2024/04/30 更新

写真a

サクラギ ヒロユキ
櫻木 弘之
SAKURAGI Hiroyuki
担当
副学長
職名
副学長
所属
学長等
所属キャンパス
杉本キャンパス, 中百舌鳥キャンパス, 阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大阪公立大学 

    理事・副学長  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 理学博士 ( 九州大学 )

  • 理学修士 ( 九州大学 )

研究分野

  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論  / 原子核物理学

研究キーワード

  • 原子核反応理論, 分解反応の理論

  • 原子核のクラスター構造

  • 原子核間相互作用の微視的理論、高密度核物質

研究概要

  • 1.原子核反応の理論的研究
    2.原子核反応における分解反応の役割、分解反応理論の構築
    3.原子核のクラスター構造、分子的構造の研究
    4.中性子過剰核のハロー構造とその核反応への効果の研究
    5.複素G行列有効核力に基づく微視的核反応理論の構築
    6.中性子星内部の高密度核物質の物性研究

研究歴

  • 原子核反応理論に関する研究

    原子核反応理論、分解過程核反応  国際共同研究

    1983年04月 - 継続中 

  • 原子核のクラスター的構造に関する研究

    クラスター模型、分子的共鳴、不安定原子核  国際共同研究

    1983年04月 - 継続中 

  • 複素G行列有効核力に基づく原子核間相互作用と核反応機構の研究

    複素G行列有効相互作用、原子核間相互作用、核反応機構  国際共同研究

    2006年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本物理学会

      国内

委員歴(学外)

  • 領域代表(理論核物理領域)   日本物理学会  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 領域副代表(理論核物理領域)   日本物理学会  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 会誌編集委員(支部委員)   日本物理学会  

    1999年04月 - 2001年03月 

  • 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員   文部科学省・日本学術振興会等による事業の審査委員会  

    2012年04月 - 2014年03月 

  • 参与   財団法人 大阪科学技術センター  

    2010年04月 - 2013年03月 

  • 代表幹事   公立大学協会・理学部会  

    2010年04月 - 2012年03月 

  • 日本学術振興会 科学研究費補助金審査委員   文部科学省・日本学術振興会等による事業の審査委員会  

    2009年04月 - 2011年03月 

  • 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(S)事後評価委員   文部科学省・日本学術振興会等による事業の審査委員会  

    2008年04月 - 2009年03月 

▼全件表示

受賞歴

  • 日本学術振興会 特別研究員等審査会専門員表彰

    2014  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学   大学院理学研究科/理学部物理学科   教授

    1999年04月 - 2022年03月

  • 大阪市立大学   南部陽一郎物理学研究所   兼任研究員

    2019年04月 - 2022年03月

  • 大阪市立大学   副学長(2016.4~2019.3は理事兼副学長)

    2016年04月 - 2022年03月

  • 大阪市立大学   特命副学長

    2013年04月 - 2016年03月

  • 大阪市立大学   理学部   理学部長

    2010年04月 - 2013年03月

  • 大阪市立大学   大学院理学研究科   理学研究科長

    2010年04月 - 2013年03月

  • 理化学研究所   仁科加速器研究センター   客員主管研究員

    2005年04月 - 2012年03月

  • 大阪市立大学   大学院理学研究科   助教授

    1994年04月 - 1999年03月

  • University of Surrey (UK)   Physics Department   Visiting Scientist

    1993年06月 - 1994年02月

  • 大阪市立大学   理学部 物理学科   講師

    1990年04月 - 1994年03月

  • SERC Daresbury Labolatory (UK)   Division of Nuclear Physics,   Senior Research Associate

    1988年09月 - 1989年10月

  • 大阪市立大学   理学部 物理学科   助手

    1987年04月 - 1990年03月

  • 東京大学 原子核研究所   日本学術振興会特別研究員PD

    1986年04月 - 1987年03月

  • 東京大学 原子核研究所   日本学術振興会奨励研究員

    1985年10月 - 1986年03月

  • 東京大学 原子核研究所   博士研究員

    1985年04月 - 1986年09月

  • 大阪大学   全学教育推進機構   講師(非常勤)

    1990年04月 - 2016年03月

  • 神戸大学   理学部   講師(非常勤)

    1997年 - 2014年

  • 新潟大学   理学部   講師(非常勤)

    2009年04月 - 2010年03月

  • 北海道大学   大学院理学研究科   講師(非常勤)

    2006年04月 - 2007年03月

  • 東京工業大学   大学院理工学研究科   講師(非常勤)

    2004年04月 - 2005年03月

  • 京都大学   大学院理学研究科   講師(非常勤)

    2003年04月 - 2004年

  • 九州大学   大学院理学研究科   講師(非常勤)

    2002年04月 - 2003年03月

  • 東京大学   大学院理学系研究科   講師(非常勤)

    2001年04月 - 2002年03月

  • 京都大学   大学院理学研究科   講師(非常勤)

    1995年04月 - 1996年03月

▼全件表示

論文

  • Correspondence between isoscalar monopole strengths and α inelastic cross sections on 24Mg 査読

    Kazuyuki Ogata, Yohei Chiba, Yukinori, Sakuragi

    Progress of Theoretical and Experimental Physics   2021 ( 10 )   103D01 - 103D013   2021年10月( ISSN:20503911

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Full Open Access Journal, IF=8.3

    DOI: 10.1093/ptep/ptab112

  • Large-amplitude quadrupole shape mixing probed by the (p,p′) reaction : a model analysis 査読

    Koichi Sato, Takenori Furumoto, Yuma Kikuchi, Kazuyuki Ogata, Yukinori Sakuragi

    Progress of Theoretical and Experimental Physics   2019 ( 10 )   101D01 - (10 pages)   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Full Open Access Journal, IF=8.3

    DOI: 10.1093/ptep/ptz095

  • Repulsive three-body force and channel-coupling effects via 12C + 12C scattering at 100A MeV 査読 国際共著

    W. W. Qu, G.L.Zhang, S.Terashima, T.Furumoto, Y.Sakuragi, et al.

    Physical Review C   95 ( 4 )   044616 (14 pages)   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.95.044616

  • Medium effect in high-density nuclear matter probed by a systematic analysis of nucleus-nucleus elastic scattering 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y.Yamamoto

    Physical Review C   94 ( 4 )   044620-1 - 044620-10   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.94.044620

  • Saturation of nuclear matter and roles of many-body forces: nuclear matter in neutron stars probed by nucleus-nucleus scattering 招待 査読

    Yukinori Sakuragi

    Progress of Theoretical and Experimental Physics   2016 ( 6 )   06A106-1 - 06A106-25   2016年06月( ISSN:2050-3911

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    Full Open Access Journal, IF=8.3

    DOI: 10.1093/ptep/ptw072

  • Effects of repulsive three-body force in 12C +12C scattering at 100A MeV 査読 国際共著

    W.W.Qu, G.L.Zhang, S.Terashima, T.Furumoto, Y.Sakuragi, I.Tanihata, Y.Yamamoto et al.

    Physics Letters B   751 ( 1 )   1-6 ( http://dx.doi.org/10.1016/j.physletb.2015.10.008 )   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2015.10.008

  • Medium effect in high-density region probed by nucleus-nucleus elastic scattering 査読

    T. Furumoto, Y. Sakuragi, Y. Yamamoto

    Physical Review C   90 ( 4 )   041601(R)1 - 041601(R)5   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.90.041601

  • Channel coupling effect and important role of imaginary part of coupling potential for high-energy heavy-ion scatterings 査読

    T. Furumoto, Y. Sakuragi

    Physical Review C   87 ( 1 )   014618-1 - 014618-11   2013年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.87.014618

  • Erratum: Global optical potential for nucleus-nucleus systems from 50 MeV/u to 400 MeV/u [Phys. Rev. C 85, 044607 (2012)] 査読

    T. Furumoto, W. Horiuchi, M. Takashina, Y. Yamamoto, Y. Sakuragi

    Physical Review C   85 ( 6 )   069901(E)   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.85.069901

  • Global optical potential for nucleus-nucleus systems from 50 MeV/u to 400 MeV/u 査読

    T. Furumoto, W. Horiuchi, M. Takashina, Y. Yamamoto, Y. Sakuragi

    Physical Review C   85 ( 4 )   044607-1 - 044607-11   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.85.044607

  • Repulsive nature of optical potentials for high-energy heavy-ion scattering 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y.Yamamoto

    Physical Review C   82 ( 4 )   044612-1 - 044612-14   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.82.044612

  • Hyperon-nucleus folding potentials in the complex G-matrix approach 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y.Yamamoto

    Nuclear Physics A   835 ( 1-4 )   362 - 365   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2010.01.219

  • Erratum: Effect of repulsive and attractive three-body forces on nucleus-nucleus elastic scattering 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y.Yamamoto

    Physical Review C   82 ( 2 )   029908(E)   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.82.029908

  • Importance role of three-body repulsive force effect in nuclear reactions 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y.Yamamoto

    European Physical Journal Web of Conferences   3   06011-1 - 06011-9   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1051/epjconf/20100306011

  • Elastic scattering of 8B from 12C with internal three-cluster structure of 8B 査読

    K.Horii, M.Takashina, T.Furumoto, Y.Sakuragi, H.Toki

    Physical Review C   81 ( 6 )   061602R-1 - 061602R-6   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.81.061602

  • 16O+16O inelastic scattering studied by a complex G-matrix interaction 査読

    M.Takashina, T.Furumoto, Y.Sakuragi,

    Physical Review C   81 ( 4 )   047605-1 - 047605-4   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.81.047605

  • Effect of repulsive and attractive three-body forces on nucleus-nucleus elastic scattering 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y. Yamamoto

    Physical Review C   80 ( 4 )   044614-1 - 044614-18   2009年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.80.044614

  • Persistent decoupling of valence neutrons toward the dripline: study of 20C by spectroscopy 査読 国際共著

    Z.Elekes, T.Furumoto, Y.Sakuragi, M.Takashina, et al. (26 authors)

    Physical Review C   79 ( 1 )   011302R-1 - 011302R-5   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.79.011302

  • Three-body-force effect on nucleus-nucleus elastic scattering 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y.Yamamoto

    Physical Review C   79 ( 1 )   011601R-1 - 011601R-4   2009年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.79.011601

  • Multistep effect in 16O+16O inelastic scattering 査読

    M.Takashina, Y.Sakuragi

    Physical Review C   80 ( 1 )   014605-1 - 014605-5   2009年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.80.014605

  • New complex G-matrix interactions derived from two- and three-body forces and application to proton-nucleus elastic scattering 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi, Y.Yamamoto

    Physical Review C   78 ( 4 )   044610-1 - 044610-12   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.78.044610

  • Coupled-channels study of 10Be+α structure of highly-excited 14C 査読

    Y.Sakuragi, Y.Maenaka, T.Furumoto

    Journal of Physics:Conference Series   111 ( 1 )   012019-1 - 012019-6   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1088/1742-6596/111/1/012019

  • Application of the Jeukenne-Lejeune-Mahaux folding model to α-nucleus elastic scattering 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi

    Phyiscal Review C   74 ( 3 )   034606-1 - 034606-8   2006年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.74.034606

  • Analysis of 12C(α ,α') using α condensate model wave function 査読

    M.Takashina, Y.Sakuragi

    Modern Physics Letters A   21   2341 - 2346   2006年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1142/S0217732306021967

  • Application of JLM folding model to alpha-nucleus scattering 査読

    T.Furumoto, Y.Sakuragi

    Modern Physics Letters A   21   2439 - 2446   2006年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: https://doi.org/10.1142/S0217732306022080

  • α+12C inelastic angular distribution and nuclear size of 12C(2nd.0+) 査読

    M.Takashina. Y.Sakuragi

    Physical Review C   74 ( 5 )   054606-1 - 054606-5   2006年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.74.054606

  • 16C inelastic scattering studied with the microscopic coupled-channels method 査読

    M.Takashina, Y.Kanada-Enyo, Y.Sakuragi

    Physical Review C   71 ( 5 )   054602-1 - 054602-7   2005年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.71.054602

  • Effect of halo structure on 11Be+12C Elastic Scattering 査読

    M.Takashina, Y.Sakuragi, Y.Iseri

    European Physcal Journal A   25 ( Suppl.1 )   273 - 275   2005年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1140/epjad/i2005-06-077-1

  • 12C+12C→8Be+16O resonance reactions and multi-cluster states of highly excited 24Mg nucleus 査読

    M.Takashina, M.Ito, Y.Kudo, S.Okabe, Y.Sakuragi

    Nuclear Physics A   738   352 - 356   2004年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.nuclphysa.2004.04.060

  • A CDCC Study of 11Be→10Be+n Breakup Effect on the 11Be Elastic Scattering 査読

    M.Takashina, S.Takagi, Y.Sakuragi, Y.Iseri

    Physical Review C   67 ( 3 )   037601-1 - 037601-4   2003年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.67.037601

  • Study of the 12C+12C→8Be+16O Resonance Reaction around Ecm=32.5 MeV 査読

    M.Takashina, M.Ito, Y.Kudo, S.Okabe, Y.Sakuragi

    Physical Review C   67 ( 1 )   014609-1 - 014609-1   2003年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.67.014609

  • Multi-Cluster Configuration in Highly-Excited States of 24Mg 査読

    M. Ito, Y. Sakuragi, Y. Hirabayashi

    Physical Review C   66 ( 3 )   034307-1 - 034307-17   2002年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.66.034307

  • Microscopic Coupled-Channels Study of Nuclear Rainbow Phenomena in 16O+16O System 査読

    M. Katsuma, Y. Sakuragi, S. Okabe, Y. Kondo

    Progress of Theoretical Physics   107 ( 2 )   377 - 401   2002年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1143/PTP.107.377

  • Properties of Microscopic Nucleus-Nucleus Interaction for Molecular Resonance Formation in 12C+12C and 3α+3α Systems 査読

    M. Ito, Y. Sakuragi, Y. Hirabayashi

    Physical Review C   63 ( 6 )   64303   2001年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.63.064303

  • 6He+6He Molecular Resonances as Highly-Excited States of 12Be 査読

    M. Ito, Y. Sakuragi

    Physical Review C   62 ( 6 )   64310   2000年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.62.064310

  • Reaction Mechanism of 6Li Scattering at 600 MeV 査読 国際共著

    K. Schwarz, C. Samanta, M. Fujiwara, H. Rebel, R. DeLeo et al.

    Europian Physical Journal A   7   367 - 375   2000年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/PL00013619

  • Microscopic Coupled-Chnannels Study of 12C+12C Resonance Reactions 査読

    M. Ito, Y. Sakuragi, Y. Hirabayashi

    Few-Body Systems   12 ( Supplement )   137   2000年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-7091-6287-3_23

  • Heavy-Ion Resonance and Multi-Cluster Structure of Nuclei 招待 査読

    -

    Progress of Theoretical Physics   Suppl. 140   51 - 67   2000年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1143/PTPS.140.51

  • Dynamical polarization potential of 12C+12C system at molecular-resonance energies 査読

    M. Ito, Y. Sakuragi

    European Physical Journal A   5 ( 4 )   373   1999年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s100500050300

  • Spin-Orbit Interactions for 3He-Nucleus Scattering at Intermediate Energies 査読

    Y. Sakuragi, M. Katsuma

    Nuclear Instruments and Methods in Physics Research   A402   347 - 353   1998年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/S0168-9002(97)00861-9

  • Breakup of 30 MeV/u-16O in Nuclear and Coulomb Fields of 120Sn and 208Pb Nuclei 査読 国際共著

    D. O'Keely et al.

    Physics Letters   B393   301 - 306   1997年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/S0370-2693(96)01636-X

  • Energy Dependence of 6Li-Nucleus Interactions at Intermediate Energies 査読 国際共著

    C. Samanta, Y. Sakuragi, M. Ito, Y. Hirabayashi

    Journal of Physics G   23   1697 - 1705   1997年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1088/0954-3899/23/11/017

  • Breakup Effect of the 6Li Elastic Scattering from 28Si at E/A=35 and 53 MeV 査読 国際共著

    Y. Sakuragi, M. Ito, Y. Hirabayashi, C. Samanta

    Progress Theoretical Physics   98 ( 2 )   521 - 525   1997年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1143/PTP.98.521

  • 3α+3α and 3α+12C Configurations in 24Mg 査読

    Y. Hirabayashi, Y. Sakuragi, Y. Abe

    Physical Review Letters   74 ( 21 )   4141 - 4144   1995年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.74.4141

  • Coulomb dissociation of 6He and 11Li and its effect on the elastic scattering 査読

    Y. Sakuragi, S. Funada, Y. Hirabayashi

    Nuclear Physics A   588 ( 1 )   65 - 70   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0375-9474(95)00100-F

  • Halo structure and soft dipole mode of the 6He nucleus in the α+n+n cluster model 査読 国際共著

    S. Funada, H. Kameyama, Y. Sakuragi

    Nuclear Physics A   575 ( 1 )   93 - 117   1994年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0375-9474(94)90140-6

  • Sudden Approximation for Elastic Scattering of Composite Projectiles at Intermediate Energies 査読

    Y. Sakuragi, M. Tanifuji

    Nuclear Physics A   560 ( 4 )   945 - 972   1993年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0375-9474(93)90139-O

  • Single-Folding Interaction in Scattering of 6Li and 7Li from Nuclei 査読

    Y. Hirabayashi, Y. Sakuragi, M. Tanifuji

    Physics Letters B   318 ( 1 )   32 - 38   1993年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(93)91779-M

  • Evidence for strong nuclear-breakup contribution to 6Li→α+d breakup by 208Pb at forward angles 査読

    Y. Hirabayashi, Y. Sakuragi

    Physical Review Letters   69 ( 13 )   1892 - 1895   1992年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.69.1892

  • Coupled-Channels Study of Polarized 6Li Scattering at 44MeV 査読

    Y. Hirabayashi, Y. Sakuragi

    Nuclear Physics   A536   375 - 396   1992年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0375-9474(92)90389-2

  • Anomalous Renormalization of Cluster-Folding Interactions for 6Li-Nucleus Scattering at Low Energies 査読

    Y. Hirabayashi, Y. Sakuragi

    Physics Letters   B258   11 - 16   1991年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(91)91200-F

  • Symmetry Properties of Nearside and Farside Amplitudes in Polarised Heavy Ion Scattering 査読 国際共著

    Y. Sakuragi, N. Rowley, M.A. Nagarajan

    Journal of Physics   G16   639 - 647   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1088/0954-3899/16/4/014

  • Elastic Scattering of Unstable Nucleus 7Be on 12C at 140MeV 査読

    T. Yamagata, K. Yuasa, N. Inabe, M. Nakamura, M. Tanaka, S. Nakayama, K. Katori, M. Inoue, S. Kubono, T. Itahashi, H. Ogata, and Y. Sakuragi

    Physical Review   C39   873 - 876   1989年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/physrevc.39.873

  • Breakup Effect on 6Li-Nucleus Scattering at Intermediate Energies 査読

    Y. Sakuragi

    Physics Letters   B220   22 - 26   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(89)90006-3

  • Effect of Coulomb Excitation on Tidal Symmetry in the Scattering of Polarised Projectiles 査読 国際共著

    Y. Sakuragi, M.A. Nagarajan

    Journal of Physics   G15   L209-L213   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1088/0954-3899/15/10/003

  • Coupled-Channels Calculation for the System 23Na+208Pb : A Test of Tidal Symmetry 査読 国際共著

    Y. Sakuragi, M.A. Nagarajan, N. Rowley

    Journal of Physics   G15   1855 - 1870   1989年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1088/0954-3899/15/12/011

  • Projectile Breakup Effect in Elastic Scattering of 9Be 査読 国際共著

    Y. Hirabayashi, S. Okabe, Y. Sakuragi

    Physics Letters   B221   227 - 232   1989年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(89)91702-4

  • Breakup Effects of 6,7Li on Elastic and Inelastic Scattering from 12C at 18-28MeV/nucleon 査読

    K. Katori, T. Shimoda, T. Fukuda, S. Shimoura, A. Sakaguchi, M. Tanaka, T. Yamagata, N. Takahashi, H. Ogata, M. Kamimura, Y. Sakuragi

    Nuclear Physics   A480   323 - 341   1988年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0375-9474(88)90400-9

  • Effects of Projectile Breakup and Target Excitation in Scattering of Polarized 7Li 査読

    Y.Sakuragi, M.Kamimura, M.Yahiro, M.Tanifuji

    Nuclear Physics   A480   361 - 396   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0375-9474(88)90402-2

  • Effects of 6Li→α+d and 12C→3α Breakup Processes in 6Li+12C Scattering 査読

    Y. Sakuragi, M. Kamimura, K. Katori

    Physics Letters   B205   204 - 208   1988年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0375-9474(88)90400-9

  • Scattering of Polarized 7Li by 120Sn and Projectile-Target Spin-Dependent Interactions 査読

    Y. Sakuragi, M. Yahiro, M. Kamimura, M. Tanifuji

    Nuclear Physics   A462   173 - 204   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(89)90006-3

  • Observation of Vector Analyzing Power in Elastic Scattering of 150-MeV 6Li on 12C 査読

    M. Tanaka, T. Yamagata, S. Nakayama, M. Inoue, Y. Sakuragi, M. Kamimura, K. Goto, K. Katori, M. Yanagi, H. Ogata

    Physical Review   C36   2146 - 2149   1987年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.36.2146

  • Energy and Target Dependence of Projectile Breakup Effect in Elastic Scattering of 6Li 査読

    Y. Sakuragi

    Physical Review   C35   2161 - 2174   1987年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1103/PhysRevC.35.2161

  • Roles of Folding Spin-Orbit Potentials in 6,7Li Scattering 査読

    Y.Sakuragi, M.Kamimura, M.Yahiro, M.Tanifuji

    Physics Letters B   175   105 - 109   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(86)90696-9

  • Microscopic Coupled-Channels Study of Scattering and Breakup of Light Heavy-Ions 査読

    Y. Sakuragi, M. Yahiro, M. Kamimura

    Progress Theoretical Physics Supplement   89   136 - 211   1986年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1143/PTPS.89.136

  • Projectile Breakup Processes in Nuclear Reactions 査読

    M. Kamimura, M. Yahiro, Y. Iseri, Y. Sakuragi, H. Kameyama, M. Kawai

    Progress Theoretical Physics Supplement   89   1 - 10   1986年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1143/PTPS.89.1

  • 3α-breakup induced dynamical polarization potential of 12C at E / A ⩾ 10 MeV 査読

    S. Kubono, M. Sugitani, M.H. Tanaka, K. Morita, Y. Sakuragi, M. Kamimura

    Physics Letters   B163   75 - 78   1985年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(85)90195-9

  • Folding Interactions in the Scattering of Soft Heavy Ions by Light Nuclei 査読

    Y. Sakuragi, M. Yahiro, M. Kamimura, M. Tanifuji

    Physics Letters   B153   372 - 376   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(85)90475-7

  • 6Li Break-up Effect on Elastic and Inelastic Scattering of 6Li+6Li at 156MeV 査読 国際共著

    Y. Sakuragi, M. Kamimura, S. Micek, H. Rebel, H.J. Gils

    Zeitschrift für Physik   A322   627 - 631   1985年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/BF01415144

  • Tensor Interactions and Polarization Phenomena in Heavy-Ion Scattering 査読

    H. Ohnishi, M. Tanifuji, Y. Sakuragi, M. Kamimura, M. Yahiro

    Nuclear Physics   A415   271 - 303   1984年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0375-9474(84)90623-7

  • 12C→3α Breakup Effect on the Scattering of 16O+12C and 13C+12C 査読

    Y. Sakuragi, M. Kamimura

    Physics Letters   B149   307 - 310   1984年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/0370-2693(84)90412-X

  • Elastic Scattering and Breakup of 6Li - A New Type of Dynamical Polarization Potential - 査読

    Y. Sakuragi, M. Yahiro, M. Kamimura

    Progress Theoretical Physics   70   1047 - 1070   1983年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1143/PTP.70.1047

  • Projectile Breakup Effect on 6Li Elastic Scattering from 28Si and 40Ca Studied by Microscopic Coupled-Channels Method 査読

    Y. Sakuragi, M. Yahiro, M. Kamimura

    Progress Theoretical Physics   68   322 - 326   1982年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1143/PTP.68.322

▼全件表示

書籍等出版物

  • Nucleon-Hadron Many Body Systems 査読 国際共著

    Y. Sakuragi (edited by H. Ejiri and H. Toki)( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 5 "Breakup processes and cluster structures of light composite projectiles")

    Oxford University Press  1999年04月  ( ISBN:9780198519003

     詳細を見る

    総ページ数:362 Pages   著書種別:学術書  

講演・口頭発表等

  • A strategy and practical tactics for how to probe EOS of high-density nuclear matter in laboratory nuclear experiments 国内会議

    -

    法政大学核物理ワークショップ「高密度核物質と重イオン原子核散乱の物理」  2014年08月 

  • Study of microscopic complex potentials for nuclear scattering reaction 招待 国際会議

    -

    YIKS International Molecule on Coexistence of weak and strong binding in unstable nuclei and its dynamics  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • What is imaginary part of coupling potential in coupled channel calculation? 国際会議

    -

    The 13th International Conference on Nuclear Reaction Mechanisms  2012年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Microscopic interaction models for nuclear reactions with exotic beams: ‐present status and future perspective‐ 招待 国際会議

    -

    Dynamics and Correlations in Exotic Nuclei (DCEN2011)  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Dynamical evolution of heavy-ion scattering in the high-energy region 招待 国際会議

    -

    YKIS2011 Symposium, Frontier Issues in Physics of Exotic Nuclei (YKIS2011)  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Prediction of Repulsive Potential for High-energy Heavy-ion Scatterings 招待 国際会議

    -

    Rutherford Centennial Conference on Nuclear Physics  2011年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ”Recent development on nuclear reaction theory” (invited talk) 招待 国際会議

    -

    International Symposium on Asian Nuclear Science (ISANS)  2010年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Role of three-body forces in proton and heavy-ion scattering 国際会議

    -

    The International Nuclear Physics Conference 2010 (INPC2010)  2010年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Optical potential based on complex G-matrix folding model and characteristic energy dependence of potential and cross section 招待 国際会議

    -

    The Sixth International Workshop on DIRECT REACTIONS WITH EXOTIC BEAMS (DREB2009)  2009年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Elastic scattering of 8B from 12C with internal three cluster structure of 8B 国際会議

    -

    International Workshop on "Hadron and Nuclear Physics (HNP09)  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Present status of microscopic theory for complex nucleus-nucleus interactions 招待 国際会議

    -

    International Workshop on "Hadron and Nuclear Physics (HNP09)  2009年11月 

  • Hyperon-nucleus folding potentials in the complex G-matrix approach 国際会議

    -

    The 10th International Conference on Hypernuclear and Strange Particle Physics (Hyp-X)  2009年09月 

  • Important role of three-body force effect in nuclear reactions 国際会議

    -

    19th International IUPAP Conference on Few-Body Problems in Physics  2009年09月 

  • Importance of three-body forces for nucleus-nucleus scattering 招待 国際会議

    -

    International Confererence on the Interfacing Structure and Reactions at the Centre of the Atom (Kernz08)  2008年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • "Microscopic optical potentials for nucleon-nucleus (N-A) and nucleus-nucleus (A-A) systems - an important role of three-body force -" (invited talk) 招待 国際会議

    -

    JUSTIPEN-EFES-Hokudai-UNEDF meeting  2008年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • "Collective deformation of neutron distribution in nuclei probed by proton inelastic scattering" (invited talk) 招待 国際会議

    -

    CNS-RIKEN Joint International Symposium on Frontier of gamma-ray spectroscopy and Perspectives for Nuclear Structure Studies (gamma08)  2008年04月 

  • Coupled-channels study of 10Be+α structure of highly-excited 14C 国際会議

    -

    The 9th International Conference on Clustering Aspects of Nuclear Structure and Reactions (CLUSTER’07)  2007年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Coupled-channels study of 10Be+α structure of highly-excited 14C 招待 国際会議

    -

    International Workshop on Nuclear Structure: New Pictures in the Extended Isospin Space (NS07)  2007年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Microscopic reaction theory to probe proton and neutron deformations in unstable nuclei 招待 国際会議

    -

    International Symposium & School on Frontiers and Perspectives of Nuclear and Hadron Physics (FPNH07)  2007年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • New complex G-matrix interactions and application to proton-nucleus scattering 招待 国際会議

    -

    International Workshop on "Direct reactions with Exotic Beams" (DREB2007)  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Analysis of polarized proton-6He elastic scattering based on an improved di-neutron model 国際会議

    -

    International Workshop on "Direct reactions with Exotic Beams" (DREB2007)  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Coupled-channels study of 10Be+α structure of highly-excited 14C 招待 国際会議

    -

    International Workshop on "Direct reactions with Exotic Beams" (DREB2007)  2007年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Folding model approach to nucleus-nucleus interactions and applications to nuclear reaction studies 国際会議

    -

    RIKEN Workshop on elastic scattering of unstable nuclei  2006年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Application of JLM folding model to alpha-nucleus scattering 国際会議

    -

    Workshop on Cluster Condensation and Nucleon Correlation in Nuclei  2006年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Analysis of elastic scattering of polarized proton by 6He based on di-neutron model 国際会議

    -

    Theoretical description of elastic scattering of proton by unstable nuclei based on two-nucleon force  2006年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 16C inelastic scattering studied with the microscopic coupled-channels method 国際共著 国際会議

    -

    第2回日米合同物理学会(核物理分野)  2005年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Heavy-ion resonane and multi-cluster structure of nuclei (invited talk) 招待 国際会議

    -

    The 14th Nishinomiya-Yukawa memorial symposium: "Propertis of Nuclear-Collision Dynamics"  1999年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Microscopic coupled-channel study of heavy-ion resonances in multi-cluster exit channels 招待 国際会議

    -

    The 7th International Conference on Clustering Aspects of Nuclear Structure and Dynamics  1999年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Heavy-ion resonances and multi-cluster states in highly-excited nuclei 国際会議

    -

    The International Workshop of Collective Excitation of Fermi and Bose Systems  1998年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Heavy-ion resonance and multi-cluster states in highly-excited nuclei 招待 国際会議

    -

    The XVII RCNP-OSAKA International Symposium on Innovative Computational Method in Nuclear Many-Body Problems  1997年11月 

  • 3α+3α structure of highly-excited states in 24Mg 国際会議

    -

    The XVII RCNP-OSAKA International Symposium on Innovative Computational Method in Nuclear Many-Body Problems  1997年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 高エネルギー6Li散乱における6Li分解効果のエネルギー依存性 国内会議

    -

    日本物理学会2015秋季大会(大阪市立大学)  2015年10月 

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  2014年 

     詳細を見る

    Program Committee Member for the 4th Joint Meeting of the APS Division of Nuclear Physics and the Physical Society of Japan(Oct.7-10,2014)

  • 「微視的チャネル結合法の到達点と残された課題」(シンポジウム講演) 国内会議

    -

    日本物理学会第68回年次大会  2013年03月 

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  2013年 

     詳細を見る

    International Advisory Committee (IAC) member for the 3rd International Workshop on "State of the Art in Nuclear Cluster Physics" (SOTANCP3), (May 2013-May 2014)

  • 微視的模型を用いた原子核散乱反応におけるエネルギー依存性 国内会議

    -

    第2回「実証的原子核物理学」RCNP研究会  2012年02月 

  • 重イオン弾性・非弾性散乱におけるエネルギー依存性の分析 国内会議

    -

    日本物理学会2011年秋季大会  2011年09月 

  • 微視的模型を用いた原子核散乱反応におけるエネルギー依存性 国内会議

    -

    YITP研究会「微視的核反応理論による物理」  2011年08月 

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  2011年 

     詳細を見る

    International Advisory Committee (IAC) menber for Yukawa International Seminar 2011, “Frontier Issues in Physics of Exotic Nuclei” (YKIS2011), (Oct.11-15, 2011, YITP, Kyoto University, Japan)

  • Important role of three-body forces effect on nucleus-nucleus elastic scattering 国内会議

    -

    日本物理学会2010年秋季大会  2010年09月 

  • 現実的核力に基づく 原子核間光学ポテンシャルの 高エネルギー領域での振る舞い 国内会議

    -

    RCNP研究会「少数粒子系物理の現状と今後の展望」  2010年08月 

  • 核反応に用いる核間相互作用モデルの現状と課題 国内会議

    -

    RCNP研究会「不安定核を用いた核反応機構の研究」  2010年08月 

  • Elastic scattering 8B from 12C target with internal three cluster structure 国内会議

    -

    RCNP研究会「少数粒子系物理の現状と今後の展望」  2010年08月 

  • 16O のクラスター状態と 非弾性散乱における多段階効果 国内会議

    -

    RCNP研究会「少数粒子系物理の現状と今後の展望」  2010年08月 

  • 原子核間における斥力的光学ポテンシャルの導出とその特性 国内会議

    -

    日本物理学会 第65回年次大会  2010年03月 

  • Important role of three-body forces effect on nucleus-nucleus elastic scattering 国際会議

    -

    第3回日米合同物理学会(核物理分野)  2009年10月 

  • 内部構造を考慮した8Bと陽子および12Cとの弾性散乱 国内会議

    -

    日本物理学会第64回年次大会  2009年03月 

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  2009年 

     詳細を見る

    International Advisory Board (IAB) member for The Sixth International Workshop on DIRECT REACTIONS WITH EXOTIC BEAMS (DREB2009), Florida,UAS

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  2009年 

     詳細を見る

    International Advisory Committee (IAC) member for the International Nuclear Physics Confernence on "Nuclear Structure and Dynamics" (May 4-8, 2009, Dubrovnik, Croatia)

  • Σ-nucleus potential based on folding model with complex G-matrix interaction 国内会議

    -

    科研費特定領域研究「ストレンジネスで探るクォーク多体系」研究会2008  2008年10月 

  • 16O+16O非弾性散乱における多段階効果 国内会議

    -

    日本物理学会2008年秋季大会  2008年09月 

  • 複素G行列有効核力を用いた Li isotope-原子核反応の解析 国内会議

    -

    日本物理学会2008年秋季大会  2008年09月 

  • 「複素G行列相互作用に基づく核反応研究Ⅱ」 国内会議

    -

    日本物理学会2007年分科会  2007年03月 

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  2007年 

     詳細を見る

    International Advisory Board (IAB) member for The International Workshop on "Direct reactions with Exotic Beams" (DREB2007) , May30-June2,2007, RIKEN (Saitama, Japan)

  • 「複素G行列相互作用に基づく核反応研究Ⅰ」 国内会議

    -

    日本物理学会2006年分科会  2006年09月 

  • 「核反応と核間相互作用:現状と課題」(実験核物理・理論核物理合同シンポジウム「不安定核ビームによる直接反応過程」招待講演) 国内会議

    -

    日本物理学会第59回年次大会  2004年03月 

  • 精密核物理の展開 国内会議

    -

    RCNPワークショップ「核物理の将来」  2003年07月 

  • チャネル結合直行条件模型による12Beの分子共鳴状態 国内会議

    -

    日本物理学会第56回年次大会  2001年03月 

  • Coupled-channel study of nuclear-rainbow phenomena for the 16O+16O system 国内会議

    -

    日本物理学会第55回年次大会  2000年09月 

  • 高励起領域におけるBeアイソトープの分子共鳴状態 国内会議

    -

    日本物理学会第55回年次大会  2000年09月 

  • 高励起領域における12Beの6He+6He分子的共鳴状態 国内会議

    -

    日本物理学会1999年秋季大会  1999年09月 

  • Sudden近似による中性子過剰核弾性散乱の研究 国内会議

    -

    日本物理学会1999年秋季大会  1999年09月 

  • 16O+16O系における多クラスター放出チャネルの共鳴構造 国内会議

    -

    日本物理学会第54回年次大会  1999年03月 

  • 微視的double-folding potentialの性質と分子共鳴エネルギー領域における12C+12C系の反応 国内会議

    -

    日本物理学会第54回年次大会  1999年03月 

  • 12C+12C → 8Be+16O 共鳴核反応の研究 国内会議

    -

    日本物理学会第54回年次大会  1999年03月 

  • (i) 多クラスター構造をもつ24Mgの高励起状態Ⅰ (ii) 多クラスター構造をもつ24Mgの高励起状態Ⅱ (iii) 16O+16O系の重イオン共鳴と32Sの多クラスター状態 国内会議

    -

    日本物理学会第53回年次大会  1998年03月 

  • Study of 6Li breakup reaction at 100 MeV/A 国内会議

    -

    日本物理学会1997年秋季大会  1997年09月 

  • 国際シンポジウム活動 国内会議

    -

    -  1997年 

     詳細を見る

    Organizing Committee member for The XVII RCNP-OSAKA International Symposium on Innovative Computational Method in Nuclear Many-Body Problems (1997, Osaka, Japan)

▼全件表示

科研費

  • 複素G行列有効核力に基づく微視的核反応研究の新展開

    基盤研究(C)  2015年04月

  • ハイパー核およびハイペロン-原子核散乱に現れるYN相互作用の諸特性

    特定領域研究  2008年04月

  • 高速重イオンによるクーロン分解反応機構

    基盤研究(B)  1996年04月

  • 天体熱核反応12C(α,γ)16Oのク-ロン分解法による研究

    重点領域研究  1994年04月

  • 原子核におけるalphaクラスター連鎖構造を持つ分子的共鳴状態の研究

    奨励研究(A)  1993年04月

  • 核反応による原子核の動的性質の研究

    総合研究(A)  1992年04月

  • 軽い不安定核の核構造及び不安定核入射核反応における分解過程の理論的研究

    奨励研究(A)  1992年04月

  • 軽い重イオン核反応における入射粒子分解過程の研究

    奨励研究(A)  1988年04月

  • 中高エネルギーにおける原子核間相互作用の研究

    奨励研究(A)  1986年04月

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 原子核物理学(理学部物理学科)

    1997年04月
    -
    2014年03月
    機関名:神戸大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 力学Ⅰ、力学Ⅱ

    1990年04月
    -
    2016年03月
    機関名:大阪大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

  • 原子核理論特論(理学部物理学科)

    2009年04月
    -
    2010年03月
    機関名:新潟大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 特別講義2(大学院理学研究科)

    2006年04月
    -
    2007年03月
    機関名:北海道大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 基礎物理学特別講義第十六(大学院理工学研究科)

    2004年04月
    -
    2005年03月
    機関名:東京工業大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 基礎物理学特別講義(大学院理学研究科)

    2003年04月
    -
    2004年03月
    機関名:京都大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 物理学特別講義(大学院理学研究科)

    2002年04月
    -
    2003年03月
    機関名:九州大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 原子核物理学特別講義(大学院理学系研究科)

    2001年04月
    -
    2002年03月
    機関名:東京大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 基礎物理学特別講義(大学院理学研究科)

    1995年04月
    -
    1996年03月
    機関名:京都大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

▼全件表示

社会貢献活動

  • スーパーサイエンス・ハイスクール運営指導委員・招待講演等(大阪府立三国丘高等学校)

    役割:講師, 助言・指導

    日本科学技術振興機構(JST)  2010年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    対象: 高校生

    種別:研究指導

    大阪府立三国丘高等学校スーパーサイエンス・ハイスクール運営指導委員

  • 高校化学グランドコンテスト 審査委員

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    2010年04月 - 2023年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:研究指導

    高校化学グランドコンテスト 実行委員会委員長

  • 出前授業

    役割:講師, 助言・指導

    2004年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    対象: 高校生

    <高校出張授業>
    京都府立南陽高等学校、
    三重県立上野高等学校、
    大阪府立門真なみはや高等学校、
    大阪府立春日丘高等学校、
    私立洛星高等学校、
    京都府立東舞鶴高等学校、
    京都府立南陽高等学校、
    兵庫県立西脇高等学校、
    大阪府立天王寺高等学校、
    大阪府立三国丘高等学校

役職

  • 全学管理職

    学長等 

    副学長  2022年04月 - 継続中

  • 全学管理職

    学長等 

    研究院長  2022年04月 - 継続中

  • 全学管理職

    研究推進機構 

    機構長  2022年04月 - 継続中

  • 全学管理職

    学術研究推進本部 

    学術研究推進本部長  2022年04月 - 継続中

独自項目・特記事項(管理運営)

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市立大学 副学長(~2021年度)

  • 2016年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市立大学 理事兼副学長(~2018年度)

  • 2013年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市立大学 特命副学長(~2015年度)

  • 2010年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市立大学 大学院理学研究科長・理学部長(~2012年度)