2024/04/02 更新

写真a

モリウチ トシユキ
森内 敏之
MORIUCHI Toshiyuki
担当
大学院理学研究科 化学専攻 教授
理学部 化学科
職名
教授
所属
理学研究院

担当・職階

  • 大学院理学研究科 化学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 理学部 化学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 大阪大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 高分子化学

  • ナノテク・材料 / グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ナノテク・材料 / 有機合成化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ナノテク・材料 / 無機・錯体化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

▼全件表示

研究キーワード

  • 有機金属化学

  • 有機合成化学

  • 錯体化学

  • 生物有機金属化学

  • 生物無機化学

研究概要

  • 未知なる研究分野の開拓を目指し、錯体化学・有機金属化学・有機化学・生物学・材料化学の境界領域の研究を展開することにより、機能性金属錯体・有機金属化合物・生体関連分子・π共役系分子の機能を融合したハイブリッド分子システムの開発を行っている。例えば、自然が創りあげたナノテクノロジーを応用することにより、変幻自在な機能特性を有するハイブリッド錯体システムの創成を進めている。また、遷移金属錯体による分子変換システムの開発では、安価で入手が容易なバナジウムや鉄を触媒とする二酸化炭素やバイオマスの変換技術の開発を行っている。

研究歴

  • グリーンサステイナブル触媒システムの開発

    レドックス、ルイス酸性、酸素親和性、触媒、分子変換、二酸化炭素  個人研究

    2018年04月 - 継続中 

  • バナジウム触媒の機能特性が繰り広げる分子変換システムの開発

    バナジウム、レドックス、ルイス酸性、触媒、分子変換  個人研究

    2018年04月 - 継続中 

  • 生体分子が繰り出す変幻自在なハイブリッド分子システムの創成

    生体分子、自己組織化、不斉構造規制、金属錯体、共役系分子、発光、触媒  個人研究

    2018年04月 - 継続中 

  • 生体分子の自己組織化プログラムに基づく機能性分子システムの創製

    生物有機金属化合物、生体分子、自己組織化、機能性分子、発光、触媒  個人研究

    2008年04月 - 継続中 

  • 多機能共役系システムの設計

    共役系分子、キラリティー、発光、レドックス 

    2000年04月 - 継続中 

  • 共役錯体システムの配位場制御と機能制御

    共役錯体、配位場、機能特性、レドックス、キラリティー  個人研究

    2000年04月 - 継続中 

  • 生体関連物質を用いた動的機能性錯体システムの開発

    生物有機金属化合物、生体関連物質、錯体、動的挙動、発光、触媒  個人研究

    1995年10月 - 継続中 

  • 不斉構造規制システムの構築

    生物有機金属化合物、不斉構造規制、超分子、生体関連物質、水素結合  個人研究

    1995年10月 - 継続中 

所属学協会

  • 米国化学会

      国外

  • 錯体化学会

      国内

  • 高分子学会

      国内

  • 近畿化学協会

      国内

  • 有機合成化学協会

      国内

  • 日本化学会

      国内

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 組織委員   10th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC10)  

    2022年01月 - 2022年12月 

      詳細を見る

    組織委員

  • 実行委員   第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム  

    2019年11月 - 2021年06月 

      詳細を見る

    実行委員

  • Session Organizer   環太平洋国際化学会議2021(The 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies)  

    2019年07月 - 2021年12月 

      詳細を見る

    Session Organizer

  • 国内組織委員   国際会議「15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC15)」  

    2019年06月 

      詳細を見る

    国内組織委員

  • 実行委員   第71回錯体化学会討論会  

    2019年03月 - 2021年09月 

  • 国内組織委員および Session Organizer   国際会議「43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC 2018)」  

    2018年07月 - 2018年08月 

      詳細を見る

    国内組織委員および Session Organizer

  • 国際顧問委員   国際バナジウムシンポジウム  

    2017年01月 - 継続中 

      詳細を見る

    国際顧問委員

  • 国際顧問委員   生物有機金属化学国際シンポジウム  

    2016年11月 - 継続中 

      詳細を見る

    国際顧問委員

  • 国内組織委員   国際会議「XXVI International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC 2014)」  

    2014年07月 

      詳細を見る

    国内組織委員

  • 実行委員   国際会議「The 8th International Symposium on Organic Reactions」  

    2006年04月 

      詳細を見る

    実行委員

  • 実行委員   国際会議「The Second International 21 Century COE Symposium on Integrated EcoChemistry」  

    2003年07月 

      詳細を見る

    実行委員

  • 実行委員   国際会議「The Third International Symposium on the Chemistry and Biological Chemistry of Vanadium」  

    2001年11月 

      詳細を見る

    実行委員

▼全件表示

受賞歴

  • 平成30年度長瀬研究振興賞

    森内 敏之

    2018年04月   公益財団法人 長瀬科学技術振興財団   変幻自在なπ電子機能を有する非平面キラルヘテロアセン誘導体の機能設計

  • 第15回有機合成化学協会関西支部賞

    森内 敏之

    2017年11月   社団法人有機合成化学協会 関西支部   生体分子の自己組織化特性を利用した不斉構造規制場の構築

  • HGCS Japan Award of Excellence 2011

    森内 敏之

    2012年03月   ホスト-ゲスト・超分子化学研究会   Dipeptide-Induced Chirality Organization

  • Oral Presentation Award for Young Scientist in the Fifth International Symposium on the Chemistry and Biological Chemistry of Vanadium

    森内 敏之

    2006年09月   Fifth International Symposium on the Chemistry and Biological Chemistry of Vanadium   Structural Characterization of Novel Organoimido Vanadium Complexes

  • 有機合成化学協会研究企画賞(味の素 研究企画賞)

    森内 敏之

    2004年02月   社団法人有機合成化学協会   不斉構造規制ペプチド組織体の設計を基軸とする動的制御場システムの開発

  • 井上研究奨励賞

    森内 敏之

    1997年02月   財団法人井上科学振興財団   効率的レドックス系を指向した含窒素複素環系多座配位子からなる新規遷移金属錯体に関する研究

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学   大学院理学研究科   教授

    2018年04月 - 2022年03月

  • 大阪大学   大学院工学研究科   准教授

    2008年02月 - 2018年03月

  • 大阪大学   大学院工学研究科   講師

    2004年04月 - 2008年01月

  • 大阪大学   大学院工学研究科   助手

    1998年04月 - 2004年03月

  • カリフォルニア工科大学   化学科   博士研究員

    1996年11月 - 1997年08月

  • 大阪大学   工学部   助手

    1995年10月 - 1998年03月

▼全件表示

学歴

  • 大阪大学   工学研究科   応用化学専攻   博士課程後期   卒業・修了

    1993年04月 - 1995年09月

  • 大阪大学   工学研究科   応用化学専攻   博士課程前期   卒業・修了

    1991年04月 - 1993年03月

  • 大阪大学   工学部   応用精密化学科     卒業・修了

    1987年04月 - 1991年03月

論文

  • Synthesis, Structure, and Reactivity of Molybdenum-and Tungsten-Indane Complexes with Tris(pyrazolyl)borate Ligand 査読

    Masumi Itazaki, Kunihisa Nouichi, Ken-ichiro Ookuma, Toshiyuki Moriuchi, Hiroshi Nakazawa

    Molecules   29 ( 4 )   757   2024年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/molecules29040757

  • Ionophoric Properties of Oxovanadium(IV) Heteromacrocyclic Complexes about the Anion-Selectivity 査読

    Takayo Moriuchi-Kawakami, Akihisa Higashikado, Masanari Hirahara, Keiichi Fujimori, Toshiyuki Moriuchi

    Chemistry Letters   in press   2024年01月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/chemle/upad058

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Synthesis of Unsymmetrical Ureas by Activation of Carbon Dioxide under Ambient Pressure 招待 査読

    Takanari Matsutani, Kotaro Aoyama, Toshiyuki Moriuchi

    Organometallics   42 ( 12 )   1310 - 1316   2023年06月( ISSN:02767333

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.2c00623

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000809

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Deoxygenative Coupling Reaction of Alcohols with Trimethylsilyl Enol Ethers in the Presence of MS3A 査読

    Takanari Matsutani, Takashi Sakuramoto, Kento Okabayashi, Mamoru Tobisu, Toshiyuki Moriuchi

    European Journal of Organic Chemistry   26   e202201410   2023年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ejoc.202201410

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000146

  • Synthesis and Characterization of Phosphinecarboxamide and Phosphinecarbothioamide, and Their Complexation with Palladium(II) Complex 査読

    Masumi Itazaki, Kento Okabayashi, Takanari Matsutani, Tomoya Nochida, Toshiyuki Moriuchi, Hiroshi Nakazawa

    Molecules   27 ( 17 )   5564   2022年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/molecules27175564

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000142

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Synthesis of Ureas from Disilylamines and Carbon Dioxide under Ambient Pressure. 査読

    Takanari Matsutani, Kotaro Aoyama, Toshiyuki Moriuchi

    ACS omega   7 ( 12 )   10476 - 10482   2022年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acsomega.1c07367

    PubMed

    リポジトリURL: http://hdl.handle.net/10466/0002000141

  • Helical Chirality of Ferrocene Moieties in Cyclic Ferrocene-Peptide Conjugates 招待 査読

    Toshiyuki Moriuchi

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   2022 ( 5 )   e202100902   2021年12月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ejic.2021009

  • Oxovanadium(v)-catalyzed amination of carbon dioxide under ambient pressure for the synthesis of ureas 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takashi Sakuramoto, Takanari Matsutani, Ryota Kawai, Yosuke Donaka, Mamoru Tobisu, Toshikazu Hirao

    RSC ADVANCES   11 ( 44 )   27121 - 27125   2021年08月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/d1ra04125h

  • Regioselective Hydrosilylation of Olefins Catalyzed by Co-Iminobipyridine Complexes: The Role of Cyclohexyl Substituent on the Imino Nitrogen 査読

    Daisuke Taguchi, Katsuaki Kobayashi, Toshiyuki Moriuchi, Hiroshi Nakazawa

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   93 ( 9 )   1086 - 1094   2020年09月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    <p>Regioselective hydrosilylation of aliphatic olefins catalyzed by Co-iminobipyridine complexes, <b>Co〈R〉</b>, were investigated, where <b>R</b> indicates a substituent on the imino nitrogen in an iminobipyridine ligand (iminobypyridine = [2,2′-bpy]-6-C(Me)=N-<b>R</b>). Syntheses of two complexes, <b>Co〈Mes〉</b> (Mes = 2,4,6-trimethylphenyl) and <b>Co〈Cy〉</b> (Cy = cyclohexyl), and comparison of their catalytic activity for hydrosilylation of 1-octene with diphenylsilane revealed that the reaction system using <b>Co〈Mes〉</b> produced a mixture of anti-Markovnikov and Markovnikov hydrosilylation products, whereas that using <b>Co〈Cy〉</b> produced the anti-Markovnikov product selectively. Crystal structures of these complexes implied that a catalytically active species derived from <b>Co〈Cy〉</b> has narrower active space for hydrosilylation than that from <b>Co〈Mes〉</b>. According to the Chalk-Harrod mechanism, there are two types of hydrosilylated products (anti-Markovnikov and Markovnikov products), which stem from the way of terminal olefin insertion into an M-H bond (that is 1,2- or 2,1-insertion). One of the intermediates derived from <b>Co〈Cy〉</b> in the Chalk-Harrod mechanism has hydride and silyl ligands. In the step of olefin insertion into the Co-H bond, 1,2-insertion is more likely to occur from the steric point of view, leading to selective formation of the anti-Markovnikov product.</p>

    DOI: 10.1246/bcsj.20200043

    CiNii Article

  • Proton spin relaxation study with pulsed NMR on the plasticization of Na+ ion-selective electrode membranes prepared from PVCs with different degrees of polymerization 査読

    Takayo Moriuchi-Kawakami, Yuria Sekiguchi, Shintaro Hattori, Takahiro Otsuki, Keiichi Fujimori, Toshiyuki Moriuchi, Yoshiaki Urahama

    ANALYST   145 ( 11 )   3832 - 3838   2020年06月( ISSN:0003-2654

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c9an02355k

    PubMed

  • Macrocyclic dimer of Fc(NHC(O)PPh2-AuCl)(2) induced by aurophilic interactions, and chirality induction into Fc core 査読

    Takanari Matsutani , Masumi Itazaki , Shigehisa Akine, Toshiyuki Moriuchi

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   912   121182   2020年04月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2020.121182

  • Chemoselective Hydrosilylation of Olefin/Ketone Catalyzed by Iminobipyridine Fe and Co complexes 査読

    Katsuaki Kobayashi, Daisuke Taguchi, Toshiyuki Moriuchi, Hiroshi Nakazawa

    CHEMCATCHEM   12 ( 3 )   736 - 739   2020年02月( ISSN:1867-3880

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/cctc.201901717

  • Alkoxide Ligand Controlled Self-Assembling of (Imido)vanadium(V) Compounds having a Tetrahedral VO3N Geometry 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takashi Sakuramoto, Masafumi Nishina, Yosuke Donaka, Toshikazu Hirao

    Journal of Inorganic Biochemistry   203   110880   2020年02月( ISSN:0162-0134

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jinorgbio.2019.110880

  • Convenient synthesis of phosphinecarboxamide and phosphinecarbothioamide by hydrophosphination of isocyanates and isothiocyanates 査読

    Masumi Itazaki, Takanari Matsutani, Tomoya Nochida, Toshiyuki Moriuchi, Hiroshi Nakazawa

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 ( 3 )   443 - 445   2020年01月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c9cc08329d

    PubMed

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Deoxygenative Homocoupling Reaction of Alcohols 査読

    Takashi Sakuramoto, Yosuke Donaka, Mamoru Tobisu, Toshiyuki Moriuchi

    New Journal of Chemistry   43 ( 45 )   17571 - 17576   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/C9NJ01905G

  • Linear [3]Spirobifluorenylene: An S-Shaped Molecular Geometry of <i>p</i>-Oligophenyls. 査読

    Jumpei Oniki, Toshiyuki Moriuchi, Kosuke Kamochi, Mamoru Tobisu, Toru Amaya

    Journal of the American Chemical Society   2019年11月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/jacs.9b09179

    PubMed

  • Cocrystal Structure of the Redox-active Phenylenediamine and Quinonediimine Derivatives 査読

    Satoshi D. Ohmura, Toshikazu Hirao, Norikazu Miyoshi, Toshiyuki Moriuchi

    X-Ray Structure Analysis Online   35 ( 11 )   63   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.2116/xraystruct.35.63

  • Molecular recognition by a novel boronate-containing CTG derivative for hydroxyanthraquinones 査読

    Tsubasa Inoue, Takayo Moriuchi-Kawakam, Kentaro Kuda, Shota Matsubara, Keiichi Fujimori, Toshiyuki Moriuchi

    TETRAHEDRON   75 ( 15 )   2330 - 2335   2019年04月( ISSN:0040-4020

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tet.2019.03.005

  • Synthesis of a sumanenyl hafnocene complex 査読

    Toru Amaya, Shun Katoh, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    ORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS   6 ( 7 )   1032 - 1037   2019年04月( ISSN:2052-4129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c9qo00140a

  • ハロゲン化物塩をハロゲン源とする酸化的ハロゲン化反応 査読

    森内 敏之, 菊嶌 孝太郎

    有機合成化学協会誌   77 ( 3 )   227 - 235   2019年03月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.77.227

  • A C<sub>3</sub>-substituted cyclotriveratrylene derivative with 8-quinolinyl groups as a fluorescence-enhanced probe for the sensing of Cu<sup>2+</sup> ions. 査読

    Takayo Moriuchi-Kawakami, Yohei Mizuno, Tsubasa Inoue, Shota Matsubara, Toshiyuki Moriuchi

    Analyst   144 ( 4 )   1140 - 1146   2019年02月( ISSN:0003-2654

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c8an01615a

    PubMed

  • Oxovanadium(V)‐Catalyzed Direct Amination of Allyl Alcohols 査読

    Takashi Sakuramoto, Toshikazu Hirao, Mamoru Tobisu, Toshiyuki Moriuchi

    ChemCatChem   11 ( 4 )   1175 - 1178   2019年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/cctc.201801841

  • Chirality Induction in Bioorganometallic Conjugates 招待 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Satoshi D. Ohmura, Takayo Moriuchi-Kawakami

    Inorganics   6 ( 5 )   111   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/inorganics6040111

  • Solvent and Temperature Effects on Dynamics and Chiroptical Properties of Propeller Chirality and Toroidal Interaction of Hexaarylbenzenes. 査読

    Tomoyo Kosaka, Satono Iwai, Yoshihisa Inoue, Toshiyuki Moriuchi, Tadashi Mori

    The journal of physical chemistry. A   122 ( 37 )   7455 - 7463   2018年08月( ISSN:1089-5639

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.jpca.8b06535

    PubMed

  • Synthesis and Isomerization Behavior of a Macrocycle with Four Photoresponsive Moieties. 査読

    Toru Amaya, Hayato Fujimoto, Takahiro Tanaka, Toshiyuki Moriuchi

    Organic letters   20 ( 7 )   2055 - 2058   2018年04月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.8b00598

    PubMed

  • Controlled self-assembling structures of ferrocene-dipeptide conjugates composed of Ala-Pro-NHCH2CH2SH chain 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Taiki Nishiyama, Yoshiki Tayano, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY   177   259 - 265   2017年12月( ISSN:0162-0134

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jinorgbio.2017.05.009

    PubMed

  • Oxidative Bromination Reactions in Aqueous Media by Using Bu4NBr/TFA/H2O2 System 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Yasuhiro Fukui, Takashi Sakuramoto, Toshikazu Hirao

    公益社団法人 日本化学会 CHEMISTRY LETTERS   46 ( 12 )   1708 - 1710   2017年12月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    <p>Metal-free oxidative bromination reactions in aqueous media were performed using tetrabutylammonium bromide, trifluoroacetic acid, and hydrogen peroxide under mild conditions. Oxidative bromination reaction of alkenes was found to afford the corresponding <i>vic</i>-bromides. Furthermore, this oxidative bromination system is applicable to the oxidative bromination of alkynes, arenes, and 3,4-dihydronaphthalen-1(2<i>H</i>)-one. A gram-scale bromination reaction was also performed successfully.</p>

    DOI: 10.1246/cl.170734

    CiNii Article

  • 核酸塩基部位を有する生物有機金属錯体の機能組織化 査読

    森内 敏之

    錯体化学会 Bulletin of Japan Society of Coordination Chemistry   70 ( 0 )   22 - 31   2017年11月( ISSN:1883-1737

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.4019/bjscc.70.22

    CiNii Article

  • Structural Characterization of (Arylimido)vanadium(V) Compounds with 2,6-Difluorophenoxide Ligand 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takashi Sakuramoto, Masafumi Nishina, Ryota Kawai, Toshikazu Hirao

    ZEITSCHRIFT FUR ANORGANISCHE UND ALLGEMEINE CHEMIE   643 ( 18 )   1173 - 1177   2017年10月( ISSN:0044-2313

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/zaac.201700205

  • Control of Helical Chirality of Ferrocene-Dipeptide Conjugates by the Secondary Structure of Dipeptide Chains 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Taiki Nishiyama, Masaki Nobu, Toshikazu Hirao

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 ( 52 )   12704 - 12708   2017年09月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/chem.201703102

    PubMed

  • Bis(1-pyrenylmethyl)-2-benzyl-2-methyl-malonate as a Cu2+ Ion-Selective Fluoroionophore 査読

    Takayo Moriuchi-Kawakami, Youji Hisada, Akihisa Higashikado, Tsubasa Inoue, Keiichi Fujimori, Toshiyuki Moriuchi

    MOLECULES   22 ( 9 )   2017年09月( ISSN:1420-3049

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/molecules22091415

    PubMed

  • Structural Characterization of Chirality-Organized Ferrocene-Dipeptide Conjugates that Contain Pyridine N-Oxide Moieties 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Hao Wu, Yoshiki Tayano, Toshikazu Hirao

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   6 ( 9 )   1250 - 1256   2017年09月( ISSN:2193-5807

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ajoc.201700145

  • Structural Characterization of (Diphenylhydrazido)vanadium(V) Compounds 査読

    Takashi Sakuramoto, Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi

    CHEMISTRYSELECT   2 ( 23 )   6618 - 6622   2017年08月( ISSN:2365-6549

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/slct.201700833

  • Ionophoric Properties of [14]Tetraazaannulene Derivatives and Substituent Effect on the Cation-selectivity 査読

    Takayo Moriuchi-Kawakami, Minako Obita, Toshiki Tsujinaka, Akihisa Higashikado, Toshiyuki Moriuchi

    ELECTROANALYSIS   29 ( 7 )   1712 - 1720   2017年07月( ISSN:1040-0397

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/elan.201700011

  • Self-assembled structures of ferrocene-L-carnosine conjugates 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Taiki Nishiyama, Yoshiki Tayano, Norimitsu Tohnai, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   839   78 - 82   2017年06月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2017.01.005

  • Polyaniline-Induced Arylation with Arenediazonium Salts Derived from Anilines 査読

    Dai Hata, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao, Toru Amaya

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 ( 32 )   7703 - 7709   2017年06月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/chem.201700630

    PubMed

  • Structural Characterization of Chiral Vanadium(V) Compounds with V=N Bond 査読

    Takashi Sakuramoto, Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi

    公益社団法人 日本化学会 CHEMISTRY LETTERS   46 ( 6 )   844 - 847   2017年06月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    <p>(<i>R</i>)-(+)-1-Phenylethoxide ligands were introduced into (4-methoxyphenylimido)vanadium(V) or (dimethylhydrazido)vanadium(V) compound to afford the chiral vanadium(V) compounds with the V=N bond, wherein a chiral dimeric structure was formed in a crystalline state through the µ-alkoxido-bridging. Moreover, these chiral imido and hydrazido vanadium(V) compounds were demonstrated to dimerize by self-association at −80 °C even in a solution state.</p>

    DOI: 10.1246/cl.170070

    CiNii Article

  • Controlled coordination in vanadium(V) dimethylhydrazido compounds 査読

    Takashi Sakuramoto, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY   164   77 - 81   2016年11月( ISSN:0162-0134

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jinorgbio.2016.08.017

    PubMed

  • Self-Assemblies of Bioorganometallic Conjugates 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    KOBUNSHI RONBUNSHU   73 ( 1 )   1 - 11   2016年01月( ISSN:0386-2186

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1295/koron.2015-0047

  • Polyaniline-Induced CH Arylation of Arenes with Arenediazonium Salts 査読

    Toru Amaya, Dai Hata, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   21 ( 46 )   16427 - 16433   2015年11月( ISSN:0947-6539

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/chem.201501969

    PubMed

  • Vanadium-catalyzed chlorination under molecular oxygen 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Yasuhiro Fukui, Satoshi Kato, Tomomi Kajikawa, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY   147   177 - 180   2015年06月( ISSN:0162-0134

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jinorgbio.2015.01.015

    PubMed

  • Dinuclear organogold(I) complexes bearing uracil moieties: chirality of Au(I)-Au(I) axis and self-assembly 査読

    Yuki Sakamoto, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    CRYSTENGCOMM   17 ( 18 )   3460 - 3467   2015年05月( ISSN:1466-8033

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c5ce00221d

  • Organogold(I)-uracil conjugates: Synthesis and structural characterization 査読

    Yuki Sakamoto, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   782   77 - 81   2015年04月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2014.10.035

  • Sumanenyl Metallocenes: Synthesis and Structure of Mono- and Trinuclear Zirconocene Complexes 査読

    Toru Amaya, Yuki Takahashi, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   136 ( 36 )   12794 - 12798   2014年09月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ja5072459

    PubMed

  • Self-Assembly Properties of NCN Pincer Palladium(II) Complexes Bearing a Uracil Moiety 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Ryohei Ohata, Yuki Sakamoto, Toshikazu Hirao

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 27 )   4626 - 4631   2014年09月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ejic.201400131

  • Polypeptide-induced Fluorescence of Pyrene Derivatives Based on Coordination Programming 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Keisuke Ebisu, Chiaki Katano, Toshikazu Hirao

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   43 ( 7 )   1101 - 1103   2014年07月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The introduction of negatively charged 1-pyreneacetate anion into positively charged poly-<small>L</small>-lysine (P(Lys)) as a polymeric scaffold through electrostatic interactions, wherein the conformational change of the polypeptide was controlled, was allowed to induce the tuning of the fluorescence of the pyrene in aqueous media. Poly(<small>L</small>-glutamic acid) (P(Glu)) bearing multiple negatively charged side chains was also used to serve as a polymeric scaffold for the aggregation of positively charged 1-pyrenemethylammonium cation.

    DOI: 10.1246/cl.140230

    CiNii Article

  • Synthesis of vanadium(V) hydrazido complexes with tris(2-hydroxyphenyl)amine ligands 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kousuke Ikeuchi, Toshikazu Hirao

    DALTON TRANSACTIONS   42 ( 33 )   11824 - 11830   2013年09月( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c3dt50533b

    PubMed

  • A dinuclear alkynylplatinum(II) pyridinedicarboxamide: conformational change-induced switching of emission properties 査読

    Annika Gross, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   49 ( 12 )   1163 - 1165   2013年02月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c2cc37706c

    PubMed

  • Chiral Homobimetallic Palladium(II) Complexes Composed of Chirality-Organized Quinonediimines Bearing Amino Acid Moieties 査読

    Satoshi D. Ohmura, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF INORGANIC AND ORGANOMETALLIC POLYMERS AND MATERIALS   23 ( 1 )   251 - 255   2013年01月( ISSN:1574-1443

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10904-012-9733-5

  • Dipeptide-induced chirality organization 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY   74 ( 1-4 )   23 - 40   2012年12月( ISSN:1388-3127

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10847-012-0113-0

  • Molecular Structures of Dipeptide-Palladium(II) Conjugated Complexes 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kunihiro Morimoto, Yuki Sakamoto, Toshikazu Hirao

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 29 )   4669 - 4674   2012年10月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ejic.201200155

  • Chirality Organization in Phenylenediamines Induced by a Nonpeptidic Reverse-Turn 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Satoshi D. Ohmura, Kenji Morita, Toshikazu Hirao

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   1 ( 1 )   52 - 59   2012年09月( ISSN:2193-5807

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ajoc.201200022

  • Synthesis of facial cyclometalated iridium(III) complexes triggered by tripodal ligands 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Lisheng Mao, Hsyueh-Liang Wu, Satoshi D. Ohmura, Masami Watanabe, Toshikazu Hirao

    DALTON TRANSACTIONS   41 ( 31 )   9519 - 9525   2012年08月( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c2dt12309f

    PubMed

  • Design and controlled emission properties of bioorganometallic compounds composed of uracils and organoplatinum(II) moieties 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Yuki Sakamoto, Shunichi Noguchi, Takashi Fujiwara, Shigehisa Akine, Tatsuya Nabeshima, Toshikazu Hirao

    DALTON TRANSACTIONS   41 ( 28 )   8524 - 8531   2012年07月( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c2dt30533j

    PubMed

  • One-Step Synthesis and Association of Alkylimidovanadium(V) Compounds 査読

    Masafumi Nishina, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    The Chemical Society of Japan BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   85 ( 5 )   606 - 612   2012年05月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1246/bcsj.20120017

    CiNii Article

  • La(OTf)3-mediated self-organization of guanosine with an alkynyl-Au(I)PPh3 moiety to induce Au(I)-Au(I) interactions 査読

    Xiangtai Meng, Toshiyuki Moriuchi, Yuki Sakamoto, Masatoshi Kawahata, Kentaro Yamaguchi, Toshikazu Hirao

    RSC ADVANCES   2 ( 10 )   4359 - 4363   2012年05月( ISSN:2046-2069

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c2ra01196d

  • Poly(L-glutamic acid)-modulated Emission Properties of Iridium(III) Complexes in an Aqueous Media 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Chiaki Katano, Toshikazu Hirao

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   41 ( 3 )   310 - 312   2012年03月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The introduction of the cationic luminescent iridium(III) and ruthenium(II) complexes into negatively charged poly(<small>L</small>-glutamic acid) (<b>P(Glu)</b>) as a polymeric scaffold, wherein control of the conformational change of <b>P(Glu)</b> was achieved, was allowed to induce the tuning of the emission properties and energy transfer in an aqueous media.

    DOI: 10.1246/cl.2012.310

    CiNii Article

  • Design and Redox Function of Conjugated Complexes with Polyanilines or Quinonediimines 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH   45 ( 3 )   347 - 360   2012年03月( ISSN:0001-4842

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ar2001205

    PubMed

  • Hydrogen-Bonding-Induced Chirality Organization and Stabilization of Redox Species of Polyaniline-Unit Molecules by Introduction of Amino Acid Pendant Groups 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Satoshi D. Ohmura, Kenji Morita, Toshikazu Hirao

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   6 ( 12 )   3206 - 3213   2011年12月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.201100390

    PubMed

  • Metal atom dynamics of CpFe ligated to a concave pi-bowl sumanene 査読 国際共著

    Toshikazu Hirao, Toru Amaya, Toshiyuki Moriuchi, Maiko Hifumi, Yuki Takahashi, Israel Nowik, Rolfe H. Herber

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   696 ( 24 )   3895 - 3899   2011年12月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2011.09.005

  • Synthesis of Oxosumanenes through Benzylic Oxidation 査読

    Toru Amaya, Maiko Hifumi, Michiaki Okada, Yasutomo Shimizu, Toshiyuki Moriuchi, Kouji Segawa, Yoichi Ando, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   76 ( 19 )   8049 - 8052   2011年10月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/jo2012412

    PubMed

  • Self-assembling properties of (arylimido)vanadium(V) compounds 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    COORDINATION CHEMISTRY REVIEWS   255 ( 19-20 )   2371 - 2377   2011年10月( ISSN:0010-8545

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ccr.2011.01.055

  • Synthesis and assembling properties of bioorganometallic cyclometalated Au(III) alkynyls bearing guanosine moieties 査読

    Xiangtai Meng, Toshiyuki Moriuchi, Norimitsu Tohnai, Mikiji Miyata, Masatoshi Kawahata, Kentaro Yamaguchi, Toshikazu Hirao

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   9 ( 16 )   5633 - 5636   2011年08月( ISSN:1477-0520

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c1ob05842h

    PubMed

  • A G-octamer scaffold via self-assembly of a guanosine-based Au(I) isonitrile complex for Au(I)-Au(I) interaction 査読

    Xiangtai Meng, Toshiyuki Moriuchi, Masatoshi Kawahata, Kentaro Yamaguchi, Toshikazu Hirao

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   47 ( 16 )   4682 - 4684   2011年04月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c1cc10774g

    PubMed

  • Synthesis and characterization of bioorganometallic conjugates composed of NCN-pincer platinum(II) complexes and uracil derivatives 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Shunichi Noguchi, Yuki Sakamoto, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   696 ( 5 )   1089 - 1095   2011年03月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2010.10.018

  • Emission properties of platinum(II) terpyridyl complexes with hydrophobic poly-L-glutamic acid 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Masahiro Yamada, Kazuki Yoshii, Satoshi D. Ohmura, Toshikazu Hirao

    SUPRAMOLECULAR CHEMISTRY   23 ( 1-2 )   113 - 116   2011年01月( ISSN:1061-0278

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/10610278.2010.514907

  • ポリリシンへのAu(I)錯体の導入に基づく機能特性

    森内 敏之, 吉井 一記, 片野 千秋, 平尾 俊一

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2011 ( 0 )   27 - 27   2011年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    カチオン性の側鎖を有するポリリシンを土台分子として用い、アニオン性の金(I)錯体を静電相互作用に基づいてポリリシンへの導入することにより、金(I)錯体の集積化を行った。その機能特性についての検討を行ったので報告する。発光スペクトルにおいて、集積化により金(I)-金(I)相互作用に基づく発光が観測された。導入割合の違いにより、発光挙動に差異が見られた。

    DOI: 10.14916/hgsupra.2011.0.27.0

    CiNii Article

  • 分子内水素結合に基づくオリゴアニリン骨格の不斉構造組織化

    大村 聡, 森内 敏之, 森田 健司, 平尾 俊一

    基礎有機化学会(基礎有機化学連合討論会) 基礎有機化学討論会要旨集(基礎有機化学連合討論会予稿集)   2010 ( 0 )   1P87 - 1P87   2011年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    L-アラニン部位 (L-Ala-OMe) を四鎖有するπ共役系高分子のユニット分子を設計合成した。1H NMRおよびIRスペクトルより、溶液状態において分子内水素結合が形成されていることが明らかになった。さらに、CDスペクトルより不斉構造規制に基づくinduced circular dichroism (ICD) が観測された。また、固体状態においても分子内水素結合の形成が示唆され、フェニレンジアミン部位が構造規制されている。

    DOI: 10.11494/kisoyuki.2010.0.1P87.0

    CiNii Article

  • Chirality Organization of Aniline Oligomers through Hydrogen Bonds of Amino Acid Moieties 査読

    Satoshi D. Ohmura, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   75 ( 22 )   7909 - 7912   2010年11月( ISSN:0022-3263

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/jo100853b

    PubMed

  • Controlled emission of platinum(II) terpyridyl complexes with poly-L-glutamic acid 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Masahiro Yamada, Kazuki Yoshii, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   695 ( 23 )   2562 - 2566   2010年11月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2010.07.024

  • Synthesis of (arylimido)vanadium complexes and their application for oxidative coupling reactions of silyl enol ether derivatives 査読

    Masafumi Nishina, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    DALTON TRANSACTIONS   39 ( 41 )   9936 - 9940   2010年11月( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/c0dt00633e

    PubMed

  • Design and characterization of ferrocene-peptide-oligoaniline conjugates 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Nami Kikushima-Honda, Satoshi D. Ohmura, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   51 ( 34 )   4530 - 4533   2010年08月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.06.101

  • Vanadium-catalyzed oxidative bromination promoted by Bronsted acid or Lewis acid 査読

    Kotaro Kikushima, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON   66 ( 34 )   6906 - 6911   2010年08月( ISSN:0040-4020

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tet.2010.06.042

  • Poly-L-lysine-induced Self-association and Luminescence of Dicyanoaurate(I) 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kazuki Yoshii, Chiaki Katano, Toshikazu Hirao

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   39 ( 8 )   841 - 843   2010年08月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The assembling and self-association of anionic [Au(CN)<sub>2</sub>]<sup>−</sup> spatially along cationic β-sheeted poly-<small>L</small>-lysine, P(Lys), through electrostatic interaction was demonstrated to form luminescent [Au(CN)<sub>2</sub>]<sup>−</sup> aggregates, wherein negatively charged [Au(CN)<sub>2</sub>]<sup>−</sup> was found to stabilize the β-sheet structure by suppressing repulsion between the positively charged side chains.

    DOI: 10.1246/cl.2010.841

    CiNii Article

  • Luminescent properties of dicyanoaurate(I) aggregates based on electrostatic assembly along poly(allylamine hydrochloride) 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kazuki Yoshii, Chiaki Katano, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   51 ( 31 )   4030 - 4032   2010年08月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.05.087

  • Design of Ferrocene-Dipeptide Bioorganometallic Conjugates To Induce Chirality-Organized Structures 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    ACCOUNTS OF CHEMICAL RESEARCH   43 ( 7 )   1040 - 1051   2010年07月( ISSN:0001-4842

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ar100022n

    PubMed

  • Luminescent properties of phenylenediamine derivatives depending on the redox states 査読

    Satoshi D. Ohmura, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   51 ( 24 )   3190 - 3192   2010年06月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2010.04.028

  • Chirality Organization of Peptide Conjugated Molecules in Bioorganometallic Chemistry 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   68 ( 4 )   370 - 377   2010年04月( ISSN:0037-9980

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

  • Successive catalytic reactions specific to Pd-based rotaxane complexes as a result of wheel translation along the axle 査読

    Norihito Miyagawa, Masahiro Watanabe, Takanori Matsuyama, Yasuhito Koyama, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao, Yoshio Furusho, Toshikazu Takata

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   46 ( 11 )   1920 - 1922   2010年03月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/b917053g

    PubMed

  • Oxidative bromination reaction using vanadium catalyst and aluminum halide under molecular oxygen 査読

    Kotaro Kikushima, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   51 ( 2 )   340 - 342   2010年01月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2009.11.016

  • A Dynamically Inverting pi-Bowl Complex 査読

    Toru Amaya, Wen-Zhen Wang, Hiroyuki Sakane, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   49 ( 2 )   403 - 406   2010年01月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/anie.200905567

    PubMed

  • Arylimidovanadinm(V) Complexes for a Tridendritic Centrosymmetric Structural Motif or Axial Chirality 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Masafumi Nishina, Toshikazu Hirao

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   49 ( 1 )   83 - 86   2010年01月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/anie.200905425

    PubMed

  • ポリグルタミン酸への発光性錯体の導入

    森内 敏之, 片野 千秋, 平尾 俊一

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2010 ( 0 )   64 - 64   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2010.0.64.0

    CiNii Article

  • 生物有機金属化学におけるペプチド共役分子の不斉構造制御 査読

    森内 敏之, 平尾 俊一

    有機合成化学協会誌   68 ( 4 )   370 - 377   2010年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.68.370

    J-GLOBAL

  • Vanadium-catalyzed oxidative aromatization of 2-cyclohexenones under molecular oxygen 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kotaro Kikushima, Tomomi Kajikawa, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   50 ( 52 )   7385 - 7387   2009年12月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2009.10.070

  • Vanadium-Catalyzed Oxidative Bromination under Atmospheric Oxygen 査読

    Kotaro Kikushima, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   4 ( 8 )   1213 - 1216   2009年08月( ISSN:1861-4728

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/asia.200900142

    PubMed

  • Structural tuning and self-association of (arylimido)vanadium(V) compounds 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    PURE AND APPLIED CHEMISTRY   81 ( 7 )   1187 - 1195   2009年07月( ISSN:0033-4545

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1351/PAC-CON-08-07-19

  • beta-Turn-structure-assembled palladium complexes by complexation-induced self-organization of ferrocene-dipeptide conjugates 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takashi Fujiwara, Toshikazu Hirao

    DALTON TRANSACTIONS   ( 22 )   4286 - 4288   2009年06月( ISSN:1477-9226

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/b817652c

    PubMed

  • ORGN 552-Vanadium-catalyzed oxidative bromination reaction under atmospheric oxygen

    Kotaro Kikushima, Toshiyuki Moriuchi, and Toshikazu Hirao

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   237   2009年03月( ISSN:0065-7727

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Anisotropic Electron Transport Properties in Sumanene Crystal 査読

    Toru Amaya, Shu Seki, Toshiyuki Moriuchi, Kana Nakamoto, Takuto Nakata, Hiroyuki Sakane, Akinori Saeki, Seiichi Tagawa, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   131 ( 2 )   408 - +   2009年01月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ja805997v

    PubMed

  • A Chiral Concave-Bound Cyclopentadienyl Iron Complex of Sumanene 査読

    Hiroyuki Sakane, Toru Amaya, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   48 ( 9 )   1640 - 1643   2009年01月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/anie.200805567

    PubMed

  • アミノ酸部位を有するオリゴアニリン誘導体の水素結合に基づく不斉構造規制

    大村 聡, 森内 敏之, 平尾 俊一

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2009 ( 0 )   82 - 82   2009年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2009.0.82.0

    CiNii Article

  • ポリグルタミン酸への白金錯体の導入に基づく発光挙動

    森内 敏之, 山田 真広, 吉井 一記, 平尾 俊一

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2009 ( 0 )   12 - 12   2009年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2009.0.12.0

    CiNii Article

  • SIMULTANEOUS FORMATION OF ANTIPARALLEL beta-SHEET-LIKE AND TYPE II beta-TURN-LIKE STRUCTURES BASED ON INTRODUCTION OF DIPEPTIDE CHAINS WITH HETEROCHIRAL SEQUENCE INTO FERROCENE SCAFFOLD 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takayoshi Nagai, Takashi Fujiwara, Nami Honda, Toshikazu Hirao

    HETEROCYCLES   76 ( 1 )   595 - 603   2008年09月( ISSN:0385-5414

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Structural characterization and self-association of (arylimido)vanadium(V) triisopropoxides 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kenta Ishino, Tomohiko Beppu, Masafumi Nishina, Toshikazu Hirao

    INORGANIC CHEMISTRY   47 ( 17 )   7638 - 7643   2008年09月( ISSN:0020-1669

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ic800528m

    PubMed

  • Ferrocenyl-capped p-phenylenediamine as a redox-switching system 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Yoshihiro Takagi, Toshikazu Hirao

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 24 )   3877 - 3882   2008年08月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ejic.200800072

  • Structural control of (arylimido)vanadium(V) compounds through pi conjugation 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Tomohiko Beppu, Kenta Ishino, Masafumi Nishina, Toshikazu Hirao

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 12 )   1969 - 1973   2008年04月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ejic.200701252

  • アミノ酸水素結合に基づくポリアニリン部分骨格の不斉構造規制

    森内 敏之, 大村 聡, 森田 健司, 平尾 俊一

    ホスト-ゲスト・超分子化学研究会 ホスト・ゲスト化学シンポジウム講演要旨集   2008 ( 0 )   31 - 31   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.14916/hgsupra.2008.0.31.0

    CiNii Article

  • Structural tuning of the imido bonds in (arylimido)vanadium(V) compounds 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kenta Ishino, Toshikazu Hirao

    The Chemical Society of Japan CHEMISTRY LETTERS   36 ( 12 )   1486 - 1487   2007年12月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Structural characterization of (arylimido)vanadium(V) compounds was demonstrated to elucidate the ligand effect on the nature of the imido bonds. In the case of the triisopropoxide ligand, the nitrogen of the imido bond is suggested to possess an sp-hybridized character although the participation of an sp<SUP>2</SUP>-hybridized character is indicated with the imido nitrogen derived from the triethanolaminate ligand.

    DOI: 10.1246/cl.2007.1486

    CiNii Article

  • Redox-switchable conjugated bimetallic ruthenium(II) complexes 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Jun Shiori, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   48 ( 34 )   5970 - 5972   2007年08月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2007.06.133

  • Imide-bridged diferrocene for protonation-controlled regulation of electronic communication 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   48 ( 29 )   5099 - 5101   2007年07月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2007.05.095

  • Structural characterization of a dioxovanadium(V) complex with 4,8-dihydroxyquinoline-2-carboxylic acid 査読 国際共著

    Toshiyuki Moriuchi, Masahito Nishiyama, Tomohiko Beppu, Toshikazu Hirao, Dieter Rehder

    The Chemical Society of Japan BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   80 ( 5 )   957 - 959   2007年05月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    4,8-Dihydroxyquinoline-2-carboxylic acid (<B>1</B>) possessing quinoline-<I>N</I>, hydroxy-<I>O</I>, and carboxy-<I>O</I> donor functions was demonstrated to serve as a tridentate ligand in the complexation with NH<SUB>4</SUB>VO<SUB>3</SUB>, affording the <I>cis</I>-dioxovanadium(V) complex <B>2</B>. Each molecule of <B>2</B> was found to be packed in a hexagonal molecular arrangement through π–π interaction in the crystal packing, creating a channel cavity which was occupied by water molecules that form a one-dimensional water chain.

    DOI: 10.1246/bcsj.80.957

    CiNii Article

  • An efficient vanadium-catalyzed bromination reaction 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Mitsuaki Yamaguchi, Kotaro Kikushima, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   48 ( 15 )   2667 - 2670   2007年04月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2007.02.074

  • Complexation-induced conformational regulation of ferrocene-dipeptide conjugates to nucleate gamma-turn-like structure 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takashi Fujiwara, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   692 ( 6 )   1353 - 1357   2007年02月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2006.10.014

  • Chirality induction of pi-conjugated chains through chiral complexation 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Xiuliang Shen, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON   62 ( 52 )   12237 - 12246   2006年12月( ISSN:0040-4020

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tet.2006.10.016

  • Conjugated palladium complex with poly(3-heptylpyrrole) and its application 査読

    Toshikazu Hirao, Yusuke Otomaru, Yohtaro Inoue, Toshiyuki Moriuchi, Tomoyuki Ogata, Yoshiharu Sato

    SYNTHETIC METALS   156 ( 21-24 )   1378 - 1382   2006年12月( ISSN:0379-6779

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.synthmet.2006.11.006

  • INOR 846-Efficient catalytic systems for vanadium-induced redox reactions

    Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi, Xiaoliang Xu, Mitsuaki Yamaguchi, Toru Amaya

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   232   2006年09月( ISSN:0065-7727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • INOR 982-Structural characterization of novel organoimido vanadium complexes

    Toshiyuki Moriuchi, Kenta Ishino, Tomohiko Beppu, Toshikazu Hirao

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   232   2006年09月( ISSN:0065-7727

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Crystal structure and complexation behavior of quinonediimine bearing thiadiazole unit 査読

    Mendra T. S. Ritonga, Harumi Shibatani, Hidehiro Sakurai, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    HETEROCYCLES   68 ( 4 )   829 - 836   2006年04月( ISSN:0385-5414

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Induction of gamma-turn-like structure in ferrocene bearing dipeptide chains via conformational control 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takayoshi Nagai, Toshikazu Hirao

    ORGANIC LETTERS   8 ( 1 )   31 - 34   2006年01月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ol052510+

    PubMed

  • Chiral complexation of multidentate N-heterocyclic podand ligands bearing histidyl moieties 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Masahito Nishiyama, Kazuhiro Yoshida, Toshikazu Hirao

    HETEROCYCLES   67 ( 1 )   375 - 383   2006年01月( ISSN:0385-5414

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • New tridentate cyclometalated platinum(II) and palladium(II) complexes of N,2-diphenyl-8-quinolinamine: syntheses, crystal structures, and photophysical properties 査読

    Lisheng Mao, Toshiyuki Moriuchi, Hidehiro Sakurai, Hiroyuki Fujii, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   46 ( 48 )   8419 - 8422   2005年11月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2005.09.120

  • Chirality organization of ferrocenes bearing dipeptide chains of heterochiral sequence 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takayoshi Nagai, Toshikazu Hirao

    ORGANIC LETTERS   7 ( 23 )   5265 - 5268   2005年11月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ol052134t

    PubMed

  • Synthesis and oxidation of (benzimidazolylidene)Cr(CO)(5) complexes 査読

    Hidehiro Sakurai, Koichi Sugitani, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   690 ( 7 )   1750 - 1755   2005年03月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2005.01.030

  • Synthesis of novel interlocked systems utilizing a palladium complex with 2,6-pyridinedicarboxamide-based tridentate macrocyclic ligand 査読

    Yoshio Furusho, Takanori Matsuyama, Toshikazu Takata, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   45 ( 52 )   9593 - 9597   2004年12月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2004.10.152

  • Chirality induction of polyaniline derivatives through chiral complexation 査読

    Xiuliang Shen, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   45 ( 24 )   4733 - 4736   2004年06月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2004.04.073

  • Highly ordered structures of peptides by using molecular scaffolds 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    CHEMICAL SOCIETY REVIEWS   33 ( 5 )   294 - 301   2004年06月( ISSN:0306-0012

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/b307632f

    PubMed

  • Chirality-organized ferrocene receptor bearing podand dipeptide chains (-L-Ala-L-Pro-NHPyMe) for the selective recognition of dicarboxylic acids 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kazuhiro Yoshida, Toshikazu Hirao

    ORGANIC LETTERS   5 ( 23 )   4285 - 4288   2003年11月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ol030098x

    PubMed

  • Redox-switchable pi-conjugated systems bearing terminal ruthenium(II) complexes 査読

    Xiuliang Shen, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao

    TETRAHEDRON LETTERS   44 ( 42 )   7711 - 7714   2003年10月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.tetlet.2003.08.102

  • Multimetallic Complex Composed of Redox-Active Bridging Quinonediimine Ligand. 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Xiuliang Shen, Kaori Saito, Seiji Bandoh, Toshikazu Hirao

    公益社団法人 日本化学会 Bull. Chem. Soc. Jpn.   76 ( 3 )   595 - 599   2003年03月( ISSN:0009-2673

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1246/bcsj.76.595

    CiNii Article

  • Hydrogen-bonding-directed molecular assembly of ferrocene bearing dipeptide chains (-L-Ala-L-Pro-NHPyMe) as an organometallic crystal architecture 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kazuhiro Yoshida, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   668 ( 1-2 )   31 - 34   2003年02月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Self-assembly of dipeptidyl ureas: A new class of hydrogen-bonded molecular duplexes 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takashi Tamura, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   124 ( 32 )   9356 - 9357   2002年08月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1021/ja020098c

  • Architectural formation of a conjugated bimetallic Pd(II) complex via oxidative complexation and a tetracyclic Pd(II) complex via self-assembling complexation 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Masayuki Kamikawa, Seiji Bandoh, Toshikazu Hirao

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 14 )   1476 - 1477   2002年07月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1039/b203726m

  • A zinc(II) complex composed of a tridentate ligand bearing podand pyrenyl moieties 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Masahito Nishiyama, Toshikazu Hirao

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 2 )   447 - 451   2002年02月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Structural characterization and complexation behavior of ferrocene bearing dipeptide chain (-L-Ala-L-Pro-NHPy) 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kazuhiro Yoshida, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   637   75 - 79   2001年12月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • アミノ酸ユニットの会合特性に基づく不斉構造誘起 査読

    森内 敏之, 平尾 俊一

    社団法人 有機合成化学協会 有機合成化学協会誌   59 ( 12 )   43 - 51   2001年12月( ISSN:00379980

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国内誌  

    Introduction of amino acid units into a ferrocene or 2, 6-pyridinedicarboxamide scaffold has been demonstrated to form an ordered structure in both solid and solution states. Conformational enantiomerization through chirality organization was achieved. The single-crystal X-ray structure determination of the ferrocene bearing the podand chiral dipeptide chains (-L-Ala-L-Pro-OEt) and the D-derivative revealed two <I>C</I><SUB>2</SUB>-symmetrical intramolecular interchain hydrogen bondings to induce the chirality organized structures. The molecular structures of the L- and D-isomer are in a good mirror image relationship based on conformational enantiomers. The single-crystal X-ray structure determination of the chiral 2, 6-pyridinedicarboxamide bearing the podand L-histidyl moieties and the D-derivative confirmed a left- and right-handed helical conformation, respectively, through intramolecular hydrogen bonding and chirality of the podand histidyl moieties. The propensity to form the chiral helicity appears to be controlled by the configuration of the histidyl &alpha;-carbon atoms. These chiral 2, 6-pyridinedicarboxamides were found to induce the chiral complexation.

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.59.1195

    CiNii Article

  • Synthesis of Binuclear Ligands Possessing Two Discrete Multidentate N-Heterocyclic Podand Coordination Sites and Their Bimetallic Nickel(II) Complexes. 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Isao Nakayama, Kouichirou Nishimura, Masahito Nishiyama, Eiko Mochizuki, Yasushi Kai, Toshikazu Hirao

    公益社団法人 日本化学会 Chem. Lett.   30 ( 12 )   1328 - 1329   2001年12月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Binuclear ligands possessing two discrete multidentate N-heterocyclic podand coordination sites connected by a flexible propylene spacer and a rigid <I>m</I>-xylene spacer were synthesized. Treatment of the binuclear ligands with Ni(Oac)<SUB>2</SUB> afforded the bimetallic nickel(II) complexes with two discrete nickel centers. <B> </B>The single-crystal X-ray structure determination of the bimetallic nickel(II) complex with a propylene spacer revealed a little distorted square planar geometry at each nickel center.

    DOI: 10.1246/cl.2001.1328

    CiNii Article

  • Conjugated complexes via oxidative complexation of polyaniline derivatives to vanadium(III) 査読

    Toshikazu Hirao, Shinya Fukuhara, Yusuke Otomaru, Toshiyuki Moriuchi

    SYNTHETIC METALS   123 ( 3 )   373 - 376   2001年09月( ISSN:0379-6779

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Conjugated complexes composed of quinonediimine and palladium: Controlled formation of a conjugated trimetallic macrocycle 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Manabu Miyaishi, Toshikazu Hirao

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   40 ( 16 )   3042 - 3045   2001年08月( ISSN:1433-7851

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Complexation stabilized conformational regulation of ferrocene bearing podand dipeptide chains (-L-Ala-L-Pro-NHPy) 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Kazuhiro Yoshida, Toshikazu Hirao

    ORGANOMETALLICS   20 ( 14 )   3101 - 3105   2001年07月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Chiral helicity induced by hydrogen bonding and chirality of podand histidyl moieties 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Masahito Nishiyama, Kazuhiro Yoshida, Takuji Ishikawa, Toshikazu Hirao

    ORGANIC LETTERS   3 ( 10 )   1459 - 1461   2001年05月( ISSN:1523-7060

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Intramolecular conformational control in ferrocenes bearing podand dipeptide chains 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Akihiro Nomoto, Kazuhiro Yoshida, Toshikazu Hirao

    ORGANOMETALLICS   20 ( 5 )   1008 - 1013   2001年03月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • A novel redox-active conjugated palladium homobimetallic complex 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Seiji Bandoh, Manabu Miyaishi, Toshikazu Hirao

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 3 )   651 - 657   2001年03月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Chirality organization of ferrocenes bearing podand dipeptide chains: Synthesis and structural characterization 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Akihiro Nomoto, Kazuhiro Yoshida, Akiya Ogawa, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   123 ( 1 )   68 - 75   2001年01月( ISSN:0002-7863

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Quinone oxygen-coordinated palladium(II) complexes with anthraquinone ligands bearing N-heterocyclic coordination sites 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Takuo Watanabe, Isao Ikeda, Akiya Ogawa, Toshikazu Hirao

    EUROPEAN JOURNAL OF INORGANIC CHEMISTRY   ( 1 )   277 - 287   2001年01月( ISSN:1434-1948

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • A novel heterobimetallic complex composed of the imide-bridged [3]ferrocenophane and the tridentate palladium(II) complex 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Seiji Bandoh, Yoko Miyaji, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   599 ( 2 )   135 - 142   2000年04月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Palladium Homobimetallic Complexes with Bridging .PI.-Conjugated Ligands. 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Seiji Bandoh, Masayuki Kamikawa, Toshikazu Hirao

    公益社団法人 日本化学会 Chem. Lett.   29 ( 2 )   148 - 149   2000年02月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    The palladium homobimetallic complexes <B>2a</B> and <B>2b</B> with a bridging π-conjugated molecule, <I>N,N</I>&prime;-bis(4&prime;-pyridylmethylidene)-1,4-phenylenediamine (L<SUP>2a</SUP>) and 2&prime;-pyridyl derivative L<SUP>2b</SUP>, were respectively synthesized and characterized by X-ray crystal structure analysis and cyclic voltammetry. <SUP>1</SUP>H-NMR of <B>2b</B> indicates the five-coordinate geometry on the palladium center.

    DOI: 10.1246/cl.2000.148

    CiNii Article

  • Characterization of ferrocene derivatives bearing podand dipeptide chains (-L-Ala-L-Pro-OR) 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Akihiro Nomoto, Kazuhiro Yoshida, Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   589 ( 1 )   50 - 58   1999年10月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • A highly ordered ferrocene system regulated by podand peptide chains 査読

    Akihiro Nomoto, Toshiyuki Moriuchi, Shuhei Yamazaki, Akiya Ogawa, Toshikazu Hirao

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   ( 18 )   1963 - 1964   1998年09月( ISSN:1359-7345

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Aggregation of ferrocene pendant groups along the backbone of DNA for a supramolecular redox system 査読

    Toshikazu Hirao, Akihiro Nomoto, Shuhei Yamazaki, Akiya Ogawa, Toshiyuki Moriuchi

    TETRAHEDRON LETTERS   39 ( 24 )   4295 - 4298   1998年06月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • A novel catalytic system for oxygenation with molecular oxygen induced by transition metal complexes with a multidentate N-heterocyclic podand ligand 査読

    Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi, Takuji Ishikawa, Kouichirou Nishimura, Satoshi Mikami, Yoshiki Ohshiro, Isao Ikeda

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   113 ( 1-2 )   117 - 130   1996年11月( ISSN:1381-1169

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • Synthesis and characterization of novel palladium(II) complexes with ferrocenes bearing podand N-heterocyclic coordination sites 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Isao Ikeda, Toshikazu Hirao

    INORGANICA CHIMICA ACTA   248 ( 1 )   129 - 134   1996年07月( ISSN:0020-1693

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • A novel heterobimetallic rotation system: Characterization of palladium(II) complexes with 2-pyridylethylferrocenecarboxamides 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Isao Ikeda, and Toshikazu Hirao

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   514 ( 1-2 )   153 - 156   1996年05月( ISSN:0022-328X

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • SYNTHESIS AND MOLECULAR-STRUCTURE OF THE NOVEL IMIDE-BRIDGED [3]FERROCENOPHANE 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Isao Ikeda, and Toshikazu Hirao

    ORGANOMETALLICS   14 ( 7 )   3578 - 3580   1995年07月( ISSN:0276-7333

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • MULTIDENTATE N-HETEROCYCLIC PODAND LIGAND - EFFICIENT OXYGENATION OF PHENOLS CATALYZED BY NOVEL COBALT COMPLEX 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao, Takuji Ishikawa, Yoshiki Ohshiro, Isao Ikeda

    JOURNAL OF MOLECULAR CATALYSIS A-CHEMICAL   95 ( 1 )   L1 - L5   1995年01月( ISSN:1381-1169

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

  • An Efficient Epoxidation with Molecular Oxygen Catalyzed by Iron Complex of Multidentate N-Heterocyclic Podand Ligand. Additive Effect of 4-Ethoxycarbonyl-3-methyl-2-cyclohexen-1-one. 査読

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao, Yoshiki Ohshiro, Isao Ikeda

    公益社団法人 日本化学会 Chem. Lett.   23 ( 5 )   915 - 918   1994年05月( ISSN:0366-7022

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

    Coexistence of 4-ethoxycarbonyl-3-methyl-2-cyclohexen-1-one facilitated the epoxidation reaction of styrenes with molecular oxygen catalyzed by FeCl<SUB>2</SUB> and the multidentate <I>N</I>-heterocyclic podand ligand, <I>N</I>,<I>N</I>&prime;-bis{2-(4-imidazolyl)ethyl}-2,6-pyridinedicarboxamide.

    DOI: 10.1246/cl.1994.915

    CiNii Article

  • A NOVEL SYSTEM FOR OXYGENATION - EFFECT OF MULTIDENTATE PODAND LIGAND IN TRANSITION-METAL CATALYZED EPOXIDATION WITH MOLECULAR-OXYGEN 査読

    Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi, Satoshi Mikami, Isao Ikeda, Yoshiki Ohshiro

    TETRAHEDRON LETTERS   34 ( 6 )   1031 - 1034   1993年02月( ISSN:0040-4039

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著   国際・国内誌:国際誌  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Redox-Active Ligands: Concepts and Catalysis 査読

    Toru Amaya, Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Redox-Active Ligands in Coordination Chemistry and Organic Synthesis)

    WILEY-VCH  2024年02月  ( ISBN:978-3-527-34850-3

     詳細を見る

    総ページ数:350   担当ページ:pp151-174   著書種別:学術書   参加形態:コレスポンディングオーサー

  • Vanadium Catalysis

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Vanadium-catalyzed Transformations of Selected Functional Groups)

    Royal Society of Chemistry  2020年11月  ( ISBN:978-1-78801-857-9

     詳細を見る

    総ページ数:588   担当ページ:pp483-496   著書種別:学術書   参加形態:コレスポンディングオーサー

  • Advances in Bioorganometallic Chemistry

    Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi( 担当: 共編者(共編著者))

    Elsevier  2018年12月  ( ISBN:9780128141977

     詳細を見る

    総ページ数:472   担当ページ:pp35-56   著書種別:学術書   参加形態:コレスポンディングオーサー

  • Asymmetric Synthesis of Drugs and Natural Products (Editor: Ahindra Nag)

    Toshiyuki Moriuchi, Satoshi D. Ohmura, Toshikazu Hirao( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chirality Organization of Peptides and π-Conjugated Polyanilines)

    CRC Press  2018年01月  ( ISBN:9781138033610

     詳細を見る

    総ページ数:498   担当ページ:pp133-161   著書種別:学術書   参加形態:コレスポンディングオーサー

  • Organometallics and Related Molecules for Energy Conversion (Editor: Wai-Yeung Wong)

    Toshiyuki Moriuchi, Toru Amaya, Toshikazu Hirao( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Hybrid Systems Consisting of Redox-Active π-Conjugated Polymers and Transition Metals or Nanoparticles)

    Springer-Verlag Berlin Heidelberg  2015年03月  ( ISBN:978-3-662-46053-5

     詳細を見る

    総ページ数:537   担当ページ:pp497-511  

  • Functionalized Redox Systems: Synthetic Reactions and Design of π- and Bio-Conjugates (Editor: Toshikazu Hirao)

    Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi, Toru Amaya, Akiya Ogawa, Akihiro Nomoto( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Synthetic Methods for Redox Reactions Using Phosphorus, Vanadium and Samarium Compounds)

    Springer Japan  2015年02月  ( ISBN:978-4-431-55305-2

     詳細を見る

    総ページ数:152   担当ページ:pp5-50   著書種別:学術書  

  • Functionalized Redox Systems: Synthetic Reactions and Design of π- and Bio-Conjugates (Editor: T. Hirao)

    Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi, and Toru Amaya( 担当: 分担執筆 ,  範囲: π-Conjugated Systems with Coenzyme PQQ, Polyanilines or Quinonediimines, and Sumanene)

    Springer Japan  2015年02月  ( ISBN:978-4-431-55305-2

     詳細を見る

    総ページ数:152   担当ページ:pp51-109  

  • Functionalized Redox Systems: Synthetic Reactions and Design of π- and Bio-Conjugates (Ed.: Toshikazu Hirao) 国際共著

    Toshikazu Hirao, Toshiyuki Moriuchi, and Annika Gross( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Bioconjugates to Induce Chirality Organization)

    Springer Japan  2015年02月  ( ISBN:978-4-431-55305-2

     詳細を見る

    総ページ数:152   担当ページ:pp111-150   著書種別:学術書  

  • 実践・化学英語リスニング 生化学編(編著 福井希一, 福住俊一, 上田サーソンルーク)

    森内 敏之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Part 3 Bioinorganic Chemistry Chapter 5 Bioorganometallic Chemistry)

    化学同人  2014年03月  ( ISBN:978-4-7598-1570-2

     詳細を見る

    総ページ数:200   担当ページ:pp134-139  

  • Molecular Self-Assembly: Advances and Applications (Editor: Alex D. Li)

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Control of Chiral Assemblies through Hydrogen Bondings for Helical Architectures)

    Pan Stanford Publishing  2012年12月  ( ISBN:978-981-4316-77-4

     詳細を見る

    総ページ数:470   担当ページ:pp67-91  

  • Vanadium: Biochemical and Molecular Biological Approaches (Editor: Hitoshi Michibata)

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Bioinspired Catalytic Bromination Systems for Bromoperoxidase)

    Springer Netherlands  2012年01月  ( ISBN:978-94-007-0912-6

     詳細を見る

    総ページ数:228   担当ページ:pp127-142  

  • 使える!有機合成反応241実践ガイド(編著 丸岡啓二, 野崎京子, 石井康敬, 大寺純蔵, 富岡 清)

    平尾 俊一、森内 敏之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Part 3 C-X結合生成反応 156 触媒的臭素化反応)

    化学同人  2010年04月  ( ISBN:978-4-7598-1191-9

     詳細を見る

    総ページ数:520   担当ページ:pp316-317  

  • 超分子 サイエンス&テクノロジー -基礎からイノベーションまで-(監修 国武豊喜)

    森内 敏之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1章 超分子サイエンスの基礎 第3節 超分子における分子認識 5.ペプチド超分子の形成)

    NTS  2009年05月  ( ISBN:978-4-86043-309-3

     詳細を見る

    総ページ数:1340   担当ページ:pp119-127  

  • Bioorganometallic Chemistry, Topics in Organometallic Chemistry, 17 (Editor: Gerard Simonneaux)

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Ferrocene-Peptide Bioconjugates)

    Springer-Verlag Berlin Heidelberg  2006年  ( ISBN:3-540-33047-X

     詳細を見る

    総ページ数:222   担当ページ:pp143-175  

  • Redox Systems Under Nano-Space Control (Editor: Toshikazu Hirao)

    Toshiyuki Moriuchi, Toshikazu Hirao( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Conjugated Complexes with Quinonediimine Derivatives)

    Springer-Verlag Berlin Heidelberg  2006年  ( ISBN:3-540-29579-8

     詳細を見る

    総ページ数:292   担当ページ:pp3-26  

  • 第5版 実験化学講座17 有機化合物の合成V -酸化反応-

    平尾 俊一、森内 敏之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 4 その他の酸化剤による酸化 4.5節 銅化合物による酸化、 4.6節 パラジウム化合物による酸化)

    丸善出版  2004年07月  ( ISBN:4-621-07316-8

     詳細を見る

    総ページ数:462  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 大環状フェニレンジアミン誘導体の簡便合成および構造特性 国内会議

    縄田拓己、増田 朗、森内敏之

    日本化学会第104春季年会 (2024)  2024年03月  日本化学会第104春季年会 (2024)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • リン有機触媒による常圧二酸化炭素から尿素誘導体への変換反応 国内会議

    重松大登、松谷崇生、森内敏之

    日本化学会第104春季年会 (2024)  2024年03月  日本化学会第104春季年会 (2024)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学理工学部 船橋キャンパス  

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Synthesis of Ureas Using Carbon Dioxide 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    13th International Vanadium Symposium (V13)  2023年11月  13th International Vanadium Symposium (V13)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Gulbenkian Foundation, Lisbon, Portugal  

  • Oxovanadium(V)–Catalyzed Coupling Reaction of Alcohols with Silyl Enol Ethers via C-O Bond Cleavage 国際会議

    Kento Okabayashi, Takanari Matsutani, Takashi Sakuramoto, Mamoru Tobisu, Toshiyuki Moriuchi

    13th International Vanadium Symposium (V13)  2023年11月  13th International Vanadium Symposium (V13)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Gulbenkian Foundation, Lisbon, Portugal  

  • Synthesis of Urea through Carbon Dioxide Activation under Atmospheric Pressure Using Phosphorus Organic Catalyst 国際会議

    Hiroto Shigematsu, Toshiyuki Moriuchi

    The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-15)  2023年11月  The 15th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry (IKCOC-15)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rihga Royal Hotel KYOTO  

  • C末端にアミノフェロセンを有するジペプチジル尿素誘導体の合成および構造特性 国内会議

    縄田拓己、森内敏之

    第13回CSJ化学フェスタ2023  2023年10月  第13回CSJ化学フェスタ2023

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • 1,1’-ビス(ホスフィンカルボキサミジル)フェロセンを配位子とする銅錯体の合成と構造 国内会議

    前田瑛智、板崎真澄、森内敏之

    第13回CSJ化学フェスタ2023  2023年10月  第13回CSJ化学フェスタ2023

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • リン有機触媒を利用した常圧二酸化炭素を炭素源とする尿素誘導体合成 国内会議

    重松大登、森内敏之

    第13回CSJ化学フェスタ2023  2023年10月  第13回CSJ化学フェスタ2023

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • Sustainable Catalytic Synthesis of Ureas by Oxovanadium(V)-Catalyzed Carbon Dioxide Activation under Ambient Pressure 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    International Symposium on Bioorganometallic Chemistry 2023 (ISBOMC’23)  2023年09月  International Symposium on Bioorganometallic Chemistry 2023 (ISBOMC’23)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Technische Universität Braunschweig, Braunschweig, Germany  

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Synthesis of Ureas by Using Carbon Dioxide under Ambient Pressure 国内会議

    青山航太朗、松谷崇生、森内敏之

    第69回有機金属化学討論会  2023年09月  第69回有機金属化学討論会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学コンベンションセンター  

  • Deoxygenative Coupling Reaction of Alcohols using Oxovanadium Catalyst 国内会議

    岡林賢仁、松谷崇生、櫻本貴士、鳶巣 守、森内敏之

    第69回有機金属化学討論会  2023年09月  第69回有機金属化学討論会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪大学コンベンションセンター  

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Synthesis of Ureas under Ambient Carbon Dioxide Pressure 招待 国際会議

    森内敏之

    International Workshop on Molecular Catalysis  2023年07月  Tokyo Metropolitan University

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Tokyo Metropolitan University  

  • Catalytic Synthesis of Ureas from Disilylamines and Carbon Dioxide under Ambient Pressure by Using Oxovanadium(V) Compound under Ambient Pressure by Using Oxovanadium(V) Compound 国際会議

    Kotaro Aoyama, Takanari Matsutani, Toshiyuki Moriuchi

    10th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC10)  2022年11月  10th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC10)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kobe International Conference Center  

  • Synthesis of Organogold(I) Conjugates with Cytosine Moieties 国際会議

    Daisuke Sugino, Chiaki Kojima, Kanta Shimada, Toshiyuki Moriuchi

    10th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC10)  2022年11月  10th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC10)

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kobe International Conference Center  

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Carbon Dioxide Activation under Ambient Pressure for Synthesis of Ureas 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Takanari Matsutani, Kotaro Aoyama

    Oxovanadium(V)-Catalyzed Carbon Dioxide Activation under Ambient Pressure for Synthesis of Ureas  2022年11月  The 15th International Symposium on Organic Reactions (ISOR-15)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:College of Science, National Chung Hsing University, Taichung, Taiwan  

  • バナジウム触媒を用いた常圧の二酸化炭素を炭素源とする非対称尿素誘導体合成 国内会議

    青山航太朗、松谷崇生、森内敏之

    錯体化学会第72回討論会  2022年09月  錯体化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス  

  • ホスフィンカルボキサミドおよびホスフィンカルボチオアミドを配位子とした遷移金属錯体の合成 国内会議

    岡林賢仁、松谷崇生、板崎真澄、森内敏之

    錯体化学会第72回討論会  2022年09月  錯体化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス  

  • ルテニウムインジウム錯体 fac-[Ru(NCMe)3(CO)2(InCl3)] と二座ホスフィン配位子の錯形成挙動およびその触媒活性 国内会議

    木谷菜摘、岡林賢仁、板崎真澄、森内敏之

    錯体化学会第72回討論会  2022年09月  錯体化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス  

  • オキソバナジウム触媒を用いた二酸化炭素活性化による対称尿素誘導体の合成 国内会議

    松谷崇生、青山航太朗、森内敏之

    錯体化学会第72回討論会  2022年09月  錯体化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス  

  • 生体分子が操るプログラム機能化 招待 国内会議

    森内敏之

    大阪公立大学化学セミナー  2022年08月  大阪公立大学

     詳細を見る

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪公立大学 杉本キャンパス 全学共通教育棟 階段教室  

  • Versatile Transformations via Vanadium-Catalyzed Reaction 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    XXII International Symposium on Homogeneous Catalysis (XXII ISHC)  2022年07月  XXII International Symposium on Homogeneous Catalysis (XXII ISHC)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:The University of Lisbon, Lisbon, Portugal  

  • バナジウム触媒を用いた常圧の二酸化炭素活性化を経由する尿素誘導体合成 国内会議

    青山航太朗、松谷崇生、板崎真澄、森内敏之

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ホスフィンカルボキサミドおよびホスフィンカルボチオアミドと遷移金属錯体との反応 国内会議

    岡林賢仁、板崎真澄、森内敏之

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鉄触媒による二酸化炭素活性化に基づく尿素誘導体の合成 国内会議

    松谷崇生、土中陽介、板崎真澄、森内敏之

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 二酸化炭素を炭素源とするホルムアミド誘導体の合成 国内会議

    山手愛梨、森内敏之

    日本化学会第102春季年会  2022年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Control of Induced Chirality of Bioorganometallic Conjugates 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    The 2021 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  2021年12月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Hydrazine Derivatives Controlled Vanadium-Catalyzed Coupling Reactions 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    12th International Vanadium Symposium (V12)  2021年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • ヒドロホスフィン化反応によるヘテロクムレンの簡便な変換反応 国内会議

    岡林賢仁、松谷崇生、板崎真澄、中沢 浩、森内敏之

    第11回CSJ化学フェスタ2021  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 二酸化炭素を炭素源とするホルムアミド誘導体の合成 国内会議

    山手愛梨、森内敏之

    第11回CSJ化学フェスタ2021  2021年10月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 二酸化炭素活性化を経由した触媒的な尿素誘導体の合成 国内会議

    松谷崇生、土中陽介、森内敏之

    錯体化学会第71回討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 四座リン配位子を有する鉄錯体を用いたヒドロシランの脱水素カップリング反応と中間錯体 国内会議

    長崎 海、土中陽介、板崎真澄、森内敏之、中沢 浩

    錯体化学会第71回討論会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • キラルなフェニレンジアミン誘導体の合成と発光挙動 国内会議

    増田 朗、松尾美里、森内敏之

    第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • Chirality Induction in Organometallic Moieties of Bioorganometallic Conjugates 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    260th ACS National Meeting (Symposium on Organometallic and Inorganic Chemistry at the Interface with Biology)  2020年08月  American Chemical Society

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:VIRTUAL Meeting  

  • 二酸化炭素の触媒的活性化に基づく尿素誘導体の合成 国内会議

    松谷崇生、土中陽介、板崎真澄、森内敏之

    日本化学会第100春季年会  2020年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コバルト錯体を用いたヒドロシリル化反応系におけるオレフィン/ケトン選択性の制御 国内会議

    田口大輔、小林克彰、森内敏之、中沢 浩

    第46回有機典型元素討論会  2019年12月  第46回有機典型元素討論会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山大学カルフール・ホール  

  • アミノ酸や核酸塩基が繰り広げる機能創発分子配列 招待 国内会議

    森内敏之

    ヘテロ原子部会2019年度第2回懇話会  2019年11月  近畿化学協会ヘテロ原子部会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:(株)神鋼環境ソリューション  

  • 水素結合を鍵とする平面頂点構造をもつかご状錯体の創生 国内会議

    松谷崇生、板崎真澄、井関柾登、伊藤昌輝、森内敏之、中沢 浩

    錯体化学会第69回討論会  2019年09月  錯体化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス  

  • 鉄触媒による二酸化炭素とジシリルアミンを用いた尿素誘導体の合成 国内会議

    土中陽介、板崎真澄、森内敏之

    第66回有機金属化学討論会  2019年09月  近畿化学協会有機金属部会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:首都大学東京 南大沢キャンパス  

  • アミノ酸や核酸塩基が可能にする特異機能発現のための分子配列制御 招待 国内会議

    森内敏之

    第32回生物無機化学夏季セミナー  2019年09月  生物無機化学研究会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:同志社びわこリトリートセンター  

  • Chirality-Organized Bioorganometallic Conjugates 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Yuki Sakamoto, Toshikazu Hirao

    9th International Symposium on Bioorganometallic Chemistry (ISBOMC 19)  2019年07月  9th International Symposium on Bioorganometallic Chemistry (ISBOMC 19)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of York, United Kingdom  

  • Chirality Induction in Bioorganometallic Conjugates with Dipeptides or Nucleobases 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    Nara International Conference on Applied Bioinorganic Chemistry (NICABC)  2019年06月  Nara International Conference on Applied Bioinorganic Chemistry (NICABC)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nara Women's University, Japan  

  • Chirality-Organized Organogold(I)-Nucleobase Conjugates 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Yuki Sakamoto, and Toshikazu Hirao

    15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC15))  2019年06月  15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC15))

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nara Kasugano International Forum, “IRAKA”, Japan  

  • 平面頂点構造を有するかご状錯体の合成とその生成要因の解明 国内会議

    松谷崇生、板崎真澄、伊藤昌輝、井関柾登、森内敏之、中沢 浩

    第17回ホスト–ゲスト・超分子化学シンポジウム  2019年05月  第17回ホスト–ゲスト・超分子化学シンポジウム

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:金沢歌舞伎座  

  • 変幻自在なπ電子機能を有する非平面キラルヘテロアセン誘導体の機能設計 招待 国内会議

    森内敏之

    長瀬科学技術振興財団 平成30年度研究成果発表会  2019年04月  長瀬科学技術振興財団

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪科学技術センター  

  • Synthesis of Ureas by Oxovanadium(v)-Catalyzed Carbon Dioxide Activation 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Takashi Sakuramoto, Ryota Kawai, Mamoru Tobisu, Toshikazu Hirao

    257th ACS National Meeting  2019年04月  American Chemical Society

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Orange County Convention Center, West Concourse, Orlando, USA  

  • 四座リン配位子を有する鉄触媒を用いたポリシラン合成とその活性評価 国内会議

    土中陽介, 板崎真澄, 森内敏之, 中沢 浩

    日本化学会第99春季年会  2019年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • コバルト錯体触媒を用いた脂肪族オレフィンの位置選択的ヒドロシリル化反応 国内会議

    田口 大輔, 小林 克彰, 森内 敏之, 中沢 浩

    日本化学会第99春季年会  2019年03月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:甲南大学 岡本キャンパス  

  • 特異機能の発現・制御のための分子配列組織化 招待 国内会議

    森内 敏之

    九州錯体化学懇談会 第257回例会  2019年02月  九州錯体化学懇談会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス  

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Carbon Dioxide Activation for Synthesis of Ureas 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Takashi Sakuramoto, Ryota Kawai, Mamoru Tobisu, and Toshikazu Hirao

    13th International Symposium on Organic Reactions (ISOR-13)  2018年11月  13th International Symposium on Organic Reactions (ISOR-13)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:National Chiao Tung University, Taiwan  

  • Synthesis of Urea and Allylamine Derivatives by Oxovanadium(V) Catalytic Systems 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    11th International Vanadium Symposium (V11)  2018年11月  11th International Vanadium Symposium (V11)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Holiday Inn Hotel, Uruguay  

  • 複数の配位サイトを有するホスフィン化合物を用いた金(Ⅰ) 錯体の合成と性質 国内会議

    小川 雄大, 板崎 真澄, 森内 敏之. 中沢 浩

    第8回CSJ化学フェスタ2018  2018年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • コバルト触媒を用いたヒドロシリル化反応系への塩基添加効果と官能基選択性の制御 国内会議

    田口 大輔, 小林 克彰, 森内 敏之, 中沢 浩

    第8回CSJ化学フェスタ2018  2018年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • イソシアナートのヒドロホスフィン化を用いたホスフィンカルボキシアミドの合成 国内会議

    松谷 崇生, 板崎 真澄, 森内 敏之, 中沢 浩

    第8回CSJ化学フェスタ2018  2018年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • 四座リン配位子を有する鉄触媒を用いたヒドロシランの重合反応 国内会議

    土中 陽介, 板崎 真澄, 森内 敏之, 中沢 浩

    第8回CSJ化学フェスタ2018  2018年10月  日本化学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • イミノビピリジン鉄錯体を触媒とするケトンのヒドロシリル化反応における塩基の助触媒作用とその反応機構 国内会議

    小林 克彰, 泉森 陽介, 田口 大輔, 中沢 浩, 森内 敏之

    第65回有機金属化学討論会  2018年09月  近畿化学協会有機金属部会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:同志社大学今出川校地 室町キャンパス  

  • コバルト錯体触媒によるオレフィン及びケトンへのヒドロシリル化反応の選択性 国内会議

    田口 大輔, 小林 克彰, 中沢 浩, 森内 敏之

    第65回有機金属化学討論会  2018年09月  近畿化学協会有機金属部会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:同志社大学今出川校地 室町キャンパス  

  • オキソバナジウム(V)触媒による二酸化炭素およびアリルアルコールへのアミノ基導入反応 国内会議

    櫻本 貴士, 河合 亮太, 平尾 俊一, 鳶巣 守, 森内 敏之

    第65回有機金属化学討論会  2018年09月  近畿化学協会有機金属部会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学今出川校地 室町キャンパス  

  • Chirality Organization of Bioorganometallic Conjugates 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018)  2018年07月  43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC2018)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台国際センター(宮城)  

  • 分子配列組織化を基軸とする特異機能の発現と制御 招待 国内会議

    森内 敏之

    第83回講演会 有機化学研究会(白鷺セミナー)  2018年07月  第83回講演会 有機化学研究会(白鷺セミナー)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪府立大学 なかもずキャンパス(大阪)  

  • Vanadium-Catalyzed Bromination Reaction with Molecular Oxygen 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    3rd International Conference on Organic and Inorganic Chemistry  2017年07月  3rd International Conference on Organic and Inorganic Chemistry

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Doubletree by Hilton Chicago North Shore Conference Center, United States of America  

  • Bromoperoxidase mimicking bromination catalysts 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    2nd International Conference on Enzymology and Molecular Biology (Enzymology & Mol. Biology 2017)  2017年03月  2nd International Conference on Enzymology and Molecular Biology (Enzymology & Mol. Biology 2017)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Holiday Inn Rome Aurelia, Italy  

  • Controlled Arrangement of Bioorganometallic Conjugates with Nucleobases 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    8th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference  2016年12月  8th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:The University of Auckland, New Zealand  

  • Oxovanadium(V)-Catalyzed Urea Formation from Amine and Carbon Dioxide 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    The 10th International Vanadium Symposium: Chemistry, Biological Chemistry, & Toxicology (V10)  2016年11月  The 10th International Vanadium Symposium: Chemistry, Biological Chemistry, & Toxicology (V10)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Howard International House, Taiwan  

  • Design of Chirality-Organized Bioorganometallic Conjugates with Dipeptides or Nucleobases 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    8th International Symposium on Bioorganometallic Chemistry (ISBOMC 16)  2016年09月  8th International Symposium on Bioorganometallic Chemistry (ISBOMC 16)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Courtyard by Marriott Moscow City Center, Russia  

  • Control of Molecular Assemblies through Self-Assembling Properties of Amino Acids and Nucleobases 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    7th Spanish Portuguese Japanese Organic Chemistry Symposium  2015年06月  7th Spanish Portuguese Japanese Organic Chemistry Symposium

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:University of Seville, Spain  

  • Control of Chiral Assemblies through Hydrogen Bonding Properties of Amino Acids 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    4th International Conference on Nanotek & Expo  2014年12月  4th International Conference on Nanotek & Expo

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:DoubleTree by Hilton Hotel San Francisco Airport, USA  

  • Chirality Organization of Dipeptide Conjugates 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi

    BIT's 7th Annual World Protein and Peptide Conference 2014  2014年04月  BIT's 7th Annual World Protein and Peptide Conference 2014

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Dalian International Convention Center, China  

  • Bioorganometallic Conjugates Composed of Organometallic Compounds and Nucleobases 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Xiangtai Meng, Yuki Sakamoto, and Toshikazu Hirao

    Zing Conferences - Coordination Chemistry Conference 2013  2013年12月  Zing Conferences - Coordination Chemistry Conference 2013

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Occidental Grand Xcaret Resort, Playa del Carmen, Mexico  

  • Chirality-Organized Polyaniline-Unit Molecules by Introduction of Amino Acid Groups 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Satoshi D. Ohmura, Kenji Morita, and Toshikazu Hirao

    2013 EMN Open Access Week Meeting - Energy, Materials and Nanotechnology  2013年10月  2013 EMN Open Access Week Meeting - Energy, Materials and Nanotechnology

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Homeland Hotel, Chengdu, China  

  • Vanadium-Catalyzed Oxidative Bromination under Molecular Oxygen 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Kotaro Kikushima, Tomomi Kajikawa, and Toshikazu Hirao

    The 10th International Symposium on Organic Reactions (ISOR10)  2011年11月  The 10th International Symposium on Organic Reactions (ISOR10)

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:慶応大学(神奈川)  

  • Reactivity of Oxovanadium(V) complexes for Catalytic Oxidative Bromination Reaction and Design of Self-Assembling (Arylimido)vanadium(V) Complexes 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Kotaro Kikushima, Masafumi Nishina, Tomoko Kajikawa, and Toshikazu Hirao

    The 7th International Symposium on the Chemistry and Biological Chemistry of Vanadium  2010年10月  The 7th International Symposium on the Chemistry and Biological Chemistry of Vanadium

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:冨山市民プラザ(富山)  

  • Emission Properties of Aggregated Gold(I) and Platinum(II) Complexes along Polypeptides 招待 国際会議

    Toshiyuki Moriuchi, Kazuki Yoshii, Masahiro Yamada, Chiaki Katano, and Toshikazu Hirao

    60th Anniversary Conference on Coordination Chemistry  2010年09月  60th Anniversary Conference on Coordination Chemistry

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪国際交流センター(大阪)  

  • アミノ酸誘導体の不斉会合特性を基軸とする有機金属錯体の機能化 招待 国内会議

    森内 敏之

    第21回生物無機化学夏季セミナー  2008年08月  第21回生物無機化学夏季セミナー

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:聖護院御殿荘(京都)  

  • アミノ酸誘導体の不斉会合特性を基軸とする不斉構造規制場の構築 招待 国内会議

    森内 敏之

    第43回有機反応若手の会  2008年07月  第43回有機反応若手の会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:サンルート堺(大阪)  

▼全件表示

産業財産権等

  • ウレア化合物の製造方法

    土中陽介、森内敏之

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2024-037567 

  • イソシアネートの製造方法

    森内敏之、土中陽介、平野誠人、松田広和

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2-23-106074 

  • 尿素化合物の製造方法

    森内敏之

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2023-103549 

  • オレフィンオリゴマーの製造方法、錯体及び触媒

    森内 敏之, 柿沼 卓宏, 渡邉 正美, 大橋 洋

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2021-1117841 

  • フルオロアルキル基含有オレフィン系共重合体の製造方法

    平尾 俊一, 森内 敏之, 勝川 健一, 毛利 晴彦, 青山 博一

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2008-056489 

    公開番号:特開2009-209323 

    公表番号:特開2009-209323 

  • 遷移金属錯体化合物及びそれを用いた有機エレクトロルミネッセンス素子

    渡邊 正美, 平尾 俊一, 森内 敏之, 毛 礼月生, 呉 學亮

     詳細を見る

    産業財産権の種類:特許権 

    出願番号:特願2006-175427 

▼全件表示

科研費

  • イミド錯体形成を鍵とする常圧二酸化炭素の触媒的分子変換システムの開発

    基盤研究(C)  2024年04月

  • イミド錯体形成を鍵とする常圧二酸化炭素の触媒的分子変換システムの開発

    基盤研究(C)  2023年04月

  • イミド錯体形成を鍵とする常圧二酸化炭素の触媒的分子変換システムの開発

    基盤研究(C)  2022年04月

  • 生体分子が繰り出す変幻自在な反応場の機能設計

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2016年04月

  • 核酸塩基の自己組織化に基づく配位プログラムを活用した高次配列制御

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2012年04月

  • エコノイノべーションを指向した次世代酸化解媒システムの開発

    挑戦的研究(開拓・萌芽)  2010年04月

  • 核酸塩基の自己組織化に基づく配位プログラムを活用した高次配列制御

    新学術領域研究(研究領域提案型)  2010年04月

  • 核酸塩基対の空間制御に基づく相乗系生物有機金属錯体システムの創製

    特定領域研究  2008年04月

  • 核酸塩基対の空間制御に基づく相乗系生物有機金属錯体システムの創成

    特定領域研究  2007年04月

  • 前周期遷移金属錯体のレドックス機能を用いた触媒的高度分子変換

    特定領域研究  2006年04月

  • ポリペプチドをmolecular scaffoldとする機能性錯体の次元集積化

    萌芽研究  2006年04月

  • ペプチド鎖の不斉構造誘起の基づく不斉反応場の構築

    若手研究(B)  2002年04月

  • 遷移金属−合成金属複合システムによる新規構造規制電子系の構築

    特定領域研究(A)(2)  1999年04月

  • レドックス機能を有する集積型錯体の次元設計

    特定領域研究(A)(2)  1999年04月

  • 異種金属間電子移動に基づく新規酸化的変換法の開発

    基盤研究(B)  1999年04月

  • 多元相互作用に基づく金属応答性アロステリックレセプターの開発

    奨励研究(A)  1997年04月

  • 動的分子認識を指向する高次レドックス錯体の開発

    奨励研究(A)  1996年04月

  • 有機金属化合物の選択的酸化による新規合成手法の開発

    基盤研究(B)  1996年04月

▼全件表示

奨励寄附金・助成金

  • CO2を炭素源とするグリーンサステイナブル分子変換

    一般社団法人 カーボンリサイクルファンド  一般社団法人 カーボンリサイクルファンド 2023年度研究助成  2024年04月

  • 二酸化炭素を高付加価値化合物に変換する触媒システムの開発

    公益財団法人 住友電工グループ社会貢献基金  2021年10月

  • 二酸化炭素の触媒的活性化を鍵とする分子変換システムの開発

    公益財団法人 増屋記念基礎研究振興財団  2021年04月

  • 二酸化炭素を化学品へと触媒的に変換するカーボンリサイクル技術の開発

    (株)クリムゾンインタラクティブ・ジャパン  2020年09月

  • 炭素-酸素結合活性化を基軸とする触媒的脱酸素カップリングシステムの開発

    公益財団法人 山田科学振興財団  2020年08月

  • バナジウム触媒の機能特性を駆使した触媒的脱酸素カップリングシステムの開発

    大学  2020年07月

  • 常圧下での二酸化炭素の触媒的活性化に基づく機能性化合物の簡便合成

    公益財団法人 小柳財団  2020年04月

  • スイッチャブルπ電子機能を有する高次π電子共役系システムの開発

    (公財)泉科学技術振興財団  2018年10月

  • 変幻自在なπ電子機能を有する非平面キラルヘテロアセン誘導体の機能設計

    公益財団法人 長瀬科学技術振興財団  2018年04月

  • ヘテロヘリセン・ヘテロサーキュレンの自在設計に基づく機能制御分子システムの開発

    公益財団法人東燃ゼネラル石油研究奨励・奨学財団  2015年

  • 機能情報プログラミングを基軸とする拡張π電子共役系システムの機能設計

    公益財団法人 村田学術振興財団  2014年

  • 生体分子の高次構造をmolecular scaffoldとする機能性集積型錯体システムの創成

    財団法人 近畿地方発明センター  2007年04月

  • レドックススイッチング機能を有する機能性共役分子システムの開発

    財団法人 松籟科学技術振興財団  2007年02月

  • 自己被覆・自己ドープ型コイル状共役系分子システムの開発

    財団法人 小笠原科学技術振興財団  2006年01月

  • 機能性ソフトマテリアルの創成を指向した動的制御場システムの設計

    財団法人 徳山科学技術振興財団  2005年05月

  • 不斉構造規制d,π共役系分子システムの創成

    財団法人 池谷科学技術振興財団  2005年

  • 不斉構造規制ペプチド組織体の設計を基軸とする動的制御場システムの開発

    社団法人有機合成化学協会  2004年02月

▼全件表示

担当教育概要

  • 学部生を対象とする錯体化学、有機金属化学、生物無機化学、生物有機金属化学に関する講義、演習、化学実験を担当している。また、大学院生を対象に、機能設計に基づいた機能分子システムの設計概念と最近の進歩に関する講義を実施している。

担当授業科目

  • 海外特別研究4

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究3

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究4A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3A

    2023年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究2A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2023年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 基礎化学実験

    2023年度   週間授業   大学院

  • 前期海外特別研究1

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究Ⅰ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学

    2023年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究2

    2023年度   集中講義   大学院

  • 学際的プランナー養成特別プログラム

    2023年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2023年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 化学実験Ⅰ

    2023年度   週間授業   大学

  • 特別研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 化学セミナー

    2023年度   集中講義   大学

  • 錯体化学

    2023年度   週間授業   大学

  • 化学特別演習2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究2B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学実験Ⅳ

    2023年度   週間授業   大学

  • 無機化学演習

    2023年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験Ⅱ

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究4B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B

    2023年度   集中講義   大学院

  • 有機金属化学特論

    2023年度   週間授業   大学院

  • 化学特別研究3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 研究企画ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習1A

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学実験Ⅰ

    2022年度   週間授業   大学

  • 錯体化学

    2022年度   週間授業   大学

  • 基礎化学実験*S化T(化)

    2022年度   週間授業   大学

  • 海外特別研究3 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別演習3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究3B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • プロポーザルディフェンス (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学特別研究1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究1 (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 有機金属化学特論

    2022年度   週間授業   大学院

  • 化学特別演習1B (杉本)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D2物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 学際的プランナー養成特別プログラム

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期特別研究(D3物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 海外特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 特別研究(化学)

    2022年度   集中講義   大学

  • 無機化学演習

    2022年度   週間授業   大学

  • 化学実験

    2022年度   週間授業   大学

  • 前期海外特別研究2(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 機能分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M2)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学前期特別研究(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 後期海外特別研究1(物質分子系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 創成分子科学演習(M1)

    2022年度   集中講義   大学院

  • 化学実験I

    2021年度     大学

  • 後期特別研究(D2物質分子系)

    2021年度     大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2021年度     大学院

  • 機能分子科学

    2021年度     大学院

  • 化学前期特別研究II

    2021年度     大学院

  • 化学前期特別研究I

    2021年度     大学院

  • 創成分子科学演習(M2)

    2021年度     大学院

  • 創成分子科学演習(M1)

    2021年度     大学院

  • 特別研究

    2021年度     大学

  • 無機化学演習

    2021年度     大学

  • 基礎化学実験II

    2021年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2021年度     大学

  • 錯体化学

    2021年度     大学

  • 学際的プランナー養成特別プログラム

    2021年度     大学院

  • 化学実験IV

    2021年度     大学

  • 化学セミナー

    2021年度     大学

  • 後期特別研究(D1物質分子系)

    2020年度     大学院

  • 創成分子科学ゼミナール

    2020年度     大学院

  • 機能分子科学

    2020年度     大学院

  • 化学前期特別研究I

    2020年度     大学院

  • 創成分子科学演習

    2020年度     大学院

  • 特別研究

    2020年度     大学

  • 無機化学演習

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験II

    2020年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2020年度     大学

  • 錯体化学

    2020年度     大学

  • 学際的プランナー養成特別プログラム

    2020年度     大学院

  • 化学実験IV

    2020年度     大学

  • 化学セミナー

    2020年度     大学

  • 化学実験I

    2020年度     大学

  • 化学セミナー

    2019年度     大学

  • 化学実験IV

    2019年度     大学

  • 学際的プランナー養成特別プログラム

    2019年度     大学院

  • 錯体化学

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2019年度     大学

  • 基礎化学実験II

    2019年度     大学

  • 無機化学演習

    2019年度     大学

  • 特別研究

    2019年度     大学

  • 創成分子科学演習

    2019年度     大学院

  • 前期特別研究

    2019年度     大学院

  • 化学実験I

    2019年度     大学

  • 化学実験I

    2018年度     大学

  • 前期特別研究

    2018年度     大学院

  • 創成分子科学演習

    2018年度     大学院

  • 特別研究

    2018年度     大学

  • 無機化学演習

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験II

    2018年度     大学

  • 基礎化学実験I

    2018年度     大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 生命有機化学

    機関名:大阪大学

  • 分子化学A

    機関名:大阪大学

  • 体験的授業 超分子化学と化学の未来

    機関名:大阪大学

  • 有機化学実験

    機関名:大阪大学

  • 機能システム化学

    機関名:大阪大学

  • 有機化学演習

    機関名:大阪大学

  • 生化学II

    機関名:大阪大学

  • 有機化学II

    機関名:大阪大学

  • 有機化学I

    機関名:大阪大学

  • ゼミナールI

    機関名:大阪大学

  • ゼミナールII

    機関名:大阪大学

  • ゼミナールIII

    機関名:大阪大学

▼全件表示

FD活動

  • FD活動への貢献  2023年度

     詳細を見る

    FD関連事業に参加して意識を高めている。

  • 教育方法の改善  2023年度

     詳細を見る

    ディープ・アクティブラーニングを積極的に取り入れることにより、学習効果の高い講義・実験の提供を行っている。また、学生間での議論・討論、グループ活動や英語での発表を取り入れたゼミ・講義を展開している。

  • FD活動への貢献   2022年度

     詳細を見る

    FD関連事業に参加して意識を高めている。

  • 教育方法の改善  2022年度

     詳細を見る

    ディープ・アクティブラーニングを積極的に取り入れることにより、学習効果の高い講義・実験の提供を行っている。また、学生間での議論・討論、グループ活動や英語での発表を取り入れたゼミ・講義を展開している。

  • 教育方法の改善  2021年度

     詳細を見る

    ディープ・アクティブラーニングを積極的に取り入れることにより、学習効果の高い講義・実験の提供を行っている。また、学生間での議論・討論、グループ活動や英語での発表を取り入れたゼミ・講義を展開している。

  • FD活動への貢献  2021年度

     詳細を見る

    理学研究科のFD委員会委員として、FD活動への貢献に努める。また、FD関連事業に参加して意識を高めている。

  • 教育方法の改善  2020年度

     詳細を見る

    ディープ・アクティブラーニングを積極的に取り入れることにより、学習効果の高い講義・実験の提供を行っている。また、学生間での議論・討論、グループ活動や英語での発表を取り入れたゼミ・講義を展開している。

  • FD活動への貢献  2020年度

     詳細を見る

    理学研究科のFD委員会委員長として、FD活動への貢献に努める。また、FD関連事業に参加して意識を高めている。

  • FD活動への貢献  2019年度

     詳細を見る

    理学研究科のFD委員会委員長として、FD活動への貢献に努める。また、FD関連事業に参加して意識を高めている。

  • 教育方法の改善  2019年度

     詳細を見る

    ディープ・アクティブラーニングを積極的に取り入れることにより、学習効果の高い講義・実験の提供を行っている。また、学生間での議論・討論、グループ活動や英語での発表を取り入れたゼミ・講義を展開している。

  • FD活動への貢献  2018年度

     詳細を見る

    随時、参加して意識を高めている。

  • 教育方法の改善  2018年度

     詳細を見る

    ディープ・アクティブラーニングを積極的に取り入れることにより、学習効果の高い講義・実験の提供を行っている。また、学生間での議論・討論やグループ活動を取り入れたゼミ・講義を展開している。

  • FD活動への貢献  2017年度

     詳細を見る

    随時、参加して意識を高めている。

  • 教育方法の改善  2017年度

     詳細を見る

    ディープ・アクティブラーニングを積極的に取り入れることにより、学習効果の高い講義・実験の提供を行っている。また、学生間での議論・討論やグループ活動を取り入れたゼミ・講義を展開している。

▼全件表示

所属院生等の論文発表集計

  • 2023年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:3件

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:3件

  • 2021年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:2件

  • 2020年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:2件

  • 2019年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:7件

  • 2018年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:4件

▼全件表示

社会貢献活動

  • 大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部

    役割:助言・指導

    大阪府教育庁  2023年10月

     詳細を見る

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:300(人)

  • 大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部

    役割:助言・指導

    大阪府教育庁  大阪府立天王寺高校   2022年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:300(人)

  • 大阪公立大学化学セミナー

    役割:講師

    大阪公立大学  2022年08月

     詳細を見る

    対象: 中学生, 高校生, 教育関係者, 社会人・一般

    種別:講演会

    参加者数:125(人)

  • 第17回高校化学グランドコンテスト

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    大阪市立大学、横浜市立大学、読売新聞社  大阪市立大学(オンライン)  2021年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

  • 大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部

    役割:助言・指導

    大阪府教育庁  大阪府立天王寺高校  2021年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:300(人)

  • 大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部

    役割:助言・指導

    大阪府教育庁  大阪府立天王寺高校  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:300(人)

  • 大阪府生徒研究発表会~大阪サイエンスデイ~第1部

    役割:助言・指導

    大阪府教育庁  大阪府立天王寺高校  2019年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:行政・教育機関等との連携事業

    参加者数:300(人)

  • 富山県富山市立大沢野中学校 修学旅行「課題解決学習」に関する講義

    役割:講師, 助言・指導

    大阪市立大学 大学院理学研究科 物質分子系専攻 地域貢献委員  2019年05月

     詳細を見る

    対象: 中学生

    種別:その他

    参加者数:5(人)

▼全件表示