2023/06/22 更新

写真a

モリサキ タマミ
森崎 珠実
MORISAKI Tamami
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年10月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年10月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

  • 学士(医学) ( 大阪医科大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学

論文

  • Impact of oral statin therapy on clinical outcomes in patients with cT1 breast cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Iimori N, Kouhashi R, Yabumoto A, Goto W, Asano Y, Tauchi Y, Morisaki T, Ogisawa K, Shibutani M, Tanaka H, Maeda K

    BMC cancer   23 ( 1 )   224   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-023-10631-w

    PubMed

  • The Long Term Result of Rhomboid Flap Reconstruction for Locally Advanced Breast Cancer 査読

    Miura T.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 2 )   245 - 247   2023年02月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [The Long Term Result of Rhomboid Flap Reconstruction for Locally Advanced Breast Cancer]. 査読

    Miura T, Goto W, Takada K, Asano Y, Morisaki T, Kashiwagi S, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   50 ( 2 )   245 - 247   2023年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Eribulin Treatment Promotes Re-expression of Estrogen Receptor in Endocrine Therapy-resistant Hormone Receptor-positive Breast Cancer Cells. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Iimori N, Kouhashi R, Yabumoto A, Takada K, Asano Y, Tauchi Y, Ogisawa K, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Maeda K

    Anticancer research   43 ( 2 )   603 - 611   2023年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.16196

    PubMed

  • 局所進行乳癌に対するRhomboid Flapを用いた原発巣切除の長期成績 査読

    三浦 拓也, 後藤 航, 高田 晃次, 浅野 有香, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   50 ( 2 )   245 - 247   2023年02月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    乳癌手術における広範囲の皮膚欠損部を閉鎖する手技の一つとして,横転皮弁の応用型であるrhomboid flap法を当科では採用しており,その治療成績について報告する。対象は2020年7月~2021年3月にかけてrhomboid flap法を併用して原発巣切除を施行した乳癌症例5例であり,短期成績および長期成績について検証した。創感染2例,皮弁虚血で2例を認め,術後在院日数中央値は9日と,単純縫縮可能症例と比較して長期間に及ぶ傾向にあった。また,観察期間中に再発を認めたのは1例のみであり,無増悪生存期間中央値は332日であった。rhomboid flap法の術後合併症は様々な工夫により制御可能であり,簡便かつ短時間に広範囲の皮膚欠損を修復できる手技の一つとして有用であると考えられた。(著者抄録)

  • がん遺伝子パネル検査が治療方針に寄与した両側乳癌の1例 査読

    加藤 きみ佳, 森崎 珠実, 高田 晃次, 後藤 航, 柏木 伸一郎

    日本臨床外科学会雑誌   84 ( 2 )   265 - 268   2023年02月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    がん遺伝子パネル検査が治療方針の決定に寄与した1例を経験したので報告する.59歳,女性.左乳房の湿疹を自覚し前医を受診,皮膚浸潤を伴う左乳癌が疑われ紹介となった.精査にて右乳腺にも乳癌が認められ,両側乳癌と診断された.右側が浸潤性乳管癌cT1N1M0 stageIIA(Luminal HER),左側が浸潤性乳管癌 cT4N3M0 stageIIIC(Luminal)であった.ここで化学療法(ドセタキセル+ペルツズマブ+トラスツズマブ)を施行したところ,腫瘍縮小を認めたために手術に至った.術後1年,頸椎および胸椎に骨転移再発を認めたために治療を変更,その後6ヵ月目に肝転移が認められた.そこで,肝生検を行いサブタイプの再確認のうえで,再度治療を変更した.治療効果を認めたが,有害事象のため約6ヵ月で継続困難となった.ここで,がん遺伝子パネル検査(FoundationOne)を行ったところ,BRCA2遺伝子の生殖細胞変異が確認された.本検査については,新たな治療の可能性につながるために積極的に実施するのが望ましいと考えられた.(著者抄録)

  • Prognostic Impact of Smoking on Bevacizumab Combination Chemotherapy for Advanced Breast Cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Iimori N, Kouhashi R, Yabumoto A, Goto W, Asano Y, Tauchi Y, Ogisawa K, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Maeda K

    Anticancer research   43 ( 2 )   849 - 856   2023年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.16227

    PubMed

  • Clinical verification of the relationship between serum lipid metabolism and immune activity in breast cancer patients treated with neoadjuvant chemotherapy. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Takada K, Asano Y, Ogisawa K, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Maeda K

    European journal of medical research   28 ( 1 )   2   2023年01月( ISSN:0949-2321

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40001-022-00964-w

    PubMed

  • Clinical Verification on the Predictors for Febrile Neutropenia in Breast Cancer Patients Treated With Neoadjuvant Chemotherapy. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Matsuoka K, Iimori N, Kouhashi R, Yabumoto A, Takada K, Asano Y, Tauchi Y, Ogisawa K, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Maeda K

    Anticancer research   43 ( 1 )   247 - 254   2023年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.16156

    PubMed

  • Factor Analysis of Intraoperative Bleeding Loss and its Impact on Prognosis in Breast Cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Iimori N, Kouhashi R, Yabumoto A, Goto W, Asano Y, Tauchi Y, Ogisawa K, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Maeda K

    Anticancer research   43 ( 1 )   191 - 200   2023年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.16149

    PubMed

  • Mobile element variation contributes to population-specific genome diversification, gene regulation and disease risk 査読

    Kojima S.

    Nature Genetics   2023年( ISSN:10614036

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41588-023-01390-2

  • 血清アルブミン高値の進行乳癌患者におけるcyclin-dependent kinase 4/6阻害薬アベマシクリブの忍容性はパルボシクリブより優れる(The Cyclin-Dependent Kinase 4/6 Inhibitor Abemaciclib Is Tolerated Better than Palbociclib by Advanced Breast Cancer Patients with High Serum Albumin Levels) 査読

    Nakatsukasa Hitomi, Takahashi Masaya, Takahashi Katsuyuki, Takashima Tsutomu, Asano Yuka, Morisaki Tamami, Kashiwagi Shinichiro, Noda Satoru, Nakamura Yasutaka

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   45 ( 10 )   1476 - 1481   2022年10月( ISSN:0918-6158

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    パルボシクリブ(PAL)125mg/dまたはアベマシクリブ(ABE)300mg/dを投与された進行乳癌患者を対象に、後方視的に検討した。薬剤の減量または中止を要する副作用を重大な有害事象(SAE)と定義した。PAL投与患者の36%(9/25)およびABE投与患者の27.3%(9/33)にSAEが出現した。PAL群およびABE群のSAE出現例ではそれぞれ、投与前の白血球(WBC)数および血清アルブミン(ALB)値が非出現例と比べて有意に低かった。ROC曲線解析の結果、WBC数およびALB値の至適カットオフ値はそれぞれ、5700/μLおよび4.0g/dLであった。ALB値>4g/dLの患者においてABEによるSAEの出現率はPALによるSAEの出現率より低かった。以上の結果から、投与前WBC数≦5700μLおよびALB値≦4.0g/dLはそれぞれ、PALおよびABEによるSAEの危険因子であり、ALB高値はABEを選択する指標になると考えられた。

  • DOCK2 is involved in the host genetics and biology of severe COVID-19 査読

    Namkoong H.

    Nature   609 ( 7928 )   754 - 760   2022年09月( ISSN:00280836

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41586-022-05163-5

  • The Effect of Smoking on Endocrine Therapy for Stage IV Hormone Receptor Positive Breast Cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Kouhashi R, Iimori N, Yabumoto A, Goto W, Asano Y, Tauchi Y, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Ohira M

    Anticancer research   42 ( 8 )   3937 - 3946   2022年08月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15888

    PubMed

  • Validation of the Optimum Timing of Assessment of Tumor Infiltrating Lymphocytes During Preoperative Chemotherapy for Breast Cancer. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Takada K, Goto W, Kouhashi R, Yabumoto A, Tauchi Y, Morisaki T, Ogisawa K, Shibutani M, Tanaka H, Ohira M

    Cancer diagnosis & prognosis   2 ( 4 )   443 - 451   2022年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/cdp.10127

    PubMed

  • Genetic analysis of right heart structure and function in 40,000 people 査読

    Pirruccello J.P.

    Nature Genetics   54 ( 6 )   792 - 803   2022年06月( ISSN:10614036

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41588-022-01090-3

  • Leveraging fine-mapping and multipopulation training data to improve cross-population polygenic risk scores 査読

    Weissbrod O.

    Nature Genetics   54 ( 4 )   450 - 458   2022年04月( ISSN:10614036

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41588-022-01036-9

  • Genome-wide association study of colorectal polyps identified highly overlapping polygenic architecture with colorectal cancer 査読

    Hikino K.

    Journal of Human Genetics   67 ( 3 )   149 - 156   2022年03月( ISSN:14345161

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s10038-021-00980-4

  • Outcome Prediction After Neoadjuvant Chemotherapy (NAC) for Breast Cancer, Using Tumor-infiltrating Lymphocytes Within Fibrotic Foci of Tumor Stroma (FF-TILs). 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Takada K, Goto W, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   42 ( 3 )   1421 - 1431   2022年03月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15612

    PubMed

  • Optical See-through Head-mounted Display (OST-HMD)-assisted Needle Biopsy for Breast Tumor: A Technical Innovation. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    In vivo (Athens, Greece)   36 ( 2 )   848 - 852   2022年03月( ISSN:0258-851X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12772

    PubMed

  • Differences in tumor-infiltrating lymphocyte density and prognostic factors for breast cancer by patient age. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    World journal of surgical oncology   20 ( 1 )   38   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-022-02513-5

    PubMed

  • Prader-Willi症候群に生じた甲状腺乳頭癌の1例 査読

    宮内 亮子, 野田 諭, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳

    日本臨床外科学会雑誌   83 ( 2 )   281 - 284   2022年02月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は38歳,女性.乳児期にPrader-Willi症候群(PWS)と診断されていた.スクリーニング検査にて甲状腺右葉に結節性病変を指摘され,精査加療目的に当科を紹介受診.甲状腺癌が強く疑われたため,手術加療の方針となった.精神発達遅延のため興奮状態となることがあり,全身麻酔導入に難渋した.手術は甲状腺右葉+峡部を摘出し,術中迅速診断にて甲状腺乳頭癌の診断であったため,頸部リンパ節郭清を追加した.術前CTではリンパ節腫大は認めなかったが,病理学的には9個の転移リンパ節を認めた.術後2年9ヵ月経過した現在,明らかな再発は認めていない.PWS患者における悪性新生物の報告は極めて少なく,本症例は甲状腺乳頭癌の本邦で初めての報告となる.(著者抄録)

  • Utility of Follow-up With Absolute Lymphocyte Count in Patients Undergoing Eribulin Treatment for Early Detection of Progressive Advanced or Metastatic Breast Cancer. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Takada K, Asano Y, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   42 ( 2 )   939 - 946   2022年02月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15553

    PubMed

  • A Case of Liver Abscess during Treatment for Abemaciclib-Induced Interstitial Lung Disease 査読

    Komoda A.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   49 ( 1 )   100 - 102   2022年01月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Case of Liver Abscess during Treatment for Abemaciclib-Induced Interstitial Lung Disease]. 査読

    Komoda A, Kashiwagi S, Kawano Y, Ishihara S, Goto W, Asano Y, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   49 ( 1 )   100 - 102   2022年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Clinical Significance of Expression of Immunoadjuvant Molecules (LAG-3, TIM-3, OX-40) in Neoadjuvant Chemotherapy for Breast Cancer. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Takada K, Ishihara S, Goto W, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   42 ( 1 )   125 - 136   2022年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15466

    PubMed

  • アベマシクリブ起因性肺障害治療中に肝膿瘍を併発した1例 査読

    菰田 あすか, 柏木 伸一郎, 河野 祐子, 石原 沙江, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   49 ( 1 )   100 - 102   2022年01月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アベマシクリブの重大な有害事象として薬剤性肺障害がある。症例は64歳、女性。左乳癌にて手術を施行し、pT2N0M0、stage IIA、Luminal Aであった。術後8年、CTにて左肺S8、S9区域に約1cm大の肺転移が出現した。アベマシクリブおよびレトロゾールの併用療法を行い、治療効果は部分奏効(PR)が得られた。投与後1年、肺転移巣は縮小維持も両下肺野に多発する間質影の出現が確認された。薬剤性肺障害(Grade 1)と診断し、アベマシクリブ休薬およびステロイド治療を開始した。プレドニゾロン30mg/日の投与で発症後3ヵ月のCTにて間質影は改善傾向であったが、肝右葉S8区域に肝膿瘍が認められた。プレドニゾロンの漸減を進めるとともに、アベマシクリブを200mg/日に減量して再開したところ肺障害は瘢痕化、また肝膿瘍は消失した。再発後18ヵ月、PRを維持し治療継続している。今回われわれは、アベマシクリブ起因性肺障害治療中に肝膿瘍を併発した1例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • The Effect of Smoking on Progression from Ductal Carcinoma In Situ to Invasive Ductal Breast Carcinoma: A Retrospective Study. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   42 ( 1 )   311 - 320   2022年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.15487

    PubMed

  • Development and validation of a deep learning model for detection of breast cancers in mammography from multi-institutional datasets. 査読

    Ueda D, Yamamoto A, Onoda N, Takashima T, Noda S, Kashiwagi S, Morisaki T, Fukumoto S, Shiba M, Morimura M, Shimono T, Kageyama K, Tatekawa H, Murai K, Honjo T, Shimazaki A, Kabata D, Miki Y

    PloS one   17 ( 3 )   e0265751 - e0265751   2022年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0265751

    PubMed

  • The Cyclin-Dependent Kinase 4/6 Inhibitor Abemaciclib Is Tolerated Better than Palbociclib by Advanced Breast Cancer Patients with High Serum Albumin Levels. 査読

    Nakatsukasa H, Takahashi M, Takahashi K, Takashima T, Asano Y, Morisaki T, Kashiwagi S, Noda S, Nakamura Y

    Biological & pharmaceutical bulletin   45 ( 10 )   1476 - 1481   2022年( ISSN:0918-6158

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1248/bpb.b22-00338

    PubMed

  • Prader-Willi症候群に生じた甲状腺乳頭癌の1例 査読

    宮内 亮子, 野田 諭, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳

    日本臨床外科学会雑誌   83 ( 2 )   281 - 284   2022年( ISSN:13452843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>症例は38歳,女性.乳児期にPrader-Willi症候群(PWS)と診断されていた.スクリーニング検査にて甲状腺右葉に結節性病変を指摘され,精査加療目的に当科を紹介受診.甲状腺癌が強く疑われたため,手術加療の方針となった.精神発達遅延のため興奮状態となることがあり,全身麻酔導入に難渋した.手術は甲状腺右葉+峡部を摘出し,術中迅速診断にて甲状腺乳頭癌の診断であったため,頸部リンパ節郭清を追加した.術前CTではリンパ節腫大は認めなかったが,病理学的には9個の転移リンパ節を認めた.術後2年9カ月経過した現在,明らかな再発は認めていない.PWS患者における悪性新生物の報告は極めて少なく,本症例は甲状腺乳頭癌の本邦で初めての報告となる.</p>

    DOI: 10.3919/jjsa.83.281

  • Experience with BD EleVationTM in Vacuum-Assisted Biopsy 査読

    Ishihara S.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   48 ( 13 )   1734 - 1736   2021年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Leveraging supervised learning for functionally informed fine-mapping of cis-eQTLs identifies an additional 20,913 putative causal eQTLs 査読

    Wang Q.S.

    Nature Communications   12 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-021-23134-8

  • [Experience with BD EleVationTM in Vacuum-Assisted Biopsy]. 査読

    Ishihara S, Kashiwagi S, Kawano Y, Komoda A, Goto W, Asano Y, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 13 )   1734 - 1736   2021年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Mutational and clinical spectrum of Japanese patients with hereditary hemorrhagic telangiectasia 査読

    Kitayama K.

    BMC Medical Genomics   14 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12920-021-01139-y

  • 乳腺吸引式組織生検におけるBD EleVationの使用経験 査読

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 河野 祐子, 菰田 あすか, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   48 ( 13 )   1734 - 1736   2021年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    乳腺腫瘤に対する質的診断では針生検(CNB)や穿刺吸引細胞診(FNAC)などが広く行われている。海外では吸引式乳腺組織生検(VAB)を質的診断の第一選択とする場合も多く、その使い分けは臨床的課題となっている。VABによる組織生検の利点は、治療前の組織情報を獲得するために十分な組織量を採取することで、正確な確定診断が可能となることである。一方で、穿刺後の血腫形成や太い穿刺針による侵襲など、患者ストレスが生じることも懸念される。昨今、本邦においてもVABにおける新たなデバイスとして、BD EleVationが使用可能となり注目されている。このデバイスは単回穿刺での複数の検体採取や、鋭利なニードルチップによるスムーズな穿刺が得られるだけでなく、軽量化され安定した把持が得られる。本デバイスの新たな技術革新は患者ストレスの軽減に寄与する可能性もあり、今後の使用成績が期待される。当施設におけるVABにおけるBD EleVationの使用経験を概説する。(著者抄録)

  • Prediction of survival after eribulin chemotherapy for breast cancer by absolute lymphocyte counts and progression types. 査読

    Morisaki T, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Takada K, Ishihara S, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    World journal of surgical oncology   19 ( 1 )   324   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12957-021-02441-w

    PubMed

  • Training, Validation, and Test of Deep Learning Models for Classification of Receptor Expressions in Breast Cancers From Mammograms. 査読

    Ueda D, Yamamoto A, Takashima T, Onoda N, Noda S, Kashiwagi S, Morisaki T, Honjo T, Shimazaki A, Miki Y

    JCO precision oncology   5 ( 5 )   543 - 551   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1200/PO.20.00176

    PubMed

  • Clinical verification of body mass index and tumor immune response in patients with breast cancer receiving preoperative chemotherapy. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Ishihara S, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    BMC cancer   21 ( 1 )   1129   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-021-08857-7

    PubMed

  • Hematopoietic mosaic chromosomal alterations increase the risk for diverse types of infection 査読

    Zekavat S.M.

    Nature Medicine   27 ( 6 )   1012 - 1024   2021年06月( ISSN:10788956

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41591-021-01371-0

  • Prediction of distant metastatic recurrence by tumor-infiltrating lymphocytes in hormone receptor-positive breast cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Kouhashi R, Yabumoto A, Ishihara S, Morisaki T, Shibutani M, Tanaka H, Hirakawa K, Ohira M

    BMC women's health   21 ( 1 )   225 - 225   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12905-021-01373-7

    PubMed

  • Pathological Complete Response following Neoadjuvant Chemotherapy in Invasive Ductal Carcinoma with Mammary Paget's Disease: A Case Report. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Kawano Y, Komoda A, Ishihara S, Asano Y, Morisaki T, Hirakawa K, Ohira M

    Case reports in oncology   14 ( 2 )   1242 - 1247   2021年05月( ISSN:1662-6575

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000516762

    PubMed

  • Visualizing "featureless" regions on mammograms classified as invasive ductal carcinomas by a deep learning algorithm: the promise of AI support in radiology. 査読

    Ueda D, Yamamoto A, Takashima T, Onoda N, Noda S, Kashiwagi S, Morisaki T, Tsutsumi S, Honjo T, Shimazaki A, Goto T, Miki Y

    Japanese journal of radiology   39 ( 4 )   333 - 340   2021年04月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

  • 深層学習アルゴリズムにより浸潤性乳管癌として分類されたマンモグラム上で「特徴のみられない」領域での可視化 放射線学的検査におけるAI支援の有用性について(Visualizing "featureless" regions on mammograms classified as invasive ductal carcinomas by a deep learning algorithm: the promise of AI support in radiology) 査読

    Ueda Daiju, Yamamoto Akira, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Noda Satoru, Kashiwagi Shinichiro, Morisaki Tamami, Tsutsumi Shinichi, Honjo Takashi, Shimazaki Akitoshi, Goto Takuya, Miki Yukio

    Japanese Journal of Radiology   39 ( 4 )   333 - 340   2021年04月( ISSN:1867-1071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    マンモグラム上での浸潤性乳管癌(IDC)の病理分類のため、深層学習(DL)をベースとしたアルゴリズムの開発と検証に人工知能(AI)を適用し、その有用性について検討した。なお、学習データセットは2006年1月~2016年12月までの期間内に、当院で乳癌と診断された患者529例(年齢25~97歳)から得たマンモグラフィ画像988画像を用いて作成した。VGG-16DLネットワークにより、学習データセットと検証データセットを作成し、テストデータセットには2017年1月~2017年12月までの期間内に、乳癌と診断された当院患者67例(年齢40~92歳)から得た131画像を用いて作成し、アルゴリズムの真陽性と正確さを判定した。可視化技術をアルゴリズムに適用し、マンモグラム上で判明した悪性所見を調査した結果、DLベースのアルゴリズムにより、62画像の真陽性が0.61~0.70の正確さで診断され、マンモグラム上で認められた特徴の可視化により、腺管形成型、充実型および硬性型のIDCが、それぞれ腫瘤の周囲組織や乳腺の歪み、構築の乱れ等、可視化される特徴で描出されることが確認された。以上の所見から、DLベースのアルゴリズムにより、各分類でIDC病理との関連性が指摘されている画像特徴が抽出され、AIの適用により、これまで不明であった所見が明らかにされた。

  • [A Case of a Malignant Phyllodes Tumor in the Breast with Lymph Node Metastasis]. 査読

    Morisaki T, Noda S, Ishihara S, Asano Y, Kashiwagi S, Takashima T, Onoda N, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   48 ( 3 )   437 - 439   2021年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • A case of a malignant phyllodes tumor in the breast with lymph node metastasis 査読

    Morisaki T.

    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy   48 ( 3 )   437 - 439   2021年03月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • リンパ節転移を来した乳房悪性葉状腫瘍の1例 査読

    森崎 珠実, 野田 諭, 石原 沙江, 浅野 有香, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    癌と化学療法   48 ( 3 )   437 - 439   2021年03月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は52歳、女性。6ヵ月前より右乳房痛と乳腺腫瘤を自覚していたが放置していた。徐々に増大を認めたため近医を受診した。針生検にて境界悪性も否定できない葉状腫瘍と診断されたため、加療目的に当科に紹介となった。初診時、約15cmの右乳腺腫瘤を認め、乳房全体にうっ血は認めるものの明らかな皮膚浸潤は認めなかった。乳腺超音波検査ではプローブを越える内部不均質で血流シグナル豊富な腫瘤を認めた。また、腋窩リンパ節は中心高エコーを認めるものの皮質の肥厚した類円形であった。腋窩リンパ節に対する細胞診では異型細胞を認めた。胸腹部CT検査にて遠隔転移はないものの、超音波検査と同様に右腋窩に腫大したリンパ節を認めリンパ節転移が疑われた。全身麻酔下に乳房切除と腫大したリンパ節をサンプリングした。病理組織診断の結果、悪性葉状腫瘍と診断され、リンパ節転移と診断された。術後1ヵ月で皮下腫瘤を認め、胸部CT検査で多発皮下腫瘤と肺に結節を指摘された。皮下腫瘤を含む胸壁照射(45Gy)施行し、その後ドキソルビシンを2コース施行するも肺結節の増大と胸水貯留を認め、皮下腫瘤の増大も認めた。エリブリンメシル酸塩に変更して治療するも奏効せず、術後5ヵ月で死亡した。非常にまれなリンパ節転移を伴い、集学的治療を行うも急速な増悪を来した悪性葉状腫瘍を経験したため、若干の文献を加えて報告する。(著者抄録)

  • Treatment of anaplastic thyroid cancer with tyrosine kinase inhibitors targeted on the tumor vasculature: initial experience in clinical practice.

    Ishihara S, Onoda N, Noda S, Tauchi Y, Morisaki T, Asano Y, Kashiwagi S, Takashima T, Ohira M

    Endocrine journal   68 ( 1 )   63 - 68   2021年01月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1507/endocrj.EJ20-0287

    PubMed

    CiNii Article

  • Breast Angiosarcoma with a Preoperative Diagnosis of Late Recurrence of Breast Cancer: A Case Report. 査読

    Kouhashi R, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Ishihara S, Goto W, Tanaka S, Kuwae Y, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Case reports in oncology   14 ( 1 )   604 - 609   2021年01月( ISSN:1662-6575

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000513906

    PubMed

  • 腫瘍血管系を標的としたチロシンキナーゼ阻害剤による甲状腺未分化癌の治療 初期の臨床経験(Treatment of anaplastic thyroid cancer with tyrosine kinase inhibitors targeted on the tumor vasculature: initial experience in clinical practice) 査読

    Ishihara Sae, Onoda Naoyoshi, Noda Satoru, Tauchi Yukie, Morisaki Tamami, Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Takashima Tsutomu, Ohira Masaichi

    Endocrine Journal   68 ( 1 )   63 - 68   2021年01月( ISSN:0918-8959

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    当院での自験例を後向きに解析し、甲状腺未分化癌(ATC)に対するチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)治療の有効性と安全性を評価した。TKI治療導入による患者の好中球/リンパ球比(NLR)の変化と、有効性を表す各種臨床的因子を調べた。その結果、ATC患者20名中7名には病態進行のためTKI治療が適応とならず、13名(65%、男性4名、女性9名、年齢中央値74歳)がTKI治療を受けた。TKI治療期間の中央値は1.9ヵ月であった。全例が死亡し、診断からの全生存期間は4.7ヵ月(95%CI 2.0~11.5)であった。グレード3以上の有害事象が92.3%で認められ、6名(46.1%)は有害事象によりTKI治療が中止された。複数の好ましくない特性(Prognostic Indexが高い)は生存率低下と関連していた。NLRは、TKI導入後に低下し、治療が失敗すると再び上昇した。ATC患者のTKIによる奏効率は、臨床では約30%であった。これらの結果から、奏効期間は短かったが、局所病変を管理するための集学的治療が成功した後にTKI治療が行われた場合、長い生存期間となることが示された。

  • Inhibitory effects of iron depletion plus eribulin on the breast cancer microenvironment. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Asano Y, Takada K, Morisaki T, Takahashi K, Fujita H, Shibutani M, Amano R, Takashima T, Tomita S, Hirakawa K, Ohira M

    BMC cancer   20 ( 1 )   1215 - 1215   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12885-020-07673-9

    PubMed

  • A Case in Which Re-Administration of Pertuzumab/Trastuzumab with Eribulin Therapy Was Useful for Recurrent HER2 Breast Cancer 査読

    Kouhashi R.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   47 ( 13 )   2230 - 2232   2020年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effectiveness of Atezolizumab Combination Therapy for PD-L1(SP142)Positive Lung and Breast Double Cancer-A Case Report 査読

    Asano Y.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   47 ( 13 )   1741 - 1743   2020年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical Significance of Inflammatory Markers in Recombinant Human-Soluble Thrombomodulin Therapy for DIC in Solid Tumors 査読

    Yabumoto A.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   47 ( 13 )   1939 - 1941   2020年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Case of Metastatic Invasive Lobular Carcinoma of the Breast Initially Presenting with Periorbital Swelling 査読

    Tauchi Y.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   47 ( 13 )   1988 - 1990   2020年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Case of Dermatitis Caused by Metronidazole Gel That Needed to Be Differentiated from Breast Cancer Skin Metastasis 査読

    Ishihara S.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   47 ( 13 )   2089 - 2091   2020年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Case of Cervical Metastasis from Breast Cancer 査読

    Kawano Y.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   47 ( 13 )   1807 - 1809   2020年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Effectiveness of Atezolizumab Combination Therapy for PD-L1(SP142)Positive Lung and Breast Double Cancer-A Case Report]. 査読

    Yuka Asano, Shinichiro Kashiwagi, Yuko Kawano, Rika Kouhashi, Akimichi Yabumoto, Sae Ishihara, Wataru Goto, Yukie Tauchi, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1741 - 1743   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    The anti-PD-L1 antibody atezolizumab has become the standard of immunochemotherapy with the results of the international phase Ⅲ trials in lung cancer and breast cancer. We report a case in which atezolizumab was efficiency in PD-L1 (SP142)-positive lung and breast double cancer. A 56-years-old woman. She noticed a lump in her right breast and visited a nearby doctor, who referred her to our hospital for close examination and treatment. Ultrasonography revealed about 5 cm mass on the right mammary gland and axillary lymph nodes swelling. Core-needle biopsy was confirmed invasive ductal carcinoma( ER negative, PgR negative, HER2 negative, Ki-67 high expression). CT findings showed right mammary mass, right axillary lymph nodes swelling, liver mass, and lung tumor with mediastinal lymph nodes swelling. Therefore, a bronchoscopic biopsy was performed and a diagnosis of primary lung cancer was obtained. Pretreatment diagnosis was lung adenocarcinoma, cT2a, N2/3, M1b/1c(HEP, OSS), Stage ⅢA/B or ⅣA/B(PD-L1 positive), and right breast cancer, T4b, N2, M0/1 (HEP, OSS, LYM), Stage ⅢB or Ⅳ triple-negative(PD-L1 positive)double cancer. We underwent surgery(mastectomy with axillar lymph nodes dissection), followed by immunochemotherapy(atezolizumab, carboplatin, paclitaxel)and it was efficiency.

    PubMed

  • [Effectiveness of Atezolizumab Combination Therapy for PD-L1(SP142)Positive Lung and Breast Double Cancer-A Case Report]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Kawano Y, Kouhashi R, Yabumoto A, Ishihara S, Goto W, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1741 - 1743   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical Significance of Inflammatory Markers in Recombinant Human-Soluble Thrombomodulin Therapy for DIC in Solid Tumors]. 査読

    Akimichi Yabumoto, Shinichiro Kashiwagi, Yuka Asano, Yuko Kawano, Rika Kouhashi, Sae Ishihara, Wataru Goto, Yukie Tauchi, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1939 - 1941   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    BACKGROUND: The peripheral blood neutrophil-lymphocyte ratio(NLR), platelet-lymphocyte ratio(PLR), and lymphocyte- monocyte ratio(LMR)of cancer patients have been proposed as indicators of systemic inflammatory response. Recombinant human-soluble thrombomodulin(rTM)has also been reported its efficacy in DIC associated with solid tumors. In this study, we investigated the clinical significance of inflammatory markers in rTM therapy for DIC associated with solid tumors. PATIENTS AND METHOD: A retrospective study of 63 patients with solid tumors with DIC was performed. We examined the correlation between NLR, LMR, PLR and DIC withdrawal rate and 28-day survival rate. RESULTS: The DIC withdrawal rate was not correlated in LMR(p=0.655), and significantly higher in low NLR and low PLR cases(p=0.037, p=0.024). Furthermore, 28-day survival rate was not correlated in LMR(p=0.632), and significantly higher in low NLR and low PLR cases(p= 0.046, p=0.014). CONCLUSIONS: It was suggested that NLR and PLR may be useful as predictive markers of DIC withdrawal rate and 28-day survival rate in rTM therapy for DIC associated with solid tumors.

    PubMed

  • [Clinical Significance of Inflammatory Markers in Recombinant Human-Soluble Thrombomodulin Therapy for DIC in Solid Tumors]. 査読

    Yabumoto A, Kashiwagi S, Asano Y, Kawano Y, Kouhashi R, Ishihara S, Goto W, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1939 - 1941   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Metastatic Invasive Lobular Carcinoma of the Breast Initially Presenting with Periorbital Swelling]. 査読

    Tauchi Y, Noda S, Yabumoto A, Ishihara S, Asano Y, Morisaki T, Kashiwagi S, Takashima T, Onoda N, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1988 - 1990   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Dermatitis Caused by Metronidazole Gel That Needed to Be Differentiated from Breast Cancer Skin Metastasis]. 査読

    Ishihara S, Kashiwagi S, Asano Y, Kawano Y, Kouhashi R, Yabumoto A, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2089 - 2091   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Cervical Metastasis from Breast Cancer]. 査読

    Yuko Kawano, Wataru Goto, Shinichiro Kashiwagi, Yuka Asano, Rika Kouhashi, Sae Ishihara, Yukie Tauchi, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Naoyoshi Onoda, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1807 - 1809   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A 59-year-old female was performed a left mastectomy with axillary lymph node dissection. Final diagnosis of the surgical specimen was left breast cancer pT2N1M0, Stage ⅡB, Luminal type. She was treated with adjuvant endocrine therapy, however, chest wall recurrence was identified at 1 year and 3 months after surgery, and curative resection of this tumor and radiotherapy were performed. Nine months later, she was admitted to the hospital for cervical pain and dyspnea, and magnetic resonance imaging showed bone metastasis in cervical vertebra which compressed spinal cord. Although cervical fusion therapy was performed, she died 39 days later. Metastasis spinal cord compression in breast cancer patients may result in irreversible spinal cord injury if treatment is delayed. Rapid diagnosis and systemic treatment for oncologic emergency are significant.

    PubMed

  • [A Case of Cervical Metastasis from Breast Cancer]. 査読

    Kawano Y, Goto W, Kashiwagi S, Asano Y, Kouhashi R, Ishihara S, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   1807 - 1809   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case in Which Re-Administration of Pertuzumab/Trastuzumab with Eribulin Therapy Was Useful for Recurrent HER2 Breast Cancer]. 査読

    Rika Kouhashi, Shinichiro Kashiwagi, Yuko Kawano, Akimichi Yabumoto, Sae Ishihara, Wataru Goto, Yuka Asano, Yukie Tauchi, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2230 - 2232   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    Pertuzumab plus trastuzumab plus docetaxel regimen is the first choice for the initial treatment of HER2-positive recurrent breast cancer. However, docetaxel causes many adverse events. A 48-year-old woman was admitted to our hospital for a left breast tumor and was diagnosed with left breast cancer(T1N0M0, Stage Ⅰ, Luminal A). We performed a breast-conserving surgery and sentinel lymph node biopsy, followed by irradiation of the remaining parts of the mammary gland and adjuvant therapy with tamoxifen. Three and a half years after the first surgery, she underwent local resection due to chest wall recurrence of breast cancer. The recurrent tumor was HER2-positive, and we administered fluorouracil, epirubicin, cyclophosphamide( FEC)and paclitaxel plus trastuzumab. Liver metastases were confirmed on completion of cycle 11 of trastuzumab administration, and the regimen was changed to pertuzumab plus trastuzumab plus docetaxel. A partial response was seen following this regimen. The next line of treatment was the administration of 5 cycles of T-DM1, which resulted in stabilizing the disease. The liver metastases progressed, and the regimen was changed to pertuzumab plus trastuzumab plus eribulin. Partial response was seen following this regimen for liver metastases without serious adverse events(20 cycles).

    PubMed

  • [A Case in Which Re-Administration of Pertuzumab/Trastuzumab with Eribulin Therapy Was Useful for Recurrent HER2 Breast Cancer]. 査読

    Kouhashi R, Kashiwagi S, Kawano Y, Yabumoto A, Ishihara S, Goto W, Asano Y, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   47 ( 13 )   2230 - 2232   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • PD-L1(SP142)陽性肺癌・乳癌重複癌に対してアテゾリズマブ併用療法が奏効した1例 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 河野 祐子, 孝橋 里花, 藪本 明路, 石原 沙江, 後藤 航, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   1741 - 1743   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は56歳、女性。右乳房腫瘤を自覚し近医を受診、精査加療目的にて当院紹介となった。乳腺超音波検査にて右乳腺C領域に約5cm大の腫瘤を認め、針生検にて右乳癌(浸潤性乳管癌、ER陰性、PgR陰性、HER2陰性、Ki-67高発現)との診断に至った。CT検査では、右乳腺腫瘤、右腋窩リンパ節腫大、肝腫瘍、縦隔リンパ節腫大および肺腫瘍が認められた。肺腫瘍に対して気管支鏡下生検を行い、原発性肺癌との診断を得た。また、骨シンチグラフィでは右大腿骨近位部に溶骨性変化が認められた。治療前診断は、肺腺癌、cT2a、N2/3、M1b/1c(HEP、OSS)、Stage III A/B or IVA/B(PD-L1陽性)、右乳癌、T4b、N2、M0/1(HEP、OSS、LYM)、Stage IIIB or IV triple-negative(PD-L1陽性)の重複癌であった。右乳癌に対して局所出血コントロール目的にて手術(単純乳房切除および腋窩リンパ節郭清術)を施行し、その後に全身化学療法(アテゾリズマブ+カルボプラチン+パクリタキセル)を開始したところ、部分奏効が得られた。今回、PD-L1(SP142)陽性肺癌・乳癌重複癌に対してアテゾリズマブ併用療法が奏効した1例を経験した。(著者抄録)

  • 軸椎転移を来した進行乳癌の1例 査読

    河野 祐子, 後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 孝橋 里花, 石原 沙江, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   1807 - 1809   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は59歳、女性。左乳癌に対して左乳房切除術および腋窩リンパ節郭清術を施行した。最終診断はpT2N1M0、Stage IIB、ER強陽性、PgR陰性、HER2陰性であった。補助内分泌療法を施行していたが、1年3ヵ月後に左胸壁再発を認めたため局所切除術および放射線照射を施行した。再発手術より9ヵ月後、呼吸困難と頸部痛を主訴に救急搬送となり、精査の結果、乳癌頸椎転移による軸椎歯突起骨折および頸髄の圧迫を認めた。早期にC1-C2固定術を施行したが、全身状態の増悪を来し、固定術より39日後に死亡した。乳癌脊椎転移のうち脊髄圧迫症状を有する症例では、治療介入のタイミングを逸すると不可逆的な脊髄障害に至るためoncologic emergencyとして治療前診断を勧め、迅速に全身療法を開始することが望まれる。(著者抄録)

  • 固形癌DICに対する遺伝子組換えヒトトロンボモジュリン療法における全身性炎症性マーカーの臨床的意義 査読

    藪本 明路, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 河野 祐子, 孝橋 里花, 石原 沙江, 後藤 航, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   1939 - 1941   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景:近年、担癌患者の末梢血の好中球・リンパ球比(NLR)、血小板・リンパ球比(PLR)、リンパ球・単球比(LMR)などが全身性炎症性反応を評価する指標として、種々の癌腫において報告されている。一方で、遺伝子組換えヒトトロンボモジュリン製剤(rTM)の固形癌DICに対する有用性が散見されるようになった。本研究では、固形癌DICに対するrTM療法における全身性炎症性マーカーの臨床的意義を検討した。対象と方法:DIC症例に対してrTMを投与した固形癌患者63例を対象とし、NLR、LMR、PLRとDIC離脱率および28日生存率との相関を確認した。結果:DIC離脱率との検討では、LMRで相関はなく(p=0.655)、低NLR症例や低PLR症例では有意に離脱率が高かった(p=0.037、p=0.024)。さらに28日生存率との検討においてもLMRでは相関はなく(p=0.632)、低NLR症例や低PLR症例では有意に28日生存率が高かった(p=0.046、p=0.014)。結語:NLRおよびPLRは固形癌DICに対するrTM療法において、DIC離脱率や28日生存率の予後予測マーカーとして有用性が示唆された。(著者抄録)

  • 右眼瞼周囲皮膚腫脹を契機に発見された乳腺浸潤性小葉癌の1例 査読

    田内 幸枝, 野田 諭, 藪本 明路, 石原 沙江, 浅野 有香, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   1988 - 1990   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は54歳、女性。初診2年前から右眼瞼周囲皮膚腫脹が徐々に増悪し、当院皮膚科で眼瞼皮膚生検を2回行うも確定診断に至らなかった。初診後2ヵ月で右前胸部腫脹が出現し、右腋窩・右鎖骨下・右大胸筋小胸筋間にリンパ節腫大を認め、乳癌による転移が疑われたため当科紹介となった。乳腺超音波検査の結果、右乳房CD領域に2cm大の乳癌を疑う低エコー域を認めた。当科での精査および3回目の眼瞼皮膚生検の結果より、右乳腺浸潤性小葉癌の眼瞼皮膚転移、右腋窩・右鎖骨下リンパ節転移、右背部皮下転移、T2N3M1、Stage IVと診断した。ER陽性、PgR陰性、HER2陰性、Ki-67低発現であり、レトロゾールの内服を開始した。現在もSDを維持しており、QOLが低下することなく治療を継続している。(著者抄録)

  • 乳癌皮膚転移との鑑別を要したメトロニダゾールゲル起因性皮膚炎の1例 査読

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 河野 祐子, 孝橋 里花, 藪本 明路, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   2089 - 2091   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は70歳、女性。3年前より右乳房腫瘤を自覚するも、放置していた。増大を認め、出血を伴うようになったために近医を受診し、精査加療目的にて当院紹介となった。来院時、右乳房内上部に約8cm大の易出血性潰瘍を伴う腫瘤が認められた。乳腺超音波検査にて右A区域に約8cm大の腫瘤を確認、針生検にて浸潤性乳管癌(ER強陽性、PgR強陽性、HER2陽性、Ki-67低発現)であった。右腋窩リンパ転移を認めるも遠隔転移はなく、治療前診断は右乳癌、cT4bN1M0、Stage IIIB、Luminal HERであった。ペルツズマブ、トラスツズマブ、ドセタキセルにて化学療法を開始したところ、6サイクル投与で部分奏効が得られた。その後、右乳房全体に発赤を認め、乳癌皮膚転移が疑われた。メトロニダゾールゲル起因性皮膚炎も鑑別とされ、塗布中止としたところ改善が認められた。パッチテストにてメトロニダゾールゲルに対する反応を有し、メトロニダゾールゲル起因性皮膚炎との診断に至った。(著者抄録)

  • エリブリン併用によるペルツズマブ・トラスツズマブ再投与が有用であった再発HER2乳癌の1例 査読

    孝橋 里花, 柏木 伸一郎, 河野 祐子, 藪本 明路, 石原 沙江, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   47 ( 13 )   2230 - 2232   2020年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    HER2陽性再発乳癌の初期治療は、ペルツズマブ+トラスツズマブ+ドセタキセルが第一選択とされている。しかしドセタキセルは、有害事象の発症も少なくない。症例は48歳、女性。左乳房腫瘤にて受診、精査にて左乳癌(T1N0M0、Stage I、Luminal A)との診断に至った。乳房温存手術およびセンチネルリンパ節生検を施行し、術後は残存乳腺への照射およびタモキシフェンによる補助療法を行った。術後3年6ヵ月に胸壁再発を来したため局所切除を施行した。ここでHER2陽転化が確認されたため、フルオロウラシル、エピルビシン、シクロホスファミド(FEC)およびパクリタキセル+トラスツズマブを開始した。トラスツズマブ単独投与11 cycle目に肝転移が確認され、ペルツズマブ+トラスツズマブ+ドセタキセルへと変更、最良効果のPRが得られた。その後T-DM1へ移行、5 cycle投与し最良効果はSDであった。ここで肝転移が増悪し、ペルツズマブ+トラスツズマブ+エリブリンへレジメン変更を行った。重篤な有害事象も認めず、肝転移は縮小しPRとなり、現在は20 cycleにて投与を継続している。(著者抄録)

  • Significance of age-associated quality of life in patients with stage IV breast cancer who underwent endocrine therapy in Japan. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Morisaki T, Takahashi K, Shibutani M, Amano R, Takashima T, Tomita S, Hirakawa K, Ohira M

    Oncology letters   20 ( 5 )   180 - 180   2020年11月( ISSN:1792-1074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12041

    PubMed

  • HER2陽性乳癌に対する術前化学療法におけるPertuzumabの使用経験 査読

    田内 幸枝, 野田 諭, 楠 由希奈, 石原 沙江, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   58回   O12 - 5   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における脂質代謝および抗腫瘍免疫の検証 査読

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 浅野 有香, 河野 祐子, 石原 沙江, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   58回   O49 - 5   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • HER2陽性手術可能乳癌またはトリプルネガティブ乳癌に対する治療戦略 乳癌エリブリン化学療法による全身および局所の腫瘍免疫反応の検証 査読

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 石原 沙江, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   58回   WS8 - 3   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Low Eosinophil Percentages as a New Predictive Marker for Infusion Reactions Due to Trastuzumab. 査読

    Takahashi M, Takahashi K, Matsumoto S, Takashima T, Asano Y, Morisaki T, Kashiwagi S, Noda S, Onoda N, Ohira M, Nagayama K

    Anticancer research   40 ( 7 )   4047 - 4051   2020年07月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21873/anticanres.14401

    PubMed

  • Prediction of lymph node metastasis by tumor-infiltrating lymphocytes in T1 breast cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Kouhashi R, Yabumoto A, Morisaki T, Shibutani M, Takashima T, Fujita H, Hirakawa K, Ohira M

    BMC cancer   20 ( 1 )   598 - 598   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12885-020-07101-y

    PubMed

  • Factors predictive of invasive ductal carcinoma in cases preoperatively diagnosed as ductal carcinoma in situ. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Morisaki T, Takahashi K, Fujita H, Takashima T, Tomita S, Hirakawa K, Ohira M

    BMC cancer   20 ( 1 )   513 - 513   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12885-020-07001-1

    PubMed

  • Validation of systemic and local tumour immune response to eribulin chemotherapy in the treatment of breast cancer 査読

    Kashiwagi S.

    Anticancer Research   40 ( 6 )   3345 - 3354   2020年06月( ISSN:02507005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2196/10.21873/anticanres.14317

  • Validation of Systemic and Local Tumour Immune Response to Eribulin Chemotherapy in the Treatment of Breast Cancer. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Takada K, Morisaki T, Kouhashi R, Yabumoto A, Tanaka S, Takashima T, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   40 ( 6 )   3345 - 3354   2020年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21873/anticanres.14317

    PubMed

  • The effect of smoking on biological change of recurrent breast cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Kouhashi R, Yabumoto A, Morisaki T, Fujita H, Shibutani M, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    Journal of translational medicine   18 ( 1 )   153 - 153   2020年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12967-020-02307-x

    PubMed

  • Prediction of Sentinel Lymph Node Metastasis Using the Platelet-to-lymphocyte Ratio in T1 Breast Cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Kouhashi R, Yabumoto A, Morisaki T, Shibutani M, Takashima T, Fujita H, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   40 ( 4 )   2343 - 2349   2020年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.21873/anticanres.14202

    PubMed

  • Cowden Syndrome Diagnosed by Bilateral Breast Cancer with Lhermitte-Duclos Disease: A Case Report. 査読

    Morisaki T, Kashiwagi S, Kouhashi R, Yabumoto A, Asano Y, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    Case reports in oncology   13 ( 1 )   419 - 423   2020年01月( ISSN:1662-6575

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000506979

    PubMed

  • A Case of Advanced Breast Cancer with Altered Biology by Eribulin Chemotherapy 査読

    Asano Y.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   46 ( 13 )   2330 - 2332   2019年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Two Cases of Orbital Metastasis from Breast Cancer 査読

    Morisaki T.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   46 ( 13 )   2392 - 2394   2019年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Late Recurrence of Breast Cancer 32 Years after Surgery-A Case Report 査読

    Takada K.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   46 ( 13 )   2210 - 2212   2019年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Case of Recurrent Breast Cancer Treated with Local Irradiation Using Leadless Pacemaker Implantation 査読

    Ishihara S.

    Gan to kagaku ryoho. Cancer &amp; chemotherapy   46 ( 13 )   1984 - 1986   2019年12月( ISSN:03850684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Two Cases of Orbital Metastasis from Breast Cancer]. 査読

    Morisaki T, Takashima T, Asano Y, Kashiwagi S, Noda S, Onoda N, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2392 - 2394   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Late Recurrence of Breast Cancer 32 Years after Surgery-A Case Report]. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Kawajiri H, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2210 - 2212   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Recurrent Breast Cancer Treated with Local Irradiation Using Leadless Pacemaker Implantation]. 査読

    Ishihara S, Kashiwagi S, Asano Y, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   1984 - 1986   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Advanced Breast Cancer with Altered Biology by Eribulin Chemotherapy]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Kouhashi R, Takada K, Goto W, Ishihara S, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2330 - 2332   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • エリブリン化学療法によりBiology変化を来した進行乳癌の1例 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 孝橋 里花, 高田 晃次, 後藤 航, 石原 沙江, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2330 - 2332   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行乳癌の治療において、全生存期間(OS)benefitを有する薬剤選択肢は限定されている。エリブリンは国際第III相試験でOS延長が認められた薬剤であるが、癌微小環境調整作用がその機序にかかわっているものと考えられている。一方で、治療に伴うbiology変化はbreast cancer subtype discordanceとして知られている。今回、エリブリン化学療法によりbiology変化を来した進行乳癌の1例を経験したので報告する。症例は54歳、女性。左乳房にしこりを自覚し近医を受診、精査加療目的に当院を受診した。超音波検査では、左乳腺C区域を主座とした巨大腫瘤を認め、腋窩に癒合する腫大したリンパ節を認めた。針生検にて浸潤性乳管癌(ER強陽性、PgR陰性、HER2陰性、Ki-67低発現)が確認された。CT検査では、多発肺転移が認められた。左進行乳癌、cT4N2M1、stage IV、Luminal Aの診断に対しletrozole投与を行ったが、6ヵ月後に原発巣および腋窩リンパ節の増大を認めた。ここでエリブリン化学療法を開始し部分奏効が得られたが、11 cyclesで腋窩に新規リンパ節転移が出現した。原発巣と腋窩リンパ節の治療効果の乖離が認められたために再生検を施行したところ、主病巣、腋窩リンパ節ともにER強陽性、PgR陰性、HER2陽性、Ki-67低発現とHER2陽転化が認められた。(著者抄録)

  • 術後32年目に転移再発を来した乳癌晩期再発の1例 査読

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2210 - 2212   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は86歳、女性。左胸壁腫瘤を自覚して近医を受診した。既往としては、32年前に他院で左乳癌に対して左乳房全摘術を施行された。また、約2年前から両肺野に多発小結節を認めており、転移再発も疑われ当院紹介となった。胸腹部CTでは両肺野に多発小結節と、左第2~3肋間の傍胸骨に胸骨硬化像を伴う腫瘤が認められた。乳腺超音波検査では53mm大の境界明瞭で不整形の低エコー腫瘤として認められ、同部位の針生検を施行した。病理組織学的所見が32年前の手術標本の所見に類似し、ER強陽性、PgR強陽性、HER2陰性、Ki-67低値と32年前と同様のバイオロジーであったため乳癌の晩期再発と診断した。レトロゾールを開始したところ、6ヵ月後に両肺野の多発小結節の一部が増大し進行に至った。現在、二次内分泌療法としてアベマシクリブおよびフルベストラントを投与中である。今回われわれは、術後32年の長期間経過後に転移再発を来した乳癌晩期再発症例を経験したので報告する。(著者抄録)

  • 眼症状を来し失明に至った転移再発乳癌の2例 査読

    森崎 珠実, 高島 勉, 浅野 有香, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2392 - 2394   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    眼症状を来し失明に至った転移再発乳癌の2例を経験した。症例1は26歳、女性。右乳癌、cT2N1M0、stage IIB、トリプルネガティブに対し術前化学療法後に手術を施行した。術後1年で骨転移や水腎症あり。化学療法を施行するも術後2年目に眼痛と頭痛が出現し、外眼筋への転移を疑われた。両側眼窩に放射線治療を施行したが視力低下が進行し失明、眼症状発症後1ヵ月で死亡した。症例2は42歳、女性。右乳癌、cT4N3M1(骨)、stage IV、トリプルネガティブで化学療法中、複視で眼科を受診した。精査で視神経乳頭腫脹があり癌性髄膜炎によるものが疑われた。徐々に視力低下、失明に至った。眼症状発症後2ヵ月で死亡した。乳癌の眼窩転移はまれである。両症例とも画像上明らかな中枢神経転移は認めなかったが、急激な視力低下から失明に至り、QOL低下が著しかった。若年のトリプルネガティブでは急速な症状進行の可能性があり、注意が必要である。(著者抄録)

  • リードレスペースメーカ留置にて局所照射を施行した再発乳癌の1例 査読

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   1984 - 1986   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は68歳、女性。左乳房の腫瘤を自覚し、当院を受診した。精査にて左乳癌、cT2N2M0、stage IIIAと診断し、術前化学療法後(FEC100 followed by wPTX)に手術を施行した(単純乳房切除術および腋窩リンパ節郭清)。乳房全切除後放射線療法(PMRT)の適応であったが、左前胸部に皮下埋め込み型ペースメーカが留置されていたため術後照射は施行せず、内分泌療法による術後補助療法を開始した。開始から3年、左腋窩リンパ節腫大を認め針生検にて再発が確認された。局所切除を行ったところ、微小病変の残存が疑われたため術後照射を要すると考えられた。照射計画を行ったところ、前胸部留置のペースメーカが照射範囲となる可能性が否定できなかった。そのためリードレスペースメーカへの入れ替えを行い、合併症なく局所照射(50Gy/20Fr)を施行し得た。その後、フルベストラントの投与を行い、術後6ヵ月であるが再発は認められていない。(著者抄録)

  • リードレスペースメーカ留置にて局所照射を施行した再発乳癌の1例 査読

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   1984 - 1986   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は68歳、女性。左乳房の腫瘤を自覚し、当院を受診した。精査にて左乳癌、cT2N2M0、stage IIIAと診断し、術前化学療法後(FEC100 followed by wPTX)に手術を施行した(単純乳房切除術および腋窩リンパ節郭清)。乳房全切除後放射線療法(PMRT)の適応であったが、左前胸部に皮下埋め込み型ペースメーカが留置されていたため術後照射は施行せず、内分泌療法による術後補助療法を開始した。開始から3年、左腋窩リンパ節腫大を認め針生検にて再発が確認された。局所切除を行ったところ、微小病変の残存が疑われたため術後照射を要すると考えられた。照射計画を行ったところ、前胸部留置のペースメーカが照射範囲となる可能性が否定できなかった。そのためリードレスペースメーカへの入れ替えを行い、合併症なく局所照射(50Gy/20Fr)を施行し得た。その後、フルベストラントの投与を行い、術後6ヵ月であるが再発は認められていない。(著者抄録)

  • エリブリン化学療法によりBiology変化を来した進行乳癌の1例 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 孝橋 里花, 高田 晃次, 後藤 航, 石原 沙江, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   46 ( 13 )   2330 - 2332   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行乳癌の治療において、全生存期間(OS)benefitを有する薬剤選択肢は限定されている。エリブリンは国際第III相試験でOS延長が認められた薬剤であるが、癌微小環境調整作用がその機序にかかわっているものと考えられている。一方で、治療に伴うbiology変化はbreast cancer subtype discordanceとして知られている。今回、エリブリン化学療法によりbiology変化を来した進行乳癌の1例を経験したので報告する。症例は54歳、女性。左乳房にしこりを自覚し近医を受診、精査加療目的に当院を受診した。超音波検査では、左乳腺C区域を主座とした巨大腫瘤を認め、腋窩に癒合する腫大したリンパ節を認めた。針生検にて浸潤性乳管癌(ER強陽性、PgR陰性、HER2陰性、Ki-67低発現)が確認された。CT検査では、多発肺転移が認められた。左進行乳癌、cT4N2M1、stage IV、Luminal Aの診断に対しletrozole投与を行ったが、6ヵ月後に原発巣および腋窩リンパ節の増大を認めた。ここでエリブリン化学療法を開始し部分奏効が得られたが、11 cyclesで腋窩に新規リンパ節転移が出現した。原発巣と腋窩リンパ節の治療効果の乖離が認められたために再生検を施行したところ、主病巣、腋窩リンパ節ともにER強陽性、PgR陰性、HER2陽性、Ki-67低発現とHER2陽転化が認められた。(著者抄録)

  • Colorectal endoscopic mucosal resection with submucosal injection of epinephrine versus hypertonic saline in patients taking antithrombotic agents: propensity-score-matching analysis. 査読

    Yamaguchi D, Yoshida H, Ikeda K, Takeuchi Y, Yamashita S, Jubashi A, Yukimoto T, Takeshita E, Yoshioka W, Fukuda H, Tominaga N, Tsuruoka N, Morisaki T, Ario K, Tsunada S, Fujimoto K

    BMC gastroenterology   19 ( 1 )   192   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12876-019-1114-x

    PubMed

  • Sorafenib inhibits vascular endothelial cell proliferation stimulated by anaplastic thyroid cancer cells regardless of BRAF mutation status. 査読

    Ishihara S, Onoda N, Noda S, Asano Y, Tauchi Y, Morisaki T, Kashiwagi S, Takashima T, Ohira M

    International journal of oncology   55 ( 5 )   1069 - 1076   2019年11月( ISSN:1019-6439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3892/ijo.2019.4881

    PubMed

  • Adenoid Cystic Carcinoma of the Breast: A Case Report. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Ishihara S, Morisaki T, Takashima T, Tanaka S, Amano R, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Case reports in oncology   12 ( 3 )   698 - 703   2019年09月( ISSN:1662-6575

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000502949

    PubMed

  • Continuous intraoperative neuromonitoring for thyroid cancer surgery: A prospective study. 査読

    Onoda N, Noda S, Tauchi Y, Asano Y, Kusunoki Y, Ishihara S, Morisaki T, Kashiwagi S, Takashima T, Ohira M

    Laryngoscope investigative otolaryngology   4 ( 4 )   455 - 459   2019年08月( ISSN:2378-8038

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/lio2.290

    PubMed

  • Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults. 査読

    Tanaka F, Fukumoto S, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society   16 ( 3 )   309 - 315   2019年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10388-019-00662-3

    PubMed

  • 日本人成人における肥満と裂孔ヘルニアは食道好酸球浸潤の非アレルギー性危険因子である可能性がある(Obesity and hiatal hernia may be non-allergic risk factors for esophageal eosinophilia in Japanese adults) 査読

    Tanaka Fumio, Fukumoto Shinya, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    Esophagus   16 ( 3 )   309 - 315   2019年07月( ISSN:1612-9059

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    食道好酸球浸潤(EE)の非アレルギー性危険因子について横断研究により検討した。健康診断において消化管内視鏡検査を受けた被検者を対象とした。EE被験者(男性15名、女性12名、年齢中央値45歳)と非EE被験者(男性2803名、女性3134名、年齢中央値51歳)の臨床的特徴を比較した。EEの検出率は0.45%であった。EE被験者の20名は症候性、7名は無症候性であった。単変量解析の結果、非EE被験者と比較してEE被検者はBMIが有意に高かった。内視鏡所見において、EE被検者は裂孔ヘルニアの割合が有意に高かった。EE被検者は年齢が有意に若く、気管支喘息の割合が高かった。多変量解析の結果、非EE被験者と比較してEE被検者はBMIおよび裂孔ヘルニアと正に関連していた。傾向検定において、高いBMI分類は有意なEE有病率増加傾向を示した。

  • トリプルネガティブ乳癌の悪性形質進展にかかわる代謝調整機構の解明 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   27回   501 - 501   2019年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ソナゾイド造影超音波を行った乳腺粘液癌の4症例の検討 査読

    中村 桂子, 野田 諭, 福田 雅代, 武田 節子, 藤岡 一也, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    超音波医学   46 ( 3 )   253 - 258   2019年05月( ISSN:1346-1176

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ソナゾイド造影超音波検査(contrast-enhanced ultrasonography:CEUS)は腫瘤内の微細血流を検出でき、乳房腫瘤性病変の良悪性の鑑別、術前治療の効果判定、病変の広がり診断に有用である。しかしこれらは乳癌全般に関する報告であり、特殊型乳癌である粘液癌におけるCEUSの有用性の報告は少なく、一定の見解が得られていない。今回、乳腺粘液癌4例に対してCEUSを施行し、病理組織所見と超音波像を比較検討したので報告する。2014年10月から2016年12月に当院でCEUSを施行し、針生検あるいは切除標本にて粘液癌と診断された4例を対象とした。診断装置はGE Healthcare社製LOGIQ E9、プローブはML6-15-Dを使用し、ソナゾイド(0.015ml/kg)を注入後、約1分間断面を固定して観察した後、病変全体のスイープスキャンを行った。病理にて純型粘液癌と診断された1例はCEUSにて明らかな染影を認めなかった。一方、混合型粘液癌と診断された3例では不均一な染影を認めた。純型粘液癌と混合型粘液癌で染影所見に相違がみられた。混合型においては、粘液に腫瘍細胞が浮遊する純型の部分と間質に腫瘍細胞が浸潤する部分の混在の様子を反映して、CEUSにおいて不均一で多彩な染影所見を呈したものと考えられた。(著者抄録)

  • 【甲状腺腫瘍診療ガイドラインUpdate】甲状腺未分化癌の診療ガイドライン2018 査読

    小野田 尚佳, 野田 諭, 石原 沙江, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 大平 雅一

    日本甲状腺学会雑誌   10 ( 1 )   05 - 08   2019年04月( ISSN:2185-3126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    未分化癌は、頻度は低いものの急激な進行と治療抵抗性を示す難治癌で、2010年版ガイドラインでは「有用な情報を提供することが困難な疾患」とされていた。大規模データベース研究などにより明らかにされた客観的疾患像をもとに改訂された2018年版では、進行度と予後因子に応じた標準的対処を推奨している。最新の放射線外照射法や分子標的薬の使用が可能となり、これまでの手術、放射線、化学療法による治療に加えた予後改善効果が期待される。一方で、予後はきわめて不良であることから、診断時からの全人的緩和医療の提供や、治療の益と害に配慮した慎重な方針選択も提唱されている。治療薬の開発、多施設共同臨床試験、網羅的遺伝子解析、全国的疾患登録システムの構築が進行中で、多くの分野・職種がかかわる研究・診療体制が広がっている。新知見が順次改訂版に収載され、未分化癌患者の予後やQOLのさらなる改善につながることを切望する。(著者抄録)

  • 乳癌術前化学療法開始前センチネルリンパ節生検による腋窩マネージメント 査読

    田内 幸枝, 野田 諭, 高田 晃次, 石原 沙江, 浅野 有香, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 6   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法後の乳房同時再建手術の安全性の検討 査読

    森崎 珠実, 野田 諭, 浅野 有香, 田内 幸枝, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 元村 尚嗣, 太平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PS - 1   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法奏功例における造影超音波検査を用いた残存病変の評価 査読

    野田 諭, 高島 勉, 石原 沙江, 高田 晃次, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 6   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌における腫瘍浸潤リンパ球の評価とその意義 乳癌に対する術前補助化学療法中の腫瘍浸潤リンパ球の至適な評価時期についての検証(Validation of the optimum timing of assessment of tumor infiltrating lymphocytes during preoperative chemotherapy for breast cancer) 査読

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 高田 晃次, 後藤 航, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   PD - 5   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • メタボロミクスから捉えたアンドロン受容体陽性トリプルネガティブ乳癌における代謝調整機構の解明 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   119回   SF - 5   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects.

    Tanaka F, Tominaga K, Fujikawa Y, Morisaki T, Otani K, Hosomi S, Nagami Y, Kamata N, Taira K, Nakano A, Kimura T, Yamagami H, Tanigawa T, Morikawa H, Fukumoto S, Watanabe T, Kawada N, Hirata K, Fujiwara Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   58 ( 3 )   321 - 328   2019年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1325-18

    PubMed

    CiNii Article

  • Prognostic value of quality-of-life scores in patients with breast cancer undergoing preoperative chemotherapy. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Fukui Y, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Takashima T, Hirakawa K, Ohira M

    BJS open   3 ( 1 )   38 - 47   2019年02月( ISSN:2474-9842

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bjs5.50108

    PubMed

  • 日本人被験者における機能性ディスペプシアと陥凹型胃びらんとの関連性(Association between Functional Dyspepsia and Gastric Depressive Erosions in Japanese Subjects) 査読

    Tanaka Fumio, Tominaga Kazunari, Fujikawa Yoshiko, Morisaki Tamami, Otani Koji, Hosomi Shuhei, Nagami Yasuaki, Kamata Noriko, Taira Koichi, Nakano Akemi, Kimura Tatsuo, Yamagami Hirokazu, Tanigawa Tetsuya, Morikawa Hiroyasu, Fukumoto Shinya, Watanabe Toshio, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto, Fujiwara Yasuhiro

    Internal Medicine   58 ( 3 )   321 - 328   2019年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    機能性ディスペプシア(FD)の自験例を対象に、FDに関連する内視鏡所見を胃炎の京都分類に従って調査する横断研究を施行した。当院にて上部消化管内視鏡検査を施行された健診受診者のうち、器質的疾患がみられた例などを除外した456名を解析対象とした。そのうち5.5%に当たる25名(女性14名、年齢中央値47.0歳)がFDと診断され(罹患群)、残りの431名は健康と判定された(健康対照群)。両群の内視鏡検査所見を単変量解析にて比較した結果、稜線状発赤がみられた被験者の割合は罹患群で0%、健康対照群で18.6%と罹患群の方が有意に低く、逆に陥凹型びらんの割合はそれぞれ20.0%、7.9%と罹患群の方が高く、そのp値は0.0522であった。びらんが陽性の集団におけるFD罹患者の割合は12.8%で、びらん陰性集団での4.8%よりも高かった。胃炎の京都分類に記載されているその他の内視鏡所見に関しては両群間で有意差は示されなかった。単変量解析で関連性が示された2種の所見に関し多変量解析を行ったところ、陥凹型びらん所見陽性のみがFD罹患に対する独立関連因子であることが有意に示された(オッズ比2.92、95%信頼区間1.03~8.26)。以上の結果から、陥凹型びらん所見はFDと関連していると考えられた。

  • ソナゾイド造影超音波を行った乳腺粘液癌の4症例の検討

    中村 桂子, 野田 諭, 福田 雅代, 武田 節子, 藤岡 一也, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    超音波医学   46 ( 3 )   253 - 258   2019年( ISSN:13461176

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ソナゾイド造影超音波検査(contrast-enhanced ultrasonography: CEUS)は腫瘤内の微細血流を検出でき,乳房腫瘤性病変の良悪性の鑑別,術前治療の効果判定,病変の広がり診断に有用である.しかしこれらは乳癌全般に関する報告であり,特殊型乳癌である粘液癌におけるCEUSの有用性の報告は少なく,一定の見解が得られていない.今回,乳腺粘液癌4例に対してCEUSを施行し,病理組織所見と超音波像を比較検討したので報告する.2014年10月から2016年12月に当院でCEUSを施行し,針生検あるいは切除標本にて粘液癌と診断された4例を対象とした.診断装置はGE Healthcare社製LOGIQ E9,プローブはML6-15-Dを使用し,ソナゾイド(0.015 ml/kg)を注入後,約1分間断面を固定して観察した後,病変全体のスイープスキャンを行った.病理にて純型粘液癌と診断された1例はCEUSにて明らかな染影を認めなかった.一方,混合型粘液癌と診断された3例では不均一な染影を認めた.純型粘液癌と混合型粘液癌で染影所見に相違がみられた.混合型においては,粘液に腫瘍細胞が浮遊する純型の部分と間質に腫瘍細胞が浸潤する部分の混在の様子を反映して,CEUSにおいて不均一で多彩な染影所見を呈したものと考えられた.

    DOI: 10.3179/jjmu.jjmu.a.134

    CiNii Article

  • [A Case of Multiple Lung Metastases from Breast Cancer Successfully Treated with Endocrine Therapy]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Takada K, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2426 - 2428   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Multiple Lung Metastases from Breast Cancer Successfully Treated with Endocrine Therapy]. 査読

    Wataru Goto, Shinichiro Kashiwagi, Koji Takada, Yuka Asano, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Naoyoshi Onoda, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2426 - 2428   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A 40-year-old woman underwent right partial mastectomy and axillary lymph node dissection. Pathological examination confirmed right breast cancer(T2N0M0, Stage ⅡA, mucinous, ly3, v0, weakly positive ER and PgR). After surgery, she received radiotherapy for residual mammary gland cancer and endocrine therapy as adjuvant treatment for 5 years. Seven years after the first surgery, computed tomography showed multiple lung tumors. Transbronchial lung biopsy revealed lung metastasis from breast cancer(strongly positive ER and PgR, negative HER2). She received first-line endocrine therapy, and the response was classified as stable disease(SD). Three years later, the disease control became poor. Second-line endocrine therapy was then administered, and the response was classified as partial response(PR)for 3 years. After that, we modified the regimen to monotherapy of letrozole, and she achieved PR for a further 3 years. In the treatment for patients with metastatic hormone receptor-positive breast cancer, it is important to consider the sensitivity of endocrine therapy, such as relapse-free survival or the expression of hormone receptors in metastatic tumors.

    PubMed

  • [A Case of Invasive Ductal Carcinoma with Paget's Disease of the Breast]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Takada K, Ishihara S, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1842 - 1844   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Breast Neuroendocrine Carcinoma]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Takada K, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2432 - 2434   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Breast Neuroendocrine Carcinoma]. 査読

    Wataru Goto, Shinichiro Kashiwagi, Koji Takada, Yuka Asano, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Naoyoshi Onoda, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2432 - 2434   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A 73-year-old woman visited our hospital with the chief complaint of a mass in the left breast. Breast ultrasonography revealed a hypoechoic area in the left breast. A core needle biopsy showed the proliferation of solid tumor cells. Immunohistochemistry indicated strongly positive expression of E-cadherin, synaptophysin, and chromogranin A. We then diagnosed her with breast neuroendocrine carcinoma. The expression of estrogen receptor(ER)and progesterone receptor(PgR)were also strongly positive, and the expression of human epidermal growth factor receptor 2(HER2)was negative. Computed tomography( CT)and bone scintigraphy revealed no metastasis. Simple mastectomy of the left breast and sentinel lymph node biopsy were performed. Final pathological examination of the tumor also led to the diagnosis of breast neuroendocrine carcinoma(T2N0M0, StageⅡA, Luminal A-like). After surgery, endocrine therapy is planned, considering the breast cancer subtype. Breast neuroendocrine carcinoma is rare. It is important to consider the possibility of metastasis from other organs to the breast.

    PubMed

  • [A Case of a Malignant Phyllodes Tumor That Was Difficult to Distinguish from Stromal Sarcoma]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Takada K, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2429 - 2431   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of a Malignant Phyllodes Tumor That Was Difficult to Distinguish from Stromal Sarcoma]. 査読

    Wataru Goto, Shinichiro Kashiwagi, Koji Takada, Yuka Asano, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Naoyoshi Onoda, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   2429 - 2431   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    A 72-year-old woman visited our hospital with the chief complaint of a mass in the right breast. Breast ultrasonography revealed a hypoechoic area with a distinct border in the right breast. A core needle biopsy showed the proliferation of spindle cells in the stroma, and she was diagnosed with stromal sarcoma or malignant phyllodes tumor. Right lumpectomy was performed. Pathological examination revealed a malignant phyllodes tumor with a sarcomatous lesion. Although she did not receive adjuvant chemotherapy, she is alive without any recurrence 2 years after the surgery. It is difficult to distinguish phyllodes tumors from stromal sarcoma, based on core needle biopsy, and the prognosis of malignant phyllodes tumors with distant metastases is poor. Rapid surgery to determine an accurate diagnosis and careful follow-up after surgery are impor- tant.

    PubMed

  • 乳腺神経内分泌癌の1例 査読

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   45 ( 13 )   2432 - 2434   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は73歳、女性。左乳房腫瘤を自覚し近医を受診し、精査加療目的に当院紹介となった。乳腺超音波検査にて、左EC領域に不整形の低エコー腫瘤を認めた。同部位の針生検による病理組織学的検査では充実性に増殖する腫瘍を認め、免疫組織染色にてE-cadherin陽性、シナプトフィジン陽性、クロモグラニンA陽性、CD56陰性であり、神経内分泌癌と考えられた。また、ER強陽性、PgR強陽性、HER2陰性であった。CT検査や骨シンチグラフィではリンパ節転移や遠隔転移を認めなかった。手術療法を優先し、単純乳房切除術およびセンチネルリンパ節生検を施行した。最終病理診断は神経内分泌癌(T2N0M0、Stage IIA、Luminal A-like)であった。術後は乳癌サブタイプを考慮し、内分泌療法を予定している。乳腺神経内分泌癌はまれである。他臓器からの乳腺転移の可能性を考慮し、画像精査を行うことが重要である。(著者抄録)

  • 間質肉腫との鑑別を要した乳腺悪性葉状腫瘍の1例 査読

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   45 ( 13 )   2429 - 2431   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は72歳、女性。右乳房腫瘤を自覚し近医を受診した。精査加療目的に当院紹介となった。画像検査で右乳腺に比較的境界明瞭な腫瘤を認めた。針生検では間質に多形性の核を伴う紡錘形細胞が増殖しており、間質肉腫または悪性葉状腫瘍が疑われたため、確定診断を目的に乳腺腫瘤切除術を施行した。摘出標本の病理組織学的検査では、ほとんどが非上皮性の肉腫様であったが、一部に既存の乳管上皮を認めたため悪性葉状腫瘍の診断に至った。術後補助療法は施行せず術後2年間、無再発生存中である。針生検で葉状腫瘍と間質肉腫の鑑別を行うことは困難なこともあり、また遠隔転移例での予後は不良であることから、早期に摘出生検による確定診断を付けるとともに術後の厳重な経過観察が必要と考えられる。(著者抄録)

  • 内分泌療法にて長期病勢コントロールを得た乳癌多発肺転移の1例 査読

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   45 ( 13 )   2426 - 2428   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は40歳、女性。右乳癌に対して乳腺部分切除術および腋窩郭清を施行した。最終診断は、T2N0M0、Stage IIA、mucinous、ly3、v0、ER弱陽性、PgR弱陽性であった。残存乳腺に放射線照射を行った後に術後補助療法を5年間行い、その後は無治療で経過観察していた。手術から7年後のCT検査で両側肺転移を認め、気管支鏡下生検ではER/PgR/HER2=強陽性/強陽性/弱陽性の診断であった。一次内分泌療法を行ったところ、約3年間の病状安定を得た。病状進行後に二次内分泌療法へ変更し、さらに3年間の奏効を獲得した。その後letrozole単剤療法に切り替え、さらに3年間腫瘍縮小を維持している。ホルモン受容体陽性乳癌の再発治療においては、再発までの期間や再生検によるホルモン受容体の発現状況の確認など内分泌療法の感受性を考慮した上で治療に当たることが重要である。(著者抄録)

  • エネルギーデバイスによる乳癌術後の漿液腫予防効果 プロペンシティスコア解析 査読

    野田 諭, 高島 勉, 高田 晃次, 石原 沙江, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    日本臨床外科学会雑誌   79 ( 増刊 )   656 - 656   2018年10月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球の至適評価時期の検証 査読

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   56回   O5 - 3   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌における喫煙が免疫微小環境に与える影響(Influence of smoking on the immune microenvironment in breast cancer) 査読

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   77回   1376 - 1376   2018年09月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Novel evaluation scale for QOL (QOL-ACD-BP) in preoperative chemotherapy for breast cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Goto W, Asano Y, Takahashi K, Morisaki T, Takashima T, Tomita S, Hirakawa K, Ohira M

    Journal of cancer research and clinical oncology   144 ( 8 )   1547 - 1559   2018年08月( ISSN:0171-5216

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00432-018-2670-0

    PubMed

  • Treatment prediction by subset analysis of tumor infiltrating lymphocytes (TILs) in combination therapy with trastuzumab, pertuzumab, and docetaxel for advanced HER2-positive breast cancer 査読

    Takada Koji, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Wataru Goto, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   78 ( 13 )   2018年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2018-3119

  • Eribulin Promotes Antitumor Immune Responses in Patients with Locally Advanced or Metastatic Breast Cancer. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Asano Y, Takada K, Morisaki T, Fujita H, Takashima T, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   38 ( 5 )   2929 - 2938   2018年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12541

    PubMed

  • 乳管腺腫との術前診断であった乳腺腺筋上皮腫の1例 査読

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   642 - 642   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌髄膜播種に対して髄腔内抗癌剤投与を行った3例 査読

    田内 幸枝, 野田 諭, 石原 沙江, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   592 - 592   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における新たなQOL評価指標としてのQOL-ACD-BNの検証 査読

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   396 - 396   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • メタボロミクスを用いたエリブリン特異的薬剤特性の検証 査読

    柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   427 - 427   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • センチネルリンパ節の術中迅速診断省略による個別化治療の試み 査読

    野田 諭, 高島 勉, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   369 - 369   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of treatment responses to neoadjuvant chemotherapy in triple-negative breast cancer by analysis of immune checkpoint protein expression. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Takada K, Takahashi K, Morisaki T, Fujita H, Takashima T, Tomita S, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Journal of translational medicine   16 ( 1 )   87   2018年04月( ISSN:1479-5876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12967-018-1458-y

    PubMed

  • Analysis of HER Family (HER1-4) Expression as a Biomarker in Combination Therapy with Pertuzumab, Trastuzumab and Docetaxel for Advanced HER2-positive Breast Cancer. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Fujita H, Takashima T, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Anticancer research   38 ( 4 )   2285 - 2294   2018年04月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.12473

    PubMed

  • 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球(TILs)の至適評価時期とは 査読

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1781 - 1781   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Study on the progression types of cancer in patients with breast cancer undergoing eribulin chemotherapy and tumor microenvironment. 査読

    Kashiwagi S, Tsujio G, Asano Y, Goto W, Takada K, Takahashi K, Morisaki T, Fujita H, Takashima T, Tomita S, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Journal of translational medicine   16 ( 1 )   54   2018年03月( ISSN:1479-5876

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12967-018-1443-5

    PubMed

  • Prediction of survival after neoadjuvant chemotherapy for breast cancer by evaluation of TILs within fibrotic foci 査読

    Kashiwagi Shnichiro, Asano Yuka, Goto Wataru, Takada Koji, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   109   521   2018年01月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • New insertion method of transnasal ileus tube for small bowel obstruction: Anterior balloon method. 査読

    Yamaguchi D, Ikeda K, Takeuchi Y, Kinoshita R, Higuchi T, Fukuda H, Tominaga N, Morisaki T, Ario K, Tsunada S, Yoshida H, Fujimoto K

    PloS one   13 ( 11 )   e0207099   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0207099

    PubMed

  • Significance of the Lysyl Oxidase Members Lysyl Oxidase Like 1, 3, and 4 in Gastric Cancer. 査読

    Kasashima H, Yashiro M, Okuno T, Miki Y, Kitayama K, Masuda G, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Hirakawa K, Ohira M

    Digestion   98 ( 4 )   238 - 248   2018年( ISSN:0012-2823

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000489558

    PubMed

  • Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer 査読

    Kitayama Kishu, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Miki Yuichiro, Okuno Tomohisa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER SCIENCE   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13421

    PubMed

  • Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer 査読

    Kishu Kitayama, Masakazu Yashiro, Tamami Morisaki, Yuichiro Miki, Tomohisa Okuno, Haruhito Kinoshita, Tatsunari Fukuoka, Hiroaki Kasashima, Go Masuda, Tsuyoshi Hasegawa, Katsunobu Sakurai, Naoshi Kubo, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    CANCER SCIENCE   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1349-7006

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The aim of this study was to analyze the significance of glucose metabolism-related enzymes in the proliferation of gastric cancer under hypoxia. Four hypoxia-resistant gastric cancer cell lines and four parent cell lines were used. Reverse transcription-PCR was used to evaluate the mRNA expression levels of the following metabolism-related enzymes: pyruvate kinase isozyme M2 (PKM2), glutaminase (GLS), enolase 1 (ENO1), glucose-6-phosphate dehydrogenase (G6PDH), and PKM1. The effects of these enzymes on the proliferation of gastric cancer cells were examined using siRNAs, shikonin as a PKM2 inhibitor, or BPTES as a GLS inhibitor, invitro and invivo. Levels of both PKM2 and GLS mRNA were significantly high in all hypoxia-resistant cell lines, compared with those of their parent cells. Knockdown of PKM2 and GLS significantly decreased the proliferation of all hypoxia-resistant cells. The combination of siPKM2 and siGLS significantly decreased proliferation compared with treatment by siPKM2 or siGLS alone. The knockdown of ENO1, G6PDH, or PKM1 did not decrease the proliferation of all hypoxia-resistant cells. Combination treatment using shikonin and BPTES inhibited the proliferation of all hypoxia-resistant cancer cells more than that by either agent alone. The invivo study indicated that the tumor size treated by the combination of shikonin and BPTES was significantly smaller than that of vehicle-treated group. These findings suggested that PKM2 and GLS might play important roles in the proliferation of hypoxic gastric cancer cells. A combination of PKM2 and GLS inhibitors could be therapeutically promising for the treatment of gastric cancer.

    DOI: 10.1111/cas.13421

  • ピルビン酸キナーゼアイソザイムM2およびグルタミナーゼは胃癌の治療に対する有望な分子標的となる可能性がある(Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer) 査読

    Kitayama Kishu, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Miki Yuichiro, Okuno Tomohisa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    Cancer Science   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    低酸素環境下の胃癌細胞の増殖に対する反応における解糖系およびグルタミン代謝に対する酵素の重要性を評価した。4種の低酸素耐性胃癌細胞株と患者細胞株を用い、代謝に関連した酵素のmRNA発現解析および、これらの酵素が細胞増殖に及ぼす影響について調べた。全ての低酸素耐性胃癌細胞株において、解糖系酵素ピルビン酸キナーゼのアイソザイムM2(PKM2)およびグルタミナーゼ(GLS)mRNAは患者細胞と比較して高値を示した。siRNAによるノックダウンにより低酸素耐性胃癌細胞株の増殖は減少した。また、siRNAによるノックダウンまたはPKM2阻害剤シコニンとGLS阻害剤BPTES処置では、それぞれ単体よりも併用により有意に細胞増殖が減少した。in vivoにおいても併用処置により腫瘍サイズが減少した。以上より、PKM2とGLSは低酸素胃癌細胞の増殖に重要な役割を果たし、これら阻害剤の併用が胃癌治療に有用と考えられた。

  • Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer. 査読

    Kitayama K, Yashiro M, Morisaki T, Miki Y, Okuno T, Kinoshita H, Fukuoka T, Kasashima H, Masuda G, Hasegawa T, Sakurai K, Kubo N, Hirakawa K, Ohira M

    Cancer science   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13421

    PubMed

  • Pyruvate kinase isozyme M2 and glutaminase might be promising molecular targets for the treatment of gastric cancer. 査読

    Kitayama K, Yashiro M, Morisaki T, Miki Y, Okuno T, Kinoshita H, Fukuoka T, Kasashima H, Masuda G, Hasegawa T, Sakurai K, Kubo N, Hirakawa K, Ohira M

    Cancer science   108 ( 12 )   2462 - 2469   2017年12月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.13421

    PubMed

  • [Prognostic Analysis of Breast Cancer Patients Who Underwent Neoadjuvant Chemotherapy Using QOL-ACD]. 査読

    Fukui Y, Kashiwagi S, Takada K, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1092 - 1094   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Prognostic Analysis of Breast Cancer Patients Who Underwent Neoadjuvant Chemotherapy Using QOL-ACD]. 査読

    Fukui Y, Kashiwagi S, Takada K, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1092 - 1094   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Experience with Using the EnCor ENSPIRE®System in Mammary Tissue Biopsy]. 査読

    Sera T, Kashiwagi S, Takada K, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1832 - 1834   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Experience with Using the EnCor ENSPIRE®System in Mammary Tissue Biopsy]. 査読

    Sera T, Kashiwagi S, Takada K, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1832 - 1834   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    PubMed

  • [A Case of T1a Breast Cancer with Axillary Lymph Node Metastasis]. 査読

    Tsujio G, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Takada K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1059 - 1061   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of T1a Breast Cancer with Axillary Lymph Node Metastasis]. 査読

    Tsujio G, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Takada K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1059 - 1061   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Ductal Carcinoma In Situ in Sclerosing Adenosis]. 査読

    Fukui Y, Kashiwagi S, Takada K, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1089 - 1091   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Ductal Carcinoma In Situ in Sclerosing Adenosis]. 査読

    Fukui Y, Kashiwagi S, Takada K, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1089 - 1091   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Breast Cancer Associated with Dermatitis That Was Difficult to Differentiate from Dermatomyositis]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Asano Y, Takada K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1930 - 1932   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Breast Cancer Associated with Dermatitis That Was Difficult to Differentiate from Dermatomyositis]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Asano Y, Takada K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1930 - 1932   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    PubMed

  • [A Case of Bladder Metastasis from Breast Cancer]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Asano Y, Takada K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1933 - 1935   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Bladder Metastasis from Breast Cancer]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Asano Y, Takada K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1933 - 1935   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    PubMed

  • [A Case of Adenoma of the Nipple Suspected of Breast Cancer]. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1071 - 1073   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Adenoma of the Nipple Suspected of Breast Cancer]. 査読

    Takada K, Kashiwagi S, Goto W, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44 ( 12 )   1071 - 1073   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • QOL-ACDを用いた乳癌術前化学療法後の予後解析 査読

    福井 康裕, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1092 - 1094   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、癌治療のアウトカム指標の一つとしてquality of life(QOL)の重要性が再認識されつつある。癌の疾患特異的尺度として、本邦ではQOL-ACDが使用されることが多い。今回われわれは、QOL-ACDを用いた乳癌術前化学療法(neoadjuvant chemotherapy:NAC)後の予後解析を行った。対象は乳癌NAC症例228例とし、QOL-ACDを用いて後方視的に抗腫瘍効果や予後との相関について検討した。高QOL-ACD群208例(91.2%)は、低QOL-ACD群20例(8.8%)と比較して、NAC後の無病生存期間(p=0.009、logrank)および全生存期間(p=0.040、logrank)の延長を認めた。さらにNAC後は、NAC前と比較して包括的評価スコアの低下を認めるものの、抗腫瘍効果との相関を認めなかった。下位評価尺度において、病理学的完全奏効(pathological complete response:pCR)症例は、non-pCR症例と比較して、「医療に対する満足感と病気に対するコーピング」尺度の変化が低い結果であったが、「身体症状・疼痛」尺度では差は認められなかった。乳癌NAC症例において、QOL-ACDはNAC後の予後予測として有用な指標であることが示唆された。(著者抄録)

  • 腋窩リンパ節転移を来したT1a乳癌の1例 査読

    辻尾 元, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1059 - 1061   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    腫瘍径5mm以下のT1a乳癌は微小病変として扱われ、腋窩リンパ節転移を来すことはまれだと考えられている。症例は52歳、女性。検診マンモグラフィにて異常陰影を指摘され当院を紹介された。乳腺超音波検査にて、左乳腺AC領域に4mm大の石灰化を伴う辺縁不整・境界不明瞭な低エコー腫瘤を認め、吸引式乳腺組織生検にて浸潤性乳管癌との診断に至った。全身検索では遠隔転移を認めず、左乳癌、cT1aN0M0、stage I、Luminal A likeにて手術(乳腺円状部分切除術およびセンチネルリンパ節生検)を施行した。術中、提出したリンパ節に4mm径の転移性病変が確認され、腋窩リンパ節郭清(level II)を追加した。摘出標本の主病巣の腫瘍径は4mmのpT1aであり、病理診断で乳頭腺管癌であった。その後、残存乳腺に50Gyの放射線照射および内分泌療法(tamoxifen 20mg/5年間)を行い、術後5年にて転移・再発は認められていない。(著者抄録)

  • Current Status and Perspective of Call Request in Lung Cancer Screening 査読

    Kimura Tatsuo, Fukumoto Shinya, Morikawa Hiroyasu, Nakano Akemi, Tanaka Fumio, Morisaki Tamami, Kawada Norifumi, Hirata Kazuto

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The novel potential of palbociclib (CDK4/6 inhibitor) in the treatment of triple-negative breast cancer 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Goto Wataru, Takada Koji, Takashima Tsutomu, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCER RESEARCH   77   2017年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2017-2343

  • Clinicopathologic significance of the CXCL1-CXCR2 axis in the tumor microenvironment of gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Nakamae Hirohisa, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Nakane Takahiko, Hino Masayuki, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    PLOS ONE   12 ( 6 )   e0178635   2017年06月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0178635

    PubMed

  • Predicting therapeutic effect by on tumor invasion lymphocytes (TILs) in endocrine therapy for stage IV breast cancer 査読

    Kashiwagi S., Asano Y., Goto W., Takada K., Takashima T., Morisaki T., Noda S., Onoda N., Ohsawa M., Hirakawa K., Ohira M.

    CANCER RESEARCH   77   2017年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS16-P3-04-20

  • Prediction of survival after neoadjuvant chemotherapy for breast cancer by evaluation of tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) and residual cancer burden (RCB) 査読

    Asano Y., Kashiwagi S., Goto W., Takada K., Takashima T., Morisaki T., Noda S., Onoda N., Ohsawa M., Hirakawa K., Ohira M.

    CANCER RESEARCH   77   2017年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS16-P2-05-05

  • Predicting therapeutic effect by on tumor invasion lymphocytes (TILs) in endocrine therapy for stage IV breast cancer 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Takada K, Takashima T, Morisaki T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    CANCER RESEARCH   77   2017年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS16-P3-04-20

  • Prediction of survival after neoadjuvant chemotherapy for breast cancer by evaluation of tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) and residual cancer burden (RCB) 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Takada K, Takashima T, Morisaki T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    CANCER RESEARCH   77   2017年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS16-P2-05-05

  • Expression and Clinical Significance of Androgen Receptor in Triple-Negative Breast Cancer. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Tanaka S, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Cancers   9 ( 1 )   2017年01月( ISSN:2072-6694

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers9010004

    PubMed

  • Expression and Clinical Significance of Androgen Receptor in Triple-Negative Breast Cancer 査読

    Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Goto Wataru, Tanaka Sayaka, Morisaki Tamami, Takashima Tsutomu, Noda Satoru, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Hirakawa Kosei, Ohira Masaichi

    CANCERS   9 ( 1 )   2017年01月( ISSN:2072-6694

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers9010004

    PubMed

  • 細径内視鏡を用いた当院人間ドックにおける胃がん標準化発見比の検討 査読

    田中 史生, 福本 真也, 森川 浩安, 木村 達郎, 中野 朱美, 大谷 恒史, 森崎 珠実, 藤原 靖弘, 河田 則文, 平田 一人

    公益社団法人 日本人間ドック学会 人間ドック(Ningen Dock)   32 ( 3 )   537 - 543   2017年( ISSN:1880-1021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <b>目的:</b>人間ドックでの胃がん発見精度の評価方法として胃がん発見率が挙げられるが,母集団の性差,年齢分布により影響を受ける.そこで我々は標準化発見比を指標として用い,細径内視鏡を用いた当院人間ドックでの胃がん発見精度を調査した.<br><b>方法:</b>2016年1月4日から1年間,当院人間ドックで上部消化管内視鏡検査を施行された4,927例において,胃がんの標準化発見比,発見率等を検討した.<br><b>結果:</b>男性における胃がん存在期待値合計は3.48であり,胃がん発見症例数は13例であった.すなわち,男性での標準化発見比は3.74であった.特に65~69歳では存在期待値0.95に対して7例の胃がんを発見した.一方,女性での胃がん存在期待値合計は1.12,胃がん発見症例数は1例であり,標準化発見比は0.89であった.また,男女合算では,存在期待値4.60に対して14例の胃がんを発見しており,標準化発見比は3.04であった.さらには,胃がん発見率は男女合算で0.28%,年代別に解析すると,50~59歳では0.21%,60歳以上では0.78%であった.<br><b>結論:</b>当院での人間ドックにおいて,胃がんの標準化発見比を検討することにより,罹患率が高い年齢層で確実に胃がんの発見,診断がなされていることが示された.

    DOI: 10.11320/ningendock.32.537

    CiNii Article

  • 癌微小環境における胃癌細胞の糖代謝関連酵素(PKM2, ENO1, GLS)の意義 査読

    北山 紀州, 八代 正和, 森崎 珠実, 奥野 倫久, 三木 友一朗, 笠島 裕明, 増田 剛, 豊川 貴弘, 田中 浩明, 六車 一哉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   32 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.32.55

    CiNii Article

  • Clinicopathologic significance of the CXCL1-CXCR2 axis in the tumor microenvironment of gastric carcinoma. 査読

    Kasashima H, Yashiro M, Nakamae H, Masuda G, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Nakane T, Hino M, Hirakawa K, Ohira M

    PloS one   12 ( 6 )   e0178635   2017年( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0178635

    PubMed

  • 膀胱転移を来した高度進行乳癌の1例(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    癌と化学療法 (0385-0684)44巻12号 Page1933-1935(2017.11)   44   1933 - 1935   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腫瘍随伴性皮膚筋炎との鑑別を要した乳癌化学療法に伴う皮膚炎の1例(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    癌と化学療法 (0385-0684)44巻12号 Page1930-1932(2017.11)   44   1930 - 1932   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腋窩リンパ節転移を来したT1a乳癌の1例(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    癌と化学療法 (0385-0684)44巻12号 Page1059-1061(2017.11)   44   1059 - 1061   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 胸部要精密検査判定の現況と呼び出しシステムの活用(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    人間ドック (1880-1021)31巻5号 Page661-667(2017.03)   31   661 - 667   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 細径内視鏡を用いた当院人間ドックにおける胃がん標準化発見比の検討(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    人間ドック (1880-1021)32巻3号 Page537-543(2017.09)   32   537 - 543   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 浸潤性乳管癌の術前診断であった硬化性腺症内非浸潤性乳管癌の1例(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    癌と化学療法 (0385-0684)44巻12号 Page1089-1091(2017.11)   44   1089 - 1091   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳頭部乳癌が疑われた乳頭部腺腫の1例(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    癌と化学療法 (0385-0684)44巻12号 Page1071-1073(2017.11)   44   1071 - 1073   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳腺組織生検におけるEnCor ENSPIREシステムの使用経験(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    癌と化学療法 (0385-0684)44巻12号 Page1832-1834(2017.11)   44   1832 - 1834   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • QOL-ACDを用いた乳癌術前化学療法後の予後解析(原著論文) 査読

    森崎 珠実

    癌と化学療法 (0385-0684)44巻12号 Page1092-1094(2017.11)   44   1092 - 1094   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Pathological Complete Response Obtained by Eribulin Chemotherapy in a Case of Advanced Breast Cancer]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Takada K, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2240 - 2242   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Malignant Phyllodes Tumor Difficult to Distinguish from Spindle Cell Carcinoma]. 査読

    Okazaki Y, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Takada K, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2243 - 2245   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Inflammatory Pseudotumor of the Mammary Gland]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Takada K, Asano Y, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2029 - 2031   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Pathological Complete Response Obtained by Eribulin Chemotherapy in a Case of Advanced Breast Cancer]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Takada K, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2240 - 2242   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Pathological Complete Response Obtained by Eribulin Chemotherapy in a Case of Advanced Breast Cancer]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Takada K, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2240 - 2242   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Malignant Phyllodes Tumor Difficult to Distinguish from Spindle Cell Carcinoma]. 査読

    Okazaki Y, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Takada K, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2243 - 2245   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Malignant Phyllodes Tumor Difficult to Distinguish from Spindle Cell Carcinoma]. 査読

    Okazaki Y, Kashiwagi S, Asano Y, Goto W, Takada K, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2243 - 2245   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Inflammatory Pseudotumor of the Mammary Gland]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Takada K, Asano Y, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2029 - 2031   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Inflammatory Pseudotumor of the Mammary Gland]. 査読

    Goto W, Kashiwagi S, Takada K, Asano Y, Morisaki T, Takashima T, Noda S, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K, Ohira M

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43 ( 12 )   2029 - 2031   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • エリブリン化学療法により病理学的完全奏効が得られた局所進行乳癌の1例 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 高島 勉, 野田 諭, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2240 - 2242   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行再発乳癌における治療の目的は、全生存期間の延長と生活の質(QOL)の改善である。そのため、治療効果が高く有害事象が少ない薬剤が望まれる。症例は43歳、女性。右乳房腫瘤を自覚し近医を受診、精査加療目的にて当院紹介となった。乳腺超音波検査において右乳腺C領域に2.9cm大の低エコー腫瘤が確認され、針生検にて浸潤性乳管癌(ER90%、PgR陰性、HER2陰性、Ki-67中等度発現)との診断を得た。また、鎖骨上に転移を疑わせるリンパ節が認められたため、穿刺吸引細胞診を行ったところ悪性であった。治療前診断は右乳癌、cT2N3M0、stage IIIC、Luminal B likeとした。エリブリン化学療法を開始し、6 cycles終了後の画像検査にて右乳腺腫瘤は同定困難となり、鎖骨上リンパ節も消失したため手術を施行した。Grade 2以上の有害事象は認めなかった。摘出標本の病理学的診断では病理学的完全奏効(pathological complete response:pCR)(Grade 3)が確認された。今回われわれは、エリブリン化学療法によりpCRが得られた局所進行乳癌の1例を経験した。(著者抄録)

  • Pancreatic Fibroblasts Stimulate the Motility of Pancreatic Cancer Cells through IGF1/IGF1R Signaling under Hypoxia 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Doi Yosuke, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Kimura Kenjiro, Amano Ryosuke, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   11 ( 8 )   e0159912   2016年08月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0159912

    PubMed

  • Clinical verification of tumour immune microenvironment in eribulin chemotherapy for breast cancer 査読

    Goto Wataru, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年07月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Study on expression of androgen-receptor splice variant-7 (AR-V7) in preoperative chemotherapy for breast cancer 査読

    Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Goto Wataru, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年07月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of the treatment response to eribulin chemotherapy in breast cancer using tumor-infiltrating lymphocytes 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Goto Wataru, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年07月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical verification of tumour immune microenvironment in eribulin chemotherapy for breast cancer 査読

    Goto Wataru, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年07月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Study on expression of androgen-receptor splice variant-7 (AR-V7) in preoperative chemotherapy for breast cancer 査読

    Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Goto Wataru, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年07月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prediction of the treatment response to eribulin chemotherapy in breast cancer using tumor-infiltrating lymphocytes 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Goto Wataru, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   27   2016年07月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical significance of expression of androgen-receptor splice variant-7 (AR-V7) in neoadjuvant chemotherapy for breast cancer 査読

    Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Goto Wataru, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Tanaka Sayaka, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   76   2016年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-3939

  • Prediction of the treatment response to eribulin chemotherapy in breast cancer using tumor-infiltrating lymphocytes (TILs) 査読

    Shinichiro Kashiwagi, Asano Yuka, Goto Wataru, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Tanaka Sayaka, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   76   2016年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-1412

  • Clinical verification of antitumor autoimmune response in eribulin chemotherapy for breast cancer 査読

    Goto Wataru, Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Tanaka Sayaka, Ohsawa Masahiko, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   76   2016年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-5127

  • Lysyl oxidase is associated with the epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells in hypoxia 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    GASTRIC CANCER   19 ( 2 )   431 - 442   2016年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-015-0510-3

    PubMed

  • Lysyl oxidase is associated with the epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells in hypoxia. 査読

    Kasashima H, Yashiro M, Kinoshita H, Fukuoka T, Morisaki T, Masuda G, Sakurai K, Kubo N, Ohira M, Hirakawa K

    Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association   19 ( 2 )   431 - 442   2016年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10120-015-0510-3

    PubMed

    CiNii Article

    その他URL: http://search.jamas.or.jp/link/ui/2017035688

  • Lysyl oxidaseは低酸素状態における胃癌細胞の上皮間葉移行に関連している(Lysyl oxidase is associated with the epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells in hypoxia) 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    Gastric Cancer   19 ( 2 )   431 - 442   2016年04月( ISSN:1436-3291

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    低酸素状態の胃癌細胞における上皮間葉移行(EMT)とlysyl oxidase(LOX)の関係を検討した。2種類の胃癌細胞株(OCUM-2MD3とOCUM-12)をin vitro試験に用いた。LOXの低分子干渉RNA(siRNA)がEMTに及ぼす影響、および低酸素状態での癌細胞の運動性を、逆転写PCR法、ウェスタンブロット法、創傷治癒アッセイ法および細胞浸潤アッセイ法により解析した。544例の胃癌患者におけるLOX発現と臨床病理学的特性との相関性を免疫組織化学法により検討した。低酸素状態によって、胃癌細胞のEMTに起因する多角細胞または紡錘状細胞が増加した。低酸素状態によって誘発された癌細胞のEMTは、LOXのsiRNA処理により抑制された。低酸素状態で遊走および浸潤する胃癌細胞数は、LOXノックダウンにより有意に減少した。LOXのsiRNAは、胃癌細胞のE-cadherin濃度を有意に増加させ、vimentin濃度を有意に低下させた。LOX発現は、深達度、腫瘍分化度、リンパ節転移、リンパ浸潤、血管浸潤および腹膜転移と有意に関係していた。多変量解析の結果、LOXは、全生存期間の独立したパラメータであった。

  • Prediction of the treatment response to neoadjuvant chemotherapy in breast cancer by subtypes using tumor infiltrating lymphocytes 査読

    Kashiwagi S., Asano Y., Goto W., Morisaki T., Noda S., Takashima T., Onoda N., Hirakawa K.

    CANCER RESEARCH   76   2016年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS15-P3-07-33

  • Prediction of treatment responses to neoadjuvant chemotherapy in triple -negative breast cancer by analysis of immune checkpoint protein expression 査読

    Asano Y., Kashiwagi S., Goto W., Morisaki T., Noda S., Takashima T., Onoda N., Hirakawa K.

    CANCER RESEARCH   76   2016年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS15-P4-04-14

  • Prediction of treatment responses to neoadjuvant chemotherapy in triple -negative breast cancer by analysis of immune checkpoint protein expression 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    CANCER RESEARCH   76   2016年02月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.SABCS15-P4-04-14

  • Predictive factors for the occurrence of four or more axillary lymph node metastases in ER-positive and HER2-negative breast cancer patients with positive sentinel node: A retrospective cohort study 査読

    Noda Satoru, Onoda Naoyoshi, Asano Yuka, Kurata Kento, Tokumoto Mao, Morisaki Tamami, Kashiwagi Shinichiro, Takashima Tsutomu, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY   26   1 - 5   2016年02月( ISSN:1743-9191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2015.12.002

    PubMed

  • Predictive factors for the occurrence of four or more axillary lymph node metastases in ER-positive and HER2-negative breast cancer patients with positive sentinel node: A retrospective cohort study. 査読

    Noda S, Onoda N, Asano Y, Kurata K, Tokumoto M, Morisaki T, Kashiwagi S, Takashima T, Hirakawa K

    International journal of surgery (London, England)   26   1 - 5   2016年02月( ISSN:1743-9191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2015.12.002

    PubMed

  • Clinical verification of sensitivity to preoperative chemotherapy in cases of androgen receptor-expressing positive breast cancer 査読

    Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Onoda Naoyoshi, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Takashima Tsutomu, Ohsawa Masahiko, Kitagawa Seiichi, Hirakawa Kosei

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   114 ( 1 )   14 - 20   2016年01月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.434

    PubMed

  • Clinical verification of sensitivity to preoperative chemotherapy in cases of androgen receptor-expressing positive breast cancer. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Onoda N, Kurata K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Ohsawa M, Kitagawa S, Hirakawa K

    British journal of cancer   114 ( 1 )   14 - 20   2016年01月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.434

    PubMed

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kitayama Kishu, Miki Yuichiro, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatshunari, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Masaichi Ohira, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   36 ( 1 )   129 - 136   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer. 査読

    Masuda GO, Yashiro M, Kitayama K, Miki Y, Kasashima H, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Masaichi O, Hirakawa K

    Anticancer research   36 ( 1 )   129 - 36   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer. 査読

    Masuda GO, Yashiro M, Kitayama K, Miki Y, Kasashima H, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Masaichi O, Hirakawa K

    Anticancer research   36 ( 1 )   129 - 136   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Clinicopathological Correlations of Autophagy-related Proteins LC3, Beclin 1 and p62 in Gastric Cancer. 査読

    Masuda GO, Yashiro M, Kitayama K, Miki Y, Kasashima H, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Masaichi O, Hirakawa K

    Anticancer research   36 ( 1 )   129 - 36   2016年01月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Pancreatic Fibroblasts Stimulate the Motility of Pancreatic Cancer Cells through IGF1/IGF1R Signaling under Hypoxia. 査読

    Hirakawa T, Yashiro M, Doi Y, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Kimura K, Amano R, Hirakawa K

    PloS one   11 ( 8 )   e0159912   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0159912

    PubMed

  • Diffuse-type gastric cancer cells switch their driver pathways from FGFR2 signaling to SDF1/CXCR4 axis in hypoxic tumor microenvironments 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Morisaki Tamami, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Noda Satoru, Hirakawa Kosei

    CARCINOGENESIS   36 ( 12 )   1511 - 1520   2015年12月( ISSN:0143-3334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgv134

    PubMed

  • Diffuse-type gastric cancer cells switch their driver pathways from FGFR2 signaling to SDF1/CXCR4 axis in hypoxic tumor microenvironments. 査読

    Kinoshita H, Yashiro M, Fukuoka T, Hasegawa T, Morisaki T, Kasashima H, Masuda G, Noda S, Hirakawa K

    Carcinogenesis   36 ( 12 )   1511 - 20   2015年12月( ISSN:0143-3334

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/carcin/bgv134

    PubMed

  • [A Case of Spontaneous Regression of Breast Cancer with Multiple Lung Metastases]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Kurata K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1800 - 2   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Clinical verification of a molecular mechanism of antitumor effect of eribulin chemotherapy 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   26   90 - 90   2015年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A Case of Spontaneous Regression of Breast Cancer with Multiple Lung Metastases]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Kurata K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1800 - 2   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A Case of Spontaneous Regression of Breast Cancer with Multiple Lung Metastases]. 査読

    Asano Y, Kashiwagi S, Goto W, Kurata K, Morisaki T, Noda S, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42 ( 12 )   1800 - 1802   2015年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Clinical verification of a molecular mechanism of antitumor effect of eribulin chemotherapy 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   26   90   2015年11月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Partial mastectomy using manual blunt dissection (MBD) in early breast cancer 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Onoda Naoyoshi, Asano Yuka, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Hirakawa Kosei

    BMC SURGERY   15   117   2015年10月( ISSN:1471-2482

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-015-0102-5

    PubMed

  • Partial mastectomy using manual blunt dissection (MBD) in early breast cancer. 査読

    Kashiwagi S, Onoda N, Asano Y, Kurata K, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Hirakawa K

    BMC surgery   15   117   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12893-015-0102-5

    PubMed

  • Prostaglandin D synthase is a potential novel therapeutic agent for the treatment of gastric carcinomas expressing PPAR gamma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   137 ( 5 )   1235 - 1244   2015年09月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.29392

    PubMed

  • Prostaglandin D synthase is a potential novel therapeutic agent for the treatment of gastric carcinomas expressing PPARγ. 査読

    Fukuoka T, Yashiro M, Kinoshita H, Morisaki T, Hasegawa T, Hirakawa T, Aomatsu N, Takeda H, Maruyama T, Hirakawa K

    International journal of cancer   137 ( 5 )   1235 - 44   2015年09月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.29392

    PubMed

  • Epithelial-mesenchymal transition and tumor vascular remodeling in eribulin chemotherapy for breast cancer 査読

    Shinichiro Kashiwagi, Asano Yuka, Tauchi Yukie, Mao Tokumoto, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-4100

  • Significance of an autophagy protein, microtubule-associated protein light chain 3 (LC3), in gastric cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Chung Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-992

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis might be associated with growth-interaction between cancer-associated fibroblasts and gastric cancer cells in hypoxic tumor microenvironment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kimura Kenjiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-436

  • Predictive value of neutrophil-lymphocyte ratio for the efficacy of preoperative chemotherapy in triple-negative breast cancer 査読

    Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-1824

  • Novel biomarkers for gastric cancer stem cells utilizing comparative proteomics analysis 査読

    Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Kakehashi Anna, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-1405

  • Epithelial-mesenchymal transition and tumor vascular remodeling in eribulin chemotherapy for breast cancer 査読

    Shinichiro Kashiwagi, Asano Yuka, Tauchi Yukie, Mao Tokumoto, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-4100

  • Significance of an autophagy protein, microtubule-associated protein light chain 3 (LC3), in gastric cancer 査読

    Masuda Go, Yashiro Masakazu, Kasashima Hiroaki, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Chung Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-992

  • Predictive value of neutrophil-lymphocyte ratio for the efficacy of preoperative chemotherapy in triple-negative breast cancer 査読

    Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-1824

  • Novel biomarkers for gastric cancer stem cells utilizing comparative proteomics analysis 査読

    Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Kakehashi Anna, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-1405

  • The significance and the predictive factors of microscopic lymph node metastasis in patients with clinically node negative papillary thyroid cancer: A retrospective cohort study 査読

    Noda Satoru, Onoda Naoyoshi, Morisaki Tamami, Kashiwagi Shinichiro, Takashima Tsutomu, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF SURGERY   20   52 - 57   2015年08月( ISSN:1743-9191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2015.06.023

    PubMed

  • The significance and the predictive factors of microscopic lymph node metastasis in patients with clinically node negative papillary thyroid cancer: A retrospective cohort study. 査読

    Noda S, Onoda N, Morisaki T, Kashiwagi S, Takashima T, Hirakawa K

    International journal of surgery (London, England)   20   52 - 7   2015年08月( ISSN:1743-9191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijsu.2015.06.023

    PubMed

  • Bone marrow-derived stromal cells are associated with gastric cancer progression 査読

    Kasashima H., Yashiro M., Nakamae H., Masuda G., Kinoshita H., Morisaki T., Fukuoka T., Hasegawa T., Sakurai K., Toyokawa T., Kubo N., Tanaka H., Muguruma K., Ohira M., Nakane T., Hino M., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   113 ( 3 )   443 - 452   2015年07月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.236

  • Bone marrow-derived stromal cells are associated with gastric cancer progression. 査読

    Kasashima H, Yashiro M, Nakamae H, Masuda G, Kinoshita H, Morisaki T, Fukuoka T, Hasegawa T, Sakurai K, Toyokawa T, Kubo N, Tanaka H, Muguruma K, Ohira M, Nakane T, Hino M, Hirakawa K

    British journal of cancer   113 ( 3 )   443 - 52   2015年07月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2015.236

    PubMed

  • アンドロゲン受容体発現によるトリプルネガティブ乳癌の新たな個別化治療の可能性 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   68 - 69   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.68

    CiNii Article

  • 胃癌予後マーカーとしてのRetinoblastoma binding protein 6(RBBP6)の意義 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   47 - 48   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.47

    CiNii Article

  • 胃癌におけるオートファジーの臨床病理学的意義 査読

    増田 剛, 八代 正和, 北山 紀州, 笠島 裕明, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   31 ( 0 )   70 - 70   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.31.70

    CiNii Article

  • 甲状腺未分化癌組織におけるnestin発現の意義 査読

    倉田 研人, 小野田 尚佳, 野田 諭, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 呉 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 川尻 成美, 高島 勉, 田中 さやか, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   17 - 18   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.17

    CiNii Article

  • アンドロゲン受容体発現によるトリプルネガティブ乳癌の新たな個別化治療の可能性 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   30 ( 0 )   68 - 69   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.30.68

    CiNii Article

  • Lysyl oxidase-like 2 (LOXL2) from stromal fibroblasts stimulates the progression of gastric cancer 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER LETTERS   354 ( 2 )   438 - 446   2014年11月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2014.08.014

    PubMed

  • Lysyl oxidase-like 2 (LOXL2) from stromal fibroblasts stimulates the progression of gastric cancer. 査読

    Kasashima H, Yashiro M, Kinoshita H, Fukuoka T, Morisaki T, Masuda G, Sakurai K, Kubo N, Ohira M, Hirakawa K

    Cancer letters   354 ( 2 )   438 - 46   2014年11月( ISSN:0304-3835

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.canlet.2014.08.014

    PubMed

  • Comparative Proteomics Analysis of Gastric Cancer Stem Cells 査読

    Morisaki Tamami, Yashiro Masakazu, Kakehashi Anna, Inagaki Azusa, Kinoshita Haruhito, Fukuoka Tatsunari, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    PLOS ONE   9 ( 11 )   e110736   2014年11月( ISSN:1932-6203

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110736

    PubMed

  • [Four cases of malignant primary breast lymphoma]. 査読

    Ishihara S, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1942 - 4   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Eribulin chemotherapy after taxane treatment in advanced metastatic breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Asano Y, Kurata K, Tauchi Y, Tokumoto M, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1951 - 3   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical experience with a handheld vacuum-assisted biopsy system (VACORA® )for mammary lesions]. 査読

    Tokumoto M, Kashiwagi S, Ishihara S, Asano Y, Sakimura C, Kurata K, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1887 - 9   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical experience of nab-Paclitaxel treatment in 31 patients with breast cancer]. 査読

    Tauchi Y, Kashiwagi S, Ishihara S, Asano Y, Sakimura C, Kurata K, Tokumoto M, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1948 - 50   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of squamous cell lung carcinoma that was difficult to distinguish from squamous cell carcinoma of the breast]. 査読

    Togano S, Kashiwagi S, Kurata K, Tauchi Y, Tokumoto M, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1884 - 6   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Four cases of malignant primary breast lymphoma]. 査読

    Ishihara S, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1942 - 4   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Four cases of malignant primary breast lymphoma]. 査読

    Ishihara S, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ohsawa M, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1942 - 1944   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Eribulin chemotherapy after taxane treatment in advanced metastatic breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Asano Y, Kurata K, Tauchi Y, Tokumoto M, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1951 - 3   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Eribulin chemotherapy after taxane treatment in advanced metastatic breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Asano Y, Kurata K, Tauchi Y, Tokumoto M, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1951 - 1953   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical experience with a handheld vacuum-assisted biopsy system (VACORA® )for mammary lesions]. 査読

    Tokumoto M, Kashiwagi S, Ishihara S, Asano Y, Sakimura C, Kurata K, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1887 - 9   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical experience with a handheld vacuum-assisted biopsy system (VACORA® )for mammary lesions]. 査読

    Tokumoto M, Kashiwagi S, Ishihara S, Asano Y, Sakimura C, Kurata K, Tauchi Y, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1887 - 1889   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Clinical experience of nab-Paclitaxel treatment in 31 patients with breast cancer]. 査読

    Tauchi Y, Kashiwagi S, Ishihara S, Asano Y, Sakimura C, Kurata K, Tokumoto M, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1948 - 50   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of squamous cell lung carcinoma that was difficult to distinguish from squamous cell carcinoma of the breast]. 査読

    Togano S, Kashiwagi S, Kurata K, Tauchi Y, Tokumoto M, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1884 - 6   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of squamous cell lung carcinoma that was difficult to distinguish from squamous cell carcinoma of the breast]. 査読

    Togano S, Kashiwagi S, Kurata K, Tauchi Y, Tokumoto M, Morisaki T, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1884 - 1886   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • タキサン前治療のある進行転移性乳癌におけるエリブリン化学療法の検討 査読

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1951 - 1953   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景:エリブリンはタキサン系薬剤とは異なった作用機序を有する微小管阻害剤であり、タキサン系薬剤耐性の細胞株に対しても効果が認められることが報告されている。今回、タキサン系薬剤の前治療歴を有する症例でのエリブリン化学療法の検討を行った。対象と方法:エリブリンにて化学療法を行った手術不能もしくは転移・再発乳癌52例を対象とした。タキサン前治療歴のある症例(TX群)、治療歴のない症例(non-TX群)について有用性および忍容性の検討を行った。結果:TX群は19例(36.5%)、non-TX群は33例(63.5%)であった。TX群の奏効率は31.6%(6/19)であり、non-TX群は36.4%(12/33)であった。TX群とnon-TX群では、全生存期間、治療成功期間、無増悪生存期間について有意な差はなかった。また有害事象の検討では、Grade 3以上の好中球減少症の発現は両群間に差は認められなかった(p=0.340)。一方で、Grade 1以上の知覚性末梢神経障害の発現はTX群で有意に多く認められた(p=0.038)。結語:局所進行・転移性乳癌におけるエリブリン化学療法は、タキサン前治療歴の有無にかかわらず有用であった。また有害事象では、タキサン前治療歴によって知覚性末梢神経障害が多く認められる可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 乳腺原発扁平上皮癌との鑑別を要した肺扁平上皮癌の1例 査読

    栂野 真吾, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1884 - 1886   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は74歳、男性。左肩から前胸部にかけての疼痛を自覚し、近医を受診した。胸部CT検査にて左大胸筋を背側から圧排し、肋骨の骨破壊像および胸腔内への浸潤を伴った約4×8cm大の腫瘤性病変が認められた。肺、胸膜または乳腺原発の悪性腫瘍が疑われたため、精査加療目的にて当院紹介となった。指摘病変の針生検の病理診断では腺癌成分を伴わない扁平上皮癌であり、ここで乳腺原発の扁平上皮癌は否定的と判断し、最終診断は肺扁平上皮癌fStage IIb(T3N0M0)とした。今回われわれは、乳腺扁平上皮癌との鑑別を要した肺扁平上皮癌の1例を経験した。臨床経過、画像所見に加え、詳細な病理学的診断が鑑別には重要であると考えられた。(著者抄録)

  • 乳腺原発悪性リンパ腫の4例 査読

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1942 - 1944   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    乳腺原発悪性リンパ腫(PBL)は全悪性リンパ腫(ML)の0.5%以下、乳腺悪性腫瘍の約0.04~0.53%と比較的まれである。今回われわれは、PBLの4例を経験したので報告する。初発症状はすべて乳房腫瘤であり、リンパ節腫脹を伴うものは1例であった。左側発症で両側のものはなく、亜型もすべてびまん性大細胞性B細胞リンパ腫であった。これらは超音波検査にてPBLを疑う所見であったため、針生検検査にて診断に至った。針生検では、組織量が少なく亜型分類が不可能であった症例には切開摘出生検を行った。すべての症例においてCD20陽性であったため、超高齢者である症例を除きR-CHOPによる化学療法を選択し、現時点では無再発生存が得られている。PBLは予後不良であるために、亜型分類を含めた適切な治療前診断を付け、分子標的治療を視野に入れた個別化治療を進めることが望まれる。(著者抄録)

  • 乳癌におけるNab-Paclitaxel(Abraxane)使用症例31例の検討 査読

    田内 幸枝, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 崎村 千恵, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1948 - 1950   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    nab-paclitaxel(nab-PTX、Abraxane)はヒト血清アルブミンにPTXを結合させ、ナノ粒子化した製剤である。前投薬が不要で、アルコール不耐例にも投与が可能である。当施設での使用症例31例の有用性・忍容性を検討した。転移再発症例18例、術前化学療法症例13例で、投与量は175~260mg/m2 q3wであった。奏効率では、175mg/m2投与群(n=12)で33.3%であり、260mg/m2投与群(n=19)で57.9%であった。有害事象では、grade 3以下の末梢神経障害を20例(64.5%)に認めた。nab-PTXは忍容性が高く、進行再発症例においても有用である可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Effect of cancer associated fibroblast on gastric cancer cells under hypoxia 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kasashima Hiroaki, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3612

  • The stemness of gastric cancer stem cells is sustained by TGF beta produced from cancer-associated fibroblasts 査読

    Yashiro Masakazu, Hasegawa Tsuyoshi, Fukuoka Tatsunari, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kubo Naoshi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3863

  • The effect of PGE2 receptor inhibitor on the microenviroment of scirrhous gastric cancer 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Sakurai Katsunobu, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3606

  • Role of lysyl oxidase and lysyl oxidase-like 2 in gastric carcinoma 査読

    Kasashima Hiroaki, Yashiro Masakazu, Go Yukie, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Tokumoto Mao, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Toyokawa Takahiro, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1980

  • Effect of cancer associated fibroblast on gastric cancer cells under hypoxia 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Masuda Go, Kasashima Hiroaki, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shibutani Masatune, Yamazoe Sadaaki, Sakurai Katsunobu, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3612

  • The effect of PGE2 receptor inhibitor on the microenviroment of scirrhous gastric cancer 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamami, Sakurai Katsunobu, Shibutani Masatsune, Yamazoe Sadaaki, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3606

  • EXPRESSION AND CLINICAL SIGNIFICANCE OF ANDROGEN RECEPTOR IN TRIPLE-NEGATIVE BREAST CANCER 査読

    Asano Yuka, Kashiwagi Shinichiro, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   25   2014年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdu435.103

  • TLE3 IS A USEFUL SURROGATE MARKER FOR PREDICTING ERIBULIN CHEMO-SENSITIVITY IN TRIPLE-NEGATIVE BREAST CANCER 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   25   2014年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdu436.76

  • TLE3 IS A USEFUL SURROGATE MARKER FOR PREDICTING ERIBULIN CHEMO-SENSITIVITY IN TRIPLE-NEGATIVE BREAST CANCER 査読

    Kashiwagi Shinichiro, Asano Yuka, Kurata Kento, Morisaki Tamami, Noda Satoru, Kawajiri Hidemi, Takashima Tsutomu, Onoda Naoyoshi, Ohsawa Masahiko, Hirakawa Kosei

    ANNALS OF ONCOLOGY   25   2014年10月( ISSN:0923-7534

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/annonc/mdu436.76

  • 臨床報告 乳腺matrix-producing carcinomaの1例 査読

    森崎 珠実, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 若狭 研一

    臨床外科   69 ( 6 )   747 - 750   2014年06月( ISSN:03869857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は57歳,女性.主訴は右乳腺腫瘤.右BE領域に小豆大の硬い腫瘤を触知した.乳房撮影ではMLOで右Lに微細分葉状の等濃度腫瘤影,超音波検査では右BE領域に13mm大の辺縁粗雑な腫瘤を認めた.腋窩リンパ節腫大や遠隔転移を認めず,針生検で浸潤性乳管癌と診断された.右乳癌(T1cN0M0 StageI)と診断し乳房切除術,センチネルリンパ節生検を施行した.切除標本の病理所見はMatrix-producing carcinomaであった.術後タモキシフェン20mg/日を投与し,術後5年の現在,再発を認めていない.本症例のような新たな分類の稀少特殊型では治療に資する情報が少なく,大規模な症例集積が望まれる.(著者抄録)

    DOI: 10.11477/mf.1407105089

    CiNii Article

  • The Role of Type D Prostanoid Receptors and PPAR gamma in Gastric Cancer Progression 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Kinoshita Haruhito, Hasegawa Tsuyoshi, Kasashima Hiroaki, Masuda Go, Sakurai Katsunobu, Toyokawa Takahiro, Tanaka Hiroaki, Kubo Naoshi, Muguruma Kazuya, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    ANTICANCER RESEARCH   34 ( 6 )   2771 - 2778   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The role of type D prostanoid receptors and PPARγ in gastric cancer progression. 査読

    Fukuoka T, Yashiro M, Morisaki T, Kinoshita H, Hasegawa T, Kasashima H, Masuda G, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Kubo N, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 6 )   2771 - 8   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • The role of type D prostanoid receptors and PPARγ in gastric cancer progression. 査読

    Fukuoka T, Yashiro M, Morisaki T, Kinoshita H, Hasegawa T, Kasashima H, Masuda G, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Kubo N, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 6 )   2771 - 2778   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 乳腺matrix-producing carcinomaの1例 査読

    森崎 珠実, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 若狭 研一

    臨床外科   69 ( 6 )   747 - 750   2014年06月( ISSN:0386-9857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は57歳,女性.主訴は右乳腺腫瘤.右BE領域に小豆大の硬い腫瘤を触知した.乳房撮影ではMLOで右Lに微細分葉状の等濃度腫瘤影,超音波検査では右BE領域に13mm大の辺縁粗雑な腫瘤を認めた.腋窩リンパ節腫大や遠隔転移を認めず,針生検で浸潤性乳管癌と診断された.右乳癌(T1cN0M0 StageI)と診断し乳房切除術,センチネルリンパ節生検を施行した.切除標本の病理所見はMatrix-producing carcinomaであった.術後タモキシフェン20mg/日を投与し,術後5年の現在,再発を認めていない.本症例のような新たな分類の稀少特殊型では治療に資する情報が少なく,大規模な症例集積が望まれる.(著者抄録)

  • The role of type D prostanoid receptors and PPARγ in gastric cancer progression. 査読

    Fukuoka T, Yashiro M, Morisaki T, Kinoshita H, Hasegawa T, Kasashima H, Masuda G, Sakurai K, Toyokawa T, Tanaka H, Kubo N, Muguruma K, Ohira M, Hirakawa K

    Anticancer research   34 ( 6 )   2771 - 8   2014年06月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Cancer-associated fibroblasts might sustain the stemness of scirrhous gastric cancer cells via transforming growth factor-beta signaling 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Nishii Takafumi, Matsuoka Junko, Fuyuhiro Yuhiko, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Shimizu Kiyoshi, Shimizu Toshiyuki, Miwa Atsushi, Hirakawa Kosei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   134 ( 8 )   1785 - 1795   2014年04月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.28520

    PubMed

  • Cancer-associated fibroblasts might sustain the stemness of scirrhous gastric cancer cells via transforming growth factor-β signaling. 査読

    Hasegawa T, Yashiro M, Nishii T, Matsuoka J, Fuyuhiro Y, Morisaki T, Fukuoka T, Shimizu K, Shimizu T, Miwa A, Hirakawa K

    International journal of cancer   134 ( 8 )   1785 - 95   2014年04月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.28520

    PubMed

  • OP-060-2 低酸素微小環境がスキルス胃癌に与える影響(OP-060 胃 基礎-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-220-6 乳腺粘液癌71例による細分類の臨床病理学的検討(PS-220 乳腺 病理診断,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-175-6 胃癌における間質酵素Lysyl Oxidase発現の臨床病理学的意義(PS-175 基礎 発癌・バイオマーカー・その他-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-143-4 当科での乳房温存療法における切除断端診断と断端陽性時の治療(PS-143 乳腺 手術手技-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-135-7 スキルス胃癌微笑環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性(PS-135 胃 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-134-7 胃癌におけるオートファジー関連分子p62/SQSTM1の臨床病理学的検討(PS-134 胃 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-069-4 トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法効果予測マーカーとしてのTLE3発現(PS-069 乳腺 化学療法-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-123-3 胃全摘術におけるNo.10リンパ節転移の意義(OP-123 胃 リンパ節郭清・手術適応,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 呉 幸枝, 笠島 裕明, 増田 剛, 渡邊 真央, 木下 春人, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-060-2 低酸素微小環境がスキルス胃癌に与える影響(OP-060 胃 基礎-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   421   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-220-6 乳腺粘液癌71例による細分類の臨床病理学的検討(PS-220 乳腺 病理診断,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   1015   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-175-6 胃癌における間質酵素Lysyl Oxidase発現の臨床病理学的意義(PS-175 基礎 発癌・バイオマーカー・その他-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   925   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-143-4 当科での乳房温存療法における切除断端診断と断端陽性時の治療(PS-143 乳腺 手術手技-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   860   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-135-7 スキルス胃癌微笑環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性(PS-135 胃 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   845   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-134-7 胃癌におけるオートファジー関連分子p62/SQSTM1の臨床病理学的検討(PS-134 胃 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   843   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-069-4 トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法効果予測マーカーとしてのTLE3発現(PS-069 乳腺 化学療法-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   712   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-123-3 胃全摘術におけるNo.10リンパ節転移の意義(OP-123 胃 リンパ節郭清・手術適応,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 呉 幸枝, 笠島 裕明, 増田 剛, 渡邊 真央, 木下 春人, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   532   2014年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • スキルス胃癌微小環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   845 - 845   2014年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • プロテオーム解析を用いた胃癌幹細胞関連蛋白とその臨床的意義 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本胃癌学会総会記事   86回   320 - 320   2014年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • プロスタグランジンD2シグナルは胃癌細胞増殖を抑制する 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 渡辺 真央, 木下 春人, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本胃癌学会総会記事   86回   316 - 316   2014年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • プロテオーム解析による胃癌幹細胞関連マーカーの同定 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 梯 アンナ, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   40 - 41   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.40

    CiNii Article

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   36 - 37   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.36

    CiNii Article

  • Comparative proteomics analysis of gastric cancer stem cells. 査読

    Morisaki T, Yashiro M, Kakehashi A, Inagaki A, Kinoshita H, Fukuoka T, Kasashima H, Masuda G, Sakurai K, Kubo N, Muguruma K, Ohira M, Wanibuchi H, Hirakawa K

    PloS one   9 ( 11 )   e110736   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110736

    PubMed

  • プロテオーム解析による胃癌幹細胞関連マーカーの同定 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 梯 アンナ, 笠島 裕明, 増田 剛, 木下 春人, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   40 - 41   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.40

    CiNii Article

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉  幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   36 - 37   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.29.36

    CiNii Article

  • A c-Met inhibitor increases the chemosensitivity of cancer stem cells to the irinotecan in gastric carcinoma 査読

    Yashiro M., Nishii T., Hasegawa T., Matsuzaki T., Morisaki T., Fukuoka T., Hirakawa K.

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   109 ( 10 )   2619 - 2628   2013年11月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2013.638

  • A c-Met inhibitor increases the chemosensitivity of cancer stem cells to the irinotecan in gastric carcinoma. 査読

    Yashiro M, Nishii T, Hasegawa T, Matsuzaki T, Morisaki T, Fukuoka T, Hirakawa K

    British journal of cancer   109 ( 10 )   2619 - 28   2013年11月( ISSN:0007-0920

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/bjc.2013.638

    PubMed

  • [Case of a patient with inflammatory breast cancer who responded to preoperative chemotherapy with paclitaxel plus bevacizumab and could subsequently undergo surgery]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2384 - 6   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Usefulness of bevacizumab combination chemotherapy for advanced breast cancer]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Morisaki T, Ishihara S, Asano Y, Watanabe M, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2393 - 5   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Our experience of eribulin treatment in advanced breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1581 - 3   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Effectiveness of eribulin chemotherapy for squamous cell carcinoma of the breast]. 査読

    Kashiwagi S, Okuno T, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2369 - 71   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Case of a patient with inflammatory breast cancer who responded to preoperative chemotherapy with paclitaxel plus bevacizumab and could subsequently undergo surgery]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2384 - 2386   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Usefulness of bevacizumab combination chemotherapy for advanced breast cancer]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Morisaki T, Ishihara S, Asano Y, Watanabe M, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2393 - 5   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Usefulness of bevacizumab combination chemotherapy for advanced breast cancer]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Morisaki T, Ishihara S, Asano Y, Watanabe M, Noda S, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2393 - 2395   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Our experience of eribulin treatment in advanced breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1581 - 3   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Our experience of eribulin treatment in advanced breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   1581 - 1583   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Effectiveness of eribulin chemotherapy for squamous cell carcinoma of the breast]. 査読

    Kashiwagi S, Okuno T, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2369 - 71   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Effectiveness of eribulin chemotherapy for squamous cell carcinoma of the breast]. 査読

    Kashiwagi S, Okuno T, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2369 - 2371   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Case of a patient with inflammatory breast cancer who responded to preoperative chemotherapy with paclitaxel plus bevacizumab and could subsequently undergo surgery]. 査読

    Kashiwagi S, Ishihara S, Ishii M, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Noda S, Kawajiri H, Nakano T, Kawakami N, Mitsukawa Y, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40 ( 12 )   2384 - 6   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • ベバシズマブ併用化学療法が有用であった炎症性乳癌の1切除例 査読

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 石井 真梨子, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2384 - 2386   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    炎症性乳癌は、乳房皮膚の広範な浮腫状硬化と発赤を特徴とする高悪性度の局所進行性乳癌である。症例は58歳、女性。左乳房腫脹にて当院紹介となった。左乳房外側の皮膚の浮腫状変化を認め、画像検査では境界不明瞭な低エコー腫瘤、皮下リンパ管拡張が確認された。治療前診断は左炎症性乳癌T4dN2M0、Stage IIIBであった。FECを7コース投与し、病変安定(SD)を得た。ここで奏効率の高いベバシズマブ・パクリタキセルの併用療法を行い、4コース投与にて腫瘍は著明に縮小した(部分奏効:PR)。最良効果と判断し手術(Bt+Ax)を施行、組織学的治療効果はGrade IIaであった。炎症性乳癌に対して、ベバシズマブ併用化学療法は有用な治療選択肢の一つと成り得るのではないかと考えられた。(著者抄録)

  • 乳腺原発扁平上皮癌に対するエリブリンの有用性 査読

    柏木 伸一郎, 奥野 倫久, 石原 沙江, 石井 真梨子, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2369 - 2371   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    乳腺扁平上皮癌はまれであり、全乳癌の0.17~0.4%とされている。通常の乳癌に準じた化学療法には抵抗性を示すため、病勢コントロールは困難である。症例は40歳、女性。左乳房腫瘤を自覚し近医を受診、超音波検査にて左乳腺に嚢胞性変化を伴う低エコー腫瘤が確認された。針生検で扁平上皮癌と診断され、当院紹介となった。画像検査では、左乳腺C領域に5.2cm大の腫瘤および左腋窩に転移を疑わせる腫大リンパ節が確認された。治療前診断は、左乳腺原発扁平上皮癌T4bN2aM0、stage IIIB、ER、PR、HER2陰性のtriple-negativeであった。治療は化学療法を選択し、エリブリン1.4mg/m2の投与を臨床試験にて開始した。24週以上の安定期間を示し、8コース終了後に手術(Bt+Ax)に至った。今回われわれは、エリブリンの投与にてクリニカルベネフィットを獲得し、切除に至った乳腺扁平上皮癌を経験した。本疾患に対する化学療法としてエリブリンは選択肢の一つになるのではないかと考えられた。(著者抄録)

  • プロスタグランジンD2による胃癌細胞に対する増殖抑制機序の解明 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 木下 春人, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 李 友浩, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本消化器外科学会雑誌   46 ( Suppl.2 )   351 - 351   2013年10月( ISSN:0386-9768

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   33回   62 - 63   2013年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳腺粘液癌における細分類の臨床病理学的意義 査読

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 川尻 成美, 池田 克実, 高島 勉, 小川 佳成, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    Japan Surgical Association 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   74 ( 4 )   861 - 867   2013年04月( ISSN:13452843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:乳腺粘液癌は,浸潤性乳管癌の成分を含む混合型と含まない純型に分けられる.純型は,hypocellularな純型type Aとhypercellularな純型type Bに細分類される.治療は"予後良好な組織型"として画一的に扱われているが,今回われわれは細分類による個別化した治療戦略が可能かどうかの検討を行った.方法:初発乳癌1,041例,粘液癌と診断されたのは42例であり,細分類を行い比較検討した.結果:粘液癌は42例(4.0%),そのうち混合型は15例,純型type Aは17例,純型type Bは10例であった.また術後再発では,混合型,純型type B,純型type Aの順で有意に再発が多く認められた.結論:粘液癌はNCCNガイドラインにおいても"予後良好な組織型に対する治療"が推奨されているが,本検討からは細分類による個別化した治療戦略を考慮すべきであることが示唆された.

    DOI: 10.3919/jjsa.74.861

    CiNii Article

  • Antitumor effect of prostaglandin D2 by peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPAR gamma)-dependent pathway in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamammi, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2013-3995

  • Significance of CXCR4/SDF-1 axis expression in gastric cancer under hypoxic enviroment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Antitumor effect of prostaglandin D2 by peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPAR gamma)-dependent pathway in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Kinoshita Haruhito, Morisaki Tamammi, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2013-3995

  • Significance of CXCR4/SDF-1 axis expression in gastric cancer under hypoxic enviroment 査読

    Kinoshita Haruhito, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatsu Naoki, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Toyokawa Takahiro, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Otani Hiroshi, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   73 ( 8 )   2013年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 乳腺粘液癌における細分類の臨床病理学的意義 査読

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 川尻 成美, 池田 克実, 高島 勉, 小川 佳成, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   74 ( 4 )   861 - 867   2013年04月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:乳腺粘液癌は,浸潤性乳管癌の成分を含む混合型と含まない純型に分けられる.純型は,hypocellularな純型type Aとhypercellularな純型type Bに細分類される.治療は"予後良好な組織型"として画一的に扱われているが,今回われわれは細分類による個別化した治療戦略が可能かどうかの検討を行った.方法:初発乳癌1,041例,粘液癌と診断されたのは42例であり,細分類を行い比較検討した.結果:粘液癌は42例(4.0%),そのうち混合型は15例,純型type Aは17例,純型type Bは10例であった.また術後再発では,混合型,純型type B,純型type Aの順で有意に再発が多く認められた.結論:粘液癌はNCCNガイドラインにおいても"予後良好な組織型に対する治療"が推奨されているが,本検討からは細分類による個別化した治療戦略を考慮すべきであることが示唆された.(著者抄録)

  • PS-004-2 乳癌術前化学療法効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • YT-4-1(YRA) 胃癌幹細胞関連蛋白の同定と臨床的意義(YT Young Researcher Award & Traveler's Grant,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 福岡 達成, 長谷川 毅, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 梯 アンナ, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-5-6 ニッチ線維芽細胞はTGF一βによってスキルス胃癌幹細胞の幹細胞性を維持する(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-4-2 スキルス胃がん幹細胞の特性(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    八代 正和, 長谷川 毅, 西居 孝文, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-305-4 4型スキルス胃癌腹膜播種転移の分子機序と新たな治療戦略(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 野田 論, 木下 春人, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 李 友浩, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-115-3 膵癌における癌間質相互作用の役割とIGFシグナルの関与(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 長谷川 毅, 青松 直撲, 吉井 真美, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-051-6 スキルス胃癌細胞の増殖能におよぼす癌周囲微小環境の影響(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-004-2 乳癌術前化学療法効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   522   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • YT-4-1(YRA) 胃癌幹細胞関連蛋白の同定と臨床的意義(YT Young Researcher Award & Traveler's Grant,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 福岡 達成, 長谷川 毅, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 梯 アンナ, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   400   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-5-6 ニッチ線維芽細胞はTGF一βによってスキルス胃癌幹細胞の幹細胞性を維持する(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   297   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-4-2 スキルス胃がん幹細胞の特性(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    八代 正和, 長谷川 毅, 西居 孝文, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   292   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-305-4 4型スキルス胃癌腹膜播種転移の分子機序と新たな治療戦略(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 野田 論, 木下 春人, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 李 友浩, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   947   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-115-3 膵癌における癌間質相互作用の役割とIGFシグナルの関与(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 長谷川 毅, 青松 直撲, 吉井 真美, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   680   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-051-6 スキルス胃癌細胞の増殖能におよぼす癌周囲微小環境の影響(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   590   2013年03月( ISSN:18801129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 4型スキルス胃癌腹膜播種転移の分子機序と新たな治療戦略 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 野田 論, 木下 春人, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 李 友浩, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   947 - 947   2013年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • スキルス胃癌細胞の増殖能におよぼす癌周囲微小環境の影響 査読

    木下 春人, 八代 正和, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   590 - 590   2013年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [A successful case of a super-elderly breast cancer patient treated with hormone therapy]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2042 - 4   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Tamoxifen maintained long-term complete response in an elderly patient with breast cancer]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2039 - 41   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Needle biopsy using a Monopty Biopsy Instrument for the accurate diagnosis of thyroid cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Onoda N, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Ohsawa M, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2407 - 9   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Four cases of meningeal metastasis originating from breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   1917 - 9   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Day surgery of early breast cancer treated with breast-conserving operation following sentinel lymph node navigation biopsy under local anesthesia]. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Watanabe M, Takii M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   1914 - 6   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A successful case of a super-elderly breast cancer patient treated with hormone therapy]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2042 - 2044   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Tamoxifen maintained long-term complete response in an elderly patient with breast cancer]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2039 - 41   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Tamoxifen maintained long-term complete response in an elderly patient with breast cancer]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2039 - 2041   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Needle biopsy using a Monopty Biopsy Instrument for the accurate diagnosis of thyroid cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Onoda N, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Ohsawa M, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2407 - 9   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Needle biopsy using a Monopty Biopsy Instrument for the accurate diagnosis of thyroid cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Onoda N, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Ohsawa M, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2407 - 2409   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Four cases of meningeal metastasis originating from breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   1917 - 9   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Four cases of meningeal metastasis originating from breast cancer]. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Watanabe M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   1917 - 1919   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Day surgery of early breast cancer treated with breast-conserving operation following sentinel lymph node navigation biopsy under local anesthesia]. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Watanabe M, Takii M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   1914 - 6   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Day surgery of early breast cancer treated with breast-conserving operation following sentinel lymph node navigation biopsy under local anesthesia]. 査読

    Kashiwagi S, Asano Y, Watanabe M, Takii M, Morisaki T, Aomatsu N, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   1914 - 1916   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A successful case of a super-elderly breast cancer patient treated with hormone therapy]. 査読

    Aomatsu N, Kashiwagi S, Asano Y, Morisaki T, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   39 ( 12 )   2042 - 4   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • タモキシフェンにより長期間のCRが得られた高齢者乳癌の1例 査読

    青松 直撥, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 森崎 珠実, 中村 雅憲, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    癌と化学療法   39 ( 12 )   2039 - 2041   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例:患者は82歳、女性。約3年前より左乳房腫瘤に気付いていたが放置していた。出血を伴うようになり近医を受診され、精査加療目的にて当院紹介となる。初診時、左A領域の皮膚に2×2cmの潰瘍を伴う約2.5×3cmの腫瘤を触知した。全身検索にて転移は認められず、左乳癌T4bN0M0、stage IIIBと診断した。皮膚生検標本の免疫組織化学染色にてER陽性、PR陽性、HER2陰性であり、タモキシフェンの内服を開始したところ潰瘍は徐々に上皮化し、約8ヵ月目で触診、超音波検査上ともに腫瘍は消失しcCRと判定した。内服継続にて約6年近くCRが持続したが、6年9ヵ月目で腫瘍の増大を認めたため、局所麻酔下に乳房部分切除術を施行した。術後1ヵ月目現在、外来にて経過観察中である。まとめ:高齢者において、内分泌療法は副作用が少なく長期継続が可能であり、有用な治療選択肢の一つであると思われた。(著者抄録)

  • 乳癌集学的治療における外来センチネルリンパ節生検の意義 査読

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渡邉 真央, 瀧井 麻美子, 森崎 珠実, 青松 直撥, 中村 雅憲, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   39 ( 12 )   1914 - 1916   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    乳房温存手術(Bp)およびセンチネルリンパ節生検(SNB)は乳癌手術の低侵襲化により、現在では早期乳癌の標準的治療となった。通常、BpとSNBは一期的に行われるが、われわれは外来手術での局所麻酔下SNBにて、組織学的な診断をつけた上で、化学療法・内分泌療法やBpを施行する遂次療法を行っている。術前に針生検により乳癌の確定診断を得られたT1-2、N0-1、M0の20例を対象とした。2例(10.0%)で転移が確認され、それぞれのintrinsic subtypeに対応した術前補助療法が行われ、二期的にBpを施行した。SNB陽性の症例は、二期的手術の際に腋窩リンパ節郭清を追加した。局所麻酔下でのSNB先行の遂次療法は、術中迅速組織診断に伴う偽陰性症例や偽陽性症例に対する過大侵襲を未然に防ぐことが可能であり、乳癌集学的治療における正確な治療前診断への寄与が期待できる。(著者抄録)

  • プロスタグランジンE2がスキルス胃癌に及ぼす影響およびその阻害剤の有効性 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   47 ( 3 )   2162 - 2162   2012年10月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • An EGFR inhibitor enhances the efficacy of SN38, an active metabolite of irinotecan, in SN38-refractory gastric carcinoma cells 査読

    Yashiro Masakazu, Qiu Hong, Hasegawa Tsuyoshi, Zhang Xiaotian, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsuynari, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-780

  • The epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells was stimulated by TGF beta R signaling in hypoxia 査読

    Matsuoka Junko, Yashiro Masakazu, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Hasegawa Tsuyoshi, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-2411

  • TGF-beta from niche fibroblasts increases the stemness cancer stem cell-like side population cells in gastric cancer 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Fukuoka Tatsunari, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3337

  • Comparison proteome analysis of scirrhous gastric carcinoma stem cell-like SP and hypoxia-resistant cell lines 査読

    Morisaki Tamami, Yashiro Masakazu, Kakehashi Anna, Okita Yoshihiro, Fukuoka Tatsunari, Aomatsu Naoki, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3380

  • Clinical significance of insulin-like growth factor 1 receptor (IGF1R) expression in pancreatic cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Fukuoka Tatsunari, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-708

  • CD133 is a useful surrogate marker to predict chemosensitivity of neoadjuvant chemotherapy for breast cancer 査読

    Aomatsu Naoki, Yashiro Masakazu, Kashiwagi Shinichiro, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hirakawa Tosiki, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Takashima Tsutomu, Kawajiri Hidemi, Onoda Naoyoshi, Ishikawal Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-707

  • Antitumor effect of prostaglandin E2 receptor inhibitors in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatshu Naoki, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-1211

  • An EGFR inhibitor enhances the efficacy of SN38, an active metabolite of irinotecan, in SN38-refractory gastric carcinoma cells 査読

    Yashiro Masakazu, Qiu Hong, Hasegawa Tsuyoshi, Zhang Xiaotian, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsuynari, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Sakurai Katsunobu, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Sawada Tetsuji, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-780

  • The epithelial-mesenchymal transition of gastric cancer cells was stimulated by TGF beta R signaling in hypoxia 査読

    Matsuoka Junko, Yashiro Masakazu, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Hasegawa Tsuyoshi, Fukuoka Tatsunari, Morisaki Tamami, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-2411

  • TGF-beta from niche fibroblasts increases the stemness cancer stem cell-like side population cells in gastric cancer 査読

    Hasegawa Tsuyoshi, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Hirakawa Toshiki, Fukuoka Tatsunari, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3337

  • Comparison proteome analysis of scirrhous gastric carcinoma stem cell-like SP and hypoxia-resistant cell lines 査読

    Morisaki Tamami, Yashiro Masakazu, Kakehashi Anna, Okita Yoshihiro, Fukuoka Tatsunari, Aomatsu Naoki, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Wanibuchi Hideki, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-3380

  • Clinical significance of insulin-like growth factor 1 receptor (IGF1R) expression in pancreatic cancer 査読

    Hirakawa Toshiki, Yashiro Masakazu, Morisaki Tamami, Aomatsu Naoki, Fukuoka Tatsunari, Yoshii Mami, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Nagahara Hisashi, Kimura Kenjiro, Noda Eiji, Amano Ryosuke, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Nakata Bunzo, Ohira Masaichi, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-708

  • CD133 is a useful surrogate marker to predict chemosensitivity of neoadjuvant chemotherapy for breast cancer 査読

    Aomatsu Naoki, Yashiro Masakazu, Kashiwagi Shinichiro, Morisaki Tamami, Fukuoka Tatsunari, Hirakawa Tosiki, Hasegawa Tsuyoshi, Matsuoka Junko, Takashima Tsutomu, Kawajiri Hidemi, Onoda Naoyoshi, Ishikawal Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-707

  • Antitumor effect of prostaglandin E2 receptor inhibitors in gastric carcinoma 査読

    Fukuoka Tatsunari, Yashiro Masakazu, Takeda Hiroshi, Maruyama Takayuki, Morisaki Tamami, Hasegawa Tsuyoshi, Hirakawa Toshiki, Aomatshu Naoki, Matsuoka Junko, Sakurai Katsunobu, Kimura Kenjiro, Nagahara Hisashi, Amano Ryosuke, Noda Eiji, Kubo Naoshi, Tanaka Hiroaki, Muguruma Kazuya, Yamada Nobuya, Maeda Kiyoshi, Ohira Masaichi, Ishikawa Tetsuro, Hirakawa Kosei

    CANCER RESEARCH   72   2012年04月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2012-1211

  • PS-007-1 スキルス胃癌に対するプロスタグランジンE2受容体(EP2)阻害剤の有効性(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SY-12-4 進行甲状腺癌に対する段階別・個別の集学的治療選択(SY-12 シンポジウム(12)進行甲状腺癌に対する集学的アプローチ,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    小野田 尚佳, 川尻 成美, 中村 雅憲, 柏木 伸一郎, 荻澤 佳奈, 青松 直撥, 森崎 珠実, 高島 勉, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-064-2 ニッチ線維芽細胞は胃癌幹細胞様SP細胞分画を増加させる(SF-064 サージカルフォーラム(64)胃 基礎-3,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-023-2 乳癌術前化学療法における低酸素マーカーCarbonic anhydrase9の有用性(SF-023 サージカルフォーラム(23)乳腺 基礎-1,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-148-7 膵癌におけるIGF1R発現と予後の相関関係(PS-148 膵 基礎-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 吉井 真美, 長谷川 毅, 青松 直撥, 松岡 順子, 村田 哲洋, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保尚士, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-116-6 甲状腺未分化癌細胞株(OCUT-1,2,3,4,5,6)に対する抗癌剤感受性の検討(PS-116 甲状腺・内分泌,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    中村 雅憲, 小野田 尚佳, 青松 尚撥, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 荻澤 佳奈, 森崎 珠実, 高島 勉, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-007-8 胃癌における血清SPan-1およびCEA高値例の臨床病理学的意義(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 大北 仁裕, 福岡 達成, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-007-1 スキルス胃癌に対するプロスタグランジンE2受容体(EP2)阻害剤の有効性(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   506   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SY-12-4 進行甲状腺癌に対する段階別・個別の集学的治療選択(SY-12 シンポジウム(12)進行甲状腺癌に対する集学的アプローチ,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    小野田 尚佳, 川尻 成美, 中村 雅憲, 柏木 伸一郎, 荻澤 佳奈, 青松 直撥, 森崎 珠実, 高島 勉, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    一般社団法人日本外科学会 日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   2012年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SY-12-4 進行甲状腺癌に対する段階別・個別の集学的治療選択(SY-12 シンポジウム(12)進行甲状腺癌に対する集学的アプローチ,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    小野田 尚佳, 川尻 成美, 中村 雅憲, 柏木 伸一郎, 荻澤 佳奈, 青松 直撥, 森崎 珠実, 高島 勉, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   156   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-064-2 ニッチ線維芽細胞は胃癌幹細胞様SP細胞分画を増加させる(SF-064 サージカルフォーラム(64)胃 基礎-3,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   371   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-023-2 乳癌術前化学療法における低酸素マーカーCarbonic anhydrase9の有用性(SF-023 サージカルフォーラム(23)乳腺 基礎-1,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   315   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-148-7 膵癌におけるIGF1R発現と予後の相関関係(PS-148 膵 基礎-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 吉井 真美, 長谷川 毅, 青松 直撥, 松岡 順子, 村田 哲洋, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保尚士, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   788   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-116-6 甲状腺未分化癌細胞株(OCUT-1,2,3,4,5,6)に対する抗癌剤感受性の検討(PS-116 甲状腺・内分泌,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    中村 雅憲, 小野田 尚佳, 青松 尚撥, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 荻澤 佳奈, 森崎 珠実, 高島 勉, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   724   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-007-8 胃癌における血清SPan-1およびCEA高値例の臨床病理学的意義(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 大北 仁裕, 福岡 達成, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   507   2012年03月( ISSN:03014894

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 乳癌術前化学療法効果予測における癌幹細胞マーカーCD133の意義 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠美, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    Japanese Society for Molecular Tumor Marker Research 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27   51 - 51   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.51

    CiNii Article

  • スキルス胃癌に特徴的な分子と標的治療 査読

    八代 正和, 福岡 達成, 森崎 珠美, 青松 直撥, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 桜井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    Japanese Society for Molecular Tumor Marker Research 日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27   5 - 6   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.5

    CiNii Article

  • スキルス胃癌に特徴的な分子と標的治療 査読

    八代 正和, 福岡 達成, 森崎 珠美, 青松 直撥, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 桜井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27   5 - 6   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.5

    CiNii Article

  • 乳癌術前化学療法効果予測における癌幹細胞マーカーCD133の意義 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠美, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   27   51 - 51   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11241/jsmtmr.27.51

    CiNii Article

  • [Lumpectomy and sentinel lymph node navigation surgery for breast cancer under local anesthesia]. 査読

    Kashiwagi S, Takashima T, Asano Y, Morisaki T, Aomatsu N, Matsuoka J, Nakamura M, Kawajiri H, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2017 - 9   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Usefulness of immediate reconstruction after mastectomy for inflammatory breast cancer with muscle cutaneous flap]. 査読

    Aomatsu N, Kawajiri H, Takashima T, Morisaki T, Hirakawa T, Fukuoka T, Kashiwagi S, Nakamura M, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2165 - 7   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Ultrasound guided vacuum-assisted biopsy for diagnosis of malignant lymphoma]. 査読

    Kashiwagi S, Onoda N, Asano Y, Morisaki T, Aomatsu N, Yoshii M, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Osawa M, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2526 - 8   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Lumpectomy and sentinel lymph node navigation surgery for breast cancer under local anesthesia]. 査読

    Kashiwagi S, Takashima T, Asano Y, Morisaki T, Aomatsu N, Matsuoka J, Nakamura M, Kawajiri H, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2017 - 2019   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Usefulness of immediate reconstruction after mastectomy for inflammatory breast cancer with muscle cutaneous flap]. 査読

    Aomatsu N, Kawajiri H, Takashima T, Morisaki T, Hirakawa T, Fukuoka T, Kashiwagi S, Nakamura M, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2165 - 7   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Usefulness of immediate reconstruction after mastectomy for inflammatory breast cancer with muscle cutaneous flap]. 査読

    Aomatsu N, Kawajiri H, Takashima T, Morisaki T, Hirakawa T, Fukuoka T, Kashiwagi S, Nakamura M, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2165 - 2167   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Ultrasound guided vacuum-assisted biopsy for diagnosis of malignant lymphoma]. 査読

    Kashiwagi S, Onoda N, Asano Y, Morisaki T, Aomatsu N, Yoshii M, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Osawa M, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2526 - 8   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Ultrasound guided vacuum-assisted biopsy for diagnosis of malignant lymphoma]. 査読

    Kashiwagi S, Onoda N, Asano Y, Morisaki T, Aomatsu N, Yoshii M, Nakamura M, Kawajiri H, Takashima T, Osawa M, Ishikawa T, Wakasa K, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2526 - 2528   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [Lumpectomy and sentinel lymph node navigation surgery for breast cancer under local anesthesia]. 査読

    Kashiwagi S, Takashima T, Asano Y, Morisaki T, Aomatsu N, Matsuoka J, Nakamura M, Kawajiri H, Onoda N, Ishikawa T, Hirakawa K

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   38 ( 12 )   2017 - 9   2011年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 悪性変化を伴う乳腺腺筋上皮腫の1例 査読

    長谷川 毅, 西村 重彦, 森崎 珠実, 日月 亜紀子, 山片 重人, 妙中 直之, 尾羽根 範員, 中塚 伸一, 渡辺 騏七郎

    乳癌の臨床   26 ( 1 )   75 - 81   2011年04月( ISSN:0911-2251

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    54歳女。3年前より左乳腺腫瘤を自覚し、徐々に増大した。入院時、左C領域に約7cm大、弾性硬、境界明瞭、可動性良好な腫瘤を触知し、乳線超音波では同部に境界明瞭で、内部に嚢胞性部分と充実性部分が混在し、隔壁構造を有する腫瘍を認めた。造影MRIで左乳線C領域の腫瘍は辺縁比較的平滑で、内部の多くの部分はT2強調像で強い高信号を示し、被膜は厚く、被膜と充実性部分に造影効果を認めた。内部には隔壁部を認めた。充実性部分と接する被膜の一部に若干の不整像がみられた。画像所見からは良性腫瘍と考えられたため摘出術を施行し、摘出標本は嚢胞性腫瘍の内部に充実性部分を認め、内容物は淡血性で漿液性の液体であった。病理組織学的には厚い線維性被膜に覆われた結節性病変で、腫瘍は小腺管の密集からなり、腺上皮の増殖とともに淡明な細胞質を豊富に有する筋上皮の増殖が目立ち、筋上皮は腺管の間を埋めるようにびまん性に増殖していた。免疫組織学的に腺上皮の成分はpancytokeratin陽性、筋上皮の成分はSMA、S-100陽性を示した。日本病理学会にコンサルトしたところ、腫瘍の辺縁で腫瘍細胞が被膜に対し浸潤性増殖を示し、一部にmalignant potentialを有すると考えられ、adenomyoepithelioma with malignant changeと診断された。術後は無治療で4年間再発なく経過している。

  • Laparoscopic resection of ileal lipoma diagnosed by multidetector-row computed tomography. 査読

    Ako E, Morisaki T, Hasegawa T, Hirakawa T, Tachimori A, Nakazawa K, Yamagata S, Kanehara I, Nishimura S, Taenaka N

    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques   20 ( 6 )   e226 - 9   2010年12月( ISSN:1530-4515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLE.0b013e3182002ac4

    PubMed

  • Laparoscopic resection of ileal lipoma diagnosed by multidetector-row computed tomography. 査読

    Ako E, Morisaki T, Hasegawa T, Hirakawa T, Tachimori A, Nakazawa K, Yamagata S, Kanehara I, Nishimura S, Taenaka N

    Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques   20 ( 6 )   e226 - 9   2010年12月( ISSN:1530-4515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SLE.0b013e3182002ac4

  • [A case with multiple liver metastases of gastric cancer responding completely to S-1 therapy]. 査読

    Nakazawa K, Yamaki K, Morisaki T, Hirakawa T, Hasegawa T, Tachimori A, Yamagata S, Kanehara I, Ako E, Enomoto J, Nishimura S, Taenaka N

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 7 )   1377 - 80   2010年07月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case with multiple liver metastases of gastric cancer responding completely to S-1 therapy]. 査読

    Nakazawa K, Yamaki K, Morisaki T, Hirakawa T, Hasegawa T, Tachimori A, Yamagata S, Kanehara I, Ako E, Enomoto J, Nishimura S, Taenaka N

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   37 ( 7 )   1377 - 80   2010年07月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 胃癌術後異時性多発性肝転移に対しS-1単独療法にてCRが得られた1例 査読

    中澤 一憲, 山木 健一郎, 森崎 珠実, 平川 俊基, 長谷川 毅, 日月 亜紀子, 山片 重人, 金原 功, 阿古 英次, 榎本 準, 西村 重彦, 妙中 直之

    癌と化学療法   37 ( 7 )   1377 - 1380   2010年07月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    胃癌の診断に対して胃切除術後に異時性多発性肝転移を認めた症例に対しS-1単独投与を施行した。多発性肝転移が消失し、S-1投与を中断した現在も肝転移巣は消失、新たな転移巣も認めず、外来通院中である。(著者抄録)

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • [A Case of Advanced Breast Cancer with Altered Biology by Eribulin Chemotherapy].

    Yuka Asano, Shinichiro Kashiwagi, Rika Kouhashi, Koji Takada, Wataru Goto, Sae Ishihara, Yukie Tauchi, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Naoyoshi Onoda, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   2330 - 2332   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    In the treatment of advanced breast cancer, onlya few drugs confer overall survival(OS)benefit. Eribulin is a drug that was shown to extend OS in an international phase Ⅲtrial; however, the underlying mechanism is thought to involve cancer microenvironment regulation. The concept of "breast cancer subtype discordance" implies the biological changes that accompany treatment. Herein, we encountered a case of advanced breast cancer in a 54-year-old woman that showed biological changes after eribulin chemotherapy. The patient noticed a lump in her left breast and visited a nearby doctor, who referred her to our hospital for close examination and treatment. Ultrasonographyrevealed a large mass at the center of the left mammarygland and axillaryly mph node swelling. Core-needle biopsyconfirmed an invasive ductal carcinoma(ER stronglypositive, PgRnegative, HER-2 negative, Ki-67 low expression). CT findings showed multiple lung metastases. Letrozole was administered for cT4N2M1, stage Ⅳ, Luminal A, which showed progression to the left side with advances in breast cancer. Six months later, the primarytumor and axillaryly mph nodes showed progression. Subsequent treatment with eribulin was started, and partial response was obtained; however, new lymph node metastasis developed in the axilla after 11 cycles. The primary tumor and axillaryly mph nodes showed stronglypositive ER expression, were PgR-negative and HER2-positive, and showed Ki-67 low expression and HER2-positive conversion.

    PubMed

  • [A Case of Recurrent Breast Cancer Treated with Local Irradiation Using Leadless Pacemaker Implantation].

    Sae Ishihara, Shinichiro Kashiwagi, Yuka Asano, Yukie Tauchi, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Naoyoshi Onoda, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   46 ( 13 )   1984 - 1986   2019年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    A 68-year-old woman noticed a tumor in her left breast and visited our hospital. She was diagnosed with left breast cancer cT2N2M0, stage ⅢA, and surgery was performed after the neoadjuvant chemotherapy. Although this case was indicated for radiation therapy(PMRT)after total mastectomy, postoperative radiation was not performed due to an implantable pacemaker placed in the left anterior chest. Therefore, postoperative adjuvant therapy with endocrine therapy was started. After 3 years of treatment, her left axillary lymph node was enlarged, and needle biopsy confirmed metastasis and recurrence. When local excision was performed, postoperative irradiation was deemed necessary because residual microlesions were suspected. Irradiation planning did not deny the possibility that the pacemaker in the anterior chest indwelling could become the irradia- tion range. Therefore, a leadless pacemaker was inserted, and local irradiation(50 Gy/20 Fr)was performed without complications. The next treatment is fulvestrant, and no recurrence has been observed 6months postoperatively.

    PubMed

  • 【甲状腺腫瘍診療ガイドラインUpdate】甲状腺未分化癌の診療ガイドライン2018 査読

    小野田 尚佳, 野田 諭, 石原 沙江, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 大平 雅一

    日本甲状腺学会雑誌   10 ( 1 )   05 - 08   2019年04月( ISSN:2185-3126

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    未分化癌は、頻度は低いものの急激な進行と治療抵抗性を示す難治癌で、2010年版ガイドラインでは「有用な情報を提供することが困難な疾患」とされていた。大規模データベース研究などにより明らかにされた客観的疾患像をもとに改訂された2018年版では、進行度と予後因子に応じた標準的対処を推奨している。最新の放射線外照射法や分子標的薬の使用が可能となり、これまでの手術、放射線、化学療法による治療に加えた予後改善効果が期待される。一方で、予後はきわめて不良であることから、診断時からの全人的緩和医療の提供や、治療の益と害に配慮した慎重な方針選択も提唱されている。治療薬の開発、多施設共同臨床試験、網羅的遺伝子解析、全国的疾患登録システムの構築が進行中で、多くの分野・職種がかかわる研究・診療体制が広がっている。新知見が順次改訂版に収載され、未分化癌患者の予後やQOLのさらなる改善につながることを切望する。(著者抄録)

  • [A Case of Invasive Ductal Carcinoma with Paget's Disease of the Breast].

    Yuka Asano, Shinichiro Kashiwagi, Wataru Goto, Koji Takada, Sae Ishihara, Yukie Tauchi, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Tsutomu Takashima, Naoyoshi Onoda, Kosei Hirakawa, Masaichi Ohira

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45 ( 13 )   1842 - 1844   2018年12月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    Paget's disease of the breast is usually localized in the nipple epidermis and lactiferous duct located near the nipple. Here, we report a rare case of synchronous breast carcinoma with Paget's disease and invasive ductal carcinoma. A 50-year-old woman was admitted to our hospital because of abnormalities in screening mammography findings. Ultrasonography(US) findings showed a 2.4×1.3×1.6 cm sized hypoechoic lesion in a region of the left mammary gland. Computed tomography (CT)findings did not reveal distant metastasis. Magnetic resonance imaging(MRI)revealed an approximately 2.2 cm sized irregular tumor. The pretreatment diagnosis was left non-invasive ductal carcinoma(cTisN0M0, Stage 0), and surgery was performed. The tumor was found in the range of 40.2×15.0 mm, many of which were breast ductal growth. An infiltrated image was confirmed at multiple sites, but the maximum size was 2.5×1.5 mm. Pathological findings of the main lesion revealed papillotubular carcinoma. Agglomeration of heterotypic cells with abundant cytoplasm was observed in the epidermis of the papilla. The final diagnosis was invasive breast cancer(pT1aN3M0, Stage Ⅲc, Luminal HER2)coexisting with Paget's disease.

    PubMed

  • センチネルリンパ節の術中迅速診断省略による個別化治療の試み

    野田 諭, 高島 勉, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   369 - 369   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • メタボロミクスを用いたエリブリン特異的薬剤特性の検証

    柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   427 - 427   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における新たなQOL評価指標としてのQOL-ACD-BNの検証

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   396 - 396   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における新たなQOL評価指標としてのQOL-ACD-BNの検証

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   396 - 396   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • メタボロミクスを用いたエリブリン特異的薬剤特性の検証

    柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   427 - 427   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳管腺腫との術前診断であった乳腺腺筋上皮腫の1例

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   642 - 642   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌髄膜播種に対して髄腔内抗癌剤投与を行った3例

    田内 幸枝, 野田 諭, 石原 沙江, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   592 - 592   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌髄膜播種に対して髄腔内抗癌剤投与を行った3例

    田内 幸枝, 野田 諭, 石原 沙江, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   592 - 592   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳管腺腫との術前診断であった乳腺腺筋上皮腫の1例

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   26回   642 - 642   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球(TILs)の至適評価時期とは

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1781 - 1781   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球(TILs)の至適評価時期とは

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   118回   1781 - 1781   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【がん医療トピックス】 甲状腺癌 甲状腺癌のリスク分類(UICC第8版)と予後不良因子

    小野田 尚佳, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 高島 勉, 田内 幸枝, 平川 弘聖, 浅野 有香, 大平 雅一, 森崎 珠実

    クリニシアン   65 ( 2-3 )   247 - 254   2018年03月( ISSN:0387-1541

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【がん医療トピックス】甲状腺癌 甲状腺癌のリスク分類(UICC第8版)と予後不良因子 査読

    小野田 尚佳, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 高島 勉, 田内 幸枝, 平川 弘聖, 浅野 有香, 大平 雅一, 森崎 珠実

    クリニシアン   65 ( 2-3 )   247 - 254   2018年03月( ISSN:0387-1541

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • QOL-ACDを用いた乳癌術前化学療法後の予後解析

    福井 康裕, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   44 ( 12 )   1092 - 1094   2017年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    近年、癌治療のアウトカム指標の一つとしてquality of life(QOL)の重要性が再認識されつつある。癌の疾患特異的尺度として、本邦ではQOL-ACDが使用されることが多い。今回われわれは、QOL-ACDを用いた乳癌術前化学療法(neoadjuvant chemotherapy:NAC)後の予後解析を行った。対象は乳癌NAC症例228例とし、QOL-ACDを用いて後方視的に抗腫瘍効果や予後との相関について検討した。高QOL-ACD群208例(91.2%)は、低QOL-ACD群20例(8.8%)と比較して、NAC後の無病生存期間(p=0.009、logrank)および全生存期間(p=0.040、logrank)の延長を認めた。さらにNAC後は、NAC前と比較して包括的評価スコアの低下を認めるものの、抗腫瘍効果との相関を認めなかった。下位評価尺度において、病理学的完全奏効(pathological complete response:pCR)症例は、non-pCR症例と比較して、「医療に対する満足感と病気に対するコーピング」尺度の変化が低い結果であったが、「身体症状・疼痛」尺度では差は認められなかった。乳癌NAC症例において、QOL-ACDはNAC後の予後予測として有用な指標であることが示唆された。(著者抄録)

  • Current Status and Perspective of Call Request in Lung Cancer Screening

    Tatsuo Kimura, Shinya Fukumoto, Hiroyasu Morikawa, Akemi Nakano, Fumio Tanaka, Tamami Morisaki, Norifumi Kawada, Kazuto Hirata

    ANNALS OF ONCOLOGY   28   2017年10月( ISSN:0923-7534 ( eISSN:1569-8041

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • トリプルネガティブ乳癌に対するCDK4/6阻害剤による分子標的治療

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 高田 晃次, 田中 由希奈, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   O16 - 4   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法における線維化巣内浸潤リンパ球(FF-TILs)による微小環境モニタリング

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 田中 由希奈, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   O17 - 4   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法における線維化巣内浸潤リンパ球(FF-TILs)による微小環境モニタリング

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 田中 由希奈, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   O17 - 4   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術後17年目に子宮転移を来たした1例

    田中 由希奈, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   733 - 733   2017年10月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.3919/jjsa.78.733

  • 乳癌術前化学療法前の免疫微小環境モニタリングによる腋窩リンパ節郭清省略の可能性

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   P10 - 7   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法前の免疫微小環境モニタリングによる腋窩リンパ節郭清省略の可能性

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   55回   P10 - 7   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術後17年目に子宮転移を来たした1例

    田中 由希奈, 柏木 伸一郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本臨床外科学会雑誌   78 ( 増刊 )   733 - 733   2017年10月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.3919/jjsa.78.733

  • 乳癌化学療法における線維化巣内浸潤リンパ球(FF-TILs)による抗腫瘍効果予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   76回   J - 2045   2017年09月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法における線維化巣内浸潤リンパ球(FF-TILs)による抗腫瘍効果予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   76回   J - 2045   2017年09月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法前の免疫微小環境モニタリングによる腋窩リンパ節郭清省略の可能性

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   76回   P - 2173   2017年09月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法前の免疫微小環境モニタリングによる腋窩リンパ節郭清省略の可能性

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   76回   P - 2173   2017年09月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • DCISのgrade別にみた画像所見の特徴

    徳本 真央, 野田 諭, 高田 晃次, 浅野 有香, 後藤 航, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   253 - 253   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トリプルネガティブ乳癌に対するCDK4/6阻害剤(palbociclib、ribociclib、abemaciclib)の新たな可能性

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   297 - 297   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HER2乳癌に対するTPD regimen化学療法における腫瘍浸潤リンパ球(TILs)のサブセット解析

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   453 - 453   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Grade別にみた非浸潤性乳管癌のソナゾイド造影超音波検査所見の比較

    福田 雅代, 野田 諭, 藤岡 一也, 武田 節子, 中村 桂子, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   479 - 479   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法による生物学的バイオマーカー変化の検証

    辻尾 元, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   602 - 602   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法に起因する薬剤性間質性肺炎の現状

    田内 幸枝, 野田 諭, 木村 達郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   435 - 435   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法による生物学的バイオマーカー変化の検証

    辻尾 元, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   602 - 602   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法に起因する薬剤性間質性肺炎の現状

    田内 幸枝, 野田 諭, 木村 達郎, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   25回   435 - 435   2017年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 上大静脈内腫瘍栓を伴う甲状腺濾胞癌に対し外科的切除を施行した1例

    辻尾 元, 小野田 尚佳, 福井 康裕, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   34 ( Suppl.1 )   S114 - S114   2017年04月( ISSN:2186-9545

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HER2乳癌に対するTPD regimen化学療法における腫瘍浸潤リンパ球を用いた治療効果予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 069   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HER2乳癌に対するPertuzumab併用レジメン化学療法における生物学的バイオマーカーの検証

    森 拓哉, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 薮本 明路, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 正彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 069   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌分子標的薬up-to-date トリプルネガティブ乳癌に対するPalbociclibの新たな可能性

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PD - 17   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法におけるPertuzumab併用レジメンの臨床的検証

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 069   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌分子標的薬up-to-date トリプルネガティブ乳癌に対するPalbociclibの新たな可能性

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PD - 17   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 上大静脈内腫瘍栓を伴う甲状腺濾胞癌に対し外科的切除を施行した1例

    辻尾 元, 小野田 尚佳, 福井 康裕, 浅野 有香, 後藤 航, 高田 晃次, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 高島 勉, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   34 ( Suppl.1 )   S114 - S114   2017年04月( ISSN:2186-9545

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法におけるPertuzumab併用レジメンの臨床的検証

    高田 晃次, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本外科学会定期学術集会抄録集   117回   PS - 069   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • エリブリン化学療法により病理学的完全奏効が得られた局所進行乳癌の1例

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 高島 勉, 野田 諭, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    癌と化学療法   43 ( 12 )   2240 - 2242   2016年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    進行再発乳癌における治療の目的は、全生存期間の延長と生活の質(QOL)の改善である。そのため、治療効果が高く有害事象が少ない薬剤が望まれる。症例は43歳、女性。右乳房腫瘤を自覚し近医を受診、精査加療目的にて当院紹介となった。乳腺超音波検査において右乳腺C領域に2.9cm大の低エコー腫瘤が確認され、針生検にて浸潤性乳管癌(ER90%、PgR陰性、HER2陰性、Ki-67中等度発現)との診断を得た。また、鎖骨上に転移を疑わせるリンパ節が認められたため、穿刺吸引細胞診を行ったところ悪性であった。治療前診断は右乳癌、cT2N3M0、stage IIIC、Luminal B likeとした。エリブリン化学療法を開始し、6 cycles終了後の画像検査にて右乳腺腫瘤は同定困難となり、鎖骨上リンパ節も消失したため手術を施行した。Grade 2以上の有害事象は認めなかった。摘出標本の病理学的診断では病理学的完全奏効(pathological complete response:pCR)(Grade 3)が確認された。今回われわれは、エリブリン化学療法によりpCRが得られた局所進行乳癌の1例を経験した。(著者抄録)

  • EnCor ENSPIREシステムを用いた乳腺組織生検の検討

    瀬良 知央, 柏木 伸一郎, 飯盛 望, 高田 晃次, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   699 - 699   2016年10月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.3919/jjsa.77.699

  • 乳癌・十二指腸癌・肺癌の同時性重複癌を認めた1例

    小泉 由莉奈, 柏木 伸一郎, 飯盛 望, 瀬良 知央, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   1032 - 1032   2016年10月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法におけるクラスター形成血中循環腫瘍細胞(CTCc)の臨床的検証

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   75回   E - 2061   2016年10月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法におけるandrogen-receptor splice variant-7(AR-V7)発現のサブタイプ別検討

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   75回   J - 2076   2016年10月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌・十二指腸癌・肺癌の同時性重複癌を認めた1例

    小泉 由莉奈, 柏木 伸一郎, 飯盛 望, 瀬良 知央, 後藤 航, 浅野 有香, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本臨床外科学会雑誌   77 ( 増刊 )   1032 - 1032   2016年10月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺 乳がんにおける腫瘍免疫 腫瘍浸潤リンパ球および残存腫瘍量の評価による乳癌術前化学療法後の予後予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   MS63 - 3   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺 乳がんにおける腫瘍免疫 乳癌内分泌療法における腫瘍浸潤リンパ球(TILs)の臨床的意義

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   MS63 - 1   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法におけるクラスター形成血中循環腫瘍細胞(CTCc)の臨床的検証

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   75回   E - 2061   2016年10月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法におけるandrogen-receptor splice variant-7(AR-V7)発現のサブタイプ別検討

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 高田 晃次, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌学会総会記事   75回   J - 2076   2016年10月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺 乳がんにおける腫瘍免疫 乳癌内分泌療法における腫瘍浸潤リンパ球(TILs)の臨床的意義

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   MS63 - 1   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺 乳がんにおける腫瘍免疫 腫瘍浸潤リンパ球および残存腫瘍量の評価による乳癌術前化学療法後の予後予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖, 大平 雅一

    日本癌治療学会学術集会抄録集   54回   MS63 - 3   2016年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Cancer stem cells might sustain sternness by the induction of autophagy in starvation stress

    Go Masuda, Masakazu Yashiro, Kishu Kitayama, Yuichiro Miki, Hiroaki Kasashima, Tamami Morisaki, Tatsunari Fukuoka, Tsuyoshi Hasegawa, Masaichi Ohira, Kosei Hirakawa

    CANCER RESEARCH   76   2016年07月( ISSN:0008-5472 ( eISSN:1538-7445

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-1730

  • Prostaglandin D synthase is a potential novel therapeutic agent for the treatment of gastric carcinomas expressing PPAR gamma

    Masakazu Yashiro, Tatsunari Fukuoka, Haruhito Kinoshita, Go Masuda, Kishu Kitayama, Yuichiro Miki, Tamami Morisaki, Tsuyoshi Hasegawa, Kosei Hirakawa

    CANCER RESEARCH   76   2016年07月( ISSN:0008-5472 ( eISSN:1538-7445

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-1281

  • Effect of glucose metabolism-related enzymes on the proliferation of gastric cancer cells in hypoxic microenvironment

    Kishu Kitayama, Masakazu Yashiro, Tamami Morisaki, Go Masuda, Hiroakai Kasashima, Yuichiro Miki, Haruhito Kinoshita, Tastunari Fukuoka, Tsuyoshi Hasegawa, Masaichi Ohira, Kosei Hirakawa

    CANCER RESEARCH   76   2016年07月( ISSN:0008-5472 ( eISSN:1538-7445

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-37

  • HER2陽性進行再発乳癌のlate lineでのPertuzumabを使用する意義

    徳本 真央, 野田 諭, 浅野 有香, 田内 幸枝, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   301 - 301   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トリプルネガティブ乳癌の術前化学療法におけるandrogen-receptor splice variant-7(AR-V7)発現の検証

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 西川 博嘉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   345 - 345   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における免疫微小環境制御および抗腫瘍免疫応答の検証

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   324 - 324   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における腫瘍浸潤リンパ球(TILs)を用いた治療効果予測

    森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 倉田 研人, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   566 - 566   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における免疫微小環境制御および抗腫瘍免疫応答の検証

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   324 - 324   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法後のソナゾイド造影超音波所見の検討

    中村 桂子, 野田 諭, 藤岡 一也, 武田 節子, 福田 雅代, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   479 - 479   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における腫瘍浸潤リンパ球(TILs)を用いた治療効果予測

    森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 倉田 研人, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   566 - 566   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法後のソナゾイド造影超音波所見の検討

    中村 桂子, 野田 諭, 藤岡 一也, 武田 節子, 福田 雅代, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   24回   479 - 479   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ストレス状態癌幹細胞におけるオートファジーの意義

    増田 剛, 八代 正和, 北山 紀州, 笠島 裕明, 三木 友一郎, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 045   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ダイナミック造影MRIを用いた腫瘍内血流の評価による乳癌術前化学療法の効果予測

    野田 諭, 小野田 尚佳, 浅野 有香, 田内 幸枝, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 166   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における抗腫瘍免疫応答の臨床的検証

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 108   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における免疫補助刺激分子(LAG-3,TIM-3,OX-40)発現の臨床的意義

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 008   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における抗腫瘍免疫応答の臨床的検証

    後藤 航, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   PS - 108   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤CD8/FOXP3リンパ球比による抗腫瘍効果予測

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 090   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における免疫補助刺激分子(LAG-3,TIM-3,OX-40)発現の臨床的意義

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 後藤 航, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 008   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤CD8/FOXP3リンパ球比による抗腫瘍効果予測

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   116回   OP - 090   2016年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 癌幹細胞におけるオートファジーの意義

    増田 剛, 八代 正和, 北山 紀州, 笠島 裕明, 三木 友一郎, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 平川 弘聖

    日本胃癌学会総会記事   88回   431 - 431   2016年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Luminal Aサブタイプを呈した骨・軟骨化生を伴う乳癌の1例

    松田 博人, 柏木 伸一郎, 後藤 航, 浅野 有香, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   76 ( 増刊 )   1156 - 1156   2015年10月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アンドロゲン受容体陽性トリプルネガティブ乳癌における化学療法感受性の検証

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌学会総会記事   74回   J - 1228   2015年10月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球を用いたサブタイプ別治療効果予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌学会総会記事   74回   J - 1226   2015年10月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球を用いたサブタイプ別治療効果予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌学会総会記事   74回   J - 1226   2015年10月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 胃癌におけるFGFR2-IIIb発現の臨床病理学的意義

    増田 剛, 八代 正和, 北山 紀州, 笠島 裕明, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本癌学会総会記事   74回   J - 1056   2015年10月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Pertuzumab+Trastuzumab+Docetaxel併用療法の経験

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 友香, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   819 - 819   2015年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺 乳がん治療個別化のバイオマーカー 乳癌術前化学療法における治療効果予測マーカーとしての血小板・リンパ球比の有用性

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   407 - 407   2015年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺 乳がん治療個別化のバイオマーカー 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球を用いたサブタイプ別治療効果予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   264 - 264   2015年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺 乳がん治療個別化のバイオマーカー 乳癌術前化学療法における治療効果予測マーカーとしての血小板・リンパ球比の有用性

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   407 - 407   2015年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 胃 胃がんのゲノム解析 胃癌におけるFGFR2-IIIb発現の臨床病理学的意義

    増田 剛, 八代 正和, 北山 紀州, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 久保 尚志, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   47 - 47   2015年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺 乳がん治療個別化のバイオマーカー 乳癌術前化学療法における腫瘍浸潤リンパ球を用いたサブタイプ別治療効果予測

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   50 ( 3 )   264 - 264   2015年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • SDF1 alpha/CXCR4 axis might be associated with growth-interaction between cancer-associated fibroblasts and gastric cancer cells in hypoxic tumor microenvironment

    Haruhito Kinoshita, Masakazu Yashiro, Hiroaki Kasashima, Go Masuda, Tamami Morisaki, Tatsunari Fukuoka, Katsunobu Sakurai, Takahiro Toyokawa, Kenjiro Kimura, Naoshi Kubo, Hiroaki Tanaka, Kazuya Muguruma, Masaichi Ohira, Kosei Hirakawa

    CANCER RESEARCH   75   2015年08月( ISSN:0008-5472 ( eISSN:1538-7445

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2015-436

  • トリプルネガティブ乳癌の術前化学療法における好中球・リンパ球比による治療効果予測

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   357 - 357   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における上皮間葉転換制御および腫瘍血管リモデリング誘導の臨床的検証

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   417 - 417   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌患者のB型肝炎ウイルス感染と化学療法による再活性化の現状

    田内 幸枝, 野田 諭, 石原 沙江, 崎村 千恵, 浅野 有香, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   568 - 568   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法におけるNK1受容体拮抗剤の有用性についての臨床的検証

    森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   394 - 394   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における上皮間葉転換制御および腫瘍血管リモデリング誘導の臨床的検証

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   417 - 417   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌針生検検体と手術標本における生物学的バイオマーカーの相違による治療効果予測の検討

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   378 - 378   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌患者のB型肝炎ウイルス感染と化学療法による再活性化の現状

    田内 幸枝, 野田 諭, 石原 沙江, 崎村 千恵, 浅野 有香, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   568 - 568   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌化学療法におけるNK1受容体拮抗剤の有用性についての臨床的検証

    森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   394 - 394   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌針生検検体と手術標本における生物学的バイオマーカーの相違による治療効果予測の検討

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   23回   378 - 378   2015年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における効果予測マーカーとしてのsystemic inflammatory response

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本外科系連合学会誌   40 ( 3 )   606 - 606   2015年05月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における効果予測マーカーとしてのsystemic inflammatory response

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本外科系連合学会誌   40 ( 3 )   606 - 606   2015年05月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • その他 乳癌luminal androgen receptorサブタイプにおける再発後の予後に関する検討

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   YIA - 4   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 上部消化管 胃癌におけるオートファジー関連蛋白p62の臨床病理学的検討

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 田内 幸枝, 徳本 真央, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 6   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 上部消化管 胃癌におけるオートファジー関連蛋白p62の臨床病理学的検討

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 田内 幸枝, 徳本 真央, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 櫻井 克宜, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 6   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺・内分泌 術後薬物療法の適応からみたセンチネルリンパ節転移陽性のLuminal乳癌に対する腋窩リンパ節郭清の省略

    野田 諭, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 田内 幸枝, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 228   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺・内分泌 甲状腺全摘後の治療成績から見た進行甲状腺乳頭癌に対する治療戦略

    小野田 尚佳, 野田 諭, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 浅野 有香, 石川 哲郎, 徳本 真央, 森崎 珠実, 川尻 成美, 高島 勉, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 116   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺・内分泌 乳癌針生検検体と手術標本における生物学的バイオマーカーの相違による抗腫瘍効果の検討

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 118   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺・内分泌 乳癌エリブリン化学療法における上皮間葉転換制御および腫瘍血管再構築誘導

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 048   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺・内分泌 乳癌エリブリン化学療法における上皮間葉転換制御および腫瘍血管再構築誘導

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 048   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺・内分泌 術後薬物療法の適応からみたセンチネルリンパ節転移陽性のLuminal乳癌に対する腋窩リンパ節郭清の省略

    野田 諭, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 田内 幸枝, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 228   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺・内分泌 甲状腺全摘後の治療成績から見た進行甲状腺乳頭癌に対する治療戦略

    小野田 尚佳, 野田 諭, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 浅野 有香, 石川 哲郎, 徳本 真央, 森崎 珠実, 川尻 成美, 高島 勉, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 116   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺・内分泌 乳癌針生検検体と手術標本における生物学的バイオマーカーの相違による抗腫瘍効果の検討

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会定期学術集会抄録集   115回   OP - 118   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • LC-3、beclin-1発現からみた胃癌患者におけるオートファジーの臨床病理学的意義

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 田内 幸枝, 木下 春人, 徳本 真央, 福岡 達成, 森崎 珠美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本消化器病学会雑誌   112 ( 臨増総会 )   A390 - A390   2015年03月( ISSN:0446-6586 ( eISSN:1349-7693

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 胃癌におけるオートファジー関連蛋白p62の臨床病理学的意義

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 田内 幸枝, 徳本 真央, 木下 春人, 福岡 達成, 森崎 珠美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本胃癌学会総会記事   87回   277 - 277   2015年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • [Clinical experience of nab-Paclitaxel treatment in 31 patients with breast cancer].

    Yukie Tauchi, Shinichiro Kashiwagi, Sae Ishihara, Yuka Asano, Chie Sakimura, Kento Kurata, Mao Tokumoto, Tamami Morisaki, Satoru Noda, Hidemi Kawajiri, Tsutomu Takashima, Naoyoshi Onoda, Kosei Hirakawa

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41 ( 12 )   1948 - 50   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    Nanoparticle albumin-bound paclitaxel (nab-PTX, Abraxane®) does not require premedication, and it can be used for patients with alcohol intolerance. We administered nab-PTX to 31 patients with breast cancer between October 2010 and April 2013. Eighteen patients had progressive, recurring breast cancers and 13 patients had locally advanced operable breast cancers. The treatment schedules were 175 or 260 mg/m² every 3 weeks (q3w). No patient experienced an allergic reaction. Grade 1-3 sensory neuropathies were observed in 20 patients; however, no patient experienced grade 4 neuropathy. In patients with locally advanced, operable breast cancer, 1 patient treated with 175 mg/m² q3w had a partial response (PR), while of the patients treated with 260 mg/m² q3w, 10 patients showed a PR, and 1 patient had stable disease (SD). Of the patients with progressive, recurring breast cancer, 2 patients showed a PR and 4 patients had SD when treated with 175 mg/m² q3w, whereas 1 patient displayed a PR and 1 patient had SD when treated with 260 mg/m² q3w. Our investigation suggests that nab-PTX is well tolerated, even by patients with advanced breast cancer.

    PubMed

  • タキサン前治療のある進行転移性乳癌におけるエリブリン化学療法の検討

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1951 - 1953   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    背景:エリブリンはタキサン系薬剤とは異なった作用機序を有する微小管阻害剤であり、タキサン系薬剤耐性の細胞株に対しても効果が認められることが報告されている。今回、タキサン系薬剤の前治療歴を有する症例でのエリブリン化学療法の検討を行った。対象と方法:エリブリンにて化学療法を行った手術不能もしくは転移・再発乳癌52例を対象とした。タキサン前治療歴のある症例(TX群)、治療歴のない症例(non-TX群)について有用性および忍容性の検討を行った。結果:TX群は19例(36.5%)、non-TX群は33例(63.5%)であった。TX群の奏効率は31.6%(6/19)であり、non-TX群は36.4%(12/33)であった。TX群とnon-TX群では、全生存期間、治療成功期間、無増悪生存期間について有意な差はなかった。また有害事象の検討では、Grade 3以上の好中球減少症の発現は両群間に差は認められなかった(p=0.340)。一方で、Grade 1以上の知覚性末梢神経障害の発現はTX群で有意に多く認められた(p=0.038)。結語:局所進行・転移性乳癌におけるエリブリン化学療法は、タキサン前治療歴の有無にかかわらず有用であった。また有害事象では、タキサン前治療歴によって知覚性末梢神経障害が多く認められる可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 乳癌におけるNab-Paclitaxel(Abraxane)使用症例31例の検討

    田内 幸枝, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 崎村 千恵, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1948 - 1950   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    nab-paclitaxel(nab-PTX、Abraxane)はヒト血清アルブミンにPTXを結合させ、ナノ粒子化した製剤である。前投薬が不要で、アルコール不耐例にも投与が可能である。当施設での使用症例31例の有用性・忍容性を検討した。転移再発症例18例、術前化学療法症例13例で、投与量は175〜260mg/m2 q3wであった。奏効率では、175mg/m2投与群(n=12)で33.3%であり、260mg/m2投与群(n=19)で57.9%であった。有害事象では、grade 3以下の末梢神経障害を20例(64.5%)に認めた。nab-PTXは忍容性が高く、進行再発症例においても有用である可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 乳癌におけるNab-Paclitaxel(Abraxane)使用症例31例の検討

    田内 幸枝, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 崎村 千恵, 倉田 研人, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1948 - 1950   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    nab-paclitaxel(nab-PTX、Abraxane)はヒト血清アルブミンにPTXを結合させ、ナノ粒子化した製剤である。前投薬が不要で、アルコール不耐例にも投与が可能である。当施設での使用症例31例の有用性・忍容性を検討した。転移再発症例18例、術前化学療法症例13例で、投与量は175〜260mg/m2 q3wであった。奏効率では、175mg/m2投与群(n=12)で33.3%であり、260mg/m2投与群(n=19)で57.9%であった。有害事象では、grade 3以下の末梢神経障害を20例(64.5%)に認めた。nab-PTXは忍容性が高く、進行再発症例においても有用である可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 乳腺原発扁平上皮癌との鑑別を要した肺扁平上皮癌の1例

    栂野 真吾, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1884 - 1886   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    症例は74歳、男性。左肩から前胸部にかけての疼痛を自覚し、近医を受診した。胸部CT検査にて左大胸筋を背側から圧排し、肋骨の骨破壊像および胸腔内への浸潤を伴った約4×8cm大の腫瘤性病変が認められた。肺、胸膜または乳腺原発の悪性腫瘍が疑われたため、精査加療目的にて当院紹介となった。指摘病変の針生検の病理診断では腺癌成分を伴わない扁平上皮癌であり、ここで乳腺原発の扁平上皮癌は否定的と判断し、最終診断は肺扁平上皮癌fStage IIb(T3N0M0)とした。今回われわれは、乳腺扁平上皮癌との鑑別を要した肺扁平上皮癌の1例を経験した。臨床経過、画像所見に加え、詳細な病理学的診断が鑑別には重要であると考えられた。(著者抄録)

  • 乳腺原発悪性リンパ腫の4例

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1942 - 1944   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    乳腺原発悪性リンパ腫(PBL)は全悪性リンパ腫(ML)の0.5%以下、乳腺悪性腫瘍の約0.04〜0.53%と比較的まれである。今回われわれは、PBLの4例を経験したので報告する。初発症状はすべて乳房腫瘤であり、リンパ節腫脹を伴うものは1例であった。左側発症で両側のものはなく、亜型もすべてびまん性大細胞性B細胞リンパ腫であった。これらは超音波検査にてPBLを疑う所見であったため、針生検検査にて診断に至った。針生検では、組織量が少なく亜型分類が不可能であった症例には切開摘出生検を行った。すべての症例においてCD20陽性であったため、超高齢者である症例を除きR-CHOPによる化学療法を選択し、現時点では無再発生存が得られている。PBLは予後不良であるために、亜型分類を含めた適切な治療前診断を付け、分子標的治療を視野に入れた個別化治療を進めることが望まれる。(著者抄録)

  • 乳腺原発悪性リンパ腫の4例

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1942 - 1944   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    乳腺原発悪性リンパ腫(PBL)は全悪性リンパ腫(ML)の0.5%以下、乳腺悪性腫瘍の約0.04〜0.53%と比較的まれである。今回われわれは、PBLの4例を経験したので報告する。初発症状はすべて乳房腫瘤であり、リンパ節腫脹を伴うものは1例であった。左側発症で両側のものはなく、亜型もすべてびまん性大細胞性B細胞リンパ腫であった。これらは超音波検査にてPBLを疑う所見であったため、針生検検査にて診断に至った。針生検では、組織量が少なく亜型分類が不可能であった症例には切開摘出生検を行った。すべての症例においてCD20陽性であったため、超高齢者である症例を除きR-CHOPによる化学療法を選択し、現時点では無再発生存が得られている。PBLは予後不良であるために、亜型分類を含めた適切な治療前診断を付け、分子標的治療を視野に入れた個別化治療を進めることが望まれる。(著者抄録)

  • 乳腺原発扁平上皮癌との鑑別を要した肺扁平上皮癌の1例

    栂野 真吾, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 田内 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    癌と化学療法   41 ( 12 )   1884 - 1886   2014年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    症例は74歳、男性。左肩から前胸部にかけての疼痛を自覚し、近医を受診した。胸部CT検査にて左大胸筋を背側から圧排し、肋骨の骨破壊像および胸腔内への浸潤を伴った約4×8cm大の腫瘤性病変が認められた。肺、胸膜または乳腺原発の悪性腫瘍が疑われたため、精査加療目的にて当院紹介となった。指摘病変の針生検の病理診断では腺癌成分を伴わない扁平上皮癌であり、ここで乳腺原発の扁平上皮癌は否定的と判断し、最終診断は肺扁平上皮癌fStage IIb(T3N0M0)とした。今回われわれは、乳腺扁平上皮癌との鑑別を要した肺扁平上皮癌の1例を経験した。臨床経過、画像所見に加え、詳細な病理学的診断が鑑別には重要であると考えられた。(著者抄録)

  • Role of lysyl oxidase and lysyl oxidase-like 2 in gastric carcinoma

    Hiroaki Kasashima, Masakazu Yashiro, Yukie Go, Go Masuda, Haruhito Kinoshita, Mao Tokumoto, Tamami Morisaki, Tatsunari Fukuoka, Takahiro Toyokawa, Naoshi Kubo, Hiroaki Tanaka, Kazuya Muguruma, Masaichi Ohira, Kosei Hirakawa

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472 ( eISSN:1538-7445

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-1980

  • The stemness of gastric cancer stem cells is sustained by TGF beta produced from cancer-associated fibroblasts

    Masakazu Yashiro, Tsuyoshi Hasegawa, Tatsunari Fukuoka, Haruhito Kinoshita, Tamami Morisaki, Hiroaki Kasashima, Go Masuda, Naoshi Kubo, Kosei Hirakawa

    CANCER RESEARCH   74 ( 19 )   2014年10月( ISSN:0008-5472 ( eISSN:1538-7445

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2014-3863

  • アンドロゲン受容体発現によるトリプルネガティブ乳癌の新たな個別化治療の可能性

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録   34回   88 - 89   2014年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アンドロゲン受容体陽性トリプルネガティブ乳癌の予後解析および臨床病理学的検討

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 倉田 研人, 呉 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   275 - 275   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • フルベストラントの効果予測因子と生命予後への影響

    小野田 尚佳, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   261 - 261   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トリプルネガティブ乳癌に対するエリブリン化学療法における治療効果予測マーカーとしてのTLE3発現の有用性

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 呉 幸枝, 徳本 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   275 - 275   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • センチネルリンパ節転移陽性症例における非センチネルリンパ節転移予測

    野田 諭, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   262 - 262   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • センチネルリンパ節生検先行による乳癌腋窩ステージング法の検討

    森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 由香, 呉 幸枝, 倉田 研人, 徳本 真央, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   466 - 466   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌組織生検2820例から検討した捺印細胞診の有用性

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   295 - 295   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌組織生検2820例から検討した捺印細胞診の有用性

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   295 - 295   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • フルベストラントの効果予測因子と生命予後への影響

    小野田 尚佳, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   261 - 261   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺切除断端の状態と局所再発の関係

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   383 - 383   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺切除断端の状態と局所再発の関係

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   22回   383 - 383   2014年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トリプルネガティブ乳癌におけるアンドロゲン受容体発現の臨床病理学的意義

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 論, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1365 - 1365   2014年06月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳房温存療法における切除断端の取扱い

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   2134 - 2134   2014年06月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における上皮間葉転換および腫瘍血管リモデリング作用の検証

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1385 - 1385   2014年06月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳房温存療法における切除断端の取扱い

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   2134 - 2134   2014年06月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺粘液癌71例における細分類の臨床的検討

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1380 - 1380   2014年06月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌エリブリン化学療法における上皮間葉転換および腫瘍血管リモデリング作用の検証

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1385 - 1385   2014年06月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺粘液癌71例における細分類の臨床的検討

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   49 ( 3 )   1380 - 1380   2014年06月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トリプルネガティブ乳癌におけるエリブリン化学療法における治療効果予測因子の検討

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 倉田 研人, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科系連合学会誌   39 ( 3 )   570 - 570   2014年05月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   36 - 37   2014年04月( eISSN:2433-8575

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • プロスタグランジンD2による胃癌抑制効果

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本分子腫瘍マーカー研究会誌   29 ( 0 )   36 - 37   2014年04月( eISSN:2433-8575

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-060-2 低酸素微小環境がスキルス胃癌に与える影響(OP-060 胃 基礎-1,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   421 - 421   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-220-6 乳腺粘液癌71例による細分類の臨床病理学的検討(PS-220 乳腺 病理診断,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   1015 - 1015   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-175-6 胃癌における間質酵素Lysyl Oxidase発現の臨床病理学的意義(PS-175 基礎 発癌・バイオマーカー・その他-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    笠島 裕明, 八代 正和, 増田 剛, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   925 - 925   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-143-4 当科での乳房温存療法における切除断端診断と断端陽性時の治療(PS-143 乳腺 手術手技-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   860 - 860   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-135-7 スキルス胃癌微笑環境におけるプロスタグランジンE2の影響とその阻害剤の有効性(PS-135 胃 基礎-3,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 笠島 裕明, 増田 剛, 呉 幸枝, 木下 春人, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 櫻井 克宣, 木村 健二郎, 永原 央, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大谷 博, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   845 - 845   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-134-7 胃癌におけるオートファジー関連分子p62/SQSTM1の臨床病理学的検討(PS-134 胃 基礎-2,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    増田 剛, 八代 正和, 笠島 裕明, 渡邊 真央, 木下 春人, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 永原 央, 木村 健二郎, 豊川 貴弘, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 大谷 博, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   843 - 843   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-069-4 トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法効果予測マーカーとしてのTLE3発現(PS-069 乳腺 化学療法-1,ポスターセッション,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   712 - 712   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • OP-123-3 胃全摘術におけるNo.10リンパ節転移の意義(OP-123 胃 リンパ節郭清・手術適応,一般演題,第114回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 呉 幸枝, 笠島 裕明, 増田 剛, 渡邊 真央, 木下 春人, 大北 仁裕, 福岡 達成, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 2 )   532 - 532   2014年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法効果予測マーカーとしてのTLE3発現

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   712 - 712   2014年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺粘液癌71例による細分類の臨床病理学的検討

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   1015 - 1015   2014年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳腺粘液癌71例による細分類の臨床病理学的検討

    浅野 有香, 柏木 伸一郎, 石原 沙江, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 大澤 政彦, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   115 ( 臨増2 )   1015 - 1015   2014年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ベバシズマブ併用化学療法が有用であった炎症性乳癌の1切除例

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 石井 真梨子, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2384 - 2386   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    炎症性乳癌は、乳房皮膚の広範な浮腫状硬化と発赤を特徴とする高悪性度の局所進行性乳癌である。症例は58歳、女性。左乳房腫脹にて当院紹介となった。左乳房外側の皮膚の浮腫状変化を認め、画像検査では境界不明瞭な低エコー腫瘤、皮下リンパ管拡張が確認された。治療前診断は左炎症性乳癌T4dN2M0、Stage IIIBであった。FECを7コース投与し、病変安定(SD)を得た。ここで奏効率の高いベバシズマブ・パクリタキセルの併用療法を行い、4コース投与にて腫瘍は著明に縮小した(部分奏効:PR)。最良効果と判断し手術(Bt+Ax)を施行、組織学的治療効果はGrade IIaであった。炎症性乳癌に対して、ベバシズマブ併用化学療法は有用な治療選択肢の一つと成り得るのではないかと考えられた。(著者抄録)

  • 乳腺原発扁平上皮癌に対するエリブリンの有用性

    柏木 伸一郎, 奥野 倫久, 石原 沙江, 石井 真梨子, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2369 - 2371   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    乳腺扁平上皮癌はまれであり、全乳癌の0.17〜0.4%とされている。通常の乳癌に準じた化学療法には抵抗性を示すため、病勢コントロールは困難である。症例は40歳、女性。左乳房腫瘤を自覚し近医を受診、超音波検査にて左乳腺に嚢胞性変化を伴う低エコー腫瘤が確認された。針生検で扁平上皮癌と診断され、当院紹介となった。画像検査では、左乳腺C領域に5.2cm大の腫瘤および左腋窩に転移を疑わせる腫大リンパ節が確認された。治療前診断は、左乳腺原発扁平上皮癌T4bN2aM0、stage IIIB、ER、PR、HER2陰性のtriple-negativeであった。治療は化学療法を選択し、エリブリン1.4mg/m2の投与を臨床試験にて開始した。24週以上の安定期間を示し、8コース終了後に手術(Bt+Ax)に至った。今回われわれは、エリブリンの投与にてクリニカルベネフィットを獲得し、切除に至った乳腺扁平上皮癌を経験した。本疾患に対する化学療法としてエリブリンは選択肢の一つになるのではないかと考えられた。(著者抄録)

  • ベバシズマブ併用化学療法が有用であった炎症性乳癌の1切除例

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 石井 真梨子, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2384 - 2386   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    炎症性乳癌は、乳房皮膚の広範な浮腫状硬化と発赤を特徴とする高悪性度の局所進行性乳癌である。症例は58歳、女性。左乳房腫脹にて当院紹介となった。左乳房外側の皮膚の浮腫状変化を認め、画像検査では境界不明瞭な低エコー腫瘤、皮下リンパ管拡張が確認された。治療前診断は左炎症性乳癌T4dN2M0、Stage IIIBであった。FECを7コース投与し、病変安定(SD)を得た。ここで奏効率の高いベバシズマブ・パクリタキセルの併用療法を行い、4コース投与にて腫瘍は著明に縮小した(部分奏効:PR)。最良効果と判断し手術(Bt+Ax)を施行、組織学的治療効果はGrade IIaであった。炎症性乳癌に対して、ベバシズマブ併用化学療法は有用な治療選択肢の一つと成り得るのではないかと考えられた。(著者抄録)

  • 乳腺原発扁平上皮癌に対するエリブリンの有用性

    柏木 伸一郎, 奥野 倫久, 石原 沙江, 石井 真梨子, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    癌と化学療法   40 ( 12 )   2369 - 2371   2013年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    乳腺扁平上皮癌はまれであり、全乳癌の0.17〜0.4%とされている。通常の乳癌に準じた化学療法には抵抗性を示すため、病勢コントロールは困難である。症例は40歳、女性。左乳房腫瘤を自覚し近医を受診、超音波検査にて左乳腺に嚢胞性変化を伴う低エコー腫瘤が確認された。針生検で扁平上皮癌と診断され、当院紹介となった。画像検査では、左乳腺C領域に5.2cm大の腫瘤および左腋窩に転移を疑わせる腫大リンパ節が確認された。治療前診断は、左乳腺原発扁平上皮癌T4bN2aM0、stage IIIB、ER、PR、HER2陰性のtriple-negativeであった。治療は化学療法を選択し、エリブリン1.4mg/m2の投与を臨床試験にて開始した。24週以上の安定期間を示し、8コース終了後に手術(Bt+Ax)に至った。今回われわれは、エリブリンの投与にてクリニカルベネフィットを獲得し、切除に至った乳腺扁平上皮癌を経験した。本疾患に対する化学療法としてエリブリンは選択肢の一つになるのではないかと考えられた。(著者抄録)

  • FEC+wPTX耐性TNBC細胞株の樹立とNAC効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義

    青松 直撥, 八代 正和, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 川尻 成美, 石原 沙江, 浅野 有香, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1110 - 1110   2013年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法効果予測因子としてのTLE3の有用性

    柏木 伸一郎, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1112 - 1112   2013年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • LigaSure Small Jaw Instrumentを使用した甲状腺癌手術の検討

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 小野田 尚佳, 野田 諭, 浅野 有香, 三浦 光太郎, 倉田 研人, 呉 幸枝, 渡邊 真央, 森崎 珠実, 川尻 成美, 高島 勉, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   2171 - 2171   2013年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法におけるpCRの予後因子としての意義

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1577 - 1577   2013年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法におけるpCRの予後因子としての意義

    川尻 成美, 高島 勉, 石原 沙江, 浅野 有香, 呉 幸枝, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 小野田 尚佳, 仲田 文造, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   48 ( 3 )   1577 - 1577   2013年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ホルモン受容体陽性閉経後局所進行乳癌に対する初期全身治療としてのアロマターゼ阻害剤の効果

    高島 勉, 川尻 成美, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 青松 直撥, 森崎 珠実, 渡邊 真央, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   366 - 366   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌との鑑別を要した胸筋由来結節性筋膜炎の1例

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   648 - 648   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌に対する当院におけるBevacizumab併用化学療法の使用経験

    森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 渡邊 真央, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   350 - 350   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌との鑑別を要した胸筋由来結節性筋膜炎の1例

    石原 沙江, 柏木 伸一郎, 渡邉 真央, 森崎 珠実, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   648 - 648   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ホルモン受容体陽性閉経後局所進行乳癌に対する初期全身治療としてのアロマターゼ阻害剤の効果

    高島 勉, 川尻 成美, 柏木 伸一郎, 野田 諭, 青松 直撥, 森崎 珠実, 渡邊 真央, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   366 - 366   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌に対する当院におけるBevacizumab併用化学療法の使用経験

    森崎 珠実, 柏木 伸一郎, 渡邊 真央, 青松 直撥, 野田 諭, 川尻 成美, 中野 妙子, 川上 紀子, 光川 康子, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   21回   350 - 350   2013年06月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PS-004-2 乳癌術前化学療法効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    青松 直撥, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   522 - 522   2013年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • YT-4-1(YRA) 胃癌幹細胞関連蛋白の同定と臨床的意義(YT Young Researcher Award & Traveler's Grant,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    森崎 珠実, 八代 正和, 渡邊 真央, 大北 仁裕, 福岡 達成, 長谷川 毅, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 大平 雅一, 梯 アンナ, 鰐渕 英機, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   400 - 400   2013年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-5-6 ニッチ線維芽細胞はTGF一βによってスキルス胃癌幹細胞の幹細胞性を維持する(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 豊川 貴弘, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   297 - 297   2013年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • WS-4-2 スキルス胃がん幹細胞の特性(WS ワークショップ,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    八代 正和, 長谷川 毅, 西居 孝文, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   292 - 292   2013年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-305-4 4型スキルス胃癌腹膜播種転移の分子機序と新たな治療戦略(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 野田 論, 木下 春人, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 李 友浩, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 前田 清, 澤田 鉄二, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   947 - 947   2013年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-115-3 膵癌における癌間質相互作用の役割とIGFシグナルの関与(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 長谷川 毅, 青松 直撲, 吉井 真美, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   680 - 680   2013年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-051-6 スキルス胃癌細胞の増殖能におよぼす癌周囲微小環境の影響(PS ポスターセッション,第113回日本外科学会定期学術集会) 査読

    木下 春人, 八代 正和, 渡辺 真央, 大北 仁裕, 森崎 珠実, 福岡 達成, 青松 直擾, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真美, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 2 )   590 - 590   2013年03月( ISSN:1880-1129

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 乳癌術前化学療法効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義

    青松 直撥, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   522 - 522   2013年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義

    青松 直撥, 八代 正和, 木下 春人, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   114 ( 臨増2 )   522 - 522   2013年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • タモキシフェンにより長期間のCRが得られた高齢者乳癌の1例

    青松 直撥, 柏木 伸一郎, 浅野 有香, 森崎 珠実, 中村 雅憲, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    癌と化学療法   39 ( 12 )   2039 - 2041   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    症例:患者は82歳、女性。約3年前より左乳房腫瘤に気付いていたが放置していた。出血を伴うようになり近医を受診され、精査加療目的にて当院紹介となる。初診時、左A領域の皮膚に2×2cmの潰瘍を伴う約2.5×3cmの腫瘤を触知した。全身検索にて転移は認められず、左乳癌T4bN0M0、stage IIIBと診断した。皮膚生検標本の免疫組織化学染色にてER陽性、PR陽性、HER2陰性であり、タモキシフェンの内服を開始したところ潰瘍は徐々に上皮化し、約8ヵ月目で触診、超音波検査上ともに腫瘍は消失しcCRと判定した。内服継続にて約6年近くCRが持続したが、6年9ヵ月目で腫瘍の増大を認めたため、局所麻酔下に乳房部分切除術を施行した。術後1ヵ月目現在、外来にて経過観察中である。まとめ:高齢者において、内分泌療法は副作用が少なく長期継続が可能であり、有用な治療選択肢の一つであると思われた。(著者抄録)

  • 乳癌集学的治療における外来センチネルリンパ節生検の意義

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渡邉 真央, 瀧井 麻美子, 森崎 珠実, 青松 直撥, 中村 雅憲, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   39 ( 12 )   1914 - 1916   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    乳房温存手術(Bp)およびセンチネルリンパ節生検(SNB)は乳癌手術の低侵襲化により、現在では早期乳癌の標準的治療となった。通常、BpとSNBは一期的に行われるが、われわれは外来手術での局所麻酔下SNBにて、組織学的な診断をつけた上で、化学療法・内分泌療法やBpを施行する遂次療法を行っている。術前に針生検により乳癌の確定診断を得られたT1-2、N0-1、M0の20例を対象とした。2例(10.0%)で転移が確認され、それぞれのintrinsic subtypeに対応した術前補助療法が行われ、二期的にBpを施行した。SNB陽性の症例は、二期的手術の際に腋窩リンパ節郭清を追加した。局所麻酔下でのSNB先行の遂次療法は、術中迅速組織診断に伴う偽陰性症例や偽陽性症例に対する過大侵襲を未然に防ぐことが可能であり、乳癌集学的治療における正確な治療前診断への寄与が期待できる。(著者抄録)

  • 乳癌集学的治療における外来センチネルリンパ節生検の意義

    柏木 伸一郎, 浅野 有香, 渡邉 真央, 瀧井 麻美子, 森崎 珠実, 青松 直撥, 中村 雅憲, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    癌と化学療法   39 ( 12 )   1914 - 1916   2012年11月( ISSN:0385-0684

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    乳房温存手術(Bp)およびセンチネルリンパ節生検(SNB)は乳癌手術の低侵襲化により、現在では早期乳癌の標準的治療となった。通常、BpとSNBは一期的に行われるが、われわれは外来手術での局所麻酔下SNBにて、組織学的な診断をつけた上で、化学療法・内分泌療法やBpを施行する遂次療法を行っている。術前に針生検により乳癌の確定診断を得られたT1-2、N0-1、M0の20例を対象とした。2例(10.0%)で転移が確認され、それぞれのintrinsic subtypeに対応した術前補助療法が行われ、二期的にBpを施行した。SNB陽性の症例は、二期的手術の際に腋窩リンパ節郭清を追加した。局所麻酔下でのSNB先行の遂次療法は、術中迅速組織診断に伴う偽陰性症例や偽陽性症例に対する過大侵襲を未然に防ぐことが可能であり、乳癌集学的治療における正確な治療前診断への寄与が期待できる。(著者抄録)

  • VEGF/VEGFR-2シグナル阻害剤のトリプルネガティブ乳癌に対する意義(Significance of VEGF/VEGFR-2 signaling inhibitor in triple-negative breast cancer)

    青松 直撥, 八代 正和, 柏木 伸一郎, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌学会総会記事   71回   501 - 501   2012年08月( ISSN:0546-0476

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Triple Negative乳癌における術前化学療法効果予測因子としてのCarbonic anhydrase 9の有用性

    青松 直撥, 八代 正和, 柏木 伸一郎, 森崎 珠実, 中村 雅憲, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本乳癌学会総会プログラム抄録集   20回   326 - 326   2012年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • センチネルリンパ節転移陽性乳がんに対する治療戦略 乳癌手術における外来センチネルリンパ節生検の有用性

    柏木 伸一郎, 瀧井 麻美子, 森崎 珠実, 中村 雅憲, 川尻 成美, 高島 勉, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 若狭 研一, 平川 弘聖

    日本外科系連合学会誌   37 ( 3 )   454 - 454   2012年05月( ISSN:0385-7883

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • PS-007-1 スキルス胃癌に対するプロスタグランジンE2受容体(EP2)阻害剤の有効性(PS-007 胃 基礎-3,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    福岡 達成, 八代 正和, 森崎 珠実, 大北 仁裕, 青松 直撥, 長谷川 毅, 平川 俊基, 吉井 真実, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 天野 良亮, 野田 英児, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   506 - 506   2012年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • SF-064-2 ニッチ線維芽細胞は胃癌幹細胞様SP細胞分画を増加させる(SF-064 サージカルフォーラム(64)胃 基礎-3,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    長谷川 毅, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 青松 直撥, 吉井 真美, 松岡 順子, 櫻井 克宣, 野田 英児, 天野 良亮, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 大平 雅一, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   371 - 371   2012年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • PS-148-7 膵癌におけるIGF1R発現と予後の相関関係(PS-148 膵 基礎-2,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読

    平川 俊基, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 吉井 真美, 長谷川 毅, 青松 直撥, 松岡 順子, 村田 哲洋, 木村 健二郎, 永原 央, 天野 良亮, 野田 英児, 久保尚士, 久保 尚士, 田中 浩明, 六車 一哉, 山田 靖哉, 前田 清, 仲田 文造, 大平 雅一, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 2 )   788 - 788   2012年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 乳癌術前化学療法における低酸素マーカーCarbonic anhydrase 9の有用性

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   315 - 315   2012年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌術前化学療法における低酸素マーカーCarbonic anhydrase 9の有用性

    青松 直撥, 八代 正和, 森崎 珠実, 福岡 達成, 平川 俊基, 長谷川 毅, 松岡 順子, 柏木 伸一郎, 高島 勉, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本外科学会雑誌   113 ( 臨増2 )   315 - 315   2012年03月( ISSN:0301-4894

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌組織生検に併用した捺印細胞診の検討

    柏木 伸一郎, 高島 勉, 浅野 有香, 田内 潤, 森崎 珠実, 青松 直撥, 中村 雅憲, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   46 ( 2 )   524 - 524   2011年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 乳癌組織生検に併用した捺印細胞診の検討

    柏木 伸一郎, 高島 勉, 浅野 有香, 田内 潤, 森崎 珠実, 青松 直撥, 中村 雅憲, 川尻 成美, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 平川 弘聖

    日本癌治療学会誌   46 ( 2 )   524 - 524   2011年09月( ISSN:0021-4671

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等