2022/07/13 更新

写真a

サカモト ヒロカズ
阪本 浩一
SAKAMOTO Hirokazu
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 耳鼻咽喉科学

  • ライフサイエンス / 耳鼻咽喉科学  / 上気道機能病態学

  • ライフサイエンス / 医化学

研究キーワード

  • 機能性難聴

  • 難聴の遺伝子解析

  • アレルギー性鼻炎

  • 喉頭アレルギー

  • 吃音・構音障害

  • 小児難聴

  • 聴覚情報処理障害

研究概要

  • 1.小児耳鼻咽喉科
    2.音声言語発達と難聴、聴覚異常感(特に機能性難聴、聴覚情報処理障害、吃音、学習障害)
    3.アレルギー性鼻炎に対する免疫療法
    4.喉頭アレルギーとその周辺疾患(上咽頭炎を含む)

所属学協会

  • 日本気管食道科学会

      国内

  • 日本鼻科学会

      国内

  • 日本咳嗽学会

      国内

  • 日本耳鼻咽喉科臨床学会

      国内

  • 日本東洋医学会

      国内

職務経歴(学外)

  • 大阪保健医療大学   非常勤講師

    2018年 - 継続中

  • 大阪教育大学   教育学部   非常勤講師

    2017年08月 - 継続中

論文

  • Th2 cell-derived histamine is involved in nasal Th2 infiltration in mice 査読

    Iwasaki Naruhito, Terawaki Seigo, Shimizu Kouhei, Oikawa Daisuke, Sakamoto Hirokazu, Sunami Kishiko, Tokunaga Fuminori

    INFLAMMATION RESEARCH   70 ( 5 )   539 - 541   2021年05月( ISSN:1023-3830

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00011-021-01458-x

    PubMed

  • The Japanese respiratory society guidelines for the management of cough and sputum (digest edition) 査読

    Mukae Hiroshi, Kaneko Takeshi, Obase Yasushi, Shinkai Masaharu, Katsunuma Toshio, Takeyama Kiyoshi, Terada Jiro, Niimi Akio, Matsuse Hiroto, Yatera Kazuhiro, Yamamoto Yoshihiro, Azuma Arata, Arakawa Hirokazu, Iwanaga Takashi, Ogawa Haruhiko, Kurahashi Kiyoyasu, Gon Yasuhiro, Sakamoto Hirokazu, Shibata Yoko, Tamada Tsutomu, Nishioka Yasuhiko, Haranaga Shusaku, Fujieda Shigeharu, Miyashita Naoyuki, Mochizuki Hiroyuki, Yokoyama Akihito, Yoshihara Shigemi, Tamaoki Jun

    RESPIRATORY INVESTIGATION   59 ( 3 )   270 - 290   2021年05月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2021.01.007

    PubMed

  • Th2 cells and macrophages cooperatively induce allergic inflammation through histamine signaling 査読

    Iwasaki Naruhito, Terawaki Seigo, Shimizu Kouhei, Oikawa Daisuke, Sakamoto Hirokazu, Sunami Kishiko, Tokunaga Fuminori

    PLOS ONE   16 ( 3 )   e0248158   2021年03月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0248158

    PubMed

  • Differences in hearing levels between siblings with hearing loss caused by GJB2 mutations 査読

    Fujioka Masato, Hosoya Makoto, Nara Kiyomitsu, Morimoto Noriko, Sakamoto Hirokazu, Otsu Masahide, Nakano Atsuko, Arimoto Yukiko, Masuda Sawako, Sugiuchi Tomoko, Masuda Shin, Morita Noriko, Ogawa Kaoru, Kaga Kimitaka, Matsunaga Tatsuo

    AURIS NASUS LARYNX   47 ( 6 )   938 - 942   2020年12月( ISSN:0385-8146

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.anl.2020.05.008

    PubMed

  • Macrophages produce histamine through the interaction with antigen-specific Th2 cells 査読

    Iwasaki N., Terawaki S., Sakamoto H., Sunami K., Tokunaga F.

    ALLERGY   75   41 - 41   2020年08月( ISSN:0105-4538

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Safety profile and immunological response of dual sublingual immunotherapy with house dust mite tablet and Japanese cedar pollen tablet 査読

    Gotoh Minoru, Okubo Kimihiro, Yuta Atsushi, Ogawa Yukiko, Nagakura Hitoshi, Ueyama Shigehiro, Ueyama Tomoyo, Kawashima Kayoko, Yamamoto Masashi, Fujieda Shigeharu, Sakashita Masafumi, Sakamoto Hirokazu, Iwasaki Naruhito, Mori Eri, Endo Tomonori, Ohta Nobuo, Kitazawa Hiroshi, Okano Mitsuhiro, Asako Mikiya, Takada Masami, Terada Tetsuya, Inaka Yuko, Yonekura Syuji, Matsuoka Tomokazu, Kaneko Shinya, Hata Hiroki, Hijikata Nagisa, Tanaka Hisataka, Masuyama Keisuke, Okamoto Yoshitaka

    一般社団法人日本アレルギー学会 ALLERGOLOGY INTERNATIONAL   69 ( 1 )   104 - 110   2020年01月( ISSN:1323-8930

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><i>Background:</i> There have been no studies of dual administration of sublingual immunotherapy (SLIT) tablets for perennial and seasonal allergic rhinitis. This trial (JapicCTI-184014) was conducted to investigate the safety profile and immunological response during dual therapy with SQ house dust mite (HDM) and Japanese cedar pollen (JCP) SLIT tablets.</p><p><i>Methods:</i> This was a multicenter, open-label, randomized trial of 109 Japanese patients with coexisting HDM and JCP allergic rhinitis who had positive tests for HDM- and JCP specific IgE (≥0.7 kU/L). Patients were allocated to receive HDM (N = 54) or JCP (N = 55) SLIT tablets alone for 4 weeks followed by 8 weeks of dual therapy with both SLIT tablets administered within 5 min of each other. Adverse events (AEs), adverse drug reactions (ADRs), and serum IgE and IgG4 specific for HDM (<i>Dermatophagoides farinae</i>, <i>Dermatophagoides pteronyssinus</i>) and JCP were recorded.</p><p><i>Results:</i> The percentage of subjects with AEs and ADRs was similar between the two groups and between the two periods of monotherapy and dual therapy. Most AEs and ADRs were mild in severity, and no serious events were observed. The most common ADRs were local events in the oral cavity. Levels of IgE and IgG4 specific for HDM (<i>D. farinae</i>, <i>D. pteronyssinus</i>) and JCP were increased after treatment with HDM and JCP SLIT tablets, respectively.</p><p><i>Conclusions:</i> Dual therapy with both SLIT tablets administered within 5 min after 4 weeks of monotherapy with HDM or JCP tablet was well tolerated and induced the expected immunological responses.</p>

    DOI: 10.1016/j.alit.2019.07.007

    CiNii Article

  • A clinical and genetic study of 16 Japanese families with Waardenburg syndrome 査読

    Minami Shujiro B., Nara Kiyomitsu, Mutai Hideki, Morimoto Noriko, Sakamoto Hirokazu, Takiguchi Tetsuya, Kaga Kimitaka, Matsunaga Tatsuo

    GENE   704   86 - 90   2019年07月( ISSN:0378-1119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gene.2019.04.023

    PubMed

  • 耳鼻咽喉科の立場から 喉頭アレルギー・好酸球性副鼻腔炎 査読

    阪本 浩一

    特定非営利活動法人 日本気管食道科学会 日本気管食道科学会会報   70 ( 2 )   112 - 115   2019年( ISSN:0029-0645

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.2468/jbes.70.112

    CiNii Article

  • 喉頭アレルギーの診断と治療 査読

    阪本 浩一

    一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会 日本耳鼻咽喉科学会会報   122 ( 1 )   70 - 72   2019年( ISSN:0030-6622

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.3950/jibiinkoka.122.70

    CiNii Article

  • 無舌症児の構音獲得に関する一考察 査読

    住友 亜佐子, 阪本 浩一, 波多野 博顕, 田中 義之, 大津 雅秀

    日本音声言語医学会 音声言語医学   59 ( 3 )   251 - 259   2018年07月( ISSN:0030-2813

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は3歳10ヵ月男児で、生後よりチアノーゼを認め、救急搬送された。生後0日の口腔咽頭所見では、口腔内に正常舌は認めず、舌根部にわずかに隆起を認めるのみであった。また小顎高位口蓋を認めた。口峡はきわめて狭小で、気道はピンホール様で正常形態に近い口蓋垂の左右にわずかな交通を認めるのみであった。酸素投与なしではチアノーゼが改善せず、生後56日に気管切開術を施行した。言語聴覚士(ST)は、生後91日より哺乳困難を主訴に介入したが、乳首や姿勢の調整を行うことで11ヵ月時には全量経口哺乳が確立した。3歳10ヵ月まで継続的に経過を追い、コミュニケーション支援を行った。構音獲得の経過を追い、動態の観察、母音のフォルマント分析を行い、X線透視および音響学的分析により残存機能を駆使しながら構音獲得していることを確認した。構音獲得の速度は過去の報告例に比して遅れ、これらは気管切開による口腔への呼気流量不足が関連していると考えられた。

  • 慢性耳鳴症例における自律神経機能検査の有用性について 第2報 査読

    阪本 浩一, 井口 広義, 春田 友佳, 加藤 匠子, 坂下 哲史, 髙野 さくらこ, 小杉 祐季, 中山 裕美, 木下 智美, 友江 達矢

    一般社団法人 日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   61 ( 5 )   341 - 341   2018年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.61.341

    CiNii Article

  • 当科 TRT 外来初診時における  "標準耳鳴検査法 1993"  の問診結果について 査読

    加藤 匠子, 井口 広義, 坂下 哲史, 阪本 浩一, 春田 友佳, 髙野 さくらこ, 小杉 祐季, 中山 裕美, 木下 智美, 友江 達矢

    一般社団法人 日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   61 ( 5 )   330 - 330   2018年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.61.330

    CiNii Article

  • 難聴の遺伝的要因と乳幼児期早期の臨床的特徴の関係 査読

    松永 達雄, 有本 友季子, 守本 倫子, 森田 訓子, 阪本 浩一, 小島 敬史, 南 修司郎, 加我 君孝, 橋本 省, 瀧口 哲也, 増田 佐和子, 三澤 逸人, 仲野 敦子

    一般社団法人 日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   61 ( 5 )   478 - 478   2018年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.61.478

    CiNii Article

  • 無舌症児の構音獲得に関する一考察 査読

    住友 亜佐子, 阪本 浩一, 波多野 博顕, 田中 義之, 大津 雅秀

    日本音声言語医学会 音声言語医学   59 ( 3 )   251 - 259   2018年( ISSN:0030-2813

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>無舌症はきわめてまれな疾患であり,本邦での報告は渉猟した限りでは10例に満たない.また,就学以降の無舌症児の構音状態に関する報告はなされているが,出生時から構音獲得までのコミュニケーション支援を含めた過程を報告したものはない.今回われわれは無舌で出生し気管切開を余儀なくされた児の構音獲得について出生直後から医師,言語聴覚士(Speech-Language-Hearing-Therapist: ST)のチームで現在まで継続的に経過を追い,X線透視による構音動態,母音のフォルマント分析を行う機会を得た.3歳10ヵ月までの経過と介入について報告し,無舌症児の構音獲得過程,構音動態および気管切開の影響について考察した.</p>

    DOI: 10.5112/jjlp.59.251

    CiNii Article

  • 慢性耳鳴症例における自律神経機能検査の有用性について 第1報 査読

    春田 友佳, 井口 広義, 阪本 浩一, 坂下 哲史, 加藤 匠子, 髙野 さくらこ, 小杉 祐季, 中山 裕美, 木下 智美, 友江 達矢

    一般社団法人 日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   61 ( 5 )   340 - 340   2018年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.61.340

    CiNii Article

  • 喉頭結核の臨床的検討 当科での経験 査読

    大石 賢弥, 岡本 幸美, 阪本 浩一, 井口 広義

    日本喉頭科学会 喉頭   29 ( 2 )   81 - 84   2017年12月( ISSN:0915-6127

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    10年間に診断された頭頸部領域の結核47症例のうち、喉頭結核12症例(男性5例、女性7例、平均年齢57歳)について報告した。喉頭結核は頸部リンパ節に次いで2番目に多く、主訴は嗄声8例、咽頭痛5例、咳嗽3例、喉頭違和感2例であり、病型は全例肉芽腫型であった。全例肺結核を合併し、3例が免疫能低下と関連しうる合併症を有していた。結核の検査方法として、5例に病理組織検査、8例にPCR検査、11例に抗酸菌培養検査が行われ、初診日から喉頭結核の診断を得るまでの日数は中央値16日であった。喉頭結核は嗄声、慢性咳嗽という耳鼻咽喉科で日常的にみられる症候で発見される可能性があり、高率に肺結核を合併していることから、耳鼻咽喉科医は常に結核感染症の可能性を念頭に置き、公衆衛生上の観点からも迅速に診断、治療を行う必要があると考えられた。

  • ムコ多糖症の聴覚障害 査読

    高野 さくらこ, 阪本 浩一, 坂下 哲史, 岡本 幸美, 小杉 祐季, 井口 広義

    (一社)日本耳科学会 Otology Japan   27 ( 5 )   706 - 712   2017年12月( ISSN:0917-2025

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ムコ多糖症(Mucopolysaacharidoses:MPS)は、ライソゾーム酵素の欠損により、ムコ多糖が細胞内に蓄積する先天代謝異常症である。比較的まれな遺伝性疾患である。MPSは、結合組織を中心にムコ多糖が蓄積することにより進行性の症状が起こる。耳鼻咽喉領域では反復性・難治性の慢性中耳炎、難聴、上気道狭窄がある。MPSの治療は対症療法、酵素補充療法(ERT)・造血幹細胞移植(HCT)の原因療法である。対象は当科外来を受診し聴力検査を行ったMPS患者31名であり、初回聴力検査を行った年齢は平均12.1歳であった。聴力、ERT・HCTの有無、中耳炎の有無、聴力経過について検討した。初回聴力検査では混合性難聴が44%と最も多く、中等度難聴が45%であった。聴力経過をおった26例中(平均観察10.8年)、聴力悪化例は42%、改善例が19%であったが、HCT歴のある患者では難聴の進行が抑制されている傾向にあった。MPSは早期治療開始が患者の予後に影響するため、早期診断が非常に重要である。(著者抄録)

  • WFS1 and GJB2 mutations in patients with bilateral low-frequency sensorineural hearing loss. 査読

    Kasakura-Kimura N, Masuda M, Mutai H, Masuda S, Morimoto N, Ogahara N, Misawa H, Sakamoto H, Saito K, Matsunaga T

    The Laryngoscope   127 ( 9 )   E324 - E329   2017年09月( ISSN:0023-852X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/lary.26528

    PubMed

  • 小児の言語聴覚障害への対応 早期診断から療育へ 耳鼻咽喉科外来を「ことばの問題」を主訴に受診した小児の現況と問題点 査読

    阪本 浩一, 大津 雅秀

    日本音声言語医学会 音声言語医学   58 ( 2 )   171 - 176   2017年04月( ISSN:0030-2813

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    4年間に言語の遅れ、発音の不明瞭さなどの「ことばの問題」で紹介受診した167例(男児111名、女児56名、平均2.99±1.77歳)を対象とした。聴力評価を行い、23例(14%)は少なくとも片側に4分法平均聴力30dB以上の難聴が存在していると考えられ、滲出性中耳炎によるもの10例、次いで両側中等度難聴5例、両側高度難聴3例、一側性難聴3例、一側高度一側中等度難聴2例であった。滲出性中耳炎が難聴の原因と考えられた10例において、合併症として全体発達の遅れを6例に認め、年長の6歳児、7歳児の2例は粘膜下口蓋裂、ダウン症も合併していた。他の4例は、言語発達遅滞のみを認めた。外科的処置として、全例に鼓膜チューブ留置、1例のみ扁桃摘出術を施行した。滲出性中耳炎を除いた難聴例13例で、補聴器の装用が必要であったのは10例で、9例が補聴器、1例に人工内耳の装用が必要であった。聴力正常範囲と判断された144例は、精神発達遅滞50例、広汎性発達障害47例、言語発達遅滞、構音障害35例、不明12例であった。

  • 耳鼻咽喉科外来を「ことばの問題」を主訴に受診した小児の現況と問題点 査読

    阪本 浩一, 大津 雅秀

    日本音声言語医学会 音声言語医学   58 ( 2 )   171 - 176   2017年( ISSN:0030-2813

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>「ことばの問題」を主訴に受診した小児について,難聴の有無とその原因に関する検討を行った.当科を「ことばの問題」で受診した167例(男児111例,女児56例)を対象とした.平均年齢は2.99歳±1.77歳であった.これらの症例に,年齢発達に応じた,聴力検査を適宜組み合わせて聴力評価を行った.また,言語聴覚士による言語評価,発達検査を行った.少なくとも片側30 dB以上の難聴が存在していると考えられた症例は,23例(14%)であった.原因で最も多いのは滲出性中耳炎10例(43%),次いで両側中等度難聴5例(22%),両側高度難聴3例(13%),一側性難聴3例(13%),一側高度一側中等度難聴2例(9%)であった.滲出性中耳炎を除いた難聴例13例のうち,10例で補聴器の装用が必要であった.一方,聴力正常範囲と判断された144例の診断は,精神発達遅滞が50例(35%),広汎性発達障害47例(33%),言語発達遅滞,構音障害が35例(24%),不明12例(8%)であった.結果より難聴児の検査体制の整備,特に1歳6ヵ月での耳鼻科検診の重要性が再認識された.</p>

    DOI: 10.5112/jjlp.58.171

    CiNii Article

  • ムコ多糖症の聴覚障害 査読

    高野 さくらこ, 阪本 浩一, 坂下 哲史, 岡本 幸美, 小杉 祐季, 井口 広義

    一般社団法人 日本耳科学会 Otology Japan   27 ( 5 )   706 - 712   2017年( ISSN:0917-2025

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>ムコ多糖症(Mucopolysaacharidoses:MPS)は、ライソゾーム酵素の欠損により、ムコ多糖が細胞内に蓄積する先天代謝異常症である。比較的まれな遺伝性疾患である。MPSは、結合組織を中心にムコ多糖が蓄積することにより進行性の症状が起こる。耳鼻咽喉領域では反復性・難治性の慢性中耳炎、難聴、上気道狭窄がある。MPSの治療は対症療法、酵素補充療法(ERT)・造血幹細胞移植(HCT)の原因療法である。</p><p>対象は当科外来を受診し聴力検査を行ったMPS患者31名であり、初回聴力検査を行った年齢は平均12. 1歳であった。聴力、ERT・HCTの有無、中耳炎の有無、聴力経過について検討した。初回聴力検査では混合性難聴が44%と最も多く、中等度難聴が45%であった。聴力経過をおった26例中(平均観察10. 8年)、聴力悪化例は42%、改善例が19%であったが、HCT歴のある患者では難聴の進行が抑制されている傾向にあった。MPSは早期治療開始が患者の予後に影響するため、早期診断が非常に重要である。</p>

    DOI: 10.11289/otoljpn.27.706

    CiNii Article

  • Pendred 症候群/DFNB4 (PDS) の変動性難聴の自然経過に関する検討 査読

    藤岡 正人, 森田 訓子, 井上 真規, 増田 佐和子, 加我 君孝, 小川 郁, 松永 達雄, 細谷 誠, 佐山 章子, 仲野 敦子, 杉内 智子, 岡本 康秀, 高木 明, 阪本 浩一, 守本 倫子

    日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   60 ( 5 )   434 - 434   2017年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.60.434

    CiNii Article

  • Fabry 病の聴覚障害についての検討 査読

    髙野 さくらこ, 坂下 哲史, 阪本 浩一, 小杉 祐季, 加藤 匠子, 春田 友佳, 中山 裕美, 木下 智美, 井口 広義

    日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   60 ( 5 )   435 - 435   2017年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.60.435

    CiNii Article

  • LOXHD1遺伝子の複合ヘテロ接合性変異を伴う難聴の日本人家族の臨床的特徴(Clinical characteristics of a Japanese family with hearing loss accompanied by compound heterozygous mutations in LOXHD1) 査読

    Minami Shujiro B., Mutai Hideki, Namba Kazunori, Sakamoto Hirokazu, Matsunaga Tatsuo

    (一社)日本耳鼻咽喉科学会 Auris・Nasus・Larynx   43 ( 6 )   609 - 613   2016年12月( ISSN:0385-8146

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    標的化次世代シークエンシング(NGS)を用いて、ミスセンス変異を含むLOXHD1の新規2変異の複合ヘテロ接合体を同定し、患者の臨床的特徴を報告した。常染色体劣性感音難聴である家族3世代の7例に対して遺伝子解析を行った。4例のゲノムを標的化NGSで解析し、3例をSangerシーケンシングで解析した。条件詮索反応聴力検査と標準純音聴力検査を用いて聴力を評価した。LOXHD1蛋白質におけるPLATドメインの分子モデリングのためにSWISS-MODELを用いた。1歳女児は重度、7歳女児は軽度高周波難聴で、LOXHD1においてc.5674G>T[p.V1892F]とc.4212+1G>Aに対して複合ヘテロ接合性で、常染色体劣性非症候性難聴DFNB77の原因となった。本症例は既報のLOXHD1変異を有する症例よりも聴覚障害が軽度であったが、難聴が進行傾向にあった。

  • Clinical characteristics of a Japanese family with hearing loss accompanied by compound heterozygous mutations in LOXHD1. 査読

    Minami SB, Mutai H, Namba K, Sakamoto H, Matsunaga T

    Auris, nasus, larynx   43 ( 6 )   609 - 13   2016年12月( ISSN:0385-8146

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.anl.2016.02.010

    PubMed

  • アレルギー性鼻炎に対するフェキソフェナジン塩酸塩/塩酸プソイドエフェドリン配合錠の投与法に関する検討 査読

    古閑 紀雄, 阪本 浩一, 林 拓二, 梶本 康幸, 原 聡

    耳鼻咽喉科臨床学会 耳鼻咽喉科臨床   109 ( 11 )   781 - 786   2016年11月( ISSN:0032-6313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    鼻閉に対して、速やかに鼻噴霧用ステロイド薬の効果を発現させるため、フェキソフェナジン塩酸塩/塩酸プソイドエフェドリン配合錠(FH/PF)併用によるスムーズな点鼻治療導入について検討した。2013年8月から2015年4月までに鼻閉を主訴に受診し、アレルギー性鼻炎と診断された29例(男性11例、女性18例、平均年齢51.2歳)を対象とした。モメタゾンフランカルボン酸エステル水和物(MFH)点鼻薬単独群(MFH群)と、FH/PFとMFH点鼻薬併用群(FH/PF+MFH群)の2群に分け、4週間観察した。試験開始時(0週)を起点として投与7日目、14日目、28日目に効果を評価した。MFH群ではMFH点鼻液を1日1回単独使用し、FH/PF+MFH群では2週目までFH/PFを1日2回、2週目からMFH点鼻液1日1回使用することとした。その結果、FH/PF+MFH群では鼻閉評価シート(鼻閉VAS)および下鼻甲介粘膜腫脹にて初診時に比べて28日目まで有意な改善を認めたが、MFH群では鼻閉VASにて初診時と28日目で有意差はなく、下鼻甲介粘膜腫脹も有意な改善を認めなかった。群間比較では7日目の鼻閉VASがMFH群で有意に低かった。有害事象は認めなかった。

  • 他覚的聴力検査 (ASSR、ABR、OAE) が自覚的聴力検査閾値と乖離した2症例の長期経過 査読

    阪本 浩一, 大津 雅秀

    日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   59 ( 5 )   531 - 532   2016年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.59.531

    CiNii Article

  • 小児心因性難聴の診断とその背景 査読

    阪本 浩一

    耳鼻咽喉科臨床学会 耳鼻咽喉科臨床   109 ( 12 )   890 - 891   2016年( ISSN:0032-6313

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.5631/jibirin.109.890

    CiNii Article

  • 当科における補聴器を用いた慢性耳鳴治療の現況について 査読

    小杉 祐季, 坂下 哲史, 加藤 匠子, 髙野 さくらこ, 春田 友佳, 中山 裕美, 木下 智美, 阪本 浩一, 井口 広義

    日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   59 ( 5 )   395 - 396   2016年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.59.395

    CiNii Article

  • 慢性耳鳴に対する音響療法による耳鳴のピッチの変動について 査読

    加藤 匠子, 坂下 哲史, 髙野 さくらこ, 小杉 祐季, 春田 友佳, 中山 裕美, 木下 智美, 阪本 浩一, 井口 広義

    日本聴覚医学会 AUDIOLOGY JAPAN   59 ( 5 )   497 - 498   2016年( ISSN:0303-8106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4295/audiology.59.497

    CiNii Article

  • Parry Romberg syndromeに限局性強皮症を合併した1小児例 査読

    笠井 和子, 水田 麻雄, 中岸 保夫, 阪本 浩一, 三好 麻里, 足立 厚子

    (一社)日本小児リウマチ学会 小児リウマチ   6 ( 1 )   69 - 72   2015年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Parry Romberg syndrome(PRS)は顔面半側が進行性に萎縮する稀な疾患である。今回我々はPRSと限局性強皮症を合併した小児例を経験したため、文献的考察を加えて報告する。症例は初診時7歳11ヵ月の女児。初診の5ヵ月前に右下口唇に線状の、また右下顎部に斑状の白色萎縮性局面が出現した。その後右上顎・右頬粘膜・舌右側へ白色病変の出現が拡大すると同時に、右頬部・下顎のびまん性の萎縮による右顔面の変形を認めるようになった。白色萎縮性局面の生検結果で真皮内の炎症細胞浸潤と膠原線維の肥厚・沈着を認めたことより、限局性強皮症と診断された。また、右顔面のびまん性萎縮を認めたことおよび病変の範囲や性状よりPRSとも診断された。この両所見を合わせて、本症例は限局性皮強症とPRSの合併症例と診断した。PRSは稀ではあるが、限局性強皮症を合併する疾患として小児科医も認識しておく必要があると思われた。(著者抄録)

  • High prevalence of CDH23 mutations in patients with congenital high-frequency sporadic or recessively inherited hearing loss. 査読

    Mizutari K, Mutai H, Namba K, Miyanaga Y, Nakano A, Arimoto Y, Masuda S, Morimoto N, Sakamoto H, Kaga K, Matsunaga T

    Orphanet journal of rare diseases   10   60   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13023-015-0276-z

    PubMed

  • 小児睡眠時無呼吸症候群の手術前後におけるQOL質問紙表(OSA18:日本語版)の有用性と問題点 査読

    阪本 浩一, 大津 雅秀

    日本口腔・咽頭科学会 口腔・咽頭科   27 ( 2 )   191 - 197   2014年06月( ISSN:0917-5105

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    口蓋扁桃摘出、アデノイド切除の前後にOSA-18による評価を行い、スコアの変化について検討した。また、アプノモニターによるAHI、SpO2の値との関連も検討した。対象は、2008年から2013年に当科にてアデノイド、扁桃摘出術を施行した144例。男児99例、女児45例。アプノモニターは、AHIは129例で、SpO2は132例で測定された。術前OSA-18の総スコアは平均59.7±20.1であった。術後のスコアは、平均30.3±10.7点で有意なスコアの低下を認めた。術前AHIは21.0±13.7回/hr、SpO2<90%は4.9±10.8%、SpO2最低値は、72.8±16.6%であった。術後には、AHIは6.6±5.5回/hr、SpO2<90%は1.0±2.4%と低下し、SpO2最低値は、77.9±17.3%と上昇した。AHIとSpO2<90%に有意な改善を認めた。AHIとOSA-18は、総合スコアで相関係数0.52(p<0.0001)と良好な正の相関を示した。小児の睡眠呼吸障害の診断治療にあたって、OSA-18は、診断、治療効果の判定に有用である。(著者抄録)

  • Subgroups of enlarged vestibular aqueduct in relation to SLC26A4 mutations and hearing loss. 査読

    Okamoto Y, Mutai H, Nakano A, Arimoto Y, Sugiuchi T, Masuda S, Morimoto N, Sakamoto H, Ogahara N, Takagi A, Taiji H, Kaga K, Ogawa K, Matsunaga T

    The Laryngoscope   124 ( 4 )   E134 - 40   2014年04月( ISSN:0023-852X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/lary.24368

    PubMed

  • GJB2-associated hearing loss undetected by hearing screening of newborns. 査読

    Minami SB, Mutai H, Nakano A, Arimoto Y, Taiji H, Morimoto N, Sakata H, Adachi N, Masuda S, Sakamoto H, Yoshida H, Tanaka F, Morita N, Sugiuchi T, Kaga K, Matsunaga T

    Gene   532 ( 1 )   41 - 5   2013年12月( ISSN:0378-1119

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gene.2013.08.094

    PubMed

  • 頭頸部領域 査読

    河邉 讓治, 阪本 浩一, 塩見 進

    核医学   44 ( 3 )   2007年10月( ISSN:00227854

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 原発癌の検索にFDG-PETが有用であった1例 査読

    佐藤 孝至, 田頭 宣治, 堀部 よし恵, 谷川 徹, 中尾 芳雄, 阪本 浩一

    耳鼻咽喉科臨床学会 耳鼻咽喉科臨床. 補冊 = Practica otologica. Suppl.   ( 117 )   135 - 139   2006年01月( ISSN:09121870

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Two cases of maxillary cancer with a similar clinical course and imaging findings but markedly different levels of FDG uptake 査読

    Kawabe J, Higashiyama S, Torii K, Kurooka H, Hayashi T, Oe A, Kotani J, Kawamura E, Wanibuchi H, Sakamoto H, Shiomi S

    CLINICAL NUCLEAR MEDICINE   30 ( 12 )   810 - 812   2005年12月( ISSN:0363-9762

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Two cases of maxillary cancer with a similar clinical course and imaging findings but markedly different levels of FDG uptake. 査読

    Kawabe J, Higashiyama S, Torii K, Kurooka H, Hayashi T, Oe A, Kotani J, Kawamura E, Wanibuchi H, Sakamoto H, Shiomi S

    Clinical nuclear medicine   30 ( 12 )   810 - 2   2005年12月( ISSN:0363-9762

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【詳しく知りたい!舌下免疫療法】ダニの舌下免疫療法の効果 査読

    阪本 浩一

    (株)全日本病院出版会 ENTONI   ( 250 )   47 - 52   2020年10月( ISSN:1346-2067

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    2015年にダニ舌下免疫療法が本邦で保険適用になって5年が経過した。ダニ舌下免疫療法の臨床例も3年の経過症例が徐々に増加しつつあり、その臨床効果が明らかになりつつある。2014年に舌下液であるシダトレンの発売によって始まったスギ舌下免疫療法と比較し、ダニの舌下免疫療法その普及の速度は遅かった。その後、2018年2月の小児適応の拡大を経て、特に小児領域で実施例が増加している。本稿では、2016年7月から積極的にダニ舌下免疫を実施してきた当科の舌下免疫療法201例の導入の現状を報告し、最初期にダニ舌下免疫を施行した20例の3年以上の観察結果について報告することで、ダニ舌下免疫療法の長期経過、効果を報告した。3年の継続率は60%であり、3年治療を継続した13例の総括的状態の3年目の改善率は改善54%、改善・軽度改善で70%を示した。ダニ舌下免疫療法は長期継続が可能で有効性が期待できる治療法である。(著者抄録)

  • 【フローチャートと検査一覧で ひと目でわかる耳鼻咽喉科診療】耳科編 機能性難聴 心因性難聴,聴覚情報処理障害,学習障害 査読

    阪本 浩一

    (株)医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科   92 ( 5 )   047 - 052   2020年04月( ISSN:0914-3491

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <文献概要>ここを押さえておこう ●機能性難聴は,自覚症状を持つ場合,持たない場合の両方が存在する.その難聴は両側,片側,伝音性,感音性難聴のどんなパターンもありうる.そのため,小児ではもちろん,成人でも難聴を訴えるすべての症例において鑑別として考えるべき疾患である.●機能性難聴の鑑別診断には,歪成分耳音響放射(DP-OAE)検査が有用である.確定診断には聴性脳幹反応(ABR)検査,聴性定常反応(ASSR)検査を行う.●機能性難聴の背景に,自覚症状に乏しい発達の遅れや凹凸を持つ児童・生徒が多い.聞き違い,聞き取りにくさを持つ児童も存在する.このなかに,聴覚情報処理障害や,読み書き困難をはじめとする学習障害を持った児童が含まれることがある2,3).●児童・生徒の「しんどさ」が機能性難聴に現れているとも考えられ,そのサインを丁寧に汲み取って,必要な支援に繋げたい.

  • 【日常診療に活かせるアレルギーの知識】耳鼻咽喉科医が知っておきたいアレルギー疾患 喉頭アレルギーとアトピー咳嗽 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 JOHNS   36 ( 3 )   329 - 333   2020年03月( ISSN:0910-6820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【日常診療に役立つ新生児外科系疾患の知識】耳鼻咽喉科 頸部腫瘤 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 周産期医学   50 ( 2 )   173 - 176   2020年02月( ISSN:0386-9881

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【花粉症と周辺疾患】喉頭アレルギーの診断と治療 査読

    阪本 浩一

    (株)北隆館 アレルギーの臨床   40 ( 2 )   107 - 110   2020年02月( ISSN:0285-6379

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    花粉症の時期に、喉頭症状を訴える患者に遭遇することは多い。このように、慢性咳嗽、咽喉頭異常感を主訴とする、喉頭におけるI型慢性アレルギーを咽頭アレルギーとして、診断基準の提案が行われてきた。近年、日本耳鼻咽喉科学会誌の専門医通信や、日本呼吸器学会による咳嗽・喀痰ガイドラインへの掲載など耳鼻咽喉科、呼吸器内科に一定の認知は得られつつある。本稿では、喉頭アレルギーの概念、診断基準、治療について最新のガイドラインの内容に触れつつ解説する。(著者抄録)

  • 【医療情報をどう活用するか】地域花粉情報をどう活用するか 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 JOHNS   35 ( 10 )   1477 - 1479   2019年10月( ISSN:0910-6820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【発達障害と耳鼻咽喉科】機能性難聴と発達障害 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 JOHNS   35 ( 7 )   851 - 857   2019年07月( ISSN:0910-6820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【せき・たん-鑑別診断のポイントと治療戦略-】喉頭アレルギー 査読

    阪本 浩一

    (株)全日本病院出版会 ENTONI   ( 232 )   29 - 34   2019年05月( ISSN:1346-2067

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    耳鼻咽喉科を受診する慢性咳嗽患者は、呼吸器内科を受診する慢性咳嗽患者とは原因疾患の頻度が異なっており、1位は胃食道酸逆流(GERD)、続いて後鼻漏症候群と喉頭アレルギーが続く。呼吸器内科と異なり咳喘息の診断は非常に少ない。耳鼻咽喉科領域の慢性咳嗽の原因の1つに、喉頭におけるI型慢性アレルギー疾患である喉頭アレルギーがある。日本喉頭科学会の喉頭アレルギー診断基準検討委員会により診断基準が提唱されている。乾性咳嗽か咽喉頭異常感を主訴とし、アトピー素因があり、喉頭の器質的疾患が否定され、喘息、咳喘息の下気道疾患が否定され、ヒスタミンH1拮抗薬が有効であることを条件としている。喉頭アレルギーの治療は、ヒスタミンH1受容体拮抗薬が治療的診断を含めて第一選択である。効果に乏しい場合、吸入ステロイドの使用も考慮する。しかし、最初に使用すると、咳喘息など下気道疾患との鑑別が難しくなることに留意する。鼻症状、特に水様性の後鼻漏のコントロールに点鼻ステロイドが有効であり、併用が望ましい。(著者抄録)

  • 好酸球性疾患・アレルギー性疾患 各領域の立場から考える 耳鼻咽喉科の立場から 喉頭アレルギー・好酸球性副鼻腔炎 査読

    阪本 浩一

    (NPO)日本気管食道科学会 日本気管食道科学会会報   70 ( 2 )   112 - 115   2019年04月( ISSN:0029-0645

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 小児アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法 査読

    阪本 浩一

    (一社)大阪小児科医会 大阪小児科医会会報   ( 189 )   7 - 8   2019年04月( ISSN:2189-4736

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【今さら聞けないかぜ診療のABC】かぜを治す 小児のかぜの薬物療法 査読

    阪本 浩一

    (株)医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科   90 ( 11 )   940 - 943   2018年10月( ISSN:0914-3491

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <文献概要>Point ▼感冒とは,上気道の急性のウイルス感染症と考えられ,「鼻汁と鼻閉が主症状のウイルス性疾患で,筋肉痛などの全身症状がなく,熱はないか,あっても軽度なもの(おおむね38.5℃未満)を指す」とされている。▼鼻汁,鼻閉を引き起こすのは,ウイルスによる鼻副鼻腔炎と考えられる。▼かぜの多くは自然治癒すること,抗菌薬の投与や対症療法に関するエビデンスでは,これらの有用性は必ずしも示されていないことを念頭におく。▼対症療法は,副作用を考えて適切な薬剤を,最低限使用するにとどめる。鼻汁の吸引は効果的な治療法で,家庭で実施可能である。

  • 【ちょっと気になる新生児-お母さんの不安に答える】頭・顔・口・首の異常 頭部のふくらみ・変色 査読

    阪本 浩一朗, 下地 一彰

    (株)東京医学社 周産期医学   47 ( 9 )   1089 - 1092   2017年09月( ISSN:0386-9881

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【ちょっと気になる新生児-お母さんの不安に答える】頭・顔・口・首の異状 首のふくらみ 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 周産期医学   47 ( 9 )   1113 - 1116   2017年09月( ISSN:0386-9881

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 好酸球 査読

    岩崎 成仁, 阪本 浩一

    (株)メディカルレビュー社 鼻アレルギーフロンティア   17 ( 2 )   74 - 76   2017年08月( ISSN:1346-1966

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【外来から帰してはいけない患者-症状からみた対応と病院に送るタイミング】症状からみた対応と病院に送るタイミング 咳 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 JOHNS   33 ( 5 )   617 - 621   2017年05月( ISSN:0910-6820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ケミカルメディエーター遊離抑制薬はどのような患者の治療に有効か 査読

    阪本 浩一

    (株)メディカルレビュー社 鼻アレルギーフロンティア   17 ( 1 )   22 - 22   2017年02月( ISSN:1346-1966

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • アレルギー性鼻炎患者に点鼻用血管収縮薬はどのように使用すれば良いか 査読

    阪本 浩一

    (株)メディカルレビュー社 鼻アレルギーフロンティア   17 ( 1 )   23 - 23   2017年02月( ISSN:1346-1966

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 小児心因性難聴の診断とその背景 査読

    阪本 浩一

    耳鼻咽喉科臨床学会 耳鼻咽喉科臨床   109 ( 12 )   890 - 891   2016年12月( ISSN:0032-6313

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 平成26年度「人工内耳実態調査」に関する報告 平成26年度1年間のまとめ 査読

    伊藤 壽一, 守本 倫子, 神田 幸彦, 麻生 伸, 阪本 浩一, 新谷 朋子, 中澤 操, 森田 訓子, 福祉医療・乳幼児委員会

    (一社)日本耳鼻咽喉科学会 日本耳鼻咽喉科学会会報   119 ( 7 )   1086 - 1094   2016年07月( ISSN:0030-6622

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 手術手技 私が愛用する手術器具 バイポーラシザース 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 JOHNS   32 ( 5 )   661 - 663   2016年05月( ISSN:0910-6820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【聴覚異常感をどう診る・どう治す】学童期の聴覚異常感 査読

    阪本 浩一

    (株)全日本病院出版会 ENTONI   ( 188 )   53 - 58   2016年01月( ISSN:1346-2067

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    学童期を中心に耳鳴、耳閉感をはじめとする聴覚異常感を訴える小児を経験することがある。成人の場合は、耳鳴・耳閉感は、難聴をはじめとする器質性疾患に伴うことが多い。小児の場合は、急性突発性難聴の原因に心因性難聴が多くを占めるという特徴がある。また、ムンプス難聴、遺伝性難聴など原因の判明する疾患が成人に比べて多い。学童期にみられる急性発症の難聴の診断にあたっては、その難聴が機能性である可能性を常に考え、OAE、ABR、ASSRなどの他覚的聴力検査を考慮すべきである。また、急性に悪化、変動を繰り返す難聴の原因に遺伝性難聴の存在が知られている。特に、側頭骨CTで前庭水管拡大をきたし、SLC26A4遺伝子の変異によるPendred症候群が重要である。小児の聴覚異常感の特徴は、特に年少児の場合は自ら訴えることが少ないこと。その訴えに対して、丁寧な対応を行うことが必要である。診断にあたっては、器質的な疾患の除外が重要で、まず局所所見を観察し、伝音性難聴をきたし小児で多くみられる滲出性中耳炎による耳閉感を除外することを忘れてはならない。(著者抄録)

  • 【耳鼻咽喉科薬物療法2015】耳鼻咽喉科の疾患・症候別薬物療法 慢性咳嗽、遷延性咳嗽 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 JOHNS   31 ( 9 )   1334 - 1337   2015年09月( ISSN:0910-6820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【こんなときの対応法がわかる 耳鼻咽喉科手術ガイド】口腔咽頭・唾液腺の手術 扁桃アデノイド手術 査読

    阪本 浩一

    (株)医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科   87 ( 5 )   149 - 155   2015年04月( ISSN:0914-3491

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【咽喉頭異常感の疑問に答える】喉頭アレルギーの関連について教えてください 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 JOHNS   31 ( 1 )   29 - 34   2015年01月( ISSN:0910-6820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【アレルギー用薬の上手な使い方】《アレルギー用薬を処方する際のポイント》 喉頭アレルギーへの薬物治療 査読

    阪本 浩一

    (株)医学書院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科   86 ( 3 )   238 - 244   2014年03月( ISSN:0914-3491

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <POINT>喉頭アレルギーは,喉頭のI型慢性アレルギー疾患であり,原因抗原により季節性,通年性に分類され,それぞれ,診断基準が提唱されている。喉頭アレルギーの鑑別診断として,胃食道酸逆流症(GERD),後鼻漏症候群が重要である。喉頭アレルギーの治療として,ヒスタミンH1拮抗薬が有効である。吸入ステロイド薬も有効であるが,咳喘息などの呼吸器疾患との鑑別を十分につけてから使用する必要がある。後鼻漏の合併,特に,鼻アレルギーとの合併時に点鼻ステロイドの併用が有用である。(著者抄録)

  • Question & Answer(第6回) 幼児の花粉症治療におけるポイントと注意点について教えてください 査読

    阪本 浩一

    (株)メディカルレビュー社 鼻アレルギーフロンティア   14 ( 1 )   38 - 39   2014年01月( ISSN:1346-1966

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【小児の痛みについて考える】小児の耳鼻咽喉科領域の痛み 査読

    阪本 浩一

    (株)日本小児医事出版社 小児科臨床   66 ( 12 )   2359 - 2365   2013年12月( ISSN:0021-518X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【のどの異常感】後鼻漏とのどの異常感 査読

    阪本 浩一

    (株)全日本病院出版会 ENTONI   ( 160 )   16 - 22   2013年11月( ISSN:1346-2067

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    後鼻漏は、慢性咳嗽・咽喉頭異常感をきたす疾患で、喉頭アレルギーの鑑別疾患としても重要である。従来、後鼻漏は慢性副鼻腔炎に伴う粘膿性のものが知られていたが、現在では、慢性副鼻腔炎の減少とアレルギー性鼻炎の増加から、アレルギー性鼻炎に伴う、水様性の後鼻漏の頻度が高まっている。後鼻漏には、後鼻漏感と視診にて咽頭に後鼻漏を認めるものがあり、両者は必ずしも一致しない。また、後鼻漏がすべて咽喉頭異常感を引き起こすのではなく、当科の症例では後鼻漏に異常感を認めたのは71%であった。異常感の感じかたは、「詰まった」感じを示す例が多かったが、アレルギー性鼻炎によるものに「何かある感じ」「イガイガ感」を示す例が認められた。アレルギー性鼻炎に伴う後鼻漏は、喉頭アレルギーの鑑別診断の中でもっとも鑑別の難しい例であり、その鑑別について症例を示して解説した。(著者抄録)

  • 【耳鼻咽喉科領域とアレルギー】喉頭アレルギー 査読

    阪本 浩一

    (株)北隆館 アレルギーの臨床   33 ( 9 )   838 - 843   2013年08月( ISSN:0285-6379

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    喉頭アレルギーは、慢性咳嗽、咽喉頭異常感を2大症状とする喉頭の慢性I型アレルギーであり、最近その認知度は上している。喉頭アレルギーは、その原因抗原により、通年性と季節性に分類される。鑑別診断として、アトピー素因を有する慢性咳嗽疾患として、アトピー咳、咳喘息、胃食道酸逆流症、後鼻漏症候群が重要である。診断のため、診断基準の作成が継続的に行われており、現在、喉頭アレルギー診断基準2011年案が、通年性、季節性の別にそれぞれ、「きびしい」「あまい」の2種類作成されている。(著者抄録)

  • 【いつどのようにしてその治療を打ち切るか-エキスパートに聞く-】先天性喘鳴(喉頭軟弱症) 査読

    阪本 浩一

    金原出版(株) 小児科   54 ( 5 )   647 - 653   2013年04月( ISSN:0037-4121

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【耳鼻咽喉科における乳幼児診療Q&A】Q6 持続する粘膿性鼻漏にどう対処したら良いですか? 査読

    阪本 浩一

    (株)全日本病院出版会 ENTONI   ( 152 )   34 - 41   2013年04月( ISSN:1346-2067

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <Point>(1)持続する粘膿性鼻汁を観察した場合は、副鼻腔炎の存在、アレルギー性鼻炎の合併などの原因疾患の診断を行う。(2)原因に応じて薬物療法と鼻処置を併用する。セルフケアの指導も重要である。(著者抄録)

  • 乳幼児の呼吸障害に対する対応 3歳未満の睡眠時無呼吸症候群に対する手術療法の手技と術後管理、周辺疾患との関連まで 査読

    阪本 浩一

    日本小児耳鼻咽喉科学会 小児耳鼻咽喉科   33 ( 3 )   272 - 280   2012年12月( ISSN:0919-5858

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    小児の閉塞性睡眠時無呼吸症候群は,アデノイド増殖,口蓋扁桃肥大が原因であることが多く,手術治療が奏功する。しかしアデノイド切除,口蓋扁桃摘出術は,3歳未満の低年齢では,合併症の頻度が増加することが知られている。また,低年齢の乳幼児の呼吸障害では,喉頭軟化症,気管軟化症など様々な重複奇形の存在により修飾されることがある。本稿では,乳児期によく見られ,喘鳴を伴い,閉塞性睡眠時無呼吸と合併することのある喉頭軟弱症について当院の症例を用いて概説する。ついで当科で扁桃,アデノイド手術を行った3歳以下の症例について,手術とその手技,術後合併症について検討した。39例の分析で9.3%に術後合併症を認めた。低年齢児の睡眠時無呼吸症候群を取り扱う場合,病態の的確な理解と慎重な診断,手術に当たっては術後管理体制の構築が重要である。特に,麻酔科,小児外科との連携の重要性は強調しておきたい。(著者抄録)

  • 病診・診診連携(最終回) 慢性咳嗽の診断における呼吸器内科との連携 副鼻腔気管支症候群を一例として 査読

    阪本 浩一

    (株)メディカルレビュー社 鼻アレルギーフロンティア   12 ( 2 )   90 - 95   2012年05月( ISSN:1346-1966

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 慢性咳嗽研究の最先端 基礎から臨床へ 耳鼻咽喉科外来における慢性咳嗽の臨床 喉頭アレルギー・後鼻漏症候群を中心に 査読

    阪本 浩一

    (NPO)日本気管食道科学会 日本気管食道科学会会報   63 ( 2 )   99 - 101   2012年04月( ISSN:0029-0645

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【処置の達人になる】耳・鼻処置 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 小児外科   43 ( 2 )   173 - 179   2011年02月( ISSN:0385-6313

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【お母さんへの回答マニュアル耳鼻咽喉科Q&A 2010】鼻編 鼻出血・鼻汁・鼻閉 子どもが鼻づまりのためしょっちゅう口を開けていますが、何か支障はありますか? 査読

    阪本 浩一

    (株)東京医学社 JOHNS   26 ( 9 )   1376 - 1377   2010年09月( ISSN:0910-6820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <回答のポイント>1)鼻閉に伴う口呼吸を母親が訴えた場合、その頻度、状態を把握する。口を開けている(口呼吸)のが一時的であれば心配ない。2)鼻の機能の重要性を説明する。3)鼻閉の原因を、鼻によるもの、アデノイドによるものに分けて説明する。鼻の原因ではアレルギー性鼻炎、後鼻孔鼻茸に注意する。4)口呼吸を伴う程度の鼻閉であれば、睡眠呼吸障害の合併が多いので、原因の治療を行いその解消を図る必要がある。(著者抄録)

  • 小児の深頸部感染症 査読

    阪本 浩一

    金原出版(株) 小児科   51 ( 8 )   1063 - 1069   2010年07月( ISSN:0037-4121

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【診療室内での母と子の行動管理(behavior control)】耳鼻咽喉科外来でのお母さんと子どもへの対応 査読

    阪本 浩一

    東京臨床出版(株) 小児歯科臨床   15 ( 2 )   35 - 39   2010年02月( ISSN:1341-1748

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • 頭頚部癌治療の効果予測と予後に関するポジトロンCTを用いた臨床研究

    若手研究(B)  2001年

  • 頭頚部腫瘍におけるポジトロンCTを用いた腫瘍糖代謝と抗癌剤感受性に関する臨床研究

    奨励研究(A)  1998年

共同研究(外部資金獲得実績のあるもの)

  • AMED 難治性疾患実用化研究事業 「未診断疾患イニシアチブ(Initiative on Rare and Undiagnosed Diseases(IRUD)):  希少未診断疾患に対する診断プログラムの開発に関する研究」

    2018年

  • AMED難治性疾患実用化研究事業 「先天性および若年性の視覚聴覚二重障害の原因となる難病の診療向上に向けた、疾 患横断的な全国多施設レジストリ研究」

    2018年

受託研究

  • 当事者ニーズに基づいた聴覚情報処理障害診断と支援の手引きの開発

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  2021年04月

担当授業科目

  • 耳鼻咽喉科(小児耳鼻科,鼻疾患アレルギー)

    2019年度     大学

  • 耳鼻咽喉科(総論、小児耳鼻科、鼻アレルギー)

    2018年度     大学

学外での担当授業科目

  • 耳鼻咽喉科

    機関名:大阪教育大学

社会貢献活動

  • 聴力は正常でも雑音の多い場所では必要な音や話を選び取れず、理解できなくなってしまう「APD(=聴覚情報処理障害)」について解説

    役割:出演

    YouTube  Abema Prime  2021年09月 - 継続中

     詳細を見る

    対象: 未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 行政機関, メディア

  • 手話との出会い 乳幼児期から

    役割:取材協力

    朝日新聞社  朝日新聞  朝刊24面  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 市民団体, 行政機関, メディア

    種別:新聞・雑誌

    大阪府が手話言語条例に基づいて実施している、「こめっこ」という、聞こえにくい、聞こえない子供に手話に触れる機会を提供する事業について、その意義について解説した。

  • 元気にキレイに 寒暖差に負けない

    役割:取材協力

    朝日新聞社  朝日新聞  朝刊Be 9面  2019年11月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, メディア

    種別:新聞・雑誌

    寒暖差によって生じる鼻炎、血管運動性鼻炎の原因としての自律神経の働きを解説した。

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • アレルギー性鼻炎とその周辺疾患

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業, 市民団体, 行政機関, メディア

    花粉症、通年性鼻アレルギーの診断と治療。最近話題のスギ、ダニに対する舌下免疫療法の適応と効果についてわかりやすく解説します。鼻アレルギーだけでなく、寒暖差アレルギーや喉のアレルギー、上咽頭炎など周辺症状のお話もします。

  • 聴覚情報処理障害と機能性難聴

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 市民団体, 行政機関, メディア

    最近話題の、聞こえているのに、「聞こえない」症状を示す、聴覚情報処理障害について、その症状と検査、原因と対策についてお話します。小学生、中学生に多い、聞こえているのに、聞こえない検査結果を示す、機能性難聴とその原因に発達の問題が隠れていることもお話します。

  • 吃音と言葉の問題

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 大学院生, 教育関係者, 保護者, 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 市民団体, 行政機関, メディア

    100万人いると言われる、吃音に対する理解はまだまだ十分ではありません。吃音は音声障害の一種で、耳鼻咽喉科の担当疾患です。幼児さんに多い構音障害、言語発達遅滞と含めて言葉の問題を解説します。

その他

  • 職務経歴

    2017年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学  耳鼻咽喉科 病院教授