2022/07/13 更新

写真a

カトウ ハルカ
加登 遼
KATO Haruka
担当
大学院生活科学研究科 生活科学専攻 助教
生活科学部 居住環境学科
職名
助教
所属
生活科学研究院
プロフィール
Scopus ID: https://www.scopus.com/authid/detail.uri?authorId=57216632570 Publones: https://publons.com/researcher/4707522/haruka-kato/

担当・職階

  • 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 

    助教  2022年04月 - 継続中

  • 生活科学部 居住環境学科 

    助教  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 博士(工学) ( 京都大学 )

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

  • 人文・社会 / デザイン学

研究キーワード

  • まちづくり

  • 都市解析

  • 人口減少

  • 都市計画

  • Walkability

所属学協会

  • 日本都市計画学会

      国内

  • 日本建築学会

      国内

委員歴(学外)

  • アドバイザー   株式会社ジョーズコーポレーション  

    2021年04月 - 継続中 

  • 編集・広報委員会   日本都市計画学会関西支部  

    2019年06月 - 継続中 

  • 市民委員   京都市下京区民まちづくり会議 安心安全のまちづくり部会  

    2016年11月 - 2017年03月 

受賞歴

  • 2021年度 大阪市立大学 教員活動表彰 若手教員の教育研究活動

    2021年06月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2020年度 日本都市計画学会 論文奨励賞

    2020年06月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2019年度日本建築学会大会(北陸)学術講演会都市計画部門『若手優秀発表賞』

    2019年10月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2018 International Conference of Asia-Pacific Planning Societies “Award for the Best Presentation

    2018年08月  

  • 2017年度日本建築学会大会(中国)学術講演会都市計画部門『若手優秀発表賞』

    2017年10月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 日本建築学会 平成28年度(第9回)日本建築学会近畿支部研究発表会 優秀発表賞

    2016年08月  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 立命館大学   OIC総合研究機構 地域情報研究所   客員研究員

    2020年04月 - 継続中

  • 武庫川女子大学   生活美学研究所   嘱託助手

    2019年04月 - 2020年03月

学歴

  • 京都大学大学院   工学研究科   博士課程   単位取得満期退学

    2016年04月 - 2019年03月

  • 京都大学   デザイン学大学院連携プログラム   その他   卒業・修了

    2014年04月 - 2019年03月

  • 京都大学大学院   工学研究科   博士課程   卒業・修了

    2014年04月 - 2016年03月

  • 京都大学   工学部     卒業・修了

    2010年04月 - 2014年03月

論文

  • Which Residential Clusters of Walkability Affect Future Population from the Perspective of Real Estate Prices in the Osaka Metropolitan Area? 査読

    Haruka Kato, Atsushi Takizawa

    MDPI AG Sustainability   13 ( 23 )   13413   2021年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In Japan, where the population is declining and aging significantly, walkability has attracted attention as a way to improve residents’ lifestyles. Therefore, it is essential to identify the residential clusters where walkability improvement would contribute to the maintenance of the population in order to select urban areas for the implementation of walkable designs. This study aimed to identify the residential clusters in which walkability affects the future population from the perspective of real estate prices. The reason for focusing on real estate prices is that they are expected to be a confounding factor connecting walkability and the future population. The method we used was to analyze the structural equation modeling of the impact of walkability index, real estate prices, and future population change ratio. This analysis was based on the neighborhood association scale. This study clarified that effective residential clusters are the business center cluster and the sprawl cluster. In the business center cluster and the sprawl cluster, the price of apartments for sale is the real estate value, through which the walkability index positively impacts the future population change ratio. This means that it is expected to contribute to the maintenance of the future population through a combination of walkable designs and housing policies that encourage people to change their residence types to apartments for sale when rebuilding old building stock using the location optimization plan policy.

    DOI: 10.3390/su132313413

  • Impact of COVID-19 Pandemic on Home Range in a Suburban City in the Osaka Metropolitan Area 査読

    Haruka Kato, Atsushi Takizawa, Daisuke Matsushita

    MDPI AG Sustainability   13 ( 16 )   8974   2021年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This study aims to clarify the impact of the COVID-19 pandemic on home range. The home range is the area that individuals traverse in conducting their daily activities, such as working and shopping. In Japan, the central government declared the first state of emergency in April 2020. This study analyzed the panel data for mobile phone GPS location history from April 2019 to April 2020 in Ibaraki City, Osaka Metropolitan area. The study applied the minimum convex polygon method to analyze the data. The results show that the home range decreased significantly between April 2019 and April 2020. Specifically, the home range in 2020 decreased to approximately 50% of that in 2019 because of COVID-19 infection control measures, preventing people from traveling far from their homes and only allowing them to step outside for the bare minimum of daily activities and necessities. The results suggest that the emergency reduced people’s home ranges to the neighborhood scale. Therefore, it is necessary to consider designing new walkable neighborhood environments after the COVID-19 pandemic era.

    DOI: 10.3390/su13168974

  • Development of a Spatio-Temporal Analysis Method to Support the Prevention of COVID-19 Infection: Space-Time Kernel Density Estimation Using GPS Location History Data 査読

    Haruka Kato

    Springer International Publishing Urban Informatics and Future Cities   51 - 67   2021年07月( ISSN:2365-757X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.1007/978-3-030-76059-5_4

  • Changes in Walkable Streets during the COVID-19 Pandemic in a Suburban City in the Osaka Metropolitan Area 査読

    Haruka Kato, Daisuke Matsushita

    MDPI AG Sustainability   13 ( 13 )   7442 - 7442   2021年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The purpose of this study was to identify the walkable streets where traffic behavior changed according to each residential cluster during the COVID-19 pandemic. By elucidating the changes, it is possible to identify streets that should be redesigned following the changes in traffic behavior in relation to human mobility. This study analyzed Ibaraki City, a suburban city located in the Osaka Metropolitan Area. The analysis compared the panel data of the GPS Location History for April 2020 and April 2019. The analysis method used was Empirical Bayesian kriging. The results show that the speed significantly increased in the dense, sprawl, mountain, and old NT clusters. It was also found that the number of cyclists increased during the COVID-19 pandemic. The results suggest a need to design walkable streets according to each residential cluster for the post-COVID-19 pandemic era. For example, some car lanes need to be converted to bike lanes in the main neighborhood to create walkable streets in the clusters.

    DOI: 10.3390/su13137442

  • 京都市中心部における簡易宿所型ジェントリフィケーションが都市組織に与えた影響 ‐2015 年から2019 年までの京都市下京区修徳学区を事例として‐ 査読

    加登 遼

    日本建築学会計画系論文集   86 ( 783 )   1443 - 1453   2021年05月( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.3130/aija.86.1443

  • How Does the Location of Urban Facilities Affect the Forecasted Population Change in the Osaka Metropolitan Fringe Area? 査読

    Haruka Kato

    MDPI AG Sustainability   13 ( 1 )   110   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    This study aims to clarify the statistical causal relationship between the locations of urban facilities and forecasted population changes according to types of residential clusters in the Osaka Metropolitan Fringe areas. This paper’s background is the location optimization plan policy formulated by the Japanese MLIT (Ministry of Land, Infrastructure, Transport, and Tourism) in 2015. The methods combined urban ecological analysis, cohort analysis, and Bayesian network analysis. Using the Bayesian network analysis, the causal relationship between the forecasted population change ratio and the urban facility location was analyzed. The results suggest the location of urban facilities for each residential cluster that will prevent a rapid population decline in the future. Specifically, in the sprawl cluster, this study found that residential areas closer to medical facilities will sustain the future population, while in the old new-town cluster, this study found that residential areas closer to train stations will best sustain the future population. However, in the public housing cluster, residential areas more distant from regional resources will best sustain the future population. Therefore, it is worth considering different urban designs in the old new-town and public housing clusters, rather than the location optimization plan policy.

    DOI: 10.3390/su13010110

  • Effect of Walkability on Urban Sustainability in the Osaka Metropolitan Fringe Area 査読

    Haruka Kato

    MDPI AG Sustainability   12 ( 21 )   9248   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    This study aimed to clarify the effect of walkability on urban sustainability, according to the types of residential clusters in the Osaka Metropolitan fringe area. For this purpose, this study analyzed the statistical causal relationship between the Walkability Index and the Ecological Footprint to Biocapacity (EF/BC) ratio of each residential cluster. The EF/BC ratio is the ratio of the ecological footprint of the biocapacity of the residential clusters. As a result, the effect of walkability on urban sustainability was clarified depending upon the types of residential clusters in the Osaka Metropolitan fringe area. Specifically, it was found that the Walkability Index negatively affects the EF/BC ratio in the sprawl cluster. This suggests that, in the sprawl cluster, active efforts to improve the Walkability Index can contribute to the realization of SDGs (Sustainable Development Goals of the 2030 Agenda). However, Walkability Index has a strong positive effect on the EF/BC ratio in the old new-town cluster, etc. For the residential clusters, the results of this study suggested that there is a necessity to improve urban sustainability through approaches other than improving Walkability.

    DOI: 10.3390/su12219248

  • 京都市中心部の簡易宿所型ジェントリフィケーションに対する居住者評価 ‐京都市下京区修徳学区を事例として‐ 査読

    加登 遼

    日本建築学会計画系論文集   85 ( 772 )   1195 - 1205   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    DOI: 10.3130/aija.85.1195

  • Development of Walkability Indicator for Smart Shrinking: Case Study of Sprawl Areas in Northern Osaka Metropolitan 査読

    Haruka KATO, Kiyoko KANKI

    International Review for Spatial Planning and Sustainable Development   8 ( 1 )   39 - 58   2020年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • シナリオ・プランニングに基づくスプロールエリアの将来シナリオに対するウォーカビリティ評価‐北大阪都市計画区域における茨木市を事例としたスマートデクラインに向けて‐ 査読

    加登 遼, 神吉紀世子

    日本建築学会計画系論文集   85 ( 767 )   101 - 111   2020年( ISSN:1340-4210

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3130/aija.85.101

  • スプロール市街地における主観的街路評価からみたウォーカビリティ指標の有効性- 北大阪都市計画区域のスプロール市街地におけるスマートシュリンキングに向けて 査読

    加登 遼, 神吉紀世子

    都市計画論文集   54 ( 1 )   10 - 19   2019年04月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11361/journalcpij.54.10

  • 居住エリアのウォーカビリティに立脚した地域評価に関する指標の開発と検証‐北大阪都市計画区域の茨木市におけるスマートシュリンキングに向けて 査読

    加登遼, 神吉紀世子

    都市計画論文集   52 ( 3 )   1006 - 1013   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11361/journalcpij.52.1006

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • オールドニュータウンのスマートデクラインに向けたウォーカブルデザイン 招待

    加登遼

    日本住宅会議   111   48 - 51   2021年02月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • Residents’ Evaluation on “Gentrification Caused by Guesthouses” in Central Area of Kyoto City: Case study of the Shutoku district in Kyoto city 査読

    Haruka KATO

    Proceedings of 5th World Multidisciplinary Civil Engineering-Architecture-Urban Planning Symposium   240   2020年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

  • 大都市圏スプロール市街地のスマートデクラインに向けたウォーカブルデザイン 招待

    加登遼

    日本都市計画学会関西支部だより   34   8 - 9   2020年03月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著区分:単著  

    その他URL: http://pub.cpij-kansai.jp/202003-kato/

  • Smart Decline in Urban Sprawl Areas by Evaluating the Walkability Indicator ‐Case Study of Ibaraki City in the Northern Osaka Metropolitan Area 査読

    Haruka KATO, Kiyoko KANKI

    Proceedings of International Conference on Spatial Planning and Sustainable Development 2019   32   2019年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Evaluating the Walkability of Urban Sprawl Areas in the Future Using Scenario Planning: Smart Decline for Ibaraki City in the Northern Osaka Metropolitan Area 査読

    Haruka KATO, Kiyoko KANKI

    Proceedings of 16th International Conference on Computers in Urban Planning and Urban Management (USB)   211 - 230   2019年07月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Effectiveness of Walkable Design Indicator from the perspective of Subjective Evaluation on Streets in Sprawl Urban Areas ‐ Toward Smart Shrinking for Sprawl urban areas in North Osaka Metropolitan Region‐ 査読

    Haruka KATO, Kiyoko KANKI

    Proceedings of the International Conference on Asian-Pacific Planning Societies 2018 (CD-R)   2018年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 大都市圏周辺地域におけるウォーカビリティに立脚したスマートシュリンキングの可能性 査読

    加登遼, 神吉紀世子

    2017年度日本建築学会大会(中国)都市計画部門研究協議会資料「コンパクトシティの政策・計画からデザインへ」   91 - 94   2017年09月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Development of Walkability Indicator for visualizing Smart Shrinking ‐ A Case study of Sprawl Areas in North Osaka Metropolitan Region‐ 査読

    Haruka KATO, Kiyoko KANKI

    Proceedings of International Conference on Spatial Planning and Sustainable Development 2017   152   2017年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を支援する時空間分析法の提案:ポイント型流動人口データを用いた時空間カーネル密度推定法を用いて 国内会議

    加登 遼

    日本建築学会大会学術講演梗概集(オーガナイズドセッション)  2021年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ウォーカビリティから見た人口減少都市の将来シナリオ 国内会議

    加登遼

    立命館大学 政策アドバンスト研究  2021年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 京都市中心部の観光ジェントリフィケーションに対するまちづくり:修徳まちづくりガイドライン策定までのプロセスを事例として 招待 国内会議

    加登遼

    龍谷大学LORC インクルーシブツーリズム研究会  2021年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 京都市中心部の簡易宿所型ジェントリフィケーションに対する居住者評価‐京都市下京区修徳学区を事例として 国内会議

    加登遼

    日本建築学会大会学術講演梗概集(オーガナイズドセッション)  2020年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ウォーカビリティから見たオールドニュータウンの将来シナリオに関する試案‐北大阪都市計画区域の茨木市におけるスマートデクラインに向けて‐ 国内会議

    加登 遼

    武庫川女子大学 研究成果の社会還元促進に関する発表会  2020年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Smart Decline in Metropolitan Sprawl Areas from the viewpoint of Walkability‐Case Study of Ibaraki City in the Northern Osaka Metropolitan Area 招待 国際会議

    Haruka KATO

    Japan-Germany International Seminar (Shrinking Cities Revised: New patterns of uneven population development, multifaceted local implications, and the challenges of multi-level)  2019年10月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シナリオ・プランニングに基づくスプロールエリアの将来シナリオに対するウォーカビリティ評価‐北大阪都市計画区域における茨木市を事例としたスマートデクラインに向けて‐ 国内会議

    加登 遼, 神吉紀世子

    日本建築学会大会学術講演梗概集(CD-R)  2019年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シナリオ・プランニングに基づくスプロールエリアの将来シナリオに対するウォーカビリティ評価‐北大阪都市計画区域における茨木市を事例としたスマートデクラインに向けて‐ 国内会議

    加登 遼, 神吉紀世子

    日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系(CD-R)  2019年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Study on urban evaluation indicator focused on walkability in metropolitan sprawl areas 国内会議

    Haruka KATO

    International Design Symposium in Kyoto 2019 (Students Research Exchange Workshop in Design)  2019年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Study on the Walkability Indicator in Sprawl Areas of Metropolitan Region- Toward Smart Decline - 国内会議

    Haruka KATO

    Meridian 180 -Smart and Shrinking Cities: International Perspective-  2019年02月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 「流れ」に着目したスマートコミュニティとしての居住エリアのデザイン手法に関する研究 招待 国内会議

    加登遼

    立命館大学地域情報研究所「重点プログラム アジア都市論研究会」  2018年11月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スプロール市街地における主観的街路評価からみたウォーカブルデザイン指標の有効性‐北大阪都市計画区域のスプロール市街地におけるスマートシュリンキングに向けて‐ 国内会議

    加登遼, 神吉紀世子

    日本建築学会大会学術講演梗概集 (CD-R)  2018年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スプロール市街地における主観的街路評価からみたウォーカブルデザイン指標の有効性‐北大阪都市計画区域のスプロール市街地におけるスマートシュリンキングに向けて‐ 国内会議

    加登遼, 神吉紀世子

    日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系 (CD-R)  2018年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • Scenario of Smart Shrinking based on Walkability in sprawled urban areas 国内会議

    Haruka KATO

    International Design Symposium in Kyoto 2018 (Students Research Exchange Workshop in Design)  2018年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • ウォーカビリティに立脚したスプロール市街地のスマートシュリンキングシナリオの構築 招待 国内会議

    加登遼

    茨木市都市整備部主催による庁内合同勉強会  2018年01月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大都市圏周辺地域におけるスマートシュリンキングとしてのウォーカビリティ指標の開発‐北大阪都市計画区域における茨木市に着目して 国内会議

    加登遼, 神吉紀世子

    日本建築学会大会学術講演梗概集 (CD-R)  2017年09月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 大都市圏周辺地域においてスマートシュリンキングを実現するウォーカビリティ指標の開発‐北大阪都市計画区域と茨木市に着目して‐ 国内会議

    加登遼, 神吉紀世子

    日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系 (CD-R)  2017年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • A Study on Modeling of Smart Shrinking in Residential Area Based on Walkability 国内会議

    Haruka KATO

    International Design Symposium in Kyoto 2017 (Students Research Exchange Workshop in Design)  2017年03月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スマートコミュニティのデザイン方法と都市エリアの分析―スマートミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その3) 国内会議

    桐谷龍之介, 加登遼, 門内輝行

    日本建築学会大会学術講演梗概集 (CD-R)  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スマートコミュニティの概念と多層構造システムによるモデル化―スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その1) 国内会議

    加登遼, 門内輝行

    日本建築学会大会学術講演梗概集 (CD-R)  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スマートコミュニティプロジェクトの類型化とデザイン方法のモデル化―スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その2) 国内会議

    金丸源太, 加登遼, 門内輝行

    日本建築学会大会学術講演梗概集 (CD-R)  2016年08月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スマートコミュニティのデザイン方法と都市エリアの分析―スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その2) 国内会議

    桐谷龍之介, 加登遼, 門内輝行

    日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系 (CD-R)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • スマートコミュニティの概念とその多層構造システムによるモデル化―スマートコミュニティとしての都市エリアのデザイン方法に関する研究(その1) 国内会議

    加登遼, 門内輝行

    日本建築学会近畿支部研究報告集・計画系 (CD-R)  2016年06月 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費

  • ポイント型流動人口によるウォーカブル近隣環境の時空間研究:新しい生活様式に向けて

    若手研究  2021年04月

  • ウォーカビリティから見たオールドニュータウンの高齢社会シナリオに対する居住者評価 (19K23558)

    研究活動スタート支援  2019年08月

受託研究

  • オールドニュータウンのシナリオ・プランニング-ウォーカビリティに着目して

    一般財団法人住総研  2020年06月

  • 関西都市圏周辺地域のサスティナビリティに対してウォーカビリティが与える効果

    大林財団  2020年04月

  • 簡易宿所型ジェントリフィケーション研究会

    日本都市計画学会関西支部  2019年10月

奨励寄附金・助成金

  • 不動産取引価格から見たウォーカビリティと将来人口 の関係性 :大阪都市圏を対象として

    不動産流通経営協会  2021年12月

  • 医療費抑制に寄与するオールドニュータウン型ウォーカブルデザインの費用便益分析

    大阪市立大学  2021年04月

担当授業科目

  • 設計製図Ⅲ

    2021年度     大学

  • 設計製図Ⅱ

    2021年度     大学

  • CAD/CGデザイン演習

    2021年度     大学

  • 設計製図Ⅱ

    2020年度     大学

  • 設計製図Ⅲ

    2020年度     大学

  • CAD/CGデザイン演習

    2020年度     大学

▼全件表示

社会貢献活動

  • 『修徳まちづくりガイドライン』策定に向けた学術調査

    役割:調査担当

    2019年04月 - 2021年03月

     詳細を見る

    対象: 市民団体

  • 茨木市立地適正化計画策定に向けた『市民アンケート調査』

    役割:調査担当

    2016年04月 - 2017年03月

     詳細を見る

    対象: 行政機関

    種別:調査

  • 東芝大阪工場跡地再開発事業を事例とした『スマートコミュニティプロジェクト研究会』

    役割:調査担当

    2014年04月 - 2016年03月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:調査

その他

  • 職務経歴

    2020年04月 - 継続中

      詳細を見る

    大阪市立大学 大学院生活科学研究科 生活科学専攻 助教