Tomohiro, Mitsuoka Shigeki, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    Internal Medicine   61 ( 7 )   1039 - 1042   2022年04月( ISSN:0918-2918

  • Idiopathic Obliterative Bronchiolitis in a Young Woman: A Rare Case of a Transbronchial Lung Biopsy Contributing to the Diagnosis.

    Yoshii N, Kamoi H, Matsui E, Sato K, Nakai T, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Kanazawa H, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   advpub ( 0 )   2022年03月( ISSN:0918-2918

  • Clopidogrel-induced Eosinophilia with Hypercalcemia: A Case Report.

    Yamada K, Asai K, Yanagimoto M, Sone R, Inazu S, Mizutani R, Kadotani H, Watanabe T, Tochino Y, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   advpub ( 0 )   2022年02月( ISSN:0918-2918

  • Safety profile and risk factors for bleeding in transbronchial cryobiopsy using a two-scope technique for peripheral pulmonary lesions.

    Nakai T, Watanabe T, Kaimi Y, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Okamoto A, Sato K, Asai K, Matsumoto Y, Ohsawa M, Kawaguchi T

    BMC pulmonary medicine   22 ( 1 )   20   2022年01月

     詳細を見る

  • Safe Concurrent Use of Anti-tuberculosis Drugs and Pembrolizumab in a Patient with Non-small-cell Lung Cancer Who Was Infected with Mycobacterium tuberculosis.

    Nakahama K, Kaneda H, Ogawa K, Matsumoto Y, Tani Y, Suzumura T, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 7 )   1039 - 1042   2022年( ISSN:0918-2918

  • Phase II Study of the Modified Weekly Nab-paclitaxel Regimen in Previously Treated Patients With Advanced Non-Small Cell Lung Cancer.

    Yoshimura N, Sawa K, Nakai T, Matsumoto Y, Mitsuoka S, Kimura T, Asai K, Yana T, Kawaguchi T, Hirata K

    American journal of clinical oncology   44 ( 12 )   613 - 618   2021年12月( ISSN:0277-3732

  • 小菅ら“クライオ生検による生検痕についての病理組織学的検討”

    浅井 一久

    気管支学   43 ( 6 )   579 - 580   2021年11月( ISSN:02872137

  • The Fermented Soy Product ImmuBalance<sup>TM</sup> Suppresses Airway Inflammation in a Murine Model of Asthma. 査読

    Kadotani H, Asai K, Miyamoto A, Iwasaki K, Kawai T, Nishimura M, Tohda M, Okamoto A, Sato K, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Kawaguchi T

    Nutrients   13 ( 10 )   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu13103380

    PubMed

  • Tumor microenvironment disparity in multiple primary lung cancers: Impact of non-intrinsic factors, histological subtypes, and genetic aberrations 査読

    Izumi Motohiro, Sawa Kenji, Oyanagi Jun, Noura Ikue, Fukui Mitsuru, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Tani Yoko, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Nishiyama Noritoshi, Ohsawa Masahiko, Yamamoto Nobuyuki, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya

    TRANSLATIONAL ONCOLOGY   14 ( 7 )   101102   2021年07月( ISSN:1936-5233

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tranon.2021.101102

    PubMed

  • Corynebacterium jeikeium-induced infective endocarditis and perivalvular abscess diagnosed by 16S ribosomal RNA sequence analysis: A case report(和訳中) 査読

    Imoto Waki, Takahashi Yosuke, Yamada Koichi, Hojo Kana, Kawase Takumi, Sakon Yoshito, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Ogawa Masashi, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Shibata Toshihiko, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 6 )   906 - 910   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Clinical Course of Patients with Influenza after Administration of Various Anti-influenza Drugs during the 2019-2020 Influenza Season in Osaka, Japan(和訳中) 査読

    Maruyama Naomi, Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Asai Kazuhisa, Hamazaki Takashi, Kakeya Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   67 ( 1 )   45 - 55   2021年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • In which cases of pneumonia should we consider treatments for Stenotrophomonas maltophilia? 査読

    Imoto W., Yamada K., Kuwabara G., Yamairi K., Shibata W., Oshima K., Nakaie K., Watanabe T., Asai K., Kaneko Y., Kawaguchi T., Kakeya H.

    JOURNAL OF HOSPITAL INFECTION   111   169 - 175   2021年05月( ISSN:0195-6701

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2021.01.011

  • 日本呼吸器学会会員における大学院進学に関する最近の動向 査読

    高橋 浩一郎, 小林 信明, 浅井 一久, 礒部 威, 今泉 和良, 大平 徹郎, 長内 忍, 川山 智隆, 國近 尚美, 小林 和幸, 佐野 博幸, 多賀谷 悦子, 千葉 弘文, 橋本 直純, 須田 隆文, 金子 猛

    (一社)日本呼吸器学会 日本呼吸器学会誌   10 ( 3 )   207 - 211   2021年05月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    日本呼吸器学会専門医制度認定施設のうち大学病院を対象に、大学院進学に関するアンケート調査を実施した。過去5年間で呼吸器内科に入局した978人中303人(31.0%)が、大学院に進学(男性33.1%、女性26.0%)し、61.0%が基礎医学、39.0%が臨床医学を研究テーマとしていた。大学院修了者の進路は、大学病院勤務が最多であり、修了後5年間に10%程度が海外留学していた。本調査を通じて、学会員の大学院進学に関する現状を理解することができ、今後の大学院進学希望者への情報として参考になると考えられる。(著者抄録)

  • Mutational landscape of multiple primary lung cancers and its correlation with non-intrinsic risk factors. 査読

    Izumi M, Oyanagi J, Sawa K, Fukui M, Ogawa K, Matsumoto Y, Tani Y, Suzumura T, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Ohsawa M, Yamamoto N, Koh Y, Kawaguchi T

    Scientific reports   11 ( 1 )   5680   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-83609-y

    PubMed

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report 査読

    Imoto Waki, Arima Hironori, Yamada Koichi, Kanzaki Toshiyuki, Nakagawa Chihiro, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Goto Takeo, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.10.001

    PubMed

  • 呼吸器内科医師の海外留学に関するアンケート調査 査読

    小林 信明, 高橋 浩一郎, 浅井 一久, 礒部 威, 今泉 和良, 大平 徹郎, 長内 忍, 川山 智隆, 國近 尚美, 小林 和幸, 佐野 博幸, 多賀谷 悦子, 千葉 弘文, 橋本 直純, 須田 隆文, 金子 猛, 日本呼吸器学会将来計画委員会

    (一社)日本呼吸器学会 日本呼吸器学会誌   10 ( 2 )   102 - 107   2021年03月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    呼吸器内科医師の海外留学についてアンケート調査を行い、全国の海外留学経験者75人より回答を得た。回答者の大部分は男性で、留学先は80%が人脈を介しての紹介であった。留学時の卒後年数の中央値は10年、留学期間の中央値は2年であり、91%が基礎研究を目的としていた。留学中は言語や金銭面での苦労を挙げる回答が多かったが、留学の経験はその後の研究(87%)、臨床(63%)に生かされたとする回答が多く、留学の満足度は高かった。本学会に対して、海外留学に対する助成金の拡充や留学先の紹介・斡旋を期待する声が多かった。(著者抄録)

  • Tumor Microenvironment Disparity in Multiple Primary Lung Cancers 査読

    Izumi M., Sawa K., Oyanagi J., Noura I., Fukui M., Ogawa K., Matsumoto Y., Tani Y., Suzumura T., Watanabe T., Kaneda H., Mitsuoka S., Asai K., Ohsawa M., Yamamoto N., Kawaguchi T., Koh Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   16 ( 3 )   S566 - S566   2021年03月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report(和訳中) 査読

    Imoto Waki, Arima Hironori, Yamada Koichi, Kanzaki Toshiyuki, Nakagawa Chihiro, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Goto Takeo, Kakeya Hiroshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Corynebacterium jeikeium-induced infective endocarditis and perivalvular abscess diagnosed by 16S ribosomal RNA sequence analysis: A case report. 査読

    Imoto W, Takahashi Y, Yamada K, Hojo K, Kawase T, Sakon Y, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Ogawa M, Niki M, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Shibata T, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   2021年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.01.005

    PubMed

  • Congenital bronchial atresia complicated by a lung abscess due to Aspergillus fumigatus: a case report 査読

    Kuwabara Gaku, Sone Risa, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Yamada Koichi, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Komatsu Hiroaki, Izumi Nobuhiro, Nishiyama Noritoshi, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    BMC PULMONARY MEDICINE   21 ( 1 )   2   2021年01月( ISSN:1471-2466

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12890-020-01367-5

    PubMed

  • Invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus terreus diagnosed using virtual bronchoscopic navigation and endobronchial ultrasonography with guide sheath and successfully treated with liposomal amphotericin B 査読

    Yoshii Naoko, Yamada Koichi, Niki Makoto, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Sakatoku Kazuki, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    INFECTION   2021年01月( ISSN:0300-8126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s15010-020-01545-x

    PubMed

  • 骨格筋のバイオロジーからみた身体活動性の重要性 査読

    浅井 一久

    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   30 ( 0 )   76s_1 - 76s_1   2021年( ISSN:1881-7319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.15032/jsrcr.30.supplement_76s_1

    CiNii Article

  • A mouse model of rapidly progressive fatal haemorrhagic pneumonia caused by Stenotrophomonas maltophilia 査読

    Imoto Waki, Kaneko Yukihiro, Yamada Koichi, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    JOURNAL OF GLOBAL ANTIMICROBIAL RESISTANCE   23   450 - 455   2020年12月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jgar.2020.10.024

    PubMed

  • Early-onset meningitis associated with atezolizumab treatment for non-small cell lung cancer: case report and literature review 査読

    Ogawa Koichi, Kaneda Hiroyasu, Kawamoto Tamaki, Tani Yoko, Izumi Motohiro, Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    INVESTIGATIONAL NEW DRUGS   38 ( 6 )   1901 - 1905   2020年12月( ISSN:0167-6997

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10637-020-00947-w

    PubMed

  • Ninjin-yoeito ameliorates cigarette smoke-induced skeletal muscle complications in mice 査読

    Miyamoto Atsushi, Kadotani Hideaki, Asai Kazuhisa, Maruyama Naomi, Kubo Hiroaki, Okamoto Atsuko, Ijiri Naoki, Sato Kanako, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   56   2020年09月( ISSN:0903-1936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1183/13993003.congress-2020.189

  • Mutational landscape of multiple primary lung cancers and its correlation with environmental factors 査読

    Izumi Motohiro, Oyanagi Jun, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Tani Yoko, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Kawaguchi Tomoya, Koh Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-2333

  • The effect of intervention by an antimicrobial stewardship team on anaerobic bacteremia 査読

    Kuwabara Gaku, Yukawa Satomi, Yamada Koichi, Imoto Waki, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Yoshii Naoko, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Okada Yasuyo, Fujita Akiko, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Kakeya Hiroshi

    ANAEROBE   64   102214   2020年08月( ISSN:1075-9964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.anaerobe.2020.102214

    PubMed

  • Differences in molecular epidemiology of lung cancer among ethnicities (Asian vs. Caucasian) 査読

    Izumi Motohiro, Suzumura Tomohiro, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Tani Yoko, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    JOURNAL OF THORACIC DISEASE   12 ( 7 )   3776 - +   2020年07月( ISSN:2072-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.08.61

    PubMed

  • 病理解剖時にメディカルスタッフへ潜在性結核感染症を起こした結核症の1例 査読

    荻田 千歌, 武田 倫子, 松井 秀記, 大宮 英泰, 浅井 一久

    (株)南江堂 内科   126 ( 1 )   149 - 152   2020年07月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    93歳男性。慢性心不全に対する在宅酸素療法中に意識レベルの低下をきたし、当院へ救急搬送された。所見より肺炎・細菌感染症による敗血症性ショックと診断し、meropenemを投与するも呼吸不全と肝機能障害のため死亡した。死因検索のため病理解剖を行ったところ、死因は粟粒結核による呼吸不全および敗血症と判明した。その後、患者と接触があった75名が接触者検診の対象となり、救急搬送時および気管内挿管を行った臨床医やメディカルスタッフには感染者は認められなかったが、病理解剖に関わったメディカルスタッフ9名中7名が結核菌IFN-γ測定の陽転化を認めた。陽転化したスタッフ全員は呼吸器症状や胸部異常所見がなく、潜在性結核感染症としてisoniazidによる治療を行い、目下は経過観察中である。

  • 病理解剖時にメディカルスタッフへ潜在性結核感染症を起こした結核症の1例 査読

    荻田 千歌, 武田 倫子, 松井 秀記, 大宮 英泰, 浅井 一久

    (株)南江堂 内科   126 ( 1 )   149 - 152   2020年07月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    93歳男性。慢性心不全に対する在宅酸素療法中に意識レベルの低下をきたし、当院へ救急搬送された。所見より肺炎・細菌感染症による敗血症性ショックと診断し、meropenemを投与するも呼吸不全と肝機能障害のため死亡した。死因検索のため病理解剖を行ったところ、死因は粟粒結核による呼吸不全および敗血症と判明した。その後、患者と接触があった75名が接触者検診の対象となり、救急搬送時および気管内挿管を行った臨床医やメディカルスタッフには感染者は認められなかったが、病理解剖に関わったメディカルスタッフ9名中7名が結核菌IFN-γ測定の陽転化を認めた。陽転化したスタッフ全員は呼吸器症状や胸部異常所見がなく、潜在性結核感染症としてisoniazidによる治療を行い、目下は経過観察中である。

  • Differences in molecular epidemiology of lung cancer among ethnicities (Asian <i>vs.</i> Caucasian). 査読

    Izumi M, Suzumura T, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Yoshimoto N, Tani Y, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Kawaguchi T

    Journal of thoracic disease   12 ( 7 )   3776 - 3784   2020年07月( ISSN:2072-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.08.61

    PubMed

  • DisseminatedMycobacterium abscessussubsp.massilienseinfection in a Good's syndrome patient negative for human immunodeficiency virus and anti-interferon-gamma autoantibody: a case report 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Hajika Yuriko, Okamoto Kousuke, Myodo Yuka, Niki Makoto, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Yoshizawa Kazutaka, Namikawa Hiroki, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Moro Hiroshi, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Itoh Yoshiaki, Kakeya Hiroshi

    BMC INFECTIOUS DISEASES   20 ( 1 )   431   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12879-020-05136-x

    PubMed

  • 臨床診療のA型インフルエンザ患者に対するバロキサビルとノイラミニダーゼ阻害薬の有効性の比較(The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice) 査読

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Sakazaki Hiromi, Maruyama Naomi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Shintaku Haruo, Kawaguchi Tomoya

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    臨床診療のA型インフルエンザ患者において、バロキサビルとノイラミニダーゼ阻害薬(NAI)の有効性を比較した。2018〜2019年のインフルエンザシーズンに大阪府の50施設でバロキサビルまたはNAIが処方された患者900例を対象に郵送による質問票調査を行い、A型インフルエンザ患者295例のデータを解析した。バロキサビル投与患者は111例(男性50例、女性60例、性別不明1例、2〜72歳)、NAI投与患者は184例(男性73例、女性108例、性別不明3例、0〜91歳)であった。多変量調整後、2日以内の発熱緩和の関連因子は、バロキサビル治療、発症から治療開始までの期間≧2.5日であった。バロキサビル投与患者はNAI投与患者に比し、発熱緩和までの期間が有意に短縮した(1.94±0.09 vs.2.35±0.08日)。臨床診療のA型インフルエンザ患者において、バロキサビルはNAIよりも有効性が高いことが示された。

  • The impact of estrogen receptor status on EGFR/TP53/CTNNB1 axis in the evolution of non-small cell lung cancer. 査読

    Tani Yoko, Koh Yasuhiro, Tamiya Akihiro, Isa Shun-ichi, Kubo Akihito, Ando Masahiko, Saka Hideo, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 15 )   2020年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The impact of estrogen receptor status on EGFR/TP53/CTNNB1 axis in the evolution of non-small cell lung cancer. 査読

    Tani Yoko, Koh Yasuhiro, Tamiya Akihiro, Isa Shun-ichi, Kubo Akihito, Ando Masahiko, Saka Hideo, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 15 )   2020年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Detection of Rhizopus-specific antigen in human and murine serum and bronchoalveolar lavage. 査読

    Shibata W, Niki M, Sato K, Fujimoto H, Yamada K, Watanabe T, Miyazaki Y, Asai K, Obata Y, Tachibana T, Kawaguchi T, Kaneko Y, Kakeya H

    Medical mycology   2020年02月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mmy/myaa001

    PubMed

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia(和訳中) 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yukawa Satomi, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Nakamae Hirohisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   59 ( 2 )   193 - 198   2020年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Predictive impact of low-frequency pretreatment T790M mutation in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Hirata Kazuto, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya

    LUNG CANCER   139   80 - 88   2020年01月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2019.10.029

    PubMed

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yukawa Satomi, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Nakamae Hirohisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   59 ( 2 )   193 - 198   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Hemorrhagic pneumonia due to <i>Stenotrophomonas maltophilia</i> (SM) in severely immunocompromised patients has a very poor prognosis. However, the risk factors for hemorrhagic pneumonia are not clear. </p><p><b>Methods </b>This study assessed the predictive factors of hemorrhagic pneumonia caused by SM. The medical records of patients admitted to Osaka City University Hospital with SM bacteremia between January 2008 and December 2017 were retrospectively reviewed. </p><p><b>Patients </b>All patients who had positive blood cultures for SM were included in this study. They were categorized into two groups: the SM bacteremia with hemorrhagic pneumonia group and the SM bacteremia without hemorrhagic pneumonia group. The clinical background characteristics and treatments were compared between these groups. </p><p><b>Results </b>The 35 patients with SM bacteremia included 4 with hemorrhagic pneumonia and 31 without hemorrhagic pneumonia. Hematologic malignancy (p=0.03) and thrombocytopenia (p=0.04) as well as the prior use of quinolone within 30 days (p=0.04) were more frequent in the SM bacteremia patients with hemorrhagic pneumonia than in those without hemorrhagic pneumonia. The mortality of the SM bacteremia patients with hemorrhagic pneumonia was higher than that of those without hemorrhagic pneumonia group (p=0.02). </p><p><b>Conclusion </b>Patients with SM bacteremia who have hematologic malignancy, thrombocytopenia, and a history of using quinolone within the past 30 days should be treated with deliberation. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3358-19

    PubMed

    CiNii Article

  • The Comparison of the Efficacy of Baloxavir and Neuraminidase Inhibitors for Patients with Influenza A in Clinical Practice 査読

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Sakazaki Hiromi, Maruyama Naomi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Shintaku Haruo, Kawaguchi Tomoya

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   59 ( 12 )   1509 - 1513   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Baloxavir marboxil is a novel anti-influenza drug reported to have an early antiviral effect, although it also causes the appearance of variant viruses with a reduced susceptibility to baloxavir. In Japan, four neuraminidase inhibitors (NAIs) have been commonly used to treat patients with influenza. In clinical practice, the differences in the effects of baloxavir and NAIs have not been sufficiently examined. Our objective was to clarify the clinical differences in efficacy between baloxavir and NAIs. </p><p><b>Methods </b>A multicenter, observational study was conducted using postcard questionnaires during the 2018-19 influenza season. Patients who were prescribed anti-influenza drugs were provided postcard questionnaires asking about their background characteristics and their body temperatures. The factors associated with the early alleviation of the fever were analyzed, and the duration of the fever was compared between the baloxavir group and the NAI group. </p><p><b>Results </b>A total of 295 patients with influenza A, ranging in age from 0-91 years old, were enrolled in this study. A multivariate analysis showed that treatment with baloxavir and a duration from the onset to the start of treatment ≥2.5 days were factors contributing to the early alleviation of the fever from the start of treatment. The duration of the fever was significantly shorter in the baloxavir group than in the NAI group (p=0.002). </p><p><b>Conclusion </b>The present survey showed that baloxavir was significantly more effective than NAIs for treating patients with influenza A in clinical practice. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4117-19

    PubMed

    CiNii Article

  • Ninjin'yoeito Ameliorates Skeletal Muscle Complications in COPD Model Mice by Upregulating Peroxisome Proliferator-Activated Receptor gamma Coactivator-1 alpha Expression 査読

    Miyamoto Atsushi, Asai Kazuhisa, Kadotani Hideaki, Maruyama Naomi, Kubo Hiroaki, Okamoto Atsuko, Sato Kanako, Yamada Kazuhiro, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Kawaguchi Tomoya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE   15   3063 - 3077   2020年( ISSN:1178-2005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S280401

    PubMed

  • Astaxanthin Suppresses Cigarette Smoke-Induced Emphysema Through Nrf2 Activation in Mice 査読

    Kubo H., Asai K., Iwasaki K., Kawai T., Nishimura M., Maruyama N., Kadotani H., Miyamoto A., Okamoto A., Sato K., Yamada K., Ijiri N., Watanabe T., Hirata K., Kawaguchi T.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   201   2020年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Astaxanthin Suppresses Cigarette Smoke-Induced Emphysema through Nrf2 Activation in Mice 査読

    Kubo Hiroaki, Asai Kazuhisa, Kojima Kazuya, Sugitani Arata, Kyomoto Yohkoh, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    MARINE DRUGS   17 ( 12 )   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/md17120673

    PubMed

  • ISOFLAVONE AGLYCONES ATTENUATE CIGARETTE SMOKE-INDUCED EMPHYSEMA VIA SUPPRESSION OF NEUTROPHILIC INFLAMMATION IN A COPD MURINE MODEL 査読

    Kojima Kazuya, Asai Kazuhisa, Sugitani Arata, Kubo Hiroaki, Yamada Kazuhiro, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIROLOGY   24   161 - 161   2019年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LNCRNA NEAT1 REGULATES IL-6 AND IL-8 MRNA EXPRESSION IN LUNG EPITHELIAL CELLS STIMULATED BY CIGARETTE SMOKE 査読

    Ijiri Naoki, Asai Kazuhisa, Tohda Mitsunori, Nakai Toshiyuki, Sato Kanako, Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIROLOGY   24   161 - 161   2019年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LNCRNA NEAT1 REGULATES IL-6 AND IL-8 MRNA EXPRESSION IN LUNG EPITHELIAL CELLS STIMULATED BY CIGARETTE SMOKE 査読

    Ijiri Naoki, Asai Kazuhisa, Tohda Mitsunori, Nakai Toshiyuki, Sato Kanako, Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIROLOGY   24   161 - 161   2019年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of tumor microenvironment on the efficacy of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors in patients with EGFR-mutant non-small cell lung cancer 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya

    CANCER SCIENCE   110 ( 10 )   3244 - 3254   2019年10月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14156

    PubMed

  • Impact of tumor microenvironment on the efficacy of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors in patients with EGFR-mutant non-small cell lung cancer(和訳中) 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Cancer Science   110 ( 10 )   3244 - 3254   2019年10月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase I/II study of intermitted erlotinib in combination with docetaxel in patients with recurrent non-small cell lung cancer (WJOG4708L)(和訳中) 査読

    Kimura Tatsuo, Kawaguchi Tomoya, Chiba Yasutaka, Yoshioka Hiroshige, Watanabe Katsuya, Kijima Takashi, Kogure Yoshihito, Oguri Tetsuya, Yoshimura Naruo, Niwa Takashi, Kasai Takashi, Hayashi Hidetoshi, Ono Akira, Asai Kazuhisa, Tanaka Hiroshi, Yano Seiji, Yamamoto Nobuyuki, Nakanishi Yoichi, Nakagawa Kazuhiko

    Oxford University Press Japanese Journal of Clinical Oncology   49 ( 10 )   947 - 955   2019年10月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Polymorphism rs6726395 in Nrf2 Contributes to the Development of Emphysema-Associated Age in Smokers Without COPD 査読

    Sugitani A., Asai K., Watanabe T., Suzumura T., Kojima K., Kubo H., Sato K., Ijiri N., Yamada K., Kimura T., Fukumoto S., Hirata K., Kawaguchi T.

    LUNG   197 ( 5 )   559 - 564   2019年10月( ISSN:0341-2040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00408-019-00251-2

  • Irisin secreted from muscle by exercise ameliorates emphysema of cigarette smoke-induced COPD in mice 査読

    Kubo Hiroaki, Asai Kazuhisa, Miyamoto Atsushi, Kadotani Hideaki, Maruyama Naomi, Kojima Kazuya, Sugitani Arata, Kyomoto Yohkoh, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Kawaguchi Tomoya, Hirata Kazuto

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   54   2019年09月( ISSN:0903-1936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1183/13993003.congress-2019.PA4048

  • Isoflavone Aglycones Attenuate Cigarette Smoke-Induced Emphysema via Suppression of Neutrophilic Inflammation in a COPD Murine Model 査読

    Kojima Kazuya, Asai Kazuhisa, Kubo Hiroaki, Sugitani Arata, Kyomoto Yohkoh, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    NUTRIENTS   11 ( 9 )   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu11092023

    PubMed

  • 在日中国人に発症したウエステルマン肺吸虫症の1例 査読

    松井 秀記, 武田 倫子, 浅井 一久

    (一社)日本呼吸器学会 日本呼吸器学会誌   8 ( 5 )   327 - 331   2019年09月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    26歳中国籍の男性。2ヵ月前より続く咳嗽と血痰を主訴に来院。2年前に右気胸の既往があった。来院時、胸部CTにて空洞を伴う多発肺結節影を認め肺結核を疑ったが、気管支洗浄液からウエステルマン肺吸虫の虫卵を認め診断に至った。問診で気胸発症以前にサワガニの生食歴が確認された。プラジカンテル(praziquantel)内服後、症状および画像所見の改善を認めた。今後も在日外国人が増加するなかで、食習慣の違いにより生じる感染症にも留意することが重要である。(著者抄録)

  • Handgrip strength measurement in patients with chronic obstructive pulmonary disease: Possible predictor of exercise capacity 査読

    Kyomoto Yohkoh, Asai Kazuhisa, Yamada Kazuhiro, Okamoto Atsuko, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIRATORY INVESTIGATION   57 ( 5 )   499 - 505   2019年09月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2019.03.014

    PubMed

  • Handgrip strength measurement in patients with chronic obstructive pulmonary disease: Possible predictor of exercise capacity(和訳中) 査読

    Kyomoto Yohkoh, Asai Kazuhisa, Yamada Kazuhiro, Okamoto Atsuko, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    エルゼビア・ジャパン(株) Respiratory Investigation   57 ( 5 )   499 - 505   2019年09月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between low-frequency pretreatment EGFR T790M mutation and tumor immune microenvironment in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Kawaguchi Tomoya, Koh Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-4906

  • Phase I/II study of intermitted erlotinib in combination with docetaxel in patients with recurrent non-small cell lung cancer (WJOG4708L). 査読

    Kimura T, Kawaguchi T, Chiba Y, Yoshioka H, Watanabe K, Kijima T, Kogure Y, Oguri T, Yoshimura N, Niwa T, Kasai T, Hayashi H, Ono A, Asai K, Tanaka H, Yano S, Yamamoto N, Nakanishi Y, Nakagawa K

    Japanese journal of clinical oncology   2019年06月( ISSN:0368-2811

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jjco/hyz088

    PubMed

  • Serum Myostatin Level in COPD Patients with and without Sarcopenia: Application for Biomarker of Sarcopenia Diagnosis(和訳中) 査読

    Yoshida Shinya, Asai Kazuhisa, Ijiri Naoki, Kyomoto Yohkoh, Kawamoto Tamaki, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Kawaguchi Tomoya

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   65 ( 1 )   1 - 8   2019年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Decreased Level of Phosphatase and Tensin Homolog Deleted from Chromosome 10(PTEN), a Negative Regulator of Phosphoinositide 3-kinase(PI3K)/Serine-threonine Protein Kinase(Akt) Pathway, is Related to Chronic Obstructive Pulmonary Disease(和訳中) 査読

    Kawamoto Tamaki, Asai Kazuhisa, Yamada Kazuhiro, Yoshida Shinya, Okamoto Atsuko, Sato Kanako, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Kawaguchi Tomoya

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   65 ( 1 )   9 - 17   2019年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 増刊号 検査項目と異常値からみた-緊急・重要疾患レッドページ 10章 膠原病・免疫疾患 ANCA関連血管炎

    山田 一宏, 浅井 一久, 平田 一人

    臨床検査   63 ( 4 )   538 - 539   2019年04月( ISSN:04851420

     詳細を見る

  • Efficacy and safety of ultrasound (US) guided percutaneous needle biopsy for peripheral lung or pleural lesion: comparison with computed tomography (CT) guided needle biopsy 査読

    Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Yamada Kazuhiro, Nakai Toshiyuki, Suzumura Tomohiro, Sakagami Kazuki, Yoshimoto Naoki, Sato Kanako, Tanaka Hidenori, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    JOURNAL OF THORACIC DISEASE   11 ( 3 )   936 - 943   2019年03月( ISSN:2072-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.01.88

    PubMed

  • 特集 緊急受診してくる呼吸器疾患-「息が苦しい」という患者が来院したとき,どのように対応できますか? 疾患の増悪による緊急受診 COPDの急性増悪

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    内科   123 ( 1 )   91 - 94   2019年01月( ISSN:00221961

  • Possible role of airway microvascular permeability on airway obstruction in patients with chronic obstructive pulmonary disease 査読

    Kyomoto Yohkoh, Kanazawa Hiroshi, Tochino Yoshihiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kaziuhisa, Kawaguchi Tomoya

    RESPIRATORY MEDICINE   146   137 - 141   2019年01月( ISSN:0954-6111

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmed.2018.12.007

  • Nrf2 Polymorphisms Contributes to Emphysema in Healthy Smokers 査読

    Sugitani A., Asai K., Miyamoto A., Kojima K., Kubo H., Kyoumoto Y., Kawamoto T., Yoshida S., Okamoto A., Satou K., Yamada K., Ijiri N., Watanabe T., Tochino Y., Kanazawa H., Kimura T., Fukumoto S., Hirata K., Kawaguchi T.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   199   2019年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Exercise Ameliorates Emphysema Of Cigarette Smoke-Induced COPD In Mice Through The Exercise-Irisin-Nrf2 Axis 査読

    Kubo Hiroaki, Asai Kazuhisa, Kojima Kazuya, Sugitani Arata, Kyomoto Yohkoh, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE   14   2507 - 2516   2019年( ISSN:1178-2005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S226623

    PubMed

  • DECREASED LEVELS OF PTEN, A NEGATIVE REGULATOR OF PHOSPHOINOSITIDE 3-KINASE (PI3K)/AKT PATHWAY, ARE CORRELATED WITH OBSTRUCTIVE IMPAIRMENT OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE 査読

    Kawamoto Tamaki, Yamada Kazuhiro, Asai Kazuhisa, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Yamamoto Norio, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIROLOGY   23   11 - 12   2018年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DECREASED LEVELS OF PTEN, A NEGATIVE REGULATOR OF PHOSPHOINOSITIDE 3-KINASE (PI3K)/AKT PATHWAY, ARE CORRELATED WITH OBSTRUCTIVE IMPAIRMENT OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE 査読

    Kawamoto Tamaki, Yamada Kazuhiro, Asai Kazuhisa, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Yamamoto Norio, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIROLOGY   23   11 - 12   2018年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Predictive impact of low-frequency pretreatment T790M mutation in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Oyanagi Jun, Fukui Mitsuru, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Kawaguchi Tomoya, Hirata Kazuto, Koh Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-2613

  • Correlation between disease activity and serum ferritin in clinically amyopathic dermatomyositis with rapidly-progressive interstitial lung disease: a case report. 査読

    Yamada K, Asai K, Okamoto A, Watanabe T, Kanazawa H, Ohata M, Ohsawa M, Hirata K

    BMC research notes   11 ( 1 )   34   2018年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-018-3146-7

    PubMed

  • 特集 気管支喘息・COPD診療に強くなる 気管支喘息・COPDの非薬物治療 COPDと日常活動性

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    medicina   55 ( 1 )   126 - 129   2018年01月( ISSN:00257699

     詳細を見る

  • Relationship Between Peripheral Blood Myostatin Levels and Sarcopenia In COPD Patients 査読

    Yoshida S., Asai K., Sugitani A., Kojima K., Kubo H., Kyomoto Y., Kawamoto T., Maruyama N., Ijiri N., Yamada K., Watanabe T., Tochino Y., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   197   2018年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationship Between Peripheral Blood Myostatin Levels and Sarcopenia In COPD Patients 査読

    Yoshida S., Asai K., Sugitani A., Kojima K., Kubo H., Kyomoto Y., Kawamoto T., Maruyama N., Ijiri N., Yamada K., Watanabe T., Tochino Y., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   197   2018年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Identification of a Novel Rhizopus-specific Antigen by Screening with a Signal Sequence Trap and Evaluation as a Possible Diagnostic Marker of Mucormycosis 査読

    Sato Kanako, Oinuma Ken-Ichi, Niki Mamiko, Yamagoe Satoshi, Miyazaki Yoshitsugu, Asai Kazuhisa, Yamada Koichi, Hirata Kazuto, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    MEDICAL MYCOLOGY   55 ( 7 )   713 - 719   2017年10月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mmy/myw146

    PubMed

  • PIK3CA mutation as a distinctive genetic feature of non-small cell lung cancer with chronic obstructive pulmonary disease: A comprehensive mutational analysis from a multi-institutional cohort 査読

    Sawa Kenji, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya, Kambayashi Satoshi, Asai Kazuhisa, Mitsuoka Shigeki, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Yoshimoto Naoki, Kubo Akihito, Saka Hideo, Matsumura Akihide, Wanibuchi Hideki, Yamamoto Nobuyuki, Nishiyama Noritoshi, Hirata Kazuto

    LUNG CANCER   112   96 - 101   2017年10月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2017.07.039

    PubMed

  • 上皮成長因子受容体(EGFR)T790M陽性非小細胞肺癌に対するオシメルチニブによって生じた間質性肺疾患(Interstitial Lung Disease Induced by Osimertinib for Epidermal Growth Factor Receptor(EGFR) T790M-positive Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Matsumoto Yoshiya, Kawaguchi Tomoya, Yamamoto Norio, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kuwae Yuko, Hirata Kazuto

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 17 )   2325 - 2328   2017年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は75歳男性で、喫煙歴はなかったが、脳転移を伴うステージIV肺腺癌と診断された。遺伝子検査でエクソン21のEGFR L858R変異が明らかになったため、ファーストライン治療としてエルロチニブ投与を行ったところ部分寛解が得られた。7ヵ月後のCTで肺原発腫瘍の再増殖が認められ、生検でエクソン21のEGFR L858R変異とエクソン20のT790M変異が明らかになったため、セカンドライン治療としてオシメルチニブ投与を開始した。その5週間後、全身疲労と呼吸困難が出現し、胸部CTで両肺野にび漫性のスリガラス陰影とコンソリデーションが明らかになった。気管支肺胞洗浄液の分析では著明なリンパ球増加が認められ、経気管支肺生検で線維化と著明なリンパ球浸潤を伴う肥厚した間質が明らかになった。これらの所見からオシメルチニブによって生じた間質性肺疾患と診断した。メチルプレドニゾロンパルス療法後にプレドニゾロン投与を行い、入院38日目に退院となった。

  • 上皮成長因子受容体(EGFR)T790M陽性非小細胞肺癌に対するオシメルチニブによって生じた間質性肺疾患(Interstitial Lung Disease Induced by Osimertinib for Epidermal Growth Factor Receptor(EGFR) T790M-positive Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Matsumoto Yoshiya, Kawaguchi Tomoya, Yamamoto Norio, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kuwae Yuko, Hirata Kazuto

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 17 )   2325 - 2328   2017年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は75歳男性で、喫煙歴はなかったが、脳転移を伴うステージIV肺腺癌と診断された。遺伝子検査でエクソン21のEGFR L858R変異が明らかになったため、ファーストライン治療としてエルロチニブ投与を行ったところ部分寛解が得られた。7ヵ月後のCTで肺原発腫瘍の再増殖が認められ、生検でエクソン21のEGFR L858R変異とエクソン20のT790M変異が明らかになったため、セカンドライン治療としてオシメルチニブ投与を開始した。その5週間後、全身疲労と呼吸困難が出現し、胸部CTで両肺野にび漫性のスリガラス陰影とコンソリデーションが明らかになった。気管支肺胞洗浄液の分析では著明なリンパ球増加が認められ、経気管支肺生検で線維化と著明なリンパ球浸潤を伴う肥厚した間質が明らかになった。これらの所見からオシメルチニブによって生じた間質性肺疾患と診断した。メチルプレドニゾロンパルス療法後にプレドニゾロン投与を行い、入院38日目に退院となった。

  • Asthma-COPD overlap syndrome-Coexistence of chronic obstructive pulmonary disease and asthma in elderly patients and parameters for their differentiation. 査読

    Tochino Y, Asai K, Shuto T, Hirata K

    Journal of general and family medicine   18 ( 1 )   5 - 11   2017年03月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgf2.2

    PubMed

  • Atrial natriuretic peptide protects against bleomycin-induced pulmonary fibrosis via vascular endothelial cells in mice ANP for pulmonary fibrosis 査読

    Okamoto Atsuko, Nojiri Takashi, Konishi Kazuhisa, Tokudome Takeshi, Miura Koichi, Hosoda Hiroshi, Hino Jun, Miyazato Mikiya, Kyomoto Yohkoh, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto, Kangawa Kenji

    RESPIRATORY RESEARCH   18 ( 1 )   1   2017年01月( ISSN:1465-993X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12931-016-0492-7

    PubMed

  • Decreased levels of irisin, a skeletal muscle cell-derived myokine, are related to emphysema associated with chronic obstructive pulmonary disease 査読

    Sugiyama Yukari, Asai Kazuhisa, Yamada Kazuhiro, Kureya Yuko, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE   12   765 - 772   2017年( ISSN:1178-2005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S126233

    PubMed

  • Interstitial Lung Disease Induced by Osimertinib for Epidermal Growth Factor Receptor (EGFR) T790M-positive Non-small Cell Lung Cancer 査読

    Matsumoto Yoshiya, Kawaguchi Tomoya, Yamamoto Norio, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kuwae Yuko, Hirata Kazuto

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 17 )   2325 - 2328   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>A 75-year-old man with stage IV lung adenocarcinoma was treated with osimertinib due to disease progression despite having been administered erlotinib. Both an epidermal growth factor receptor (EGFR) L858R mutation on exon 21 and a T790M mutation on exon 20 were detected in a specimen from a recurrent primary tumor. Five weeks after osimertinib initiation, he developed general fatigue and dyspnea. Chest computed tomography scan revealed diffuse ground glass opacities and consolidation on both lungs. An analysis of the bronchoalveolar lavage fluid revealed marked lymphocytosis, and a transbronchial lung biopsy specimen showed a thickened interstitium with fibrosis and prominent lymphocytic infiltration. We diagnosed the patient to have interstitial lung disease induced by osimertinib. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8467-16

    PubMed

    CiNii Article

  • 肺胞上皮モデルとして用いたA549細胞においてHMGB1により誘導されるマイクロRNAのmiR-30cの発現増加(Up-regulation of the MicroRNA miR-30c Induced by High Mobility Group Box 1 in A549 Cells Used as an Alveolar Epithelial Model) 査読

    Nagayasu Fumihiro, Konishi Kazuhisa, Ijiri Naoki, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Kamoi Hiroshi, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   62 ( 2 )   121 - 131   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 喫煙経験のない非小細胞肺がん患者における受動喫煙とエストロゲン受容体の発現に関する分子疫学研究(Molecular Epidemiological Study on Passive Smoking and Estrogen Receptor Expression in Never-smokers with Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Yoshimoto Naoki, Kawaguchi Tomoya, Isa Shun-ichi, Shimizu Shigeki, Tamiya Akihiro, Asai Kazuhisa, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   62 ( 2 )   77 - 84   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 肺胞上皮モデルとして用いたA549細胞においてHMGB1により誘導されるマイクロRNAのmiR-30cの発現増加(Up-regulation of the MicroRNA miR-30c Induced by High Mobility Group Box 1 in A549 Cells Used as an Alveolar Epithelial Model) 査読

    Nagayasu Fumihiro, Konishi Kazuhisa, Ijiri Naoki, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Kamoi Hiroshi, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   62 ( 2 )   121 - 131   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 喫煙経験のない非小細胞肺がん患者における受動喫煙とエストロゲン受容体の発現に関する分子疫学研究(Molecular Epidemiological Study on Passive Smoking and Estrogen Receptor Expression in Never-smokers with Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Yoshimoto Naoki, Kawaguchi Tomoya, Isa Shun-ichi, Shimizu Shigeki, Tamiya Akihiro, Asai Kazuhisa, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   62 ( 2 )   77 - 84   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Up-regulation of the MicroRNA miR-30c Induced by High Mobility Group Box 1 in A549 Cells Used as an Alveolar Epithelial Model. 査読

    Nagayasu F, Konishi K, Ijiri N, Asai K, Tochino Y, Kamoi H, Kanazawa H, Hirata K

    Osaka city medical journal   62 ( 2 )   121 - 131   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Molecular Epidemiological Study on Passive Smoking and Estrogen Receptor Expression in Never-smokers with Non-small Cell Lung Cancer. 査読

    Naoki Y, Kawaguchi T, Isa SI, Shimizu S, Tamiya A, Asai K, Kudoh S, Hirata K

    Osaka city medical journal   62 ( 2 )   77 - 84   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Comparison of the Clinical Courses of Patients with Influenza after Neuraminidase Inhibitors Treatment: A Postcard Survey of the 2013-2014 Influenza Season in Osaka. 査読

    Yoshi N, Tocino Y, Fujioka M, Kureya Y, Asai K, Kimura T, Shinataku H, Hirata K

    Osaka city medical journal   62 ( 2 )   29 - 38   2016年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 日本人COPD患者におけるインダカテロール/グリコピロニウムの有効性と安全性 SHINEとARISEの統合解析(Efficacy and safety of indacaterol/glycopyrronium in Japanese patients with COPD: Pooled analysis of SHINE and ARISE) 査読

    Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto, Hashimoto Shu, Fukuchi Yoshinosuke, Kitawaki Tetsuji, Ikeda Kimitoshi, Fogel Robert, Banerji Donald

    エルゼビア・ジャパン(株) Respiratory Investigation   54 ( 6 )   428 - 435   2016年11月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    中等度から重度の慢性閉塞性肺疾患の40歳以上日本人患者を対象に、インダカテロール/グリコピロニウム(IND/GLY)投与の有効性と安全性を評価した。12週および24/26週の投与前一秒量と1日、12週、24/26週の投与後30、60分の一秒量を基にして、IND/GLYとチオトロピウムの有効性を比較した。治療12週および24/26週後のSt.George's Respiratory Questionnaire(SGRQ)総スコア、救急薬使用を用いて健康状態を評価して、IND/GLYとチオトロピウムの安全性と忍容性を評価した。IND/GLY161例(男性96.9%、平均69.7±6.85歳)、IND41例、GLY40例、チオトロピウム79例(男性93.7%、平均68.6±8.16歳)、プラセボ19例を対象とした。12、24/26週では投与前一秒量はチオトロピウム群と比較してIND/GLY群で有意に改善した。投与後30、60分後の一秒量、SGRQ総スコア、救急薬使用は全時点に対してチオトロピウム群よりもIND/GLY群で有意に改善した。有害事象および重度有害事象の全発生率はIND/GLY群とチオトロピウム群で同様であった。

  • 日本人COPD患者におけるインダカテロール/グリコピロニウムの有効性と安全性 SHINEとARISEの統合解析(Efficacy and safety of indacaterol/glycopyrronium in Japanese patients with COPD: Pooled analysis of SHINE and ARISE) 査読

    Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto, Hashimoto Shu, Fukuchi Yoshinosuke, Kitawaki Tetsuji, Ikeda Kimitoshi, Fogel Robert, Banerji Donald

    エルゼビア・ジャパン(株) Respiratory Investigation   54 ( 6 )   428 - 435   2016年11月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    中等度から重度の慢性閉塞性肺疾患の40歳以上日本人患者を対象に、インダカテロール/グリコピロニウム(IND/GLY)投与の有効性と安全性を評価した。12週および24/26週の投与前一秒量と1日、12週、24/26週の投与後30、60分の一秒量を基にして、IND/GLYとチオトロピウムの有効性を比較した。治療12週および24/26週後のSt.George's Respiratory Questionnaire(SGRQ)総スコア、救急薬使用を用いて健康状態を評価して、IND/GLYとチオトロピウムの安全性と忍容性を評価した。IND/GLY161例(男性96.9%、平均69.7±6.85歳)、IND41例、GLY40例、チオトロピウム79例(男性93.7%、平均68.6±8.16歳)、プラセボ19例を対象とした。12、24/26週では投与前一秒量はチオトロピウム群と比較してIND/GLY群で有意に改善した。投与後30、60分後の一秒量、SGRQ総スコア、救急薬使用は全時点に対してチオトロピウム群よりもIND/GLY群で有意に改善した。有害事象および重度有害事象の全発生率はIND/GLY群とチオトロピウム群で同様であった。

  • Efficacy and safety of indacaterol/glycopyrronium in Japanese patients with COPD: Pooled analysis of SHINE and ARISE 査読

    Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto, Hashimoto Shu, Fukuchi Yoshinosuke, Kitawaki Tetsuji, Ikeda Kimitoshi, Fogele Robert, Banerji Donald

    RESPIRATORY INVESTIGATION   54 ( 6 )   428 - 435   2016年11月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2016.06.006

    PubMed

  • 日本人患者から単離した内因性のコリスチン耐性アシネトバクター菌株(An Intrinsic Strain of Colistin-resistant Acinetobacter Isolated from a Japanese Patient) 査読

    Takizawa Etsuko, Yamada Koichi, Oinuma Ken-ichi, Sato Kanako, Niki Mamiko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 16 )   2301 - 2306   2016年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は65歳男性で、てんかんと白内障の既往があった。韓国への旅行歴はなかったが、3年前から大阪にある韓国人向けの店で働いていた。2ヵ月前から食物および液体の摂取が困難になり、頸部の腫瘍により気道が狭くなっていたため当院に紹介となった。生検で下咽頭癌と診断し、化学放射線療法を計画していたが、18病日目に発熱と悪寒がみられた。敗血症性ショックと播種性血管内凝固症候群のためメロペネム投与を開始し、さらにノルアドレナリンとγ-グロブリンを投与した。抗菌薬感受性試験で非定型的な抗菌薬感受性パターンを示し、コリスチン耐性であったが多剤耐性ではなかった。単離株がカルバペネム感受性であり、造影CTで細菌の明らかな進入路はみられなかったため、引き続きメロペネム投与を継続した。その結果、発熱と菌血症に伴う臨床症状は沈静化した。rpoB遺伝子の配列解析により、本細菌は以前に韓国のみで報告されているAcinetobacterゲノム種13BJ/14TUであるこ

  • 日本人患者から単離した内因性のコリスチン耐性アシネトバクター菌株(An Intrinsic Strain of Colistin-resistant Acinetobacter Isolated from a Japanese Patient) 査読

    Takizawa Etsuko, Yamada Koichi, Oinuma Ken-ichi, Sato Kanako, Niki Mamiko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 16 )   2301 - 2306   2016年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は65歳男性で、てんかんと白内障の既往があった。韓国への旅行歴はなかったが、3年前から大阪にある韓国人向けの店で働いていた。2ヵ月前から食物および液体の摂取が困難になり、頸部の腫瘍により気道が狭くなっていたため当院に紹介となった。生検で下咽頭癌と診断し、化学放射線療法を計画していたが、18病日目に発熱と悪寒がみられた。敗血症性ショックと播種性血管内凝固症候群のためメロペネム投与を開始し、さらにノルアドレナリンとγ-グロブリンを投与した。抗菌薬感受性試験で非定型的な抗菌薬感受性パターンを示し、コリスチン耐性であったが多剤耐性ではなかった。単離株がカルバペネム感受性であり、造影CTで細菌の明らかな進入路はみられなかったため、引き続きメロペネム投与を継続した。その結果、発熱と菌血症に伴う臨床症状は沈静化した。rpoB遺伝子の配列解析により、本細菌は以前に韓国のみで報告されているAcinetobacterゲノム種13BJ/14TUであることが分かった。

  • Down-Regulation of Soluble alpha-Klotho is Associated with Reduction in Serum Irisin Levels in Chronic Obstructive Pulmonary Disease 査読

    Kureya Yuko, Kanazawa Hiroshi, Ijiri Naoki, Tochino Yoshihiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    LUNG   194 ( 3 )   345 - 351   2016年06月( ISSN:0341-2040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00408-016-9870-7

    PubMed

  • ノイラミニダーゼ阻害薬治療後のインフルエンザ患者の臨床経過の比較 大阪における2013年から2014年のインフルエンザシーズンに関する郵便はがき調査(Comparison of the Clinical Courses of Patients with Influenza after Neuraminidase Inhibitors Treatment: A Postcard Survey of the 2013-2014 Influenza Season in Osaka) 査読

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Kureya Yuko, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Shintaku Haruo, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   62 ( 1 )   29 - 38   2016年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ノイラミニダーゼ阻害薬治療後のインフルエンザ患者の臨床経過の比較 大阪における2013年から2014年のインフルエンザシーズンに関する郵便はがき調査(Comparison of the Clinical Courses of Patients with Influenza after Neuraminidase Inhibitors Treatment: A Postcard Survey of the 2013-2014 Influenza Season in Osaka) 査読

    Yoshii Naoko, Tochino Yoshihiro, Fujioka Masashi, Kureya Yuko, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Shintaku Haruo, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   62 ( 1 )   29 - 38   2016年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impaired nuclear factor erythroid 2-related factor 2 expression increases apoptosis of airway epithelial cells in patients with chronic obstructive pulmonary disease due to cigarette smoking 査読

    Yamada Kazuhiro, Asai Kazuhisa, Nagayasu Fumihiro, Sato Kanako, Ijiri Naoki, Yoshii Naoko, Imahashi Yumiko, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    BMC PULMONARY MEDICINE   16   27   2016年02月( ISSN:1471-2466

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12890-016-0189-1

    PubMed

  • Impaired nuclear factor erythroid 2-related factor 2 expression increases apoptosis of airway epithelial cells in patients with chronic obstructive pulmonary disease due to cigarette smoking.

    Yamada K, Nagayasu F, Sato K, Ijiri N, Yoshii N, Imahashi Y, Watanabe T, Tochino Y, Kanazawa H, Hirata K.

    BMC Pulm Med.   16 ( 1 )   27   2016年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors in previously treated advanced non-small-cell lung cancer with wild-type EGFR 査読

    Mitsuoka Shigeki, Kawaguchi Tomoya, Kubo Akihito, Isa Shun-ichi, Asai Kazuhisa, Uji Masato, Watanabe Tetsuya, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Nakai Toshiyuki, Suzumura Tomohiro, Tanaka Hidenori, Matsuura Kuniomi, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    EXPERT OPINION ON PHARMACOTHERAPY   17 ( 2 )   193 - 203   2016年01月( ISSN:1465-6566

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1517/14656566.2016.1109635

    PubMed

  • An Intrinsic Strain of Colistin-resistant Acinetobacter Isolated from a Japanese Patient 査読

    Takizawa Etsuko, Yamada Koichi, Oinuma Ken-ichi, Sato Kanako, Niki Mamiko, Namikawa Hiroki, Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kakeya Hiroshi

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   55 ( 16 )   2301 - 2306   2016年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>We herein report the first domestic case of bacteremia caused by an intrinsic strain of colistin-resistant <i>Acinetobacter</i>. The <i>Acinetobacter</i> species was detected in the hemocultures in a febrile patient. The patient was a 65-year-old-man who was admitted to our hospital for laparotomic gastrostomy. The patient's antimicrobial susceptibility patterns were atypical; they were colistin resistant but not multiple drug resistant. A sequence analysis of <i>rpoB</i> identified the bacterium as an <i>Acinetobacter</i> genomic species 13BJ/14TU, which had only been previously reported in South Korea. He had never traveled to South Korea but frequently had contact with the South Korean community. We therefore demonstrated that infection with this species could occur in domestic cases. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.6807

    PubMed

    CiNii Article

  • 非小細胞肺がんにおいてコンピュータ断層撮影支援により穿刺生検した検体の巨視的な様相は腫瘍の転移と相関している(The Macroscopic Appearance of Computed Tomography-guided Needle Biopsy Specimens Correlates with Tumor Metastasis in Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Nakai Toshiyuki, Kimura Tatsuo, Suzumura Tomohiro, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Yamamoto Norio, Matsuura Kuniomi, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Yoshimura Naruo, Kawaguchi Tomoya, Kudoh Shinzoh, Matsuoka Toshiyuki, Ohsawa Masahiko, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 2 )   105 - 112   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The Macroscopic Appearance of Computed Tomography-guided Needle Biopsy Specimens Correlates with Tumor Metastasis in Non-small Cell Lung Cancer. 査読

    Toshiyuki N, Kimura T, Suzumura T, Yoshimoto N, Oka T, Yamamoto N, Matsuura K, Mitsuoka S, Asai K, Tochino Y, Yoshimura N, Kawaguchi T, Kudoh S, Matsuoka T, Ohsawa M, Hirata K

    Osaka city medical journal   61 ( 2 )   105 - 12   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 非小細胞肺がんにおいてコンピュータ断層撮影支援により穿刺生検した検体の巨視的な様相は腫瘍の転移と相関している(The Macroscopic Appearance of Computed Tomography-guided Needle Biopsy Specimens Correlates with Tumor Metastasis in Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Nakai Toshiyuki, Kimura Tatsuo, Suzumura Tomohiro, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Yamamoto Norio, Matsuura Kuniomi, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Yoshimura Naruo, Kawaguchi Tomoya, Kudoh Shinzoh, Matsuoka Toshiyuki, Ohsawa Masahiko, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 2 )   105 - 112   2015年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PMX-DHPが著効したステロイド抵抗性の薬剤性肺障害の3症例 査読

    玉垣 学也, 鴨井 博, 泉 源浩, 篠木 聖徳, 木下 有加, 呉家 祐子, 晋山 真実, 吉本 直樹, 岡本 敦子, 中井 俊之, 佐藤 佳奈子, 井尻 尚樹, 山田 一宏, 山本 典雄, 長安 書博, 小西 一央, 宇治 正人, 渡辺 徹也, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 藤井 達夫, 金澤 博, 平田 一人

    (株)自然科学社 エンドトキシン血症救命治療研究会誌   19 ( 1 )   67 - 75   2015年10月( ISSN:1348-821X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ステロイドへの反応が十分でない薬剤性肺障害の確定例または疑い例にPMX-DHPが著効した症例3例(76歳男、70歳女、70歳男)を経験したので、文献的考察を加えて報告した。ステロイドへの反応が十分でなかった原因として、Diffuse alveolar damage(DAD)や肺胞出血などステロイド不応性の病態を呈していた可能性が考えられた。細胞障害性機序の薬剤性肺障害でDADを呈している場合にはステロイド抵抗性のことが多く、その理由として、DADは好中球を主体とする炎症および線維化の経過をたどるが、ステロイドでは好中球性炎症を十分に抑制できないことが挙げられた。この点に注目してPMX-DHPの作用機序を考察すると、活性化好中球や単球を吸着することで、肺障害の原因となるサイトカインを間接的に抑制したことが推測された。

  • PMX-DHPが著効したステロイド抵抗性の薬剤性肺障害の3症例 査読

    玉垣 学也, 鴨井 博, 泉 源浩, 篠木 聖徳, 木下 有加, 呉家 祐子, 晋山 真実, 吉本 直樹, 岡本 敦子, 中井 俊之, 佐藤 佳奈子, 井尻 尚樹, 山田 一宏, 山本 典雄, 長安 書博, 小西 一央, 宇治 正人, 渡辺 徹也, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 藤井 達夫, 金澤 博, 平田 一人

    (株)自然科学社 エンドトキシン血症救命治療研究会誌   19 ( 1 )   67 - 75   2015年10月( ISSN:1348-821X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ステロイドへの反応が十分でない薬剤性肺障害の確定例または疑い例にPMX-DHPが著効した症例3例(76歳男、70歳女、70歳男)を経験したので、文献的考察を加えて報告した。ステロイドへの反応が十分でなかった原因として、Diffuse alveolar damage(DAD)や肺胞出血などステロイド不応性の病態を呈していた可能性が考えられた。細胞障害性機序の薬剤性肺障害でDADを呈している場合にはステロイド抵抗性のことが多く、その理由として、DADは好中球を主体とする炎症および線維化の経過をたどるが、ステロイドでは好中球性炎症を十分に抑制できないことが挙げられた。この点に注目してPMX-DHPの作用機序を考察すると、活性化好中球や単球を吸着することで、肺障害の原因となるサイトカインを間接的に抑制したことが推測された。

  • Phase II study of a combination regimen of gefitinib and pemetrexed as first-line treatment in patients with advanced non-small cell lung cancer harboring a sensitive EGFR mutation 査読

    Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Mitsuoka Shigeki, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Nakai Toshiyuki, Suzumira Tomohiro, Matusura Kuniomi, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Kawaguchi Tomoya, Hirata Kazuto

    LUNG CANCER   90 ( 1 )   65 - 70   2015年10月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2015.06.002

    PubMed

  • 特集 外来で出会う呼吸器common疾患 呼吸器系のcommon疾患 COPD-診断と外来でのマネジメント

    平田 一人, 浅井 一久

    medicina   52 ( 9 )   1542 - 1545   2015年08月( ISSN:00257699

     詳細を見る

  • Primary Pleural Synovial Sarcoma Treated with Pazopanib.

    Sugitani A, Kojima K, Eguchi Y, Kawaguchi T, Ohsawa M, Hirata K.

    Intern Med.   54 ( 16 )   2051   2015年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • パゾパニブを投与した胸膜原発滑膜肉腫(Primary Pleural Synovial Sarcoma Treated with Pazopanib) 査読

    Sugitani Arata, Asai Kazuhisa, Kojima Kazuya, Eguchi Yosuke, Kawaguchi Tomoya, Ohsawa Masahiko, Hirata Kazuto

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   54 ( 16 )   2051 - 2055   2015年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は42歳女性で、胸痛と息切れのため当院外来を受診した。初回の胸部CTで右肺基底部に2×2cmの結節を認めた。気管支鏡検査では悪性所見はみられなかったが、14日後に呼吸困難が出現し、救急部に来院した。CTで肥大した腫瘍と右胸水を認めた。右腋窩第4肋間からのビデオ補助下胸腔鏡手術で右下葉に巨大な腫瘤と、血清胸水、胸膜播種性転移が明らかになった。胸膜播種性転移部から採取した生検標本の病理学的検査と免疫染色の結果、胸膜滑膜肉腫と診断した。PETで骨盤への全身性転移が検出されたため、ファーストライン療法としてドキソルビシン+イホスファミドを投与したところ、腫瘍は一時的に縮小したがその後増大した。そこで、セカンドライン療法としてパゾパニブを投与したが、発症から8ヵ月後に死亡した。

  • パゾパニブを投与した胸膜原発滑膜肉腫(Primary Pleural Synovial Sarcoma Treated with Pazopanib) 査読

    Sugitani Arata, Asai Kazuhisa, Kojima Kazuya, Eguchi Yosuke, Kawaguchi Tomoya, Ohsawa Masahiko, Hirata Kazuto

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   54 ( 16 )   2051 - 2055   2015年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は42歳女性で、胸痛と息切れのため当院外来を受診した。初回の胸部CTで右肺基底部に2×2cmの結節を認めた。気管支鏡検査では悪性所見はみられなかったが、14日後に呼吸困難が出現し、救急部に来院した。CTで肥大した腫瘍と右胸水を認めた。右腋窩第4肋間からのビデオ補助下胸腔鏡手術で右下葉に巨大な腫瘤と、血清胸水、胸膜播種性転移が明らかになった。胸膜播種性転移部から採取した生検標本の病理学的検査と免疫染色の結果、胸膜滑膜肉腫と診断した。PETで骨盤への全身性転移が検出されたため、ファーストライン療法としてドキソルビシン+イホスファミドを投与したところ、腫瘍は一時的に縮小したがその後増大した。そこで、セカンドライン療法としてパゾパニブを投与したが、発症から8ヵ月後に死亡した。

  • [Improvement of Awareness and Diagnosis for Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) by General Physician. Topics: III. Pathogenesis and Treatment of COPD; 2. Asthma--COPD overlap syndrome (ACOS)]. 招待

    Asai K, Watanabe T, Tochino Y, Kamoi H, Hirata K

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   104 ( 6 )   1082 - 8   2015年06月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 肺がん患者の発熱性好中球減少症に関する生体マーカとしてのペントラキシン-3(Pentraxin-3 as a Biomarker for Febrile Neutropenia in Patients with Lung Cancer) 査読

    Takeda Noriko, Asai Kazuhisa, Ijiri Naoki, Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Kamoi Hiroshi, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 1 )   43 - 52   2015年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase II study of a combination regimen of gefitinib and pemetrexed as first-line treatment in patients with advanced non-small cell lung cancer harboring a sensitive EGFR mutation.

    Yoshimura N, Kudoh S, Mitsuoka S, Yoshimoto N, Oka T, Nakai T, Suzumira T, Matusura K, Tochino Y, Kimura T, Kawaguchi T

    Lung Cancer.   90 ( 1 )   65 - 70   2015年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 肺がん患者の発熱性好中球減少症に関する生体マーカとしてのペントラキシン-3(Pentraxin-3 as a Biomarker for Febrile Neutropenia in Patients with Lung Cancer) 査読

    Takeda Noriko, Asai Kazuhisa, Ijiri Naoki, Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Kamoi Hiroshi, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 1 )   43 - 52   2015年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pentraxin-3 as a Biomarker for Febrile Neutropenia in Patients with Lung Cancer. 査読

    Takeda N, Asai K, Ijiri N, Yamamoto N, Watanabe T, Kamoi H, Kanazawa H, Hirata K

    Osaka city medical journal   61 ( 1 )   43 - 52   2015年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Pentraxin-3 as a Biomarker for Febrile Neutropenia in Patients with Lung Cancer.

    Takeda N, Ijiri N, Yamamoto N, Watanabe T, Kamoi H, Kanazawa H, Hirata K.

    Osaka City Med J.   61 ( 1 )   43 - 52   2015年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Integrative analysis on expression of estrogen, environmental tobacco smoke and EGFR mutations from a prospective cohort study for never-smokers with non-small cell lung cancer. 査読

    Yoshimoto Naoki, Kawaguchi Tomoya, Tamiya Akihiro, Isa Shun-ichi, Shimizu Shigeki, Asai Kazuhisa, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   33 ( 15 )   2015年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Irisin, a newly discovered myokine, is a novel biomarker associated with physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease 査読

    Ijiri Naoki, Kanazawa Hiroshi, Asai Kazuhisa, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   20 ( 4 )   612 - 617   2015年05月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/resp.12513

    PubMed

  • Irisin, a newly discovered myokine, is a novel biomarker associated with physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease.

    Ijiri N, Kanazawa H, Watanabe T, Hirata K.

    Respirology   20 ( 4 )   612 - 617   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Anti-inflammatory effects of salmeterol/fluticasone propionate 50/250 mcg combination therapy in Japanese patients with chronic obstructive pulmonary disease.

    Kobayashi A, Makihara Y, Johnson M

    Int J Chron Obstruct Pulmon Dis   ( 10 )   803 - 811   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Primary Pleural Synovial Sarcoma Treated with Pazopanib 査読

    Sugitani Arata, Asai Kazuhisa, Kojima Kazuya, Eguchi Yosuke, Kawaguchi Tomoya, Ohsawa Masahiko, Hirata Kazuto

    The Japanese Society of Internal Medicine INTERNAL MEDICINE   54 ( 16 )   2051 - 2055   2015年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 42-year-old woman presented with chest pain and breathlessness with a nodule measuring 2×2 cm in size at the base of the right lung. A bronchoscopic examination did not reveal any malignancy. However, the patient developed difficulty in breathing, enlargement of the nodule, and right pleural effusion 14 days later. A video-assisted thoracic surgical biopsy specimen revealed the presence of pleural synovial sarcoma. The patient was treated with doxorubicin-ifosfamide combination chemotherapy because of metastasis to the pelvis. However, after a transient partial clinical response, there was a relapse of refractory disease. Although treated with pazopanib as second-line chemotherapy, the patient died eight months after the initial presentation.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.3570

    PubMed

    CiNii Article

  • 栄養障害の病態と予後―COPDとやせ 招待 査読

    浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   25 ( 1 )   23 - 28   2015年( ISSN:1881-7319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    生物は外界から食物として栄養を摂取し,生体の構築や生命活動のエネルギー源と成している.慢性の呼吸器疾患の代表である慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease; COPD)患者では,閉塞性換気障害やそれに基づく肺過膨張などにより呼吸負荷の増大があり,エネルギー消費が亢進している.他方,COPD患者では,呼吸困難などから食思低下を来たし,エネルギー摂取低下に陥ることがあり,負の栄養バランスを来して,「やせ」を認める事がある.やせはCOPD患者の予後と相関があり,呼吸リハビリテーション,運動療法,および栄養管理が望まれる.

    DOI: 10.15032/jsrcr.25.1_23

    CiNii Article

  • 2.気管支喘息―COPDオーバーラップ症候群(ACOS) 招待

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌   104 ( 6 )   1082 - 1088   2015年( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    喘息―COPDオーバーラップ症候群(ACOS)の頻度は,慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の20~50%程度にみられる.ACOSの喘息がコントロール不良で喘息発作を繰り返す場合,呼吸機能の悪化が早く,予後不良となる.禁煙,気管支拡張剤を中心とする薬物治療に加えて,吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid:ICS)を基本薬として長時間作用性気管支拡張薬の併用が有用である.本稿では,ACOSの病態や治療方法につき述べる.

    DOI: 10.2169/naika.104.1082

    CiNii Article

  • Anti-inflammatory effects of salmeterol/fluticasone propionate 50/250 mcg combination therapy in Japanese patients with chronic obstructive pulmonary disease 査読

    Asai Kazuhisa, Kobayashi Akihiro, Makihara Yukio, Johnson Malcolm

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE   10   803 - 811   2015年( ISSN:1178-2005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S79842

    PubMed

  • Analysis of the contributing factors to airway hyperresponsiveness by a forced oscillation technique in patients with asthma. 査読

    Imahashi Y, Kanazawa H, Ijiri N, Yoshii N, Tamagaki G, Asai K, Tochino Y, Hirata K

    Osaka city medical journal   60 ( 2 )   53 - 62   2014年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 喘息患者における強制振動法を用いた気道過敏症に寄与する因子の分析(Analysis of the Contributing Factors to Airway Hyperresponsiveness by a Forced Oscillation Technique in Patients with Asthma) 査読

    Imahashi Yumiko, Kanazawa Hiroshi, Ijiri Naoki, Yoshii Naoko, Tamagaki Gakuya, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   60 ( 2 )   53 - 62   2014年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Analysis of the contributing factors to airway hyperresponsiveness by a forced oscillation technique in patients with asthma.

    Imahashi Y, Kanazawa H, Ijiri N, Yoshii N, Tamagaki G, Tochino Y, Hirata K.

    Osaka City Med J.   60 ( 2 )   53 - 62   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 喘息患者における強制振動法を用いた気道過敏症に寄与する因子の分析(Analysis of the Contributing Factors to Airway Hyperresponsiveness by a Forced Oscillation Technique in Patients with Asthma) 査読

    Imahashi Yumiko, Kanazawa Hiroshi, Ijiri Naoki, Yoshii Naoko, Tamagaki Gakuya, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   60 ( 2 )   53 - 62   2014年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Simultaneous assessment of hepatocyte growth factor and vascular endothelial growth factor in epithelial lining fluid from patients with COPD.

    Kanazawa H, Tochino Y, Asai K, Hirata K.

    Chest   146 ( 5 )   1159 - 1165   2014年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Simultaneous Assessment of Hepatocyte Growth Factor and Vascular Endothelial Growth Factor in Epithelial Lining Fluid From Patients With COPD 査読

    Kanazawa Hiroshi, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    CHEST   146 ( 5 )   1159 - 1165   2014年11月( ISSN:0012-3692

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1378/chest.14-0373

    PubMed

  • Potential role of pentosidine on susceptibility to small airway closure in elderly and smoking asthma.

    Kanazawa H, Kyoh S, Tochino Y, Asai K, Hirata K.

    Respiratory Medicine   108 ( 5 )   709 - 715   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Potential role of pentosidine on susceptibility to small airway closure in elderly and smoking asthma 査読

    Kanazawa Hiroshi, Kyoh Shigenori, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    RESPIRATORY MEDICINE   108 ( 5 )   709 - 715   2014年05月( ISSN:0954-6111

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmed.2014.02.001

    PubMed

  • 特集 呼吸器領域の新しい薬物療法 COPD

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    呼吸と循環   62 ( 4 )   307 - 318   2014年04月( ISSN:04523458

  • エベロリムス(サーティカン)による薬剤性肺障害の1例 査読

    武田 倫子, 浅井 一久, 井尻 尚樹, 金澤 博, 内田 潤次, 平田 一人

    (一社)日本呼吸器学会 日本呼吸器学会誌   3 ( 2 )   227 - 231   2014年03月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は70歳、男性。2011年6月に生体腎移植施行。2012年9月より免疫抑制剤のエベロリムス[everolimus;サーティカン(Certican)]の内服を開始し、約3ヵ月後に呼吸困難と胸部単純CTにて上葉中心の斑状のすりガラス陰影を認めた。気管支肺胞洗浄液でリンパ球優位の細胞増加があり、経気管支肺生検で器質化肺炎の所見を得た。経過よりエベロリムス(サーティカン)による薬剤性肺障害と診断して内服を中止したところ、症状と画像所見の改善を認めた。我が国において免疫抑制剤として使用される低用量のエベロリムスによる薬剤性肺障害の報告はなく、本例は貴重な症例と考えられた。(著者抄録)

  • エベロリムス(サーティカン)による薬剤性肺障害の1例 査読

    武田 倫子, 浅井 一久, 井尻 尚樹, 金澤 博, 内田 潤次, 平田 一人

    (一社)日本呼吸器学会 日本呼吸器学会誌   3 ( 2 )   227 - 231   2014年03月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は70歳、男性。2011年6月に生体腎移植施行。2012年9月より免疫抑制剤のエベロリムス[everolimus;サーティカン(Certican)]の内服を開始し、約3ヵ月後に呼吸困難と胸部単純CTにて上葉中心の斑状のすりガラス陰影を認めた。気管支肺胞洗浄液でリンパ球優位の細胞増加があり、経気管支肺生検で器質化肺炎の所見を得た。経過よりエベロリムス(サーティカン)による薬剤性肺障害と診断して内服を中止したところ、症状と画像所見の改善を認めた。我が国において免疫抑制剤として使用される低用量のエベロリムスによる薬剤性肺障害の報告はなく、本例は貴重な症例と考えられた。(著者抄録)

  • COPD治療の新時代 21世紀の「社会的」生活習慣病 知っておくべき日本のCOPD治療のエビデンス BAREC研究

    平田 一人, 浅井 一久

    内科   113 ( 2 )   321 - 324   2014年02月( ISSN:00221961

  • GODDARD CLASSIFICATION IS ASSOCIATED WITH CLINICAL CHARACTERISTICS IN PATIENTS WITH COPD AND ADVANCED NSCLC. 査読

    Matsuura Kuniomi, Kimura Tatsuo, Nakai Toshiyuki, Yamamoto Norio, Tamagaki Gakuya, Mitsuoka Shigeki, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8   S700 - S700   2013年11月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • COPD ASSESSMENT TEST (CAT) SCORES REFLECT EXERCISE INTOLERANCE, DESATURATION ON EXERTION AND SMALL AIRWAY OBSTRUCTION IN COPD PATIENTS 査読

    Ijiri Naoki, Tochino Yoshihiro, Yamada Kazuhiro, Yoshii Naoko, Tamagaki Gakuya, Nagayasu Fumihiro, Asai Kazuhiro, Kamoi Hiroshi, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   18   183 - 183   2013年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • QVA149 once-daily is safe and well tolerated and improves lung function and health status in Japanese patients with COPD: The ARISE study 査読

    Asai Kazuhisa, Minakata Yoshiaki, Hirata Kazuto, Fukuchi Yoshinosuke, Kitawaki Tetsuji, Ikeda Kimitoshi, Banerji Donald

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   42   2013年09月( ISSN:0903-1936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 特集 喘息病態の修飾因子・難治化因子 喫煙

    浅井 一久, 平田 一人

    呼吸と循環   61 ( 6 )   523 - 528   2013年06月( ISSN:04523458

  • COPDとの鑑別と併存 招待

    栩野 吉弘, 浅井 一久, 平田 一人

    The Japanese Society of Internal Medicine 日本内科学会雑誌   102 ( 6 )   1352 - 1358   2013年06月( ISSN:00215384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    気管支喘息とCOPDの鑑別に有用なものとして,臨床症状・喫煙歴・肺機能検査(肺拡散能や肺過膨張所見)や喀痰検査・呼気中nitric oxide(NO)測定・胸部高分解能CTによるlow attenuation area(LAA)の存在などがあるがその鑑別は容易ではない.COPDの併存は,高齢者喘息の20~30%程度にみられ,喘息の難治化要因として重要である.治療の基本として禁煙が有効であり,薬物療法では吸入ステロイド薬と長時間作用性気管支拡張薬の併用が有用である.

    DOI: 10.2169/naika.102.1352

    CiNii Article

  • [Bronchial asthma: progress in diagnosis and treatments. Topics: I. Basic knowledge; 4. Differentiation and coexistence with COPD]. 招待

    Tochino Y, Asai K, Hirata K

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   102 ( 6 )   1352 - 8   2013年06月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Dose Escalation and Feasibility Study of Amrubicin Combined With Cisplatin in Previously Untreated Patients With Advanced Non-Small Cell Lung Cancer 査読

    Yoshimura Naruo, Kimura Tatsuo, Mitsuoka Shigeki, Kyoh Shigenori, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Ichimaru Yukikazu, Hirata Kazuto, Kudoh Shinzoh

    AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY-CANCER CLINICAL TRIALS   36 ( 2 )   105 - 109   2013年04月( ISSN:0277-3732

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/COC.0b013e31823fe617

    PubMed

  • 特集 COPDの最新の話題 重症度を規定する因子

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    呼吸と循環   60 ( 10 )   1005 - 1013   2012年10月( ISSN:04523458

  • 葉書アンケートによるインフルエンザ治療実態調査 査読

    栩野 吉弘, 藤岡 雅司, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 新宅 治夫, 平田 一人

    日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy   60 ( 5 )   541 - 548   2012年09月( ISSN:13407007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Assessment of ventilation heterogeneity by impulse oscillometry in patients with mild asthma 査読

    Tamagaki Gakuya, Kanazawa Hiroshi, Kon Yukari, Yoshii Naoko, Ichimaru Yukikazu, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Hirata Kazuto

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   40   2012年09月( ISSN:0903-1936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Assessment of ventilation heterogeneity by impulse oscillometry in patients with mild asthma 査読

    Tamagaki Gakuya, Kanazawa Hiroshi, Kon Yukari, Yoshii Naoko, Ichimaru Yukikazu, Asai Kazuhisa, Tochino Yoshihiro, Hirata Kazuto

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   40   2012年09月( ISSN:0903-1936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • GEFITINIB (G) AND PEMETREXED (PEM) AS A FIRST LINE TREATMENT IN PATIENTS WITH EGFR MUTANT ADVANCED NON-SMALL CELL LUNG CANCER (NSCLC): A PHASE II STUDY 査読

    Yoshimura N., Matsuura K., Mitsuoka S., Asai K., Tochino Y., Kimura T., Nakai M., Mitsukawa Y., Hirata K., Kudoh S.

    ANNALS OF ONCOLOGY   23   412 - 413   2012年09月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 成人気管支喘息患者におけるICS+LABA併用治療からブデソニド/ホルモテロール配合剤(シムビコートタービュヘイラー)への切り替えによる臨床的検討 査読

    今橋 由美子, 玉垣 学也, 小林 大起, 中川 直子, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    (一社)呼吸研究 呼吸   31 ( 8 )   754 - 759   2012年08月( ISSN:0286-9314

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景と目的:喘息治療の目標「健常人と変わらない日常生活が送れる」の達成が難しい患者が存在する。ブデソニド/ホルモテロール配合剤(BUD/FM)は、ICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不十分な患者においても有効性が示唆されているが、検討数は少ない。本試験では、他のICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不完全な成人喘息患者におけるBUD/FMの有用性を検討した。方法:ICS+LABA併用治療を8週間以上継続しているが、ACTスコアが25点に達しない患者の治療をBUD/FM 160/4.5μg4吸入/日へ切り替えた。結果:投与8週後、ACTスコアは増加し(p<0.05)、呼気一酸化窒素濃度は減少した(p<0.05)。結論:BUD/FMは気道炎症を抑制させることにより、ICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不完全な成人患者の自覚症状を改善する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 成人気管支喘息患者におけるICS+LABA併用治療からブデソニド/ホルモテロール配合剤(シムビコートタービュヘイラー)への切り替えによる臨床的検討 査読

    今橋 由美子, 玉垣 学也, 小林 大起, 中川 直子, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    (一社)呼吸研究 呼吸   31 ( 8 )   754 - 759   2012年08月( ISSN:0286-9314

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景と目的:喘息治療の目標「健常人と変わらない日常生活が送れる」の達成が難しい患者が存在する。ブデソニド/ホルモテロール配合剤(BUD/FM)は、ICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不十分な患者においても有効性が示唆されているが、検討数は少ない。本試験では、他のICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不完全な成人喘息患者におけるBUD/FMの有用性を検討した。方法:ICS+LABA併用治療を8週間以上継続しているが、ACTスコアが25点に達しない患者の治療をBUD/FM 160/4.5μg4吸入/日へ切り替えた。結果:投与8週後、ACTスコアは増加し(p<0.05)、呼気一酸化窒素濃度は減少した(p<0.05)。結論:BUD/FMは気道炎症を抑制させることにより、ICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不完全な成人患者の自覚症状を改善する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Validity of HMGB1 measurement in epithelial lining fluid in patients with COPD 査読

    Kanazawa Hiroshi, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Ichimaru Yukikazu, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto

    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   42 ( 4 )   419 - 426   2012年04月( ISSN:0014-2972

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2362.2011.02598.x

    PubMed

  • 今月の主題 内科医のための気管支喘息とCOPD診療 増悪診断と治療が重要 COPD増悪の治療戦略とは

    平田 一人, 浅井 一久

    medicina   49 ( 3 )   446 - 449   2012年03月( ISSN:00257699

     詳細を見る

  • Measurement of soluble perforin, a marker of CD8(+) T lymphocyte activation in epithelial lining fluid 査読

    Shiratsuchi Nahoko, Asai Kazuhisa, Kanazawa Hiroshi, Kyoh Shigenori, Tochino Yoshihiro, Kodama Toyoki, Hirata Kazuto

    RESPIRATORY MEDICINE   105 ( 12 )   1885 - 1890   2011年12月( ISSN:0954-6111

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmed.2011.06.008

    PubMed

  • 胸腔鏡下胸管結紮術により治癒が得られた特発性乳び胸の1例 査読

    白土 直子, 浅井 一久, 武田 倫子, 玉垣 学也, 小林 大起, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 姜 成勲, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 花田 庄司, 丁 奎光, 泉 信博, 永野 晃史, 西山 典利, 平田 一人

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   70 ( 10 )   1070 - 1074   2011年10月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は30歳、女性。健診で右胸水貯留を指摘され、精査の結果特発性乳び胸と診断された。胸腔ドレナージと低脂肪食で治療を開始したが、反応が得られず、中心静脈栄養管理とした。しかしこれらの保存的治療でも乳びの減少が得られなかったため、胸腔鏡下に胸管結紮術を施行した。手術時に胸管へ直接インジゴカルミンを注入することで胸管の破綻部位を同定することが可能であった。(著者抄録)

  • 胸腔鏡下胸管結紮術により治癒が得られた特発性乳び胸の1例 査読

    白土 直子, 浅井 一久, 武田 倫子, 玉垣 学也, 小林 大起, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 姜 成勲, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 花田 庄司, 丁 奎光, 泉 信博, 永野 晃史, 西山 典利, 平田 一人

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   70 ( 10 )   1070 - 1074   2011年10月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は30歳、女性。健診で右胸水貯留を指摘され、精査の結果特発性乳び胸と診断された。胸腔ドレナージと低脂肪食で治療を開始したが、反応が得られず、中心静脈栄養管理とした。しかしこれらの保存的治療でも乳びの減少が得られなかったため、胸腔鏡下に胸管結紮術を施行した。手術時に胸管へ直接インジゴカルミンを注入することで胸管の破綻部位を同定することが可能であった。(著者抄録)

  • 気管支喘息に対するサルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤の長期使用成績 高齢者喘息を中心に 査読

    渡辺 徹也, 浅井 一久, 平田 一人

    (株)医薬ジャーナル社 アレルギー・免疫   18 ( 8 )   1200 - 1206   2011年07月( ISSN:1344-6932

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    サルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤(salmeterol/fluticasone propionate combination;SFC)の気管支喘息に対する有用性は多数報告されているが、本邦における実地臨床下で長期投与した場合の有用性を検証する必要がある。高齢者喘息における吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid;ICS)の使用率は非高齢者と比較して低いことが言われており、高齢者におけるSFCの使用率や臨床効果も検討することが重要である。今回、我々はICSまたはICS+長時間作用性β2刺激薬(long acting inhaled β2 agonist;LABA)で治療中の44名の気管支喘息患者にSFCを導入し、その1年後の臨床効果を高齢者と非高齢者に分けて検討した。結果、両群において1年後も良好なアドヒアランスが維持され、呼吸機能や喘息コントロールテスト(asthma control test;ACT)点数は改善した。さらに高齢者と非高齢者でアドヒアランスや臨床効果に差は認められなかった。SFCは吸入感や効果を実感しやすいため、高齢者においても良好なアドヒア

  • 気管支喘息に対するサルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤の長期使用成績 高齢者喘息を中心に 査読

    渡辺 徹也, 浅井 一久, 平田 一人

    (株)医薬ジャーナル社 アレルギー・免疫   18 ( 8 )   1200 - 1206   2011年07月( ISSN:1344-6932

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    サルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤(salmeterol/fluticasone propionate combination;SFC)の気管支喘息に対する有用性は多数報告されているが、本邦における実地臨床下で長期投与した場合の有用性を検証する必要がある。高齢者喘息における吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid;ICS)の使用率は非高齢者と比較して低いことが言われており、高齢者におけるSFCの使用率や臨床効果も検討することが重要である。今回、我々はICSまたはICS+長時間作用性β2刺激薬(long acting inhaled β2 agonist;LABA)で治療中の44名の気管支喘息患者にSFCを導入し、その1年後の臨床効果を高齢者と非高齢者に分けて検討した。結果、両群において1年後も良好なアドヒアランスが維持され、呼吸機能や喘息コントロールテスト(asthma control test;ACT)点数は改善した。さらに高齢者と非高齢者でアドヒアランスや臨床効果に差は認められなかった。SFCは吸入感や効果を実感しやすいため、高齢者においても良好なアドヒアランスが期待され、導入しやすいICSと言える。(著者抄録)

  • Comparison of alveolar nitric oxide concentrations using two different methods for assessing small airways obstruction in asthma 査読

    Kobayashi Daiki, Tochino Yoshihiro, Kanazawa Hiroshi, Ichimaru Yukikazu, Kyoh Shigenori, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   16 ( 5 )   862 - 868   2011年07月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1843.2011.01989.x

    PubMed

  • Association of six-minute walk distance (6MWD) with resting pulmonary function in patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). 査読

    Fujimoto H, Asai K, Watanabe T, Kanazawa H, Hirata K

    Osaka city medical journal   57 ( 1 )   21 - 9   2011年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における6分間歩行距離(6MWD)と安静時肺機能の関連(Association of Six-minute Walk Distance (6MWD) with Resting Pulmonary Function in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD)) 査読

    Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Watanabe Tetsuya, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   57 ( 1 )   21 - 29   2011年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者計130名から得られた肺活量測定、肺容量測定、一酸化炭素肺拡散能測定(DLCO)の連続データと6分間歩行試験(6MWT)を後向きに分析した。6MWDと変数との関連を検討するため、単変量および多変量解析を行った。線形回帰分析では、6MWDは年齢、体重、BMI、FEV1.0、FEV1.0(%予測)、IC、TLC、IC/TLC、FEF25-75、DLCO(%予測)、DLCO/VAと有意な相関を示した。段階的重回帰分析の結果、年齢、IC、DLCO/VAは6MWDと有意に関連した。

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における6分間歩行距離(6MWD)と安静時肺機能の関連(Association of Six-minute Walk Distance (6MWD) with Resting Pulmonary Function in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD)) 査読

    Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Watanabe Tetsuya, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   57 ( 1 )   21 - 29   2011年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者計130名から得られた肺活量測定、肺容量測定、一酸化炭素肺拡散能測定(DLCO)の連続データと6分間歩行試験(6MWT)を後向きに分析した。6MWDと変数との関連を検討するため、単変量および多変量解析を行った。線形回帰分析では、6MWDは年齢、体重、BMI、FEV1.0、FEV1.0(%予測)、IC、TLC、IC/TLC、FEF25-75、DLCO(%予測)、DLCO/VAと有意な相関を示した。段階的重回帰分析の結果、年齢、IC、DLCO/VAは6MWDと有意に関連した。

  • Increased levels of HMGB-1 and endogenous secretory RAGE in induced sputum from asthmatic patients 査読

    Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Fujimoto Hiroki, Tanaka Hidenori, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    RESPIRATORY MEDICINE   105 ( 4 )   519 - 525   2011年04月( ISSN:0954-6111

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmed.2010.10.016

    PubMed

  • Potential roles of pentosidine in age-related and disease-related impairment of pulmonary functions in patients with asthma 査読

    Kanazawa Hiroshi, Tochino Yoshihiro, Kyoh Shigenori, Ichimaru Yukikazu, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY   127 ( 4 )   899 - 904   2011年04月( ISSN:0091-6749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaci.2010.11.020

    PubMed

  • Increased levels of N-epsilon-(carboxymethyl)lysine in epithelial lining fluid from peripheral airways in patients with chronic obstructive pulmonary disease: a pilot study 査読

    Kanazawa Hiroshi, Kodama Toyoki, Asai Kazuhisa, Matsumura Saeko, Hirata Kazuto

    CLINICAL SCIENCE   119 ( 3-4 )   143 - 149   2010年08月( ISSN:0143-5221

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/CS20100096

    PubMed

  • Validity of Measurement of Two Specific Biomarkers for the Assessment of Small Airways Inflammation in Asthma 査読

    Kanazawa Hiroshi, Kyoh Shigenori, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    JOURNAL OF ASTHMA   47 ( 4 )   400 - 406   2010年05月( ISSN:0277-0903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/02770901003759394

    PubMed

  • 増加するアレルギー疾患 内科医にとっての最良のアプローチとは 成人喘息への理解と対応 合併病態への対応 COPDと喘息の合併

    平田 一人, 浅井 一久

    内科   105 ( 4 )   644 - 649   2010年04月( ISSN:00221961

  • 呼吸不全の実地診療治療ストラテジーの新たな展開

    浅井 一久

    呼吸不全の実地診療・セミナー/呼吸不全をきたす疾患の実地診療のポイント気管支喘息急性期から慢性期のアプローチの実際Medical Practice 27巻4   633 - 639   2010年

  • 増加するアレルギー疾患内科医にとっての最良のアプローチとは

    浅井 一久

    成人喘息への理解と対応合併病態への対応COPDと喘息の合併内科 105巻4号   644 - 649   2010年

  • 喫煙とCOPD

    浅井 一久

    喫煙が気管支拡張薬に及ぼす影響呼吸器内科 17巻5号   450 - 455   2010年

  • 喘息とCOPDをめぐって類似点と相違点

    浅井 一久

    治療ステロイドの効果の差アレルギー・免疫 17巻12号   2034 - 2042   2010年

  • 咳の新しい捉え方

    浅井 一久

    COPD成人病と生活習慣病 40巻11号   1285 - 1290   2010年

  • Increased levels of angiopoietin-2 in induced sputum from smoking asthmatic patients 査読

    Kanazawa H., Asai K., Tochino Y., Kyoh S., Kodama T., Hirata K.

    CLINICAL AND EXPERIMENTAL ALLERGY   39 ( 9 )   1330 - 1337   2009年09月( ISSN:0954-7894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2222.2009.03262.x

  • Plasma concentration of amrubicinol in plateau phase in patients treated for 3 days with amrubicin is correlated with hematological toxicities 査読

    Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Mitsuoka Shigeki, Yoshimura Naruo, Tanaka Hidenori, Asai Kazuhisa, Kyoh Shigenori, Tochino Yoshihiro, Umekawa Kanako, Hirata Kazuto

    ANTI-CANCER DRUGS   20 ( 6 )   513 - 518   2009年07月( ISSN:0959-4973

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/CAD.0b013e32832b0585

    PubMed

  • Plasma concentration of amrubicinol in gamma phase in patients treated for 3 days with amrubicin and hematological toxicities 査読

    Kimura T., Kudoh S., Mitsuoka S., Tanaka H., Kyoh S., Suzumura T., Yoshimura N., Asai K., Tochino Y., Hirata K.

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   27 ( 15 )   2009年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Potential mechanisms of airway remodeling initiated by activated thrombin in asthma]. 招待 査読

    Kanazawa H, Kyoh S, Tochino Y, Kodama T, Asai K, Hirata K

    Arerugi = [Allergy]   58 ( 5 )   554 - 9   2009年05月( ISSN:0021-4884

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Phase II Study of Docetaxel and Carboplatin in Elderly Patients with Advanced Non-small Cell Lung Cancer 査読

    Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Kimura Tatsuo, Mitsuoka Shigeki, Kyoh Shigenoir, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Kodama Toyoki, Ichimaru Yukikazu, Yana Takashi, Hirata Kazuto

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   4 ( 3 )   371 - 375   2009年03月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phase II study of docetaxel and carboplatin in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer. 査読

    Yoshimura N, Kudoh S, Kimura T, Mitsuoka S, Kyoh S, Tochino Y, Asai K, Kodama T, Ichimaru Y, Yana T, Hirata K

    Journal of thoracic oncology : official publication of the International Association for the Study of Lung Cancer   4 ( 3 )   371 - 5   2009年03月( ISSN:1556-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/JTO.0b013e31819846e4

    PubMed

  • 特集 喘息とCOPDの増悪をめぐって 喘息とCOPDの増悪機序

    浅井 一久, 平田 一人

    呼吸と循環   57 ( 2 )   141 - 147   2009年02月( ISSN:04523458

  • A technological advance comparing epithelial lining fluid from different regions of the lung in smokers 査読

    Kodama Toyoki, Kanazawa Hiroshi, Tochino Yoshihiro, Kyoh Shigenori, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    RESPIRATORY MEDICINE   103 ( 1 )   35 - 40   2009年01月( ISSN:0954-6111

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmed.2008.09.004

    PubMed

  • 活性化トロンビンによる気道リモデリング誘導機序に関する検討(第4回日本アレルギー学会学術大会賞受賞論文) 招待 査読

    金澤 博, 姜 成勲, 栩野 吉弘, 児玉 豊城, 浅井 一久, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   58 ( 5 )   554 - 559   2009年( ISSN:00214884

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【背景・目的】近年,トロンビンは気道リモデリング誘導因子の一つとして注目されている.今回,活性化トロンビンによる気道リモデリング誘導機序を明らかにすることを試みた.【方法】21例の喘息患者,11例の健常者を対象に誘発喀痰を採取し,喀痰上清中のトロンビン活性,basic fibroblast growth factor(bFGF),vascular endothelial growth factor(VEGF),procollagen type III peptide(P-III-P)濃度を測定した.【結果】喘息群の誘発喀痰中トロンビン活性は,健常群に比較し,有意に高値であった.そして,気道内トロンビン活性とVEGF濃度は有意な相関関係を示した.同様に,トロンビン活性とbFGF濃度との間においても有意な相関関係を認めた.さらに,喘息患者においては,bFGFとP-III-P濃度の間に有意な相関関係を認めた.【結語】喘息気道において,トロンビンによりbFGFが活性化される可能性が示唆された.今後,喘息気道におけるトロンビン活性の制御が,気道リモデリング進展抑制に対する一つの治療標的となりうる可能性が示唆された.

    DOI: 10.15036/arerugi.58.554

    CiNii Article

  • 咳嗽そのcommonで多様な疾患領域

    浅井 一久

    咳嗽の治療綜合臨床 58巻10号   2067 - 2071   2009年

  • 末梢気道をめぐって

    浅井 一久

    末梢気道障害が関与する呼吸器疾患(喘息を除く)アレルギー・免疫 17巻1号   30 - 35   2009年

  • 最新のCOPD治療大規模臨床試験の結果から

    浅井 一久

    COPDにおける早期治療介入の有用性を示したチオトロピウムの長期大規模臨床試験UPLIFT Study医学のあゆみ 231巻4号   271 - 276   2009年

  • Amb a 1-immunostimulatory oligodeoxynucleotide conjugate immunotherapy increases CD4+CD25+ T cells in the nasal mucosa of subjects with allergic rhinitis. 査読

    Asai K, Foley SC, Sumi Y, Yamauchi Y, Takeda N, Desrosiers M, Lavigne F, Hamid Q

    Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   57 ( 4 )   377 - 81   2008年12月( ISSN:1323-8930

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2332/allergolint.O-07-528

    PubMed

  • Comparison of N-epsilon-(Carboxymethyl)Lysine levels and percentage of eosinophils in induced sputum for assessment of small airway involvements in asthma 査読

    Kyoh Shigenori, Kanazawa Hiroshi, Tochino Yoshihiro, Kodama Toyoki, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    MEDICAL SCIENCE MONITOR   14 ( 7 )   CR375 - CR380   2008年07月( ISSN:1234-1010

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 治療可能な病態COPD 診療の実際と展望 症候群としてのCOPDの病態 COPDと喘息の病態

    浅井 一久, 平田 一人

    内科   101 ( 2 )   238 - 243   2008年02月( ISSN:00221961

  • Angiopoietin-2 as a contributing factor of exercise-induced bronchoconstriction in asthmatic patients receiving inhaled corticosteroid therapy 査読

    Kanazawa Hiroshi, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa

    JOURNAL OF ALLERGY AND CLINICAL IMMUNOLOGY   121 ( 2 )   390 - 395   2008年02月( ISSN:0091-6749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaci.2007.09.026

    PubMed

  • N-epsilon-(Carboxymethyl)Lysine, a major advanced glycation end product in exhaled breath condensate as a biomarker of small airway involvement in asthma 査読

    Tochino Yoshiro, Kanazawa Hiroshi, Ichimaru Yukikazu, Asai Kazuhisa, Kyoh Shigenori, Hirata Kazuto

    JOURNAL OF ASTHMA   44 ( 10 )   861 - 866   2007年12月( ISSN:0277-0903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/02770900701752573

    PubMed

  • Changes in circulating thrombomodulin levels with exercise in patients with chronic obstructive pulmonary disease 査読

    Kanazawa Hiroshi, Asai Kazuhisa, Nomura Saeko

    RESPIROLOGY   12 ( 5 )   670 - 674   2007年09月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1440-1843.2007.01114.x

    PubMed

  • Roles of angiopoietin-1 and angiopoietin-2 on airway microvascular permeability in asthmatic patients 査読

    Kanazawa Hiroshi, Nomura Saeko, Asai Kazuhisa

    CHEST   131 ( 4 )   1035 - 1041   2007年04月( ISSN:0012-3692

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1378/chest.06-2758

    PubMed

  • Vascular endothelial growth factor as a non-invasive marker of pulmonary vascular remodeling in patients with bronchitis-type of COPD 査読

    Kanazawa Hiroshi, Asai Kazuhisa, Nomura Saeko

    RESPIRATORY RESEARCH   8   22   2007年03月( ISSN:1465-9921

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1465-9921-8-22

    PubMed

  • Downregulation of a disintegrin and metalloproteinase 33 by IFN-gamma in human airway smooth muscle cells. 査読

    Ito I, Laporte JD, Fiset PO, Asai K, Yamauchi Y, Martin JG, Hamid Q

    The Journal of allergy and clinical immunology   119 ( 1 )   89 - 97   2007年01月( ISSN:0091-6749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaci.2006.08.038

    PubMed

  • Potential mechanisms of improvement of airway hyperresponsiveness by inhaled corticosteroid therapy in asthmatic patients. 査読

    Nomura S, Kanazawa H, Asai K, Nomura N, Hirata K, Yoshikawa J

    The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma   43 ( 2 )   113 - 7   2006年03月( ISSN:0277-0903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Potential mechanisms of improvement of airway hyperresponsiveness by inhaled corticosteroid therapy in asthmatic patients 査読

    Nomura S, Kanazawa H, Asai K, Nomura N, Hirata K, Yoshikawa J

    JOURNAL OF ASTHMA   43 ( 2 )   113 - 117   2006年( ISSN:0277-0903

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/02770900500498097

▼全件表示

書籍等出版物

  • Annual Review 呼吸器 2015

    平田一人, 浅井一久( 担当: 共著)

    中外医学社  2015年01月  ( ISBN:4498130138

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Pocket Drugs

    平田一人, 浅井一久( 担当: 共著)

    医学書院  2015年01月  ( ISBN:4260020307

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • COPD治療におけるコンビネーションセラピー~病態理解から最新治療まで~

    平田一人, 浅井一久( 担当: 共著)

    医薬ジャーナル社  2014年09月  ( ISBN:4753226921

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 老化物質AGEsワールドに迫る!アンチエイジングのための100の質問

    浅井一久, 平田一人( 担当: 共著)

    メディカルレビュー社  2014年08月  ( ISBN:4779213142

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • インフォームドコンセントのための図説シリーズ COPD

    平田一人, 浅井一久( 担当: 共著)

    医薬ジャーナル社  2014年06月  ( ISBN:4753226727

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

  • 【喘息.COPD.喘息・COPDオーバーラップ症候群の病態生理】COPDの診断と標準治療

    東田 充功, 浅井 一久, 渡辺 徹也

    カレントテラピー   41 ( 10 )   915 - 921   2023年10月( ISSN:0287-8445

     詳細を見る

    慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)は未診断例が多く,生活習慣病,心血管疾患患者に併存頻度が高いため,問診票を用いて積極的にCOPDを疑うことが重要である.診断にはスパイロメトリーが必須であるが,肺合併症,併存症診断のため,画像診断等も実施する.喘息とCOPDのオーバーラップ(asthma and COPD overlap:ACO)は,吸入治療方針に関わるため,積極的に鑑別する.また,心血管疾患や骨粗鬆症,サルコペニア・フレイル,消化器系疾患,糖尿病,閉塞性睡眠時無呼吸などの全身併存症の適切な診断・治療に努める.COPDの基本治療として,禁煙治療,ワクチン接種が推奨される.気管支拡張薬が薬物療法の中心であるが,ACO症例や症状が強く,増悪頻度の高い症例では気管支拡張薬と同時に吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid:ICS)を追加し,ICS+長時間作用性β2刺激薬(long-acting β2 agonist:LABA),ICS+LABA+長時間作用性抗コリン薬(long-acting muscarinic antagonist:LAMA)などが適応となる.運動耐容能,身体活動性の向上・維持のために薬物療法と同時に呼吸リハビリテーション,患者教育を導入する.(著者抄録)

  • 【COPD common diseaseに対する一般内科医の役割とは】COPD診療のコツ 禁煙 かかりつけ医の取り組み

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    Medical Practice   40 ( 3 )   433 - 438   2023年03月( ISSN:0910-1551

  • 【オーバーラップする呼吸器疾患の臨床像】COPDと肺癌

    西村 美沙子, 澤 兼士, 浅井 一久

    呼吸器内科   43 ( 1 )   39 - 44   2023年01月( ISSN:1884-2887

  • 【気道炎症におけるType2炎症の病態解明と治療】Type 2 high喘息に対する生物学的製剤治療

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    アレルギーの臨床   42 ( 14 )   1090 - 1094   2022年12月( ISSN:0285-6379

     詳細を見る

    気管支喘息は吸入ステロイドなどの普及により多くはコントロール可能となったが,依然一部コントロール不良な重症喘息が存在する。気管支喘息は,単一疾患ながらヘテロジニアスな疾患であり,個々の患者のフェノタイプや,その背景にあるエンドタイプを見据えて生物学的製剤を選択することが重要であり,フェノタイプや末梢血好酸球数,呼気一酸化窒素濃度などのバイオマーカーに基づくエンドタイプを考慮した診療が重要である。(著者抄録)

  • 【健康長寿と人参養栄湯】フレイルに関する最新の話題 COPD骨格筋合併症に対する漢方薬の効果

    浅井 一久

    Phil漢方   ( 92 )   4 - 5   2022年10月( ISSN:1347-6882

  • 西田ら"デュピルマブ投与中に好酸球性肺炎を発症した1例"

    浅井 一久

    気管支学   44 ( 5 )   321 - 322   2022年09月( ISSN:0287-2137

  • 【喘息の発症メカニズムと治療・管理】病態 上皮細胞、線維芽細胞

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    医学のあゆみ   281 ( 1 )   51 - 56   2022年04月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    気道の構成細胞には、気道上皮細胞や平滑筋細胞、線維芽細胞などがあり、流入する炎症細胞と密接に関係しながら気管支喘息病態(気道炎症)を形成する。これまで、Th2リンパ球からのサイトカインに注目が集まり、IL-5、IL-4/13などが治療の標的となってきた。近年、気道上皮細胞由来サイトカインであるIL-33、TSLP、IL-25などがILC2(グループ2自然リンパ球)を介して気道炎症に寄与していることが知られるようになり、上流にあたるこれらサイトカインが治療標的として注目されている。本稿では、気道上皮細胞由来サイトカインにフォーカスし、気道上皮細胞、線維芽細胞の喘息病態への関与を概説する。(著者抄録)

  • 【重症気管支喘息治療のアップデート】重症喘息の疫学

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    呼吸器内科   41 ( 1 )   1 - 3   2022年01月( ISSN:1884-2887

  • 小菅ら"クライオ生検による生検痕についての病理組織学的検討"

    浅井 一久

    気管支学   43 ( 6 )   579 - 580   2021年11月( ISSN:0287-2137

  • COPDモデルマウス骨格筋合併症に対する人参養栄湯の効果 査読

    浅井 一久, 宮本 篤志, 門谷 英昭, 川口 知哉

    (株)メディカルパブリッシャー Phil漢方   ( 83 )   20 - 22   2021年04月( ISSN:1347-6882

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • マイオカイン 査読

    浅井 一久, 久保 寛明, 井尻 尚樹, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 川口 知哉

    (有)科学評論社 呼吸器内科   39 ( 4 )   328 - 334   2021年04月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD患者における栄養管理のポイント】COPDにおけるサルコペニア・フレイル 査読

    浅井 一久

    医歯薬出版(株) 臨床栄養   136 ( 7 )   990 - 996   2020年06月( ISSN:0485-1412

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【COPD患者における栄養管理のポイント】COPDにおけるサルコペニア・フレイル 査読

    浅井 一久

    医歯薬出版(株) 臨床栄養   136 ( 7 )   990 - 996   2020年06月( ISSN:0485-1412

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【サルコペニア・フレイルの診療最前線】呼吸器疾患とサルコペニア・フレイル 査読

    浅井 一久, 川口 知哉

    (公社)日本医師会 日本医師会雑誌   148 ( 8 )   1497 - 1500   2019年11月( ISSN:0021-4493

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 包括的リハビリテーション医療の構成要素としての栄養療法 リハビリテーション科医が知っておくべき基本知識 COPDと栄養療法 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    医歯薬出版(株) Journal of Clinical Rehabilitation   28 ( 9 )   915 - 920   2019年08月( ISSN:0918-5259

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【検査項目と異常値からみた-緊急・重要疾患レッドページ】(10章)膠原病・免疫疾患 ANCA関連血管炎 査読

    山田 一宏, 浅井 一久, 平田 一人

    (株)医学書院 臨床検査   63 ( 4 )   538 - 539   2019年04月( ISSN:0485-1420

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>抗好中球細胞質抗体(ANCA)は,ANCA関連血管炎の診断補助目的に測定される.ANCA関連血管炎とは顕微鏡的多発血管炎(MPA),多発血管炎性肉芽腫症(GPA),好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)のことを指す.ANCAはANCA関連血管炎以外のさまざまな疾患や薬剤で陽性となるため,その解釈には注意を要する.

  • 【喘息の診断と治療:最新ガイドラインをふまえて】ガイドラインに基づく喘息の最新標準治療 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   35 ( 3 )   216 - 223   2019年03月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【緊急受診してくる呼吸器疾患-「息が苦しい」という患者が来院したとき,どのように対応できますか?】疾患の増悪による緊急受診 COPDの急性増悪 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    (株)南江堂 内科   123 ( 1 )   91 - 94   2019年01月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>■慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪とは,息切れの増加,咳や喀痰の増加,胸部不快感・違和感の出現あるいは増強などを認め,安定期の治療の変更が必要となる状態をいう.■症状,病歴,徴候・身体所見,呼吸状態などの臨床検査所見に基づいて増悪の重症度を判定し,治療方針を決定する.■COPDの急性増悪には,ABCアプローチを主とする薬物療法,酸素療法,換気補助療法を行う.■COPDの急性増悪の予防法や増悪時の症状と対処法についての患者教育も重要である.

  • 【緊急受診してくる呼吸器疾患-「息が苦しい」という患者が来院したとき,どのように対応できますか?】疾患の増悪による緊急受診 COPDの急性増悪 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    (株)南江堂 内科   123 ( 1 )   91 - 94   2019年01月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>■慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪とは,息切れの増加,咳や喀痰の増加,胸部不快感・違和感の出現あるいは増強などを認め,安定期の治療の変更が必要となる状態をいう.■症状,病歴,徴候・身体所見,呼吸状態などの臨床検査所見に基づいて増悪の重症度を判定し,治療方針を決定する.■COPDの急性増悪には,ABCアプローチを主とする薬物療法,酸素療法,換気補助療法を行う.■COPDの急性増悪の予防法や増悪時の症状と対処法についての患者教育も重要である.

  • 肺がん薬物療法の歴史とがん免疫療法の発展 査読

    川口 知哉, 光岡 茂樹, 金田 裕靖, 鈴村 倫弘, 澤 兼士, 渡辺 徹也, 浅井 一久

    大阪市医学会 大阪市医学会雑誌   67   7 - 14   2018年12月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    先人の英知と努力による多くの臨床比較試験により、肺がんに対する治療戦略は構築されてきた。薬物療法の歴史は、まさに臨床試験の歴史そのものである。肺がんの薬物療法は殺細胞性抗がん剤、血管新生阻害剤、分子標的療法、免疫療法に分類される。分子標的療法は、遺伝子変異をターゲットとした治療である。現在までにepidermal growth factor receptor(EGFR)遺伝子変異を有する非小細胞肺がんを対象にEGFR阻害剤と殺細胞性抗がん剤を比較した第III相試験が複数報告されており、EGFR阻害剤群が無増悪生存期間で有意に良好な結果を示している。Anaplastic lymphoma kinase(ALK)も癌増殖に関わるチロシンキナーゼの1種であるが、臨床試験によりALK阻害剤の有効性も証明されている。癌免疫療法は癌細胞による免疫のブレーキを解除することで、免疫細胞の働きを再び活発にして癌細胞を攻撃する新たな治療法である。免疫チェックポイント阻害薬は、「免疫チェックポイント」と呼ばれているブレー

  • 肺がん薬物療法の歴史とがん免疫療法の発展 査読

    川口 知哉, 光岡 茂樹, 金田 裕靖, 鈴村 倫弘, 澤 兼士, 渡辺 徹也, 浅井 一久

    大阪市医学会 大阪市医学会雑誌   67   7 - 14   2018年12月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    先人の英知と努力による多くの臨床比較試験により、肺がんに対する治療戦略は構築されてきた。薬物療法の歴史は、まさに臨床試験の歴史そのものである。肺がんの薬物療法は殺細胞性抗がん剤、血管新生阻害剤、分子標的療法、免疫療法に分類される。分子標的療法は、遺伝子変異をターゲットとした治療である。現在までにepidermal growth factor receptor(EGFR)遺伝子変異を有する非小細胞肺がんを対象にEGFR阻害剤と殺細胞性抗がん剤を比較した第III相試験が複数報告されており、EGFR阻害剤群が無増悪生存期間で有意に良好な結果を示している。Anaplastic lymphoma kinase(ALK)も癌増殖に関わるチロシンキナーゼの1種であるが、臨床試験によりALK阻害剤の有効性も証明されている。癌免疫療法は癌細胞による免疫のブレーキを解除することで、免疫細胞の働きを再び活発にして癌細胞を攻撃する新たな治療法である。免疫チェックポイント阻害薬は、「免疫チェックポイント」と呼ばれているブレーキ役部分を阻害する薬で、臨床試験の結果、1次、2次治療において生存期間で従来の化学療法を上回る効果を示している。同薬剤は、従来の治療とは作用機序が異なり、治療の経過・有害事象も異なることが分かってきている。特に、過度の免疫反応に起因する有害事象(免疫関連有害事象)については、早期発見および適切なマネージメントが必要である。分子標的治療薬、がん免疫チェックポイント阻害剤が登場し、肺癌治療をめぐる環境は大きく変化してきた。より最適な治療法の確立には引き続き臨床試験が不可欠であることは論を俟たない。免疫療法に関しては、今後、がん免疫療法と他剤の併用療法や、より的確な効果予測因子の同定が求められる。(著者抄録)

  • 【診断と治療のABC[140]慢性閉塞性肺疾患(COPD)】 (第4章)管理・治療 増悪期の管理 査読

    浅井 一久

    (株)最新医学社 最新医学   別冊 ( 慢性閉塞性肺疾患(COPD) )   194 - 202   2018年11月( ISSN:0370-8241

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    COPDの増悪とは、息切れの増加、咳や喀痰の増加、胸部不快感・違和感の出現あるいは増強などを認め、安定期の治療の変更が必要となる状態を言う。症状、病歴、徴候・身体所見、呼吸状態などの臨床検査所見に基づいて増悪の重症度を判定し、ABCアプローチを主とする薬物療法、酸素療法、換気補助療法を行う。また、増悪の予防法や増悪時の症状と対処法についての患者教育も重要である。(著者抄録)

  • 【今わが国のACO(asthma COPD overlap)を再考する】 ACOの非薬物療法 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   34 ( 5 )   441 - 446   2018年11月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【今わが国のACO(asthma COPD overlap)を再考する】 ACOの非薬物療法 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   34 ( 5 )   441 - 446   2018年11月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【診断と治療のABC[140]慢性閉塞性肺疾患(COPD)】 (第4章)管理・治療 増悪期の管理 査読

    浅井 一久

    (株)最新医学社 最新医学   別冊 ( 慢性閉塞性肺疾患(COPD) )   194 - 202   2018年11月( ISSN:0370-8241

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    COPDの増悪とは、息切れの増加、咳や喀痰の増加、胸部不快感・違和感の出現あるいは増強などを認め、安定期の治療の変更が必要となる状態を言う。症状、病歴、徴候・身体所見、呼吸状態などの臨床検査所見に基づいて増悪の重症度を判定し、ABCアプローチを主とする薬物療法、酸素療法、換気補助療法を行う。また、増悪の予防法や増悪時の症状と対処法についての患者教育も重要である。(著者抄録)

  • 【COPD 最新の知見に基づく実地診療の進め方】 治療 実地医家はどのように有効な治療を実践すべきか COPDの栄養管理 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    (株)文光堂 Medical Practice   35 ( 8 )   1281 - 1285   2018年08月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD 最新の知見に基づく実地診療の進め方】 治療 実地医家はどのように有効な治療を実践すべきか COPDの栄養管理 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    (株)文光堂 Medical Practice   35 ( 8 )   1281 - 1285   2018年08月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 喘息の病態からみた個別化治療 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   34 ( 1 )   80 - 85   2018年07月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 喘息の病態からみた個別化治療 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   34 ( 1 )   80 - 85   2018年07月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【呼吸器内科診療マニュアル】主要呼吸器疾患の診断と治療 喘息・COPDオバーラップ(ACO) 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (有)科学評論社 呼吸器内科   34 ( Suppl.1 )   400 - 405   2018年07月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 当院での気管支鏡検査の後方視的検討 査読

    光岡 茂樹, 川口 知哉, 松本 吉矢, 澤 兼士, 吉本 直樹, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 浅井 一久, 木村 達郎, 平田 一人

    (NPO)日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   40 ( Suppl. )   S331 - S331   2018年05月( ISSN:0287-2137

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COPD合併肺癌におけるPIK3CA変異 査読

    澤 兼士, 洪 泰浩, 川口 知哉, 上林 聡之, 浅井 一久, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 吉村 成央, 吉本 直樹, 久保 昭仁, 坂 英雄, 松村 晃秀, 鰐渕 英機, 山本 信之, 西山 利典, 平田 一人

    (一社)日本呼吸器学会 日本呼吸器学会誌   7 ( 増刊 )   209 - 209   2018年03月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 在宅酸素療法における運動時低酸素のマネジメント 査読

    浅井 一久

    (一社)日本呼吸器学会 日本呼吸器学会誌   7 ( 増刊 )   100 - 100   2018年03月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • COPD患者における血清heat shock protein濃度測定の臨床的意義 査読

    川本 珠貴, 金澤 博, 杉谷 新, 小島 和也, 久保 寛明, 吉田 真也, 杉山 由香里, 岡本 敦子, 佐藤 佳奈子, 井尻 尚樹, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 平田 一人

    (一社)日本呼吸器学会 日本呼吸器学会誌   7 ( 増刊 )   219 - 219   2018年03月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【気管支喘息・COPD診療に強くなる】気管支喘息・COPDの非薬物治療 COPDと日常活動性 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (株)医学書院 Medicina   55 ( 1 )   126 - 129   2018年01月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Point>COPD患者の日常活動性は,死亡率,COPD増悪,健康関連QOL,呼吸困難,運動耐容能などに影響を及ぼしている.COPD患者の日常活動性評価には,質問表,歩数計,加速度計などが用いられる.COPD患者では早期から日常活動性の低下を認めるため,日常活動性向上に向けた取り組みが重要である.日常活動性向上には,薬物療法,呼吸リハビリテーション,行動変容などが挙げられる.(著者抄録)

  • 肺がんとの鑑別を要し気管支鏡検査で診断しえた放線菌感染症の1例 査読

    佐渡 康介, 浅井 一久, 山田 一宏, 杉谷 新, 久保 寛明, 松本 吉矢, 吉本 直樹, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 川口 知哉, 平田 一人

    (NPO)日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   40 ( 1 )   80 - 80   2018年01月( ISSN:0287-2137

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アミノ酸等含有サプリメントの単回摂取が運動時の成長ホルモン分泌に与える影響 二重盲検クロスオーバープラセボ対照試験 査読

    大森 健, 田中 友理, 河端 弘, 浅井 一久

    ライフサイエンス出版(株) 薬理と治療   46 ( 1 )   113 - 116   2018年01月( ISSN:0386-3603

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    週1回以上の運動習慣のある健常人19名を対象とした。X群の9名(男性7名、女性2名、24〜50歳)は、1回目に試験食品、2回目にプラセボを、Y群の10名(男性7名、女性3名、28〜52歳)は、1回目にプラセボ、2回目に試験食品を摂取させた。アミノ酸等含有サプリメントはアミノ酸(アルギニン、オルニチン、リジン)、グリコーゲン、亜鉛、マグネシウム、セレン、ビタミンB6、カンカエキス末を配合した。エルゴメーターを使用して30分間の運動負荷を行った。有害事象の報告はなかった。試験食品およびプラセボを運動15分前に摂取することにより、血中成長ホルモン濃度は、それぞれ0.99±0.38→3.20±0.55ng/mL、0.56±0.21→2.08±0.25ng/mLまで増加した。試験食品摂取により、プラセボと比較して、試験後に血中の成長ホルモン濃度は有意に高値を示した。

  • 【喘息の加齢による変化-高齢者喘息を中心に-】 高齢者喘息と合併症 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 喘息・アレルギー   30 ( 2 )   139 - 144   2017年11月( ISSN:2424-1121

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高齢者喘息で多彩な他疾患の合併により、喘息の難治化の原因や喘息死の原因になる。今回の高齢者喘息の合併症として重要な慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、循環器疾患、胃食道逆流症(GERD)などの消化器疾患、内分泌代謝性疾患などを取り上げ概説した。(著者抄録)

  • THE EFFICACY AND SAFETY OF ULTRASOUND (US) GUIDED PERCUTANEOUS CORE-NEEDLE BIOPSY FOR PERIPHERAL LUNG OR PLEURAL LESIONS; COMPARISON WITH COMPUTED TOMOGRAPHY (CT) GUIDED NEEDLE BIOPSY 査読

    Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Kojima Kazuya, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Tanaka Hidenori, Asai Kazuhisa, Mitsuoka Shigeki, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   22   192 - 193   2017年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 【喘息の加齢による変化-高齢者喘息を中心に-】 高齢者喘息と合併症 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 喘息・アレルギー   30 ( 2 )   139 - 144   2017年11月( ISSN:2424-1121

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高齢者喘息で多彩な他疾患の合併により、喘息の難治化の原因や喘息死の原因になる。今回の高齢者喘息の合併症として重要な慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎、睡眠時無呼吸症候群(SAS)、循環器疾患、胃食道逆流症(GERD)などの消化器疾患、内分泌代謝性疾患などを取り上げ概説した。(著者抄録)

  • 呼吸器「COPDの身体活動性の評価と治療介入」 日常活動性とバイオマーカー 査読

    井尻 尚樹, 浅井 一久, 平田 一人

    日本臨床生理学会 日本臨床生理学会雑誌   47 ( 4 )   83 - 83   2017年10月( ISSN:0286-7052

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • EGFR遺伝子変異陽性進行NSCLC患者における脳画像フォローアップ間隔が予後に与える影響 査読

    松本 吉矢, 澤 兼士, 吉本 直樹, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 川口 知哉, 平田 一人

    (NPO)日本肺癌学会 肺癌   57 ( 5 )   602 - 602   2017年09月( ISSN:0386-9628

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ】 発症と疫学 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica   35 ( 7 )   17 - 22   2017年07月( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【ACO:喘息とCOPDのオーバーラップ】 発症と疫学 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica   35 ( 7 )   17 - 22   2017年07月( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アミノ酸等含有サプリメントの長期摂取が睡眠、疲労、ストレスに与える影響 二重盲検クロスオーバープラセボ対照試験 査読

    大森 健, 田中 友理, 河端 弘, 浅井 一久

    ライフサイエンス出版(株) 薬理と治療   45 ( 6 )   921 - 927   2017年06月( ISSN:0386-3603

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    日ごろから疲労・ストレスを感じている20歳以上の健常人で、「疲労」スコアが50点以上かつ「活気」スコアが50点以下の27名(男性18名、女性9名、27〜60歳)を対象とした。試験食品、プラセボともに試験期間を2回(摂取I期、摂取II期)に分けて実施した。X群には、摂取I期に試験食品、摂取II期にプラセボ、Y群には、摂取I期にプラセボ、摂取II期に試験食品をそれぞれ摂取させた。睡眠の指標となるPSQI-jのglobal scoreは摂取前と比較して、4週目、12週目で試験食品摂取時において有意に低下した。プラセボ摂取時と比較して、実測値の12週目で、変化量の4週目、12週目で試験食品摂取時に有意に低下した。POMS-Sを用いた試験期問中の疲労、ストレスの実測値と変化量は、緊張-不安、怒り-敵意、疲労は摂取前と比較して、プラセボ摂取時に有意に低下した。試験食品摂取時に、緊張-不安、抑うつ、怒り-敵意、活気、疲労、混乱は摂取前と比較して有意に低下した。プラセボ摂取時と比較して、怒り-敵意の実測値、抑うつ、怒り-敵意、混乱の変化量が試験食品摂取時において、有意に低下した。

  • 【重症喘息Up-To-Date】 生活環境要因と重症化 喫煙の影響 ACOSを含む 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (株)メディカルレビュー社 喘息・アレルギー   30 ( 1 )   34 - 39   2017年05月( ISSN:2424-1121

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    気管支喘息(以下、喘息)治療は吸入ステロイド薬(ICS)の導入以降格段の進歩はみられたが、ICS治療に抵抗を示す重症喘息が存在する。喫煙は、喘息気道炎症プロファイルに働きかけてTh17型炎症を亢進させたり、ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)活性を低下させたりして、ステロイド抵抗性を誘導する。また、喫煙は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の主たる原因であり、喘息へのCOPDの合併である喘息-COPDオーバーラップ症候群(ACOS)は喘息の重症化をきたす。喫煙喘息・ACOSでは、禁煙が最大の治療であり、禁煙治療を行い、ICSと気管支拡張療法を十分に行う。またこれらに加えて、ステロイド抵抗性を改善する抗炎症治療、抗酸化ストレス治療などの新規治療の開発、併用が期待される。(著者抄録)

  • 【重症喘息Up-To-Date】 生活環境要因と重症化 喫煙の影響 ACOSを含む 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (株)メディカルレビュー社 喘息・アレルギー   30 ( 1 )   34 - 39   2017年05月( ISSN:2424-1121

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    気管支喘息(以下、喘息)治療は吸入ステロイド薬(ICS)の導入以降格段の進歩はみられたが、ICS治療に抵抗を示す重症喘息が存在する。喫煙は、喘息気道炎症プロファイルに働きかけてTh17型炎症を亢進させたり、ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)活性を低下させたりして、ステロイド抵抗性を誘導する。また、喫煙は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の主たる原因であり、喘息へのCOPDの合併である喘息-COPDオーバーラップ症候群(ACOS)は喘息の重症化をきたす。喫煙喘息・ACOSでは、禁煙が最大の治療であり、禁煙治療を行い、ICSと気管支拡張療法を十分に行う。またこれらに加えて、ステロイド抵抗性を改善する抗炎症治療、抗酸化ストレス治療などの新規治療の開発、併用が期待される。(著者抄録)

  • 【喘息とCOPDのオーバーラップ症候群(ACOS)-病態と治療-】 COPDからみたACOS 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)北隆館 アレルギーの臨床   37 ( 4 )   331 - 335   2017年04月( ISSN:0285-6379

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    40歳以上で喫煙歴があるか慢性の咳・痰や労作時呼吸困難も示すCOPD患者で、夜間から早期にかけての咳や喘息、アトピー性素因、末梢血や喀痰で好酸球増加、呼気NOの上昇を認めるCOPD患者がACOSの対象となる。ACOSの薬物療法は、吸入ステロイド薬(ICS)を基本とし、長時間作用性気管支拡張薬の併用し、禁煙や運動療法を中心とする呼吸器リハビリテーションも有用である。(著者抄録)

  • 【喘息とCOPDのオーバーラップ症候群(ACOS)-病態と治療-】 COPDからみたACOS 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)北隆館 アレルギーの臨床   37 ( 4 )   331 - 335   2017年04月( ISSN:0285-6379

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    40歳以上で喫煙歴があるか慢性の咳・痰や労作時呼吸困難も示すCOPD患者で、夜間から早期にかけての咳や喘息、アトピー性素因、末梢血や喀痰で好酸球増加、呼気NOの上昇を認めるCOPD患者がACOSの対象となる。ACOSの薬物療法は、吸入ステロイド薬(ICS)を基本とし、長時間作用性気管支拡張薬の併用し、禁煙や運動療法を中心とする呼吸器リハビリテーションも有用である。(著者抄録)

  • 喘息-COPD重複症候群 高齢患者における慢性閉塞性肺疾患と喘息の共存および鑑別のためのパラメータ(Asthma-COPD overlap syndrome-Coexistence of chronic Obstructive pulmonary disease and asthma in elderly patients and parameters for their differentiation) 査読

    Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Shuto Taichi, Hirata Kazuto

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine   18 ( 1 )   5 - 11   2017年03月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【呼吸器疾患と慢性炎症】 気道炎症とアポトーシス 査読

    浅井 一久

    (株)北隆館 別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患   6 ( 1 )   78 - 82   2017年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)はタバコ煙により生じる慢性気道炎症により、肺気腫、末梢気道リモデリングを生じる。タバコ煙には多数の化学物質が含まれ、気道炎症惹起、アポトーシス誘発を起こす。炎症によるプロテアーゼ・アンチプロテアーゼ不均衡、オキシダント・アンチオキシダント不均衡が相互に作用し、抗酸化能が低下した喫煙感受性者にアポトーシスを介して気腫化を生じる。本稿では、抗酸化能、アポトーシスのメカニズムにつき概説する。(著者抄録)

  • 【呼吸器疾患と慢性炎症】 気道炎症とアポトーシス 査読

    浅井 一久

    (株)北隆館 別冊Bio Clinica: 慢性炎症と疾患   6 ( 1 )   78 - 82   2017年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)はタバコ煙により生じる慢性気道炎症により、肺気腫、末梢気道リモデリングを生じる。タバコ煙には多数の化学物質が含まれ、気道炎症惹起、アポトーシス誘発を起こす。炎症によるプロテアーゼ・アンチプロテアーゼ不均衡、オキシダント・アンチオキシダント不均衡が相互に作用し、抗酸化能が低下した喫煙感受性者にアポトーシスを介して気腫化を生じる。本稿では、抗酸化能、アポトーシスのメカニズムにつき概説する。(著者抄録)

  • 喘息-COPD重複症候群 高齢患者における慢性閉塞性肺疾患と喘息の共存および鑑別のためのパラメータ(Asthma-COPD overlap syndrome-Coexistence of chronic Obstructive pulmonary disease and asthma in elderly patients and parameters for their differentiation) 査読

    Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Shuto Taichi, Hirata Kazuto

    (一社)日本プライマリ・ケア連合学会 Journal of General and Family Medicine   18 ( 1 )   5 - 11   2017年03月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Decreased Level Of Irisin, A Skeletal Muscle Cell-Derived Myokine, Is Involved In Emphysema Associated With Chronic Obstructive Pulmonary Disease Through Epithelial Apoptosis 査読

    Sugiyama Y., Asai K., Kojima K., Sugitani A., Kubo H., Kyomoto Y., Yoshida S., Yamada K., Yoshii N., Watanabe T., Uji M., Tochino Y., Kanazawa H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   195   2017年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 【病態栄養学UPDATE】 疾患別診療 COPDにおける栄養管理 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   259 ( 10 )   1001 - 1005   2016年12月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    生物は外界から食物として栄養を摂取し、生体の構築や生命活動のエネルギー源として利用する。このため、エネルギー摂取・利用の不均衡は肥満や"るいそう"をきたす。慢性呼吸器疾患の代表格である慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者では、閉塞性換気障害やそれに基づく肺過膨張などにより呼吸負荷の増大があり、呼吸に要するエネルギー消費が著しく亢進している。他方、COPD患者では肺過膨張による横隔膜平低化による腹部臓器への圧迫や呼吸困難などから食思低下をきたし、エネルギー摂取不足に陥ることがある。このため、負の栄養バランスをきたして"るいそう"を認めることがある。"るいそう"はCOPD患者の予後と相関があり、適切な栄養管理を主体とする呼吸リハビリテーション、運動療法を含めた包括的管理が望まれる。(著者抄録)

  • 【病態栄養学UPDATE】 疾患別診療 COPDにおける栄養管理 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   259 ( 10 )   1001 - 1005   2016年12月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    生物は外界から食物として栄養を摂取し、生体の構築や生命活動のエネルギー源として利用する。このため、エネルギー摂取・利用の不均衡は肥満や"るいそう"をきたす。慢性呼吸器疾患の代表格である慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者では、閉塞性換気障害やそれに基づく肺過膨張などにより呼吸負荷の増大があり、呼吸に要するエネルギー消費が著しく亢進している。他方、COPD患者では肺過膨張による横隔膜平低化による腹部臓器への圧迫や呼吸困難などから食思低下をきたし、エネルギー摂取不足に陥ることがある。このため、負の栄養バランスをきたして"るいそう"を認めることがある。"るいそう"はCOPD患者の予後と相関があり、適切な栄養管理を主体とする呼吸リハビリテーション、運動療法を含めた包括的管理が望まれる。(著者抄録)

  • RELATIONSHIP BETWEEN PERIPHERAL BLOOD IRISIN LEVELS AND MUSCLE MASS, SARCOPENIA, AND PULMONARY FUNCTION MEASUREMENTS IN COPD SUBJECTS 査読

    Yoshida S., Asai K., Sugiyama Y., Kyomoto Y., Kawamoto T., Sato K., Kureya Y., Okamoto A., Yamada K., Yoshii N., Watanabe T., Uji M., Kanazawa H., Hirata K.

    RESPIROLOGY   21   114 - 114   2016年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 各科臨床のトピックス 喘息とCOPDのオーバーラップ症候群 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    日本医師会 日本医師会雑誌   145 ( 7 )   1444 - 1445   2016年10月( ISSN:0021-4493

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【呼吸器疾患:症例から病態生理学/分子病態学へ】 COPD 査読

    平田 一人, 浅井 一久, 川口 知哉

    (株)医学書院 呼吸と循環   64 ( 10 )   961 - 968   2016年10月( ISSN:0452-3458

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息-COPDオーバーラップ症候群(ACOS)の病態と臨床】 COPDからみたACOS 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 喘息・アレルギー   29 ( 2 )   146 - 150   2016年10月( ISSN:2424-1121

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    40歳以上で喫煙歴があるか慢性の咳・痰や労作時呼吸困難も示す慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の中で、夜間から早朝にかけての咳や喘鳴、アトピー性素因、末梢血や喀痰で好酸球増加、呼気一酸化窒素(FeNO)の上昇を認める患者が喘息-COPDオーバーラップ症候群(ACOS)の対象となる。ACOSの薬物療法は、吸入ステロイド薬(ICS)を基本とし、長時間作用性気管支拡張薬を併用し、禁煙や運動療法を中心とする呼吸器リハビリテーションも有用である。(著者抄録)

  • 【呼吸器疾患:症例から病態生理学/分子病態学へ】 COPD 査読

    平田 一人, 浅井 一久, 川口 知哉

    (株)医学書院 呼吸と循環   64 ( 10 )   961 - 968   2016年10月( ISSN:0452-3458

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 各科臨床のトピックス 喘息とCOPDのオーバーラップ症候群 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    日本医師会 日本医師会雑誌   145 ( 7 )   1444 - 1445   2016年10月( ISSN:0021-4493

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息-COPDオーバーラップ症候群(ACOS)の病態と臨床】 COPDからみたACOS 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 喘息・アレルギー   29 ( 2 )   146 - 150   2016年10月( ISSN:2424-1121

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    40歳以上で喫煙歴があるか慢性の咳・痰や労作時呼吸困難も示す慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の中で、夜間から早朝にかけての咳や喘鳴、アトピー性素因、末梢血や喀痰で好酸球増加、呼気一酸化窒素(FeNO)の上昇を認める患者が喘息-COPDオーバーラップ症候群(ACOS)の対象となる。ACOSの薬物療法は、吸入ステロイド薬(ICS)を基本とし、長時間作用性気管支拡張薬を併用し、禁煙や運動療法を中心とする呼吸器リハビリテーションも有用である。(著者抄録)

  • 【COPD治療薬のエビデンスレビュー -pros./cons.の観点から-】 LAMA(長時間作用性抗コリン薬) 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)医薬ジャーナル社 吸入療法   8 ( 2 )   16 - 24   2016年07月( ISSN:1883-2679

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    安定期COPDの薬物療法で長時間作用性抗コリン薬(LAMA)は単剤投与の場合,最も有効性が高い薬物の1つである。本邦では現在チオトロピウムに続きグリコピロニウム,ウメクリジニウム,アクリジニウムなどのLAMAが登場してきた。今回,大規模臨床試験などから,現在の症状(自覚症状,運動耐容能,QOL),将来のリスク(疾患の進行,増悪,生命予後や死亡率),併存症の予防というCOPD管理目標の観点からエビデンスを整理し,LAMAはCOPDの管理目標をほぼすべて改善することを示した。(著者抄録)

  • 【COPD治療薬のエビデンスレビュー -pros./cons.の観点から-】 LAMA(長時間作用性抗コリン薬) 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)医薬ジャーナル社 吸入療法   8 ( 2 )   16 - 24   2016年07月( ISSN:1883-2679

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    安定期COPDの薬物療法で長時間作用性抗コリン薬(LAMA)は単剤投与の場合,最も有効性が高い薬物の1つである。本邦では現在チオトロピウムに続きグリコピロニウム,ウメクリジニウム,アクリジニウムなどのLAMAが登場してきた。今回,大規模臨床試験などから,現在の症状(自覚症状,運動耐容能,QOL),将来のリスク(疾患の進行,増悪,生命予後や死亡率),併存症の予防というCOPD管理目標の観点からエビデンスを整理し,LAMAはCOPDの管理目標をほぼすべて改善することを示した。(著者抄録)

  • Epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors in previously treated advanced non-small-cell lung cancer with wild-type EGFR.

    Mitsuoka S, Kawaguchi T, Kubo A, Isa S, Uji M, Watanabe T, Sawa K, Yoshimoto N, Oka T, Nakai T, Suzumura T, Tanaka H

    Expert Opin Pharmacother.   17 ( 2 )   193 - 203   2016年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 喘息とCOPDの合併(asthma-COPD overlap syndrome:ACOS)の診断 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 Clinical Respiration   2 ( 1 )   27 - 31   2016年01月( ISSN:2189-2040

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 喘息とCOPDの合併(asthma-COPD overlap syndrome:ACOS)の診断 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 Clinical Respiration   2 ( 1 )   27 - 31   2016年01月( ISSN:2189-2040

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Expression Levels Of Developmenal Genes Distinguish Non Specific Interstitial Pneumonia From Idiopathic Pulmonary Fibrosis And Highlight Potential Diagnostic Markers 査読

    Konishi K., Kondoh Y., Taniguchi H., Okamoto A., Lindell K. O., Asai K., Zhang Y., Gibson K., Kaminski N., Kim D.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   193   2016年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Atrial Natriuretic Peptide Attenuates Bleomycin-Induced Pulmonary Fibrosis In Mice 査読

    Okamoto A., Konishi K., Nojiri T., Hosoda H., Tokudome T., Asai K., Hirata K., Kangawa K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   193   2016年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Decreased nuclear Factor Erythroid 2-Related Factor 2 Expression enhances Apoptosis Of Airway Epithelial Cells In Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease 査読

    Yamada K., Asai K., Kubo Y., Kyomoto Y., Kawamoto T., Yoshida S., Sato K., Yamamoto N., Yoshii N., Watanabe T., Uji M., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   193   2016年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 【今ACOSを考える】 治療薬の選択 COPDから考える

    平田 一人

    呼吸器内科   28 ( 4 )   303 - 307   2015年10月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息予防・管理ガイドライン2015改訂のポイントと今後の展望】 喘息の種々の側面と合併症 高齢者喘息とACOSの診断と治療

    平田 一人

    Progress in Medicine   35 ( 10 )   1589 - 1593   2015年10月( ISSN:0287-3648

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • A Case of Rapidly Progressed Primary Pleural Synovial Sarcoma 査読

    Asai Kazuhisa, Sato Kanako, Kubo Yuko, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Yoshii Naoko, Watanabe Tetsuya, Konishi Kazuhisa, Uji Masato, Hirata Kazuto

    CHEST   148 ( 4 )   2015年10月( ISSN:0012-3692

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1378/chest.2233073

  • 【外来で出会う呼吸器common疾患】 呼吸器系のcommon疾患 COPD 診断と外来でのマネジメント

    平田 一人

    Medicina   52 ( 9 )   1542 - 1545   2015年08月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD(慢性閉塞性肺疾患);内科医の診断と治療の向上を目指して】 COPD病態・治療 気管支喘息 COPDオーバーラップ症候群(ACOS)

    渡辺 徹也, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    日本内科学会雑誌   104 ( 6 )   1082 - 1088   2015年06月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 呼吸器疾患における栄養管理 栄養障害の病態と予後 COPDとやせ

    栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌   25 ( 1 )   23 - 28   2015年04月( ISSN:1881-7319

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD病態理解の変遷と治療の新展開】 COPD治療の新展開 LABAの作用メカニズムと臨床効果

    平田 一人

    Progress in Medicine   35 ( 2 )   241 - 247   2015年02月( ISSN:0287-3648

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 治療の進歩 新規ICS/LABA/LAMAによる気管支喘息の治療 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)中外医学社 Annual Review呼吸器   2015   229 - 237   2015年01月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    最近,喘息病態におけるLAMAの効果として,持続的な気管支拡張作用や気道過敏性抑制により気道収縮(喘息発作)を軽減し,さらに粘液過分泌抑制,抗炎症効果や気道リモデリング抑制なども考えられ,喘息病態の進行も抑制する可能性が示唆されている.喘息治療の基本はICSやICS/LABA配合薬であるが,ICS/LABA配合薬でコントロール不良な患者に対しては,特に重症持続型喘息患者ではLAMAの追加で呼吸機能をさらに改善し,増悪予防の効果がある.また,低用量吸入ステロイド薬で喘息症状が残る患者への上乗せ効果があり,LABAと同等の呼吸機能を改善する.今後ICS/LABA/LAMAによる気管支喘息の治療は,アドヒアランスの向上にもつながり,気道リモデリングなどの喘息病態の進行を予防できる可能性も含んでいる.(著者抄録)

  • 治療の進歩 新規ICS/LABA/LAMAによる気管支喘息の治療 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)中外医学社 Annual Review呼吸器   2015   229 - 237   2015年01月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    最近,喘息病態におけるLAMAの効果として,持続的な気管支拡張作用や気道過敏性抑制により気道収縮(喘息発作)を軽減し,さらに粘液過分泌抑制,抗炎症効果や気道リモデリング抑制なども考えられ,喘息病態の進行も抑制する可能性が示唆されている.喘息治療の基本はICSやICS/LABA配合薬であるが,ICS/LABA配合薬でコントロール不良な患者に対しては,特に重症持続型喘息患者ではLAMAの追加で呼吸機能をさらに改善し,増悪予防の効果がある.また,低用量吸入ステロイド薬で喘息症状が残る患者への上乗せ効果があり,LABAと同等の呼吸機能を改善する.今後ICS/LABA/LAMAによる気管支喘息の治療は,アドヒアランスの向上にもつながり,気道リモデリングなどの喘息病態の進行を予防できる可能性も含んでいる.(著者抄録)

  • Relationship Between Maximal Inspiratory Pressure And Six-Minute Walk Distance In Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease 査読

    Shirai A., Asai K., Sugiyama Y., Sato K., Yoshii N., Yamamoto N., Uji M., Watanabe T., Kanazawa H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   191   2015年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • High Morbidity Group Box 1 Signaling Pathway Enhancement Augments Phosphatase And Tensin Homolog Expression In Alveolar Epithelium 査読

    Nagayasu F., Konishi K., Ijiri N., Watanabe T., Yamada K., Kureya Y., Asai K., Kamoi H., Kanazawa H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   191   2015年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • THE IMPACT OF PARTICULATE MATTER WITH THEIR DIAMETERS LESS THAN 2.5.MM (PM2.5) LEVELS ON EMERGENCY DEPARTMENT VISITS WITH RESPIRATORY COMPLICATIONS IN OSAKA 査読

    Takeda N., Asai K., Ijiri N., Shirai A., Watanabe T., Konishi K., Kamoi H., Kanazawa H., Hirata K.

    RESPIROLOGY   19   200 - 200   2014年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 【最新の吸入ステロイド療法】 ACOS(asthma-COPD overlap syndrome)と吸入ステロイド療法 

    平田 一人, 浅井 一久

    アレルギーの臨床   34 ( 11 )   949 - 953   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【全身成人病としてのCOPD】 COPDの増悪とその治療

    平田 一人, 浅井 一久

    成人病と生活習慣病   44 ( 9 )   1099 - 1104   2014年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 呼吸器治療薬の副作用とその対策 吸入気管支拡張薬

    浅井 一久, 平田 一人

    呼吸   33 ( 5 )   461 - 465   2014年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【呼吸器領域の新しい薬物療法】 COPD

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    呼吸と循環   62 ( 4 )   307 - 318   2014年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD 著しく進歩したこれからの実地診療の実際】 セミナー ガイドラインに沿った実地診療のポイントとテクニック 増悪時の重症度と入院の適応の判定法

    平田 一人, 浅井 一久, 栩野 吉弘

    Medical Practice   31 ( 4 )   608 - 611   2014年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 呼吸器疾患に関する注目の治療(第3回) 新規COPDの治療薬

    平田 一人, 浅井 一久

    Respiratory Medical Research   2 ( 2 )   138 - 142   2014年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD治療の新時代 21世紀の「社会的」生活習慣病】 知っておくべき日本のCOPD治療のエビデンス BAREC研究 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)南江堂 内科   113 ( 2 )   321 - 324   2014年02月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    COPD治療薬の多くは海外からの導入品で,臨床試験は日本人以外の成績がほとんどである.COPD薬物治療の中心は気管支拡張薬であり,貼付薬は吸入薬を使用できない患者にも有用な薬剤である.1998年に発売されたtulobuterol貼付薬は日本生まれの世界で初めての貼付型β2刺激薬で,日本からのみCOPDに対する有効性安全性のエビデンスを発信できる.(著者抄録)

  • 【COPD治療の新時代 21世紀の「社会的」生活習慣病】 知っておくべき日本のCOPD治療のエビデンス BAREC研究 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)南江堂 内科   113 ( 2 )   321 - 324   2014年02月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    COPD治療薬の多くは海外からの導入品で,臨床試験は日本人以外の成績がほとんどである.COPD薬物治療の中心は気管支拡張薬であり,貼付薬は吸入薬を使用できない患者にも有用な薬剤である.1998年に発売されたtulobuterol貼付薬は日本生まれの世界で初めての貼付型β2刺激薬で,日本からのみCOPDに対する有効性安全性のエビデンスを発信できる.(著者抄録)

  • 【段階に応じたCOPD薬物治療】 労作時の呼吸困難 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)日本医事新報社 日本医事新報   ( 4681 )   29 - 34   2014年01月( ISSN:0385-9215

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【段階に応じたCOPD薬物治療】 労作時の呼吸困難 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)日本医事新報社 日本医事新報   ( 4681 )   29 - 34   2014年01月( ISSN:0385-9215

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Evaluation Of The Value Of Irisin Levels In Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) Patients 査読

    Ijiri N., Kanazawa H., Kinoshita Y., Yamamoto N., Yamada K., Watanabe T., Imahashi Y., Asai K., Tochino Y., Uji M., Kyoh S., Kamoi H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   189   2014年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • PENTRAXIN-3 IN FEBRILE NEUTROPENIA IN LUNG CANCER PATIENTS 査読

    Takeda Noriko, Asai Kazuhisa, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Kamoi Hiroshi, Kanazawa Hiroshi, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   18   142 - 142   2013年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 【日本呼吸器学会COPDガイドライン第4版をめぐって】 増悪期の管理・予後・病診連携 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   72 ( 11 )   1228 - 1238   2013年11月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    JRS2013では、COPD増悪の定義や増悪重症度の評価が少し変更された。増悪期の治療は、ABCアプローチを中心とし、酸素療法や換気補助療法が行われるが、増悪予防は患者の予後に影響し、将来リスクに影響する最も重要な因子の1つである。またCOPDの予後因子と予後に影響する治療も再整理され、COPDの治療における病診連携の重要性やプライマリケア医の役割についても詳細に記載された。(著者抄録)

  • 【日本呼吸器学会COPDガイドライン第4版をめぐって】 増悪期の管理・予後・病診連携 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   72 ( 11 )   1228 - 1238   2013年11月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    JRS2013では、COPD増悪の定義や増悪重症度の評価が少し変更された。増悪期の治療は、ABCアプローチを中心とし、酸素療法や換気補助療法が行われるが、増悪予防は患者の予後に影響し、将来リスクに影響する最も重要な因子の1つである。またCOPDの予後因子と予後に影響する治療も再整理され、COPDの治療における病診連携の重要性やプライマリケア医の役割についても詳細に記載された。(著者抄録)

  • 【呼吸器疾患の増悪を考える】 COPD 増悪時の治療と予後 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 THE LUNG-perspectives   21 ( 3 )   262 - 266   2013年08月( ISSN:0919-5742

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)増悪時の治療として薬物療法、酸素療法、人工呼吸管理(換気補助療法)が行われ、薬物療法の基本はABCアプローチ(抗菌薬:antibiotics、気管支拡張薬:bronchodilators、ステロイド薬:corticosteroids)である。低酸素血症の場合、酸素療法の適応となり、十分な薬物療法や酸素療法にもかかわらず、呼吸状態が改善しない場合には換気補助療法の適応となる。COPDの増悪は、COPDの進行を加速させ、COPD患者の予後や将来リスクに影響する最も重要な因子の1つと考えられている。(著者抄録)

  • 【呼吸器疾患の増悪を考える】 COPD 増悪時の治療と予後 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 THE LUNG-perspectives   21 ( 3 )   262 - 266   2013年08月( ISSN:0919-5742

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)増悪時の治療として薬物療法、酸素療法、人工呼吸管理(換気補助療法)が行われ、薬物療法の基本はABCアプローチ(抗菌薬:antibiotics、気管支拡張薬:bronchodilators、ステロイド薬:corticosteroids)である。低酸素血症の場合、酸素療法の適応となり、十分な薬物療法や酸素療法にもかかわらず、呼吸状態が改善しない場合には換気補助療法の適応となる。COPDの増悪は、COPDの進行を加速させ、COPD患者の予後や将来リスクに影響する最も重要な因子の1つと考えられている。(著者抄録)

  • 【新たな展開を見せるCOPD治療と新治療薬オーキシスへの期待】 COPD増悪治療戦略 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)医薬ジャーナル社 吸入療法   5 ( 2 )   46 - 54   2013年07月( ISSN:1883-2679

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    COPD増悪時の治療として薬物療法、酸素療法、人工呼吸管理(換気補助療法)が行われる。薬物療法の基本はABCアプローチ(抗菌薬:antibiotics、気管支拡張薬:bronchodilations、ステロイド薬:corticosteroids)であり、PaO2<60 Torr(SpO2<90%)の場合、酸素療法の適応となる。換気補助療法は、PaCO2が>45 TorrかつpH<7.35の場合は適応を考慮し、十分な薬物療法や酸素療法にもかかわらず、呼吸状態が改善しない場合には適応となる。増悪の予防には、手洗い、禁煙、インフルエンザや肺炎球菌ワクチン療法、吸入ステロイド薬、長時間作用性気管支拡張薬、ICS/LABA配合剤、去痰薬、少量長期マクロライド療法などがある。(著者抄録)

  • 【新たな展開を見せるCOPD治療と新治療薬オーキシスへの期待】 COPD増悪治療戦略 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)医薬ジャーナル社 吸入療法   5 ( 2 )   46 - 54   2013年07月( ISSN:1883-2679

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    COPD増悪時の治療として薬物療法、酸素療法、人工呼吸管理(換気補助療法)が行われる。薬物療法の基本はABCアプローチ(抗菌薬:antibiotics、気管支拡張薬:bronchodilations、ステロイド薬:corticosteroids)であり、PaO2<60 Torr(SpO2<90%)の場合、酸素療法の適応となる。換気補助療法は、PaCO2が>45 TorrかつpH<7.35の場合は適応を考慮し、十分な薬物療法や酸素療法にもかかわらず、呼吸状態が改善しない場合には適応となる。増悪の予防には、手洗い、禁煙、インフルエンザや肺炎球菌ワクチン療法、吸入ステロイド薬、長時間作用性気管支拡張薬、ICS/LABA配合剤、去痰薬、少量長期マクロライド療法などがある。(著者抄録)

  • 【気管支喘息:診断と治療の進歩】 概念 COPDとの鑑別と併存 査読

    栩野 吉弘, 浅井 一久, 平田 一人

    (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌   102 ( 6 )   1352 - 1358   2013年06月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息病態の修飾因子・難治化因子】 喫煙 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (株)医学書院 呼吸と循環   61 ( 6 )   523 - 528   2013年06月( ISSN:0452-3458

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    喫煙喘息患者では、咳、喘鳴、息切れ、夜間症状などの症状が強く、発作治療薬の使用や救急外来の受診頻度が高い。そして、時に生命を脅かす重症の発作を来たし、喘息死の危険因子となる。その原因として、喫煙は喘息治療のkey drugである吸入ステロイド、経口ステロイドによる治療への抵抗性を来たすことが知られている。修飾因子・難治化因子としての喫煙の喘息病態への影響を概説した。

  • 【喘息病態の修飾因子・難治化因子】 喫煙 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (株)医学書院 呼吸と循環   61 ( 6 )   523 - 528   2013年06月( ISSN:0452-3458

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    喫煙喘息患者では、咳、喘鳴、息切れ、夜間症状などの症状が強く、発作治療薬の使用や救急外来の受診頻度が高い。そして、時に生命を脅かす重症の発作を来たし、喘息死の危険因子となる。その原因として、喫煙は喘息治療のkey drugである吸入ステロイド、経口ステロイドによる治療への抵抗性を来たすことが知られている。修飾因子・難治化因子としての喫煙の喘息病態への影響を概説した。

  • 【気管支喘息:診断と治療の進歩】 概念 COPDとの鑑別と併存 査読

    栩野 吉弘, 浅井 一久, 平田 一人

    (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌   102 ( 6 )   1352 - 1358   2013年06月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD治療のキーポイント】 治療 吸入ステロイド(配合薬を含む) 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)メジカルビュー社 Mebio   30 ( 5 )   58 - 69   2013年05月( ISSN:0910-0474

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD治療のキーポイント】 治療 吸入ステロイド(配合薬を含む) 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)メジカルビュー社 Mebio   30 ( 5 )   58 - 69   2013年05月( ISSN:0910-0474

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD-その病態と最新治療】 日本のガイドラインとGOLD 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)ライフメディコム カレントテラピー   31 ( 5 )   473 - 479   2013年05月( ISSN:0287-8445

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD-その病態と最新治療】 日本のガイドラインとGOLD 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)ライフメディコム カレントテラピー   31 ( 5 )   473 - 479   2013年05月( ISSN:0287-8445

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【呼吸器疾患-state of arts Ver.6】 (第4章)主要疾患 病態・診断・治療 アレルギー性肺疾患 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   別冊 ( 呼吸器疾患-state of arts Ver.6 )   249 - 251   2013年04月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【呼吸器疾患-state of arts Ver.6】 (第4章)主要疾患 病態・診断・治療 アレルギー性肺疾患 アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   別冊 ( 呼吸器疾患-state of arts Ver.6 )   249 - 251   2013年04月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Pentraxin (ptx) 3 Concentration In Induced Sputum Is Correlated With The Airflow Limitation In Asthmatic Patients 査読

    Imahashi Y., Asai K., Uraoka N., Ijiri N., Yoshii N., Tamagaki G., Ichimaru Y., Tochino Y., Kamoi H., Kanazawa H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   187   2013年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • THE EXPRESSION OF NUCLEAR FACTOR ERYTHROID-2-RELATED FACTOR 2 (NRF2) WAS DECREASED IN BRONCHIAL EPITHELIAL CELLS OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE (COPD) PATIENTS 査読

    Imahashi Y., Tochino Y., Asai K., Yoshii N., Ijiri N., Tamagaki G., Kamoi H., Kanazawa H., Hirata K.

    RESPIROLOGY   17   42 - 42   2012年12月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 【COPD慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)】 肺線維症・肺気腫合併例の診断・治療・評価 査読

    平田 一人, 浅井 一久, 栩野 吉弘

    エーザイ(株) クリニシアン   59 ( 9-10 )   892 - 898   2012年10月( ISSN:0387-1541

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)】 肺線維症・肺気腫合併例の診断・治療・評価 査読

    平田 一人, 浅井 一久, 栩野 吉弘

    エーザイ(株) クリニシアン   59 ( 9-10 )   892 - 898   2012年10月( ISSN:0387-1541

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPDの最新の話題】 重症度を規定する因子 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)医学書院 呼吸と循環   60 ( 10 )   1005 - 1013   2012年10月( ISSN:0452-3458

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPDの最新の話題】 重症度を規定する因子 査読

    平田 一人, 栩野 吉弘, 浅井 一久

    (株)医学書院 呼吸と循環   60 ( 10 )   1005 - 1013   2012年10月( ISSN:0452-3458

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 呼吸機能検査 典型的疾患から学ぶ呼吸機能 慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD) 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (一社)呼吸研究 呼吸   31 ( 7 )   628 - 633   2012年07月( ISSN:0286-9314

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    COPDの診断基準は、「気管支拡張薬投与後のスパイロメトリーで1秒率が70%未満で、他の気流閉塞を来し得る疾患を除外すること。」である。このためCOPD患者でみられる呼吸機能障害は、気流閉塞(閉塞性換気障害)が必ず認められ、その他に肺弾性収縮圧の減少と肺気量分画の異常、換気および血流の不均等、動脈血ガスの異常・肺拡散能の異常などの特徴がみられる。気流閉塞として、1秒率の低下や古型的なフロー・ボリューム曲線を示し、肺過膨張による全肺気量、機能的残気量、残気量、残気率が増加し、COPDの進行に伴い肺活量や最大吸気量は減少し混合性換気障害を呈する。N2洗い出し法で測定される肺の不均等分布を表すΔN2は増加し、気道の易虚脱性や末梢気道病変を表すクロージングボリュームも増加する。6分間歩行試験などで評価される運動能力の低下もCOPDではよく認められる。(著者抄録)

  • 【COPD(慢性閉塞性肺疾患)の最新治療】 COPDリハビリテーションの実際 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (株)医薬ジャーナル社 医薬ジャーナル   48 ( 7 )   1729 - 1734   2012年07月( ISSN:0287-4741

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における呼吸リハビリテーションは、COPD患者の日常生活を心身にわたり良好な状態に保つように改善する医療である。その適応は軽症患者から重症患者にまで及び、呼吸リハビリテーションの効果は薬物療法に上乗せすることが可能である。医師、看護師、理学療法士などの多職種が参加したチーム医療で包括的なリハビリテーションプログラムを実施することで、より大きな効果が期待できる。また、リハビリテーションを成功させる上で患者の主体的な参加を促すためには、患者および家族への教育が重要である。(著者抄録)

  • 呼吸機能検査 典型的疾患から学ぶ呼吸機能 慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD) 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (一社)呼吸研究 呼吸   31 ( 7 )   628 - 633   2012年07月( ISSN:0286-9314

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    COPDの診断基準は、「気管支拡張薬投与後のスパイロメトリーで1秒率が70%未満で、他の気流閉塞を来し得る疾患を除外すること。」である。このためCOPD患者でみられる呼吸機能障害は、気流閉塞(閉塞性換気障害)が必ず認められ、その他に肺弾性収縮圧の減少と肺気量分画の異常、換気および血流の不均等、動脈血ガスの異常・肺拡散能の異常などの特徴がみられる。気流閉塞として、1秒率の低下や古型的なフロー・ボリューム曲線を示し、肺過膨張による全肺気量、機能的残気量、残気量、残気率が増加し、COPDの進行に伴い肺活量や最大吸気量は減少し混合性換気障害を呈する。N2洗い出し法で測定される肺の不均等分布を表すΔN2は増加し、気道の易虚脱性や末梢気道病変を表すクロージングボリュームも増加する。6分間歩行試験などで評価される運動能力の低下もCOPDではよく認められる。(著者抄録)

  • 【COPD(慢性閉塞性肺疾患)の最新治療】 COPDリハビリテーションの実際 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (株)医薬ジャーナル社 医薬ジャーナル   48 ( 7 )   1729 - 1734   2012年07月( ISSN:0287-4741

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における呼吸リハビリテーションは、COPD患者の日常生活を心身にわたり良好な状態に保つように改善する医療である。その適応は軽症患者から重症患者にまで及び、呼吸リハビリテーションの効果は薬物療法に上乗せすることが可能である。医師、看護師、理学療法士などの多職種が参加したチーム医療で包括的なリハビリテーションプログラムを実施することで、より大きな効果が期待できる。また、リハビリテーションを成功させる上で患者の主体的な参加を促すためには、患者および家族への教育が重要である。(著者抄録)

  • スパイロメトリーによるCOPDの診断 肺年齢の意義は? 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    臨床呼吸生理研究会 臨床呼吸生理   44   13 - 18   2012年06月( ISSN:0911-1182

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • スパイロメトリーによるCOPDの診断 肺年齢の意義は? 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    臨床呼吸生理研究会 臨床呼吸生理   44   13 - 18   2012年06月( ISSN:0911-1182

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息病態の修飾因子・難治化因子】 喫煙 予防可能な喘息の難治化因子 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (有)科学評論社 臨床免疫・アレルギー科   57 ( 5 )   531 - 537   2012年05月( ISSN:1881-1930

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息病態の修飾因子・難治化因子】 喫煙 予防可能な喘息の難治化因子 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (有)科学評論社 臨床免疫・アレルギー科   57 ( 5 )   531 - 537   2012年05月( ISSN:1881-1930

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【気管支喘息に合併する病態】 下気道合併症(COPD、その他) 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 喘息   25 ( 1 )   15 - 19   2012年04月( ISSN:0914-7683

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)と気管支喘息の合併頻度は、最低でも高齢者喘息の20〜30%程度にみられ、COPD合併喘息の診断に関しては、臨床症状、喫煙歴、肺機能検査[肺拡散能(DLCO)]や喀痰検査、呼気一酸化窒素(NO)濃度測定、高分解能CT(HRCT)による低濃度吸収値領域(LAA)の存在などが有用である。治療では、禁煙が最も効果的で、薬物療法では吸入ステロイド薬(ICS)と長時間作用性気管支拡張薬の併用が有用である。(著者抄録)

  • 【気管支喘息に合併する病態】 下気道合併症(COPD、その他) 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 喘息   25 ( 1 )   15 - 19   2012年04月( ISSN:0914-7683

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)と気管支喘息の合併頻度は、最低でも高齢者喘息の20〜30%程度にみられ、COPD合併喘息の診断に関しては、臨床症状、喫煙歴、肺機能検査[肺拡散能(DLCO)]や喀痰検査、呼気一酸化窒素(NO)濃度測定、高分解能CT(HRCT)による低濃度吸収値領域(LAA)の存在などが有用である。治療では、禁煙が最も効果的で、薬物療法では吸入ステロイド薬(ICS)と長時間作用性気管支拡張薬の併用が有用である。(著者抄録)

  • 【内科医のための気管支喘息とCOPD診療】 増悪診断と治療が重要 COPD増悪の治療戦略とは 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)医学書院 Medicina   49 ( 3 )   446 - 449   2012年03月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <ポイント>★COPD増悪時の治療は薬物療法,酸素療法,人工呼吸管理(換気補助療法)が行われる.★薬物療法の基本はABCアプローチ(antibiotics,bronchodilations,corticosteroids)である.★PaO2が60Torr未満,あるいはSpO2が90%未満の場合,酸素療法の適応となる.★換気補助療法は,PaCO2が45Torrを超え,かつpHが7.35未満の場合は適応を考慮し,十分な薬物療法や酸素療法にもかかわらず,呼吸状態が改善しない場合には適応となる.★増悪の予防には禁煙,インフルエンザや肺炎球菌ワクチン療法,吸入ステロイド薬,長時間作動性気管支拡張薬,ICS/LABA配合剤,去痰薬,少量マクロライド療法などがある.(著者抄録)

  • 【内科医のための気管支喘息とCOPD診療】 増悪診断と治療が重要 COPD増悪の治療戦略とは 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)医学書院 Medicina   49 ( 3 )   446 - 449   2012年03月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <ポイント>★COPD増悪時の治療は薬物療法,酸素療法,人工呼吸管理(換気補助療法)が行われる.★薬物療法の基本はABCアプローチ(antibiotics,bronchodilations,corticosteroids)である.★PaO2が60Torr未満,あるいはSpO2が90%未満の場合,酸素療法の適応となる.★換気補助療法は,PaCO2が45Torrを超え,かつpHが7.35未満の場合は適応を考慮し,十分な薬物療法や酸素療法にもかかわらず,呼吸状態が改善しない場合には適応となる.★増悪の予防には禁煙,インフルエンザや肺炎球菌ワクチン療法,吸入ステロイド薬,長時間作動性気管支拡張薬,ICS/LABA配合剤,去痰薬,少量マクロライド療法などがある.(著者抄録)

  • 抗サイトカイン療法の最新動向 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   21 ( 1 )   95 - 100   2012年01月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 抗サイトカイン療法の最新動向 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   21 ( 1 )   95 - 100   2012年01月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • O22-6 気管支喘息患者における喀疲中ペントラキシン3(PTX3)の検討(バイオマーカー1,口演,第62回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    今橋 由美子, 浅井 一久, 井尻 尚樹, 武田 倫子, 玉垣 学也, 吉井 直子, 一丸 之寿, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   61 ( 9 )   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.61.1491_1

    CiNii Article

  • 14.2度の気管支動脈塞栓術(BAE)を行い,気管支鏡と造影CTにて約4年半経過を追えた気管支動脈肺動脈シャントの1例(第91回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会) 査読

    光岡 茂樹, 吉井 直子, 中井 俊之, 井尻 尚樹, 今橋 由美子, 玉垣 学也, 永田 光里, 梅川 加奈子, 今 由香里, 香川 直美, 山本 典雄, 松浦 邦臣, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   34 ( 5 )   529 - 530   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.5_529_4

    CiNii Article

  • 【咳を主訴とする患者のみかた-的確な診断と治療のために】 総論 基礎疾患のある咳 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)診断と治療社 診断と治療   99 ( 12 )   2047 - 2053   2011年12月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【咳を主訴とする患者のみかた-的確な診断と治療のために】 総論 基礎疾患のある咳 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)診断と治療社 診断と治療   99 ( 12 )   2047 - 2053   2011年12月( ISSN:0370-999X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPDの治療・管理update】 安定期の管理 薬物療法 気管支拡張薬 β2刺激薬・ステロイド薬と配合薬 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   70 ( 増刊 )   S50 - S61   2011年08月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    LABAは、気流閉塞や肺過膨張の改善、呼吸困難感の軽減、運動耐容能の改善に寄与し、COPDの増悪を予防し、COPD患者のQOLに対しても改善効果を示し、抗ウイルス作用や細菌感染障害からの保護効果や、粘膜線毛輸送機能改善によって気道クリアランスを改善する。またICS/LABA配合薬は、LABAやICS単剤にまさる呼吸機能改善効果を長期にわたって発揮し、気流閉塞や肺過膨張の改善、呼吸困難感の軽減、運動耐容能の改善を示し、増悪に関しては、LABAやICSよりも優れ、LAMAと同等の抑制効果を示し、QOLに対しても優れた改善効果を示す。さらに疾患進行や生命予後に関しても改善効果がある。(著者抄録)

  • 【COPDの治療・管理update】 安定期の管理 薬物療法 気管支拡張薬 β2刺激薬・ステロイド薬と配合薬 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   70 ( 増刊 )   S50 - S61   2011年08月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    LABAは、気流閉塞や肺過膨張の改善、呼吸困難感の軽減、運動耐容能の改善に寄与し、COPDの増悪を予防し、COPD患者のQOLに対しても改善効果を示し、抗ウイルス作用や細菌感染障害からの保護効果や、粘膜線毛輸送機能改善によって気道クリアランスを改善する。またICS/LABA配合薬は、LABAやICS単剤にまさる呼吸機能改善効果を長期にわたって発揮し、気流閉塞や肺過膨張の改善、呼吸困難感の軽減、運動耐容能の改善を示し、増悪に関しては、LABAやICSよりも優れ、LAMAと同等の抑制効果を示し、QOLに対しても優れた改善効果を示す。さらに疾患進行や生命予後に関しても改善効果がある。(著者抄録)

  • 【COPDの薬物療法の新展開】 経済効率からみたCOPD治療薬の選択 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 THE LUNG-perspectives   19 ( 2 )   179 - 183   2011年04月( ISSN:0919-5742

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    わが国ではCOPDの医療費は呼吸器全体の30%以上を占め、特にCOPDの医療費の40〜57%は増悪に伴うものであり、重症化に伴う在宅酸素療法なども医療費の大きな要因である。COPDの医療費や経済効率からは、COPDの重症化・進行の抑制と増悪の予防が重要な要因として考えられる。すべての重症度で、現喫煙者であればまず禁煙と増悪予防のためのワクチン療法の接種が推奨される。軽症で、増悪を起こしやすい例ではLAMA(LABA)による治療が推奨される。中等症では、LAMAを中心に臨床症状に応じ随時LABAの併用を行い、増悪を起こしやすい例では、去痰薬がICS/LABA配合薬の併用も考慮される。重症以上では長時間作用性気管支拡張薬の多剤併用が推奨され、増悪を起こしやすい例ではICS、ICS/LABA配合薬の併用や去痰薬の併用が推奨される。(著者抄録)

  • 【COPDの薬物療法の新展開】 経済効率からみたCOPD治療薬の選択 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)メディカルレビュー社 THE LUNG-perspectives   19 ( 2 )   179 - 183   2011年04月( ISSN:0919-5742

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    わが国ではCOPDの医療費は呼吸器全体の30%以上を占め、特にCOPDの医療費の40〜57%は増悪に伴うものであり、重症化に伴う在宅酸素療法なども医療費の大きな要因である。COPDの医療費や経済効率からは、COPDの重症化・進行の抑制と増悪の予防が重要な要因として考えられる。すべての重症度で、現喫煙者であればまず禁煙と増悪予防のためのワクチン療法の接種が推奨される。軽症で、増悪を起こしやすい例ではLAMA(LABA)による治療が推奨される。中等症では、LAMAを中心に臨床症状に応じ随時LABAの併用を行い、増悪を起こしやすい例では、去痰薬がICS/LABA配合薬の併用も考慮される。重症以上では長時間作用性気管支拡張薬の多剤併用が推奨され、増悪を起こしやすい例ではICS、ICS/LABA配合薬の併用や去痰薬の併用が推奨される。(著者抄録)

  • P16-3 気管支鏡検査にて肺野に炎症性変化を認めた胸壁発生扁平上皮癌の一例(胸膜/胸壁/縦隔,ポスター16,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    木村 達郎, 工藤 新三, 栩野 吉弘, 児玉 豊城, 松村 佐恵子, 光岡 茂樹, 吉村 成央, 浅井 一久, 一丸 之寿, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 白土 直子, 小林 大起, 玉垣 学也, 武田 倫子, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   33 ( 0 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.18907/jjsre.33.Special_S261_3

    CiNii Article

  • S9-4 喫煙 : 予防可能な喘息の難治化因子(S9 喘息病態の修飾因子・難治化因子,シンポジウム,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   60 ( 9 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.60.1224_1

    CiNii Article

  • O46-5 ICS+LABAからブデソニド/ホルモテロールへ切り替えた成人気管支喘息患者の臨床的検討(O46 気管支喘息におけるフォルモテロール/ブデソニド配合剤療法,口演,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    今橋 由美子, 玉垣 学也, 小林 大起, 中川 直子, 渡邉 徹也, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   60 ( 9 )   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.60.1432_1

    CiNii Article

  • 【咳の新しい捉え方】 COPD 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)東京医学社 成人病と生活習慣病   40 ( 11 )   1285 - 1290   2010年11月( ISSN:1347-0418

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ・COPDは慢性の咳を訴える疾患の一つであり、湿性咳嗽であることが多い。・40歳以上で、10 pack-year以上の喫煙歴がある場合にはCOPDを疑う必要がある。・喘息との鑑別には肺拡散能、HRCT、呼気NO、末梢血好酸球が参考になる。・安定期の治療・管理の基本は、禁煙、薬物療法、呼吸リハビリテーションで全身の併存症の管理も必要である。・増悪時に咳は増強するので、増悪の予防も重要である。(著者抄録)

  • 【喘息とCOPDをめぐって 類似点と相違点】 治療 ステロイドの効果の差 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)医薬ジャーナル社 アレルギー・免疫   17 ( 12 )   2034 - 2042   2010年11月( ISSN:1344-6932

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    喘息とCOPDに対するステロイドの効果については、安定期ではICSで抗炎症効果や肺機能の改善効果や臨床効果に両疾患で相違点があり、喫煙の影響や増悪の予防効果には類似点が見られる。またICS/LABAの併用時では臨床効果に両疾患で類似点が見られるが、喫煙の影響や肺炎合併には相違点が見られる。増悪時には両疾患でステロイド反応性に類似点が多く見られる。(著者抄録)

  • 【咳の新しい捉え方】 COPD 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)東京医学社 成人病と生活習慣病   40 ( 11 )   1285 - 1290   2010年11月( ISSN:1347-0418

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ・COPDは慢性の咳を訴える疾患の一つであり、湿性咳嗽であることが多い。・40歳以上で、10 pack-year以上の喫煙歴がある場合にはCOPDを疑う必要がある。・喘息との鑑別には肺拡散能、HRCT、呼気NO、末梢血好酸球が参考になる。・安定期の治療・管理の基本は、禁煙、薬物療法、呼吸リハビリテーションで全身の併存症の管理も必要である。・増悪時に咳は増強するので、増悪の予防も重要である。(著者抄録)

  • 【喘息とCOPDをめぐって 類似点と相違点】 治療 ステロイドの効果の差 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)医薬ジャーナル社 アレルギー・免疫   17 ( 12 )   2034 - 2042   2010年11月( ISSN:1344-6932

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    喘息とCOPDに対するステロイドの効果については、安定期ではICSで抗炎症効果や肺機能の改善効果や臨床効果に両疾患で相違点があり、喫煙の影響や増悪の予防効果には類似点が見られる。またICS/LABAの併用時では臨床効果に両疾患で類似点が見られるが、喫煙の影響や肺炎合併には相違点が見られる。増悪時には両疾患でステロイド反応性に類似点が多く見られる。(著者抄録)

  • 【喫煙とCOPD】 喫煙が気管支拡張薬に及ぼす影響 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (有)科学評論社 呼吸器内科   17 ( 5 )   450 - 455   2010年05月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喫煙とCOPD】 喫煙が気管支拡張薬に及ぼす影響 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (有)科学評論社 呼吸器内科   17 ( 5 )   450 - 455   2010年05月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【増加するアレルギー疾患 内科医にとっての最良のアプローチとは】 成人喘息への理解と対応 合併病態への対応 COPDと喘息の合併 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)南江堂 内科   105 ( 4 )   644 - 649   2010年04月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    COPDと喘息の合併頻度は、最低でも高齢者喘息やCOPDの20〜30%程度であり、喘息とCOPDの合併も考え、治療戦略に反映させる必要がある。診断に関しては、臨床症状、喫煙歴、肺機能検査(肺拡散能や肺過膨張所見)や喀痰検査、呼気NO測定、HRCTによる気腫性病変(LAA)の存在などが有用である。治療では、禁煙がもっとも効果的で、薬物療法では吸入ステロイド薬(ICS)と抗コリン薬やβ2刺激薬を中心とする長時間作用性気管支拡張薬の併用が有用である。(著者抄録)

  • 【呼吸不全の実地診療 治療ストラテジーの新たな展開】 呼吸不全の実地診療・セミナー/呼吸不全をきたす疾患の実地診療のポイント 気管支喘息 急性期から慢性期のアプローチの実際 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)文光堂 Medical Practice   27 ( 4 )   633 - 639   2010年04月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【呼吸不全の実地診療 治療ストラテジーの新たな展開】 呼吸不全の実地診療・セミナー/呼吸不全をきたす疾患の実地診療のポイント 気管支喘息 急性期から慢性期のアプローチの実際 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)文光堂 Medical Practice   27 ( 4 )   633 - 639   2010年04月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【増加するアレルギー疾患 内科医にとっての最良のアプローチとは】 成人喘息への理解と対応 合併病態への対応 COPDと喘息の合併 査読

    平田 一人, 浅井 一久

    (株)南江堂 内科   105 ( 4 )   644 - 649   2010年04月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    COPDと喘息の合併頻度は、最低でも高齢者喘息やCOPDの20〜30%程度であり、喘息とCOPDの合併も考え、治療戦略に反映させる必要がある。診断に関しては、臨床症状、喫煙歴、肺機能検査(肺拡散能や肺過膨張所見)や喀痰検査、呼気NO測定、HRCTによる気腫性病変(LAA)の存在などが有用である。治療では、禁煙がもっとも効果的で、薬物療法では吸入ステロイド薬(ICS)と抗コリン薬やβ2刺激薬を中心とする長時間作用性気管支拡張薬の併用が有用である。(著者抄録)

  • 吸入療法の新展開 吸入去痰薬の新しい動向 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (株)医薬ジャーナル社 吸入療法   2 ( 1 )   74 - 81   2010年01月( ISSN:1883-2679

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    喀痰過分泌、喀痰喀出困難を伴う呼吸器疾患に対して、各種去痰薬が臨床に供されている。経口、注射の一般的DDS(drug delivery system)に加えて、全身的副作用の軽減が期待される局所療法である吸入投与法が用いられている。近年は、去痰薬が喀痰喀出補助作用に加え、他の効能を有する可能性が指摘されている。本稿では、去痰薬の分類・作用機序等について述べ、吸入去痰薬N-アセチルシステインの間質性肺炎における知見も概説する。(著者抄録)

  • 吸入療法の新展開 吸入去痰薬の新しい動向 査読

    浅井 一久, 平田 一人

    (株)医薬ジャーナル社 吸入療法   2 ( 1 )   74 - 81   2010年01月( ISSN:1883-2679

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    喀痰過分泌、喀痰喀出困難を伴う呼吸器疾患に対して、各種去痰薬が臨床に供されている。経口、注射の一般的DDS(drug delivery system)に加えて、全身的副作用の軽減が期待される局所療法である吸入投与法が用いられている。近年は、去痰薬が喀痰喀出補助作用に加え、他の効能を有する可能性が指摘されている。本稿では、去痰薬の分類・作用機序等について述べ、吸入去痰薬N-アセチルシステインの間質性肺炎における知見も概説する。(著者抄録)

  • O6-6 気管支喘息におけるHigh mobility group box 1 (HMGB-1)の関与についての検討(O6 IOS・気道マーカー,口演,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    渡辺 徹也, 浅井 一久, 小林 大起, 白土 直子, 藤本 寛樹, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   59 ( 9 )   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.59.1374_1

    CiNii Article

  • P25-8 気道過敏性試験にImpulse oscillation system (IOS)を併用した各種パラメーターの検討(P25 NO・IOS,ポスター,第60回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    玉垣 学也, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 小林 大起, 白土 直子, 藤本 寛樹, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   59 ( 9 )   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.59.1468_2

    CiNii Article

  • Advanced Glycation End Products Stimulate Vascular Endothelial Growth Factor Production From Human Airway Epithelial Cells In Vitro And In Vivo 査読

    Asai K., Kanazawa H., Watanabe T., Fujimoto H., Kyoh S., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   181   2010年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • MS30-12 高齢,非高齢者喘息患者の臨床指標の比較検討(気管支喘息-病態生理1,第59回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    白土 直子, 浅井 一久, 小林 大起, 藤本 寛樹, 渡邊 徹也, 梅川 加奈子, 児玉 豊城, 松村 佐恵子, 姜 成勲, 鴨井 博, 金渾 博, 工藤 新三, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   58 ( 8 )   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.58.1294_4

    CiNii Article

  • MS26-7 当科における気管支喘息およびCOPDに対するサルメテロール/フルチカゾン配合剤(SFC)の使用経験(気管支喘息-治療3-吸入ステロイド療法による治療-,第59回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    小林 大起, 渡辺 徹也, 白土 直子, 藤本 寛樹, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 弘, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   58 ( 8 )   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.58.1282_3

    CiNii Article

  • 45.巨大ブラ切除にて発見されたCA19-9産生を示した肺腺癌の1例(第88回日本肺癌学会関西支部会,関西支部,支部活動) 査読

    児玉 豊城, 植田 隆子, 梅川 加奈子, 藤本 寛樹, 渡邉 徹也, 田中 秀典, 野村 奈穂, 湯峯 克也, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 宇治 正人, 姜 成勲, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    日本肺癌学会 肺癌   48 ( 6 )   2008年10月( ISSN:03869628

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • P17-3 慢性咳嗽を契機に発見された気道異物の2例(異物,ポスター17,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 査読

    児玉 豊城, 植田 隆子, 白土 直子, 今橋 由美子, 梅田 喜亮, 野村 奈穂, 一丸 之寿, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 宇治 正人, 姜 成勲, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   30 ( 0 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.18907/jjsre.30.Special_S202_3

    CiNii Article

  • 77 気管支喘息患者における呼気NO濃度と呼吸機能との関連性の検討(気管支喘息-病態生理1,第58回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    児玉 豊城, 金澤 博, 野村 奈穂, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 姜 成勲, 鴨井 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   57 ( 9 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.57.1466_1

    CiNii Article

  • 287 気管支喘息の末梢気道病変における非侵襲的評価法としての誘発喀痰中CML定量化の有用性の検討(気管支喘息-病態生理6,第58回日本アレルギー学会秋季学術大会) 査読

    姜 成勲, 金澤 博, 野村 奈穂, 児玉 豊城, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 鴨井 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本アレルギー学会 アレルギー   57 ( 9 )   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.15036/arerugi.57.1518_3

    CiNii Article

  • 8.歯科治療中に発症した,原因不明の呼吸困難の1例(第81回 日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会) 査読

    一丸 之寿, 白土 直子, 今橋 由美子, 梅田 喜亮, 野村 奈穂, 児玉 豊城, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 姜 成勲, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   29 ( 5 )   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.18907/jjsre.29.5_319_3

    CiNii Article

  • 8.肺癌術後左主気管支内転移に対し腔内,外照射および気管支鏡下高周波スネア,ステント留置を施行した1例(第76回日本呼吸器内視鏡学会近畿支部会) 査読

    児玉 豊城, 野村 奈穂, 江口 陽介, 遠山 佳樹, 松浦 邦臣, 野村 佐恵子, 一丸 之寿, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 光岡 茂樹, 姜 成勳, 木村 達郎, 吉村 成央, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 気管支学   27 ( 1 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    DOI: 10.18907/jjsre.27.1_84_3

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 原発性縦隔大細胞型B細胞リンパ腫の診断に,通常鉗子によるEBUS-IFBが有用であった1例

    古川 雄一郎, 中井 俊之, 宮本 篤志, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 川口 知哉, 田添 久実代

    気管支学  2023年09月  (一社)日本呼吸器内視鏡学会

  • 生物学的製剤の効果 複数生物学的製剤使用環境下における重症喘息前向きコホート研究(PROSPECT) 1年時中間報告

    関谷 潔史, 岩永 賢司, 高橋 真生, 枝 正博, 有田 嘉文, 平井 岳大, 薮田 忠孝, 田代 尚樹, 浅井 一久, 東田 有智

    アレルギー  2023年08月  (一社)日本アレルギー学会

  • 今後のアレルギー医療に向けたブレイクスルー ネットワーク診療の現状と将来 閉塞性肺疾患を中心に

    渡辺 徹也, 浅井 一久

    アレルギー  2023年08月  (一社)日本アレルギー学会

  • 気管支鏡専門医に関するアンケート調査結果

    坂本 憲穂, 西川 正憲, 瀧川 奈義夫, 滝口 裕一, 佐藤 幸夫, 大平 達夫, 遠藤 俊輔, 臼田 実男, 岩永 賢司, 池田 徳彦, 浅井 一久, 弦間 昭彦, 迎 寛

    気管支学  2023年06月  (一社)日本呼吸器内視鏡学会

  • COPDにおけるフレイル

    浅井 一久

    日本呼吸器学会誌  2023年03月  (一社)日本呼吸器学会

  • 経気管支クライオ生検で気管支顆粒細胞腫の診断に至った1例

    吉村 聡一郎, 中井 俊之, 渡辺 徹也, 宮本 篤志, 永井 貴彬, 青原 大介, 堤 将也, 豊蔵 恵里佳, 川井 隆広, 月岡 卓馬, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2023年03月  (一社)日本呼吸器内視鏡学会

  • 気管支肺胞洗浄とクライオ生検の併用が診断・併存症の把握に有用であった肺胞蛋白症3例の検討

    矢野 朔太郎, 古川 雄一郎, 宮本 篤志, 山下 卓人, 中井 俊之, 佐藤 佳奈子, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 金澤 博, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2023年03月  (一社)日本呼吸器学会

  • 併存症・合併症の把握を基に治療戦略を立てた重症難治性喘息の一例

    稲岡 宏幸, 宮本 篤志, 佐藤 佳奈子, 小川 晃一, 中井 俊之, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2023年03月  (一社)日本呼吸器学会

  • リファンピシンの高病原性肺炎桿菌に対する粘性抑制作用機序の解明

    東田 充功, 老沼 研一, 並川 浩己, 榮山 新, 坪内 泰志, 山田 康一, 仁木 満美子, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 掛屋 弘, 金子 幸弘, 川口 知哉

    日本化学療法学会雑誌  2023年03月  (公社)日本化学療法学会

  • ラットを用いた肺線維症急性増悪モデルの確立とS-allyl cysteineによる肺線維化抑制効果の検討

    遠藤 僚一, 月岡 卓馬, 浅井 一久, 宮本 篤志, 竹村 茂一, 南山 幸子

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2023年03月  (公社)日本栄養・食糧学会

  • ガイドラインから読み解くCOPD治療におけるtriple therapy

    浅井 一久

    日本呼吸器学会誌  2023年03月  (一社)日本呼吸器学会

  • 超音波気管支鏡ガイド下経血管吸引針生検が診断に有用であった原発性肺癌4症例の検討

    中井 俊之, 渡辺 徹也, 長嶺 宏明, 中濱 賢治, 小川 晃一, 松本 吉矢, 澤 兼士, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    肺癌  2022年11月  (NPO)日本肺癌学会

  • 喫煙歴が免疫チェックポイント阻害剤の治療効果に及ぼす影響についての検討

    中濱 賢治, 杉本 亮, 長嶺 宏明, 小川 晃一, 松本 吉矢, 澤 兼士, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 川口 知哉, 泉 源浩, 吉本 直樹, 谷 陽子, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 木村 達郎

    肺癌  2022年10月  (NPO)日本肺癌学会

  • 呼吸障害における骨格筋機能障害と対策-骨格筋を科学する 慢性期の骨格筋機能障害

    浅井 一久

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌  2022年10月  (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

  • クライオ生検が肺胞蛋白症の診断に有用であった1例

    矢野 朔太郎, 山下 卓人, 中井 俊之, 古川 雄一郎, 宮本 篤志, 杉本 亮, 覺野 重毅, 長嶺 宏明, 中濱 賢治, 佐藤 佳奈子, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 金澤 博, 川口 知哉

    気管支学  2022年09月  (一社)日本呼吸器内視鏡学会

  • 生物学的製剤 複数生物学的製剤使用環境下における重症喘息前向きコホート研究(PROSPECT) ベースライン患者背景

    原 悠, 浅井 一久, 枝 正博, 高橋 真生, 林 暢哉, 田代 尚樹, 小屋 俊之, 岩永 賢司, 東田 有智

    アレルギー  2022年08月  (一社)日本アレルギー学会

  • サルコペニア、フレイル、セデンタリー行動 COPDの新たな治療標的 人参養栄湯の可能性

    浅井 一久

    和漢医薬学会学術大会要旨集  2022年08月  (一社)和漢医薬学会

  • 胸膜炎を呈したMycobacterium kansasii症の一例

    浅井 一久, 宮本 篤志, 平田 一人

    結核  2022年06月  (一社)日本結核・非結核性抗酸菌症学会

  • クライオバイオプシーの飛躍と挑戦 末梢肺病変に対する2スコープテクニックを用いたクライオバイオプシーにおける安全性と出血リスクの検討

    中井 俊之, 渡辺 徹也, 皆見 勇人, 宮本 篤志, 門谷 英昭, 小川 晃一, 松本 吉矢, 澤 兼士, 岡本 敦子, 佐藤 佳奈子, 井尻 尚樹, 浅井 一久, 松元 祐司, 川口 知哉

    気管支学  2022年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 骨格筋バイオロジーからみた身体活動性の重要性

    浅井 一久

    日本呼吸器学会誌  2022年04月  (一社)日本呼吸器学会

  • 喘息治療における長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の位置づけ

    浅井 一久

    日本呼吸器学会誌  2022年04月  (一社)日本呼吸器学会

  • 喘息モデルマウスにおけるImmuBalanceの好酸球性炎症抑制効果の検討

    門谷 英昭, 浅井 一久, 小林 正典, 山根 健志, 宮本 篤志, 岩崎 剛平, 川井 隆広, 西村 美沙子, 豊蔵 恵里佳, 東田 充功, 岡本 敦子, 佐藤 佳奈子, 井尻 尚樹, 渡辺 徹也, 金澤 博, 川口 知哉, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2022年04月  (一社)日本呼吸器学会

  • 呼吸器内科専門研修に相応しい病歴要約の作成と評価について

    浅井 一久

    日本呼吸器学会誌  2022年04月  (一社)日本呼吸器学会

  • Pembrolizumabにより重篤な胆汁鬱滞型肝障害を生じた非小細胞肺癌の2例

    青原 大介, 谷 陽子, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 金澤 博, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2022年04月  (一社)日本呼吸器学会

  • 気管支鏡で診断した気管内脂肪腫の1例

    戸田 詩織, 中井 俊之, 青原 大介, 門谷 英昭, 宮本 篤志, 豊蔵 恵里佳, 川井 隆広, 中濱 賢治, 岡本 敦子, 谷 陽子, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2022年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

  • 高度な肥厚を伴った胸膜病変に対する局所麻酔下胸腔鏡の有用性に関する検討 国内会議

    中井 俊之, 上田 隆博, 藤井 裕子, 東田 充功, 西村 美沙子, 小川 晃一, 松本 吉矢, 久保 寛明, 佐藤 佳奈子, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2021年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支鏡を用いた異物除去に仮想内視鏡が有用であった1例 国内会議

    松井 恵利香, 中井 俊之, 藤井 裕子, 久保 寛明, 谷 陽子, 吉井 直子, 小松 弘明, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2021年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPDモデルマウスにおいて人参養栄湯は骨格筋合併症を改善する(アンコール演題) 国内会議

    宮本 篤志, 浅井 一久, 門谷 英昭, 丸山 直美, 久保 寛明, 岡本 敦子, 佐藤 佳奈子, 井尻 尚樹, 渡辺 徹也, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2021年04月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内分泌学的irAEとして中枢性尿崩症を認めた患者に対しラブリフィリン3A抗体を測定する意義に関する検討 国内会議

    辻井 優一朗, 曽根 莉彩, 服部 剛士, 佐渡 康介, 長嶺 宏明, 濱崎 直子, 泉 源浩, 阪上 和樹, 江口 陽介, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 椙村 益久, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2021年04月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • pembrolizumab治療中に肺結核を発症した非小細胞肺癌患者に対してpembrolizumabを継続したまま抗結核治療を導入した一例 国内会議

    中濱 賢治, 金田 裕靖, 小川 晃一, 松本 吉矢, 谷 陽子, 鈴村 倫弘, 光岡 茂樹, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2021年04月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内分泌学的irAEとして中枢性尿崩症を認めた患者に対しラブフィリン3A抗体を測定する意義に関する検討

    辻井 優一朗, 曽根 莉彩, 服部 剛士, 佐渡 康介, 長嶺 宏明, 濱崎 直子, 泉 源浩, 阪上 和樹, 江口 陽介, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 椙村 益久, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2021年04月  (一社)日本呼吸器学会

  • 多発肺がんにおける遺伝子変異プロファイルと環境因子の関係 国内会議

    泉 源浩, 澤 兼士, 小柳 潤, 小川 晃一, 松本 吉矢, 谷 陽子, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 西山 典利, 山本 信之, 洪 泰浩, 川口 知哉

    肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • atezolizumab初回投与後に髄膜炎を発症した一例 国内会議

    小川 晃一, 金田 裕靖, 谷 陽子, 泉 源浩, 松本 吉矢, 澤 兼士, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発肺がんにおける遺伝子変異プロファイルと環境因子の関係 国内会議

    泉 源浩, 澤 兼士, 小柳 潤, 小川 晃一, 松本 吉矢, 谷 陽子, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 西山 典利, 山本 信之, 洪 泰浩, 川口 知哉

    肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • atezolizumab初回投与後に髄膜炎を発症した一例 国内会議

    小川 晃一, 金田 裕靖, 谷 陽子, 泉 源浩, 松本 吉矢, 澤 兼士, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    肺癌  2020年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 稀な胸水-尿胸の1例 国内会議

    谷 陽子, 泉 源浩, 小川 晃一, 松本 吉矢, 澤 兼士, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2020年08月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 実臨床におけるベンラリズマブの投与経験 多施設での60例の検討 国内会議

    丸毛 聡, 森田 恭平, 渡辺 徹也, 豊蔵 恵里佳, 吉村 千恵, 浅井 一久, 西坂 泰夫, 川口 知哉, 福井 基成

    日本呼吸器学会誌  2020年08月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 喫煙曝露COPDマウスにおけるアスタキサンチンのCOPD抑制効果の検討 国内会議

    久保 寛明, 浅井 一久, 小島 和也, 杉谷 新, 門谷 英昭, 宮本 篤志, 丸山 直美, 岡本 敦子, 渡辺 徹也, 金澤 博, 川口 知哉, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2020年08月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CSE刺激時にLong non coding RNA:NEAT1は炎症性サイトカインの放出を促す 国内会議

    井尻 尚樹, 浅井 一久, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 山本 典雄, 渡辺 徹也, 金澤 博, 平田 一人, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2020年08月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 稀な胸水-尿胸の1例 国内会議

    谷 陽子, 泉 源浩, 小川 晃一, 松本 吉矢, 澤 兼士, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2020年08月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 実臨床におけるベンラリズマブの投与経験 多施設での60例の検討 国内会議

    丸毛 聡, 森田 恭平, 渡辺 徹也, 豊蔵 恵里佳, 吉村 千恵, 浅井 一久, 西坂 泰夫, 川口 知哉, 福井 基成

    日本呼吸器学会誌  2020年08月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 喫煙曝露COPDマウスにおけるアスタキサンチンのCOPD抑制効果の検討 国内会議

    久保 寛明, 浅井 一久, 小島 和也, 杉谷 新, 門谷 英昭, 宮本 篤志, 丸山 直美, 岡本 敦子, 渡辺 徹也, 金澤 博, 川口 知哉, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2020年08月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CSE刺激時にLong non coding RNA:NEAT1は炎症性サイトカインの放出を促す 国内会議

    井尻 尚樹, 浅井 一久, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 山本 典雄, 渡辺 徹也, 金澤 博, 平田 一人, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2020年08月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 希少症例からの教訓(2) 気管支動脈瘤2例の内視鏡所見と教訓 国内会議

    川口 知哉, 浅井 一久, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 金田 裕靖, 中井 俊之

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経気管支鏡下Cryobiopsyが閉塞性細気管支炎との鑑別に有用であった造血幹細胞移植後器質化肺炎の一例 国内会議

    佐藤 佳奈子, 渡辺 徹也, 小川 晃一, 中井 俊之, 山田 一宏, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病棟で施行した気管支鏡検査の感染症診断への有効性 国内会議

    井本 和紀, 山入 和志, 吉井 直子, 金田 裕靖, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 末梢肺病変に対する新型ガイドシースキットを用いたEBUS-GS法の当院における初期使用経験 国内会議

    中井 俊之, 渡辺 徹也, 山田 一宏, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で経験した気管・気管支食道瘻15例の検討 国内会議

    谷 陽子, 泉 源浩, 小川 晃一, 松本 吉矢, 澤 兼士, 中井 俊之, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 希少症例からの教訓(2) 気管支動脈瘤2例の内視鏡所見と教訓 国内会議

    川口 知哉, 浅井 一久, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 金田 裕靖, 中井 俊之

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経気管支鏡下Cryobiopsyが閉塞性細気管支炎との鑑別に有用であった造血幹細胞移植後器質化肺炎の一例 国内会議

    佐藤 佳奈子, 渡辺 徹也, 小川 晃一, 中井 俊之, 山田 一宏, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病棟で施行した気管支鏡検査の感染症診断への有効性 国内会議

    井本 和紀, 山入 和志, 吉井 直子, 金田 裕靖, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 末梢肺病変に対する新型ガイドシースキットを用いたEBUS-GS法の当院における初期使用経験 国内会議

    中井 俊之, 渡辺 徹也, 山田 一宏, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で経験した気管・気管支食道瘻15例の検討 国内会議

    谷 陽子, 泉 源浩, 小川 晃一, 松本 吉矢, 澤 兼士, 中井 俊之, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性腫瘍による気道狭窄の再発に対して、クライオ生検による気道拡張が有用であった1例 国内会議

    中井 俊之, 渡辺 徹也, 宮本 篤志, 泉 源浩, 小川 晃一, 杉谷 新, 小島 和也, 松本 吉矢, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性腫瘍による気道狭窄の再発に対して、クライオ生検による気道拡張が有用であった1例 国内会議

    中井 俊之, 渡辺 徹也, 宮本 篤志, 泉 源浩, 小川 晃一, 杉谷 新, 小島 和也, 松本 吉矢, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2020年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 既治療進行非小細胞肺がんに対するペグフィルグラスチム投与下DTX+RAM併用療法の第2相臨床試験 国内会議

    澤 兼士, 吉村 成央, 泉 源浩, 小川 晃一, 松本 吉矢, 谷 陽子, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 浅井 一久, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 川口 知哉

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR変異陽性進行非小細胞肺癌における腫瘍微小環境がEGFR-TKIの効果に与える影響 国内会議

    松本 吉矢, 澤 兼士, 泉 源浩, 小川 晃一, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 山本 信之, 川口 知哉, 洪 泰浩

    肺癌  2019年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フレイルを併存していたCOPD患者のセルフマネジメント支援の検討 多職種との連携から患者教育を考える 国内会議

    高津 知子, 前平 貴子, 河野 桂子, 浅井 一久, 小林 茂

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌  2019年10月  (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Convex probe endobronchial ultrasound(CP-EBUS)で病変を観察し得た右肺門部孤立性肺動脈瘤の1例 国内会議

    宮本 篤志, 小川 晃一, 小島 和也, 中井 俊之, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 松井 秀記, 武田 倫子, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2019年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR阻害剤により転移性脊椎腫瘍による脊髄完全麻痺が改善したEGFR遺伝子陽性肺癌の1例 国内会議

    谷 陽子, 鈴村 倫弘, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 泉 源浩, 小川 晃一, 松本 吉矢, 澤 兼士, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 川口 知哉, 木村 達郎

    肺癌  2019年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • TBLBとその中枢側の細気管支領域の生検が診断の一助となった特発性閉塞性細気管支炎の一例 国内会議

    吉井 直子, 井本 和紀, 澤 兼士, 山入 和志, 中井 俊之, 佐藤 佳奈子, 山本 典雄, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 川口 知哉

    気管支学  2019年06月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性腹膜中皮腫に対してニボルマブを投与した1例 国内会議

    松本 吉矢, 山田 一宏, 泉 源浩, 小川 晃一, 浅井 一久, 川口 知哉, 木村 達郎, 澤 兼士, 鈴村 倫弘, 金田 裕靖, 光岡 茂樹

    肺癌  2019年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 次世代に繋ぐCOPDの研究成果 COPDにおけるマイオカイン 国内会議

    浅井 一久

    日本呼吸器学会誌  2019年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD 病態 喫煙曝露COPDマウスにおけるirisinを介した運動のCOPD抑制効果の検討 国内会議

    久保 寛明, 小島 和也, 杉谷 新, 浅井 一久, 京本 陽行, 川本 珠貴, 吉田 真也, 岡本 敦子, 中井 俊之, 佐藤 佳奈子, 山本 典雄, 山田 一宏, 井尻 尚樹, 渡辺 徹也, 金澤 博, 川口 知哉, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2019年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Nrf2遺伝子多型と喫煙による気腫性病変の検討 国内会議

    杉谷 新, 久保 寛明, 小島 和也, 川本 珠貴, 浅井 一久, 京本 陽行, 岡本 敦子, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 井尻 尚樹, 渡辺 徹也, 金澤 博, 平田 一人, 木村 達郎, 福本 真也, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2019年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ROS1融合遺伝子陽性非小細胞肺癌患者に対しCrizotinibを投与した3例の検討 国内会議

    服部 剛士, 澤 兼士, 櫻井 祐輔, 泉 源浩, 小川 晃一, 松本 吉矢, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 浅井 一久, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 金澤 博, 川口 知哉

    日本呼吸器学会誌  2019年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺ノカルジア症の診断に気管支鏡検査が有用であった2例 国内会議

    櫻井 佑輔, 佐藤 佳奈子, 服部 剛士, 中井 俊之, 井尻 尚樹, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2019年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺ノカルジア症の診断に気管支鏡検査が有用であった2例 国内会議

    櫻井 佑輔, 佐藤 佳奈子, 服部 剛士, 中井 俊之, 井尻 尚樹, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉

    気管支学  2019年01月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 呼吸器疾患とサルコペニア 国内会議

    浅井 一久, 平田 一人

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌  2018年11月  (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 呼吸器疾患とサルコペニア 国内会議

    浅井 一久, 平田 一人

    日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌  2018年11月  (一社)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ニボルマブにて感覚障害優位の末梢神経障害を来した1例 国内会議

    武田 倫子, 松井 秀記, 森田 隆平, 大宮 英泰, 浅井 一久

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ニボルマブにて感覚障害優位の末梢神経障害を来した1例 国内会議

    武田 倫子, 松井 秀記, 森田 隆平, 大宮 英泰, 浅井 一久

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アレクチニブが奏功し社会復帰が期待できる患者への支援について 国内会議

    武田 倫子, 杉井 建祐, 松井 秀記, 浅井 一久

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR変異陽性進行NSCLCにおける治療前T790M変異がEGFR-TKIの効果と耐性に与える影響 国内会議

    松本 吉矢, 澤 兼士, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 山本 信之, 川口 知哉, 平田 一人, 洪 泰浩

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR変異陽性進行NSCLCにおける治療前T790M変異がEGFR-TKIの効果と耐性に与える影響 国内会議

    松本 吉矢, 澤 兼士, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 山本 信之, 川口 知哉, 平田 一人, 洪 泰浩

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アレクチニブが奏功し社会復帰が期待できる患者への支援について 国内会議

    武田 倫子, 杉井 建祐, 松井 秀記, 浅井 一久

    肺癌  2018年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性腫瘍による気道狭窄に対して、クライオ生検による気道拡張が有用であった3例 国内会議

    中井 俊之, 小川 晃一, 泉 源浩, 岡本 敦子, 佐藤 佳奈子, 山本 典雄, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2018年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者への音楽を聴きながら行ったリズム運動の意義と効果 運動機能と注意・認知機能への影響 国内会議

    小林 茂, 吉川 貴仁, 浅井 一久, 平田 一人, 藤本 繁夫

    日本臨床運動療法学会学術集会プログラム・抄録集  2018年09月  (NPO)日本臨床運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者への音楽を聴きながら行ったリズム運動の意義と効果 運動機能と注意・認知機能への影響 国内会議

    小林 茂, 吉川 貴仁, 浅井 一久, 平田 一人, 藤本 繁夫

    日本臨床運動療法学会学術集会プログラム・抄録集  2018年09月  (NPO)日本臨床運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性腫瘍による気道狭窄に対して、クライオ生検による気道拡張が有用であった3例 国内会議

    中井 俊之, 小川 晃一, 泉 源浩, 岡本 敦子, 佐藤 佳奈子, 山本 典雄, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 金田 裕靖, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2018年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 画鋲誤嚥による気道内異物の1例 国内会議

    佐藤 佳奈子, 呉家 圭祐, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 松下 晴彦, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2017年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支鏡検査後に腫瘍内膿瘍を形成し集学的治療を施行した1例 国内会議

    杉谷 新, 渡辺 徹也, 久保 寛明, 杉山 由香里, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 吉井 直子, 藤本 寛樹, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2017年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者の体格指標別の運動療法効果の検討 国内会議

    小林 茂, 吉川 貴仁, 浅井 一久, 平田 一人, 藤本 繁夫

    日本臨床運動療法学会雑誌  2017年09月  (NPO)日本臨床運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者の体格指標別の運動療法効果の検討 国内会議

    小林 茂, 吉川 貴仁, 浅井 一久, 平田 一人, 藤本 繁夫

    日本臨床運動療法学会雑誌  2017年09月  (NPO)日本臨床運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支鏡検査後に腫瘍内膿瘍を形成し集学的治療を施行した1例 国内会議

    杉谷 新, 渡辺 徹也, 久保 寛明, 杉山 由香里, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 吉井 直子, 藤本 寛樹, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2017年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 画鋲誤嚥による気道内異物の1例 国内会議

    佐藤 佳奈子, 呉家 圭祐, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 松下 晴彦, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2017年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Osimertinibによる薬剤性肺障害の1例 国内会議

    島津 葉月, 松本 吉矢, 吉田 真也, 澤 兼士, 山本 典雄, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人, 吉本 直樹, 鈴村 倫弘, 光岡 茂樹, 吉村 成央, 木村 達郎

    肺癌  2017年06月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Osimertinibによる薬剤性肺障害の1例 国内会議

    島津 葉月, 松本 吉矢, 吉田 真也, 澤 兼士, 山本 典雄, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人, 吉本 直樹, 鈴村 倫弘, 光岡 茂樹, 吉村 成央, 木村 達郎

    肺癌  2017年06月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で施行した気管支サーモプラスティの検討 国内会議

    川本 珠貴, 渡辺 徹也, 呉家 由子, 杉山 由香里, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 吉井 直子, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2017年05月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EBUS-TBNAが治療方針の決定に有用であったサルコイドーシス合併肺癌の1例 国内会議

    吉本 直樹, 阪上 和樹, 松本 吉也, 京本 陽行, 澤 兼士, 杉山 由香里, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 玉垣 学也, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2017年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EBUS-TBNAが治療方針の決定に有用であったサルコイドーシス合併肺癌の1例 国内会議

    吉本 直樹, 阪上 和樹, 松本 吉也, 京本 陽行, 澤 兼士, 杉山 由香里, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 玉垣 学也, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2017年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で施行した気管支サーモプラスティの検討 国内会議

    川本 珠貴, 渡辺 徹也, 呉家 由子, 杉山 由香里, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 吉井 直子, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2017年05月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超高齢社会の地域医療 フレイルと呼吸器疾患 身体的フレイルの背景としてのサルコペニアと呼吸器疾患 国内会議

    浅井 一久, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 葉書アンケートによる大阪府下のインフルエンザ治療の実態調査結果 国内会議

    吉井 直子, 栩野 吉弘, 吉田 真也, 京本 陽行, 川本 珠貴, 杉山 由香里, 佐藤 佳奈子, 呉家 由子, 岡本 敦子, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 宇治 正人, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるEGFR遺伝子T790M耐性変異陽性非小細胞肺癌に対するオシメルチニブの使用経験 国内会議

    松本 吉矢, 島津 葉月, 阪上 和樹, 澤 兼士, 吉本 直樹, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 宇治 正人, 木村 達郎, 吉村 成央, 川口 知哉, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD バイオマーカー 慢性閉塞性肺疾患(COPD)におけるアイリシンの気腫化との関連 国内会議

    杉山 由香里, 浅井 一久, 吉田 真也, 京本 陽行, 川本 珠貴, 佐藤 佳奈子, 呉家 由子, 岡本 敦子, 山田 一宏, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 宇治 正人, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD バイオマーカー 慢性閉塞性肺疾患(COPD)におけるアイリシンの気腫化との関連 国内会議

    杉山 由香里, 浅井 一久, 吉田 真也, 京本 陽行, 川本 珠貴, 佐藤 佳奈子, 呉家 由子, 岡本 敦子, 山田 一宏, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 宇治 正人, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるEGFR遺伝子T790M耐性変異陽性非小細胞肺癌に対するオシメルチニブの使用経験 国内会議

    松本 吉矢, 島津 葉月, 阪上 和樹, 澤 兼士, 吉本 直樹, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 宇治 正人, 木村 達郎, 吉村 成央, 川口 知哉, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 葉書アンケートによる大阪府下のインフルエンザ治療の実態調査結果 国内会議

    吉井 直子, 栩野 吉弘, 吉田 真也, 京本 陽行, 川本 珠貴, 杉山 由香里, 佐藤 佳奈子, 呉家 由子, 岡本 敦子, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 宇治 正人, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 超高齢社会の地域医療 フレイルと呼吸器疾患 身体的フレイルの背景としてのサルコペニアと呼吸器疾患 国内会議

    浅井 一久, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2017年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での癌性髄膜炎の後方視的検討 国内会議

    光岡 茂樹, 川口 知哉, 松本 吉矢, 澤 兼士, 吉本 直樹, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 平田 一人

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での癌性髄膜炎の後方視的検討 国内会議

    光岡 茂樹, 川口 知哉, 松本 吉矢, 澤 兼士, 吉本 直樹, 吉井 直子, 渡辺 徹也, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 平田 一人

    肺癌  2016年11月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支鏡検査で診断を得たウェステルマン肺吸虫症の1例 国内会議

    武田 倫子, 浅井 一久, 伴 裕雅, 花田 庄司, 平田 一人

    気管支学  2016年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支鏡検査で診断を得たウェステルマン肺吸虫症の1例 国内会議

    武田 倫子, 浅井 一久, 伴 裕雅, 花田 庄司, 平田 一人

    気管支学  2016年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 終末期がん患者に対する鎮静マニュアル導入による課題の検討 国内会議

    古田 愛美, 岩田 恵子, 前平 貴子, 佐々木 由美子, 井尻 尚樹, 浅井 一久

    Palliative Care Research  2016年06月  (NPO)日本緩和医療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 終末期がん患者に対する鎮静マニュアル導入による課題の検討 国内会議

    古田 愛美, 岩田 恵子, 前平 貴子, 佐々木 由美子, 井尻 尚樹, 浅井 一久

    Palliative Care Research  2016年06月  (NPO)日本緩和医療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 閉塞性換気障害を伴う気管支喘息におけるCATの有用性について 国内会議

    杉山 由香里, 川本 珠貴, 吉井 直子, 呉家 由子, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 長安 書博, 渡辺 徹也, 小西 一央, 宇治 正人, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2016年05月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 豆誤嚥による閉塞性肺炎を生じた一例 国内会議

    武田 倫子, 吉本 直樹, 中井 俊之, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 玉垣 学也, 吉井 直子, 長安 書博, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2016年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全身状態が不良な難治性気胸に対し、気管支充填術とフィブリン糊注入の併用が有効であった1例 国内会議

    中井 俊之, 山田 一宏, 吉本 直樹, 藤本 寛樹, 武田 倫子, 玉垣 学也, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2016年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全身状態が不良な難治性気胸に対し、気管支充填術とフィブリン糊注入の併用が有効であった1例 国内会議

    中井 俊之, 山田 一宏, 吉本 直樹, 藤本 寛樹, 武田 倫子, 玉垣 学也, 光岡 茂樹, 木村 達郎, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2016年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 豆誤嚥による閉塞性肺炎を生じた一例 国内会議

    武田 倫子, 吉本 直樹, 中井 俊之, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 玉垣 学也, 吉井 直子, 長安 書博, 浅井 一久, 川口 知哉, 平田 一人

    気管支学  2016年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 閉塞性換気障害を伴う気管支喘息におけるCATの有用性について 国内会議

    杉山 由香里, 川本 珠貴, 吉井 直子, 呉家 由子, 佐藤 佳奈子, 山田 一宏, 長安 書博, 渡辺 徹也, 小西 一央, 宇治 正人, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2016年05月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 稀なEGFR遺伝子変異を有する肺癌の臨床病理学的検討 国内会議

    吉本 直樹, 澤 兼士, 中井 俊之, 岡 隆子, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 金澤 博, 川口 知哉, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気道上皮Nrf2発現のタバコ煙抽出液(CSE)誘発アポトーシスへの影響 国内会議

    山田 一宏, 浅井 一久, 長安 書博, 水窪 由美子, 渡辺 徹也, 小西 一央, 栩野 吉弘, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発肺癌の臨床病理学的検討 国内会議

    澤 兼士, 吉本 直樹, 中井 俊之, 岡 隆子, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 松浦 邦臣, 吉村 成央, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 川口 知哉, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD研究の新展開 サルコペニアとマイオカイン 国内会議

    浅井 一久, 井尻 尚樹, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者の運動耐容能の経年低下予測におけるImpulse Oscillation System(IOS)の有用性について 国内会議

    吉井 直子, 玉垣 学也, 藤本 寛樹, 杉山 由香里, 岡本 敦子, 山本 典雄, 宇治 正人, 浅井 一久, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者におけるサルコペニアと運動能および予後に関する検討 国内会議

    佐藤 佳奈子, 浅井 一久, 山田 一宏, 吉井 直子, 久保 裕子, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者におけるサルコペニアと運動能および予後に関する検討 国内会議

    佐藤 佳奈子, 浅井 一久, 山田 一宏, 吉井 直子, 久保 裕子, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者の運動耐容能の経年低下予測におけるImpulse Oscillation System(IOS)の有用性について 国内会議

    吉井 直子, 玉垣 学也, 藤本 寛樹, 杉山 由香里, 岡本 敦子, 山本 典雄, 宇治 正人, 浅井 一久, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD研究の新展開 サルコペニアとマイオカイン 国内会議

    浅井 一久, 井尻 尚樹, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発肺癌の臨床病理学的検討 国内会議

    澤 兼士, 吉本 直樹, 中井 俊之, 岡 隆子, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 松浦 邦臣, 吉村 成央, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 川口 知哉, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気道上皮Nrf2発現のタバコ煙抽出液(CSE)誘発アポトーシスへの影響 国内会議

    山田 一宏, 浅井 一久, 長安 書博, 水窪 由美子, 渡辺 徹也, 小西 一央, 栩野 吉弘, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 稀なEGFR遺伝子変異を有する肺癌の臨床病理学的検討 国内会議

    吉本 直樹, 澤 兼士, 中井 俊之, 岡 隆子, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 金澤 博, 川口 知哉, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2016年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での肺癌術後化学療法の後方視的検討 国内会議

    -

    第56回日本肺癌学会学術集会   2015年11月 

  • A case of rapidly progressed primary pleural synovial sarcoma 国際会議

    -

    Chest Annual Meeting 2015  2015年10月 

  • Effect of intratracheal administration of adipose-derived stromal cells on bleomycin-induced lung injury in a rat model 国際会議

    -

    ERS International Congress 2015  2015年09月 

  • Global gene expression analyses highlight the role of plasma membrane remodeling as a molecular functions of airway epithelium in response to interleukin-13 treatment 国際会議

    -

    ERS International Congress 2015  2015年09月 

  • 当院におけるALK融合遺伝子陽性肺癌に対するalectinib使用症例についての検討 国内会議

    吉本 直樹, 澤 兼士, 中井 俊之, 松浦 邦臣, 浅井 一久, 金澤 博, 平田 一人, 吉村 成央, 光岡 茂樹, 鈴村 倫弘, 川口 知哉, 木村 達郎

    肺癌  2015年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるALK融合遺伝子陽性肺癌に対するalectinib使用症例についての検討 国内会議

    吉本 直樹, 澤 兼士, 中井 俊之, 松浦 邦臣, 浅井 一久, 金澤 博, 平田 一人, 吉村 成央, 光岡 茂樹, 鈴村 倫弘, 川口 知哉, 木村 達郎

    肺癌  2015年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 特定機能病院における医療者の終末期意思決定支援に対する認識調査 国内会議

    -

    第20回日本緩和医療学会学術大会  2015年06月 

  • High Morbidity Group Box 1 Signaling Pathway Enhancement Augments Phosphatase and Tensin Homolog Expression in Alveolar Epithelium 国際会議

    -

    American Thoracic Society International Conference 2015  2015年05月 

  • 成人喘息の疫学・症状 気管支喘息患者における運動耐容能に関する検討 国内会議

    -

    第64回日本アレルギー学会学術大会  2015年05月 

  • Relationship Between Maximal Inspiratory Pressure and Six-Minute Walk Distance in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease 国際会議

    -

    American Thoracic Society International Conference 2015  2015年05月 

  • COPD患者における呼吸筋力の6分間歩行距離への影響 国内会議

    -

    第55回日本呼吸器学会学術講演会  2015年04月 

  • 喘息・COPDにおける気道系・血管系のリモデリングの相違点と類似点 治療的な立場から 国内会議

    -

    第55回日本呼吸器学会学術講演会  2015年04月 

  • 当院での肺癌術後化学療法の後方視的検討 国内会議

    -

    第55回日本呼吸器学会学術講演会  2015年04月 

  • 肺胞上皮細胞のHMGB-1刺激はRAGEシグナル経路の亢進を介して慢性炎症性肺疾患の分子環境を再現する(HMGB-1 stimulation of alveolar epithelial cells represents molecular environment of chronic inflammatory lung disease through enhancement of RAGE signal pathway) 国内会議

    Nagayasu Fumihiro, Konishi Kazuhisa, Ijiri Naoki, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    日本呼吸器学会誌  2015年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺胞上皮細胞のHMGB-1刺激はRAGEシグナル経路の亢進を介して慢性炎症性肺疾患の分子環境を再現する(HMGB-1 stimulation of alveolar epithelial cells represents molecular environment of chronic inflammatory lung disease through enhancement of RAGE signal pathway) 国内会議

    Nagayasu Fumihiro, Konishi Kazuhisa, Ijiri Naoki, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    日本呼吸器学会誌  2015年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The impact of particulate matter with their diameters less than 2.5μm (PM2.5) levels on emergency department visits with respiratory complications in Osaka. 国際会議

    -

    19th Congress of the Asia Pacific Society of Respirology  2014年11月 

  • 当院で経験したクリゾチニブによると考えられる重篤な副作用を認めた3症例 国内会議

    -

    第55回日本肺癌学会学術集会  2014年11月 

  • CTガイド化肺生検における採取組織の肉眼的性状と、上皮間葉系マーカーとの関連 国内会議

    -

    第55回日本肺癌学会学術集会  2014年11月 

  • 「呼吸器疾患における栄養管理」 栄養障害の病態と予後 COPDとやせ 国内会議

    -

    第24回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会  2014年10月 

  • The effect of smoking on Phosphoinositide 3-kinase (PI3K) and Phosphatase and Tensin Homolog Deleted from Chromosome 10 (PTEN) mRNA expression in human airway epithelial cells. 国際会議

    -

    ERS International Congress 2014  2014年09月 

  • 喘息悪化の関わる合併症・COPD 気管支喘息を合併した慢性閉塞性肺疾患患者の臨床的検討 国内会議

    -

    第26回日本アレルギー学会春季臨床大会  2014年05月 

  • Evaluation Of The Value Of Irisin Levels In Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) Patients. 国際会議

    -

    American Thoracic Society International Conference 2014  2014年05月 

  • 急速な進行を認めた胸膜滑膜肉腫の1例 国内会議

    杉谷 新, 浅井 一久, 吉本 直樹, 中井 俊之, 松浦 邦臣, 木村 達郎, 平田 一人, 工藤 新三, 光岡 茂樹, 吉村 成央

    肺癌  2014年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急速な進行を認めた胸膜滑膜肉腫の1例 国内会議

    杉谷 新, 浅井 一久, 吉本 直樹, 中井 俊之, 松浦 邦臣, 木村 達郎, 平田 一人, 工藤 新三, 光岡 茂樹, 吉村 成央

    肺癌  2014年04月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で施行されたEBUS-TBNA13例の検討 国内会議

    -

    第54回日本呼吸器学会学術講演会  2014年04月 

  • 強制オシレーション法を用いた気管支喘息患者の気道過敏性に関与する因子の検討 国内会議

    -

    第54回日本呼吸器学会学術講演会  2014年04月 

  • COPD患者における血中アイリシン濃度測定の有用性の検討 国内会議

    -

    第54回日本呼吸器学会学術講演会  2014年04月 

  • 当院にて施行されたCTガイド下肺生検92例の検討 国内会議

    中井 俊之, 香川 直美, 杉山 由香里, 井尻 尚樹, 山本 典雄, 玉垣 学也, 吉井 直子, 梅川 加奈子, 今橋 由美子, 永田 光里, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 吉村 成央, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における肺非結核性抗酸菌症に対する現状ならびに今後の課題 国内会議

    松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院COPD患者におけるGOLD 2011の総合的評価方法のカテゴリー分類における検討 国内会議

    井尻 尚樹, 栩野 吉弘, 吉井 直子, 玉垣 学也, 今橋 由美子, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者の気道上皮細胞におけるNrf2発現の検討 国内会議

    今橋 由美子, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 井尻 尚樹, 吉井 直子, 玉垣 学也, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者における運動耐容能とImpulse Oscillation System(IOS)のパラメータとの相関についての検討 国内会議

    吉井 直子, 金澤 博, 井尻 尚樹, 武田 倫子, 玉垣 学也, 今橋 由美子, 一丸 之寿, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者における運動耐容能とImpulse Oscillation System(IOS)のパラメータとの相関についての検討 国内会議

    吉井 直子, 金澤 博, 井尻 尚樹, 武田 倫子, 玉垣 学也, 今橋 由美子, 一丸 之寿, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者の気道上皮細胞におけるNrf2発現の検討 国内会議

    今橋 由美子, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 井尻 尚樹, 吉井 直子, 玉垣 学也, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院COPD患者におけるGOLD 2011の総合的評価方法のカテゴリー分類における検討 国内会議

    井尻 尚樹, 栩野 吉弘, 吉井 直子, 玉垣 学也, 今橋 由美子, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における肺非結核性抗酸菌症に対する現状ならびに今後の課題 国内会議

    松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院にて施行されたCTガイド下肺生検92例の検討 国内会議

    中井 俊之, 香川 直美, 杉山 由香里, 井尻 尚樹, 山本 典雄, 玉垣 学也, 吉井 直子, 梅川 加奈子, 今橋 由美子, 永田 光里, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 吉村 成央, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2013年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者非小細胞肺癌に対するCarboplatin + Paclitaxelと胸部放射線同時併用療法の臨床的検討 国内会議

    中井 俊之, 永田 光里, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 今橋 由美子, 田中 秀典, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 木村 達郎, 吉村 成央, 平田 一人, 工藤 新三

    肺癌  2012年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者非小細胞肺癌に対するCarboplatin + Paclitaxelと胸部放射線同時併用療法の臨床的検討 国内会議

    中井 俊之, 永田 光里, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 今橋 由美子, 田中 秀典, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 木村 達郎, 吉村 成央, 平田 一人, 工藤 新三

    肺癌  2012年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌患者へのEGFR-TKIs投与による血漿アディポネクチン、抗炎症性サイトカイン濃度の検討 国内会議

    梅川 加奈子, 木村 達郎, 工藤 新三, 香川 直美, 今 由香里, 山本 典雄, 吉井 直子, 岡 隆子, 鈴村 倫弘, 永田 光里, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    肺癌  2012年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支喘息患者における喀痰中ペントラキシン3(PTX3)の検討 国内会議

    今橋 由美子, 浅井 一久, 井尻 尚樹, 武田 倫子, 玉垣 学也, 吉井 直子, 一丸 之寿, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2012年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における間質性肺炎合併肺癌に対する治療の検討 国内会議

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 中井 俊之, 永田 光里, 梅川 加奈子, 松浦 邦臣, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    肺癌  2012年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌症例に対する初回治療戦略 ゲフィチニブとペメトレキセドの併用療法 国内会議

    吉村 成央, 中井 俊之, 永田 光里, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 田中 秀典, 今橋 由美子, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 木村 達郎, 平田 一人, 工藤 新三

    肺癌  2012年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌症例に対する初回治療戦略 ゲフィチニブとペメトレキセドの併用療法 国内会議

    吉村 成央, 中井 俊之, 永田 光里, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 田中 秀典, 今橋 由美子, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 木村 達郎, 平田 一人, 工藤 新三

    肺癌  2012年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における間質性肺炎合併肺癌に対する治療の検討 国内会議

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 中井 俊之, 永田 光里, 梅川 加奈子, 松浦 邦臣, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    肺癌  2012年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支喘息患者における喀痰中ペントラキシン3(PTX3)の検討 国内会議

    今橋 由美子, 浅井 一久, 井尻 尚樹, 武田 倫子, 玉垣 学也, 吉井 直子, 一丸 之寿, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2012年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非小細胞肺癌患者へのEGFR-TKIs投与による血漿アディポネクチン、抗炎症性サイトカイン濃度の検討 国内会議

    梅川 加奈子, 木村 達郎, 工藤 新三, 香川 直美, 今 由香里, 山本 典雄, 吉井 直子, 岡 隆子, 鈴村 倫弘, 永田 光里, 松浦 邦臣, 光岡 茂樹, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    肺癌  2012年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2度の気管支動脈塞栓術(BAE)を行い、気管支鏡と造影CTにて約4年半経過を追えた気管支動脈肺動脈シャントの1例 国内会議

    光岡 茂樹, 吉井 直子, 中井 俊之, 井尻 尚樹, 今橋 由美子, 玉垣 学也, 永田 光里, 梅川 加奈子, 今 由香里, 香川 直美, 山本 典雄, 松浦 邦臣, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    気管支学  2012年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2度の気管支動脈塞栓術(BAE)を行い、気管支鏡と造影CTにて約4年半経過を追えた気管支動脈肺動脈シャントの1例 国内会議

    光岡 茂樹, 吉井 直子, 中井 俊之, 井尻 尚樹, 今橋 由美子, 玉垣 学也, 永田 光里, 梅川 加奈子, 今 由香里, 香川 直美, 山本 典雄, 松浦 邦臣, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    気管支学  2012年09月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成人に生じた種痘様水疱症様リンパ腫の1例 国内会議

    成瀬 明子, 平田 央, 小林 裕美, 石井 正光, 山根 孝久, 浅井 一久, 大澤 政彦, 山本 隆之, 百瀬 大

    西日本皮膚科  2012年06月  日本皮膚科学会-西部支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成人に生じた種痘様水疱症様リンパ腫の1例 国内会議

    成瀬 明子, 平田 央, 小林 裕美, 石井 正光, 山根 孝久, 浅井 一久, 大澤 政彦, 山本 隆之, 百瀬 大

    西日本皮膚科  2012年06月  日本皮膚科学会-西部支部

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 葉書アンケート調査による大阪府下のインフルエンザ治療実態 国内会議

    栩野 吉弘, 藤岡 雅司, 田中 秀典, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 新宅 治夫, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2012年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 葉書アンケート調査による大阪府下のインフルエンザ治療実態 国内会議

    栩野 吉弘, 藤岡 雅司, 田中 秀典, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 新宅 治夫, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2012年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支喘息患者におけるImpulse Oscillometry(IOS)による気道の不均等性の評価 国内会議

    玉垣 学也, 金澤 博, 小林 大起, 中川 直子, 今橋 由美子, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 一丸 之寿, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2012年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者におけるCATの有用性についての検討 国内会議

    武田 倫子, 浅井 一久, 玉垣 学也, 小林 大起, 中川 直子, 今橋 由美子, 渡辺 徹也, 一丸 之寿, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2012年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者におけるCATの有用性についての検討 国内会議

    武田 倫子, 浅井 一久, 玉垣 学也, 小林 大起, 中川 直子, 今橋 由美子, 渡辺 徹也, 一丸 之寿, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2012年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支喘息患者におけるImpulse Oscillometry(IOS)による気道の不均等性の評価 国内会議

    玉垣 学也, 金澤 博, 小林 大起, 中川 直子, 今橋 由美子, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 一丸 之寿, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会誌  2012年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 喘息病態の修飾因子・難治化因子 喫煙 予防可能な喘息の難治化因子 国内会議

    浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2011年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 喘息病態の修飾因子・難治化因子 喫煙 予防可能な喘息の難治化因子 国内会議

    浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2011年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ICS+LABAからブデソニド/ホルモテロールへ切り替えた成人気管支喘息患者の臨床的検討 国内会議

    今橋 由美子, 玉垣 学也, 小林 大起, 中川 直子, 渡邉 徹也, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2011年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR遺伝子変異の有無による骨転移の臨床的検討 国内会議

    永田 光里, 光岡 茂樹, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 今橋 由美子, 田中 秀典, 一丸 之寿, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    肺癌  2011年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR遺伝子変異の有無による骨転移の臨床的検討 国内会議

    永田 光里, 光岡 茂樹, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 今橋 由美子, 田中 秀典, 一丸 之寿, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    肺癌  2011年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ICS+LABAからブデソニド/ホルモテロールへ切り替えた成人気管支喘息患者の臨床的検討 国内会議

    今橋 由美子, 玉垣 学也, 小林 大起, 中川 直子, 渡邉 徹也, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2011年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支鏡検査にて肺野に炎症性変化を認めた胸壁発生扁平上皮癌の一例 国内会議

    木村 達郎, 工藤 新三, 栩野 吉弘, 児玉 豊城, 松村 佐恵子, 光岡 茂樹, 吉村 成央, 浅井 一久, 一丸 之寿, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 白土 直子, 小林 大起, 玉垣 学也, 武田 倫子, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    気管支学  2011年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支鏡検査にて肺野に炎症性変化を認めた胸壁発生扁平上皮癌の一例 国内会議

    木村 達郎, 工藤 新三, 栩野 吉弘, 児玉 豊城, 松村 佐恵子, 光岡 茂樹, 吉村 成央, 浅井 一久, 一丸 之寿, 鈴村 倫弘, 梅川 加奈子, 白土 直子, 小林 大起, 玉垣 学也, 武田 倫子, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    気管支学  2011年05月  (NPO)日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 未治療喘息患者における呼気中一酸化窒素濃度(FENO)と中枢・末梢気道炎症の評価法についての検討 国内会議

    小林 大起, 栩野 吉弘, 金澤 博, 玉垣 学也, 白土 直子, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 姜 成勲, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 未治療喘息患者における呼気中一酸化窒素濃度(FENO)と中枢・末梢気道炎症の評価法についての検討 国内会議

    小林 大起, 栩野 吉弘, 金澤 博, 玉垣 学也, 白土 直子, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 姜 成勲, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性閉塞性肺疾患患者における6分間歩行試験と呼吸機能との相関関係についての検討 国内会議

    藤本 寛樹, 浅井 一久, 渡辺 徹也, 小林 大起, 武田 倫子, 玉垣 学也, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者気道被覆液中perforin濃度の検討 国内会議

    白土 直子, 金澤 博, 児玉 豊城, 浅井 一久, 姜 成勲, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者に対するCATの有用性についての検討 国内会議

    武田 倫子, 浅井 一久, 中井 俊之, 天野 祥子, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 一丸 之寿, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPDにおけるImpulse oscillation system(IOS)各種パラメーターの検討 国内会議

    玉垣 学也, 渡辺 徹也, 一丸 之寿, 姜 成勲, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPDにおけるImpulse oscillation system(IOS)各種パラメーターの検討 国内会議

    玉垣 学也, 渡辺 徹也, 一丸 之寿, 姜 成勲, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者に対するCATの有用性についての検討 国内会議

    武田 倫子, 浅井 一久, 中井 俊之, 天野 祥子, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 一丸 之寿, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COPD患者気道被覆液中perforin濃度の検討 国内会議

    白土 直子, 金澤 博, 児玉 豊城, 浅井 一久, 姜 成勲, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性閉塞性肺疾患患者における6分間歩行試験と呼吸機能との相関関係についての検討 国内会議

    藤本 寛樹, 浅井 一久, 渡辺 徹也, 小林 大起, 武田 倫子, 玉垣 学也, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2011年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気道過敏性試験にImpulse oscillation system(IOS)を併用した各種パラメーターの検討 国内会議

    玉垣 学也, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 小林 大起, 白土 直子, 藤本 寛樹, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2010年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気道過敏性試験にImpulse oscillation system(IOS)を併用した各種パラメーターの検討 国内会議

    玉垣 学也, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 小林 大起, 白土 直子, 藤本 寛樹, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2010年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支喘息におけるHigh mobility group box 1(HMGB-1)の関与についての検討 国内会議

    渡辺 徹也, 浅井 一久, 小林 大起, 白土 直子, 藤本 寛樹, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2010年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR活性型変化を有し、ゲフィチニブを2年以上内服できた症例についての臨床背景の検討 国内会議

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 永田 光里, 梅川 加奈子, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 浅井 一久, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    肺癌  2010年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR活性型変化を有し、ゲフィチニブを2年以上内服できた症例についての臨床背景の検討 国内会議

    光岡 茂樹, 工藤 新三, 永田 光里, 梅川 加奈子, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 浅井 一久, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    肺癌  2010年10月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支喘息におけるHigh mobility group box 1(HMGB-1)の関与についての検討 国内会議

    渡辺 徹也, 浅井 一久, 小林 大起, 白土 直子, 藤本 寛樹, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    アレルギー  2010年10月  (一社)日本アレルギー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行非小細胞肺癌の治療経過中に癌性髄膜炎を発症しエルロチニブにより改善を認めた3症例の検討 国内会議

    永田 光里, 工藤 新三, 中井 俊之, 天野 祥子, 玉垣 学也, 武田 倫子, 白土 直子, 小林 大起, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 梅川 加奈子, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 一丸 之寿, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    肺癌  2010年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進行非小細胞肺癌の治療経過中に癌性髄膜炎を発症しエルロチニブにより改善を認めた3症例の検討 国内会議

    永田 光里, 工藤 新三, 中井 俊之, 天野 祥子, 玉垣 学也, 武田 倫子, 白土 直子, 小林 大起, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 梅川 加奈子, 鈴村 倫弘, 田中 秀典, 一丸 之寿, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 姜 成勲, 木村 達郎, 吉村 成央, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    肺癌  2010年08月  (NPO)日本肺癌学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 終末糖化産物は気道上皮におけるVascular Endothelial Growth Factorの産生を増強する 国内会議

    浅井 一久, 金澤 博, 小林 大起, 白土 直子, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 児玉 豊城, 松村 佐恵子, 姜 成勲, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 終末糖化産物は気道上皮におけるVascular Endothelial Growth Factorの産生を増強する 国内会議

    浅井 一久, 金澤 博, 小林 大起, 白土 直子, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 児玉 豊城, 松村 佐恵子, 姜 成勲, 鴨井 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支喘息におけるアドエアの長期効果に関する臨床的検討 国内会議

    渡辺 徹也, 小林 大起, 浅井 一久, 白土 直子, 藤本 寛樹, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるニューモシスティス肺炎の臨床的検討 国内会議

    藤本 寛樹, 浅井 一久, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 小林 大起, 白土 直子, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 喫煙する喘息患者におけるステロイド抵抗性のメカニズム アンギオポエチン-2の役割(Mechanisms of corticosteroid resistance in smoking asthmatic patients: potential role of angiopoietin-2) 国内会議

    Kanazawa Hiroshi, Matsumura Saeko, Asai Kazuhisa, Kyoh Shigenori, Hirata Kazuto

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再発小細胞肺癌における治療抵抗性症例<refractory relapse>の検討 国内会議

    梅川 加奈子, 木村 達郎, 井尻 尚樹, 武田 倫子, 小林 大起, 白土 直子, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 田中 秀典, 松村 佐恵子, 児玉 豊城, 一丸 之寿, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 姜 成勲, 吉村 成夫, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 再発小細胞肺癌における治療抵抗性症例<refractory relapse>の検討 国内会議

    梅川 加奈子, 木村 達郎, 井尻 尚樹, 武田 倫子, 小林 大起, 白土 直子, 鈴村 倫弘, 渡辺 徹也, 藤本 寛樹, 田中 秀典, 松村 佐恵子, 児玉 豊城, 一丸 之寿, 光岡 茂樹, 浅井 一久, 姜 成勲, 吉村 成夫, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 喫煙する喘息患者におけるステロイド抵抗性のメカニズム アンギオポエチン-2の役割(Mechanisms of corticosteroid resistance in smoking asthmatic patients: potential role of angiopoietin-2) 国内会議

    Kanazawa Hiroshi, Matsumura Saeko, Asai Kazuhisa, Kyoh Shigenori, Hirata Kazuto

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるニューモシスティス肺炎の臨床的検討 国内会議

    藤本 寛樹, 浅井 一久, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 小林 大起, 白土 直子, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支喘息におけるアドエアの長期効果に関する臨床的検討 国内会議

    渡辺 徹也, 小林 大起, 浅井 一久, 白土 直子, 藤本 寛樹, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌  2010年03月  (一社)日本呼吸器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 気管支喘息発症・難治化バイオマーカー

    2011-

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:共同研究  

    活用分野・応用方法等:気管支喘息診断薬、難治化診断薬等への活用

    非侵襲的に採取可能な誘発喀痰を用いて、気管支喘息診断・難治化診断に向けたバイオマーカーの同定を試みている。

科研費

  • Keap1-Nrf2系制御による肺気腫形成機序解明とCOPD新規治療戦略への応用

    基盤研究(C)  2019年04月

  • COPD治療における新規治療標的としてのPI3K-PTEN不均衡の検討

    基盤研究(C)  2015年04月

  • 気道上皮細胞特異的転写因子制御による気管支喘息治療の研究

    若手研究(B)  2012年04月

  • 喘息増悪因子としてのアディポサイトカインと新たなる治療標的の設定

    若手研究(B)  2009年04月

担当教育概要

  • 気管支喘息、呼吸不全

担当授業科目

  • 呼吸器病学

    2023年度    

社会貢献活動

  • 一般向け教育活動

    2014年04月 - 2015年03月

     詳細を見る

    第187回市民医学講座「肺の生活習慣病COPD」

メディア報道

  • 一般向け教育活動

    2014年04月

      詳細を見る

    第187回市民医学講座「肺の生活習慣病COPD」

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 気管支喘息

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:社会人・一般

    気管支喘息の病因、疫学、診断、治療等を概説します
    気管支喘息について知識を普及し、市民の健康増進につなげる

その他

  • 職務経歴

    2014年10月

      詳細を見る

    大阪市立大学 講師

  • 職務経歴

    2008年01月

      詳細を見る

    大阪市立大学 病院講師

  • 職務経歴

    2006年

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科呼吸器内科学 -

  • 職務経歴

    2003年 - 2004年

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科呼吸器内科学 -