2024/04/10 更新

写真a

イマイ ダイキ
今井 大喜
Imai Daiki
担当
国際基幹教育機構 准教授
研究推進機構 都市健康・スポーツ研究センター
職名
准教授
所属
国際基幹教育研究院
所属キャンパス
杉本キャンパス

担当・職階

  • 国際基幹教育機構 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 研究推進機構 都市健康・スポーツ研究センター 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 大学院医学研究科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

  • 修士(スポーツ科学) ( 大阪体育大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 生理学  / 運動生理学、環境生理学

  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学  / スポーツ科学

研究キーワード

  • 寒冷ストレス

  • 精神性ストレス

  • 体温調節

  • 運動能

  • ウィンタースポーツ

研究概要

  • 環境温および精神的要因による複合ストレス負荷時の生理応答および運動能に関する研究

研究歴

  • 運動前の寒冷・精神性ストレスによる運動パフォーマンス低下への対抗戦略

    2023年04月 - 継続中 

  • 寒冷・精神性による複合ストレスが運動能に及ぼす作用機序の解明

    2020年04月 - 2023年03月 

  • 寒冷環境下での瞬発性・持久性運動能の低下メカニズムに関する研究

    プレクーリング、皮膚温、乳酸、交感神経活動、血漿量  個人研究

    2011年04月 - 継続中 

  • 新素材を用いた新機能性ウェアの開発

    寒冷環境、アンダーウェア、複合機能  国内共同研究

    2017年07月 - 2019年09月 

  • クーリング素材の人体に及ぼす影響評価

    暑熱環境、赤外線、透湿  国内共同研究

    2012年04月 - 2013年03月 

所属学協会

  • American physiological society

    2021年05月 - 継続中   国外

  • American college of sports medicine

    2021年04月 - 継続中   国外

  • 日本生理学会

      国内

  • 日本体力医学会

      国内

  • 日本体育学会

      国内

  • 日本運動生理学会

      国内

  • 大阪体育学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 住吉区生涯スポーツ事業運営協議会委員   住吉区生涯スポーツ事業運営協議会  

    2022年08月 - 継続中 

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学   都市健康・スポーツ研究センター

    2022年01月 - 継続中

  • 大阪市立大学   都市健康・スポーツ研究センター

    2011年04月 - 2021年12月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   基礎医科学   博士課程   卒業・修了

    2007年04月 - 2011年03月

  • 大阪体育大学   スポーツ科学研究科   修士課程   卒業・修了

    2005年04月 - 2007年03月

  • 大阪体育大学   体育学部     卒業・修了

    - 2005年03月

論文

  • Does Exercise Testing with Arm Crank Ergometer Substitute for Cycle Ergometer to Evaluate Exercise Capacity? 査読

    Miwako Deguchi, Hisayo Yokoyama, Nobuko Hongu, Atsuya Toya, Takahiro Matsutake, Yuta Suzuki, Daiki Imai, Yuko Yamazaki, Masanori Emoto, Kazunobu Okazaki

    Applied Sciences   13 ( 23 )   12926 - 12926   2023年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Using the upper limbs to test cardiopulmonary exercise can be a useful option in the case of individuals who are unable to pedal a bicycle due to lower limb injury or disability. We evaluated whether exercise testing with the upper limbs can be used equivalently to that of the lower limbs in assessing exercise capacity. Nine collegiate rowers and eight collegiate cyclists underwent incremental exercise testing with an arm crank ergometer (ACE) and cycle ergometer (CE). Heart rate (HR) and oxygen uptake (VO2) were monitored throughout the tests. Segmental muscle mass and flow-mediated dilation of brachial artery were measured to assess the training status of the upper limbs. The muscle mass of the brachium, upper limb, and trunk were greater in the rowers than in the cyclists (p < 0.05). The correlations between HR and VO2 was significantly different depending on exercise modalities, ACE and CE, in both groups (p < 0.001). The estimated maximal VO2 using the correlation formula and age-predicted maximal HR was significantly lower in the exercise testing group with ACE than in the group with CE in rowers and cyclists (41.7 ± 7.3 vs. 52.6 ± 8.6 mL/kg/min, p = 0.010 and 35.5 ± 14.2 vs. 50.4 ± 13.4 mL/kg/min, p = 0.011, respectively). The results suggested that exercise capacity assessed by exercise testing with ACE is underestimated, regardless of the training status of the upper limbs. Further research is needed to verify factors which affect the correlations between HR and VO2 during upper- and lower-limb exercise.

    DOI: 10.3390/app132312926

  • Assessment Of Exercise Capacity Using Arm Crank Ergometer Among Healthy Adults 査読

    Miwako Deguchi, Hisayo Yokoyama, Nobuko Hongu, Atsuya Toya, Hiroshi Hirai, Daiki Imai, Kazunobu Okazaki

    Medicine & Science in Sports & Exercise   55 ( 9S )   139 - 139   2023年09月( ISSN:0195-9131

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1249/01.mss.0000981016.15395.94

  • ウェアラブルデバイスを用いた運動時の深部体温の変動予測 査読

    五十嵐 裕, 戸谷 敦也, 今井 大喜, 木村 祐, 宮本 正教, 岡﨑 和伸

    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集   37 ( 0 )   14C2-3   2023年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11486/ejisso.37.0_14c2-3

  • Health Literacy among Japanese College Students: Association with Healthy Lifestyle and Subjective Health Status. 査読

    Yokoyama H, Imai D, Suzuki Y, Ogita A, Watanabe H, Kawabata H, Miyake T, Yoshii I, Tsubouchi S, Matsuura Y, Okazaki K

    Healthcare (Basel, Switzerland)   11 ( 5 )   2023年02月( ISSN:2227-9032

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/healthcare11050704

    PubMed

  • 大学生のヘルスリテラシーは健康的な生活習慣ならびに自覚的健康観と関連する 査読

    横山 久代, 今井 大喜, 鈴木 雄太, 荻田 亮, 渡辺 一志, 川端 悠, 三宅 孝昭, 吉井 泉, 坪内 伸司, 松浦 義昌, 岡崎 和伸

    教育医学   68 ( 1 )   63 - 63   2022年08月( ISSN:0285-0990

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高齢者の咀嚼能力は転倒リスクと関連する 査読

    平井 博志, 横山 久代, 出口 美輪子, 戸谷 敦也, 今井 大喜, 岡崎 和伸

    日本運動療法学会大会抄録集   47回   32 - 32   2022年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eating Perception, Nutrition Knowledge and Body Image among Para-Athletes: Practical Challenges in Nutritional Support. 査読

    Deguchi M, Yokoyama H, Hongu N, Watanabe H, Ogita A, Imai D, Suzuki Y, Okazaki K

    Nutrients   13 ( 9 )   3120 - 3120   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu13093120

    PubMed

  • 咀嚼が胃排泄と食後血糖変動に及ぼす影響 査読

    横山 久代, 森田 恵美子, 今井 大喜, 岡崎 和伸

    糖尿病   64 ( 1 )   59 - 59   2021年01月( ISSN:0021-437X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 着衣が水中歩行時の運動生理に及ぼす影響に関する基礎的研究 査読

    今井大喜, 横山久代, 渡辺一志, 荻田亮, 岡崎和伸, 鈴木雄太, 生田英輔

    都市防災研究論文集   7   7 - 12   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 着衣が水中歩行時の運動生理に及ぼす影響に関する基礎的研究 査読

    今井大喜, 横山久代, 渡辺一志, 荻田亮, 岡崎和伸, 鈴木雄太, 生田英輔

    都市防災研究論文集   7   7 - 12   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ラベンダー精油の香り吸入による血圧および筋交感神経活動への影響 査読

    河合 英理子, 今井 大喜, 佐保 光祐, 森田 恵美子, 鈴木 雄太, 横山 久代, 岡崎 和伸

    日本アロマセラピー学会誌   19 ( 2 )   093 - 093   2020年11月( ISSN:1349-1857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Increase in diastolic blood pressure induced by fragrance inhalation of grapefruit essential oil is positively correlated with muscle sympathetic nerve activity. 査読

    Kawai Eriko, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Ueda Shinya, Nakahara Hidehiro, Miyamoto Tadayoshi, Okazaki Kazunobu

    JPURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENSE   70 ( 1 )   2020年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Increase in diastolic blood pressure induced by fragrance inhalation of grapefruit essential oil is positively correlated with muscle sympathetic nerve activity. 査読

    Kawai Eriko, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Ueda Shinya, Nakahara Hidehiro, Miyamoto Tadayoshi, Okazaki Kazunobu

    JPURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENSE   70 ( 1 )   2 - 2   2020年01月( ISSN:1880-6546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1186/s12576-020-00733-6

    PubMed

  • グレープフルーツ精油の芳香吸入により誘発される拡張期血圧の上昇は筋交感神経活動と正相関を示す(Increase in diastolic blood pressure induced by fragrance inhalation of grapefruit essential oil is positively correlated with muscle sympathetic nerve activity) 査読

    Kawai Eriko, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Ueda Shin-ya, Nakahara Hidehiro, Miyamoto Tadayoshi, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences   70   1 of 11 - 11 of 11   2020年01月( ISSN:1880-6546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ラットの交感神経活動を増強させることが報告されているグレープフルーツ精油を用いて、健常男性を対象とした芳香刺激による血行動態の変化と筋交感神経活動(MSNA)の変化を調査した。健常男性13例にグレープフルーツ精油の芳香刺激を10分間行い、血圧、心拍数およびMSNAの連続測定を行った一方、健常男性9例に対する同じ芳香刺激を行い、血圧と心拍数の連続測定を行うとともに、血漿中ノルアドレナリンおよびコルチゾール濃度を測定した。その結果、芳香刺激時には拡張期血圧が有意に上昇したが、MSNAのバースト出現頻度、バースト数および総活動量においての変化はみられなかった。しかし、芳香刺激終了5分前に、拡張期血圧の変化とMSNAバースト出現頻度の変化に有意な線形相関が認められ、芳香刺激中は血漿中コルチゾール濃度は有意に低下したが、ノルアドレナリン濃度には変化がみられないことが明らかにされた。以上の所見から、芳香刺激による血圧変化が、MSNAの変化と関連することが、ヒトにおいて初めて立証された。

  • 非接触センサを用いた消防服内温熱モデルに基づく深部体温上昇予測 査読

    木村 祐, 竹田 良祐, 林 宏和, 佐保 光祐, 河合 英理子, 今井 大喜, 岩渕 幸弘, 高橋 秀也, 岡崎 和伸

    生体医工学   Annual58 ( Abstract )   414 - 414   2020年( ISSN:1347443X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>消防士は断熱性の高い防火服を着て活動するため、運動により自身から産生された熱を放散することが難しく、熱中症をはじめとする熱ストレスにさらされやすい。熱ストレスの指標としては食道温をはじめとする深部体温上昇を把握することが重要であるが、直接測定はプローブを体内に導入するため消防活動時には不可能である。そこで、非侵襲的に消防活動時の深部体温上昇を予測すべく、運動による熱産生量と、人体から消防防火服内空気への熱移動を基にした温熱モデルの構築を試みた。運動により人体から産生される熱産生量は加速度センサの出力値に基づく運動量より推算し、さらに防火服内温度を測定することで産生される熱が人体表面から防火服内空気への熱移動量を把握する温熱モデルとした。また、消防活動を妨げない装備とすべく、これらのセンサを一体化したセンサユニットを作成し、防火服内の胸部内ポケットに装着させることで、装備増大の負担を軽減した非侵襲かつ非接触な予測を試みた。温熱モデルにより計算される深部体温予測値は、16名の消防士に気温25 ℃、湿度40 %RHの人工気象室内のトレッドミル上で歩行させ、10分間の安静ののちに9分ごとに速度を1.5 km/hずつ増大させる連続漸増負荷法による評価を行い、食道温実測値との比較を行った。結果、食道温実測値と温熱モデルに予測された深部体温上昇とは高い相関が得られ、相関係数R = 0.97であった。</p>

    DOI: 10.11239/jsmbe.annual58.414

    CiNii Article

  • 視覚障がい者の健康と首尾一貫感覚(SOC)の実態調査 査読

    村川由加理、作田裕美、金谷志子、川原恵、生田英輔、渡辺一志、佐伯大輔、辻岡哲夫、吉田大介、野村恭代、今井大喜、小島久典

    都市防災研究論文集   6   9 - 14   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 視覚障がい者の健康と首尾一貫感覚(SOC)の実態調査 査読

    村川由加理, 作田裕美, 金谷志子, 川原恵, 生田英輔, 渡辺一志, 佐伯大輔, 辻岡哲夫, 吉田大介, 野村恭代, 今井大喜, 小島久典

    都市防災研究論文集   6   9 - 14   2019年11月( ISSN:2189-0536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究の目的は, 視覚障がい者の健康状態とSOCを明らかにすることである. 視覚支援学校の教員11名を対象に, 基本属性, 社会との交流, 障がいの程度, ADL, 主観的健康尺度, GHQ12, QOL26, SOC等の聞き取り調査を実施した. 対象者の身体状態と精神的状態, QOLは良好であった. 職場以外での人との交流が希薄であり, 防災意識, 防災の備えは低く課題となった. SOCとGHQ12及びQOL26において相関を認め, 精神的状態が良く, QOLが高くなるとSOCが向上する可能性が確認された.

    DOI: 10.24544/ocu.20191112-007

    CiNii Article

    その他URL: https://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/il/meta_pub/G0000438repository_21890536-6-9

  • The effects of aging on the distribution of cerebral blood flow with postural changes and mild hyperthermia 査読

    Ota Akemi, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Naghavi Nooshin, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   119 ( 5 )   1261 - 1272   2019年05月( ISSN:1439-6319

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    PURPOSE: Cerebral blood flow (CBF) would be impaired with dual stresses of heat and orthostatic changes, even if those stresses are mild, in the elderly with declined cardio- and cerebrovascular functions with aging. To test the hypothesis, we compared the response of blood flow in the internal carotid artery (ICA) and vertebral artery (VA) to dual stresses of heat and orthostatic changes between the elderly and young individuals.
    METHODS: Nine elderly and eight young healthy men (71.3 ± 3.0 and 23.3 ± 3.1 years, mean ± SD, respectively) underwent measurements of blood flow in the ICA, VA and external carotid artery (ECA) via ultrasonography. The measurements were obtained in sitting and supine positions under normothermic (NT) and mildly hyperthermic (HT) conditions (ambient temperature 28 °C). Esophageal temperatures increased from NT (36.4 ± 0.2 °C, mean ± SE) to HT (37.4 ± 0.2 °C) with lower legs immersion in 42 °C water.
    RESULTS: With heat stress, ECA blood flow increased in both postures in both age groups (effect of heat, p < 0.001), whereas ICA blood flow remained unchanged. With postural changes from supine to sitting, ECA blood flow remained unchanged whereas ICA blood flow decreased (effect of posture, p = 0.027) by 18% in NT in the young and by 20% in HT in the elderly. VA blood flow remained unchanged under both heat stress and postural changes.
    CONCLUSIONS: The CBF is impaired under dual stresses of heat and orthostatic changes in healthy aged individuals, even if the levels of the stresses are mild.

    DOI: 10.1007/s00421-019-04118-5

    PubMed

  • The effects of aging on the distribution of cerebral blood flow with postural changes and mild hyperthermia 査読

    Ota Akemi, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Naghavi Nooshin, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   119 ( 5 )   1261 - 1272   2019年05月( ISSN:1439-6319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00421-019-04118-5

    PubMed

  • Aerobic Exercise Training with Brisk Walking Increases Intestinal Bacteroides in Healthy Elderly Women 査読

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hisada Takayoshi, Emoto Masanori, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    NUTRIENTS   11 ( 4 )   2019年04月( ISSN:2072-6643

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    This study examined the effect of an exercise intervention on the composition of the intestinal microbiota in healthy elderly women. Thirty-two sedentary women that were aged 65 years and older participated in a 12-week, non-randomized comparative trial. The subjects were allocated to two groups receiving different exercise interventions, trunk muscle training (TM), or aerobic exercise training (AE). AE included brisk walking, i.e., at an intensity of ≥ 3 metabolic equivalents (METs). The composition of the intestinal microbiota in fecal samples was determined before and after the training period. We also assessed the daily physical activity using an accelerometer, trunk muscle strength by the modified Kraus-Weber (K-W) test, and cardiorespiratory fitness by a 6-min. walk test (6MWT). K-W test scores and distance achieved during the 6MWT (6MWD) improved in both groups. The relative abundance of intestinal Bacteroides only significantly increased in the AE group, particularly in subjects showing increases in the time spent in brisk walking. Overall, the increases in intestinal Bacteroides following the exercise intervention were associated with increases in 6MWD. In conclusion, aerobic exercise training that targets an increase of the time spent in brisk walking may increase intestinal Bacteroides in association with improved cardiorespiratory fitness in healthy elderly women.

    DOI: 10.3390/nu11040868

    PubMed

  • Aerobic Exercise Training with Brisk Walking Increases Intestinal Bacteroides in Healthy Elderly Women 査読

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hisada Takayoshi, Emoto Masanori, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    NUTRIENTS   11 ( 4 )   2019年04月( ISSN:2072-6643

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/nu11040868

    PubMed

  • 災害時避難行動要支援者(要介護者および視覚障がい者)および支援者の体力と避難行動 査読

    渡辺一志,今井大喜,山口貴大,荻田亮,岡崎和伸,横山久代,鈴木雄太,生田英輔,宮野道雄

    都市防災研究論文集   5   7 - 12   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    災害が発生した時、地区防災計画に規定された防災活動を行うためには、防災訓練を行うことが重要であり、特に避難訓練は避難計画を具現化するために広く実施されている。災害時避難行動要支援者の体力を定量的に把握し、避難に必要な距離や時間を指標とした避難支援計画の策定が求められている。避難速度は、要介護者が0.70 ± 0.20 m/秒、視覚障がい者が1.04 ± 0.07 m/秒、車いすが 1.98 ± 0.21 m/秒、リヤカーが 1.54 ± 0.14 m/秒であった。また、視覚障がい者の垂直避難において、白杖有と白杖無の所要時間に有意な差異が認められるなど、地区防災計画の策定に寄与できる知見が得られた。

  • 災害時避難行動要支援者(要介護者および視覚障がい者)および支援者の体力と避難行動 査読

    渡辺一志, 今井大喜, 山口貴大, 荻田亮, 岡崎和伸, 横山久代, 鈴木雄太, 生田英輔, 宮野道雄

    都市防災研究論文集   5   7 - 12   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 災害時避難行動要支援者(要介護者および視覚障がい者)および支援者の体力と避難行動 査読

    渡辺 一志, 今井 大喜, 山口 貴大, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 横山 久代, 鈴木 雄太, 生田 英輔, 宮野 道雄

    都市防災研究論文集 = Annual journal of urban disaster reduction research   5   7 - 12   2018年11月( ISSN:2189-0536

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    災害が発生した時、地区防災計画に規定された防災活動を行うためには、防災訓練を行うことが重要であり、特に避難訓練は避難計画を具現化するために広く実施されている。災害時避難行動要支援者の体力を定量的に把握し、避難に必要な距離や時間を指標とした避難支援計画の策定が求められている。避難速度は、要介護者が0.70 ± 0.20 m/秒、視覚障がい者が1.04 ± 0.07 m/秒、車いすが 1.98 ± 0.21 m/秒、リヤカーが 1.54 ± 0.14 m/秒であった。また、視覚障がい者の垂直避難において、白杖有と白杖無の所要時間に有意な差異が認められるなど、地区防災計画の策定に寄与できる知見が得られた。

    DOI: 10.24544/ocu.20181107-006

    CiNii Article

    その他URL: https://dlisv03.media.osaka-cu.ac.jp/il/meta_pub/G0000438repository_21890536-5-7

  • Inhibitory effects of intranasal administration of insulin on fat oxidation during exercise are diminished in young overweight individuals 査読

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    Journal of Clinical Medicine   7 ( 10 )   308   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    It remains unknown whether the high insulin (INS) levels in the brain affect fat oxidation during exercise. We examined the effects of the intranasal administration of INS, which increases the INS concentration in the cerebrospinal fluid when peripheral effects are lacking, on the maximum fat oxidation rate (maxFOR) and its intensity (FATmax) during exercise in 15 young normal-weight (N group) and eight young overweight (O group) individuals. On two separate days, either INS or placebo (PL) was randomly administered intranasally before a graded exercise test. Indirect calorimetry was used to assess maxFOR and FATmax during exercise. Blood INS and glucose levels did not change after INS administration. In the N group, maxFOR and FATmax were significantly smaller in the INS trial than in the PL trial. MaxFOR was significantly smaller in the O group than in the N group and was not influenced by INS administration. Exercise-induced elevation in blood epinephrine levels tended to be reduced by INS administration only in the N group. Intranasal INS administration reduces fat oxidation during exercise without any peripheral effects, possibly by suppressing sympathetic nerve activity. This inhibitory effect is diminished in overweight subjects, suggesting that cerebral insulin effects are attenuated in this population.

  • Inhibitory effects of intranasal administration of insulin on fat oxidation during exercise are diminished in young overweight individuals 査読

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    Journal of Clinical Medicine   7 ( 10 )   308   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It remains unknown whether the high insulin (INS) levels in the brain affect fat oxidation during exercise. We examined the effects of the intranasal administration of INS, which increases the INS concentration in the cerebrospinal fluid when peripheral effects are lacking, on the maximum fat oxidation rate (maxFOR) and its intensity (FATmax) during exercise in 15 young normal-weight (N group) and eight young overweight (O group) individuals. On two separate days, either INS or placebo (PL) was randomly administered intranasally before a graded exercise test. Indirect calorimetry was used to assess maxFOR and FATmax during exercise. Blood INS and glucose levels did not change after INS administration. In the N group, maxFOR and FATmax were significantly smaller in the INS trial than in the PL trial. MaxFOR was significantly smaller in the O group than in the N group and was not influenced by INS administration. Exercise-induced elevation in blood epinephrine levels tended to be reduced by INS administration only in the N group. Intranasal INS administration reduces fat oxidation during exercise without any peripheral effects, possibly by suppressing sympathetic nerve activity. This

  • Inhibitory effects of intranasal administration of insulin on fat oxidation during exercise are diminished in young overweight individuals 査読

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    Journal of Clinical Medicine   7 ( 10 )   308   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of 2-year cognitive–motor dual-task training on cognitive function and motor ability in healthy elderly people: A pilot study 査読

    Emiko Morita, Hisayo Yokoyama, Daiki Imai, Ryosuke Takeda, Akemi Ota, Eriko Kawai, Yuta Suzuki, Kazunobu Okazaki

    Brain Sciences   8 ( 5 )   2018年05月( ISSN:2076-3425

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We aimed to examine the effect of 2-year cognitive–motor dual-task (DT) training on cognitive functions and motor ability of healthy elderly people without marked cognitive impairment. From the 25 participants of our 12-week DT trial conducted in 2014, we recruited 8 subjects who voluntarily participated in a new DT training program once a week for 2 years (exercise (EX) group). Their cognitive functions were evaluated by the Modified Mini-Mental State (3MS) examination and the Trail Making Test, and results were compared with those of the 11 subjects who discontinued the training and did not perform any types of exercise for 2 years (non-exercise (NO) group). Subjects in the NO group showed deterioration in the 3MS examination results, especially in the cognitive domain of attention. Meanwhile, participation in DT training maintained the scores in almost all domains of cognitive function, as well as the total 3MS scores. However, both groups had impaired quadriceps muscle strength and motor ability after the 2-year observation period. These results suggest that participating in exercise program comprising DT training for 2 years may be beneficial for maintaining the broad domains of cognitive function in healthy elderly people, although further verification is needed.

    DOI: 10.3390/brainsci8050086

    PubMed

  • Effects of 2-Year Cognitive-Motor Dual-Task Training on Cognitive Function and Motor Ability in Healthy Elderly People: A Pilot Study 査読

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    BRAIN SCIENCES   8 ( 5 )   2018年05月( ISSN:2076-3425

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/brainsci8050086

    PubMed

  • Effects of skin surface cooling before exercise on lactate accumulation in cool environment 査読

    Daiki Imai, Ryosuke Takeda, Akina Suzuki, Nooshin Naghavi, Yoshihiro Yamashina, Akemi Ota, Shinya Matsumura, Hisayo Yokoyama, Toshiaki Miyagawa, Kazunobu Okazaki

    European Journal of Applied Physiology   118 ( 3 )   551 - 562   2018年03月( ISSN:1439-6319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: We assessed whether plasma lactate accumulation increased and the lactate threshold (LT) declined when the skin temperature was lowered by whole body skin surface cooling before exercise in cool, but not temperate, conditions, and whether the lowered LT was associated with sympathetic activation or lowered plasma volume (PV) by cold-induced diuresis. Methods: Ten healthy subjects performed a graded maximal cycling exercise after pre-conditioning under three different conditions for 60 min. Ambient temperature (using an artificial climatic chamber) and water temperature in a water-perfusion suit controlled at 25 and 34 °C in temperate–neutral (Temp–Neut)
    25 and 10 °C in temperate–cool (Temp–Cool)
    and at 10 and 10 °C in cool–cool (Cool–Cool) conditions, respectively. Esophageal (Tes) and skin temperatures were measured
    plasma lactate ([Lac]p) and noradrenaline concentrations ([Norad]p), and relative change in PV (%ΔPV) were determined before and after pre-conditioning and during exercise, and LT was determined. Results: After pre-conditioning, Tes was not different among trials, whereas the mean skin temperature was lower in Cool–Cool and Temp–Cool than in Temp–Neut (P &lt
    0.001). During exercise, [Lac]p and [Norad]p were higher (P = 0.009 and P &lt
    0.001, respectively) and LT was lower (P = 0.013) in Cool–Cool than in the other trials. The %ΔPV was not different among trials. LT was correlated with [Norad]p during exercise (R = 0.50, P = 0.005). Conclusions: Whole body skin surface cooling before exercise increases lactate accumulation and decreases LT with sympathetic activation when exercise is performed in a cool, but not in a temperate, environment.

    DOI: 10.1007/s00421-017-3797-4

  • Effects of skin surface cooling before exercise on lactate accumulation in cool environment 査読

    Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Suzuki Akina, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Ota Akemi, Matsumura Shinya, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   118 ( 3 )   551 - 562   2018年03月( ISSN:1439-6319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00421-017-3797-4

  • 災害時避難行動要支援者(要介護者および視覚障がい者)の体力と避難行動

    渡辺一志, 今井大喜, 荻田亮, 岡崎和伸, 横山久代, 鈴木雄太, 生田英輔, 宮野道雄

    地区防災計画学会誌   12   56 - 57   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    災害時の避難行動において、避難を行うための体力の維持に向けた現状の把握は極めて重要な要素である。災害時避難行動について要支援者(要介護者および視覚障害者)の避難に必要な距離や時間を調査し、避難に必要となる体力を測定した。避難速度は要介護者、視覚障害者、車椅子、リヤカーで差が見られた。また、視覚障害者の垂直避難においては、体力の評価のみならず、白杖の有無が避難時間に優位な差を及ぼすことを明らかにした。

  • Elevation in serum irisin levels after a single bout of exercise do not odulate resting energy expenditure and diet-induced thermogenesis in healthy young adults. 査読

    Naghavi N, Yokoyama H, Yamashina Y, Hirasawa Y, Takeda R, Ota A, Imai D, Morioka T, Emoto M, Okazaki K, Miura K

    Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   93 - 104   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 健常若年成人における単回運動後の血清イリシン値上昇は安静時エネルギー消費量および食事誘発性熱産生を調節しない(Elevation in Serum Irisin Levels after a Single Bout of Exercise do not Modulate Resting Energy Expenditure and Diet-induced Thermogenesis in Healthy Young Adults) 査読

    Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Okazaki Kazunobu, Miura Katsuyuki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   93 - 104   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    正常体重で運動不足の若年成人9名(男性7名、女性2名、年齢25〜40歳)を対象に、単回運動後の血清イリシン値上昇が食事誘発性熱産生(DTI)を調節するか検討した。本研究は無作為化非盲検交差試験であり、前日に40分間の自転車エルゴメータ運動を行う運動試行と運動を実施しない非運動試行の2試行を行った。両試行において安静時エネルギー消費とDTIを試験食摂取後180分まで評価した。運動前後、食前、間接的熱量測定中の30分毎に採血し、血清イリシン値を評価した。運動直後に血清イリシン値は上昇の傾向を示し、食後の血清イリシン値ならびに曲線下面積(AUC)は、運動試行において非運動試行に比べ有意に高値であった。しかし、安静時エネルギー消費とDTIは試行間で差を認めなかった。各試行において、血清イリシン値のAUCとDTIのAUCとの間に有意な関連を認めなかった。血清イリシン値はBMI、体脂肪率、インスリン抵抗性指数のいずれとも有意な関連を認めなかった。食後の血中グルコースとインスリン値の上昇については試行間で差を認めなかった。

  • 健常若年成人における単回運動後の血清イリシン値上昇は安静時エネルギー消費量および食事誘発性熱産生を調節しない(Elevation in Serum Irisin Levels after a Single Bout of Exercise do not Modulate Resting Energy Expenditure and Diet-induced Thermogenesis in Healthy Young Adults) 査読

    Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Okazaki Kazunobu, Miura Katsuyuki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   93 - 104   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    正常体重で運動不足の若年成人9名(男性7名、女性2名、年齢25〜40歳)を対象に、単回運動後の血清イリシン値上昇が食事誘発性熱産生(DTI)を調節するか検討した。本研究は無作為化非盲検交差試験であり、前日に40分間の自転車エルゴメータ運動を行う運動試行と運動を実施しない非運動試行の2試行を行った。両試行において安静時エネルギー消費とDTIを試験食摂取後180分まで評価した。運動前後、食前、間接的熱量測定中の30分毎に採血し、血清イリシン値を評価した。運動直後に血清イリシン値は上昇の傾向を示し、食後の血清イリシン値ならびに曲線下面積(AUC)は、運動試行において非運動試行に比べ有意に高値であった。しかし、安静時エネルギー消費とDTIは試行間で差を認めなかった。各試行において、血清イリシン値のAUCとDTIのAUCとの間に有意な関連を認めなかった。血清イリシン値はBMI、体脂肪率、インスリン抵抗性指数のいずれとも有意な関連を認めなかった。食後の血中グル

  • 健常若年成人における単回運動後の血清イリシン値上昇は安静時エネルギー消費量および食事誘発性熱産生を調節しない(Elevation in Serum Irisin Levels after a Single Bout of Exercise do not Modulate Resting Energy Expenditure and Diet-induced Thermogenesis in Healthy Young Adults) 査読

    Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Okazaki Kazunobu, Miura Katsuyuki

    Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   93 - 104   2017年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    正常体重で運動不足の若年成人9名(男性7名、女性2名、年齢25〜40歳)を対象に、単回運動後の血清イリシン値上昇が食事誘発性熱産生(DTI)を調節するか検討した。本研究は無作為化非盲検交差試験であり、前日に40分間の自転車エルゴメータ運動を行う運動試行と運動を実施しない非運動試行の2試行を行った。両試行において安静時エネルギー消費とDTIを試験食摂取後180分まで評価した。運動前後、食前、間接的熱量測定中の30分毎に採血し、血清イリシン値を評価した。運動直後に血清イリシン値は上昇の傾向を示し、食後の血清イリシン値ならびに曲線下面積(AUC)は、運動試行において非運動試行に比べ有意に高値であった。しかし、安静時エネルギー消費とDTIは試行間で差を認めなかった。各試行において、血清イリシン値のAUCとDTIのAUCとの間に有意な関連を認めなかった。血清イリシン値はBMI、体脂肪率、インスリン抵抗性指数のいずれとも有意な関連を認めなかった。食後の血中グルコースとインスリン値の上昇については試行間で差を認めなかった。

  • Elevation in serum irisin levels after a single bout of exercise do not odulate resting energy expenditure and diet-induced thermogenesis in healthy young adults. 査読

    Naghavi N, Yokoyama H, Yamashina Y, Hirasawa Y, Takeda R, Ota A, Imai D, Morioka T, Emoto M, Okazaki K, Miura K

    Osaka City Medical Journal   63 ( 2 )   93 - 104   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of a 3-month walking training on thermal sensation in healthy elderly men

    Takeda R, Imai D, Ota A, Kawai E, Hanno G, Naghavi N, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 )   497 - 497   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Effect of stimulation of odor of essential oil on muscle sympathetic nervous activity

    Kawai E, Hanno G, Takeda R, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 )   447 - 447   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young individuals

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, Hanno G, Ota A, Morita E, Imai D, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 )   460 - 460   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Aerobic exercise increases gut Bacteroides in elderly women

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Suzuki Y, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 )   565 - 565   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 加齢に伴う温度感覚の減弱は全身持久力の向上で改善できるか? 査読

    岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜, 太田 暁美

    (公財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団 デサントスポーツ科学   38   55 - 63   2017年05月( ISSN:0285-5739

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    老化に伴う温度感覚の減弱に及ぼす全身持久力低下の影響を明らかにすることを目的とし、最大酸素摂取量および身体的特性の等しい健常な高齢男性6名(平均年齢69歳)および若年男性7名(平均年齢22歳)において温度感覚を比較した。平常体温時および受動加温(下腿温浴42℃)による軽度高体温(食道温+0.7〜0.9℃)時に、体温調節応答に加えて前腕部および胸部の温覚・冷覚閾値(±0.1℃/秒)、および、全身の温熱感覚(VAS法)を測定した。その結果、両体温条件において、食道温および平均皮膚温に群間の有意差を認めなかったが、前腕部温覚閾値は若年者に比べて高齢者で有意に高値(鈍化)を示した。一方、胸部温覚閾値、両部位の冷覚閾値および全身の温熱感覚には、両体温条件において群間の有意差を認めなかった。これらの結果は、老化に伴う全身持久力の低下は、全身の温熱感覚の減弱の原因となるが、末梢部の温覚閾値の劣化には関与しないことを示唆し、全身持久力の向上によって老化に伴う温度感覚の減弱が一部改善することが期待できる。(著者抄録)

  • 加齢に伴う温度感覚の減弱は全身持久力の向上で改善できるか? 査読

    岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜, 太田 暁美

    (公財)石本記念デサントスポーツ科学振興財団 デサントスポーツ科学   38   55 - 63   2017年05月( ISSN:0285-5739

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    老化に伴う温度感覚の減弱に及ぼす全身持久力低下の影響を明らかにすることを目的とし、最大酸素摂取量および身体的特性の等しい健常な高齢男性6名(平均年齢69歳)および若年男性7名(平均年齢22歳)において温度感覚を比較した。平常体温時および受動加温(下腿温浴42℃)による軽度高体温(食道温+0.7〜0.9℃)時に、体温調節応答に加えて前腕部および胸部の温覚・冷覚閾値(±0.1℃/秒)、および、全身の温熱感覚(VAS法)を測定した。その結果、両体温条件において、食道温および平均皮膚温に群間の有意差を認めなかったが、前腕部温覚閾値は若年者に比べて高齢者で有意に高値(鈍化)を示した。一方、胸部温覚閾値、両部位の冷覚閾値および全身の温熱感覚には、両体温条件において群間の有意差を認めなかった。これらの結果は、老化に伴う全身持久力の低下は、全身の温熱感覚の減弱の原因となるが、末梢部の温覚閾値の劣化には関与しないことを示唆し、全身持久力の向上によって老化に伴う温度感覚の減弱が一部改善することが期待できる。(著者抄録)

    CiNii Article

  • 加齢に伴う温度感覚の減弱は全身持久力の向上で改善できるか? 査読

    岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜, 太田 暁美

    デサントスポーツ科学   38   55 - 63   2017年05月( ISSN:0285-5739

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    老化に伴う温度感覚の減弱に及ぼす全身持久力低下の影響を明らかにすることを目的とし、最大酸素摂取量および身体的特性の等しい健常な高齢男性6名(平均年齢69歳)および若年男性7名(平均年齢22歳)において温度感覚を比較した。平常体温時および受動加温(下腿温浴42℃)による軽度高体温(食道温+0.7〜0.9℃)時に、体温調節応答に加えて前腕部および胸部の温覚・冷覚閾値(±0.1℃/秒)、および、全身の温熱感覚(VAS法)を測定した。その結果、両体温条件において、食道温および平均皮膚温に群間の有意差を認めなかったが、前腕部温覚閾値は若年者に比べて高齢者で有意に高値(鈍化)を示した。一方、胸部温覚閾値、両部位の冷覚閾値および全身の温熱感覚には、両体温条件において群間の有意差を認めなかった。これらの結果は、老化に伴う全身持久力の低下は、全身の温熱感覚の減弱の原因となるが、末梢部の温覚閾値の劣化には関与しないことを示唆し、全身持久力の向上によって老化に伴う温度感覚の減弱が一部改善することが期待できる。(著者抄録)

  • 二重課題トレーニングによる長期介入が健常高齢者の運動および認知機能に与える影響 査読

    森田 恵美子, 横山 久代, 今井 大喜, 竹田 良祐, 太田 暁美, 河合 英理子, 半野 源太, 鈴木 雄太, 岡崎 和伸

    理学療法学Supplement   2016 ( 0 )   1504 - 1504   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>【はじめに,目的】2015年の厚生労働省の発表によると,我が国における認知症患者数は,2025年には700万人を超えて,65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症に罹患すると推定されている。認知症予防として,二重課題下での運動は,前頭前野領域の脳血流反応を増加させるため有効な手段とされている。我々は以前,12週間の介入試験を実施し,二重課題運動が単一課題運動に比べ,健常高齢者の認知機能改善に有効であることを報告した。本研究の目的は,その後も2年間運動を継続した高齢者を対象に,二重課題トレーニングによる長期介入が運動・認知機能にどのような影響をもたらすのか検証することである。</p><p></p><p>【方法】対象者は2年前の介入試験に参加した65歳以上の男女19名(73.2±3.5歳)とし,その後任意に2年間運動を継続した8名(運動群)と,継続しなかった11名(非運動群)に分け検討した。運動群は,1回60分間,週1回の集団運動教室に参加し,指導者の下,二重課題運動を中心としたプログラムを2年間に渡り実施した。評価項目は,身体・運動機能として,BMI,体脂肪量,下肢筋量,大腿四頭筋筋力,最大一歩幅(MSL),Time up and go testでの最大歩行速度時間(TUG),開眼片脚立位時間(片脚立位)を,認知機能として,日本語版Modified Mini-Mental State examination(3MS)の総得点および各認知領域(記銘と再生,長期記憶,見当識,注意力,言語流暢性・言語理解,語想起,視空間認知,抽象概念)における得点,トレイルメイキングテストの所要時間を評価した。統計処理は,群ならびに介入の効果について,繰り返しのある2元配置分散分析を用いて分析した。各項目の群間比較には対応のないt検定を,各群での介入による変化は対応のあるt検定を用い分析した。</p><p></p><p>【結果】身体・運動機能については,両群で2年後に大腿四頭筋筋力,MSL,TUGが低下し,有意な介入の主効果はみられたものの,交互作用はみられなかった。認知機能については,3MSの総得点(<i>p</i>=0.013),注意力(<i>p</i>=0.020),言語流暢性・言語理解(<i>p</i>=0.019)において有意な介入×群の交互作用を認め,非運動群では2年後にこれらの3項目における得点が低下したが,運動群では変化を認めなかった。また,運動群において,2年後の3MSの総得点と言語流暢性・言語理解における得点は,非運動群と比べ高値であった。</p><p></p><p>【結論】二重課題トレーニングは高齢者の認知機能を維持し,特に注意力と言語流暢性・言語理解に対して効果があった。一方で,身体・運動機能の維持のためには,トレーニング頻度の考慮が必要である。</p>

    DOI: 10.14900/cjpt.2016.1504

    CiNii Article

  • Thermal sensation during mild hyperthermia is modulated by acute postural change in humans

    Ryosuke Takeda, Daiki Imai, Akina Suzuki, Akemi Ota, Nooshin Naghavi, Yoshihiro Yamashina, Yoshikazu Hirasawa, Hisayo Yokoyama, Toshiaki Miyagawa, Kazunobu Okazaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF BIOMETEOROLOGY   60 ( 12 )   1925 - 1932   2016年12月( ISSN:0020-7128

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thermal sensation represents the primary stimulus for behavioral and autonomic thermoregulation. We assessed whether the sensation of skin and core temperatures for the driving force of behavioral thermoregulation was modified by postural change from the supine (Sup) to sitting (Sit) during mild hyperthermia. Seventeen healthy young men underwent measurements of noticeable increase and decrease (+/- 0.1 A degrees C/s) of skin temperature (thresholds of warm and cold sensation on the skin, 6.25 cm(2) of area) at the forearm and chest and of the whole-body warm sensation in the Sup and Sit during normothermia (NT; esophageal temperature (T-es), similar to 36.6 A degrees C) and mild hyperthermia (HT; T-es, similar to 37.2 A degrees C; lower legs immersion in 42 A degrees C of water). The threshold for cold sensation on the skin at chest was lower during HT than NT in the Sit (P &lt; 0.05) but not in Sup, and at the forearm was lower during HT than NT in the Sup and further in Sit (both, P &lt; 0.05), with interactive effects of temperature (NT vs. HT) x posture (Sup vs. Sit) (chest, P = 0.08; forearm, P &lt; 0.05). The threshold for warm sensation on the skin at both sites remained unchanged with changes in body posture or temperature. The whole-body warm sensation was higher during HT than NT in both postures and higher in the Sit than Sup during both NT and HT (all, P &lt; 0.05). Thus, thermal sensation during mild hyperthermia is modulated by postural change from supine to sitting to sense lesser cold on the skin and more whole-body warmth.

    DOI: 10.1007/s00484-016-1179-y

  • 健常男性において、水中トレッドミル歩行は陸上トレッドミル歩行と比較して、より大きな呼吸筋疲労を誘導する(Treadmill walking in water induces greater respiratory muscle fatigue than treadmill walking on land in healthy young men) 査読

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    (一社)日本生理学会 The Journal of Physiological Sciences   66 ( 3 )   257 - 264   2016年05月( ISSN:1880-6546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    水中歩行の呼吸筋疲労への影響について、健常男子大学生10例(20〜29歳)を対象に、同一運動強度の陸上歩行と比較検討した。その際、恐水症、呼吸器疾患や心血管疾患歴、高血圧症、糖尿病、肥満、喫煙習慣を有する者は除外した。被験者はピーク酸素消費60%強度でのトレッドミル歩行を陸上(室温22℃)と第4肋骨深さの水中(水温32.0±1.0℃)で40minで行い、歩行前後における呼吸機能、呼吸筋強度を肺活量計と筋力計により評価した。その結果、ベースラインと比較して、吸息筋強度と1秒率努力肺活量は水中歩行の直後に有意に低下し、呼息筋強度は水中歩行の直後と5min後に有意な低下を認め、水中歩行後の吸息筋強度と呼息筋強度の低下は、陸上歩行後と比較して有意に大きかった。以上の結果から、健常若年男性における水中歩行による呼吸筋疲労は、同一強度の陸上歩行と比較して大きいことが確認された。

  • 健常男性において、水中トレッドミル歩行は陸上トレッドミル歩行と比較して、より大きな呼吸筋疲労を誘導する(Treadmill walking in water induces greater respiratory muscle fatigue than treadmill walking on land in healthy young men) 査読

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences   66 ( 3 )   257 - 264   2016年05月( ISSN:1880-6546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    水中歩行の呼吸筋疲労への影響について、健常男子大学生10例(20〜29歳)を対象に、同一運動強度の陸上歩行と比較検討した。その際、恐水症、呼吸器疾患や心血管疾患歴、高血圧症、糖尿病、肥満、喫煙習慣を有する者は除外した。被験者はピーク酸素消費60%強度でのトレッドミル歩行を陸上(室温22℃)と第4肋骨深さの水中(水温32.0±1.0℃)で40minで行い、歩行前後における呼吸機能、呼吸筋強度を肺活量計と筋力計により評価した。その結果、ベースラインと比較して、吸息筋強度と1秒率努力肺活量は水中歩行の直後に有意に低下し、呼息筋強度は水中歩行の直後と5min後に有意な低下を認め、水中歩行後の吸息筋強度と呼息筋強度の低下は、陸上歩行後と比較して有意に大きかった。以上の結果から、健常若年男性における水中歩行による呼吸筋疲労は、同一強度の陸上歩行と比較して大きいことが確認された。

  • Treadmill walking in water induces greater respiratory muscle fatigue than treadmill walking on land in healthy young men

    Yoshihiro Yamashina, Hisayo Yokoyama, Nooshin Naghavi, Yoshikazu Hirasawa, Ryosuke Takeda, Akemi Ota, Daiki Imai, Toshiaki Miyagawa, Kazunobu Okazaki

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   66 ( 3 )   257 - 264   2016年05月( ISSN:1880-6546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of the present study was to investigate the effect of walking in water on respiratory muscle fatigue compared with that of walking on land at the same exercise intensity. Ten healthy males participated in 40-min treadmill walking trials on land and in water at an intensity of 60 % of peak oxygen consumption. Respiratory function and respiratory muscle strength were evaluated before and after walking trials. Inspiratory muscle strength and forced expiratory volume in 1 s were significantly decreased immediately after walking in water, and expiratory muscle strength was significantly decreased immediately and 5 min after walking in water compared with the baseline. The decreases of inspiratory and expiratory muscle strength were significantly greater compared with that after walking on land. In conclusion, greater inspiratory and expiratory muscle fatigue was induced by walking in water than by walking on land at the same exercise intensity in healthy young men.

    DOI: 10.1007/s12576-015-0423-2

  • Lower thermal sensation in normothermic and mildly hyperthermic older adults

    Ryosuke Takeda, Daiki Imai, Akina Suzuki, Akemi Ota, Nooshin Naghavi, Yoshihiro Yamashina, Yoshikazu Hirasawa, Hisayo Yokoyama, Toshiaki Miyagawa, Kazunobu Okazaki

    EUROPEAN JOURNAL OF APPLIED PHYSIOLOGY   116 ( 5 )   975 - 984   2016年05月( ISSN:1439-6319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is important to know how thermal sensation is affected by normal aging under conditions that elevate core body temperature for the prevention of heat-related illness in older people. We assessed whether thermal sensation under conditions of normothermia (NT) and mild hyperthermia (HT) is lowered in older adults.
    Seventeen younger (23 +/- A A 3 years) and 12 older (71 +/- A A 3 years) healthy men underwent measurements of the cold and warmth detection thresholds ( +/- A 0.1 A degrees C/s) of their chest and forearm skin, and whole body warmth perception under NT (esophageal temperature, T (es), similar to 36.5 A degrees C) and HT (T (es), similar to 37.3 A degrees C; lower legs immersed in 42 A degrees C water) conditions.
    Warmth detection threshold at the forearm was increased in older compared with younger participants under both NT (P = 0.006) and HT (P = 0.004) conditions. In contrast, cold detection threshold at the forearm was decreased in older compared with younger participants under NT (P = 0.001) but not HT (P = 0.16). Mild hyperthermia decreased cold detection threshold at forearm in younger participants (P = 0.001) only. There were no effects of age and condition on warmth and cold detection thresholds at chest. Whole body warmth perception increased during HT compared with NT in both groups (both, P &lt; 0.001), and older participants had lower values than the younger group under NT (P = 0.001) and HT (P = 0.051).
    Skin warmth detection thresholds at forearm and whole body warmth perception under NT and HT and skin cold detection thresholds at forearm under NT deteriorated with aging.

    DOI: 10.1007/s00421-016-3364-4

  • Forced respiration during the deeper water immersion causes the greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men 査読

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE   28 ( 2 )   412 - 418   2016年02月( ISSN:0915-5287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 健常若年男性による深い水深での水浸中の強制呼吸は吸気筋疲労増大の原因となる(Forced respiration during the deeper water immersion causes the greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men) 査読

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    (一社)理学療法科学学会 Journal of Physical Therapy Science   28 ( 2 )   412 - 418   2016年02月( ISSN:0915-5287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    異なる深さの水浸が呼吸機能に及ぼす影響、および異なる深さでの水浸中の吸気負荷呼吸(ILB)が、最大吸気圧と最大呼気圧(PImaxとPEmax)によって評価した呼吸筋力に及ぼす影響について検討した。健康男性8例を対象とし、3つの試験に無作為に参加した。全セッションは、水槽内で座位をとった被験者によって行われた。3段階の水深(臍部、第4肋骨部、鎖骨(CL)部)での水浸中の呼吸機能、PImax、PEmax、その15分後のILBを評価した。水浸試験によるベースラインからの肺活量と予備呼気量の低下は、CL試験で他の試験よりも有意に大きかった。CL試験では、ILB直後にPImaxがベースラインよりも低下し、その減少は他の試験よりも有意に大きかった。PEmaxはどの試験においてもILBによる影響を受けなかった。

  • Forced respiration during the deeper water immersion causes the greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men 査読

    Yoshihiro Yamashina, Hisayo Yokoyama, Nooshin Naghavi, Yoshikazu Hirasawa, Ryosuke Takeda, Akemi Ota, Daiki Imai, Toshiaki Miyagawa, Kazunobu Okazaki

    JOURNAL OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE   28 ( 2 )   412 - 418   2016年02月( ISSN:0915-5287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    [Purpose] The purpose of the present study was to evaluate the effect of water immersion at different water depths on respiratory function and the effect of inspiratory load breathing (ILB) during water immersion at different water depths on respiratory muscle strength evaluated by maximum inspiratory and expiratory pressures (PImax and PEmax, respectively). [Subjects] Eight healthy men participated randomly in three trials. [Methods] All sessions were conducted with the participants in a sitting position immersed in a water bath. We evaluated respiratory function, PImax and PEmax during submersion at three different levels of water depth (umbilicus; 4th-rib; or clavicle, CL) and after subsequent 15-min ILB. [Results] Decreases in vital capacity and expiratory reserve volume from baseline by water immersion were significantly greater in the CL trial than those in the other trials. In the CL trial, PImax was immediately reduced after ILB compared to that at baseline, and the reduction was significantly greater than those in the other trials. PEmax was not affected by ILB in any of the trials. [Conclusion] Forced respiration during deeper water immersion caused greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men. Key words: Aquatic exercise, Respiratory muscle strength, Inspiratory load breathing

  • 健常若年男性による深い水深での水浸中の強制呼吸は吸気筋疲労増大の原因となる(Forced respiration during the deeper water immersion causes the greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men) 査読

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    Journal of Physical Therapy Science   28 ( 2 )   412 - 418   2016年02月( ISSN:0915-5287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    異なる深さの水浸が呼吸機能に及ぼす影響、および異なる深さでの水浸中の吸気負荷呼吸(ILB)が、最大吸気圧と最大呼気圧(PImaxとPEmax)によって評価した呼吸筋力に及ぼす影響について検討した。健康男性8例を対象とし、3つの試験に無作為に参加した。全セッションは、水槽内で座位をとった被験者によって行われた。3段階の水深(臍部、第4肋骨部、鎖骨(CL)部)での水浸中の呼吸機能、PImax、PEmax、その15分後のILBを評価した。水浸試験によるベースラインからの肺活量と予備呼気量の低下は、CL試験で他の試験よりも有意に大きかった。CL試験では、ILB直後にPImaxがベースラインよりも低下し、その減少は他の試験よりも有意に大きかった。PEmaxはどの試験においてもILBによる影響を受けなかった。

  • Intranasal insulin administration does not modulate incretin secretion, gastric emptying, and appetite in healthy young adults.

    Hirasawa Y, Yokoyama H, Naghavi N, Yamashina Y, Takeda R, Ota A, Imai D, Morioka T, Emoto M, Okazaki K

    Integrative Molecular Medicine   3 ( 3 )   682 - 7   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Treadmill walking in water induces greater respiratory muscle fatigue than treadmill walking on land in healthy young men.

    Yamashina Y, Yokoyama H, Naghavi N, Hirasawa Y, Takeda R, Ota A, Imai D, Okazaki K, Miyagawa T

    Journal of Physiological Science   66 ( 3 )   257 - 264   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lower thermal sensation in normothermic and mildly hyperthermic older adults.

    Takeda R, Imai D, Suzuki A, Ota A, Naghavi N, Yamashina Y, Hirasawa Y, Yokoyama H, Miyagawa T, Okazaki K

    European Journal of Applied Physiology   116 ( 5 )   975 - 84   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thermal sensation during mild hyperthermia is modulated by acute postural change in humans.

    Takeda R, Imai D, Suzuki A, Ota A, Naghavi N, Yamashina Y, Hirasawa Y, Yokoyama H, Miyagawa T, Okazaki K

    International Journal of Biometeorology   60 ( 12 )   1925 - 32   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 陸上歩行と同強度の水中歩行が呼吸筋疲労に与える影響 査読

    山科 吉弘, 横山 久代, 平沢 良和, 西村 敦, 田平 一行, 竹田 良祐, 太田 暁美, 今井 大喜, 岡崎 和伸

    理学療法学Supplement   2015 ( 0 )   1619 - 1619   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【はじめに,目的】近年,水中運動は水の性質により関節にかかる負担を軽減できることや,筋力の向上を促すことができることから,中高年者をはじめ各世代で健康増進の手段として注目されている。水中運動は,水深によっては吸気時には抵抗が加わり吸気筋力を増強させる有効な手段となる可能性が考えられ,我々は第50回日本理学療法学術大会にて水深が深くなるほど吸気筋負荷呼吸後の吸気筋疲労が増大することについて報告した。しかし,水中で吸気筋負荷呼吸を実施することは実用的ではないため,今回我々は水中歩行に着目し,陸上歩行と同強度の水中歩行が呼吸筋疲労に与える影響について検討したので報告する。【方法】被験者は健常成人男性11名(年齢28.2±5.4歳,身長168.3±3.8cm,体重66.7±4.9kg)とした。まず,陸上トレッドミルによる運動負荷試験をBruce protocolにて実施し,最大酸素摂取量(VO<sub>2</sub>max)を求めた。次に陸上トレッドミル歩行(Land walking:LW)と水中トレッドミル歩行(Water walking:WW)をランダムに実施した。両歩行中は呼気ガス分析装置を装着し,運動強度が60%VO<sub>2</sub>maxになるように常に速度を調節し,40分間歩行した。尚,WWでは,水着,水中歩行専用靴を着用し,水温は32℃,水深は第4肋間となるよう調節した。測定項目は呼吸筋力(吸気口腔内圧:PImax,呼気口腔内圧:PEmax)を歩行開始前および歩行直後に陸上安静座位にて測定し,歩行前を基準として歩行後の変化率を算出した。また酸素摂取量,心拍数,呼吸回数,一回換気量は歩行中1分ごとに記録した。統計学的処理として,歩行条件内の歩行前と歩行後の各パラメータの比較および歩行条件間の変化率の比較は対応のあるt検定にて比較した。有意水準は5%未満とした。【結果】WWおよびLW後のPImaxは歩行前と比べて有意に減少した。PEmaxにおいては,WW後は歩行前と比べて有意に低下したが,LWでは有意な差を認めなかった。また変化率の比較では,WWのPImax低下率はLWと比べて有意に大きく(WW:13.3±7.2%,LW:4.1±2.2%,p<0.01),PEmax変化率は両歩行間で差はなかった。酸素摂取量,心拍数,呼吸回数,一回換気量は両歩行間で有意な差はなかった。【結論】今回の結果より呼吸回数や一回換気量は歩行条件間で有意差はなく,呼吸様式の違いが呼吸筋疲労の原因とは考え難い。歩行前と比べWW後のPImaxおよびPEmaxは有意に低下し,さらにPImax低下率もLWと比べ大きいことから,水中では胸壁に水圧がかかり圧迫された胸郭を広げるためには吸気時に吸気筋力が必要となり,吸気筋に疲労が生じたと考えられた。また呼気筋においては,水中では姿勢を維持するために腹筋群を使用するとされることから,40分間の水中歩行において呼気筋に疲労が生じたと考えられる。これらのことから,陸上歩行と同強度の水中歩行は呼吸筋疲労を生じることから,水中歩行は呼吸筋力を増強させる有効的な手段となり得ると考えられた。

    DOI: 10.14900/cjpt.2015.1619

    CiNii Article

  • Intranasal insulin administration does not modulate incretin secretion, gastric emptying, and appetite in healthy young adults.

    Hirasawa Y, Yokoyama H, Naghavi N, Yamashina Y, Takeda R, Ota A, Imai D, Morioka T, Emoto M, Okazaki K

    Integrative Molecular Medicine   3 ( 3 )   682 - 7   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15761/imm.1000224

  • Forced respiration during the deeper water immersion causes the greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    Journal of Physical Therapy Science   28 ( 2 )   412 - 418   2016年( ISSN:09155287

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    [Purpose] The purpose of the present study was to evaluate the effect of water immersion at different water depths on respiratory function and the effect of inspiratory load breathing (ILB) during water immersion at different water depths on respiratory muscle strength evaluated by maximum inspiratory and expiratory pressures (PImax and PEmax, respectively). [Subjects] Eight healthy men participated randomly in three trials. [Methods] All sessions were conducted with the participants in a sitting position immersed in a water bath. We evaluated respiratory function, PImax and PEmax during submersion at three different levels of water depth (umbilicus; 4th-rib; or clavicle, CL) and after subsequent 15-min ILB. [Results] Decreases in vital capacity and expiratory reserve volume from baseline by water immersion were significantly greater in the CL trial than those in the other trials. In the CL trial, PImax was immediately reduced after ILB compared to that at baseline, and the reduction was significantly greater than those in the other trials. PEmax was not affected by ILB in any of the trials. [Conclusion] Forced respiration during deeper water immersion caused greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men.

    DOI: 10.1589/jpts.28.412

    CiNii Article

  • 中高年者の腹部肥満は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強する 査読

    山科 吉弘, 横山 久代, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, Naghavi Nooshin, 宮側 敏明, 青山 宏樹, 堀 寛史, 田平 一行

    関西臨床スポーツ医・科学研究会 関西臨床スポーツ医・科学研究会誌   24   57 - 59   2015年06月( ISSN:1340-7074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    喫煙歴がなく呼吸器・循環器疾患の既往がない中高年女性24名(平均年齢64.4±3.4歳、身長153.8±5.6cm)を対象に、腹囲90cm以上の10名を肥満群、90cm未満の14名を非肥満群とし、腹部肥満が咳嗽能力に与える影響や姿勢の影響について検討した。被験者に十分な安静をとらせた後、端座位、仰臥位の2種類の姿勢で肺活量(VC)と咳嗽能力(CPF)をMIMATO社製電子スパイロメーターAS-307を用いて測定した。3回にわたる測定後、最大値を採用した結果、1)姿勢の影響の検討では両群でCPF、VCは仰臥位で端座位に比べ有意に低値を示した。2)端座位から仰臥位への体位変換によるCPF、VCの低下は肥満群で非肥満群に比べ有意に大きくなったが、CPF、PVの値そのものはいずれの姿勢においても両群間で有意差はみられなかった。また、肥満群においてはCPF変化率が腹囲と有意な相関が認められた。3)端座位から仰臥位への体位変換による咳嗽能力の低下は肥満群において非肥満群に比べ有意に大きく、腹部肥満の増大は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強することが明らかとなった。したがって、肥満者においては非肥満者に比べ体位変換や早期離床を促すことが望ましいと考えられた。

  • 中高年者の腹部肥満は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強する 査読

    山科 吉弘, 横山 久代, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, Naghavi Nooshin, 宮側 敏明, 青山 宏樹, 堀 寛史, 田平 一行

    関西臨床スポーツ医・科学研究会 関西臨床スポーツ医・科学研究会誌   24   57 - 59   2015年06月( ISSN:1340-7074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    喫煙歴がなく呼吸器・循環器疾患の既往がない中高年女性24名(平均年齢64.4±3.4歳、身長153.8±5.6cm)を対象に、腹囲90cm以上の10名を肥満群、90cm未満の14名を非肥満群とし、腹部肥満が咳嗽能力に与える影響や姿勢の影響について検討した。被験者に十分な安静をとらせた後、端座位、仰臥位の2種類の姿勢で肺活量(VC)と咳嗽能力(CPF)をMIMATO社製電子スパイロメーターAS-307を用いて測定した。3回にわたる測定後、最大値を採用した結果、1)姿勢の影響の検討では両群でCPF、VCは仰臥位で端座位に比べ有意に低値を示した。2)端座位から仰臥位への体位変換によるCPF、VCの低下は肥満群で非肥満群に比べ有意に大きくなったが、CPF、PVの値そのものはいずれの姿勢においても両群間で有意差はみられなかった。また、肥満群においてはCPF変化率が腹囲と有意な相関が認められた。3)端座位から仰臥位への体位変換による咳嗽能力の低下は肥満群において非肥満群に比べ有意に大きく、腹部肥満の増大は仰

  • 中高年者の腹部肥満は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強する 査読

    山科 吉弘, 横山 久代, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, Naghavi Nooshin, 宮側 敏明, 青山 宏樹, 堀 寛史, 田平 一行

    関西臨床スポーツ医・科学研究会誌   24   57 - 59   2015年06月( ISSN:1340-7074

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    喫煙歴がなく呼吸器・循環器疾患の既往がない中高年女性24名(平均年齢64.4±3.4歳、身長153.8±5.6cm)を対象に、腹囲90cm以上の10名を肥満群、90cm未満の14名を非肥満群とし、腹部肥満が咳嗽能力に与える影響や姿勢の影響について検討した。被験者に十分な安静をとらせた後、端座位、仰臥位の2種類の姿勢で肺活量(VC)と咳嗽能力(CPF)をMIMATO社製電子スパイロメーターAS-307を用いて測定した。3回にわたる測定後、最大値を採用した結果、1)姿勢の影響の検討では両群でCPF、VCは仰臥位で端座位に比べ有意に低値を示した。2)端座位から仰臥位への体位変換によるCPF、VCの低下は肥満群で非肥満群に比べ有意に大きくなったが、CPF、PVの値そのものはいずれの姿勢においても両群間で有意差はみられなかった。また、肥満群においてはCPF変化率が腹囲と有意な相関が認められた。3)端座位から仰臥位への体位変換による咳嗽能力の低下は肥満群において非肥満群に比べ有意に大きく、腹部肥満の増大は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強することが明らかとなった。したがって、肥満者においては非肥満者に比べ体位変換や早期離床を促すことが望ましいと考えられた。

  • The effect of cognitive-motor dual-task training on cognitive function and plasma amyloid beta peptide 42/40 ratio in healthy elderly persons: a randomized controlled trial 査読

    Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu, Imai Daiki, Yamashina Yoshihiro, Takeda Ryosuke, Naghavi Nooshin, Ota Akemi, Hirasawa Yoshikazu, Miyagawa Toshiaki

    BMC GERIATRICS   15   2015年05月( ISSN:1471-2318

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    身体活動は認知機能障害の発生を減らしその進行を遅らせることが知られている。本研究では、健常な高齢者を対象に運動と認知課題のデュアルタスクトレーニングがアルツハイマーのバイオマーカーである血漿アミロイドβペプチド42/40率(Aβratio)に及ぼす影響について検討した。その結果いずれのトレーニングにおいてもAβratioの低下がみられたものの、それらは血漿アミロイドβの直接的な代謝に因らないことを明らかにした。

    DOI: 10.1186/s12877-015-0058-4

  • The effect of cognitive-motor dual-task training on cognitive function and plasma amyloid beta peptide 42/40 ratio in healthy elderly persons: a randomized controlled trial 査読

    Hisayo Yokoyama, Kazunobu Okazaki, Daiki Imai, Yoshihiro Yamashina, Ryosuke Takeda, Nooshin Naghavi, Akemi Ota, Yoshikazu Hirasawa, Toshiaki Miyagawa

    BMC GERIATRICS   15   2015年05月( ISSN:1471-2318

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Physical activity reduces the incidence and progression of cognitive impairment. Cognitive-motor dual-task training, which requires dividing attention between cognitive tasks and exercise, may improve various cognitive domains; therefore, we examined the effect of dual-task training on the executive functions and on plasma amyloid beta peptide (A beta) 42/40 ratio, a potent biomarker of Alzheimer's disease, in healthy elderly people.
    Methods: Twenty-seven sedentary elderly people participated in a 12-week randomized, controlled trial. The subjects assigned to the dual-task training (DT) group underwent a specific cognitive-motor dual-task training, and then the clinical outcomes, including cognitive functions by the Modified Mini-Mental State (3MS) examination and the Trail-Making Test (TMT), and the plasma A beta 42/40 ratio following the intervention were compared with those of the control single-task training (ST) group by unpaired t-test.
    Results: Among 27 participants, 25 completed the study. The total scores in the 3MS examination as well as the muscular strength of quadriceps were equally improved in both groups after the training. The specific cognitive domains, "registration & recall", "attention", "verbal fluency & understanding", and "visuospatial skills" were significantly improved only in the DT group. Higher scores in "attention", "verbal fluency & understanding", and "similarities" were found in the DT group than in the ST group at post-intervention. The absolute changes in the total (8.5 +/- 1.6 vs 2.4 +/- 0.9, p = 0.004, 95 % confidence interval (CI) 0.75-3.39) and in the scores of "attention" (1.9 +/- 0.5 vs -0.2 +/- 0.4, p = 0.004, 95 % CI 2.25-9.98) were greater in the DT group than in the ST group. We found no changes in the TMT results in either group. Plasma A beta 42/40 ratio decreased in both groups following the training (ST group: 0.63 +/- 0.13 to 0.16 +/- 0.03, p = 0.001; DT group: 0.60 +/- 0.12 to 0.25 +/- 0.06, p = 0.044), although the pre- and post-intervention values were not different between the groups for either measure.
    Conclusions: Cognitive-motor dual-task training was more beneficial than single-task training alone in improving broader domains of cognitive functions of elderly persons, and the improvement was not directly due to modulating A beta metabolism.

    DOI: 10.1186/s12877-015-0058-4

  • The effect of cognitive-motor dual-task training on cognitive function and plasma amyloid beta peptide 42/40 ratio in healthy elderly persons: a randomized controlled trial 査読

    Hisayo Yokoyama, Kazunobu Okazaki, Daiki Imai, Yoshihiro Yamashina, Ryosuke Takeda, Nooshin Naghavi, Akemi Ota, Yoshikazu Hirasawa, Toshiaki Miyagawa

    BMC GERIATRICS   15   2015年05月( ISSN:1471-2318

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: Physical activity reduces the incidence and progression of cognitive impairment. Cognitive-motor dual-task training, which requires dividing attention between cognitive tasks and exercise, may improve various cognitive domains; therefore, we examined the effect of dual-task training on the executive functions and on plasma amyloid beta peptide (A beta) 42/40 ratio, a potent biomarker of Alzheimer's disease, in healthy elderly people.
    Methods: Twenty-seven sedentary elderly people participated in a 12-week randomized, controlled trial. The subjects assigned to the dual-task training (DT) group underwent a specific cognitive-motor dual-task training, and then the clinical outcomes, including cognitive functions by the Modified Mini-Mental State (3MS) examination and the Trail-Making Test (TMT), and the plasma A beta 42/40 ratio following the intervention were compared with those of the control single-task training (ST) group by unpaired t-test.
    Results: Among 27 participants, 25 completed the study. The total scores in the 3MS examination as well as the muscular strength of quadriceps were equally improved in both groups after the training. The specific cognitive domains, "registration & recall", "attention", "verbal fluency & understanding", and "visuospatial skills" were significantly improved only in the DT group. Higher scores in "attention", "verbal fluency & understanding", and "similarities" were found in the DT group than in the ST group at post-intervention. The absolute changes in the total (8.5 +/- 1.6 vs 2.4 +/- 0.9, p = 0.004, 95 % confidence interval (CI) 0.75-3.39) and in the scores of "attention" (1.9 +/- 0.5 vs -0.2 +/- 0.4, p = 0.004, 95 % CI 2.25-9.98) were greater in the DT group than in the ST group. We found no changes in the TMT results in either group. Plasma A beta 42/40 ratio decreased in both groups following the training (ST group: 0.63 +/- 0.13 to 0.16 +/- 0.03, p = 0.001; DT group: 0.60 +/- 0.12 to 0.25 +/- 0.06, p = 0.044), although the pre- and post-intervention values were not different between the groups for either measure.
    Conclusions: Cognitive-motor dual-task training was more beneficial than single-task training alone in improving broader domains of cognitive functions of elderly persons, and the improvement was not directly due to modulating A beta metabolism.

    DOI: 10.1186/s12877-015-0058-4

  • 健常高齢者の認知機能ならびに血漿アミロイドβタンパク42に対する運動・認知二重課題トレーニングの効果 査読

    横山 久代, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, 山科 吉弘, Naghavi Nooshin, 宮側 敏明

    (公財)明治安田厚生事業団 若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書   ( 30 )   45 - 49   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    著者等は、運動課題と認知課題を同時にこなす二重課題トレーニングがアミロイドβタンパク(Aβ)の代謝を変化させることで認知機能を改善するという仮説を立て、今回その検証を行った。対象は、運動習慣のない健常高齢者25名とし、二重課題(週3回、1回1時間)を12週間実施する群(12名)と、単課題を同様のスケジュールで実施する群(13名)に振り分け、認知機能と血漿Aβ40・Aβ42濃度の経時的変化を群間比較した。結果、認知機能は二重課題群のほうが有意に改善し、Aβ40・Aβ42濃度には有意差を認めなかった。このことから、二重課題は認知機能の改善に有効であり、その効果はAβ代謝の変化を直接的には介さない可能性が示唆された。

  • 健常高齢者の認知機能ならびに血漿アミロイドβタンパク42に対する運動・認知二重課題トレーニングの効果 査読

    横山 久代, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, 山科 吉弘, Naghavi Nooshin, 宮側 敏明

    (公財)明治安田厚生事業団 若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書   30 ( 30 )   45 - 49   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    著者等は、運動課題と認知課題を同時にこなす二重課題トレーニングがアミロイドβタンパク(Aβ)の代謝を変化させることで認知機能を改善するという仮説を立て、今回その検証を行った。対象は、運動習慣のない健常高齢者25名とし、二重課題(週3回、1回1時間)を12週間実施する群(12名)と、単課題を同様のスケジュールで実施する群(13名)に振り分け、認知機能と血漿Aβ40・Aβ42濃度の経時的変化を群間比較した。結果、認知機能は二重課題群のほうが有意に改善し、Aβ40・Aβ42濃度には有意差を認めなかった。このことから、二重課題は認知機能の改善に有効であり、その効果はAβ代謝の変化を直接的には介さない可能性が示唆された。

    CiNii Article

  • 健常高齢者の認知機能ならびに血漿アミロイドβタンパク42に対する運動・認知二重課題トレーニングの効果 査読

    横山 久代, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, 山科 吉弘, Naghavi Nooshin, 宮側 敏明

    若手研究者のための健康科学研究助成成果報告書   ( 30 )   45 - 49   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    著者等は、運動課題と認知課題を同時にこなす二重課題トレーニングがアミロイドβタンパク(Aβ)の代謝を変化させることで認知機能を改善するという仮説を立て、今回その検証を行った。対象は、運動習慣のない健常高齢者25名とし、二重課題(週3回、1回1時間)を12週間実施する群(12名)と、単課題を同様のスケジュールで実施する群(13名)に振り分け、認知機能と血漿Aβ40・Aβ42濃度の経時的変化を群間比較した。結果、認知機能は二重課題群のほうが有意に改善し、Aβ40・Aβ42濃度には有意差を認めなかった。このことから、二重課題は認知機能の改善に有効であり、その効果はAβ代謝の変化を直接的には介さない可能性が示唆された。

  • Thermoregulatory Responses Are Attenuated after Fructose but Not Glucose Intake

    Akina Suzuki, Kazunobu Okazaki, Daiki Imai, Ryosuke Takeda, Nooshin Naghavi, Hisayo Yokoyama, Toshiaki Miyagawa

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   46 ( 7 )   1452 - 1461   2014年07月( ISSN:0195-9131

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: We examined whether plasma hyperosmolality induced by oral monosaccharide intake attenuated thermoregulatory responses and whether the responses were different between fructose and glucose. Methods: Ten healthy young subjects performed three trials in a sitting position in an artificial climate chamber (ambient temperature, 28 degrees C; relative humidity, 40%). After resting for 10 min, the subjects drank 300 mL of water alone (control), or 300 mL of water supplemented with 75 g fructose or 75 g glucose. Twenty minutes later, they were heated passively by immersing the lower legs in water at 42 degrees C for 60 min. Plasma osmolality (P-osm), sodium ([Na+](p)) and insulin concentrations ([Ins](p)), and percent change in plasma volume (%Delta PV) were measured, and esophageal temperature (T-es) thresholds for cutaneous vasodilation (THCVC) and sweating (THSR) at the forearm were determined. Results: P-osm was significantly increased by fructose and glucose intake compared with water alone, although %Delta PV and [Na+](p) were not significantly different among the three trials. [Ins](p) was significantly higher after glucose intake than after fructose or water alone. THCVC and THSR were significantly higher after fructose intake than after glucose intake, which showed similar values to water intake. Conclusions: These results suggest that the T-es threshold for thermoregulation is elevated after fructose intake, indicating the attenuation of thermoregulatory responses, whereas it is not attenuated after glucose intake. These results provide a novel insight to better determine the carbohydrate component of oral rehydration fluids for preventing dehydration and/or heat disorders.

    DOI: 10.1249/MSS.0000000000000233

  • Thermoregulatory Responses Are Attenuated after Fructose but Not Glucose Intake

    Akina Suzuki, Kazunobu Okazaki, Daiki Imai, Ryosuke Takeda, Nooshin Naghavi, Hisayo Yokoyama, Toshiaki Miyagawa

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   46 ( 7 )   1452 - 1461   2014年07月( ISSN:0195-9131

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Purpose: We examined whether plasma hyperosmolality induced by oral monosaccharide intake attenuated thermoregulatory responses and whether the responses were different between fructose and glucose. Methods: Ten healthy young subjects performed three trials in a sitting position in an artificial climate chamber (ambient temperature, 28 degrees C; relative humidity, 40%). After resting for 10 min, the subjects drank 300 mL of water alone (control), or 300 mL of water supplemented with 75 g fructose or 75 g glucose. Twenty minutes later, they were heated passively by immersing the lower legs in water at 42 degrees C for 60 min. Plasma osmolality (P-osm), sodium ([Na+](p)) and insulin concentrations ([Ins](p)), and percent change in plasma volume (%Delta PV) were measured, and esophageal temperature (T-es) thresholds for cutaneous vasodilation (THCVC) and sweating (THSR) at the forearm were determined. Results: P-osm was significantly increased by fructose and glucose intake compared with water alone, although %Delta PV and [Na+](p) were not significantly different among the three trials. [Ins](p) was significantly higher after glucose intake than after fructose or water alone. THCVC and THSR were significantly higher after fructose intake than after glucose intake, which showed similar values to water intake. Conclusions: These results suggest that the T-es threshold for thermoregulation is elevated after fructose intake, indicating the attenuation of thermoregulatory responses, whereas it is not attenuated after glucose intake. These results provide a novel insight to better determine the carbohydrate component of oral rehydration fluids for preventing dehydration and/or heat disorders.

    DOI: 10.1249/MSS.0000000000000233

  • いきいきドッグ (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    横山 久代, 渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    大阪市立大学 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   8   32 - 33   2014年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • サクセスフル エイジング in おおさか 「自分の筋肉と脂肪の量を知ろう!」 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   8   31 - 31   2014年03月( ISSN:18822215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • サクセスフル エイジング in おおさか 「自分の筋肉と脂肪の量を知ろう!」 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜

    大阪市立大学 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   8   31 - 31   2014年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • いきいきドッグ (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    横山 久代, 渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   8   32 - 33   2014年03月( ISSN:18822215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Abdominal obesity augments futher reduction in the cough capacities by supination of middle-aged and elderly women.

    Yamashina Y, Yokoyama H, Tabira K, Masuda T,Suzuki A, Takeda R, Naghavi N, Imai D, Okazaki K, Miyagawa T

    Biophilia   10 ( 1 )   17 - 23   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Abdominal obesity augments futher reduction in the cough capacities by supination of middle-aged and elderly women. 査読

    Yamashina Y, Yokoyama H, Tabira K, Masuda T,Suzuki A, Takeda R, Naghavi N, Imai D, Okazaki K, Miyagawa T

    Biophilia   10 ( 1 )   17 - 23   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高齢者の死因として肺炎は大きな割合を占め、その原因の一つとして咳嗽能力低下が指摘されている。また、生活習慣病により入院する肥満高齢者も増加している。そこで本研究では、高年者の咳嗽能力と腹囲の関係について検討した。その結果、一般的には仰臥位では腹部内臓器が押し上げられ、横隔膜への抵抗が増加するとされているが、肥満群はその影響を強く受け、咳嗽能力がより低下する可能性を示した。

  • Thermoregulatory responses are attenuated after fructose but not glucose intake.

    Suzuki A, Okazaki K, Imai D, Takeda R, Naghavi N, Yokoyama H, Miyagawa T

    Medicine and Science in Sports and Exercise   46 ( 7 )   1452 - 1461   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    経口単糖摂取による血漿高浸透圧が体温調節反応を減弱させ、それはグルコース/フルクトース摂取で異なるかどうか検討した。その結果、発汗及び血管拡張閾値はフルクトース摂取試行で上昇し、体温調節反応を弱めた一方で、グルコース摂取試行ではそれらの反応は認められなかった。これらの結果は、脱水及び熱中症予防のためのより良い経口補水液の炭水化物成分を決定する新たな見解を提供した。

  • <b>Abdominal obesity augments further reduction in the cough capacities by supination of middle-aged and elderly women </b>

    Yamashina Y., Yokoyama H., Tabira K., Masuda T., Aoyama H., Suzuki A., Takeda R., Naghavi N., Imai D., Okazaki K., Miyagawa T.

    BIOPHILIA   2014 ( 1 )   17 - 24   2014年( ISSN:21868433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present study aimed to examine whether abdominal obesity and different postures (sitting or supine) affected the cough capacities of middle-aged and elderly women. Method: Twenty-four middle-aged and elderly women with (n = 10; obese group) or without (n = 14; non-obese group) abdominal obesity were included. We evaluated changes in vital capacity (VC) and cough peak flow (CPF) in sitting and supine positions. Results: CPF and VC were significantly lower in the supine versus the seated position in both the non-obese and obese groups. Although no difference was found in VC or CPF between the groups in either position, decreases in both VC and CPF consequent to a change from seated to supine were greater in the obese versus the non-obese group (-5.1 ± 4.4% vs. -3.7 ± 5.3% for VC and -10.8 ± 3.0% vs. -6.7 ± 5.6% for CPF, respectively; p < 0.05). In the obese group, the decrease in CPF with supination correlated with the waist circumference (r = 0.64, p < 0.05). Conclusion: Our results suggest that cough capacity in the supine position was more affected in the subjects with abdominal obesity because their diaphragmatic resistance was further increased by supination consequent to excessive abdominal fat contents.

    DOI: 10.14813/ibra.2014.17

    CiNii Article

  • Abdominal obesity augments futher reduction in the cough capacities by supination of middle-aged and elderly women. 査読

    Yamashina Y, Yokoyama H, Tabira K, Masuda T, Suzuki A, Takeda R, Naghavi N, Imai D, Okazaki K, Miyagawa T

    Biophilia   10 ( 1 )   17 - 23   2014年( ISSN:2186-8433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高齢者の死因として肺炎は大きな割合を占め、その原因の一つとして咳嗽能力低下が指摘されている。また、生活習慣病により入院する肥満高齢者も増加している。そこで本研究では、高年者の咳嗽能力と腹囲の関係について検討した。その結果、一般的には仰臥位では腹部内臓器が押し上げられ、横隔膜への抵抗が増加するとされているが、肥満群はその影響を強く受け、咳嗽能力がより低下する可能性を示した。

    DOI: 10.14813/ibra.2014.17

    CiNii Article

  • Abdominal obesity augments futher reduction in the cough capacities by supination of middle-aged and elderly women.

    Yamashina Y, Yokoyama H, Tabira K, Masuda T, Suzuki A, Takeda R, Naghavi N, Imai D, Okazaki K, Miyagawa T

    Biophilia   10 ( 1 )   17 - 23   2014年( ISSN:2186-8433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present study aimed to examine whether abdominal obesity and different postures (sitting or supine) affected the cough capacities of middle-aged and elderly women. Method: Twenty-four middle-aged and elderly women with (n = 10; obese group) or without (n = 14; non-obese group) abdominal obesity were included. We evaluated changes in vital capacity (VC) and cough peak flow (CPF) in sitting and supine positions. Results: CPF and VC were significantly lower in the supine versus the seated position in both the non-obese and obese groups. Although no difference was found in VC or CPF between the groups in either position, decreases in both VC and CPF consequent to a change from seated to supine were greater in the obese versus the non-obese group (-5.1 ± 4.4% vs. -3.7 ± 5.3% for VC and -10.8 ± 3.0% vs. -6.7 ± 5.6% for CPF, respectively; p < 0.05). In the obese group, the decrease in CPF with supination correlated with the waist circumference (r = 0.64, p < 0.05). Conclusion: Our results suggest that cough capacity in the supine position was more affected in the subjects with abdominal obesity because their diaphragmatic resistance was further increased by supination consequent to excessive abdominal fat contents.

    DOI: 10.14813/ibra.2014.17

    CiNii Article

  • Abdominal obesity augments futher reduction in the cough capacities by supination of middle-aged and elderly women. 査読

    Yamashina Y, Yokoyama H, Tabira K, Masuda T, Suzuki A, Takeda R, Naghavi N, Imai D, Okazaki K, Miyagawa T

    Biophilia   10 ( 1 )   17 - 23   2014年( ISSN:2186-8433

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The present study aimed to examine whether abdominal obesity and different postures (sitting or supine) affected the cough capacities of middle-aged and elderly women. Method: Twenty-four middle-aged and elderly women with (n = 10; obese group) or without (n = 14; non-obese group) abdominal obesity were included. We evaluated changes in vital capacity (VC) and cough peak flow (CPF) in sitting and supine positions. Results: CPF and VC were significantly lower in the supine versus the seated position in both the non-obese and obese groups. Although no difference was found in VC or CPF between the groups in either position, decreases in both VC and CPF consequent to a change from seated to supine were greater in the obese versus the non-obese group (-5.1 ± 4.4% vs. -3.7 ± 5.3% for VC and -10.8 ± 3.0% vs. -6.7 ± 5.6% for CPF, respectively; p < 0.05). In the obese group, the decrease in CPF with supination correlated with the waist circumference (r = 0.64, p < 0.05). Conclusion: Our results suggest that cough capacity in the supine position was more affected in the subjects with abdominal obesity because their diaphragmatic resistance was further increased by supination consequent to excessive abdominal fat contents.

    DOI: 10.14813/ibra.2014.17

    CiNii Article

  • The sensitivity of lowered shift of core temperature threshold for thermoregulation to insulin is associated with insulin response to glucose during passive heating in men 査読

    Suzuki Akina, Okazaki Kazunobu, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Naghavi Nooshin, Miyagawa Toshiaki

    FASEB JOURNAL   27   2013年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The effects of increased plasma volume on autonomic control of the circulation after a bout of intense-intermittent exercise in men 査読

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Suzuki Akina, Naghavi Nooshin, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki

    FASEB JOURNAL   27   2013年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thermal perception in trained and untrained young men 査読

    Takeda Ryosuke, Okazaki Kazunobu, Imai Daiki, Suzuki Akina, Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    FASEB JOURNAL   27   2013年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The sensitivity of lowered shift of core temperature threshold for thermoregulation to insulin is associated with insulin response to glucose during passive heating in men 査読

    Akina Suzuki, Kazunobu Okazaki, Hisayo Yokoyama, Daiki Imai, Ryosuke Takeda, Nooshin Naghavi, Toshiaki Miyagawa

    FASEB JOURNAL   27   2013年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • サクセスフルエイジング in おおさか 「自分の筋肉と脂肪の量を知ろう!」 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    大阪市立大学 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   7   11 - 11   2013年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 身体組成の測定と健康相談 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   7   12   2013年03月( ISSN:18822215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 身体組成の測定と健康相談 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜

    大阪市立大学 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   7   12 - 12   2013年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • サクセスフルエイジング in おおさか 「自分の筋肉と脂肪の量を知ろう!」 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   7   11   2013年03月( ISSN:18822215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Thermal sensation during hyperthermia is modulated by postural change in men 査読

    Takeda Ryosuke, Okazaki Kazunobu, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Suzuki Akina, Naghavi Nooshin, Miyagawa Toshiaki

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   63   S265 - S265   2013年( ISSN:1880-6546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Relationship between insulin response to glucose and insulin - induced lowered shift of core temperature threshold for thermoregulation 査読

    Suzuki Akina, Okazaki Kazunobu, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Naghavi Nooshin, Miyagawa Toshiaki

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   63   S167 - S167   2013年( ISSN:1880-6546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of lowered skin temperature with whole body surface cooling prior to exercise on lactate threshold in cool environment 査読

    Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Yokoyama Hisayo, Suzuki Akina, Takeda Ryosuke, Naghavi Nooshin, Matsumura Shinya, Miyagawa Toshiaki

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   63   S267 - S267   2013年( ISSN:1880-6546

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Post-exercise Protein And Carbohydrate Ingestion Enhances Exercise-induced Increase In Plasma Volume And Albumin Content 査読

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Suzuki Akina, Imai Daiki, Kawabata Takashi, Miyagawa Toshiaki

    JOURNAL OF GENERAL INTERNAL MEDICINE   27   491 - 491   2012年07月( ISSN:0884-8734

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Post-exercise Protein And Carbohydrate Ingestion Enhances Exercise-induced Increase In Plasma Volume And Albumin Content 査読

    Kazunobu Okazaki, Ryosuke Takeda, Akina Suzuki, Daiki Imai, Takashi Kawabata, Toshiaki Miyagawa

    JOURNAL OF GENERAL INTERNAL MEDICINE   27   491 - 491   2012年07月( ISSN:0884-8734

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thermoregulatory responses are decreased by carbohydrate ingestion through hyperosmotic suppression while the effects were attenuated by insulin in passively heated men 査読

    Suzuki Akina, Okazaki Kazunobu, Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Naghavi Nooshin, Matsumura Shinya, Miyagawa Toshiaki

    FASEB JOURNAL   26   2012年04月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • からだの構成と体型の判定 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 河端 隆志, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    大阪市立大学 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   6   14 - 14   2012年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • サクセスフルエイジング in おおさか 「自分の筋量を知ろう!」 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 河端 隆志, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   6   12   2012年03月( ISSN:18822215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • サクセスフルエイジング in おおさか 「自分の筋量を知ろう!」 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 河端 隆志, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    大阪市立大学 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   6   12 - 12   2012年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • インターバル速歩教室 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    岡崎 和伸, 渡辺 一志, 宮側 敏明, 河端 隆志, 荻田 亮, 今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   6   15   2012年03月( ISSN:18822215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • インターバル速歩教室 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    岡崎 和伸, 渡辺 一志, 宮側 敏明, 河端 隆志, 荻田 亮, 今井 大喜

    大阪市立大学 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   6   15 - 15   2012年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • からだの構成と体型の判定 (健康・スポーツアカデミー企画) 査読

    渡辺 一志, 宮側 敏明, 河端 隆志, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   6   14   2012年03月( ISSN:18822215

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • γ-アミノ酪酸の経口投与は、暑熱環境下安静時のヒトにおける熱産生に影響する(Oral administration of γ-aminobutyric acid affects heat production in a hot environment in resting humans) 査読

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Okazaki Kazunobu, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Matsumura Shinya, Miyagawa Toshiaki

    日本生理人類学会 Journal of Physiological Anthropology   31 ( February )   1 - 7   2012年02月( ISSN:1880-6791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    γ-アミノ酪酸(GABA)は体温調節に重要な役割を果たしているが、体温調節に及ぼすGABAの影響を体系的に調べた研究は少ない。GABA経口投与が暑熱環境に置かれた安静時のヒトの体温にどのように影響するかプラセボ対照二重盲検法で調べた。男性被験者8名に1gのGABAを含む200mLのスポーツドリンクを飲ませ(G群)、一方、8名の対照群男性にはGABAを含まないスポーツドリンク200mLを飲ませ(C群)、暑熱環境(環境温度33℃、相対湿度50%)下で30分間座って安静にさせた。スポーツドリンク飲用前からの食道の温度変化は、G群がC群より低かった。酸素消費量から計算した熱産生はG群がC群に比較して低かった。暑熱環境におけるGABAの単一経口投与は、対照条件に比較してより大きな深部体温の低下をもたらし、この反応が全体の熱産生の低下を同時に生じさせる。

  • γ-アミノ酪酸の経口投与は、暑熱環境下安静時のヒトにおける熱産生に影響する(Oral administration of γ-aminobutyric acid affects heat production in a hot environment in resting humans) 査読

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Okazaki Kazunobu, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Matsumura Shinya, Miyagawa Toshiaki

    Journal of Physiological Anthropology   31 ( February )   1 - 7   2012年02月( ISSN:1880-6791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    γ-アミノ酪酸(GABA)は体温調節に重要な役割を果たしているが、体温調節に及ぼすGABAの影響を体系的に調べた研究は少ない。GABA経口投与が暑熱環境に置かれた安静時のヒトの体温にどのように影響するかプラセボ対照二重盲検法で調べた。男性被験者8名に1gのGABAを含む200mLのスポーツドリンクを飲ませ(G群)、一方、8名の対照群男性にはGABAを含まないスポーツドリンク200mLを飲ませ(C群)、暑熱環境(環境温度33℃、相対湿度50%)下で30分間座って安静にさせた。スポーツドリンク飲用前からの食道の温度変化は、G群がC群より低かった。酸素消費量から計算した熱産生はG群がC群に比較して低かった。暑熱環境におけるGABAの単一経口投与は、対照条件に比較してより大きな深部体温の低下をもたらし、この反応が全体の熱産生の低下を同時に生じさせる。

  • γ-アミノ酪酸の経口投与は、暑熱環境下安静時のヒトにおける熱産生に影響する(Oral administration of γ-aminobutyric acid affects heat production in a hot environment in resting humans) 査読

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Okazaki Kazunobu, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Matsumura Shinya, Miyagawa Toshiaki

    日本生理人類学会 Journal of Physiological Anthropology   31 ( February )   1 - 7   2012年02月( ISSN:1880-6791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    γ-アミノ酪酸(GABA)は体温調節に重要な役割を果たしているが、体温調節に及ぼすGABAの影響を体系的に調べた研究は少ない。GABA経口投与が暑熱環境に置かれた安静時のヒトの体温にどのように影響するかプラセボ対照二重盲検法で調べた。男性被験者8名に1gのGABAを含む200mLのスポーツドリンクを飲ませ(G群)、一方、8名の対照群男性にはGABAを含まないスポーツドリンク200mLを飲ませ(C群)、暑熱環境(環境温度33℃、相対湿度50%)下で30分間座って安静にさせた。スポーツドリンク飲用前からの食道の温度変化は、G群がC群より低かった。酸素消費量から計算した熱産生はG群がC群に比較して低かった。暑熱環境におけるGABAの単一経口投与は、対照条件に比較してより大きな深部体温の低下をもたらし、この反応が全体の熱産生の低下を同時に生じさせる。

    DOI: 10.1186/1880-6805-31-3

  • Lower skin temperature decreases maximal cycling performance. 査読

    Imai D, Okazaki K, Matsumura S, Suzuki T, Miyazawa T, Suzuki A, Zako T, Takeda R, Kawabata T

    Osaka City Medical Journal   57 ( 2 )   67 - 77   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    短時間運動のパフォーマンスは、活動筋表面の皮膚冷却によって低下することが報告されている。しかし、全身の皮膚冷却の影響については明かではない。そこで運動前の全身皮膚冷却が下肢の短時間運動(最大サイクリング運動)能力を低下させ、その低下は局所の皮膚温に比して全身の皮膚温の低下と強く関係する、という仮説を検証した。運動習慣のある成人男性8名対象に、10℃・25℃、湿度40%環境下で椅座位安静時に、10℃・25℃の水を循環させたスーツによる全身皮膚冷却を60分間実施した後、30秒間のWingate testを実施した。その結果、25℃試行に比して10℃試行では、運動前の各部位および平均皮膚温は有意(P<0.05)に低値を示し、パワーは運動開始2秒より16秒までの運動前半で有意に低下し、ピークパワーは14.7%、パワースロープは12.5%有意に低値を示した。運動後半(17秒以降)のパワーに試行間で有意な差は認められなかった。ピークパワーの試行間の差と水循環開始55-60分目における大腿・下腿部および平均皮膚温の試行間の差との間に有意な正の相関関係が認められた。ピークパワースロープの試行間の差と平均皮膚温の試行間の差との間には有意な正の相関関係が認められたが、大腿・下腿部皮膚温の試行間の差との間には認められなかった。これらの結果から、運動前の全身皮膚冷却による全身皮膚温の低下は、運動初期のパワーの立ち上がりとパワーの最大値を抑制し、最大サイクリング運動能力を低下させることを示した。

  • Lower skin temperature decreases maximal cycling performance. 査読

    Imai D, Okazaki K, Matsumura S, Suzuki T, Miyazawa T, Suzuki A, Zako T, Takeda R, Kawabata T

    Osaka City Medical Journal   57 ( 2 )   67 - 77   2011年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    短時間運動のパフォーマンスは、活動筋表面の皮膚冷却によって低下することが報告されている。しかし、全身の皮膚冷却の影響については明かではない。そこで運動前の全身皮膚冷却が下肢の短時間運動(最大サイクリング運動)能力を低下させ、その低下は局所の皮膚温に比して全身の皮膚温の低下と強く関係する、という仮説を検証した。運動習慣のある成人男性8名対象に、10℃・25℃、湿度40%環境下で椅座位安静時に、10℃・25℃の水を循環させたスーツによる全身皮膚冷却を60分間実施した後、30秒間のWingate testを実施した。その結果、25℃試行に比して10℃試行では、運動前の各部位および平均皮膚温は有意(P<0.05)に低値を示し、パワーは運動開始2秒より16秒までの運動前半で有意に低下し、ピークパワーは14.7%、パワースロープは12.5%有意に低値を示した。運動後半(17秒以降)のパワーに試行間で有意な差は認められなかった。ピークパワーの試行間の差と水循環開始55-60分目における大腿・下腿部および平均皮膚温の試行間の差との間に有意な正の相関関係が認められた。ピークパワースロープの試行間の差と平均皮膚温の試行間の差との間には有意な正の相関関係が認められたが、大腿・下腿部皮膚温の試行間の差との間には認められなかった。これらの結果から、運動前の全身皮膚冷却による全身皮膚温の低下は、運動初期のパワーの立ち上がりとパワーの最大値を抑制し、最大サイクリング運動能力を低下させることを示した。

    PubMed

  • 血漿インシュリン濃度が安静受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 査読

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 竹田 良祐, Nooshin Naghavi, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学   60 ( 6 )   737 - 737   2011年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Application of human thermal load into unsteady condition for improvement of outdoor thermal comfort 査読

    Shimazaki Yasuhiro, Yoshida Atsumasa, Suzuki Ryota, Kawabata Takeshi, Imai Daiki, Kinoshita Shinichi

    BUILDING AND ENVIRONMENT   46 ( 8 )   1716 - 1724   2011年08月( ISSN:0360-1323

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    人体温熱状態を表現する手法として人体熱収支に着目する方法がある。著者らはこの方法でHuman Thermal Loadとして指標化し、これまでに定常状態における指標の有用性を示してきた。人体温熱状態は体温調節と深く関わることから、皮膚や深部温度、心拍などの生理量を指標算出に反映させている。本研究では、さらにHuman Thermal Load指標の非定常状態への適用可能性を検証した。体温熱状態は、気温、湿度、気流、放射温度、代謝量、着衣量の6つの要素が支配的であり、特に人体熱収支において影響の大きい放射温度、気温、代謝量がステップ的に変化する場合の非定常応答を観察した。その結果これら環境の変動に対してHuman Thermal Loadは時間や温冷感に対する応答を予測することができること明らかになった。本手法は熱収支に着目した熱モデルであることから、様々な環境下において身の回りの物性などを考慮した環境解析に活用できる可能性が示唆された。

    DOI: 10.1016/j.buildenv.2011.02.013

  • Application of human thermal load into unsteady condition for improvement of outdoor thermal comfort 査読

    Yasuhiro Shimazaki, Atsumasa Yoshida, Ryota Suzuki, Takeshi Kawabata, Daiki Imai, Shinichi Kinoshita

    BUILDING AND ENVIRONMENT   46 ( 8 )   1716 - 1724   2011年08月( ISSN:0360-1323

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Human thermal comfort is studied as a countermeasure to the thermal stress in outdoor urban space. Outdoors, people experience the strong impact of solar radiation in states that are unsteady and non-uniform. The feeling of comfort is a mixed sensation that can be easier to improve overall, as compared with a global large-scale effort, and can lead to improved ways of saving energy and reducing costs. Moreover, this can be directly beneficial to human experience and fulfill natural human desires. Since a thermal comfort index is a useful tool for understanding the present state and evaluating the impact of countermeasures, we examine the effects of the human thermal load, which is a thermal comfort index based on the energy balance of the human body. In a steady state, and even in an unsteady state with its variations in weather and human factors, thermal comfort values can generally be obtained by using the overall human thermal load. The reason for this is that the human thermal load takes physiological factors in account as well as weather parameters. This leads to the idea that thermal sensations follow from the human thermal load, which can then well describe a given human environment. As a result, human sensations as expressed by the human thermal load pave the way to the creation of comfortable urban spaces that require minimum expense and energy as an example of simple heat transport model focusing on urban outer structure. (C) 2011 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.buildenv.2011.02.013

  • Lower skin temperature decreases maximal cycling performance.

    Imai D, Okazaki K, Matsumura S, Suzuki T, Miyazawa T, Suzuki A, Zako T, Takeda R, Kawabata T

    Osaka City Medical Journal   57 ( 2 )   67 - 77   2011年( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    短時間運動のパフォーマンスは、活動筋表面の皮膚冷却によって低下することが報告されている。しかし、全身の皮膚冷却の影響については明かではない。そこで運動前の全身皮膚冷却が下肢の短時間運動(最大サイクリング運動)能力を低下させ、その低下は局所の皮膚温に比して全身の皮膚温の低下と強く関係する、という仮説を検証した。運動習慣のある成人男性8名対象に、10℃・25℃、湿度40%環境下で椅座位安静時に、10℃・25℃の水を循環させたスーツによる全身皮膚冷却を60分間実施した後、30秒間のWingate testを実施した。その結果、25℃試行に比して10℃試行では、運動前の各部位および平均皮膚温は有意(P&lt;0.05)に低値を示し、パワーは運動開始2秒より16秒までの運動前半で有意に低下し、ピークパワーは14.7%、パワースロープは12.5%有意に低値を示した。運動後半(17秒以降)のパワーに試行間で有意な差は認められなかった。ピークパワーの試行間の差と水循環開始55-60

    PubMed

  • 経口グルコース摂取による急性高血糖が安静受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 査読

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 進藤 麻帆, 宮澤 太機, 今井 大喜, 濱本 健, 竹田 良祐, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学   59 ( 6 )   687 - 687   2010年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高環境温度下での休息時と運動時の温度調節に対するGABA経口投与の効果(Effect of Oral Administration of GABA on Temperature Regulation in Humans during Rest and Exercise at High Ambient Temperature) 査読

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Yoshikawa Takahiro, Miyagawa Toshiaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   55 ( 2 )   99 - 108   2009年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    喫煙習慣の無い健康男性8名(22.8±3.7歳)に、環境温度35度下で運動後20分休息し、30分間65%VO2peakで運動することを交互に行わせた。休息前に、対照試験(T-C)ではスポーツドリンク200mL(プラセボ)を飲ませ、他の試験(T-G)ではGABA1000mgを含有するスポーツドリンクを飲ませた。どちらのドリンクを先に飲むかは無作為とした。T-Gでは血漿中GABA濃度はT-Cより高い値を維持した。休息時と運動時の食道温の上昇はT-Gでは抑制された。運動中の発汗率と血漿中カテコラミン濃度もT-Gで抑制された。食道温抑制は休息中の低温感受性神経の抑制によって生じたことが、また、血漿中カテコラミン濃度の抑制は運動中のGABAによる交感神経系の減衰によって生じたことが示唆された。

  • 高環境温度下での休息時と運動時の温度調節に対するGABA経口投与の効果(Effect of Oral Administration of GABA on Temperature Regulation in Humans during Rest and Exercise at High Ambient Temperature) 査読

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Yoshikawa Takahiro, Miyagawa Toshiaki

    Osaka City Medical Journal   55 ( 2 )   99 - 108   2009年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    喫煙習慣の無い健康男性8名(22.8±3.7歳)に、環境温度35度下で運動後20分休息し、30分間65%VO2peakで運動することを交互に行わせた。休息前に、対照試験(T-C)ではスポーツドリンク200mL(プラセボ)を飲ませ、他の試験(T-G)ではGABA1000mgを含有するスポーツドリンクを飲ませた。どちらのドリンクを先に飲むかは無作為とした。T-Gでは血漿中GABA濃度はT-Cより高い値を維持した。休息時と運動時の食道温の上昇はT-Gでは抑制された。運動中の発汗率と血漿中カテコラミン濃度もT-Gで抑制された。食道温抑制は休息中の低温感受性神経の抑制によって生じたことが、また、血漿中カテコラミン濃度の抑制は運動中のGABAによる交感神経系の減衰によって生じたことが示唆された。

  • 高環境温度下での休息時と運動時の温度調節に対するGABA経口投与の効果(Effect of Oral Administration of GABA on Temperature Regulation in Humans during Rest and Exercise at High Ambient Temperature) 査読

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Yoshikawa Takahiro, Miyagawa Toshiaki

    大阪市医学会 Osaka City Medical Journal   55 ( 2 )   99 - 108   2009年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    喫煙習慣の無い健康男性8名(22.8±3.7歳)に、環境温度35度下で運動後20分休息し、30分間65%VO2peakで運動することを交互に行わせた。休息前に、対照試験(T-C)ではスポーツドリンク200mL(プラセボ)を飲ませ、他の試験(T-G)ではGABA1000mgを含有するスポーツドリンクを飲ませた。どちらのドリンクを先に飲むかは無作為とした。T-Gでは血漿中GABA濃度はT-Cより高い値を維持した。休息時と運動時の食道温の上昇はT-Gでは抑制された。運動中の発汗率と血漿中カテコラミン濃度もT-Gで抑制された。食道温抑制は休息中の低温感受性神経の抑制によって生じたことが、また、血漿中カテコラミン濃度の抑制は運動中のGABAによる交感神経系の減衰によって生じたことが示唆された。

  • GABAが暑熱下安静時の温度感覚に及ぼす影響 査読

    宮澤 太機, 河端 隆志, 岡崎 和伸, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 進藤 麻帆, 鈴木 明菜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学   58 ( 6 )   746 - 746   2009年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of oral administration of GABA on temperature regulation in humans during rest and exercise at high ambient temperature. 査読

    Miyazawa T, Kawabata T, Suzuki T, Imai D, Hamamoto T, Yoshikawa T, Miyagawa T

    Osaka city medical journal   55 ( 2 )   99 - 108   2009年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    PubMed

  • 1.3気圧環境が体温および末梢・中心循環におよぼす影響 査読

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 宮澤 太機, 今井 大喜, 濱本 健, 進藤 麻帆, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学   58 ( 6 )   693 - 693   2009年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 217. 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 査読

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學   57 ( 6 )   741   2008年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 423. 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響(生活・健康,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 査読

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學   57 ( 6 )   844   2008年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 369. 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 査読

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學   57 ( 6 )   817   2008年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 365. 岩盤浴による生体反応(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 査読

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學   57 ( 6 )   815   2008年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 219. GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 査読

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學   57 ( 6 )   742   2008年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響 査読

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学   57 ( 6 )   844 - 844   2008年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係 査読

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科学   57 ( 6 )   817 - 817   2008年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 291. 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,第62回日本体力医学大会) 査読

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學   56 ( 6 )   724   2007年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 293. 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響(環境,第62回日本体力医学大会) 査読

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科學   56 ( 6 )   725   2007年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係 査読

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科学   56 ( 6 )   724 - 724   2007年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 270.小学校中・高学年(4,5,6年次)児童における身体の発達と平衡機能の関係(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 査読

    今井 大喜, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學   54 ( 6 )   553   2005年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 314.放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する(環境,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 査読

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學   54 ( 6 )   575   2005年12月( ISSN:0039906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する 査読

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学   54 ( 6 )   575 - 575   2005年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • コミュニティ防災の基本と実践

    今井大喜,渡辺一志,荻田亮,岡崎和伸,横山久代,鈴木雄太( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 災害に備える(災害前の準備),第5話 避難に必要な体力を養う.)

    大阪公立大学共同出版会  2018年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:233   担当ページ:107-112   著書種別:学術書  

    各種メディアでは、常時、世界各地で発生した災害について、数多く報道されている。災害大国日本では、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火、その他異常な自然現象が、私たちの生活に様々な被害をもたらしている。一方で、私たちはそれらがどれほど身近なことと意識しているか。災害は予期せず私たちの身に降りかかってくる。したがって咄嗟に避難行動をとるためには日頃の準備が重要となる。避難場所、経路、方法、自分ひとりで避難するのか、あるいは誰かと同行するのかなど、個々人の置かれている状況を予め想定し、それらに対応できるようにしておく必要がある。本書では、特に避難行動をとるための基礎となる「体力」について、過去の避難状況を一つのモデルとして評価した、若年者、高齢者、要支援・要介護者の筋肉量、推定最大筋力、体重支持指数や避難時間から避難行動に必要な体力を示し、そのトレーニング方法について紹介している。

  • コミュニティ防災の基本と実践

    今井大喜, 渡辺一志, 荻田亮, 岡崎和伸, 横山久代, 鈴木雄太( 担当: 共著 ,  範囲: 第2章 災害に備える(災害前の準備),第5話 避難に必要な体力を養う.)

    大阪公立大学共同出版会  2018年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:233   担当ページ:107-112   著書種別:学術書  

    各種メディアでは、常時、世界各地で発生した災害について、数多く報道されている。災害大国日本では、暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火、その他異常な自然現象が、私たちの生活に様々な被害をもたらしている。一方で、私たちはそれらがどれほど身近なことと意識しているか。災害は予期せず私たちの身に降りかかってくる。したがって咄嗟に避難行動をとるためには日頃の準備が重要となる。避難場所、経路、方法、自分ひとりで避難するのか、あるいは誰かと同行するのかなど、個々人の置かれている状況を予め想定し、それらに対応できるようにしておく必要がある。本書では、特に避難行動をとるための基礎となる「体力」について、過去の避難状況を一つのモデルとして評価した、若年者、高齢者、要支援・要介護者の筋肉量、推定最大筋力、体重支持指数や避難時間から避難行動に必要な体力を示し、そのトレーニング方法について紹介している。

  • ニュー運動生理学 (Ⅱ)

    今井大喜、岡﨑和伸( 担当: 共著 ,  範囲: Section15 血液粘度)

    真興交易(株)医書出版部  2015年01月  ( ISBN:9784880038902

     詳細を見る

    総ページ数:414   担当ページ:342-349   著書種別:学術書   参加形態:ファーストオーサー

    血液は生体内でのガス(酸素と二酸化炭素)、栄養物と老廃物、各種の生理活性物質、および熱の輸送を担っており、血液が全身の血管を隈無く巡ることで、生体の内部環境の恒常性が維持されている。血液の循環は、循環器系の働きに加え、血液自体の流体力学的特性である血液粘度によって決定される。血液粘度は生体内で起きる様々な要因によって変化し、特に、運動時にはその変化は顕著となり、運動パフォーマンスを規定する一要因となり得る。本書では、最初に血液粘度に関する基礎的な知識と、血液粘度に対する持久性運動およびレジスタンス運動の影響について述べている。

  • ニュー運動生理学 (Ⅱ)

    今井大喜, 岡﨑和伸( 担当: 共著 ,  範囲: Section15 血液粘度)

    真興交易(株)医書出版部  2015年01月  ( ISBN:9784880038902

     詳細を見る

    総ページ数:414   担当ページ:342-349   著書種別:学術書  

    血液は生体内でのガス(酸素と二酸化炭素)、栄養物と老廃物、各種の生理活性物質、および熱の輸送を担っており、血液が全身の血管を隈無く巡ることで、生体の内部環境の恒常性が維持されている。血液の循環は、循環器系の働きに加え、血液自体の流体力学的特性である血液粘度によって決定される。血液粘度は生体内で起きる様々な要因によって変化し、特に、運動時にはその変化は顕著となり、運動パフォーマンスを規定する一要因となり得る。本書では、最初に血液粘度に関する基礎的な知識と、血液粘度に対する持久性運動およびレジスタンス運動の影響について述べている。

  • ニュー運動生理学 (Ⅱ)

    今井大喜, 岡﨑和伸( 担当: 共著)

    真興交易(株)医書出版部  2015年01月  ( ISBN:9784880038902

MISC(その他記事)

  • Practical Challenges In Sports Nutrition Among Para-athletes: A Pilot Study Based On Interview Survey 査読

    Hisayo Yokoyama, Miwako Deguchi, Nobuko Hongu, Hitoshi Watanabe, Akira Ogita, Daiki Imai, Yuta Suzuki, Kazunobu Okazaki

    MEDICINE & SCIENCE IN SPORTS & EXERCISE   54 ( 9 )   490 - 490   2022年09月( ISSN:0195-9131 ( eISSN:1530-0315

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 大学生のヘルスリテラシーは健康的な生活習慣ならびに自覚的健康観と関連する 査読

    横山久代, 今井大喜, 鈴木雄太, 荻田亮, 渡辺一志, 川端悠, 三宅孝昭, 吉井泉, 坪内伸司, 松浦義昌, 岡崎和伸

    教育医学   68 ( 1 )   2022年( ISSN:0285-0990

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 高齢者の咀嚼能力と転倒リスクとの関係に関する検討 査読

    横山久代, 出口美輪子, 戸谷敦也, 今井大喜, 岡崎和伸

    大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告集   35   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 咀嚼が胃排泄と食後血糖変動に及ぼす影響 査読

    横山久代, 横山久代, 森田恵美子, 今井大喜, 今井大喜, 岡崎和伸, 岡崎和伸

    糖尿病(Web)   64 ( 1 )   2021年( ISSN:1881-588X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Effects of cold and mental stress on endurance exercise performance. 査読

    Imai D, Takeda R, Kawai E, Saho K, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   9 ( 6 )   316 - 316   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • Effects of cold and mental stress on endurance exercise performance. 査読

    Imai D, Takeda R, Kawai E, Saho K, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   9 ( 6 )   316 - 316   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 深部体温上昇予測温熱モデルに基づく機能的防火衣の開発 査読

    木村祐, 林宏和, 岩渕幸弘, 竹田良祐, 佐保光祐, 河合英理子, 高橋秀也, 今井大喜, 岡崎和伸

    日本火災学会研究発表会概要集   2020   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 消防士の勤務体系内での短期暑熱順化獲得に関する検討 査読

    岡崎和伸, 今井大喜, 五十嵐裕, 河合英理子, 高橋秀也

    日本火災学会研究発表会概要集   2020   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Effects of heat acclimation program for firefighters on thermoregulation, thermal comfort, and thermal sensation during exercise wearing with a firefighting suit. 査読

    Saho K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Kimura T, Hayashi H, Iwabuchi Y, Hayashi H, Takahashi H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   8 ( 6 )   338 - 338   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • Effects of dual stress of whole body cold exposure and mental load on endurance exercise performance.

    Imai D, Takeda R, Kawai E, Saho K, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   8 ( 6 )   338 - 338   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • Effects of dual stress of whole body cold exposure and mental load on endurance exercise performance.

    Imai D, Takeda R, Kawai E, Saho K, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   8 ( 6 )   338 - 338   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Effects of heat acclimation program for firefighters on thermoregulation, thermal comfort, and thermal sensation during exercise wearing with a firefighting suit. 査読

    Saho K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Kimura T, Hayashi H, Iwabuchi Y, Hayashi H, Takahashi H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   8 ( 6 )   338 - 338   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • 青少年の身体機能および体力を向上する身体活動・運動量および生活習慣・環境―都市部における検討―.

    岡崎和伸,竹田良祐,今井大喜,鈴木雄太,横山久代,渡辺一志,荻田亮

    2017年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書   12   56 - 57   2018年

     詳細を見る

  • The physical fitness and the behavior of evacuation for the care recipient and support person. 査読

    Watanabe H, Imai D, Yamaguchi T, Ogita A, Okazaki K, Yokoyama H, Suzuki Y, Ikuta E, Miyano M

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7 ( 6 )   438   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • The effect of increased skin temperature on heart rate response during high-intensity interval exercise. 査読

    Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7 ( 6 )   408   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • Effect of mild hyperthermia on cerebral blood flow response during cognitive task. 査読

    Ota A, Takeda R, Imai D, Kawai E, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7 ( 6 )   411   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • Enhanced erythropoietin release to hypoxia with an expanded plasma volume after exercise in warm environment. 査読

    • Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Goto K, Yokoyama H

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7 ( 6 )   412   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • 青少年の身体機能および体力を向上する身体活動・運動量および生活習慣・環境―都市部における検討―.

    岡崎和伸, 竹田良祐, 今井大喜, 鈴木雄太, 横山久代, 渡辺一志, 荻田亮

    2017年度笹川スポーツ研究助成研究成果報告書   12   56 - 57   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The physical fitness and the behavior of evacuation for the care recipient and support person. 査読

    Watanabe H, Imai D, Yamaguchi T, Ogita A, Okazaki K, Yokoyama H, Suzuki Y, Ikuta E, Miyano M

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7 ( 6 )   438   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • The effect of increased skin temperature on heart rate response during high-intensity interval exercise. 査読

    Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7 ( 6 )   408   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Enhanced erythropoietin release to hypoxia with an expanded plasma volume after exercise in warm environment. 査読

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Goto K, Yokoyama H

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7 ( 6 )   412   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Effect of mild hyperthermia on cerebral blood flow response during cognitive task. 査読

    Ota A, Takeda R, Imai D, Kawai E, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   7 ( 6 )   411   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Effects of a 3-month waiking training on thermal sensation in healthy eldery men.

    Takeda R, Imai D, Ota A, Kawai E, Hanno G, Naghavi N, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 )   497 - 497   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:単著  

  • Aerobic exercise increases gut Bacteroides in elderly women. 査読

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Suzuki Y, Okazaki K.

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 )   565 - 565   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • Effect of stimulation of odor of essential oil on muscle sympathetic nervous activity. 査読

    Kawai E, Hanno G, Takeda R, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 )   447 - 447   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • Delivery of insulin to the brain by ntranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young indivisuals. 査読

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, HannoG, Ota A, Morita E, Imai D, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6 ( 6 )   460 - 460   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   共著区分:共著  

  • あそびとまなびのキャンバス夏休み防災こどもキャンプ (健康・スポーツアカデミー企画要旨) 査読

    荻田 亮, 渡辺 一志, 岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜, 鈴木 雄太

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   11   12 - 12   2017年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • スポーツビジネスアイデアソン

    荻田亮, 渡辺一志, 岡﨑和伸, 横山久代, 今井大喜, 鈴木雄太

    大阪市立大学 健康・スポーツ科学   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • Intranasal Insulin Administration Enhances Thermoregulatory Responses During Passive Heating In Humans

    Kazunobu Okazaki, Ryosuke Takeda, Daiki Imai, Akemi Ota, Nooshin Naghavi, Yoshihiro Yamashina, Yoshihiro Yamashina

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   48 ( 5 )   562 - 562   2016年05月( ISSN:0195-9131 ( eISSN:1530-0315

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1249/01.mss.0000486688.57542.7f

  • Thermal Sensation During Hyperthermia Is Modified With Postural Change And Aging

    Ryosuke Takeda, Kazunobu Okazaki, Akemi Ota, Nooshin Naghavi, Yoshihiro Yamashina, Yoshikazu Hirasawa, Akina Suzuki, Daiki Imai, Hisayo Yokoyama, Toshiaki Miyagawa

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   48 ( 5 )   562 - 563   2016年05月( ISSN:0195-9131 ( eISSN:1530-0315

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

    DOI: 10.1249/01.mss.0000486689.34671.ca

  • "寒い"というストレスとどう向き合うか

    今井 大喜

    大阪市立大学都市健康・スポーツ研究センター 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   10   1 - 6   2016年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)   共著区分:単著  

  • "寒い"というストレスとどう向き合うか

    今井 大喜

    大阪市立大学都市健康・スポーツ研究センター 公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   10   1 - 6   2016年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • "寒い"というストレスとどう向き合うか 査読

    今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   10   1 - 6   2016年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 子育てママのための運動不足解消アイデアソン

    荻田亮, 渡辺一志, 岡崎和伸, 横山久代, 今井大喜, 鈴木雄太

    大阪市立大学 健康・スポーツ科学研究   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • コミュ力向上アイデアソン

    荻田亮, 渡辺一志, 岡崎和伸, 横山久代, 今井大喜, 鈴木雄太

    大阪市立大学 健康・スポーツ科学研究   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • Delivery of Insulin to the Brain by Intranasal Administration Increases Postprandial GLP-1 Secretion in Humans

    Yoshikazu Hirasawa, Hisayo Yokoyama, Nooshin Naghavi, Yoshihiro Yamashina, Ryosuke Takeda, Akemi Ota, Daiki Imai, Kazunobu Okazaki, Tomoaki Morioka, Masanori Emoto, Masaaki Inaba, Toshiaki Miyagawa

    DIABETES   64   A493 - A494   2015年06月( ISSN:0012-1797 ( eISSN:1939-327X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • The Elevation of Serum Irisin Level after Single Bout of Exercise Modulates Neither Resting Energy Expenditure nor Diet-induced Thermogenesis in Healthy Young Adults

    Nooshin Naghavi, Hisayo Yokoyama, Yoshihiro Yamashina, Yoshikazu Hirasawa, Ryosuke Takeda, Akemi Ota, Daiki Imai, Kazunobu Okazaki, Tomoaki Morioka, Masanori Emoto, Masaaki Inaba, Toshiaki Miyagawa

    DIABETES   64   A206 - A206   2015年06月( ISSN:0012-1797 ( eISSN:1939-327X

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 健康・スポーツアカデミー企画 : いきいきドック(健康・スポーツアカデミー 企画要旨) 査読

    横山 久代, 渡辺 一志, 宮側 敏明, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 今井 大喜

    公立大学法人大阪市立大学健康・スポーツ科学   9   8 - 9   2015年03月( ISSN:1882-2215

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Post-exercise Protein And Carbohydrate Ingestion Enhances Exercise-induced Increase In Plasma Volume And Albumin Content

    Kazunobu Okazaki, Ryosuke Takeda, Akina Suzuki, Daiki Imai, Takashi Kawabata, Toshiaki Miyagawa

    MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   43 ( 5 )   491 - 491   2011年05月( ISSN:0195-9131 ( eISSN:1530-0315

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 運動前の全身皮膚冷却が短時間運動のパフォーマンスに及ぼす影響 査読

    今井大喜, 岡崎和伸, 松村新也, 鈴木明菜, 竹田良祐, NAGHAVI Nooshin, 河端隆志, 宮側敏明

    体力科学   60 ( 6 )   2011年( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響 査読

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学   57 ( 6 )   742 - 742   2008年12月( ISSN:0039-906X ( eISSN:1881-4751

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果 査読

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学   57 ( 6 )   741 - 741   2008年12月( ISSN:0039-906X ( eISSN:1881-4751

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 岩盤浴による生体反応 査読

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学   57 ( 6 )   815 - 815   2008年12月( ISSN:0039-906X ( eISSN:1881-4751

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • GABA摂取による運動時の体温調節メカニズムとその効果 査読

    宮澤 太機, 河端 隆志, 濱本 健, 津村 精一, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 吉田 善廣, 菅 美奈子, 宮側 敏明

    体力科学   56 ( 6 )   668 - 668   2007年12月( ISSN:0039-906X ( eISSN:1881-4751

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響 査読

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科学   56 ( 6 )   725 - 725   2007年12月( ISSN:0039-906X ( eISSN:1881-4751

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 暑熱環境下における運動能に及ぼすGABA飲料の影響 査読

    宮澤 太機, 河端 隆志, 濱本 健, 津村 精一, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 吉田 善廣, 菅 美奈子, 吉川 貴仁, 宮側 敏明

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   61回   244 - 244   2007年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 寒冷曝露が血液粘度および無酸素パワーに及ぼす影響(平成18年度大学院スポーツ科学研究科修士論文要旨) 査読

    今井 大喜

    大阪体育大学紀要   38   145 - 145   2007年03月( ISSN:0289-1190

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    高体温と血液粘度および無酸素パワーとの関連をみる研究はいくつかみられるが, 本研究は寒冷曝露による低体温と血液粘度および無酸素パワーとの関連に着目し, 健常で非肥満者男性5名を対象に検討した.全血粘度はずり速度22.5sec^<-1>, 45sec^<-1>, 90sec^<-1>, 225sec^<-1>, 450sec^<-1>で測定した.曝露前の値はコントロールの値とほぼ同じ値を示していた.しかし, ずり速度22.5sec^<-1>, 45sec^<-1>, 90sec^<-1>, 450sec^<-1>では曝露開始40分, 60分目と無酸素パワー測定後で, 寒冷曝露のほうが高い値を示す傾向がみられた.血漿粘度においては, ずり速度22.5sec^<-1>, 45sec^<-1>, 90sec^<-1>, 225sec^<-1>において曝露のほうが高い値を示す傾向がみられた.また, ずり速度が高くなるとコントロールと寒冷曝露の粘度差が小さくなる傾向がみられた.また, 寒冷曝露の全血粘度とRBC, Ht, Hbにおいて有意な正の相関を示す傾向を認めた.無酸素パワーのピーク値と比べると, コントロールに比べ曝露の値は約8.5%の減少を示した.以上の結果より寒冷曝露は, RBC, Ht, Hb値を増加させ, これにより全血粘度を上昇させること, また無酸素パワーのピーク値を低下させる傾向のあることが示唆された.

    CiNii Article

  • 270.小学校中・高学年(4,5,6年次)児童における身体の発達と平衡機能の関係(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 査読

    今井 大喜, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學   54 ( 6 )   553 - 553   2005年12月( ISSN:0039-906X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CiNii Article

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 運動・環境ストレスに対する生体の適応反応 運動前の全身皮膚冷却が運動パフォーマンスを低下する種々要因とその連関 国内会議

    今井 大喜

    体力科学  2023年06月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Relationship between masticatory ability and fall risk in community-dwelling elderly people(和訳中) 国内会議

    Hirai Hiroshi, Yokoyama Hisayo, Deguchi Miwako, Toya Atsuya, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2022年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Influence of cold exposure and mental fatigue prior endurance exercise on heart rate variability and endurance exercise performance(和訳中) 国内会議

    Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2022年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of heat acclimation training in the workspace on thermoregulatory capacity and sweat electrolytes concentration(和訳中) 国内会議

    Toya Atsuya, Igarashi Yutaka, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2022年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大学生のヘルスリテラシーは健康的な生活習慣ならびに自覚的健康観と関連する 国内会議

    横山 久代, 今井 大喜, 鈴木 雄太, 荻田 亮, 渡辺 一志, 川端 悠, 三宅 孝昭, 吉井 泉, 坪内 伸司, 松浦 義昌, 岡崎 和伸

    教育医学  2022年08月  日本教育医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者の咀嚼能力は転倒リスクと関連する 国内会議

    平井 博志, 横山 久代, 出口 美輪子, 戸谷 敦也, 今井 大喜, 岡崎 和伸

    日本運動療法学会大会抄録集  2022年07月  日本運動療法学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 非侵襲的な消防活動時の体幹温度変化の推定法(Non-Invasive Method for Estimation of Core Body Temperature Changes in Firefighting Activities) 国内会議

    Kimura Tasuku, Hayashi Hirokazu, Igarashi Yutaka, Imai Daiki, Iwabuchi Yukihiro, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2021年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 寒冷曝露に伴う精神的疲労がその後の持久的運動能力に及ぼす影響(Influence of mental fatigue accompanied with cold exposure on subsequent endurance exercise performance) 国内会議

    Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2021年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • パラアスリートの栄養に関する知識と食行動に関するパイロット研究(Pilot study on nutrition knowledge and dietary behavior of para-athletes) 国内会議

    Deguchi Miwako, Yokoyama Hisayo, Hongu Nobuko, Watanabe Hitoshi, Ogita Akira, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2021年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 咀嚼が胃排泄と食後血糖変動に及ぼす影響 国内会議

    横山 久代, 森田 恵美子, 今井 大喜, 岡崎 和伸

    糖尿病  2021年01月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラベンダー製油の香り吸入による血圧および筋交感神経活動への影響 国内会議

    河合英里子, 今井大喜, 佐保光祐, 森田恵美子, 鈴木雄太, 横山久代, 岡﨑和伸

    第23回アロマセラピー学会学術総会 (東京)  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • ラベンダー製油の香り吸入による血圧および筋交感神経活動への影響 国内会議

    河合英里子, 今井大喜, 佐保光祐, 森田恵美子, 鈴木雄太, 横山久代, 岡﨑和伸

    第23回アロマセラピー学会学術総会 (東京)  2020年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Influence of mental load with whole body cold exposure prior to exercise on endurance exercise performance 国際会議

    Imai D, Takeda R, Kawai E, Saho K, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    Virtual 8th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (vPPTR) 2020 (Vancouver)  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effects of skin temperatures on heart rate response and plasma volume expansion to exercise 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Yokoyama H

    Virtual 8th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (vPPTR) 2020 (Vancouver)  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Influence of mental load with whole body cold exposure prior to exercise on endurance exercise performance 国際会議

    Imai D, Takeda R, Kawai E, Saho K, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    Virtual 8th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (vPPTR) 2020 (Vancouver)  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effects of skin temperatures on heart rate response and plasma volume expansion to exercise 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Yokoyama H

    Virtual 8th International Conference on the Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation (vPPTR) 2020 (Vancouver)  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 着衣が水中歩行時の運動生理に及ぼす影響に関する基礎的研究 国内会議

    今井大喜, 横山久代, 渡辺一志, 荻田亮, 岡﨑和伸, 鈴木雄太, 生田英輔

    第7回大阪市立大学都市防災研究シンポジウム (大阪)  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 着衣が水中歩行時の運動生理に及ぼす影響に関する基礎的研究 国内会議

    今井大喜, 横山久代, 渡辺一志, 荻田亮, 岡﨑和伸, 鈴木雄太, 生田英輔

    第7回大阪市立大学都市防災研究シンポジウム (大阪)  2020年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラベンダー精油の香り吸入による血圧および筋交感神経活動への影響 国内会議

    河合 英理子, 今井 大喜, 佐保 光祐, 森田 恵美子, 鈴木 雄太, 横山 久代, 岡崎 和伸

    日本アロマセラピー学会誌  2020年11月  (一社)日本アロマセラピー学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 寒さと精神的ストレスが持久力パフォーマンスに及ぼす影響(Effects of cold and mental stress on endurance exercise performance) 国内会議

    Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2020年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 寒冷および精神性の二重ストレスが及ぼす持久性運動パフォーマンスへの影響 国内会議

    今井大喜, 竹田良祐, 河合英理子, 佐保光祐, 太田暁美, 森田恵美子, 鈴木雄太,横山久代, 岡﨑和伸

    第75回日本体力医学会大会 (鹿児島)  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 寒冷および精神性の二重ストレスが及ぼす持久性運動パフォーマンスへの影響 国内会議

    今井大喜, 竹田良祐, 河合英理子, 佐保光祐, 太田暁美, 森田恵美子, 鈴木雄太, 横山久代, 岡﨑和伸

    第75回日本体力医学会大会 (鹿児島)  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 深部体温上昇予測温熱モデルに基づく機能的防火衣の開発. 国内会議

    木村祐, 林宏和, 岩渕幸弘, 竹田良祐, 佐保光祐, 河合英理子, 髙橋秀也, 今井 大喜, 岡崎和伸

    日本火災学会 2020 年度研究発表会  2020年05月 

  • 消防士の勤務体系内での短期暑熱順化獲得に関する検討 国内会議

    岡崎和伸, 今井大喜, 五十嵐裕, 河合英理子, 大阪市消防局, 髙橋秀也

    日本火災学会 2020 年度研 究発表会  2020年05月 

  • 消防士の勤務体系内での短期暑熱順化獲得に関する検討 国内会議

    岡崎和伸, 今井大喜, 五十嵐裕, 河合英理子, 大阪市消防局, 髙橋秀也

    日本火災学会 2020 年度研 究発表会  2020年05月 

  • 深部体温上昇予測温熱モデルに基づく機能的防火衣の開発. 国内会議

    木村祐, 林宏和, 岩渕幸弘, 竹田良祐, 佐保光祐, 河合英理子, 髙橋秀也, 今井 大喜, 岡崎和伸

    日本火災学会 2020 年度研究発表会  2020年05月 

  • 非接触センサを用いた消防服内温熱モデルに基づく深部体温上昇予測. 国内会議

    木村祐, 竹田良祐, 林宏和, 佐保光祐, 河合英理子, 今井大喜, 岩渕幸弘, 髙橋 秀也, 岡崎和伸

    第59回日本生体医工学会大会  2020年05月 

  • 非接触センサを用いた消防服内温熱モデルに基づく深部体温上昇予測. 国内会議

    木村祐, 竹田良祐, 林宏和, 佐保光祐, 河合英理子, 今井大喜, 岩渕幸弘, 髙橋 秀也, 岡崎和伸

    第59回日本生体医工学会大会  2020年05月 

  • Mental stress do not impair aerobic exercise performance after whole body cold exposure 国内会議

    Imai D, Takeda R, Kawai E, Saho K, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The 97th Annual Meeting if the Physiological Society of Japan (Oita)  2020年03月 

  • Mental stress do not impair aerobic exercise performance after whole body cold exposure 国内会議

    Imai D, Takeda R, Kawai E, Saho K, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The 97th Annual Meeting if the Physiological Society of Japan (Oita)  2020年03月 

  • メンタルストレスは全身寒冷曝露後の有酸素運動パフォーマンスを低下しない(Mental stress does not impair aerobic exercise performance after whole body cold exposure) 国内会議

    Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2020年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ラベンダー精油の匂い吸入が血圧および筋交感神経活動に及ぼす影響(The effects of fragrance inhalation of Lavender essential oil on blood pressure and muscle sympathetic nerve activity) 国内会議

    Kawai Eriko, Imai Daiki, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2020年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 寒さに負けないからだづくり 招待 国内会議

    今井大喜

    NPO法人シニア自然大学校CITYカレッジ講座みぢかな自然と健康科 (大阪)  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 寒さに負けないからだづくり 招待 国内会議

    今井大喜

    NPO法人シニア自然大学校CITYカレッジ講座みぢかな自然と健康科 (大阪)  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Exercise habit is associated with lower fall risks among elderly people living in urban areas. 国際会議

    Yokoyama H, Watanabe H, Saito K, Shibata A, Suzuki Y, Imai D, Okazaki K, Ogita A.

    1st World Congress on Falls and Postural Stability (Kuala Lumpur)  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Exercise habit is associated with lower fall risks among elderly people living in urban areas. 国際会議

    Yokoyama H, Watanabe H, Saito K, Shibata A, Suzuki Y, Imai D, Okazaki K, Ogita A

    1st World Congress on Falls and Postural Stability (Kuala Lumpur)  2019年12月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 消防士用の暑熱順化プログラムが消火服着用下運動時の体温調節、熱的快適性、温冷感に及ぼす影響(Effects of heat acclimation program for firefighters on thermoregulation, thermal comfort, and thermal sensation during exercise wearing with a firefighting suit) 国内会議

    Saho Kosuke, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Kimura Tasuku, Hayashi Hirokazu, Iwabuchi Yukihiro, Hayashi Hideshi, Takahashi Hideya, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2019年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 全身寒冷曝露と精神的負荷の二重ストレスが持久運動パフォーマンスに及ぼす影響(Effects of dual stress of whole body cold exposure and mental load on endurance exercise performance) 国内会議

    Imai Daiki, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2019年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Improved thermal comfort were associated with the attenuated heat stress during exercise wearing with a firefighting suit after heat acclimation program for firefighters. 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Saho K, Imai D, Kawai E, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Hayashi H, Takahashi H

    14th International Congress of Physiological Anthropology 2019 (Singapore)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Improved thermal comfort were associated with the attenuated heat stress during exercise wearing with a firefighting suit after heat acclimation program for firefighters. 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Saho K, Imai D, Kawai E, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Hayashi H, Takahashi H

    14th International Congress of Physiological Anthropology 2019 (Singapore)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Exercise habit is correlated to lower fall risks among elderly people living in urban areas(和訳中) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Watanabe Hitoshi, Saito Kazumi, Shibata Ayane, Suzuki Yuta, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Ogita Akira

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effect of aging on event-related potentials during mild-hyperthermia(和訳中) 国内会議

    Ota Akemi, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Family history of hypertension has an effect on blood pressure response with fragrance inhalation(和訳中) 国内会議

    Kawai Eriko, Takeda Ryosuke, Saho Kosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Expanded plasma volume after a bout of exercise increases erythropoietin secretion to hypoxia(和訳中) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Goto Kazushige, Yokoyama Hisayo

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Exercise habit is correlated to lower fall risks among elderly people living in urban areas(和訳中) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Watanabe Hitoshi, Saito Kazumi, Shibata Ayane, Suzuki Yuta, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Ogita Akira

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高血圧の家族歴は香りの吸入による血圧反応に影響を与える(Family history of hypertension has an effect on blood pressure response with fragrance inhalation) 国内会議

    Kawai Eriko, Takeda Ryosuke, Saho Kosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動習慣は都市部に住む高齢者の転倒リスク低下と相関している(Exercise habit is correlated to lower fall risks among elderly people living in urban areas) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Watanabe Hitoshi, Saito Kazumi, Shibata Ayane, Suzuki Yuta, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Ogita Akira

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動後の血漿量の増加は低酸素症に対するエリスロポエチン分泌を促進する(Expanded plasma volume after a bout of exercise increases erythropoietin secretion to hypoxia) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Goto Kazushige, Yokoyama Hisayo

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軽度高体温時の事象関連電位に対する加齢の影響(The effect of aging on event-related potentials during mild-hyperthermia) 国内会議

    Ota Akemi, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effect of aging on event-related potentials during mild-hyperthermia(和訳中) 国内会議

    Ota Akemi, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Family history of hypertension has an effect on blood pressure response with fragrance inhalation(和訳中) 国内会議

    Kawai Eriko, Takeda Ryosuke, Saho Kosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Expanded plasma volume after a bout of exercise increases erythropoietin secretion to hypoxia(和訳中) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Goto Kazushige, Yokoyama Hisayo

    The Journal of Physiological Sciences  2019年06月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 第2部パネルディスカッション「私がスポーツを通して得た価値/社会におけるスポーツの価値」 国内会議

    今井大喜

    第15回三大学連携事業公開講座「スポーツを通して見える社会―時代を生き抜く力とは―」  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 第2部パネルディスカッション「私がスポーツを通して得た価値/社会におけるスポーツの価値」 国内会議

    今井大喜

    第15回三大学連携事業公開講座「スポーツを通して見える社会―時代を生き抜く力とは―」  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Effect of mild hyperthermia on cerebral blood flow response during cognitive task(和訳中) 国内会議

    Ota Akemi, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 要介護者および介護者の体力および避難行動(The physical fitness and the behavior of evacuation for the care recipient and support person) 国内会議

    Watanabe Hitoshi, Imai Daiki, Yamaguchi Takahiro, Ogita Akira, Okazaki Kazunobu, Yokoyama Hisayo, Suzuki Yuta, Ikuta Eisuke, Miyano Michio

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温上昇が高強度インターバル運動中の心拍反応に及ぼす影響(The effect of increased skin temperature on heart rate response during high-intensity interval exercise) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 温熱環境下の運動後にみられた血漿量増加を伴う低酸素環境に対するerythropoietin放出促進(Enhanced erythropoietin release to hypoxia with an expanded plasma volume after exercise in warm environment) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Goto Kazushige, Yokoyama Hisayo

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effect of mild hyperthermia on cerebral blood flow response during cognitive task(和訳中) 国内会議

    Ota Akemi, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 軽度温熱療法が認知機能課題中の脳血流反応に及ぼす影響(Effect of mild hyperthermia on cerebral blood flow response during cognitive task) 国内会議

    Ota Akemi, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 要介護者および介護者の体力および避難行動(The physical fitness and the behavior of evacuation for the care recipient and support person) 国内会議

    Watanabe Hitoshi, Imai Daiki, Yamaguchi Takahiro, Ogita Akira, Okazaki Kazunobu, Yokoyama Hisayo, Suzuki Yuta, Ikuta Eisuke, Miyano Michio

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 要介護者および介護者の体力および避難行動(The physical fitness and the behavior of evacuation for the care recipient and support person) 国内会議

    Watanabe Hitoshi, Imai Daiki, Yamaguchi Takahiro, Ogita Akira, Okazaki Kazunobu, Yokoyama Hisayo, Suzuki Yuta, Ikuta Eisuke, Miyano Michio

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温上昇が高強度インターバル運動中の心拍反応に及ぼす影響(The effect of increased skin temperature on heart rate response during high-intensity interval exercise) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温上昇が高強度インターバル運動中の心拍反応に及ぼす影響(The effect of increased skin temperature on heart rate response during high-intensity interval exercise) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 温熱環境下の運動後にみられた血漿量増加を伴う低酸素環境に対するerythropoietin放出促進(Enhanced erythropoietin release to hypoxia with an expanded plasma volume after exercise in warm environment) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Goto Kazushige, Yokoyama Hisayo

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 温熱環境下の運動後にみられた血漿量増加を伴う低酸素環境に対するerythropoietin放出促進(Enhanced erythropoietin release to hypoxia with an expanded plasma volume after exercise in warm environment) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Kawai Eriko, Ota Akemi, Saho Kosuke, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Goto Kazushige, Yokoyama Hisayo

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2018年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 避難体力の測定. 国内会議

    渡辺一志,今井大喜

    第44回すみよし区民まつり(大阪)  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 避難体力の測定. 国内会議

    渡辺一志, 今井大喜

    第44回すみよし区民まつり(大阪)  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • Heat acclimation in firefighters decreases heat stress and improves thermal sensation and thermal comfort during exercise wearing with firefighting suit. 国際会議

    Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Takahashi H, Hayashi H, Okazaki K

    7th International Conference on Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effects of heat acclimation program for firefighters on thermoregulation during exercise wearing with a firefighting suit. 国際会議

    Saho K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Takahashi H, Hayashi H, Okazaki K

    7th International Conference on Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma volume expansion after exercise in a warm condition enhances erythropoietin release to hypoxia. 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Goto K, Yokoyama H

    7th International Conference on Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma volume expansion after exercise in a warm condition enhances erythropoietin release to hypoxia. 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Goto K, Yokoyama H

    7th International Conference on Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Heat acclimation in firefighters decreases heat stress and improves thermal sensation and thermal comfort during exercise wearing with firefighting suit. 国際会議

    Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Takahashi H, Hayashi H, Okazaki K

    7th International Conference on Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effects of heat acclimation program for firefighters on thermoregulation during exercise wearing with a firefighting suit. 国際会議

    Saho K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Takahashi H, Hayashi H, Okazaki K

    7th International Conference on Physiology and Pharmacology of Temperature Regulation  2018年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 暑熱下運動後の血漿量増加によって低酸素暴露時のエリスロポエチン分泌応答が亢進する. 国内会議

    岡崎和伸,竹田良祐,今井大喜,河合英里子,太田暁美,佐保光祐,森田恵美子,鈴木雄太,後藤一成,横山久代

    第73回日本体力医学会大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 災害時要支援者および支援者の体力と避難行動. 国内会議

    渡辺一志,今井大喜,山口貴大,荻田亮,岡崎和伸,横山久代,鈴木雄太,生田英輔,宮野道雄

    第73回日本体力医学会大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高強度間欠的運動時の心拍応答に及ぼす皮膚温度上昇の影響. 国内会議

    竹田良祐,今井大喜,河合英里子,太田暁美,佐保光祐,森田恵美子,鈴木雄太,横山久代,岡崎和伸

    第73回日本体力医学会大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱下運動後の血漿量増加によって低酸素暴露時のエリスロポエチン分泌応答が亢進する. 国内会議

    岡崎和伸, 竹田良祐, 今井大喜, 河合英里子, 太田暁美, 佐保光祐, 森田恵美子, 鈴木雄太, 後藤一成, 横山久代

    第73回日本体力医学会大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高強度間欠的運動時の心拍応答に及ぼす皮膚温度上昇の影響. 国内会議

    竹田良祐, 今井大喜, 河合英里子, 太田暁美, 佐保光祐, 森田恵美子, 鈴木雄太, 横山久代, 岡崎和伸

    第73回日本体力医学会大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 災害時要支援者および支援者の体力と避難行動. 国内会議

    渡辺一志, 今井大喜, 山口貴大, 荻田亮, 岡崎和伸, 横山久代, 鈴木雄太, 生田英輔, 宮野道雄

    第73回日本体力医学会大会  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Aerobic exercise training by brisk walking increases intestinal Bacteroides in healthy elderly women. 国際会議

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Takeda R, Ota A, Kawai E, Suzuki Y, Okazaki K

    International Federation on Ageing 14th Global Conference on Ageing  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Aerobic exercise training by brisk walking increases intestinal Bacteroides in healthy elderly women. 国際会議

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Takeda R, Ota A, Kawai E, Suzuki Y, Okazaki K

    International Federation on Ageing 14th Global Conference on Ageing  2018年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 精油の匂い吸入に対する血圧および筋交感神経活動の応答. 国内会議

    河合英理子,竹田良祐,太田暁美,森田恵美子,今井大喜,鈴木雄太,横山久代,岡﨑和伸

    第31回マイクロニューログラフィ学会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 精油の匂い吸入に対する血圧および筋交感神経活動の応答. 国内会議

    河合英理子, 竹田良祐, 太田暁美, 森田恵美子, 今井大喜, 鈴木雄太, 横山久代, 岡﨑和伸

    第31回マイクロニューログラフィ学会  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 避難に必要な体力. 国内会議

    渡辺一志,今井大喜,荻田亮,岡崎和伸,横山久代,鈴木雄太

    2018年度都市防災教育研究センター,コミュニティ防災教室,災害対応ワークショップ  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 避難に必要な体力. 国内会議

    渡辺一志, 今井大喜, 荻田亮, 岡崎和伸, 横山久代, 鈴木雄太

    2018年度都市防災教育研究センター,コミュニティ防災教室,災害対応ワークショップ  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • The index of muscle strength is not correlated with muscle mass in urban middle school adolescents. 国際会議

    Imai D, Yamamoto K, Suzuki Y, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Morita E, Ogita A, Watanabe H, Yokoyama H, Okazaki K

    The 8th International Conference on Sports and Exercise Science  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Inhibitory effects of intranasal insulin administration on fat oxidation during exercise are diminished in overweight young individuals. 国際会議

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    American Diabetes Association’s 78th Scientific Sessions  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Amount of physical activity of daily in urban middle and high school adolescents. 国際会議

    Okazaki K, Yamamoto K, Imai D, Suzuki Y, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Morita E

    The 8th International Conference on Sports and Exercise Science  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Amount of physical activity of daily in urban middle and high school adolescents. 国際会議

    Okazaki K, Yamamoto K, Imai D, Suzuki Y, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Morita E

    The 8th International Conference on Sports and Exercise Science  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山 久代, 竹田 良祐, 河合 英理子, 半野 源太, 太田 暁美, 森田 恵美子, 今井 大喜, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The index of muscle strength is not correlated with muscle mass in urban middle school adolescents. 国際会議

    Imai D, Yamamoto K, Suzuki Y, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Morita E, Ogita A, Watanabe H, Yokoyama H, Okazaki K

    The 8th International Conference on Sports and Exercise Science  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Inhibitory effects of intranasal insulin administration on fat oxidation during exercise are diminished in overweight young individuals. 国際会議

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    American Diabetes Association’s 78th Scientific Sessions  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 鼻腔内インスリン投与による運動中の脂肪酸化抑制効果は過体重で消失する. 国内会議

    横山久代,竹田良祐,河合英理子,半野源太,太田暁美,森田恵美子,今井大喜,鈴木雄太,森岡与明,絵本正憲,稲葉雅章,岡崎和伸

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Aerobic exercise increases intestinal Bacteroides in healthy elderly women. 国際会議

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Takeda R, Okazaki K

    Singapore-International Physiotherapy Congress 2018   2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Aerobic exercise increases intestinal Bacteroides in healthy elderly women. 国際会議

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Takeda R, Okazaki K

    Singapore-International Physiotherapy Congress 2018  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による運動中の脂肪酸化抑制効果は過体重で消失する. 国内会議

    横山久代, 竹田良祐, 河合英理子, 半野源太, 太田暁美, 森田恵美子, 今井大喜, 鈴木雄太, 森岡与明, 絵本正憲, 稲葉雅章, 岡崎和伸

    第61回日本糖尿病学会年次学術集会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 防災と体力. 招待 国内会議

    今井大喜

    大阪市立大空小学校いのちを守る学習スペシャル  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 防災と体力. 国内会議

    今井大喜

    大阪市立大空小学校いのちを守る学習スペシャル  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 防災と体力. 招待 国内会議

    今井大喜

    大阪市立大空小学校いのちを守る学習スペシャル  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 防災と体力. 国内会議

    今井大喜

    大阪市立大空小学校いのちを守る学習スペシャル  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of fragrance inhalation of essential oil on control of blood pressure and muscle sympathetic nerve activity in humans. 国内会議

    Kawai E, Hanno G, Takeda R, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    Experimental Biology 2018  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 鼻腔内インスリン投与による運動中の脂肪酸化抑制効果は過体重で消失する 国内会議

    横山 久代, 竹田 良祐, 河合 英理子, 半野 源太, 太田 暁美, 森田 恵美子, 今井 大喜, 鈴木 雄太, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effects of core and skin temperatures and dehydration on heart rate response during interval exercise in warm and cool conditions. 国際会議

    Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    Experimental Biology 2018  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Exercise in a warm condition enhances plasma volume expansion compared to a cool condition with an increased skin but not core temperature. 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H

    Experimental Biology 2018  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Exercise in a warm condition enhances plasma volume expansion compared to a cool condition with an increased skin but not core temperature. 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H

    Experimental Biology 2018  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effects of fragrance inhalation of essential oil on control of blood pressure and muscle sympathetic nerve activity in humans. 国内会議

    Kawai E, Hanno G, Takeda R, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    Experimental Biology 2018  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 鼻腔内インスリン投与による運動中の脂肪酸化抑制効果は過体重で消失する 国内会議

    横山 久代, 竹田 良祐, 河合 英理子, 半野 源太, 太田 暁美, 森田 恵美子, 今井 大喜, 鈴木 雄太, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による運動中の脂肪酸化抑制効果は過体重で消失する 国内会議

    横山 久代, 竹田 良祐, 河合 英理子, 半野 源太, 太田 暁美, 森田 恵美子, 今井 大喜, 鈴木 雄太, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effects of core and skin temperatures and dehydration on heart rate response during interval exercise in warm and cool conditions. 国際会議

    Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    Experimental Biology 2018  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Exercise in a warm condition enhances plasma volume expansion compared to a cool condition with an increased skin but not core temperature. 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H

    Experimental Biology 2018  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Exercise in a warm condition enhances plasma volume expansion compared to a cool condition with an increased skin but not core temperature. 国際会議

    Okazaki K, Takeda R, Imai D, Kawai E, Ota A, Saho K, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H

    Experimental Biology 2018  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 災害時避難行動要支援者(要介護者および視覚障がい者)の体力と避難行動. 国内会議

    渡辺一志,今井大喜,荻田亮,岡崎和伸,横山久代,鈴木雄太,生田英輔,宮野道雄

    地区防災計画学会第4回大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 災害時避難行動要支援者(要介護者および視覚障がい者)の体力と避難行動. 国内会議

    渡辺一志, 今井大喜, 荻田亮, 岡崎和伸, 横山久代, 鈴木雄太, 生田英輔, 宮野道雄

    地区防災計画学会第4回大会  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3ヵ月間の歩行トレーニングは健康な高齢男性の温度感覚を改善しない(A 3-month walking training does not improve thermal sensation in healthy elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Kawai Eriko, Hanno Genta, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動トレーニングが健康な高齢女性の腸内細菌叢に与える効果(Effect of exercise training on gut microbiota in healthy elderly women) 国内会議

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryousuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精油の香り吸入による血圧変化と筋交感神経活動(Change in blood pressure by inhalation of fragrance of essential oil and muscle sympathetic nerve activity) 国内会議

    Kawai Eriko, Hanno Genta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 正常体重および過体重の若年者に対する鼻腔内insulin投与が運動中の脂肪酸化に及ぼす作用(Effects of intranasal insulin administration on fat oxidation during exercise in normal-weight and overweight young individuals) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Hanno Genta, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期の都市部在住者における体力と身体組成の関係性(Relationships between physical fitness and body composition with growth in urban adolescent) 国内会議

    Imai Daiki, Yamamoto Koji, Suzuki Yuta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Morita Emiko, Ogita Akira, Watanabe Hitoshi, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Inhibitory effects of intranasal insulin administration on fat oxidation during exercise are diminished in overweight young individuals. 国内会議

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effect of exercise training on gut microbiota in healthy elderly women. 国内会議

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Suzuki Y, Okazaki K

    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Changes in blood pressure by inhalation of fragrance of essential oil and muscle sympathetic nerve activity. 国内会議

    Kawai E, Hanno G, Takeda R, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Relationships between physical fitness and body composition with growth in urban adolescent. 国内会議

    Imai D, Yamamoto K, Suzuki Y, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Morita E, Ogita A, Watanabe H, Yokoyama H, Okazaki K

    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 運動トレーニングが健康な高齢女性の腸内細菌叢に与える効果(Effect of exercise training on gut microbiota in healthy elderly women) 国内会議

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryousuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動トレーニングが健康な高齢女性の腸内細菌叢に与える効果(Effect of exercise training on gut microbiota in healthy elderly women) 国内会議

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryousuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精油の香り吸入による血圧変化と筋交感神経活動(Change in blood pressure by inhalation of fragrance of essential oil and muscle sympathetic nerve activity) 国内会議

    Kawai Eriko, Hanno Genta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精油の香り吸入による血圧変化と筋交感神経活動(Change in blood pressure by inhalation of fragrance of essential oil and muscle sympathetic nerve activity) 国内会議

    Kawai Eriko, Hanno Genta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 正常体重および過体重の若年者に対する鼻腔内insulin投与が運動中の脂肪酸化に及ぼす作用(Effects of intranasal insulin administration on fat oxidation during exercise in normal-weight and overweight young individuals) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Hanno Genta, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 正常体重および過体重の若年者に対する鼻腔内insulin投与が運動中の脂肪酸化に及ぼす作用(Effects of intranasal insulin administration on fat oxidation during exercise in normal-weight and overweight young individuals) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Hanno Genta, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期の都市部在住者における体力と身体組成の関係性(Relationships between physical fitness and body composition with growth in urban adolescent) 国内会議

    Imai Daiki, Yamamoto Koji, Suzuki Yuta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Morita Emiko, Ogita Akira, Watanabe Hitoshi, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 思春期の都市部在住者における体力と身体組成の関係性(Relationships between physical fitness and body composition with growth in urban adolescent) 国内会議

    Imai Daiki, Yamamoto Koji, Suzuki Yuta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Morita Emiko, Ogita Akira, Watanabe Hitoshi, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Relationships between physical fitness and body composition with growth in urban adolescent. 国内会議

    Imai D, Yamamoto K, Suzuki Y, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Morita E, Ogita A, Watanabe H, Yokoyama H, Okazaki K

    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Inhibitory effects of intranasal insulin administration on fat oxidation during exercise are diminished in overweight young individuals. 国内会議

    Yokoyama H, Takeda R, Kawai E, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Morioka T, Emoto M, Inaba M, Okazaki K

    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effect of exercise training on gut microbiota in healthy elderly women. 国内会議

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Suzuki Y, Okazaki K

    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Changes in blood pressure by inhalation of fragrance of essential oil and muscle sympathetic nerve activity. 国内会議

    Kawai E, Hanno G, Takeda R, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The 95th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 3ヵ月間の歩行トレーニングは健康な高齢男性の温度感覚を改善しない(A 3-month walking training does not improve thermal sensation in healthy elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Kawai Eriko, Hanno Genta, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3ヵ月間の歩行トレーニングは健康な高齢男性の温度感覚を改善しない(A 3-month walking training does not improve thermal sensation in healthy elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Kawai Eriko, Hanno Genta, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2018年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山久代、竹田良祐、河合英理子、半野源太、太田暁美、森田恵美子、今井大喜、森岡与明、絵本正憲、稲葉雅章、岡崎和伸

    第54回日本糖尿病学会近畿地方会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 筋交感神経活動に対するエッセンシャルオイルの匂い刺激の作用(Effect of stimulation of odor of essential oil on muscle sympathetic nervous activity) 国内会議

    Kawai Eriko, Hanno Genta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有酸素運動により高齢女性の腸内Bacteroides属が増加する(Aerobic exercise increases gut Bacteroides in elderly women) 国内会議

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryousuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康な若年者において鼻腔内投与による脳へのインスリン送達により運動中の脂肪酸化が減少する(Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young individuals) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Hanno Genta, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3ヵ月の歩行トレーニングが健康高齢男性の温度感覚にもたらす効果(Effects of a 3-month walking training on thermal sensation in healthy elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Nagavi Nooshin, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Effects of odor stimulation with essential oil on muscle sympathetic nerves activity in humans. 国際会議

    Kawai E, Hanno G, Takeda R, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The 17th International Conference on Environmental Ergonomics ICEE 2017   2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Whole body and skin termal sensation are not improved with regular exercise in elderly men. 国際会議

    Takeda R, Imai D, Ota A, Kawai E, Hanno G, Naghavi N, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The 17th International Conference on Environmental Ergonomics ICEE 2017  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 3ヵ月の歩行トレーニングが健康高齢男性の温度感覚にもたらす効果(Effects of a 3-month walking training on thermal sensation in healthy elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Nagavi Nooshin, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山久代, 竹田良祐, 河合英理子, 半野源太, 太田暁美, 森田恵美子, 今井大喜, 森岡与明, 絵本正憲, 稲葉雅章, 岡崎和伸

    第54回日本糖尿病学会近畿地方会  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 筋交感神経活動に対するエッセンシャルオイルの匂い刺激の作用(Effect of stimulation of odor of essential oil on muscle sympathetic nervous activity) 国内会議

    Kawai Eriko, Hanno Genta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 筋交感神経活動に対するエッセンシャルオイルの匂い刺激の作用(Effect of stimulation of odor of essential oil on muscle sympathetic nervous activity) 国内会議

    Kawai Eriko, Hanno Genta, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有酸素運動により高齢女性の腸内Bacteroides属が増加する(Aerobic exercise increases gut Bacteroides in elderly women) 国内会議

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryousuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有酸素運動により高齢女性の腸内Bacteroides属が増加する(Aerobic exercise increases gut Bacteroides in elderly women) 国内会議

    Morita Emiko, Yokoyama Hisayo, Imai Daiki, Takeda Ryousuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Suzuki Yuta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康な若年者において鼻腔内投与による脳へのインスリン送達により運動中の脂肪酸化が減少する(Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young individuals) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Hanno Genta, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康な若年者において鼻腔内投与による脳へのインスリン送達により運動中の脂肪酸化が減少する(Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young individuals) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Kawai Eriko, Hanno Genta, Ota Akemi, Morita Emiko, Imai Daiki, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Whole body and skin termal sensation are not improved with regular exercise in elderly men. 国際会議

    Takeda R, Imai D, Ota A, Kawai E, Hanno G, Naghavi N, Morita E, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The 17th International Conference on Environmental Ergonomics ICEE 2017  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Effects of odor stimulation with essential oil on muscle sympathetic nerves activity in humans. 国際会議

    Kawai E, Hanno G, Takeda R, Ota A, Morita E, Imai D, Suzuki Y, Yokoyama H, Okazaki K

    The 17th International Conference on Environmental Ergonomics ICEE 2017  2017年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 3ヵ月の歩行トレーニングが健康高齢男性の温度感覚にもたらす効果(Effects of a 3-month walking training on thermal sensation in healthy elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Nagavi Nooshin, Morita Emiko, Suzuki Yuta, Yokoyama Hisayo, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2017年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食事療法・運動療法 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山 久代, 竹田 良祐, 河合 英理子, 半野 源太, 太田 暁美, 森田 恵美子, 今井 大喜, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食事療法・運動療法 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山 久代, 竹田 良祐, 河合 英理子, 半野 源太, 太田 暁美, 森田 恵美子, 今井 大喜, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 食事療法・運動療法 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山 久代, 竹田 良祐, 河合 英理子, 半野 源太, 太田 暁美, 森田 恵美子, 今井 大喜, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精油の臭い刺激が筋交感神経活動に及ぼす影響 国内会議

    河合英里子,半野源太,竹田良祐,太田暁美,森田恵美子,今井大喜,鈴木雄太,横山久代,岡﨑和伸

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山久代、竹田良祐、河合英理子、半野源太、太田暁美、森田恵美子、今井大喜、森岡与明、絵本正憲、稲葉雅章、岡崎和伸

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有酸素運動は高齢女性の腸内Bacteroides菌群を増加させる 国内会議

    森田恵美子、横山久代、今井大喜、竹田良祐、太田暁美、河合英理子、半野源太、鈴木雄太、岡崎和伸

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 定期的運動の実施が高齢者の温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    竹田良祐,今井大喜,太田暁美,河合英里子,半野源太,Naghavi Nooshin,森田恵美子,鈴木雄太,横山久代,岡﨑和伸

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山久代, 竹田良祐, 河合英理子, 半野源太, 太田暁美, 森田恵美子, 今井大喜, 森岡与明, 絵本正憲, 稲葉雅章, 岡崎和伸

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 精油の臭い刺激が筋交感神経活動に及ぼす影響 国内会議

    河合英里子, 半野源太, 竹田良祐, 太田暁美, 森田恵美子, 今井大喜, 鈴木雄太, 横山久代, 岡﨑和伸

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有酸素運動は高齢女性の腸内Bacteroides菌群を増加させる 国内会議

    森田恵美子, 横山久代, 今井大喜, 竹田良祐, 太田暁美, 河合英理子, 半野源太, 鈴木雄太, 岡崎和伸

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 定期的運動の実施が高齢者の温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    竹田良祐, 今井大喜, 太田暁美, 河合英里子, 半野源太, Naghavi Nooshin, 森田恵美子, 鈴木雄太, 横山久代, 岡﨑和伸

    第72回日本体力医学会大会  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳内高インスリン状態が運動時の脂肪酸化に及ぼす影響 国内会議

    横山久代、竹田良祐、河合英理子、半野源太、太田暁美、森田恵美子、今井大喜、森岡与明、絵本正憲、稲葉雅章、岡崎和伸

    第5回日本糖尿病療養指導学術大会 若手研究者助成報告  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳内高インスリン状態が運動時の脂肪酸化に及ぼす影響 国内会議

    横山久代, 竹田良祐, 河合英理子, 半野源太, 太田暁美, 森田恵美子, 今井大喜, 森岡与明, 絵本正憲, 稲葉雅章, 岡崎和伸

    第5回日本糖尿病療養指導学術大会 若手研究者助成報告  2017年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effect of long-term cognitive-motor dual-task training on cognitive function and motor ability in healthy elderly persons. 国際会議

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Naghavi N, Takeda R, Ota A, Kawai A, Hanno G, Okazaki K

    WCPT-AWP & PTAT Congress 2017  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • The effect of long-term cognitive-motor dual-task training on cognitive function and motor ability in healthy elderly persons. 国際会議

    Morita E, Yokoyama H, Imai D, Naghavi N, Takeda R, Ota A, Kawai A, Hanno G, Okazaki K

    WCPT-AWP & PTAT Congress 2017  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 二重課題トレーニングによる長期介入が健常高齢者の運動および認知機能に与える影響 国内会議

    森田 恵美子, 横山 久代, 今井 大喜, Nooshin Naghavi, 竹田 良祐, 太田 暁美, 河合 英理子, 半野 源太, 鈴木 雄太, 岡崎 和伸

    第52回理学療法学術大会  2017年05月  公益社団法人 日本理学療法士協会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>【はじめに,目的】2015年の厚生労働省の発表によると,我が国における認知症患者数は,2025年には700万人を超えて,65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症に罹患すると推定されている。認知症予防として,二重課題下での運動は,前頭前野領域の脳血流反応を増加させるため有効な手段とされている。我々は以前,12週間の介入試験を実施し,二重課題運動が単一課題運動に比べ,健常高齢者の認知機能改善に有効であることを報告した。本研究の目的は,その後も2年間運動を継続した高齢者を対象に,二重課題トレーニングによる長期介入が運動・認知機能にどのような影響をもたらすのか検証することである。</p><p></p><p>【方法】対象者は2年前の介入試験に参加した65歳以上の男女19名(73.2±3.5歳)とし,その後任意に2年間運動を継続した8名(運動群)と,継続しなかった11名(非運動群)に分け検討した。運動群は,1回60分間,週1回の集団運動教室に参加し,指導者の下,二重課題運動を中心としたプログラムを2年間に渡り実施した。評価項目は,身体・運動機能として,BMI,体脂肪量,下肢筋量,大腿四頭筋筋力,最大一歩幅(MSL),Time up and go testでの最大歩行速度時間(TUG),開眼片脚立位時間(片脚立位)を,認知機能として,日本語版Modified Mini-Mental State examination(3MS)の総得点および各認知領域(記銘と再生,長期記憶,見当識,注意力,言語流暢性・言語理解,語想起,視空間認知,抽象概念)における得点,トレイルメイキングテストの所要時間を評価した。統計処理は,群ならびに介入の効果について,繰り返しのある2元配置分散分析を用いて分析した。各項目の群間比較には対応のないt検定を,各群での介入による変化は対応のあるt検定を用い分析した。</p><p></p><p>【結果】身体・運動機能については,両群で2年後に大腿四頭筋筋力,MSL,TUGが低下し,有意な介入の主効果はみられたものの,交互作用はみられなかった。認知機能については,3MSの総得点(<i>p</i>=0.013),注意力(<i>p</i>=0.020),言語流暢性・言語理解(<i>p</i>=0.019)において有意な介入×群の交互作用を認め,非運動群では2年後にこれらの3項目における得点が低下したが,運動群では変化を認めなかった。また,運動群において,2年後の3MSの総得点と言語流暢性・言語理解における得点は,非運動群と比べ高値であった。</p><p></p><p>【結論】二重課題トレーニングは高齢者の認知機能を維持し,特に注意力と言語流暢性・言語理解に対して効果があった。一方で,身体・運動機能の維持のためには,トレーニング頻度の考慮が必要である。</p>

    DOI: 10.14900/cjpt.2016.1504

    CiNii Article

  • 二重課題トレーニングによる長期介入が健常高齢者の運動および認知機能に与える影響. 国内会議

    森田恵美子、横山久代、今井大喜、Nooshin Naghavi、竹田良祐、太田暁美、河合英理子、半野源太、鈴木雄太、岡崎和伸

    第52回日本理学療法学術大会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山久代、Nooshin Naghavi、竹田良祐、太田暁美、森田恵美子、河合英理子、半野源太、今井大喜、森岡与明、絵本正憲、稲葉雅章、岡崎和伸

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二重課題トレーニングによる長期介入が健常高齢者の運動および認知機能に与える影響 国内会議

    森田 恵美子, 横山 久代, 今井 大喜, Nooshin Naghavi, 竹田 良祐, 太田 暁美, 河合 英理子, 半野 源太, 鈴木 雄太, 岡崎 和伸

    第52回理学療法学術大会  2017年05月  公益社団法人 日本理学療法士協会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>【はじめに,目的】2015年の厚生労働省の発表によると,我が国における認知症患者数は,2025年には700万人を超えて,65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症に罹患すると推定されている。認知症予防として,二重課題下での運動は,前頭前野領域の脳血流反応を増加させるため有効な手段とされている。我々は以前,12週間の介入試験を実施し,二重課題運動が単一課題運動に比べ,健常高齢者の認知機能改善に有効であることを報告した。本研究の目的は,その後も2年間運動を継続した高齢者を対象に,二重課題トレーニングによる長期介入が運動・認知機能にどのような影響をもたらすのか検証することである。</p><p></p><p>【方法】対象者は2年前の介入試験に参加した65歳以上の男女19名(73.2±3.5歳)とし,その後任意に2年間運動を継続した8名(運動群)と,継続しなかった11名(非運動群)に分け検討した。運動群は,1回60分間,週1回の集団運動教室に参加し,指導者の下,二重課題

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山久代, Nooshin Naghavi, 竹田良祐, 太田暁美, 森田恵美子, 河合英理子, 半野源太, 今井大喜, 森岡与明, 絵本正憲, 稲葉雅章, 岡崎和伸

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二重課題トレーニングによる長期介入が健常高齢者の運動および認知機能に与える影響. 国内会議

    森田恵美子, 横山久代, 今井大喜, Nooshin Naghavi, 竹田良祐, 太田暁美, 河合英理子, 半野源太, 鈴木雄太, 岡崎和伸

    第52回日本理学療法学術大会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二重課題トレーニングによる長期介入が健常高齢者の運動および認知機能に与える影響 国内会議

    森田 恵美子, 横山 久代, 今井 大喜, Nooshin Naghavi, 竹田 良祐, 太田 暁美, 河合 英理子, 半野 源太, 鈴木 雄太, 岡崎 和伸

    理学療法学  2017年04月  (一社)日本理学療法学会連合

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する 国内会議

    横山 久代, Naghavi Nooshin, 竹田 良祐, 太田 暁美, 森田 恵美子, 河合 英理子, 半野 源太, 今井 大喜, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 岡崎 和伸

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年の健常人において鼻内投与による脳へのインスリンの送達は運動中の脂肪酸化量を低下させる(Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young persons) 国内会議

    Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Kawai Eriko, Hanno Genta, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2017年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健常高齢者の認知機能ならびに血漿アミロイドβタンパク42/40比に対する運動・認知二重課題トレーニングの効果(The effect of cognitive-motor dual-task training on cognitive function and plasma amyloid β peptide 42/40 ratio in healthy elderly persons) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Morita Emiko, Imai Daiki, Naghavi Nooshin, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2017年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young persons. 国内会議

    Naghavi N, Yokoyama H, Takeda R, Ota A, Morita E, Kawai E, Hanno G, Imai D, Okazaki K

    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effect of cognitive-motor dual-task training on cognitive function and plasma amyloid β peptide 42/40 ratio in healthy elderly persons. 国内会議

    Yokoyama H, Morita E, Imai D, Naghavi N, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Okazaki K

    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young persons. 国内会議

    Naghavi N, Yokoyama H, Takeda R, Ota A, Morita E, Kawai E, Hanno G, Imai D, Okazaki K

    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young persons. 国内会議

    Naghavi N, Yokoyama H, Takeda R, Ota A, Morita E, Kawai E, Hanno G, Imai D, Okazaki K

    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 若年の健常人において鼻内投与による脳へのインスリンの送達は運動中の脂肪酸化量を低下させる(Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young persons) 国内会議

    Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Kawai Eriko, Hanno Genta, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2017年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 若年の健常人において鼻内投与による脳へのインスリンの送達は運動中の脂肪酸化量を低下させる(Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young persons) 国内会議

    Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Morita Emiko, Kawai Eriko, Hanno Genta, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2017年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健常高齢者の認知機能ならびに血漿アミロイドβタンパク42/40比に対する運動・認知二重課題トレーニングの効果(The effect of cognitive-motor dual-task training on cognitive function and plasma amyloid β peptide 42/40 ratio in healthy elderly persons) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Morita Emiko, Imai Daiki, Naghavi Nooshin, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2017年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健常高齢者の認知機能ならびに血漿アミロイドβタンパク42/40比に対する運動・認知二重課題トレーニングの効果(The effect of cognitive-motor dual-task training on cognitive function and plasma amyloid β peptide 42/40 ratio in healthy elderly persons) 国内会議

    Yokoyama Hisayo, Morita Emiko, Imai Daiki, Naghavi Nooshin, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Kawai Eriko, Hanno Genta, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2017年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The effect of cognitive-motor dual-task training on cognitive function and plasma amyloid β peptide 42/40 ratio in healthy elderly persons. 国内会議

    Yokoyama H, Morita E, Imai D, Naghavi N, Takeda R, Ota A, Kawai E, Hanno G, Okazaki K

    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Delivery of insulin to the brain by intranasal administration reduces fat oxidation during exercise in healthy young persons. 国内会議

    Naghavi N, Yokoyama H, Takeda R, Ota A, Morita E, Kawai E, Hanno G, Imai D, Okazaki K

    The 94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中等度高体温時の温度感覚は姿勢変化と加齢に伴って変調される 国際会議

    -

    第6回スポーツサイエンスネットワークフォーラム長野  2016年11月 

  • 鼻腔内インスリン投与による脳へのインスリン輸送はヒトの体温調節反応を高める 国際会議

    -

    第6回スポーツサイエンスネットワークフォーラム長野  2016年11月 

  • 中等度高体温時の温度感覚は姿勢変化と加齢に伴って変調される 国際会議

    第6回スポーツサイエンスネットワークフォーラム長野  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳へのインスリン輸送はヒトの体温調節反応を高める 国際会議

    第6回スポーツサイエンスネットワークフォーラム長野  2016年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 陸上歩行と同強度の水中歩行が呼吸筋疲労に与える影響 国内会議

    山科 吉弘, 横山 久代, 平沢 良和, 西村 敦, 田平 一行, 竹田 良祐, Naghavi Nooshin, 太田 暁美, 今井 大喜, 岡崎 和伸

    理学療法学  2016年10月  (一社)日本理学療法学会連合

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢健常者および要援護者の災害時避難体力に関する研究 国内会議

    -

    日本健康行動科学会第15回学術大会  2016年09月 

  • 都市部中高生の体力と身体組成との関係 国際会議

    -

    第71回日本体力医学会大会  2016年09月 

  • 都市部中高生の身体活動量と生活環境. 国内会議

    -

    第71回日本体力医学会大会  2016年09月 

  • 都市部中高生の体力と身体組成との関係 国際会議

    第71回日本体力医学会大会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢健常者および要援護者の災害時避難体力に関する研究 国内会議

    日本健康行動科学会第15回学術大会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 都市部中高生の身体活動量と生活環境. 国内会議

    第71回日本体力医学会大会  2016年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢健常者および要援護者の災害時避難体力に関する研究(案) 国内会議

    生田 英輔, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜, 鈴木 雄太, 渡辺 一志

    Health and Behavior Sciences  2016年08月  日本健康行動科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢健常者および要援護者の災害時避難体力に関する研究(案) 国内会議

    生田 英輔, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜, 鈴木 雄太, 渡辺 一志

    Health and Behavior Sciences  2016年08月  日本健康行動科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢健常者および要援護者の災害時避難体力に関する研究(案) 国内会議

    生田 英輔, 荻田 亮, 岡崎 和伸, 横山 久代, 今井 大喜, 鈴木 雄太, 渡辺 一志

    Health and Behavior Sciences  2016年08月  日本健康行動科学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動後の血清Irisinレベル上昇は健常成人のDITを変調しない 国際会議

    -

    第21回ESCC会議  2016年06月 

  • 運動後の血清Irisinレベル上昇は健常成人のDITを変調しない 国際会議

    第21回ESCC会議  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与はヒト受動加温時の体温調節反応を高める 国際会議

    -

    第63回ACSM会議  2016年05月 

  • 高体温時の温度感覚は姿勢変化と加齢によって変調される 国際会議

    -

    第63回ACSM会議  2016年05月 

  • 高体温時の温度感覚は姿勢変化と加齢によって変調される 国際会議

    第63回ACSM会議  2016年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与はヒト受動加温時の体温調節反応を高める 国際会議

    第63回ACSM会議  2016年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 同強度運動時の呼吸筋疲労は陸上歩行に比べて水中歩行で高い(Treadmill walking in water induces greater respiratory muscle fatigue than treadmill walking on land at the same exercise intensity in healthy young men) 国内会議

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2016年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与が受動加温時の体温調節応答におよぼす影響(Effects of intranasal insulin administration on thermoregulatory responses during passive heating in humans) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2016年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 同強度運動時の呼吸筋疲労は陸上歩行に比べて水中歩行で高い 国内会議

    -

    第93回日本生理学会大会  2016年03月 

  • 鼻腔内インスリン投与が受動加温時の体温調節応答におよぼす影響 国内会議

    -

    第93回日本生理学会大会  2016年03月 

  • 同強度運動時の呼吸筋疲労は陸上歩行に比べて水中歩行で高い 国内会議

    第93回日本生理学会大会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与が受動加温時の体温調節応答におよぼす影響(Effects of intranasal insulin administration on thermoregulatory responses during passive heating in humans) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2016年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与が受動加温時の体温調節応答におよぼす影響(Effects of intranasal insulin administration on thermoregulatory responses during passive heating in humans) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Imai Daiki, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2016年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与が受動加温時の体温調節応答におよぼす影響 国内会議

    第93回日本生理学会大会  2016年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 同強度運動時の呼吸筋疲労は陸上歩行に比べて水中歩行で高い(Treadmill walking in water induces greater respiratory muscle fatigue than treadmill walking on land at the same exercise intensity in healthy young men) 国内会議

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2016年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 同強度運動時の呼吸筋疲労は陸上歩行に比べて水中歩行で高い(Treadmill walking in water induces greater respiratory muscle fatigue than treadmill walking on land at the same exercise intensity in healthy young men) 国内会議

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Miyagawa Toshiaki, Okazaki Kazunobu

    The Journal of Physiological Sciences  2016年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 陸上歩行と同強度の水中歩行が呼吸筋疲労に与える影響 国内会議

    山科 吉弘, 横山 久代, 平沢 良和, 西村 敦, 田平 一行, 竹田 良祐, Naghavi Nooshin, 太田 暁美, 今井 大喜, 岡崎 和伸

    理学療法学Supplement  2016年  公益社団法人 日本理学療法士協会

     詳細を見る

    【はじめに,目的】近年,水中運動は水の性質により関節にかかる負担を軽減できることや,筋力の向上を促すことができることから,中高年者をはじめ各世代で健康増進の手段として注目されている。水中運動は,水深によっては吸気時には抵抗が加わり吸気筋力を増強させる有効な手段となる可能性が考えられ,我々は第50回日本理学療法学術大会にて水深が深くなるほど吸気筋負荷呼吸後の吸気筋疲労が増大することについて報告した。しかし,水中で吸気筋負荷呼吸を実施することは実用的ではないため,今回我々は水中歩行に着目し,陸上歩行と同強度の水中歩行が呼吸筋疲労に与える影響について検討したので報告する。【方法】被験者は健常成人男性11名(年齢28.2±5.4歳,身長168.3±3.8cm,体重66.7±4.9kg)とした。まず,陸上トレッドミルによる運動負荷試験をBruce protocolにて実施し,最大酸素摂取量(VO<sub>2</sub>max)を求めた。次に陸上トレッドミル歩行(Land walking:LW)と水中トレッドミル歩行(Water walking:WW)をランダムに実施した。両歩行中は呼気ガス分析装置を装着し,運動強度が60%VO<sub>2</sub>maxになるように常に速度を調節し,40分間歩行した。尚,WWでは,水着,水中歩行専用靴を着用し,水温は32℃,水深は第4肋間となるよう調節した。測定項目は呼吸筋力(吸気口腔内圧:PImax,呼気口腔内圧:PEmax)を歩行開始前および歩行直後に陸上安静座位にて測定し,歩行前を基準として歩行後の変化率を算出した。また酸素摂取量,心拍数,呼吸回数,一回換気量は歩行中1分ごとに記録した。統計学的処理として,歩行条件内の歩行前と歩行後の各パラメータの比較および歩行条件間の変化率の比較は対応のあるt検定にて比較した。有意水準は5%未満とした。【結果】WWおよびLW後のPImaxは歩行前と比べて有意に減少した。PEmaxにおいては,WW後は歩行前と比べて有意に低下したが,LWでは有意な差を認めなかった。また変化率の比較では,WWのPImax低下率はLWと比べて有意に大きく(WW:13.3±7.2%,LW:4.1±2.2%,p<0.01),PEmax変化率は両歩行間で差はなかった。酸素摂取量,心拍数,呼吸回数,一回換気量は両歩行間で有意な差はなかった。【結論】今回の結果より呼吸回数や一回換気量は歩行条件間で有意差はなく,呼吸様式の違いが呼吸筋疲労の原因とは考え難い。歩行前と比べWW後のPImaxおよびPEmaxは有意に低下し,さらにPImax低下率もLWと比べ大きいことから,水中では胸壁に水圧がかかり圧迫された胸郭を広げるためには吸気時に吸気筋力が必要となり,吸気筋に疲労が生じたと考えられた。また呼気筋においては,水中では姿勢を維持するために腹筋群を使用するとされることから,40分間の水中歩行において呼気筋に疲労が生じたと考えられる。これらのことから,陸上歩行と同強度の水中歩行は呼吸筋疲労を生じることから,水中歩行は呼吸筋力を増強させる有効的な手段となり得ると考えられた。

    DOI: 10.14900/cjpt.2015.1619

    CiNii Article

  • 陸上歩行と同強度の水中歩行が呼吸筋疲労に与える影響 国内会議

    山科 吉弘, 横山 久代, 平沢 良和, 西村 敦, 田平 一行, 竹田 良祐, Naghavi Nooshin, 太田 暁美, 今井 大喜, 岡崎 和伸

    理学療法学Supplement  2016年  公益社団法人 日本理学療法士協会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    【はじめに,目的】近年,水中運動は水の性質により関節にかかる負担を軽減できることや,筋力の向上を促すことができることから,中高年者をはじめ各世代で健康増進の手段として注目されている。水中運動は,水深によっては吸気時には抵抗が加わり吸気筋力を増強させる有効な手段となる可能性が考えられ,我々は第50回日本理学療法学術大会にて水深が深くなるほど吸気筋負荷呼吸後の吸気筋疲労が増大することについて報告した。しかし,水中で吸気筋負荷呼吸を実施することは実用的ではないため,今回我々は水中歩行に着目し,陸上歩行と同強度の水中歩行が呼吸筋疲労に与える影響について検討したので報告する。【方法】被験者は健常成人男性11名(年齢28.2±5.4歳,身長168.3±3.8cm,体重66.7±4.9kg)とした。まず,陸上トレッドミルによる運動負荷試験をBruce protocolにて実施し,最大酸素摂取量(VO<sub>2</sub>max)を求めた。次に陸上トレッドミル歩行(Land walking:LW)と水中

  • 運動前の全身皮膚表面冷却は交感神経活動の亢進により乳酸性作業閾値を低下する 国内会議

    今井 大喜, 岡崎 和伸, 竹田 良祐, 山科 吉弘, Naghavi Nooshin, 太田 暁美, 平沢 良和, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2015年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高体温時の姿勢変化が高齢者の温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    竹田 良祐, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 太田 暁美, Naghavi Nooshin, 山科 吉弘, 平沢 良和, 鈴木 明菜, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2015年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動前の全身皮膚表面冷却は交感神経活動の亢進により乳酸性作業閾値を低下する 国内会議

    今井 大喜, 岡崎 和伸, 竹田 良祐, 山科 吉弘, Naghavi Nooshin, 太田 暁美, 平沢 良和, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2015年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動前の全身皮膚表面冷却は交感神経活動の亢進により乳酸性作業閾値を低下する 国内会議

    今井 大喜, 岡崎 和伸, 竹田 良祐, 山科 吉弘, Naghavi Nooshin, 太田 暁美, 平沢 良和, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2015年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳内高インスリンが受動加温時の体温調節応答に及ぼす影響 国内会議

    岡崎 和伸, 竹田 良祐, 今井 大喜, 太田 暁美, Naghavi Nooshin, 山科 吉弘, 平沢 良和, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2015年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 維持透析患者における透析時間内運動療法は血清myostatin濃度の上昇を抑制する 国内会議

    横山 久代, 庄司 繁市, 高井 清典, 今井 大喜, 岡崎 和伸, 西沢 良記, 稲葉 雅章

    体力科学  2015年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 受動加温時の頭部血流配分に及ぼす姿勢および加齢の影響 国内会議

    太田 暁美, 竹田 良祐, 今井 大喜, Naghavi Nooshin, 山科 吉弘, 平沢 良和, 横山 久代, 宮側 敏明, 岡崎 和伸

    体力科学  2015年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高体温を伴う姿勢変化時の脳血流分配に対する加齢の影響 国際会議

    -

    第10回アジアオセアニア老年学会議  2015年11月 

  • 高体温時における温度感覚の姿勢変化誘発性修飾は高齢男性で消失する 国際会議

    -

    第8回アジアオセアニア生理学会大会  2015年11月 

  • 冷涼環境下における運動時の乳酸性作業閾値は交感神経活動の亢進を伴う運動前の全身皮膚冷却によって減少する 国際会議

    -

    第8回アジアオセアニア生理学会大会  2015年11月 

  • 高体温時における温度感覚の姿勢変化誘発性修飾は高齢男性で消失する 国際会議

    第8回アジアオセアニア生理学会大会  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高体温を伴う姿勢変化時の脳血流分配に対する加齢の影響 国際会議

    第10回アジアオセアニア老年学会議  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 冷涼環境下における運動時の乳酸性作業閾値は交感神経活動の亢進を伴う運動前の全身皮膚冷却によって減少する 国際会議

    第8回アジアオセアニア生理学会大会  2015年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動前の全身皮膚冷却は交感神経活動の亢進により乳酸性作業閾値を低下する. 国内会議

    -

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

  • 受動加温時の頭部血流配分に及ぼす姿勢および加齢の影響 国内会議

    -

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

  • 脳内高インスリンが受動加温時の体温調節応答に及ぼす影響 国内会議

    -

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

  • 高体温時の姿勢変化が高齢者の温度感覚に及ぼす影響 国際会議

    -

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

  • 維持透析患者における透析時間内運動療法は血清myostatin濃度の上昇を抑制する 国内会議

    -

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

  • 高体温時の姿勢変化が高齢者の温度感覚に及ぼす影響 国際会議

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動前の全身皮膚冷却は交感神経活動の亢進により乳酸性作業閾値を低下する. 国内会議

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 脳内高インスリンが受動加温時の体温調節応答に及ぼす影響 国内会議

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 維持透析患者における透析時間内運動療法は血清myostatin濃度の上昇を抑制する 国内会議

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 受動加温時の頭部血流配分に及ぼす姿勢および加齢の影響 国内会議

    第70回日本体力医学会大会(和歌山)  2015年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単回運動後の血清Irisin上昇は健常若年男性における食事誘発性熱産生を調節しない 国際会議

    -

    第20回ヨーロッパスポーツ科学会議  2015年07月 

  • 単回運動後の血清Irisin上昇は健常若年男性における食事誘発性熱産生を調節しない 国際会議

    第20回ヨーロッパスポーツ科学会議  2015年07月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 単回の運動後血清Irisinレベルの上昇は健常若年男性の安静時エネルギー消費だけでなく食事誘発性熱産生も調節しない 国際会議

    -

    第75回アメリカ糖尿病学会大会  2015年06月 

  • 経鼻インスリン投与による脳インスリン輸送は食後GLP-1分泌を増加する 国際会議

    -

    第75回アメリカ糖尿病学会大会  2015年06月 

  • 単回の運動後血清Irisinレベルの上昇は健常若年男性の安静時エネルギー消費だけでなく食事誘発性熱産生も調節しない 国際会議

    第75回アメリカ糖尿病学会大会  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経鼻インスリン投与による脳インスリン輸送は食後GLP-1分泌を増加する 国際会議

    第75回アメリカ糖尿病学会大会  2015年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は食後のGLP-1分泌を増加させる 国内会議

    -

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会(下関)  2015年05月 

  • 急性運動後の血清Irisinレベルの上昇は健常成人男性における食事誘発性熱産生を変調しない 国内会議

    -

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会(下関)  2015年05月 

  • 急性運動後の血清Irisinレベルの上昇は健常成人男性における食事誘発性熱産生を変調しない 国内会議

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会(下関)  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は食後のGLP-1分泌を増加させる 国内会議

    第58回日本糖尿病学会年次学術集会(下関)  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康な若年の成人における急激な運動による血清イリシン濃度の上昇は食事誘発性の熱産生を調節しない(Elevation of serum irisin level by acute exercise does not modulate diet-induced thermogenesis in healthy young adults) 国内会議

    Nooshin Naghavi, Yokoyama Hisayo, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Miyagawa Toshiaki

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康な若年の成人における急激な運動による血清イリシン濃度の上昇は食事誘発性の熱産生を調節しない(Elevation of serum irisin level by acute exercise does not modulate diet-induced thermogenesis in healthy young adults) 国内会議

    Nooshin Naghavi, Yokoyama Hisayo, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Miyagawa Toshiaki

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は食後のGLP-1分泌を増加させる 国内会議

    平沢 良和, 横山 久代, Nooshin Naghavi, 山科 吉弘, 竹田 良祐, 太田 暁美, 今井 大喜, 岡崎 和伸, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 宮側 敏明

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康な若年の成人における急激な運動による血清イリシン濃度の上昇は食事誘発性の熱産生を調節しない(Elevation of serum irisin level by acute exercise does not modulate diet-induced thermogenesis in healthy young adults) 国内会議

    Nooshin Naghavi, Yokoyama Hisayo, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Miyagawa Toshiaki

    糖尿病  2015年04月  (一社)日本糖尿病学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 受動的加温中の皮膚温/冷覚閾値は高齢男性において減弱している(Skin warm/cold threshold during passive heating are attenuated in elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Okazaki Kazunobu, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Suzuki Akina, Imai Daiki, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康若年男性において直立での深い浸水中の強制呼吸は吸息筋の多大な疲労をもたらす(The forced respiration during the deeper upright water immersion causes the greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men) 国内会議

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者において姿勢変化が受動的加温中の脳血流分布に及ぼす影響(The effect of postural change on the distribution of cerebral blood flow during passive heating in elderly) 国内会議

    Ota Akemi, Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Yamashina Yoshihiro, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Imai Daiki, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者の頭部血流配分に及ぼす暑熱負荷および姿勢の影響 国内会議

    -

    第91回日本生理学会大会  2015年03月 

  • 健常若年男性においてより深い直立浸水における強制呼吸はより強い呼気筋疲労をもたらす 国内会議

    -

    第91回日本生理学会大会  2015年03月 

  • 受動加温時の皮膚温冷覚閾値は高齢者で鈍化する 国内会議

    -

    第91回日本生理学会大会  2015年03月 

  • 健常若年男性においてより深い直立浸水における強制呼吸はより強い呼気筋疲労をもたらす 国内会議

    第91回日本生理学会大会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者の頭部血流配分に及ぼす暑熱負荷および姿勢の影響 国内会議

    第91回日本生理学会大会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者において姿勢変化が受動的加温中の脳血流分布に及ぼす影響(The effect of postural change on the distribution of cerebral blood flow during passive heating in elderly) 国内会議

    Ota Akemi, Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Yamashina Yoshihiro, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Imai Daiki, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢者において姿勢変化が受動的加温中の脳血流分布に及ぼす影響(The effect of postural change on the distribution of cerebral blood flow during passive heating in elderly) 国内会議

    Ota Akemi, Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Yamashina Yoshihiro, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Imai Daiki, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 受動的加温中の皮膚温/冷覚閾値は高齢男性において減弱している(Skin warm/cold threshold during passive heating are attenuated in elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Okazaki Kazunobu, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Suzuki Akina, Imai Daiki, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 受動的加温中の皮膚温/冷覚閾値は高齢男性において減弱している(Skin warm/cold threshold during passive heating are attenuated in elderly men) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Okazaki Kazunobu, Ota Akemi, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Hirasawa Yoshikazu, Suzuki Akina, Imai Daiki, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 受動加温時の皮膚温冷覚閾値は高齢者で鈍化する 国内会議

    第91回日本生理学会大会  2015年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康若年男性において直立での深い浸水中の強制呼吸は吸息筋の多大な疲労をもたらす(The forced respiration during the deeper upright water immersion causes the greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men) 国内会議

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 健康若年男性において直立での深い浸水中の強制呼吸は吸息筋の多大な疲労をもたらす(The forced respiration during the deeper upright water immersion causes the greater inspiratory muscle fatigue in healthy young men) 国内会議

    Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Naghavi Nooshin, Hirasawa Yoshikazu, Takeda Ryosuke, Ota Akemi, Imai Daiki, Okazaki Kazunobu, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2015年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 乳酸性作業閾値は冷涼環境における運動前の皮膚表面冷却により低下する 国際会議

    -

    アメリカスポーツ医学会の運動統合生理学分野における会議  2014年09月 

  • 受動加温時の皮膚温・冷覚閾値は若年男性より高齢者で低下する 国際会議

    -

    アメリカスポーツ医学会の運動統合生理学分野における会議  2014年09月 

  • 乳酸性作業閾値は冷涼環境における運動前の皮膚表面冷却により低下する 国際会議

    アメリカスポーツ医学会の運動統合生理学分野における会議  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 受動加温時の皮膚温・冷覚閾値は若年男性より高齢者で低下する 国際会議

    アメリカスポーツ医学会の運動統合生理学分野における会議  2014年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自律性循環調節の有効性は激しい運動後の血漿量増加によって向上する(Effectiveness of autonomic control of the circulation is enhanced with increased plasma volume after intense exercise) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Suzuki Akina, Imai Daiki, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2014年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温覚は定期的な持久力トレーニングによって増強される(Skin warm perception is enhanced by regular endurance training) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Okazaki Kazunobu, Imai Daiki, Suzuki Akina, Yamashina Yoshihiro, Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2014年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温覚は日常的な持久性運動によって鋭敏化する 国内会議

    -

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

  • 運動後の自立性循環調節の有効性は血漿量の増加によって向上する 国内会議

    -

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

  • 中高年女性の腹部肥満は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強する 国内会議

    -

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

  • 中高年女性の腹部肥満は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強する 国内会議

    -

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

  • 運動後の自律性循環調節の有効生は血漿量の増加によって向上する 国内会議

    -

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

  • 皮膚温覚は日常的な持久性運動によって鈍化される 国内会議

    -

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

  • 中高年女性の腹部肥満は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強する 国内会議

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動後の自立性循環調節の有効性は血漿量の増加によって向上する 国内会議

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動後の自律性循環調節の有効生は血漿量の増加によって向上する 国内会議

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自律性循環調節の有効性は激しい運動後の血漿量増加によって向上する(Effectiveness of autonomic control of the circulation is enhanced with increased plasma volume after intense exercise) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Suzuki Akina, Imai Daiki, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2014年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 自律性循環調節の有効性は激しい運動後の血漿量増加によって向上する(Effectiveness of autonomic control of the circulation is enhanced with increased plasma volume after intense exercise) 国内会議

    Okazaki Kazunobu, Takeda Ryosuke, Suzuki Akina, Imai Daiki, Naghavi Nooshin, Yamashina Yoshihiro, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2014年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温覚は日常的な持久性運動によって鋭敏化する 国内会議

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温覚は日常的な持久性運動によって鈍化される 国内会議

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温覚は定期的な持久力トレーニングによって増強される(Skin warm perception is enhanced by regular endurance training) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Okazaki Kazunobu, Imai Daiki, Suzuki Akina, Yamashina Yoshihiro, Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2014年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温覚は定期的な持久力トレーニングによって増強される(Skin warm perception is enhanced by regular endurance training) 国内会議

    Takeda Ryosuke, Okazaki Kazunobu, Imai Daiki, Suzuki Akina, Yamashina Yoshihiro, Naghavi Nooshin, Yokoyama Hisayo, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2014年03月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中高年女性の腹部肥満は仰臥位における咳嗽能力の低下を増強する 国内会議

    第91回 日本生理学会大会  2014年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 砂糖単独摂取後の中心血圧および末梢血圧の応答(Responses in central and peripheral blood pressure after simple sugar ingestion) 国内会議

    Naghavi Nooshin, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, 山科 吉弘, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2013年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日常的な持久性運動が皮膚および全身の温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    竹田 良祐, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, Nooshin Naghavi, 山科 吉弘, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2013年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 砂糖単独摂取後の中心血圧および末梢血圧の応答(Responses in central and peripheral blood pressure after simple sugar ingestion) 国内会議

    Naghavi Nooshin, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, 山科 吉弘, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2013年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 砂糖単独摂取後の中心血圧および末梢血圧の応答(Responses in central and peripheral blood pressure after simple sugar ingestion) 国内会議

    Naghavi Nooshin, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, 竹田 良祐, 山科 吉弘, 横山 久代, 宮側 敏明

    体力科学  2013年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Responses in central and peripheral blood pressure after simple sugar ingestion 国内会議

    -

    第68回 日本体力医学会大会  2013年09月 

  • 日常的な持久性運動が皮膚および全身の温度感覚に及ぼす影響 国際会議

    -

    第68回 日本体力医学会大会  2013年09月 

  • Responses in central and peripheral blood pressure after simple sugar ingestion 国内会議

    第68回 日本体力医学会大会  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 日常的な持久性運動が皮膚および全身の温度感覚に及ぼす影響 国際会議

    第68回 日本体力医学会大会  2013年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • インスリンにより低温側へシフトした体温調節のための深部温閾値の感受性は受動加温時のグルコース摂取によるインスリン反応と関係する 国際会議

    -

    実験生物学会 2013  2013年04月 

  • 運動鍛錬者および非鍛錬者である若年男性の温度知覚 国際会議

    -

    実験生物学会 2013  2013年04月 

  • 高強度間欠的運動後の循環機能に対する血漿量増加の影響 国際会議

    -

    実験生物学会 2013  2013年04月 

  • インスリンにより低温側へシフトした体温調節のための深部温閾値の感受性は受動加温時のグルコース摂取によるインスリン反応と関係する 国際会議

    実験生物学会 2013  2013年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高強度間欠的運動後の循環機能に対する血漿量増加の影響 国際会議

    実験生物学会 2013  2013年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動鍛錬者および非鍛錬者である若年男性の温度知覚 国際会議

    実験生物学会 2013  2013年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • グルコースに対するインシュリン分泌応答と体温調節反応開始の深部温閾値 国内会議

    -

    第90回 日本生理学会大会  2013年03月 

  • 高体温時の温度感覚は姿勢変化によって修飾される 国内会議

    -

    第90回 日本生理学会大会  2013年03月 

  • 運動前の全身皮膚表面冷却による皮膚温低下が涼環境下での乳酸性作業閾値におよぼす影響 国内会議

    -

    第90回 日本生理学会大会  2013年03月 

  • グルコースに対するインシュリン分泌応答と体温調節反応開始の深部温閾値 国内会議

    第90回 日本生理学会大会  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高体温時の温度感覚は姿勢変化によって修飾される 国内会議

    第90回 日本生理学会大会  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動前の全身皮膚表面冷却による皮膚温低下が涼環境下での乳酸性作業閾値におよぼす影響 国内会議

    第90回 日本生理学会大会  2013年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動誘発性の血漿量およびアルブミン量の増加は運動直後の蛋白質・糖質摂取によって亢進する 国内会議

    岡崎 和伸, 竹田 良祐, 鈴木 明菜, Nooshin Naghavi, 今井 大喜, 宮側 敏明

    体力科学  2012年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高体温時の姿勢変化が温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    竹田 良祐, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 鈴木 明菜, Naghavi Nooshin, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2012年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高体温時の姿勢変化が温度感覚に及ぼす影響 国際会議

    -

    第67回 日本体力医学会大会  2012年09月 

  • 運動誘発性の血漿量およびアルブミン量の増加は運動直後の蛋白質・糖質摂取によって亢進する 国内会議

    -

    第67回 日本体力医学会大会  2012年09月 

  • 高体温時の姿勢変化が温度感覚に及ぼす影響 国際会議

    第67回 日本体力医学会大会  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動誘発性の血漿量およびアルブミン量の増加は運動直後の蛋白質・糖質摂取によって亢進する 国内会議

    第67回 日本体力医学会大会  2012年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有酸素運動前の全身表面冷却は涼環境下において乳酸性作業閾値を低下する 国際会議

    -

    実験生物学会 2012  2012年04月 

  • 受動加温した男性における体温調節反応は、高浸透圧を抑制している間、炭水化物摂取により低下するが、その影響はインスリンにより弱められる。 国際会議

    -

    実験生物学会 2012  2012年04月 

  • 運動により誘発された血漿量および血漿アルブミン量は運動直後のタンパク・糖質摂取により増加する 国際会議

    -

    実験生物学会 2012  2012年04月 

  • 高体温時の姿勢変化は男性の温度感覚を修飾する 国際会議

    -

    実験生物学会 2012  2012年04月 

  • 受動加温した男性における体温調節反応は、高浸透圧を抑制している間、炭水化物摂取により低下するが、その影響はインスリンにより弱められる。 国際会議

    実験生物学会 2012  2012年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高体温時の姿勢変化は男性の温度感覚を修飾する 国際会議

    実験生物学会 2012  2012年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動により誘発された血漿量および血漿アルブミン量は運動直後のタンパク・糖質摂取により増加する 国際会議

    実験生物学会 2012  2012年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有酸素運動前の全身表面冷却は涼環境下において乳酸性作業閾値を低下する 国際会議

    実験生物学会 2012  2012年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 深部温上昇時の姿勢変化が温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    -

    第7回 環境生理学プレコングレス  2012年03月 

  • 運動前の全身皮膚冷却は乳酸性作業閾値を低下させる 国内会議

    -

    第7回 環境生理学プレコングレス  2012年03月 

  • 糖質摂取が受動加温時の体温調節反応へ及ぼす影響 国内会議

    -

    第7回 環境生理学プレコングレス  2012年03月 

  • 深部温上昇時の姿勢変化が温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    第7回 環境生理学プレコングレス  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動前の全身皮膚冷却は乳酸性作業閾値を低下させる 国内会議

    第7回 環境生理学プレコングレス  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 糖質摂取が受動加温時の体温調節反応へ及ぼす影響 国内会議

    第7回 環境生理学プレコングレス  2012年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿インシュリン濃度が安静受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 竹田 良祐, Nooshin Naghavi, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2011年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿インシュリン濃度が安静受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 竹田 良祐, Nooshin Naghavi, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2011年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿インシュリン濃度が安静受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 今井 大喜, 竹田 良祐, Nooshin Naghavi, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2011年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 血漿インシュリン濃度が安静時受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 国内会議

    -

    第66回 日本体力医学会大会  2011年09月 

  • 運動前の全身皮膚冷却が短時間運動のパフォーマンスに及ぼす影響 国内会議

    -

    第66回 日本体力医学会大会  2011年09月 

  • 血漿インシュリン濃度が安静時受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 国内会議

    第66回 日本体力医学会大会  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動前の全身皮膚冷却が短時間運動のパフォーマンスに及ぼす影響 国内会議

    第66回 日本体力医学会大会  2011年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動後のタンパク・炭水化物摂取は運動誘発性の血漿量およびアルブミン量増加を高める 国際会議

    -

    第58回 アメリカスポーツ医学会大会  2011年06月 

  • 運動後のタンパク・炭水化物摂取は運動誘発性の血漿量およびアルブミン量増加を高める 国際会議

    第58回 アメリカスポーツ医学会大会  2011年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 受動加温中の男性における体温調節反応はフルクトース摂取に比してグルコース摂取で高められる 国際会議

    -

    実験生物学会 2011  2011年04月 

  • 受動加温中の男性における体温調節反応はフルクトース摂取に比してグルコース摂取で高められる 国際会議

    実験生物学会 2011  2011年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皮膚温の低下は最大サイクリング運動低下させる 国内会議

    -

    第462回 大阪市医学会  2011年01月 

  • 皮膚温の低下は最大サイクリング運動低下させる 国内会議

    第462回 大阪市医学会  2011年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経口グルコース摂取による急性高血糖が安静受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 進藤 麻帆, 宮澤 太機, 今井 大喜, 濱本 健, 竹田 良祐, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2010年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経口グルコース摂取による急性高血糖が安静受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 進藤 麻帆, 宮澤 太機, 今井 大喜, 濱本 健, 竹田 良祐, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2010年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 経口グルコース摂取による急性高血糖が安静受動加温時の体温調節反応に及ぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 進藤 麻帆, 宮澤 太機, 今井 大喜, 濱本 健, 竹田 良祐, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2010年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1.3気圧環境が体温および末梢・中心循環におよぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 宮澤 太機, 今井 大喜, 濱本 健, 進藤 麻帆, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2009年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABAが暑熱下安静時の温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 岡崎 和伸, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 進藤 麻帆, 鈴木 明菜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2009年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1.3気圧環境が体温および末梢・中心循環におよぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 宮澤 太機, 今井 大喜, 濱本 健, 進藤 麻帆, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2009年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABAが暑熱下安静時の温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 岡崎 和伸, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 進藤 麻帆, 鈴木 明菜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2009年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABAが暑熱下安静時の温度感覚に及ぼす影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 岡崎 和伸, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 進藤 麻帆, 鈴木 明菜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2009年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1.3気圧環境が体温および末梢・中心循環におよぼす影響 国内会議

    鈴木 明菜, 岡崎 和伸, 宮澤 太機, 今井 大喜, 濱本 健, 進藤 麻帆, 松村 新也, 河端 隆志, 宮側 敏明

    体力科学  2009年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 217. 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 423. 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響(生活・健康,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 369. 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 365. 岩盤浴による生体反応(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 219. GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 217. 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 423. 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響(生活・健康,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 369. 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 365. 岩盤浴による生体反応(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 219. GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 217. 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 423. 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響(生活・健康,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 423. 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響(生活・健康,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 369. 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 369. 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 365. 岩盤浴による生体反応(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 365. 岩盤浴による生体反応(環境,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 219. GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 219. GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 217. 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果(体液・内分泌,一般口演,第63回日本体力医学会大会) 国内会議

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2008年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響 国内会議

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果 国内会議

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岩盤浴による生体反応 国内会議

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 運動時深部体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響 国内会議

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱下長時間運動が体液バランスおよび疲労に及ぼす影響 国内会議

    河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 今井 大喜, 吉川 貴仁, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果 国内会議

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱下の中強度運動時の体温調節能に及ぼすGABA摂取の効果 国内会議

    濱本 健, 河端 隆志, 宮澤 太機, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岩盤浴による生体反応 国内会議

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岩盤浴による生体反応 国内会議

    南口 龍哉, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 宮澤 太機, 濱本 健, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABAが暑熱下安静時の体温調節に及ぼす影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 濱本 健, 南口 龍哉, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2008年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 体温調節系に与えるGABAの作用(Effect of GABA on thermoregulatory system) 国内会議

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2008年04月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 体温調節系に与えるGABAの作用(Effect of GABA on thermoregulatory system) 国内会議

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2008年04月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 体温調節系に与えるGABAの作用(Effect of GABA on thermoregulatory system) 国内会議

    Miyazawa Taiki, Kawabata Takashi, Suzuki Takashi, Imai Daiki, Hamamoto Takeshi, Miyagawa Toshiaki

    The Journal of Physiological Sciences  2008年04月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 291. 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,第62回日本体力医学大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學  2007年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 293. 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響(環境,第62回日本体力医学大会) 国内会議

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科學  2007年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 291. 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,第62回日本体力医学大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學  2007年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 293. 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響(環境,第62回日本体力医学大会) 国内会議

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科學  2007年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 291. 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,第62回日本体力医学大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學  2007年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 293. 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響(環境,第62回日本体力医学大会) 国内会議

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科學  2007年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 293. 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響(環境,第62回日本体力医学大会) 国内会議

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科學  2007年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 291. 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係(環境,第62回日本体力医学大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科學  2007年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABA摂取による運動時の体温調節メカニズムとその効果 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 濱本 健, 津村 精一, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 吉田 善廣, 菅 美奈子, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響 国内会議

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABA摂取による運動時の体温調節メカニズムとその効果 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 濱本 健, 津村 精一, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 吉田 善廣, 菅 美奈子, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱運動時体温と酸化ストレスおよび抗酸化力の関係 国内会議

    鈴木 崇士, 吉川 貴仁, 宮澤 太機, 今井 大喜, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響 国内会議

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 低体温が血液性状および無酸素的運動能に及ぼす影響 国内会議

    今井 大喜, 松村 新也, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 宮澤 太機, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GABA摂取による運動時の体温調節メカニズムとその効果 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 濱本 健, 津村 精一, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 吉田 善廣, 菅 美奈子, 宮側 敏明

    体力科学  2007年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱環境下における運動能に及ぼすGABA飲料の影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 濱本 健, 津村 精一, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 吉田 善廣, 菅 美奈子, 吉川 貴仁, 宮側 敏明

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2007年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱環境下における運動能に及ぼすGABA飲料の影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 濱本 健, 津村 精一, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 吉田 善廣, 菅 美奈子, 吉川 貴仁, 宮側 敏明

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2007年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 暑熱環境下における運動能に及ぼすGABA飲料の影響 国内会議

    宮澤 太機, 河端 隆志, 濱本 健, 津村 精一, 鈴木 崇士, 今井 大喜, 吉田 善廣, 菅 美奈子, 吉川 貴仁, 宮側 敏明

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集  2007年04月  (公社)日本栄養・食糧学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 270.小学校中・高学年(4,5,6年次)児童における身体の発達と平衡機能の関係(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 国内会議

    今井 大喜, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2005年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 314.放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する(環境,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2005年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 270.小学校中・高学年(4,5,6年次)児童における身体の発達と平衡機能の関係(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 国内会議

    今井 大喜, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2005年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 314.放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する(環境,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2005年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    CiNii Article

  • 270.小学校中・高学年(4,5,6年次)児童における身体の発達と平衡機能の関係(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 国内会議

    今井 大喜, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2005年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 314.放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する(環境,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2005年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 314.放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する(環境,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 国内会議

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2005年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 270.小学校中・高学年(4,5,6年次)児童における身体の発達と平衡機能の関係(加齢・性差,一般口演,第60回 日本体力医学会大会) 国内会議

    今井 大喜, 河端 隆志, 鈴木 崇士, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科學  2005年12月  日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する 国内会議

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2005年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する 国内会議

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2005年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射熱による体温の上昇は運動パフォーマンスを制限する 国内会議

    鈴木 崇士, 河端 隆志, 藤本 繁夫, 今井 大喜, 松村 新也, 宮側 敏明

    体力科学  2005年12月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • 寒冷・精神性による複合ストレスが運動能に及ぼす作用機序の解明

    基盤研究(C)  2020年04月

  • 運動・暑熱順応による高齢者の温度感覚および暑熱耐性の改善と熱中症予防

    基盤研究(B)  2017年04月

  • 寒冷・精神性ストレスによる二重の生体負荷が認知機能と運動能に及ぼす影響とその対策

    若手研究(B)  2017年04月

  • 運動時の脂肪酸化に対する中枢インスリン作用の解明-健常人と2型糖尿病における検討

    基盤研究(C)  2016年10月

  • 寒冷利尿が持久的運動に及ぼす影響とその対策

    若手研究(B)  2013年04月

  • 高インスリン時の体温調節応答に及ぼすインスリン感受性の影響

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2013年04月

  • 運動・栄養指導による血液量増加を介した高齢者の循環・体温調節機能改善とその機構

    若手研究(A)  2011年04月

▼全件表示

担当教育概要

  • 全学共通教育科目の健康スポーツ科学科目において、実習(サッカー1、フットサル1、ソフトボール1)および講義(体力トレーニング科学)を担当している。これらを通じて健康寿命の延伸に資する体力トレーニング方法について教授している。
    大学院教育では医学研究科において、修士課程科目「都市医学・都市医学演習」ならびに博士課程科目「運動環境生理学・運動環境生理学演習」と研究指導(運動環境生理学)を担当している。

担当授業科目

  • 体力トレーニング科学

    2020年度     大学

  • サッカー1

    2020年度     大学

  • 体力トレーニング科学

    2019年度     大学

  • フットサル1

    2019年度     大学

  • ソフトボール1

    2019年度     大学

  • サッカー1

    2019年度     大学

  • サッカー1

    2018年度     大学

  • フットサル1

    2018年度     大学

  • ソフトボール

    2018年度     大学

  • ソフトボール1

    2018年度     大学

  • 体力トレーニング科学

    2018年度     大学

  • ソフトボール1

    2017年度     大学

  • フットサル1

    2017年度     大学

  • サッカー1

    2017年度     大学

  • 体力トレーニング科学

    2017年度     大学

  • サッカー1

    2016年度     大学

  • フットサル1

    2016年度     大学

  • ソフトボール1

    2016年度     大学

  • 体力トレーニング科学

    2016年度     大学

  • サッカー1

    2015年度     大学

  • フットサル1

    2015年度     大学

  • ソフトボール1

    2015年度     大学

  • 体力トレーニング科学

    2015年度     大学

  • サッカー1

    2014年度     大学

  • フットサル1

    2014年度     大学

  • ソフトボール1

    2014年度     大学

  • 体力トレーニング科学

    2014年度     大学

  • サッカー1

    2013年度     大学

  • フットサル1

    2013年度     大学

  • ソフトボール1

    2013年度     大学

  • サッカー1

    2012年度     大学

  • フットサル1

    2012年度     大学

  • ソフトボール1

    2012年度     大学

  • サッカー1

    2011年度     大学

  • フットサル1

    2011年度     大学

  • ソフトボール1

    2011年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 身体運動科学

    機関名:学校法人 森ノ宮医療学園 森ノ宮医療大学

  • スポーツ医学の理論と実際

    機関名:学校法人 常翔学園 摂南大学

  • スポーツ栄養学

    機関名:学校法人 京都女子学園 京都女子大学

  • 体育講義

    機関名:学校法人 谷岡学園 大阪女子短期大学

  • スポーツ

    機関名:学校法人 谷岡学園 大阪女子短期大学

  • 身体運動科学

    機関名:学校法人 森ノ宮医療学園 森ノ宮医療大学

  • 体育講義

    機関名:学校法人 谷岡学園 大阪女子短期大学

  • スポーツ栄養学

    機関名:学校法人 京都女子学園 京都女子大学

  • スポーツ医学の理論と実際

    機関名:学校法人 常翔学園 摂南大学

  • スポーツ

    機関名:学校法人 谷岡学園 大阪女子短期大学

▼全件表示

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2018年度

      詳細を見る

    独自項目:硬式庭球部 部長

社会貢献活動

  • 大阪府立大学×大阪市立大学ニューテクフェア2017

    役割:講師

    寒冷・精神性ストレスによる二重の生体負荷が認知機能と運動能に及ぼす影響  2017年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

  • OSAKAスポーツ大学 スポーツフェスタ

    シニア向け講座・子供向け講座・女性向け講座  2017年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

  • ワークショップ41 食事療法・運動療法2.第32回日本糖尿病合併症学会

    役割:講師

    鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する  2017年10月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

  • ワークショップ41 食事療法・運動療法2.第32回日本糖尿病合併症学会

    役割:講師

    鼻腔内インスリン投与による脳内高インスリン状態は運動時の脂肪酸化を抑制する  2017年10月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

  • 大阪教育大学附属高等学校平野校舎SGHプログラムへの防災特別講義

    役割:講師

    災害時の自助・共助避難に必要な体力について考える  2017年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 大阪教育大学附属高等学校平野校舎SGHプログラムへの防災特別講義

    役割:講師

    災害時の自助・共助避難に必要な体力について考える  2017年08月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 大阪市立大学あそびとまなびのキャンパス~夏休み防災こどもキャンプ~

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    災害避難に必要な体力のについて 講演・体力測定  2017年08月

  • 大阪市立大学あそびとまなびのキャンパス~夏休み防災こどもキャンプ~

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    災害避難に必要な体力のについて 講演・体力測定  2017年08月

  • コミュニティ防災教室ワークショップ

    役割:講師

    災害における健康・体力について  2017年06月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

  • コミュニティ防災教室ワークショップ

    役割:講師

    災害における健康・体力について  2017年06月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

  • 大阪市立大空小学校「いのちを守る学習スペシャル」

    役割:講師

    避難に必要な体力について知ろう!  2017年05月

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • 大阪市立大空小学校「いのちを守る学習スペシャル」

    役割:講師

    避難に必要な体力について知ろう!  2017年05月

     詳細を見る

    対象: 小学生

    種別:出前授業

  • 大阪市立大学工学研究科 第70回オープン・ラボラトリ- 『大阪市立大学「いのちを守る都市づくり」』その2 災害時の命を守る術

    役割:講師

    災害時の避難に必要な体力について考える  2017年04月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

  • 大阪市立大学工学研究科 第70回オープン・ラボラトリ- 『大阪市立大学「いのちを守る都市づくり」』その2 災害時の命を守る術

    役割:講師

    災害時の避難に必要な体力について考える  2017年04月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業

    種別:講演会

  • スポーツ実施率向上事業 第3回ワークショップ

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    2017年01月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

  • スポーツ実施率向上事業 第3回ワークショップ

    役割:司会, 企画, 運営参加・支援

    2017年01月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

▼全件表示

役職

  • 全学管理職

    都市防災教育研究センター

    研究員  2015年03月 - 継続中

  • 全学管理職

    健康科学イノベーションセンター

    研究員  2018年04月 - 継続中