2024/03/08 更新

写真a

ワタナベ テツヤ
渡辺 徹也
WATANABE Tetsuya
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 講師
医学部 医学科
職名
講師
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    講師  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    講師  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器内科学

論文

  • Comparison of the specimen quality of endobronchial ultrasound-guided intranodal forceps biopsy using standard-sized forceps versus mini forceps for lung cancer: A prospective study. 査読

    Nakai T, Matsumoto Y, Ueda T, Kuwae Y, Tanaka S, Miyamoto A, Matsumoto Y, Sawa K, Sato K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Furuse H, Uchimura K, Imabayashi T, Uenishi R, Fukui M, Tanaka H, Ohsawa M, Kawaguchi T, Tsuchida T

    Respirology (Carlton, Vic.)   2024年01月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/resp.14659

    PubMed

  • Tract creation with a 25-gauge needle for convex endobronchial ultrasound-guided core biopsy in intrapulmonary lesions adjacent to bronchi: three case reports. 査読

    Nagamine H, Nakai T, Ueda T, Nakahama K, Sawa K, Yamada K, Watanabe T, Aasai K, Kawaguchi T

    Translational lung cancer research   12 ( 12 )   2550 - 2557   2023年12月( ISSN:2218-6751

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/tlcr-23-556

    PubMed

  • Clinical significance of KL-6 in immune-checkpoint inhibitor treatment for non-small cell lung cancer. 査読

    Nakahama K, Izumi M, Yoshimoto N, Fukui M, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Cancer chemotherapy and pharmacology   92 ( 5 )   381 - 390   2023年11月( ISSN:0344-5704

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00280-023-04573-0

    PubMed

  • A Case of Successful Removal of a Foreign Body Located in the Peripheral Airway Using Flexible Bronchoscopy with Virtual Bronchoscopy Navigation.

    Hikiishi A, Nakai T, Matsui E, Yamane K, Sato K, Watanabe T, Asai K, Eguchi Y, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   advpub ( 0 )   2023年10月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2072-23

    PubMed

  • RBM17 Expression Is Associated With the Efficacy of ICI Monotherapy in NSCLC With Low PD-L1 Expression. 査読

    Nagamine H, Yashiro M, Yoshimoto N, Izumi M, Sugimoto A, Nakahama K, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Yamada K, Watanabe T, Aasai K, Fukumura K, Mayeda A, Kawaguchi T

    Anticancer research   43 ( 10 )   4663 - 4672   2023年10月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.16662

    PubMed

  • Vimentin expression correlates with immune checkpoint inhibitor efficacy in non-small cell lung cancer. 査読

    Nakahama K, Izumi M, Yoshimoto N, Fukui M, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Cancer   129 ( 15 )   2297 - 2307   2023年08月( ISSN:0008-543X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cncr.34782

    PubMed

  • Mental health complaints among healthcare workers engaged in the care of COVID-19 patients: A prospective cohort study from Japan. 査読

    Namikawa H, Tochino Y, Okada A, Ota K, Okada Y, Yamada K, Watanabe T, Mizobata Y, Kakeya H, Kuwatsuru Y, Shibata T, Shuto T

    Journal of general and family medicine   24 ( 4 )   240 - 246   2023年07月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jgf2.632

    PubMed

  • Distinct contributions of muscle mass and strength stratified by nutritional status to physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease. 査読

    Kawai T, Asai K, Miyamoto A, Yamada K, Furukawa Y, Toyokura E, Nishimura M, Sato K, Watanabe T, Kawaguchi T

    Respiratory investigation   61 ( 4 )   389 - 397   2023年07月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2023.03.001

    PubMed

  • COVID-19患者のケアに従事した医療者の精神的愁訴 日本における前向きコホート研究(Mental health complaints among healthcare workers engaged in the care of COVID-19 patients: A prospective cohort study from Japan) 査読

    Namikawa Hiroki, Tochino Yoshihiro, Okada Akiko, Ota Keiko, Okada Yasuyo, Yamada Koichi, Watanabe Tetsuya, Mizobata Yasumitsu, Kakeya Hiroshi, Kuwatsuru Yumiko, Shibata Toshihiko, Shuto Taichi

    Journal of General and Family Medicine   24 ( 4 )   240 - 246   2023年07月( ISSN:2189-6577

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    COVID-19患者に対応した医療者の職種と身体・精神症状の関連について検討した。対象は当院(3次医療機関)で本症患者の診療に従事した71名(医師27名、看護師25名、技師19名)である。患者との接触の程度や身体・精神症状の有無などを質問紙で週2回確認した。接触頻度は多い時で平均4.2日/週であった。身体症状の有訴率は28.2%で、鼻水・鼻づまりと頭痛が多かった。精神症状の有訴率は31.0%で、不安と神経過敏が主であった。看護師は医師に比べ、気分の落ち込み(36.0% vs.0%)および不安(52.0% vs.7.4%)の有訴率が高かった(各P<0.01)。多変量解析による精神症状出現の予測因子は、看護師(オッズ比4.90、P=0.04)と身体的愁訴(4.66、P=0.02)であった。身体症状を有する医療者、特に看護師の身体面と精神面の健康管理に一層配慮する必要があることが示唆された。

  • Distinct contributions of muscle mass and strength stratified by nutritional status to physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease(タイトル和訳中) 査読

    Kawai Takahiro, Asai Kazuhisa, Miyamoto Atsushi, Yamada Kazuhiro, Furukawa Yuichiro, Toyokura Erika, Nishimura Misako, Sato Kanako, Watanabe Tetsuya, Kawaguchi Tomoya

    Respiratory Investigation   61 ( 4 )   389 - 397   2023年07月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Influence of Smoking History on the Effectiveness of Immune-checkpoint Inhibitor Therapy for Non-small Cell Lung Cancer: Analysis of Real-world Data. 査読

    Nakahama K, Izumi M, Yoshimoto N, Fukui M, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Anticancer research   43 ( 5 )   2185 - 2197   2023年05月( ISSN:0250-7005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/anticanres.16381

    PubMed

  • COVID-19 vaccination benefits in preventing severe disease in mild-to-moderate cases: An analysis in the first specialized hospital for COVID-19 in Japan(タイトル和訳中) 査読

    Kobayashi Masanori, Miyamoto Atsushi, Watanabe Tetsuya, Sawa Kenji, Sato Kanako, Yamada Kazuhiro, Yoshii Naoko, Yamada Koichi, Kawamoto Kengo, Uji Masato, Shiraishi Satoshi, Asai Kazuhisa, Kakeya Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    Respiratory Investigation   61 ( 2 )   230 - 239   2023年03月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • COVID-19 vaccination benefits in preventing severe disease in mild-to-moderate cases: An analysis in the first specialized hospital for COVID-19 in Japan. 査読

    Kobayashi M, Miyamoto A, Watanabe T, Sawa K, Sato K, Yamada K, Yoshii N, Yamada K, Kawamoto K, Uji M, Shiraishi S, Asai K, Kakeya H, Kawaguchi T

    Respiratory investigation   61 ( 2 )   230 - 239   2023年03月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2022.12.011

    PubMed

  • Association of combustible cigarettes and heated tobacco products use with SARS-CoV-2 infection and severe COVID-19 in Japan: a JASTIS 2022 cross-sectional study. 査読

    Nishimura M, Asai K, Tabuchi T, Toyokura E, Kawai T, Miyamoto A, Watanabe T, Kawaguchi T

    Scientific reports   13 ( 1 )   1120   2023年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-023-28006-3

    PubMed

  • 放線菌類の一種からの培養上清によるCandida aurisのバイオフィルム形成と病原性発現への影響(A Culture Supernatant from an Actinomycete sp. Affects Biofilm Formation and Virulence Expression of Candida auris) 査読

    Yamane Kenshi, Niki Mamiko, Tsubouchi Taishi, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Oinuma Ken-ichi, Sakiyama Arata, Saren Chaogetu, Matsumoto Yuki, Makimura Koichi, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya

    Medical Mycology Journal   64 ( 1 )   7 - 17   2023年01月( ISSN:2185-6486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    深海から単離された放線菌のうちの一株(IMAs2016D-66)の培養上清が、Candida aurisの凝集を阻害することを見いだした。IMAs2016D-66存在下で培養した細胞は、疎水性とバイオフィルム形成を低下させ、蛋白質分解活性を促進した。フルコナゾール抵抗性C.aurisのLSEM3673株の排出ポンプ活性は、IMAs2016D-66によって刺激されたが、フルコナゾール感受性のLSEM0643株には影響しなかった。C.aurisの凝集性と病原性の関係はまだ不明だが、IMAs2016D-66はC.aurisの表現型の変換と病原性発現の調節機序の解析に役立つ可能性があると考えられた。

  • A Culture Supernatant from an Actinomycete sp. Affects Biofilm Formation and Virulence Expression of Candida auris.

    Yamane K, Niki M, Tsubouchi T, Watanabe T, Asai K, Oinuma KI, Sakiyama A, Saren C, Matsumoto Y, Makimura K, Kaneko Y, Kawaguchi T

    Medical mycology journal   64 ( 1 )   7 - 17   2023年( ISSN:21856486

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3314/mmj.22-00026

    PubMed

  • Diagnostic Utility and Safety of Non-Intubated Cryobiopsy Technique Using a Novel Ultrathin Cryoprobe in Addition to Conventional Biopsy Techniques for Peripheral Pulmonary Lesions. 査読

    Nakai T, Watanabe T, Kaimi Y, Shiomi K, Ando K, Miyamoto A, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Sato K, Asai K, Matsumoto Y, Mikami Y, Ohsawa M, Kawaguchi T

    Respiration; international review of thoracic diseases   102 ( 7 )   503 - 514   2023年( ISSN:0025-7931

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000531010

    PubMed

  • SP142 evaluation contributes to the prediction of immune checkpoint inhibitor efficacy in non-small cell lung cancer with high PD-L1 expression assessed by 22C3. 査読

    Nakahama K, Osawa M, Izumi M, Yoshimoto N, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Tani Y, Kaneda H, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Translational lung cancer research   11 ( 12 )   2438 - 2451   2022年12月( ISSN:2218-6751

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/tlcr-22-496

    PubMed

  • 高カルシウム血症を伴うクロピドグレル誘発性好酸球増加症(Clopidogrel-induced Eosinophilia with Hypercalcemia) 査読

    Yamada Kazuhiro, Asai Kazuhisa, Yanagimoto Misaki, Sone Risa, Inazu Satsuki, Mizutani Ryo, Kadotani Hideaki, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Kawaguchi Tomoya

    Internal Medicine   61 ( 17 )   2681 - 2685   2022年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は74歳男性。4ヵ月前に喘息と診断され、吸入ステロイドと気管支拡張薬による治療が行われたが、咳嗽は改善しなかった。13日前に好酸球増加症と高カルシウム血症のために他院に入院し、胸部CTで左肺の結節、縦隔リンパ節腫脹、右胸水、両側下肺浸潤影が判明した。肺癌により引き起こされた高カルシウム血症を伴う好酸球増加症が疑われ、紹介受診した。喫煙歴があり、既往歴は心筋梗塞であった。詳細な既往歴を聴取し、心筋梗塞後の治療として、シロスタゾールとアスピリンが6ヵ月前にクロピドグレルに変更されており、クロピドグレルへの変更後に喘息様症状が出現していたことが判明した。好酸球増加症の原因としてクロピドグレルを疑い、中止した。クロピドグレル中止後は、高カルシウム血症を伴う好酸球増加症、肺結節、縦隔リンパ節腫脹が改善した。クロピドグレルに対する薬剤誘発性リンパ球刺激試験が陽性であったことから、クロピドグレルによる高カルシウム血症を伴う好酸球増加症と診断した。

  • 非小細胞肺癌における血管内皮増殖因子受容体2の発現と免疫療法の有効性(Vascular endothelial growth factor receptor 2 expression and immunotherapy efficacy in non-small cell lung cancer) 査読

    Nakahama Kenji, Kaneda Hiroyasu, Osawa Masahiko, Fukui Mitsuru, Izumi Motohiro, Yoshimoto Naoki, Sugimoto Akira, Nagamine Hiroaki, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Tani Yoko, Mitsuoka Shigeki, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    Cancer Science   113 ( 9 )   3148 - 3160   2022年09月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者において、血管内皮増殖因子受容体2(VEGFR2)の発現と免疫チェックポイント阻害剤(ICI)および血管新生阻害剤の治療効果の関係を検討するため、多施設共同後方視的研究を実施した。ICI単剤治療を受けた進行NSCLC患者364例を対象とした。免疫細胞にVEGFR2を発現していた患者37例は、VEGFR2陰性患者327例に比べて、客観的奏効率(10 vs.30%、p=0.028)、無増悪生存期間(中央値2.2 vs.3.6ヵ月、p=0.012)、全生存期間(中央値7.9 vs.17.0ヵ月、p=0.049)が有意に悪かった。一方、腫瘍細胞におけるVEGFR2発現に基づく有意差は認められなかった(客観的奏効率24 vs.30%、p=0.33;無増悪生存期間中央値3.1 vs.3.5ヵ月、p=0.55;全生存期間中央値13.6 vs.16.8ヵ月、p=0.31)。また、血管新生阻害剤を投与された患者と投与されていない患者の間では、どの治療期間においても、VEGFR2の発現に基づく全生存期間に有意差は認められなかった。以上より、進行NSCLC患者に対するICIの効果は、免疫細胞にVEGFR2を発現している患者に限られていた。

  • Vascular endothelial growth factor receptor 2 expression and immunotherapy efficacy in non-small cell lung cancer. 査読

    Nakahama K, Kaneda H, Osawa M, Fukui M, Izumi M, Yoshimoto N, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Tani Y, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Cancer science   113 ( 9 )   3148 - 3160   2022年09月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.15464

    PubMed

  • 若年女性における特発性閉塞性細気管支炎 経気管支肺生検が診断に寄与した稀な1例(Idiopathic Obliterative Bronchiolitis in a Young Woman: A Rare Case of a Transbronchial Lung Biopsy Contributing to the Diagnosis) 査読

    Yoshii Naoko, Kamoi Hiroshi, Matsui Erika, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kanazawa Hiroshi, Kawaguchi Tomoya

    Internal Medicine   61 ( 18 )   2759 - 2764   2022年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    数ヵ月前からの労作時呼吸困難を主訴とする25歳女性症例について検討した。スパイロメトリーでは重度の拘束性換気障害・閉塞性換気障害の混合パターンを示した。胸部CTではモザイクパターンを認め、肺換気・血流シンチグラフィでは一致欠損の所見を認めた。病変部と考えられる肺胞領域と気管支腔領域の両方から得られた気管支鏡検体の病理組織所見より閉塞性細気管支炎(OB)と診断し、二次性OBの原因となる病態がないことから特発性OBと診断された。

  • Association of thyroid transcription factor-1 with the efficacy of immune-checkpoint inhibitors in patients with advanced lung adenocarcinoma. 査読

    Nakahama K, Kaneda H, Osawa M, Izumi M, Yoshimoto N, Sugimoto A, Nagamine H, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Tani Y, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Thoracic cancer   2022年07月( ISSN:1759-7706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/1759-7714.14560

    PubMed

  • 治療開始15か月後に複数の画像的変化を呈し,組織学的に診断した結核paradoxical reactionの1例 査読

    桑原 学, 岡本 敦子, 山田 康一, 井本 和紀, 柴多 渉, 東田 充功, 渡辺 徹也, 川口 知哉, 掛屋 弘

    気管支学   44 ( 3 )   199 - 204   2022年05月( ISSN:02872137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>背景.</b>Paradoxical reactionは結核治療開始後に一過性に既存病変の悪化や発熱などを生じる現象であり,しばしば他疾患との鑑別に難渋する.<b>症例.</b>クローン病治療中の35歳女性.発熱と胸部異常陰影精査のため当院を紹介受診した.喀痰抗酸菌塗抹,結核菌群PCRともに陽性であり肺結核および粟粒結核と診断した.結核専門病院で入院治療を行い,退院後は当院で治療を継続し画像所見の改善も認めていた.しかし治療開始15か月後から咳嗽悪化と喀痰抗酸菌塗抹再陽性化を認めたほか,胸部CTで縦隔リンパ節と右下葉コンソリデーションの増大,中間幹のポリープ様病変を認めた.気管支鏡にて各病変の生検を施行したところ乾酪壊死と類上皮細胞を認めたが,抗酸菌は検出されなかった.Paradoxical reactionによる変化と考え結核治療を継続したところ症状は改善し,気管支鏡検体の抗酸菌培養陰性確認をもって治療を終了した.<b>結論.</b>Paradoxical reactionでは遅発性に複数の所見を呈することがあり,他疾患除外のためにできる限り組織学的診断を行うべきである.</p>

    DOI: 10.18907/jjsre.44.3_199

  • 治療開始15ヵ月後に複数の画像的変化を呈し、組織学的に診断した結核paradoxical reactionの1例 査読

    桑原 学, 岡本 敦子, 山田 康一, 井本 和紀, 柴多 渉, 東田 充功, 渡辺 徹也, 川口 知哉, 掛屋 弘

    気管支学   44 ( 3 )   199 - 204   2022年05月( ISSN:0287-2137

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景.Paradoxical reactionは結核治療開始後に一過性に既存病変の悪化や発熱などを生じる現象であり,しばしば他疾患との鑑別に難渋する.症例.クローン病治療中の35歳女性.発熱と胸部異常陰影精査のため当院を紹介受診した.喀痰抗酸菌塗抹,結核菌群PCRともに陽性であり肺結核および粟粒結核と診断した.結核専門病院で入院治療を行い,退院後は当院で治療を継続し画像所見の改善も認めていた.しかし治療開始15ヵ月後から咳嗽悪化と喀痰抗酸菌塗抹再陽性化を認めたほか,胸部CTで縦隔リンパ節と右下葉コンソリデーションの増大,中間幹のポリープ様病変を認めた.気管支鏡にて各病変の生検を施行したところ乾酪壊死と類上皮細胞を認めたが,抗酸菌は検出されなかった.Paradoxical reactionによる変化と考え結核治療を継続したところ症状は改善し,気管支鏡検体の抗酸菌培養陰性確認をもって治療を終了した.結論.Paradoxical reactionでは遅発性に複数の所見を呈することがあり,他疾患除外のためにできる限り組織学的診断を行うべきである.(著者抄録)

  • Mycobacterium tuberculosisに感染した非小細胞肺癌患者における抗結核薬とペムブロリズマブの安全な併用(Safe Concurrent Use of Anti-tuberculosis Drugs and Pembrolizumab in a Patient with Non-small-cell Lung Cancer Who Was Infected with Mycobacterium tuberculosis) 査読

    Nakahama Kenji, Kaneda Hiroyasu, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Tani Yoko, Suzumura Tomohiro, Mitsuoka Shigeki, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    Internal Medicine   61 ( 7 )   1039 - 1042   2022年04月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は68歳男性で、ステージIVB肺腺癌(T3N2M1c)と診断され、縦隔リンパ節腫脹と二つの脳転移を認めた。脳転移に対して定位切除術を施行後、4サイクルのカルボプラチン、ペメトレキセド、ペムブロリズマブによる一次化学療法とペメトレキセド+ペムブロリズマブによる維持療法を行った。貧血が徐々に悪化したため、維持療法の2サイクル後にペメトレキセドを中止し、ペムブロリズマブのみを継続した。治療開始から約4ヵ月後、右S3病変に1.9mmの小結節が出現した。後方視的評価により、肺癌診断時の右S3病変に非常に小さな結節が確認された。呼吸症状やC反応タンパク上昇を認めなかったことから、ペムブロリズマブ投与は継続した。3ヵ月後(抗癌治療開始後7ヵ月時)、右S3結節のサイズや肺癌に著明な変化はなかった。喀痰培養からMycobacterium tuberculosisが検出された。イソニアジド、リファンピシン、エタンブトール、ピラジナミドによる抗結核療法を開始し、ペムブロリズマブは中止しなかった。抗結核療法後、右S3の結節は速やかに縮小した。

  • Idiopathic Obliterative Bronchiolitis in a Young Woman: A Rare Case of a Transbronchial Lung Biopsy Contributing to the Diagnosis. 査読

    Yoshii N, Kamoi H, Matsui E, Sato K, Nakai T, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Kanazawa H, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   advpub ( 0 )   2022年03月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.8490-21

    PubMed

  • Clopidogrel-induced Eosinophilia with Hypercalcemia: A Case Report.

    Yamada K, Asai K, Yanagimoto M, Sone R, Inazu S, Mizutani R, Kadotani H, Watanabe T, Tochino Y, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   advpub ( 0 )   2022年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.7830-21

    PubMed

    CiNii Article

  • Safety profile and risk factors for bleeding in transbronchial cryobiopsy using a two-scope technique for peripheral pulmonary lesions. 査読

    Nakai T, Watanabe T, Kaimi Y, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Okamoto A, Sato K, Asai K, Matsumoto Y, Ohsawa M, Kawaguchi T

    BMC pulmonary medicine   22 ( 1 )   20   2022年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12890-021-01817-8

    PubMed

  • Safe Concurrent Use of Anti-tuberculosis Drugs and Pembrolizumab in a Patient with Non-small-cell Lung Cancer Who Was Infected with Mycobacterium tuberculosis.

    Nakahama K, Kaneda H, Ogawa K, Matsumoto Y, Tani Y, Suzumura T, Mitsuoka S, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   61 ( 7 )   1039 - 1042   2022年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6811-20

    PubMed

  • Invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus terreus diagnosed using virtual bronchoscopic navigation and endobronchial ultrasonography with guide sheath and successfully treated with liposomal amphotericin B. 査読

    Yoshii N, Yamada K, Niki M, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Sakatoku K, Sato K, Nakai T, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Kakeya H, Kawaguchi T

    Infection   49 ( 5 )   1049 - 1054   2021年10月( ISSN:0300-8126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s15010-020-01545-x

    PubMed

  • The Fermented Soy Product ImmuBalance(TM) Suppresses Airway Inflammation in a Murine Model of Asthma. 査読

    Kadotani H, Asai K, Miyamoto A, Iwasaki K, Kawai T, Nishimura M, Tohda M, Okamoto A, Sato K, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Kawaguchi T

    Nutrients   13 ( 10 )   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu13103380

    PubMed

  • Physical health complaints among healthcare workers engaged in the care of critically ill COVID-19 patients: A single tertiary-care center prospective study from Japan. 査読

    Namikawa H, Tochino Y, Okada A, Ota K, Okada Y, Fujioka K, Yamada K, Watanabe T, Nakagama Y, Kido Y, Takemoto Y, Mizobata Y, Kakeya H, Kuwatsuru Y, Shibata T, Shuto T

    Journal of infection and public health   14 ( 9 )   1263 - 1267   2021年09月( ISSN:1876-0341

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiph.2021.08.023

    PubMed

  • Tumor microenvironment disparity in multiple primary lung cancers: Impact of non-intrinsic factors, histological subtypes, and genetic aberrations. 査読

    Izumi M, Sawa K, Oyanagi J, Noura I, Fukui M, Ogawa K, Matsumoto Y, Tani Y, Suzumura T, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Nishiyama N, Ohsawa M, Yamamoto N, Koh Y, Kawaguchi T

    Translational oncology   14 ( 7 )   101102   2021年07月( ISSN:1936-5233

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tranon.2021.101102

    PubMed

  • 16SリボソームRNAシーケンス解析により診断されたCorynebacterium jeikeium誘導の感染性心内膜炎と弁周囲膿瘍 症例報告(Corynebacterium jeikeium-induced infective endocarditis and perivalvular abscess diagnosed by 16S ribosomal RNA sequence analysis: A case report) 査読

    Imoto Waki, Takahashi Yosuke, Yamada Koichi, Hojo Kana, Kawase Takumi, Sakon Yoshito, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Ogawa Masashi, Niki Makoto, Nakaie Kiyotaka, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Shibata Toshihiko, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 6 )   906 - 910   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は66歳男性で、持続性発熱と腰痛を主訴とした。5年前に大動脈弁狭窄症(AS)と診断されていた。1年前に労作時呼吸困難と倦怠感が観察され、10ヵ月前の心電図検査で重度のASと判明していた。8ヵ月前の冠動脈CTと血管造影検査で右冠動脈狭窄症と左前下行枝狭窄症が判明していた。5ヵ月前に冠動脈バイパスと生体弁による大動脈弁置換術を受けていた。持続性完全房室ブロックのため4ヵ月前までペースメーカーを埋め込んでいた。術後2〜3ヵ月後から発熱と腰痛が出現した。受診時のCRP値は高値であった。心雑音、Janeway病変、Osler結節はみられなかった。経食道心エコー図検査で僧帽弁の前尖に2個の疣贅と弁周囲膿瘍が見つかった。MRI検査で第4/5腰椎化膿性椎間板炎が判明した。タゾバクタム/ピペラシリン(TAZ/PIPC)とバンコマイシン(VCM)による経験的治療を開始し、血液培養を行った。化膿性椎間板炎は抗菌薬療法で治療した。血液からCorynebacterium jeikeiumが分離された。入院6日目にBentall処置、弁輪パッチ修復、三尖弁形成を行い、弁周囲膿瘍を摘出した。膿瘍から菌は培養されなかったが、16SリボソームRNAのシーケンス解析でC.jeikeiumシーケンスと相同性が100%一致した。分離菌がペニシリン耐性、VCM感受性のため、VCM静脈内投与を6週間継続後、リネゾリドに変更し、退院した。

  • Corynebacterium jeikeium-induced infective endocarditis and perivalvular abscess diagnosed by 16S ribosomal RNA sequence analysis: A case report. 査読

    Imoto W, Takahashi Y, Yamada K, Hojo K, Kawase T, Sakon Y, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Ogawa M, Niki M, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Shibata T, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 6 )   906 - 910   2021年06月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.01.005

    PubMed

  • In which cases of pneumonia should we consider treatments for Stenotrophomonas maltophilia? 査読

    Imoto W, Yamada K, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Kakeya H

    The Journal of hospital infection   111   169 - 175   2021年05月( ISSN:0195-6701

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhin.2021.01.011

    PubMed

  • Mutational landscape of multiple primary lung cancers and its correlation with non-intrinsic risk factors. 査読

    Izumi M, Oyanagi J, Sawa K, Fukui M, Ogawa K, Matsumoto Y, Tani Y, Suzumura T, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Ohsawa M, Yamamoto N, Koh Y, Kawaguchi T

    Scientific reports   11 ( 1 )   5680   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-83609-y

    PubMed

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report. 査読

    Imoto W, Arima H, Yamada K, Kanzaki T, Nakagawa C, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Goto T, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.10.001

    PubMed

  • 頭蓋内出血と脳梗塞を伴う神経梅毒の偶発所見 症例報告(Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report) 査読

    Imoto Waki, Arima Hironori, Yamada Koichi, Kanzaki Toshiyuki, Nakagawa Chihiro, Kuwabara Gaku, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Goto Takeo, Kakeya Hiroshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は神経梅毒の49歳男性。道端で意識を失い、救急搬送された。CTとMRIにて脳出血、複数の脳梗塞と脳血管の径の不整が観察されたため、入院した日に脳出血に対する手術を行った。その原因は梅毒によることが疑われた。入院した日にペニシリンによる抗菌薬治療を開始し、血清と髄液試験の結果から次の週に梅毒と診断した。病状が改善したので、ベンジルペニシリンの3週間の注入療法とその後にアモキシシリン経口投与を行い、転院した。

  • Incidental finding of neurosyphilis with intracranial hemorrhage and cerebral infarction: A case report. 査読

    Imoto W, Arima H, Yamada K, Kanzaki T, Nakagawa C, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Goto T, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   27 ( 3 )   521 - 525   2021年03月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2020.10.001

    PubMed

  • Corynebacterium jeikeium-induced infective endocarditis and perivalvular abscess diagnosed by 16S ribosomal RNA sequence analysis: A case report. 査読

    Imoto W, Takahashi Y, Yamada K, Hojo K, Kawase T, Sakon Y, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Ogawa M, Niki M, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kaneko Y, Kawaguchi T, Shibata T, Kakeya H

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   2021年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.01.005

    PubMed

  • Congenital bronchial atresia complicated by a lung abscess due to Aspergillus fumigatus: a case report. 査読

    Kuwabara G, Sone R, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Yamada K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Komatsu H, Izumi N, Nishiyama N, Kawaguchi T, Kakeya H

    BMC pulmonary medicine   21 ( 1 )   2   2021年01月( ISSN:1471-2466

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12890-020-01367-5

    PubMed

  • Congenital bronchial atresia complicated by a lung abscess due to Aspergillus fumigatus: a case report. 査読

    Kuwabara G, Sone R, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Yamada K, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Komatsu H, Izumi N, Nishiyama N, Kawaguchi T, Kakeya H

    BMC pulmonary medicine   21 ( 1 )   2   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12890-020-01367-5

    PubMed

  • Invasive pulmonary aspergillosis caused by Aspergillus terreus diagnosed using virtual bronchoscopic navigation and endobronchial ultrasonography with guide sheath and successfully treated with liposomal amphotericin B. 査読

    Yoshii N, Yamada K, Niki M, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Sakatoku K, Sato K, Nakai T, Yamada K, Watanabe T, Asai K, Kakeya H, Kawaguchi T

    Infection   2021年01月( ISSN:0300-8126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s15010-020-01545-x

    PubMed

  • A mouse model of rapidly progressive fatal haemorrhagic pneumonia caused by Stenotrophomonas maltophilia. 査読

    Imoto W, Kaneko Y, Yamada K, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Niki M, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T, Kakeya H

    Journal of global antimicrobial resistance   23   450 - 455   2020年12月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jgar.2020.10.024

    PubMed

  • Early-onset meningitis associated with atezolizumab treatment for non-small cell lung cancer: case report and literature review. 査読

    Ogawa K, Kaneda H, Kawamoto T, Tani Y, Izumi M, Matsumoto Y, Sawa K, Suzumura T, Watanabe T, Mitsuoka S, Asai K, Kawaguchi T

    Investigational new drugs   38 ( 6 )   1901 - 1905   2020年12月( ISSN:0167-6997

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10637-020-00947-w

    PubMed

  • Early-onset meningitis associated with atezolizumab treatment for non-small cell lung cancer: case report and literature review. 査読

    Ogawa K, Kaneda H, Kawamoto T, Tani Y, Izumi M, Matsumoto Y, Sawa K, Suzumura T, Watanabe T, Mitsuoka S, Asai K, Kawaguchi T

    Investigational new drugs   38 ( 6 )   1901 - 1905   2020年12月( ISSN:0167-6997

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10637-020-00947-w

    PubMed

  • A mouse model of rapidly progressive fatal haemorrhagic pneumonia caused by Stenotrophomonas maltophilia. 査読

    Imoto W, Kaneko Y, Yamada K, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Oshima K, Niki M, Nakaie K, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T, Kakeya H

    Journal of global antimicrobial resistance   23   450 - 455   2020年12月( ISSN:2213-7165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jgar.2020.10.024

    PubMed

  • Detection of Rhizopus-specific antigen in human and murine serum and bronchoalveolar lavage. 査読

    Shibata W, Niki M, Sato K, Fujimoto H, Yamada K, Watanabe T, Miyazaki Y, Asai K, Obata Y, Tachibana T, Kawaguchi T, Kaneko Y, Kakeya H

    Medical mycology   58 ( 7 )   958 - 964   2020年10月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mmy/myaa001

    PubMed

  • Ninjin-yoeito ameliorates cigarette smoke-induced skeletal muscle complications in mice 査読

    Miyamoto Atsushi, Kadotani Hideaki, Asai Kazuhisa, Maruyama Naomi, Kubo Hiroaki, Okamoto Atsuko, Ijiri Naoki, Sato Kanako, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   56   2020年09月( ISSN:0903-1936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1183/13993003.congress-2020.189

  • 連載 目でみるトレーニング 問題955・956・957 査読

    岩崎 靖, 増田 慶太, 渡辺 徹也

    medicina   57 ( 9 )   1602 - 1607   2020年08月( ISSN:00257699

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1402227152

  • Mutational landscape of multiple primary lung cancers and its correlation with environmental factors 査読

    Izumi Motohiro, Oyanagi Jun, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Tani Yoko, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Kawaguchi Tomoya, Koh Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   80 ( 16 )   2020年08月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-2333

  • The effect of intervention by an antimicrobial stewardship team on anaerobic bacteremia. 査読

    Kuwabara G, Yukawa S, Yamada K, Imoto W, Yamairi K, Shibata W, Yoshii N, Watanabe T, Asai K, Niki M, Nakaie K, Okada Y, Fujita A, Kaneko Y, Kawaguchi T, Kakeya H

    Anaerobe   64   102214   2020年08月( ISSN:1075-9964

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.anaerobe.2020.102214

    PubMed

  • 連載 目でみるトレーニング 問題952・953・954 査読

    岩崎 靖, 渡辺 徹也, 陶山 恭博

    medicina   57 ( 8 )   1386 - 1391   2020年07月( ISSN:00257699

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1402227107

  • Differences in molecular epidemiology of lung cancer among ethnicities (Asian <i>vs.</i> Caucasian). 査読

    Izumi M, Suzumura T, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Yoshimoto N, Tani Y, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Kawaguchi T

    Journal of thoracic disease   12 ( 7 )   3776 - 3784   2020年07月( ISSN:2072-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.08.61

    PubMed

  • Differences in molecular epidemiology of lung cancer among ethnicities (Asian vs. Caucasian). 査読

    Izumi M, Suzumura T, Ogawa K, Matsumoto Y, Sawa K, Yoshimoto N, Tani Y, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Kawaguchi T

    Journal of thoracic disease   12 ( 7 )   3776 - 3784   2020年07月( ISSN:2072-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.08.61

    PubMed

  • Disseminated Mycobacterium abscessus subsp. massiliense infection in a Good's syndrome patient negative for human immunodeficiency virus and anti-interferon-γ autoantibody: a case report. 査読

    Imoto W, Yamada K, Hajika Y, Okamoto K, Myodo Y, Niki M, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Yoshii N, Nakaie K, Yoshizawa K, Namikawa H, Watanabe T, Asai K, Moro H, Kaneko Y, Kawaguchi T, Itoh Y, Kakeya H

    BMC infectious diseases   20 ( 1 )   431   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12879-020-05136-x

    PubMed

  • Disseminated Mycobacterium abscessus subsp. massiliense infection in a Good's syndrome patient negative for human immunodeficiency virus and anti-interferon-γ autoantibody: a case report. 査読

    Imoto W, Yamada K, Hajika Y, Okamoto K, Myodo Y, Niki M, Kuwabara G, Yamairi K, Shibata W, Yoshii N, Nakaie K, Yoshizawa K, Namikawa H, Watanabe T, Asai K, Moro H, Kaneko Y, Kawaguchi T, Itoh Y, Kakeya H

    BMC infectious diseases   20 ( 1 )   431   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12879-020-05136-x

    PubMed

  • The impact of estrogen receptor status on EGFR/TP53/CTNNB1 axis in the evolution of non-small cell lung cancer. 査読

    Tani Yoko, Koh Yasuhiro, Tamiya Akihiro, Isa Shun-ichi, Kubo Akihito, Ando Masahiko, Saka Hideo, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kawaguchi Tomoya

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   38 ( 15 )   2020年05月( ISSN:0732-183X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Detection of Rhizopus-specific antigen in human and murine serum and bronchoalveolar lavage. 査読

    Shibata W, Niki M, Sato K, Fujimoto H, Yamada K, Watanabe T, Miyazaki Y, Asai K, Obata Y, Tachibana T, Kawaguchi T, Kaneko Y, Kakeya H

    Medical mycology   2020年02月( ISSN:1369-3786

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mmy/myaa001

    PubMed

  • 特集 今の流れに乗り遅れない!-プライマリ・ケアでの呼吸器疾患の診かた・薬の使いかた 気管支喘息とCOPD診療の「今」 気管支喘息急性増悪への対応 査読

    渡辺 徹也

    medicina   57 ( 1 )   96 - 100   2020年01月( ISSN:00257699

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1402226673

  • Predictive impact of low-frequency pretreatment T790M mutation in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors. 査読

    Matsumoto Y, Sawa K, Fukui M, Oyanagi J, Yoshimoto N, Suzumura T, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Kimura T, Yamamoto N, Hirata K, Koh Y, Kawaguchi T

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   139   80 - 88   2020年01月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2019.10.029

    PubMed

  • Stenotrophomonas maltophiliaにより引き起こされた急速進行性致死性出血性肺炎の臨床的特徴(Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia) 査読

    Imoto Waki, Yamada Koichi, Yamairi Kazushi, Shibata Wataru, Namikawa Hiroki, Yukawa Satomi, Yoshii Naoko, Nakaie Kiyotaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Nakamae Hirohisa, Kaneko Yukihiro, Kawaguchi Tomoya, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   59 ( 2 )   193 - 198   2020年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Stenotrophomonas maltophilia(SM)菌血症で入院した35例の医療データを用いて、SMによる出血性肺炎の予測因子を後向きに評価した。4例(男性3例、女性1例、中央値56.2歳)で出血性肺炎を認め、31例(男性19例、女性12例、中央値59.5歳)は出血性肺炎を認めなかった。出血性肺炎を認めた患者は認めなかった患者に比べて悪性血液疾患の割合が有意に高く(100 vs 38.7%)、血小板減少症の割合が有意に高く(100 vs 38.7%)、30日以内のキノロン系薬使用率が有意に高かった(75 vs 19.4%)。入院中の死亡率は、出血性肺炎を認めた患者100%、認めなかった患者32.3%であった(p=0.02)。悪性血液疾患、血小板減少症、30日以内のキノロン系薬使用歴のあるSM菌血症患者では慎重に治療を行う必要があることが示された。

  • Predictive impact of low-frequency pretreatment T790M mutation in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer treated with EGFR tyrosine kinase inhibitors. 査読

    Matsumoto Y, Sawa K, Fukui M, Oyanagi J, Yoshimoto N, Suzumura T, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Kimura T, Yamamoto N, Hirata K, Koh Y, Kawaguchi T

    Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   139   80 - 88   2020年01月( ISSN:0169-5002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2019.10.029

    PubMed

  • Ninjin'yoeito Ameliorates Skeletal Muscle Complications in COPD Model Mice by Upregulating Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ Coactivator-1α Expression. 査読

    Miyamoto A, Asai K, Kadotani H, Maruyama N, Kubo H, Okamoto A, Sato K, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Kawaguchi T

    International journal of chronic obstructive pulmonary disease   15   3063 - 3077   2020年( ISSN:1176-9106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S280401

    PubMed

  • Astaxanthin Suppresses Cigarette Smoke-Induced Emphysema Through Nrf2 Activation in Mice 査読

    Kubo H., Asai K., Iwasaki K., Kawai T., Nishimura M., Maruyama N., Kadotani H., Miyamoto A., Okamoto A., Sato K., Yamada K., Ijiri N., Watanabe T., Hirata K., Kawaguchi T.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   201   2020年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia. 査読

    Imoto W, Yamada K, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Yukawa S, Yoshii N, Nakaie K, Hirose A, Koh H, Watanabe T, Asai K, Nakamae H, Kaneko Y, Kawaguchi T, Hino M, Kakeya H

    一般社団法人 日本内科学会 Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 2 )   193 - 198   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Objective </b>Hemorrhagic pneumonia due to <i>Stenotrophomonas maltophilia</i> (SM) in severely immunocompromised patients has a very poor prognosis. However, the risk factors for hemorrhagic pneumonia are not clear. </p><p><b>Methods </b>This study assessed the predictive factors of hemorrhagic pneumonia caused by SM. The medical records of patients admitted to Osaka City University Hospital with SM bacteremia between January 2008 and December 2017 were retrospectively reviewed. </p><p><b>Patients </b>All patients who had positive blood cultures for SM were included in this study. They were categorized into two groups: the SM bacteremia with hemorrhagic pneumonia group and the SM bacteremia without hemorrhagic pneumonia group. The clinical background characteristics and treatments were compared between these groups. </p><p><b>Results </b>The 35 patients with SM bacteremia included 4 with hemorrhagic pneumonia and 31 without hemorrhagic pneumonia. Hematologic malignancy (p=0.03) and thrombocytopenia (p=0.04) as well as the prior use of quinolone within 30 days (p=0.04) were more frequent in the SM bacteremia patients with hemorrhagic pneumonia than in those without hemorrhagic pneumonia. The mortality of the SM bacteremia patients with hemorrhagic pneumonia was higher than that of those without hemorrhagic pneumonia group (p=0.02). </p><p><b>Conclusion </b>Patients with SM bacteremia who have hematologic malignancy, thrombocytopenia, and a history of using quinolone within the past 30 days should be treated with deliberation. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3358-19

    PubMed

    CiNii Article

  • Ninjin'yoeito Ameliorates Skeletal Muscle Complications in COPD Model Mice by Upregulating Peroxisome Proliferator-Activated Receptor γ Coactivator-1α Expression. 査読

    Miyamoto A, Asai K, Kadotani H, Maruyama N, Kubo H, Okamoto A, Sato K, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Kawaguchi T

    International journal of chronic obstructive pulmonary disease   15   3063 - 3077   2020年( ISSN:1176-9106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S280401

    PubMed

  • Clinical Characteristics of Rapidly Progressive Fatal Hemorrhagic Pneumonia Caused by Stenotrophomonas maltophilia.

    Imoto W, Yamada K, Yamairi K, Shibata W, Namikawa H, Yukawa S, Yoshii N, Nakaie K, Hirose A, Koh H, Watanabe T, Asai K, Nakamae H, Kaneko Y, Kawaguchi T, Hino M, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   59 ( 2 )   193 - 198   2020年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.3358-19

    PubMed

    CiNii Article

  • Astaxanthin Suppresses Cigarette Smoke-Induced Emphysema through Nrf2 Activation in Mice. 査読

    Kubo H, Asai K, Kojima K, Sugitani A, Kyomoto Y, Okamoto A, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Hirata K, Kawaguchi T

    Marine drugs   17 ( 12 )   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/md17120673

    PubMed

  • Astaxanthin Suppresses Cigarette Smoke-Induced Emphysema through Nrf2 Activation in Mice. 査読

    Kubo H, Asai K, Kojima K, Sugitani A, Kyomoto Y, Okamoto A, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Hirata K, Kawaguchi T

    Marine drugs   17 ( 12 )   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/md17120673

    PubMed

  • ISOFLAVONE AGLYCONES ATTENUATE CIGARETTE SMOKE-INDUCED EMPHYSEMA VIA SUPPRESSION OF NEUTROPHILIC INFLAMMATION IN A COPD MURINE MODEL 査読

    Kojima Kazuya, Asai Kazuhisa, Sugitani Arata, Kubo Hiroaki, Yamada Kazuhiro, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIROLOGY   24   161 - 161   2019年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LNCRNA NEAT1 REGULATES IL-6 AND IL-8 MRNA EXPRESSION IN LUNG EPITHELIAL CELLS STIMULATED BY CIGARETTE SMOKE 査読

    Ijiri Naoki, Asai Kazuhisa, Tohda Mitsunori, Nakai Toshiyuki, Sato Kanako, Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIROLOGY   24   161 - 161   2019年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Polymorphism rs6726395 in Nrf2 Contributes to the Development of Emphysema-Associated Age in Smokers Without COPD 査読

    Sugitani A., Asai K., Watanabe T., Suzumura T., Kojima K., Kubo H., Sato K., Ijiri N., Yamada K., Kimura T., Fukumoto S., Hirata K., Kawaguchi T.

    LUNG   197 ( 5 )   559 - 564   2019年10月( ISSN:0341-2040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00408-019-00251-2

  • Impact of tumor microenvironment on the efficacy of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors in patients with EGFR-mutant non-small cell lung cancer. 査読

    Matsumoto Y, Sawa K, Fukui M, Oyanagi J, Izumi M, Ogawa K, Suzumura T, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Kimura T, Yamamoto N, Koh Y, Kawaguchi T

    Cancer science   110 ( 10 )   3244 - 3254   2019年10月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14156

    PubMed

  • EGFR遺伝子変異がみられる非小細胞肺癌の患者において腫瘍微小環境が上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬の有効性に及ぼす影響(Impact of tumor microenvironment on the efficacy of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors in patients with EGFR-mutant non-small cell lung cancer) 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Koh Yasuhiro, Kawaguchi Tomoya

    Cancer Science   110 ( 10 )   3244 - 3254   2019年10月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    非小細胞肺癌への1次治療として上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)治療を行った時の有効性に関して腫瘍微小環境が及ぼす影響を検討した。EGFR遺伝子に変異が認められる進行非小細胞肺癌患者の診療録を精査した。2013年8月〜2017年12月に当院で診療した上記の患者52名(女性35名)を最終的な解析対象とした。治療前に得た検体に対し免疫組織化学解析を行い、腫瘍細胞におけるprogrammed cell death-1 ligand-1(PD-L1)陽性細胞の割合のスコア、およびCD8陽性腫瘍浸潤リンパ球(TIL)の浸潤の程度を示すスコアを評価して、それらの高低を組み合わせた4群に症例を分類した。両スコアが共に高かった群ではprogrammed cell death-1 ligand-2(PD-L2)発現の陽性率が57.1%と4群中で最も高く、奏効率は14.3%と最も低いことがいずれも有意に示された。無増悪生存期間中央値は両スコアが共に高い群で2.4ヵ月と最も短く、PD-L1スコアが低くCD8陽性TILスコアが高い群で17.5ヵ月と最も長いことも有意に示された。PD-L1発現とCD8陽性TILで評価した治療前の腫瘍微小環境によってEGFR-TKIの有効性が異なることが明らかになった。

  • Impact of tumor microenvironment on the efficacy of epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitors in patients with EGFR-mutant non-small cell lung cancer. 査読

    Matsumoto Y, Sawa K, Fukui M, Oyanagi J, Izumi M, Ogawa K, Suzumura T, Watanabe T, Kaneda H, Mitsuoka S, Asai K, Kimura T, Yamamoto N, Koh Y, Kawaguchi T

    Cancer science   110 ( 10 )   3244 - 3254   2019年10月( ISSN:1347-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.14156

    PubMed

  • A Polymorphism rs6726395 in Nrf2 Contributes to the Development of Emphysema-Associated Age in Smokers Without COPD. 査読

    Sugitani A, Asai K, Watanabe T, Suzumura T, Kojima K, Kubo H, Sato K, Ijiri N, Yamada K, Kimura T, Fukumoto S, Hirata K, Kawaguchi T

    Lung   197 ( 5 )   559 - 564   2019年10月( ISSN:0341-2040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00408-019-00251-2

    PubMed

  • Irisin secreted from muscle by exercise ameliorates emphysema of cigarette smoke-induced COPD in mice 査読

    Kubo Hiroaki, Asai Kazuhisa, Miyamoto Atsushi, Kadotani Hideaki, Maruyama Naomi, Kojima Kazuya, Sugitani Arata, Kyomoto Yohkoh, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Kawaguchi Tomoya, Hirata Kazuto

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   54   2019年09月( ISSN:0903-1936

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1183/13993003.congress-2019.PA4048

  • 慢性閉塞性肺疾患患者の握力測定 運動能力の予測因子となる可能性(Handgrip strength measurement in patients with chronic obstructive pulmonary disease: Possible predictor of exercise capacity) 査読

    Kyomoto Yohkoh, Asai Kazuhisa, Yamada Kazuhiro, Okamoto Atsuko, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    エルゼビア・ジャパン(株) Respiratory Investigation   57 ( 5 )   499 - 505   2019年09月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者133例(男性116例、女性17例、平均71.7±9.3歳)を対象に後ろ向き観察研究を行い、6分間歩行試験(6MWT)の距離(6MWD)の予測因子を調べた。対象患者の6MWT、COPD評価試験(CAT)、肺活量測定、呼吸筋力評価、体組成評価、握力(HGS)測定を行った。6MWDと評価したパラメーターとの関連を調べた。その結果、単回帰分析により、6MWDは年齢、CATスコア、いくつかの肺活量測定(例えば、努力性肺活量[%FVC]、1秒率[%FEV1]、肺拡散能力[%DLCO])、呼吸筋力パラメーター(例えば、最大吸気圧および呼気圧の割合)、骨格筋量指標、HGSと有意に相関することが示唆された。重回帰分析により、年齢、CATスコア、%DLCO、HGSは6MWDの独立した予測因子であることが示唆された。%DLCOおよびHGSは、6MWDの予測因子として強く相関していた(p<0.001)。以上から、日本人COPD患者において、HGSは、肺活量測定または呼吸筋力パラメーターと比較して、6MWDと有意に相関し、簡単かつ非侵襲的な予測因子となりうることが示唆された。

  • Handgrip strength measurement in patients with chronic obstructive pulmonary disease: Possible predictor of exercise capacity. 査読

    Kyomoto Y, Asai K, Yamada K, Okamoto A, Watanabe T, Hirata K, Kawaguchi T

    Respiratory investigation   57 ( 5 )   499 - 505   2019年09月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2019.03.014

    PubMed

  • 慢性閉塞性肺疾患患者の握力測定 運動能力の予測因子となる可能性(Handgrip strength measurement in patients with chronic obstructive pulmonary disease: Possible predictor of exercise capacity) 査読

    Kyomoto Yohkoh, Asai Kazuhisa, Yamada Kazuhiro, Okamoto Atsuko, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    Respiratory Investigation   57 ( 5 )   499 - 505   2019年09月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者133例(男性116例、女性17例、平均71.7±9.3歳)を対象に後ろ向き観察研究を行い、6分間歩行試験(6MWT)の距離(6MWD)の予測因子を調べた。対象患者の6MWT、COPD評価試験(CAT)、肺活量測定、呼吸筋力評価、体組成評価、握力(HGS)測定を行った。6MWDと評価したパラメーターとの関連を調べた。その結果、単回帰分析により、6MWDは年齢、CATスコア、いくつかの肺活量測定(例えば、努力性肺活量[%FVC]、1秒率[%FEV1]、肺拡散能力[%DLCO])、呼吸筋力パラメーター(例えば、最大吸気圧および呼気圧の割合)、骨格筋量指標、HGSと有意に相関することが示唆された。重回帰分析により、年齢、CATスコア、%DLCO、HGSは6MWDの独立した予測因子であることが示唆された。%DLCOおよびHGSは、6MWDの予測因子として強く相関していた(p<0.001)。以上から、日本人COPD患者において、HGSは、肺活量測定または呼吸筋力パラメーターと比較して、6MWDと有意に相関し、簡単かつ非侵襲的な予測因子となりうることが示唆された。

  • Handgrip strength measurement in patients with chronic obstructive pulmonary disease: Possible predictor of exercise capacity. 査読

    Kyomoto Y, Asai K, Yamada K, Okamoto A, Watanabe T, Hirata K, Kawaguchi T

    Respiratory investigation   57 ( 5 )   499 - 505   2019年09月( ISSN:2212-5345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resinv.2019.03.014

    PubMed

  • Isoflavone Aglycones Attenuate Cigarette Smoke-Induced Emphysema via Suppression of Neutrophilic Inflammation in a COPD Murine Model. 査読

    Kojima K, Asai K, Kubo H, Sugitani A, Kyomoto Y, Okamoto A, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Hirata K, Kawaguchi T

    Nutrients   11 ( 9 )   2019年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu11092023

    PubMed

  • Isoflavone Aglycones Attenuate Cigarette Smoke-Induced Emphysema via Suppression of Neutrophilic Inflammation in a COPD Murine Model. 査読

    Kojima K, Asai K, Kubo H, Sugitani A, Kyomoto Y, Okamoto A, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Hirata K, Kawaguchi T

    Nutrients   11 ( 9 )   2019年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu11092023

    PubMed

  • Association between low-frequency pretreatment EGFR T790M mutation and tumor immune microenvironment in patients with EGFR-mutated non-small cell lung cancer 査読

    Matsumoto Yoshiya, Sawa Kenji, Fukui Mitsuru, Oyanagi Jun, Izumi Motohiro, Ogawa Koichi, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Kaneda Hiroyasu, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yamamoto Nobuyuki, Kawaguchi Tomoya, Koh Yasuhiro

    CANCER RESEARCH   79 ( 13 )   2019年07月( ISSN:0008-5472

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2019-4906

  • サルコペニアを併発している/または併発していないCOPD患者における血清ミオスタチン サルコペニア診断のバイオマーカーとしての応用(Serum Myostatin Level in COPD Patients with and without Sarcopenia: Application for Biomarker of Sarcopenia Diagnosis) 査読

    Yoshida Shinya, Asai Kazuhisa, Ijiri Naoki, Kyomoto Yohkoh, Kawamoto Tamaki, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Kawaguchi Tomoya

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   65 ( 1 )   1 - 8   2019年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    マイオカインの一つであるイリシンとミオスタチンの値が慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者のサルコペニアと関連すると考え、検討した。COPD患者39名(全例男、平均74歳)を試験に登録し、非喫煙者30名(全例男、平均74歳)を対照群とした。全被験者の肺機能検査を行い、COPD患者については筋肉量を測定し、サルコペニアか否か診断した。COPD患者をサルコペニア群(9名)と非サルコペニア群(30名)に分けた。その結果、血清ミオスタチン値はサルコペニア非併発群よりも併発群で有意に低かった。イリシン値には、COPD患者のサルコペニア併発の有無による有意差はなかった。血清ミオスタチン値は筋肉量と相関し、COPD患者におけるバイオマーカーになり得ると考えられた。

  • サルコペニアを併発している/または併発していないCOPD患者における血清ミオスタチン サルコペニア診断のバイオマーカーとしての応用(Serum Myostatin Level in COPD Patients with and without Sarcopenia: Application for Biomarker of Sarcopenia Diagnosis) 査読

    Yoshida Shinya, Asai Kazuhisa, Ijiri Naoki, Kyomoto Yohkoh, Kawamoto Tamaki, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Kawaguchi Tomoya

    Osaka City Medical Journal   65 ( 1 )   1 - 8   2019年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    マイオカインの一つであるイリシンとミオスタチンの値が慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者のサルコペニアと関連すると考え、検討した。COPD患者39名(全例男、平均74歳)を試験に登録し、非喫煙者30名(全例男、平均74歳)を対照群とした。全被験者の肺機能検査を行い、COPD患者については筋肉量を測定し、サルコペニアか否か診断した。COPD患者をサルコペニア群(9名)と非サルコペニア群(30名)に分けた。その結果、血清ミオスタチン値はサルコペニア非併発群よりも併発群で有意に低かった。イリシン値には、COPD患者のサルコペニア併発の有無による有意差はなかった。血清ミオスタチン値は筋肉量と相関し、COPD患者におけるバイオマーカーになり得ると考えられた。

  • Efficacy and safety of ultrasound (US) guided percutaneous needle biopsy for peripheral lung or pleural lesion: comparison with computed tomography (CT) guided needle biopsy. 査読

    Yamamoto N, Watanabe T, Yamada K, Nakai T, Suzumura T, Sakagami K, Yoshimoto N, Sato K, Tanaka H, Mitsuoka S, Asai K, Kimura T, Kanazawa H, Hirata K, Kawaguchi T

    Journal of thoracic disease   11 ( 3 )   936 - 943   2019年03月( ISSN:2072-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.01.88

    PubMed

  • Efficacy and safety of ultrasound (US) guided percutaneous needle biopsy for peripheral lung or pleural lesion: comparison with computed tomography (CT) guided needle biopsy. 査読

    Yamamoto N, Watanabe T, Yamada K, Nakai T, Suzumura T, Sakagami K, Yoshimoto N, Sato K, Tanaka H, Mitsuoka S, Asai K, Kimura T, Kanazawa H, Hirata K, Kawaguchi T

    Journal of thoracic disease   11 ( 3 )   936 - 943   2019年03月( ISSN:2072-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/jtd.2019.01.88

    PubMed

  • 特集 緊急受診してくる呼吸器疾患-「息が苦しい」という患者が来院したとき,どのように対応できますか? 疾患の増悪による緊急受診 COPDの急性増悪 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    内科   123 ( 1 )   91 - 94   2019年01月( ISSN:00221961

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15106/j_naika123_91

    CiNii Article

  • Possible role of airway microvascular permeability on airway obstruction in patients with chronic obstructive pulmonary disease. 査読

    Kyomoto Y, Kanazawa H, Tochino Y, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Respiratory medicine   146   137 - 141   2019年01月( ISSN:0954-6111

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmed.2018.12.007

    PubMed

  • Possible role of airway microvascular permeability on airway obstruction in patients with chronic obstructive pulmonary disease. 査読

    Kyomoto Y, Kanazawa H, Tochino Y, Watanabe T, Asai K, Kawaguchi T

    Respiratory medicine   146   137 - 141   2019年01月( ISSN:0954-6111

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmed.2018.12.007

    PubMed

  • Nrf2 Polymorphisms Contributes to Emphysema in Healthy Smokers 査読

    Sugitani A., Asai K., Miyamoto A., Kojima K., Kubo H., Kyoumoto Y., Kawamoto T., Yoshida S., Okamoto A., Satou K., Yamada K., Ijiri N., Watanabe T., Tochino Y., Kanazawa H., Kimura T., Fukumoto S., Hirata K., Kawaguchi T.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   199   2019年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Exercise Ameliorates Emphysema Of Cigarette Smoke-Induced COPD In Mice Through The Exercise-Irisin-Nrf2 Axis. 査読

    Kubo H, Asai K, Kojima K, Sugitani A, Kyomoto Y, Okamoto A, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Hirata K, Kawaguchi T

    International journal of chronic obstructive pulmonary disease   14   2507 - 2516   2019年( ISSN:1176-9106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S226623

    PubMed

  • Exercise Ameliorates Emphysema Of Cigarette Smoke-Induced COPD In Mice Through The Exercise-Irisin-Nrf2 Axis. 査読

    Kubo H, Asai K, Kojima K, Sugitani A, Kyomoto Y, Okamoto A, Yamada K, Ijiri N, Watanabe T, Hirata K, Kawaguchi T

    International journal of chronic obstructive pulmonary disease   14   2507 - 2516   2019年( ISSN:1176-9106

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S226623

    PubMed

  • DECREASED LEVELS OF PTEN, A NEGATIVE REGULATOR OF PHOSPHOINOSITIDE 3-KINASE (PI3K)/AKT PATHWAY, ARE CORRELATED WITH OBSTRUCTIVE IMPAIRMENT OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE 査読

    Kawamoto Tamaki, Yamada Kazuhiro, Asai Kazuhisa, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Yamamoto Norio, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto, Kawaguchi Tomoya

    RESPIROLOGY   23   11 - 12   2018年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 特集 呼吸器救急診療ブラッシュアップ-自信をもって対応できる Ⅴ.主な疾患からみた救急マネージメント 喘息の増悪 査読

    渡辺 徹也, 平田 一人

    呼吸器ジャーナル   66 ( 1 )   97 - 102   2018年02月( ISSN:24323268

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1437200113

  • Correlation between disease activity and serum ferritin in clinically amyopathic dermatomyositis with rapidly-progressive interstitial lung disease: a case report. 査読

    Yamada K, Asai K, Okamoto A, Watanabe T, Kanazawa H, Ohata M, Ohsawa M, Hirata K

    BMC research notes   11 ( 1 )   34   2018年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13104-018-3146-7

    PubMed

  • 特集 気管支喘息・COPD診療に強くなる 気管支喘息・COPDの非薬物治療 COPDと日常活動性 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    medicina   55 ( 1 )   126 - 129   2018年01月( ISSN:00257699

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.1402225305

  • 上皮成長因子受容体(EGFR)T790M陽性非小細胞肺癌に対するオシメルチニブによって生じた間質性肺疾患(Interstitial Lung Disease Induced by Osimertinib for Epidermal Growth Factor Receptor(EGFR) T790M-positive Non-small Cell Lung Cancer) 査読

    Matsumoto Yoshiya, Kawaguchi Tomoya, Yamamoto Norio, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Suzumura Tomohiro, Watanabe Tetsuya, Mitsuoka Shigeki, Asai Kazuhisa, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kuwae Yuko, Hirata Kazuto

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 17 )   2325 - 2328   2017年09月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は75歳男性で、喫煙歴はなかったが、脳転移を伴うステージIV肺腺癌と診断された。遺伝子検査でエクソン21のEGFR L858R変異が明らかになったため、ファーストライン治療としてエルロチニブ投与を行ったところ部分寛解が得られた。7ヵ月後のCTで肺原発腫瘍の再増殖が認められ、生検でエクソン21のEGFR L858R変異とエクソン20のT790M変異が明らかになったため、セカンドライン治療としてオシメルチニブ投与を開始した。その5週間後、全身疲労と呼吸困難が出現し、胸部CTで両肺野にび漫性のスリガラス陰影とコンソリデーションが明らかになった。気管支肺胞洗浄液の分析では著明なリンパ球増加が認められ、経気管支肺生検で線維化と著明なリンパ球浸潤を伴う肥厚した間質が明らかになった。これらの所見からオシメルチニブによって生じた間質性肺疾患と診断した。メチルプレドニゾロンパルス療法後にプレドニゾロン投与を行い、入院38日目に退院となった。

  • Decreased levels of irisin, a skeletal muscle cell-derived myokine, are related to emphysema associated with chronic obstructive pulmonary disease 査読

    Sugiyama Yukari, Asai Kazuhisa, Yamada Kazuhiro, Kureya Yuko, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CHRONIC OBSTRUCTIVE PULMONARY DISEASE   12   765 - 772   2017年( ISSN:1178-2005

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/COPD.S126233

    PubMed

  • Down-Regulation of Soluble alpha-Klotho is Associated with Reduction in Serum Irisin Levels in Chronic Obstructive Pulmonary Disease 査読

    Kureya Yuko, Kanazawa Hiroshi, Ijiri Naoki, Tochino Yoshihiro, Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Hirata Kazuto

    LUNG   194 ( 3 )   345 - 351   2016年06月( ISSN:0341-2040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00408-016-9870-7

    PubMed

  • Impaired nuclear factor erythroid 2-related factor 2 expression increases apoptosis of airway epithelial cells in patients with chronic obstructive pulmonary disease due to cigarette smoking 査読

    Yamada Kazuhiro, Asai Kazuhisa, Nagayasu Fumihiro, Sato Kanako, Ijiri Naoki, Yoshii Naoko, Imahashi Yumiko, Watanabe Tetsuya, Tochino Yoshihiro, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    BMC PULMONARY MEDICINE   16   27   2016年02月( ISSN:1471-2466

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12890-016-0189-1

    PubMed

  • Reply: Secreted Brain-Derived Neurotrophic Factor and Asthma Severity.

    Watanabe T, Fajt ML, Wenzel SE, All The Authors.

    American journal of respiratory cell and molecular biology   54 ( 2 )   297 - 8   2016年02月( ISSN:1044-1549

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2015-0285LE

    PubMed

  • Epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors in previously treated advanced non-small-cell lung cancer with wild-type EGFR 査読

    Mitsuoka Shigeki, Kawaguchi Tomoya, Kubo Akihito, Isa Shun-ichi, Asai Kazuhisa, Uji Masato, Watanabe Tetsuya, Sawa Kenji, Yoshimoto Naoki, Oka Takako, Nakai Toshiyuki, Suzumura Tomohiro, Tanaka Hidenori, Matsuura Kuniomi, Kimura Tatsuo, Yoshimura Naruo, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    EXPERT OPINION ON PHARMACOTHERAPY   17 ( 2 )   193 - 203   2016年01月( ISSN:1465-6566

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1517/14656566.2016.1109635

    PubMed

  • Brain-Derived Neurotrophic Factor Expression in Asthma. Association with Severity and Type 2 Inflammatory Processes. 査読

    Watanabe T, Fajt ML, Trudeau JB, Voraphani N, Hu H, Zhou X, Holguin F, Wenzel SE

    American journal of respiratory cell and molecular biology   53 ( 6 )   844 - 52   2015年12月( ISSN:1044-1549

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/rcmb.2015-0015OC

    PubMed

  • PMX-DHPが著効したステロイド抵抗性の薬剤性肺障害の3症例 査読

    玉垣 学也, 鴨井 博, 泉 源浩, 篠木 聖徳, 木下 有加, 呉家 祐子, 晋山 真実, 吉本 直樹, 岡本 敦子, 中井 俊之, 佐藤 佳奈子, 井尻 尚樹, 山田 一宏, 山本 典雄, 長安 書博, 小西 一央, 宇治 正人, 渡辺 徹也, 栩野 吉弘, 浅井 一久, 藤井 達夫, 金澤 博, 平田 一人

    (株)自然科学社 エンドトキシン血症救命治療研究会誌   19 ( 1 )   67 - 75   2015年10月( ISSN:1348-821X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ステロイドへの反応が十分でない薬剤性肺障害の確定例または疑い例にPMX-DHPが著効した症例3例(76歳男、70歳女、70歳男)を経験したので、文献的考察を加えて報告した。ステロイドへの反応が十分でなかった原因として、Diffuse alveolar damage(DAD)や肺胞出血などステロイド不応性の病態を呈していた可能性が考えられた。細胞障害性機序の薬剤性肺障害でDADを呈している場合にはステロイド抵抗性のことが多く、その理由として、DADは好中球を主体とする炎症および線維化の経過をたどるが、ステロイドでは好中球性炎症を十分に抑制できないことが挙げられた。この点に注目してPMX-DHPの作用機序を考察すると、活性化好中球や単球を吸着することで、肺障害の原因となるサイトカインを間接的に抑制したことが推測された。

  • [Improvement of Awareness and Diagnosis for Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) by General Physician. Topics: III. Pathogenesis and Treatment of COPD; 2. Asthma--COPD overlap syndrome (ACOS)].

    Asai K, Watanabe T, Tochino Y, Kamoi H, Hirata K

    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   104 ( 6 )   1082 - 8   2015年06月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 肺がん患者の発熱性好中球減少症に関する生体マーカとしてのペントラキシン-3(Pentraxin-3 as a Biomarker for Febrile Neutropenia in Patients with Lung Cancer) 査読

    Takeda Noriko, Asai Kazuhisa, Ijiri Naoki, Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Kamoi Hiroshi, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   61 ( 1 )   43 - 52   2015年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pentraxin-3 as a Biomarker for Febrile Neutropenia in Patients with Lung Cancer. 査読

    Takeda N, Asai K, Ijiri N, Yamamoto N, Watanabe T, Kamoi H, Kanazawa H, Hirata K

    Osaka city medical journal   61 ( 1 )   43 - 52   2015年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Irisin, a newly discovered myokine, is a novel biomarker associated with physical activity in patients with chronic obstructive pulmonary disease 査読

    Ijiri Naoki, Kanazawa Hiroshi, Asai Kazuhisa, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   20 ( 4 )   612 - 617   2015年05月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/resp.12513

    PubMed

  • 2.気管支喘息―COPDオーバーラップ症候群(ACOS)

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    一般社団法人 日本内科学会 日本内科学会雑誌   104 ( 6 )   1082 - 1088   2015年( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    喘息―COPDオーバーラップ症候群(ACOS)の頻度は,慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の20~50%程度にみられる.ACOSの喘息がコントロール不良で喘息発作を繰り返す場合,呼吸機能の悪化が早く,予後不良となる.禁煙,気管支拡張剤を中心とする薬物治療に加えて,吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid:ICS)を基本薬として長時間作用性気管支拡張薬の併用が有用である.本稿では,ACOSの病態や治療方法につき述べる.

    DOI: 10.2169/naika.104.1082

    CiNii Article

  • 葉書アンケートによるインフルエンザ治療実態調査 査読

    栩野 吉弘, 藤岡 雅司, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 新宅 治夫, 平田 一人

    日本化学療法学会雜誌 = Japanese journal of chemotherapy   60 ( 5 )   541 - 548   2012年09月( ISSN:13407007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 葉書アンケートによるインフルエンザ治療実態調査 査読

    栩野 吉弘, 藤岡 雅司, 渡辺 徹也, 田中 秀典, 浅井 一久, 木村 達郎, 鴨井 博, 金澤 博, 新宅 治夫, 平田 一人

    (公社)日本化学療法学会 日本化学療法学会雑誌   60 ( 5 )   541 - 548   2012年09月( ISSN:1340-7007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景:2009年に新型インフルエンザ(A/H1N1)が流行し、2010年には抗インフルエンザ薬のlaninamivirとperamivirが使用可能となった。目的:葉書アンケートによりインフルエンザ治療の実態を調査すること。方法:2010年12月から2011年4月に迅速診断によりインフルエンザと診断された患者に、診断医が直接アンケート葉書を渡した。内容は患者背景(年齢・性別・合併疾患)、使用薬剤、ワクチン接種歴、症状とその経過、薬剤の副作用とした。結果:回収率は25.8%(249/963)で、合併疾患は気管支喘息が最も多かった。ワクチン接種により発熱の程度や有熱期間に変化はなかった。症状はA型で関節痛、B型で倦怠感・頭痛が多かった。使用薬剤はA型10歳以上ではoseltamivir(34%)、zanamivir(31%)、laninamivir(33%)が同程度で、9歳以下では圧倒的にoseltamivir(77%)が多かった。一方、B型は吸入薬が多かった。各薬剤間で解熱までの日数に有意差はなかったが、A型ではlaninamivirが早期に解熱する傾向があり、副作用も少ない傾向があった。結語:laninamivirは効果と副作用が他剤と同等以上であり、単回吸入で完結する簡便さからインフルエンザ治療の中心になりうる薬剤と考えられた。また、今後のインフルエンザ治療では各薬剤の特性(投与経路や耐性など)を生かした薬剤選択を考慮すべきである。(著者抄録)

  • 成人気管支喘息患者におけるICS+LABA併用治療からブデソニド/ホルモテロール配合剤(シムビコートタービュヘイラー)への切り替えによる臨床的検討 査読

    今橋 由美子, 玉垣 学也, 小林 大起, 中川 直子, 渡辺 徹也, 浅井 一久, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 金澤 博, 平田 一人

    (一社)呼吸研究 呼吸   31 ( 8 )   754 - 759   2012年08月( ISSN:0286-9314

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    背景と目的:喘息治療の目標「健常人と変わらない日常生活が送れる」の達成が難しい患者が存在する。ブデソニド/ホルモテロール配合剤(BUD/FM)は、ICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不十分な患者においても有効性が示唆されているが、検討数は少ない。本試験では、他のICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不完全な成人喘息患者におけるBUD/FMの有用性を検討した。方法:ICS+LABA併用治療を8週間以上継続しているが、ACTスコアが25点に達しない患者の治療をBUD/FM 160/4.5μg4吸入/日へ切り替えた。結果:投与8週後、ACTスコアは増加し(p<0.05)、呼気一酸化窒素濃度は減少した(p<0.05)。結論:BUD/FMは気道炎症を抑制させることにより、ICS+LABA併用治療で喘息コントロールが不完全な成人患者の自覚症状を改善する可能性が示唆された。(著者抄録)

  • Validity of HMGB1 measurement in epithelial lining fluid in patients with COPD 査読

    Kanazawa Hiroshi, Tochino Yoshihiro, Asai Kazuhisa, Ichimaru Yukikazu, Watanabe Tetsuya, Hirata Kazuto

    EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION   42 ( 4 )   419 - 426   2012年04月( ISSN:0014-2972

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2362.2011.02598.x

    PubMed

  • 胸腔鏡下胸管結紮術により治癒が得られた特発性乳び胸の1例 査読

    白土 直子, 浅井 一久, 武田 倫子, 玉垣 学也, 小林 大起, 藤本 寛樹, 渡辺 徹也, 姜 成勲, 鴨井 博, 金澤 博, 工藤 新三, 花田 庄司, 丁 奎光, 泉 信博, 永野 晃史, 西山 典利, 平田 一人

    克誠堂出版(株) 日本胸部臨床   70 ( 10 )   1070 - 1074   2011年10月( ISSN:0385-3667

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は30歳、女性。健診で右胸水貯留を指摘され、精査の結果特発性乳び胸と診断された。胸腔ドレナージと低脂肪食で治療を開始したが、反応が得られず、中心静脈栄養管理とした。しかしこれらの保存的治療でも乳びの減少が得られなかったため、胸腔鏡下に胸管結紮術を施行した。手術時に胸管へ直接インジゴカルミンを注入することで胸管の破綻部位を同定することが可能であった。(著者抄録)

  • Reaction of plasma hepatocyte growth factor levels in non-small cell lung cancer patients treated with EGFR-TKIs 査読

    Tanaka Hidenori, Kimura Tatsuo, Kudoh Shinzoh, Mitsuoka Shigeki, Watanabe Tetsuya, Suzumura Tomohiro, Tachibana Keisei, Noguchi Masayuki, Yano Seiji, Hirata Kazuto

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   129 ( 6 )   1410 - 1416   2011年09月( ISSN:0020-7136

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.25799

    PubMed

  • 気管支喘息に対するサルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤の長期使用成績 高齢者喘息を中心に 査読

    渡辺 徹也, 浅井 一久, 平田 一人

    (株)医薬ジャーナル社 アレルギー・免疫   18 ( 8 )   1200 - 1206   2011年07月( ISSN:1344-6932

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    サルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤(salmeterol/fluticasone propionate combination;SFC)の気管支喘息に対する有用性は多数報告されているが、本邦における実地臨床下で長期投与した場合の有用性を検証する必要がある。高齢者喘息における吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid;ICS)の使用率は非高齢者と比較して低いことが言われており、高齢者におけるSFCの使用率や臨床効果も検討することが重要である。今回、我々はICSまたはICS+長時間作用性β2刺激薬(long acting inhaled β2 agonist;LABA)で治療中の44名の気管支喘息患者にSFCを導入し、その1年後の臨床効果を高齢者と非高齢者に分けて検討した。結果、両群において1年後も良好なアドヒアランスが維持され、呼吸機能や喘息コントロールテスト(asthma control test;ACT)点数は改善した。さらに高齢者と非高齢者でアドヒアランスや臨床効果に差は認められなかった。SFCは吸入感や効果を実感しやすいため、高齢者においても良好なアドヒアランスが期待され、導入しやすいICSと言える。(著者抄録)

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者における6分間歩行距離(6MWD)と安静時肺機能の関連(Association of Six-minute Walk Distance (6MWD) with Resting Pulmonary Function in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD)) 査読

    Fujimoto Hiroki, Asai Kazuhisa, Watanabe Tetsuya, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   57 ( 1 )   21 - 29   2011年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者計130名から得られた肺活量測定、肺容量測定、一酸化炭素肺拡散能測定(DLCO)の連続データと6分間歩行試験(6MWT)を後向きに分析した。6MWDと変数との関連を検討するため、単変量および多変量解析を行った。線形回帰分析では、6MWDは年齢、体重、BMI、FEV1.0、FEV1.0(%予測)、IC、TLC、IC/TLC、FEF25-75、DLCO(%予測)、DLCO/VAと有意な相関を示した。段階的重回帰分析の結果、年齢、IC、DLCO/VAは6MWDと有意に関連した。

  • Association of six-minute walk distance (6MWD) with resting pulmonary function in patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). 査読

    Fujimoto H, Asai K, Watanabe T, Kanazawa H, Hirata K

    Osaka city medical journal   57 ( 1 )   21 - 9   2011年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Increased levels of HMGB-1 and endogenous secretory RAGE in induced sputum from asthmatic patients 査読

    Watanabe Tetsuya, Asai Kazuhisa, Fujimoto Hiroki, Tanaka Hidenori, Kanazawa Hiroshi, Hirata Kazuto

    RESPIRATORY MEDICINE   105 ( 4 )   519 - 525   2011年04月( ISSN:0954-6111

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmed.2010.10.016

    PubMed

  • クロピドグレル(Clopidogrel ; プラビックス^【○!R】)による薬剤性肺炎が疑われた1例 査読

    玉垣 学也, 松下 晴彦, 鈴村 倫弘, 渡邊 徹也, 山田 政司, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society   48 ( 5 )   404 - 408   2010年05月( ISSN:13433490

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [A case of drug-induced pneumonia caused by clopidogrel]. 査読

    Tamagaki G, Matsushita H, Suzumura T, Watanabe T, Yamada S, Hirata K

    Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society   48 ( 5 )   404 - 8   2010年05月( ISSN:1343-3490

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of primary Sjögren's syndrome presenting with middle lobe syndrome complicated by nontuberculous mycobacteriosis]. 査読

    Uji M, Matsushita H, Watanabe T, Suzumura T, Yamada M

    Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society   46 ( 1 )   55 - 9   2008年01月( ISSN:1343-3490

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 間質性肺炎が先行した顕微鏡的多発血管炎の1例 査読

    渡辺 徹也, 松下 晴彦, 宇治 正人, 鈴村 倫弘, 西田 恵子, 平田 一人

    日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society   45 ( 8 )   615 - 620   2007年08月( ISSN:13433490

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • [A case of interstitial pneumonia preceding microscopic polyangiitis]. 査読

    Watanabe T, Matsushita H, Uji M, Suzumura T, Nishida K, Hirata K

    Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society   45 ( 8 )   615 - 20   2007年08月( ISSN:1343-3490

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A case of primary Sjögren's syndrome complicated with lung adenocarcinoma]. 査読

    Uji M, Matsushita H, Watanabe T, Suzumura T

    Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society   45 ( 5 )   409 - 12   2007年05月( ISSN:1343-3490

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • [A human T-cell lymphotropic virus type 1 carrier presenting with Sjögren's syndrome and bronchopneumopathy]. 査読

    Uji M, Matsushita H, Watanabe T, Suzumura T

    Nihon Kokyuki Gakkai zasshi = the journal of the Japanese Respiratory Society   44 ( 12 )   1011 - 5   2006年12月( ISSN:1343-3490

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【あなたも名医!ひとりでできるアレルギー診療 Total allergist的診療の手引き】生物学的製剤の選択基準を考える 査読

    渡辺 徹也

    jmed mook   ( 89 )   29 - 29   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息.COPD.喘息・COPDオーバーラップ症候群の病態生理】COPDの診断と標準治療 査読

    東田 充功, 浅井 一久, 渡辺 徹也

    カレントテラピー   41 ( 10 )   915 - 921   2023年10月( ISSN:0287-8445

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    慢性閉塞性肺疾患(chronic obstructive pulmonary disease:COPD)は未診断例が多く,生活習慣病,心血管疾患患者に併存頻度が高いため,問診票を用いて積極的にCOPDを疑うことが重要である.診断にはスパイロメトリーが必須であるが,肺合併症,併存症診断のため,画像診断等も実施する.喘息とCOPDのオーバーラップ(asthma and COPD overlap:ACO)は,吸入治療方針に関わるため,積極的に鑑別する.また,心血管疾患や骨粗鬆症,サルコペニア・フレイル,消化器系疾患,糖尿病,閉塞性睡眠時無呼吸などの全身併存症の適切な診断・治療に努める.COPDの基本治療として,禁煙治療,ワクチン接種が推奨される.気管支拡張薬が薬物療法の中心であるが,ACO症例や症状が強く,増悪頻度の高い症例では気管支拡張薬と同時に吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid:ICS)を追加し,ICS+長時間作用性β2刺激薬(long-acting β2 agonist:LABA),ICS+LABA+長時間作用性抗コリン薬(long-acting muscarinic antagonist:LAMA)などが適応となる.運動耐容能,身体活動性の向上・維持のために薬物療法と同時に呼吸リハビリテーション,患者教育を導入する.(著者抄録)

  • 【COPD common diseaseに対する一般内科医の役割とは】COPD診療のコツ 禁煙 かかりつけ医の取り組み 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    Medical Practice   40 ( 3 )   433 - 438   2023年03月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【気道炎症におけるType2炎症の病態解明と治療】Type 2 high喘息に対する生物学的製剤治療 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    アレルギーの臨床   42 ( 14 )   1090 - 1094   2022年12月( ISSN:0285-6379

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    気管支喘息は吸入ステロイドなどの普及により多くはコントロール可能となったが,依然一部コントロール不良な重症喘息が存在する。気管支喘息は,単一疾患ながらヘテロジニアスな疾患であり,個々の患者のフェノタイプや,その背景にあるエンドタイプを見据えて生物学的製剤を選択することが重要であり,フェノタイプや末梢血好酸球数,呼気一酸化窒素濃度などのバイオマーカーに基づくエンドタイプを考慮した診療が重要である。(著者抄録)

  • 【喘息の発症メカニズムと治療・管理】病態 上皮細胞、線維芽細胞 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    医学のあゆみ   281 ( 1 )   51 - 56   2022年04月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    気道の構成細胞には、気道上皮細胞や平滑筋細胞、線維芽細胞などがあり、流入する炎症細胞と密接に関係しながら気管支喘息病態(気道炎症)を形成する。これまで、Th2リンパ球からのサイトカインに注目が集まり、IL-5、IL-4/13などが治療の標的となってきた。近年、気道上皮細胞由来サイトカインであるIL-33、TSLP、IL-25などがILC2(グループ2自然リンパ球)を介して気道炎症に寄与していることが知られるようになり、上流にあたるこれらサイトカインが治療標的として注目されている。本稿では、気道上皮細胞由来サイトカインにフォーカスし、気道上皮細胞、線維芽細胞の喘息病態への関与を概説する。(著者抄録)

  • 【重症気管支喘息治療のアップデート】重症喘息の疫学 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    呼吸器内科   41 ( 1 )   1 - 3   2022年01月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • マイオカイン 査読

    浅井 一久, 久保 寛明, 井尻 尚樹, 山田 一宏, 渡辺 徹也, 川口 知哉

    呼吸器内科   39 ( 4 )   328 - 334   2021年04月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【今の流れに乗り遅れない!-プライマリ・ケアでの呼吸器疾患の診かた・薬の使いかた】気管支喘息とCOPD診療の「今」 気管支喘息急性増悪への対応 査読

    渡辺 徹也

    (株)医学書院 Medicina   57 ( 1 )   96 - 100   2020年01月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    <文献概要>Point ◎気管支喘息急性増悪(発作)は,突然の発症から心肺停止をきたしうる致死的疾患であり,迅速な増悪(発作)の重症度(強度)評価を行い,強度に合わせた初期治療を使い分ける.◎アスピリン喘息・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)過敏喘息が疑わしい場合,全身副腎皮質ステロイド(全身性ステロイド)の選択には注意を要する.

  • 【今の流れに乗り遅れない!-プライマリ・ケアでの呼吸器疾患の診かた・薬の使いかた】気管支喘息とCOPD診療の「今」 気管支喘息急性増悪への対応 査読

    渡辺 徹也

    Medicina   57 ( 1 )   96 - 100   2020年01月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>Point ◎気管支喘息急性増悪(発作)は,突然の発症から心肺停止をきたしうる致死的疾患であり,迅速な増悪(発作)の重症度(強度)評価を行い,強度に合わせた初期治療を使い分ける.◎アスピリン喘息・非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)過敏喘息が疑わしい場合,全身副腎皮質ステロイド(全身性ステロイド)の選択には注意を要する.

  • 包括的リハビリテーション医療の構成要素としての栄養療法 リハビリテーション科医が知っておくべき基本知識 COPDと栄養療法 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    医歯薬出版(株) Journal of Clinical Rehabilitation   28 ( 9 )   915 - 920   2019年08月( ISSN:0918-5259

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 包括的リハビリテーション医療の構成要素としての栄養療法 リハビリテーション科医が知っておくべき基本知識 COPDと栄養療法 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    Journal of Clinical Rehabilitation   28 ( 9 )   915 - 920   2019年08月( ISSN:0918-5259

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息の診断と治療:最新ガイドラインをふまえて】ガイドラインに基づく喘息の最新標準治療 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   35 ( 3 )   216 - 223   2019年03月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【喘息の診断と治療:最新ガイドラインをふまえて】ガイドラインに基づく喘息の最新標準治療 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    呼吸器内科   35 ( 3 )   216 - 223   2019年03月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【緊急受診してくる呼吸器疾患-「息が苦しい」という患者が来院したとき,どのように対応できますか?】疾患の増悪による緊急受診 COPDの急性増悪 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    (株)南江堂 内科   123 ( 1 )   91 - 94   2019年01月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>■慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪とは,息切れの増加,咳や喀痰の増加,胸部不快感・違和感の出現あるいは増強などを認め,安定期の治療の変更が必要となる状態をいう.■症状,病歴,徴候・身体所見,呼吸状態などの臨床検査所見に基づいて増悪の重症度を判定し,治療方針を決定する.■COPDの急性増悪には,ABCアプローチを主とする薬物療法,酸素療法,換気補助療法を行う.■COPDの急性増悪の予防法や増悪時の症状と対処法についての患者教育も重要である.

  • 【緊急受診してくる呼吸器疾患-「息が苦しい」という患者が来院したとき,どのように対応できますか?】疾患の増悪による緊急受診 COPDの急性増悪 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    内科   123 ( 1 )   91 - 94   2019年01月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>■慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪とは,息切れの増加,咳や喀痰の増加,胸部不快感・違和感の出現あるいは増強などを認め,安定期の治療の変更が必要となる状態をいう.■症状,病歴,徴候・身体所見,呼吸状態などの臨床検査所見に基づいて増悪の重症度を判定し,治療方針を決定する.■COPDの急性増悪には,ABCアプローチを主とする薬物療法,酸素療法,換気補助療法を行う.■COPDの急性増悪の予防法や増悪時の症状と対処法についての患者教育も重要である.

  • 肺がん薬物療法の歴史とがん免疫療法の発展 査読

    川口 知哉, 光岡 茂樹, 金田 裕靖, 鈴村 倫弘, 澤 兼士, 渡辺 徹也, 浅井 一久

    大阪市医学会 大阪市医学会雑誌   67   7 - 14   2018年12月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    先人の英知と努力による多くの臨床比較試験により、肺がんに対する治療戦略は構築されてきた。薬物療法の歴史は、まさに臨床試験の歴史そのものである。肺がんの薬物療法は殺細胞性抗がん剤、血管新生阻害剤、分子標的療法、免疫療法に分類される。分子標的療法は、遺伝子変異をターゲットとした治療である。現在までにepidermal growth factor receptor(EGFR)遺伝子変異を有する非小細胞肺がんを対象にEGFR阻害剤と殺細胞性抗がん剤を比較した第III相試験が複数報告されており、EGFR阻害剤群が無増悪生存期間で有意に良好な結果を示している。Anaplastic lymphoma kinase(ALK)も癌増殖に関わるチロシンキナーゼの1種であるが、臨床試験によりALK阻害剤の有効性も証明されている。癌免疫療法は癌細胞による免疫のブレーキを解除することで、免疫細胞の働きを再び活発にして癌細胞を攻撃する新たな治療法である。免疫チェックポイント阻害薬は、「免疫チェックポイント」と呼ばれているブレーキ役部分を阻害する薬で、臨床試験の結果、1次、2次治療において生存期間で従来の化学療法を上回る効果を示している。同薬剤は、従来の治療とは作用機序が異なり、治療の経過・有害事象も異なることが分かってきている。特に、過度の免疫反応に起因する有害事象(免疫関連有害事象)については、早期発見および適切なマネージメントが必要である。分子標的治療薬、がん免疫チェックポイント阻害剤が登場し、肺癌治療をめぐる環境は大きく変化してきた。より最適な治療法の確立には引き続き臨床試験が不可欠であることは論を俟たない。免疫療法に関しては、今後、がん免疫療法と他剤の併用療法や、より的確な効果予測因子の同定が求められる。(著者抄録)

  • 【今わが国のACO(asthma COPD overlap)を再考する】ACOの非薬物療法 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   34 ( 5 )   441 - 446   2018年11月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【COPD 最新の知見に基づく実地診療の進め方】治療 実地医家はどのように有効な治療を実践すべきか COPDの栄養管理 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也

    (株)文光堂 Medical Practice   35 ( 8 )   1281 - 1285   2018年08月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 喘息の病態からみた個別化治療 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (有)科学評論社 呼吸器内科   34 ( 1 )   80 - 85   2018年07月( ISSN:1884-2887

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【呼吸器救急診療ブラッシュアップ-自信をもって対応できる-】主な疾患からみた救急マネージメント 喘息の増悪 査読

    渡辺 徹也, 平田 一人

    (株)医学書院 呼吸器ジャーナル   66 ( 1 )   97 - 102   2018年02月( ISSN:2432-3268

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Point>喘息増悪(発作)は,突然の発作から短時間かつ急激に進展し,心肺停止を来しうる致死的疾患であり,呼吸器救急診療で迅速かつ適切な初期治療が望まれる.喘息増悪(発作)の重症度評価を速やかに行う.患者個々の疾患背景,重症度を考慮し,増悪(発作)初期治療を使い分ける.(著者抄録)

  • 【気管支喘息・COPD診療に強くなる】気管支喘息・COPDの非薬物治療 COPDと日常活動性 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 平田 一人

    (株)医学書院 Medicina   55 ( 1 )   126 - 129   2018年01月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <Point>COPD患者の日常活動性は,死亡率,COPD増悪,健康関連QOL,呼吸困難,運動耐容能などに影響を及ぼしている.COPD患者の日常活動性評価には,質問表,歩数計,加速度計などが用いられる.COPD患者では早期から日常活動性の低下を認めるため,日常活動性向上に向けた取り組みが重要である.日常活動性向上には,薬物療法,呼吸リハビリテーション,行動変容などが挙げられる.(著者抄録)

  • THE EFFICACY AND SAFETY OF ULTRASOUND (US) GUIDED PERCUTANEOUS CORE-NEEDLE BIOPSY FOR PERIPHERAL LUNG OR PLEURAL LESIONS; COMPARISON WITH COMPUTED TOMOGRAPHY (CT) GUIDED NEEDLE BIOPSY 査読

    Yamamoto Norio, Watanabe Tetsuya, Kojima Kazuya, Sato Kanako, Nakai Toshiyuki, Tanaka Hidenori, Asai Kazuhisa, Mitsuoka Shigeki, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   22   192 - 193   2017年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Decreased Level Of Irisin, A Skeletal Muscle Cell-Derived Myokine, Is Involved In Emphysema Associated With Chronic Obstructive Pulmonary Disease Through Epithelial Apoptosis

    Sugiyama Y., Asai K., Kojima K., Sugitani A., Kubo H., Kyomoto Y., Yoshida S., Yamada K., Yoshii N., Watanabe T., Uji M., Tochino Y., Kanazawa H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   195   2017年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • RELATIONSHIP BETWEEN PERIPHERAL BLOOD IRISIN LEVELS AND MUSCLE MASS, SARCOPENIA, AND PULMONARY FUNCTION MEASUREMENTS IN COPD SUBJECTS

    Yoshida S., Asai K., Sugiyama Y., Kyomoto Y., Kawamoto T., Sato K., Kureya Y., Okamoto A., Yamada K., Yoshii N., Watanabe T., Uji M., Kanazawa H., Hirata K.

    RESPIROLOGY   21   114 - 114   2016年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • Decreased nuclear Factor Erythroid 2-Related Factor 2 Expression enhances Apoptosis Of Airway Epithelial Cells In Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease

    Yamada K., Asai K., Kubo Y., Kyomoto Y., Kawamoto T., Yoshida S., Sato K., Yamamoto N., Yoshii N., Watanabe T., Uji M., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   193   2016年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • A Case of Rapidly Progressed Primary Pleural Synovial Sarcoma

    Asai Kazuhisa, Sato Kanako, Kubo Yuko, Okamoto Atsuko, Yamada Kazuhiro, Yoshii Naoko, Watanabe Tetsuya, Konishi Kazuhisa, Uji Masato, Hirata Kazuto

    CHEST   148 ( 4 )   2015年10月( ISSN:0012-3692

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

    DOI: 10.1378/chest.2233073

  • 【COPD(慢性閉塞性肺疾患);内科医の診断と治療の向上を目指して】COPD病態・治療 気管支喘息 COPDオーバーラップ症候群(ACOS) 査読

    浅井 一久, 渡辺 徹也, 栩野 吉弘, 鴨井 博, 平田 一人

    (一社)日本内科学会 日本内科学会雑誌   104 ( 6 )   1082 - 1088   2015年06月( ISSN:0021-5384

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • High Morbidity Group Box 1 Signaling Pathway Enhancement Augments Phosphatase And Tensin Homolog Expression In Alveolar Epithelium 査読

    Nagayasu F., Konishi K., Ijiri N., Watanabe T., Yamada K., Kureya Y., Asai K., Kamoi H., Kanazawa H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   191   2015年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • Relationship Between Maximal Inspiratory Pressure And Six-Minute Walk Distance In Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease

    Shirai A., Asai K., Sugiyama Y., Sato K., Yoshii N., Yamamoto N., Uji M., Watanabe T., Kanazawa H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   191   2015年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • A NEW INTEGRATED INDEX OF 6-MIN WALK TEST FOCUSED ON AN IMPACT OF OXYGEN DESATURATION - APPLICATION TO COPD

    Ijiri N., Kanazawa H., Yoshikawa T., Shirai A., Takeda N., Watanabe T., Kamoi H., Hirata K.

    RESPIROLOGY   19   114 - 114   2014年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • THE IMPACT OF PARTICULATE MATTER WITH THEIR DIAMETERS LESS THAN 2.5.MM (PM2.5) LEVELS ON EMERGENCY DEPARTMENT VISITS WITH RESPIRATORY COMPLICATIONS IN OSAKA 査読

    Takeda N., Asai K., Ijiri N., Shirai A., Watanabe T., Konishi K., Kamoi H., Kanazawa H., Hirata K.

    RESPIROLOGY   19   200 - 200   2014年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • Evaluation Of The Value Of Irisin Levels In Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD) Patients

    Ijiri N., Kanazawa H., Kinoshita Y., Yamamoto N., Yamada K., Watanabe T., Imahashi Y., Asai K., Tochino Y., Uji M., Kyoh S., Kamoi H., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   189   2014年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • PENTRAXIN-3 IN FEBRILE NEUTROPENIA IN LUNG CANCER PATIENTS

    Takeda Noriko, Asai Kazuhisa, Ijiri Naoki, Watanabe Tetsuya, Kamoi Hiroshi, Kanazawa Hiroshi, Kudoh Shinzoh, Hirata Kazuto

    RESPIROLOGY   18   142 - 142   2013年11月( ISSN:1323-7799

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

  • Advanced Glycation End Products Stimulate Vascular Endothelial Growth Factor Production From Human Airway Epithelial Cells In Vitro And In Vivo

    Asai K., Kanazawa H., Watanabe T., Fujimoto H., Kyoh S., Hirata K.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   181   2010年( ISSN:1073-449X

     詳細を見る

    掲載種別:会議報告等  

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

科研費

  • 非小細胞肺癌術後再発における腫瘍微小環境と薬剤の有効性に関する検討

    2020年度 基盤研究(C)  2020年04月