2023/06/23 更新

写真a

キド ヤストシ
城戸 康年
KIDO Yasutoshi
担当
大学院医学研究科 基礎医科学専攻 教授
医学部 医学科
職名
教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 基礎医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(保健学) ( 東京大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  • ライフサイエンス / 感染症内科学

  • ライフサイエンス / 薬理学

  • ライフサイエンス / 医化学

  • ライフサイエンス / 寄生虫学

  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む

  • ライフサイエンス / 薬理学  / Clinical Pharamacology and Therapeutics

  • ライフサイエンス / 感染症内科学

  • ライフサイエンス / 寄生虫学  / parasitology

  • ライフサイエンス / 医化学

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / ウイルス学

▼全件表示

論文

  • Evaluation of the host specificity of Eimeria uekii and Eimeria raichoi for Japanese rock ptarmigans by oocyst transfer to taxonomically related birds. 査読

    Matsubayashi M, Tsuchida S, Kobayashi A, Shibahara T, Teramoto I, Kido Y, Kaneko A, Nakamura H, Hasegawa M, Sasai K, Ushida K

    Parasitology research   2023年06月( ISSN:0932-0113

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00436-023-07875-7

    PubMed

  • saRNA vaccine expressing membrane-anchored RBD elicits broad and durable immunity against SARS-CoV-2 variants of concern. 査読

    Komori M, Nogimori T, Morey AL, Sekida T, Ishimoto K, Hassett MR, Masuta Y, Ode H, Tamura T, Suzuki R, Alexander J, Kido Y, Matsuda K, Fukuhara T, Iwatani Y, Yamamoto T, Smith JF, Akahata W

    Nature communications   14 ( 1 )   2810 - 2810   2023年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41467-023-38457-x

    PubMed

  • Five cluster classifications of long COVID and their background factors: A cross-sectional study in Japan. 査読

    Tsuchida T, Yoshimura N, Ishizuka K, Katayama K, Inoue Y, Hirose M, Nakagama Y, Kido Y, Sugimori H, Matsuda T, Ohira Y

    Clinical and experimental medicine   1 - 8   2023年04月( ISSN:1591-8890

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s10238-023-01057-6

    PubMed

  • Antibody Avidity Maturation Following Recovery From Infection or the Booster Vaccination Grants Breadth of SARS-CoV-2 Neutralizing Capacity. 査読

    Nakagama Y, Candray K, Kaku N, Komase Y, Rodriguez-Funes MV, Dominguez R, Tsuchida T, Kunishima H, Nagai E, Adachi E, Ngoyi DM, Yamasue M, Komiya K, Hiramatsu K, Uemura N, Sugiura Y, Yasugi M, Yamagishi Y, Mikamo H, Shiraishi S, Izumo T, Nakagama S, Watanabe C, Nitahara Y, Tshibangu-Kabamba E, Kakeya H, Kido Y

    The Journal of infectious diseases   227 ( 6 )   780 - 787   2023年03月( ISSN:0022-1899

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/infdis/jiac492

    PubMed

  • Nitric Oxide Derived from Cytoglobin-Deficient Hepatic Stellate Cells Causes Suppression of Cytochrome c Oxidase Activity in Hepatocytes. 査読

    Okina Y, Sato-Matsubara M, Kido Y, Urushima H, Daikoku A, Kadono C, Nakagama Y, Nitahara Y, Hoang TH, Thuy LTT, Matsubara T, Ohtani N, Ikeda K, Yoshizato K, Kawada N

    Antioxidants & redox signaling   38 ( 7-9 )   463 - 479   2023年03月( ISSN:1523-0864

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1089/ars.2021.0279

    PubMed

  • Usefulness of seasonal malaria chemoprevention in the Sahel. 査読

    Kalenda NK, Tshibangu-Kabamba E, Nakagama Y, Kaku N, Kaneko A, Speybroeck N, Kido Y

    The Lancet. Infectious diseases   23 ( 3 )   269 - 270   2023年03月( ISSN:1473-3099

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/S1473-3099(22)00654-5

    PubMed

  • Successful treatment of proven coronavirus disease 2019-associated pulmonary aspergillosis with liposomal amphotericin B in a patient with bronchiolitis obliterans syndrome after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation(タイトル和訳中) 査読

    Nakaya Yosuke, Nakashima Yasuhiro, Harada Naonori, Yamada Koichi, Makuuchi Yosuke, Kuno Masatomo, Takakuwa Teruhito, Okamura Hiroshi, Nanno Satoru, Nishimoto Mitsutaka, Koh Hideo, Nakagama Yu, Kido Yasutoshi, Kanno Takayuki, Suzuki Tadaki, Nakamae Hirohisa, Kakeya Hiroshi, Hino Masayuki

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 2 )   223 - 227   2023年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Successful treatment of proven coronavirus disease 2019-associated pulmonary aspergillosis with liposomal amphotericin B in a patient with bronchiolitis obliterans syndrome after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. 査読

    Nakaya Y, Nakashima Y, Harada N, Yamada K, Makuuchi Y, Kuno M, Takakuwa T, Okamura H, Nanno S, Nishimoto M, Koh H, Nakagama Y, Kido Y, Kanno T, Suzuki T, Nakamae H, Kakeya H, Hino M

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 2 )   223 - 227   2023年02月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2022.10.020

    PubMed

  • クラススイッチ異常を有するB細胞性腫瘍患者はSARS-CoV-2 BNT162b2ワクチン接種後に抗体応答減少を経験する(Patients with B-cell malignancies experience reduced antibody responses with class switching defect following BNT162b2 SARS-CoV-2 vaccination) 査読

    Nakagama Yu, Chi Sung-Gi, Minami Yosuke, Watanabe Reiko, Yamagishi Michiteru, Uno Atsuko, Kido Yasutoshi

    Journal of Infection and Chemotherapy   29 ( 1 )   112 - 114   2023年01月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    B細胞標的治療を受けたリンパ球系腫瘍患者におけるSARS-CoV-2ワクチンの免疫原性を前向きに監視した。2回目のBNT162b2 mRNAワクチン接種を受けた参加者から血清を採取し、抗スパイクIgGとIgAの抗体陽転率と抗体保有率を調べた。リンパ腫/白血病の患者12例中11例はリツキシマブを含むレジメン(RTX)、1例はブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬(BTKi)によるB細胞標的療法を受けた。RTX/BTKi治療群は他のリンパ球系腫瘍患者(他群、n=5)と比べて有意に減弱した抗スパイク抗体を示した。RTX/BTKi群と他群の間の幾何平均抗スパイクIgG抗体価には280倍の差があった。RTX/BTKi群のIgG抗体陽転率33%(4/12)は他群の100%(5/5)より有意に低かった。更に、他群のIgG抗体保有率が20%(1/5)であったのに対してRTX/BTKi群では0%(0/12)であった。RTX/BTKi群のIgA抗体陽転率が8%(1/12)まで減少したことから、RTX/BTKi曝露患者におけるIgGからIgAへのクラススイッチ異常が示唆された。直近のRTX/BTKi投与からワクチン接種までの期間中央値は5.3ヵ月であった。ワクチン接種時にRTX/BTKi群で推奨リンパ球数を超えたのは抗体陽転者が75%(3/4)、非抗体陽転者は63%(5/8)であった。

  • Patients with B-cell malignancies experience reduced antibody responses with class switching defect following BNT162b2 SARS-CoV-2 vaccination. 査読

    Nakagama Y, Chi SG, Minami Y, Watanabe R, Yamagishi M, Atsuko U, Kido Y

    Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   29 ( 1 )   112 - 114   2023年01月( ISSN:1341-321X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiac.2022.09.018

    PubMed

  • Age-adjusted impact of prior COVID-19 on SARS-CoV-2 mRNA vaccine response. 査読

    Nakagama S, Nakagama Y, Komase Y, Kudo M, Imai T, Tshibangu-Kabamba E, Nitahara Y, Kaku N, Kido Y

    Frontiers in immunology   14   1087473   2023年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fimmu.2023.1087473

    PubMed

  • Correction: A multicenter, double-blind, randomized, parallel-group, placebo-controlled study to evaluate the efficacy and safety of camostat mesilate in patients with COVID-19 (CANDLE study). 査読

    Kinoshita T, Shinoda M, Nishizaki Y, Shiraki K, Hirai Y, Kichikawa Y, Tsushima K, Shinkai M, Komura N, Yoshida K, Kido Y, Kakeya H, Uemura N, Kadota J

    BMC medicine   20 ( 1 )   478   2022年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12916-022-02695-5

    PubMed

  • Immunogenicity and safety of COVID-19 vaccine in lung cancer patients receiving anticancer treatment: A prospective multicenter cohort study. 査読

    Nakashima K, Ishida M, Matsui H, Yoshida C, Nagai T, Shiraga M, Nakaoka H, Otsuka Y, Nakagama Y, Kaku N, Nitahara Y, Kido Y, Hirota Y

    Human vaccines & immunotherapeutics   18 ( 6 )   2140549 - 2140549   2022年11月( ISSN:2164-5515

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1080/21645515.2022.2140549

    PubMed

  • 唾液カチオン性蛋白質によるACE2受容体のクローキングはSARS-CoV-2の侵入を阻止する(Cloaking the ACE2 receptor with salivary cationic proteins inhibits SARS-CoV-2 entry) 査読

    Yoshizato Katsutoshi, Taira Toshio, Sato-Matsubara Misako, Sekiguchi Shizuko, Yabunaka Yoriko, Kira Yukimi, Ohashi Tetsu, Daikoku Atsuko, Ofusa Ken, Kadono Chiho, Oikawa Daisuke, Matsubara Tsutomu, Nakagama Yu, Kido Yasutoshi, Tokunaga Fuminori, Ikeda Kazuo, Kaneko Akira, Kawada Norifumi

    The Journal of Biochemistry   172 ( 4 )   205 - 216   2022年10月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    健康人の唾液蛋白質(SP)がアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)に結合する能力を評価し、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)スパイク蛋白質S1(S1)受容体結合ドメインとACE2の間の結合に及ぼすSPの影響を測定した。SPはACE2に結合し、S1のACE2への結合を妨害し、S1-ACE2相互作用を阻害するカチオン性ヒストンH2Aと好中球エラスターゼを含む4種類のACE2結合性SPを同定した。ウシ胸腺ヒストン(CTH)もH2Aと同じく効果的に結合を阻害した。CTHはACE2発現宿主細胞へのSARS-CoV-2偽ウイルス性侵入を抑制した。ε-ポリ-L-リジンなどの合成ポリペプチドもS1-ACE2結合を妨害し、ACE2結合におけるSPの重要性が示された。以上より、正荷電のSPはACE2の負荷電表面をクローキングしてSARS-CoV-2の侵入に対する障壁になり、カチオン性ポリペプチドは新型コロナウイルス感染症に対する予防的・治療的手法になり得ると考えられた。

  • BNT162b2 COVID-19ワクチン接種後に温式自己免疫性溶血性貧血とIgM-M蛋白血症を発症した脾辺縁帯リンパ腫 査読

    曽我部 信広, 久野 雅智, 中釜 悠, 幕内 陽介, 原田 尚憲, 高桑 輝人, 岡村 浩史, 廣瀬 朝生, 西本 光孝, 中嶋 康博, 康 秀男, 中前 美佳, 城戸 康年, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   63 ( 10 )   1379 - 1385   2022年10月( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するmRNA COVID-19ワクチン接種後に自己免疫性血球減少を発症することが知られているが,成熟B細胞腫瘍患者のワクチン接種が腫瘍随伴症状へ与える影響を調べた報告はない。症例は71歳男性。数年前に成熟B細胞腫瘍を疑う症状があったが自然軽快し経過観察されていた。BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチン2回目接種10日後に温式自己免疫性溶血性貧血を発症した。貧血はステロイドで改善したが,脾腫,IgM-M蛋白血症,腎障害が増悪した。診断・治療目的に脾臓摘出術を施行し,脾辺縁帯リンパ腫と診断され,M蛋白血症,腎障害は改善した。本症例でSARS-CoV-2特異的抗体の獲得は障害されていた。ワクチン接種後の非特異的な免疫賦活が,成熟B細胞腫瘍の腫瘍随伴症状を増悪させる可能性が示唆されたが,病態解明のためにさらなる症例集積が必要である。(著者抄録)

  • A multicenter, double-blind, randomized, parallel-group, placebo-controlled study to evaluate the efficacy and safety of camostat mesilate in patients with COVID-19 (CANDLE study). 査読

    Kinoshita T, Shinoda M, Nishizaki Y, Shiraki K, Hirai Y, Kichikawa Y, Tsushima K, Shinkai M, Komura N, Yoshida K, Kido Y, Kakeya H, Uemura N, Kadota J

    BMC medicine   20 ( 1 )   342 - 342   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s12916-022-02518-7

    PubMed

  • Kinetics of anti-SARS-CoV-2 antibody titer in healthy adults up to 6 months after BNT162b2 vaccination measured by two immunoassays: A prospective cohort study in Japan. 査読

    Matsuura T, Fukushima W, Nakagama Y, Kido Y, Kase T, Kondo K, Kaku N, Matsumoto K, Suita A, Komiya E, Mukai E, Nitahara Y, Konishi A, Kasamatsu A, Nakagami-Yamaguchi E, Ohfuji S, Kaneko Y, Kaneko A, Kakeya H, Hirota Y

    Vaccine   40 ( 38 )   5631 - 5640   2022年09月( ISSN:0264-410X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2022.08.018

    PubMed

  • Re-emerging threat of Trypanosoma cruzi vector transmission in El Salvador, update from 2018 to 2020 査読

    Rodríguez Marvin Stanley, Nitahara Yuko, Cornejo Michelle, Siliezar Kevin, Grande Rafael, González Ana, Tasaki Kotaro, Nakagama Yu, Michimuko Yu, Onizuka Yoko, Nakajima-Shimada Junko, Romero José Eduardo, Palacios José Ricardo, Arias Carmen Elena, Mejía William, Kido Yasutoshi, Cardona Alvarenga Ricardo

    Infectious Diseases of Poverty   11   89   2022年08月( ISSN:20499957

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    国際共同研究グループは、シャーガス病の原因である媒介昆虫による感染リスクを評価するため、2年間にわたり中米エルサルバドル全域にて調査を行いました。シャーガス病は、WHOが定義する顧みられない熱帯病(Neglected Tropical Diseases, NTDs)の一つであり、クルーズトリパノソーマ(Trypanosoma cruzi)と呼ばれる原虫に感染している媒介昆虫によりヒトに感染します。主にラテンアメリカで猛威をふるう感染症で、エルサルバドルは流行国の中でも特に感染者が多く深刻な状況であるにもかかわらず、媒介昆虫がどの程度、病原体に寄生されておりヒトへの感染源となっているかについて、十分な調査や報告がなされていませんでした。そこで本研究グループは、エルサルバドル全域で同国保健省や地方自治体等と協力し家屋への立ち入り調査を行い、媒介昆虫の侵入状況や感染率をもとに、リスクの高い地域を層別することができました。本研究成果により、今後特に感染リスクの高い地域を対象とした対策の効率化が期待できます。

  • Re-emerging threat of Trypanosoma cruzi vector transmission in El Salvador, update from 2018 to 2020. 査読

    Rodríguez MS, Nitahara Y, Cornejo M, Siliezar K, Grande R, González A, Tasaki K, Nakagama Y, Michimuko Y, Onizuka Y, Nakajima-Shimada J, Romero JE, Palacios JR, Arias CE, Mejía W, Kido Y, Cardona Alvarenga R

    Infectious diseases of poverty   11 ( 1 )   89 - 89   2022年08月( ISSN:2095-5162

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s40249-022-01008-5

    PubMed

  • Detecting Waning Serological Response with Commercial Immunoassays: 18-Month Longitudinal Follow-up of Anti-SARS-CoV-2 Nucleocapsid Antibodies. 査読

    Nakagama Y, Komase Y, Kaku N, Nitahara Y, Tshibangu-Kabamba E, Tominaga T, Tanaka H, Yokoya T, Hosokawa M, Kido Y

    Microbiology spectrum   e0098622   2022年07月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/spectrum.00986-22

    PubMed

  • Title: Cloaking the ACE2 receptor with salivary cationic proteins inhibits SARS-CoV-2 entry. 査読

    Yoshizato K, Taira T, Sato-Matsubara M, Sekiguchi S, Yabunaka Y, Kira Y, Ohashi T, Daikoku A, Ofusa K, Kadono C, Oikawa D, Matsubara T, Nakagama Y, Kido Y, Tokunaga F, Ikeda K, Kaneko A, Kawada N

    Journal of biochemistry   2022年07月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvac054

    PubMed

  • Neutralizing Type I Interferon Autoantibodies in Japanese Patients with Severe COVID-19. 査読

    Eto S, Nukui Y, Tsumura M, Nakagama Y, Kashimada K, Mizoguchi Y, Utsumi T, Taniguchi M, Sakura F, Noma K, Yoshida Y, Ohshimo S, Nagashima S, Okamoto K, Endo A, Imai K, Kanegane H, Ohnishi H, Hirata S, Sugiyama E, Shime N, Ito M, Ohge H, Kido Y, Bastard P, Casanova JL, Ohara O, Tanaka J, Morio T, Okada S

    Journal of clinical immunology   2022年06月( ISSN:0271-9142

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10875-022-01308-3

    PubMed

  • Cumulative seroprevalence among healthcare workers after the first wave of the COVID-19 pandemic in El Salvador, Central America. 査読

    Nakagama Y, Rodriguez-Funes MV, Dominguez R, Candray-Medina KS, Uemura N, Tshibangu-Kabamba E, Nitahara Y, Kaku N, Kaneko A, Kido Y

    Clinical microbiology and infection : the official publication of the European Society of Clinical Microbiology and Infectious Diseases   2022年06月( ISSN:1198-743X

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cmi.2022.06.020

    PubMed

  • Low SARS-CoV-2 antibody titers may be associated with poor clinical outcomes for patients with severe COVID-19. 査読

    Takita M, Yoshida T, Tsuchida T, Nakagama Y, Kido Y, Suzuki S, Imamura M, Kawahata K, Shimizu G, Yoshida H, Morikawa D, Kawaguchi T, Fujii S, Tsukuda J, Motohashi T, Fujitani S

    Scientific reports   12 ( 1 )   9147 - 9147   2022年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1038/s41598-022-12834-w

    PubMed

  • Evaluation of Cryptosporidium parvum oocyst inactivation following exposure to ultraviolet light-emitting diodes by in vitro excystation and dye staining assays. 査読

    Matsubayashi M, Teramoto I, Urakami I, Naohara J, Sasai K, Kido Y, Kaneko A

    Parasitology international   88   102557 - 102557   2022年06月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.parint.2022.102557

    PubMed

  • Evaluation of Cryptosporidium parvum oocyst inactivation following exposure to ultraviolet light-emitting diodes by in vitro excystation and dye staining assays(タイトル和訳中) 査読

    Matsubayashi Makoto, Teramoto Isao, Urakami Itsuo, Naohara Jun, Sasai Kazumi, Kido Yasutoshi, Kaneko Akira

    Parasitology International   88   1 - 4   2022年06月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Neutralizing Type I Interferon Autoantibodies in Japanese Patients With Severe COVID-19. 査読

    Eto S, Nukui Y, Tsumura M, Nakagama Y, Kashimada K, Mizoguchi Y, Utsumi T, Taniguchi M, Sakura F, Noma K, Yoshida Y, Ohshimo S, Nagashima S, Okamoto K, Endo A, Imai K, Kanegane H, Ohnishi H, Hirata S, Sugiyama E, Shime N, Ito M, Ohge H, Kido Y, Bastard P, Casanova JL, Tanaka J, Morio T, Okada S

    Research square   2022年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21203/rs.3.rs-1430985/v1

    PubMed

  • 日本国内のMSM間で感染伝播が疑われる風土性トレポネーマ症 査読

    安達 英輔, 市村 裕菜, 古賀 道子, 城戸 康年, 四柳 宏, 中釜 悠, 仁田原 裕子

    感染症学雑誌   96 ( 臨増 )   160 - 160   2022年03月( ISSN:0387-5911

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A Dual-Antigen SARS-CoV-2 Serological Assay Reflects Antibody Avidity. 査読

    Nakagama Y, Nitahara Y, Kaku N, Tshibangu-Kabamba E, Kido Y

    Journal of clinical microbiology   60 ( 2 )   e0226221   2022年02月( ISSN:0095-1137

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/JCM.02262-21

    PubMed

  • Inflammatory cardiomyopathy of possibly overlapping aetiology: a case posing treatment dilemma and potential association. 査読

    Nakagama S, Candray K, Yamamoto T, Tsugeno Y, Nakagama Y, Kido Y, Nitahara Y, Maejima Y, Sasano T

    ESC heart failure   9 ( 1 )   761 - 765   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/ehf2.13771

    PubMed

  • 新型コロナウイルス感染症との共生社会への羅針盤:SARS-CoV-2抗体検査 査読

    加来 奈津子, 中釜 悠, 仁田原 裕子, 城戸 康年

    日本血栓止血学会誌   33 ( 3 )   338 - 346   2022年( ISSN:09157441

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2491/jjsth.33.338

  • [Warm autoimmune hemolytic anemia and IgM-monoclonal gammopathy following BNT162b2 COVID-19 vaccine in a patient with splenic marginal zone lymphoma]. 査読

    Sogabe N, Kuno M, Nakagama Y, Makuuchi Y, Harada N, Takakuwa T, Okamura H, Hirose A, Nishimoto M, Nakashima Y, Koh H, Nakamae M, Kido Y, Nakamae H, Hino M

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology   63 ( 10 )   1379 - 1385   2022年( ISSN:0485-1439

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対するmRNA COVID-19ワクチン接種後に自己免疫性血球減少を発症することが知られているが,成熟B細胞腫瘍患者のワクチン接種が腫瘍随伴症状へ与える影響を調べた報告はない。症例は71歳男性。数年前に成熟B細胞腫瘍を疑う症状があったが自然軽快し経過観察されていた。BNT162b2 mRNA COVID-19ワクチン2回目接種10日後に温式自己免疫性溶血性貧血を発症した。貧血はステロイドで改善したが,脾腫,IgM-M蛋白血症,腎障害が増悪した。診断・治療目的に脾臓摘出術を施行し,脾辺縁帯リンパ腫と診断され,M蛋白血症,腎障害は改善した。本症例でSARS-CoV-2特異的抗体の獲得は障害されていた。ワクチン接種後の非特異的な免疫賦活が,成熟B細胞腫瘍の腫瘍随伴症状を増悪させる可能性が示唆されたが,病態解明のためにさらなる症例集積が必要である。</p>

    DOI: 10.11406/rinketsu.63.1379

    PubMed

  • High-Resolution Linear Epitope Mapping of the Receptor Binding Domain of SARS-CoV-2 Spike Protein in COVID-19 mRNA Vaccine Recipients. 査読

    Nitahara Y, Nakagama Y, Kaku N, Candray K, Michimuko Y, Tshibangu-Kabamba E, Kaneko A, Yamamoto H, Mizobata Y, Kakeya H, Yasugi M, Kido Y

    Microbiology spectrum   9 ( 3 )   e0096521   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/Spectrum.00965-21

    PubMed

  • リツキシマブによるB細胞標的療法を行っている患者でSARS-CoV-2持続をきたした、矛盾した抗原特異的抗体反応(Discrepant Antigen-specific Antibody Responses Causing SARS-CoV-2 Persistence in a Patient Receiving B-cell-targeted Therapy with Rituximab) 査読

    Takakuwa Teruhito, Nakagama Yu, Yasugi Mayo, Maeda Toshiki, Matsuo Kenji, Kiritoshi Ayako, Deguchi Ryo, Hagawa Naohiro, Shibata Wataru, Oshima Kazuhiro, Yamamoto Katsumi, Uchida Kenichiro, Noda Tomohiro, Yamada Koichi, Nishimura Tetsuro, Yamamoto Hiromasa, Kido Yasutoshi, Hino Masayuki, Kakeya Hiroshi, Mizobata Yasumitsu

    Internal Medicine   60 ( 23 )   3827 - 3831   2021年12月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例は73歳男性で、食道の粘膜関連リンパ組織リンパ腫と診断され、リツキシマブを8回投与後、局所照射を行った。最終リツキシマブ投与の12週後、発熱と呼吸症状が出現し、SARS-CoV-2陽性が判明した。呼吸検体だけでなく血清もSARS-CoV-2陽性であったことから、SARS-CoV-2播種によるRNA血症が示唆された。胸部CT所見から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)H型が示唆された。重度呼吸障害のために機械的換気を行い、ファビピラビルとクロロキンによる併用療法を行ったが、明らかな有効性は得られなかった。高用量メチルプレドニゾロンにより換気パラメータが軽度に改善したが、一過性であった。イベルメクチン単回投与を行ったが、発症24日目の喀痰PCRは、依然としてSARS-CoV-2陽性であった。発症25日目の血清SARS-CoV-2特異的抗体検査では矛盾した結果が得られ、スパイク標的ウイルス中和抗体は検出レベル未満であったが、抗ヌクレオカプシド結合抗体の程度と動態は他の免疫正常重度COVID-19患者と同等であった。発症29日目、酸素化不良により死亡した。

  • Serological Testing Reveals the Hidden COVID-19 Burden among Health Care Workers Experiencing a SARS-CoV-2 Nosocomial Outbreak. 査読

    Nakagama Y, Komase Y, Candray K, Nakagama S, Sano F, Tsuchida T, Kunishima H, Imai T, Shintani A, Nitahara Y, Kaku N, Kido Y

    Microbiology spectrum   9 ( 2 )   e0108221   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1128/Spectrum.01082-21

    PubMed

  • Longitudinal ventilatory ratio monitoring for COVID-19: its potential in predicting severity and assessing treatment response. 査読

    Kaku N, Nakagama Y, Shirano M, Shinomiya S, Shimazu K, Yamazaki K, Maehata Y, Morita R, Nitahara Y, Yamamoto H, Mizobata Y, Kido Y

    Critical care (London, England)   25 ( 1 )   366 - 366   2021年10月( ISSN:1364-8535

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1186/s13054-021-03768-2

    PubMed

  • Assessment of the diagnostic accuracy and relevance of a novel ELISA system developed for seroepidemiologic surveys of Helicobacter pylori infection in African settings. 査読

    Tshibangu-Kabamba E, Phuc BH, Tuan VP, Fauzia KA, Kabongo-Tshibaka A, Kayiba NK, Rosas-Aguirre A, Devleesschauwer B, Cimuanga-Mukanya A, Ngoma Kisoko PJ, Matsumoto T, Akada J, Disashi GT, Mumba Ngoyi D, Kido Y, Speybroeck N, Yamaoka Y

    PLoS neglected tropical diseases   15 ( 9 )   e0009763   2021年09月( ISSN:1935-2727

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pntd.0009763

    PubMed

  • Physical health complaints among healthcare workers engaged in the care of critically ill COVID-19 patients: A single tertiary-care center prospective study from Japan. 査読

    Namikawa H, Tochino Y, Okada A, Ota K, Okada Y, Fujioka K, Yamada K, Watanabe T, Nakagama Y, Kido Y, Takemoto Y, Mizobata Y, Kakeya H, Kuwatsuru Y, Shibata T, Shuto T

    Journal of infection and public health   14 ( 9 )   1263 - 1267   2021年09月( ISSN:1876-0341

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jiph.2021.08.023

    PubMed

  • Biochemical Studies of Mitochondrial Malate: Quinone Oxidoreductase from <i>Toxoplasma gondii</i>. 査読

    Acharjee R, Talaam KK, Hartuti ED, Matsuo Y, Sakura T, Gloria BM, Hidano S, Kido Y, Mori M, Shiomi K, Sekijima M, Nozaki T, Umeda K, Nishikawa Y, Hamano S, Kita K, Inaoka DK

    International journal of molecular sciences   22 ( 15 )   2021年07月( ISSN:16616596

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/ijms22157830

    PubMed

  • Back to normal; serological testing for COVID-19 diagnosis unveils missed infections. 査読

    Tsuchida T, Nitahara Y, Suzuki S, Komase Y, Candray K, Kido Y, Nakagama Y, Yamasaki Y, Imamura M, Kawahata K, Kunishima H, Fujitani S, Mineshita M, Matsuda T

    Journal of medical virology   93 ( 7 )   4549 - 4552   2021年07月( ISSN:0146-6615

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/jmv.26949

    PubMed

  • An Outbreak of USA300 Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus Among People With HIV in Japan. 査読

    Ikeuchi K, Adachi E, Sasaki T, Suzuki M, Lim LA, Saito M, Koga M, Tsutsumi T, Kido Y, Uehara Y, Yotsuyanagi H

    The Journal of infectious diseases   223 ( 4 )   610 - 620   2021年02月( ISSN:0022-1899

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/infdis/jiaa651

    PubMed

  • Antibody response to SARS-CoV-2 in people living with HIV. 査読

    Yamamoto S, Saito M, Nagai E, Toriuchi K, Nagai H, Yotsuyanagi H, Nakagama Y, Kido Y, Adachi E

    Journal of microbiology, immunology, and infection = Wei mian yu gan ran za zhi   54 ( 1 )   144 - 146   2021年02月( ISSN:1684-1182

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.jmii.2020.09.005

    PubMed

  • Seroconversion against SARS-CoV-2 occurred after the recovery in patients with COVID-19. 査読

    Yamamoto S, Saito M, Nagai E, Toriuchi K, Nagai H, Yotsuyanagi H, Nakagama Y, Kido Y, Adachi E

    Journal of medical virology   93 ( 2 )   692 - 694   2021年02月( ISSN:0146-6615

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/jmv.26495

    PubMed

  • Prevalence of SARS-CoV-2-Specific Antibodies, Japan, June 2020. 査読

    Yoshiyama T, Saito Y, Masuda K, Nakanishi Y, Kido Y, Uchimura K, Mitarai S, Suzuki T, Nakagama Y, Kubota H, Satomi M, Uchikoba S, Ohnishi M, Wakita T, Kato S, Kato K

    Emerging infectious diseases   27 ( 2 )   628 - 631   2021年02月( ISSN:1080-6040

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3201/eid2702.204088

    PubMed

  • Discrepant Antigen-specific Antibody Responses Causing SARS-CoV-2 Persistence in a Patient Receiving B-cell-targeted Therapy with Rituximab.

    Takakuwa T, Nakagama Y, Yasugi M, Maeda T, Matsuo K, Kiritoshi A, Deguchi R, Hagawa N, Shibata W, Oshima K, Yamamoto K, Uchida K, Noda T, Yamada K, Nishimura T, Yamamoto H, Kido Y, Hino M, Kakeya H, Mizobata Y

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   60 ( 23 )   3827 - 3831   2021年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.7884-21

    PubMed

    CiNii Article

  • Gut-Homing CD4<sup>+</sup> T Cells Are Associated with the Activity of Gastritis in HIV-Infected Adults. 査読

    Sato H, Ota Y, Kido Y, Matsumoto T, Matsubara Y, Matano T, Hirata Y, Kawana-Tachikawa A, Yamaoka Y, Yotsuyanagi H, Adachi E

    AIDS research and human retroviruses   36 ( 11 )   910 - 917   2020年11月( ISSN:0889-2229

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1089/AID.2020.0086

    PubMed

  • 免疫不全マウスを用いた不活化アッセイによるCryptosporidium parvumオーシストに対する4種類のピーク波長での紫外線発光ダイオード(UV-LED)の有効性(Efficacy of ultraviolet light-emitting diodes(UV-LED) at four different peak wavelengths against Cryptosporidium parvum oocysts by inactivation assay using immunodeficient mice) 査読

    Takahashi Karin, Matsubayashi Makoto, Ohashi Yukio, Naohara Jun, Urakami Itsuo, Sasai Kazumi, Kido Yasutoshi, Kaneko Akira, Teramoto Isao

    Parasitology International   77   1 - 6   2020年08月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    各種波長のUV-LEDによるCryptosporidium parvum不活化作用を、重症複合免疫不全症(SCID)マウスを用いて評価した。5週齢の雌SCIDマウスを7群に割り付けた(5〜6頭/群)。A群には未処理オーシスト10^5、B群には未処理オーシスト10^3、C群にはUVランプ照射(波長253.7nm)オーシスト10^6、D〜G群にはUV-LED(ピーク波長268、275、284、289nm)照射オーシスト10^6を腹腔内投与した。1日当たりのオーシスト排出量(OPD)を算出した。全ての処理群のOPD値は対照(未処理オーシスト)群と同様に、10^7のプラトーに達した。未処理オーシスト群の増殖曲線の標準偏差は比較的小さかったのに対して、UV/UV-LED処理オーシスト群では大きな分散を示した。OPDが10^4、10^5、10^6に達する推定日数については、波長284nmと289nmのUV-LEDで処理した場合の方がUVランプ処理の場合より有意に長かった。10^3対照群における40日後の死亡率は0%、10^5対照群で66.7%(4/6)、UVランプ群では40%(2/5)、UV-LED群では波長268nmが60%(3/5)、275nmが0%、284nmが20%(1/5)、289nmが0%であった。波長約280nmのUV-LED照射はオーシストからの脱嚢を阻害するものと推測された。

  • Efficacy of ultraviolet light-emitting diodes (UV-LED) at four different peak wavelengths against Cryptosporidium parvum oocysts by inactivation assay using immunodeficient mice. 査読

    Takahashi K, Matsubayashi M, Ohashi Y, Naohara J, Urakami I, Sasai K, Kido Y, Kaneko A, Teramoto I

    Parasitology international   77   102108 - 102108   2020年08月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.parint.2020.102108

    PubMed

  • Next-Generation Sequencing of the Whole Bacterial Genome for Tracking Molecular Insight into the Broad-Spectrum Antimicrobial Resistance of <i>Helicobacter pylori</i> Clinical Isolates from the Democratic Republic of Congo. 査読

    Tshibangu-Kabamba E, Ngoma-Kisoko PJ, Tuan VP, Matsumoto T, Akada J, Kido Y, Tshimpi-Wola A, Tshiamala-Kashala P, Ahuka-Mundeke S, Ngoy DM, Disashi-Tumba G, Yamaoka Y

    Microorganisms   8 ( 6 )   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/microorganisms8060887

    PubMed

  • Characterization of a novel Helicobacter pylori East Asian-type CagA ELISA for detecting patients infected with various cagA genotypes 査読

    Doohan Dalla, Miftahussurur Muhammad, Matsuo Yuichi, Kido Yasutoshi, Akada Junko, Matsuhisa Takeshi, Yee Than Than, Htet Kyaw, Aftab Hafeza, Vilaichone Ratha-korn, Mahachai Varocha, Ratanachu-ek Thawee, Tshering Lotay, Waskito Langgeng Agung, Fauzia Kartika Afrida, Uchida Tomohisa, Syam Ari Fahrial, Rezkitha Yudith Annisa Ayu, Yamaoka Yoshio

    MEDICAL MICROBIOLOGY AND IMMUNOLOGY   209 ( 1 )   29 - 40   2020年02月( ISSN:0300-8584

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00430-019-00634-5

    PubMed

  • Characterization of a novel Helicobacter pylori East Asian-type CagA ELISA for detecting patients infected with various cagA genotypes. 査読

    Doohan D, Miftahussurur M, Matsuo Y, Kido Y, Akada J, Matsuhisa T, Yee TT, Htet K, Aftab H, Vilaichone RK, Mahachai V, Ratanachu-Ek T, Tshering L, Waskito LA, Fauzia KA, Uchida T, Syam AF, Rezkitha YAA, Yamaoka Y

    Medical microbiology and immunology   209 ( 1 )   29 - 40   2020年02月( ISSN:0300-8584

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00430-019-00634-5

    PubMed

  • <i>Toxoplasma</i> Infection Induces Sustained Up-Regulation of Complement Factor B and C5a Receptor in the Mouse Brain <i>via</i> Microglial Activation: Implication for the Alternative Complement Pathway Activation and Anaphylatoxin Signaling in Cerebral Toxoplasmosis.

    Shinjyo N, Hikosaka K, Kido Y, Yoshida H, Norose K

    Frontiers in immunology   11   603924 - 603924   2020年( ISSN:16643224

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    Toxoplasma gondii is a neurotropic protozoan parasite, which is linked to neurological manifestations in immunocompromised individuals as well as severe neurodevelopmental sequelae in congenital toxoplasmosis. While the complement system is the first line of host defense that plays a significant role in the prevention of parasite dissemination, Toxoplasma artfully evades complement-mediated clearance via recruiting complement regulatory proteins to their surface. On the other hand, the details of Toxoplasma and the complement system interaction in the brain parenchyma remain elusive. In this study, infection-induced changes in the mRNA levels of complement components were analyzed by quantitative PCR using a murine Toxoplasma infection model in vivo and primary glial cells in vitro. In addition to the core components C3 and C1q, anaphylatoxin C3a and C5a receptors (C3aR and C5aR1), as well as alternative complement pathway components properdin (CFP) and factor B (CFB), were significantly upregulated 2 weeks after inoculation. Two months post-infection, CFB, C3, C3aR, and C5aR1 expression remained higher than in controls, while CFP upregulation was transient. Furthermore, Toxoplasma infection induced significant increase in CFP, CFB, C3, and C5aR1 in mixed glial culture, which was abrogated when microglial activation was inhibited by pre-treatment with minocycline. This study sheds new light on the roles for the complement system in the brain parenchyma during Toxoplasma infection, which may lead to the development of novel therapeutic approaches to Toxoplasma infection-induced neurological disorders.

    DOI: 10.3389/fimmu.2020.603924

    PubMed

    CiNii Article

  • Discovery of trypanocidal coumarins with dual inhibition of both the glycerol kinase and alternative oxidase of Trypanosoma brucei brucei 査読

    Balogun Emmanuel Oluwadare, Inaoka Daniel Ken, Shiba Tomoo, Tsuge Chiaki, May Benjamin, Sato Tomohiro, Kido Yasutoshi, Nara Takeshi, Aoki Takashi, Honma Teruki, Tanaka Akiko, Inoue Masayuki, Matsuoka Shigeru, Michels Paul A. M., Watanabe Yoh-Ichi, Moore Anthony L., Harada Shigeharu, Kita Kiyoshi

    FASEB JOURNAL   33 ( 11 )   13002 - 13013   2019年11月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1096/fj.201901342R

    PubMed

  • Discovery of trypanocidal coumarins with dual inhibition of both the glycerol kinase and alternative oxidase of <i>Trypanosoma brucei brucei</i>. 査読

    Balogun EO, Inaoka DK, Shiba T, Tsuge C, May B, Sato T, Kido Y, Nara T, Aoki T, Honma T, Tanaka A, Inoue M, Matsuoka S, Michels PAM, Watanabe YI, Moore AL, Harada S, Kita K

    FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology   33 ( 11 )   13002 - 13013   2019年11月( ISSN:0892-6638

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1096/fj.201901342R

    PubMed

  • Therapeutic targeting of mitochondrial ROS ameliorates murine model of volume overload cardiomyopathy(和訳中) 査読

    Okamura Kenichi, Nakagama Yu, Takeda Norihiko, Soma Katsura, Sato Tatsuyuki, Isagawa Takayuki, Kido Yasutoshi, Sakamoto Masaya, Manabe Ichiro, Hirata Yasutaka, Komuro Issei, Ono Minoru

    (公社)日本薬理学会 Journal of Pharmacological Sciences   141 ( 1 )   56 - 63   2019年09月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Therapeutic targeting of mitochondrial ROS ameliorates murine model of volume overload cardiomyopathy 査読

    Okamura Kenichi, Nakagama Yu, Takeda Norihiko, Soma Katsura, Sato Tatsuyuki, Isagawa Takayuki, Kido Yasutoshi, Sakamoto Masaya, Manabe Ichiro, Hirata Yasutaka, Komuro Issei, Ono Minoru

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   141 ( 1 )   56 - 63   2019年09月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2019.09.005

    PubMed

  • Volume overload心筋症マウスモデルにて、ミトコンドリアROSを治療ターゲットとすると改善する(Therapeutic targeting of mitochondrial ROS ameliorates murine model of volume overload cardiomyopathy) 査読

    Okamura Kenichi, Nakagama Yu, Takeda Norihiko, Soma Katsura, Sato Tatsuyuki, Isagawa Takayuki, Kido Yasutoshi, Sakamoto Masaya, Manabe Ichiro, Hirata Yasutaka, Komuro Issei, Ono Minoru

    Journal of Pharmacological Sciences   141 ( 1 )   56 - 63   2019年09月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Volume overloadによる心室機能不全モデルを用いて、ミトコンドリア活性酸素種(ROS)産生の分子メカニズムとROSの機能について検討した。VOL誘発性心室機能障害の基本的特徴を再現した動静脈瘻(AVF)マウスモデルを用いた。心臓ミトコンドリアの酵素アッセイにて、クエン酸シンターゼ-NADH-キノンレダクターゼ(complex I)の活性がAVF心臓内では維持されていた。一方、NADHオキシダーゼ超複合体の活性は顕著に障害され、ROS産生が増加していた。また、抗酸化物質のN-アセチルシステインは心室拡張と心機能障害を予防したことから、透析関連心筋症におけるROSの役割が示唆された。心保護効果はメトフォルミン(MET)処置マウスでも観察され、透析糖尿病患者の複合的心不全の管理におけるMETの有用性が示された。

  • Therapeutic targeting of mitochondrial ROS ameliorates murine model of volume overload cardiomyopathy. 査読

    Okamura K, Nakagama Y, Takeda N, Soma K, Sato T, Isagawa T, Kido Y, Sakamoto M, Manabe I, Hirata Y, Komuro I, Ono M

    Journal of pharmacological sciences   141 ( 1 )   56 - 63   2019年09月( ISSN:1347-8613

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2019.09.005

    PubMed

  • Insights into the ubiquinol/dioxygen binding and proton relay pathways of the alternative oxidase 査読

    Shiba Tomoo, Inaoka Daniel Ken, Takahashi Gen, Tsuge Chiaki, Kido Yasutoshi, Young Luke, Ueda Satoshi, Balogun Emmanuel Oluwadare, Nara Takeshi, Honma Teruki, Tanaka Akiko, Inoue Masayuki, Saimoto Hiroyuki, Harada Shigeharu, Moore Anthony L., Kita Kiyoshi

    BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS   1860 ( 5 )   375 - 382   2019年05月( ISSN:0005-2728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbabio.2019.03.008

    PubMed

  • Insights into the ubiquinol/dioxygen binding and proton relay pathways of the alternative oxidase. 査読

    Shiba T, Inaoka DK, Takahashi G, Tsuge C, Kido Y, Young L, Ueda S, Balogun EO, Nara T, Honma T, Tanaka A, Inoue M, Saimoto H, Harada S, Moore AL, Kita K

    Biochimica et biophysica acta. Bioenergetics   1860 ( 5 )   375 - 382   2019年05月( ISSN:0005-2728

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.bbabio.2019.03.008

    PubMed

  • Complete biosynthetic pathways of ascofuranone and ascochlorin in Acremonium egyptiacum 査読

    Araki Yasuko, Awakawa Takayoshi, Matsuzaki Motomichi, Cho Rihe, Matsuda Yudai, Hoshino Shotaro, Shinohara Yasutomo, Yamamoto Masaichi, Kido Yasutoshi, Inaoka Daniel Ken, Nagamune Kisaburo, Ito Kotaro, Abe Ikuro, Kita Kiyoshi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   116 ( 17 )   8269 - 8274   2019年04月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1819254116

    PubMed

  • Complete biosynthetic pathways of ascofuranone and ascochlorin in <i>Acremonium egyptiacum</i>. 査読

    Araki Y, Awakawa T, Matsuzaki M, Cho R, Matsuda Y, Hoshino S, Shinohara Y, Yamamoto M, Kido Y, Inaoka DK, Nagamune K, Ito K, Abe I, Kita K

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   116 ( 17 )   8269 - 8274   2019年04月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1073/pnas.1819254116

    PubMed

  • 裂頭条虫症の2例と日本海裂頭条虫卵の発生実験 査読

    森田 諒, 山田 康一, 木俣 勲, 尾崎 鈴佳, 小林 由佳, 仁木 誠, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 吉井 直子, 掛屋 弘, 加賀谷 渉, 城戸 康年, 金子 明

    日本臨床寄生虫学会 Clinical Parasitology   29 ( 1 )   59 - 62   2018年12月( ISSN:1341-5190

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は39歳男性で、排便後に長さ約2mの白色紐状物を排泄したため当院感染症内科外来を受診した。虫卵検査の結果より裂頭条虫症と判断し、プラジカンテルを用いて駆虫した。駆虫後、長さ約5m、最大幅約8mmで正中に1列の生殖器を有する虫体を1隻排泄した。症例2は31歳女性で、排便後に長さ約20cmと約30cmの白色紐状物を排泄した。駆虫を希望し、当院感染症内科外来を受診した。虫体の写真より裂頭条虫症と判断した。患者の駆虫希望が強く、プラジカンテルを用いて駆虫を行ったが虫体は排泄されなかった。さらに、日本海裂頭条虫卵の発生実験を行ったところ、実験第34日にごく一部の虫卵内に6本の鉤を有するコラシジウムを確認した。実験第40日頃より小蓋が開き内部が空となった虫卵を散見したが、孵化したコラシジウムは確認できなかった。

  • 裂頭条虫症の2例と日本海裂頭条虫卵の発生実験 査読

    森田 諒, 山田 康一, 木俣 勲, 尾崎 鈴佳, 小林 由佳, 仁木 誠, 井本 和紀, 山入 和志, 柴多 渉, 並川 浩己, 吉井 直子, 掛屋 弘, 加賀谷 渉, 城戸 康年, 金子 明

    Clinical Parasitology   29 ( 1 )   59 - 62   2018年12月( ISSN:1341-5190

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    症例1は39歳男性で、排便後に長さ約2mの白色紐状物を排泄したため当院感染症内科外来を受診した。虫卵検査の結果より裂頭条虫症と判断し、プラジカンテルを用いて駆虫した。駆虫後、長さ約5m、最大幅約8mmで正中に1列の生殖器を有する虫体を1隻排泄した。症例2は31歳女性で、排便後に長さ約20cmと約30cmの白色紐状物を排泄した。駆虫を希望し、当院感染症内科外来を受診した。虫体の写真より裂頭条虫症と判断した。患者の駆虫希望が強く、プラジカンテルを用いて駆虫を行ったが虫体は排泄されなかった。さらに、日本海裂頭条虫卵の発生実験を行ったところ、実験第34日にごく一部の虫卵内に6本の鉤を有するコラシジウムを確認した。実験第40日頃より小蓋が開き内部が空となった虫卵を散見したが、孵化したコラシジウムは確認できなかった。

  • Secondary Unconjugated Bile Acids Induce Hepatic Stellate Cell Activation 査読

    Saga Kunihiro, Iwashita Yukio, Hidano Shinya, Aso Yuiko, Isaka Kenji, Kido Yasutoshi, Tada Kazuhiro, Takayama Hiroomi, Masuda Takashi, Hirashita Teijiro, Endo Yuichi, Ohta Masayuki, Kobayashi Takashi, Inomata Masafumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   19 ( 10 )   2018年10月( ISSN:1422-0067

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms19103043

    PubMed

  • Selective Cytotoxicity of Dihydroorotate Dehydrogenase Inhibitors to Human Cancer Cells Under Hypoxia and Nutrient-Deprived Conditions 査読

    Miyazaki Yukiko, Inaoka Daniel K., Shiba Tomoo, Saimoto Hiroyuki, Sakura Takaya, Amalia Eri, Kido Yasutoshi, Sakai Chika, Nakamura Mari, Moore Anthony L., Harada Shigeharu, Kita Kiyoshi

    Frontiers Media S.A. Frontiers in Pharmacology   ( 9 )   2018年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Human dihydroorotate dehydrogenase (HsDHODH) is a key enzyme of pyrimidine de novo biosynthesis pathway. It is located on the mitochondrial inner membrane and contributes to the respiratory chain by shuttling electrons to the ubiquinone pool. We have discovered ascofuranone (1), a natural compound produced by Acremonium sclerotigenum, and its derivatives are a potent class of HsDHODH inhibitors. We conducted a structure-activity relationship study and have identified functional groups of 1 that are essential for the inhibition of HsDHODH enzymatic activity. Furthermore, the binding mode of 1 and its derivatives to HsDHODH was demonstrated by co-crystallographic analysis and we show that these inhibitors bind at the ubiquinone binding site. In addition, the cytotoxicities of 1 and its potent derivatives 7, 8, and 9 were studied using human cultured cancer cells. Interestingly, they showed selective and strong cytotoxicity to cancer cells cultured under microenvironment (hypoxia and nutrient-deprived) conditions. The selectivity ratio of 8 under this microenvironment show the most potent inhibition which was over 1000-fold higher compared to that under normal culture condition. Our studies suggest that under microenvironment conditions, cancer cells heavily depend on the pyrimidine de novo biosynthesis pathway. We also provide the first evidence that 1 and its derivatives are potential lead candidates for drug development which target the HsDHODH of cancer cells living under a tumor microenvironment.

    CiNii Article

  • Selective Cytotoxicity of Dihydroorotate Dehydrogenase Inhibitors to Human Cancer Cells Under Hypoxia and Nutrient-Deprived Conditions 査読

    Miyazaki Yukiko, Inaoka Daniel K., Shiba Tomoo, Saimoto Hiroyuki, Sakura Takaya, Amalia Eri, Kido Yasutoshi, Sakai Chika, Nakamura Mari, Moore Anthony L., Harada Shigeharu, Kita Kiyoshi

    FRONTIERS IN PHARMACOLOGY   9   997   2018年09月( ISSN:1663-9812

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fphar.2018.00997

    PubMed

  • Glycerol kinase of African trypanosomes possesses an intrinsic phosphatase activity. 査読

    Balogun EO, Inaoka DK, Shiba T, Tokuoka SM, Tokumasu F, Sakamoto K, Kido Y, Michels PAM, Watanabe YI, Harada S, Kita K

    Biochimica et biophysica acta   1861 ( 11 Pt A )   2830 - 2842   2017年11月( ISSN:0006-3002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2017.07.028

    PubMed

  • Further Molecular Analysis of G6PD Deficiency Variants in Southern Vietnam and a Novel Variant Designated as G6PD Ho Chi Minh (173 A&gt;G; 58 Asp&gt;Gly): Frequency Distributions of Variants Compared with Those in Other Southeast Asian Countries. 査読

    Kawamoto F, Matsuoka H, Pham NM, Hayashi T, Kasahara Y, Dung NT, Kido Y, Kanbe T, Tantular IS

    Acta medica Okayama   71 ( 4 )   325 - 332   2017年08月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/55309

    PubMed

  • ベトナム南部におけるG6PD欠損変異体のより詳細な分子解析およびG6PD Ho Chi Mingと命名された新規変異体(173 A>G;58 Asp>Gly) 他の東南アジア諸国と比較した変異体の頻度分布(Further Molecular Analysis of G6PD Deficiency Variants in Southern Vietnam and a Novel Variant Designated as G6PD Ho Chi Minh(173 A>G; 58 Asp>Gly): Frequency Distributions of Variants Compared with Those in Other Southeast Asian Countries) 査読

    Kawamoto Fumihiko, Matsuoka Hiroyuki, Nghiem Minh Pham, Hayashi Taeko, Kasahara Yuichi, Nguyen The Dung, Kido Yasutoshi, Kanbe Toshio, Tantular Indah S.

    岡山大学医学部 Acta Medica Okayama   71 ( 4 )   325 - 332   2017年08月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    新生児におけるグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ(G6PD)欠損症の調査を、ベトナム南部ホーチミン市内のTu Du病院で実施した。その結果、Kinh族85例、中国人4例および少数民族のK'Ho族1例を含む、全90例のG6PD欠損例の新生児が認められた。また、Kinh族では、32例にG6PD Viangchan、11例にKaiping、8例にCanton、7例にChinese-5、5例にUnion、4例にQuing YuanなどのG6PD変異体が検出され、17例には1311 C>TおよびIVS11 nt 93 T>Cにサイレント変異を保有する変異体も検出された。また、Kinh族の新生児女児と女児の父親には、 58 Asp>Glyのアミノ酸変異が予測されるエクソン4新規変異173 A>Gが認められ、本報ではこれをG6PD Ho Chi Minhと命名した。これら知見から、ベトナム南部Kinh族は8種類のG6PD変異体を保有し、Kinh族はG6PD変異体に関して、東南アジア、中国およびオセアニアから多くの祖先をもつことが示された。また、Kinh族集団のG6PD変異体の頻度分布を他の東南アジア集団と比較したところ、Kinh族集団分布はタイ人集団分布と極めて類似していたが、G6PD-Mahidol変異が検出されないことから、タイ人集団とは異なると考えられた。

  • Further Molecular Analysis of G6PD Deficiency Variants in Southern Vietnam and a Novel Variant Designated as G6PD Ho Chi Minh (173 A > G; 58 Asp > Gly): Frequency Distributions of Variants Compared with Those in Other Southeast Asian Countries 査読

    Kawamoto Fumihiko, Matsuoka Hiroyuki, Nghiem Minh Pham, Hayashi Taeko, Kasahara Yuichi, Nguyen The Dung, Kido Yasutoshi, Kanbe Toshio, Tantular Indah S.

    ACTA MEDICA OKAYAMA   71 ( 4 )   325 - 332   2017年08月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ベトナム南部におけるG6PD欠損変異体のより詳細な分子解析およびG6PD Ho Chi Mingと命名された新規変異体(173 A>G;58 Asp>Gly) 他の東南アジア諸国と比較した変異体の頻度分布(Further Molecular Analysis of G6PD Deficiency Variants in Southern Vietnam and a Novel Variant Designated as G6PD Ho Chi Minh(173 A>G; 58 Asp>Gly): Frequency Distributions of Variants Compared with Those in Other Southeast Asian Countries) 査読

    Kawamoto Fumihiko, Matsuoka Hiroyuki, Nghiem Minh Pham, Hayashi Taeko, Kasahara Yuichi, Nguyen The Dung, Kido Yasutoshi, Kanbe Toshio, Tantular Indah S.

    Acta Medica Okayama   71 ( 4 )   325 - 332   2017年08月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    新生児におけるグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ(G6PD)欠損症の調査を、ベトナム南部ホーチミン市内のTu Du病院で実施した。その結果、Kinh族85例、中国人4例および少数民族のK'Ho族1例を含む、全90例のG6PD欠損例の新生児が認められた。また、Kinh族では、32例にG6PD Viangchan、11例にKaiping、8例にCanton、7例にChinese-5、5例にUnion、4例にQuing YuanなどのG6PD変異体が検出され、17例には1311 C>TおよびIVS11 nt 93 T>Cにサイレント変異を保有する変異体も検出された。また、Kinh族の新生児女児と女児の父親には、 58 Asp>Glyのアミノ酸変異が予測されるエクソン4新規変異173 A>Gが認められ、本報ではこれをG6PD Ho Chi Minhと命名した。これら知見から、ベトナム南部Kinh族は8種類のG6PD変異体を保有し、Kinh族はG6PD変異体に関して、東南アジア、中国およびオセアニアから多くの祖先をもつことが示された。また、Kinh族集団のG6PD変異体の頻度分布を他の東南アジア集団と比較したところ、Kinh族集団分布はタイ人集団分布と極めて類似していたが、G6PD-Mahidol変異が検出されないことから、タイ人集団とは異なると考えられた。

  • Helicobacter pylori Outer Membrane Protein-Related Pathogenesis. 査読

    Matsuo Y, Kido Y, Yamaoka Y

    Toxins   9 ( 3 )   2017年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/toxins9030101

    PubMed

  • Re-identification of the ascofuranone-producing fungus Ascochyta viciae as Acremonium sclerotigenum. 査読

    Hijikawa Y, Matsuzaki M, Suzuki S, Inaoka DK, Tatsumi R, Kido Y, Kita K

    The Journal of antibiotics   70 ( 3 )   304 - 307   2017年03月( ISSN:0021-8820

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ja.2016.132

    PubMed

  • HIV感染者における血清クレアチンキナーゼ上昇の検討 査読

    福田 直到, 安達 英輔, 城戸 康年, 菊地 正, 古賀 道子, 鯉渕 智彦

    日本エイズ学会誌   19 ( 1 )   9 - 15   2017年02月( ISSN:1344-9478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    血清CKが基準値上限の1.5倍以上に上昇したHIV感染者110例144件(男性141件、女性3件、20〜81歳)を対象とした。CK上昇と関連する合併症や薬剤変更、生活習慣などに関するエピソードがカルテ上に記載されていたものは116件(81%)あった。最も多かったのは運動や多忙で62件(43%)に認めた。急性HIV感染症は2件(1.4%)あった。その他の感染症は31件(22%)、胸部症状を有したものは5件(3.5%)、原因不明2件であった。CK上昇直前に精神疾患に関する記載があったものは15件(10%)あった。その他の非感染性急性疾患を合併していたものは37件(26%)あった。外傷は7件(4.9%)、薬剤変更は20件(14%)、大量飲酒・薬物乱用は4件(2.8%)、特別なエピソードの記載がなかった28件(19%)であった。転帰は、CK上昇に対して特別な介入をしないまま自然軽快したものが113件(78%)と最も多かった。調査期間終了までCK上昇が続いたものが19件(13%)あった。薬剤を変更して軽快したものは6件(4.2%)、薬剤変更以外の介入を行って軽快したものは6件(4.2%)であった。

  • Novel CagA ELISA exhibits enhanced sensitivity of <i>Helicobacter pylori</i> CagA antibody. 査読

    Matsuo Y, Kido Y, Akada J, Shiota S, Binh TT, Trang TT, Dung HD, Tung PH, Tri TD, Thuan NP, Tam LQ, Nam BC, Khien VV, Yamaoka Y

    World journal of gastroenterology   23 ( 1 )   48 - 59   2017年01月( ISSN:1007-9327

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3748/wjg.v23.i1.48

    PubMed

  • HIV感染者における血清クレアチンキナーゼ上昇の検討 査読

    福田 直到, 安達 英輔, 城戸 康年, 菊地 正, 古賀 道子, 鯉渕 智彦

    日本エイズ学会 日本エイズ学会誌 = The journal of AIDS research   19 ( 1 )   9 - 15   2017年( ISSN:1344-9478

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Successful treatment of pulmonary injury after nitrogen oxide exposure with corticosteroid therapy: A case report and review of the literature. 査読

    Kido Y, Mitani A, Isago H, Takeshima H, Narumoto O, Tanaka G, Yamauchi Y, Takai D, Ohishi N, Nagase T

    Respiratory medicine case reports   20   107 - 110   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.rmcr.2017.01.007

    PubMed

  • A novel East Asian-type CagA antibody ELISA can detect Helicobacter pylori CagA antibody with higher sensitivity than commercial available CagA ELISA 査読

    Matsuo Yuichi, Kido Yasutoshi, Tran Thanh Binh, Akada Junko, Yamaoka Yoshio

    JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31   72 - 72   2016年11月( ISSN:0815-9319

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Immunostaining of Cryptosporidiosis with Human Immunodeficiency Virus Infection. 査読

    Adachi E, Kido Y, Ota Y, Koibuchi T

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   55 ( 21 )   3229 - 3230   2016年( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.55.7246

    PubMed

  • Heart Failure Complicated by Alveolar Hemorrhage due to Vascular Collapse and Amyloid Deposits in Wild-Type Transthyretin Amyloidosis. 査読

    Kido Y, Takahashi M, Fukuma N, Kawata T, Tanaka A, Hayashi A, Shibahara J, Daimon M, Morita H, Akazawa H, Komuro I

    Cardiology   135 ( 4 )   216 - 220   2016年( ISSN:0008-6312

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000446513

    PubMed

  • Differences in amino acid frequency in CagA and VacA sequences of <i>Helicobacter pylori</i> distinguish gastric cancer from gastric MALT lymphoma. 査読

    Hashinaga M, Suzuki R, Akada J, Matsumoto T, Kido Y, Okimoto T, Kodama M, Murakami K, Yamaoka Y

    Gut pathogens   8   54   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13099-016-0137-x

    PubMed

  • Identification of Helicobacter pylori infection in symptomatic patients in Surabaya, Indonesia, using five diagnostic tests 査読

    Miftahussurur M., Shiota S., Suzuki R., Matsuda M., Uchida T., Kido Y., Kawamoto F., Maimunah U., Adi P., Rezkitha Y., Nasronudin, Nusi I., Yamaoka Y.

    EPIDEMIOLOGY AND INFECTION   143 ( 5 )   986 - 996   2015年04月( ISSN:0950-2688

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S095026881400154X

  • Molecular basis for the reverse reaction of African human trypanosomes glycerol kinase. 査読

    Balogun EO, Inaoka DK, Shiba T, Kido Y, Tsuge C, Nara T, Aoki T, Honma T, Tanaka A, Inoue M, Matsuoka S, Michels PA, Kita K, Harada S

    Molecular microbiology   94 ( 6 )   1315 - 29   2014年12月( ISSN:0950-382X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/mmi.12831

    PubMed

  • Purification and characterisation of recombinant DNA encoding the alternative oxidase from Sauromatum guttatum. 査読

    Elliott C, Young L, May B, Shearman J, Albury MS, Kido Y, Kita K, Moore AL

    Mitochondrion   19 Pt B   261 - 8   2014年11月( ISSN:1567-7249

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mito.2014.03.002

    PubMed

  • Extremely low Helicobacter pylori prevalence in North Sulawesi, Indonesia and identification of a Maori-tribe type strain: a cross sectional study. 査読

    Miftahussurur M, Tuda J, Suzuki R, Kido Y, Kawamoto F, Matsuda M, Tantular IS, Pusarawati S, Nasronudin, Harijanto PN, Yamaoka Y

    Gut pathogens   6 ( 1 )   42   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s13099-014-0042-0

    PubMed

  • アフリカ睡眠病治療薬の候補化合物と標的タンパク質との複合体構造 査読

    志波 智生, 高橋 元, 原田 繁春, 斎本 博之, 城戸 康年, 稲岡 ダニエル健, 北 潔

    The Crystallographic Society of Japan 日本結晶学会誌   55 ( 4 )   254 - 259   2013年08月( ISSN:03694585

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The cyanide-insensitive alternative oxidase (AOX) is a diiron carboxylate protein that catalyzes the four-electron reduction of dioxygen to water by ubiquinol. In <i>Trypanosoma brucei</i>, a parasite that causes human African sleeping sickness, AOX plays a critical role in the survival of the parasite in its bloodstream form. Since AOX is absent from mammals, this protein represents a novel and promising therapeutic target. We determined the first crystal structures of the trypanosomal alternative oxidase in the absence and presence of ascofuranone and its derivatives, which are drug candidates for African trypanosomiasis. All structures reveal that AOX is a homodimer with a non-haem diiron carboxylate active-site buried within a four-helix bundle.

    DOI: 10.5940/jcrsj.55.254

    CiNii Article

  • Biochemical characterization of highly active Trypanosoma brucei gambiense glycerol kinase, a promising drug target. 査読

    Balogun EO, Inaoka DK, Shiba T, Kido Y, Nara T, Aoki T, Honma T, Tanaka A, Inoue M, Matsuoka S, Michels PA, Harada S, Kita K

    Journal of biochemistry   154 ( 1 )   77 - 84   2013年07月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvt037

    PubMed

  • 有望な薬剤標的であるTrypanosoma brucei gambienseの高活性グリセロールキナーゼの生化学的特徴(Biochemical characterization of highly active Trypanosoma brucei gambiense glycerol kinase, a promising drug target) 査読

    Balogun Emmanuel Oluwadare, Inaoka Daniel Ken, Shiba Tomoo, Kido Yasutoshi, Nara Takeshi, Aoki Takashi, Honma Teruki, Tanaka Akiko, Inoue Masayuki, Matsuoka Shigeru, Michels Paul A.M., Harada Shigeharu, Kita Kiyoshi

    (公社)日本生化学会 The Journal of Biochemistry   154 ( 1 )   77 - 84   2013年07月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    組み替えDNA技術を用いて大容量のグリセロールキナーゼ(GK)の精製タンパク質を取得する方法を確立し、最適化した。さらに、GKの酵素学的な生化学データを明らかにした。本タンパク質は25-70℃の温度範囲でpH6.8で最も活性が高く、活性化エネルギーは34.02±0.31kJ/molであった。酵素は可逆的な2種の基質(ADPとグリセロール3-リン酸(G3P))の反応を触媒し、ATPとグリセロールを産生した。ADPとG3Pに対するKm値はそれぞれ0.90と5.54mMであり、Vmax値はそれぞれ25.3と20μmol/min/mgであった。10mM MgSO4を含むpH6.8の0.1Mリン酸ナトリウム緩衝液に4℃で48時間保存すると活性の50%以上が失われた。しかし、天然のリガンドと共役因子を共存させることでGKを4週間以上、完全に安定化して保存することが可能であった。この安定化したタンパク質を用いて高解像度のトリパノソーマGKの結晶を取得した。

  • 有望な薬剤標的であるTrypanosoma brucei gambienseの高活性グリセロールキナーゼの生化学的特徴(Biochemical characterization of highly active Trypanosoma brucei gambiense glycerol kinase, a promising drug target) 査読

    Balogun Emmanuel Oluwadare, Inaoka Daniel Ken, Shiba Tomoo, Kido Yasutoshi, Nara Takeshi, Aoki Takashi, Honma Teruki, Tanaka Akiko, Inoue Masayuki, Matsuoka Shigeru, Michels Paul A.M., Harada Shigeharu, Kita Kiyoshi

    The Journal of Biochemistry   154 ( 1 )   77 - 84   2013年07月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    組み替えDNA技術を用いて大容量のグリセロールキナーゼ(GK)の精製タンパク質を取得する方法を確立し、最適化した。さらに、GKの酵素学的な生化学データを明らかにした。本タンパク質は25-70℃の温度範囲でpH6.8で最も活性が高く、活性化エネルギーは34.02±0.31kJ/molであった。酵素は可逆的な2種の基質(ADPとグリセロール3-リン酸(G3P))の反応を触媒し、ATPとグリセロールを産生した。ADPとG3Pに対するKm値はそれぞれ0.90と5.54mMであり、Vmax値はそれぞれ25.3と20μmol/min/mgであった。10mM MgSO4を含むpH6.8の0.1Mリン酸ナトリウム緩衝液に4℃で48時間保存すると活性の50%以上が失われた。しかし、天然のリガンドと共役因子を共存させることでGKを4週間以上、完全に安定化して保存することが可能であった。この安定化したタンパク質を用いて高解像度のトリパノソーマGKの結晶を取得した。

  • Structure of the trypanosome cyanide-insensitive alternative oxidase. 査読

    Shiba T, Kido Y, Sakamoto K, Inaoka DK, Tsuge C, Tatsumi R, Takahashi G, Balogun EO, Nara T, Aoki T, Honma T, Tanaka A, Inoue M, Matsuoka S, Saimoto H, Moore AL, Harada S, Kita K

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110 ( 12 )   4580 - 5   2013年03月( ISSN:0027-8424

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1218386110

    PubMed

  • 薬剤標的としてのTrypanosome Alternative Oxidase(TAO)に対する阻害剤Ascofuranoneの構造活性相関研究(Pharmacophore identification of ascofuranone, potent inhibitor of cyanide-insensitive alternative oxidase of Trypanosoma brucei) 査読

    Saimoto Hiroyuki, Kido Yasutoshi, Haga Yasushi, Sakamoto Kimitoshi, Kita Kiyoshi

    (公社)日本生化学会 The Journal of Biochemistry   153 ( 3 )   267 - 273   2013年03月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アフリカ睡眠病の病原体であるTrypanosoma bruceiの呼吸は,シアン耐性末端酸化酵素であるTrypanosome Alternative Oxidase(TAO)に依存しており,生存に必須である.本論文では,TAOを薬剤標的としたアフリカ睡眠病の新規治療薬開発に向けて,本酵素に対する特異的阻害剤Ascofuranoneの詳細な構造活性相関研究を行い,その薬理学的活性中心を明らかにした.(著者抄録)

  • Pharmacophore identification of ascofuranone, potent inhibitor of cyanide-insensitive alternative oxidase of Trypanosoma brucei 査読

    Saimoto Hiroyuki, Kido Yasutoshi, Haga Yasushi

    Japanese Biochemical Society The journal of biochemistry   153 ( 3 )   267 - 273   2013年03月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • Pharmacophore identification of ascofuranone, potent inhibitor of cyanide-insensitive alternative oxidase of Trypanosoma brucei. 査読

    Saimoto H, Kido Y, Haga Y, Sakamoto K, Kita K

    Journal of biochemistry   153 ( 3 )   267 - 73   2013年03月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvs135

    PubMed

  • 薬剤標的としてのTrypanosome Alternative Oxidase(TAO)に対する阻害剤Ascofuranoneの構造活性相関研究(Pharmacophore identification of ascofuranone, potent inhibitor of cyanide-insensitive alternative oxidase of Trypanosoma brucei) 査読

    Saimoto Hiroyuki, Kido Yasutoshi, Haga Yasushi, Sakamoto Kimitoshi, Kita Kiyoshi

    The Journal of Biochemistry   153 ( 3 )   267 - 273   2013年03月( ISSN:0021-924X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    アフリカ睡眠病の病原体であるTrypanosoma bruceiの呼吸は,シアン耐性末端酸化酵素であるTrypanosome Alternative Oxidase(TAO)に依存しており,生存に必須である.本論文では,TAOを薬剤標的としたアフリカ睡眠病の新規治療薬開発に向けて,本酵素に対する特異的阻害剤Ascofuranoneの詳細な構造活性相関研究を行い,その薬理学的活性中心を明らかにした.(著者抄録)

  • ヒトマラリア寄生虫の野生分離株のwet ice内での保存とin vitro培養への適応効率(Preservation of Wild Isolates of Human Malaria Parasites in Wet Ice and Adaptation Efficacy to In Vitro Culture) 査読

    Tantular Indah S., Pusarawati Suhintam, Khin Lin, Kanbe Toshio, Kimura Masatsugu, Kido Yasutoshi, Kawamoto Fumihiko

    日本熱帯医学会 Tropical Medicine and Health   40 ( 2 )   37 - 45   2012年06月( ISSN:1348-8945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    マラリア寄生虫の野生分離株をwet ice内で2-12日間保存し、キャンドルジャー法で培養した。ミャンマーで収集し12日間保存したPlasmodium falciparumのうち4分離株は全て成長不能だった。5-10日間保存した31分離株の内、9は若い生殖母細胞に転換したが、22は良好に成長した。タイのRanongで収集し7日間保存した9分離株の内、6株が良好に成長した。インドネシア島東部で収集した59分離株は大部分が2-3日保存であったが、全て培養適応分離株として樹立不能であり、10分離株は成長が停止し、49分離株は10日までに有性ステージに転換した。

  • Preservation of wild isolates of human malaria parasites in wet ice and adaptation efficacy to in vitro culture. 査読

    Tantular IS, Pusarawati S, Khin L, Kanbe T, Kimura M, Kido Y, Kawamoto F

    日本熱帯医学会 Tropical medicine and health   40 ( 2 )   37 - 45   2012年06月( ISSN:1348-8945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Wild isolates of malaria parasites were preserved in wet ice for 2–12 days and cultivated by a candle jar method. In four isolates of <i>Plasmodium falciparum</i> collected from Myanmar and preserved for 12 days, all failed to grow. In 31 isolates preserved for 5–10 days, nine were transformed to young gametocytes, but 22 isolates grew well. From Ranong, Thailand, nine isolates preserved for 7 days were examined, and six grew well. On the other hand, all of the 59 isolates collected from eastern Indonesian islands failed to establish as culture-adapted isolates, even most of them were preserved only for 2–3 days: 10 isolates stopped to grow, and 49 isolates were transformed to sexual stages by Day 10. These results indicated that a great difference in adaptation to in vitro culture may exist between wild isolates distributed in continental Southeast Asia and in eastern Indonesia and that gametocytogenesis might be easily switched on in Indonesian isolates. In wild isolates of <i>P. vivax</i>, <i>P. malariae</i> and <i>P. ovale</i> preserved for 2–9 days, ring forms or young trophozoites survived, but adaptation to in vitro culture failed. These results indicate that wild isolates can be preserved in wet ice for 9–10 days.

    DOI: 10.2149/tmh.2012-07o

    PubMed

    CiNii Article

  • ヒトマラリア寄生虫の野生分離株のwet ice内での保存とin vitro培養への適応効率(Preservation of Wild Isolates of Human Malaria Parasites in Wet Ice and Adaptation Efficacy to In Vitro Culture) 査読

    Tantular Indah S., Pusarawati Suhintam, Khin Lin, Kanbe Toshio, Kimura Masatsugu, Kido Yasutoshi, Kawamoto Fumihiko

    Tropical Medicine and Health   40 ( 2 )   37 - 45   2012年06月( ISSN:1348-8945

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    マラリア寄生虫の野生分離株をwet ice内で2-12日間保存し、キャンドルジャー法で培養した。ミャンマーで収集し12日間保存したPlasmodium falciparumのうち4分離株は全て成長不能だった。5-10日間保存した31分離株の内、9は若い生殖母細胞に転換したが、22は良好に成長した。タイのRanongで収集し7日間保存した9分離株の内、6株が良好に成長した。インドネシア島東部で収集した59分離株は大部分が2-3日保存であったが、全て培養適応分離株として樹立不能であり、10分離株は成長が停止し、49分離株は10日までに有性ステージに転換した。

  • アフリカトリパノソーマ原虫におけるグリセロールキナーゼ動態の違い 系統発生学的・治療学的意義(Differential Kinetic Activities of Glycerol Kinase among African Trypanosome Species: Phylogenetic and Therapeutic Implications) 査読

    Ohashi-Suzuki Mitsuko, Yabu Yoshisada, Ohshima Shigeru, Nakamura Kosuke, Kido Yasutoshi, Sakamoto Kimitoshi, Kita Kiyoshi, Ohta Nobuo, Suzuki Takashi

    (公社)日本獣医学会 The Journal of Veterinary Medical Science   73 ( 5 )   615 - 621   2011年05月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Differential Kinetic Activities of Glycerol Kinase among African Trypanosome Species: Phylogenetic and Therapeutic Implications 査読

    Ohashi-Suzuki Mitsuko, Yabu Yoshisada, Ohshima Shigeru, Nakamura Kosuke, Kido Yasutoshi, Sakamoto Kimitoshi, Kita Kiyoshi, Ohta Nobuo, Suzuki Takashi

    JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   73 ( 5 )   615 - 621   2011年05月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Differential kinetic activities of glycerol kinase among African trypanosome species: phylogenetic and therapeutic implications. 査読

    Ohashi-Suzuki M, Yabu Y, Ohshima S, Nakamura K, Kido Y, Sakamoto K, Kita K, Ohta N, Suzuki T

    The Journal of veterinary medical science   73 ( 5 )   615 - 21   2011年05月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • アフリカトリパノソーマ原虫におけるグリセロールキナーゼ動態の違い 系統発生学的・治療学的意義(Differential Kinetic Activities of Glycerol Kinase among African Trypanosome Species: Phylogenetic and Therapeutic Implications) 査読

    Ohashi-Suzuki Mitsuko, Yabu Yoshisada, Ohshima Shigeru, Nakamura Kosuke, Kido Yasutoshi, Sakamoto Kimitoshi, Kita Kiyoshi, Ohta Nobuo, Suzuki Takashi

    The Journal of Veterinary Medical Science   73 ( 5 )   615 - 621   2011年05月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Differential Kinetic Activities of Glycerol Kinase among African Trypanosome Species: Phylogenetic and Therapeutic Implications 査読

    OHASHI-SUZUKI Mitsuko, YABU Yoshisada, OHSHIMA Shigeru, NAKAMURA Kosuke, KIDO Yasutoshi, SAKAMOTO Kimitoshi, KITA Kiyoshi, OHTA Nobuo, SUZUKI Takashi

    JAPANESE SOCIETY OF VETERINARY SCIENCE Journal of Veterinary Medical Science   73 ( 5 )   615 - 621   2011年( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    African trypanosome species are causative agents for sleeping sickness in humans and nagana disease in cattle. <i>Trypanosoma brucei</i> can generate ATP via a reverse reaction with glycerol kinase (GK) when alternative oxidase (AOX) is inhibited; thus, GK is considered to be a crucial target for chemotherapy combined with AOX. However, the energy metabolism systems of African trypanosome species other than <i>T. brucei</i> are poorly understood. Thus, GK genes were surveyed from genome databases and cloned by PCR from <i>T. vivax</i> and <i>T. congolense</i>. Then, recombinant GK proteins (rGK) of <i>T. vivax, T. congolense</i> and <i>T. brucei</i> were expressed and purified. Kinetic analysis of these rGK proteins revealed that the <i>K</i><sub>m</sub> values of <i>T. congolense</i> rGK for ADP and G-3-P substrates were lower than those of <i>T. vivax </i>and <i>T. brucei</i>. The expression level of GK molecules was highest in <i>T. congolense</i> cells and lowest in <i>T. vivax</i> cells. Based on these results, effective combination dosages of ascofuranone, a specific inhibitor of AOX, and glycerol, an inhibitor of the GK reverse reaction, were determined by using <i>in vitro</i>-cultured trypanosome cells.<br>

    DOI: 10.1292/jvms.10-0481

    CiNii Article

  • Trypanosome alternative oxidase, a potential therapeutic target for sleeping sickness, is conserved among Trypanosoma brucei subspecies 査読

    NAKAMURA Kosuke, FUJIOKA Sunao, FUKUMOTO Shinya, INOUE Noboru, SAKAMOTO Kimitoshi, HIRATA Haruyuki, KIDO Yasutoshi, YABU Yoshisada, SUZUKI Takashi, WATANABE Yoh-ichi, SAIMOTO Hiroyuki, AKIYAMA Hiroshi, KITA Kiyoshi

    Parasitology international : official journal of the Japanese Society of Parasitology   59 ( 4 )   560 - 564   2010年12月( ISSN:13835769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  • 眠り病に対する治療標的となる可能性があるトリパノソーマ代替オキシダーゼはTripanosoma brucei亜種間で保存されている(Trypanosome alternative oxidase, a potential therapeutic target for sleeping sickness, is conserved among Trypanosoma brucei subspecies) 査読

    Nakamura Kosuke, Fujioka Sunao, Fukumoto Shinya, Inoue Noboru, Sakamoto Kimitoshi, Hirata Haruyuki, Kido Yasutoshi, Yabu Yoshisada, Suzuki Takashi, Watanabe Yoh-ichi, Saimoto Hiroyuki, Akiyama Hiroshi, Kita Kiyoshi

    エルゼビア・ジャパン(株) Parasitology International   59 ( 4 )   560 - 564   2010年12月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    T.brucei rhodesienseおよびT.b.gambienseは治療しなければ死に至るアフリカトリパノソーマ病(HAT)または眠り病の原因として知られている。著者等は、トリパノソーマ代替オキシダーゼ(TAO)の特異的阻害剤アスコフラノンがin vtroでアフリカトリパノソーマを速やかに死滅させ、in vivo実験ではヒトに非感染性のT.b.brucei感染マウスを治癒させることを報告した。TAOはトリパノソーマ生存に必須の因子であるため、哺乳動物宿主における薬物治療の標的となる。HATを生じさせるトリパノソーマに発現しているTAOのアミノ酸配列はヒトに非感染性のT.b.bruceiのTAOと同じであった。HAT治療薬の研究において、TAOの三次元構造とTAO阻害物質に関する生化学的知見をT.brucei亜種3種に応用できた。T.b.bruceiを用いたin vitro試験から、ヒト非感染性株培養においてアスコフラノンがトリパノソーマを排除できることを確認した。

  • 東インドネシア住民におけるグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損の発生率と突然変異分析(Incidence and Mutation Analysis of Glucose-6-Phosphate Dehydrogenase Deficiency in Eastern Indonesian Populations) 査読

    Tantular Indah S., Matsuoka Hiroyuki, Kasahara Yuichi, Pusarawati Suhintam, Kanbe Toshio, Tuda Josef S.B., Kido Yasutoshi, Dachlan Yoes P., Kawamoto Fumihiko

    岡山大学医学部 Acta Medica Okayama   64 ( 6 )   367 - 373   2010年12月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    東部インドネシアにおけるグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ(G6PD)欠損について現地調査を行い、G6PD変異を分子的に分析した。G6PD欠損の発生率はFlores島とPalue島の5民族が他の先住民族(Sikka)や非先住民族(Riung)より低かった。分子分析では、Sikkaの19例はG6PD変異の度数分布が前回の調査と同等であったが、Riungの8例は異なっていた。西チモール、Sumba、Sulawesi、Muna、Bangkaの島の8民族での現地調査からは全部で49例の欠損症例が検出された。このうち39例はメラネシア起源のG6PD Vanua Lava(383T>C)であった。前回の調査ではG6PD Vanua Lavaが他の東部インドネシア諸島で多数見つかった。以上の結果から、G6PD Vanua LavaはSikkaを除く東部インドネシア住民における最も一般的な変異であることが示唆された。

  • Incidence and Mutation Analysis of Glucose-6-Phosphate Dehydrogenase Deficiency in Eastern Indonesian Populations 査読

    Tantular Indah S., Matsuoka Hiroyuki, Kasahara Yuichi, Pusarawati Suhintam, Kanbe Toshio, Tuda Josef S. B., Kido Yasutoshi, Dachlan Yoes P., Kawamoto Fumihiko

    ACTA MEDICA OKAYAMA   64 ( 6 )   367 - 373   2010年12月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Trypanosome alternative oxidase, a potential therapeutic target for sleeping sickness, is conserved among Trypanosoma brucei subspecies. 査読

    Nakamura K, Fujioka S, Fukumoto S, Inoue N, Sakamoto K, Hirata H, Kido Y, Yabu Y, Suzuki T, Watanabe Y, Saimoto H, Akiyama H, Kita K

    Parasitology international   59 ( 4 )   560 - 4   2010年12月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parint.2010.07.006

    PubMed

  • Incidence and mutation analysis of glucose-6-phosphate dehydrogenase deficiency in eastern Indonesian populations. 査読

    Tantular IS, Matsuoka H, Kasahara Y, Pusarawati S, Kanbe T, Tuda JS, Kido Y, Dachlan YP, Kawamoto F

    Acta medica Okayama   64 ( 6 )   367 - 73   2010年12月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18926/AMO/41322

    PubMed

  • 東インドネシア住民におけるグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損の発生率と突然変異分析(Incidence and Mutation Analysis of Glucose-6-Phosphate Dehydrogenase Deficiency in Eastern Indonesian Populations) 査読

    Tantular Indah S., Matsuoka Hiroyuki, Kasahara Yuichi, Pusarawati Suhintam, Kanbe Toshio, Tuda Josef S.B., Kido Yasutoshi, Dachlan Yoes P., Kawamoto Fumihiko

    Acta Medica Okayama   64 ( 6 )   367 - 373   2010年12月( ISSN:0386-300X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    東部インドネシアにおけるグルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ(G6PD)欠損について現地調査を行い、G6PD変異を分子的に分析した。G6PD欠損の発生率はFlores島とPalue島の5民族が他の先住民族(Sikka)や非先住民族(Riung)より低かった。分子分析では、Sikkaの19例はG6PD変異の度数分布が前回の調査と同等であったが、Riungの8例は異なっていた。西チモール、Sumba、Sulawesi、Muna、Bangkaの島の8民族での現地調査からは全部で49例の欠損症例が検出された。このうち39例はメラネシア起源のG6PD Vanua Lava(383T>C)であった。前回の調査ではG6PD Vanua Lavaが他の東部インドネシア諸島で多数見つかった。以上の結果から、G6PD Vanua LavaはSikkaを除く東部インドネシア住民における最も一般的な変異であることが示唆された。

  • 眠り病に対する治療標的となる可能性があるトリパノソーマ代替オキシダーゼはTripanosoma brucei亜種間で保存されている(Trypanosome alternative oxidase, a potential therapeutic target for sleeping sickness, is conserved among Trypanosoma brucei subspecies) 査読

    Nakamura Kosuke, Fujioka Sunao, Fukumoto Shinya, Inoue Noboru, Sakamoto Kimitoshi, Hirata Haruyuki, Kido Yasutoshi, Yabu Yoshisada, Suzuki Takashi, Watanabe Yoh-ichi, Saimoto Hiroyuki, Akiyama Hiroshi, Kita Kiyoshi

    Parasitology International   59 ( 4 )   560 - 564   2010年12月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    T.brucei rhodesienseおよびT.b.gambienseは治療しなければ死に至るアフリカトリパノソーマ病(HAT)または眠り病の原因として知られている。著者等は、トリパノソーマ代替オキシダーゼ(TAO)の特異的阻害剤アスコフラノンがin vtroでアフリカトリパノソーマを速やかに死滅させ、in vivo実験ではヒトに非感染性のT.b.brucei感染マウスを治癒させることを報告した。TAOはトリパノソーマ生存に必須の因子であるため、哺乳動物宿主における薬物治療の標的となる。HATを生じさせるトリパノソーマに発現しているTAOのアミノ酸配列はヒトに非感染性のT.b.bruceiのTAOと同じであった。HAT治療薬の研究において、TAOの三次元構造とTAO阻害物質に関する生化学的知見をT.brucei亜種3種に応用できた。T.b.bruceiを用いたin vitro試験から、ヒト非感染性株培養においてアスコフラノンがトリパノソーマを排除できることを確認した。

  • Purification and kinetic characterization of recombinant alternative oxidase from Trypanosoma brucei brucei. 査読

    Kido Y, Sakamoto K, Nakamura K, Harada M, Suzuki T, Yabu Y, Saimoto H, Yamakura F, Ohmori D, Moore A, Harada S, Kita K

    Biochimica et biophysica acta   1797 ( 4 )   443 - 50   2010年04月( ISSN:0006-3002

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbabio.2009.12.021

    PubMed

  • Crystallization and preliminary crystallographic analysis of cyanide-insensitive alternative oxidase from Trypanosoma brucei brucei. 査読

    Kido Y, Shiba T, Inaoka DK, Sakamoto K, Nara T, Aoki T, Honma T, Tanaka A, Inoue M, Matsuoka S, Moore A, Harada S, Kita K

    Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications   66 ( Pt 3 )   275 - 8   2010年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S1744309109054062

    PubMed

  • Overproduction, purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction analysis of Trypanosoma brucei gambiense glycerol kinase. 査読

    Balogun EO, Inaoka DK, Kido Y, Shiba T, Nara T, Aoki T, Honma T, Tanaka A, Inoue M, Matsuoka S, Michels PA, Harada S, Kita K

    Acta crystallographica. Section F, Structural biology and crystallization communications   66 ( Pt 3 )   304 - 8   2010年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1107/S1744309110000369

    PubMed

  • A broad distribution of the alternative oxidase in microsporidian parasites. 査読

    Williams BA, Elliot C, Burri L, Kido Y, Kita K, Moore AL, Keeling PJ

    PLoS pathogens   6 ( 2 )   e1000761   2010年02月( ISSN:1553-7366

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.ppat.1000761

    PubMed

  • Three redox states of Trypanosoma brucei alternative oxidase identified by infrared spectroscopy and electrochemistry. 査読

    Maréchal A, Kido Y, Kita K, Moore AL, Rich PR

    The Journal of biological chemistry   284 ( 46 )   31827 - 33   2009年11月( ISSN:0021-9258

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M109.059980

    PubMed

  • Anaerobic NADH-fumarate reductase system is predominant in the respiratory chain of Echinococcus multilocularis, providing a novel target for the chemotherapy of alveolar echinococcosis. 査読

    Matsumoto J, Sakamoto K, Shinjyo N, Kido Y, Yamamoto N, Yagi K, Miyoshi H, Nonaka N, Katakura K, Kita K, Oku Y

    Antimicrobial agents and chemotherapy   52 ( 1 )   164 - 70   2008年01月( ISSN:0066-4804

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AAC.00378-07

    PubMed

  • Crystallization and preliminary crystallographic analysis of Trypanosome alternative oxidase 査読

    Kido Yasutoshi, Sakamoto Kimitoshi, Inaoka Daniel Ken, Fujioka Sunao, Suzuki Takashi, Yabu Yoshisada, Yamakura Fumiyuki, Ohmori Daijiro, Saimoto Hiroyuki, Harada Shigeharu, Kita Kiyoshi

    ACTA CRYSTALLOGRAPHICA A-FOUNDATION AND ADVANCES   64   C275 - C275   2008年( ISSN:2053-2733

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mutational analysis of the Trypanosoma vivax alternative oxidase: the E(X)6Y motif is conserved in both mitochondrial alternative oxidase and plastid terminal oxidase and is indispensable for enzyme activity. 査読

    Nakamura K, Sakamoto K, Kido Y, Fujimoto Y, Suzuki T, Suzuki M, Yabu Y, Ohta N, Tsuda A, Onuma M, Kita K

    Biochemical and biophysical research communications   334 ( 2 )   593 - 600   2005年08月( ISSN:0006-291X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2005.06.131

    PubMed

  • Alternative oxidase (AOX) genes of African trypanosomes: phylogeny and evolution of AOX and plastid terminal oxidase families. 査読

    Suzuki T, Hashimoto T, Yabu Y, Majiwa PA, Ohshima S, Suzuki M, Lu S, Hato M, Kido Y, Sakamoto K, Nakamura K, Kita K, Ohta N

    The Journal of eukaryotic microbiology   52 ( 4 )   374 - 81   2005年07月( ISSN:1066-5234

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1550-7408.2005.00050.x

    PubMed

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • BNT162b2 COVID-19ワクチン接種後に温式自己免疫性溶血性貧血とIgM-M蛋白血症を発症した脾辺縁帯リンパ腫 査読

    曽我部 信広, 久野 雅智, 中釜 悠, 幕内 陽介, 原田 尚憲, 高桑 輝人, 岡村 浩史, 廣瀬 朝生, 西本 光孝, 中嶋 康博, 康 秀男, 中前 美佳, 城戸 康年, 中前 博久, 日野 雅之

    臨床血液   63 ( 10 )   1379 - 1385   2022年10月( ISSN:0485-1439 ( eISSN:1882-0824

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 本邦におけるI型インターフェロンに対する自己抗体とCOVID-19重症化の関連性の検討 査読

    江藤 昌平, 津村 弥来, 永島 慎太郎, Bastard Paul, 岡本 圭祐, 鹿島田 健一, 遠藤 明史, 溝口 洋子, 田中 純子, 中釜 悠, 城戸 康年, 貫井 陽子, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 小原 收, 森尾 友宏, Casanova Jean-Laurent, 岡田 賢

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   50回   112 - 112   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 本邦におけるI型インターフェロンに対する自己抗体とCOVID-19重症化の関連性の検討 査読

    江藤 昌平, 津村 弥来, 永島 慎太郎, Bastard Paul, 岡本 圭祐, 鹿島田 健一, 遠藤 明史, 溝口 洋子, 田中 純子, 中釜 悠, 城戸 康年, 貫井 陽子, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 小原 收, 森尾 友宏, Casanova Jean-Laurent, 岡田 賢

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   50回   112 - 112   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ニクロム線ループ遠心浮遊法を用いたEimeria属原虫検査法の改良と定量測定への応用 査読

    森永 大吉, 高野 有人, 寺本 勲, 畑生 俊光, 城戸 康年, 金子 明, 笹井 和美, 加藤 宏光, 松林 誠

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   165回   [E3P - 10]   2022年09月( ISSN:1347-8621

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新型コロナウイルス関連シリーズ 新型コロナウイルス感染症との共生社会への羅針盤 SARS-CoV-2抗体検査 査読

    加来 奈津子, 中釜 悠, 仁田原 裕子, 城戸 康年

    日本血栓止血学会誌   33 ( 3 )   338 - 346   2022年06月( ISSN:0915-7441

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19患者に対するカモスタットメシル酸塩の第III相試験(Candle study) 査読

    木下 拓, 篠田 雅宏, 西崎 泰弘, 白木 克哉, 平井 由児, 吉川 理子, 津島 健司, 新海 正晴, 小村 直之, 吉田 和生, 城戸 康年, 掛屋 弘, 上村 尚人, 門田 淳一

    日本呼吸器学会誌   11 ( 増刊 )   259 - 259   2022年04月( ISSN:2186-5876 ( eISSN:2186-5884

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19患者に対するカモスタットメシル酸塩の第III相試験(Candle study) 査読

    木下 拓, 篠田 雅宏, 西崎 泰弘, 白木 克哉, 平井 由児, 吉川 理子, 津島 健司, 新海 正晴, 小村 直之, 吉田 和生, 城戸 康年, 掛屋 弘, 上村 尚人, 門田 淳一

    日本呼吸器学会誌   11 ( 増刊 )   259 - 259   2022年04月( ISSN:2186-5876 ( eISSN:2186-5884

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新型コロナウイルス感染症とその合併症 自然感染とワクチン接種の比較から理解する新型コロナウイルスに対する液性免疫応答 査読

    城戸 康年

    日本輸血細胞治療学会誌   68 ( 2 )   220 - 220   2022年04月( ISSN:1881-3011 ( eISSN:1883-0625

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 日本国内のMSM間で感染伝播が疑われる風土性トレポネーマ症 査読

    安達 英輔, 市村 裕菜, 古賀 道子, 城戸 康年, 四柳 宏, 中釜 悠, 仁田原 裕子

    感染症学雑誌   96 ( 臨増 )   160 - 160   2022年03月( ISSN:0387-5911 ( eISSN:1884-569X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19を取り巻く輸血医療・血液事業への影響 査読

    城戸 康年

    日本輸血細胞治療学会誌   68 ( 1 )   65 - 65   2022年02月( ISSN:1881-3011 ( eISSN:1883-0625

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19を取り巻く輸血医療・血液事業への影響 査読

    城戸 康年

    日本輸血細胞治療学会誌   68 ( 1 )   65 - 65   2022年02月( ISSN:1881-3011 ( eISSN:1883-0625

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19重症化とI型インターフェロン中和抗体の保有状況との関連性の検討 査読

    江藤 昌平, 津村 弥来, 永島 慎太郎, Bastard Paul, 岡本 圭祐, 鹿島田 健一, 遠藤 明史, 溝口 洋子, 田中 純子, 中釜 悠, 城戸 康年, 貫井 陽子, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 森尾 友宏, Casanova Jean-Laurent, 岡田 賢

    日本小児科学会雑誌   126 ( 2 )   320 - 320   2022年02月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19重症化とI型インターフェロン中和抗体の保有状況との関連性の検討 査読

    江藤 昌平, 津村 弥来, 永島 慎太郎, Bastard Paul, 岡本 圭祐, 鹿島田 健一, 遠藤 明史, 溝口 洋子, 田中 純子, 中釜 悠, 城戸 康年, 貫井 陽子, 今井 耕輔, 金兼 弘和, 森尾 友宏, Casanova Jean-Laurent, 岡田 賢

    日本小児科学会雑誌   126 ( 2 )   320 - 320   2022年02月( ISSN:0001-6543

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高齢者施設入所者・職員での新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 中間解析結果(その1) 査読

    吹田 安佐詠, 大藤 さとこ, 笠松 彩音, 城戸 康年, 中釜 悠, 掛屋 弘, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    Journal of Epidemiology   32 ( Suppl.1 )   113 - 113   2022年01月( ISSN:0917-5040 ( eISSN:1349-9092

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高齢者施設入所者・職員での新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 中間解析結果(その1) 査読

    吹田 安佐詠, 大藤 さとこ, 笠松 彩音, 城戸 康年, 中釜 悠, 掛屋 弘, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    Journal of Epidemiology   32 ( Suppl.1 )   113 - 113   2022年01月( ISSN:0917-5040 ( eISSN:1349-9092

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高齢者施設入所者・職員での新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 中間解析結果(その2) 査読

    大藤 さとこ, 吹田 安佐詠, 笠松 彩音, 城戸 康年, 中釜 悠, 掛屋 弘, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    Journal of Epidemiology   32 ( Suppl.1 )   114 - 114   2022年01月( ISSN:0917-5040 ( eISSN:1349-9092

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 高齢者施設入所者・職員での新型コロナウイルスワクチンの免疫原性 中間解析結果(その2) 査読

    大藤 さとこ, 吹田 安佐詠, 笠松 彩音, 城戸 康年, 中釜 悠, 掛屋 弘, 近藤 亨子, 仲田 裕行, 小西 絢子, 迎 恵美子, 松本 一寛, 松浦 知香, 加瀬 哲男, 福島 若葉, 廣田 良夫, 喜多 哲也, 出口 晃史, 藤本 幹夫, 揖場 和子, 阪本 秀樹, 岩阪 可織, 阪本 登, 阪本 光, 淀井 芳子

    Journal of Epidemiology   32 ( Suppl.1 )   114 - 114   2022年01月( ISSN:0917-5040 ( eISSN:1349-9092

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新型コロナウイルス感染症との共生社会への羅針盤:SARS-CoV-2抗体検査 査読

    加来奈津子, 中釜悠, 仁田原裕子, 城戸康年

    日本血栓止血学会誌   33 ( 3 )   338 - 346   2022年( ISSN:0915-7441 ( eISSN:1880-8808

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 新興感染症:新型コロナウイルスに即応する生化学〜診断・治療・疫学への越境 COVID-19 mRNAワクチン接種者におけるSARS-CoV-2スパイクタンパク質受容体結合ドメインの高解像度線形エピトープマッピング解析 査読

    仁田原 裕子, 中釜 悠, 加来 奈津子, Tshibangu-Kabamba Evariste, 金子 明, 安木 真世, 城戸 康年

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   94回   [1S10a - 03]   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新興感染症:新型コロナウイルスに即応する生化学〜診断・治療・疫学への越境 COVID-19 mRNAワクチン接種者におけるSARS-CoV-2スパイクタンパク質受容体結合ドメインの高解像度線形エピトープマッピング解析 査読

    仁田原 裕子, 中釜 悠, 加来 奈津子, Tshibangu-Kabamba Evariste, 金子 明, 安木 真世, 城戸 康年

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   94回   [1S10a - 03]   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新興感染症:新型コロナウイルスに即応する生化学〜診断・治療・疫学への越境 唾液内生理活性物質の抗ウイルス効果 査読

    松原 三佐子, 平 敏夫, 城戸 康年, 中釜 悠, 河田 則文, 吉里 勝利

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   94回   [1S10a - 05]   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新興感染症:新型コロナウイルスに即応する生化学〜診断・治療・疫学への越境 唾液内生理活性物質の抗ウイルス効果 査読

    松原 三佐子, 平 敏夫, 城戸 康年, 中釜 悠, 河田 則文, 吉里 勝利

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   94回   [1S10a - 05]   2021年11月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 嗅覚障害患者におけるSARS-CoV-2の感染状況 査読

    河相 裕子, 寺西 裕一, 橋本 孝佑, 吉田 充裕, 角南 貴司子, 城戸 康年, 中釜 悠

    日本鼻科学会会誌   60 ( 3 )   358 - 358   2021年09月( ISSN:0910-9153 ( eISSN:1883-7077

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 嗅覚障害患者におけるSARS-CoV-2の感染状況 査読

    河相 裕子, 寺西 裕一, 橋本 孝佑, 吉田 充裕, 角南 貴司子, 城戸 康年, 中釜 悠

    日本鼻科学会会誌   60 ( 3 )   358 - 358   2021年09月( ISSN:0910-9153 ( eISSN:1883-7077

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19患者の従事者に対する身体的健康管理の取り組み 査読

    並川 浩己, 栩野 吉弘, 岡田 明子, 太田 恵子, 岡田 恵代, 藤岡 一也, 山田 康一, 渡辺 徹也, 中釜 悠, 城戸 康年, 竹本 恭彦, 溝端 康光, 掛屋 弘, 桑鶴 由美子, 柴田 利彦, 首藤 太一

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会   12回   np427 - np427   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19患者の従事者に対する身体的健康管理の取り組み 査読

    並川 浩己, 栩野 吉弘, 岡田 明子, 太田 恵子, 岡田 恵代, 藤岡 一也, 山田 康一, 渡辺 徹也, 中釜 悠, 城戸 康年, 竹本 恭彦, 溝端 康光, 掛屋 弘, 桑鶴 由美子, 柴田 利彦, 首藤 太一

    日本プライマリ・ケア連合学会学術大会   12回   np427 - np427   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 臨床家のための基礎研究 Up to Date 新型コロナウイルスに対する免疫応答と血清動態の解明から診断・治療・疫学への応用 査読

    城戸 康年

    日本化学療法学会雑誌   69 ( Suppl.A )   165 - 165   2021年04月( ISSN:1340-7007 ( eISSN:1884-5886

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • シャーガス心筋症in vitroモデリングによる病態理解 査読

    中釜 悠, Candray Katherine, 伊藤 正道, 仁田原 裕子, 金子 明, 嶋田 淳子, 城戸 康年

    日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回   81 - 81   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • シアン耐性呼吸を標的とした抗トリパノソーマ症薬の早期臨床開発計画 査読

    加来 奈津子, 中釜 悠, 仁田原 裕子, 道向 優, 稲岡 健ダニエル, 山本 雅一, 斎本 博之, 上村 尚人, 金子 明, 北 潔, 城戸 康年

    日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回   63 - 63   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • In vitro培養系によるCryptosporidium parvumマイトソーム呼吸鎖関連酵素alternative oxidaseの特性解析 査読

    田中 駿旭, 松林 誠, 稲岡 ダニエル健, 八田 岳士, 寺本 勲, 城戸 康年, 金子 明, 辻 尚利, 笹井 和美, 北 潔

    日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回   70 - 70   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Genetic characteristics of Trypanosoma cruzi in El Salvador(和訳中) 査読

    仁田原 裕子, Rodriguez Stanley, 中釜 悠, Candray Katherine, 嶋田 淳子, 金子 明, 城戸 康年

    日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回   50 - 50   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Epidemiology of asymptomatic malaria in adults residing in the Health Area of Kizito in the Democratic Republic of Congo(和訳中) 査読

    Tshibangu-Kabamba Evariste, 仁田原 裕子, Kalendia Nadine Kayiba, Speybroeck Niko, 中釜 悠, 城戸 康年, 金子 明

    日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回   52 - 52   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Biochemical laboratory aspects of low-density, submicroscopic malaria infections(和訳中) 査読

    Candray Katherine, 中釜 悠, 仁田原 裕子, Gitaka Jesse, Kongere James, Okomo Gordon, 加賀谷 渉, Chan Chim, 城戸 康年, 金子 明

    日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回   80 - 80   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • エルサルバドル国におけるシャーガス病ベクターTriatoma dimidiataの血液供給源解析 査読

    長原 優, Rodoriguez Stanley, 中釜 悠, 仁田原 裕子, Candry Katherine, 金子 明, 嶋田 淳子, 城戸 康年

    日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回   74 - 74   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19患者の従事者に対する身体的健康管理の取り組み 査読

    並川 浩己, 栩野 吉弘, 山田 康一, 掛屋 弘, 岡田 明子, 太田 恵子, 岡田 恵代, 藤岡 一也, 渡辺 徹也, 中釜 悠, 城戸 康年, 竹本 恭彦, 溝端 康光, 柴田 利彦, 首藤 太一

    日本化学療法学会雑誌   69 ( 2 )   214 - 214   2021年03月( ISSN:1340-7007 ( eISSN:1884-5886

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • COVID-19患者の従事者に対する身体的健康管理の取り組み 査読

    並川 浩己, 栩野 吉弘, 山田 康一, 掛屋 弘, 岡田 明子, 太田 恵子, 岡田 恵代, 藤岡 一也, 渡辺 徹也, 中釜 悠, 城戸 康年, 竹本 恭彦, 溝端 康光, 柴田 利彦, 首藤 太一

    日本化学療法学会雑誌   69 ( 2 )   214 - 214   2021年03月( ISSN:1340-7007 ( eISSN:1884-5886

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 本邦のHIV患者におけるUSA300株MRSAの流行 査読

    池内 和彦, 安達 英輔, 佐々木 崇, 鈴木 正人, 林 阿英, 齋藤 真, 古賀 道子, 堤 武也, 城戸 康年, 上原 由紀, 四柳 宏

    日本エイズ学会誌   22 ( 4 )   443 - 443   2020年11月( ISSN:1344-9478

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • シャーガス慢性心筋炎の病態形成機構 査読

    中釜 悠, 伊藤 正道, 仁田原 裕子, Candray Katherine, Rodriguez Stanley, 武田 憲彦, 嶋田 淳子, 金子 明, 城戸 康年

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( Suppl.2 )   s2 - 218   2020年11月( ISSN:0911-1794 ( eISSN:2187-2988

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • エルサルバドルにおけるシャーガス病、2018年のデータベースに基づいた報告(CHAGAS DISEASE IN EL SALVADOR, A REPORT FROM 2018 DATABASE) 査読

    カンドライ・カテリン, 中釜 悠, 仁田原 裕子, Portillo A, 金子 明, 嶋田 淳子, 城戸 康年

    日本小児循環器学会雑誌   36 ( Suppl.2 )   s2 - 320   2020年11月( ISSN:0911-1794 ( eISSN:2187-2988

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 当院におけるCOVID-19感染防御対策の中和抗体検査を用いた検証 査読

    溝端 康光, 城戸 康年, 掛屋 弘, 藤岡 一也, 野々瀬 由佳, 出口 亮, 切通 絢子, 加賀 慎一郎, 西村 哲郎

    日本救急医学会雑誌   31 ( 11 )   2294 - 2294   2020年11月( ISSN:0915-924X ( eISSN:1883-3772

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アカデミア創薬:独創的な創薬研究者達の挑戦 コンゴ民主共和国拠点での新興・再興感染症創薬 査読

    城戸 康年, 中釜 悠, 上村 尚人, Mumba Dieudonne, Muyembe Jean-Jacques

    臨床薬理   51 ( Suppl. )   S244 - S244   2020年10月( ISSN:0388-1601 ( eISSN:1882-8272

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 新型コロナウィルス感染症血清学的診断法の臨床的有用性評価 査読

    中釜 悠, 金子 明, 上村 尚人, 城戸 康年

    臨床薬理   51 ( Suppl. )   S289 - S289   2020年10月( ISSN:0388-1601 ( eISSN:1882-8272

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 日本由来梅毒(Treponema pallidum)のMulti Locus Sequencing Typing(MLST)法による分子疫学解析 査読

    市村 裕菜, 安達 英輔, 古賀 道子, 菊地 正, 四柳 宏, 城戸 康年, 中釜 悠, 仁田原 裕子, 金子 明

    感染症学雑誌   94 ( 臨増 )   317 - 317   2020年03月( ISSN:0387-5911 ( eISSN:1884-569X

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アフリカトリパノソーマ症治療薬開発に向けた、First in Human試験の立案・実施への取り組み 査読

    中釜 悠, 城戸 康年, 仁田原 裕子, 中谷 大作, 北 潔, 上村 尚人

    臨床薬理   50 ( Suppl. )   S258 - S258   2019年11月( ISSN:0388-1601 ( eISSN:1882-8272

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • グローバルヘルス課題克服にむけたコンゴ民主共和国におけるトランスレーショナルリサーチ拠点の形成

    城戸 康年, 中釜 悠, 仁田原 裕子, 北 潔, Mumba Dieudonne, Muyembe JeanJacques, 金子 明, 上村 尚人

    臨床薬理   50 ( Suppl. )   S258 - S258   2019年11月( ISSN:0388-1601 ( eISSN:1882-8272

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • グローバルヘルス課題克服にむけたコンゴ民主共和国におけるトランスレーショナルリサーチ拠点の形成 査読

    城戸 康年, 中釜 悠, 仁田原 裕子, 北 潔, Mumba Dieudonne, Muyembe JeanJacques, 金子 明, 上村 尚人

    臨床薬理   50 ( Suppl. )   S258 - S258   2019年11月( ISSN:0388-1601 ( eISSN:1882-8272

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アフリカトリパノソーマ症治療薬開発に向けた、First in Human試験の立案・実施への取り組み

    中釜 悠, 城戸 康年, 仁田原 裕子, 中谷 大作, 北 潔, 上村 尚人

    臨床薬理   50 ( Suppl. )   S258 - S258   2019年11月( ISSN:0388-1601 ( eISSN:1882-8272

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 腸管遊走性CD4+T細胞とHIV患者の胃炎の活動性と関連する 査読

    安達 英輔, 佐藤 秀憲, 城戸 康年, 大田 泰徳, 松原 康郎, 松本 昴, 池内 和彦, 古賀 道子, 堤 武也, たちかわ あい, 俣野 哲郎, 平田 善裕, 山岡 吉生, 四柳 宏

    日本エイズ学会誌   21 ( 4 )   526 - 526   2019年11月( ISSN:1344-9478

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 腸管遊走性CD4+T細胞とHIV患者の胃炎の活動性と関連する 査読

    安達 英輔, 佐藤 秀憲, 城戸 康年, 大田 泰徳, 松原 康郎, 松本 昴, 池内 和彦, 古賀 道子, 堤 武也, たちかわ あい, 俣野 哲郎, 平田 善裕, 山岡 吉生, 四柳 宏

    日本エイズ学会誌   21 ( 4 )   526 - 526   2019年11月( ISSN:1344-9478

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 構造生物学から観た寄生適応の分子戦略 がん微小環境におけるピリミジン生合成経路 査読

    稲岡 ダニエル健, 宮崎 幸子, 志波 智夫, 斎本 博之, Amalia Eri, 城戸 康年, 坂井 千香, Moore Anthony L., 原田 繁春, 北 潔

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [2S06m - 01]   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 哺乳動物の心臓の燃料としての乳酸(Lactate as a fuel for the mammalian heart)

    中釜 悠, 武田 憲彦, 城戸 康年, 佐藤 達之, 犬塚 亮, 小室 一成

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [2T02m - 03]   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 哺乳動物の心臓の燃料としての乳酸(Lactate as a fuel for the mammalian heart) 査読

    中釜 悠, 武田 憲彦, 城戸 康年, 佐藤 達之, 犬塚 亮, 小室 一成

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [2T02m - 03]   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 構造生物学から観た寄生適応の分子戦略 がん微小環境におけるピリミジン生合成経路

    稲岡 ダニエル健, 宮崎 幸子, 志波 智夫, 斎本 博之, Amalia Eri, 城戸 康年, 坂井 千香, Moore Anthony L., 原田 繁春, 北 潔

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [2S06m - 01]   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 構造生物学から観た寄生適応の分子戦略 メタボローム解析による薬剤標的の評価とアフリカトリパノソーマ症に対する早期臨床開発 査読

    城戸 康年, 杉浦 悠毅, 中釜 悠, 稲岡 健ダニエル, 志波 智生, 斎本 博之, 山本 雅一, 上村 尚人, 金子 明, 北 潔

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [2S06m - 05]   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 構造生物学から観た寄生適応の分子戦略 メタボローム解析による薬剤標的の評価とアフリカトリパノソーマ症に対する早期臨床開発

    城戸 康年, 杉浦 悠毅, 中釜 悠, 稲岡 健ダニエル, 志波 智生, 斎本 博之, 山本 雅一, 上村 尚人, 金子 明, 北 潔

    日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   92回   [2S06m - 05]   2019年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 「魔法の弾丸」 アスコフランの全生合成経路の同定と高生産 アフリカ眠り病の根絶を目指して

    荒木 康子, 淡川 孝義, 松崎 素道, 趙 理海, 松田 侑大, 星野 翔太郎, 篠原 靖智, 山本 雅一, 城戸 康年, 稲岡 健ダニエル, 永宗 喜三郎, 伊藤 考太郎, 阿部 郁朗, 北 潔

    日本生物工学会大会講演要旨集   2019年   124 - 124   2019年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 「魔法の弾丸」 アスコフランの全生合成経路の同定と高生産 アフリカ眠り病の根絶を目指して 査読

    荒木 康子, 淡川 孝義, 松崎 素道, 趙 理海, 松田 侑大, 星野 翔太郎, 篠原 靖智, 山本 雅一, 城戸 康年, 稲岡 健ダニエル, 永宗 喜三郎, 伊藤 考太郎, 阿部 郁朗, 北 潔

    日本生物工学会大会講演要旨集   2019年   124 - 124   2019年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 詳細な問診と併せて遺伝子解析を実施し安全に駆虫し得た無鉤条虫症の1例 査読

    森田 諒, 白野 倫徳, 木俣 勲, 馬場 孝, 阿部 仁一郎, 中川 裕太, 福岡 里紗, 山根 和彦, 小西 啓司, 麻岡 大裕, 中河 秀憲, 笠松 悠, 後藤 哲志, 加賀谷 渉, 城戸 康年, 金子 明

    日本臨床寄生虫学会大会プログラム・講演要旨   30回   28 - 28   2019年05月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【実践的感染症診療】主な感染症に対する治療の実際 消化器 ヘリコバクター・ピロリ感染症 査読

    城戸 康年, 山岡 吉生

    (株)文光堂 Medical Practice   36 ( 臨増 )   178 - 182   2019年04月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【実践的感染症診療】主な感染症に対する治療の実際 消化器 ヘリコバクター・ピロリ感染症

    城戸 康年, 山岡 吉生

    Medical Practice   36 ( 臨増 )   178 - 182   2019年04月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 【実践的感染症診療】主な感染症に対する治療の実際 消化器 ヘリコバクター・ピロリ感染症 査読

    城戸 康年, 山岡 吉生

    Medical Practice   36 ( 臨増 )   178 - 182   2019年04月( ISSN:0910-1551

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Bayesian framework estimation of the prevalence of Helicobacter pylori and Plasmodium falciparum infections in remote areas in Africa

    EVARISTE Tshibangu, KIDO Yasutoshi, KIDO Yasutoshi, AKADA Jyunko, DON Daniel Nwibo, KANEKO Akira, YAMAOKA Yoshio

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   88th   66   2019年03月( ISSN:1348-4613

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • ケニア・ヴィクトリア湖周辺地域におけるマラリア感染率の低下

    中川達, 仁田原彩, 吉田真未, KONGERE James, KONGERE James, 中釜悠, 中釜悠, 加賀谷渉, 城戸康年, 金子明, 金子明

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   88th   92   2019年03月( ISSN:1348-4613

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • ケニア・ヴィクトリア湖ムファンガノ島の学童における幸福度とマラリア感染の関係

    足立麻衣子, 池田明央, 羽田基樹, NWIBO Daniel Don, KONGERE James, KONGERE James, 中釜悠, 中釜悠, 加賀谷渉, 城戸康年, 金子明, 金子明

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   88th   92   2019年03月( ISSN:1348-4613

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Trypanosoma bruceiのnon‐targetedメタボローム解析と抗トリパノソーマ薬アスコフラノンの作用機構解析

    城戸康年, 城戸康年, 城戸康年, 杉浦悠毅, 稲岡健ダニエル, DON Daniel Nwibo, 斎本博之, 山本雅一, 上村尚人, 金子明, 北潔

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   88th   82   2019年03月( ISSN:1348-4613

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • RELATIONSHIP BETWEEN DISCRETE TYPING UNITS (DTU) AND MULTILOCUS SEQUENCE TYPING (MLST) ANALYSIS FOR TRYPANOSOMA CRUZI STRAINS

    ASCENCIO Tatiana G, ASCENCIO Tatiana G, HIGASHINO Motoo, ONIZUKA Youko, KIDO Yasutoshi, LEONOR Linares, SANTA Romero, SHIMADA Junko

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   88th   90   2019年03月( ISSN:1348-4613

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • Infection rate of Trypanosoma cruzi in Triatoma dimidiata, the dominat vector of Chagas disease, in Western El Salvador

    NITAHARA Yuko, ERAZO Marciano A, ROMERO J. Santa, SHIMADA Junko, KANEKO Akira, KIDO Yasutoshi

    日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集   88th   68   2019年03月( ISSN:1348-4613

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • アスコフラノン産生真菌Ascochyta viciaeはAcremonium sclerotigenumと再同定された(Re-identification of the ascofuranone-producing fungus Ascochyta viciae as Acremonium sclerotigenum) 査読

    Hijikawa Yasuaki, Matsuzaki Motomichi, Suzuki Shigeo, Inaoka Daniel Ken, Tatsumi Ryoko, Kido Yasutoshi, Kita Kiyoshi

    Nature Publishing Group The Journal of Antibiotics   70 ( 3 )   304 - 307   2017年03月( ISSN:0021-8820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アスコフラノン産生真菌Ascochyta viciaeはAcremonium sclerotigenumと再同定された(Re-identification of the ascofuranone-producing fungus Ascochyta viciae as Acremonium sclerotigenum) 査読

    Hijikawa Yasuaki, Matsuzaki Motomichi, Suzuki Shigeo, Inaoka Daniel Ken, Tatsumi Ryoko, Kido Yasutoshi, Kita Kiyoshi

    The Journal of Antibiotics   70 ( 3 )   304 - 307   2017年03月( ISSN:0021-8820

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ヒト免疫不全ウイルス感染症を伴うクリプトスポリジウム症の免疫染色(Immunostaining of Cryptosporidiosis with Human Immunodeficiency Virus Infection) 査読

    Adachi Eisuke, Kido Yasutoshi, Ota Yasunori, Koibuchi Tomohiko

    (一社)日本内科学会 Internal Medicine   55 ( 21 )   3229 - 3230   2016年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ヒト免疫不全ウイルス感染症を伴うクリプトスポリジウム症の免疫染色(Immunostaining of Cryptosporidiosis with Human Immunodeficiency Virus Infection) 査読

    Adachi Eisuke, Kido Yasutoshi, Ota Yasunori, Koibuchi Tomohiko

    Internal Medicine   55 ( 21 )   3229 - 3230   2016年11月( ISSN:0918-2918

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

担当授業科目

  • 病理病態学概論

    2022年度     大学院

  • ウイルス学

    2022年度    

学外での担当授業科目

  • 公衆衛生学

    2022年02月

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

所属院生等の論文発表集計

  • 2022年度

    学部・学域生発表数:0件  所属大学院生発表数:13件

国際交流活動

  • シャーガス病制圧のための統合的研究開発プロジェクト

    活動区分 :研究

    活動国 :エルサルバドル   2018年07月 - 継続中