2024/03/07 更新

写真a

シオイ アツシ
塩井 淳
SHIOI Atsushi
担当
大学院看護学研究科 看護学専攻 教授
看護学部 看護学科
職名
教授
所属
看護学研究院

担当・職階

  • 大学院看護学研究科 看護学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 看護学部 看護学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(医学) ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学  / 代謝学

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学  / 内分泌学

研究キーワード

  • 老化

  • 骨粗鬆症

  • 血管石灰化

  • アテローム硬化症

  • 動脈硬化症

研究概要

  • 加齢に伴い動脈硬化症・動脈石灰化などの血管病変と骨粗鬆症が発症する。加齢によるカルシウム代謝異常により、骨のカルシウム量が減少する一方で血管へのカルシウム沈着量が増加する。したがって、老化におけるカルシウム代謝異常の役割が重要と考えられる。老化におけるカルシウムの役割を細胞生物学・分子生物学的手法を用いて研究しており、老化によるカルシウム代謝異常を是正することにより老年病の発症・進展を予防する治療の確立を目指している。

研究歴

  • 動脈硬化と血管石灰化

    血管平滑筋細胞、マクロファージ、カルシウム  個人研究

    1993年04月 - 継続中 

  • サルコペニアの発症機構の解析

    機関内共同研究

    2016 - 継続中 

  • 脂肪細胞の褐色化と代謝性疾患

    機関内共同研究

    2015 - 継続中 

  • 腎間質線維化と慢性腎不全

    慢性腎疾患、ビタミンD、線維化  個人研究

    2004年04月 - 継続中 

  • 老化とカルシウム代謝

    カルシウム調節ホルモン、骨粗鬆症、動脈硬化  個人研究

    1993年04月 - 継続中 

  • 骨粗鬆症の発症機構

    カルシウム、老化、ビタミンD  個人研究

    1991年04月 

  • 骨細胞の生物学

    骨芽細胞、破骨細胞、副甲状腺ホルモン受容体  個人研究

    1991年04月 

所属学協会

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本糖尿病学会

      国内

  • 日本腎臓学会

      国内

  • 日本内分泌学会

      国内

委員歴(学外)

  • 近畿地方支部代議員   日本老年医学会  

    2014年 - 継続中 

  • 近畿支部評議員   日本内科学会  

    2011年09月 - 継続中 

  • 評議員   日本動脈硬化学会  

    2013年 - 継続中 

  • 編集委員   日本骨代謝学会雑誌 (JBMM)  

    2011年01月 - 2018年03月 

      詳細を見る

    Journal of Bone and Mineral Metabolism 編集委員

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   病理系   博士課程  

    - 1990年

  • 大阪市立大学   医学部    

    - 1986年

論文

  • Serum osteoprotegerin levels and long-term prognosis in subjects with stable coronary artery disease

    Jono S, Otsuki S, Higashikuni Y, Shioi A, et al.

    Journal of Thrombosis and Haemostasis   8 ( 6 )   1170 - 1175   2010年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Association of serum TRAIL level with coronary artery disease

    Mori K, Ikari Y, Jono S, Shioi A, et al.

    Thrombosis Research   125 ( 4 )   322 - 325   2010年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway regulates inflammatory mediators-induced calcification of human vascular smooth muscle cells

    Okazaki H, Shioi A, Hirowatari K, Koyama K, et al.

    Osaka City Medical Journal   55 ( 2 )   71 - 80   2009年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oxidative Stress and Inflammation as Predictors of Mortality and Cardiovascular Events in Hemodialysis Patients: The DREAM Cohort. 査読

    Sasaki K, Shoji T, Kabata D, Shintani A, Okute Y, Tsuchikura S, Shimomura N, Tsujimoto Y, Nakatani S, Mori K, Shioi A, Inaba M, Emoto M

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 Journal of atherosclerosis and thrombosis   28 ( 3 )   249 - 260   2021年03月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Aim: </b>Both oxidative stress and inflammation are involved in the pathogenesis of cardiovascular disease (CVD). The serum level of derivatives of reactive oxygen metabolites (d-ROMs) is a measure of the total amount of hydroperoxides serving as a marker of oxidative stress. We investigated whether d-ROMs could predict the clinical outcomes in hemodialysis patients and whether the associations of d-ROMs with the outcomes are independent of a marker of inflammation, C-reactive protein (CRP).<b> </b></p><p><b>Methods:</b> This was a prospective cohort study in hemodialysis patients. The key exposures were the serum levels of d-ROMs and CRP. The outcome measures were all-cause mortality and new CVD events.<b> </b></p><p><b>Results: </b>A total of 517 patients were analyzed. d-ROMs correlated positively with CRP. During follow-up for 5 years, 107 patients died, and 190 patients experienced new CVD events. In the Kaplan–Meier analyses, both higher d-ROMs and higher CRP levels predicted higher risks for mortality and CVD events. By Cox proportional-hazard regression analysis adjusted for potential confounders excluding CRP, d-ROMs exhibited a significant association with all-cause mortality, but this association was no longer significant after further adjustment for CRP. Using the same model, CRP exhibited a significant association with all-cause mortality, but this association was no longer significant after further adjustment for d-ROMs. When we analyzed new CVD events as the outcome, CRP was a significant predictor, whereas the level of d-ROMs was not.<b> </b></p><p><b>Conclusions: </b>Although d-ROMs predicted mortality and CVD events in unadjusted models, the associations of d-ROMs with these outcomes were not independent of CRP. Oxidative stress and inflammation appear to share common causal pathways.</p>

    DOI: 10.5551/jat.56069

    PubMed

    CiNii Article

  • 血液透析患者の死亡率および心血管イベントの予測因子としての酸化ストレスと炎症 DREAMコホート(Oxidative Stress and Inflammation as Predictors of Mortality and Cardiovascular Events in Hemodialysis Patients: The DREAM Cohort) 査読

    Sasaki Keyaki, Shoji Tetsuo, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Okute Yujiro, Tsuchikura Shoko, Shimomura Naoko, Tsujimoto Yoshihiro, Nakatani Shinya, Mori Katsuhito, Shioi Atsushi, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   28 ( 3 )   249 - 260   2021年03月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    derivative of reactive oxygen metabolite(d-ROM)から血液透析患者の臨床成績を予測できるかどうか、d-ROMと臨床成績との関連がC反応性蛋白質(CRP)に非依存的かどうかを調べた。血液透析患者から血液検体を採取して、d-ROMアッセイを実施した。総死亡率と新規心血管疾患(CVD)イベントを評価した。血液透析患者517例(男性62.9%、中央値61歳)を解析した。d-ROMはCRPと正に関連した。5年間の経過観察期間中、107例が死亡し、190例が新規CVDイベントを経験した。Kaplan-Meier解析では高d-ROMと高CRPは死亡率とCVDイベントの高リスクを予測した。CRP以外の潜在的交絡因子を補正したコックス比例ハザード回帰分析では、d-ROMsは総死亡率と有意に関連したが、CRPを補正するとこの関連は有意ではなくなった。同じモデルでCRPは総死亡率と有意な関連を示したが、d-ROMsを補正するとこの関連は有意ではなくなった。新規CVDイベントを転帰として分析するとCRPは有意な予測因子であったが、d-ROMは有意な予測因子ではなかった。

  • Albuminuria rather than glomerular filtration rate is associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes 査読

    Kakutani Yoshinori, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Yamazaki Yuko, Ochi Akinobu, Kurajoh Masafumi, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    JOURNAL OF DIABETES AND ITS COMPLICATIONS   34 ( 12 )   107702   2020年12月( ISSN:1056-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jdiacomp.2020.107702

    PubMed

  • Visceral adiposity is associated with the discrepancy between glycated albumin and HbA1c in type 2 diabetes 査読

    Maruo Saori, Motoyama Koka, Hirota Tomoe, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    DIABETOLOGY INTERNATIONAL   11 ( 4 )   368 - 375   2020年10月( ISSN:2190-1678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13340-020-00431-z

    PubMed

  • Visceral adiposity is associated with the discrepancy between glycated albumin and HbA1c in type 2 diabetes(和訳中) 査読

    Maruo Saori, Motoyama Koka, Hirota Tomoe, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    シュプリンガー・ジャパン(株) Diabetology International   11 ( 4 )   368 - 375   2020年10月( ISSN:2190-1678

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 糖尿病における上腕血圧左右差およびその末梢動脈疾患との選択的関連(Inter-Arm Blood Pressure Difference in Diabetes Mellitus and Its Preferential Association with Peripheral Artery Disease) 査読

    Miyashima Masako, Shoji Tetsuo, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Ochi Akinobu, Morioka Tomoaki, Shinohara-Mitsuki Kayo, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Inaba Masaaki, Emoto Masanori

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   27 ( 8 )   780 - 788   2020年08月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    自動血圧測定器を用いて両上腕血圧を測定した被験者を、糖尿病患者1316例と非糖尿病患者1264例に分類し、上腕血圧の左右差(IAD)に対する糖尿病の関与と、心血管疾患との関連を横断研究により検討した。糖尿病患者は非糖尿病患者と比べてIADの値が大きく、10mmHg以上のIADの有病率が有意に高かったが、交絡因子を補正後に有意差はなくなった。心血管疾患のリスク因子で補正後のモデルにおいて、冠動脈疾患、脳卒中、末梢動脈疾患のうち、末梢動脈疾患のみがIADと有意に関連した。特に若年の患者では、末梢動脈疾患とIADの相関が顕著であった。糖尿病はIADの独立関連因子ではなかった。

  • The Inhibitory Roles of Vitamin K in Progression of Vascular Calcification 招待 査読 国際共著

    Shioi A, Morioka T, Shoji T, Emoto M

    Nutrients   12 ( 2 )   E583   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The Inhibitory Roles of Vitamin K in Progression of Vascular Calcification. 査読

    Shioi A, Morioka T, Shoji T, Emoto M

    Nutrients   12 ( 2 )   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu12020583

    PubMed

  • The Inhibitory Roles of Vitamin K in Progression of Vascular Calcification 査読

    Shioi A, Morioka T, Shoji T, Emoto M

    Nutrients   12 ( 2 )   E583   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inter-Arm Blood Pressure Difference in Diabetes Mellitus and Its Preferential Association with Peripheral Artery Disease. 査読

    Miyashima M, Shoji T, Kakutani Y, Yamazaki Y, Ochi A, Morioka T, Shinohara-Mitsuki K, Fukumoto S, Shioi A, Inaba M, Emoto M

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 Journal of atherosclerosis and thrombosis   2019年12月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Aim: </b>Inter-arm blood pressure difference (IAD) is known to be associated with a composite of cardiovascular disease (CVD) and with CVD risk factors. However, only limited information is available regarding the contribution of diabetes mellitus to IAD and the association of IAD with individual CVDs, such as coronary artery disease (CAD), stroke, and peripheral artery disease (PAD).<b> </b></p><p><b>Methods: </b>We addressed these issues in this cross-sectional study of 2580 participants who had simultaneous blood pressure measurements in both arms using an automated device.<b> </b></p><p><b>Results: </b>Compared with 1,264 nondiabetic subjects, 1316 patients with diabetes mellitus had a greater IAD (<i>P</i>=0.01) and a higher prevalence of IAD of ≥ 10 mmHg (8.4% vs. 5.4%, <i>P</i>=0.002). However, such difference was not significant after the adjustment for potential confounders. Among CAD, stroke, and PAD, only PAD was significantly associated with IAD in a model adjusted for the CVD risk factors. Age was found to modify the association between IAD and PAD, with the association being more prominent in the younger subgroup.<b> </b></p><p><b>Conclusion: </b>Thus, diabetes mellitus itself was not an independent factor associated with IAD. A larger IAD was preferentially associated with the presence of PAD, and this association was modified by age.</p>

    DOI: 10.5551/jat.52886

    PubMed

    CiNii Article

  • Plasma omentin levels are inversely associated with atherosclerosis in type 2 diabetes patients with increased plasma adiponectin levels: a cross-sectional study. 査読

    Nishimura M, Morioka T, Hayashi M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Kurajoh M, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Inaba M, Emoto M

    Cardiovascular diabetology   18 ( 1 )   167   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12933-019-0973-3

    PubMed

  • Adenosine Attenuates Aortic Smooth Muscle Cell Calcification through A(3) Adenosine Receptor 査読

    Fujimoto Kenta, Shioi Atsushi, Miki Yuya, Kakutani Yoshinori, Morioka Tomoaki, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    東北ジャーナル刊行会 TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   249 ( 4 )   275 - 283   2019年12月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Vascular calcification is a typical feature of atherosclerosis and is associated with adverse cardiovascular events such as myocardial infarction and stroke. Several studies have suggested that adenosine, an ATP metabolite may function as an endogenous regulator of arterial calcification. However, its effects on vascular smooth muscle cell calcification have not been clarified. In this study, we investigated the inhibitory effects of adenosine on vascular calcification in vitro by utilizing the culture of human aortic smooth muscle cells (HASMCs). Osteoblastic differentiation of HASMCs was induced by the treatment with oncostatin M and osteogenic differentiation medium. Adenosine and its metabolically stable analogue, 2-chloroadenosine (CADO) significantly reduced matrix mineralization and alkaline phosphatase (ALP) activities in HASMCs. The mRNA expression of tissue non-specific alkaline phosphatase (TNAP) was down-regulated by adenosine and CADO, but the mRNA expression of other osteoblastic differentiation markers, such as Runt-related transcription factor 2 (RUNX2) and bone sialoprotein (BSP)-II, was not significantly affected by these two reagents. Among the adenosine receptor (AR) subtype-selective agonists used, only IB-MECA (A<sub>3</sub> AR-selective agonist) significantly decreased in vitro mineralization and ALP activities in HASMCs, but not with CCPA (A<sub>1</sub> AR-selective agonist), CGS21680 (A<sub>2a</sub> AR-selective agonist), or BAY60-6583 (A<sub>2b</sub> AR-selective agonist). Importantly, IB-MECA also down-regulated expression of TNAP mRNA. Finally, knockdown of A<sub>3</sub> AR, but not A<sub>1</sub> AR, A<sub>2a</sub> AR, or A<sub>2b</sub> AR, significantly reversed the inhibitory actions of adenosine, CADO, or IB-MECA on in vitro calcification and ALP activities in HASMCs. These data suggest that adenosine attenuates HASMC calcification through A<sub>3</sub> AR. </p>

    DOI: 10.1620/tjem.249.275

    PubMed

    CiNii Article

  • アデノシンはアデノシンA3受容体を介して大動脈平滑筋細胞の石灰化を減弱する(Adenosine Attenuates Aortic Smooth Muscle Cell Calcification through A3 Adenosine Receptor) 査読

    Fujimoto Kenta, Shioi Atsushi, Miki Yuya, Kakutani Yoshinori, Morioka Tomoaki, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    東北ジャーナル刊行会 The Tohoku Journal of Experimental Medicine   249 ( 4 )   275 - 283   2019年12月( ISSN:0040-8727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ヒト大動脈血管平滑筋細胞(HASMC)石灰化に対するアデノシンシグナル伝達の抑制作用を調べた。HASMCをオンコスタチンM(OSM)と骨形成分化培地(ODM)で処理することにより、骨芽細胞分化とマトリックス石灰化をさせた血管石灰化in vitroモデルを利用した。検討の結果、アデノシンはALP活性と組織非特異的アルカリホスファターゼ(TNAP)mRNAの発現を大幅に抑制した。代謝的に安定した類似体である2-クロロアデノシン(CADO)は、TNAPのmRNA発現を有意に抑制したが、Runt関連転写因子2(RUNX2)および骨シアロタンパク質(BSP)-IIのmRNA発現は抑制しなかった。CCPA(A1 AR選択的アゴニスト)、CGS21680(A2a AR選択的アゴニスト)、BAY60-6583(A2b AR選択的アゴニスト)はHASMC石灰化とALP活性を阻害しなかったのに対し、IB-MECA(A3 AR-選択的アゴニスト)はin vitroの石灰化とALP活性の両方を用量依存的に減少させた。さらに、IB-MECAはTNAPのmRNA発現も有意に抑制したが、RUNX2およびBSP-IIのmRNA発現は抑制しなかった。また、A3 ARをノックダウンすると、HASMCの石灰化およびALP活性におけるアデノシン、CADO、IB-MECAの阻害作用が大幅に遮断された。以上のデータから、A3 AR活性化がHASMC石灰化に対するアデノシンシグナル伝達の抑制作用を媒介することが示唆された。

  • Oncostatin M induces C2C12 myotube atrophy by modulating muscle differentiation and degradation 査読

    Miki Yuya, Morioka Tomoaki, Shioi Atsushi, Fujimoto Kenta, Sakura Takeshi, Uedono Hideki, Kakutani Yoshinori, Ochi Akinobu, Mori Katsuhito, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   516 ( 3 )   951 - 956   2019年08月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.06.143

    PubMed

  • OXIDATIVE STRESS AS A PREDICTOR OF MORTALITY AND CARDIOVASCULAR EVENTS IN HEMODIALYSIS PATIENTS:THE DREAM COHORT STUDY 査読

    Sasaki Keyaki, Shoji Tetsuo, Okute Yujiro, Tsuchikura Shoko, Shimomura Naoko, Tsujimoto Yoshihiro, Nishizawa Yoshiki, Nakatani Shinya, Mori Katsuhito, Shioi Atsushi, Hayashi Tomoshige, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   34   2019年06月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • OXIDATIVE STRESS AS A PREDICTOR OF MORTALITY AND CARDIOVASCULAR EVENTS IN HEMODIALYSIS PATIENTS:THE DREAM COHORT STUDY 査読

    Sasaki Keyaki, Shoji Tetsuo, Okute Yujiro, Tsuchikura Shoko, Shimomura Naoko, Tsujimoto Yoshihiro, Nishizawa Yoshiki, Nakatani Shinya, Mori Katsuhito, Shioi Atsushi, Hayashi Tomoshige, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   34   2019年06月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Plasma omentin levels are associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes at elevated cardiovascular risk. 査読

    Hayashi M, Morioka T, Hatamori M, Kakutani Y, Yamazaki Y, Kurajoh M, Motoyama K, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Shoji T, Emoto M, Inaba M

    Diabetes research and clinical practice   148   160 - 168   2019年02月( ISSN:0168-8227

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.diabres.2019.01.009

    PubMed

  • Plasma polyunsaturated fatty acid profile is associated with vascular endothelial function in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Imamura Satoshi, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    DIABETES & VASCULAR DISEASE RESEARCH   15 ( 4 )   352 - 355   2018年07月( ISSN:1479-1641

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1479164118774314

    PubMed

  • メトホルミンはAMP活性化蛋白質キナーゼの活性化を介してヒト平滑筋細胞の骨芽細胞分化を阻害する(Metformin Inhibits Osteoblastic Differentiation of Human Vascular Smooth Muscle Cells through Activation of AMP-activated Protein Kinase) 査読

    Okazaki Hirokazu, Shioi Atsushi, Kakutani Yoshinori, Miyoshi Akio, Shoji Takuhito, Koyama Hidenori

    兵庫医科大学医学会 兵庫医科大学医学会雑誌   42 ( 2 )   39 - 45   2018年03月( ISSN:0385-7638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ヒト血管平滑筋細胞(HVSMC)を骨形成分化培地(ODM)で培養して骨芽細胞の分化を誘導し、血糖降下剤メトホルミン(Met)の作用を調べた。MetはODMにより誘導されたアルカリホスファターゼ(ALP)活性とマトリックス石灰化を有意に阻害した。ODMにより誘導されたALP活性に対するAMP活性化蛋白質キナーゼ(AMPK)活性化の影響を調べたところ、AMPKアクチベーターのAICARはHVSMCにおけるALP活性を有意に阻害した。MetによるALP活性の低下はAMPK阻害剤の化合物Cによってほぼ完全に回復した。ウェスタンブロット法にて、AICARはSTAT3のリン酸化を阻害した。

  • メトホルミンはAMP活性化蛋白質キナーゼの活性化を介してヒト平滑筋細胞の骨芽細胞分化を阻害する(Metformin Inhibits Osteoblastic Differentiation of Human Vascular Smooth Muscle Cells through Activation of AMP-activated Protein Kinase) 査読

    Okazaki Hirokazu, Shioi Atsushi, Kakutani Yoshinori, Miyoshi Akio, Shoji Takuhito, Koyama Hidenori

    兵庫医科大学医学会 兵庫医科大学医学会雑誌   42 ( 2 )   39 - 45   2018年03月( ISSN:0385-7638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ヒト血管平滑筋細胞(HVSMC)を骨形成分化培地(ODM)で培養して骨芽細胞の分化を誘導し、血糖降下剤メトホルミン(Met)の作用を調べた。MetはODMにより誘導されたアルカリホスファターゼ(ALP)活性とマトリックス石灰化を有意に阻害した。ODMにより誘導されたALP活性に対するAMP活性化蛋白質キナーゼ(AMPK)活性化の影響を調べたところ、AMPKアクチベーターのAICARはHVSMCにおけるALP活性を有意に阻害した。MetによるALP活性の低下はAMPK阻害剤の化合物Cによってほぼ完全に回復した。ウェスタンブロット法にて、AICARはSTAT3のリン酸化を阻害した。

  • 血漿可溶性レプチン受容体値は2型糖尿病患者における膵β細胞機能障害と関連する(Plasma soluble leptin receptor levels are associated with pancreatic β-cell dysfunction in patients with type 2 diabetes) 査読

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Diabetes Investigation   9 ( 1 )   55 - 62   2018年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者における血漿可溶性レプチン受容体(Ob-R)値とインスリン耐性および膵β細胞機能の関連を調べた。2型糖尿病患者283例(男性60.1%、平均61±12歳)に対して、血漿可溶性Ob-R値およびレプチン値をELISA法で測定した。インスリン抵抗性指数(HOMA-IR)、β細胞機能のホメオスタシスモデルアセスメント(HOMA-β)、Cペプチドインデックスを計算した。血漿レプチン中央値は3.4ng/mL、可溶性Ob-R中央値は23.6ng/mLであった。血漿レプチン値はHOMA-IR、HOMA-β、Cペプチドインデックスと強く且つ正に関連した。血漿可溶性Ob-R値はHOMA-β、Cペプチド指標と強く且つ負に関連したが、HOMA-IRとは弱く関連した。血漿可溶性Ob-R値、血漿レプチン値、スルホニル尿素の使用、年齢、性別、BMI、および他の共変量を含む多変量解析では、可溶性Ob-R値はHOMA-β、Cペプチドインデックスと独立に負に関連したが、HOMA-IRには有意に関連しなかった。可溶性Ob-Rが肥満と循環レプチン値から独立して、膵β細胞のインスリン分泌機能に影響を及ぼす因子の一つであることが示唆された。

  • Altered Serum n-6 Polyunsaturated Fatty Acid Profile and Risks of Mortality and Cardiovascular Events in a Cohort of Hemodialysis Patients 査読

    Kuwamura Yukinobu, Shoji Tetsuo, Okute Yujiro, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tsujimoto Yoshihiro, Shioi Atsushi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF RENAL NUTRITION   28 ( 1 )   54 - 63   2018年01月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2017.07.001

    PubMed

  • Plasma soluble leptin receptor levels are associated with pancreatic beta-cell dysfunction in patients with type 2 diabetes 査読

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES INVESTIGATION   9 ( 1 )   55 - 62   2018年01月( ISSN:2040-1124

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jdi.12657

    PubMed

  • 血漿可溶性レプチン受容体値は2型糖尿病患者における膵β細胞機能障害と関連する(Plasma soluble leptin receptor levels are associated with pancreatic β-cell dysfunction in patients with type 2 diabetes) 査読

    Morioka Tomoaki, Emoto Masanori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki

    John Wiley & Sons Australia, Ltd Journal of Diabetes Investigation   9 ( 1 )   55 - 62   2018年01月( ISSN:2040-1116

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病患者における血漿可溶性レプチン受容体(Ob-R)値とインスリン耐性および膵β細胞機能の関連を調べた。2型糖尿病患者283例(男性60.1%、平均61±12歳)に対して、血漿可溶性Ob-R値およびレプチン値をELISA法で測定した。インスリン抵抗性指数(HOMA-IR)、β細胞機能のホメオスタシスモデルアセスメント(HOMA-β)、Cペプチドインデックスを計算した。血漿レプチン中央値は3.4ng/mL、可溶性Ob-R中央値は23.6ng/mLであった。血漿レプチン値はHOMA-IR、HOMA-β、Cペプチドインデックスと強く且つ正に関連した。血漿可溶性Ob-R値はHOMA-β、Cペプチド指標と強く且つ負に関連したが、HOMA-IRとは弱く関連した。血漿可溶性Ob-R値、血漿レプチン値、スルホニル尿素の使用、年齢、性別、BMI、および他の共変量を含む多変量解析では、可溶性Ob-R値はHOMA-β、Cペプチドインデックスと独立に負に関連したが、HOMA-IRには有意に関連しなかった。可溶性Ob-Rが肥満と循環レプチン値から独立して、膵β細胞のインスリン分泌機能に影響を及ぼす因子の一つであることが示唆された。

  • Plaque Calcification During Atherosclerosis Progression and Regression 査読

    Shioi Atsushi, Ikari Yuji

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   25 ( 4 )   294 - 303   2018年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Plaque calcification develops by the inflammation-dependent mechanisms involved in progression and regression of atherosclerosis. Macrophages can undergo two distinct polarization states, that is, pro-inflammatory M1 phenotype in progression and anti-inflammatory M2 phenotype in regression. In plaque progression, predominant M1 macrophages promote the initial calcium deposition within the necrotic core of the lesions, called as microcalcification, through not only vesicle-mediated mineralization as the result of apoptosis of macrophages and vascular smooth muscle cells (VSMCs), but also VSMC differentiation into early phase osteoblasts. On the other hand, in plaque regression M2 macrophages are engaged in the healing response to plaque inflammation. In association with the resolution of chronic inflammation, M2 macrophages may facilitate macroscopic calcium deposition, called as macrocalcification, through induction of osteoblastic differentiation and maturation of VSMCs. Oncostatin M, which has been shown to promote osteoblast differentiation in bone, may play a pivotal role in the development of plaque calcification. Clinically, two types of plaque calcification have distinct implications. Macrocalcification leads to plaque stability, while microcalcification is more likely to be associated with plaque rupture. Statin therapy, which reduces cardiovascular mortality, has been shown to exert its dual actions on plaque morphology, that is, regression of atheroma and increment of macroscopic calcium deposits. Statins may facilitate the healing process against plaque inflammation by enhancing M2 polarization of macrophages. Vascular calcification has pleiotropic properties as pro-inflammatory "microcalcification" and anti-inflammatory "macrocalcification". The molecular mechanisms of this process in relation with plaque progression as well as plaque regression should be intensively elucidated.</p>

    DOI: 10.5551/jat.RV17020

    CiNii Article

  • Plasma homocysteine and cerebral small vessel disease as possible mediators between kidney and cognitive functions in patients with diabetes mellitus 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kuwamura Yukinobu, Okute Yujiro, Naganuma Toshihide, Shima Hideaki, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shimono Taro, Fujii Hisako, Kabata Daijiro, Shintani Ayumi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    SCIENTIFIC REPORTS   7 ( 1 )   4382   2017年06月( ISSN:2045-2322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-04515-w

    PubMed

  • Lipopolysaccharide-binding protein is associated with arterial stiffness in patients with type 2 diabetes: a cross-sectional study 査読

    Sakura Takeshi, Morioka Tomoaki, Shioi Atsushi, Kakutani Yoshinori, Miki Yuya, Yamazaki Yuko, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    CARDIOVASCULAR DIABETOLOGY   16 ( 1 )   62   2017年05月( ISSN:1475-2840

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12933-017-0545-3

    PubMed

  • Cardiothoracic Ratio as a Predictor of Cardiovascular Events in a Cohort of Hemodialysis Patients. 査読

    Okute Y, Shoji T, Hayashi T, Kuwamura Y, Sonoda M, Mori K, Shioi A, Tsujimoto Y, Tabata T, Emoto M, Inaba M

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   24 ( 4 )   412 - 421   2017年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5551/jat.36426

    PubMed

  • 血液透析患者コホートにおける心血管イベントの予測因子としての心胸郭比(Cardiothoracic Ratio as a Predictor of Cardiovascular Events in a Cohort of Hemodialysis Patients) 査読

    Okute Yujiro, Shoji Tetsuo, Hayashi Tomoshige, Kuwamura Yukinobu, Sonoda Mika, Mori Katsuhito, Shioi Atsushi, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   24 ( 4 )   412 - 421   2017年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血液透析患者コホートにおける心血管疾患(CVD)イベントの予測因子としての心胸郭比(CTR)の有用性を、N末端プロ脳性ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)と比較検討した。対象は維持透析患者517例と健康対照122例で、主要予測因子はCTRおよび血清NT-proBNPであり、主要評価項目は5年時のCVDイベントであった。ベースライン時点で透析群は対照群よりもCTR中央値が高かった。透析群のCTRはNT-proBNPと有意に正相関した。5年間のフォローアップ期間中にCVDイベントが190例で発生した。多変量コックスモデルにおいて、CTRはCVDリスクと有意に関連した[ハザード比(HR)2.12]。NT-proBNPは3.27のHRを示した。予測因子としてCTRおよびNT-proBNPが同時に含まれたとき、NT-proBNPのみがCVDイベント、全死因死亡率およびCVD+全死因死亡率の複合の有意な予測因子であった。血液透析患者においてCTRはCVDの有意かつ独立した予測因子であった。

  • 血液透析患者コホートにおける心血管イベントの予測因子としての心胸郭比(Cardiothoracic Ratio as a Predictor of Cardiovascular Events in a Cohort of Hemodialysis Patients) 査読

    Okute Yujiro, Shoji Tetsuo, Hayashi Tomoshige, Kuwamura Yukinobu, Sonoda Mika, Mori Katsuhito, Shioi Atsushi, Tsujimoto Yoshihiro, Tabata Tsutomu, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   24 ( 4 )   412 - 421   2017年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血液透析患者コホートにおける心血管疾患(CVD)イベントの予測因子としての心胸郭比(CTR)の有用性を、N末端プロ脳性ナトリウム利尿ペプチド(NT-proBNP)と比較検討した。対象は維持透析患者517例と健康対照122例で、主要予測因子はCTRおよび血清NT-proBNPであり、主要評価項目は5年時のCVDイベントであった。ベースライン時点で透析群は対照群よりもCTR中央値が高かった。透析群のCTRはNT-proBNPと有意に正相関した。5年間のフォローアップ期間中にCVDイベントが190例で発生した。多変量コックスモデルにおいて、CTRはCVDリスクと有意に関連した[ハザード比(HR)2.12]。NT-proBNPは3.27のHRを示した。予測因子としてCTRおよびNT-proBNPが同時に含まれたとき、NT-proBNPのみがCVDイベント、全死因死亡率およびCVD+全死因死亡率の複合の有意な予測因子であった。血液透析患者においてCTRはCVDの有意かつ独立した予測因子であった。

  • The Association between Monocyte Surface CD163 and Insulin Resistance in Patients with Type 2 Diabetes 査読

    Kawarabayashi Reina, Motoyama Koka, Nakamura Miyuki, Yamazaki Yuko, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Imanishi Yasuo, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF DIABETES RESEARCH   2017   6549242   2017年( ISSN:2314-6745

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/6549242

    PubMed

  • Plasma phylloquinone, menaquinone-4 and menaquinone-7 levels and coronary artery calcification 査読

    Torii S., Ikari Y., Tanabe K., Kakuta T., Hatori M., Shioi A., Okano T.

    JOURNAL OF NUTRITIONAL SCIENCE   5   2016年12月( ISSN:2048-6790

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jns.2016.20

  • [Vascular diseases in CKD-MBD]. 査読

    Shioi A

    Clinical calcium   26 ( 6 )   883 - 8   2016年06月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • [Vascular diseases in CKD-MBD]. 査読

    Shioi A

    Clinical calcium   26 ( 6 )   883 - 8   2016年06月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: CliCa1606883888

    PubMed

  • Impact of menaquinone-4 supplementation on coronary artery calcification and arterial stiffness: an open label single arm study 査読

    Ikari Yuji, Torii Sho, Shioi Atsushi, Okano Toshio

    NUTRITION JOURNAL   15 ( 1 )   53   2016年05月( ISSN:1475-2891

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12937-016-0175-8

    PubMed

  • Plasma C1q/TNF-Related Protein-9 Levels Are Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes without Renal Dysfunction 査読

    Asada Mariko, Morioka Tomoaki, Yamazaki Yuko, Kakutani Yoshinori, Kawarabayashi Reina, Motoyama Koka, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Andmasaaki

    JOURNAL OF DIABETES RESEARCH   2016   8624313   2016年( ISSN:2314-6745

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2016/8624313

    PubMed

  • Oncostatin M Promotes Osteoblastic Differentiation of Human Vascular Smooth Muscle Cells Through JAK3-STAT3 Pathway 査読

    Kakutani Yoshinori, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Okazaki Hirokazu, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF CELLULAR BIOCHEMISTRY   116 ( 7 )   1325 - 1333   2015年07月( ISSN:0730-2312

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jcb.25088

    PubMed

  • ASSOCIATION BETWEEN SILENT CEREBROVASCULAR DISEASE AND COGNITIVE IMPAIRMENT IN PATIENTS WITH CHRONIC KIDNEY DISEASE AND DIABETES MELLITUS 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Okute Yujiro, Kuwamura Nobuyuki, Shima Hideaki, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   30   2015年05月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfv192.48

  • 糖尿病患者における腎機能、コレステロール吸収およびレムナントリポ蛋白質の蓄積(Kidney Function, Cholesterol Absorption and Remnant Lipoprotein Accumulation in Patients with Diabetes Mellitus) 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kimoto Eiji, Okute Yujiro, Shima Hideaki, Naganuma Toshihide, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   21 ( 4 )   346 - 354   2014年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病(T2DM)患者における、慢性腎疾患(CKD)、コレステロール代謝、レムナントリポタンパク質の関係について検討した。2型糖尿病患者146名の空腹時血清について、レムナントリポタンパク質コレステロール(RemL-C)、コレステロール合成マーカーのラトステロール、コレステロール吸収マーカーのカンペステロールの濃度を測定した。また、尿中アルブミンクレアチニン比(U-ACR)と推算糸球体濾過量(eGFR)から慢性腎疾患(CKD)の程度を調べた。RemL-C、ラトステロールおよびカンペステロールの中央値は、それぞれ14.5mg/dL、2.1μg/mL、2.3μg/mLであった。RemL-C濃度はU-ACRと正の相関、eGFRと負の相関、ラトステロールおよびカンペステロールの濃度と正の相関を示した。ラトステロール濃度はU-ACRと有意な相関を示さなかったが、eGFRとは正相関した。カンペステロール濃度はACRと正の相関、eGFRと負の相関を示した。重回帰分析では、ラトステロールとカンペステロールは両方とも、U-ACR、eGFRおよび他の変数とは独立してRemL-C濃度と正の関係を示した。

  • 糖尿病患者における腎機能、コレステロール吸収およびレムナントリポ蛋白質の蓄積(Kidney Function, Cholesterol Absorption and Remnant Lipoprotein Accumulation in Patients with Diabetes Mellitus) 査読

    Sonoda Mika, Shoji Tetsuo, Kimoto Eiji, Okute Yujiro, Shima Hideaki, Naganuma Toshihide, Motoyama Koka, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   21 ( 4 )   346 - 354   2014年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2型糖尿病(T2DM)患者における、慢性腎疾患(CKD)、コレステロール代謝、レムナントリポタンパク質の関係について検討した。2型糖尿病患者146名の空腹時血清について、レムナントリポタンパク質コレステロール(RemL-C)、コレステロール合成マーカーのラトステロール、コレステロール吸収マーカーのカンペステロールの濃度を測定した。また、尿中アルブミンクレアチニン比(U-ACR)と推算糸球体濾過量(eGFR)から慢性腎疾患(CKD)の程度を調べた。RemL-C、ラトステロールおよびカンペステロールの中央値は、それぞれ14.5mg/dL、2.1μg/mL、2.3μg/mLであった。RemL-C濃度はU-ACRと正の相関、eGFRと負の相関、ラトステロールおよびカンペステロールの濃度と正の相関を示した。ラトステロール濃度はU-ACRと有意な相関を示さなかったが、eGFRとは正相関した。カンペステロール濃度はACRと正の相関、eGFRと負の相関を示した。重回帰分析では、ラトステロールとカンペステロールは両方とも、U-ACR、eGFRおよび他の変数とは独立してRemL-C濃度と正の関係を示した。

  • Kidney function, cholesterol absorption and remnant lipoprotein accumulation in patients with diabetes mellitus. 査読

    Sonoda M, Shoji T, Kimoto E, Okute Y, Shima H, Naganuma T, Motoyama K, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Koyama H, Emoto M, Inaba M

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   21 ( 4 )   346 - 54   2014年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Kidney function, cholesterol absorption and remnant lipoprotein accumulation in patients with diabetes mellitus. 査読

    Sonoda M, Shoji T, Kimoto E, Okute Y, Shima H, Naganuma T, Motoyama K, Morioka T, Mori K, Fukumoto S, Shioi A, Koyama H, Emoto M, Inaba M

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   21 ( 4 )   346 - 54   2014年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum n-3 and n-6 Polyunsaturated Fatty Acid Profile as an Independent Predictor of Cardiovascular Events in Hemodialysis Patients 査読

    Shoji Tetsuo, Kakiya Ryusuke, Hayashi Tomoshige, Tsujimoto Yoshihiro, Sonoda Mika, Shima Hideaki, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Tahara Hideki, Shioi Atushi, Tabata Tsutomu, Emoto Masanori, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    AMERICAN JOURNAL OF KIDNEY DISEASES   62 ( 3 )   568 - 576   2013年09月( ISSN:0272-6386

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.ajkd.2013.02.362

  • Oncostatin M Promotes Osteoblastic Differentiation of Human Vascular Smooth Muscle Cells 査読

    Shioi Atsushi, Kakutani Yoshinori, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Okazaki Hirokazu, Koyama Hidenori, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   28   2013年02月( ISSN:0884-0431

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atypical erosive pustular dermatosis of the scalp with eosinophilia and erythroderma 査読

    Hiroyasu Sho, Tsuruta Daisuke, Yamane Takahisa, Shioi Atsushi, Toyoda Hiromitsu, Ishii Masamitsu, Kobayashi Hiromi

    JOURNAL OF DERMATOLOGY   39 ( 12 )   1089 - 1091   2012年12月( ISSN:0385-2407

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1346-8138.2012.01568.x

    PubMed

  • ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成に対し腹腔鏡下片側副腎摘除を行った2例 査読

    倉田 研人, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 川尻 成美, 高島 勉, 塩井 淳, 若狭 研一, 平川 弘聖

    Japan Surgical Association 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association   73 ( 2 )   460 - 465   2012年02月( ISSN:13452843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成(ACTH-independent macronodular adrenocortical hyperplasia : AIMAH)に対し片側副腎摘除にて良好な経過を得た2例を報告する.症例1は51歳男性,治療抵抗性の高血圧精査にてAIMAHと診断.プレクリニカルクッシング症候群(PC)を伴っており,腹腔鏡下右副腎摘除術を施行した.症例2は61歳女性,40歳より高血圧に対し投薬されていたが偶然両側副腎腫大を認め,PCを伴うAIMAHと診断,腹腔鏡下右側副腎摘除術を施行した.術後2症例とも血圧は安定,ACTH,Cortisolも正常化した.従来AIMAHの治療は両側副腎全摘除であったが,生涯ステロイド補充を要した.自験例を含め片側摘除報告例では,両側全摘の欠点を補う安全性と妥当性が示されており,片側摘除はAIMAHに対する標準術式となり得るものと考えられた.

    DOI: 10.3919/jjsa.73.460

    CiNii Article

  • ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成に対し腹腔鏡下片側副腎摘除を行った2例

    倉田研人、小野田尚佳、石川哲郎、川尻成美、高島 勉、塩井 淳、若狭研一、平川弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 2 )   460 - 465   2012年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成に対し腹腔鏡下片側副腎摘除を行った2例 査読

    倉田 研人, 小野田 尚佳, 石川 哲郎, 川尻 成美, 高島 勉, 塩井 淳, 若狭 研一, 平川 弘聖

    日本臨床外科学会 日本臨床外科学会雑誌   73 ( 2 )   460 - 465   2012年02月( ISSN:1345-2843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成(ACTH-independent macronodular adrenocortical hyperplasia:AIMAH)に対し片側副腎摘除にて良好な経過を得た2例を報告する.症例1は51歳男性,治療抵抗性の高血圧精査にてAIMAHと診断.プレクリニカルクッシング症候群(PC)を伴っており,腹腔鏡下右副腎摘除術を施行した.症例2は61歳女性,40歳より高血圧に対し投薬されていたが偶然両側副腎腫大を認め,PCを伴うAIMAHと診断,腹腔鏡下右側副腎摘除術を施行した.術後2症例とも血圧は安定,ACTH,Cortisolも正常化した.従来AIMAHの治療は両側副腎全摘除であったが,生涯ステロイド補充を要した.自験例を含め片側摘除報告例では,両側全摘の欠点を補う安全性と妥当性が示されており,片側摘除はAIMAHに対する標準術式となり得るものと考えられた.(著者抄録)

  • ACTH非依存性大結節性副腎皮質過形成に対し腹腔鏡下片側副腎摘除を行った2例 査読

    倉田研人, 小野田尚佳, 石川哲郎, 川尻成美, 高島 勉, 塩井 淳, 若狭研一, 平川弘聖

    日本臨床外科学会雑誌   73 ( 2 )   460 - 465   2012年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Vitamin D treatment in chronic kidney disease]. 査読

    Shioi A

    Clinical calcium   20 ( 12 )   1890 - 2   2010年12月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • [Vitamin D treatment in chronic kidney disease]. 査読

    Shioi A

    Clinical calcium   20 ( 12 )   1890 - 2   2010年12月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    PubMed

  • [Molecular mechanisms of vascular calcification]. 査読

    Shioi A

    Clinical calcium   20 ( 11 )   1611 - 9   2010年11月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: CliCa101116111619

    PubMed

  • [Molecular mechanisms of vascular calcification]. 査読

    Shioi A

    Clinical calcium   20 ( 11 )   1611 - 9   2010年11月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 血管石灰化・リモデリングと糖尿病 査読

    塩井 淳

    脈管学 : 日本脈管学会機関誌 : the journal of Japanese College of Angiology   50 ( 5 )   561 - 567   2010年10月( ISSN:03871126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    CiNii Article

  • 血管石灰化・リモデリングと糖尿病 査読

    塩井 淳

    脈管学 : 日本脈管学会機関誌 : the journal of Japanese College of Angiology   50 ( 5 )   561 - 567   2010年10月( ISSN:0387-1126

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Receptor for advanced glycation end-product (RAGE) regulation of adiposity and adiponectin is associated with atherosclerosis in apoE-deficient mouse

    Ueno H, Koyama H, Shoji T, et al.

    Atherosclerosis   211 ( 2 )   431 - 436   2010年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Receptor for advanced glycation end-products (RAGE) regulation of adiposity and adiponectin is associated with atherogenesis in apoE-deficient mouse 査読

    Ueno Hiroki, Koyama Hidenori, Shoji Takuhito, Monden Masayo, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Otsuka Yoshiko, Mima Yohei, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shioi Atsushi, Yamamoto Hiroshi, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    ATHEROSCLEROSIS   211 ( 2 )   431 - 436   2010年08月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.04.006

    PubMed

  • Fetuin-A is associated with calcified coronary artery disease 査読

    Mori Katsuhito, Ikari Yuji, Jono Shuichi, Emoto Masanori, Shioi Atsushi, Koyama Hidenori, Shoji Tetsuo, Ishimura Eiji, Inaba Masaaki, Hara Kazuhiro, Nishizawa Yoshiki

    CORONARY ARTERY DISEASE   21 ( 5 )   281 - 285   2010年08月( ISSN:0954-6928

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MCA.0b013e32832fe5d5

    PubMed

  • Fetuin-A is associated with calcified coronary artery disease

    Mori K, Ikari Y, Jono S, Emoto M, Shioi A, et al.

    Coronary Artery Disease   21 ( 5 )   281 - 285   2010年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum osteoprotegerin levels and long-term prognosis in subjects with stable coronary artery disease 査読

    Jono S., Otsuki S., Higashikuni Y., Shioi A., Mori K., Hara K., Hashimoto H., Ikari Y.

    JOURNAL OF THROMBOSIS AND HAEMOSTASIS   8 ( 6 )   1170 - 1175   2010年06月( ISSN:1538-7933

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1538-7836.2010.03833.x

  • Association of serum TRAIL level with coronary artery disease 査読

    Mori Katsuhito, Ikari Yuji, Jono Shuichi, Shioi Atsushi, Ishimura Eiji, Emoto Masanori, Inaba Masaaki, Hara Kazuhiro, Nishizawa Yoshiki

    THROMBOSIS RESEARCH   125 ( 4 )   322 - 325   2010年04月( ISSN:0049-3848

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.thromres.2009.11.024

    PubMed

  • Vascular Calcification : Osteogenic Transformation of Vascular Smooth Muscle Cells 査読

    SHIOI Atsushi, NISHIZAWA Yoshiki

    Japanese Association for Oral Biology Journal of oral biosciences   52 ( 1 )   26 - 32   2010年02月( ISSN:13490079

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Vascular calcification is a significant component of atherosclerosis and has important clinical implications, such as being a marker of the atherosclerotic burden and predictor of future coronary events. There are two pathophysiological processes involved in the development of vascular calcification: apoptosis and phenotypic changes to chondrocytes or osteoblasts (chondro-/osteogenic differentiation). Vascular calcification associated with phenotypic changes of vascular smooth muscle cells are facilitated by inflammation-induced ALP expression or an inorganic phosphate signaling pathway <i>via</i> Pit-1. These mechanisms may operate to develop vascular calcification associated with atherosclerosis and chronic kidney disease (CKD). Moreover, the functional derangement of inhibitory molecules (inhibitors of vascular calcification) such as MGP, fetuin-A, and OPG may be involved in the progression of vascular calcification under various pathological conditions.

    DOI: 10.2330/joralbiosci.52.26

    CiNii Article

  • Effects of pravastatin on serum osteoprotegerin levels in patients with hypercholesterolomia and type 2 diabetes

    Mori K, Jono S, Emoto M, Kawagishi T, et al.

    Angiology   61 ( 1 )   86 - 91   2010年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of Pravastatin on Serum Osteoprotegerin Levels in Patients With Hypercholesterolemia and Type 2 Diabetes 査読

    Mori Katsuhito, Jono Shuichi, Emoto Masanori, Kawagishi Takahiko, Yasumoto Hideo, Konishi Toshiaki, Furumitsu Yutaka, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    ANGIOLOGY   61 ( 1 )   86 - 91   2010年( ISSN:0003-3197

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/0003319708330525

    PubMed

  • Phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway regulates inflammatory mediators-induced calcification of human vascular smooth muscle cells. 査読

    Okazaki H, Shioi A, Hirowatari K, Koyama H, Fukumoto S, Ishimura E, Nishizawa Y

    Osaka city medical journal   55 ( 2 )   71 - 80   2009年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway regulates inflammatory mediators-induced calcification of human vascular smooth muscle cells. 査読

    Okazaki H, Shioi A, Hirowatari K, Koyama H, Fukumoto S, Ishimura E, Nishizawa Y

    Osaka city medical journal   55 ( 2 )   71 - 80   2009年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway regulates inflammatory mediators-induced calcification of human vascular smooth muscle cells. 査読

    Okazaki H, Shioi A, Hirowatari K, Koyama H, Fukumoto S, Ishimura E, Nishizawa Y

    Osaka city medical journal   55 ( 2 )   71 - 80   2009年12月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atheroprotective and plaque-stabilizing effects of enzymatically modified iso quercitrin in atherogenic apoE-deficient mice

    Motoyama K, Koyama H, Moriwaki M, Emura K, Okuyama S, Sato E, Inoue M, Shioi A, et al.

    Nutrition   25 ( 4 )   421 - 427   2009年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atheroprotective and plaque-stabilizing effects of enzymatically modified isoquercitrin in atherogenic apoE-deficient mice 査読

    Motoyama Koka, Koyama Hidenori, Moriwaki Masamitsu, Emura Kazuhiro, Okuyama Shuji, Sato Eisuke, Inoue Masayasu, Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki

    NUTRITION   25 ( 4 )   421 - 427   2009年04月( ISSN:0899-9007

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nut.2008.08.013

    PubMed

  • [Roles of hyperphosphatemia in vascular calcification]. 査読

    Shioi A, Nishizawa Y

    Clinical calcium   19 ( 2 )   180 - 5   2009年02月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • [Roles of hyperphosphatemia in vascular calcification]. 査読

    Shioi A, Nishizawa Y

    Clinical calcium   19 ( 2 )   180 - 5   2009年02月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: CliCa0902180185

    PubMed

  • Vascular Calcification in Chronic Kidney Disease: Pathogenesis and Clinical Implications 査読

    Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki

    JOURNAL OF RENAL NUTRITION   19 ( 1 )   78 - 81   2009年01月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2008.10.015

    PubMed

  • Different risk factors for vascular calcification in end-stage renal disease between diabetics and nondiabetics: The respective importance of glycemic and phosphate control 査読

    Ishimura Eiji, Okuno Senji, Taniwaki Hiromichi, Kizu Akane, Tsuchida Takao, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Tabata Tsutomu, Inaba Masaaki, Nishizawa Yoshiki

    KIDNEY & BLOOD PRESSURE RESEARCH   31 ( 1 )   10 - 15   2008年( ISSN:1420-4096

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000112542

    PubMed

  • Significant association between the presence of peripheral vascular calcification and lower serum magnesium in hemodialysis patients 査読

    Ishimura E., Okuno S., Kitatani K., Tsuchida T., Yamakawa T., Shioi A., Inaba M., Nishizawa Y.

    CLINICAL NEPHROLOGY   68 ( 4 )   222 - 227   2007年10月( ISSN:0301-0430

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Urinary albumin excretion associated with arterial wall stiffness rather than thickness in type 2 diabetic patients. 査読

    Ishimura E, Taniwaki H, Tsuchida T, Obatake N, Emoto M, Shoji T, Shioi A, Inaba M, Nishizawa Y

    Journal of nephrology   20 ( 2 )   204 - 11   2007年03月( ISSN:1121-8428

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Renal Osteopathy Society: Disorders of bone and mineral metabolism and vascular calcification 査読

    Shioi Atsushi

    THERAPEUTIC APHERESIS AND DIALYSIS   10   S22 - S26   2006年12月( ISSN:1744-9979

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Renal Osteopathy Society: Disorders of bone and mineral metabolism and vascular calcification 査読

    Shioi Atsushi

    THERAPEUTIC APHERESIS AND DIALYSIS   10   S22 - S26   2006年12月( ISSN:1744-9979

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Role of fibroblast growth factor-23 in peripheral vascular calcification in non-diabetic and diabetic hemodialysis patients 査読

    Inaba M., Okuno S., Imanishi Y., Yamada S., Shioi A., Yamakawa T., Ishimura E., Nishizawa Y.

    OSTEOPOROSIS INTERNATIONAL   17 ( 10 )   1506 - 1513   2006年10月( ISSN:0937-941X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00198-006-0154-6

  • Platelet activation is associated with hypoadiponectinemia and carotid atherosclerosis 査読

    Shoji Takuhito, Koyama Hidenori, Fukumoto Shinya, Maeno Takaaki, Yokoyama Hisayo, Shinohara Kayo, Emoto Masanori, Shoji Tetsuo, Yamane Takahisa, Hino Masayuki, Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki

    ATHEROSCLEROSIS   188 ( 1 )   190 - 195   2006年09月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2005.10.034

    PubMed

  • Vascular calcification in chronic kidney disease 査読

    Jono S, Shioi A, Ikari Y, Nishizawa Y

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   24 ( 2 )   176 - 181   2006年03月( ISSN:0914-8779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00774-005-0668-6

    PubMed

  • Role of fibroblast growth factor-23 in peripheral vascular calcification innon-diabetic and diabetic hemodialysis patients.

    Inaba M, Okuno S, Imanishi Y, Yamada S, Shioi A, et al.

    Osteoporosis Int   17 ( 10 )   1506 - 1513   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aortic calcification in haemodialysis patients with diabetes mellitus 査読

    Taniwaki H, Ishimura E, Tabata T, Tsujimoto Y, Shioi A, Shoji T, Inaba M, Inoue T, Nishizawa Y

    NEPHROLOGY DIALYSIS TRANSPLANTATION   20 ( 11 )   2472 - 2478   2005年11月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ndt/gfi039

  • [Mechanism of arterial calcification with regards to atherosclerotic calcification and medial artery calcification]. 査読

    Ishimura E, Shioi A

    Clinical calcium   15 ( 7 )   137 - 42   2005年07月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: CliCa

    PubMed

  • [Mechanism of arterial calcification with regards to atherosclerotic calcification and medial artery calcification]. 査読

    Ishimura E, Shioi A

    Clinical calcium   15 ( 7 )   137 - 42   2005年07月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hyperphosphatemia and vascular calcification in end-stage renal disease. 査読

    Nishizawa Y, Jono S, Ishimura E, Shioi A

    Journal of renal nutrition : the official journal of the Council on Renal Nutrition of the National Kidney Foundation   15 ( 1 )   178 - 82   2005年01月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Membrane potential serves as a principal regulator of H+ secretion via the plasmalemmal, vacuolar-type H+-ATPase in osteoclasts 査読

    Sakai H, Mori H, Morihata H, Kawawaki J, Kimura M, Shioi A, Kuno M

    BIOPHYSICAL JOURNAL   88 ( 1 )   598A - 598A   2005年01月( ISSN:0006-3495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hyperphosphatemia calcification in and vascular end-stage renal disease 査読

    Nishizawa Y, Jono S, Ishimura E, Shioi A

    JOURNAL OF RENAL NUTRITION   15 ( 1 )   178 - 182   2005年01月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jrn.2004.09.027

  • Hyperphosphatemia and vascular calcification in end-stage renal disease. 査読

    Nishizawa Y, Jono S, Ishimura E, Shioi A

    Journal of renal nutrition : the official journal of the Council on Renal Nutrition of the National Kidney Foundation   15 ( 1 )   178 - 82   2005年01月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Membrane potential serves as a principal regulator of H+ secretion via the plasmalemmal, vacuolar-type H+-ATPase in osteoclasts 査読

    Sakai H, Mori H, Morihata H, Kawawaki J, Kimura M, Shioi A, Kuno M

    BIOPHYSICAL JOURNAL   88 ( 1 )   598A - 598A   2005年01月( ISSN:0006-3495

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • C-reactive protein is a significant predictor of vascular calcification of both aorta and hand arteries

    Ishimura E, Okuno S, Kitatani K, Maekawa K, Izumotani T, et al.

    Seminer in Nephrology   24 ( 5 )   408 - 412   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matrix Gla protein is associated with coronary artery calcification as assessed by electron-beam computed tomography.

    Jono S, Ikari Y, Vermeer C, Dissel P, Hasegawa K, et al.

    Thrombosis and Haemostasis   91 ( 4 )   790 - 794   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Platelet P-selectin expression is associated with atherosclerotic wall thickness in carotid artery in humans.

    Koyama H, Maeno T, Fukumoto S, Shoji T, Yamane T, et al.

    Circulation   108 ( 5 )   524 - 529   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arterial wall stiffness is associated with peripheral circulation in patients with type 2 diabetes.

    Kizu A, Koyama H, Tanaka S, Maeno T, Komatsu M, et al.

    Atherosclerosis   170 ( 1 )   87 - 91   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Blocking of alpha 5 integrin stimulates production of TGF-beta and PAI-1 by human mesangial cells.

    Matsumoto N, Ishimura E, Koyama H, Tanaka S, Imanishi Y, et al.

    Biochemistry Biophysics Research Communication   305 ( 4 )   815 - 819   2003年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fibrillar collagen regulation of plasminogen activator inhibitor-1 is involved in altered smooth muscle cell migration.

    Tanaka S, Koyama H, Ichii T, Shioi A, Hosoi M, et al.

    Arteriosclerosis Thrombosis Vascular Biology   22 ( 10 )   1573 - 1578   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thrombospondin-1 mediates smooth muscle cell proliferation induced by interaction with human platelets.

    Ichii T, Koyama H, Tanaka S, Shioi A,Okuno Y, et al.

    Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology   22 ( 8 )   1286 - 1292   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Induction of bone-type alkaline phosphatase in human vascular smooth muscle cells: roles of tumor necrosis factor-alpha and oncostatin M derived from macrophages.

    Shioi A, Katagi M, Okuno Y, Mori K, Jono S, et al.

    Circulation Research   91 ( 1 )   9 - 16   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Serum osteoprotegerin levels are associated with the presence and severity of coronary artery disease.

    Jono S, Ikari Y,Shioi A, Mori K, Miki T, et al.

    Circulation   106 ( 10 )   1192 - 1194   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fibrillar collagen specifically regulates human vascular smooth muscle cell gens involved in cellular responses and the pericellular matrix environment.

    Ichii T, Koyama H, Tanaka S, Kim S,Shioi A, et al.

    Circulation Research   88 ( 5 )   460 - 467   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bone resorption associated with uncoupling of osteoclastic and osteoblastic activities in adult T cell leukemia with hypercalcemia:case report.

    M. Hino, T. Yamane, K. Ohta, A. Shioi, H. Koyama, et al.

    Annals of Hematology   80 ( 7 )   426 - 429   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phosphate regulation of vascular smooth muscle cell calcification.

    Jono S, McKee MD, Murry CE, Shioi A, Nishizawa Y, et al.

    Circulation Research   87 ( 7 )   e10-e17   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dexamethasone enhances in vitro vascular calcification by promoting osteoblastic differentiation of vascular smooth muscle cells

    Mori K, Shioi A, Jono S, Nishizawa Y, Morii H

    Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology   19 ( 9 )   2112 - 2118   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • AlphaV integrin regulates TNF-alpha-induced nitric oxide synthesis in rat mesangial cells-possible role of osteopontin.

    Nagasaki T, Ishimura E, Koyama H, Shioi A, Jono S, et al.

    Nephrol Dial Transplant   14 ( 8 )   1861 - 1866   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Protective effect of an aldose reductase inhibitor against bone loss in galactose-fed rats: possible involvement of the polyol pathway in bone metabolism.

    Inaba M, Terada M, Nishizawa Y, Shioi A, Ishimura E, et al.

    Metabolism   48 ( 7 )   904 - 909   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Poor glycemic control impairs the response of biochemical parameters of bone formation and resorption to exogenous 1,25-dihydroxyvitamin D3 in patients with type 2 diabetes.

    Inaba M, Nishizawa Y, Mita K, Kumeda Y, Emoto M, et al.

    Osteoporosis Int   9 ( 6 )   525 - 531   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 1,25-Dihydroxyvitamin D3 increases in vitro vascular calcification by modulating secretion of endogenous parathyroid hormone-related peptide.

    Jono S, Nishizawa Y, Shioi A, Morii H

    Circulation   98 ( 13 )   1302 - 1306   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lymphoblastoid interferon-alpha downregulates parathyroid hormone(PTH)/PTH-related peptide(PTHrP) receptor expression in human asteoblastic cells(SaOS2).

    Tsuda-Futami E, Shioi A, Jono S, Inaba M, Nishizawa Y, et al.

    BONE   23 ( 3 )   205 - 211   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Expression of matrix Gla protein(MGP) in an in vitro model of vascular calcification

    Mori K, Shioi A, Jono S, Nishizawa Y, Morii H

    FEBS Letter   433 ( 42737 )   19 - 22   1998年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Parathyroid hormone-related peptide as a local regulator of vascular calcification. Its inhibitory action on in vitro calcification by bovine vascular smooth muscle cells.

    Jono S, Nishizawa Y, Shioi A, Morii H

    Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology   17 ( 6 )   1135   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thrombopoietin inhibits in vitro osteoclastogenesis from murinebone marrow cells.

    Wakikawa T, Shioi A, Hino M, Inaba M,Nishizawa Y, et al.

    Endocrinology   138 ( 10 )   4160 - 4166   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Differential effect of high extracellular Ca2+ on K+ and Cl- conductances in murine osteoclasts.

    Shibata T, Sakai H, Nakamura F, Shioi A, Kuno M

    J Membr Biol   158 ( 1 )   59 - 67   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Osteopontin gene expression and protein synthesis in cultured rat mesangial cells.

    Nagasaki T, Ishimura E, Shioi A, Jono S, Inaba M, et al.

    Biochemistry Biophysics Research Communication.   233 ( 1 )   81 - 85   1997年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Angiotensin-converting enzyme gene polymorphism is associated with carotid arterial wall thickness in non-insulin-dependent diabeticpatients.

    Hosoi M, Nishizawa Y, Kogawa K, Kawagishi T, Konishi T, et al.

    Circulation   94 ( 4 )   704 - 707   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The fumagilin analogue TNP-470 inhibits DNA synthesis of vascular smooth muscle cells stimualted by platelet-derived growth factor and insulin-like growth factor-I. Possible involvement of cyclin-dependent kinase 2.

    Koyama H, Nishizawa Y, Hosoi M, Fukumoto S, Kogawa K, et al.

    Circulation Research   79 ( 4 )   757 - 764   1996年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Beta-glycerophosphate accelerates calcification in cultured bovine vascular smooth muscle cells.

    Shioi A, Nishizawa Y, Jono S, Koyama H, Hosoi M, et al.

    Arteriosclerosis Thrombosis and Vascular Biology   15 ( 11 )   2003 - 2009   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impaired response of human osteosarcoma (MG-63) cells to human parathyroid hormone induced by sustained exposure to high glucose.

    Yoshida O, Inaba M, Terada M, Shioi A, Nishizawa Y, et al.

    Miner Electrolyte Metab   21 ( 42738 )   201 - 204   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of 1,25-dihydroxyvitamin D3 on induction of scavenger receptor and differentiation of 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate-treated THP-1 human monocyte like cells.

    Suematsu Y, Nishizawa Y, Shioi A, Hino M, Tahara H, et al.

    Journal of Cellular Physiology   165 ( 3 )   547 - 555   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interleukin 4, interferon-gamma, and prostaglandin E impact the osteoclastic cell-forming potential of murine bone marrow macrophages

    Lacey DL, Erdmann JM, Teitelbaum SL,Tan HL, Ohara J, et al.

    Endocrinology   136 ( 6 )   2367 - 2376   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interleukin 4 inhibits bone resorption and acutely increases cytosolic Ca2+ in murine osteoclasts

    Bizzarri C, Shioi A, Teitelbaum SL, Ohara J, Harwalkar VA, et al.

    Journal of Biological Chemistry   269 ( 19 )   13817 - 13824   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enrichment of generated murine osteoclasts.

    Shioi A, Ross FP, Teitelbaum SL

    Calcified Tissue International   55 ( 5 )   387 - 394   1994年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Interleukin 4 inhibits murine osteoclast formation in vitro

    Shioi A, Teitelbaum SL, Ross FP, Welgus HG, Suzuki H, et al.

    Journal of Cellular Biochemistry   47 ( 3 )   272 - 277   1991年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 血管石灰化の分子機構

    -( 担当: 単著)

    メディカルレビュー社・ウエルエイジングのための女性医療  2011年11月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 病態生理学ー疾病の成り立ちと回復の促進①

    塩井 淳、他( 担当: 共著 ,  範囲: 慢性腎不全・慢性腎臓病、IgA腎症、急性腎不全、内分泌・代謝疾患)

    メディカ出版  2023年01月 

     詳細を見る

    総ページ数:414   担当ページ:246-248, 270-279   著書種別:教科書・概説・概論  

  • 血管石灰化の分子機構

    塩井 淳

    メディカルレビュー社・ウエルエイジングのための女性医療  2011年11月 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 腎間質線維化の進展におけるビタミンDの役割に関する研究

    塩井 淳

    [塩井淳]  2008年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 腎間質線維化の進展におけるビタミンDの役割に関する研究

    塩井 淳( 担当: 単著)

    [塩井淳]  2008年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • Statins inhibit in vitro calcification of human vascular smooth muscle cells induced by inflammatory mediators.

    Kizu A, Shioi A, Jono S, Koyama H, Okuno Y, et al.( 担当: 共訳 ,  範囲: 93巻 5号)

    Journal of Cellular Biochemistry  2004年 

     詳細を見る

    担当ページ:5  

  • 透析と血管石灰化

    -( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社・透析医学の文化と技術  1999年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 血管石灰化の分子病態

    -

    東京医学社・腎と透析   71 ( 6 )   791 - 795   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 血管石灰化の分子機構

    -

    医薬ジャーナル社・CLINICAL CALCIUM   20 ( 11 )   1611 - 1619   2010年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Vascular calcification in chronic kidney disease.

    Jono S, Shioi A, Ikari Y, Nishizawa Y

    J Bone Miner Metab   24 ( 2 )   176 - 181   2006年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • CKDにおける血管石灰化の機序(基礎) 招待

    塩井 淳

    科学評論社・腎臓内科   17 ( 1 )   8 - 14   2023年01月( ISSN:2435-1903

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

  • 血管石灰化の発症機構 査読

    塩井 淳

    大阪市医学会 大阪市医学会雑誌   69   15 - 22   2020年12月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は動脈壁にリン酸カルシムが沈着する異所性石灰化であり、心血管イベントの発症と関連する重要な病態と考えられている。血管石灰化はその発症部位により内膜石灰化と中膜石灰化の二つに分類される。内膜石灰化はアテローム性動脈硬化により形成される内膜プラークに見られる石灰化で、内腔狭窄やプラークの破綻などにより動脈硬化性疾患(心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症)の発症に関与する。一方、中膜石灰化は高齢者や糖尿病および慢性腎臓病患者にしばしば観察される。アテローム性動脈硬化とは関連しない病変であり、内腔狭窄や閉塞を伴わずに中膜内に全周性に進展する。その結果、動脈壁硬化、脈波速度の上昇、収縮期血圧の上昇、脈圧の増加などを引き起こし、心不全、左室肥大、拡張機能障害などをもたらす。これらの石灰化の発症には、血管平滑筋細胞の骨・軟骨形成細胞への分化(形質転換)、基質小胞、アポトーシス、石灰化抑制因子の機能低下、細胞老化、炎症性サイトカイン、酸化ストレス・小胞体ストレス、細胞外マトリックの分解とリモデリングなどが関与している。これらの因子のうち、細胞老化とそれに関連した慢性炎症の役割が注目される。(著者抄録)

  • 【CKD-MBD up to date】血管石灰化の機序 査読

    塩井 淳

    (株)東京医学社 腎と透析   88 ( 1 )   21 - 25   2020年01月( ISSN:0385-2156

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【CKD-MBD up to date】血管石灰化の機序 査読

    塩井 淳

    (株)東京医学社 腎と透析   88 ( 1 )   21 - 25   2020年01月( ISSN:0385-2156

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【軟部組織の石灰化-血管と心臓弁】血管石灰化促進の病態 内膜石灰化と中膜石灰化の違い 査読

    塩井 淳, 絵本 正憲

    (株)日本メディカルセンター 腎と骨代謝   32 ( 4 )   267 - 274   2019年10月( ISSN:0914-5265

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>血管石灰化は血管壁にリン酸カルシウムが沈着する異所性石灰化であり,心血管イベントの発症と関連する重要な病態であると理解されている.血管石灰化はその沈着部位により内膜石灰化と中膜石灰化の二つに大別される.内膜石灰化は動脈硬化性プラークに認められる石灰化で,内腔狭窄やプラークの破綻などにより動脈硬化性疾患(心筋梗塞,脳梗塞,閉塞性動脈硬化症)の発症に関与する.一方,中膜石灰化は中膜内に全周性に進展する石灰化で動脈壁硬化を引き起こし,心不全,左室肥大,拡張機能障害などをもたらす.これらの石灰化の発症には,骨芽細胞への形質転換,基質小胞による石灰化など共通の機序が関与している.内膜石灰化が炎症主体の病態で促進されるのに対して中膜石灰化は代謝異常主体の病態で促進される.両方の石灰化を促進する病態である加齢,糖尿病,慢性腎臓病では,両方の因子が関与しているものと推察される.

  • 【軟部組織の石灰化-血管と心臓弁】血管石灰化促進の病態 内膜石灰化と中膜石灰化の違い 査読

    塩井 淳, 絵本 正憲

    (株)日本メディカルセンター 腎と骨代謝   32 ( 4 )   267 - 274   2019年10月( ISSN:0914-5265

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>血管石灰化は血管壁にリン酸カルシウムが沈着する異所性石灰化であり,心血管イベントの発症と関連する重要な病態であると理解されている.血管石灰化はその沈着部位により内膜石灰化と中膜石灰化の二つに大別される.内膜石灰化は動脈硬化性プラークに認められる石灰化で,内腔狭窄やプラークの破綻などにより動脈硬化性疾患(心筋梗塞,脳梗塞,閉塞性動脈硬化症)の発症に関与する.一方,中膜石灰化は中膜内に全周性に進展する石灰化で動脈壁硬化を引き起こし,心不全,左室肥大,拡張機能障害などをもたらす.これらの石灰化の発症には,骨芽細胞への形質転換,基質小胞による石灰化など共通の機序が関与している.内膜石灰化が炎症主体の病態で促進されるのに対して中膜石灰化は代謝異常主体の病態で促進される.両方の石灰化を促進する病態である加齢,糖尿病,慢性腎臓病では,両方の因子が関与しているものと推察される.

  • ビタミンDと動脈硬化 招待

    塩井 淳

    食と医療   5   58 - 63   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • ビタミンDと動脈硬化 査読

    塩井 淳

    食と医療   5   58 - 63   2018年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • アテローム性動脈硬化症の進行時および退縮時のプラーク石灰化(Plaque Calcification During Atherosclerosis Progression and Regression) 査読

    Shioi Atsushi, Ikari Yuji

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   25 ( 4 )   294 - 303   2018年04月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【高齢化のなかでのCKD-MBDにどう対応するか?】軟部組織の石灰化 血管石灰化 査読

    塩井 淳

    (株)日本メディカルセンター 臨床透析   32 ( 6 )   669 - 675   2016年06月( ISSN:0910-5808

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は慢性腎臓病(CKD)における骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)を構成する重要な病態の一つであり,心血管疾患の発症・進展に関与している.血管壁へのミネラル沈着は内膜石灰化と中膜石灰化の二つの異なる病理過程により引き起こされる.高齢者の血管病変の特徴とされる血管石灰化がCKDにおいて著明に促進されていることから,CKDでは血管老化が加速された病態と捉えることができる.早老症との比較検討により,CKDではプレラミンAの蓄積により細胞老化の促進とともに石灰化が発症することが明らかにされている.このことは,CKDの血管老化をターゲットとした血管石灰化の新たな治療への糸口となるかもしれない.(著者抄録)

  • 【高齢化のなかでのCKD-MBDにどう対応するか?】軟部組織の石灰化 血管石灰化 査読

    塩井 淳

    (株)日本メディカルセンター 臨床透析   32 ( 6 )   669 - 675   2016年06月( ISSN:0910-5808

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は慢性腎臓病(CKD)における骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)を構成する重要な病態の一つであり,心血管疾患の発症・進展に関与している.血管壁へのミネラル沈着は内膜石灰化と中膜石灰化の二つの異なる病理過程により引き起こされる.高齢者の血管病変の特徴とされる血管石灰化がCKDにおいて著明に促進されていることから,CKDでは血管老化が加速された病態と捉えることができる.早老症との比較検討により,CKDではプレラミンAの蓄積により細胞老化の促進とともに石灰化が発症することが明らかにされている.このことは,CKDの血管老化をターゲットとした血管石灰化の新たな治療への糸口となるかもしれない.(著者抄録)

  • 【副甲状腺ホルモン】CKD-MBDにおける血管病変 査読

    塩井 淳

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   26 ( 6 )   883 - 888   2016年05月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)の血管病変であるアテローム硬化および動脈壁硬化において認められる。アテローム硬化性石灰化(内膜石灰化)および中膜石灰化はCKDにおける心血管疾患の発症・進展に関与している。疫学データからCKDにおける心血管系死亡の主な原因は,アテローム硬化性疾患ではなく,左室肥大,線維化,拡張機能障害などの心筋疾患であることが示されている。動脈壁硬化は動脈中膜の肥厚と石灰化で特徴づけられる。中膜石灰化病変は動脈壁硬化度を上昇させ,心筋疾患の発症に関与しており,その治療法を確立することが重要な課題である。(著者抄録)

  • 【副甲状腺ホルモン】CKD-MBDにおける血管病変 査読

    塩井 淳

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   26 ( 6 )   883 - 888   2016年05月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)の血管病変であるアテローム硬化および動脈壁硬化において認められる。アテローム硬化性石灰化(内膜石灰化)および中膜石灰化はCKDにおける心血管疾患の発症・進展に関与している。疫学データからCKDにおける心血管系死亡の主な原因は,アテローム硬化性疾患ではなく,左室肥大,線維化,拡張機能障害などの心筋疾患であることが示されている。動脈壁硬化は動脈中膜の肥厚と石灰化で特徴づけられる。中膜石灰化病変は動脈壁硬化度を上昇させ,心筋疾患の発症に関与しており,その治療法を確立することが重要な課題である。(著者抄録)

  • 【腎と多血管病(Polyvascular disease)】血管石灰化の病態 査読

    塩井 淳, 稲葉 雅章

    (株)東京医学社 腎と透析   80 ( 1 )   17 - 21   2016年01月( ISSN:0385-2156

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【腎と多血管病(Polyvascular disease)】血管石灰化の病態 査読

    塩井 淳, 稲葉 雅章

    (株)東京医学社 腎と透析   80 ( 1 )   17 - 21   2016年01月( ISSN:0385-2156

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【血管石灰化の基礎と臨床】血管石灰化の発症機構 査読

    塩井 淳

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   25 ( 5 )   635 - 643   2015年04月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は心血管疾患の発症に関わる重要な病態であり、動脈硬化性石灰化とメンケベルグ型中膜石灰化に大別される。血管石灰化の発症には、マクロファージおよび血管平滑筋細胞のアポトーシスに伴って放出される基質小胞による微細な石灰化と血管平滑筋細胞が骨芽細胞様細胞に形質転換することによる能動的な石灰化の2つの機序が存在する。動脈硬化性石灰化では、炎症反応が石灰化の発症に先行して見られることが最近のイメージング研究により明らかにされ、炎症依存性石灰化の概念が確立されつつある。一方、中膜石灰化では、エラスチン分解酵素活性の上昇によるエラスチンの断片化と細胞外ピロリン酸代謝調節機構の破綻が重要な役割を果たしている。(著者抄録)

  • 【血管石灰化の基礎と臨床】血管石灰化の発症機構 査読

    塩井 淳

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   25 ( 5 )   635 - 643   2015年04月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は心血管疾患の発症に関わる重要な病態であり、動脈硬化性石灰化とメンケベルグ型中膜石灰化に大別される。血管石灰化の発症には、マクロファージおよび血管平滑筋細胞のアポトーシスに伴って放出される基質小胞による微細な石灰化と血管平滑筋細胞が骨芽細胞様細胞に形質転換することによる能動的な石灰化の2つの機序が存在する。動脈硬化性石灰化では、炎症反応が石灰化の発症に先行して見られることが最近のイメージング研究により明らかにされ、炎症依存性石灰化の概念が確立されつつある。一方、中膜石灰化では、エラスチン分解酵素活性の上昇によるエラスチンの断片化と細胞外ピロリン酸代謝調節機構の破綻が重要な役割を果たしている。(著者抄録)

  • 【動脈硬化-病態・診断・治療のUpdate-】病態解明のUpdate 血管石灰化のメカニズム 査読

    塩井 淳

    (株)最新医学社 最新医学   69 ( 8 )   1650 - 1657   2014年08月( ISSN:0370-8241

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は,心血管疾患の発症・進展にかかわる重要な病態であり,動脈硬化性石灰化とメンケベルグ型中膜石灰化に大別される.石灰化の発症機構には,基質小胞を介する経路と,血管平滑筋細胞が骨芽細胞様細胞に形質転換する経路が関与している.動脈硬化性石灰化の発症・進展には,炎症反応が重要な役割を果たしている.中膜石灰化には,弾性線維の主な構成成分であるエラスチンの断片化とその後の骨形成反応が寄与している.(著者抄録)

  • 【動脈硬化-病態・診断・治療のUpdate-】病態解明のUpdate 血管石灰化のメカニズム 査読

    塩井 淳

    (株)最新医学社 最新医学   69 ( 8 )   1650 - 1657   2014年08月( ISSN:0370-8241

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は,心血管疾患の発症・進展にかかわる重要な病態であり,動脈硬化性石灰化とメンケベルグ型中膜石灰化に大別される.石灰化の発症機構には,基質小胞を介する経路と,血管平滑筋細胞が骨芽細胞様細胞に形質転換する経路が関与している.動脈硬化性石灰化の発症・進展には,炎症反応が重要な役割を果たしている.中膜石灰化には,弾性線維の主な構成成分であるエラスチンの断片化とその後の骨形成反応が寄与している.(著者抄録)

  • 好酸球増多症および紅皮症を伴う頭皮の非定型びらん性膿疱性皮膚症(Atypical erosive pustular dermatosis of the scalp with eosinophilia and erythroderma) 査読

    Hiroyasu Sho, Tsuruta Daisuke, Yamane Takahisa, Shioi Atsushi, Toyoda Hiromitsu, Ishii Masamitsu, Kobayashi Hiromi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Dermatology   39 ( 12 )   1089 - 1091   2012年12月( ISSN:0385-2407

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 好酸球増多症および紅皮症を伴う頭皮の非定型びらん性膿疱性皮膚症(Atypical erosive pustular dermatosis of the scalp with eosinophilia and erythroderma) 査読

    Hiroyasu Sho, Tsuruta Daisuke, Yamane Takahisa, Shioi Atsushi, Toyoda Hiromitsu, Ishii Masamitsu, Kobayashi Hiromi

    John Wiley & Sons Australia, Ltd The Journal of Dermatology   39 ( 12 )   1089 - 1091   2012年12月( ISSN:0385-2407

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【心臓・血管リモデリングからみた循環器疾患】糖尿病と血管リモデリング 査読

    小山 英則, 塩井 淳

    (有)科学評論社 循環器内科   72 ( 1 )   43 - 48   2012年07月( ISSN:1884-2909

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【心臓・血管リモデリングからみた循環器疾患】糖尿病と血管リモデリング 査読

    小山 英則, 塩井 淳

    (有)科学評論社 循環器内科   72 ( 1 )   43 - 48   2012年07月( ISSN:1884-2909

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 血管石灰化の分子病態 査読

    塩井 淳

    東京医学社・腎と透析   71 ( 6 )   791 - 795   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【CKDと血管石灰化】血管石灰化の分子病態 査読

    塩井 淳

    (株)東京医学社 腎と透析   71 ( 6 )   791 - 795   2011年12月( ISSN:0385-2156

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Calcium Pros and Cons CKDにおけるビタミンD治療は必要か ビタミンD治療の問題点 査読

    塩井 淳

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   20 ( 12 )   1890 - 1892   2010年11月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    ビタミンD欠乏は慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)患者において心血管疾患の発症および心血管系死亡のリスクと関連している。活性型ビタミンD治療が心血管疾患による死亡率および総死亡率を減少させることから、CKD患者の予後の改善に有用と考えられている。しかし、以前から指摘されているように、活性型ビタミンDが血管石灰化を促進する危険性について考慮することが必要である。(著者抄録)

  • Calcium Pros and Cons CKDにおけるビタミンD治療は必要か ビタミンD治療の問題点 査読

    塩井 淳

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   20 ( 12 )   1890 - 1892   2010年11月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    ビタミンD欠乏は慢性腎臓病(chronic kidney disease:CKD)患者において心血管疾患の発症および心血管系死亡のリスクと関連している。活性型ビタミンD治療が心血管疾患による死亡率および総死亡率を減少させることから、CKD患者の予後の改善に有用と考えられている。しかし、以前から指摘されているように、活性型ビタミンDが血管石灰化を促進する危険性について考慮することが必要である。(著者抄録)

  • 血管石灰化の分子機構 査読

    塩井 淳

    医薬ジャーナル社・CLINICAL CALCIUM   20 ( 11 )   1611 - 1619   2010年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 血管石灰化・リモデリングと糖尿病 査読

    塩井 淳

    脈管学 : 日本脈管学会機関誌 : the journal of Japanese College of Angiology   50 ( 5 )   561 - 567   2010年10月( ISSN:0387-1126

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【糖尿病の血管病変を再考する】血管石灰化・リモデリングと糖尿病 査読

    塩井 淳

    (一社)日本脈管学会 脈管学   50 ( 5 )   561 - 567   2010年10月( ISSN:0387-1126

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    糖尿病の血管病変の特徴として石灰化の進展と血管壁硬化の増加が挙げられる。血管石灰化に関わる細胞生物学的変化は、血管平滑筋細胞のアポトーシス、骨・軟骨形成細胞への分化と考えられている。また、エラスチンの変性・分解と血管壁のリモデリングが重要な役割を果たしている。血管石灰化の分子機構には、石灰化抑制因子、細胞内外の無機リンの代謝経路および調節因子が関わっている。

  • 【血管石灰化とカルシウム】血管石灰化の分子機構 査読

    塩井 淳

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   20 ( 11 )   1611 - 1619   2010年10月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は骨・軟骨組織の生理的石灰化過程と多くの共通点を有する能動的なプロセスと考えられている。血管石灰化の発症には、血管平滑筋細胞のアポトーシス、細胞老化、骨・軟骨形成細胞への形質変換などの細胞生物学的反応に加えて、細胞外マトリックス、特にエラスチンの変性・分解が重要な役割をはたしている。アテローム硬化および動脈壁硬化の発症・進展過程において、石灰化調節因子の相互作用により血管石灰化が誘導される。(著者抄録)

  • 血管石灰化・リモデリングと糖尿病

    -

    脈管学   50 ( 5 )   561 - 567   2010年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【糖尿病の血管病変を再考する】血管石灰化・リモデリングと糖尿病 査読

    塩井 淳

    (一社)日本脈管学会 脈管学   50 ( 5 )   561 - 567   2010年10月( ISSN:0387-1126

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    糖尿病の血管病変の特徴として石灰化の進展と血管壁硬化の増加が挙げられる。血管石灰化に関わる細胞生物学的変化は、血管平滑筋細胞のアポトーシス、骨・軟骨形成細胞への分化と考えられている。また、エラスチンの変性・分解と血管壁のリモデリングが重要な役割を果たしている。血管石灰化の分子機構には、石灰化抑制因子、細胞内外の無機リンの代謝経路および調節因子が関わっている。

  • 【血管石灰化とカルシウム】血管石灰化の分子機構 査読

    塩井 淳

    (株)医薬ジャーナル社 Clinical Calcium   20 ( 11 )   1611 - 1619   2010年10月( ISSN:0917-5857

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は骨・軟骨組織の生理的石灰化過程と多くの共通点を有する能動的なプロセスと考えられている。血管石灰化の発症には、血管平滑筋細胞のアポトーシス、細胞老化、骨・軟骨形成細胞への形質変換などの細胞生物学的反応に加えて、細胞外マトリックス、特にエラスチンの変性・分解が重要な役割をはたしている。アテローム硬化および動脈壁硬化の発症・進展過程において、石灰化調節因子の相互作用により血管石灰化が誘導される。(著者抄録)

  • 血管石灰化の分子機構

    -

    メディカルビュー社・血管医学   11 ( 2 )   141 - 148   2010年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 血管石灰化の分子機構 査読

    塩井 淳

    メディカルビュー社・血管医学   11 ( 2 )   141 - 148   2010年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【循環器のエイジングバイオロジー】血管石灰化の分子機構 査読

    塩井 淳

    (株)メディカルレビュー社 血管医学   11 ( 2 )   141 - 148   2010年05月( ISSN:1345-9031

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は骨・軟骨組織の生理的石灰化過程と多くの共通点を有する能動的なプロセスであり、その分子機構が明らかになってきている。血管石灰化の発症には、血管平滑筋細胞の骨・軟骨形成細胞への分化や、アポトーシスおよび細胞外マトリックス、とくにエラスチンの変性・分解が重要な役割を果たしている。骨基質タンパク(MGP、OPN、OPG、fetuin-A)、ピロリン酸、ALP、Pit-1などの分子が局所の石灰化調節に関与している。アテローム硬化(atherosclerosis)や動脈壁硬化(arteriosclerosis)の発症進展に伴う種々の刺激が、これらの調節系を介して血管石灰化を引き起こすと考えられる。(著者抄録)

  • 【循環器のエイジングバイオロジー】血管石灰化の分子機構 査読

    塩井 淳

    (株)メディカルレビュー社 血管医学   11 ( 2 )   141 - 148   2010年05月( ISSN:1345-9031

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    血管石灰化は骨・軟骨組織の生理的石灰化過程と多くの共通点を有する能動的なプロセスであり、その分子機構が明らかになってきている。血管石灰化の発症には、血管平滑筋細胞の骨・軟骨形成細胞への分化や、アポトーシスおよび細胞外マトリックス、とくにエラスチンの変性・分解が重要な役割を果たしている。骨基質タンパク(MGP、OPN、OPG、fetuin-A)、ピロリン酸、ALP、Pit-1などの分子が局所の石灰化調節に関与している。アテローム硬化(atherosclerosis)や動脈壁硬化(arteriosclerosis)の発症進展に伴う種々の刺激が、これらの調節系を介して血管石灰化を引き起こすと考えられる。(著者抄録)

  • 【イラストで確認!透析患者の骨と関節】血管が骨になる! 査読

    塩井 淳

    (株)メディカ出版 透析ケア   16 ( 3 )   271 - 275   2010年03月( ISSN:1341-1489

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【イラストで確認!透析患者の骨と関節】血管が骨になる! 査読

    塩井 淳

    (株)メディカ出版 透析ケア   16 ( 3 )   271 - 275   2010年03月( ISSN:1341-1489

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 血管石灰化 血管平滑筋細胞の骨形成性の形質転換(Vascular Calcification: Osteogenic Transformation of Vascular Smooth Muscle Cells) 査読

    Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki

    (一社)歯科基礎医学会 Journal of Oral Biosciences   52 ( 1 )   26 - 32   2010年02月( ISSN:1349-0079

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 血管石灰化 血管平滑筋細胞の骨形成性の形質転換(Vascular Calcification: Osteogenic Transformation of Vascular Smooth Muscle Cells) 査読

    Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki

    (一社)歯科基礎医学会 Journal of Oral Biosciences   52 ( 1 )   26 - 32   2010年02月( ISSN:1349-0079

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【生活習慣病と骨折危険性】動脈硬化症・脂質異常症と骨折危険性 査読

    塩井 淳

    (株)日本メディカルセンター 腎と骨代謝   23 ( 1 )   35 - 42   2010年01月( ISSN:0914-5265

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    骨粗鬆症は骨折のおもな危険因子である.骨粗鬆症と動脈硬化症はしばしば合併するだけでなく,これら二つの病態の発症・進展に共通の因子が関与している可能性が提唱されている.これらの因子にはエストロゲン欠乏,ホモシステイン,酸化脂質,炎症,Wntシグナル経路などが挙げられている.共通の危険因子の役割を明らかにすることは新たな治療戦略を生み出すことにつながると考えられる.(著者抄録)

  • 【生活習慣病と骨折危険性】動脈硬化症・脂質異常症と骨折危険性 査読

    塩井 淳

    (株)日本メディカルセンター 腎と骨代謝   23 ( 1 )   35 - 42   2010年01月( ISSN:0914-5265

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    骨粗鬆症は骨折のおもな危険因子である.骨粗鬆症と動脈硬化症はしばしば合併するだけでなく,これら二つの病態の発症・進展に共通の因子が関与している可能性が提唱されている.これらの因子にはエストロゲン欠乏,ホモシステイン,酸化脂質,炎症,Wntシグナル経路などが挙げられている.共通の危険因子の役割を明らかにすることは新たな治療戦略を生み出すことにつながると考えられる.(著者抄録)

  • 血管石灰化におけるリンの役割 査読

    塩井 淳, 西沢良記

    医薬ジャーナル社・CLINICAL CALCIUM   19 ( 2 )   180 - 185   2009年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 血管石灰化におけるリンの役割

    塩井 淳、西沢良記

    医薬ジャーナル社・CLINICAL CALCIUM   19 ( 2 )   180 - 185   2009年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Aortic calcification in haemodialysis patients with diabetes mellitus 査読

    Hiromichi Taniwaki, Eiji Ishimura, Tsutomu Tabata, Yoshihiro Tsujimoto, Atushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masaaki Inaba, Takashi Inoue, Yoshiki Nishizawa

    Nephrology Dialysis Transplantation   20 ( 11 )   2472 - 2478   2005年11月( ISSN:0931-0509

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Background. Certain metabolic disorders, such as hyperphosphatemia induce vascular calcification in haemodialysis patients
    it is unclear, however, whether these disorders contribute to aortic calcification in diabetic haemodialysis patients. This study examined the risk factors of aortic calcification in a large number of haemodialysis patients, and compared risk factors between diabetic and non-diabetic patients. Methods. The subjects were 667 patients on maintenance haemodialysis: 184 with type 2 diabetes and 483 without. Aortic calcification was measured semi-quantitatively using a plain computed tomography image of the abdominal aorta, and an aortic calcification index (ACI) was calculated. Results. The ACI of the diabetic subjects was significantly higher than that of those without diabetes (57.3±22.1 vs 44.8±28.3%, &lt
    0.0001), although the dialysis vintage of the former was significantly shorter (P&lt
    0.001). Multiple regression analyses showed that diabetes was a significant independent risk factor for increased ACI. Multiple regression analyses, performed separately in diabetics and non-diabetics, revealed that advanced age, higher systolic blood pressure, smoking and longer haemodialysis vintage were common independent risk factors significantly associated with increased ACI in both patient groups (R2 = 0.296, P&lt
    0.0001 for non-diabetics
    R2 = 0.193, P&lt
    0.0001 for diabetics). Higher serum phosphate concentration was not significantly associated with increased ACI in diabetic patients (P = 0.429), although it was a significant independent factor in non-diabetic patients (β = 0.150, P&lt
    0.0005). Conclusion. Aortic calcification in diabetic haemodialysis patients is more advanced, compared with non-diabetic patients, even with short haemodialysis vintage. Since disorders of mineral metabolism are not significantly associated with aortic calcification in diabetic haemodialysis patients, aortic calcification in these patients could be affected by metabolic abnormalities associated with the diabetic state per se, independent of other confounding factors
    and aortic calcification may be advanced even before haemodialysis induction. © The Author [2005]. Published by Oxford University Press on behalf of ERA-EDTA. All rights reserved.

    DOI: 10.1093/ndt/gfi039

    PubMed

  • Hyperphosphatemia and vascular calcification in end-stage renal disease 査読

    Yoshiki Nishizawa, Shuichi Jono, Eiji Ishimura, Atsushi Shioi

    Journal of Renal Nutrition   15 ( 1 )   178 - 182   2005年01月( ISSN:1051-2276

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Vascular calcification is a common finding in atherosclerosis and a serious problem in uremic patients. Because of the correlation of hyperphosphatemia and vascular calcification, the ability of extracellular inorganic phosphate levels to regulate human aortic smooth muscle cell (HSMC) culture mineralization in vitro was examined. HSMC cultured in media containing normal physiologic levels of inorganic phosphate (1.4 mM) did not mineralize. In contrast, HSMC cultured in media containing phosphate levels comparable with those seen in hyperphosphatemic individuals (&gt
    1.4 mM) showed dose-dependent increases in mineral deposition. Mechanistic studies showed that elevated phosphate treatment of HSMC also enhanced the expression of the osteoblastic differentiation markers osteocalcin and osf2/Cbfa-1. The effects of elevated phosphate on HSMC were mediated by a sodium-dependent phosphate cotransporter (NPC) as indicated by the ability of the specific NPC inhibitor phosphonoformic acid to dose-dependently inhibit phosphate-induced calcium deposition as well as osteocalcin and Cbfa-1 gene expression. The NPC in HSMC was identified as Pit-1, a member of the novel type III NPCs. These data suggest that elevated phosphate may directly stimulate HSMC to undergo phenotypic changes that predispose to calcification and offers a novel explanation of the phenomenon of vascular calcification under hyperphosphatemic conditions. Furthermore, we examined the factors affecting peripheral vascular calcification in 332 nondiabetic hemodialysis patients. There were 45 nondiabetic patients with vascular calcification. In multivariate logistic regression, the significant factors affecting vascular calcification were advanced age, longer duration of hemodialysis, increased phosphate concentrations, male gender, and lower predialysis diastolic pressure. Our findings suggest that an elevated phosphate level may directly stimulate HSMC to undergo phenotypic changes that predispose to calcification and offer a novel explanation of the phenomenon of vascular calcification under hyperphosphatemic conditions. © 2005 National Kidney Foundation, Inc.

    DOI: 10.1053/j.jrn.2004.09.027

    PubMed

  • Hyperphosphatemia and vascular calcification in end-stage renal disease

    Nishizawa Y, Jono S, Ishimura E, Shioi A

    Journal of Renal Nutrition   15 ( 1 )   178 - 182   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Aortic calcification in haemodialysis patients with diabetes mellitus

    Taniwaki H, Ishimura E, Tabata T, Tsujimoto Y, Shioi A,et al.

    Nephrology, Dialysis and Transplantation   20 ( 11 )   2472 - 2478   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Vascular calcification

    -

    Calcium in Internal Medicine   479 - 494   2002年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   共著区分:単著  

  • 動脈硬化症

    塩井 淳、西沢良記

    朝倉書店・カルシウムと骨   378 - 385   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Vascular calcification and inorganic phosphate.

    C. M. Giachelli, S. Jono, A. Shioi, Y. Nishizawa, K. Mori, et al.

    American Journal of Kidney Disease   38 ( 4 Suppl 1 )   34 - 37   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Vascular calcification and inorganic phosphate.

    Giachelli CM, Jono S, Shioi A,Nishizawa Y, Mori K, et al.

    American Journal of Kidney Disease   38 ( 4 Suppl 1 )   34 - 37   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • M(]J1151[)nckeberg"s medial sclerosis andinorganic phosphatein uremia.

    A. Shioi, H. Taniwaki, S. Jono, Y. Okuno, H. Koyama, et al.

    American Journal of Kidney Disease   38 ( 4 Suppl 1 )   47 - 49   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Mechanism of atherosclerotic calcification.

    Shioi A, Mori K, Jono S, Wakikawa T, Hiura Y, et al.

    Z. Kardiologie   89 ( suppl 2 )   75 - 79   2000年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 骨の形成と吸収の分子機構

    塩井 淳、西沢良記

    共立出版・活性酸素と運動   101 - 107   1999年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Parathyroid hormone-related peptide and models of vascular disease: its expression and action in vascular smooth muscle cells.

    Nishizawa Y, Koyama H, Shioi A, Hosoi M, Jono S, et al.

    Miner Electrolyte Metab   21 ( 1-3 )   152 - 156   1995年

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 血管石灰化におけるDNA損傷応答と細胞老化の役割 招待 国内会議

    塩井 淳

    第68回日本透析医学会学術集会  2023年06月  日本透析医学会

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸  

  • 透析患者における血管石灰化の診断と防止の意義 血管石灰化の病理 粥状硬化性石灰化・メンケベルグ型中膜硬化に伴う病理所見(骨/軟骨の形成やそれに伴う遺伝子の発現など)の相違 国内会議

    塩井 淳

    日本透析医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本透析医学会

  • オンコスタチンMは腎不全に伴うサルコペニアに関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 越智 章展, 森 克仁, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 繪本 正憲

    日本透析医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本透析医学会

  • MIFが透析患者の病態に及ぼす影響 培養肝細胞を用いた基礎検討 国内会議

    越智 章展, 上殿 英記, 森岡 与明, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 繪本 正憲

    日本透析医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本透析医学会

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積との関連にアディポネクチンが介在する 国内会議

    森岡 与明, 夏木 裕香, 福本 真也, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 稲葉 雅章, 絵本 正憲

    日本内分泌学会雑誌  2020年08月  (一社)日本内分泌学会

  • アディポネクチン、オメンチンと糖尿病腎症との関連性 国内会議

    森岡 与明, 西村 雅美, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章, 絵本 正憲

    糖尿病  2020年08月  (一社)日本糖尿病学会

  • イプラグリフロジンにより大幅にインスリ量が減少した1型糖尿病の1例 国内会議

    吉田 潮, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2020年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • 膵癌の治療中に脾臓摘出後重症感染症で急激な経過を辿った2型糖尿病の1例 国内会議

    西村 雅美, 中野 雅信, 山岸 政充, 三木 祐哉, 脇田 史明, 山田 康一, 木村 健二郎, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2020年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • 腎機能正常者におけるFGF23と内臓脂肪蓄積・アディポネクチンとの関連 国内会議

    森岡 与明, 夏木 裕香, 福本 真也, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 稲葉 雅章, 絵本 正憲

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2020年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 糖尿病ケトアシドーシスの経過中に脳梗塞を発症した若年成人1型糖尿病の1例 国内会議

    宮島 雅子, 角谷 佳則, 岡本 光佑, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 伊藤 義彰, 稲葉 雅章

    糖尿病  2020年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • 抑うつ状態によりインスリングラルギンU-300を過量自己注射した2型糖尿病の1例 国内会議

    中野 雅信, 角谷 佳則, 吉田 潮, 三木 祐介, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2020年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • 血漿adiponectin濃度別に見たomentinと2型糖尿病の動脈硬化との関連性 国内会議

    西村 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • 血漿adiponectin濃度別に見たomentinと2型糖尿病の動脈硬化との関連性 国内会議

    西村 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • 血清リン濃度とメタボリック症候群、アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • オンコスタチンMによるSTAT3経路を介した骨格筋萎縮への関与 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 越智 章展, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • オンコスタチンMによるSTAT3経路を介した骨格筋萎縮への関与 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 越智 章展, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • 血清リン濃度とメタボリック症候群、アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • 大血管障害 Δ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は2型糖尿病の動脈硬化合併症に関与する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2019年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 大血管障害 Δ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は2型糖尿病の動脈硬化合併症に関与する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2019年09月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 血漿Δ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は2型糖尿病の動脈スティフネスに関連する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血漿Δ5脂肪酸不飽和化酵素活性指標は2型糖尿病の動脈スティフネスに関連する 国内会議

    森岡 与明, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 腎機能正常者における血清リン濃度とメタボリック症候群、アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 上腕血圧の左右差に対する糖尿病の関与と心血管疾患との関連 国内会議

    宮島 雅子, 庄司 哲雄, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • Omentinは2型糖尿病のadiponectin高値群において動脈硬化に負に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • AdenosineはA3 receptorを介してERK1/2およびSTAT3のリン酸化を抑制することによりoncostatin Mによる血管平滑筋細胞の石灰化を抑制する 国内会議

    藤元 健太, 塩井 淳, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • AdenosineはA3 receptorを介してERK1/2およびSTAT3のリン酸化を抑制することによりoncostatin Mによる血管平滑筋細胞の石灰化を抑制する 国内会議

    藤元 健太, 塩井 淳, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • Omentinは2型糖尿病のadiponectin高値群において動脈硬化に負に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2019年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血漿adiponectin高値の2型糖尿病においてomentinは動脈硬化に負に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 血漿adiponectin高値の2型糖尿病においてomentinは動脈硬化に負に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 腎機能正常者における血清リン濃度とメタボリック症候群,アディポネクチンとの関連 糖尿病の有無による比較検討 国内会議

    夏木 裕香, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 藏城 雅文, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 今西 康雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 右下肢蜂窩織炎を契機に大腿骨化膿性骨髄炎が判明した2型糖尿病の1例 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 首藤 亜侑美, 上村 卓也, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 中村 博亮, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 上腕血圧の左右差に対する糖尿病の関与と心血管疾患との関連 国内会議

    宮島 雅子, 庄司 哲雄, 山崎 祐子, 越智 章展, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • オンコスタチンMはSTAT3経路を介して骨格筋萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • SGLT2阻害薬の肝細胞に対する直接作用 Canagliflozinは肝細胞に直接作用し糖新生を抑制する 国内会議

    越智 章展, 森 克仁, 上殿 英記, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病の橈骨皮質骨厚とCD16陽性単球の関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病のGA、GA/HbA1cに対する内臓脂肪面積の関連 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病におけるomentin発現増加とそのアテローム性動脈硬化抑制作用に関する役割(Upregulation of omentin and its role against atherosclerosis in type 2 diabetes) 国内会議

    Morioka Tomoaki, Hayashi Mariko, Hatamori Masami, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病におけるCD16陽性単球の脈波伝播速度に対する関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病Diabetic Kidney Diseaseにおけるアルブミン尿を伴わない腎機能低下例頻度の年代間比較 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 森 克仁, 越智 章展, 山崎 祐子, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 1型糖尿病の経過中にtriple X症候群と判明した1例 国内会議

    中舎 璃乃, 越智 章展, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 日野 雅之, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 1型糖尿病の経過中にtriple X症候群と判明した1例 国内会議

    中舎 璃乃, 越智 章展, 林 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 日野 雅之, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病Diabetic Kidney Diseaseにおけるアルブミン尿を伴わない腎機能低下例頻度の年代間比較 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 森 克仁, 越智 章展, 山崎 祐子, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病におけるCD16陽性単球の脈波伝播速度に対する関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病におけるomentin発現増加とそのアテローム性動脈硬化抑制作用に関する役割(Upregulation of omentin and its role against atherosclerosis in type 2 diabetes) 国内会議

    Morioka Tomoaki, Hayashi Mariko, Hatamori Masami, Kakutani Yoshinori, Yamazaki Yuko, Kurajoh Masafumi, Mori Katsuhito, Fukumoto Shinya, Shioi Atsushi, Shoji Tetsuo, Emoto Masanori, Inaba Masaaki

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病のGA、GA/HbA1cに対する内臓脂肪面積の関連 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病の橈骨皮質骨厚とCD16陽性単球の関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • SGLT2阻害薬の肝細胞に対する直接作用 Canagliflozinは肝細胞に直接作用し糖新生を抑制する 国内会議

    越智 章展, 森 克仁, 上殿 英記, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • オンコスタチンMはSTAT3経路を介して骨格筋萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 右下肢蜂窩織炎を契機に大腿骨化膿性骨髄炎が判明した2型糖尿病の1例 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 首藤 亜侑美, 上村 卓也, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 中村 博亮, 稲葉 雅章

    糖尿病  2019年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 腎臓病 2型糖尿病におけるDiabetic Kidney Diseaseの経時的変遷 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 森 克仁, 越智 章展, 山崎 祐子, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2018年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 動脈硬化 2型糖尿病におけるオメンチンと動脈硬化・血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 林 麻里子, 畑森 雅美, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2018年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 動脈硬化 2型糖尿病におけるオメンチンと動脈硬化・血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 林 麻里子, 畑森 雅美, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2018年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 腎臓病 2型糖尿病におけるDiabetic Kidney Diseaseの経時的変遷 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 森 克仁, 越智 章展, 山崎 祐子, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2018年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 血漿omentin濃度は2型糖尿病患者の血管内皮機能に関連する 国内会議

    林 麻里子, 森岡 与明, 畑森 雅美, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2018年09月  (一社)日本肥満学会

  • 血漿omentin濃度は2型糖尿病患者の動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2018年09月  (一社)日本肥満学会

  • オンコスタチンMはSTAT3を介して骨格筋萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2018年09月  (一社)日本肥満学会

  • オンコスタチンMはSTAT3を介して骨格筋萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2018年09月  (一社)日本肥満学会

  • 血漿omentin濃度は2型糖尿病患者の血管内皮機能に関連する 国内会議

    林 麻里子, 森岡 与明, 畑森 雅美, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2018年09月  (一社)日本肥満学会

  • 血漿omentin濃度は2型糖尿病患者の動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 林 麻里子, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2018年09月  (一社)日本肥満学会

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes. 国際会議

    Masami Hatamori, Tomoaki Morioka, Mariko Senda, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 血糖是正後に右腓骨神経麻痺が出現した2型糖尿病の1例 国内会議

    宮島 雅子, 元山 宏華, 丸尾 沙織, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

  • 胃切除後の食後高血糖に対するボグリボースの効果をCGMで検討した2型糖尿病の1例 国内会議

    森田 けやき, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

  • 抗GAD抗体陰性で抗IA-2抗体陽性であった高齢発症1型糖尿病の1例 国内会議

    畑森 雅美, 千田 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

  • 心血管疾患を有さない2型糖尿病患者において血漿omentin濃度は動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 大血管障害を有する2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • AdenosineはA3 receptorを介してヒト血管平滑筋細胞によるin vitroでの石灰化を抑制する 国内会議

    藤元 健太, 塩井 淳, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Vascular Endothelial Function in Patients with Type 2 Diabetes and Cardiobascular Diseases. 国際会議

    Mariko Senda, Tomoaki Morioka, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 胃切除後の食後高血糖に対するボグリボースの効果をCGMで検討した2型糖尿病の1例 国内会議

    森田 けやき, 森岡 与明, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

  • 抗GAD抗体陰性で抗IA-2抗体陽性であった高齢発症1型糖尿病の1例 国内会議

    畑森 雅美, 千田 麻里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

  • 心血管疾患を有さない2型糖尿病患者において血漿omentin濃度は動脈硬化に関連する 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 大血管障害を有する2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Vascular Endothelial Function in Patients with Type 2 Diabetes and Cardiobascular Diseases. 国内会議

    Mariko Senda, Tomoaki Morioka, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Atherosclerosis in Patients with Type 2 Diabetes. 国内会議

    Masami Hatamori, Tomoaki Morioka, Mariko Senda, Mariko Asada, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

  • Albuminuria Is More Closely Associated with Vascular Endothelial Function than eGFR in Type 2 Diabetes with Diabetic Kidney disease. 国内会議

    Yoshinori Kakutani, Masanori Emoto, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

  • AdenosineはA3 receptorを介してヒト血管平滑筋細胞によるin vitroでの石灰化を抑制する 国内会議

    藤元 健太, 塩井 淳, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2018年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血糖是正後に右腓骨神経麻痺が出現した2型糖尿病の1例 国内会議

    宮島 雅子, 元山 宏華, 丸尾 沙織, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年06月  (一社)日本糖尿病学会

  • Albuminuria Is More Closely Associated with Vascular Endothelial Function than eGFR in Type 2 Diabetes with Diabetic Kidney disease. 国際会議

    Yoshinori Kakutani, Masanori Emoto, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 78th Scientific Sessions  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Fetuin-A-containing calciprotein particles(CPP)の肝でのetuin-A発現調節 国内会議

    上殿 英記, 森 克仁, 越智 章展, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 藤元 健太, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2018年05月  (一社)日本透析医学会

  • Diabetic kidney diseaseにおける血管内皮機能とeGFR・アルブミン尿の関連性 国内会議

    絵本 正憲, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2018年05月  (一社)日本透析医学会

  • Diabetic kidney diseaseにおける血管内皮機能とeGFR・アルブミン尿の関連性 国内会議

    絵本 正憲, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2018年05月  (一社)日本透析医学会

  • Fetuin-A-containing calciprotein particles(CPP)の肝でのetuin-A発現調節 国内会議

    上殿 英記, 森 克仁, 越智 章展, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 藤元 健太, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2018年05月  (一社)日本透析医学会

  • 2型糖尿病における血中単球サブセットとfetuin-A、インスリン抵抗性との関係 国内会議

    丸尾 沙織, 森 克仁, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 中村 美之, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • オンコスタチンMはマウス筋管細胞の萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • Fetuin-A-containing calciprotein particles(CPP)による肝fetuin-A発現調整 国内会議

    上殿 英記, 森 克仁, 越智 章展, 藤元 健太, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 塩井 淳

    日本腎臓学会誌  2018年04月  (一社)日本腎臓学会

  • Diabetic kidney diseaseにおける頸動脈肥厚度とeGFRおよびアルブミン尿との関連 国内会議

    山崎 祐子, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • Diabetic kidney diseaseにおける血管内皮機能とeGFRおよびアルブミン尿との関連 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度の検討 国内会議

    森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と動脈硬化との関連 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病における血中単球サブセットとfetuin-A、インスリン抵抗性との関係 国内会議

    丸尾 沙織, 森 克仁, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 中村 美之, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 森岡 与明, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • オンコスタチンMはマウス筋管細胞の萎縮に関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 藤元 健太, 上殿 英記, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • Fetuin-A-containing calciprotein particles(CPP)による肝fetuin-A発現調整 国内会議

    上殿 英記, 森 克仁, 越智 章展, 藤元 健太, 三木 祐哉, 角谷 佳則, 仲谷 慎也, 津田 昌宏, 森岡 与明, 絵本 正憲, 稲葉 雅章, 塩井 淳

    日本腎臓学会誌  2018年04月  (一社)日本腎臓学会

  • Diabetic kidney diseaseにおける頸動脈肥厚度とeGFRおよびアルブミン尿との関連 国内会議

    山崎 祐子, 絵本 正憲, 角谷 佳則, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • Diabetic kidney diseaseにおける血管内皮機能とeGFRおよびアルブミン尿との関連 国内会議

    角谷 佳則, 絵本 正憲, 山崎 祐子, 森岡 与明, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度の検討 国内会議

    森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と動脈硬化との関連 国内会議

    畑森 雅美, 森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2018年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者におけるオメンチンと血管内皮機能との関連性 招待 国内会議

    森岡与明,千田麻里子,朝田真里子,山崎祐子,角谷佳則,瓦林令奈,元山宏華,森 克仁,福本真也,塩井 淳,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第32回日本糖尿病合併症学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 2型糖尿病における動脈硬化とDiabetic Kidney Diseaseの関連性 国内会議

    角谷佳則, 森岡与明, 元山宏華, 山崎祐子, 森 克仁, 福本真也, 塩井 淳, 庄司哲雄, 絵本正憲, 稲葉雅章

    第32回日本糖尿病合併症学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 2型糖尿病における動脈硬化とDiabetic Kidney Diseaseの関連性 国内会議

    角谷佳則, 森岡与明, 元山宏華, 山崎祐子, 森 克仁, 福本真也, 塩井 淳, 庄司哲雄, 絵本正憲, 稲葉雅章

    第32回日本糖尿病合併症学会  2017年10月 

  • 2型糖尿病患者におけるオメンチンと血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡与明, 千田麻里子, 朝田真里子, 山崎祐子, 角谷佳則, 瓦林令奈, 元山宏華, 森 克仁, 福本真也, 塩井 淳, 庄司哲雄, 絵本正憲, 稲葉雅章

    第32回日本糖尿病合併症学会  2017年10月 

  • 2 型糖尿病における内臓脂肪面積とGA、GA/HbA1c との関連 国内会議

    丸尾沙織、元山宏華、広田知依、角谷佳則、山崎祐子、森岡与明、森克仁、福本真也、塩井淳、庄司哲雄、絵本正憲、稲葉雅章

    第38回日本肥満学会  2017年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 2 型糖尿病における内臓脂肪面積とGA、GA/HbA1c との関連 国内会議

    丸尾沙織, 元山宏華, 広田知依, 角谷佳則, 山崎祐子, 森岡与明, 森克仁, 福本真也, 塩井淳, 庄司哲雄, 絵本正憲, 稲葉雅章

    第38回日本肥満学会  2017年10月 

  • 血管・動脈硬化 2型糖尿病患者におけるオメンチンと血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 瓦林 令奈, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 血管・動脈硬化 2型糖尿病における動脈硬化とDiabetic Kidney Diseaseの関連性 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 元山 宏華, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • アデニン誘導性腎不全マウスにおけるサルコペニアにオンコスタチンMが関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌  2017年10月  (一社)日本サルコペニア・フレイル学会

  • 血管・動脈硬化 2型糖尿病患者におけるオメンチンと血管内皮機能との関連性 国内会議

    森岡 与明, 千田 麻里子, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 瓦林 令奈, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • アデニン誘導性腎不全マウスにおけるサルコペニアにオンコスタチンMが関与する 国内会議

    三木 祐哉, 森岡 与明, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本サルコペニア・フレイル学会雑誌  2017年10月  (一社)日本サルコペニア・フレイル学会

  • 血管・動脈硬化 2型糖尿病における動脈硬化とDiabetic Kidney Diseaseの関連性 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 元山 宏華, 山崎 祐子, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病合併症  2017年10月  (一社)日本糖尿病合併症学会

  • 右副腎悪性褐色細胞腫術後にインスリン分泌能・血糖コントロールの改善を認めた1例 国内会議

    都井 律和, 藏城 雅文, 林 礼行, 宮岡 大知, 山崎 彰代, 永田 友貴, 山田 真介, 今西 康雄, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • 右副腎悪性褐色細胞腫術後にインスリン分泌能・血糖コントロールの改善を認めた1例 国内会議

    都井 律和, 藏城 雅文, 林 礼行, 宮岡 大知, 山崎 彰代, 永田 友貴, 山田 真介, 今西 康雄, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • ルセオグリフロジン投与後に夜間血糖が安定化した肥満2型糖尿病の1例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • ダパグリフロジン投与後高K血症が顕在化した両側副腎摘出後2型糖尿病の1例 国内会議

    宮岡 大知, 津田 昌宏, 林 礼行, 都井 律和, 永田 友貴, 藏城 雅文, 山田 真介, 今西 康雄, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • カナグリフロジンを安全に投与しえた高齢者2型糖尿病の1例 国内会議

    曽根 一真, 朝田 真里子, 森岡 与明, 三木 祐哉, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • インスリンアレルギーが疑われた1型糖尿病の1例 国内会議

    千田 麻里子, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病の血管内皮機能に対するオメンチンとアディポネクチンとの関連性の相異 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 瓦林 令奈, 角谷 佳則, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2017年09月  (一社)日本肥満学会

  • 2型糖尿病における内臓脂肪面積とGA、GA/HbA1cとの関連 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 広田 知依, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2017年09月  (一社)日本肥満学会

  • 2型糖尿病において血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は動脈硬化と関連する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 元山 宏華, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病において血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は動脈硬化と関連する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 元山 宏華, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • インスリンアレルギーが疑われた1型糖尿病の1例 国内会議

    千田 麻里子, 瓦林 令奈, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 絵本 正憲, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • カナグリフロジンを安全に投与しえた高齢者2型糖尿病の1例 国内会議

    曽根 一真, 朝田 真里子, 森岡 与明, 三木 祐哉, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • ダパグリフロジン投与後高K血症が顕在化した両側副腎摘出後2型糖尿病の1例 国内会議

    宮岡 大知, 津田 昌宏, 林 礼行, 都井 律和, 永田 友貴, 藏城 雅文, 山田 真介, 今西 康雄, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • ルセオグリフロジン投与後に夜間血糖が安定化した肥満2型糖尿病の1例 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 朝田 真里子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年09月  (一社)日本糖尿病学会

  • Sodium-Glucose Co-Transporter 2 Inhibitors Improve Nocturnal Glucose Variability in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Yoshinori Kakutani, Tomoaki Morioka, Shuko Ueda, Reina Kawarabayashi, Miyuki Nakamura, Mariko Asada, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Plasma Lipopolysaccharide-Binding Protein Levels Are Associated with Arterial Stiffness in Patients with Type 2 Diabetes 国際会議

    Yuya Miki, Tomoaki Morioka, Takeshi Sakura, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Vascular Endothelial Function in Patients with Type 2 Diabetes and Renal Dysfunction 国際会議

    Mariko Senda, Tomoaki Morioka, Mariko Asada, Yuko Yamazaki, Yoshinori Kakutani, Reina Kawarabayashi, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Impact of Obesity on Glycated Albumin HbA1c Ratio in Type 2 Diabetes 国際会議

    Saori Maruo, Koka Motoyama, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Impact of Obesity on Glycated Albumin HbA1c Ratio in Type 2 Diabetes 国内会議

    Saori Maruo, Koka Motoyama, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Tomoaki Morioka, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

  • Sodium-Glucose Co-Transporter 2 Inhibitors Improve Nocturnal Glucose Variability in Patients with Type 2 Diabetes 国内会議

    Yoshinori Kakutani, Tomoaki Morioka, Shuko Ueda, Reina Kawarabayashi, Miyuki Nakamura, Mariko Asada, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

  • Plasma Omentin Levels Are Associated with Vascular Endothelial Function in Patients with Type 2 Diabetes and Renal Dysfunction 国内会議

    Mariko Senda, Tomoaki Morioka, Mariko Asada, Yuko Yamazaki, Yoshinori Kakutani, Reina Kawarabayashi, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

  • Plasma Lipopolysaccharide-Binding Protein Levels Are Associated with Arterial Stiffness in Patients with Type 2 Diabetes 国内会議

    Yuya Miki, Tomoaki Morioka, Takeshi Sakura, Yoshinori Kakutani, Yuko Yamazaki, Koka Motoyama, Katsuhito Mori, Shinya Fukumoto, Atsushi Shioi, Tetsuo Shoji, Masanori Emoto, Masaaki Inaba

    American Diabetes Association 77th Scientific Sessions  2017年06月 

  • 血液透析治療中の慢性腎臓病患者におけるコレステロール合成・吸収の特徴 国内会議

    庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 森 克仁, 塩井 淳, 辻本 吉広, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2017年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血液透析治療中の慢性腎臓病患者におけるコレステロール合成・吸収の特徴 国内会議

    庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 森 克仁, 塩井 淳, 辻本 吉広, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2017年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 瓦林 令奈, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 信也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2017年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 2型糖尿病患者において血清lipopolysaccharide-bindingprotein濃度は大動脈スティフネスと関連する 国内会議

    佐倉剛史,森岡与明,塩井淳,角谷佳則,三木祐哉,奥手祐治郎,桑村幸伸,山崎祐子,元山宏華,森克仁,庄司哲雄,絵本正憲,稲葉雅章

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 2型糖尿病患者において血清lipopolysaccharide-bindingprotein濃度は大動脈スティフネスと関連する 国内会議

    佐倉剛史, 森岡与明, 塩井淳, 角谷佳則, 三木祐哉, 奥手祐治郎, 桑村幸伸, 山崎祐子, 元山宏華, 森克仁, 庄司哲雄, 絵本正憲, 稲葉雅章

    第60回日本糖尿病学会年次学術集会  2017年05月 

  • 2型糖尿病患者における夜間血糖変動に対するSGLT2阻害薬 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 上田 修子, 瓦林 令奈, 中村 美之, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 糖尿病患者における腎機能と認知機能の関連に対する血漿ホモシステイン濃度と無症候性脳血管障害の関与 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 長沼 俊秀, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 下野 太郎, 藤井 比佐子, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2017年04月  (一社)日本腎臓学会

  • 2型糖尿病患者における血漿omentin濃度と血管内皮機能との関連性 国内会議

    千田 麻里子, 森岡 与明, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 角谷 佳則, 瓦林 令奈, 元山 宏華, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者における末梢血単球CD163発現とインスリン抵抗性の関連 国内会議

    瓦林 令奈, 元山 宏華, 中村 美之, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者における夜間血糖変動に対するSGLT2阻害薬 国内会議

    角谷 佳則, 森岡 与明, 上田 修子, 瓦林 令奈, 中村 美之, 朝田 真里子, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病患者において血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は大動脈スティフネスと関連する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 三木 祐哉, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病における炎症性単球サブセットと各種動脈硬化指標との関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病におけるGA/HbA1c比と体脂肪組成の関係 国内会議

    丸尾 沙織, 元山 宏華, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 2型糖尿病における炎症性単球サブセットと各種動脈硬化指標との関連 国内会議

    中村 美之, 元山 宏華, 瓦林 令奈, 角谷 佳則, 山崎 祐子, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2017年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • カテコラミン心筋症を併発した悪性褐色細胞腫の一例 国内会議

    都井 律和, 藏城 雅文, 林 礼行, 宮岡 大知, 山崎 彰代, 永田 友貴, 山田 真介, 今西 康雄, 塩井 淳, 田原 英樹, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2016年12月  (一社)日本内分泌学会

  • カテコラミン心筋症を併発した悪性褐色細胞腫の一例 国内会議

    都井 律和, 藏城 雅文, 林 礼行, 宮岡 大知, 山崎 彰代, 永田 友貴, 山田 真介, 今西 康雄, 塩井 淳, 田原 英樹, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2016年12月  (一社)日本内分泌学会

  • 血液透析患者における心血管イベントの予測因子としての心胸比について 国内会議

    奥手 祐治郎, 庄司 哲雄, 林 朝茂, 桑村 幸伸, 園田 実香, 森 克仁, 塩井 淳, 辻本 吉広, 田畑 勉, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2016年09月  大阪透析研究会

  • 血液透析患者における心血管イベントの予測因子としての心胸比について 国内会議

    奥手 祐治郎, 庄司 哲雄, 林 朝茂, 桑村 幸伸, 園田 実香, 森 克仁, 塩井 淳, 辻本 吉広, 田畑 勉, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2016年09月  大阪透析研究会

  • 血液透析患者における多価不飽和脂肪酸代謝異常 国内会議

    桑村 幸伸, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 園田 実香, 森岡 与明, 森 克仁, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2016年09月  大阪透析研究会

  • 慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2016年09月  大阪透析研究会

  • 3T3-L1脂肪細胞においてOncostatin Mは褐色化を抑制する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2016年09月  (一社)日本肥満学会

  • 3T3-L1脂肪細胞においてOncostatin Mは褐色化を抑制する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    肥満研究  2016年09月  (一社)日本肥満学会

  • 慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    大阪透析研究会会誌  2016年09月  大阪透析研究会

  • 糖尿病患者における認知機能障害 無症候性脳血管障害及び腎機能の関与 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 伸幸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • 糖尿病患者における認知機能障害 無症候性脳血管障害及び腎機能の関与 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 桑村 伸幸, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年07月  (一社)日本糖尿病学会

  • 血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は2型糖尿病患者において肥満、インスリン抵抗性および動脈硬化と関連する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 園田 実香, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2016年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血清lipopolysaccharide-binding protein濃度は2型糖尿病患者において肥満、インスリン抵抗性および動脈硬化と関連する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 園田 実香, 奥手 祐治郎, 桑村 幸伸, 山崎 祐子, 元山 宏華, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2016年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • アデニン誘導性腎不全マウスにおける悪液質に白色脂肪細胞の褐色化が関与する 国内会議

    森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2016年05月  (一社)日本透析医学会

  • 血液透析患者における多価不飽和脂肪酸代謝異常 国内会議

    桑村 幸伸, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 園田 実香, 森岡 与明, 森 克仁, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2016年05月  (一社)日本透析医学会

  • アデニン誘導性腎不全マウスにおける悪液質に白色脂肪細胞の褐色化が関与する 国内会議

    森岡 与明, 塩井 淳, 佐倉 剛史, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2016年05月  (一社)日本透析医学会

  • 甲状腺機能亢進症の精神症状が遷延し、診断しえた橋本脳症の1例 国内会議

    都井 律和, 塩井 淳, 林 礼行, 宮岡 大知, 山崎 彰代, 与田 真貴, 浅田 奈緒美, 小原 正也, 三野 俊和, 山田 真介, 日下 博登, 今西 康雄, 長崎 俊樹, 田原 英樹, 後藤 仁志, 安部 貴人, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2016年04月  (一社)日本内分泌学会

  • 甲状腺機能亢進症の精神症状が遷延し、診断しえた橋本脳症の1例 国内会議

    都井 律和, 塩井 淳, 林 礼行, 宮岡 大知, 山崎 彰代, 与田 真貴, 浅田 奈緒美, 小原 正也, 三野 俊和, 山田 真介, 日下 博登, 今西 康雄, 長崎 俊樹, 田原 英樹, 後藤 仁志, 安部 貴人, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2016年04月  (一社)日本内分泌学会

  • Oncostatin Mは3T3-L1脂肪細胞の褐色化を抑制する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • Oncostatin Mは3T3-L1脂肪細胞の褐色化を抑制する 国内会議

    佐倉 剛史, 森岡 与明, 塩井 淳, 角谷 佳則, 上殿 英記, 森 克仁, 庄司 哲雄, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    糖尿病  2016年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 甲状腺クリーゼに伴う中枢神経症状との鑑別が困難であった橋本脳症の1例 国内会議

    都井 律和, 塩井 淳, 林 礼行, 宮岡 大知, 山崎 彰代, 与田 真貴, 小原 正也, 山田 真介, 長崎 俊樹, 今西 康雄, 田原 英樹, 後藤 仁志, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2015年12月  (一社)日本内分泌学会

  • 甲状腺クリーゼに伴う中枢神経症状との鑑別が困難であった橋本脳症の1例 国内会議

    都井 律和, 塩井 淳, 林 礼行, 宮岡 大知, 山崎 彰代, 与田 真貴, 小原 正也, 山田 真介, 長崎 俊樹, 今西 康雄, 田原 英樹, 後藤 仁志, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2015年12月  (一社)日本内分泌学会

  • 血管石灰化におけるマクロファージ低酸素誘導因子の役割 Oncostatin Mの発現調節 国内会議

    角谷 佳則, 塩井 淳, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 岡崎 博一, 小山 英則, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血管石灰化におけるマクロファージ低酸素誘導因子の役割 Oncostatin Mの発現調節 国内会議

    角谷 佳則, 塩井 淳, 森岡 与明, 庄司 哲雄, 岡崎 博一, 小山 英則, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2015年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 透析患者と血管石灰化 国内会議

    塩井 淳, 角谷 佳則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2015年05月  (一社)日本透析医学会

  • 透析患者と血管石灰化 国内会議

    塩井 淳, 角谷 佳則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2015年05月  (一社)日本透析医学会

  • 糖尿病慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 桑村 幸伸, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2015年04月  (一社)日本腎臓学会

  • 糖尿病慢性腎臓病患者における無症候性脳血管障害と認知機能の関連 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 裕治郎, 桑村 幸伸, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2015年04月  (一社)日本腎臓学会

  • 慢性腎不全患者における多価不飽和脂肪酸プロフィールとdelta5-desaturase index 国内会議

    桑村 幸伸, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 園田 実香, 森岡 与明, 森 克仁, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2015年04月  (一社)日本腎臓学会

  • 妊娠初期に両側副腎褐色細胞腫と診断し、摘出手術を行いえた一例 国内会議

    都井 律和, 塩井 淳, 田原 英樹, 濱本 佳恵, 山崎 彰代, 後藤 仁志, 林 雅美, 柏木 伸一郎, 羽室 明洋, 小野田 尚佳, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2015年04月  (一社)日本内分泌学会

  • 妊娠初期に両側副腎褐色細胞腫と診断し、摘出手術を行いえた一例 国内会議

    都井 律和, 塩井 淳, 田原 英樹, 濱本 佳恵, 山崎 彰代, 後藤 仁志, 林 雅美, 柏木 伸一郎, 羽室 明洋, 小野田 尚佳, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2015年04月  (一社)日本内分泌学会

  • 慢性腎不全患者における多価不飽和脂肪酸プロフィールとdelta5-desaturase index 国内会議

    桑村 幸伸, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 園田 実香, 森岡 与明, 森 克仁, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2015年04月  (一社)日本腎臓学会

  • 内服自己管理者の誤薬が減らない要因の検討 国内会議

    矢板 節子, 塩井 淳子, 関 裕子

    国立病院総合医学会講演抄録集  2014年11月  国立病院総合医学会

  • 内服自己管理者の誤薬が減らない要因の検討 国内会議

    矢板 節子, 塩井 淳子, 関 裕子

    国立病院総合医学会講演抄録集  2014年11月  国立病院総合医学会

  • 活性化マクロファージにおけるoncostatin Mの発現調節機構と血管石灰化における役割 国内会議

    角谷 佳則, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 岡崎 博一, 小山 英則, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2014年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 活性化マクロファージにおけるoncostatin Mの発現調節機構と血管石灰化における役割 国内会議

    角谷 佳則, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 岡崎 博一, 小山 英則, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2014年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血液透析患者における心血管イベントの予測因子としての心胸比とNT-proBNP 国内会議

    奥手 祐治郎, 庄司 哲雄, 園田 実香, 桑村 幸伸, 辻本 吉広, 田畑 勉, 塩井 淳, 田原 英樹, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2014年05月  (一社)日本透析医学会

  • 血液透析患者における心血管イベントの予測因子としての心胸比とNT-proBNP 国内会議

    奥手 祐治郎, 庄司 哲雄, 園田 実香, 桑村 幸伸, 辻本 吉広, 田畑 勉, 塩井 淳, 田原 英樹, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2014年05月  (一社)日本透析医学会

  • 腎機能低下に伴うコレステロール吸収の亢進とレムナントリポ蛋白蓄積 糖尿病患者における横断的研究 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 木本 栄司, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2014年05月  (一社)日本腎臓学会

  • 腎機能低下に伴うコレステロール吸収の亢進とレムナントリポ蛋白蓄積 糖尿病患者における横断的研究 国内会議

    園田 実香, 庄司 哲雄, 奥手 祐治郎, 木本 栄司, 嶋 英昭, 元山 宏華, 森岡 与明, 森 克仁, 福本 真也, 塩井 淳, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本腎臓学会誌  2014年05月  (一社)日本腎臓学会

  • 骨・ミネラル代謝異常症診療の進歩 血管石灰化におけるマクロファージの役割 国内会議

    塩井 淳, 角谷 佳則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2014年04月  (一社)日本内分泌学会

  • 骨・ミネラル代謝異常症診療の進歩 血管石灰化におけるマクロファージの役割 国内会議

    塩井 淳, 角谷 佳則, 庄司 哲雄, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2014年04月  (一社)日本内分泌学会

  • Oncostatin Mはヒト血管平滑筋細胞の骨芽細胞への分化を促進する 国内会議

    角谷 佳則, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 小山 英則, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2013年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • Oncostatin Mはヒト血管平滑筋細胞の骨芽細胞への分化を促進する 国内会議

    角谷 佳則, 塩井 淳, 庄司 哲雄, 小山 英則, 絵本 正憲, 稲葉 雅章

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2013年06月  (一社)日本動脈硬化学会

  • 血液透析患者の血清n-3(ω3)多価不飽和脂肪酸と心血管疾患発症リスク 国内会議

    庄司 哲雄, 林 朝茂, 垣谷 隆介, 辻本 吉広, 園田 実香, 嶋 英昭, 森 克仁, 福本 真也, 田原 英樹, 塩井 淳, 田畑 勉, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2013年05月  (一社)日本透析医学会

  • 血液透析患者の血清n-3(ω3)多価不飽和脂肪酸と心血管疾患発症リスク 国内会議

    庄司 哲雄, 林 朝茂, 垣谷 隆介, 辻本 吉広, 園田 実香, 嶋 英昭, 森 克仁, 福本 真也, 田原 英樹, 塩井 淳, 田畑 勉, 絵本 正憲, 西澤 良記, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2013年05月  (一社)日本透析医学会

  • ヒト血管内皮細胞においてTumor necrosis factor-αはJNK-、p38-MAP kinaseとATF4を介して終末糖化産物受容体(RAGE)のsheddingを促進する 国内会議

    小山 英則, 門田 真佐世, 庄司 拓仁, 森岡 与明, 藏城 雅文, 塩井 淳, 山本 徹也, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2013年04月  (一社)日本内分泌学会

  • ヒト血管内皮細胞においてTumor necrosis factor-αはJNK-、p38-MAP kinaseとATF4を介して終末糖化産物受容体(RAGE)のsheddingを促進する 国内会議

    小山 英則, 門田 真佐世, 庄司 拓仁, 森岡 与明, 藏城 雅文, 塩井 淳, 山本 徹也, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2013年04月  (一社)日本内分泌学会

  • 好酸球増多と紅皮症を伴った非典型的erosive pustular dermatosis of the scalpの一例 国内会議

    廣保 翔, 鶴田 大輔, 山根 孝久, 塩井 淳, 豊田 宏光, 石井 正光, 小林 裕美

    日本皮膚科学会雑誌  2012年04月  (公社)日本皮膚科学会

  • 好酸球増多と紅皮症を伴った非典型的erosive pustular dermatosis of the scalpの一例 国内会議

    廣保 翔, 鶴田 大輔, 山根 孝久, 塩井 淳, 豊田 宏光, 石井 正光, 小林 裕美

    日本皮膚科学会雑誌  2012年04月  (公社)日本皮膚科学会

  • CKD-MBDと血管石灰化 (シンポジウム10.骨・ミネラル代謝と慢性腎臓病の接点-内分泌疾患としてのCKD-MBD) 国内会議

    -

    第84回日本内分泌学会学術総会  2011年07月 

  • ヒト内皮細胞において腫瘍壊死因子-αは、JNK-、p38-MAPキナーゼ、ATF4経路を介して最終糖化産物に対する受容体のsheddingを刺激する(Tumor necrosis factor-α stimulates shedding of receptor for advanced glycation end-products through JNK-, p38-MAP kinase and ATF4 pathway in human endothelial cells) 国内会議

    Monden Masayo, Koyama Hidenori, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Kurajyo Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • ヒト内皮細胞において腫瘍壊死因子-αは、JNK-、p38-MAPキナーゼ、ATF4経路を介して最終糖化産物に対する受容体のsheddingを刺激する(Tumor necrosis factor-α stimulates shedding of receptor for advanced glycation end-products through JNK-, p38-MAP kinase and ATF4 pathway in human endothelial cells) 国内会議

    Monden Masayo, Koyama Hidenori, Morioka Tomoaki, Mori Katsuhito, Shoji Takuhito, Fukumoto Shinya, Tanaka Shinji, Kurajyo Masafumi, Yamamoto Tetsuya, Shioi Atsushi, Nishizawa Yoshiki, Inaba Masaaki

    日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集  2011年07月  (一社)日本動脈硬化学会

  • CKD-MBDと血管石灰化 (シンポジウム10.骨・ミネラル代謝と慢性腎臓病の接点-内分泌疾患としてのCKD-MBD) 国内会議

    塩井 淳

    第84回日本内分泌学会学術総会  2011年07月 

  • 血管石灰化の発症機構 (シンポジウム4.CKDにおける異所性石灰化:基礎と臨床) 国内会議

    -

    第56回日本透析医学会学術集会・総会  2011年06月 

  • 血管石灰化の発症機構 (シンポジウム4.CKDにおける異所性石灰化:基礎と臨床) 国内会議

    塩井 淳

    第56回日本透析医学会学術集会・総会  2011年06月 

  • CKDにおける異所性石灰化 基礎と臨床 血管石灰化の発症機構 国内会議

    塩井 淳, 森 克仁, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2011年05月  (一社)日本透析医学会

  • CKDにおける異所性石灰化 基礎と臨床 血管石灰化の発症機構 国内会議

    塩井 淳, 森 克仁, 稲葉 雅章

    日本透析医学会雑誌  2011年05月  (一社)日本透析医学会

  • 骨・ミネラル代謝と慢性腎臓病の接点 内分泌疾患としてのCKD-MBD CKD-MBDと血管石灰化 国内会議

    塩井 淳, 森 克仁, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2011年04月  (一社)日本内分泌学会

  • 骨・ミネラル代謝と慢性腎臓病の接点 内分泌疾患としてのCKD-MBD CKD-MBDと血管石灰化 国内会議

    塩井 淳, 森 克仁, 稲葉 雅章

    日本内分泌学会雑誌  2011年04月  (一社)日本内分泌学会

  • 血管石灰化の調節機構 (シンポジウム1.Bone and Vascular Calcification) 国内会議

    -

    第28回日本骨代謝学会学術集会  2010年07月 

  • Bone and Vascular Calcification 血管石灰化の調節機構 国内会議

    塩井 淳, 森 克仁, 西澤 良記

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2010年07月  (一社)日本骨代謝学会

  • Bone and Vascular Calcification 血管石灰化の調節機構 国内会議

    塩井 淳, 森 克仁, 西澤 良記

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2010年07月  (一社)日本骨代謝学会

  • 血管石灰化の調節機構 (シンポジウム1.Bone and Vascular Calcification) 国内会議

    塩井 淳

    第28回日本骨代謝学会学術集会  2010年07月 

  • Pioglitazoneによる終末糖化産物受容体(RAGE)依存性及び非依存性の脂肪分布調節作用 国内会議

    大塚 淑子, 小山 英則, 森岡 与明, 倉戸 真砂代, 森 克仁, 塩井 淳, 田中 新二, 福本 真也, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • Pioglitazoneによる終末糖化産物受容体(RAGE)依存性及び非依存性の脂肪分布調節作用 国内会議

    大塚 淑子, 小山 英則, 森岡 与明, 倉戸 真砂代, 森 克仁, 塩井 淳, 田中 新二, 福本 真也, 稲葉 雅章, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • Fetuin-Aと様々な血管石灰化調節因子との関係 国内会議

    森 克仁, 伊苅 裕二, 城野 修一, 絵本 正憲, 塩井 淳, 小山 英則, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章, 原 和弘, 西沢 良記

    糖尿病  2010年04月  (一社)日本糖尿病学会

  • 血管石灰化の分子機構 国内会議

    -

    第74回日本循環器学会総会  2010年03月 

  • 循環器系老化の分子機構 血管石灰化の分子メカニズム(Molecular Mechanisms of Cardiovascular Aging Molecular Mechanism of Vascular Calcification) 国内会議

    Shioi Atsushi, Mori Katsuhito, Okazaki Hirokazu, Nishizawa Yoshiki

    Circulation Journal  2010年03月  (一社)日本循環器学会

  • 循環器系老化の分子機構 血管石灰化の分子メカニズム(Molecular Mechanisms of Cardiovascular Aging Molecular Mechanism of Vascular Calcification) 国内会議

    Shioi Atsushi, Mori Katsuhito, Okazaki Hirokazu, Nishizawa Yoshiki

    Circulation Journal  2010年03月  (一社)日本循環器学会

  • 血管石灰化の分子機構 国内会議

    塩井 淳

    第74回日本循環器学会総会  2010年03月 

  • Fetuin-Aと様々な血管石灰化調節因子との関係 国内会議

    森 克仁, 伊苅 裕二, 城野 修一, 絵本 正憲, 塩井 淳, 小山 英則, 庄司 哲雄, 石村 栄治, 稲葉 雅章, 原 和弘, 西沢 良記

    糖尿病  2010年02月  (一社)日本糖尿病学会

▼全件表示

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 冠動脈石灰化病変の治療

    特に制限なし

     詳細を見る

    交流の種別:技術相談, 共同研究, 受託研究, 各種相談, 講演  

    活用分野・応用方法等:化合物の合成、分析技術により、石灰化病変の形成・進展抑制作用を有する化合物を開発する。

    中核となる知識・技術・情報等:骨および血管生物学、分子生物学

    詳細説明:冠動脈石灰化病変は、虚血性心疾患に対する治療(冠動脈形成術、冠動脈バイパス手術など)の障害となっている。石灰化病変は高齢者・糖尿病患者・慢性腎不全患者などに多く見られる。その発症機序については、今なお不明な点が多いが、骨石灰化機構に類似した機序の存在が提唱されている。我々は種々の血管石灰化モデルを確立し、その発症機序について検討している。今後、動脈石灰化モデル動物を用いて石灰化病変の形成・進展を抑制する化合物の同定を行う。

    従来の研究との優位性、特徴:血管石灰化のin vitroでのモデルを確立していること、骨代謝研究を以前より継続しており、骨の石灰化、骨芽細胞・破骨細胞の分化などbone biologyに精通していること、などが挙げられる。

    in vitroおよびin vivoモデルを用いて、冠動脈石灰化病変の形成・進展を抑制する化合物を見出し、臨床開発すること。

科研費

  • 慢性腎臓病に伴う血管石灰化における腸内細菌由来のエンドトキシンの役割に関する研究

    基盤研究(C)  2017年04月

担当教育概要

  • 老化ならびに代謝疾患(糖尿病・高脂血症・慢性腎不全など)に伴う様々な血管病変(動脈硬化・動脈石灰化など)について概説し、その臨床的意義や発症機序に関する研究成果や発展状況について解説する。特に、様々な血管病変の形成における血管平滑筋細胞の形質転換、酸化的ストレス、変性リポ蛋白、糖化変性蛋白、カルシウム代謝障害、老化の分子機構などの役割に重点を置いている。また、血管生物学領域での研究に不可欠な実験手技や血管病変の評価に必要な臨床検査法について実習する。

担当授業科目

  • 病態生理学

    2020年度     大学院

  • 看護支援基礎科学特論

    2020年度     大学院

  • 人体機能論 I

    2020年度     大学

  • 人体機能論 II

    2020年度     大学

  • 疾病病態学 I (慢性期)

    2020年度     大学

  • 感染管理論

    2020年度     大学

  • 疾病・病態学A(慢性期)

    2023年度   週間授業   大学

  • 解剖生理学1

    2023年度   週間授業   大学

  • 特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 健康支援基礎科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 健康支援基礎科学特講

    2023年度   集中講義   大学院

  • 生体行動評価論

    2023年度   集中講義   大学院

  • 先進ケア科学特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 先進ケア科学特別研究1

    2023年度   週間授業   大学院

  • 健康支援基礎科学研究演習2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 健康支援基礎科学特論

    2023年度   集中講義   大学院

  • 看護学基礎

    2023年度   集中講義   大学院

  • ケア科学英語論文作成法

    2023年度   集中講義   大学院

  • 卒業研究Ⅰ

    2023年度   週間授業   大学

  • 特別研究Ⅱ

    2023年度   週間授業   大学院

  • 後期特別研究Ⅲ

    2023年度   週間授業   大学院

  • 感染管理論

    2023年度   集中講義   大学

  • 解剖生理学2

    2023年度   週間授業   大学

  • 卒業研究Ⅱ

    2023年度   週間授業   大学

  • チーム医療Ⅱ

    2023年度   実習   大学

  • 健康支援基礎科学研究演習1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 看護学基礎演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 解剖生理学1

    2022年度   週間授業   大学

  • 特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 健康支援基礎科学演習

    2022年度   集中講義   大学院

  • 生体行動評価論

    2022年度   集中講義   大学院

  • 先進ケア科学特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 健康支援基礎科学研究演習1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 健康支援基礎科学特論

    2022年度   集中講義   大学院

  • 看護学基礎

    2022年度   集中講義   大学院

  • 卒業研究Ⅰ

    2022年度   週間授業   大学

  • 疾病・病態学Ⅰ(慢性期)

    2022年度   週間授業   大学

  • 看護支援基礎科学特講

    2022年度   週間授業   大学院

  • 後期特別研究

    2022年度   週間授業   大学院

  • 後期特別研究

    2022年度   週間授業   大学院

  • 特別研究1

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究

    2022年度   週間授業   大学院

  • 看護支援基礎科学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 先進ケア科学特別研究1

    2022年度   週間授業   大学院

  • 健康支援基礎科学研究演習1

    2022年度   週間授業   大学院

  • 看護学基礎演習

    2022年度   週間授業   大学院

  • チーム医療

    2022年度   実習   大学

  • 感染管理論

    2022年度   週間授業   大学

  • 特別研究

    2022年度   週間授業   大学院

  • 特別研究

    2022年度   週間授業   大学院

  • 専門演習

    2022年度   週間授業   大学院

  • 看護支援基礎科学援助特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 卒業研究

    2022年度   週間授業   大学

  • 解剖生理学2

    2022年度   週間授業   大学

  • 代謝内分泌学(BSL)

    2019年度     大学

  • 代謝内分泌学(BSL)

    2018年度     大学

  • 代謝内分泌学(BSL)

    2017年度     大学

  • 老年血管病態学

    2011年度    

▼全件表示

FD活動

  • 教育方法の改善  2020年度

     詳細を見る

    ICTを活用した遠隔授業を行なった。

  • FD活動への貢献  2023年度

     詳細を見る

    FD研修会に参加し、討論を行なった。

  • FD活動への貢献  2022年度

     詳細を見る

    FD研修会に参加し、討論を行なった。

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    FD研修会に参加し、討論を行なった。

論文・研究指導集計

  • 2023年度

    卒業論文指導数:3名 

    修士論文審査数(副査):1件

  • 2022年度

    卒業論文指導数:1名 

    修士論文審査数(主査):1件 

    博士論文審査数(副査):1件

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:医学部準硬式野球部部長としてクラブ活動に貢献した。

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:医学部準硬式野球部部長としてクラブ活動に貢献した。

  • 2020年度

      詳細を見る

    独自項目:全学硬式野球部部長および医学部準硬式野球部部長としてクラブ活動に貢献した。

外国人受入実績

  • 2020年度

    研究者受入数 :0名

    留学生受入数 :0名

独自項目・特記事項(管理運営)

  • 2023年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市医学会雑誌編集委員

  • 2022年度

      詳細を見る

    独自項目:大阪市医学会雑誌編集委員