2024/04/09 更新

写真a

ハヤシ ゲン
林 厳
HAYASHI Gen
担当
大学院工学研究科 都市系専攻 助教
工学部 都市学科
職名
助教
所属
工学研究院

担当・職階

  • 大学院工学研究科 都市系専攻 

    助教  2022年04月 - 継続中

  • 工学部 都市学科 

    助教  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 京都大学 )

  • 修士(工学) ( 京都大学 )

研究分野

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学

研究キーワード

  • 複合材料,橋梁工学,維持管理,モニタリング

  • 鋼構造

  • 橋梁維持管理

  • 橋梁工学

  • 橋梁ヘルスモニタリング

研究概要

  • (1)「土木構造用FRP部材の信頼性評価」,「FRP橋梁の橋梁応答評価および使用性の検討」
    橋梁に用いられる構造材料として,鋼やコンクリート,繊維強化ポリマー(以下,FRP),アルミニウム等がある.これまでには,主として,施工性・維持管理性に優れる橋梁を実現するため,軽量・高強度・高耐候性に優れるFRPに関する研究を進めてきた.FRPは,2種類以上の素材から構成される複合材料であり,材料物性値にばらつきを有することから,合理的な設計を行うためには,そのばらつきを定量的に評価する必要がある.そこで,土木構造用GFRP部材から切り出して製作した試験片を用いて,材料試験を実施して,FRP材の材料物性値のばらつきを統計的に評価する.
    また,優れた材料特性を持つFRPを土木構造物に適用することにより,ライフサイクルコストに有意な構造物が期待できる.一方,前述したように,FRPは,金属材料に比べて,材料物性値がばらつくため,それらがFRPで構成される構造部材や橋梁の応答性能にどのような影響を及ぼすかを検討する必要がある.特に,FRP橋梁の動的応答性能は,報告されている研究も少なく,設計指針においても,減衰定数の推奨値が提案されていない状況であり,供用中の橋梁に対して現地計測を実施し,構造解析モデルを用いて振動使用性などの動的応答性能の検討を行う.

    (2)「鋼・PC橋梁の橋梁性能評価の現地載荷実験および振動モニタリング」
    我が国の橋梁のおよそ半数が高度経済成長期に建設されたものであり,橋梁の老朽化・劣化の進展に対する維持管理が大きな課題となっている.その中で,簡易的かつ迅速な橋梁の維持管理手法の一つである振動ヘルスモニタリングに着目し,その有効性について実橋梁を用いた損傷実験や構造解析を通して検討を行う.現地実験では,鋼橋やPC橋に対して,模擬き裂を導入,耐荷力実験を実施し,各損傷度における振動特性の変化を明らかにする.また,現地モニタリングによる観測情報と数値シミュレーションを組み合わせ,客観的かつ容易に実応答に基づいてFEモデルの再現性を高めるデータ同化手法を用いて構造解析モデルを構築する.さらには,これらの構造解析モデルを用いて,支承部性状の変化や,損傷度をFEモデル上で再現することにより,損傷による振動数の変化のメカニズムを解明する.FRP歩道橋,鋼橋,PC橋等の実橋梁に対して,静的・動的載荷実験を実施し,橋梁の応答性能について検討を行う.

所属学協会

  • 日本材料学会

    2023年 - 継続中

  • 日本鋼構造協会

    2021年 - 継続中   国内

  • 日本複合材料学会

    2016年 - 継続中   国内

  • 土木学会

    2014年 - 継続中   国内

委員歴(学外)

  • 大阪モノレール被災対策アドバイザー   大阪高速鉄道株式会社  

    2020年10月 - 2022年03月 

受賞歴

  • 鋼構造年次講演会優秀発表賞

    2022年11月   日本鋼構造協会   支点上補剛材の下端が欠損した鋼I桁供試体の3点曲げ実験

  • 土木学会 令和3年度土木学会全国大会第76回年次学術講演会 優秀講演者賞

    2021年10月  

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学 工学部 都市学科

    2022年04月 - 継続中

  • 京都大学大学院工学研究科   非常勤研究員

    2019年04月 - 2020年03月

学歴

  • 京都大学   工学研究科   社会基盤工学専攻   博士課程   単位取得満期退学

    2016年04月 - 2019年03月

  • 京都大学   工学研究科   社会基盤工学専攻   修士課程   卒業・修了

    2014年04月 - 2016年03月

  • 中部大学   工学部   都市建設工学科     卒業・修了

論文

  • GFRP材料の機械的特性に対する高温域の温度サイクルの影響 査読

    橋本国太郎, 林厳

    材料   2024年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 実大GFRP壁高欄基部高力ボルト摩擦接合部の 曲げ挙動に関する実験的研究 査読

    林厳, 関本将貴, 山口隆司, 久保圭吾, 酒井圭一, 青木海

    土木学会論文集   2024年05月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 曲げを受けるGFRP壁高欄基部接合部の構造性能に関する検討 査読

    関本将貴, 林厳, 山口隆司, 土生川季永, 久保圭吾, 酒井圭一

    土木学会論文集   2024年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 母材に皿型加工を有する皿型高力ボルト1面摩擦接合継手の力学的挙動 査読

    小西美里, 山口隆司, 林厳, 吉見正頼

    鋼構造論文集   2024年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Experimental Study on Long Friction-Type Bolted Joint Combined with Interference Fit Bolt 査読

    Yu Chen, Takashi Yamaguchi, Gen Hayashi, Motoshi Yamauchi, Ueno Keita

    Advances in Bridge Engineering   2024年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mechanical behavior of hybrid joint with bearing-type and slip-critical bolted connections 査読

    Yu Chen, Takashi Yamaguchi, Gen Hayashi, Motoshi Yamauchi, Keita Ueno

    Journal of Constructional Steel Research   211   108172 - 108172   2023年12月( ISSN:0143-974X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcsr.2023.108172

  • Vibration characteristics and load-carrying capacity of multiple steel plate girder bridges with corroded girder ends 査読

    Gen Hayashi, Ryoga Oura, Aoi Hiraoka, Takashi Yamaguchi

    Structure and Infrastructure Engineering   1 - 14   2023年06月( ISSN:1573-2479

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/15732479.2023.2218354

  • 溶融亜鉛めっき高力ボルト摩擦接合GFRP継手の表面処理がすべり挙動に及ぼす影響 査読

    関本 将貴, 林 厳, 山口 隆司, 久保 圭吾, 酒井 圭一, 青木 海

    土木学会論文集   79 ( 14 )   1 - 13   2023年05月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejj.22-14003

  • BP-A支承の腐食度の違いが水平・回転変形追随性能および下フランジに発生する水平力に及ぼす影響 査読

    平岡葵, 林厳, 山口隆司

    構造工学論文集 A   69A   202 - 214   2023年02月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11532/structcivil.69A.202

  • Influence of Intermediate Hinge Damage on Bridge Response and Modal Parameters of Cantilever-Suspended Girder Bridge 査読

    Aoi Hiraoka, Gen Hayashi, Takashi Yamaguchi

    Lecture Notes in Civil Engineering   254 LNCE   745 - 753   2023年( ISSN:2366-2557 ( ISBN:9783031072574

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cantilever-suspended girder bridges are provided with intermediate hinges to reduce the effects of support settlement, including damage to hinge bearings caused by corrosion. To inspect, repair, and efficiently maintain these bridges, it is necessary to develop a monitoring technology. Accordingly, research have been conducted on a bridge response health-monitoring technology. In particular, the properties of bearings significantly influence the vibration characteristics of bridges. However, previous studies are yet to examine changes in bridge response due to the corrosion of hinge bearings. Using finite element analysis (FEA), this study aimed to investigate changes in the bridge response and modal parameters of cantilever-suspended girder bridges due to the corrosion damage levels of the hinge bearings. In the FEA, model-installed elastic spring was used shell elements. Furthermore, static and eigenvalue analyses were conducted. Static analysis demonstrated that the target bridge type exhibited more minor changes in its girder deflection due to bearing corrosion. In addition, the effects were quantitatively determined by altering the corrosion position of the hinge bearing in the bridge.

    DOI: 10.1007/978-3-031-07258-1_75

  • Load Carrying Capacity and Vibration Characteristics of PC Box Girders with Damage 査読

    K. Takemura, Chul Woo Kim, G. Hayashi, E. Yoshida

    Lecture Notes in Civil Engineering   224   619 - 630   2023年( ISSN:2366-2557 ( ISBN:9783030932350

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study is intended to examine changes in modal parameters PC box girders due to defective grouting and failures in PC tendons through a laboratory experiment. In the laboratory experiment, three PC box girders, which have different damage scenarios, are examined. Both static loading and vibration experiments were conducted. The static loading experiment was performed with 4-point bending loading, and as vibration experiment, the impact hammer test was applied. This study investigates the relationship between the energy-based bending performance adopted as a load carrying capacity, and frequencies of the PC box girders. The static loading test showed that local cracks were dominated around the location of defective grouting and failure of PC tendons, and energy-based bending performance evaluated from load–displacement curve, decreased according to loading process. Frequencies of bending modes showed a decreasing tendency but showed fluctuations as loading progresses. A moderate correlation was observed between the energy-based bending performance and the natural frequency of 1st and 2nd bending modes.

    DOI: 10.1007/978-3-030-93236-7_51

  • Numerical exploration of a high strength and durability non-projected and sandglass-shaped bolt for steel structures' connection 査読

    Tatsuya Hashimoto, Hitoshi Moriyama, Gen Hayashi, Takashi Yamaguchi, Masayori Yoshimi

    鋼構造論文集   In press   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 支点上補剛材の下端が欠損した鋼I桁供試体の3点曲げ実験 査読

    林厳, 郎宇, 森山仁志, 山口隆司

    第30回鋼構造年次論文報告集   30   241 - 252   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高力ボルト摩擦接合GFRP継手の表面処理がすべり耐力に及ぼす影響 査読

    関本将貴, 林厳, 山口隆司, 久保圭吾, 酒井圭一, 青木海

    第9回FRP複合構造・橋梁に関するシンポジウム   146 - 155   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 溶融亜鉛めっき処理を施した高力ボルト摩擦接合GFRP継手の長期リラクセーション特性 査読

    青木海, 林厳, 関本将貴, 山口隆司, 久保圭吾, 酒井圭一

    第9回FRP複合構造・橋梁に関するシンポジウム   136 - 145   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • FCD床版モジュール‐主桁間の接合構造に着目したすべり挙動および合成効果に関する解析的検討 査読

    白井 悠吾, 林 厳, 松井 駿, 山口 隆司, 山下 良, 飛永 浩伸

    鋼構造論文集   29 ( 114 )   114_37 - 114_46   2022年06月( ISSN:1880-9928

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11273/jssc.29.114_37

  • リベット接合と高力ボルト摩擦接合の併用接合の荷重伝達メカニズムに関する研究 査読

    陳 瑜, 山口 隆司, 山内 誉史, 上野 慶太, 林 厳

    鋼構造論文集   29 ( 113 )   113_1 - 113_14   2022年03月( ISSN:1880-9928

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11273/jssc.29.113_1

    J-GLOBAL

  • 母板に長孔を有する高力ボルト摩擦接合継手を用いた鋳鉄床版モジュール-主桁間のすべり挙動 査読

    白井 悠吾, 林 厳, 松井 駿, 山口 隆司, 山下 良, 飛永 浩伸

    構造工学論文集 A   68 ( A )   505 - 516   2022年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11532/structcivil.68A.505

  • GFRP材料の機械的特性に対する乾燥処理及び熱サイクル時間の影響 査読

    岡井 大樹, 橋本 国太郎, 林 厳

    土木学会論文集A1(構造・地震工学)   78 ( 5 )   II_42 - II_53   2022年( ISSN:2185-4653

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    既往の研究では乾燥処理をしたGFRPに,-5~40℃(1サイクル14時間)の熱サイクルを70回以上与えると引張強度および曲げ強度が低下すると示されているが,この熱付与時間に関する規定や乾燥処理の有無による影響はよくわかっていない.そこで本研究では,熱付与時間と含水量に着目し,GFRPの一方向材と二方向材を対象に乾燥処理の有無および1サイクル時間を変化させた熱サイクル付与試験を行う.熱付与後,引張試験と曲げ試験を行い,対象材料の機械的性質の変化とその要因を解明することを目的としている.試験の結果,乾燥処理をしない場合は,試験体の水分量の影響により,引張・曲げともに熱付与時間による機械的性質の明瞭な変化は見られず,乾燥処理をした場合には,熱付与時間が強度に影響を与える可能性があることがわかった.

    DOI: 10.2208/jscejseee.78.5_ii_42

    J-GLOBAL

  • Slipping Behavior and Relaxation Characteristics of Thin-Walled GFRP High-Strength Bolted Friction Joints for Sound Barriers on Bridge Viaducts 査読

    Masaki Sekimoto, Gen Hayashi, Takashi Yamaguchi, Keiichi Sakai, Kai Aoki, Keigo Kubo

    IABSE Congress Nanjing 2022 - Bridges and Structures: Connection, Integration and Harmonisation, Report   490 - 497   2022年( ISBN:9783857481840

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aimed to clarify the performance of high-strength bolted joints for thin-walled glass-fiber-reinforced polymer (GFRP) members by conducting slip tests and long-term relaxation tests. The parameters of the slip test were the FRP surface treatment, bolt axial force, and bolt hole diameter. Relaxation characteristics might also be affected by variations in fiber content based on differences in production lots. Hence, samples from different production lots were taken. However, in these tests, the influence of all parameters was relatively minimal. One year after tightening, the axial force reduction gradually subsided and tended toward convergence. However, because it is difficult to determine convergence based on temperature changes, long-term measurements will continue. In the slip tests, the highest slip coefficient was obtained when the GFRP was coated with fluoroplastic and the connecting plates were treated with phosphate. This study proposes a design slip coefficient for GFRP high-strength bolted friction joints.

  • Prototype of no-projected and Sandglass-shaped Bolt with High-Strength and Durability for Efficient Steel Structures Maintenance 査読

    Tatsuya Hashimoto, Gen Hayashi, Takashi Yamaguchi, Hitoshi Moriyama

    IABSE Symposium Prague, 2022: Challenges for Existing and Oncoming Structures - Report   602 - 609   2022年( ISBN:9783857481833

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    High-strength frictional bolted joints in civil engineering structures are corroded due to the thin coating thickness at the corners of the bolts and the nuts. A sandglass-shaped bolt composed of a countersunk head bolt and countersunk sleeve nut is being developed to secure the constant coating thickness and prevent corrosion. As its thread diameter is smaller than the usual one by the mechanism, an ultra-high-strength material must be applied to require the same fastening capacity as conventional bolts while considering stress concentration related to hydrogen embrittlement. This paper proposes a novel thread shape for the prototype of the sandglass-shaped bolt, whose stress concentration factor can be reduced by more than 30% current standard thread in Japan, focused on the magnitude of stress concentration. Moreover, FE analysis reveals the general fastening performance by comparing with or without the proposed thread.

  • Load transferring mechanism of long riveted joint partially replaced by high-strength bolts 査読

    Yu Chen, Ryo Sakura, Takashi Yamaguchi, Gen Hayashi, Motoshi Yamauchi, Keita Ueno

    IABSE Symposium Prague, 2022: Challenges for Existing and Oncoming Structures - Report   173 - 180   2022年( ISBN:9783857481833

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rivet joints are widely applied in the connections of steel bridges prior to 1950 owing to their tightness and strength. Some rivets become loosened or corroded after repeated loading and long-term usage. Previous studies indicate that replacing riveted joints with a high-strength bolt to achieve friction may be the best approach for repairing a riveted joint. However, for a long riveted joint, which has an uneven load distribution, the removal of individual rivets may overload the other rivets. This study focuses on long riveted joints at the bottom flange of an actual riveted bridge. The load redistribution mechanism involved when the rivet is removed under a dead load is investigated by performing a finite element (FE) simulation. The FE analysis results show that when a rivet is replaced by a bolt, the rivet's load transferring ability is affected more by rivets near the bolts, whereas more distant rivets pose almost no effects.

  • グラウト未充填とPC鋼材破断を模擬したPC箱桁の耐荷性能と振動特性の変化に関する実験的検討 査読

    竹村 光平, 林 厳, 金 哲佑, 吉田 英二

    構造工学論文集 A   67 ( 0 )   195 - 207   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 連結板ざぐり部の表面処理の仕様が皿型高力ボルト摩擦接合継手のすべり耐力に及ぼす影響 査読

    郎 宇, 林 厳, 山口 隆司, 加藤 大樹, 足立 健, 熊野 拓志, 吉田 賢二

    構造工学論文集 A   67 ( 0 )   349 - 359   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 母板に1°テーパーを有する高力ボルト摩擦接合継手を用いた鋳鉄床版モジュール-主桁間のすべり挙動 査読

    白井 悠吾, 林 厳, 山口 隆司, 飛永 浩伸, 村山 稔

    構造工学論文集 A   67 ( 0 )   336 - 348   2021年03月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Experimental investigation on damage and wave propagation of PVB laminated glazing structures under impact loading 査読

    Amr A. Nassr, Tomomi Yagi, Takashi Maruyama, Gen Hayashi

    Elsevier BV Structures   29   966 - 978   2021年02月( ISSN:2352-0124

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.istruc.2020.12.003

  • 切込みを有するGFRP積層板への補修板接着効果と破壊性状に関する考察 査読

    佐藤 顕彦, 林 厳, 北根 安雄, 杉浦 邦征

    土木学会論文集A1(構造・地震工学)   77 ( 1 )   13 - 27   2021年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2208/jscejseee.77.1_13

  • GFRP材料の機械的特性に対する熱サイクル時間の影響 査読

    岡井大樹, 橋本国太郎, 林厳

    複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集(CD-ROM)   14th   2021年( ISSN:2189-8464

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • 局所的損傷と温度変化による鋼鈑桁橋の固有振動数変化に関する考察 査読

    廣岡拓海, 林厳,金哲佑

    第28回鋼構造年次報告集   620 - 628   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 腐食損傷を有する鋼矢板護岸の残存性能に関する研究 査読

    伊藤颯馬, 林厳, 杉浦邦征, 北根安雄

    第28回鋼構造年次報告集   94 - 101   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ハンドレイアップ成形 GFRP 材の引張特性に関する温度依存性 査読

    林 厳, 北根 安雄, 佐藤 顕彦, 杉浦 邦征, 西崎 到, 日比 英輝

    公益社団法人 土木学会 構造工学論文集 A   66 ( 0 )   886 - 894   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>This study presents basic data on temperature dependence of mechanical properties of GFRP materials. First, coupon specimens are collected from GFRP plates by hand lay-up molding. Then, material tests are conducted under different temperature environments to clarify the relationship between temperature and tensile properties. In order to receive repeated temperature histories in the actual environment, a tensile test was also performed on the cooled material after heating. As a result, it was found that the tensile performance of GFRP decreases as the temperature of the specimen increases. It was also found that the specimens that had undergone the cooling process after heating had the same tensile performance as the initial state.</p>

    DOI: 10.11532/structcivil.66A.886

    CiNii Article

  • 溝形GFRP部材の材料特性のばらつきを考慮した圧縮・曲げ性能評価 査読

    林 厳, 北根 安雄, 五井 良直, 鈴木 康夫, 杉浦 邦征, 西崎 到

    公益社団法人 土木学会 土木学会論文集A1(構造・地震工学)   76 ( 1 )   110 - 125   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p> 繊維強化ポリマー(FRP)は,高強度・高耐食性・軽量といった優れた性能を有しており,施工性や維持管理の観点から土木構造物への適用が進められている.FRPの特徴としては,繊維・樹脂材料からなる複合材料であり,自由度の高い材料設計が可能である.一方で,複数の材料から構成されることから,材料物性値にばらつきを有するため,部材性能を統計的に評価を行う必要がある.本論文では,ガラス繊維強化ポリマー(GFRP)溝形部材からクーポン試験片を採取し,引張・圧縮試験を実施して,GFRP部材の材料特性のばらつきを評価する.また,それらの試験結果を用いてモンテカルロシミュレーションを実施し,FRP構造用溝形部材の圧縮・曲げ性能について統計的に評価する.</p>

    DOI: 10.2208/jscejseee.76.1_110

    CiNii Article

  • 材料物性値のばらつきを考慮したGFRP歩道桁橋の静的・動的応答評価 査読

    林 厳, 金 哲佑, 杉浦 邦征, 鈴木 康夫, 日比 英輝

    公益社団法人 土木学会 構造工学論文集 A   66 ( 0 )   329 - 339   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>The purpose of this study is to elucidate the effect of variations in material properties of GFRP materials on the response performance of pedestrian bridges. First, the static loading test and the vibration test are performed on the actual GFRP pedestrian girder bridge assembled in the factory before completion, and the response performance of the bridge is evaluated. Then, the response analysis of the actual bridge was performed using the constructed finite element model. In addition, the performance of the bridge is statistically evaluated by conducting Monte Carlo simulation assuming the variation of material properties.</p>

    DOI: 10.11532/structcivil.66A.329

    CiNii Article

  • Influence of changes in structural behavior at supports for vibration monitoring under local damage and varying temperature 査読

    T. Hirooka, C. W. Kim, G. Hayashi, Y. Goi

    Life-Cycle Civil Engineering: Innovation, Theory and Practice - Proceedings of the 7th International Symposium on Life-Cycle Civil Engineering, IALCCE 2020   313 - 319   2020年( ISBN:9780367360191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aims to investigate how local damage and varying temperature affect changes in vibration characteristics and structural behavior of a steel plate girder bridge. A damage experiment on a real bridge was conducted. Artificial cracks were applied to the lower flange and web plate near base plate of shoe. Observations showed that the 1st bending frequency increased due to artificial damage even though the 2nd bending frequency and 3rd bending frequency decreased. Finite element model was constructed and updated to clarify the cause of such frequency changes for each mode. FE analysis demonstrated that the 1st bending mode was more sensitive to changes in the boundary condition than changes in stiffness of the girder. The FE analysis is also showed that structural behaviors of supports were affected by stiffness reduction of the girder due to local damage as well as by thermal expansion due to varying temperature.

    DOI: 10.1201/9780429343292-37

  • Reduction method of stress concentration in GFRP repairing 査読

    A. Sato, G. Hayashi, Y. Kitane, K. Sugiura

    Life-Cycle Civil Engineering: Innovation, Theory and Practice - Proceedings of the 7th International Symposium on Life-Cycle Civil Engineering, IALCCE 2020   789 - 796   2020年( ISBN:9780367360191

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    GFRP is a composite material which has high specific strength, high durability, brittleness and anisotropy. It is adopted to a primary member of civil structures such as water gates and pedestrian bridges. However, a repairing method for damaged GFRP has not been established yet. Therefore, the focus of this study is on GFRP repairing, and bonding repair plates on the both sides of GFRP plate is considered as a repairing method. In a previous study, it was confirmed that stress concentration occurred by bonding repair plate on the GFRP. Therefore, this study aims to investigate the reduction method of stress concentration at the end of repair plates. Firstly, by altering shapes of the end of the repair plates, the reduction of stress concentration was evaluated using FE analysis. Secondly, uniaxial tensile tests were conducted. In the experiment, both Intact and repair plate-bonded specimens were prepared.

    DOI: 10.1201/9780429343292-104

  • A Statistical Response of GFRP Channel Member Subjected to Tension, Compression and Bending 査読

    G. Hayashi, Y. Kitane, K. Sugiura, I. Nishizaki

    13th International Conference on the Mechanical Behaviour of Materials (ICM13)   138 - 147   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vibration Monitoring of A Real Steel Plate Girder Bridge Under Artificial Local Damage and Varying Temperature 査読

    Takumi Hirooka, Chul-Woo Kim, Gen Hayashi, Yoshinao Goi

    16th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fundamental study on Bond and Splice Behaviour of a GFRP Repairing System for Damaged GFRP Members 査読

    A. Sato, G. Hayashi, M. Matsumura, H. Hibi, K. Sugiura

    13th International Conference on the Mechanical Behaviour of Materials (ICM13)   116 - 125   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Influence of Local Damage and Change in Boundary Condition on Frequency Changes of A Steel Plate Girder Bridge 査読

    Chul-Woo Kim, Takumi Hirooka, Yoshinao Goi, Gen Hayashi, Takuya Mimasu

    12th Pacific Structural Steel Conference   2019年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Changes in Modal Frequencies of A Steel Plate Girder Caused by local Damage and Thermal Expansion 査読

    Chul-Woo Kim, Takumi Hirooka, Takuya Mimasu, Yoshinao Goi, Gen Hayashi

    9th ECCOMAS Thematic Conference on Smart Structures and Materials   2019年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 現地載荷試験に基づく PC 橋の橋梁性能および振動モニタリング 査読

    近藤 洋佑, 林 厳, 大島 義信, 金 哲佑

    公益社団法人 土木学会 土木学会論文集A2(応用力学)   75 ( 2 )   I_51 - I_62   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>本研究では,PC 橋梁における橋梁の耐荷性能および振動特性の変化の関係性を明らかにすることを目的として,実際の PC 橋梁を対象として,油圧ジャッキを用いた現地耐荷力実験を行った.さらに,各載荷プロセスにおいて,ハンマーおよび車両走行による振動実験を行い,PC 橋梁の振動特性を明らかにした.各載荷プロセスにおける橋梁性能は,載荷試験から得られた荷重−変位曲線より計算したエネルギー吸収能を用いて評価し,振動実験から得られた振動特性との関係性を考察した.その結果,曲げ 2 次モードの固有振動数がエネルギー吸収能と非常に高い相関を示し,振動ヘルスモニタリングにおける特徴量としての有用性があることがわかった.</p>

    DOI: 10.2208/jscejam.75.2_I_51

    CiNii Article

  • 土木構造用GFRP溝形材における引張特性の統計的評価 査読

    林 厳, 鈴木 康夫, 杉浦 邦征, 西崎 到, 北根 安雄

    公益社団法人 土木学会 土木学会論文集A1(構造・地震工学)   75 ( 3 )   293 - 304   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p> 本論文では,FRP材料・部材における物性値の評価方法を提示することを目的として,引抜成形法およびハンドレイアップ成形法によって製作されたガラス強化繊維ポリマー(GFRP)部材の引張特性について統計的な評価を試みた.まず,溝形断面を有するGFRP部材の各部位からクーポン試験片を採取して,引張試験により,断面内における積層要素の材料物性値を評価した.また,試験結果に基づきモンテカルロシミュレーションを実施し,部位ごとの材料物性値のばらつきが溝形断面を有する部材の引張性能にどの程度の影響を与えるのかを検証した.その結果,試験結果と比較して,溝形部材の強度は低く評価されるが,弾性係数は同程度であることを示した.</p>

    DOI: 10.2208/jscejseee.75.293

    CiNii Article

  • Investigations on increase and decrease of frequencies of a steel plate girder bridge due to artificial cracks 査読

    C. W. Kim, T. Mimasu, Y. Goi, G. Hayashi

    9th International Conference on Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure: Transferring Research into Practice, SHMII 2019 - Conference Proceedings   1   689 - 694   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019 9th International Conference on Structural Health Monitoring of Intelligent Infrastructure: Transferring Research into Practice, SHMII 2019 - Conference Proceedings. All rights reserved. This paper is intended to discuss changes in modal parameters due to artificial fatigue cracks that propagated from the base plate of bearings to the web plate of a steel plate girder bridge through vibration and damage experiments. During the experiments the bridge was excited by a moving vehicle and the resulting acceleration signals are used to identify modal parameters. First three bending modes and first two torsional modes were successfully identified. It was observed that identified natural frequencies were changed due to artificial fatigue cracks. However, the frequencies for the first bending and first torsional modes were increased due to the cracks, while the frequencies for other three modes were decreased due to the cracks. Observations from the static loading test showed that the longitudinal displacement at a support purely under vehicle loading was decreased as the crack propagates, which demonstrated that changes in boundary condition can be a major reason for the increase of the first bending and torsional modes due to damage. The sensitivity analysis for the change in the natural frequencies under varying spring constants showed that these two modes were more sensitive to the change in boundary condition than stiffness changes. On the other hands frequencies of other three modes were more sensitive to varying stiffness than change in the boundary condition.

  • GFRP 下路トラス橋梁の振動特性評価および FE モデル構築に関する一検討 査読

    林 厳, 五井 良直, 金 哲佑, 杉浦 邦征

    公益社団法人 土木学会 構造工学論文集 A   65 ( 0 )   317 - 328   2019年( ISSN:1881-6614

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>This paper presents the results of a real bridge field experiment, carried out on a glass fiber reinforced polymer (GFRP) pedestrian truss bridge of which nodes are reinforced with stainless steel plates. The aim of this paper is to identify the modal properties of this bridge by using both conventional techniques and a model updating algorithm. Pedestrian-induced vibrations are also measured and utilized to identify modal properties of the bridge. A stochastic subspace identification combined with stabilization diagram was utilized to identify modal properties of the bridge. Moreover, an FE model capable of reproducing experimental results was constructed using the cross-entropy method.</p>

    DOI: 10.11532/structcivil.65A.317

    CiNii Article

  • Monitoring of flexural strain waves induced by impact on laminates glass 査読

    Amr A. Nassr, Tomomi Yagi, Takashi Maruyama, Gen Hayashi

    7th International Conference on Protection of Structures against Hazards   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 粒子フィルタによる鋼アーチ橋梁のモデルアップデート 査読

    三増拓也, 金哲佑,林厳, 大城雄希

    第26回鋼構造年次報告集   396 - 403   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vibration monitoring and damage experiment on an actual steel plate girder bridge 査読

    Chul-Woo Kim, Yoshinao Goi, Gen Hayashi, Takuya Mimasu

    6th International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management (6ISRERM)   2018年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Damage and wave propagation characteristics in thin GFRP panels subjected to impact by steel balls at relatively low-velocities 査読

    Amr A. Nassr, Tomomi Yagi, Takashi Maruyama, Gen Hayashi

    PERGAMON-ELSEVIER SCIENCE LTD INTERNATIONAL JOURNAL OF IMPACT ENGINEERING   111   21 - 33   2018年01月( ISSN:0734-743X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    An experimental investigation was conducted to determine the damage and wave propagation characteristics in Glass Fibre Reinforced Polymer (GFRP) panels subjected to impact by steel balls at relatively low-velocities up to 91 ms(-1). While maintaining the same impact energy level, the influence of ball mass on panel response was studied. The effects of composite lay-up sequence and successive impacts were also investigated. The wave propagation characteristics, including wave types, wave velocities, wave attenuations, and strain rates, were extracted from dynamic strain records measured at various locations on the panels. The results showed that, for the same level of impact energy, the small ball mass produced larger deformation and delamination than the large ball mass. Additionally, the resistance to impact was influenced by the composite lay-up sequence of similar fibre weight fraction. Test panels subjected to successive impacts showed an increase in cumulative delamination areas, whereas the tests indicated that successive impacts had a little effect on the perforation limit of the test panels. The impact velocity showed a pronounced influence on the measured peak strains and strain rates. The flexural wave was the predominant wave system, propagating at different velocities in different directions. In proximity to the impact site, both flexural wave and indentation predominated over the transient response. In addition to the flexural wave, impact induced low amplitude tensile longitudinal waves of high velocity. (C) 2017 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.ijimpeng.2017.08.007

  • 実鋼鈑桁橋の損傷前後における振動特性に関する考察 査読

    三増 拓也, 金 哲佑, 五井 良直, 林 厳

    公益社団法人 土木学会 土木学会論文集A2(応用力学)   74 ( 2 )   I_513 - I_522   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では鋼鈑桁橋を対象とした走行車両による振動実験を行い,人工損傷前後の橋梁の振動特性の変化について検討を行う.振動特性同定手法には確率部分空間法(SSI)を用いて,Stabilization Diagram(SD)により安定的な振動モードを抽出した.人工損傷として鋼鈑桁橋桁端部の亀裂を摸擬し,振動特性の確率分布の変化により異常検知の可能性が確認された.特に損傷による曲げ1次振動数の増加が観測され,同定される振動特性の変動のメカニズムを解明するために,損傷による境界条件の変化の固有振動数に対する感度解析を行った.損傷による曲げ1次振動数の増加の原因は,損傷による支承部の境界条件の変化である可能性が高いことが確認され,橋梁における疲労亀裂などの損傷を考慮する際には,支承部の機能についても十分把握することが重要であることがわかった.

    DOI: 10.2208/jscejam.74.I_513

    CiNii Article

  • Particle Filterを用いた既設鋼鈑2主桁橋のFEモデルアップデート 査読

    林 厳, 金 哲佑, 三増 拓也, 五井 良直, 吉田 郁政, 杉浦 邦征

    公益社団法人 土木学会 土木学会論文集A2(応用力学)   74 ( 2 )   I_705 - I_714   2018年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では,撤去予定の供用終了後の単純鋼鈑2主桁橋に対して,長期振動および支承部変位モニタリングと,橋梁点検作業車による静的載荷ならびに車両による走行実験を行い,既設橋梁の変形応答評価および振動特性を同定し,FEMによる数値解析の結果と比較検討を行う.また,FEモデルの再現性を高めるために,計測結果に基づき,Particle Filterを適用したFEモデルのアップデートを試みる.さらには,対象橋梁の撤去時に主桁およびコンクリート床版から採取したサンプルを用いて材料試験を行い,アップデート結果と比較検討を行う.その結果,長年供用された実橋梁は,長期供用による経年劣化で支承部等に機能低下を示した.また,そのような橋梁に対して,Particle Filterを用いたFEモデルアップデートを行うと,動的応答に対して再現性を高めることができた.

    DOI: 10.2208/jscejam.74.I_705

    CiNii Article

  • Transient dynamic analysis of laminated glass panels under impact loading 査読

    Amr A. Nassr, Tomomi Yagi, Takashi Maruyama, Gen Hayashi

    2nd International conference on structural safety under fire & blast loading   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Numerical simulation of wave-controlled impact on composite laminates 査読

    Amr A. Nassr, Tomomi Yagi, Takashi Maruyama, Gen Hayashi

    12th International Conference on Shock & Impact Loads on Structures   2017年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Monitoring and model updating of an FRP pedestrian truss bridge 査読

    G. Hayashi, C. W. Kim, Y. Suzuki, K. Sugiura, P. J. McGetrick, H. Hibi

    Life-Cycle of Engineering Systems: Emphasis on Sustainable Civil Infrastructure - 5th International Symposium on Life-Cycle Engineering, IALCCE 2016   756 - 763   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2017 Taylor & Francis Group, London. This paper presents the results of real bridge field experiment, carried out on a fiber reinforced polymer (FRP) pedestrian truss bridge of which nodes are reinforced with stainless steel plates. The aim of this paper is to identify the dynamic parameters of this bridge by using both conventional techniques and a model updating algorithm. In the field experiment, the bridge was instrumented with accelerometers at a number of locations on the bridge deck, recording both vertical and transverse vibrations. It was excited via jump tests at particular locations along its span and the resulting acceleration signals are used to identify dynamic parameters, such as the bridge mode shape, natural frequency and damping constant. Pedestrianinduced vibrations are also measured and utilized to identify dynamic parameters of the bridge. For a complete analysis of the bridge, a numerical model of the FRP bridge is created whose properties are calibrated utilizing a model updating algorithm. Comparable frequencies and mode shapes to those from the experiment were obtained by the FE models considering the reinforcement by increasing elastic modulus at every node of the bridge by stainless steel plate. Moreover, considering boundary conditions at both ends as fixed in the model resulted in modal properties comparable/similar to those from the experiment. This study also demonstrated that the effect of reinforcement and boundary conditions must be properly considered in an FE model to analyze real behavior of the FRP bridge.

  • 補強を有するFRP歩道橋の振動特性推定とFEモデル構築 査読

    金 哲佑, 林 厳, 鈴木 康夫, 橋本 国太郎, 杉浦 邦征, 日比 英輝

    公益社団法人 土木学会 土木学会論文集A2(応用力学)   71 ( 2 )   I_841 - I_848   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本研究では,FRP歩道橋の振動使用性を検証するため,加振実験から得た時系列データをもとに振動特性の推定を行う.また,気温変化が振動特性に及ぼす影響についても検討を行う.得られた加速度データに多次元ARモデルを適用し,推定された固有振動数からStabilization Diagram (SD)やStability Criteria (SC)を用いて,安定度の高い振動特性を抽出し,日常的使用に際しては使用性に問題がないことを確認した.また,気温変化により固有振動数が変化することを確認した.さらに,対象橋梁の固有振動解析の結果から,FRPのような軽量で高い強度を持つ材料を主材料とするトラス歩道橋の格点部補強による全体振動特性への影響が大きいことが分かった.格点部補強したFRP橋梁のFEモデル化には,補強による剛性の変化を正しく考慮する必要があることを示した.

    DOI: 10.2208/jscejam.71.I_841

    CiNii Article

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • GFRP壁高欄基部接合部のボルト配置が曲げ性能に及ぼす影響

    関本将貴, 林厳, 山口隆司, 久保圭吾, 酒井圭一, 青木海

    第 15 回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集(CD-ROM)   384 - 394   2023年11月

  • 既設鋼I桁の高力スタッドボルトを用いた当て板補強に関する解析的検討 査読

    鈴木恵斗, 山本佑大, 奥村学, 石黒陽菜, 山口隆司, 林厳

    第31回鋼構造年次報告集   31   87 - 92   2023年11月

  • 実大GFRP壁高欄基部接合部の曲げ載荷実験

    酒井圭一, 林厳, 関本将貴, 山口隆司, 青木海, 久保圭吾

    第 15 回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム講演集(CD-ROM)   376 - 383   2023年11月

  • Performance of Joint Structure of Bent L‐Shaped Steel Members for GFRP Wall Railings 査読

    Masaki Sekimoto, Gen Hayashi, Takashi Yamaguchi, Keigo Kubo

    ce/papers   6 ( 5 )   1446 - 1454   2023年09月( ISSN:2509-7075 ( eISSN:2509-7075

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    Abstract

    Glass fibre reinforced polymer (GFRP) has excellent material properties such as light weight and corrosion resistance, and has been applied to bridge appendages such as wall railings. In this case, bent L‐shaped steel members (bent members) are used at the joints with the floor slab. The GFRP wall railings were designed to consider the wind loads acting on them, and the bolt holes for the anchor bolts were slotted hole for ease of installation. In this study, the effects of loading conditions and bolt arrangement of anchor bolts slotted holes in the performance of the joint structure were analytically investigated for the base joints of GFRP wall railings.

    The results presented that, in the initial stiffness of the base, the loading condition was smaller for the negative loading than for the positive loading, and the bolt arrangement was smaller on the outside than on the inside. It is shown that the incremental bolt axial force of the anchor bolts is borne by four bolts in the positive loading, however, is biased to only two bolts in the negative loading, focusing on the neutral axis position.

    DOI: 10.1002/cepa.2051

  • Behaviour of corroded bridge bearing and full-bridge modeling 査読

    A. Hiraoka, G. Hayashi, T. Yamaguchi

    Life-Cycle of Structures and Infrastructure Systems   555 - 561   2023年06月( ISBN:9781003323020

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1201/9781003323020-66

  • Damage identification of corroded arch bridge using vibration characteristics and rotational angle 査読

    K. Akahoshi, G. Hayashi, Y. Chen, T. Yamaguchi

    Life-Cycle of Structures and Infrastructure Systems   562 - 569   2023年06月( ISBN:9781003323020

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

    DOI: 10.1201/9781003323020-67

  • Bolt axial force detection using deep learning based on vision methods 査読

    Y. Chen, J. Lai, G. Hayashi, T. Yamaguchi

    Life-Cycle of Structures and Infrastructure Systems   533 - 540   2023年06月( ISBN:9781003323020

     詳細を見る

  • One-sided repair of steel girder end having corroded bearing stiffeners with high-strength bolted doubler plate 査読

    H. Moriyama, Yu Lang, G. Hayashi, T. Yamaguchi

    Bridge Safety, Maintenance, Management, Life-Cycle, Resilience and Sustainability   1670 - 1678   2022年06月( ISBN:9781003322641

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Vibration properties and load-carrying capacity of damaged girder bridges

    Gen Hayashi

    The 1st Slovakia-Japan Maintenance and Monitoring Technical Exchange Workshop  2024年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(基調)  

  • 3次元FEMによる縦リブの局部座屈を考慮した2方向面内力を受ける補剛板の耐荷力曲線に関する基礎的研究

    安田航輔, 山口隆司, 刑部清次, 林厳

    2023年度関西土木工学交流発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高力ボルト摩擦接合継手の接合面接触圧とすべり係数の関係に関する実績調査

    髙木夢菜, 佐倉亮, 山口隆司, 林厳

    2023年度関西土木工学交流発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 閉断面寸法とボルト本数が高力スタッドボルト一面当て板補強の荷重分担に与える影響

    石黒陽菜, 山口隆司, 林厳, 山本佑大, 鈴木恵斗, 奥村学

    2023年度関西土木工学交流発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 機械学習による複数損傷を有する模型鋼アーチ橋の損傷部材・損傷位置の推定

    赤星花奈, 林厳, 山口隆司

    2023年度関西土木工学交流発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 支間中央部に腐食損傷を有する鋼鈑桁橋の各構成部材が橋梁システム挙動に与える影響に関する検討

    山田蓮, 山口隆司, 林厳

    2023年度関西土木工学交流発表会  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Slipping behavior and relaxation characteristics of thin-walled GFRP high-strength bolted friction joints

    Gen HAYASHI

    13th Taiwan-Japan Workshop on Structural and Bridge Engineering  2023年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高強度ねじ付きスタッド薄鋼板摩擦接合継手の高すべり係数化に関する解析的検討

    木山大聖, 岡本真樹, 奥原大貴, 石川誠, 吉田賢二, 山口隆司, 林厳

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高力ボルト摩擦接合継手無機ジンク接合面における接触圧と摩擦係数の関係に関する実験的検討

    髙木夢菜, 佐倉亮, 堀井いずみ, 山口隆司, 林厳

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 閉断面高力スタッドボルト一面当て板補強の荷重伝達に着目したスタッド配置の解析的検討

    石黒陽菜, 山口隆司, 申啓航, 奥村学, 鈴木恵斗, 山本佑大, 林厳

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鋼箱桁橋のフランジが腹板の曲げ座屈耐荷力に与える影響に関する解析的研究

    池田未来, 山口隆司, 新井進太郎, 林厳

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 砲台配置された高力ボルト摩擦接合継手のボルト配置が純断面降伏耐力に及ぼす影響

    銭霖, 佐倉亮, 山口隆司, 林厳

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 片面施工摩擦支圧併用ボルトのテーパーの角度が継手の伝達荷重に与える影響に関する解析的検討

    小村政孝, 山口隆司, 林厳, 篠田佳典

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 橋梁システムに着目した鋼鈑桁橋支間中央部の当て板補修に関する解析的研究

    山田蓮, 山口隆司, 林厳, 有村健太郎

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 接合面数の違いが皿型高力ボルト摩擦接合継手のすべり耐力に及ぼす影響

    林厳, 小西美里, 山口隆司, 熊野拓志, 田中伸尚, 郎宇, 加藤大樹

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 基部のボルト配置がGFRP壁高欄基部の構造性能に及ぼす影響

    関本将貴, 林厳, 山口隆司, 久保圭吾, 酒井圭一, 青木海

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 土木構造物に用いるGFRP部材の高力ボルト摩擦接合に関する実験的研究

    林厳, 関本将貴, 山口隆司, 久保圭吾

    第48回複合材料シンポジウム  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 固有振動数と回転角を用いた鋼アーチ橋模型の損傷検知(シンポジウム講演概要)

    赤星花奈, 林厳, 陳瑜, 山口隆司

    第26回応用力学シンポジウム  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両端に皿頭を有する高強度・高耐久ボルトセットを用いた摩擦接合継手のすべり挙動

    橋本達也, 森山仁志, 林厳, 山口隆司

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両端に皿頭を有する高強度・高耐久ボルトセットの締付実験

    高山昌士, 森山仁志, 橋本達也, 山口隆司, 林厳, 吉見正頼

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • モニタリング省力化のための鋼アーチ橋模型の吊材損傷検知に関する実験的検討

    赤星花奈, 林厳, 山口隆司

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Uリブ本数が2方向面内力を受ける補剛板の耐荷力に与える影響

    安田航輔, 山口隆司, 林厳

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • S14Tを用いた摩擦接合継手における連結板の構造諸元がすべり耐力に与える影響

    小西美里, 山口隆司, 佐倉亮, 林厳

    令和5年度土木学会年次学術講演会  2023年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 多径間ゲルバー鋼鈑桁橋における全橋および中間ヒンジ構造のFEモデリング(シンポジウム講演概要)

    平岡葵, 林厳, 山口隆司

    第26回応用力学シンポジウム  2023年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鋼箱桁橋腹板の曲げ座屈を再現するフランジ辺の境界条件に関する基礎的研究

    池田未来, 山口隆司, 新井進太郎, 林厳

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 母材を皿型加工した皿型高力ボルト1面摩擦接合継手の板厚構成がすべり耐力に及ぼす影響

    小西美里, 林厳, 山口隆司, 郎宇, 吉田賢二, 加藤大樹

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 桁端側腹板に欠損を有する鋼鈑桁の高力ボルト当て板補修の高さおよびボルト配置に関する解析的検討

    尾葉石海渡, 林厳, 山口隆司

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 断面観察による高力ボルト摩擦接合GFRP継手の表面塗装がすべり耐力に及ぼす影響評価

    関本将貴, 林厳, 山口隆司, 久保圭吾, 酒井圭一, 青木海

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 支圧板方式剛結構造における下フランジの埋め込み長が応力伝達機構に与える影響

    中岡健太, 木村聡, 利根川太郎, 山口隆司, 林厳

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 両側に皿頭を有する高耐久・高強度ボルトセット(ダブルスピンドルファスナー) の締付穴形状の提案

    橋本達也, 森山仁志, 林厳, 山口隆司

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • SUS316L製ステンレス高力ボルトの首下R部とねじ部の応力集中に関する解析的検討

    小村政孝, 山口隆司, 林厳, 志村保美, 香月学

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GFRP材料の機械的性質に対する温度サイクル時間の影響

    岡井大樹, 橋本国太郎, 林厳

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • GFRP摩擦接合における高力ボルトのリラクセーション特性

    青木海, 久保圭吾, 酒井圭一, 山口隆司, 林厳, 関本将貴

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • BP-A支承の腐食損傷の程度が支承部の水平・回転変形追従機構およびその周辺部材の応力性状に及ぼす影響

    平岡葵, 林厳, 山口隆司, 新名裕

    令和4年度土木学会年次学術講演会  2022年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高力皿型トルシアボルトの締結・継手性能の実験

    小西美里, 林厳, 山口隆司, 吉見正頼

    令和4年度土木学会関西支部年次学術講演会  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 薄板GFRP を用いた高力ボルト摩擦接合継手のすべり挙動

    関本将貴, 林厳, 山口隆司, 久保圭吾, 酒井圭一, 青木海

    令和4年度土木学会関西支部年次学術講演会  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 桁端側腹板に欠損を有する鋼鈑桁の当て板補修に関する解析的検討

    尾葉石海渡, 林厳, 山口隆司

    令和4年度土木学会関西支部年次学術講演会  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 加工硬化によるステンレス高力ボルトの製法が弾性係数に与える影響

    小村政孝, 山口隆司, 林厳, 星本成律, 香月学

    令和4年度土木学会関西支部年次学術講演会  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中間支点部における支圧板方式合成構造の力学的挙動と補強リブが応力伝達に与える影響

    中岡健太, 山口隆司, 利根川太郎, 木村聡,林厳

    令和4年度土木学会関西支部年次学術講演会  2022年05月 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 高力ボルトを用いた当て板補強の端部のボルト間隔と主桁補強効果に関する解析的検討

    石田健人, 山口隆司, 松本崇志, 林厳

    令和3年度土木学会年次学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長孔を有する高力ボルト摩擦接合継手のすべり係数低減のメカニズムに関する検討

    堀井いずみ, 山口隆司, 小西日出幸, 亀崎誠志, 浅野貴弘, 佐溝純一, 加藤大樹, 林厳

    令和3年度土木学会年次学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 腐食したゲルバーヒンジ部の局部応答に関する基礎的検討

    平岡葵, 林厳, 山口隆司

    令和3年度土木学会年次学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 皿型高力ボルト継手におけるボルト破断強度に関する解析的検討

    中本勇, 山口隆司, 林厳

    令和3年度土木学会年次学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 溶融亜鉛めっき高力ボルトを用いたGFRP摩擦接合のリラクセーション特性

    酒井圭一, 林厳, 山口隆司, 久保圭吾

    令和3年度土木学会年次学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 接着剤と高力ボルト摩擦接合の併用接合における見かけのすべり係数に関する解析的検討

    福辻菜絵, 神野巧矢, 山口隆司, 青木康素, 林厳

    令和3年度土木学会年次学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 双皿型高耐久性高力ボルトセット(ダブルスピンドルファスナー)のナット形状に関する解析的検討

    橋本達也, 山口隆司, 林厳, 森山仁志

    令和3年度土木学会年次学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ざぐり部の表面処理方法に着目した皿型高力ボルト摩擦接合継手のすべり試験

    林厳, 澤村良弘, 郎宇, 山口隆司, 熊野拓志, 吉田賢二, 田中伸尚

    令和3年度土木学会年次学術講演  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • The load sharing of rivet and HTB combines joint

    陳瑜, 山口隆司, 山内誉史, 上野慶太, 林厳

    令和3年度土木学会年次学術講演会  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高力ボルト間隔に着目した鋼I 桁腹板の当て板断面補強に関する研究

    石田健人, 山口隆司, 松本崇志, 林厳

    令和3年度土木学会関西支部年次学術講演会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長孔を有する高力ボルト摩擦接合継手のすべり挙動に関する解析的検討

    堀井いずみ, 山口隆司, 小西日出幸, 亀崎誠志, 林厳

    令和3年度土木学会関西支部年次学術講演会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 無機ジンクリッチペイント面に接着剤を塗布した接合面のせん断強度と接合面圧の関係

    福辻菜絵, 神野巧矢, 山口隆司, 青木康素, 堀井久一, 林厳

    令和3年度土木学会関西支部年次学術講演会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 水平補剛材を省略した鋼箱桁橋腹板の耐荷力に関する基礎的研究

    池田未来, 山口隆司, 新井進太郎, 林厳

    令和4年度土木学会関西支部年次学術講演会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 橋梁応答モニタリングによる既設ゲルバー橋ヒンジ部の変状評価に関する基礎的研究

    平岡葵, 林厳, 山口隆司

    令和3年度土木学会関西支部年次学術講演会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 双皿型高耐久性高力ボルトセット(ダブルスピンドルファスナー)に使用するねじ形状の検討

    橋本達也, 山口隆司, 林厳, 森山仁志

    令和3年度土木学会関西支部年次学術講演会  2021年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 現地耐荷力実験に基づくPC橋の振動特性と構造性能評価

    近藤洋佑, 林厳, 大島義信, 金哲佑

    令和2年度土木学会年次学術講演会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有限要素モデルを用いた局所的な損傷による振動数変化に関する考察

    廣岡拓海, 林厳, 金哲佑

    令和2年度土木学会年次学術講演会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 損傷劣化を模擬したPC箱桁の振動特性と耐荷特性の変化に関する実験的検討

    竹村光平, 近藤洋佑, 林厳, 金哲佑, 吉田英二

    令和2年度土木学会年次学術講演会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 実PC橋の載荷実験に基づく耐荷性能と振動特性の推移に関する研究

    近藤洋佑, 林厳, 大島義信, 金哲佑

    令和元年度土木学会年次学術講演会  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • PC箱桁におけるPC鋼材破断による振動特性と耐荷特性の変化に関する実験的検討

    竹村光平, 近藤洋佑, 林厳, 金哲佑, 吉田英二

    令和2年度土木学会関西支部年次学術講演会  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 局所的な損傷と境界条件の変化が鋼鈑桁橋の固有振動数に及ぼす影響

    廣岡拓海, 林厳, 金哲佑

    令和2年度土木学会関西支部年次学術講演会  2020年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鋼鈑桁橋における橋梁桁端の模擬き裂による振動数変化に関する力学的考察

    廣岡拓海, 三増拓也, 林厳, 五井良直, 金哲佑

    令和元年度土木学会関西支部年次学術講演会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 補修板が接着されたGFRP積層板の被着剤の応力分布に着目した有限要素解析

    佐藤顕彦, 林厳, 松村政秀, 杉浦邦征

    第68期学術講演会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 表面さび層を有する耐候性鋼材の機械的性質に関する検討

    吉村友輔, 松村政秀, 杉浦邦征, 林厳

    令和元年度土木学会関西支部年次学術講演会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 現地載荷実験に基づくPC 橋の橋梁性能および振動モニタリング

    近藤洋佑, 林厳, 大島義信, 金哲佑

    第22回応用力学シンポジウム  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 加振を受ける薄肉鋼板の画像によるひずみ計測技術に関する研究

    川口祐一郎, Sakhiah Abdul Kudus, 林厳, 松村政秀, 杉浦邦征

    令和元年度土木学会関西支部年次学術講演会  2019年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A statistical response of GFRP channel member performance considering material variability

    G. Hayashi, Y. Kitane, K. Sugiura, I. Nishizaki

    32nd KKHTCNN  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Vibration test and system identification of Gerber-type steel plate girder bridge

    Xin Zhou, Chul-Woo Kim, Yoshinao Goi, Gen Hayashi, Haru Hiraide

    32nd KKHTCNN  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Influence of Repair Plate Shape in GFRP Repairing

    A. Sato, G. Hayashi, Y. Kitane, M. Matsumura, K. Sugiura

    32nd KKHTCNN  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Changes in Modal Frequencies and Structural Behavior at Supports on a steel plate girder bridge Caused by Local Damage and Varying Temperature

    T. Hirooka, C.W. Kim, G. Hayashi, Y. Goi

    32nd KKHTCNN  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Feasibility investigation on damage detection of a real bridge by means of FE model updating

    Takuya Mimasu, Gen Hayashi, Chul Woo Kim

    11th Japanese-German Bridge Symposium  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 既設合成2主桁橋の現地振動計測とFEモデル構築

    林厳,金哲佑, 三増拓也, 五井良直, 吉田郁政, 杉浦邦征

    第21回応用力学シンポジウム  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鋼板桁橋の損傷実験と振動モニタリング

    三増拓也, 金哲佑, 五井良直, 林厳

    第21回応用力学シンポジウム  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 部分的に破断したGFRPに対する補修板接着補修に関する研究

    佐藤顕彦, 鈴木康夫, 松村政秀, 杉浦邦征, 林厳

    平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会  2018年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Statistical evaluation on FRP members base on material testing

    Gen HAYASHI

    11th Taiwan-Japan Workshop on Structural and Bridge Engineering  2018年04月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Investigation of changes in frequency of a steel plate girder bridge due to artificial damage

    Takuya Mimasu, Chul-Woo Kim, Yoshinao Goi, Gen Hayashi

    31st KKHTCNN  2018年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Investigation on Transient Impact Response of Layered Structures

    Amr A. Nassr, Tomomi Yagi, Takashi Maruyama, Gen Hayashi

    平成28年度 京都大学防災研究所 研究発表講演会,京都大学宇治キャンパス  2017年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Low Pass Filter Supported System Identification of a Long Span Steel Arch Bridge

    Takuya Mimasu, Chul Woo Kim, Gen Hayashi, Yoshinao Goi, San Yu Khaing

    The 8th International Conference on Science and Engineering(ICSE 2017)  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Statistical evaluation on tensile properties of GFRP members with channel cross section

    G. Hayashi, Y. Suzuki, M. Matsumura, K. Sugiura

    30th KKHTCNN  2017年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 振動計測によるFRP歩道橋のFEモデルアップデート

    林厳, 金哲佑, 鈴木康夫, 杉浦邦征

    第19回応用力学シンポジウム  2016年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 溝形断面を有するGFRP部材の引張特性に関する検討

    林厳, 鈴木康夫, 金哲佑, 杉浦邦征

    第65期学術講演会  2016年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A study on tensile properties of GFRP channel members

    G. Hayashi, Y. Suzuki, M. Matsumura, K. Sugiura

    29th KKHTCNN  2016年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 補強を有するFRP歩道橋の振動特性推定とFEモデルアップデート

    金哲佑, 林厳, 鈴木康夫, 橋本国太郎, 杉浦邦征, 日比英輝

    第18回応用力学シンポジウム  2015年05月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Vibration measurements on an FRP pedestrian truss bridge and FE model updating

    G. Hayashi, C.W. Kim, Y. Suzuki, K. Sugiura, H. Hibi

    28th KKHTCNN  2015年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • 超高耐久性メカニカルファスナーによる鋼構造物メンテナンスの改善

    基盤研究(B)  2023年

  • 構造システム挙動を考慮したFRP壁高欄における接合構造の合理化

    若手研究  2023年

  • 超高耐久性メカニカルファスナーによる鋼構造物メンテナンスの改善

    基盤研究(B)  2022年

  • 構造システム挙動を考慮したFRP壁高欄における接合構造の合理化

    若手研究  2022年

  • 構造システム挙動を考慮したFRP壁高欄における接合構造の合理化

    若手研究  2021年04月

奨励寄附金・助成金

  • 物性値ばらつきが高力ボルト摩擦接合FRP継手の継手性能に及ぼす影響

    一般財団法人 上田記念財団  2023年

  • 橋梁ヘルスモニタリングの高度化のための橋梁特微量の提案

    公益財団法人 JFE21世紀財団  2022年

  • 地震によるすべり損傷を有する高力ボルト摩擦接合連結部の残存保有耐力に関する基礎的研究

    公益財団法人 前田記念工学振興財団  2022年

  • 腐食を有する鋼製支承の応答特性評価および機能不全が橋梁性能に及ぼす影響

    民間企業  2021年04月

  • 複数損傷を有するアーチ橋の損傷検知に関する基礎的研究

    大学  2021年04月

  • 振動ヘルスモニタリングを活用した既設ゲルバー橋の耐荷性および耐久性評価

    民間企業  2020年04月

▼全件表示

担当授業科目

  • 橋梁工学特別演習1

    2023年度   週間授業   大学院

  • 測量学実習

    2023年度   集中講義   大学

  • プログラミング演習

    2023年度   週間授業   大学

  • 都市学入門

    2023年度   週間授業   大学

  • 卒業研究

    2023年度   集中講義   大学

  • 都市工学のための力学・数学基礎

    2023年度   集中講義   大学

  • 都市工学のための科学基礎

    2023年度   週間授業   大学

  • 構造力学Ⅲ

    2023年度   集中講義   大学

  • 都市学入門

    2022年度   週間授業   大学

  • 橋梁工学特別演習1

    2022年度   週間授業   大学院

  • 測量学Ⅰ実習及び製図

    2022年度   集中講義   大学

  • 都市工学のための力学・数学基礎

    2022年度   集中講義   大学

  • 前期特別研究(都市系)

    2022年度   集中講義   大学院

  • プログラミング演習

    2022年度   集中講義   大学

  • 構造力学

    2022年度   週間授業   大学

  • 測量学Ⅰ実習及び製図

    2021年度     大学

  • 構造力学Ⅲ

    2021年度   週間授業   大学

  • 都市学入門

    2021年度   週間授業   大学

  • 都市工学のための力学数学基礎

    2021年度   週間授業   大学

  • 構造力学Ⅲ

    2020年度   週間授業   大学

  • 都市工学のための力学数学基礎

    2020年度   週間授業   大学

  • 都市学入門

    2020年度   週間授業   大学

▼全件表示

学外での担当授業科目

  • 都市工学のための科学基礎

    2022年04月
    -
    継続中

  • プログラミング演習

    2021年10月
    -
    継続中

  • 測量学Ⅰ実習及び製図

    2021年04月
    -
    継続中

  • 構造力学III

    2020年10月
    -
    継続中

  • 鋼構造設計論

    2020年10月
    -
    継続中

  • 都市工学のための力学数学基礎

    2020年04月
    -
    継続中

▼全件表示

独自項目・特記事項(教育活動)

  • 2021年度

      詳細を見る

    独自項目:1回生の相談委員

学術貢献活動

  • 座長:第15回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム-部材挙動4 -

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2023年11月

  • 13th German‐Japanese Bridge Symposium

    役割:企画立案・運営等

    German‐Japanese Bridge Symposium Organising Committee  2023年08月

  • German-Japanese Workshop on Research Frontiers in Structural Engineering

    役割:企画立案・運営等

    German-Japanese Workshop Organising Committee  2022年08月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

国際交流活動

  • さくら招へいプログラム「我が国の道路構造物のメンテナンス・モニタリング・DX技術の国際展開に向けた技術研修」

    活動区分 :研究

    活動国 :スロバキア   2024年01月

  • 13th German‐Japanese Bridge Symposium -secretary-

    活動区分 :研究

    活動国 :ドイツ・オーストリア   2023年08月 - 2023年09月

  • German-Japanese Workshop on Research Frontiers in Structural Engineering -Secretary-

    活動国 :ドイツ   2022年08月