2024/04/25 更新

写真a

ニシムラ テツロウ
西村 哲郎
NISHIMURA Tetsurou
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 第15648号 ( 大阪大学 )

研究分野

  • その他 / その他  / 救急医学

研究概要

  • 外傷診療における手術ストラテジーの組み立て
    熱傷治療における予後予測
    病院外心肺停止における予後予測
    国際間の診療協力体制の構築

所属学協会

  • 日本救急医学会

      国内

  • 日本外科学会

      国内

  • 日本熱傷学会

      国内

  • 日本Acute Care Surgery学会

      国内

  • 日本外傷学会

      国内

学歴

  • 大阪大学   医学系研究科   外科系   博士課程   卒業・修了

    1994年07月 - 2000年06月

論文

  • Association between blood urea nitrogen to creatinine ratio and neurologically favourable outcomes in out-of-hospital cardiac arrest in adults: A multicentre cohort study.

    Nishioka N, Kobayashi D, Izawa J, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Kobata H, Kiguchi T, Kishimoto M, Kim SH, Ito Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Onoe A, Matsuyama T, Okada Y, Matsui S, Yoshimura S, Kimata S, Kawai S, Makino Y, Zha L, Kiyohara K, Kitamura T, Iwami T

    Journal of cardiology   81 ( 4 )   397 - 403   2023年04月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

  • Diagnostic test accuracy of life-threatening electrocardiographic findings (ST-elevation myocardial infarction equivalents) for acute coronary syndrome after out-of-hospital cardiac arrest without ST-segment elevation.

    Yoshimura S, Kiguchi T, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Kobata H, Kishimoto M, Kim SH, Ito Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Onoe A, Matsuyama T, Matsui S, Nishioka N, Okada Y, Makino Y, Kimata S, Kawai S, Zha L, Kiyohara K, Kitamura T, Iwami T

    Resuscitation   184   109700   2023年03月( ISSN:0300-9572

  • External validation of the TiPS65 score for predicting good neurological outcomes in patients with out-of-hospital cardiac arrest treated with extracorporeal cardiopulmonary resuscitation.

    Makino Y, Okada Y, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Kobata H, Kiguchi T, Kishimoto M, Kim SH, Ito Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Onoe A, Matsuyama T, Matsui S, Nishioka N, Yoshimura S, Kimata S, Kawai S, Zha L, Kiyohara K, Kitamura T, Iwami T

    Resuscitation   182   109652   2023年01月( ISSN:0300-9572

  • Demand-supply balance of disaster medical care in Osaka City based on damage estimation for a Nankai Trough megathrust earthquake: A geographic information system-based analysis.

    Yamamoto H, Kimura Y, Uchida K, Nishimura T, Mizobata Y

    Acute medicine & surgery   10 ( 1 )   e825   2023年01月

     詳細を見る

  • Clinical outcomes among out-of-hospital cardiac arrest patients treated by extracorporeal cardiopulmonary resuscitation: The CRITICAL study in Osaka.

    Okada Y, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Kobata H, Kiguchi T, Kishimoto M, Kim SH, Ito Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Onoe A, Matsuyama T, Kobayashi D, Nishioka N, Matsui S, Yoshimura S, Kimata S, Kawai S, Makino Y, Kiyohara K, Zha L, Kitamura T, Iwami T

    Resuscitation   178   116 - 123   2022年09月( ISSN:0300-9572

  • ARDS Clinical Practice Guideline 2021.

    Tasaka S, Ohshimo S, Takeuchi M, Yasuda H, Ichikado K, Tsushima K, Egi M, Hashimoto S, Shime N, Saito O, Matsumoto S, Nango E, Okada Y, Hayashi K, Sakuraya M, Nakajima M, Okamori S, Miura S, Fukuda T, Ishihara T, Kamo T, Yatabe T, Norisue Y, Aoki Y, Iizuka Y, Kondo Y, Narita C, Kawakami D, Okano H, Takeshita J, Anan K, Okazaki SR, Taito S, Hayashi T, Mayumi T, Terayama T, Kubota Y, Abe Y, Iwasaki Y, Kishihara Y, Kataoka J, Nishimura T, Yonekura H, Ando K, Yoshida T, Masuyama T, Sanui M, ARDS Clinical Practice Guideline 2021 committee from the Japanese Society of Intensive Care Medicine, the Japanese Respiratory Society, and the Japanese Society of Respiratory Care Medicine

    Journal of intensive care   10 ( 1 )   32   2022年07月( ISSN:2052-0492

     詳細を見る

  • Early prognostic impact of serum sodium level among out-of-hospital cardiac arrest patients: a nationwide multicentre observational study in Japan (the JAAM-OHCA registry).

    Shida H, Matsuyama T, Komukai S, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kiguchi T, Kishimoto M, Kim SH, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Nishioka N, Okada Y, Matsui S, Yoshimura S, Kimata S, Kawai S, Makino Y, Iwami T, Kitamura T, CRITICAL Study Group Investigators

    Heart and vessels   37 ( 7 )   1255 - 1264   2022年07月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

  • ARDS clinical practice guideline 2021.

    Tasaka S, Ohshimo S, Takeuchi M, Yasuda H, Ichikado K, Tsushima K, Egi M, Hashimoto S, Shime N, Saito O, Matsumoto S, Nango E, Okada Y, Hayashi K, Sakuraya M, Nakajima M, Okamori S, Miura S, Fukuda T, Ishihara T, Kamo T, Yatabe T, Norisue Y, Aoki Y, Iizuka Y, Kondo Y, Narita C, Kawakami D, Okano H, Takeshita J, Anan K, Okazaki SR, Taito S, Hayashi T, Mayumi T, Terayama T, Kubota Y, Abe Y, Iwasaki Y, Kishihara Y, Kataoka J, Nishimura T, Yonekura H, Ando K, Yoshida T, Masuyama T, Sanui M, ARDS Clinical Practice Guideline Committee 2021 from the Japanese Respiratory Society, the Japanese Society of Intensive Care Medicine, and the Japanese Society of Respiratory Care Medicine

    Respiratory investigation   60 ( 4 )   446 - 495   2022年07月( ISSN:2212-5345

  • Association between initial body temperature on hospital arrival and neurological outcome among patients with out-of-hospital cardiac arrest: a multicenter cohort study (the CRITICAL study in Osaka, Japan).

    Yoshimura S, Kiguchi T, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Kim SH, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Matsuyama T, Okada Y, Nishioka N, Matsui S, Kimata S, Kawai S, Makino Y, Kitamura T, Iwami T, the, CRITICAL Study Group Investigators

    BMC emergency medicine   22 ( 1 )   84   2022年05月

     詳細を見る

  • Corrigendum to "Development and validation of early prediction for neurological outcome at 90 days after return of spontaneous circulation in out-of-hospital cardiac arrest" [Resuscitation 168 (2021) 142-150].

    Nishioka N, Kobayashi D, Kiguchi T, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Kim SH, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Matsuyama T, Okada Y, Matsui S, Yoshimura S, Kimata S, Kawai S, Makino Y, Kitamura T, Iwami T, CRITICAL Study Group Investigators

    Resuscitation   174   33 - 34   2022年05月( ISSN:0300-9572

  • Corrigendum to "Development and validation of early prediction for neurological outcome at 90 days after return of spontaneous circulation in out-of-hospital cardiac arrest" [Resuscitation 168 (2021) 142-150].

    Nishioka N, Kobayashi D, Kiguchi T, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Kim SH, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Matsuyama T, Okada Y, Matsui S, Yoshimura S, Kimata S, Kawai S, Makino Y, Kitamura T, Iwami T, CRITICAL Study Group Investigators

    Resuscitation   173   69 - 70   2022年04月( ISSN:0300-9572

  • Clinical Phenotyping of Out-of-Hospital Cardiac Arrest Patients With Shockable Rhythm - Machine Learning-Based Unsupervised Cluster Analysis.

    Okada Y, Komukai S, Kitamura T, Kiguchi T, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Inoue T, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Matsuyama T, Nishioka N, Kobayashi D, Matsui S, Hirayama A, Yoshimura S, Kimata S, Shimazu T, Ohtsuru S, Iwami T

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   86 ( 4 )   668 - 676   2022年03月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

  • Clustering out-of-hospital cardiac arrest patients with non-shockable rhythm by machine learning latent class analysis.

    Okada Y, Komukai S, Kitamura T, Kiguchi T, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Inoue T, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Matsuyama T, Nishioka N, Kobayashi D, Matsui S, Hirayama A, Yoshimura S, Kimata S, Shimazu T, Ohtsuru S, Iwami T, CRITICAL Research Group Investigators

    Acute medicine & surgery   9 ( 1 )   e760   2022年01月

     詳細を見る

  • Development and validation of early prediction for neurological outcome at 90 days after return of spontaneous circulation in out-of-hospital cardiac arrest.

    Nishioka N, Kobayashi D, Kiguchi T, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Kim SH, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Matsuyama T, Okada Y, Matsui S, Yoshimura S, Kimata S, Kawai S, Makino Y, Kitamura T, Iwami T, CRITICAL Study Group Investigators

    Resuscitation   168   142 - 150   2021年11月( ISSN:0300-9572

  • Diagnostic ability of a newly developed system for recognition of cardiac arrests.

    Hatakeyama T, Kobayashi D, Otani T, Nishimura T, Hidari H, Miyoshi H, Sakaida K, Kawamura T, Iwami T

    Journal of cardiology   77 ( 6 )   599 - 604   2021年06月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

  • COVID-19-associated pulmonary aspergillosis in a Japanese man: A case report.

    Imoto W, Himura H, Matsuo K, Kawata S, Kiritoshi A, Deguchi R, Miyashita M, Kaga S, Noda T, Yamamoto K, Yamada K, Uchida K, Nishimura T, Yamamoto H, Mizobata Y, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 6 )   911 - 914   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • COVID-19の第1波への対応に係るJAAM全国調査(第1部) 医療機関はどのように診療体制を整えたか

    織田 順, 田邉 晴山, 西村 哲郎, 六車 崇, 松山 重成, 菅原 洋子, 小倉 真治, 日本救急医学会労務管理委員会

    日本救急医学会雑誌   32 ( 5 )   245 - 253   2021年05月( ISSN:0915-924X

     詳細を見る

    【目的】本邦における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第1波を,医療機関がどのように乗り越えたのかを明らかにするため医療従事者の労務を調査し考察した。【対象】日本救急医学会救急科専門医指定施設を対象に,2020年5月末時点での調査を行い,回答を得た180病院(102,578床)のデータを解析した。【結果】救急医(acute medicine physician)は半数以上の病院でCOVID-19の重症患者を診療していた。救急診療チームは救急医とその他領域の医師とで構成されていた。最前線に立つ救急医は,80%の病院で感染リスクを懸念しており,個人保護具の不足によるストレスを経験していた。メンタルヘルスチェック・相談体制が整っている143病院のうち26病院では,メンタルヘルス上の問題を抱えている医師がいると回答した。そのような体制のない37病院のうち,メンタルヘルス上の不調を訴える医師の存在を認識していたのは1病院のみであった。【結語】救急医をはじめとする医師は,COVID-19診療やCOVID-19入院病棟の手配に従事するなかで高いレベルのストレスを経験した。医療材料や医療機器は第2波,第3波においては充足しているかもしれないが,医療スタッフの心身のケアには積極的な支援が必要である。メンタルチェックや相談体制が整っていない施設では,メンタルヘルスの問題を見逃してしまう可能性がある。(著者抄録)

  • COVID-19の第1波への対応についてのJAAM全国調査(第2部) 医療機関はどのように乗り越えたのか、今後どう備えるべきか

    織田 順, 六車 崇, 松山 重成, 田邉 晴山, 西村 哲郎, 菅原 洋子, 小倉 真治, 日本救急医学会労務管理委員会

    日本救急医学会雑誌   32 ( 5 )   254 - 262   2021年05月( ISSN:0915-924X

     詳細を見る

    【目的】本邦における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の第1波における医療スタッフ・設備・病床スペースの受け入れ能力と患者転帰を調査して明らかにすることを目的とした。【対象と方法】日本救急医学会救急科専門医指定施設を対象に,2020年5月末時点での調査を行い,回答を得た180病院(102,578床)のデータを解析した。【結果】COVID-19による入院患者4,938例が解析された。1,100例の重症COVID-19入院患者のうち138例が死亡し,112例は入院中であった。重症COVID-19の擬似症例は4,852例で,後になって感染例でないことが確認された。27病院(180病院中の15%)が集中治療室(ICU)をCOVID-19重症患者専用ユニットに変更し,107病院(59%)が重症COVID-19患者と非COVID-19患者の両方を同じICUで管理しなければならなかった。ICUへの入室制限は,前者27病院のうち1病院,後者107病院のうち21病院で発生した。個人用保護具については,N95マスクの不足が最も深刻な問題であった。ICUのベッド占有が高まる要因として重症度(42%),回復したが退室できない患者(28%),重症患者の経過が長いこと(36%),隔離解除基準の不明確さ(34%)などが挙げられた。救急科専門医の多くは地域の行政機関をアドバイザーやボランティアのコーディネーターとして支援していた。【結論】本研究におけるCOVID-19の死亡率は,全入院患者の4.1%,重症患者の12.5%であった。COVID-19専用ICUを構築した病院では,より多くの重症COVID-19患者に対応しておりICU入室制限率も低かったことから,隔離解除や一般病棟移動基準の明確化とともに次のパンデミック時の戦略として有用である可能性がある。(著者抄録)

  • Association between serum lactate level during cardiopulmonary resuscitation and survival in adult out-of-hospital cardiac arrest: a multicenter cohort study 査読

    Nishioka Norihiro, Kobayashi Daisuke, Izawa Junichi, Irisawa Taro, Yamada Tomoki, Yoshiya Kazuhisa, Park Changhwi, Nishimura Tetsuro, Ishibe Takuya, Yagi Yoshiki, Kiguchi Takeyuki, Kishimoto Masafumi, Inoue Toshiya, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Sakamoto Haruko, Suzuki Keitaro, Nakamura Fumiko, Matsuyama Tasuku, Okada Yohei, Matsui Satoshi, Hirayama Atsushi, Yoshimura Satoshi, Kimata Shunsuke, Shimazu Takeshi, Kitamura Tetsuhisa, Kawamura Takashi, Iwami Taku

    SCIENTIFIC REPORTS   11 ( 1 )   2021年01月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-80774-4

  • Association between serum lactate level during cardiopulmonary resuscitation and survival in adult out-of-hospital cardiac arrest: a multicenter cohort study.

    Nishioka N, Kobayashi D, Izawa J, Irisawa T, Yamada T, Yoshiya K, Park C, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kiguchi T, Kishimoto M, Inoue T, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Matsuyama T, Okada Y, Matsui S, Hirayama A, Yoshimura S, Kimata S, Shimazu T, Kitamura T, Kawamura T, Iwami T, CRITICAL Study Group Investigators

    Scientific reports   11 ( 1 )   1639   2021年01月

     詳細を見る

  • Optimal Upper Limits of Plateau Pressure for Patients With Acute Respiratory Distress Syndrome During the First Seven Days: A Meta-Regression Analysis.

    Yasuda H, Sanui M, Nishimura T, Kamo T, Nango E, Abe T, Roberts R, Takebayashi T, Hashimoto S, Lefor AK

    Journal of clinical medicine research   13 ( 1 )   48 - 63   2021年01月( ISSN:1918-3003

     詳細を見る

  • カフェイン中毒に伴う致死性不整脈への対応 塩酸ランジオロールの有効性 査読

    倉知 由, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    (一社)日本救急医学会 日本救急医学会雑誌   31 ( 12 )   2439 - 2443   2020年12月( ISSN:0915-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Development and Validation of a Clinical Score to Predict Neurological Outcomes in Patients With Out-of-Hospital Cardiac Arrest Treated With Extracorporeal Cardiopulmonary Resuscitation 査読

    Okada Yohei, Kiguchi Takeyuki, Irisawa Taro, Yamada Tomoki, Yoshiya Kazuhisa, Park Changhwi, Nishimura Tetsuro, Ishibe Takuya, Yagi Yoshiki, Kishimoto Masafumi, Inoue Toshiya, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Sakamoto Haruko, Suzuki Keitaro, Nakamura Fumiko, Matsuyama Tasuku, Nishioka Norihiro, Kobayashi Daisuke, Matsui Satoshi, Hirayama Atsushi, Yoshimura Satoshi, Kimata Shunsuke, Shimazu Takeshi, Ohtsuru Shigeru, Kitamura Tetsuhisa, Iwami Taku

    JAMA NETWORK OPEN   3 ( 11 )   2020年11月( ISSN:2574-3805

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/jamanetworkopen.2020.22920

  • Serum potassium level on hospital arrival and survival after out-of-hospital cardiac arrest: The CRITICAL study in Osaka, Japan 査読

    Shida Haruka, Matsuyama Tasuku, Iwami Taku, Okabayashi Satoe, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Yoshiya Kazuhisa, Irisawa Taro, Noguchi Kazuo, Nishimura Tetsuro, Uejima Toshifumi, Yagi Yoshiki, Kiguchi Takeyuki, Kishimoto Masafumi, Matsuura Makoto, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Sado Junya, Kishimori Takefumi, Kiyohara Kosuke, Shimazu Takeshi, Kitamura Tetsuhisa, Kawamura Takashi

    EUROPEAN HEART JOURNAL-ACUTE CARDIOVASCULAR CARE   9 ( 4_SUPPL )   S175 - S183   2020年11月( ISSN:2048-8726

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2048872619848883

  • Predictive accuracy of biomarkers for survival among cardiac arrest patients with hypothermia: a prospective observational cohort study in Japan 査読

    Okada Yohei, Kiguchi Takeyuki, Irisawa Taro, Yoshiya Kazuhisa, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Noguchi Kazuo, Nishimura Tetsuro, Ishibe Takuya, Yagi Yoshiki, Kishimoto Masafumi, Shintani Hiroshi, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Sakamoto Haruko, Suzuki Keitaro, Nakamura Fumiko, Nishioka Norihiro, Matsuyama Tasuku, Matsui Satoshi, Shimazu Takeshi, Koike Kaoru, Kawamura Takashi, Kitamura Tetsuhisa, Iwami Taku

    SCANDINAVIAN JOURNAL OF TRAUMA RESUSCITATION & EMERGENCY MEDICINE   28 ( 1 )   2020年08月( ISSN:1757-7241

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13049-020-00765-2

  • ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、ファビピラビルによる治療中に心室細動を起こしたCOVID-19肺炎の1例 査読

    大島 一浩, 桑原 学, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 山田 康一, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光, 掛屋 弘

    (一社)日本感染症学会 感染症学雑誌   94 ( 4 )   600 - 603   2020年07月( ISSN:0387-5911

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    38歳男。発熱、咳嗽にて前医を受診した。異型肺炎の疑いで加療されるも呼吸困難が増強し、PCR検査でSARS-CoV-2陽性が判明した。人工呼吸器管理の上、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対してファビピラビル、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシンを併用したが、治療中に突然心室細動をきたし、心室細動の原因として薬剤性のQTc延長からR on Tとなった可能性やCOVID-19に伴う心筋炎の可能性を考え、ヒドロキシクロロキン、アジスロマイシン、デクスメデトミジンを中止した。洞調律へ回復後の12誘導心電図では1度房室ブロックを認めるのみでQT延長はみられず、その後は不整脈の出現なく経過し、呼吸状態も安定していた。

  • Association between low pH and unfavorable neurological outcome among out-of-hospital cardiac arrest patients treated by extracorporeal CPR: a prospective observational cohort study in Japan 査読

    Okada Yohei, Kiguchi Takeyuki, Irisawa Taro, Yoshiya Kazuhisa, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Noguchi Kazuo, Nishimura Tetsuro, Ishibe Takuya, Yagi Yoshiki, Kishimoto Masafumi, Shintani Hiroshi, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Sakamoto Haruko, Suzuki Keitaro, Nakamura Fumiko, Nishioka Norihiro, Matsuyama Tasuku, Sado Junya, Matsui Satoshi, Shimazu Takeshi, Koike Kaoru, Kawamura Takashi, Kitamura Tetsuhisa, Iwami Taku

    JOURNAL OF INTENSIVE CARE   8 ( 1 )   2020年05月( ISSN:2052-0492

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40560-020-00451-6

  • The impact of early administration of vasopressor agents for the resuscitation of severe hemorrhagic shock following blunt trauma 査読

    Uchida Kenichiro, Nishimura Tetsuro, Hagawa Naohiro, Kaga Shinichiro, Noda Tomohiro, Shinyama Naoki, Yamamoto Hiromasa, Mizobata Yasumitsu

    BMC EMERGENCY MEDICINE   20 ( 1 )   2020年04月( ISSN:1471-227X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12873-020-00322-1

  • Impact of Low-Flow Duration on Favorable Neurological Outcomes of Extracorporeal Cardiopulmonary Resuscitation After Out-of-Hospital Cardiac Arrest A Multicenter Prospective Study 査読

    Matsuyama Tasuku, Irisawa Taro, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Yoshiya Kazuhisa, Noguchi Kazuo, Nishimura Tetsuro, Ishibe Takuya, Yagi Yoshiki, Kiguchi Takeyuki, Kishimoto Masafumi, Shintani Hiroshi, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Sakamoto Haruko, Suzuki Keitaro, Nakamura Fumiko, Nishioka Norihiro, Okada Yohei, Matsui Satoshi, Sado Junya, Shimazu Takeshi, Ohta Bon, Iwami Taku, Kitamura Tetsuhisa

    CIRCULATION   141 ( 12 )   1031 - 1033   2020年03月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.119.044285

  • Poor Long-Term Survival of Out-of-Hospital Cardiac Arrest in Children A Multicenter, Prospective Registry in Osaka, Japan 査読

    Matsui Satoshi, Sobue Tomotaka, Irisawa Taro, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Yoshiya Kazuhisa, Noguchi Kazuo, Nishimura Tetsuro, Ishibe Takuya, Yagi Yoshiki, Kiguchi Takeyuki, Kishimoto Masafumi, Shintani Hiroshi, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Sakamoto Haruko, Suzuki Keitaro, Nakamura Fumiko, Nishioka Norihiro, Okada Yohei, Matsuyama Tasuku, Sado Junya, Shimazu Takeshi, Tanaka Ryojiro, Kurosawa Hiroshi, Iwami Taku, Kitamura Tetsuhisa

    INTERNATIONAL HEART JOURNAL   61 ( 2 )   254 - 262   2020年03月( ISSN:1349-2365

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1536/ihj.19-574

  • 経過中にCO-Hbが上昇したジクロロメタン中毒の1例 査読

    江崎 麻衣子, 栗正 誠也, 山本 朋納, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    (株)へるす出版 中毒研究   33 ( 1 )   47 - 50   2020年03月( ISSN:0914-3777

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ジクロロメタン中毒による呼吸抑制,CO-Hb上昇,熱傷を伴った1例を経験した。47歳男性,製材所職員。床にこぼれた液体のジクロロメタンに曝露し搬送となった。来院時,GCS E1V1M2で混合性アシドーシスとCO-Hbの上昇,背部の熱傷を認め,経口気管挿管および人工呼吸管理を開始した。受傷9時間後に意識は改善した。CO-Hbは14時間後に7.3%まで上昇したが高濃度酸素投与により52時間後に基準値内まで低下し,第3病日に抜管した。熱傷はI度〜浅達性II度熱傷(25%)にとどまり,保存的加療のみで軽快し,第15病日に退院となった。ジクロロメタンは吸入により吸収され,30%がCOに代謝されるためCO中毒に注意が必要である。また,液体と長時間接触することにより熱傷もきたす。さらに,呼吸抑制によって死に至ることもある。近年報告例は減少傾向であるが,時に致死的となるため適切な対応が必要な病態である。(著者抄録)

  • How emergency physicians choose chest tube size for traumatic pneumothorax or hemothorax: a comparison between 28Fr and smaller tube 査読

    Terada Takafumi, Nishimura Tetsuro, Uchida Kenichiro, Hagawa Naohiro, Esaki Maiko, Mizobata Yasumitsu

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 ( 1 )   59 - 68   2020年02月( ISSN:2186-3326

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.1.59

  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020 査読

    江木 盛時, 黒田 泰弘, 山田 亨, 山田 博之, 山元 良, 吉田 健史, 吉田 悠平, 吉村 旬平, 四本 竜一, 米倉 寛, 和田 剛志, 渡邉 栄三, 小谷 穣治, 青木 誠, 浅井 英樹, 安部 隆国, 五十嵐 豊, 井口 直也, 石川 雅巳, 石丸 剛, 磯川 修太郎, 板倉 隆太, 今長谷 尚史, 志馬 伸朗, 井村 春樹, 入野田 崇, 上原 健司, 生塩 典敬, 梅垣 岳志, 江川 裕子, 榎本 有希, 太田 浩平, 大地 嘉史, 大野 孝則, 谷口 巧, 大邉 寛幸, 岡 和幸, 岡田 信長, 岡田 遥平, 岡野 弘, 岡本 潤, 奥田 拓史, 小倉 崇以, 小野寺 悠, 小山 雄太, 鶴田 良介, 貝沼 関志, 加古 英介, 柏浦 正広, 加藤 弘美, 金谷 明浩, 金子 唯, 金畑 圭太, 狩野 謙一, 河野 浩幸, 菊谷 知也, 土井 研人, 菊地 斉, 城戸 崇裕, 木村 翔, 小網 博之, 小橋 大輔, 齊木 巌, 堺 正仁, 坂本 彩香, 佐藤 哲哉, 志賀 康浩, 土井 松幸, 下戸 学, 下山 伸哉, 庄古 知久, 菅原 陽, 杉田 篤紀, 鈴木 聡, 鈴木 祐二, 壽原 朋宏, 其田 健司, 高氏 修平, 中田 孝明, 高島 光平, 高橋 生, 高橋 洋子, 竹下 淳, 田中 裕記, 丹保 亜希仁, 角山 泰一朗, 鉄原 健一, 徳永 健太郎, 富岡 義裕, 中根 正樹, 冨田 健太朗, 富永 直樹, 豊﨑 光信, 豊田 幸樹年, 内藤 宏道, 永田 功, 長門 直, 中村 嘉, 中森 裕毅, 名原 功, 藤島 清太郎, 奈良場 啓, 成田 知大, 西岡 典宏, 西村 朋也, 西山 慶, 野村 智久, 芳賀 大樹, 萩原 祥弘, 橋本 克彦, 旗智 武志, 小倉 裕司, 細川 直登, 浜崎 俊明, 林 拓也, 林 実, 速水 宏樹, 原口 剛, 平野 洋平, 藤井 遼, 藤田 基, 藤村 直幸, 舩越 拓, 升田 好樹, 堀口 真仁, 牧 盾, 増永 直久, 松村 洋輔, 真弓 卓也, 南 啓介, 宮崎 裕也, 宮本 和幸, 村田 哲平, 柳井 真知, 松嶋 麻子, 矢野 隆郎, 山田 浩平, 山田 直樹, 山本 朋納, 吉廣 尚大, 田中 裕, 西田 修, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会, 松田 直之, 山川 一馬, 原 嘉孝, 大下 慎一郎, 青木 善孝, 稲田 麻衣, 梅村 穣, 矢田部 智昭, 河合 佑亮, 近藤 豊, 斎藤 浩輝, 櫻谷 正明, 對東 俊介, 武田 親宗, 寺山 毅郎, 東平 日出夫, 橋本 英樹, 林田 敬, 安宅 一晃, 一二三 亨, 廣瀬 智也, 福田 龍将, 藤井 智子, 三浦 慎也, 安田 英人, 阿部 智一, 安藤 幸吉, 飯田 有輝, 石原 唯史, 井上 茂亮, 井手 健太郎, 伊藤 健太, 伊藤 雄介, 稲田 雄, 宇都宮 明美, 卯野木 健, 遠藤 功二, 大内 玲, 尾崎 将之, 小野 聡, 射場 敏明, 桂 守弘, 川口 敦, 川村 雄介, 工藤 大介, 久保 健児, 倉橋 清泰, 櫻本 秀明, 下山 哲, 鈴木 武志, 関根 秀介, 垣花 泰之, 関野 元裕, 高橋 希, 高橋 世, 高橋 弘, 田上 隆, 田島 吾郎, 巽 博臣, 谷 昌憲, 土谷 飛鳥, 堤 悠介, 川崎 達也, 内藤 貴基, 長江 正晴, 長澤 俊郎, 中村 謙介, 西村 哲郎, 布宮 伸, 則末 泰博, 橋本 悟, 長谷川 大祐, 畠山 淳司, 久志本 成樹, 原 直己, 東別府 直紀, 古島 夏奈, 古薗 弘隆, 松石 雄二朗, 松山 匡, 峰松 佑輔, 宮下 亮一, 宮武 祐士, 森安 恵実

    一般社団法人 日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   28 ( 0 )   2020年( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>日本集中治療医学会と日本救急医学会は,合同の特別委員会を組織し,2016 年に発表した日本版敗血症診療ガイドライン(J-SSCG) 2016 の改訂を行った。本ガイドライン(J-SSCG 2020)の目的は,J-SSCG 2016 と同様に,敗血症・敗血症性ショックの診療において,医療従事者が患者の予後改善のために適切な判断を下す支援を行うことである。改訂に際し,一般臨床家だけでなく多職種医療者にも理解しやすく,かつ質の高いガイドラインとすることによって,広い普及を目指した。J-SSCG 2016 ではSSCG 2016 にない新しい領域[ICU-acquired weakness( ICU-AW)と post-intensive care syndrome(PICS),体温管理など]を取り上げたが,J-SSCG 2020 では新たに注目すべき4 領域(Patient-and Family-Centered Care,sepsis treatment system,神経集中治療,ストレス潰瘍)を追加し,計22 領域とした。重要な118 の臨床課題(clinical question:CQ)をエビデンスの有無にかかわらず抽出した。これらのCQ には,本邦で特に注目されているCQ も含まれる。多領域にわたる大規模ガイドラインであることから,委員25 名を中心に,多職種(看護師,理学療法士,臨床工学技士,薬剤師)および患者経験者も含めたワーキンググループメンバー,両学会の公募によるシステマティックレビューメンバーによる総勢226 名の参加・協力を得た。また,中立的な立場で横断的に活躍するアカデミックガイドライン推進班をJ-SSCG 2016 に引き続き組織した。将来への橋渡しとなることを企図して,多くの若手医師をシステマティックレビューチーム・ワーキンググループに登用し,学会や施設の垣根を越えたネットワーク構築も進めた。作成工程においては,質の担保と作業過程の透明化を図るために様々な工夫を行い,パブリックコメント募集は計2 回行った。推奨作成にはGRADE方式を取り入れ,修正Delphi 法を用いて全委員の投票により推奨を決定した。結果,118CQ に対する回答として,79 個のGRADE による推奨,5 個のGPS(good practice statement),18 個のエキスパートコンセンサス,27 個のBQ(background question)の解説,および敗血症の定義と診断を示した。新たな試みとして,CQ ごとに診療フローなど時間軸に沿った視覚的情報を取り入れた。J-SSCG 2020 は,多職種が関わる国内外の敗血症診療の現場において,ベッドサイドで役立つガイドラインとして広く活用されることが期待される。なお,本ガイドラインは,日本集中治療医学会と日本救急医学会の両機関誌のガイドライン増刊号として同時掲載するものである。</p>

    DOI: 10.3918/jsicm.27S0001

    CiNii Article

  • ヒドロキシクロロキン,アジスロマイシン,ファビピラビルによる治療中に心室細動を起こした COVID-19 肺炎の1 例 査読

    大島 一浩, 溝端 康光, 掛屋 弘, 桑原 学, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 山田 康一, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎

    一般社団法人 日本感染症学会 感染症学雑誌   94 ( 4 )   600 - 603   2020年( ISSN:0387-5911

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>A 38-year-old man diagnosed as having COVID-19 pneumonia was transferred to our hospital from another hospital. The patient had received favipiravir at the previous hospital, and as he still had severe respiratory dysfunction, we added hydroxychloroquine and azithromycin to the treatment regimen for COVID-19 pneumonia at our hospital. The respiratory status improved gradually with the treatment and the patient began to be weaned from mechanical ventilation. However, on the 5<sup>th </sup>hospital day, the patient developed ventricular fibrillation (Vf) and cardiac arrest, with return of spontaneous circulation (ROSC) 2 minutes after the start of cardiopulmonary resuscitation. An electrocardiogram recorded after the ROSC showed not QT interval prolongation, but first-degree atrioventricular block. Nevertheless, because both hydroxychloroquine and azithromycin could cause QT interval prolongation, both were discontinued and the Vf did not recur. The patient was transferred to another hospital after extubation and had no neurological deficit. Herein, we report a patient with COVID-19 pneumonia who developed Vf while being treated with hydroxychloroquine,azithromycin and favipiravir.</p>

    DOI: 10.11150/kansenshogakuzasshi.94.600

    CiNii Article

  • JAAM nationwide survey on the response to the first wave of COVID-19 in Japan. Part II: how did medical institutions overcome the first wave and how should they prepare for the future? 査読

    Oda Jun, Muguruma Takashi, Matsuyama Shigenari, Tanabe Seizan, Nishimura Tetsuro, Sugawara Yoko, Ogura Shinji

    ACUTE MEDICINE & SURGERY   7 ( 1 )   2020年( ISSN:2052-8817

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ams2.592

  • JAAM Nationwide Survey on the response to the first wave of COVID-19 in Japan. Part I: How to set up a treatment system in each hospital 査読

    Oda Jun, Tanabe Seizan, Nishimura Tetsuro, Muguruma Takashi, Matsuyama Shigenari, Sugawara Yoko, Ogura Shinji

    ACUTE MEDICINE & SURGERY   7 ( 1 )   2020年( ISSN:2052-8817

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ams2.614

  • How to deploy a uniform and simplified acute-phase management strategy for traumatic pancreatic injury in any situation 査読

    Uchida Kenichiro, Hagawa Naohiro, Miyashita Masahiro, Maeda Toshiki, Kaga Shinichiro, Noda Tomohiro, Nishimura Tetsuro, Yamamoto Hiromasa, Mizobata Yasumitsu

    ACUTE MEDICINE & SURGERY   7 ( 1 )   2020年( ISSN:2052-8817

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ams2.502

  • Long-term outcomes of surgical rib fixation in patients with flail chest and multiple rib fractures.

    Uchida K, Miyashita M, Kaga S, Noda T, Nishimura T, Yamamoto H, Mizobata Y

    Trauma surgery & acute care open   5 ( 1 )   e000546   2020年

     詳細を見る

  • Association between low pH and unfavorable neurological outcome among out-of-hospital cardiac arrest patients treated by extracorporeal CPR: a prospective observational cohort study in Japan.

    Okada Y, Kiguchi T, Irisawa T, Yoshiya K, Yamada T, Hayakawa K, Noguchi K, Nishimura T, Ishibe T, Yagi Y, Kishimoto M, Shintani H, Hayashi Y, Sogabe T, Morooka T, Sakamoto H, Suzuki K, Nakamura F, Nishioka N, Matsuyama T, Sado J, Matsui S, Shimazu T, Koike K, Kawamura T, Kitamura T, Iwami T, CRITICAL Study Group Investigators

    Journal of intensive care   8 ( 1 )   34   2020年( ISSN:2052-0492

     詳細を見る

  • Efficacy and safety of TEVAR with debranching technique for blunt traumatic aortic injury in patients with severe multiple trauma 査読

    Uchida Kenichiro, Nishimura Tetsuro, Yamamoto Hiromasa, Mizobata Yasumitsu

    EUROPEAN JOURNAL OF TRAUMA AND EMERGENCY SURGERY   45 ( 6 )   959 - 964   2019年12月( ISSN:1863-9933

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00068-019-01123-3

  • Impact of age on survival of patients with out-of-hospital cardiac arrest transported to tertiary emergency medical institutions in Osaka, Japan 査読

    Nakamura Fumiko, Kajino Kentaro, Kitamura Tetsuhisa, Daya Mohamud R., Ong Marcus E. H., Matsuyama Tasuku, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Irisawa Taro, Yoshiya Kazuhisa, Noguchi Kazuo, Nishimura Tetsuro, Uejima Toshifumi, Yagi Yoshiki, Kiguchi Takeyuki, Kishimoto Masafumi, Matsuura Makoto, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Iwami Taku, Shimazu Takeshi, Kuwagata Yasuyuki

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   2019年10月( ISSN:1444-1586

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13779

  • Diagnostic accuracy of presepsin for sepsis by the new Sepsis-3 definitions 査読

    Yamamoto Tomonori, Nishimura Tetsuro, Kaga Shinichiro, Uchida Kenichiro, Tachibana Yosuke, Esaki Maiko, Fukushima Wakaba, Kondo Kyoko, Mizobata Yasumitsu

    AMERICAN JOURNAL OF EMERGENCY MEDICINE   37 ( 10 )   1936 - 1941   2019年10月( ISSN:0735-6757

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajem.2019.01.025

  • lntra-aortic balloon pump and survival with favorable neurological outcome after out-of-hospital cardiac arrest: A multicenter, prospective propensity score-matched study 査読

    Kishimori Takefurni, Matsuyama Tasuku, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Yoshiya Kazuhisa, Irisawa Taro, Noguchi Kazuo, Nishimura Tetsuro, Uejima Toshifurni, Yagi Yoshiki, Kiguchih Takeyuki, Kishimoto Masafurni, Matsuura Makoto, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Sado Junya, Shida Haruka, Kiyohara Kosuke, Shimazu Takeshi, Kawamura Takashi, Iwami Taku, Kitamura Tetsuhisa

    RESUSCITATION   143   165 - 172   2019年10月( ISSN:0300-9572

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resuscitation.2019.07.002

  • NoTAM(Non-Technical Skills for Acute Medicine)研修受講前後の看護師のチームワークに対する意識の変化について 査読

    岩村 真理, 安田 果枝, 島本 千秋, 晋山 直樹, 寺田 貴史, 野田 智宏, 西村 哲郎, 溝端 康光

    (一社)日本臨床救急医学会 日本臨床救急医学会雑誌   22 ( 1 )   27 - 32   2019年02月( ISSN:1345-0581

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    救急診療では病態の評価と治療方針の決定が同時に行われるため、医師・看護師にはテクニカルスキルに加え、ノンテクニカルスキルが求められる。今回、救急領域におけるノンテクニカルスキルの習得を目標とした研修Non-Technical Skills for Acute Medicine(NoTAM)を策定し、本研修を受講することによる看護師のチームワークに対する意識変化について検討した。NoTAM研修を受講した看護師12名を対象に、受講前と受講1ヵ月後にアンケート調査を行った。各質問項目を6段階で評価し、4つのカテゴリーごとに受講前後の点数を比較した。結果、『問題指摘に対する抵抗感』の項目である【はっきりしないときは自分の意見を言うことをためらう/知識不足なせいで意見が言いにくいことがよくある/他チーム員の前でわからないことを質問するとき、力不足だと感じる】が有意に低下し、チームワークにおける看護師のメンバーシップについての理解が深まったと考えられた。(著者抄録)

  • NoTAM(Non-Technical Skills for Acute Medicine)研修受講前後の看護師のチームワークに対する意識の変化について 査読

    岩村 真理, 安田 果枝, 島本 千秋, 晋山 直樹, 寺田 貴史, 野田 智宏, 西村 哲郎, 溝端 康光

    (一社)日本臨床救急医学会 日本臨床救急医学会雑誌   22 ( 1 )   27 - 32   2019年02月( ISSN:1345-0581

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    救急診療では病態の評価と治療方針の決定が同時に行われるため、医師・看護師にはテクニカルスキルに加え、ノンテクニカルスキルが求められる。今回、救急領域におけるノンテクニカルスキルの習得を目標とした研修Non-Technical Skills for Acute Medicine(NoTAM)を策定し、本研修を受講することによる看護師のチームワークに対する意識変化について検討した。NoTAM研修を受講した看護師12名を対象に、受講前と受講1ヵ月後にアンケート調査を行った。各質問項目を6段階で評価し、4つのカテゴリーごとに受講前後の点数を比較した。結果、『問題指摘に対する抵抗感』の項目である【はっきりしないときは自分の意見を言うことをためらう/知識不足なせいで意見が言いにくいことがよくある/他チーム員の前でわからないことを質問するとき、力不足だと感じる】が有意に低下し、チームワークにおける看護師のメンバーシップについての理解が深まったと考えられた。(著者抄録)

  • NoTAM(Non-Technical Skills for Acute Medicine)研修受講前後の看護師のチームワークに対する意識の変化について 査読

    岩村 真理, 安田 果枝, 島本 千秋, 晋山 直樹, 寺田 貴史, 野田 智宏, 西村 哲郎, 溝端 康光

    一般社団法人 日本臨床救急医学会 日本臨床救急医学会雑誌   22 ( 1 )   27 - 32   2019年( ISSN:1345-0581

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>救急診療では病態の評価と治療方針の決定が同時に行われるため,医師・看護師にはテクニカルスキルに加え,ノンテクニカルスキルが求められる。今回,救急領域におけるノンテクニカルスキルの習得を目標とした研修Non-Technical Skills for Acute Medicine(NoTAM)を策定し,本研修を受講することによる看護師のチームワークに対する意識変化について検討した。NoTAM研修を受講した看護師12名を対象に,受講前と受講1カ月後にアンケート調査を行った。各質問項目を6段階で評価し,4つのカテゴリーごとに受講前後の点数を比較した。結果,『問題指摘に対する抵抗感』の項目である【はっきりしないときは自分の意見を言うことをためらう/知識不足なせいで意見が言いにくいことがよくある/他チーム員の前でわからないことを質問するとき,力不足だと感じる】が有意に低下し,チームワークにおける看護師のメンバーシップについての理解が深まったと考えられた。</p>

    DOI: 10.11240/jsem.22.27

    CiNii Article

  • The effect of different target temperatures in targeted temperature management on neurologically favorable outcome after out-of-hospital cardiac arrest: A nationwide multicenter observational study in Japan (the JAAM-OHCA registry) 査読

    Irisawa Taro, Matsuyama Tasuku, Iwami Taku, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Yoshiya Kazuhisa, Noguchi Kazuo, Nishimura Tetsuro, Uejima Toshifumi, Yagi Yoshiki, Kiguchi Takeyuki, Kishimoto Masafumi, Matsuura Makoto, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Kitamura Tetsuhisa, Shimazu Takeshi

    RESUSCITATION   133   82 - 87   2018年12月( ISSN:0300-9572

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resuscitation.2018.10.004

  • Prognostic Impact of Serum Albumin Concentration for Neurologically Favorable Outcome in Patients Treated with Targeted Temperature Management After Out-of-Hospital Cardiac Arrest: A Multicenter Prospective Study 査読

    Matsuyama Tasuku, Iwami Taku, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Yoshiya Kazuhisa, Irisawa Taro, Abe Yoshio, Nishimura Tetsuro, Uejima Toshifumi, Ohishi Yasuo, Kiguchi Takeyuki, Kishi Masashi, Kishimoto Masafumi, Nakao Shota, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Izawa Junichi, Shimamoto Tomonari, Hatakeyama Toshihiro, Fujii Tomoko, Sado Junya, Kawamura Takashi, Shimazu Takeshi, Kitamura Tetsuhisa

    THERAPEUTIC HYPOTHERMIA AND TEMPERATURE MANAGEMENT   8 ( 3 )   165 - 172   2018年09月( ISSN:2153-7658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1089/ther.2017.0053

  • Can we predict delayed undesirable events after blunt injury to the torso visceral organs? 査読

    Uchida Kenichiro, Mizobata Yasumitsu, Hagawa Naohiro, Yamamoto Tomonori, Kaga Shinichiro, Noda Tomohiro, Shinyama Naoki, Nishimura Tetsuro, Yamamoto Hiromasa

    ACUTE MEDICINE & SURGERY   5 ( 2 )   160 - 165   2018年04月( ISSN:2052-8817

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ams2.330

  • Effect of Serum Albumin Concentration on Neurological Outcome After Out-of-Hospital Cardiac Arrest (from the CRITICAL [Comprehensive Registry of Intensive Cares for OHCA Survival] Study in Osaka, Japan) 査読

    Matsuyama Tasuku, Iwami Taku, Yamada Tomoki, Hayakawa Koichi, Yoshiya Kazuhisa, Irisawa Taro, Abe Yoshio, Nishimura Tetsuro, Uejima Toshifumi, Ohishi Yasuo, Kiguchi Takeyuki, Kishi Masashi, Kishimoto Masafumi, Nakao Shota, Hayashi Yasuyuki, Sogabe Taku, Morooka Takaya, Izawa Junichi, Shimamoto Tomonari, Hatakeyama Toshihiro, Fujii Tomoko, Sado Junya, Shimazu Takeshi, Kawamura Takashi, Kitamura Tetsuhisa

    AMERICAN JOURNAL OF CARDIOLOGY   121 ( 2 )   156 - 161   2018年01月( ISSN:0002-9149

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2017.10.005

  • 【Surgical Critical Careを要する感染症への対応】 劇症型A群β溶連菌による壊死性軟部組織感染症に対する早期広範囲デブリドマンおよび迅速診断キットの有用性 査読

    江崎 麻衣子, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 野田 智宏, 稲生 照久, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本Acute Care Surgery学会 Japanese Journal of Acute Care Surgery   7 ( 2 )   253 - 257   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    劇症型A群β溶連菌(GAS)による壊死性軟部組織感染症5例(男性4例、女性1例、67〜78歳)を対象とした。全例が前医受診から2〜3日での転院症例であった。CT画像ではガス像を認めず、入院当日から4日目までに広範囲切除または感染肢切断を施行した。3例で迅速キットを使用することで早期にGAS感染と診断し、受診後1日以内での早期の広範囲切除術を施行した。最終的に2例に下肢切断術を施行し、2例は植皮での閉創を行ったが、培養結果をもって切除術を施行した1例は多臓器不全で死亡した。

  • 【Surgical Critical Careを要する感染症への対応】 劇症型A群β溶連菌による壊死性軟部組織感染症に対する早期広範囲デブリドマンおよび迅速診断キットの有用性 査読

    江崎 麻衣子, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 野田 智宏, 稲生 照久, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本Acute Care Surgery学会 Japanese Journal of Acute Care Surgery   7 ( 2 )   253 - 257   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    劇症型A群β溶連菌(GAS)による壊死性軟部組織感染症5例(男性4例、女性1例、67〜78歳)を対象とした。全例が前医受診から2〜3日での転院症例であった。CT画像ではガス像を認めず、入院当日から4日目までに広範囲切除または感染肢切断を施行した。3例で迅速キットを使用することで早期にGAS感染と診断し、受診後1日以内での早期の広範囲切除術を施行した。最終的に2例に下肢切断術を施行し、2例は植皮での閉創を行ったが、培養結果をもって切除術を施行した1例は多臓器不全で死亡した。

  • 体幹部刺創に対する治療指針についての検討 査読

    寺田 貴史, 溝端 康光, 日村 帆志, 武貞 博治, 森岡 貴勢, 羽川 直宏, 山本 朋納, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    (一社)日本外傷学会 日本外傷学会雑誌   31 ( 4 )   420 - 427   2017年10月( ISSN:1340-6264

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:当科では、体幹部刺創に対して一定の指針に則り診療を行ってきており、今回その妥当性につき検証した。方法:2010年4月から2014年12月に搬送された50例を対象とし、後方視的に検討した。結果:男性が36例、平均年齢は53.1歳であった。14例が来院時ショック状態であり、循環不安定な9例は直ちに手術を施行した。安定を得た41例のうち、成傷器残存などの8例はCT検査を実施せずに手術を行った。33例でCT検査を実施し、18例は体腔への非到達を確認したため創閉鎖とした。体腔に達していた15例に対し、指針に則り方針を決定した。3例で胸腔に到達しており、全例で胸腔ドレーンを留置し創閉鎖した。13例で腹腔に到達しており、10例に開腹術を行った。全例生存退院し、創が体腔に達していたが創閉鎖した5例は遅延手術を要さなかった。結論:治療成績は良好で、初期評価で非手術とした全例で遅延手術を要さず、指針の妥当性が示された。(著者抄録)

  • 体幹部刺創に対する治療指針についての検討 査読

    寺田 貴史, 溝端 康光, 日村 帆志, 武貞 博治, 森岡 貴勢, 羽川 直宏, 山本 朋納, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    (一社)日本外傷学会 日本外傷学会雑誌   31 ( 4 )   420 - 427   2017年10月( ISSN:1340-6264

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:当科では、体幹部刺創に対して一定の指針に則り診療を行ってきており、今回その妥当性につき検証した。方法:2010年4月から2014年12月に搬送された50例を対象とし、後方視的に検討した。結果:男性が36例、平均年齢は53.1歳であった。14例が来院時ショック状態であり、循環不安定な9例は直ちに手術を施行した。安定を得た41例のうち、成傷器残存などの8例はCT検査を実施せずに手術を行った。33例でCT検査を実施し、18例は体腔への非到達を確認したため創閉鎖とした。体腔に達していた15例に対し、指針に則り方針を決定した。3例で胸腔に到達しており、全例で胸腔ドレーンを留置し創閉鎖した。13例で腹腔に到達しており、10例に開腹術を行った。全例生存退院し、創が体腔に達していたが創閉鎖した5例は遅延手術を要さなかった。結論:治療成績は良好で、初期評価で非手術とした全例で遅延手術を要さず、指針の妥当性が示された。(著者抄録)

  • Evaluation of efficacy and indications of surgical fixation for multiple rib fractures: a propensity-score matched analysis 査読

    Uchida K., Nishimura T., Takesada H., Morioka T., Hagawa N., Yamamoto T., Kaga S., Terada T., Shinyama N., Yamamoto H., Mizobata Y.

    EUROPEAN JOURNAL OF TRAUMA AND EMERGENCY SURGERY   43 ( 4 )   541 - 547   2017年08月( ISSN:1863-9933

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00068-016-0687-0

  • Optimal plateau pressure for patients with acute respiratory distress syndrome: a protocol for a systematic review and meta-analysis with meta-regression 査読

    Yasuda Hideto, Nishimura Tetsuro, Kamo Tetsuro, Sanui Masamitsu, Nango Eishu, Abe Takayuki, Takebayashi Toru, Lefor Alan Kawarai, Hashimoto Satoru

    BMJ OPEN   7 ( 5 )   2017年05月( ISSN:2044-6055

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2016-015091

  • 経直腸投与によるカチノン系薬物中毒で重篤な中枢神経障害を合併した1例 査読

    森岡 貴勢, 山本 朋納, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光, 下野 太郎

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   24 ( 2 )   139 - 140   2017年03月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    20歳女。4時間前に2種類のアロマリキッドを混合して直腸から投与後、全身性強直間代性痙攣が持続し救急搬送された。ジアゼパム・ミダゾラムにより痙攣を停止させた際、自発呼吸が停止し舌裂創による血液が口腔内に貯留していたため、経口気管挿管を施行した。膀胱温が41℃であり、脳保護のため低体温療法を34℃の設定にて開始した。薬物ガスクロマトグラフィでは血液と尿からカチノン系薬物が検出され、CTでは脳腫脹と左下肺の浸潤影を認め、カチノン系薬物による急性薬物中毒、誤嚥性肺炎と診断した。経過中肺炎による敗血症性ショック、横紋筋融解症、播種性血管内凝固症候群、急性腎不全、急性肝不全を認め、集中治療を行った。第15病日の頭部MRIでは、大脳では両側対称性にT2W1/DWIで高信号を呈し、小脳ではDWIで高信号の中に点状の低信号を認めた。第38病日に全身状態が安定したが、意識障害は遷延し、第86病日に転院した。

  • 経直腸投与によるカチノン系薬物中毒で重篤な中枢神経障害を合併した1例 査読

    森岡 貴勢, 山本 朋納, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光, 下野 太郎

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   24 ( 2 )   139 - 140   2017年03月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    20歳女。4時間前に2種類のアロマリキッドを混合して直腸から投与後、全身性強直間代性痙攣が持続し救急搬送された。ジアゼパム・ミダゾラムにより痙攣を停止させた際、自発呼吸が停止し舌裂創による血液が口腔内に貯留していたため、経口気管挿管を施行した。膀胱温が41℃であり、脳保護のため低体温療法を34℃の設定にて開始した。薬物ガスクロマトグラフィでは血液と尿からカチノン系薬物が検出され、CTでは脳腫脹と左下肺の浸潤影を認め、カチノン系薬物による急性薬物中毒、誤嚥性肺炎と診断した。経過中肺炎による敗血症性ショック、横紋筋融解症、播種性血管内凝固症候群、急性腎不全、急性肝不全を認め、集中治療を行った。第15病日の頭部MRIでは、大脳では両側対称性にT2W1/DWIで高信号を呈し、小脳ではDWIで高信号の中に点状の低信号を認めた。第38病日に全身状態が安定したが、意識障害は遷延し、第86病日に転院した。

  • 経直腸投与によるカチノン系薬物中毒で重篤な中枢神経障害を合併した1例 査読

    森岡 貴勢, 山本 朋納, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光, 下野 太郎

    一般社団法人 日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   24 ( 2 )   139 - 140   2017年( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3918/jsicm.24_139

    CiNii Article

  • 体幹部刺創に対する治療指針についての検討 査読

    寺田 貴史, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光, 日村 帆志, 武貞 博治, 森岡 貴勢, 羽川 直宏, 山本 朋納, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎

    一般社団法人 日本外傷学会 日本外傷学会雑誌   31 ( 4 )   420 - 427   2017年( ISSN:1340-6264

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p> 目的 : 当科では, 体幹部刺創に対して一定の指針に則り診療を行ってきており, 今回その妥当性につき検証した. 方法 : 2010年4月から2014年12月に搬送された50例を対象とし, 後方視的に検討した. 結果 : 男性が36例, 平均年齢は53.1歳であった. 14例が来院時ショック状態であり, 循環不安定な9例は直ちに手術を施行した. 安定を得た41例のうち, 成傷器残存などの8例はCT検査を実施せずに手術を行った. 33例でCT検査を実施し, 18例は体腔への非到達を確認したため創閉鎖とした. 体腔に達していた15例に対し, 指針に則り方針を決定した. 3例で胸腔に到達しており, 全例で胸腔ドレーンを留置し創閉鎖した. 13例で腹腔に到達しており, 10例に開腹術を行った. 全例生存退院し, 創が体腔に達していたが創閉鎖した5例は遅延手術を要さなかった. 結論 : 治療成績は良好で, 初期評価で非手術とした全例で遅延手術を要さず, 指針の妥当性が示された.</p>

    DOI: 10.11382/jjast.31.420

    CiNii Article

  • Rationale, design, and profile of Comprehensive Registry of In-Hospital Intensive Care for OHCA Survival (CRITICAL) study in Osaka, Japan 査読

    Yamada Tomoki, Kitamura Tetsuhisa, Hayakawa Koichi, Yoshiya Kazuhisa, Irisawa Taro, Abe Yoshio, Ishiro Megumi, Uejima Toshifumi, Ohishi Yasuo, Kaneda Kazuhisa, Kiguchi Takeyuki, Kishi Masashi, Kishimoto Masafumi, Nakao Shota, Nishimura Tetsuro, Hayashi Yasuyuki, Morooka Takaya, Izawa Junichi, Shimamoto Tomonari, Hatakeyama Toshihiro, Matsuyama Tasuku, Kawamura Takashi, Shimazu Takeshi, Iwami Taku

    JOURNAL OF INTENSIVE CARE   4   2016年01月( ISSN:2052-0492

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40560-016-0128-5

  • 外傷患者における冷汗の意義 多施設共同前向き観察研究より 査読

    湯本 哲也, 塚原 紘平, 飯田 淳義, 寺戸 通久, 佐藤 圭路, 鵜川 豊世武, 氏家 良人, 西村 哲郎, 定光 大海, 土谷 飛鳥, 植木 浜一, 高間 辰雄, 真弓 俊彦

    (一社)日本外傷学会 日本外傷学会雑誌   30 ( 1 )   1 - 8   2016年01月( ISSN:1340-6264

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ショックを早期に認知するための皮膚所見の1つとして,外傷患者における冷汗の意義を多施設共同前向き観察研究にて検証した.出血性あるいは閉塞性ショックを離脱するためにinterventionを要した症例をショックと定義,冷汗は2人の観察医師が左右それぞれ4ヶ所を別々に評価し,少なくとも1ヶ所でも一致した場合を冷汗ありと定義した.来院時心肺停止,熱傷,転院搬送例を除外した外傷患者411例のうちショックは54例(13%),冷汗は36例(9%)に認めた.ショックで冷汗ありの症例は19例(35%)で,ショックに対する冷汗の感度,特異度,陽性・陰性的中率はそれぞれ35,95,53,91%であった.また,ショックで冷汗ありの症例はなしの症例と比較し,有意に頻脈で,Base excess(BE)が低く,乳酸値が高値であった.ショックに対する冷汗の特異度は高く,冷汗を認めれば介入が必要なショックと認識できる.また,早期認知のためには積極的に冷汗の所見をとりにいくことが重要である. (著者抄録)

  • 外傷患者における冷汗の意義 多施設共同前向き観察研究より 査読

    湯本 哲也, 塚原 紘平, 飯田 淳義, 寺戸 通久, 佐藤 圭路, 鵜川 豊世武, 氏家 良人, 西村 哲郎, 定光 大海, 土谷 飛鳥, 植木 浜一, 高間 辰雄, 真弓 俊彦

    (一社)日本外傷学会 日本外傷学会雑誌   30 ( 1 )   1 - 8   2016年01月( ISSN:1340-6264

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ショックを早期に認知するための皮膚所見の1つとして,外傷患者における冷汗の意義を多施設共同前向き観察研究にて検証した.出血性あるいは閉塞性ショックを離脱するためにinterventionを要した症例をショックと定義,冷汗は2人の観察医師が左右それぞれ4ヶ所を別々に評価し,少なくとも1ヶ所でも一致した場合を冷汗ありと定義した.来院時心肺停止,熱傷,転院搬送例を除外した外傷患者411例のうちショックは54例(13%),冷汗は36例(9%)に認めた.ショックで冷汗ありの症例は19例(35%)で,ショックに対する冷汗の感度,特異度,陽性・陰性的中率はそれぞれ35,95,53,91%であった.また,ショックで冷汗ありの症例はなしの症例と比較し,有意に頻脈で,Base excess(BE)が低く,乳酸値が高値であった.ショックに対する冷汗の特異度は高く,冷汗を認めれば介入が必要なショックと認識できる.また,早期認知のためには積極的に冷汗の所見をとりにいくことが重要である. (著者抄録)

  • 遅発性に症状の増悪を認めた陰圧性肺水腫の1例 査読

    曽我部 拓, 島原 由美子, 西村 哲郎, 佐尾山 裕生, 榎原 巨樹, 石田 健一郎, 定光 大海

    (一社)日本救急医学会 日本救急医学会雑誌   26 ( 11 )   676 - 680   2015年11月( ISSN:0915-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    5歳の男児が冷凍ブドウを喉に詰めたため母親が救急要請した。救急隊接触時、患児はチアノーゼが著明であったが啼泣していた。酸素投与後マギール鉗子でブドウの皮は除去され、チアノーゼが改善した状態で搬入された。搬入時のバイタルサインは意識清明、血圧124/79mmHg、脈拍数133/分・整、呼吸数48/分、フェイスマスクによる酸素5L/分投与下でSpO2 96%であった。胸部レントゲンで両肺野に若干の浸潤影がみられた。酸素投与を継続して救命センターHCUに入院となった。入院3時間後より不穏となり、呼吸数の増加を認めた。胸部レントゲン撮影を施行したところ両側肺野の浸潤影の増悪を認めたため気管挿管し人工呼吸管理とした。気管内からはピンク色泡沫状分泌物が多量に吸引でき、胸部CTで両肺中枢優位にすりガラス影を認めた。窒息のエピソードから陰圧性肺水腫と診断しICU入室とした。人工呼吸管理を継続し胸部レントゲン所見が改善したことを確認後第5病日に抜管、第8病日に退院となった。陰圧性肺水腫の発症機序は解明されていないが、吸気努力による胸腔内圧の著明な低下が一因とされ、急性上気道閉塞後または慢性上気道閉塞の解除後数分以内に起こるとされている。迅速に適切な治療が行われれば予後はよい疾患であるが、本症例のように数時間後に症状の増悪を来すことがあるため呼吸状態の厳重な観察が必要である。(著者抄録)

  • 遅発性に症状の増悪を認めた陰圧性肺水腫の1例 査読

    曽我部 拓, 島原 由美子, 西村 哲郎, 佐尾山 裕生, 榎原 巨樹, 石田 健一郎, 定光 大海

    (一社)日本救急医学会 日本救急医学会雑誌   26 ( 11 )   676 - 680   2015年11月( ISSN:0915-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    5歳の男児が冷凍ブドウを喉に詰めたため母親が救急要請した。救急隊接触時、患児はチアノーゼが著明であったが啼泣していた。酸素投与後マギール鉗子でブドウの皮は除去され、チアノーゼが改善した状態で搬入された。搬入時のバイタルサインは意識清明、血圧124/79mmHg、脈拍数133/分・整、呼吸数48/分、フェイスマスクによる酸素5L/分投与下でSpO2 96%であった。胸部レントゲンで両肺野に若干の浸潤影がみられた。酸素投与を継続して救命センターHCUに入院となった。入院3時間後より不穏となり、呼吸数の増加を認めた。胸部レントゲン撮影を施行したところ両側肺野の浸潤影の増悪を認めたため気管挿管し人工呼吸管理とした。気管内からはピンク色泡沫状分泌物が多量に吸引でき、胸部CTで両肺中枢優位にすりガラス影を認めた。窒息のエピソードから陰圧性肺水腫と診断しICU入室とした。人工呼吸管理を継続し胸部レントゲン所見が改善したことを確認後第5病日に抜管、第8病日に退院となった。陰圧性肺水腫の発症機序は解明されていないが、吸気努力による胸腔内圧の著明な低下が一因とされ、急性上気道閉塞後または慢性上気道閉塞の解除後数分以内に起こるとされている。迅速に適切な治療が行われれば予後はよい疾患であるが、本症例のように数時間後に症状の増悪を来すことがあるため呼吸状態の厳重な観察が必要である。(著者抄録)

  • Candida glabrataが検出されたフルニエ壊疽の1例 査読

    松本 寿健, 西村 哲郎, 大西 光雄, 若井 聡智, 定光 大海

    (一社)日本救急医学会 日本救急医学会雑誌   25 ( 2 )   43 - 49   2014年02月( ISSN:0915-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    フルニエ壊疽は比較的稀な疾患であり、そのなかでも真菌がその起因菌であったとする報告は稀少である。今回、我々はCandida glabrataが起因菌のひとつと示唆されるフルニエ壊疽の1例を経験したので文献的考察を加えて報告する。症例は69歳の男性。排尿困難があり、自ら外尿道口にストローを挿入した。その2日後、陰部が著明に腫脹したため前医を受診したところ、フルニエ壊疽と診断され、当院に転院搬送となった。来院時、意識はほぼ清明で呼吸数31/分、脈拍122/分、血圧118/78mmHgであった。会陰部を中心に体幹から両側大腿中央まで発赤・腫脹・皮下気腫を認め、会陰部切開部から酒粕様の臭気を認めた。逆行性尿路造影検査で尿道損傷の所見が得られた。抗菌薬投与に加え、会陰部を含む病巣の切開排膿を行い、デブリードマンと洗浄を連日行った。入院後の経過は良好で、第46病日には会陰部に一部皮膚欠損を残すものの、ほぼ治癒した。本症例は既往として未治療の糖尿病があり、Candida glabrataが初日の創部排液から検出されたことからCandida属に起因したフルニエ壊疽である可能性が示唆された。患者が糖尿病などの易感染性宿主の場合、フルニエ壊疽の起因菌として真菌も考慮する必要がある。(著者抄録)

  • Candida glabrataが検出されたフルニエ壊疽の1例 査読

    松本 寿健, 西村 哲郎, 大西 光雄, 若井 聡智, 定光 大海

    (一社)日本救急医学会 日本救急医学会雑誌   25 ( 2 )   43 - 49   2014年02月( ISSN:0915-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    フルニエ壊疽は比較的稀な疾患であり、そのなかでも真菌がその起因菌であったとする報告は稀少である。今回、我々はCandida glabrataが起因菌のひとつと示唆されるフルニエ壊疽の1例を経験したので文献的考察を加えて報告する。症例は69歳の男性。排尿困難があり、自ら外尿道口にストローを挿入した。その2日後、陰部が著明に腫脹したため前医を受診したところ、フルニエ壊疽と診断され、当院に転院搬送となった。来院時、意識はほぼ清明で呼吸数31/分、脈拍122/分、血圧118/78mmHgであった。会陰部を中心に体幹から両側大腿中央まで発赤・腫脹・皮下気腫を認め、会陰部切開部から酒粕様の臭気を認めた。逆行性尿路造影検査で尿道損傷の所見が得られた。抗菌薬投与に加え、会陰部を含む病巣の切開排膿を行い、デブリードマンと洗浄を連日行った。入院後の経過は良好で、第46病日には会陰部に一部皮膚欠損を残すものの、ほぼ治癒した。本症例は既往として未治療の糖尿病があり、Candida glabrataが初日の創部排液から検出されたことからCandida属に起因したフルニエ壊疽である可能性が示唆された。患者が糖尿病などの易感染性宿主の場合、フルニエ壊疽の起因菌として真菌も考慮する必要がある。(著者抄録)

  • Blom気管切開チューブの使用経験 査読

    曽我部 拓, 島原 由美子, 西村 哲郎, 定光 大海

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   21 ( 1 )   51 - 52   2014年01月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は12歳女児で、高所からの墜落により救急搬送された。頸椎X線でアライメントの不整があり、CTにてC3の脱臼骨折を認め、MRIにて頸髄損傷と診断した。気管切開を施行し、気管切開チューブはソフトシールカフ付サクションエイドを使用した。第160病日にBlom気管切開チューブに変更した。装着当初は単語での発声であり、数分で疲労感が出現したが、慣れるに従い30分以上の装着が可能であった。その後呼吸状態は安定した。症例2は73歳女性で、交通外傷にて救急搬送された。骨盤骨折に対し創外固定術を行い保存的に加療中、敗血症性ショックからacute respiratory distress syndromeを合併した。気管切開を施行し、気管切開チューブは従来型チューブを使用し、第90病日からBlom気管切開チューブに変更した。装着後より発声可能で、疲労感は出現したが十分聴取することができた。症例3は77歳男性で、火災による熱傷にて救急搬送された。肺炎を合併し、第24病日に気管切開を施行し、気管切開チューブは従来型チューブを使用し、第170病日にBlom気管切開チューブに変更した。装着後より発声可能であり、会話可能であった。

  • Blom気管切開チューブの使用経験 査読

    曽我部 拓, 島原 由美子, 西村 哲郎, 定光 大海

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   21 ( 1 )   51 - 52   2014年01月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は12歳女児で、高所からの墜落により救急搬送された。頸椎X線でアライメントの不整があり、CTにてC3の脱臼骨折を認め、MRIにて頸髄損傷と診断した。気管切開を施行し、気管切開チューブはソフトシールカフ付サクションエイドを使用した。第160病日にBlom気管切開チューブに変更した。装着当初は単語での発声であり、数分で疲労感が出現したが、慣れるに従い30分以上の装着が可能であった。その後呼吸状態は安定した。症例2は73歳女性で、交通外傷にて救急搬送された。骨盤骨折に対し創外固定術を行い保存的に加療中、敗血症性ショックからacute respiratory distress syndromeを合併した。気管切開を施行し、気管切開チューブは従来型チューブを使用し、第90病日からBlom気管切開チューブに変更した。装着後より発声可能で、疲労感は出現したが十分聴取することができた。症例3は77歳男性で、火災による熱傷にて救急搬送された。肺炎を合併し、第24病日に気管切開を施行し、気管切開チューブは従来型チューブを使用し、第170病日にBlom気管切開チューブに変更した。装着後より発声可能であり、会話可能であった。

  • 急性薬物中毒症例に合併した肺傷害の検討 査読

    島原 由美子, 西村 哲郎, 湯本 哲也, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 定光 大海

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   20 ( 1 )   99 - 100   2013年01月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    急性薬物中毒症例220例(男49例、女171例、年齢中央値31歳)を対象として誤嚥性肺炎を含めた肺傷害合併の頻度と危険因子について検討した。その結果、肺傷害合併例は44例(男14例、女30例)で、そのうち誤嚥性肺炎41例、薬剤性肺炎2例、人工呼吸器関連肺炎1例であった。危険因子としては、単変量解析にて意識障害、嘔吐、初診時誤嚥像、ベンゾジアゼピン類内服、抗精神病薬内服、CK高値、CRP高値で有意差を認め、多変量解析で嘔吐が肺傷害を合併する危険因子であることが認められた。

  • 急性薬物中毒症例に合併した肺傷害の検討 査読

    島原 由美子, 西村 哲郎, 湯本 哲也, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 定光 大海

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   20 ( 1 )   99 - 100   2013年01月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    急性薬物中毒症例220例(男49例、女171例、年齢中央値31歳)を対象として誤嚥性肺炎を含めた肺傷害合併の頻度と危険因子について検討した。その結果、肺傷害合併例は44例(男14例、女30例)で、そのうち誤嚥性肺炎41例、薬剤性肺炎2例、人工呼吸器関連肺炎1例であった。危険因子としては、単変量解析にて意識障害、嘔吐、初診時誤嚥像、ベンゾジアゼピン類内服、抗精神病薬内服、CK高値、CRP高値で有意差を認め、多変量解析で嘔吐が肺傷害を合併する危険因子であることが認められた。

  • 腸管損傷を合併した電撃傷の1例 査読

    曽我部 拓, 西村 哲郎, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 定光 大海

    (一社)日本熱傷学会 熱傷   38 ( 3 )   132 - 138   2012年09月( ISSN:0285-113X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    62歳、男性。発電所内で交流6,600Vの通電で受傷した。約1時間後に当院救命センターに搬送された。搬送時、心肺停止の状態であり初期波形はPEA(pulseless electrical activity)であった。外表所見上、左大腿部・右下腿に電流の流入口、左腋窩・右指先に流出口を認めた。気管挿管しACLSを施行した。自己心拍再開後、ICUに入室した。第2病日より持続的血液濾過透析(CHDF)を開始したが同日より腹部が膨満し、呼吸状態が悪化した。腹部コンパートメント症候群の診断で緊急試験開腹術を行った。上行結腸の損傷を認め結腸切除術を施行したことにより全身状態の安定を得られた。連日の創処置により左大腿部の創は肉芽形成良好であったが右下腿の創は壊死が進行した。また、腎機能の改善はみられず第23病日に死亡した。電撃傷では腹部臓器損傷を合併することがある。意識障害があり理学所見を聴取できない場合は他覚所見から手術時期を決定する必要がある。(著者抄録)

  • 腸管損傷を合併した電撃傷の1例 査読

    曽我部 拓, 西村 哲郎, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 定光 大海

    (一社)日本熱傷学会 熱傷   38 ( 3 )   132 - 138   2012年09月( ISSN:0285-113X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    62歳、男性。発電所内で交流6,600Vの通電で受傷した。約1時間後に当院救命センターに搬送された。搬送時、心肺停止の状態であり初期波形はPEA(pulseless electrical activity)であった。外表所見上、左大腿部・右下腿に電流の流入口、左腋窩・右指先に流出口を認めた。気管挿管しACLSを施行した。自己心拍再開後、ICUに入室した。第2病日より持続的血液濾過透析(CHDF)を開始したが同日より腹部が膨満し、呼吸状態が悪化した。腹部コンパートメント症候群の診断で緊急試験開腹術を行った。上行結腸の損傷を認め結腸切除術を施行したことにより全身状態の安定を得られた。連日の創処置により左大腿部の創は肉芽形成良好であったが右下腿の創は壊死が進行した。また、腎機能の改善はみられず第23病日に死亡した。電撃傷では腹部臓器損傷を合併することがある。意識障害があり理学所見を聴取できない場合は他覚所見から手術時期を決定する必要がある。(著者抄録)

  • 外傷患者における冷汗の意義 査読

    湯本 哲也, 西村 哲郎, 前野 良人, 若井 聡智, 上尾 光弘, 定光 大海

    (一社)日本外傷学会 日本外傷学会雑誌   26 ( 3 )   330 - 334   2012年07月( ISSN:1340-6264

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    外傷患者においてショックを早期に認知するために重要な所見とされる冷汗の意義を検討した。冷汗は564例の外傷患者のうち34例(6.0%)に認め、うち16例にショックを離脱するためのinterventionを要した。また、冷汗を認めた症例は有意にISSが高値であった。次に、ショックを離脱するためにinterventionを要した症例は564例中59例あり、これを陽性とした場合の冷汗ならびにShock Index(以下SI)≧0.82の感度はそれぞれ0.27、0.83、特異度はそれぞれ0.96、0.72であった。以上から冷汗によりショックを早期に認知することは難しいが、冷汗を認める症例は重症度が高かった。また、多変量解析によりSIやbase excessと同様にショックを離脱するために必要なinterventionの予測因子となりえることが示唆された。(著者抄録)

  • 外傷患者における冷汗の意義 査読

    湯本 哲也, 西村 哲郎, 前野 良人, 若井 聡智, 上尾 光弘, 定光 大海

    (一社)日本外傷学会 日本外傷学会雑誌   26 ( 3 )   330 - 334   2012年07月( ISSN:1340-6264

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    外傷患者においてショックを早期に認知するために重要な所見とされる冷汗の意義を検討した。冷汗は564例の外傷患者のうち34例(6.0%)に認め、うち16例にショックを離脱するためのinterventionを要した。また、冷汗を認めた症例は有意にISSが高値であった。次に、ショックを離脱するためにinterventionを要した症例は564例中59例あり、これを陽性とした場合の冷汗ならびにShock Index(以下SI)≧0.82の感度はそれぞれ0.27、0.83、特異度はそれぞれ0.96、0.72であった。以上から冷汗によりショックを早期に認知することは難しいが、冷汗を認める症例は重症度が高かった。また、多変量解析によりSIやbase excessと同様にショックを離脱するために必要なinterventionの予測因子となりえることが示唆された。(著者抄録)

  • 治療に難渋した誤嚥性肺炎によるARDSの1例 査読

    湯本 哲也, 前野 良人, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    (一社)日本臨床救急医学会 日本臨床救急医学会雑誌   14 ( 3 )   453 - 461   2011年06月( ISSN:1345-0581

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃内容物の誤嚥による肺障害に対してさまざまな呼吸療法、薬物療法を施行し、治療に難渋した1例を経験したので報告する。症例は47歳の女性。大量服薬後の意識障害、呼吸困難にて当院に救急搬送された。来院時の意識レベルはGCS9(E2V3M4)、10L/分の酸素投与下にてSpO2 80%であったため人工呼吸管理とした。いったんP/F比=225まで回復したが、第5病日にP/F比=56まで低下したため、ECMOを導入するとともに少量ステロイドの持続投与を開始した。第9病日に出血性合併症のためECMOを中止するも、次第に酸素化の改善を認め、第30病日に人工呼吸器より離脱、第68病日に独歩退院となった。(著者抄録)

  • 治療に難渋した誤嚥性肺炎によるARDSの1例 査読

    湯本 哲也, 前野 良人, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    (一社)日本臨床救急医学会 日本臨床救急医学会雑誌   14 ( 3 )   453 - 461   2011年06月( ISSN:1345-0581

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃内容物の誤嚥による肺障害に対してさまざまな呼吸療法、薬物療法を施行し、治療に難渋した1例を経験したので報告する。症例は47歳の女性。大量服薬後の意識障害、呼吸困難にて当院に救急搬送された。来院時の意識レベルはGCS9(E2V3M4)、10L/分の酸素投与下にてSpO2 80%であったため人工呼吸管理とした。いったんP/F比=225まで回復したが、第5病日にP/F比=56まで低下したため、ECMOを導入するとともに少量ステロイドの持続投与を開始した。第9病日に出血性合併症のためECMOを中止するも、次第に酸素化の改善を認め、第30病日に人工呼吸器より離脱、第68病日に独歩退院となった。(著者抄録)

▼全件表示

書籍等出版物

  • アリストパネース

    Aristophanes, 野津 寛, 平田 松吾, 橋本 隆夫, 中務 哲郎, 佐野 好則, 久保田 忠利, 丹下 和彦, 荒井 直, 内田 次信, 西村 賀子, 安村 典子, 脇本 由佳( 担当: 単著)

    岩波書店  2008年  ( ISBN:9784000927017

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

MISC(その他記事)

  • ARDS診療ガイドライン2021

    讃井 將満, 田坂 定智, 竹内 宗之, 大下 慎一郎, 江木 盛時, 橋本 悟, 一門 和哉, 津島 健司, 安田 英人, 南郷 栄秀, 志馬 伸朗, 松本 正太朗, 齊藤 修, 岡森 慧, 櫻谷 正明, 則末 泰博, 加茂 徹郎, 矢田部 智昭, 近藤 豊, 福田 龍将, 中島 幹男, 青木 善孝, 飯塚 悠祐, 林 健一郎, 三浦 慎也, 石原 唯史, 岡田 遥平, 阿南 圭祐, 阿部 良伸, 岡野 弘, 真弓 卓也, 岸原 悠貴, 成田 知大, 岡崎 哲ロバート, 窪田 佳史, 岩崎 夢大, 川上 大裕, 對東 俊介, 竹下 淳, 寺山 毅郎, 林 拓也, 吉田 拓生, 安藤 浩一, 増山 智之, 西村 哲郎, 片岡 惇, 米倉 寛, 奥田 拓史, 三木 誠, 安藤 幸吉, 新井 奈々, 吉田 健史, 瀬尾 龍太郎, 土肥 智史, 森實 雅司, 神津 玲, 横山 仁志, 吉川 博, 石村 慶子, 武澤 恵理子, 中川 聡, 川崎 達也, 野坂 俊介, 榎本 有希, 山谷 明正, 八木 健輔, 大田 えりか, 福岡 敏雄, 湯浅 秀道, 山川 一馬, ARDS診療ガイドライン作成委員会, 一般社団法人日本集中治療医学会, 一般社団法人日本呼吸器学会, 一般社団法人日本呼吸療法医学会

    人工呼吸   39 ( 2 )   81 - 121   2022年11月( ISSN:0910-9927

     詳細を見る

    日本集中治療医学会/日本呼吸器学会/日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会は、今回、合同で『ARDS診療ガイドライン2021』を作成した。2016年版の診療ガイドラインでは、成人のみを対象とした臨床課題(clinical question:CQ)を取り上げたが、今回は成人の46のCQに加えて小児を対象とした15のCQも作成した。前回と同様、GRADE(Grading of Recommendations Assessment,Development and Evaluation)システムを用いた推奨度決定の手法を用いた。また、新たな手法として診断精度のメタ解析およびネットワークメタ解析を用いたシステマティックレビュー(systematic review:SR)も行った。これらにより、より充実した信頼性の高い実用的な診療ガイドラインを作成することができた。(著者抄録)

  • ARDS診療ガイドライン2021

    讃井 將満, 田坂 定智, 竹内 宗之, 大下 慎一郎, 江木 盛時, 橋本 悟, 一門 和哉, 津島 健司, 安田 英人, 南郷 栄秀, 志馬 伸朗, 松本 正太朗, 齊藤 修, 岡森 慧, 櫻谷 正明, 則末 泰博, 加茂 徹郎, 矢田部 智昭, 近藤 豊, 福田 龍将, 中島 幹男, 青木 善孝, 飯塚 悠祐, 林 健一郎, 三浦 慎也, 石原 唯史, 岡田 遥平, 阿南 圭祐, 阿部 良伸, 岡野 弘, 真弓 卓也, 岸原 悠貴, 成田 知大, 岡崎 哲, 窪田 佳史, 岩崎 夢大, 川上 大裕, 對東 俊介, 竹下 淳, 寺山 毅郎, 林 拓也, 吉田 拓生, 安藤 浩一, 増山 智之, 西村 哲郎, 片岡 惇, 米倉 寛, 奥田 拓史, 三木 誠, 安藤 幸吉, 新井 奈々, 吉田 健史, 瀬尾 龍太郎, 土肥 智史, 森實 雅司, 神津 玲, 横山 仁志, 吉川 博, 石村 慶子, 武澤 恵理子, 中川 聡, 川崎 達也, 野坂 俊介, 榎本 有希, 山谷 明正, 八木 健輔, 大田 えりか, 福岡 敏雄, 湯浅 秀道, 山川 一馬, 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸器学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会/ARDS診療ガイドライン作成委員会

    日本集中治療医学会雑誌   29 ( 4 )   295 - 332   2022年07月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    日本集中治療医学会/日本呼吸器学会/日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会は,今回,合同で『ARDS診療ガイドライン2021』を作成した。2016年版の診療ガイドラインでは,成人のみを対象とした臨床課題(clinical question:CQ)を取り上げたが,今回は成人の46のCQに加えて小児を対象とした15のCQも作成した。前回と同様,GRADE(Grading of Recommendations Assessment,Development and Evaluation)システムを用いた推奨度決定の手法を用いた。また,新たな手法として診断精度のメタ解析およびネットワークメタ解析を用いたシステマティックレビュー(systematic review:SR)も行った。これらにより,より充実した信頼性の高い実用的な診療ガイドラインを作成することができた。(著者抄録)

  • ARDS診療ガイドライン2021

    讃井 將満, 田坂 定智, 竹内 宗之, 大下 慎一郎, 江木 盛時, 橋本 悟, 一門 和哉, 津島 健司, 安田 英人, 南郷 栄秀, 志馬 伸朗, 松本 正太朗, 齊藤 修, 岡森 慧, 櫻谷 正明, 則末 泰博, 加茂 徹郎, 矢田部 智昭, 近藤 豊, 福田 龍将, 中島 幹男, 青木 善孝, 飯塚 悠祐, 林 健一郎, 三浦 慎也, 石原 唯史, 岡田 遥平, 阿南 圭祐, 阿部 良伸, 岡野 弘, 真弓 卓也, 岸原 悠貴, 成田 知大, 岡崎 哲ロバート, 窪田 佳史, 岩崎 夢大, 川上 大裕, 對東 俊介, 竹下 淳, 寺山 毅郎, 林 拓也, 吉田 拓生, 安藤 浩一, 増山 智之, 西村 哲郎, 片岡 惇, 米倉 寛, 奥田 拓史, 三木 誠, 安藤 幸吉, 新井 奈々, 吉田 健史, 瀬尾 龍太郎, 土肥 智史, 森實 雅司, 神津 玲, 横山 仁志, 吉川 博, 石村 慶子, 武澤 恵理子, 中川 聡, 川崎 達也, 野坂 俊介, 榎本 有希, 山谷 明正, 土肥 智史, 八木 健輔, 大田 えりか, 福岡 敏雄, 湯浅 秀道, 山川 一馬, 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸器学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会

    日本呼吸器学会誌   11 ( 4 )   235 - 270   2022年07月( ISSN:2186-5876

     詳細を見る

    日本集中治療医学会/日本呼吸器学会/日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会は、今回、合同で『ARDS診療ガイドライン2021』を作成した。2016年版の診療ガイドラインでは、成人のみを対象とした臨床課題(clinical question:CQ)を取り上げたが、今回は成人の46のCQに加えて小児を対象とした15のCQも作成した。前回と同様、GRADE(Grading of Recommendations Assessment、Development and Evaluation)システムを用いた推奨度決定の手法を用いた。また、新たな手法として診断精度のメタ解析およびネットワークメタ解析を用いたシステマティックレビュー(systematic review:SR)も行った。これらにより、より充実した信頼性の高い実用的な診療ガイドラインを作成することができた。(著者抄録)

  • 【再考:「心理的安全性」と医療の質・安全】心理的安全性を作る医療安全研修の試み EARRTH(Early Awareness & Rapid Response Training in Hospitals) 査読

    山口 悦子[中上], 羽川 直宏, 仲谷 薫, 北村 孝一, 江原 省一, 柴田 敦, 藤長 久美子, 藤原 弘美, 中村 和徳, 西村 哲郎, 溝端 康光, 種田 憲一郎

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   15 ( 4 )   387 - 393   2020年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【救急医の国際貢献・国際交流-身につけるべき知識と技術】国際貢献・国際交流の実践 学会主導の国際貢献・国際交流 査読

    西村 哲郎, 西山 和孝, 溝端 康光

    (株)へるす出版 救急医学   44 ( 9 )   1099 - 1105   2020年08月( ISSN:0385-8162

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 外科医のトレーニング 技術の継承とは 当施設が関わる外傷外科手術手技トレーニングの現状と課題 査読

    晋山 直樹, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光

    (一社)日本外科学会 日本外科学会雑誌   120 ( 1 )   102 - 104   2019年01月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 外科医のトレーニング 技術の継承とは 当施設が関わる外傷外科手術手技トレーニングの現状と課題 査読

    晋山 直樹, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光

    (一社)日本外科学会 日本外科学会雑誌   120 ( 1 )   102 - 104   2019年01月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【意識障害時の救急検査】 意識障害患者の救急医療 査読

    西村 哲郎, 溝端 康光

    (NPO)生物試料分析科学会 生物試料分析   40 ( 4 )   193 - 198   2017年09月( ISSN:0913-3763

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【意識障害時の救急検査】 意識障害患者の救急医療 査読

    西村 哲郎, 溝端 康光

    (NPO)生物試料分析科学会 生物試料分析   40 ( 4 )   193 - 198   2017年09月( ISSN:0913-3763

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ARDS診療ガイドライン2016 査読

    橋本 悟, 讃井 將満, 江木 盛時, 大下 慎一郎, 塩塚 潤二, 瀬尾 龍太郎, 田中 竜馬, 田中 優, 則末 泰博, 林 淑朗, 南郷 栄秀, 青木 善孝, 安藤 幸吉, 飯塚 悠祐, 今泉 均, 岡森 慧, 貝沼 関志, 片岡 惇, 加茂 徹郎, 川口 敦, 熊澤 淳史, 倉橋 清泰, 小尾口 邦彦, 近藤 豊, 櫻谷 正明, 下山 哲, 鈴木 聡, 鈴木 裕之, 関野 元裕, 中島 幹男, 西村 哲郎, 福田 龍将, 牧野 淳, 宮下 亮一, 森脇 龍太郎, 安田 英人, 吉武 重徳, 山下 ユミ, 中川 好子, 鈴木 孝明, 今中 秀光, 一門 和哉, 野崎 歩, 神津 玲, 卯野木 健, 高橋 由典, 芹田 晃道, 武澤 恵理子, 青景 聡之, 多治見 公高, 湯浅 秀道, 福岡 敏雄, 矢吹 拓, 相原 守夫, 中山 健夫, 一般社団法人日本集中治療医学会/一般社団法人日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   24 ( 1 )   57 - 63   2017年01月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    日本集中治療医学会/日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会は、今回、日本呼吸器学会ARDS診療ガイドライン作成委員会と合同で「ARDS診療ガイドライン2016」を作成し公開した。今回は13の診療疑問(clinical question)について、国内でもまだ取りあげられることの少ないGRADE(Grading of Recommendations Assessment、Development and Evaluation)systemを用いたシステマティックレビューとその推奨度決定の手法を取り入れた。これにより、従来に比して信頼性の高い診療ガイドラインを作成することができた。(著者抄録)

  • ARDS診療ガイドライン2016 査読

    橋本 悟, 讃井 將満, 江木 盛時, 大下 慎一郎, 塩塚 潤二, 瀬尾 龍太郎, 田中 竜馬, 田中 優, 則末 泰博, 林 淑朗, 南郷 栄秀, 青木 善孝, 安藤 幸吉, 飯塚 悠祐, 今泉 均, 岡森 慧, 貝沼 関志, 片岡 惇, 加茂 徹郎, 川口 敦, 熊澤 淳史, 倉橋 清泰, 小尾口 邦彦, 近藤 豊, 櫻谷 正明, 下山 哲, 鈴木 聡, 鈴木 裕之, 関野 元裕, 中島 幹男, 西村 哲郎, 福田 龍将, 牧野 淳, 宮下 亮一, 森脇 龍太郎, 安田 英人, 吉武 重徳, 山下 ユミ, 中川 好子, 鈴木 孝明, 今中 秀光, 一門 和哉, 野崎 歩, 神津 玲, 卯野木 健, 高橋 由典, 芹田 晃道, 武澤 恵理子, 青景 聡之, 多治見 公高, 湯浅 秀道, 福岡 敏雄, 矢吹 拓, 相原 守夫, 中山 健夫, 一般社団法人日本集中治療医学会, 一般社団法人日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   24 ( 1 )   57 - 63   2017年01月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    日本集中治療医学会/日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会は、今回、日本呼吸器学会ARDS診療ガイドライン作成委員会と合同で「ARDS診療ガイドライン2016」を作成し公開した。今回は13の診療疑問(clinical question)について、国内でもまだ取りあげられることの少ないGRADE(Grading of Recommendations Assessment、Development and Evaluation)systemを用いたシステマティックレビューとその推奨度決定の手法を取り入れた。これにより、従来に比して信頼性の高い診療ガイドラインを作成することができた。(著者抄録)

  • ARDS診療ガイドライン2016 査読

    橋本 悟, 讃井 將満, 江木 盛時, 大下 慎一郎, 塩塚 潤二, 瀬尾 龍太郎, 田中 竜馬, 田中 優, 則末 泰博, 林 淑朗, 南郷 栄秀, 青木 善孝, 安藤 幸吉, 飯塚 悠祐, 今泉 均, 岡森 慧, 貝沼 関志, 片岡 惇, 加茂 徹郎, 川口 敦, 熊澤 淳史, 倉橋 清泰, 小尾口 邦彦, 近藤 豊, 櫻谷 正明, 下山 哲, 鈴木 聡, 鈴木 裕之, 関野 元裕, 中島 幹男, 西村 哲郎, 福田 龍将, 牧野 淳, 宮下 亮一, 森脇 龍太郎, 安田 英人, 吉武 重徳, 山下 ユミ, 中川 好子, 鈴木 孝明, 今中 秀光, 一門 和哉, 野崎 歩, 神津 玲, 卯野木 健, 高橋 由典, 芹田 晃道, 武澤 恵理子, 青景 聡之, 多治見 公高, 湯浅 秀道, 福岡 敏雄, 矢吹 拓, 相原 守夫, 中山 健夫, 一般社団法人日本集中治療医学会, 一般社団法人日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   24 ( 1 )   57 - 63   2017年01月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    日本集中治療医学会/日本呼吸療法医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会は、今回、日本呼吸器学会ARDS診療ガイドライン作成委員会と合同で「ARDS診療ガイドライン2016」を作成し公開した。今回は13の診療疑問(clinical question)について、国内でもまだ取りあげられることの少ないGRADE(Grading of Recommendations Assessment、Development and Evaluation)systemを用いたシステマティックレビューとその推奨度決定の手法を取り入れた。これにより、従来に比して信頼性の高い診療ガイドラインを作成することができた。(著者抄録)

  • ARDS診療ガイドライン2016 査読

    橋本 悟, 讃井 將満, 江木 盛時, 大下 慎一郎, 塩塚 潤二, 瀬尾 龍太郎, 田中 竜馬, 田中 優, 則末 泰博, 林 淑朗, 南郷 栄秀, 青木 善孝, 安藤 幸吉, 飯塚 悠祐, 今泉 均, 岡森 慧, 貝沼 関志, 片岡 惇, 加茂 徹郎, 川口 敦, 熊澤 淳史, 倉橋 清泰, 小尾口 邦彦, 近藤 豊, 櫻谷 正明, 下山 哲, 鈴木 聡, 鈴木 裕之, 関野 元裕, 中島 幹男, 西村 哲郎, 福田 龍将, 牧野 淳, 宮下 亮一, 森脇 龍太郎, 安田 英人, 吉武 重徳, 山下 ユミ, 中川 好子, 鈴木 孝明, 今中 秀光, 一門 和哉, 野崎 歩, 神津 玲, 卯野木 健, 高橋 由典, 芹田 晃道, 武澤 恵理子, 青景 聡之, 多治見 公高, 湯浅 秀道, 福岡 敏雄, 矢吹 拓, 相原 守夫, 中山 健夫, 一般社団法人日本呼吸療法医学会, ARDS診療ガイドライン作成委員会

    (一社)日本呼吸療法医学会 人工呼吸   33 ( 2 )   113 - 120   2016年11月( ISSN:0910-9927

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    日本呼吸療法医学会/日本集中治療医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会は、日本呼吸器学会(JRS)ARDS診療ガイドライン作成委員会と合同で「ARDS診療ガイドライン2016」を作成し公開した。今回は13の診療疑問(clinical question:CQ)について、国内でもまだ取り上げられることの少ないGRADE(Grading of Recommendations Assessment、Development and Evaluation)systemを用いたシステマティックレビューとその推奨度決定の手法を取り入れた。これにより従来に比して信頼性の高い診療ガイドラインを作成することができた。(著者抄録)

  • ARDS診療ガイドライン2016 査読

    橋本 悟, 讃井 將満, 江木 盛時, 大下 慎一郎, 塩塚 潤二, 瀬尾 龍太郎, 田中 竜馬, 田中 優, 則末 泰博, 林 淑朗, 南郷 栄秀, 青木 善孝, 安藤 幸吉, 飯塚 悠祐, 今泉 均, 岡森 慧, 貝沼 関志, 片岡 惇, 加茂 徹郎, 川口 敦, 熊澤 淳史, 倉橋 清泰, 小尾口 邦彦, 近藤 豊, 櫻谷 正明, 下山 哲, 鈴木 聡, 鈴木 裕之, 関野 元裕, 中島 幹男, 西村 哲郎, 福田 龍将, 牧野 淳, 宮下 亮一, 森脇 龍太郎, 安田 英人, 吉武 重徳, 山下 ユミ, 中川 好子, 鈴木 孝明, 今中 秀光, 一門 和哉, 野崎 歩, 神津 玲, 卯野木 健, 高橋 由典, 芹田 晃道, 武澤 恵理子, 青景 聡之, 多治見 公高, 湯浅 秀道, 福岡 敏雄, 矢吹 拓, 相原 守夫, 中山 健夫, 一般社団法人日本呼吸療法医学会, ARDS診療ガイドライン作成委員会

    (一社)日本呼吸療法医学会 人工呼吸   33 ( 2 )   113 - 120   2016年11月( ISSN:0910-9927

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    日本呼吸療法医学会/日本集中治療医学会ARDS診療ガイドライン作成委員会は、日本呼吸器学会(JRS)ARDS診療ガイドライン作成委員会と合同で「ARDS診療ガイドライン2016」を作成し公開した。今回は13の診療疑問(clinical question:CQ)について、国内でもまだ取り上げられることの少ないGRADE(Grading of Recommendations Assessment、Development and Evaluation)systemを用いたシステマティックレビューとその推奨度決定の手法を取り入れた。これにより従来に比して信頼性の高い診療ガイドラインを作成することができた。(著者抄録)

  • 【スポーツ医学と救急医学】 部位別損傷への対応 陰部 査読

    西村 哲郎, 定光 大海

    (株)へるす出版 救急医学   36 ( 9 )   1063 - 1065   2012年09月( ISSN:0385-8162

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【スポーツ医学と救急医学】 部位別損傷への対応 陰部 査読

    西村 哲郎, 定光 大海

    (株)へるす出版 救急医学   36 ( 9 )   1063 - 1065   2012年09月( ISSN:0385-8162

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【救命・救急と内視鏡】 消化管出血 重篤な合併症を有する消化管出血患者に対する内視鏡の役割 重症熱傷に伴う消化管出血の対応 査読

    金原 太, 西村 哲郎

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   22 ( 9 )   1421 - 1424   2010年09月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    重症熱傷患者に伴う消化管出血は予防的薬剤投与により減少はしているが、ひとたび合併すれば生命を脅かす病態となる。重症熱傷患者の多くは鎮静下に人工呼吸管理が行われており、消化管病変を生じていても理学的所見に乏しく、発見が遅れる可能性があり注意を要する。顔面・頸部熱傷症例での開口障害、全身浮腫、消化管粘膜の浮腫状変化、さらに気管挿管チューブや胃管により内視鏡操作が制約される。全身状態の不安定性から十分な体位変換や移動も困難な状況下での検査・処置となるが、状態が悪いからこそ消化管出血を疑う場合は可能な限り内視鏡による精査を行い、出血の部位や状態により適した止血法を選択する必要がある。消化管出血に対する内視鏡的止血術は非常に有効で、時として唯一の止血手段である。(著者抄録)

  • 【救命・救急と内視鏡】 消化管出血 重篤な合併症を有する消化管出血患者に対する内視鏡の役割 重症熱傷に伴う消化管出血の対応 査読

    金原 太, 西村 哲郎

    (株)東京医学社 消化器内視鏡   22 ( 9 )   1421 - 1424   2010年09月( ISSN:0915-3217

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    重症熱傷患者に伴う消化管出血は予防的薬剤投与により減少はしているが、ひとたび合併すれば生命を脅かす病態となる。重症熱傷患者の多くは鎮静下に人工呼吸管理が行われており、消化管病変を生じていても理学的所見に乏しく、発見が遅れる可能性があり注意を要する。顔面・頸部熱傷症例での開口障害、全身浮腫、消化管粘膜の浮腫状変化、さらに気管挿管チューブや胃管により内視鏡操作が制約される。全身状態の不安定性から十分な体位変換や移動も困難な状況下での検査・処置となるが、状態が悪いからこそ消化管出血を疑う場合は可能な限り内視鏡による精査を行い、出血の部位や状態により適した止血法を選択する必要がある。消化管出血に対する内視鏡的止血術は非常に有効で、時として唯一の止血手段である。(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Acute care surgeryと集中治療 重度胸壁外傷に対する気道・呼吸管理における外科的介入の適応とその効果

    内田 健一郎, 出口 亮, 栗正 誠也, 脇田 史明, 日村 帆志, 河本 晃宏, 山本 克巳, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2022年11月  (一社)日本集中治療医学会

  • Massive Transfusion Protocol(MTP)の実際 当院での外傷診療における実践的なMTP体制の確立とその成績

    内田 健一郎, 栗正 誠也, 日村 帆志, 芳竹 宏幸, 佐尾山 裕生, 河本 晃宏, 宮下 昌大, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2022年06月  (一社)日本外傷学会

  • Acute Care Surgeryがわが国の外科診療にどの様に貢献しているか 大学病院におけるAcute Care Surgeryの確立による外科機能分化の有用性と今後の課題

    内田 健一郎, 栗正 誠也, 日村 帆志, 芳竹 宏幸, 佐尾山 裕生, 野田 智宏, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2022年04月  (一社)日本外科学会

  • Abdominal compartment syndromeのピットフォール 当科における重症急性膵炎に合併したAbdominal Compartment Syndrome例の管理

    野田 智宏, 栗正 誠也, 芳竹 宏幸, 日村 帆志, 佐尾山 裕生, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本腹部救急医学会雑誌  2022年02月  (一社)日本腹部救急医学会

  • COVID-19肺炎の気胸、縦隔気腫合併

    宮下 昌大, 松尾 健志, 出口 亮, 日村 帆志, 山本 克己, 加賀 慎一郎, 内田 健一郎, 野田 智宏, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2021年11月  (一社)日本救急医学会

  • ACSチーム コメディカルを育成する 日々の業務として開始した多職種参加の外傷初期診療シミュレーション

    佐尾山 裕生, 西村 哲郎, 栗正 誠也, 芳竹 宏幸, 日村 帆志, 野田 智宏, 内田 健一郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2021年11月  日本Acute Care Surgery学会

  • COVID-19感染患者の心停止に対する蘇生行為について 国内会議

    西村 哲郎, 掛屋 弘, 野々瀬 由佳, 出口 亮, 日村 帆志, 切通 絢子, 松尾 健志, 川田 沙恵, 野田 智宏, 内田 健一郎, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020:Now Open! 成人敗血症患者の呼吸管理における推奨 国内会議

    中根 正樹, 志馬 伸朗, 橋本 悟, 安田 英人, 安藤 幸吉, 倉橋 清泰, 吉田 健史, 西村 哲郎, 宮下 亮一, 山田 亨, 四本 竜一, 日本版敗血症診療ガイドライン2020特別委員会

    日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院におけるCOVID-19感染防御対策の中和抗体検査を用いた検証 国内会議

    溝端 康光, 城戸 康年, 掛屋 弘, 藤岡 一也, 野々瀬 由佳, 出口 亮, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎

    日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 主要血管損傷を伴う四肢重度鈍的外傷の3例 国内会議

    宮下 昌大, 上坂 侑子, 羽川 直宏, 内田 健一郎, 野田 智宏, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2020年11月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インドAIIMS外傷センターとの人材交流について 国内会議

    西村 哲郎, 溝端 康光, 西山 和孝, インド外傷センター協力支援合同委員会

    日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • あらゆる状況で外傷性膵損傷に対して系統化シンプル化した急性期の管理戦略を展開する方法は? 国内会議

    内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    日本外傷学会雑誌  2020年11月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • COVID-19感染患者の心停止に対する蘇生行為について

    西村 哲郎, 掛屋 弘, 野々瀬 由佳, 出口 亮, 日村 帆志, 切通 絢子, 松尾 健志, 川田 沙恵, 野田 智宏, 内田 健一郎, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

  • 重症鈍的外傷に伴う出血性ショックに対する早期血管収縮薬使用の影響 国内会議

    内田 健一郎, 西村 哲郎, 上坂 侑子, 切通 絢子, 羽川 直宏, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2020年09月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020;呼吸・AKIを知る 呼吸管理のEvidence 国内会議

    安田 英人, 中根 正樹, 志馬 伸朗, 橋本 悟, 安藤 幸吉, 倉橋 清泰, 吉田 健史, 四本 竜一, 山田 亨, 宮下 亮一, 西村 哲郎, 岡野 弘, 真弓 卓也, 成田 知大, 小野寺 悠, 中村 嘉, 金子 唯, 五十嵐 豊, 高橋 生, 菅原 陽, 富岡 義裕, 鈴木 聡, 萩原 祥弘, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, J-SSCG2020特別委員会呼吸管理班

    日本集中治療医学会雑誌  2020年09月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日本版敗血症診療ガイドライン2020;呼吸・AKIを知る 呼吸管理における推奨文の解説 国内会議

    中根 正樹, 志馬 伸朗, 橋本 悟, 安田 英人, 安藤 幸吉, 倉橋 清泰, 吉田 健史, 四本 竜一, 山田 亨, 宮下 亮一, 西村 哲郎, 岡野 弘, 真弓 卓也, 成田 知大, 小野寺 悠, 中村 嘉, 金子 唯, 五十嵐 豊, 高橋 生, 菅原 陽, 富岡 義裕, 鈴木 聡, 萩原 祥弘, 江木 盛時, 小倉 裕司, 西田 修, 田中 裕, J-SSCG2020特別委員会呼吸管理班

    日本集中治療医学会雑誌  2020年09月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 市中感染型MRSAによる敗血症性海綿静脈洞血栓症の一例 国内会議

    加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本臨床救急医学会雑誌  2020年08月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救急隊による蘇生中止・着手せずはどの程度普及しているのか 大阪での救急隊における蘇生中止についての展望 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 前田 敏樹, 宮下 昌大, 羽川 直宏, 加賀 慎一郎, 内田 健一郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本臨床救急医学会雑誌  2020年08月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 我が国のAcute Care Surgeonの将来像 ACSの確立は海外に倣えるか 単施設の数ではなくシステム構築から考える 国内会議

    内田 健一郎, 西村 哲郎, 野田 智宏, 前田 敏樹, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2020年08月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 36日分の降圧剤、糖尿病治療薬、消化器系薬を内服、保存的に治療するも、水中毒で死亡した症例

    佐藤 敏光, 西村 哲郎, 猪又 義光

    東北救急医学会総会・学術集会プログラム・抄録集  2020年06月  東北救急医学会

  • Acute Care Surgeonの働き方改革 当科の進める自らの価値を高める働き方改革 国内会議

    野田 智宏, 内田 健一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2019年10月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Acute Care Surgeonの働き方改革 当科の進める自らの価値を高める働き方改革 国内会議

    野田 智宏, 内田 健一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2019年10月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Acute Care Surgeonの働き方改革 当科の進める自らの価値を高める働き方改革 国内会議

    野田 智宏, 内田 健一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2019年10月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Acute Care Surgeonの働き方改革 当科の進める自らの価値を高める働き方改革

    野田 智宏, 内田 健一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2019年10月  日本Acute Care Surgery学会

  • 国際的な大規模イベントにおける救急災害医療体制 G20大阪サミットにおけるVIP対応医療機関としての対応 国内会議

    山本 啓雅, 野田 智宏, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2019年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷性出血性ショックの初期診療のあり方 迅速な止血戦略を開始するための外傷初療体制・チーム構築の重要性 国内会議

    内田 健一郎, 西村 哲郎, 羽川 直宏, 宮下 昌大, 前田 敏樹, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2019年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 国際的な大規模イベントにおける救急災害医療体制 G20大阪サミットにおけるVIP対応医療機関としての対応 国内会議

    山本 啓雅, 野田 智宏, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2019年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷性出血性ショックの初期診療のあり方 迅速な止血戦略を開始するための外傷初療体制・チーム構築の重要性 国内会議

    内田 健一郎, 西村 哲郎, 羽川 直宏, 宮下 昌大, 前田 敏樹, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2019年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発肋骨骨折患者の予期せぬ出血に備えた経過観察の重要性 国内会議

    内田 健一郎, 晋山 直樹, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 橘 陽介, 前田 敏樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2019年05月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発肋骨骨折患者の予期せぬ出血に備えた経過観察の重要性 国内会議

    内田 健一郎, 晋山 直樹, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 橘 陽介, 前田 敏樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2019年05月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症外傷患者への対応策:off the job trainingから海外on the job trainingへと 全インド医科大学(AIIMS)との過去3年間の交流を基に学会連合体としての人材研修・交流へ 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 内田 健一郎, 坂本 侑子, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本臨床救急医学会雑誌  2019年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症外傷患者への対応策:off the job trainingから海外on the job trainingへと 全インド医科大学(AIIMS)との過去3年間の交流を基に学会連合体としての人材研修・交流へ 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 内田 健一郎, 坂本 侑子, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本臨床救急医学会雑誌  2019年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2日間で瘤を形成し破裂に至った分節性動脈中膜融解症と考えられる1例 国内会議

    松塚 栄恵, 前田 敏樹, 羽川 直宏, 脇田 史明, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本腹部救急医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 敗血症患者における人工呼吸器離脱プロトコールの有用性の検討 傾向スコアマッチング解析 国内会議

    山本 朋納, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 内田 健一郎, 橘 陽介, 江崎 麻衣子, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮筋腫の表在血管が破綻し、腹腔内出血を来した1例 国内会議

    栗正 誠也, 橘 陽介, 切通 絢子, 江崎 麻衣子, 内田 健一郎, 山本 朋納, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本腹部救急医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ECPR症例における予後関連因子についての検討 国内会議

    橘 陽介, 切通 絢子, 栗正 誠也, 江崎 麻衣子, 内田 健一郎, 山本 朋納, 前田 敏樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2日間で瘤を形成し破裂に至った分節性動脈中膜融解症と考えられる1例 国内会議

    松塚 栄恵, 前田 敏樹, 羽川 直宏, 脇田 史明, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本腹部救急医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 敗血症患者における人工呼吸器離脱プロトコールの有用性の検討 傾向スコアマッチング解析 国内会議

    山本 朋納, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 内田 健一郎, 橘 陽介, 江崎 麻衣子, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮筋腫の表在血管が破綻し、腹腔内出血を来した1例 国内会議

    栗正 誠也, 橘 陽介, 切通 絢子, 江崎 麻衣子, 内田 健一郎, 山本 朋納, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本腹部救急医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ECPR症例における予後関連因子についての検討 国内会議

    橘 陽介, 切通 絢子, 栗正 誠也, 江崎 麻衣子, 内田 健一郎, 山本 朋納, 前田 敏樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2日間で瘤を形成し破裂に至った分節性動脈中膜融解症と考えられる1例

    松塚 栄恵, 前田 敏樹, 羽川 直宏, 脇田 史明, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本腹部救急医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本腹部救急医学会

  • 2日間で瘤を形成し破裂に至った分節性動脈中膜融解症と考えられる1例 国内会議

    松塚 栄恵, 前田 敏樹, 羽川 直宏, 脇田 史明, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本腹部救急医学会雑誌  2019年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学間での医療交流を発展させ、学会・国家規模の国際交流へ 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2018年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における重症産科患者の分析 国内会議

    橘 陽介, 江崎 麻衣子, 山本 朋納, 西村 哲郎, 溝端 康光, 三杉 卓也, 橘 大介, 古山 将康

    日本救急医学会雑誌  2018年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 尿管穿孔が先行した広範囲後腹膜膿瘍による敗血症性ショック対しダメージコントロールサージェリーを適応し救命し得た1例 国内会議

    前田 敏樹, 溝端 康光, 山本 啓雅, 西村 哲郎, 晋山 直樹, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 松塚 栄恵

    日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 痙攣を合併した心停止後症候群の予後因子の検討 国内会議

    栗正 誠也, 山本 朋納, 切通 絢子, 江崎 麻衣子, 橘 陽介, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2018年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 痙攣を合併した心停止後症候群の予後因子の検討 国内会議

    栗正 誠也, 山本 朋納, 切通 絢子, 江崎 麻衣子, 橘 陽介, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2018年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における重症産科患者の分析 国内会議

    橘 陽介, 江崎 麻衣子, 山本 朋納, 西村 哲郎, 溝端 康光, 三杉 卓也, 橘 大介, 古山 将康

    日本救急医学会雑誌  2018年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 尿管穿孔が先行した広範囲後腹膜膿瘍による敗血症性ショック対しダメージコントロールサージェリーを適応し救命し得た1例 国内会議

    前田 敏樹, 溝端 康光, 山本 啓雅, 西村 哲郎, 晋山 直樹, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 松塚 栄恵

    日本臨床外科学会雑誌  2018年10月  日本臨床外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学間での医療交流を発展させ、学会・国家規模の国際交流へ 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2018年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科が行う外傷外科手術手技研修の実際とその展望 国内会議

    野田 智宏, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2018年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科が行う外傷外科手術手技研修の実際とその展望 国内会議

    野田 智宏, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2018年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 呼吸停止直前で搬送となり、経過中にCO-Hbが上昇したジクロロメタン中毒の1例 国内会議

    江崎 麻衣子, 栗正 誠也, 山本 朋納, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    中毒研究  2018年07月  (株)へるす出版

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 呼吸停止直前で搬送となり、経過中にCO-Hbが上昇したジクロロメタン中毒の1例 国内会議

    江崎 麻衣子, 栗正 誠也, 山本 朋納, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    中毒研究  2018年07月  (株)へるす出版

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インドでの外傷外科手術修練への取り組み 国内会議

    野田 智宏, 西村 哲郎, 羽川 直宏, 内田 健一郎, 晋山 直樹, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2018年06月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Off-the-job trainingの現況 本邦でのATOM(Advanced Trauma Operative Management)コースの現状と課題 国内会議

    晋山 直樹, 野田 智宏, 羽川 直宏, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2018年06月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Off-the-job trainingの現況 本邦でのATOM(Advanced Trauma Operative Management)コースの現状と課題 国内会議

    晋山 直樹, 野田 智宏, 羽川 直宏, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2018年06月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インドでの外傷外科手術修練への取り組み 国内会議

    野田 智宏, 西村 哲郎, 羽川 直宏, 内田 健一郎, 晋山 直樹, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2018年06月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外科医のトレーニング-技術の継承とは- 当施設が関わる外傷外科手術手技トレーニングの現状と課題 国内会議

    晋山 直樹, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 内田 健一郎, 稲生 照久, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷外科医をインド共和国へ派遣し相互交流を行う試み 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 内田 健一郎, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 栗正 誠也, 山本 啓雅, 溝端 康光, 中島 清一

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Damage Control Surgeryの実際 迅速なDamage Control Surgeryを開始するための体制構築の重要性 国内会議

    内田 健一郎, 稲生 照久, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Damage Control Surgeryの実際 迅速なDamage Control Surgeryを開始するための体制構築の重要性 国内会議

    内田 健一郎, 稲生 照久, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外科医のトレーニング-技術の継承とは- 当施設が関わる外傷外科手術手技トレーニングの現状と課題 国内会議

    晋山 直樹, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 内田 健一郎, 稲生 照久, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷外科医をインド共和国へ派遣し相互交流を行う試み 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 内田 健一郎, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 栗正 誠也, 山本 啓雅, 溝端 康光, 中島 清一

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Damage Control Surgeryの実際 迅速なDamage Control Surgeryを開始するための体制構築の重要性

    内田 健一郎, 稲生 照久, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2018年04月  (一社)日本外科学会

  • 一歩進んだ急変撲滅プロジェクト"EARRTH"の取組みと効果 国内会議

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 江崎 麻衣子, 江原 省一, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2018年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症急性膵炎におけるCTでの造影不良域と予後の関係 国内会議

    江崎 麻衣子, 山本 朋納, 西村 哲郎, 溝端 康光, 岩崎 栄典, 辻 喜久, 讃井 將満, 真弓 俊彦, 堀部 昌靖, 金井 隆典

    日本集中治療医学会雑誌  2018年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 一歩進んだ急変撲滅プロジェクト"EARRTH"の取組みと効果 国内会議

    羽川 直宏, 山口 悦子, 上, 江崎 麻衣子, 江原 省一, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2018年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症急性膵炎におけるCTでの造影不良域と予後の関係 国内会議

    江崎 麻衣子, 山本 朋納, 西村 哲郎, 溝端 康光, 岩崎 栄典, 辻 喜久, 讃井 將満, 真弓 俊彦, 堀部 昌靖, 金井 隆典

    日本集中治療医学会雑誌  2018年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 残存熱傷潰瘍のデブリードマンに対するhydrosurgery systemの使用経験 国内会議

    羽多野 隆治, 藤川 平四朗, 丸山 陽子, 出口 綾香, 矢倉 愛未, 成田 央良, 元村 尚嗣, 西村 哲郎, 溝端 康光

    熱傷  2017年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 熱傷創の深度進行と体重あたり初期輸液量との関係について 国内会議

    西村 哲郎, 山本 朋納, 内田 健一郎, 寺田 貴史, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 山本 啓雅, 溝端 康光, 波多野 隆司

    熱傷  2017年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 残存熱傷潰瘍のデブリードマンに対するhydrosurgery systemの使用経験 国内会議

    羽多野 隆治, 藤川 平四朗, 丸山 陽子, 出口 綾香, 矢倉 愛未, 成田 央良, 元村 尚嗣, 西村 哲郎, 溝端 康光

    熱傷  2017年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 熱傷創の深度進行と体重あたり初期輸液量との関係について 国内会議

    西村 哲郎, 山本 朋納, 内田 健一郎, 寺田 貴史, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 山本 啓雅, 溝端 康光, 波多野 隆司

    熱傷  2017年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心肺蘇生ガイドライン2020への挑戦 脈波計による心停止認識アルゴリズム開発および性能検証 国内会議

    畠山 稔弘, 小林 大介, 大谷 尚之, 西村 哲郎, 境田 康二, 嶋津 岳士, 石見 拓, 川村 孝

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における敗血症に対する免疫グロブリンの有効性の検討 国内会議

    野田 智宏, 西村 哲郎, 脇田 史明, 江崎 麻衣子, 羽川 直宏, 山本 朋納, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における搬送困難事例受け入れの現状 重篤と判断された症例について 国内会議

    晋山 直樹, 内田 健一郎, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 山本 朋納, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大動脈損傷が危惧された義歯による食道穿孔に対し、集学的戦略で対応した一例 国内会議

    江崎 麻衣子, 内田 健一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2017年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性呼吸不全の終末期における体幹部刺創の2例 国内会議

    晋山 直樹, 内田 健一郎, 野田 智宏, 江崎 麻衣子, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2017年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 治療的体温管理療法での導入速度についての検討 多施設研究Critical Studyを通じて 国内会議

    西村 哲郎, 萩原 竹一, 溝端 康光, 田原 良雄, 北村 哲久, 石見 拓

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 敗血症性DIC(disseminated intravascular coagulation)の予後と乳酸クリアランスの関係 国内会議

    江崎 麻衣子, 山本 朋納, 脇田 史明, 羽川 直宏, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性呼吸不全の終末期における体幹部刺創の2例 国内会議

    晋山 直樹, 内田 健一郎, 野田 智宏, 江崎 麻衣子, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2017年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心肺蘇生ガイドライン2020への挑戦 脈波計による心停止認識アルゴリズム開発および性能検証 国内会議

    畠山 稔弘, 小林 大介, 大谷 尚之, 西村 哲郎, 境田 康二, 嶋津 岳士, 石見 拓, 川村 孝

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における敗血症に対する免疫グロブリンの有効性の検討 国内会議

    野田 智宏, 西村 哲郎, 脇田 史明, 江崎 麻衣子, 羽川 直宏, 山本 朋納, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における搬送困難事例受け入れの現状 重篤と判断された症例について 国内会議

    晋山 直樹, 内田 健一郎, 野田 智宏, 加賀 慎一郎, 山本 朋納, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大動脈損傷が危惧された義歯による食道穿孔に対し、集学的戦略で対応した一例 国内会議

    江崎 麻衣子, 内田 健一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2017年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 治療的体温管理療法での導入速度についての検討 多施設研究Critical Studyを通じて 国内会議

    西村 哲郎, 萩原 竹一, 溝端 康光, 田原 良雄, 北村 哲久, 石見 拓

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 敗血症性DIC(disseminated intravascular coagulation)の予後と乳酸クリアランスの関係 国内会議

    江崎 麻衣子, 山本 朋納, 脇田 史明, 羽川 直宏, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2017年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 体幹部鈍的実質臓器損傷後の仮性動脈瘤・遅発性破裂合併症発生率とその時期の検討 国内会議

    内田 健一郎, 溝端 康光, 羽川 直宏, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    日本外傷学会雑誌  2017年05月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷治療時における輸血量と生存の関係 国内会議

    西村 哲郎, 内田 健一郎, 羽川 直宏, 晋山 直樹, 寺田 貴史, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外傷学会雑誌  2017年05月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脈波計による心停止認識アルゴリズム開発および性能検証 国内会議

    畠山 稔弘, 小林 大介, 大谷 尚之, 西村 哲郎, 境田 康二, 嶋津 岳士, 石見 拓, 川村 孝

    日本循環器病予防学会誌  2017年05月  (一社)日本循環器病予防学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 体幹部鈍的実質臓器損傷後の仮性動脈瘤・遅発性破裂合併症発生率とその時期の検討 国内会議

    内田 健一郎, 溝端 康光, 羽川 直宏, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    日本外傷学会雑誌  2017年05月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脈波計による心停止認識アルゴリズム開発および性能検証 国内会議

    畠山 稔弘, 小林 大介, 大谷 尚之, 西村 哲郎, 境田 康二, 嶋津 岳士, 石見 拓, 川村 孝

    日本循環器病予防学会誌  2017年05月  (一社)日本循環器病予防学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 我が国の災害・救急医療をインド共和国へ伝播・普及させる試み 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 内田 健一郎, 寺田 貴史, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 山本 啓雅, 中島 清一, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 敗血症性ショック症例におけるPMX-DHP療法の施行時間による循環動態への効果について 国内会議

    椋本 匡俊, 西村 哲郎, 山田 知輝, 小川 新史, 廣瀬 智也, 中江 晴彦, 岸 正司, 溝端 康光

    日本臨床救急医学会雑誌  2017年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 我が国の災害・救急医療をインド共和国へ伝播・普及させる試み 国内会議

    西村 哲郎, 野田 智宏, 内田 健一郎, 寺田 貴史, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 山本 啓雅, 中島 清一, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 敗血症性ショック症例におけるPMX-DHP療法の施行時間による循環動態への効果について 国内会議

    椋本 匡俊, 西村 哲郎, 山田 知輝, 小川 新史, 廣瀬 智也, 中江 晴彦, 岸 正司, 溝端 康光

    日本臨床救急医学会雑誌  2017年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 年齢別にみた内因性院外心停止患者に対する医療費の検討 国内会議

    西山 知佳, 後藤 励, 山田 知輝, 中尾 彰太, 木口 雄之, 岸本 正文, 西村 哲郎, 林 靖之, 曽我部 拓, 石見 拓

    日本循環器学会学術集会抄録集  2017年03月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 年齢別にみた内因性院外心停止患者に対する医療費の検討 国内会議

    西山 知佳, 後藤 励, 山田 知輝, 中尾 彰太, 木口 雄之, 岸本 正文, 西村 哲郎, 林 靖之, 曽我部 拓, 石見 拓

    日本循環器学会学術集会抄録集  2017年03月  (一社)日本循環器学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当救命救急センターにおける重症外傷への組織的戦略とその成績 国内会議

    内田 健一郎, 溝端 康光, 日村 帆志, 江崎 麻衣子, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 寺田 貴史, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒドロキソコバラミンによる急性腎不全の合併が疑われた気道熱傷の2症例 国内会議

    日村 帆志, 寺田 貴史, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PMX-DHP+CHDF療法の長時間施行が循環動態へ及ぼす影響に関する検討 国内会議

    椋本 匡俊, 西村 哲郎, 山田 知輝, 橘 慎也, 根岸 美和, 浜津 宏太, 濱田 直弥, 加藤 大三, 岸 正司, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ECMO導入時の安全かつ迅速なカニュレーョンはいかにあるべきか 国内会議

    寺田 貴史, 西村 哲郎, 日村 帆志, 江崎 麻衣子, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 内田 健一郎, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新定義での敗血症診断におけるプレセプシンの有用性 国内会議

    山本 朋納, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 野田 智宏, 森岡 貴勢, 江崎 麻衣子

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新定義での敗血症診断におけるプレセプシンの有用性 国内会議

    山本 朋納, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 野田 智宏, 森岡 貴勢, 江崎 麻衣子

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当救命救急センターにおける重症外傷への組織的戦略とその成績 国内会議

    内田 健一郎, 溝端 康光, 日村 帆志, 江崎 麻衣子, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 寺田 貴史, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ヒドロキソコバラミンによる急性腎不全の合併が疑われた気道熱傷の2症例 国内会議

    日村 帆志, 寺田 貴史, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PMX-DHP+CHDF療法の長時間施行が循環動態へ及ぼす影響に関する検討 国内会議

    椋本 匡俊, 西村 哲郎, 山田 知輝, 橘 慎也, 根岸 美和, 浜津 宏太, 濱田 直弥, 加藤 大三, 岸 正司, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ECMO導入時の安全かつ迅速なカニュレーョンはいかにあるべきか 国内会議

    寺田 貴史, 西村 哲郎, 日村 帆志, 江崎 麻衣子, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 内田 健一郎, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 熱傷における植皮固定法の工夫 国内会議

    羽多野 隆治, 永松 正代, 嶺尾 万莉, 中西 崇詞, 姜 成樹, 谷口 小百合, 津本 惇平, 矢倉 愛未, 元村 尚嗣, 西村 哲郎, 溝端 康光

    熱傷  2016年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 熱傷創の深度進行と24時間輸液量との関係について 国内会議

    西村 哲郎, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 内田 健一郎, 寺田 貴史, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 武貞 博治, 山本 啓雅, 溝端 康光

    熱傷  2016年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 熱傷における植皮固定法の工夫 国内会議

    羽多野 隆治, 永松 正代, 嶺尾 万莉, 中西 崇詞, 姜 成樹, 谷口 小百合, 津本 惇平, 矢倉 愛未, 元村 尚嗣, 西村 哲郎, 溝端 康光

    熱傷  2016年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 熱傷創の深度進行と24時間輸液量との関係について 国内会議

    西村 哲郎, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 内田 健一郎, 寺田 貴史, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 武貞 博治, 山本 啓雅, 溝端 康光

    熱傷  2016年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アニメーションを活用した医療安全研修 EARRTH(Early Awareness and Rapid Response Training in Hospitals)教育プログラム 国内会議

    岡村 尚枝, 山口 悦子[中上], 村上 聡, 安田 果枝, 西村 哲郎, 藤長 久美子, 仲谷 薫, 中村 和徳, 森本 玄, 溝端 康光

    医療の質・安全学会誌  2016年10月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アニメーションを活用した医療安全研修 EARRTH(Early Awareness and Rapid Response Training in Hospitals)教育プログラム 国内会議

    岡村 尚枝, 山口 悦子, 上, 村上 聡, 安田 果枝, 西村 哲郎, 藤長 久美子, 仲谷 薫, 中村 和徳, 森本 玄, 溝端 康光

    医療の質・安全学会誌  2016年10月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷性血胸・気胸に対する胸腔ドレナージ 28Fr以上のチューブは必要か 国内会議

    寺田 貴史, 溝端 康光, 内田 健一郎, 山本 朋納, 森岡 貴勢, 武貞 博治, 江崎 麻衣子, 日村 帆志, 西村 哲郎

    日本救急医学会雑誌  2016年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷外科トレーニングの国内・海外での取り組み Helsinki University Meilahti HospitalにおけるAcute Care Surgery部門の特徴とその修練 国内会議

    内田 健一郎, 溝端 康光, 西村 哲郎, 日村 帆志, 寺田 貴史, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 山本 啓雅

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2016年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Surgical Critical Careを要する感染症への対応 劇症型A群β溶連菌感染症に対する早期広範囲デブリードメントおよび迅速診断キットの有用性 国内会議

    寺田 貴史, 溝端 康光, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2016年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救急初期診療における緊急未交差O型赤血球輸血の検討 国内会議

    晋山 直樹, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2016年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 治療的体温管理療法での導入速度についての検討 多施設研究Critical Studyを通じて 国内会議

    西村 哲郎, 森岡 貴勢, 溝端 康光, 田原 良雄, 北村 哲久, 石見 拓

    日本救急医学会雑誌  2016年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 本邦の重症呼吸不全に対するECMOを成功させるために何が必要か? 当院におけるECMOチーム導入の評価と今後への課題 国内会議

    森岡 貴勢, 日村 帆志, 江崎 麻衣子, 武貞 博治, 山本 朋納, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2016年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救急初期診療における緊急未交差O型赤血球輸血の検討 国内会議

    晋山 直樹, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 西村 哲郎, 溝端 康光

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2016年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷性血胸・気胸に対する胸腔ドレナージ 28Fr以上のチューブは必要か 国内会議

    寺田 貴史, 溝端 康光, 内田 健一郎, 山本 朋納, 森岡 貴勢, 武貞 博治, 江崎 麻衣子, 日村 帆志, 西村 哲郎

    日本救急医学会雑誌  2016年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷外科トレーニングの国内・海外での取り組み Helsinki University Meilahti HospitalにおけるAcute Care Surgery部門の特徴とその修練 国内会議

    内田 健一郎, 溝端 康光, 西村 哲郎, 日村 帆志, 寺田 貴史, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 山本 啓雅

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2016年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Surgical Critical Careを要する感染症への対応 劇症型A群β溶連菌感染症に対する早期広範囲デブリードメントおよび迅速診断キットの有用性 国内会議

    寺田 貴史, 溝端 康光, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 野田 智宏, 晋山 直樹, 西村 哲郎

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2016年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 治療的体温管理療法での導入速度についての検討 多施設研究Critical Studyを通じて 国内会議

    西村 哲郎, 森岡 貴勢, 溝端 康光, 田原 良雄, 北村 哲久, 石見 拓

    日本救急医学会雑誌  2016年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 本邦の重症呼吸不全に対するECMOを成功させるために何が必要か? 当院におけるECMOチーム導入の評価と今後への課題 国内会議

    森岡 貴勢, 日村 帆志, 江崎 麻衣子, 武貞 博治, 山本 朋納, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2016年09月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発外傷に対する集学的外科治療 多発外傷における外科医のDecision Making 手術のみでは救えない外傷患者 国内会議

    内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 寺田 貴史, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発外傷に対する集学的外科治療 多発外傷における外科医のDecision Making 手術のみでは救えない外傷患者 国内会議

    内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 寺田 貴史, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本外科学会定期学術集会抄録集  2016年04月  (一社)日本外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における輪状甲状靱帯切開術の検討 国内会議

    寺田 貴史, 武貞 博治, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2016年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 意識障害のときの救急検査 意識障害患者の救急医療 国内会議

    西村 哲郎

    生物試料分析  2016年01月  (NPO)生物試料分析科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 敗血症の早期診断におけるプレセプシンの有用性 国内会議

    山本 朋納, 西村 哲郎, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 森岡 貴勢, 武貞 博治, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2016年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 意識障害のときの救急検査 意識障害患者の救急医療 国内会議

    西村 哲郎

    生物試料分析  2016年01月  (NPO)生物試料分析科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当科における輪状甲状靱帯切開術の検討 国内会議

    寺田 貴史, 武貞 博治, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2016年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症急性膵炎に合併した多発消化管穿孔に対し、ドレナージにて非手術的に治療しえた2例 国内会議

    森岡 貴勢, 山本 朋納, 寺田 貴史, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2016年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症急性膵炎に合併した多発消化管穿孔に対し、ドレナージにて非手術的に治療しえた2例 国内会議

    森岡 貴勢, 山本 朋納, 寺田 貴史, 晋山 直樹, 西村 哲郎, 山本 啓雅, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2016年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 敗血症の早期診断におけるプレセプシンの有用性 国内会議

    山本 朋納, 西村 哲郎, 晋山 直樹, 加賀 慎一郎, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 森岡 貴勢, 武貞 博治, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2016年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 意思決定者不在下の両下肢切断が救命に寄与した広範囲熱傷の1例 国内会議

    深井 照美, 山口 壽美枝, 石田 健一郎, 西村 哲郎, 大河内 謙太郎, 佐尾山 裕生, 榎原 巨樹, 家城 洋平, 曽我部 拓, 島原 由美子, 上尾 光弘, 定光 大海

    熱傷  2015年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 意思決定者不在下の両下肢切断が救命に寄与した広範囲熱傷の1例 国内会議

    深井 照美, 山口 壽美枝, 石田 健一郎, 西村 哲郎, 大河内 謙太郎, 佐尾山 裕生, 榎原 巨樹, 家城 洋平, 曽我部 拓, 島原 由美子, 上尾 光弘, 定光 大海

    熱傷  2015年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療事故調査制度の見直しに向けた救急医学会からの提言 救急医療からみた医療事故調査制度について 国内会議

    溝端 康光, 晋山 直樹, 武貞 博治, 羽川 直宏, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    日本救急医学会雑誌  2015年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心肺蘇生における脳局所酸素飽和度(rSO2)の臨床意義 国内会議

    小川 新史, 塩崎 忠彦, 廣瀬 智也, 田島 吾郎, 西村 哲郎, 小倉 裕司, 岸 正司, 嶋津 岳士

    日本救急医学会雑誌  2015年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 意識障害を伴った熱中症の併存疾患について 国内会議

    佐尾山 裕生, 石田 健一郎, 家城 洋平, 曽我部 拓, 梶野 健太郎, 島原 由美子, 若井 聡智, 大河内 謙太郎, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2015年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 東日本大震災後の復興に向けた取り組み 災害医療支援講座の活動 南相馬市大町病院(二次救急病院)への医療応援を行って 浜通り地域救急医療体制の見えてきた問題点 国内会議

    西村 哲郎

    東日本整形災害外科学会雑誌  2015年08月  東日本整形災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 意識障害を伴った熱中症の併存疾患について 国内会議

    佐尾山 裕生, 石田 健一郎, 家城 洋平, 曽我部 拓, 梶野 健太郎, 島原 由美子, 若井 聡智, 大河内 謙太郎, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2015年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心肺蘇生における脳局所酸素飽和度(rSO2)の臨床意義 国内会議

    小川 新史, 塩崎 忠彦, 廣瀬 智也, 田島 吾郎, 西村 哲郎, 小倉 裕司, 岸 正司, 嶋津 岳士

    日本救急医学会雑誌  2015年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療事故調査制度の見直しに向けた救急医学会からの提言 救急医療からみた医療事故調査制度について 国内会議

    溝端 康光, 晋山 直樹, 武貞 博治, 羽川 直宏, 森岡 貴勢, 山本 朋納, 寺田 貴史, 内田 健一郎, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎, 山本 啓雅

    日本救急医学会雑誌  2015年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 院外心停止への挑戦 脳内酸素飽和度(rSO2)モニタリングを用いた院外心肺停止患者の神経学的予後予測の可能性 国内会議

    廣瀬 智也, 榎原 巨樹, 塩崎 忠彦, 若井 聡智, 西村 哲郎, 森 宣人, 大西 光雄, 定光 大海, 嶋津 岳士

    日本救急医学会雑誌  2015年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 院外心停止への挑戦 脳内酸素飽和度(rSO2)モニタリングを用いた院外心肺停止患者の神経学的予後予測の可能性 国内会議

    廣瀬 智也, 榎原 巨樹, 塩崎 忠彦, 若井 聡智, 西村 哲郎, 森 宣人, 大西 光雄, 定光 大海, 嶋津 岳士

    日本救急医学会雑誌  2015年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 東日本大震災後の復興に向けた取り組み 災害医療支援講座の活動 南相馬市大町病院(二次救急病院)への医療応援を行って 浜通り地域救急医療体制の見えてきた問題点 国内会議

    西村 哲郎

    東日本整形災害外科学会雑誌  2015年08月  東日本整形災害外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ショックの認識には積極的に冷汗を!外傷患者における冷汗の意義 多施設共同研究から 国内会議

    湯本 哲也, 西村 哲郎, 定光 大海, 土谷 飛鳥, 植木 浜一, 飯田 淳義, 塚原 紘平, 木浪 陽, 寺戸 通久, 佐藤 圭路, 鵜川 豊世武, 氏家 良人

    日本外傷学会雑誌  2015年05月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ショックの認識には積極的に冷汗を!外傷患者における冷汗の意義 多施設共同研究から 国内会議

    湯本 哲也, 西村 哲郎, 定光 大海, 土谷 飛鳥, 植木 浜一, 飯田 淳義, 塚原 紘平, 木浪 陽, 寺戸 通久, 佐藤 圭路, 鵜川 豊世武, 氏家 良人

    日本外傷学会雑誌  2015年05月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 地域における救急医療の実状と課題 相馬双葉地方における救急搬送の現状調査 救急隊員へのアンケートを通じて 国内会議

    西村 哲郎, 紺野 愼一

    日本臨床救急医学会雑誌  2015年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 地域における救急医療の実状と課題 相馬双葉地方における救急搬送の現状調査 救急隊員へのアンケートを通じて 国内会議

    西村 哲郎, 紺野 愼一

    日本臨床救急医学会雑誌  2015年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 市販薬トラベルミンを大量服用後に生じた局所的横紋筋融解症の1例 国内会議

    佐尾山 裕生, 若井 聡智, 西村 哲郎, 榎原 巨樹, 田中 太助, 石田 健一郎, 曽我部 拓, 田原 憲一, 島原 由美子, 上尾 光弘, 定光 大海

    中毒研究  2014年12月  (株)へるす出版

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 防ぎえた災害死 広域搬送後早期に死亡した患者の死因について 国内会議

    佐藤 敏光, 西村 哲郎, 上田 耕藏

    日本集団災害医学会誌  2014年12月  (一社)日本災害医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 市販薬トラベルミンを大量服用後に生じた局所的横紋筋融解症の1例 国内会議

    佐尾山 裕生, 若井 聡智, 西村 哲郎, 榎原 巨樹, 田中 太助, 石田 健一郎, 曽我部 拓, 田原 憲一, 島原 由美子, 上尾 光弘, 定光 大海

    中毒研究  2014年12月  (株)へるす出版

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 防ぎえた災害死 広域搬送後早期に死亡した患者の死因について 国内会議

    佐藤 敏光, 西村 哲郎, 上田 耕藏

    日本集団災害医学会誌  2014年12月  (一社)日本災害医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で経験した頸部貫通刺創の1例 国内会議

    佐尾山 裕生, 西村 哲郎, 家城 洋平, 田原 憲一, 定光 大海

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2014年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期外科的治療により奏功した外傷性膵損傷(IIIb) 国内会議

    家城 洋平, 西村 哲郎, 佐尾山 裕生, 田原 憲一, 若井 聡智, 宮本 敦史, 中森 正二, 定光 大海

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2014年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 早期外科的治療により奏功した外傷性膵損傷(IIIb) 国内会議

    家城 洋平, 西村 哲郎, 佐尾山 裕生, 田原 憲一, 若井 聡智, 宮本 敦史, 中森 正二, 定光 大海

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2014年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で経験した頸部貫通刺創の1例 国内会議

    佐尾山 裕生, 西村 哲郎, 家城 洋平, 田原 憲一, 定光 大海

    Japanese Journal of Acute Care Surgery  2014年09月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での院外心肺停止症例における予後予測の検討 決定木分析を併用して 国内会議

    西村 哲郎, 榎原 巨樹, 曽我部 拓, 島原 由美子, 若井 聡智, 佐尾山 裕生, 石田 健一郎, 田原 憲一, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2014年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 遅発性に陰圧性肺水腫を発症した小児窒息の1例 国内会議

    曽我部 拓, 佐尾山 裕生, 榎原 巨樹, 石田 健一郎, 田原 憲一, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2014年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での院外心肺停止症例における予後予測の検討 決定木分析を併用して 国内会議

    西村 哲郎, 榎原 巨樹, 曽我部 拓, 島原 由美子, 若井 聡智, 佐尾山 裕生, 石田 健一郎, 田原 憲一, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2014年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食事中に生じた病院外心肺停止例の検討 国内会議

    石田 健一郎, 西村 哲郎, 榎原 巨樹, 佐尾山 裕生, 田中 太助, 曽我部 拓, 島原 由美子, 若井 聡智, 田原 憲一, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2014年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 遅発性に陰圧性肺水腫を発症した小児窒息の1例 国内会議

    曽我部 拓, 佐尾山 裕生, 榎原 巨樹, 石田 健一郎, 田原 憲一, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2014年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食事中に生じた病院外心肺停止例の検討 国内会議

    石田 健一郎, 西村 哲郎, 榎原 巨樹, 佐尾山 裕生, 田中 太助, 曽我部 拓, 島原 由美子, 若井 聡智, 田原 憲一, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2014年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救助隊 救急隊 医療者(R-A-M)連携のための当センターでの取り組み 国内会議

    若井 聡智, 島原 由美子, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本臨床救急医学会雑誌  2014年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 保存療法を選択した重症頭部外傷に対する体温コントロールの検討 国内会議

    曽我部 拓, 島原 由美子, 西村 哲郎, 田中 太助, 佐尾山 裕生, 岡畠 祥憲, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2014年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症頭部外傷例に対するmechanical insufflation-exsufflation(カフアシスト)の使用経験 国内会議

    島原 由美子, 曽我部 拓, 佐尾山 裕生, 田中 太助, 岡畠 祥憲, 立野 里織, 西村 哲郎, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2014年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 保存療法を選択した重症頭部外傷に対する体温コントロールの検討 国内会議

    曽我部 拓, 島原 由美子, 西村 哲郎, 田中 太助, 佐尾山 裕生, 岡畠 祥憲, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2014年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤骨折後にMRSAによる誤嚥性肺炎・敗血症からARDSを併発し、膜型人工肺(ECMO)を用いて救命し得た1例 国内会議

    岡畠 祥憲, 島原 由美子, 曽我部 拓, 立野 里織, 西村 哲郎, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2014年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症頭部外傷例に対するmechanical insufflation-exsufflation(カフアシスト)の使用経験 国内会議

    島原 由美子, 曽我部 拓, 佐尾山 裕生, 田中 太助, 岡畠 祥憲, 立野 里織, 西村 哲郎, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2014年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 骨盤骨折後にMRSAによる誤嚥性肺炎・敗血症からARDSを併発し、膜型人工肺(ECMO)を用いて救命し得た1例 国内会議

    岡畠 祥憲, 島原 由美子, 曽我部 拓, 立野 里織, 西村 哲郎, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2014年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 刺創により両肺貫通創を受傷したが肺切除行わずに治癒しえた一例 国内会議

    西村 哲郎, 佐尾山 裕生, 若井 聡智, 定光 大海

    日本Acute Care Surgery学会学術集会プログラム・抄録  2013年11月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 刺創により両肺貫通創を受傷したが肺切除行わずに治癒しえた一例 国内会議

    西村 哲郎, 佐尾山 裕生, 若井 聡智, 定光 大海

    日本Acute Care Surgery学会学術集会プログラム・抄録  2013年11月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脱法ハーブ吸入により急性肺傷害を呈した1例 国内会議

    榎原 巨樹, 島原 由美子, 佐尾山 裕生, 田中 太助, 岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    中毒研究  2013年09月  (株)へるす出版

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脱法ハーブ吸入により急性肺傷害を呈した1例 国内会議

    榎原 巨樹, 島原 由美子, 佐尾山 裕生, 田中 太助, 岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    中毒研究  2013年09月  (株)へるす出版

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心拍再開した院外心停止例の肺感染症発生率に関する多施設共同研究 国内会議

    島原 由美子, 西村 哲郎, 定光 大海, 奥地 一夫

    日本救急医学会雑誌  2013年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における院外心肺停止症例の血液ガスデーターの検討 国内会議

    西村 哲郎, 曽我部 拓, 島原 由美子, 若井 聡智, 岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 田中 太助, 榎原 巨樹, 佐尾山 裕生, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2013年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両下肢に電流斑を認めた1例を含む当院における過去8年間の電撃症症例の検討 国内会議

    岡畠 祥憲, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2013年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 院外心停止患者の蘇生処置に伴う脳局所酸素飽和度(rSO2)の変化 国内会議

    榎原 巨樹, 若井 聡智, 塩崎 忠彦, 西村 哲郎, 島原 由美子, 立野 里織, 曽我部 拓, 石田 健一郎, 田原 憲一, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2013年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心拍再開した院外心停止例の肺感染症発生率に関する多施設共同研究 国内会議

    島原 由美子, 西村 哲郎, 定光 大海, 奥地 一夫

    日本救急医学会雑誌  2013年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における院外心肺停止症例の血液ガスデーターの検討 国内会議

    西村 哲郎, 曽我部 拓, 島原 由美子, 若井 聡智, 岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 田中 太助, 榎原 巨樹, 佐尾山 裕生, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2013年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両下肢に電流斑を認めた1例を含む当院における過去8年間の電撃症症例の検討 国内会議

    岡畠 祥憲, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2013年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 院外心停止患者の蘇生処置に伴う脳局所酸素飽和度(rSO2)の変化 国内会議

    榎原 巨樹, 若井 聡智, 塩崎 忠彦, 西村 哲郎, 島原 由美子, 立野 里織, 曽我部 拓, 石田 健一郎, 田原 憲一, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2013年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷性ショック治療の進歩 外傷性ショックの早期認知 冷汗の意義を再考する 前向き観察研究を開始して 国内会議

    湯本 哲也, 氏家 良人, 西村 哲郎, 定光 大海, 土谷 飛鳥, 安田 貢, 植木 浜一

    日本外傷学会雑誌  2013年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 意識改善を認めたにもかかわらず急激に悪化した頭部外傷死亡例の検討 国内会議

    田中 太助, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本外傷学会雑誌  2013年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 意識改善を認めたにもかかわらず急激に悪化した頭部外傷死亡例の検討 国内会議

    田中 太助, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本外傷学会雑誌  2013年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷性ショック治療の進歩 外傷性ショックの早期認知 冷汗の意義を再考する 前向き観察研究を開始して 国内会議

    湯本 哲也, 氏家 良人, 西村 哲郎, 定光 大海, 土谷 飛鳥, 安田 貢, 植木 浜一

    日本外傷学会雑誌  2013年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Post-extubation stridorにより再挿管に至った症例の検討 国内会議

    島原 由美子, 西村 哲郎, 岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 若井 聡智, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2012年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院救命救急センターにおける小児外傷症例の検討 国内会議

    曽我部 拓, 岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2012年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬物過量服用後に急激に起こった呼吸不全および多発性肺膿瘍に対して膜型人工肺を用いて救命しえた一例 国内会議

    西村 哲郎, 岡畠 祥憲, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2012年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院救命救急センターにおける小児外傷症例の検討 国内会議

    曽我部 拓, 岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2012年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Post-extubation stridorにより再挿管に至った症例の検討 国内会議

    島原 由美子, 西村 哲郎, 岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 若井 聡智, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2012年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薬物過量服用後に急激に起こった呼吸不全および多発性肺膿瘍に対して膜型人工肺を用いて救命しえた一例 国内会議

    西村 哲郎, 岡畠 祥憲, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2012年10月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Life-saving Endoscopy in Emergencyの現状と進歩 重症熱傷に伴う消化管病変への対応 国内会議

    西村 哲郎

    Gastroenterological Endoscopy  2012年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Life-saving Endoscopy in Emergencyの現状と進歩 重症熱傷に伴う消化管病変への対応 国内会議

    西村 哲郎

    Gastroenterological Endoscopy  2012年04月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救命救急センターにおけるせん妄発現に影響を及ぼす因子の検討 国内会議

    島原 由美子, 西村 哲郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2012年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救命救急センターにおけるせん妄発現に影響を及ぼす因子の検討 国内会議

    島原 由美子, 西村 哲郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2012年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頭部外傷後に内頸動脈閉塞を発症した3例 国内会議

    岡畠 祥憲, 西村 哲郎, 下野 圭一郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 前野 良人, 上尾 光弘, 定光 大海, 山中 一功

    日本救急医学会雑誌  2011年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 頭部外傷後に内頸動脈閉塞を発症した3例 国内会議

    岡畠 祥憲, 西村 哲郎, 下野 圭一郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 前野 良人, 上尾 光弘, 定光 大海, 山中 一功

    日本救急医学会雑誌  2011年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PCPS導入例の神経学的予後についての検討 国内会議

    下野 圭一郎, 岡畠 祥憲, 曽我部 拓, 立野 里織, 坂本 道治, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 前野 良人, 上尾 光弘, 定光 大海

    脳死・脳蘇生  2011年06月  日本脳死・脳蘇生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポリウレタンフォームを用いたタイオーバー法の試み 国内会議

    岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 湯本 哲也, 石田 健一郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 前野 良人, 上尾 光弘, 定光 大海

    熱傷  2011年06月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PCPS導入例の神経学的予後についての検討 国内会議

    下野 圭一郎, 岡畠 祥憲, 曽我部 拓, 立野 里織, 坂本 道治, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 前野 良人, 上尾 光弘, 定光 大海

    脳死・脳蘇生  2011年06月  日本脳死・脳蘇生学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ポリウレタンフォームを用いたタイオーバー法の試み 国内会議

    岡畠 祥憲, 下野 圭一郎, 湯本 哲也, 石田 健一郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 前野 良人, 上尾 光弘, 定光 大海

    熱傷  2011年06月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷初期診療ガイドライン改訂第4版に向けて "冷汗"には心してかかれ! 国内会議

    湯本 哲也, 前野 良人, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本外傷学会雑誌  2011年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷初期診療ガイドライン改訂第4版に向けて "冷汗"には心してかかれ! 国内会議

    湯本 哲也, 前野 良人, 若井 聡智, 西村 哲郎, 上尾 光弘, 定光 大海

    日本外傷学会雑誌  2011年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪医療センターにおける熱傷症例の検討 国内会議

    西村 哲郎, 大西 光雄, 前野 良人, 若井 聡智, 金原 太, 島原 由美子, 曽我部 拓, 立野 里織, 石田 健一郎, 湯本 哲也, 松本 寿健, 下野 圭一郎, 白 鴻成, 定光 大海

    熱傷  2010年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪医療センターにおける熱傷症例の検討 国内会議

    西村 哲郎, 大西 光雄, 前野 良人, 若井 聡智, 金原 太, 島原 由美子, 曽我部 拓, 立野 里織, 石田 健一郎, 湯本 哲也, 松本 寿健, 下野 圭一郎, 白 鴻成, 定光 大海

    熱傷  2010年11月  (一社)日本熱傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発外傷患者の脛骨骨折に対するMETAネイルセミエクステンションガイドの使用経験 国内会議

    白 鴻成, 定光 大海, 上尾 光弘, 前野 良人, 西村 哲郎, 島原 由美子, 若井 聡智, 金原 太, 立野 里織, 曽我部 拓, 石田 健一郎

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院救命救急センターにおける穿通性頸部損傷例の検討 国内会議

    石田 健一郎, 前野 良人, 西村 哲郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 島原 由美子, 若井 聡智, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における自殺未遂者の転機の検討 国内会議

    湯本 哲也, 前野 良人, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 白 鴻成, 定光 大海, 廣常 秀人

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救命救急センターにおける緊急気道確保症例の検討 国内会議

    島原 由美子, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 若井 聡智, 西村 哲郎, 前野 良人, 上尾 光弘, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 熱傷ガーゼ交換の前後でのAPCO・SVVの変化 国内会議

    西村 哲郎, 金原 太, 石田 健一郎, 湯本 哲也, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 前野 良人, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救命救急センターにおける緊急気道確保症例の検討 国内会議

    島原 由美子, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 若井 聡智, 西村 哲郎, 前野 良人, 上尾 光弘, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院救命救急センターにおける穿通性頸部損傷例の検討 国内会議

    石田 健一郎, 前野 良人, 西村 哲郎, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 島原 由美子, 若井 聡智, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院における自殺未遂者の転機の検討 国内会議

    湯本 哲也, 前野 良人, 曽我部 拓, 立野 里織, 金原 太, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 白 鴻成, 定光 大海, 廣常 秀人

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発外傷患者の脛骨骨折に対するMETAネイルセミエクステンションガイドの使用経験 国内会議

    白 鴻成, 定光 大海, 上尾 光弘, 前野 良人, 西村 哲郎, 島原 由美子, 若井 聡智, 金原 太, 立野 里織, 曽我部 拓, 石田 健一郎

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高CK血症症例に対し血液浄化療法は必要か 国内会議

    金原 太, 前野 良人, 西村 哲郎, 島原 由美子, 若井 聡智, 上尾 光弘, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高CK血症症例に対し血液浄化療法は必要か 国内会議

    金原 太, 前野 良人, 西村 哲郎, 島原 由美子, 若井 聡智, 上尾 光弘, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 重症頭部外傷患者における頭蓋内感染症発症の危険因子の検討 国内会議

    立野 里織, 前野 良人, 西村 哲郎, 曽我部 拓, 金原 太, 島原 由美子, 若井 聡智, 上尾 光弘, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 熱傷ガーゼ交換の前後でのAPCO・SVVの変化 国内会議

    西村 哲郎, 金原 太, 石田 健一郎, 湯本 哲也, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 前野 良人, 白 鴻成, 定光 大海

    日本救急医学会雑誌  2010年08月  (一社)日本救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IIIb型肝損傷のTAE後に総肝動脈から左右肝動脈に多発性肝動脈瘤を認めた一例 国内会議

    湯本 哲也, 西村 哲郎, 金原 太, 大西 光雄, 前野 良人, 白 鴻成, 西野 正人, 徳田 由紀子, 東原 大樹, 友田 要

    日本外傷学会雑誌  2010年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当センターにおける医療帰還症例の検討 国内会議

    若井 聡智, 大西 光雄, 石田 健一郎, 湯本 哲也, 金原 太, 西村 哲郎, 西野 正人, 定光 大海

    日本臨床救急医学会雑誌  2010年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷外科医の育成 救命センターにおける後期研修医の視点から 国内会議

    松本 寿健, 大西 光雄, 定光 大海, 西野 正人, 白 鴻成, 前野 良人, 西村 哲郎, 若井 聡智, 島原 由美子, 金原 太, 立野 里織, 曽我部 拓, 石田 健一郎, 湯本 哲也, 下野 圭一郎

    日本外傷学会雑誌  2010年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 介護and/or在宅医療と救急医療の連携 救命救急センターと療養病床の連携 国内会議

    定光 大海, 若井 聡智, 大西 光雄, 西村 哲郎, 金原 太, 西野 正人

    日本臨床救急医学会雑誌  2010年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • より安全に気管切開術を行うための工夫 国内会議

    大西 光雄, 松本 寿健, 下野 圭一郎, 金原 太, 若井 聡智, 西村 哲郎, 定光 大海

    日本臨床救急医学会雑誌  2010年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IIIb型肝損傷のTAE後に総肝動脈から左右肝動脈に多発性肝動脈瘤を認めた一例 国内会議

    湯本 哲也, 西村 哲郎, 金原 太, 大西 光雄, 前野 良人, 白 鴻成, 西野 正人, 徳田 由紀子, 東原 大樹, 友田 要

    日本外傷学会雑誌  2010年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当センターにおける医療帰還症例の検討 国内会議

    若井 聡智, 大西 光雄, 石田 健一郎, 湯本 哲也, 金原 太, 西村 哲郎, 西野 正人, 定光 大海

    日本臨床救急医学会雑誌  2010年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷外科医の育成 救命センターにおける後期研修医の視点から 国内会議

    松本 寿健, 大西 光雄, 定光 大海, 西野 正人, 白 鴻成, 前野 良人, 西村 哲郎, 若井 聡智, 島原 由美子, 金原 太, 立野 里織, 曽我部 拓, 石田 健一郎, 湯本 哲也, 下野 圭一郎

    日本外傷学会雑誌  2010年04月  (一社)日本外傷学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 介護and/or在宅医療と救急医療の連携 救命救急センターと療養病床の連携 国内会議

    定光 大海, 若井 聡智, 大西 光雄, 西村 哲郎, 金原 太, 西野 正人

    日本臨床救急医学会雑誌  2010年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • より安全に気管切開術を行うための工夫 国内会議

    大西 光雄, 松本 寿健, 下野 圭一郎, 金原 太, 若井 聡智, 西村 哲郎, 定光 大海

    日本臨床救急医学会雑誌  2010年04月  (一社)日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 痙攣重積発作後に肝不全から多臓器不全に陥った一例 国内会議

    湯本 哲也, 金原 太, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 大西 光雄, 西野 正人, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2010年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 痙攣重積発作後に肝不全から多臓器不全に陥った一例 国内会議

    湯本 哲也, 金原 太, 曽我部 拓, 立野 里織, 島原 由美子, 若井 聡智, 西村 哲郎, 大西 光雄, 西野 正人, 定光 大海

    日本集中治療医学会雑誌  2010年01月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

担当授業科目

  • M4学生講義

    2019年度     大学

  • M4学生講義

    2018年度     大学

  • M4学生講義

    2017年度     大学

  • M4学生講義

    2016年度     大学

  • M4学生講義

    2015年度     大学