2024/04/09 更新

写真a

ニシカワ ケイスケ
西川 慶祐
NISHIKAWA Keisuke
担当
大学院理学研究科 化学専攻 講師
理学部 化学科
職名
講師
所属
理学研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士 ( 環境科学 ) ( 北海道大学 )

  • 修士 ( 地球環境科学 ) ( 北海道大学 )

  • 学士 ( 工学 ) ( 北海道大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 生物分子化学

研究キーワード

  • 有機合成化学

  • 天然物合成

  • 含窒素スピロ化合物

  • 細胞毒性ポリエーテル

  • テルペノイド

  • アルカロイド

研究概要

  • 複雑な化学構造をもち、強力な生物活性を発現する天然有機化合物の合成研究は、重要な研究課題である。その全合成に応用できる新規合成手法の開発はもちろん、構造活性相関を通した生物活性発現機構の解明まで、幅広く研究を展開していくことを考える。

研究歴

  • 糖尿病腎症の創薬シード化合物を志向した新規三環性骨格をもつセスキテルペノイドの合成研究

    セスキテルペノイド  個人研究

    2015年04月 - 継続中 

  • 強力な着生阻害活性をもつジテルペノイド類の合成研究

    ジテルペノイド  国内共同研究

    2014年04月 - 継続中 

  • 中性水中環化反応を応用したネロリドール型セスキテルペノイドの全合成

    水中環化反応  個人研究

    2014年04月 - 2017年03月 

  • 月桃由来の骨芽細胞分化促進物質 5,6-dehydrokawain の作用機序解明に向けた研究

    骨粗鬆症  国内共同研究

    2014年04月 - 2018年03月 

  • 直鎖分子から含窒素スピロ環を一挙構築する環化異性化反応の開発と天然物合成への応用

    含窒素スピロ環  個人研究

    2013年04月 - 継続中 

  • テトロドトキシンの効率的全合成に向けた研究

    テトロドトキシン  個人研究

    2013年04月 - 継続中 

  • スクアレン由来の含臭素細胞毒性ポリエーテル類の全合成と構造活性相関研究、ケミカルバイオロジーへの展開

    細胞毒性ポリエーテル類  国内共同研究

    2013年04月 - 継続中 

  • 高機能カルボアニオン種イノラートを用いたステモナアルカロイド類の合成研究

    イノラート  機関内共同研究

    2012年04月 - 2013年03月 

  • アレロケミカルの構造活性相関研究と、そのケミカルバイオロジー研究

    アレロケミカル  国内共同研究

    2010年07月 - 2012年03月 

  • 環境にやさしい新規防汚剤の開発を指向した着生阻害活性物質の合成

    着生阻害活性物質  機関内共同研究

    2006年04月 - 2010年06月 

  • ヨウ化サマリウムのキレーション効果を用いた立体選択的環化反応の開発

    ヨウ化サマリウム  個人研究

    2004年04月 - 2006年03月 

所属学協会

  • 日本化学会

      国内

  • 有機合成化学協会

      国内

  • 日本薬学会

      国内

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

      国内

受賞歴

  • 第 19 回有機合成化学協会関西支部賞

    2021年11月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本化学会第 100 春季年会 ( 2020 ) 第 34 回若い世代の特別講演会 特別講演証

    2020年03月   公益社団法人 日本化学会   直鎖分子からの環骨格一挙構築をコン セプトとした天然物合成戦略

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 公益社団法人 有機合成化学協会 第一三共研究企画賞

    2019年02月   公益財団法人 有機合成化学協会   含窒素スピロ環を一挙構築する不斉環化異性化反応の開発:アルカロイド合成の新戦略

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 九州大学   先導物質化学研究所   特任助教

    2012年04月 - 2013年03月

  • 九州大学   先導物質化学研究所   非常勤講師

    2011年04月 - 2012年03月

  • 九州大学   炭素資源国際教育研究センター   学術研究員

    2010年10月 - 2011年03月

  • 九州大学   先導物質化学研究所   学術研究員

    2010年07月 - 2010年09月

  • 北海道大学   グローバル COE プログラム 「 統合フィールド環境科学の教育研究拠点形成 」   リサーチアシスタント

    2008年11月 - 2009年03月

  • 北海道大学   21 世紀 COE プログラム「生態地球圏システム劇変の予測と回避」   リサーチアシスタント

    2006年04月 - 2007年03月

▼全件表示

学歴

  • 北海道大学   環境科学研究科   環境物質化学専攻   博士課程   卒業・修了

    2006年04月 - 2010年06月

  • 北海道大学   地球環境科学研究科   物質環境科学専攻   修士課程   卒業・修了

    2004年04月 - 2006年03月

  • 北海道大学   工学部   応用化学科     卒業・修了

    2000年04月 - 2004年03月

論文

  • Structure-Activity Relationship of Anti-Inflammatory Meroterpenoids Isolated from Dictyopteris polypodioides in RAW264 Cells 査読

    Momochika Kumagai, Akana Matsuda, Nozomi Shiiba, Tomoki Tsuruta, Hikaru Endo, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   2024年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    In this study, we explored anti-inflammatory compounds from the brown alga Dictyopteris polypodioides and isolated 7 meroterpenoids. Their anti-inflammatory activities were evaluated using the lipopolysaccharide (LPS)-stimulated mouse macrophage cell line, RAW264. Yahazunol (1) exhibited similar nitric oxide (NO) production inhibitory activity as zonarol (2), which has previously been shown to be an anti-inflammatory compound. Yahazunol (1), zonarol (2), and isozonarol (3) inhibited not only nitric oxide production but also inducible nitric oxide synthase (iNOS), interleukin-6 (IL6), and C-C motif chemokine ligand 2 (CCL2) mRNA expression in RAW264 cells. The structure-activity relationships of the 11 compounds, including their synthetic analogs, revealed the significance of the hydroquinone moiety in the anti-inflammatory activity of these sesquiterpenoids in RAW264 cells. Diacetylated zonarol (9) exhibited an activity comparable to that of zonarol as a result of intracellular deacetylation. These results provide new insights into the anti-inflammatory activity of hydroquinone-containing natural products.

    DOI: 10.1093/bbb/zbae038/7637781

    DOI: 10.1093/bbb/zbae038/7637781

    その他URL: https://academic.oup.com/bbb/advance-article/doi/10.1093/bbb/zbae038/7637781

  • Halogenated Cyclic Monoterpenoids with Anti-biofouling Activity from the Okinawan Red Marine Algae Portieria hornemannii 査読

    Shinnosuke Ishigami, Ryosuke Fukada, Genki Nagasaka, Tomoki Tsuruta, Keisuke Nishikawa, Yu Sasaki, Kazumi Nimura, Iori Oshima, Yukimasa Yamagishi, Yoshiki Morimoto, Takashi Kamada, and Takahiro Ishii

    Chemistry and Biodiversity   e202400436 - e202400436   2024年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The red algal genus Portieria is a prolific producer of halogenated monoterpenoids. In this study, we isolated and characterised monoterpenoids from the Okinawan red algae Portieria hornemannii. A new polyhalogenated cyclic monoterpenoid, 2(R)-chloro-1,6(S)-dibromo-3(8)(Z)-ochtoden-4(R)-ol (1), along with three known monoterpenoids, (2R,3(8)E,4S,6R)-6-bromo-2-chloro-1,4-oxido-3(8)-ochtodene (2), 1-bromo-2-chloroochtoda-3(8),5-dien-4-one (3), and 2-chloro-1-hydroxyochtoda-3(8),5-dien-4-one (4) were isolated from the methanol extract of three populations of P. hornemannii. These compounds were characterised using a combination of spectroscopic methods and chemical synthesis, and the absolute stereochemistry of compounds 1 and 2 was determined. In addition, all isolated compounds were screened for their anti-biofouling activity against the mussel Mytilus galloprovincialis, and 1 exhibited strong activity. Therefore, halogenated monoterpenoids have the potential to be used as natural anti-biofouling drugs.

    DOI: 10.1002/cbdv.202400436

    DOI: 10.1002/cbdv.202400436

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cbdv.202400436

  • Divergent Nine-Step Syntheses of Perhydrohistrionicotoxin Analogs and Their Inhibition Activity Toward Chicken α4β2-Neuronal Nicotinic Acetylcholine Receptors 査読

    Keisuke Nishikawa, Yosuke Ono, Sumito Mori, Koichi Takayama, Makoto Ihara, Kazuhiko Matsuda, and Yoshiki Morimoto

    The Journal of Organic Chemistry   89 ( 6 )   4128 - 4133   2024年02月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Histrionicotoxin (HTX) alkaloids, which are isolated from Colombian poison dart frogs, are analgesic neurotoxins that modulate nicotinic acetylcholine receptors (nAChRs) as antagonists. Perhydrohistrionicotoxin (pHTX) is the potent synthetic analogue of HTX and possesses a 1-azaspiro[5.5]undecane skeleton common to the HTX family. Here, we show for the first time the divergent nine-step synthesis of pHTX and its three stereoisomers from the known aldehyde through a one-step construction of the 1-azaspiro[5.5]undecane framework from a linear amino ynone substrate. Surprisingly, some pHTX diastereomers exhibited antagonistic activities on the chicken α4β2-neuronal nAChRs that were more potent than pHTX.

    DOI: 10.1021/acs.joc.3c02988

    DOI: 10.1021/acs.joc.3c02988

    その他URL: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.joc.3c02988

  • Establishment of “Ring-Size-Divergent” Synthetic Strategy: Divergent Synthesis, Stereochemical Assignments, and Biological Activity Studies of Nerolidol-Type Sesquiterpenoids and Feroniellins 査読

    Keisuke Nishikawa, Tomonori Teranishi, Tomoki Tsuruta, Toshiki Niwa, Kengo Morita, Subaru Hashimoto, Akihiro Hoshino, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    The Journal of Organic Chemistry   88 ( 22 )   15844 - 15861   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Biomimetic epoxide-opening cascade cyclizations of polyepoxides enable the efficient and rapid construction of polyether skeletons. In this study, we discovered a method for switching the cyclization mode from tetrahydrofuran to tetrahydropyran (THP) formation in epoxide-opening cascades of polyepoxides. The THP formation proceeded via an epoxonium-ion intermediate by simple heating in neutral water. Next, by expanding the switching reaction, we successfully established a “ring-size-divergent” synthetic strategy that enabled the synthesis of the five-, six-, and seven-membered ether rings from identical diepoxide cyclization precursors under simple acidic or neutral conditions. The “ring-size-divergent” synthetic strategy was applied to the short divergent synthesis of nerolidol-type sesquiterpenoids and feroniellins, resulting in the revision of the proposed stereochemistry of certain natural products and the determination of all of the absolute configurations. Additionally, the anti-inflammatory activities of the synthetic samples were evaluated.

    DOI: 10.1021/acs.joc.3c01913

    DOI: 10.1021/acs.joc.3c01913

    その他URL: https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acs.joc.3c01913

  • Two New Eremophilane-Type Sesquiterpenoids from Japanese Liverwort Bazzania japonica 査読

    Ryosuke Fukada, Jin Kawano, Tomoki Tsuruta, Takuto Nonaka, Kosuke Sato, Susumu Miyajima, Shinnosuke Ishigami, Takahiro Ishii, Keisuke Nishikawa, Yoshinori Asakawa, and Takashi Kamada

    Chemistry and Biodiversity   e202300131 - e202300131   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Two new eremophilane-type sesquiterpenoids, fusumaols A (1) and B (2), were isolated from the stem-leafy liverwort, Bazzania japonica collected in Mori-Machi, Shizuoka, Japan. Their structures were established using extensive spectroscopic (IR, MS, and 2D NMR) data, and the absolute configuration of 1 was determined by the modified Mosher's method. This is the first time eremophilanes have been discovered in the liverwort genus Bazzania. Compounds 1 and 2 were evaluated for their repellent activity against the adult population of the rice weevil Sitophilus zeamais using the modified filter paper impregnation method. Both sesquiterpenoids showed moderate repellent activities.

    DOI: doi/10.1002/cbdv.202300131

    DOI: doi/10.1002/cbdv.202300131

    その他URL: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/cbdv.202300131

  • Divergent Synthesis of Nerolidol-Type Sesquiterpenoids Produced by Soil Bacterium from an Identical Starting Material via Diepoxide Precursors: Stereochemical Revision and Absolute Configuration of a THF Natural Product 査読

    Tomonori Teranishi, Keisuke Nishikawa, Akihisa Matsuura, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    Chemistry Letters   51 ( 11 )   1062 - 1066   2022年11月( ISSN:03667022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1246/cl.220390

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000404

  • Total Synthesis, Revised Structure, and Cytotoxic Activities of Iubol 査読

    Keisuke Nishikawa, Naoto Taki, Kento Nishikibe, Momochika Kumagai, Yoshiki Morimoto

    Chemistry Letters   51 ( 10 )   1000 - 1003   2022年10月( ISSN:03667022

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1246/cl.220312

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000405

  • Furanocembranoid from the Okinawan Soft Coral Sinularia sp. 査読

    Misaki Nagasaka, Kazuki Tani, Keisuke Nishikawa, Riri Kinjo, and Takahiro Ishii

    Natural Products and Bioprospecting   12   1 - 7   2022年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s13659-022-00330-7

    DOI: 10.1007/s13659-022-00330-7

    その他URL: https://link.springer.com/article/10.1007/s13659-022-00330-7

  • Dose-Dependent Alkaloid Sequestration and N-methylation of Decahydroquinoline in Poison Frogs 査読 国際共著

    Adriana M. Jeckel, Sarah K. Bolton, Katherine R. Waters, Marta M. Antoniazzi, Carlos Jared, Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto, Taran Grant, and Ralph A. Saporito

    Journal of Experimental Zoology Part A: Ecological and Integrative Physiology   337 ( 5 )   537 - 546   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.1002/jez.2587

    DOI: https://doi.org/10.1002/jez.2587

  • Asymmetric Total Synthesis of Toxicodenane A by Samarium-Iodide-Induced Barbier-Type Cyclization and Its Cell-Protective Effect against Lipotoxicity 査読

    Keisuke Nishikawa, Koki Kikuta, Tomoki Tsuruta, Hitoshi Nakatsukasa, Sho Sugahara, Shinji Kume, Yoshiki Morimoto

    Organic Letters   24   531 - 535   2022年01月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.1c03924

  • Asymmetric Total Syntheses, Stereostructures, and Cytotoxicities of Marine Bromotriterpenoids Aplysiol B (Laurenmariannol) and Saiyacenol A. 査読

    Kento Nishikibe, Keisuke Nishikawa, Momochika Kumagai, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto

    Chemistry an Asian Journal   17   e202101137 - e202101137   2021年10月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.202101137

    PubMed

  • Establishing a "Ring-Size-Divergent" Synthetic Strategy: Synthesis, Structural Revision, and Absolute Configuration of Feroniellins 査読

    Keisuke Nishikawa, Toshiki Niwa, Kento Nishikibe, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto

    Chemistry A European Journal   27 ( 43 )   11045 - 11049   2021年08月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/chem.202101603

    PubMed

  • One-Step Synthesis of the 1-Azaspiro[5.5]undecane Skeleton Characteristic of Histrionicotoxin Alkaloids from Linear Substrates via Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization 査読

    Matsumura Kunihiro, Nishikawa Keisuke, Yoshida Hiroaki, Niwa Toshiki, Fushii Yuichiro, Doe Matsumi, Morimoto Yoshiki

    Chemistry-An Asian Journal   16 ( 14 )   1882 - 1886   2021年07月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.202100383

    PubMed

  • Tetrodotoxin Framework Construction from Linear Substrates Utilizing a Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction: Synthesis of the Unnatural Analogue 11-nor-6,7,8-Trideoxytetrodotoxin. 査読

    Keisuke Nishikawa, Takayuki Noguchi, Seiho Kikuchi, Takahiro Maruyama, Yusuke Araki, Mari Yotsu-Yamashita, and Yoshiki Morimoto

    Organic Letters   23 ( 5 )   1703 - 1708   2021年03月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.1c00125

    PubMed

  • 十字路 ”エナンチオ発散現象”

    西川 慶祐、森本 善樹

    公益社団法人 有機合成化学協会・有機合成化学協会誌   79 ( 3 )   249 - 249   2021年03月( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.79.249

    CiNii Article

  • 直鎖分子からの環骨格一挙構築をコンセプトとした天然物合成戦略 招待 査読

    西川 慶祐、熊谷 百慶、松村 匡浩、錦部 健人、森本 善樹

    公益社団法人 有機合成化学協会・有機合成化学協会誌   79 ( 3 )   197 - 209   2021年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 4β‑Hydroxywithanolide E and Withanolide E from Physalis peruviana L. Inhibit Adipocyte Diferentiation of 3T3‑L1 Cells through Modulation of Mitotic Clonal Expansion 査読

    Momochika Kumagai, Izumi Yoshida, Takashi Mishima, Masahiro Ide, Kazuhiro Fujita, Matsumi Doe, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    Journal of Natural Medicines   75 ( 1 )   232 - 239   2021年01月( ISSN:1340-3443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s11418-020-01458-x

    PubMed

  • Use of Whole-Body Cryosectioning and Desorption Electrospray Ionization Mass Spectrometry Imaging to Visualize Alkaloid Distribution in Poison Frogs 査読 国際共著

    Adriana M. Jeckel, Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto, Ralph A. Saporito, Taran Grant, and Demian R. Ifa

    Journal of Mass Spectrometry   55 ( 6 )   e4520   2020年05月( ISSN:1076-5174

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/jms.4520

    PubMed

  • Fluorinated Kavalactone Inhibited RANKL-Induced Osteoclast Differentiation of RAW264 Cells 査読

    Momochika Kumagai, Keisuke Nishikawa, Takashi Mishima, Izumi Yoshida, Masahiro Ide, Akio Watanabe, Kazuhiro Fujita, and Yoshiki Morimoto

    公益社団法人 日本薬学会・Biological & Pharmaceutical Bulletin   43 ( 5 )   898 - 903   2020年05月( ISSN:0918-6158

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    抗破骨細胞形成剤としての修飾カバラクトン類似体を発見することを目的として、破骨細胞の分化に及ぼす26の類似体の影響をin vitroで評価した。最も強力な化合物である(E)-6-(2-フルオロスチリル)-4-メトキシ-2H-ピラン-2-オン(I)は、RAW264細胞のreceptor activator of nuclear factor-κB ligand(RANKL)誘発性破骨細胞分化を4.3μMのIC50で阻害した。部分的構造活性相関研究により、5,6-デヒドロカイン骨格内のフッ素とその位置の重要性が明らかになった。ピット形成アッセイより、Iは破骨細胞形成を阻害することにより破骨細胞の骨吸収を防ぐと考えられた。Iは、RANKL誘発性nuclear factor of activated T cells c1と破骨細胞形成関連遺伝子のmRNA発現レベルを下方制御した。以上より、I足場が新しい抗吸収剤の特定につながると考えられた。

  • Critical Switching of Cyclization Modes of Polyepoxides in Acidic Aqueous Media and Neutral Water: Synthesis and Revised Structure of a Nerolidol-Type Sesquiterpenoid. 査読 国際共著

    Nishikawa Keisuke, Morita Kengo, Hashimoto Subaru, Hoshino Akihiro, Ikeuchi Takumi, Kumagai Momochika, Morimoto Yoshiki

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   58 ( 30 )   10168 - 10172   2019年07月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/anie.201906039

    PubMed

  • Antioxidants from the Brown Alga Dictyopteris undulata 査読 国際共著

    Kumagai Momochika, Nishikawa Keisuke, Matsuura Hiroshi, Umezawa Taiki, Matsuda Fuyuhiko, Okino Tatsufumi

    MDPI MOLECULES   23 ( 5 )   1214 - 1214   2018年05月( ISSN:1420-3049

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    An investigation of anti-oxidative compounds from the brown alga Dictyopteris undulata has led to the isolation and identification of isozonarol, isozonarone, chromazonarol, zonaroic acid and isozonaroic acid. Their structures were identified by comparison of MS and NMR spectra. Full NMR assignment and absolute configuration of isozonaroic acid are described. Isozonarol showed the most potent 1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl (DPPH) radical scavenging activity among the compounds isolated.

    DOI: 10.3390/molecules23051214

    PubMed

    CiNii Article

  • Formal total synthesis of histrionicotoxin alkaloids via Hg(OTf)2-catalyzed cycloisomerization and SmI2-induced ring expansion 査読 国際共著

    Matsumura Kunihiro, Nishikawa Keisuke, Yoshida Hiroaki, Doe Matsumi, Morimoto Yoshiki

    RSC ADVANCES   8 ( 21 )   11296 - 11303   2018年03月( ISSN:2046-2069

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1039/c8ra02011f

  • Asymmetric Total Synthesis of (-)-Stemonamine and Its Stereochemical Stability 査読 国際共著

    Fujita Satoshi, Nishikawa Keisuke, Iwata Takayuki, Tomiyama Taishi, Ikenaga Hiroshi, Matsumoto Kenji, Shindo Mitsuru

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   24 ( 7 )   1539 - 1543   2018年02月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/chem.201706057

    PubMed

  • Evaluation of Aculeatin and Toddaculin Isolated from Toddalia asiatica as Anti-inflammatory Agents in LPS-Stimulated RAW264 Macrophages 査読 国際共著

    Kumagai Momochika, Watanabe Akio, Yoshida Izumi, Mishima Takashi, Nakamura Munetomo, Nishikawa Keisuke, Morimoto Yoshiki

    Biological Pharmaceutical Bulletin   41 ( 1 )   132 - 137   2018年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    <p>Anti-inflammatory activity of aculeatin and toddaculin, which are coumarins with a similar structure isolated from <i>Toddalia asiatica</i> (L.) LAM., was evaluated using lipopolysaccharide (LPS)-stimulated RAW264 mouse macrophage cells. Both aculeatin and toddaculin significantly inhibited mRNA expression of inflammatory mediators and nitric oxide production. Furthermore, Toddaculin suppressed LPS-induced phosphorylation of p38 and extracellular signal-regulated kinase (ERK)1/2 and inhibited LPS-induced activation of nuclear factor-kappaB (NF-κB). However, aculeatin did not exhibit such effects, suggesting that aculeatin and toddaculin suppress LPS-induced inflammation of RAW264 cells <i>via</i> different mechanisms. The cellular uptake of these compounds was also evaluated. Toddaculin was detected in RAW264 cells after 4 and 24 h. However, aculeatin levels were not observed in RAW264 cells at all incubation intervals. These results indicate that de-epoxidation of a prenyl group can increase hydrophobicity of molecule and is thought to accelerate cellular uptake and/or interactions with the phospholipid bilayers of cell membranes.</p>

    DOI: 10.1248/bpb.b17-00607

    CiNii Article

  • Total Syntheses of Lepadiformine Marine Alkaloids with Enantiodivergency, Utilizing Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction and their Cytotoxic Activities 査読 国際共著

    Nishikawa Keisuke, Yamauchi Kengo, Kikuchi Seiho, Ezaki Shinnosuke, Koyama Tomoyuki, Nokubo Haruka, Matsumura Kunihiro, Kodama Takeshi, Kumagai Momochika, Morimoto Yoshiki

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 ( 40 )   9535 - 9545   2017年07月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/chem.201701475

  • Synthesis of novel 5,6-dehydrokawain analogs as osteogenic inducers and their action mechanisms 査読 国際共著

    Kumagai Momochika, Nishikawa Keisuke, Mishima Takashi, Yoshida Izumi, Ide Masahiro, Koizumi Keiko, Nakamura Munetomo, Morimoto Yoshiki

    BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS   27 ( 11 )   2401 - 2406   2017年06月( ISSN:0960-894X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.bmcl.2017.04.016

  • Total Synthesis of the Cytotoxic Marine Triterpenoid Isodehydrothyrsiferol Reveals Partial Enantiodivergency in the Thyrsiferol Family of Natural Products 査読 国際共著

    Hoshino Akihiro, Nakai Haruka, Morino Miyako, Nishikawa Keisuke, Kodama Takeshi, Nishikibe Kento, Morimoto Yoshiki

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 ( 11 )   3064 - 3068   2017年03月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1002/anie.201611829

  • 革新的戦略「Two-Phase Synthesis」の概念によるホルボールの19ステップ全合成 招待 査読

    西川 慶祐

    社団法人 有機合成化学協会 有機合成化学協会誌   75 ( 3 )   257 - 258   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <p>Phorbol, a diterpene isolated in 1934 from hydrolysis products of croton oil, exhibits immunoregulatory, antiviral, and anticancer activities, and has a highly oxygenated tigliane skeleton that is too difficult to synthesize. In past studies, Wender and Cha groups reported the total synthesis of phorbol, but the syntheses require many steps (40∼52 steps). In 2016, Baran group achieved the enantioselective total synthesis of (+)-phorbol in only 19 steps from commercially available (+)-3-carene by using a concept of innovative strategy "two-phase terpene synthesis".</p>

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.75.257

    CiNii Article

  • Total synthesis of nitropyrrolins A, B, and D 査読

    Mitani Hikaru, Matsuo Tomoki, Kodama Takeshi, Nishikawa Keisuke, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    TETRAHEDRON   72 ( 45 )   7179 - 7184   2016年11月( ISSN:0040-4020

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2016.09.058

  • Synthesis of fluorescent molecular probes based on cis-cinnamic acid and molecular imaging of lettuce roots 査読

    Fukuda Hiroshi, Nishikawa Keisuke, Fukunaga Yukihiro, Okuda Katsuhiro, Kodama Kozue, Matsumoto Kenji, Kano Arihiro, Shindo Mitsuru

    TETRAHEDRON   72 ( 41 )   6492 - 6498   2016年10月( ISSN:0040-4020

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tet.2016.08.060

  • 5,6-Dehydrokawain from Alpinia zerumbet promotes osteoblastic MC3T3-E1 cell differentiation 査読

    Kumagai Momochika, Mishima Takashi, Watanabe Akio, Harada Teppei, Yoshida Izumi, Fujita Kazuhiro, Watai Masatoshi, Tawata Shinkichi, Nishikawa Keisuke, Morimoto Yoshiki

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   80 ( 7 )   1425 - 1432   2016年07月( ISSN:0916-8451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2016.1153959

  • 着生阻害活性を有する天然有機化合物の全合成 査読

    梅澤 大樹, 西川 慶祐, 沖野 龍文, 松田 冬彦

    社団法人 有機合成化学協会 有機合成化学協会誌   74 ( 7 )   689 - 699   2016年( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    Biofouling is adverse growth of marine organisms on manmade submersible structures such as ships' hulls and cause significant economic and environmental problems. As a fouling inhibitor, tributyltin (TBT) has been widely used for controlling the sessile organisms since the early 1960s. Unfortunately, serious pollution of the marine environment due to the deleterious effect of TBT prompted the International Maritime Organization (IMO) to call in 2008 for a ban on the use of tributyltin (TBT) on ships. Since marine invertebrates prevent settlement of other benthic marine organisms through the use of natural substances with antifouling properties without causing serious environmental problems, natural antifouling products with good antifouling properties but without biocidal properties have attracted considerable attention. Among these, 10-isocyano-4-cadinene and omaezallene show promise as lead compounds for the development of new environmentally friendly antifouling agents due to its potent antifouling activity against the cypris larvae of the barnacle <i>Amphibalanus amphitrite</i> and low toxicity. 10-Isocyano-4-cadinene, an isocyanosesquiterpene, was isolated from nudibranchs of the family <i>Phyllidiidae</i>. On the other hand, omaezallene is a bromoallene-containing C<sub>15</sub>-acetogenin isolated from the red alga <i>Laurencia</i> sp. Herein, we wish to describe our research on the isolations, structure elucidations, total syntheses, and evaluation of the antifouling activities of the natural products and their derivatives. The absolute configurations of the natural products were unambiguously established through our asymmetric total syntheses.

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.74.689

    CiNii Article

  • Total Synthesis of (-)-Lepadiformine A Utilizing Hg(OTf)(2)-Catalyzed Cycloisomerization Reaction 査読

    Nishikawa Keisuke, Kikuchi Seiho, Ezaki Shinnosuke, Koyama Tomoyuki, Nokubo Haruka, Kodama Takeshi, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    ORGANIC LETTERS   17 ( 23 )   5772 - 5775   2015年12月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.5b02867

  • Total synthesis and complete stereochemical assignment of heronapyrroles A and B 査読

    Matsuo Tomoki, Hashimoto Subaru, Nishikawa Keisuke, Kodama Takeshi, Kikuchi Seiho, Tachi Yoshimitsu, Morimoto Yoshiki

    TETRAHEDRON LETTERS   56 ( 39 )   5345 - 5348   2015年09月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2015.07.094

  • 全合成によるユーボールの構造改訂及び22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの全立体構造決定

    滝 直人, 鴇田 百栄, 中井 遥, 星野 晃大, 森野 光耶子, 児玉 猛, 西川 慶祐, 舘 祥光, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会実行委員会 天然有機化合物討論会講演要旨集   57 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

    <p>生物活性天然物の絶対配置を含めた全構造を決定することは、その分子サイエンスを展開する上で必須の極めて重要なステップである。現在では、NMR を中心とした構造解析により複雑な構造多様性をもつ天然物の全構造決定が可能になってきてはいるが、分光学的手法においても技術限界があり、その解決法が強く切望されている。特に立体構造が完全に決まらない場合が多々見受けられ、当研究室では有機合成の立場からそのような問題に取り組んで来た<sup>1</sup>。本討論会においては、NMR を中心とした構造解析により部分的な立体構造しか解明されていない細胞毒性海洋産含臭素オキサスクアレノイド (+)-ユーボールの不斉全合成を達成することにより提出構造式の改訂を行うとともに、類縁体 (+)-22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの不斉全合成も達成し、それらの全立体構造を決定したので報告する。</p><p>ユーボールと22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオール(推定構造式をそれぞれ1a and 2a で表す)は2011 年大西洋のマカロネシアにあるカナリア諸島周辺の紅藻Laurencia viridis から、Fernandez らにより微量成分として単離、構造決定されたオキサスクアレノイドである(Scheme 1)<sup>2</sup>。これらの化合物はJurkat 腫瘍細胞に対し、それぞれIC<sub>50</sub> = 3.5 and 2.0 μM で成長阻害活性を示す。平面構造は二次元NMR スペクトルにより決定された。A,B,C 環部分の相対配置は同じく1984年にMartinらによって紅藻Laurencia pinnatifidaから単離された絶対配置既知の類縁体デヒドロチルシフェロールのNMR スペクトルデータ<sup>3</sup>との比較により決定され、D 環の構造および相対配置はNMR スペクトル解析及び生合成仮説に基づき推定されている。しかしながらA,B,C 環とD 環はアルキル鎖で隔てられており、両フラグメント間での相対的な配置及び分子の絶対配置は未決定である。我々はこれら微量成分である両天然物の絶対配置を含めた全立体構造の解明のためには、やはり有機合成によるアプローチが有効であると考え、それらの合成研究に着手した。またこれら微量成分の構造活性相関研究や作用機序解明等のためには、誘導体合成が可能な柔軟性のある化学合成法の確立が必要不可欠である。</p><p>合成計画をScheme 1 に示す。両化合物のA,B,C 環部は共通であり違うのはD 環部だけなので、C15–C16 部分で二つのフラグメント3と4 (or 5) に分け、両者を鈴木−宮浦クロスカップリングにより収束的に連結する計画である。連結後、A 環をブロモエーテル化により構築する。THP 環が縮環したB,C 環3 は、エポキシド7 とスルフィド8 を連結したアルコール6 を適当なエポキシアルコールへと誘導した後、順次6-exo オキサ環化により構築する。B,C 環部の合成法はいくつか報告されているが、C 環部は図に示すようなツイストボート型の構造をとっている事が知られており、C14位のエピマー化が起こらないマイルドかつ効率的な構築法を開発する必要がある。7 は既知の光学活性エポキシアルコール9<sup>4</sup> から導く。1a のD 環部4 は、既知の光学活性ジオール10 から化学量論的Sharpless 不斉エポキシ化を経て調製する。2a のD 環部の場合はC22 位のヘミケタールを分</p><p>(View PDFfor the rest of the abstract.)</p>

    DOI: 10.24496/tennenyuki.57.0_Oral27

    CiNii Article

  • Biomimetic Total Synthesis of (-)-Neroplofurol and (+)-Ekeberin D-4 Triggered by Hydrolysis of Terminal Epoxides 査読

    Kodama Takeshi, Aoki Shingo, Matsuo Tomoki, Tachi Yoshimitsu, Nishikawa Keisuke, Morimoto Yoshiki

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   43 ( 10 )   1662 - 1664   2014年10月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To accumulate the chemical basis of epoxide-opening cascade biogenesis, chemical syntheses of sesqui- and triterpenoids were performed. The biomimetic total syntheses of (−)-neroplofurol (<b>1</b>) and (+)-ekeberin D<sub>4</sub> (<b>2</b>) were accomplished by protic acid-catalyzed hydrolysis of the terminal epoxide from nerolidol diepoxide <b>3</b> and squalene tetraepoxide <b>4</b> through single and double 5-<i>exo</i> cyclizations in intermediates <b>5</b> and <b>6</b>, respectively. This chemical reaction mimics the direct hydrolysis mechanism of epoxide hydrolases, enzymes that catalyze an epoxide-opening reaction to finally produce vicinal diols.

    DOI: 10.1246/cl.140618

    CiNii Article

  • 4-ファルネシル-2-ニトロピロール天然物の全合成

    松尾 知樹, 三谷 光, 児玉 猛, 西川 慶祐, 舘 祥光, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会実行委員会 天然有機化合物討論会講演要旨集   56 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

    <p> ヘロナピロールA–C (1–3) は2010年にCaponらによってオーストラリアのヘロン島沖の海浜砂で採取された海洋由来放線菌Streptomycessp. (CMB-M0423) から単離された2次代謝産物である(Figure 1)<sup>1</sup>。ヘロナピロールA–Cはグラム陽性菌Staphylococcus aureus ATCC 9144 (IC<sub>50</sub> 0.6–1.1 mM) and Bacillus subtilisATCC 6633 (IC<sub>50</sub> 1.1–6.5 mM) に対して抗菌活性を示すことが報告されているが、グラム陰性菌に対しては活性を示さず、また哺乳類の細胞腫に対しても細胞毒性を示さないことがわかっている。その構造は2D NMRを中心に解析され、ピロール環の4位がファルネシル化され2位がニトロ化された構造が提出された。</p><p> このような構造は天然物としては極めて珍しく、他にはニトロピロリンA–E (4–8) が知られているのみである(Figure 2)<sup>2</sup>。ニトロピロリンA–Eは同じく2010年にFenicalらによってカリフォルニアのLa Jolla海岸で採取された海洋放線菌種CNQ-509から単離された化合物で、ヒト結腸癌細胞HCT-116 (IC<sub>50</sub> 5.7–31.1 mM) に対して細胞毒性を示すことが報告されている。ニトロピロリンA–Eの絶対配置を含めた構造は、NMR、改良Mosher法<sup>3</sup>、化学変換により4–8のように明らかにされている。</p><p> 一方ヘロナピロールの立体構造に関しては、ヘロナピロールAにおいて2級水酸基を利用した改良Mosher法により7S and 15Rの絶対配置が帰属されたが、8位の立体化学は不明である。ヘロナピロールB and Cの立体構造は生合成的な関係からAと同じであると推測され、ROESYスペクトルからCの左のTHF環のcis配置が報</p><p>告されるにとどまっていた。我々はヘロナピロールの4-ファルネシル-2-ニトロピロールという天然物としては極めて稀な構造、立体化学が不明であったこと、グラム陽性菌に対して選択的な活性を示すこと等に興味を持ち不斉合成研究を開始した。</p><p> その後2012年にSchmidt and Starkが天然物のアンチポードとなる (–)-ヘロナピロールCの全合成を報告し、天然物の (+)-ヘロナピロールCの絶対配置を11のように提案した(Scheme 1)<sup>4</sup>。そして今年Brimbleらによって (+)-ヘロナピロールC (11) の全合成が報告され、その絶対配置が証明された<sup>5</sup>。Scheme 1はCaponらが提唱していた<sup>1</sup>ヘロナピロールA–Cの生合成の相関関係を正しい絶対配置をもつ (+)-ヘロナピロールC (11) に基づいて書き直したものである。そうすると (+)-ヘロナピロールA and Bの絶対配置は9 and 10となることが推測される。それを証明するため我々は9 and 10の合成を行った。</p><p> 基本的な合成計画は酸化段階を整えたファルネシル鎖をピロールの4位へ導入した後、2位をニトロ化することにした。(+)-ヘロナピロールA (9) の合成をScheme 2に示す。既知の(15S)-ジオール12 (er = 96.5:3.5)<sup>6</sup>を出発物質とし、15位水酸基を選択的に保護する目的でブロモエーテル化を行ったところ、ブロモTHF体13(dr = ~6:1) を得た。立体選択性については定かではないが、ブロモニウムカチオン中間体において12位と15位の置換基のうち立体的に嵩高い置換基同士がアンチになるように環化したためと考えている。</p><p>(View PDFfor the rest of the abstract.)</p>

    DOI: 10.24496/tennenyuki.56.0_Poster48

    CiNii Article

  • cis-Cinnamic Acid Selective Suppressors Distinct from Auxin Inhibitors 査読

    Okuda Katsuhiro, Nishikawa Keisuke, Fukuda Hiroshi, Fujii Yoshiharu, Shindo Mitsuru

    公益社団法人 日本薬学会 Chemical and Pharmaceutical Bulletin   62 ( 6 )   600 - 607   2014年( ISSN:0009-2363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The activity of cis-cinnamic acid (cis-CA), one of the allelochemicals, in plants is very similar to that of indole-3-acetic acid (IAA), a natural auxin, and thus cis-CA has long been believed to be an analog of auxin. We have reported some structure–activity relationships studies by synthesizing over 250 cis-CA derivatives and estimating their inhibitory activities on root growth inhibition in lettuce. In this study, the compounds that showed low- or no-activity on root growth inhibition were recruited as candidates suppressors against cis-CA and/or auxin and tested for their activity. In the presence of cis-CA, lettuce root growth was inhibited; however, the addition of some cis-CA derivatives restored control-level root growth. Four compounds, (Z)-3-(4-isopropylphenyl)acrylic acid, (Z)-3-(3-butoxyphenyl)acrylic acid, (Z)-3-[3-(pentyloxy)phenyl]acrylic acid, and (Z)-3-(naphthalen-1-yl)acrylic acid were selected as candidates for a cis-CA selective suppressor they allowed the recovery of root growth from inhibition by cis-CA treatment without any effects on the IAA-induced effect or elongating activity by themselves. Three candidates significantly ameliorated the root shortening by the potent inhibitor derived from cis-CA. In brief, we have found some cis-CA selective suppressors which have never been reported from inactive cis-CA derivatives for root growth inhibition. cis-CA selective suppressors will play an important role in elucidating the mechanism of plant growth regulation.

    DOI: 10.1248/cpb.c14-00169

    CiNii Article

  • Transcriptomic evaluation of the enhanced plant growth-inhibitory activity caused by derivatization of cis-cinnamic acid 査読

    Wasano Naoya, Sugano Mami, Nishikawa Keisuke, Okuda Katsuhiro, Shindo Mitsum, Park So-Young, Hiradate Syuntaro, Kamo Tsunashi, Fujii Yoshiharu

    Pesticide Science Society of Japan JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE   39 ( 1-2 )   85 - 90   2014年( ISSN:1348-589X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    To establish a rapid high-throughput evaluation system for the enhanced plant growth-inhibitory activity caused by modifications of <i>cis</i>-cinnamic acid's (<i>cis</i>-CA's) chemical structure, a DNA microarray assay was used to analyze the changes in early gene responses of <i>Arabidopsis thaliana</i> seedlings. After a 6-hr exposure to (<i>Z</i>)-3-(3-iodophenyl)acrylic acid, we observed an upregulation in three classes of early auxin-responsive genes, which was similar to the transcriptional response to indole-3-acetic acid (IAA), together with an upregulation of the genes related to environmental stress and toxin detoxification responses. Gene responses to 2-(3,4-dihydronaphthalen-1-yl)acetic acid were similar to those to IAA. In contrast, fewer genes were upregulated in response to its double-bond isomer, (<i>Z</i>)-2-[3,4-dihydronaphthalen-1(2<i>H</i>)-ylidene]acetic acid, than to <i>cis</i>-CA. DNA microarray data suggest that the structurally different <i>cis</i>-CA analogues trigger diverse gene responses.

    DOI: 10.1584/jpestics.D13-090

    CiNii Article

  • Substituent effects of cis-cinnamic acid analogues as plant growh inhibitors 査読

    Nishikawa Keisuke, Fukuda Hiroshi, Abe Masato, Nakanishi Kazunari, Taniguchi Tomoya, Nomura Takashi, Yamaguchi Chihiro, Hiradate Syuntaro, Fujii Yoshiharu, Okuda Katsuhiro, Shindo Mitsuru

    PHYTOCHEMISTRY   96   132 - 147   2013年12月( ISSN:0031-9422

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2013.08.013

    PubMed

  • Design and synthesis of conformationally constrained analogues of cis-cinnamic acid and evaluation of their plant growth inhibitory activity 査読

    Nishikawa Keisuke, Fukuda Hiroshi, Abe Masato, Nakanishi Kazunari, Tazawa Yuta, Yamaguchi Chihiro, Hiradate Syuntaro, Fujii Yoshiharu, Okuda Katsuhiro, Shindo Mitsuru

    PHYTOCHEMISTRY   96   223 - 234   2013年12月( ISSN:0031-9422

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2013.10.001

    PubMed

  • A convergent total synthesis of antiplasmodial C-2 symmetric (+)-ekeberin D-4 査読

    Kodama Takeshi, Aoki Shingo, Kikuchi Seiho, Matsuo Tomoki, Tachi Yoshimitsu, Nishikawa Keisuke, Morimoto Yoshiki

    TETRAHEDRON LETTERS   54 ( 41 )   5647 - 5649   2013年10月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2013.08.025

  • Biomimetic Epoxide-Opening Cascades of Oxasqualenoids Triggered by Hydrolysis of the Terminal Epoxide 査読

    Morimoto Yoshiki, Takeuchi Eriko, Kambara Hitomi, Kodama Takeshi, Tachi Yoshimitsu, Nishikawa Keisuke

    ORGANIC LETTERS   15 ( 12 )   2966 - 2969   2013年06月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol401081e

  • 新規環化異性化反応を応用したヒストリオニコトキシンの全合成研究

    西川 慶祐

    日揮・実吉奨学会 研究助成金受給者研究報告集   32   121 - 127   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • Root-specific induction of early auxin-responsive genes in Arabidopsis thaliana by cis-cinnamic acid 査読

    Wasano Naoya, Sugano Mami, Nishikawa Keisuke, Okuda Katsuhiro, Shindo Mitsuru, Abe Hiroshi, Park So-Young, Hiradate Syuntaro, Kamo Tsunashi, Fujii Yoshiharu

    Japanese Society for Plant Cell and Molecular Biology PLANT BIOTECHNOLOGY   30 ( 5 )   465 - 471   2013年( ISSN:1342-4580

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <i>cis</i>-Cinnamoyl glucosides are the allelochemicals in Thunberg's meadowsweet (<i>Spiraea thunbergii</i>). The essential chemical structure responsible for the bioactivity of <i>cis</i>-cinnamoyl glucosides, <i>cis</i>-cinnamic acid (<i>cis</i>-CA), strongly inhibits the root growth of several plant species; however, its mode of action has not been characterized at the gene expression level. We conducted a time–course microarray analysis of gene expression in Arabidopsis in response to 20 µM <i>cis</i>-CA. Comparison of the microarray profiles revealed a 10-fold upregulation of several auxin-responsive <i>GRETCHEN HAGEN-3</i> (<i>GH3</i>) genes and <i>LATERAL ORGAN BOUNDARIES DOMAIN</i>/<i>ASYMMETRIC LEAVES2-LIKE</i> (<i>LBD</i>) genes from 2 h to 6 h post-treatment. Two early auxin-responsive gene families, the <i>Aux</i>/<i>IAA</i> family (<i>IAA1</i>, <i>IAA5</i>) and the <i>GH3</i> family (<i>GH3.1</i>, <i>GH3.2</i>, <i>GH3.3</i>), and an <i>LBD</i> gene (<i>LBD16</i>) were markedly upregulated at 2 h after treatment in the roots, but not in the shoots, of Arabidopsis and remained highly expressed for 4 h. The influence of an exogenous application of <i>cis</i>-CA on the indole-3-acetic acid pathway strongly suggests that a root-targeted induction of auxin-responsive genes is involved in the <i>cis</i>-CA-mediated plant growth inhibition.

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.13.0718a

    CiNii Article

  • 水銀トリフラート触媒による新奇環化異性化反応を鍵工程としたアザ三環性アルカロイド (–)-レパジホルミンAの合成研究

    菊池 正峰, 江崎 伸之介, 小山 智之, 野久保 春華, 児玉 猛, 西川 慶祐, 舘 祥光, 森本 善樹

    天然有機化合物討論会実行委員会 天然有機化合物討論会講演要旨集   55 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    <p> 複雑な多環性アルカロイドの合成は現代の有機合成レベルをもってしてもけっして容易なことではない。そのため窒素原子を含む骨格構造の効率的で立体選択的な構築法の開発は、今日の天然物合成化学においても重要な課題である。本研究では海洋産アザ三環性アルカロイド (–)-レパジホルミンA (1) の合成におけるキーステップとして、我々の研究室で見いだしたHg(OTf)<sub>2</sub>を触媒に用いる新奇環化異性化反応を応用した1の形式合成を達成し、さらに新規全合成法の開発に成功したのでそれらの結果について報告する。</p><p> (–)-レパジホルミンA (1) は1994年Biardらによってチュニジアの海岸で採取された海洋性被嚢類のClavelina lepadiformis Mullerから単離されたアザ三環性アルカロイドである<sup>1</sup>。1は様々な腫瘍細胞系に対して細胞毒性活性を示し[IC<sub>50</sub> = 9.20 mg/mL (KB), 0.75 mg/mL (HT29), 3.10 mg/mL (P388), 6.30 mg/mL (P388 doxorubicin-resistant), and 6.10 mg/mL (NSCLS-N6)]、さらに抗不整脈作用や血圧降下作用等の心臓血管系への作用も有することが報告されている。レパジホルミンAの構造は最初分光学的及び化学的な証拠に基づいて1とは異なる構造が提出されたが、その後ラセミ体及び光学活性体の全合成が報告され絶対配置も含め1のように構造改訂された<sup>2</sup>。その構造はtrans-1-アザデカリン系のAB環にAC環がスピロ環状に縮環した特異なアザ三環性骨格を特徴とし、窒素置換不斉4級炭素を含む4つの不斉炭素とボート型をしたB環をもつ複雑な骨格構造を有している。顕著な生理活性と特異な骨格構造から多くの合成化学者の注目を集め、これまでに10以上の全合成(形式合成含む)が報告されているが<sup>3</sup>、我々は独自の方法論による1の全合成を目指し合成研究に着手した。</p><p> 1の合成計画をScheme 1に示す。当研究室では直鎖状のイノン分子からへテロ置換不斉4級スピロ炭素原子を含む1-へテロスピロ[4.5]デカン骨格への環化異性化反応がHg(OTf)<sub>2</sub><sup>4</sup>によって触媒されることを見いだしている<sup>5</sup>。これまでにないタイプの反応であり不斉4級炭素とスピロ環がC–C結合形成を伴いながら構築される新奇連続環化異性化反応である。本反応をイノン基質4に適用しAC環に相当するアザスピロ環化体3を立体選択的に構築することを計画した。3のケトンをメチレンに還元することによりKimらの合成中間体2へと導く予定である。環化前駆体4はスルホン6とL-グルタミン酸から6段階で得られる既知物質ピロリジノン5<sup>6</sup>のカップリングにより合成することにした。</p><p> 市販の4-ペンチン-1-オールのDPS保護体7<sup>7</sup>のアセチリドを1,3-ジヨードプロパン (8) でアルキル化しヨウ素体9とした後、スルフィナートで置換しスルホン6を調製した(Scheme 2)。6のアニオンをピロリジノン5に付加し、ラジカル条件でスルホニル基を除去<sup>8</sup>し環化前駆体4を合成した。環化異性化反応の条件を種々検討した結果、4をMeCN中室温で45分間水銀トリフラート (0.05 equiv) で処理したところ望む環化異性化反応が進行し、アザスピロ環化体3を単一生成物としてジアステレオ選択的に74%の収率で構築することに成功した。本反応は、窒素官能</p><p>(View PDFfor the rest of the abstract.)</p>

    DOI: 10.24496/tennenyuki.55.0_Oral2

    CiNii Article

  • Confirmation of the Configuration of 10-Isothiocyanato-4-cadinene Diastereomers through Synthesis 査読

    Nishikawa Keisuke, Umezawa Taiki, Garson Mary J., Matsuda Fuyuhiko

    JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS   75 ( 12 )   2232 - 2235   2012年12月( ISSN:0163-3864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/np300439e

    PubMed

  • Key structural features of cis-cinnamic acid as an allelochemical 査読

    Abe Masato, Nishikawa Keisuke, Fukuda Hiroshi, Nakanishi Kazunari, Tazawa Yuta, Taniguchi Tomoya, Park So-young, Hiradate Syuntaro, Fujii Yoshiharu, Okuda Katsuhiro, Shindo Mitsuru

    PHYTOCHEMISTRY   84   56 - 67   2012年12月( ISSN:0031-9422

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2012.08.001

    PubMed

  • イノラートを用いたstemonaアルカロイド類の合成研究 ( 口頭発表の部 )

    西川 慶祐, 池永 大, 崔 香花, 八道 健太郎, 松本 健司, 新藤 充

    天然有機化合物討論会 天然有機化合物討論会講演要旨集   ( 54 )   235 - 240   2012年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

    Stemonamine (1) was isolated from the roots of Stemona japonica Miq. as a member of the Stemona alkaloid family. Although the racemic total syntheses of 1 or stemonamide (3) have been reported by three groups, its enantioselective synthesis has not been reported so far. In this presentation, the total synthesis of 1 using the reactions that we have developed, such as the ynolate-initiated tandem reaction and the intramolecular acylation, is described. Our synthesis commenced with condensation of the known optically active carboxylic acid 16 and the lactone 17 to give the iodide 15 in 4 steps. The intramolecular acylation of 15 using ^tBuLi afforded the 7-member ring 22 in high yield as the first key reaction. The TBS protection of 22 and the oxidative cleavage of the terminal alkene, followed by esterification, provided the methyl ester 14c. As the second key step, the tandem [2+2]cycloaddition-Dieckmann condensation using ynolate anion 6 and 14c was performed to successfully provide the enone 28c in high yield. After transformation of 28c to the diacetate 31, the acetoxy group on the C-ring was removed via the SmI_2-mediated reduction in good yield to afford the Tu's synthetic intermediate 33. At last, the total synthesis of 1 was achieved via the Tu's method. The spectroscopic data of our synthetic 1 were in good agreement with those recorded in the literature. [chemical formula]

    DOI: 10.24496/tennenyuki.54.0_235

    CiNii Article

  • Stereoselective synthesis of beta-glycosyl esters of cis-cinnamic acid and its derivatives using unprotected glycosyl donors 査読

    Matsuo Kazumasa, Nishikawa Keisuke, Shindo Mitsuru

    Elsevier TETRAHEDRON LETTERS   52 ( 43 )   5688 - 5692   2011年10月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2011.08.104

    CiNii Article

  • 新規植物生長調整剤の開発を指向したシス桂皮酸の構造活性相関研究 ( ポスター発表の部 )

    西川 慶祐, 安部 真人, 中西 一成, 谷口 智哉, 田澤 優太, 松尾 和真, 福田 洋, 朴 昭英, 平舘 俊太郎, 藤井 義晴, 新藤 充

    天然有機化合物討論会 天然有機化合物討論会講演要旨集   ( 53 )   607 - 612   2011年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:共著  

    l -0-cis-Cinnamoyl-β-D-glucopyranose, an allelochemical isolated from Spiraea thunbergii, exhibits potent plant growth inhibitory activity. cis-Cinnamic acid is the essential portion structure of 1-0-cis-cinnamoyl-β-D-glucopyranose responsible for the growth inhibitory activity. cis-Cinnamic acid exhibited potent inhibitory activity against the elongation of lettuce roots, and the half maximal effective concentration (EC_<50>) of cis-cinnamic acid was 2.2 μM. In this project we adopted cis-cinnamic acid as a novel lead compound, and examined the structure-activity relationship of cis-cinnamic acid to develop the environmentally friendly agrochemical. Moreover, we synthesized the fluorescent probes of cis-cinnamic acid aiming at the clarification of the mechanism of the activity expression. At first, we synthesized 1-0-cis-cinnamoyl-β-D-glucopyranose by the Hanessian protocol, and the synthetic compound showed similar inhibitory activity (EC_<50> 6.4 μg/mL) with that of the natural product (EC_<50> 4.0 μg/rnL). Next, we synthesized the cis-cinnamic acid analogues, and evaluated the inhibitory activities on the elongation of lettuce roots. Some analogues were found to be more potent than cis-cinnamic acid. Moreover, we found that the analogues having an oxime ether substituent at the meta position on the aromatic ring maintained strong inhibitory activity even if a sterically bulky substituent was on the ether moiety. This result is very important for the probe design because the direct substitution on the aromatic ring with the bulky ether group resulted in loss of the activity. The synthesis of the fluorescent probes, in which the core cis-cinnamic acid was connected with a fluorescent group with the oxime linkage, was achieved, and some probes exhibited potent inhibitory activity comparable to cis-cinnamic acid.

    DOI: 10.24496/tennenyuki.53.0_607

    CiNii Article

  • Total Synthesis of 10-Isocyano-4-cadinene and Its Stereoisomers and Evaluations of Antifouling Activities 査読

    Nishikawa Keisuke, Nakahara Hiroshi, Shirokura Yousuke, Nogata Yasuyuki, Yoshimura Erina, Umezawa Taiki, Okino Tatsufumi, Matsuda Fuyuhiko

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   76 ( 16 )   6558 - 6573   2011年08月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jo2008109

    PubMed

  • Total Synthesis of 10-Isocyano-4-cadinene and Determination of Its Absolute Configuration 査読

    Nishikawa Keisuke, Nakahara Hiroshi, Shirokura Yousuke, Nogata Yasuyuki, Yoshimura Erina, Umezawa Taiki, Okino Tatsufumi, Matsuda Fuyuhiko

    ORGANIC LETTERS   12 ( 5 )   904 - 907   2010年03月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ol9027336

    PubMed

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • リングサイズ発散合成を応用した植物天然物の量的供給と構造活性相関研究への展開 招待

    西川 慶祐

    公益財団法人 松籟科学技術振興財団 2019 年度助成研究研究報告書 第 34 集   34   30 - 35   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   国際・国内誌:国内誌  

  • ヨウ化サマリウムによるバービアー型環化反応を鍵工程とするトキシコデナン類の不斉全合成: 糖尿病性腎症の低分子創薬シード分子の探索 招待

    西川 慶祐、森本 善樹

    月刊ファインケミカル   52   36 - 44   2023年01月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 直鎖分子からの環骨格一挙構築 を基盤とした天然物合成戦略 招待

    西川 慶祐

    J. Synth. Org. Chem., Jpn.   79   1088 - 1088   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 飛翔する若手研究者 "環骨格一挙構築を基盤とした天然物合成戦略: 直鎖分子からのアプローチ" 招待 査読

    西川 慶祐

    化学と工業   73 ( 11 )   883 - 884   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 2014 年の化学 注目の論文 “第三級アルコールをひっくり返す!立体反転による第三級アルキルイソニトリルの合成” 招待

    西川 慶祐

    月刊化学   69   59 - 60   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   共著区分:単著  

講演・口頭発表等

  • Synthetic Studies on the seco-Dolastane-Type Diterpene Isolinearol 国内会議

    Tomoki Tsuruta, Yukika Yoshino, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    日本化学会第 104 春季年会  2024年03月  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

    その他リンク: https://pub.confit.atlas.jp/ja/event/csj104th

  • ロリトレム B の合成研究 国内会議

    寺西 智徳、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 104 春季年会  2024年03月  公益社団法人 日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

    その他リンク: https://pub.confit.atlas.jp/ja/event/csj104th

  • ヒドロヒストリオニコトキシン類のニコチン性アセチルコリン受容体に対する阻害活性の構造活性相関

    森 澄海人、西川 慶祐、小野 陽介、高山 浩一、伊原 誠、松田 一彦、森本 善樹

    日本農薬学会第 49 回大会  2024年03月  日本農薬学会 第 49 回大会組織委員会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学 奈良キャンパス  

    その他リンク: https://pssj2.jp/congresses/49/taikai49.html

  • Establishment of “Ring-Size-Divergent” Synthetic Strategy of Terpenoids Having Five-, Six-, and Seven-Membered Ether Rings from Identical Polyepoxides 国際会議

    T. Teranishi, K. Nishikawa, T. Niwa, K. Morita, S. Hashimoto, A. Hoshino, and Y. Morimoto

    The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry ( IKCOC-15 )  2023年11月  IKCOC-15 Organizing Committee

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rihga Royal Hotel Kyoto  

    その他リンク: https://ikcoc15.org/index.html

  • Studies on Total Synthesis of the Dolastane-Type Diterpene Possessing Inhibition Activity against Byssal Threads of the Mussel 国際会議

    T. Tsuruta, Y. Yoshino, K. Nishikawa, and Y. Morimoto

    The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry ( IKCOC-15 )  2023年11月  IKCOC-15 Organizing Committee

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rihga Royal Hotel Kyoto  

    その他リンク: https://ikcoc15.org/index.html

  • 含臭素トリテルペノイド、カリクラドールの不斉全合成、立体構造の決定、細胞毒性評価 国内会議

    西川 慶祐、錦部 健人、熊谷 百慶、森本 善樹

    第 67 回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2023年10月  香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学 西千葉キャンパス  

    その他リンク: https://chem.tf.chiba-u.jp/gacb06/67teac/top.html

  • Structure-Activity Relationship of Perhydrohistrinicotoxins for Inhibition of the α4β2 Nicotinc Acetylcholine Receptors 国際会議

    S. Mori, K. Nishikawa, Y. Ono, K. Takayama, M. Ihara, K. Matsuda, and Y. Morimoto

    Control of Human Disease Vectors, Pests and Parasites: Meeting the Challenges of Resistance and Sustainability  2023年09月  Queens' College

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Queens' College  

    その他リンク: https://www.vectorspestsandparasites.com/

  • アザスピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン類の不斉全合成とニコチン性アセチルコリン受容体の阻害活性 国内会議

    小野 陽介、西川 慶祐、松村 匡浩、森 澄海人、高山 浩一、伊原 誠、松田 一彦、森本 善樹

    第 65 回天然有機化合物討論会  2023年09月  第 65 回天然有機化合物討論会実行委員会

     詳細を見る

    開催地:東京大学 安田講堂京  

    その他リンク: https://cdsympo.com/cnp2023/index.html

  • イガイの足糸形成を阻害する seco-ドラスタン型ジテルペン Isolinearol の合成研究 国内会議

    鶴田 智暉、吉野 優季花、西川 慶祐、森本 善樹

    第 43 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2023年08月  有機合成化学協会 関西支部、日本薬学会 関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学 60 周年記念館  

    その他リンク: http://www.soc-kansai.org/event/2023/2023wakate.html

  • Lolitrem B の合成研究 国内会議

    寺西 智徳、西川 慶祐、森本 善樹

    第 43 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2023年08月  有機合成化学協会 関西支部、日本薬学会 関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学 60 周年記念館  

    その他リンク: http://www.soc-kansai.org/event/2023/2023wakate.html

  • フグ毒テトロドトキシンの不斉全合成研究 国内会議

    小野 陽介、西川 慶祐、安田 陸人、森本 善樹

    第 43 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2023年08月  有機合成化学協会 関西支部、日本薬学会 関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学 60 周年記念館  

    その他リンク: http://www.soc-kansai.org/event/2023/2023wakate.html

  • 紅藻由来トリテルペンポリエーテル、ニバリオールの全合成研究 国内会議

    中尾 信之介、西川 慶祐、林 幹史朗、森本 善樹

    第 43 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2023年08月  有機合成化学協会 関西支部、日本薬学会 関西支部

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都工芸繊維大学 60 周年記念館  

    その他リンク: http://www.soc-kansai.org/event/2023/2023wakate.html

  • 褐藻シワヤハズ由来抗炎症物質の構造活性相関 国内会議

    松田 明奈、椎葉 望実、鶴田 智暉、西川 慶祐、加藤 早苗、熊谷 百慶

    第 60 回化学関連支部合同九州大会  2023年07月  第 60 回化学関連支部合同九州大会実行委員会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:北九州国際会議場  

    その他リンク: https://godo-kyushu.jp/godo/index.html

  • 直鎖分子を鍵中間体とするテトロドトキシン類の全合成研究 招待 国内会議

    西川 慶祐

    静岡理工科大学 研究交流セミナー  2023年06月  静岡理工科大学

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:静岡理工科大学 豊沢キャンパス 教育棟 104 号室  

  • 6-epi-テトロドトキシンの不斉全合成研究 国内会議

    西川 慶祐、小野 陽介、田村 真一朗、森本 善樹

    日本化学会第 103 春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • トキシコデナン C の不斉合成研究 国内会議

    鶴田 智暉、中尾 信之介、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 103 春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • ペルヒドロヒストリオニコトキシンの不斉全合成 国内会議

    小野 陽介、西川 慶祐、奥村 光浩、森本 善樹

    日本化学会第 103 春季年会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学 野田キャンパス  

  • 二枚貝の足糸形成を阻害するドラスタン型ジテルペンの合成研究 国内会議

    鶴田 智暉、小林 謙太、西川 慶祐、森本 善樹

    第 66 回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学 千原キャンパス  

  • 細胞毒性含臭素トリテルペノイド、ユーボールの全合成 国内会議

    西川 慶祐、滝 直人、熊谷 百慶、森本 善樹

    第 66 回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学 千原キャンパス  

  • “リングサイズ発散” 合成法の確立: 5 ~ 7 員環エーテルをもつテルペノイド類の全合成、構造改訂、絶対配置の決定、生物活性 国内会議

    西川 慶祐, 寺西 智徳, 林 幹史郎, 丹羽 俊揮, 森田 健吾, 橋本 統星, 熊谷 百慶, 森本 善樹

    第 64 回天然有機化合物討論会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡市清水文化会館マリナート  

  • ペルヒドロヒストリオニコトキシンの不斉全合成研究 国内会議

    小野 陽介, 西川 慶祐, 伏井 雄一郎, 奥村 光浩, 森本 善樹

    第 42 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • 分子内還元的求核付加を鍵とするドラスタン型ジテルペンの合成研究 国内会議

    鶴田 智暉, 小林 謙太, 西川 慶祐, 森本 善樹

    第 42 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 6-epiテトロドトキシンの全合成研究 国内会議

    田村 真一朗、西川 慶祐、森本 善樹

    第 42 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • 直鎖状分子からの環骨格一挙構築を基盤とした天然物合成戦略 招待 国内会議

    西川 慶祐

    若手研究者のための有機化学札幌セミナー  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン発表  

  • 含窒素スピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン235Aの不斉全合成:鍵直鎖分子の検討 国内会議

    伏井 雄一郎,西川 慶祐,松村 匡浩,森本 善樹

    日本化学会第 102 春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • 二枚貝の足糸形成を阻害するドラスタン型ジテルペンの不斉全合成研究 国内会議

    鶴田 智暉,西川 慶祐,森本 善樹

    日本化学会第 102 春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • ジエポキシドからのジオキサビシクロ[3.2.1]オクタン骨格一挙構築反応の確立 国内会議

    林 幹史朗,西川 慶祐,寺西 智徳,森本善樹

    日本化学会第 102 春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • ペルヒドロヒストリオニコトキシンの不斉全合成研究 国内会議

    小野 陽介,西川 慶祐,伏井 雄一郎,森本 善樹

    日本化学会第 102 春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • Establishment of "Ring Size Divergant" Synthetic Method of Terpenoids Having Five, Six, and Seven-Membered Ether Rings from Identical Polyepoxides 国際会議

    Keisuke Nishikawa, Toshiki Niwa, Akihisa Matsuura, Kento Nishikibe, Kengo Morita, Subaru Hashhimoto, Akihiro Hoshino, Yoshiki Morimoto

    The 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン発表  

  • 直鎖分子からの環骨格一挙構築を基盤とした天然物合成戦略 招待 国内会議

    西川 慶祐

    第 19 回有機合成化学協会関西支部賞受賞講演会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • 含窒素スピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン 235A の不斉全合成 国内会議

    伏井 雄一郎、松村 匡浩、西川 慶祐、森本 善樹

    第 11 回 CSJ 化学フェスタ 2021  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • “リングサイズ発散”合成戦略の確立と天然物合成への応用 国内会議

    寺西 智徳、西川 慶祐、丹羽 俊揮、森田 健吾、橋本 統星、松浦 晃久、森本 善樹

    第 11 回 CSJ 化学フェスタ 2021  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • “リングサイズ発散”合成戦略の確立と天然物合成への応用 国内会議

    寺西 智徳、西川 慶祐、丹羽 俊揮、森田 健吾、橋本 統星、松浦 晃久、森本 善樹

    第 50 回複素環化学討論会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 含窒素スピロ環一挙構築反応を用いたヒストリオニコトキシン 235A の不斉全合成 国内会議

    伏井 雄一郎、松村 匡浩、西川 慶祐、森本 善樹

    第 50 回複素環化学討論会  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • “紆余曲折を経て今日に至る ~ 大阪の大学教員が、北海道の院生に伝えたいこと ~ 招待 国内会議

    西川 慶祐

    「 北海道大学 大学院環境科学院・環境科学同窓会 」イベント ホームカミングデー 2021  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • カリクラドールの不斉全合成と構造決定 国内会議

    錦部 健人、西川 慶祐、熊谷 百慶、 森本 善樹

    第 63 回天然有機化合物討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二枚貝の足糸形成を阻害するドラスタン型ジテルペンの合成研究 国内会議

    鶴田 智暉、西川 慶祐、森本 善樹

    第 41 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 含窒素スピロ環一挙構築反応によるヒストリオニコトキシン 235A の不斉全合成 国内会議

    伏井 雄一郎、松村 匡浩、西川 慶祐、森本 善樹

    第 41 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ”リングサイズ発散”合成戦略の確立とネロリドール型セスキテルペノイド類の発散合成 国内会議

    寺西 智徳、西川 慶祐、松浦 晃久、森田 健吾、橋本 統星、森本 善樹

    第 41 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カリクラドールの全合成と全立体構造の決定 国内会議

    錦部 健人、西川 慶祐、森本 善樹

    第 41 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 紅藻由来含臭素ポリエーテル類縁体の絶対立体配置特異的な細胞増殖抑制効果 国内会議

    熊谷 百慶,西川 慶祐,錦部 健人,尾方 勇太,森本 善樹,加藤 早苗

    令和 3 年度公益社団法人日本水産学会春季大会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン発表  

  • Total Synthesis and Structural Determination of a Marine Natural Product Callicladol with Potent Antitumor Activity against Mouse Leukemia Cells 国内会議

    Kento Nishikibe, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    日本化学会第 101 春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • (–)-Tetrodotoxin の合成研究 国内会議

    安田 陸人、野口 隆幸、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 101 春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • (+)- および (−)-トキシコデナン A の不斉全合成 国内会議

    菊田 弘毅、鶴田 智暉、菅原 翔、 久米 真司、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 101 春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヨウ化サマリウムを用いたドラスタン型ジテルペンの合成研究 国内会議

    鶴田 智暉、菊田 弘毅、西川 慶 祐、森本 善樹

    日本化学会第 101 春季年会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 直鎖分子からの環骨格一挙構築を 鍵工程とした天然物合成戦略 招待 国内会議

    西川 慶祐

    一般社団法人 近畿化学協会 合成部会 主催 第 2 回合成フォーラム [ テーマ:若い世 代の有機合成 ]  2021年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 毒をもって毒を制す!複雑な構造をもつ天然物の化学合成に挑む! 招待 国内会議

    西川 慶祐

    理学部教員による職員向け談話会  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗腫瘍活性を示す海洋産ポリエーテル (–)-アプリシオール B の不斉全合成による構造改訂と細胞毒性評価 国内会議

    錦部 健人、熊谷 百慶、西川 慶祐、森本 善樹

    第 10 回 CSJ 化学フェスタ 2020  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • (+)-トキシコデナン A の不斉全合成 国内会議

    西川 慶祐、菊田 弘毅、中務 人誌、福山 裕香、森本 善樹

    第 62 回天然有機化合物討論会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ジエポキシドの環化モードの切り替え反応を用いた、ネロリドール型セスキテルペノイド類の発散的合成と構造改訂 国内会議

    松浦 晃久、池内 拓海、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 100 春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 第 34 回若い世代の特別講演会: 直鎖分子からの環骨格一挙構築をコンセプトとした天然物合成戦略 招待 国内会議

    西川 慶祐

    日本化学会第 100 春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • (+)-トキシコデナン A の不斉全合成 国内会議

    菊田 弘毅、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 100 春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Feroniellin 類の単段階発散的合成と構造改訂 国内会議

    丹羽 俊揮、錦部 健人、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 100 春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒストリオニコトキシン 235A の不斉全合成 国内会議

    松村 匡浩、西川 慶祐、吉田 浩明、伏井 雄一郎、森本 善樹

    日本化学会第 100 春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Suggestion of the Relative Configuration of a Red Alga-Derived Polyether Callicladol Based on the Model Synthesis 国内会議

    Kento Nishikibe, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    日本化学会第 100 春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 同じポリエポキシドから 5 ~ 7 員環エーテルをもつテルペノイド類のリングサイズ発散合成法の確立 国内会議

    西川 慶祐、森本 善樹

    新学術領域研究 「 反応集積化が導く中分子戦略 : 高次生物機能分子の創製 」 第 9 回成果報告会  2020年01月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Studies on Total Synthesis of Polycitorol A Utilizing Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction 国際会議

    Priscilla Yoong Mei Yen, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    18th Asian Chemical Congress ( 18th ACC )  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Asymmetric Total Synthesis and Structural Elucidation of Marine Triterpene Polyethers (−)-Aplysiol B and (+)-Saiyacenol A with Potent Antitumor Activity 国際会議

    Kento Nishikibe, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    18th Asian Chemical Congress ( 18th ACC )  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 含窒素スピロ環一挙構築を鍵とする Tetrodotoxin 骨格の合成 国内会議

    野口 隆幸、武田 莉奈、丸山 高弘、荒木 勇介、西川 慶祐、森本 善樹

    第 116 回有機合成シンポジウム 2019 年 【 秋 】  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • トキシコデナン A の不斉全合成 国内会議

    菊田 弘毅、中務 人誌、福山 裕香、西川 慶祐、森本 善樹

    第 63 回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸性水媒体および中性水中下におけるポリエポキシド環化様式のクリティカルスイッチング 国内会議

    西川 慶祐、森田 健吾、橋本 統星、星野 晃大、錦部 健人、池内 拓海、丹羽 俊揮、森本 善樹

    第 63 回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 抗腫瘍活性を示す海洋産トリテルペンポリエーテル (–)-アプリシオール B と (+)-サイヤセノール A の不斉全合成及び構造決定 国内会議

    錦部 健人、熊谷 百慶、西川 慶祐、森本 善樹

    第 63 回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シス桂皮酸を起点とした植物根に対する重力屈性阻害剤の開発 国内会議

    岩田 隆幸、古澤 佑貴、牧川 早希、福田 洋、児玉 梢、和佐野 直也、福永 幸裕、 奥田 勝博、孫 軍、西川 慶祐、河本 ひとみ、松本 健司、狩野 有宏、森田 ( 寺尾 ) 美代、藤井 義晴、新藤 充

    第 61 回天然有機化合物討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酸性水媒体および中性水中下におけるポリエポキシド環化様式のクリティカルスイッチング:ネロリドールセスキテルペノイドおよびフェロニエリン類の合成と構造改訂 国内会議

    西川 慶祐、森田 健吾、橋本 統星、星野 晃大、池内 拓海、丹羽 俊揮、森本 善樹

    第 61 回天然有機化合物討論会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Total Synthesis of Histrionicotoxin 235A 国際会議

    Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Toshiki Niwa, Mai Takami, and Yoshiki Morimoto

    27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Asymmetric Total Synthesis and Structural Elucidation of Marine Triterpene Polyethers (−)-Aplysiol B and (+)-Saiyacenol A with Potent Antitumor Activity 国内会議

    Kento Nishikibe, Momochika Kumagai, Moe Tokita, Naoto Taki, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Studies on Total Synthesis of Polycitorol A Utilizing Hg(OTf)2-Catalyzed Cycloisomerization Reaction 国際会議

    Priscilla Yoong Mei Yen, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto

    27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Feroniellin 類の短段階合成と構造改訂 国内会議

    丹羽 俊揮、西川 慶祐、森本 善樹

    第 39 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 紅藻由来細胞毒性ポリエーテル Callicladol の全立体構造の決定 国内会議

    錦部 健人、西川 慶祐、森本 善樹

    第 39 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • トキシコデナン A の不斉全合成 国内会議

    菊田 弘毅、中務 人誌、 福山 裕香、西川 慶祐、森本 善樹

    第 39 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ジエポキシドの水中環化反応による環化生成物の絶対配置及び生成機構の解明 国内会議

    池内 拓海、西川 慶祐、森本 善樹

    第 39 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • カエル毒ヒストリオニコトキシン類の不斉全合成研究 国内会議

    松村 匡浩、吉田 浩明、小山 智之、丹羽 俊揮、高見 麻衣、伏井 雄一郎、西川 慶祐、森本 善樹

    第 39 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Tetrodotoxin 骨格の合成 国内会議

    野口 隆幸、武田 莉奈、丸山 高弘、荒木 勇介、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 99 春季年会  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学  

  • Total Synthesis of Histrionicotoxin 235A 国際会議

    Kunihiro Matsumura, Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Toshiki Niwa, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto

    The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry ( IKCOC-14 )  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rihga Royal Hotel Kyoto  

  • 水銀トリフラート触媒を用いた 1-アザスピロ [5.5] ウンデカン骨格の一挙構築によるヒストリオニコトキシン 235A の全合成 国内会議

    松村 匡浩、吉田 浩明、高見 麻衣、小山 智之、西川 慶祐、森本 善樹

    第 60 回天然有機化合物討論会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:久留米シティプラザ  

  • 含窒素スピロ環を一挙構築する環化異性化反応の開発と天然物合成 招待 国内会議

    西川 慶祐

    遷移金属若手の会と天然物合成勉強会の合同勉強会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学  

  • 細胞毒性含臭素トリテルペノイド、サイヤセノール A の全合成 国内会議

    西川 慶祐

    第 5 回 新学術領域研究 「 反応集積化が導く中分子戦略: 高次生物機能分子の創製 」 若手シンポジウム  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:シーパル須磨  

  • サイヤセノール A の全合成 国内会議

    西川 慶祐、錦部 健人、森本 善樹

    第 38 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西学院大学  

  • Tetrodotoxin 骨格の合成研究 国内会議

    野口 隆幸、荒木 勇介、丸山 高弘、西川 慶祐、森本 善樹

    第 38 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西学院大学  

  • 海洋産細胞毒性ポリエーテル群の構造活性相関研究 国内会議

    尾方 勇太、錦部 健人、滝 直人、熊谷 百慶、西川 慶祐、森本 善樹

    第 38 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西学院大学  

  • ヒストリオニコトキシン 235A の全合成 国内会議

    松村 匡浩、西川 慶祐、吉田 浩明、高見 麻衣、丹羽 俊輝、小山 智之、森本 善樹

    第 38 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西学院大学  

  • スクアレン由来トリテルペンポリエーテルの全合成と、それらの細胞毒性 国内会議

    西川 慶祐

    第 23 回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテル新大阪  

  • ヒストリオニコトキシン類の合成研究 国内会議

    松村 匡浩、吉田 浩明、高見 麻衣、小山 智之、西川 慶祐、森本 善樹

    第 16 回次世代を担う有機化学シンポジウム  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

  • プロの化学構造式の書き方教えます!「 身の回りの化学物質を書いてみよう 」 国内会議

    西川 慶祐

    大阪市立大学 市大授業  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市立大学  

  • Formal Total Synthesis of Histrionicotoxin 国内会議

    Kunihiro Matsumura, Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto

    日本化学会第 98 春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

  • 海洋産ポリエーテル Saiyacenol A の全合成 国内会議

    錦部 健人、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 98 春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

  • 中性水中環化反応を用いたネロリドール型セスキテルペノイドの不斉全合成 国内会議

    森田 健吾、橋本 統星、星野 晃大、竹内 絵里子、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 98 春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

  • Tetrodotoxin の全合成研究 国内会議

    武田 莉奈、荒木 勇介、菊池 正峰、吉山 春香、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 98 春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学  

  • Synthetic Studies on Toxicodenane A 国内会議

    Hitoshi Nakatsukasa, Yuuka Fukuyama, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto

    日本化学会第 98 春季年会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nihon University  

  • エナンチオ発散性をもつ天然有機化物群の全合成と、それらの細胞毒性評価 招待 国内会議

    西川 慶祐

    「 バイオインターフェース先端マテリアルの創生 」 第 8 回シンポジウム  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪市立学 阿倍野キャンパス あべのメディックス  

  • 食用ホオズキ ( Physalis peruviana ) の未利用部位から得られた withanolide 類縁体の 3T3-L1 細胞脂肪蓄積抑制効果 国内会議

    熊谷 百慶、吉田 泉、三嶋 隆、井出 将博、中村 宗知、土江 松美、西川 慶祐、森本 善樹

    日本農芸化学会関西支部例会 ( 第 501 回講演会 )  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学  

  • 中性水中環化反応を用いたネロリドール型セスキテルペンの全合成と構造改訂 国内会議

    森田 健吾、橋本 統星、星野 晃大、西川 慶祐、森本 善樹

    第 112 回有機合成シンポジウム 2017 年 【 秋 】  2017年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:早稲田大学  

  • Tetrodotoxin の全合成研究 国内会議

    武田 莉奈、荒木 勇介、丸山 高弘、菊池 正峰、吉山 春香、西川 慶祐、森本 善樹

    第 47 回複素環化学討論会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:高知県立県民文化ホール  

  • ヒストリオニコトキシンの形式全合成 国内会議

    松村 匡浩、吉田 浩明、西川 慶祐、森本 善樹

    第 47 回複素環化学討論会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:高知県立県民文化ホール  

  • ヒストリオニコトキシンの形式全合成 国内会議

    松村 匡浩、吉田 浩明、西川 慶祐、森本 善樹

    第 7 回 CSJ 化学フェスタ 2017  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • チルシフェロール類共通骨格のエナンチオ発散現象:アプリシオール B 及び 22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの全合成と構造改訂 国内会議

    錦部 健人、鴇田 百栄、滝 直人、西川 慶祐、森本 善樹

    第 59 回天然有機化合物討論会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:わくわくホリデーホール  

  • アプリシオール B の全合成 国内会議

    西川 慶祐

    第 22 回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテルコンソルト  

  • 22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの全合成と構造改訂、およびエナンチオ発散現象 国内会議

    西川 慶祐、錦部 健人、鴇田 百栄、滝 直人、森本 善樹

    第 37 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大学  

  • トキシコデナン A の全合成研究 国内会議

    中務 人誌、福山 裕香、西川 慶祐、森本 善樹

    第 37 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大学  

  • Tetrodotoxin の全合成研究 国内会議

    武田 莉奈、荒木 勇介、丸山 高弘、菊池 正峰、吉山 春香、西川 慶祐、森本 善樹

    第 37 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大学  

  • ヒストリオニコトキシンの形式全合成 国内会議

    松村 匡浩、吉田 浩明、西川 慶祐、森本 善樹

    第 37 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大学  

  • 海洋産ポリエーテル Aplysiol B の全合成と構造改訂、および細胞毒性評価 国内会議

    錦部 健人、鴇田 百栄、滝 直人、熊谷 百慶、西川 慶祐、森本 善樹

    第 37 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2017年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:立命館大学  

  • プロの化学構造式の書き方教えます!~身の回りの化学物質を書いてみよう~ 国内会議

    西川 慶祐

    大阪市立大学 化学セミナー  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市立大学  

  • 食用ホオズキ ( Physalis sp. ) 廃棄部より得られた 3T3-L1 細胞脂肪蓄積抑制物質の同定と作用機序の解明 国内会議

    熊谷 百慶、西川 慶祐、三嶋 隆、吉田 泉、井出 将博、小泉 慶子、中村 宗知、森本 善樹

    第 71 回日本栄養・食糧学会大会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:沖縄コンベンションセンター  

  • 5,6-Dehydrokawain 誘導体の合成と破骨細胞分化抑制作用 国内会議

    熊谷 百慶、西川 慶祐、三嶋 隆、吉田 泉、井出 将博、小泉 慶子、中村 宗知、森本 善樹

    日本農芸化学会 2017 年度大会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 海洋産ポリエーテル Aplysiol B の全合成及び構造改訂 国内会議

    錦部 健人、鴇田 百栄、滝 直人、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 97 春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポリエポキシドの水中環化反応の開発と天然物合成への応用 国内会議

    橋本 統星、星野 晃大、竹内 絵里子、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 97 春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水銀トリフラート触媒による 6,6-スピロ環化反応を鍵工程とするヒストリオニコトキシンの全合成研究 国内会議

    吉田 浩明、小山 智之、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 97 春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Tetrodotoxin の全合成研究 国内会議

    武田 莉奈、服部 大志、荒木 勇介、菊池 正峰、吉山 春香、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 97 春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒストリオニコトキシン類の合成研究 国内会議

    松村 匡浩、小山 智之、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 97 春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Structure-Activity Relationship Studies on Marine Cytotoxic Polyethers 国内会議

    Yuta Ogata, Kento Nishikibe, Moe Tokita, Naoto Taki, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto

    日本化学会第 97 春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • テトロドトキシン骨格の合成研究 国内会議

    荒木 勇介、丸山 高弘、菊池 正峰、小山 智之、西川 慶祐、森本 善樹

    日本化学会第 97 春季年会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ポリエポキシドを仮想生合成中間体とするテルペノイドの全合成 国内会議

    西川 慶祐

    第 21 回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • エナンチオ発散性天然物群の合成と細胞毒性評価 国内会議

    西川 慶祐

    一般財団法人 日本食品分析センター研究交流会  2017年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 着生阻害活性をもつ海洋天然有機化合物の化学構造を模倣した船底防汚剤の開発研究 国内会議

    西川 慶祐

    第 5 回ネイチャー・インダストリー・アワード  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • π電子親和性触媒を用いたスピロ環骨格構築法を鍵とするカエル毒の全合成研究 国内会議

    松村 匡浩、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 6 回 CSJ 化学フェスタ 2016  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水銀トリフラート触媒を用いた環化異性化反応を鍵反応とするヒストリオニコトキシン類の合成研究 国内会議

    松村 匡浩、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 110 回有機合成シンポジウム 【 秋 】  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Aplysiol B の全合成及び構造の改訂 国内会議

    錦部 健人、鴇田 百栄、滝 直人、中井 遥、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 110 回有機合成シンポジウム 【 秋 】  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 月桃由来 5,6-dehydrokawain の骨粗鬆症予防効果とその作用機序解明に向けた構造活性相関研究 国内会議

    熊谷 百慶、三嶋 隆、吉田 泉、井出 将博、小泉 慶子、渡井 正俊、西川 慶祐、森本 善樹

    第 58 回天然有機化合物討論会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Studies on Total Synthesis of Dolastane-type Diterpenes Possessing Antifouling Activity 国内会議

    Yuka Fukuyama, Keisuke Nishikawa, Yshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 20th Osaka City University International Conference ( 20th OCUIC ) on Molecular Spins and Quantum Technology  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Total Synthesis and Structural Revision of Marine Polyether Aplysiol B 国際会議

    Kento Nishikibe, Moe Tokita, Naoto Taki, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 20th Osaka City University International Conference ( 20th OCUIC ) on Molecular Spins and Quantum Technology  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthetic Studies on Tetrodotoxin Model Compound 国際会議

    Yusuke Araki, Takahiro Maruyama, Seiho Kikuchi, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 20th Osaka City University International Conference ( 20th OCUIC ) on Molecular Spins and Quantum Technology  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Total Synthesis of Lepadiformine Marine Alkaloids and the Evaluation of Cytotoxic Activities 国際会議

    Kengo Yamauchi, Seiho Kikuchi, Shinnosuke Ezaki, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 20th Osaka City University International Conference ( 20th OCUIC ) on Molecular Spins and Quantum Technology  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis of 6,6-Spiro Cyclic Products Utilizing Mercury(II) Triflate-Catalyzed Cycloisomerization 国際会議

    Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 20th Osaka City University International Conference ( 20th OCUIC ) on Molecular Spins and Quantum Technology  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Studies on Total Synthesis of Histrionicotoxins 国際会議

    Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 20th Osaka City University International Conference ( 20th OCUIC ) on Molecular Spins and Quantum Technology  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Hg(OTf)2 による環化異性化反応を用いたヒストリオニコトキシン類の全合成研究 国内会議

    西川 慶祐

    第 20 回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 月桃に含まれる骨芽細胞分化促進物質 5,6-dehydrokawain の作用機序解明に向けた分子プローブの創生 国内会議

    熊谷 百慶、三嶋 隆、吉田 泉、井出 将博、小泉 慶子、渡井 正俊、西川 慶祐、森本 善樹

    日本食品科学工学会第 63 回大会  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水銀触媒による環化異性化反応を応用したテトロドトキシン骨格の合成研究 国内会議

    荒木 勇介、丸山 高弘、菊池 正峰、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 36 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヒストリオニコトキシン類の合成研究 国内会議

    松村 匡浩、吉田 浩明、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 36 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Aplysiol B の全合成研究 国内会議

    錦部 健人、鴇田 百栄、滝 直人、中井 遥、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 36 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水銀 ( II ) トリフラート触媒による新奇環化異性化反応を用いた 6,6-スピロ環化合物の合成 国内会議

    吉田 浩明、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 36 回有機合成若手セミナー 「 明日の有機合成を担う人のために 」  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Lapidilectine B の合成研究 国内会議

    森田 健吾、岩﨑 和弘、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 36 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • レパジホルミン類の全合成と細胞毒性評価 国内会議

    山内 健吾、菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、野久保 春華、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 36 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 着生阻害活性を持つドラスタン型ジテルペンの全合成研究 国内会議

    福山 裕香、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 36 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 紅藻マギレソゾ Laurencia saitoi 由来トリテルペノイドの臭素付加機構 国内会議

    正木 志良、金子 賢介、西川 慶祐、森本 善樹、鷲尾 健司、森川 正章、沖野 龍文

    第 11 回化学生態学研究会  2016年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 紅藻マギレソゾ Laurencia saitoi 由来ブロモペルオキシダーゼの臭素化反応 国内会議

    正木 志良、金子 賢介、小林 大毅、石川 高史、西川 慶祐、森本 善樹、鷲尾 健司、森川 正章、沖野 龍文

    日本農芸化学会 2016 年度大会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 月桃 ( Alpinia zerumbet ) 由来 5,6-dehydrokawain によるマウス骨芽細胞様 MC3T3-E1 細胞の分化促進作用 国内会議

    熊谷 百慶、三嶋 隆、渡辺 章夫、原田 哲平、井出 将博、小泉 慶子、吉田 泉、藤田 和弘、渡井 正俊、多和田 真吉、西川 慶祐、森本 善樹

    日本農芸化学会 2016 年度大会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水銀 ( II ) トリフラート触媒を用いた環化異性化反応による 6,6-スピロ化合物の合成 国内会議

    吉田 浩明、丸山 高弘、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 96 春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • レパジホルミン C の全合成研究 国内会議

    山内 健吾、菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 96 春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 着生阻害活性を持つドラスタン型ジテルペン類の全合成研究 国内会議

    福山 裕香、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 96 春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 海洋産紅藻 Laurencia viridis から単離された 22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの不斉全合成研究 国内会議

    鴇田 百栄、滝 直人、中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 96 春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Examination of the New Synthetic Strategy for Tetrodotoxins on the Basis of Mercury(II) Triflate-catalayzed Cycloisomerization 国内会議

    Takahiro Maruyama, Seiho Kikuchi, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    日本化学会第 96 春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Elucidation of Formation Mechanism for Coordination Polymer Supported by Copper-Tripodal Triheteroaryl Ligand System 国内会議

    Kairi Kakutaka, Ryo Enomoto, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto, Yoshimitsu Tachi

    日本化学会第 96 春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アルキル鎖を伸長した三脚型配位子を用いた銅錯体の合成と置換基効果 国内会議

    榎本 凌、角髙 海理、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    日本化学会第 96 春季年会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Hg(OTf)2 触媒による環化異性化反応を用いた天然有機化学物の全合成研究 国内会議

    西川 慶祐

    第 19 回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of the Action of the Solvent Molecules to the Weak Interaction Between the Large-sized γ-Cyclodextrin and the Chiral Lipoic Acid 国際会議

    Matsumi Doe, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem2015 )  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Studies on the Formation Process of Coordination Polymer for Photoluminescence 国際会議

    Kairi Kakutaka, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto, Yoshimitsu Tachi

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem2015 )  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Comparison of Vanadium Dependent Bromoperoxidases from Three Species of the Red Algal Genus Laurencia 国際会議

    Kensuke Kaneko, Kenji Washio, Daiki Kobayashi, Takashi Ishikawa, Taiki Umezawa, Fuyuhiko Matsuda, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto, Masaaki Morikawa, Tatsufumi Okino

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem2015 )  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Aculeatin and Toddaculin from Toddalia asiatica ( L. ) Lam. Suppress Lipopolysaccharide Induced Inflammation of RAW264 Macrophages through Different Modes of Action 国際会議

    Momochika Kumagai, Akio Watanabe, Takashi Mishima, Izumi Yoshida, Keiko Koizumi, Masahiro Ide, Kazuhiro Fujita, Masatoshi Watai, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem2015 )  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Synthetic Studies on Tetrodotoxin Model Compound Using Mercury(II) Triflate-Catalyzed Novel Cycloisomerization 国際会議

    Takahiro Maruyama, Seiho Kikuchi, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem2015 )  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Total Syntheses of Lepadiformines Using Hg(OTf)2-Catalyzed Novel Cycloisomerization 国内会議

    Keisuke Nishikawa, Kengo Yamauchi, Seiho Kikuchi, Shinnosuke Ezaki, Tomoyuki Koyama, Takeshi Kodama, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem2015 )  2015年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水銀トリフラート触媒による環化異性化反応を用いたレパジホルミン類の全合成研究 国内会議

    山内 健吾、菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 45 回複素環化学討論会  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヘロナピ ロール A 及び B の不斉全合成と全立体化学の決定 国内会議

    橋本 統星、松尾 知樹、西川 慶祐、児玉 猛、菊池 正峰、舘 祥光、森本 善樹

    第 45 回複素環化学討論会  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 5,6-Dehydrokawain and Synthetic Analogs Stimulate Osteoblastic MC3T3-E1 Cells 国際会議

    Momochika Kumagai, Takashi Mishima, Akio Watanabe, Teppei Harada, Masahiro Ide, Keiko Koizumi, Izumi Yoshida, Kazuhiro Fujita, Masatoshi Watai, Keisuke Nishikawa, Yoshiki Morimoto

    The 19th Osaka City University International Workshop on Advanced Molecular Materials Science ( 19th OCUIC )  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthesis of 6,6-Spiro Compound Using Mercury(II) Triflate-Catalyzed Novel Cycloisomerization 国際会議

    Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 19th Osaka City University International Workshop on Advanced Molecular Materials Science ( 19th OCUIC )  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Studies on Total Synthesis of (–)-Histrionicotoxin 国際会議

    Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 19th Osaka City University International Workshop on Advanced Molecular Materials Science ( 19th OCUIC )  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Total Syntheses of Lepadiformines 国際会議

    Kengo Yamauchi, Seiho Kikuchi, Shinnosuke Ezaki, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 19th Osaka City University International Workshop on Advanced Molecular Materials Science ( 19th OCUIC )  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Asymmetric Total Synthesis and Determination of Absolute Configuration of Heronapyrroles A and B 国際会議

    Subaru Hashimoto, Tomoki Matsuo, Keisuke Nishikawa, Takashi Kodama, Seiho Kikuchi, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 19th Osaka City University International Workshop on Advanced Molecular Materials Science ( 19th OCUIC )  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Asymmetric Total Synthesis of 22-Hydroxy-15(28)-dehydrovenustatriol 国際会議

    Moe Tokita, Naoto Taki, Haruka Nakai, Akihiro Hoshino, Miyako Morino, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 13th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry ( IKCOC-13 )  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Hg(OTf)2 触媒による環化異性化反応を用いたレパジホルミン類の全合成研究 国内会議

    西川 慶祐

    第 18 回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 密度汎関数法を用いた三脚型トリピリジン−銅系配位高分子生成機構に関する研究 国内会議

    角髙 海理、榎本 凌、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    錯体化学会第 65 回討論会  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 全合成によるユーボールの構造改訂及び 22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの全立体構造決定 国内会議

    滝 直人、鴇田 百栄、中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、児玉 猛、西川 慶祐、舘 祥光、 森本 善樹

    第 57 回 天然有機化合物討論会  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 着生阻害活性を持つドラスタン型ジテルペ ンの全合成研究 国内会議

    福山 裕香、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 59 回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 着生阻害活性を持つドラスタン型ジテルペ ンの全合成研究 国内会議

    福山 裕香、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 35 回有機合成若手セミナー 「明日の有機合成を担う人のために」  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 全合成による海洋産細胞毒性ポリエーテル iubol の全立体構造の決定 国内会議

    滝 直人、鴇田 百栄、中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 35 回有機合成若手セミナー 「明日の有機合成を担う人のために」  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 6-epi テトロドトキシンの全合成研究 国内会議

    荒木 勇介、菊池 正峰、丸山 高弘、吉山 春香、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 35 回有機合成若手セミナー 「明日の有機合成を担う人のために」  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水銀触媒を用いた新奇環化異性化反応によるテトロドトキシン骨格合成法の開発 国内会議

    丸山 高弘、菊池 正峰、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 35 回有機合成若手セミナー 「明日の有機合成を担う人のために」  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水銀 (II) トリフラート触媒による新奇環化異性化反応を用いた 6,6-スピロ環化合物の合成 国内会議

    吉田 浩明、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 35 回有機合成若手セミナー 「明日の有機合成を担う人のために」  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 22-Hydroxy-15(28)-dehydrovenustatriol の不斉全合成と全立体構造の決定 国内会議

    鴇田 百栄、滝 直人、中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 35 回有機合成若手セミナー 「明日の有機合成を担う人のために」  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 三環性アルカロイド lepadiformines B 及び C の全合成研究 国内会議

    山内 健吾、菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、野久保 春華、西川 慶祐、舘 祥光、森 本 善樹

    第 35 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2015年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Diffusion Coefficient as an Evaluation Factor of Interaction and Behavior of the Each Chiral Lipoic Acid/Cyclodextrin Inclusion Complex 国際会議

    Matsumi Doe, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    12th Asian Congress of Nutrition  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 三脚型トリヘテロアリール配位子を用いた 配位高分子形成過程における多核銅錯体種の置換基効果 国内会議

    角髙 海理、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    日本化学会第 95 春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthetic Studies on Tetrodotoxin Model Compound Using Mercury( II ) Triflate-catalyzed Novel Cycloisomerization 国内会議

    Takahiro Maruyama, Seiho Kikuchi, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, and Yoshiki Morimoto

    日本化学会第 95 春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 海洋産紅藻 Laurencia viridis から単離された 22-ヒドロキシ-15(28)-デヒドロベヌスタトリオールの不斉全合成 国内会議

    鴇田 百栄、滝 直人、中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 95 春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 海洋産細胞毒性ポリエーテル iubol の不斉全合成と立体化学の訂正 国内会議

    滝 直人、鴇田 百栄、中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 95 春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水銀 (II) トリフラート触媒による新奇環化異性化反応を鍵工程としたレパジホルミン類の合成研究 国内会議

    山内 健吾、菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、野久保 春華、児玉 猛、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 95 春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • テトロ ドトキシンの合成研究 国内会議

    菊池 正峰、荒木 勇介、丸山 高弘、吉山 春香、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 95 春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 酵素の非対称構造を摸倣した多核鉄錯体の合成 国内会議

    中尾 拓人、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    日本化学会第 95 春季年会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Studies on Total Synthesis of Tetrodotoxin 国際会議

    Seiho Kikuchi, Haruka Yoshiyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 18th Osaka City University International Conference ( 18th OCUIC )  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Studies on Total Synthesis of Lepadiformines Using Mercury(II) Triflate-Catalyzed Novel Cycloisomerization as a Key Step 国際会議

    Kengo Yamauchi, Seiho Kikuchi, Shinnosuke Ezaki, Tomoyuki Koyama, Haruka Nokubo, Takeshi Kodama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 18th Osaka City University International Conference ( 18th OCUIC )  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Asymmetric Total Synthesis of 22-Hydroxy-15(28)-dehydrovenustatriol Isolated from Marine Red Alga Laurencia viridis 国際会議

    Moe Tokita, Naoto Taki, Haruka Nakai, Akihiro Hoshino, Miyako Morino, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 18th Osaka City University International Conference ( 18th OCUIC )  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Synthetic Studies on Tetrodotoxin Model Compound Using Mercury(II) Triflate-Catalyzed Novel Cycloisomerization 国際会議

    Takahiro Maruyama, Seiho Kikuchi, Tomoyuki Koyama, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 18th Osaka City University International Conference ( 18th OCUIC )  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Asymmetric Total Synthesis of Marine Cytotoxic Polyether Iubol and the Structural Revision of Its Stereochemistry 国際会議

    Naoto Taki, Moe Tokita, Haruka Nakai, Akihiro Hoshino, Miyako Morino, Keisuke Nishikawa, Yoshimitsu Tachi, Yoshiki Morimoto

    The 18th Osaka City University International Conference ( 18th OCUIC )  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • テトロドトキシンの合成研究 国内会議

    西川 慶祐

    第 17 回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会  2015年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水銀トリフラート触媒による新奇環化異性化反応を鍵工程とした (–)-レパジホルミン A の全合成 国内会議

    菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、野久保 春華、児玉 猛、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 106 回有機合成シンポジウム【 秋 】  2014年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非対称型配位子を用いた多核鉄錯体の構造及びその反応性 国内会議

    中尾 拓人、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    錯体化学会第 64 回討論会  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三脚型トリヘテロアリール配位子を用いた銅錯体形成過程の構造解明 国内会議

    角髙 海理、田村 哲平、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    錯体化学会第 64 回討論会  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 4-ファルネシル-2-ニトロピロール天然物の全合成 国内会議

    松尾 知樹、三谷 光、児玉 猛、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 56 回 天然有機化合物討論会  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • α-リポ酸光学活性体/γ-シクロデキストリン包接複合体の溶液中での挙動 国内会議

    土江 松美、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 31 回シクロデキストリンシンポジウム  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 海洋産細胞毒性ポリエーテル iubol 推定構造式の不斉全合成 国内会議

    滝 直人、中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 44 回複素環化学討論会  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水銀 (II) トリフラート触媒を用いた新奇環化異性化反応によるテトロドトキシンモデル化合物の合成研究 国内会議

    丸山 高弘、菊池 正峰、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 44 回複素環化学討論会   2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水銀 (II) トリフラート触媒を用いた新奇環化異性化反応によるテトロドトキシンモデル化合物の合成研究 国内会議

    丸山 高弘、菊池 正峰、小山 智之、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 34 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 海洋産細胞毒性ポリエーテル iubol 推定構造式の不斉全合成 国内会議

    滝 直人、中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 34 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • テトロドトキシンの合成研究 国内会議

    菊池 正峰、吉山 春香、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 34 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2014年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 水銀トリフラート触媒による新奇環化異性化反応を鍵工程としたアザ三環性アルカロイド (–)-レパジホルミン A の全合成 国内会議

    菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、野久保 春華、児玉 猛、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 94 春季年会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Stemona アルカロイド類の全合成 国内会議

    池永 大、西川 慶祐、酒井 健太郎、松本 健司、新藤 充

    日本薬学会第 134 年会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三脚型ヘテロトリアリール配位子を用いた錯体形成過程におけるコア構造の効果 国内会議

    角髙 海理、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    日本化学会第 94 春季年会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三脚型トリヘテロアリール配位子を用いた配位高分子形成過程の解明 国内会議

    田村 哲平、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    日本化学会第 94 春季年会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • L-Proline から誘導される不斉配位子を導入した鉄錯体の電気化学な酸化反応の検討 国内会議

    溝口 晃平、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    日本化学会第 94 春季年会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ジプロリン骨格を有する新規鉄錯体の合成と機能 国内会議

    山口 颯人、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    日本化学会第 94 春季年会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • デヒドロチルシフェロールとその類縁体の全合成研究 国内会議

    中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、神原 瞳、滝 直人、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    日本化学会第 94 春季年会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • トランスクリプトームによるシス桂皮酸誘導体群の構造活性相関評価 国内会議

    和佐野 直也、加茂 綱嗣、平舘 俊太郎、西川 慶祐、奥田 勝博、新藤 充、藤井 義晴

    第 55 回日本植物生理学会年会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不均一な配位場を有する三脚型配位子を用いた配位高分子合成と発光特性 国内会議

    田村 哲平、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    錯体化学会第 63 回討論会  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • L-Proline から誘導される新規不斉合成触媒の合成と酸化反応活性の検討 国内会議

    溝口 晃平、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    錯体化学会第 63 回討論会  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非対称ペンタピリジン配位子を用いた鉄錯体の合成と構造及びその反応性 国内会議

    中尾 拓人、西川 慶祐、森本 善樹、舘 祥光

    錯体化学会第 63 回討論会  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水銀トリフラート触媒による新奇環化異性化反応を鍵工程としたアザ三環性アルカロイド (-)-レパジホルミン A の全合成 国内会議

    菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、野久保 春華、児玉 猛、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 55 回天然有機化合物討論会  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • α–リポ酸シクロデキストリン包接複合体の溶液中での挙動 国内会議

    土江 松美、河井 昌裕、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 30 回シクロデキストリンシンポジウム  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Stemonamine の全合成 招待 国内会議

    池永 大、西川 慶祐、松本 健司、新藤 充

    第 25 回若手研究者のためのセミナー  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • イノラートを用いた環化反応を鍵反応とした stemonamine の全合成 国内会議

    西川 慶祐、池永 大、松本 健司、新藤 充

    第 33 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ヘロナピロール類 A 及び B の全合成と全立体構造の決定 国内会議

    松尾 知樹、三谷 光、児玉 猛、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 33 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 海洋産含臭素化合物 isodehydrothyrsiferol の全合成と全立体構造の決定 国内会議

    中井 遥、星野 晃大、森野 光耶子、神原 瞳、児玉 猛、菊池 正峰、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 33 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水銀トリフラート触媒による新奇環化異性化反応を鍵工程とした(-)-レパジホルミン A の全合成 国内会議

    菊池 正峰、江崎 伸之介、小山 智之、野久保 春華、児玉 猛、西川 慶祐、舘 祥光、森本 善樹

    第 33 回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」  2013年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Stemonamine の全合成 国内会議

    池永 大、西川 慶祐、松本 健司、新藤 充

    第 50 回化学関連支部合同九州大会  2013年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • cis-桂皮酸の分子プローブを用いた蛍光イメージングと標的タンパク質の探索 国内会議

    福永 幸裕、福田 洋、西川 慶祐、奥田 勝博、新藤 充

    日本ケミカルバイオロジー学会第 8 回年会  2013年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 環状天然有機化合物の全合成研究 国内会議

    西川 慶祐

    大阪市立大学 理学部 談話会  2013年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Stemonamine の全合成 ( 1 ).分子内アシル化による C 環の構築 国内会議

    池永 大、西川 慶祐、新藤 充

    日本薬学会第 133 年会  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • cis-桂皮酸の分子プローブの合成 国内会議

    福田 洋、西川 慶祐、福永 幸裕、新藤 充

    日本薬学会第 133 年会  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • cis-桂皮酸の植物組織内動態と相互作用タンパク質の探索 国内会議

    福永 幸裕、福田 洋、西川 慶祐、新藤 充

    日本薬学会第 133 年会  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Stemonamine の全合成 ( 2 ) 国内会議

    西川 慶祐、池永 大、松本 健司、新藤 充

    日本薬学会第 133 年会   2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Total Synthesis of Stemonamine 国際会議

    Keisuke Nishikawa, Hiroshi Ikenaga, Xianghua Cui, Keniji Matsumoto, Mitsuru Shindo

    Kyushu Univ.-NTU Joint Symposium  2013年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 植物他感作用を示す cis-桂皮酸の蛍光プローブの合成と分子イメージング 国内会議

    福田 洋、西川 慶祐、福永 幸裕、新藤 充

    第 29 回日本薬学会九州支部大会  2012年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • イノラートを用いた stemona アルカロイド類の合成研究 国内会議

    西川 慶祐、池永 大、崔 香花、八道 健太郎、松本 健司、新藤 充

    第 54 回天然有機化合物討論会  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アレロパシー活性を示す cis-桂皮酸の蛍光及び赤色プローブの合成と分子イメージング 国内会議

    西川 慶祐、福田 洋、福永 幸裕、奥田 勝博、新藤 充

    日本ケミカルバイオロジー学会第 7 回年会  2012年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 強いアレロパシー活性を示す cis-桂皮酸の赤色分子プローブの合成と生物活性評価 国内会議

    福田 洋、西川 慶祐、奥田 勝博、新藤 充

    日本薬学会第 132 年会  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 強いアレロパシー活性を示す cis-桂皮酸の蛍光及びビオチン標識化分子プローブの合成と生物活性評価 国内会議

    西川 慶祐、福田 洋、奥田 勝博、新藤 充

    日本薬学会第 132 年会  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 強いアレロパシー活性を示す cis-桂皮酸に特異的なアンタゴニストの探策と生物活性機構の解析 国内会議

    奥田 勝博、西川 慶祐、福田 洋、新藤 充

    日本薬学会第 132 年会  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • イノラートの反応を用いた cassiol の全合成研究 国内会議

    中村 信仁、西川 慶祐、松本 健司、新藤 充

    日本薬学会第 132 年会  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Stemonamide の合成研究 国内会議

    崔 香花、西川 慶祐、八道 健太郎、新藤 充

    日本薬学会第 132 年会  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ユキヤナギのアレロケミカルはオーキシン早期応答遺伝子群の発現を誘導する 国内会議

    和佐野 直也、菅野 真実、西川 慶祐、奥田 勝博、新藤 充、安部 洋、朴 昭英、加茂 綱嗣、平舘 俊太郎、藤井 義晴

    第 53 回植物生理学会年会  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新規植物生長調整剤の開発を指向したシス桂皮酸の構造活性相関研究 国内会議

    西川 慶祐、安部 真人、中西 一成、谷口 智哉、田澤 優太、松尾 和真、福田 洋、朴 昭英、平舘 俊太郎、藤井 義晴、新藤 充

    第 53 回天然有機化合物討論会  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • アレロパシー活性を持つシス桂皮酸の分子プローブ化 国内会議

    福田 洋、西川 慶祐、奥田 勝博、松本 健司、平舘 俊太郎、藤井 義晴、新藤 充

    有機合成化学協会九州山口支部 第 23 回若手研究者のためのセミナー  2011年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • イノラートの反応を用いた cassiol の全合成研究 国内会議

    中村 信仁、西川 慶祐、新藤 充

    第 48 回化学関連支部合同九州大会  2011年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 強いアレロパシー活性をもつシス桂皮酸誘導体の芳香環置換基効果 国内会議

    西川 慶祐、新藤 充

    日本薬学会第 131 年会  2011年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Isocyanocadinene 及びその立体異性体の合成とそれらの着生阻害活性の評価 国内会議

    西川 慶祐、代蔵 陽介、野方 靖行、吉村 えり奈、沖野 龍文、梅澤 大樹、松田 冬彦

    有機合成化学協会九州山口支部 第 22 回若手研究者のためのセミナー  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Isocyanocadinene 及びその立体異性体の合成とそれらの着生阻害活性の評価 国内会議

    西川 慶祐、代蔵 陽介、野方 靖行、吉村 えり奈、沖野 龍文、梅澤 大樹、松田 冬彦

    日本化学会第 90 春季年会  2010年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Isocyanocadinene の全合成 国内会議

    西川 慶祐、代蔵 陽介、梅澤 大樹、松田 冬彦

    日本化学会第 89 春季年会  2009年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Isocyanocadinene の全合成 国内会議

    西川 慶祐、代蔵 陽介、中原 博史、梅澤 大樹、松田 冬彦

    第 50 回天然有機化合物討論会  2008年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Isocyanocadinene の全合成 国内会議

    西川 慶祐、代蔵 陽介、梅澤 大樹、松田 冬彦

    日本化学会北海道支部 2008 年夏季研究発表会  2008年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Isocyanocadinene の全合成研究 国内会議

    西川 慶祐、代蔵 陽介、中原 博史、松田 冬彦

    日本化学会第 88 春季年会  2008年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SmI2 による Barbier 型アリル化反応の立体選択性 国内会議

    遠藤 了彩、西川 慶祐、田宮 寛明、松田 冬彦

    日本化学会第 87 春季年会  2007年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SmI2 による分子間アリル化反応の立体化学 国内会議

    遠藤 了彩、西川 慶祐、田宮 寛明、松田 冬彦

    日本化学会北海道支部 2007 年冬季研究発表会  2007年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Synthetic Studies on 10-Isocyano-4-cadinene for the Development of Environmentally Safe Antifouling Agents 国際会議

    Keisuke Nishikawa, Hiroshi Nakahara, Fuyuhiko Matsuda

    Hokkaido University International Symposium on Sustainable Development  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • SmI2 による立体選択的 Barbier 型カップリング反応 国内会議

    西川 慶祐、田宮 寛明、松田 冬彦

    日本化学会第 86 春季年会  2006年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二ヨウ化サマリウムによる閉環反応の反応経路 国内会議

    西川 慶祐、田宮 寛明、松田 冬彦

    日本化学会北海道支部 2005 年夏季研究発表会  2005年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • SDGs 対応型『足糸形成阻害剤』の創生を目的とする化学合成的アプローチ

    基盤研究(C)  2024年02月

  • 海産のハロゲンテルペンとハイドロゲル高分子材の融合で挑む『 SDGs 対応型漁網 』の開発

    基盤研究(C)  2024年02月

  • 沖縄産軟体サンゴホロビオントを探索源とした「環境調和型の新規魚類疾病薬剤」の創出

    基盤研究(C)  2022年02月

  • 含窒素スピロ環を一挙構築する不斉環化異性化反応の開発:アルカロイド合成の新戦略

    基盤研究(C)  2019年04月

  • 海洋天然有機化合物を模倣した環境にやさしい新規防汚剤の開発研究

    若手研究(B)  2014年04月

受託研究

  • ヒアルロン酸分析用に用いる二糖標準品の化学合成

    科学技術振興機構 ( JST )  2016年04月

奨励寄附金・助成金

  • 新骨格セスキテルペノイド天然物群の網羅的合成法を経た、糖尿病性腎症のための「 低分子創薬シード分子 」創生

    公益財団法人 ノバルティス科学振興財団  第 37 回ノバルティス研究奨励金  2024年03月

  • 合成的アプローチによる、足糸形成阻害タイプ天然物からの環境対応型防汚塗料の開発

    公益財団法人 住友電工グループ社会貢献基金  2023 年度学術・研究助成  2023年11月

  • 足糸形成阻害に着目した SDGs 対応型防汚塗料の開発研究

    公益財団法人 住友財団  環境研究助成  2023年10月

  • 船舶エネルギーの利用効率化を目指した “環境調和型” 船底防汚塗料の開発研究

    公益財団法人 ENEOS 東燃ゼネラル研究奨励・奨学会  2022年04月

  • 海洋生物の付着を防ぐ天然物のケミカルバイオロジー研究

    公益財団法人 サントリー生命科学財団  Sunbor Grant  2020年12月

  • 5 ~ 7 員環エーテルをもつテルペノイド類のリングサイズ発散合成法の確立

    公益財団法人 徳山科学技術振興財団  2020年10月

  • リングサイズ発散合成を応用した植物天然物の量的供給と構造活性相関研究への展開

    公益財団法人 松籟科学技術振興財団  2020年03月

  • 細胞毒性含臭素ポリエーテル類の作用機構解明に関する研究

    公益財団法人 東京化成化学振興財団  2019年04月

  • エナンチオ発散現象を示す天然物の探索とその生成機構の解明

    公益財団法人 長瀬科学技術振興財団  2018年04月

  • 海洋天然有機化合物からアプローチした湾岸環境に対応した新規防汚塗料の開発

    大学  2016年04月

  • 新規環化異性化反応を応用したヒストリオニコトキシンの全合成研究

    公益財団法人 日揮・実吉奨学会  2013年09月

  • 生物間相互作用を担う天然有機化合物の全合成研究

    その他省庁等  2009年

▼全件表示

独自項目・特記事項(研究活動)

  • 2023年度

     詳細を見る

    独自項目:研究業績の特記事項

    特記事項: 過去に、ポリエポキシドの生合成様カスケード環化反応の研究において、テトラエポキシドを原料として、水存在下 Brønsted 酸で五員環エーテルのトリステトラヒドロフランを与える環化反応について、中性水中加熱の条件に付すと生成物が六員環エーテルのビステトラヒドロピランへと切り替わることを見出した。今回、本反応をジエポキシド基質に応用し、極少量の水存在下嵩高い Lewis 酸条件で七員環エーテルのオキセパン環の構築法も見出し、五~七員環エーテルの位置選択的リングサイズ発散合成法を確立することに成功した。本合成法を用い、ネロリドールセスキテルペノイド類とフェロニエリン類の発散的合成に応用し、一部の天然物について相対配置を改訂し、全ての天然物の絶対配置を決定した。合成したフェロニエリン類に対して NO 生産量を指標に抗炎症活性を評価したところ、七員環エーテルのフェリニエリン C が最も強力な抗炎症活性を示すことを明らかにした。
     さらに、コロンビア原産のヤドクガエルから単離された、ヒストリオニコトキシン ( HTX ) アルカロイド類は、アンタゴニストとしてニコチン性アセチルコリン受容体 ( nAChR ) に作用する神経毒である。ペルヒドロヒストリオニコトキシン ( pHTX ) は HTX の合成誘導体であり、HTX 類と同等の神経毒性を示す。そして構造的特徴として、HTX 類特有の 1-アザスピロ [5.5] ウンデカン骨格を共通骨格としてもつ。今回、所属研究室で開発した環化反応を応用し、直鎖状アミノイノン分子から 1-アザスピロ [5.5] ウンデカン骨格を一挙構築することで、既知アルデヒドから、pHTX とそのジアステレオマー 3 種を発散的に、わずか 9 ステップで合成することに成功した。そして、合成品のトリ由来 α4β2 nAChR に対するアンタゴニスト活性を評価したところ、驚くべきことに、tri-6,7,8-epi-pHTX がオリジナルの pHTX よりも強力なアンタゴニスト活性を示すことが明らかとなった。

  • 2022年度

     詳細を見る

    独自項目:研究業績の特記事項

    特記事項: 紅藻由来の含臭素トリテルペンポリエーテル、ユーボールはがん細胞に対して強力な増殖阻害活性を示すが、その複雑な化学構造から合成化学による構造決定が望まれる。我々は有機合成的手法により、ユーボールの提出構造式と、その立体異性体を複数合成し、提出構造式の立体化学を修正して、不明であった絶対配置を決定した。また。合成品数種について、がん細胞に対する増殖阻害活性を評価した。

担当授業科目

  • 海外特別研究 4

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究 3

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究 2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究 1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究Ⅰ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 有機化学演習1

    2023年度   週間授業   大学

  • 特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 基礎化学実験

    2023年度   週間授業   大学院

  • 基礎化学実験

    2023年度   週間授業   大学院

  • 前期海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 有機化学演習2

    2023年度   週間授業   大学

  • 化学実験 Ⅳ

    2023年度   週間授業   大学

  • 化学実験 Ⅲ

    2023年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験 Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 有機化学演習 1

    2022年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 化学特別研究 3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 基礎化学実験*S化 T ( 化 )

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習 3B( 杉本 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 3B( 杉本 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究 3( 杉本 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス( 杉本 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究 1( 杉本 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習 1B( 杉本 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究 1B( 杉本 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 前期海外特別研究 2( 物質分子系 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習( M2 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習( M1 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究( M2 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究( M1 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習( M2 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究 1( 物質分子系 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究( D3物質分子系 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究( D2 物質分子系 )

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究( 化学 )

    2022年度   集中講義   大学

  • 化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 特別研究( 化学 )

    2022年度   集中講義   大学

  • 有機化学演習 2

    2022年度   週間授業   大学

  • 前期特別研究

    2021年度     大学院

  • 化学実験 IV

    2021年度     大学

  • 機能分子科学ゼミナール

    2021年度     大学院

  • 機能分子化学演習

    2021年度     大学院

  • 特別研究

    2021年度     大学

  • 有機化学演習 II

    2021年度     大学

  • 有機化学演習 I

    2021年度     大学

  • 基礎化学実験 II

    2021年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2021年度     大学

  • 化学実験 Ⅲ ( 有機化学 )

    2021年度     大学

  • 後期特別研究

    2021年度     大学院

  • 化学実験 IV

    2020年度     大学

  • 機能分子科学ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2020年度     大学院

  • 特別研究

    2020年度     大学

  • 有機化学演習 1

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験 II

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2020年度     大学

  • 化学実験 III ( 有機実験 )

    2020年度     大学

  • 前期特別研究

    2020年度     大学院

  • 後期特別研究

    2020年度     大学院

  • 有機化学演習 2

    2019年度     大学

  • 有機化学演習 1

    2019年度     大学

  • 後期特別研究

    2019年度     大学院

  • 特別研究

    2019年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2019年度     大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2019年度     大学院

  • 化学実験 S

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験 II

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2019年度     大学

  • 化学実験 III ( 有機実験 )

    2019年度     大学

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 後期特別研究

    2018年度     大学院

  • 化学実験 S

    2018年度     大学

  • 機能分子科学ゼミナール

    2018年度     大学院

  • 機能分子科学演習

    2018年度     大学院

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 特別研究

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験 Ⅱ

    2018年度     大学

  • 化学実験 Ⅲ ( 有機実験 )

    2018年度     大学

  • 有機化学演習 2

    2018年度     大学

  • 有機化学演習 1

    2018年度     大学

  • 後期特別研究

    2017年度     大学院

  • 有機化学演習

    2017年度     大学

  • 前期特別研究

    2017年度     大学院

  • 特別研究

    2017年度     大学

  • 機能分子科学演習

    2017年度     大学

  • 機能分子科学ゼミナール

    2017年度     大学院

  • 化学実験 S

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験 II

    2017年度     大学

  • 基礎化学実験 I

    2017年度     大学

  • 化学実験 III ( 有機実験 )

    2017年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 機能分子科学演習

    機関名:大阪市立大学

  • 前期特別研究

    機関名:大阪市立大学

  • 特別研究

    機関名:大阪市立大学

  • 基礎化学実験 Ⅱ

    機関名:大阪市立大学

  • 基礎化学実験 I

    機関名:大阪市立大学

  • 有機化学演習 2

    機関名:大阪市立大学

  • 有機化学演習 1

    機関名:大阪市立大学

  • 有機化学 Ⅳ

    機関名:大阪市立大学

  • 有機化学演習

    機関名:大阪市立大学

  • 化学実験 Ⅲ ( 有機実験 )

    機関名:大阪市立大学

  • 機能分子科学ゼミナール

    機関名:大阪市立大学

  • 後期特別研究

    機関名:大阪市立大学

▼全件表示

FD活動

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    第 19 回教育支援のためのFDワークショップ 「 『 学士課程導入教育科目 』 のデザインと評価 」 ( 理学研究科の本年度第 1 回 FD 研修会 ) への参加

社会貢献活動

  • 令和 5 年度大阪府立大手前高等学校「サイエンス探究」最終発表会 指導助言

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援

    大阪府立大手前高等学校  令和 5 年度大阪府立大手前高等学校「サイエンス探究」最終発表会  2023年07月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:研究指導

    参加者数:41(人)

  • 大阪市立大学 オープンキャンパス 2020

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援

    大阪市立大学  オープンキャンパス 2020 のオンライン講演会講師  オンライン  2020年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:講演会

  • 大阪市立大学 オープンキャンパス 2019

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆

    大阪市立大学  オープンキャンパス 2019 の有機系研究室ツアー担当  大阪市立大学 理学部棟  2019年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:施設一般公開

  • 米子工業高等専門学校 化学科ラボツアー

    役割:助言・指導, 情報提供, 運営参加・支援

    大阪市立大学 理学部  化学科ラボツアー ( 学生実験室見学も含む )  大阪市立大学 理学部棟  2019年03月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:施設一般公開

  • 大阪市立大学 オープンキャンパス 2018

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 実演, 報告書執筆

    大阪市立大学  オープンキャンパス 2018 の体験実験 “ 果物の香りをつくろう! ”  大阪市立大学  2018年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:研究指導

    参加者数:20(人)

  • 数学や理科の好きな高校生のための市大授業

    役割:出演, 司会, 編集, 講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 実演, 報告書執筆

    大阪市立大学  F コース “ プロの化学構造式の書き方教えます!「 身の回りの化学物質を書いてみよう 」 ”  大阪市立大学  2018年04月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:150(人)

    高校化学で勉強する化学構造式の書き方とは一味違う、大学でのプロの構造式の書き方を、まだ有機化学を習っていない高校生を含め、誰にでも分かるように指導した。私たちの身の回りの、特に化学構造が面白い化合物を色々と取り上げ紹介するのと同時に、それらの構造を紙に実際に書くことで学習した。

  • 大阪市立大学 オープンキャンパス 2017

    役割:編集, 講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 実演, 報告書執筆

    大阪市立大学  オープンキャンパス 2017 の体験実験 “ 果物の香りをつくろう!   大阪市立大学  2017年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:研究指導

    参加者数:30(人)

  • 大阪市立大学 化学セミナー

    役割:講師, 助言・指導, 情報提供, 企画, 運営参加・支援, 報告書執筆

    大阪市立大学  C コース 有機化学分野担当講演 “ プロの化学構造式の書き方教えます!~身の回りの化学物質を書いてみよう~ ”  大阪市立大学  2017年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 第 13 回高校化学グランドコンテスト

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学  10F 会場・舞台担当  大阪市立大学  2016年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 第 13 回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供

    大阪市立大学  愛知県立一宮高等学校 研究サポート “ セルロース溶解性のあるイオン液体の研究 ”  大阪市立大学  2016年07月 - 2016年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:研究指導

  • 群馬工業高等専門学校 化学科ラボツアー

    役割:助言・指導

    大阪市立大学  化学科学生実験室見学  大阪市立大学  2016年

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

    種別:施設一般公開

    参加者数:10(人)

  • 第 12 回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 情報提供

    大阪市立大学  堺高校 研究サポート “ 古典的な方法によるペニシリンの作製およびフリーズドライによる単離 ”  大阪市立大学  2015年07月 - 2015年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者

  • 第 11 回高校化学グランドコンテスト

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学  運営業務  大阪市立大学  2014年07月 - 2014年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 第 10 回高校化学グランドコンテスト

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学  運営業務および WEB 配信担当  大阪市立大学  2013年07月 - 2013年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

  • 大阪市立大学 化学セミナー

    役割:運営参加・支援

    大阪市立大学  受付業務担当  大阪市立大学  2013年07月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    種別:講演会

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2024年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

  • 2021年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2020年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2019年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名

  • 2018年度

    研究者受入数 :1名

    留学生受入数 :1名

▼全件表示

その他

  • 職務経歴

    2013年04月 - 2020年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院理学研究科 物質分子系専攻 助教