2024/03/20 更新

写真a

サクダ ヒロミ
作田 裕美
SAKUDA Hiromi
担当
大学院看護学研究科 看護学専攻 教授
看護学部 看護学科
職名
教授
所属
看護学研究院

担当・職階

  • 大学院看護学研究科 看護学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 看護学部 看護学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(看護学) ( 広島大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 臨床看護学  / がん看護学・急性期看護学・臨床看護学

委員歴(学外)

  • 編集委員会   日本がん看護学会  

    2023年02月 - 2025年02月 

      詳細を見る

    委員長

  • 理事・評議員   日本がん看護学会  

    2023年02月 - 2025年02月 

  • 評議員   日本看護管理学会  

    2022年10月 - 継続中 

  • 理事・評議員   日本看護研究学会  

    2022年06月 - 継続中 

  • 学会賞・奨励賞委員会   日本看護研究学会  

    2022年06月 - 継続中 

  • 広報渉外委員会   日本放射線看護学会  

    2021年06月 - 継続中 

      詳細を見る

    委員長

  • 理事   日本放射線看護学会  

    2019年06月 - 継続中 

  • 監事   日本放射線看護学会  

    2018年04月 - 2019年06月 

  • 理事・評議員   日本リンパ浮腫学会  

    2016年02月 - 継続中 

  • 評議員・リンパ浮腫部会長   日本がんサポーティブケア学会  

    2015年08月 - 継続中 

  • 理事   International Lymphoedema Framework Japan  

    2012年08月 - 継続中 

  • 評議員   日本放射線看護学会  

    2012年 - 継続中 

  • 学術推進委員会   日本放射線看護学会  

    2012年 - 2020年 

▼全件表示

受賞歴

  • ILFJ 10th Anniversary Award

    Hiromi Sakuda

    2020年11月   International Lymphoedema Framework  

  • 佐川看護特別賞

    2011  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成21年度日本がん看護学会 「学術奨励賞」 教育・実践部門(JSCN-SIGリンパ浮腫ケアコアメンバー)

    2010  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

職務経歴(学外)

  • 京都大学大学院 医学研究科人間健康科学系専攻 准教授   -

    2008年04月 - 2012年03月

  • 滋賀医科大学 医学部看護学科 講師・准教授   -

    2005年04月 - 2008年03月

  • 山口大学 医学部保健学科 助手   -

    2003年04月 - 2005年03月

学歴

  • 愛媛大学   医学部   看護学科     卒業・修了

  • 広島大学   医学系研究科   修士課程   卒業・修了

  • 広島大学   保健学研究科   博士課程   卒業・修了

論文

  • フライトナースの任用に活用する選択尺度作成の試みとその検討 査読

    作田 裕美, 新井 直子, 新井 龍, 樫木 政子, 永井 春歌, 上野 寿子

    日本救急看護学会雑誌   26   9 - 19   2024年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: https://doi.org/10.18902/jaen.26.0_9

  • 病院における放射線防護・安全教育の実態と課題——KJ法を用いた分析から—— 査読

    作田 裕美, 堀田 昇吾, 上野 寿子, 新井 龍, 桜井 礼子, 太田 勝正, 草間 朋子, 五十嵐 隆元, 岩永 秀幸, 市田 隆雄, 奥田 保男, 白石 順二

    日本放射線看護学会誌   11 ( 1 )   3 - 12   2023年( ISSN:21876460

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>本研究は、放射線業務従事者教育の実態調査を通して教育に関わる課題を明らかにし、課題解決につなげる方略を見いだすことを目的とする。200床以上で精神科診療のみの病院を除外した全国1,883の病院に対し、放射線業務従事者教育に関する実施上の課題、工夫、課題解決に向けての提案等に関する意見を自由記述で求め、KJ法を用いて分析した。抽出された現状と課題等は、【教育の重要性の認識】、【教育担当者としての強い役割意識】、【教育に関する熱意】、【施設管理者を含め職員全体の防護・安全教育への関心が低い】、【施設職員の受講率が低い】、【施設職員の非協力的な態度】、【多職種の放射線基礎教育内容の差が理解度の差となっている】、【教育担当者の役割拡大】、【組織の協力】、【関連団体の後押し】の10個のシンボルマークで説明された。孤軍奮闘する担当者の活動の現状は障壁に阻まれているが、【教育担当者の役割拡大】、【組織の協力】、【関連団体の後押し】を推進力とすることで事態の好転につながると考えられた。</p>

    DOI: 10.24680/rnsj.rj-11002

  • 若年性乳がん患者が求めるセクシュアリティに関する情報と支援 査読

    西尾聡子,作田裕美

    日本がん看護学会誌   37   1 - 13   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: https://doi.org/10.18906/jjscn.37_1_nishio

  • 造血幹細胞移植後長期フォローアップ専門外来(LTFU)に勤務する看護師の看護実践能力の構造 査読

    中野 文乃, 作田 裕美

    インターナショナルNursing Care Research   21 ( 1 )   9 - 19   2022年( ISSN:1347-1341

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    造血幹細胞移植後長期フォローアップ専門外来LTFUで働く看護師の看護実践能力の構造を明らかにすることを目的とした。近畿圏内にあるLTFUに携わる「日本造血細胞移植学会LTFU看護師研修」受講済みの看護師7名を対象に半構造化面接を行い、KJ法で分析した。看護実践能力は、【センシティブな内容を扱う看護を患者の立場に立って実践する力】、【手探りの実践から法則性を見出す力】、【経験の蓄積によってLTFU看護師としての成長を実感する力】、【草創期にある看護実践分野に特有の課題に取り組む力】、【LTFU看護に有益な資源(人・情報)を活用する力】、【処遇上の課題に直面し突破口を模索する力】、【絶えざる自己啓発と後輩育成によってLTFU看護の質向上を目指す力】の7つのシンボルマークで説明された。LTFUでの直接的看護実践と間接的看護実践における経験の蓄積から、さらに「LTFU看護の質向上を目指す力」の獲得に向かうというLTFU看護師の看護実践能力の構造が明らかになった。(著者抄録)

  • 手術における体内異物遺残防止に関する研究 体内異物遺残防止安全システムにおける有効性の高い構成要素と指標 査読

    中井 智子, 作田 裕美

    日本手術医学会誌   43 ( 3 )   231 - 241   2022年( ISSN:1340-8593

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    目的:手術に伴う体内異物遺残の現状を明らかにすることと,体内異物遺残防止安全システムの構成要素と有効性指標を見出すことである。方法:大学病院手術部に勤務する看護師長43名,看護師1,700名を対象に「手術における体内異物遺残の現状」と「実践している体内異物遺残防止行動」に関する質問紙調査を行った。質問紙調査実施期間は2015年2月から4月と2022年2月から3月とした。体内異物遺残の発生は,医療事故調査制度(2015年)施行の前後での体内異物遺残に関するインシデント報告数,体内異物遺残発生数の増加がないか検定により比較した。また,看護師の特性や学習や体内異物遺残に関する経験の中で,体内異物遺残防止行動を高める影響因子を特定するために,多変量解析を行った。結果:調査に参加したのは24施設(回収率55.8%)で,看護師644名(回収率37.9%),看護師長19名(同44.2%)の回答を得た。医療事故調査制度施行前後における手術1,000件当たりの体内異物遺残のインシデント報告数,同体内異物遺残に至った件数の比較では,有意な差はなかった(p=1.00,p=0.64)。また,体内異物遺残防止安全システムの構成要素のうち有意に有効であったのは,体内異物遺残に特化した研修会への参加回数(標準化偏回帰係数β=0.32),体内遺物遺残の報告基準について指導を受けた人の職位の数(β=0.15),手術医療安全に関する学習の機会は十分にあること(β=0.14),手術看護経験年数(β=0.12)の4項目であった。結論:医療事故調査制度施行前後の手術1,000件当たりの体内異物遺残の発生数に増加は認めなかった。また,体内異物遺残防止安全システムにおける有効性のある構成要素4項目を特定した。(著者抄録)

  • ドクターカー看護師の専門職的自律性獲得 専門職的自律性とコミュニケーション能力・成長欲求 査読

    永井 春歌, 作田 裕美

    インターナショナルNursing Care Research   21 ( 4 )   97 - 107   2022年( ISSN:1347-1341

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究は、ドクターカー看護師の専門職的自律性の獲得に及ぼす影響要因を、チームアプローチの視点と個人の成長欲求から明らかにするため、3つの仮説検証を試みたものである。3つの仮説は、「(1)ドクターカー看護師はドクターカー乗務経験がない看護師と比較し専門職的自律性が高い」、「(2)専門職的自律性の獲得にチームアプローチの経験が影響している」、「(3)チームアプローチ経験が専門職的自律性に与える効果は個人の成長欲求によって左右される」である。全国の救命救急センター289施設に研究協力依頼を行い、了承が得られた53施設の看護師1229名を対象にデータを収集した。回収数1101部(回収率89.5%)のうち、有効回答542名を分析対象とし、t検定、重回帰分析を行った。有意水準は5%とした。その結果、仮説(1)は支持、仮説(2)と(3)は一部支持され、ドクターカー看護の特徴的な経験が専門職的自律性を高めていることが示唆された。(著者抄録)

  • Factors associated with response to compression-based physical therapy for secondary lower limb lymphedema after gynecologic cancer treatment: a multicenter retrospective study. 査読

    Yoshihara M, Kitamura K, Tsuru S, Shimono R, Sakuda H, Mayama M, Tano S, Uno K, Ukai MO, Kishigami Y, Oguchi H, Hirota A

    BMC cancer   22 ( 1 )   25   2022年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12885-021-09163-y

    PubMed

  • 看護基礎教育における褥瘡教育の現状と課題 看護学科4年生の褥瘡危険因子・発生後のアセスメントに対する自信度の自己評価アンケートからの分析 査読

    新井 龍, 新井 直子, 作田 裕美

    日本医学看護学教育学会誌   ( 30-1 )   14 - 20   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    看護学生が臨地実習において褥瘡リスクアセスメントツールの使用および褥瘡ケアに関わった経験,褥瘡ケアスキルの自己評価をもとに,褥瘡教育の現状と問題点を明らかにし,褥瘡のアセスメントとケアの教育内容,アセスメントツールの活用に関する示唆を得ることを目的として全ての臨地実習を終えた看護系大学生に横断的アンケート調査を行った。結果,全ての学生は褥瘡に関する講義を受講しており,40%の学生は褥瘡患者を受け持った経験があった。ブレーデンスケールなど褥瘡リスクアセスメントツールの使用に自己評価が低い学生が多い中,褥瘡危険因子である「栄養状態」「皮膚の脆弱性(浮腫)」のみ自己評価が高い学生が半数以上いた。また,発生した褥瘡評価に対する自己評価では,「適切な体位」「褥瘡周辺の皮膚」について,褥瘡患者を受け持った学生の自己評価が有意に高かった。褥瘡教育の課題として,学生が褥瘡危険因子や褥瘡評価を体験できる環境や繰り返し学習できる環境を提供することで,自信を持ってアセスメントできる項目があることを示唆した。(著者抄録)

  • 救急看護認定看護師が考えるフライトナースの職務とコンピテンシー 査読

    作田 裕美, 上野 寿子, 新井 直子, 新井 龍, 坂口 桃子

    日本看護科学会誌   41 ( 0 )   743 - 752   2021年( ISSN:02875330

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>目的:</b>フライトナースの職務と行動特性に関する救急看護認定看護師の考えを集約しフライトナースが果たす職務の内容とコンピテンシーを構成する行動単位を明らかにする.</p><p><b>方法:</b>デルファイ法を用いて,救急看護認定看護師1,096名を対象に質問紙調査を3回行った.コンセンサスを示す同意率は81%とした.</p><p><b>結果:</b>第1調査53名,第2調査32名,第3調査17名から返信があり,「フライトナースが果たすべき職務」は10職務68項目でコンセンサスを得た.「高い成果を上げるフライトナースの行動特性」は,17のコンピテンシーと90の行動単位でコンセンサスを得た.その内,特に高い同意を得た行動単位で構成されるコンピテンシーは7つであった.</p><p><b>結論:</b>「高い成果を上げるフライトナースの行動特性」でコンセンサスが得られた行動単位は「フライトナースが果たすべき職務の内容」に生かされていることが示唆された.</p>

    DOI: 10.5630/jans.41.743

    CiNii Article

  • 救命救急センター実習における学生の学び 査読

    村川由加理・作田裕美・松岡仁美・島本千秋・荒井文恵・市村由紀乃・田中和代

    大阪市立大学「大学教育」   17 ( 2 )   59 - 68   2020年

  • フライトナースの職務遂行の構造 査読

    作田 裕美, 大串 晃弘, 坂口 桃子

    日本看護科学会誌   40 ( 0 )   252 - 259   2020年( ISSN:02875330

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    <p><b>目的:</b>病院前救急医療におけるフライトナースの職務遂行の構造を明らかにすることである.</p><p><b>方法:</b>東海・近畿圏のフライトナース6名を対象に半構造化面接を行い,KJ法を用いて分析した.</p><p><b>結果:</b>職務遂行は,【周囲の関係者の力をもらうために自ら協働を仕掛ける】,【医師とのディスカッションを通して精度の高い臨床推論を引き出す】,【臨機応変な対応と工夫を凝らす】,【特殊で厳しい医療環境のなかで最大の効果を上げるために努力する】【振り返りを行い,個人の経験を知識に変換しチーム内で共有する】,【フライトナースの看護の独自性を明らかにしたい】,【経験で得た知識を活用したOJTによる新人の育成】の7つのシンボルマークで説明された.</p><p><b>結論:</b>職務遂行は,「中核としての経験の蓄積」を基盤として「経験をブラッシュアップ」する過程を経て「さらなる展望へ」へと至る段階的な三層構造となった.</p>

    DOI: 10.5630/jans.40.252

    CiNii Article

  • ドクターカー看護の現状と課題 査読

    永井 春歌, 作田 裕美

    大阪市立大学看護学雑誌   16   42 - 52   2020年( ISSN:1349-953X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【目的】本論の目的は、文献レビューから国内外におけるドクターカー看護の現状を知り、わが国におけるドクターカー看護の課題を明らかにすることである。【方法】レビュー対象として抽出した68文献の内容を主要テーマ別に分類し検討した。【結果・考察】分析対象となった文献68件の主要テーマは、「ドクターカーとドクターカー看護の解説」「ドクターカー看護師の要件と育成」「ドクターカー看護師が認識するストレス」「ドクターカー看護における援助的な関わり」「ドクターカー看護師のタスク」の5つに分類できた。国外では、医師の医業のタスクシフトが進み、看護師が病院前救急医療において専門能力を発揮している一方、我が国では「病院前救急看護」の専門性が未だ確立されておらず、施設間格差が認められた。今後の課題としてドクターカー看護の職務基準の設定と基準に基づくドクターカー看護師の育成の必要性が見出された。(著者抄録)

  • がん治療に伴うリンパ浮腫の発症要因に関する文献検討 査読

    作田 裕美, 小川 佳宏, 坂口 桃子, 新井 直子, 吉澤 いづみ, 高倉 保幸, 山本 優一, 加藤 るみ子, 宇津木 久仁子, 矢形 寛

    大阪市立大学看護学雑誌   16   33 - 41   2020年( ISSN:1349-953X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【目的】がん治療後リンパ浮腫発症可能性のある患者へのサポーティブケアの課題を明らかにするために、がん治療に伴うリンパ浮腫の発症要因に関するこれまでの国内外における研究の動向と知見の整理を試みることである。【方法】医学中央雑誌、PubMed、CINAHLを利用した電子検索により、2005年から2014年の文献を抽出し、最終的に国内文献6、海外文献96を分析対象とした。【結果・考察】リンパ浮腫の発症要因は、個人要因、病態因子、治療的因子、遺伝的特徴に大別できた。研究結果から信憑性の高い発症要因は、高齢、肥満、活動量低下、他の術後合併症の併発、手術療法、放射線治療に加え化学療法があげられた。研究方法は症例集積研究が多く、ランダム化比較試験のメタ解析やコホート研究が乏しいため、エビデンスレベルを保証する研究デザインによる大規模研究の必要性が示唆された。(著者抄録)

  • Risk factors for late-onset lower limb lymphedema after gynecological cancer treatment: A multi-institutional retrospective study. 査読

    Yoshihara M, Shimono R, Tsuru S, Kitamura K, Sakuda H, Oguchi H, Hirota A

    European journal of surgical oncology : the journal of the European Society of Surgical Oncology and the British Association of Surgical Oncology   46 ( 7 )   1334 - 1338   2020年( ISSN:0748-7983

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ejso.2020.01.033

    PubMed

  • 救命救急センターにおけるシャドウイング教育後の新人看護師の気づき 査読

    村川由加理・作田裕美・永井春歌・島本千秋・荒井文恵・市村由紀乃・田中和代・松岡仁美

    日本救急看護学会雑誌   22   1 - 9   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

    A病院救命救急センターにおいてシャドウイングによる新人教育を受けた新人看護師の気づきを明らかにすることである。方法:A病院救命救急センターに勤務する新人看護師6名を対象に、シャドウイング新人教育後1カ月の時点において、「シャドウイング指導で学んだこと」をテーマに400字程度での自由記述を依頼し、収集した自由記述から、新人看護師の気づきを抽出し質的に分析した。結果:シャドウイング新人教育による新人看護師の気づきは、①〈救命救急センター先輩看護師の看護の特徴〉と②〈救命救急センター看護師として私がこれから身につけなければならないこと〉に分類することができた。①では、【よりよい看護への使命】【ケアリングの実践】【安全と安楽と合理性の追求】【緻密な観察を重視する】【効果的なエビデンスの活用】【メンバーシップを発揮する】が抽出された。②では、【看護師に求められる姿勢の確立】【先輩から学ぶ】【貪欲な知識の摂取】【救急看護実践の習得】が抽出された。結論:新人看護師育成に取り入れたシャドウイング新人教育により、新人看護師は、救命救急センター看護師の特徴をとらえながら同時に救命救急センターで必要な看護や看護専門職のアイデンティティの形成に必要な項目を能動的に導き出すことができていた。シャドウイングによる教育は、自己啓発や自己研鑽への意識を向上させる教育として効果が高いことが示唆された。

  • アクションリサーチによるがん治療に伴う続発性リンパ浮腫の予防と悪化防止に関する看護実践の課題と解決過程 査読

    中尾 富士子・江川幸二・作田裕美・鈴木志津枝

    インターナショナルNursing CareResearch   18 ( 4 )   41 - 50   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • リンパ浮腫診療における患者状態適応型パスシステム(PCAPS)の有用性について 査読

    北村薫・佐藤洋子・下野僚子・作田裕美・水流聡子

    リンパ学   40 ( 1 )   57 - 59   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • リンパ浮腫に関する学術研究と一般公開された情報の量的内容分析 査読

    新井直子・新井龍・作田裕美

    大阪市立大学看護学雑誌   13 ( 1 )   37 - 40   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characteristics of Nursing Care for Patients with Lymphedema after Cancer Surgery 査読

    Hiromi Sakuda・Naoko Arai・Ryu Arai ・Momoko Sakaguchi

    LYMPHOEDEMA RESEARCH AND PRACTICE   4 ( 1 )   25 - 34   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Characteristics of Self-care Performed by Patients with Lymphedema to Manage Their Physical Conditions after Cancer Surgery 査読

    Hiromi Sakuda・Ryu Arai・Naoko Arai・Momoko Sakaguchi

    LYMPHOEDEMA RESEARCH AND PRACTICE   4 ( 1 )   35 - 46   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 日本の看護師の「組織市民行動」の因子構造 査読

    野田部恵・作田裕美・坂口桃子

    日本看護管理学会誌   20 ( 2 )   115 - 125   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Nursing Interventions Taken by Radiotherapy Nurses and the Difficulties Faced by these Nurses 査読

    Hiromi Sakuda・Naoko Arai・Ryu Arai・Momoko Sakaguchi・Lee Miau Shin,・Yukari Murakawa

    The Journal of Radiological Nursing Society of Japan   3 ( 1 )   29 - 35   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Structure of professional autonomy acquisition of nurses involved in cancer lymphedema care - From a group interview with nurses in charge of the lymphedema specialist outpatient units 査読

    Hiromi Sakuda・Momoko Sakaguchi・Yukiko Miyakoshi・Tsuyoshi Kataoka・Mika Nishiyama・Miyuki Satou

    LYMPHOEDEMA RESEARCH AND PRACTICE   1 ( 1 )   25 - 32   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 放射線治療を受けるがん患者の闘病体験 査読

    作田裕美・坂口桃子・新井龍・新井直子・佐藤美幸

    日本放射線看護学会誌   1 ( 1 )   30 - 36   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • リンパ浮腫治療への新たな挑戦とその展望 リンパ浮腫診療におけるPCAPS(Patient Condition Adaptive Path System)の導入 査読

    北村薫・河本美由紀・作田裕美・黒田幸清・水流 聡子

    リンパ学   36 ( 1 )   57 - 59   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 精神科に勤務する看護師の職業性ストレスとストレス対処能力 査読

    佐藤美幸・二宮寿美・柿並洋子・網木政江・作田裕美

    宇部フロンティア大学看護学ジャーナル   6 ( 1 )   21 - 27   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 組織コミットメントおよび組織市民行動-日中看護師の特徴- 査読

    郭智慧・作田裕美・坂口桃子

    日本看護科学会誌   32 ( 1 )   59 - 68   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 看護師職場の協力行動-日本と中国の調査から 査読

    郭智慧・作田裕美・坂口桃子

    大阪市立大学看護学雑誌   8   25 - 31   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 統合失調症患者の体内水分量の特徴 査読

    佐藤美幸・作田裕美・宮崎博子・宮本里依子・松尾葉子

    宇部フロンティア大学看護ジャーナル   4 ( 1 )   1 - 5   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Physiological characteristics of the body fluid in lymphedematous patients postbreast cancer surgery, focusing on the intracellular/extracellular fluid ratio of the upper limb 査読

    Hiromi SAKUDA・Miyuki SATOH・Momoko SAKAGUCHI・Yukiko MIYAKOSHI・Tsuyoshi KATAOKA

    Japan Journal of Nursing Science   7   108 - 118   2010年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 統合失調症患者の体内水分量に影響する因子と病的多飲水患者の体内水分分布の特徴 査読

    佐藤美幸・作田裕美・小林敏生・片岡健

    日本看護科学学会誌   29 ( 3 )   68 - 75   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 診断群分類別包括評価の導入が及ぼした臨床看護への影響 バーンアウトと看護師離職 査読

    中井智子・作田裕美・坂口桃子

    日本看護管理学会誌   13 ( 1 )   60 - 66   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 看護学生における「患者の人権・看護倫理の重要性」感得のプロセス 「基礎看護学実習I」を通して 査読

    高田直子・新井龍・井村香積・作田裕美・坂口桃子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   7 ( 1 )   31 - 34   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 患者の人権と看護の倫理」に関する体験的学習の効果の検討 実習前後レポートの内容分析から 査読

    新井龍・高田直子・井村香積・作田裕美・遠藤知典・坂口桃子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   7 ( 1 )   23 - 26   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 臨床領域別にみた看護師の専門職的自律性の差異 行動と態度の側面から 査読

    今堀陽子・作田裕美・坂口桃子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   7 ( 1 )   11 - 16   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 救急部門に働く看護師のコンピテンシーの特徴-Spencer & Spencerの一般的コンピテンシーとの比較から- 査読

    作田裕美・坂口桃子

    日本臨床救急医学会雑誌   11 ( 1 )   14 - 20   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 看護師の専門職的自律性とメンタリング 査読

    今堀陽子・作田裕美・坂口桃子

    日本看護研究学会雑誌   31 ( 2 )   55 - 63   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 看護師におけるメンタリングとキャリア結果の関連 査読

    今堀陽子・作田裕美・坂口桃子

    日本看護管理学会誌   12 ( 1 )   49 - 59   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • リンパ浮腫ケア「用手リンパドレナージ」の効果検証 査読

    作田裕美・佐藤美幸・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   6 ( 1 )   19 - 23   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 女性の月経周期と体内水分量に関する研究-生体インピーダンス法を用いて- 査読

    佐藤美幸・作田裕美・坂口桃子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   6 ( 1 )   63 - 66   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 基礎看護学実習Ⅱで体験した看護学生の思い-患者とのコミュニケーションを通して- 査読

    井村香積・高田直子・新井龍・作田裕美・坂口桃子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   6 ( 1 )   46 - 49   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 滋賀医科大学医学部附属病院生活習慣病外来の活動報告-運動療法指導における継続介入効果の検討- 査読

    高田直子・新井龍・井村香積・作田裕美・坂口桃子・佐伯行一・柏木厚典

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   6 ( 1 )   38 - 41   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 精神科看護師の病的多飲水患者への看護に対する意識と困難性-暴力・暴言を受けた経験の有無から- 査読

    佐藤美幸・磯村聡子・山根俊恵・作田裕美・宮崎博子・宮本里依子

    宇部フロンティア大学看護ジャーナル   1 ( 1 )   43 - 48   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Comparison of the body fluid levels in healthy individuals and those with schizophrenia in Japan: Using the bioelectrical impedance method 査読

    Miyuki Satoh・Hiromi Sakuda・Toshio Kobayashi・Tsuyoshi Kataoka・Fujiko Nakao・Sue Turale DEd

    Nursing & Health Sciences   9 ( 3 )   177 - 184   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 乳がん術後リンパ浮腫を発症した患者のQOL評価 査読

    作田裕美・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子・佐藤美幸

    日本がん看護学会誌   21 ( 1 )   66 - 70   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 乳癌術後リンパ浮腫患者の浮腫発症指標としての指尖血流量の検討―血流量差に着目して- 査読

    作田裕美・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子・佐藤美幸

    日本看護科学学会誌   27 ( 2 )   25 - 33   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 用手リンパドレナージの効果-治療前後における上肢I/Eの比較から- 査読

    作田裕美・佐藤美幸・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子・中嶋美和子・田代亮介

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   5 ( 1 )   72 - 76   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 臨床判断能力の向上に向けた「暗黙知」伝授の一方略 査読

    坂口桃子・作田裕美・新井龍・中嶋美和子・田村美恵子・木川真由美・村井嘉子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   5 ( 1 )   38 - 43   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 成人男性における体内水分量と血液データの関連 査読

    佐藤美幸・作田裕美・小林敏生・片岡健・坂口桃子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   5 ( 1 )   77 - 82   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A Study of for Psychiatric Symptoms of Terminal-Stage cancer patient 査読

    Aiko Tanaka・Miyuki Sato・Hiromi Sakuda・Shizuka Takano

    Bulletin of the Graduate Schools, Yamaguchi Prefectural University   7   89 - 93   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 統合失調症患者における体内水分量に関する研究-病的多飲水患者と非多飲水患者との相違- 査読

    佐藤美幸・作田裕美・小林敏生・片岡健

    日本看護科学学会誌   26 ( 4 )   30 - 36   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 脊椎術後疼痛の緩和をめざして-術中のフェンタニル使用と術後疼痛発現率の関係- 査読

    園田亜由美・太田薫・中山愛・内田さとみ・奥村洋子・作田裕美

    整形外科看護   11 ( 11 )   1139 - 1144   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 上肢細胞内外水分比の検討-バイオインピーダンス法による測定- 査読

    作田裕美・佐藤美幸・坂口桃子・宮腰由紀子・片岡健・中嶋美和子・田村亮介・新井龍

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   4 ( 1 )   19 - 23   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 看護師のコンピテンシー-患者・看護師・医師からの情報に基づいて- 査読

    坂口桃子・作田裕美・新井龍・中嶋美和子・田村美恵子・木川真由美・村井嘉子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   4 ( 1 )   12 - 18   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 脳卒中回復過程における危険行動 査読

    百田武司・坂口桃子・作田裕美・高田直子・新井龍

    日本脳神経看護研究学会誌   29 ( 1 )   85 - 88   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 乳がん術後患者のリンパ浮腫重症度と末梢皮膚血流量の関連-基礎的研究- 査読

    作田裕美・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子・佐藤美幸・百田武司・溝口善子

    日本がん看護学会誌   19 ( 1 )   22 - 32   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 乳癌術後患者におけるリンパ浮腫発症予防行動に関連した知識の獲得と活用 査読

    作田裕美・宮腰由紀子・坂口桃子・片岡健・西山美香・藤井宝恵・百田武司

    がん看護   10 ( 4 )   357 - 363   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 精神科的問題を抱える患者への看護師の対応に関する調査 査読

    佐藤美幸・田中愛子・高野静香・作田裕美

    病院管理学会雑誌   42 ( 4 )   51 - 60   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 救急初療における看護の機能と役割 査読

    坂口桃子・作田裕美・百田武司・荒井蝶子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   3 ( 1 )   25 - 32   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • ICU・急性期ケア領域に配属された看護系大学新卒看護師の現状と課題-グループインタビューを用いて- 査読

    坂口桃子・本山仁美・作田裕美・大関浩美

    日本看護管理学会誌   8 ( 1 )   68 - 78   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 救急部門に働く看護職のキャリア発達に関する実証的研究-キャリア志向に焦点をあてて- 査読

    坂口桃子・花井恵子・三浦睦子・山勢善江・吉田寿子・小倉ひとみ・作田裕美

    日本臨床救急医学会雑誌   7 ( 3 )   240 - 247   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 精神分裂病女性患者の体内水分量に関する研究-バイオインピーダンス法による測定 査読

    佐藤美幸・山本貴志子・百田武司・三村聖子・作田裕美・西亀正之

    広島大学保健学ジャーナル   2 ( 1 )   51 - 56   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 2024年版リンパ浮腫診療ガイドライン

    北村薫,岩瀬哲,青儀健二郎,作田裕美,他

    金原出版  2024年03月 

     詳細を見る

    総ページ数:115  

  • 医療領域の放射線管理マニュアル-Q&A・医療関係法令-

    長畑智政,菊地透,大野和子,作田裕美,他( 担当: 共編者(共編著者))

    医療放射線防護連絡協議会  2023年09月 

     詳細を見る

    総ページ数:407  

  • がん支持医療テキストブック

    日本がんサポーティブケア学会編 相羽惠介・青山徹・作田裕美・他多数

    金原出版  2022年 

     詳細を見る

    総ページ数:284  

  • 高齢者がん医療Q&A 総論

    田村和夫,長島文夫,相羽惠介,齊藤光江,青山高,作田裕美,他( 担当: 共著)

    日本がんサポーティブケア学会  2020年03月 

  • Q&Aで学ぶ リンパ浮腫の診療

    作田裕美・小川佳宏・新井直子・淡河恵津世・加藤るみ子・高倉保幸・村川由加理・山本優一・吉澤いづみ( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2019年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 実践に生かす看護マネジメント

    城ヶ端初子・樋口京子・坂口桃子・作田裕美( 担当: 共著)

    サイオ出版  2019年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • リンパ浮腫診療ガイドライン2018年版

    日本リンパ浮腫学会

    金原出版  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • エビデンスに基づいたリンパ浮腫実践ガイドブック;基本手技と患者指導

    北村薫・作田裕美・山本優一・吉澤いづみ( 担当: 共著)

    へるす出版  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 第2版 がん看護学

    朝鍋美保子・荒尾春惠・飯野京子・石田和子・市川智里・稲村直子・井上佳代・今井真美子・大石ふみ子・大市三鈴・大川明子・大西和子・大矢綾・奥野和美・柿本英明・片岡純・狩野太郎・神田清子紀藤千春・栗原美穂・近藤由香・作田裕美・菅野かおり・鈴木牧子・高橋美賀子・田墨惠子・田中久美子・塚堀真由美・辻川真弓・中滉子・長岡波子・中村喜美子・平井和恵・平松玉江・福永雅子・藤井恵美・藤澤雄太・三浦浅子・水谷奈緒子・水野道代・宮下光令・向井未年子・村上好恵・村木明美村瀬麻樹子・森真喜子・吉田和枝・吉田智美・吉村久美・渡邊知映・綿貫成明( 担当: 共著)

    ヌーヴェルヒロカワ  2018年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • がん看護コアカリキュラム日本版: 手術療法・薬物療法・放射線療法・緩和ケア

    作田他( 担当: 共著)

    医学書院  2017年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 『医療の質安全保証に向けた臨床知識の構造化(4)』患者状態適応型パス PCAPSの活用と臨床分析

    飯塚悦功・水流聡子・棟近雅彦・加藤省吾・下野僚子・名取良弘・小口秀紀・伊東敏弘・下川忠弘・荒木昭輝・岩尾文彦・蒲生真紀夫・野崎功雄・青儀健二郎・熱海哲・吉岡慎一・吉井慎一・中山健夫・藤井仁美・茂木孝・輪湖史子・植田恵子・進藤晃・大森美保・井手睦・道脇幸博・黒田幸清・北村薫・作田裕美・箕浦貴則・藤原優子( 担当: 共著)

    日本規格協会  2013年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 緩和医療薬学

    赤木徹・明智龍男・東加奈子・安部能成・阿部泰之・荒木博陽・有森和彦・池上昌之・池永昌之・伊勢雄也・伊東俊雅・伊藤マミ・稲葉一郎・今井堅吾・上園保仁・上村恵一・内田まやこ・大石了三・大坂厳・大田洋二郎・大谷弘行・小川朝生・小野秀樹・加賀谷肇・片山志郎・加藤あゆみ・加藤裕久・川上和宜・河村和美・河村三希子・窪寺俊之・国分秀也・小宮幸子・近藤潤一・作田裕美・佐藤淳也・佐野元彦・塩川満・清水研・清水わか子・菅原英輝・鈴木順子・鈴木勉・鈴木雅夫・関根龍一・高橋知実・高橋美賀子・高濱和夫・竹内和泉・竹内尚子・武内祐子・武田弘志・武田文和・田尻寿子・田村恵子・千原里美・辻稔・土井教雄・徳山尚吾・内藤宏・中川孝之・中嶋真一郎・中西弘和・成田年・野田幸裕・野村久祥・橋爪隆弘・橋本孝太郎・長谷川寛・濱卓至・久原幸・平井みどり・平山武司・藤村麻衣子・二村昭彦・古田勝経・堀夏樹・増田芳之・松尾直樹・的場元弘・溝口広一・御牧由子・宮崎雅之・宮田広樹・矢野琢也・山田勝士・余宮きのみ・渡邊絋章( 担当: 共著)

    南江堂  2013年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 医療の質安全保証に向けた臨床知識の構造化(3)患者状態適応型パス [臨床知識の活用・分析]

    -( 担当: 共著)

    日本規格協会  2012年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 『医療の質安全保証に向けた臨床知識の構造化(2)』患者状態適応型パス 臨床知識の精緻化・一般化・実装

    飯塚悦功・水流聡子・棟近雅彦・加藤省吾・下野僚子・小柴研一・黒田幸清・名取良弘・矢野真・青儀健二郎・吉岡慎一・藤原優子・本木隆規・茂木孝・山崎潤子・勝田俊郎・宮崎のどか・織田順・佐藤雄一・作田裕美・田中紘一・小口秀紀・東川貞男・進藤晃( 担当: 共著)

    日本規格協会  2011年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • がん看護学

    明石恵子・足利幸乃・飯野京子・石川睦弓・石田和子・市川智里・上杉英生・梅澤志乃・梅田恵・大石ふみ子・大川明子・大西和子・岡本隆行・奥野和美・小澤桂子・角田直枝・片岡純・狩野太郎・神田清子・熊谷靖代・小迫富美恵・近藤由香・作田裕美・菅野かおり・祖父江由紀子・高橋美賀子・辻川真弓・中村喜美子・野口忍・葉山有香・平井和恵・福永雅子・三浦浅子・向井未年子・村上好恵・村木明美・吉田和枝・吉田智美( 担当: 共著)

    ーヴェルヒロカワ  2011年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 母性Ⅱ

    前原澄子・浅井美千代・上野和美・江守陽子・加瀬田暢子・金藤亜希子・加納尚美・桑名佳代子・坂間伊津美・作田裕美・杉野祐子・松永真理・宮腰由紀子・山本雅子・渡辺尚子( 担当: 共著)

    中央法規出版  2011年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 看護マネジメントの基礎と応用

    城ヶ端初子・樋口京子・坂口桃子・作田裕美・桑鶴由美子( 担当: 共著)

    医学芸術社  2010年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 精神看護エクスペール身体合併症の看護[第2版]

    坂口正道・佐藤武・作田裕美・保坂隆・小高文聰・笹原洋勇・清ふゆ子・野中廣志・久保正子・鈴木鉄夫・櫻庭繁・松尾聰・羽生丕・丸山二郎・湯浅和美・多田雅典・関根正明・菊本喜代司・清水かほり・植村順一・安野みどり・齊藤博・佐藤茂樹( 担当: 共著)

    中山書店  2009年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • リンパ浮腫 : ケア技術とセルフケア支援 : エビデンスに基づいた安全な手技を写真で!

    作田 裕美, 小川 佳宏( 担当: 単著)

    日総研出版  2009年  ( ISBN:9784776014096

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • 成人看護学シリーズ・別巻9・救急・クリティカル看護学

    山勢博彰・臼井千津・作田裕美・松月みどり・伊藤美佐江・坂口桃子・本山仁美・網代千恵子・堀友紀子・岩本満美・林智子・木村保美・稲村昌代・宮崎聡子・飯塚瑞枝・石塚恵子・佐藤憲明・浅香えみ子・鈴木千恵子・田村智子・木野穀彦・軽部厚・岸大輔・下河部政子・佐野成美・西尾治美・高倉加代・高知加代子・伊藤博希・森本小百合・平尾明美( 担当: 共著)

    ヌーヴェルヒロカワ  2005年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 若年性乳がん患者への看護の現状と病期別課題に関する文献検討 査読

    西尾 聡子, 樫木 政子, 作田 裕美, 村川 由加理

    がん看護   26 ( 3 )   271 - 276   2021年( ISSN:13420569 ( eISSN:24328723

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

    DOI: 10.15106/j_kango26_271

  • 災害の時代を生き抜く 災害サバイバー市民を目指して 災害対応力向上に向けた取り組み

    作田 裕美, 村川 由加理

    大阪市立大学看護学雑誌   16   59 - 64   2020年( ISSN:1349-953X

     詳細を見る

    掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • 交流集会「放射線看護モデルシラバスの活用に向けて――シラバスの解説と意見交換――」

    西沢 義子, 野戸 結花, 太田 勝正, 作田 裕美, 大森 純子, 堀田 昇吾, 青木 和惠

    日本放射線看護学会誌   8 ( 1 )   49 - 50   2020年( ISSN:21876460 ( eISSN:24335649

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.24680/rnsj.8.1_49

    CiNii Article

  • 国内外における遺伝性乳がんの看護を探る 査読

    樫木政子・西尾聡子・作田裕美・川原恵・村川由加理

    大阪市立大学看護学雑誌   15   8 - 16   2019年

     詳細を見る

  • わが国のアンケート調査法を用いた患者満足度調査研究における倫理的配慮の現状と課題 査読

    新井龍・作田裕美・新井直子・大儀律子・原華代・根木香代子・坂口桃子

    常葉大学健康科学部研究報告集   6 ( 1 )   57 - 66   2019年

     詳細を見る

  • 草創期から成長期を目指して

    作田 裕美

    日本放射線看護学会誌   7 ( 1 )   1 - 1   2019年( ISSN:21876460 ( eISSN:24335649

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.24680/rnsj.7.1_1

    CiNii Article

  • 早期にかかわる症状マネジメントの必須スキル~治療に取り組む力を維持するために~リンパ浮腫ケア:予防と悪化させないケア

    作田裕美

    がん看護   22 ( 4 )   407 - 409   2018年

     詳細を見る

  • がんサポーティブケアのいま・これから(VOL.9) がん治療後のリンパ浮腫②リンパ浮腫外来の役割とその実践

    作田裕美

    新薬と臨床   68 ( 3 )   379 - 382   2018年

     詳細を見る

  • リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する看護師教育プログラムの実践と評価 一般社団法人日本がん看護学会 教育・研究活動委員会

    増島麻里子・井沢知子・奥朋子・矢ヶ崎香・木村恵美子・作田裕美・高橋由美子・小松浩子・荒尾晴惠・藤田佐和

    日本がん看護学会誌   32   127 - 136   2018年

     詳細を見る

  • アクティブラーニング型防災教室の「災害時の医療と避難所の健康問題」

    作田裕美

    大阪市立大学都市防災教育研究センター ニューズレター   5   4 - 4   2017年

     詳細を見る

  • 大阪市立大学都市防災研究プロジェクトによる「コミュニティ防災教育プログラム」の展開 : コミュニティ防災教室の取り組み 査読

    村川由加理・横山美江・作田裕美・坂口桃子・山本啓雅

    大阪市立大学看護学雑誌   12   27 - 34   2016年

     詳細を見る

  • いのちを繋ぐ術を知る(4)避難所でできるセルフケアを知る

    横山美江・作田裕美・村川由加理

    公立大学防災センター連携 地区防災教室ワークブック   94 - 99   2016年

     詳細を見る

  • これも知っておきたい!がん薬物療法やがん自体の影響により現れる症状とその対応 リンパ浮腫

    作田裕美

    学研『月刊ナーシング』   36 ( 2 )   92 - 95   2016年

     詳細を見る

  • 日本のリンパ浮腫を支える医療体制とトピックス

    作田裕美

    エキスパートナース   32 ( 5 )   139 - 141   2016年

     詳細を見る

  • 国内外における精巣腫瘍患者の看護を探る 査読

    甲田歩・作田裕美

    大阪市立大学看護学雑誌   12   19 - 26   2016年

     詳細を見る

  • 第3回日本放射線看護学会学術集会を終えて 査読

    作田 裕美

    日本放射線看護学会誌   3 ( 1 )   81 - 81   2015年03月( ISSN:21876460 ( eISSN:24335649

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.24680/rnsj.3.1_81

    CiNii Article

  • 災害対応訓練が防災知識や災害に対する意識に及ぼす効果 査読

    佐伯大輔・山本啓雅・横山美江・作田裕美・村川由加理・岩間伸之・野村恭代・生田英輔・志垣智子・小島久典・渡辺一志

    大阪市立大学都市防災研究論文集   2   7 - 12   2015年

     詳細を見る

  • マレーシアの看護事情 査読

    Lee Miau Shin・作田裕美・村川由加理

    大阪市立大学看護学雑誌   10   27 - 33   2014年

     詳細を見る

  • 日中看護交流から見えてきたもの 査読

    作田裕美・坂口桃子

    大阪市立大学看護学雑誌   9   69 - 72   2013年

     詳細を見る

  • リンパ浮腫の予防につなげる患者指導

    作田裕美

    Oncology NURSE   7 ( 3 )   9 - 13   2013年

     詳細を見る

  • リンパ浮腫領域:リンパ浮腫

    北村薫・作田裕美・清藤佐和子

    2012年度臨床プロセスチャート検証調査報告書   49 - 67   2013年

     詳細を見る

  • 特集:一歩進んだベッドサイドのハテナ?Q&A

    作田裕美

    Smiley Nurse   31   4 - 7   2012年

     詳細を見る

  • がん(手術)領域:リンパ浮腫ケア(乳がん・子宮がん)

    北村薫・作田裕美

    2011年度臨床プロセスチャート検証調査報告書   102 - 145   2012年

     詳細を見る

  • 生体電気インピーダンススペクトロスコピーを用いたリンパ浮腫の評価に対するレスポンス(Response to: Assessment of lymphedema by bioelectrical impedance spectroscopy) 査読

    Sakuda Hiromi

    Japan Journal of Nursing Science   8 ( 1 )   109 - 109   2011年06月( ISSN:1742-7932

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Letter to the editor Response to:Assessment of lymphedema by bioelectrical impedance spectroscopy

    Hiromi Sakuda

    Japan Journal of Nursing Science   8   109 - 109   2011年

     詳細を見る

  • 重症心身障害児(者)看護における意思表出の読み取り技術に関する研究の動向 査読

    森田望・作田裕美・武用百子・坂口桃子

    和歌山県立医科大学保健看護学部紀要   6   79 - 83   2010年

     詳細を見る

  • 「基礎看護学実習II」における技術習得状況 平成21年度「基礎看護学実習II」の看護技術確認表から 査読

    高田直子・遠藤知典・新井龍・作田裕美・坂口桃子

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   8 ( 1 )   65 - 68   2010年

     詳細を見る

  • 看護学生のための社会人入門 あっぱれ看護人生への道しるべ 看護師として世の中に出る前に知っておくべき「組織と組織に働く個人のお話」 組織構造論

    坂口桃子・作田裕美

    看護人材教育   5 ( 6 )   106 - 111   2009年

     詳細を見る

  • 質問BOX 前立腺癌術後のリンパ浮腫のケアについて(Q&A)

    作田裕美

    泌尿器ケア   14 ( 8 )   813 - 816   2009年

     詳細を見る

  • 看護学生のための社会人入門 あっぱれ看護人生への道しるべ 看護師として世の中に出る前に知っておくべき「組織と組織に働く個人のお話」 組織コミットメント

    作田裕美・坂口桃子

    看護人材教育   6 ( 3 )   129 - 134   2009年

     詳細を見る

  • 看護学生のための社会人入門 あっぱれ看護人生への道しるべ 看護師として世の中に出る前に知っておくべき「組織と組織に働く個人のお話」 集団の理解とリーダーシップ

    坂口桃子・作田裕美

    看護人材教育   6 ( 2 )   130 - 134   2009年

     詳細を見る

  • 看護学生のための社会人入門 あっぱれ看護人生への道しるべ 看護師として世の中に出る前に知っておくべき「組織と組織に働く個人のお話」 組織機能論

    作田裕美・坂口桃子

    看護人材教育   6 ( 1 )   116 - 120   2009年

     詳細を見る

  • 看護学研究と臨床実践のユニフィケーションがもたらす価値-リンパ浮腫外来開設を一例として-

    作田裕美

    滋賀医科大学看護学ジャーナル   6 ( 1 )   4 - 8   2008年

     詳細を見る

  • 看護学生のための社会人入門「あっぱれ看護人生の道しるべ」看護は専門職か

    作田裕美・坂口桃子

    看護人材教育   5 ( 5 )   97 - 106   2008年

     詳細を見る

  • 看護学生のための社会人入門「あっぱれ看護人生の道しるべ」新卒看護師の早期離職と就労環境

    坂口桃子・作田裕美

    看護人材教育   5 ( 4 )   125 - 130   2008年

     詳細を見る

  • リンパ浮腫の基礎知識

    作田裕美

    がん看護   13 ( 7 )   692 - 696   2008年

     詳細を見る

  • 非管理職看護師が受けるメンタリング 査読

    今堀陽子・作田裕美・坂口桃子

    日本看護学会論文集: 看護管理   38   309 - 311   2008年

     詳細を見る

  • 看護・医療の“いま”がわかる!取材レポート 医療・看護のチャレンジ最前線「患者さんのニーズを形に-自費診療でのリンパ浮腫外来の設立」

    作田裕美

    エキスパートナース   24 ( 4 )   6 - 9   2008年

     詳細を見る

  • 質の高いリンパ浮腫ケアの提供に向けて

    作田裕美

    看護技術   54 ( 10 )   49 - 55   2008年

     詳細を見る

  • ナースが行うリンパ浮腫ケア:圧迫下での運動療法

    作田裕美

    看護技術   54 ( 10 )   37 - 40   2008年

     詳細を見る

  • リンパ浮腫患者の現況と看護の課題

    作田裕美

    看護技術   54 ( 10 )   10 - 12   2008年

     詳細を見る

  • 病院に働く看護師が受ける暴力の丑特徴と要因(第1報) 査読

    清水 房枝, 作田 裕美, 坂口 桃子

    三重看護学誌 10巻   33 - 45   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 非管理職看護師が受けるメンタリング 査読

    今堀陽子・作田裕美・坂口桃子

    日本看護学会論文集-看護管理-   38   309 - 311   2007年

     詳細を見る

  • 滋賀医科大学医学部附属病院・滋賀医科大学医学部看護学科 ユニフィケーションを活かした看護師による自費診療のリンパ浮腫外来

    作田裕美

    看護   59 ( 15 )   3 - 7   2007年

     詳細を見る

  • 『体験者が伝える 乳がん安心!生活Book;治療中にいちばん知りたい生活情報とアイデア』

    作田裕美

    臨床看護   31 ( 14 )   2194 - 2194   2005年

     詳細を見る

  • 看護師が受ける患者・家族からの暴力・暴言への危機管理

    清水房江・坂口桃子・作田裕美

    看護管理   16 ( 12 )   1014 - 1017   2005年

     詳細を見る

  • 精神的ケアに対する一般科看護師の感情とケアへの不安-精神科経験による差異- 査読

    西野弘員・佐藤美幸・田中愛子・高野静香・作田裕美

    日本看護学会論文集-精神看護-   36   234 - 236   2005年

     詳細を見る

  • 統合失調症患者における体内水分量の季節変動 査読

    佐藤美幸・田中愛子・高野静香・作田裕美

    日本看護学会論文集-精神看護-   36   184 - 186   2005年

     詳細を見る

  • 専任臨床実習指導者体制を活かした看護技術教育の試みー「看護技術行動形成表」を活用した指導と学習過程-

    作田裕美・坂口桃子・東玲子・櫻田陽子・森初美・末重千里・宮崎俊子・辻畑博子・榮木実枝

    看護教育   46 ( 12 )   1114 - 1119   2005年

     詳細を見る

  • 救急初療とドメスティックバイオレンス

    上野美津江・永田忍・江藤美幸・松井陽子・木川真由美・久留崇・本山仁美・作田裕美・坂口桃子

    Emergency nursing   17 ( 4 )   78 - 83   2004年

     詳細を見る

  • 医師・看護師のチームワークー看護師の視点から-

    木川真由美・作田裕美・坂口桃子

    EMERGENCY CARE   18 ( 9 )   24 - 30   2004年

     詳細を見る

  • 災害時の救急初療看護ートリアージから感染予防まで-

    坂口桃子・作田裕美・百田武司

    感染予防   15 ( 6 )   21 - 27   2004年

     詳細を見る

  • 病院で発生する暴力-いま,病院で何が起きているか-

    坂口桃子・作田裕美

    看護展望   30 ( 13 )   32 - 37   2004年

     詳細を見る

  • 現在の医療規制を乗り越えた医療と介護のビジネスモデル ホスピス・ナーシングホーム“クリーム”の取り組み

    西山美香・作田裕美・松本晴美・土井龍一・重松靖久・森脇睦子・村上正哲・野間文次郎・森山美知子・梯正之

    病院   63 ( 8 )   680 - 683   2004年

     詳細を見る

  • 急性期・回復期看護学実習における教員と専任指導者による複数連携体制ー専任指導者が学生に及ぼした効果―

    作田裕美・坂口桃子・東玲子・櫻田陽子・森初美・末重千里・宮崎俊子・辻畑博子・榮木実枝

    看護教育   45 ( 9 )   743 - 747   2004年

     詳細を見る

  • 乳癌術後のリンパ浮腫患者の看護を探る-文献に表された現状-

    作田裕美・宮腰由紀子・西亀正之

    看護学雑誌   67 ( 9 )   906 - 911   2003年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • がんと向き合い、共に生きるために:AYAがん支援と新たな希望 AYA世代のがん治療後リンパ浮腫

    作田裕美

    第61回日本癌治療学会学術集会  2024年10月 

  • An increase in School Absents, and Low Vaccine Coverage Among Japanese School Children

    Mika Nishiyama, Hiromi Sakuda, Hiromi Kawasaki , Pete D’Angelo

    School Nurse International Conference 2023   2023年06月 

  • 多理論統合モデルを援用したリンパ浮腫患者のセルフケア再獲得教育プログラム

    新井恵津子, 作田 裕美

    第6回日本リンパ浮腫学会総会  2023年03月 

  • リンパ浮腫外来の保険診療化に向けた組織体制構築のプロセス

    服部聖子 , 小倉知子 , 山本珠緒 , 森みどり , 渡邉めぐみ , 小寺利美 , 作田 裕美

    第6回日本リンパ浮腫学会総会  2023年03月 

  • リンパ浮腫患者とレジリエンス再考 患者・家族・医療者・組織

    作田裕美

    第6回日本リンパ浮腫学会総会  2023年03月 

  • フライトナースのコンピテンシー 評価尺度の開発

    上野 寿子, 樫木 政子, 永井 春歌, 作田 裕美, 新井 直子, 新井 龍, 坂口 桃子

    第42回日本看護科学学会学術集会  2022年12月 

  • 急性心筋梗塞を発症した喫煙者が医療機関を受診するまでのプロセス 国内会議

    大串 晃弘, 野村 宜伸, 平野 絵美, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2022年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The impact on the mental health of Japanese children due to COVID-19

    Mika Nishiyama, Hiromi Sakuda, Hiromi Kawasaki, Pete D'Angelo

    22nd International Mental Health Conference  2022年09月 

  • 病院所属の放射線業務従事者に対する放射線防護・安全教育の実態 国内会議

    堀田 昇吾, 作田 裕美, 五十嵐 隆元, 岩永 秀幸, 市田 隆雄, 奥田 保男, 白石 順二

    日本放射線技術学会雑誌  2022年09月  (公社)日本放射線技術学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射線防護・安全教育の実態と課題 国内会議

    作田 裕美, 堀田 昇吾, 上野 寿子, 新井 龍, 桜井 礼子, 太田 勝正, 草間 朋子, 五十嵐 隆元, 岩永 秀幸, 市田 隆雄, 奥田 保男, 白石 順二

    日本放射線看護学会学術集会講演集  2022年09月  (一社)日本放射線看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 在宅高齢の難治性リンパ浮腫のケア介入と制度の限界 1事例を通して

    樫木政子,作田裕美

    第7回日本がんサポーティブケア学会学術集会  2022年06月 

  • 看護学科4年生の褥瘡危険因子・発生後のアセスメントに対する自信度の評価 国内会議

    新井 龍, 新井 直子, 作田 裕美

    日本医学看護学教育学会  2022年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 初めて患者を受け持った看護学生が捉えた「個別性先行要件」の特徴と課題 国内会議

    新井 龍, 鈴木 友子, 新井 直子, 作田 裕美

    日本看護科学学会学術集会講演集  2021年12月  (公社)日本看護科学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • フライトナースの職務と行動特性 国内会議

    作田 裕美, 上野 寿子, 新井 直子, 新井 龍, 大串 晃弘

    日本救急看護学会雑誌  2021年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The Impact of COVID-19 on Suicide Rates Among Japanese Students. 国際会議

    Mika Nishiyama, Shiho Yasuda, Yumi Kouchi, Makie Tahara, Jun Mizobuchi , Hiromi Sakuda, Hiromi Kawasaki, Pete D’Angelo

    21th International Mental Health Conference  2021年10月 

  • 急性冠症候群患者の発症から受診までのプロセス 早期受診を促す教育プログラムの構築を目指して 国内会議

    大串 晃弘, 野村 宜伸, 平野 絵美, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2021年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高齢リンパ浮腫患者の在宅ケアの推進と制度上の課題

    樫木政子,作田裕美

    第6回日本がんサポーティブケア学会学術集会  2021年06月 

  • 看護におけるリンパ浮腫教育の現状-国内外の文献検討- 国内会議

    新井直子,新井龍,作田裕美

    第6回日本がんサポーティブケア学会学術集会  2021年06月 

  • フライトナースの職務遂行過程の特徴 国内会議

    作田 裕美, 大串 晃弘, 坂口 桃子

    日本看護科学学会学術集会講演集  2020年12月  (公社)日本看護科学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 放射線看護に関する授業評価 看護学科2年生への実践報告 国内会議

    新井 龍, 新井 直子, 原 華代, 大儀 律子, 作田 裕美

    日本看護科学学会学術集会講演集  2020年12月  (公社)日本看護科学学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A市広報誌の内容分析からみた感染症に関する地方自治体自主防災活動の今後の課題 国内会議

    原 華代, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2020年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 文献にみるDNARの決定場面と医療者の苦悩 国内会議

    矢野 愛実, 青木 友梨花, 白矢 梨紗, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2020年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救急看護学分野の倫理に関する研究の動向と課題 国内会議

    新井 龍, 新井 直子, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2020年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救急看護における研究と教育に関する検討 テキストの目次内容と研究論文の内容の比較から 国内会議

    新井 直子, 新井 龍, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2020年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救急外来における家族への非嘆ケアの現状と課題 国内会議

    白矢 梨紗, 青木 友梨花, 矢野 愛実, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2020年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 国内の救命救急領域における患者の治療方針に関する代理意思決定の実態と課題 国内会議

    青木 友梨花, 白矢 梨紗, 矢野 愛美, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2020年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 危機の時代と救急看護 国内会議

    作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2020年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 遺伝カウンセリングを担当する医療従事者が認識しているBRCA1・BRCA2遺伝子変異保有者の抱える困難や問題の明確化 国内会議

    樫木 政子, 作田 裕美

    第25回日本緩和医療学会学術大会  2020年08月  (NPO)日本緩和医療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 救急部門に働く看護師に求められる能力と役割に関する国内外比較 国内会議

    豊海 万緒, 門 美緒, 吉田 彩良, 作田 裕美

    日本救急看護学会雑誌  2019年10月  (一社)日本救急看護学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Increasing trends of serious mental health issues in Japanese children. 国際会議

    Mika Nishiyama, Shiho Yasuda, Yumi Kouchi, Makie Tahara, Hiromi Sakuda, Hiromi Kawasaki, Pete D’Angelo

    20th International Mental Health Conference  2019年08月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 治療後遺症 リンパ浮腫 国内会議

    作田裕美

    第27回日本乳癌学会総会  2019年07月 

  • 患者満足度調査研究のアンケート回収率からみる倫理的配慮の現状と課題 国内会議

    新井龍・作田裕美・新井直子・原華代・坂口桃子

    第3回臨床知識学会学術集会  2019年03月 

  • 患者満足度調査研究のアンケート回収率からみる倫理的配慮の現状と課題 国内会議

    新井 龍, 作田 裕美, 新井 直子, 原 華代, 坂口 桃子

    日本臨床知識学会学術集会  2019年03月  日本臨床知識学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Current status of pressure injury assessment based on self-evaluation by nurses in Japan 国際会議

    Naoko Arai, Ryu Arai, Hiromi Sakuda

    ICN Conference and CNR 2019  2019年 

  • コミュニティ防災教室「災害時のトリアージと応急処置」の地域住民教育に対する評価 国内会議

    村川由加理・作田裕美・金谷志子・川原恵・山本啓雅

    第37回日本自然災害学会学術講演会  2018年10月 

  • 一般救急外来における小児患者の家族ケアに関する課題 国内会議

    上田詠美子・川畑瑛実・藤吉公則・作田裕美

    第20回日本救急看護学会学術集会  2018年10月 

  • 文献に表された看護師の院内急変への対応に関する課題 国内会議

    川畑瑛実・上田詠美子・藤吉公則・作田裕美

    第20回日本救急看護学会学術集会  2018年10月 

  • フライトナースが救急医療に与えた影響 国内会議

    藤吉公則・上田詠美子・川畑瑛実・作田裕美

    第20回日本救急看護学会学術集会  2018年10月 

  • 災害サバイバー育成への取り組み:全国地方自治体における防災・減災対策状況からみた災害教育の検討 国内会議

    村川由加理・作田裕美・坂口桃子

    第37回日本自然災害学会学術講演会  2018年10月 

  • 新人看護師の視点から見た看護基礎教育へのニーズ 国内会議

    新井龍・新井直子・作田裕美・坂口桃子

    第44回日本看護研究学会学術集会  2018年08月 

  • 放射線看護の臨床研究をかたちにする 国内会議

    西沢義子・太田勝正・野戸結花・青木和恵・大森純子・作田裕美

    第7回日本放射線看護学会学術集会  2018年08月 

  • 災害時医療に関する市民教育の効果 国内会議

    山本啓雅・横山美江・作田裕美・村川由加理・溝端康光

    第21回日本臨床救急医学会学術集会  2018年05月 

  • 救命救急センターにおける新人教育でシャドウイング指導がもたらす学び 国内会議

    永井春歌・島本千秋・作田裕美・村川由加理

    第117回近畿救急医学研究会  2018年 

  • 離職意図に及ぼす影響 ワークライフバランスとキャリア自律 国内会議

    萩原桂子・作田裕美・坂口桃子

    第37回日本看護科学学会  2017年12月 

  • 下肢リンパ浮腫の病態と治療 リンパ浮腫の看護ケア 国内会議

    作田裕美

    第9 回日本下肢救済・足病学会  2017年05月 

  • 成人急性期看護学実習における学生の学び 救命救急センター実習から 国内会議

    村川由加理・作田裕美・松岡仁美・島本千秋・市村由紀乃・荒井文恵・田中和代

    第19回日本救急看護学会学術集会  2017年 

  • 救命救急センターにおける成人急性期看護学実習の受け入れ体験が看護師に与えた影響 国内会議

    松岡仁美・村川由加理・作田裕美・島本千秋・市村由紀乃・荒井文恵・田中和代

    第19回日本救急看護学会学術集会  2017年 

  • 3ヵ月健診を受診した保護者の防災知識の実態調査 国内会議

    中原洋子・横山美江・山本啓雅・作田 裕美・村川 由加理

    第76回日本公衆衛生学会学術集会  2017年 

  • がん術後リンパ浮腫ケアの実施に関連する因子~ケア提供システムと看護の特徴~ 国内会議

    新井直子・新井龍・作田裕美・坂口桃子・村川由加理

    第1回日本臨床知識学会学術集会  2017年 

  • がん術後リンパ浮腫患者のセルフケアの特徴-体調管理に焦点を当てた半構成面接よりー 国内会議

    新井龍・新井直子・作田裕美・坂口桃子・村川由加理

    第1回日本臨床知識学会学術集会  2017年 

  • 浮腫に関する情報流通の実態調査~学術研究と一般公開された情報の量的内容分析~ 国内会議

    新井龍・新井直子・作田裕美・坂口桃子・村川由加理

    第1回日本臨床知識学会学術集会  2017年 

  • Support and education for special needs students in Japan ‐Comparative analysis between public and private elementary and secondary schools‐ 国際会議

    Mika Nishiyama・Hiromi Sakuda・Saori Uchida・Yumi Kouchi・Makie Tahara・Jun Mizobuchi・Masahiro Kawasaki・Hiromi Kawasaki・ Pete D’Angelo

    18th International Mental Health Conference  2017年 

  • がん術後リンパ浮腫ケア実施に関する看護要素 国内会議

    新井直子・新井龍・作田裕美・坂口桃子・村川由加理

    ILFJ第6回学術集会  2016年 

  • リンパ浮腫患者の体調管理セルフケアの特徴 国内会議

    新井龍・新井直子・作田裕美・坂口桃子・村川由加理

    ILFJ第6回学術集会  2016年 

  • リンパ浮腫に関する和文献の量的内容分析-学術研究と一般公開された情報の比較- 国内会議

    新井龍・新井直子・作田裕美・坂口桃子

    ILFJ第6回学術集会  2016年 

  • 患者状態適応型パス(Patient Condition Adaptive Path System) を用いたリンパ浮腫管理 国内会議

    作田裕美・北村薫・小口秀紀・吉原雅人・廣田彰男・下野僚子・水流聡子

    ILFJ第6回学術集会  2016年 

  • 放射線看護分野における看護職の活動と将来展望 国内会議

    西沢義子・野戸結花・青木和子・太田勝正・作田裕美・大森純子・吉田浩二・武田沙江加・堤弥生

    第5回日本放射線看護学会学術集会  2016年 

  • 子宮頸がんの治療戦略 婦人科がん術後に発症した下肢リンパ浮腫治療における予後因子 国内会議

    鵜飼真由・廣田彰男・北村薫・吉原雅人・作田裕美・宇津木久仁子・水流聡子・下野僚子・眞山学徳・竹田健彦・田野翔・宇野枢・ 岸上靖幸・齋藤雄史・小口秀紀

    第54回日本癌治療学会学術集会  2016年 

  • Trend of mental health to experience in the self-care acquisition process of lymphedema patients post cancer surgery in Japan 国際会議

    Hiromi Sakuda・Mika Nishiyama・Momoko Sakaguchi・Yukari Murakawa・Ryu Arai・Naoko Arai

    17th International Mental Health Conference  2016年 

  • Support and education for ADHD and LD children in Japan 国際会議

    Mika Nishiyama, Hiromi Sakuda, Saori Uchida, Yumi Kouchi, Makie Tahara, Masahiro Kawasaki, Hiromi Kawasaki, Pete D’Angelo

    17th International Mental Health Conference  2016年 

  • 災害対応訓練が防災知識や災害に対する意識に及ぼす効果 国内会議

    佐伯大輔・山本啓雅・横山美江・作田裕美・村川由加理・岩間伸之・野村恭代・生田英輔・志垣智子・小島久典・渡辺一志

    大阪市立大学都市防災教育研究センター(CERD)シンポジウム  2015年 

  • リンパ浮腫領域 国内会議

    作田裕美

    PCAPS統合化システム開発研究会 第4回研究会  2015年 

  • Current Status and Issues of advanced emergency medical service in Japan: Flight Nurse version 国際会議

    Hiromi Sakuda

    The Shanghai Punan Hospital Lecture Meeting  2015年 

  • Trends and causes of increased suicide and bullying of university students in Japan 国際会議

    Mika Nishiyama・Hiromi Sakuda・HIROMI KAWASAKI・MASAHIRO KAWASAKI・PETE D'ANGELO

    16th International Mental Health Conference  2015年 

  • 放射線看護から放射線看護学へ  今を超える力を 国内会議

    作田裕美

    第3回日本放射線看護学会学術集会  2014年 

  • リンパ浮腫患者の現状- 手術~発症・発症~診断までの期間,診断時病期,受診動機- 国内会議

    作田裕美・北村薫・清藤佐知子・廣田彰男・宇津木久仁子・下野僚子・水流聡子

    国際リンパ浮腫フレームワーク・ジャパン研究協議会第4回学術集会  2014年 

  • リンパ浮腫初期診断に関する実態調査 国内会議

    作田裕美

    PCAPS研究会 中間シンポジウム  2014年 

  • The QOL of patients who have cancer of the nasopharynx before and after receiving radiotherapy in Malaysia 国内会議

    LEE MIAU SHIN・Hiromi Sakuda

    第3回日本放射線看護学会学術集会  2014年 

  • リンパ浮腫患者の受診行動-放射線治療が発症のきっかけに- 国内会議

    作田裕美

    第3回日本放射線看護学会学術集会  2014年 

  • オンラインニュースと放射線看護に関する文献の内容の分析 国内会議

    新井龍・新井直子・坂口桃子・作田裕美

    第3回日本放射線看護学会学術集会  2014年 

  • 放射線看護に携わる看護師が希望する施設内現任教育 国内会議

    新井龍・新井直子・坂口桃子・村川由加理・LEE MIAU SHIN・作田裕美

    第3回日本放射線看護学会学術集会  2014年 

  • 放射線看護に携わる看護師を支援する施設内現任教育 国内会議

    新井直子・新井龍・坂口桃子・村川由加理・LEE MIAU SHIN・作田裕美

    第3回日本放射線看護学会学術集会  2014年 

  • 放射線看護に携わる看護師の看護実践上の困難感 国内会議

    新井龍・新井直子・坂口桃子・村川由加理・LEE MIAU SHIN・作田裕美

    第3回日本放射線看護学会学術集会  2014年 

  • 放射線看護に携わる看護師の看護実践内容 国内会議

    新井直子・新井龍・坂口桃子・村川由加理・LEE MIAU SHIN・作田裕美

    第3回日本放射線看護学会学術集会  2014年 

  • 臨床知識の構造化 リンパ浮腫:初期病期診断の方法 国内会議

    作田裕美・北村薫・清藤佐知子・廣田彰男・宇津木久仁子

    PCAPS研究会・QMS-H研究会合同シンポジウム  2014年 

  • Increasing Suicide Rates Among Japanese Female University Students 国際会議

    Mika Nishiyama・Hiromi Sakuda・Hiromi Kawasaki・Masayuki Kakehashi・Yasuhisa Shigematsu・Ryuichi Doi・Pete D’Angelo

    15th International Mental Health Conference  2014年 

  • 慢性期看護学実習における新たな実習形態での試み 患者急変後も受け持ちを継続した実習 国内会議

    新井龍・新井直子・下司映一・作田裕美・坂口桃子

    第33回日本看護科学学会学術集会  2013年 

  • 臨床知識の構造化 リンパ浮腫 2012年度検証調査結果 国内会議

    作田裕美・北村薫

    PCAPS研究会中間シンポジウム  2013年 

  • PCAPSの実装と臨床分析-リンパ浮腫 国内会議

    作田裕美・北村薫

    PCAPS研究会・QMS-H研究会・一般社団法人日本品質管理学会(JSQC)医療の質安全部会共催シンポジウム  2013年 

  • The Characteristic of Competency of a Nurse Working in the Emergency Room 国際会議

    Hiromi Sakuda・Momoko Sakaguchi・Mika Nishiyama・Murakawa Yukari・Miau Shin Lee

    The 7th Asian Conference on Emergency Medicine  2013年 

  • FOLLOW-UP TO EDUCATION OF HYPERTENTION PATIENTS AT CLINIC 国際会議

    Mika Nishiyama・Hiromi Kawasaki・Hiromi Sakuda・Ryuichi Doi・Yasuhisa Shigematsu・Pete D’Angelo

    The 21st IUHPE World Conference on Health Promotion  2013年 

  • 臨床知識の構造化-リンパ浮腫 国内会議

    作田裕美・北村薫

    PCAPS研究会中間シンポジウム  2012年 

  • PCAPS臨床分析に関する研究報告-リンパ浮腫 国内会議

    作田裕美・北村薫

    PCAPS研究会中間シンポジウム  2012年 

  • Grief Care in Japan:A Pilot Study 国際会議

    Mika Nishiyama・Hiromi Sakuda・Hiromi Kawasaki・Masayuki Kakehashi・Yasuhisa Shigematsu・Ryuichi Doi・Pete D’Angelo

    The 13th International Mental Health Conference  2012年 

  • Structure of “professional autonomy” acquired by nurses through “lymphedema specialty outpatient activities” 国際会議

    Hiromi Sakuda・Mika Nishiyama・Momoko Sakaguchi・Miyuki Sato,・Yukiko Miyakoshi・Tsuyoshi Kataoka・Emiko Kimura

    4th International Lymphoedema Framework  2012年 

  • Formulation of a lymphedema section path using the Patient Condition Adaptive Path System 国際会議

    Hiromi Sakuda・Kaoru Kitamura・Satoko Tsuru・Yukikiyo Kuroda

    4th International Lymphoedema Framework  2012年 

  • Result of the autonomy of the Japanese nurses-Lymphedema nursing specialty outpatient 国際会議

    Hiromi Sakuda

    The Shanghai Punan Hospital Lecture Meeting  2012年 

  • %指尖血流量差からのリンパ浮腫治療効果検証 国内会議

    作田裕美・佐藤美幸・坂口桃子・新井龍・片岡健・宮腰由紀子

    第31回日本看護科学学会学術集会  2011年 

  • 乳房温存術を受けた乳がん患者の自己概念 国内会議

    中矢晃子・作田裕美・坂口桃子

    第31回日本看護科学学会学術集会  2011年 

  • リンパ浮腫発症予測指標値から検証するリンパ浮腫治療 国内会議

    作田裕美・坂口桃子・小川佳宏・片岡健

    第8回日本乳癌学会中国四国地方会  2011年 

  • わが国における乳がん検診の現状と看護課題 国内会議

    粟納由記子・片岡健・作田裕美

    第8回日本乳癌学会中国四国地方会  2011年 

  • 乳房温存術を受けた乳がん患者の自己概念の変容 国内会議

    中矢晃子・坂口桃子・作田裕美・竹内恵・戸井雅和

    第8回日本乳癌学会中国四国地方会  2011年 

  • リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する研修プログラム評価(第6報)研修参加者への質問紙調査より 国内会議

    矢ヶ崎香・作田裕美・増島麻里子・井沢知子・奥朋子・小松浩子

    第25回日本がん看護学会学術集会  2011年 

  • リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する研修プログラム評価(第5報)運営者への質問紙調査より 国内会議

    奥朋子・増島麻里子・井沢知子・矢ヶ崎香・作田裕美・小松浩子

    第25回日本がん看護学会学術集会  2011年 

  • リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する研修プログラム評価(第4報)研修運営者へのインタビューより 国内会議

    増島麻里子・井沢知子・奥朋子・矢ヶ崎香・作田裕美・小松浩子

    第25回日本がん看護学会学術集会  2011年 

  • To examine how we address the issues of better education/training now and in the future for Certified Nursing staff (CN) who specialize in Radiation Therapy Nursing 国際会議

    Hiromi Sakuda

    Radiation Nursing Conference in Hirosaki  2011年 

  • Post-mortem infection control in Japan 国際会議

    Mika Nishiyama・Hiromi Sakuda・Hiromi Kawasaki・Yasuhisa Shigematsu・Morihiro Fujita・Pete D’Angelo・Ryuichi Doi・Masayuki Kakehashi

    World Congress of Epidemiology  2011年 

  • 看護師の職場における違反経験と組織市民行動 国内会議

    作田裕美・遠藤知典・新井龍・坂口桃子

    第30回日本看護科学学会学術集会  2010年 

  • がん放射線療法看護認定看護師が果たすべき役割 国内会議

    作田裕美・坂口桃子・佐藤美幸・新井龍・遠藤知典

    第36回日本看護研究学会学術集会  2010年 

  • リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する研修プログラム評価(第3報)運営者からの質問紙調査より 国内会議

    木村恵美子・奥朋子・井沢知子・作田裕美・増島麻里子・矢ヶ崎香・小松浩子

    第24回日本がん看護学会学術集会  2010年 

  • リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する研修プログラム評価(第2報)研修運営者へのインタビュー調査より 国内会議

    井沢知子・増島麻里子・木村恵美子・矢ヶ崎香・作田裕美・奥朋子・田墨惠子・小松浩子

    第24回日本がん看護学会学術集会  2010年 

  • リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する研修プログラム評価(第1報)研修参加者への質問紙調査より 国内会議

    作田裕美・矢ヶ崎香・井沢知子・奥朋子・木村恵美子・増島麻里子・小松浩子

    第24回日本がん看護学会学術集会  2010年 

  • INNADEQUET POST-MORTEM INFECTION CONTROL PROCEEDURES IN JAPAN 国際会議

    Mika Nishiyama・Hiromi Sakuda・Hiromi Kawasaki・Masayuki Kakehashi・Yasuyuki Shigematsu・Morihiro Fujita・Pete D’Angelo・Ryuichi Doi

    3RD BIENNIAL PALLIATIVE CARE NURSES AUSTRALIA CONFERENCE  2010年 

  • オリジナルブレンド精油を用いた足浴における血流促進効果の検討 国内会議

    高田直子・新井龍・遠藤知典・作田裕美・坂口桃子

    第29回日本看護科学学会学術集会  2009年 

  • がん放射線療法看護認定看護師への患者の期待 国内会議

    作田裕美・坂口桃子・新井龍・佐藤美幸・高田直子・遠藤知典

    第29回日本看護科学学会学術集会  2009年 

  • メタボリックシンドローム患者における運動療法の成功要因 効果が高かった症例と低かった症例の比較検討から 国内会議

    新井龍・井村香積・高田直子・作田裕美・坂口桃子・佐伯行一・前川聡・中村隆志・柏木厚典

    第52回日本糖尿病学会  2009年 

  • メタボリックシンドローム患者における運動療法継続の要因 看護師の介入によって良好な結果を得られた一例から 国内会議

    高田直子・井村香積・新井龍・作田裕美・坂口桃子・佐伯行一・前川聡・中村隆志・柏木厚典

    第52回日本糖尿病学会  2009年 

  • メタボリックシンドローム患者への介入研究 「生活運動を取り入れる」プログラムによる介入とその評価 国内会議

    井村香積・高田直子・新井龍・作田裕美・坂口桃子・佐伯行一・前川聡・中村隆志・柏木厚典

    第52回日本糖尿病学会  2009年 

  • リンパ浮腫患者が弾性包帯による圧迫療法を継続する要因 国内会議

    岩田聖子・今堀智恵子・梅村由佳・橋井梨沙・作田裕美・坂口桃子

    第23回日本がん看護学会学術集会  2009年 

  • 乳癌術後患者のリンパ浮腫外来における受診行動 国内会議

    服部聖子・今堀智恵子・作田裕美・来見良誠・阿部元

    第17回日本乳癌学会学術総会  2009年 

  • An internal conflict for Japanese nurses; cultural traditions or good infection control? 国際会議

    Hiromi Sakuda・Mika Nishiyama・Hiromi Kawasaki・Masayuki Kakehashi・Yasuyuki Shigematsu・Morihiro Fujita・Pete D’Angelo・Ryuichi Doi

    PALLIATIVE CARE 2009  2009年 

  • 特定機能病院における平均在院日数と看護師離職率の関連 国内会議

    中井智子・作田裕美・坂口桃子

    第28回日本看護科学学会学術集会  2008年 

  • 自費診療「リンパ浮腫外来」通院後患者の変化体験 国内会議

    作田裕美・坂口桃子・佐藤美幸・新井龍・今堀智恵子・岩田聖子・藤野みつ子

    第28回日本看護科学学会学術集会  2008年 

  • 上肢リンパ浮腫に対する複合的理学療法の効果 国内会議

    上田亨・作田裕美・黒木ゆかり・森祐介・高西裕子・志間あゆみ・小川佳宏

    第43回日本理学療法学術大会  2008年 

  • 当院におけるリンパ浮腫ケアシステムが機能した悪性腫瘍の一症例 国内会議

    渋川武志・前川昭次・今井晋二・今堀智恵子・岩田聖子・作田裕美・藤井紀和

    第43回日本理学療法学術大会  2008年 

  • 重症心身障害児(者)看護における意思表出の読み取り技術の構造 国内会議

    森田望・坂口桃子・作田裕美・口分田政夫

    第34回日本重症心身障害学会学術集会  2008年 

  • 乳がん術後リンパ浮腫患者におけるリンパ浮腫治療開始前後のSelf-efficacy変化 国内会議

    作田裕美・坂口桃子・佐藤美幸・宮腰由紀子・片岡健

    第22回日本がん看護学会学術集会  2008年 

  • 滋賀医科大学医学部附属病院「リンパ浮腫外来」開設3ヶ月における患者のニーズ 国内会議

    作田裕美・坂口桃子・今堀智恵子・岩田聖子

    第22回日本がん看護学会学術集会  2008年 

  • リンパ浮腫ケアにおける現状の問題と課題 国内会議

    奥朋子・増島麻里子・作田裕美・片山美豊恵・吉川綾子・石岡明子・佐々木智美・中辻香邦子・菅原よしえ・和泉秀子・酒井裕美・川北智子・木村恵美子・櫻井通恵・冨田英津子

    第22回日本がん看護学会学術集会  2008年 

  • 当院におけるリンパ浮腫外来開設と理学療法士の関わり 国内会議

    渋川武志・前川昭次・今井晋二・来見良誠・中川哲也・藤野みつ子・今堀智恵子・岩田聖子・作田裕美・坂口桃子

    第47回近畿理学療法学術大会  2007年 

  • 用手リンパドレナージの効果の検証-施術前後の指尖血流量左右差を用いて 国内会議

    作田裕美・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子・佐藤美幸

    第27回日本看護科学学会学術集会  2007年 

  • プリセプターシップにおける看護師長の役割行動評価 国内会議

    伊津美孝子・作田裕美・坂口桃子・清水房枝

    第5回大阪看護教育管理学会  2007年 

  • ナーストリアージの現状と課題-トリアージ問診票の記入状況より- 国内会議

    松田琴美・作田裕美・坂口桃子

    第9回日本救急看護学会学術集会  2007年 

  • 診断群分類別包括評価(DPC)導入とキャリア中期以降の看護師のバーンアウト 国内会議

    中井智子・作田裕美・坂口桃子

    第11回日本看護管理学会  2007年 

  • 病院に働く看護師が受ける患者からの暴力に関する要因 国内会議

    清水房枝・坂口桃子・作田裕美・伊津美孝子

    第11回日本看護管理学会  2007年 

  • ついに実現した看護師だけの自費診療リンパ浮腫外来 国内会議

    藤野みつ子・岩田聖子・今堀智恵子・作田裕美・餅田敬司・多川晴美・高見知世

    第11回日本看護管理学会  2007年 

  • プリセプターシップにおける看護師長の役割行動に関する実証的研究 国内会議

    伊津美孝子・作田裕美・坂口桃子

    第11回日本看護管理学会  2007年 

  • 看護師のキャリア結果とメンタリング 国内会議

    今堀陽子・作田裕美・坂口桃子

    第11回日本看護管理学会  2007年 

  • The Assessment of Body Water in Schizophrenic Patients by Bio-electrical Impedance Method 国際会議

    Miyuki Sato・Hiromi Sakuda・Fujiko Nakao・Satoko Isomura

    ICN Conference and CNR 2007  2007年 

  • Effect of Manual Lymphdrainage – based on the intracellular and extracellular water fractions in the upper extremities before and after treatment – 国際会議

    Hiromi Sakuda・Miyuki Sato・Tsuyoshi Kataoka・Momoko Sakaguchi

    Second International Conference Japaneses Society of Cancer Nursing  2007年 

  • 救急初療に働く看護師のコンピテンシー -患者・看護師・医師からの情報に基づいて- 国内会議

    作田裕美・坂口桃子・田村美恵子・木川真由美

    第9回日本臨床救急医学会  2006年 

  • 脳卒中患者の回復過程における危険行動 国内会議

    百田武司・坂口桃子・作田裕美・高田直子・新井龍

    第33回日本脳神経看護研究学会  2006年 

  • 脳卒中患者の回復過程における体験-回復期リハビリテーション病棟入院期間中の縦断的研究- 国内会議

    百田武司・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子・作田裕美・高田直子・新井龍

    第26回日本看護科学学会学術集会  2006年 

  • 乳癌術後リンパ浮腫患者における指尖血流量の特徴 国内会議

    作田裕美・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子・佐藤美幸・宮松直美・百田武司・高田直子・新井龍

    第26回日本看護科学学会学術集会  2006年 

  • 統合失調症における病的多飲水の影響因子について-血漿浸透圧及び他の関連因子との関係- 国内会議

    佐藤美幸・作田裕美・小林敏生・片岡健

    第26回日本看護科学学会学術集会  2006年 

  • 精神科看護師の病的多飲水患者の看護に対する意識と困難性 国内会議

    佐藤美幸・山根俊恵・磯村聰子・作田裕美

    第32回日本看護研究学会学術集会  2006年 

  • 乳癌術後リンパ浮腫患者の上肢細胞内外水分比の検討 国内会議

    作田裕美・佐藤美幸・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子

    第32回日本看護研究学会学術集会  2006年 

  • 病的多飲水患者の体内水分量と影響因子-統合失調症男性患者についての検討- 国内会議

    佐藤美幸・小林敏生・作田裕美・片岡健

    第31回日本看護研究学会学術集会  2005年 

  • 乳癌術後後遺症“リンパ浮腫”を発症した患者のQOL評価 国内会議

    作田裕美・宮腰由紀子・片岡健・坂口桃子・佐藤美幸

    第25回日本看護科学学会学術集会  2005年 

  • 精神的ケアに対する一般科看護師の感情とケアへの不安-精神科経験による差異- 国内会議

    西野弘員・佐藤美幸・田中愛子・高野静香・作田裕美

    第36回日本看護学会  2005年 

  • 統合失調症患者における体内水分量の季節変動 国内会議

    佐藤美幸・西野弘員・堤雅恵・作田裕美

    第36回日本看護学会  2005年 

  • 救急初療における危機管理-怒る患者と家族- 国内会議

    作田裕美・坂口桃子

    第9回日本看護管理学会  2005年 

  • 急性期・回復期看護学実習における専任指導者体制の効果 国内会議

    作田裕美・坂口桃子・本山仁美・佐藤美幸

    第31回日本集中治療医学会総会  2004年 

  • 統合失調症患者の体内水分量に関する研究-健常者との比較- 国内会議

    佐藤美幸・小林敏生・片岡健・作田裕美

    第24回日本看護科学学会学術集会  2004年 

  • 乳癌術後患者におけるリンパ浮腫発症予防に関する基礎的研究-予防行動に関連した知識の獲得と活用 国内会議

    作田裕美・宮腰由紀子・坂口桃子・片岡健

    第24回日本看護科学学会学術集会  2004年 

  • 救急初療看護における臨床判断能力の育成2-臨床判断の種類と獲得時期- 国内会議

    中島可織・永田忍・長澤美佐子・今吉晴子・木川真由美・作田裕美・坂口桃子

    第6回日本救急看護学会学術集会  2004年 

  • 救急初療看護における臨床判断能力の育成1-トレーニングシートと事例カンファレンスの試み- 国内会議

    永田忍・長澤美佐子・今吉晴子・中島可織・木川真由美・作田裕美・坂口桃子

    第6回日本救急看護学会学術集会  2004年 

  • 救命センターにおけるリーダー業務遂行上の問題 国内会議

    高木こずえ・仲祐司・平尾弥生・木川真由美・作田裕美・坂口桃子

    第23回福岡救急医学会  2004年 

  • 救急初療における看護の機能と役割-救急患者のニーズ- 国内会議

    坂口桃子・作田裕美・本山仁美・木川真由美

    第7回日本臨床救急医学会総会  2004年 

  • ICU/急性期ケア領域に配属された看護系大学新卒看護師の現状と課題 国内会議

    本山仁美・作田裕美・坂口桃子

    第31回日本集中治療医学会総会  2004年 

  • 乳癌術後リンパ浮腫患者の末梢皮膚血流量に関する研究 国内会議

    作田裕美・百田武司・佐藤美幸・宮腰由紀子

    第29回日本看護研究学会  2003年 

  • 成人男性の体内水分量と成人病発生諸因子との関連 国内会議

    佐藤美幸・作田裕美・百田武司・堤雅恵・小林敏生

    第29回日本看護研究学会  2003年 

  • 壊疽性膿皮症を合併したコロストミー造設患者の看護-疼痛緩和のための装具選択- 国内会議

    作田裕美・佐々辺やよい・原幸子・越百恵

    第15回日本ストーマリハビリテーション学会  1998年 

▼全件表示

科研費

  • 臨床放射線看護における先駆的看護実践に関する検討‐Action Research法による試み

    基盤研究(C)  2023年04月

  • フライトナースにおける看護活動実践能力に関する研究

    基盤研究(C)  2019年04月

  • 高齢者がん診療指針策定に必要な基盤整備に関する研究

    H30-がん対策-一般-007  2018年04月

  • 就業女性の乳がん検診未受診の要因分析と支援対策の構築

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 臨床看護サービスの質マネジメントシステム開発研究

    基盤研究(A)  2017年04月

  • 褥瘡創部アセスメントツール開発に向けた基礎的研究

    基盤研究(C)  2017年04月

  • 災害サバイバー育成に関する研究-災害サバイバーセルフケア支援による展開-

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2016年04月

  • リンパ浮腫看護モデルの構築-PCAPSからの展開-

    基盤研究(B)  2014年04月

  • 術前患者への専門的看護介入システムの検討-アクション・リサーチ法による試み-

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2012年04月

  • がん患者とストレスの多い看護師への補完代替医療の応用研究

    基盤研究(A)  2009年04月

  • 複合的理学療法のエビデンスの探求-リンパ浮腫発症予測指標値からの検証-

    若手研究(B)  2009年04月

  • がんや慢性疾患患者のための色彩映像によるストレス緩和媒体の開発

    基盤研究(B)  2008年04月

  • 看護職の安全を守る暴力防止マニュアルの開発

    基盤研究(C)  2008年04月

  • ナース・トリアージの有効性の検討-アクションリサーチ法による試み-

    基盤研究(B)  2006年04月

  • 乳癌術後リンパ浮腫予防対策の検討-末梢皮膚血流量の指標的有効性-

    若手研究(B)  2004年04月

  • 救急初療看護提供システムに関する研究-アクションリサーチ法による試み

    基盤研究(B)  2004年04月

▼全件表示

その他補助金等

  • 術前化学放射線療法を受ける直腸がん患者の症状クラスターに関する研究

    公益財団法人大阪対がん協会  2023年度がん研究助成奨励金 看護等(緩和ケア・リハビリ等)の部  2024年03月

  • 健康生成論的アプローチによる避難行動要支援者のレジリエンス向上プログラムの開発に向けた基礎調査

    未設定  2018年04月

  • 公立大学防災センター連携によるコミュニティ防災システムの構築

    未設定  2016年04月

  • がん放射線療法看護認定看護師が果たすべき役割と患者の期待

    未設定  2008年04月

担当教育概要

  • 学部教育では,手術を受ける患者(周手術期)を対象に,患者の全体像を体系的にとらえた上での対象論,目的論,看護実践方法論を教授します。 大学院教育では,がん看護学の学問体系構築に貢献できる人材育成を目指し,研究の基礎から応用まで教授します。

担当授業科目

  • がん看護支援特講

    2019年度     大学院

  • 後期専門演習

    2019年度     大学院

  • 後期特別研究Ⅰ

    2019年度     大学院

  • 後期特別研究Ⅱ

    2019年度     大学院

  • 後期特別研究Ⅲ

    2019年度     大学院

  • 成人看護学概論

    2012年度     大学

  • 成人看護援助論Ⅱ

    2012年度     大学

  • 成人看護学実習Ⅱ

    2012年度     大学

  • 統合看護実習

    2012年度     大学

  • 卒業研究Ⅰ

    2012年度     大学

  • 卒業研究Ⅱ

    2012年度     大学

  • 急性看護学特論

    2012年度    

  • 急性看護学援助特論

    2012年度    

  • 専門演習(急性看護学)

    2012年度    

  • 特別研究Ⅰ(急性看護学)

    2012年度    

  • 特別研究Ⅱ(急性看護学)

    2012年度    

  • 看護支援システム特講(急性)

    2012年度    

  • 後期専門演習

    2012年度    

▼全件表示

社会貢献活動

  • 厚労省委託事業リンパ浮腫研修

    役割:講師

    東京  2014年02月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:400(人)

  • 第26回日本放射線腫瘍学会

    役割:講師

    青森  2013年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:800(人)

  • ILFJ第3回学術集会

    役割:講師

    滋賀県立大学  2013年09月

     詳細を見る

    種別:講演会

    参加者数:200(人)

  • 認定看護管理者制度セカンドレベル教育 講師

    役割:講師

    富山県看護協会、岐阜県看護協会等。全国に渡る  2013年07月

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:40(人)

    「認定看護管理者制度セカンドレベル教育」は、看護協会が開催する看護管理者育成のためのプログラムである。毎年多くの修了者をだし、我が国の看護管理者育成に貢献している。
    ◆関係組織:日本看護協会、都道府県看護協会

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    厚生労働省委託事業「がんのリハビリテーション研修」リンパ浮腫研修運営委員会運営委員

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    京都府看護協会 認定看護師教育課程「がん放射線療法看護」 講師

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    富山県看護協会 認定看護管理者セカンドレベル教育課程 講師

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    岐阜県看護協会 認定看護管理者セカンドレベル教育課程 講師

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    名古屋セントラル病院 第2回リンパ浮腫セミナー 講師

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    丸茂病院 第7回本郷乳がんセミナー 講師

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    大阪大学大学院医学研究科 非常勤講師

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    2th International Lymphoedema Framework Japan 会長講演座長

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    平成23年度(第9回)佐川看護特別賞 受賞者記念講演「日本における看護師の専門職的自律性獲得の構造」,ウェスティン都ホテル京都

  • その他活動

    2012年04月 - 2013年03月

     詳細を見る

    京都大学医学部附属病院 放射線治療科 「リンパ浮腫処置に関するアドバイザー」

▼全件表示

国際交流活動

  • 招聘講演:「日本看護師の自律の成果-リンパ浮腫看護専門外来」,浦南医院(中国上海市)

    活動区分 :研究

    2012年07月

その他

  • 職務経歴

    2012年04月 - 2020年03月

      詳細を見る

    大阪市立大学 教授