2022/09/21 更新

写真a

ナカジマ シゲヨシ
中島 重義
NAKAJIMA Shigeyoshi
担当
大学院情報学研究科 基幹情報学専攻 准教授
工学部 情報工学科
職名
准教授
所属
情報学研究院

担当・職階

  • 大学院情報学研究科 基幹情報学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 情報工学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 工学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • 情報通信 / 計算機システム  / 計算機視覚

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

研究キーワード

  • 画像処理 信号処理 人工生命 人工神経網学習

研究概要

  • カメラやビデオで撮った静止画や動画を処理して必要な情報を得る。 あるいは、音楽データや加速度センサや赤外線センサなどのデータも処理する。 データの処理の方法には生物の遺伝子の進化を応用した手法や、人間の脳細胞の動きを応用した手法を使う。 研究成果の応用には人の健康の判断や人の動作や姿勢の判断に使い、見守りや監視、医療にも応用する。

研究歴

  • 加速度計と周波数解析による人間の行動の解析

    加速度計、人間の行動、周波数解析  機関内共同研究

    2007年04月 

  • 3D表面形状からの人間の動作の解析

    動作の解析、3D表面形状  機関内共同研究

    2010年04月 

  • 動画像からの形状認識に関する研究

    動画像、動きからの形状、ハフ変換  個人研究

    1900年04月 

  • 整形外科レントゲン画像の解析

    THA、摩耗、遺伝的アルゴリズム  国内共同研究

    1900年04月 

所属学協会

  • 日本臨床バイオメカニクス学会

      国内

  • 情報処理学会

      国内

  • IEEE

      国外

  • 電子情報通信学会

      国内

  • 情報処理学会

      国内

  • 日本コンピュータ外科学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 関西支部幹事   情報処理学会  

    2006年 

受賞歴

  • 電気関係学会関西支部連合大会奨励賞

    1990  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

学歴

  • 京都大学   工学研究科   電気工学第二   博士課程  

    - 1987年

  • 京都大学   工学部   電気工学第二    

    - 1982年

論文

  • 2D-3D GA Matching between CT and Roentgen Imaging of Scapula Focusing on Acromion and Angulus Inferior 査読

    Shigeyoshi Nakajima , Mitsuhiko Ikebuchi

    ICIC Express Letters, Part B: Applications   11 ( 1 )   75 - 84   2020年01月( ISSN:2185-2766

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    A dynamic 3D motion analysis of bones in vivo is one of very interested themes. We used GA(genetic algorithm) for 2D-3D matching of 3D position and rotation of a scapula and a 2D contour of a scapula in a Roentgen image as a previous research. The name of our software is GANESHA (Genetic Algorithm with Numeric Engine for SHoulder Ability). In the work our system search 6DOF of a scapula. But a search in 6-dimension space is very difficult. We here propose a method to search 2 DOF with fixed 4 (= 2×2)DOF. 4 DOF are calculated from 2D positions of an acromion and an angulus inferior which are observed with stability in Roentgen images and are pointed by user operations. It is easier for users to search in 2D space than to search in 6D space.

    DOI: 10.24507

  • 集積とフーリエ変換を用いた監視カメラの動画からの歩行者の同定

    -

    ICIC Express Letters, Part B: Applications   8 ( 2 )   297 - 303   2017年02月( ISSN:2185-2766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Detection of Falling from 3D Acceleration of Wearable Sensor Using Wavelet

    Sosuke Itoh

    ICIC Express Letters, Part B: Applications   5 ( 2 )   371 - 376   2014年04月( ISSN:2185-2766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matching between Ellipsoid Model and 3D Points Using Gaussian Function for Measurement of Angle of Human Joint

    Mitsuhiko Ikebuchi

    ICIC Express Letters,   17 ( 6 )   1833 - 1838   2013年06月( ISSN:1881-803X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Accuracy of Distance of Registration in Orthopedic Navigation System with Visible Radiation 3D Tracking Using X-ray Fluoroscopy Images and CT Images,

    Mitsuhiko Ikebuchi and Takashi Toriu

    ICIC Express Letters   5 ( 10 )   3845 - 3858   2011年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Band Pass Filtering at Harmonics for Visualization of 3D trajectory of Human Periodical Walking Motion from Wearable Accelerometer Data

    Mitsuhiko Ikebuchi ,Takashi Toriu

    ICIC Express Letters Part B: Applications   2 ( 3 )   553 - 558   2011年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of Absolute Size of Moving Object Using an Omnidirectional Sensor Camera and Laser Range Sensor

    Yuuki Fukui, Takashi Toriu

    ICIC Express Letters   4 ( 6(B) )   2451 - 2456   2010年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頸椎手術前後における歩行時の身体動揺の評価 ウェアラブル加速度計と重心動揺計を用いた検討

    赤松波子, 今久保伸二, 加藤良一, 中土保, 中島重義, 岩城啓好, 池渕充彦, 寺井秀富, 高岡邦夫

    日本臨床バイオメカニクス学会誌   30   161 - 166   2009年( ISSN:1340-9018

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Analysis of Gait in Stroke Patients with Hemiplegia Using a Wearable Accelerometer(和訳中) 査読

    Nakatsuchi Tamotsu, Ikebuchi Mitsuhiko, Nishikawa Tomoya, Sugahara Tetsuya, Nakajima Shigeyoshi, Morimoto Masanobu, Nakamura Hiroaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   66   31 - 37   2020年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 2D-3D GA Matching between CT and Roentgen Imaging of Scapula Focusing on Acromion and Angulus Inferior 査読

    Shigeyoshi Nakajima, Mitsuhiko Ikebuchi

    ICIC Express Letters, Part B: Applications   11 ( 1 )   75 - 84   2020年01月( ISSN:2185-2766

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A dynamic 3D motion analysis of bones in vivo is one of very interested themes. We used GA(genetic algorithm) for 2D-3D matching of 3D position and rotation of a scapula and a 2D contour of a scapula in a Roentgen image as a previous research. The name of our software is GANESHA (Genetic Algorithm with Numeric Engine for SHoulder Ability). In the work our system search 6DOF of a scapula. But a search in 6-dimension space is very difficult. We here propose a method to search 2 DOF with fixed 4 (= 2×2)DOF. 4 DOF are calculated from 2D positions of an acromion and an angulus inferior which are observed with stability in Roentgen images and are pointed by user operations. It is easier for users to search in 2D space than to search in 6D space.

  • 体幹加速度のスペクトル解析結果を用いた人工股関節全置換術後患者の歩容解析 査読

    米田 昌弘, 池渕 充彦, 福田 寛二, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義, 中村 博亮

    一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会論文集   85 ( 877 )   19 - 00103-19-00103   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>The purpose of this study is to investigate the gait improvement for patients after total hip arthroplasty (THA) by using accelerometers attached to the trunk of body before and after surgery (initial gait after THA, in hospital, at discharge, 3 months after THA, 6 months after THA, 1 year after THA). Thirty patients (mean age 61.1 ± 11.1 years old) were selected. Twelve healthy subjects (mean age 24.1 ± 2.6 years old) were also selected as a control group. Dynamic load factor (DLF) corresponding to the vertical walking force and lateral displacement of the trunk are calculated using power spectrum density for time history trunk signals measured by the accelerometers. The parameter PR in the fore and posterior directions is also obtained which is defined as the power spectrum ratio of 0.5<i>fw</i> to <i>fw</i> component where 0.5<i>fw</i> is half frequency component of the gait cycle <i>fw</i>. Based on these results, it was confirmed that the parameter PR in the fore and posterior directions, DLF in the vertical direction and lateral displacement of the trunk were the useful evaluation indices in order to evaluate the gait improvement for THA postoperative patients.</p>

    DOI: 10.1299/transjsme.19-00103

    CiNii Article

  • 脳卒中片麻痺患者の歩行分析における加速度計の有用性の検討 査読

    菅原 鉄矢, 森本 昌延, 藤井 良憲, 池渕 充彦, 中村 博亮, 中土 保, 中島 重義, 弓永 久哲

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス   38   319 - 323   2017年10月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    介助なく歩行可能な片麻痺患者29名を対象としてwearable加速度計IMU-Z(ZMP社)による歩行分析を行い、健常者40名と群間比較した。IMU-Zは「3軸加速度」と「3軸ジャイロ」および「3軸磁気」を測定できるが、今回はこれらの中で「3軸加速度」の値を使うこととし、3軸X-Y-Zの方向がそれぞれ被験者の前後・左右・上下の方向に合うようにIMU-Zを装着した。分析の結果、片麻痺患者群は健常群に比べて前後・左右・上下の全方向で歩行時の動揺が大きく、特に左右の動揺の制御が不十分であることが示唆された。片麻痺患者群の中ではブルンストロームステージが高位であるほど動揺は小さかったが、それでも健常群よりは大きく、片麻痺患者の歩行分析における加速度計の有用性が示唆された。

  • リバース型人工肩関節置換術術後の経時的動態解析 査読

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 池淵 充彦, 中島 重義, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    (一社)日本肩関節学会 肩関節   41 ( 2 )   581 - 585   2017年09月( ISSN:0910-4461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    肩関節運動は,肩甲胸郭リズムと肩甲上腕リズムの密接な関連性により構成されており,両リズムに肩甲骨運動は重要な役割を担っている.正常肩における肩甲骨の動態解析に関する報告は散見されるが,リバース型人工肩関節置換術(以下,RSA)術後の肩甲骨の動態解析に関する情報は渉猟し得ない.今回我々は,THAナビゲーションに用いられている2D-3Dマッチング法を応用し新たに開発された肩関節動態解析ソフト(以下,GANESHA)を利用して,経時的なRSA術後の動態解析を行ったので報告する.対象は当科においてRSAを施行し,術後12ヵ月以上の経過観察が可能であった5例5肩(女性2例,男性3例)手術時平均年齢75.2歳(70〜79歳)であった.術後3ヵ月,術後6ヵ月,術後12ヵ月に肩甲骨面上で,自動挙上0°,30°,60°,90°にて透視下にX線撮影を行った.術前のCT画像より得られた肩甲骨の三次元画像を利用しGANESHAを利用してセミオートマティックに肩甲骨の上方回旋角,外旋角,後方傾斜角の変化量の測定を行った.術後3ヵ月時,術後6ヵ月時,術後12ヵ月の自動挙上30°,60°,90°における肩甲骨3次元動態解析において,上方回旋角,外旋角,後方傾斜角に有意な差はみられなかった.RSA術後の経時的な肩関節挙上運動時の肩甲骨の動態解析により,術後肩甲骨の位置は術後3ヵ月以降に有意な変化はみられないと考えられた.(著者抄録)

  • Tracking of Person from Moving Images Taken by Sparsely Distributed Cameras Using MSER and GEI.

    Koutarou Takemura

    ICIC Express Letters   10 ( 3 )   745 - 749   2016年03月( ISSN:1881-803X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 人の脳障害のあるなしによる歩容の力の高調波の傾斜分布

    Mitsuhiko Ikebuchi

    Proc of ICCA2016(14th Int'l Conf. on Computer Applications)   pp.228-233   2016年02月

  • B-18-64 920MHz帯無線マルチホップネットワークを用いた屋外位置推定実験(B-18.知的環境とセンサネットワーク,一般セッション) 査読

    辻岡 哲夫, 古里 麻依, 手塚 耕平, 中島 重義, 小谷 博之, 高橋 泰宏

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会総合大会講演論文集   2015 ( 2 )   2015年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Advantages of externally powered prosthesis with feedback system using pseudo-cineplasty 査読

    Nambu Seiji, Ikebuchi Mitsuhiko, Taniguchi Masashi, Park Choong Sik, Kitagawa Takahiro, Nakajima Shigeyoshi, Koike Tatsuya

    JOURNAL OF REHABILITATION RESEARCH AND DEVELOPMENT   51 ( 7 )   1095 - 1101   2014年( ISSN:0748-7711

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1682/JRRD.2013.03.0067

  • Wearable加速度計を用いた三次元的な歩行時重心動揺評価 査読

    池渕 充彦, 岩城 啓好, 中村 博亮, 中土 保, 加藤 良一, 赤松 波子, 今久保 伸二, 中島 重義

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス   33   433 - 438   2012年10月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    離散フーリエ変換を用いた歩行時重心動揺の三次元的評価手法を開発し、その正確性を検討した。ボランティアの健常男性10例25Trialを対象とした。wearable加速度計による各軸方向の最大振幅は、Lateral方向18.7±6.0mm、Forward-Back方向11.7±2.8mm、Vertical方向13.1±3.8mmで、VICONによる各軸方向の最大振幅は、Lateral方向25.9±5.8mm、Forward-Back方向12.8±5.7mm、Vertical方向14.9±3.6mmであった。Pearsonの相関係数は、Lateral方向、Forward-Back方向、Vertical方向で強い相関関係を認めた。第1ピーク周波数から算出したStride timeは、wearable加速度計において1.05±0.04秒、VICONにおいて1.06±0.06秒で強い相関関係を認めた。

  • 寛骨臼回転骨切り術の三次元術前計画とナビゲーションへの応用 査読

    池渕 充彦, 岩城 啓好, 羅 建華, 南 義人, 吉田 拓, 箕田 行秀, 中村 博亮, 中島 重義

    日本股関節学会 Hip Joint   38   166 - 170   2012年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    寛骨臼回転骨切り術(RAO)の三次元術前計画とナビゲーションへの応用について検討した。RAOコンピュータ支援手法は、三次元術前計画を含めたコンピュータシミュレーションと、計画を実際の術野に反映させる術中ナビゲーションから構成される。臼蓋形成不全の患者3患者3関節に対し、コンピュー夕支援下にRAOを施行した。術前・術後4週目に骨盤正面X線・骨盤CTを撮影し、X線学的評価を行った。3例ともRAO施行によりCEA・AHIともに改善を認めた。臼蓋骨頭荷重面積比は、3例ともRAO施行により著明な改善を認めた。また、全症例において、閉鎖孔に切り込むことなく骨切りが行われており、関節内へのノミの迷入も認めなかった。

  • Wearable加速度計を用いた歩行時重心動揺評価の解析手法についての検討 査読

    服部 暁穂, 橋本 宏行, 加藤 良一, 今久保 伸二, 大橋 弘嗣, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   38 ( Suppl. )   85 - 88   2012年08月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    初回THAを施行した変形性股関節症17例を対象に、術前後にWearable三軸加速度計を腰部に装着し、10m歩行を実施し、三軸方向の加速変化を測定した。得られた各方面の加速度の波形解析は離散フーリエ変換の手法を用いた。解析後、フィルタリングを行い、逆変換を実施し、2階積分を行い距離データに変換し、グラフ化した。作成したグラフを波形の形状から、重心軌跡が途中で交差し左右対称であるもの(A群)、重心軌跡が途中で交差するが左右非対称となるもの(B群)、重心軌跡が交差しないもの(C群)の3群に分類した。その結果、術前の波形はA群5例、B群7例、C群5例であったが、術後の波形はA群8例、B群7例、C群2例であった。VASを用いて疼痛評価を行ったところ、全例が術前後で改善した。グラフ化することで術前後の歩容の特徴を可視化することが可能になると考えられた。

  • ウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺測定と頸椎疾患患者の歩行能力評価 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 三好 隆志, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス   32   149 - 154   2011年10月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎疾患患者の歩行不安定性を評価するにあたって、ウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺評価が臨床において有用か検討した。頸椎疾患で手術を施行した33例を対象とした。下肢JOA scoreは、重症群では有意に改善し、その後は術後12ヵ月まで有意な変化を認めなかった。軽症群では術前から術後12ヵ月まで有意な変化を認めなかった。静止時動揺は、両群とも術前から術後1ヵ月にかけて動揺が減少する傾向がみられ、どの時期においても正常範囲より動揺は増加した。歩行時動揺は、重症群では有意に減少し、術後歩行自立時より術後12ヵ月まで正常範囲内であった。軽症群では術前から正常範囲内で有意な変化は認めなかった。下肢JOA scoreと静止時動揺・歩行時動揺に相関を認めた。重心動揺計を用いた静止時動揺測定(静的評価)およびウェアラブル加速度計を用いた歩行時動揺測定(動的評価)はそれぞれ臨床的に有用であると示された。

  • 人工股関節全置換術患者における健康関連QOLと杖歩行早期獲得との関係 査読

    加藤 良一, 今久保 伸二, 赤松 波子, 竹志 友裕, 隅谷 政, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 箕田 行秀, 中村 博亮

    日本股関節学会 Hip Joint   37 ( Suppl. )   165 - 167   2011年09月( ISSN:0389-3634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    初回片側人工股関節全置換術(THA)を行った変形性股関節症(hip OA)の女性患者48症例(平均年齢62.9±8.9歳)を対象とし、SF-36v2日本語版(SF-36)を用いて術前の健康関連QOLを評価した。健康関連QOLは身体的健康、精神的健康とも国民標準値より低かったが、精神的健康感は身体的健康感よりも標準値に近い値となり、ある程度障害を受け入れられることがTHAを施行するhip OA患者の特性といえる。また、THA術後の杖歩行獲得の平均日数は9.3±4.2日であり、杖歩行獲得日数はSF-36項目の身体機能、日常役割機能-精神と有意な負の相関を示し、日常役割機能-身体と弱い負の相関を示したが、精神的要因の影響は明らかにできなかった。

  • ROBOT LOCALIZATION FROM SURROUNDING VIEWS USING MONTE CARLO ROBUST AGAINST SUCCESSIVE OUTLIERS 査読

    Nakajima Shigeyoshi, Ikejiri Masataka, Toriu Takashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   7 ( 7A )   3869 - 3880   2011年07月( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ABS-1-4 ワイヤレス生体センサを用いた致死性不整脈の検出(ABS-1.高信頼通信技術の実現に向けて-産業機器制御、医療及びヘルスケア応用への展開を探る-,シンポジウムセッション) 査読

    菅野 宏斗, 原 晋介, 辻岡 哲夫, 中島 重義, 井上 忠幸, 小崎 隆明, 中村 肇, 竹内 一秀

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011 ( 1 )   "S - 66"-"S-67"   2011年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ABS-1-4 ワイヤレス生体センサを用いた致死性不整脈の検出(ABS-1.高信頼通信技術の実現に向けて-産業機器制御、医療及びヘルスケア応用への展開を探る-,シンポジウムセッション) 査読

    菅野 宏斗, 原 晋介, 辻岡 哲夫, 中島 重義, 井上 忠幸, 小崎 隆明, 中村 肇, 竹内 一秀

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011   "S - 83"-"S-84"   2011年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ウェアラブル加速度計を用いた頚椎疾患患者の歩行評価 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 三好 隆志, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス = Japanese journal of clinical biomechanics   31   85 - 90   2010年09月( ISSN:18845274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ウェアラブル加速度計を用いた頸椎疾患患者の歩行評価 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 三好 隆志, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 中村 博亮

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス   31   85 - 90   2010年09月( ISSN:1884-5274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頸椎手術前後の歩行における不安定性を簡便かつ客観的に評価する方法とし歩行リズムに着目し、ウェアラブル加速度計で測定したデータを離散コサイン変換(DCT)解析し、これにBand pass filterの手法を加えてピーク占有率を求めることで定量化を試みた。頸椎疾患で手術施行した37例および健常者10例を対象とした。術前JOA scoreの下肢運動機能点数で群分けし、重症群27例、軽症群10例であった。健常者のピーク占有率は0.64±0.07で、これを健常モデルとした。術前、重症群のピーク占有率は健常モデルに比べて低く、軽症群は健常モデルとほぼ同じ値であった。重症群のピーク占有率は、術前に比べ術後1ヵ月、術後3ヵ月で有意に増加し、健常モデルに近づいた。軽症群においてはいずれの時期でも有意な変化を認めなかった。

  • BS-10-7 ワイヤレス生体センサの実用化に向けた致死性不整脈の検出(BS-10.医療・ヘルスケアにおける情報通信技術,シンポジウムセッション) 査読

    菅野 宏斗, 原 晋介, 辻岡 哲夫, 中島 重義, 井上 忠幸, 小崎 隆明, 中村 肇, 竹内 一秀

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   2010 ( 1 )   "S - 67"-"S-68"   2010年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • バイタルセンサの臨床データ取得とそのユビキタス健康監視への応用 ホルター心電計を用いた比較臨床試験とダイバーシティ技術導入へ向けての基礎研究 査読

    井上 忠幸, 菅野 宏斗, 小崎 隆明, 辻岡 哲夫, 中島 重義, 原 晋介, 中村 肇, 竹内 一秀

    (一社)ITヘルスケア学会 ITヘルスケア   5 ( 1 )   54 - 58   2010年05月( ISSN:1881-4808

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    現在の日本の医療現場では、高齢者の人口増加、医師数および病床数の不足や独居老人の孤独死も大きな社会問題として取り上げられている。在宅医療・看護において、医療施設外からでも市民の健康状態を把握することが重要な課題として位置づけされている。今回我々はワイヤレス生体センサ(以下バイタルセンサ)を用いて心電データと3軸加速度データを収集することで、病状や日常の活動状況を把握し、医療従事者の負担を少なくすることを目的とした研究をしている。既存の医療機器として利用されているホルター心電計との比較臨床試験を実施し、その結果(健常者67名 男性30名、女性37名)から、バイタルセンサが健康監視のために十分な性能を有していることを明らかにした。またバイタルセンサのデータ受信率を向上させるため、大阪市大病院の病室を利用してダイバーシティ技術性能評価を行ったので、これらの研究結果も含めて報告する。(著者抄録)

  • B-20-30 ワイヤレス生体センサを用いたユビキタス健康監視に向けた臨床試験(1) : ホルター心電計とのデータ比較(B-20.ユビキタス・センサネットワーク,一般セッション) 査読

    菅野 宏斗, 井上 忠幸, 辻岡 哲夫, 中島 重義, 原 晋介, 中村 肇, 竹内 一秀

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010 ( 2 )   2010年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • B-20-31 ワイヤレス生体センサを用いたユビキタス健康監視に向けた臨床試験(2) : 3軸加速度データによる行動解析(B-20.ユビキタス・センサネットワーク,一般セッション) 査読

    小崎 隆明, 中島 重義, 井上 忠幸, 辻岡 哲夫, 原 晋介, 中村 肇, 竹内 一秀

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会総合大会講演論文集   2010 ( 2 )   2010年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 4-15 楽音の音色分析に関する研究 : 多重ベータ分布を用いた減衰構造モデリング(第4部門 メディア処理2) 査読

    吉見 和也, 濱 裕光, 中島 重義, 鳥生 隆

    一般社団法人 映像情報メディア学会 映像情報メディア学会冬季大会講演予稿集   2010 ( 0 )   4 - 15-1   2010年( ISSN:1343-4357

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper proposes the new timbre structure model for musical instrument sounds. As an essential technology to realize the method, we used multi-beta-distribution in this study and performed tonal analysis by the model.

    DOI: 10.11485/itewac.2010.0_4_15

    CiNii Article

  • MEASUREMENT OF 3D DISTANCE BETWEEN ARTIFICIAL CEMENT-TYPE CUP AND HEAD AFTER THR 査読

    Nakajima Shigeyoshi, Ikebuchi Mitsuhiko, Toriu Takashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   5 ( 11B )   4205 - 4213   2009年11月( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A MODEL OF HIERARCHICAL ATTENTION FOCUSING BASED ON SALIENCY MAP AND ITS APPLICATION FOR A DISPLAY METHOD FOR SMALL MOBILE DEVICES 査読

    Toriu Takashi, Nakajima Shigeyoshi, Hama Hiromitsu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   5 ( 11B )   4215 - 4223   2009年11月( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 人工股関節全置換術後の股関節外転筋力の推移 査読

    加藤 良一, 今久保 伸二, 赤松 波子, 瀬戸川 啓, 偶谷 政, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 箕田 行秀, 中村 博亮

    Hip joint   35   115 - 118   2009年10月( ISSN:03893634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 人工股関節全置換術患者における早期歩行獲得の予測 : ウェアラブル加速度計を用いた術前歩行評価より 査読

    加藤 良一, 今久保 伸二, 赤松 波子, 瀬戸川 啓, 隅谷 政, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 箕田 行秀, 中村 博亮

    Hip joint   35   72 - 75   2009年10月( ISSN:03893634

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 頸椎手術前後における歩行時の身体動揺の評価 : ウェアラブル加速度計と重心動揺計を用いた検討 査読

    赤松 波子, 今久保 伸二, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 寺井 秀富, 高岡 邦夫

    日本臨床バイオメカニクス学会 臨床バイオメカニクス = Japanese journal of clinical biomechanics   30   161 - 166   2009年09月( ISSN:18845274

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • MEASUREMENT OF 3D DISTANCE BETWEEN ARTIFICIAL CUP AND HEAD FROM AP & LATERAL ROENTGENS WITH UNKNOWN ANGLE AFTER THR 査読

    Nakajima Shigeyoshi, Ikebuchi Mitsuhiko, Toriu Takashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   5 ( 3 )   743 - 750   2009年03月( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • EXTRACTION OF ATTRACTIVENESS MAP OF IMAGES BASED ON PRINCIPAL COMPONENT ANALYSIS FOR IMAGES TAKEN BY PLURAL CAMERAS 査読

    Horie Masahiko, Nakajima Shigeyoshi, Toriu Takashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   5 ( 3 )   725 - 734   2009年03月( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wearable加速度計を用いた人工股関節全置換術後のテーラーメイドリハビリテーションの試み 査読

    加藤 良一, 箕田 行秀, 今久保 伸二, 赤松 波子, 久野 陽治, 隅谷 政, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦

    社団法人 日本理学療法士協会近畿ブロック 近畿理学療法学術大会   2009 ( 0 )   17 - 17   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【目的】現在、人工股関節全置換術(以下、THA)後のリハビリテーションにおいてクリニカルパスは広く普及している。パスは医療の標準化・効率化といった利点もある一方、質的向上と相反しており、患者の個別性を反映しにくいといった問題点を抱えている。THA術後のパスでは歩行獲得は必須項目であるが、歩行評価は医療スタッフの経験により主観的に行われることが多く、定量的かつ客観的な評価が必要とされている。近年、測定が簡便であり、測定条件が限定されず携帯可能な加速度計が開発され、加速度計が歩行の評価に有用であることを我々は先行研究で確認している。そこで本研究の目的は、wearable加速度計を用いて歩行自立の判定を行い、個々の症例に合わせたテーラーメイドリハビリテーションプログラム立案を試みたので報告する。【対象および方法】対象はTHAを施行した患者50症例、53股であり、本研究に対して同意を得ている。対象者の腰部に加速度計を装着して自由歩行中に得られた加速度データを波形解析した。歩行評価項目は動揺の指標としてroot mean square(以下、RMS)を用いた。これは小さいほど動揺が少ないことを示す。THA群は術前および術後歩行可能となった時期から退院時まで測定した。先行研究で歩行自立時のRMSの平均値を求めており、そのRMS平均値+1標準偏差(以下、指標値)の値以下となったら歩行自立と判断した。その後は退院基準となる階段昇降自立、セルフケア自立まで理学療法を継続した。【結果】歩行器獲得平均日数は4.4日、ステッキ獲得平均日数は9.2日であった。指標値を判断基準として、実際に歩行自立した割合は歩行器歩行で85%、ステッキ歩行で69%と高い的中率を示した。ステッキ歩行獲得日数は3日から20日と患者によって大きく異なった。また退院基準を満たした日数は11.80日であった。【考察】我々はTHA術後患者に見られる歩行動揺性の増加を、wearable加速度計による新たな歩行評価システムによって、定量的に示すことができることを先行研究にて確認している。今回、Wearable加速度計を用いた歩行自立判定に従って理学療法を進行すると、退院基準を満たした日数は11.8日となった。つまり従来までの3週パスと比べて早期に退院でき、入院期間の短縮が可能であることが示唆された。またリハビリテーションの進行度には個体差があり、特に高齢者ではパスから遅れる症例が散見された。やはり画一的ではない、患者ひとりひとりにあったテーラーメイドリハビリテーションプログラムの立案を客観的な評価に基づき実行する事が今後、重要であると考える。

    DOI: 10.14902/kinkipt.2009.0.17.0

    CiNii Article

  • Extraction of Attractiveness Map of Images Based on Principal Component Analysis for Images Taken by Plural Cameras

    Masahiko Horie, Shigeyoshi Nakajima and Takashi Toriu

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   5 ( 3 )   725 - 734   2009年( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of 3D Distance between Artificial Cup and Head from AP & Lateral Roentgens with Unknown Angle after THR

    Shigeyoshi Nakajima, Mitsuhiko Ikebuchi and Takashi Toriu

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   5 ( 3 )   743 - 750   2009年( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Model of Hierarchical Attention Focusing Based on Saliency Map and its Application for a Display Method for Small Mobile Devices

    Takashi Toriu, Shigeyoshi Nakajima and Hiromitsu Hama

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   5 ( 11(B) )   4215 - 4223   2009年( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of 3D Distance between Artificial Cement-type Cup and Head after THR

    Shigeyoshi Nakajima, Mitsuhiko Ikebuchi and Takashi Toriu

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   5 ( 11(B) )   4205 - 4213   2009年( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 人工股関節全置換術患者における早期歩行獲得の予測 ウェアラブル加速度計を用いた術前歩行評価より

    加藤良一, 今久保伸二, 赤松波子, 瀬戸川啓, 隅谷政, 中土保, 中島重義, 岩城啓好, 池渕充彦, 箕田行秀, 中村博亮

    Hip Joint   35 Suppl,   72 - 75   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 人工股関節全置換術後の股関節外転筋力の推移

    加藤良一, 今久保伸二, 赤松波子, 瀬戸川啓, 隅谷政, 中土保, 中島重義, 岩城啓好, 池渕充彦, 箕田行秀, 中村博亮

    Hip Joint   35 Suppl,   115 - 118   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wearable 加速度計を用いた変形性股関節症患者における離散コサイン変換による歩行解析 査読

    池渕 充彦, 岩城 啓好, 箕田 行秀, 高岡 邦夫, 中土 保, 加藤 良一, 今久保 伸二, 赤松 波子, 中島 重義

    日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research   29   325 - 330   2008年11月( ISSN:13409018

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 離散コサイン変換によるウェアラブル加速度計を用いた人工股関節全置換術患者の歩行解析 査読

    加藤 良一, 今久保 伸二, 赤松 波子, 中土 保, 中島 重義, 岩城 啓好, 池渕 充彦, 箕田 行秀, 高岡 邦夫

    日本臨床バイオメカニクス学会誌 = Proceedings of ... Annual Meeting of Japanese Society for Clinical Biomechanics and Related Research   29   355 - 360   2008年11月( ISSN:13409018

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Combination analysis of three polymorphisms for predicting the risk for steroid-induced osteonecrosis of the femoral head 査読

    Kuribayashi Masaaki, Fujioka Mikihiro, Takahashi Kenji A., Arai Yuji, Hirata Tetsurou, Nakajima Shigeo, Yoshimura Norio, Satomi Yoshiko, Nishino Hoyoku, Kondo Kyoko, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio, Kubo Toshikazu

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   13 ( 4 )   297 - 303   2008年07月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-008-1244-4

  • Measurement of a translation and a rotation of a tooth after an orthodontic treatment using GA 査読

    Nakajima Shigeyoshi, Arimoto Hirohide, Rensha Hiroki, Toriu Takashi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   3 ( 6A )   1399 - 1406   2007年12月( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A method of calculating saliency of images and of optimizing efficient distribution of image windows 査読

    Toriu Takashi, Nakajima Shigeyoshi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF INNOVATIVE COMPUTING INFORMATION AND CONTROL   3 ( 6A )   1407 - 1419   2007年12月( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • リアルタイムロボット視覚のためのPPHTとRHTを組み合わせた楕円認識 査読

    池尻 匡隆, 中島 重義, 鳥生 隆

    一般社団法人電子情報通信学会 電子情報通信学会技術研究報告. IE, 画像工学   107 ( 40 )   17 - 22   2007年05月( ISSN:09135685

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    楕円を認識する手法にREHT[1]がある.しかしこの手法は楕円推定に画像中のすべてのエッジを使うため,計算時間の面からリアルタイム環境で行うことは難しかった.そこで提案手法ではPPHT[2][3]で楕円を線分の組として認識し,その線分を使って楕円を推定する.投票点を減らすことで,提案手法では高速に楕円認識をする事ができる.

    CiNii Article

  • ApoB C7623T polymorphism predicts risk for steroid-induced osteonecrosis of the femoral head after renal transplantation 査読

    Hirata Tetsurou, Fujioka Mikihiro, Takahashi Kenji A., Arai Yuji, Asano Takeshi, Ishida Masashi, Kuribayashi Masaaki, Akioka Kiyokazu, Okamoto Masahiko, Yoshimura Norio, Satomi Yoshiko, Nishino Hoyoku, Fukushima Wakaba, Hirota Yoshio, Nakajima Shigeo, Kato Shigeaki, Kubo Toshikazu

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC SCIENCE   12 ( 3 )   199 - 206   2007年05月( ISSN:0949-2658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00776-007-1110-9

  • リアルタイムロボット視覚のためのPPHTとRHTを組み合わせた楕円認識

    池尻匡隆,中島重義,鳥生隆

    信学技報   IE2007 ( 14 )   pp.17-22   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Method of Calculating Saliency of Images and of Optimizing Efficient Distribution of Image Windows

    Takashi Toriu and Shigeyoshi Nakajima

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   3 ( 6(A) )   1407 - 1419   2007年( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Measurement of a Translation and a Rotation of a Tooth after an Orthodontic Treatment Using GA

    Shigeyoshi Nakajima, Hirohide Arimoto, Hiroki Rensha and Takashi Toriu

    International Journal of Innovative Computing, Information and Control   3 ( 6(A) )   1399 - 1406   2007年( ISSN:1349-4198

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 低侵襲人工膝関節全置換術のためのナビゲーションシステム(CAMiss-TKA)開発

    巽一郎, 中島重義, 田村隆典, 小林章郎, 遠山雅彦, 他

    日本整形外科学会雑誌   78 ( 8 )   S943   2004年( ISSN:215325

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 低侵襲コンピュータ支援人口膝関節単顆置換術(CAMiss-UKA)

    巽一郎, 中島重義 他

    「骨・関節・靱帯」アークメディア社   16 ( 12 )   pp.1437-1443   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • THA後socket wearの3次元的測定

    巽一郎,中島重義 et al.

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   42   159 - 160   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 変異確率遺伝子をもつGAを用いた動画像からの動き検出

    中島重義, 岡本次郎, 濱裕光, 細川省一

    電子情報通信学会論文誌   J81D-II ( 12 )   2875 - 2878   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • GAを利用した螺旋軌跡からの剛体の回転運動の回復

    中島重義, 岡本次郎, 濱裕光, 細川省一

    映像情報メディア学会誌   51 ( 1 )   133 - 136   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 命を守る都市づくり[アクション編]

    -( 担当: 共著)

    大阪公立大学出版会  2013年03月  ( ISBN:9784901409988

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • いのちを守る都市づくり[課題編]

    鳥生隆, ティティズィン 他( 担当: 共著)

    大阪公立大学出版会  2012年03月  ( ISBN:9784901409896

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

MISC(その他記事)

講演・口頭発表等

  • 機械学習における転倒予測 リハビリテーション医療へのAI導入を目指して 国内会議

    冨田 龍也, 弓永 久哲, 加藤 良一, 中島 重義, 森本 昌延, 中土 保, 池渕 充彦, 中村 博亮

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2020年07月  (公社)日本リハビリテーション医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 歩行時加速度の不安定性に着目した片麻痺患者の回復段階の推定 国内会議

    山下和暉

    電子情報通信学会総合大会2020  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 勾配法を用いた画像処理による歩行分析に関する研究 国内会議

    金子 侑加

    電子情報通信学会総合大会2020  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 別視点映像による歩行者の識別分類 国内会議

    佐藤 佑

    電子情報通信学会総合大会2020  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ウェアラブル膝角度計を使った歩行時疲労度の測定 国内会議

    操本  壮至

    電子情報通信学会総合大会2020  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 歩行能力とCT画像、認知機能の関連性 国内会議

    渡邉 希望, 冨田 龍也, 森本 昌延, 中土 保, 中島 重義, 弓永 久哲, 福原 龍太郎, 池渕 充彦

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2019年10月  (公社)日本リハビリテーション医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CT画像所見における転倒の予測 国内会議

    冨田 龍也, 弓永 久哲, 西川 智哉, 池渕 充彦, 中島 重義, 森本 昌延, 福原 龍太郎, 中土 保, 中村 博亮

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2019年05月  (公社)日本リハビリテーション医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リハビリテーション医療における誘発筋電図F波の有用性の検討 誘発筋電図F波の規則性について 国内会議

    弓永 久哲, 中島 重義, 冨田 龍也, 森本 昌延, 池渕 充彦, 中土 保, 中村 博亮

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2019年05月  (公社)日本リハビリテーション医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 加速度計を用いた脳卒中患者における歩行時動揺性の検討 頸部動揺性と腰部動揺性との関連性 国内会議

    西川 智哉, 池淵 充彦, 森本 昌延, 福原 龍太郎, 藤井 良憲, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義, 中村 博亮

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2018年10月  (公社)日本リハビリテーション医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リバース型人工肩関節置換術後の肩関節3次元動態解析 国内会議

    西之原 隆宏, 池渕 充彦, 森本 昌延, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義, 中村 博亮

    日本肩関節学会抄録集  2018年09月  (一社)日本肩関節学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Reverse Shoulder Arthroplasty術後の肩甲骨動態について 国内会議

    西之原 隆宏, 池淵 充彦, 森本 昌延, 藤井 良憲, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義, 中村 博亮

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2017年09月  (公社)日本リハビリテーション医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳卒中片麻痺患者の歩行評価における加速度計の有用性の検討 国内会議

    西川 智哉, 池淵 充彦, 森本 昌延, 藤井 良憲, 中村 博亮, 加藤 良一, 中土 保, 中島 重義

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2017年09月  (公社)日本リハビリテーション医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リバース型人工肩関節置換術術後の経時的肩甲骨動態解析 国内会議

    平川 義弘, 間中 智哉, 伊藤 陽一, 池淵 充彦, 中島 重義, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    日本肩関節学会抄録集  2016年09月  (一社)日本肩関節学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 加速度計を用いた脳卒中片麻痺患者の歩行評価の検討 国内会議

    菅原 鉄矢, 池淵 充彦, 冨田 龍也, 中村 博亮, 森本 昌延, 藤井 良憲, 加藤 良一, 今久保 伸二, 中土 保, 中島 重義

    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine  2016年06月  (公社)日本リハビリテーション医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リバース型人工肩関節置換術術後における肩甲骨動態解析 国内会議

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 池淵 充彦, 中島 重義, 間中 智哉, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    日本整形外科学会雑誌  2016年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • リバース型人工肩関節置換術術後における肩関節動態解析 国内会議

    平川 義弘, 伊藤 陽一, 池淵 充彦, 中島 重義, 間中 智哉, 市川 耕一, 松田 淑伸, 清水 勇人, 中村 博亮

    日本肩関節学会抄録集  2015年09月  (一社)日本肩関節学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 進化的ICPアルゴリズムとガウス関数を用いたレーザ測距センサデータと3次元表面スキャナ―データとの異常値に頑健なマッチング 国際会議

    -

    2013第9回知的情報秘匿とマルチメディア信号処理国際会議  2013年10月 

  • Wearable加速度計を用いた三次元的歩行能力評価 変形性股関節症例における検討 国内会議

    池渕 充彦, 岩城 啓好, 箕田 行秀, 中村 博亮, 中土 保, 中島 重義

    日本整形外科学会雑誌  2012年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 寛骨臼回転骨切術の三次元術前計画とナビゲーションへの応用 国内会議

    池渕 充彦, 岩城 啓好, 吉田 拓, 箕田 行秀, 中村 博亮, 中田 信昭, 中島 重義

    日本整形外科学会雑誌  2012年02月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Wearable加速度計を用いた三次元重心動揺軌跡の描出と歩行能力評価 国内会議

    池渕 充彦, 岩城 啓好, 吉田 拓, 箕田 行秀, 中村 博亮, 中土 保, 中田 信昭, 中島 重義

    日本整形外科学会雑誌  2012年02月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 三次元術前計画と術中ナビーゲーションへの応用 寛骨臼回転骨切術における事例 国内会議

    池渕 充彦, 岩城 啓好, 瀧上 順誠, 吉田 拓, 橋本 祐介, 箕田 行秀, 中村 博亮, 中田 信昭, 中島 重義

    日本整形外科学会雑誌  2011年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Wearable加速度計を用いた人工股関節置換術患者における離散フーリエ変換(DFT)による歩行解析 国内会議

    池渕 充彦, 岩城 啓好, 山崎 真哉, 吉田 拓, 橋本 祐介, 箕田 行秀, 中村 博享, 折戸 芳紀, 中田 信昭, 中土 保, 中島 重義

    日本整形外科学会雑誌  2011年03月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しいTHAナビゲーションシステム開発の試み(第2報) 国内会議

    池渕 充彦, 山崎 真哉, 渭川 徹秀, 飯田 高広, 吉田 拓, 箕田 行秀, 岩城 啓好, 中村 博亮, 折戸 芳紀, 中田 信昭, 錦野 匠一, 中島 重義

    日本整形外科学会雑誌  2010年08月  (公社)日本整形外科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 加速度計による人間の行動の解析

    2010-

     詳細を見る

    共同研究の希望:民間等他機関

    交流の種別:共同研究  

    活用分野・応用方法等:人の運動機能の病理的診断 人の運動行動の記録 人の転倒可能性の診断 障害者の歩行とバリアフリーの関係

    中核となる知識・技術・情報等:周波数解析, 統計解析, フィルタリング

    予測される波及効果:多くの人が常に加速度計を装着し、健康管理を自動監視する

    詳細説明:今までの歩行解析、歩容解析では、その人の歩き方や行動を簡便で客観的な数値化することができなかった。 それを、歩数計ほどの装置で測定し、PDAで解析することを可能にした。 そのために、今までに集めた健常者、患者のデータを利用した。 この研究の応用例として、たとえばひとつには、高齢者や障害者の歩き方を客観的に見て、転倒可能性を測定できる。それにより、保険の判断基準に出来る。 また、転倒可能性に従ったバリアフリーな環境、居住空間の指定が出来る。 リハビリテーションの現場で、患者の回復状態を数値的に表現できる。 健康な人に装着し、24時間、歩き方や走り方、自転車のこぎ方などをみて、行動記録をして健康管理に使うことができる。

    従来の研究との優位性、特徴:他の研究と比べ、人工股関節手術後の患者の回復と加速度計の数値処理の値により高い優位性を示すことが出来た。

    人間につけた加速度装置のデータを解析することで、その人の歩き方の病理的状態、あるいは外科手術後の回復を数値化した。

  • モデルによるレントゲン画像解析

    2000-

     詳細を見る

    交流の種別:技術相談  

    活用分野・応用方法等:モデルがある物体を直接測定出来ない分野、 特にX線による非破壊検査などへの 応用が考えられる。

    中核となる知識・技術・情報等:遺伝的アルゴリズム(GA)、ラグランジェ補間

    従来の研究との優位性、特徴:我々の手法はソフトウェアによってキャリブレーションを 求めるやりかたであり、そのソフトウェアはパソコンで実 行できるので特殊な装置を必要としないローコストな手法 である。

    我々は現在人工股関節の二枚のレントゲン画像 からソフトウェアによるキャリブレーションに よって、カメラの位置関係を決定し、磨耗の3 次元ベクトルを求める。他の生体内の物体の測 定への応用を試みている。

担当教育概要

  • 情報処理工学、アルゴリズムの講義と実習

担当授業科目

  • 大学院特別演習

    2016年度    

  • データ構造とアルゴリズム

    2016年度     大学

  • 言語工学

    2016年度     大学

  • アルゴリズム特論

    2016年度    

  • 情報処理工学特論Ⅱ

    2016年度    

FD活動

  • FD活動への貢献  2013年度

     詳細を見る

    アルゴリズム特論では大学院生にソフト作成の課題をだし、そのバグが取りきれるまでメールでやり取りした。

論文・研究指導集計

  • 2013年度

    卒業論文指導数:2名  卒業論文審査数:2件

    博士前期課程学生指導数:1名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):1件  修士論文審査数(副査):4件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

その他

  • 職務経歴

    1987年04月

      詳細を見る

    大阪市立大学 就任