2024/04/04 更新

写真a

ニシモト ミツタカ
西本 光孝
NISHIMOTO Mitsutaka
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学  / 同種造血幹細胞移植、移植片対宿主病、細胞治療

研究キーワード

  • 同種造血幹細胞移植、移植片対宿主病、細胞治療

  • 同種造血幹細胞移植、移植片対宿主病、細胞治療

研究歴

  • 造血幹細胞移植

    造血幹細胞移植, 細胞治療  個人研究

    2009年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本造血・免疫細胞治療学会

    2010年05月 - 継続中   国内

  • 日本造血・免疫細胞治療学会

    2010年05月 - 継続中

  • 日本血液学会

    2008年10月 - 継続中   国内

  • 日本血液学会

    2008年10月 - 継続中

  • 日本内科学会

    2005年05月 - 継続中

  • 日本内科学会

    2005年05月 - 継続中

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 作成グループ委員 日本臨床腫瘍学会・発熱性好中球減少症(FN)診療ガイドライン・改訂第3版WG   日本臨床腫瘍学会  

    2021年03月 - 継続中 

受賞歴

  • ASH Abstract Achievement Award

    2019年12月   アメリカ血液学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • ASH Abstract Achievement Award

    2019年12月   アメリカ血液学会  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  • RFLマイオンコロジードリーム奨励賞

    2016   日本対がん協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • RFLマイオンコロジードリーム奨励賞

    2016   日本対がん協会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学 医学部 医学科

    2022年04月 - 継続中

  • 大阪公立大学 大学院医学研究科 臨床医科学専攻

    2022年04月 - 継続中

  • テキサス大学MDアンダーソンがんセンター   リンパ腫・骨髄腫科   博士研究員

    2018年10月 - 2019年12月

  • テキサス大学MDアンダーソンがんセンター   リンパ腫・骨髄腫科   博士研究員

    2018年10月 - 2019年12月

  • テキサス大学MDアンダーソンがんセンター   幹細胞移植・細胞治療科   博士研究員

    2017年10月 - 2018年09月

  • テキサス大学MDアンダーソンがんセンター   幹細胞移植・細胞治療科   博士研究員

    2017年10月 - 2018年09月

▼全件表示

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   血液腫瘍制御学   博士課程   卒業・修了

    2009年04月 - 2013年03月

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    1999年04月 - 2004年03月

論文

  • Autotaxin is a potential predictive marker for the development of veno-occlusive disease/sinusoidal obstruction syndrome after allogeneic hematopoietic cell transplantation.

    Takemura K, Nakamae M, Okamura H, Sakatoku K, Ido K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Hirose A, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Igarashi K, Kubota H, Hino M, Nakamae H

    Annals of hematology   2024年03月( ISSN:0939-5555

     詳細を見る

  • Pretransplant hepatomegaly is linked to relapse in patients with leukemia and myelodysplastic syndrome not in remission.

    Okayama Y, Harada N, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Hirose A, Nakamae M, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Hino M, Nakamae H

    International journal of hematology   119 ( 3 )   316 - 326   2024年03月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

  • A comparison of long-term outcomes by donor type in the era of post-transplantation cyclophosphamide for aggressive adult T-cell leukemia/lymphoma.

    Hirose A, Koh H, Nakamae M, Nakashima Y, Nishimoto M, Okamura H, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Ido K, Sakatoku K, Hino M, Nakamae H

    Bone marrow transplantation   2024年02月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

  • Comparison of long-term outcomes after first HLA-mismatched unrelated donor transplantation with single unrelated cord blood transplantation using reduced-intensity or reduced-toxicity conditioning.

    Kuno M, Koh H, Ido K, Sakatoku K, Makuuchi Y, Takakuwa T, Hirose A, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Nakamae M, Hino M, Nakamae H

    Transplant immunology   82   101988   2024年02月( ISSN:0966-3274

     詳細を見る

  • Invasive fungal infection caused by Blastobotrys mokoenaii in an immunocompromised patient with acute myeloid leukemia: A case report.

    Shiomi I, Makuuchi Y, Noura I, Kakuno S, Niki M, Kaimi Y, Ido K, Sakatoku K, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Nakamae M, Kakeya H, Kohashi K, Hino M, Nakamae H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   2023年12月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • Synergistic effect of proteinuria on dipstick hematuria-related decline in kidney function: The Japan Specific Health Checkups (J-SHC) Study.

    Tasaki H, Eriguchi M, Yoshida H, Uemura T, Fukata F, Nishimoto M, Kosugi T, Matsui M, Samejima KI, Iseki K, Asahi K, Yamagata K, Konta T, Fujimoto S, Narita I, Kasahara M, Shibagaki Y, Moriyama T, Kondo M, Watanabe T, Tsuruya K

    Clinical and experimental nephrology   27 ( 12 )   990 - 1000   2023年12月( ISSN:1342-1751

     詳細を見る

  • Third HLA-haploidentical stem cell transplantation using post-transplant cyclophosphamide for relapsed acute leukemia.

    Harada N, Okamura H, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Nakamae M, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Hino M, Nakamae H

    Bone marrow transplantation   58 ( 12 )   1403 - 1405   2023年12月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

  • Trace proteinuria detected via dipstick test is associated with kidney function decline and new-onset overt proteinuria: the Japan Specific Health Checkups (J-SHC) Study.

    Kosugi T, Eriguchi M, Yoshida H, Tamaki H, Uemura T, Tasaki H, Furuyama R, Fukata F, Nishimoto M, Matsui M, Samejima KI, Iseki K, Fujimoto S, Konta T, Moriyama T, Yamagata K, Narita I, Kasahara M, Shibagaki Y, Kondo M, Asahi K, Watanabe T, Tsuruya K

    Clinical and experimental nephrology   27 ( 10 )   801 - 808   2023年10月( ISSN:1342-1751

     詳細を見る

  • Ibrutinib Induces a Dramatic Improvement for Idiopathic Refractory Ascites Following Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation.

    Tazoe K, Nishimoto M, Yamamoto A, Makuuchi Y, Kuno M, Okamura H, Nakashima Y, Tanaka S, Ohsawa M, Hino M, Nakamae H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   62 ( 18 )   2737 - 2741   2023年09月( ISSN:0918-2918

  • The safety of the combination therapy of recombinant factor VIIa and plasma-derived factor VIIa and factor X for refractory hemorrhage in acquired hemophilia A.

    Okayama Y, Bingo M, Sakatoku K, Okamura H, Nanno S, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Hino M, Nakamae H

    Blood coagulation & fibrinolysis : an international journal in haemostasis and thrombosis   34 ( 6 )   419 - 422   2023年09月( ISSN:0957-5235

  • Ibrutinib Induces a Dramatic Improvement for Idiopathic Refractory Ascites Following Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation(タイトル和訳中)

    Tazoe Kumiyo, Nishimoto Mitsutaka, Yamamoto Akira, Makuuchi Yosuke, Kuno Masatomo, Okamura Hiroshi, Nakashima Yasuhiro, Tanaka Sayaka, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Internal Medicine   62 ( 18 )   2737 - 2741   2023年09月( ISSN:0918-2918

  • Sinusoidal obstruction syndrome associated with disseminated toxoplasmosis involving the liver after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: A case report.

    Makuuchi Y, Tanaka S, Koh H, Niki M, Norose K, Nakaya Y, Ido K, Sakatoku K, Kuno M, Harada N, Takakuwa T, Hirose A, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Nakamae M, Hikosaka K, Kakeya H, Ohsawa M, Hino M, Nakamae H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 9 )   909 - 912   2023年09月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • Sinusoidal obstruction syndrome associated with disseminated toxoplasmosis involving the liver after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: A case report(タイトル和訳中)

    Makuuchi Yosuke, Tanaka Sayaka, Koh Hideo, Niki Makoto, Norose Kazumi, Nakaya Yosuke, Ido Kentaro, Sakatoku Kazuki, Kuno Masatomo, Harada Naonori, Takakuwa Teruhito, Hirose Asao, Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Nakamae Mika, Hikosaka Kenji, Kakeya Hiroshi, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 9 )   909 - 912   2023年09月( ISSN:1341-321X

  • Effect of graft cell dose on second transplantation from a haploidentical donor with post-transplantation cyclophosphamide for relapsed/refractory acute leukemia.

    Nakaya Y, Nakamae H, Harada N, Okamura H, Sakatoku K, Ido K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Hirose A, Nakamae M, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Hino M

    Bone marrow transplantation   58 ( 8 )   947 - 949   2023年08月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

  • Posttransplant cyclophosphamide contributes to the impairment of the graft-versus-leukemia effect and the amelioration of graft-versus-host disease with the suppression of alloreactive T cells in a murine stem cell transplant model.

    Makuuchi Y, Nakashima Y, Nishimoto M, Koh H, Hino M, Nakamae H

    Experimental hematology   123   56 - 65   2023年07月( ISSN:0301-472X

  • Two cases of eosinophilic gastrointestinal disorder due to newly appearing food allergies after cord blood transplantation.

    Harada N, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Sakaida M, Tanaka S, Kuwae Y, Higashimori A, Tanaka F, Ohsawa M, Fujiwara Y, Hino M, Nakamae H

    Transplant immunology   77   101781   2023年04月( ISSN:0966-3274

     詳細を見る

  • Rhinovirus/enterovirus identification by electron microscopy in lower respiratory tract infection in a patient with relapsed myelodysplastic syndrome after allogeneic hematopoietic cell transplantation and donor lymphocyte infusion.

    Harada N, Nakashima Y, Sakaida M, Mukai D, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nishimoto M, Koh H, Ohsawa M, Hino M, Nakamae H

    Transplant immunology   77   101792   2023年04月( ISSN:0966-3274

     詳細を見る

  • Height loss is associated with decreased kidney function: The Japan Specific Health Checkups (J-SHC) Study.

    Kosugi T, Eriguchi M, Yoshida H, Uemura T, Tasaki H, Fukata F, Nishimoto M, Matsui M, Samejima KI, Iseki K, Fujimoto S, Konta T, Moriyama T, Yamagata K, Ichiei N, Kasahara M, Shibagaki Y, Kondo M, Asahi K, Watanabe T, Tsuruya K

    Geriatrics & gerontology international   23 ( 4 )   282 - 288   2023年04月( ISSN:14441586

     詳細を見る

  • Fulminant Metastatic Cellulitis Caused by Stenotrophomonas Maltophilia Infection and Subsequent Candida Parapsilosis Fungemia After Cord Blood Transplantation.

    Takagi I, Harada N, Niki M, Yamada K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Kakeya H, Hino M, Nakamae H

    Transplantation proceedings   55 ( 3 )   706 - 710   2023年04月( ISSN:0041-1345

  • Successful treatment of proven coronavirus disease 2019-associated pulmonary aspergillosis with liposomal amphotericin B in a patient with bronchiolitis obliterans syndrome after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

    Nakaya Y, Nakashima Y, Harada N, Yamada K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nanno S, Nishimoto M, Koh H, Nakagama Y, Kido Y, Kanno T, Suzuki T, Nakamae H, Kakeya H, Hino M

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 2 )   223 - 227   2023年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

  • 同種造血幹細胞移植後の閉塞性細気管支炎症候群患者における確定したCOVID-19関連肺アスペルギルス症のリポソーム型アムホテリシンBを用いた治療成功(Successful treatment of proven coronavirus disease 2019-associated pulmonary aspergillosis with liposomal amphotericin B in a patient with bronchiolitis obliterans syndrome after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation)

    Nakaya Yosuke, Nakashima Yasuhiro, Harada Naonori, Yamada Koichi, Makuuchi Yosuke, Kuno Masatomo, Takakuwa Teruhito, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Koh Hideo, Nakagama Yu, Kido Yasutoshi, Kanno Takayuki, Suzuki Tadaki, Nakamae Hirohisa, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 2 )   223 - 227   2023年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    症例は29歳女性で、発熱、息切れ、持続性の乾性咳嗽で当科を受診した。SARS-CoV-2の抗原検査が陽性であり、胸部CTで両側のすりガラス陰影が認められたことから、COVID-19治療のために隔離病棟に入院した。4年前に急性骨髄性白血病の治療で父親からHLA半合致同種造血幹細胞移植を受けていた。白血病は完全寛解に至ったが、造血幹細胞移植から1年半後に閉塞性細気管支炎症候群を発症したため、プレドニゾロンを内服していた。入院後、生存ウイルスの排出を伴わないSARS-CoV-2のRT-PCR陽性の遷延(COVID-19発症後133日)が認められたが、COVID-19をファビピラビル、レムデシビル、デキサメタゾン、エノキサパリンで治療した。しかし、呼吸状態が悪化し、7日目の胸部CTで中心部まで広がるすりガラス陰影と両肺に厚い空洞が多数出現した。気管支肺胞洗浄の培養と肺生検により新型コロナウイルス感染症関連肺アスペルギルス症と診断した。トリアゾール系薬剤(ボリコナゾール、イトラコナゾール、ポサコナゾール)とエキノカンジン系薬剤(カスポファンギン、ミカファンギン)の併用療法には反応しなかったが、合計16週間のリポソーム型アムホテリシンB療法により良好な反応が得られ、213日目に退院した。

  • S8-1 造血器悪性腫瘍領域における侵襲性アスペルギルス症の予防と治療

    西本 光孝

    日本医真菌学会総会プログラム・抄録集   64.Suppl1 ( 0 )   64   2023年( ISSN:09164804

     詳細を見る

  • Recapitulated Late-Onset Inflammatory Toxicities and Progressive Dysautonomia with Persistence of Central Memory CD4+ Chimeric Antigen Receptor T Cells in a Case of Transformed Follicular Lymphoma: Case Report.

    Nishimoto M, Takakuwa T, Kuno M, Makuuchi Y, Okamura H, Nakashima Y, Koh H, Namba H, Itoh Y, Hino M, Nakamae H

    Acta haematologica   146 ( 4 )   338 - 342   2023年( ISSN:0001-5792

     詳細を見る

  • BNT162b2 COVID-19ワクチン接種後に温式自己免疫性溶血性貧血とIgM-M蛋白血症を発症した脾辺縁帯リンパ腫

    曽我部 信広, 久野 雅智, 中釜 悠, 幕内 陽介, 原田 尚憲, 高桑 輝人, 岡村 浩史, 廣瀬 朝生, 西本 光孝, 中嶋 康博, 康 秀男, 中前 美佳, 城戸 康年, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   63 ( 10 )   1379 - 1385   2022年10月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するmRNA COVID-19ワクチン接種後に自己免疫性血球減少を発症することが知られているが,成熟B細胞腫瘍患者のワクチン接種が腫瘍随伴症状へ与える影響を調べた報告はない。症例は71歳男性。数年前に成熟B細胞腫瘍を疑う症状があったが自然軽快し経過観察されていた。BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチン2回目接種10日後に温式自己免疫性溶血性貧血を発症した。貧血はステロイドで改善したが,脾腫,IgM-M蛋白血症,腎障害が増悪した。診断・治療目的に脾臓摘出術を施行し,脾辺縁帯リンパ腫と診断され,M蛋白血症,腎障害は改善した。本症例でSARS-CoV-2特異的抗体の獲得は障害されていた。ワクチン接種後の非特異的な免疫賦活が,成熟B細胞腫瘍の腫瘍随伴症状を増悪させる可能性が示唆されたが,病態解明のためにさらなる症例集積が必要である。(著者抄録)

  • Intramural esophageal hematoma precipitated by acquired factor XI deficiency in a patient with relapsed T cell prolymphocytic leukemia after allogeneic hematopoietic cell transplantation.

    Harada N, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Bingo M, Higashimori A, Fujiwara Y, Hino M, Nakamae H

    Annals of hematology   101 ( 11 )   2567 - 2569   2022年08月( ISSN:0939-5555

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00277-022-04970-0

    PubMed

  • Immunomodulatory and direct activities of ropeginterferon alfa-2b on cancer cells in mouse models of leukemia(和訳中)

    Sakatoku Kazuki, Nakashima Yasuhiro, Nagasaki Joji, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Cancer Science   113 ( 7 )   2246 - 2257   2022年07月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    マウスB細胞白血病細胞株BA-1を用いたマウス白血病モデルに対するモノPEG化αインターフェロンであるロペグインターフェロンα-2b(ropeg)の抗腫瘍効果を検討した。ropeg療法は、白血病マウスでは生存期間を有意に延長し、一部のマウスでは長期寛解をもたらした。従来のインターフェロンα治療では、生存期間が僅かに延長しただけで、全てのマウスが死亡した。腫瘍に対する直接的な効果を確認するために、白血病発症後のインターフェロンα受容体1ノックアウトマウスにropegを投与したところ、マウスの生存期間は僅かに延長したが、全てのマウスが死亡した。In vivoにおけるCD4+またはCD8+T-細胞の枯渇がropegの治療効果を著しく低下させたことから、ropegの宿主養子免疫刺激作用が腫瘍細胞抑制の主要なメカニズムであることが示唆された。長期寛解状態にあるマウスは、腫瘍の再チャレンジ後でも白血病を発症することはなかった。再チャレンジ腫瘍の拒絶反応は、CD4+とCD8+の両方のT細胞を生体内で除去した場合にのみキャンセルされたことから、免疫学的記憶においてそれぞれのT細胞群が独立して機能することが示唆された。以上より、ropegは宿主において優れた抗腫瘍免疫調節機能を発揮した。

  • Polatuzumab vedotin combined with rituximab-bendamustine immediately before stem cell mobilization in relapsed diffuse large B-cell lymphoma.

    Takakuwa T, Okayama Y, Nakamae H, Kuno M, Makuuchi Y, Harada N, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Hino M

    Annals of hematology   101 ( 7 )   1609 - 1610   2022年07月( ISSN:0939-5555

     詳細を見る

  • Immunomodulatory and direct activities of ropeginterferon alfa-2b on cancer cells in mouse models of leukemia(和訳中)

    Sakatoku Kazuki, Nakashima Yasuhiro, Nagasaki Joji, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Cancer Science   113 ( 7 )   2246 - 2257   2022年07月( ISSN:1347-9032

  • Phagocytosis of Mature Granulocytes by Bone Marrow Macrophages in an Elderly Man with Adult-Onset Primary Autoimmune Neutropenia.

    Nishimoto M, Nakane T, Koh H, Nakashima Y, Yamamura R, Nakamae H, Hino M, Ohta K

    Hematology reports   14 ( 2 )   165 - 171   2022年05月( ISSN:2038-8322

     詳細を見る

  • Visceral disseminated varicella zoster virus infection following COVID-19 vaccination in an allogeneic stem cell transplant recipient.

    Nishimoto M, Sogabe N, Hino M

    Transplant infectious disease : an official journal of the Transplantation Society   24 ( 2 )   e13810   2022年04月( ISSN:1398-2273

     詳細を見る

  • Delayed immune-related neutropenia with hepatitis by pembrolizumab.

    Nakako S, Nakashima Y, Okamura H, Tani Y, Ueda T, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Nishimoto M, Koh H, Nakamae H, Hino M

    Immunotherapy   14 ( 2 )   101 - 105   2022年02月( ISSN:1750-743X

     詳細を見る

  • 急速にMGUSから多発性骨髄腫に進行し多臓器不全を呈した原発性アミロイドーシス

    田添 久実代, 高桑 輝人, 幕内 陽介, 久野 雅智, 原田 尚憲, 岡村 浩史, 西本 光孝, 康 秀男, 中嶋 康博, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   63 ( 1 )   31 - 36   2022年01月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)は通常無症候性であり無治療経過観察が標準治療であるが,年に1.5%の頻度で骨髄腫関連腫瘍に進行する。病勢進行の判断が一般的な検査では困難な場合もあり,今回長期間無症状で,突然の腎機能障害を契機に多発性骨髄腫への病勢進行が判明したMGUSの症例を報告する。症例は66歳女性。IgA-κ型のMGUSの診断に至ってから8年後,急激な腎機能障害を認めて持続的血液濾過透析を要した。精査の結果IgA-κ型の多発性骨髄腫の診断に至り,化学療法が奏効せず,敗血症を合併して第19病日に死亡した。その後,病理解剖で全身アミロイドーシスおよび黄色ブドウ球菌による多発膿瘍の合併が判明した。MGUSの病勢進行のリスクとして遊離軽鎖κ/λ比の異常やM蛋白がIgG以外であることが報告されている。これらのリスクを有する症例では早期診断のために常に病勢進行の可能性を念頭において注意深く観察を行うことが重要である。(著者抄録)

  • A phase II study of post-transplant cyclophosphamide combined with tacrolimus for GVHD prophylaxis after HLA-matched related/unrelated allogeneic hematopoietic stem cell transplantation(和訳中)

    Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Okamura Hiroshi, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nishimoto Mitsutaka, Kuno Masatomo, Makuuchi Yosuke, Harada Naonori, Takakuwa Teruhito, Hino Masayuki

    International Journal of Hematology   115 ( 1 )   77 - 86   2022年01月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

    HLA一致血縁/非血縁同種造血幹細胞移植後の移植片対宿主病(GVHD)予防のためのシクロホスファミド(PTCy)とカルシニューリン阻害剤であるタクロリムス(TAC)の併用の安全性と有効性を前向きに検討した。血液悪性腫瘍患者39例は、HLA一致血縁ドナー(MRD)(年齢30~65歳)またはHLA一致非血縁ドナー(MUD)(年齢29~66歳)から同種造血幹細胞移植を受けた。移植後100日目におけるグレードII~IVおよびIII~IVの急性GVHDの累積発生率は、MRD群でそれぞれ18%および5.9%、MUD群でそれぞれ18%および9.1%であった。1年後の中等度または重度の慢性GVHDの累積発生率は、MRD群、MUD群でそれぞれ12%、9.1%であった。MRD群とMUD群の1年全生存率はそれぞれ88%と64%で、1年GVHDがない無再発生存率はそれぞれ59%と50%であった。以上より、HLA一致造血幹細胞移植後に、より強度の低い2剤併用(PT/CyとTAC)によるGVHD予防が実行可能である可能性が示唆された。

  • Correction to: A phase II study of post‑transplant cyclophosphamide combined with tacrolimus for GVHD prophylaxis after HLA‑matched related/unrelated allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

    Nakamae H, Nakane T, Okamura H, Koh H, Nakashima Y, Hirose A, Nakamae M, Nishimoto M, Kuno M, Makuuchi Y, Harada N, Takakuwa T, Hino M

    International journal of hematology   115 ( 1 )   146   2022年01月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

  • Effect of Donor NKG2D Polymorphism on Relapse after Haploidentical Transplantation with Post-Transplantation Cyclophosphamide.

    Ido K, Koh H, Hirose A, Seto T, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nanno S, Nakamae M, Nishimoto M, Nakashima Y, Hino M, Nakamae H

    Transplantation and cellular therapy   28 ( 1 )   20.e1 - 20.e10   2022年01月( ISSN:2666-6375

     詳細を見る

  • High-Dose Chemotherapy With Autologous Stem Cell Transplantation in a Case of Refractory Peripheral T Cell Lymphoma With Tracheoesophageal Fistula: A Case Report.

    Hayashi T, Nakashima Y, Nishimoto M, Nanno S, Naka R, Gyobu K, Lee S, Okamoto S, Hino M, Nakamae H

    Transplantation proceedings   54 ( 1 )   189 - 192   2022年01月( ISSN:0041-1345

  • A phase II study of post-transplant cyclophosphamide combined with tacrolimus for GVHD prophylaxis after HLA-matched related/unrelated allogeneic hematopoietic stem cell transplantation(和訳中)

    Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Okamura Hiroshi, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nishimoto Mitsutaka, Kuno Masatomo, Makuuchi Yosuke, Harada Naonori, Takakuwa Teruhito, Hino Masayuki

    International Journal of Hematology   115 ( 1 )   77 - 86   2022年01月( ISSN:0925-5710

  • 急速にMGUSから多発性骨髄腫に進行し多臓器不全を呈した原発性アミロイドーシス

    田添 久実代, 高桑 輝人, 幕内 陽介, 久野 雅智, 原田 尚憲, 岡村 浩史, 西本 光孝, 康 秀男, 中嶋 康博, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   63 ( 1 )   31 - 36   2022年01月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)は通常無症候性であり無治療経過観察が標準治療であるが,年に1.5%の頻度で骨髄腫関連腫瘍に進行する。病勢進行の判断が一般的な検査では困難な場合もあり,今回長期間無症状で,突然の腎機能障害を契機に多発性骨髄腫への病勢進行が判明したMGUSの症例を報告する。症例は66歳女性。IgA-κ型のMGUSの診断に至ってから8年後,急激な腎機能障害を認めて持続的血液濾過透析を要した。精査の結果IgA-κ型の多発性骨髄腫の診断に至り,化学療法が奏効せず,敗血症を合併して第19病日に死亡した。その後,病理解剖で全身アミロイドーシスおよび黄色ブドウ球菌による多発膿瘍の合併が判明した。MGUSの病勢進行のリスクとして遊離軽鎖κ/λ比の異常やM蛋白がIgG以外であることが報告されている。これらのリスクを有する症例では早期診断のために常に病勢進行の可能性を念頭において注意深く観察を行うことが重要である。(著者抄録)

  • A Prospective Study of an HLA-Haploidentical Peripheral Blood Stem Cell Transplantation Regimen Based on Modification of the Dose of Posttransplant Cyclophosphamide for Poor Prognosis or Refractory Hematological Malignancies.

    Nakamae H, Okamura H, Hirose A, Koh H, Nakashima Y, Nakamae M, Nishimoto M, Makuuchi Y, Kuno M, Harada N, Takakuwa T, Hino M

    Cell transplantation   31   9636897221112098   2022年01月( ISSN:0963-6897

     詳細を見る

  • [Warm autoimmune hemolytic anemia and IgM-monoclonal gammopathy following BNT162b2 COVID-19 vaccine in a patient with splenic marginal zone lymphoma].

    Sogabe N, Kuno M, Nakagama Y, Makuuchi Y, Harada N, Takakuwa T, Okamura H, Hirose A, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Nakamae M, Kido Y, Nakamae H, Hino M

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   63 ( 10 )   1379 - 1385   2022年( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    <p>新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するmRNA COVID-19ワクチン接種後に自己免疫性血球減少を発症することが知られているが,成熟B細胞腫瘍患者のワクチン接種が腫瘍随伴症状へ与える影響を調べた報告はない。症例は71歳男性。数年前に成熟B細胞腫瘍を疑う症状があったが自然軽快し経過観察されていた。BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチン2回目接種10日後に温式自己免疫性溶血性貧血を発症した。貧血はステロイドで改善したが,脾腫,IgM-M蛋白血症,腎障害が増悪した。診断・治療目的に脾臓摘出術を施行し,脾辺縁帯リンパ腫と診断され,M蛋白血症,腎障害は改善した。本症例でSARS-CoV-2特異的抗体の獲得は障害されていた。ワクチン接種後の非特異的な免疫賦活が,成熟B細胞腫瘍の腫瘍随伴症状を増悪させる可能性が示唆されたが,病態解明のためにさらなる症例集積が必要である。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.63.1379

    PubMed

  • [AL amyloidosis presenting with fluminant multiorgan failure accompanied by rapid progression from MGUS to multiple myeloma].

    Tazoe K, Takakuwa T, Makuuchi Y, Kuno M, Harada N, Okamura H, Nishimoto M, Koh H, Nakashima Y, Nakamae H, Hino M

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   63 ( 1 )   31 - 36   2022年( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    <p>意義不明の単クローン性免疫グロブリン血症(MGUS)は通常無症候性であり無治療経過観察が標準治療であるが,年に1.5%の頻度で骨髄腫関連腫瘍に進行する。病勢進行の判断が一般的な検査では困難な場合もあり,今回長期間無症状で,突然の腎機能障害を契機に多発性骨髄腫への病勢進行が判明したMGUSの症例を報告する。症例は66歳女性。IgA-κ型のMGUSの診断に至ってから8年後,急激な腎機能障害を認めて持続的血液濾過透析を要した。精査の結果IgA-κ型の多発性骨髄腫の診断に至り,化学療法が奏効せず,敗血症を合併して第19病日に死亡した。その後,病理解剖で全身アミロイドーシスおよび黄色ブドウ球菌による多発膿瘍の合併が判明した。MGUSの病勢進行のリスクとして遊離軽鎖κ/λ比の異常やM蛋白がIgG以外であることが報告されている。これらのリスクを有する症例では早期診断のために常に病勢進行の可能性を念頭において注意深く観察を行うことが重要である。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.63.31

    PubMed

    CiNii Article

  • 未治療の免疫性血小板減少症患者におけるCD19+ CD24high CD38high制御性B細胞およびプレ胚中心B細胞の増加は、活性化した自己免疫を反映し、将来の治療反応を予測する(Increasing numbers of CD19+CD24high CD38high regulatory B cells and pre-germinal center B cells reflect activated autoimmunity and predict future treatment response in patients with untreated immune thrombocytopenia)

    Hayashi Tetsuya, Nakamae Hirohisa, Takeda Shinichi, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Makuuchi Yosuke, Kuno Masatomo, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki

    International Journal of Hematology   114 ( 5 )   580 - 590   2021年11月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

    免疫性血小板減少症(ITP)の病態をさらに解明するため、未治療ITP患者の末梢血中のリンパ球サブセットとサイトカイン血清レベルや血小板関連IgG(PAIgG)抗体価との関連を検討した。ITP患者では、健常対照者と比較して、CD19+ CD24high CD38high制御性B細胞、プレ胚中心B細胞、およびプラズマブラスト様B細胞の割合が有意に高かった。制御性B細胞およびプレ胚中心B細胞の絶対数は、二次治療が必要なITP患者で有意に高かった。さらに、血清中の腫瘍壊死因子ファミリーに属するB細胞活性化因子腫瘍壊死因子(BAFF)レベルおよび血小板関連免疫グロブリンG抗体価は、制御性B細胞、プレ胚中心B細胞、および自己応答性B細胞の細胞数と正の相関があった。血清インターフェロンα(IFNα)レベルは、自己応答性B細胞数の多いITP患者4例で上昇していた。以上より、制御性B細胞とプレ胚中心B細胞の増加は、BAFFやIFNαによって活性化される自己免疫を反映している可能性があり、未治療ITP患者におけるB細胞サブセットの評価は治療効果を予測する可能性が示唆された。

  • Increasing numbers of CD19 + CD24(high)CD38(high) regulatory B cells and pre-germinal center B cells reflect activated autoimmunity and predict future treatment response in patients with untreated immune thrombocytopenia.

    Hayashi T, Nakamae H, Takeda S, Nakashima Y, Koh H, Nishimoto M, Okamura H, Nanno S, Makuuchi Y, Kuno M, Nakamae M, Hirose A, Hino M

    International journal of hematology   114 ( 5 )   580 - 590   2021年11月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

  • 未治療の免疫性血小板減少症患者におけるCD19+ CD24high CD38high制御性B細胞およびプレ胚中心B細胞の増加は、活性化した自己免疫を反映し、将来の治療反応を予測する(Increasing numbers of CD19+CD24high CD38high regulatory B cells and pre-germinal center B cells reflect activated autoimmunity and predict future treatment response in patients with untreated immune thrombocytopenia)

    Hayashi Tetsuya, Nakamae Hirohisa, Takeda Shinichi, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Makuuchi Yosuke, Kuno Masatomo, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki

    International Journal of Hematology   114 ( 5 )   580 - 590   2021年11月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

    免疫性血小板減少症(ITP)の病態をさらに解明するため、未治療ITP患者の末梢血中のリンパ球サブセットとサイトカイン血清レベルや血小板関連IgG(PAIgG)抗体価との関連を検討した。ITP患者では、健常対照者と比較して、CD19+ CD24high CD38high制御性B細胞、プレ胚中心B細胞、およびプラズマブラスト様B細胞の割合が有意に高かった。制御性B細胞およびプレ胚中心B細胞の絶対数は、二次治療が必要なITP患者で有意に高かった。さらに、血清中の腫瘍壊死因子ファミリーに属するB細胞活性化因子腫瘍壊死因子(BAFF)レベルおよび血小板関連免疫グロブリンG抗体価は、制御性B細胞、プレ胚中心B細胞、および自己応答性B細胞の細胞数と正の相関があった。血清インターフェロンα(IFNα)レベルは、自己応答性B細胞数の多いITP患者4例で上昇していた。以上より、制御性B細胞とプレ胚中心B細胞の増加は、BAFFやIFNαによって活性化される自己免疫を反映している可能性があり、未治療ITP患者におけるB細胞サブセットの評価は治療効果を予測する可能性が示唆された。

  • Association between chronic kidney disease and new-onset dyslipidemia: The Japan Specific Health Checkups (J-SHC) study.

    Kosugi T, Eriguchi M, Yoshida H, Tasaki H, Fukata F, Nishimoto M, Matsui M, Samejima KI, Iseki K, Fujimoto S, Konta T, Moriyama T, Yamagata K, Narita I, Kasahara M, Shibagaki Y, Kondo M, Asahi K, Watanabe T, Tsuruya K, Japan Specific Health Checkups (J-SHC) Study Group

    Atherosclerosis   332   24 - 32   2021年09月( ISSN:0021-9150

  • Acute fibrinous and organizing pneumonia following hemophagocytic syndrome in two adult patients with hematological malignancies.

    Nanno S, Koh H, Okamura H, Nishimoto M, Nakashima Y, Ohsawa M, Hino M, Nakamae H

    Journal of clinical and experimental hematopathology : JCEH   61 ( 2 )   93 - 96   2021年06月( ISSN:1346-4280

  • 成人血液悪性腫瘍患者2例に発症した血球貪食症候群に続く急性線維素性器質化肺炎(Acute fibrinous and organizing pneumonia following hemophagocytic syndrome in two adult patients with hematological malignancies)

    Nanno Satoru, Koh Hideo, Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Journal of Clinical and Experimental Hematopathology   61 ( 2 )   93 - 96   2021年06月( ISSN:1346-4280

     詳細を見る

    症例1は63歳男性で、トリソミー8に起因する骨髄異形成症候群であった。その1年半後、輸血依存症となり、低用量プレドニゾロン(PSL)とメテノロンの投与を開始した。その4ヵ月後に汎血球減少、脾腫、高フェリチン血症を呈した。骨髄は低形成で、芽球が22.4%、血球が5.2%であった。また、染色体分析により、5q欠失とトリソミー8を含む複雑な核型が認められた。血球貪食症候群(HPS)と診断した。さらに、右中葉への浸潤と両肺への多発性微小結節が確認された。アムホテリシンBリポソーム製剤(LAMB)とメロペネムの投与では症状は改善しなかった。経気管支肺生検により、急性線維素性器質化肺炎(AFOP)と診断した。メチルプレドニゾロンのパルス療法を行い、その後PSLの維持療法を行った。浸潤性陰影はすぐに消失したが、微小結節は大きくなっていった。その後、ボリコナゾール投与により、病変は徐々に小さくなり消失した。症例2は38歳女性で、縦隔原発B細胞リンパ腫であった。リンパ腫に対する各種薬物療法と放射線照射により、初回の完全奏効が得られた。その1ヵ月後に再発し、2回目のサルベージ化学療法の1クール目で部分奏効が達成された。しかし、発熱性好中球減少症を発症し、左肺にすりガラス様陰影(GGO)を伴う浸潤影が認められた。イミペネム+シラスタチンとカスポファンギンをタゾバクタム+ピペラシリンとLAMBに変更した。発熱を伴う重度の汎血球減少が残ったため、骨髄穿刺を行った結果、血球貪食細胞を含む著しい骨髄低形成が認められた。染色体の核型は正常であった。HPSと診断した。その後、GGOを伴う浸潤影が拡大し、左肺に新たなGGOが発生した。経気管支生検により、AFOPと診断した。PSL投与により、浸潤影は徐々に消失した。

  • Successful management of therapy-related chronic myelomonocytic leukemia with cytarabine, aclarubicin, and azacitidine following tegafur/gimeracil/oteracil.

    Nakako S, Takakuwa T, Ichimura H, Okamura H, Nanno S, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Hino M, Nakamae H

    Clinical case reports   9 ( 6 )   e04298   2021年06月( ISSN:2050-0904

     詳細を見る

  • リンパ管造影により乳び胸水が著明に改善したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫

    森口 慎, 高桑 輝人, 影山 健, 岡村 浩史, 南野 智, 西本 光孝, 中嶋 康博, 康 秀男, 中根 孝彦, 山本 晃, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   62 ( 6 )   554 - 559   2021年06月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    乳び胸水はびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の症例にまれに認められる臨床徴候であるが,管理に難渋する場合が多く予後不良である。症例は59歳の女性で,DLBCLの診断時に右胸水貯留を認めた。化学療法に反応してリンパ腫病変は縮小したが胸水の増悪を認めた。胸水穿刺にて乳び胸水と診断し,絶食・中心静脈栄養管理を行うも効果は不良であった。乳び胸水の原因精査のため超音波ガイド下で鼠径リンパ節穿刺によるリンパ管造影検査を行った。乳びの漏出部位は特定できなかったが,検査翌日に胸水の著明な改善を認め,2ヵ月で胸水は完全に消失した。リンパ管造影検査は低侵襲で合併症が少ない検査であり,乳びの漏出部位の特定だけではなく乳び胸水の改善・消失にも寄与する可能性があるため,化学療法や栄養管理に反応しない難治性乳び胸水に対し検討すべき検査と考えられる。(著者抄録)

  • リンパ管造影により乳び胸水が著明に改善したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫

    森口 慎, 高桑 輝人, 影山 健, 岡村 浩史, 南野 智, 西本 光孝, 中嶋 康博, 康 秀男, 中根 孝彦, 山本 晃, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   62 ( 6 )   554 - 559   2021年06月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    乳び胸水はびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の症例にまれに認められる臨床徴候であるが,管理に難渋する場合が多く予後不良である。症例は59歳の女性で,DLBCLの診断時に右胸水貯留を認めた。化学療法に反応してリンパ腫病変は縮小したが胸水の増悪を認めた。胸水穿刺にて乳び胸水と診断し,絶食・中心静脈栄養管理を行うも効果は不良であった。乳び胸水の原因精査のため超音波ガイド下で鼠径リンパ節穿刺によるリンパ管造影検査を行った。乳びの漏出部位は特定できなかったが,検査翌日に胸水の著明な改善を認め,2ヵ月で胸水は完全に消失した。リンパ管造影検査は低侵襲で合併症が少ない検査であり,乳びの漏出部位の特定だけではなく乳び胸水の改善・消失にも寄与する可能性があるため,化学療法や栄養管理に反応しない難治性乳び胸水に対し検討すべき検査と考えられる。(著者抄録)

  • 成人血液悪性腫瘍患者2例に発症した血球貪食症候群に続く急性線維素性器質化肺炎(Acute fibrinous and organizing pneumonia following hemophagocytic syndrome in two adult patients with hematological malignancies)

    Nanno Satoru, Koh Hideo, Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Journal of Clinical and Experimental Hematopathology   61 ( 2 )   93 - 96   2021年06月( ISSN:1346-4280

     詳細を見る

    症例1は63歳男性で、トリソミー8に起因する骨髄異形成症候群であった。その1年半後、輸血依存症となり、低用量プレドニゾロン(PSL)とメテノロンの投与を開始した。その4ヵ月後に汎血球減少、脾腫、高フェリチン血症を呈した。骨髄は低形成で、芽球が22.4%、血球が5.2%であった。また、染色体分析により、5q欠失とトリソミー8を含む複雑な核型が認められた。血球貪食症候群(HPS)と診断した。さらに、右中葉への浸潤と両肺への多発性微小結節が確認された。アムホテリシンBリポソーム製剤(LAMB)とメロペネムの投与では症状は改善しなかった。経気管支肺生検により、急性線維素性器質化肺炎(AFOP)と診断した。メチルプレドニゾロンのパルス療法を行い、その後PSLの維持療法を行った。浸潤性陰影はすぐに消失したが、微小結節は大きくなっていった。その後、ボリコナゾール投与により、病変は徐々に小さくなり消失した。症例2は38歳女性で、縦隔原発B細胞リンパ腫であった。リンパ腫に対する各種薬物療法と放射線照射により、初回の完全奏効が得られた。その1ヵ月後に再発し、2回目のサルベージ化学療法の1クール目で部分奏効が達成された。しかし、発熱性好中球減少症を発症し、左肺にすりガラス様陰影(GGO)を伴う浸潤影が認められた。イミペネム+シラスタチンとカスポファンギンをタゾバクタム+ピペラシリンとLAMBに変更した。発熱を伴う重度の汎血球減少が残ったため、骨髄穿刺を行った結果、血球貪食細胞を含む著しい骨髄低形成が認められた。染色体の核型は正常であった。HPSと診断した。その後、GGOを伴う浸潤影が拡大し、左肺に新たなGGOが発生した。経気管支生検により、AFOPと診断した。PSL投与により、浸潤影は徐々に消失した。

  • Risk Factor and Long-Term Outcome Analyses for Acute Limbic Encephalitis and Calcineurin Inhibitor-Induced Encephalopathy in Adults following Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation.

    Tanizawa N, Koh H, Okamura H, Yamamoto K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Koh S, Nanno S, Nishimoto M, Hirose A, Nakamae M, Nakashima Y, Nakane T, Hino M, Nakamae H

    Transplantation and cellular therapy   27 ( 5 )   437.e1 - 437.e9   2021年05月( ISSN:2666-6375

     詳細を見る

  • 骨髄壊死を伴う急性リンパ性白血病の再発 1症例報告と骨髄壊死のMRI所見についての文献レビュー(Recurrence of Acute Lymphoblastic Leukemia with Bone Marrow Necrosis: A Case Report and Review of the Literature on the MRI Features of Bone Marrow Necrosis)

    Harada Naonori, Nishimoto Mitsutaka, Ikemoto Aya, Okamura Hiroshi, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Kuwae Yuko, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Internal Medicine   60 ( 7 )   1083 - 1088   2021年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は52歳男性で、フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病(ALL)に対して臍帯血移植を行った。1年後、重度骨痛を伴うALL再発と診断され、再導入療法のために入院した。再導入療法前の骨髄生検では、多数の芽細胞が認められた。入院時には高熱を認め、迅速診断検査でインフルエンザAが陽性であったため、MEC療法(ミトキサントロン、エトポシド、中間用量シタラビン)と静注ペラミビルによる治療を行った。高熱は一時的に改善したが、MEC療法の16日目に再発した。この時点でAspergillus fumigatusが検出されたため、静注ボリコナゾールを開始した。右腸骨からの骨髄穿刺では壊死細胞、骨髄生検では好酸球デブリが認められた。高熱が改善しなかったため、MEC療法の35日目にボリコナゾールをリポソーマルアンホテリシンBに変更した。MEC療法の45日目、腰痛と下肢痛が徐々に悪化した。MRIでは両側腸骨に不均一シグナルが認められ、様々なステージの骨髄壊死を反映していると考えられた。MEC療法の50日目、骨痛が著明に悪化し、51日目に胸骨から行った骨髄穿刺でALL再発が判明した。

  • Pretransplant plasma brain natriuretic peptide and N-terminal probrain natriuretic peptide are more useful prognostic markers of overall survival after allogeneic hematopoietic cell transplantation than echocardiography 査読

    Harada Naonori, Okamura Hiroshi, Nakane Takahiko, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   2021年02月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41409-021-01224-x

    PubMed

  • Isatuximab plus Pomalidomide and Dexamethasone in a Patient with Dialysis-Dependent Multiple Myeloma.

    Takakuwa T, Ohta K, Sogabe N, Nishimoto M, Kuno M, Makuuchi Y, Okamura H, Nakashima Y, Koh H, Nakamae H, Hino M

    Chemotherapy   66 ( 5-6 )   192 - 195   2021年( ISSN:0009-3157

     詳細を見る

  • Early Elevation of Complement Factor Ba Is a Predictive Biomarker for Transplant-Associated Thrombotic Microangiopathy.

    Okamura H, Nakamae H, Shindo T, Ohtani K, Hidaka Y, Ohtsuka Y, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Harada N, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Hirose A, Nakamae M, Wakamiya N, Hino M, Inoue N

    Frontiers in immunology   12   695037   2021年

     詳細を見る

  • [Diffuse large B-cell lymphoma with markedly improved chylothorax by lymphangiography].

    Moriguchi M, Takakuwa T, Kageyama K, Okamura H, Nanno S, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Nakane T, Yamamoto A, Nakamae H, Hino M

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   62 ( 6 )   554 - 559   2021年( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    <p>乳び胸水はびまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の症例にまれに認められる臨床徴候であるが,管理に難渋する場合が多く予後不良である。症例は59歳の女性で,DLBCLの診断時に右胸水貯留を認めた。化学療法に反応してリンパ腫病変は縮小したが胸水の増悪を認めた。胸水穿刺にて乳び胸水と診断し,絶食・中心静脈栄養管理を行うも効果は不良であった。乳び胸水の原因精査のため超音波ガイド下で鼠径リンパ節穿刺によるリンパ管造影検査を行った。乳びの漏出部位は特定できなかったが,検査翌日に胸水の著明な改善を認め,2ヶ月で胸水は完全に消失した。リンパ管造影検査は低侵襲で合併症が少ない検査であり,乳びの漏出部位の特定だけではなく乳び胸水の改善・消失にも寄与する可能性があるため,化学療法や栄養管理に反応しない難治性乳び胸水に対し検討すべき検査と考えられる。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.62.554

    PubMed

    CiNii Article

  • Effect of Prophylactic Post-transplant Ponatinib Administration on Outcomes in Patients With Philadelphia Chromosome-positive Acute Lymphoblastic Leukemia 査読

    Nanno Satoru, Matsumoto Kana, Nakamae Mika, Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Morita Kunihiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    CLINICAL LYMPHOMA MYELOMA & LEUKEMIA   20 ( 12 )   813 - +   2020年12月( ISSN:2152-2650

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clml.2020.07.005

    PubMed

  • 原発性骨髄線維症に伴う後天性灰色血小板症候群(Acquired Gray Platelet Syndrome Associated with Primary Myelofibrosis)

    Ido Kentaro, Nakane Takahiko, Tanizawa Nao, Makuuchi Yosuke, Okamura Hiroshi, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Internal Medicine   59 ( 21 )   2751 - 2756   2020年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は53歳男性で、2年前にカルレティキュリン変異原発性骨髄線維症(PMF)と診断され、無治療で経過観察とされていた。PMFが増悪し、触知可能な脾腫も認めるようになったため、同種造血細胞移植(allo-HCT)の適応となった。増悪コントロールのために3ヵ月前にルキソリチニブとヒドロキシカルバミドの投与を開始したが、大量の腹水が出現して入院した。入院時の評価では出血リスクは低いと考え、入院当日と入院5日目に腹膜穿刺を行った。入院7日目、重度貧血となり、腹壁のコントロール不良出血が判明した。入院12日目、中心静脈カテーテルを挿入したが、挿入部にコントロール不良の出血が出現した。止血または凝固障害が疑われ、精査の結果、PMFに伴う後天性血小板機能障害と診断した。電子顕微鏡で血小板α顆粒の欠如が確認され、病態は後天性灰色血小板症候群であると考えられた。入院の1ヵ月後、allo-HCTを行った。移植後46日目に好中球生着を達成したが、血小板生着は達成せず、移植後112日目に特発性肺炎症候群により死亡した。

  • 原発性骨髄線維症に伴う後天性灰色血小板症候群(Acquired Gray Platelet Syndrome Associated with Primary Myelofibrosis)

    Ido Kentaro, Nakane Takahiko, Tanizawa Nao, Makuuchi Yosuke, Okamura Hiroshi, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    Internal Medicine   59 ( 21 )   2751 - 2756   2020年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は53歳男性で、2年前にカルレティキュリン変異原発性骨髄線維症(PMF)と診断され、無治療で経過観察とされていた。PMFが増悪し、触知可能な脾腫も認めるようになったため、同種造血細胞移植(allo-HCT)の適応となった。増悪コントロールのために3ヵ月前にルキソリチニブとヒドロキシカルバミドの投与を開始したが、大量の腹水が出現して入院した。入院時の評価では出血リスクは低いと考え、入院当日と入院5日目に腹膜穿刺を行った。入院7日目、重度貧血となり、腹壁のコントロール不良出血が判明した。入院12日目、中心静脈カテーテルを挿入したが、挿入部にコントロール不良の出血が出現した。止血または凝固障害が疑われ、精査の結果、PMFに伴う後天性血小板機能障害と診断した。電子顕微鏡で血小板α顆粒の欠如が確認され、病態は後天性灰色血小板症候群であると考えられた。入院の1ヵ月後、allo-HCTを行った。移植後46日目に好中球生着を達成したが、血小板生着は達成せず、移植後112日目に特発性肺炎症候群により死亡した。

  • Donor KIR2DS1-Mediated Decreased Relapse and Improved Survival Depending on Remission Status at HLA-Haploidentical Transplantation with Post-Transplantation Cyclophosphamide 査読

    Ido Kentaro, Koh Hideo, Hirose Asao, Okamura Hiroshi, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Mika, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION   26 ( 4 )   723 - 733   2020年04月( ISSN:1083-8791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbmt.2019.12.765

    PubMed

  • Pretransplant serum beta-2 microglobulin level is a potential novel prognostic marker of overall survival after allogeneic hematopoietic cell transplantation - a retrospective observational study 査読

    Harada Naonori, Nakane Takahiko, Nakamae Mika, Hashimoto Yoshinori, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    TRANSPLANT INTERNATIONAL   33 ( 4 )   391 - 401   2020年04月( ISSN:0934-0874

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tri.13564

    PubMed

  • Cord Blood Regulatory T Cells Do Not Impair Anti-Myeloma Effect of Conventional T Cells 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Zeng Ke, Huang Meixian, Lyu Mi-Ae, Shah Nina, Iyer Swaminathan P., Orlowski Robert Z., Parmar Simrit

    BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION   26 ( 3 )   S225 - S225   2020年03月( ISSN:1083-8791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 同種造血細胞移植後難治性ウイルス血症・感染症に対する高用量polyclonal intravenous immunoglobulin 査読

    井戸 健太郎, 中根 孝彦, 岡村 浩史, 南野 智, 西本 光孝, 廣瀬 朝生, 中前 美佳, 中嶋 康博, 康 秀男, 日野 雅之, 中前 博久

    (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液   61 ( 3 )   215 - 222   2020年03月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は致死的合併症の一つである同種造血細胞移植後難治性ウイルス血症・感染症に対するpolyclonal intravenous immunoglobulin(polyclonal IVIG)400mg/kg/日連続5日間投与の有効性・安全性を評価するためにこの前向きパイロット試験を計画した。14例の試験参加者は全例介入を受けた。Human parvovirus B19血症あるいは高リスクrespiratory syncytial virus肺炎/気管支炎といった外因性ウイルス血症・感染症に対して投与された3例は全例complete responseに到達した。1例でIVIG開始後2日に心不全が観察された。結論として,本研究は高用量polyclonal IVIGが同種造血細胞移植後のとくに,難治性外因性ウイルス感染症に対して有効である可能性を示唆している。(著者抄録)

  • Cord Blood Regulatory T Cells Do Not Impair Anti-Myeloma Effect of Conventional T Cells 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Zeng Ke, Huang Meixian, Lyu Mi-Ae, Shah Nina, Iyer Swaminathan P, Orlowski Robert Z, Parmar Simrit

    BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION   26 ( 3 )   S225 - S225   2020年03月( ISSN:1083-8791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 同種造血細胞移植後難治性ウイルス血症・感染症に対する高用量polyclonal intravenous immunoglobulin 査読

    井戸 健太郎, 中根 孝彦, 岡村 浩史, 南野 智, 西本 光孝, 廣瀬 朝生, 中前 美佳, 中嶋 康博, 康 秀男, 日野 雅之, 中前 博久

    (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液   61 ( 3 )   215 - 222   2020年03月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    我々は致死的合併症の一つである同種造血細胞移植後難治性ウイルス血症・感染症に対するpolyclonal intravenous immunoglobulin(polyclonal IVIG)400mg/kg/日連続5日間投与の有効性・安全性を評価するためにこの前向きパイロット試験を計画した。14例の試験参加者は全例介入を受けた。Human parvovirus B19血症あるいは高リスクrespiratory syncytial virus肺炎/気管支炎といった外因性ウイルス血症・感染症に対して投与された3例は全例complete responseに到達した。1例でIVIG開始後2日に心不全が観察された。結論として,本研究は高用量polyclonal IVIGが同種造血細胞移植後のとくに,難治性外因性ウイルス感染症に対して有効である可能性を示唆している。(著者抄録)

  • Acquired Gray Platelet Syndrome Associated with Primary Myelofibrosis 査読

    Ido Kentaro, Nakane Takahiko, Tanizawa Nao, Makuuchi Yosuke, Okamura Hiroshi, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   59 ( 21 )   2751 - 2756   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>A 53-year-old man presented with uncontrolled bleeding caused by acquired platelet dysfunction accompanied by calreticulin-mutated primary myelofibrosis. Based on the detection of abnormal platelets, including large gray platelets, under light microscopy and the loss of the second wave of aggregation observed by light transmission aggregometry, the patient was diagnosed with platelet dysfunction accompanied by myeloproliferative neoplasms (MPNs). In addition, the absence of platelet α-granules was confirmed by electron microscopy. Therefore, this condition may be termed "acquired gray platelet syndrome." Acquired platelet dysfunction must be ruled out when abnormal platelets are observed in patients with MPNs. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4912-20

    PubMed

    CiNii Article

  • Impact of Donor KIR and HLA Genotypes on Clinical Outcomes According to Pre-Transplant Remission Status after HLA-Haploidentical Transplantation with Post-Transplantation Cyclophosphamide 査読

    Ido Kentaro, Koh Hideo, Okamura Hiroshi, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BLOOD   134   2019年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2019-125173

  • Cord Blood Regulatory T Cells Prevent Mutiple Myeloma Progression By Suppressing Inflammation 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Zeng Ke, Huang Meixian, Lyu Mi-Ae, Shah Nina D., Iyer Swaminathan P., Orlowski Robert Z., Parmar Simrit

    BLOOD   134   2019年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2019-128418

  • Adoptive Therapy with Cord Blood Regulatory T Cells Can Treat Graft Vs Host Disease 査読

    Ma Hongbing, Zeng Ke, Nishimoto Mitsutaka, Lyu Mi-Ae, Huang Meixian, Iyer Swaminathan P., Parmar Simrit

    BLOOD   134   2019年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2019-129395

  • Pretransplant Risk Factors for Calcineurin Inhibitor-Induced Encephalopathy and Limbic Encephalitis Following Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Tanizawa Nao, Koh Hideo, Okamura Hiroshi, Shiro Koh, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BLOOD   134   2019年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2019-124264

  • The Proportional Relationship Between Pretransplant WT1 mRNA Levels and Risk of Mortality After Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation in Acute Myeloid Leukemia Not in Remission 査読

    Ido Kentaro, Nakamae Mika, Koh Hideo, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Takeoka Yasunobu, Hirose Asao, Nakashima Yasuhiro, Hashimoto Yoshinori, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    TRANSPLANTATION   103 ( 10 )   2201 - 2210   2019年10月( ISSN:0041-1337

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/TP.0000000000002662

    PubMed

  • Clinical Impacts of Using Serum IL-6 Level as an Indicator of Cytokine Release Syndrome after HLA-Haploidentical Transplantation with Post-Transplantation Cyclophosphamide 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Nakamae Mika, Nanno Satoru, Okamura Hiroshi, Nakane Takahiko, Nakashima Yasuhiro, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION   25 ( 10 )   2061 - 2069   2019年10月( ISSN:1083-8791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbmt.2019.06.003

    PubMed

  • 同種造血幹細胞移植後にリンパ還流障害による難治性腹水をきたした急性骨髄性白血病 査読

    高桑 輝人, 奥野 高裕, 西本 光孝, 南野 智, 武岡 康信, 中嶋 康博, 康 秀男, 中根 孝彦, 鰐渕 英機, 日野 雅之, 中前 博久

    (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液   60 ( 1 )   12 - 16   2019年01月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    同種造血幹細胞移植後の難治性腹水の鑑別疾患としては類洞閉塞症候群、感染症、原疾患の再発および浸潤、低栄養などが知られているが、しばしば原因特定が困難な症例に遭遇する。症例は59歳の男性で、急性骨髄性白血病の血液学的再発に対して同種骨髄移植を施行された。移植後3ヵ月頃より乳び腹水が出現し、リンパ管シンチでは乳び槽レベルでのリンパ流停滞がみられたが、腹水に対する有効な治療は見いだせなかった。死後の病理組織から肝臓や消化管にGVHDはみられず、白血病細胞の残存も認めなかった。膵臓については急性膵炎の像に加え、膵実質の線維化や形質細胞の浸潤があり、慢性的な炎症が併存しており、膵炎によるリンパ還流障害が腹水を引き起こしていた可能性が示唆された。本症例は生前には膵炎の確定診断に至らなかった。移植後の無症候性膵炎は少なくない可能性があり、鑑別疾患として、留意する必要があると考えられた。(著者抄録)

  • 同種造血幹細胞移植後にリンパ還流障害による難治性腹水をきたした急性骨髄性白血病 査読

    高桑 輝人, 奥野 高裕, 西本 光孝, 南野 智, 武岡 康信, 中嶋 康博, 康 秀男, 中根 孝彦, 鰐渕 英機, 日野 雅之, 中前 博久

    (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液   60 ( 1 )   12 - 16   2019年01月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    同種造血幹細胞移植後の難治性腹水の鑑別疾患としては類洞閉塞症候群、感染症、原疾患の再発および浸潤、低栄養などが知られているが、しばしば原因特定が困難な症例に遭遇する。症例は59歳の男性で、急性骨髄性白血病の血液学的再発に対して同種骨髄移植を施行された。移植後3ヵ月頃より乳び腹水が出現し、リンパ管シンチでは乳び槽レベルでのリンパ流停滞がみられたが、腹水に対する有効な治療は見いだせなかった。死後の病理組織から肝臓や消化管にGVHDはみられず、白血病細胞の残存も認めなかった。膵臓については急性膵炎の像に加え、膵実質の線維化や形質細胞の浸潤があり、慢性的な炎症が併存しており、膵炎によるリンパ還流障害が腹水を引き起こしていた可能性が示唆された。本症例は生前には膵炎の確定診断に至らなかった。移植後の無症候性膵炎は少なくない可能性があり、鑑別疾患として、留意する必要があると考えられた。(著者抄録)

  • Rituximabが有効であったHLA半合致移植後の脊髄長大病変を伴う再発性急性散在性脳脊髄炎 査読

    幕内 陽介, 西本 光孝, 山本 圭一, 高橋 利幸, 久野 雅智, 中嶋 康博, 康 秀男, 中根 孝彦, 日野 雅之, 中前 博久

    (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液   59 ( 12 )   2588 - 2593   2018年12月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    同種造血幹細胞移植後の慢性移植片対宿主病(graft-versus-host disease、GVHD)に起因する中枢神経疾患は稀であり、その病態や治療法には不明な点が多い。我々は急性混合性白血病に対して移植後大量シクロフォスファミドを用いたHLA半合致同種末梢血幹細胞移植を行い、慢性GVHDに起因した脊髄長大病変を伴う再発性の急性散在性脳脊髄炎(acute disseminated encephalomyelitis、ADEM)を合併した1症例を経験した。ステロイド治療に抵抗性を認めたがrituximabの投与が有効であった。我々が知る限り、脊髄長大病変というADEMにおいては非典型的な病変形成に慢性GVHDが寄与し、またこの病態に対してrituximabが有効であった報告は他にない。同種造血細胞移植後の慢性GVHD患者に生じた神経症状の鑑別としてADEMの可能性を考慮するべきと考えられる。(著者抄録)

  • Rituximabが有効であったHLA半合致移植後の脊髄長大病変を伴う再発性急性散在性脳脊髄炎 査読

    幕内 陽介, 西本 光孝, 山本 圭一, 高橋 利幸, 久野 雅智, 中嶋 康博, 康 秀男, 中根 孝彦, 日野 雅之, 中前 博久

    (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液   59 ( 12 )   2588 - 2593   2018年12月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    同種造血幹細胞移植後の慢性移植片対宿主病(graft-versus-host disease、GVHD)に起因する中枢神経疾患は稀であり、その病態や治療法には不明な点が多い。我々は急性混合性白血病に対して移植後大量シクロフォスファミドを用いたHLA半合致同種末梢血幹細胞移植を行い、慢性GVHDに起因した脊髄長大病変を伴う再発性の急性散在性脳脊髄炎(acute disseminated encephalomyelitis、ADEM)を合併した1症例を経験した。ステロイド治療に抵抗性を認めたがrituximabの投与が有効であった。我々が知る限り、脊髄長大病変というADEMにおいては非典型的な病変形成に慢性GVHDが寄与し、またこの病態に対してrituximabが有効であった報告は他にない。同種造血細胞移植後の慢性GVHD患者に生じた神経症状の鑑別としてADEMの可能性を考慮するべきと考えられる。(著者抄録)

  • Adoptive Therapy with Cord Blood Regulatory T Cells Does Not Impair Anti-Leukemia Activity of Infused Donor Cells 査読

    Ma Hongbing, Nishimoto Mitsutaka, Zeng Ke, Nguyen Tuongvan D., Schuler William, Kellner Joshua, Peedikayil Jaimol, Lyu Mi-Ae, Thangavelu-Devaraj Santhana, Parmar Simrit

    BLOOD   132   2018年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2018-99-119239

  • The Proportional Association between WT1 mRNA Level in Peripheral Blood before Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation and Risk of Mortality in Acute Myeloid Leukemia Not in Remission 査読

    Ido Kentaro, Nakamae Mika, Koh Hideo, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hashimoto Yoshinori, Takeoka Yasunobu, Hirose Asao, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BLOOD   132   2018年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2018-99-111834

  • Pre-Transplant Serum Beta-2 Microglobulin Level Is a Potential Novel Prognostic Marker for Overall Survival after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Harada Naonori, Nakane Takahiko, Nakamae Mika, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Takeoka Yasunobu, Hirose Asao, Nakashima Yasuhiro, Koh Hideo, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BLOOD   132   2018年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2018-99-111679

  • Third party, umbilical cord blood derived regulatory T-cells for prevention of graft versus host disease in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: feasibility, safety and immune reconstitution. 査読

    Kellner JN, Delemarre EM, Yvon E, Nierkens S, Boelens JJ, McNiece I, Olson A, Nieto Y, Ciurea S, Popat U, Ahmed S, Champlin R, Ramos J, Nishimoto M, Ma H, Ke Z, Thall P, Khoury JD, Negrin R, Andersson B, Parmar S

    Oncotarget   9 ( 86 )   35611 - 35622   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.26242

    PubMed

  • 同種造血幹細胞移植後の類洞閉塞症候群予防を目的とした抗凝固薬とウルソデオキシコール酸の併用投与(Prophylactic Combined Use of Anticoagulant Agent and Ursodeoxycholic Acid for Sinusoidal Obstruction Syndrome after Allogeneic Myeloablative Hematopoietic Stem Cell Transplantation) 査読

    Okamura Hiroshi, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Nakane Takahiko, Nakashima Yasuhiro, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   64 ( 1 )   43 - 54   2018年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当施設で骨髄破壊的前処置による同種造血幹細胞移植(HSCT)を受けた患者において、類洞閉塞症候群(SOS)の予防目的で行った凝固薬とウルソデオキシコール酸(UDCA)の併用投与の有効性を後ろ向きに評価した。2000年6月〜2014年5月にHSCT後のSOS予防のためUDCAとダルテパリンまたはダナパロイドのいずれかが併用投与された患者(I群)59例とUDCA単剤を投与された患者(II群)193例を対象とした。Seattle基準、Baltimore基準によるそれぞれのSOS発症率、および移植後30日、100日以内の出血イベント発症率を検討した。I群の59例中9例(15.3%)とII群の193例中28例(14.5%)がSOSを発症した。SOS発症率に関して両群間に有意差は認めなかった。移植後30日または100日以内の出血イベントの発症率においても、両群間で有意差を認めなかった。以上から、HSCT後のSOS予防にUDCAを使用する場合、抗凝固薬を併用投与することの意義は乏しいと考えられた。

  • 同種造血幹細胞移植後の類洞閉塞症候群予防を目的とした抗凝固薬とウルソデオキシコール酸の併用投与(Prophylactic Combined Use of Anticoagulant Agent and Ursodeoxycholic Acid for Sinusoidal Obstruction Syndrome after Allogeneic Myeloablative Hematopoietic Stem Cell Transplantation) 査読

    Okamura Hiroshi, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Nakane Takahiko, Nakashima Yasuhiro, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   64 ( 1 )   43 - 54   2018年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当施設で骨髄破壊的前処置による同種造血幹細胞移植(HSCT)を受けた患者において、類洞閉塞症候群(SOS)の予防目的で行った凝固薬とウルソデオキシコール酸(UDCA)の併用投与の有効性を後ろ向きに評価した。2000年6月〜2014年5月にHSCT後のSOS予防のためUDCAとダルテパリンまたはダナパロイドのいずれかが併用投与された患者(I群)59例とUDCA単剤を投与された患者(II群)193例を対象とした。Seattle基準、Baltimore基準によるそれぞれのSOS発症率、および移植後30日、100日以内の出血イベント発症率を検討した。I群の59例中9例(15.3%)とII群の193例中28例(14.5%)がSOSを発症した。SOS発症率に関して両群間に有意差は認めなかった。移植後30日または100日以内の出血イベントの発症率においても、両群間で有意差を認めなかった。以上から、HSCT後のSOS予防にUDCAを使用する場合、抗凝固薬を併用投与することの意義は乏しいと考えられた。

  • The First Case of Non-leukemic Sarcoma Composed of Mixed-phenotype Acute Leukemia, B/myeloid, Not Otherwise Specified.

    Takakuwa T, Nakane T, Ohsawa M, Nagasaki J, Aoyama Y, Nishimoto M, Hayashi Y, Kuwae Y, Hino M, Nakamae H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 8 )   1155 - 1158   2018年04月( ISSN:0918-2918

  • 混合表現型急性白血病、B/myeloid型、非特異型で構成された非白血病性の肉腫の初めての症例(The First Case of Non-leukemic Sarcoma Composed of Mixed-phenotype Acute Leukemia, B/myeloid, Not Otherwise Specified) 査読

    Takakuwa Teruhito, Nakane Takahiko, Ohsawa Masahiko, Nagasaki Joji, Aoyama Yasutaka, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Kuwae Yuko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   57 ( 8 )   1155 - 1158   2018年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は61歳女性で、右側の乳癌手術後に放射線照射と20ヵ月間にわたるアロマターゼ阻害薬治療を受けていた。経過観察中のCTで縦隔腫瘍が認められ、PET-CT検査では右側の胸膜、気管前リンパ節、鎖骨上窩リンパ節に高集積病変が示された。血液検査では白血球数が3.6×10^9/L、血小板数が12.4×10^9/Lで、さらに潜在性甲状腺機能低下症も示された。骨髄の分析では軽度の骨髄機能低下が認められたが悪性細胞の浸潤はみられず、骨髄機能低下は甲状腺機能低下に起因するものと推測した。右側胸膜の肥厚病変の生検からび漫性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した。神経症状も出現したことから直ちにリツキシマブ併用によるCHOP化学療法を開始したが、その開始後になって検体中に好酸性骨髄球が少数散在してみられることに気がついた。そのためさらなる免疫組織化学的解析を施行し、さらに気管前リンパ節を切除して蛍光in situハイブリダイゼーションなどでの解析も行った結果、先の診断は誤りであり、2008年のWHO分類における混合表現型急性白血病、B/myeloid型、非特異型との最終診断に至った。化学療法のレジメンをhyper-CVAD/MAに変更しリツキシマブを併用して完全寛解を達成した。さらに減量強度前処置による臍帯血移植を施行し、その19ヵ月後の時点で完全寛解にあり生存中である。

  • 混合表現型急性白血病、B/myeloid型、非特異型で構成された非白血病性の肉腫の初めての症例(The First Case of Non-leukemic Sarcoma Composed of Mixed-phenotype Acute Leukemia, B/myeloid, Not Otherwise Specified) 査読

    Takakuwa Teruhito, Nakane Takahiko, Ohsawa Masahiko, Nagasaki Joji, Aoyama Yasutaka, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Kuwae Yuko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   57 ( 8 )   1155 - 1158   2018年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は61歳女性で、右側の乳癌手術後に放射線照射と20ヵ月間にわたるアロマターゼ阻害薬治療を受けていた。経過観察中のCTで縦隔腫瘍が認められ、PET-CT検査では右側の胸膜、気管前リンパ節、鎖骨上窩リンパ節に高集積病変が示された。血液検査では白血球数が3.6×10^9/L、血小板数が12.4×10^9/Lで、さらに潜在性甲状腺機能低下症も示された。骨髄の分析では軽度の骨髄機能低下が認められたが悪性細胞の浸潤はみられず、骨髄機能低下は甲状腺機能低下に起因するものと推測した。右側胸膜の肥厚病変の生検からび漫性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した。神経症状も出現したことから直ちにリツキシマブ併用によるCHOP化学療法を開始したが、その開始後になって検体中に好酸性骨髄球が少数散在してみられることに気がついた。そのためさらなる免疫組織化学的解析を施行し、さらに気管前リンパ節を切除して蛍光in situハイブリダイゼーションなどでの解析も行った結果、先の診断は誤りであり、2008年のWHO分類における混合表現型急性白血病、B/myeloid型、非特異型との最終診断に至った。化学療法のレジメンをhyper-CVAD/MAに変更しリツキシマブを併用して完全寛解を達成した。さらに減量強度前処置による臍帯血移植を施行し、その19ヵ月後の時点で完全寛解にあり生存中である。

  • Autonomic Nervous System Pretransplant Malfunction Is a Powerful Predictor of Survival After Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Nakane Takahiko, Nakamae Mika, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    TRANSPLANTATION   101 ( 11 )   2801 - 2809   2017年11月( ISSN:0041-1337

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/TP.0000000000001813

    PubMed

  • Drug interactions and safety profiles with concomitant use of caspofungin and calcineurin inhibitors in allogeneic haematopoietic cell transplantation 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Koh Hideo, Tokuwame Atsushi, Makuuchi Yosuke, Kuno Masatomo, Takakuwa Teruhito, Okamura Hiroshi, Koh Shiro, Yoshimura Takuro, Nanno Satoru, Nakamae Mika, Hirose Asao, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BRITISH JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY   83 ( 9 )   2000 - 2007   2017年09月( ISSN:0306-5251

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bcp.13303

    PubMed

  • 高用量メチルプレドニゾロン静注に応答した抗好中球抗体陽性無顆粒球症の高齢女性(An Elderly Woman with Anti-neutrophil Antibody-positive Agranulocytosis Who Responded to High-dose Intravenous Methylprednisolone) 査読

    Koh Shiro, Koh Hideo, Kubo Yuki, Kuroda Maiko, Nishimoto Mitsutaka, Yoshimura Takuro, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 16 )   2199 - 2203   2017年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は69歳女性で、2ヵ月前に原因不明の皮疹が出現し、その後、高熱、咽喉痛、全身疲労がみられた。今回、進行性白血球減少症と持続性発熱のため入院となった。数年間にわたり降圧薬、抗脂質異常薬、血栓予防目的でアスピリンを服用しており、1年前からは非ウイルス性肝炎に対してウルソデオキシコール酸を処方していた。所見から薬剤誘導性無顆粒球症と仮診断し、全ての処方薬を中止した。4日目にG-CSF投与とラミナエアフロー隔離を行った。広域抗生物質投与により高熱と咽頭痛は改善したが、好中球数は回復しなかった。その後、重度肺炎を発症し、11日目のCTで前縦隔腫瘍が明らかになった。G-CSF投与を継続した上で、20日目から高用量メチルプレドニゾロン静注療法(1g/日を3日間)を開始し、その後プレドニゾロン(1mg/kg)を投与した。40日目には好中球数が次第に正常範囲に改善したが、アスペルギルス肺炎と脳出血により46日目に死亡した。

  • 慢性骨髄性白血病患者におけるダサチニブ治療中の免疫プロファイルの変化 前向き観察研究(Immunoprofile Changes during Dasatinib Treatment in Patients with Chronic Myeloid Leukemia: A Prospective Observational Study) 査読

    Kuno Masatomo, Nakane Takahiko, Katayama Takako, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   43 - 55   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ダサチニブ、イマチニブ、ニロチニブによる治療を行った慢性期の慢性骨髄性白血病(CML)患者30例を対象に、ダサチニブ治療中の免疫細胞数とナチュラルキラー(NK)細胞反応性の変化、免疫学的変化と治療奏効の関連性、大顆粒リンパ球(LGL)の抗CML作用を評価した。さらに、ダサチニブ治療中のLGLおよびNK細胞の拡大に関与する可溶性因子を特定し、LGLリンパ球増加を発症する患者の特性を検討した。NK細胞反応性とLGL数は、ダサチニブ治療中に有意に増強した。NK細胞反応性と制御性TNF細胞数は、ダサチニブ治療の奏効の程度と有意に相関した。ベースラインとダサチニブ治療開始後3、6ヵ月時のT-LGL数には有意な正の相関が認められた。ダサチニブ治療により増強したNK細胞の細胞毒性が抗CML作用の根拠であり、ダサチニブ治療前のT-LGL数はダサチニブ治療の予後的指標となりうることが示唆された。

  • 慢性骨髄性白血病患者におけるダサチニブ治療中の免疫プロファイルの変化 前向き観察研究(Immunoprofile Changes during Dasatinib Treatment in Patients with Chronic Myeloid Leukemia: A Prospective Observational Study) 査読

    Kuno Masatomo, Nakane Takahiko, Katayama Takako, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 1 )   43 - 55   2017年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ダサチニブ、イマチニブ、ニロチニブによる治療を行った慢性期の慢性骨髄性白血病(CML)患者30例を対象に、ダサチニブ治療中の免疫細胞数とナチュラルキラー(NK)細胞反応性の変化、免疫学的変化と治療奏効の関連性、大顆粒リンパ球(LGL)の抗CML作用を評価した。さらに、ダサチニブ治療中のLGLおよびNK細胞の拡大に関与する可溶性因子を特定し、LGLリンパ球増加を発症する患者の特性を検討した。NK細胞反応性とLGL数は、ダサチニブ治療中に有意に増強した。NK細胞反応性と制御性TNF細胞数は、ダサチニブ治療の奏効の程度と有意に相関した。ベースラインとダサチニブ治療開始後3、6ヵ月時のT-LGL数には有意な正の相関が認められた。ダサチニブ治療により増強したNK細胞の細胞毒性が抗CML作用の根拠であり、ダサチニブ治療前のT-LGL数はダサチニブ治療の予後的指標となりうることが示唆された。

  • Pericarditis Associated With Human Herpesvirus-6 Reactivation in a Patient After Unrelated Cord Blood Transplant 査読

    Yoshida Masahiro, Nakamae Hirohisa, Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Hino Masayuki

    EXPERIMENTAL AND CLINICAL TRANSPLANTATION   15 ( 2 )   235 - 238   2017年04月( ISSN:1304-0855

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6002/ect.2014.0261

    PubMed

  • Cidofovir Treatment for Adenovirus-Associated Hemorrhagic Cystitis in Adult Recipients of Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation: A Retrospective Comparative Study 査読

    Yoshimura Takuro, Nishimoto Mitsutaka, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Takeoka Yasunobu, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION   23 ( 3 )   S191 - S191   2017年03月( ISSN:1083-8791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [The Role of Laboratory Medicine in Hematopoietic Stem Cell Transplantation "Echocardiogram"]. 査読

    Nishimoto M, Yoshikawa J

    Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   65 ( 3 )   355 - 360   2017年03月( ISSN:0047-1860

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [The Role of Laboratory Medicine in Hematopoietic Stem Cell Transplantation "Echocardiogram"]. 査読

    Nishimoto M, Yoshikawa J

    Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   65 ( 3 )   355 - 360   2017年03月( ISSN:0047-1860

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cidofovir Treatment for Adenovirus-Associated Hemorrhagic Cystitis in Adult Recipients of Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation: A Retrospective Comparative Study 査読

    Yoshimura Takuro, Nishimoto Mitsutaka, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Takeoka Yasunobu, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION   23 ( 3 )   S191 - S191   2017年03月( ISSN:1083-8791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dasatinib and Prednisolone Induction Therapy for a Case of Philadelphia Chromosome-Positive Acute Lymphoblastic Leukemia with Dilated Cardiomyopathy Accompanied by Life-Threatening Ventricular Tachycardia 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Matsumoto Kana, Morita Kunihiko, Koga Yuki, Momose Dai, Hino Masayuki

    CASE REPORTS IN HEMATOLOGY   2017   4027908   2017年( ISSN:2090-6560

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/4027908

    PubMed

  • An Elderly Woman with Anti-neutrophil Antibody-positive Agranulocytosis Who Responded to High-dose Intravenous Methylprednisolone 査読

    Koh Shiro, Koh Hideo, Kubo Yuki, Kuroda Maiko, Nishimoto Mitsutaka, Yoshimura Takuro, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   56 ( 16 )   2199 - 2203   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Although anti-neutrophil antibodies (ANAs) often exist and immunoreaction may be involved in agranulocytosis, few reports have so far described ANA-positive cases of agranulocytosis with an unknown etiology. We herein describe the case of a 69-year-old woman who presented with ANA-positive agranulocytosis. In this case, both the withdrawal of the drugs that had possibly caused neutropenia and the use of granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF) were ineffective treatment measures. Approximately 2 weeks after the discontinuation of the suspected drugs, we initiated corticosteroid pulse therapy; the neutrophil count recovered by day 19 of steroid therapy. High-dose methylprednisolone therapy should thus be considered for patients demonstrating ANA-positive agranulocytosis with an unknown etiology that is refractory to G-CSF treatment. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8268-16

    PubMed

    CiNii Article

  • Diagnostic value of serum ferritin and the risk factors and cytokine profiles of hemophagocytic syndrome following allogeneic hematopoietic cell transplantation 査読

    Nanno Satoru, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Katayama Takako, Okamura Hiroshi, Koh Shiro, Yoshimura Takuro, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Nakamae Mika, Hirose Asao, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    LEUKEMIA & LYMPHOMA   58 ( 7 )   1664 - 1672   2017年( ISSN:1042-8194

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10428194.2016.1262034

    PubMed

  • Prophylactic Use of a Combination of an Anticoagulant and Ursodeoxycholic Acid for Sinusoidal Obstruction Syndrome after Allogeneic Myeloablative Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Takeoka Yasunobu, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BLOOD   128 ( 22 )   2016年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prophylactic Use of a Combination of an Anticoagulant and Ursodeoxycholic Acid for Sinusoidal Obstruction Syndrome after Allogeneic Myeloablative Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Takeoka Yasunobu, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BLOOD   128 ( 22 )   2016年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 発熱を伴う好中球減少症患者の細菌同定に対する23SリボソームRNA遺伝子を標的とするin situハイブリダイゼーションと血液培養との組み合わせアプローチ(Combinational approach using in situ hybridization targeting 23S ribosomal RNA genes and blood cultures for bacterial identification in patients with neutropenia and fever) 査読

    Koh Hideo, Aimoto Mizuki, Matsuhisa Akio, Inoue Shin-ichi, Katayama Takako, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   22 ( 9-10 )   697 - 703   2016年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    化学療法施行中の発熱性好中球減少症(FN)患者において、global bacteria probe(GBプローブ)を用いた新たなin situハイブリダイゼーション法(ISH)の有用性を評価した。患者34例(男18例、女16例、年齢中央値42.5歳)を対象とした。50回の発熱事象を評価した。発熱時におけるISHによる原因菌の特定は原因不明の発熱事象24で21%、局所感染(血液培養陰性)による発熱事象15で13%であった。敗血症7名(血液培養陽性)では発熱時にISH陽性に達したのは71%であった。好中球数0/μLと171/μLの症例では陰性の結果が得られた。この新しいISH法は、化学療法後に好中球減少症と原因不明の発熱を有する血液培養陰性患者における、細菌の早期検出に有用であった。この方法と血液培養との併用は好中球数が極端に低い症例においてでも、FNの良好な管理に寄与する可能性があると考えられた。

  • 発熱を伴う好中球減少症患者の細菌同定に対する23SリボソームRNA遺伝子を標的とするin situハイブリダイゼーションと血液培養との組み合わせアプローチ(Combinational approach using in situ hybridization targeting 23S ribosomal RNA genes and blood cultures for bacterial identification in patients with neutropenia and fever) 査読

    Koh Hideo, Aimoto Mizuki, Matsuhisa Akio, Inoue Shin-ichi, Katayama Takako, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    エルゼビア・ジャパン(株) Journal of Infection and Chemotherapy   22 ( 9-10 )   697 - 703   2016年10月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    化学療法施行中の発熱性好中球減少症(FN)患者において、global bacteria probe(GBプローブ)を用いた新たなin situハイブリダイゼーション法(ISH)の有用性を評価した。患者34例(男18例、女16例、年齢中央値42.5歳)を対象とした。50回の発熱事象を評価した。発熱時におけるISHによる原因菌の特定は原因不明の発熱事象24で21%、局所感染(血液培養陰性)による発熱事象15で13%であった。敗血症7名(血液培養陽性)では発熱時にISH陽性に達したのは71%であった。好中球数0/μLと171/μLの症例では陰性の結果が得られた。この新しいISH法は、化学療法後に好中球減少症と原因不明の発熱を有する血液培養陰性患者における、細菌の早期検出に有用であった。この方法と血液培養との併用は好中球数が極端に低い症例においてでも、FNの良好な管理に寄与する可能性があると考えられた。

  • Disseminated Hormographiella aspergillata infection with involvement of the lung, brain, and small intestine following allogeneic hematopoietic stem cell transplantation: case report and literature review 査読

    Nanno S., Nakane T., Okamura H., Nishimoto M., Koh H., Nakamae H., Ohsawa M., Yarita K., Kamei K., Hino M.

    TRANSPLANT INFECTIOUS DISEASE   18 ( 4 )   611 - 616   2016年08月( ISSN:1398-2273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tid.12561

    PubMed

  • 血液悪性腫瘍における血球貪食症候群の新規予後予測マーカーとしての血漿プレセプシン(可溶性CD14サブタイプ)(Plasma Levels of Presepsin(Soluble CD14-subtype) as a Novel Prognostic Marker for Hemophagocytic Syndrome in Hematological Malignancies) 査読

    Nanno Satoru, Koh Hideo, Katayama Takako, Hashiba Masamichi, Sato Ayumi, Makuuchi Yosuke, Nagasaki Joji, Kuno Masatomo, Yoshimura Takuro, Okamura Hiroshi, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 16 )   2173 - 2184   2016年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2006年4月〜2014年8月に当院で血球貪食症候群(HPS)と診断した血液悪性腫瘍患者のうち、血液検体が利用可能な14例(男性9例、女性5例、年齢22〜65歳)を後ろ向きに調査し、血清プレセプシンが新規の予後予測マーカーとなりうるか検討した。また、血清プレセプシンと可溶性インターロイキン(IL)-2受容体(sIL-2R)、フェリチン、腫瘍壊死因子-α(TNF-α)、インターフェロン-γ(IFN-γ)、IL-6、IL-10を組み合わせた複合マーカーについても検討した。単変量Coxモデルでは、いずれの因子もHPSの予後および治療反応性との間に有意な関連を認めなかった。しかし、HPS発症時の検体が利用可能であった12例では、HPS発症時にプレセプシン(>1935pg/mL)とsIL-2R(>4585U/mL)の両方が上昇している患者では有意に死亡率が高く、治療反応性も低かった。以上から、HPS発症時の血漿プレプセシンと血清sIL-2Rの両方の高値は、血液悪性腫瘍にHPSを続発した患者における新規予後予測因子となる可能性が示唆された。

  • 慢性移植片対宿主病に関連する多発性筋炎におけるTh1、Th2、Th17サイトカインの血漿中動態(Plasma Kinetics of Th1, Th2 and Th17 Cytokines in Polymyositis Related to Chronic Graft-versus-Host Disease) 査読

    Koh Shiro, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Katayama Takako, Sakabe Manami, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 16 )   2265 - 2270   2016年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は36歳男性で、骨髄異形成症候群のため同種造血細胞移植(allo-HCT)を施行されたが、25日後にグレード3の急性移植片対宿主病(GVHD)を発症した。メチルプレドニゾロン投与により症状は消失したが、allo-HCTから1570日後に机の角に右大腿をぶつけてしまった。大腿が腫脹した後、全身疲労と高熱が出現し、筋肉痛のため歩行不能になったため入院した。筋生検で筋線維の破壊およびCD20陽性B細胞とCD4陽性・CD8陽性T細胞の浸潤が明らかとなり、肝生検では慢性GVHDの所見が確認された。血漿サイトカインプロファイル分析で、Tヘルパー(Th)1およびTh2だけでなくTh17サイトカインの上昇を認めた。プレドニゾロン経口投与により症状は消失した。

  • 慢性移植片対宿主病に関連する多発性筋炎におけるTh1、Th2、Th17サイトカインの血漿中動態(Plasma Kinetics of Th1, Th2 and Th17 Cytokines in Polymyositis Related to Chronic Graft-versus-Host Disease) 査読

    Koh Shiro, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Katayama Takako, Sakabe Manami, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 16 )   2265 - 2270   2016年08月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は36歳男性で、骨髄異形成症候群のため同種造血細胞移植(allo-HCT)を施行されたが、25日後にグレード3の急性移植片対宿主病(GVHD)を発症した。メチルプレドニゾロン投与により症状は消失したが、allo-HCTから1570日後に机の角に右大腿をぶつけてしまった。大腿が腫脹した後、全身疲労と高熱が出現し、筋肉痛のため歩行不能になったため入院した。筋生検で筋線維の破壊およびCD20陽性B細胞とCD4陽性・CD8陽性T細胞の浸潤が明らかとなり、肝生検では慢性GVHDの所見が確認された。血漿サイトカインプロファイル分析で、Tヘルパー(Th)1およびTh2だけでなくTh17サイトカインの上昇を認めた。プレドニゾロン経口投与により症状は消失した。

  • THE ALTERATION OF IMMUNOPROFILE DURING DASATINIB TREATMENT IN PATIENTS WITH CHRONIC MYELOID LEUKEMIA: A PROSPECTIVE OBSERVATIONAL STUDY 査読

    Kuno M., Nakamae H., Katayama T., Nishimoto M., Hayashi Y., Hirose A., Nakamae M., Nakashima Y., Koh H., Nakane T., Hino M.

    HAEMATOLOGICA   101   457 - 457   2016年06月( ISSN:0390-6078

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lung function score including a parameter of small airway disease as a highly predictive indicator of survival after allogeneic hematopoietic cell transplantation 査読

    Nakamae Mika, Yamashita Mariko, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Nakane Takahiko, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    TRANSPLANT INTERNATIONAL   29 ( 6 )   707 - 714   2016年06月( ISSN:0934-0874

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/tri.12779

    PubMed

  • THE ALTERATION OF IMMUNOPROFILE DURING DASATINIB TREATMENT IN PATIENTS WITH CHRONIC MYELOID LEUKEMIA: A PROSPECTIVE OBSERVATIONAL STUDY 査読

    Kuno M, Nakamae H, Katayama T, Nishimoto M, Hayashi Y, Hirose A, Nakamae M, Nakashima Y, Koh H, Nakane T, Hino M

    HAEMATOLOGICA   101   457 - 457   2016年06月( ISSN:0390-6078

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Combinational approach using in situ hybridization targeting 23S ribosomal RNA genes and blood cultures for bacterial identification in patients with neutropenia and fever 査読

    Koh Hideo, Aimoto Mizuki, Matsuhisa Akio, Inoue Shin-Ichi, Katayama Takako, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY   22 ( 9-10 )   697 - 703   2016年( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2016.08.001

    PubMed

  • Pre-Transplant Autonomic Nervous System Malfunction Is a Powerful Predictor for Survival after Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Nakane Takahiko, Nakamae Mika, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Hirose Asao, Nakashima Yasuhiro, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BLOOD   126 ( 23 )   2015年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pre-Transplant Autonomic Nervous System Malfunction Is a Powerful Predictor for Survival after Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Nakane Takahiko, Nakamae Mika, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Hirose Asao, Nakashima Yasuhiro, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    BLOOD   126 ( 23 )   2015年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Efficacy and safety of intra-arterial steroid infusions in patients with steroid-resistant gastrointestinal acute graft-versus-host disease 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Koh Hideo, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakane Takahiko, Hayashi Yoshiki, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nakashima Yasuhiro, Takeshita Toru, Yamamoto Akira, Sakai Yukimasa, Nishida Norifumi, Matsuoka Toshiyuki, Miki Yukio, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY   43 ( 12 )   995 - 1000   2015年12月( ISSN:0301-472X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.exphem.2015.08.002

    PubMed

  • HLA haploidentical peripheral blood stem cell transplantation using reduced dose of posttransplantation cyclophosphamide for poor-prognosis or refractory leukemia and myelodysplastic syndrome 査読

    Nakamae Hirohisa, Koh Hideo, Katayama Takako, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hino Masayuki

    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY   43 ( 11 )   921 - 929   2015年11月( ISSN:0301-472X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.exphem.2015.07.006

    PubMed

  • Effectiveness of antibacterial prophylaxis with non-absorbable polymyxin B compared to levofloxacin after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

    Koh S, Yamada K, Nishimoto M, Hayashi Y, Koh H, Nakashima Y, Nakane T, Hirose A, Nakamae M, Kakeya H, Hino M, Nakamae H

    Transplant infectious disease : an official journal of the Transplantation Society   17 ( 5 )   647 - 54   2015年10月( ISSN:1398-2273

     詳細を見る

  • Eosinophilic Crisisを呈する骨髄異形成症候群を合併した視神経炎(Optic Neuritis Associated with Myelodysplastic Syndrome Accompanied by Eosinophilic Crisis) 査読

    Nagasaki Joji, Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Yoshimoto Kumiko, Shiraki Kunihiko, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   54 ( 17 )   2241 - 2244   2015年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳男性で、主訴は発熱と疲労であった。末梢血では汎血球減少症が認められ、骨髄検査、形態学的検査、細胞遺伝学的検査から、骨髄異形成症候群(MDS)と確定診断した。MDSの治療計画を行ったが、患者が通院を中断してしまったため、実施することが出来なかった。しかし、3ヵ月後に右眼の視力障害を訴えて入院となり、両眼に軽度核白内障、右眼に相対性求心性瞳孔反応欠損が認められた。蛍光眼底撮影、細隙灯顕微鏡検査所見から、虚血性および非虚血性変化に起因する視神経炎と診断した。血液学的検査では汎血球減少症の改善と末梢血および骨髄で好酸球数の著増が認められたが、視神経炎に対してはメチルプレドニゾロンパルス療法を開始したところ、2週間以内に視神経乳頭浮腫が消失し、末梢血の好酸球数も急速に減少し、視野も部分的に改善が得られた。その後、低用量プレドニゾロンの維持療法が行われているが、視野欠損の悪化もみられず、11ヵ月間良好に維持されている。

  • Eosinophilic Crisisを呈する骨髄異形成症候群を合併した視神経炎(Optic Neuritis Associated with Myelodysplastic Syndrome Accompanied by Eosinophilic Crisis) 査読

    Nagasaki Joji, Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Yoshimoto Kumiko, Shiraki Kunihiko, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   54 ( 17 )   2241 - 2244   2015年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は64歳男性で、主訴は発熱と疲労であった。末梢血では汎血球減少症が認められ、骨髄検査、形態学的検査、細胞遺伝学的検査から、骨髄異形成症候群(MDS)と確定診断した。MDSの治療計画を行ったが、患者が通院を中断してしまったため、実施することが出来なかった。しかし、3ヵ月後に右眼の視力障害を訴えて入院となり、両眼に軽度核白内障、右眼に相対性求心性瞳孔反応欠損が認められた。蛍光眼底撮影、細隙灯顕微鏡検査所見から、虚血性および非虚血性変化に起因する視神経炎と診断した。血液学的検査では汎血球減少症の改善と末梢血および骨髄で好酸球数の著増が認められたが、視神経炎に対してはメチルプレドニゾロンパルス療法を開始したところ、2週間以内に視神経乳頭浮腫が消失し、末梢血の好酸球数も急速に減少し、視野も部分的に改善が得られた。その後、低用量プレドニゾロンの維持療法が行われているが、視野欠損の悪化もみられず、11ヵ月間良好に維持されている。

  • 初回治療としてCHOP-R療法を選択した縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫 査読

    田垣内 優美, 西本 光孝, 林 良樹, 幕内 陽介, 久野 雅智, 高桑 輝人, 岡村 浩史, 吉村 卓朗, 康 史朗, 南野 智, 廣瀬 朝生, 中前 美佳, 中嶋 康博, 康 秀男, 中根 孝彦, 中前 博久, 大澤 政彦, 日野 雅之

    「血液診療」編集委員会 血液診療   11 ( 1 )   16 - 20   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は43歳、女性。前医にて前縦隔腫瘤を指摘され、胸腺癌の疑いで切除術を施行された。術後病理検査の結果、悪性リンパ腫の診断であった。当院にて精査の結果、縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫(primary mediastinal large B-cell lymphoma、PMBL)の臨床病期IV期と診断した。初回治療としてCHOP-R療法を選択し、現在3コースまで施行し、経過良好である。PMBLはまれな疾患であり、リスク分類および治療選択に関してはまだ十分に確立されていない。今回我々は若年女性に発症した初発PMBLの1例を経験した。初回治療選択および長期治療戦略に関して文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • 初回治療としてCHOP-R療法を選択した縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫 査読

    田垣内 優美, 西本 光孝, 林 良樹, 幕内 陽介, 久野 雅智, 高桑 輝人, 岡村 浩史, 吉村 卓朗, 康 史朗, 南野 智, 廣瀬 朝生, 中前 美佳, 中嶋 康博, 康 秀男, 中根 孝彦, 中前 博久, 大澤 政彦, 日野 雅之

    「血液診療」編集委員会 血液診療   11 ( 1 )   16 - 20   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は43歳、女性。前医にて前縦隔腫瘤を指摘され、胸腺癌の疑いで切除術を施行された。術後病理検査の結果、悪性リンパ腫の診断であった。当院にて精査の結果、縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫(primary mediastinal large B-cell lymphoma、PMBL)の臨床病期IV期と診断した。初回治療としてCHOP-R療法を選択し、現在3コースまで施行し、経過良好である。PMBLはまれな疾患であり、リスク分類および治療選択に関してはまだ十分に確立されていない。今回我々は若年女性に発症した初発PMBLの1例を経験した。初回治療選択および長期治療戦略に関して文献的考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • PLASMA LEVELS OF PRESEPSIN (SOLUBLE CD14-SUBTYPE) AS A NOVEL PROGNOSTIC MARKER FOR HEMOPHAGOCYTIC SYNDROME 査読

    Nanno S., Koh H., Katayama T., Hashiba M., Sato A., Makuuchi Y., Nagasaki J., Yoshimura T., Okamura H., Nishimoto M., Hirose A., Nakamae M., Nakane T., Hino M., Nakamae H.

    HAEMATOLOGICA   100   557 - 557   2015年06月( ISSN:0390-6078

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PLASMA LEVELS OF PRESEPSIN (SOLUBLE CD14-SUBTYPE) AS A NOVEL PROGNOSTIC MARKER FOR HEMOPHAGOCYTIC SYNDROME 査読

    Nanno S, Koh H, Katayama T, Hashiba M, Sato A, Makuuchi Y, Nagasaki J, Yoshimura T, Okamura H, Nishimoto M, Hirose A, Nakamae M, Nakane T, Hino M, Nakamae H

    HAEMATOLOGICA   100   557 - 557   2015年06月( ISSN:0390-6078

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Cold autoimmune hemolytic anemia complicated with relapsed myelodysplastic syndrome after allogeneic hematopoietic cell transplantation]. 査読

    Okamura H, Nakane T, Fujino K, Koh S, Yoshimura T, Nishimoto M, Hayashi Y, Koh H, Nakao Y, Nakamae H, Hino M

    一般社団法人 日本血液学会 [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   56 ( 4 )   412 - 7   2015年04月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndrome, MDS)は様々な自己免疫疾患を合併する事が知られている。我々はMDSに冷式自己免疫性溶血性貧血(cold autoimmune hemolytic anemia, 冷式AIHA)を合併した症例を経験した。症例は51歳女性。2009年5月MDS (refractory cytopenia with multilineage dysplasia, RCMD)と診断され2010年1月非血縁者間同種骨髄移植を施行したが,その後MDS再発を来たし同年10月当院入院となった。入院後貧血に対し連日の赤血球輸血を施行も貧血改善は得られず,ハプトグロビン低下,間接ビリルビン上昇,LDH上昇を認めた。直接クームス試験は低温,室温下で陽性であり寒冷凝集素は陰性であった。冷式AIHAの合併と診断し,全ての輸液,輸血を加温したが貧血の改善は認めず,加温に加え副腎皮質ホルモン,免疫抑制剤投与,γグロブリン大量静注療法を施行したところ溶血所見の改善が得られた。MDSと冷式AIHAの合併例の報告はわずかであり貴重な症例と考えられた。

    DOI: 10.11406/rinketsu.56.412

    PubMed

    CiNii Article

  • Response-guided therapy for steroid-refractory acute GVHD starting with very-low-dose antithymocyte globulin 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Koh Hideo, Nakamae Mika, Hirose Asao, Hayashi Yoshiki, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hino Masayuki

    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY   43 ( 3 )   177 - 179   2015年03月( ISSN:0301-472X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.exphem.2014.11.008

    PubMed

  • Drug interaction and safety profiles of concomitant use of caspofungin and tacrolimus in allogeneic hematopoietic stem cell transplant recipients 査読

    Nishimoto M., Koh H., Tokuwame A., Makuuchi Y., Kuno M., Takakuwa T., Okamura H., Koh S., Yoshimura T., Nanno S., Hayashi Y., Nakamae M., Hirose A., Nakashima Y., Nakane T., Hino M., Nakamae H.

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   50   S408 - S408   2015年03月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Drug interaction and safety profiles of concomitant use of caspofungin and tacrolimus in allogeneic hematopoietic stem cell transplant recipients 査読

    Nishimoto M, Koh H, Tokuwame A, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Koh S, Yoshimura T, Nanno S, Hayashi Y, Nakamae M, Hirose A, Nakashima Y, Nakane T, Hino M, Nakamae H

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   50   S408 - S408   2015年03月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic Value and Clinical Implication of Serum Ferritin Levels following Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Nakamae Mika, Nakamae Hirohisa, Koh Shiro, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hirose Asao, Hino Masayuki

    ACTA HAEMATOLOGICA   133 ( 3 )   310 - 316   2015年( ISSN:0001-5792

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000365779

    PubMed

  • P0344-22-AM 同種造血幹細胞移植におけるカスポファンギンとカルシニューリン阻害剤併用時の薬物相互作用および安全性に関する検討(薬物相互作用,ポスター発表,一般演題,医療薬学の進歩と未来-次の四半世紀に向けて-) 査読

    徳和目 篤史, 西本 光孝, 高橋 正也, 中村 安孝, 康 秀男, 中前 博久, 西川 武司, 日野 雅之, 永山 勝也

    一般社団法人 日本医療薬学会 日本医療薬学会年会講演要旨集   25 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20825/amjsphcs.25.0_323_2

    CiNii Article

  • Optic Neuritis Associated with Myelodysplastic Syndrome Accompanied by Eosinophilic Crisis 査読

    Nagasaki Joji, Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Yoshimoto Kumiko, Shiraki Kunihiko, Hino Masayuki

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   54 ( 17 )   2241 - 2244   2015年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Myelodysplastic syndrome (MDS) was diagnosed in a 64-year-old man. Three months later, he presented with right-sided visual loss. A diagnosis of optic neuritis caused by both ischemic and non-ischemic changes was established. Concurrently, prominent eosinophilia was seen in both the peripheral blood and bone marrow. A partial improvement of visual loss was obtained concomitant with a rapid decrease of the eosinophils after treatment with corticosteroids. Optic neuritis related to MDS is a rare condition and its etiology has not yet been identified. We herein report a case of optic neuritis associated with MDS and accompanied by an eosinophilic crisis.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.54.4148

    PubMed

    CiNii Article

  • Effectiveness of Antibacterial Prophylaxis with Non-Absorbable Polymyxin B Compared to Levofloxacin after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Koh Shiro, Nakamae Hirohisa, Yamada Koichi, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hirose Asao, Nakamae Mika, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    BLOOD   124 ( 21 )   2014年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The V50/V25 Ratio, a Marker of Small Airway Disease, Is Highly Predictive of Survival after Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Nakamae Mika, Nakamae Hirohisa, Yamashita Mariko, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Hino Masayuki

    BLOOD   124 ( 21 )   2014年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of Antibacterial Prophylaxis with Non-Absorbable Polymyxin B Compared to Levofloxacin after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Koh Shiro, Nakamae Hirohisa, Yamada Koichi, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakashima Yasuhiro, Nakane Takahiko, Hirose Asao, Nakamae Mika, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    BLOOD   124 ( 21 )   2014年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The V50/V25 Ratio, a Marker of Small Airway Disease, Is Highly Predictive of Survival after Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Nakamae Mika, Nakamae Hirohisa, Yamashita Mariko, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Nakashima Yasuhiro, Hirose Asao, Hino Masayuki

    BLOOD   124 ( 21 )   2014年12月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diagnostic performance of serum high-sensitivity procalcitonin and serum C-reactive protein tests for detecting bacterial infection in febrile neutropenia 査読

    Aimoto Mizuki, Koh Hideo, Katayama Takako, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    INFECTION   42 ( 6 )   971 - 979   2014年12月( ISSN:0300-8126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s15010-014-0657-6

    PubMed

  • Feasibility of umbilical cord blood transplantation with a myeloablative, reduced toxicity-conditioning regimen 査読

    Nishimoto M., Nakamae H., Nakamae M., Hirose A., Hagihara K., Koh H., Nakane T., Terada Y., Hino M.

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   49 ( 7 )   980 - 981   2014年07月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bmt.2014.60

    PubMed

  • Diffuse large B-cell lymphoma with hemolytic crisis developed twenty years after the onset of Evans syndrome. 査読

    Yoshimura T, Nakane T, Kamesaki T, Inaba A, Nishimoto M, Mukai S, Sakabe M, Ohsawa M, Fujino K, Koh H, Nakao Y, Nakamae H, Hino M

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   55 ( 5 )   546 - 51   2014年05月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 化学療法中の急性膵炎に続発して可逆性後頭葉白質脳症を発症した急性単球性白血病

    西本 光孝, 康 秀男, 備後 真登, 吉田 全宏, 南野 智, 林 良樹, 中根 孝彦, 中前 博久, 下野 太郎, 日野 雅之

    臨床血液   55 ( 5 )   552 - 557   2014年05月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    症例は18歳男性。急性白血病に対して,大量シタラビンによる3回目の地固め療法を開始した。Day 15に発熱性好中球減少症を発症,翌日には敗血症性ショックによる急性呼吸窮迫症候群を合併し,抗菌薬に加えステロイドパルス療法を施行した。Day 22には薬剤性急性腎不全に対し人工透析を単回施行した。Day 24にステロイドが誘因と考えられる急性膵炎を発症,翌日に突然の痙攣発作を認め,人工呼吸管理となった。髄液検査は正常。頭部MRI検査で両側頭頂後頭葉にT2強調画像,FLAIR像で高信号病変を認め,みかけの拡散係数値の上昇から血管性浮腫を疑い,可逆性後頭葉白質脳症(PRES,posterior reversible encephalopathy syndrome)と診断した。痙攣,血圧ならびに体液量管理により改善を認め,day 49に軽快退院となった。高血圧やカルシニューリン阻害薬によるPRES以外に,報告は極めて稀であるが,急性膵炎後の発症も念頭に置いておく必要がある。(著者抄録)

  • Evans症候群罹患後20年を経過して発症した溶血発作を伴うdiffuse large B-cell lymphoma

    吉村 卓朗, 中根 孝彦, 亀崎 豊実, 稲葉 晃子, 西本 光孝, 向井 悟, 坂部 真奈美, 大澤 政彦, 藤野 惠三, 康 秀男, 中尾 吉孝, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   55 ( 5 )   546 - 551   2014年05月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    症例は65歳女性,1992年5月にクームス試験陽性自己免疫性溶血性貧血と赤芽球癆の合併と診断された。その後赤芽球癆は改善したが,新たに血小板減少を認め,骨髄検査にて特発性血小板減少性紫斑病の合併と考えられ,Evans症候群と診断された。Prednisoloneおよびazathioprineを投与し軽快,以後約20年に渡り投薬を漸減しつつ寛解増悪を繰り返していた。2012年10月,溶血発作の再増悪とB症状及びリンパ節腫脹が出現した。リンパ節生検の結果DLBCLと診断された。一方クームス試験は陰性,精査にてクームス陰性自己免疫性溶血性貧血も否定的であり,リンパ腫に関連した他の原因による溶血の可能性が疑われた。CHOP療法を施行したところ,溶血およびB症状は改善し,リンパ節病変も縮小を認めた。Evans症候群後DLBCLの発症の報告は稀であり,示唆に富む症例と考えられ,今回報告する。(著者抄録)

  • Diffuse large B-cell lymphoma with hemolytic crisis developed twenty years after the onset of Evans syndrome. 査読

    Yoshimura T, Nakane T, Kamesaki T, Inaba A, Nishimoto M, Mukai S, Sakabe M, Ohsawa M, Fujino K, Koh H, Nakao Y, Nakamae H, Hino M

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   55 ( 5 )   546 - 51   2014年05月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 化学療法中の急性膵炎に続発して可逆性後頭葉白質脳症を発症した急性単球性白血病

    西本 光孝, 康 秀男, 備後 真登, 吉田 全宏, 南野 智, 林 良樹, 中根 孝彦, 中前 博久, 下野 太郎, 日野 雅之

    臨床血液   55 ( 5 )   552 - 557   2014年05月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    症例は18歳男性。急性白血病に対して,大量シタラビンによる3回目の地固め療法を開始した。Day 15に発熱性好中球減少症を発症,翌日には敗血症性ショックによる急性呼吸窮迫症候群を合併し,抗菌薬に加えステロイドパルス療法を施行した。Day 22には薬剤性急性腎不全に対し人工透析を単回施行した。Day 24にステロイドが誘因と考えられる急性膵炎を発症,翌日に突然の痙攣発作を認め,人工呼吸管理となった。髄液検査は正常。頭部MRI検査で両側頭頂後頭葉にT2強調画像,FLAIR像で高信号病変を認め,みかけの拡散係数値の上昇から血管性浮腫を疑い,可逆性後頭葉白質脳症(PRES,posterior reversible encephalopathy syndrome)と診断した。痙攣,血圧ならびに体液量管理により改善を認め,day 49に軽快退院となった。高血圧やカルシニューリン阻害薬によるPRES以外に,報告は極めて稀であるが,急性膵炎後の発症も念頭に置いておく必要がある。(著者抄録)

  • Evans症候群罹患後20年を経過して発症した溶血発作を伴うdiffuse large B-cell lymphoma

    吉村 卓朗, 中根 孝彦, 亀崎 豊実, 稲葉 晃子, 西本 光孝, 向井 悟, 坂部 真奈美, 大澤 政彦, 藤野 惠三, 康 秀男, 中尾 吉孝, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   55 ( 5 )   546 - 551   2014年05月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    症例は65歳女性,1992年5月にクームス試験陽性自己免疫性溶血性貧血と赤芽球癆の合併と診断された。その後赤芽球癆は改善したが,新たに血小板減少を認め,骨髄検査にて特発性血小板減少性紫斑病の合併と考えられ,Evans症候群と診断された。Prednisoloneおよびazathioprineを投与し軽快,以後約20年に渡り投薬を漸減しつつ寛解増悪を繰り返していた。2012年10月,溶血発作の再増悪とB症状及びリンパ節腫脹が出現した。リンパ節生検の結果DLBCLと診断された。一方クームス試験は陰性,精査にてクームス陰性自己免疫性溶血性貧血も否定的であり,リンパ腫に関連した他の原因による溶血の可能性が疑われた。CHOP療法を施行したところ,溶血およびB症状は改善し,リンパ節病変も縮小を認めた。Evans症候群後DLBCLの発症の報告は稀であり,示唆に富む症例と考えられ,今回報告する。(著者抄録)

  • 髄液中特異的IgM抗体が診断に有用であった臍帯血移植後トキソプラズマ脳症

    稲葉 晃子, 康 秀男, 中嶋 康博, 西本 光孝, 林 良樹, 岡村 浩史, 井上 敦司, 南野 智, 中根 孝彦, 下野 太郎, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   55 ( 4 )   456 - 460   2014年04月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    症例は60歳女性。骨髄異形成症候群に対して,臍帯血移植を施行した。再発消化管急性GVHD(Grade 2)に対してtacrolimus/mPSLによる治療を行っていたところ,day 210に発熱と意識障害を発症し,頭部造影MRI検査で,左視床や基底核,脳幹,皮質下白質にリング状造影効果を認める多発結節影を認めた。髄液と血中の抗トキソプラズマIgM,IgG抗体価はともに上昇しており,特にIgM抗体価は髄液の方が高く,トキソプラズマ脳症と診断した。sulfamethoxazole/trimethoprim合剤内服,clindamycin点滴と抗浮腫治療を開始したところ,症状,画像所見とも改善傾向となり,day 229の血清抗体価は不変であったが,髄液中抗体価は明らかに低下し,軽快退院となった。移植後トキソプラズマ脳症は発症時の確定診断が難しいため,治療の遅れが懸念される致死的合併症であるが,髄液中の特異的IgM抗体測定は早期診断に有用であり,また髄液中抗体価の推移は治療効果を反映する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • PROMISING OUTCOMES FROM INTRA-ARTERIAL STEROID INFUSIONS IN PATIENTS WITH TREATMENT-RESISTANT ACUTE GASTROINTESTINAL GRAFT-VERSUS-HOST DISEASE 査読

    Nishimoto M., Koh H., Nakamae H., Hirose A., Nakamae M., Nakane T., Hayashi Y., Okamura H., Yoshimura T., Koh S., Nanno S., Nakashima Y., Takeshita T., Yamamoto A., Sakai Y., Nishida N., Matsuoka T., Miki Y., Hino M.

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   49   S278 - S279   2014年03月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DIAGNOSTIC VALUE OF SERUM FERRITIN AND RISK FACTORS FOR HEMOPHAGOCYTIC SYNDROME FOLLOWING ALLOGENEIC HEMATOPOIETIC CELL TRANSPLANTATION 査読

    Nanno S., Koh H., Nakashima Y., Katayama T., Kuno M., Makuuchi Y., Nagasaki J., Takakuwa T., Okamura H., Koh S., Yoshimura T., Nishimoto M., Nakamae M., Hirose A., Nakane T., Nakao Y., Nakamae H., Hino M.

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   49   S472 - S473   2014年03月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DIAGNOSTIC VALUE OF SERUM FERRITIN AND RISK FACTORS FOR HEMOPHAGOCYTIC SYNDROME FOLLOWING ALLOGENEIC HEMATOPOIETIC CELL TRANSPLANTATION 査読

    Nanno S, Koh H, Nakashima Y, Katayama T, Kuno M, Makuuchi Y, Nagasaki J, Takakuwa T, Okamura H, Koh S, Yoshimura T, Nishimoto M, Nakamae M, Hirose A, Nakane T, Nakao Y, Nakamae H, Hino M

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   49   S472 - S473   2014年03月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PROMISING OUTCOMES FROM INTRA-ARTERIAL STEROID INFUSIONS IN PATIENTS WITH TREATMENT-RESISTANT ACUTE GASTROINTESTINAL GRAFT-VERSUS-HOST DISEASE 査読

    Nishimoto M, Koh H, Nakamae H, Hirose A, Nakamae M, Nakane T, Hayashi Y, Okamura H, Yoshimura T, Koh S, Nanno S, Nakashima Y, Takeshita T, Yamamoto A, Sakai Y, Nishida N, Matsuoka T, Miki Y, Hino M

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   49   S278 - S279   2014年03月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Successful Treatment of Both Acute Leukemia and Active Crohn's Disease After Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation Using Reduced-Intensity Conditioning With Fludarabine and Busulfan: A Case Report 査読

    Nishimoto M., Nakamae H., Watanabe K., Koh H., Nakane T., Ohsawa M., Arakawa T., Hino M.

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   45 ( 7 )   2854 - 2857   2013年09月( ISSN:0041-1345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2013.03.049

    PubMed

  • 管内増殖性糸球体腎炎を合併した血管免疫芽球性T細胞性リンパ腫 査読

    南野 智, 中前 博久, 桑村 幸伸, 石村 栄治, 坂部 真奈美, 稲葉 晃子, 康 史朗, 吉村 卓朗, 西本 光孝, 林 良樹, 寺田 芳樹, 中根 孝彦, 康 秀男, 中尾 吉孝, 大澤 政彦, 日野 雅之

    (一社)日本血液学会-東京事務局 臨床血液   54 ( 7 )   658 - 663   2013年07月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は30歳,女性。2011年9月より発熱,多発リンパ節腫脹を認めた。抗菌薬の投与により症状が軽快したが,同年12月より再び発熱,多発リンパ節腫脹が出現し,著明な浮腫を認め,ネフローゼ症状が出現した。精査加療目的で入院となり,腎生検で管内増殖性糸球体腎炎と診断。入院後,腎機能の悪化を認めたため,ステロイドパルス療法を行った後,ステロイドの継続投与を行った。腎機能は改善するも,リンパ節腫脹が残存したため,リンパ節生検を行い,血管免疫芽球性T細胞リンパ腫と診断した。診断後,CHOP療法を行ったが治療抵抗性で,サルベージ治療としてESHAP療法を行ったところ腎病変を含め奏効が得られた。その後,ネフローゼの再燃を認めていない。血管免疫芽球性T細胞リンパ腫に発症する腎障害の原因として,管内増殖性糸球体腎炎で発症することは稀であり,貴重な症例と考え報告する。(著者抄録)

  • Prognostic factors and outcomes of unrelated bone marrow transplantation for Philadelphia chromosome positive acute lymphoblastic leukemia (Ph+ALL) pre-treated with tyrosine kinase inhibitors. 査読

    Yoshimura T, Nakane T, Hirose A, Koh H, Nakamae M, Aimoto M, Nishimoto M, Hayashi Y, Terada Y, Nakamae H, Hino M

    Osaka city medical journal   59 ( 1 )   9 - 21   2013年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 消化管急性移植片対宿主病に対するベクロメタゾンプロピオン酸エステル製剤の有効性 査読

    中前 博久, 西本 光孝, 徳和目 篤史, 日野 雅之

    (公財)臨床薬理研究振興財団 臨床薬理の進歩   ( 34 )   93 - 98   2013年06月( ISSN:0914-4366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    消化管急性移植片対宿主病に対するベクロメタゾンプロピオン酸エステル製剤(BDP)の有効性について検討した。同種造血幹細胞移植後に消化管急性GVHDを発症した血液悪性疾患4例を対象とした。4例中、少なくとも2例に完全寛解、部分寛解を認めた。4例中3例は非血縁臍帯血移植症例であった。全身ステロイド投与により感染症が併発あるいは、悪化することを懸念してBDPを投与し、感染症が併発あるいは、悪化した症例は認めなかった。BDP投与の効果を十分認めなった2例のうち1例は、一度、消化管GVHD grade 4まで進展を認め、下部消化管内視鏡での生検でもGVHDが持続していることを確認した。また、1例は、BDPによって一旦、消化管GVHD症状の改善が得られたが、急速なBDPの中止によって消化管GVHD症状の悪化を認め、その後、BDPの漸減を行うことで、消化管GVHDのコントロールが可能になった。

  • チロシンキナーゼ阻害薬で事前治療を受けていたフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ芽球性白血病(Ph+ALL)に対する非血縁者からの骨髄移植の予後予測因子と治療成績(Prognostic Factors and Outcomes of Unrelated Bone Marrow Transplantation for Philadelphia Chromosome Positive Acute Lymphoblastic Leukemia(Ph+ALL) Pre-treated with Tyrosine Kinase Inhibitors) 査読

    Yoshimura Takuro, Nakane Takahiko, Hirose Asao, Koh Hideo, Nakamae Mika, Aimoto Mizuki, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Terada Yoshiki, Nakamae Hirohisa, Hino Masayuki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   59 ( 1 )   9 - 21   2013年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic factors and outcomes of unrelated bone marrow transplantation for Philadelphia chromosome positive acute lymphoblastic leukemia (Ph+ALL) pre-treated with tyrosine kinase inhibitors. 査読

    Yoshimura T, Nakane T, Hirose A, Koh H, Nakamae M, Aimoto M, Nishimoto M, Hayashi Y, Terada Y, Nakamae H, Hino M

    Osaka city medical journal   59 ( 1 )   9 - 21   2013年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 消化管急性移植片対宿主病に対するベクロメタゾンプロピオン酸エステル製剤の有効性 査読

    中前 博久, 西本 光孝, 徳和目 篤史, 日野 雅之

    (公財)臨床薬理研究振興財団 臨床薬理の進歩   ( 34 )   93 - 98   2013年06月( ISSN:0914-4366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    消化管急性移植片対宿主病に対するベクロメタゾンプロピオン酸エステル製剤(BDP)の有効性について検討した。同種造血幹細胞移植後に消化管急性GVHDを発症した血液悪性疾患4例を対象とした。4例中、少なくとも2例に完全寛解、部分寛解を認めた。4例中3例は非血縁臍帯血移植症例であった。全身ステロイド投与により感染症が併発あるいは、悪化することを懸念してBDPを投与し、感染症が併発あるいは、悪化した症例は認めなかった。BDP投与の効果を十分認めなった2例のうち1例は、一度、消化管GVHD grade 4まで進展を認め、下部消化管内視鏡での生検でもGVHDが持続していることを確認した。また、1例は、BDPによって一旦、消化管GVHD症状の改善が得られたが、急速なBDPの中止によって消化管GVHD症状の悪化を認め、その後、BDPの漸減を行うことで、消化管GVHDのコントロールが可能になった。

  • チロシンキナーゼ阻害薬で事前治療を受けていたフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ芽球性白血病(Ph+ALL)に対する非血縁者からの骨髄移植の予後予測因子と治療成績(Prognostic Factors and Outcomes of Unrelated Bone Marrow Transplantation for Philadelphia Chromosome Positive Acute Lymphoblastic Leukemia(Ph+ALL) Pre-treated with Tyrosine Kinase Inhibitors) 査読

    Yoshimura Takuro, Nakane Takahiko, Hirose Asao, Koh Hideo, Nakamae Mika, Aimoto Mizuki, Nishimoto Mitsutaka, Hayashi Yoshiki, Terada Yoshiki, Nakamae Hirohisa, Hino Masayuki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   59 ( 1 )   9 - 21   2013年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中枢性尿崩症を合併した染色体-7とinv(3) (q21q26.2)を有する急性骨髄性白血病 査読

    南野 智, 萩原 潔通, 坂部 真奈美, 岡村 浩史, 稲葉 晃子, 永田 友貴, 西本 光孝, 康 秀男, 中尾 古孝, 中根 孝彦, 中前 博久, 下野 太郎, 日野 雅之

    一般社団法人 日本血液学会 臨床血液   54 ( 4 )   397 - 402   2013年04月( ISSN:04851439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は20歳女性。口渇,多飲,多尿が出現し,近医で白血球増多と貧血を認めたため当科に転院となった。骨髄検査ではミエロペルオキシダーゼ陽性芽球66.8%と3系統の異形成を認め,染色体検査ではinv(3)(q21q26.2), -7を認めたため,染色体-7を有したinv(3)(q21q26.2)を伴うAMLと診断した。一方,低張性多尿とADH低値を認め,髄液検査には異常所見を認めなかったが,頭部MRIではT1で下垂体後葉の高信号が消失していた。これらより中枢性尿崩症と診断し,デスモプレッシン点鼻を開始したところ尿量は減少した。AMLに対して2度の大量AraC療法を施行した結果,骨髄は寛解となった。さらに頭部MRIでは下垂体後葉の高信号が回復し,尿量は正常化した。その後デスモプレッシンを中止するも尿崩症の再燃は認めていない。中枢性尿崩症を合併したAMLは稀であるが,その中ではinv(3)(q21q26.2)/t(3;3)(q21;q26.2)と-7を有する症例が多く,今後,この疾患の病態・治療法の解明が望まれる。

    DOI: 10.11406/rinketsu.54.397

    CiNii Article

  • Risk factors affecting cardiac left-ventricular hypertrophy and systolic and diastolic function in the chronic phase of allogeneic hematopoietic cell transplantation 査読

    Nishimoto M., Nakamae H., Koh H., Nakane T., Nakamae M., Hirose A., Hagihara K., Nakao Y., Terada Y., Ohsawa M., Hino M.

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   48 ( 4 )   581 - 586   2013年04月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bmt.2012.179

    PubMed

  • [Acute transverse myelitis after allogeneic bone marrow transplantation for acute lymphoblastic leukemia--a case report]. 査読

    Manabe M, Nishimoto M, Ito K, Okamura H, Bingo M, Yoshida M, Inoue A, Aimoto M, Hayashi Y, Koh H, Nakane T, Nakamae M, Terada Y, Nakamae H, Nakao T, Koh KR, Hirai M, Nakao Y, Yamane T, Hino M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 4 )   529 - 32   2013年04月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 同種骨髄移植後に急性横断性脊髄炎を合併した急性リンパ性白血病 査読

    間部 賢寛, 西本 光孝, 伊藤 和博, 岡村 浩史, 備後 真登, 吉田 全宏, 井上 敦司, 相本 瑞樹, 林 良樹, 康 秀男, 中根 孝彦, 中前 美佳, 寺田 芳樹, 中前 博久, 中尾 隆文, 高 起良, 平井 学, 中尾 吉孝, 山根 孝久, 日野 雅之

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 4 )   529 - 532   2013年04月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は40歳、女性。分子学的寛解を得たPhiladelphia染色体陽性急性リンパ性白血病に対して、非血縁者間骨髄移植を実施した。day 90ごろより知覚異常、膀胱直腸障害および下肢筋力低下を認め、MRI所見も含めて急性横断性脊髄炎と診断した。ステロイドパルスおよび免疫グロブリン製剤投与を行い、症状の改善を得た。横断性脊髄炎は運動、知覚および自律神経系に異常を来す炎症性疾患であるが、造血幹細胞移植での合併例は比較的まれである。早期の診断および治療開始が機能的予後に影響するため、移植後の脊髄症には急性横断性脊髄炎を鑑別診断として念頭に置く必要性がある。(著者抄録)

  • 中枢性尿崩症を合併した染色体-7とinv(3)(q21q26.2)を有する急性骨髄性白血病

    南野 智, 萩原 潔通, 坂部 真奈美, 岡村 浩史, 稲葉 晃子, 永田 友貴, 西本 光孝, 康 秀男, 中尾 吉孝, 中根 孝彦, 中前 博久, 下野 太郎, 日野 雅之

    臨床血液   54 ( 4 )   397 - 402   2013年04月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    症例は20歳女性。口渇,多飲,多尿が出現し,近医で白血球増多と貧血を認めたため当科に転院となった。骨髄検査ではミエロペルオキシダーゼ陽性芽球66.8%と3系統の異形成を認め,染色体検査ではinv(3)(q21q26.2),-7を認めたため,染色体-7を有したinv(3)(q21q26.2)を伴うAMLと診断した。一方,低張性多尿とADH低値を認め,髄液検査には異常所見を認めなかったが,頭部MRIではT1で下垂体後葉の高信号が消失していた。これらより中枢性尿崩症と診断し,デスモプレッシン点鼻を開始したところ尿量は減少した。AMLに対して2度の大量AraC療法を施行した結果,骨髄は寛解となった。さらに頭部MRIでは下垂体後葉の高信号が回復し,尿量は正常化した。その後デスモプレッシンを中止するも尿崩症の再燃は認めていない。中枢性尿崩症を合併したAMLは稀であるが,その中ではinv(3)(q21q26.2)/t(3;3)(q21;q26.2)と-7を有する症例が多く,今後,この疾患の病態・治療法の解明が望まれる。(著者抄録)

  • [Acute transverse myelitis after allogeneic bone marrow transplantation for acute lymphoblastic leukemia--a case report]. 査読

    Manabe M, Nishimoto M, Ito K, Okamura H, Bingo M, Yoshida M, Inoue A, Aimoto M, Hayashi Y, Koh H, Nakane T, Nakamae M, Terada Y, Nakamae H, Nakao T, Koh KR, Hirai M, Nakao Y, Yamane T, Hino M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 4 )   529 - 32   2013年04月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 同種骨髄移植後に急性横断性脊髄炎を合併した急性リンパ性白血病 査読

    間部 賢寛, 西本 光孝, 伊藤 和博, 岡村 浩史, 備後 真登, 吉田 全宏, 井上 敦司, 相本 瑞樹, 林 良樹, 康 秀男, 中根 孝彦, 中前 美佳, 寺田 芳樹, 中前 博久, 中尾 隆文, 高 起良, 平井 学, 中尾 吉孝, 山根 孝久, 日野 雅之

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   40 ( 4 )   529 - 532   2013年04月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は40歳、女性。分子学的寛解を得たPhiladelphia染色体陽性急性リンパ性白血病に対して、非血縁者間骨髄移植を実施した。day 90ごろより知覚異常、膀胱直腸障害および下肢筋力低下を認め、MRI所見も含めて急性横断性脊髄炎と診断した。ステロイドパルスおよび免疫グロブリン製剤投与を行い、症状の改善を得た。横断性脊髄炎は運動、知覚および自律神経系に異常を来す炎症性疾患であるが、造血幹細胞移植での合併例は比較的まれである。早期の診断および治療開始が機能的予後に影響するため、移植後の脊髄症には急性横断性脊髄炎を鑑別診断として念頭に置く必要性がある。(著者抄録)

  • 中枢性尿崩症を合併した染色体-7とinv(3)(q21q26.2)を有する急性骨髄性白血病

    南野 智, 萩原 潔通, 坂部 真奈美, 岡村 浩史, 稲葉 晃子, 永田 友貴, 西本 光孝, 康 秀男, 中尾 吉孝, 中根 孝彦, 中前 博久, 下野 太郎, 日野 雅之

    臨床血液   54 ( 4 )   397 - 402   2013年04月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    症例は20歳女性。口渇,多飲,多尿が出現し,近医で白血球増多と貧血を認めたため当科に転院となった。骨髄検査ではミエロペルオキシダーゼ陽性芽球66.8%と3系統の異形成を認め,染色体検査ではinv(3)(q21q26.2),-7を認めたため,染色体-7を有したinv(3)(q21q26.2)を伴うAMLと診断した。一方,低張性多尿とADH低値を認め,髄液検査には異常所見を認めなかったが,頭部MRIではT1で下垂体後葉の高信号が消失していた。これらより中枢性尿崩症と診断し,デスモプレッシン点鼻を開始したところ尿量は減少した。AMLに対して2度の大量AraC療法を施行した結果,骨髄は寛解となった。さらに頭部MRIでは下垂体後葉の高信号が回復し,尿量は正常化した。その後デスモプレッシンを中止するも尿崩症の再燃は認めていない。中枢性尿崩症を合併したAMLは稀であるが,その中ではinv(3)(q21q26.2)/t(3;3)(q21;q26.2)と-7を有する症例が多く,今後,この疾患の病態・治療法の解明が望まれる。(著者抄録)

  • Dasatinib Maintenance Therapy after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation for an Isolated Central Nervous System Blast Crisis in Chronic Myelogenous Leukemia 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Koh Ki-Ryang, Kosaka Saori, Matsumoto Kana, Morita Kunihiko, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    ACTA HAEMATOLOGICA   130 ( 2 )   111 - 114   2013年( ISSN:0001-5792

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000347158

    PubMed

  • Use of per Rectal Portal Scintigraphy to Detect Portal Hypertension in Sinusoidal Obstructive Syndrome following Unrelated Cord Blood Transplantation 査読

    Okamura Hiroshi, Hayashi Yoshiki, Nakamae Hirohisa, Shiomi Susumu, Nishimoto Mitsutaka, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Hino Masayuki

    ACTA HAEMATOLOGICA   130 ( 2 )   83 - 86   2013年( ISSN:0001-5792

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000346438

    PubMed

  • Prognostic Value for Survival of Serum Ferritin Levels Over Time After Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Nakamae Mika, Nakamae Hirohisa, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Hino Masayuki

    BLOOD   120 ( 21 )   2012年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prognostic Value for Survival of Serum Ferritin Levels Over Time After Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Nakamae Mika, Nakamae Hirohisa, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Hino Masayuki

    BLOOD   120 ( 21 )   2012年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 同種骨髄移植後のヒトヘルペスウイルス6(HHV6)脳脊髄炎による遷延性洞性頻脈(Prolonged Sinus Tachycardia Caused by Human Herpesvirus 6 (HHV6) Encephalomyelitis after Allogeneic Bone Marrow Transplantation) 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Mizuki, Nanno Satoru, Yoshimura Takuro, Inaba Akiko, Hagihara Kiyoyuki, Nakamae Mika, Hirose Asao, Nakao Yoshitaka, Terada Yoshiki, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   51 ( 10 )   1265 - 1267   2012年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例はフィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ性白血病の19歳男性で、非血縁骨髄ドナーからの同種造血幹細胞移植を受けた。移植後20日めに意識障害および見当識障害が出現した。脳脊髄液検査にてHHV6Bが検出され、下肢の電撃痛・そう痒や排尿困難・排便困難などの症状がみられたことからHHV6脳脊髄炎と診断された。同時に洞性頻脈がみられた。ホスカルネット治療により血漿および脳脊髄液からHHV6ゲノムが消失しても、洞性頻脈は更に100日間続いた。HHV6脳脊髄炎による自律神経障害により遷延性の洞性頻脈が発生したと考えられた。

  • 同種骨髄移植後のヒトヘルペスウイルス6(HHV6)脳脊髄炎による遷延性洞性頻脈(Prolonged Sinus Tachycardia Caused by Human Herpesvirus 6 (HHV6) Encephalomyelitis after Allogeneic Bone Marrow Transplantation) 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Mizuki, Nanno Satoru, Yoshimura Takuro, Inaba Akiko, Hagihara Kiyoyuki, Nakamae Mika, Hirose Asao, Nakao Yoshitaka, Terada Yoshiki, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   51 ( 10 )   1265 - 1267   2012年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例はフィラデルフィア染色体陽性の急性リンパ性白血病の19歳男性で、非血縁骨髄ドナーからの同種造血幹細胞移植を受けた。移植後20日めに意識障害および見当識障害が出現した。脳脊髄液検査にてHHV6Bが検出され、下肢の電撃痛・そう痒や排尿困難・排便困難などの症状がみられたことからHHV6脳脊髄炎と診断された。同時に洞性頻脈がみられた。ホスカルネット治療により血漿および脳脊髄液からHHV6ゲノムが消失しても、洞性頻脈は更に100日間続いた。HHV6脳脊髄炎による自律神経障害により遷延性の洞性頻脈が発生したと考えられた。

  • 好酸球増加症は重症度に関係なく同種造血幹細胞移植後の良好な転帰に関連する(Eosinophilia, Regardless of Degree, is Related to Better Outcomes after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation) 査読

    Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Hirose Asao, Nakamae Mika, Koh Hideo, Hayashi Yoshiki, Nishimoto Mitsutaka, Umemoto Yukari, Yoshimura Takuro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Yoshida Masahiro, Ichihara Hiroyoshi, Aimoto Mizuki, Terada Yoshiki, Nakao Yoshitaka, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   51 ( 8 )   851 - 858   2012年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    好酸球増加症の重症度が同種造血幹細胞移植(allo-HCT)後の転帰に及ぼす影響について検討した。allo-HCTを実施した血液悪性腫瘍の患者144例を対象とした。幹細胞源は84例が骨髄、32例が末梢血幹細胞、28例が臍帯血であった。112例が骨髄破壊的前処置を受け、49例はハイリスク疾患であった。Semi-landmark解析を行って好酸球増加症の影響を検討した。移植後47日(中央値)で63例(44%)に好酸球増加症が発現した。好酸球増加症を発現した患者の3年全生存率(OS)は、好酸球増加症のない患者よりも有意に高く、3年再発率は有意に低かった。好酸球増加症を軽度群と重度群に分類した後の解析では、3年OSがそれぞれ68%と65%、3年再発率が31%と28%であった。多変量解析の結果、好酸球増加症は再発率の低さと有意に関連しており、同様の傾向は軽度群と重度群別の解析でも認められた。allo-HCT後の好酸球増加症は、重症度に関係なく、高いOSと低い再発率に関連することが示唆された。

  • 好酸球増加症は重症度に関係なく同種造血幹細胞移植後の良好な転帰に関連する(Eosinophilia, Regardless of Degree, is Related to Better Outcomes after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation) 査読

    Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Hirose Asao, Nakamae Mika, Koh Hideo, Hayashi Yoshiki, Nishimoto Mitsutaka, Umemoto Yukari, Yoshimura Takuro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Yoshida Masahiro, Ichihara Hiroyoshi, Aimoto Mizuki, Terada Yoshiki, Nakao Yoshitaka, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   51 ( 8 )   851 - 858   2012年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    好酸球増加症の重症度が同種造血幹細胞移植(allo-HCT)後の転帰に及ぼす影響について検討した。allo-HCTを実施した血液悪性腫瘍の患者144例を対象とした。幹細胞源は84例が骨髄、32例が末梢血幹細胞、28例が臍帯血であった。112例が骨髄破壊的前処置を受け、49例はハイリスク疾患であった。Semi-landmark解析を行って好酸球増加症の影響を検討した。移植後47日(中央値)で63例(44%)に好酸球増加症が発現した。好酸球増加症を発現した患者の3年全生存率(OS)は、好酸球増加症のない患者よりも有意に高く、3年再発率は有意に低かった。好酸球増加症を軽度群と重度群に分類した後の解析では、3年OSがそれぞれ68%と65%、3年再発率が31%と28%であった。多変量解析の結果、好酸球増加症は再発率の低さと有意に関連しており、同様の傾向は軽度群と重度群別の解析でも認められた。allo-HCT後の好酸球増加症は、重症度に関係なく、高いOSと低い再発率に関連することが示唆された。

  • Prolonged Sinus Tachycardia Caused by Human Herpesvirus 6 (HHV6) Encephalomyelitis after Allogeneic Bone Marrow Transplantation 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Hayashi Yoshiki, Koh Hideo, Nakane Takahiko, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Mizuki, Nanno Satoru, Yoshimura Takuro, Inaba Akiko, Hagihara Kiyoyuki, Nakamae Mika, Hirose Asao, Nakao Yoshitaka, Terada Yoshiki, Hino Masayuki

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   51 ( 10 )   1265 - 1267   2012年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A 19-year-old man with Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia received an allogeneic hematopoietic cell transplant with unrelated bone marrow. On day 20, the patient developed impaired consciousness and disorientation. Examination of the cerebrospinal fluid showed 2&times;10<sup>4</sup> copies/mL of HHV6B. HHV6 encephalitis was diagnosed, as had HHV6 myelitis based on symptoms that included lancinating pain/pruritus in the lower limbs and dysuria/dyschezia. Concurrently, he showed sinus tachycardia. Even after clearance of the HHV6 genome from the plasma and CSF was achieved by treatment with foscarnet, sinus tachycardia persisted for another 100 days. We suspected prolonged sinus tachycardia due to dysautonomia caused by HHV6 encephalomyelitis.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.51.6640

    PubMed

    CiNii Article

  • Eosinophilia, Regardless of Degree, is Related to Better Outcomes after Allogeneic Hematopoietic Stem Cell Transplantation 査読

    Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Hirose Asao, Nakamae Mika, Koh Hideo, Hayashi Yoshiki, Nishimoto Mitsutaka, Umemoto Yukari, Yoshimura Takuro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Yoshida Masahiro, Ichihara Hiroyoshi, Aimoto Mizuki, Terada Yoshiki, Nakao Yoshitaka, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   51 ( 8 )   851 - 858   2012年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>Objective</b> Several recent studies report that, after allogeneic hematopoietic cell transplantation (allo-HCT), eosinophilia is a favorable factor for transplant outcomes. However, whether the degree of eosinophilia influences transplant outcomes is yet to be established.<br> <b>Methods</b> We studied 144 patients with hematological malignancy who received allo-HCT at our institution. The stem cell sources were bone marrow in 84 patients, peripheral blood stem cells in 32 patients, and cord blood in 28 patients. One hundred and twelve patients underwent myeloablative conditioning and 49 patients had high-risk disease. We performed semi-landmark analysis to examine the influence of eosinophilia.<br> <b>Results</b> Eosinophilia developed at a median of 47 days after transplantation in 63 patients (44%). The patients with eosinophilia showed significantly better overall survival (OS) and a lower relapse rate at three years, compared to those without eosinophilia (66% vs 55%, p=0.04 and 30% vs 50%, p=0.002). On analysis following division into groups with mild (500-1,500&times;10<sup>6</sup>/L) and hyper- (>1,500&times;10<sup>6</sup>/L) eosinophilia, three-year OS and relapse rates were 68% and 65% (p=0.92), and 31% and 28% (p=0.90), respectively. On multivariate analysis, eosinophilia was significantly associated with lower relapse rates [HR: 0.5 (95% CI: 0.3-0.9), p=0.01] and the same trend was preserved in the analysis of the mild and hyper-eosinophilic groups.<br> <b>Conclusion</b> The results suggest that eosinophilia after allo-HCT was associated with better OS and a lower relapse rate, regardless of the levels. The mechanism of this effect is still unclear, and requires study of the pathophysiological process to clarify the relationship between the higher levels of eosinophilia after allo-HCT and organ infiltration.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.51.6726

    PubMed

    CiNii Article

  • Immunoglobulin Prophylaxis Against Cytomegalovirus Infection in Patients at High Risk of Infection Following Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Ichihara H., Nakamae H., Hirose A., Nakane T., Koh H., Hayashi Y., Nishimoto M., Nakamae M., Yoshida M., Bingo M., Okamura H., Aimoto M., Manabe M., Hagihara K., Terada Y., Nakao Y., Hino M.

    TRANSPLANTATION PROCEEDINGS   43 ( 10 )   3927 - 3932   2011年12月( ISSN:0041-1345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2011.08.104

    PubMed

  • Immunoprofile of Patients with Chronic Myeloid Leukemia Treated with Imatinib, Nilotinib or Dasatinib 査読

    Hayashi Yoshiki, Nakamae Hirohisa, Katayama Takako, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Mika, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Mizuki, Manabe Masahiro, Yoshimura Takuro, Inaba Akiko, Nanno Satoshi, Hagihara Kiyoyuki, Nakao Yoshitaka, Terada Yoshiki, Hino Masayuki

    BLOOD   118 ( 21 )   1607 - 1607   2011年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Risk Factors Affecting Cardiac Left Ventricular Systolic and Diastolic Function and Hypertrophy in the Chronic Phase Post-Allogeneic Hematopietic Cell Transplantation 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Hayashi Yoshiki, Nakamae Mika, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Mizuki, Manabe Masahiro, Yoshimura Takuro, Inaba Akiko, Nanno Satoshi, Hirose Asao, Hagihara Kiyoyuki, Nakao Yoshitaka, Terada Yoshiki, Hino Masayuki

    BLOOD   118 ( 21 )   873 - 873   2011年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Immunoprofile of Patients with Chronic Myeloid Leukemia Treated with Imatinib, Nilotinib or Dasatinib 査読

    Hayashi Yoshiki, Nakamae Hirohisa, Katayama Takako, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Mika, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Mizuki, Manabe Masahiro, Yoshimura Takuro, Inaba Akiko, Nanno Satoshi, Hagihara Kiyoyuki, Nakao Yoshitaka, Terada Yoshiki, Hino Masayuki

    BLOOD   118 ( 21 )   1607 - 1607   2011年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Risk Factors Affecting Cardiac Left Ventricular Systolic and Diastolic Function and Hypertrophy in the Chronic Phase Post-Allogeneic Hematopietic Cell Transplantation 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Koh Hideo, Hayashi Yoshiki, Nakamae Mika, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Mizuki, Manabe Masahiro, Yoshimura Takuro, Inaba Akiko, Nanno Satoshi, Hirose Asao, Hagihara Kiyoyuki, Nakao Yoshitaka, Terada Yoshiki, Hino Masayuki

    BLOOD   118 ( 21 )   873 - 873   2011年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Factors that contribute to long-term survival in patients with leukemia not in remission at allogeneic hematopoietic cell transplantation 査読

    Koh Hideo, Nakamae Hirohisa, Hagihara Kiyoyuki, Nakane Takahiko, Manabe Masahiro, Hayashi Yoshiki, Nishimoto Mitsutaka, Umemoto Yukari, Nakamae Mika, Hirose Asao, Inoue Eri, Inoue Atsushi, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Ran, Aimoto Mizuki, Terada Yoshiki, Koh Ki-Ryang, Yamane Takahisa, Ohsawa Masahiko, Hino Masayuki

    JOURNAL OF EXPERIMENTAL & CLINICAL CANCER RESEARCH   30   36   2011年04月( ISSN:1756-9966

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-9966-30-36

    PubMed

  • Reduced-intensity conditioning by fludarabine/busulfan without additional irradiation or T-cell depletion leads to low non-relapse mortality in unrelated bone marrow transplantation 査読

    NAKANE Takahiko, NAKAMAE Hirohisa, KOH Hideo, NAKAMAE Mika, HAYASHI Yoshiki, NISHIMOTO Mitsutaka, YOSHIMURA Takuro, INOUE Eri, INOUE Atsushi, AIMOTO Ran, AIMOTO Mizuki, TERADA Yoshiki, KOH Ki-Ryang, YAMANE Takahisa, HINO Masayuki

    International journal of hematology   93 ( 4 )   509 - 516   2011年04月( ISSN:09255710

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Reduced-intensity conditioning by fludarabine/busulfan without additional irradiation or T-cell depletion leads to low non-relapse mortality in unrelated bone marrow transplantation 査読

    NAKANE Takahiko, NAKAMAE Hirohisa, KOH Hideo, NAKAMAE Mika, HAYASHI Yoshiki, NISHIMOTO Mitsutaka, YOSHIMURA Takuro, INOUE Eri, INOUE Atsushi, AIMOTO Ran, AIMOTO Mizuki, TERADA Yoshiki, KOH Ki-Ryang, YAMANE Takahisa, HINO Masayuki

    International journal of hematology   93 ( 4 )   509 - 516   2011年04月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 非血縁者間骨髄移植における追加的放射線照射およびT細胞除去を伴わないフルダラビン/ブスルファンによる骨髄非破壊的前処置は無再発死亡率を低下させる(Reduced-intensity conditioning by fludarabine/busulfan without additional irradiation or T-cell depletion leads to low non-relapse mortality in unrelated bone marrow transplantation) 査読

    Nakane Takahiko, Nakamae Hirohisa, Koh Hideo, Nakamae Mika, Hayashi Yoshiki, Nishimoto Mitsutaka, Yoshimura Takuro, Inoue Eri, Inoue Atsushi, Aimoto Ran, Aimoto Mizuki, Terada Yoshiki, Koh Ki-Ryang, Yamane Takahisa, Hino Masayuki

    (一社)日本血液学会 International Journal of Hematology   93 ( 4 )   509 - 516   2011年04月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    全身照射(TBI)およびT細胞除去を行わない、フルダラビンとブスルファンによる前処置に続く骨髄を用いた非血縁ドナーからの骨髄非破壊的同種幹細胞移植(u-RIST)の成績を報告した。患者31名(年齢中央値53歳)をレトロスペクティブに検討した。25名(81%)はHLA-A、-Bおよび-DRB1アレル一致ドナーから移植された。全例で好中球生着が確認された。グレードII〜IVの急性GVHDの発現率は42%であった。急性GVHD患者の77%は初回の高用量ステロイド全身投与のみで改善した。2年全生存率および無再発生存率はそれぞれ62%、53%であった。2年間の無再発死亡率は10%と、比較的低かった。ある患者集団においてTBIおよびT細胞除去を用いないu-RISTは移植の予後を改善する。

  • Factors That Contribute to Long-Term Survival In Patients with Leukemia Not In Remission at Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Koh Hideo, Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Manabe Masahiro, Hayashi Yoshiki, Nishimoto Mitsutaka, Umemoto Kaori, Nakamae Mika, Hirose Asao, Inoue Eri, Inoue Atsushi, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Ran, Aimoto Mizuki, Terada Yoshiki, Koh Ki-Ryang, Yamane Takahisa, Hino Masayuki

    BLOOD   116 ( 21 )   1460 - 1460   2010年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Factors That Contribute to Long-Term Survival In Patients with Leukemia Not In Remission at Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation 査読

    Koh Hideo, Nakamae Hirohisa, Nakane Takahiko, Manabe Masahiro, Hayashi Yoshiki, Nishimoto Mitsutaka, Umemoto Kaori, Nakamae Mika, Hirose Asao, Inoue Eri, Inoue Atsushi, Yoshida Masahiro, Bingo Masato, Okamura Hiroshi, Aimoto Ran, Aimoto Mizuki, Terada Yoshiki, Koh Ki-Ryang, Yamane Takahisa, Hino Masayuki

    BLOOD   116 ( 21 )   1460 - 1460   2010年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 進行期白血病に対する静注Busulfan(Busulfex)+Cyclophosphamide+Total Lymphoid Irradiationを用いたModified Myeloablative Conditioningによる同種造血幹細胞移植 査読

    中前 博久, 寺田 芳樹, 中根 孝彦, 康 秀男, 中前 美佳, 相本 蘭, 廣瀬 朝生, 林 良樹, 西本 光孝, 井上 恵里, 吉村 卓朗, 井上 敦司, 高 起良, 山根 孝久, 日野 雅之

    (株)癌と化学療法社 癌と化学療法   37 ( 9 )   1691 - 1695   2010年09月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    同種造血幹細胞移植の移植前処置の強度の最適化を検討する目的で静注busulfan 8mg/kg+cyclophosphamide 120mg/kg+total lymphoid irradiation(TLI)7.5Gyによるmodified myeloablative conditioning regimenにて進行期の急性、慢性白血病9例に対して同種造血幹細胞移植を行った。年齢の中央値は30(18〜59)歳。造血幹細胞源は血縁骨髄2例、血縁末梢血幹細胞1例、非血縁骨髄6例。急性graft-versus-host disease(GVHD)予防はcyclosporin+短期methotrexate療法で行った。急性GVHDは9人中6例(67%)に出現し、全例でgrade 2であった。広範型慢性GVHDは評価可能症例7例中3例に認められた。移植後観察期間中央値は813(248〜1702)日で、9例中5例で移植後に原疾患の再発、再燃を認めたが、移植後100日以内の再発例はなかった。移植全観察期間を通じて移植関連死亡は認めなかった。2年の全生存率は88.9%、無病生存率は50.0%であった。今回の結果から骨髄破壊的前処置を最適化することによって、移植関連死亡を減少させると同時に病勢をコントロールし得る至適な移植前処置が存在する可能性があると考えられた。(著者抄録)

  • The gravitation of the moon plays pivotal roles in the occurrence of the acute myocardial infarction.

    Wake R, Yoshikawa J, Haze K, Otani S, Yoshimura T, Toda I, Nishimoto M, Kawarabayashi T, Tanaka A, Shimada K, Iida H, Takeuchi K, Yoshiyama M

    Environmental health insights   1   63 - 6   2008年10月( ISSN:1178-6302

     詳細を見る

  • Prevalence and clinical course of the juveniles with Brugada-type ECG in Japanese population.

    Oe H, Takagi M, Tanaka A, Namba M, Nishibori Y, Nishida Y, Kawarabayashi T, Yoshiyama M, Nishimoto M, Tanaka K, Yoshikawa J

    Pacing and clinical electrophysiology : PACE   28 ( 6 )   549 - 54   2005年06月( ISSN:0147-8389

▼全件表示

書籍等出版物

  • 同種造血幹細胞移植ポケットマニュアル (第4版改訂)

    ( 担当: 分担執筆)

    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科  2021年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:238   担当ページ:103-113  

  • 同種造血幹細胞移植ポケットマニュアル (第4版改訂)

    ( 担当: 分担執筆)

    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科  2021年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:238   担当ページ:103-113  

  • 造血器腫瘍学(第2版)-基礎と臨床の最新研究動向-

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 造血器腫瘍の診断と治療 )

    (株)日本臨床社  2020年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:774   担当ページ:193-197  

  • みんなに役立つ造血幹細胞移植の基礎と臨床(改定3版)

    神田善伸( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 自家・同種骨髄・末梢血幹細胞の採取方法、ドナーの安全管理)

    医薬ジャーナル社  2016年07月 

     詳細を見る

    担当ページ:275-283   著書種別:教科書・概説・概論  

  • みんなに役立つ造血幹細胞移植の基礎と臨床(改定3版)

    神田善伸( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 自家・同種骨髄・末梢血幹細胞の採取方法、ドナーの安全管理)

    医薬ジャーナル社  2016年07月 

     詳細を見る

    担当ページ:275-283   著書種別:教科書・概説・概論  

  • 同種造血幹細胞移植ポケットマニュアル (第2版改訂)

    ( 担当: 分担執筆)

    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科  2014年10月 

  • 同種造血幹細胞移植ポケットマニュアル (第2版改訂)

    ( 担当: 分担執筆)

    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科  2014年10月 

▼全件表示

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

▼全件表示

担当教育概要

  • 血液疾患

担当授業科目

  • M4 学生講義 白血病・MDS

    2022年度   集中講義   大学

  • M4 学生講義 血液・造血器 臨床推論 ワークショップ

    2022年度   集中講義   大学

  • M5CC 血液内科 CV実習

    2022年度   隔週奇数   大学

  • 臨床病態学II 血液腫瘍制御学 白血病

    2022年度   集中講義   大学院

  • M4 学生講義 白血病・MDS

    2021年度   集中講義   大学

  • M5CC 血液内科 CV実習

    2021年度   隔週奇数   大学

  • M4 学生講義 白血病・MDS

    2020年度   集中講義   大学

  • 臨床病態学II 血液腫瘍制御学 白血病

    2020年度   集中講義   大学院

  • M5CC 血液内科 CV実習

    2020年度   隔週奇数   大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • M4 学生講義 白血病・MDS

    2022年04月
    -
    2023年03月
    機関名:大阪公立大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • M5CC 血液内科 CV実習

    2022年04月
    -
    2023年03月
    機関名:大阪公立大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • M4 学生講義 血液・造血器 臨床推論 ワークショップ

    2022年04月
    -
    2023年03月
    機関名:大阪公立大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • M4 学生講義 白血病・MDS

    2021年04月
    -
    2022年03月
    機関名:大阪市立大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • M5CC 血液内科 CV実習

    2021年04月
    -
    2022年03月
    機関名:大阪市立大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • M4 学生講義 白血病・MDS

    2020年04月
    -
    2021年03月
    機関名:大阪市立大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • M5CC 血液内科 CV実習

    2020年04月
    -
    2021年03月
    機関名:大阪市立大学

     詳細を見る

    国名:日本国

  • 血液内科

    2020年
    -
    継続中

     詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

社会貢献活動

  • 造血幹細胞移植推進拠点病院セミナー

    役割:講師

    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科  2016年08月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 造血幹細胞移植推進拠点病院セミナー

    役割:講師

    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科  2016年01月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 造血幹細胞移植推進拠点病院セミナー

    役割:講師

    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科  2015年07月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 造血幹細胞移植推進拠点病院セミナー

    役割:講師

    大阪市立大学医学部附属病院 血液内科・造血細胞移植科  2014年10月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 若手医師のための同種造血幹細胞移植集中セミナー

    役割:講師

    グランフロント大阪   2014年03月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

その他

  • 職務経歴

    2020年01月 - 2020年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 血液腫瘍制御学 病院講師

  • 職務経歴

    2014年04月 - 2017年09月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 血液腫瘍制御学 病院講師