2024/04/10 更新

写真a

ミキ ユキオ
三木 幸雄
MIKI Yukio
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 教授
医学部 医学科
職名
教授
所属
医学研究院
ホームページ
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 京都大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学

研究キーワード

  • 人工知能

  • 脱髄疾患

  • 多発性硬化症

  • 下垂体腺腫

  • 下垂体

  • 高磁場MRI

  • MRI

  • 画像診断

  • 放射線医学

  • 神経放射線

  • 神経画像診断学

  • 脳・神経

研究概要

  • ・脳および下垂体の画像診断に関する研究
    ・人工知能(AI)による画像診断支援に関する研究

研究歴

  • 神経画像診断学

    脳、下垂体、磁気共鳴画像  機関内共同研究

    1988年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 日本医学放射線学会

      国内

  • 日本神経放射線学会

  • 日本間脳下垂体腫瘍学会

    2022年04月 - 継続中   国内

  • 日本磁気共鳴医学会

  • 北米放射線学会

  • 米国神経放射線学会

  • 国際磁気共鳴医学会

      国外

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 理事長   日本神経放射線学会  

    2022年02月 - 継続中 

  • 理事   日本医学放射線学会  

    2022年04月 - 継続中 

  • 理事   日本磁気共鳴医学会  

    2016年 - 継続中 

  • 理事   日本間脳下垂体腫瘍学会  

    2022年02月 - 継続中 

  • Japanese Journal of Radiology (JJR) 筆頭副編集長   日本医学放射線学会  

    2022年06月 - 継続中 

  • Editorial Board of American Journal of Neuroradiology (AJNR)   米国神経放射線学会 (ASNR)  

    2000年 - 2007年 

      詳細を見る

    米国神経放射線学会

  • 第50回 日本神経放射線学会 大会長   日本神経放射線学会  

    2021年02月 

  • 監事   日本医学放射線学会  

    2020年04月 - 2022年03月 

  • 事務局代表   日本神経放射線学会  

    2020年02月 - 2022年01月 

  • 第38回 神経放射線ワークショップ当番世話人   神経放射線ワークショップ  

    2018年06月 

  • 運営委員   日本神経放射線学会  

    2016年 - 2022年01月 

  • 将来構想委員会委員長   日本神経放射線学会  

    2015年02月 - 2020年01月 

  • Japanese Journal of Radiology (JJR) 副編集長   日本医学放射線学会  

    2014年 - 2022年05月 

  • 編集委員   日本磁気共鳴医学会  

    2012年 - 継続中 

  • 評議員   日本神経放射線学会  

    2012年 - 継続中 

  • 安全性評価委員   日本磁気共鳴医学会  

    2012年 - 2022年09月 

  • 幹事   日本医学放射線学会 関西地方会  

    2012年 - 2020年05月 

  • 将来計画委員   日本磁気共鳴医学会  

    2010年 - 2018年09月 

  • 理事   日本磁気共鳴医学会  

    2010年 - 2014年 

  • 教育委員   日本磁気共鳴医学会  

    2007年 - 2013年 

  • 代議員   日本医学放射線学会  

    2006年 - 継続中 

  • 関西地方会世話人   日本医学放射線学会  

    2006年 - 継続中 

      詳細を見る

    日本医学放射線学会

  • 代議員   日本医学放射線学会  

    2006年 - 継続中 

      詳細を見る

    日本医学放射線学会

  • 編集委員   日本医学放射線学会  

    2006年 - 継続中 

      詳細を見る

    日本医学放射線学会

  • 関西地方会世話人   日本医学放射線学会  

    2006年 - 継続中 

  • Educational Committee Member   国際磁気共鳴医学会  

    2006年 

  • 代議員   日本磁気共鳴医学会  

    2005年 - 継続中 

  • Global Development Committee Member   国際磁気共鳴医学会  

    2005年 - 2006年 

  • Global Development Committee Member   国際磁気共鳴医学会 (ISMRM)  

    2005年 - 2006年 

      詳細を見る

    国際磁気共鳴医学会

  • Annual Meeting Programming Committee Mem   国際磁気共鳴医学会  

    2004年 - 2007年 

  • Annual Meeting Programming Committee Member   国際磁気共鳴医学会 (ISMRM)  

    2004年 - 2007年 

      詳細を見る

    国際磁気共鳴医学会

  • Strategic Planning Committee Member   国際磁気共鳴医学会  

    2004年 - 2005年 

  • Strategic Planning Committee Member   国際磁気共鳴医学会 (ISMRM)  

    2004年 - 2005年 

      詳細を見る

    国際磁気共鳴医学会

  • 広報委員   日本磁気共鳴医学会  

    2002年 - 2005年 

  • RadioGraphics Panel Member   北米放射線学会  

    2000年 - 継続中 

  • RadioGraphics Panel Member   北米放射線学会 (RSNA)  

    2000年 - 継続中 

      詳細を見る

    北米放射線学会

  • Editorial Board of JJR   日本医学放射線学会  

    2000年 - 継続中 

  • Educational Committee Member   国際磁気共鳴医学会  

    2000年 - 2004年 

  • Educational Committee Member   国際磁気共鳴医学会 (ISMRM)  

    2000年 - 2004年 

      詳細を見る

    国際磁気共鳴医学会

  • Governing Committee Member of White Matt   国際磁気共鳴医学会  

    1999年 - 2003年 

  • Governing Committee Member of White Matter Diseases Study Group   国際磁気共鳴医学会 (ISMRM)  

    1999年 - 2003年 

      詳細を見る

    国際磁気共鳴医学会

▼全件表示

受賞歴

  • 学長表彰

    2023年03月   大阪公立大学  

  • Senior Fellow

    2021   国際磁気共鳴医学会 (ISMRM)  

  • 神経放射線加藤賞

    1991   日本神経放射線学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀テキスト賞

    2021年11月   大阪公立大学  

  • 日本磁気共鳴医学会第1回国際飛躍賞

    1992   日本磁気共鳴医学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 京都大学   大学院医学研究科放射線医学講座(画像診断学・核医学)   准教授

    2007年05月 - 2009年03月

  • 京都大学   大学院医学研究科放射線医学講座(画像診断学・核医学)   講師

    2006年04月 - 2007年04月

  • 京都大学   大学院医学研究科放射線医学講座(画像診断学・核医学)   助手

    1998年03月 - 2006年03月

  • ペンシルバニア大学   放射線科神経放射線部門   リサーチフェロー

    1994年07月 - 1997年09月

  • 天理よろづ相談所病院   放射線科   医員

    1986年12月 - 1990年03月

学歴

  • 京都大学   医学研究科   放射線医学   博士課程   卒業・修了

    - 1994年

  • 京都大学   医学部   医学科     卒業・修了

    - 1986年

論文

  • AI-based Virtual Synthesis of Methionine PET from Contrast-enhanced MRI: Development and External Validation Study. 査読

    Takita H, Matsumoto T, Tatekawa H, Katayama Y, Nakajo K, Uda T, Mitsuyama Y, Walston SL, Miki Y, Ueda D.

    Radiology   308 ( 2 )   e223016 - e223016   2023年08月

     詳細を見る

  • ChatGPT's Diagnostic Performance from Patient History and Imaging Findings on the Diagnosis Please Quizzes. 査読

    Ueda D, Mitsuyama Y, Takita H, Horiuchi D, Walston SL, Tatekawa H, Miki Y.

    radiology   308 ( 1 )   e231040 - e231040   2023年07月

     詳細を見る

  • Artificial intelligence-based model to classify cardiac functions from chest radiographs: a multi-institutional, retrospective model development and validation study. 査読

    Ueda D, Matsumoto T, Ehara S, Yamamoto A, Walston SL, Ito A, Shimono T, Shiba M, Takeshita T, Fukuda D, Miki Y.

    Lancet Digit Health   5 ( 8 )   e525 - e533   2023年08月

     詳細を見る

  • Chest radiography as a biomarker of ageing: artificial intelligence-based, multi-institutional model development and validation in Japan. 査読

    Mitsuyama Y, Matsumoto T, Tatekawa H, Walston SL, Kimura T, Yamamoto A, Watanabe T, Miki Y, Ueda D.

    Lancet Healthy Longev   4 ( 9 )   e478 - e486   2023年09月

     詳細を見る

  • Transcatheter Arterial Chemoembolization for Treatment-Naive Hepatocellular Carcinoma Has Different Treatment Effects Depending on Central or Peripheral Tumor Location.

    Asano K, Kageyama K, Yamamoto A, Jogo A, Uchida-Kobayashi S, Sohgawa E, Murai K, Kawada N, Miki Y

    Liver cancer   12 ( 6 )   576 - 589   2023年12月( ISSN:2235-1795

     詳細を見る

  • Imaging of pituitary tumors: an update with the 5th WHO Classifications-part 1. Pituitary neuroendocrine tumor (PitNET)/pituitary adenoma.

    Tsukamoto T, Miki Y.

    Jpn J Radiol   2023年02月( ISSN:18671071

     詳細を見る

  • Utility of minimally invasive measurement of hepatic venous pressure gradient via the peripheral antecubital vein. 招待 査読

    Yamamoto A, Kawada N, Jogo A, Murai K, Kotani K, Kageyama K, Hamamoto S, Sohgawa E, Uchida-Kobayashi S, Enomoto M, Tamori A, Miki Y

    Gut   70 ( 6 )   1199 - 1201   2020年08月( ISSN:0017-5749

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/gutjnl-2020-322367

    PubMed

  • Deep Learning-based Angiogram Generation Model for Cerebral Angiography without Misregistration Artifacts. 招待 査読

    Ueda D, Katayama Y, Yamamoto A, Ichinose T, Arima H, Watanabe Y, Walston SL, Tatekawa H, Takita H, Honjo T, Shimazaki A, Kabata D, Ichida T, Goto T, Miki Y

    Radiology   299 ( 3 )   203692 - 681   2021年03月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2021203692

    PubMed

  • Deep Learning for MR Angiography: Automated Detection of Cerebral Aneurysms 招待 査読

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Nishimori Masataka, Shimono Taro, Doishita Satoshi, Shimazaki Akitoshi, Katayama Yutaka, Fukumoto Shinya, Choppin Antoine, Shimahara Yuki, Miki Yukio

    RADIOLOGY   290 ( 1 )   187 - 194   2019年01月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2018180901

    PubMed

  • Therapeutic Effects of CT-guided Radiofrequency Ablation with Concurrent Platinum-Doublet Chemotherapy in a Rabbit VX2 Lung Tumor Model 査読

    Ueki Ai, Okuma Tomohisa, Hamamoto Shinichi, Miki Yukio

    RADIOLOGY   283 ( 2 )   391 - 398   2017年05月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2016160414

    PubMed

  • Radiofrequency Ablation and Immunostimulant OK-432: Combination Therapy Enhances Systemic Antitumor Immunity for Treatment of VX2 Lung Tumors in Rabbits 査読

    Hamamoto Shinichi, Okuma Tomohisa, Yamamoto Akira, Kageyama Ken, Takeshita Toru, Sakai Yukimasa, Nishida Norifumi, Matsuoka Toshiyuki, Miki Yukio

    RADIOLOGY   267 ( 2 )   405 - 413   2013年05月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.13120249

    PubMed

  • Hyperintense Dentate Nucleus on Unenhanced T1-weighted MR Images Is Associated with a History of Brain Irradiation 査読

    Kasahara Seiko, Miki Yukio, Kanagaki Mitsunori, Yamamoto Akira, Mori Nobuyuki, Sawada Takeshi, Taoka Toshiaki, Okada Tomohisa, Togashi Kaori

    RADIOLOGY   258 ( 1 )   222 - 228   2011年01月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.10100508

    PubMed

  • Corticospinal tract localization: integration of diffusion-tensor tractography at 3-T MR imaging with intraoperative white matter stimulation mapping--preliminary results. 査読

    Okada T, Mikuni N, Miki Y, Kikuta K, Urayama S, Hanakawa T, Fushimi Y, Yamamoto A, Kanagaki M, Fukuyama H, Hashimoto N, Togashi K

    Radiology   240 ( 3 )   849 - 57   2006年09月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2403050916

    PubMed

  • Diffusion-tensor fiber tractography: intraindividual comparison of 3.0-T and 1.5-T MR imaging. 査読

    Okada T, Miki Y, Fushimi Y, Hanakawa T, Kanagaki M, Yamamoto A, Urayama S, Fukuyama H, Hiraoka M, Togashi K

    Radiology   238 ( 2 )   668 - 78   2006年02月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2382042192

    PubMed

  • Comparison of 3.0- and 1.5-T three-dimensional time-of-flight MR angiography in moyamoya disease: preliminary experience. 査読

    Fushimi Y, Miki Y, Kikuta K, Okada T, Kanagaki M, Yamamoto A, Nozaki K, Hashimoto N, Hanakawa T, Fukuyama H, Togashi K

    Radiology   239 ( 1 )   232 - 7   2006年04月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2383042020

    PubMed

  • The pituitary gland: changes on MR images during the 1st year after delivery. 査読

    Miki Y, Kataoka ML, Shibata T, Haque TL, Kanagaki M, Shimono T, Okada T, Hiraga A, Nishizawa S, Ueda H, Rahman M, Konishi J

    Radiology   235 ( 3 )   999 - 1004   2005年06月( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2353040243

    PubMed

  • Liliequist membrane: three-dimensional constructive interference in steady state MR imaging.

    Fushimi Y, Miki Y, Ueba T, Kanagaki M, Takahashi T, et al.

    Radiology   229 ( 2 )   360 - 365   2003年( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiol.2292021507

    PubMed

  • Relapsing-remitting multiple sclerosis: longitudinal analysis of MR images-lack of correlation between changes in T2-lesion volume and clinical findings.

    Miki Y, Grossman RI, Udupa JK, Wei L, Polansky M, et al.

    Radiology   213 ( 2 )   395 - 399   1999年( ISSN:00338419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiology.213.2.r99oc01395

  • Differences between relapsing-remitting and chronic progressive multiple sclerosis as determined with quantitative MR imaging.

    Miki Y, Grossman RI, Udupa JK, van Buchem MA, Wei L, et al.

    Radiology   210 ( 3 )   769 - 774   1999年( ISSN:00338419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiology.210.3.r99mr44769

  • Isolated U-fiber involvement in multiple sclerosis - preliminary observations.

    Miki Y, Grossman RI, Udupa JK, Wei L, Kolson DL, et al.

    Neurology   50 ( 5 )   1301 - 1306   1998年( ISSN:00283878

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1212/wnl.50.5.1301

  • Anterior pituitary gland in pregnancy: hyperintensity at MR.

    Miki Y, Asato R, Okumura R, Togashi K, Kimura I,et al.

    Radiology   187 ( 1 )   229 - 231   1993年( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/radiology.187.1.8451418

    PubMed

  • Pituitary adenomas and normal pituitary tissue: enhancement patterns on gadopentetate-enhanced MR imaging

    Miki Y, Matsuo M, Nishizawa S, Kuroda Y, Keyaki A, et al

    Radiology   177 ( 1 )   35 - 38   1990年( ISSN:0033-8419

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 臨床MRIを基礎から知る-さまざまな角度からMRIの魅力に迫る-】頭部領域 下垂体.

    塚本太朗, 三木幸雄.

    2024年04月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.18885/CI.0000001259

  • Radiofrequency Ablation for Radioiodine-Refractory Isolated Lung Metastasis from Thyroid Cancer: Visual Restaging by FDG-PET/CT without Tyrosine Kinase Inhibitor Introduction, 査読

    Yamaguchi T, Yoshida A, Tsujisaka T, Sakai S, Higashiyama S, Kageyama K, Yamamoto A, Miki Y, Kawabe J.

    Japanese Archive of cases conference of clinical nuclear medicine   6   1 - 6   2024年03月

  • 成人期に上衣下病変の出現を認めたグルタル酸血症1型の1例. 査読

    酒井峻介, 下野太郎, 松下 周, 濱崎孝史, 岡本駿吾, 千菊有紗, 山口泰生, 三木幸雄.

    臨床放射線   69 ( 2 )   209 - 212   2024年03月

     詳細を見る

  • 骨硬化性変化を呈した仙骨脊索腫の1例. 査読

    辻坂拓実, 下野太郎, 佐々木扶実, 田中さやか, 松野 舞衣, 三木幸雄.

    臨床放射線   69 ( 2 )   219 - 222   2024年03月

     詳細を見る

  • Evaluation of cranial nerve involvement in chordomas and chondrosarcomas: a retrospective imaging study.

    Oura T, Shimono T, Horiuchi D, Goto T, Takita H, Tsukamoto T, Tatekawa H, Ueda D, Matsushita S, Mitsuyama Y, Atsukawa N, Miki Y.

    2024年02月

     詳細を見る

  • Deep learning-based diffusion tensor image generation model: a proof-of-concept study. 査読

    Tatekawa H, Ueda D, Takita H, Matsumoto T, Walston SL, Mitsuyama Y, Horiuchi D, Matsushita S, Oura T, Tomita Y, Tsukamoto T, Shimono T, Miki Y.

    Sci Rep   2024年02月

     詳細を見る

  • Accuracy of ChatGPT generated diagnosis from patient's medical history and imaging findings in neuroradiology cases. 査読

    Horiuchi D, Tatekawa H, Shimono T, Walston SL, Takita H, Matsushita S, Oura T, Mitsuyama Y, Miki Y, Ueda D.

    Neuroradiology   66 ( 1 )   73 - 79   2024年01月

     詳細を見る

  • Challenges of using artificial intelligence to detect valvular heart disease from chest radiography - Authors' reply.

    Ueda D, Ehara S, Yamamoto A, Walston SL, Shimono T, Miki Y.

    2024年01月

     詳細を見る

  • 食道扁平上皮癌からの下垂体-視床下部転移. 査読

    山口泰生, 下野太郎, 茂木祥子, 後藤浩之, 渡部祐輔, 田中さやか, 松野舞衣, 三木幸雄

    臨床放射線   69 ( 1 )   117 - 121   2024年01月

     詳細を見る

  • Correlation between Pancreatic Fat Deposition and Metabolic Syndrome: Relationships with Location in the Pancreas and Sex. 査読

    Ookura R, Usuki N, Miki Y.

    2024年01月

     詳細を見る

  • A case of recurrent laryngeal nerve paralysis caused by radiofrequency ablation for mediastinal recurrence of lung cancer. 査読

    Murai K, Yamamoto A, Kageyama K, Nakano M, Jogo A, Miki Y.

    Radiol Case Rep   19 ( 4 )   1397 - 1400   2024年01月

     詳細を見る

  • 【アルツハイマー病-研究と治療の最前線】画像・AI MRIとアミロイド関連画像異常(ARIA) 査読

    堀内大右, 立川裕之, 三木幸雄.

    医学のあゆみ   287 ( 13 )   978 - 984   2023年12月

  • Bridging Language and Stylistic Barriers in Interventional Radiology Standardized Reporting: Enhancing Translation and Structure using ChatGPT-4.

    Sasaki F, Tatekawa H, Mitsuyama Y, Kageyama K, Jogo A, Yamamoto A, Miki Y, Ueda D.

    2023年11月

     詳細を見る

  • Repeated rough coiling technique of portosystemic shunt: A novel treatment for hepatic encephalopathy. 査読

    Nakano M, Yamamoto A, Oka H, Yamazaki O, Jogo A, Kageyama K, Takahashi T, Nishida N, Miki Y.

    Radiol Case Rep   19 ( 1 )   349 - 356   2023年11月

     詳細を見る

  • 頭蓋底から上位頸椎にかけて発生した骨内神経鞘腫の1例. 査読

    大植智史, 下野太郎, 森迫拓貴, 辻尾希実, 大谷暢之, 塚本太朗, 酒井峻介, 三木幸雄.

    臨床放射線   68 ( 10 )   981 - 985   2023年10月

     詳細を見る

  • 傍咽頭間隙から発生した小児の脱分化型脂肪肉腫の1例 査読

    田中里可子, 立川裕之, 山本祐輝, 大石賢弥, 塚本太朗, 松野舞衣, 角南貴司子, 三木幸雄.

    臨床放射線   68 ( 10 )   987 - 991   2023年10月

     詳細を見る

  • Afferent vein embolization via retrograde approach as a potential treatment strategy for bleeding duodenal varices. 査読

    Jogo A, Yamamoto A, Kageyama K, Sasaki F, Oura T, Mitsuyama Y, Terayama E, Matsushita K, Asano K, Sakai Y, Ozaki M, Harada S, Murai K, Nakano M, Sohgawa E, Kita R, Kaminou T, Miki Y.

    Radiol Case Rep   18 ( 12 )   4327 - 4330   2023年09月

     詳細を見る

  • Reply to the letter to the editor: Improved reproducibility of diffusion tensor image analysis along the perivascular space (DTI-ALPS) index calculated by manual and automated methods.

    Tatekawa H, Matsushita S, Miki Y.

    2023年09月

     詳細を見る

  • Letter to the Editor regarding "Clinical features and risk factors of iodinated contrast media (ICM)-induced anaphylaxis"

    Hayakawa K, Miki Y.

    2023年09月

     詳細を見る

  • Atezolizumab plus bevacizumab-induced intratumoral hemorrhage in a patient with rib metastasis from unresectable hepatocellular carcinoma. 査読

    Mitsuyama Y, Kageyama K, Shinkawa H, Yamamoto A, Jogo A, Sohgawa E, Tanaka S, Takemura S, Kubo S, Ishizawa T, Miki Y.

    18 ( 9 )   3037 - 3040   2023年09月

     詳細を見る

  • The Association of Metabolic Brain MRI, Amyloid PET, and Clinical Factors: A Study of Alzheimer's Disease and Normal Controls From the Open Access Series of Imaging Studies Dataset. 査読

    Matsushita S, Tatekawa H, Ueda D, Takita H, Horiuchi D, Tsukamoto T, Shimono T, Miki Y.

    J Magn Reson Imaging   2023年07月

     詳細を見る

  • 炎症性脱髄疾患の基本的な画像所見及び最新の知見 査読

    立川裕之, 三木幸雄.

    臨床神経学   63 ( 7 )   425 - 432   2023年07月

  • Transparaumbilical Intravariceal Sclerotherapy for Duodenal Varices Using Outflow Embolization 査読

    Pas M, Jogo A, Yamamoto A, Kageyama K, Sohgawa E, Oura T, Terayama E, Asano K, Matsushita K, Sakai Y, Ozaki M, Yonezawa H, Okazaki M, Nota T, Murai K, Kita R, Kaminou T, Miki Y.

    Intern Med   2023年07月

     詳細を見る

  • Transportal Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration for a Pancreatic Arteriovenous Malformation Using the Outflow Debranching Technique

    Jogo A, Yamamoto A, Mukai K, Kageyama K, Kaminou T, Miki Y.

    J Vasc Interv Radiol   34 ( 5 )   927 - 931   2023年05月

     詳細を見る

  • 多発性硬化症の病態解析・治療モニタリングにおけるMRIの役割 査読

    三木幸雄.

    神経治療学   40 ( 3 )   218 - 222   2023年05月

     詳細を見る

  • Improved reproducibility of diffusion tensor image analysis along the perivascular space (DTI-ALPS) index: an analysis of reorientation technique of the OASIS-3 dataset

    Tatekawa H, Matsushita S, Ueda D, Takita H, Horiuchi D, Atsukawa N, Morishita Y, Tsukamoto T, Shimono T, Miki Y

    Jpn J Radiol   41 ( 4 )   393 - 400   2023年04月( ISSN:18671071

     詳細を見る

  • 【IVR珠玉の症例集】Hirota's grade 5の胃静脈瘤に対して、大口径バルーンカテーテルを使用してdowngradingしBRTOで治療可能となった一例 査読

    米澤宏記, 山本 晃, 城後篤志, 大谷暢之, 大浦達史, 光山容仁, 佐々木扶実, 淺野数男, 松下和樹, 寺山英作, 岡崎真大, 阪井雄紀, 尾﨑正典, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 喜多竜一, 三木幸雄.

    Rad Fan   21 ( 5 )   14 - 17   2023年04月

  • Brain temperature remains stable during the day: a study of diffusion-weighted imaging thermometry in healthy individuals

    Horiuchi D, Shimono T, Tatekawa H, Tsukamoto T, Takita H, Matsushita S, Miki Y.

    Neuroradiology   65 ( 8 )   1239 - 1246   2023年03月( ISSN:0028-3940

     詳細を見る

  • Identification of reversed portal flow on 4DCT and of factors contributing to reversed portal flow in patients with liver cirrhosis and portosystemic shunt before interventional radiology procedures

    Kageyama K, Yamamoto A, Jogo A, Sohgawa E, Izuta S, Himoto D, Kakimi A, Kita R, Miki Y.

    Hepatol Res   53 ( 3 )   228 - 237   2023年03月

     詳細を見る

  • An autopsy case of progressive multifocal leukoencephalopathy with massive iron deposition in juxtacortical lesions.

    Okamoto K, Takeda A, Hatsuta H, Sano T, Takao M, Ohsawa M, Miki Y, Nakamichi K, Itoh Y

    Neuropathology   2023年02月( ISSN:09196544

     詳細を見る

  • Feasibility of gel-like radiopaque embolic material using gelatin sponge and contrast agent for tract embolization after percutaneous treatment.

    Nota T, Kageyama K, Yamamoto A, Jogo A, Sohgawa E, Yonezawa H, Murai K, Ogawa S, Miki Y.

    PLoS One   18 ( 2 )   e0281384   2023年02月

     詳細を見る

  • Deep Learning-Based Time-to-Death Prediction Model for COVID-19 Patients Using Clinical Data and Chest Radiographs

    Matsumoto T, Walston SL, Walston M, Kabata D, Miki Y, Shiba M, Ueda D.

    J Digit Imaging   36 ( 1 )   178 - 188   2023年02月( ISSN:08971889

     詳細を見る

  • Correlation between Phase-difference-enhanced MR Imaging and Amyloid Positron Emission Tomography: A Study on Alzheimer's Disease Patients and Normal Controls

    Takita H, Doishita S, Yoneda T, Tatekawa H, Abe T, Itoh Y, Horiuchi D, Tsukamoto T, Shimono T, Miki Y

    Magn Reson Med Sci .   22 ( 1 )   67 - 78   2023年01月( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

  • Safety and Feasibility of Contrast-Enhanced Computed Tomography with a Nanoparticle Contrast Agent for Evaluation of Diethylnitrosamine-Induced Liver Tumors in a Rat Model

    Nota T, Kageyama K, Yamamoto A, Kakehashi A, Yonezawa H, Jogo A, Sohgawa E, Murai K, Ogawa S, Miki Y.

    Acad Radiol   30 ( 1 )   30 - 39   2023年01月( ISSN:1076-6332

     詳細を見る

  • Imaging of pituitary tumors: an update with the 5th WHO Classifications-part 2. Neoplasms other than PitNET and tumor-mimicking lesions

    Tsukamoto, T. Miki, Y.

    Jpn J Radiol   2023年

     詳細を見る

  • Deep learning for pneumothorax diagnosis: a systematic review and meta-analysis

    Sugibayashi, T. Walston, S. L. Matsumoto, T. Mitsuyama, Y. Miki, Y. Ueda, D.

    Eur Respir Rev   32 ( 168 )   2023年

     詳細を見る

  • Artificial intelligence-based model for COVID-19 prognosis incorporating chest radiographs and clinical data; a retrospective model development and validation study

    Walston SL, Matsumoto T, Miki Y, Ueda D.

    Br J Radiol   95 ( 1140 )   20220058   2022年12月( ISSN:0007-1285

     詳細を見る

  • Coil-assisted retrograde transvenous obliteration of gastric varices by an inverted catheter tip technique via the pericardiophrenic vein.

    Asano K, Jogo A, Sakai Y, Yamamoto A, Yata S, Kaminou T, Okahashi S, Nakano M, Nango M, Kageyama K, Sohgawa E, Miki Y.

    Radiol Case Rep   18 ( 1 )   200 - 204   2022年11月( ISSN:1930-0433

     詳細を見る

  • Successful treatment of rectal varices with antegrade transvenous sclerotherapy via the splenorenal shunt from the transjugular approach.

    Pas M, Jogo A, Yamamoto A, Nishida N, Jogo E, Kageyama K, Sohgawa E, Miki Y.

    Radiol Case Rep   17 ( 12 )   4679 - 4684   2022年09月

     詳細を見る

  • Efficacy of rechallenge transcatheter arterial chemoembolization after lenvatinib treatment for advanced hepatocellular carcinoma

    Uchida-Kobayashi S, Kageyama K, Takemura S, Matsumoto K, Odagiri N, Jogo A, Kotani K, Kozuka R, Motoyama H, Kawamura E, Hagihara A, Yamamoto A, Fujii H, Tanaka S, Enomoto M, Tamori A, Miki Y, Kubo S, Kawada N.

    JGH Open   6 ( 11 )   754 - 762   2022年09月

     詳細を見る

  • Visual and quantitative evaluation of microcalcifications in mammograms with deep learning-based super-resolution

    Honjo T, Ueda D, Katayama Y, Shimazaki A, Jogo A, Kageyama K, Murai K, Tatekawa H, Fukumoto S, Yamamoto A, Miki Y.

    Eur J Radiol   154   110433   2022年09月( ISSN:0720-048X

     詳細を見る

  • Frequency and imaging features of the adjacent osseous changes of salivary gland carcinomas in the head and neck region

    Horiuchi D, Shimono T, Tatekawa H, Tsukamoto T, Takita H, Okazaki M, Miki Y.

    Neuroradiology   64 ( 9 )   1869 - 1877   2022年09月( ISSN:0028-3940

     詳細を見る

  • Artificial intelligence-based detection of atrial fibrillation from chest radiographs.

    Matsumoto T, Ehara S, Walston SL, Mitsuyama Y, Miki Y, Ueda D

    European radiology   32 ( 9 )   5890 - 5897   2022年09月( ISSN:0938-7994

     詳細を見る

  • Maskless 2-Dimensional Digital Subtraction Angiography Generation Model for Abdominal Vasculature using Deep Learning

    Yonezawa H, Ueda D, Yamamoto A, Kageyama K, Walston SL, Nota T, Murai K, Ogawa S, Sohgawa E, Jogo A, Kabata D, Miki Y.

    J Vasc Interv Radiol   33 ( 7 )   845 - 851.e8   2022年07月( ISSN:1051-0443

     詳細を見る

  • Clinical evaluation of [18F]pitavastatin for quantitative analysis of hepatobiliary transporter activity

    Nakaoka T, Kaneko KI, Irie S, Mawatari A, Igesaka A, Uetake Y, Ochiai H, Niwa T, Yamano E, Wada Y, Tanaka M, Kotani K, Kawahata H, Kawabe J, Miki Y, Doi H, Hosoya T, Kazuya M, Kusuhara H, Sugiyama Y, Watanabe Y.

    Drug Metab Pharmacokinet   44   100449 - 100449   2022年06月( ISSN:1347-4367

     詳細を見る

  • Deep learning-based detection of parathyroid adenoma by (99m)Tc-MIBI scintigraphy in patients with primary hyperparathyroidism.

    Yoshida A, Ueda D, Higashiyama S, Katayama Y, Matsumoto T, Yamanaga T, Miki Y, Kawabe J

    Annals of nuclear medicine   36 ( 5 )   468 - 478   2022年05月( ISSN:0914-7187

     詳細を見る

  • The Albumin-bilirubin Score Detects Changes in the Liver Function during Treatment for Budd-Chiari Syndrome: A Retrospective Observational Study

    Kageyama K, Yamamoto A, Jogo A, Sohgawa E, Hagihara A, Fujii H, Uchida-Kobayashi S, Kawada N, Miki Y.

    Intern Med   61 ( 7 )   959 - 967   2022年04月( ISSN:0918-2918

  • Orbital apex schwannoma with a high titer of proteinase 3 antineutrophil cytoplasmic antibody.

    Oura T, Shimono T, Pas M, Takita H, Horiuchi D, Mitsuyama Y, Miki Y

    Radiology case reports   17 ( 4 )   1120 - 1123   2022年04月( ISSN:1930-0433

     詳細を見る

  • Development and Validation of Artificial Intelligence-based Method for Diagnosis of Mitral Regurgitation from Chest Radiographs

    Ueda D, Ehara S, Yamamoto A, Iwata S, Abo K, Walston SL, Matsumoto T, Shimazaki A, Yoshiyama M, Miki Y.

    Radiol Artif Intell .   4 ( 2 )   e210221 - e210221   2022年03月

     詳細を見る

  • Changes in pedicle pericardial fat tissue around the anastomotic site after tracheobronchoplasty

    Tsukioka T, Izumi N, Komatsu H, Inoue H, Matsuda Y, Ito R, Kimura T, Miki Y, Nishiyama N.

    Surgery today   52 ( 3 )   414 - 419   2022年03月( ISSN:0941-1291

     詳細を見る

  • Malignant transformation of a dysembryoplastic neuroepithelial tumor presenting with intraventricular hemorrhage

    Takita H, Shimono T, Uda T, Ikota H, Kawashima T, Horiuchi D, Terayama E, Tsukamoto T, Miki Y.

    Radiol Case Rep   17 ( 3 )   939 - 943   2022年01月( ISSN:1930-0433

     詳細を見る

  • Deep learning-based algorithm for lung cancer detection on chest radiographs using the segmentation method

    Shimazaki A, Ueda D, Choppin A, Yamamoto A, Honjo T, Shimahara Y, Miki Y.

    Sci Rep   12 ( 1 )   727 - 727   2022年01月

     詳細を見る

  • Clinical and magnetic resonance imaging feature differences between solitary and multiple type Langerhans cell histiocytosis involving the craniofacial bone

    Matsushita S, Shimono T, Okuma T, Inoue T, Manabe T, Miki Y.

    Heliyon   8 ( 1 )   e08741 - e08741   2022年01月( ISSN:2405-8440

  • Development and validation of a deep learning model for detection of breast cancers in mammography from multi-institutional datasets.

    Ueda D, Yamamoto A, Onoda N, Takashima T, Noda S, Kashiwagi S, Morisaki T, Fukumoto S, Shiba M, Morimura M, Shimono T, Kageyama K, Tatekawa H, Murai K, Honjo T, Shimazaki A, Kabata D, Miki Y

    PloS one   17 ( 3 )   e0265751   2022年

  • Artificial intelligence-based detection of aortic stenosis from chest radiographs

    Ueda D, Yamamoto A, Ehara S, Iwata S, Abo K, Walston SL, Matsumoto T, Shimazaki A, Yoshiyama M, Miki Y.

    Eur Heart J Digit Health   3 ( 1 )   20 - 28   2021年12月

     詳細を見る

  • Capillary hemangioma of the sphenoid sinus with intrasellar and parasellar extensions

    Pas M, Shimono T, Morisako H, Tsukamoto T, Kuramoto R, Horiuchi D, Tashiro A, Shigeki S, Miki Y.

    Radiol Case Rep.   17 ( 1 )   156 - 160   2021年11月( ISSN:1930-0433

     詳細を見る

  • Ectopic thyroid tissue at the skull base: a case report.

    Fujii K, Shimono T, Morisako H, Miki Y.

    Neuroradiology   63 ( 10 )   1739 - 1742   2021年10月( ISSN:0028-3940

     詳細を見る

  • Training, validation, and test of deep learning models for classification of receptor expressions in breast cancers from mammograms.

    Ueda D, Yamamoto A, Takashima T, Onoda N, Noda S, Kashiwagi S, Morisaki T, Honjo T, Shimazaki A, Miki Y.

    JCO Precis Oncol   5   543 - 551   2021年10月

     詳細を見る

  • Quantitative evaluation of COVID-19 pneumonia severity by CT pneumonia analysis algorithm using deep learning technology and blood test results

    Okuma T, Hamamoto S, Maebayashi T, Taniguchi A, Hirakawa K, Matsushita S, Matsushita K, Murata K, Manabe T, Miki Y.

    Jpn J Radiol   39 ( 10 )   956 - 965   2021年10月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

  • Artificial intelligence-supported lung cancer detection by multi-institutional readers with multi-vendor chest radiographs: a retrospective clinical validation study

    Ueda D, Yamamoto A, Shimazaki A, Walston SL, Matsumoto T, Izumi N, Tsukioka T, Komatsu H, Inoue H, Kabata D, Nishiyama N, Miki Y.

    BMC Cancer   21 ( 1 )   1120 - 1120   2021年10月

     詳細を見る

  • A case of venous aneurysm of a splenorenal shunt.

    Yonezawa H, Jogo A, Yamamoto A, Nota T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Hamamoto S, Sohgawa E, Hamuro M, Kaminou T, Miki Y.

    BJR Case Rep   7 ( 5 )   20210011   2021年07月

     詳細を見る

  • Automated classification of coronary atherosclerotic plaque in optical frequency domain imaging based on deep learning.

    Shibutani H, Fujii K, Ueda D, Kawakami R, Imanaka T, Kawai K, Matsumura K, Hashimoto K, Yamamoto A, Hao H, Hirota S, Miki Y, Shiojima I.

    Atherosclerosis   328   100 - 105   2021年06月( ISSN:0021-9150

  • Transcatheter embolization for stomal varices: A report of three patients. 招待 査読

    Ozaki M, Jogo A, Yamamoto A, Kaminou T, Hamuro M, Sohgawa E, Kageyama K, Ogawa S, Murai K, Nota T, Yonezawa H, Miki Y

    Radiology case reports   16 ( 4 )   801 - 806   2021年04月( ISSN:1930-0433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.radcr.2021.01.020

    PubMed

  • Visualizing "featureless" regions on mammograms classified as invasive ductal carcinomas by a deep learning algorithm: the promise of AI support in radiology 招待 査読

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Noda Satoru, Kashiwagi Shinichiro, Morisaki Tamami, Tsutsumi Shinichi, Honjo Takashi, Shimazaki Akitoshi, Goto Takuya, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   39 ( 4 )   333 - 340   2021年04月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-020-01070-9

    PubMed

  • Incidentally identified ductus arteriosus aneurysm in eight adults: a case series.

    Yukimoto M, Okuma T, Sohgawa E, Nakano MM, Shimono T, Miki Y.

    BJR Case Rep   7 ( 4 )   20200097   2021年03月

     詳細を見る

  • Survival Benefit of Radiofrequency Ablation with Intratumoral Cisplatin Administration in a Rabbit VX2 Lung Tumor Model 招待 査読

    Murai Kazuki, Hamamoto Shinichi, Okuma Tomohisa, Kageyama Ken, Yamamoto Akira, Ogawa Satoyuki, Nota Takehito, Sohgawa Etsuji, Jogo Atsushi, Miki Yukio

    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   44 ( 3 )   475 - 481   2021年03月( ISSN:0174-1551

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00270-020-02686-0

    PubMed

  • Lenvatinib-Induced Tumor-Related Hemorrhages in Patients with Large Hepatocellular Carcinomas 招待 査読

    Uchida-Kobayashi Sawako, Kageyama Ken, Yamamoto Akira, Ikenaga Hiroko, Yoshida Kanako, Kotani Kohei, Kimura Kenjiro, Odagiri Naoshi, Hagihara Atsushi, Fujii Hideki, Enomoto Masaru, Tamori Akihiro, Kubo Shoji, Miki Yukio, Kawada Norifumi

    ONCOLOGY   99 ( 3 )   186 - 191   2021年02月( ISSN:0030-2414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000510911

    PubMed

  • Splenic Vein Diameter is a Risk Factor for the Portal Venous System Thrombosis After Partial Splenic Artery Embolization 招待 査読

    Ogawa Satoyuki, Yamamoto Akira, Jogo Atsushi, Nakano Mariko M., Kageyama Ken, Sohgawa Etsuji, Nishida Norifumi, Kaminou Toshio, Miki Yukio

    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   44 ( 6 )   921 - 930   2021年01月( ISSN:0174-1551

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00270-020-02751-8

    PubMed

  • Visualization of flow dynamics in the portal circulation using 320-detector-row computed tomography: a feasibility study. 招待 査読

    Kageyama K, Yamamoto A, Jogo A, Izuta S, Himoto D, Kakimi A, Sohgawa E, Miki Y

    European radiology experimental   5 ( 1 )   1   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s41747-020-00197-8

    PubMed

  • ISMRM2020における富樫かおり先生のGold Medal受賞と長縄慎二先生のSenior Fellow選出を記念して 招待 査読

    黒田 輝, 小畠 隆行, 三木 幸雄, 田岡 俊昭

    日本磁気共鳴医学会 日本磁気共鳴医学会雑誌   41 ( 1 )   1 - 4   2021年( ISSN:0914-9457

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p> 2020年8月にウェブ開催されたISMRM(国際磁気共鳴医学会)において,京都大学の富樫かおり先生がGold Medalを受賞され,名古屋大学の長縄慎二先生がSenior Fellowに選出されました.同じ年の大会で日本人が同時に2名選出されることは初めてのことであり,MRI研究における日本の大きなプレゼンスを示す出来事でもありました.</p><p> この度,この快挙を記念して,お二人とご縁の深い先生方からの特別寄稿をいただきましたので,ここに掲載させて頂きます.</p>

    DOI: 10.2463/jjmrm.2020-1724

    CiNii Article

  • Observation of Intramural Fibroid Expulsion on MRI after Uterine Artery Embolization

    Matsushima, H. Kageyama, K. Yamamoto, A. Jogo, A. Sohgawa, E. Nota, T. Murai, K. Ogawa, S. Nakano, M. Shimono, T. Miki, Y.

    7970894 - 7970894   2021年

     詳細を見る

  • Usefulness of coil-assisted retrograde transvenous obliteration II (CARTO-II) for the treatment of ascending colonic varix: a case report. 招待 査読

    Maeda H, Kageyama K, Yamamoto A, Jogo A, Sohgawa E, Matsushita K, Asano K, Yonezawa H, Nota T, Murai K, Ogawa S, Miki Y

    CVIR endovascular   3 ( 1 )   90   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s42155-020-00187-2

    PubMed

  • DWI scoring system for prognosis of acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion 招待 査読

    Takita Hirotaka, Shimono Taro, Manabe Takao, Kuki Ichiro, Amo Kiyoko, Togawa Masao, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   38 ( 9 )   860 - 869   2020年09月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-020-00984-8

    PubMed

  • MRIで髄鞘化遅延所見を認めた7ヵ月男児の18番染色体長腕欠失症候群の1例 招待 査読

    佐々木 扶実, 下野 太郎, 瀬戸 俊之, 塚本 太朗, 大浦 達史, 岡橋 沙美, 田中 里可子, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   65 ( 9 )   1039 - 1044   2020年08月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は生後7ヵ月男児で、風邪症状のため近医を受診した際に筋緊張低下と成長・発達の遅れを指摘され、当院紹介となった。精査目的に行った頭部MRIで髄鞘化遅延が疑われた。画像所見などから、Pelizaeus-Merzbacher病や18q-症候群をはじめとする髄鞘化遅延所見を呈する疾患が考えられた。FISH解析では18qサブテロメア領域の欠失が確認された。高精度分染法では遠位端欠失del(18)(q23)もしくはq23にほかの染色体が転座した派生染色体add(18)(q23)の可能性が疑われた。そのためアレイCGH解析を行い、核型は46,XY,der(18)t(3:18)(q29:q23)であった。両親を含めた欠失・重複部位のFISH解析で3番染色体長腕と18番染色体長腕の不均衡転座によるde novoの18q-症候群であると診断された。1歳1ヵ月時に臨床症状の精査目的に入院となり、その際、発達遅延とともに右耳介低位、鼻根部が低いこと、テント状口といった顔貌の特徴やパラシュート反射がみられないことが指摘された。

  • The findings of the contrast-enhanced CT and risk factors for hepatic infarction after pancreatoduodenectomy 招待 査読

    Shindo Daisuke, Yamamoto Akira, Amano Ryosuke, Kimura Kenjiro, Yamazoe Sadaaki, Shimono Taro, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   38 ( 6 )   547 - 552   2020年06月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-020-00934-4

    PubMed

  • 前頭蓋底発生脊索腫様髄膜腫の1例 招待 査読

    大浦 達史, 下野 太郎, 塚本 太朗, 森迫 拓貴, 桑江 優子, 倉本 玲亜, 竹内 均, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   65 ( 6 )   571 - 575   2020年06月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 頭蓋内外に複数の病変を認めたサルコイドーシスの1例 招待 査読

    光山 容仁, 下野 太郎, 塚本 太朗, 松島 央和, 後藤 剛夫, 岡橋 沙美, 佐々木 扶実, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   65 ( 6 )   567 - 570   2020年06月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Magnetic Resonance Imaging of Multiple Sclerosis]. 招待 査読

    Miki Y

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   72 ( 5 )   493 - 508   2020年05月( ISSN:1881-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.11477/mf.1416201553

    PubMed

  • Utility of low-dose gelatin sponge particles and 5% ethanolamine oleate iopamidol mixture in retrograde transvenous obliteration (GERTO) for gastric varices. 査読

    Jogo A, Yamamoto A, Kaminoh T, Nakano M, Kageyama K, Sohgawa E, Hamamoto S, Sakai Y, Hamuro M, Nishida N, Miki Y

    The British journal of radiology   93 ( 1108 )   20190751   2020年04月( ISSN:0007-1285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjr.20190751

    PubMed

  • 巨大脳動脈瘤と椎骨動脈解離を合併したTurner症候群の1例 招待 査読

    原田 翔平, 下野 太郎, 田北 大昂, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   65 ( 3 )   277 - 281   2020年03月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    20歳代女性。頭痛・嘔気・複視を主訴に受診した、幼少期にTurner症候群と診断されていた。頭部MRIとCT angiographyで左後大脳動脈に嚢状動脈瘤を認めたほか、左椎骨動脈に口径不整を認め、左椎骨動脈解離と診断した。健常な右椎骨動脈を経由してコイル塞栓術を施行したところ、カテーテル操作により右椎骨動脈解離が生じ、原因として脳血管の脆弱性が考えられた。3ヵ月後、右椎骨動脈解離が改善したことを確認のうえ左後大脳動脈のコイル塞栓術を行い、術後3年の現在まで動脈瘤の増大は認めていない。

  • 松果体部乳頭状腫瘍の1例 招待 査読

    吉増 有紗, 下野 太郎, 諸岡 慧, 桑江 優子, 雪本 真代, 塚本 太朗, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   65 ( 3 )   271 - 275   2020年03月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    40代男性。受診の1ヵ月前から頭がぼんやりとする感じが出現し、数日前から物忘れと霧視が出現した。初診時、意識清明で軽度うっ血乳頭を認めた。頭部CTで第3脳室後方に16×9mmの腫瘤性病変を認めた。内部は軽度低吸収、辺縁は高吸収で、松果体あるいは手綱交連と思われる石灰化が腫瘤の前方に存在した。頭部MRIで腫瘤の形態は一部分葉状であり、腫瘤によって四丘体が後方へ圧排されていた。T1強調像で内部に高信号部分を伴う等信号腫瘤を認め、T2強調像で内部は高信号、辺縁優位の低信号を呈し、T1等信号部分に著明な造影増強効果を認めた。ADC mapでは拡散は軽度亢進しており、磁化率強調像で著明な低信号を呈した。これらの所見から閉塞性水頭症を伴う松果体部腫瘤と臨床診断し、確定診断目的に腫瘍生検を行った。病理組織所見は小型裸核状から短紡錘形の腫瘍細胞が不明瞭な乳頭状あるいは不規則に増殖し、まれに核分裂像を伴い、Ki-67 indexは4〜5%であった。一部に乳頭状ととれる構造がみられたことから松果体部乳頭状腫瘍と診断した。定位放射線治療を行い、腫瘍は画像上消失し、以降5年間再発は認めていない。

  • シーメンス製TACE支援ソフトウェア(<I>syngo</I> Embolization Guidanceなど) 招待 査読

    羽室 雅夫, 山本 晃, 高尾 由範, 市田 隆雄, 三木 幸雄

    一般社団法人日本インターベンショナルラジオロジー学会 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   34 ( 4 )   236 - 245   2020年( ISSN:1340-4520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We introduce <I>syngo</I> Embolization Guidance (EG) and <I>syngo</I> DynaPBV Body (PBV) as Siemens application software that can support transarterial chemoembolization (TACE).<BR>EG is a so-called automated tumor-feeder detection software. The advantages of this software include the flexibility to utilize both automatic and manual detection modes in a complementary manner, and the adaptability to process a variety of images including C-arm CT (cone-beam CT), IVR-CT (multi-detector row CT) and other modalities like contrast enhanced MRI. We mainly use it with IVR-CT. On the other hand, a major limitation of this software is considered to be its fixed shape as spheres to contour the targeting tumor.<BR>PBV is a software that can visualize the blood volume in organs as a color map. We have developed an acquisition protocol that can capture PBV maps in the same series of dual phase CT during hepatic arteriography with C-arm CT, which is useful in TACE for hepatocellular carcinoma. The advantage of this software is its superiority in detecting small tumors with weak contrast effects and residual / recurrent lesions in Lipiodol accumulated tumors.<BR>Future directions in this field would be the expansion of indications to sites other than the liver and the improvement of performance through artificial intelligence (AI) advancement. To that end, it is necessary to establish a collaboration scheme in which medical doctors, information technology researchers and industry engineers can cooperate as one team.

    DOI: 10.11407/ivr.34.236

    CiNii Article

  • MR関連英語論文における文章構成法 招待 査読

    三木 幸雄

    日本磁気共鳴医学会 日本磁気共鳴医学会雑誌   40 ( 4 )   129 - 142   2020年( ISSN:0914-9457

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <p> This article describes how to organize sentences in English papers on magnetic resonance field. In particular, "paragraph writing" and "coherence" are important skills required to logically organize sentences. This article explains them in detail with a number of examples from published papers on magnetic resonance. The ability to write in English may become less important in the near future due to the rapid progress of automatic translation technologies, using artificial intelligence (AI) such as Google Translate and DeepL. However, arranging English sentences and organizing them in a logical manner will continue to be an essential task for authors, even in the age of AI. I hope that this article will be of help to young researchers who plan to write manuscripts in English.</p>

    DOI: 10.2463/jjmrm.2020-1715

    CiNii Article

  • 腰椎joint apoplexyと考えられた脊髄硬膜外血腫の1例 招待 査読

    松島 央和, 下野 太郎, 星野 雅俊, 井上 恵太, 桑江 優子, 吉増 有紗, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   64 ( 13 )   1559 - 1563   2019年12月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Influence of Dose-volume Prescription in Three-dimensional Conformal Radiotherapy for Patients with Stage III Non-small-cell Lung Cancer

    Nishikawa, Tomohiro and Tsutsumi, Shinichi and Tada, Takuhito and Mukumoto, Naoki and Makihara, Masaru and Tokunaga, Masahiro and Tanaka, Noriko and Hasegawa, Yoshikazu and Hosono, Masako and Ishii, Kentaro and Miki, Yukio

    Osaka City Medical Journal   65 ( 2 )   77 - 83   2019年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 内耳道内と髄膜病変を呈した中枢神経ゴム腫の1例 招待 査読

    雪本 真代, 下野 太郎, 松下 周, 寺山 英作, 山中 一浩, 松下 和樹, 後藤 拓也, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   64 ( 11 )   1351 - 1354   2019年10月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    40歳代男。左耳閉塞感、耳鳴りを主訴とした。半年前より2期梅毒、human immunodeficiency virus(HIV)の診断で加療されていたが、3ヵ月前に左感音難聴を発症し、1ヵ月前に歩行障害と顔面神経麻痺を認めた。頭部MRIでは左小脳橋角部から内耳道内を占拠する腫瘤性病変を認めたが、腫瘤は無治療で軽度縮小し、経過中に縮小しうる中枢神経腫瘤性病変として神経梅毒・中枢神経ゴム腫、中枢神経結核腫、神経サルコイドーシスが考えられた。その後の髄液検査でFTA-ABS陽性が確認され、ペニシリン系抗菌薬投与により腫瘤が消退したことから中枢神経ゴム腫と最終診断した。

  • 乳様突起を中心として存在し骨硬化性変化を呈した腺様嚢胞癌の1例 招待 査読

    松下 周, 下野 太郎, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   64 ( 11 )   1355 - 1359   2019年10月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    40歳代男。1年前より自覚した左耳下部腫瘤が増大傾向を示し、左耳下腺腫瘤の疑いで紹介受診した。頸部単純CTでは左側頭骨乳様突起を取り巻く不整な腫瘤を認め、乳様突起の破壊はみられなかったが、乳突蜂巣の骨硬化像が観察されたほか、頸部MRI T1強調像では骨浸潤の可能性を指摘でき、腫瘤摘出術を行った。摘出標本の免疫染色より上皮筋上皮癌が疑われ、術後放射線化学療法を行ったが、術後3年経過時に左肺下葉に多発結節が出現し、転移性肺腫瘍の疑いで左肺部分切除術を行った。病理所見では組織学的に篩状構造と導管構造が確認でき、免疫組織学的に極性の逆転が示唆される所見を認めたため、最終的に腺様嚢胞癌および同腫瘍の肺転移と診断した。

  • Comparison of MR imaging features of uterine neuroendocrine carcinoma and uterine malignant lymphoma. 招待 査読

    Sugimoto M, Koyama K, Ichimura T, Shimono T, Hashiguchi Y, Miki Y

    Abdominal radiology (New York)   44 ( 10 )   3377 - 3387   2019年10月( ISSN:2366-004X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00261-019-02201-1

    PubMed

  • Ectopic clival craniopharyngioma with intratumoral hemorrhage: A case report. 招待 査読

    Horiuchi D, Shimono T, Doishita S, Goto T, Tanaka S, Miki Y

    Radiology case reports   14 ( 8 )   977 - 980   2019年08月( ISSN:1930-0433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.radcr.2019.05.023

    PubMed

  • Risk factors for local recurrence of hepatocellular carcinoma after transcatheter arterial chemoembolization with drug-eluting beads (DEB-TACE). 招待 査読

    Nakano MM, Yamamoto A, Nishida N, Hamuro M, Hamamoto S, Jogo A, Sohgawa E, Kageyama K, Minami T, Miki Y

    Japanese journal of radiology   37 ( 7 )   543 - 548   2019年07月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-019-00840-4

    PubMed

  • Usefulness of Venous Pressure Measurement in Endovascular Treatment of Budd-Chiari Syndrome: A Retrospective Cohort Study. 招待 査読

    Kageyama K, Yamamoto A, Jogo A, Nota T, Murai K, Ogawa S, Nakano MM, Sohgawa E, Hamamoto S, Hamuro M, Kaminou T, Nishida N, Takahashi K, Yamamoto K, Miki Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 20 )   2923 - 2929   2019年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2704-19

    PubMed

  • Selective Balloon-occluded Retrograde Transvenous Obliteration for Gastric Varices. 招待 査読

    Jogo A, Nishida N, Yamamoto A, Kageyama K, Nakano M, Sohgawa E, Hamamoto S, Hamuro M, Miki Y

    一般社団法人 日本内科学会 Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 16 )   2291 - 2297   2019年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (B-RTO) for gastric varices (GV) is associated with drawbacks including a postoperative increase in portal pressure and the risk of subsequent worsening of esophageal varices (EV). Selective B-RTO that embolizes only the varices may have the potential to minimize such risks. The aim of this study is to retrospectively compare the postoperative course of patients after selective B-RTO (Group S) and conventional B-RTO (Group B). </p><p><b>Methods </b>One hundred four patients treated from January 2007 to April 2012 were classified into Groups S (n=5) and B (n=99). In the univariate analysis, the volume of 5% ethanolamine oleate iopamiodol (EOI) administered at baseline and the GV blood flow on endoscopic ultrasound after B-RTO were considered as covariates. The rates of GV recurrence and EV aggravation was also compared between Groups B and S. </p><p><b>Results </b>In Group S, the volume of 5% EOI was significantly lower (Group S vs. Group B: 14.6±5.5 vs. 28.5±16.4 mL; p=0.0012) and the rate of EV aggravation was lower in in comparison to Group B (p=0.045). However, in Group S, the rate of complete eradication of GV blood flow was significantly lower (Group S vs. Group B: 0% vs. 89.9%; p<0.001) and the rate of re-treatment for GV was higher in comparison to Group B (Group S vs. Group B: 60% vs. 1.0%; p<0.001). </p><p><b>Conclusion </b>Selective B-RTO for GV could minimize the risk of a worsening of EV or reduce the amount of sclerosants; however, the rate of recurrence was high in comparison to conventional B-RTO. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2356-18

    PubMed

    CiNii Article

  • Magnetic resonance imaging diagnosis of demyelinating diseases : An update. 招待 査読

    Yukio Miki

    Clinical and Experimental Neuroimmunology   10 ( Suppl.1 )   32 - 48   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/cen3.12501

  • Langerhans Cell Histiocytosis with Multiple Fluid-fluid Levels in the Parietal Bone. 招待 査読

    Matsushita K, Shimono T, Miki Y

    日本磁気共鳴医学会 Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   19 ( 1 )   5 - 6   2019年03月( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2463/mrms.ci.2018-0152

    PubMed

    CiNii Article

  • Posterior fossa choroid plexus papilloma with focal ependymal differentiation in an adult patient: A case report and literature review. 招待 査読

    Matsushita S, Shimono T, Goto T, Doishita S, Kuwae Y, Miki Y

    Radiology case reports   14 ( 3 )   304 - 308   2019年03月( ISSN:1930-0433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.radcr.2018.11.017

    PubMed

  • Prognostic significance of pretreatment 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography evaluation using metabolic tumor volume of the primary tumor and lymph nodes in advanced hypopharyngeal cancer 招待 査読

    Okazaki Eiichiro, Kawabe Joji, Oishi Masahiro, Hosono Masako, Higashiyama Shigeaki, Teranishi Yuichi, Shiomi Susumu, Iguchi Hiroyoshi, Miki Yukio

    HEAD AND NECK-JOURNAL FOR THE SCIENCES AND SPECIALTIES OF THE HEAD AND NECK   41 ( 3 )   739 - 747   2019年03月( ISSN:1043-3074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hed.25429

    PubMed

  • Clinical and CT findings of small bowel obstruction caused by rice cakes in comparison with bezoars. 招待 査読

    Sugimoto S, Shimono T, Takeshita T, Yamamoto A, Shindo D, Miki Y

    Japanese journal of radiology   37 ( 4 )   301 - 307   2019年01月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-019-00811-9

    PubMed

  • Technical and clinical overview of deep learning in radiology 招待 査読

    Ueda Daiju, Shimazaki Akitoshi, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   37 ( 1 )   15 - 33   2019年01月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-018-0795-3

    PubMed

  • 【胸部の最新画像情報2019】 肺癌との鑑別に苦慮した扁平上皮腺上皮混合型乳頭腫の1例 招待 査読

    阪井 雄紀, 西山 典利, 永野 晃史, 泉 信博, 阪本 晴菜, 松下 周, 清水 重喜, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   64 ( 1 )   61 - 65   2019年01月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【胸部の最新画像情報2019】 後縦隔悪性腫瘍との鑑別に苦慮した肋骨由来骨巨細胞腫の1例 招待 査読

    寺山 英作, 下野 太郎, 杉本 倫子, 月岡 卓馬, 星 学, 田中 秀典, 桑江 優子, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   64 ( 1 )   67 - 71   2019年01月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Johns Hopkins大学 森進先生のISMRM Gold Medal受賞を記念して 招待 査読

    三木 幸雄, 山本 憲, 山田 惠

    日本磁気共鳴医学会 日本磁気共鳴医学会雑誌   39 ( 1 )   1 - 5   2019年( ISSN:0914-9457

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p> 2018年6月にパリで開催されたISMRM(国際磁気共鳴医学会)において,米国Johns Hopkins大学の森進教授がGold Medalを受賞されました.</p><p> 受賞理由は,拡散テンソルトラクトグラフィーを考案し,脳の神経線維束を非侵襲的に画像化することに成功し,医学・医療および神経科学に多大な貢献をされたことです.森先生の論文の引用回数は3万4千回を超えています.</p><p> 日本人のISMRM Gold Medal受賞は,fMRIを考案された小川誠二先生に次いで2人目の快挙です.</p><p> 本誌では,この度,この快挙を記念して,森先生にご縁の深い先生方からの特別寄稿をいただきました.</p>

    DOI: 10.2463/jjmrm.2018-1659

    CiNii Article

  • Utility of Coil-Assisted Retrograde Transvenous Obliteration II (CARTO-II) for the Treatment of Gastric Varices 査読

    Yamamoto A, Jogo A, Kageyama K, Sohgawa E, Hamamoto S, Hamuro M, Kamino T, Miki Y

    Cardiovasc Intervent Radiol   43 ( 4 )   565 - 571   2019年( ISSN:0174-1551

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1007/s00270-019-02399-z

    PubMed

  • Association between the Left Atrial Emptying Fraction and Silent Brain Infarction in Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation(和訳中) 招待 査読

    Kawai Yu, Sugioka Kenichi, Iwata Shinichi, Sakamoto Shinichi, Ishikawa Sera, Takagi Masahiko, Miki Yukio, Yoshiyama Minoru

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   64 ( 2 )   121 - 130   2018年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 【膵癌に関連する血管系IVR】 膵癌術前の血流改変 特殊な症例、肝動脈合併膵頭十二指腸切除術前血流改変 招待 査読

    山本 晃, 天野 良亮, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 城後 篤志, 三木 幸雄

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会 IVR: Interventional Radiology   33 ( 3 )   236 - 242   2018年11月( ISSN:1340-4520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Differentiation of Brain Metastases and Gliomas Based on Color Map of Phase Difference Enhanced Imaging 招待 査読

    Doishita Satoshi, Sakamoto Shinichi, Yoneda Tetsuya, Uda Takehiro, Tsukamoto Taro, Yamada Eiji, Yoneyama Masami, Kimura Daisuke, Katayama Yutaka, Tatekawa Hiroyuki, Shimono Taro, Ohata Kenji, Miki Yukio

    FRONTIERS IN NEUROLOGY   9 ( SEP )   788   2018年09月( ISSN:1664-2295

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fneur.2018.00788

    PubMed

  • Imaging Differences between Neuromyelitis Optica Spectrum Disorders and Multiple Sclerosis: A Multi-Institutional Study in Japan 招待 査読

    Tatekawa H., Sakamoto S., Hori M., Kaichi Y., Kunimatsu A., Akazawa K., Miyasaka T., Oba H., Okubo T., Hasuo K., Yamada K., Taoka T., Doishita S., Shimono T., Miki Y.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   39 ( 7 )   1239 - 1247   2018年07月( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A5663

    PubMed

  • Robinow症候群の2例 招待 査読

    米田 昌平, 下野 太郎, 藤田 賢司, 立川 裕之, 瀬戸 俊之, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   63 ( 7 )   833 - 838   2018年07月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は9ヵ月男児で、生後9ヵ月時に頭囲拡大と低身長を認めた。生後4ヵ月時に定頸、8ヵ月時に寝返り、2歳時に運動発達遅滞を認めた。頭部MRIでは、9ヵ月時のT2強調正中矢状断像で、前額部の突出、脳梁・脳幹の軽度萎縮を認めた。T2強調横断像では、両側メッケル腔の拡大、脳溝・側脳室前角の軽度拡大や軽度の脳梁萎縮を認めた。染色体検査では、常染色体劣性型Robinow症候群に特異的な遺伝子座9q22の異常を認めず、特徴的な顔貌や身体所見から常染色体優性型Robinow症候群と診断した。症例2は2ヵ月女児で、顔貌異常で受診し、多発奇形や精神・運動発達遅滞、低身長を認めた。6歳時から軽度の難聴を自覚し、10歳時より中耳炎を繰り返し罹患した。11歳時に両側滲出性中耳炎の診断で、両側鼓膜にチューブを挿入した。頭部MRI(3ヵ月時)では、T2強調正中矢状断像にて前額部の突出、脳梁・脳幹の軽度萎縮を認めた。T1強調横断像では、側脳室の軽度拡大と脳梁の軽度萎縮を認めた。特徴的な顔貌や身体所見などからRobinow症候群と診断した。

  • High contrast between lumbar nerve roots and surrounding structures using dual echo 3D turbo spin echo additional fusion images. 招待 査読

    Kinoshita N, Tanaka S, Sugimori Y, Nakahira K, Ryoke K, Matsuoka T, Fujioka M, Miki Y

    Japanese journal of radiology   36 ( 8 )   472 - 476   2018年06月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-018-0751-2

    PubMed

  • Imaging features of benign mass lesions in the nasal cavity and paranasal sinuses according to the 2017 WHO classification 招待 査読

    Tatekawa Hiroyuki, Shimono Taro, Ohsawa Masahiko, Doishita Satoshi, Sakamoto Shinichi, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   36 ( 6 )   361 - 381   2018年06月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-018-0739-y

    PubMed

  • Combination therapy involving radiofrequency ablation and targeted chemotherapy with bevacizumab plus paclitaxel and cisplatin in a rabbit VX2 lung tumor model. 招待 査読

    Ueki A, Okuma T, Hamamoto S, Kageyama K, Murai K, Miki Y

    BMC research notes   11 ( 1 )   251   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-018-3358-x

    PubMed

  • 小脳萎縮を伴ったGM1ガングリオシドーシスtype 2の1例 招待 査読

    尾崎 正典, 下野 太郎, 濱崎 考史, 立川 裕之, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   63 ( 4 )   455 - 459   2018年04月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1歳7ヵ月女児。主訴は発達遅滞であった。生後10ヵ月以降次第に発達遅滞を認め、生後16ヵ月で独歩不可能であった。脊椎側面単純X線では高度の後彎を認め、椎体は高さが減じ卵円形〜くちばし状のものまで認めた。頭部MRIのT2強調像では大脳皮質下白質から深部白質に淡い高信号を認め、両側の視床と淡蒼球に低信号を認め、小脳は萎縮していた。髄鞘形成遅延を呈する先天性代謝疾患が疑われ、遺伝子診断の結果、GLB1遺伝子のM1C変異とR49Gが確認され、GM1ガングリオシドーシスと診断した。その後MRIによる経過観察では大脳白質病変が徐々に目立ち、大脳や脳梁の萎縮を認めるようになり、視床と淡蒼球のT2強調像低信号化が明瞭化し、橋被蓋の萎縮も目立つようになった。

  • 出血発症した脊髄海綿状血管腫の2例 招待 査読

    島崎 覚理, 下野 太郎, 高見 俊宏, 立川 裕之, 桑江 優子, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   63 ( 3 )   341 - 345   2018年03月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Treatment results of neoadjuvant chemoradiotherapy followed by radical esophagectomy in patients with initially inoperable thoracic esophageal cancer 査読

    Morimoto Hideyuki, Fujiwara Yushi, Lee Shigeru, Amano Kosuke, Hosono Masako, Miki Yukio, Osugi Harushi

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   36 ( 1 )   23 - 29   2018年01月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-017-0693-0

    PubMed

  • Neoadjuvant Radiotherapy with Capecitabine Plus Bevacizumab for Locally Advanced Lower Rectal Cancer: Results of a Single-institute Phase II Study

    Maeda, K. Shibutani, M. Otani, H. Fukuoka, T. Iseki, Y. Matsutani, S. Nagahara, H. Inoue, T. Tachimori, A. Nishii, T. Miki, Y. Hosono, M. Ohira, M.

    Anticancer Res   38 ( 7 )   4193 - 4197   2018年

     詳細を見る

  • In vitro Study of Serial Changes to Carmustine Wafers (Gliadel) with MR Imaging and Computed Tomography 査読

    Doishita Satoshi, Shimono Taro, Yoneda Tetsuya, Yamada Eiji, Tsukamoto Taro, Takemori Daichi, Kimura Daisuke, Tatekawa Hiroyuki, Sakamoto Shinichi, Miki Yukio

    日本磁気共鳴医学会 MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   17 ( 1 )   58 - 66   2018年( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Purpose: Implantation of carmustine wafers (Gliadel) <i>in vivo</i> is accompanied by characteristic serial changes on MRI and CT, such as transient hyperintensity of the wafers on T<sub>1</sub>-weighted images (T<sub>1</sub>WIs) and considerable gas accumulation in surgical resection cavities. The purpose of this study was to evaluate intrinsic imaging changes to carmustine wafers <i>in vitro</i>.</p><p>Methods: Three phantoms simulating a surgical resection cavity were constructed. Each contained either a carmustine wafer fixed with oxidized regenerated cellulose and fibrin sealant, an unfixed carmustine wafer, or a fixed polyethylene control disk, immersed in phosphate-buffered saline. Image acquisition of the phantoms was performed on MRI and CT until 182 days after construction. The radiological appearances of the object in each phantom were assessed by visual evaluation and quantification of the region of interest. The volume of gas around the objects at 24 h after constructing the phantoms was also measured.</p><p>Results: The carmustine wafers showed low signal intensities on T<sub>1</sub>WIs and T<sub>2</sub>-weighted images (T<sub>2</sub>WIs), and high densities on CT images at 24 h. The signal intensities and CT densities gradually approximated those of saline over a period of months. However, the carmustine wafers never showed hyperintensity on T<sub>1</sub>WIs <i>in vitro</i>. The fixed carmustine wafer showed slower radiological changes, as compared to the unfixed wafer. The gas volume around the fixed carmustine wafer was greater than that around the fixed control disk.</p><p>Conclusion: Changes to the carmustine wafers probably reflected penetration of fluid inside and degradation of the hydrophobic matrix. Reported transient hyperintensity of wafers on T<sub>1</sub>WIs <i>in vivo</i> is regarded as the result of biological reactions, whereas the initial production of gas is considered as an intrinsic characteristic of wafers.</p>

    DOI: 10.2463/mrms.mp.2017-0035

    PubMed

    CiNii Article

  • 膵癌術前の血流改変:(特殊な症例,肝動脈合併膵頭十二指腸切除術前血流改変) 招待 査読

    山本 晃, 城後 篤志, 三木 幸雄, 天野 良亮, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 濵本 晋一

    一般社団法人日本インターベンショナルラジオロジー学会 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   33 ( 3 )   236 - 242   2018年( ISSN:1340-4520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Distal pancreatectomy with en bloc celiac axis resection (DP-CAR) was now employed for locally advanced cancer of the body of the pancreas involving the common hepatic artery and/or celiac trunk. Recently, pancreaticoduodenectomy with common hepatic artery resection (PD-CHAR) is employed for locally advanced cancer of the head of the pancreas. In this operation, reconstruction of the hepatic artery is generally needed. In some cases, reconstruction of the hepatic artery is not needed due to hepatic arterial variants. Herein, we discussed the strategy for preoperative coil embolization of PD-CHAR in our institute by reporting two cases.

    DOI: 10.11407/ivr.33.236

    CiNii Article

  • 膵切除術後出血に対する止血術 招待 査読

    寒川 悦次, 三木 幸雄, 山本 晃, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 濱本 晋一, 城後 篤志

    一般社団法人日本インターベンショナルラジオロジー学会 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   33 ( 3 )   243 - 251   2018年( ISSN:1340-4520

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Postpancreatectomy hemorrhage (PPH) is a rare but often severe complication after pancreatic resection. In consequence the incidence and mortality rates in the literature reveal a large range 3-8% and 15-60%, respectively. Treatments for PPH include laparotomy and endovascular interventions. We describe endovascular management that includes embolization and stentgraft placement. Embolization is based on the "isolation technique", in which both the proximal and distal parts including the bleeding point are filled with embolic materials to avoid retrograde blood flow. It is minimally invasive and associated with a high success rate. Stentgraft placement is a good option for complete hemostasis and the preservation of parental artery flow.

    DOI: 10.11407/ivr.33.243

    CiNii Article

  • Head MRI in a Case with Intermediate DEND Syndrome. 招待 査読

    Takita Hirotaka, Shimono Taro, Kawamura Tomoyuki, Hirose Masakazu, Kashihara Yoneo, Miki Yukio

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   117 - 121   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationship between tissue Doppler measurements of left ventricular diastolic function and silent brain infarction in patients with non-valvular atrial fibrillation 査読

    Ishikawa Sera, Sugioka Kenichi, Sakamoto Shinichi, Fujita Suwako, Ito Asahiro, Norioka Naoki, Iwata Shinichi, Nakagawa Masashi, Takagi Masahiko, Miki Yukio, Ueda Makiko, Yoshiyama Minoru

    EUROPEAN HEART JOURNAL-CARDIOVASCULAR IMAGING   18 ( 11 )   1245 - 1252   2017年11月( ISSN:2047-2404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ehjci/jew220

    PubMed

  • Cystic lesions of the parotid gland: radiologic-pathologic correlation according to the latest World Health Organization 2017 Classification of Head and Neck Tumours 査読

    Takita Hirotaka, Takeshita Tohru, Shimono Taro, Tanaka Hiroko, Iguchi Hiroyoshi, Hashimoto Shigeo, Kuwae Yuko, Ohsawa Masahiko, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   35 ( 11 )   629 - 647   2017年11月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-017-0678-z

    PubMed

  • Attenuated brain lesion on magnetic resonance imaging in an adult patient with methionine adenosyltransferase I/III deficiency 査読

    Maruta Ubuka, Shimono Taro, Tokuhara Daisuke, Hanayama Yoshiko, Miki Yukio

    NEUROLOGICAL SCIENCES   38 ( 6 )   1131 - 1133   2017年06月( ISSN:1590-1874

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10072-017-2879-8

    PubMed

  • MR imaging and MR cholangiopancreatography of cholangiocarcinoma developing in printing company workers 査読

    Koyama Koichi, Kubo Shoji, Ueki Ai, Shimono Taro, Takemura Shigekazu, Tanaka Shogo, Kinoshita Masahiko, Hamano Genya, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   35 ( 5 )   233 - 241   2017年05月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-017-0626-y

    PubMed

  • Spontaneous Regression of Untreated Tumors with Immuno-Radiofrequency Ablation, RF Ablation in Combination with Local Injection of OK-432, in a Patient with Lung Metastases of Colon Cancer. 査読

    Yamamoto A, Hamamoto S, Matsuoka T, Kageyama K, Jogo A, Sohgawa E, Okuma T, Hamuro M, Toyoshima M, Kawabe J, Nagahara H, Miki Y

    Journal of vascular and interventional radiology : JVIR   28 ( 3 )   477 - 479   2017年03月( ISSN:1051-0443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jvir.2016.11.092

    PubMed

  • Treatment outcomes of hepatectomy for liver metastases of gastric cancer diagnosed using contrast-enhanced magnetic resonance imaging 査読

    Tatsubayashi Taichi, Tanizawa Yutaka, Miki Yuichiro, Tokunaga Masanori, Bando Etsuro, Kawamura Taiichi, Sugiura Teiichi, Kinugasa Yusuke, Uesaka Katsuhiko, Terashima Masanori

    GASTRIC CANCER   20 ( 2 )   387 - 393   2017年03月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-016-0611-7

    PubMed

  • Correlations of post-implant regional dosimetric parameters at 24 hours and one month, with clinical results of low-dose-rate brachytherapy for localized prostate cancer 査読

    Okazaki Eiichiro, Kuratsukuri Katsuyuki, Ishii Kentaro, Tanaka Tomoaki, Ogino Ryo, Nishikawa Tomohiro, Morimoto Hideyuki, Hosono Masako, Miki Yukio

    JOURNAL OF CONTEMPORARY BRACHYTHERAPY   9 ( 6 )   499 - 507   2017年( ISSN:1689-832X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5114/jcb.2017.72547

    PubMed

  • Efficacy and toxicity profiles of two chemoradiotherapies for stage II laryngeal cancer - a comparison between late course accelerated hyperfractionation (LCAHF) and conventional fractionation (CF) 査読

    Okazaki Eiichiro, Matsushita Naoki, Tashiro Mari, Shimatani Yasuhiko, Ishii Kentaro, Hosono Masako, Oishi Masahiro, Teranishi Yuichi, Iguchi Hiroyoshi, Miki Yukio

    ACTA OTO-LARYNGOLOGICA   137 ( 8 )   883 - 887   2017年( ISSN:0001-6489

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00016489.2017.1293295

    PubMed

  • MEG Frequency Analysis Depicts the Impaired Neurophysiological Condition of Ischemic Brain 査読

    Sakamoto Shinichi, Ikeda Hidetoshi, Tsuyuguchi Naohiro, Uda Takehiro, Okumura Eiichi, Asakawa Takashi, Haruta Yasuhiro, Nishiyama Hideki, Okada Toyoji, Kamada Hajime, Ohata Kenji, Miki Yukio

    PLOS ONE   11 ( 12 )   e0168588   2016年12月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0168588

    PubMed

  • 【脳神経・頭頸部の画像診断update】 右頭頂葉皮質に発生した神経節細胞腫の1例 招待 査読

    杉本 繁博, 下野 太郎, 寺川 雄三, 桑江 優子, 座古 竜世, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   61 ( 12 )   1693 - 1698   2016年11月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は20歳男性で、左上下肢の不随意運動が出現し、頭部MRIで右頭頂葉皮質-皮質下白質にT2強調像において小さな高信号域を認めた。症状の再燃はなく、未治療で経過した。全身性痙攣で救急搬送された。頭部MRIで右頭頂葉に腫瘤を認め、増大傾向を認めた。頭部MRIでは、単純CTで認めた嚢胞成分を伴う境界明瞭な腫瘤の辺縁は、T1強調像で軽度高信号、T2強調像で低信号の被膜様構造を呈した。腫瘤は増大傾向にあり、てんかん発生源と疑われたため開頭腫瘍生検術を施行した。病理組織検査は神経節細胞腫に矛盾しない所見であり、診断に至った。現在、術後2年が経過し、残存病変の増大は認めていない。抗てんかん薬は漸減中である。

  • Postimplant Segmental Dosimetry, Biochemical Relapse, and Toxicity in Patients With Prostate Cancer Treated With Loose Iodine-125 Seeds 招待 査読

    Okazaki E, Ishii K, Hosono M, Ogino R, Tsutsumi S, Miki Y

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   96 ( 2 )   E267 - E267   2016年10月( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Treatment Results of Neoadjuvant Chemoradiation Therapy Followed by Radical Esophagectomy in Patients With Initially Inoperable Thoracic Esophageal Cancer 招待 査読

    Morimoto H, Fujiwara Y, Hosono M, Matsuda S, Amano K, Okazaki E, Miki Y, Tsutsumi S, Osugi H, Miki Y

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   96 ( 2 )   E141 - E142   2016年10月( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction for Improvement of Liver Function after Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration for Gastric Varices to Manage Portosystemic Shunt Syndrome 査読

    Yamamoto Akira, Nishida Norifumi, Morikawa Hiroyasu, Jogo Atsushi, Kageyama Ken, Sohgawa Etsuji, Hamamoto Shinichi, Takeshita Toru, Sakai Yukimasa, Matsuoka Toshiyuki, Kawada Norifumi, Miki Yukio

    JOURNAL OF VASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   27 ( 8 )   1160 - 1167   2016年08月( ISSN:1051-0443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jvir.2016.03.031

    PubMed

  • Assessment of brain temperatures during different phases of the menstrual cycle using diffusion-weighted imaging thermometry 査読

    Tsukamoto Taro, Shimono Taro, Sai Asari, Sakai Koji, Yamamoto Akira, Sakamoto Shinichi, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   34 ( 4 )   277 - 283   2016年04月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-016-0519-5

    PubMed

  • CT evaluation and clinical factors predicting delayed colonic perforation following acute pancreatitis 査読

    Nakanishi Noah, Shimono Taro, Yamamoto Akira, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   34 ( 1 )   10 - 15   2016年01月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-015-0491-5

    PubMed

  • Three-dimensional conformal radiotherapy for locally advanced hepatocellular carcinoma with portal vein tumour thrombosis: evaluating effectiveness of the model for end-stage liver disease (MELD) score compared with the Child-Pugh classification 査読

    Okazaki Eiichiro, Yamamoto Akira, Nishida Norifumi, Hamuro Masao, Ogino Ryo, Hosono Masako, Shimatani Yasuhiko, Tsutsumi Shinichi, Hamamoto Shinichi, Sohgawa Etsuji, Jogo Atsushi, Miki Yukio

    BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY   89 ( 1063 )   20150945   2016年( ISSN:0007-1285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjr.20150945

    PubMed

  • Internal Hernias in the Era of Multidetector CT: Correlation of Imaging and Surgical Findings 査読

    Doishita Satoshi, Takeshita Tohru, Uchima Yasutake, Kawasaki Masayasu, Shimono Taro, Yamashita Akiyoshi, Sugimoto Michiko, Ninoi Teruhisa, Shima Hideki, Miki Yukio

    RADIOGRAPHICS   36 ( 1 )   88 - 106   2016年( ISSN:0271-5333

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/rg.2016150113

    PubMed

  • A potential pitfall of the modified 12 lead electrocardiogram (Mason-Likar modification) in catheter ablation of idiopathic ventricular arrhythmias originating from the outflow tract 招待 査読

    Nishiuchi Suguru, Kaseno Kenichi, Naito Shigeto, Tsukada Naofumi, Sasaki Takehito, Hayano Mamoru, Nakamura Keijiro, Sato Chizuru, Ikeda Etsuko, Miki Yuko, Nakamura Kohki, Kumagai Koji, Kimura Takeshi, Oshima Shigeru, Tada Hiroshi

    EUROPACE   17 ( 12 )   1840 - 1847   2015年12月( ISSN:1099-5129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/europace/euu371

    PubMed

  • Efficacy and safety of intra-arterial steroid infusions in patients with steroid-resistant gastrointestinal acute graft-versus-host disease 査読

    Nishimoto Mitsutaka, Koh Hideo, Hirose Asao, Nakamae Mika, Nakane Takahiko, Hayashi Yoshiki, Okamura Hiroshi, Yoshimura Takuro, Koh Shiro, Nanno Satoru, Nakashima Yasuhiro, Takeshita Toru, Yamamoto Akira, Sakai Yukimasa, Nishida Norifumi, Matsuoka Toshiyuki, Miki Yukio, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa

    EXPERIMENTAL HEMATOLOGY   43 ( 12 )   995 - 1000   2015年12月( ISSN:0301-472X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.exphem.2015.08.002

    PubMed

  • Spinal hamartoma in an elderly man 査読

    Shindo Daisuke, Shimono Taro, Takami Toshihiro, Tanaka Sayaka, Tsukamoto Taro, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   33 ( 11 )   706 - 709   2015年11月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-015-0475-5

    PubMed

  • Intracrine steroid production and mammalian target of rapamycin pathways in pulmonary lymphangioleiomyomatosis 招待 査読

    Adachi Koko, Miki Yasuhiro, Saito Ryoko, Hata Shuko, Yamauchi Masanori, Mikami Yoshiki, Okada Yoshinori, Seyama Kuniaki, Kondo Takashi, Sasano Hironobu

    HUMAN PATHOLOGY   46 ( 11 )   1685 - 1693   2015年11月( ISSN:0046-8177

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.humpath.2015.02.019

    PubMed

  • [MR imaging of multiple sclerosis]. 査読

    Tatekawa H, Miki Y

    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 7   158 - 66   2015年09月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Results of surgery plus postoperative radiotherapy for patients with malignant parotid tumor 査読

    Matsuda Shogo, Iguchi Hiroyoshi, Tada Takuhito, Hosono Masako, Osawa Masahiko, Kuwae Yuuko, Morimoto Hideyuki, Okazaki Eiichiro, Amano Kosuke, Miki Yoshitaka, Tsutsumi Shinichi, Shimatani Yasuhiko, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   33 ( 9 )   533 - 537   2015年09月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-015-0450-1

    PubMed

  • Mid-term Results of Endovascular Treatment for Infrarenal Aortic Stenosis and Occlusion. 査読

    Sohgawa E, Sakai Y, Nango M, Cho H, Jogo A, Hamamoto S, Yamamoto A, Miki Y

    Osaka city medical journal   61 ( 1 )   1 - 8   2015年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Predictors of silent brain infarction on magnetic resonance imaging in patients with nonvalvular atrial fibrillation: A transesophageal echocardiographic study 査読

    Sugioka Kenichi, Takagi Masahiko, Sakamoto Shinichi, Fujita Suwako, Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Matsumura Yoshiki, Nakagawa Masashi, Doi Atsushi, Miki Yukio, Yoshiyama Minoru, Ueda Makiko

    AMERICAN HEART JOURNAL   169 ( 6 )   783 - 790   2015年06月( ISSN:0002-8703

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ahj.2015.03.016

    PubMed

  • 【脳神経・頭頸部の診断と治療update】 脳内石灰化をきたした全身性エリテマトーデスの1例 TREX1遺伝子との関連について 招待 査読

    山本 恵里, 下野 太郎, 土井下 怜, 中西 能亜, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   60 ( 5 )   714 - 715   2015年05月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    21歳女。15歳時に全身性エリテマトーデス(SLE)と診断されていた。今回、頭痛を主訴に当科を受診し、頭部CTで大脳萎縮、両側側脳室の拡大を認め、両側側脳室周囲白質や基底核には血管周囲腔に沿う点状・線状石灰化を認めた。無治療にて頭痛は消失し、2年後の頭部MRI磁化率強調像ではCTでの石灰化とほぼ一致して低信号を認めた。本症例は、小児期に凍瘡様皮疹で発症していること、頭部CTでTORCH症候群に類似する血管周囲腔に沿うと思われる脳内石灰化を認めたことから、TREX1遺伝子関連のSLEである可能性が推察された。

  • 【脳神経・頭頸部の診断と治療update】 頭蓋底に発生したchondromyxoid fibromaの1例 招待 査読

    座古 竜世, 下野 太郎, 立川 裕之, 森迫 拓貴, 大澤 政彦, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   60 ( 5 )   701 - 704   2015年05月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    52歳女。鼻閉が徐々に増悪し、3年前に前医にて鼻腔内腫瘤を指摘され、生検結果から脊索腫の診断で経過観察されていたが、腫瘤の増大を認め当科受診となった。頭蓋底部単純CTでは斜台から蝶形骨を主座とする頭蓋底正中線上に溶骨性腫瘤性病変を認め、腫瘤内部辺縁に石灰化を認めた。頭蓋底部MRIで腫瘤は境界明瞭で、分葉状の形態を示し、T1強調像で低信号、T2強調像で不均一な高信号を呈し、拡散低下は示さず、Gd造影では多房性辺縁優位に造影効果を認めた。手術を行い、腫瘍は柔らかく脆い病変で、病理組織学的に軟骨性、線維性、粘液性の3成分を認め、chondromyxoid fibromaと診断した。術後6年経過の現在、再発は認めていない。

  • 脊髄拡散テンソルイメージングの最前線 査読

    坂本 真一, 三木 幸雄

    日本脊髄外科学会 脊髄外科   29 ( 3 )   279 - 286   2015年( ISSN:0914-6024

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

     水分子の拡散現象を画像化した拡散画像の中でも, 拡散の方向や速さの描出に特化した拡散テンソル画像は, 一方向性が強いという特徴的な構造を有する脊髄の質的評価に対して, きわめて親和性の高い画像診断法である. 拡散テンソル画像の解析から得られる各種のパラメータは, 従来の画像からは得ることのできない脊髄の微細な変化を鋭敏に反映すると考えられており, 3次元表示した拡散テンソルトラクトグラフィは, その視覚的効果から術前術中の治療計画作成にも利用されている. 現在, 拡散テンソル画像の臨床応用は急速に広がっているが, 今後はより詳細な脊髄状態の評価を可能にする非ガウス分布拡散画像に移行していくことが予想される.

    DOI: 10.2531/spinalsurg.29.279

    CiNii Article

  • Combination radiofrequency ablation and local injection of the immunostimulant bacillus Calmette-Guerin induces antitumor immunity in the lung and at a distant VX2 tumor in a rabbit model

    Hamamoto, S. Okuma, T. Yamamoto, A. Kageyama, K. Ueki, A. Matsuoka, T. Miki, Y.

    J Vasc Interv Radiol   26 ( 2 )   271 - 278   2015年( ISSN:1051-0443

     詳細を見る

  • 膝軟骨のMRイメージング:形態の評価について 査読

    守屋 進, 三木 幸雄, 宮地 利明

    MEDICAL IMAGING AND INFORMATION SCIENCES 医用画像情報学会雑誌   32 ( 4 )   xlii - xlvi   2015年( ISSN:0910-1543

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Magnetic resonance imaging(MRI)has been the most important method for assessing knee cartilage in the past few decades. MRI has the merit of facilitating, through sequence selection and operations, visualization of the cartilage as areas of signal hyperintensity, as well as visualization with increased contrast between cartilage and synovial fluid. The objective of the present manuscript was to introduce the characteristics and diagnostic applications of sequences for observing the morphology of knee cartilage that are commonly used in routine MRI of the knee.

    DOI: 10.11318/mii.32.xlii

    CiNii Article

  • Lung cancer: a 6-field technique using lateral beams in conformal radiotherapy for bilateral supraclavicular lymph node metastases 査読

    Tsutsumi Shinichi, Tada Takuhito, Maekado Tomoko, Tokunaga Masahiro, Tanaka Noriko, Kobayashi Ai, Okazaki Eiichiro, Matsuda Shougo, Hosono Masako N., Miki Yukio

    SPRINGERPLUS   3 ( 1 )   733 - 6   2014年12月( ISSN:2193-1801

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/2193-1801-3-733

    PubMed

  • Incidence of abnormal retropharyngeal lymph nodes in sinonasal malignancies among adults 査読

    Sai Asari, Shimono Taro, Yamamoto Akira, Takeshita Toru, Ohsawa Masahiko, Wakasa Kenichi, Miki Yukio

    NEURORADIOLOGY   56 ( 12 )   1097 - 1102   2014年12月( ISSN:0028-3940

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00234-014-1428-x

    PubMed

  • Neoadjuvant capecitabine, bevacizumab and radiotherapy for locally advanced rectal cancer: results of a single-institute Phase I study 査読

    Miki Yoshitaka, Maeda Kiyoshi, Hosono Masako, Nagahara Hisashi, Hirakawa Kosei, Shimatani Yasuhiko, Tsutsumi Shinichi, Miki Yukio

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   55 ( 6 )   1171 - 1177   2014年11月( ISSN:0449-3060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rru063

    PubMed

  • Effective palliative radiofrequency ablation for tumors causing pain, numbness and motor function disorders: case series. 査読

    Hamamoto S, Matsuoka T, Okuma T, Yamamoto A, Hamuro M, Miki Y

    BMC research notes   7 ( 1 )   765   2014年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-0500-7-765

    PubMed

  • Imaging findings of primary hepatic carcinoid tumor with an emphasis on MR imaging: case study 査読

    Ichiki Makoto, Nishida Norifumi, Furukawa Akira, Kanasaki Shuzo, Ohta Shinichi, Miki Yukio

    SPRINGERPLUS   3 ( 1 )   607   2014年10月( ISSN:2193-1801

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/2193-1801-3-607

    PubMed

  • Risk Factors for Rebleeding and Prognostic Factors for Postoperative Survival in Patients with Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration of Acute Gastric Variceal Rupture 査読

    Kageyama Ken, Nishida Norifumi, Yamamoto Akira, Jogo Atsushi, Hamamoto Shinichi, Matsui Hiroto, Tokunaga Masahiro, Miki Yukio

    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   37 ( 5 )   1235 - 1242   2014年10月( ISSN:0174-1551

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00270-013-0807-8

    PubMed

  • Factors Associated with Aggravation of Esophageal Varices after B-RTO for Gastric Varices 査読

    Jogo Atsushi, Nishida Norifumi, Yamamoto Akira, Matsui Hiroto, Takeshita Tohru, Sakai Yukimasa, Matsuoka Toshiyuki, Nakamura Kenji, Miki Yukio

    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   37 ( 5 )   1243 - 1250   2014年10月( ISSN:0174-1551

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00270-013-0809-6

    PubMed

  • Usefulness of CT Volumetry for Gastric Varix before Balloon-occluded Retrograde Transvenous Obliteration 査読

    Kageyama Ken, Nishida Norifumi, Yamamoto Akira, Jogo Atsushi, Tsukamoto Taro, Miki Yukio

    HEPATO-GASTROENTEROLOGY   61 ( 134 )   1806 - 1811   2014年09月( ISSN:0172-6390

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5754/hge14474

  • 糞線虫症により出現した稀な胆道気腫 症例報告(Pneumobilia, an unusual presentation of strongyloidiasis: a case report) 招待 査読

    Takeshita Tohru, Inoue Kiyohiko, Okazaki Hirotoshi, Ninoi Teruhisa, Hashimoto Shigeo, Miki Yukio

    日本画像医学会 Japanese Journal of Diagnostic Imaging   32 ( 2 )   119 - 124   2014年09月( ISSN:2187-266X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は62歳女性で、4ヵ月前から再発性上腹部痛、嘔気、間欠性下痢が続くため来院した。患者は沖縄出身であり、長年にわたり沖縄に居住していた。腹部超音波検査で肝内および肝外胆管の軽度拡張と胆道気腫症が認められたが、胆石または膵腫瘤は認められなかった。腹部CTでも肝内および肝外胆管の軽度拡張と胆道気腫症が確認された。さらに、十二指腸および空腸近位部のびまん性壁肥厚が認められた。十二指腸生検標本の組織病理学的検査で、慢性炎症の徴候と粘膜内に糞線虫がみられた。便検査で多数のラブジチス型幼虫が検出された。イベルメクチンを経口投与し、奏功した。糞線虫症は亜熱帯および熱帯地域で流行しており、様々な消化管症状、肺症状、皮膚症状を起こすが、胆管の徴候は稀であった。

  • Diffusion-Weighted Imaging Thermometry in Multiple Sclerosis 査読

    Sai Asari, Shimono Taro, Sakai Koji, Takeda Akitoshi, Shimada Hiroyuki, Tsukamoto Taro, Maeda Hiroko, Sakamoto Shinichi, Miki Yukio

    JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING   40 ( 3 )   649 - 654   2014年09月( ISSN:1053-1807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmri.24396

    PubMed

  • 90 degrees-Flip-angle three-dimensional double-echo steady-state (3D-DESS) magnetic resonance imaging of the knee: Isovoxel cartilage imaging at 3 T 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Kanagaki Mitsunori, Matsuno Yukako, Miyati Tosiaki

    EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY   83 ( 8 )   1429 - 1432   2014年08月( ISSN:0720-048X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2014.04.034

    PubMed

  • Squamous-lined cyst of the pancreas: Radiological-pathological correlation 査読

    Kubo T., Takeshita T., Shimono T., Hashimoto S., Miki Y.

    CLINICAL RADIOLOGY   69 ( 8 )   880 - 886   2014年08月( ISSN:0009-9260

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.crad.2014.03.014

    PubMed

  • 気管内多形腺腫の1例 招待 査読

    森河 紘希, 小山 孝一, 下野 太郎, 大石 賢弥, 和田 匡史, 井口 広義, 山根 英雄, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   59 ( 8 )   1103 - 1107   2014年08月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳男で、5年前から気管支喘息といわれ、呼吸困難時はステロイド点滴で対処していたが、点滴で改善しない呼吸困難が出現し、ファイバースコープで気管内腫瘤による気道狭窄を指摘された。CTで気管背側膜様部から内腔に突出する腫瘤を認め、MRIではT1強調像で筋肉より軽度高信号、T2強調像でわずかに高信号、拡散強調像で高信号を呈し、ADC mapで信号はやや低下していた。FDG-PETでは同部位にSUV 4.3の高集積を認めた。悪性腫瘍を疑って生検を行い、病理組織はやや紡錘形の細胞が認められる部位、好酸性細胞が目立つ部位や腺管構造、粘液豊富な間質など多彩な像を認め、気管内多形腺腫と診断した。経気管支鏡的摘出術が施行され、残存腫瘍はなく、断端も陰性で、術後2年経過し再発はない。

  • Neointimal hyperplasia after stent placement across size-discrepant vessels in an animal study 査読

    Cho Hisayuki, Nango Mineyoshi, Sakai Yukimasa, Sohgawa Etsuji, Kageyama Ken, Hamamoto Shinichi, Kitayama Toshiaki, Yamamoto Akira, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   32 ( 6 )   340 - 346   2014年06月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-014-0311-3

    PubMed

  • 卵巣甲状腺腫患者における拡散強調核磁気共鳴イメージングの所見(Diffusion-weighted Magnetic Resonance Imaging Findings in a Patient with Struma Ovarii) 招待 査読

    Takeshita Tohru, Ninoi Teruhisa, Maebayashi Tetsunori, Doh Kunihiko, Hashimoto Shigeo, Miki Yukio

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   60 ( 1 )   45 - 52   2014年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • PROMISING OUTCOMES FROM INTRA-ARTERIAL STEROID INFUSIONS IN PATIENTS WITH TREATMENT-RESISTANT ACUTE GASTROINTESTINAL GRAFT-VERSUS-HOST DISEASE 招待 査読

    Nishimoto M, Koh H, Nakamae H, Hirose A, Nakamae M, Nakane T, Hayashi Y, Okamura H, Yoshimura T, Koh S, Nanno S, Nakashima Y, Takeshita T, Yamamoto A, Sakai Y, Nishida N, Matsuoka T, Miki Y, Hino M

    BONE MARROW TRANSPLANTATION   49   S278 - S279   2014年03月( ISSN:0268-3369

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usefulness of CT volumetry for gastric varix before balloon-occluded retrograde transvenous obliteration

    Kageyama, K. Nishida, N. Yamamoto, A. Jogo, A. Tsukamoto, T. Miki, Y.

    Hepatogastroenterology   61 ( 134 )   1806 - 1811   2014年

  • Flour pads: devices to improve CHESS fat suppression. 査読

    Moriya S, Miki Y, Miyati T, Kanagaki M, Yokobayashi T

    Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine   13 ( 1 )   33 - 8   2014年( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 顎関節のMR画像における2重エコー容積等方性ターボスピンエコー獲得法(VISTA)の有用性(Usefulness of Dual Echo Volumetric Isotropic Turbo Spin Echo Acquisition (VISTA) in MR Imaging of the Temporomandibular Joint) 招待 査読

    Sugimori Yuko, Tanaka Shigeko, Nishimura Tetsuya, Yamamoto Akira, Ohfuji Satoko, Naito Yukari, Katsumata Yasutomo, Miki Yukio

    (一社)日本磁気共鳴医学会 Magnetic Resonance in Medical Sciences   12 ( 4 )   249 - 259   2013年12月( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    プロトン密度強調画像(PDWI)およびT2強調画像(T2WI)を用い2重エコー容積等方性ターボスピンエコー獲得法(DE-VISTA)の付加的融合画像(AFI)を作成し、関節円板と顎関節(TMJ)の関節滲出液の検出能力について調査した。無症候性のボランティア13名および継続的に症状のある患者13名の計52例の顎関節を対象とした。DE-VISTA-AFIと従来法である二次元(2D)-PDWIの関節円板の画像評価は同等であったが、薄スラブ変動制の多断面再編成(MPR)法のDE-VISTA-AFIでは全ての関節円板を検出することができた。また、DE-VISTA-AFIは関節円板に対する関節円板の脂肪組織の明暗差をより高く示し、顎関節浸出液の同定についてもDE-VISTA-PDWIおよびDE-VISTA-T2WIより簡便であった。本検討により、薄スラブ変動制のMPR法を用いることにより、関節円板や少量の関節滲出液の検出が可能であることが示された。

  • 脊柱管内硬膜外血管脂肪腫の3例 招待 査読

    森本 英之, 下野 太郎, 塚本 太朗, 中村 博亮, 大畑 建治, 大澤 政彦, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   58 ( 13 )   1901 - 1905   2013年12月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    脊柱管内硬膜外血管脂肪腫を3例経験した。症例1は68歳男で、2年前より左下肢痛、間歇性跛行が出現し、腰部脊柱管狭窄症を指摘された。歩行障害、下肢脱力が徐々に増悪した。硬膜外腫瘍に対して腫瘍摘出術、腰部脊柱管狭窄症に対して腰椎後方除圧術を施行した。術後より歩行障害、下肢脱力は改善した。症例2は43歳男で、2ヵ月前より右腰痛、1ヵ月前より臀部から右大腿部に疼痛が出現し、さらに左大腿部にも疼痛が出現し、歩行困難となった。硬膜外腫瘍に対して腫瘍摘出術を施行した。術後、臀部痛、両側大腿部痛は消炎し、歩行も問題なく可能となり、退院した。症例3は74歳女で、1ヵ月前より両側下肢脱力感を自覚し、その後、4〜5日間で立位並びに歩行が不能となった。排尿困難も出現した。硬膜外腫瘍に対して腫瘍摘出術を施行した。術後、神経所見の明らかな改善は認めず、6ヵ月後の現在、リハビリを継続中である。

  • Radiofrequency Ablation of Liver Tumors in Combination with Local OK-432 Injection Prolongs Survival and Suppresses Distant Tumor Growth in the Rabbit Model with Intra- and Extrahepatic VX2 Tumors 査読

    Kageyama Ken, Yamamoto Akira, Okuma Tomohisa, Hamamoto Shinichi, Takeshita Toru, Sakai Yukimasa, Nishida Norifumi, Matsuoka Toshiyuki, Miki Yukio

    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   36 ( 5 )   1383 - 1392   2013年10月( ISSN:0174-1551

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00270-013-0650-y

    PubMed

  • 【脳神経・頭頸部update 2013】 Occipital hornsを呈したMenkes病の1例 招待 査読

    小川 聡幸, 下野 太郎, 濱崎 孝史, 新宅 治夫, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   58 ( 10 )   1397 - 1399   2013年10月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    7歳男児。出生後、食欲、体重増加は順調であったが、3ヵ月頃より発達遅延が出現した。以後退行性の筋力低下を認め、1歳0ヵ月時に原因精査目的で入院した。MRAにて両側内頸動脈、中大脳動脈前大脳動脈の蛇行および屈曲を認めた。さらに血液検査にて血清銅、血清セルロプラスミンの著明低値を認め、遺伝子検査でMenkes病と診断した。ヒスチジン銅の皮下注射による治療で血清銅、セルロプラスミンは正常値まで上昇した。2歳頃より痙攣が時折出現した。頭頸部単純MRIおよびMRAはMenkes病に合致していた。頭蓋底頸椎移行部の単純CTでは僧帽筋および胸鎖乳突筋の後頭骨への付着部にくさび形の石灰化を両側ともに認め、occipital hornsと考えた。頭部側面単純X線写真でも後頭骨から下方へ突出するくさび形状の石灰化を認めた。

  • 【脳神経・頭頸部update 2013】 1型糖尿病患者に発症した抗GAD抗体関連辺縁系脳炎の1例 招待 査読

    井上 奈穂子, 下野 太郎, 武田 景敏, 塚本 太朗, 中西 能亜, 嶋田 裕之, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   58 ( 10 )   1386 - 1389   2013年10月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    38歳男。5日前に痙攣を伴う低血糖の症状があったが、ブドウ糖内服で改善した。その後、微熱、嘔気/嘔吐、記憶障害が出現し、ブドウ糖投与で改善した。翌日、不穏にて救急搬送された。頭部単純MRIでは、両側海馬・扁桃体に軽度腫大と拡散強調像、T2強調像、FLAIR像で高信号を認めた。頭部造影MRIでは、造影T1強調像では両側海馬に結節状〜線状の増強効果を複数認めた。臨床経過から低血糖脳症が考えられ、血糖値の補正が行われた。しかし、画像所見から辺縁系脳炎やヘルペス脳炎が考えられ、ステロイドパルスとアシクロビルの投与を開始した。その後、髄液中のHSV-PCRが陰性であったためアシクロビルの投与を中止した。抗GAD抗体が上昇し、抗GAD抗体関連辺縁系脳炎と診断した。ステロイドパルスを施行後、見当識・記憶障害は回復した。1年半経過しているが、症状の再燃なく、MRI上も異常信号や海馬の萎縮を認めていない。

  • Menkes disease with occipital horns 招待 査読

    S. Ogawa, T. Shimono, Y. Miki, T. Hamazaki, H. Shintaku

    Japanese Journal of Clinical Radiology   58 ( 10 )   1397 - 1399   2013年10月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We report a case of Menkes disease with occipital horns. Occipital horns are wedge-shaped calcifications at the sites of attachment of the trapezius muscle and sternocleidomastoid muscle to the occipital bone. Although occipital horns are a characteristic radiographic finding in occipital horn syndrome, there are only few reports of Menkes disease with occipital horns. It is supposed that mild Menkes disease may exhibit occipital horns.

  • Single institutional experience of the treatment of angiosarcoma of the face and scalp 査読

    Miki Y., Tada T., Kamo R., Hosono M. N., Tamiya H., Shimatani Y., Tsutsumi S., Ogino R., Miki Y.

    BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY   86 ( 1030 )   20130439   2013年10月( ISSN:0007-1285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjr.20130439

    PubMed

  • Lingering fat signals with CHESS in simultaneous imaging of both hands can be improved with rice pads in both 1.5 T and 3.0 T 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Kamishima Tamotsu, Miyati Tosiaki, Kanagaki Mitsunori, Matsuno Yukako, Yokobayashi Tsuneo

    EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY   82 ( 9 )   1458 - 1462   2013年09月( ISSN:0720-048X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2013.04.023

    PubMed

  • 悪性リンパ腫によく似た頭蓋骨内髄膜腫.(Intraosseous meningioma mimicking malignant lymphoma) 招待 査読

    Ueki Ai, Shimono Taro, Miki Yukio

    (一社)日本神経学会 Neurology and Clinical Neuroscience   1 ( 5 )   185 - 185   2013年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Age-related white matter lesions (leukoaraiosis): an update]. 査読

    Miki Y, Sakamoto S

    Brain and nerve = Shinkei kenkyu no shinpo   65 ( 7 )   789 - 799   2013年07月( ISSN:1881-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • A dose-volume intercomparison of volumetric-modulated arc therapy, 3D static conformal, and rotational conformal techniques for portal vein tumor thrombus in hepatocellular carcinoma 査読

    Ogino Ryo, Hosono Masako, Ishii Kentaro, Tatsumi Daisaku, Tsutsumi Shinichi, Miki Yoshitaka, Masuoka Yutaka, Shimatani Yasuhiko, Miki Yukio

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   54 ( 4 )   697 - 705   2013年07月( ISSN:0449-3060

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jrr/rrs139

    PubMed

  • 1歳児に発生したBCG胸囲結核の1例 招待 査読

    中西 能亜, 下野 太郎, 戸田 彩季, 時政 定雄, 桑江 優子, 大澤 政彦, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   58 ( 4 )   627 - 630   2013年04月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は1歳女児で、突発性発疹、手足口病の既往があり、予防接種歴はヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン、はしか風疹混合ワクチン、水痘ワクチン、BCGであった。両親が患児の右前胸部に腫瘤を発見し、近医より紹介受診した。右前胸部に可動性なく、堅い凹凸ある腫瘤が認められた。血液検査で異常所見はなかった。X線で右第4肋骨に骨融解像と、同部を中心とした淡い腫瘤影が認められた。CTで右前胸壁に境界明瞭、内部やや低吸収の腫瘤を認め、腫瘤は第4肋骨から発生し、骨破壊と腫瘤内部に腐骨様の淡い高吸収が認められた。造影CTでは腫瘤辺縁のみが淡く造影され、内部は造影効果を呈さなかった。他に肺野を含めて画像上で異常は認めなかった。診断確定のため開放生検を行った。病変は嚢胞性腫瘤で、白濁した内容液を認め、病理組織ではHE染色で乾酪壊死像、チールニールセン染色で陽性を示す菌体を認め、胸囲結核(結核性骨髄炎)と診断した。検体のPCRで起因菌はBCG株と判明した。

  • Post-embolisation susceptibility changes in giant meningiomas: multiparametric histogram analysis using non-contrast-enhanced susceptibility-weighted PRESTO, diffusion-weighted and perfusion-weighted imaging 査読

    Nishiguchi Tomokazu, Iwakiri Takeshi, Hayasaki Kohji, Ohsawa Masahiko, Yoneda Tetuya, Mitsuhashi Yutaka, Nishio Akimasa, Dousset Vincent, Miki Yukio

    EUROPEAN RADIOLOGY   23 ( 2 )   551 - 561   2013年02月( ISSN:0938-7994

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00330-012-2618-8

    PubMed

  • Imaging appearance of petrous apex dermoid cysts containing little or no fat 査読

    Ageshio Naomi, Shimono Taro, Goto Takeo, Ohata Kenji, Ohsawa Masahiko, Wakasa Kenichi, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   31 ( 2 )   133 - 137   2013年02月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-012-0150-z

    PubMed

  • Minimum requirements for commissioning and long-term quality assurance of Elekta multi-leaf collimator for volumetric modulated arc therapy. 査読

    Tatsumi D, Nakada R, Yomoda A, Ishii K, Tsutsumi S, Inoue M, Ichida T, Hosono MN, Miki Y

    Radiological physics and technology   6 ( 1 )   98 - 106   2013年01月( ISSN:1865-0333

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12194-012-0175-0

    PubMed

  • Usefulness of Dual Echo Volumetric Isotropic Turbo Spin Echo Acquisition (VISTA) in MR Imaging of the Temporomandibular Joint 査読

    Sugimori Yuko, Tanaka Shigeko, Nishimura Tetsuya, Yamamoto Akira, Ohfuji Satoko, Naito Yukari, Katsumata Yasutomo, Miki Yukio

    Japanese Society for Magnetic Resonance in Medicine MAGNETIC RESONANCE IN MEDICAL SCIENCES   12 ( 4 )   249 - 259   2013年( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: We investigated the ability to detect the articular disk and joint effusion of the temporomandibular joint (TMJ) of a method of dual echo volumetric isotropic turbo spin echo acquisition (DE-VISTA) additional fusion images (AFI).<br> Methods: DE-VISTA was performed in the 26 TMJ of 13 volunteers and 26 TMJ of 13 patients. Two-dimensional (2D) dual echo turbo spin echo was performed in the 26 TMJ of 13 volunteers. On a workstation, we added proton density-weighted images (PDWI) and T<sub>2</sub> weighted images (T<sub>2</sub>WI) of the DE-VISTA per voxel to reconstruct DE-VISTA-AFI. Two radiologists reviewed these images visually and quantitatively.<br> Results: Visual evaluation of the articular disk was equivalent between DE-VISTA-AFI and 2D-PDWI. The sliding thin-slab multiplanar reformation (MPR) method of DE-VISTA-AFI could detect all articular disks. The ratio of contrast (CR) of adipose tissue by the articular disk to that of the articular disk itself was significantly higher in DE-VISTA-AFI than DE-VISTA-PDWI (<i>P</i><0.05) in patients and volunteers with closed or open mouth. In volunteers, the CR between adipose tissue and the disk on DE-VISTA-AFI was marginally significant to that on 2D-PDWI at opened mouth (<i>P</i>=0.071) and not significantly different (<i>P</i>=0.18) from that at closed mouth. Joint effusion could be identified in DE-VISTA-AFI in all 8 joints that had joint effusion in DE-VISTA-T<sub>2</sub>WI but in only 3 of those joints in 2D-T<sub>2</sub>WI. The CR of joint effusion to adipose tissue on DE-VISTA-AFI did not differ significantly from that on DE-VISTA-PDWI. However, using DE-VISTA-T<sub>2</sub>WI in addition to DE-VISTA-PDWI, we could visually identify joint effusion on DE-VISTA-AFI that could not be identified on DE-VISTA-PDWI alone.<br> Conclusion: DE-VISTA-AFI can depict the articular disk and a small amount of joint effusion by the required plane of MPR using the sliding thin-slab MPR method.<br>

    DOI: 10.2463/mrms.2013-0009

    CiNii Article

  • Delivery Parameter Variations and Early Clinical Outcomes of Volumetric Modulated Arc Therapy for 31 Prostate Cancer Patients: An Intercomparison of Three Treatment Planning Systems 査読

    Tsutsumi Shinichi, Hosono Masako N., Tatsumi Daisaku, Miki Yoshitaka, Masuoka Yutaka, Ogino Ryo, Ishii Kentaro, Shimatani Yasuhiko, Miki Yukio

    SCIENTIFIC WORLD JOURNAL   2013   289809   2013年( ISSN:1537-744X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2013/289809

    PubMed

  • Impact of Chemoradiation Therapy Using Docetaxel for Treatment of Scalp Angiosarcoma 招待 査読

    Miki Y, Hosono M, Masuoka Y, Ogino R, Tsutsumi S, Maekado T, Takada Y, Shimatani Y, Miki Y

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   84 ( 3 )   S655 - S656   2012年11月( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • "Hot cross bun" sign in multiple system atrophy with predominant cerebellar ataxia: A comparison between proton density-weighted imaging and T2-weighted imaging 査読

    Kasahara Seiko, Miki Yukio, Kanagaki Mitsunori, Kondo Takayuki, Yamamoto Akira, Morimoto Emiko, Okada Tomohisa, Ito Hidefumi, Takahashi Ryosuke, Togashi Kaori

    EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY   81 ( 10 )   2848 - 2852   2012年10月( ISSN:0720-048X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2011.12.012

    PubMed

  • Evaluation of the FDG uptakes in gastric cancers using dual-time-point FDG-PET/CT 招待 査読

    Koyama K, Okamura T, Seura H, Hamazawa Y, Miki Y

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   39   S467 - S467   2012年10月( ISSN:1619-7070

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diagnosis of moyamoya disease using 3-T MRI and MRA: value of cisternal moyamoya vessels 査読

    Sawada Takeshi, Yamamoto Akira, Miki Yukio, Kikuta Ken-ichiro, Okada Tomohisa, Kanagaki Mitsunori, Kasahara Seiko, Miyamoto Susumu, Takahashi Jun C., Fukuyama Hidenao, Togashi Kaori

    NEURORADIOLOGY   54 ( 10 )   1089 - 1097   2012年10月( ISSN:0028-3940

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00234-012-1020-1

    PubMed

  • MRIにてdark starサインではなく脂肪沈着によりbright starサインを呈した腫瘤型筋サルコイドーシスの1例 招待 査読

    田中 紀子, 下野 太郎, 坂本 真一, 大竹 正一郎, 根来 伸夫, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   57 ( 10 )   1359 - 1363   2012年10月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は62歳女性で、約1年半前、健診のエコーにて鎖骨上窩リンパ節腫脹を指摘され、造影CTで鎖骨上窩・縦隔リンパ節腫大、右肺中葉の浸潤影を認め、胸部手術が行われてサルコイドーシスと診断された。今回、左下腿後面の軟部腫瘤の増大傾向で受診した。MRIで左腓腹筋に径3cm大の腫瘤性病変を認め、T2強調では3層の類同心円構造を呈し、最内層は脂肪と同様の高信号、中間層は筋肉より低信号、最外層は境界不明瞭な淡い高信号を示した。脂肪抑制T1強調でも最内層は低信号、最外層は淡い高信号を示した。冠状断像では左腓腹筋の筋層に沿って3層構造を呈し、最内層は脂肪と同様の高信号、その上下の隣接層に境界不明瞭な淡い高信号を示した。ガリウムシンチグラフィでは、左下肺野、縦隔肺門部、両下腿に異常集積が認められた。腫瘤型筋サルコイドーシスと診断し、無症候のため経過観察とした。その後、左腓腹筋痛、両手指関節痛が出現し、プレドニゾロン投与で改善した。

  • Three-dimensional double-echo steady-state (3D-DESS) magnetic resonance imaging of the knee: establishment of flip angles for evaluation of cartilage at 1.5 T and 3.0 T 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Matsuno Yukako, Okada Masayo

    ACTA RADIOLOGICA   53 ( 7 )   790 - 794   2012年09月( ISSN:0284-1851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1258/ar.2012.110532

    PubMed

  • Fat-suppressed MR images of both hands obtained using CHESS can be improved by rice pads 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Kamishima Tamotsu, Kanagaki Mitsunori, Yokobayashi Tsuneo, Ishikawa Mitsunori

    EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY   81 ( 9 )   2318 - 2322   2012年09月( ISSN:0720-048X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2011.06.021

    PubMed

  • Development of a highly efficient implanted thermal ablation device: in vivo experiment in rat liver 査読

    Matsui H., Hamuro M., Nakamura K., Kayahara H., Murano K., Kotsuka Y., Miki Y.

    BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY   85 ( 1017 )   E734 - E739   2012年09月( ISSN:0007-1285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjr/52571099

    PubMed

  • 【泌尿器最新症例集2012】 充実成分の豊富な卵巣甲状腺腫の1例 招待 査読

    葛原 佑子, 竹下 徹, 下野 太郎, 小山 孝一, 本田 謙一, 若狭 研一, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   57 ( 7 )   978 - 982   2012年07月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は42歳女性で、健診の腹部超音波で左下腹部腫瘤を指摘された。骨盤部CTで子宮の左頭側に境界明瞭で辺縁平滑な類円形の5cm大の腫瘤を認め、造影CTでは拡張した左卵巣動静脈が腫瘤にまで連続してまきつくようにみられた。数個の嚢胞を含み、一部は高吸収を示し、嚢胞壁に沿う弧状の淡い石灰化が認められた。MRIで腫瘤充実部はT1強調像で骨格筋と同等の信号、T2強調像で著明高信号を呈し、拡散低下はなかった。dynamic MRIでは早期から子宮底部筋層より強く急速に造影され、後期まで持続した。嚢胞はT1強調像で淡い高信号、T2強調像で低信号を呈した。術前診断として硬化性間質性腫瘍を第一に挙げ、他に顆粒膜細胞腫、莢膜細胞腫、卵巣甲状腺腫が考えられた。腹腔鏡下手術を施行し、術中病理迅速診断で悪性所見は認めず、腫瘤切除術を施行した。病理組織像で大小多数の濾胞構造を認め、一部に腺腫様の部分を認めたが悪性所見はなく、卵巣甲状腺腫と診断された。

  • 十二指腸浸潤を来した虫垂粘液腺癌の1例 招待 査読

    小山 孝一, 李 友浩, 木村 健二郎, 天野 良亮, 山田 靖哉, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   57 ( 5 )   665 - 669   2012年05月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    80歳代女。腹部腫瘤精査目的を主訴とした。CTで十二指腸右外側、右腎腹側に淡い低吸収腫瘤を認め、辺縁に軽度造影効果がみられた。虫垂の同定は困難で、連続性からも虫垂由来が疑われたが、十二指腸癌、神経原性腫瘍などの後腹膜由来腫瘍の可能性も考えられた。MRIでは十二指腸下行脚外側に腫瘤病変を認め、T1強調像で低信号、T2強調像で高信号、拡散強調像で高信号を示した。FDG-PETで腫瘤に中等度集積を認めたが、その他に異常集積は認めなかった。上部消化管内視鏡で十二指腸下行脚後壁に表面不整な腫瘤を認め、同部の生検で粘液腺癌が判明した。十二指腸癌の診断で膵頭十二指腸切除術を施行することとなったが、手術所見で十二指腸や回腸と一塊となった腫瘤が、回盲部より頭側にのびていたため、虫垂癌の十二指腸浸潤の診断で右半結腸切除、十二指腸部分切除および胃空腸吻合術に変更した。病理診断は虫垂粘液腺癌による十二指腸浸潤であった。

  • Experimental venous thrombi: MRI characteristics with histopathological correlation 査読

    Ichiki M., Sakai Y., Nango M., Nakamura K., Matsui H., Cho H., Kitayama T., Sahara T., Otani N., Inoue Y., Miki Y.

    BRITISH JOURNAL OF RADIOLOGY   85 ( 1012 )   331 - 338   2012年04月( ISSN:0007-1285

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1259/bjr/37592039

    PubMed

  • 高齢発生で頭蓋内髄膜播種を来した馬尾発生粘液乳頭状上衣腫の1例 招待 査読

    田中 紀子, 下野 太郎, 西口 智一, 高見 俊宏, 大畑 建治, 大澤 政彦, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   57 ( 3 )   411 - 415   2012年03月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は63歳女性で、臀部痛を主訴とした。腰椎MRIでL3-4に硬膜腔内を占拠する腫瘤と、L2以下の硬膜腔内に多発する腫瘤性病変を認め、いずれもT2強調像で中等度信号、T1強調像で等〜高信号を示し、均一な造影増強を示した。頭部MRIでは延髄背側〜第4脳室下端のMagendie孔近傍に腫瘤を認め、腫瘤は分葉状で、T2強調像で軽度高信号、T1強調像で等信号を示し、増強効果は弱かった。FDG-PETでL2以下の硬膜内腫瘤に多発異常集積を認め、延髄背側の腫瘤には集積を認めなかった。しかし、甲状腺に集積を認め、生検で甲状腺乳頭癌と診断された。鑑別診断として、馬尾上衣腫の髄膜播種、第4脳室原発の脈絡叢乳頭癌とその髄膜播種、中枢神経外悪性腫瘍(甲状腺癌など)の髄膜播種、神経線維腫症I型に伴う多発神経鞘腫/神経線維腫、悪性リンパ腫が考えられた。腫瘍摘出術を施行し、腫瘍はクモ膜と癒着し、周囲の馬尾神経との境界がなかった。病理診断は粘液乳頭状上衣腫であった。

  • Successful Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration for Gastric Varix Mainly Draining into the Pericardiophrenic Vein 査読

    Kageyama Ken, Nishida N., Matsui H., Yamamoto A., Nakamura K., Miki Y.

    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   35 ( 1 )   180 - 183   2012年02月( ISSN:0174-1551

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00270-011-0233-8

    PubMed

  • A case of postoperative pyopneumothorax following CT-guided radiofrequency ablation for lung cancer with interstitial pneumonia. 査読

    Okuma T, Tsuji T, Sakamoto T, Tokura S, Akira M, Hamamoto S, Matsuoka T, Miki Y

    Acta radiologica short reports   1 ( 5 )   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1258/arsr.2012.110014

    PubMed

  • Evaluation of cartilage surface injuries using 3D-double echo steady state (3D-DESS): Effect of changing flip angle from 40 degrees to 90 degrees 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Kanagaki Mitsunori, Yamamoto Akira, Okudaira Shuzo, Nakamura Shinichiro, Yokobayashi Tsuneo, Ishikawa Mitsunori

    ACTA RADIOLOGICA   52 ( 10 )   1138 - 1142   2011年12月( ISSN:0284-1851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1258/ar.2011.110275

    PubMed

  • 卵巣甲状腺腫の1例 招待 査読

    小山 孝一, 南郷 峰善, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   56 ( 13 )   1860 - 1864   2011年12月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    40歳代女。19年前に左付属器摘出術および右卵巣嚢腫摘出術を施行されたが、4年前に4×2cm大の右卵巣腫大を指摘され、その後、11×10×8cm大と増大した。造影CTで骨盤腔内を占拠する多嚢胞性腫瘤を認め、嚢胞成分はほぼ均一な低吸収を示し、異常石灰化はなかった。造影MRIで嚢胞成分はT1強調像で低〜淡い高信号、T2強調像で高〜淡い高信号、一部低信号を示した。隔壁は肥厚し充実成分、小さな点状の脂肪成分を伴い、造影で隔壁および充実成分に造影効果が認められた。血液検査で腫瘍マーカーは陰性であったが、経過より悪性腫瘍を否定できず、試験開腹術を施行した。術中迅速診断は卵巣甲状腺腫で、右付属器切除術となった。切除標本で腫瘍は分葉状の形態で、表面は平滑で灰白色〜暗青色を呈し、内部は隔壁を伴った多房性であった。病理組織では甲状腺濾胞組織が認められた。

  • Direct impact analysis of multi-leaf collimator leaf position errors on dose distributions in volumetric modulated arc therapy: a pass rate calculation between measured planar doses with and without the position errors 査読

    Tatsumi D., Hosono M. N., Nakada R., Ishii K., Tsutsumi S., Inoue M., Ichida T., Miki Y.

    PHYSICS IN MEDICINE AND BIOLOGY   56 ( 20 )   N237 - N246   2011年10月( ISSN:0031-9155

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0031-9155/56/20/N03

    PubMed

  • Evaluation of F-18-FDG uptake in gastric cancers using FDG PET/CT 招待 査読

    Koyama K, Okamura T, Seura H, Hamazawa Y, Miki Y

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   38   S373 - S373   2011年10月( ISSN:1619-7070

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • てんかん重積発作にてcrossed cerebellar diaschisisを来した3例 招待 査読

    前田 裕子, 北村 賀永子, 下野 太郎, 坂本 真一, 竹下 徹, 二ノ井 照久, 溝端 康光, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   56 ( 8 )   989 - 994   2011年08月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1980年にBaronらは、一側大脳半球に梗塞などの障害が起こると、神経線維連絡を有する対側小脳半球へのニューロンの興奮性信号が低下し、同部の血流や代謝の低下をきたす現象をPositron emission tomographyで認め、crossed cerebellar diaschisis(以下CCD)と命名した。以来、梗塞の際にCCDがMRI拡散強調画像(DWI)で認められた症例の報告はあるが、てんかん時にCCDを認めた症例についてはMRI所見に関する報告そのものがほとんどない。今回著者等は、てんかん重積発作の際にDWIでCCDを認めた症例を3例経験したので、その画像所見について文献的考察を加えて報告した。3例ともDWIで大脳半球や前頭葉を中心に異常高信号が広範に認められた。

  • 1.5Tと3Tにおけるスピンエコー法のクロストークの影響に関する検討 査読

    梶迫 正明, 宮地 利明, 谷口 正洋, 赤土 裕子, 小泉 幸司, 平賀 顯, 三木 幸雄

    Japanese Society of Radiological Technology 日本放射線技術學會雜誌   67 ( 7 )   779 - 784   2011年07月( ISSN:03694305

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study is to evaluate the crosstalk effect on spin-echo (SE) images at 1.5 and 3 T MRI. We examined the influence of crosstalk by comparing the full width at half-maximum (FWHM) and slice profile of images of a wedge-shaped phantom for various slice gaps. We also assessed crosstalk effect in the brain by comparing image contrast among healthy volunteers (<i>n</i>=8). Among the subjects, the shapes of the slice profiles at 1.5 T were similar to those at 3 T for long repetition times (TRs); however, at shorter TRs, differences in slice profiles were observed among the subjects and were more apparent at 3 than at 1.5 T. The relative contrast between white matter and gray matter on T<sub>1</sub>-weighted images was lower at 3 than at 1.5 T. The crosstalk effect was strongest when the TR of the excitation pulse was short. The influence of the adjacent excitation pulse is important in the process of T<sub>1</sub> relaxation because T<sub>1</sub> values are greater at 3 T. In conclusion, the influence of crosstalk on SE T<sub>1</sub>-weighted images is greater at 3 than at 1.5 T.

    DOI: 10.6009/jjrt.67.779

    PubMed

    CiNii Article

  • 赤痢アメーバ脳内移行による脳炎・脳症が疑われた1例 招待 査読

    葛原 佑子, 西口 智一, 下野 太郎, 島津 和久, 大澤 政彦, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   56 ( 7 )   888 - 892   2011年07月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    51歳男。インドネシアに赴任中に水様性下痢・吐気・発熱を生じ、現地クリニックでアメーバ赤痢と診断されメトロニダゾールによる治療が開始された。しかし、徐々に意識が低下し、一旦改善したもののその後再び意識低下、左片麻痺が出現した。MRIの拡散強調像で両側大脳半球・基底核・小脳脳幹に点状や索状の高信号域を多発性に認め、造影T1強調像で右前頭葉および側頭葉皮質下白質にリング状増強域があり、同部は拡散強調像で高信号を呈した。側脳室周囲には複数の線状増強域があり、また右大脳半球の脳溝から深部へ連続する線状や索状の増強域も認めた。赤痢アメーバ脳内移行による脳炎・脳膿瘍を疑いアムホテリシンB・アンピシリン・バンコマイシン等を投与し、全身状態は悪化することなく経過し、頭部MRIで変化は認めなかった。約3ヵ月後のMRIで異常信号域はほぼ消失していたが、著明な脳萎縮を認め、意識障害が遷延して慢性期病院へ転送となった。

  • CONSTRUCTION OF PLANNING SOFTWARE FOR INTRA-AXIAL BRAIN TUMORS CONSIDERING ANISOTROPIC TUMOR EXTENSION ALONG NORMAL STRUCTURES 招待 査読

    Tsutsumi S, Hosono M, Tatsumi D, Yoshitaka M, Yutaka M, Ogino R, Tomoko M, Ishii K, Takada Y, Miki Y

    RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY   99   S577 - S578   2011年05月( ISSN:0167-8140

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Optimization of the number of selectable channels for spine phased array coils for transverse imaging 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Yokobayashi Tsuneo, Yamamoto Akira, Kanagaki Mitsunori, Komori Yoshiaki, Fujimoto Koji, Ishikawa Mitsunori

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   29 ( 3 )   166 - 170   2011年04月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-010-0532-z

    PubMed

  • Rice Pads Reduce Geometric Distortion of Echo-planar Diffusion-weighted Images of the Cervical Spinal Cord 査読

    MORIYA Susumu, MIKI Yukio, YOKOBAYASHI Tsuneo, KANAGAKI Mitsunori, KOMORI Yoshiaki, FUJIMOTO Koji, ISHIKAWA Mitsunori

    Japanese Society for Magnetic Resonance in Medicine Magnetic resonance in medical sciences : MRMS   10 ( 1 )   65 - 69   2011年03月( ISSN:13473182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigated whether a rice pad could be used to reduce the geometric distortion in echo-planar diffusion-weighted images of the cervical spinal cord. In 10 healthy volunteers, we obtained sagittal plane images using the same imaging parameters with and without a rice pad. Two reviewers classified geometric distortion and visually assessed images. Use of a rice pad significantly reduced geometric distortion in the cervical spinal cord.<br>

    DOI: 10.2463/mrms.10.65

    CiNii Article

  • コメパッドは頸髄のエコープラナー拡散強調画像法の幾何学的歪を減少させる(Rice Pads Reduce Geometric Distortion of Echo-planar Diffusion-weighted Images of the Cervical Spinal Cord) 招待 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Yokobayashi Tsuneo, Kanagaki Mitsunori, Komori Yoshiaki, Fujimoto Koji, Ishikawa Mitsunori

    (一社)日本磁気共鳴医学会 Magnetic Resonance in Medical Sciences   10 ( 1 )   65 - 69   2011年03月( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    コメパッド(RP)を首に巻くことにより、頸髄のエコープラナー画像法(EPI)を用いた拡散強調画像法(DWI)における幾何学的歪が減少するか否か検討した。対象は健常者10名(男女各5名、平均42歳)で、RPの有無による各自のEPI-DWIを、同一画像パラメータによる矢状面画像として取得し、両者の幾何学的歪と視覚的評価による画像を2名の検閲者が分類し比較した。その結果、RPを使用することにより、頸髄における幾何学的歪が有意に減少することが判明した。

  • Differentiating Benign Notochordal Cell Tumors From Chordomas: Radiographic Features on MRI, CT, and Tomography 査読

    Nishiguchi Tomokazu, Mochizuki Kunizo, Ohsawa Masahiko, Inoue Takeshi, Kageyama Ken, Suzuki Akinobu, Takami Toshihiro, Miki Yukio

    AMERICAN JOURNAL OF ROENTGENOLOGY   196 ( 3 )   644 - 650   2011年03月( ISSN:0361-803X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2214/AJR.10.4460

    PubMed

  • Computed Tomography and Magnetic Resonance Imaging Appearance of Prolactinoma With Spheroid-Type Amyloid Deposition 査読

    Kitamura Kaeko, Nakayama Tetsuo, Ohata Kenji, Wakasa Kenichi, Miki Yukio

    JOURNAL OF COMPUTER ASSISTED TOMOGRAPHY   35 ( 2 )   313 - 315   2011年( ISSN:0363-8715

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RCT.0b013e31820d7bdf

    PubMed

  • シンポジウム10―1 臨床と研究に役立つ最新のMRI学 MRIで見えるもの;3.0Tと1.5Tとの対比 査読

    三木 幸雄

    Societas Neurologica Japonica 臨床神経学   51 ( 11 )   949 - 950   2011年( ISSN:0009-918X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.51.949

    PubMed

    CiNii Article

  • Small Bowel Obstruction Due to an Intramesosigmoid Hernia Diagnosed by Multidetector Row Computed Tomography : A Case Report 査読

    Takeshita Tohru, Ninoi Teruhisa, Shigeoka Hironori, Hirayama Yukiyoshi, Miki Yukio

    大阪市立大学 Osaka City Medical journal   56 ( 2 )   37 - 45   2010年12月( ISSN:00306096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • マルチスライスCTで診断されたS状結腸間膜内ヘルニアによる小腸閉塞 1症例報告(Small Bowel Obstruction Due to an Intramesosigmoid Hernia Diagnosed by Multidetector Row Computed Tomography: A Case Report) 招待 査読

    Takeshita Tohru, Ninoi Teruhisa, Shigeoka Hironori, Hirayama Yukiyoshi, Miki Yukio

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   56 ( 2 )   37 - 45   2010年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    急性腹痛、腹部膨満、嘔吐を呈する56歳女性症例について検討した。腹部の手術歴はなかった。診察の結果、左下腹部に圧痛を認めた。臨床検査では、白血球数増加以外は正常であった。直立時腹部X線写真で小腸拡張を認めた。最初の5日間はイレウス管を使って保存的に管理していた。しかし、症状に変化はなかった。注腸造影により、左骨盤上部における小腸の急激な狭窄が判明した。翌日、腹部と骨盤の造影マルチスライスCT(MDCT)を施行した。CT所見からS状結腸間膜内ヘルニアと診断し、緊急開腹術を施行した。嵌頓小腸を引き出し、S状結腸間膜の欠損部を縫合した。小腸の嵌頓部は機能していたため、切除しなかった。症状は術後改善し、術後の経過に問題はなかった。術後10日目に退院し、その後の経過でも合併症は起きなかった。

  • Small bowel obstruction due to an intramesosigmoid hernia diagnosed by multidetector row computed tomography: a case report.

    Takeshita T, Ninoi T, Shigeoka H, Hirayama Y, Miki Y

    Osaka city medical journal   56 ( 2 )   37 - 45   2010年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

  • F-18-FDG PET findings of elastofibroma dorsi 査読

    Koyama K., Okamura T., Hamazawa Y., Seura H., Miki Y.

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   37   S443 - S443   2010年10月( ISSN:1619-7070

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Axonal damage in acute cerebral infarction showing ADC reduction 査読

    Ueno Masaki, Onodera Masayuki, Naya Takayuki, Toyama Yoshihiro, Hosomi Naohisa, Huang Cheng-Long, Nishiyama Yoshihiro, Kusaka Takashi, Miki Yukio, Kohno Masakazu, Tomimoto Hidekazu, Sakamoto Haruhiko

    JOURNAL OF NEUROLOGY   257 ( 9 )   1559 - 1561   2010年09月( ISSN:0340-5354

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00415-010-5537-0

    PubMed

  • Determinants of Local Progression After Computed Tomography-Guided Percutaneous Radiofrequency Ablation for Unresectable Lung Tumors: 9-Year Experience in a Single Institution 査読

    Okuma Tomohisa, Matsuoka Toshiyuki, Yamamoto Akira, Oyama Yoshimasa, Hamamoto Shinichi, Toyoshima Masami, Nakamura Kenji, Miki Yukio

    CARDIOVASCULAR AND INTERVENTIONAL RADIOLOGY   33 ( 4 )   787 - 793   2010年08月( ISSN:0174-1551

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00270-009-9770-9

    PubMed

  • Signal changes in the brain on susceptibility-weighted imaging under reduced cerebral blood flow: a preliminary study. 査読

    Fushimi Y, Miki Y, Mori N, Okada T, Urayama S, Fukuyama H, Togashi K

    Journal of neuroimaging : official journal of the American Society of Neuroimaging   20 ( 3 )   255 - 9   2010年07月( ISSN:1051-2284

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1552-6569.2008.00348.x

    PubMed

  • Rice and perfluorocarbon liquid pads: Comparison of fat suppression effects 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Yokobayashi Tsuneo, Yamamoto Akira, Kanagaki Mitsunori, Komori Yoshiaki, Ishikawa Mitsunori

    ACTA RADIOLOGICA   51 ( 5 )   534 - 538   2010年06月( ISSN:0284-1851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/02841851003645744

    PubMed

  • Improved CHESS Imaging With the Use of Rice Pads: Investigation in the Neck, Shoulder, and Elbow 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Yokobayashi Tsuneo, Yamamoto Akira, Kanagaki Mitsunori, Komori Yoshiaki, Fujimoto Koji, Ishikawa Mitsunori

    JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING   31 ( 6 )   1504 - 1507   2010年06月( ISSN:1053-1807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmri.22189

    PubMed

  • Analysis of cyclosporin A-induced reversible cortical blindness by diffusion-weighted magnetic resonance imaging techniques. 査読

    Manabe S, Kashii S, Miki Y, Honda Y

    Japanese journal of ophthalmology   54 ( 3 )   248 - 50   2010年05月( ISSN:0021-5155

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-009-0792-2

    PubMed

  • 拡散強調像において広範な大脳高信号を呈したShaken baby syndromeの2例 招待 査読

    朝戸 信行, 下野 太郎, 西口 智一, 三木 幸雄, 村上 卓道

    金原出版(株) 臨床放射線   55 ( 4 )   553 - 557   2010年04月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1:生後3ヵ月男児。激しく啼泣したため父親が抱きかかえ揺らしたところ、急に頭部が後屈し、全身が脱力して救急搬送された。入院時CTで大脳鎌や両側頭蓋冠に沿った硬膜下血腫を認め、4日後のMRI拡散強調像では硬膜下血腫に加えて大脳白質に広範な高信号域を認めた。症例2:生後2ヵ月男児。患児の呼吸が荒く、時折呼吸停止している様子を認めていたため父親が様子を見に行ったところ脱力しており、抱き上げたところ四肢をひきつけ、眼球が上転していた。近医受診後に精査目的で救急搬送され、MRIのT2強調像で両側基底核と視床を除く大脳半球において皮質灰白質と白質境界が消失し、びまん性に高信号を呈していた。同部位はT1強調像で低信号を呈し、脳腫脹も認めたため低酸素脳症が疑われた。拡散強調像では大脳の皮質、白質両方に広範な高信号域を認めた。T2*強調像では両側側脳室後角や左後頭葉、左前頭葉の皮質および皮質下白質に低信号域を認め、脳室内出血と脳内出血が示唆された。両症例ともにShaken baby syndromeが疑われた。

  • Rice pads: Novel devices for homogeneous fat suppression in the knee 査読

    Moriya Susumu, Miki Yukio, Yokobayashi Tsuneo, Kanagaki Mitsunori, Komori Yoshiaki, Ishikawa Mitsunori

    ACTA RADIOLOGICA   51 ( 2 )   175 - 178   2010年03月( ISSN:0284-1851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/02841850903321633

    PubMed

  • 膵頭部限局性脂肪浸潤のCT、MRI所見 招待 査読

    影山 健, 竹下 徹, 二ノ井 照久, 三木 幸雄

    金原出版(株) 臨床放射線   55 ( 3 )   437 - 442   2010年03月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ダイナミックCTを施行した際に偶然膵頭部腹側領域の限局性腫瘤を指摘され、追加検査にMRIを施行し膵頭部限局性脂肪浸潤と診断された3例(男1例、女2例、50代・70代・40代)を対象に、ダイナミックCT、MRI所見について検討した。単純CTでは周囲の膵実質よりも低吸収域として描出された。ダイナミックCTの各相において増強効果が乏しく、膵実質よりも相対的に低吸収域として描出された。病変部における膵臓の分葉状の辺縁は保たれていた。主膵管や総胆管の拡張は認めなかった。MRIの選択的脂肪抑制T1強調像では周囲の膵実質と比べ軽度低信号領域として描出された。MRIのケミカルシフトイメージングのin-phase像およびT2強調像では周囲の膵実質とほぼ等信号であった。out-of-phase像ではin-phase像に比べ著明な信号低下をきたした。MRCPでは主膵管や総胆管に異常所見を認めなかった。膵頭部の限局性脂肪浸潤はダイナミックCTスタディーにおいて乏血性の造影パターンを示すことから膵頭部癌の鑑別が問題となるが両者の鑑別にMRIのケミカルシフトイメージングが有用であった。

  • Normal Pituitary Stalk: High-Resolution MR Imaging at 3T 査読

    Satogami N., Miki Y., Koyama T., Kataoka M., Togashi K.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   31 ( 2 )   355 - 359   2010年02月( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A1836

    PubMed

  • Quantitative imaging of spontaneous neuromagnetic activity for assessing cerebral ischemia using sLORETA-qm 査読

    Sakamoto Shinichi, Tanaka Hiroaki, Tsuyuguchi Naohiro, Terakawa Yuzo, Ohata Kenji, Inoue Yuichi, Miki Yukio, Hara Mitsuhiro, Takahashi Yoshinobu, Nitta Kazumi, Sawa Hiroki, Satone Akira, Ide Wataru, Hashimoto Ikuo, Kamada Hajime

    NEUROIMAGE   49 ( 1 )   488 - 497   2010年01月( ISSN:1053-8119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2009.07.039

    PubMed

  • Chest wall temperature during radiofrequency ablation in a normal rabbit lung model 査読

    Okuma Tomohisa, Matsuoka Toshiyuki, Yamamoto Akira, Hamamoto Shinichi, Kageyama Ken, Nakamura Kenji, Miki Yukio

    JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY   28 ( 1 )   48 - 52   2010年01月( ISSN:1867-108X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-009-0384-6

    PubMed

  • Clinical Application of Aperture-based VMAT with Ring-shaped Region of Interest for Planning in Localized Prostate Cancer 査読

    Ishii K., Hosono M. N., Tatsumi D., Nakada R., Tsutsumi S., Ogino R., Maekado T., Takada Y., Tada T., Miki Y.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   78 ( 3 )   S377 - S377   2010年( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Verification of Elekta MLC Leaf Positions by Custom made Sliding Window QA Plan and Picket Fence Test with Variable Gantry Angles 査読

    Tatsumi D., Ishii K., Nakada R., Tsutsumi S., Ogino R., Inoue M., Ichida T., Takada Y., Hosono M. N., Miki Y.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   78 ( 3 )   S755 - S756   2010年( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Guideline to Use Gadolinium-Based Contrast Agents at Kyoto University Hospital 査読

    Miki Yukio, Isoda Hiroyoshi, Togashi Kaori

    JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING   30 ( 6 )   1364 - 1365   2009年12月( ISSN:1053-1807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmri.21978

    PubMed

  • F-18-FDG PET findings of pelvic insufficiency fracture 招待 査読

    Koyama K, Okamura T, Ozawa N, Hamazawa Y, Seura H, Miki Y

    EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING   36   S454 - S454   2009年09月( ISSN:1619-7070

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • VOLUMETRIC MODULATED ARC THERAPY (VMAT) WITHOUT BODY-FRAME FOR PORTAL VEIN THROMBUS OF HEPATOCELLULAR CARCINOMA 招待 査読

    Ogino R., Hosono M., Ishii K., Tsutsumi S., Nakada R., Tatsumi D., Tada T., Takada Y., Kawai M., Miki Y.

    RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY   92   S198 - S198   2009年08月( ISSN:0167-8140

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • VOLUMETRIC MODULATED ARC THERAPY (VMAT) FOR SKULL BASE HIGH GRADE GLIOMA 招待 査読

    Tsutsumi S, Hosono M, Ishii K, Tatsumi D, Nakada R, Ogino R, Kawai M, Takada Y, Tada T, Miki Y

    RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY   92   S78 - S78   2009年08月( ISSN:0167-8140

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • DOSE VOLUME HISTOGRAM COMPARISON BETWEEN SINGLE AND DOUBLE ROTATION VMAT PLANNINGS FOR LOCALIZED PROSTATIC CANCER 招待 査読

    Ishii K, Hosono M, Tatsumi D, Nakada R, Tsutsumi S, Ogino R, Kawai M, Takada Y, Tada T, Miki Y

    RADIOTHERAPY AND ONCOLOGY   92   S191 - S191   2009年08月( ISSN:0167-8140

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Spin-echo T1-weighted imaging of the brain with interleaved acquisition and presaturation pulse at 3 T: a feasibility study before clinical use. 査読

    Kasahara S, Miki Y, Mori N, Urayama S, Kanagaki M, Fushimi Y, Maeda C, Sawamoto N, Fukuyama H, Togashi K

    Academic radiology   16 ( 7 )   852 - 7   2009年07月( ISSN:1076-6332

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.acra.2008.12.026

    PubMed

  • Susceptibility-weighted imaging at 3 Tesla delineates the optic radiation. 査読

    Mori N, Miki Y, Kasahara S, Maeda C, Kanagaki M, Urayama S, Sawamoto N, Fukuyama H, Togashi K

    Investigative radiology   44 ( 3 )   140 - 5   2009年03月( ISSN:0020-9996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RLI.0b013e318193ff25

    PubMed

  • Visualization of the lenticulostriate artery with flow-sensitive black-blood acquisition in comparison with time-of-flight MR angiography. 査読

    Gotoh K, Okada T, Miki Y, Ikedo M, Ninomiya A, Kamae T, Togashi K

    Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   29 ( 1 )   65 - 9   2009年01月( ISSN:1053-1807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmri.21626

    PubMed

  • Leukoencephalopathy with Cognitive Impairment following Tocilizumab for the Treatment of Rheumatoid Arthritis (RA) 招待 査読

    Kobayashi Katsuya, Okamoto Yoko, Inoue Haruhisa, Usui Takashi, Ihara Masafumi, Kawamata Jun, Miki Yukio, Mimori Tsuneyo, Tomimoto Hidekazu, Takahashi Ryosuke

    The Japanese Society of Internal Medicine INTERNAL MEDICINE   48 ( 15 )   1307 - 1309   2009年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The biological agent tocilizumab, is a humanized, anti-human interleukin-6 receptor antibody. A 72-year-old woman developed cognitive impairment during the Phase III clinical trial of tocilizumab for the treatment of rheumatoid arthritis. MRI demonstrated hyperintense dissemination throughout the white matter on T2WI. An initial diagnosis of possible progressive multifocal leukoencephalopathy was made, but the PCR for JC virus DNA was negative in the CSF. The leukoencephalopathy might have been caused by a mechanism related to tocilizumab itself. It is strongly recommended to perform MRI if a patient develops any cognitive impairment during tocilizumab therapy.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.48.1926

    PubMed

    CiNii Article

  • Susceptibility-weighted Imaging at 3T Delineates the Optic Radiation. 招待 査読

    Mori N, Miki Y, Kasahara S, Maeda C, Kanagaki M

    Invest Radiology   44 ( 3 )   140 - 145   2009年( ISSN:1536-0210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Optimization of Volumetric Modulated Arc Therapy (VMAT) Planning Strategy using Ring-shaped ROI for Localized Prostate Cancer 招待 査読

    Ishii K, Hosono M. N, Tatsumi D, Nakada R, Tsutsumi S, Ogino R, Kawai M, Takada Y, Tada T, Miki Y

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   75 ( 3 )   S320 - S321   2009年( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Three-Dimensional Double-Echo Steady-State (3D-DESS) Magnetic Resonance Imaging of the Knee: Contrast Optimization by Adjusting Flip Angle 招待 査読

    Moriya S., Miki Y., Yokobayashi T., Ishikawa M.

    ACTA RADIOLOGICA   50 ( 5 )   507 - 511   2009年( ISSN:0284-1851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/02841850902849444

  • Pictorial review of tuberous sclerosis in various organs. 査読

    Umeoka S, Koyama T, Miki Y, Akai M, Tsutsui K, Togashi K

    Radiographics : a review publication of the Radiological Society of North America, Inc   28 ( 7 )   e32   2008年11月( ISSN:0271-5333

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1148/rg.e32

    PubMed

  • IL12RB2 and ABCA1 Genes Are Associated with Susceptibility to Radiation Dermatitis 招待 査読

    Isomura Minoru, Oya Natsuo, Tachiiri Seiji, Kaneyasu Yuko, Nishimura Yasumasa, Akimoto Tetsuo, Hareyama Masato, Sugita Tadasi, Mitsuhashi Norio, Yamashita Takashi, Aoki Masahiko, Sai Heitetsu, Hirokawa Yutaka, Sakata Koh-ichi, Karasawa Kumiko, Tomida Akihiro, Tsuruo Takashi, Miki Yoshio, Noda Tetsuo, Hiraoka Masahiro

    CLINICAL CANCER RESEARCH   14 ( 20 )   6683 - 6689   2008年10月( ISSN:1078-0432

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-07-4389

  • Microbleeds in moyamoya disease: susceptibility-weighted imaging versus T2*-weighted imaging at 3 Tesla. 査読

    Mori N, Miki Y, Kikuta K, Fushimi Y, Okada T, Urayama S, Sawamoto N, Fukuyama H, Hashimoto N, Togashi K

    Investigative radiology   43 ( 8 )   574 - 9   2008年08月( ISSN:0020-9996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/RLI.0b013e31817fb432

    PubMed

  • A developmental venous anomaly presenting atypical findings on susceptibility-weighted imaging 招待 査読

    Y. Fushimi, Y. Miki, K. Togashi, K. Kikuta, N. Hashimoto, H. Fukuyama

    American Journal of Neuroradiology   29 ( 7 )   E56   2008年08月( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A1074

    PubMed

  • T1 signal intensity and height of the anterior pituitary in neonates: Correlation with postnatal time 招待 査読

    Kitamura E., Miki Y., Kawai M., Itoh H., Yura S., Mori N., Sugimura K., Togashi K.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   29 ( 7 )   1257 - 1260   2008年08月( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A1094

    PubMed

  • Microbleeds in Moyamoya disease: susceptibility-weighted imaging versus T2*-weighted imaging at 3 tesla 招待 査読

    Mori Nobuyuki, Miki Yukio, Kikuta Ken-ichiro, Fushimi Yasutaka, Okada Tsutomu, Urayama Shin-ichi, Sawamoto Nobukatsu, Fukuyama Hidenao, Hashimoto Nobuo, Togashi Kaori

    INVESTIGATIVE RADIOLOGY   43 ( 8 )   574 - 579   2008年08月( ISSN:0020-9996

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cerebral infarction associated with moyamoya disease: histogram-based quantitative analysis of diffusion tensor imaging -- a preliminary study. 査読

    Mori N, Miki Y, Fushimi Y, Kikuta K, Urayama S, Okada T, Fukuyama H, Hashimoto N, Togashi K

    Magnetic resonance imaging   26 ( 6 )   835 - 40   2008年07月( ISSN:0730-725X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mri.2008.01.036

    PubMed

  • Aberrant midsagittal fiber tracts in patients with hemimegalencephaly 招待 査読

    Sato N., Ota M., Yagishita A., Miki Y., Takahashi T., Adachi Y., Nakata Y., Sugai K., Sasaki M.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   29 ( 4 )   823 - 827   2008年04月( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A0919

  • Hemispheric asymmetry of the arcuate fasciculus: a preliminary diffusion tensor tractography study in patients with unilateral language dominance defined by Wada test 招待 査読

    Matsumoto, R. Okada, T. Mikuni, N. Mitsueda-Ono, T. Taki, J. Sawamoto, N. Hanakawa, T. Miki, Y. Hashimoto, N. Fukuyama, H. Takahashi, R. Ikeda, A.

    J Neurol   255 ( 11 )   1703 - 1711   2008年( ISSN:0340-5354

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00415-008-0005-9

    PubMed

  • Diffusion tensor imaging of the cortico-ponto-cerebellar pathway in patients with adult-onset ataxic neurodegenerative disease

    Kitamura, K. Nakayama, K. Kosaka, S. Yamada, E. Shimada, H. Miki, T. Inoue, Y.

    Neuroradiology   50 ( 4 )   285 - 292   2008年

     詳細を見る

  • Reply

    Yamamoto, A. Miki, Y.

    American Journal of Neuroradiology   29 ( 3 )   e5 - e5   2008年

     詳細を見る

  • Fractional anisotropy and mean diffusivity: comparison between 3.0-T and 1.5-T diffusion tensor imaging with parallel imaging using histogram and region of interest analysis. 査読

    Fushimi Y, Miki Y, Okada T, Yamamoto A, Mori N, Hanakawa T, Urayama S, Aso T, Fukuyama H, Kikuta K, Togashi K

    NMR in biomedicine   20 ( 8 )   743 - 8   2007年12月( ISSN:0952-3480

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/nbm.1139

    PubMed

  • Interfrontal commissural abnormality in schizophrenia: tractography-assisted callosal parcellation. 査読

    Miyata J, Hirao K, Namiki C, Fukuyama H, Okada T, Miki Y, Hayashi T, Murai T

    Schizophrenia research   97 ( 1-3 )   236 - 41   2007年12月( ISSN:0920-9964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.schres.2007.07.032

    PubMed

  • Gray matter-white matter contrast on spin-echo T1-weighted images at 3 T and 1.5 T: a quantitative comparison study. 査読

    Fushimi Y, Miki Y, Urayama S, Okada T, Mori N, Hanakawa T, Fukuyama H, Togashi K

    European radiology   17 ( 11 )   2921 - 5   2007年11月( ISSN:0938-7994

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00330-007-0688-9

    PubMed

  • 頭部MRI : 撮像プロトコルおよび3T MRIの最新知見 招待 査読

    三木 幸雄, 谷口 正洋, 平賀 顯, 富樫 かおり

    日本磁気共鳴医学会雑誌   27 ( 4 )   156 - 165   2007年10月( ISSN:0914-9457

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MRIにて広範な対称性白質・基底核病変を呈したisolated angiitis of the CNSの1例 招待 査読

    川島 雅央, 藤田 祐之, 冨本 秀和, 高橋 良輔, 三木 幸雄, 福山 秀直

    (一社)日本神経学会 臨床神経学   47 ( 8 )   555 - 555   2007年08月( ISSN:0009-918X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of preoperative fibre-tracking to preserve the affected pyramidal tracts during resection of brain tumours in patients with preoperative motor weakness. 査読

    Mikuni N, Okada T, Enatsu R, Miki Y, Urayama S, Takahashi JA, Nozaki K, Fukuyama H, Hashimoto N

    Journal of neurology, neurosurgery, and psychiatry   78 ( 7 )   716 - 21   2007年07月( ISSN:0022-3050

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jnnp.2006.099952

    PubMed

  • MRCP imaging at 3.0 T vs. 1.5 T: preliminary experience in healthy volunteers. 査読

    Isoda H, Kataoka M, Maetani Y, Kido A, Umeoka S, Tamai K, Koyama T, Nakamoto Y, Miki Y, Saga T, Togashi K

    Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   25 ( 5 )   1000 - 6   2007年05月( ISSN:1053-1807

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jmri.20892

    PubMed

  • Clinical impact of integrated functional neuronavigation and subcortical electrical stimulation to preserve motor function during resection of brain tumors. 査読

    Mikuni N, Okada T, Enatsu R, Miki Y, Hanakawa T, Urayama S, Kikuta K, Takahashi JA, Nozaki K, Fukuyama H, Hashimoto N

    Journal of neurosurgery   106 ( 4 )   593 - 8   2007年04月( ISSN:0022-3085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/jns.2007.106.4.593

    PubMed

  • Evaluation of pituitary macroadenomas with multidetector-row CT (MDCT): comparison with MR imaging. 査読

    Miki Y, Kanagaki M, Takahashi JA, Ishizu K, Nakagawa M, Yamamoto A, Fushimi Y, Okada T, Mikuni N, Kikuta K, Hashimoto N, Togashi K

    Neuroradiology   49 ( 4 )   327 - 33   2007年04月( ISSN:0028-3940

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00234-006-0194-9

    PubMed

  • Fibers from the dorsal premotor cortex elicit motor-evoked potential in a cortical dysplasia. 査読

    Mikuni N, Okada T, Taki J, Matsumoto R, Nishida N, Enatsu R, Hanakawa T, Ikeda A, Miki Y, Urayama S, Fukuyama H, Hashimoto N

    NeuroImage   34 ( 1 )   12 - 8   2007年01月( ISSN:1053-8119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroimage.2006.09.005

    PubMed

  • Comparison between motor evoked potential recording and fiber tracking for estimating pyramidal tracts near brain tumors. 査読

    Mikuni N, Okada T, Nishida N, Taki J, Enatsu R, Ikeda A, Miki Y, Hanakawa T, Fukuyama H, Hashimoto N

    Journal of neurosurgery   106 ( 1 )   128 - 33   2007年01月( ISSN:0022-3085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/jns.2007.106.1.128

    PubMed

  • Diffusion tensor fiber tractography of the optic radiation: Analysis with 6-, 12-, 40-, and 81-directional motion-probing gradients, a preliminary study 招待 査読

    A. Yamamoto, Yukio Miki, S. Urayama, Y. Fushimi, T. Okada, T. Hanakawa, H. Fukuyama, K. Togashi

    American Journal of Neuroradiology   28 ( 1 )   92 - 96   2007年01月( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    BACKGROUND AND PURPOSE: Knowing the exact location of the optic radiation preoperatively is important for surgery of the temporal lobe. We hypothesized that a greater number of motion-probing gradients (MPGs) would provide better results of diffusion tensor (DT) fiber tractography of the optic radiation. To test this hypothesis, this study evaluated differences in DT fiber tractography of the optic radiation under different MPG settings. METHODS: DT images were obtained in 12 healthy volunteers (7 men, 5 women) with a mean age of 32 years (range, 22-45 years) by using a 3T MR imaging scanner with single-shot echo-planar imaging with parallel acquisition (reduction factor = 2). MPG was applied in 6, 12, 40, and 81 independent directions. The first region of interest (ROI) was placed in the occipital lobe, and the second ROI was placed in the lateral geniculate body. Fibers penetrating both ROIs were considered as the optic radiation. Anteroposterior distance between the tip of the Meyer loop and the lateral geniculate body on an axial section was defined as a loop index. Numbers of fibers and loop indices in both cerebral hemispheres were evaluated statistically. RESULTS: The optic radiation was well visualized in full length by DT fiber tractography in 20 of 24 hemispheres (83%). No significant differences were noted in number of fibers and loop indices among different MPG settings. CONCLUSION: DT fiber tractography can frequently depict almost the entire optic radiation. MPG number does not exert any significant effect on visualization of the optic radiation, and 6-directional MPG is thus sufficient for this purpose.

    PubMed

  • Subinsular vascular lesions: an analysis of 119 consecutive autopsied brains 招待 査読

    Tomimoto H., Lin J., Ihara M., Ohtani R., Matsuo A., Miki Y.

    EUROPEAN JOURNAL OF NEUROLOGY   14 ( 1 )   95 - 101   2007年01月( ISSN:1351-5101

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1468-1331.2006.01567.x

    PubMed

  • Novel mutation in EIF2B gene in a case of adult-onset leukoencephalopathy with vanishing white matter. 査読

    Matsui M, Mizutani K, Ohtake H, Miki Y, Ishizu K, Fukuyama H, Shimohata T, Onodera O, Nishizawa M, Takayama Y, Shibasaki H

    European neurology   57 ( 1 )   57 - 8   2007年( ISSN:0014-3022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000097120

    PubMed

  • Diffusion tensor fiber tractography for arteriovenous malformations: Quantitative analyses to evaluate the corticospinal tract and optic radiation 招待 査読

    Okada T., Miki Y., Kikuta K., Mikuni N., Urayama S., Fushimi Y., Yamamoto A., Mori N., Fukuyama H., Hashimoto N., Togashi K.

    AMERICAN JOURNAL OF NEURORADIOLOGY   28 ( 6 )   1107 - 1113   2007年( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3174/ajnr.A0493

    PubMed

  • Hemimegalencephaly: a study of abnormalities occurring outside the involved hemisphere

    Sato, N. Yagishita, A. Oba, H. Miki, Y. Nakata, Y. Yamashita, F. Nemoto, K. Sugai, K. Sasaki, M.

    AJNR Am J Neuroradiol   28 ( 4 )   678 - 682   2007年

  • Clinicoradiological factors influencing the reversibility of posterior reversible encephalopathy syndrome: a multicenter study. 査読

    Pande AR, Ando K, Ishikura R, Nagami Y, Takada Y, Wada A, Watanabe Y, Miki Y, Uchino A, Nakao N

    Radiation medicine   24 ( 10 )   659 - 68   2006年12月( ISSN:0288-2043

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11604-006-0086-2

    PubMed

  • 言語優位・非優位半球間の弓状束の非対称性 拡散テンソル画像による検討 招待 査読

    松本 理器, 岡田 務, 三國 信啓, 三枝 隆博, 多喜 純也, 花川 隆, 三木 幸雄, 池田 昭夫, 福山 秀直, 高橋 良輔

    (一社)日本神経学会 臨床神経学   46 ( 12 )   1097 - 1097   2006年12月( ISSN:0009-918X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • "Target bypass": a method for preoperative targeting of a recipient artery in superficial temporal artery-to-middle cerebral artery anastomoses. 査読

    Kikuta K, Takagi Y, Fushimi Y, Ishizu K, Okada T, Hanakawa T, Miki Y, Fukuyama H, Nozaki K, Hashimoto N

    Neurosurgery   59 ( 4 Suppl 2 )   ONS320 - 6; discussion ONS326   2006年10月( ISSN:0148-396X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1227/01.NEU.0000232775.06672.F4

    DOI: 10.1227/01.NEU.0000333807.64530.39

    PubMed

  • 皮質梗塞を繰り返した血管内悪性リンパ腫の一症例 招待 査読

    中野 紀子, 松本 理器, 葛谷 聡, 加藤 賢嗣, 三木 幸雄, 河本 恭裕, 冨本 秀和, 福山 秀直, 高橋 良輔

    (一社)日本神経学会 臨床神経学   46 ( 8 )   601 - 601   2006年08月( ISSN:0009-918X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Novel Therapeutic Strategy for Ischemic Stroke by Bone Marrow Stromal Cells and Ex Vivo HGF and FGF2 Genes Transfer with Replication-Incompetent HSV-1 Vector 招待 査読

    Nonoguchi Naosuke, Zhao Ming-Zhu, Ikeda Naokado, Miki Yoshihito, Furutama Daisuke, Kimura Fumiharu, Dezawa Mari, Funakoshi Hiroshi, Coffin Robert S., Miyatake Shin-ichi, Kuroiwa Toshihiko

    MOLECULAR THERAPY   13   S98 - S98   2006年05月( ISSN:1525-0016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MR Imaging of Liliequist's Membrane 招待 査読

    FUSHIMI Yasutaka, MIKI Yukio, TAKAHASHI Jun A, KIKUTA Ken-ichiro, HASHIMOTO Nobuo, HANAKAWA Takashi, FUKUYAMA Hidenao, TOGASHI Kaori

    Radiation Medicine : medical imaging and radiation oncology   24 ( 2 )   85 - 90   2006年03月( ISSN:02882043

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Whole brain magnetization transfer histogram analysis of pediatric acute lymphoblastic leukemia patients receiving intrathecal methotrexate therapy. 査読

    Yamamoto A, Miki Y, Adachi S, Kanagaki M, Fushimi Y, Okada T, Kobayashi M, Hiramatsu H, Umeda K, Nakahata T, van Buchem MA, Togashi K

    European journal of radiology   57 ( 3 )   423 - 7   2006年03月( ISSN:0720-048X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2005.09.008

    PubMed

  • MR imaging of Liliequist's membrane. 査読

    Fushimi Y, Miki Y, Takahashi JA, Kikuta K, Hashimoto N, Hanakawa T, Fukuyama H, Togashi K

    Radiation medicine   24 ( 2 )   85 - 90   2006年02月( ISSN:0288-2043

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/BF02493273

    PubMed

  • Early experience with 3-T magnetic resonance tractography in the surgery of cerebral arteriovenous malformations in and around the visual pathway. 査読

    Kikuta K, Takagi Y, Nozaki K, Hanakawa T, Okada T, Miki Y, Fushimi Y, Fukuyama H, Hashimoto N

    Neurosurgery   58 ( 2 )   331 - 7; discussion 331   2006年02月( ISSN:0148-396X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1227/01.NEU.0000195017.82776.90

    PubMed

  • Diffusion Tensor Fiber Tractography: Intraindividual Comparison of 3.0-T and 1.5-T MR Imaging.

    Okada T, Miki Y, Fushimi Y, Hanakawa T, Kanagaki M, et al.

    Radilogy   238 ( 2 )   668 - 678   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Small artery dementia in Japan: Radiological differences between CADASIL, leukoaraiosis and Binswanger's disease 査読

    Tomimoto H, Ohtani R, Wakita H, Lin JX, Ihara M, Miki Y, Oshima F, Murata T, Ishibashi K, Suenaga T, Mizuno T

    DEMENTIA AND GERIATRIC COGNITIVE DISORDERS   21 ( 3 )   162 - 169   2006年( ISSN:1420-8008

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000090677

    PubMed

  • Diffusion tensor fiber tractography using a 3-tesla MR system 招待 査読

    Miki Yukio

    NEUROSCIENCE RESEARCH   55   S39 - S39   2006年( ISSN:0168-0102

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • A large scale analysis of single nucleotide polymorphisms associated with radiation dermatitis after whole breast radiotherapy 招待 査読

    Oya N., Isomura M., Tachiiri S., Kaneyasu Y., Hareyama M., Mitsuhashi N., Nishimura Y., Akimoto T., Miki Y., Hiraoka M.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   66 ( 3 )   S564 - S565   2006年( ISSN:0360-3016

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ictal monoparesis associated with lesions in the primary somatosensory area.

    Matsumoto R, Ikeda A, Hitomi T, Aoki T, Hanakawa T, Miki Y, Tomimoto H, Shimohama S, Shibasaki H

    Neurology   65 ( 9 )   1476 - 8   2005年11月( ISSN:0028-3878

  • [Temporal changes of diffusion-weighted MR images in a patient with transient global amnesia]. 査読

    Matsui Y, Saiki H, Tomimoto H, Takahashi R, Miki Y, Fukuyama H

    No to shinkei = Brain and nerve   57 ( 11 )   991 - 995   2005年11月( ISSN:0006-8969

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Age-related signal intensity changes in the corpus callosum: assessment with three orthogonal FLAIR images. 査読

    Yamamoto A, Miki Y, Tomimoto H, Kanagaki M, Takahashi T, Fushimi Y, Konishi J, Laz Haque T, Togashi K

    European radiology   15 ( 11 )   2304 - 11   2005年11月( ISSN:0938-7994

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00330-005-2759-0

    PubMed

  • A brainstem variant of reversible posterior leukoencephalopathy syndrome 招待 査読

    Kitaguchi H, Tomimoto H, Miki Y, Yamamoto A, Terada K, Satoi H, Kanda M, Fukuyama H

    NEURORADIOLOGY   47 ( 9 )   652 - 656   2005年09月( ISSN:0028-3940

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00234-005-1399-z

    PubMed

  • Idiopathic CD4+ lymphocytopenia(ICL)に伴い著明な脳実質病変を呈したクリプトコッカス脳髄膜炎の1例 招待 査読

    井内 盛遠, 下竹 昭寛, 松本 理器, 冨本 秀和, 下濱 俊, 三木 幸雄, 花川 隆, 福山 秀直, 高橋 良輔

    日本神経感染症学会 NEUROINFECTION   10 ( 2 )   202 - 202   2005年09月( ISSN:1348-2718

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ectopic posterior pituitary high signal in preoperative and postoperative macroadenomas: dynamic MR imaging. 査読

    Takahashi T, Miki Y, Takahashi JA, Kanagaki M, Yamamoto A, Fushimi Y, Okada T, Haque TL, Hashimoto N, Konishi J, Togashi K

    European journal of radiology   55 ( 1 )   84 - 91   2005年07月( ISSN:0720-048X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2004.10.003

    PubMed

  • [Japanese CADASIL case with limited dementia who had the Notch 3 R141C mutation]. 査読

    Ishibashi K, Murata T, Miki Y, Hara M, Mori H

    No to shinkei = Brain and nerve   57 ( 5 )   415 - 8   2005年05月( ISSN:0006-8969

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Different signal intensities between intra- and extracranial components in jugular foramen meningioma: an enigma. 査読

    Shimono T, Akai F, Yamamoto A, Kanagaki M, Fushimi Y, Maeda M, Miki Y

    AJNR. American journal of neuroradiology   26 ( 5 )   1122 - 1127   2005年05月( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Asymptomatic microbleeds in moyamoya disease: T2*-weighted gradient-echo magnetic resonance imaging study. 査読

    Kikuta K, Takagi Y, Nozaki K, Hanakawa T, Okada T, Mikuni N, Miki Y, Fushmi Y, Yamamoto A, Yamada K, Fukuyama H, Hashimoto N

    Journal of neurosurgery   102 ( 3 )   470 - 5   2005年03月( ISSN:0022-3085

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/jns.2005.102.3.0470

    PubMed

  • [Distribution of ischemic leukoaraiosis in MRI: a difference from white matter lesions in CADASIL]. 査読

    Tomimoto H, Ohtani R, Wakita H, Lin JX, Miki Y, Mizuno T

    No to shinkei = Brain and nerve   57 ( 2 )   125 - 30   2005年02月( ISSN:0006-8969

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Dynamic MR imaging in Tolosa-Hunt syndrome.

    Haque TL, Miki Y, Kashii S, Yamamoto A, Kanagaki M, Takahashi T, Fushimi Y, Asato R, Murase N, Shibasaki H, Konishi J

    European journal of radiology   51 ( 3 )   209 - 17   2004年09月( ISSN:0720-048X

     詳細を見る

  • Different mechanisms of corpus callosum atrophy in Alzheimer's disease and vascular dementia.

    Tomimoto H, Lin JX, Matsuo A, Ihara M, Ohtani R, Shibata M, Miki Y, Shibasaki H

    Journal of neurology   251 ( 4 )   398 - 406   2004年04月( ISSN:0340-5354

     詳細を見る

  • Mid-anterior surface of the callosal splenium: subependymal or subpial?

    Yamamoto A, Miki Y, Fushimi Y, Okada T, Tomimoto H

    AJNR. American journal of neuroradiology   25 ( 4 )   664 - 5   2004年04月( ISSN:0195-6108

     詳細を見る

  • Appearance of leukoaraiosis may be attenuated with compression by a chronic subdural hematoma.

    Itasaka S, Miki Y, Tomimoto H, Kamei I, Tsutsui K

    European journal of radiology   49 ( 3 )   193 - 7   2004年03月( ISSN:0720-048X

  • MRI and CT findings of neurohypophyseal germinoma.

    Kanagaki M, Miki Y, Takahashi JA, Shibamoto Y, Takahashi T, Ueba T, Hashimoto N, Konishi J

    European journal of radiology   49 ( 3 )   204 - 11   2004年03月( ISSN:0720-048X

  • Application of independent component analysis to magnetic resonance imaging for enhancing the contrast of gray and white matter

    Nakai, T. Muraki, S. Bagarinao, E. Miki, Y. Takehara, Y. Matsuo, K. Kato, C. Sakahara, H. Isoda, H.

    Neuroimage   21 ( 1 )   251 - 260   2004年( ISSN:10538119

     詳細を見る

  • MR contrast of ferritin and hemosiderin in the brain: comparison among gradient-echo, conventional spin-echo and fast spin-echo sequences.

    Haque TL, Miki Y, Kanagaki M, Takahashi T, Yamamoto A, Konishi J, Nozaki K, Hashimoto N, Konishi J

    European journal of radiology   48 ( 3 )   230 - 6   2003年12月( ISSN:0720-048X

  • MR imaging with quantitative diffusion mapping of tacrolimus-induced neurotoxicity in organ transplant patients.

    Shimono T, Miki Y, Toyoda H, Egawa H, Uemoto S, Tanaka K, Hattori H, Kanagaki M, Itoh K, Konishi J

    European radiology   13 ( 5 )   986 - 93   2003年05月( ISSN:0938-7994

     詳細を見る

  • Adult-onset leukoencephalopathy with vanishing white matter

    Matsui, Masaru Mizutani, Kotaro Miki, Yukio Mezaki, Takahiro Takahashi, Yuu Shibasaki, Hiroshi

    European Journal of Radiology Extra   46 ( 3 )   90 - 92   2003年

     詳細を見る

  • Hypersomnia in MS.

    Iseki K, Mezaki T, Oka Y, Terada K, Tomimoto H, Miki Y, Shibasaki H

    Neurology   59 ( 12 )   2006 - 7   2002年12月( ISSN:0028-3878

  • [Development of three-dimensional stereo viewer for high-resolution data].

    Nakai T, Muraki S, Kato C, Sugio T, Matsuo K, Miki Y, Kobayashi H, Ueda H, Ogata M, Liu X, Konishi J, Togashi K

    Nihon Igaku Hoshasen Gakkai zasshi. Nippon acta radiologica   61 ( 3 )   103 - 5   2001年02月( ISSN:0048-0428

     詳細を見る

  • Comparison of short inversion time inversion recovery (STIR) and fat-saturated (chemsat) techniques for background fat intensity suppression in cervical and thoracic MR imaging.

    Nakatsu M, Hatabu H, Itoh H, Morikawa K, Miki Y, Kasagi K, Shimono T, Shoji K, Shimada Y, Imamura M, Konishi J

    Journal of magnetic resonance imaging : JMRI   11 ( 1 )   56 - 60   2000年01月( ISSN:1053-1807

  • Magnetization transfer histogram analysis of monosymptomatic episodes of neurologic dysfunction: preliminary findings

    Kaiser, J. S. Grossman, R. I. Polansky, M. Udupa, J. K. Miki, Y. Galetta, S. L.

    AJNR Am J Neuroradiol   21 ( 6 )   1043 - 1047   2000年

  • Rapid progression of pituitary hyperplasia in humans with primary hypothyroidism: demonstration with MR imaging.

    Shimono T, Hatabu H, Kasagi K, Miki Y, Nishizawa S, Misaki T, Hiraga A, Konishi J

    Radiology   213 ( 2 )   383 - 8   1999年11月( ISSN:0033-8419

  • Serial analysis of magnetization-transfer histograms and Expanded Disability Status Scale scores in patients with relapsing-remitting multiple sclerosis

    Patel, U. J. Grossman, R. I. Phillips, M. D. Udupa, J. K. McGowan, J. C. Miki, Y. Wei, L. Polansky, M. van Buchem, M. A. Kolson, D.

    AJNR Am J Neuroradiol   20 ( 10 )   1946 - 1950   1999年

  • Comparison of T2 lesion volume and magnetization transfer ratio histogram analysis and of atrophy and measures of lesion burden in patients with multiple sclerosis

    Phillips, M. D. Grossman, R. I. Miki, Y. Wei, L. Kolson, D. L. van Buchem, M. A. Polansky, M. McGowan, J. C. Udupa, J. K.

    AJNR Am J Neuroradiol   19 ( 6 )   1055 - 1060   1998年

  • Correlation of volumetric magnetization transfer imaging with clinical data in MS

    van Buchem, M. A. Grossman, R. I. Armstrong, C. Polansky, M. Miki, Y. Heyning, F. H. Boncoeur-Martel, M. P. Wei, L. Udupa, J. K. Grossman, M. Kolson, D. L. McGowan, J. C.

    Neurology   50 ( 6 )   1609 - 1617   1998年

  • Computer-assisted quantitation of enhancing lesions in multiple sclerosis: correlation with clinical classification

    Miki, Y. Grossman, R. I. Udupa, J. K. Samarasekera, S. van Buchem, M. A. Cooney, B. S. Pollack, S. N. Kolson, D. L. Constantinescu, C. Polansky, M. Mannon, L. J.

    AJNR Am J Neuroradiol   18 ( 4 )   705 - 710   1997年

  • Global volumetric estimation of disease burden in multiple sclerosis based on magnetization transfer imaging

    van Buchem, M. A. Udupa, J. K. McGowan, J. C. Miki, Y. Heyning, F. H. Boncoeur-Martel, M. P. Kolson, D. L. Polansky, M. Grossman, R. I.

    AJNR Am J Neuroradiol   18 ( 7 )   1287 - 1290   1997年

  • Multiple sclerosis lesion quantification using fuzzy-connectedness principles

    Udupa, J. K. Wei, L. Samarasekera, S. Miki, Y. van Buchem, M. A. Grossman, R. I.

    IEEE Trans Med Imaging   16 ( 5 )   598 - 609   1997年

     詳細を見る

  • A new computer-assisted method for the quantification of enhancing lesions in multiple sclerosis

    Samarasekera, S. Udupa, J. K. Miki, Y. Wei, L. Grossman, R. I.

    J Comput Assist Tomogr   21 ( 1 )   145 - 151   1997年( ISSN:03638715

     詳細を見る

  • Detection and quantification of MS lesions using fuzzy topological principles

    Loew, Murray H. Udupa, Jayaram K. Wei, Luogang Samarasekera, Supun Miki, Yukio van Buchem, M. A. Grossman, Robert I. Hanson, Kenneth M.

    Medical Imaging 1996: Image Processing   ( 2710 )   81 - 91   1996年

  • A case of achondroplasia with downward displacement of the brain stem.

    Nakai T, Asato R, Miki Y, Tanaka F, Matsumoto S, Konishi J

    Neuroradiology   37 ( 4 )   293 - 4   1995年05月( ISSN:0028-3940

     詳細を見る

  • Epidural venous system (meningorachidian venous plexus) in juvenile amyotrophy of distal upper extremity: assessment with GD-DTPA enhanced volumetric MR study.

    Okumura R, Asato R, Fukuyama H, Ogawa M, Miki Y, Konishi J

    Computerized medical imaging and graphics : the official journal of the Computerized Medical Imaging Society   18 ( 3 )   193 - 202   1994年05月( ISSN:0895-6111

  • MR T2-weighted image of subacute cerebral infarct can be isointense to the surrounding brain: MR fogging in cerebral infarct

    Asato, R. Okumura, R. Miki, Y. Konishi, J.

    MAGMA Magnetic Resonance Materials in Physics, Biology, and Medicine   2 ( 4 )   539 - 544   1994年

  • Contrast enhanced area of posterior pituitary gland in early dynamic MRI exceeds hyperintense area on T1-weighted images.

    Miki Y, Asato R, Okumura R, Hua F, Konishi J

    Journal of computer assisted tomography   16 ( 6 )   845 - 8   1992年11月( ISSN:0363-8715

  • Three-dimensional MR vascular imaging of the spine using gadolinium-DTPA.

    Okumura R, Asato R, Miki Y, Konishi J

    Radiation medicine   10 ( 6 )   215 - 22   1992年11月( ISSN:0288-2043

     詳細を見る

  • Degeneration of the posterior columns of the spinal cord: postmortem MRI and histopathology.

    Okumura R, Asato R, Shimada T, Kusaka H, Mizutani T, Miki Y, Konishi J

    Journal of computer assisted tomography   16 ( 6 )   865 - 7   1992年11月( ISSN:0363-8715

  • Nuclear magnetic resonance abnormalities of the cerebral white matter in children with acute lymphoblastic leukemia and malignant lymphoma during and after central nervous system prophylactic treatment with intrathecal methotrexate.

    Asato R, Akiyama Y, Ito M, Kubota M, Okumura R, Miki Y, Konishi J, Mikawa H

    Cancer   70 ( 7 )   1997 - 2004   1992年10月( ISSN:0008-543X

  • Differentiation of suprasellar nonneoplastic cysts from cystic neoplasms by Gd-DTPA MRI.

    Hua F, Asato R, Miki Y, Okumura R, Hashimoto N, Kikuchi H, Konishi J

    Journal of computer assisted tomography   16 ( 5 )   744 - 9   1992年09月( ISSN:0363-8715

  • Hajdu-Cheney syndrome: MR imaging

    Kawamura, J. Miki, Y. Yamazaki, S. Ogawa, M.

    Neuroradiology   33 ( 5 )   441 - 442   1991年( ISSN:00283940

     詳細を見る

  • A case of aleukemic monocytic leukemia cutis treated with total body electron therapy

    Imanaka, K. Fujiwara, K. Satoh, K. Kuroda, Y. Takahashi, M. Sadatoh, N. Tamaki, T. Suzuki, Y. Miki, Y. Kawakami, K. et al.,

    Radiat Med   6 ( 5 )   229 - 231   1988年

  • Computed tomography of bronchiolitis obliterans

    Miki, Y. Hatabu, H. Takahashi, M. Sadatoh, N. Kuroda, Y.

    J Comput Assist Tomogr   12 ( 3 )   512 - 514   1988年( ISSN:03638715

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物

  • 即戦力が身につく脳の画像診断

    三木幸雄( 担当: 共編者(共編著者))

    メディカルサイエンスインターナショナル  2021年 

  • 下垂体の画像診断

    三木 幸雄( 担当: 共編者(共編著者))

    メジカルビュー社  2017年12月  ( ISBN:978-4758316033

     詳細を見る

    総ページ数:243   著書種別:学術書  

  • 脳のMRI

    三木 幸雄( 担当: 共編者(共編著者))

    メディカルサイエンスインターナショナル  2015年04月  ( ISBN:978-4895928120

     詳細を見る

    総ページ数:972   著書種別:学術書  

  • 放射線医学 脳 画像診断

    三木 幸雄( 担当: 編集)

    金芳堂  2012年10月  ( ISBN:978-4765315449

     詳細を見る

    総ページ数:126   著書種別:学術書  

  • 脳・頭頸部のMRI

    三木幸雄(編集)( 担当: 編集)

    メジカルビュー社  2000年 

MISC(その他記事)

  • 胃静脈瘤に対するGelatin sponge particles and 5% Ethanolamine oleate iopamidol mixture in Retrograde Transvenous Obliteration(GERTO)について 査読

    城後 篤志, 山本 晃, 影山 健, 寒川 悦次, 喜多 竜一, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌   28 ( 2 )   204 - 207   2022年07月( ISSN:1344-8447

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Coil-Assisted Retrograde Transvenous Obliteration II(CARTO-II)のテクニック 査読

    山本 晃, 城後 篤志, 影山 健, 寒川 悦次, 三木 幸雄, 神納 敏夫, 喜多 竜一

    (一社)日本門脈圧亢進症学会 日本門脈圧亢進症学会雑誌   26 ( 4 )   273 - 277   2020年11月( ISSN:1344-8447

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • MR関連英語論文における文章構成法 査読

    三木 幸雄

    (一社)日本磁気共鳴医学会 日本磁気共鳴医学会雑誌   40 ( 4 )   129 - 142   2020年11月( ISSN:0914-9457

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    MR関連英語論文の文章構成のエッセンスについて、以下に分けて述べた。1)パラグラフ・ライティング:論文の各セクション(Introduction、Materials and Methods、Results、Discussion)でのパラグラフ作成のポイント、2)コヒーレンス:transitions(接続語)、repetition(反復)、pronouns(代名詞)、demonstrative adjectives(指示形容詞)、3)研究の新規性についての記載、4)筆者が大学院生の論文執筆指導中に気づいた点、として述べた。

  • 【Post SVR時代の門脈圧亢進症】HCV SVR後の門脈圧亢進症診断 CTによる門脈圧亢進症の画像診断 査読

    山本 晃, 打田 佐和子, 城後 篤志, 影山 健, 寒川 悦次, 植田 大樹, 河田 則文, 三木 幸雄

    (株)アークメディア 肝・胆・膵   80 ( 5 )   769 - 779   2020年05月( ISSN:0389-4991

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【多発性硬化症の現在と未来】多発性硬化症のMRI 診断ツール,バイオマーカー,副作用モニタリングツールとしての役割 査読

    三木 幸雄

    (株)医学書院 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   72 ( 5 )   0493 - 0508   2020年05月( ISSN:1881-6096

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <文献概要>多発性硬化症(MS)で用いられる画像診断はMRIであり,国際的に広く用いられているMcDonald診断基準においても非常に重要な位置を占めている。多発性硬化症におけるMRIの重要な役割に,診断,イメージングバイオマーカーおよび疾患修飾薬による副作用のモニタリングがある。本論文では,MSにおけるMRIのこれらの役割について,最近の知見を含めて述べる。

  • 【TACE支援ソフトウエアの実際と将来展望】シーメンス製TACE支援ソフトウェア(syngo Embolization Guidanceなど) 査読

    羽室 雅夫, 山本 晃, 高尾 由範, 市田 隆雄, 三木 幸雄

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   34 ( 4 )   236 - 245   2020年04月( ISSN:1340-4520

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Langerhans Cell Histiocytosis with Multiple Fluid-fluid Levels in the Parietal Bone(和訳中) 査読

    Matsushita Kazuki, Shimono Taro, Miki Yukio

    (一社)日本磁気共鳴医学会 Magnetic Resonance in Medical Sciences   19 ( 1 )   5 - 6   2020年02月( ISSN:1347-3182

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 腰椎joint apoplexyと考えられた脊髄硬膜外血腫の1例 査読

    松島央和, 下野太郎, 星野雅俊, 井上恵太, 桑江優子, 吉増有紗, 三木幸雄

    臨床放射線   64 ( 13 )   1559 - 1563   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 腰椎joint apoplexyと考えられた脊髄硬膜外血腫の1例 査読

    松島央和, 下野太郎, 星野雅俊, 井上恵太, 桑江優子, 吉増有紗, 三木幸雄

    臨床放射線   64 ( 13 )   1559 - 1563   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳様突起を中心として存在し骨硬化性変化を呈した腺様嚢胞癌の1例 査読

    松下 周, 下野太郎, 三木幸雄

    臨床放射線   64 ( 11 )   1355 - 1359   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 内耳道内と髄膜病変を呈した中枢神経ゴム腫の1例 査読

    雪本真代, 下野太郎, 松下 周, 寺山英作, 山中一浩, 松下和樹, 後藤拓也, 三木幸雄

    臨床放射線   64 ( 11 )   1351 - 1354   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 動脈瘤型腸管悪性リンパ腫様のCT所見を呈した小腸GISTの2例 査読

    藤井啓輔, 植木 愛, 小山孝一, 小林彰太郎, 澁谷雅常, 永原 央, 下野太郎, 三木幸雄

    臨床放射線   64 ( 9 )   1173 - 1179   2019年08月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 鼻腔内に発生した化膿性肉芽腫の3例 査読

    小林彰太郎, 小山孝一, 寺西裕一, 下野太郎, 横田知衣子, 藤井啓輔, 植木愛, 三木幸雄

    臨床放射線   64 ( 6 )   841 - 845   2019年05月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 両側眼窩尖部から両側対称性に周囲進展をきたした腺様嚢胞癌の1例 査読

    寺山英作, 下野太郎, 立川裕之, 三野俊和, 桑江優子, 三木幸雄.

    臨床放射線   64 ( 6 )   841 - 845   2019年05月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 生検(初中級) Transjugular liver access biopsy(TJLB) 招待 査読

    山本 晃, 城後篤志, 影山 健, 濵本晋一, 寒川悦次, 中野真理子, 小川聡幸, 村井一超, 野田健仁, 米澤宏記, 三木幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌   33 ( 4 )   398 - 401   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • 神経放射線領域が私のサブスペシャリティになった経緯, AI時代に得意分野を持つ意義

    三木幸雄

    JCR News   226   2 - 4   2019年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • Technical and clinical overview of deep learning in radiology(和訳中) 査読

    Ueda Daiju, Shimazaki Akitoshi, Miki Yukio

    (公社)日本医学放射線学会 Japanese Journal of Radiology   37 ( 1 )   15 - 33   2019年01月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【膵癌に関連する血管系IVR】 膵切除術後出血に対する止血術 査読

    寒川 悦次, 山本 晃, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 濱本 晋一, 城後 篤志, 三木 幸雄

    (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会 IVR: Interventional Radiology   33 ( 3 )   243 - 251   2018年11月( ISSN:1340-4520

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    近年、膵切除術後出血に対してドレナージやコイル塞栓をはじめとするインターベンショナルラジオロジーが積極的に導入されている。また、わが国では2016年12月よりステントグラフト内挿の臨床応用が可能となった。ステントグラフト内挿に関しては至適サイズの選択、デリバリー、術中ヘパリン化や留置後の抗血小板療法、長期開存性、感染などの問題があり、今後の課題である。膵切除術後出血の原因と診断、塞栓ならびにステントグラフト内挿について概説した。

  • 2017年WHO分類に準拠した鼻腔・副鼻腔における良性腫瘤病変の画像特徴(Imaging features of benign mass lesions in the nasal cavity and paranasal sinuses according to the 2017 WHO classification) 査読

    Tatekawa Hiroyuki, Shimono Taro, Ohsawa Masahiko, Doishita Satoshi, Sakamoto Shinichi, Miki Yukio

    (公社)日本医学放射線学会 Japanese Journal of Radiology   36 ( 6 )   361 - 381   2018年06月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【実地医家のための画像診断実践ガイド】 頭部 脱髄 多発性硬化症・視神経脊髄炎関連疾患・急性散在性脳脊髄炎 査読

    立川 裕之, 三木 幸雄

    (株)文光堂 Medical Practice   35 ( 臨増 )   41 - 47   2018年04月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 耳下腺の嚢胞性病変 最新の世界保健機構分類2017に準拠した頭頸部腫瘍の放射線学的病理学的相関(Cystic lesions of the parotid gland: radiologic-pathologic correlation according to the latest World Health Organization 2017 Classification of Head and Neck Tumours) 査読

    Takita Hirotaka, Takeshita Tohru, Shimono Taro, Tanaka Hiroko, Iguchi Hiroyoshi, Hashimoto Shigeo, Kuwae Yuko, Ohsawa Masahiko, Miki Yukio

    (公社)日本医学放射線学会 Japanese Journal of Radiology   35 ( 11 )   629 - 647   2017年11月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【MRI先端技術の"今"に迫る!】 膝軟骨のMRイメージング 形態の評価について 査読

    守屋 進, 三木 幸雄, 宮地 利明

    医用画像情報学会 医用画像情報学会雑誌   32 ( 4 )   xlii - xlvi   2015年12月( ISSN:0910-1543

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    ここ数十年で、磁気共鳴画像法(MRI)は、膝軟骨を評価するための最も重要な方法となっている。MRIの利点は、軟骨そのものを高信号に描出したりすることや、軟骨や関節液などの組織間にコントラストを大きく描出したりすることを、シーケンスの操作によって出来ることである。MRIの膝ルーチン検査で一般的に使用される膝軟骨の形態を観察するためのシーケンスについて、特徴や診断への応用がどのようにされているか述べた。

  • 脊髄拡散テンソルイメージングの最前線 査読

    坂本 真一, 三木 幸雄

    (一社)日本脊髄外科学会 脊髄外科   29 ( 3 )   279 - 286   2015年12月( ISSN:0914-6024

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    水分子の拡散の方向や速さの描出に特化した拡散テンソル画像(DTI)は、一方向性が強いという特徴的な構造を有する脊髄の質的評価に対して、極めて親和性の高い画像診断法である。DTIの臨床応用は急速に広がっているが、今後はより詳細な脊髄状態の評価を可能にする非ガウス分布拡散画像に移行してゆくことが予想される。拡散テンソルの基本的な概念、主な撮像法、脊髄領域での基礎ならびに臨床研究、新たな拡散テンソル解析、について概説した。

  • 【免疫性神経疾患-基礎・臨床研究の最新知見-】 免疫性中枢神経疾患 多発性硬化症(MS) 多発性硬化症の検査・診断 多発性硬化症の画像診断 査読

    立川 裕之, 三木 幸雄

    (株)日本臨床社 日本臨床   73 ( 増刊7 免疫性神経疾患 )   158 - 166   2015年09月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【日常診療にすぐに役立つCT/MRIの基礎と活用法-中枢神経系疾患-】 CT/MRIによる診断的有用性 脱髄疾患の画像診断 査読

    崔 朝理, 三木 幸雄

    バイエル薬品(株) 日独医報   59 ( 2 )   171 - 188   2014年09月( ISSN:0912-0351

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【親しみやすい頭部MRI】 占拠性脳病変のMRI 査読

    坂本 真一, 三木 幸雄

    (株)学研メディカル秀潤社 画像診断   34 ( 5 )   485 - 500   2014年03月( ISSN:0285-0524

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 米パッド CHESS法の脂肪抑制画像を改良するデバイス 査読

    守屋 進, 三木 幸雄, 横林 常夫

    (一社)日本磁気共鳴医学会 日本磁気共鳴医学会雑誌   33 ( 4 )   158 - 167   2013年11月( ISSN:0914-9457

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 悪性リンパ腫によく似た頭蓋骨内髄膜腫(Intraosseous meningioma mimicking malignant lymphoma) 査読

    Ueki Ai, Shimono Taro, Miki Yukio

    (一社)日本神経学会 Neurology and Clinical Neuroscience   1 ( 5 )   185 - 185   2013年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【あしたの脳梗塞】 加齢性白質病変(leukoaraiosis)update 査読

    三木 幸雄, 坂本 真一

    (株)医学書院 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩   65 ( 7 )   789 - 799   2013年07月( ISSN:1881-6096

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高齢者の脳の磁気共鳴画像やFLAIR画像では、高頻度に大脳白質に高信号領域が観察される。この脳白質病変は脳小血管病としても注目され、脳卒中や認知症などの重要な危険因子の一つであることが明らかになってきている。脳白質病変の頻度・分布・病理・成因・評価方法、MRI上での白質病変と無症候性脳梗塞との鑑別、臨床症状との対比、危険因子、脳萎縮との関係、経時変化、アルツハイマー病における白質病変、画像関連研究の将来展望について述べた。

  • 一般神経内科医向けQ&A(テーマ2) 多発性硬化症患者の典型的MRI所見について教えてください 査読

    三木 幸雄

    (株)メディカルレビュー社 MS Frontier: 多発性硬化症の先端情報誌   1 ( 1 )   26 - 27   2012年11月( ISSN:2187-3062

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【よくわかる脳MRI(第3版)】 下垂体・傍鞍部 empty sella(トルコ鞍空洞症) 査読

    北村 賀永子, 三木 幸雄

    (株)学研メディカル秀潤社 画像診断   別冊 ( よくわかる脳MRI第3版 )   152 - 153   2012年09月( ISSN:0285-0524

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【よくわかる脳MRI(第3版)】 脱髄・代謝・中毒 視神経脊髄炎 査読

    三木 幸雄

    (株)学研メディカル秀潤社 画像診断   別冊 ( よくわかる脳MRI第3版 )   492 - 493   2012年09月( ISSN:0285-0524

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【よくわかる脳MRI(第3版)】 脱髄・代謝・中毒 多発性硬化症(2) 腫瘍様に見える脱髄疾患 査読

    三木 幸雄

    (株)学研メディカル秀潤社 画像診断   別冊 ( よくわかる脳MRI第3版 )   490 - 491   2012年09月( ISSN:0285-0524

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【よくわかる脳MRI(第3版)】 脱髄・代謝・中毒 多発性硬化症(1) 査読

    三木 幸雄

    (株)学研メディカル秀潤社 画像診断   別冊 ( よくわかる脳MRI第3版 )   486 - 489   2012年09月( ISSN:0285-0524

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【よくわかる脳MRI(第3版)】 下垂体・傍鞍部 鞍上部くも膜嚢胞 査読

    坂本 真一, 三木 幸雄

    (株)学研メディカル秀潤社 画像診断   別冊 ( よくわかる脳MRI第3版 )   150 - 151   2012年09月( ISSN:0285-0524

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【よくわかる脳MRI(第3版)】 下垂体・傍鞍部 下垂体細胞腫/顆粒細胞腫 査読

    前田 裕子, 三木 幸雄

    (株)学研メディカル秀潤社 画像診断   別冊 ( よくわかる脳MRI第3版 )   154 - 155   2012年09月( ISSN:0285-0524

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【頭蓋内炎症性疾患の画像診断】 多発性硬化症 査読

    笠原 誓子, 山本 憲, 三木 幸雄

    (株)メジカルビュー社 臨床画像   27 ( 10 )   1174 - 1182   2011年10月( ISSN:0911-1069

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • M・pos(症例2) びまん性星細胞腫diffuse astrocytoma(WHO grade II) 査読

    坂本 真一, 三木 幸雄

    (株)メディカルアイ Rad Fan   9 ( 11 )   14 - 15   2011年09月( ISSN:1348-3498

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • M・pos(症例1) 膠芽腫glioblastoma(WHO grade IV) 査読

    坂本 真一, 三木 幸雄

    (株)メディカルアイ Rad Fan   9 ( 11 )   12 - 13   2011年09月( ISSN:1348-3498

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【画像診断update 検査の組み立てから診断まで】 疾患 中枢神経・頭頸部 主要疾患の診断 多発性硬化症 査読

    三木 幸雄, 坂本 真一

    日本医師会 日本医師会雑誌   140 ( 特別1 )   S128 - S129   2011年06月( ISSN:0021-4493

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • シクロスポリンAによる可逆性皮質盲の拡散強調MRI法による解析(Analysis of Cyclosporin A-Induced Reversible Cortical Blindness by Diffusion-Weighted Magnetic Resonance Imaging Techniques) 査読

    Manabe Shin-ichi, Kashii Satoshi, Miki Yukio, Honda Yoshihito

    シュプリンガー・ジャパン(株) Japanese Journal of Ophthalmology   54 ( 3 )   248 - 250   2010年06月( ISSN:0021-5155

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【脳、脊髄・脊椎疾患の画像診断のアプローチ】 脊髄・脊椎疾患へのアプローチ 硬膜外病変 査読

    名嘉山 哲雄, 三木 幸雄, 江原 茂

    金原出版(株) 臨床放射線   55 ( 2 )   289 - 317   2010年02月( ISSN:0009-9252

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 多発性硬化症の病態解析・治療モニタリングにおけるMRIの役割 招待

    三木幸雄

    第40回日本神経治療学会学術集会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 間脳下垂体疾患の放射線診断に関して 招待

    三木幸雄

    第33回日本間脳下垂体腫瘍学会  2023年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 下垂体腺腫のMRI診断: 新WHO分類での疾患名称・コード変更を含めて 招待

    三木幸雄

    第50回日本磁気共鳴医学会大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 多発性硬化症の診断・治療 Update 招待

    三木幸雄

    第50回日本磁気共鳴医学会大会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 成人期に上衣下病変の出現を認めたグルタル酸血症1型の1例

    酒井峻介, 下野太郎, 松下 周, 三木幸雄, 濱崎孝史, 岡本駿吾.

    第336回日本医学放射線学会関西地方会  2024年02月 

  • 膵癌腹膜播種診断に対する経皮的腹腔洗浄細胞診の初期経験.

    松下和樹, 影山 健, 山本 晃, 大植智史, 大谷暢之, 佐々木扶実, 酒井峻介, 淺野数男, 尾﨑正典, 阪井雄紀, 原田翔平, 出口 亮, 村井一超, 中野真理子, 城後篤志, 喜多竜一, 三木幸雄

    第74回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会  2024年02月 

  • 脳温度、脳リンパ経路、アミロイドPETの相関:アルツハイマー病患者と健常者の比較

    松下 周, 立川裕之, 三木幸雄.

    第53回日本神経放射線学会  2024年02月 

  • 上衣下結節を伴ったグルタル酸血症1型の1例.

    松下 周, 下野太郎, 酒井峻介, 岡本駿吾, 濱崎孝史, 三木幸雄

    第53回日本神経放射線学会  2024年02月 

  • 脳腫瘍術前MRIレポートを用いたChatGPTの診断能評価.

    光山容仁, 立川裕之, 田北大昂, 佐々木扶実, 田代茜子, 大植智史, Shannon L Walston, 三木幸雄, 植田大樹.

    第53回日本神経放射線学会  2024年02月 

  • Artificial Intelligence-based synthetic methionine PET from Contrast-Enhanced MRI.

    Hirotaka Takita, Toshimasa Matsumoto, Hiroyuki Tatekawa, Yutaka Katayama, Kosuke Nakajo, Takehiro Uda, Yasuhito Mitsuyama, Shannon L Walston, Yukio Miki, Daiju Ueda.

    The 11th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences  2024年01月 

  • The association of the glymphatic system, amyloid PET, and age in Alzheimer's disease and normal controls

    Matsushita S, Tatekawa H, Miki Y.

    The 11th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences  2024年01月 

  • 下垂体腫瘍の画像診断:WHO分類での変更内容を含めて.

    三木幸雄.

    令和5年度奈良県医師会放射線部会学術講演会,  2023年11月 

  • Effects of Canagliflozin on Renal Oxygenation Evaluated Using Blood Oxygenation Level-Dependent MRI in Patients with Type 2 Diabetes.

    Mori K, Inoue T, Machiba Y, Nakatani S, Uedono H, Ishikawa M, Yaniuchi S, Yamamoto A, Kobayashi N, Kozawa E, Shimono T, Miki Y, Okada H, Emoto M

    American Society of Nephrology (ASN) The Kidney Week 2023 Annual Meeting  2023年11月 

  • AI-based virtual synthesis of methionine PET from Contrast-Enhanced MRI: Development and external validation study.

    Takita H, Matsumoto T, Tatekawa H, Katayama Y, Nakajo K, Uda T, Mitsuyama Y, Walston SL, Miki Y, Ueda D.

    Radiological Society of North America 109th (RSNA2023),  2023年11月 

  • Diagnostic Performance of ChatGPT from Patient History and Imaging Findings in Neuroradiology.

    Horiuchi D, Tatekawa H, Miki Y, Ueda D.

    Radiological Society of North America 109th (RSNA2023),  2023年11月 

  • 血管外科手術後の鼠径および鎖骨下リンパ漏に対してリンパ管造影が奏功した4例

    佐々木扶実, 中野真理子, 山本 晃, 寒川悦次, 森崎晃正, 左近慶人, 西矢健太, 住井陽介, 長尾宗英, 淺野数男, 寺山英作, 松下和樹, 尾﨑正典, 阪井雄紀, 原田翔平, 村井一超, 影山 健, 城後篤志, 三木幸雄.

    第64回日本脈管学会学術総会  2023年10月 

  • 両側総腸骨動脈瘤に対するAFX2治療に際し術中に予定外のチムニー法併用を検討する必要があった一例 大動脈屈曲症例での注意点.

    中野真理子, 堺 幸正, 阪井雄紀, 南郷峰善, 山本 晃, 城後篤志, 影山 健, 村井一超, 尾﨑正典, 原田翔平, 淺野数男, 松下和樹, 寺山英作, 三木幸雄

    第64回日本脈管学会学術総会  2023年10月 

  • 馬蹄腎を伴ったEVARにおける術後腎機能の予測を行った1例.

    淺野数男, 中野真理子, 寒川悦次, 吉田敦史, 住井陽介, 森崎晃正, 寺山英作, 松下和樹, 阪井雄紀, 原田翔平, 尾﨑正典, 村井一超, 影山 健, 城後篤志, 山本 晃, 東山滋明, 河邉讓治, 柴田利彦, 三木幸雄.

    第64回日本脈管学会学術総会  2023年10月 

  • 2型糖尿病におけるカナグリフロジンのblood oxygenation level-dependent(BOLD)MRIで評価した腎酸素化に対する影響

    森 克仁, 井上 勉, 待場優里, 仲谷慎也, 上殿英記, 石川雅浩, 谷内颯樹, 山本 晃, 小林直樹, 小澤栄人, 下野太郎, 三木幸雄, 岡田浩一, 繪本正憲.

    第38回日本糖尿病合併症学会  2023年10月 

  • 異所性静脈瘤の治療戦略 当院における異所性静脈瘤に対するIVR治療成績について

    城後篤志, 山本 晃, 三木幸雄.

    第30回日本門脈圧亢進症学会  2023年09月 

  • BRTO変法を使いこなす!/TIPS成功のための取り組み・工夫(門脈穿刺を中心に) 当院で行っているBRTO変法について

    城後篤志, 山本 晃, 三木幸雄.

    第30回日本門脈圧亢進症学会総会  2023年09月 

  • 嚢胞変性を伴う縦隔腫瘍と鑑別を要した肺過誤腫の1例.

    辻坂拓実, 田北大昂, 立川裕之, 泉 信博, 三木幸雄.

    第59回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2023年09月 

  • Diffusion-weighted imaging thermometryによる健常者における脳温度の日内変動の評価.

    堀内大右, 下野太郎, 立川裕之, 塚本太朗, 田北大昂, 松下 周, 三木幸雄.

    第59回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2023年09月 

  • 脾静脈狭窄に伴う胃静脈瘤が脾静脈ステント留置術後に消失した1例

    松下和樹, 城後篤志, 山本 晃, 佐々木扶実, 淺野数男, 原田翔平, 村井一超, 中野真理子, 影山 健, 喜多竜一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第30回日本門脈圧亢進症学会  2023年09月 

  • 肝硬変による難治性腹水に対して腹腔静脈シャント造設後、長期の経過で骨格筋量が増加し、サルコペニアの改善と考えられた一例

    原田翔平, 城後篤志, 山本 晃, 影山 健, 寺山英作, 阪井雄紀, 松下和樹, 淺野数男, 尾﨑正典, 村井一超, 中野真理子, 三木幸雄.

    第30回日本門脈圧亢進症学会  2023年09月 

  • 放射性ヨード不応性甲状腺癌の孤立性肺転移に対して、FDG−PET/CTで視覚的再病期分類を行い分子標的薬を導入せずRFAを施行した2例 国内会議

    山口泰生, 吉田敦史, 東山滋明, 河邉讓治, 三木幸雄.

    第5回日本核医学会近畿支部会  2023年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門脈と交通が見られた膵仮性嚢胞内出血の1例.

    大谷暢之, 佐々木扶実, 淺野数男, 松下和樹, 原田翔平, 村井一超, 中野真理子, 影山 健,

    第334回日本医学放射線学会関西地方会  2023年06月 

  • 骨盤内リンパ漏に対して鼠径リンパ節からのNBCAリピオドール造影が奏功した1例.

    大植智史, 影山 健, 城後篤志, 山本 晃, 酒井峻介, 出口 亮, 大谷暢之, 大浦達史, 佐々木扶実, 光山容仁, 寺山英作, 松下和樹, 淺野数男, 尾﨑正典, 阪井雄紀, 原田翔平, 村井一超, 中野真理子, 三木幸雄.

    第73回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会  2023年06月 

  • Metabolic Brain MRI, And Age In Alzheimer'S Disease And Normal Controls: An OASIS-3 Dataset Analysis.

    Matsushita S, Tatekawa H, Miki Y.

    2023 ISMRM & ISMRT Annual Meeting & Exhibition  2023年06月 

  • Evaluation Of Reproducibility Of Diffusion Tensor Image Analysis Along The Perivascular Space Index Using A Reorientation Technique.

    Tatekawa H, Matsushita S, Miki Y.

    2023 ISMRM & ISMRT Annual Meeting & Exhibition  2023年06月 

  • 静脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌に対するTACEの治療効果の検討

    寺山英作, 山本 晃, 松下和樹, 淺野数男, 阪井雄紀, 尾﨑正典, 岡崎真大, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 喜多竜一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 左側門脈圧亢進症に起因する上行結腸静脈瘤に対して塞栓術を施行した1例.

    佐々木扶実, 城後篤志, 山本 晃, 影山 健, 寒川悦次, 淺野数男, 松下和樹, 寺山英作, 阪井雄紀, 岡崎真大, 尾﨑正典, 米澤宏記, 村井一超, 神納敏夫, 三木幸雄.

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • Fontan術後の長期的合併症として認めた胃静脈瘤に対しBRTOを施行した2例

    岡崎真大, 山本 晃, 城後篤志, 寒川悦次, 影山 健, 村井一超, 米澤宏記, 尾﨑正典, 阪井雄紀, 淺野数男, 松下和樹, 寺山英作, 佐々木扶実, 神納敏夫, 三木幸雄.

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 門脈炎の2例.

    阪井雄紀, 山本 晃, 城後篤志, 影山 健, 濵本晋一, 羽室雅夫, 西田典史, 寺山英作, 淺野数男, 松下和樹, 尾﨑正典, 岡崎真大, 村井一超, 寒川悦次, 三木幸雄.

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 傍臍静脈アプローチでの門脈体循環短絡塞栓術の治療成績

    松下和樹, 城後篤志, 山本 晃, 淺野数男, 寺山英作, 岡崎真大, 尾﨑正典, 阪井雄紀, 米澤宏記, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 喜多竜一, 神納敏夫, 三木幸雄.

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 当院における CT ガイド下腎瘻造設術の初期経験

    光山容仁, 寒川悦次, 大年太陽, 松下和樹, 淺野数男, 尾﨑正典, 米澤宏記, 村井一超, 中野真理子, 影山 健, 城後篤志, 神納敏夫, 山本 晃, 内田潤次, 三木幸雄.

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 経皮的腎交感神経ラジオ波焼灼術 -新たな高血圧治療への検討-

    米澤宏記, 山本 晃, 淺野数男, 松下和樹, 寺山英作, 岡崎真大, 阪井雄紀, 尾﨑正典, 野田健仁, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 神納敏夫, 三木幸雄

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 患者由来腫瘍異種移植(PDX)ラットモデルを用いたシスプラチンの経カテーテル的動注・静注の治療効果判定.

    尾﨑正典, 影山 健, 江口真平, 山本 晃, 西尾福英之, 木村健二郎, 城後篤志, 寒川悦次, 村井一超, 淺野数男, 松下和樹, 阪井雄紀, 原田翔平, 三木幸雄

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 肝細胞癌に対するTACE併用CTガイド下ラジオ波凝固療法の治療成績と合併症

    村井一超, 山本 晃, 影山 健, 濵本晋一, 佐々木扶実, 寺山英作, 淺野数男, 松下和樹, 尾﨑正典, 岡崎真大, 阪井雄紀, 米澤宏記, 城後篤志, 寒川悦次, 三木幸雄.

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 脾動脈系塞栓処置における橈骨動脈アプローチの初期検討.

    喜多竜一, 山本 晃, 城後篤志, 寒川悦次, 影山 健, 三木幸雄.

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 肝細胞癌の挙上空腸腸管内再発による胆管空腸吻合部閉塞に対しTACEを併用し内瘻化した一例

    大浦達史, 影山 健, 山本 晃, 寒川悦次, 城後篤志, 寺山英作, 松下和樹, 淺野数男, 阪井雄紀, 岡崎真大, 尾﨑正典, 米澤宏記, 村井一超, 三木幸雄.

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 初発未治療肝細胞癌に対するTACE後の肝機能に関連する予後因子の検討.

    淺野数男, 影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 寒川悦次, 寺山英作, 松下和樹, 岡崎真大, 原田翔平, 尾﨑正典, 米澤宏記, 村井一超, 三木幸雄

    第52回日本IVR学会  2023年05月 

  • 人工知能による胸部レントゲン写真から年齢の推定

    Mitsuyama Y, Ueda D, Matsumoto T, Walston SL, Yamamoto A, Miki Y.

    第82回日本医学放射線学会総会  2023年04月 

  • 再構成技術を用いたALPS indexの再現性についての検証

    立川裕之, 松下 周, 三木幸雄

    第52回日本神経放射線学会  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Hirota's grade 5の胃静脈瘤に対して、大口径バルーンカテーテルを使用しB-RTOを施行した一例

    米澤宏記, 山本 晃, 大谷暢之, 光山容仁, 佐々木扶実, 大浦達史, 淺野数男, 松下和樹, 寺山英作, 岡崎真大, 阪井雄紀, 尾﨑正典, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 三木幸雄, 喜多竜一

    第72回関西IVR研究会  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 第333回日本医学放射線学会関西地方会

    大森文子, 塚本太朗, 堀内大右, 小谷賢太郎, 立川裕之, 三木幸雄

    第333回日本医学放射線学会関西地方会  2023年02月 

  • 脂肪吸引後に肺脂肪塞栓症をきたした一例

    小谷賢太郎, 立川裕之, 大森文子, 塚本太朗, 三木幸雄, 松尾健志, 出口 亮, 溝端康光

    第333回日本医学放射線学会関西地方会  2023年02月 

  • Patient-derived tumor xenograft liver rat modelによるInterventional radiology procedure を用いた抗癌剤効果判定試験の実用化にむけて

    影山 健, 尾﨑正典, 山本 晃, 阪井雄紀, 城後篤志, 寒川悦次, 三木幸雄, 江口慎平, 木村健二郎, 西尾福英之

    第71回中部・第72回関西IVR研究会  2023年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性脱髄疾患のMRI:治療薬の進歩に伴う画像診断のアップデートを含めて 招待

    三木幸雄

    第31回MRIアーベント  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 門脈圧亢進症の病態と診断 4DCTでの門脈逆行性血流の血行動態可視化および逆行性血流を有する患者背景の同定

    影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 寒川悦次, 出田真一朗, 垣見明彦, 肥本大輔, 喜多竜一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月 

  • 門脈圧亢進症の治療 門脈圧亢進症に対するIVR領域での対処 肝性脳症を中心として.

    喜多竜一, 山本 晃, 城後篤志, 神納敏夫, 坂本 梓, 米門秀行, 木村 達, 丸澤宏之, 三木幸雄

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月 

  • 頭頸部領域の唾液腺癌における隣接する骨の変化の頻度や画像的特徴

    堀内大右, 下野太郎, 立川裕之, 塚本太朗, 田北大昂, 岡崎真大, 松下 周, 三木幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会  2022年09月 

  • 頭蓋底発生異所性甲状腺の一例

    藤井啓輔, 下野太郎, 森迫拓貴, 三木幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会  2022年09月 

  • 胸部レントゲン写真からの心房細動などの検出

    松本利雅, 植田大樹, ワルストン・シャノン, 三木幸雄

    第1回日本医用画像電子情報・人工知能研究会  2022年09月 

  • 反転コイル法により心膜横隔静脈を介したCARTOを行った胃静脈瘤の一例

    淺野数男, 城後篤志, 堺 幸正, 山本 晃, 矢田晋作, 神納敏夫, 岡崎沙美, 中野真理子, 南郷峰善, 影山 健, 寒川悦次, 三木幸雄

    第25回BRTO・TIPS研究会  2022年09月 

  • 左側門脈圧亢進症による胃静脈瘤に対して経皮経肝CARTO-IIが奏功した1例

    阪井雄紀, 山本 晃, 城後篤志, 淺野数男, 寺山英作, 松下和樹, 尾崎正典, 岡崎真大, 米澤宏記, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 喜多竜一, 三木幸雄

    第25回BRTO・TIPS研究会  2022年09月 

  • Budd-Chiari 症候群に対する開胸開腹下下大静脈膜様狭窄切除術後狭窄に対して経皮的バルーン拡張術が著効した1例

    寺山英作, 城後篤志, 山本 晃, 岡崎真大, 阪井雄紀, 淺野数男, 松下和樹, 尾﨑正典, 米澤宏記, 影山 健, 寒川悦次, 神納敏夫, 喜多竜一, 三木幸雄

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月 

  • 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 喜多竜一, 三木幸雄. 膵動静脈奇形に伴う門脈圧亢進症に起因した食道静脈瘤破裂に対し動脈塞栓術と経皮経肝的 BRTO を施行した1例

    城後篤志, 山本 晃, 神納敏夫, 向井香織, 大浦達史, 寺山英作, 尾﨑正典, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 喜多竜一, 三木幸雄

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月 

  • 肝性脳症に対する単一経路の門脈体循環短絡の減流術(血流低下術)の有用性

    松下和樹, 山本 晃, 城後篤志, 寺山英作, 岡崎真大, 尾﨑正典, 阪井雄紀, 米澤宏記, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 喜多竜一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月 

  • 透析患者に対する BRTO の治療成績

    村井一超, 城後篤志, 淺野数男, 松下和樹, 尾﨑正典, 阪井雄紀, 米澤宏記, 影山 健, 寒川悦次, 山本 晃, 喜多竜一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第29回日本門脈圧亢進症学会総会  2022年09月 

  • 下垂体腫瘍の画像診断: 新(第5版)WHO分類での変更点を含めて 招待

    三木幸雄

    九州神経放射線研究会 第300回記念講演会  2022年08月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 左側門脈圧亢進症による胃静脈瘤に対して経皮経肝CARTO-Ⅱが奏功した1例

    阪井雄紀, 山本 晃, 淺野数男, 寺山英作, 松下和樹, 尾﨑正典, 岡崎真大, 米澤宏記, 村井一超, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 三木幸雄

    第71回関西INTERVENTIONAL RADIOLOGY研究会  2022年07月 

  • 右顎関節に発生した結節性偽痛風結節の1例

    茂木祥子, 塚本太朗, 本条 隆, 田代茜子, 三木幸雄, 森迫拓貴, 田中さやか

    第331回日本医学放射線学会関西地方会  2022年06月 

  • 頭頸部骨病変を有するランゲルハンス細胞組織球症における単発群と多発群間での臨床的画像的差異に関する検討

    松下 周, 下野太郎, 大隈智尚, 井上 健, 真鍋隆夫, 三木幸雄

    第51回頭頸部・胸部画像研究会  2022年06月 

  • 肝性脳症に対して複数の門脈大循環シャント経路の塞栓を試みた1例

    喜多竜一, 山本 晃, 城後篤志, 宇都宮友輔, 伊藤久尊, 古田昭寛, 三木幸雄

    ISIR & APSCVIR 2022  2022年06月 

  • 位相差強調画像(PADRE)とアミロイドPETの相関に関する研究

    田北大昂, 土井下 怜, 米田哲也, 立川裕之, 安部貴人, 伊藤義彰, 堀内大右, 塚本太朗, 下野太郎, 三木幸雄

    第51回日本神経放射線学会  2022年02月 

  • PR3-ANCA高値を認めた眼窩尖部神経鞘腫の一例

    大浦達史, 下野太郎, 堀内大右, 田北大昂, 三木幸雄

    第51回日本神経放射線学会  2022年02月 

  • ここまでできる!術後感染性合併症に対するIVR 骨盤内膿瘍に対するCT透視ガイド下axial puncture法によるドレナージ術

    村井一超, 影山 健, 山本 晃, 濵本晋一, 城後篤志, 寒川悦次, 寺山英作, 松下和樹, 尾崎正典, 岡崎真大, 阪井雄紀, 米澤宏記, 野田健仁, 三木幸雄

    第34回日本外科感染症学会総会学術集会  2021年12月 

  • 2次性に卵巣広汎性浮腫を呈した胃癌卵巣転移の一例 国内会議

    竹内 均, 森本 真美, 田中 里可子, 植木 愛, 三木 幸雄, 市村 友季

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2020年10月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 英語論文における文章構成法 国内会議

    三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2020年10月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹腔動脈解離に伴った膵十二指腸動脈瘤の一例 国内会議

    岡橋 沙美, 寒川 悦次, 山本 晃, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 三木 幸雄

    脈管学  2020年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝性脳症の集学的アプローチ 門脈大循環シャントの塞栓術による高アンモニア血症の改善 国内会議

    喜多 竜一, 山本 晃, 城後 篤志, 中西 梨紗, 網野 遥, 坂本 梓, 米門 秀行, 木村 達, 丸澤 宏之, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2020年10月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 異所性静脈瘤に対するIVR 国内会議

    山本 晃, 城後 篤志, 影山 健, 尾崎 正典, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 寒川 悦次, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2020年10月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 巨大後腹膜腫瘍に合併した腹部大動脈瘤に対してEVARを施行した一例 国内会議

    野田 健仁, 寒川 悦次, 山本 晃, 岡橋 沙美, 米澤 宏記, 尾崎 正典, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 桐谷 ゆり子, 藤井 弘通, 三木 幸雄

    脈管学  2020年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 左側門脈圧亢進症に起因する胃静脈瘤に対してPTSを施行した1例 国内会議

    佐々木 扶実, 城後 篤志, 山本 晃, 影山 健, 寒川 悦次, 小川 聡幸, 村井 一超, 野田 健仁, 米澤 宏記, 喜多 竜一, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2020年10月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Total endovascular therapyで治療し得た慢性解離性大動脈瘤の1例 国内会議

    米澤 宏記, 寒川 悦次, 山本 晃, 山根 心, 森崎 晃正, 岡橋 沙美, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 中野 真理子, 堺 幸正, 三木 幸雄

    脈管学  2020年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PET/CT検査のCT画像に対するcompressed sensingによる再構成画像の検討 国内会議

    井上 奈穂子, 片山 豊, 東山 滋明, 吉田 敦史, 河邉 讓治, 三木 幸雄

    核医学  2020年10月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • CARTO-IIとGERTO 修正B-RTO法(CARTO-II and GERTO: Modified technique of B-RTO) 国内会議

    Yamamoto Akira, Jogo Atsushi, Kageyama Ken, Sohgawa Etsuji, Miki Yukio

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2020年10月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • B-RTO中に破裂した胃静脈瘤の2例 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 神納 敏夫, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 寒川 悦次, 西田 典史, 喜多 竜一, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2020年10月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 320列CTを用いた4D-CTによる門脈体静脈短絡のgastrorenal shuntにおける血行動態の視覚化(Visualization of hemodynamic flow in a gastrorenal shunt of portosystemic shunt with 4D-CT using 320-detector-row CT) 国内会議

    影山 健, 山本 晃, 城後 篤志, 寒川 悦次, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2020年10月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アクセス困難な弓部大動脈瘤に対してin situ fenestration法によるZone 0 TEVARを行った一例 国内会議

    寒川 悦次, 中野 真理子, 山本 晃, 米澤 宏記, 村上 貴志, 岸本 憲明, 高橋 洋介, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 三木 幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 部分的脾静脈塞栓後の門脈系血栓の最大脾静脈径を含めた危険因子の検討 国内会議

    小川 聡幸, 山本 晃, 原田 翔平, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 城後 篤志, 三木 幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性肝外門脈閉塞症により生じた胃静脈瘤に対するB-RTO 2例報告 国内会議

    原田 翔平, 城後 篤志, 山本 晃, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 喜多 竜一, 西田 典史, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での肺腫瘍に対するCTガイド下ラジオ波凝固療法の成績 国内会議

    村井 一超, 山本 晃, 原田 翔平, 野田 健仁, 井上 恵太, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 寒川 悦次, 三木 幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院でのFontan術後患者に対する経静脈的肝生検(TJLB)の有用性に関する後ろ向き検討 国内会議

    米澤 宏記, 山本 晃, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 趙 有季, 中野 真理子, 影山 健, 濱本 晋一, 寒川 悦次, 城後 篤志, 徳原 大介, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院でのEpi-cTACE不応肝細胞癌に対するIA-call/Lipiodol懸濁液を用いた治療成績 国内会議

    中野 真理子, 山本 晃, 影山 健, 城後 篤志, 寒川 悦次, 小川 聡幸, 村井 一起, 野田 健仁, 米澤 宏記, 原田 翔平, 三木 幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによる頭部DSA画像のミスレジストレーションアーチファクトからの開放(Deep learning for cerebral DSA to free from misregistration artifacts.) 国内会議

    植田 大樹, 山本 晃, 片山 豊, 島崎 覚理, 本条 隆, 影山 健, 三木 幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ウサギ腎穿刺後のトラクト塞栓におけるゲル状塞栓物質(スポンゼル2シートと造影剤3ml)の有用性の検討 国内会議

    野田 健仁, 影山 健, 山本 晃, 濱浦 信成, 原田 翔平, 米澤 宏記, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 寒川 悦次, 城後 篤志, 三木 幸雄

    日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮筋層内筋腫に対するUAE後に筋腫分娩に至った一例 国内会議

    松島央和, 影山 健, 山本 晃, 原田翔平, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 城後篤志, 三木幸雄

    第324回日本医学放射線学会関西地方会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮筋層内筋腫に対するUAE後に筋腫分娩に至った一例 国内会議

    松島央和, 影山 健, 山本 晃, 原田翔平, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 城後篤志, 三木幸雄

    第324回日本医学放射線学会関西地方会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • B-RTO中に術中破裂した胃静脈瘤の2例 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 神納 敏夫, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 浜本 晋一, 寒川 悦次, 羽室 雅夫, 西田 典史, 三木 幸雄

    日本腹部救急医学会雑誌  2020年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射線治療計画における組織構造を考慮したCTVマージンの検討 国内会議

    堤 真一, 西川 知宏, 森本 英之, 天野 公輔, 造酒 慶喬, 細野 雅子, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2020年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成人女性の後頭蓋窩発生choroid plexus papilloma with focal ependymal differentiationの1例 国内会議

    松下 周, 下野 太郎, 土井下 怜, 三木 幸雄, 後藤 剛夫, 桑江 優子

    Japanese Journal of Radiology  2020年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性リンパ腫に類似した小腸GISTの2例 国内会議

    藤井 啓輔, 植木 愛, 小山 孝一, 小林 彰太郎, 下野 太郎, 三木 幸雄, 澁谷 雅常, 永原 央, 大平 雅一

    Japanese Journal of Radiology  2020年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心臓近傍の肺腫瘍に対するRFAについて 国内会議

    米田 昌平, 羽室 雅夫, 濱本 晋一, 山本 晃, 影山 健, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 寒川 悦次, 城後 篤志, 大隈 智尚, 松岡 利幸, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2020年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両側冠動脈-肺動脈瘻に対してコイル塞栓術を施行した1例 国内会議

    寺山 英作, 村井 一超, 寒川 悦次, 中野 真理子, 山本 晃, 野田 健仁, 城後 篤志, 濱本 晋一, 影山 健, 米澤 宏記, 小川 聡幸, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2020年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃静脈瘤に対する経皮経肝的静脈瘤硬化療法(PTS)中に術中破裂した一例 国内会議

    野田 健仁, 城後 篤志, 米澤 宏記, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 山本 晃, 三木 幸雄

    日本腹部救急医学会雑誌  2020年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 耳下腺腫瘍と鑑別が困難であった増殖性外毛根鞘性腫瘍の1例 国内会議

    吉増有紗, 塚本太朗, 下野太郎, 三木幸雄, 寺西裕一, 高野さくらこ, 田中さやか

    第323回日本医学放射線学会関西地方会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 耳下腺腫瘍と鑑別が困難であった増殖性外毛根鞘性腫瘍の1例 国内会議

    吉増有紗, 塚本太朗, 下野太郎, 三木幸雄, 寺西裕一, 高野さくらこ, 田中さやか

    第323回日本医学放射線学会関西地方会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 弓部大動脈置換術(TAR)後に生じた左総頚動脈吻合部仮性動脈瘤と周囲膿瘍に対して頚動脈直接穿刺によりVIABAHNを留置し、経皮的縦隔ドレナージを行った1例 国内会議

    野田健仁, 寒川悦次, 寺山英作, 米澤宏記, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 城後篤志, 山本 晃, 三木幸雄, 森崎晃正

    Nara Endovascular Experience and Technology symposium(NEXT2019)  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術術後に腰痛が改善した1例 国内会議

    中野真理子, 寒川悦次, 山本 晃, 濵本晋一, 城後篤志, 影山 健, 小川聡幸, 村井一超, 野田健仁, 井上恵太, 米澤宏記, 寺山英作, 高橋洋介, 森崎晃正, 山根 心, 村上貴志, 柴田利彦, 三木幸雄

    第60回日本脈管学会総会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術術後に腰痛が改善した1例 国内会議

    中野真理子, 寒川悦次, 山本 晃, 濵本晋一, 城後篤志, 影山 健, 小川聡幸, 村井一超, 野田健仁, 井上恵太, 米澤宏記, 寺山英作, 高橋洋介, 森崎晃正, 山根 心, 村上貴志, 柴田利彦, 三木幸雄

    第60回日本脈管学会総会  2019年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性B型解離性大動脈瘤破裂に対してCandy plug法による偽腔閉鎖中に起こったトラブル症例 国内会議

    野田 健仁, 寒川 悦次, 中野 真理子, 米澤 宏記, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 岸本 憲明, 山根 心, 森崎 晃正, 柴田 利彦, 三木 幸雄

    脈管学  2019年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 性B型解離性大動脈瘤破裂に対してCandy plug法による偽腔閉鎖中に起こったトラブル症例 国内会議

    野田健仁, 寒川悦次, 中野真理子, 米澤宏記, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 岸本憲明, 山根 心, 森崎晃正, 柴田利彦, 三木幸雄

    第60回日本脈管学会総会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で経験した成人型動脈管憩室動脈瘤の7例 国内会議

    雪本真代, 大隈智尚, 中野真理子, 寒川悦次, 下野太郎, 三木幸雄

    第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 弓部大動脈置換術(TAR)後に生じた左総頚動脈吻合部仮性動脈瘤と周囲膿瘍に対して頚動脈直接穿刺によりVIABAHNを留置し、経皮的縦隔ドレナージを行った1例 国内会議

    野田健仁, 寒川悦次, 寺山英作, 米澤宏記, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 城後篤志, 山本 晃, 三木幸雄, 森崎晃正

    Nara Endovascular Experience and Technology symposium(NEXT2019)  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳様突起を中心に発生し骨硬化性変化をきたした腺様嚢胞癌の1例 国内会議

    松下 周, 下野太郎, 三木幸雄

    第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるマンモグラフィからの浸潤性乳管癌の病理分類 国内会議

    後藤拓也, 植田大樹, 山本 晃, 本条 隆, 島﨑覚理, 片山 豊, 三木幸雄

    第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IVR-CTを利用したIACTAによるPAD患者の下肢動脈末梢枝描出の初期経験 国内会議

    岡橋沙美, 寒川悦次, 中野真理子, 出田真一朗, 則政季代, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 三木幸雄

    第60回日本脈管学会総会  2019年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IVR-CTを利用したIACTAによるPAD患者の下肢動脈末梢枝描出の初期経験 国内会議

    岡橋沙美, 寒川悦次, 中野真理子, 出田真一朗, 則政季代, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 三木幸雄

    第60回日本脈管学会総会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術術後に腰痛が改善した1例 国内会議

    中野 真理子, 寒川 悦次, 山本 晃, 濱本 晋一, 城後 篤志, 影山 健, 小川 聡幸, 村井 一超, 野田 健仁, 井上 恵太, 米澤 宏記, 寺山 英作, 高橋 洋介, 森崎 晃正, 山根 心, 村上 貴志, 柴田 利彦, 三木 幸雄

    脈管学  2019年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 慢性B型解離性大動脈瘤破裂に対してCandy plug法による偽腔閉鎖中に起こったトラブル症例 国内会議

    野田 健仁, 寒川 悦次, 中野 真理子, 米澤 宏記, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 岸本 憲明, 山根 心, 森崎 晃正, 柴田 利彦, 三木 幸雄

    脈管学  2019年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IVR-CTを利用したIACTAによるPAD患者の下肢動脈末梢枝描出の初期経験 国内会議

    岡橋 沙美, 寒川 悦次, 中野 真理子, 出田 真一朗, 則政 季代, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 三木 幸雄

    脈管学  2019年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳様突起を中心に発生し骨硬化性変化をきたした腺様嚢胞癌の1例 国内会議

    松下 周, 下野太郎, 三木幸雄

    第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で経験した成人型動脈管憩室動脈瘤の7例 国内会議

    雪本真代, 大隈智尚, 中野真理子, 寒川悦次, 下野太郎, 三木幸雄

    第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるマンモグラフィからの浸潤性乳管癌の病理分類 国内会議

    後藤拓也, 植田大樹, 山本 晃, 本条 隆, 島﨑覚理, 片山 豊, 三木幸雄

    第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IVR-CTを利用したIACTAによるPAD患者の下肢動脈末梢枝描出の初期経験 国内会議

    岡橋沙美, 寒川悦次, 中野真理子, 出田真一朗, 則政季代, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 三木幸雄

    第60回日本脈管学会総会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 炎症性腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術術後に腰痛が改善した1例 国内会議

    中野真理子, 寒川悦次, 山本 晃, 濵本晋一, 城後篤志, 影山 健, 小川聡幸, 村井一超, 野田健仁, 井上恵太, 米澤宏記, 寺山英作, 高橋洋介, 森崎晃正, 山根 心, 村上貴志, 柴田利彦, 三木幸雄

    第60回日本脈管学会総会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 性B型解離性大動脈瘤破裂に対してCandy plug法による偽腔閉鎖中に起こったトラブル症例 国内会議

    野田健仁, 寒川悦次, 中野真理子, 米澤宏記, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 岸本憲明, 山根 心, 森崎晃正, 柴田利彦, 三木幸雄

    第60回日本脈管学会総会  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃静脈瘤に対して左肋間静脈アプローチでバルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)を施行した1例 国内会議

    寺山英作, 城後篤志, 西田典史, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい塞栓物質とデバイスの登場によるBRTOの新たな展開 ゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTOについての検討 国内会議

    城後篤志, 山本 晃, 米澤宏記, 村井一超, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい塞栓物質とデバイスの登場によるBRTOの新たな展開 ゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTOについての検討 国内会議

    城後篤志, 山本 晃, 米澤宏記, 村井一超, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で経験した成人型動脈管憩室動脈瘤の7例 国内会議

    雪本 真代, 大隈 智尚, 中野 真理子, 寒川 悦次, 下野 太郎, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2019年09月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門亢症に対するIVR治療の進歩〜難治例・難渋例に対する工夫〜 胃静脈瘤に対して左肋間静脈アプローチでバルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)を施行した一例 国内会議

    寺山 英作, 城後 篤志, 西田 典史, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 山本 晃, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門亢症が生命予後に及ぼす影響~門亢症治療は予後を延長し得るか?~ 肝内門脈大循環シャントの塞栓術により高アンモニア血症が軽快した2症例 国内会議

    喜多竜一, 城後篤志, 山本 晃, 中西梨紗, 網野 遥, 滝本郁久, 坂本 梓, 米門秀行, 木村 達, 丸澤宏之, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門亢症が生命予後に及ぼす影響〜門亢症治療は予後を延長し得るか?〜 肝内門脈大循環シャントの塞栓術により高アンモニア血症が軽快した2症例 国内会議

    喜多 竜一, 城後 篤志, 山本 晃, 中西 梨紗, 網野 遥, 滝本 郁久, 坂本 梓, 米門 秀行, 木村 達, 丸澤 宏之, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳様突起を中心に発生し骨硬化性変化をきたした腺様嚢胞癌の1例 国内会議

    松下 周, 下野 太郎, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2019年09月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるマンモグラフィからの浸潤性乳管癌の病理分類 国内会議

    後藤 拓也, 植田 大樹, 山本 晃, 本条 隆, 島崎 覚理, 片山 豊, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2019年09月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スムーズかつ論理的に英文を繋げる方法、アクセプトされやすい画像を準備する方法 国内会議

    三木幸雄

    第47回日本磁気共鳴医学会大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Jejunal variceal embolization with or without portal vein stent placement of jejunal variceal bleeding after hepatopancreatobiliary surgery. 国内会議

    Ogawa S, Yamamot A, Nota T, Murai K, Nakano MM, Kageyama K, Jogo A, Sohgawa E, Hamamot S, Miki Y

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe (CIRSE2019)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Acute thoracic aortic diameter changes after TEVAR for blunt traumatic thoracic aortic injury. 国内会議

    Nakano MM, Sohgawa E, Yamamot A, Jogo A, Hamamoto S, Kageyama K, Ogawa S, Maurai K, Nota T, Sakai Y, Murakami T, Takahashi Y, Morisaki A, Shibata T, Miki Y

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe (CIRSE2019)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門亢症に対するIVR治療の進歩〜難治例・難渋例に対する工夫〜 胃静脈瘤に対して左肋間静脈アプローチでバルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)を施行した一例 国内会議

    寺山 英作, 城後 篤志, 西田 典史, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 山本 晃, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門亢症が生命予後に及ぼす影響〜門亢症治療は予後を延長し得るか?〜 肝内門脈大循環シャントの塞栓術により高アンモニア血症が軽快した2症例 国内会議

    喜多 竜一, 城後 篤志, 山本 晃, 中西 梨紗, 網野 遥, 滝本 郁久, 坂本 梓, 米門 秀行, 木村 達, 丸澤 宏之, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管空腸吻合術後の挙上空腸静脈瘤出血および静脈瘤再発と再出血に対して複数回にわたるカテーテル的静脈瘤塞栓術が奏効した一例 国内会議

    原田 翔平, 影山 健, 城後 篤志, 山本 晃, 小川 聡幸, 寺山 英作, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 井上 恵太, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい塞栓物質とデバイスの登場によるBRTOの新たな展開 ゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTOについての検討 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 米澤 宏記, 村井 一超, 野田 健仁, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で経験した成人型動脈管憩室動脈瘤の7例 国内会議

    雪本 真代, 大隈 智尚, 中野 真理子, 寒川 悦次, 下野 太郎, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2019年09月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳様突起を中心に発生し骨硬化性変化をきたした腺様嚢胞癌の1例 国内会議

    松下 周, 下野 太郎, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2019年09月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるマンモグラフィからの浸潤性乳管癌の病理分類 国内会議

    後藤 拓也, 植田 大樹, 山本 晃, 本条 隆, 島崎 覚理, 片山 豊, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2019年09月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Jejunal variceal embolization with or without portal vein stent placement of jejunal variceal bleeding after hepatopancreatobiliary surgery. 国際会議

    Ogawa S, Yamamot A, Nota T, Murai K, Nakano MM, Kageyama K, Jogo A, Sohgawa E, Hamamot S, Miki Y

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe (CIRSE2019)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Acute thoracic aortic diameter changes after TEVAR for blunt traumatic thoracic aortic injury. 国際会議

    Nakano MM, Sohgawa E, Yamamot A, Jogo A, Hamamoto S, Kageyama K, Ogawa S, Maurai K, Nota T, Sakai Y, Murakami T, Takahashi Y, Morisaki A, Shibata T, Miki Y

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe (CIRSE2019)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • スムーズかつ論理的に英文を繋げる方法、アクセプトされやすい画像を準備する方法 国内会議

    三木幸雄

    第47回日本磁気共鳴医学会大会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 門亢症が生命予後に及ぼす影響~門亢症治療は予後を延長し得るか?~ 肝内門脈大循環シャントの塞栓術により高アンモニア血症が軽快した2症例 国内会議

    喜多竜一, 城後篤志, 山本 晃, 中西梨紗, 網野 遥, 滝本郁久, 坂本 梓, 米門秀行, 木村 達, 丸澤宏之, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管空腸吻合術後の拳上空腸静脈瘤出血および静脈瘤再発と再出血に対して複数回にわたるカテーテル的静脈瘤塞栓術が奏効した1例 国内会議

    原田翔平, 影山 健, 城後篤志, 山本 晃, 小川聡幸, 寺山英作, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 井上恵太, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新しい塞栓物質とデバイスの登場によるBRTOの新たな展開 ゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTOについての検討 国内会議

    城後篤志, 山本 晃, 米澤宏記, 村井一超, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃静脈瘤に対して左肋間静脈アプローチでバルーン下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)を施行した1例 国内会議

    寺山英作, 城後篤志, 西田典史, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管空腸吻合術後の挙上空腸静脈瘤出血および静脈瘤再発と再出血に対して複数回にわたるカテーテル的静脈瘤塞栓術が奏効した一例 国内会議

    原田 翔平, 影山 健, 城後 篤志, 山本 晃, 小川 聡幸, 寺山 英作, 米澤 宏記, 野田 健仁, 村井 一超, 井上 恵太, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2019年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胆管空腸吻合術後の拳上空腸静脈瘤出血および静脈瘤再発と再出血に対して複数回にわたるカテーテル的静脈瘤塞栓術が奏効した1例 国内会議

    原田翔平, 影山 健, 城後篤志, 山本 晃, 小川聡幸, 寺山英作, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 井上恵太, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄

    第26回日本門脈圧亢進症学会総会  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総腸骨動脈尿管瘻の1例 国内会議

    中野真理子, 寒川悦次, 影山 健, 森崎晃正, 山根 心, 小川聡幸, 山本 晃, 城後篤志, 村井一超, 野田健仁, 米澤宏記, 三木幸雄

    第25回日本血管内治療学会学術総会  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総腸骨動脈尿管瘻の1例 国内会議

    中野真理子, 寒川悦次, 影山 健, 森崎晃正, 山根 心, 小川聡幸, 山本 晃, 城後篤志, 村井一超, 野田健仁, 米澤宏記, 三木幸雄

    第25回日本血管内治療学会学術総会  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 挙上空腸静脈瘤に対する静脈瘤塞栓術を主体としたIVRとその治療効果についての検討 国内会議

    小川聡幸, 山本 晃, 野田健仁, 村井一超, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 濵本晋一, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経皮経肝アプローチ後のトラクト塞栓における塞栓物質(スポンゼル2シート造影剤3ml)の成績 国内会議

    影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸m, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 破裂大動脈瘤に対するEVAR時にSMA塞栓症をきたした1例 国内会議

    寒川悦次, 中野真理子, 野田健仁, 山根 心, 左近慶人, 藤井弘通, 米澤宏記, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 挙上空腸静脈瘤に対する静脈瘤塞栓術を主体としたIVRとその治療効果についての検討 国内会議

    小川聡幸, 山本 晃, 野田健仁, 村井一超, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 濵本晋一, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卵巣動脈瘤に対してNBCAを用いてTAEを施行した2例 国内会議

    野田健仁, 山本 晃, 大山嘉将, 淺野数男, 寺山英作, 松下和樹, 米澤宏記, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 濵本晋一, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • バルーンカテーテルのオーバーナイト留置を行わない胃静脈瘤に対するBRTO(CARTO-II)の成績 国内会議

    山本 晃, 城後篤志, 羽室雅夫, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTO(GERTO)についての検討 国内会議

    城後篤志, 山本 晃, 米澤宏記, 村井一超, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 羽室雅夫, 神納敏夫, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ウサギVX2肺腫瘍モデルによる、RFAとシスプラチン局所投与の併用療法の有用性の評価 国内会議

    村井一超, 濵本晋一, 山本 晃, 大隈智尚, 影山 健, 小川聡幸, 野田健仁, 中野真理子, 城後篤志, 寒川悦次, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 破裂大動脈瘤に対するEVAR時にSMA塞栓症をきたした1例 国内会議

    寒川悦次, 中野真理子, 野田健仁, 山根 心, 左近慶人, 藤井弘通, 米澤宏記, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTO(GERTO)についての検討 国内会議

    城後篤志, 山本 晃, 米澤宏記, 村井一超, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 羽室雅夫, 神納敏夫, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • バルーンカテーテルのオーバーナイト留置を行わない胃静脈瘤に対するBRTO(CARTO-II)の成績 国内会議

    山本 晃, 城後篤志, 羽室雅夫, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 濵本晋一, 神納敏夫, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺RFA時の疼痛に対する胸腔内リドカイン投与の有用性についての検討 国内会議

    濵本晋一, 山本 晃, 村井一超, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 淺野数男, 寺山英作, 米澤宏記, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 松岡利幸, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脾腎シャント瘤の一例 国内会議

    米澤宏記, 城後篤志, 山本 晃, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 濵本晋一, 寒川悦次, 羽室雅夫, 神納敏夫, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卵巣動脈瘤に対してNBCAを用いてTAEを施行した2例 国内会議

    野田健仁, 山本 晃, 大山嘉将, 淺野数男, 寺山英作, 松下和樹, 米澤宏記, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 濵本晋一, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経皮経肝アプローチ後のトラクト塞栓における塞栓物質(スポンゼル2シート造影剤3ml)の成績 国内会議

    影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸m 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ウサギVX2肺腫瘍モデルによる、RFAとシスプラチン局所投与の併用療法の有用性の評価 国内会議

    村井一超, 濵本晋一, 山本 晃, 大隈智尚, 影山 健, 小川聡幸, 野田健仁, 中野真理子, 城後篤志, 寒川悦次, 三木幸雄.

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺RFA時の疼痛に対する胸腔内リドカイン投与の有用性についての検討 国内会議

    濵本晋一, 山本 晃, 村井一超, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 淺野数男, 寺山英作, 米澤宏記, 影山 健, 寒川悦次, 城後篤志, 松岡利幸, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脾腎シャント瘤の一例 国内会議

    米澤宏記, 城後篤志, 山本 晃, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 濵本晋一, 寒川悦次, 羽室雅夫, 神納敏夫, 三木幸雄

    第48回日本IVR学会総会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Clinical and CT Findings of Rice Cake-induced Small Bowel Obstruction in Comparison with Those of Bezoar-induced Small Bowel Obstruction. (胃石と比較した餅による小腸閉塞の臨床およびCT所見.) 国内会議

    Sugimoto S, Shimono T, Takeshita T, Yamamoto A, Shindo D, Miki Y.

    第78回日本医学放射線学会総会  2019年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Deep Learning for Detecting Lung Cancers in Chest Radiographs. (ディープラーニングを用いた胸部レントゲンにおける肺癌検出.) 国内会議

    Shimazaki A, Ueda D, Honjo T, Okamoto T, Yamamoto A, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Shimahara Y, Miki Y.

    第78回日本医学放射線学会総会  2019年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マンモグラフィに対する超解像を用いた高解像度化 国内会議

    片山 豊, 植田 大樹, 島崎 覚理, 本条 隆, 岸本 健治, 市田 隆雄, 三木 幸雄

    第75回日本放射線技術学会総会  2019年04月  (公社)日本放射線技術学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Imaging Diagnosis of the Pituitary. (下垂体の画像診断.) 国内会議

    Miki Yukio

    第78回日本医学放射線学会総会  2019年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evaluation of Calcifications in Mammograms Adopted Super Resolution via Deep Learning. (ディープラーニングによる超解像を用いたマンモグラフィの石灰化評価.) 国内会議

    Honjo T, Katayama Y, Ueda D, Shimazaki A, Yamamoto A, Miki Y

    第78回日本医学放射線学会総会  2019年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Deep Learning for Detecting Lung Cancers in Chest Radiographs. (ディープラーニングを用いた胸部レントゲンにおける肺癌検出.) 国内会議

    Shimazaki A, Ueda D, Honjo T, Okamoto T, Yamamoto A, Nishiyama N, Izumi N, Tsukioka T, Shimahara Y, Miki Y

    第78回日本医学放射線学会総会  2019年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Clinical and CT Findings of Rice Cake-induced Small Bowel Obstruction in Comparison with Those of Bezoar-induced Small Bowel Obstruction. (胃石と比較した餅による小腸閉塞の臨床およびCT所見.) 国内会議

    Sugimoto S, Shimono T, Takeshita T, Yamamoto A, Shindo D, Miki Y

    第78回日本医学放射線学会総会  2019年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マンモグラフィに対する超解像を用いた高解像度化 国内会議

    片山 豊, 植田 大樹, 島崎 覚理, 本条 隆, 岸本 健治, 市田 隆雄, 三木 幸雄

    第75回日本放射線技術学会総会  2019年04月  (公社)日本放射線技術学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Imaging Diagnosis of the Pituitary. (下垂体の画像診断.) 国内会議

    Miki Yukio

    第78回日本医学放射線学会総会  2019年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Evaluation of Calcifications in Mammograms Adopted Super Resolution via Deep Learning. (ディープラーニングによる超解像を用いたマンモグラフィの石灰化評価.) 国内会議

    Honjo T, Katayama Y, Ueda D, Shimazaki A, Yamamoto A, Miki Y.

    第78回日本医学放射線学会総会  2019年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞癌胆管腫瘍栓TACE後に腫瘍栓脱落によって閉塞性黄疸を来した1例 国内会議

    松下和樹, 影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 前田裕之, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄

    第66回関西Interventional Radiology研究会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経皮経肝的治療後のトラクト塞栓における塞栓物質(スポンゼル2シート造影剤3cc)の効果の検討 国内会議

    影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄

    第66回関西Interventional Radiology研究会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対して開窓TEVARを施工した1例 国内会議

    淺野数男, 寒川悦次, 中野真理子, 森崎晃正, 山根 心, 藤井弘通, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 三木幸雄

    第66回関西Interventional Radiology研究会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外傷性胸部大動脈損傷に対して開窓TEVARを施工した1例 国内会議

    60. 淺野数男, 寒川悦次, 中野真理子, 森崎晃正, 山根 心, 藤井弘通, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 影山 健, 城後篤志, 濵本晋一, 山本 晃, 三木幸雄

    第66回関西Interventional Radiology研究会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経皮経肝的治療後のトラクト塞栓における塞栓物質(スポンゼル2シート造影剤3cc)の効果の検討 国内会議

    影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 米澤宏記, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄

    第66回関西Interventional Radiology研究会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞癌胆管腫瘍栓TACE後に腫瘍栓脱落によって閉塞性黄疸を来した1例 国内会議

    松下和樹, 影山 健, 山本 晃, 城後篤志, 前田裕之, 野田健仁, 村井一超, 小川聡幸, 中野真理子, 寒川悦次, 濵本晋一, 三木幸雄

    第66回関西Interventional Radiology研究会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カラー表示位相差強調画像 (PADRE) を用いた脳腫瘍評価 国内会議

    土井下怜, 坂本真一, 米田哲也, 宇田武弘, 塚本太朗, 米山正巳, 立川裕之, 下野太郎, 大畑建治, 三木幸雄

    第48回日本神経放射線学会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での経頸静脈的肝生検(TJLB)の有用性に関する後ろ向き検討 国内会議

    平川 恭子, 山本 晃, 羽室 雅夫, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 城後 篤志, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術後胃に発生したgastritis cystica polyposaと考えられた2例 国内会議

    杉本 繁博, 小山 孝一, 神道 太輔, 下野 太郎, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラトケ嚢胞と頭蓋咽頭腫が混在したトルコ鞍部腫瘤の1例 国内会議

    野田 健仁, 坂本 真一, 下野 太郎, 三木 幸雄, 桑江 優子, 後藤 剛夫

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カラー表示位相差強調画像 (PADRE) を用いた脳腫瘍評価 国内会議

    土井下怜, 坂本真一, 米田哲也, 宇田武弘, 塚本太朗, 米山正巳, 立川裕之, 下野太郎, 大畑建治, 三木幸雄

    第48回日本神経放射線学会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Two cases of balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (b-rto) for colonic varices. 国内会議

    Kageyama K, Maeda H, Yamamoto A, Jogo A, Yonezawa H, Nota T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Sohgawa E, Hamamoto S, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Transcatheter arterial embolization with n-butyl-2-cyanoacrylate (nbca) glue for ovarian artery aneurysms in a postmenopausal woman. 国内会議

    Nota T, Yamamoto A, Jogo A, Yonezawa H, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Sohgawa E, Hamamoto S, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Three cases of embolization for congenital renal arteriovenous fistulas with bidirectional approach 国内会議

    Asano K, Sohgawa E, Yamamoto A, Nakano M, Hamuro M, Yonezawa H, Nota T, Murai K, Ogawa S, Kageyama K, Hamamoto S, Jogo A, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Subpleural injection of lidocaine can relieve strong pain during rfa for lung tumors 国内会議

    Hamamoto S, Yamamoto A, Kageyama K, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Nota T, Yonezawa H, Sohgawa E, Jogo A, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fontan術後の肝硬変に伴う胃静脈瘤に対しBRTOを施行した1例 国内会議

    島崎 覚理, 羽室 雅夫, 山本 晃, 城後 篤志, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 三木 幸雄, 神納 敏夫

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR-T790M遺伝子変異陽性の非小細胞肺癌患者にosimertinib導入後,薬剤性肺炎を来した1例 国内会議

    本条 隆, 中西 能亜, 大隈 智尚, 下野 太郎, 三木 幸雄, 川口 知哉, 松本 吉矢, 桑江 優子

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A case of stentgraft placement for hepatic artery pseudoaneurysm and portal vein stent placement for ectopic jejunal variceal rupture 国内会議

    Yonezawa H, Sohgawa E, Yamamoto A, Hamuro M, Jogo A, Nota T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Hamamoto S, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 術後胃に発生したgastritis cystica polyposaと考えられた2例 国内会議

    杉本 繁博, 小山 孝一, 神道 太輔, 下野 太郎, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝腫瘍に対する経肺的RFAについて 国内会議

    植田 大樹, 濱本 晋一, 山本 晃, 松岡 利幸, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 寒川 悦次, 羽室 雅夫, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での経頸静脈的肝生検(TJLB)の有用性に関する後ろ向き検討 国内会議

    平川 恭子, 山本 晃, 羽室 雅夫, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 城後 篤志, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラトケ嚢胞と頭蓋咽頭腫が混在したトルコ鞍部腫瘤の1例 国内会議

    野田 健仁, 坂本 真一, 下野 太郎, 三木 幸雄, 桑江 優子, 後藤 剛夫

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fontan術後の肝硬変に伴う胃静脈瘤に対しBRTOを施行した1例 国内会議

    島崎 覚理, 羽室 雅夫, 山本 晃, 城後 篤志, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 三木 幸雄, 神納 敏夫

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • EGFR-T790M遺伝子変異陽性の非小細胞肺癌患者にosimertinib導入後,薬剤性肺炎を来した1例 国内会議

    本条 隆, 中西 能亜, 大隈 智尚, 下野 太郎, 三木 幸雄, 川口 知哉, 松本 吉矢, 桑江 優子

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Transcatheter arterial embolization with n-butyl-2-cyanoacrylate (nbca) glue for ovarian artery aneurysms in a postmenopausal woman. 国際会議

    Nota T, Yamamoto A, Jogo A, Yonezawa H, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Sohgawa E, Hamamoto S, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Subpleural injection of lidocaine can relieve strong pain during rfa for lung tumors 国際会議

    Hamamoto S, Yamamoto A, Kageyama K, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Nota T, Yonezawa H, Sohgawa E, Jogo A, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Two cases of balloon-occluded retrograde transvenous obliteration (b-rto) for colonic varices. 国際会議

    Kageyama K, Maeda H, Yamamoto A, Jogo A, Yonezawa H, Nota T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Sohgawa E, Hamamoto S, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Three cases of embolization for congenital renal arteriovenous fistulas with bidirectional approach 国際会議

    Asano K, Sohgawa E, Yamamoto A, Nakano M, Hamuro M, Yonezawa H, Nota T, Murai K, Ogawa S, Kageyama K, Hamamoto S, Jogo A, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A case of stentgraft placement for hepatic artery pseudoaneurysm and portal vein stent placement for ectopic jejunal variceal rupture 国際会議

    Yonezawa H, Sohgawa E, Yamamoto A, Hamuro M, Jogo A, Nota T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Kageyama K, Hamamoto S, Miki Y

    Asia Pacific Society of Cardiovascular and Interventional Radiology (APSCVIR2019)  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝腫瘍に対する経肺的RFAについて 国内会議

    植田 大樹, 濱本 晋一, 山本 晃, 松岡 利幸, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 寒川 悦次, 羽室 雅夫, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2019年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成人女性の後頭蓋窩発生choroid plexus papilloma with focal ependymal differentiationの1例 国内会議

    松下 周, 下野太郎, 土井下 怜, 三木幸雄, 後藤剛夫, 桑江優子.

    第320回日本医学放射線学会関西地方会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成人女性の後頭蓋窩発生choroid plexus papilloma with focal ependymal differentiationの1例 国内会議

    松下 周, 下野太郎, 土井下 怜, 三木幸雄, 後藤剛夫, 桑江優子

    第320回日本医学放射線学会関西地方会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性リンパ腫に類似した小腸GISTの2例 国内会議

    藤井啓輔, 植木 愛, 小山孝一, 小林彰太郎, 下野太郎, 三木幸雄, 澁谷雅常, 永原 央, 大平雅一

    第320回日本医学放射線学会関西地方会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両側冠動脈-肺動脈瘻に対してコイル塞栓術を施工した1例 国内会議

    寺山英作, 村井一超, 米澤宏記, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 濵本晋一, 城後篤志, 寒川悦次, 山本 晃, 三木幸雄

    第320回日本医学放射線学会関西地方会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両側冠動脈-肺動脈瘻に対してコイル塞栓術を施工した1例 国内会議

    寺山英作, 村井一超, 米澤宏記, 野田健仁, 小川聡幸, 中野真理子, 影山 健, 濵本晋一, 城後篤志, 寒川悦次, 山本 晃, 三木幸雄

    第320回日本医学放射線学会関西地方会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 悪性リンパ腫に類似した小腸GISTの2例 国内会議

    藤井啓輔, 植木 愛, 小山孝一, 小林彰太郎, 下野太郎, 三木幸雄, 澁谷雅常, 永原 央, 大平雅一

    第320回日本医学放射線学会関西地方会  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • うさぎVX2肺腫瘍モデルの作成のノウハウと生着率の検討 国内会議

    阪本 晴菜, 大隈 智尚, 土井下 怜, 松下 周, 村井 一超, 植木 愛, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2018年10月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 様々なモダリティーで評価した総腸骨動脈慢性完全閉塞の一例 国内会議

    寒川 悦次, 山本 晃, 中野 真理子, 野田 健人, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    第59回日本脈管学会総会  2018年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内に発生したpyogenic granulomaの3症例 国内会議

    小林 彰太郎, 小山 孝一, 寺西 裕一, 下野 太郎, 神田 裕樹, 横田 知衣子, 井口 広義, 藤井 啓輔, 植木 愛, 三木 幸雄

    第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2018年10月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 解離性大動脈瘤に対する2-debranching TEVAR後に生じた症候性造影剤脳症の一例 国内会議

    中野 真理子, 寒川 悦次, 村上 貴志, 西村 慎亮, 高橋 洋介, 山本 晃, 城後 篤志, 濱本 晋一, 影山 健, 小川 聡幸, 村井 一超, 野田 健人, 三木 幸雄

    第59回日本脈管学会総会  2018年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディジタルマンモグラフィに対する超解像を用いたノイズ低減処理の提案 国内会議

    片山 豊, 植田 大樹, 日浦 慎作, 太田 知里, 横井 萌子, 岸本 健治, 市田 隆雄, 三木 幸雄

    第46回日本放射線技術学会秋季学術大会  2018年10月  (公社)日本放射線技術学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • うさぎVX2肺腫瘍モデルの作成のノウハウと生着率の検討 国内会議

    阪本 晴菜, 大隈 智尚, 土井下 怜, 松下 周, 村井 一超, 植木 愛, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2018年10月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内に発生したpyogenic granulomaの3症例 国内会議

    小林 彰太郎, 小山 孝一, 寺西 裕一, 下野 太郎, 神田 裕樹, 横田 知衣子, 井口 広義, 藤井 啓輔, 植木 愛, 三木 幸雄

    第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会  2018年10月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 解離性大動脈瘤に対する2-debranching TEVAR後に生じた症候性造影剤脳症の一例 国内会議

    中野 真理子, 寒川 悦次, 村上 貴志, 西村 慎亮, 高橋 洋介, 山本 晃, 城後 篤志, 濱本 晋一, 影山 健, 小川 聡幸, 村井 一超, 野田 健人, 三木 幸雄

    第59回日本脈管学会総会  2018年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 様々なモダリティーで評価した総腸骨動脈慢性完全閉塞の一例 国内会議

    寒川 悦次, 山本 晃, 中野 真理子, 野田 健人, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    第59回日本脈管学会総会  2018年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディジタルマンモグラフィに対する超解像を用いたノイズ低減処理の提案 国内会議

    片山 豊, 植田 大樹, 日浦 慎作, 太田 知里, 横井 萌子, 岸本 健治, 市田 隆雄, 三木 幸雄

    第46回日本放射線技術学会秋季学術大会  2018年10月  (公社)日本放射線技術学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ストマ静脈瘤に対して経カテーテル的に治療しえた3例 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 尾崎 正典, 野田 健人, 座古 竜世, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 浜本 晋一, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    第21回B-RTO研究会  2018年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ストマ静脈瘤に対して経カテーテル的に治療しえた3例 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 尾崎 正典, 野田 健人, 座古 竜世, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 浜本 晋一, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    第21回B-RTO研究会  2018年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Radiofrequency ablation(RFA) for lung tumor with artificial pneumothorax 国内会議

    Hamamoto S, Yamamoto A, Hamuro M, Kageyama K, Matsuoka T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Jogo A, Sohgawa E, Okuma T, Miki Y

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe (CIRSE2018)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Radiofrequency ablation(RFA) for lung tumor with artificial pneumothorax 国際会議

    Hamamoto S, Yamamoto A, Hamuro M, Kageyama K, Matsuoka T, Murai K, Ogawa S, Nakano M, Jogo A, Sohgawa E, Okuma T, Miki Y

    Cardiovascular and Interventional Radiological Society of Europe (CIRSE2018)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃静脈瘤に対するB-RTO-保険収載まで、そしてこれから- 胃静脈瘤に対してゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTOについての検討 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 野田 健人, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 浜本 晋一, 羽室 雅人, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    第21回B-RTO研究会  2018年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 結腸静脈瘤にB-RTOを施行した2例 国内会議

    前田 裕之, 影山 健, 山本 晃, 城後 篤志, 松下 和樹, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    第25回日本門脈圧亢進症学会総会  2018年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 結腸静脈瘤にB-RTOを施行した2例 国内会議

    前田 裕之, 影山 健, 山本 晃, 城後 篤志, 松下 和樹, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    第25回日本門脈圧亢進症学会総会  2018年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃静脈瘤に対するB-RTO-保険収載まで、そしてこれから- 胃静脈瘤に対してゼラチン細片と5%EOIを混和して行ったB-RTOについての検討 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 野田 健人, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 浜本 晋一, 羽室 雅人, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    第21回B-RTO研究会  2018年09月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵癌術後出血に対して肝動脈ステントグラフト留置と、門脈ステント留置を施行した1例 国内会議

    米澤 宏記, 寒川 悦次, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 濱本 晋一, 城後 篤志, 山本 晃, 三木 幸雄

    第65回関西IVR研究会  2018年06月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵癌術後出血に対して肝動脈ステントグラフト留置と、門脈ステント留置を施行した1例 国内会議

    米澤 宏記, 寒川 悦次, 野田 健仁, 村井 一超, 小川 聡幸, 中野 真理子, 影山 健, 濱本 晋一, 城後 篤志, 山本 晃, 三木 幸雄

    第65回関西IVR研究会  2018年06月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Isolated arteryの関与が疑われた転移性肝腫瘍破裂の1例 国内会議

    岡崎 真大, 羽室 雅夫, 寒川 悦次, 中野 真理子, 山本 晃, 城後 篤志, 濱本 晋一, 影山 健, 小川 聡幸, 村井 一起, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザアブレーション MRVによる治療の評価(Endovenous Laser ablation for lower extremity varices. Evaluation of treatment by MRV) 国内会議

    Murai Kazuki, Nakamura Kenji, Matsui Hiroto, Yamamoto Akira, Hamuro Masao, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癒着性関節包炎に対するimipenemを用いた経カテーテル動脈塞栓術の初期経験(Initial experience of transcatheter arterial embolization using Imipenem for adhesive capsulitis) 国内会議

    Hamuro Masao, Yamamoto Akira, Jogo Atsushi, Kaminou Toshio, Sohgawa Etsuji, Hamamoto Shinichi, Kageyama Ken, Nakano Mariko, Ogawa Satoyuki, Zako Ryusei, Murai Kazuki, Manaka Tomoya, Hirakawa Yoshihiro, Ito Yoichi, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心臓周囲肺腫瘍への高周波アブレーション(Radiofrequency ablation to the pericardial lung tumor) 国内会議

    Hamamoto Shinichi, Hamuro Masao, Yamamoto Akira, Kageyama Ken, Murai Kazuki, Ogawa Satoyuki, Nakano Mariko, Sogawa Etsuji, Jogo Atsushi, Okuma Tomohisa, Matsuoka Toshiyuki, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部神経内分泌癌の3例 国内会議

    杉本倫子, 小山孝一, 下野太郎, 橋口裕紀, 市村友季, 桑江優子, 三木幸雄

    第32回日本腹部放射線学会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外陰部に発生したperivascular epithelioid cell tumor (PEComa)の1例 国内会議

    野田 健仁, 神道太輔, 小山孝一, 下野太郎, 橋口裕紀, 桑江優子, 三木幸雄

    第32回日本腹部放射線学会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 開腹術中に生じた急性上腸間膜動脈血栓閉塞に対してフォガティースルールーメンカテーテルにて血栓除去した1例 国内会議

    小川 聡幸, 羽室 雅夫, 寒川 悦次, 村井 一超, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 天野 良亮, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹部、後腹膜、会陰部膿瘍に対するCTガイド下ドレナージの有用性(Usefulness of CT-guided drainage for abdominal, retroperitoneal and perineal abscesses) 国内会議

    Kageyama Ken, Hamuro Masao, Hamamoto Shinichi, Yamamoto Akira, Murai Kazuki, Ogawa Satoyuki, Nakano Mariko, Sohgawa Etsuji, Jogo Atsushi, Kaminou Toshio, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳糜胸、乳糜腹水、リンパ漏に対するnodal lymphangiographyの実行可能性(Feasibility of nodal lymphangiography to chylothorax, chylous ascites and lymphorrhea) 国内会議

    Ogawa Satoyuki, Yamamoto Akira, Nakano Mariko, Kageyama Ken, Sohgawa Etsuji, Hamamoto Shinichi, Jogo Atsushi, Hamuro Masao, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザアブレーション MRVによる治療の評価(Endovenous Laser ablation for lower extremity varices. Evaluation of treatment by MRV) 国内会議

    Murai Kazuki, Nakamura Kenji, Matsui Hiroto, Yamamoto Akira, Hamuro Masao, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Isolated arteryの関与が疑われた転移性肝腫瘍破裂の1例 国内会議

    岡崎 真大, 羽室 雅夫, 寒川 悦次, 中野 真理子, 山本 晃, 城後 篤志, 濱本 晋一, 影山 健, 小川 聡幸, 村井 一起, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 子宮頸部神経内分泌癌の3例 国内会議

    杉本倫子, 小山孝一, 下野太郎, 橋口裕紀, 市村友季, 桑江優子, 三木幸雄

    第32回日本腹部放射線学会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 外陰部に発生したperivascular epithelioid cell tumor (PEComa)の1例 国内会議

    野田 健仁, 神道太輔, 小山孝一, 下野太郎, 橋口裕紀, 桑江優子, 三木幸雄.

    第32回日本腹部放射線学会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 開腹術中に生じた急性上腸間膜動脈血栓閉塞に対してフォガティースルールーメンカテーテルにて血栓除去した1例 国内会議

    小川 聡幸, 羽室 雅夫, 寒川 悦次, 村井 一超, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 天野 良亮, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腹部、後腹膜、会陰部膿瘍に対するCTガイド下ドレナージの有用性(Usefulness of CT-guided drainage for abdominal, retroperitoneal and perineal abscesses) 国内会議

    Kageyama Ken, Hamuro Masao, Hamamoto Shinichi, Yamamoto Akira, Murai Kazuki, Ogawa Satoyuki, Nakano Mariko, Sohgawa Etsuji, Jogo Atsushi, Kaminou Toshio, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊髄損傷を予防するための区域動脈コイル塞栓術の予備的経験(Preliminary experiences of segmental artery coil embolization to prevent spinal cord injury) 国内会議

    Sohgawa Etsuji, Hamuro Masao, Sakai Yukimasa, Nakano Mariko, Murai Kazuki, Ogawa Satoyuki, Kageyama Ken, Jogo Atsushi, Hamamoto Shinichi, Yamamoto Akira, Morisaki Akimasa, Murakami Yakashi, Miki Yukio, Shibata Toshihiko

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃静脈瘤に対する5%EOI混合ゼラチンスポンジ粒子を用いたB-RTO(B-RTO using 5% EOI mixing gelatin sponge particles for gastric varices) 国内会議

    Jogo Atsushi, Hamuro Masao, Yamamoto Akira, Ogawa Satoyuki, Nakano Mariko, Kageyama Ken, Sougawa Etsuji, Hamamoto Shinnichi, Nishida Norifumi, Kiminoh Toshio, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺腫瘍に対する、OK-432局所注入を併用したRFA、免疫RFAに関する第I相研究(Phase I study of immunoRFA, RFA in combination with local injection of OK-432, for lung tumor) 国内会議

    Yamamoto Akira, Hamuro Masao, Hamamoto Shinichi, Matsuoka Toshiyuki, Okuma Tomohisa, Nakano Mariko, Kageyama Ken, Jogo Atsushi, Sogawa Etsuji, Ogawa Satoyuki, Murai Kazutoyo, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 癒着性関節包炎に対するimipenemを用いた経カテーテル動脈塞栓術の初期経験(Initial experience of transcatheter arterial embolization using Imipenem for adhesive capsulitis) 国内会議

    Hamuro Masao, Yamamoto Akira, Jogo Atsushi, Kaminou Toshio, Sohgawa Etsuji, Hamamoto Shinichi, Kageyama Ken, Nakano Mariko, Ogawa Satoyuki, Zako Ryusei, Murai Kazuki, Manaka Tomoya, Hirakawa Yoshihiro, Ito Yoichi, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 心臓周囲肺腫瘍への高周波アブレーション(Radiofrequency ablation to the pericardial lung tumor) 国内会議

    Hamamoto Shinichi, Hamuro Masao, Yamamoto Akira, Kageyama Ken, Murai Kazuki, Ogawa Satoyuki, Nakano Mariko, Sogawa Etsuji, Jogo Atsushi, Okuma Tomohisa, Matsuoka Toshiyuki, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳糜胸、乳糜腹水、リンパ漏に対するnodal lymphangiographyの実行可能性(Feasibility of nodal lymphangiography to chylothorax, chylous ascites and lymphorrhea) 国内会議

    Ogawa Satoyuki, Yamamoto Akira, Nakano Mariko, Kageyama Ken, Sohgawa Etsuji, Hamamoto Shinichi, Jogo Atsushi, Hamuro Masao, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肺腫瘍に対する、OK-432局所注入を併用したRFA、免疫RFAに関する第I相研究(Phase I study of immunoRFA, RFA in combination with local injection of OK-432, for lung tumor) 国内会議

    Yamamoto Akira, Hamuro Masao, Hamamoto Shinichi, Matsuoka Toshiyuki, Okuma Tomohisa, Nakano Mariko, Kageyama Ken, Jogo Atsushi, Sogawa Etsuji, Ogawa Satoyuki, Murai Kazutoyo, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脊髄損傷を予防するための区域動脈コイル塞栓術の予備的経験(Preliminary experiences of segmental artery coil embolization to prevent spinal cord injury) 国内会議

    Sohgawa Etsuji, Hamuro Masao, Sakai Yukimasa, Nakano Mariko, Murai Kazuki, Ogawa Satoyuki, Kageyama Ken, Jogo Atsushi, Hamamoto Shinichi, Yamamoto Akira, Morisaki Akimasa, Murakami Yakashi, Miki Yukio, Shibata Toshihiko

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 胃静脈瘤に対する5%EOI混合ゼラチンスポンジ粒子を用いたB-RTO(B-RTO using 5% EOI mixing gelatin sponge particles for gastric varices) 国内会議

    Jogo Atsushi, Hamuro Masao, Yamamoto Akira, Ogawa Satoyuki, Nakano Mariko, Kageyama Ken, Sougawa Etsuji, Hamamoto Shinnichi, Nishida Norifumi, Kiminoh Toshio, Miki Yukio

    第47回日本IVR学会総会  2018年05月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるマンモグラフィでの乳癌検出アルゴリズムの開発と検証(Development and Validation of Deep Learning Algorithms for Diagnosing Breast Cancers in Mammograms) 国内会議

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Shiba Masatsugu, Fukumoto Shinya, Noda Satoru, Onoda Naoyoshi, Hashimoto Yoshikazu, Inomata Mitsuhiro, Tsutsumi Shinichi, Miki Yukio

    第77回日本医学放射線学会総会  2018年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腸骨動脈瘤に対する大腿腸骨側枝経路を介した内腸骨動脈塞栓術(Internal iliac artery embolization via the femoro-iliac collateral pathway for iliac artery aneurysm) 国内会議

    Nakano Mariko, Sohgawa Etsuji, Hamuro Masao, Kosaka Hisayuki, Yamamoto Akira, Hamamoto Shinichi, Jogo Atsushi, Kageyama Ken, Ogawa Satoyuki, Murai Kazuki, Murakami Takashi, Morisaki Akimasa, Miki Yukio

    IVR: Interventional Radiology  2018年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるマンモグラフィでの乳癌検出アルゴリズムの開発と検証(Development and Validation of Deep Learning Algorithms for Diagnosing Breast Cancers in Mammograms) 国内会議

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Shiba Masatsugu, Fukumoto Shinya, Noda Satoru, Onoda Naoyoshi, Hashimoto Yoshikazu, Inomata Mitsuhiro, Tsutsumi Shinichi, Miki Yukio

    第77回日本医学放射線学会総会  2018年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるMRAでの脳動脈瘤自動検出アルゴリズムの開発と検証(Development and Validation of Deep Learning Algorithms for Detecting Cerebral Aneurysms in MRA) 国内会議

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Shimono Taro, Tsutsumi Shinichi, Shimazaki Akitoshi, Fukumoto Shinya, Osaki Hiroko, Antoine Choppin, Shimahara Yuki, Miki Yukio

    第77回日本医学放射線学会総会  2018年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腸骨動脈瘤に対する大腿腸骨側枝経路を介した内腸骨動脈塞栓術(Internal iliac artery embolization via the femoro-iliac collateral pathway for iliac artery aneurysm) 国内会議

    Nakano Mariko, Sohgawa Etsuji, Hamuro Masao, Kosaka Hisayuki, Yamamoto Akira, Hamamoto Shinichi, Jogo Atsushi, Kageyama Ken, Ogawa Satoyuki, Murai Kazuki, Murakami Takashi, Morisaki Akimasa, Miki Yukio

    IVR: Interventional Radiology  2018年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ディープラーニングによるMRAでの脳動脈瘤自動検出アルゴリズムの開発と検証(Development and Validation of Deep Learning Algorithms for Detecting Cerebral Aneurysms in MRA) 国内会議

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Shimono Taro, Tsutsumi Shinichi, Shimazaki Akitoshi, Fukumoto Shinya, Osaki Hiroko, Antoine Choppin, Shimahara Yuki, Miki Yukio

    第77回日本医学放射線学会総会  2018年04月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発性硬化症の治療におけるMRIモニタリング 進行性多巣性白質脳症の早期診断を含めて(Magnetic resonance imaging monitoring in multiple sclerosis treatment: including early diagnosis of progressive multifocal leukoencephalopathy) 国内会議

    Miki Yukio

    Clinical and Experimental Neuroimmunology  2018年03月  日本神経免疫学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多発性硬化症の治療におけるMRIモニタリング 進行性多巣性白質脳症の早期診断を含めて(Magnetic resonance imaging monitoring in multiple sclerosis treatment: including early diagnosis of progressive multifocal leukoencephalopathy) 国内会議

    Miki Yukio

    Clinical and Experimental Neuroimmunology  2018年03月  日本神経免疫学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ストマ静脈瘤に対して経カテーテル的に治療しえた2例 国内会議

    城後 篤志, 羽室 雅夫, 山本 晃, 尾崎 正典, 田北 大昂, 座古 竜世, 中野 真理子, 影山 健, 小川 聡幸, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本腹部救急医学会雑誌  2018年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右頭頂葉に発生した神経節細胞腫Gangliocytomaの1例 国内会議

    杉本 繁博, 下野 太郎, 座古 竜世, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2018年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵頭十二指腸切除術後肝梗塞の画像所見と危険因子に関する検討(Radiological Findings and Risk Factors of the Hepatic Infarctions after Pancreatoduodenectomy) 国内会議

    Shindo Daisuke, Yamamoto Akira, Shimono Taro, Amano Ryosuke, Kimura Kenjirou, Miki Yukio

    第77回日本医学放射線学会総会  2018年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ストマ静脈瘤に対して経カテーテル的に治療しえた2例 国内会議

    城後 篤志, 羽室 雅夫, 山本 晃, 尾崎 正典, 田北 大昂, 座古 竜世, 中野 真理子, 影山 健, 小川 聡幸, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本腹部救急医学会雑誌  2018年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵頭十二指腸切除術後肝梗塞の画像所見と危険因子に関する検討(Radiological Findings and Risk Factors of the Hepatic Infarctions after Pancreatoduodenectomy) 国内会議

    Shindo Daisuke, Yamamoto Akira, Shimono Taro, Amano Ryosuke, Kimura Kenjirou, Miki Yukio

    第77回日本医学放射線学会総会  2018年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 右頭頂葉に発生した神経節細胞腫Gangliocytomaの1例 国内会議

    杉本 繁博, 下野 太郎, 座古 竜世, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2018年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非弁膜症性心房細動患者における組織ドプラ法による左室拡張能評価と無症候性脳梗塞の関連性 国内会議

    石川 世良, 杉岡 憲一, 坂本 真一, 藤田 澄吾子, 伊藤 朝広, 則岡 直樹, 岩田 真一, 仲川 将志, 高木 雅彦, 三木 幸雄, 上田 真喜子, 葭山 稔

    大阪市医学会第502回例会  2017年11月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非弁膜症性心房細動患者における組織ドプラ法による左室拡張能評価と無症候性脳梗塞の関連性 国内会議

    石川 世良, 杉岡 憲一, 坂本 真一, 藤田 澄吾子, 伊藤 朝広, 則岡 直樹, 岩田 真一, 仲川 将志, 高木 雅彦, 三木 幸雄, 上田 真喜子, 葭山 稔

    大阪市医学会第502回例会  2017年11月  大阪市医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数回の治療を要した解離性腹部大動脈瘤の一例 国内会議

    中野 真理子, 羽室 雅夫, 寒川 悦次, 堺 幸正, 南郷 峰善, 山本 晃, 濱本 晋一, 城後 篤志, 影山 健, 小川 聡幸, 村井 一起, 三木 幸雄

    脈管学  2017年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 複数回の治療を要した解離性腹部大動脈瘤の一例 国内会議

    中野 真理子, 羽室 雅夫, 寒川 悦次, 堺 幸正, 南郷 峰善, 山本 晃, 濱本 晋一, 城後 篤志, 影山 健, 小川 聡幸, 村井 一起, 三木 幸雄

    脈管学  2017年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵液瘻に伴う術後出血に対するバイアバーンの初期使用経験 国内会議

    寒川 悦次, 羽室 雅夫, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 三木 幸雄

    脈管学  2017年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵液瘻に伴う術後出血に対するバイアバーンの初期使用経験 国内会議

    寒川 悦次, 羽室 雅夫, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 三木 幸雄

    脈管学  2017年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下垂体の画像診断 国内会議

    三木 幸雄

    断層映像研究会雑誌  2017年09月  断層映像研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下垂体の画像診断 国内会議

    三木 幸雄

    断層映像研究会雑誌  2017年09月  断層映像研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Budd-Chiari症候群の血管内治療における閉塞部圧較差測定の有用性 国内会議

    影山 健, 羽室 雅夫, 城後 篤志, 山本 晃, 神納 敏夫, 小川 博之, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 西田 典史, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2017年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ストマ静脈瘤に対して経カテーテル的に治療しえた2例 国内会議

    城後 篤志, 羽室 雅夫, 山本 晃, 尾崎 正典, 田北 大昴, 座古 竜世, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 中野 真理子, 寒川 悦次, 浜本 晋一, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2017年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 扁平上皮腺上皮型混合型乳頭腫(Mixed squamous cell and glandular papilloma)の1例 国内会議

    阪井 雄紀, 大隈 智尚, 下野 太郎, 三木 幸雄, 西山 典利, 清水 重喜

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2017年08月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門脈圧亢進症に対するIVR(B-RT0以外) 門脈本幹狭窄/閉塞に起因する静脈瘤出血に対する、経回結腸静脈アプローチの静脈瘤硬化術(一部門脈ステント併用)の有用性 国内会議

    山本 晃, 羽室 雅夫, 城後 篤志, 影山 健, 寒川 悦次, 浜本 晋一, 西田 典史, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2017年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前立腺発生の孤立性線維性腫瘍(Solitary fibrous tumor)と腺癌が並存した2例 国内会議

    平川 恭子, 大隈 智尚, 下野 太郎, 山崎 健史, 桑江 優子, 大澤 政彦, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2017年08月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ストマ静脈瘤に対して経カテーテル的に治療しえた2例 国内会議

    城後 篤志, 羽室 雅夫, 山本 晃, 尾崎 正典, 田北 大昴, 座古 竜世, 村井 一超, 小川 聡幸, 影山 健, 中野 真理子, 寒川 悦次, 浜本 晋一, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2017年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Budd-Chiari症候群の血管内治療における閉塞部圧較差測定の有用性 国内会議

    影山 健, 羽室 雅夫, 城後 篤志, 山本 晃, 神納 敏夫, 小川 博之, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 西田 典史, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2017年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門脈圧亢進症に対するIVR(B-RT0以外) 門脈本幹狭窄/閉塞に起因する静脈瘤出血に対する、経回結腸静脈アプローチの静脈瘤硬化術(一部門脈ステント併用)の有用性 国内会議

    山本 晃, 羽室 雅夫, 城後 篤志, 影山 健, 寒川 悦次, 浜本 晋一, 西田 典史, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2017年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 扁平上皮腺上皮型混合型乳頭腫(Mixed squamous cell and glandular papilloma)の1例 国内会議

    阪井 雄紀, 大隈 智尚, 下野 太郎, 三木 幸雄, 西山 典利, 清水 重喜

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2017年08月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 前立腺発生の孤立性線維性腫瘍(Solitary fibrous tumor)と腺癌が並存した2例 国内会議

    平川 恭子, 大隈 智尚, 下野 太郎, 山崎 健史, 桑江 優子, 大澤 政彦, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2017年08月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Roles of MR in MS diagnosis & management 国内会議

    三木 幸雄

    25th Annual Meeting of International Society for Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM)  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OK-432を用いた免疫RFA後に未治療部の肺転移が縮小した多発肺転移患者の一例 国内会議

    山本 晃, 濱本 晋一, 羽室 雅夫, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 寒川 悦次, 大隈 智尚, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支に接した肺腫瘍に対するRFAについての検討 国内会議

    濱本 晋一, 山本 晃, 松岡 利幸, 影山 健, 村井 一超, 中野 真理子, 城後 篤志, 寒川 悦次, 羽室 雅夫, 座古 竜世, 豊島 正実, 大隈 智尚, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での経頸静脈的肝生検(TJLB)の有用性に関する後ろ向き検討 国内会議

    平川 恭子, 山本 晃, 羽室 雅夫, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 城後 篤志, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 十二指腸静脈瘤に対して当院で行ったカテーテル治療に関する検討 国内会議

    城後 篤志, 羽室 雅夫, 山本 晃, 座古 竜世, 村井 一超, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 田中 佐織, 堺 幸正, 西田 典史, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • バッドキアリ症候群の血管内治療における静脈圧測定の有用性 国内会議

    影山 健, 羽室 雅夫, 城後 篤志, 山本 晃, 神納 敏夫, 村井 一超, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 座古 竜世, 西田 典史, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Squid capture techniqueを併用したin situ fenestration法によるZone 0 TEVARの初期経験 国内会議

    寒川 悦次, 羽室 雅夫, 南郷 峰善, 神納 敏夫, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 西村 慎亮, 村上 貴志, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OK-432を用いた免疫RFA後に未治療部の肺転移が縮小した多発肺転移患者の一例 国内会議

    山本 晃, 濱本 晋一, 羽室 雅夫, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 寒川 悦次, 大隈 智尚, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞癌に対するDEB-TACE後の局所再発因子に関する検討 国内会議

    中野 真理子, 山本 晃, 西田 典史, 羽室 雅夫, 城後 篤志, 濱本 晋一, 寒川 悦次, 村井 一起, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝動脈造影下CTにおけるC-arm CTとMDCTとの比較(Characteristics of C-arm CT in CTHA: Comparison with MDCT in the same individual) 国内会議

    羽室 雅夫, 山本 晃, 濱本 晋一, 城後 篤志, 寒川 悦次, 影山 健, 中野 真理子, 立川 裕之, 村井 一超, 座古 竜世, 南郷 峰善, 田中 佐織, 堺 幸正, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 気管支に接した肺腫瘍に対するRFAについての検討 国内会議

    濱本 晋一, 山本 晃, 松岡 利幸, 影山 健, 村井 一超, 中野 真理子, 城後 篤志, 寒川 悦次, 羽室 雅夫, 座古 竜世, 豊島 正実, 大隈 智尚, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院での経頸静脈的肝生検(TJLB)の有用性に関する後ろ向き検討 国内会議

    平川 恭子, 山本 晃, 羽室 雅夫, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 城後 篤志, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 十二指腸静脈瘤に対して当院で行ったカテーテル治療に関する検討 国内会議

    城後 篤志, 羽室 雅夫, 山本 晃, 座古 竜世, 村井 一超, 中野 真理子, 影山 健, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 田中 佐織, 堺 幸正, 西田 典史, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • バッドキアリ症候群の血管内治療における静脈圧測定の有用性 国内会議

    影山 健, 羽室 雅夫, 城後 篤志, 山本 晃, 神納 敏夫, 村井 一超, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 座古 竜世, 西田 典史, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Squid capture techniqueを併用したin situ fenestration法によるZone 0 TEVARの初期経験 国内会議

    寒川 悦次, 羽室 雅夫, 南郷 峰善, 神納 敏夫, 中野 真理子, 影山 健, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 西村 慎亮, 村上 貴志, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝動脈造影下CTにおけるC-arm CTとMDCTとの比較(Characteristics of C-arm CT in CTHA: Comparison with MDCT in the same individual) 国内会議

    羽室 雅夫, 山本 晃, 濱本 晋一, 城後 篤志, 寒川 悦次, 影山 健, 中野 真理子, 立川 裕之, 村井 一超, 座古 竜世, 南郷 峰善, 田中 佐織, 堺 幸正, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 肝細胞癌に対するDEB-TACE後の局所再発因子に関する検討 国内会議

    中野 真理子, 山本 晃, 西田 典史, 羽室 雅夫, 城後 篤志, 濱本 晋一, 寒川 悦次, 村井 一起, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2017年04月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳を診る 最新の脳MRI診断 脱髄疾患・白質病変を中心に 脱髄疾患・加齢性白質病変 国内会議

    三木 幸雄

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集  2017年03月  (公社)日本放射線技術学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳を診る 最新の脳MRI診断 脱髄疾患・白質病変を中心に 脱髄疾患・加齢性白質病変 国内会議

    三木 幸雄

    日本放射線技術学会総会学術大会予稿集  2017年03月  (公社)日本放射線技術学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRIにおけるcarmustine(gliadel) wafer像の経時的変化 ファントム研究(Changes in Appearance of Carmustine (Gliadel) Wafers on MRI Over Time: A Phantom Study) 国内会議

    Doishita Satoshi, Shimono Taro, Yoneda Tetsuya, Yamada Eiji, Tsukamoto Taro, Takekawa Hiroyuki, Sakamoto Shinichi, Miki Yukio

    日本医学放射線学会学術集会抄録集  2017年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HCCに対するTACEにおける実質血液量イメージングの有用性(Usefulness of Parenchymal Blood Volume Imaging in TACE for HCC) 国内会議

    Hamuro Masao, Yamamoto Akira, Hamamoto Shinichi, Jougo Atsushi, Sohgawa Etsuji, Kageyama Ken, Nakano Mariko, Kaminou Toshio, Takao Yoshinori, Miki Yukio

    日本医学放射線学会学術集会抄録集  2017年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • T2強調像で著明な高信号を呈したClear cell meningiomaの1例 国内会議

    小川 博之, 下野 太郎, 座古 竜世, 三木 幸雄, 桑江 優子

    Japanese Journal of Radiology  2017年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 産後出血に対する子宮動脈塞栓術 国内会議

    羽室 雅夫, 山本 晃, 城後 篤志, 濱本 晋一, 寒川 悦次, 中野 真理子, 三木 幸雄, 橘 大介, 三杉 卓也, 古山 将康, 西田 典久

    日本腹部救急医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵頭十二指腸切除術後の門脈血栓閉塞に伴う空腸静脈瘤に対し静脈塞栓術が奏功した一例 国内会議

    城後 篤志, 羽室 雅夫, 山本 晃, 中野 真理子, 濱本 晋一, 寒川 悦次, 堺 幸正, 西田 典史, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本腹部救急医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • T2強調像で著明な高信号を呈したClear cell meningiomaの1例 国内会議

    小川 博之, 下野 太郎, 座古 竜世, 三木 幸雄, 桑江 優子

    Japanese Journal of Radiology  2017年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • MRIにおけるcarmustine(gliadel) wafer像の経時的変化 ファントム研究(Changes in Appearance of Carmustine (Gliadel) Wafers on MRI Over Time: A Phantom Study) 国内会議

    Doishita Satoshi, Shimono Taro, Yoneda Tetsuya, Yamada Eiji, Tsukamoto Taro, Takekawa Hiroyuki, Sakamoto Shinichi, Miki Yukio

    日本医学放射線学会学術集会抄録集  2017年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HCCに対するTACEにおける実質血液量イメージングの有用性(Usefulness of Parenchymal Blood Volume Imaging in TACE for HCC) 国内会議

    Hamuro Masao, Yamamoto Akira, Hamamoto Shinichi, Jougo Atsushi, Sohgawa Etsuji, Kageyama Ken, Nakano Mariko, Kaminou Toshio, Takao Yoshinori, Miki Yukio

    日本医学放射線学会学術集会抄録集  2017年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵頭十二指腸切除術後の門脈血栓閉塞に伴う空腸静脈瘤に対し静脈塞栓術が奏功した一例 国内会議

    城後 篤志, 羽室 雅夫, 山本 晃, 中野 真理子, 濱本 晋一, 寒川 悦次, 堺 幸正, 西田 典史, 神納 敏夫, 三木 幸雄

    日本腹部救急医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳内石灰化をきたした全身性エリテマトーデスの1例 国内会議

    山本 恵里, 下野 太郎, 土井下 怜, 中西 能亜, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2017年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 産後出血に対する子宮動脈塞栓術 国内会議

    羽室 雅夫, 山本 晃, 城後 篤志, 濱本 晋一, 寒川 悦次, 中野 真理子, 三木 幸雄, 橘 大介, 三杉 卓也, 古山 将康, 西田 典久

    日本腹部救急医学会雑誌  2017年02月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳内石灰化をきたした全身性エリテマトーデスの1例 国内会議

    山本 恵里, 下野 太郎, 土井下 怜, 中西 能亜, 三木 幸雄

    Japanese Journal of Radiology  2017年02月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿時にpull-through法を併用し、屈曲した中枢側総腸骨動脈にsealingした一例 国内会議

    寒川 悦次, 羽室 雅夫, 堺 幸正, 中野 真理子, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 三木 幸雄

    脈管学  2016年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脾動脈瘤に対しAmplatzer Vascular Plug 4を用いたisolationを行い、術中にplugがmigrationした一例 国内会議

    中野 真理子, 寒川 悦次, 羽室 雅夫, 南郷 峰善, 神道 大輔, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 三木 幸雄

    脈管学  2016年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿時にpull-through法を併用し、屈曲した中枢側総腸骨動脈にsealingした一例 国内会議

    寒川 悦次, 羽室 雅夫, 堺 幸正, 中野 真理子, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 三木 幸雄

    脈管学  2016年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脾動脈瘤に対しAmplatzer Vascular Plug 4を用いたisolationを行い、術中にplugがmigrationした一例 国内会議

    中野 真理子, 寒川 悦次, 羽室 雅夫, 南郷 峰善, 神道 大輔, 城後 篤志, 濱本 晋一, 山本 晃, 三木 幸雄

    脈管学  2016年10月  (一社)日本脈管学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • IVRにおけるデバイスの革新 新デバイスと使い方 門脈大循環短絡による肝性脳症に対する血流低下術についての検討 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 田中 佐織, 堺 幸正, 西田 典史, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2016年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Vascilar Plug II 1個で塞栓しえた肝外門脈大循環短絡(胃腎短絡)の1例 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 西田 典史, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 中野 真理子, 寒川 悦治, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2016年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)に合併した多発空洞陰影を呈した肺クリプトコッカス症の1例 国内会議

    宗瀧 行秀, 大隈 智尚, 下野 太郎, 山田 康一, 掛谷 弘, 三木 幸雄

    日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2016年08月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門亢症の画像診断のこれから perfusion CT、エラストグラフィなど 肝硬度測定を用いたBRTO後の肝機能改善の予測 塞栓していいシャントの発見 国内会議

    山本 晃, 西田 典史, 森川 浩安, 城後 篤志, 中野 真理子, 浜本 晋一, 寒川 悦次, 羽室 雅夫, 河田 則文, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2016年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 門亢症(静脈瘤、血栓症、腫瘍栓等)合併肝癌の治療戦略 肝癌門脈腫瘍栓症例に対する反復選択的動脈化学塞栓術の有効性の検討 国内会議

    山本 晃, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 中野 真理子, 城後 篤志, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2016年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵頭十二指腸切除術後の門脈血栓閉塞に伴う空腸静脈瘤に対し静脈塞栓術が奏功した一例 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 中野 真理子, 寒川 悦次, 濱本 晋一, 西田 典史, 三木 幸雄

    日本門脈圧亢進症学会雑誌  2016年08月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 膵頭十二指腸切除術後の門脈血栓閉塞に伴う挙上空腸静脈瘤に対し静脈塞栓術が奏功した1例 国内会議

    城後 篤志, 山本 晃, 羽室 雅夫, 神納 敏夫, 西田 典史, 中野 真理子, 濱本 晋一, 寒川 悦次, 堺 幸正, 三木 幸雄

    IVR: Interventional Radiology  2016年08月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会