2024/04/10 更新

写真a

ヤマグチ エツコ
山口 悦子
YAMAGUCHI Etsuko
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
通称等の別名
山口(中上)悦子
プロフィール
専門は、医療の質・安全学、小児血液腫瘍学、グループ・ダイナミックス。医学と人間科学の二つの分野の学位を持っている。研究テーマは「組織の学習と発達」。

担当・職階

  • 医学部 附属病院 医療安全センター医療の質・安全管理部 

    病院教授  2018年04月 - 継続中

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2015年07月 - 継続中

  • 獣医学部 附属獣医臨床研究センター 

    2020年09月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2015年07月 - 継続中

取得学位

  • 博士(人間科学) ( 大阪大学 )

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • 人文・社会 / 社会心理学  / グループ・ダイナミックス

  • その他 / その他  / 患者安全学

  • ライフサイエンス / 胎児医学、小児成育学  / 小児血液腫瘍学

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学  / 医療の質安全学

  • 人文・社会 / 美学、芸術論  / アーツ・ベイスド・ラーニング

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学  / 医療の品質管理

▼全件表示

研究キーワード

  • Goupdynamics

  • Immunology

  • Pediatric Oncology

  • 小児科学

  • 社会科学

  • 医療の質安全学

  • 医療の品質管理

  • 小児血液腫瘍学

  • 芸術

  • Pediatric Hematology

  • グループ・ダイナミックス

  • 社会心理学

  • 組織論(「学習する組織」)

  • 造血発生/免疫学

研究概要

  • 安全は医療の質のコアバリューである。質の高い高度医療の提供には、安全を中心に医療の品質管理を徹底して行う必要がある。安全な病院は効率性や適時性に優れ、安定した病院経営を行うことができる。社会の変化に対応して、組織自体が発達していくからである。そのような組織を「学習する組織」と呼び、病院組織の学習型組織化に関する様々な研究を実施している。

研究歴

  • 医療の質・安全と芸術

    芸術、医療の質・安全  国内共同研究

    2009年01月 - 継続中 

  • 病院組織の学習と発達に対する支援および教育に関する研究

    学習型組織、発達支援 

    2009年01月 - 継続中 

  • 医療の品質管理

    個人研究

    2008 - 継続中 

  • 小児がん経験者の長期フォローアップとQOL

    QOL、長期フォローアップ  国内共同研究

    2006年04月 - 継続中 

所属学協会

  • 医療の質安全学会

      国内

  • 日本グループダイナミックス学会

      国内

  • 日本医療・病院管理学会

      国内

  • アートミーツケア学会

      国内

  • 日本心理学会

      国内

  • 日本小児科学会

      国内

  • アートミーツケア学会

  • 日本血液学会 専門医

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 第17回大会プログラム委員長   医療の質・安全学会  

    2021年11月 - 2022年11月 

  • 理事   アートミーツケア学会  

    2022年04月 - 継続中 

  • 学会誌編集員会   医療の質安全学会  

    2022年04月 - 継続中 

  • 外部監査委員会委員長   和歌山県立医科大学医学部附属病院  

    2022年04月 - 継続中 

  • 近畿ブロック個別調査部会委員   医療事故調査・支援センター  

    2022年04月 - 継続中 

  • 近畿ブロック調査支援医   医療事故調査・支援センター  

    2022年04月 - 継続中 

  • 第17回医療の質安全学会プログラム委員長   医療の質安全学会  

    2022年04月 - 2022年11月 

  • 代議員・監事・編集委員   日本医療の質・安全学会  

    2019年07月 - 継続中 

  • 理事   日本グループ・ダイナミックス学会  

    2016年04月 - 継続中 

  • 長期フォローアップ委員会委員   日本小児がん研究グループ  

    2008年04月 - 継続中 

  • 理事   アートミーツケア学会  

    2006年04月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 日本質的心理学会第十三回大会ポスター賞

    宮坂真紀子,山口(中上)悦子,鈴木理恵子,山野雅之

    2016年09月   日本質的心理学会  

     詳細を見る

    個人発表ですぐれた表現力を備えたポスターに送られる賞

  • 霜仁会社会活動部門賞

    山口 悦子

    2013   一般社団法人霜仁会   社会活動部門賞

  • がんの子どもを守る会研究奨励賞

    2006   がんの子どもを守る会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 隅谷三喜男賞

    2004   国際ボランティア学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • World Health Organization本部(ジュネーブ)   Patient Safety Program   インターン

    2012年05月 - 2012年08月

  • 関西女子短期大学   保育科   助教授

    2003年04月 - 2005年03月

  • 東京大学医学部附属病院   無菌治療部   客員研究員

    2000年04月 - 2003年03月

  • 泉市立病院   小児科   嘱託医

    1993年06月 - 1994年03月

  • 済生会山口総合病院   小児科   研修医

    1991年06月 - 1992年05月

  • 山口大学医学部附属病院   小児科   研修医

    1990年06月 - 1991年05月

▼全件表示

学歴

  • 山口大学   医学部   医学科     卒業・修了

    1984年 - 1990年03月

  • 大阪大学   人間科学研究科   グループ・ダイナミックス   博士課程   卒業・修了

    - 2005年

  • 大阪市立大学   医学研究科   内科学   博士課程   卒業・修了

    - 1997年

論文

  • Factors impacting antibody kinetics, including fever and vaccination intervals, in SARS-CoV-2-naïve adults receiving the first four mRNA COVID-19 vaccine doses.

    Tomoka Matsuura, Wakaba Fukushima, Yu Nakagama, Yasutoshi Kido, Tetsuo Kase, Kyoko Kondo, Natsuko Kaku, Kazuhiro Matsumoto, Asae Suita, Emiko Mukai, Yuko Nitahara, Ayako Konishi, Ayane Kasamatsu, Sachie Nakagama, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Satoko Ohfuji, Yukihiro Kaneko, Akira Kaneko, Hiroshi Kakeya, Yoshio Hirota

    Scientific reports   14 ( 1 )   7217 - 7217   2024年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    To evaluate the antibody response following the initial four doses of mRNA vaccines (BNT162b2 or mRNA-1273) in SARS-CoV-2-naïve healthy adults and investigate factors influencing antibody titer increases, this prospective cohort study was conducted in Japan from March 2021. The study included participants who received either the 1st and 2nd doses (n = 467), 3rd dose (n = 157), or 4th dose (n = 89). Blood samples were collected before and up to 6 months after each dose, and anti-receptor-binding domain antibody levels were measured. Multivariate analysis (usin multiple linear regression or linear mixed models) revealed several factors significantly associated with higher post-vaccination antibody levels, including mRNA-1273 vaccine (after the 1st and 2nd dose), male gender (after the 3rd and 4th doses), younger age (after the 1st and 2nd dose), non-smoking status (after the 2nd dose), non-use of immunosuppressive agents (after the 1st dose), higher pre-vaccination antibody titers (after the 2nd, 3rd, and 4th doses), and higher post-vaccination fever (after the 2nd and 4th doses). Furthermore, longer intervals since the last dose were significantly associated with higher antibody levels after the 3rd and 4th doses. These findings provide valuable insights for optimizing vaccination strategies.

    DOI: 10.1038/s41598-024-57931-0

    PubMed

  • 総特集 ケアの質が向上する 心理的に安全な職場 1章 論考 ケアの質が向上するチームづくり 医療現場で求められるチームづくり-土台としての心理的安全性 招待

    山口(中上) 悦子

    看護   76 ( 4 )   6 - 13   2024年03月( ISSN:00228362

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.32181/jna.0000001354

  • Evaluation of a new patient safety educational programme to reduce adverse events by encouraging staff to speak up: application of the trigger tool methodology. 査読

    Nakatani K, Nakagami-Yamaguchi E, Hagawa N, Tokuwame A, Ehara S, Nishimura T, Mizobata Y

    BMJ open quality   13 ( 1 )   2024年01月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1136/bmjoq-2022-002162

    PubMed

  • 健康成人における,BNT162b2ワクチン接種後6ヵ月間の2種類の試薬で測定した抗SARS-CoV-2抗体価の動態 日本における前向きコホート研究

    松浦 知香, 福島 若葉, 中釜 悠, 城戸 康年, 加瀬 哲男, 近藤 亨子, 加来 奈津子, 松本 一寛, 吹田 安佐詠, 小宮 枝里子, 迎 恵美子, 仁田原 裕子, 小西 絢子, 笠松 彩音, 山口(中上) 悦子, 大藤 さとこ, 金子 幸弘, 金子 明, 掛屋 弘, 廣田 良夫

    大阪市医学会雑誌   72   25 - 26   2023年12月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Assessing the Impact of COVID-19 on Incident Reporting and Elucidating the Characteristics of Incident Reports for COVID-19 Patients at the Critical Care Center of a Tertiary-Care Teaching Hospital in Japan. 査読

    Hiroshi Kawaguchi, Hiroshi Kakeya, Etsuko Nakagami-Yamaguchi

    The Tohoku journal of experimental medicine   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1620/tjem.2023.J087

    PubMed

  • Quality analysis of the clinical laboratory literature and its effectiveness on clinical quality improvement: a systematic review. 査読

    Chaudhry AS, Inata Y, Nakagami-Yamaguchi E

    Journal of clinical biochemistry and nutrition   73 ( 2 )   108 - 115   2023年09月( ISSN:0912-0009

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.3164/jcbn.23-22

    PubMed

  • Translating and validating the Child Hospital Consumer Assessment of Healthcare Providers and Systems Survey in Japan. 査読

    Inata Y, Nakagami-Yamaguchi E

    Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   65 ( 1 )   e15445   2023年01月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/ped.15445

    PubMed

  • Reducing Human Album Solution Use in the Pediatric Intensive Care Unit. 査読

    Yu Inata, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Takeshi Hatachi, Yukie Ito, Takaaki Akamatsu, Muneyuki Takeuchi

    Pediatric quality & safety   8 ( 4 )   e667   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    UNLABELLED: Evidence for outcome improvement is limited for using 5% human albumin solution (5% albumin) in pediatric intensive care units (PICUs). However, 5% albumin was injudiciously used in our PICU. Therefore, we aimed to decrease 5% albumin use in pediatric patients (17 years old or younger) in the PICU by 50% in 12 months to improve health care efficiency. METHODS: We plotted the mean 5% albumin volume used per PICU admission monthly on statistical process control charts through 3 study periods: baseline period before intervention (July 2019-June 2020), phase 1 (August 2020-April 2021), and phase 2 (May 2021-April 2022). With intervention 1, education, feedback, and an alert sign on 5% albumin stocks began in July 2020. This intervention continued until May 2021, when we executed intervention 2, removing 5% albumin from the PICU inventory. We also examined the lengths of invasive mechanical ventilation and PICU stay as balancing measures across the 3 periods. RESULTS: Mean 5% albumin consumption per PICU admission decreased significantly from 48.1 to 22.4 mL after intervention 1 and 8.3 mL after intervention 2, with the intervention effects persisting for 12 months. Costs associated with 5% albumin per PICU admission significantly decreased by 82%. In terms of patient characteristics and balancing measures, the 3 periods were not different. CONCLUSIONS: Stepwise quality improvement interventions, including the system change with the elimination of the 5% albumin inventory from the PICU, were effective in reducing 5% albumin use in the PICU with sustained reduction.

    DOI: 10.1097/pq9.0000000000000667

    PubMed

  • 日本における小児病院利用者による医療機関および医療システム評価の翻訳と妥当性評価(Translating and validating the Child Hospital Consumer Assessment of Healthcare Providers and Systems Survey in Japan)

    Inata Yu, Nakagami-Yamaguchi Etsuko

    Pediatrics International   65 ( 1 )   1 of 9 - 9 of 9   2023年( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小児病院利用者による医療機関および医療システム評価(Child HCAHPS)日本語版を作成し、その妥当性と信頼性を評価した。Child HCAHPS日本語版の原案を作成し、三次小児病院を退院した0~17歳の小児患者の両親/保護者を対象にサーベイ調査を行い、構成概念妥当性と内的整合性を評価した。1300名に調査を依頼し、460名(35%)から回答が得られた。患児が13歳以上であったのは8%で、26%は在院中に出生し、16%は救急診療部(ER)に収容されていた。Child HCAHPS日本語版の質問項目のうち、最も満足度が高かったものは「ERに入院中の子供に関する情報が得られること」であり、最も満足度が低かったのは「病室の静けさ」であった。確証的因子分析(CFA)では、「10代の患者へのケア実施」は仮説モデルとは適合せず、全般的病院評価とも相関はみられなかったことから妥当性は低いと判断しモデルから除外した。その結果、仮説モデルとデータとの間に良好な適合性が認められた。また、内的整合性に関するCronbachの係数はほとんどの項目で0.7近傍にあり、信頼性が良好であることが示された。

  • Factors affecting patient safety culture in a university hospital under the universal health insurance system: A cross-sectional study from Japan. 査読

    Hata T, Murao H, Nakagami-Yamaguchi E, Yamaguchi Y, Eguchi H, Nishihara M, Nitta M, Ueda E, Uchiyama K, Katsumata T

    Medicine   101 ( 45 )   e31603   2022年11月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000031603

    PubMed

  • 【心理的安全性がつくる新しい病院組織-イノベーションとリスクマネジメントの両輪を回す】心理的安全性と病院の「学習する組織」化の可能性 招待

    山口(中上) 悦子

    病院   81 ( 10 )   870 - 874   2022年10月( ISSN:0385-2377

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

  • Kinetics of anti-SARS-CoV-2 antibody titer in healthy adults up to 6 months after BNT162b2 vaccination measured by two immunoassays: A prospective cohort study in Japan. 査読

    Matsuura T, Fukushima W, Nakagama Y, Kido Y, Kase T, Kondo K, Kaku N, Matsumoto K, Suita A, Komiya E, Mukai E, Nitahara Y, Konishi A, Kasamatsu A, Nakagami-Yamaguchi E, Ohfuji S, Kaneko Y, Kaneko A, Kakeya H, Hirota Y

    Vaccine   40 ( 38 )   5631 - 5640   2022年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.08.018

    PubMed

  • 患者中心の視点で考える小児医療の質とその評価 査読

    稲田雄, 山口(中上)悦子

    日本小児科学会雑誌   126 ( 9 )   1276 - 1286   2022年09月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小児の死亡率低下に伴い、機能的予後や生活の質などのアウトカムが患者・家族にとって重大な関心事になっている。医療の質改善には質の測定と評価を推進する必要があり、その過程で患者中心志向を見失わないためには質の評価への患者参加が求められる。しかし、小児医療の中心はあくまで子供であり、患者参加も子供の権利の保護なしでは達成できない。小児医療においても、患者・家族参加は安全性や有効性に関する意識を高め、医療の質の向上につながる。

  • 医療現場の指導に足りないピース TWIの「仕事の教え方」 査読

    稲田 雄, 山口 悦子[中上]

    病院安全教育   9 ( 5 )   25 - 33   2022年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A pilot study of game-based learning programs for childhood cancer survivors. 査読

    Masumoto D, Nakagami-Yamaguchi E, Nambu M, Maeda M, Uryu H, Hayakawa A, Linn Z, Okamura S, Kurihara K, Kihira K, Deguchi T, Hori H

    BMC cancer   22 ( 1 )   340 - 340   2022年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12885-022-09359-w

    PubMed

  • 事例に学ぶ:現場の事例は共有されているか、事故調査の結果は共有されているか、再発防止に活かされているか 事例に学ぶ 事故からの学びと「風化」 異形輸血事故後、10年を振り返って 査読

    山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌   16 ( 4 )   498 - 509   2021年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    事故からの学びというが,存外難しい.私たちは,事故から何を学び,何を共有し,何を繋いでいかなくてはならないのだろうか.当院では,2011年に異型輸血の事故が発生した.典型的なヒューマンエラーが重なって起きた事故だった.その後,心理学の専門家を加えた事故調査委員会の提言によって,様々な改善が行われ,仕組みもしっかりと定着し,再発はしていない.しかし,10年を経た現在,システムリプレイスやコロナ禍といった社会の変化を契機に,知らず知らずのうちに事故前の状態に戻ろうとする要望も聞かれるようになった.気が付くと,10年前の事故について詳しく背景を知り,語ることのできる「語り部」は筆者と輸血部の責任者の2人だけになっていた.本報告では,当院で発生した異型輸血事故後の10年を振り返り,医療事故を契機に病院の何が変わり,何が変えられなかったのか,今後,何が起ころうとしているのか,そして何を繋いでいかなければならないのか.これらの問いについて,「風化」という概念にも言及しながら私見を述べたい.(著者抄録)

  • Quality Assessment of the Literature on Quality Improvement in PICUs: A Systematic Review. 査読

    Yu Inata, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Yuko Ogawa, Takeshi Hatachi, Muneyuki Takeuchi

    Pediatric critical care medicine : a journal of the Society of Critical Care Medicine and the World Federation of Pediatric Intensive and Critical Care Societies   Online ahead of print   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 小児急性骨髄性白血病(AML)経験者の就学・就労促進に関わる要因と支援 査読

    宮下 佳代子, 小林 京子, 山口(中上) 悦子, 足立 壯一, 長谷川 大一郎, 岩本 彰太郎, 小林 良二, 照井 君典, 今村 俊彦, 嶋田 明, 金井 理恵, 早川 晶, 力石 健, 田村 真一, 佐藤 篤, 堀部 敬三, 大杉 夕子

    日本小児血液・がん学会雑誌   58 ( 1 )   12 - 18   2021年( ISSN:2187011X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>目的:AML経験者における就学・就労促進に関与する要因を明らかにするため以下の研究を行った.方法:小児期にANLL91およびAML99プロトコルで治療し,現在JACLS参加施設で経過観察中の15歳以上のAML経験者10名に半構造化面接を実施し,面接内容を質的記述的に分析した.結果:6のカテゴリーと23のサブカテゴリーが抽出された.AML経験者は,【慎重な歩み】や【自分のなかで調整・納得】をするなかで【使命感の芽生え】を得ていた.また医療者や友人,教諭などの【伴走者の存在】と【道標の存在】となるきょうだいに自身の進路を照らし合わせながら確認をしていた.就学や就労の基盤には【復学・進学意欲の維持】があった.考察:医師・看護師等医療関係者は,小児がん経験者と共に身体機能をアセスメントし,ソーシャルワーカーやがん支援相談員などの支援担当者へ橋渡しをする必要があり,就学・就労の基盤となる復学・進学を支えるため,教育機関へ継続的な情報やサポートを提供することが重要であることが示唆された.</p>

    DOI: 10.11412/jspho.58.12

    CiNii Article

  • 危機管理委員会報告 透析療法における医療安全を考える

    満生 浩司, 遠藤 ミネ子, 内野 順司, 江村 宗郎, 本間 崇, 長沼 俊秀, 山口 悦子, 長尾 尋智, 渡邊 明美, 白木 康雄, 高田 幹彦, 鶴屋 和彦

    日本透析医学会雑誌   54 ( 9 )   425 - 432   2021年( ISSN:13403451

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4009/jsdt.54.425

    CiNii Article

  • 第15回医療の質・安全学会 学術集会 シンポジウム 講演録 事例に学ぶ:事故からの学びと「風化」~異形輸血事故後,10年を振り返って~

    山口(中上) 悦子

    医療の質・安全学会誌   16 ( 4 )   498 - 509   2021年( ISSN:18813658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    事故からの学びというが,存外難しい.私たちは,事故から何を学び,何を共有し,何を繋いでいかなくてはならないのだろうか.当院では,2011年に異型輸血の事故が発生した.典型的なヒューマンエラーが重なって起きた事故だった.その後,心理学の専門家を加えた事故調査委員会の提言によって,様々な改善が行われ,仕組みもしっかりと定着し,再発はしていない.しかし,10年を経た現在,システムリプレイスやコロナ禍といった社会の変化を契機に,知らず知らずのうちに事故前の状態に戻ろうとする要望も聞かれるようになった.気が付くと,10年前の事故について詳しく背景を知り,語ることのできる「語り部」は筆者と輸血部の責任者の2人だけになっていた.本報告では,当院で発生した異型輸血事故後の10年を振り返り,医療事故を契機に病院の何が変わり,何が変えられなかったのか,今後,何が起ころうとしているのか,そして何を繋いでいかなければならないのか.これらの問いについて,「風化」という概念にも言及しながら私見を述べたい.

    DOI: 10.11397/jsqsh.16.498

  • 「医療安全管理者の業務指針および養成のための研修プログラム作成指針」改定に当たって

    山口(中上)悦子

    病院安全教育   8 ( 3 )   3 - 9   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   共著区分:単著  

  • 小児急性骨髄性白血病(AML)経験者の就学・就労促進にかかわる要因と支援. 査読

    宮下佳代子、小林京子、山口(中上)悦子、足立壮一、長谷川大一郎、岩本彰太郎、小林良二、照井君典、今村俊彦、島田明、金井理恵、早川晶、力石健、田村真一、佐藤篤、堀部敬三、大杉夕子

    日本小児血液・がん学会誌.   58 ( 1 )   印刷中   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 【再考:「心理的安全性」と医療の質・安全】「心理的安全性」と医療 査読

    山口 悦子[中上]

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   15 ( 4 )   372 - 374   2020年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【再考:「心理的安全性」と医療の質・安全】心理的安全性を作る医療安全研修の試み EARRTH(Early Awareness & Rapid Response Training in Hospitals) 査読

    山口 悦子[中上], 羽川 直宏, 仲谷 薫, 北村 孝一, 江原 省一, 柴田 敦, 藤長 久美子, 藤原 弘美, 中村 和徳, 西村 哲郎, 溝端 康光, 種田 憲一郎

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   15 ( 4 )   387 - 393   2020年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Moodleを用いた医療安全研修会サイトmSafe.onlineの構築と運用 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック下における医療安全研修の在り方 査読

    佐和 貞治, 中村 猛, 糸数 龍哉, 杉本 みなみ, 内山 裕美, 田中 真紀, 中林 佳代, 山口(中上)悦子

    医療と安全   12   24 - 34   2020年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 臨床検査における継続的質改善活動 使用期限切れ採血管を撲滅する 査読

    松吉 宏, 本城 智子, 大浦 綾子, 尾崎 鈴佳, 山下 亘, 久保田 浩, 山口(中上) 悦子

    医療と安全   12   48 - 56   2020年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 医療安全管理部門における専従臨床工学技士の役割 査読

    北村 孝一, 中村 和徳, 藤長 久美子, 岡本 綾子, 川口 博資, 瀬脇 純子, 羽川 直宏, 松尾 光則, 山口(中上) 悦子

    医療と安全   12   41 - 47   2020年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Moodleを用いた医療安全研修会サイトmSafe.onlineの構築と運用 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック下における医療安全研修の在り方 査読

    佐和 貞治, 中村 猛, 糸数 龍哉, 杉本 みなみ, 内山 裕美, 田中 真紀, 中林 佳代, 山口 悦子[中上]

    (一社)日本医療安全学会 医療と安全   ( 12 )   24 - 34   2020年09月( ISSN:2187-8269

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 臨床検査における継続的質改善活動:使用期限切れ採血管を撲滅する 査読

    松吉宏, 本城智子, 大浦綾子, 尾崎鈴佳, 山下亘, 久保田浩, 山口(中上)悦子

    医療と安全   ( 12 )   48 - 56   2020年09月( ISSN:2187-8269

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 病院の施設管理におけるFMEAの応用:患者の投書とインシデントレポートを組み合わせた分析事例 査読

    小松 友,山口(中上) 悦子,仲谷 薫,羽川 直宏

    日本医療・病院管理学会誌 57(1) 28-37 2020年   57 ( 1 )   28 - 37   2020年04月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    施設管理上の安全面における問題を予知・予測する方法を探索するため,平成27年度に患者から投書された意見と同年度のインシデントレポートの集計結果を基にFMEAを行い,対策案立案を試みた。患者からの投書ではトイレ・病室・浴室に対して苦情や要望が多く,これら3か所で発生したインシデントレポートに基づいてFMEAを行った。結果,トイレでは便座から立ち上がる時と着衣時,特に身障者用トイレで便座から手洗い器あるいは車椅子への移動時に転倒しやすいこと,病室では端座位の状態から立ち上がる時およびベッド上から物品を取ろうと手を伸ばすときや身を乗り出すときに転倒・転落しやすいこと,浴室では脱衣所にて気分不良等で椅子から後方に転倒しやすいことが推測できた。本報告では,一般的な病院で入手可能なデータを活用してFMEAを行うことで,施設管理上,改善すべき点を把握し,設備上の対策案を考案できる可能性を示唆した。

    DOI: 10.11303/jsha.57.28

    CiNii Article

  • 心理的安全性を作る医療安全研修の試み−EARRTH(Early Awareness & Rapid Response Training in Hospitals)− 査読

    山口(中上) 悦子, 羽川 直宏, 仲谷 薫, 北村 孝一, 江原 省一, 柴田 敦, 藤長 久美子, 藤原 弘美, 中村 和徳, 西村 哲郎, 溝端 康光, 種田 憲一郎

    医療の質・安全学会誌   15 ( 4 )   387 - 393   2020年( ISSN:18813658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11397/jsqsh.15.387

    CiNii Article

  • 再考:「心理的安全性」と医療の質・安全 査読

    山口(中上) 悦子, 芳賀 繁

    医療の質・安全学会誌   15 ( 4 )   365   2020年( ISSN:18813658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11397/jsqsh.15.365

  • 「心理的安全性」と医療 査読

    山口(中上) 悦子

    医療の質・安全学会誌   15 ( 4 )   372 - 374   2020年( ISSN:18813658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11397/jsqsh.15.372

  • Improving the safety of high-concentration potassium chloride injection 査読 国際共著

    Nakatani K, Nakagami-Yamaguchi E, Shinoda Y, Tomita S, Nakatani T

    BMJ Open Quality   8 ( 2 )   e000666   2019年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1136/bmjoq-2019-000666

    その他URL: http://orcid.org/0000-0001-6718-4658

  • メルファランを用いて減量強度前処置した急性白血病の小児患者では造血幹細胞移植後の卵巣機能温存率が高い 小児白血病研究会(JACLS)の解析(High rates of ovarian function preservation after hematopoietic cell transplantation with melphalan-based reduced intensity conditioning for pediatric acute leukemia: an analysis from the Japan Association of Childhood Leukemia Study(JACLS)) 査読

    Fujino Hisanori, Ishida Hiroyuki, Iguchi Akihiro, Onuma Masaei, Kato Koji, Shimizu Mariko, Yasui Masahiro, Fuisaki Hiroyuki, Hamamoto Kazuko, Washio Kana, Sakaguchi Hirotoshi, Miyashita Emiko, Osugi Yuko, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hayakawa Akira, Sato Atsushi, Takahashi Yoshiyuki, Horibe Keizo

    International Journal of Hematology   109 ( 5 )   578 - 583   2019年05月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    急性白血病の女児患者11例を対象に、メルファランを用いた減量強度前処置が造血幹細胞移植(HCT)後の卵巣機能不全を予防するかどうか検討した。診断時の年齢(中央値)は8歳(範囲は1〜16歳)、HCT施行年齢は10歳(1〜18歳)であった。HCTは、6例がHLAの一致した骨髄移植を受け、HLA非適合の骨髄移植は2例、臍帯血移植は3例であった。メルファラン、シクロホスファミド以外のアルキル化剤を投与した患者は皆無であった。2例でメルファラン投与と全身放射線照射を併用した。急性移植片対宿主病(GVHD)は7例で発症し、分類はGrade Iが1例、IIが4例、IIIが2例であった。また慢性GVHDは4例で発生した。最終来院時の年齢は17歳(12〜25歳)であった。前思春期に移植を受けた患者5例のうち4例で最終来院時に生理の開始を確認した。思春期に移植を受けた患者6例では全例で生理の回復を認めた。成長ホルモン治療を施行した患者は皆無で、潜在性甲状腺機能低下症は1例のみであった。以上より、メルファランを用いた減量強度前処置は、急性白血病患者におけるHCT後の卵巣機能と内分泌機能を温存することが示唆された。

  • High rates of ovarian function preservation after hematopoietic cell transplantation with melphalan-based reduced intensity conditioning for pediatric acute leukemia: an analysis from the Japan Association of Childhood Leukemia Study (JACLS). 査読

    Fujino H, Ishida H, Iguchi A, Onuma M, Kato K, Shimizu M, Yasui M, Fujisaki H, Hamamoto K, Washio K, Sakaguchi H, Miyashita E, Osugi Y, Nakagami-Yamaguchi E, Hayakawa A, Sato A, Takahashi Y, Horibe K

    International journal of hematology   2019年03月( ISSN:0925-5710

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-019-02627-9

    PubMed

  • リスクマネジメント 院内での薬剤師の活動 医療安全管理部専従薬剤師が関わったインシデント分析 招待

    仲谷 薫, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 仲谷 達也

    (株)医薬ジャーナル社 医薬ジャーナル   54 ( 12 )   2635 - 2645   2018年12月( ISSN:0287-4741

     詳細を見る

    <文献概要>医療安全においてインシデント情報を分析し,有効な対策を立案するためには,根本要因の抽出が重要である。インシデントの中で最も数が多いのは,薬剤に関わるものであるが,その根本要因分析には,薬剤師業務に精通している医療安全管理部専従薬剤師の役割が重要である。大阪市立大学医学部附属病院(以下,当院)では,医療向けに開発された分析手法である「ImSAFER」からの時系列事象関連図と,WHO(世界保健機関)が推奨する根本要因分析の手法である特性要因図の2つを組み合わせ,問題点を明確化した上で根本要因を抽出するインシデント分析を行っている。今回,医療安全管理部専従薬剤師が薬剤に関わるインシデントについて,当院における分析手法を用いた事例分析を行ったので紹介する。

  • Development of Computer-based Self-Learning Tools for Childhood Cancer Survivors 査読

    Masumoto D., Nambu M., Nakagami-Yamaguchi E., Kihira K., Deguchi T., Maeda M., Hori H.

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   65   S582 - S582   2018年11月( ISSN:1545-5009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Patient safety education using an arts and health approach in Japanese university hospitals: a pilot study 査読

    Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Hitoshi Murao, Toshiyuki Itoi, Satoshi Murakami, Takehito Yui, Takashi Yagi, Hiroko Ichihara, Yutaka Moriguchi, Hideyuki Kitamura & Gen Morimoto

    Arts & Health   2018年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/17533015.2017.1422273

    その他URL: http://orcid.org/0000-0001-6718-4658

  • Health-related quality of life in Japanese children with acute lymphoblastic leukemia during and after chemotherapy 査読 国際共著

    Kobayashi Kyoko, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hayakawa Akira, Adachi Souichi, Hara Junichi, Tokimasa Sadao, Ohta Hideaki, Hashii Yoshiko, Rikiishi Takeshi, Sawada Machiko, Kuriyama Kikuko, Kohdera Urara, Kamibeppu Kiyoko, Kawasaki Hirohide, Oda Megumi, Hori Hiroki

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   59 ( 2 )   145 - 153   2017年02月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    DOI: 10.1111/ped.13092

    PubMed

  • 化学療法中または化学療法後の日本人急性リンパ芽球性白血病児における健康関連QOL(Health-related quality of life in Japanese children with acute lymphoblastic leukemia during and after chemotherapy) 査読

    Kobayashi Kyoko, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hayakawa Akira, Adachi Souichi, Hara Junichi, Tokimasa Sadao, Ohta Hideaki, Hashii Yoshiko, Rikiishi Takeshi, Sawada Machiko, Kuriyama Kikuko, Kohdera Urara, Kamibeppu Kiyoko, Kawasaki Hirohide, Oda Megumi, Hori Hiroki

    Pediatrics International   59 ( 2 )   145 - 153   2017年02月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    急性リンパ芽球性白血病(ALL)に罹患し、一般的なレジメンの化学療法を施行された患児のQOLを評価する探索的横断研究を施行した。新たに前駆B細胞ALLと診断された5〜18歳の患児で、寛解導入療法期の8例(CP群)、寛解維持療法期の21例(MP群)、化学療法期間外の6例(OFF群)を組み入れた。また各群で年齢や性別をマッチさせた健康被験者(対照群)も設定した。自己報告式のThe Pediatric Quality of Life Inventory 4.0 Generic Core Scalesを用いてQOLを評価したところ、CP群のQOLは、情動性機能に関する分野を除き、対照群に対して有意に低かった。MP群のQOLは対照群に対し身体的機能や学校生活遂行機能の分野で有意に悪化していたが、社会適応機能分野には有意差は認められなかった。OFF群では、効果量が大きかったQOLの分野は身体的機能のみで、また対照群との比較における社会適応機能分野のスコアは、CP群やMP群に比べ最も良好であった。ALL患児のQOLは治療の進行に伴い変化し、その変化のタイミングはQOLに関する機能や問題に応じて異なることが示唆された。

  • 学習する病院組織を育てる : よりよい医療の質と安全を求めて (「システム安全におけるヒューマンファクター」特集号) 招待 査読

    山口(中上) 悦子

    システム制御情報学会 システム・制御・情報 : システム制御情報学会誌   61 ( 6 )   233 - 239   2017年( ISSN:0916-1600

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

    CiNii Article

  • 特定機能病院,地域医療支援病院のあり方及び病院第三者評価についての研究 特定機能病院の管理者への医療安全研修 査読

    種田憲一郎, 一原直昭, 河野龍太郎, 菊地龍明, 佐々木久美子, 土屋文人, 森山寛, 山口育子, 山本修一, 荒井有美, 岡林靖子, 沖洋充, 加治木選江, 北原るり子, 霧下由美子, 児玉貴光, 鈴木明, 相馬孝博, 田畑雅央, 遠山信幸, 戸田由美子, 中澤恵子, 中島勧, 中島勧, 長尾能雅, 西村哲夫, 根本ゆき, 平田修司, 松村由美, 宮崎浩彰, 六ツ見しのぶ, 保田知生, 山口悦子, 山本崇, 渡邊正志

    特定機能病院、地域医療支援病院のあり方及び病院第三者評価についての研究 平成28年度 総括研究報告書(Web)   201620053A0004,201620053A0012 (WEB ONLY)   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   国際・国内誌:国内誌  

    J-GLOBAL

  • 医療現場における芸術の意義についての一考察 ― 佐久総合病院訪問記 ― 査読

    山口(中上)悦子, 鈴木理恵子, 宮坂真紀子, 山野雅之, 伊澤敏

    アートミーツケア   8   44 - 57   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 学習する病院組織を育てる 査読

    山口(中上) 悦子

    システム/制御/情報   61 ( 6 )   233 - 239   2017年( ISSN:09161600

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11509/isciesci.61.6_233

    CiNii Article

  • 日本の医療現場におけるArt and Design に 関する基礎調査 ―現状把握を目的としたインタビュー調査を通して― 査読

    宮坂真紀子、 山口(中上)悦子、鈴木理恵子、 山野雅之

    アートミーツケア   8   17 - 33   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    ワークショップや壁面装飾などの病院におけるArt and Design(以下、A&D)は、医療環境の改善を目的として取り入れられている。そのような活動の導入は、患者の心と身体のケアに効果があるだけでなく、家族や病院職員を含む関係者間のコミュニケーション促進という効果ももたらしている。これらの効果に着目し、積極的にA&Dを取り入れる病院が近年増加している。一方、医療現場のスタッフがこれをどのように捉えて活用しているのか、また、実際の活動でどのような困難を経験しているのかといった点に関する研究や報告は少ないのが現状である。本研究では、日本の医療現場におけるA&Dの現状を把握するべく、関東・関西の7施設で、病院でのアート活動や院内環境デザイン改善などの経験を持つ病院職員や教員に対し、インタビューによる意識調査を行った。調査の結果、A&Dの捉え方は所属環境に依存しており、役職や立場によってもその活用目的に差異があることや、A&Dに対する苦手意識の有無も影響しているなどの課題が明らかとなった。日本の医療現場におけるA&Dの発展のためには、これらの結果を踏まえた更なる調査継続とともに、今回確認された様々な問題点に対する解決策を種々検討し実行していくことが課題である。

  • 病院の施設管理に必要とされるアートとデザイン 査読

    小松友、山口(中上)悦子、川端秀治、仲谷達也

    アートミーツケア   8   44 - 57   2017年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • The effect of an animation movie for inpatient fall prevention: a pilot study in an acute hospital 査読

    山口 悦子

    Safety in Health   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1186/s40886-016-0014-9

  • Measuring Attitudes Toward Nursing Safety Violations 査読

    Adachi Yuko, Usui Shinnosuke, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Fujinaga Kumiko, Park Keunsik, Nakamura Kazunori, Nakatani Tatsuya

    PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS   122 ( 1 )   5 - 26   2016年02月( ISSN:0031-5125

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0031512515627070

    PubMed

  • Exploring nurses’ speaking-up attitudes and behaviors: A cluster analysis study 査読

    Okuyama, A, Nakagami-Yamaguchi, E, Hayakawa, K.

    Journal of Medical Safety   2015年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    (e-version) 2015 1, May, 2015 ISSN 1349-5240

  • DEVELOPMENT OF AN EDUCATIONAL BOOKLET FOR FAMILIES OF CHILDREN WITH LEUKEMIA 査読

    Kobayashi K., Yamaguchi E., Hayakawa A., Maeda N., Sawada M., Hisakawa H., Koudera U., Yoshida M., Imai T., Rikiishi T., Hori H.

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   61   S395 - S395   2014年12月( ISSN:1545-5009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 看護業務における違反の心理的生起要因 : 看護学生,リスクマネジャーを対象に 査読

    安達 悠子, 山口(中上) 悦子, 松本 友一郎

    日本応用心理学会 応用心理学研究 = Japanese journal of applied psychology   40 ( 1 )   23 - 35   2014年07月( ISSN:0387-4605

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • チームモニタリング : 研修医のチーム員への問題指摘行動に関する予備的調査 査読

    奥山 絢子, 山口(中上) 悦子, 早川 和生

    医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   9 ( 2 )   137 - 139   2014年( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 看護師の問題指摘に対する態度測定尺度(日本語版)の開発 査読

    奥山 絢子, 山口(中上) 悦子, 早川 和生

    医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   9 ( 4 )   325 - 340   2014年( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 小児科病棟における地域博物館との連携による出張ミュージアムの試み 査読

    犬飼 岳史, 高橋 真理子, 跡部 浩一, 河西 あゆみ, 大島 智恵, 西澤 真樹子, 三橋 弘宗, 永原 達哉, 神田 美子, 山口 悦子[中上], 石井 正光, 杉山 暁子, 平家 俊男, 杉田 完爾

    (一社)日本小児血液・がん学会 日本小児血液・がん学会雑誌   50 ( 4 )   607 - 614   2013年12月( ISSN:2187-011X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    自然と触れ合うことは子ども達にとって貴重な体験であるが、入院生活を送る子ども達が直接に自然と触れることや科学実験を体験することは難しい。近年、博物館のアウトリーチ活動として出張ミュージアムが行なわれており、これを利用すれば小児科病棟に入院中の子ども達も疑似体験が可能となる。そこで3施設の小児科病棟において、民間の助成金の援助を受けて地域の博物館と連携した出張ミュージアムを実施した。山梨大学医学部附属病院では、山梨県立科学館と、そこを拠点に活動する市民団体の「星の語り部」との連携による出張プラネタリウム、大阪市立自然史博物館を拠点とする市民団体の「なにわホネホネ団」との連携による小動物の骨格標本を用いたワークショップ、兵庫県立人と自然の博物館との連携による水生生物の樹脂封入標本を用いたワークショップを行なった。大阪市立大学医学部附属病院では、偏光板を用いたサイエンスショーを大阪市立科学館の通常事業として行なった。京都大学医学部附属病院では、病棟ボランティアグループの「にこにこトマト」が受け入れ先となって、「なにわホネホネ団」による大型動物の骨格標本を用いたワークショップを行なった。入院中の子ども達は各プログラムを楽しみ、また患者側と医療者側との間に信頼関係を構築する上でも一助となった。こうした意義をふまえた継続的な病院側の受け入れ体制の構築と活動資金提供のシステムの確立が望まれる。(著者抄録)

  • テキストマイニング手法を用いた外来待ち時間自由記述アンケート分析 査読

    PARK Keunsik, 山田章子, 多賀陽子, 畠山幹司, 八木一郎, 山口悦子, 丹後幾子, 荒川哲男

    医療情報学連合大会論文集   33rd   1056 - 1057   2013年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • HEALTH-RELATED QUALITY OF LIFE IN CHILDREN WITH ACUTE LYMPHOBLASTIC LEUKEMIA WHO WERE TREATED THE JAPAN ASSOCIATION OF CHILDHOOD LEUKEMIA STUDY ALL02-REVISED 査読

    Kobayashi K., Nakagami-Yamaguchi E., Hayakawa A., Adachi S., Hara J., Tokimasa S., Ohta H., Hashii Y., Rikiishi K., Sawada M., Kuriyama K., Kohdera U., Kamibeppu K., Kawasaki H., Oda M., Hori H.

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   60   177 - 177   2013年09月( ISSN:1545-5009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小児がん経験者のための長期フォローアップ手帳に関するアンケート調査 査読

    石田 也寸志, 有瀧 健太郎, 浅見 恵子, 大園 秀一, 前田 美穂, 山口 悦子[中上], 堀部 敬三, 加藤 俊一, 藤本 純一郎, 黒田 達夫, 日本小児白血病リンパ腫研究グループ長期フォローアップ委員会

    (一社)日本小児血液・がん学会 日本小児血液・がん学会雑誌   50 ( 2 )   220 - 226   2013年07月( ISSN:2187-011X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    JPLSG長期フォローアップ(FU)委員会作成のFU手帳が役立つツールとなるかどうか検証する目的で調査を施行した。【対象と方法】研究デザインは自記式アンケート調査による横断研究で、JPLSG施設医療従事者と支援者(がんの子供を守る会、エスビューロー、菜の花会またはMNプロジェクト)、小児がん経験者と保護者を対象に本手帳を回覧または試用した上で匿名のアンケート回答郵送を依頼した。【結果】医師73名、看護師他34名、支援者51名、経験者48名と保護者59名から回答を得た。95%以上の対象者が、本手帳は治療終了後のFUにおいて「役立つ」、FUへの意識が「高まる」と答えていた。一方全体の約20%が手帳を使いにくいと答え、手帳の大きさや厚さに関して「あまり良くない」または「良くない」という意見が約20%と多かった。手帳を渡す時期に関しては、経験者家族や支援者は診断後早め、医療従事者や経験者は治療終了時が多い傾向が見られた。個々の内容や項目に関しては比較的評価が高く、改善すべき点があるという意見は10%以下と少なかったが、項目を追加して欲しいという意見がやや多く、項目を減らして手帳をコンパクトにする方向性とのバランスが難しいと考えられた。【結語】本手帳試作版は、小児がんに関する記録を自己管理していく上で有用なツールであり、改訂版を作成することにより小児がんのFUに活用される可能性が示唆された。(著者抄録)

  • JB03 教育心理学の「学校外の社会へ」の拡張と協働(越境論から) : 状況論・活動理論の実際(3)(自主企画シンポジウム) 招待 査読

    香川秀 太, 青山 征彦, 山口(中上) 悦子, 渡辺 理, 諏訪 晃一, 岡田 光弘, 有元 典文

    日本教育心理学会 日本教育心理学会総会発表論文集   55 ( 0 )   S54 - S55   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.20587/pamjaep.55.0_S54

    CiNii Article

  • 教育講演 医療安全のための組織づくり : なんでもありの、医療安全? (講演再録 「平成23年度 患者安全推進全体フォーラム」から) 査読

    山口(中上) 悦子

    認定病院患者安全推進協議会 患者安全推進ジャーナル   ( 30 )   45 - 56   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • パネルディスカッション (講演再録 「平成23年度 患者安全推進全体フォーラム」から) 査読

    長谷川 剛, 吉田 道雄, 山口(中上) 悦子

    認定病院患者安全推進協議会 患者安全推進ジャーナル   ( 30 )   57 - 60   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • バーコード認証システムを利用したにもかかわらず発生するインシデントの分析 : 注射薬投与の場面におけるインシデントレポートの質的分析 査読

    多賀 陽子, 山口(中上) 悦子, 山田 章子

    医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   8 ( 2 )   114 - 119   2013年( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • カスタマイズしたプログラムが一要因と考えられた、電子カルテ経過表記録の問題 査読

    多賀 陽子, 山口 悦子[中上], 丹後 幾子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 朴 勤植, 仲谷 達也

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   32回   1256 - 1259   2012年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小児がん患者における疼痛緩和に関するアンケート結果 査読

    大杉 夕子, 山口 悦子[中上], 西村 真一郎

    (公社)日本小児科学会 日本小児科学会雑誌   116 ( 4 )   719 - 727   2012年04月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    日本小児白血病研究会参加施設106施設の医師に対して疼痛緩和に関するアンケート調査を行い、67施設より回答を得た。痛みについて患者・家族・看護師・医師で共有しているスケールがあるのは38施設であった。血管穿刺時の疼痛緩和は、静脈では場合によって行っているのが17施設で、5歳未満児には貼付剤、局所麻酔クリームを使用していた。骨髄穿刺時は、疼痛緩和を「常に行っている」54施設、「場合によって行っている」11施設、「行っていない」2施設で、鎮静はそれぞれ32施設、28施設、7施設であった。疼痛緩和方法は、局所麻酔では注射薬21施設、経皮的麻酔薬16施設、注射薬・経皮的麻酔薬併用8施設、全身麻酔は非麻薬性鎮痛剤と鎮痛剤が13施設、全身麻酔薬使用が49施設であった。処置以外の疼痛対策は、終末期55施設、腫瘍による疼痛コントロール58施設、大量化学療法時43施設で、使用薬剤は非オピオイド49施設、オピオイド57施設などであった。

  • G8. 複数のコミュニティ間の境界をいかに乗り越え(越境し)分析するか : 状況論・活動理論の実際(2)(自主企画シンポジウム) 査読

    香川 秀太, 青山 征彦, 原田 悦子, 南部 美砂子, 日根 恭子, 須藤 智, 朴 勤植, 山口 悦子, 鹿志村 香, 臼井 東, 岩木 穣, 臼木 悦生, 有元 典文

    日本教育心理学会 日本教育心理学会総会発表論文集   54 ( 0 )   922 - 923   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20587/pamjaep.54.0_922

    CiNii Article

  • Detecting Effective Categories of Medical Incident Reports for Patient Safety Management 査読

    Fujita Katsuhide, Akiyama Masanori, Park Keunsik, Yamaguchi Etsuko (Nakagami), Furukawa Hiroyuki, Sakata Ichiro, Kajikawa Yuya

    PICMET '12: PROCEEDINGS - TECHNOLOGY MANAGEMENT FOR EMERGING TECHNOLOGIES   3073 - 3082   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Trial Measurement of Implicit Attitude toward Violations in Nursing by the use of Implicit Association Test. 査読

    Yuko Adachi,Shinnosuke Usui,Etsuko Nakagami-Yamaguchi,Akiko Yamada,Keunsik Park,Tatsuya Nakatani

    cognitivesciencesociety.org Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/cogsci/cogsci2012.html#conf/cogsci/AdachiUNYPN12

  • Trial Measurement of Implicit Attitude toward Violations in Nursing by the use of Implicit Association Test. 査読

    Yuko Adachi,Shinnosuke Usui,Etsuko Nakagami-Yamaguchi,Akiko Yamada,Keunsik Park,Tatsuya Nakatani

    cognitivesciencesociety.org Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/cogsci/cogsci2012.html#conf/cogsci/AdachiUNYPN12

  • Trial Measurement of Implicit Attitude toward Violations in Nursing by the use of Implicit Association Test. 査読

    Yuko Adachi,Shinnosuke Usui,Etsuko Nakagami-Yamaguchi,Akiko Yamada,Keunsik Park,Tatsuya Nakatani

    cognitivesciencesociety.org Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/cogsci/cogsci2012.html#conf/cogsci/AdachiUNYPN12

  • Detecting Effective Categories of Medical Incident Reports for Patient Safety Management 査読

    Fujita Katsuhide, Akiyama Masanori, Park Keunsik, Yamaguchi Etsuko (Nakagami), Furukawa Hiroyuki, Sakata Ichiro, Kajikawa Yuya

    PICMET '12: PROCEEDINGS - TECHNOLOGY MANAGEMENT FOR EMERGING TECHNOLOGIES   3073 - 3082   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Trial Measurement of Implicit Attitude toward Violations in Nursing by the use of Implicit Association Test. 査読

    Yuko Adachi,Shinnosuke Usui,Etsuko Nakagami-Yamaguchi,Akiko Yamada,Keunsik Park,Tatsuya Nakatani

    cognitivesciencesociety.org Proceedings of the 34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society, CogSci 2012, Sapporo, Japan, August 1-4, 2012   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    その他URL: http://dblp.uni-trier.de/db/conf/cogsci/cogsci2012.html#conf/cogsci/AdachiUNYPN12

  • Linguistic analysis of large-scale medical incident reports for patient safety. 査読

    Fujita K, Akiyama M, Park K, Yamaguchi EN, Furukawa H

    Studies in health technology and informatics   180   250 - 4   2012年( ISSN:0926-9630

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 病院情報システムデータを利用した看護必要度の測定 査読

    山田 章子, 山口(中上) 悦子, 信田 佳克, 平井 祐範, 稲垣 大悟, 中川 昌彦, 繁桝 友一, 木藤 寛, 田渕 彰子, 元山 奈美, 市村 由紀乃, 吉村 弥須子, 多賀 陽子, 朴 勤植

    Japan Association for Medical Informatics 医療情報学   32 ( 3 )   111 - 122   2012年( ISSN:0289-8055

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

     看護必要度は患者に提供した看護ケア記録から,患者に提供されるべき看護の必要量を評価する.しかし,評価者の熟練度により誤評価が生じる可能性があり,評価者研修が義務付けられ,評価に係る看護師の負担も生じている.また,臨床応用については研究段階であり,看護管理に十分に活用できているとは言えない.そこで,病院情報システム(HIS)から抽出された診療データをもとに,看護必要度評価を試み,臨床応用について検討した.<br/> 特定機能病院である大阪市立大学医学部附属病院の急性期病棟に入院した患者を対象に,1週間の診療データをHISから抽出し,看護必要度評価項目とHISの診療データの対応表による看護必要度の測定を行い,看護師によって評価された看護必要度値と比較した.<br/> HISの診療データをもとに看護必要度測定は可能であり,看護師の看護必要度評価と比較し監査に利用できると考えられた.

    DOI: 10.14948/jami.32.111

    CiNii Article

  • 医療現場の共同体における協働を志向する芸術活動-大阪市立大学医学部附属病院のCommunity-Collaborative Art (Coco-A)の変遷- 査読

    山口 悦子

    URP GCOE DOCUMENT   13   38 - 53   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 医療とアート、その未来―Art(s) and Health これまで、そして、これから 査読

    山口 悦子

    大阪府保険医雑誌   vol.547   16 - 20   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 医療現場に芸術活動を導入する意義とその方略-医学部附属病院の「アートプロジェクト」に関する一考察- 査読

    山口(中上)悦子、丹後幾子、平井祐範、石井正光、荒川哲男

    アートミーツケア   4   4 - 19   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 障害報告レポートからみた病院情報システムの評価 査読

    山田 章子, 斯波 将次, 山口 悦子[中上], 多賀 陽子, 赤曽部 泰一, 平松 武士, 麓 初美, 大橋 清隆, 朴 勤植

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   31回   912 - 915   2011年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ASSESSMENT OF QOL DURING TREATMENT OF CHILDREN WITH ACUTE LYMPHOBLASTIC LEUKEMIA-PROSPECTIVE COHORT STUDY OF THE JAPAN ASSOCIATION OF CHILDHOOD LEUKEMIA STUDY GROUP 査読

    Ishida Yasushi, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hori Hiroki, Hongo Teruaki, Yoshinari-Ouchi Miyako, Kuriyama Kikuko, Hisakawa Hiroaki, Ohta Hideaki, Yumura-Yagi Keiko, Okada Shuichi, Kohdera Urara, Horibe Keizo, Hara Junichi

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   57 ( 5 )   708 - 708   2011年11月( ISSN:1545-5009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大学病院における手術部門システムの構築 査読

    山田 章子, 大杉 治司, 山口 悦子[中上], 斯波 将次, 伊藤 正子, 古川 まゆみ, 一ノ瀬 光海, 恵口 恵子, 土屋 正彦, 中川 昌彦, 仲程 絢哉, 籾井 桂子, 平松 武士, 赤曽部 泰一, 麓 初美, 大橋 清隆, 多賀 陽子, 朴 勤植

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   31回   618 - 621   2011年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 情報の構造化による医療事故・ヒヤリハット情報の利活用 査読

    秋山 昌範, 朴 勤植, 清水 佐知子, 古川 裕之, 土屋 文人, 山口 悦子[中上]

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   31回   192 - 197   2011年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 病院情報システム導入後のトラブル情報の共有と対応 査読

    平松 武士, 山口 悦子[中上], 丹後 幾子, 山田 章子, 麓 初美, 島崎 伸裕, 赤曽部 泰一, 木藤 寛, 大橋 清隆, 朴 勤植

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   31回   920 - 921   2011年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 障害報告レポートからみた病院情報システムの評価 査読

    山田 章子, 斯波 将次, 山口 悦子[中上], 多賀 陽子, 赤曽部 泰一, 平松 武士, 麓 初美, 大橋 清隆, 朴 勤植

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   31回   912 - 915   2011年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 病院情報システム導入後のトラブル情報の共有と対応 査読

    平松 武士, 山口 悦子[中上], 丹後 幾子, 山田 章子, 麓 初美, 島崎 伸裕, 赤曽部 泰一, 木藤 寛, 大橋 清隆, 朴 勤植

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   31回   920 - 921   2011年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 情報の構造化による医療事故・ヒヤリハット情報の利活用 査読

    秋山 昌範, 朴 勤植, 清水 佐知子, 古川 裕之, 土屋 文人, 山口 悦子[中上]

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   31回   192 - 197   2011年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大学病院における手術部門システムの構築 査読

    山田 章子, 大杉 治司, 山口 悦子[中上], 斯波 将次, 伊藤 正子, 古川 まゆみ, 一ノ瀬 光海, 恵口 恵子, 土屋 正彦, 中川 昌彦, 仲程 絢哉, 籾井 桂子, 平松 武士, 赤曽部 泰一, 麓 初美, 大橋 清隆, 多賀 陽子, 朴 勤植

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   31回   618 - 621   2011年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ASSESSMENT OF QOL DURING TREATMENT OF CHILDREN WITH ACUTE LYMPHOBLASTIC LEUKEMIA-PROSPECTIVE COHORT STUDY OF THE JAPAN ASSOCIATION OF CHILDHOOD LEUKEMIA STUDY GROUP 査読

    Ishida Yasushi, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hori Hiroki, Hongo Teruaki, Yoshinari-Ouchi Miyako, Kuriyama Kikuko, Hisakawa Hiroaki, Ohta Hideaki, Yumura-Yagi Keiko, Okada Shuichi, Kohdera Urara, Horibe Keizo, Hara Junichi

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   57 ( 5 )   708 - 708   2011年11月( ISSN:1545-5009

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査―第1報 査読

    石田也寸志, 山口悦子, 堀浩樹, 本郷輝明, 圀府寺美, 久川浩章, 吉成みやこ, 栗山貴久子, 岡田周一, 太田秀明, 八木啓子, 堀部敬三, 原純一

    日本小児科学会 日本小児科学会雑誌   115 ( 5 )   918 - 930   2011年05月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査―第2報 査読

    石田也寸志, 山口悦子, 本郷輝明, 堀浩樹, 吉成みやこ, 栗山貴久子, 圀府寺美, 久川浩章, 岡田周一, 太田秀明, 八木啓子, 原純一, 堀部敬三

    日本小児科学会 日本小児科学会雑誌   115 ( 5 )   931 - 942   2011年05月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査(第2報) 査読

    石田 也寸志, 山口 悦子, 本郷 輝明, 堀 浩樹, 吉成 みやこ, 栗山 貴久子, 圀府寺 美, 久川 浩章, 岡田 周一, 太田 秀明, 八木 啓子, 原 純一, 堀部 敬三, JACLSQOL小委員会

    日本小児科学会雑誌   115 ( 5 )   931 - 942   2011年05月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小児白血病研究会の急性リンパ芽球性白血病(ALL)プロトコールで治療を行った10歳以上の患児を対象にQOLアンケート調査を実施し、その結果をALL-97(n=215)とALL-02(n=167)で比較した。1)患児生活、患児心理、家族関係の各ドメインと合計点は両群間で有意差がみられ、いずれもALL-02でQOL点数が高い結果となった。また、1例毎のQOL合計点数の経時的変化は多様で、治療相が進むにつれて緩やかに改善する傾向を示すものが多かった。2)検査や治療に関しては、ALL-02群で負担感が少ないと感じていた患児が多く、医療関係者の対応や援助に関してもALL-02群で医師・看護師ともに良好と感じている患児が多かった。3)本人評価と家族評価との比較では、身体面や合計点数などで両者の点数の相関が高かったが、患児心理や医療者との関係、家族関係のドメイン同士に関しては相関が低く、QOL評価の際には本人による評価を含めて多面的に検討することが重要であると考えられた。

  • 小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査(第1報) 査読

    石田 也寸志, 山口 悦子, 堀 浩樹, 本郷 輝明, 圀府寺 美, 久川 浩章, 吉成 みやこ, 栗山 貴久子, 岡田 周一, 太田 秀明, 八木 啓子, 堀部 敬三, 原 純一, JACLSQOL小委員会

    日本小児科学会雑誌   115 ( 5 )   918 - 930   2011年05月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小児白血病研究会の急性リンパ芽球性白血病(ALL)プロトコールで治療を行った患児の家族を対象にQOLアンケート調査を実施し、その結果をALL-97(n=898)とALL-02(n=1006)で比較した。1)患児身体、患児心理、家族関係と家族心理の4ドメインは両群間でQOL点数に有意差がみられ、患児心理面のみALL-02群の点数が良好で、他のドメインはALL-97群が良好であった。2)重回帰分析ではALL-02事態がQOLに与える影響は少なく、大きな影響を与えた要因は治療強度(リスク分類)や治療相であることが明らかとなった。3)患児への検査や治療に関してはALL-97と比べALL-02の方が有意に負担が少ないと感じている家族が多いことが確認された。

  • Notch2 signaling is required for proper mast cell distribution and mucosal immunity in the intestine. 査読

    Sakata-Yanagimoto M, Sakai T, Miyake Y, Saito TI, Maruyama H, Morishita Y, Nakagami-Yamaguchi E, Kumano K, Yagita H, Fukayama M, Ogawa S, Kurokawa M, Yasutomo K, Chiba S

    Blood   117 ( 1 )   128 - 34   2011年01月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2010-07-289611

    PubMed

  • 芸術家と病院職員の協働によるアート活動―大阪市大病院アートプロジェクト2008「風のおみく詩(じ)」の報告 査読

    杉山暁子、山口(中上)悦子、丹後幾子、巽花子、押谷由登美、花村周寛、上田、榊崇、式庄華子、新宅治夫、瀬川裕昭、松井徳造、由峯克也、石井正光

    アートミーツケア   3巻   81 - 89   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 看護・医療業務における違反への潜在的態度測定の試み:Implicit Association Testを用いて 査読

    安達 悠子, 臼井 伸之介, 山口(中上) 悦子, 山田 章子, 朴 勤植, 仲谷 達也

    日本認知心理学会 日本認知心理学会発表論文集   2011 ( 0 )   2 - 2   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    違反の生起要因の一つに,違反への潜在的態度があると考えられる。安達・臼井(2010)は,その測定手法として潜在的連合テスト(Implicit Association Test:IAT)に着目し,看護業務における違反への潜在的態度を測定するIATの作成を試みた。同IATの妥当性と信頼性を検討するため,本研究では,リスクマネジャーを務めている医療従事者51名に同IATを実施した。その結果,IATのブロック間の反応時間と誤答数の差からツールとしての構成概念妥当性が示された。また,試行間のばらつきから信頼性(内的一貫性)が示された。リスクマネジャー任用以外の安全に関わる委員会経験の有無で,IATを得点化したIAT得点を比較した。看護師の場合,委員会経験がある群はない群よりIAT得点が高く,違反を不快だとより強く感じていることが示唆された。既知集団を用いた検討からも,妥当性は支持された。

    DOI: 10.14875/cogpsy.2011.0.2.0

    CiNii Article

  • 病院情報システムを活用した看護必要度評価と臨床応用について 査読

    山田 章子, 朴 勤植, 山口 悦子[中上], 平井 祐範, 稲垣 大悟, 中川 昌彦, 繁桝 友一, 木藤 寛, 田渕 彰子, 元山 奈美, 吉村 弥須子

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   30回   308 - 312   2010年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 病院情報システムを活用した看護必要度評価と臨床応用について 査読

    山田 章子, 朴 勤植, 山口 悦子[中上], 平井 祐範, 稲垣 大悟, 中川 昌彦, 繁桝 友一, 木藤 寛, 田渕 彰子, 元山 奈美, 吉村 弥須子

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   30回   308 - 312   2010年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小児がん長期フォローアップにおける「治療のまとめ」の意義と活用法 査読

    大園秀一, 石田也寸志, 栗山貴久子, 浅見恵子, 前田美穂, 有瀧健太郎, 堀浩樹, 山口悦子, 力石健, 徳山美香, 前田尚子, 沖本由理, 堀部敬三

    小児がん   47 ( 3 )   471 - 476   2010年09月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 小児がん長期フォローアップにおける「治療のまとめ」の意義と活用法 査読

    大園 秀一, 石田 也寸志, 栗山 貴久子, 浅見 恵子, 前田 美穂, 有瀧 健太郎, 堀 浩樹, 山口 悦子, 力石 健, 徳山 美香, 前田 尚子, 沖本 由理, 堀部 敬三, 日本白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)長期フォローアップ委員会

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   47 ( 3 )   471 - 476   2010年( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    小児がん経験者の増加に伴い,長期フォローアップにおける診療体制や設備面の整備の重要性が高まっている.日本小児白血病・リンパ腫治療研究グループ(JPLSG)は「治療のまとめ」を作成することが診療体制の充実に不可欠と考えた.担当医の変更や患者の転居などで長期フォローアップの継続性が危機にさらされる場面において,特に有効な活用が期待される.本論文では「治療のまとめ」の意義と実際の活用法について概説する.

    CiNii Article

  • 病院ボランティアの未来--医療の改善と質向上を目指す病院経営の視点から (特集 再論 ボランティアの未来を問う) 査読

    山口(中上) 悦子, 石井 正光, 荒川 哲男

    国際ボランティア学会 ボランティア学研究   10   39 - 77   2010年( ISSN:13459511

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、我が国で病院ボランティア活動は急速に普及したが、全国的な指針・規定の整備が遅れている。このため、各病院においては、安全なボランティア活動支援体制確立の面で困難を抱えている。この問題に対処するため、当院では、病院全体の医療の改善業務を管理する委員会の下にボランティア活動支援のための作業部会を設置し、活動の指導・監督と支援の事務局業務を行う専従職員(ボランティア・コーディネーター)2名を雇用することによって、権限と責任・管理・実務という三段階の体制を構築して、米国のボランティア・ディレクターに代替する機能を実現してきた。また、病院ボランティア活動導入の意義を、<共生>に基づいた関係性から創発される「かけがえのなさ」を感じあうことであるとし、病院ボランティア活動が持つ潜在力として、病院コミュニティの共助機能を活性化する可能性、制度の<暴力>に当事者と共に抗する意志、「参加としての活動」を通じて既存の社会システムの陥穽を指摘し、システムの外に広がる代替選択肢を提示する力、の三点を挙げた。また、これら病院ボランティア活動の潜在力を引き出して、医療の改善と質向上へと結びつけるために、病院ボランティア活動支援業務を医療の改善業務・質管理業務の一環として位置づけたシステム作りの重要性を指摘した。

    CiNii Article

  • Intracerebral cell transplantation therapy for murine GM1 gangliosidosis 査読

    Sawada Tomo, Tanakaa Akemi, Higaki Katsumi, Takamura Ayumi, Nanba Eiji, Seto Toshiyuki, Maeda Mitsuyo, Yamaguchi Etsuko, Matsuda Junichiro, Yamano Tunekazu

    BRAIN & DEVELOPMENT   31 ( 10 )   717 - 724   2009年11月( ISSN:0387-7604

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.braindev.2008.11.004

    PubMed

  • 病棟システムの検証と今後の課題 電子カルテシステムは医療の質の向上につながっているのか 電子カルテのトラップについて考える 査読

    山田 章子, 朴 勤植, 山口 悦子[中上], 平井 祐範

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   29回   75 - 80   2009年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 病棟システムの検証と今後の課題 電子カルテシステムは医療の質の向上につながっているのか 電子カルテのトラップについて考える 査読

    山田 章子, 朴 勤植, 山口 悦子[中上], 平井 祐範

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   29回   75 - 80   2009年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Qualitative analysis of the incident reports of Japanese medical center: What is the effective report system to promote patient’s safety culture? 査読

    山口 悦子

    Psychological Studies   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Qualitative analysis of the incident reports of Japanese medical center: What is the effective report system to promote patient’s safety culture? 査読

    山口 悦子

    Psychological Studies   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Qualitative analysis of the incident reports of Japanese medical center: What is the effective report system to promote patient’s safety culture? 査読

    山口 悦子

    Psychological Studies   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Qualitative analysis of the incident reports of Japanese medical center: What is the effective report system to promote patient’s safety culture? 査読

    山口 悦子

    Psychological Studies   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:単著  

  • 全経過約12年にわたる再発を繰り返したフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病 査読

    倭 和美, 池宮 美佐子, 山口 悦子

    日本小児血液学会雑誌   22 ( 4 )   243 - 246   2008年08月( ISSN:09138706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Coordinated regulation of transcription factors through Notch2 is an important mediator of mast cell fate. 査読

    Sakata-Yanagimoto M, Nakagami-Yamaguchi E, Saito T, Kumano K, Yasutomo K, Ogawa S, Kurokawa M, Chiba S

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   105 ( 22 )   7839 - 44   2008年06月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0801074105

    PubMed

  • Art in hospital: The role of artists and the effect of the activities 査読

    Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hirai Hironori, Shintaku Haruo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   43 ( 3-4 )   327 - 327   2008年( ISSN:0020-7594

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Art in hospital: The role of artists and the effect of the activities 査読

    Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hirai Hironori, Shintaku Haruo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   43 ( 3-4 )   327 - 327   2008年( ISSN:0020-7594

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 子どもの生活についての一考察--基本的生活習慣の形成と長期療養患児 査読

    岡本 雅子, 山口 悦子

    関西教育学会 関西教育学会年報   ( 32 )   151 - 155   2008年( ISSN:18813410

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 全経過約12年にわたる再発を繰り返したフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病 査読

    倭 和美, 池宮 美佐子, 山口 悦子

    THE JAPANESE SOCIETY OF PEDIATRIC HEMATOLOGY/ONCOLOGY 日本小児血液学会雑誌   22 ( 4 )   243 - 246   2008年( ISSN:0913-8706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    長期経過をたどった6歳発症のPh<SUP>1</SUP>陽性急性リンパ性白血病 (ALL) の1例を報告する.通常の化学療法後早期再発, 治療抵抗性となったため, 非寛解で2座不一致の父より骨髄移植を行った.しかし4年半後に睾丸に再発をきたしたため, BFMの再発プロトコールにて再寛解療法を行い, 寛解に達した.その後維持療法中10カ月で大腿骨, 脛骨に再発をきたした.Imatinib, 局所放射線療法, ドナー活性化CD4リンパ球輸注を施行し, minor BCR - ABLは消失した.しかし, その後もさまざまな骨病変を繰り返し, imatinibも骨髄抑制のため使用不可能になり, 以降の治療は局所放射線療法のみを行った.全経過は約12年であった.本症例では, GVL効果+imatinibの治療は, 髄外再発に対しては効果が期待できないと考えられた.

    DOI: 10.11412/jjph1987.22.243

    CiNii Article

  • 細胞移植によるライソゾーム病脳病変の長期治療の可能性についての検討 査読

    澤田 智, 田中 あけみ, 瀬戸 俊之, 前田 光代, 高村 歩美, 檜垣 克美, 難波 栄二, 松田 潤一郎, 山口 悦子, 山野 恒一

    日本先天代謝異常学会雑誌   23 ( 1 )   2007年10月( ISSN:09120122

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 病院とアート 「おもろい病院」をめざして 査読

    平井 祐範, 山口 悦子

    (株)へるす出版 小児看護   30 ( 11 )   1496 - 1501   2007年10月( ISSN:0386-6289

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 病院とアート 「おもろい病院」をめざして 査読

    平井 祐範, 山口 悦子

    (株)へるす出版 小児看護   30 ( 11 )   1496 - 1501   2007年10月( ISSN:0386-6289

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 台湾921震災後における農山村の復興 : 桃米生態村の事例研究 査読

    高 玉潔, 渥美 公秀, 加藤 謙介, 宮本 匠, 関 嘉寛, 諏訪 晃一, 山口 悦子

    自然災害科学会 自然災害科学   25 ( 4 )   491 - 506   2007年( ISSN:02866021

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Before the 921 Earthquake in 1999, Taiwan's traditional farm villages were socio-economically weak. Tao-mi village was one of those cases. When the earthquake hit the Tao-mi, the village had to start seeking a new way to replace the recession-hit business, i.e., growing bamboo shoots. Taiwan government has established the Reconstruction Community Policy and executed a series of programs on public service, city building and industry since the 921 Earthquake. Six years after they began their new ecological business with the administration, intermediary organizations, experts and enterprises, Tao-mi has become increasingly famous as an eco-village in Taiwan. The intermediary organization, for instance, provided a series of classes for the residents to learn a lot about their own village which was extremely abundant in ecological resources such as various kinds of frogs and dragonflies indigenous to Tao-mi, and once they passed the examinations, they were officially recognized as professional ecological tour guides. Through such a motivational process of village revitalization, the residents took pride in their hometown, which may be the most important factor that contributed to their success.

    CiNii Article

  • Balance of transcription factors downstream of notch signaling determines the fate of myeloid progenitors toward differentiation to mast cells or immortalization without differentiation. 査読

    Mamiko Sakata-Yanagimoto, Fumio Nakahara, Etsuko Yamaguchi-Nakagami, Keiki Kumano, Toshiki Saito, Mineo Kurokawa, Seishi Gawa, Shigeru Chiba

    BLOOD   108 ( 11 )   203A - 203A   2006年11月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    0

  • 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて:第2報―1999年と2005年の比較 査読

    石田也寸志, 堀浩樹, 吉成みやこ, 圀府寺美, 山口悦子, 栗山貴久子, 久川浩章, 平松英文, 吉田真, 本郷輝明

    がんの子供を守る会 小児がん   43 ( 2 )   196 - 202   2006年09月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    この6年間のQOLに関する問題に関する施設方針の変化を知り,院内の施設やコメディカルスタッフの体制について新たに調査を行うことを目的にアンケート調査を施行した.1999年に比べて2005年では,骨髄・腰椎穿刺時に静脈麻酔を併用する施設の割合はそれぞれ59%から67%,44%から66%に増加しており,中心静脈ラインの確保も原則全例とする施設が41%から71%に増加していた.外泊・外出基準に大きな変化は認めなかったが,食事は加熱食や生もの禁以外に無菌食,特別食,選択メニュー,オーダー食など多様となっていた.院内学級は約3分の2の施設に整備されていたが,院内保育士,臨床心理士,ソーシャルワーカーなどコメディカルスタッフや家族宿泊施設,院内図書館などの整備はまだ20~50%の施設にとどまっていた.

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて(第2報) 1999年と2005年の比較 査読

    石田 也寸志, 堀 浩樹, 吉成 みやこ, 圀府寺 美, 山口 悦子, 栗山 貴久子, 久川 浩章, 平松 英文, 吉田 真, 本郷 輝明, 小児白血病研究会QOL小委員会

    小児がん   43 ( 2 )   196 - 202   2006年09月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    この6年間のQOLに関する問題に関する施設方針の変化を知り、院内の施設やコメディカルスタッフの体制について新たに調査を行うことを目的にアンケート調査を施行した。1999年に比べて2005年では、骨髄・腰椎穿刺時に静脈麻酔を併用する施設の割合はそれぞれ59%から67%、44%から66%に増加しており、中心静脈ラインの確保も原則全例とする施設が41%から71%に増加していた。外泊・外出基準に大きな変化は認めなかったが、食事は加熱食や生もの禁以外に無菌食、特別食、選択メニュー、オーダー食など多様となっていた。院内学級は約3分の2の施設に整備されていたが、院内保育士、臨床心理士、ソーシャルワーカーなどコメディカルスタッフや家族宿泊施設、院内図書館などの整備はまだ20〜50%の施設にとどまっていた。(著者抄録)

  • 教育コミュニティづくりと原風景―大阪府田尻町における地域教育協議会の事例から 査読

    諏訪晃一, 渥美公秀, 中村有美, 山口悦子

    国立オリンピック記念青少年総合センター研究紀要   2006年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Design of revitalization processes in rural areas: Lessons from Tao-Mi to Chuuetsu. 査読

    Atsumi, T, Kao, Y. C, Kato, K, Miyamoto, T, Seki, Y, Suga, M, Suwa, K, Yamaguchi, E

    Proceedings of the 6th Japan-Taiwan Joint Seminar on Natural Hazard Mitigation.   2006年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 24OO7-4 小児病棟における療養環境改善活動の現状と評価、課題(口演 その他,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 査読

    中島 謙太郎, 宮下 佳代子, 山口 悦子, 新宅 治夫, 山野 恒一, 平井 祐範

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   43 ( 3 )   2006年( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • The influence of art activities on developing collective remembering among people in a hospital 査読

    山口 悦子

    Progress in Asian Social Psychology Volume 6: Casting the Individual in Societal and Cultural Contexts   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The influence of art activities on developing collective remembering among people in a hospital 査読

    山口 悦子

    Progress in Asian Social Psychology Volume 6: Casting the Individual in Societal and Cultural Contexts   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The influence of art activities on developing collective remembering among people in a hospital 査読

    山口 悦子

    Progress in Asian Social Psychology Volume 6: Casting the Individual in Societal and Cultural Contexts   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • The influence of art activities on developing collective remembering among people in a hospital 招待 査読

    山口 悦子

    Progress in Asian Social Psychology Volume 6: Casting the Individual in Societal and Cultural Contexts   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 24OP3-11 tandem HDCを施行した乳児発症小脳AT/RTの1例(ポスター 脳腫瘍,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 査読

    山口 悦子, 倭 和美, 露口 尚弘, 山内 滋, 石田 博, 多田 明央

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   43 ( 3 )   2006年( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 思春期の血液疾患・悪性腫ようの子ども達に対する「医学部学生ベッドサイドボランティア活動」の役割 査読

    多賀陽子, 余谷暢之, 山口悦子, 池宮美佐子, 倭和美, 山野恒一, 平井祐範, 渥美公秀

    小児がん   42 ( 1 )   42 - 48   2005年05月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 医療と保育の協働に関する一考察 : 保育科学生のボランティア活動を通じて 査読

    山口 悦子, 池田 昭子, 平井 祐範

    関西女子短期大学 関西女子短期大学紀要   14   11 - 25   2005年03月( ISSN:09179461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 学生のための「病児の子育て支援」に関する一考察 査読

    池田 昭子, 山口 悦子

    関西女子短期大学 関西女子短期大学紀要   14   63 - 73   2005年03月( ISSN:09179461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP19-4 先天性白血病の一例(ポスター AML3,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 査読

    鶴原 昭史, 横井 俊明, 山口 悦子, 倭 和美

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   42 ( 3 )   2005年( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 思春期の血液疾患・悪性腫瘍の子ども達に対する「医学部学生ベッドサイドボランティア活動」の役割 査読

    多賀 陽子, 余谷 暢之, 山口 悦子, 池宮 美佐子, 倭 和美, 山野 恒一, 平井 祐範, 渥美 公秀

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   42 ( 1 )   42 - 48   2005年( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大阪市立大学医学部附属病院小児病棟では,1998年以降,医学部学生ボランティアが,入院中の子どもの遊びや学習の相手として,「医学部学生ベッドサイドボランティア活動」という活動を行っている.この活動でボランティアは,子ども達の入院中の生活で「当たり前のように"そこ"にいる近所のお兄ちゃん,お姉ちゃん」として,子ども達と長期的・継続的に関わり信頼関係を築いている.本報告では,男女2名の学生ボランティアが,血液疾患・悪性腫瘍の思春期男子・女子との関わりをエスノグラフィーに記し,また退院した子どもと保護者に対して半構造化面接を行い,その結果を報告した.さらにエスノグラフィーと面接の結果から,思春期の子どもにとっての,学生ボランティア活動の役割・意義について考察した.

    CiNii Article

  • 学校と家庭と地域の協働による教育コミュニティの活性化--縄手南中学校区郊外指導協議会の事例より 査読

    中村 有美, 渥美 公秀, 諏訪 晃一, 山口 悦子

    国際ボランティア学会 ボランティア学研究   6   97 - 117   2005年( ISSN:13459511

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大阪府教育委員会が進めているボランティア組織であるすこやかネット事業の一事例(大阪府東大阪市縄手南中学校区校外指導協議会)を調査することによって、地域主導の協働モデルの実践について現地調査を行った。その結果、すこやかネットの中で、協働モデルと連携モデルを使い分けることによって組織運営を円滑に進めていることが明らかになった。また、学校と家庭と地域の三者の協働に子どもが参画することによって一層地域全体の協働が促進されることが示された。

    CiNii Article

  • OP34-1 総合病院・混合病棟における小児がんトータル・ケアの実際 : グループ・ダイナミックスの視点から(ポスター 支援2,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 査読

    山口 悦子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   42 ( 3 )   2005年( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • HP3-1 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて:第2報(ポスター 支援・心理・教育,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 査読

    石田 也寸志, 本郷 輝明, 堀 浩樹, 圀府寺 美, 久川 浩章, 吉成 みやこ, 山口 悦子, 栗山 貴久子, 平松 英文, 吉田 真, 原 純一, 中畑 龍俊

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   42 ( 3 )   2005年( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 療養環境における教育と医療現場のアート活動 : 「アートプロジェクト」について (特集 病気の子どもの教育とは : 原点にかえって) 査読

    山口 悦子, 平井 祐範, 新宅 治夫

    日本育療学会 育療 : 子供の心身の健康問題を考える学会誌   ( 31 )   13 - 20   2004年12月( ISSN:1881-5391

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Stem cell leukemia protein directs hematopoietic stem cell fate. 査読

    Kunisato A, Chiba S, Saito T, Kumano K, Nakagami-Yamaguchi E, Yamaguchi T, Hirai H

    Blood   103 ( 9 )   3336 - 41   2004年05月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2003-06-1935

    PubMed

  • 医療と「語り」についての一考察 査読

    山口 悦子

    関西女子短期大学 関西女子短期大学紀要   13   45 - 58   2004年03月( ISSN:09179461

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 小児医療現場におけるボランティア活動およびアート活動--ナラティブ・アプローチの視点から 査読

    山口 悦子, 渥美 公秀, 池宮 美佐子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一

    国際ボランティア学会 ボランティア学研究   5   115 - 143   2004年( ISSN:13459511

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年、医学の急速な進歩に伴い、血液悪性腫癌疾患をはじめとする小児の慢性難治性疾患の生存率・治癒率は飛躍的に向上した。反面、過酷さを増し長期化・反復化した治療は、小児患者と家族の心理的・社会的負担を増加させ社会復帰を阻害する要因ともなってきている。医療が患者の社会復帰を目指す"制度"である以上、上記のような小児患者の心理社会的な問題を無視していては、小児医療そのものが存続意義を失うことになる。本稿では、筆者等が実践してきた総合病院小児病棟における療養環境改善活動の事例を検討し、小児医療において発生する心理社会的問題について、近年、家族療法や福祉の分野で取り入れられているナラディブ・アプローチの視点から、小児医療現場における人々の語りに焦点をあて、ボランティア活動やアート活動の役割・意義について考察する。

    CiNii Article

  • Notch1及びNotch2の胎生造血における役割 査読

    熊野 恵城, 千葉 滋, 國里 篤志, 山口 悦子, 齋藤 俊樹, 山口 智之, 増田 茂夫, 平井 久丸

    臨床血液   44 ( 8 )   645 - 645   2003年08月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    J-GLOBAL

  • Notch1 but not Notch2 is essential for generating hematopoietic stem cells from endothelial cells. 査読

    Kumano K, Chiba S, Kunisato A, Sata M, Saito T, Nakagami-Yamaguchi E, Yamaguchi T, Masuda S, Shimizu K, Takahashi T, Ogawa S, Hamada Y, Hirai H

    Immunity   18 ( 5 )   699 - 711   2003年05月( ISSN:1074-7613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Notch2 is preferentially expressed in mature B cells and indispensable for marginal zone B lineage development. 査読

    Saito T, Chiba S, Ichikawa M, Kunisato A, Asai T, Shimizu K, Yamaguchi T, Yamamoto G, Seo S, Kumano K, Nakagami-Yamaguchi E, Hamada Y, Aizawa S, Hirai H

    Immunity   18 ( 5 )   675 - 85   2003年05月( ISSN:1074-7613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • HES-1 preserves purified hematopoietic stem cells ex vivo and accumulates side population cells in vivo. 査読

    Kunisato A, Chiba S, Nakagami-Yamaguchi E, Kumano K, Saito T, Masuda S, Yamaguchi T, Osawa M, Kageyama R, Nakauchi H, Nishikawa M, Hirai H

    Blood   101 ( 5 )   1777 - 83   2003年03月( ISSN:0006-4971

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2002-07-2051

    PubMed

  • 長期入院小児病棟へのアーティストによるアートイベントの導入--入院生活における"日常性"と"非日常性"の一考察 査読

    山口 悦子

    大阪大学大学院人間科学研究科ボランティア人間科学講座 Συν   ( 4 )   369 - 378   2003年( ISSN:13459503

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 悪性腫よう患児に対するボランティア活動の導入 いわゆる「ベッドサイドボランティア」の可能性について 査読

    余谷暢之, 山口悦子, 倭和美, 渥美公秀, 加藤謙介, 三木芳美, 山野恒一

    小児がん   39 ( 4 )   522 - 527   2002年12月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 悪性腫瘍患児に対するボランティア活動の導入 : いわゆる「ベッドサイドボランティア」の可能性について 査読

    余谷 暢之, 山口 悦子, 倭 和美, 渥美 公秀, 加藤 謙介, 三木 芳美, 山野 恒一

    小児がん   39 ( 4 )   522 - 527   2002年12月( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 悪性腫瘍患児に対するボランティア活動の導入 いわゆる「ベッドサイドボランティア」の可能性について 査読

    余谷 暢之, 山口 悦子, 倭 和美, 渥美 公秀, 加藤 謙介, 三木 芳美, 山野 恒一

    小児がん   39 ( 4 )   522 - 527   2002年12月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    悪性腫瘍入院患児に対して,可能な限り入院前と類似した病棟環境の提供と,退院後の生活へのスムーズな復帰を目的に,ベッドサイドで活動する「ベッドサイドボランティア」活動が導入した.遊びや学習の相手として,医学部学生を病棟ボランティアとした.導入当初ボランティアの活動の最終責任は小児科長がとり,指導は小児科医局が行った.活動の管理,連絡,緊急時の対処は主に主治医が担当した.主治医から保護者へ紹介・説明し,同意を得た患児に対して活動を行った.対象となった患児12名のうち,活動開始時期が小学校高学年〜高校の男子4例について検討した.フィールドワークの成果の報告文書としてエスノグラフィーを著した.長期間・継続的な活動を通じて,ボランティアは患児と「近所のお兄ちゃん」のような友人関係を築き,このような関係の構築が患児の精神的安定,QOLの向上につながり,入院前と同じ環境の提供の一助にもなったと考えられた

  • Expression of Notch ligands, Jagged1, 2 and Delta1 in antigen presenting cells in mice. 査読

    Yamaguchi E, Chiba S, Kumano K, Kunisato A, Takahashi T, Takahashi T, Hirai H

    Immunology letters   81 ( 1 )   59 - 64   2002年04月( ISSN:0165-2478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 血小板減少症を合併したミルクアレルギーと思われる一例 査読

    高浦奈津子, 山口悦子, 稲田浩, 岡野善行, 倭和美, 山野恒一

    日本小児アレルギー学会 日本小児アレルギー学会誌   16 ( 1 )   94 - 98   2002年03月( ISSN:0914-2649

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    生後1ヵ月頃より続く, 顕著な消化器症状を伴わない体重増加不良に, 生後2ヵ月時に発症したPA-IgG陽性の特発性血小板減少性紫斑病を合併したミルクアレルギーと思われる症例を経験した. 血小板の減少は免疫グロブリン療法により改善したが, 体重増加不良は持続した. 院内でのロタウイルス感染による消化器症状が改善した後も体重増加は認められなかった. 牛乳特異的IgE抗体陽性を示したことなどから, ミルクアレルギーの存在を考え, カゼイン加水分解乳を使用したが, 消化器症状は増悪した. 一時的な絶食と中心静脈栄養, および精製アミノ酸乳の使用により, 消化器症状の軽減および, 順調な体重増加と発達を認めた. ミルクアレルギーの誘発試験は行えなかったが, 最終的にミルクアレルギーと診断した.

    DOI: 10.3388/jspaci.16.94

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 血小板減少症を合併したミルクアレルギーと思われる一例 査読

    高浦 奈津子, 山口 悦子, 稲田 浩, 岡野 善行, 倭 和美, 山野 恒一

    日本小児アレルギー学会 日本小児アレルギー学会誌   16 ( 1 )   94 - 98   2002年03月( ISSN:0914-2649

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2ヵ月13日の女児.生後1ヵ月,体重増加不良を指摘され,2ヵ月時,核嗽が出現し体重増加不良の精査も兼ね受診した.血液検査にて白血球増多,CRPの軽度陽性と血小板減少を認め,PA-IgGの高値と免疫グロブリンの上昇を示した.先行感染の存在とPA-IgG高値および骨髄像より,突発性血小板減少性紫斑病(ITP)と診断した.血小板の減少は免疫グロブリン療法により改善したが,体重増加不良は持続した.院内でのロタウイルス感染による消化器症状が改善した後も体重増加は認められなかった.牛乳特異的IgE抗体陽性を示したことなどから,ミルクアレルギーの存在を考え,カゼイン加水分解乳を使用したが,消化器症状は増悪した.一時的な絶食と中心静脈栄養及び精製アミノ酸乳の使用により,消化器症状の軽減及び順調な体重増加と発達を認めた,退院となった.最終的にミルクアレルギーと診断した

  • 血小板減少症を合併したミルクアレルギーと思われる一例 査読

    高浦 奈津子, 山口 悦子, 稲田 浩, 岡野 善行, 倭 和美, 山野 恒一

    日本小児アレルギー学会 日本小児アレルギー学会誌   16 ( 1 )   94 - 98   2002年03月( ISSN:0914-2649

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2ヵ月13日の女児.生後1ヵ月,体重増加不良を指摘され,2ヵ月時,核嗽が出現し体重増加不良の精査も兼ね受診した.血液検査にて白血球増多,CRPの軽度陽性と血小板減少を認め,PA-IgGの高値と免疫グロブリンの上昇を示した.先行感染の存在とPA-IgG高値および骨髄像より,突発性血小板減少性紫斑病(ITP)と診断した.血小板の減少は免疫グロブリン療法により改善したが,体重増加不良は持続した.院内でのロタウイルス感染による消化器症状が改善した後も体重増加は認められなかった.牛乳特異的IgE抗体陽性を示したことなどから,ミルクアレルギーの存在を考え,カゼイン加水分解乳を使用したが,消化器症状は増悪した.一時的な絶食と中心静脈栄養及び精製アミノ酸乳の使用により,消化器症状の軽減及び順調な体重増加と発達を認めた,退院となった.最終的にミルクアレルギーと診断した

  • 長期入院血液悪性腫瘍患児に対する療養環境改善の試み 査読

    山口 悦子

    大阪大学大学院人間科学研究科ボランティア人間科学講座 ボランティア人間科学紀要   ( 3 )   179 - 189   2002年( ISSN:13459503

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 卒業を控えたターミナル期児童の居住地校との連携のあり方について 査読

    三木芳美, 山口悦子, 倭和美, 宮田雄祐

    小児がん   38 ( 4 )   533 - 537   2001年12月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 (主題 血液・腫瘍) 査読

    稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美

    日本小児医事出版社 小児科臨床   53 ( 11 )   1939 - 1942   2000年11月( ISSN:0021518X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 血液・腫瘍 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 査読

    稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 山野 恒一, 井上 佑一, 森 悦秀, 佐藤 満

    (株)日本小児医事出版社 (株)日本小児医事出版社 小児科臨床   53 ( 11 )   1939 - 1942   2000年11月( ISSN:0021-518X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9歳女児.下顎部腫脹を主訴とし患者は低身長に対する成長ホルモン補充療法を3年10ヵ月受けており,腫瘤は嚢胞性で,MRIのT2強調画像では高信号であった.生検の結果エナメル上皮腫の診断で全摘術を施行し,再発傾向はない.成長ホルモン療法は一時中断していたが,身長増加速度の低下がみられたため,治療を再開した

  • 血液・腫瘍 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 査読

    稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 山野 恒一, 井上 佑一, 森 悦秀, 佐藤 満

    (株)日本小児医事出版社 小児科臨床   53 ( 11 )   1939 - 1942   2000年11月( ISSN:0021-518X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    9歳女児.下顎部腫脹を主訴とし患者は低身長に対する成長ホルモン補充療法を3年10ヵ月受けており,腫瘤は嚢胞性で,MRIのT2強調画像では高信号であった.生検の結果エナメル上皮腫の診断で全摘術を施行し,再発傾向はない.成長ホルモン療法は一時中断していたが,身長増加速度の低下がみられたため,治療を再開した

  • 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 査読

    稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 山野 恒一, 井上 佑一, 森 悦秀, 佐藤 満

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica   18 ( 9 )   192 - 192   2000年09月( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 査読

    稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 山野 恒一, 井上 佑一, 森 悦秀, 佐藤 満

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica   18 ( 9 )   192 - 192   2000年09月( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kinetics of peripheral blood stem cell collection in large-volume leukapheresis for pediatric patients undergoing chemotherapy and adult patients before chemotherapy 査読

    Yamaguchi E, Yamato K, Miyata Y

    JOURNAL OF HEMATOTHERAPY & STEM CELL RESEARCH   9 ( 4 )   565 - 572   2000年08月( ISSN:1525-8165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kinetics of peripheral blood stem cell collection in large-volume leukapheresis for pediatric patients undergoing chemotherapy and adult patients before chemotherapy 査読

    Yamaguchi E, Yamato K, Miyata Y

    JOURNAL OF HEMATOTHERAPY & STEM CELL RESEARCH   9 ( 4 )   565 - 572   2000年08月( ISSN:1525-8165

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 同種造血幹細胞移植後腸管合併症の鑑別に頻回の内視鏡生検が有用であった1例 査読

    山口悦子, 倭和美, 宮田雄祐

    小児科臨床   53 ( 7 )   1424 - 1428   2000年07月( ISSN:0021-518X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Kinetics of peripheral blood stem cell collection in large-volume leukapheresis for pediatric patients undergoing chemotherapy and adult patients before chemotherapy 査読

    山口 悦子

    J Hematother Stem Cell Res   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    その他URL: http://orcid.org/0000-0001-6718-4658

  • Kinetics of peripheral blood stem cell collection in large-volume leukapheresis for pediatric patients undergoing chemotherapy and adult patients before chemotherapy 査読

    山口 悦子

    J Hematother Stem Cell Res   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    その他URL: http://orcid.org/0000-0001-6718-4658

  • MRIにて脳内に多発性結核腫を認めた粟粒結核の1例 査読

    倭和美, 山口悦子, 上本未夏, 森啓之

    日本小児科学会雑誌   103 ( 12 )   1260 - 1263   1999年12月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 末梢血造血幹細胞(peripheral blood stem cells)の採取条件に関する研究 犬を用いた実験 査読

    山口悦子

    大阪市立大学 大阪市医学会雑誌   48 ( 1/2 )   127 - 142   1999年06月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 末梢血造血幹細胞(peripheral blood stem cells)の採取条件に関する研究 犬を用いた実験 査読

    山口 悦子

    大阪市医学会 大阪市医学会雑誌   48 ( 1〜2 )   127 - 142   1999年06月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    連続血液成分分離装置COBE Spectra ver.3.6で,体重20〜25kgの犬に対してアフェレーシスを行う場合,処理量250〜300ml/kg程度(循環血液量の約3倍)までが,PBSCを効率よく安全に採取できる限度であると考えられた

  • 末梢血造血幹細胞(peripheral blood stem cells)の採取条件に関する研究 犬を用いた実験 査読

    山口 悦子

    大阪市医学会 大阪市医学会雑誌   48 ( 1〜2 )   127 - 142   1999年06月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    連続血液成分分離装置COBE Spectra ver.3.6で,体重20〜25kgの犬に対してアフェレーシスを行う場合,処理量250〜300ml/kg程度(循環血液量の約3倍)までが,PBSCを効率よく安全に採取できる限度であると考えられた

  • 父親より2座不一致の骨髄移植を施行した頻回再発Ph^1陽性急性リンパ性白血病の1例 査読

    倭 和美, 山口 悦子, 宮田 雄祐

    日本小児血液学会雑誌   12 ( 6 )   439 - 442   1998年12月( ISSN:09138706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 化学療法を受けた患児の処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移 査読

    山口悦子, 倭和美, 宮田雄祐

    小児がん   35 ( 4 )   514 - 520   1998年12月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 小児悪性腫瘍患児の治療中におけるベッドサイド学習の評価 査読

    三木 芳美, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん   35 ( 4 )   509 - 513   1998年12月( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 小児悪性腫よう患児の治療中におけるベッドサイド学習の評価 査読

    三木芳美, 山口悦子, 倭和美, 宮田雄祐

    小児がん   35 ( 4 )   509 - 513   1998年12月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 父親より2座不一致の骨髄移植を施行した頻回再発Ph1陽性急性リンパ性白血病の1例 査読

    倭和美, 山口悦子, 宮田雄祐

    特定非営利活動法人 日本小児血液・がん学会 日本小児血液学会雑誌   12 ( 6 )   439 - 442   1998年12月( ISSN:0913-8706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    頻回再発Ph1陽性ALLの6歳の男児に, HLA2座不一致の父親より無処理の骨髄移植を行つた.前処置は全身照射, 大量cytosine arabinoside, busulfanで行った.移植前陽性であったminorBCR-ABLはday40でも陽性であったが, その後day96,180には陰性化した.移植後2年を経過してサイトメガロウイルス網膜炎による高度の視力低下と, 慢性GVHDを合併しているが, 再発はない.Graft-versus-leukemia効果ではないかと考えている.

    DOI: 10.11412/jjph1987.12.439

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 急性骨髄性白血病(AML)化学療法後,GH分泌不全によらない低身長を呈した症例 査読

    石田 博, 稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐, 一色 玄

    (株)メディカルレビュー社 Pharma Medica   16 ( 9 )   164 - 164   1998年09月( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 周囲への浸潤が著しかった胸腺原発Large B‐cell lymphomaの治療にCOPP+ABVDのハイブリッド療法が有効であった1男児例 査読

    倭和美, 山口悦子, 宮田雄祐, 若狭研一

    小児がん   35 ( 2 )   206 - 208   1998年08月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  • 化学療法を受けた患児の処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移 査読

    山口 悦子

    (NPO)日本小児がん学会 小児がん   34 ( 3 )   440 - 440   1997年11月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移に関する実験 査読

    山口 悦子

    日本小児血液学会 日本小児血液学会雑誌   11 ( 4 )   224 - 224   1997年08月( ISSN:0913-8706

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 小児の“末梢血幹細胞大量採取”の問題点 査読

    宮田雄祐, 倭和美, 山口悦子, 多田明央

    小児がん   31 ( 2 )   394 - 399   1994年09月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 小児の"末梢血幹細胞大量採取"の問題点 査読

    宮田 雄祐, 倭 和美, 山口 悦子

    (NPO)日本小児がん学会 小児がん   31 ( 2 )   394 - 399   1994年09月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    化学療法後の急速な造血回復期やG-CSFで末梢血幹細胞を動員した状態で採取をすると,通常の処理量(200ml/kg)程度でMNCやCD34陽性細胞を高収率で採取し,処理量をそれ以上に増加しても,それに見合ったMNCやCD34陽性細胞の採取増にはつながらず,採取されるMNC数やCD34陽性細胞数は採取処理開始直前の末梢血中MNCやCD34陽性細胞の各濃度によって決まり,処理量の増加は低アルブミン血症を来し,全身浮腫や体重増のリスクが高くなり,採取後の血小板の減少がより大きくなる等の問題点があり,"大量処理"には慎重であらねばならない

  • 小児の末梢血幹細胞移植(PBSC)のための連続血液成分分離装置の性能と選択条件 査読

    宮田雄祐, 倭和美, 山口悦子, 多田明央

    小児がん   30 ( 2 )   302 - 307   1993年10月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 小児の末梢血幹細胞移植(PBSC)のための連続血液成分分離装置の性能と選択条件 査読

    宮田 雄祐, 倭 和美, 山口 悦子

    (NPO)日本小児がん学会 小児がん   30 ( 2 )   302 - 307   1993年10月( ISSN:0389-4525

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    今回使用した各機種は,末梢血(単核球)MNCの採取と言う点では,いずれの機種も忠実にMNCを採取するよう,機構やプログラムが設定されている。しかし採取後に凍結保存や,解凍輸注をする採取後処理のことを考えると,各機種ともまだまだ至適条件には到達しているものとは言い難い

  • A case of Walker-Warburg syndrome with uncommon findings. Double cortical layer, temporal cyst and increased serum IgM.A case of Walker 査読

    Yamaguchi E, Hayashi T, Kondoh H, Tashiro N, Tsukahara M, Nagamitsu T, Eguchi Y.

    Brain Dev.   15 ( 1 )   61 - 5   1993年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0387-7604(93)90008-V

  • 原発性肺クリプトコッカス症の13歳男児例 査読

    山口悦子, 三戸博志, 多田利彦, 三坂玉良

    臨床小児医学   40 ( 4 )   163 - 167   1992年08月( ISSN:0035-550X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 原発性肺クリプトコッカス症の13歳男児例 査読

    山口 悦子, 三戸 博志, 多田 利彦

    (財)小児愛育協会 臨床小児医学   40 ( 4 )   163 - 167   1992年08月( ISSN:0035-550X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1)原発性肺クリプトコッカス症の13歳男児例を経験した。小児における本症は,非常に珍しい。2)原発性肺クリプトコッカス症の診断には,血清学的検査や喀痰培養だけでは不十分で積極的に気管支鏡を施行する必要がある。3)本症例に対して,新しい抗真菌剤FCZは,安全性やコンプライアンスの面から有用であった

  • Involvement of the white matter in the initial stage of herpes simplex encephalitis. 査読

    Ichiyama T, Hayashi T, Yamaguchi E, Tanaka H, Hagiwara K

    Pediatr Radiol.   22 ( 2 )   145 - 145   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of the white matter in the initial stage of herpes simplex encephalitis. 査読

    Ichiyama T, Hayashi T, Yamaguchi E, Tanaka H, Hagiwara K

    Pediatr Radiol.   22 ( 2 )   145 - 145   1992年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 【TWIの活用で変わる医療安全】産業界に学ぼう! TWI再発見

    山口 悦子[中上]( 担当: 単著)

    日総研出版  2023年10月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 医療の品質管理推進 読本: 医療の質を継続的に高めるために

    安藤廣美, 山口(中上)悦子, 坪茂典( 担当: 分担執筆)

    TQM推進協議会  2023年01月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 教え方がうまくなる! 病院で使える TWI-JI活用ガイドブック

    稲田雄, 亀本望, 小松友, 徳和目篤, 仲谷薫, 福田将誉, 宮崎京子, 山口(中上)悦子( 担当: 監修 ,  範囲: おわりに)

    日総研出版  2022年06月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • ゲーム・ロールプレイを活用した参加型医療安全研修ガイド : ハイブリッドBOOK

    山口, 悦子(医療社会学), 長谷川, 康子( 担当: 単著)

    日総研出版  2021年10月  ( ISBN:9784776019237

     詳細を見る

    総ページ数:58p   著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 急性骨髄性白血病(AML)

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 石田也寸志・中山秀樹・山口(中上)悦子)

    クリニコ出版  2021年08月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 小児がん治療後の長期フォローアップガイド

    瓜生 英子, 山口(中上) 悦子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 14.易疲労に関する問題)

    クリニコ出版  2021年08月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 「知らない」のパフォーマンスが未来を創る : 知識偏重社会への警鐘

    Holzman Lois, 岸 磨貴子, 石田 喜美, 茂呂 雄二, 前川 久男, 大塚 翔, 香川 秀太, 太田 礼穂, 渡辺 貴裕, 山下 俊幸, 新原 将義, 長谷川 康子, 山口 悦子(医療社会学)( 担当: 単著)

    ナカニシヤ出版  2020年  ( ISBN:9784779515163

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 子どものための夢の病院をつくろう : 改善活動の手法を学び、実践に活かそう

    山口(中上, 悦子(医療社会, 谷川, 弘治( 担当: 単著)

    谷川弘治  2016年08月 

     詳細を見る

    総ページ数:24p   著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • インプロをすべての教室へ 学びを革新する即興ゲーム・ガイド

    キャリー・ロブマン, マシュー・ルンドクゥイスト( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章 話す・聞く・読む・書くをインプロする「どどんパ、どん、どん、どん!」「デタラメうた」「この意味、なあんだ?」「頭をそろえて」「大げさ上等」「もう一回読んで」「嘘八百」「おもしろ作文」)

    新曜社  2016年05月  ( ISBN:4788514818

     詳細を見る

    総ページ数:210   担当ページ:pp89-96   著書種別:学術書  

    Cary Lobman著、Unscripted learningの翻訳本

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41FlVEzpXZL._SL75_.jpg

  • 安全管理と感染管理の理解 : 自信を持ってかかわるために

    山口, 悦子(医療社会学), 谷川, 弘治( 担当: 単著)

    谷川弘治  2016年01月 

     詳細を見る

    総ページ数:22p   著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 越境する対話と学び: 異質な人・組織・コミュニティをつなぐ

    山口(中上)悦子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章 医療と芸術が混淆する新しい創造的活動―病院の集団や組織が変わる、変える、その仕組み)

    新曜社  2015年05月  ( ISBN:4788514265

     詳細を見る

    総ページ数:393   担当ページ:85-107   著書種別:学術書  

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/518TyXqv5FL._SL75_.jpg

  • 病院のアート―医療現場の再生と未来 (アートミーツケア叢書)

    森口ゆたか/山口(中上)悦子( 担当: 編集)

    アートミーツケア学会  2014年07月  ( ISBN:4865000283

     詳細を見る

    総ページ数:246   著書種別:一般書・啓蒙書  

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51a7oS3FXOL._SL75_.jpg

  • 小児がん治療後の長期フォローアップガイドライン

    JPLSG長期フォローアップ委員会長期フォローアップガイドライン作成ワーキンググループ, 前田 美穂( 担当: 分担執筆 ,  範囲: IV-4. 健康管理・健康教育、IV-4. 易疲労に関する問題)

    医薬ジャーナル社  2013年  ( ISBN:9784753226474

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • URP GCOE DOCUMENT 13 船場アートカフェ2

    山口(中上)悦子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 医療現場の共同体における協働を志向する芸術活動;大阪市立大学医学部附属病院のCommunity–Collaborative Art(Coco–A)の変遷)

    水曜社  2012年03月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 芸術による都市再生研究 = Research on the urban regeneration by art

    大阪市立大学都市研究プラザ, 都市研究プラザ船場アートカフェ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 医療現場の共同体における協働を志向する芸術活動―大阪市立大学医学部附属病院のCommunity–Collaborative Art(Coco–A)の変遷―)

    大阪市立大学都市研究プラザ, 水曜社 (発売)  2012年  ( ISBN:9784880652894

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • よくわかる小児がん経験者のために―より良い生活の質(QOL)を求めて

    石田也寸志・前田美穂編( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 健康教育・健康管理)

    医薬ジャーナル社  2011年10月  ( ISBN:9784753225071

     詳細を見る

    総ページ数:179   担当ページ:139-142   著書種別:一般書・啓蒙書  

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/514044QicDL._SL75_.jpg

  • 病気の子どもの心理社会的支援入門―医療保育・病弱教育・医療ソーシャルワーク・心理臨床を学ぶ人に

    山口 悦子( 担当: 分担執筆 ,  範囲: コミュニティとしての病院)

    ナカニシヤ出版  2009年09月  ( ISBN:4779502896

     詳細を見る

    総ページ数:313   担当ページ:201-212   著書種別:学術書  

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/412Hd9MfmRL._SL75_.jpg

  • 医療保育テキスト : 日本医療保育学会認定医療保育専門士研修用テキスト

    日本医療保育学会( 担当: 分担執筆)

    日本医療保育学会  2009年07月  ( ISBN:9784904729007

     詳細を見る

    総ページ数:xii, 427p   著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • CAFE―創造都市・大阪への序曲

    佐々木 雅幸( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 次世代を育む”まち”としての病院)

    法律文化社  2006年11月  ( ISBN:4589029855

     詳細を見る

    総ページ数:154   担当ページ:27-34   著書種別:学術書  

    ASIN

    その他リンク: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41ibN2Nc1hL._SL75_.jpg

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究 大阪府における新型コロナウイルスワクチンの有効性と安全性に関する前向きコホート研究(研究計画)

    福島若葉, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 近藤亨子, 近藤亨子, 掛屋弘, 城戸康年, 金子幸弘, 金子明, 山口悦子, 小宮枝里子, 箱田明俊, 松浦知香, 松本一寛, 吹田安佐詠, 迎恵美子, 廣田良夫

    ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究 令和2年度 総括・分担研究報告書 2021年   2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • 新型コロナウイルス感染症流行下におけるWeb会議システムとWebアンケートフォームを導入した院内医療安全研修の実施 査読

    徳和目 篤史, 小出 直樹, 岡本 綾子, 川口 博資, 井手尾 浩美, 瀬脇 純子, 山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌   16 ( Suppl. )   288 - 288   2021年11月( ISSN:1881-3658 ( eISSN:1882-3254

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がインシデントへ与える影響に関する研究 査読

    川口 博資, 小出 直樹, 岡本 綾子, 井手尾 浩美, 徳和目 篤史, 瀬脇 純子, 掛屋 弘, 山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌   16 ( Suppl. )   239 - 239   2021年11月( ISSN:1881-3658 ( eISSN:1882-3254

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 医療安全研修のツールとして「朗読劇」を用いた参加型研修の可能性について 査読

    新田 雅彦, 山口 悦子, 森田 美千代, 山口 陽子, 菊田 裕規, 上田 英一郎, 村尾 仁

    医療の質・安全学会誌   16 ( Suppl. )   294 - 294   2021年11月( ISSN:1881-3658 ( eISSN:1882-3254

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究 大阪府における新型コロナウイルスワクチンの有効性と安全性に関する前向きコホート研究(研究計画)

    福島若葉, 大藤さとこ, 加瀬哲男, 近藤亨子, 近藤亨子, 掛屋弘, 城戸康年, 金子幸弘, 金子明, 山口悦子, 小宮枝里子, 箱田明俊, 松浦知香, 松本一寛, 吹田安佐詠, 迎恵美子, 廣田良夫

    ワクチンの有効性・安全性と効果的適用に関する疫学研究 令和2年度 総括・分担研究報告書   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    J-GLOBAL

  • 当院における静脈血栓塞栓症予防の取り組み 予防評価票と医師指示におけるPDCAサイクル 査読

    北村 孝一, 仲谷 薫, 藤長 久美子, 中村 和徳, 岡本 綾子, 清水 由紀, 豊田 宏光, 田中 克明, 大平 雅一, 山口 悦子

    医療の質・安全学会誌   15 ( Suppl. )   209 - 209   2020年11月( ISSN:1881-3658 ( eISSN:1882-3254

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 患者安全のトピックス~”To err is human”から品質管理へ~ 査読

    山口悦子

    産婦人科の進歩   72 ( 4 )   2020年( ISSN:0370-8446

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 透析中の急変対応について~病院の場合~ 査読

    長沼俊秀, 山口悦子

    日本透析医学会雑誌   52 ( Supplement 1 )   2019年( ISSN:1340-3451

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Development of Computer-based Self-Learning Tools for Childhood Cancer Survivors 査読

    Masumoto D., Nambu M., Nakagami-Yamaguchi E., Kihira K., Deguchi T., Maeda M., Hori H.

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   65   S582 - S582   2018年11月( ISSN:1545-5009

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 患者指導用イラストを用いた服薬指導 「服薬管理方法変更後の評価」(2) 査読

    仲谷 薫, 清水 由紀, 山口 悦子, 中村 和徳, 藤長 久美子, 瀬脇 純子, 北村 英之, 村上 聡, 仲谷 達也

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   13 ( Suppl. )   417 - 417   2018年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 転倒転落防止のための環境整備への取り組み リスクに対する意識向上をめざした環境整備チェックリストの作成 査読

    清水 由紀, 藤長 久美子, 中村 和徳, 山口 悦子, 仲谷 薫, 佐々木 由美子, 仲谷 達也

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   13 ( Suppl. )   421 - 421   2018年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 静脈血栓塞栓症予防における空気圧式マッサージ器の稼働率調査と運用変更 査読

    北村 孝一, 山口 悦子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 清水 由紀, 仲谷 薫, 稲崎 水奈子, 豊田 宏光, 大平 雅一, 仲谷 達也

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   13 ( Suppl. )   362 - 362   2018年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • 救命センターにおける医師・看護師合同の"KAIZEN"はプロフェッショナル育成と組織力向上に有効である 査読

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 田中 良一郎, 島本 千秋, 溝端 康光

    (一社)日本臨床救急医学会 日本臨床救急医学会雑誌   21 ( 2 )   345 - 345   2018年04月( ISSN:1345-0581

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 医療安全管理部門における専従臨床工学技士の役割 査読

    北村 孝一, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 清水 由紀, 仲谷 薫, 仲谷 達也

    (公社)日本臨床工学技士会 日本臨床工学技士会会誌   ( 63 )   184 - 184   2018年04月( ISSN:1341-3171

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 一歩進んだ急変撲滅プロジェクト"EARRTH"の取組みと効果 査読

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 江崎 麻衣子, 江原 省一, 西村 哲郎, 溝端 康光

    (一社)日本集中治療医学会 日本集中治療医学会雑誌   25 ( Suppl. )   [O93 - 2]   2018年02月( ISSN:1340-7988

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 医療安全管理部門における専従臨床工学技士の役割 査読

    北村 孝一, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 清水 由紀, 仲谷 薫, 仲谷 達也

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   12 ( Suppl. )   268 - 268   2017年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 注射薬の効果的な監査(ダブルチェック)に向けた取り組み 査読

    藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 清水 由紀, 仲谷 薫, 仲谷 達也, 岡村 尚枝, 坂本 三枝, 中西 麻美, 竹林 房代

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   12 ( Suppl. )   303 - 303   2017年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 服薬管理方法変更後の評価 PTPシートの誤飲防止と適切な服薬管理を目指して 査読

    仲谷 薫, 中村 和徳, 藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 清水 由紀, 岡村 尚枝, 瀬脇 純子, 坂本 三枝, 仲谷 達也

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   12 ( Suppl. )   301 - 301   2017年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 小児急性骨髄性白血病(AML)経験者の就学・就労促進に関わる要因と支援に関する研究 査読

    宮下 佳代子, 小林 京子, 山口 悦子[中山], 足立 壯一, 長谷川 大一郎, 岩本 彰太郎, 小林 良二, 照井 君典, 今村 俊彦, 嶋田 明, 金井 理恵, 早川 晶, 力石 健, 田村 真一, 大杉 夕子, JACLS QOL小委員会

    (一社)日本小児血液・がん学会 日本小児血液・がん学会雑誌   54 ( 4 )   376 - 376   2017年10月( ISSN:2187-011X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 安全文化を醸成する医療安全教育のデザイン-学習効果を高める参加型・双方向型の教育プログラム- 参加型・双方向型学習の事例3(インプロ、アニメを応用した医療安全研修プログラム) 査読

    山口 悦子[中上], 藤長 久美子, 中村 和徳, 仲谷 薫, 清水 由希, 北村 孝一, 岡村 尚枝, 仲谷 達也

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   12 ( Suppl. )   183 - 183   2017年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Health-related quality of life in Japanese children with acute lymphoblastic leukemia during and after chemotherapy 査読

    Kobayashi Kyoko, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hayakawa Akira, Adachi Souichi, Hara Junichi, Tokimasa Sadao, Ohta Hideaki, Hashii Yoshiko, Rikiishi Takeshi, Sawada Machiko, Kuriyama Kikuko, Kohdera Urara, Kamibeppu Kiyoko, Kawasaki Hirohide, Oda Megumi, Hori Hiroki

    PEDIATRICS INTERNATIONAL   59 ( 2 )   145 - 153   2017年02月( ISSN:1328-8067

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1111/ped.13092

    PubMed

  • JACLS参加施設におけるANLL91、AML99治療を受けた白血病経験者の晩期合併症とQOLに関する後方視的調査研究(Retrospective study of late effects and QOL in survivors of leukemia treated with the ANLL91 or AML99 protocol from JACLS) 査読

    大杉 夕子, 山口 悦子, 長谷川 大一郎, 今村 俊彦, 早川 晶, 安井 昌博, 坂口 大俊, 堀 司, 嶋田 明, 岩本 彰太郎, 橋井 佳子, 田村 真一, 力石 健, 照井 君典, 金井 理恵, 佐藤 篤, 堀部 敬三, 小林 良二, 足立 壯一

    (一社)日本小児血液・がん学会 日本小児血液・がん学会雑誌   53 ( 4 )   274 - 274   2016年11月( ISSN:2187-011X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 造血幹細胞移植において移植前処置の強度を減じることで卵巣・内分泌機能を温存できる JACLSからの報告(High rates of ovarian and endocrine function preservation after HCT with RIC for pediatric acute leukemia: a study of JACLS) 査読

    藤野 寿典, 石田 宏之, 井口 晶裕, 小沼 正栄, 加藤 剛二, 清水 真理子, 安井 昌博, 浜本 和子, 鷲尾 佳奈, 坂口 大俊, 宮下 恵美子, 大杉 夕子, 山口 悦子, 早川 晶, 堀部 敬三, 佐藤 篤, 高橋 義行

    (一社)日本小児血液・がん学会 日本小児血液・がん学会雑誌   53 ( 4 )   265 - 265   2016年11月( ISSN:2187-011X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 「防ぎえた急変」の撲滅を目的とした教育プログラム<EARRTH>導入前の試験結果とその効果 査読

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 江原 省一, 阿部 美佐子, 藤長 久美子, 岡村 尚枝, 溝端 康光

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   11 ( Suppl. )   295 - 295   2016年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • 静脈血栓塞栓症予防対策の標準化に向けた取り組み 新しい静脈血栓塞栓症予防のための評価フローの開発 査読

    藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 岡村 尚枝, 仲谷 薫, 大平 雅一, 豊田 宏光, 田中 克明, 福田 武史, 仲川 将志

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   11 ( Suppl. )   269 - 269   2016年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • 医科大学と芸術大学の協働による芸術を応用した患者安全教育プログラムの開発 査読

    山口 悦子[中上], 森本 玄, 村尾 仁, 糸井 利幸, 北村 英之, 由井 武人, 森口 ゆたか, 種田 憲一郎

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   11 ( Suppl. )   297 - 297   2016年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • アニメーションを活用した医療安全研修 EARRTH(Early Awareness and Rapid Response Training in Hospitals)教育プログラム 査読

    岡村 尚枝, 山口 悦子[中上], 村上 聡, 安田 果枝, 西村 哲郎, 藤長 久美子, 仲谷 薫, 中村 和徳, 森本 玄, 溝端 康光

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   11 ( Suppl. )   298 - 298   2016年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • 「防ぎえた急変」の撲滅を目的とした新システム"EARRTH"導入前の試験の結果とその効果 査読

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 溝端 康光

    (一社)日本救急医学会 日本救急医学会雑誌   27 ( 9 )   420 - 420   2016年09月( ISSN:0915-924X

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • 輸血委員会小ワーキング活動による安全かつ適正輸血への取り組み 輸血認定医・認定輸血検査技師・認定輸血看護師の連携活動 査読

    藤野 惠三, 松本 有紀, 武田 真一, 阪口 真紀, 山野 靖子, 満 馨, 金 佳江, 鵜池 純子, 山口 悦子[中上], 田守 昭博, 河田 則文

    (一社)日本輸血・細胞治療学会 日本輸血細胞治療学会誌   61 ( 2 )   261 - 261   2015年04月( ISSN:1881-3011

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 小児造血器腫瘍(リンパ系腫瘍)に対する標準治療確立のための研究 小児造血器腫瘍患者のQOL評価と長期フォローアップ体制の確立 招待

    前田美穂, 石田也寸志, 岩井艶子, 大園秀一, 川口浩史, 清谷知賀子, 早川晶, 前田尚子, 森尚子, 山口悦子, 力石健

    小児造血器腫瘍(リンパ系腫瘍)に対する標準治療確立のための研究 平成26年度 委託業務成果報告書   65‐68   2015年

     詳細を見る

  • 医薬品包装における「使い手(医療現場) 作り手(包装メーカー)間」のギャップ 査読

    宮崎 玲奈, 山口 悦子[中上], 西川 武司, 宮崎 京子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 樋田 享子, 西野 広宣, 仲谷 達也

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   9 ( Suppl. )   276 - 276   2014年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 麻薬事故防止に向けた取り組み 5W1Hを用いた時系列表示への手順書の改定を中心として 査読

    下田 美雪, 藤井 友里, 渡邊 麻美, 田頭 早苗, 西山 明子, 宮崎 京子, 山口 悦子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 佐藤 美子

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   9 ( Suppl. )   272 - 272   2014年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 職種・職位による手洗い指摘行動の違い 二度目の指摘を行えるか? 査読

    奥山 絢子, 山口 悦子[中上], 早川 和生

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   9 ( Suppl. )   223 - 223   2014年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 小児造血器腫瘍に対する標準治療と診断確立のための研究 小児造血器腫瘍患者のQOL評価と長期フォローアップ体制の確立

    前田美穂, 石田也寸志, 岩井艶子, 大園秀一, 清谷知賀子, 辻尚子, 早川晶, 堀浩樹, 前田尚子, 山口悦子, 力石健

    小児造血器腫瘍に対する標準治療と診断確立のための研究 平成25年度 総括・分担研究報告書   69 - 72   2014年

     詳細を見る

  • テキストマイニング手法を用いた外来待ち時間自由記述アンケート分析 査読

    PARK Keunsik, 山田章子, 多賀陽子, 畠山幹司, 八木一郎, 山口悦子, 丹後幾子, 荒川哲男

    医療情報学連合大会論文集   33rd   1056 - 1057   2013年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 医療事故情報の半構造化データにおけるネットワーク作る問題の分析 査読

    魏 き, 藤田 桂英, 山口 悦子[中上]

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   33回   928 - 931   2013年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 医療事故情報の半構造化データにおけるネットワーク作る問題の分析 査読

    魏 き, 藤田 桂英, 山口 悦子[中上]

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   33回   928 - 931   2013年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 個人属性による医療チーム内での他チーム員の不安全行動目撃頻度、問題指摘行動とインシデント報告の違い 査読

    奥山 絢子, 山口 悦子[中上], 早川 和生

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   8 ( Suppl. )   312 - 312   2013年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 転倒防止について アニメーションによる「転倒撲滅シアター」DVD作成 査読

    藤長 久美子, 山口 悦子, 中村 和徳, 西野 広宣, 加藤 博, バタール 明子, 徳岡 琢磨, 馬場 典生, 杉浦 幹男, 仲谷 達也

    (一社)医療の質・安全学会 医療の質・安全学会誌   8 ( Suppl. )   352 - 352   2013年10月( ISSN:1881-3658

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • パネルディスカッション (講演再録 「平成23年度 患者安全推進全体フォーラム」から) 招待

    長谷川 剛, 吉田 道雄, 山口(中上) 悦子

    認定病院患者安全推進協議会 患者安全推進ジャーナル   ( 30 )   57 - 60   2013年

     詳細を見る

  • JB03 教育心理学の「学校外の社会へ」の拡張と協働(越境論から) : 状況論・活動理論の実際(3)(自主企画シンポジウム) 招待 査読

    香川秀 太, 青山 征彦, 山口(中上) 悦子, 渡辺 理, 諏訪 晃一, 岡田 光弘, 有元 典文

    一般社団法人 日本教育心理学会 日本教育心理学会総会発表論文集   55 ( 0 )   S54 - S55   2013年( ISSN:2189-5538

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • 教育講演 医療安全のための組織づくり : なんでもありの、医療安全? (講演再録 「平成23年度 患者安全推進全体フォーラム」から) 査読

    山口(中上) 悦子

    認定病院患者安全推進協議会 患者安全推進ジャーナル   ( 30 )   45 - 56   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 小児造血器腫瘍に対する標準治療と診断確立のための研究 小児造血器腫瘍患者のQOL評価と長期フォローアップ体制の確立 招待

    石田也寸志, 岩井艶子, 瓜生英子, 大園秀一, 清谷知賀子, 辻尚子, 早川晶, 堀浩樹, 前田尚子, 前田美穂, 山口悦子, 力石健

    小児造血器腫瘍に対する標準治療と診断確立のための研究 平成24年度 総括・分担研究報告書   64 - 67   2013年

     詳細を見る

  • 小児がん経験者自身のための長期フォローアップ教育指導ツールの開発 査読

    早川 晶, 山口 悦子[中上], 瓜生 英子, 南部 美砂子, 原田 寛己, 根本 文佳, 栗山 貴久子, 辻 尚子, 力石 健, 浅見 恵子, 岩井 艶子, 大園 秀一, 清谷 知賀子, 堀 浩樹, 前田 尚子, 前田 美穂, 石田 也寸志, 水谷 修紀, 日本小児白血病リンパ腫研究グループ

    (NPO)日本小児血液・がん学会・(NPO)日本小児がん看護学会・(公財)がんの子供を守る会 日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号   54回・10回・17回   242 - 242   2012年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • カスタマイズしたプログラムが一要因と考えられた、電子カルテ経過表記録の問題 査読

    多賀 陽子, 山口 悦子[中上], 丹後 幾子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 朴 勤植, 仲谷 達也

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   32回   1256 - 1259   2012年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 小児造血器腫瘍に対する標準治療と診断確立のための研究 小児造血器腫瘍患者のQOL評価と長期フォローアップ体制の確立

    石田也寸志, 浅見恵子, 瓜生英子, 大園秀一, 清谷知賀子, 栗山貴久子, 早川晶, 堀浩樹, 前田尚子, 前田美穂, 山口悦子, 力石健

    小児造血器腫瘍に対する標準治療と診断確立のための研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   60 - 63   2012年

     詳細を見る

  • Detecting Effective Categories of Medical Incident Reports for Patient Safety Management 査読

    Fujita Katsuhide, Akiyama Masanori, Park Keunsik, Yamaguchi Etsuko (Nakagami), Furukawa Hiroyuki, Sakata Ichiro, Kajikawa Yuya

    PICMET '12: PROCEEDINGS - TECHNOLOGY MANAGEMENT FOR EMERGING TECHNOLOGIES   3073 - 3082   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • G8. 複数のコミュニティ間の境界をいかに乗り越え(越境し)分析するか : 状況論・活動理論の実際(2)(自主企画シンポジウム) 査読

    香川 秀太, 臼井 東, 岩木 穣, 臼木 悦生, 有元 典文, 青山 征彦, 原田 悦子, 南部 美砂子, 日根 恭子, 須藤 智, 朴 勤植, 山口 悦子, 鹿志村 香

    一般社団法人 日本教育心理学会 日本教育心理学会総会発表論文集   54 ( 0 )   922 - 923   2012年( ISSN:2189-5538

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • ASSESSMENT OF QOL DURING TREATMENT OF CHILDREN WITH ACUTE LYMPHOBLASTIC LEUKEMIA-PROSPECTIVE COHORT STUDY OF THE JAPAN ASSOCIATION OF CHILDHOOD LEUKEMIA STUDY GROUP 査読

    Ishida Yasushi, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hori Hiroki, Hongo Teruaki, Yoshinari-Ouchi Miyako, Kuriyama Kikuko, Hisakawa Hiroaki, Ohta Hideaki, Yumura-Yagi Keiko, Okada Shuichi, Kohdera Urara, Horibe Keizo, Hara Junichi

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER   57 ( 5 )   708   2011年11月( ISSN:1545-5009

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 小児がんに対する標準治療・診断確立のための研究 小児がん患者の長期フォローアップシステム確立のための研究

    石田也寸志, 浅見恵子, 瓜生英子, 大園秀一, 清谷知賀子, 栗山貴久子, 早川晶, 堀浩樹, 前田尚子, 前田美穂, 山口悦子, 力石健

    小児がんに対する標準治療・診断確立のための研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   63 - 69   2011年

     詳細を見る

  • 小児がんの罹患数把握および晩期合併症・二次がんの実態把握のための長期フォローアップセンター構築に関する研究 晩期合併症調査

    石田也寸志, 有瀧健太郎, 浅見恵子, 大園秀一, 前田美穂, 山口悦子, 堀部敬三, 岡村純, 気賀沢寿人, 小林良二, 井上雅美, 邱冬梅, 坂本なほ子, 吉永信治, 藤本純一郎, 黒田達夫

    小児がんの罹患数把握および晩期合併症・二次がんの実態把握のための長期フォローアップセンター構築に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   29 - 31   2011年

     詳細を見る

  • 看護・医療業務における違反への潜在的態度測定の試み:Implicit Association Testを用いて 査読

    安達 悠子, 臼井 伸之介, 山口(中上) 悦子, 山田 章子, 朴 勤植, 仲谷 達也

    日本認知心理学会 認知心大会論文   2011 ( 0 )   2 - 2   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    違反の生起要因の一つに,違反への潜在的態度があると考えられる。安達・臼井(2010)は,その測定手法として潜在的連合テスト(Implicit Association Test:IAT)に着目し,看護業務における違反への潜在的態度を測定するIATの作成を試みた。同IATの妥当性と信頼性を検討するため,本研究では,リスクマネジャーを務めている医療従事者51名に同IATを実施した。その結果,IATのブロック間の反応時間と誤答数の差からツールとしての構成概念妥当性が示された。また,試行間のばらつきから信頼性(内的一貫性)が示された。リスクマネジャー任用以外の安全に関わる委員会経験の有無で,IATを得点化したIAT得点を比較した。看護師の場合,委員会経験がある群はない群よりIAT得点が高く,違反を不快だとより強く感じていることが示唆された。既知集団を用いた検討からも,妥当性は支持された。

    CiNii Article

  • 病院情報システム導入後のインシデント分析 査読

    山口 悦子[中上], 朴 勤植, 山田 章子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 谷生 道子, 加藤 博, 仲谷 達也, 原田 悦子, 南部 美砂子, 須藤 智

    (一社)日本医療情報学会 医療情報学連合大会論文集   30回   246 - 251   2010年11月( ISSN:1347-8508

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 学習ツールとしてのインシデントレポートシステム 査読

    山口(中上) 悦子, 朴 勤植

    公益社団法人 日本心理学会 日本心理学会大会発表論文集   74 ( 0 )   2PM008 - 2PM008   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

    CiNii Article

  • 小児がんに対する標準治療・診断確立のための研究 小児がん患者の長期フォローアップシステム確立のための研究

    石田也寸志, 浅見恵子, 有瀧健太郎, 大園秀一, 沖本由理, 栗山貴久子, 徳山美香, 堀浩樹, 前田尚子, 前田美穂, 山口悦子, 力石健

    小児がんに対する標準治療・診断確立のための研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   53 - 58   2010年

     詳細を見る

  • 小児がんに対する標準治療・診断確立のための研究 小児がん患者の長期フォローアップシステム確立のための研究

    石田也寸志, 浅見恵子, 有瀧健太郎, 大園秀一, 沖本由理, 栗山貴久子, 徳山美香, 堀浩樹, 前田尚子, 前田美穂, 山口悦子, 力石健

    小児がんに対する標準治療・診断確立のための研究 平成20年度 総括・分担研究報告書   47 - 49   2009年

     詳細を見る

  • 全経過約12年にわたる再発を繰り返したフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病 査読

    倭 和美, 池宮 美佐子, 山口 悦子

    日本小児血液学会雑誌   22 ( 4 )   243 - 246   2008年08月( ISSN:09138706

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • Art in hospital: The role of artists and the effect of the activities 査読

    Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hirai Hironori, Shintaku Haruo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   43 ( 3-4 )   327   2008年06月( ISSN:0020-7594

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 細胞移植によるライソゾーム病脳病変の長期治療の可能性についての検討 査読

    澤田 智, 田中 あけみ, 瀬戸 俊之, 前田 光代, 高村 歩美, 檜垣 克美, 難波 栄二, 松田 潤一郎, 山口 悦子, 山野 恒一

    日本先天代謝異常学会雑誌   23 ( 1 )   2007年10月( ISSN:09120122

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 病院とアート 「おもろい病院」をめざして 招待

    平井 祐範, 山口 悦子

    (株)へるす出版 小児看護   30 ( 11 )   1496 - 1501   2007年10月( ISSN:0386-6289

  • カラーグラフ 病院とアート--「おもろい病院」をめざして (特集 病気の子どもの学校教育と学校生活の支援) 招待

    平井 祐範, 山口 悦子

    へるす出版 小児看護   30 ( 11 )   1496 - 1501   2007年10月( ISSN:03866289

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて : 第2報-1999年と2005年の比較 査読

    石田 也寸志, 堀 浩樹, 吉成 みやこ, 圀府寺 美, 山口 悦子, 栗山 貴久子, 久川 浩章, 平松 英文, 吉田 真, 本郷 輝明, 本郷 輝明

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録 = Pediatric oncology   43 ( 2 )   196 - 202   2006年09月( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    この6年間のQOLに関する問題に関する施設方針の変化を知り,院内の施設やコメディカルスタッフの体制について新たに調査を行うことを目的にアンケート調査を施行した.1999年に比べて2005年では,骨髄・腰椎穿刺時に静脈麻酔を併用する施設の割合はそれぞれ59%から67%,44%から66%に増加しており,中心静脈ラインの確保も原則全例とする施設が41%から71%に増加していた.外泊・外出基準に大きな変化は認めなかったが,食事は加熱食や生もの禁以外に無菌食,特別食,選択メニュー,オーダー食など多様となっていた.院内学級は約3分の2の施設に整備されていたが,院内保育士,臨床心理士,ソーシャルワーカーなどコメディカルスタッフや家族宿泊施設,院内図書館などの整備はまだ20~50%の施設にとどまっていた.

    CiNii Article

  • Cell therapy for the brain involvement in lysosomal storage disease 査読

    Sawada T., Tanaka A., Seto T., Maeda M., Jikihara I, E Yamaguchi, Matsuda J., Nanba E., Yamano T.

    JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE   29   35 - 35   2006年08月( ISSN:0141-8955

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 24OP9-8 急性リンパ性白血病患児のQOLアンケート自由記述の分析 : 第1報 治療相による親の感情の変化(ポスター その他(臨床)2,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 査読

    豆板 律子, 圀府寺 美, 石田 也寸志, 久川 浩章, 平松 英文, 堀 浩樹, 本郷 輝明, 山口 悦子, 工藤 亨

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   43 ( 3 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • 24OP3-11 tandem HDCを施行した乳児発症小脳AT/RTの1例(ポスター 脳腫瘍,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 査読

    山口 悦子, 倭 和美, 露口 尚弘, 山内 滋, 石田 博, 多田 明央

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   43 ( 3 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • 24OO7-4 小児病棟における療養環境改善活動の現状と評価、課題(口演 その他,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 査読

    中島 謙太郎, 宮下 佳代子, 山口 悦子, 新宅 治夫, 山野 恒一, 平井 祐範

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   43 ( 3 )   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • 看取りのグループ・ダイナミックス:臨床の死生学構築への心理学的-考察 査読

    山口 洋典, 山口 悦子, 秋田 光彦, 日高 明

    公益社団法人 日本心理学会 日心大会論文集   70 ( 0 )   2AM012 - 2AM012   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 医療現場における対話と学習 査読

    山口 悦子

    公益社団法人 日本心理学会 日心大会論文集   70 ( 0 )   2AM011 - 2AM011   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • HP19-4 先天性白血病の一例(ポスター AML3,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 査読

    鶴原 昭史, 横井 俊明, 山口 悦子, 倭 和美

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   42 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • OP34-1 総合病院・混合病棟における小児がんトータル・ケアの実際 : グループ・ダイナミックスの視点から(ポスター 支援2,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 査読

    山口 悦子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   42 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • HP3-1 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて:第2報(ポスター 支援・心理・教育,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 査読

    石田 也寸志, 本郷 輝明, 堀 浩樹, 圀府寺 美, 久川 浩章, 吉成 みやこ, 山口 悦子, 栗山 貴久子, 平松 英文, 吉田 真, 原 純一, 中畑 龍俊

    がんの子供を守る会 小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録   42 ( 3 )   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    CiNii Article

  • 医療現場におけるアート活動の意義「ぼくらの"まち"〜病院〜」という発想 "日常"生活の中の「アート」 招待

    山口 悦子

    (株)メヂカルフレンド社 看護展望   29 ( 3 )   298 - 299   2004年02月( ISSN:0385-549X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 医療現場におけるアート活動の意義「ぼくらの"まち"〜病院〜」という発想 病棟・病院を日常生活の場ととらえる 招待

    山口 悦子

    (株)メヂカルフレンド社 看護展望   29 ( 1 )   10 - 11   2004年01月( ISSN:0385-549X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 医療現場におけるアート活動の意義「ぼくらの"まち"〜病院〜」という発想 病棟・病院を日常生活の場ととらえる 査読

    山口 悦子

    (株)メヂカルフレンド社 看護展望   29 ( 1 )   10 - 11   2004年01月( ISSN:0385-549X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Notch ligand,Jagged1およびDelta1がG-CSF分化誘導時にマウスか粒球系細胞株に及ぼす効果の差異 査読

    山口悦子, 千葉繁, 熊野恵城, 国里篤, 山口智之, 斎藤俊樹, 増田茂夫, 平井久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録   32   2002年( ISSN:0919-1984

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    J-GLOBAL

  • 卒業を控えたターミナル期児童の居住地校との連携のあり方について 査読

    三木 芳美, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん   38 ( 4 )   533 - 537   2001年12月( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • MRIにて脳内に多発性結核腫を認めた粟粒結核の1例 査読

    倭 和美, 山口 悦子, 上本 未夏, 森 啓之

    日本小児科学会雑誌   103 ( 12 )   1260 - 1263   1999年12月( ISSN:00016543

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 化学療法を受けた患児の処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移 査読

    山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん   35 ( 4 )   514 - 520   1998年12月( ISSN:03894525

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ⼼理的安全性とTQM 招待 国内会議

    山口(中上) 悦子

    Conference for Healthcare  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 医療における安全管理体制 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    第41回日本中医師会獣医学術学会年次大会  2023年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 学習する組織を育てる 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    第19回医療安全大会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

  • 医療安全チームメンバーに臨床工学技士も!~日本臨床工学技士会の活動も含めて~ 医療安全管理部門に臨床工学技士を配置している病院で勤務する看護師の意見 国内会議

    井手尾 浩美, 遠藤 弘子, 徳和目 篤史, 高橋 正也, 小出 直樹, 伊賀 祐子, 山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2023年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多職種チームによる転倒転落インシデント予防の取り組み 国内会議

    伊賀 祐子, 寺井 秀富, 山崎 祐子, 栄 圭子, 山本 達典, 三好 隆志, 児玉 典子, 野井 香梨, 鶴澤 佳隆, 山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2023年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 不要なベンゾジアゼピン系睡眠薬を減らすための睡眠薬院内標準指示作成の取り組み 国内会議

    川口 博資, 出口 裕彦, 馬場 華奈己, 須田 泰記, 武田 景敏, 小林 美保, 小谷 晃平, 中尾 吉孝, 徳和目 篤史, 山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2023年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Child HCAHPS日本語版を用いた小児入院患者の患者経験価値(patient experience,PX) 多施設調査 国内会議

    稲田 雄, 坂井 直哉, 寺田 悠里子, 山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2023年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ゲームを用いた医療安全教育の開発 国内会議

    小出 直樹, 村上 聡, 稲田 雄, 徳和目 篤史, 加藤 良一, 山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2023年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 学習する病院組織を目指すリーダーのあなたへ~心理的安全性への招待~ 招待 国内会議

    山口(中上) 悦子

    第23回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2023 in 岡山  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Introducing the Applied Theatre Approach to Patient Safety Education in Japanese Hospitals 国内会議

    2023年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Rapid Response Systemが病棟看護師に与える影響の検討 国内会議

    出口 亮, 山本 啓雅, 日村 帆志, 阿部 美佐子, 井上 佳世, 村上 美保, 江原 省一, 藤井 弘道, 山口 悦子[中上], 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2023年06月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • めざせLess is more(臓器別編) 小児集中治療室における5%アルブミン製剤使用を減らす医療の質改善の取り組み 国内会議

    稲田 雄, 山口 悦子[中上], 伊東 幸恵, 赤松 貴彬, 森田 可奈子, 祖父江 俊樹, 井坂 華奈子, 籏智 武志, 清水 義之, 竹内 宗之

    日本集中治療医学会雑誌  2023年06月  (一社)日本集中治療医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者に特徴的なインシデントレポートの探索 国内会議

    川口博資, 小出直樹, 伊賀祐子, 井手尾浩美, 徳和目篤史, 掛屋弘, 山口(中上)悦子

    第17回医療の質・安全学会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Child HCAHPS日本語版の信頼性と妥当性の検証 国内会議

    稲田雄, 稲田雄, 山口(中上)悦子

    第17回医療の質・安全学会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 医療の質向上のためのクリニカルパス~TQMの視点から~ 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    第17回医療の質・安全学会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • インシデントレポートの「調理法」とレポートシステムの「あったらいいな」 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    第17回医療の質・安全学会  2022年11月  医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:神戸  

  • 「朗読劇」を用いた医療安全研修について 国内会議

    新田雅彦, 山口(中上)悦子, 村尾仁, 森田美千代, 山口陽子, 菊田裕規

    第17回医療の質・安全学会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • TWIプログラムを用いたTeamSTEPPSの定着と効果 国内会議

    亀本望, 山口(中上)悦子, 山口(中上)悦子, 竹村孝代, 照屋恵子, 小山和彦, 卜部祥継, 石川原, 塩野裕之

    第17回医療の質・安全学会  2022年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Comparison of incident reports of COVID-19 and non-COVID-19 patients in a critical care center of a tertiary-care teaching hospital in Japan. 国際会議

    Kawaguchi. H, Nakagami-Yamaguchi. E. Kakeya. H

    ISQua's 38th International Conference (International Society for Quality in Health Care).  2022年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 患者の安全を高めるチーム医療とクリニカルパス 医療の質向上のためのクリニカルパス TQMの視点から 招待 国内会議

    山口 悦子[中上]

    日本クリニカルパス学会誌  2022年10月  (一社)日本クリニカルパス学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 患者安全におけるアーツ・ベイスド・ラーニング(Arts Based Learning)の応用 教育用ゲームツールの開発

    山口 悦子[中上]

    第60回日本医療・病院管理学会誌  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • カテーテル関連の事故と安全 社会科学の観点から 招待

    山口 悦子[中上]

    第67回日本透析医学会  2022年07月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 医療の質と安全を向上させるアート 招待 国内会議

    山口(中上)えつこ

    第25回日本臨床救急医学会  2022年05月  日本臨床救急医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪  

  • 小児総合医療施設における小児入院患者の患者経験価値(PX)の現状と課題 Child HCAHPS日本語版によるPX調査の結果から 国内会議

    稲田 雄, 山口(中上) 悦子

    小児保健研究  2022年05月  (公社)日本小児保健協会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 透析における医療安全 ~チーム力を高め、未知と向き合う~ 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    第24回透析アクセス医学会 教育講演  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 病室における転倒転落防止のための取り組み 病室環境チェックリストの改訂を試みて 国内会議

    岡本 綾子, 藤長 久美子, 北村 孝一, 清水 由紀, 仲谷 薫, 川口 博資, 瀬脇 純子, 中村 和徳, 山口 悦子

    第15回医療の質・安全学会  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • "医療のTQM"を推進する-TQMの5W1H- 組織力を高めるTQM/カイゼンを問い直す「学び」「遊び」の場としての大学院教育 国内会議

    山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2021年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療安全活動を可視化する〜医療の質・安全学会誌へ投稿しよう!〜 医療の質・安全学とは何か 医療の質・安全学の研究とは何か 国内会議

    山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2021年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療安全活動を可視化する~医療の質・安全学会誌へ投稿しよう!~ 医療の質・安全学とは何か 医療の質・安全学の研究とは何か 国内会議

    山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2021年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療の質と安全を向上させるアート 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    名古屋市立大学ヘルスケアアート連続講座第5回  2021年08月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 医療事故調査制度5年間を振り返って 国内会議

    山口(中上)悦子

    滋慶医療科学大学院大学 医療安全特別セミナー パネルディスカッション  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 事例に学ぶ:現場の事例は共有されているか、事故調査の結果は共有されているか、再発防止に活かされているか―事故からの学びと「風化」 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    第15回医療の質・安全学会シンポジウム  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 事例に学ぶ:現場の事例は共有されているか、事故調査の結果は共有されているか、再発防止に活かされているか 事故からの学びと「風化」 国内会議

    山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2020年11月  (一社)医療の質・安全学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 患者安全のトピックス”To err is human"から品質管理へ. 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    第143回近畿産婦人科学会学術集会 教育講演  2020年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 静脈血栓塞栓症予防における空気圧式マッサージ器の患者への使用状況調査と運用変更 国内会議

    北村孝一, 仲谷薫, 仲谷薫, 藤長久美子, 松尾光則, 中村和徳, 岡本綾子, 島本千秋, 豊田宏光, 大平雅一, 山口悦子

    第30回日本臨床工学会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療安全・感染対策の新しい話題 学習する組織 質を求めるシステム構築を目指して 国内会議

    山口 悦子[中上]

    日本皮膚科学会雑誌  2020年05月  (公社)日本皮膚科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 患者安全のトピックス:国内外の動向 招待 国内会議

    山口 悦子

    第69回日本泌尿器科学会中部総会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    1999年に起きた医療事故の報道以降、様々な対策が行われてきたが、医療は安全になったのか。本講演では医療安全の歴史をひもときながら、医療の質と安全に関する国内外の現代のトピックスを概説する。

  • フレキシブルビデオ腹腔鏡の修理費削減の取り組み 国内会議

    福田 将誉, 山路 雄太, 井口 基, 宮崎 京子, 小松 友, 仲谷 薫, 山口 悦子[中上]

    第14回医療の質安全学会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ゲーム型学習ツールを用いた静脈血栓塞栓症予防マニュアルの学習促進効果の検証 国内会議

    北村 孝一, 村上 聡, 仲谷 薫, 清水 由紀, 藤長 久美子, 中村 和徳, 岡本 綾子, 杉本 駿太, 羽川 直宏, 山口 悦子[中上]

    第14回医療の質安全学会  2019年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療の「安全」「安心」「信頼」とは何か 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    患者・家族メンタル支援学会 第5 回学術総会  2019年10月  患者・家族メンタル支援学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学医学部杉浦地域医療研究センター  

  • ポスト活動理論のパフォーマンス 越境する地域コミュニティと学習する医療の交歓 国内会議

    山口 悦子

    第66回日本グループ・ダイナミックス学会  2019年10月  日本グループダイナミックス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山  

    企画者・話題提供者 立命館大学 山口洋典 企画者・話題提供者 大阪市立大学 山口(中上)悦子 指定討論者 青山学院大学 香川秀太

  • Improving the safety of medicine instructions of nurses using illustrations 国際会議

    Kaoru Nakatani, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Satoshi Murakami, Yuki Shimizu, Kumiko Fujinaga, Kazunori Nakamura and Tatsuya Nakatani

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 透析中の急変対応について 病院の場合 国内会議

    長沼 俊秀, 山口 悦子

    日本透析医学会雑誌  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん経験者に対する長期フォローアップにおける自己学習ツールの開発と評価 国内会議

    舛本 大輔, 南部 美砂子, 山口 悦子[(中上], 前田 美穂, 木平 健太郎, 出口 隆生, 堀 浩樹

    日本小児血液・がん学会雑誌  2019年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医教連携? 知恵と勇気で切り開く新たなネットワーク 国内会議

    山口 悦子[中上]

    病気の子どもと医療・教育  2019年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 『男女協働参画』の基本となる心理的安全 招待 国内会議

    山口(中上)悦子

    医師会男女共同参画講演会  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Transforming concept of patient safety education: introducing arts-based learning program in Japan 招待 国際会議

    Etsuko Nakatami-Yamaguchi

    6th World Nursing & Healthcare Conference  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Rome  

  • 静脈血栓塞栓症予防における空気圧式マッサージ器の稼働率調査と運用変更 国内会議

    北村孝一, 山口悦子, 山口悦子, 藤長久美子, 中村和徳, 清水由紀, 仲谷薫, 仲谷薫, 仲谷薫, 稲崎水奈子, 豊田宏光, 大平雅一, 仲谷達也, 仲谷達也

    医療の質・安全学会誌  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 患者指導用イラストを用いた服薬指導~「服薬管理方法変更後の評価」(2)~ 国内会議

    仲谷薫, 仲谷薫, 仲谷薫, 清水由紀, 山口悦子, 山口悦子, 中村和徳, 藤長久美子, 瀬脇純子, 北村英之, 村上聡, 仲谷達也, 仲谷達也

    医療の質・安全学会誌  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救命センターにおける医師・看護師合同の継続的改善活動“KAIZEN”によるプロフェッショナル育成と組織力向上の効果とその課題 国内会議

    羽川直宏, 羽川直宏, 羽川直宏, 山口(中上)悦子, 田中良一郎, 島本千秋, 溝端康光, 溝端康光

    医療の質・安全学会誌  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転倒転落防止のための環境整備への取り組み~リスクに対する意識向上をめざした環境整備チェックリストの作成~ 国内会議

    清水由紀, 藤長久美子, 中村和徳, 山口悦子, 山口悦子, 仲谷薫, 仲谷薫, 仲谷薫, 佐々木由美子, 仲谷達也, 仲谷達也

    医療の質・安全学会誌  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転倒転落防止のための環境整備への取り組み リスクに対する意識向上をめざした環境整備チェックリストの作成 国内会議

    清水 由紀, 藤長 久美子, 中村 和徳, 山口 悦子, 仲谷 薫, 佐々木 由美子, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Let’s perform the healthcare! :The new teamwork training program applied Anime and Improve. 招待 国際会議

    Etsuko Nakagami-Yamaguchi & Yasuko Fujiwara-Hasegawa

    Performing the World 2018  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:New York  

  • 越境的対話のグループ・ダイナミックス 活動理論のその先をめぐって 国内会議

    山口(中上)悦子

    第65回日本グループ・ダイナミックス学会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    企画者・話題提供者 大阪市立大学 山口(中上)悦子 企画者・対話進行役 立命館大学 山口洋典 話題提供者 青山学院大学 香川秀太

  • Arts-based leaning in quality and safety: A new strategy of patient safety education 招待 国際会議

    Etsuko Nakagami-Yamaguchi

    4th World nursing & Healthcare Conference  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Rome  

  • Safer use of potassium chloride injection after clarification of the regulation 国際会議

    Kaoru Nakatani, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Kazunori Nakamura, Kumiko Fujinaga, Yoshikatsu Shinoda, Shuhei Tomita, Tatsuya Nakatani

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Amsterdam  

  • 輸血療法に関するアンケート調査報告 国内会議

    金 佳江[金松], 山野 靖子, 満 馨, 阪口 真紀, 北田 智子, 内田 桂子, 鵜池 純子, 藤野 惠三, 松本 有紀, 山口 悦子[中上], 田守 昭博

    日本輸血細胞治療学会誌  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療安全管理部門における専従臨床工学技士の役割 国内会議

    北村孝一, 山口(中上)悦子, 山口(中上)悦子, 中村和徳, 藤長久美子, 清水由紀, 仲谷薫, 仲谷薫, 仲谷達也, 仲谷達也

    日本臨床工学技士会会誌  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療安全管理部門における専従臨床工学技士の役割 国内会議

    北村孝一, 山口(中上)悦子, 山口(中上)悦子, 中村和徳, 藤長久美子, 清水由紀, 仲谷薫, 仲谷薫, 仲谷達也, 仲谷達也

    日本臨床工学技士会会誌  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 輸血療法に関するアンケート調査報告 国内会議

    金 佳江[金松], 山野 靖子, 満 馨, 阪口 真紀, 北田 智子, 内田 桂子, 鵜池 純子, 藤野 惠三, 松本 有紀, 山口 悦子[中上], 田守 昭博

    日本輸血細胞治療学会誌  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救命センターにおける医師・看護師合同の"KAIZEN"はプロフェッショナル育成と組織力向上に有効である 国内会議

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 田中 良一郎, 島本 千秋, 溝端 康光

    日本臨床救急医学会雑誌  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 一歩進んだ急変撲滅プロジェクト"EARRTH"の取組みと効果 国内会議

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 江崎 麻衣子, 江原 省一, 西村 哲郎, 溝端 康光

    日本集中治療医学会雑誌  2018年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療安全管理部門における専従臨床工学技士の役割 国内会議

    北村 孝一, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 清水 由紀, 仲谷 薫, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 参加型・双方向型学習の事例 3(インプロ,アニメを応用した医療安全研修プログラム) 国内会議

    山口(中上)悦子, 山口(中上)悦子, 藤長久美子, 中村和徳, 仲谷薫, 仲谷薫, 清水由希, 北村孝一, 岡村尚枝, 仲谷達也, 仲谷達也

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 服薬管理方法変更後の評価 PTPシートの誤飲防止と適切な服薬管理を目指して 国内会議

    仲谷 薫, 中村 和徳, 藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 清水 由紀, 岡村 尚枝, 瀬脇 純子, 坂本 三枝, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 注射薬の効果的な監査(ダブルチェック)に向けた取り組み 国内会議

    藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 清水 由紀, 仲谷 薫, 仲谷 達也, 岡村 尚枝, 坂本 三枝, 中西 麻美, 竹林 房代

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Early Awareness & Rapid Response Training in Hospitals (EARRTH) 招待 国際会議

    Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Naohiro Hagawa, Tetsuro Nishimura, Yasumitsu Mizobata, Tatsuya Nakatani.

    World Academic Congress of Emergency Medicine 2017  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Colombo  

  • 「学習する病院組織」は作れるか? ―医療の質・安全を担保するための困難について考える― 国内会議

    山口(中上)悦子、松本美知子

    第64回日本グループダイナミックス学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    かつて医療の価値が治療であった時代には、日本の医療は診療報酬の仕組みによって、薬や手術の代金として商品交換のサービスに置き換えることができた。それは医療の統制には有効であった(橋本他, 2015)。病院・職員と患者・市民の間に関係性は必要なかったのだ。しかし今日、医療は安全を前提とした質で評価される。医療の安全と質の担保に必要なのは、「信頼」や「患者参加」などの言葉が示すように、関係性の確立である。当院は、その変化に十分に追いつけていない。では、よりよい関係を築くために職員たちが仲間や患者に進んで贈与したくなる、返礼の義務を感じる契機は何か。贈与の連鎖として、職員がカイゼンに動員されるような組織とは何か。贈与論を手掛かりに考えてみたい。

  • 医療安全管理部門における専従臨床工学技士の役割 国内会議

    北村 孝一, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 清水 由紀, 仲谷 薫, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 安全文化を醸成する医療安全教育のデザイン-学習効果を高める参加型・双方向型の教育プログラム- 参加型・双方向型学習の事例3(インプロ、アニメを応用した医療安全研修プログラム) 国内会議

    山口 悦子[中上], 藤長 久美子, 中村 和徳, 仲谷 薫, 清水 由希, 北村 孝一, 岡村 尚枝, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児急性骨髄性白血病(AML)経験者の就学・就労促進に関わる要因と支援に関する研究 国内会議

    宮下 佳代子, 小林 京子, 山口 悦子[中山], 足立 壯一, 長谷川 大一郎, 岩本 彰太郎, 小林 良二, 照井 君典, 今村 俊彦, 嶋田 明, 金井 理恵, 早川 晶, 力石 健, 田村 真一, 大杉 夕子, JACLS QOL小委員会

    日本小児血液・がん学会雑誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 注射薬の効果的な監査(ダブルチェック)に向けた取り組み 国内会議

    藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 清水 由紀, 仲谷 薫, 仲谷 達也, 岡村 尚枝, 坂本 三枝, 中西 麻美, 竹林 房代

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 服薬管理方法変更後の評価 PTPシートの誤飲防止と適切な服薬管理を目指して 国内会議

    仲谷 薫, 中村 和徳, 藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 清水 由紀, 岡村 尚枝, 瀬脇 純子, 坂本 三枝, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 小児急性骨髄性白血病(AML)経験者の就学・就労促進に関わる要因と支援に関する研究 国内会議

    宮下 佳代子, 小林 京子, 山口 悦子[中山], 足立 壯一, 長谷川 大一郎, 岩本 彰太郎, 小林 良二, 照井 君典, 今村 俊彦, 嶋田 明, 金井 理恵, 早川 晶, 力石 健, 田村 真一, 大杉 夕子, JACLS QOL小委員会

    日本小児血液・がん学会雑誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 安全文化を醸成する医療安全教育のデザイン-学習効果を高める参加型・双方向型の教育プログラム- 参加型・双方向型学習の事例3(インプロ、アニメを応用した医療安全研修プログラム) 国内会議

    山口 悦子[中上], 藤長 久美子, 中村 和徳, 仲谷 薫, 清水 由希, 北村 孝一, 岡村 尚枝, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • Early Awareness and Rapid Response Training in Hospitals (EARRTH) may reduce preventable acute deterioration: first report of a pilot training course 国際会議

    Naohiro Hagawa, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Misako Abe, Shoichi Ehara, Yasumitsu Mizobata.

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:London  

  • Improvement of patient safety education for nurses: Introduction of Kaizen Seminar for training of system thinking 国際会議

    Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Michiko Matsumooto, Kumiko Fujinaga, Mayumi Mukai, Kyoko Miyazaki

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2017年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 初診外来エリアにおける患者の動線調査と対策の考案 国内会議

    小松友, 小松友, 山口(中上)悦子, 山口(中上)悦子, 川端秀治, 藤長久美子, 中村和徳, 岡村尚枝, 岡村尚枝, 仲谷薫, 仲谷薫, 森合音, 仲谷達也, 仲谷達也

    日本病院学会プログラム・抄録  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 理学療法と医療安全 国内会議

    山口 悦子

    リハビリテーション科診療近畿地方会誌  2016年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 造血幹細胞移植において移植前処置の強度を減じることで卵巣・内分泌機能を温存できる JACLSからの報告(High rates of ovarian and endocrine function preservation after HCT with RIC for pediatric acute leukemia: a study of JACLS) 国内会議

    藤野 寿典, 石田 宏之, 井口 晶裕, 小沼 正栄, 加藤 剛二, 清水 真理子, 安井 昌博, 浜本 和子, 鷲尾 佳奈, 坂口 大俊, 宮下 恵美子, 大杉 夕子, 山口 悦子, 早川 晶, 堀部 敬三, 佐藤 篤, 高橋 義行

    日本小児血液・がん学会雑誌  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • JACLS参加施設におけるANLL91、AML99治療を受けた白血病経験者の晩期合併症とQOLに関する後方視的調査研究(Retrospective study of late effects and QOL in survivors of leukemia treated with the ANLL91 or AML99 protocol from JACLS) 国内会議

    大杉 夕子, 山口 悦子, 長谷川 大一郎, 今村 俊彦, 早川 晶, 安井 昌博, 坂口 大俊, 堀 司, 嶋田 明, 岩本 彰太郎, 橋井 佳子, 田村 真一, 力石 健, 照井 君典, 金井 理恵, 佐藤 篤, 堀部 敬三, 小林 良二, 足立 壯一

    日本小児血液・がん学会雑誌  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 静脈血栓塞栓症予防対策の標準化に向けた取り組み 新しい静脈血栓塞栓症予防のための評価フローの開発 国内会議

    藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 岡村 尚枝, 仲谷 薫, 大平 雅一, 豊田 宏光, 田中 克明, 福田 武史, 仲川 将志

    医療の質・安全学会誌  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「防ぎえた急変」の撲滅を目的とした教育プログラム<EARRTH>導入前の試験結果とその効果 国内会議

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 江原 省一, 阿部 美佐子, 藤長 久美子, 岡村 尚枝, 溝端 康光

    医療の質・安全学会誌  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アニメーションを活用した医療安全研修 EARRTH(Early Awareness and Rapid Response Training in Hospitals)教育プログラム 国内会議

    岡村 尚枝, 山口 悦子[中上], 村上 聡, 安田 果枝, 西村 哲郎, 藤長 久美子, 仲谷 薫, 中村 和徳, 森本 玄, 溝端 康光

    医療の質・安全学会誌  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医科大学と芸術大学の協働による芸術を応用した患者安全教育プログラムの開発 国内会議

    山口 悦子[中上], 森本 玄, 村尾 仁, 糸井 利幸, 北村 英之, 由井 武人, 森口 ゆたか, 種田 憲一郎

    医療の質・安全学会誌  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 発達を演出する学習の場の提供 ―看護師向け「改善活動ゼミ型研修」の試み― 国内会議

    山口(中上)悦子、松本美知子

    第63回日本グループダイナミックス学会  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    研修の場をZPDとして機能させようとするとき、Ensembles (Salit, 2016)の概念が有用である。Ensemblesとは Ensemblesでは、多様な背景を持つ人々で構成されたグループで何かをする、あるいは話し合う。本研修では、グループ構成や授業の進め方が効果的なEnsemblesを作り上げていたと考えている。  また研修1年後に「研修を職場で活かせている」と答えた受講者が2014年度に増加した。これは同年度には師長や主任に対しても、要因分析等カイゼン手法を教授したため、受講生への理解が深まり支援しやすくなったのではないかと考える。今後もKPOとも連動し、全病院的に支援体制の充実を目指したい。

  • 静脈血栓塞栓症予防対策の標準化に向けた取り組み 新しい静脈血栓塞栓症予防のための評価フローの開発 国内会議

    藤長 久美子, 山口 悦子[中上], 中村 和徳, 岡村 尚枝, 仲谷 薫, 大平 雅一, 豊田 宏光, 田中 克明, 福田 武史, 仲川 将志

    医療の質・安全学会誌  2016年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Early Awareness and Rapid Response Training in Hospitals (EARRTH) may reduce preventable acute deterioration: first report of a pilot training course 国際会議

    Naohiro Hagawa, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Misako Abe, Shoichi Ehara, Yasumitsu Mizobata.

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

  • Improvement of patient safety education for nurses: Introduction of Kaizen Seminar for training of system thinking. 国内会議

    Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Michiko Matsumooto, Kumiko Fujinaga, Mayumi Mukai, Kyoko Miyazaki

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Singapore  

  • Early Awareness and Rapid Response Training in Hospitals (EARRTH) may reduce preventable acute deterioration: first report of a pilot training course 国際会議

    Naohiro Hagawa, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Misako Abe, Shoichi Ehara, Yasumitsu Mizobata.

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

  • A pilot survey of patient safety culture in Osaka City University Hospital. 国際会議

    Kaoru Nakatani, Etsuko Nakagami-Yamaguchi, Kumiko Fujinaga, Hisae Okamura, Kazunori Nakamura, Tatsuya Nakatani.

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Singapore  

  • 「防ぎえた急変」の撲滅を目的とした新システム"EARRTH"導入前の試験の結果とその効果 国内会議

    羽川 直宏, 山口 悦子[中上], 溝端 康光

    日本救急医学会雑誌  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 輸血委員会小ワーキング活動における院内パトロール結果報告 国内会議

    山野 靖子, 阪口 真紀, 満 馨, 金 佳江, 鵜池 純子, 藤野 惠三, 松本 有紀, 武田 真一, 山口 悦子[中上], 田守 昭博

    日本輸血細胞治療学会誌  2016年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 造血幹細胞移植において移植前処置の強度を減じることで卵巣・内分泌機能を温存できる-JACLSからの報告- 国内会議

    藤野寿典, 藤野寿典, 石田宏之, 石田宏之, 井口晶裕, 井口晶裕, 小沼正栄, 小沼正栄, 加藤剛二, 加藤剛二, 清水真理子, 清水真理子, 安井昌博, 安井昌博, 藤崎弘之, 藤崎弘之, 浜本和子, 浜本和子, 鷲尾佳奈, 鷲尾佳奈, 坂口大俊, 坂口大俊, 宮下恵美子, 宮下恵美子, 大杉夕子, 大杉夕子, 山口悦子, 山口悦子, 早川晶, 早川晶, 堀部敬三, 堀部敬三, 佐藤篤, 佐藤篤, 高橋義行, 高橋義行

    日本小児血液・がん学会雑誌(Web)  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 発達を自覚する学習の場の提供 ―看護師向け「改善活動ゼミ型研修」の試み― 国内会議

    山口(中上)悦子、松本美知子

    第62回日本グループダイナミックス学会  2015年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    2013年度よりクリニカル・ラダーⅢ,Ⅳの看護師向けに、改善活動の考え方を教育する研修を開始した。2013年度の受講者が記述したテキストからは、自らの実践を省察し、答が与えられない課題に自分達の答を協働的に創造する反省的専門家(ショーン,2001)としての学習スタイルへの気付きが読み取れた。加えて、困難感や負担感に直面しながら自らの発達を自覚できており、それが協働的に得られたことにも気付いている。研修直後の自己効力感の有意な上昇にも見られるように前向きな感情を持って研修を終えながら、長期的には成果を十分生かせる環境が組織として整っているとはいえず、今後、管理者側の”発達”を促す必要性も示唆された。

  • How we can enhance nurses’ speaking up behavior 国内会議

    山口 悦子

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2015年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:London  

  • How we can enhance nurses’ speaking up behavior. 国際会議

    Okuyama A, Nakagami-Yamaguchi E, Hayakawa K.

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2015年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:London  

  • 輸血委員会小ワーキング活動による安全かつ適正輸血への取り組み 輸血認定医・認定輸血検査技師・認定輸血看護師の連携活動 国内会議

    藤野 惠三, 松本 有紀, 武田 真一, 阪口 真紀, 山野 靖子, 満 馨, 金 佳江, 鵜池 純子, 山口 悦子[中上], 田守 昭博, 河田 則文

    日本輸血細胞治療学会誌  2015年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Improvement of patient safety education for nurses: introduction of the methods for learning-leading development. 招待 国際会議

    山口 悦子

    2nd Conference for Healthcare  2014年11月  Aso Iizuka Hospital

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukuoka  

  • 麻薬事故防止に向けた取り組み 5W1Hを用いた時系列表示への手順書の改定を中心として 国内会議

    下田 美雪, 藤井 友里, 渡邊 麻美, 田頭 早苗, 西山 明子, 宮崎 京子, 山口 悦子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 佐藤 美子

    医療の質・安全学会誌  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医薬品包装における「使い手(医療現場) 作り手(包装メーカー)間」のギャップ 国内会議

    宮崎 玲奈, 山口 悦子[中上], 西川 武司, 宮崎 京子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 樋田 享子, 西野 広宣, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 職種・職位による手洗い指摘行動の違い 二度目の指摘を行えるか? 国内会議

    奥山 絢子, 山口 悦子[中上], 早川 和生

    医療の質・安全学会誌  2014年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A cross-cultural survey of medical residents’ speaking-up behavior and their attitude toward speaking-up in the Netherlands and Japan: a Pilot Study 国際会議

    山口 悦子

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2014年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Paris  

  • 安全文化を育成する学習活動としての改善活動推進 国内会議

    山口 悦子[中上], 藤長 久美子, 松本 知恵子, 宮崎 京子, 中村 和徳, 西野 広宣, 加藤 博, 仲谷 達也

    医療安全実践教育研究会誌  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長期フォローアップ手帳・治療サマリー 国内会議

    大園秀一, 石田也寸志, 有瀧健太郎, 浅見恵子, 前田美穂, 山口悦子, 堀部敬三, 加藤俊一, 藤本純一郎, 黒田達夫

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)  2014年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • テキストマイニング手法を用いた外来待ち時間自由記述アンケート分析 国内会議

    PARK Keunsik, 山田章子, 多賀陽子, 畠山幹司, 八木一郎, 山口悦子, 丹後幾子, 荒川哲男

    医療情報学連合大会論文集  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療事故情報の半構造化データにおけるネットワーク作る問題の分析 国内会議

    魏 き, 藤田 桂英, 山口 悦子[中上]

    医療情報学連合大会論文集  2013年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 転倒防止について―アニメーションによる「転倒撲滅シアター」DVD作成― 国内会議

    藤長久美子, 山口悦子, 中村和徳, 西野広宣, 加藤博, バタール明子, 徳岡琢磨, 馬場典生, 杉浦幹男, 仲谷達也

    医療の質・安全学会誌  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 個人属性による医療チーム内での他チーム員の不安全行動目撃頻度、問題指摘行動とインシデント報告の違い 国内会議

    奥山 絢子, 山口 悦子[中上], 早川 和生

    医療の質・安全学会誌  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 個人属性による医療チーム内での他チーム員の不安全行動目撃頻度、問題指摘行動とインシデント報告の違い 国内会議

    奥山 絢子, 山口 悦子[中上], 早川 和生

    医療の質・安全学会誌  2013年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Japanese interactive educational tools to learn about late effect and long term follow-up for children cancer survivors 国際会議

    山口 悦子

    13th International Conference on Long-Term Complications of Treatment of Children and Adolescents for Cancer  2013年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Memphis  

  • JB03 教育心理学の「学校外の社会へ」の拡張と協働(越境論から) : 状況論・活動理論の実際(3)(自主企画シンポジウム) 招待 国内会議

    香川秀 太, 青山 征彦, 山口(中上) 悦子, 渡辺 理, 諏訪 晃一, 岡田 光弘, 有元 典文

    日本教育心理学会総会発表論文集  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 教育講演 医療安全のための組織づくり : なんでもありの、医療安全? (講演再録 「平成23年度 患者安全推進全体フォーラム」から) 国内会議

    山口(中上) 悦子

    患者安全推進ジャーナル  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • パネルディスカッション (講演再録 「平成23年度 患者安全推進全体フォーラム」から) 招待 国内会議

    長谷川 剛, 吉田 道雄, 山口(中上) 悦子

    患者安全推進ジャーナル  2013年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • カスタマイズしたプログラムが一要因と考えられた、電子カルテ経過表記録の問題 国内会議

    多賀 陽子, 山口 悦子[中上], 丹後 幾子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 朴 勤植, 仲谷 達也

    医療情報学連合大会論文集  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん経験者自身のための長期フォローアップ教育指導ツールの開発 国内会議

    早川 晶, 山口 悦子[中上], 瓜生 英子, 南部 美砂子, 原田 寛己, 根本 文佳, 栗山 貴久子, 辻 尚子, 力石 健, 浅見 恵子, 岩井 艶子, 大園 秀一, 清谷 知賀子, 堀 浩樹, 前田 尚子, 前田 美穂, 石田 也寸志, 水谷 修紀, 日本小児白血病リンパ腫研究グループ

    日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白血病化学療法中の日常生活QOL向上に資するツール開発 国内会議

    山口 悦子[中上], 早川 晶, 澤田 眞智子, 久川 浩章, 栗山 貴久子, 圀府寺 美, 前田 尚子, 今井 正, 力石 健, 吉田 真, 堀 浩樹, 小田 慈, 小児白血病研究会 (JACLS) QOL小委員会

    日本小児血液・がん学会学術集会・日本小児がん看護学会・公益財団法人がんの子どもを守る会公開シンポジウムプログラム総会号  2012年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院情報システム導入後の問題 入院注射指示・指示受けについて 国内会議

    多賀 陽子, 山口 悦子[中上], 藤長 久美子, 中村 和徳, 加藤 博, 松村 淳史, 赤曽部 泰一, 柚原 功, 朴 勤植, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院情報システム導入後の問題 入院注射指示・指示受けについて 国内会議

    多賀 陽子, 山口 悦子[中上], 藤長 久美子, 中村 和徳, 加藤 博, 松村 淳史, 赤曽部 泰一, 柚原 功, 朴 勤植, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2012年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 「医療安全のための組織づくり」実践者/研究者の両義性を考える 国内会議

    山口 悦子

    第59回日本グループダイナミックス学会  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    ワークショップ6<研究成果>とは何か?:実定化する二項対立を越えて 山口洋典、山口(中上)悦子、 青木千帆子

  • Trial Measurement of Implicit Attitude toward Violations in Nursing by the use of Implicit Association Test 国内会議

    山口 悦子

    Cognitive Science Society  2012年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児科病棟における地域博物館との連携による出張ミュージアムの試み 国内会議

    犬飼岳史, 山口悦子, 新宅治夫, 平家俊男, 杉田完爾

    日本小児科学会雑誌  2012年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児科病棟における地域博物館との連携による出張ミュージアムの試み 国内会議

    犬飼岳史, 山口悦子, 新宅治夫, 平家俊男, 杉田完爾

    日本小児科学会雑誌  2012年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • G8. 複数のコミュニティ間の境界をいかに乗り越え(越境し)分析するか : 状況論・活動理論の実際(2)(自主企画シンポジウム) 招待 国内会議

    香川 秀太, 臼井 東, 岩木 穣, 臼木 悦生, 有元 典文, 青山 征彦, 原田 悦子, 南部 美砂子, 日根 恭子, 須藤 智, 朴 勤植, 山口 悦子, 鹿志村 香

    日本教育心理学会総会発表論文集  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Detecting Effective Categories of Medical Incident Reports for Patient Safety Management 国内会議

    Fujita Katsuhide, Akiyama Masanori, Park Keunsik, Yamaguchi Etsuko (Nakagami), Furukawa Hiroyuki, Sakata Ichiro, Kajikawa Yuya

    PICMET '12: PROCEEDINGS - TECHNOLOGY MANAGEMENT FOR EMERGING TECHNOLOGIES  2012年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • JACLS ALL02改訂版プロトコールで治療している患児と家族のQOL評価 国内会議

    小林 京子, 山口 悦子[中上], 堀 浩樹, 早川 晶, 足立 壮一, 太田 秀明, 原 純一, 時政 定雄, 栗山 貴久子, 圀府寺 美, 澤田 眞智子, 前田 尚子, 久川 浩章, 今井 正, 力石 健, 上別府 圭子, 河崎 裕英, 橋井 佳子, 小田 慈

    小児がん  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • JACLS ALL02改訂版プロトコールで治療している患児と家族のQOL評価 国内会議

    小林 京子, 山口 悦子[中上], 堀 浩樹, 早川 晶, 足立 壮一, 太田 秀明, 原 純一, 時政 定雄, 栗山 貴久子, 圀府寺 美, 澤田 眞智子, 前田 尚子, 久川 浩章, 今井 正, 力石 健, 上別府 圭子, 河崎 裕英, 橋井 佳子, 小田 慈

    小児がん  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ASSESSMENT OF QOL DURING TREATMENT OF CHILDREN WITH ACUTE LYMPHOBLASTIC LEUKEMIA-PROSPECTIVE COHORT STUDY OF THE JAPAN ASSOCIATION OF CHILDHOOD LEUKEMIA STUDY GROUP 国内会議

    Ishida Yasushi, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hori Hiroki, Hongo Teruaki, Yoshinari-Ouchi Miyako, Kuriyama Kikuko, Hisakawa Hiroaki, Ohta Hideaki, Yumura-Yagi Keiko, Okada Shuichi, Kohdera Urara, Horibe Keizo, Hara Junichi

    PEDIATRIC BLOOD & CANCER  2011年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 当院で発生した異型輸血事故の要因分析と再発防止策 国内会議

    山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 根来 伸夫, 日野 雅之, 臼井 伸之介, 坂田 育弘, 米澤 友子, 岩本 安昭, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Assessment of the barcode authentication system through the qualitative analysis of in incident reports. 国際会議

    山口 悦子

    13th CJKMI2011  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shenzhen  

  • 当院で発生した異型輸血事故の要因分析と再発防止策 国内会議

    山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 根来 伸夫, 日野 雅之, 臼井 伸之介, 坂田 育弘, 米澤 友子, 岩本 安昭, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2011年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療現場における「改善」を目指した創造的活動のデザイン(2) 国内会議

    山口 悦子,丹後 幾子,石井正光

    第58回日本グループダイナミックス学会  2011年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    今回は2009年と2010年に実施した二つの芸術プログラムを取り上げ、大学医学部附属病院という、部署間の利害関係の対立が日常的に存在する巨大な連携組織において、多くの職員が「利益」ではなく「理念」を共有して協働的な活動へとドライブされるための要件について検討する。演者等の活動は、アクターネットワーク理論でいうところの「翻訳」に相当する。演者等担当職員が思い描く「アクターワールド」を実現するにあたっては、プログラム実施前に異なる部署・システム・職員による「ハイブリッド」な共同体とそのネットワーク形成をデザインすることに、アクターを大規模に動かす鍵があったと考えられる。

  • 対人援助職としてのボランティア・コーディネーターの業務上の課題 国内会議

    高島 知佐子, 山口 悦子[中上], 石井 正光, 中川 眞

    日本医療マネジメント学会雑誌  2011年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 対人援助職としてのボランティア・コーディネーターの業務上の課題 国内会議

    高島 知佐子, 山口 悦子[中上], 石井 正光, 中川 眞

    日本医療マネジメント学会雑誌  2011年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Quantitative and qualitative analysis of incident reports after the implementation of hospital information system (HIS) in Japan. 国際会議

    山口 悦子

    International Forum on Quality and Safety in Healthcare  2011年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Amsterdam  

  • 看護・医療業務における違反への潜在的態度測定の試み:Implicit Association Testを用いて 国内会議

    安達 悠子, 臼井 伸之介, 山口(中上) 悦子, 山田 章子, 朴 勤植, 仲谷 達也

    認知心大会論文  2011年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    違反の生起要因の一つに,違反への潜在的態度があると考えられる。安達・臼井(2010)は,その測定手法として潜在的連合テスト(Implicit Association Test:IAT)に着目し,看護業務における違反への潜在的態度を測定するIATの作成を試みた。同IATの妥当性と信頼性を検討するため,本研究では,リスクマネジャーを務めている医療従事者51名に同IATを実施した。その結果,IATのブロック間の反応時間と誤答数の差からツールとしての構成概念妥当性が示された。また,試行間のばらつきから信頼性(内的一貫性)が示された。リスクマネジャー任用以外の安全に関わる委員会経験の有無で,IATを得点化したIAT得点を比較した。看護師の場合,委員会経験がある群はない群よりIAT得点が高く,違反を不快だとより強く感じていることが示唆された。既知集団を用いた検討からも,妥当性は支持された。

  • こどものワクワクを作る療養環境 医療の質向上を目指した、子どもの療養環境改善 国内会議

    山口 悦子[中上]

    小児がん  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査:ALL‐97と02の比較 国内会議

    石田也寸志, 山口悦子, 堀浩樹, 圀府寺美, 久川浩章, 栗山貴久子, 岡田周一, 太田秀明, 八木啓子, 堀部敬三, 原純一

    日本小児血液学会・日本小児がん学会・日本小児がん看護学会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 患者・家族が主体的に取り組む、化学療法中のQOL向上 「治療中生活の知恵袋」作成 国内会議

    山口 悦子[中上], 久川 浩章, 澤田 眞智子, 早川 晶, 栗山 貴久子, 今井 正, 岡田 周一, 圀府寺 美, 力石 健, 吉田 真, 堀 浩樹, JACLS QOL小委員会

    小児がん  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 患者・家族が主体的に取り組む、化学療法中のQOL向上 「治療中生活の知恵袋」作成 国内会議

    山口 悦子[中上], 久川 浩章, 澤田 眞智子, 早川 晶, 栗山 貴久子, 今井 正, 岡田 周一, 圀府寺 美, 力石 健, 吉田 真, 堀 浩樹, JACLS QOL小委員会

    小児がん  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査:ALL‐97と02の比較 招待 国内会議

    石田也寸志, 山口悦子, 堀浩樹, 圀府寺美, 久川浩章, 栗山貴久子, 岡田周一, 太田秀明, 八木啓子, 堀部敬三, 原純一

    日本小児血液学会・日本小児がん学会・日本小児がん看護学会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • こどものワクワクを作る療養環境 医療の質向上を目指した、子どもの療養環境改善 招待 国内会議

    山口 悦子[中上]

    小児がん  2010年12月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査 ALL-97と02の比較 国内会議

    石田 也寸志, 山口 悦子, 堀 浩樹, 圀府寺 美, 久川 浩章, 栗山 貴久子, 岡田 周一, 太田 秀明, 八木 啓子, 堀部 敬三, 原 純一, 小児白血病研究所QOL小委員会

    小児がん  2010年12月  (NPO)日本小児がん学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Quantitative and Qualitative analysis of the incident reports after implementation of a hospital information system in Japan 国際会議

    Nakagami-Yamaguchi,E., Yamada, A., Park, K., Nakamura, K., Fujinaga, K., Tanii, M., Katoh, H. and Arakawa, T.

    12th CJKMI 2010  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hiroshima  

  • インシデントレポートに見る,病院情報システム導入後の現場の変化 国内会議

    山口(中上)悦子, 朴勤植, 仲谷達也

    医療の質・安全学会誌  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インシデントレポートに見る,病院情報システム導入後の現場の変化 国内会議

    山口(中上)悦子, 朴勤植, 仲谷達也

    医療の質・安全学会誌  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 学際的医療研究推進委員会WS コミュニケーションからみた電子カルテと医療の質・安全 インシデントレポートに見る、病院情報システム導入後の現場の変化 招待 国内会議

    山口 悦子[中上], 朴 勤植, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 学際的医療研究推進委員会WS コミュニケーションからみた電子カルテと医療の質・安全 インシデントレポートに見る、病院情報システム導入後の現場の変化 国内会議

    山口 悦子[中上], 朴 勤植, 仲谷 達也

    医療の質・安全学会誌  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院情報システム導入後のインシデント分析 国内会議

    山口 悦子[中上], 朴 勤植, 山田 章子, 藤長 久美子, 中村 和徳, 谷生 道子, 加藤 博, 仲谷 達也, 原田 悦子, 南部 美砂子, 須藤 智

    医療情報学連合大会論文集  2010年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療現場における「改善」を目指した創造的活動のデザイン 国内会議

    山口 悦子

    第57回日本グループダイナミックス学会  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    病院組織内では、チームワークが日常的である一方、組織リーダーの権限が弱く自律した専門家集団に権力が分散しているために、セクショナリズムと硬直性が生じやすいといわれている。今回の報告では、当院で2005年以降に展開された医療の改善を目的とした創造的活動のうち、ボランティア活動支援、芸術活動支援、QCサークル活動を取り上げる。いずれも日本医療機能評価機構 が掲げる目標である医療機関の「改善」を目指すため、トップダウンで新たな体制作りを指示された活動である。これらの活動によって変化した病院組織の集団行動とコミュニケーションを検討し、活動のデザインについて考察する。

  • 学習ツールとしてのインシデントレポートシステム 国内会議

    山口 悦子[中上], 朴 勤植

    日本心理学会大会発表論文集  2010年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 医療の質向上を目指した,子どもの療養環境改善 国内会議

    山口(中上)悦子

    日本小児血液学会・日本小児がん学会・日本小児がん看護学会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療の質向上を目指した,子どもの療養環境改善 国内会議

    山口(中上)悦子

    日本小児血液学会・日本小児がん学会・日本小児がん看護学会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2010年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Qualitative analysis of the incident reports of Japanese medical center: What is the effective report system to promote patient’s safety culture? 国内会議

    山口 悦子

    8th Asian Association of Social Psychology.  2009年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Delhi  

  • Collaborative remembering and spirituality rising through an art exhibition featuring the posthumous photographs taken by a childhood cancer patient at the 3rd anniversary of his death 国際会議

    山口 悦子

    8th Asian Association of Social Psychology  2009年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Delhi  

  • 病院情報システム導入前後におけるインシデントについて 国内会議

    山口(中上)悦子

    医療の質・安全学会誌  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院情報システム導入前後におけるインシデントについて 国内会議

    山口(中上)悦子

    医療の質・安全学会誌  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院情報システム導入前後におけるインシデントレポート分析(2) 国内会議

    山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 荒川 哲男, 朴 勤植

    医療の質・安全学会誌  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療情報システムと医療安全 病院情報システム導入前後におけるインシデントについて 国内会議

    山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療情報システムと医療安全 病院情報システム導入前後におけるインシデントについて 国内会議

    山口 悦子[中上]

    医療の質・安全学会誌  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん患児診療機関の療養環境調査 2005年調査との比較 国内会議

    山口 悦子[中上], 今井 正, 岡田 周一, 栗山 貴久子, 圀府寺 美, 澤田 真智子, 久川 浩章, 堀 浩樹, 吉田 真, 力石 健, JACLS-QOL小委員会

    小児がん  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん患者に対する処置時の疼痛ケアに関するアンケート結果 国内会議

    大杉夕子, 山口悦子, 西村真一郎

    日本小児血液学会・日本小児がん学会・日本小児がん看護学会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院情報システム導入前後におけるインシデントレポート分析(2) 国内会議

    山口 悦子[中上], 中村 和徳, 藤長 久美子, 荒川 哲男, 朴 勤植

    医療の質・安全学会誌  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん患者に対する処置時の疼痛ケアに関するアンケート結果 国内会議

    大杉夕子, 山口悦子, 西村真一郎

    日本小児血液学会・日本小児がん学会・日本小児がん看護学会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん患児診療機関の療養環境調査 2005年調査との比較 国内会議

    山口 悦子[中上], 今井 正, 岡田 周一, 栗山 貴久子, 圀府寺 美, 澤田 真智子, 久川 浩章, 堀 浩樹, 吉田 真, 力石 健, JACLS-QOL小委員会

    小児がん  2009年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Does information technology (IT) reduce the incidence of medical errors in Japan? : analysis of the incident reports after the implementation of a hospital information system (HIS) in a large-scale medical center 国際会議

    山口 悦子

    11th CJKMI 2009  2009年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Daejeon  

  • 小児がん患児に対する疼痛緩和に関するアンケート結果 国内会議

    大杉夕子, 山口悦子, 西村真一郎

    日本小児科学会雑誌  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん患児に対する疼痛緩和に関するアンケート結果 国内会議

    大杉夕子, 山口悦子, 西村真一郎

    日本小児科学会雑誌  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん患児診療機関の療養環境調査 国内会議

    山口 悦子[中上], 堀 浩樹, 力石 健, 吉田 真, 圀府寺 美, 岡田 周一, 栗山 貴久子, 久川 浩, 澤田 眞智子, 今井 正

    日本小児科学会雑誌  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん診療施設における病名告知に対する方針の変化 国内会議

    堀浩樹, 力石健, 吉田真, 圀府寺美, 岡田周一, 栗山貴久子, 山口悦子, 久川浩, 澤田眞智子, 今井正

    日本小児科学会雑誌  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん診療施設における病名告知に対する方針の変化 国内会議

    堀浩樹, 力石健, 吉田真, 圀府寺美, 岡田周一, 栗山貴久子, 山口悦子, 久川浩, 澤田眞智子, 今井正

    日本小児科学会雑誌  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児がん患児診療機関の療養環境調査 国内会議

    山口 悦子[中上], 堀 浩樹, 力石 健, 吉田 真, 圀府寺 美, 岡田 周一, 栗山 貴久子, 久川 浩, 澤田 眞智子, 今井 正

    日本小児科学会雑誌  2009年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院情報システム導入前後におけるインシデントレポート分析 国内会議

    山口 悦子[中上], 朴 勤植, 荒川 哲男

    医療の質・安全学会誌  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 局所再発を繰り返したNasopharyngeal carcinomaの女児例 国内会議

    倭和美, 山口悦子, 池宮美佐子

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 局所再発を繰り返したNasopharyngeal carcinomaの女児例 国内会議

    倭和美, 山口悦子, 池宮美佐子

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性リンパ性白血病患児・家族のQOLアンケート調査研究(JACLS) 国内会議

    石田也寸志, 山口悦子, 国府寺美, 岡田周一, 久川浩章, 堀浩樹, 栗山貴久子, 林英蔚, 力石健, 原純一, 工藤亨

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎腫大,著明なアシドーシスで発症した未分化白血病(AUL)の女児例 国内会議

    田中千賀, 山口悦子, 倭和美

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腎腫大,著明なアシドーシスで発症した未分化白血病(AUL)の女児例 国内会議

    田中千賀, 山口悦子, 倭和美

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院情報システム導入前後におけるインシデントレポート分析 国内会議

    山口 悦子[中上], 朴 勤植, 荒川 哲男

    医療の質・安全学会誌  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性リンパ性白血病患児・家族のQOLアンケート調査研究(JACLS) 国内会議

    石田也寸志, 山口悦子, 国府寺美, 岡田周一, 久川浩章, 堀浩樹, 栗山貴久子, 林英蔚, 力石健, 原純一, 工藤亨

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2008年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全経過約12年にわたる再発を繰り返したフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病 国内会議

    倭 和美, 池宮 美佐子, 山口 悦子

    日本小児血液学会雑誌  2008年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Art in a hospital: the role of artists and the effect of the activities 国際会議

    山口 悦子

    70th International Congress of Psychology  2008年07月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Belrin  

  • Art in hospital: The role of artists and the effect of the activities 国内会議

    Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Hirai Hironori, Shintaku Haruo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY  2008年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卒前教育としての医学生ボランティア活動支援(2) 10年のまとめ 国内会議

    山口 悦子[中上], 新宅 治夫, 山野 恒一

    日本小児科学会雑誌  2008年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卒前教育としての医学生ボランティア活動支援(2) 10年のまとめ 国内会議

    山口 悦子[中上], 新宅 治夫, 山野 恒一

    日本小児科学会雑誌  2008年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長期療養患児の生活についての一考察 基本的生活習慣の形成を中心に 国内会議

    岡本 雅子, 山口 悦子

    小児がん  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 残存病変に対しγナイフを施行した松果体芽腫の一例 国内会議

    山口悦子, 八杉純, 倭和美, 露口尚弘, 山中一浩, 原純一

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 科学技術コミュニケーションにおける表現の可能性~子ども用化学療法説明用映像制作~ 国内会議

    山口悦子, 岡田恵子, 平井祐範, 朴勤植

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長期療養患児の生活についての一考察 基本的生活習慣の形成を中心に 国内会議

    岡本 雅子, 山口 悦子

    小児がん  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 科学技術コミュニケーションにおける表現の可能性~子ども用化学療法説明用映像制作~ 国内会議

    山口悦子, 岡田恵子, 平井祐範, 朴勤植

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 残存病変に対しγナイフを施行した松果体芽腫の一例 国内会議

    山口悦子, 八杉純, 倭和美, 露口尚弘, 山中一浩, 原純一

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2007年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 科学技術コミュニケーションにおける表現の可能性 子ども用化学療法説明用映像制作 国内会議

    山口 悦子, 岡田 恵子, 平井 祐範, 朴 勤植

    小児がん  2007年12月  (NPO)日本小児がん学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細胞移植によるライソゾーム病脳病変の長期治療の可能性についての検討 国内会議

    澤田智, 田中あけみ, 瀬戸俊之, 前田光代, 高村歩美, 檜垣克美, 難波栄二, 松田潤一郎, 山口悦子, 山野恒一

    日本先天代謝異常学会雑誌  2007年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 細胞移植によるライソゾーム病脳病変の長期治療の可能性についての検討 国内会議

    澤田智, 田中あけみ, 瀬戸俊之, 前田光代, 高村歩美, 檜垣克美, 難波栄二, 松田潤一郎, 山口悦子, 山野恒一

    日本先天代謝異常学会雑誌  2007年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notchシグナルは肥満細胞の分化運命を決定し、粘膜免疫を制御する 国内会議

    坂田 麻実子[柳元], 山口 悦子[中上], 斉藤 俊樹, 酒井 徹, 熊野 恵城, 森下 保幸, 深山 正久, 丸山 治彦, 小川 誠司, 黒川 峰夫, 安友 康二, 千葉 滋

    臨床血液  2007年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notchシグナルは肥満細胞の分化運命を決定し、粘膜免疫を制御する 国内会議

    坂田 麻実子[柳元], 山口 悦子[中上], 斉藤 俊樹, 酒井 徹, 熊野 恵城, 森下 保幸, 深山 正久, 丸山 治彦, 小川 誠司, 黒川 峰夫, 安友 康二, 千葉 滋

    臨床血液  2007年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Art activities in a hospital: the role of artists as habitants 国際会議

    山口 悦子

    The 7th annual meeting of Asian Association Social Psychology  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kota Kinabal  

  • Group Dynamics of editing dying stories with a temple 国際会議

    山口 悦子

    The 7th annual meeting of Asian Association Social Psychology  2007年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 医療現場における拡張的学習 ツールとしてのクリニカルパスの展望 国内会議

    山口(中上)悦子

    第54回日本グループダイナミックス学会  2007年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    本報告では、当院におけるクリニカルパス(クリティカルパス、以下、パス。詳細後述。)導入活動を取り上げる。パス導入は協働的な病棟業務改善活動の一つと考えられる。既に数年前から、院内では導入が奨励されていたが、小児病棟では他病棟に比べ遅延していた。そこで本報告では、筆者等が関与した「小児病棟におけるクリニカルパス導入促進を目指した介入活動」を通じて、クリニカルパス・システムの「拡張的学習」としての側面について議論する。

  • 卒前教育としての医学生ボランティア活動支援 国内会議

    山口悦子, 新宅治夫, 山野恒一

    日本小児科学会雑誌  2007年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卒前教育としての医学生ボランティア活動支援 国内会議

    山口悦子, 新宅治夫, 山野恒一

    日本小児科学会雑誌  2007年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長期療養患者の生活についての一考察―基本的生活習慣の形成を中心に― 国内会議

    岡本雅子, 山口悦子

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長期療養患者の生活についての一考察―基本的生活習慣の形成を中心に― 国内会議

    岡本雅子, 山口悦子

    日本小児血液学会・日本小児がん学会学術集会・日本小児がん看護研究会・血友病看護研究会・財団法人がんの子供を守る会公開シンポジウムプログラム・総会号  2007年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • tandem HDCを施行した乳児発症小脳AT/RTの1例 国内会議

    山口悦子, 倭和美, 露口尚弘, 山内滋, 石田博, 多田明央

    日本小児血液学会雑誌  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • tandem HDCを施行した乳児発症小脳AT/RTの1例 国内会議

    山口悦子, 倭和美, 露口尚弘, 山内滋, 石田博, 多田明央

    日本小児血液学会雑誌  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児病棟における療養環境改善活動の現状と評価,課題 国内会議

    中島謙太郎, 宮下佳代子, 山口悦子, 新宅治夫, 山野恒一, 平井祐範

    日本小児血液学会雑誌  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性リンパ性白血病患児のQOLアンケート自由記述の分析:第1報 治療相による親の感情の変化 国内会議

    豆板律子, 圀府寺美, 石田也寸志, 久川浩章, 平松英文, 堀浩樹, 本郷輝明, 山口悦子, 工藤亨

    日本小児血液学会雑誌  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性リンパ性白血病患児のQOLアンケート自由記述の分析:第1報 治療相による親の感情の変化 国内会議

    豆板律子, 圀府寺美, 石田也寸志, 久川浩章, 平松英文, 堀浩樹, 本郷輝明, 山口悦子, 工藤亨

    日本小児血液学会雑誌  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 小児病棟における療養環境改善活動の現状と評価,課題 国内会議

    中島謙太郎, 宮下佳代子, 山口悦子, 新宅治夫, 山野恒一, 平井祐範

    日本小児血液学会雑誌  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学病院小児内科におけるクリニカルパス導入の意義 国内会議

    山口悦子, 田村有希乃, 岡本綾子, 稲田浩, 青田真央, 中山有子, 原囿伸子, 山野恒一

    日本クリニカルパス学会誌  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学病院小児内科におけるクリニカルパス導入の意義 国内会議

    山口悦子, 田村有希乃, 岡本綾子, 稲田浩, 青田真央, 中山有子, 原囿伸子, 山野恒一

    日本クリニカルパス学会誌  2006年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性リンパ性白血病患児のQOLアンケート自由記述の分析(第1報) 治療相による親の感情の変化 国内会議

    豆板 律子, 圀府寺 美, 石田 也寸志, 久川 浩章, 平松 英文, 堀 浩樹, 本郷 輝明, 山口 悦子, 工藤 亨

    日本小児血液学会雑誌  2006年10月  日本小児血液学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 著明なlactic acidosisで発症した未分化白血病の一例 国内会議

    倭和美, 山口悦子, 大西美穂, 鶴原昭史

    臨床血液  2006年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 著明なlactic acidosisで発症した未分化白血病の一例 国内会議

    倭和美, 山口悦子, 大西美穂, 鶴原昭史

    臨床血液  2006年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Cell therapy for the brain involvement in lysosomal storage disease 国際会議

    Sawada T., Tanaka A., Seto T., Maeda M., Jikihara I, E Yamaguchi, Matsuda J., Nanba E., Yamano T.

    JOURNAL OF INHERITED METABOLIC DISEASE  2006年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 病院組織における医療者集団の特徴―小児病棟の業務改善行動を通じて(1)― 国内会議

    山口 悦子

    第53回日本グループダイナミックス学会  2006年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ALLに対するQOLアンケート調査:プロトコールの違いによる変化 国内会議

    石田也寸志, 本郷輝明, 国府寺美, 平松英文, 堀浩樹, 久川浩章, 山口悦子, 吉成みやこ, 栗山貴久子, 原純一

    日本小児科学会雑誌  2006年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ALL治療終了後の患児の晩期障害スクリーニング調査結果―特に身長に関して― 国内会議

    本郷輝明, 石田也寸志, 国府寺美, 平松英文, 堀浩樹, 久川浩章, 山口悦子, 吉成みやこ, 栗山貴久子, 原純一

    日本小児科学会雑誌  2006年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ALLに対するQOLアンケート調査:プロトコールの違いによる変化 国内会議

    石田也寸志, 本郷輝明, 国府寺美, 平松英文, 堀浩樹, 久川浩章, 山口悦子, 吉成みやこ, 栗山貴久子, 原純一

    日本小児科学会雑誌  2006年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ALL治療終了後の患児の晩期障害スクリーニング調査結果―特に身長に関して― 国内会議

    本郷輝明, 石田也寸志, 国府寺美, 平松英文, 堀浩樹, 久川浩章, 山口悦子, 吉成みやこ, 栗山貴久子, 原純一

    日本小児科学会雑誌  2006年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ALLに対するQOLアンケート調査 プロトコールの違いによる変化 国内会議

    石田 也寸志, 本郷 輝明, 圀府寺 美, 平松 英文, 堀 浩樹, 久川 浩章, 山口 悦子, 吉成 みやこ, 栗山 貴久子, 原 純一

    日本小児科学会雑誌  2006年02月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ALL治療終了後の患児の晩期障害スクリーニング調査結果 特に身長に関して 国内会議

    本郷 輝明, 石田 也寸志, 圀府寺 美, 平松 英文, 堀 浩樹, 久川 浩章, 山口 悦子, 吉成 みやこ, 栗山 貴久子, 原 純一

    日本小児科学会雑誌  2006年02月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 24OO7-4 小児病棟における療養環境改善活動の現状と評価、課題(口演 その他,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 国内会議

    中島 謙太郎, 宮下 佳代子, 山口 悦子, 新宅 治夫, 山野 恒一, 平井 祐範

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 24OP9-8 急性リンパ性白血病患児のQOLアンケート自由記述の分析 : 第1報 治療相による親の感情の変化(ポスター その他(臨床)2,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 国内会議

    豆板 律子, 圀府寺 美, 石田 也寸志, 久川 浩章, 平松 英文, 堀 浩樹, 本郷 輝明, 山口 悦子, 工藤 亨

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 24OP3-11 tandem HDCを施行した乳児発症小脳AT/RTの1例(ポスター 脳腫瘍,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 国内会議

    山口 悦子, 倭 和美, 露口 尚弘, 山内 滋, 石田 博, 多田 明央

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 24OO7-4 小児病棟における療養環境改善活動の現状と評価、課題(口演 その他,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 国内会議

    中島 謙太郎, 宮下 佳代子, 山口 悦子, 新宅 治夫, 山野 恒一, 平井 祐範

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 看取りのグループ・ダイナミックス:臨床の死生学構築への心理学的-考察 国内会議

    山口 洋典, 山口 悦子, 秋田 光彦, 日高 明

    日心大会論文集  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 医療現場における対話と学習 国内会議

    山口 悦子

    日心大会論文集  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 24OP9-8 急性リンパ性白血病患児のQOLアンケート自由記述の分析 : 第1報 治療相による親の感情の変化(ポスター その他(臨床)2,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 国内会議

    豆板 律子, 圀府寺 美, 石田 也寸志, 久川 浩章, 平松 英文, 堀 浩樹, 本郷 輝明, 山口 悦子, 工藤 亨

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 24OP3-11 tandem HDCを施行した乳児発症小脳AT/RTの1例(ポスター 脳腫瘍,第22回日本小児がん学会 第48回日本小児血液学会 第4回日本小児がん看護研究会 同時期開催) 国内会議

    山口 悦子, 倭 和美, 露口 尚弘, 山内 滋, 石田 博, 多田 明央

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2006年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 先天性白血病の一例 国内会議

    鶴原昭史, 横井俊明, 山口悦子, 倭和美

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 先天性白血病の一例 国内会議

    鶴原昭史, 横井俊明, 山口悦子, 倭和美

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて:第2報 国内会議

    石田也寸志, 本郷輝明, 堀浩樹, 国府寺美, 久川浩章, 吉成みやこ, 山口悦子, 栗山貴久子, 平松英文, 吉田真, 原純一, 中畑龍俊

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総合病院・混合病棟における小児がんトータル・ケアの実践~グループ・ダイナミックスの視点から~ 国内会議

    山口悦子, 平井祐範, 倭和美, 新宅治夫, 山野恒一

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総合病院・混合病棟における小児がんトータル・ケアの実践~グループ・ダイナミックスの視点から~ 国内会議

    山口悦子, 平井祐範, 倭和美, 新宅治夫, 山野恒一

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて:第2報 国内会議

    石田也寸志, 本郷輝明, 堀浩樹, 国府寺美, 久川浩章, 吉成みやこ, 山口悦子, 栗山貴久子, 平松英文, 吉田真, 原純一, 中畑龍俊

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総合病院・混合病棟における小児がんトータル・ケアの実際 グループ・ダイナミックスの視点から 国内会議

    山口 悦子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 総合病院・混合病棟における小児がんトータル・ケアの実際 グループ・ダイナミックスの視点から 国内会議

    山口 悦子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて(第2報) 国内会議

    石田 也寸志, 本郷 輝明, 堀 浩樹, 圀府寺 美, 久川 浩章, 吉成 みやこ, 山口 悦子, 栗山 貴久子, 平松 英文, 吉田 真, 原 純一, 中畑 龍俊

    日本小児血液学会雑誌  2005年10月  日本小児血液学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「ホスパ」という名の患者サービス Hospartner Net―協働のネットワーク 国内会議

    平井祐範, 朴勤植, 長谷川みづほ, 福重明子, 山口悦子

    医療マネジメント学会雑誌  2005年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「ホスパ」という名の患者サービス Hospartner Net―協働のネットワーク 国内会議

    平井祐範, 朴勤植, 長谷川みづほ, 福重明子, 山口悦子

    医療マネジメント学会雑誌  2005年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The influence of art-activities on each group of the people in a hospital 国際会議

    山口 悦子

    The 6th annual meeting of Asian Association of Social Psychology  2005年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Wellongton  

  • 医療現場における集団変容プロセス~小児病棟の療養環境改善活動を通じて~ 国内会議

    山口 悦子

    医療現場における集団変容プロセス~小児病棟の療養環境改善活動を通じて~  2005年03月  第52回日本グループダイナミックス学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    本稿では、学校教育活動に対する支援を開始した1994年から現在まで、第1筆者が本活動を導入・推進しながら参与観察を行った結果を記述し、小児病棟において新しい規範が形成・伝達されて最終的に病棟・病院全体の規範的前提が更新される過程を、大澤真幸の社会学的身体論に基づいて考察した。さらに、規範が形成・伝達される過程を論じた過疎地域活性化の事例と比較し、医療現場における規範形成の特徴について議論した。

  • HP19-4 先天性白血病の一例(ポスター AML3,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 国内会議

    鶴原 昭史, 横井 俊明, 山口 悦子, 倭 和美

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • OP34-1 総合病院・混合病棟における小児がんトータル・ケアの実際 : グループ・ダイナミックスの視点から(ポスター 支援2,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 国内会議

    山口 悦子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HP3-1 白血病診療のQOLに関係する諸問題の施設間のバリエーションについて:第2報(ポスター 支援・心理・教育,第21回日本小児がん学会 第47回日本小児血液学会 同時期開催) 国内会議

    石田 也寸志, 本郷 輝明, 堀 浩樹, 圀府寺 美, 久川 浩章, 吉成 みやこ, 山口 悦子, 栗山 貴久子, 平松 英文, 吉田 真, 原 純一, 中畑 龍俊

    小児がん : 小児悪性腫瘍研究会記録  2005年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • <守る会助成演題>療養環境を生活の場と捉えた小児がん患児のトータルケアに関する総合的研究 国内会議

    山口 悦子, 池宮 美佐子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一, 渥美 公秀

    小児がん  2004年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • <守る会助成演題>療養環境を生活の場と捉えた小児がん患児のトータルケアに関する総合的研究 国内会議

    山口 悦子, 池宮 美佐子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一, 渥美 公秀

    小児がん  2004年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 療養環境を生活の場と捉えた小児がん患児のトータルケアに関する総合的研究 国内会議

    山口悦子, 池宮美佐子, 平井祐範, 倭和美, 新宅治夫, 山野恒一, 渥美公秀

    日本小児血液学会雑誌  2004年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 療養環境を生活の場と捉えた小児がん患児のトータルケアに関する総合的研究 国内会議

    山口悦子, 池宮美佐子, 平井祐範, 倭和美, 新宅治夫, 山野恒一, 渥美公秀

    日本小児血液学会雑誌  2004年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 守る会助成演題 療養環境を生活の場と捉えた小児がん患児のトータルケアに関する総合的研究 国内会議

    山口 悦子, 池宮 美佐子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一, 渥美 公秀

    日本小児血液学会雑誌  2004年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 守る会助成演題 療養環境を生活の場と捉えた小児がん患児のトータルケアに関する総合的研究 国内会議

    山口 悦子, 池宮 美佐子, 平井 祐範, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一, 渥美 公秀

    日本小児血液学会雑誌  2004年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch1及びNotch2の造血発生における役割 国内会議

    熊野恵城, 千葉滋, 国里篤志, 山口悦子, 斎藤俊樹, 山口智之, 増田茂夫, 平井久丸

    炎症・再生  2003年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch1及びNotch2の造血発生における役割 国内会議

    熊野恵城, 千葉滋, 国里篤志, 山口悦子, 斎藤俊樹, 山口智之, 増田茂夫, 平井久丸

    炎症・再生  2003年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪市立大学付属病院小児病棟における医学部学生ベッドサイドボランティア活動に対するアンケート調査 国内会議

    余谷のぶ之, 多賀陽子, 池本進一郎, 岩見裕子, 池宮美佐子, 山口悦子, 倭和美, 山野恒一, 渥美公秀

    小児がん  2003年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大阪市立大学付属病院小児病棟における医学部学生ベッドサイドボランティア活動に対するアンケート調査 国内会議

    余谷のぶ之, 多賀陽子, 池本進一郎, 岩見裕子, 池宮美佐子, 山口悦子, 倭和美, 山野恒一, 渥美公秀

    小児がん  2003年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児の療養環境を考える―病院広部担当から 国内会議

    平井祐範, 山口悦子, 池宮美佐子, 倭和美, 新宅治夫, 山野恒一

    小児がん  2003年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児の療養環境を考える 病院広報担当から 国内会議

    平井 祐範, 山口 悦子, 池宮 美佐子, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一

    小児がん  2003年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児の療養環境を考える 病院広報担当から 国内会議

    平井 祐範, 山口 悦子, 池宮 美佐子, 倭 和美, 新宅 治夫, 山野 恒一

    小児がん  2003年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児の療養環境を考える―病院広部担当から 国内会議

    平井祐範, 山口悦子, 池宮美佐子, 倭和美, 新宅治夫, 山野恒一

    小児がん  2003年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch1及びNotch2の胎生造血における役割 国内会議

    熊野恵城, 千葉滋, 国里篤志, 山口悦子, 斎藤俊樹, 山口智之, 増田茂夫, 平井久丸

    臨床血液  2003年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SCLは造血幹細胞からミエロイド系及びリンパ球系細胞への分化を支配する 国内会議

    国里篤志, 千葉滋, 斉藤俊樹, 熊野恵城, 山口悦子, 山口智之, 平井久丸

    臨床血液  2003年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch1及びNotch2の胎生造血における役割 国内会議

    熊野恵城, 千葉滋, 国里篤志, 山口悦子, 斎藤俊樹, 山口智之, 増田茂夫, 平井久丸

    臨床血液  2003年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SCLは造血幹細胞からミエロイド系及びリンパ球系細胞への分化を支配する 国内会議

    国里篤志, 千葉滋, 斉藤俊樹, 熊野恵城, 山口悦子, 山口智之, 平井久丸

    臨床血液  2003年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Potential function of volunteer workers in a pediatric ward: Narratives between volunteers and patients. 国際会議

    山口 悦子

    the 5th annual meeting of Asian Association of Social Psychology  2003年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Manila  

  • 長期入院血液悪性腫よう患児に対する療養環境改善の試み 国内会議

    山口悦子, 三木芳美, 倭和美, 渥美公秀

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期血液悪性腫よう患児に対する医学部学生ベッドサイドボランティアの有用性 国内会議

    多賀陽子, 余谷暢之, 山口悦子, 池宮美佐子, 倭和美, 山野恒一, 渥美公秀

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期血液悪性腫瘍患児に対する医学部学生ベッドサイドボランティアの有用性 国内会議

    多賀 陽子, 余谷 暢之, 山口 悦子, 池宮 美佐子, 倭 和美, 山野 恒一, 渥美 公秀

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白色便,黄だんから診断された進行期横紋筋肉腫の2例 国内会議

    池宮美佐子, 山口悦子, 倭和美

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白色便,黄疸から診断された進行期横紋筋肉腫の2例 国内会議

    池宮 美佐子, 山口 悦子, 倭 和美

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白色便,黄だんから診断された進行期横紋筋肉腫の2例 国内会議

    池宮美佐子, 山口悦子, 倭和美

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長期入院血液悪性腫よう患児に対する療養環境改善の試み 国内会議

    山口悦子, 三木芳美, 倭和美, 渥美公秀

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 白色便,黄疸から診断された進行期横紋筋肉腫の2例 国内会議

    池宮 美佐子, 山口 悦子, 倭 和美

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期血液悪性腫瘍患児に対する医学部学生ベッドサイドボランティアの有用性 国内会議

    多賀 陽子, 余谷 暢之, 山口 悦子, 池宮 美佐子, 倭 和美, 山野 恒一, 渥美 公秀

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 思春期血液悪性腫よう患児に対する医学部学生ベッドサイドボランティアの有用性 国内会議

    多賀陽子, 余谷暢之, 山口悦子, 池宮美佐子, 倭和美, 山野恒一, 渥美公秀

    小児がん  2002年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Notch ligand,Jagged1およびDelta1がG‐CSF分化誘導時にマウスか粒球系細胞株に及ぼす効果の差異 国内会議

    山口悦子, 千葉繁, 熊野恵城, 国里篤, 山口智之, 斎藤俊樹, 増田茂夫, 平井久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch1の二次造血における役割 国内会議

    熊野恵城, 千葉滋, 国里篤志, 山口悦子, 斎藤俊樹, 山口智之, 増田茂夫, 平井久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch ligand,Jagged1およびDelta1がG‐CSF分化誘導時にマウスか粒球系細胞株に及ぼす効果の差異 国内会議

    山口悦子, 千葉繁, 熊野恵城, 国里篤, 山口智之, 斎藤俊樹, 増田茂夫, 平井久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch1の二次造血における役割 国内会議

    熊野恵城, 千葉滋, 国里篤志, 山口悦子, 斎藤俊樹, 山口智之, 増田茂夫, 平井久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HES-1強制発現による造血幹細胞の多分化能・自己複製能の維持 国内会議

    國里 篤志, 千葉 滋, 山口 悦子, 熊野 恵城, 斉藤 俊樹, 増田 茂夫, 山口 智之, 大沢 匡毅, 影山 龍一郎, 中内 啓光, 西川 光郎, 平井 久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch ligand,Jagged1及びDelta1がG-CSF分化誘導時にマウス顆粒球系細胞株に及ぼす効果の差異 国内会議

    山口 悦子, 千葉 繁, 熊野 恵城, 國里 篤, 山口 智之, 斎藤 俊樹, 増田 茂夫, 平井 久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HES-1強制発現による造血幹細胞の多分化能・自己複製能の維持 国内会議

    國里 篤志, 千葉 滋, 山口 悦子, 熊野 恵城, 斉藤 俊樹, 増田 茂夫, 山口 智之, 大沢 匡毅, 影山 龍一郎, 中内 啓光, 西川 光郎, 平井 久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Notch ligand,Jagged1及びDelta1がG-CSF分化誘導時にマウス顆粒球系細胞株に及ぼす効果の差異 国内会議

    山口 悦子, 千葉 繁, 熊野 恵城, 國里 篤, 山口 智之, 斎藤 俊樹, 増田 茂夫, 平井 久丸

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2002年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • p300を介したTGF‐βシグナルとNotchシグナルのクロストークによる癌化のメカニズム 国内会議

    増田茂夫, 千葉滋, 熊野恵城, 国里篤志, 山口悦子, 山口智之, 斎藤俊樹, 伊豆津宏二, 平井久丸

    日本癌学会総会記事  2002年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • p300を介したTGF‐βシグナルとNotchシグナルのクロストークによる癌化のメカニズム 国内会議

    増田茂夫, 千葉滋, 熊野恵城, 国里篤志, 山口悦子, 山口智之, 斎藤俊樹, 伊豆津宏二, 平井久丸

    日本癌学会総会記事  2002年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液悪性腫よう患児に対するボランティア活動の導入 いわゆる「ベッドサイドボランティア」の可能性について 国内会議

    余谷暢之, 山口悦子, 加藤謙介, 渥美公秀, 倭和美, 三木芳美, 山野恒一

    小児がん  2001年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液悪性腫よう患児に対するボランティア活動の導入 いわゆる「ベッドサイドボランティア」の可能性について 国内会議

    余谷暢之, 山口悦子, 加藤謙介, 渥美公秀, 倭和美, 三木芳美, 山野恒一

    小児がん  2001年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液悪性腫瘍患児に対すボランティア活動の導入 いわゆる「ベッドサイドボランティア」の可能性について 国内会議

    余谷 暢之, 山口 悦子, 加藤 謙介, 渥美 公秀, 倭 和美, 三木 芳美, 山野 恒一

    小児がん  2001年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液悪性腫瘍患児に対すボランティア活動の導入 いわゆる「ベッドサイドボランティア」の可能性について 国内会議

    余谷 暢之, 山口 悦子, 加藤 謙介, 渥美 公秀, 倭 和美, 三木 芳美, 山野 恒一

    小児がん  2001年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マウス抗原提示細胞上のNotchリガンドの発現 国内会議

    山口悦子, 熊野恵城, 国里篤志, 高橋宗春, 高橋強志, 千葉滋, 平井久丸

    Int J Hematol Suppl  2001年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マウス抗原提示細胞上のNotchリガンドの発現 国内会議

    山口悦子, 熊野恵城, 国里篤志, 高橋宗春, 高橋強志, 千葉滋, 平井久丸

    Int J Hematol Suppl  2001年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マウス抗原提示細胞上のNotchリガンドの発現(Expression of Notch ligands on antigen presenting cells (APC)in mice) 国内会議

    山口 悦子, 熊野 恵城, 國里 篤志, 高橋 宗春, 高橋 強志, 千葉 滋, 平井 久丸

    International Journal of Hematology  2001年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • マウス抗原提示細胞上のNotchリガンドの発現(Expression of Notch ligands on antigen presenting cells (APC)in mice) 国内会議

    山口 悦子, 熊野 恵城, 國里 篤志, 高橋 宗春, 高橋 強志, 千葉 滋, 平井 久丸

    International Journal of Hematology  2001年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液・腫よう 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 国内会議

    稲田浩, 山口悦子, 倭和美, 山野恒一, 井上佑一, 森悦秀, 佐藤満

    小児科臨床  2000年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液・腫よう 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 国内会議

    稲田浩, 山口悦子, 倭和美, 山野恒一, 井上佑一, 森悦秀, 佐藤満

    小児科臨床  2000年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血液・腫瘍 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 国内会議

    稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 山野 恒一, 井上 佑一, 森 悦秀, 佐藤 満

    小児科臨床  2000年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    9歳女児.下顎部腫脹を主訴とし患者は低身長に対する成長ホルモン補充療法を3年10ヵ月受けており,腫瘤は嚢胞性で,MRIのT2強調画像では高信号であった.生検の結果エナメル上皮腫の診断で全摘術を施行し,再発傾向はない.成長ホルモン療法は一時中断していたが,身長増加速度の低下がみられたため,治療を再開した

  • 血液・腫瘍 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 国内会議

    稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 山野 恒一, 井上 佑一, 森 悦秀, 佐藤 満

    小児科臨床  2000年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    9歳女児.下顎部腫脹を主訴とし患者は低身長に対する成長ホルモン補充療法を3年10ヵ月受けており,腫瘤は嚢胞性で,MRIのT2強調画像では高信号であった.生検の結果エナメル上皮腫の診断で全摘術を施行し,再発傾向はない.成長ホルモン療法は一時中断していたが,身長増加速度の低下がみられたため,治療を再開した

  • 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 国内会議

    稲田浩, 山口悦子, 倭和美, 山野恒一, 井上佑一, 森悦秀, 佐藤満

    Pharma Med  2000年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 成長ホルモン治療中にエナメル上皮腫を発症した1女児例 国内会議

    稲田浩, 山口悦子, 倭和美, 山野恒一, 井上佑一, 森悦秀, 佐藤満

    Pharma Med  2000年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evans症候群と思われる1男児例 国内会議

    倭和美, 山口悦子

    日本小児血液学会雑誌  2000年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Evans症候群と思われる1男児例 国内会議

    倭和美, 山口悦子

    日本小児血液学会雑誌  2000年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能的に良好な回復をみたinfantile fibrosarcomaの1例 国内会議

    村上理子, 北野利夫, 五谷寛之, 上原千典, 寺浦英俊, 青野勝成, 山野慶樹, 倭和美, 山口悦子

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2000年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機能的に良好な回復をみたinfantile fibrosarcomaの1例 国内会議

    村上理子, 北野利夫, 五谷寛之, 上原千典, 寺浦英俊, 青野勝成, 山野慶樹, 倭和美, 山口悦子

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌  2000年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中枢神経のLangerhans'cell histiocytosisの女児例 国内会議

    倭 和美, 山口 悦子, 大野 耕一

    小児がん  1999年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中枢神経のLangerhans'cell histiocytosisの女児例 国内会議

    倭 和美, 山口 悦子, 大野 耕一

    小児がん  1999年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卒業を控えたターミナル期児童の居住地校との連携のあり方について 国内会議

    三木 芳美, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん  1999年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 卒業を控えたターミナル期児童の居住地校との連携のあり方について 国内会議

    三木 芳美, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん  1999年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HLA一致同種造血幹細胞移植後の腸管合併症の鑑別・診断に頻回の内視鏡生検が有用であった1例 国内会議

    山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    日本小児血液学会雑誌  1999年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • HLA一致同種造血幹細胞移植後の腸管合併症の鑑別・診断に頻回の内視鏡生検が有用であった1例 国内会議

    山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    日本小児血液学会雑誌  1999年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 化学療法を受けた患児の処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移 国内会議

    山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん  1998年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児悪性腫瘍患児の造血幹細胞移植中における教師の関わりの効果 国内会議

    三木 芳美, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん  1998年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 小児悪性腫瘍患児の造血幹細胞移植中における教師の関わりの効果 国内会議

    三木 芳美, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん  1998年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 急性骨髄性白血病(AML)化学療法後,GH分泌不全によらない低身長を呈した症例 国内会議

    石田 博, 稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐, 一色 玄

    Pharma Medica  1998年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 晩期障害を視野に入れた治療法の開発 初期治療にIRS-IIIプロトコールを施行した頭頸部原発横紋筋肉腫患者に生じた合併症と晩期障害の検討 国内会議

    山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん  1998年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 晩期障害を視野に入れた治療法の開発 初期治療にIRS-IIIプロトコールを施行した頭頸部原発横紋筋肉腫患者に生じた合併症と晩期障害の検討 国内会議

    山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐

    小児がん  1998年09月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 急性骨髄性白血病(AML)化学療法後,GH分泌不全によらない低身長を呈した症例 国内会議

    石田 博, 稲田 浩, 山口 悦子, 倭 和美, 宮田 雄祐, 一色 玄

    Pharma Medica  1998年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 同種末梢血幹細胞移植を行ったXLPの1例 国内会議

    倭 和美, 山口 悦子, 宮田 雄祐

    日本小児血液学会雑誌  1998年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 同種末梢血幹細胞移植を行ったXLPの1例 国内会議

    倭 和美, 山口 悦子, 宮田 雄祐

    日本小児血液学会雑誌  1998年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 化学療法を受けた患児の処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移 国内会議

    山口 悦子

    小児がん  1997年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 化学療法を受けた患児の処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移 国内会議

    山口 悦子

    小児がん  1997年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移に関する実験 国内会議

    山口 悦子

    日本小児血液学会雑誌  1997年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 処理末梢血液量と採取される末梢血幹細胞数の推移に関する実験 国内会議

    山口 悦子

    日本小児血液学会雑誌  1997年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 末梢血幹細胞採取の採取効率に関する実験的研究 国内会議

    山口 悦子

    日本小児科学会雑誌  1996年02月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 末梢血幹細胞採取の採取効率に関する実験的研究 国内会議

    山口 悦子

    日本小児科学会雑誌  1996年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • 次世代型患者参加を促進するアーツ・ベイスド・ラーニングの開発と有用性の検証

    基盤研究(C)  2023年04月

  • アーツ・ベイスド・ラーニングを活用した医療安全教育の有用性と普及に関する研究

    基盤研究(C)  2022年04月

  • アーツ・ベイスド・ラーニングを活用した医療安全教育の有用性と普及に関する研究

    基盤研究(C)  2018年04月

  • 医療保育、病弱教育に関する多職種合同研修システムの質的向上・普及の研究

    基盤研究(C)  2015年04月

  • 芸術を応用した患者安全教育プログラムの開発―学習と改善の安全文化育成を目指して―

    基盤研究(C)  2014年04月

  • 小児がん経験者・家族への長期フォローのための看護師教育プログラムと家族支援の構築

    基盤研究(C)  2014年04月

  • 医療現場のArt and Healthー国内の実態解明を目指した実践的研究ー

    基盤研究(C)  2013年04月

  • 医療保育士・病弱特別支援教育担当教師の専門性向上のための研修システム構築

    基盤研究(C)  2011年

  • 医療保育士・病弱特別支援教育担当教師の専門性向上のための研修システム構築

    基盤研究(C)  2011年

  • 医療の改善活動としての芸術導入―医療の質向上に関する評価―

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2011年

  • 芸術によるコミュニティ創出

    基盤研究(C)  2009年

  • マイクロペットを用いた低酸素性虚血性脳症の病態解明と治療法に関する研究

    基盤研究(C)  2008年

  • 小児医療現場の医療保育・就学前教育プログラムの開発-円滑な社会復帰を目指して-

    萌芽研究  2006年

  • 小児医療現場における集団変容の要因とプロセスに関する質的研究

    萌芽研究  2005年

▼全件表示

その他補助金等

  • 医療安全地域連携加算等による医療経済・医療安全上の影響の検証と効率的かつ効果的な体制構築に向けた研究

    厚生労働省  令和5年度厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業(政策科学推進研究事業))  2023年04月

  • メディア・コンテンツを応用した医療の教育ツールの学習効果および評価指標に関する研究

    文部科学省  2019年04月

  • メディア・コンテンツを活用した効果的な医療安全教育に関する実践的研究

    文部科学省  2018年04月

  • メディア・アートと医療の教育―メディア・コンテンツを活用した効果的な学生・職員・患者の教育に関する実践的研究

    文部科学省  2017月

担当教育概要

  • 学部生と大学院生を対象に、患者安全、医療の品質管理、患者安全教育に関する講義、実習、演習を行っている。「患者安全学」「患者安全学臨床実習」「医療の品質管理」「臨床医科学(医療の質・安全管理学)」「臨床医科学演習(医療の質・安全管理学)」「特別研究 (医療の質・安全管理学)」「医療の質・安全管理学(医療の質・安全管理特論)」「医療の質・安全管理学(医療の質・安全管理演習)」「医療の質・安全管理学(医療の質・安全管理実習)」「発表表現演習(医療の質・安全管理学)」「研究指導(医療の質・安産管理学)」

担当授業科目

  • 患者安全学

    2023年度   集中講義   大学

  • 臨床実習(患者安全学)

    2023年度   実習   大学

  • 医療の品質管理A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 医療安全学

    2021年度     大学

  • 医療安全学

    2019年度     大学

  • 医療安全学

    2018年度     大学

  • 医療の品質管理B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 医療安全学

    2017年度     大学

  • 医療の品質管理

    2023年度   集中講義   大学院

  • 医療の質・安全管理学(医療の質・安全管理実習)

    2023年度     大学院

  • 医療の質・安全管理学(医療の質・安全管理演習)

    2023年度     大学院

  • 医療の質・安全管理学(医療の質・安全管理特論)

    2023年度     大学院

  • 臨床医科学演習(医療の質・安全管理学)

    2023年度     大学院

  • 臨床医科学(医療の質・安全管理学)

    2023年度     大学院

  • 研究指導(医療の質・安産管理学)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 発表表現演習(医療の質・安全管理学)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 医療の質・安全管理実習

    2022年度   実習   大学院

  • 医療の質・安全管理演習

    2022年度   週間授業   大学院

  • 医療の質・安全管理特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 特別研究(医療の質・安全管理学)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 臨床医科学演習(医療の質・安全管理学)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 臨床医科学(医療の質・安全管理学)

    2022年度   週間授業   大学院

  • 医療安全管理学クリニカルクラークシップ

    2022年度   実習   大学

  • 医療の品質管理

    2022年度   集中講義   大学院

  • 患者安全学

    2022年度     大学

  • 医療安全管理学クリニカルクラークシップ

    2021年度   実習   大学

  • 医療の品質管理

    2021年度   集中講義   大学院

  • 医療の品質管理

    2020年度   集中講義   大学院

  • 医療安全管理学クリニカルクラークシップ

    2020年度   実習   大学

  • 医療の品質管理

    2020年度   集中講義   大学院

  • 医療安全学

    2020年度     大学

  • 医療の品質管理

    2019年度   集中講義   大学院

  • 医療安全管理学クリニカルクラークシップ

    2019年度   実習   大学

  • 医療安全管理学クリニカルクラークシップ

    2018年度   実習   大学

  • 医療の品質管理

    2018年度   集中講義   大学院

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 安全行動学特講

    2021年08月
    -
    2021年09月
    機関名:大阪大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 医療安全管理学

    機関名:大阪市立大学医学部

  • 小児保健

    機関名:関西女子短期大学

  • 病理学

    機関名:大阪教育大学

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:1件

  • 2022年度

    所属大学院生発表数:3件

  • 2021年度

    所属大学院生発表数:1件

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:0名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:0名  博士後期課程学生指導数:0名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:4名  卒業論文審査数:0件

    博士前期課程学生指導数:3名  博士後期課程学生指導数:2名

    修士論文審査数(主査):0件  修士論文審査数(副査):0件

    博士論文審査数(主査):0件  博士論文審査数(副査):0件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:大学院研究生、学外研究員、修士修了生、医療の質・安全管理部員の論文指導を行い、英文論文3本を出版した。

社会貢献活動

  • JASMO継続研修会

    役割:講師

    JASMO  2024年03月

     詳細を見る

    種別:資格認定講習

  • 医療安全研修

    役割:講師

    成田赤十字病院  2024年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    京都私立病院協会  2024年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    国立大学病院GRM中四国支部  2024年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 特別講演

    役割:講師

    第12回東海医療安全研究会  2024年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修・スキルアップ研修

    役割:講師

    京都府看護協会  2024年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    山口大学医学部附属病院  2023年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    苫小牧看護協会  2023年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府看護協会市南支部  2023年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修・TQM研修

    役割:講師

    埼玉県立循環器呼吸器病センター  2023年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修・スキルアップ研修

    役割:講師

    北海道看護協会  2023年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    千舟病院  2023年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    北野病院  2023年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    獣医臨床センター  2023年03月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:30(人)

  • 医療安全研修

    役割:講師

    ベルランド総合病院  2023年02月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:60(人)

  • TQM活動指導

    役割:講師

    埼玉県立循環器呼吸器センターTQM/継続的質改善活動指導  2022年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 第39回医療安全管理者ネットワーク会議

    役割:講師

    医療の質・安全学会  2022年08月

     詳細を見る

    SDGs:

    種別:講演会

    参加者数:100(人)

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    医療の質・安全学会ネットワーク会議医療安全管理者研修  2022年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • パフォーマンス心理学研究会講演

    役割:講師

    パフォーマンス心理学研究会「医療の質と安全を向上させるアートとデザイン」  2022年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • TQM活動指導

    役割:講師

    医療法人三栄会ツカザキ記念病院TQM/継続的質改善活動指導  2022年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • TQM活動指導

    役割:講師

    埼玉県立小児医療センターTQM/継続的質改善活動指導  2022年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療事故調査協力

    役割:講師

    医療事故・調査支援センター調査部会部会員  2022年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    和歌山県立医科大学附属病院医療安全研修  2022年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府立母子医療センター医療安全研修  2022年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    社会医療法人生長会府中病院医療安全研修  2022年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    アウトカムマネジメント研究所医療安全管理者研修  2022年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    ベルランド総合病院医療安全研修  2021年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    京都府看護協会医療の質を高める安全教育  2021年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    岐阜県看護協会医療安全管理者養成研修  2020年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    淀川キリスト教病院  医療安全研修会  2020年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    淀川キリスト教病院  医療安全研修会  2020年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    京都府看護協会  ブラッシュアップセミナー  2019年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    京都府看護協会  ブラッシュアップセミナー  2019年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 日本医療安全調査機構調査支援医

    役割:助言・指導

    一般社団法人日本医療安全調査機構  2019年11月 - 2020年03月

     詳細を見る

    種別:調査

  • 管理者研修

    役割:講師

    同仁会耳原総合病院  2019年10月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 管理者研修

    役割:講師

    同仁会耳原総合病院  2019年10月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全研修

    役割:講師

    公益財団法人 田附興風会 北野病院  2019年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    公益財団法人 田附興風会 北野病院  2019年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    地域医療機能推進機構 徳山中央病院  2019年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    地域医療機能推進機構 徳山中央病院  2019年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    京都府立大学医学部附属病院  2019年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    京都府立大学医学部附属病院  2019年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    医療安全学会  2019年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    医療安全学会  2019年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • より良い質・安全を目指すための 医療システムのデザイン

    役割:講師

    日本医療機能評価機構 同仁会耳原総合病院  2019 年度 第1回 患者安全推進地域フォーラムin 堺  2019年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • より良い質・安全を目指すための 医療システムのデザイン

    役割:講師

    日本医療機能評価機構 同仁会耳原総合病院  2019 年度 第1回 患者安全推進地域フォーラムin 堺  2019年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療事故調査協力

    役割:講師

    医療事故・調査支援センター調査部会部会員  2019年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府済生会吹田病院  2019年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府済生会吹田病院  2019年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医師会男女共同参画講演会

    役割:講師

    「『男女協働参画』の基本となる心理的安全」医師会男女共同参画講演会  2019年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府済生会吹田病院  2019年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府済生会吹田病院  2019年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • リスクマネージャー研修

    役割:講師

    大阪医科大学医学部附属病院  2019年02月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • リスクマネージャー研修

    役割:講師

    大阪医科大学医学部附属病院  2019年02月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府薬剤師会第6支部  2019年01月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府薬剤師会第6支部  2019年01月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府立羽曳野医療センター  2019年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府立羽曳野医療センター  2019年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    京都府看護協会  2018年11月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    京都府看護協会  2018年11月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 日本医療保育学会 九州・沖縄ブロック 研修会2018

    役割:講師

    日本医療保育学会 九州・沖縄ブロック  2018年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 日本医療保育学会 九州・沖縄ブロック 研修会2018

    役割:講師

    日本医療保育学会 九州・沖縄ブロック  2018年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 「病気の子どものトータルケアセミナーin福岡」基調講演

    役割:講師

    「病気の子どものトータルケアセミナーin福岡」基調講演講師「コミュニケーションを問い直す」  2018年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • リーダーシップ研修

    役割:講師

    大塚製薬  2018年08月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

  • リーダーシップ研修

    役割:講師

    大塚製薬  2018年08月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全研修

    役割:講師

    同仁会耳原総合病院  2018年07月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    同仁会耳原総合病院  2018年07月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    地域医療機能推進機構徳山中央病院  2018年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    地域医療機能推進機構徳山中央病院  2018年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    市立東大阪医療センター  2018年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    市立東大阪医療センター  2018年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    和歌山県立医科大学附属病院  2018年05月 - 2108年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    和歌山県立医科大学附属病院  2018年05月 - 2108年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    大阪急性期・総合医療センター  2018年05月

  • 医療安全研修

    大阪急性期・総合医療センター  2018年05月

  • 医療安全研修

    役割:講師

    株式会社麻生飯塚病院  2018年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    株式会社麻生飯塚病院  2018年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    大阪府看護協会  2018年02月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    大阪府看護協会  2018年02月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府薬剤師会第6支部  2017年12月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府薬剤師会第6支部  2017年12月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    京都府看護協会  2017年11月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全管理者研修

    役割:講師

    京都府看護協会  2017年11月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府栄養士会  2017年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪府栄養士会  2017年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪鉄道病院  2017年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪鉄道病院  2017年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 外部監査

    役割:講師

    特定機能病院外部監査委員  2017年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪医科大学リスクマネージャー研修

    役割:講師

    大阪医科大学リスクマネージャー研修「コミュニケーションを見直そう」  2017年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    医療法人大植会葛城病院「学習する組織パート2」  2017年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪府病院薬剤師会・第6支部研修会

    役割:講師

    大阪府病院薬剤師会・第6支部研修会「安全文化を作ろう」  2017年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 独立行政法人国立病院機構全国保育士協議会九州支部研修会

    役割:講師

    独立行政法人国立病院機構全国保育士協議会九州支部平成28年度第2回研修会「簡単カイゼンフォーマット」  2016年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 近畿厚生局・平成28年度「医療安全に関するシンポジウム」

    役割:講師

    近畿厚生局・平成28年度「医療安全に関するシンポジウム」《芸術を活用した医療安全患者教育》「高めよう!気づき力。極めよう!チーム力。アニメーション制作プロジェクト」  2016年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大学を活用した文化芸術推進事業・美術館等と連携する地域アートプロジェクトを活用するアートマネジメント人材育成プログラムの構築と実施・評価基礎講座講演

    役割:講師

    平成28年度大学を活用した文化芸術推進事業・美術館等と連携する地域アートプロジェクトを活用するアートマネジメント人材育成プログラムの構築と実施・評価基礎講座「創造的なコミュニティを育てるマネジメントのコツ~病院の事例を参考に~」  2016年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪府立光陽支援学校病弱部門校内研修会

    役割:講師

    大阪府立光陽支援学校病弱部門校内研修会「「医教連携?」子どもたちのために"私たちができること"について考える」  2016年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 公益社団法人福岡県看護協会医療安全管理者研修

    役割:講師

    公益社団法人福岡県看護協会第11回リスクマネージャースキルアップ研修会「学習する組織」「簡単カイゼンフォーマット」  2016年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大学を活用した文化芸術推進事業・社会包摂型アートマネジメント・プロフェッショナル育成事業社会包摂型アートマネジメント・プロフェッショナル講座講演

    役割:講師

    平成28年度大学を活用した文化芸術推進事業・社会包摂型アートマネジメント・プロフェッショナル育成事業3「アートの活用形?」社会包摂型アートマネジメント・プロフェッショナル講座「病院の中のアートを医療の質と安全から考える」  2016年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    社会福祉法人四天王寺福祉事業団「安全文化を育てよう」  2016年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 日本リハビリテーション医学会近畿地方会専門医・認定臨床医生涯教育研修会

    役割:講師

    日本リハビリテーション医学会近畿地方会「第57回専門医・認定臨床医生涯教育研修会」講師「理学療法と医療安全~リーダーシップとマネジメントに関する最近の話題~」  2016年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 市民医学講座

    役割:講師

    大阪市立大学医学部第201回市民医学講座「病院との上手な付き合い方~安心して治療を受けるために~」  2016年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    医療法人大植会葛城病院「学習する組織~よりよい進化を続けるために~」  2016年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医薬品包装材料セミナー中級編in大阪

    役割:講師

    医薬品包装材料セミナー中級編in大阪講師「医薬品と患者安全」  2015年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 「全国小児病棟あそびのボランティア第3回交流集会」基調講演

    役割:講師

    「全国小児病棟あそびのボランティア第3回交流集会」基調講演講師「病院ボランティア活動の支援業務―見えない活動の重要性―」  2015年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    医療法人社団星晶会「患者安全の基本~なぜ失敗する?どうやって防ぐ?~」  2015年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    医療法人寿会富永病院「患者安全の視点~ルールってなんだろう~」  2015年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    医療法人山紀会山本第三病院「日常業務から考える安全管理―ルールの仕組み―」  2015年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪市立大学文化交流センター講座「大阪の再生とみらい―part2」

    役割:講師

    大阪市立大学文化交流センター講座「大阪の再生とみらい―part2」「失敗の仕組み~どうやって学ぶか、どうやって成長するか~」  2014年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    橘会横山病院「医療の質・安全の視点から改善活動を見直そう―患者さん・利用者さんにもっと喜んでもらうために―」  2014年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    八尾市立病院「エラーから学びリスクをコントロールする」  2014年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪府病院薬剤師会・第6支部研修会

    役割:講師

    大阪府病院薬剤師会第6支部研修会「薬剤師のための医療安全対策」  2014年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪市立大学社会包摂型アートマネジメント・プロフェッショナル育成事業「アートの活用形?」

    役割:講師

    大阪市立大学社会包摂型アートマネジメント・プロフェッショナル育成事業「アートの活用形?」講座「いのちをつなぐアート―病院の中のアートを医療の質と安全から考える―」  2014年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 社会医療法人同人会耳原総合病院「異文化コミュニケーション・カンファレンス」講演

    役割:講師

    社会医療法人同人会耳原総合病院「異文化コミュニケーション・カンファレンス」講演「病院の中のアートと医療の質」  2014年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪府病院薬剤師会医療安全研修

    役割:講師

    大阪府病院薬剤師会第8回医療安全研修「明日から役立つ医療安全~あなたにも、できること~」  2014年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 筑波大学医学部附属病院シンポジウム「病院のアートを育てるために」講演

    役割:講師

    筑波大学医学部附属病院シンポジウム「病院のアートを育てるために」講演「医療の質・安全の視点からみたアート活動」  2014年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    国立障害者リハビリテーションセンター病院「医療安全のための組織づくり~なぜ変われない?どうやって変わる?~」  2014年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 「病気の子どものトータルケアセミナーin福岡」基調講演

    役割:講師

    「病気の子どものトータルケアセミナーin福岡」基調講演講師「よりよく楽しく業務改善」  2013年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 「病気の子どものトータルケアセミナーin東京」基調講演

    役割:講師

    「病気の子どものトータルケアセミナーin東京」基調講演講師「安全と感染防御対策の理解自信をもって関わるために」  2013年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    大阪医科大学医学部附属病院「医療安全のための組織づくり~なぜ変われない?どうやって変わる?~」  2013年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    医療法人寿会富永病院「安全な組織づくりのために~なぜ変われない?どうやって変わる?~」  2013年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 日本原子力学会HMS研究部会2013年度夏期セミナー講演

    役割:講師

    日本原子力学会HMS研究部会2013年度夏期セミナー講師「病院組織が変わる、変える仕組みとその実践―安全を導く組織的な学びを促すために―」  2013年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    八尾徳洲会病院「安全な病院を目指して~何を学び、どうやって変えるか~」  2013年04月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    医療法人橘会東住吉森本病院「患者安全の基本的な考え方~組織や集団へのまなざしや改善のためのヒント」  2013年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全管理者養成研修(全国自治体病院)

    役割:講師

    医療安全管理者養成研修(全国自治体病院)「医療安全教育の企画・運営」  2012年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 日本医療機能評価機構認定病院患者安全推進協議会患者安全推進全体フォーラム教育講演

    役割:講師

    財団法人日本医療機能評価機構・認定病院患者安全推進協議会・平成23年度患者安全推進全体フォーラム教育講演「医療安全のための組織づくり」  2012年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    泉大津市民病院「インシデント報告の課題と安全対策」  2011年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 病院ボランティア協会・2011年度病院ボランティア講演会・基調講演

    役割:講師

    病院ボランティア協会・2011年度病院ボランティア講演会・基調講演講師「医療の改善活動としてのボランティア活動導入」  2011年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 財団法人たんぽぽの家平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事「臨床するアート福岡セッション」講演

    役割:講師

    財団法人たんぽぽの家平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事「臨床するアート福岡セッション」講演講師「アートは病院を変える」  2011年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    柏原市民病院「コミュニケーションとヒューマンエラー―薬剤に関する場面を中心に―」  2011年01月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 東京都歴史文化財団東京都現代美術館MOT美術館講座

    役割:講師

    公益財団法人東京都歴史文化財団東京都現代美術館MOT美術館講座講師「おもろい病院の作り方-こどもにとって、本当によい環境とは?」  2010年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 医療安全研修

    役割:講師

    貝塚市立病院「コミュニケーションと医療安全―組織や集団における学びと発達―」  2010年07月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 公私立大学附属病院医療安全セミナー

    役割:講師

    平成22年度国公私立大学附属病院医療安全セミナー「患者参加を支援するためのツール」セッション講師「子どもが"わかる"ということ」  2010年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪市立大学医学部付属病院がん患者サポートの会ぎんなん講演

    役割:講師

    大阪市立大学医学部付属病院がん患者サポートの会ぎんなん講演「おもろい病院、作りませんか?―学びあう、病院改革―」  2009年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 公私立大学附属病院医療安全セミナー

    役割:講師

    平成21年度国公私立大学附属病院医療安全セミナーリフレッシュセミナー③講師「インシデントレポートの部署での活用」  2009年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 文化政策とCCDセミナー大阪セッション講演

    役割:講師

    財団法人たんぽぽの家主催・文化政策とCCDセミナー大阪セッション講師「市民と専門家が共に学びあい、「いのちに向き合う」文化をつくる」  2009年05月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 大阪大学ボランティア人間科学講座(市民講座)

    役割:講師

    大阪大学ボランティア人間科学講座(市民講座)「(防災+病院)×グループダイナミックス=ボランティア人間科学の歩み」講師「グルダイ×病院=日本一の「おもろい病院」―学びあう、病院改革―」  2008年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • NPO法人血液情報広場つばさ・フォーラムin大阪講演

    役割:講師

    NPO法人血液情報広場つばさ・フォーラムin大阪「血液がん~より良い治療とより良い治癒」講師学校へ帰るとき~復学支援の実際~  2008年06月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • NPO法人エスビューロー医療学習講座夏の特別企画「小児慢性疾患病弱児の復学支援集中セミナー」

    役割:講師

    NPO法人エスビューロー医療学習講座夏の特別企画「小児慢性疾患病弱児の復学支援集中セミナー」講師「学校へ帰るとき」  2007年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 滋賀LD教育研究会・軽度発達障害研究者ネットワーク合同研修会講演

    役割:講師

    第5回滋賀LD教育研究会・軽度発達障害研究者ネットワーク合同研修会講演2講師「学びあう病院改革~子どもたちと共に~」  2007年08月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 近畿労働金庫主催エイブル・アート近畿2006「ひと・アート・まちおおさか」講演

    役割:講師

    近畿労働金庫主催エイブル・アート近畿2006「ひと・アート・まちおおさか」講演「祝祭空間としての病院共同体―語りと祝い直し―」  2006年12月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 財団法人たんぽぽの家主催「アートとソーシャル・インクルージョン」フォーラム講演

    役割:講師

    財団法人たんぽぽの家主催「アートとソーシャル・インクルージョン」フォーラム分科会⑤講師  2004年03月

     詳細を見る

    種別:講演会

  • 財団法人たんぽぽの家主催「ケアする人のケア」国際フォーラム講演

    役割:講師

    財団法人たんぽぽの家主催「ケアする人のケア」国際フォーラム講師「医学の進歩と小児医療の諸問題~小児医療におけるアートの意義~」  2003年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 「医療事故と患者安全」「組織やコミュニティが変わる、変える、その仕組み」「コミュニティの学習と発達」「子どもから大人への発達」「医療と芸術」

    分野:現代システム科学(知識情報システム,環境システム,教育福祉,心理学), 商学(経営,公共経営), 経済学, 法学(法律・政治・行政), 文学(文学,哲学,歴史,芸術,人間行動,言語,文化,社会・ジェンダー), 理学(数学,物理学,化学,生物学,地球学,生物化学), 工学(機械,電子・物理,電気電子,電機情報,化学バイオ,建築,都市(土木・環境),物質化学,航空宇宙,海洋システム,応用化学,化学,マテリアル), 生活科学(食品,栄養科学,居住環境,人間福祉), 農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 医学(医療,リハビリテーション,健康運動科学,体力・トレーニング,スポーツ実践科学), 看護学(看護,性教育), 獣医学

     詳細を見る

    対象:中学生, 高校生, 教育関係者, 保護者, 社会人・一般

    専門は、小児内科学、患者安全学、グループ・ダイナミックス(社会心理学)です。小児内科学、学習や発達の諸理論、グループ・ダイナミックスをはじめとする社会科学の諸理論、医療の改善活動としての芸術活動導入に関する知識とノウハウ、医療安全の国際標準の情報などを元に、色々組み立てられます。
    これまでも、医療機能評価機構や複数の病院での講演(患者安全)、学校教師向け(国立特別支援教育総合研究所)に集団・組織の動かし方についての講義、都市研究プラザの「マンスリーアートカフェ」や東京都立現代美術館などで市民向けに「医療と芸術」の講座をやっています。
    特に対象も難易度も絞りませんので、ご興味がありましたら、まずはご相談ください。
    グループ・ダイナミックスの理論を下敷きに、知識を得るのではなく「気付くこと」と「行動すること」の
    大切さとそのコツに「気付いて」もらう。

学術貢献活動

  • アートミーツケア学会理事

    役割:企画立案・運営等

    アートミーツケア学会  2023年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 論文査読

    役割:査読

    2022年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 医療の質安全学会第17回大会プログラム委員長

    役割:学術調査立案・実施

    医療の質・安全学会  2022年04月 - 2022年12月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  • 医療の質・安全学会誌編集委員

    役割:査読

    2021年04月 - 継続中

     詳細を見る

    種別:査読等 

  • 論文査読

    役割:査読

    2020年04月 - 2021年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    論文査読件数:8件

  • 論文査読

    役割:査読

    2019年04月 - 2020年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    論文査読件数:3件

  • 論文査読

    役割:査読

    2018年04月 - 2019年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    論文査読件数:2件

  • 論文査読

    役割:査読

    2017年04月 - 2018年03月

     詳細を見る

    種別:査読等 

    論文査読件数:1件

▼全件表示

外国人受入実績

  • 2020年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

  • 2021年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

  • 2023年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

  • 2022年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :1名

国際交流活動

  • ブリストル大学人文学部John Lee教授主催のMedical Humanitiesの講義シリーズで、共同研究者のKate Beales氏、長谷川康子氏とともに、医学部生対象に、患者安全の授業を受け持った。医療の質安全管理学の社会人院生と双方向オンライン授業で、即興演劇を応用した参加型授業で交流した。テーマはコミュニケーションとチームワーク。

    活動区分 :教育

    活動国 :英国   2023年10月

  • ブリストル大学人文学部John Lee教授主催のMedical Humanitiesの講義シリーズで、共同研究者のKate Beales氏、長谷川康子氏とともに、医学部生、歯学部生、獣医学部学生等を対象に、患者安全の授業を受け持った。双方向オンライン授業で、即興演劇を応用した参加型授業。テーマはコミュニケーションとチームワーク。

    活動区分 :教育

    活動国 :英国   2022年10月

  • リトアニア大学健康科学研究科の博士課程院生審査委員会委員を務めた。

    活動区分 :教育

    活動国 :Lithuania   2016年10月 - 2016年12月

役職

  • 部局内役職

    獣医学部 附属獣医臨床研究センター 

    特任臨床教授  2021年09月 - 継続中

  • 部局内役職

    医学部 附属病院 医療安全センター医療の質・安全管理部 

    i医療の質・安全管理部長  2019年04月 - 継続中

  • 全学管理職

    都市研究プラザ

    都市研究プラザ特別研究員  2008年04月 - 2021年03月

独自項目・特記事項(管理運営)

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:院長が理事をしているTQM推進協議会で、院長・副院長の補佐として委員会に出席、大会の審査員や講評者、シンポジストを務めている。

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:院長が理事をしているTQM推進協議会で、院長・副院長の補佐として委員会に出席、大会の審査員や講評者、座長を務めている。

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:院長が理事をしているTQM推進協議会で、院長・副院長の補佐として委員会に出席、大会の審査員や講評者を務めている。

  • 2019年度

      詳細を見る

    独自項目:院長が理事をしているTQM推進協議会で、院長・副院長の補佐として委員会に出席、大会の審査員や講評者を務めている。

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:2009年度~2018年度
    学長、院長が理事をしているTQM推進協議会で、学長・副院長の補佐として委員会に出席、大会の審査員や講評者を務めている。

その他

  • 職務経歴

    2019年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 部長

  • 職務経歴

    2018年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 医療安全管理部 病院教授

  • 職務経歴

    2015年07月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 医療安全管理学 准教授

  • 職務経歴

    2013年01月 - 2019年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学医学部附属病院 医療安全管理部 副部長

  • 職務経歴

    2012年10月 - 2015年06月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学研究科 医療安全管理学 講師

  • 職務経歴

    2009年01月 - 2012年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 医療安全管理部 専任医師

  • 職務経歴

    2005年04月 - 2008年12月

      詳細を見る

    大阪市立大学大学院医学系研究科 発達小児医学 病院講師

  • 職務経歴

    1997年04月 - 2000年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学医学部附属病院 小児科 後期研究医

▼全件表示