2024/02/21 更新

写真a

イズミヤ ヤスヒロ
泉家 康宏
IZUMIYA Yasuhiro
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 准教授
医学部 医学科
職名
准教授
所属
医学研究院
所属キャンパス
阿倍野キャンパス

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    准教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    准教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 医学博士 ( 大阪市立大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

研究キーワード

  • 循環器内科

  • cardiology

  • cardiology

  • 循環器内科

所属学協会

  • The Japanese Society of Internal Medicine

      国内

  • 米国心臓病学会

      国内

  • 米国心臓協会

      国内

  • 日本内科学会

      国内

  • 日本循環器学会

      国内

  • 日本心血管内分泌学会

      国内

  • 日本心臓病学会

      国内

  • 日本脈管学会

      国内

  • 日本高血圧学会

      国内

  • 日本心不全学会

      国内

  • 日本心臓リハビリテーション学会

      国内

  • 日本動脈硬化学会

      国内

  • The Japanese Circulation Society

      国内

  • The Society of Cardiovascular Endocrinology and Metabolism

      国内

  • Japanese College of Cardiology

      国内

  • Japanse College of Angiology

      国内

  • The Japanese Society of Hypertension

      国内

  • The Japanese Heart Failure Society

      国内

  • 日本心不全学会

      国内

  • 日本高血圧学会

      国内

  • The Society of Cardiovascular Endocrinology and Metabolism

  • The Japanese Society of Internal Medicine

  • The Japanese Society of Hypertension

  • The Japanese Heart Failure Society

  • The Japanese Circulation Society

  • Japanse College of Angiology

  • Japanese College of Cardiology

  • 日本内科学会

  • 日本動脈硬化学会

  • 米国心臓病学会

  • 米国心臓協会

  • 日本高血圧学会

  • 日本脈管学会

  • 日本心血管内分泌学会

  • 日本心臓病学会

  • 日本心臓リハビリテーション学会

  • 日本心不全学会

  • 日本循環器学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 代議員   日本心臓病学会  

    2020年11月 - 継続中 

  • 臨時委員   大阪市社会福祉審議会  

    2020年05月 - 継続中 

  • FJCS   日本循環器学会  

    2020年04月 - 継続中 

  • 評議員   国際心臓研究会  

    2019年12月 - 継続中 

  • 事務局長   題225回日本内科学会近畿地方会  

    2019年09月 - 継続中 

  • 代議員   日本心不全学会  

    2018年10月 - 継続中 

  • 評議員   日本高血圧学会  

    2018年09月 - 継続中 

  • 評議員   日本循環器学会近畿支部  

    2018年07月 - 継続中 

  • 評議員   日本内科学会近畿支部  

    2018年06月 - 継続中 

  • 評議員   日本心血管内分泌代謝学会  

    2012年11月 - 継続中 

▼全件表示

受賞歴

  • 第7回日本心不全学会学術賞

    泉家 康宏

    2019年10月   日本心不全学会  

  • 第7回日本心不全学会学術賞

    泉家 康宏

    2019年10月   日本心不全学会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 優秀演題賞

    泉家 康宏

    2018年07月   第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会  

  • 熊本医学会奨励賞

    泉家 康宏

    2018年03月   熊本医学会  

  • The highest ranking abstract from Japan

    泉家 康宏

    2018年03月   American College of Cardiology  

  • 高峰譲吉研究奨励賞

    泉家 康宏

    2016年12月  

  • 成人血管研究振興財団 岡本研究奨励賞

    泉家 康宏

    2013年10月  

  • 日本心臓病学会Poster Award

    泉家 康宏

    2013年09月  

  • 第16回 日本心不全学会・学術集会 Young Investigator’s Award Finalist

    泉家 康宏

    2012年10月  

  • 第15回 日本心不全学会・学術集会 Young Investigator’s Award 最優秀賞

    泉家 康宏

    2011年10月  

  • Young Investigator’s Award Finalist, American College of Cardiology (ACC)

    泉家 康宏

    2007年03月  

  • American Heart Association (AHA), Postdoctoral Fellowship Award

    泉家 康宏

    2006  

  • Young Investigator’s Award Finalist, American Heart Association (AHA) Louis N and Arnold M Katz Basic Research Prize

    泉家 康宏

    2006  

  • Boston University, Basic Science Evans Day Abstract Competition, 最優秀賞

    泉家 康宏

    2006  

  • 第一回メタボリックシンドロームカンファレンス, Young Investigator’s Award, 最優秀賞

    泉家 康宏

    2003  

  • 日本循環薬理学会, Young Investigator’s Award, 最優秀賞

    泉家 康宏

    2002  

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪市立大学大学院医学研究科   循環器内科学

    2018年04月

  • 熊本大学医学部附属病院   循環器内科   講師

    2017年09月 - 2018年03月

  • 熊本大学大学院生命科学研究部   循環器内科学   助教

    2007年11月 - 2017年08月

  • ボストン大学医学部   分子血管病研究所   博士研究員

    2004年07月 - 2007年10月

学歴

  • 大阪市立大学   医学研究科   博士課程   卒業・修了

    - 2004年

  • 大阪市立大学   医学部     卒業・修了

    - 1998年

論文

  • Plaque Morphological Changes in Femoropopliteal Arterial Lesions Caused by Balloon Angioplasty: Analysis Through Integrated Backscatter Intravascular Ultrasound.

    Hayashi O, Shimada T, Fujisawa N, Yamazaki T, Izumiya Y, Fukuda D

    European journal of vascular and endovascular surgery : the official journal of the European Society for Vascular Surgery   2024年02月( ISSN:1078-5884

     詳細を見る

  • Tissue responses to everolimus-eluting stents implanted in severely calcified lesions following atherectomy.

    Yamaguchi T, Yamazaki T, Yoshida H, Matsumoto K, Yahiro R, Nakao K, Kure Y, Okai T, Shimada T, Otsuka K, Izumiya Y, Fukuda D

    Cardiovascular intervention and therapeutics   39 ( 1 )   34 - 44   2024年01月( ISSN:1868-4300

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s12928-023-00965-4

    PubMed

  • Correction: Tissue responses to everolimus-eluting stents implanted in severely calcified lesions following atherectomy.

    Yamaguchi T, Yamazaki T, Yoshida H, Matsumoto K, Yahiro R, Nakao K, Kure Y, Okai T, Shimada T, Otsuka K, Izumiya Y, Fukuda D

    Cardiovascular intervention and therapeutics   39 ( 1 )   45 - 46   2024年01月( ISSN:1868-4300

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s12928-023-00973-4

    PubMed

  • Heart Failure Medication and Muscle Wasting.

    Izumiya Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   88 ( 1 )   20 - 21   2023年12月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

  • Elevation of end-tidal CO(2) during exercise is attenuated in patients with cardiac amyloidosis.

    Shibata A, Izumiya Y, Yoshida T, Tanihata A, Yamaguchi Y, Kitada R, Fukuda D

    Heart and vessels   2023年12月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s00380-023-02342-w

    PubMed

  • Diagnostic significance of paradoxical left ventricular hypertrophy in detecting cardiac amyloidosis.

    Ota S, Izumiya Y, Kitada R, Nishi T, Taruya A, Wada T, Takahata M, Ozaki Y, Kashiwagi M, Shiono Y, Kuroi A, Takemoto K, Tanimoto T, Kitabata H, Fukuda D, Tanaka A

    International journal of cardiology. Heart & vasculature   49   101279   2023年12月( ISSN:2352-9067

     詳細を見る

  • Exosomal miR206 Secreted From Growing Muscle Promotes Angiogenic Response in Endothelial Cells.

    Hayashi H, Izumiya Y, Ishida T, Arima Y, Hayashi O, Yoshiyama M, Tsujita K, Fukuda D

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   advpub ( 0 )   2023年11月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-23-0353

    PubMed

  • Tricuspid annular area and leaflets stretch are associated with functional tricuspid regurgitation - insights from three-dimensional transesophageal echocardiography.

    Ogawa M, Ito A, Ito A, Kim AT, Ishikawa S, Iwata S, Takahashi Y, Izumiya Y, Shibata T, Fukuda D

    The international journal of cardiovascular imaging   39 ( 11 )   2119 - 2125   2023年11月( ISSN:1569-5794

     詳細を見る

  • Thrombus or tumor?

    Wakasa S, Hayashi H, Yamazaki T, Izumiya Y, Fukuda D

    Clinical case reports   11 ( 10 )   e7975   2023年10月( ISSN:2050-0904

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ccr3.7975

    PubMed

  • The E/e' ratio on echocardiography as an independent predictor of the improvement of left ventricular contraction in patients with heart failure with reduced ejection fraction.

    Yoshimura R, Hayashi O, Horio T, Fujiwara R, Matsuoka Y, Yokouchi G, Sakamoto Y, Matsumoto N, Fukuda K, Shimizu M, Izumiya Y, Yoshiyama M, Fukuda D, Fujimoto K, Kasayuki N

    Journal of clinical ultrasound : JCU   51 ( 7 )   1131 - 1138   2023年09月( ISSN:0091-2751

     詳細を見る

  • 血管内視鏡により静脈内血栓と鑑別した静脈内腫瘍浸潤の一例

    林 浩也, 若狭 志保, 山崎 貴紀, 泉家 康宏, 福田 大受

    静脈学   34 ( 2 )   266 - 266   2023年06月( ISSN:0915-7395

  • 心内膜双極電位は左房後壁内部への追加通電の必要性を予測する(Endocardial Bipolar Voltage Predicts the Need for Additional Ablation Inside the Left Atrial Posterior Wall)

    Yanagishita Tomoya, Yoshiyama Tomotaka, Kawai Ryota, Toyoda Natsumi, Nakatsuji Kenichi, Izumiya Yasuhiro, Shintani Ayumi, Fukuda Daiju

    Osaka City Medical Journal   69 ( 1 )   1 - 9   2023年06月( ISSN:0030-6096

     詳細を見る

    肺静脈隔離(PVI)への左房後壁隔離(LA PWI)の追加はPVI単独よりも非発作性心房細動(AF)患者の予後を改善することが報告されている。本研究では、左房後壁内部への追加通電の必要性の予測因子を明らかするため、後ろ向きコホート研究を行った。2018年6月~2020年7月に当院で非発作性AFに対して初回のPVIとLA PWIを行った患者77例を対象とした。3Dマッピングシステムを用いて左房内の双極電位を記録した後にPVIとLA PWIを行った。天井ラインと底部ラインの作成でLA PWIが完成、もしくはライン上のgapへの追加通電で隔離が完成したA群35例(男性68.6%、平均68.2±8.3歳)と、それでは隔離できず左房後壁内部への通電が必要であったB群42例(男性78.6%、平均62.9±11.8歳)に分けた。最終的に全例でPVIが達成され、追加通電によって全例でLA PWIが達成された。A群はB群と比較して年齢が有意に高く、天井ライン上の最大電位と平均電位が有意に高かった。年齢を調整後の多変量解析では、天井ライン上の最大電位と平均電位が、後壁内部の追加通電の独立した予測因子であった。

  • Endoscopic assessment of WATCHMAN 17 months after implantation.

    Yamazaki T, Yoshiyama T, Ito A, Izumiya Y, Fukuda D

    Cardiovascular intervention and therapeutics   38 ( 2 )   258 - 259   2023年04月( ISSN:18684300

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s12928-022-00902-x

    PubMed

  • 特集 二次性心筋症集中講座 診る3 心筋症をCT,MRI,核医学で診る:検査の選択と診るべきポイント

    北田 諒子, 泉家 康宏

    Heart View   27 ( 3 )   210 - 215   2023年03月( ISSN:13426591

     詳細を見る

  • Cystatin C-based Estimated Glomerular Filtration Rate Associated with Three-year Mortality after Transcatheter Aortic Valve Implantation(タイトル和訳中)

    呉 裕介, 岡井 主, 泉家 康宏, 山口 智大, 小川 真奈, 柴田 敦, 伊藤 朝広, 高橋 洋介, 柴田 利彦, 福田 大受

    日本循環器学会学術集会抄録集   87回   PJ094 - 3   2023年03月

  • Tricuspid Annular Plane Systolic Excursion could Predict the Exercise Tolerance in Patients with Chronic Thromboembolic Pulmonary Disease(タイトル和訳中)

    林 央, 山口 智大, 伊藤 文花, Kim Andrew T., 林 浩也, 石川 世良, 柴田 敦, 伊藤 朝広, 泉家 康宏, 福田 大受

    日本循環器学会学術集会抄録集   87回   PJ043 - 6   2023年03月

  • Hemoglobin is an Independent Predictor of Improved Exercise Tolerance in Male Patients with Non-ischemic Cardiomyopathy(タイトル和訳中)

    谷畑 慧子, 柴田 敦, 林 央, 吉田 俊丈, 林 浩也, 北田 諒子, 泉家 康宏, 福田 大受

    日本循環器学会学術集会抄録集   87回   PJ039 - 4   2023年03月

  • Extent of coronary atherosclerosis is associated with deterioration of left ventricular global longitudinal strain in patients with preserved ejection fraction undergoing coronary computed tomography angiography.

    Ishikawa H, Otsuka K, Kono Y, Hojo K, Yamaura H, Hirata K, Kasayuki N, Izumiya Y, Fukuda D

    International journal of cardiology. Heart & vasculature   44   101176 - 101176   2023年02月( ISSN:2352-9067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2023.101176

    PubMed

  • Impact of cystatin C-derived glomerular filtration rate in patients undergoing transcatheter aortic valve implantation.

    Kure Y, Okai T, Izumiya Y, Yoshida H, Mizutani K, Yamaguchi T, Ogawa M, Shibata A, Ito A, Takahashi Y, Shibata T, Fukuda D

    Frontiers in cardiovascular medicine   10   1035736   2023年( ISSN:2297-055X

     詳細を見る

  • Quantification of pulmonary perfusion using LSIM-CT correlates with pulmonary hemodynamics in patients with CTEPD.

    Yamaguchi T, Ehara S, Yoshida H, Himoto D, Izuta S, Hayashi O, Hayashi H, Ogawa M, Shibata A, Yamazaki T, Izumiya Y, Fukuda D

    Frontiers in cardiovascular medicine   10   1237296 - 1237296   2023年( ISSN:2297-055X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3389/fcvm.2023.1237296

    PubMed

  • Association of Achilles Tendon Xanthoma Identified Based on New Guidelines from the Japan Atherosclerosis Society with Coronary Lesion Severity in Premature Coronary Artery Disease

    Fujiwara Ryosuke, Horio Takeshi, Yahiro Ryosuke, Yoshimura Ryutaro, Matsuoka Yujiro, Matsumoto Naoki, Fukuda Kohei, Izumiya Yasuhiro, Fukuda Daiju, Kawase Yoshio, Fujimoto Kohei, Kasayuki Noriaki

    Journal of Coronary Artery Disease   29 ( 4 )   97 - 103   2023年

     詳細を見る

    Objective: The cutoff value on radiography for judging Achilles tendon xanthoma (ATX), one of the diagnostic criteria for familial hypercholesterolemia, was altered from 9 mm to 8/7.5 mm (men/women) in the new guidelines from the Japan Atherosclerosis Society. The present study investigated whether or not ATX newly identified by the revised criteria, i.e. Achilles tendon thickness (ATT) of ≥ 8 mm and < 9 mm in men, is associated with coronary lesion severity in premature coronary artery disease (CAD) patients.<br>Methods: Eighty-seven male subjects with a history of acute coronary syndrome (ACS) under 60 years old and with a maximum ATT for the right and left sides of < 9 mm were enrolled. The severity of the coronary lesions was assessed using the SYNTAX score derived from coronary angiography at the onset of ACS.<br/>Results: Nine patients (10%) had a maximum ATT ≥ 8 mm (ATX group) among the present subjects. The SYNTAX score was significantly larger in the ATX group than in the non-ATX group (18.3 ± 9.8 vs. 12.3 ± 7.3, <i>P</i> = 0.028). The ATX group also had an increased body mass index (BMI) and C-reactive protein (CRP) level. In all subjects, the maximum ATT was positively correlated with the SYNTAX score (R = 0.337, <i>P</i> = 0.001). A multiple regression analysis revealed that the presence of ATX was significantly associated with the SYNTAX score, independent of confounding factors, including the BMI and CRP.<br>Conclusions: This study demonstrated that ATX, even when mild, was associated with coronary lesion severity in premature CAD. ATX, based on new criteria, may be an independent predictor of CAD progression.<br/>

    DOI: 10.7793/jcad.29.23-00010

  • Role of Cardiac Magnetic Resonance (CMR) in Determining Implantable Cardioverter-Defibrillator (ICD) Indication in Acromegalic Cardiomyopathy: A Case Report.

    Inoue N, Hayashi H, Ehara S, Izumiya Y, Fukuda D

    Cureus   14 ( 12 )   e32234   2022年12月( ISSN:2168-8184

     詳細を見る

  • Real-World Management of Pharmacological Thromboprophylactic Strategies for COVID-19 Patients in Japan: From the CLOT-COVID Study.

    Hayashi H, Izumiya Y, Fukuda D, Wakita F, Mizobata Y, Fujii H, Yachi S, Takeyama M, Nishimoto Y, Tsujino I, Nakamura J, Yamamoto N, Nakata H, Ikeda S, Umetsu M, Aikawa S, Satokawa H, Okuno Y, Iwata E, Ogihara Y, Ikeda N, Kondo A, Iwai T, Yamada N, Ogawa T, Kobayashi T, Mo M, Yamashita Y, CLOT-COVID Study Investigators

    JACC. Asia   2 ( 7 )   897 - 907   2022年12月

  • Correlation between Low Amount of Epicardial Adipose Tissue and the Severity of Right Ventricular Dysfunction in Patients with Nonischemic Heart Failure with Reduced Ejection Fraction(和訳中)

    Tanihata Akiko, Ehara Shoichi, Kitada Ryoko, Ishikawa Hirotoshi, Yoshida Toshitake, Hayashi Hiroya, Yamaguchi Yumi, Shibata Atsushi, Izumiya Yasuhiro, Fukuda Daiju

    Osaka City Medical Journal   68 ( 2 )   61 - 72   2022年12月( ISSN:0030-6096

  • Cardiovascular and bleeding risks of inactive cancer in patients with acute myocardial infarction who received primary percutaneous coronary intervention using drug-eluting stent and dual/triple antithrombotic therapy.

    Hayashi H, Kataoka Y, Murai K, Sawada K, Iwai T, Matama H, Honda S, Fujino M, Yoneda S, Takagi K, Otsuka F, Asaumi Y, Izumiya Y, Fukuda D, Noguchi T

    Cardiovascular diagnosis and therapy   12 ( 6 )   803 - 814   2022年12月( ISSN:2223-3652

     詳細を見る

  • 運動による酸化ストレス増加は心不全患者の予後を規定する

    柴田 敦, 泉家 康宏, 山口 祐美, 北田 諒子, 岩田 真一, 江原 省一, 泉 康雄, 花谷 彰久, 葭山 稔

    大阪市医学会雑誌   71   36 - 36   2022年12月( ISSN:0386-4103

  • 特集 避けて通れない心不全診療-総合内科力・循環器力を鍛えよう! 基礎になる心疾患各論 ATTRはどういうときに疑いますか?

    泉家 康宏

    medicina   59 ( 12 )   2261 - 2265   2022年11月( ISSN:00257699

     詳細を見る

  • 両心不全で搬送された超高齢慢性血栓塞栓性肺高血圧症の一例

    山口 智大, 泉家 康宏, 林 央, 林 浩也, 柴田 敦, 山崎 貴紀, 福田 大受

    脈管学   62 ( Suppl. )   S174 - S174   2022年10月( ISSN:0387-1126

  • [Sibling cases of four and a half LIM domains 1 (FHL1) myopathy who developed respiratory failure without apparent limb weakness].

    Aohara K, Kimura H, Takeda A, Izumiya Y, Nishino I, Itoh Y

    Rinsho shinkeigaku = Clinical neurology   62 ( 9 )   726 - 731   2022年09月( ISSN:0009-918X

     詳細を見る

    <p>60歳男性.主訴は呼吸困難.30歳代で心拡大,42歳時より心房細動,心不全を認め,弟とともに<i>four and a half LIM domains 1</i>(<i>FHL1</i>)遺伝子変異を認めた.60歳になり食思不振と呼吸困難を自覚,心不全の増悪が疑われ循環器内科へ入院した.血液ガスにて呼吸性アシドーシスを認め,人工呼吸器を装着した.筋力は肩甲帯筋でのみ低下し,肘,足首,脊椎に関節拘縮を認めた.Emery–Dreifuss型筋ジストロフィー様のミオパチーにより筋力低下の自覚なく呼吸不全を呈した兄弟例と診断し,兄は気管切開を施行,日中は人工呼吸器を離脱するようになり退院した.<i>FHL1</i>変異では主徴として呼吸筋障害をきたすことがあり,心筋症による心不全と鑑別する必要がある.</p>

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-001761

    PubMed

  • 24時間自由行動下血圧測定での血圧変動性と心房細動カテーテルアブレーション後の再発に関する検討

    伊藤 文花, 伊藤 朝広, キム・アンドリュー・ティー, 小川 真奈, 北田 諒子, 石川 世良, 岩田 真一, 泉家 康宏, 福田 大受

    日本心臓病学会学術集会抄録   70回   O - 2   2022年09月

  • Four and a half LIM domains 1(FHL1)遺伝子変異によるミオパチーのため四肢筋力低下の自覚なく呼吸不全をきたした兄弟例

    青原 健太, 木村 裕子, 武田 景敏, 泉家 康宏, 西野 一三, 伊藤 義彰

    臨床神経学   62 ( 9 )   726 - 731   2022年09月( ISSN:0009-918X

     詳細を見る

    60歳男性.主訴は呼吸困難.30歳代で心拡大,42歳時より心房細動,心不全を認め,弟とともにfour and a half LIM domains 1(FHL1)遺伝子変異を認めた.60歳になり食思不振と呼吸困難を自覚,心不全の増悪が疑われ循環器内科へ入院した.血液ガスにて呼吸性アシドーシスを認め,人工呼吸器を装着した.筋力は肩甲帯筋でのみ低下し,肘,足首,脊椎に関節拘縮を認めた.Emery-Dreifuss型筋ジストロフィー様のミオパチーにより筋力低下の自覚なく呼吸不全を呈した兄弟例と診断し,兄は気管切開を施行,日中は人工呼吸器を離脱するようになり退院した.FHL1変異では主徴として呼吸筋障害をきたすことがあり,心筋症による心不全と鑑別する必要がある.(著者抄録)

  • 夜間血圧、夜間心拍と心血管疾患患者の予後予測に関する検討

    キム・アンドリュー・ティー, 伊藤 朝広, 伊藤 文花, 小川 真奈, 北田 諒子, 石川 世良, 岩田 真一, 泉家 康宏, 福田 大受

    日本心臓病学会学術集会抄録   70回   O - 4   2022年09月

  • A case of hypertrophic cardiomyopathy with right ventricular outflow tract and left midventricular obstruction

    Okada N.

    Journal of Cardiology Cases   26 ( 1 )   66 - 69   2022年07月

     詳細を見る

  • Kinetics of atrial and brain natriuretic peptides during hemodialysis are regulated in association with different cardiac functional changes.

    Horio T, Ito S, Fujimoto K, Izumiya Y, Yoshiyama M, Iwashima Y, Nakamura S, Yoshihara F

    Heart and vessels   37 ( 7 )   1146 - 1152   2022年07月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

  • 右室流出路閉塞および左室中部閉塞を伴う肥大型心筋症の1症例(A case of hypertrophic cardiomyopathy with right ventricular outflow tract and left midventricular obstruction)

    Okada Natsumi, Shibata Atsushi, Tanihata Akiko, Kitada Ryoko, Ehara Shoichi, Izumiya Yasuhiro

    Journal of Cardiology Cases   26 ( 1 )   66 - 69   2022年07月

     詳細を見る

    症例は59歳女性で、労作時呼吸困難を主訴に来院した。30年前に心筋生検により肥大型心筋症と診断され、β遮断薬を服用していた。受診時の血圧は131/85mmHg、心拍数は75bpmであった。胸骨左縁第2肋間を最強点とするIII/VIの収縮期駆出性(収縮中期性)雑音を聴取した。胸部X線で心拡大を認めたが、肺うっ血の所見はなかった。心電図は左軸偏位を呈し、V5~V6誘導で深いS波を認めた。心臓MRIで左室前壁、下壁、中隔部に非均等型左室壁肥厚および左室中部閉塞を認めた。さらに前壁から下壁にかけてガドリニウム遅延造影を認めた。冠動脈造影で有意な狭窄病変は見られなかった。心臓カテーテルで心内圧を測定した。その結果、左室心尖部圧は148/21mmHg、左室流出路圧は138/20mmHgで左室内圧較差は見られなかったが、右室心尖部圧は43/20mmHg、右室流出路圧は25/6mmHgで圧較差は18mmHgであった。18mmHgの右室内圧較差に対して、陰性変力作用を有するシベンゾリンとビソプロロールを投与した。2ヵ月後に症状は改善し、収縮期雑音は消失した。血圧は124/70mmHgに改善した。

  • 血液透析中の心房性および脳性ナトリウム利尿ペプチドの動態は様々な心機能変化との関連において調節される(Kinetics of atrial and brain natriuretic peptides during hemodialysis are regulated in association with different cardiac functional changes)

    Horio Takeshi, Ito Shogo, Fujimoto Kohei, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru, Iwashima Yoshio, Nakamura Satoko, Yoshihara Fumiki

    Heart and Vessels   37 ( 7 )   1146 - 1152   2022年07月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    血液透析患者における心機能変化と透析前後での心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)と脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)の変化との関連を調べた。洞調律で維持血液透析を実施している患者57例(男性47例、女性10例、平均64.4±10.9歳)を対象とした。血液透析の開始時と終了時に採取した血液検体から血漿ANPおよびBNP値を測定した。単一血液透析の直前と直後に心エコー検査を実施して、透析中の心機能の変化を評価した。血漿ANPおよびBNP濃度は血液透析後に有意に減少したが、BNPの減少率は-6.4%で、ANPの-43.4%よりも小さかった。透析前後の心エコーパラメーターの変化の関連では、下大静脈径の減少はANPにおける減少と密接に関連したが、BNPとは関連しなかった。左室拡張終末期容積係数における減少はBNPにおける減少のみと関連した。心房充満に対する初期拡張期充満のピーク速度比は透析による前負荷の減少とともに減少し、その減少は、ANPよりもBNPの減少とより強く関連した。血液透析患者では1回の透析による血漿ANPの減少は基本的に血液量の減少によって生じ、BNPの減少は主に左心室の過負荷の減少によって誘発された。

  • Epicardial adipose tissue volume is an independent predictor of left ventricular reverse remodeling in patients with non-ischemic cardiomyopathy.

    Yamaguchi Y, Shibata A, Yoshida T, Tanihata A, Hayashi H, Kitada R, Ehara S, Izumiya Y, Fukuda D

    International journal of cardiology   356   60 - 65   2022年06月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2022.03.051

    PubMed

  • Dynapenia is an independent predictor of cardio-cerebrovascular events in patients undergoing hemodialysis(和訳中)

    Hayashi Hiroya, Izumiya Yasuhiro, Hayashi Ou, Ichii Mitsuru, Tsujimoto Yoshihiro, Yoshiyama Minoru

    Heart and Vessels   37 ( 6 )   1066 - 1074   2022年06月( ISSN:0910-8327

  • Dynapenia is an independent predictor of cardio-cerebrovascular events in patients undergoing hemodialysis.

    Hayashi H, Izumiya Y, Hayashi O, Ichii M, Tsujimoto Y, Yoshiyama M

    Heart and vessels   37 ( 6 )   1066 - 1074   2022年06月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

  • Risk factors of pacing-induced cardiomyopathy-Insights from lead position.

    Yoshiyama T, Shimeno K, Hayashi Y, Ito A, Iwata S, Matsumura Y, Izumiya Y, Abe Y, Ehara S, Naruko T

    Journal of arrhythmia   38 ( 3 )   408 - 415   2022年06月( ISSN:1880-4276

     詳細を見る

  • ペーシング誘発性心筋症の危険因子 リードの位置からの洞察(Risk factors of pacing-induced cardiomyopathy-Insights from lead position)

    Yoshiyama Tomotaka, Shimeno Kenji, Hayashi Yusuke, Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Matsumura Yoshiki, Izumiya Yasuhiro, Abe Yukio, Ehara Shoichi, Naruko Takahiko

    Journal of Arrhythmia   38 ( 3 )   408 - 415   2022年06月( ISSN:1880-4276

     詳細を見る

    ペーシング誘発性心筋症(PICM)の予測因子を後方視的観察研究で調べた。2008年1月〜2018年1月にペースメーカー植込み目的で紹介された連続患者604名のうち、適格とした172名(男性88名、平均76±11歳)を組み入れた。リードの位置は右室心尖部(RVA)または右室中隔中部(mid-RVS)とし、mid-RVSの場合はその設置位置をCTで確認した。PICMの定義は、経過観察時の経胸壁心エコー法による評価で左室駆出率が40%未満とした。PICMを発症していた患者は18名(10.5%)(男性14名、平均76±14歳)存在した。RVA群66名とmid-RVS群106名を比較した場合、ペーシング時のQRS幅はmid-RVS群の方が有意に短かったものの、PICM発症率には有意差は認められなかった。多変量解析の結果、PICMの独立予測因子として、術前の左室収縮末期径(HR 1.12、95%CI 1.03〜1.22)とペーシング時のQRS幅(HR 1.03、95%CI 1.004〜1.06)が同定された。結論として、RVAかmid-RVSかというリードの設置位置の違いは、PICMの予測因子とはなっていなかった。術前の左室収縮末期径とペーシング時のQRS幅は、PICM予測に有用な指標となる可能性が示された。

  • ST上昇型心筋梗塞の治療に難渋した冠動脈拡張症の2例

    石川 裕敏, 大塚 憲一郎, 山浦 大輝, 泉家 康宏, 葭山 稔, 笠行 典章

    循環制御   43 ( 1 )   14 - 19   2022年06月( ISSN:0389-1844

     詳細を見る

    ST上昇型急性心筋梗塞の冠動脈インターベンション(PCI)に難渋した冠動脈拡張症(CAE)2例を呈示した。症例1は歳40代男性で、一時ペーシング挿入、血栓吸引、責任病変部に残存する巨大な血栓に対する薬剤溶出性ステント(DES)留置を行った。最終造影はTIMI 2であった。急性期に輸血を要する大出血をきたしたためDAPT(アスピリン、クロピドグレル)を休薬し、慢性期はアスピリン単剤投与とした。症例2は50歳代男性で、血栓吸引により冠血流は改善したが最終造影はTIMI 1で、大動脈内バルーンポンプ(IABP)を留置した。ワルファリンとクロピドグレル内服を開始したが、慢性期に出血合併症を認めたため、直接作用型経口抗凝固薬単剤へ変更とした。2例とも再灌流を得られ、再発や責任病変の再狭窄は認めない。

    その他URL: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2022&ichushi_jid=J00631&link_issn=&doc_id=20220721410003&doc_link_id=10.11312%2Fccm.43.14&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11312%2Fccm.43.14&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif

  • ST上昇型心筋梗塞の治療に難渋した冠動脈拡張症の2例

    石川 裕敏, 大塚 憲一郎, 山浦 大輝, 泉家 康宏, 葭山 稔, 笠行 典章

    循環制御   43 ( 1 )   14 - 19   2022年06月( ISSN:0389-1844

     詳細を見る

    ST上昇型急性心筋梗塞の冠動脈インターベンション(PCI)に難渋した冠動脈拡張症(CAE)2例を呈示した。症例1は歳40代男性で、一時ペーシング挿入、血栓吸引、責任病変部に残存する巨大な血栓に対する薬剤溶出性ステント(DES)留置を行った。最終造影はTIMI 2であった。急性期に輸血を要する大出血をきたしたためDAPT(アスピリン、クロピドグレル)を休薬し、慢性期はアスピリン単剤投与とした。症例2は50歳代男性で、血栓吸引により冠血流は改善したが最終造影はTIMI 1で、大動脈内バルーンポンプ(IABP)を留置した。ワルファリンとクロピドグレル内服を開始したが、慢性期に出血合併症を認めたため、直接作用型経口抗凝固薬単剤へ変更とした。2例とも再灌流を得られ、再発や責任病変の再狭窄は認めない。

  • Delayed stenosis regression after drug-coated balloon angioplasty for femoropopliteal artery lesions(和訳中)

    Shimada Takenobu, Shima Yuki, Takahashi Kotaro, Miura Katsuya, Takamatsu Makoto, Ikuta Akihiro, Habara Seiji, Tanaka Hiroyuki, Goto Tsuyoshi, Izumiya Yasuhiro, Kadota Kazushige

    Heart and Vessels   37 ( 5 )   730 - 737   2022年05月( ISSN:0910-8327

  • Delayed stenosis regression after drug-coated balloon angioplasty for femoropopliteal artery lesions.

    Shimada T, Shima Y, Takahashi K, Miura K, Takamatsu M, Ikuta A, Habara S, Tanaka H, Goto T, Izumiya Y, Kadota K

    Heart and vessels   37 ( 5 )   730 - 737   2022年05月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

  • Thigh Intramuscular Fat on Prognosis of Patients With Nonischemic Cardiomyopathy.

    Yoshida T, Shibata A, Tanihata A, Hayashi H, Yamaguchi Y, Kitada R, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M

    The American journal of cardiology   169   113 - 119   2022年04月( ISSN:0002-9149

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2021.12.059

    PubMed

  • Vaso reactivity test using inhaled nitric oxide for pulmonary arterial hypertension accompanied by severe interstitial lung disease attributed to systemic sclerosis: A case report.

    Yamaguchi T, Izumiya Y, Hayashi O, Hayashi H, Ogawa M, Shibata A, Yamazaki T, Yoshiyama M

    Journal of cardiology cases   25 ( 3 )   144 - 148   2022年03月

     詳細を見る

    国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2021.08.003

    PubMed

  • Vaso reactivity test using inhaled nitric oxide for pulmonary arterial hypertension accompanied by severe interstitial lung disease attributed to systemic sclerosis: A case report(和訳中)

    Yamaguchi Tomohiro, Izumiya Yasuhiro, Hayashi Ou, Hayashi Hiroya, Ogawa Mana, Shibata Atsushi, Yamazaki Takanori, Yoshiyama Minoru

    Journal of Cardiology Cases   25 ( 3 )   144 - 148   2022年03月

  • Correlation between Low Amount of Epicardial Adipose Tissue and the Severity of Right Ventricular Dysfunction in Patients with Heart Failure(和訳中)

    谷畑 慧子, 江原 省一, 吉田 俊丈, 石川 裕敏, 山口 祐美, 北田 諒子, 柴田 敦, 泉家 康宏

    日本循環器学会学術集会抄録集   86回   PJ13 - 4   2022年03月

  • 循環器領域女性医師のキャリア継続の現状と課題 循環器内科における女性医師の働き方に係るダイバーシティ(Diversity in the Department of Cardiology Focusing on the Working Style of Female Doctors)

    北田 諒子, 小川 真奈, 江原 省一, 泉家 康宏

    日本循環器学会学術集会抄録集   86回   SY18 - 4   2022年03月

  • 経カテーテル的大動脈弁留置術症例における入院関連機能障害に関連する術前術後因子についての検討

    清水 将史, 柴田 敦, 谷口 耕大, 呉 裕介, 岡井 主, 池渕 充彦, 泉家 康宏

    日本循環器学会学術集会抄録集   86回   CM1 - 8   2022年03月

  • 経カテーテル的大動脈弁留置術症例における入院関連機能障害に関連する術前術後因子についての検討

    清水 将史, 柴田 敦, 谷口 耕大, 呉 裕介, 岡井 主, 池渕 充彦, 泉家 康宏

    日本循環器学会学術集会抄録集   86回   CM1 - 8   2022年03月

  • 心不全患者における心外膜脂肪組織量の少なさと右室機能不全の重症度との関連性(Correlation between Low Amount of Epicardial Adipose Tissue and the Severity of Right Ventricular Dysfunction in Patients with Heart Failure)

    谷畑 慧子, 江原 省一, 吉田 俊丈, 石川 裕敏, 山口 祐美, 北田 諒子, 柴田 敦, 泉家 康宏

    日本循環器学会学術集会抄録集   86回   PJ13 - 4   2022年03月

  • Somatic Mosaicism in Biology and Disease.

    Ogawa H, Horitani K, Izumiya Y, Sano S

    Annual review of physiology   84   113 - 133   2022年02月( ISSN:0066-4278

  • Left atrial volume index predicts future improvement of B-type natriuretic peptide levels after transcatheter aortic valve replacement.

    Ito A, Izumiya Y, Iwata S, Ogawa M, Kim AT, Yahiro R, Kure Y, Yamaguchi T, Okai T, Takahashi Y, Shibata T, Yoshiyama M

    The international journal of cardiovascular imaging   2022年02月( ISSN:1569-5794

     詳細を見る

  • Dose-Dependent Inhibitory Effect of Rosuvastatin in Japanese Patients with Acute Myocardial Infarction on Serum Concentration of Matrix Metalloproteinases-INVITATION Trial.

    Shirakawa T, Fujisue K, Nakamura S, Yamamoto N, Oshima S, Matsumura T, Tsunoda R, Hirai N, Koide S, Tayama S, Kikuta K, Hirose T, Maruyama H, Fujimoto K, Kajiwara I, Sakamoto T, Nakao K, Sakaino N, Nagayoshi Y, Hokamaki J, Shimomura H, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H, Tsujita K

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   29 ( 2 )   229 - 241   2022年02月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.5551/jat.59477

    PubMed

    CiNii Article

  • Dose-Dependent Inhibitory Effect of Rosuvastatin in Japanese Patients with Acute Myocardial Infarction on Serum Concentration of Matrix Metalloproteinases: INVITATION Trial(和訳中)

    Shirakawa Takuhiro, Fujisue Koichiro, Nakamura Shinichi, Yamamoto Nobuyasu, Oshima Shuichi, Matsumura Toshiyuki, Tsunoda Ryusuke, Hirai Nobutaka, Koide Shunichi, Tayama Shinji, Kikuta Koichi, Hirose Toyoki, Maruyama Hideki, Fujimoto Kazuteru, Kajiwara Ichiro, Sakamoto Tomohiro, Nakao Koichi, Sakaino Naritsugu, Nagayoshi Yasuhiro, Hokamaki Jun, Shimomura Hideki, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   29 ( 2 )   229 - 241   2022年02月( ISSN:1340-3478

  • Achilles tendon thickness is associated with coronary lesion severity in acute coronary syndrome patients without familial hypercholesterolemia(和訳中)

    Fujiwara Ryosuke, Yahiro Ryosuke, Horio Takeshi, Miyauchi Masafumi, Yoshimura Ryutaro, Matsuoka Yujiro, Yokouchi Go, Sakamoto Yuya, Matsumoto Naoki, Fukuda Kohei, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru, Fujimoto Kohei, Kasayuki Noriaki

    Journal of Cardiology   79 ( 1-2 )   311 - 317   2022年02月( ISSN:0914-5087

  • Achilles tendon thickness is associated with coronary lesion severity in acute coronary syndrome patients without familial hypercholesterolemia.

    Fujiwara R, Yahiro R, Horio T, Miyauchi M, Yoshimura R, Matsuoka Y, Yokouchi G, Sakamoto Y, Matsumoto N, Fukuda K, Izumiya Y, Yoshiyama M, Fujimoto K, Kasayuki N

    Journal of cardiology   79 ( 2 )   311 - 317   2022年02月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

  • Angioscopic Ulcerated Plaques in the Femoropopliteal Artery Associated with Impaired Infrapopliteal Runoff.

    Yamaguchi T, Yamazaki T, Yoshida H, Hayashi O, Yahiro R, Nakao K, Okai T, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Journal of vascular and interventional radiology : JVIR   33 ( 2 )   97 - 103.e1   2022年02月( ISSN:1051-0443

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jvir.2021.10.013

    PubMed

  • Kihon checklist is useful for predicting outcomes in patients undergoing transcatheter aortic valve implantation.

    Kure Y, Okai T, Izumiya Y, Shimizu M, Yahiro R, Yamaguchi T, Ogawa M, Kishimoto N, Shibata A, Ito A, Takahashi Y, Ehara S, Shibata T, Yoshiyama M

    Journal of cardiology   79 ( 2 )   299 - 305   2022年02月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2021.09.014

    PubMed

  • Kihon checklist is useful for predicting outcomes in patients undergoing transcatheter aortic valve implantation(和訳中)

    Kure Yusuke, Okai Tsukasa, Izumiya Yasuhiro, Shimizu Masashi, Yahiro Ryosuke, Yamaguchi Tomohiro, Ogawa Mana, Kishimoto Noriaki, Shibata Atsushi, Ito Asahiro, Takahashi Yosuke, Ehara Shoichi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    Journal of Cardiology   79 ( 1-2 )   299 - 305   2022年02月( ISSN:0914-5087

  • ST 上昇型心筋梗塞の治療に難渋した冠動脈拡張症の2 例

    石川 裕敏, 大塚 憲一郎, 山浦 大輝, 泉家 康宏, 葭山 稔, 笠行 典章

    循環制御   43 ( 1 )   14 - 19   2022年( ISSN:03891844

     詳細を見る

    冠動脈拡張症(CAE, coronary artery ectasia)は冠動脈の血管径が正常の1.5 倍以上に拡張した状態と定義される1)。CAE は冠動脈造影を受けた患者の1 ~ 5% に認められ、3:1 で男性に多く、Marfan 症候群、川崎病、血管炎との関連が報告されているが、冠動脈中膜に及ぶ動脈硬化性疾患が原因として最も多いとされる2)。CAE の40〜60% に急性心筋梗塞が発症するとされているが、補助循環を含めた急性期の治療法や一次、二次予防に関するエビデンスは確立していない。今回、急性心筋梗塞を発症し冠動脈インターベンションに難渋したCAE の2 症例を経験したので報告する。

    DOI: 10.11312/ccm.43.14

  • ATTRはどういうときに疑いますか?

    泉家 康宏

    Medicina   59   2261 - 2265   2022年

  • Enhancement patterns detected by multidetector computed tomography are associated with the long-term prognosis of patients with acute myocardial infarction.

    Tamita K, Yamamuro A, Hashimura H, Maeda M, Tokuda T, Yoshida K, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Heart and vessels   36 ( 12 )   1784 - 1793   2021年12月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

  • 多列検出器CTによって検出した造影パターンは急性心筋梗塞患者の長期予後と関連する(Enhancement patterns detected by multidetector computed tomography are associated with the long-term prognosis of patients with acute myocardial infarction)

    Tamita Koichi, Yamamuro Atsushi, Hashimura Hiromi, Maeda Mika, Tokuda Takeshi, Yoshida Kazunori, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    Heart and Vessels   36 ( 12 )   1784 - 1793   2021年12月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    経皮的冠動脈インターベンション(PCI)直後の遅延増強効果(DE)パターンがST上昇型心筋梗塞患者の長期臨床成績に影響するかどうか検討した。Primary PCIによって再灌流に成功した急性心筋梗塞(AMI)患者263例(男性215例、女性48例、平均61±10歳)に対して、Primary PCI直後に追加造影剤の投与なしで64列スライス多列検出器CTを施行した。各セグメントで左室壁厚75%以上が関わる場合をtransmural、75%未満をsubendocardialと判断し、心筋造影DEパターンでtransmural DEのA群104例、subendocardial DEのB群108例、DEなしのC群51例に分けた。左室17セグメントに対して半定量的スケールスコアを定義して、DE領域の程度を検討した。経過観察期間中央値は3.5年であった。Kaplan-Meier生存曲線ではA群はB群よりも予後不良で、C群と同等であった。多変量解析ではtransmural DEの存在が将来の心血管イベントの最も強力な予測因子であった。AMIに対するヨード再注入なしのPrimary PCI直後のtransmural DEは、将来の心血管イベントの主要な危険因子であった。

  • Sirt7 Deficiency Attenuates Neointimal Formation Following Vascular Injury by Modulating Vascular Smooth Muscle Cell Proliferation.

    Kimura Y, Izumiya Y, Araki S, Yamamura S, Hanatani S, Onoue Y, Ishida T, Arima Y, Nakamura T, Yamamoto E, Senokuchi T, Yoshizawa T, Sata M, Kim-Mitsuyama S, Nakagata N, Bober E, Braun T, Kaikita K, Yamagata K, Tsujita K

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   85 ( 12 )   2232 - 2240   2021年11月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0936

    PubMed

    CiNii Article

  • Sirt7 Deficiency Attenuates Neointimal Formation Following Vascular Injury by Modulating Vascular Smooth Muscle Cell Proliferation(和訳中)

    Kimura Yuichi, Izumiya Yasuhiro, Araki Satoshi, Yamamura Satoru, Hanatani Shinsuke, Onoue Yoshiro, Ishida Toshifumi, Arima Yuichiro, Nakamura Taishi, Yamamoto Eiichiro, Senokuchi Takafumi, Yoshizawa Tatsuya, Sata Masataka, Kim-Mitsuyama Shokei, Nakagata Naomi, Bober Eva, Braun Thomas, Kaikita Koichi, Yamagata Kazuya, Tsujita Kenichi

    Circulation Journal   85 ( 12 )   2232 - 2240   2021年11月( ISSN:1346-9843

  • Acute pulmonary embolism with high-intensity signals on magnetic resonance direct thrombus imaging.

    Yamaguchi T, Ehara S, Shibata A, Yamazaki T, Izumiya Y

    European heart journal. Cardiovascular Imaging   22 ( 11 )   e159   2021年10月( ISSN:2047-2404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ehjci/jeab123

    PubMed

  • A simple method of sarcopenia detection can predict adverse cardiovascular events in patients with abdominal obesity.

    Hanatani S, Izumiya Y, Yamamoto M, Araki S, Fujisue K, Arima Y, Takashio S, Yamamoto E, Kaikita K, Matsushita K, Tsujita K

    International journal of obesity (2005)   45 ( 10 )   2214 - 2220   2021年10月( ISSN:0307-0565

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41366-021-00895-2

    PubMed

  • Relationship of high-intensity plaques on T1-weighted magnetic resonance imaging with coronary intraplaque hemorrhage: A directional coronary atherectomy study

    Shoichi Ehara, Kazuki Mizutani, Takanori Yamazaki, Kenji Matsumoto, Tsukasa Okai, Tomohiro Yamaguchi, Yasuhiro Izumiya, Takahiko Naruko, Minoru Yoshiyama

    American Heart Journal Plus: Cardiology Research and Practice   10   100047 - 100047   2021年10月( ISSN:2666-6022

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ahjo.2021.100047

  • Increased oxidative stress during exercise predicts poor prognosis in patients with acute decompensated heart failure.

    Shibata A, Izumiya Y, Yamaguchi Y, Kitada R, Iwata S, Ehara S, Izumi Y, Hanatani A, Yoshiyama M

    ESC heart failure   8 ( 5 )   3885 - 3893   2021年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ehf2.13538

    PubMed

  • Improvement of Vascular Endothelial Function Reflects Nonrecurrence After Catheter Ablation for Atrial Fibrillation.

    Kanazawa H, Kaikita K, Ito M, Kawahara Y, Hoshiyama T, Kanemaru Y, Kiyama T, Iwashita S, Tabata N, Yamanaga K, Fujisue K, Sueta D, Takashio S, Arima Y, Araki S, Usuku H, Nakamura T, Izumiya Y, Sakamoto K, Suzuki S, Yamamoto E, Soejima H, Matsushita K, Tsujita K

    Journal of the American Heart Association   10 ( 17 )   e021551   2021年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1161/JAHA.121.021551

    PubMed

  • 核心に迫る心不全薬物治療の真髄 [賛成]心アミロイドーシスにおけるタファミジスメグルミンの是非

    泉家 康宏, 柴田 敦

    日本心臓病学会学術集会抄録   69回   FCS2 - 3   2021年09月

  • 核心に迫る心不全薬物治療の真髄 [賛成]心アミロイドーシスにおけるタファミジスメグルミンの是非

    泉家 康宏, 柴田 敦

    日本心臓病学会学術集会抄録   69回   FCS2 - 3   2021年09月

  • 心不全の治療標的としての骨格筋を考える

    泉家 康宏, 柴田 敦, 吉田 俊丈, 北田 諒子, 江原 省一

    日本心臓病学会学術集会抄録   69回   EL13 - EL13   2021年09月

  • 心不全の治療標的としての骨格筋を考える

    泉家 康宏, 柴田 敦, 吉田 俊丈, 北田 諒子, 江原 省一

    日本心臓病学会学術集会抄録   69回   EL13 - EL13   2021年09月

  • HE4 Predicts Progressive Fibrosis and Cardiovascular Events in Patients With Dilated Cardiomyopathy.

    Yamamoto M, Hanatani S, Araki S, Izumiya Y, Yamada T, Nakanishi N, Ishida T, Yamamura S, Kimura Y, Arima Y, Nakamura T, Takashio S, Yamamoto E, Sakamoto K, Kaikita K, Matsushita K, Morimoto S, Ito T, Tsujita K

    Journal of the American Heart Association   10 ( 15 )   e021069   2021年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.120.021069

    PubMed

  • Correction to: Long-term administration of tolvaptan ameliorates annual decline in estimated glomerular filtration rate in outpatients with chronic heart failure.

    Nakao K, Horio T, Yoshimura R, Fujiwara R, Matsuoka Y, Yokouchi G, Nakamura H, Sakamoto Y, Fujimoto K, Izumiya Y, Yoshiyama M, Kasayuki N

    Heart and vessels   36 ( 8 )   1183   2021年08月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

  • 両上肢深部静脈血栓症をきっかけに肺癌が疑われるも早期診断に至らなかった一例

    林 浩也, 辻 明宏, 山崎 貴紀, 泉家 康宏, 葭山 稔

    静脈学   32 ( 2 )   265 - 265   2021年08月( ISSN:0915-7395

  • トルバプタンの長期投与は慢性心不全外来患者の推定糸球体濾過量の年間低下を改善する(Long-term administration of tolvaptan ameliorates annual decline in estimated glomerular filtration rate in outpatients with chronic heart failure)

    Nakao Kazuhiro, Horio Takeshi, Yoshimura Ryutaro, Fujiwara Ryosuke, Matsuoka Yujiro, Yokouchi Go, Nakamura Haruo, Sakamoto Yuya, Fujimoto Kohei, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru, Kasayuki Noriaki

    Heart and Vessels   36 ( 8 )   1175 - 1182   2021年08月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    トルバプタン長期投与による慢性心不全患者における腎保護作用を、トルバプタン投与前後の推定糸球体濾過量(eGFR)の変化を比較することで調べた。トルバプタンを処方した慢性心不全患者の2012年4月から最長2019年9月までの検査データと治療を後ろ向きに調査した。そのうち、トルバプタン投与前後に6ヵ月以上eGFRを連続して測定した34例(男性21例、女性13例、平均77.0±12.7歳)を解析した。平均経過観察期間はトルバプタン投与前が1197日で、投与後は784日であった。トルバプタン投与によってeGFR変化率は-8.02±9.35mL/分/1.73m2/年から-1.62±5.09mL/分/1.73m2/年に有意に改善した。心エコーパラメーターでは下大静脈径はトルバプタン投与後に有意に減少し、下大静脈径の減少はトルバプタン投与後のeGFR低下勾配の改善と関連していた。トルバプタンによる長期投与は慢性心不全外来患者のeGFRの年間低下を改善し、トルバプタンが心不全患者における慢性的腎機能悪化に対して保護作用があることが示唆された。

  • Long-term administration of tolvaptan ameliorates annual decline in estimated glomerular filtration rate in outpatients with chronic heart failure.

    Nakao K, Horio T, Yoshimura R, Fujiwara R, Matsuoka Y, Yokouchi G, Nakamura H, Sakamoto Y, Fujimoto K, Izumiya Y, Yoshiyama M, Kasayuki N

    Heart and vessels   36 ( 8 )   1175 - 1182   2021年08月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

  • Organizing Pneumonia as the First Presentation in a Patient with Takayasu Arteritis: A Report of Rare Complication.

    Shimada Y, Shibata A, Ishikawa H, Yamaguchi Y, Kitada R, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 12 )   1887 - 1891   2021年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6316-20

    PubMed

    CiNii Article

  • 高安動脈炎患者における初期症状としての器質化肺炎 稀な合併症の報告(Organizing Pneumonia as the First Presentation in a Patient with Takayasu Arteritis: A Report of Rare Complication)

    Shimada Yuki, Shibata Atsushi, Ishikawa Hirotoshi, Yamaguchi Yumi, Kitada Ryoko, Ehara Shoichi, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    Internal Medicine   60 ( 12 )   1887 - 1891   2021年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は48歳女性で、1年以上前から咳嗽が徐々に悪化し、他院で器質化肺炎が疑われていた。受診時の検査では、感染症、膠原病、抗好中球細胞質抗体関連血管炎、腫瘍、肺高血圧を示唆する所見はなかった。胸部CTでは、左下葉背側に結節性浸潤影を伴うすりガラス陰影、大動脈弓・腕頭動脈・左総頸動脈・鎖骨下動脈の壁肥厚が認められた。3次元マルチスライスヘリカルCT血管造影では、単純CTで認められた壁肥厚に一致した狭窄と閉塞が判明し、左下葉肺動脈の壁肥厚と狭窄病変も明らかとなった。頸動脈超音波検査では「マカロニサイン」が認められ、FDG-PET検査では、造影CTで認められた壁肥厚と狭窄部位の血管壁に高度蓄積が示された。左下葉肺動脈と左下葉外周でも造影トレーサー取り込みが認められたことから、高安動脈炎と確定診断した。感染性疾患の除外のために行った経気管支肺生検では、器質化肺炎の徴候が認められた。メチルプレドニゾロン治療を開始すると、臨床的改善が得られた。1年後の胸部CTで肺炎は著明に改善していたが、血管病変には明らかな改善は認められなかった。

  • 特集 維持透析患者のヘルシーエイジングに向けて 早期発見、専門医への紹介ポイント、ケア 血圧不安定で除水不足になりがちだ

    北田 諒子, 泉家 康宏

    腎と透析   90 ( 4 )   553 - 556   2021年04月( ISSN:03852156

     詳細を見る

  • Impact of Reactive Oxidative Metabolites Among New Categories of Nonischemic Heart Failure. 査読

    Nishihara T, Yamamoto E, Sueta D, Fujisue K, Usuku H, Oike F, Takae M, Tabata N, Ito M, Yamanaga K, Kanazawa H, Arima Y, Araki S, Takashio S, Nakamura T, Suzuki S, Sakamoto K, Izumiya Y, Kaikita K, Tsujita K

    Journal of the American Heart Association   10 ( 7 )   e016765   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.120.016765

    PubMed

  • Impact of Reactive Oxidative Metabolites Among New Categories of Nonischemic Heart Failure.

    Taiki Nishihara, Eiichiro Yamamoto, Daisuke Sueta, Koichiro Fujisue, Hiroki Usuku, Fumi Oike, Masafumi Takae, Noriaki Tabata, Miwa Ito, Kenshi Yamanaga, Hisanori Kanazawa, Yuichiro Arima, Satoshi Araki, Seiji Takashio, Taishi Nakamura, Satoru Suzuki, Kenji Sakamoto, Yasuhiro Izumiya, Koichi Kaikita, Kenichi Tsujita

    Journal of the American Heart Association   10 ( 7 )   e016765   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Background We investigated the clinical significance of derivatives of reactive oxygen metabolites (DROMs), a new marker of reactive oxygen species, in patients with nonischemic heart failure (HF) and compared them among new categories of HF. Methods and Results We recruited 201 consecutively hospitalized patients with HF and measured DROM under stable conditions. Then, we divided them according to new categories of HF (HF with reduced ejection fraction [EF], HF with midrangeEF, and HF with preserved EF) without coronary artery disease. In subgroup analysis, we followed EF changes in patients with HF with reduced EF and classified them into HF with recovered EF or nonrecovered EF according to whether EF had improved to >40%. DROMs are significantly and independently associated with HF-related events in patients with NIHF. There were no significant differences in DROM and the probability of HF-related events among HF categories in Kaplan-Meier analysis. However, patients with HF with reduced EF and HF with preserved EF but not HF with midrange EF with HF-related events had higher DROM than those without HF-related events. In subgroup analysis, Kaplan-Meier analysis demonstrated that the probabilities of HF-related events in HF with recovered EF were dramatically decreased. DROM were significantly higher in patients with HF with nonrecovered EF than in HF with recovered EF. In receiver operating characteristic analysis, the cutoff level of DROM for predicting improvements in HF with recovered EF was 347 Carratelli units. Furthermore, the C-statistic value for predicting EF improvement for the DROM levels was 0.703. In multivariable logistic regression analysis, DROM was independently and significantly associated with the prediction of HF with recovered EF. Conclusions DROM measurements can provide important prognostic information for risk stratification in any category of NIHF. Registration URL: https://www.umin.ac.jp/ctr/; Unique identifier: UMIN000035827.

    DOI: 10.1161/JAHA.120.016765

    PubMed

  • Difference in risk factors of silent brain infarction between paroxysmal and persistent atrial fibrillation. 査読

    Kim AT, Iwata S, Ishikawa S, Tamura S, Matsuo M, Yoshiyama T, Nonin S, Ito A, Izumiya Y, Yoshiyama M

    International journal of cardiology. Heart & vasculature   33   100753   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2021.100753

    PubMed

  • Difference in risk factors of silent brain infarction between paroxysmal and persistent atrial fibrillation.

    Kim AT, Iwata S, Ishikawa S, Tamura S, Matsuo M, Yoshiyama T, Nonin S, Ito A, Izumiya Y, Yoshiyama M

    International journal of cardiology. Heart & vasculature   33   100753   2021年04月( ISSN:2352-9067

     詳細を見る

  • Long-term administration of tolvaptan ameliorates annual decline in estimated glomerular filtration rate in outpatients with chronic heart failure (Feb, 10.1007/s00380-021-01801-6, 2021) 査読

    Nakao Kazuhiro, Horio Takeshi, Yoshimura Ryutaro, Fujiwara Ryosuke, Matsuoka Yujiro, Yokouchi Go, Nakamura Haruo, Sakamoto Yuya, Fujimoto Kohei, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru, Kasayuki Noriaki

    HEART AND VESSELS   2021年03月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-021-01825-y

    PubMed

  • Sirt7 Deficiency Attenuates Neointimal Formation Following Vascular Injury by Modulating Vascular Smooth Muscle Cell Proliferation. 査読

    Kimura Y, Izumiya Y, Araki S, Yamamura S, Hanatani S, Onoue Y, Ishida T, Arima Y, Nakamura T, Yamamoto E, Senokuchi T, Yoshizawa T, Sata M, Kim-Mitsuyama S, Nakagata N, Bober E, Braun T, Kaikita K, Yamagata K, Tsujita K

    一般社団法人 日本循環器学会 Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   2021年03月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b><i>Background:</i></b>Sirt7 is a recently identified sirtuin and has important roles in various pathological conditions, including cancer progression and metabolic disorders. It has previously been reported that Sirt7 is a key molecule in acute myocardial wound healing and pressure overload-induced cardiac hypertrophy. In this study, the role of Sirt7 in neointimal formation after vascular injury is investigated.</p><p><b><i>Methods and Results:</i></b>Systemic (Sirt7<sup>−/−</sup>) and smooth muscle cell-specific Sirt7-deficient mice were subjected to femoral artery wire injury. Primary vascular smooth muscle cells (VSMCs) were isolated from the aorta of wild type (WT) and Sirt7<sup>−/−</sup>mice and their capacity for cell proliferation and migration was compared. Sirt7 expression was increased in vascular tissue at the sites of injury. Sirt7<sup>−/−</sup>mice demonstrated significant reduction in neointimal formation compared to WT mice. In vitro, Sirt7 deficiency attenuated the proliferation of serum-induced VSMCs. Serum stimulation-induced upregulation of cyclins and cyclin-dependent-kinase 2 (CDK2) was significantly attenuated in VSMCs of Sirt7<sup>−/−</sup>compared with WT mice. These changes were accompanied by enhanced expression of the microRNA 290-295 cluster, the translational negative regulator of CDK2, in VSMCs of Sirt7<sup>−/−</sup>mice. It was confirmed that smooth muscle cell-specific Sirt7-deficient mice showed significant reduction in neointima compared with control mice.</p><p><b><i>Conclusions:</i></b>Sirt7 deficiency attenuates neointimal formation after vascular injury. Given the predominant role in vascular neointimal formation, Sirt7 is a potentially suitable target for treatment of vascular diseases.</p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0936

    PubMed

    CiNii Article

  • Long-term administration of tolvaptan ameliorates annual decline in estimated glomerular filtration rate in outpatients with chronic heart failure 査読

    Nakao Kazuhiro, Horio Takeshi, Yoshimura Ryutaro, Fujiwara Ryosuke, Matsuoka Yujiro, Yokouchi Go, Nakamura Haruo, Sakamoto Yuya, Fujimoto Kohei, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru, Kasayuki Noriaki

    HEART AND VESSELS   2021年02月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-021-01801-6

    PubMed

  • Organizing Pneumonia as the First Presentation in a Patient with Takayasu Arteritis: A Report of Rare Complication. 査読

    Shimada Y, Shibata A, Ishikawa H, Yamaguchi Y, Kitada R, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M

    一般社団法人 日本内科学会 Internal medicine (Tokyo, Japan)   2021年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>A 48-year-old woman without any medical history visited an outpatient clinic with a chief complaint of cough persisting for more than 1 year and was diagnosed with organizing pneumonia. Computed tomography showed wall thickening with luminal stenosis of the main branch vessels of the aorta, and a detailed examination including fluorodeoxyglucose-positron emission tomography revealed Takayasu arteritis. There have been some reports of combined organizing pneumonia in similar vasculitis cases, but Takayasu arteritis and organizing pneumonia have not been reported to be associated. This case can be referred to when considering the association of lung lesions with Takayasu arteritis. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.6316-20

    PubMed

    CiNii Article

  • Effects of Statin Plus Ezetimibe on Coronary Plaques in Acute Coronary Syndrome Patients with Diabetes Mellitus: Sub-Analysis of PRECISE-IVUS Trial.

    Fujisue K, Yamanaga K, Nagamatsu S, Shimomura H, Yamashita T, Nakao K, Nakamura S, Ishihara M, Matsui K, Sakaino N, Miyazaki T, Yamamoto N, Koide S, Matsumura T, Fujimoto K, Tsunoda R, Morikami Y, Matsuyama K, Oshima S, Sakamoto K, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H, Tsujita K

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   28 ( 2 )   181 - 193   2021年02月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.5551/jat.54726

    PubMed

    CiNii Article

  • Murine neonatal ketogenesis preserves mitochondrial energetics by preventing protein hyperacetylation 査読

    Arima Yuichiro, Nakagawa Yoshiko, Takeo Toru, Ishida Toshifumi, Yamada Toshihiro, Hino Shinjiro, Nakao Mitsuyoshi, Hanada Sanshiro, Umemoto Terumasa, Suda Toshio, Sakuma Tetsushi, Yamamoto Takashi, Watanabe Takehisa, Nagaoka Katsuya, Tanaka Yasuhito, Kawamura Yumiko K., Tonami Kazuo, Kurihara Hiroki, Sato Yoshifumi, Yamagata Kazuya, Nakamura Taishi, Araki Satoshi, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Sakamoto Kenji, Kaikita Koichi, Matsushita Kenichi, Nishiyama Koichi, Nakagata Naomi, Tsujita Kenichi

    NATURE METABOLISM   3 ( 2 )   196 - +   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s42255-021-00342-6

    PubMed

  • Effects of Statin Plus Ezetimibe on Coronary Plaques in Acute Coronary Syndrome Patients with Diabetes Mellitus: Sub-Analysis of PRECISE-IVUS Trial(和訳中) 査読

    Fujisue Koichiro, Yamanaga Kenshi, Nagamatsu Suguru, Shimomura Hideki, Yamashita Takuro, Nakao Koichi, Nakamura Sunao, Ishihara Masaharu, Matsui Kunihiko, Sakaino Naritsugu, Miyazaki Takashi, Yamamoto Nobuyasu, Koide Shunichi, Matsumura Toshiyuki, Fujimoto Kazuteru, Tsunoda Ryusuke, Morikami Yasuhiro, Matsuyama Koushi, Oshima Shuichi, Sakamoto Kenji, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi

    (一社)日本動脈硬化学会 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   28 ( 2 )   181 - 193   2021年02月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • シスタチンCから算出した腎機能とTAVI後の予後の検討

    岡井 主, 水谷 一輝, 八尋 亮介, 山口 智大, 小川 真奈, 能仁 信一, 伊藤 朝広, 岩田 真一, 高橋 洋介, 泉家 康宏, 柴田 利彦, 葭山 稔

    日本心血管インターベンション治療学会抄録集   29回   1057 - 1057   2021年02月

  • TAVI後PCIのTips and tricks:PCI術者が知っておくべきこと TAVI非実施施設のインターベンション医に対するTAVI後PCIテクニックに関する啓蒙

    水谷 一輝, 八尋 亮介, 山口 智大, 岡井 主, 泉家 康宏, 中澤 学, 葭山 稔

    日本心血管インターベンション治療学会抄録集   29回   440 - 440   2021年02月

  • Murine neonatal ketogenesis preserves mitochondrial energetics by preventing protein hyperacetylation. 査読

    Arima Y, Nakagawa Y, Takeo T, Ishida T, Yamada T, Hino S, Nakao M, Hanada S, Umemoto T, Suda T, Sakuma T, Yamamoto T, Watanabe T, Nagaoka K, Tanaka Y, Kawamura YK, Tonami K, Kurihara H, Sato Y, Yamagata K, Nakamura T, Araki S, Yamamoto E, Izumiya Y, Sakamoto K, Kaikita K, Matsushita K, Nishiyama K, Nakagata N, Tsujita K

    Nature metabolism   3 ( 2 )   196 - 210   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s42255-021-00342-6

    PubMed

    その他URL: http://www.nature.com/articles/s42255-021-00342-6

  • 経大腿動脈アプローチによるTAVI施行患者における術後Cardio-Ankle Vascular Indexと1年死亡率との関連(Post-procedural Cardio-Ankle Vascular Index is associated with one-year mortality in patients who underwent trans-femoral TAVI)

    山口 智大, 水谷 一輝, 八尋 亮介, 小川 真奈, 岡井 主, 高橋 洋介, 藤井 弘通, 柴田 利彦, 泉家 康宏, 葭山 稔

    日本心血管インターベンション治療学会抄録集   29回   1401 - 1401   2021年02月

  • 糖尿病を有する急性冠症候群患者に対するスタチン+エゼチミブ投与が冠動脈プラークに及ぼす効果 PRECISE-IVUS試験のサブ解析(Effects of Statin Plus Ezetimibe on Coronary Plaques in Acute Coronary Syndrome Patients with Diabetes Mellitus: Sub-Analysis of PRECISE-IVUS Trial)

    Fujisue Koichiro, Yamanaga Kenshi, Nagamatsu Suguru, Shimomura Hideki, Yamashita Takuro, Nakao Koichi, Nakamura Sunao, Ishihara Masaharu, Matsui Kunihiko, Sakaino Naritsugu, Miyazaki Takashi, Yamamoto Nobuyasu, Koide Shunichi, Matsumura Toshiyuki, Fujimoto Kazuteru, Tsunoda Ryusuke, Morikami Yasuhiro, Matsuyama Koushi, Oshima Shuichi, Sakamoto Kenji, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi

    Journal of Atherosclerosis and Thrombosis   28 ( 2 )   181 - 193   2021年02月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    糖尿病を有する急性冠症候群(ACS)患者においてアトルバスタチン+エゼチミブ併用が冠動脈プラーク退縮に及ぼす影響について検討した。多施設共同前向き無作為化比較試験(PRECISE-IVUS試験)に登録された246例のうち、ACS患者100例を対象にサブ解析を実施した。糖尿病群25例をアトルバスタチン+エゼチミブ併用群(DLLT群)12例(男性11例、女性1例、平均65.1±9.2歳)とアトルバスタチン単剤投与群13例(男性9例、女性4例、平均67.9±7.1歳)、非糖尿病群75例をDLLT群39例(男性30例、女性9例、平均64.2±11.8歳)と単剤群36例(男性32例、女性4例、平均63.8±10.2歳)に分類し、アテローム容積の変化率(ΔPAV)などを評価した。血清中LDL-C値は全例で減少しており、非糖尿病群ではDLLT群の方が単剤群より有意な減少がみられ、糖尿病群では有意な群間差はみられなかった。ΔPAVは非糖尿病のDLLT群が-2.01±3.36%、単剤群が-0.08±2.66%、糖尿病のDLLT群が-2.77±3.47%、単剤群が-0.77±2.51%であり、非糖尿病患者にのみ有意差が認められた。ΔPAVと脂質プロファイルとの関連をみると、糖尿病患者においてLDL-CとΔPAVおよびPAVとの間に有意な相関がみられ、ApoBおよびApoB/ApoA1比がΔPAVと有意に関連していた。糖尿病を有するACS患者では冠動脈プラークの退縮は軽度にとどまっており、さらに強力な脂質低下療法を要すると考えられた。

  • 特集 エキスパートに学ぶ-最新の循環器治療薬の使い方 知っておくべき10種類の循環器治療薬と治療法 心アミロイドーシスに対する新規治療薬:ビンダケル®

    柴田 敦, 泉家 康宏

    medicina   58 ( 1 )   48 - 52   2021年01月( ISSN:00257699

     詳細を見る

  • Dose-Dependent Inhibitory Effect of Rosuvastatin in Japanese Patients with Acute Myocardial Infarction on Serum Concentration of Matrix Metalloproteinases-INVITATION Trial. 査読

    Shirakawa T, Fujisue K, Nakamura S, Yamamoto N, Oshima S, Matsumura T, Tsunoda R, Hirai N, Koide S, Tayama S, Kikuta K, Hirose T, Maruyama H, Fujimoto K, Kajiwara I, Sakamoto T, Nakao K, Sakaino N, Nagayoshi Y, Hokamaki J, Shimomura H, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H, Tsujita K, INVITATION study investigators.

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 Journal of atherosclerosis and thrombosis   2021年01月( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Aim: </b>Matrix metalloproteinases (MMPs) play critical roles in acute myocardial infarction (AMI). This trial was conducted to determine the potential effects of higher-dose rosuvastatin on circulating MMP levels in patients with AMI.<b> </b></p><p><b>Methods:</b> This was a multicenter, open-label, 1:1 randomized, parallel-group study. Patients with AMI were randomly assigned to the appropriate-dose group (10 mg rosuvastatin once daily) or the low-dose group (2.5 mg rosuvastatin once daily) within 24 hours after percutaneous coronary intervention. MMP-2 and MMP-9 levels were measured on day 1 and at week 4, 12, and 24 after enrollment. The primary endpoint was the change in MMP levels at 24 weeks after enrollment. The secondary endpoints were change in MMP levels at day 1 and weeks 4 and 12 after enrollment.<b> </b></p><p><b>Results: </b>Between August 2017 and October 2018, 120 patients with AMI from 19 institutions were randomly assigned to either the appropriate-dose or the low-dose group. There were 109 patients who completed the 24-week follow-up. The primary endpoint for both MMP-2 and MMP-9 was not significantly different between the two groups. The change in the active/total ratio of MMP-9 at week 12 after baseline was significantly lower in the appropriate-dose group compared with the low-dose group (0.81 [−52.8-60.1]% vs. 70.1 [−14.5-214.2]%, <i>P</i>=0.004), while the changes in MMP-2 were not significantly different between the two groups during the study period.<b> </b></p><p><b>Conclusions: </b>This study could not demonstrate the superiority of appropriate-dose of rosuvastatin in inhibiting serum MMPs levels in patients with AMI.</p>

    DOI: 10.5551/jat.59477

    PubMed

    CiNii Article

  • How to Identify Transthyretin Cardiac Amyloidosis at an Early Stage.

    Izumiya Y, Hayashi H, Ishikawa H, Shibata A, Yoshiyama M

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 1 )   1 - 7   2021年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5505-20

    PubMed

    CiNii Article

  • 【エキスパートに学ぶ-最新の循環器治療薬の使い方】知っておくべき10種類の循環器治療薬と治療法 心アミロイドーシスに対する新規治療薬 ビンダケル

    柴田 敦, 泉家 康宏

    Medicina   58 ( 1 )   48 - 52   2021年01月( ISSN:0025-7699

  • Effects of Statin Plus Ezetimibe on Coronary Plaques in Acute Coronary Syndrome Patients with Diabetes Mellitus: Sub-Analysis of PRECISE-IVUS Trial 査読

    Fujisue Koichiro, Yamanaga Kenshi, Nagamatsu Suguru, Shimomura Hideki, Yamashita Takuro, Nakao Koichi, Nakamura Sunao, Ishihara Masaharu, Matsui Kunihiko, Sakaino Naritsugu, Miyazaki Takashi, Yamamoto Nobuyasu, Koide Shunichi, Matsumura Toshiyuki, Fujimoto Kazuteru, Tsunoda Ryusuke, Morikami Yasuhiro, Matsuyama Koushi, Oshima Shuichi, Sakamoto Kenji, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi

    一般社団法人 日本動脈硬化学会 JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS   28 ( 2 )   181 - 193   2021年( ISSN:1340-3478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b>Aim:</b> Coronary plaque regression is weak in acute coronary syndrome (ACS) patients with diabetes mellitus (DM). We evaluated whether dual lipid-lowering therapy (DLLT) with ezetimibe and atorvastatin attenuates coronary plaques in ACS patients with DM.<b> </b></p><p><b>Methods: </b>The prospective, randomized controlled, multicenter PRECISE-IVUS (Plaque Regression with Cholesterol Absorption Inhibitor or Synthesis Inhibitor Evaluated by Intravascular Ultrasound) trial assigned 246 patients undergoing percutaneous coronary intervention to DLLT or atorvastatin monotherapy and evaluated IVUS-derived changes in percent atheroma volume (ΔPAV), at baseline and 9-12-month follow-up, in 126 ACS cases, including 25 DM patients. The atorvastatin dose was up-titrated to achieve low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) <70 mg/dL.<b> </b></p><p><b>Results: </b>In DM patients, the monotherapy group (<i>n</i>=13) and the DLLT group (<i>n</i>=12) showed a similar prevalence of coronary risks and baseline lipid profiles. During the study, the change in LDL-C level was similar between DM and non-DM patients. Compared with non-DM patients, DM patients showed weaker regression of ΔPAV by DLLT than those who underwent monotherapy (DM: −2.77±3.47% vs. −0.77±2.51%, <i>P</i>=0.11; non-DM: −2.01±3.36% vs. −0.08±2.66%, <i>P</i>=0.008). The change in LDL-C level was not correlated with ΔPAV in non-DM patients, but there was significant correlation between the change in LDL-C level and ΔPAV in DM patients (<i>r</i>=0.52, <i>P</i>=0.008).<b> </b></p><p><b>Conclusions: </b>ACS patients with DM showed weaker coronary plaque regression than their counterparts. A significant correlation between the change in LDL-C level and ΔPAV in DM patients suggested that more intensive lipid-lowering therapy is required in ACS patients with DM.</p>

    DOI: 10.5551/jat.54726

    PubMed

    CiNii Article

  • How to Identify Transthyretin Cardiac Amyloidosis at an Early Stage 査読

    Izumiya Yasuhiro, Hayashi Hiroya, Ishikawa Hirotoshi, Shibata Atsushi, Yoshiyama Minoru

    一般社団法人 日本内科学会 INTERNAL MEDICINE   60 ( 1 )   1 - 7   2021年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Cardiac involvement of systemic amyloidosis is preferentially observed in patients with amyloid light chain amyloidosis or transthyretin amyloidosis (ATTR). Owing to the development of diagnostic modalities and changes in recognition by physicians, transthyretin cardiac amyloidosis (ATTR-CA) is now understood to be a more common cause of heart failure than previously thought. Recent progress in disease-modifying therapeutic interventions, such as transthyretin stabilizers, has resulted in ATTR-CA changing from an incurable disease to a curable disease. These interventions are particularly effective in patients with mild symptoms of heart failure, thus indicating that early detection and a precise diagnosis are important for improving the prognosis. In this review article, we summarize the recent reports of early screening of ATTR-CA and describe some important points regarding the making of a precise diagnosis, especially focusing on histological evaluations. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5505-20

    PubMed

    CiNii Article

  • 特集 アミロイドーシス 識る5 心不全に潜在するATTRwt アミロイドーシスをどのように診断するのか?

    石川 裕敏, 泉家 康宏

    Heart View   24 ( 11 )   1062 - 1067   2020年11月( ISSN:13426591

     詳細を見る

  • Characterization of thromboembolic and bleeding risks in cancer patients with acute myocardial infarction under the use of guideline-recommended dual-antiplatelet therapy 査読

    Hayashi H., Kataoka Y., Hosoda H., Nakashima T., Honda S., Fujino M., Nakao K., Yoneda S., Olsuka F., Asaumi Y., Noguchi T., Izumiya Y., Yoshiyama M., Yasuda S.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   41   1537 - 1537   2020年11月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Thigh intramuscular fat predicts the prognosis in patients in non-ischemic cardiomyopathy with reduced ejection fraction 査読

    Yoshida T., Shibata A., Tanihata A., Hayashi H., Ichikawa Y., Ishikawa H., Yamaguchi Y., Kitada R., Ehara S., Izumiya Y., Yoshiyama M.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   41   925 - 925   2020年11月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Regional muscle-adipose distribution is different in patients with heart failure with preserved or reduced ejection fraction 査読

    Ishikawa H., Izumiya Y., Shibata A., Yoshida T., Hayashi H., Ichikawa Y., Yamaguchi Y., Kitada R., Ehara S., Yoshiyama M.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   41   1075 - 1075   2020年11月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of Comorbidity of Chronic Obstructive Pulmonary Disease on Cardiovascular Events and Prognosis in Patients with Chronic Heart Failure: A Single-Center Retrospective Observational Study 査読

    Hayashi Hiroya, Fukuda Hiroki, Hasegawa Takuya, Takahama Hiroyuki, Amaki Makoto, Kanzaki Hideaki, Sakamoto Mari, Maeda Mika, Sata Makoto, Ito Shin, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru, Kitakaze Masafumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GERONTOLOGY   14 ( 4 )   298 - 303   2020年11月( ISSN:1873-9598

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6890/IJGE.202011_14(4).0009

  • Impact of comorbidity of chronic obstructive pulmonary disease on cardiovascular events and prognosis in patients with chronic heart failure: A single-center retrospective observational study

    Hayashi H.

    International Journal of Gerontology   14 ( 4 )   298 - 303   2020年11月( ISSN:18739598

     詳細を見る

  • 【アミロイドーシス】識る 心不全に潜在するATTRwtアミロイドーシスをどのように診断するのか?

    石川 裕敏, 泉家 康宏

    Heart View   24 ( 11 )   1062 - 1067   2020年11月( ISSN:1342-6591

     詳細を見る

    <文献概要>Point 1 ATTRwtアミロイドーシスは,遺伝子変異を有さないトランスサイレチン(TTR)に由来するアミロイド線維がさまざまな臓器に沈着し発症する。60歳以上の男性に多く,本症と診断されていない症例が多く存在していると考えられる。2 ATTRwtアミロイドーシスにおける特徴的な所見を識り,本疾患の可能性を疑うことが早期発見のために重要である。3 New York Heart Association(NYHA)分類 Class I~IIの軽症心不全症例において,TTR 四量体安定化薬が予後を改善すると報告されており,心不全が重症化する前に診断することが課題である。

    その他URL: https://search.jamas.or.jp/default/link?pub_year=2020&ichushi_jid=J03097&link_issn=&doc_id=20201014170009&doc_link_id=%2Fap4heard%2F2020%2F002411%2F008%2F1062-1067%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fap4heard%2F2020%2F002411%2F008%2F1062-1067%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • Presence of mitral stenosis is a risk factor of new development of acute decompensated heart failure early after transcatheter aortic valve implantation.

    Okai T, Mizutani K, Hara M, Yamaguchi T, Ogawa M, Ito A, Iwata S, Izumiya Y, Takahashi Y, Shibata T, Yoshiyama M

    Open heart   7 ( 2 )   2020年10月( ISSN:2053-3624

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1136/openhrt-2020-001348

    PubMed

  • JCS 2020 Guideline on Diagnosis and Treatment of Cardiac Amyloidosis 査読

    Kitaoka Hiroaki, Izumi Chisato, Izumiya Yasuhiro, Inomata Takayuki, Ueda Mitsuharu, Kubo Toru, Koyama Jun, Sano Motoaki, Sekijima Yoshiki, Tahara Nobuhiro, Tsukada Nobuhiro, Tsujita Kenichi, Tsutsui Hiroyuki, Tomita Takeshi, Amano Masashi, Endo Jin, Okada Atsushi, Oda Seitaro, Takashio Seiji, Baba Yuichi, Misumi Yohei, Yazaki Masahide, Anzai Toshihisa, Ando Yukio, Isobe Mitsuaki, Kimura Takeshi, Fukuda Keiichi

    一般社団法人 日本循環器学会 CIRCULATION JOURNAL   84 ( 9 )   1610 - 1671   2020年09月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0110

    PubMed

    CiNii Article

  • JCS 2020 Guideline on Diagnosis and Treatment of Cardiac Amyloidosis.

    Kitaoka H, Izumi C, Izumiya Y, Inomata T, Ueda M, Kubo T, Koyama J, Sano M, Sekijima Y, Tahara N, Tsukada N, Tsujita K, Tsutsui H, Tomita T, Amano M, Endo J, Okada A, Oda S, Takashio S, Baba Y, Misumi Y, Yazaki M, Anzai T, Ando Y, Isobe M, Kimura T, Fukuda K, Japanese Circulation Society Joint Working Group

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   84 ( 9 )   1610 - 1671   2020年08月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-20-0110

    PubMed

    CiNii Article

  • Impact of hydrostatic pressure on fractional flow reserve: in vivo experimental study of anatomical height difference of coronary arteries. 査読

    Nagamatsu S, Sakamoto K, Yamashita T, Sato R, Tabata N, Motozato K, Yamanaga K, Ito M, Fujisue K, Kanazawa H, Sueta D, Usuku H, Araki S, Arima Y, Takashio S, Suzuki S, Yamamoto E, Izumiya Y, Soejima H, Utsunomiya D, Kaikita K, Yamashita Y, Tsujita K

    Journal of cardiology   76 ( 1 )   73 - 79   2020年07月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2020.01.009

    PubMed

  • Sirt7遺伝子欠損はIRE1関連ERストレス応答を制御することでアテローム動脈硬化の進行を抑制する(Lack of Sirt7 Inhibited Atherosclerosis Progression by Regulating IRE1 Related ER Stress Response)

    荒木 智, 泉家 康宏, 辻田 賢一

    日本循環器学会学術集会抄録集   84回   PJ10 - 1   2020年07月

  • カテーテルアブレーション治療の奏効は持続性心房細動患者の運動耐容能を改善し特に左室収縮能の低下、左房機能の保持、CHADS2スコアの高い患者で顕著である(Successful catheter ablation improves exercise tolerance in persistent atrial fibrillation patients, especially those with reduced ventricular contraction, preserved atrial function, or a high CHADS2 score) 査読

    Katayama Hisashi, Shibata Atsushi, Doi Atsushi, Ishikawa Hirotoshi, Tamura Shota, Yamaguchi Yumi, Matsuo Masanori, Yoshiyama Tomotaka, Tatsumi Hiroaki, Iwata Shinichi, Ehara Shoichi, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   75 ( 5-6 )   529 - 536   2020年06月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    カテーテルアブレーション(CA)治療を施行した持続性心房細動患者53例(男性41例、女性12例、平均65.6±8.7歳)を対象に、CA後のQOLおよび運動耐容能の改善に関連する臨床的因子について検討した。ペースメーカー植込み、重症弁膜疾患、虚血性心疾患、透析患者は除外した。QOLは独自に作成した質問票を用いて評価し、運動耐容能検査はCA治療前と治療後3ヵ月に実施した。CA治療によりQOLは有意に改善した(P=0.01)。また運動耐容能も有意に改善し、無酸素性作業閾値は13.3±3.0ml/kg/minから15.2±3.3ml/kg/minへ、最高酸素摂取量は19.1±4.6ml/kg/minから22.5±5.0ml/kg/minへ、分時換気量/二酸化炭素排出量の勾配は28.3±6.1から25.7±3.8へ改善した(いずれもP<0.001)。多変量解析の結果、左室駆出率の低値(OR:0.884、P=0.015)、左心耳血流速度の高値(OR:1.101、P=0.012)、CHADS2スコアの高値(OR:3.722、P=0.010)が運動耐容能の改善を予測する独立因子であった。

  • 発作性心房細動の駆動メカニズムの分析 左心房と肺静脈の活性化シーケンスの比較(Analysis of the driving mechanism in paroxysmal atrial fibrillation: comparison of the activation sequence between the left atrial body and pulmonary vein) 査読

    Kiyama Takuya, Kanazawa Hisanori, Yamabe Hiroshige, Ito Miwa, Kaneko Shozo, Kanemaru Yusuke, Kawahara Yusei, Yamanaga Kenshi, Fujisue Koichiro, Sueta Daisuke, Takashio Seiji, Arima Yuichiro, Araki Satoshi, Usuku Hiroki, Nakamura Taishi, Izumiya Yasuhiro, Sakamoto Kenji, Suzuki Satoru, Yamamoto Eiichiro, Soejima Hirofumi, Kaikita Koichi, Tsujita Kenichi

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   75 ( 5-6 )   673 - 681   2020年06月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    カテーテルアブレーション(CA)を施行した発作性心房細動患者29例(男性23例、女性6例)を対象に、Ensiteシステムを用いて興奮波のマッピングを行い、興奮伝播の機序について検討した。患者を左心房内の興奮波マッピングを行ったLA群16例(男性75%、平均64.4±8.1歳)と左上肺静脈をマッピングしたPV群13例(男性85%、平均66.4±8.2歳)の2群に分類し、心房細動中の興奮波のPivot伝導、融合、分裂の発生頻度を比較した。Pivot伝導の頻度はPV群(36.5±17.7回/秒)の方がLV群(5.0±2.2回/秒)より有意に高く(P<0.001)、興奮波の融合はPV群(10.1±4.3回/秒)の方がLV群(5.0±2.2回/秒)より有意に頻回で(P=0.004)、興奮波の分裂もPV群の方が有意に多かった(P=0.002)。上記の活動電位は左肺静脈隔離により有意に低下した(それぞれP<0.001、P=0.003、P<0.001)。最終的にLA群とPV群のいずれも全例でCAにより心房細動は停止した。以上より、発作性心房細動の発生には肺静脈の興奮波が機能していることが示唆された。

  • An Unexpected Complication of Subcutaneous ICD Implantation and its Successful Management.

    Yanagishita T, Sakamoto S, Yoshisako Y, Sasaki K, Nakatsuji T, Tamura K, Iguchi T, Kataoka T, Izumiya Y, Yoshiyama M

    JACC. Case reports   2 ( 6 )   889 - 893   2020年06月

  • カテーテルアブレーション治療の奏効は持続性心房細動患者の運動耐容能を改善し特に左室収縮能の低下、左房機能の保持、CHADS2スコアの高い患者で顕著である(Successful catheter ablation improves exercise tolerance in persistent atrial fibrillation patients, especially those with reduced ventricular contraction, preserved atrial function, or a high CHADS2 score)

    Katayama Hisashi, Shibata Atsushi, Doi Atsushi, Ishikawa Hirotoshi, Tamura Shota, Yamaguchi Yumi, Matsuo Masanori, Yoshiyama Tomotaka, Tatsumi Hiroaki, Iwata Shinichi, Ehara Shoichi, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    Journal of Cardiology   75 ( 5-6 )   529 - 536   2020年06月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    カテーテルアブレーション(CA)治療を施行した持続性心房細動患者53例(男性41例、女性12例、平均65.6±8.7歳)を対象に、CA後のQOLおよび運動耐容能の改善に関連する臨床的因子について検討した。ペースメーカー植込み、重症弁膜疾患、虚血性心疾患、透析患者は除外した。QOLは独自に作成した質問票を用いて評価し、運動耐容能検査はCA治療前と治療後3ヵ月に実施した。CA治療によりQOLは有意に改善した(P=0.01)。また運動耐容能も有意に改善し、無酸素性作業閾値は13.3±3.0ml/kg/minから15.2±3.3ml/kg/minへ、最高酸素摂取量は19.1±4.6ml/kg/minから22.5±5.0ml/kg/minへ、分時換気量/二酸化炭素排出量の勾配は28.3±6.1から25.7±3.8へ改善した(いずれもP<0.001)。多変量解析の結果、左室駆出率の低値(OR:0.884、P=0.015)、左心耳血流速度の高値(OR:1.101、P=0.012)、CHADS2スコアの高値(OR:3.722、P=0.010)が運動耐容能の改善を予測する独立因子であった。

  • 発作性心房細動の駆動メカニズムの分析 左心房と肺静脈の活性化シーケンスの比較(Analysis of the driving mechanism in paroxysmal atrial fibrillation: comparison of the activation sequence between the left atrial body and pulmonary vein)

    Kiyama Takuya, Kanazawa Hisanori, Yamabe Hiroshige, Ito Miwa, Kaneko Shozo, Kanemaru Yusuke, Kawahara Yusei, Yamanaga Kenshi, Fujisue Koichiro, Sueta Daisuke, Takashio Seiji, Arima Yuichiro, Araki Satoshi, Usuku Hiroki, Nakamura Taishi, Izumiya Yasuhiro, Sakamoto Kenji, Suzuki Satoru, Yamamoto Eiichiro, Soejima Hirofumi, Kaikita Koichi, Tsujita Kenichi

    Journal of Cardiology   75 ( 5-6 )   673 - 681   2020年06月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    カテーテルアブレーション(CA)を施行した発作性心房細動患者29例(男性23例、女性6例)を対象に、Ensiteシステムを用いて興奮波のマッピングを行い、興奮伝播の機序について検討した。患者を左心房内の興奮波マッピングを行ったLA群16例(男性75%、平均64.4±8.1歳)と左上肺静脈をマッピングしたPV群13例(男性85%、平均66.4±8.2歳)の2群に分類し、心房細動中の興奮波のPivot伝導、融合、分裂の発生頻度を比較した。Pivot伝導の頻度はPV群(36.5±17.7回/秒)の方がLV群(5.0±2.2回/秒)より有意に高く(P<0.001)、興奮波の融合はPV群(10.1±4.3回/秒)の方がLV群(5.0±2.2回/秒)より有意に頻回で(P=0.004)、興奮波の分裂もPV群の方が有意に多かった(P=0.002)。上記の活動電位は左肺静脈隔離により有意に低下した(それぞれP<0.001、P=0.003、P<0.001)。最終的にLA群とPV群のいずれも全例でCAにより心房細動は停止した。以上より、発作性心房細動の発生には肺静脈の興奮波が機能していることが示唆された。

  • 可溶性ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子受容体は心不全患者における運動耐容能を示しており有害心イベントを予測する(Soluble urokinase-type plasminogen activator receptor represents exercise tolerance and predicts adverse cardiac events in patients with heart failure) 査読

    Ishikawa Hirotoshi, Izumiya Yasuhiro, Shibata Atsushi, Ichikawa Yoshitaka, Yamaguchi Takehiro, Yamaguchi Yumi, Kitada Ryoko, Iwata Shinichi, Ehara Shoichi, Tomita Shuhei, Hanatani Akihisa, Yoshiyama Minoru

    シュプリンガー・ジャパン(株) Heart and Vessels   35 ( 5 )   681 - 688   2020年05月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    心不全患者の血清可溶性ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子受容体(suPAR)を測定し、運動能、疾患重症度、予後の評価における重要性を評価した。2013年7月〜2015年3月に心不全悪化のため入院した患者94例(男性60例、女性34例、平均68.0±14.5歳)を経過観察期間中(中央値796日)の総死亡率と心不全悪化による予期しない入院の複合を評価した。全例が退院前に症候限界性心肺運動負荷試験を実施していた。血液検体を採取して標準的臨床検査を実施した。血清suPAR中央値は4848.5pg/mlであった。心イベント群のsuPAR中央値は5530.5pg/mlで、非心イベント群の4590.0pg/mlよりも有意に高かった。受信者動作特性曲線に基づいて、死亡、再入院の検出に対するsuPAR値の最適カットオフ値を4170pg/mlと判定し、低suPAR群39例と高suPAR群55例に分けた。Kaplan-Meier解析では、高suPAR群は死亡率または再入院率が有意に高かった。多変量解析の結果、suPARは最大酸素摂取量や無酸素性作業閾値といった運動耐容能パラメータと独立して関連していることが明らかになった。

  • マイオカインとは何か?

    柴田 敦, 泉家 康宏

    循環器内科   87 ( 5 )   679 - 684   2020年05月( ISSN:1884-2909

  • Successful catheter ablation improves exercise tolerance in persistent atrial fibrillation patients, especially those with reduced ventricular contraction, preserved atrial function, or a high CHADS(2) score. 査読

    Katayama H, Shibata A, Doi A, Ishikawa H, Tamura S, Yamaguchi Y, Matsuo M, Yoshiyama T, Tatsumi H, Iwata S, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Journal of cardiology   75 ( 5 )   529 - 536   2020年05月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2019.10.002

    PubMed

  • Soluble urokinase-type plasminogen activator receptor represents exercise tolerance and predicts adverse cardiac events in patients with heart failure. 査読

    Ishikawa H, Izumiya Y, Shibata A, Ichikawa Y, Yamaguchi T, Yamaguchi Y, Kitada R, Iwata S, Ehara S, Tomita S, Hanatani A, Yoshiyama M

    Heart and vessels   35 ( 5 )   681 - 688   2020年05月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1007/s00380-019-01538-3

    PubMed

  • 可溶性ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子受容体は心不全患者における運動耐容能を示しており有害心イベントを予測する(Soluble urokinase-type plasminogen activator receptor represents exercise tolerance and predicts adverse cardiac events in patients with heart failure)

    Ishikawa Hirotoshi, Izumiya Yasuhiro, Shibata Atsushi, Ichikawa Yoshitaka, Yamaguchi Takehiro, Yamaguchi Yumi, Kitada Ryoko, Iwata Shinichi, Ehara Shoichi, Tomita Shuhei, Hanatani Akihisa, Yoshiyama Minoru

    Heart and Vessels   35 ( 5 )   681 - 688   2020年05月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    心不全患者の血清可溶性ウロキナーゼ型プラスミノーゲン活性化因子受容体(suPAR)を測定し、運動能、疾患重症度、予後の評価における重要性を評価した。2013年7月~2015年3月に心不全悪化のため入院した患者94例(男性60例、女性34例、平均68.0±14.5歳)を経過観察期間中(中央値796日)の総死亡率と心不全悪化による予期しない入院の複合を評価した。全例が退院前に症候限界性心肺運動負荷試験を実施していた。血液検体を採取して標準的臨床検査を実施した。血清suPAR中央値は4848.5pg/mlであった。心イベント群のsuPAR中央値は5530.5pg/mlで、非心イベント群の4590.0pg/mlよりも有意に高かった。受信者動作特性曲線に基づいて、死亡、再入院の検出に対するsuPAR値の最適カットオフ値を4170pg/mlと判定し、低suPAR群39例と高suPAR群55例に分けた。Kaplan-Meier解析では、高suPAR群は死亡率または再入院率が有意に高かった。多変量解析の結果、suPARは最大酸素摂取量や無酸素性作業閾値といった運動耐容能パラメータと独立して関連していることが明らかになった。

  • Severe obstructive sleep apnea is associated with coronary microvascular dysfunction and obstruction in patients with ST-elevation myocardial infarction 査読

    Ichikawa Yoshitaka, Izumiya Yasuhiro, Tamita Koichi, Hayashi Hiroya, Ishikawa Hirotoshi, Shibata Atsushi, Yamamuro Atsushi, Yoshiyama Minoru

    EUROPEAN HEART JOURNAL-ACUTE CARDIOVASCULAR CARE   2020年04月( ISSN:2048-8726

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/2048872620919946

  • Severe obstructive sleep apnea is associated with coronary microvascular dysfunction and obstruction in patients with ST-elevation myocardial infarction.

    Ichikawa Y, Izumiya Y, Tamita K, Hayashi H, Ishikawa H, Shibata A, Yamamuro A, Yoshiyama M

    European heart journal. Acute cardiovascular care   2020年04月( ISSN:2048-8726

     詳細を見る

  • POST-PROCEDURAL CARDIO-ANKLE VASCULAR INDEX IS ASSOCIATED WITH ONE-YEAR MORTALITY IN PATIENTS WHO UNDERWENT TRANS-FEMORAL TAVR 査読

    Yamaguchi Tomohiro, Mizutani Kazuki, Yahiro Ryousuke, Ogawa Mana, Okai Tsukasa, Nonin Shinichi, Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Izumiya Yasuhiro, Takahashi Yosuke, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   75 ( 11 )   1243 - 1243   2020年03月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impact of hydrostatic pressure on fractional flow reserve: in vivo experimental study of anatomical height difference of coronary arteries. 査読

    Nagamatsu S, Sakamoto K, Yamashita T, Sato R, Tabata N, Motozato K, Yamanaga K, Ito M, Fujisue K, Kanazawa H, Sueta D, Usuku H, Araki S, Arima Y, Takashio S, Suzuki S, Yamamoto E, Izumiya Y, Soejima H, Utsunomiya D, Kaikita K, Yamashita Y, Tsujita K

    Journal of cardiology   2020年02月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2020.01.009

    PubMed

  • Associations between corrected serum calcium and phosphorus levels and outcome in dialysis patients in the Kumamoto Prefecture. 査読

    Sueta D, Tabata N, Tanaka M, Hanatani S, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Kaikita K, Arizono K, Matsui K, Tsujita K

    Hemodialysis international. International Symposium on Home Hemodialysis   2020年02月( ISSN:1492-7535

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/hdi.12824

    PubMed

  • Associations between corrected serum calcium and phosphorus levels and outcome in dialysis patients in the Kumamoto Prefecture. 査読

    Daisuke Sueta, Noriaki Tabata, Motoko Tanaka, Shinsuke Hanatani, Yuichiro Arima, Kenji Sakamoto, Eiichiro Yamamoto, Yasuhiro Izumiya, Koichi Kaikita, Kenji Arizono, Kunihiko Matsui, Kenichi Tsujita

    Hemodialysis international. International Symposium on Home Hemodialysis   24 ( 2 )   202 - 211   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    INTRODUCTION: Mortality in hemodialysis patients is relatively high; thus, its risk stratification is very important. There are insufficient data describing the current status of the management of serum phosphate and calcium levels. METHODS: We conducted a multicenter, prospective, registry study throughout the Kumamoto Prefecture in Japan. We enrolled 1993 patients at 58 facilities with complete explanatory data, including serum phosphate, corrected calcium, and intact parathyroid hormone levels. We categorized subjects into nine categories according to low, normal, and high levels of phosphate and corrected calcium levels. The endpoint was all-cause mortality. RESULTS: Of the total number of subjects, 56.1% of the patients were in the normal phosphate and calcium category, and 72% and 77.1% had controlled serum phosphate and calcium levels, respectively. Two hundred twenty-six deaths occurred during the follow-up period. In the nine categories, the highest mortality rates were observed in the highest corrected calcium and lowest phosphate categories. Stepwise backward multivariate regression analyses identified the serum corrected calcium level (OR, 1.38; 95% CI, 1.06-1.79; P = 0.016) and the serum phosphate level (OR, 1.26; 95% CI, 1.08-1.48; P = 0.003) as significant and independent predictors of all-cause mortality. CONCLUSIONS: The corrected serum calcium and phosphate levels are associated with mortality in our dialysis population, with poorest survival in patients with high corrected serum calcium and low serum phosphorus.

    DOI: 10.1111/hdi.12824

    PubMed

  • Analysis of the driving mechanism in paroxysmal atrial fibrillation: comparison of the activation sequence between the left atrial body and pulmonary vein. 査読

    Kiyama T, Kanazawa H, Yamabe H, Ito M, Kaneko S, Kanemaru Y, Kawahara Y, Yamanaga K, Fujisue K, Sueta D, Takashio S, Arima Y, Araki S, Usuku H, Nakamura T, Izumiya Y, Sakamoto K, Suzuki S, Yamamoto E, Soejima H, Kaikita K, Tsujita K

    Journal of cardiology   2020年02月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2020.01.004

    PubMed

  • Analysis of the driving mechanism in paroxysmal atrial fibrillation: comparison of the activation sequence between the left atrial body and pulmonary vein. 査読

    Takuya Kiyama, Hisanori Kanazawa, Hiroshige Yamabe, Miwa Ito, Shozo Kaneko, Yusuke Kanemaru, Yusei Kawahara, Kenshi Yamanaga, Koichiro Fujisue, Daisuke Sueta, Seiji Takashio, Yuichiro Arima, Satoshi Araki, Hiroki Usuku, Taishi Nakamura, Yasuhiro Izumiya, Kenji Sakamoto, Satoru Suzuki, Eiichiro Yamamoto, Hirofumi Soejima, Koichi Kaikita, Kenichi Tsujita

    Journal of cardiology   75 ( 6 )   673 - 681   2020年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    BACKGROUND: It has been shown that most paroxysmal atrial fibrillation (AF) can be terminated by pulmonary vein (PV) isolation alone, suggesting that rapid discharges from PV drive AF. To define the driving mechanism of AF, we compared the activation sequence in the body of left atrium (LA) to that within PV. METHODS: Endocardial noncontact mapping of LA body (LA group; n = 16) and selective endocardial mapping of left superior PV (LSPV) (PV group; n = 13) were performed in 29 paroxysmal AF patients. The frequency of pivoting activation, wave breakup, and wave fusion observed in LA were compared to those in LSPV to define the driving mechanism of AF. Circumferential ablation lesion around left PV was performed after right PV isolation to examine the effect of linear lesion around PV on AF termination both in LA and PV groups. RESULTS: The frequency of pivoting activation, wave breakup, and wave fusion in PV group were significantly higher than those in LA group (36.5 ± 17.7 vs 5.0 ± 2.2 times/seconds, p < 0.001, 10.1 ± 4.3 vs 5.0 ± 2.2 times/seconds, p = 0.004, 18.1 ± 5.7 vs 11.0 ± 5.2, p = 0.002). Especially in the PV group, the frequency of pivoting activation was significantly higher than that of wave breakup and wave fusion (36.5 ± 17.7 vs 10.1 ± 4.3 times/seconds, p < 0.001, 36.5 ± 17.7 vs 18.1 ± 5.7 times/seconds, p < 0.001). These disorganized activations in LSPV were eliminated by the circumferential ablation lesion around left PV (pivoting activation; 36.5 ± 17.7 vs 9.3 ± 2.3 times/seconds, p < 0.001, wave breakup; 10.1±1.3 times/seconds, p = 0.003, wave fusion; 18.1 ± 5.7 vs 5.7 ± 1.8, p < 0.001), resulted in AF termination in all patients in both LA and PV groups. CONCLUSIONS: Activation sequence within PV was more disorganized than that in LA body. Frequent episodes of pivoting activation rather than wave breakup and fusion observed within PV acted as the driving sources of paroxysmal AF.

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2020.01.004

    PubMed

  • Elongation of the high right atrium to coronary sinus conduction time predicts the recurrence of atrial fibrillation after radiofrequency catheter ablation 査読

    Kanemaru Yusuke, Arima Yuichiro, Kaikita Koichi, Kiyama Takuya, Kaneko Shozo, Ito Miwa, Yamabe Hiroshige, Motozato Kota, Yamanaga Kenshi, Fujisue Koichiro, Sueta Daisuke, Takashio Seiji, Araki Satoshi, Usuku Hiroki, Nakamura Taishi, Fukunaga Takashi, Suzuki Satoru, Izumiya Yasuhiro, Sakamoto Kenji, Soejima Hirofumi, Yamamoto Eiichiro, Kawano Hiroaki, Kanazawa Hisanori, Tsujita Kenichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   300   147 - 153   2020年02月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2019.10.044

    PubMed

  • Elongation of the high right atrium to coronary sinus conduction time predicts the recurrence of atrial fibrillation after radiofrequency catheter ablation. 査読

    Kanemaru Y, Arima Y, Kaikita K, Kiyama T, Kaneko S, Ito M, Yamabe H, Motozato K, Yamanaga K, Fujisue K, Sueta D, Takashio S, Araki S, Usuku H, Nakamura T, Fukunaga T, Suzuki S, Izumiya Y, Sakamoto K, Soejima H, Yamamoto E, Kawano H, Kanazawa H, Tsujita K

    International journal of cardiology   300   147 - 153   2020年02月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2019.10.044

    PubMed

  • H<sub>2</sub> FPEF score for predicting future heart failure in stable outpatients with cardiovascular risk factors. 査読

    Suzuki S, Kaikita K, Yamamoto E, Sueta D, Yamamoto M, Ishii M, Ito M, Fujisue K, Kanazawa H, Araki S, Arima Y, Takashio S, Usuku H, Nakamura T, Sakamoto K, Izumiya Y, Soejima H, Kawano H, Jinnouchi H, Matsui K, Tsujita K

    ESC heart failure   2020年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ehf2.12570

    PubMed

  • H2 FPEF score for predicting future heart failure in stable outpatients with cardiovascular risk factors. 査読

    Satoru Suzuki, Koichi Kaikita, Eiichiro Yamamoto, Daisuke Sueta, Masahiro Yamamoto, Masanobu Ishii, Miwa Ito, Koichiro Fujisue, Hisanori Kanazawa, Satoshi Araki, Yuichiro Arima, Seiji Takashio, Hiroki Usuku, Taishi Nakamura, Kenji Sakamoto, Yasuhiro Izumiya, Hirofumi Soejima, Hiroaki Kawano, Hideaki Jinnouchi, Kunihiko Matsui, Kenichi Tsujita

    ESC heart failure   7 ( 1 )   65 - 74   2020年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    AIMS: The prediction of future heart failure (HF) in stable outpatients is often difficult for general practitioners and cardiologists. Recently, the H2 FPEF score (0-9 points) has been proposed for the discrimination of HF with preserved ejection fraction from non-cardiac causes of dyspnoea. The six clinical and echocardiographic variables that constitute the H2 FPEF score include the following: (i) obesity (H); (ii) the use of ≥2 antihypertensive drugs (H); (iii) atrial fibrillation (F); (iv) pulmonary hypertension (P); (v) an age > 60 years (E); and (vi) E/e' > 9 (F). We performed an external validation study that investigated whether the H2 FPEF score could predict future HF-related events in stable outpatients with cardiovascular risk factor(s) in Japan. METHODS AND RESULTS: In this prospective cohort study, after exclusion of 195 from 551 consecutive, stable Japanese outpatients with at least one cardiovascular risk factor who were enrolled between September 2010 and July 2013, the remaining 356 outpatients (171 men, 185 women, mean age 73.2 years) were eligible for the analysis. We calculated the H2 FPEF score (0-9 points), and followed up the patients for an average of 517 days. In all of the 356 patients, the mean H2 FPEF score was 3.1 ± 1.8, and 15 developed HF-related events during the follow-up period, including cardiovascular death (n = 2) and hospitalization for HF decompensation (n = 13). Multivariate Cox proportional hazards analysis showed that the H2 FPEF score was an independent predictor of future HF-related events (P < 0.001 for all three models). Kaplan-Meier survival curves showed a significantly higher probability of HF-related events in the outpatients with a high H2 FPEF score (P < 0.001). In receiver operating characteristic (ROC) curve analysis, the H2 FPEF score was significantly associated with the occurrence of future HF-related events (P < 0.001). In ROC curve analysis, the sensitivity, specificity, and positive likelihood ratio of a H2 FPEF score of 7 points to predict HF-related events were 47%, 96%, and 11.4%, respectively. CONCLUSIONS: The H2 FPEF score could provide useful information for future HF-related events in stable outpatients with cardiovascular risk factor(s) in Japan.

    DOI: 10.1002/ehf2.12570

    PubMed

  • Predictors of increased d-dimer level at follow-up period after transcatheter aortic valve implantation.Is oral anticoagulation therapy better? 査読

    Okai T., Mizutani K., Yamaguchi T., Ogawa M., Kajio K., Ito A., Iwata S., Takahashi Y., Izumiya Y., Murakami T., Shibata T., Yoshiyama M.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   41   53 - 53   2020年01月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ehjci/ehz872.050

  • A Statement on the Appropriate Administration of Tafamidis in Patients With Transthyretin Cardiac Amyloidosis 査読

    Endo Jin, Sano Motoaki, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Nakamura Kazufumi, Tahara Nobuhiro, Kuwahara Koichiro, Inomata Takayuki, Ueda Mitsuharu, Sekijima Yoshiki, Ando Yukio, Tsutsui Hiroyuki, Isobe Mitsuaki, Fukuda Keiichi

    一般社団法人 日本循環器学会 CIRCULATION JOURNAL   84 ( 1 )   15 - 17   2020年01月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Transthyretin cardiac amyloidosis is a progressive and life-threating disease that is significantly underdiagnosed, and the actual number of patients with the disease is presently unknown. Accumulation of wild-type transthyretin-derived amyloid in the heart is a common finding in very elderly patients. Recent clinical trials demonstrated that tafamidis reduced all-cause death and the number of cardiovascular hospitalizations when compared with placebo. The Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare approved tafamidis (Vyndaqel<sup>®</sup>, Pfizer Inc.) for the treatment of cardiomyopathy caused by both wild-type and mutated transthyretin-derived amyloidoses. This scientific statement on transthyretin-derived cardiac amyloidosis summarizes the conditions for reimbursement of the cost of tafamidis therapy, and the institutional and physician requirements for the introduction of tafamidis.</p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0811

    PubMed

    CiNii Article

  • Cardiomyocyte Sirt (Sirtuin) 7 Ameliorates Stress-Induced Cardiac Hypertrophy by Interacting With and Deacetylating GATA4 査読

    Yamamura Satoru, Izumiya Yasuhiro, Araki Satoshi, Nakamura Taishi, Kimura Yuichi, Hanatani Shinsuke, Yamada Toshihiro, Ishida Toshifumi, Yamamoto Masahiro, Onoue Yoshiro, Arima Yuichiro, Yamamoto Eiichiro, Sunagawa Yoichi, Yoshizawa Tatsuya, Nakagata Naomi, Bober Eva, Braun Thomas, Sakamoto Kenji, Kaikita Koichi, Morimoto Tatsuya, Yamagata Kazuya, Tsujita Kenichi

    HYPERTENSION   75 ( 1 )   98 - 108   2020年01月( ISSN:0194-911X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.119.13357

    PubMed

  • Association between debulking area of rotational atherectomy and platform revolution speed-Frequency domain optical coherence tomography analysis 査読

    Mizutani Kazuki, Hara Masahiko, Nakao Kazuhiro, Yamaguchi Tomohiro, Okai Tsukasa, Nomoto Yohta, Kajio Keiko, Kaneno Yasuyuki, Yamazaki Takanori, Ehara Shoichi, Kamimori Kimio, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    CATHETERIZATION AND CARDIOVASCULAR INTERVENTIONS   95 ( 1 )   E1 - E7   2020年01月( ISSN:1522-1946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ccd.28212

    PubMed

  • Association between debulking area of rotational atherectomy and platform revolution speed-Frequency domain optical coherence tomography analysis. 査読

    Mizutani K, Hara M, Nakao K, Yamaguchi T, Okai T, Nomoto Y, Kajio K, Kaneno Y, Yamazaki T, Ehara S, Kamimori K, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Catheterization and cardiovascular interventions : official journal of the Society for Cardiac Angiography & Interventions   95 ( 1 )   E1 - E7   2020年01月( ISSN:1522-1946

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ccd.28212

    PubMed

  • Cardiomyocyte Sirt (Sirtuin) 7 Ameliorates Stress-Induced Cardiac Hypertrophy by Interacting With and Deacetylating GATA4. 査読

    Yamamura S, Izumiya Y, Araki S, Nakamura T, Kimura Y, Hanatani S, Yamada T, Ishida T, Yamamoto M, Onoue Y, Arima Y, Yamamoto E, Sunagawa Y, Yoshizawa T, Nakagata N, Bober E, Braun T, Sakamoto K, Kaikita K, Morimoto T, Yamagata K, Tsujita K

    Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   75 ( 1 )   98 - 108   2020年01月( ISSN:0194-911X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.119.13357

    PubMed

  • Presence of mitral stenosis is a risk factor of new development of acute decompensated heart failure early after transcatheter aortic valve implantation 査読

    Okai Tsukasa, Mizutani Kazuki, Hara Masahiko, Yamaguchi Tomohiro, Ogawa Mana, Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Izumiya Yasuhiro, Takahashi Yosuke, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    OPEN HEART   7 ( 2 )   2020年( ISSN:2053-3624

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/openhrt-2020-001348

    PubMed

  • Successful treatment for a patient with chronic thromboembolic pulmonary hypertension comorbid with essential thrombocythemia with the JAK2 V617F mutation by balloon pulmonary angioplasty 査読

    Yamaguchi Tomohiro, Izumiya Yasuhiro, Hayashi Hiroya, Ichikawa Yoshitaka, Ishikawa Hirotoshi, Shibata Atsushi, Yamazaki Takanori, Yoshiyama Minoru

    RESPIRATORY MEDICINE CASE REPORTS   31   101235   2020年( ISSN:2213-0071

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmcr.2020.101235

    PubMed

  • Prevalence and Risk Factors of Silent Brain Infarction in Patients with Aortic Stenosis 査読

    Ito Ayaka, Iwata Shinichi, Tamura Soichiro, Kim Andrew T., Nonin Shinichi, Ishikawa Sera, Ito Asahiro, Izumiya Yasuhiro, Abe Takato, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    CEREBROVASCULAR DISEASES EXTRA   10 ( 3 )   116 - 123   2020年( ISSN:1664-5456

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000510438

    PubMed

  • Successful treatment for a patient with chronic thromboembolic pulmonary hypertension comorbid with essential thrombocythemia with the JAK2 V617F mutation by balloon pulmonary angioplasty.

    Yamaguchi T, Izumiya Y, Hayashi H, Ichikawa Y, Ishikawa H, Shibata A, Yamazaki T, Yoshiyama M

    Respiratory medicine case reports   31   101235 - 101235   2020年( ISSN:2213-0071

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.rmcr.2020.101235

    PubMed

  • Prevalence and Risk Factors of Silent Brain Infarction in Patients with Aortic Stenosis.

    Ito A, Iwata S, Tamura S, Kim AT, Nonin S, Ishikawa S, Ito A, Izumiya Y, Abe T, Shibata T, Yoshiyama M

    Cerebrovascular diseases extra   10 ( 3 )   116 - 123   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1159/000510438

    PubMed

  • A Statement on the Appropriate Administration of Tafamidis in Patients With Transthyretin Cardiac Amyloidosis.

    Endo J, Sano M, Izumiya Y, Tsujita K, Nakamura K, Tahara N, Kuwahara K, Inomata T, Ueda M, Sekijima Y, Ando Y, Tsutsui H, Isobe M, Fukuda K

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   84 ( 1 )   15 - 17   2019年12月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0811

    PubMed

    CiNii Article

  • Soluble urokinase-type plasminogen activator receptor represents exercise tolerance and predicts adverse cardiac events in patients with heart failure. 査読

    Ishikawa H, Izumiya Y, Shibata A, Ichikawa Y, Yamaguchi T, Yamaguchi Y, Kitada R, Iwata S, Ehara S, Tomita S, Hanatani A, Yoshiyama M

    Heart and vessels   2019年11月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-019-01538-3

    PubMed

  • Successful catheter ablation improves exercise tolerance in persistent atrial fibrillation patients, especially those with reduced ventricular contraction, preserved atrial function, or a high CHADS<sub>2</sub> score. 査読

    Katayama H, Shibata A, Doi A, Ishikawa H, Tamura S, Yamaguchi Y, Matsuo M, Yoshiyama T, Tatsumi H, Iwata S, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Journal of cardiology   2019年11月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2019.10.002

    PubMed

  • Prognostic value of high-sensitive troponin T for predicting cardiovascular events after atrial fibrillation ablation 査読

    Tamura Shota, Doi Atsushi, Matsuo Masanori, Katayama Hisashi, Yoshiyama Tomotaka, Tatsumi Hiroaki, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF CARDIOVASCULAR ELECTROPHYSIOLOGY   30 ( 9 )   1475 - 1482   2019年09月( ISSN:1045-3873

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/jce.14032

    PubMed

  • Neointimal coverage after second generation drug-eluting stent implantation has a relationship with pre-existing atherosclerotic lesion characteristics 査読

    Nomoto Yohta, Nakagawa Masashi, Shirai Nobuyuki, Kajio Keiko, Mizutani Kazuki, Yamazaki Takanori, Sugioka Kenichi, Kamimori Kimio, Ueda Makiko, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    MEDICINE   98 ( 37 )   e17097   2019年09月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000017097

    PubMed

  • TAVI後の凝固線溶系因子の上昇に関する予測因子の検討 抗凝固療法が有効?

    岡井 主, 水谷 一輝, 山口 智大, 小川 真奈, 梶尾 啓子, 伊藤 朝広, 岩田 真一, 高橋 洋介, 泉家 康宏, 柴田 利彦, 葭山 稔

    日本心血管インターベンション治療学会抄録集   28回   [MO96 - 002]   2019年09月

  • Stent fractureによる度重なる再狭窄に対して、OCTガイド下のRotablatorが有効であった一例

    藤原 良亮, 岡井 主, 八尋 亮介, 山口 智大, 梶尾 啓子, 山崎 貴紀, 紙森 公雄, 水谷 一輝, 泉家 康宏, 葭山 稔

    日本心血管インターベンション治療学会抄録集   28回   [MO116 - 001]   2019年09月

  • Prognostic value of high-sensitive troponin T for predicting cardiovascular events after atrial fibrillation ablation. 査読

    Tamura S, Doi A, Matsuo M, Katayama H, Yoshiyama T, Tatsumi H, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Journal of cardiovascular electrophysiology   30 ( 9 )   1475 - 1482   2019年09月( ISSN:1045-3873

     詳細を見る

  • Neointimal coverage after second generation drug-eluting stent implantation has a relationship with pre-existing atherosclerotic lesion characteristics. 査読

    Nomoto Y, Nakagawa M, Shirai N, Kajio K, Mizutani K, Yamazaki T, Sugioka K, Kamimori K, Ueda M, Izumiya Y, Yoshiyama M

    Medicine   98 ( 37 )   e17097   2019年09月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000017097

    PubMed

  • Complication & Bailout of TAVI(Case-Based)1 自己拡張弁導入の際に自己弁尖が左室側に反転し、急性大動脈弁閉鎖不全を来たした1例 どのようにbail-outしますか?

    水谷 一輝, 山口 智大, 小川 真奈, 岡井 主, 伊藤 朝広, 岩田 真一, 泉家 康宏, 葭山 稔

    日本心血管インターベンション治療学会抄録集   28回   [S29 - 2]   2019年09月

  • Soluble Urokinase Type Plasminogen Activator Receptorは心不全の予後予測および運動耐容能の代用マーカーとして有用である

    石川 裕敏, 泉家 康宏, 柴田 敦, 市川 佳誉, 山口 祐美, 北田 諒子, 江原 省一, 花谷 彰久, 葭山 稔

    日本心臓病学会学術集会抄録   67回   P - 228   2019年09月

  • 閉塞性睡眠時無呼吸の重症度は心筋梗塞後の冠動脈微小循環障害と相関する

    市川 佳誉, 民田 浩一, 泉家 康宏, 石川 裕敏, 柴田 敦, 山室 淳, 葭山 稔

    日本心臓病学会学術集会抄録   67回   O - 251   2019年09月

  • 肺高血圧症の難渋症例から学ぶ診療のキーポイント 免疫抑制療法の選択と調整に難渋した全身性エリテマトーデスに伴う重症肺高血圧症の一例

    山口 智大, 泉家 康宏, 石川 裕敏, 柴田 敦, 山崎 貴紀, 葭山 稔

    日本心臓病学会学術集会抄録   67回   S - 3   2019年09月

  • 心不全合併心房細動に対する非薬物療法:新しい治療ツールの使い分け 追加発言 心不全合併心房細動に対するカテーテルアブレーションは運動耐容能を改善する

    柴田 敦, 片山 恒, 石川 裕敏, 山口 祐美, 泉家 康宏, 葭山 稔

    日本心臓病学会学術集会抄録   67回   S8 - 2   2019年09月

  • 十分な血栓吸引後にRotablatorを施行したSTEMIの一例

    吉村 隆太郎, 八尋 亮介, 山口 智大, 岡井 主, 梶尾 啓子, 山崎 貴紀, 江原 省一, 紙森 公雄, 水谷 一輝, 泉家 康宏, 葭山 稔

    日本心血管インターベンション治療学会抄録集   28回   [MO55 - 004]   2019年09月

  • 冠動脈3枝病変、下大静脈欠損を伴うASDを合併したsevere ASに対して、カテーテル治療で完遂し得た1例

    山本 崇之, 岡井 主, 水谷 一輝, 山口 智大, 小川 真奈, 梶尾 啓子, 伊藤 朝広, 岩田 真一, 高橋 洋介, 泉家 康宏, 柴田 利彦, 葭山 稔

    日本心血管インターベンション治療学会抄録集   28回   [MO120 - 004]   2019年09月

  • Self-expandable transcatheter aortic valve replacement is associated with frequent periprocedural stroke detected by diffusion-weighted magnetic resonance imaging(和訳中) 査読

    Kajio Keiko, Mizutani Kazuki, Hara Masahiko, Nakao Mana, Okai Tsukasa, Ito Asahiro, Takahashi Yosuke, Iwata Shinichi, Shimono Taro, Izumiya Yasuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   74 ( 1-2 )   27 - 33   2019年08月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Combination of Commonly Examined Parameters Is a Useful Predictor of Positive Tc-99m-Labeled Pyrophosphate Scintigraphy Findings in Elderly Patients With Suspected Transthyretin Cardiac Amyloidosis 査読

    Marume Kyohei, Takashio Seiji, Nishi Masato, Hirakawa Kyoko, Yamamoto Masahiro, Hanatani Shinsuke, Oda Seitaro, Utsunomiya Daisuke, Shiraishi Shinya, Ueda Mitsuharu, Yamashita Taro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Kaikita Koichi, Izumiya Yasuhiro, Yamashita Yasuyuki, Ando Yukio, Tsujita Kenichi

    一般社団法人 日本循環器学会 CIRCULATION JOURNAL   83 ( 8 )   1698 - 1708   2019年08月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b><i>Background:</i></b>A recent study revealed a high prevalence of transthyretin (TTR) cardiac amyloidosis (CA) in elderly patients. <sup>99 m</sup>Tc-labeled pyrophosphate (<sup>99 m</sup>Tc-PYP) scintigraphy is a remarkably sensitive and specific modality for TTR-CA, but is only available in specialist centres; thus, it is important to raise the pretest probability. The aim of this study was to evaluate the characteristics of patients with <sup>99 m</sup>Tc-PYP positivity and make recommendations about patient selection for <sup>99 m</sup>Tc-PYP scintigraphy.</p><p><b><i>Methods and Results:</i></b>We examined 181 consecutive patients aged ≥70 years who underwent <sup>99 m</sup>Tc-PYP scintigraphy at Kumamoto University Hospital between January 2012 and December 2018. Logistic regression analyses showed that high-sensitivity cardiac troponin T (hs-cTnT) ≥0.0308 ng/mL, left ventricular posterior wall thickness ≥13.6 mm, and wide QRS (QRS ≥120 ms) were strongly associated with <sup>99 m</sup>Tc-PYP positivity. We developed a new index for predicting <sup>99 m</sup>Tc-PYP positivity by adding 1 point for each of the 3 factors. The <sup>99 m</sup>Tc-PYP positive rate increased by a factor of 4.57 for each 1-point increase (P<0.001). Zero points corresponded to a negative predictive value of 87% and 3 points corresponded to a positive predictive value of 96% for <sup>99 m</sup>Tc-PYP positivity.</p><p><b><i>Conclusions:</i></b>The combination of biochemical (hs-cTnT), physiological (wide QRS), and structural (left ventricular posterior wall thickness) findings can raise the pretest probability for <sup>99 m</sup>Tc-PYP scintigraphy. It can assist clinicians in determining management strategies for elderly patients with suspected CA.</p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0255

    PubMed

    CiNii Article

  • 自己拡張型経カテーテル大動脈弁置換術は、拡散強調MRIにより検出される頻繁な周術期脳卒中と関連する(Self-expandable transcatheter aortic valve replacement is associated with frequent periprocedural stroke detected by diffusion-weighted magnetic resonance imaging)

    Kajio Keiko, Mizutani Kazuki, Hara Masahiko, Nakao Mana, Okai Tsukasa, Ito Asahiro, Takahashi Yosuke, Iwata Shinichi, Shimono Taro, Izumiya Yasuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    Journal of Cardiology   74 ( 1-2 )   27 - 33   2019年08月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    経大腿動脈的経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)を受ける患者113例(男性36.3%、年齢81~87歳)を対象に、拡散強調MRI(DW-MRI)で検出される術後脳卒中のリスクを評価した。バルーン拡張型弁を第一選択治療として93例に使用し、狭いバルサルバ洞・上行大動脈接合部または弁輪を有する20例に自己拡張型弁を選択した。主要評価項目は、サイズに関係なく、DW-MRIにより検出される高信号域(HIA)の数であった。113例のうち症候性脳卒中は6例(5.3%)、無症候性脳卒中は59例(52.2%)に発生した。症候性脳卒中および総脳卒中の発生率は、自己拡張型TAVRを受けた患者の方がバルーン拡張型TAVRを受けた患者より有意に高かった(それぞれ30.0% vs.0.0%、90.0% vs.50.5%)。多変量線形回帰モデルにより自己拡張型TAVRと主要評価項目に関連が認められ、その他の共変量は主要評価項目と有意な関係がみられなかった。赤池情報基準ベースのステップワイズ統計モデル選択により、弁の種類が最適予測モデルに対する唯一の説明変数であることが示された。

  • Combination of Commonly Examined Parameters Is a Useful Predictor of Positive (99 m)Tc-Labeled Pyrophosphate Scintigraphy Findings in Elderly Patients With Suspected Transthyretin Cardiac Amyloidosis.

    Marume K, Takashio S, Nishi M, Hirakawa K, Yamamoto M, Hanatani S, Oda S, Utsunomiya D, Shiraishi S, Ueda M, Yamashita T, Sakamoto K, Yamamoto E, Kaikita K, Izumiya Y, Yamashita Y, Ando Y, Tsujita K

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   83 ( 8 )   1698 - 1708   2019年07月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-19-0255

    PubMed

    CiNii Article

  • Prognostic significance of polyvascular disease in heart failure with preserved left ventricular ejection fraction 査読

    Fujisue Koichiro, Tokitsu Takanori, Yamamoto Eiichiro, Sueta Daisuke, Takae Masafumi, Nishihara Taiki, Oike Fumi, Usuku Hiroki, Ito Miwa, Motozato Kota, Kanazawa Hisanori, Araki Satoshi, Arima Yuichiro, Takashio Seiji, Izumiya Yasuhiro, Suzuki Satoru, Sakamoto Kenji, Kaikita Koichi, Tsujita Kenichi

    MEDICINE   98 ( 28 )   e15959   2019年07月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000015959

    PubMed

  • Self-expandable transcatheter aortic valve replacement is associated with frequent periprocedural stroke detected by diffusion-weighted magnetic resonance imaging 査読

    Kajio Keiko, Mizutani Kazuki, Hara Masahiko, Nakao Mana, Okai Tsukasa, Ito Asahiro, Takahashi Yosuke, Iwata Shinichi, Shimono Taro, Izumiya Yasuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   74 ( 1 )   27 - 33   2019年07月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2019.01.013

    PubMed

  • Combination of Commonly Examined Parameters Is a Useful Predictor of Positive 99mTc-Labeled Pyrophosphate Scintigraphy Findings in Elderly Patients With Suspected Transthyretin Cardiac Amyloidosis(和訳中) 査読

    Marume Kyohei, Takashio Seiji, Nishi Masato, Hirakawa Kyoko, Yamamoto Masahiro, Hanatani Shinsuke, Oda Seitaro, Utsunomiya Daisuke, Shiraishi Shinya, Ueda Mitsuharu, Yamashita Taro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Kaikita Koichi, Izumiya Yasuhiro, Yamashita Yasuyuki, Ando Yukio, Tsujita Kenichi

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   83 ( 8 )   1698 - 1708   2019年07月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 一般的に測定されるパラメーターの組合せは、トランスサイレチン心アミロイドーシスが疑われる高齢患者における99mTc標識ピロリン酸シンチグラフィー陽性の有用な予測因子である(Combination of Commonly Examined Parameters Is a Useful Predictor of Positive 99mTc-Labeled Pyrophosphate Scintigraphy Findings in Elderly Patients With Suspected Transthyretin Cardiac Amyloidosis)

    Marume Kyohei, Takashio Seiji, Nishi Masato, Hirakawa Kyoko, Yamamoto Masahiro, Hanatani Shinsuke, Oda Seitaro, Utsunomiya Daisuke, Shiraishi Shinya, Ueda Mitsuharu, Yamashita Taro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Kaikita Koichi, Izumiya Yasuhiro, Yamashita Yasuyuki, Ando Yukio, Tsujita Kenichi

    Circulation Journal   83 ( 8 )   1698 - 1708   2019年07月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    99mTc標識ピロリン酸(99mTc-PYP)陽性患者の特徴を評価し、99mTc-PYPシンチグラフィーに対する患者選択についての提案を行った。2012年1月〜2018年12月に心アミロイドーシスが疑われ、99mTc-PYPシンチグラフィーを実施した70歳以上の患者を対象とした。血清高感度心臓トロポニン(hs-cTnT)を測定し、心電図検査を行ってRR、QT、QRS幅を測定した。心エコーと99mTc-PYPシンチグラフィーを実施した。181例(男性127例、平均79±6歳)のうち、111例が99mTc-PYP陰性、70例が陽性であった。ロジスティック回帰分析では、hs-cTnT 0.0308ng/mL以上、左室後壁厚13.6mm以上、QRS幅120ms以上が99mTc-PYP陽性と強力に関連していた。各3因子に1ポイントを加えて、99mTc-PYP陽性を予測する新規指標を開発した。各1因子ポイント増加で99mTc-PYP陽性率は4.57増加した。0ポイントは99mTc-PYP陽性に対する陰性的中率87%に対応し、3ポイントは陽性的中率96%に対応した。hs-cTnT、QRS幅、左室後壁厚の組合せによって、99mTc-PYPシンチグラフィーに対する事前確率が上昇した。

  • Self-expandable transcatheter aortic valve replacement is associated with frequent periprocedural stroke detected by diffusion-weighted magnetic resonance imaging. 査読

    Kajio K, Mizutani K, Hara M, Nakao M, Okai T, Ito A, Takahashi Y, Iwata S, Shimono T, Izumiya Y, Murakami T, Shibata T, Yoshiyama M

    Journal of cardiology   74 ( 1 )   27 - 33   2019年07月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2019.01.013

    PubMed

  • Prognostic significance of polyvascular disease in heart failure with preserved left ventricular ejection fraction. 査読

    Fujisue K, Tokitsu T, Yamamoto E, Sueta D, Takae M, Nishihara T, Oike F, Usuku H, Ito M, Motozato K, Kanazawa H, Araki S, Arima Y, Takashio S, Izumiya Y, Suzuki S, Sakamoto K, Kaikita K, Tsujita K

    Medicine   98 ( 28 )   e15959   2019年07月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000015959

    PubMed

  • Grip strength predicts cardiac adverse events in patients with cardiac disorders: an individual patient pooled meta-analysis. 査読

    Pavasini R, Serenelli M, Celis-Morales CA, Gray SR, Izawa KP, Watanabe S, Colin-Ramirez E, Castillo-Martínez L, Izumiya Y, Hanatani S, Onoue Y, Tsujita K, Macdonald PS, Jha SR, Roger VL, Manemann SM, Sanchis J, Ruiz V, Bugani G, Tonet E, Ferrari R, Volpato S, Campo G

    Heart (British Cardiac Society)   105 ( 11 )   834 - 841   2019年06月( ISSN:1355-6037

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/heartjnl-2018-313816

    PubMed

  • Grip strength predicts cardiac adverse events in patients with cardiac disorders: an individual patient pooled meta-analysis. 査読

    Rita Pavasini, Matteo Serenelli, Carlos A Celis-Morales, Stuart R Gray, Kazuhiro P Izawa, Satoshi Watanabe, Eloisa Colin-Ramirez, Lilia Castillo-Martínez, Yasuhiro Izumiya, Shinsuke Hanatani, Yoshiro Onoue, Kenichi Tsujita, Peter S Macdonald, Sunita R Jha, Véronique L Roger, Sheila M Manemann, Juan Sanchis, Vicente Ruiz, Giulia Bugani, Elisabetta Tonet, Roberto Ferrari, Stefano Volpato, Gianluca Campo

    Heart (British Cardiac Society)   105 ( 11 )   834 - 841   2019年06月( ISSN:1355-6037

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    OBJECTIVE: Grip strength is a well-characterised measure of weakness and of poor muscle performance, but there is a lack of consensus on its prognostic implications in terms of cardiac adverse events in patients with cardiac disorders. METHODS: Articles were searched in PubMed, Cochrane Library, BioMed Central and EMBASE. The main inclusion criteria were patients with cardiac disorders (ischaemic heart disease, heart failure (HF), cardiomyopathies, valvulopathies, arrhythmias); evaluation of grip strength by handheld dynamometer; and relation between grip strength and outcomes. The endpoints of the study were cardiac death, all-cause mortality, hospital admission for HF, cerebrovascular accident (CVA) and myocardial infarction (MI). Data of interest were retrieved from the articles and after contact with authors, and then pooled in an individual patient meta-analysis. Univariate and multivariate logistic regression was performed to define predictors of outcomes. RESULTS: Overall, 23 480 patients were included from 7 studies. The mean age was 62.3±6.9 years and 70% were male. The mean follow-up was 2.82±1.7 years. After multivariate analysis grip strength (difference of 5 kg, 5× kg) emerged as an independent predictor of cardiac death (OR 0.84, 95% CI 0.79 to 0.89, p<0.0001), all-cause death (OR 0.87, 95% CI 0.85 to 0.89, p<0.0001) and hospital admission for HF (OR 0.88, 95% CI 0.84 to 0.92, p<0.0001). On the contrary, we did not find any relationship between grip strength and occurrence of MI or CVA. CONCLUSION: In patients with cardiac disorders, grip strength predicted cardiac death, all-cause death and hospital admission for HF. TRIAL REGISTRATION NUMBER: CRD42015025280.

    DOI: 10.1136/heartjnl-2018-313816

    PubMed

  • Endothelial Cells Regulate Physiological Cardiomyocyte Growth via VEGFR2-Mediated Paracrine Signaling 査読

    Kivela Riikka, Hemanthakumar Karthik Amudhala, Vaparanta Katri, Robciuc Marius, Izumiya Yasuhiro, Kidoya Hiroyasu, Takakura Nobuyuki, Peng Xuyang, Sawyer Douglas B., Elenius Klaus, Walsh Kenneth, Alitalo Kari

    CIRCULATION   139 ( 22 )   2570 - 2584   2019年05月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.118.036099

    PubMed

  • Endothelial Cells Regulate Physiological Cardiomyocyte Growth via VEGFR2-Mediated Paracrine Signaling.

    Kivelä R, Hemanthakumar KA, Vaparanta K, Robciuc M, Izumiya Y, Kidoya H, Takakura N, Peng X, Sawyer DB, Elenius K, Walsh K, Alitalo K

    Circulation   139 ( 22 )   2570 - 2584   2019年05月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.118.036099

    PubMed

  • 特集 診療力を上げる! 症例問題集 第4章 循環器 症例問題 早期診断により予後を改善しえた心肥大症例

    泉家 康宏

    内科   123 ( 4 )   699 - 700   2019年04月( ISSN:00221961

     詳細を見る

  • A retrospective study of arterial stiffness and subsequent clinical outcomes in cancer patients undergoing percutaneous coronary intervention. 査読

    Tabata N, Sueta D, Yamamoto E, Takashio S, Arima Y, Araki S, Yamanaga K, Ishii M, Sakamoto K, Kanazawa H, Fujisue K, Hanatani S, Soejima H, Hokimoto S, Izumiya Y, Kojima S, Yamabe H, Kaikita K, Matsui K, Tsujita K

    Journal of hypertension   37 ( 4 )   754 - 764   2019年04月( ISSN:0263-6352

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/HJH.0000000000001949

    PubMed

  • A retrospective study of arterial stiffness and subsequent clinical outcomes in cancer patients undergoing percutaneous coronary intervention. 査読

    Noriaki Tabata, Daisuke Sueta, Eiichiro Yamamoto, Seiji Takashio, Yuichiro Arima, Satoshi Araki, Kenshi Yamanaga, Masanobu Ishii, Kenji Sakamoto, Hisanori Kanazawa, Koichiro Fujisue, Shinsuke Hanatani, Hirofumi Soejima, Seiji Hokimoto, Yasuhiro Izumiya, Sunao Kojima, Hiroshige Yamabe, Koichi Kaikita, Kunihiko Matsui, Kenichi Tsujita

    Journal of hypertension   37 ( 4 )   754 - 764   2019年04月( ISSN:0263-6352

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    OBJECTIVE: Increasing attention is being paid to the relationship between cancer and cardiovascular diseases. In this study, we examined arterial stenosis and stiffness in patients with malignant diseases requiring percutaneous coronary intervention. METHODS: This was a retrospective, single-center, observational study. Participants (n = 1003) were divided into a malignant group, with current or past malignant disease, and a nonmalignant group. The ankle-brachial index (ABI) and brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV) were evaluated. The endpoint was a composite of cardiovascular death, nonfatal myocardial infarction, stroke, and revascularization within 1 year. RESULTS: We observed significantly impaired ABI and baPWV in the malignant group. A total of 148 patients had a cardiovascular event. Kaplan-Meier analysis showed a significantly higher probability of cardiovascular events in the malignant group (P = 0.012). The combination of malignancy with ABI/baPWV identified subgroups with significantly different probabilities of cardiovascular events. Multivariate Cox hazard analysis identified malignancy as an independent predictor of cardiovascular events (hazard ratio, 1.54; 95% confidence interval, 1.06-2.26; P = 0.025) with an increased hazard ratio by adding the status of low ABI/high baPWV to malignancy (hazard ratio, 2.36; 95% confidence interval, 1.35-4.12; P = 0.003). We found significantly higher follow-up baPWV values in the malignancy group (P = 0.016). CONCLUSION: Atherosclerosis is advanced and accelerated in patients with malignancy, and these patients had significantly higher rates of adverse cardiovascular events, and their risk might be stratified by ABI and baPWV. REGISTRATION: University Hospital Medical Information Network-CTR (http://www.umin.ac.jp/ctr/). IDENTIFIER: Kumamoto University Malignancy and Atherosclerosis study (UMIN000028652). PUBLIC ACCESS INFORMATION: Opt-out materials are available at the following website: http://www.kumadai-junnai.com/home/wp-content/uploads/akusei.pdf.

    DOI: 10.1097/HJH.0000000000001949

    PubMed

  • SOLUBLE UROKINASE TYPE PLASMINOGEN ACTIVATOR RECEPTOR (SUPAR) REFLECTS EXERCISE TOLERANCE AND PREDICTS ADVERSE CARDIAC EVENTS IN PATIENTS WITH HEART FAILURE 査読

    Izumiya Yasuhiro, Ishikawa Hirotoshi, Shibata Atsushi, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   73 ( 9 )   735 - 735   2019年03月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • SIRT7 査読

    Yamamura Satoru, Izumiya Yasuhiro, Araki Satoshi, Ishida Toshifumi, Yamamoto Masahiro, Nakamura Taishi, Arima Yuichiro, Tsujita Kenichi

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   73 ( 9 )   3068 - 3068   2019年03月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

  • Transthyretin心アミロイドーシス患者における99mTcピロリン酸シンチグラフィ施行前の簡便な診断アプローチ(A Simple Diagnostic Approach in Transthyretin Cardiac Amyloidosis before Using 99mTc-labeled Pyrophosphate Scintigraphy)

    高潮 征爾, 丸目 恭平, 西 雅人, 平川 今日子, 山本 正啓, 花谷 信介, 山本 英一郎, 坂本 憲治, 泉家 康宏, 海北 幸一, 辻田 賢一

    日本循環器学会学術集会抄録集   83回   OJ19 - 2   2019年03月

  • Sirt7は心筋細胞において圧過負荷に反応して明確な役割を果たす(Sirt7 Plays a Distinct Role in Cardiomyocyte in Response to Pressure Overload)

    山村 智, 泉家 康宏, 荒木 智, 石田 俊史, 山本 正啓, 有馬 勇一郎, 中村 太志, 辻田 賢一

    日本循環器学会学術集会抄録集   83回   PJ074 - 4   2019年03月

  • 発作性と持続性の非弁膜症性心房細動患者における無症候性脳梗塞の有病率およびリスク因子の差(Differences in Prevalence and Risk Factors of Silent Brain Infarction between Patients with Paroxysmal and Persistentnonvalvular Atrial Fibrillation)

    石川 世良, 岩田 真一, 伊藤 朝広, 田村 聡一郎, 河相 優, 吉山 智貴, 辰巳 裕亮, 土井 淳史, 泉家 康宏, 葭山 稔

    日本循環器学会学術集会抄録集   83回   OJ17 - 6   2019年03月

  • Coronary blood flow volume change is negatively associated with platelet aggregability in patients with non-obstructive ischemic heart disease who have no anti-platelet agents. 査読

    Takae M, Yamamoto E, Fujisue K, Oike F, Nishihara T, Sueta D, Usuku H, Motozato K, Ito M, Hanatani S, Kanazawa H, Arima Y, Takashio S, Nakamura T, Suzuki S, Sakamoto K, Izumiya Y, Soejima H, Kojima S, Yamabe H, Kaikita K, Tsujita K

    International journal of cardiology   277   3 - 7   2019年02月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2018.08.068

    PubMed

  • Coronary blood flow volume change is negatively associated with platelet aggregability in patients with non-obstructive ischemic heart disease who have no anti-platelet agents. 査読

    Masafumi Takae, Eiichiro Yamamoto, Koichiro Fujisue, Fumi Oike, Taiki Nishihara, Daisuke Sueta, Hiroki Usuku, Kota Motozato, Miwa Ito, Shinsuke Hanatani, Hisanori Kanazawa, Yuichiro Arima, Seiji Takashio, Taishi Nakamura, Satoru Suzuki, Kenji Sakamoto, Yasuhiro Izumiya, Hirofumi Soejima, Sunao Kojima, Hiroshige Yamabe, Koichi Kaikita, Kenichi Tsujita

    International journal of cardiology   277   3 - 7   2019年02月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    BACKGROUND: Thrombus formation is one of the main pathogeneses of acute coronary syndrome with atherosclerotic rupture. Previous studies have reported that atherosclerosis increases platelet aggregability and that vascular endothelial dysfunction reflects early change of atherosclerosis. However, the relationship between coronary endothelial dysfunction and platelet reactivity remains unclear. Therefore, in this study, we investigated the relationship between them in non-obstructive ischemic heart disease (IHD) patients. METHODS: Three hundred sixty-eight consecutive stable patients with suspected angina presenting non-obstructive coronary arteries (<50% diameter) in coronary angiography were investigated with the intracoronary acetylcholine provocation test and measured adenosine triphosphate-induced coronary flow reserve. Finally, 25 non-obstructive IHD patients who had no anti-platelet agents were assessed for the relationship between coronary blood flow volume (CBFV) change and platelet aggregability as P2Y12 reaction unit (PRU) by VerifyNow P2Y12 assay system. RESULTS: CBFV change by intracoronary 20 μg/kg per minute acetylcholine provocation showed a significant negative correlation with platelet aggregability as PRU (r = 0.44, P = 0.03). Conversely, there was no significant correlation between PRU and endothelial function as coronary flow reserve. Furthermore, multivariable linear regression analysis indicated that an incremental CBFV change was independently associated with PRU (β = 0.63, P < 0.001) in non-obstructive IHD patients. CONCLUSIONS: In patients with non-obstructive IHD, CBFV change was significantly associated with platelet aggregability, indicating that coronary endothelial dysfunction might mediate higher platelet aggregability.

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2018.08.068

    PubMed

  • Greater Nocturnal Blood Pressure Is Associated With Natriuretic Peptide Level in Aortic Stenosis With Preserved Ejection Fraction 査読

    Tamura Soichiro, Iwata Shinichi, Ito Asahiro, Ishikawa Sera, Mizutani Kazuki, Izumiya Yasuhiro, Yamada Tokuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    一般社団法人 日本循環器学会 CIRCULATION JOURNAL   83 ( 2 )   447 - 451   2019年02月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p><b><i>Background: </i></b>Although careful monitoring of asymptomatic severe aortic stenosis (AS) is recommended to prevent missing the optimal timing of surgical or transcatheter aortic valve replacement, prophylactic treatment that could extend the asymptomatic period remains unknown. In a hypertensive population, high blood pressure (BP) measured at the doctor's office is known to be associated with B-type natriuretic peptide (BNP) level, a surrogate marker for symptomatic deterioration in AS. Little is known regarding the association between nocturnal BP variables and BNP in severe AS with preserved ejection fraction (EF). </p><p><b><i>Methods and Results: </i></b>The subjects consisted of 78 severe AS patients (mean age, 79±6 years) with preserved EF. Nocturnal BP was measured hourly using a home BP monitoring device. On multiple regression analysis, nocturnal mean systolic BP (SBP) remained independently associated with BNP after adjustment for age, sex, body mass index, estimated glomerular filtration rate, antihypertensive medication class, early diastolic mitral annular velocity, and left ventricular mass index (P=0.03), whereas diastolic BP (DBP) and variables of BP variability were not. </p><p><b><i>Conclusions: </i></b>Higher nocturnal SBP rather than DBP or indices of BP variability was independently associated with BNP in AS patients with preserved EF. Intervention for nocturnal SBP may therefore extend the asymptomatic period and improve prognosis. </p>

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0818

    PubMed

    CiNii Article

  • Non-Val30Met mutation, septal hypertrophy, and cardiac denervation in patients with mutant transthyretin amyloidosis. 査読

    Hirakawa K, Takashio S, Marume K, Yamamoto M, Hanatani S, Yamamoto E, Sakamoto K, Izumiya Y, Kaikita K, Oda S, Utsunomiya D, Shiraishi S, Ueda M, Yamashita T, Yamashita Y, Ando Y, Tsujita K

    ESC heart failure   6 ( 1 )   122 - 130   2019年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ehf2.12361

    PubMed

  • Comprehensive assessment of takotsubo cardiomyopathy by cardiac computed tomography. 査読

    Sueta D, Oda S, Izumiya Y, Kaikita K, Kidoh M, Utsunomiya D, Yamashita Y, Tsujita K

    Emergency radiology   26 ( 1 )   109 - 112   2019年02月( ISSN:1070-3004

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10140-018-1610-2

    PubMed

  • Non-Val30Met mutation, septal hypertrophy, and cardiac denervation in patients with mutant transthyretin amyloidosis. 査読

    Kyoko Hirakawa, Seiji Takashio, Kyohei Marume, Masahiro Yamamoto, Shinsuke Hanatani, Eiichiro Yamamoto, Kenji Sakamoto, Yasuhiro Izumiya, Koichi Kaikita, Seitaro Oda, Daisuke Utsunomiya, Shinya Shiraishi, Mitsuharu Ueda, Taro Yamashita, Yasuyuki Yamashita, Yukio Ando, Kenichi Tsujita

    ESC heart failure   6 ( 1 )   122 - 130   2019年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    AIMS: Mutant transthyretin (ATTRm) amyloidosis is a systemic disease caused by the deposition of amyloid fibrils derived from mutated transthyretin. Although cardiac involvement impacts the prognosis of patients with ATTRm amyloidosis, the incidence of cardiac events, such as bradyarrhythmia, ventricular tachycardia, and heart failure, has not been fully elucidated. The aim of this study was to evaluate the prognosis and predictors of clinical outcomes, including cardiac events, in patients with ATTRm amyloidosis in Japan. METHODS AND RESULTS: We evaluated 90 consecutive patients with ATTRm amyloidosis at Kumamoto University. ATTRm amyloidosis was diagnosed by the observation of both amyloid fibril deposition on tissue biopsy and a transthyretin mutation on sequential analysis. Sympathetic nerve activity was evaluated in 59 patients using 123-iodine metaiodobenzylguanidine (123 I-MIBG) imaging. The endpoint was a composite of all-cause death, hospitalization for heart failure, and implantation of a pacemaker, implantable cardioverter defibrillator, or cardiac resynchronization therapy defibrillator. Sixty-seven patients had the Val30Met mutation (74%). The composite endpoint occurred in 23 patients (26%): all-cause death (n = 6), hospitalization for worsening heart failure (n = 1), and implantation of an implantable cardioverter defibrillator (n = 6), cardiac resynchronization therapy defibrillator (n = 3), or pacemaker (n = 7). The 5-year incident rate for clinical outcomes was 19%. In a multivariate Cox hazard analysis, age [hazard ratio (HR): 1.07, 95% confidence interval (95% CI): 1.01-1.12, P = 0.015], PQ interval (HR: 1.01, 95% CI: 1.00-1.02, P = 0.042), interventricular septum thickness in diastole (HR: 1.25, 95% CI: 1.09-1.42, P = 0.001), and non-Val30Met mutation (HR: 4.31, 95% CI: 1.53-12.16, P = 0.006) were independent predictive factors of clinical outcomes. Kaplan-Meier analysis demonstrated a significantly higher probability of the composite endpoint in the non-Val30Met group than in the Val30Met group (log-rank test: P = 0.002) and in patients with left ventricular hypertrophy than in patients without left ventricular hypertrophy (log-rank test: P < 0.001). In patients who underwent 123 I-MIBG imaging, a delayed heart-to-mediastinum (HM) ratio <1.6 was a significant predictive factor of the composite endpoint (HR: 4.98, 95% CI: 1.73-14.37, P = 0.003) in the univariate Cox hazard analyses. Kaplan-Meier curve analysis showed that a delayed HM ratio <1.6 was associated with a poor prognosis (log-rank test: P = 0.001). CONCLUSIONS: Non-Val30Met mutation, septal hypertrophy, and a delayed HM ratio are useful predictors of clinical outcomes in patients with ATTRm amyloidosis in Japan. These results suggest that it is important to evaluate cardiac involvement in terms of morphological (left ventricular hypertrophy) and functional (cardiac denervation) perspectives using echocardiography and 123 I-MIBG imaging, respectively.

    DOI: 10.1002/ehf2.12361

    PubMed

  • Greater Nocturnal Blood Pressure Is Associated With Natriuretic Peptide Level in Aortic Stenosis With Preserved Ejection Fraction.

    Tamura S, Iwata S, Ito A, Ishikawa S, Mizutani K, Izumiya Y, Yamada T, Murakami T, Shibata T, Yoshiyama M

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   83 ( 2 )   447 - 451   2019年01月( ISSN:1346-9843

  • Myocardial Ischemia Suppresses Ketone Body Utilization. 査読

    Arima Y, Izumiya Y, Ishida T, Takashio S, Ishii M, Sueta D, Fujisue K, Sakamoto K, Kaikita K, Tsujita K

    Journal of the American College of Cardiology   73 ( 2 )   246 - 247   2019年01月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacc.2018.10.040

    PubMed

  • Myocardial Ischemia Suppresses Ketone Body Utilization. 査読

    Yuichiro Arima, Yasuhiro Izumiya, Toshifumi Ishida, Seiji Takashio, Masanobu Ishii, Daisuke Sueta, Koichiro Fujisue, Kenji Sakamoto, Koichi Kaikita, Kenichi Tsujita

    Journal of the American College of Cardiology   73 ( 2 )   246 - 247   2019年01月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jacc.2018.10.040

    PubMed

  • A retrospective study of arterial stiffness and subsequent clinical outcomes in cancer patients undergoing percutaneous coronary intervention. 査読

    Noriaki Tabata, Daisuke Sueta, Eiichiro Yamamoto, Seiji Takashio, Yuichiro Arima, Satoshi Araki, Kenshi Yamanaga, Masanobu Ishii, Kenji Sakamoto, Hisanori Kanazawa, Koichiro Fujisue, Shinsuke Hanatani, Hirofumi Soejima, Seiji Hokimoto, Yasuhiro Izumiya, Sunao Kojima, Hiroshige Yamabe, Koichi Kaikita, Kunihiko Matsui, Kenichi Tsujita

    Journal of hypertension   37 ( 4 )   754 - 764   2019年01月( ISSN:0263-6352

     詳細を見る

    国際・国内誌:国際誌  

    OBJECTIVE: Increasing attention is being paid to the relationship between cancer and cardiovascular diseases. In this study, we examined arterial stenosis and stiffness in patients with malignant diseases requiring percutaneous coronary intervention. METHODS: This was a retrospective, single-center, observational study. Participants (n = 1003) were divided into a malignant group, with current or past malignant disease, and a nonmalignant group. The ankle-brachial index (ABI) and brachial-ankle pulse wave velocity (baPWV) were evaluated. The endpoint was a composite of cardiovascular death, nonfatal myocardial infarction, stroke, and revascularization within 1 year. RESULTS: We observed significantly impaired ABI and baPWV in the malignant group. A total of 148 patients had a cardiovascular event. Kaplan-Meier analysis showed a significantly higher probability of cardiovascular events in the malignant group (P = 0.012). The combination of malignancy with ABI/baPWV identified subgroups with significantly different probabilities of cardiovascular events. Multivariate Cox hazard analysis identified malignancy as an independent predictor of cardiovascular events (hazard ratio, 1.54; 95% confidence interval, 1.06-2.26; P = 0.025) with an increased hazard ratio by adding the status of low ABI/high baPWV to malignancy (hazard ratio, 2.36; 95% confidence interval, 1.35-4.12; P = 0.003). We found significantly higher follow-up baPWV values in the malignancy group (P = 0.016). CONCLUSION: Atherosclerosis is advanced and accelerated in patients with malignancy, and these patients had significantly higher rates of adverse cardiovascular events, and their risk might be stratified by ABI and baPWV. REGISTRATION: University Hospital Medical Information Network-CTR (http://www.umin.ac.jp/ctr/). IDENTIFIER: Kumamoto University Malignancy and Atherosclerosis study (UMIN000028652). PUBLIC ACCESS INFORMATION: Opt-out materials are available at the following website: http://www.kumadai-junnai.com/home/wp-content/uploads/akusei.pdf.

    DOI: 10.1097/HJH.0000000000001949

    PubMed

  • Clinical usefulness of dobutamine stress echocardiography for the assessment of double-chambered right ventricle.

    Ito A, Iwata S, Ehara S, Izumiya Y, Yoshiyama M

    European heart journal. Cardiovascular Imaging   20 ( 1 )   120   2019年01月( ISSN:2047-2404

     詳細を見る

  • 左室駆出率の保たれている大動脈弁狭窄症において、夜間高血圧はナトリウム利尿ペプチド濃度と関連している(Greater Nocturnal Blood Pressure Is Associated With Natriuretic Peptide Level in Aortic Stenosis With Preserved Ejection Fraction) 査読

    Tamura Soichiro, Iwata Shinichi, Ito Asahiro, Ishikawa Sera, Mizutani Kazuki, Izumiya Yasuhiro, Yamada Tokuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   83 ( 2 )   447 - 451   2019年01月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    重症の大動脈弁狭窄症(AS)がみられるが左室駆出率は保たれている患者において、B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)の血漿中濃度と、夜間血圧の平均値や変動度との関連性について検討する横断研究を行った。当院に入院した上記患者を前向きに追跡した78名(女性44名、平均79±6歳)のデータを解析対象とした。家庭用血圧記録計を用い、入院初夜に1時間毎の夜間血圧を記録した。また入院時採血検体から血漿BNP濃度を測定した。多変量回帰分析の結果、夜間の平均収縮期血圧は独立してBNP濃度に関連していることが示され、各種調整因子(年齢、性別、BMI、推算糸球体濾過量、投薬されていた降圧剤のクラス、拡張早期僧帽弁輪運動速度、左室心筋重量指数)で調整した場合でもその関連性は依然として有意に認められた。一方、拡張期血圧や血圧変動度を表す変量にはそうしたBNP濃度との関連性はみられなかった。夜間収縮期血圧を指標として介入治療を行うことで無症候期間を延長し予後を向上させることができると考えられた。

  • Clinical usefulness of dobutamine stress echocardiography for the assessment of double-chambered right ventricle 査読

    Ito Asahiro, Iwata Shinichi, Ehara Shoichi, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    EUROPEAN HEART JOURNAL-CARDIOVASCULAR IMAGING   20 ( 1 )   120 - 120   2019年01月( ISSN:2047-2404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ehjci/jey158

    PubMed

  • 左室駆出率の保たれている大動脈弁狭窄症において、夜間高血圧はナトリウム利尿ペプチド濃度と関連している(Greater Nocturnal Blood Pressure Is Associated With Natriuretic Peptide Level in Aortic Stenosis With Preserved Ejection Fraction)

    Tamura Soichiro, Iwata Shinichi, Ito Asahiro, Ishikawa Sera, Mizutani Kazuki, Izumiya Yasuhiro, Yamada Tokuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    Circulation Journal   83 ( 2 )   447 - 451   2019年01月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    重症の大動脈弁狭窄症(AS)がみられるが左室駆出率は保たれている患者において、B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)の血漿中濃度と、夜間血圧の平均値や変動度との関連性について検討する横断研究を行った。当院に入院した上記患者を前向きに追跡した78名(女性44名、平均79±6歳)のデータを解析対象とした。家庭用血圧記録計を用い、入院初夜に1時間毎の夜間血圧を記録した。また入院時採血検体から血漿BNP濃度を測定した。多変量回帰分析の結果、夜間の平均収縮期血圧は独立してBNP濃度に関連していることが示され、各種調整因子(年齢、性別、BMI、推算糸球体濾過量、投薬されていた降圧剤のクラス、拡張早期僧帽弁輪運動速度、左室心筋重量指数)で調整した場合でもその関連性は依然として有意に認められた。一方、拡張期血圧や血圧変動度を表す変量にはそうしたBNP濃度との関連性はみられなかった。夜間収縮期血圧を指標として介入治療を行うことで無症候期間を延長し予後を向上させることができると考えられた。

  • Clinical potential of dual-energy cardiac CT in cardiac amyloidosis. 査読

    Oda S, Nakaura T, Utsunomiya D, Hirakawa K, Takashio S, Izumiya Y, Tsujita K, Kawano Y, Okuno Y, Hata H, Matsuoka M, Yamashita T, Ueda M, Ando Y, Yamashita Y

    Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   26 ( sup1 )   91 - 92   2019年( ISSN:1350-6129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13506129.2019.1582021

    PubMed

  • Clinical potential of dual-energy cardiac CT in cardiac amyloidosis. 査読

    Oda S, Nakaura T, Utsunomiya D, Hirakawa K, Takashio S, Izumiya Y, Tsujita K, Kawano Y, Okuno Y, Hata H, Matsuoka M, Yamashita T, Ueda M, Ando Y, Yamashita Y

    Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   26 ( sup1 )   91 - 92   2019年( ISSN:1350-6129

  • 心房細動アブレーション術後の食道損傷の主な予測因子の分析(Analysis for the primary predictive factor for the incidence of esophageal injury after ablation of atrial fibrillation) 査読

    Ito Miwa, Yamabe Hiroshige, Koyama Junjiroh, Kanazawa Hisanori, Kaneko Shozo, Kanemaru Yusuke, Kiyama Takuya, Arima Yuichiro, Takashio Seiji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Shono Takashi, Utsunomiya Daisuke, Sasaki Yutaka, Yamashita Yasuyuki, Tsujita Kenichi

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   72 ( 5-6 )   480 - 487   2018年12月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    カテーテルアブレーションを受けた心房細動(AF)患者308例(男性216例、女性92例)を対象に、カテーテルアブレーション後の食道損傷を予測する臨床的因子について検討した。アブレーションはステップワイズアプローチにより20〜40Wの通電を30〜120秒施行した。術後1日に上部消化管内視鏡検査を実施した。27例(8.8%)で食道損傷を認めた。患者を食道損傷陽性群27例(男性74.1%、平均60.0±9.4歳)と陰性群(男性69.6%、平均62.7±9.5歳)の2群に分類した。年齢、性別、体格指数、発作性AFの有病率、AFの持続期間に群間差はなく、また冠動脈疾患、高血圧、糖尿病の既往やCHA2DS2-VAScスコアにも有意差はなかった。肺静脈隔離術単独の患者は食道損傷陰性群の方が有意に多かった(P=0.039)。CT上で計測した食道粘膜表面と左房後方の距離(SD-CT)は食道損傷陽性群(2.3±0.6mm)の方が陰性群(4.1±0.9mm)より有意に短かった(P<0.001)。SD-CTのカットオフ値を2.9mmに設定した場合、食道損傷の診断感度は92.3%、特異度は96.8%であった。

  • LDL受容体変異とPCSK9 V41変異を有する二重ヘテロ結合家族性高コレステロール血症に対するPCSK9抗体とロスバスタチンによる冠動脈プラーク退縮(Coronary Artery Plaque Regression by a PCSK9 Antibody and Rosuvastatin in Double-heterozygous Familial Hypercholesterolemia with an LDL Receptor Mutation and a PCSK9 V41 Mutation) 査読

    Shirahama Ryo, Ono Takamichi, Nagamatsu Suguru, Sueta Daisuke, Takashio Seiji, Chitose Tadasuke, Fujisue Koichiro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Hori Mika, Harada-Shiba Mariko, Kajiwara Ichiro, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   57 ( 24 )   3551 - 3557   2018年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は38歳男性で、突然の左側胸部圧迫を訴えて救急受診した。18歳時に脂質異常症が検出され、アトルバスタチンなどを処方されていたが、アドヒアランスは不良であった。心電図検査で第II誘導、第III誘導、aVF誘導による重度のST上昇、V1-V6誘導におけるST低下がみられ、心エコー検査で左室後壁と中隔の運動低下を認めた。以上の所見からST上昇型心筋梗塞と診断され、緊急冠動脈造影にて近位右冠動脈と近位左下行前動脈の閉塞を認めた。右冠動脈に対してビオリムス溶出ステントとエベロリムス溶出ステントを留置したところ、血管造影でも血管内超音波検査でも良好な成績が得られており、ステント端の解離や不完全拡張はなかった。さらに、血中脂質値から家族性高コレステロール血症(FH)が疑われ、ロスバスタチンとエゼチミブを投与したがガイドラインが示す目標値には到達せず、ヒト抗PCSK9モノクローナル抗体エボロクマブを開始した。その結果、2ヵ月後にLDL-C、HDL-C、トリグリセリドはそれぞれ改善し、ロスバスタチンとエボロクマブの投与を継続した。さらに、遺伝子解析によってFHの表現型をみたところ、LDLRフレームシフト変異とPCSK9 V41変異を有することが判明した。また、血管内超音波像ではアテローム容積率はPCI直後と比較して9ヵ月後に減少しており、PCSK9抗体とロスバスタチンの投与によって冠動脈プラークの退縮が得られたものと考えられた。

  • Analysis for the primary predictive factor for the incidence of esophageal injury after ablation of atrial fibrillation. 査読

    Ito M, Yamabe H, Koyama J, Kanazawa H, Kaneko S, Kanemaru Y, Kiyama T, Arima Y, Takashio S, Yamamoto E, Izumiya Y, Kojima S, Kaikita K, Shono T, Utsunomiya D, Sasaki Y, Yamashita Y, Tsujita K

    Journal of cardiology   72 ( 6 )   480 - 487   2018年12月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2018.05.009

    PubMed

  • LDL受容体変異とPCSK9 V41変異を有する二重ヘテロ結合家族性高コレステロール血症に対するPCSK9抗体とロスバスタチンによる冠動脈プラーク退縮(Coronary Artery Plaque Regression by a PCSK9 Antibody and Rosuvastatin in Double-heterozygous Familial Hypercholesterolemia with an LDL Receptor Mutation and a PCSK9 V41 Mutation)

    Shirahama Ryo, Ono Takamichi, Nagamatsu Suguru, Sueta Daisuke, Takashio Seiji, Chitose Tadasuke, Fujisue Koichiro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Hori Mika, Harada-Shiba Mariko, Kajiwara Ichiro, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi

    Internal Medicine   57 ( 24 )   3551 - 3557   2018年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は38歳男性で、突然の左側胸部圧迫を訴えて救急受診した。18歳時に脂質異常症が検出され、アトルバスタチンなどを処方されていたが、アドヒアランスは不良であった。心電図検査で第II誘導、第III誘導、aVF誘導による重度のST上昇、V1-V6誘導におけるST低下がみられ、心エコー検査で左室後壁と中隔の運動低下を認めた。以上の所見からST上昇型心筋梗塞と診断され、緊急冠動脈造影にて近位右冠動脈と近位左下行前動脈の閉塞を認めた。右冠動脈に対してビオリムス溶出ステントとエベロリムス溶出ステントを留置したところ、血管造影でも血管内超音波検査でも良好な成績が得られており、ステント端の解離や不完全拡張はなかった。さらに、血中脂質値から家族性高コレステロール血症(FH)が疑われ、ロスバスタチンとエゼチミブを投与したがガイドラインが示す目標値には到達せず、ヒト抗PCSK9モノクローナル抗体エボロクマブを開始した。その結果、2ヵ月後にLDL-C、HDL-C、トリグリセリドはそれぞれ改善し、ロスバスタチンとエボロクマブの投与を継続した。さらに、遺伝子解析によってFHの表現型をみたところ、LDLRフレームシフト変異とPCSK9 V41変異を有することが判明した。また、血管内超音波像ではアテローム容積率はPCI直後と比較して9ヵ月後に減少しており、PCSK9抗体とロスバスタチンの投与によって冠動脈プラークの退縮が得られたものと考えられた。

  • 心房細動アブレーション術後の食道損傷の主な予測因子の分析(Analysis for the primary predictive factor for the incidence of esophageal injury after ablation of atrial fibrillation)

    Ito Miwa, Yamabe Hiroshige, Koyama Junjiroh, Kanazawa Hisanori, Kaneko Shozo, Kanemaru Yusuke, Kiyama Takuya, Arima Yuichiro, Takashio Seiji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Shono Takashi, Utsunomiya Daisuke, Sasaki Yutaka, Yamashita Yasuyuki, Tsujita Kenichi

    Journal of Cardiology   72 ( 5-6 )   480 - 487   2018年12月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    カテーテルアブレーションを受けた心房細動(AF)患者308例(男性216例、女性92例)を対象に、カテーテルアブレーション後の食道損傷を予測する臨床的因子について検討した。アブレーションはステップワイズアプローチにより20~40Wの通電を30~120秒施行した。術後1日に上部消化管内視鏡検査を実施した。27例(8.8%)で食道損傷を認めた。患者を食道損傷陽性群27例(男性74.1%、平均60.0±9.4歳)と陰性群(男性69.6%、平均62.7±9.5歳)の2群に分類した。年齢、性別、体格指数、発作性AFの有病率、AFの持続期間に群間差はなく、また冠動脈疾患、高血圧、糖尿病の既往やCHA2DS2-VAScスコアにも有意差はなかった。肺静脈隔離術単独の患者は食道損傷陰性群の方が有意に多かった(P=0.039)。CT上で計測した食道粘膜表面と左房後方の距離(SD-CT)は食道損傷陽性群(2.3±0.6mm)の方が陰性群(4.1±0.9mm)より有意に短かった(P<0.001)。SD-CTのカットオフ値を2.9mmに設定した場合、食道損傷の診断感度は92.3%、特異度は96.8%であった。

  • A Simple Diagnostic Approach in Transthyretin Cardiac Amyloidosis Before Using 99mTc-Labeled Pyrophosphate Scintigraphy 査読

    Takashio Seiji, Marume Kyohei, Hirakawa Kyoko, Yamamoto Masahiro, Nishi Masato, Hanatani Shinsuke, Oda Seitaro, Utsunomiya Daisuke, Shiraishi Shinya, Ueda Mitsuharu, Yamashita Taro, Izumiya Yasuhiro, Yamashita Yasuyuki, Ando Yukio, Tsujita Kenichi

    CIRCULATION   138   2018年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Increased Oxidative Stress Marker During Acute Exercise Predicts the Poor Prognosis in Patients With Heart Failure 査読

    Shibata Atsushi, Hanatani Akihisa, Yamaguchi Yumi, Iwata Shinichi, Izumi Yasukatsu, Ehara Shoichi, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    CIRCULATION   138   2018年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Greater Nocturnal Blood Pressure is Associated With Natriuretic Peptide Level in Aortic Stenosis Patients With Preserved Ejection Fraction. 査読

    Tamura Soichiro, Iwata Shinichi, Ito Asahiro, Ishikawa Sera, Mizutani Kazuki, Izumiya Yasuhiro, Yamada Tokuhiro, Murakami Takashi, Shibata Toshihiko, Yoshiyama Minoru

    CIRCULATION   138   2018年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Differences in Prevalence and Risk Factors of Silent Brain Infarction Between Patients With Paroxysmal and Persistent Nonvalvular Atrial Fibrillation 査読

    Tamura Soichiro, Iwata Shinichi, Ishikawa Sera, Kitada Ryoda, Kawai Yu, Nonin Shinichi, Ito Asahiro, Doi Atsushi, Izumiya Yasuhiro, Yoshiyama Minoru

    CIRCULATION   138   2018年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Diagnostic Sensitivity of Tissue Biopsy in ATTR Cardiac Amyloidosis Diagnosed by Non-Invasive Diagnostic Criteria 査読

    Nishi Masato, Kyohei Marume, Hirakawa Kyoko, Yamamoto Masahiro, Hanatani Shinsuke, Takashio Seiji, Oda Seitaro, Utsunomiya Daisuke, Shiraishi Shinya, Ueda Mitsuharu, Yamashita Taro, Izumiya Yasuhiro, Yamashita Yasuyuki, Ando Yukio, Tsujita Kenichi

    CIRCULATION   138   2018年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akt1-Mediated Muscle Growth Promotes Blood Flow Recovery After Hindlimb Ischemia by Enhancing Heme Oxygenase-1 in Neighboring Cells. 査読

    Izumiya Yasuhiro, Onoue Yoshiro, Hanatani Shinsuke, Ishida Toshifumi, Arima Yuichiro, Tsujita Kenichi

    CIRCULATION   138   2018年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akt1-Mediated Muscle Growth Promotes Blood Flow Recovery After Hindlimb Ischemia by Enhancing Heme Oxygenase-1 in Neighboring Cells. 査読

    Onoue Y, Izumiya Y, Hanatani S, Ishida T, Arima Y, Yamamura S, Kimura Y, Araki S, Ishii M, Nakamura T, Oimatsu Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Kojima S, Kaikita K, Tsujita K

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 ( 11 )   2905 - 2912   2018年10月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0135

    PubMed

  • Impact of statin-ezetimibe combination on coronary atheroma plaque in patients with and without chronic kidney disease - Sub-analysis of PRECISE-IVUS trial. 査読

    Fujisue K, Nagamatsu S, Shimomura H, Yamashita T, Nakao K, Nakamura S, Ishihara M, Matsui K, Yamamoto N, Koide S, Matsumura T, Fujimoto K, Tsunoda R, Morikami Y, Matsuyama K, Oshima S, Sakamoto K, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H, Tsujita K

    International journal of cardiology   268   23 - 26   2018年10月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2018.04.051

    PubMed

  • Outcome of current and history of cancer on the risk of cardiovascular events following percutaneous coronary intervention: a Kumamoto University Malignancy and Atherosclerosis (KUMA) study. 査読

    Tabata N, Sueta D, Yamamoto E, Takashio S, Arima Y, Araki S, Yamanaga K, Ishii M, Sakamoto K, Kanazawa H, Fujisue K, Hanatani S, Soejima H, Hokimoto S, Izumiya Y, Kojima S, Yamabe H, Kaikita K, Tsujita K, KUMA study investigators.

    European heart journal. Quality of care & clinical outcomes   4 ( 4 )   290 - 300   2018年10月( ISSN:2058-5225

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ehjqcco/qcx047

    PubMed

  • Non-invasive testing for sarcopenia predicts future cardiovascular events in patients with chronic kidney disease. 査読

    Hanatani S, Izumiya Y, Onoue Y, Tanaka T, Yamamoto M, Ishida T, Yamamura S, Kimura Y, Araki S, Arima Y, Nakamura T, Fujisue K, Takashio S, Sueta D, Sakamoto K, Yamamoto E, Kojima S, Kaikita K, Tsujita K

    International journal of cardiology   268   216 - 221   2018年10月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2018.03.064

    PubMed

  • Dose-dependent INhibitory effect of rosuVastatin In Japanese patienTs with Acute myocardial infarcTION on serum concentration of matrix metalloproteinases - INVITATION trial. 査読

    Fujisue K, Shirakawa T, Nakamura S, Yamamoto N, Oshima S, Matsumura T, Tsunoda R, Hirai N, Tayama S, Nakamura N, Hirose T, Maruyama H, Fujimoto K, Kajiwara I, Sakamoto T, Nakao K, Sakaino N, Hokimoto S, Nagayoshi Y, Hokamaki J, Shimomura H, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Kaikita K, Ogawa H, Tsujita K, INVITATION study investigators.

    Journal of cardiology   72 ( 4 )   350 - 355   2018年10月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2018.03.012

    PubMed

  • Rosuvastatinが日本人急性心筋梗塞患者の血清matrix metalloproteinase濃度に及ぼす用量依存性阻害作用 INVITATION試験(Dose-dependent INhibitory effect of rosuVastatin In Japanese patienTs with Acute myocardial infarcTION on serum concentration of matrix metalloproteinases: INVITATION trial) 査読

    Fujisue Koichiro, Shirakawa Takuhiro, Nakamura Shinichi, Yamamoto Nobuyasu, Oshima Shuichi, Matsumura Toshiyuki, Tsunoda Ryusuke, Hirai Nobutaka, Tayama Shinji, Nakamura Natsuki, Hirose Toyoki, Maruyama Hideki, Fujimoto Kazuteru, Kajiwara Ichiro, Sakamoto Tomohiro, Nakao Koichi, Sakaino Naritsugu, Hokimoto Seiji, Nagayoshi Yasuhiro, Hokamaki Jun, Shimomura Hideki, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi, INVITATION study investigators

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   72 ( 3-4 )   350 - 355   2018年10月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akt1媒介性の筋増殖は後肢虚血後の血流改善を隣接細胞におけるHeme Oxygenase-1の増強により促す(Akt1-Mediated Muscle Growth Promotes Blood Flow Recovery After Hindlimb Ischemia by Enhancing Heme Oxygenase-1 in Neighboring Cells) 査読

    Onoue Yoshiro, Izumiya Yasuhiro, Hanatani Shinsuke, Ishida Toshifumi, Arima Yuichiro, Yamamura Satoru, Kimura Yuichi, Araki Satoshi, Ishii Masanobu, Nakamura Taishi, Oimatsu Yu, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Tsujita Kenichi

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   82 ( 11 )   2905 - 2912   2018年10月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    虚血病変においてレジスタンスエクササイズによって筋増殖が隣接細胞と相互作用することにより血管新生を促進させるという仮説を検証した。レジスタンスエクササイズのモデルとして、機能性骨格筋の増殖を誘発する骨格筋特異的誘導可能なAkt1トランスジェニック(Akt1-TG)マウスを使用した。プロテオーム解析から、Akt1-TGマウスにおいて、対照マウスと比較して、筋組織中のheme oxigenase-1(HO-1)の有意なアップレギュレーションが特定された。後肢虚血後の血流回復は、Akt1-TGマウスにおいて対照マウスよりも有意に促進された。Akt1-TGマウスにおける血流および毛細血管密度の増加は、HO-1阻害剤Tin-mesoporphyrinによって完全に阻害された。免疫組織化学検査から、HO-1の発現が筋細胞では増加しておらず、マクロファージおよび内皮細胞においては増加していたことが示された。これらの結果と一致して、後肢虚血後の血流改善は対照マウスと骨格筋特異的HO-1ノックアウトマウス間で同等であった。アデノウイルス媒介性のAkt1過剰発現は、C2C12筋管細胞におけるHO-1蛋白発現を亢進させなかったが、Akt1を過剰発現するC2C12筋管細胞由来の馴化培養液は内皮細胞におけるHO-1発現を亢進させた。サイトカインアレイは、サイトカイン分泌のパネルがAkt1過剰発現C2C12細胞においてアップレギュレートされることを示し、筋細胞と内皮細胞およびマクロファージとのパラクリン相互作用が示唆された。

  • Rosuvastatinが日本人急性心筋梗塞患者の血清matrix metalloproteinase濃度に及ぼす用量依存性阻害作用 INVITATION試験(Dose-dependent INhibitory effect of rosuVastatin In Japanese patienTs with Acute myocardial infarcTION on serum concentration of matrix metalloproteinases: INVITATION trial)

    Fujisue Koichiro, Shirakawa Takuhiro, Nakamura Shinichi, Yamamoto Nobuyasu, Oshima Shuichi, Matsumura Toshiyuki, Tsunoda Ryusuke, Hirai Nobutaka, Tayama Shinji, Nakamura Natsuki, Hirose Toyoki, Maruyama Hideki, Fujimoto Kazuteru, Kajiwara Ichiro, Sakamoto Tomohiro, Nakao Koichi, Sakaino Naritsugu, Hokimoto Seiji, Nagayoshi Yasuhiro, Hokamaki Jun, Shimomura Hideki, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi, INVITATION study investigators

    Journal of Cardiology   72 ( 3-4 )   350 - 355   2018年10月( ISSN:0914-5087

  • Akt1媒介性の筋増殖は後肢虚血後の血流改善を隣接細胞におけるHeme Oxygenase-1の増強により促す(Akt1-Mediated Muscle Growth Promotes Blood Flow Recovery After Hindlimb Ischemia by Enhancing Heme Oxygenase-1 in Neighboring Cells)

    Onoue Yoshiro, Izumiya Yasuhiro, Hanatani Shinsuke, Ishida Toshifumi, Arima Yuichiro, Yamamura Satoru, Kimura Yuichi, Araki Satoshi, Ishii Masanobu, Nakamura Taishi, Oimatsu Yu, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Tsujita Kenichi

    Circulation Journal   82 ( 11 )   2905 - 2912   2018年10月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    虚血病変においてレジスタンスエクササイズによって筋増殖が隣接細胞と相互作用することにより血管新生を促進させるという仮説を検証した。レジスタンスエクササイズのモデルとして、機能性骨格筋の増殖を誘発する骨格筋特異的誘導可能なAkt1トランスジェニック(Akt1-TG)マウスを使用した。プロテオーム解析から、Akt1-TGマウスにおいて、対照マウスと比較して、筋組織中のheme oxigenase-1(HO-1)の有意なアップレギュレーションが特定された。後肢虚血後の血流回復は、Akt1-TGマウスにおいて対照マウスよりも有意に促進された。Akt1-TGマウスにおける血流および毛細血管密度の増加は、HO-1阻害剤Tin-mesoporphyrinによって完全に阻害された。免疫組織化学検査から、HO-1の発現が筋細胞では増加しておらず、マクロファージおよび内皮細胞においては増加していたことが示された。これらの結果と一致して、後肢虚血後の血流改善は対照マウスと骨格筋特異的HO-1ノックアウトマウス間で同等であった。アデノウイルス媒介性のAkt1過剰発現は、C2C12筋管細胞におけるHO-1蛋白発現を亢進させなかったが、Akt1を過剰発現するC2C12筋管細胞由来の馴化培養液は内皮細胞におけるHO-1発現を亢進させた。サイトカインアレイは、サイトカイン分泌のパネルがAkt1過剰発現C2C12細胞においてアップレギュレートされることを示し、筋細胞と内皮細胞およびマクロファージとのパラクリン相互作用が示唆された。

  • Serum Potassium and Cardiovascular Events in Heart Failure With Preserved Left Ventricular Ejection Fraction Patients. 査読

    Nishihara T, Tokitsu T, Sueta D, Takae M, Oike F, Fujisue K, Usuku H, Takashio S, Hanatani S, Kanazawa H, Arima Y, Sakamoto K, Izumiya Y, Yamabe H, Kaikita K, Yamamoto E, Tsujita K

    American journal of hypertension   31 ( 10 )   1098 - 1105   2018年09月( ISSN:0895-7061

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ajh/hpy101

    PubMed

  • 二層検出器CTを用いた静脈血栓塞栓症のオンデマンドによる後方視的な新規スペクトル解析評価法(Novel assessment of retrospective on-demand analysis of venous thromboembolism by dual-layer spectral-detector CT) 査読

    Sueta Daisuke, Utsunomiya Daisuke, Izumiya Yasuhiro, Nakaura Takeshi, Oda Seitaro, Kaikita Koichi, Yamashita Yasuyuki, Tsujita Kenichi

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology Cases   18 ( 3 )   88 - 91   2018年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は76歳男性で、左前腕骨折のため救急医療部へ搬送された。血中Dダイマー値が15.5μg/mLと高値を呈したことから静脈血栓塞栓症(VTE)を疑い、二層検出器を搭載したスペクトラルCT装置(IQon Spectral CT)を用いたスペクトル解析を実施した。同装置では通常のCT画像に加えて多様なスペクトラル画像を同時に利用することが可能で、血栓塞栓症の単純画像とヨード密度強調画像を比較した。右上肺動脈に造影欠損を認め、肺血流マッピング機能で右上葉に血流低下を認めた。VTEと診断し、エドキサバン60mgの投与を開始した。抗凝固療法の開始後18日に造影CT検査を実施し、血栓塞栓症の消失を確認した。ヨード密度強調画像では肺血流も改善していた。造影剤の注入5分後に遅延相CTを撮影して、深部静脈血栓症を評価した。左下肢に血栓塞栓症を認めた。仮想単色X線で40keVと70keV画像を比較したところ、ヨード密度の変化によりDVTが容易に視覚化された。DVTに対して抗凝固療法を実施した。

  • Novel assessment of retrospective on-demand analysis of venous thromboembolism by dual-layer spectral-detector CT. 査読

    Sueta D, Utsunomiya D, Izumiya Y, Nakaura T, Oda S, Kaikita K, Yamashita Y, Tsujita K

    Journal of cardiology cases   18 ( 3 )   88 - 91   2018年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2018.05.003

    PubMed

  • 二層検出器CTを用いた静脈血栓塞栓症のオンデマンドによる後方視的な新規スペクトル解析評価法(Novel assessment of retrospective on-demand analysis of venous thromboembolism by dual-layer spectral-detector CT)

    Sueta Daisuke, Utsunomiya Daisuke, Izumiya Yasuhiro, Nakaura Takeshi, Oda Seitaro, Kaikita Koichi, Yamashita Yasuyuki, Tsujita Kenichi

    Journal of Cardiology Cases   18 ( 3 )   88 - 91   2018年09月

     詳細を見る

    症例は76歳男性で、左前腕骨折のため救急医療部へ搬送された。血中Dダイマー値が15.5μg/mLと高値を呈したことから静脈血栓塞栓症(VTE)を疑い、二層検出器を搭載したスペクトラルCT装置(IQon Spectral CT)を用いたスペクトル解析を実施した。同装置では通常のCT画像に加えて多様なスペクトラル画像を同時に利用することが可能で、血栓塞栓症の単純画像とヨード密度強調画像を比較した。右上肺動脈に造影欠損を認め、肺血流マッピング機能で右上葉に血流低下を認めた。VTEと診断し、エドキサバン60mgの投与を開始した。抗凝固療法の開始後18日に造影CT検査を実施し、血栓塞栓症の消失を確認した。ヨード密度強調画像では肺血流も改善していた。造影剤の注入5分後に遅延相CTを撮影して、深部静脈血栓症を評価した。左下肢に血栓塞栓症を認めた。仮想単色X線で40keVと70keV画像を比較したところ、ヨード密度の変化によりDVTが容易に視覚化された。DVTに対して抗凝固療法を実施した。

  • Utility of Single-Photon Emission Computed Tomography/Computed Tomography Fusion Imaging With <sup>99 m</sup>Tc-Pyrophosphate Scintigraphy in the Assessment of Cardiac Transthyretin Amyloidosis. 査読

    Tsuda N, Shiraishi S, Oda S, Ogasawara K, Sakamoto F, Tomiguchi S, Fujisue K, Takashio S, Izumiya Y, Tsujita K, Ando Y, Yamashita Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 ( 7 )   1970 - 1971   2018年06月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-1111

    PubMed

  • Impact of Chronic Kidney Disease on Outcomes After Percutaneous Coronary Intervention for Chronic Total Occlusions (from the Japanese Multicenter Registry). 査読

    Naganuma T, Tsujita K, Mitomo S, Ishiguro H, Basavarajaiah S, Sato K, Kobayashi T, Obata J, Nagamatsu S, Yamanaga K, Komura N, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Kojima S, Kaikita K, Ogawa H, Nakamura S

    The American journal of cardiology   121 ( 12 )   1519 - 1523   2018年06月( ISSN:0002-9149

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2018.02.032

    PubMed

  • Late iodine enhancement and myocardial extracellular volume quantification in cardiac amyloidosis by using dual-energy cardiac computed tomography performed on a dual-layer spectral detector scanner. 査読

    Oda S, Nakaura T, Utsunomiya D, Hirakawa K, Takashio S, Izumiya Y, Tsujita K, Hata H, Ando Y, Yamashita Y

    Amyloid : the international journal of experimental and clinical investigation : the official journal of the International Society of Amyloidosis   25 ( 2 )   137 - 138   2018年06月( ISSN:1350-6129

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/13506129.2018.1424625

    PubMed

  • Tailored Adjunctive Cilostazol Therapy Based on CYP2C19 Genotyping in Patients With Acute Myocardial Infarction - The CALDERA-GENE Study. 査読

    Kaikita K, Yoshimura H, Ishii M, Kudoh T, Yamada Y, Yamamoto E, Izumiya Y, Kojima S, Shimomura H, Tsunoda R, Matsui K, Ogawa H, Tsujita K, CALDERA-GENE Investigators.

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   82 ( 6 )   1517 - 1525   2018年05月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-18-0197

    PubMed

  • 急性心筋梗塞患者における、CYP2C19遺伝子型判定に基づく個別化シロスタゾール補助療法 CALDERA-GENE研究(Tailored Adjunctive Cilostazol Therapy Based on CYP2C19 Genotyping in Patients With Acute Myocardial Infarction: The CALDERA-GENE Study) 査読

    Kaikita Koichi, Yoshimura Hiromi, Ishii Masanobu, Kudoh Takashi, Yamada Yoshihiro, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kojima Sunao, Shimomura Hideki, Tsunoda Ryusuke, Matsui Kunihiko, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi, CALDERA-GENE Investigators

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   82 ( 6 )   1517 - 1525   2018年05月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    急性心筋梗塞(AMI)患者の治療における、CYP2C19遺伝子型判定に基づく個別化シロスタゾール補助療法の効果を非盲検前向き多施設研究により評価した。経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行したAMI疑い患者のCYP2C19遺伝子型を調査し、CYP2C19機能低下対立遺伝子保持者をアスピリンとクロピドグレルの抗血小板剤二剤併用療法(DPAT)治療群42例(DAPT群)とDAPTに14日間のシロスタゾール治療群46例(DAPT+C群)に無作為に割り付け治療を行った。当該遺伝子非保持者40例(非保持DAPT群)にはDAPT療法を行った。治療開始直後、1日、14日(治療終了時)、28日(治療終了の14日後)時点で、これら患者における血小板P2Y12受容体特異的ADP介在血小板凝集量を表すP2Y12反応ユニット(PRU)を評価した。DAPT+C群では、当該治療によりPRUレベルが非保持DAPT群のレベルに減少し、14日時点でDAPT群よりも有意に低かった。シロスタゾールの中止は、28日時点におけるDAPT群のPRUレベルへの上昇と有意に関連していた。14日時点の血漿中B型ナトリウム利尿ペプチドはDAPT+C群で他の2群よりも低かったが、シロスタゾール治療停止により28日時点で他群のレベルに増加していた。CYP2C19遺伝子型判定に基づく個別化シロスタゾール補助療法は、CYP2C19機能低下対立遺伝子を有するAMI患者において有用であることが示唆された。

  • 急性心筋梗塞患者における、CYP2C19遺伝子型判定に基づく個別化シロスタゾール補助療法 CALDERA-GENE研究(Tailored Adjunctive Cilostazol Therapy Based on CYP2C19 Genotyping in Patients With Acute Myocardial Infarction: The CALDERA-GENE Study)

    Kaikita Koichi, Yoshimura Hiromi, Ishii Masanobu, Kudoh Takashi, Yamada Yoshihiro, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Kojima Sunao, Shimomura Hideki, Tsunoda Ryusuke, Matsui Kunihiko, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi, CALDERA-GENE Investigators

    Circulation Journal   82 ( 6 )   1517 - 1525   2018年05月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    急性心筋梗塞(AMI)患者の治療における、CYP2C19遺伝子型判定に基づく個別化シロスタゾール補助療法の効果を非盲検前向き多施設研究により評価した。経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行したAMI疑い患者のCYP2C19遺伝子型を調査し、CYP2C19機能低下対立遺伝子保持者をアスピリンとクロピドグレルの抗血小板剤二剤併用療法(DPAT)治療群42例(DAPT群)とDAPTに14日間のシロスタゾール治療群46例(DAPT+C群)に無作為に割り付け治療を行った。当該遺伝子非保持者40例(非保持DAPT群)にはDAPT療法を行った。治療開始直後、1日、14日(治療終了時)、28日(治療終了の14日後)時点で、これら患者における血小板P2Y12受容体特異的ADP介在血小板凝集量を表すP2Y12反応ユニット(PRU)を評価した。DAPT+C群では、当該治療によりPRUレベルが非保持DAPT群のレベルに減少し、14日時点でDAPT群よりも有意に低かった。シロスタゾールの中止は、28日時点におけるDAPT群のPRUレベルへの上昇と有意に関連していた。14日時点の血漿中B型ナトリウム利尿ペプチドはDAPT+C群で他の2群よりも低かったが、シロスタゾール治療停止により28日時点で他群のレベルに増加していた。CYP2C19遺伝子型判定に基づく個別化シロスタゾール補助療法は、CYP2C19機能低下対立遺伝子を有するAMI患者において有用であることが示唆された。

  • Reply to letter to the editor: "A simple sarcopenia screening test predicts future adverse events in patients with heart failure". 査読

    Izumiya Y, Hanatani S, Onoue Y, Tsujita K

    International journal of cardiology   256   28   2018年04月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2017.12.082

    PubMed

  • Evaluation of Collateral Source Characteristics With 3-Dimensional Analysis Using Micro-X-Ray Computed Tomography. 査読

    Arima Y, Hokimoto S, Tabata N, Nakagawa O, Oshima A, Matsumoto Y, Sato T, Mukunoki T, Otani J, Ishii M, Uchikawa M, Yamamoto E, Izumiya Y, Kaikita K, Ogawa H, Nishiyama K, Tsujita K

    Journal of the American Heart Association   7 ( 6 )   2018年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.117.007800

    PubMed

  • Recent advances in diagnosis and treatment of cardiac amyloidosis. 査読

    Izumiya Y, Takashio S, Oda S, Yamashita Y, Tsujita K

    Journal of cardiology   71 ( 2 )   135 - 143   2018年02月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2017.10.003

    PubMed

  • Clinical Usefulness of Dual-Energy Cardiac Computed Tomography in Acute Coronary Syndrome Using a Dual-Layer Spectral Detector Scanner. 査読

    Nishihara T, Oda S, Sueta D, Izumiya Y, Kaikita K, Tsujita K, Utsunomiya D, Nakaura T, Yamashita Y

    Circulation. Cardiovascular imaging   11 ( 2 )   e007277   2018年02月( ISSN:1941-9651

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCIMAGING.117.007277

    PubMed

  • Diagnostic utility of cardiac troponin T level in patients with cardiac amyloidosis. 査読

    Takashio S, Yamamuro M, Izumiya Y, Hirakawa K, Marume K, Yamamoto M, Ueda M, Yamashita T, Ishibashi-Ueda H, Yasuda S, Ogawa H, Ando Y, Anzai T, Tsujita K

    ESC heart failure   5 ( 1 )   27 - 35   2018年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ehf2.12203

    PubMed

  • Fetal Origins of Hypertension. 査読

    Arima Y, Nishiyama K, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Tsujita K

    Advances in experimental medicine and biology   1012   41 - 48   2018年( ISSN:0065-2598

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-981-10-5526-3_5

    PubMed

  • Coronary Artery Plaque Regression by a PCSK9 Antibody and Rosuvastatin in Double-heterozygous Familial Hypercholesterolemia with an LDL Receptor Mutation and a PCSK9 V4I Mutation. 査読

    Shirahama R, Ono T, Nagamatsu S, Sueta D, Takashio S, Chitose T, Fujisue K, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Hori M, Harada-Shiba M, Kajiwara I, Ogawa H, Tsujita K

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   57 ( 24 )   3551 - 3557   2018年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.1060-18

    PubMed

  • Sirt7による血管病変制御機構の解明 査読

    泉家 康宏

    (公財)上原記念生命科学財団 上原記念生命科学財団研究報告集   31   1 - 6   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Cardioprotective Effects of LCZ696 (Sacubitril/Valsartan) After Experimental Acute Myocardial Infarction. 査読

    Ishii M, Kaikita K, Sato K, Sueta D, Fujisue K, Arima Y, Oimatsu Y, Mitsuse T, Onoue Y, Araki S, Yamamuro M, Nakamura T, Izumiya Y, Yamamoto E, Kojima S, Kim-Mitsuyama S, Ogawa H, Tsujita K

    JACC. Basic to translational science   2 ( 6 )   655 - 668   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacbts.2017.08.001

    PubMed

  • Sirt7による血管病変制御機構の解明

    泉家 康宏

    上原記念生命科学財団研究報告集   31   1 - 6   2017年12月

  • Pulmonary Tumor Thrombotic Microangiopathy - Antemortem Diagnosis With Pulmonary Artery Wedge Blood Cell Sampling in a Recurrent Breast Cancer Patient. 査読

    Fuchigami S, Tsunoda R, Shimizu H, Takae M, Usuku H, Yoshimura H, Ikemoto T, Nagamine M, Ito T, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Tsujita K

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81 ( 12 )   1959 - 1960   2017年11月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-17-0228

    PubMed

  • Cardiovascular magnetic resonance myocardial T1 mapping to detect and quantify cardiac involvement in familial amyloid polyneuropathy. 査読

    Oda S, Utsunomiya D, Morita K, Nakaura T, Yuki H, Kidoh M, Hirata K, Taguchi N, Tsuda N, Shiraishi S, Namimoto T, Hirakawa K, Takashio S, Izumiya Y, Yamamuro M, Hokimoto S, Tsujita K, Ueda M, Yamashita T, Ando Y, Yamashita Y

    European radiology   27 ( 11 )   4631 - 4638   2017年11月( ISSN:0938-7994

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00330-017-4845-5

    PubMed

  • Prognostic Value of the CHADS<sub>2</sub> Score for Adverse Cardiovascular Events in Coronary Artery Disease Patients Without Atrial Fibrillation-A Multi-Center Observational Cohort Study. 査読

    Tabata N, Yamamoto E, Hokimoto S, Yamashita T, Sueta D, Takashio S, Arima Y, Izumiya Y, Kojima S, Kaikita K, Matsui K, Fujimoto K, Sakamoto K, Shimomura H, Tsunoda R, Hirose T, Nakamura N, Sakaino N, Nakamura S, Yamamoto N, Matsumura T, Kajiwara I, Koide S, Sakamoto T, Nakao K, Oshima S, Tsujita K, Kumamoto Intervention Conference Study (KICS) Investigators.

    Journal of the American Heart Association   6 ( 8 )   2017年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.117.006355

    PubMed

  • Direct Oral Anticoagulants Form Thrombus Different From Warfarin in a Microchip Flow Chamber System. 査読

    Ishii M, Kaikita K, Ito M, Sueta D, Arima Y, Takashio S, Izumiya Y, Yamamoto E, Yamamuro M, Kojima S, Hokimoto S, Yamabe H, Ogawa H, Tsujita K

    Scientific reports   7 ( 1 )   7399   2017年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-07939-6

    PubMed

  • Colchicine Improves Survival, Left Ventricular Remodeling, and Chronic Cardiac Function After Acute Myocardial Infarction. 査読

    Fujisue K, Sugamura K, Kurokawa H, Matsubara J, Ishii M, Izumiya Y, Kaikita K, Sugiyama S

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81 ( 8 )   1174 - 1182   2017年07月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-0949

    PubMed

  • コルヒチンは急性心筋梗塞後の生存率、左室リモデリング、慢性的な心機能を改善する(Colchicine Improves Survival, Left Ventricular Remodeling, and Chronic Cardiac Function After Acute Myocardial Infarction) 査読

    Fujisue Koichiro, Sugamura Koichi, Kurokawa Hirofumi, Matsubara Junichi, Ishii Masanobu, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Sugiyama Seigo

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   81 ( 8 )   1174 - 1182   2017年07月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    15週齢のC57BL/6Jマウスの左前下行枝を絹糸で永久結紮して心筋梗塞モデルを作製し、コルヒチン0.1mg/kgを7日間経口投与して生存率と心機能に対する影響を、溶剤を投与した対照群と比較検討した。心機能はベースライン、術後1、7、14、21、28日に経胸壁心エコーにより評価した。術後4週間の生存率はコルヒチン群(89.6%)の方が対照群(70.6%)より有意に高く(P<0.01)、左室拡張末期経と左室駆出率はコルヒチン群の方が有意に高かった(それぞれP<0.05,P<0.001)。肺水腫の評価を目的に肺を70℃の恒温箱で72時間乾燥させ、肺湿・乾重量比を比較した。コルヒチンは肺湿・乾重量比を有意に改善し、B型ナトリウム利尿ペプチドの発現を緩和した。またコルヒチンは好中球とマクロファージの浸潤を抑制し、NLRP3インフラマソームの活性化と炎症性サイトカインの産生を抑制した。以上より、コルヒチンは急性心筋梗塞後の生存率、左室リモデリング、心機能を改善することが示唆された。

  • コルヒチンは急性心筋梗塞後の生存率、左室リモデリング、慢性的な心機能を改善する(Colchicine Improves Survival, Left Ventricular Remodeling, and Chronic Cardiac Function After Acute Myocardial Infarction)

    Fujisue Koichiro, Sugamura Koichi, Kurokawa Hirofumi, Matsubara Junichi, Ishii Masanobu, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Sugiyama Seigo

    Circulation Journal   81 ( 8 )   1174 - 1182   2017年07月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    15週齢のC57BL/6Jマウスの左前下行枝を絹糸で永久結紮して心筋梗塞モデルを作製し、コルヒチン0.1mg/kgを7日間経口投与して生存率と心機能に対する影響を、溶剤を投与した対照群と比較検討した。心機能はベースライン、術後1、7、14、21、28日に経胸壁心エコーにより評価した。術後4週間の生存率はコルヒチン群(89.6%)の方が対照群(70.6%)より有意に高く(P<0.01)、左室拡張末期経と左室駆出率はコルヒチン群の方が有意に高かった(それぞれP<0.05,P<0.001)。肺水腫の評価を目的に肺を70℃の恒温箱で72時間乾燥させ、肺湿・乾重量比を比較した。コルヒチンは肺湿・乾重量比を有意に改善し、B型ナトリウム利尿ペプチドの発現を緩和した。またコルヒチンは好中球とマクロファージの浸潤を抑制し、NLRP3インフラマソームの活性化と炎症性サイトカインの産生を抑制した。以上より、コルヒチンは急性心筋梗塞後の生存率、左室リモデリング、心機能を改善することが示唆された。

  • Identification and Assessment of Cardiac Amyloidosis by Myocardial Strain Analysis of Cardiac Magnetic Resonance Imaging. 査読

    Oda S, Utsunomiya D, Nakaura T, Yuki H, Kidoh M, Morita K, Takashio S, Yamamuro M, Izumiya Y, Hirakawa K, Ishida T, Tsujita K, Ueda M, Yamashita T, Ando Y, Hata H, Yamashita Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81 ( 7 )   1014 - 1021   2017年06月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-1259

    PubMed

  • Reduced trans-mitral A-wave velocity predicts the presence of wild-type transthyretin amyloidosis in elderly patients with left ventricular hypertrophy. 査読

    Yamamura S, Izumiya Y, Ishida T, Onoue Y, Kimura Y, Hanatani S, Araki S, Fujisue K, Sueta D, Kanazawa H, Takashio S, Usuku H, Sugamura K, Sakamoto K, Yamamoto E, Yamamuro M, Yasuda H, Kojima S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H, Tsujita K

    Heart and vessels   32 ( 6 )   708 - 713   2017年06月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-016-0925-8

    PubMed

  • 心臓MRIの心筋ストレイン解析による心アミロイドーシスの特定および評価(Identification and Assessment of Cardiac Amyloidosis by Myocardial Strain Analysis of Cardiac Magnetic Resonance Imaging) 査読

    Oda Seitaro, Utsunomiya Daisuke, Nakaura Takeshi, Yuki Hideaki, Kidoh Masafumi, Morita Kosuke, Takashio Seiji, Yamamuro Megumi, Izumiya Yasuhiro, Hirakawa Kyoko, Ishida Toshifumi, Tsujita Kenichi, Ueda Mitsuharu, Yamashita Taro, Ando Yukio, Hata Hiroyuki, Yamashita Yasuyuki

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   81 ( 7 )   1014 - 1021   2017年06月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    心アミロイドーシスを特定するための心臓MRI(CMR)画像における心筋ストレイン解析の有用性を探索した。全身性アミロイドーシス患者61例を対象に、CMR taggingおよび遅延ガドリニウム造影(LGE)イメージングを含む3.0-T CMRを施行した。心室中部短軸画像上でLGE陽性およびLGE陰性患者の円周ストレイン(CS)を測定・比較した。LGE陽性心アミロイドーシス患者を検出するため、CMRパラメータのロジスティック回帰解析を行った。61例のうち48例はLGE陽性、13例はLGE陰性であった。ピークCSはLGE陽性患者がLGE陰性患者よりも有意に低かった。ピークCS時間の変動性はLGE陽性患者がLGE陰性患者よりも有意に大きかった。ピークCSは臨床的バイオマーカーと有意に関連していた。LDE陽性アミロイドーシスの特定におけるCSパラメータを用いた診断モデルの感度、特異度、正診率はそれぞれ93.8%、76.9%、90.2%であった。CMRによる心筋ストレイン解析はLGE陽性アミロイドーシスの検出に有用であった。ピークCSおよびピークCS時間における変動性は心臓アミロイド沈着の重症度と関連し、アミロイドーシス患者における早期心疾患の検出においてLGEイメージングよりも高感度である可能性が示唆された。

  • 冠動脈および上腸間膜動脈の同時性特発性解離(Simultaneous Idiopathic Dissections of the Coronary and Superior Mesenteric Arteries) 査読

    Nishi Masato, Sueta Daisuke, Miyazaki Takashi, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Ikeda Osamu, Yamashita Yasuyuki, Hokimoto Seiji

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 11 )   1363 - 1367   2017年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は49歳男性で、突然の上腹部痛をきたし救急搬送された。腹痛以外の症状はなく、高血圧、脂質異常症、喫煙などの心危険因子はなかった。胃鏡検査などでは確定診断は得られず、腹痛症状が消失したため4日後に退院となった。退院の翌日、左胸痛を呈して再診となった。心電図所見でSTの著明な上昇を認め、虚血性心疾患が疑われた。心尖部の運動低下もみられたことからST上昇型心筋梗塞と診断し、緊急冠動脈造影を施行したところ、遠位左前下行枝の99%狭窄が認められた。血管内超音波検査では、中膜の解離と真腔を圧迫する血腫がみられ、特発性冠動脈解離と確定診断を下した。バルーン拡張術を施行し、良好なステント装着が得られた。さらに全身動脈硬化スクリーニングを行ったところ、造影CTによって上腸間膜動脈の解離性動脈瘤が認められた。初診時にみられた上腹部痛は上腸間膜動脈解離に起因するものと考え、ステント留置術を施行し、偽腔への流入消失が得られた。

  • CYP2C19 variants and epoxyeicosatrienoic acids in patients with microvascular angina. 査読

    Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Tabata N, Takashio S, Izumiya Y, Yamamoto E, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Kajiwara A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Hokimoto S

    International journal of cardiology. Heart & vasculature   15   15 - 20   2017年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2017.03.001

    PubMed

  • 高齢左室肥大患者におけるtrans-mitral A-wave velocity低下による野生型トランスサイレチンアミロイドーシスの予測(Reduced trans-mitral A-wave velocity predicts the presence of wild-type transthyretin amyloidosis in elderly patients with left ventricular hypertrophy) 査読

    Yamamura Satoru, Izumiya Yasuhiro, Ishida Toshifumi, Onoue Yoshiro, Kimura Yuichi, Hanatani Shinsuke, Araki Satoshi, Fujisue Koichiro, Sueta Daisuke, Kanazawa Hisanori, Takashio Seiji, Usuku Hiroki, Sugamura Koichi, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Yamamuro Megumi, Yasuda Hisayo, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi

    シュプリンガー・ジャパン(株) Heart and Vessels   32 ( 6 )   708 - 713   2017年06月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    高齢左室肥大(LVH)患者において、A波速度で評価される心房機能が野生型トランスサイレチンアミロイドーシス(ATTRwt)の診断に有用かどうかについて検討した。パルスドップラー心エコー検査を施行されたLVH患者51例を対象とした。ATTRwtと診断されたのが16例(全例男性、平均75.9±7.0歳)、非ATTRwtとされたのが35例(男性23例、女性12例、平均66.5±9.4歳)であった。心エコー所見ではATTRwt群と非ATTRwt群に関して、前胸部誘導における低電圧とV1-3 QSパターンに差はなく、房室伝導障害と左右脚ブロックの重症度にも差は認められなかった。単変量ロジスティック回帰分析では年齢、収縮期血圧、ループ利尿剤の使用、E/A、E/e'、A波速度低値が心アミロイドーシスと関連しており、多重ロジスティック回帰分析ではA波速度、年齢、収縮期血圧、ループ利尿剤の使用、心室中隔厚(IVSTd)、E/A、E/e'、a'、低電圧、V1-3 QSパターンが心アミロイドーシスと有意に関連する因子であった。ROC解析では、ATTRwtと非ATTRwtを識別するA波速度のAUCは0.86であることが示された。高齢左室肥大患者において、A波速度の低下は野生型トランスサイレチンアミロイドーシスの予測に有用であると思われた。

  • 冠動脈および上腸間膜動脈の同時性特発性解離(Simultaneous Idiopathic Dissections of the Coronary and Superior Mesenteric Arteries)

    Nishi Masato, Sueta Daisuke, Miyazaki Takashi, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Ikeda Osamu, Yamashita Yasuyuki, Hokimoto Seiji

    Internal Medicine   56 ( 11 )   1363 - 1367   2017年06月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は49歳男性で、突然の上腹部痛をきたし救急搬送された。腹痛以外の症状はなく、高血圧、脂質異常症、喫煙などの心危険因子はなかった。胃鏡検査などでは確定診断は得られず、腹痛症状が消失したため4日後に退院となった。退院の翌日、左胸痛を呈して再診となった。心電図所見でSTの著明な上昇を認め、虚血性心疾患が疑われた。心尖部の運動低下もみられたことからST上昇型心筋梗塞と診断し、緊急冠動脈造影を施行したところ、遠位左前下行枝の99%狭窄が認められた。血管内超音波検査では、中膜の解離と真腔を圧迫する血腫がみられ、特発性冠動脈解離と確定診断を下した。バルーン拡張術を施行し、良好なステント装着が得られた。さらに全身動脈硬化スクリーニングを行ったところ、造影CTによって上腸間膜動脈の解離性動脈瘤が認められた。初診時にみられた上腹部痛は上腸間膜動脈解離に起因するものと考え、ステント留置術を施行し、偽腔への流入消失が得られた。

  • 高齢左室肥大患者におけるtrans-mitral A-wave velocity低下による野生型トランスサイレチンアミロイドーシスの予測(Reduced trans-mitral A-wave velocity predicts the presence of wild-type transthyretin amyloidosis in elderly patients with left ventricular hypertrophy)

    Yamamura Satoru, Izumiya Yasuhiro, Ishida Toshifumi, Onoue Yoshiro, Kimura Yuichi, Hanatani Shinsuke, Araki Satoshi, Fujisue Koichiro, Sueta Daisuke, Kanazawa Hisanori, Takashio Seiji, Usuku Hiroki, Sugamura Koichi, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Yamamuro Megumi, Yasuda Hisayo, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao, Tsujita Kenichi

    Heart and Vessels   32 ( 6 )   708 - 713   2017年06月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    高齢左室肥大(LVH)患者において、A波速度で評価される心房機能が野生型トランスサイレチンアミロイドーシス(ATTRwt)の診断に有用かどうかについて検討した。パルスドップラー心エコー検査を施行されたLVH患者51例を対象とした。ATTRwtと診断されたのが16例(全例男性、平均75.9±7.0歳)、非ATTRwtとされたのが35例(男性23例、女性12例、平均66.5±9.4歳)であった。心エコー所見ではATTRwt群と非ATTRwt群に関して、前胸部誘導における低電圧とV1-3 QSパターンに差はなく、房室伝導障害と左右脚ブロックの重症度にも差は認められなかった。単変量ロジスティック回帰分析では年齢、収縮期血圧、ループ利尿剤の使用、E/A、E/e'、A波速度低値が心アミロイドーシスと関連しており、多重ロジスティック回帰分析ではA波速度、年齢、収縮期血圧、ループ利尿剤の使用、心室中隔厚(IVSTd)、E/A、E/e'、a'、低電圧、V1-3 QSパターンが心アミロイドーシスと有意に関連する因子であった。ROC解析では、ATTRwtと非ATTRwtを識別するA波速度のAUCは0.86であることが示された。高齢左室肥大患者において、A波速度の低下は野生型トランスサイレチンアミロイドーシスの予測に有用であると思われた。

  • 心臓MRIの心筋ストレイン解析による心アミロイドーシスの特定および評価(Identification and Assessment of Cardiac Amyloidosis by Myocardial Strain Analysis of Cardiac Magnetic Resonance Imaging)

    Oda Seitaro, Utsunomiya Daisuke, Nakaura Takeshi, Yuki Hideaki, Kidoh Masafumi, Morita Kosuke, Takashio Seiji, Yamamuro Megumi, Izumiya Yasuhiro, Hirakawa Kyoko, Ishida Toshifumi, Tsujita Kenichi, Ueda Mitsuharu, Yamashita Taro, Ando Yukio, Hata Hiroyuki, Yamashita Yasuyuki

    Circulation Journal   81 ( 7 )   1014 - 1021   2017年06月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    心アミロイドーシスを特定するための心臓MRI(CMR)画像における心筋ストレイン解析の有用性を探索した。全身性アミロイドーシス患者61例を対象に、CMR taggingおよび遅延ガドリニウム造影(LGE)イメージングを含む3.0-T CMRを施行した。心室中部短軸画像上でLGE陽性およびLGE陰性患者の円周ストレイン(CS)を測定・比較した。LGE陽性心アミロイドーシス患者を検出するため、CMRパラメータのロジスティック回帰解析を行った。61例のうち48例はLGE陽性、13例はLGE陰性であった。ピークCSはLGE陽性患者がLGE陰性患者よりも有意に低かった。ピークCS時間の変動性はLGE陽性患者がLGE陰性患者よりも有意に大きかった。ピークCSは臨床的バイオマーカーと有意に関連していた。LDE陽性アミロイドーシスの特定におけるCSパラメータを用いた診断モデルの感度、特異度、正診率はそれぞれ93.8%、76.9%、90.2%であった。CMRによる心筋ストレイン解析はLGE陽性アミロイドーシスの検出に有用であった。ピークCSおよびピークCS時間における変動性は心臓アミロイド沈着の重症度と関連し、アミロイドーシス患者における早期心疾患の検出においてLGEイメージングよりも高感度である可能性が示唆された。

  • Lenvatinib, an oral multi-kinases inhibitor, -associated hypertension: Potential role of vascular endothelial dysfunction. 査読

    Sueta D, Suyama K, Sueta A, Tabata N, Yamashita T, Tomiguchi M, Takeshita T, Yamamoto-Ibusuki M, Yamamoto E, Izumiya Y, Kaikita K, Yamamoto Y, Hokimoto S, Iwase H, Tsujita K

    Atherosclerosis   260   116 - 120   2017年05月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2017.03.039

    PubMed

  • Effects of the Mean Amplitude of Glycemic Excursions and Vascular Endothelial Dysfunction on Cardiovascular Events in Nondiabetic Patients With Coronary Artery Disease. 査読

    Akasaka T, Sueta D, Tabata N, Takashio S, Yamamoto E, Izumiya Y, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Matsui K, Hokimoto S

    Journal of the American Heart Association   6 ( 5 )   2017年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.116.004841

    PubMed

  • 経口避妊薬摂取と自動車内での夜間滞在に起因する静脈血栓塞栓症 熊本地震(2016年)での1症例(Venous Thromboembolism Due to Oral Contraceptive Intake and Spending Nights in a Vehicle: A Case from the 2016 Kumamoto Earthquakes) 査読

    Sueta Daisuke, Akahoshi Rika, Okamura Yoshinori, Kojima Sunao, Ikemoto Tomokazu, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Kaikita Koichi, Katabuchi Hidetaka, Hokimoto Seiji

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   56 ( 4 )   409 - 412   2017年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は40歳女性で、子宮内膜症のため経口避妊薬(ドロスピレノン/エチニルエストラジオールベータデクス)が処方されていた。2016年4月の熊本地震とその後の余震のため車の中で7日間過ごしたが、8日目の朝に車から出た際に労作性呼吸困難が出現した。左下肢の腫脹と疼痛がみられ、血清中のDダイマーが13.2μg/mLに上昇していた。深部静脈血栓症疑いのため造影CTを施行したところ、両側肺動脈および左下肢の造影欠損が認められた。血漿中のBNP値は97.2pg/mL、高感度トロポニンT値は0.0061ng/mLであり、肺動脈血栓塞栓症(PTE)と診断した。経口避妊薬の投与を中止し、直接経口抗凝固薬であるリバーロキサバンの投与を開始したところ、7日後の造影CTで血栓の縮小が明らかになった。

  • 骨格筋より分泌されるmiRNAの網羅的検索と標的細胞における機能解析 査読

    泉家 康宏

    (公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団 医科学応用研究財団研究報告   34   236 - 241   2017年02月( ISSN:0914-5117

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 経口避妊薬摂取と自動車内での夜間滞在に起因する静脈血栓塞栓症 熊本地震(2016年)での1症例(Venous Thromboembolism Due to Oral Contraceptive Intake and Spending Nights in a Vehicle: A Case from the 2016 Kumamoto Earthquakes)

    Sueta Daisuke, Akahoshi Rika, Okamura Yoshinori, Kojima Sunao, Ikemoto Tomokazu, Yamamoto Eiichiro, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Kaikita Koichi, Katabuchi Hidetaka, Hokimoto Seiji

    Internal Medicine   56 ( 4 )   409 - 412   2017年02月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は40歳女性で、子宮内膜症のため経口避妊薬(ドロスピレノン/エチニルエストラジオールベータデクス)が処方されていた。2016年4月の熊本地震とその後の余震のため車の中で7日間過ごしたが、8日目の朝に車から出た際に労作性呼吸困難が出現した。左下肢の腫脹と疼痛がみられ、血清中のDダイマーが13.2μg/mLに上昇していた。深部静脈血栓症疑いのため造影CTを施行したところ、両側肺動脈および左下肢の造影欠損が認められた。血漿中のBNP値は97.2pg/mL、高感度トロポニンT値は0.0061ng/mLであり、肺動脈血栓塞栓症(PTE)と診断した。経口避妊薬の投与を中止し、直接経口抗凝固薬であるリバーロキサバンの投与を開始したところ、7日後の造影CTで血栓の縮小が明らかになった。

  • 骨格筋より分泌されるmiRNAの網羅的検索と標的細胞における機能解析

    泉家 康宏

    医科学応用研究財団研究報告   34   236 - 241   2017年02月( ISSN:0914-5117

  • Improvement in Microvascular Ischemia After Enzyme Replacement Therapy in Anderson-Fabry Disease - Computed Tomography Myocardial Perfusion Imaging. 査読

    Yuki H, Utsunomiya D, Izumiya Y, Oda S, Kidoh M, Takashio S, Yamamuro M, Hokimoto S, Yamashita Y

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   81 ( 2 )   243 - 244   2017年01月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-0873

    PubMed

  • 骨格筋由来Heme oxygenase-1の心血管保護作用の分子機序解明 査読

    泉家 康宏, 尾上 喜郎, 花谷 信介

    (一財)代謝異常治療研究基金 代謝異常治療研究基金研究業績集   44   59 - 65   2017年01月( ISSN:0388-5224

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    骨格筋特異的に任意の時期にAkt1遺伝子を過剰発現することが可能なコンディショナルトランスジェニックマウス(Akt1-TGマウス)を作製した。Doxycycline(DOX)を飲水投与することで骨格筋特異的にmyrAkt1を誘導ができ、DOXの中断によりmyrAkt1の遺伝子発現は抑制された。左大腿動脈を結紮し、下肢虚血モデルを作製した。60種類の蛋白がAkt1-TGマウスの骨格筋で2倍以上の発現増加を認め、最大の発現増加はHeme oxygenase-1(HO-1)で確認した。Akt1-TGマウスでは骨格筋肥大を誘導した。下肢虚血14日目にはAkt1-TGマウスは有意に下肢血流の改善を認め、有意に血管密度の増加を認めた。虚血肢ではコントロールマウスも非虚血肢と比較して発現が増加していたが、Akt1-TGマウスでは更に発現増加が増強された。Akt1を過剰発現したC2C12細胞の培養上清では、IFN-γ、IL-1β、IL-13、IL-17、IL-23、CXCL9、CCL3などの発現増加を認め、これらの分泌因子が内皮細胞やマクロファージでのHO-1の発現増加に関与している可能性が示唆された。

  • 骨格筋由来Heme oxygenase-1の心血管保護作用の分子機序解明

    泉家 康宏, 尾上 喜郎, 花谷 信介

    代謝異常治療研究基金研究業績集   44   59 - 65   2017年01月( ISSN:0388-5224

     詳細を見る

    骨格筋特異的に任意の時期にAkt1遺伝子を過剰発現することが可能なコンディショナルトランスジェニックマウス(Akt1-TGマウス)を作製した。Doxycycline(DOX)を飲水投与することで骨格筋特異的にmyrAkt1を誘導ができ、DOXの中断によりmyrAkt1の遺伝子発現は抑制された。左大腿動脈を結紮し、下肢虚血モデルを作製した。60種類の蛋白がAkt1-TGマウスの骨格筋で2倍以上の発現増加を認め、最大の発現増加はHeme oxygenase-1(HO-1)で確認した。Akt1-TGマウスでは骨格筋肥大を誘導した。下肢虚血14日目にはAkt1-TGマウスは有意に下肢血流の改善を認め、有意に血管密度の増加を認めた。虚血肢ではコントロールマウスも非虚血肢と比較して発現が増加していたが、Akt1-TGマウスでは更に発現増加が増強された。Akt1を過剰発現したC2C12細胞の培養上清では、IFN-γ、IL-1β、IL-13、IL-17、IL-23、CXCL9、CCL3などの発現増加を認め、これらの分泌因子が内皮細胞やマクロファージでのHO-1の発現増加に関与している可能性が示唆された。

  • When Is the Optimal Timing of Surgical Intervention for Severe Functional Tricuspid Regurgitation? 査読

    Nakanishi N, Ishii M, Kaikita K, Okamoto K, Izumiya Y, Yamamoto E, Takashio S, Hokimoto S, Fukui T, Tsujita K

    Case reports in cardiology   2017   9232658   2017年( ISSN:2090-6404

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2017/9232658

    PubMed

  • Venous Thromboembolism Due to Oral Contraceptive Intake and Spending Nights in a Vehicle -A Case from the 2016 Kumamoto Earthquakes. 査読

    Sueta D, Akahoshi R, Okamura Y, Kojima S, Ikemoto T, Yamamoto E, Izumiya Y, Tsujita K, Kaikita K, Katabuchi H, Hokimoto S

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   56 ( 4 )   409 - 412   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.7785

    PubMed

  • Successful treatment of deep vein thrombosis caused by iliac vein compression syndrome with a single-dose direct oral anti-coagulant. 査読

    Nakashima N, Sueta D, Kanemaru Y, Takashio S, Yamamoto E, Hanatani S, Kanazawa H, Izumiya Y, Kojima S, Kaikita K, Hokimoto S, Tsujita K

    Thrombosis journal   15   4   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12959-017-0128-2

    PubMed

  • Simultaneous Idiopathic Dissections of the Coronary and Superior Mesenteric Arteries. 査読

    Nishi M, Sueta D, Miyazaki T, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Ikeda O, Yamashita Y, Hokimoto S

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   56 ( 11 )   1363 - 1367   2017年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.56.8043

    PubMed

  • A case of pulmonary thromboembolism due to coagulation factor V Leiden in Japan ~ usefulness of next generation sequencing~. 査読

    Sueta D, Ito M, Uchiba M, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Kojima S, Kaikita K, Shinriki S, Hokimoto S, Matsui H, Tsujita K

    Thrombosis journal   15   8   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12959-017-0132-6

    PubMed

  • Association of CYP2C19 variants and epoxyeicosatrienoic acids on patients with microvascular angina. 査読

    Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Tabata N, Takashio S, Izumiya Y, Yamamoto E, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Kajiwara A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Ogata Y, Matsui K, Hokimoto S

    American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   311 ( 6 )   H1409 - H1415   2016年12月( ISSN:0363-6135

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00473.2016

    PubMed

  • Prevalence of coronary macro- and micro-vascular dysfunctions after drug-eluting stent implantation without in-stent restenosis. 査読

    Hokimoto S, Tabata N, Yamanaga K, Sueta D, Akasaka T, Tsujita K, Sakamoto K, Yamamoto E, Yamamuro M, Izumiya Y, Kaikita K, Kojima S, Matsui K, Ogawa H

    International journal of cardiology   222   185 - 194   2016年11月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.07.221

    PubMed

  • 低用量アデノシン三リン酸によって不安定化した安定労作性狭心症の1例(A Destabilized Case of Stable Effort Angina Pectoris Induced by Low-dose Adenosine Triphosphate) 査読

    Sueta Daisuke, Kojima Sunao, Izumiya Yasuhiro, Yamamuro Megumi, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 22 )   3291 - 3294   2016年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は79歳男性で、左耳の難聴を訴え、突発性難聴(SD)との診断で近医に入院となった。患者は以前より労作時に胸部圧迫感と胸痛を自覚しており、労作性狭心症が疑われていた。近医にてヒドロコルチゾン500mgとアデノシン三リン酸(ATP)80mgが投与されたが、胸部不快感が出現し、心電図でII、III、aVF、V2-V6リードにおいて著明なST低下を認めたため当院に搬送された。心電図等の所見から非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)と診断し、緊急冠動脈造影を施行したところ、右冠動脈遠位部、左左前下行枝近位部、左冠動脈回旋枝中部に狭窄が認められた。バルーン拡張後のステント留置が成功した。経皮的冠動脈インターベンション後もステロイドによるSD治療を継続したが、難聴は改善しなかった。

  • 低用量アデノシン三リン酸によって不安定化した安定労作性狭心症の1例(A Destabilized Case of Stable Effort Angina Pectoris Induced by Low-dose Adenosine Triphosphate)

    Sueta Daisuke, Kojima Sunao, Izumiya Yasuhiro, Yamamuro Megumi, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    Internal Medicine   55 ( 22 )   3291 - 3294   2016年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は79歳男性で、左耳の難聴を訴え、突発性難聴(SD)との診断で近医に入院となった。患者は以前より労作時に胸部圧迫感と胸痛を自覚しており、労作性狭心症が疑われていた。近医にてヒドロコルチゾン500mgとアデノシン三リン酸(ATP)80mgが投与されたが、胸部不快感が出現し、心電図でII、III、aVF、V2-V6リードにおいて著明なST低下を認めたため当院に搬送された。心電図等の所見から非ST上昇型心筋梗塞(NSTEMI)と診断し、緊急冠動脈造影を施行したところ、右冠動脈遠位部、左左前下行枝近位部、左冠動脈回旋枝中部に狭窄が認められた。バルーン拡張後のステント留置が成功した。経皮的冠動脈インターベンション後もステロイドによるSD治療を継続したが、難聴は改善しなかった。

  • Clinical and morphological presentations of acute coronary syndrome without coronary plaque rupture - An intravascular ultrasound study. 査読

    Tsujita K, Yamanaga K, Komura N, Sakamoto K, Miyazaki T, Oimatsu Y, Ishii M, Tabata N, Akasaka T, Sueta D, Yamamoto E, Yamamuro M, Izumiya Y, Kojima S, Nakamura S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    International journal of cardiology   220   112 - 5   2016年10月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.06.191

    PubMed

  • A simple sarcopenia screening test predicts future adverse events in patients with heart failure. 査読

    Onoue Y, Izumiya Y, Hanatani S, Tanaka T, Yamamura S, Kimura Y, Araki S, Sakamoto K, Tsujita K, Yamamoto E, Yamamuro M, Kojima S, Kaikita K, Hokimoto S

    International journal of cardiology   215   301 - 6   2016年07月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.04.128

    PubMed

  • 慢性腎臓病(CKD)患者と非CKD患者において末梢内皮機能障害が経皮的冠動脈インターベンション後の心血管イベントへ及ぼす異なる影響(Differential impact of peripheral endothelial dysfunction on subsequent cardiovascular events following percutaneous coronary intervention between chronic kidney disease(CKD) and non-CKD patients) 査読

    Tabata Noriaki, Hokimoto Seiji, Akasaka Tomonori, Arima Yuichiro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Tsujita Kenichi, Izumiya Yasuhiro, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Ogawa Hisao

    シュプリンガー・ジャパン(株) Heart and Vessels   31 ( 7 )   1038 - 1044   2016年07月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行された慢性腎臓病(CKD)患者150例と非CKD患者285例、計435例を対象としたコホート研究において、末梢内皮機能障害がPCI後の臨床転帰へ及ぼす影響の違いを検討した。末梢内皮機能障害はreactive hyperemia-peripheral arterial tonometryから得た反応性充血指数(RHI)を用いて評価した。平均追跡期間927日間に56例が心血管イベントを発生した。非CKD患者の心血管イベント発生例では非発生例に比べRHIの自然対数値(Ln-RHI)が有意に低値であったが(P=0.002)、CKD患者では有意差を認めなかった。Kaplan-Meier解析において、非CKD患者のLn-RHI低値群では高値群に比べ心血管イベント発生率が有意に高かったが(P=0.003)、CKD患者では有意差を認めなかった。多重Cox比例ハザード解析では、非CKD患者のみにおいてLn-RHIは将来の心血管イベントの有意な独立予測因子であった(ハザード比0.096、P=0.004)。末梢内皮機能障害がPCI後の臨床転帰へ及ぼす影響はCKD患者と非CKD患者で異なること、非CKD患者において末梢内皮機能障害はPCI後の心血管イベントと有意に関連することが示された。

  • Differential impact of peripheral endothelial dysfunction on subsequent cardiovascular events following percutaneous coronary intervention between chronic kidney disease (CKD) and non-CKD patients. 査読

    Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Tsujita K, Izumiya Y, Yamamuro M, Kojima S, Kaikita K, Ogawa H

    Heart and vessels   31 ( 7 )   1038 - 44   2016年07月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-015-0713-x

    PubMed

  • 慢性腎臓病(CKD)患者と非CKD患者において末梢内皮機能障害が経皮的冠動脈インターベンション後の心血管イベントへ及ぼす異なる影響(Differential impact of peripheral endothelial dysfunction on subsequent cardiovascular events following percutaneous coronary intervention between chronic kidney disease(CKD) and non-CKD patients)

    Tabata Noriaki, Hokimoto Seiji, Akasaka Tomonori, Arima Yuichiro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Tsujita Kenichi, Izumiya Yasuhiro, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Ogawa Hisao

    Heart and Vessels   31 ( 7 )   1038 - 1044   2016年07月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を施行された慢性腎臓病(CKD)患者150例と非CKD患者285例、計435例を対象としたコホート研究において、末梢内皮機能障害がPCI後の臨床転帰へ及ぼす影響の違いを検討した。末梢内皮機能障害はreactive hyperemia-peripheral arterial tonometryから得た反応性充血指数(RHI)を用いて評価した。平均追跡期間927日間に56例が心血管イベントを発生した。非CKD患者の心血管イベント発生例では非発生例に比べRHIの自然対数値(Ln-RHI)が有意に低値であったが(P=0.002)、CKD患者では有意差を認めなかった。Kaplan-Meier解析において、非CKD患者のLn-RHI低値群では高値群に比べ心血管イベント発生率が有意に高かったが(P=0.003)、CKD患者では有意差を認めなかった。多重Cox比例ハザード解析では、非CKD患者のみにおいてLn-RHIは将来の心血管イベントの有意な独立予測因子であった(ハザード比0.096、P=0.004)。末梢内皮機能障害がPCI後の臨床転帰へ及ぼす影響はCKD患者と非CKD患者で異なること、非CKD患者において末梢内皮機能障害はPCI後の心血管イベントと有意に関連することが示された。

  • Impaired Peripheral Endothelial Function Assessed by Digital Reactive Hyperemia Peripheral Arterial Tonometry and Risk of In-Stent Restenosis. 査読

    Komura N, Tsujita K, Yamanaga K, Sakamoto K, Kaikita K, Hokimoto S, Iwashita S, Miyazaki T, Akasaka T, Arima Y, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Kojima S, Tayama S, Sugiyama S, Matsui K, Nakamura S, Hibi K, Kimura K, Umemura S, Ogawa H

    Journal of the American Heart Association   5 ( 6 )   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.116.003202

    PubMed

  • Helicobacter Pylori-seropositivity along with genetic and environmental factors predicts clinical outcome after acute coronary syndrome. 査読

    Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Ogawa H

    International journal of cardiology   212   54 - 6   2016年06月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2016.03.034

    PubMed

  • More haste, less speed: Cardiac perforation by a thoracentesis catheter. 査読

    Sueta D, Hokimoto S, Okamoto K, Yasuda H, Usuku H, Tazume H, Yamamoto E, Sakamoto K, Izumiya Y, Tsujita K, Kaikita K, Sakaguchi H, Fukui T, Ogawa H

    International journal of cardiology. Heart & vasculature   11   17 - 18   2016年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2016.03.010

    PubMed

  • Corrigendum: Excess aldosterone under normal salt diet induces cardiac hypertrophy and infiltration via oxidative stress. 査読

    Yoshida K, Kim-Mitsuyama S, Wake R, Izumiya Y, Izumi Y, Yukimura T, Ueda M, Yoshiyama M, Iwao H

    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   39 ( 6 )   482   2016年06月( ISSN:0916-9636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/hr.2016.33

    PubMed

  • Fragmented QRS complex is a diagnostic tool in patients with left ventricular diastolic dysfunction. 査読

    Onoue Y, Izumiya Y, Hanatani S, Kimura Y, Araki S, Sakamoto K, Yamamoto E, Tsujita K, Tanaka T, Yamamuro M, Kojima S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    Heart and vessels   31 ( 4 )   563 - 7   2016年04月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-015-0651-7

    PubMed

  • 断片化QRSは左室拡張機能不全患者の診断ツールである(Fragmented QRS complex is a diagnostic tool in patients with left ventricular diastolic dysfunction) 査読

    Onoue Yoshiro, Izumiya Yasuhiro, Hanatani Shinsuke, Kimura Yuichi, Araki Satoshi, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Tsujita Kenichi, Tanaka Tomoko, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    シュプリンガー・ジャパン(株) Heart and Vessels   31 ( 4 )   563 - 567   2016年04月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    左室拡張機能不全(LVDD)患者239例(女性45%、平均70.1±9.5歳)を対象に、断片化QRS(fQRS)の存在が疾患重症度と関連するという仮説を検証し、LVDDと駆出率保存心不全(HFpEF)患者を鑑別する際のパラメータとして使用可能か評価した。LVDD患者に12誘導心電図を行った結果、88例はfQRSを有し(fQRS群)、151例はfQRSを認めなかった(非fQRS群)。心不全患者の割合はfQRS群の方が非fQRS群より有意に高かった。B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)および高感受性トロポニンTのレベルはfQRS群の方が非fQRS群より有意に高かった。単変量ロジスティック回帰分析の結果、fQRSはLVDD患者における心不全の存在と関連した。多変量ロジスティック回帰分析はHFpEFに対する独立指標としてfQRSおよびBNPを特定した。結論として、心電図上のfQRSの存在はLVDDとHFpEFを鑑別するための付加的ツールとして使用可能であると考えられた。

  • 断片化QRSは左室拡張機能不全患者の診断ツールである(Fragmented QRS complex is a diagnostic tool in patients with left ventricular diastolic dysfunction)

    Onoue Yoshiro, Izumiya Yasuhiro, Hanatani Shinsuke, Kimura Yuichi, Araki Satoshi, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Tsujita Kenichi, Tanaka Tomoko, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    Heart and Vessels   31 ( 4 )   563 - 567   2016年04月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    左室拡張機能不全(LVDD)患者239例(女性45%、平均70.1±9.5歳)を対象に、断片化QRS(fQRS)の存在が疾患重症度と関連するという仮説を検証し、LVDDと駆出率保存心不全(HFpEF)患者を鑑別する際のパラメータとして使用可能か評価した。LVDD患者に12誘導心電図を行った結果、88例はfQRSを有し(fQRS群)、151例はfQRSを認めなかった(非fQRS群)。心不全患者の割合はfQRS群の方が非fQRS群より有意に高かった。B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)および高感受性トロポニンTのレベルはfQRS群の方が非fQRS群より有意に高かった。単変量ロジスティック回帰分析の結果、fQRSはLVDD患者における心不全の存在と関連した。多変量ロジスティック回帰分析はHFpEFに対する独立指標としてfQRSおよびBNPを特定した。結論として、心電図上のfQRSの存在はLVDDとHFpEFを鑑別するための付加的ツールとして使用可能であると考えられた。

  • 心血管疾患を有する入院患者における足首上腕指数の分布 熊本大学病院の医療データベースを用いた解析(Distribution of Ankle-Brachial Index among Inpatients with Cardiovascular Disease: Analysis Using the Kumamoto University Hospital Medical Database) 査読

    Hokimoto Seiji, Soejima Hirofumi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Yamamuro Megumi, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Sugamura Koichi, Arima Yuichiro, Sakamoto Kenji, Akasaka Tomonori, Tabata Noriaki, Sueta Daisuke, Miyoshi Izuru, Usami Makiko, Ogawa Hisao

    「Annals of Vascular Diseases」編集事務局 Annals of Vascular Diseases   9 ( 1 )   22 - 29   2016年03月( ISSN:1881-641X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    心血管疾患を有する日本人入院患者における足首上腕指数(ABI)の分布を評価し、ABI≦0.9と関連する末梢動脈疾患(PAD)のリスク因子について検討した。当院のデータベースに登録されている心血管疾患患者3639例(男性62.1%、平均66.1±歳)のうち、虚血性心疾患(IHD)は49.1%であった。ABI≦0.9は全患者の11.3%に観察され、IHD群では14.1%、非IHD群では8.5%であった。年齢65歳以上(オッズ比[OR]:2.93、95%信頼区間[CI]:2.22〜3.86)、現在の喫煙者(OR:2.28、95%CI:1.71〜3.04)、糖尿病(OR:2.15、95%CI:1.71〜2.71)、高血圧(OR:1.42、95%CI:1.12〜1.81)、慢性腎臓病(OR:2.52、95%CI:1.82〜3.48)はABI≦0.9と有意に関連する因子であった。非IHD患者においてもPADが蔓延していることが示唆された。リスク因子の積極的管理、ABIに基づくPADの早期検出、治療介入は将来の心血管イベントと死の予防に有効であると考えられた。

  • 心血管疾患を有する入院患者における足首上腕指数の分布 熊本大学病院の医療データベースを用いた解析(Distribution of Ankle-Brachial Index among Inpatients with Cardiovascular Disease: Analysis Using the Kumamoto University Hospital Medical Database)

    Hokimoto Seiji, Soejima Hirofumi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Yamamuro Megumi, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Sugamura Koichi, Arima Yuichiro, Sakamoto Kenji, Akasaka Tomonori, Tabata Noriaki, Sueta Daisuke, Miyoshi Izuru, Usami Makiko, Ogawa Hisao

    Annals of Vascular Diseases   9 ( 1 )   22 - 29   2016年03月( ISSN:1881-641X

     詳細を見る

    心血管疾患を有する日本人入院患者における足首上腕指数(ABI)の分布を評価し、ABI≦0.9と関連する末梢動脈疾患(PAD)のリスク因子について検討した。当院のデータベースに登録されている心血管疾患患者3639例(男性62.1%、平均66.1±歳)のうち、虚血性心疾患(IHD)は49.1%であった。ABI≦0.9は全患者の11.3%に観察され、IHD群では14.1%、非IHD群では8.5%であった。年齢65歳以上(オッズ比[OR]:2.93、95%信頼区間[CI]:2.22~3.86)、現在の喫煙者(OR:2.28、95%CI:1.71~3.04)、糖尿病(OR:2.15、95%CI:1.71~2.71)、高血圧(OR:1.42、95%CI:1.12~1.81)、慢性腎臓病(OR:2.52、95%CI:1.82~3.48)はABI≦0.9と有意に関連する因子であった。非IHD患者においてもPADが蔓延していることが示唆された。リスク因子の積極的管理、ABIに基づくPADの早期検出、治療介入は将来の心血管イベントと死の予防に有効であると考えられた。

  • CYP2C19機能喪失型対立遺伝子および末梢内皮機能障害の両方を有する患者は冠動脈ステント留置後の有害心血管イベントと有意な関連がある(Patients with both CYP2C19 loss-of-function allele and peripheral endothelial dysfunction are significantly correlated with adverse cardiovascular events following coronary stent implantation) 査読

    Tabata Noriaki, Hokimoto Seiji, Akasaka Tomonori, Arima Yuichiro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Tsujita Kenichi, Izumiya Yasuhiro, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Kumagae Naoki, Morita Kazunori, Oniki Kentaro, Nakagawa Kazuko, Matsui Kunihiko, Ogawa Hisao

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   67 ( 1-2 )   104 - 109   2016年02月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CYP2C19機能喪失型(LOF)対立遺伝子のキャリアで末梢内皮機能障害を有する人は予後が不良であると仮定した。CYP2C19変異体を有する患者において、末梢内皮機能障害が経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の臨床アウトカムに及ぼす相加効果を評価した。PCI後に2剤併用抗血小板療法(DAPT)を受けていた患者434名を本研究に登録した。CYP2C19遺伝子型を調べ、患者をCYP2C19LOF対立遺伝子を少なくとも1つ有するキャリアとノンキャリアの2群に分けた。末梢内皮機能障害を反応性充血-末梢動脈圧力測定指数(RHI)を用いて評価し、患者をRHI低値または高値に分けた。従って、被験者は4群に分類され、臨床イベントのフォローアップを受けた。その結果、計55名の患者が心血管イベントを示した。カプラン-マイヤー分析から、RHI低値のキャリアでは、心血管イベントの発症可能性が有意に高いことが示された。多変量Cox比例ハザード解析から、CYP2C19LOF対立遺伝子の保有とRHI低値が将来の心血管イベントの有意な独立予測因子であることが特定された。

  • CYP2C19機能喪失型対立遺伝子および末梢内皮機能障害の両方を有する患者は冠動脈ステント留置後の有害心血管イベントと有意な関連がある(Patients with both CYP2C19 loss-of-function allele and peripheral endothelial dysfunction are significantly correlated with adverse cardiovascular events following coronary stent implantation)

    Tabata Noriaki, Hokimoto Seiji, Akasaka Tomonori, Arima Yuichiro, Sakamoto Kenji, Yamamoto Eiichiro, Tsujita Kenichi, Izumiya Yasuhiro, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Kaikita Koichi, Kumagae Naoki, Morita Kazunori, Oniki Kentaro, Nakagawa Kazuko, Matsui Kunihiko, Ogawa Hisao

    Journal of Cardiology   67 ( 1-2 )   104 - 109   2016年02月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    CYP2C19機能喪失型(LOF)対立遺伝子のキャリアで末梢内皮機能障害を有する人は予後が不良であると仮定した。CYP2C19変異体を有する患者において、末梢内皮機能障害が経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の臨床アウトカムに及ぼす相加効果を評価した。PCI後に2剤併用抗血小板療法(DAPT)を受けていた患者434名を本研究に登録した。CYP2C19遺伝子型を調べ、患者をCYP2C19LOF対立遺伝子を少なくとも1つ有するキャリアとノンキャリアの2群に分けた。末梢内皮機能障害を反応性充血-末梢動脈圧力測定指数(RHI)を用いて評価し、患者をRHI低値または高値に分けた。従って、被験者は4群に分類され、臨床イベントのフォローアップを受けた。その結果、計55名の患者が心血管イベントを示した。カプラン-マイヤー分析から、RHI低値のキャリアでは、心血管イベントの発症可能性が有意に高いことが示された。多変量Cox比例ハザード解析から、CYP2C19LOF対立遺伝子の保有とRHI低値が将来の心血管イベントの有意な独立予測因子であることが特定された。

  • High serum levels of thrombospondin-2 correlate with poor prognosis of patients with heart failure with preserved ejection fraction. 査読

    Kimura Y, Izumiya Y, Hanatani S, Yamamoto E, Kusaka H, Tokitsu T, Takashio S, Sakamoto K, Tsujita K, Tanaka T, Yamamuro M, Kojima S, Tayama S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    Heart and vessels   31 ( 1 )   52 - 9   2016年01月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-014-0571-y

    PubMed

  • Patients with both CYP2C19 loss-of-function allele and peripheral endothelial dysfunction are significantly correlated with adverse cardiovascular events following coronary stent implantation. 査読

    Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Tsujita K, Izumiya Y, Yamamuro M, Kojima S, Kaikita K, Kumagae N, Morita K, Oniki K, Nakagawa K, Matsui K, Ogawa H

    Journal of cardiology   67 ( 1 )   104 - 9   2016年01月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2015.03.010

    PubMed

  • 血清トロンボスポンジン-2濃度上昇は駆出率が保たれている心不全患者の予後不良と相関する(High serum levels of thrombospondin-2 correlate with poor prognosis of patients with heart failure with preserved ejection fraction) 査読

    Kimura Yuichi, Izumiya Yasuhiro, Hanatani Shinsuke, Yamamoto Eiichiro, Kusaka Hiroaki, Tokitsu Takanori, Takashio Seiji, Sakamoto Kenji, Tsujita Kenichi, Tanaka Tomoko, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Tayama Shinji, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    シュプリンガー・ジャパン(株) Heart and Vessels   31 ( 1 )   52 - 59   2016年01月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    駆出率が保たれている心不全(HFpEF)患者150名(女73名、平均72.5歳)の血清トロンボスポンジン-2(TSP-2)濃度をELISAで測定し、重症度や予後との関係を調べた。エンドポイントは死亡率、HFに関連した入院、脳卒中および非致死的心筋梗塞であった。血清TSP-2濃度中央値は19.2ng/mLで、ニューヨーク心臓学会機能クラスと関連していた。血中のB型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)と高感度トロポニンTは血清TSP-2濃度と正相関した。Kaplan-Meier生存曲線から、TSP-2上昇群は有害心血管イベントが高リスクで、TSP-2上昇とBNP上昇の複合は最も悪い無イベント生存率と関連していることが示された。多変量Cox比例ハザード分析にて、TSP-2が死亡および心血管イベントの独立した危険因子として同定された。血中TSP-2濃度はHFpEF患者の重症度と相関すると考えられた。

  • 血清トロンボスポンジン-2濃度上昇は駆出率が保たれている心不全患者の予後不良と相関する(High serum levels of thrombospondin-2 correlate with poor prognosis of patients with heart failure with preserved ejection fraction)

    Kimura Yuichi, Izumiya Yasuhiro, Hanatani Shinsuke, Yamamoto Eiichiro, Kusaka Hiroaki, Tokitsu Takanori, Takashio Seiji, Sakamoto Kenji, Tsujita Kenichi, Tanaka Tomoko, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Tayama Shinji, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    Heart and Vessels   31 ( 1 )   52 - 59   2016年01月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    駆出率が保たれている心不全(HFpEF)患者150名(女73名、平均72.5歳)の血清トロンボスポンジン-2(TSP-2)濃度をELISAで測定し、重症度や予後との関係を調べた。エンドポイントは死亡率、HFに関連した入院、脳卒中および非致死的心筋梗塞であった。血清TSP-2濃度中央値は19.2ng/mLで、ニューヨーク心臓学会機能クラスと関連していた。血中のB型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)と高感度トロポニンTは血清TSP-2濃度と正相関した。Kaplan-Meier生存曲線から、TSP-2上昇群は有害心血管イベントが高リスクで、TSP-2上昇とBNP上昇の複合は最も悪い無イベント生存率と関連していることが示された。多変量Cox比例ハザード分析にて、TSP-2が死亡および心血管イベントの独立した危険因子として同定された。血中TSP-2濃度はHFpEF患者の重症度と相関すると考えられた。

  • Helicobacter pylori Seropositivity in Patients with Interleukin-1 Polymorphisms Is Significantly Associated with ST-Segment Elevation Myocardial Infarction. 査読

    Tabata N, Sueta D, Akasaka T, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Hokimoto S

    PloS one   11 ( 11 )   e0166240   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0166240

    PubMed

  • Distribution of Ankle-Brachial Index among Inpatients with Cardiovascular Disease: Analysis Using the Kumamoto University Hospital Medical Database. 査読

    Hokimoto S, Soejima H, Kojima S, Kaikita K, Yamamuro M, Izumiya Y, Tsujita K, Yamamoto E, Tanaka T, Sugamura K, Arima Y, Sakamoto K, Akasaka T, Tabata N, Sueta D, Miyoshi I, Usami M, Ogawa H

    Annals of vascular diseases   9 ( 1 )   22 - 9   2016年( ISSN:1881-641X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3400/avd.oa.15-00089

    PubMed

  • A Destabilized Case of Stable Effort Angina Pectoris Induced by Low-dose Adenosine Triphosphate. 査読

    Sueta D, Kojima S, Izumiya Y, Yamamuro M, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   55 ( 22 )   3291 - 3294   2016年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7234

    PubMed

  • Physiological basis of discordance between coronary flow velocity reserve and hyperemic microvascular resistance for evaluating coronary microvascular dysfunction in patients without atherosclerotic obstruction. 査読

    Yamanaga K, Tsujita K, Komura N, Kaikita K, Sakamoto K, Miyazaki T, Saito M, Ishii M, Tabata N, Akasaka T, Arima Y, Yamamoto E, Yamamuro M, Izumiya Y, Kojima S, Tayama S, Nakamura S, Hokimoto S, Ogawa H

    International journal of cardiology   201   535 - 7   2015年12月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2015.08.102

    PubMed

  • Determinants of Myocardial Lactate Production During Acetylcholine Provocation Test in Patients With Coronary Spasm. 査読

    Kaikita K, Ishii M, Sato K, Nakayama M, Arima Y, Tanaka T, Sugamura K, Sakamoto K, Izumiya Y, Yamamoto E, Tsujita K, Yamamuro M, Kojima S, Soejima H, Hokimoto S, Matsui K, Ogawa H

    Journal of the American Heart Association   4 ( 12 )   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/JAHA.115.002387

    PubMed

  • 心臓X症候群と駆出率が保持された心不全を合併したWerner症候群の1症例(A case of Werner's syndrome with cardiac syndrome X and heart failure with preserved ejection fraction) 査読

    Yamamoto Masahiro, Yamamoto Eiichiro, Yasuda Osamu, Yasuda Hisayo, Sakamoto Kenji, Tsujita Kenichi, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology Cases   12 ( 6 )   195 - 198   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    58歳女。中学生時に白髪、18歳時に白内障を発症し、46歳で大腿骨頭置換術を受けた。49歳時には皮膚潰瘍を発症し、Werner症候群と診断されていた。今回、胸痛と労作性呼吸困難を主訴に来院した。頸動脈エコーとMRI造影では、大血管におけるアテローム性動脈硬化は見られなかった。しかし、心電図ではII、III、aVF誘導で顕著なST低下を認めた。心エコー検査では、左室流入血流速波形のE波と組織ドプラ法による僧帽弁輪部速度の拡張早期速度e'との比(E/e')は22.2、左室駆出率は69.7%であった。これらの所見から、左室駆出率が保持された心不全と診断した。冠動脈造影では心外膜冠動脈に狭窄は見られなかったが、冠動脈血流予備能の測定で心筋微小循環障害を認めたことから、心臓X症候群と診断した。ニコランジルの投与により冠動脈の微小循環障害と労作性心筋虚血は改善した。

  • A case of Werner's syndrome with cardiac syndrome X and heart failure with preserved ejection fraction. 査読

    Yamamoto M, Yamamoto E, Yasuda O, Yasuda H, Sakamoto K, Tsujita K, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    Journal of cardiology cases   12 ( 6 )   195 - 198   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2015.08.009

    PubMed

  • 心臓X症候群と駆出率が保持された心不全を合併したWerner症候群の1症例(A case of Werner's syndrome with cardiac syndrome X and heart failure with preserved ejection fraction)

    Yamamoto Masahiro, Yamamoto Eiichiro, Yasuda Osamu, Yasuda Hisayo, Sakamoto Kenji, Tsujita Kenichi, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    Journal of Cardiology Cases   12 ( 6 )   195 - 198   2015年12月

     詳細を見る

    58歳女。中学生時に白髪、18歳時に白内障を発症し、46歳で大腿骨頭置換術を受けた。49歳時には皮膚潰瘍を発症し、Werner症候群と診断されていた。今回、胸痛と労作性呼吸困難を主訴に来院した。頸動脈エコーとMRI造影では、大血管におけるアテローム性動脈硬化は見られなかった。しかし、心電図ではII、III、aVF誘導で顕著なST低下を認めた。心エコー検査では、左室流入血流速波形のE波と組織ドプラ法による僧帽弁輪部速度の拡張早期速度e'との比(E/e')は22.2、左室駆出率は69.7%であった。これらの所見から、左室駆出率が保持された心不全と診断した。冠動脈造影では心外膜冠動脈に狭窄は見られなかったが、冠動脈血流予備能の測定で心筋微小循環障害を認めたことから、心臓X症候群と診断した。ニコランジルの投与により冠動脈の微小循環障害と労作性心筋虚血は改善した。

  • 睡眠障害に伴う呼吸障害と心血管疾患がある患者における夜間尿(Nocturia in Patients With Sleep-Disordered Breathing and Cardiovascular Disease) 査読

    Miyazaki Takashi, Kojima Sunao, Yamamuro Megumi, Sakamoto Kenji, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   79 ( 12 )   2632 - 2640   2015年11月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    心血管疾患(CVD)がある患者連続1429例を対象とした前向き観察研究。多変量ロジスチック回帰解析によると夜間尿は年齢、性、高血圧、B型Na利尿ペプチド濃度と独立に酸素不飽和(3%減少)と関連があった。持続的陽性気道圧治療をした患者では夜間尿は減少し、無呼吸-低呼吸係数の減少(45.3±13.6対2.5±3.7,P<0.0001)、収縮期血圧(121.6±11.9対113.4±8.8mmHg,P=0.002)とBNP濃度(57.7対27.4pg/ml,P=0.0006)の減少もみられた。

  • 睡眠障害に伴う呼吸障害と心血管疾患がある患者における夜間尿(Nocturia in Patients With Sleep-Disordered Breathing and Cardiovascular Disease)

    Miyazaki Takashi, Kojima Sunao, Yamamuro Megumi, Sakamoto Kenji, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    Circulation Journal   79 ( 12 )   2632 - 2640   2015年11月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    心血管疾患(CVD)がある患者連続1429例を対象とした前向き観察研究。多変量ロジスチック回帰解析によると夜間尿は年齢、性、高血圧、B型Na利尿ペプチド濃度と独立に酸素不飽和(3%減少)と関連があった。持続的陽性気道圧治療をした患者では夜間尿は減少し、無呼吸-低呼吸係数の減少(45.3±13.6対2.5±3.7,P<0.0001)、収縮期血圧(121.6±11.9対113.4±8.8mmHg,P=0.002)とBNP濃度(57.7対27.4pg/ml,P=0.0006)の減少もみられた。

  • Sirt7 Contributes to Myocardial Tissue Repair by Maintaining Transforming Growth Factor-β Signaling Pathway. 査読

    Araki S, Izumiya Y, Rokutanda T, Ianni A, Hanatani S, Kimura Y, Onoue Y, Senokuchi T, Yoshizawa T, Yasuda O, Koitabashi N, Kurabayashi M, Braun T, Bober E, Yamagata K, Ogawa H

    Circulation   132 ( 12 )   1081 - 93   2015年09月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.114.014821

    PubMed

  • Acetylcholine-Provoked Coronary Spasm at Site of Significant Organic Stenosis Predicts Poor Prognosis in Patients With Coronary Vasospastic Angina. 査読

    Ishii M, Kaikita K, Sato K, Tanaka T, Sugamura K, Sakamoto K, Izumiya Y, Yamamoto E, Tsujita K, Yamamuro M, Kojima S, Soejima H, Hokimoto S, Matsui K, Ogawa H

    Journal of the American College of Cardiology   66 ( 10 )   1105 - 15   2015年09月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacc.2015.06.1324

    PubMed

  • Expression of Let-7 family microRNAs in skin correlates negatively with severity of pulmonary hypertension in patients with systemic scleroderma. 査読

    Izumiya Y, Jinnn M, Kimura Y, Wang Z, Onoue Y, Hanatani S, Araki S, Ihn H, Ogawa H

    International journal of cardiology. Heart & vasculature   8   98 - 102   2015年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcha.2015.06.006

    PubMed

  • Significance of low plasma levels of brain-derived neurotrophic factor in patients with heart failure. 査読

    Takashio S, Sugiyama S, Yamamuro M, Takahama H, Hayashi T, Sugano Y, Izumiya Y, Hokimoto S, Minamino N, Yasuda S, Anzai T, Ogawa H

    The American journal of cardiology   116 ( 2 )   243 - 9   2015年07月( ISSN:0002-9149

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2015.04.018

    PubMed

  • ST-segment elevation myocardial infarction in a patient with anomalous origin of left circumflex coronary artery. 査読

    Yamamoto M, Tsujita K, Yamanaga K, Komura N, Sakamoto K, Kojima S, Yamamoto E, Tanaka T, Yamamuro M, Izumiya Y, Nakamura S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    Journal of cardiology cases   11 ( 4 )   120 - 123   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jccase.2015.01.002

    PubMed

  • 左回旋枝の起始異常患者におけるST上昇型心筋梗塞(ST-segment elevation myocardial infarction in a patient with anomalous origin of left circumflex coronary artery) 査読

    Yamamoto Masahiro, Tsujita Kenichi, Yamanaga Kenshi, Komura Naohiro, Sakamoto Kenji, Kojima Sunao, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Yamamuro Megumi, Izumiya Yasuhiro, Nakamura Sunao, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology Cases   11 ( 4 )   120 - 123   2015年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は65歳男性で、高血圧症、脂質異常症、喫煙の既往があった。今回、急性冠症候群を示唆する胸痛が出現したため当院に搬送された。搬送時の心電図でST上昇と、左室後壁および下壁の運動低下を認めた。高感度トロポニンTは高値(0.0602ng/mL)を示した。緊急冠動脈造影検査では左旋回枝(LCX)が左冠動脈洞から起始しておらず、右冠動脈造影を実施したところ、LCXは右動脈洞から起始していた。選択的LCX造影でLCX近位部に閉塞を認め、ST上昇型心筋梗塞と診断した。6Fガイドカテーテルが病変部を通過できなかったため、buddy-wire法を併用して7Fガイドカテーテルを挿入した。血管内超音波画像で冠動脈プラークの破綻に伴う血栓形成を認めた。金属ステント留置後ノンコンプライアントバルーンを使ってポスト拡張を施行した。

  • Telmisartan enhances mitochondrial activity and alters cellular functions in human coronary artery endothelial cells via AMP-activated protein kinase pathway. 査読

    Kurokawa H, Sugiyama S, Nozaki T, Sugamura K, Toyama K, Matsubara J, Fujisue K, Ohba K, Maeda H, Konishi M, Akiyama E, Sumida H, Izumiya Y, Yasuda O, Kim-Mitsuyama S, Ogawa H

    Atherosclerosis   239 ( 2 )   375 - 85   2015年04月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2015.01.037

    PubMed

  • 左回旋枝の起始異常患者におけるST上昇型心筋梗塞(ST-segment elevation myocardial infarction in a patient with anomalous origin of left circumflex coronary artery)

    Yamamoto Masahiro, Tsujita Kenichi, Yamanaga Kenshi, Komura Naohiro, Sakamoto Kenji, Kojima Sunao, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Yamamuro Megumi, Izumiya Yasuhiro, Nakamura Sunao, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    Journal of Cardiology Cases   11 ( 4 )   120 - 123   2015年04月

     詳細を見る

    症例は65歳男性で、高血圧症、脂質異常症、喫煙の既往があった。今回、急性冠症候群を示唆する胸痛が出現したため当院に搬送された。搬送時の心電図でST上昇と、左室後壁および下壁の運動低下を認めた。高感度トロポニンTは高値(0.0602ng/mL)を示した。緊急冠動脈造影検査では左旋回枝(LCX)が左冠動脈洞から起始しておらず、右冠動脈造影を実施したところ、LCXは右動脈洞から起始していた。選択的LCX造影でLCX近位部に閉塞を認め、ST上昇型心筋梗塞と診断した。6Fガイドカテーテルが病変部を通過できなかったため、buddy-wire法を併用して7Fガイドカテーテルを挿入した。血管内超音波画像で冠動脈プラークの破綻に伴う血栓形成を認めた。金属ステント留置後ノンコンプライアントバルーンを使ってポスト拡張を施行した。

  • Clinical significance of fecal occult blood screening in patients before percutaneous coronary intervention. 査読

    Sueta D, Hokimoto S, Tayama S, Tsujita K, Sakamoto K, Yamamoto E, Tanaka T, Izumiya Y, Yamamuro M, Yamanaga K, Akasaka T, Tababa N, Arima Y, Kaikita K, Ogawa H

    International journal of cardiology   182   85 - 7   2015年03月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2014.12.143

    PubMed

  • Overview of the 79th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society – Late-Breaking Cardiovascular Medicine From Japan. 査読

    Hokimoto S, Yasuda S, Sueta D, Tsujita K, Sakamoto K, Yamamuro M, Izumiya Y, Arima Y, Usuku H, Sumida Y, Kojima S, Kaikita K, Kanazawa H, Yamabe H, Ogawa H

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   79 ( 8 )   1675 - 9   2015年( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-15-0675

    PubMed

  • Nocturia in Patients With Sleep-Disordered Breathing and Cardiovascular Disease. 査読

    Miyazaki T, Kojima S, Yamamuro M, Sakamoto K, Izumiya Y, Tsujita K, Yamamoto E, Tanaka T, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   79 ( 12 )   2632 - 40   2015年( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-15-0654

    PubMed

  • Impact of left ventricular hypertrophy on impaired coronary microvascular dysfunction. 査読

    Tsujita K, Yamanaga K, Komura N, Sakamoto K, Miyazaki T, Ishii M, Tabata N, Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Kojima S, Yamamoto E, Yamamuro M, Tanaka T, Izumiya Y, Tayama S, Nakamura S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    International journal of cardiology   187   411 - 3   2015年( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2015.03.367

    PubMed

  • Gender differences in impact of vascular endothelial dysfunction on clinical outcome following coronary stenting in patients with coronary heart disease. 査読

    Hokimoto S, Tabata N, Akasaka T, Arima Y, Tsujita K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Sakamoto K, Kaikita K, Sugamura K, Ogawa H

    International journal of cardiology   177 ( 2 )   723 - 5   2014年12月( ISSN:0167-5273

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijcard.2014.10.023

    PubMed

  • Akt1-mediated fast/glycolytic skeletal muscle growth attenuates renal damage in experimental kidney disease. 査読

    Hanatani S, Izumiya Y, Araki S, Rokutanda T, Kimura Y, Walsh K, Ogawa H

    Journal of the American Society of Nephrology : JASN   25 ( 12 )   2800 - 11   2014年12月( ISSN:1046-6673

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1681/ASN.2013091025

    PubMed

  • Correlation between extent of myocardial fibrosis assessed by cardiac magnetic resonance and cardiac troponin T release in patients with nonischemic heart failure. 査読

    Takashio S, Yamamuro M, Uemura T, Utsunomiya D, Morita K, Izumiya Y, Sugiyama S, Kojima S, Yamamoto E, Tsujita K, Tanaka T, Tayama S, Kaikita K, Hokimoto S, Yasuda O, Yamashita Y, Ogawa H

    The American journal of cardiology   113 ( 10 )   1697 - 704   2014年05月( ISSN:0002-9149

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2014.02.029

    PubMed

  • Growth differentiation factor 15 can distinguish between hypertrophic cardiomyopathy and hypertensive hearts. 査読

    Hanatani S, Izumiya Y, Takashio S, Kojima S, Yamamuro M, Araki S, Rokutanda T, Tsujita K, Yamamoto E, Tanaka T, Tayama S, Kaikita K, Hokimoto S, Sugiyama S, Ogawa H

    Heart and vessels   29 ( 2 )   231 - 7   2014年03月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00380-013-0337-y

    PubMed

  • 血圧上昇がないFraminighamリスクスコア低値はST上昇型心筋梗塞発症の日内変動における午前中ピークと関連する(Lower Framingham risk score and the absence of hypertension are associated with the morning peak in the circadian variation of ST-elevation myocardial infarction onset) 査読

    Usuku Hiroki, Izumiya Yasuhiro, Sugiyama Seigo, Kojima Sunao, Araki Satoshi, Kurogi Kazumasa, Yamamoto Nobuyasu, Ando Yukio, Ogawa Hisao

    Nature Publishing Group Hypertension Research   37 ( 3 )   239 - 245   2014年03月( ISSN:0916-9636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    2008〜2011年に受診したST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者280例(平均70.5±11.7歳)を対象に、STEMI発症の日内変動に及ぼす冠疾患リスク因子の影響を検討した。冠疾患リスク因子の保有率は、高血圧症80%、糖尿病28%、現喫煙(cSM)33%であった。Framinghamリスクスコア(FRS)は平均8.77±3.28であった。STEMIの発症時間を4時間毎に6つの時間帯に分けて検討したところ、高血圧症の頻度は夜間発症群に比べて午前中(午前8時〜12時)発症群で有意に低かった。多変量ロジスティック回帰分析の結果、高血圧症の有病率低値は、STEMIの午前中ピークの唯一の独立関連因子であった。また、cSMはSTEMIの夜間ピークと有意に関連していた。また、午前中発症群では夜間発症群や他の時間帯発症群と比較してFRSが有意に低値であり、FRS低値はSTEMI発症の午前中ピークと有意に関連していた。FRS低値と高血圧症非合併はSTEMIの午前中発症と関連していたことから、午前中発症のSTEMIは古典的冠疾患リスク因子以外の病理学的因子の影響を受ける可能性が示唆された。

  • 血中Thrombospondin-2は駆出率低値の心不全患者の重症度を反映し転帰を予知する(Circulating Thrombospondin-2 Reflects Disease Severity and Predicts Outcome of Heart Failure With Reduced Ejection Fraction) 査読

    Hanatani Shinsuke, Izumiya Yasuhiro, Takashio Seiji, Kimura Yuichi, Araki Satoshi, Rokutanda Taku, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Tayama Shinji, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   78 ( 4 )   903 - 910   2014年03月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Thombospondin-2(TSP-2)は血清中の基質細胞由来蛋白で、その現象は加齢関連の拡張型心筋症を誘発する。冠動脈造影検査予定で駆出率低値の心不全(HFrEF)患者101例の血清TSP-2を測定し、平均820日間追跡中の死亡率と心血管事故を調査した。HFrEF群の血清TSP-2は非心不全群(n=17)より高値であった。HFrEF患者をTSP-2値が中央値より高値の群と低値の群に分類すると、高値群は低値群と比較してNYHA機能分類のクラスが有意に大であった(2.26対1.76、P=0.004)。多変量解析によるとヘモグロビン値(P<0.001)とTSP-2(P=0.045)は有害転帰の独立予知因子であった。すなわち、TSP-2はHFrEF患者の重症度と予後評価の有用な生物標識の可能性があると考えられた。

  • 成長分化因子15により肥大型心筋症と高血圧性心疾患との鑑別ができる(Growth differentiation factor 15 can distinguish between hypertrophic cardiomyopathy and hypertensive hearts) 査読

    Hanatani Shinsuke, Izumiya Yasuhiro, Takashio Seiji, Kojima Sunao, Yamamuro Megumi, Araki Satoshi, Rokutanda Taku, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Tayama Shinji, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Sugiyama Seigo, Ogawa Hisao

    シュプリンガー・ジャパン(株) Heart and Vessels   29 ( 2 )   231 - 237   2014年03月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    心肥大の病理的メカニズムを考慮して、肥大型心筋症(HCM)と高血圧性左室肥大(H-LVH)の鑑別における成長分化因子15(GDF-15)の有用性について検討した。H-LVH患者93名(男42名、女51名、平均68.9歳)、HCM患者28名(男17名、女11名、平均62.8歳)、疾患対照28名(男14名、女14名、平均60.0歳)を対象に、血清GDF-15と血漿B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)を測定した。その結果、GDF-15はHCM群に比べてH-LVH群で有意に高く、BNPはHCM群に比べてH-LVH群で有意に低かった。H-LVH群ではGDF-15とBNPに正の相関が見られたが、HCM群では見られなかった。多変量ロジスティック回帰分析の結果、GDF-15は左室肥大患者のH-LVHの独立予測因子で、ROC分析にてGDF-15はH-LVH検出で0.70の濃度曲線下面積を示した。GDF-15はHCMとH-LVHを鑑別する上で有用な生体マーカーであることが示された。

  • Lower Framingham risk score and the absence of hypertension are associated with the morning peak in the circadian variation of ST-elevation myocardial infarction onset. 査読

    Usuku H, Izumiya Y, Sugiyama S, Kojima S, Araki S, Kurogi K, Yamamoto N, Ando Y, Ogawa H

    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   37 ( 3 )   239 - 45   2014年03月( ISSN:0916-9636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/hr.2013.139

    PubMed

  • Growth differentiation factor-15 is a useful prognostic marker in patients with heart failure with preserved ejection fraction. 査読

    Izumiya Y, Hanatani S, Kimura Y, Takashio S, Yamamoto E, Kusaka H, Tokitsu T, Rokutanda T, Araki S, Tsujita K, Tanaka T, Yamamuro M, Kojima S, Tayama S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    The Canadian journal of cardiology   30 ( 3 )   338 - 44   2014年03月( ISSN:0828-282X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cjca.2013.12.010

    PubMed

  • 成長分化因子15により肥大型心筋症と高血圧性心疾患との鑑別ができる(Growth differentiation factor 15 can distinguish between hypertrophic cardiomyopathy and hypertensive hearts)

    Hanatani Shinsuke, Izumiya Yasuhiro, Takashio Seiji, Kojima Sunao, Yamamuro Megumi, Araki Satoshi, Rokutanda Taku, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Tayama Shinji, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Sugiyama Seigo, Ogawa Hisao

    Heart and Vessels   29 ( 2 )   231 - 237   2014年03月( ISSN:0910-8327

     詳細を見る

    心肥大の病理的メカニズムを考慮して、肥大型心筋症(HCM)と高血圧性左室肥大(H-LVH)の鑑別における成長分化因子15(GDF-15)の有用性について検討した。H-LVH患者93名(男42名、女51名、平均68.9歳)、HCM患者28名(男17名、女11名、平均62.8歳)、疾患対照28名(男14名、女14名、平均60.0歳)を対象に、血清GDF-15と血漿B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)を測定した。その結果、GDF-15はHCM群に比べてH-LVH群で有意に高く、BNPはHCM群に比べてH-LVH群で有意に低かった。H-LVH群ではGDF-15とBNPに正の相関が見られたが、HCM群では見られなかった。多変量ロジスティック回帰分析の結果、GDF-15は左室肥大患者のH-LVHの独立予測因子で、ROC分析にてGDF-15はH-LVH検出で0.70の濃度曲線下面積を示した。GDF-15はHCMとH-LVHを鑑別する上で有用な生体マーカーであることが示された。

  • 血圧上昇がないFraminighamリスクスコア低値はST上昇型心筋梗塞発症の日内変動における午前中ピークと関連する(Lower Framingham risk score and the absence of hypertension are associated with the morning peak in the circadian variation of ST-elevation myocardial infarction onset)

    Usuku Hiroki, Izumiya Yasuhiro, Sugiyama Seigo, Kojima Sunao, Araki Satoshi, Kurogi Kazumasa, Yamamoto Nobuyasu, Ando Yukio, Ogawa Hisao

    Hypertension Research   37 ( 3 )   239 - 245   2014年03月( ISSN:0916-9636

     詳細を見る

    2008~2011年に受診したST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者280例(平均70.5±11.7歳)を対象に、STEMI発症の日内変動に及ぼす冠疾患リスク因子の影響を検討した。冠疾患リスク因子の保有率は、高血圧症80%、糖尿病28%、現喫煙(cSM)33%であった。Framinghamリスクスコア(FRS)は平均8.77±3.28であった。STEMIの発症時間を4時間毎に6つの時間帯に分けて検討したところ、高血圧症の頻度は夜間発症群に比べて午前中(午前8時~12時)発症群で有意に低かった。多変量ロジスティック回帰分析の結果、高血圧症の有病率低値は、STEMIの午前中ピークの唯一の独立関連因子であった。また、cSMはSTEMIの夜間ピークと有意に関連していた。また、午前中発症群では夜間発症群や他の時間帯発症群と比較してFRSが有意に低値であり、FRS低値はSTEMI発症の午前中ピークと有意に関連していた。FRS低値と高血圧症非合併はSTEMIの午前中発症と関連していたことから、午前中発症のSTEMIは古典的冠疾患リスク因子以外の病理学的因子の影響を受ける可能性が示唆された。

  • 血中Thrombospondin-2は駆出率低値の心不全患者の重症度を反映し転帰を予知する(Circulating Thrombospondin-2 Reflects Disease Severity and Predicts Outcome of Heart Failure With Reduced Ejection Fraction)

    Hanatani Shinsuke, Izumiya Yasuhiro, Takashio Seiji, Kimura Yuichi, Araki Satoshi, Rokutanda Taku, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Tanaka Tomoko, Yamamuro Megumi, Kojima Sunao, Tayama Shinji, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Ogawa Hisao

    Circulation Journal   78 ( 4 )   903 - 910   2014年03月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    Thombospondin-2(TSP-2)は血清中の基質細胞由来蛋白で、その現象は加齢関連の拡張型心筋症を誘発する。冠動脈造影検査予定で駆出率低値の心不全(HFrEF)患者101例の血清TSP-2を測定し、平均820日間追跡中の死亡率と心血管事故を調査した。HFrEF群の血清TSP-2は非心不全群(n=17)より高値であった。HFrEF患者をTSP-2値が中央値より高値の群と低値の群に分類すると、高値群は低値群と比較してNYHA機能分類のクラスが有意に大であった(2.26対1.76、P=0.004)。多変量解析によるとヘモグロビン値(P<0.001)とTSP-2(P=0.045)は有害転帰の独立予知因子であった。すなわち、TSP-2はHFrEF患者の重症度と予後評価の有用な生物標識の可能性があると考えられた。

  • Glycolytic fast-twitch muscle fiber restoration counters adverse age-related changes in body composition and metabolism. 査読

    Akasaki Y, Ouchi N, Izumiya Y, Bernardo BL, Lebrasseur NK, Walsh K

    Aging cell   13 ( 1 )   80 - 91   2014年02月( ISSN:1474-9718

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/acel.12153

    PubMed

  • Tissue inhibitor of metalloproteinase-3 knockout mice exhibit enhanced energy expenditure through thermogenesis. 査読

    Hanaoka Y, Yasuda O, Soejima H, Miyata K, Yamamoto E, Izumiya Y, Maeda N, Ohishi M, Rakugi H, Oike Y, Kim-Mitsuyama S, Ogawa H

    PloS one   9 ( 4 )   e94930   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0094930

    PubMed

  • Circulating thrombospondin-2 reflects disease severity and predicts outcome of heart failure with reduced ejection fraction. 査読

    Hanatani S, Izumiya Y, Takashio S, Kimura Y, Araki S, Rokutanda T, Tsujita K, Yamamoto E, Tanaka T, Yamamuro M, Kojima S, Tayama S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   78 ( 4 )   903 - 10   2014年( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.cj-13-1221

    PubMed

  • Coronary microvascular dysfunction and diastolic load correlate with cardiac troponin T release measured by a highly sensitive assay in patients with nonischemic heart failure. 査読

    Takashio S, Yamamuro M, Izumiya Y, Sugiyama S, Kojima S, Yamamoto E, Tsujita K, Tanaka T, Tayama S, Kaikita K, Hokimoto S, Ogawa H

    Journal of the American College of Cardiology   62 ( 7 )   632 - 40   2013年08月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacc.2013.03.065

    PubMed

  • Sca1-derived cells are a source of myocardial renewal in the murine adult heart. 査読

    Uchida S, De Gaspari P, Kostin S, Jenniches K, Kilic A, Izumiya Y, Shiojima I, Grosse Kreymborg K, Renz H, Walsh K, Braun T

    Stem cell reports   1 ( 5 )   397 - 410   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.stemcr.2013.09.004

    PubMed

  • Diagnostic and prognostic value of subcutaneous tissue biopsy in patients with cardiac amyloidosis. 査読

    Takashio S, Izumiya Y, Jinnin M, Yamamuro M, Kojima S, Ihn H, Ogawa H

    The American journal of cardiology   110 ( 10 )   1507 - 11   2012年11月( ISSN:0002-9149

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2012.06.059

    PubMed

  • 2型糖尿病患者の冠微小循環および耐糖能に対する全身周期的加速度運動を用いた受動運動の効果の予備観測(Preliminary observations of passive exercise using whole body periodic acceleration on coronary microcirculation and glucose tolerance in patients with type 2 diabetes) 査読

    Sakaguchi Mikumo, Fukuda Shota, Shimada Kenei, Izumi Yasukatsu, Izumiya Yasuhiro, Nakamura Yasuhiro, Nakanishi Koki, Otsuka Kenichiro, Ogawa Hisao, Fujita Masatoshi, Yoshikawa Junichi, Yoshiyama Minoru

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   60 ( 3-4 )   283 - 287   2012年10月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    全身周期的加速度運動(WBPA)システムは、最近開発された内皮機能改善のための拍動剪断応力増加を提供する受動運動装置である。2型糖尿病(T2D)患者8名に対する、45分間のWBPA実施前および実施直後に、経胸壁ドプラ心エコー法による冠血流予備能(CFR)測定および血液臨床検査を行った。WBPA前と比べ実施後に以下の変化がみられた。1)CFRが有意に上昇(2.3±0.3→2.6±0.4)した。2)血清インスリン値が有意に低下(26±19μIU/mL→19±15IU/mL)し、総アディポネクチン(11.6±7.3μg/mL→12.5±8.0μg/mL)および高分子量アディポネクチン(4.9±3.6μg/mL→5.3±3.9μg/mL)が有意に上昇した。3)一方、血糖値は有意には変化しなかった(207±66mg/dL→203±56mg/dL)。以上より、1回のWBPA療法がT2D患者の冠微小循環および耐糖能を同時に改善することが示された。

  • 2型糖尿病患者の冠微小循環および耐糖能に対する全身周期的加速度運動を用いた受動運動の効果の予備観測(Preliminary observations of passive exercise using whole body periodic acceleration on coronary microcirculation and glucose tolerance in patients with type 2 diabetes)

    Sakaguchi Mikumo, Fukuda Shota, Shimada Kenei, Izumi Yasukatsu, Izumiya Yasuhiro, Nakamura Yasuhiro, Nakanishi Koki, Otsuka Kenichiro, Ogawa Hisao, Fujita Masatoshi, Yoshikawa Junichi, Yoshiyama Minoru

    Journal of Cardiology   60 ( 3-4 )   283 - 287   2012年10月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    全身周期的加速度運動(WBPA)システムは、最近開発された内皮機能改善のための拍動剪断応力増加を提供する受動運動装置である。2型糖尿病(T2D)患者8名に対する、45分間のWBPA実施前および実施直後に、経胸壁ドプラ心エコー法による冠血流予備能(CFR)測定および血液臨床検査を行った。WBPA前と比べ実施後に以下の変化がみられた。1)CFRが有意に上昇(2.3±0.3→2.6±0.4)した。2)血清インスリン値が有意に低下(26±19μIU/mL→19±15IU/mL)し、総アディポネクチン(11.6±7.3μg/mL→12.5±8.0μg/mL)および高分子量アディポネクチン(4.9±3.6μg/mL→5.3±3.9μg/mL)が有意に上昇した。3)一方、血糖値は有意には変化しなかった(207±66mg/dL→203±56mg/dL)。以上より、1回のWBPA療法がT2D患者の冠微小循環および耐糖能を同時に改善することが示された。

  • Preliminary observations of passive exercise using whole body periodic acceleration on coronary microcirculation and glucose tolerance in patients with type 2 diabetes 査読

    Sakaguchi M., Fukuda S., Shimada K., Izumi Y., Izumiya Y., Nakamura Y., Ogawa H., Fujita M., Yoshikawa J., Yoshiyama M.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   33   895 - 895   2012年08月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Usefulness of SUM of ST-segment elevation on electrocardiograms (limb leads) for predicting in-hospital complications in patients with stress (takotsubo) cardiomyopathy. 査読

    Takashio S, Yamamuro M, Kojima S, Izumiya Y, Kaikita K, Hokimoto S, Sugiyama S, Tsunoda R, Nakao K, Ogawa H

    The American journal of cardiology   109 ( 11 )   1651 - 6   2012年06月( ISSN:0002-9149

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.amjcard.2012.01.393

    PubMed

  • 心アミロイドーシスのショック患者において多面的な機械的補助は転帰を改善する(Multidisciplinary Mechanical Supports Improve Outcome in a Shock Patient with Cardiac Amyloidosis: A Case Report) 査読

    Onoue Yoshiro, Izumiya Yasuhiro, Takashio Seiji, Ono Takamichi, Morihisa Kenji, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Yamamuro Megumi, Kaikita Koichi, Tayama Shinji, Hokimoto Seiji, Sumida Hitoshi, Sugiyama Seigo, Ogawa Hisao

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   51 ( 10 )   1215 - 1219   2012年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は70歳男性で、鬱血性心不全の治療のため入院した。心収縮・拡張機能障害、左室肥大、心筋への99mTcピロリン酸集積像および腹壁皮下組織の生検所見より、心アミロイドーシスと診断した。心臓検査時に偶然に発見された腎腫瘍に対して腹腔鏡下腎切除術を施行した。患者を手術後に一般病棟に移動し、その数時間後にショック状態となった。全身炎症反応症候群、拘束性心不全、血液量減少および発作性心房細動によるショックと判断した。大動脈内バルーンパンピング(IABP)を早期に開始し、循環体液量コントロールのため持続的血液濾過透析(CHDF)を行った。循環動態は安定し、患者は5日後にIABP、9日後にCHDFから離脱した。IABPとCHDFによりカテコールアミンおよび利尿剤の用量が減り、完全な回復が得られた。患者は入院から31日後に退院した。

  • 心アミロイドーシスのショック患者において多面的な機械的補助は転帰を改善する(Multidisciplinary Mechanical Supports Improve Outcome in a Shock Patient with Cardiac Amyloidosis: A Case Report)

    Onoue Yoshiro, Izumiya Yasuhiro, Takashio Seiji, Ono Takamichi, Morihisa Kenji, Tsujita Kenichi, Yamamoto Eiichiro, Yamamuro Megumi, Kaikita Koichi, Tayama Shinji, Hokimoto Seiji, Sumida Hitoshi, Sugiyama Seigo, Ogawa Hisao

    Internal Medicine   51 ( 10 )   1215 - 1219   2012年05月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    症例は70歳男性で、鬱血性心不全の治療のため入院した。心収縮・拡張機能障害、左室肥大、心筋への99mTcピロリン酸集積像および腹壁皮下組織の生検所見より、心アミロイドーシスと診断した。心臓検査時に偶然に発見された腎腫瘍に対して腹腔鏡下腎切除術を施行した。患者を手術後に一般病棟に移動し、その数時間後にショック状態となった。全身炎症反応症候群、拘束性心不全、血液量減少および発作性心房細動によるショックと判断した。大動脈内バルーンパンピング(IABP)を早期に開始し、循環体液量コントロールのため持続的血液濾過透析(CHDF)を行った。循環動態は安定し、患者は5日後にIABP、9日後にCHDFから離脱した。IABPとCHDFによりカテコールアミンおよび利尿剤の用量が減り、完全な回復が得られた。患者は入院から31日後に退院した。

  • A dipeptidyl peptidase-4 inhibitor, des-fluoro-sitagliptin, improves endothelial function and reduces atherosclerotic lesion formation in apolipoprotein E-deficient mice. 査読

    Matsubara J, Sugiyama S, Sugamura K, Nakamura T, Fujiwara Y, Akiyama E, Kurokawa H, Nozaki T, Ohba K, Konishi M, Maeda H, Izumiya Y, Kaikita K, Sumida H, Jinnouchi H, Matsui K, Kim-Mitsuyama S, Takeya M, Ogawa H

    Journal of the American College of Cardiology   59 ( 3 )   265 - 76   2012年01月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacc.2011.07.053

    PubMed

  • Fat-derived factor omentin stimulates endothelial cell function and ischemia-induced revascularization via endothelial nitric oxide synthase-dependent mechanism. 査読

    Maruyama S, Shibata R, Kikuchi R, Izumiya Y, Rokutanda T, Araki S, Kataoka Y, Ohashi K, Daida H, Kihara S, Ogawa H, Murohara T, Ouchi N

    The Journal of biological chemistry   287 ( 1 )   408 - 17   2012年01月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.261818

    PubMed

  • Akt1-mediated skeletal muscle growth attenuates cardiac dysfunction and remodeling after experimental myocardial infarction. 査読

    Araki S, Izumiya Y, Hanatani S, Rokutanda T, Usuku H, Akasaki Y, Takeo T, Nakagata N, Walsh K, Ogawa H

    Circulation. Heart failure   5 ( 1 )   116 - 25   2012年01月( ISSN:1941-3289

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCHEARTFAILURE.111.964783

    PubMed

  • Preliminary observations of passive exercise using whole body periodic acceleration on coronary microcirculation and glucose tolerance in patients with type 2 diabetes 査読

    Sakaguchi Mikumo, Fukuda Shota, Shimada Kenei, Izumi Yasukatsu, Izumiya Yasuhiro, Nakamura Yasuhiro, Nakanishi Koki, Otsuka Kenichiro, Ogawa Hisao, Fujita Masatoshi, Yoshikawa Junichi, Yoshiyama Minoru

    JOURNAL OF CARDIOLOGY   60 ( 3-4 )   283 - 287   2012年( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2012.05.006

    PubMed

  • Multidisciplinary mechanical supports improve outcome in a shock patient with cardiac amyloidosis: a case report. 査読

    Onoue Y, Izumiya Y, Takashio S, Ono T, Morihisa K, Tsujita K, Yamamoto E, Yamamuro M, Kaikita K, Tayama S, Hokimoto S, Sumida H, Sugiyama S, Ogawa H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   51 ( 10 )   1215 - 9   2012年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.51.7196

    PubMed

  • Chronic C-Type Natriuretic Peptide Infusion Attenuates Angiotensin II-Induced Myocardial Superoxide Production and Cardiac Remodeling. 査読

    Izumiya Y, Araki S, Usuku H, Rokutanda T, Hanatani S, Ogawa H

    International journal of vascular medicine   2012   246058   2012年( ISSN:2090-2824

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2012/246058

    PubMed

  • Passive Exercise Using Whole-Body Periodic Acceleration Enhances Blood Supply to Ischemic Hindlimb 査読

    Rokutanda Taku, Izumiya Yasuhiro, Miura Mitsutoshi, Fukuda Shota, Shimada Kenei, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Araki Satoshi, Hanatani Shinsuke, Matsubara Junichi, Nakamura Taishi, Kataoka Keiichiro, Yasuda Osamu, Kaikita Koichi, Sugiyama Seigo, Kim-Mitsuyama Shokei, Yoshikawa Junichi, Fujita Masatoshi, Yoshiyama Minoru, Ogawa Hisao

    ARTERIOSCLEROSIS THROMBOSIS AND VASCULAR BIOLOGY   31 ( 12 )   2872 - U308   2011年12月( ISSN:1079-5642

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/ATVBAHA.111.229773

    PubMed

  • Whole Body Periodic Acceleration, Novel Passive Exercise Devices, Enhances Blood Supply to Ischemic Hindlimb in Mice and Human 査読

    Rokutanda Taku, Izumiya Yasuhiro, Miura Mitsutoshi, Fukuda Shota, Shimada Kenei, Izumi Yasukatsu, Nakamura Yasuhiro, Araki Satoshi, Hanatani Shinsuke, Kim-Mitsuyama Shokei, Yoshiyama Minoru, Ogawa Hisao

    CIRCULATION   124 ( 21 )   2011年11月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Adipolin/C1qdc2/CTRP12 protein functions as an adipokine that improves glucose metabolism. 査読

    Enomoto T, Ohashi K, Shibata R, Higuchi A, Maruyama S, Izumiya Y, Walsh K, Murohara T, Ouchi N

    The Journal of biological chemistry   286 ( 40 )   34552 - 8   2011年10月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M111.277319

    PubMed

  • The insulin resistance and coronary microcirculation are improved by passive exercise using whole body periodic acceleration in diabetic patients 査読

    Kono Y., Fukuda S., Shimada K., Izumi Y., Izumiya Y., Nakamura Y., Ogawa H., Yoshiyama M., Fujita M., Yoshikawa J.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   32   1034 - 1034   2011年08月( ISSN:0195-668X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Myogenic Akt signaling attenuates muscular degeneration, promotes myofiber regeneration and improves muscle function in dystrophin-deficient mdx mice. 査読

    Kim MH, Kay DI, Rudra RT, Chen BM, Hsu N, Izumiya Y, Martinez L, Spencer MJ, Walsh K, Grinnell AD, Crosbie RH

    Human molecular genetics   20 ( 7 )   1324 - 38   2011年04月( ISSN:0964-6906

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/hmg/ddr015

    PubMed

  • Long-term use of oral nicorandil stabilizes coronary plaque in patients with stable angina pectoris. 査読

    Izumiya Y, Kojima S, Kojima S, Araki S, Usuku H, Matsubara J, Sakamoto K, Tsujita K, Nagayoshi Y, Kaikita K, Sugiyama S, Ogawa H

    Atherosclerosis   214 ( 2 )   415 - 21   2011年02月( ISSN:0021-9150

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.atherosclerosis.2010.11.032

    PubMed

  • 骨格筋由来の分泌ホルモンによる慢性心不全の新しい治療戦略 査読

    泉家 康宏

    (公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団 医科学応用研究財団研究報告   28   194 - 196   2011年02月( ISSN:0914-5117

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 骨格筋由来の分泌ホルモンによる慢性心不全の新しい治療戦略

    泉家 康宏

    医科学応用研究財団研究報告   28   194 - 196   2011年02月( ISSN:0914-5117

  • 新たな心不全治療薬となりうる骨格筋由来のパラクライン因子の同定とその機能解析 査読

    泉家 康宏

    (公財)上原記念生命科学財団 上原記念生命科学財団研究報告集   24   1 - 5   2010年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    レジスタンストレーニングに伴って認められる骨格筋肥大が心機能、心臓リモデリングに与える影響を調べるため、骨格筋特異的Atk1コンディショナルトランスジェニック(TG)マウスの冠動脈を結紮し、心筋梗塞モデルを作製した。結紮直後よりドキシサイクリンを飲水投与し、骨格筋特異的にAtk1を過剰発現させて骨格筋細胞の肥大を誘導した。その結果、TGマウスでは野生型マウスと比較して梗塞境界領域の毛細血管密度が増加し、非梗塞領域での心筋間質の線維化と心筋細胞のアポトーシスが抑制されていた。この心筋梗塞モデルから骨格筋サンプルを採取し、RNAを抽出しマイクロアレイにより遺伝子発現を網羅的に解析した。骨格筋からは新規骨格筋由来分泌因子として同定・機能解析を行ったホリスタチン様遺伝子や線維芽細胞増殖因子21など種々の分泌因子が様々な外的刺激により分泌され、心血管系細胞に作用することが明らかになった。

  • 新たな心不全治療薬となりうる骨格筋由来のパラクライン因子の同定とその機能解析

    泉家 康宏

    上原記念生命科学財団研究報告集   24   1 - 5   2010年12月

     詳細を見る

    レジスタンストレーニングに伴って認められる骨格筋肥大が心機能、心臓リモデリングに与える影響を調べるため、骨格筋特異的Atk1コンディショナルトランスジェニック(TG)マウスの冠動脈を結紮し、心筋梗塞モデルを作製した。結紮直後よりドキシサイクリンを飲水投与し、骨格筋特異的にAtk1を過剰発現させて骨格筋細胞の肥大を誘導した。その結果、TGマウスでは野生型マウスと比較して梗塞境界領域の毛細血管密度が増加し、非梗塞領域での心筋間質の線維化と心筋細胞のアポトーシスが抑制されていた。この心筋梗塞モデルから骨格筋サンプルを採取し、RNAを抽出しマイクロアレイにより遺伝子発現を網羅的に解析した。骨格筋からは新規骨格筋由来分泌因子として同定・機能解析を行ったホリスタチン様遺伝子や線維芽細胞増殖因子21など種々の分泌因子が様々な外的刺激により分泌され、心血管系細胞に作用することが明らかになった。

  • Insulin-like 6 is induced by muscle injury and functions as a regenerative factor. 査読

    Zeng L, Akasaki Y, Sato K, Ouchi N, Izumiya Y, Walsh K

    The Journal of biological chemistry   285 ( 46 )   36060 - 9   2010年11月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M110.160879

    PubMed

  • Digital assessment of endothelial function and ischemic heart disease in women. 査読

    Matsuzawa Y, Sugiyama S, Sugamura K, Nozaki T, Ohba K, Konishi M, Matsubara J, Sumida H, Kaikita K, Kojima S, Nagayoshi Y, Yamamuro M, Izumiya Y, Iwashita S, Matsui K, Jinnouchi H, Kimura K, Umemura S, Ogawa H

    Journal of the American College of Cardiology   55 ( 16 )   1688 - 96   2010年04月( ISSN:0735-1097

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jacc.2009.10.073

    PubMed

  • Pump failure death and sudden cardiac death in patients with cardiac dysfunction: a search for prognostic predictive factors--a long-term follow-up study. 査読

    Usuku H, Nakayama M, Sumida H, Yamamuro M, Izumiya Y, Suzuki S, Kusuhara K, Ueno H, Sugiyama S, Yoshimura M, Ogawa H

    Journal of cardiology   55 ( 1 )   55 - 64   2010年01月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2009.08.005

    PubMed

  • 心機能障害患者におけるポンプ失調死と突然心死 予後予知因子の調査 長期追跡研究(Pump failure death and sudden cardiac death in patients with cardiac dysfunction: A search for prognostic predictive factors: A long-term follow-up study) 査読

    Usuku Hiroki, Nakayama Masafumi, Sumida Hitoshi, Yamamuro Megumi, Izumiya Yasuhiro, Suzuki Satoru, Kusuhara Kenichi, Ueno Hirofumi, Sugiyama Seigo, Yoshimura Michihiro, Ogawa Hisao

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   55 ( 1 )   55 - 64   2010年01月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    1990年1月から2004年12月までの期間に心筋梗塞(MI)患者連続186例と非虚血性心不全(NIHF)患者連続115例を平均73±3ヵ月追跡した。MI群ではポンプ失調で26例、突然心死で12例が死亡、NIHF群ではポンプ失調で21例、突然心死で9例が死亡した。多変量解析によるとlog Na利尿ペプチド(BNP)が両群におけるポンプ失調の独立予知因子であった。MI群では推定糸球体濾過率が突然心死の独立予知因子であった。Kaplan-Meier解析では、BNP高値はいずれの群でもポンプ失調死の独立予知因子であった。一方、MI群では推定糸球体濾過率低値群は高値群より突然心死が有意に多かった。

  • 心機能障害患者におけるポンプ失調死と突然心死 予後予知因子の調査 長期追跡研究(Pump failure death and sudden cardiac death in patients with cardiac dysfunction: A search for prognostic predictive factors: A long-term follow-up study)

    Usuku Hiroki, Nakayama Masafumi, Sumida Hitoshi, Yamamuro Megumi, Izumiya Yasuhiro, Suzuki Satoru, Kusuhara Kenichi, Ueno Hirofumi, Sugiyama Seigo, Yoshimura Michihiro, Ogawa Hisao

    Journal of Cardiology   55 ( 1 )   55 - 64   2010年01月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    1990年1月から2004年12月までの期間に心筋梗塞(MI)患者連続186例と非虚血性心不全(NIHF)患者連続115例を平均73±3ヵ月追跡した。MI群ではポンプ失調で26例、突然心死で12例が死亡、NIHF群ではポンプ失調で21例、突然心死で9例が死亡した。多変量解析によるとlog Na利尿ペプチド(BNP)が両群におけるポンプ失調の独立予知因子であった。MI群では推定糸球体濾過率が突然心死の独立予知因子であった。Kaplan-Meier解析では、BNP高値はいずれの群でもポンプ失調死の独立予知因子であった。一方、MI群では推定糸球体濾過率低値群は高値群より突然心死が有意に多かった。

  • Effects of fixed-dose isosorbide dinitrate/hydralazine on diastolic function and exercise capacity in hypertension-induced diastolic heart failure. 査読

    Wilson RM, De Silva DS, Sato K, Izumiya Y, Sam F

    Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   54 ( 3 )   583 - 90   2009年09月( ISSN:0194-911X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.109.134932

    PubMed

  • Myogenic Akt signaling upregulates the utrophin-glycoprotein complex and promotes sarcolemma stability in muscular dystrophy. 査読

    Peter AK, Ko CY, Kim MH, Hsu N, Ouchi N, Rhie S, Izumiya Y, Zeng L, Walsh K, Crosbie RH

    Human molecular genetics   18 ( 2 )   318 - 27   2009年01月( ISSN:0964-6906

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/hmg/ddn358

    PubMed

  • Activated endocannabinoid system in coronary artery disease and antiinflammatory effects of cannabinoid 1 receptor blockade on macrophages. 査読

    Sugamura K, Sugiyama S, Nozaki T, Matsuzawa Y, Izumiya Y, Miyata K, Nakayama M, Kaikita K, Obata T, Takeya M, Ogawa H

    Circulation   119 ( 1 )   28 - 36   2009年01月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.108.811992

    PubMed

  • Follistatin-like 1, a secreted muscle protein, promotes endothelial cell function and revascularization in ischemic tissue through a nitric-oxide synthase-dependent mechanism. 査読

    Ouchi N, Oshima Y, Ohashi K, Higuchi A, Ikegami C, Izumiya Y, Walsh K

    The Journal of biological chemistry   283 ( 47 )   32802 - 11   2008年11月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M803440200

    PubMed

  • FGF21 is an Akt-regulated myokine. 査読

    Izumiya Y, Bina HA, Ouchi N, Akasaki Y, Kharitonenkov A, Walsh K

    FEBS letters   582 ( 27 )   3805 - 10   2008年11月( ISSN:0014-5793

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2008.10.021

    PubMed

  • Follistatin-like 1 is an Akt-regulated cardioprotective factor that is secreted by the heart. 査読

    Oshima Y, Ouchi N, Sato K, Izumiya Y, Pimentel DR, Walsh K

    Circulation   117 ( 24 )   3099 - 108   2008年06月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.108.767673

    PubMed

  • Fast/Glycolytic muscle fiber growth reduces fat mass and improves metabolic parameters in obese mice. 査読

    Izumiya Y, Hopkins T, Morris C, Sato K, Zeng L, Viereck J, Hamilton JA, Ouchi N, LeBrasseur NK, Walsh K

    Cell metabolism   7 ( 2 )   159 - 72   2008年02月( ISSN:1550-4131

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cmet.2007.11.003

    PubMed

  • Adiponectin prevents cerebral ischemic injury through endothelial nitric oxide synthase dependent mechanisms. 査読

    Nishimura M, Izumiya Y, Higuchi A, Shibata R, Qiu J, Kudo C, Shin HK, Moskowitz MA, Ouchi N

    Circulation   117 ( 2 )   216 - 23   2008年01月( ISSN:0009-7322

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.107.725044

    PubMed

  • Forkhead transcription factors and cardiovascular biology. 査読

    Papanicolaou KN, Izumiya Y, Walsh K

    Circulation research   102 ( 1 )   16 - 31   2008年01月( ISSN:0009-7330

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCRESAHA.107.164186

    PubMed

  • Adiponectin accumulates in myocardial tissue that has been damaged by ischemia-reperfusion injury via leakage from the vascular compartment. 査読

    Shibata R, Sato K, Kumada M, Izumiya Y, Sonoda M, Kihara S, Ouchi N, Walsh K

    Cardiovascular research   74 ( 3 )   471 - 9   2007年06月( ISSN:0008-6363

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cardiores.2007.02.010

    PubMed

  • Adiponectin protects against the development of systolic dysfunction following myocardial infarction. 査読

    Shibata R, Izumiya Y, Sato K, Papanicolaou K, Kihara S, Colucci WS, Sam F, Ouchi N, Walsh K

    Journal of molecular and cellular cardiology   42 ( 6 )   1065 - 74   2007年06月( ISSN:0022-2828

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2007.03.808

    PubMed

  • Vascular endothelial growth factor blockade promotes the transition from compensatory cardiac hypertrophy to failure in response to pressure overload. 査読

    Izumiya Y, Shiojima I, Sato K, Sawyer DB, Colucci WS, Walsh K

    Hypertension (Dallas, Tex. : 1979)   47 ( 5 )   887 - 93   2006年05月( ISSN:0194-911X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.HYP.0000215207.54689.31

    PubMed

  • Dominant-negative c-Jun inhibits rat cardiac hypertrophy induced by angiotensin II and hypertension 査読

    Kim-Mitsuyama S, Izumi Y, Izumiya Y, Namba M, Yoshida K, Wake R, Yoshiyama M, Iwao H

    GENE THERAPY   13 ( 4 )   348 - 355   2006年02月( ISSN:0969-7128

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.gt.3302670

  • Disruption of coordinated cardiac hypertrophy and angiogenesis contributes to the transition to heart failure. 査読

    Shiojima I, Sato K, Izumiya Y, Schiekofer S, Ito M, Liao R, Colucci WS, Walsh K

    The Journal of clinical investigation   115 ( 8 )   2108 - 18   2005年08月( ISSN:0021-9738

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1172/JCI24682

    PubMed

  • Beneficial effect of candesartan on rat diastolic heart failure 査読

    Wake R, Kim-Mitsuyama S, Izumi Y, Yoshida K, Izumiya Y, Yukimura T, Shiota M, Yoshiyama M, Yoshikawa J, Iwao H

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   98 ( 4 )   372 - 379   2005年08月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Beneficial effect of candesartan on rat diastolic heart failure. 査読

    Wake R, Kim-Mitsuyama S, Izumi Y, Yoshida K, Izumiya Y, Yukimura T, Shiota M, Yoshiyama M, Yoshikawa J, Iwao H

    公益社団法人 日本薬理学会 Journal of pharmacological sciences   98 ( 4 )   372 - 9   2005年08月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this study, we examined whether an angiotensin II type 1 (AT<sub>1</sub>)-receptor blocker improves diastolic heart failure (DHF) in Dahl salt-sensitive (DS) rats. DHF was prepared by feeding DS rats on 8% NaCl diet from 7 weeks of age. DHF was estimated with echocardiography by measuring E velocity / A velocity (E/A) of left ventricular inflow. DS rats with established DHF were orally given candesartan (1 mg/kg per day) or vehicle. After 13 days of treatment, candesartan significantly improved DHF, as shown by the reduction of E/A from 4.49 &plusmn; 1.04 to 1.98 &plusmn; 0.54 (<i>P</i><0.05) and prolonged survival rate more than the vehicle. Cardiac fibrosis, apoptosis, and gene expression were estimated by Sirius Red-staining, TUNEL-staining, and Northern blot analysis, respectively. The improvement of DHF by candesartan was accompanied by the decrease in cardiac hypertrophy, fibrosis, and apoptosis, and the reduction of gene expression of brain natriuretic peptide, collagen I, and monocyte chemoattractant protein-1. Moreover, candesartan decreased cardiac inflammatory cells and reactive oxygen species, estimated by counting ED-1-positive cells and the measurement of 4-hydroxy-2-nonenal staining, respectively. These results indicate that candesartan can improve diastolic dysfunction and may slow the progression of cardiac remodelling in DS rats with established DHF.<br>

    DOI: 10.1254/jphs.fp0050160

    PubMed

    CiNii Article

  • The FOXO3a transcription factor regulates cardiac myocyte size downstream of AKT signaling. 査読

    Skurk C, Izumiya Y, Maatz H, Razeghi P, Shiojima I, Sandri M, Sato K, Zeng L, Schiekofer S, Pimentel D, Lecker S, Taegtmeyer H, Goldberg AL, Walsh K

    The Journal of biological chemistry   280 ( 21 )   20814 - 23   2005年05月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M500528200

    PubMed

  • Excess Aldosterone under Normal Salt Diet Induces Cardiac Hypertrophy and Infiltration via Oxidative Stress 査読

    YOSHIDA Kaoru, KIM MITSUYAMA Shokei, WAKE Ryotaro, IZUMIYA Yasuhiro, IZUMI Yasukatsu, YUKIMURA Tokihito, UEDA Makiko, YOSHIYAMA Minoru, IWAO Hiroshi

    Hypertension research : clinical and experimental : official journal of the Japanese Society of Hypertension   28 ( 5 )   447 - 455   2005年05月( ISSN:09169636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Excess aldosterone under normal salt diet induces cardiac hypertrophy and infiltration via oxidative stress 査読

    Yoshida K, Kim-Mitsuyama S, Wake R, Izumiya Y, Izumi Y, Yukimura T, Ueda M, Yoshiyama M, Iwao H

    HYPERTENSION RESEARCH   28 ( 5 )   447 - 455   2005年05月( ISSN:0916-9636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Excess aldosterone under normal salt diet induces cardiac hypertrophy and infiltration via oxidative stress. 査読

    Yoshida K, Kim-Mitsuyama S, Wake R, Izumiya Y, Izumi Y, Yukimura T, Ueda M, Yoshiyama M, Iwao H

    Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   28 ( 5 )   447 - 55   2005年05月( ISSN:0916-9636

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1291/hypres.28.447

    PubMed

  • Critical role of angiotensin II in excess salt-induced brain oxidative stress of stroke-prone spontaneously hypertensive rats 査読

    Kim-Mitsuyama S, Yamamoto E, Tanaka T, Zhan Y, Izumi Y, Izumiya Y, Ioroi T, Wanibuchi H, Iwao H

    STROKE   36 ( 5 )   1077 - 1082   2005年05月( ISSN:0039-2499

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.STR.0000163084.16505.e3

    PubMed

  • Aldosterone Induces Cardiac Injury More Potently than Angiotensin II, through Superoxide-independent Oxidative Stress(Renin-angiotensin-aldosterone System (H), The 69th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society) 査読

    Yoshida Kaoru, Kim-Mitsuyama Shokei, Wake Ryotaro, Izumiya Yasuhiro, Izumi Yasukatsu, Iwao Hiroshi

    社団法人日本循環器学会 Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society   69 ( 0 )   2005年03月( ISSN:13469843

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物

  • アミロイドーシスのすべて-診療ガイドライン2017とQ&A-

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 5. 野生型トランスサイレチンアミロイドーシスの治療にTTR四量体安定化剤(タファミジス、ジフルニサル)は推奨されるか?)

    医歯薬出版株式会社  2017年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Total Vascular Management

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 6. 血管新生抑制型VEGF-Aアイソフォームは虚血後の血管新生を抑制する)

    メディカルレビュー社  2016年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 透析運動療法~健康長寿を実現するために~

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 運動療法における筋肉の分子機構)

    医薬ジャーナル社  2016年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 生体の科学

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 有酸素運動とレジスタンス運動に伴い分泌されるマイオカイン)

    医学書院  2016年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Heart View

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 拡張不全心不全)

    メディカルレビュー社  2015年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • ファブリー病症例集 早期診断・早期治療のために

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 複数のモダリティーにて血管機能障害が証明されたファブリー病ヘテロ接合体の1例)

    メディカルトリビューン  2015年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • MP (Medical Practice)

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 代謝・内分泌器官としての骨格筋)

    文光堂  2014年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 基本薬の選び方と使い方のコツ

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 抗狭心症薬)

    文光堂  2013年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 循環器内科

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 骨格筋由来ホルモンと心血管リモデリング)

    科学評論社  2012年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • アディポサイエンス

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: Aktキナーゼを介した機序)

    フジメディカル出版  2011年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • 細胞

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 骨格筋とメタボリックシンドローム)

    北隆館  2011年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

  • Mathematical aspects of image processing and computer vision 2010 : the 10th symposium of MAIPCV : Research Center for Integrative Mathematics symposium

    儀我 美一, Izumiya S., Tonegawa Y., Deguchi K.( 担当: 単著)

    Research Center for Integrative Mathematics, Hokkaido University  2010年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

    CiNii Books

  • Annual Review 循環器 2010

    泉家 康宏( 担当: 単著 ,  範囲: 骨格筋由来液性因子による代謝制御)

    中外医学社  2010年 

     詳細を見る

    著書種別:学術書  

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • 【腎臓病とcardiometabolic remodeling】マイオカインと心腎連関

    泉家 康宏

    日本腎臓学会誌   65 ( 5 )   445 - 450   2023年07月( ISSN:0385-2385

  • 移植後17ヵ月のWATCHMANの内視鏡評価(Endoscopic assessment of WATCHMAN 17 months after implantation)

    Yamazaki Takanori, Yoshiyama Tomotaka, Ito Asahiro, Izumiya Yasuhiro, Fukuda Daiju

    Cardiovascular Intervention and Therapeutics   38 ( 2 )   258 - 259   2023年04月( ISSN:1868-4300

  • 【二次性心筋症集中講座】診る 心筋症をCT,MRI,核医学で診る 検査の選択と診るべきポイント

    北田 諒子, 泉家 康宏

    Heart View   27 ( 3 )   210 - 215   2023年03月( ISSN:1342-6591

     詳細を見る

    <文献概要>Point 1 心筋症診断における心臓MRI検査,心臓CT検査,核医学検査の役割を理解する。2 それぞれの検査における特徴を理解し,適切な検査を選択する。3 それぞれの心筋症で特徴的な所見について理解し,診断する。

  • 高血圧診療におけるARNIへの期待~ARBからARNIへ~

    山崎貴紀, 工藤新三, 泉家康宏, 福田大受

    日本心臓病学会学術集会(Web)   71st   2023年

     詳細を見る

  • 血管内視鏡により静脈内血栓と鑑別した静脈内腫瘍浸潤の一例

    林浩也, 若狭志保, 山崎貴紀, 泉家康宏, 福田大受

    静脈学(Web)   34 ( 2 )   2023年( ISSN:2186-5523

     詳細を見る

  • LSIM-CTで計測したCTEPD患者の血流低下域比はmPAPと相関する

    山口智大, 泉家康宏, 林央, 林浩也, 柴田敦, 山崎貴紀, 江原省一, 福田大受

    日本肺高血圧・肺循環学会学術集会抄録集(Web)   8th   2023年

     詳細を見る

  • 【心血管病の臓器連関】心臓と骨格筋 マイオカインを介した心血管保護作用

    泉家 康宏

    循環器内科   92 ( 6 )   662 - 667   2022年12月( ISSN:1884-2909

  • 【避けて通れない心不全診療-総合内科力・循環器力を鍛えよう!】基礎になる心疾患各論 AsTTRはどういうときに疑いますか?

    泉家 康宏

    Medicina   59 ( 12 )   2261 - 2265   2022年11月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    <文献概要>Point ◎心アミロイドーシスは病型により治療・経過・予後がまったく異なるため,アミロイドの沈着のみならず前駆蛋白を同定し病型診断まで行う.◎トランスサイレチン型心アミロイドーシス(AsTTR)はHFpEF患者の約1割を占める.もはや稀少疾患という認識は捨てなければならない.◎心アミロイドーシスは早期の治療開始により予後を改善することができるため,疾患を示唆する所見があれば迅速に専門医にコンサルトする.

  • 【腎疾患におけるサルコペニア・フレイルの病態と臨床】レジスタンストレーニングにより骨格筋で活性化されるAktシグナルによる心・腎疾患治療の可能性

    泉家 康宏

    腎臓内科   16 ( 1 )   14 - 21   2022年07月( ISSN:2435-1903

  • 両心不全で搬送された超高齢慢性血栓塞栓性肺高血圧症の一例

    山口智大, 泉家康宏, 林央, 林浩也, 柴田敦, 山崎貴紀, 福田大受

    脈管学(Web)   62 ( supplement )   2022年( ISSN:1880-8840

     詳細を見る

  • 【心筋症1000本ノック!】(ノック6)今話題の心アミロイドーシス

    泉家 康宏

    心エコー   22 ( 9 )   846 - 851   2021年09月( ISSN:1345-4951

  • 【維持透析患者のヘルシーエイジングに向けて】早期発見、専門医への紹介ポイント、ケア 血圧不安定で除水不足になりがちだ

    北田 諒子, 泉家 康宏

    腎と透析   90 ( 4 )   553 - 556   2021年04月( ISSN:0385-2156

  • How to Identify Transthyretin Cardiac Amyloidosis at an Early Stage(和訳中) 査読

    Izumiya Yasuhiro, Hayashi Hiroya, Ishikawa Hirotoshi, Shibata Atsushi, Yoshiyama Minoru

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   60 ( 1 )   1 - 7   2021年01月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【エキスパートに学ぶ-最新の循環器治療薬の使い方】知っておくべき10種類の循環器治療薬と治療法 心アミロイドーシスに対する新規治療薬 ビンダケル 査読

    柴田 敦, 泉家 康宏

    (株)医学書院 Medicina   58 ( 1 )   48 - 52   2021年01月( ISSN:0025-7699

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【エキスパートに学ぶ-最新の循環器治療薬の使い方】知っておくべき10種類の循環器治療薬と治療法 心アミロイドーシスに対する新規治療薬 ビンダケル

    柴田 敦, 泉家 康宏

    Medicina   58 ( 1 )   48 - 52   2021年01月( ISSN:0025-7699

  • 早期のトランスサイレチン型心アミロイドーシスの特定方法(How to Identify Transthyretin Cardiac Amyloidosis at an Early Stage)

    Izumiya Yasuhiro, Hayashi Hiroya, Ishikawa Hirotoshi, Shibata Atsushi, Yoshiyama Minoru

    Internal Medicine   60 ( 1 )   1 - 7   2021年01月( ISSN:0918-2918

  • 両上肢深部静脈血栓症をきっかけに肺癌が疑われるも早期診断に至らなかった一例

    林浩也, 辻明宏, 山崎貴紀, 泉家康宏, 葭山稔

    静脈学(Web)   32 ( 2 )   2021年( ISSN:2186-5523

     詳細を見る

  • 肺動脈楔入圧高値を呈した肺疾患合併肺高血圧症の一例

    山口智大, 泉家康宏, 林浩也, 小川真奈, 柴田敦, 山崎貴紀, 葭山稔

    日本肺高血圧・肺循環学会学術集会抄録集(Web)   6th   2021年

     詳細を見る

  • 当院における慢性血栓塞栓性肺高血圧症診療の取り組み

    山口智大, 泉家康宏, 林央, 林浩也, 小川真奈, 柴田敦, 山崎貴紀, 葭山稔

    日本循環制御医学会総会・学術集会プログラム・抄録集   42nd   2021年

     詳細を見る

  • 【心アミロイドーシスをどう診るか-最新の診断と治療】心不全患者に潜在する心アミロイドーシスを見逃すべからず 査読

    泉家 康宏

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   275 ( 11 )   1158 - 1161   2020年12月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    近年、心肥大・心不全患者の基礎疾患としてこれまで比較的まれな疾患であると考えられてきた心アミロイドーシスの占める割合が予想以上に多いことが明らかになってきた。アミロイドーシスの原因タンパクはこれまで30種類以上報告されているが、"心アミロイドーシス"に絞って考えると、臨床現場で遭遇するアミロイドーシスはALアミロイドーシスと、トランスサイレチン型アミロイドーシスがほとんどである。心アミロイドーシスの原因治療法の進歩はめざましいものがあり、適切な早期診断により患者の予後を改善することが可能な時代となってきた。まずは疾患を疑わなければ早期発見は成し得ないため、診療科にかかわらず疾患への認識を持ち、疑わしい症例は積極的に専門医へ紹介することが重要である。本稿では、現場で筆者らが遭遇する心アミロイドーシスを概説し、スペシャリストの先生方の各論への橋渡しとしたい。(著者抄録)

  • 【心アミロイドーシスをどう診るか-最新の診断と治療】心不全患者に潜在する心アミロイドーシスを見逃すべからず

    泉家 康宏

    医学のあゆみ   275 ( 11 )   1158 - 1161   2020年12月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    近年、心肥大・心不全患者の基礎疾患としてこれまで比較的まれな疾患であると考えられてきた心アミロイドーシスの占める割合が予想以上に多いことが明らかになってきた。アミロイドーシスの原因タンパクはこれまで30種類以上報告されているが、"心アミロイドーシス"に絞って考えると、臨床現場で遭遇するアミロイドーシスはALアミロイドーシスと、トランスサイレチン型アミロイドーシスがほとんどである。心アミロイドーシスの原因治療法の進歩はめざましいものがあり、適切な早期診断により患者の予後を改善することが可能な時代となってきた。まずは疾患を疑わなければ早期発見は成し得ないため、診療科にかかわらず疾患への認識を持ち、疑わしい症例は積極的に専門医へ紹介することが重要である。本稿では、現場で筆者らが遭遇する心アミロイドーシスを概説し、スペシャリストの先生方の各論への橋渡しとしたい。(著者抄録)

  • 【アミロイドーシス】識る 心不全に潜在するATTRwtアミロイドーシスをどのように診断するのか? 査読

    石川 裕敏, 泉家 康宏

    (株)メジカルビュー社 Heart View   24 ( 11 )   1062 - 1067   2020年11月( ISSN:1342-6591

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    <文献概要>Point 1 ATTRwtアミロイドーシスは,遺伝子変異を有さないトランスサイレチン(TTR)に由来するアミロイド線維がさまざまな臓器に沈着し発症する。60歳以上の男性に多く,本症と診断されていない症例が多く存在していると考えられる。2 ATTRwtアミロイドーシスにおける特徴的な所見を識り,本疾患の可能性を疑うことが早期発見のために重要である。3 New York Heart Association(NYHA)分類 Class I〜IIの軽症心不全症例において,TTR 四量体安定化薬が予後を改善すると報告されており,心不全が重症化する前に診断することが課題である。

  • 【心血管イメージングの新時代】心不全 マルチモダリティイメージングで心アミロイドーシスを診断する 査読

    市川 佳誉, 泉家 康宏

    医歯薬出版(株) 医学のあゆみ   275 ( 6 )   715 - 720   2020年11月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    全身性アミロイドーシスは異常タンパクであるアミロイドが臓器に沈着して機能障害を引き起こす疾患であり、そのなかでも心アミロイドーシスはアミロイドが心臓に沈着して心不全や不整脈を引き起こす予後不良な疾患である。心アミロイドーシスは、(1)アミロイド軽鎖(AL)アミロイドーシス、(2)遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシス(ATTRv)、(3)野生型トランスサイレチンアミロイドーシス(ATTRwt)、に大別される。ATTRwtは高齢者の心不全の原因として予想以上に多く潜在することが明らかとなり、昨今注目されるようになってきた。トランスサイレチン(TTR)由来のアミロイドの沈着を抑制する新規作用機序の薬剤がわが国でも使用可能となり、早期治療介入により予後を改善することが大規模臨床試験で明らかとなり、日本循環器学会のガイドラインにおいても早期診断の重要性が強調されている。心アミロイドーシスの診断においてイメージングの活用は必須である。心肥大患者から心アミロイドーシスを鑑別するために、心エコーではapical sparingの評価、MRIでは造影遅延像(LGE)、T1 mappingの評価、核医学検査では99mTcピロリン酸シンチグラフィの評価などがとくに有用である。本稿では、アミロイドーシスの診断におけるイメージングの役割について概説する。(著者抄録)

  • 【アミロイドーシス】識る 心不全に潜在するATTRwtアミロイドーシスをどのように診断するのか?

    石川 裕敏, 泉家 康宏

    Heart View   24 ( 11 )   1062 - 1067   2020年11月( ISSN:1342-6591

     詳細を見る

    <文献概要>Point 1 ATTRwtアミロイドーシスは,遺伝子変異を有さないトランスサイレチン(TTR)に由来するアミロイド線維がさまざまな臓器に沈着し発症する。60歳以上の男性に多く,本症と診断されていない症例が多く存在していると考えられる。2 ATTRwtアミロイドーシスにおける特徴的な所見を識り,本疾患の可能性を疑うことが早期発見のために重要である。3 New York Heart Association(NYHA)分類 Class I〜IIの軽症心不全症例において,TTR 四量体安定化薬が予後を改善すると報告されており,心不全が重症化する前に診断することが課題である。

  • 【心血管イメージングの新時代】心不全 マルチモダリティイメージングで心アミロイドーシスを診断する

    市川 佳誉, 泉家 康宏

    医学のあゆみ   275 ( 6 )   715 - 720   2020年11月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    全身性アミロイドーシスは異常タンパクであるアミロイドが臓器に沈着して機能障害を引き起こす疾患であり、そのなかでも心アミロイドーシスはアミロイドが心臓に沈着して心不全や不整脈を引き起こす予後不良な疾患である。心アミロイドーシスは、(1)アミロイド軽鎖(AL)アミロイドーシス、(2)遺伝性トランスサイレチンアミロイドーシス(ATTRv)、(3)野生型トランスサイレチンアミロイドーシス(ATTRwt)、に大別される。ATTRwtは高齢者の心不全の原因として予想以上に多く潜在することが明らかとなり、昨今注目されるようになってきた。トランスサイレチン(TTR)由来のアミロイドの沈着を抑制する新規作用機序の薬剤がわが国でも使用可能となり、早期治療介入により予後を改善することが大規模臨床試験で明らかとなり、日本循環器学会のガイドラインにおいても早期診断の重要性が強調されている。心アミロイドーシスの診断においてイメージングの活用は必須である。心肥大患者から心アミロイドーシスを鑑別するために、心エコーではapical sparingの評価、MRIでは造影遅延像(LGE)、T1 mappingの評価、核医学検査では99mTcピロリン酸シンチグラフィの評価などがとくに有用である。本稿では、アミロイドーシスの診断におけるイメージングの役割について概説する。(著者抄録)

  • JCS 2020年版心アミロイドーシス診療ガイドライン(JCS 2020 Guideline on Diagnosis and Treatment of Cardiac Amyloidosis) 査読

    Kitaoka Hiroaki, Izumi Chisato, Izumiya Yasuhiro, Inomata Takayuki, Ueda Mitsuharu, Kubo Toru, Koyama Jun, Sano Motoaki, Sekijima Yoshiki, Tahara Nobuhiro, Tsukada Nobuhiro, Tsujita Kenichi, Tsutsui Hiroyuki, Tomita Takeshi, Amano Masashi, Endo Jin, Okada Atsushi, Oda Seitaro, Takashio Seiji, Baba Yuichi, Misumi Yohei, Yazaki Masahide, Anzai Toshihisa, Ando Yukio, Isobe Mitsuaki, Kimura Takeshi, Fukuda Keiichi, the Japanese Circulation Society Joint Working Group, the Japanese Circulation Society, Japanese Society of Amyloidosis, the Japanese Society of Hematology, Japanese Society of Echocardiography, Japanese College of Cardiology, the Japanese Heart Failure Society, Japanese Heart Rhythm Society, the group for surveys and research of amyloidosis in Japan, funded by a grant for the intractable diseases from the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan, group on idiopathic cardiomyopathy supported by the health and labor sciences research grant on intractable diseases

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   84 ( 9 )   1610 - 1671   2020年08月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • JCS 2020年版心アミロイドーシス診療ガイドライン(JCS 2020 Guideline on Diagnosis and Treatment of Cardiac Amyloidosis)

    Kitaoka Hiroaki, Izumi Chisato, Izumiya Yasuhiro, Inomata Takayuki, Ueda Mitsuharu, Kubo Toru, Koyama Jun, Sano Motoaki, Sekijima Yoshiki, Tahara Nobuhiro, Tsukada Nobuhiro, Tsujita Kenichi, Tsutsui Hiroyuki, Tomita Takeshi, Amano Masashi, Endo Jin, Okada Atsushi, Oda Seitaro, Takashio Seiji, Baba Yuichi, Misumi Yohei, Yazaki Masahide, Anzai Toshihisa, Ando Yukio, Isobe Mitsuaki, Kimura Takeshi, Fukuda Keiichi, the Japanese Circulation Society Joint Working Group, the Japanese Circulation Society, Japanese Society of Amyloidosis, the Japanese Society of Hematology, Japanese Society of Echocardiography, Japanese College of Cardiology, the Japanese Heart Failure Society, Japanese Heart Rhythm Society, the group for surveys and research of amyloidosis in Japan, funded by a grant for the intractable diseases from the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan, group on idiopathic cardiomyopathy supported by the health and labor sciences research grant on intractable diseases

    Circulation Journal   84 ( 9 )   1610 - 1671   2020年08月( ISSN:1346-9843

  • 心不全患者に潜在するトランスサイレチン型アミロイドーシス 査読

    泉家 康宏

    (株)北隆館 BIO Clinica   35 ( 6 )   575 - 579   2020年06月( ISSN:0919-8237

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    高齢心不全患者の基礎疾患として、これまで希少疾患と考えられていたアミロイドーシス、その中でも従来「老人性全身性アミロイドーシス」と呼ばれていた「野生型トランスサイレチンアミロイドーシス」が予想以上に多いことが明らかになってきた。本稿では全身性アミロイドーシスの中でも特に「野生型トランスサイレチン心アミロイドーシス」に焦点を絞り、最近の知見を概説し、今後解決すべき問題点を考察する。(著者抄録)

  • 骨格筋から心不全パンデミックに立ち向かう 査読

    泉家 康宏

    (有)科学評論社 循環器内科   87 ( 6 )   798 - 803   2020年06月( ISSN:1884-2909

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 心不全患者に潜在するトランスサイレチン型アミロイドーシス

    泉家 康宏

    BIO Clinica   35 ( 6 )   575 - 579   2020年06月( ISSN:0919-8237

     詳細を見る

    高齢心不全患者の基礎疾患として、これまで希少疾患と考えられていたアミロイドーシス、その中でも従来「老人性全身性アミロイドーシス」と呼ばれていた「野生型トランスサイレチンアミロイドーシス」が予想以上に多いことが明らかになってきた。本稿では全身性アミロイドーシスの中でも特に「野生型トランスサイレチン心アミロイドーシス」に焦点を絞り、最近の知見を概説し、今後解決すべき問題点を考察する。(著者抄録)

  • 骨格筋から心不全パンデミックに立ち向かう

    泉家 康宏

    循環器内科   87 ( 6 )   798 - 803   2020年06月( ISSN:1884-2909

  • マイオカインとは何か? 査読

    柴田 敦, 泉家 康宏

    (有)科学評論社 循環器内科   87 ( 5 )   679 - 684   2020年05月( ISSN:1884-2909

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • マイオカインとは何か?

    柴田 敦, 泉家 康宏

    循環器内科   87 ( 5 )   679 - 684   2020年05月( ISSN:1884-2909

  • POST-PROCEDURAL CARDIO-ANKLE VASCULAR INDEX IS ASSOCIATED WITH ONE-YEAR MORTALITY IN PATIENTS WHO UNDERWENT TRANS-FEMORAL TAVR

    Tomohiro Yamaguchi, Kazuki Mizutani, Ryousuke Yahiro, Mana Ogawa, Tsukasa Okai, Shinichi Nonin, Asahiro Ito, Shinichi Iwata, Yasuhiro Izumiya, Yosuke Takahashi, Toshihiko Shibata, Minoru Yoshiyama

    JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY   75 ( 11 )   1243 - 1243   2020年03月( ISSN:0735-1097 ( eISSN:1558-3597

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • CKD患者における心血管リスク評価法

    花谷信介, 花谷信介, 泉家康宏, 泉家康宏, 鈴木達, 辻田賢一

    Pharma Medica   38 ( 4 )   2020年( ISSN:0289-5803

     詳細を見る

  • トランスサイレチン型心アミロイドーシス患者における適切なタファミジス投与に関する提言(A Statement on the Appropriate Administration of Tafamidis in Patients With Transthyretin Cardiac Amyloidosis) 査読

    Endo Jin, Sano Motoaki, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Nakamura Kazufumi, Tahara Nobuhiro, Kuwahara Koichiro, Inomata Takayuki, Ueda Mitsuharu, Sekijima Yoshiki, Ando Yukio, Tsutsui Hiroyuki, Isobe Mitsuaki, Fukuda Keiichi

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   84 ( 1 )   15 - 17   2019年12月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トランスサイレチン型心アミロイドーシス患者における適切なタファミジス投与に関する提言(A Statement on the Appropriate Administration of Tafamidis in Patients With Transthyretin Cardiac Amyloidosis)

    Endo Jin, Sano Motoaki, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Nakamura Kazufumi, Tahara Nobuhiro, Kuwahara Koichiro, Inomata Takayuki, Ueda Mitsuharu, Sekijima Yoshiki, Ando Yukio, Tsutsui Hiroyuki, Isobe Mitsuaki, Fukuda Keiichi

    Circulation Journal   84 ( 1 )   15 - 17   2019年12月( ISSN:1346-9843

  • 肺高血圧症の難渋症例から学ぶ診療のキーポイント 免疫抑制療法の選択と調整に難渋した全身性エリテマトーデスに伴う重症肺高血圧症の一例

    山口 智大, 泉家 康宏, 石川 裕敏, 柴田 敦, 山崎 貴紀, 葭山 稔

    日本心臓病学会学術集会抄録   67回   S - C1   2019年09月

  • 【診療力を上げる! 症例問題集】(第4章)循環器 症例問題 早期診断により予後を改善しえた心肥大症例 査読

    泉家 康宏

    (株)南江堂 内科   123 ( 4 )   699 - 700   2019年04月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【診療力を上げる! 症例問題集】(第4章)循環器 症例問題 早期診断により予後を改善しえた心肥大症例

    泉家 康宏

    内科   123 ( 4 )   699 - 700   2019年04月( ISSN:0022-1961

  • 簡易サルコペニアスクリーニングを応用した心血管イベントの予測法

    花谷信介, 花谷信介, 泉家康宏, 泉家康宏, 辻田賢一

    循環器内科   85 ( 3 )   448‐453 - 453   2019年03月( ISSN:1884-2909

     詳細を見る

  • Differences in Prevalence and Risk Factors of Silent Brain Infarction between Patients with Paroxysmal and Persistentnonvalvular Atrial Fibrillation(和訳中)

    石川 世良, 岩田 真一, 伊藤 朝広, 田村 聡一郎, 河相 優, 吉山 智貴, 辰巳 裕亮, 土井 淳史, 泉家 康宏, 葭山 稔

    日本循環器学会学術集会抄録集   83回   OJ17 - 6   2019年03月

  • 簡易サルコペニアスクリーニングを応用した心血管イベントの予測法 査読

    花谷 信介, 泉家 康宏, 辻田 賢一

    (有)科学評論社 循環器内科   85 ( 3 )   448 - 453   2019年03月( ISSN:1884-2909

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Sirt7は心筋細胞において圧過負荷に反応して明確な役割を果たす(Sirt7 Plays a Distinct Role in Cardiomyocyte in Response to Pressure Overload)

    山村 智, 泉家 康宏, 荒木 智, 石田 俊史, 山本 正啓, 有馬 勇一郎, 中村 太志, 辻田 賢一

    日本循環器学会学術集会抄録集   83回   PJ074 - 4   2019年03月

  • Transthyretin心アミロイドーシス患者における99mTcピロリン酸シンチグラフィ施行前の簡便な診断アプローチ(A Simple Diagnostic Approach in Transthyretin Cardiac Amyloidosis before Using 99mTc-labeled Pyrophosphate Scintigraphy)

    高潮 征爾, 丸目 恭平, 西 雅人, 平川 今日子, 山本 正啓, 花谷 信介, 山本 英一郎, 坂本 憲治, 泉家 康宏, 海北 幸一, 辻田 賢一

    日本循環器学会学術集会抄録集   83回   OJ19 - 2   2019年03月

  • 簡易サルコペニアスクリーニングを応用した心血管イベントの予測法

    花谷 信介, 泉家 康宏, 辻田 賢一

    循環器内科   85 ( 3 )   448 - 453   2019年03月( ISSN:1884-2909

  • 【心不全(第2版)上-最新の基礎・臨床研究の進歩-】心不全の基礎研究 心不全の分子機序 多臓器連関の基礎研究 心腎連関 査読

    花谷 信介, 泉家 康宏, 辻田 賢一

    (株)日本臨床社 日本臨床   76 ( 増刊9 心不全(上) )   341 - 345   2018年12月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【心不全(第2版)上-最新の基礎・臨床研究の進歩-】病態生理 心筋細胞肥大 査読

    泉家 康宏, 葭山 稔

    (株)日本臨床社 日本臨床   76 ( 増刊9 心不全(上) )   409 - 414   2018年12月( ISSN:0047-1852

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 研究者の最新動向 クローン性造血と心血管疾患 査読

    佐野 宗一, 泉家 康宏, 葭山 稔

    (株)北隆館 Precision Medicine   1 ( 2 )   219 - 222   2018年11月( ISSN:2434-3625

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    CANTOS試験によって炎症が心血管疾患の新たな治療ターゲットとなることがついに示された。心血管疾患の残存リスクの一角を崩すものとして期待されている。一方で最近のコホート研究によりクローン性造血が心血管疾患の新たなリスクファクターであることが明らかになった。クローン性造血は炎症を増強する可能性が示唆されており、循環器領域の新たな治療ターゲットとなるか注目されている。(著者抄録)

  • 研究者の最新動向 クローン性造血と心血管疾患

    佐野 宗一, 泉家 康宏, 葭山 稔

    Precision Medicine   1 ( 2 )   219 - 222   2018年11月( ISSN:2434-3625

     詳細を見る

    CANTOS試験によって炎症が心血管疾患の新たな治療ターゲットとなることがついに示された。心血管疾患の残存リスクの一角を崩すものとして期待されている。一方で最近のコホート研究によりクローン性造血が心血管疾患の新たなリスクファクターであることが明らかになった。クローン性造血は炎症を増強する可能性が示唆されており、循環器領域の新たな治療ターゲットとなるか注目されている。(著者抄録)

  • 【循環器疾患にかかわるホルモン研究の最前線-臨床へのメッセージを込めて】心血管系に作用する骨格筋由来分泌因子 査読

    泉家 康宏

    (有)科学評論社 循環器内科   84 ( 4 )   398 - 403   2018年10月( ISSN:1884-2909

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 【循環器疾患にかかわるホルモン研究の最前線-臨床へのメッセージを込めて】心血管系に作用する骨格筋由来分泌因子

    泉家 康宏

    循環器内科   84 ( 4 )   398 - 403   2018年10月( ISSN:1884-2909

  • トランスサイレチン陽性心アミロイドーシスの評価におけるSPECT/CT融合画像と99mTc-pyrophosphateを用いた心筋シンチグラフィー併用の有用性(Utility of Single-Photon Emission Computed Tomography/Computed Tomography Fusion Imaging With 99mTc-Pyrophosphate Scintigraphy in the Assessment of Cardiac Transthyretin Amyloidosis) 査読

    Tsuda Noriko, Shiraishi Shinya, Oda Seitaro, Ogasawara Koji, Sakamoto Fumi, Tomiguchi Seiji, Fujisue Koichiro, Takashio Seiji, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Ando Yukio, Yamashita Yasuyuki

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   82 ( 7 )   1970 - 1971   2018年06月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トランスサイレチン陽性心アミロイドーシスの評価におけるSPECT/CT融合画像と99mTc-pyrophosphateを用いた心筋シンチグラフィー併用の有用性(Utility of Single-Photon Emission Computed Tomography/Computed Tomography Fusion Imaging With 99mTc-Pyrophosphate Scintigraphy in the Assessment of Cardiac Transthyretin Amyloidosis)

    Tsuda Noriko, Shiraishi Shinya, Oda Seitaro, Ogasawara Koji, Sakamoto Fumi, Tomiguchi Seiji, Fujisue Koichiro, Takashio Seiji, Izumiya Yasuhiro, Tsujita Kenichi, Ando Yukio, Yamashita Yasuyuki

    Circulation Journal   82 ( 7 )   1970 - 1971   2018年06月( ISSN:1346-9843

  • 心アミロイドーシスの診断および治療における最近の進歩(Recent advances in diagnosis and treatment of cardiac amyloidosis) 査読

    Izumiya Yasuhiro, Takashio Seiji, Oda Seitaro, Yamashita Yasuyuki, Tsujita Kenichi

    (一社)日本心臓病学会 Journal of Cardiology   71 ( 1-2 )   135 - 143   2018年02月( ISSN:0914-5087

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 心アミロイドーシスの診断および治療における最近の進歩(Recent advances in diagnosis and treatment of cardiac amyloidosis)

    Izumiya Yasuhiro, Takashio Seiji, Oda Seitaro, Yamashita Yasuyuki, Tsujita Kenichi

    Journal of Cardiology   71 ( 1-2 )   135 - 143   2018年02月( ISSN:0914-5087

  • 肺腫瘍血栓性微小血管障害 再発性乳癌患者におけるpulmonary artery wedge blood cell samplingを用いた生前診断(Pulmonary Tumor Thrombotic Microangiopathy: Antemortem Diagnosis With Pulmonary Artery Wedge Blood Cell Sampling in a Recurrent Breast Cancer Patient) 査読

    Fuchigami Shunichiro, Tsunoda Ryusuke, Shimizu Hiroshi, Takae Masafumi, Usuku Hiroki, Yoshimura Hiromi, Ikemoto Tomokazu, Nagamine Michiko, Ito Teruhiko, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Tsujita Kenichi

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   81 ( 12 )   1959 - 1960   2017年11月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 肺腫瘍血栓性微小血管障害 再発性乳癌患者におけるpulmonary artery wedge blood cell samplingを用いた生前診断(Pulmonary Tumor Thrombotic Microangiopathy: Antemortem Diagnosis With Pulmonary Artery Wedge Blood Cell Sampling in a Recurrent Breast Cancer Patient)

    Fuchigami Shunichiro, Tsunoda Ryusuke, Shimizu Hiroshi, Takae Masafumi, Usuku Hiroki, Yoshimura Hiromi, Ikemoto Tomokazu, Nagamine Michiko, Ito Teruhiko, Izumiya Yasuhiro, Kaikita Koichi, Hokimoto Seiji, Tsujita Kenichi

    Circulation Journal   81 ( 12 )   1959 - 1960   2017年11月( ISSN:1346-9843

  • Anderson-Fabry病における酵素補充療法後の微小血管虚血の改善 CT心筋血流イメージング(Improvement in Microvascular Ischemia After Enzyme Replacement Therapy in Anderson-Fabry Disease: Computed Tomography Myocardial Perfusion Imaging) 査読

    Yuki Hideaki, Utsunomiya Daisuke, Izumiya Yasuhiro, Oda Seitaro, Kidoh Masafumi, Takashio Seiji, Yamamuro Megumi, Hokimoto Seiji, Yamashita Yasuyuki

    (一社)日本循環器学会 Circulation Journal   81 ( 2 )   243 - 244   2017年01月( ISSN:1346-9843

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Anderson-Fabry病における酵素補充療法後の微小血管虚血の改善 CT心筋血流イメージング(Improvement in Microvascular Ischemia After Enzyme Replacement Therapy in Anderson-Fabry Disease: Computed Tomography Myocardial Perfusion Imaging)

    Yuki Hideaki, Utsunomiya Daisuke, Izumiya Yasuhiro, Oda Seitaro, Kidoh Masafumi, Takashio Seiji, Yamamuro Megumi, Hokimoto Seiji, Yamashita Yasuyuki

    Circulation Journal   81 ( 2 )   243 - 244   2017年01月( ISSN:1346-9843

  • 【病態バイオマーカーの"いま"】循環器疾患・血液疾患 有酸素運動とレジスタンス運動に伴い分泌されるマイオカイン 査読

    泉家 康宏

    (公財)金原一郎記念医学医療振興財団 生体の科学   67 ( 5 )   392 - 393   2016年10月( ISSN:0370-9531

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    近年,骨格筋は単なる運動器ではなく,様々な生理活性物質-いわゆるマイオカイン-を分泌する内分泌臓器として働くことが明らかとなってきた。このようなマイオカインの発現プロファイルは,有酸素運動とレジスタンス運動で異なることがわかってきた。マイオカインを介した臓器間ネットワークの解明は,運動療法の臨床的有用性の分子機序解明のみならず,新規バイオマーカーや治療標的の同定につながる可能性があると考えられる。(著者抄録)

  • 【病態バイオマーカーの"いま"】循環器疾患・血液疾患 有酸素運動とレジスタンス運動に伴い分泌されるマイオカイン

    泉家 康宏

    生体の科学   67 ( 5 )   392 - 393   2016年10月( ISSN:0370-9531

     詳細を見る

    近年,骨格筋は単なる運動器ではなく,様々な生理活性物質-いわゆるマイオカイン-を分泌する内分泌臓器として働くことが明らかとなってきた。このようなマイオカインの発現プロファイルは,有酸素運動とレジスタンス運動で異なることがわかってきた。マイオカインを介した臓器間ネットワークの解明は,運動療法の臨床的有用性の分子機序解明のみならず,新規バイオマーカーや治療標的の同定につながる可能性があると考えられる。(著者抄録)

  • 【新しい循環器病のバイオマーカー-臨床的意義を理解する-】診療ツールとしてのバイオマーカーを識る 拡張性心不全 査読

    花谷 信介, 泉家 康宏, 木村 優一, 小川 久雄

    (株)メジカルビュー社 Heart View   19 ( 12 )   49 - 54   2015年11月( ISSN:1342-6591

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【新しい循環器病のバイオマーカー-臨床的意義を理解する-】診療ツールとしてのバイオマーカーを識る 拡張性心不全

    花谷 信介, 泉家 康宏, 木村 優一, 小川 久雄

    Heart View   19 ( 12 )   49 - 54   2015年11月( ISSN:1342-6591

  • 【臓器連関と循環器疾患】骨格筋からみた循環器疾患治療戦略 査読

    泉家 康宏, 花谷 信介, 木村 優一, 荒木 智, 小川 久雄

    日本循環制御医学会 循環制御   35 ( 3 )   205 - 206   2014年12月( ISSN:0389-1844

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【臓器連関と循環器疾患】骨格筋からみた循環器疾患治療戦略

    泉家 康宏, 花谷 信介, 木村 優一, 荒木 智, 小川 久雄

    循環制御   35 ( 3 )   205 - 206   2014年12月( ISSN:0389-1844

  • 代謝・内分泌器官としての骨格筋 査読

    花谷 信介, 泉家 康宏, 小川 久雄

    (株)文光堂 Medical Practice   31 ( 11 )   1842 - 1843   2014年11月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 代謝・内分泌器官としての骨格筋

    花谷 信介, 泉家 康宏, 小川 久雄

    Medical Practice   31 ( 11 )   1842 - 1843   2014年11月( ISSN:0910-1551

  • 骨格筋由来ホルモンと心血管リモデリング 査読

    泉家 康宏, 荒木 智, 小川 久雄

    (有)科学評論社 循環器内科   72 ( 1 )   119 - 126   2012年07月( ISSN:1884-2909

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 骨格筋由来ホルモンと心血管リモデリング

    泉家 康宏, 荒木 智, 小川 久雄

    循環器内科   72 ( 1 )   119 - 126   2012年07月( ISSN:1884-2909

  • 【心不全とアディポサイエンス】基礎 Aktキナーゼを介した機序 査読

    泉家 康宏, 小川 久雄

    (有)フジメディカル出版 Adiposcience   8 ( 1 )   40 - 47   2011年10月( ISSN:1349-1318

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    Aktキナーゼは細胞内シグナル伝達因子の一つで、様々な外的刺激により活性化され、下流の基質のリン酸化を介して細胞応答に関与する。Aktキナーゼは心臓においても、生理的・病的刺激により活性化され、心肥大、収縮能、血管新生、心筋細胞死、糖脂質代謝を制御し、心肥大から心不全への移行を決定する重要なシグナルの一つであると考えられている。また、Aktキナーゼの活性化は、心筋細胞や骨格筋細胞において抗アポトーシス、血管新生作用を有するパラクライン因子の分泌を促進し、心血管保護作用を発揮する可能性も示唆されている。臨床的にも心不全患者でAkt活性が病態によって変化していることが報告されていることから、Aktの心臓での役割を解明することは、心不全発症のメカニズムの解明および新たな治療ターゲット探索の糸口になりうると考えられる。(著者抄録)

  • 【心不全とアディポサイエンス】基礎 Aktキナーゼを介した機序

    泉家 康宏, 小川 久雄

    Adiposcience   8 ( 1 )   40 - 47   2011年10月( ISSN:1349-1318

     詳細を見る

    Aktキナーゼは細胞内シグナル伝達因子の一つで、様々な外的刺激により活性化され、下流の基質のリン酸化を介して細胞応答に関与する。Aktキナーゼは心臓においても、生理的・病的刺激により活性化され、心肥大、収縮能、血管新生、心筋細胞死、糖脂質代謝を制御し、心肥大から心不全への移行を決定する重要なシグナルの一つであると考えられている。また、Aktキナーゼの活性化は、心筋細胞や骨格筋細胞において抗アポトーシス、血管新生作用を有するパラクライン因子の分泌を促進し、心血管保護作用を発揮する可能性も示唆されている。臨床的にも心不全患者でAkt活性が病態によって変化していることが報告されていることから、Aktの心臓での役割を解明することは、心不全発症のメカニズムの解明および新たな治療ターゲット探索の糸口になりうると考えられる。(著者抄録)

  • 【メタボリックシンドロームと多臓器障害】骨格筋とメタボリックシンドローム 査読

    泉家 康宏

    (株)ニュー・サイエンス社 細胞   43 ( 5 )   178 - 181   2011年05月( ISSN:1346-7557

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    生活習慣の変化や食生活の欧米化に伴い、日本でもメタボリックシンドロームの患者は増加傾向にあり重大な医学的、社会的問題となってきている。運動療法は食事療法とともにメタボリックシンドロームに対する最も基本的な介入手段である。骨格筋は運動器としての役割とともに、生体内の主要なエネルギー消費臓器として機能する。それらに加えて、近年骨格筋は様々な生理活性物質を分泌する内分泌臓器として働くことが明らかになってきた。現在までいくつかの骨格筋由来分泌因子-マイオカイン-が運動や筋肉肥大に伴い分泌され、糖・脂質代謝や心血管病態制御に関与することが報告されている。これらマイオカインを介した骨格筋と他臓器のコミュニケーションの機序を明らかにすることは運動療法を行うことの新しい理論的根拠を与えるものとなり、さらにその作用機序を分子レベルで解明することで新たな治療ターゲットの発見へとつながる可能性がある。(著者抄録)

  • 【メタボリックシンドロームと多臓器障害】骨格筋とメタボリックシンドローム

    泉家 康宏

    細胞   43 ( 5 )   178 - 181   2011年05月( ISSN:1346-7557

     詳細を見る

    生活習慣の変化や食生活の欧米化に伴い、日本でもメタボリックシンドロームの患者は増加傾向にあり重大な医学的、社会的問題となってきている。運動療法は食事療法とともにメタボリックシンドロームに対する最も基本的な介入手段である。骨格筋は運動器としての役割とともに、生体内の主要なエネルギー消費臓器として機能する。それらに加えて、近年骨格筋は様々な生理活性物質を分泌する内分泌臓器として働くことが明らかになってきた。現在までいくつかの骨格筋由来分泌因子-マイオカイン-が運動や筋肉肥大に伴い分泌され、糖・脂質代謝や心血管病態制御に関与することが報告されている。これらマイオカインを介した骨格筋と他臓器のコミュニケーションの機序を明らかにすることは運動療法を行うことの新しい理論的根拠を与えるものとなり、さらにその作用機序を分子レベルで解明することで新たな治療ターゲットの発見へとつながる可能性がある。(著者抄録)

  • 循環器の生物学 骨格筋由来液性因子による代謝制御 査読

    泉家 康宏, 大内 乗有, 小川 久雄

    (株)中外医学社 Annual Review循環器   2010   29 - 36   2010年01月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    生活習慣の変化や食生活の欧米化に伴い,日本でもメタボリックシンドロームの患者は増加傾向にあり重大な医学的,社会的問題となってきている.運動療法は食事療法とともにそれらに対する最も基本的な介入手段である.骨格筋は従来主要なエネルギー消費臓器として考えられていたが,近年,骨格筋由来液性因子,いわゆるマイオカインと称される様々な生理活性物質を分泌する内分泌臓器として働くことが明らかになってきた.現在までいくつかのマイオカインが運動や筋肉肥大に伴い分泌され,糖・脂質代謝や心血管病態制御に関与することが報告されている.これらマイオカインを介した骨格筋と他臓器のコミュニケーションの機序を明らかにすることは運動療法を行うことの新しい理論的根拠を与えるものとなり,さらにその作用機序を分子レベルで解明することで新たな治療ターゲットの発見へとつながる可能性がある.(著者抄録)

  • 循環器の生物学 骨格筋由来液性因子による代謝制御

    泉家 康宏, 大内 乗有, 小川 久雄

    Annual Review循環器   2010   29 - 36   2010年01月

     詳細を見る

    生活習慣の変化や食生活の欧米化に伴い,日本でもメタボリックシンドロームの患者は増加傾向にあり重大な医学的,社会的問題となってきている.運動療法は食事療法とともにそれらに対する最も基本的な介入手段である.骨格筋は従来主要なエネルギー消費臓器として考えられていたが,近年,骨格筋由来液性因子,いわゆるマイオカインと称される様々な生理活性物質を分泌する内分泌臓器として働くことが明らかになってきた.現在までいくつかのマイオカインが運動や筋肉肥大に伴い分泌され,糖・脂質代謝や心血管病態制御に関与することが報告されている.これらマイオカインを介した骨格筋と他臓器のコミュニケーションの機序を明らかにすることは運動療法を行うことの新しい理論的根拠を与えるものとなり,さらにその作用機序を分子レベルで解明することで新たな治療ターゲットの発見へとつながる可能性がある.(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等