2024/04/11 更新

写真a

ハシモト モトム
橋本 求
HASHIMOTO Motomu
担当
大学院医学研究科 臨床医科学専攻 教授
医学部 医学科
職名
教授
所属
医学研究院

担当・職階

  • 大学院医学研究科 臨床医科学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 医学部 医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

研究分野

  • ライフサイエンス / 膠原病、アレルギー内科学

  • ライフサイエンス / 免疫学

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学   膠原病内科学

    2022年03月 - 継続中

論文

  • Generalized F-signatures of the rings of invariants of finite group schemes

    Hashimoto M.

    Journal of Pure and Applied Algebra   228 ( 6 )   2024年06月( ISSN:00224049

     詳細を見る

  • Risk factors for serious infections and infection-related mortality in patients with microscopic polyangiitis: Multicentre REVEAL cohort study.

    Manabe A, Kadoba K, Hiwa R, Kotani T, Shoji M, Shirakashi M, Tsuji H, Kitagori K, Akizuki S, Nakashima R, Yoshifuji H, Yamamoto W, Okazaki A, Matsuda S, Gon T, Watanabe R, Hashimoto M, Morinobu A

    Modern rheumatology   2024年03月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Association of large joint involvement at the start of biological disease-modifying antirheumatic drugs and Janus kinase inhibitors with disease activity and drug retention in patients with rheumatoid arthritis: The ANSWER cohort study.

    Shirasugi I, Onishi A, Nishimura K, Yamamoto W, Murakami K, Onizawa H, Maeda Y, Ebina K, Son Y, Amuro H, Katayama M, Hara R, Nagai K, Hiramatsu Y, Hashimoto M, Okano T, Maeda T, Hayashi S, Sendo S, Jinno S, Yamamoto Y, Yamada H, Ueda Y, Saegusa J

    International journal of rheumatic diseases   27 ( 3 )   e15097   2024年03月( ISSN:1756-1841

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/1756-185X.15097

    PubMed

  • Consensus statement on the management of late-onset rheumatoid arthritis.

    Kojima M, Sugihara T, Kawahito Y, Kojima T, Kaneko Y, Ishikawa H, Abe A, Matsui K, Hirata S, Kishimoto M, Tanaka E, Morinobu A, Hashimoto M, Matsushita I, Hidaka T, Matsui T, Nishida K, Asai S, Ito H, Harada R, Harigai M

    Modern rheumatology   2024年02月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Lymphoproliferative disorder progressing after partial remission following immunosuppressive drugs withdrawal in a patient with rheumatoid arthritis.

    Fukumoto K, Watanabe R, Tsutsumi M, Takakuwa T, Miyamoto M, Hayashi N, Yamada S, Furumitsu Y, Hino M, Hashimoto M

    Modern rheumatology case reports   2024年02月

     詳細を見る

  • Comparison of retention of biologics in Japanese patients with elderly-onset rheumatoid arthritis-the ANSWER cohort study.

    Jinno S, Onishi A, Hattori S, Dubreuil M, Ueda Y, Nishimura K, Okano T, Yamada H, Yamamoto W, Murata K, Onizawa H, Ebina K, Maeda Y, Son Y, Amuro H, Hara R, Hata K, Shiba H, Katayama M, Watanabe R, Hashimoto M, Saegusa J

    Rheumatology (Oxford, England)   2024年02月( ISSN:1462-0324

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/rheumatology/keae081

    PubMed

  • Identification of the VLDLR locus associated with giant cell arteritis and the possible causal role of low-density lipoprotein cholesterol in its pathogenesis.

    Iwasaki T, Watanabe R, Zhang H, Hashimoto M, Morinobu A, Matsuda F

    Rheumatology (Oxford, England)   2024年02月( ISSN:1462-0324

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rheumatology/keae075

    PubMed

  • IL-6 inhibitors and JAK inhibitors as favourable treatment options for patients with anaemia and rheumatoid arthritis: ANSWER cohort study.

    Nakayama Y, Watanabe R, Yamamoto W, Ebina K, Hirano T, Kotani T, Shiba H, Katayama M, Son Y, Amuro H, Onishi A, Jinno S, Hara R, Murakami K, Murata K, Ito H, Tanaka M, Matsuda S, Morinobu A, Hashimoto M

    Rheumatology (Oxford, England)   63 ( 2 )   349 - 357   2024年02月( ISSN:1462-0324

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/rheumatology/kead299

    PubMed

  • Nonlocal Andreev transport through a quantum dot in a magnetic field: Interplay between Kondo, Zeeman, and Cooper-pair correlations

    Hashimoto M.

    Physical Review B   109 ( 3 )   2024年01月( ISSN:24699950

     詳細を見る

  • Management and treatment outcomes of rheumatoid arthritis in the era of biologic and targeted synthetic therapies: evaluation of 10-year data from the KURAMA cohort.

    Fujii T, Murata K, Onizawa H, Onishi A, Tanaka M, Murakami K, Nishitani K, Furu M, Watanabe R, Hashimoto M, Ito H, Fujii T, Mimori T, Morinobu A, Matsuda S

    Arthritis research & therapy   26 ( 1 )   16   2024年01月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Monocyte-derived transcriptomes explain the ineffectiveness of abatacept in rheumatoid arthritis.

    Iwasaki T, Watanabe R, Ito H, Fujii T, Ohmura K, Yoshitomi H, Murata K, Murakami K, Onishi A, Tanaka M, Matsuda S, Matsuda F, Morinobu A, Hashimoto M

    Arthritis research & therapy   26 ( 1 )   1   2024年01月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Factors associated with osteoporosis and fractures in patients with systemic lupus erythematosus: Kyoto Lupus Cohort(タイトル和訳中)

    Nakajima Tomoya, Doi Hiroshi, Watanabe Ryu, Murata Koichi, Takase Yudai, Inaba Ryuta, Itaya Takahiro, Iwasaki Takeshi, Shirakashi Mirei, Tsuji Hideaki, Kitagori Koji, Akizuki Shuji, Nakashima Ran, Onishi Akira, Yoshifuji Hajime, Tanaka Masao, Ito Hiromu, Hashimoto Motomu, Ohmura Koichiro, Morinobu Akio

    Modern Rheumatology   34 ( 1 )   113 - 121   2024年01月( ISSN:1439-7595

  • Simple quantitative method using HPLC-CAD for assessing plasmalogen vinyl ether phospholipids, applicable to food

    Hashimoto M.

    Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   71 ( 1 )   23 - 29   2024年( ISSN:1341027X

     詳細を見る

  • Higher longitudinal brain white matter atrophy rate in aquaporin-4 IgG-positive NMOSD compared with healthy controls

    Masuda H.

    Scientific Reports   13 ( 1 )   2023年12月

     詳細を見る

  • Comparative effectiveness of biological disease-modifying antirheumatic drugs and Janus kinase inhibitor monotherapy in rheumatoid arthritis.

    Onishi A, Yamada H, Yamamoto W, Watanabe R, Hara R, Katayama M, Okita Y, Maeda Y, Amuro H, Son Y, Yoshikawa A, Hata K, Hashimoto M, Saegusa J, Morinobu A

    Rheumatology (Oxford, England)   2023年11月( ISSN:1462-0324

  • Risk prediction model for mortality in microscopic polyangiitis: multicentre REVEAL cohort study.

    Kotani T, Matsuda S, Okazaki A, Nishioka D, Watanabe R, Gon T, Manabe A, Shoji M, Kadoba K, Hiwa R, Yamamoto W, Hashimoto M, Takeuchi T

    Arthritis research & therapy   25 ( 1 )   223   2023年11月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Real-world comparative study of the efficacy of Janus kinase inhibitors in patients with rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study.

    Hayashi S, Tachibana S, Maeda T, Yamashita M, Shirasugi I, Yamamoto Y, Yamada H, Okano T, Nishimura K, Ueda Y, Jinnno S, Saegusa J, Yamamoto W, Murata K, Fujii T, Hata K, Yoshikawa A, Ebina K, Etani Y, Yoshida N, Amuro H, Hashimoto M, Hara R, Katayama M, Okano T, Kuroda R

    Rheumatology (Oxford, England)   2023年11月( ISSN:1462-0324

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/rheumatology/kead543

    PubMed

  • Trends of disease activity in Japanese patients over 75 years with rheumatoid arthritis from 2014 to 2021- the ANSWER cohort study.

    Yamada H, Jinno S, Maeda T, Hayashi S, Yamamoto W, Onishi A, Onizawa H, Takeuchi T, Hiramatsu Y, Okita Y, Ebina K, Son Y, Yoshida N, Watanabe R, Hara R, Yamashita M, Nose Y, Yamamoto Y, Okano T, Nishimura K, Ueda Y, Sendo S, Hashimoto M, Kuroda R, Saegusa J

    Rheumatology (Oxford, England)   2023年10月( ISSN:1462-0324

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/rheumatology/kead539

    PubMed

  • Predictive value of baseline concomitant glucocorticoid for abatacept-mediated long-term inhibition of radiographic progression: insights from the KURAMA cohort.

    Murakami K, Watanabe R, Fujisaki T, Ito H, Murata K, Yamamoto W, Fujii T, Onizawa H, Onishi A, Tanaka M, Hashimoto M, Morinobu A

    Immunological medicine   1 - 7   2023年10月

  • Eosinophilic Granulomatosis with Polyangiitis: Latest Findings and Updated Treatment Recommendations.

    Watanabe R, Hashimoto M

    Journal of clinical medicine   12 ( 18 )   2023年09月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • High plasma homocysteine level is associated with increased prevalence of the non-remission state in rheumatoid arthritis: Findings from the KURAMA cohort(タイトル和訳中)

    Katsushima Masao, Minamino Hiroto, Shirakashi Mirei, Onishi Akira, Fujita Yoshihito, Yamamoto Wataru, Onizawa Hideo, Tsuji Hideaki, Watanabe Ryu, Murakami Kosaku, Fujii Takayuki, Murata Koichi, Tanaka Masao, Inagaki Nobuya, Morinobu Akio, Hashimoto Motomu

    Modern Rheumatology   33 ( 5 )   911 - 917   2023年09月( ISSN:1439-7595

  • Prognostic factors affecting respiratory-related death in patients with rheumatoid arthritis complicated by interstitial lung disease: An ANSWER cohort study(タイトル和訳中)

    Makino Hidehiko, Kotani Takuya, Hata Kenichiro, Nishioka Daisuke, Yamamoto Wataru, Yoshikawa Ayaka, Wada Yumiko, Hiramatsu Yuri, Shiba Hideyuki, Nagai Koji, Katayama Masaki, Son Yonsu, Amuro Hideki, Onishi Akira, Akashi Kengo, Hara Ryota, Hirano Toru, Hashimoto Motomu, Takeuchi Tohru

    Modern Rheumatology   33 ( 5 )   928 - 935   2023年09月( ISSN:1439-7595

  • Prediction model for respiratory-related mortality in microscopic polyangiitis with interstitial lung disease: multicenter REVEAL cohort study.

    Matsuda S, Kotani T, Okazaki A, Nishioka D, Watanabe R, Gon T, Manabe A, Shoji M, Kadoba K, Hiwa R, Yamamoto W, Hashimoto M, Takeuchi T

    Rheumatology (Oxford, England)   2023年08月( ISSN:1462-0324

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/rheumatology/kead444

    PubMed

  • Impact of methotrexate on humoral and cellular immune responses to SARS-CoV-2 mRNA vaccine in patients with rheumatoid arthritis.

    Masahiro Shirata, Isao Ito, Masao Tanaka, Koichi Murata, Kosaku Murakami, Hiroyuki Ikeda, Issei Oi, Nobuyoshi Hamao, Kensuke Nishioka, Yasuyuki Hayashi, Miki Nagao, Motomu Hashimoto, Hiromu Ito, Hideki Ueno, Akio Morinobu, Toyohiro Hirai

    Clinical and experimental medicine   2023年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    The aim of this study was to longitudinally evaluate the undetermined impact of methotrexate (MTX) on the cumulative immunogenicity elicited by three doses of SARS-CoV-2 mRNA vaccination in patients with rheumatoid arthritis (RA). We prospectively evaluated vaccine-induced immune responses following the first dose, 1 and 6 months after the second dose, and 1 month after the third dose of BNT162b2 or mRNA-1273 in 144 SARS-CoV-2 naïve participants (70 patients with RA, 29 disease controls without immunosuppressive conditions, and 45 healthy controls). Humoral immune responses were assessed by quantifying anti-spike IgG antibody titers and the capacity of circulating antibodies to neutralize the ancestral SARS-CoV-2 strain and the Alpha, Delta, and Omicron variants. Vaccine-induced T-cell responses were measured using an interferon-gamma release assay. At 1 and 6 months after the second dose, anti-spike titers were highest in healthy controls, followed by disease controls and patients with RA. Multivariate analyses revealed that MTX treatment was significantly associated with a decrease in anti-spike titers, neutralizing activity, and SARS-CoV-2-specific interferon-gamma levels. Furthermore, MTX dose per body weight was negatively correlated with these two indices of humoral immune response. The third vaccine dose boosted anti-spike titers, especially in patients receiving MTX, while sera from these patients neutralized the Omicron variant far less robustly than those from healthy controls. In conclusion, MTX attenuated immunogenicity following two doses of SARS-CoV-2 mRNA vaccine in patients with RA, particularly resulting in dose-dependent suppression of the humoral immune response. Furthermore, MTX deteriorated the neutralizing activity against the Omicron variant, even after the third immunization.

    DOI: 10.1007/s10238-023-01163-5

    PubMed

  • Challenges faced by nurses engaged in rheumatology care in Japan.

    Fusama M, Nakahara H, Gregg M, Kuroe Y, Urata Y, Kawahata K, Kawahito Y, Kojima M, Sugihara T, Hashimoto M, Miyamae T, Murashima A, Mori M, Yajima N, Matsui T

    Modern rheumatology   2023年08月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Drug retention of biologics and Janus kinase inhibitors in patients with rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study.

    Ebina K, Etani Y, Maeda Y, Okita Y, Hirao M, Yamamoto W, Hashimoto M, Murata K, Hara R, Nagai K, Hiramatsu Y, Son Y, Amuro H, Fujii T, Okano T, Ueda Y, Katayama M, Okano T, Tachibana S, Hayashi S, Kumanogoh A, Okada S, Nakata K

    RMD open   9 ( 3 )   2023年08月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1136/rmdopen-2023-003160

    PubMed

  • Serum Concentrations of Infliximab and IL-6 for Predicting One-Year Discontinuation of Infliximab Treatment Owing to Secondary Non-response in Patients with Rheumatoid Arthritis(タイトル和訳中)

    Masui Sho, Yonezawa Atsushi, Nakamura Miyuki, Onishi Akira, Hashimoto Motomu, Onizawa Hideo, Fujii Takayuki, Murakami Kosaku, Murata Koichi, Tanaka Masao, Yokoyama Kotoko, Iwamoto Noriko, Shimada Takashi, Itohara Kotaro, Hira Daiki, Nakagawa Shunsaku, Imai Satoshi, Nakagawa Takayuki, Hayakari Makoto, Matsuda Shuichi, Morinobu Akio, Terada Tomohiro, Matsubara Kazuo

    Biological & Pharmaceutical Bulletin   46 ( 8 )   1112 - 1119   2023年08月( ISSN:0918-6158

  • 遺伝子と腸内細菌叢の相互作用による全身性自己免疫疾患の発症メカニズム

    橋本 求

    日本薬理学雑誌   158 ( 4 )   313 - 318   2023年07月( ISSN:00155691

     詳細を見る

    <p>遺伝因子と腸内細菌叢とは相互に影響を与え合い自己免疫疾患の発症に寄与する.TCRシグナル伝達にかかわる主要分子ZAP70に点突然変異を有するSKGマウスは,BALB/c背景において自己免疫性関節炎を,C57BL/6背景において全身性エリテマトーデスを発症する.変異ZAP70によるTCRシグナル伝達低下により,胸腺選択において自己反応性T細胞が負の選択を免れ末梢に出現する.TCRシグナル伝達不全は一方で,腸内細菌反応性T細胞の正の選択を抑制し,その結果,腸内細菌反応性T細胞によって誘導される高親和性IgAの産生の低下により腸内細菌叢のdysbiosisを起こす.腸内細菌叢のdysbiosisは,Th17の分化誘導により自己免疫疾患の発症を促進する.このようにT細胞シグナル伝達不全は,自己および腸内細菌抗原に対する胸腺選択および末梢における反応性の閾値を変えることで,自己反応性の亢進とともに腸内細菌叢dysbiosisを介して自己免疫疾患の発症に至っていた.本稿では,全身性自己免疫疾患に影響をあたえる遺伝子と腸内細菌叢の相互作用について,TCRシグナル伝達不全動物モデルから得られた知見を中心に紹介する.</p>

    DOI: 10.1254/fpj.22096

    PubMed

  • Dynamic changes and importance of plasma concentrations of ether phospholipids, of which the majority are plasmalogens, in postpartum Holstein dairy cows.

    Saito R, Kubo T, Wakatsuki T, Asato Y, Tanigawa T, Kotaniguchi M, Hashimoto M, Kitamura S, Kadokawa H

    Reproduction, fertility, and development   35 ( 12 )   622 - 639   2023年07月( ISSN:1031-3613

     詳細を見る

  • ヤヌスキナーゼ阻害薬に反応が不十分な関節リウマチ患者におけるメトトレキサートまたはイグラチモドによる追加治療の有効性 ANSWERコホート研究(Add-on effectiveness of methotrexate or iguratimod in patients with rheumatoid arthritis exhibiting an inadequate response to Janus kinase inhibitors: The ANSWER cohort study)

    Ebina Kosuke, Hirano Toru, Maeda Yuichi, Okita Yasutaka, Etani Yuki, Hirao Makoto, Yamamoto Wataru, Hashimoto Motomu, Murata Koichi, Onishi Akira, Jinno Sadao, Hara Ryota, Son Yonsu, Amuro Hideki, Kotani Takuya, Shiba Hideyuki, Katayama Masaki, Yamamoto Keiichi, Kumanogoh Atsushi, Okada Seiji, Nakata Ken

    Modern Rheumatology   33 ( 4 )   690 - 699   2023年07月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    ヤヌスキナーゼ阻害薬(JAKi)に反応が不十分な関節リウマチ患者でのメトトレキサート(MTX)またはイグラチモド(IGU)の追加治療の有効性を、多施設共同後ろ向き研究で検討した。2014年~2021年にMTXまたはIGUによる追加治療を受けたJAKiに反応が不十分な患者を対象とし、追加治療から1、3、6ヵ月後の有効性を評価した。対象患者は45例で、MTX群は22例(男性7例、平均55.9±14.8歳)、IGU群は23例(男性3例、平均62.4±11.9歳)であった。35例が併用療法を6ヵ月継続した。ベースラインと比較して6ヵ月時のDAS28-CRP(C反応性蛋白質を用いた疾患活動性スコア)とCDAI(臨床疾患活動性指標)は両群で有意に改善した(DAS28-CRP:MTX群3.6対2.6、p<0.05、IGU群3.3対2.1、p<0.001、CDAI:MTX群16.7対8.8、p<0.05、IGU群14.6対6.5、p<0.01)。2019年欧州リウマチ学会基準の中程度または良好な反応の達成率はMTX群45.4%、IGU群39.1%、米国リウマチ学会基準20%改善達成率はMTX群40.9%、IGU群39.1%であった。以上より、JAKiに対する反応が不十分な患者でのMTXまたはIGU追加治療は補完的な治療として有効であることが示唆された。

  • Pathogenicity of IgG-Fc desialylation and its association with Th17 cells in an animal model of systemic lupus erythematosus.

    Nishida Y, Shirakashi M, Hashii N, Nakashima R, Nakayama Y, Katsushima M, Watanabe R, Onizawa H, Hiwa R, Tsuji H, Kitagori K, Akizuki S, Onishi A, Murakami K, Yoshifuji H, Tanaka M, Tsuruyama T, Morinobu A, Hashimoto M

    Modern rheumatology   2023年06月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1093/mr/road054

    PubMed

  • 投与前の赤血球沈降速度はトシリズマブによる長期の放射線学的進行抑制を予測する KURAMAコホート(Baseline erythrocyte sedimentation rate level predicts long-term inhibition of radiographic progression by tocilizumab: the KURAMA cohort)

    Watanabe Ryu, Murakami Kosaku, Fujisaki Toshimitsu, Ito Hiromu, Murata Koichi, Yamamoto Wataru, Fujii Takayuki, Onizawa Hideo, Onishi Akira, Tanaka Masao, Morinobu Akio, Hashimoto Motomu

    Immunological Medicine   46 ( 2 )   84 - 92   2023年06月

     詳細を見る

    トシリズマブ(TCZ)を2年以上投与された関節リウマチ(RA)患者の関節破壊をmodified Total Sharp Score(mTSS)を用いて評価した。TCZによる長期にわたる放射線学的進行抑制の予測因子も特定した。RA分類基準を満たし、TCZを2年以上投与され、X線写真評価が可能な患者59例(女性48例、年齢中央値62歳)を対象とした前向き研究を行った。診療録から入手した年齢、性別、罹病期間、投薬、赤血球沈降速度(ESR)、CRP、抗環状シトルリン化ペプチド抗体(ACPA)等のデータを後ろ向きに評価した。TCZ導入時とTCZ投与後2年以上後に手と足のX線写真を撮影した。1年間のmTSSが0.5以下の場合を構造的寛解と定義した。1年間のmTSSが3を超える場合を臨床的に関連する放射線学的進行(CRRP)と定義した。被験者の年齢中央値は62歳で、罹病期間中央値は7.0年であった。構造的寛解率は57.6%で、CRRPの割合は11.9%であった。ACPA陽性患者は陰性患者より高い構造的寛解率を示す傾向があった。構造的寛解を達成した患者は非達成患者と比べて若く、ACPA陽性率が比較的高く、ESR値は有意に低かった。CRP値も低い傾向を示した。多変量解析では、TCZ開始時のESRが構造的寛解と有意に相関していた。ROC解析により、TCZ開始時のESRは73mm/hと決定された。

  • POS0241 MONOCYTE-DERIVED TRANSCRIPTOMES EXPLAIN THE INEFFECTIVENESS OF ABATACEPT IN RHEUMATOID ARTHRITIS

    T. Iwasaki, R. Watanabe, H. Ito, T. Fujii, K. Ohmura, H. Yoshitomi, K. Murata, K. Murakami, A. Onishi, M. Tanaka, S. Matsuda, F. Matsuda, A. Morinobu, M. Hashimoto

    Annals of the Rheumatic Diseases   82 ( Suppl 1 )   353.3 - 354   2023年05月( ISSN:0003-4967

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background

    The factors contributing to the efficacy of abatacept in patients with rheumatoid arthritis (RA) remain unknown.

    Objectives

    We aimed to identify cellular, transcriptomic, and proteomic features that predict responses or resistance to abatacept.

    Methods

    Blood samples were collected from 22 RA patients treated with abatacept at the initiation and after three months of treatment. Response to treatment was defined based on the EULAR response criteria, and seven patients were classified as responders and the others as non-responders. We quantified gene expression levels in peripheral blood mononuclear cells (PBMCs) by RNA-Seq, 67 plasma protein levels by multiplexed immunoassay, and the expression of surface molecules (CD3, 19, and 56) by flow cytometry, in addition to collecting clinical characteristics. Additionally, three gene expression data sets concerning the efficacy of abatacept<sup>[1–3]</sup>, comprising 37 responders and 50 non-responders in total, were used to replicate the current study. We compared the gene expression of responders versus non-responders in each set and meta-analyzed the results.

    Results

    Among the clinical characteristics, the number of monocytes was significantly higher in the non-responders before treatment (p= 0.01). Regarding the transcriptome data, we found 952 differentially expressed genes (DEGs) between the responders and the non-responders before treatment initiation. A cell-type enrichment analysis showed that the DEGs were enriched in monocytes (p= 8.7 × 10<sup>-212</sup>, Figure 1A). Additionally, gene set enrichment analysis showed enrichment in the gene module, includingMYD88andTIRAP, with the strongest significance among all of the pathways tested. When we estimated the expression ofMYD88andTIRAPin monocytes by deconvolution analysis, the non-responders had higher expression before treatment initiation (p= 0.04 and 0.03, respectively). Among the 67 protein levels, two exhibited a correlation with the expression of the module (p&lt; 0.05). Of these, hepatocyte growth factor (HGF), which is produced by monocytes, was present at significantly higher concentrations in non-responders before treatment (p= 0.02). The analysis of the replication sets identified 1,695 DEGs. These were also enriched for the genes expressed in monocytes (p= 2.9 × 10<sup>-90</sup>, Figure 1B) but not for the module detected in the current study. Among the DEGs, those expressed in monocytes were enriched for the genes involved in the aerobic electron transport system in mitochondria based on gene set enrichment analysis.

    Conclusion

    Monocyte-derived transcriptomic features before treatment underlay the differences in abatacept efficacy. The pathway activated in monocytes was theMYD88/TIRAP-HGF axis in the current study, but that pathway in the replication set was the aerobic electron transport system. Overall, our results highlight the contribution of monocytes as the cells responsible for abatacept-treatment resistance and the heterogeneity of activated pathways within them.

    Figure 1.Results of cell type enrichment analysis of differentially expressed genes (DEGs) concerning response to abatacept.

    References

    [1]Nakamura, S. et al. Identification of baseline gene expression signatures predicting therapeutic responses to three biologic agents in rheumatoid arthritis: a retrospective observational study. Arthritis Res. Ther. 18, (2016).

    [2]Triaille, C. et al. Common Transcriptomic Effects of Abatacept and Other DMARDs on Rheumatoid Arthritis Synovial Tissue. Front. Immunol. 12, (2021).

    [3]Derambure, C. et al. Pre-silencing of genes involved in the electron transport chain (ETC) pathway is associated with responsiveness to abatacept in rheumatoid arthritis. Arthritis Res. Ther. 19, (2017).

    Acknowledgements

    This study received funding from Astellas Pharma Inc.

    Disclosure of Interests

    Takeshi Iwasaki: None declared, Ryu Watanabe Speakers bureau: Asahi Kasei, Chugai, Eli Lilly, GSK, and Sanofi, Grant/research support from: AbbVie, Hiromu Ito Grant/research support from: Bristol Myers, Takayuki Fujii Speakers bureau: Asahi Kasei Pharma, Abbvie, Jansen, Tanabe Mitsubishi Pharma, and Eisai Co LTD, Koichiro Ohmura: None declared, Hiroyuki Yoshitomi: None declared, Koichi Murata Speakers bureau: AbbVie GK, Eisai Co., Ltd., Pfizer Inc., Chugai Pharmaceutical Co., Ltd., Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation, Pfizer Inc., Bristol-Myers Squibb, Daiichi Sankyo Co. Ltd., and Asahi Kasei Pharma Corp., Grant/research support from: Daiichi Sankyo Co. Ltd, Kosaku Murakami Speakers bureau: Bristol Myers, Ono Pharmaceutical, Akira Onishi Speakers bureau: Pfizer Inc., Bristol-Myers Squibb., Asahi Kasei Pharma Corp., Chugai Pharmaceutical Co. Ltd., Eli Lilly Japan K.K, Ono Pharmaceutical Co., UCB Japan Co., Mitsubishi Tanabe Pharma Co., Eisai Co. Ltd., Abbvie Inc., Takeda Pharmaceutical Co. Ltd., and Daiichi Sankyo Co. Ltd., Grant/research support from: Pfizer Inc., Bristol-Myers Squibb., Advantest, Ayumi, and the Health Care Science Institute., Employee of: Department of Advanced Medicine for Rheumatic Diseases is supported by Nagahama City, Shiga, Japan, Toyooka City, Hyogo, Japan, and five pharmaceutical companies (Mitsubishi Tanabe Pharma Co., Chugai Pharmaceutical Co. Ltd, UCB Japan Co. Ltd, AYUMI Pharmaceutical Co., and Asahi Kasei Pharma Corp.). It is also supported by grants from Daiichi Sankyo Co. Ltd. Above-mentioned pharmaceutical companies were not involved in the study design, data collection and analysis, manuscript writing, and manuscript submission., Masao Tanaka Speakers bureau: AbbVie GK, Asahi Kasei Pharma Corp., Astellas Pharma Inc., Chugai Pharmaceutical Co., Ltd., Daiichi Sankyo Co., Ltd., Eisai Co., Ltd., Eli Lilly Japan K.K., Janssen Pharmaceutical K.K., Pfizer Inc., Tanabe Mitsubishi Pharma Corp., UCB Japan Co., Ltd.., Grant/research support from: AbbVie GK, Eisai Co., Ltd., Kyowa Kirin Co., Ltd. Taisho Pharmaceutical Co., Ltd. Teijin Pharma, Ltd.., Employee of: M.T. belongs to the department financially supported by two local governments in Japan (Nagahama City, Shiga and Toyooka City, Hyogo) and five pharmaceutical companies (Tanabe Mitsubishi Pharma Corp., Chugai Pharmaceutical Co., Ltd., Ayumi Pharmaceutical Corp., Asahi Kasei Pharma Corp. and UCB Japan Co., Ltd.)., Shuichi Matsuda: None declared, Fumihiko Matsuda: None declared, Akio Morinobu Speakers bureau: AbbVie G.K., Chugai Pharmaceutical Co. Ltd., Eli Lilly Japan K.K., Eisai Co. Ltd., Pfizer Inc., Bristol-Myers Squibb., Mitsubishi Tanabe Pharma Co., Astellas Pharma Inc., and Gilead Sciences Japan., Grant/research support from: AbbVie G.K., Asahi Kasei Pharma Corp., Chugai Pharmaceutical Co. Ltd., Mitsubishi Tanabe Pharma Co. Taisho Pharmaceutical Co., Ltd.,and Eisai Co. Ltd. outside the work., Motomu Hashimoto Speakers bureau: Eli Lilly, Chugai, Mitsubishi Tanabe, Bristol Myers, Eisai, Grant/research support from: AbbVie, Asahi Kasei, Astellas, Bristol Myers, Eisai, Daiichi Sankyo, Eli Lilly, Novartis.

    DOI: 10.1136/annrheumdis-2023-eular.970

  • Prognostic Factors Affecting Death in Patients with Rheumatoid Arthritis Complicated by Pneumocystis jirovecii Pneumonia and One-Year Clinical Course: The ANSWER Cohort Study.

    Shiba H, Kotani T, Nagai K, Hata K, Yamamoto W, Yoshikawa A, Wada Y, Hiramatsu Y, Makino H, Ueda Y, Onishi A, Murata K, Amuro H, Son Y, Hara R, Hirano T, Ebina K, Katayama M, Hashimoto M, Takeuchi T

    International journal of molecular sciences   24 ( 8 )   2023年04月

     詳細を見る

  • Management of sarcopenia in patients with rheumatoid arthritis.

    Torii M, Itaya T, Minamino H, Katsushima M, Fujita Y, Tanaka H, Oshima Y, Watanabe R, Ito H, Arai H, Hashimoto M

    Modern rheumatology   33 ( 3 )   435 - 440   2023年04月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Efficacy of personalized exercise program on physical function in elderly patients with rheumatoid arthritis at high risk for sarcopenia: study protocol for a randomized controlled trial.

    Onishi A, Torii M, Hidaka Y, Uozumi R, Oshima Y, Tanaka H, Onizawa H, Fujii T, Murata K, Murakami K, Tanaka M, Matsuda S, Morinobu A, Arai H, Hashimoto M

    BMC musculoskeletal disorders   24 ( 1 )   280   2023年04月

     詳細を見る

  • Response to: 'Biases in Large Vessel Vasculitis' by Mukhtyar.

    Yamaguchi E, Kadoba K, Watanabe R, Hashimoto M, Morinobu A, Yoshifuji H

    Modern rheumatology   2023年04月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Enteric Toll-like receptor 7 stimulation causes acute exacerbation in lupus-susceptible mice.

    Takase Y, Shirakashi M, Nishida Y, Katsushima M, Onizawa H, Hiwa R, Tsuji H, Kitagori K, Akizuki S, Onishi A, Nakashima R, Murakami K, Yoshifuji H, Tanaka M, Tsuruyama T, Morinobu A, Hashimoto M

    Clinical rheumatology   42 ( 4 )   1185 - 1194   2023年04月( ISSN:0770-3198

     詳細を見る

  • CD8(+) Regulatory T Cell Deficiency in Elderly-Onset Rheumatoid Arthritis.

    Watanabe R, Kadoba K, Tamamoto A, Murata K, Murakami K, Onizawa H, Fujii T, Onishi A, Tanaka M, Ito H, Morinobu A, Hashimoto M

    Journal of clinical medicine   12 ( 6 )   2023年03月( ISSN:2077-0383

     詳細を見る

  • Rheumatic Immune-Related Adverse Events due to Immune Checkpoint Inhibitors-A 2023 Update.

    Dang QM, Watanabe R, Shiomi M, Fukumoto K, Nobashi TW, Okano T, Yamada S, Hashimoto M

    International journal of molecular sciences   24 ( 6 )   2023年03月( ISSN:16616596

     詳細を見る

  • Difficult to Treat関節リウマチと予後予測 Bio naieveの関節リウマチ患者における生物学的製剤導入時の罹病期間の違いによる臨床的・機能的寛解率に関する検討 関西多施設ANSWER cohort study

    中山 洋一, 鬼澤 秀夫, 藤井 貴之, 大西 輝, 村上 孝作, 村田 浩一, 田中 真生, 山本 渉, 槇野 秀彦, 永井 孝治, 吉田 直史, 孫 瑛洙, 片山 昌紀, 山田 啓貴, 西村 啓佑, 原 良太, 渡部 龍, 惠谷 悠紀, 蛯名 耕介, 松田 秀一, 森信 暁雄, 橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   681 - 681   2023年03月

  • 疫学1:RA/関節型JIAの治療 高齢関節リウマチ患者における疾患活動性の年次変化に関する検討 関西多施設共同研究ANSWER Cohort study

    山田 啓貴, 神野 定男, 前田 俊恒, 林 申也, 山本 渉, 大西 輝, 鬼澤 秀夫, 武内 徹, 平松 ゆり, 沖田 康孝, 蛯名 耕介, 孫 瑛洙, 吉田 直史, 渡部 龍, 原 良太, 片山 昌紀, 山下 真依, 能瀬 洋子, 山本 譲, 岡野 隆一, 西村 啓佑, 上田 洋, 千藤 荘, 橋本 求, 黒田 良祐, 三枝 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   526 - 526   2023年03月

  • 疫学1:RA/関節型JIAの治療 関節リウマチにおける免疫チェックポイント阻害薬(ICI)投与前後のRA治療内容の変化 関西多施設ANSWERコホートを用いた検討

    村上 孝作, 田中 真生, 大西 輝, 鬼澤 秀夫, 村田 浩一, 藤井 貴之, 山本 渉, 武内 徹, 平松 ゆり, 沖田 康孝, 前田 悠一, 安室 秀樹, 上田 洋, 山田 啓貴, 橋本 求, 渡部 龍, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   526 - 526   2023年03月

  • 生物学的製剤 First lineでのTNF阻害薬・IL-6阻害薬・CTLA4-Ig・JAK阻害薬におけるmono therapyの治療成績 ANSWERコホートデータから

    真本 建司, 橋本 求, 岡野 匡志, 山田 祐太郎, 山田 真介, 渡部 龍, 福本 一夫, 権 好穂, 山本 渉, 村上 孝作, 村田 浩一, 平松 ゆり, 小谷 卓矢, 惠谷 悠紀, 沖田 康孝, 吉田 直史, 安室 秀樹, 岡野 隆一, 山下 真依, 原 良太, 中村 博亮

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   603 - 603   2023年03月

  • フレイルの現状と脱却への視点 関節リウマチ患者におけるHAQの経年的変化 ANSWERコホートより

    山田 祐太郎, 岡野 匡志, 真本 建司, 橋本 求, 山田 真介, 渡部 龍, 福本 一夫, 吉田 直史, 権 好穂, 山本 渉, 大西 輝, 藤井 貴之, 槇野 秀彦, 武内 徹, 蛯名 耕介, 惠谷 悠紀, 孫 瑛洙, 岡野 隆一, 白杉 郁, 原 良太, 片山 昌紀, 中村 博亮

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   574 - 574   2023年03月

  • JAK阻害薬-4 関節リウマチ患者における生物学的製剤とJAK阻害剤の継続率にメソトレキセートとグルココルチコイドの併用が及ぼす影響についての検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    蛯名 耕介, 惠谷 悠紀, 沖田 康孝, 前田 悠一, 辻本 考平, 村田 浩一, 藤井 貴之, 岡野 隆一, 白杉 郁, 小谷 卓矢, 永井 孝治, 安室 秀樹, 孫 瑛洙, 橋本 求, 岡野 匡志, 原 良太, 山本 渉, 熊ノ郷 淳, 岡田 誠司

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   621 - 621   2023年03月

  • JAK阻害薬-4 tsDMARDsとbDMARDsにより関節リウマチ患者の非炎症性疼痛へ及ぼす効果の比較 関西多施設共同研究ANSWER Cohortを用いた検討

    山下 真依, 岡野 隆一, 白杉 郁, 山田 啓貴, 西村 啓佑, 千藤 荘, 上田 洋, 前田 俊恒, 林 申也, 山本 渉, 大西 輝, 村上 孝作, 斯波 秀行, 秦 健一郎, 辻本 考平, 蛯名 耕介, 孫 瑛洙, 吉田 直史, 原 良太, 渡部 龍, 橋本 求, 黒田 良祐, 三枝 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   621 - 621   2023年03月

  • JAK阻害薬-2 JAK阻害薬4剤の有効性比較と有効性に影響を与える因子の探索 関西多施設ANSWERコホートによる解析

    林 申也, 前田 俊恒, 山下 真依, 白杉 郁, 山本 譲, 山田 啓貴, 岡野 隆一, 西村 啓佑, 上田 洋, 神野 定男, 三枝 淳, 山本 渉, 村田 浩一, 藤井 貴之, 秦 健一郎, 吉川 紋佳, 蛯名 耕介, 惠谷 悠紀, 吉田 直史, 安室 秀樹, 原 良太, 片山 昌紀, 橋本 求, 岡野 匡志, 立花 章太郎, 黒田 良祐

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   67回   551 - 551   2023年03月

  • Construction of a T cell receptor signaling range for spontaneous development of autoimmune disease

    Tanaka A.

    Journal of Experimental Medicine   220 ( 2 )   2023年02月( ISSN:00221007

     詳細を見る

  • Baseline erythrocyte sedimentation rate level predicts long-term inhibition of radiographic progression by tocilizumab: the KURAMA cohort.

    Watanabe R, Murakami K, Fujisaki T, Ito H, Murata K, Yamamoto W, Fujii T, Onizawa H, Onishi A, Tanaka M, Morinobu A, Hashimoto M

    Immunological medicine   1 - 9   2023年01月

  • Factors associated with osteoporosis and fractures in patients with systemic lupus erythematosus: Kyoto Lupus Cohort.

    Nakajima T, Doi H, Watanabe R, Murata K, Takase Y, Inaba R, Itaya T, Iwasaki T, Shirakashi M, Tsuji H, Kitagori K, Akizuki S, Nakashima R, Onishi A, Yoshifuji H, Tanaka M, Ito H, Hashimoto M, Ohmura K, Morinobu A

    Modern rheumatology   2023年01月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Muscle Biopsy-proven Drug-induced Microscopic Polyangiitis in a Patient with Tuberculosis(和訳中)

    Kuwabara Gaku, Yamada Koichi, Tanaka Kiyomi, Nozuchi Satoshi, Imoto Waki, Shibata Wataru, Tohda Mitsunori, Kyoh Shigenori, Itoh Yoshiaki, Hashimoto Motomu, Kakeya Hiroshi

    Internal Medicine   62 ( 1 )   129 - 133   2023年01月( ISSN:0918-2918

  • Clinical profile and outcome of large-vessel giant cell arteritis in Japanese patients: A single-centre retrospective cohort study(和訳中)

    Yamaguchi Eriho, Kadoba Keiichiro, Watanabe Ryu, Iwasaki Takeshi, Kitagori Koji, Akizuki Shuji, Murakami Kosaku, Nakashima Ran, Hashimoto Motomu, Tanaka Masao, Morinobu Akio, Yoshifuji Hajime

    Modern Rheumatology   33 ( 1 )   175 - 181   2023年01月( ISSN:1439-7595

  • Estimation of Damage and Fracture Process by a Markov Process Inverse Analysis Model for Micro-sized CFRP

    Hashimoto M.

    Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan   72 ( 3 )   180 - 187   2023年( ISSN:05145163

     詳細を見る

  • How do symptoms of each joint contribute to global pain, disease activity and functional disability in rheumatoid arthritis?-A comprehensive association study using a large cohort.

    Umemoto A, Ito H, Azukizawa M, Murata K, Tanaka M, Fujii T, Onishi A, Onizawa H, Ishie S, Murakami A, Nishitani K, Murakami K, Yoshitomi H, Hashimoto M, Morinobu A, Matsuda S

    PloS one   18 ( 8 )   e0285227   2023年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0285227

    PubMed

  • Serum Concentrations of Infliximab and IL-6 for Predicting One-Year Discontinuation of Infliximab Treatment Owing to Secondary Non-response in Patients with Rheumatoid Arthritis.

    Masui S, Yonezawa A, Nakamura M, Onishi A, Hashimoto M, Onizawa H, Fujii T, Murakami K, Murata K, Tanaka M, Yokoyama K, Iwamoto N, Shimada T, Itohara K, Hira D, Nakagawa S, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsuda S, Morinobu A, Terada T, Matsubara K

    Biological & pharmaceutical bulletin   46 ( 8 )   1112 - 1119   2023年( ISSN:0918-6158

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1248/bpb.b23-00192

    PubMed

  • Present status of hepatitis medical care coordinators in regional core centers for liver disease management in Japan (second report)

    Isoda H.

    Kanzo/Acta Hepatologica Japonica   64 ( 10 )   510 - 513   2023年( ISSN:04514203

     詳細を見る

  • Late-onset rheumatoid arthritis registry study, LORIS study: study protocol and design.

    Kojima M, Kawahito Y, Sugihara T, Kojima T, Harada R, Hirata S, Hashimoto M, Hidaka T, Ishikawa H, Ito H, Kishimoto M, Kaneko Y, Matsui K, Matsui T, Matsushita I, Morinobu A, Nishida K, Tanaka E, Abe A, Ishitoku M, Asai S, Kida T, Onishi A, Takanashi S, Harigai M

    BMC rheumatology   6 ( 1 )   90   2022年12月

     詳細を見る

  • Comment on "The effect of disease-modifying anti-rheumatic drugs on skeletal muscle mass in rheumatoid arthritis patients: a systematic review with meta-analysis".

    Minamino H, Torii M, Katsushima M, Fujita Y, Hashimoto M

    Arthritis research & therapy   24 ( 1 )   245   2022年11月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Multi-ancestry genome-wide association analyses identify novel genetic mechanisms in rheumatoid arthritis.

    Ishigaki K, Sakaue S, Terao C, Luo Y, Sonehara K, Yamaguchi K, Amariuta T, Too CL, Laufer VA, Scott IC, Viatte S, Takahashi M, Ohmura K, Murasawa A, Hashimoto M, Ito H, Hammoudeh M, Emadi SA, Masri BK, Halabi H, Badsha H, Uthman IW, Wu X, Lin L, Li T, Plant D, Barton A, Orozco G, Verstappen SMM, Bowes J, MacGregor AJ, Honda S, Koido M, Tomizuka K, Kamatani Y, Tanaka H, Tanaka E, Suzuki A, Maeda Y, Yamamoto K, Miyawaki S, Xie G, Zhang J, Amos CI, Keystone E, Wolbink G, van der Horst-Bruinsma I, Cui J, Liao KP, Carroll RJ, Lee HS, Bang SY, Siminovitch KA, de Vries N, Alfredsson L, Rantapää-Dahlqvist S, Karlson EW, Bae SC, Kimberly RP, Edberg JC, Mariette X, Huizinga T, Dieudé P, Schneider M, Kerick M, Denny JC, BioBank Japan Project, Matsuda K, Matsuo K, Mimori T, Matsuda F, Fujio K, Tanaka Y, Kumanogoh A, Traylor M, Lewis CM, Eyre S, Xu H, Saxena R, Arayssi T, Kochi Y, Ikari K, Harigai M, Gregersen PK, Yamamoto K, Louis Bridges S Jr, Padyukov L, Martin J, Klareskog L, Okada Y, Raychaudhuri S

    Nature genetics   54 ( 11 )   1640 - 1651   2022年11月( ISSN:1061-4036

     詳細を見る

  • Genetic architecture underlying IgG-RF production is distinct from that of IgM-RF.

    Ai Yaku, Yuki Ishikawa, Takeshi Iwasaki, Ryosuke Hiwa, Keitaro Matsuo, Hiroh Saji, Kimiko Yurugi, Yasuo Miura, Moritoshi Furu, Hiromu Ito, Takao Fujii, Taira Maekawa, Motomu Hashimoto, Koichiro Ohmura, Tsuneyo Mimori, Chikashi Terao

    Rheumatology (Oxford, England)   2022年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    OBJECTIVE: HLA-DRB1 alleles, particularly the shared epitope (SE) alleles, are strongly associated with RA. Different genetic structures underlie the production of different autoantibodies in RA. While extensive genetic analyses were conducted for detailed profiles of ACPA, a representative autoantibody in RA, the genetic architecture underlying subfractions of RF other than IgM-RF, namely IgG-RF, known to be associated with rheumatoid vasculitis, is not well understood. METHODS: We enrolled a total of 743 RA subjects whose detailed autoantibody (IgG-RF, IgM-RF, and ACPA) data were available. We evaluated co-presence and correlations of the levels of these autoantibodies. We analyzed associations between the presence or levels of the autoantibodies and HLA-DRB1 alleles for the 743 RA patients and 2,008 healthy controls. RESULTS: We found both IgG-RF(+) and IgG-RF(-) RA subjects showed comparable associations with SE, which was not observed for the other autoantibodies. Furthermore, there was a clear difference in SE associations between IgG-RF(+) and (-) subsets; the association with the IgG-RF(+) subsets was solely driven by HLA-DRB1*04:05, the most frequent SE allele in the Japanese, while not only HLA-DRB1*04:05 but HLA-DRB1*04:01, less frequent in the Japanese but the most frequent SE in Europeans, were main drivers in IgG-RF(-) subset. We confirmed that these associations were irrespective of ACPA presence. CONCLUSION: We found a unique genetic architecture of IgG-RF(-) RA, which showed a strong association with the SE allele less frequent among Japanese but the most frequent in Europeans. The findings could shed light on uncovered RA pathology.

    DOI: 10.1093/rheumatology/keac593

    PubMed

  • Prognostic factors affecting respiratory-related death in patients with rheumatoid arthritis complicated by interstitial lung disease: An ANSWER cohort study.

    Makino H, Kotani T, Hata K, Nishioka D, Yamamoto W, Yoshikawa A, Wada Y, Hiramatsu Y, Shiba H, Nagai K, Katayama M, Son Y, Amuro H, Onishi A, Akashi K, Hara R, Hirano T, Hashimoto M, Takeuchi T

    Modern rheumatology   2022年09月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • High plasma homocysteine level is associated with increased prevalence of non-remission state in rheumatoid arthritis: findings from the KURAMA cohort.

    Katsushima M, Minamino H, Shirakashi M, Onishi A, Fujita Y, Yamamoto W, Onizawa H, Tsuji H, Watanabe R, Murakami K, Fujii T, Murata K, Tanaka M, Inagaki N, Morinobu A, Hashimoto M

    Modern rheumatology   2022年09月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Add-on Effectiveness of Methotrexate or Iguratimod in Patients with Rheumatoid Arthritis Exhibiting an Inadequate Response to Janus Kinase Inhibitors: The ANSWER Cohort Study.

    Ebina K, Hirano T, Maeda Y, Okita Y, Etani Y, Hirao M, Yamamoto W, Hashimoto M, Murata K, Onishi A, Jinno S, Hara R, Son Y, Amuro H, Kotani T, Shiba H, Katayama M, Yamamoto K, Kumanogoh A, Okada S, Nakata K

    Modern rheumatology   2022年08月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Oral dextran sulfate sodium administration induces peripheral spondyloarthritis features in SKG mice accompanied by intestinal bacterial translocation and systemic Th1 and Th17 cell activation.

    Tabuchi Y, Katsushima M, Nishida Y, Shirakashi M, Tsuji H, Onizawa H, Kitagori K, Akizuki S, Nakashima R, Murakami K, Murata K, Yoshifuji H, Tanaka M, Morinobu A, Hashimoto M

    Arthritis research & therapy   24 ( 1 )   176   2022年07月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Comment on: Plasma Pyruvate Kinase M2 as a marker of vascular inflammation in giant cell arteritis.

    Watanabe R, Hashimoto M

    Rheumatology (Oxford, England)   61 ( 7 )   e183 - e184   2022年07月( ISSN:1462-0324

  • The real-world effectiveness of anti-RANKL antibody denosumab on the clinical fracture prevention in patients with rheumatoid arthritis: The ANSWER cohort study.

    Murata K, Uozumi R, Hashimoto M, Ebina K, Akashi K, Onishi A, Nagai K, Yoshikawa A, Katayama M, Son Y, Amuro H, Hara R, Yamamoto W, Watanabe R, Murakami K, Tanaka M, Ito H, Morinobu A, Matsuda S

    Modern rheumatology   32 ( 4 )   834 - 838   2022年07月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Differential efficacy of TNF inhibitors with or without the immunoglobulin fragment crystallizable (Fc) portion in rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study.

    Nakayama Y, Watanabe R, Murakami K, Murata K, Tanaka M, Ito H, Yamamoto W, Ebina K, Hata K, Hiramatsu Y, Katayama M, Son Y, Amuro H, Akashi K, Onishi A, Hara R, Yamamoto K, Ohmura K, Matsuda S, Morinobu A, Hashimoto M

    Rheumatology international   42 ( 7 )   1227 - 1234   2022年07月( ISSN:0172-8172

     詳細を見る

  • 関節リウマチ患者の臨床的骨折予防に対する抗RANKL抗体デノスマブの実臨床効果 ANSWERコホート研究(The real-world effectiveness of anti-RANKL antibody denosumab on the clinical fracture prevention in patients with rheumatoid arthritis: The ANSWER cohort study)

    Murata Koichi, Uozumi Ryuji, Hashimoto Motomu, Ebina Kosuke, Akashi Kengo, Onishi Akira, Nagai Koji, Yoshikawa Ayaka, Katayama Masaki, Son Yonsu, Amuro Hideki, Hara Ryota, Yamamoto Wataru, Watanabe Ryu, Murakami Kosaku, Tanaka Masao, Ito Hiromu, Morinobu Akio, Matsuda Shuichi

    Modern Rheumatology   32 ( 4 )   834 - 838   2022年07月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)に伴う骨びらんの進行に適応される抗RANKLモノクローナル抗体製剤のデノスマブについて、RA患者の臨床的骨折リスクに対する有効性を後方視的に検討した。ANSWER(Kansai Consortium for Well-Being of Rheumatic Disease Patients)のコホートデータにおいて、2013年から2019年までにデノスマブ治療を受けたRA患者を対象とした。骨折率は、デノスマブ使用期間0〜6ヵ月(基準期間)と6ヵ月以降(基準期間後)の間で評価した。RA患者873例(平均68歳、女性88%、平均罹病期間14.5年)がデノスマブの投与を受けた。すべての臨床的骨折のハザード率は、基準期間では100人年当たり0.69、基準期間後では0.35であり、49.2%の減少を示した(p=0.03)。以上より、デノスマブは、RA患者における臨床的骨折リスクを抑制することが明らかになった。

  • Caspr2 autoimmune Encephalitis with COVID-19 Infection.

    M S, Gupta SB, Chamraj S

    The Journal of the Association of Physicians of India   70 ( 6 )   11 - 12   2022年06月( ISSN:0004-5772

     詳細を見る

  • Role of Lysine-Specific Demethylase 1 in Metabolically Integrating Osteoclast Differentiation and Inflammatory Bone Resorption Through Hypoxia-Inducible Factor 1α and E2F1.

    Doi K, Murata K, Ito S, Suzuki A, Terao C, Ishie S, Umemoto A, Murotani Y, Nishitani K, Yoshitomi H, Fujii T, Watanabe R, Hashimoto M, Murakami K, Tanaka M, Ito H, Park-Min KH, Ivashkiv LB, Morinobu A, Matsuda S

    Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.)   74 ( 6 )   948 - 960   2022年06月( ISSN:2326-5191

     詳細を見る

  • A Case of Muscle Biopsy-proven Drug-induced Microscopic Polyangiitis in a Patient with Tuberculosis.

    Kuwabara G, Yamada K, Tanaka K, Nozuchi S, Imoto W, Shibata W, Tohda M, Kyoh S, Itoh Y, Hashimoto M, Kakeya H

    Internal medicine (Tokyo, Japan)   advpub ( 0 )   2022年05月( ISSN:0918-2918

  • Machine learning-based prediction of relapse in rheumatoid arthritis patients using data on ultrasound examination and blood test.

    Matsuo H, Kamada M, Imamura A, Shimizu M, Inagaki M, Tsuji Y, Hashimoto M, Tanaka M, Ito H, Fujii Y

    Scientific reports   12 ( 1 )   7224   2022年05月

     詳細を見る

  • Phenotypic landscape of systemic lupus erythematosus: An analysis of the Kyoto Lupus Cohort(和訳中)

    Iwasaki Takeshi, Doi Hiroshi, Tsuji Hideaki, Tabuchi Yuya, Hashimoto Motomu, Kitagori Koji, Akizuki Shuji, Murakami Kosaku, Nakashima Ran, Yoshifuji Hajime, Yamamoto Wataru, Tanaka Masao, Ohmura Koichiro, Morinobu Akio

    Modern Rheumatology   32 ( 3 )   571 - 576   2022年05月( ISSN:1439-7595

  • Phenotypic landscape of systemic lupus erythematosus: An analysis of the Kyoto Lupus Cohort.

    Iwasaki T, Doi H, Tsuji H, Tabuchi Y, Hashimoto M, Kitagori K, Akizuki S, Murakami K, Nakashima R, Yoshifuji H, Yamamoto W, Tanaka M, Ohmura K, Morinobu A

    Modern rheumatology   32 ( 3 )   571 - 576   2022年04月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Effect of Impaired T Cell Receptor Signaling on the Gut Microbiota in a Mouse Model of Systemic Autoimmunity.

    Shirakashi M, Maruya M, Hirota K, Tsuruyama T, Matsuo T, Watanabe R, Murata K, Tanaka M, Ito H, Yoshifuji H, Ohmura K, Elewaut D, Sakaguchi S, Fagarasan S, Mimori T, Hashimoto M

    Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.)   74 ( 4 )   641 - 653   2022年04月( ISSN:2326-5191

     詳細を見る

  • Fatostatin ameliorates inflammation without affecting cell viability.

    Ma S, Murakami K, Tanaka K, Hashimoto M, Tanaka M, Kitagori K, Akizuki S, Nakashima R, Yoshifuji H, Ohmura K, Morinobu A, Mimori T

    FEBS open bio   12 ( 3 )   594 - 604   2022年03月

     詳細を見る

  • Prevalence and predictive factors of difficult-to-treat rheumatoid arthritis: the KURAMA cohort.

    Watanabe R, Hashimoto M, Murata K, Murakami K, Tanaka M, Ohmura K, Ito H, Matsuda S

    Immunological medicine   45 ( 1 )   35 - 44   2022年03月

  • Prevalence and predictive factors of difficult-to-treat rheumatoid arthritis: the KURAMA cohort(和訳中)

    Watanabe Ryu, Hashimoto Motomu, Murata Koichi, Murakami Kosaku, Tanaka Masao, Ohmura Koichiro, Ito Hiromu, Matsuda Shuichi

    Immunological Medicine   45 ( 1 )   35 - 44   2022年03月

  • Predictive value of clinical examination parameters for cardiovascular adverse events during treatment of chronic myeloid leukemia with tyrosine kinase inhibitors

    Nakamae M.

    International Journal of Hematology   115 ( 3 )   329 - 335   2022年03月( ISSN:09255710

     詳細を見る

  • 関節リウマチの治療(csDMARDs) MTXの継続率と生活習慣病の関連 関西多施設ANSWERコホートを用いた検討

    岡野 隆一, 上田 洋, 山田 啓貴, 白杉 郁, 山本 譲, 神野 定男, 西村 啓佑, 山本 渉, 沖田 康孝, 蛯名 耕介, 藤井 貴之, 村上 孝作, 安室 秀樹, 孫 瑛洙, 斯波 秀行, 武内 徹, 原 良太, 片山 昌紀, 山田 真介, 橋本 求, 三枝 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   376 - 376   2022年03月

  • 関節リウマチ患者における新型コロナウイルスワクチン接種後の液性免疫応答に関する検討

    白田 全弘, 伊藤 功朗, 大井 一成, 濱尾 信叔, 西岡 憲亮, 林 康之, 平井 豊博, 田中 真生, 村上 孝作, 村田 浩一, 伊藤 宣, 橋本 求

    感染症学雑誌   96 ( 臨増 )   139 - 139   2022年03月( ISSN:0387-5911

  • 関節リウマチ患者における新型コロナウイルスワクチン接種後の液性免疫応答に関する検討

    白田 全弘, 伊藤 功朗, 大井 一成, 濱尾 信叔, 西岡 憲亮, 林 康之, 平井 豊博, 田中 真生, 村上 孝作, 村田 浩一, 伊藤 宣, 橋本 求

    感染症学雑誌   96 ( 臨増 )   139 - 139   2022年03月( ISSN:0387-5911

  • 関節リウマチの治療(csDMARDs) MTXの継続率と生活習慣病の関連 関西多施設ANSWERコホートを用いた検討

    岡野 隆一, 上田 洋, 山田 啓貴, 白杉 郁, 山本 譲, 神野 定男, 西村 啓佑, 山本 渉, 沖田 康孝, 蛯名 耕介, 藤井 貴之, 村上 孝作, 安室 秀樹, 孫 瑛洙, 斯波 秀行, 武内 徹, 原 良太, 片山 昌紀, 山田 真介, 橋本 求, 三枝 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   376 - 376   2022年03月

  • 関節リウマチ患者に対する抗リウマチ薬による骨折低減効果 関西多施設ANSWER cohortでの検討

    村田 浩一, 橋本 求, 蛯名 耕介, 大西 輝, 原 良太, 山本 渉, 藤井 貴之, 田中 真生, 伊藤 宣, 森信 暁雄, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 2 )   S325 - S325   2022年03月( ISSN:0021-5325

  • 肥満度が関節リウマチにおける抗TNF製剤の治療効果に及ぼす影響 関西多施設ANSWERコホートを用いた検討

    村上 孝作, 鬼澤 秀夫, 藤井 貴之, 大西 輝, 村田 浩一, 田中 真生, 原 良太, 平野 亨, 蛯名 耕介, 明石 健吾, 岡野 隆一, 永井 孝治, 武内 徹, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 片山 昌紀, 山本 渉, 橋本 求, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   594 - 594   2022年03月

  • 肥満度が関節リウマチにおける抗TNF製剤の治療効果に及ぼす影響 関西多施設ANSWERコホートを用いた検討

    村上 孝作, 鬼澤 秀夫, 藤井 貴之, 大西 輝, 村田 浩一, 田中 真生, 原 良太, 平野 亨, 蛯名 耕介, 明石 健吾, 岡野 隆一, 永井 孝治, 武内 徹, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 片山 昌紀, 山本 渉, 橋本 求, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   594 - 594   2022年03月

  • リウマチ性疾患治療に影響する因子 CKD合併RA患者におけるRA治療の実態 ANSWERコホートを用いた後ろ向き調査

    山田 真介, 福本 一夫, 渡部 龍, 岡野 匡志, 山本 渉, 大西 輝, 鬼澤 秀夫, 蛯名 耕介, 前田 悠一, 山本 譲, 山田 啓貴, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 片山 昌紀, 原 良太, 武内 徹, 槇野 秀彦, 橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   480 - 480   2022年03月

  • リウマチ性疾患の疫学/コホート研究 関節リウマチに対する四季の移り変わりの影響 ANSWERコホートデータより

    沖田 康孝, 前田 悠一, 平野 亨, 蛯名 耕介, 山本 渉, 大西 輝, 鬼澤 秀夫, 武内 徹, 槇野 秀彦, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 山本 譲, 山田 啓貴, 林 申也, 前田 俊恒, 原 良太, 片山 昌紀, 渡部 龍, 橋本 求, 熊ノ郷 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   357 - 357   2022年03月

  • JAK阻害薬:安全性 関節リウマチ患者における生物学的製剤とJAK阻害剤6666例の継続率と中止理由についての検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    蛯名 耕介, 前田 悠一, 沖田 康孝, 惠谷 悠紀, 平尾 眞, 山本 渉, 橋本 求, 村田 浩一, 原 良太, 片山 昌紀, 永井 孝治, 平松 ゆり, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 藤井 貴之, 岡野 隆一, 上田 洋, 岡野 匡志, 熊ノ郷 淳, 岡田 誠司

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   351 - 351   2022年03月

  • 非TNF-α抗体製剤 アバタセプトによる長期関節破壊抑制効果 KURAMAコホートを用いた検討

    村上 孝作, 渡部 龍, 藤崎 稔晃, 山本 渉, 伊藤 宣, 村田 浩一, 藤井 貴之, 鬼澤 秀夫, 大西 輝, 田中 真生, 橋本 求, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   372 - 372   2022年03月

  • 関節リウマチ患者に対する抗リウマチ薬による骨折低減効果 関西多施設ANSWER cohortでの検討

    村田 浩一, 橋本 求, 蛯名 耕介, 大西 輝, 原 良太, 山本 渉, 藤井 貴之, 田中 真生, 伊藤 宣, 森信 暁雄, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   96 ( 2 )   S325 - S325   2022年03月( ISSN:0021-5325

  • Transitioning from paediatric to adult rheumatological healthcare: English summary of the Japanese Transition Support Guide.

    Mori M, Akioka S, Igarashi T, Inoue Y, Umebayashi H, Ohshima S, Nishiyama S, Hashimoto M, Matsui T, Miyamae T, Yasumi T

    Modern rheumatology   32 ( 2 )   248 - 255   2022年02月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • Clinical Profile and Outcome of Large-Vessel Giant Cell Arteritis in Japanese Patients: A Single-Center Retrospective Cohort Study.

    Yamaguchi E, Kadoba K, Watanabe R, Iwasaki T, Kitagori K, Akizuki S, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Tanaka M, Morinobu A, Yoshifuji H

    Modern rheumatology   2022年02月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

  • 関節リウマチ患者における新型コロナウイルスワクチン接種後の液性免疫応答に関する検討

    白田 全弘, 伊藤 功朗, 田中 真生, 村上 孝作, 橋本 求, 大井 一成, 濱尾 信叔, 西岡 憲亮, 林 康之, 平井 豊博, 村田 浩一, 伊藤 宣

    日本内科学会雑誌   111 ( Suppl. )   187 - 187   2022年02月( ISSN:0021-5384

  • 関節リウマチ患者の病勢や併存症の包括的管理における、栄養療法の役割の検討

    南野 寛人, 藤田 義人, 勝島 將夫, 橋本 求, 池田 香織, 岡村 絵美, 村上 孝作, 田中 真生, 森信 暁雄, 稲垣 暢也

    日本内科学会雑誌   111 ( Suppl. )   212 - 212   2022年02月( ISSN:0021-5384

  • 関節リウマチにおけるトシリズマブによる長期関節破壊抑制効果 KURAMAコホートを用いた予測因子の同定

    渡部 龍, 村上 孝作, 藤崎 稔晃, 鬼澤 秀夫, 大西 輝, 田中 真生, 森信 暁雄, 橋本 求

    日本内科学会雑誌   111 ( Suppl. )   186 - 186   2022年02月( ISSN:0021-5384

  • Autoantibody profiles associated with morbidity and mortality in scleroderma renal crisis.

    Tsuji H, Kuramoto N, Sasai T, Shirakashi M, Onizawa H, Kitagori K, Akizuki S, Nakashima R, Watanabe R, Onishi A, Murakami K, Yoshifuji H, Tanaka M, Hashimoto M, Ohmura K, Morinobu A

    Rheumatology (Oxford, England)   2022年01月( ISSN:1462-0324

  • Factors affecting drug retention of Janus kinase inhibitors in patients with rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study.

    Ebina K, Hirano T, Maeda Y, Yamamoto W, Hashimoto M, Murata K, Onishi A, Jinno S, Hara R, Son Y, Amuro H, Takeuchi T, Yoshikawa A, Katayama M, Yamamoto K, Okita Y, Hirao M, Etani Y, Kumanogoh A, Okada S, Nakata K

    Scientific reports   12 ( 1 )   134   2022年01月

     詳細を見る

  • Region specificity of rheumatoid foot symptoms associated with ultrasound-detected synovitis and joint destruction.

    Ishie S, Ito H, Nakabo S, Tsuji H, Nakajima T, Tsuji Y, Inagaki M, Furu M, Hashimoto M, Murata K, Murakami K, Nishitani K, Tanaka M, Fujii Y, Matsuda S

    Modern rheumatology   32 ( 1 )   127 - 135   2022年01月( ISSN:1439-7595

  • 特集 全身疾患としての乾癬 Overview "乾癬マーチ":乾癬は全身疾患である

    渡部 龍, 福本 一夫, 山田 真介, 橋本 求

    内科   129 ( 1 )   5 - 7   2022年01月( ISSN:00221961

     詳細を見る

  • Region specificity of rheumatoid foot symptoms associated with ultrasound-detected synovitis and joint destruction(和訳中)

    Ishie Shinichiro, Ito Hiromu, Nakabo Shuichiro, Tsuji Hideaki, Nakajima Toshiki, Tsuji Yuko, Inagaki Maiko, Furu Moritoshi, Hashimoto Motomu, Murata Koichi, Murakami Kosaku, Nishitani Kohei, Tanaka Masao, Fujii Yasutomo, Matsuda Shuichi

    Modern Rheumatology   32 ( 1 )   127 - 135   2022年01月( ISSN:1439-7595

  • Perceptions and behaviours related to COVID-19 in patients with rheumatoid arthritis: a cross-sectional study.

    Itaya T, Torii M, Hashimoto M, Jindai K, Yamamoto W, Tanigawa K, Urai Y, Kinoshita A, Nin K, Watanabe R, Murata K, Murakami K, Tanaka M, Ito H, Matsuda S, Morinobu A

    Clinical rheumatology   41 ( 1 )   45 - 51   2022年01月( ISSN:0770-3198

     詳細を見る

  • Vasculitogenic T Cells in Large Vessel Vasculitis.

    Watanabe R, Hashimoto M

    Frontiers in immunology   13   923582   2022年

     詳細を見る

  • Perspectives of JAK Inhibitors for Large Vessel Vasculitis.

    Watanabe R, Hashimoto M

    Frontiers in immunology   13   881705   2022年

     詳細を見る

  • Gene-microbiota interactionによる全身性自己免疫疾患の発症メカニズム

    橋本 求

    日本薬理学会年会要旨集   95 ( 0 )   2-S18-1   2022年

     詳細を見る

  • Dynamics of Type I and Type II Interferon Signature Determines Responsiveness to Anti-TNF Therapy in Rheumatoid Arthritis.

    Iwasaki T, Watanabe R, Ito H, Fujii T, Okuma K, Oku T, Hirayama Y, Ohmura K, Murata K, Murakami K, Yoshitomi H, Tanaka M, Matsuda S, Matsuda F, Morinobu A, Hashimoto M

    Frontiers in immunology   13   901437   2022年

     詳細を見る

  • Aging-Related Vascular Inflammation: Giant Cell Arteritis and Neurological Disorders.

    Watanabe R, Hashimoto M

    Frontiers in aging neuroscience   14   843305   2022年

     詳細を見る

  • Difficult-to-treat rheumatoid arthritis: Current concept and unsolved problems.

    Watanabe R, Okano T, Gon T, Yoshida N, Fukumoto K, Yamada S, Hashimoto M

    Frontiers in medicine   9   1049875   2022年( ISSN:2296-858X

     詳細を見る

  • Vasculitis associated with VEXAS syndrome: A literature review.

    Watanabe R, Kiji M, Hashimoto M

    Frontiers in medicine   9   983939   2022年( ISSN:2296-858X

     詳細を見る

  • Pathogenic role of monocytes/macrophages in large vessel vasculitis.

    Watanabe R, Hashimoto M

    Frontiers in immunology   13   859502   2022年

     詳細を見る

  • T細胞受容体シグナル伝達異常が腸内細菌叢と全身性自己免疫へ与える影響

    橋本 求

    リウマチ科   68   336 - 340   2022年

  • Correction to: Factors associated with anxiety and depression in rheumatoid arthritis patients: a cross-sectional study.

    Uda M, Hashimoto M, Uozumi R, Torii M, Fujii T, Tanaka M, Furu M, Ito H, Terao C, Yamamoto W, Sugihara G, Nakagami Y, Mimori T, Nin K

    Advances in rheumatology (London, England)   61 ( 1 )   73   2021年12月( ISSN:25233106

     詳細を見る

  • Potentially harmful excipients in neonatal medications: a multicenter nationwide observational study in Japan

    Saito J.

    Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences   7 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

  • Pain catastrophizing hinders Disease Activity Score 28 - erythrocyte sedimentation rate remission of rheumatoid arthritis in patients with normal C-reactive protein levels.

    Yoshida T, Hashimoto M, Horiguchi G, Murakami K, Murata K, Nishitani K, Watanabe R, Yamamoto W, Tanaka M, Morinobu A, Ito H, Matsuda S, Uehara R

    International journal of rheumatic diseases   24 ( 12 )   1520 - 1529   2021年12月( ISSN:1756-1841

     詳細を見る

  • The Association of Disease Activity and Estimated GFR in Patients With Rheumatoid Arthritis: Findings From the ANSWER Study.

    Onishi A, Akashi K, Yamamoto W, Ebina K, Murata K, Hara R, Katayama M, Nagai K, Hirano T, Amuro H, Son Y, Yamamoto K, Hashimoto M, Morinobu A

    American journal of kidney diseases : the official journal of the National Kidney Foundation   78 ( 5 )   761 - 764   2021年11月( ISSN:0272-6386

     詳細を見る

  • Rebleeding in patients with delayed bleeding after endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer

    Hashimoto M.

    Digestive Endoscopy   33 ( 7 )   1120 - 1130   2021年11月( ISSN:09155635

     詳細を見る

  • B cell-derived GABA elicits IL-10<sup>+</sup> macrophages to limit anti-tumour immunity.

    Zhang B, Vogelzang A, Miyajima M, Sugiura Y, Wu Y, Chamoto K, Nakano R, Hatae R, Menzies RJ, Sonomura K, Hojo N, Ogawa T, Kobayashi W, Tsutsui Y, Yamamoto S, Maruya M, Narushima S, Suzuki K, Sugiya H, Murakami K, Hashimoto M, Ueno H, Kobayashi T, Ito K, Hirano T, Shiroguchi K, Matsuda F, Suematsu M, Honjo T, Fagarasan S

    Nature   599 ( 7885 )   471 - 476   2021年11月( ISSN:0028-0836

     詳細を見る

  • Factors associated with anxiety and depression in rheumatoid arthritis patients: a cross-sectional study.

    Uda M, Hashimoto M, Uozumi R, Torii M, Fujii T, Tanaka M, Furu M, Ito H, Terao C, Yamamoto W, Sugihara G, Nakagami Y, Mimori T, Nin K

    Advances in rheumatology (London, England)   61 ( 1 )   65   2021年10月( ISSN:25233106

     詳細を見る

  • Serum vitamin D status inversely associates with a prevalence of severe sarcopenia among female patients with rheumatoid arthritis.

    Minamino H, Katsushima M, Torii M, Yamamoto W, Fujita Y, Ikeda K, Okamura E, Murakami K, Watanabe R, Murata K, Ito H, Tanaka M, Arai H, Matsuda S, Morinobu A, Inagaki N, Hashimoto M

    Scientific reports   11 ( 1 )   20485   2021年10月

     詳細を見る

  • I.関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬の役割

    渡部 龍, 山田 真介, 橋本 求

    日本内科学会雑誌   110 ( 10 )   2160 - 2165   2021年10月( ISSN:00215384

     詳細を見る

    <p>JAK(Janus kinase)阻害薬は,経口投与可能な低分子化合物であり,生物学的製剤と異なり,複数のサイトカインの細胞内シグナル伝達を阻害することにより,関節リウマチに対して有効性を示す.現在,我が国では5剤のJAK阻害薬が投与可能である.生物学的製剤と同等またはそれ以上の有効性を示すが,帯状疱疹等の副作用に注意を要する.今後,本邦における長期安全性の検証が重要である.</p>

    DOI: 10.2169/naika.110.2160

  • Clinical impact of myositis-specific autoantibodies on long-term prognosis of juvenile idiopathic inflammatory myopathies: multicentre study.

    Yamasaki Y, Kobayashi N, Akioka S, Yamazaki K, Takezaki S, Nakaseko H, Ohara A, Nishimura K, Nishida Y, Sato S, Kishi T, Hashimoto M, Mori M, Okazaki Y, Kuwana M, Ohta A

    Rheumatology (Oxford, England)   60 ( 10 )   4821 - 4831   2021年10月( ISSN:1462-0324

  • Case Report: Usefulness of Biomarkers for Alzheimer's Disease in Two Cases With Very-Late-Onset Schizophrenia-Like Psychosis

    Satake Y.

    Frontiers in Psychiatry   12   2021年09月

     詳細を見る

  • Correlation between irreversible organ damage and the quality of life of patients with systemic lupus erythematosus: The Kyoto Lupus Cohort survey.

    Takase Y, Iwasaki T, Doi H, Tsuji H, Hashimoto M, Ueno K, Inaba R, Kozuki T, Taniguchi M, Tabuchi Y, Watanabe R, Kitagori K, Akizuki S, Murakami K, Nakashima R, Yoshifuji H, Itaya T, Yamamoto W, Uozumi R, Tanaka M, Ohmura K, Morinobu A

    Lupus   30 ( 10 )   1577 - 1585   2021年09月( ISSN:0961-2033

     詳細を見る

  • Comment on: Different treatment options for Takayasu arteritis patients with moderate-to- severe aortic regurgitation: long-term outcomes.

    Kadoba K, Watanabe R, Hashimoto M, Morinobu A, Terao C, Yoshifuji H

    Rheumatology (Oxford, England)   60 ( 8 )   e290 - e291   2021年08月( ISSN:1462-0324

  • Comment on "Urinary sodium-to-potassium ratio associates with hypertension and current disease activity in patients with rheumatoid arthritis: a cross-sectional study": authors' reply.

    Minamino H, Katsushima M, Fujita Y, Hashimoto M

    Arthritis research & therapy   23 ( 1 )   195   2021年07月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Neutrophil count reduction 1 month after initiating tocilizumab can predict clinical remission within 1 year in rheumatoid arthritis patients.

    Nakajima T, Watanabe R, Hashimoto M, Murata K, Murakami K, Tanaka M, Ito H, Yamamoto W, Kitagori K, Akizuki S, Nakashima R, Yoshifuji H, Ohmura K, Matsuda S, Morinobu A

    Rheumatology international   2021年07月( ISSN:0172-8172

     詳細を見る

  • A susceptibility locus in the IL12B but not LILRA3 region is associated with vascular damage in Takayasu arteritis.

    Kadoba K, Watanabe R, Iwasaki T, Nakajima T, Kitagori K, Akizuki S, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Tanaka M, Ohmura K, Morinobu A, Terao C, Yoshifuji H

    Scientific reports   11 ( 1 )   13667   2021年07月

     詳細を見る

  • Comparison of efficacy between anti-IL-6 receptor antibody and other biological disease-modifying antirheumatic drugs in the patients with rheumatoid arthritis who have knee joint involvement: the ANSWER cohort, retrospective study.

    Maeda Y, Hirano T, Ebina K, Hara R, Hashimoto M, Yamamoto W, Murakami K, Kotani T, Hata K, Son Y, Amuro H, Onishi A, Jinno S, Katayama M, Kumanogoh A

    Rheumatology international   41 ( 7 )   1233 - 1241   2021年07月( ISSN:0172-8172

     詳細を見る

  • 正常なC反応性タンパク質濃度と赤血球沈降速度を呈する寛解状態関節リウマチ患者関節でのsuperb microvascular imaging信号検出率と予後予測能(Positive rate and prognostic significance of the superb microvascular imaging signal in joints of rheumatoid arthritis patients in remission with normal C-reactive protein levels and erythrocyte sedimentation rates)

    Matsuo Hidemasa, Tabuchi Yuya, Yukimatsu Risako, Imamura Akari, Shimizu Madoka, Inagaki Maiko, Tsuji Yuko, Nakabo Shuichiro, Tsuji Hideaki, Nakajima Toshiki, Hashimoto Motomu, Ito Hiromu, Morinobu Akio, Fujii Yasutomo

    Journal of Medical Ultrasonics   48 ( 3 )   353 - 359   2021年07月( ISSN:1346-4523

     詳細を見る

    CRP値と赤血球沈降速度(ESR)が正常値で寛解状態が維持された関節リウマチ(RA)患者において、関節に検出されるsuperb microvascular imaging(SMI)信号の検出率と再発予測としての有用性について検討した。KURAMAコホート参加者のRA患者563例のうち、適格基準を満たした患者112例(女性87例、男性25例、年齢25.6〜89.3歳)を対象に、28関節の超音波計測を行った。その結果、関節のSMI信号検出率は、中手指節(MCP)関節で20.5%、手首関節で43.8%、中足趾節(MTP)関節で17.0%、他の足関節は25.0%であった。また、関節に検出されるSMI信号の予後予測能を評価したところ、MTP関節のSMI信号総スコアのみが、寛解状態患者に比べ、再発患者では有意に高いことが明らかにされた。なお、再発予測では、ROC曲線の比較により、MTP関節のAUCが0.66と最も高値が検出され、総MTP SMIスコアの最適な閾値は1で、正確度は83.3%であることが確認された。MTP関節におけるSMI信号の陽性/陰性データは、従来の疾患活動性マーカー数値とは有意な関連性はみられなかったが、寛解状態RA患者のSMI信号検出率は手首関節が最も高率に検出されるものの、再発予測精度ではMTP関節が最も高いことから、寛解状態RA患者の再発予測には、MTP関節で検出されるSMI信号が有用と結論付けられた。

  • Positive rate and prognostic significance of the superb microvascular imaging signal in joints of rheumatoid arthritis patients in remission with normal C-reactive protein levels and erythrocyte sedimentation rates.

    Matsuo H, Tabuchi Y, Yukimatsu R, Imamura A, Shimizu M, Inagaki M, Tsuji Y, Nakabo S, Tsuji H, Nakajima T, Hashimoto M, Ito H, Morinobu A, Fujii Y

    Journal of medical ultrasonics (2001)   48 ( 3 )   353 - 359   2021年07月( ISSN:1346-4523

     詳細を見る

  • Drug retention of sarilumab, baricitinib, and tofacitinib in patients with rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study.

    Ebina K, Hirano T, Maeda Y, Yamamoto W, Hashimoto M, Murata K, Onishi A, Jinno S, Hara R, Son Y, Amuro H, Takeuchi T, Yoshikawa A, Katayama M, Yamamoto K, Hirao M, Okita Y, Kumanogoh A, Nakata K

    Clinical rheumatology   40 ( 7 )   2673 - 2680   2021年07月( ISSN:0770-3198

     詳細を見る

  • 関節リウマチ患者において、血中ビタミンD濃度が重症サルコペニアや身体能力に与える影響についての検討

    南野 寛人, 鳥井 美江, 勝島 將夫, 藤田 義人, 池田 香織, 岡村 絵美, 渡部 龍, 村上 孝作, 村田 浩一, 田中 真生, 荒井 秀典, 森信 暁雄, 稲垣 暢也, 橋本 求

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   75回   145 - 145   2021年07月

  • 関節リウマチ患者において、血中ビタミンD濃度が重症サルコペニアや身体能力に与える影響についての検討

    南野 寛人, 鳥井 美江, 勝島 將夫, 藤田 義人, 池田 香織, 岡村 絵美, 渡部 龍, 村上 孝作, 村田 浩一, 田中 真生, 荒井 秀典, 森信 暁雄, 稲垣 暢也, 橋本 求

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   75回   145 - 145   2021年07月

  • 尿中ナトリウム/カリウム比の上昇は、関節リウマチ患者において疾患活動性の上昇と相関する KURAMAデータベースを用いた検討

    磯村 望, 南野 寛人, 藤田 義人, 勝島 將夫, 橋本 求, 吉田 玉美, 池田 香織, 小栗 靖生, 村上 孝作, 渡部 龍, 村田 浩一, 田中 真生, 森信 暁雄, 稲垣 暢也

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   75回   144 - 144   2021年07月

  • 尿中ナトリウム/カリウム比の上昇は、関節リウマチ患者において疾患活動性の上昇と相関する KURAMAデータベースを用いた検討

    磯村 望, 南野 寛人, 藤田 義人, 勝島 將夫, 橋本 求, 吉田 玉美, 池田 香織, 小栗 靖生, 村上 孝作, 渡部 龍, 村田 浩一, 田中 真生, 森信 暁雄, 稲垣 暢也

    日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   75回   144 - 144   2021年07月

  • Validation and verification of the Japanese version of the systemic lupus erythematosus symptom checklist for patient quality of life.

    Doi H, Ohmura K, Tabuchi Y, Hashimoto M, Takase Y, Inaba R, Kozuki T, Iwasaki T, Taniguchi M, Kitagori K, Akizuki S, Murakami K, Nakashima R, Yoshifuji H, Yamamoto W, Tanaka M, Akio M

    Lupus   30 ( 7 )   1108 - 1115   2021年06月( ISSN:0961-2033

     詳細を見る

  • Comparison of the drug retention and reasons for discontinuation of tumor necrosis factor inhibitors and interleukin-6 inhibitors in Japanese patients with elderly-onset rheumatoid arthritis-the ANSWER cohort study.

    Jinno S, Onishi A, Dubreuil M, Hashimoto M, Yamamoto W, Murata K, Takeuchi T, Kotani T, Maeda Y, Ebina K, Son Y, Amuro H, Hara R, Katayama M, Saegusa J

    Arthritis research & therapy   23 ( 1 )   116   2021年04月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Prevalence of anxiety and depression in patients with rheumatoid arthritis before and during the COVID-19 pandemic.

    Itaya T, Torii M, Hashimoto M, Tanigawa K, Urai Y, Kinoshita A, Nin K, Jindai K, Watanabe R, Murata K, Murakami K, Tanaka M, Ito H, Matsuda S, Morinobu A

    Rheumatology (Oxford, England)   60 ( 4 )   2023 - 2024   2021年04月( ISSN:1462-0324

  • Urinary sodium-to-potassium ratio associates with hypertension and current disease activity in patients with rheumatoid arthritis: a cross-sectional study.

    Minamino H, Katsushima M, Hashimoto M, Fujita Y, Yoshida T, Ikeda K, Isomura N, Oguri Y, Yamamoto W, Watanabe R, Murakami K, Murata K, Nishitani K, Tanaka M, Ito H, Ohmura K, Matsuda S, Inagaki N, Morinobu A

    Arthritis research & therapy   23 ( 1 )   96   2021年03月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Habitual fish intake negatively correlates with prevalence of frailty among patients with rheumatoid arthritis.

    Minamino H, Katsushima M, Torii M, Hashimoto M, Fujita Y, Ikeda K, Yamamoto W, Watanabe R, Murakami K, Murata K, Nishitani K, Tanaka M, Ito H, Ohmura K, Arai H, Inagaki N, Matsuda S

    Scientific reports   11 ( 1 )   5104   2021年03月

     詳細を見る

  • 重度関節変形とpatient global assessment of diseaseは超音波検査での寛解所見と臨床的寛解との不一致に関連する 関節リウマチ患者の横断研究(Severe joint deformity and patient global assessment of disease are associated with discrepancies between sonographic and clinical remission: A cross-sectional study of rheumatoid arthritis patients)

    Nakabo Shuichiro, Tsuji Yuko, Inagaki Maiko, Tsuji Hideaki, Nakajima Toshiki, Murakami Kosaku, Terao Chikashi, Hashimoto Motomu, Furu Moritoshi, Tanaka Masao, Ito Hiromu, Fujii Takao, Mimori Tsuneyo, Fujii Yasutomo

    Modern Rheumatology   31 ( 2 )   334 - 342   2021年03月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    各種治療法を受けた関節リウマチ(RA)患者に超音波検査を行い、滑膜炎(SSS)を調べた。RA患者563例の両側2-5中手指節関節、手関節、足関節、2-5中足指節関節に対して超音波検査を実施して、グレースケールおよびパワードプラー(PD)画像を半定量的尺度で評価した。超音波所見と身体的評価との一致を評価した。トシリズマブ(TCZ)服用患者におけるmodified Total Sharp Score(mTSS)の変化を計算した。402例(女性328例、男性74例、平均63.2±12.9歳)を解析した。SSSは寛解状態であっても、より重度の関節変形の患者でより頻繁に検出された。patient global assessment of disease(PtGA)が高くてもSSSを反映しなかった。PtGAとPDスコアとの関係性は弱かった。TCZ服用患者ではSSSの頻度が高かったが、SSSの存在は必ずしもmTSSの進行をもたらさなかった。重度関節変形患者では寛解が過大評価され、高PtGAのために寛解基準を満たさない患者では過小評価される可能性があった。

  • Severe joint deformity and patient global assessment of disease are associated with discrepancies between sonographic and clinical remission: A cross-sectional study of rheumatoid arthritis patients.

    Nakabo S, Tsuji Y, Inagaki M, Tsuji H, Nakajima T, Murakami K, Terao C, Hashimoto M, Furu M, Tanaka M, Ito H, Fujii T, Mimori T, Fujii Y

    Modern rheumatology   31 ( 2 )   334 - 342   2021年03月( ISSN:1439-7595

  • 関節リウマチ患者におけるmHAQとロコモ25の比較検討

    小林 雅典, 伊藤 宣, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 田中 真生, 村上 孝作, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 2 )   S493 - S493   2021年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチ患者に対するトシリズマブ治療開始1ヵ月後の好中球数低下は1年以内の臨床的寛解を予測しうる

    中島 友也, 渡部 龍, 橋本 求, 村田 浩一, 村上 孝作, 田中 真生, 伊藤 宣, 北郡 宏次, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 大村 浩一郎, 松田 秀一, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   317 - 317   2021年03月

  • 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチ患者に対するトシリズマブ治療開始1ヵ月後の好中球数低下は1年以内の臨床的寛解を予測しうる

    中島 友也, 渡部 龍, 橋本 求, 村田 浩一, 村上 孝作, 田中 真生, 伊藤 宣, 北郡 宏次, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 大村 浩一郎, 松田 秀一, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   317 - 317   2021年03月

  • 関節リウマチの治療:生物学的製剤 関節リウマチ患者に対する抗リウマチ薬による骨折低減効果 関西多施設ANSWER Cohortでの検討

    村田 浩一, 橋本 求, 蛯名 耕介, 沖田 康孝, 大西 輝, 神野 定男, 永井 孝治, 武内 徹, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 原 良太, 山本 渉, 渡部 龍, 村上 孝作, 田中 真生, 伊藤 宣, 森信 暁雄, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   332 - 332   2021年03月

  • 関節リウマチの治療:生物学的製剤 関節リウマチ患者に対する抗リウマチ薬による骨折低減効果 関西多施設ANSWER Cohortでの検討

    村田 浩一, 橋本 求, 蛯名 耕介, 沖田 康孝, 大西 輝, 神野 定男, 永井 孝治, 武内 徹, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 原 良太, 山本 渉, 渡部 龍, 村上 孝作, 田中 真生, 伊藤 宣, 森信 暁雄, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   332 - 332   2021年03月

  • 関節リウマチの治療:生物学的製剤 関節リウマチに対するGolimumabの最適な導入量の決定に関与する患者因子の検討 関西多施設Answer cohortによる解析

    稲葉 竜太, 橋本 求, 村田 浩一, 村上 孝作, 中山 洋一, 渡部 龍, 山本 渉, 秦 健一郎, 槇野 秀彦, 前田 悠一, 蛯名 耕介, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 片山 昌紀

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   324 - 324   2021年03月

  • 関節リウマチの治療:生物学的製剤 関節リウマチに対するGolimumabの最適な導入量の決定に関与する患者因子の検討 関西多施設Answer cohortによる解析

    稲葉 竜太, 橋本 求, 村田 浩一, 村上 孝作, 中山 洋一, 渡部 龍, 山本 渉, 秦 健一郎, 槇野 秀彦, 前田 悠一, 蛯名 耕介, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 片山 昌紀

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   324 - 324   2021年03月

  • 関節リウマチの治療:csDMARD 関節リウマチに対するMTX初期治療時ステロイド併用療法の有効性 関西多施設ANSWER cohortでの検討

    原 良太, 橋本 求, 村田 浩一, 山本 渉, 永井 孝治, 平松 ゆり, 前田 悠一, 平野 亨, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 神野 定男, 片山 昌紀, 尾崎 裕亮, 川島 浩正, 新名 直樹, 城戸 顕, 赤井 靖宏, 藤本 隆, 田中 康仁

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   326 - 326   2021年03月

  • 関節リウマチの治療:csDMARD 生物学的製剤効果不十分に対するTacrolimusとIguratimodの追加効果の比較 ANSWERコホートデータの解析

    秦 健一郎, 小谷 卓矢, 山本 渉, 永井 孝治, 斯波 秀行, 吉川 紋佳, 平松 ゆり, 槇野 秀彦, 平野 亨, 沖田 康孝, 稲葉 竜太, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 片山 昌紀, 橋本 求, 武内 徹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   327 - 327   2021年03月

  • 関節リウマチの治療:csDMARD 生物学的製剤効果不十分に対するTacrolimusとIguratimodの追加効果の比較 ANSWERコホートデータの解析

    秦 健一郎, 小谷 卓矢, 山本 渉, 永井 孝治, 斯波 秀行, 吉川 紋佳, 平松 ゆり, 槇野 秀彦, 平野 亨, 沖田 康孝, 稲葉 竜太, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 片山 昌紀, 橋本 求, 武内 徹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   327 - 327   2021年03月

  • 関節リウマチ患者に対するデノスマブ使用による骨折低減効果 ANSWER cohortデータでの検討

    村田 浩一, 橋本 求, 蛯名 耕介, 大西 輝, 永井 孝治, 片山 昌紀, 安室 秀樹, 原 良太, 山本 渉, 田中 真生, 伊藤 宣, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S1149 - S1149   2021年03月( ISSN:0021-5325

  • 間質性肺炎合併関節リウマチ患者における肺関連死に及ぼす因子の検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    槇野 秀彦, 秦 健一郎, 平松 ゆり, 吉川 紋佳, 斯波 秀行, 永井 孝治, 小谷 卓矢, 山本 渉, 橋本 求, 平野 亨, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 武内 徹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   565 - 565   2021年03月

  • 運動・スポーツ習慣のある関節リウマチ患者への関節の誤使用および過使用に関するセルフケアマネジメント支援の必要性

    吉田 玉美, 伊藤 宣, 村田 浩一, 橋本 求, 村上 孝作, 田中 真生, 渡部 龍, 西谷 江平, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   711 - 711   2021年03月

  • 運動・スポーツ習慣のある関節リウマチ患者への関節の誤使用および過使用に関するセルフケアマネジメント支援の必要性

    吉田 玉美, 伊藤 宣, 村田 浩一, 橋本 求, 村上 孝作, 田中 真生, 渡部 龍, 西谷 江平, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   711 - 711   2021年03月

  • 再発性多発軟骨炎・TAFROなどの希少疾患 TAFRO症候群と特発性多中心性キャッスルマン病の臨床的特徴の比較

    西田 優理, 白柏 魅怜, 吉藤 元, 渡部 龍, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   432 - 432   2021年03月

  • 再発性多発軟骨炎・TAFROなどの希少疾患 TAFRO症候群と特発性多中心性キャッスルマン病の臨床的特徴の比較

    西田 優理, 白柏 魅怜, 吉藤 元, 渡部 龍, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   432 - 432   2021年03月

  • 全身性エリテマトーデス患者において不可逆的臓器障害がQuality of Lifeに与える影響 Kyoto Lupus Cohortでの検討

    高瀬 雄大, 岩崎 毅, 土井 啓史, 辻 英輝, 橋本 求, 上野 健太郎, 稲葉 竜太, 上月 友寛, 谷口 雅司, 田淵 裕也, 渡部 龍, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 板谷 崇央, 山本 渉, 魚住 龍史, 田中 真生, 大村 浩一郎, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   723 - 723   2021年03月

  • 全身性エリテマトーデス患者において不可逆的臓器障害がQuality of Lifeに与える影響 Kyoto Lupus Cohortでの検討

    高瀬 雄大, 岩崎 毅, 土井 啓史, 辻 英輝, 橋本 求, 上野 健太郎, 稲葉 竜太, 上月 友寛, 谷口 雅司, 田淵 裕也, 渡部 龍, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 板谷 崇央, 山本 渉, 魚住 龍史, 田中 真生, 大村 浩一郎, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   723 - 723   2021年03月

  • リハビリテーション 関節リウマチ患者におけるロコモティブシンドロームの併存状況とロコモ25の評価

    伊藤 宣, 鳥井 美江, 橋本 求, 村田 浩一, 谷河 杏介, 浦井 祐希, 板谷 崇央, 田中 真生, 村上 孝作, 渡部 龍, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   369 - 369   2021年03月

  • リハビリテーション 関節リウマチ患者におけるロコモティブシンドロームの併存状況とロコモ25の評価

    伊藤 宣, 鳥井 美江, 橋本 求, 村田 浩一, 谷河 杏介, 浦井 祐希, 板谷 崇央, 田中 真生, 村上 孝作, 渡部 龍, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   369 - 369   2021年03月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床):臓器障害 ループス腎炎の重症化・難治化リスク因子の検索・遅発性腎炎合併の影響

    土井 啓史, 大村 浩一郎, 稲葉 竜太, 門場 啓一郎, 中島 友也, 中山 洋一, 岩崎 毅, 上月 友寛, 谷口 雅司, 田淵 裕也, 渡部 龍, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 山本 渉, 田中 真生, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   374 - 374   2021年03月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床):臓器障害 ループス腎炎の重症化・難治化リスク因子の検索・遅発性腎炎合併の影響

    土井 啓史, 大村 浩一郎, 稲葉 竜太, 門場 啓一郎, 中島 友也, 中山 洋一, 岩崎 毅, 上月 友寛, 谷口 雅司, 田淵 裕也, 渡部 龍, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 山本 渉, 田中 真生, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   374 - 374   2021年03月

  • JAK阻害薬は貧血合併関節リウマチ患者において良好な継続性を示す 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討

    中山 洋一, 橋本 求, 山本 渉, 蛯名 耕介, 平野 亨, 小谷 卓矢, 斯波 秀行, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 渡部 龍, 村上 孝作, 村田 浩一, 伊藤 宣, 田中 真生, 松田 秀一, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   564 - 564   2021年03月

  • JAK阻害薬は貧血合併関節リウマチ患者において良好な継続性を示す 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討

    中山 洋一, 橋本 求, 山本 渉, 蛯名 耕介, 平野 亨, 小谷 卓矢, 斯波 秀行, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 渡部 龍, 村上 孝作, 村田 浩一, 伊藤 宣, 田中 真生, 松田 秀一, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   564 - 564   2021年03月

  • JAK2 V617遺伝子変異を伴う慢性骨髄単球性白血病に伴う腸管ベーチェット病様病変がJAK阻害薬であるルキソリチニブにより改善を認めた一例

    土井 啓史, 渡部 龍, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 大村 浩一郎, 田中 真生, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   597 - 597   2021年03月

  • JAK2 V617遺伝子変異を伴う慢性骨髄単球性白血病に伴う腸管ベーチェット病様病変がJAK阻害薬であるルキソリチニブにより改善を認めた一例

    土井 啓史, 渡部 龍, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 大村 浩一郎, 田中 真生, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   597 - 597   2021年03月

  • bDMARDs 関節リウマチ患者における生物学的DMARD/JAK阻害性モノクローナル抗体治療の有効性 ANSWER長期コホート研究について(bDMARDs Effectiveness of biological DMARD/JAK inhibitor monotherapy in patients with rheumatoid arthritis: ANSWER longitudinal cohort study)

    Onishi Akira, Jinno Sadao, Yamamoto Wataru, Watanabe Ryu, Hara Ryota, Katayama Masaki, Okita Yasutaka, Maeda Yuichi, Son Yonsu, Amuro Hideki, Yoshikawa Ayaka, Hata Kenichiro, Hashimoto Motomu, Saegusa Jun

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   492 - 492   2021年03月

  • bDMARDs bDMARD/JAKiに対して不適切な応答を示す関節リウマチ患者における異なったまたは同一の作用様式の薬剤の受容性、退薬の理由、および有効性の評価 ANSWER長期コホート研究(bDMARDs Drug with different vs same mode of action in patients with rheumatoid arthritis and an inadequate response to bDMARD/JAKi: ANSWER longitudinal cohort study)

    Onishi Akira, Jinno Sadao, Yamamoto Wataru, Murakami Kosaku, Hara Ryota, Katayama Masaki, Okita Yasutaka, Maeda Yuichi, Son Yonsu, Amuro Hideki, Hiramatsu Yuri, Takeuchi Tohru, Hashimoto Motomu, Saegusa Jun

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   493 - 493   2021年03月

  • ANCA関連血管炎における再発に関わるリスク因子の同定

    福田 啓樹, 門場 啓一郎, 渡部 龍, 吉藤 元, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   720 - 720   2021年03月

  • ANCA関連血管炎における再発に関わるリスク因子の同定

    福田 啓樹, 門場 啓一郎, 渡部 龍, 吉藤 元, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎, 森信 暁雄

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   720 - 720   2021年03月

  • 関節リウマチ患者に対するデノスマブ使用による骨折低減効果 ANSWER cohortデータでの検討

    村田 浩一, 橋本 求, 蛯名 耕介, 大西 輝, 永井 孝治, 片山 昌紀, 安室 秀樹, 原 良太, 山本 渉, 田中 真生, 伊藤 宣, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S1149 - S1149   2021年03月( ISSN:0021-5325

  • External validation of the EULAR/ACR idiopathic inflammatory myopathies classification criteria with a Japanese paediatric cohort.

    Yamazaki K, Ohta A, Akioka S, Yamasaki Y, Ohara A, Nakaseko H, Nishimura K, Kobayashi N, Nishida Y, Sato S, Takezaki S, Kishi T, Hashimoto M, Kobayashi I, Mori M, group of Juvenile Idiopathic Inflammatory Myopathies in the Research Team for Pediatric Rheumatic Disease, The Research Program for Intractable Disease of the Ministry of Health, Labor and Welfare.

    Rheumatology (Oxford, England)   60 ( 2 )   802 - 808   2021年02月( ISSN:1462-0324

  • Primary hepatic lymphoma as other iatrogenic immunodeficiency-related lymphoproliferative disorders: a case report and review of the literature.

    Tsuji H, Yoshifuji H, Shindo T, Hishizawa M, Ishida A, Fujimoto M, Kitagori K, Akizuki S, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Tanaka M, Ohmura K

    Modern rheumatology case reports   5 ( 1 )   172 - 177   2021年01月

  • 他の医原性免疫不全症関連リンパ増殖性疾患としての肝原発リンパ腫 1症例報告と文献レビュー(Primary hepatic lymphoma as other iatrogenic immunodeficiency-related lymphoproliferative disorders: a case report and review of the literature)

    Tsuji Hideaki, Yoshifuji Hajime, Shindo Takero, Hishizawa Masakatsu, Ishida Ayami, Fujimoto Masakazu, Kitagori Koji, Akizuki Shuji, Murakami Kosaku, Nakashima Ran, Hashimoto Motomu, Tanaka Masao, Ohmura Koichiro

    Modern Rheumatology Case Reports   5 ( 1 )   172 - 177   2021年

     詳細を見る

    症例は68歳男性で、発熱、咳嗽、咽頭痛を主訴に来院した。7年前に間質性肺炎を合併した多発性筋炎と診断され、プレドニゾロン(5mg)、メトトレキサート(MTX)、タクロリムス(TAC)による治療を受けた。受診時に頸部リンパ節腫脹を認めた。臨床検査で白血球数は12.3×10^3/μL、血小板数は55000/μL、C反応性蛋白質は8.4mg/dL、フェリチンは1594ng/mL(基準範囲は280.0ng/mL未満)、sIL-2Rは13200U/mL(基準範囲は121〜613U/mL)であった。EBウイルス抗体検査でVCA-IgG抗体は陽性、VCA-IgM抗体は陰性、EA抗体とEBNA抗体はいずれも陽性であった。末梢血のEBウイルスDNAのコピー数は200コピー/μg DNA(基準範囲は10コピー未満)であった。腹部超音波検査で肝臓に径1.8〜3.5cmの腫瘤を認め、腫瘤中心部は高エコーで辺縁に均等で幅の広い低エコー域(bull's eye)を認めた。生検でび漫性大細胞型B細胞リンパ腫と診断した。MTXとTACを中止したところ、血小板数、フェリチン、sIL-2Rは正常化し、肝腫瘤は消失した。

  • 乾癬患者での関節エコーによるDoppler所見の検出頻度とその臨床的意義の検討

    田淵 裕也, 本田 哲也, 橋本 求, 村田 浩一, 田中 真生, 伊藤 宣, 森信 暁雄

    日本脊椎関節炎学会誌   8 ( 2 )   57 - 65   2021年

     詳細を見る

    当科通院中で20歳以上の乾癬(PsO)患者38例を対象に、関節エコーによるDoppler所見の検出頻度について検討した。症候性17例(女性35.3%、平均64歳)、無症候性21例(女性38.1%、平均66歳)であった。エコー所見としては軽微なものが多かったが、症候性・無症候性を問わず、Doppler陽性所見を高頻度に認めた。Doppler陽性の頻度が高い部位は、症候性・無症候性ともに手関節部の関節腔、次にPIPの腱・腱傍組織であった。また、無症候性例ではcSMIで付着部炎(特にアキレス腱)と赤沈値が有意な相関を示し、アキレス腱付着部のDoppler所見は無症候性患者における炎症所見の把握に有用なマーカーとなる可能性が示唆された。

  • Potential application of measuring serum infliximab levels in rheumatoid arthritis management: A retrospective study based on KURAMA cohort data.

    Nakae K, Masui S, Yonezawa A, Hashimoto M, Watanabe R, Murata K, Murakami K, Tanaka M, Ito H, Yokoyama K, Iwamoto N, Shimada T, Nakamura M, Denda M, Itohara K, Nakagawa S, Ikemi Y, Imai S, Nakagawa T, Hayakari M, Matsubara K

    PloS one   16 ( 10 )   e0258601   2021年

  • Influence of dietary habits on depression among patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study using KURAMA cohort database.

    Minamino H, Katsushima M, Hashimoto M, Fujita Y, Torii M, Ikeda K, Isomura N, Oguri Y, Yamamoto W, Watanabe R, Murakami K, Murata K, Nishitani K, Tanaka M, Ito H, Uda M, Nin K, Arai H, Matsuda S, Morinobu A, Inagaki N

    PloS one   16 ( 8 )   e0255526   2021年

  • Increased Ratio of CD14<sup>++</sup>CD80<sup>+</sup> Cells/CD14<sup>++</sup>CD163<sup>+</sup> Cells in the Infrapatellar Fat Pad of End-Stage Arthropathy Patients.

    Ma S, Murakami K, Saito R, Ito H, Murata K, Nishitani K, Hashimoto M, Tanaka M, Taniguchi M, Kitagori K, Akizuki S, Nakashima R, Yoshifuji H, Ohmura K, Morinobu A, Mimori T

    Frontiers in immunology   12   774177   2021年

     詳細を見る

  • Favorable clinical response and drug retention of anti-IL-6 receptor inhibitor in rheumatoid arthritis with high CRP levels: the ANSWER cohort study

    Nakayama Y.

    Scandinavian Journal of Rheumatology   2021年( ISSN:03009742

     詳細を見る

  • ECG Changes Through Immunosuppressive Therapy Indicate Cardiac Abnormality in Anti-MDA5 Antibody-Positive Clinically Amyopathic Dermatomyositis.

    Matsuo T, Sasai T, Nakashima R, Kuwabara Y, Kato ET, Murakami I, Onizawa H, Akizuki S, Murakami K, Hashimoto M, Yoshifuji H, Tanaka M, Morinobu A, Mimori T

    Frontiers in immunology   12   765140   2021年

     詳細を見る

  • DSS内服によるSKGマウスの末梢性SpA病態では、真菌より細菌のtranslocationが関与し、脾臓ではTh17よりTh1の割合が増加する

    田淵 裕也, 辻 英輝, 鬼澤 秀夫, 北郡 宏次, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 村上 孝作, 大西 輝, 吉藤 元, 田中 真生, 橋本 求, 森信 暁雄

    日本脊椎関節炎学会誌   8 ( Suppl. )   S - 53   2021年

  • Study design and baseline characteristics of a population-based prospective cohort study of dementia in Japan: the Japan Prospective Studies Collaboration for Aging and Dementia (JPSC-AD)

    Ninomiya T.

    Environmental Health and Preventive Medicine   25 ( 1 )   2020年12月( ISSN:1342078X

     詳細を見る

  • Comparison of the efficacy and safety of biologic agents between elderly-onset and young-onset RA patients: the ANSWER cohort study.

    Jinno S, Onishi A, Dubreuil M, Akashi K, Hashimoto M, Yamamoto W, Murata K, Takeuchi T, Kotani T, Maeda Y, Ebina K, Son Y, Amuro H, Hara R, Katayama M, Saegusa J, Morinobu A

    Rheumatology international   40 ( 12 )   1987 - 1995   2020年12月( ISSN:0172-8172

     詳細を見る

  • Fluctuation in anti-cyclic citrullinated protein antibody level predicts relapse from remission in rheumatoid arthritis: KURAMA cohort.

    Murata K, Ito H, Hashimoto M, Murakami K, Watanabe R, Tanaka M, Yamamoto W, Matsuda S

    Arthritis research & therapy   22 ( 1 )   268   2020年11月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Correspondence on 'The use of tocilizumab and tofacitinib in patients with resolved hepatitis B infection: a case series'.

    Watanabe R, Hashimoto M, Morinobu A

    Annals of the rheumatic diseases   2020年11月( ISSN:0003-4967

  • Efficacy of plasma exchange in anti-MDA5-positive dermatomyositis with interstitial lung disease under combined immunosuppressive treatment.

    Shirakashi M, Nakashima R, Tsuji H, Tanizawa K, Handa T, Hosono Y, Akizuki S, Murakami K, Hashimoto M, Yoshifuji H, Ohmura K, Mimori T

    Rheumatology (Oxford, England)   59 ( 11 )   3284 - 3292   2020年11月( ISSN:1462-0324

  • Association of anti-NR2 and U1RNP antibodies with neurotoxic inflammatory mediators in cerebrospinal fluid from patients with neuropsychiatric systemic lupus erythematosus.

    Kondo-Ishikawa S, Fujii T, Ishigooka N, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Yoshifuji H, Tanaka M, Ohmura K, Mimori T

    Lupus   29 ( 13 )   1673 - 1682   2020年11月( ISSN:0961-2033

     詳細を見る

  • 患者志向(patient-oriented)超音波による関節選択の実施可能性 関節リウマチを対象とした横断的観察研究(Feasibility of patient-oriented ultrasound joint selection: Cross-sectional observational study on rheumatoid arthritis)

    Kawahara Rie, Nakabo Shuichiro, Shimizu Madoka, Yamamoto Hiroko, Sasai Tsuneo, Nishida Yuri, Funakoshi Sohei, Gon Yoshie, Taniguchi Masashi, Nakajima Toshiki, Hiwa Ryosuke, Hashimoto Motomu, Tomizawa Takuya, Azukizawa Masayuki, Nishitani Kohei, Murata Koichi, Tanaka Masao, Ito Hiromu, Mimori Tsuneyo, Fujii Yasutomo

    Modern Rheumatology   30 ( 6 )   975 - 981   2020年11月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)患者において患者志向(patient-oriented)の関節選択法を確立し、患者の自己評価と超音波で検出した炎症との一致度を評価し、さらにそれらの矛盾に寄与する因子を解明した。RA患者492例(女性84%、中央値66歳)の両側中手指節間関節(MCP)、(近位)指節間関節(PIP/IP)、手首関節を超音波で評価した。医師が臨床評価を行い、患者の自覚症状について質問票調査を実施した。全22関節の超音波スコア(US22)と、患者志向の有痛関節の超音波スコア(PtUS)との関連は中等度で、US22と医師志向の圧痛や腫脹の関節との相関は弱かった。これらの相関は片側第2MCP、第3MCP、第2PIP、第3PIP、手首関節といったあらかじめ選択した五つの関節のUSスコアの合計値とUS22の相関よりも弱かった。有痛関節を5以上有する患者に焦点を当てると、PtUSとUS22の相関は顕著に強力であった。

  • Feasibility of patient-oriented ultrasound joint selection: Cross-sectional observational study on rheumatoid arthritis.

    Kawahara R, Nakabo S, Shimizu M, Yamamoto H, Sasai T, Nishida Y, Funakoshi S, Gon Y, Taniguchi M, Nakajima T, Hiwa R, Hashimoto M, Tomizawa T, Azukizawa M, Nishitani K, Murata K, Tanaka M, Ito H, Mimori T, Fujii Y

    Modern rheumatology   30 ( 6 )   975 - 981   2020年11月( ISSN:1439-7595

  • 関節超音波検査・血液検査データを組み合わせた機械学習による関節リウマチの再燃予測

    松尾 英将, 青木 沙央梨, 橋本 求, 伊藤 宣, 松田 秀一, 鎌田 真由美, 藤井 康友

    超音波医学   47 ( Suppl. )   S175 - S175   2020年11月( ISSN:1346-1176

  • Long-term follow-up of patients with anti-cyclic citrullinated peptide antibody-positive connective tissue disease: a retrospective observational study including information on the HLA-DRB1 allele and citrullination dependency.

    Iwasaki T, Nakabo S, Terao C, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Miura Y, Yurugi K, Maekawa T, van Delft MAM, Trouw LA, Fujii T, Mimori T, Ohmura K

    Arthritis research & therapy   22 ( 1 )   248   2020年10月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Soluble Lectin-like Oxidized Low-Density Lipoprotein Receptor 1 Predicts the Changes of Rheumatoid Factor Titers in Rheumatoid Arthritis.

    Okahata A, Ito H, Furu M, Ishikawa M, Fujii T, Hashimoto M, Tanaka M, Morita Y, Azukizawa M, Tomizawa T, Doi K, Nishitani K, Murata K, Yoshitomi H, Mimori T, Matsuda S

    Journal of clinical rheumatology : practical reports on rheumatic & musculoskeletal diseases   26 ( 7 )   295 - 300   2020年10月( ISSN:1076-1608

  • 関節リウマチ患者における血清アディポネクチン増加は独立した疾患活動性マーカーである KURAMAコホートを用いた横断研究

    勝島 將夫, 南野 寛人, 吉田 玉美, 橋本 求, 藤田 義人, 白柏 魅怜, 山本 渉, 村上 孝作, 村田 浩一, 西谷 江平, 田中 真生, 伊藤 宣, 稲垣 暢也, 松田 秀一

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   48回   119 - 119   2020年10月

  • 強皮症腎クリーゼにおける自己抗体に関する後ろ向き研究

    辻 英輝, 藏本 伸生, 白柏 魅怜, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   48回   119 - 119   2020年10月

  • 強皮症腎クリーゼにおける自己抗体に関する後ろ向き研究

    辻 英輝, 藏本 伸生, 白柏 魅怜, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   48回   119 - 119   2020年10月

  • 2種のDopplerモードとそれらのgain変化の比較による臨床的寛解RA患者の手指関節の評価法最適化の検討

    今村 朱里, 田淵 裕也, 橋本 求, 松尾 英将, 藤井 康友

    臨床病理   68 ( 補冊 )   153 - 153   2020年10月( ISSN:0047-1860

  • 関節リウマチ患者の深寛解評価における関節超音波検査の有用性

    松尾 英将, 行松 理紗子, 田淵 裕也, 今村 朱里, 橋本 求, 伊藤 宣, 藤井 康友

    臨床病理   68 ( 補冊 )   258 - 258   2020年10月( ISSN:0047-1860

  • Role of JAK-STAT signaling in the pathogenic behavior of fibroblast-like synoviocytes in rheumatoid arthritis: Effect of the novel JAK inhibitor peficitinib.

    Emori T, Kasahara M, Sugahara S, Hashimoto M, Ito H, Narumiya S, Higashi Y, Fujii Y

    European journal of pharmacology   882   173238   2020年09月( ISSN:0014-2999

  • Drug retention of secondary biologics or JAK inhibitors after tocilizumab or abatacept failure as first biologics in patients with rheumatoid arthritis -the ANSWER cohort study.

    Ebina K, Hirano T, Maeda Y, Yamamoto W, Hashimoto M, Murata K, Takeuchi T, Nagai K, Son Y, Amuro H, Onishi A, Jinno S, Hara R, Katayama M, Yamamoto K, Kumanogoh A, Hirao M

    Clinical rheumatology   39 ( 9 )   2563 - 2572   2020年09月( ISSN:0770-3198

     詳細を見る

  • Elucidation of disease mechanisms underlying rheumatic immune-related adverse events may lead to novel therapeutic strategies for autoimmune diseases.

    Watanabe R, Hashimoto M

    Annals of the rheumatic diseases   2020年08月( ISSN:0003-4967

  • 関節リウマチの治療(分子標的薬) 関節リウマチの疾患活動性に対するTNF阻害薬のローディング効果 関西多施設ANSWER cohortデータでの検討

    原 良太, 橋本 求, 田村 浩一, 村上 孝作, 山本 渉, 武内 徹, 永井 孝治, 蛯名 耕介, 前田 悠一, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 片山 昌紀, 西村 友美子, 新名 直樹, 城戸 顕, 赤井 靖宏, 藤本 隆, 田中 康仁

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   480 - 480   2020年08月

  • 関節リウマチ患者における血清アディポネクチン値と体組成の疾患活動度・治療抵抗性指標としての有用性の検討

    南野 寛人, 藤田 義人, 勝島 將夫, 橋本 求, 吉田 玉美, 白柏 魅怜, 村上 孝作, 村田 浩一, 西谷 江平, 田中 真生, 伊藤 宣, 稲垣 暢也

    日本内分泌学会雑誌   96 ( 1 )   255 - 255   2020年08月( ISSN:0029-0661

  • 関節リウマチ患者において、上肢の機能破壊に対して関節症状が与える影響の検討

    土井 浩平, 伊藤 宣, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 田中 真生, 村上 孝作, 富澤 琢也, 石江 慎一郎, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   632 - 632   2020年08月

  • 関節リウマチ患者において、上肢の機能破壊に対して関節症状が与える影響の検討

    土井 浩平, 伊藤 宣, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 田中 真生, 村上 孝作, 富澤 琢也, 石江 慎一郎, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   632 - 632   2020年08月

  • 関節リウマチの治療評価と予測 高力価RF関節リウマチに対するFcを持たないTNF阻害薬の有効性 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討

    中山 洋一, 橋本 求, 山本 渉, 蛯名 耕介, 秦 健一郎, 平松 ゆり, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 明石 健吾, 大西 輝, 原 良太, 村上 孝作, 村田 浩一, 西谷 江平, 伊藤 宣, 田中 真生, 大村 浩一郎, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   457 - 457   2020年08月

  • 関節リウマチの治療評価と予測 高力価RF関節リウマチに対するFcを持たないTNF阻害薬の有効性 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討

    中山 洋一, 橋本 求, 山本 渉, 蛯名 耕介, 秦 健一郎, 平松 ゆり, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 明石 健吾, 大西 輝, 原 良太, 村上 孝作, 村田 浩一, 西谷 江平, 伊藤 宣, 田中 真生, 大村 浩一郎, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   457 - 457   2020年08月

  • 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチの治療経過における有所見関節の分布 ANSWERコホート

    平野 亨, 前田 悠一, 蛯名 耕介, 橋本 求, 山本 渉, 村上 孝作, 小谷 卓矢, 秦 健一郎, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 神野 定男, 大西 輝, 原 良太, 熊ノ郷 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   457 - 457   2020年08月

  • 関節リウマチの治療評価と予測 炎症反応が生物学的製剤の継続率に及ぼす影響 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討

    中山 洋一, 橋本 求, 山本 渉, 蛯名 耕介, 秦 健一郎, 平松 ゆり, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 明石 健吾, 大西 輝, 原 良太, 村上 孝作, 村田 浩一, 西谷 江平, 伊藤 宣, 田中 真生, 大村 浩一郎, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   457 - 457   2020年08月

  • 関節リウマチの治療評価と予測 炎症反応が生物学的製剤の継続率に及ぼす影響 関西多施設ANSWER cohortを用いた検討

    中山 洋一, 橋本 求, 山本 渉, 蛯名 耕介, 秦 健一郎, 平松 ゆり, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 明石 健吾, 大西 輝, 原 良太, 村上 孝作, 村田 浩一, 西谷 江平, 伊藤 宣, 田中 真生, 大村 浩一郎, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   457 - 457   2020年08月

  • 関節リウマチの治療(有効性・寛解) 関節リウマチ患者における生物学的製剤4314例のBio naieveとBio switch症例での継続率と中止理由についての比較検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    蛯名 耕介, 平野 亨, 前田 悠一, 山本 渉, 橋本 求, 村田 浩一, 武内 徹, 斯波 秀行, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 熊ノ郷 淳, 平尾 眞

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   397 - 397   2020年08月

  • 関節リウマチの治療(有効性・寛解) 膝関節罹患の関節リウマチ患者には、抗IL-6受容体抗体が有効である 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    前田 悠一, 平野 亨, 原 良太, 橋本 求, 山本 渉, 蛯名 耕介, 村上 孝作, 小谷 卓矢, 秦 健一郎, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 神野 定男, 片山 昌紀, 熊ノ郷 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   397 - 397   2020年08月

  • 関節リウマチの治療(分子標的薬) 関節リウマチの疾患活動性に対するTNF阻害薬のローディング効果 関西多施設ANSWER cohortデータでの検討

    原 良太, 橋本 求, 田村 浩一, 村上 孝作, 山本 渉, 武内 徹, 永井 孝治, 蛯名 耕介, 前田 悠一, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 片山 昌紀, 西村 友美子, 新名 直樹, 城戸 顕, 赤井 靖宏, 藤本 隆, 田中 康仁

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   480 - 480   2020年08月

  • ANSWER cohortにおける高齢RA患者の治療実態 EORAと高齢化したYORAとの比較

    安室 秀樹, 孫 瑛洙, 橋本 求, 村田 浩一, 山本 渉, 武内 徹, 平松 ゆり, 平野 亨, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 片山 昌紀, 尾崎 吉郎, 野村 昌作

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   548 - 548   2020年08月

  • 間質性肺炎合併関節リウマチに対するJAK阻害薬の効果 ANSWER Cohortデータでの検討

    斯波 秀行, 橋本 求, 山本 渉, 松尾 崇史, 槇野 秀彦, 平松 ゆり, 吉川 紋佳, 永井 孝治, 秦 健一郎, 小谷 卓矢, 武内 徹, 前田 悠一, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 荒若 繁樹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   726 - 726   2020年08月

  • 看護 痛みの破局的思考を有する関節リウマチ患者の臨床的特徴と臨床的寛解との関係

    吉田 玉美, 橋本 求, 村上 孝作, 村田 浩一, 西谷 江平, 田中 真生, 伊藤 宣, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   471 - 471   2020年08月

  • 看護 痛みの破局的思考を有する関節リウマチ患者の臨床的特徴と臨床的寛解との関係

    吉田 玉美, 橋本 求, 村上 孝作, 村田 浩一, 西谷 江平, 田中 真生, 伊藤 宣, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   471 - 471   2020年08月

  • 妊娠・出産・移行医療 妊娠・出産した関節リウマチ(RA)患者の周産期間中の治療内容・疾患活動性及び母児転帰についての実態調査及び検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    平松 ゆり, 中村 英里, 槇野 秀彦, 吉川 紋佳, 斯波 秀行, 永井 孝治, 秦 健一郎, 小谷 卓矢, 武内 徹, 松村 洋子, 橋本 求, 山本 奈つき, 山本 渉, 村上 孝作, 平野 亨, 前田 悠一, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 荒若 繁樹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   505 - 505   2020年08月

  • 妊娠・出産・移行医療 妊娠・出産した関節リウマチ(RA)患者の周産期間中の治療内容・疾患活動性及び母児転帰についての実態調査及び検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    平松 ゆり, 中村 英里, 槇野 秀彦, 吉川 紋佳, 斯波 秀行, 永井 孝治, 秦 健一郎, 小谷 卓矢, 武内 徹, 松村 洋子, 橋本 求, 山本 奈つき, 山本 渉, 村上 孝作, 平野 亨, 前田 悠一, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 荒若 繁樹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   505 - 505   2020年08月

  • 大型血管炎 肺動脈病変を有する高安動脈炎の臨床的特徴

    向山 宙希, 田中 望美, 白柏 魅怜, 吉藤 元, 北郡 宏次, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 村上 孝作, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   375 - 375   2020年08月

  • 大型血管炎 肺動脈病変を有する高安動脈炎の臨床的特徴

    向山 宙希, 田中 望美, 白柏 魅怜, 吉藤 元, 北郡 宏次, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 村上 孝作, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   375 - 375   2020年08月

  • 多発性筋炎に対する免疫抑制療法中に多発肝腫瘤と血球貪食症候群を認め、リンパ増殖性疾患と診断した一例

    辻 英輝, 吉藤 元, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   616 - 616   2020年08月

  • 多発性筋炎に対する免疫抑制療法中に多発肝腫瘤と血球貪食症候群を認め、リンパ増殖性疾患と診断した一例

    辻 英輝, 吉藤 元, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   616 - 616   2020年08月

  • リウマチ性疾患の画像 AIによる関節リウマチ患者の骨びらん評価法の開発

    橋本 求, 村上 孝作, 藤崎 稔晃, 山本 渉, 山本 景一, 村田 浩一, 西谷 江平, 伊藤 宣, 田中 真生, 大村 浩一郎, 松田 秀一, 株式会社シーエーシーヘルスケアITグループ

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   420 - 420   2020年08月

  • リウマチ性疾患の画像 AIによる関節リウマチ患者の骨びらん評価法の開発

    橋本 求, 村上 孝作, 藤崎 稔晃, 山本 渉, 山本 景一, 村田 浩一, 西谷 江平, 伊藤 宣, 田中 真生, 大村 浩一郎, 松田 秀一, 株式会社シーエーシーヘルスケアITグループ

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   420 - 420   2020年08月

  • デノスマブの使用は関節温存足趾形成術において骨癒合を遷延させうる

    村田 浩一, 伊藤 宣, 西谷 江平, 橋本 求, 村上 孝作, 田中 真生, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   574 - 574   2020年08月

  • デノスマブの使用は関節温存足趾形成術において骨癒合を遷延させうる

    村田 浩一, 伊藤 宣, 西谷 江平, 橋本 求, 村上 孝作, 田中 真生, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   574 - 574   2020年08月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデス患者の低疾患活動性・寛解達成がQOLに与える影響

    上月 友寛, 土井 啓史, 田淵 裕也, 山本 渉, 橋本 求, 稲葉 竜太, 岩崎 毅, 谷口 雅司, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   379 - 379   2020年08月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデス患者の低疾患活動性・寛解達成がQOLに与える影響

    上月 友寛, 土井 啓史, 田淵 裕也, 山本 渉, 橋本 求, 稲葉 竜太, 岩崎 毅, 谷口 雅司, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   379 - 379   2020年08月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデスの新規疾患特異的Patient Reported Outcome測定ツールの作成 日本語版SLE Symptom Checklist

    土井 啓史, 田淵 裕也, 橋本 求, 稲葉 竜太, 上月 友寛, 岩崎 毅, 谷口 雅司, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 山本 渉, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   379 - 379   2020年08月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデスの新規疾患特異的Patient Reported Outcome測定ツールの作成 日本語版SLE Symptom Checklist

    土井 啓史, 田淵 裕也, 橋本 求, 稲葉 竜太, 上月 友寛, 岩崎 毅, 谷口 雅司, 北郡 宏次, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 山本 渉, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   379 - 379   2020年08月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデスに対するベリムマブ投与でのステロイド減量効果の検討 抗DNA抗体の有無で効果は異なるか?

    笹井 恒雄, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   489 - 489   2020年08月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) 全身性エリテマトーデスに対するベリムマブ投与でのステロイド減量効果の検討 抗DNA抗体の有無で効果は異なるか?

    笹井 恒雄, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   489 - 489   2020年08月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) SLEにおける医師と患者による病勢評価の解離とそれに関連する因子の解析

    稲葉 竜太, 土井 啓史, 谷口 雅司, 橋本 求, 上月 友寛, 岩崎 毅, 田淵 裕也, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 山本 渉, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   378 - 378   2020年08月

  • SLE・抗リン脂質抗体症候群(臨床) SLEにおける医師と患者による病勢評価の解離とそれに関連する因子の解析

    稲葉 竜太, 土井 啓史, 谷口 雅司, 橋本 求, 上月 友寛, 岩崎 毅, 田淵 裕也, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 山本 渉, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   378 - 378   2020年08月

  • JAK阻害剤 関節リウマチ患者におけるバリシチニブとトファシチニブの継続率と中止理由についての比較検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    蛯名 耕介, 平野 亨, 前田 悠一, 山本 渉, 橋本 求, 村田 浩一, 武内 徹, 斯波 秀行, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 熊ノ郷 淳, 平尾 眞

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   411 - 411   2020年08月

  • Bone and joint 関節リウマチ患者の骨折整復に対するデノスマブのリアルワールドでの有効性 ANSWER cohort study(Real-world effectiveness of denosumab on clinical fracture reduction in patients with rheumatoid arthritis-ANSWER cohort study)

    Murata Koichi, Hashimoto Motomu, Ebina Kosuke, Akashi Kengo, Onishi Akira, Nagai Koji, Yoshikawa Ayaka, Katayama Masaki, Son Yonsu, Amuro Hideki, Hara Ryota, Yamamoto Wataru, Murakami Kosaku, Tanaka Masao, Ito Hiromu, Matsuda Shuichi

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   343 - 343   2020年08月

  • ANSWER cohortデータベースを用いた間質性肺炎合併関節リウマチの死因に関する検討

    槇野 秀彦, 小谷 卓矢, 秦 健一郎, 永井 孝治, 吉川 紋佳, 斯波 秀行, 平松 ゆり, 武内 徹, 橋本 求, 村田 浩一, 村上 孝作, 松尾 崇史, 山本 渉, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 神野 定男, 原 良太, 平野 亨, 中山 洋一, 山本 奈つき, 山本 景一, 荒若 繁樹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   558 - 558   2020年08月

  • ANSWER cohortデータベースを用いた間質性肺炎合併関節リウマチの死因に関する検討

    槇野 秀彦, 小谷 卓矢, 秦 健一郎, 永井 孝治, 吉川 紋佳, 斯波 秀行, 平松 ゆり, 武内 徹, 橋本 求, 村田 浩一, 村上 孝作, 松尾 崇史, 山本 渉, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 神野 定男, 原 良太, 平野 亨, 中山 洋一, 山本 奈つき, 山本 景一, 荒若 繁樹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   558 - 558   2020年08月

  • 血清トリヨードチロニンが低値の関節リウマチ患者における持続性貧血と低アルブミン血症(Persistent anemia and hypoalbuminemia in rheumatoid arthritis patients with low serum triiodothyronine level)

    Tsuji Hideaki, Hashimoto Motomu, Harada Takanari, Tanaka Masao, Ito Hiromu, Murakami Kosaku, Ohmura Koichiro, Fujii Takao, Mimori Tsuneyo

    Modern Rheumatology   30 ( 4 )   640 - 647   2020年07月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    血清遊離トリヨードチロニン(fT3)が低値の関節リウマチ(RA)患者の臨床的特徴を判定した。2011年5月〜2013年3月に当施設に初来院したRA患者に対して、血清fT3、fT4、甲状腺刺激ホルモンを評価し、2015年1月8日までに再評価した。初回測定での甲状腺機能に基づいて、RA患者を、抗甲状腺抗体がなくfT3が低値のI群とfT3が正常値または高値のII群に分け、RA治療前後で臨床的特徴を比較した。抗甲状腺薬を服用した患者または抗甲状腺抗体を有する患者を除外した331例をI群20例(女性70%、中央値71歳)とII群311例(女性77%、中央値60歳)に分けた。I群はII群と比較して高齢、disease activity score 28(DAS28)スコア高値、Steinbrocker病期進行、健康評価質問表スコア高値、BMI低値、ヘモグロビン低値、アルブミン低値を示した。RA治療後、血清fT3値はI群10例で正常値に回復し、残り10例ではfT3低値が継続した。両群ともDAS28スコアが同様に改善したが、fT3低値継続群では貧血と低アルブミン血症が正常化しなかった。

  • Persistent anemia and hypoalbuminemia in rheumatoid arthritis patients with low serum triiodothyronine level.

    Tsuji H, Hashimoto M, Harada T, Tanaka M, Ito H, Murakami K, Ohmura K, Fujii T, Mimori T

    Modern rheumatology   30 ( 4 )   640 - 647   2020年07月( ISSN:1439-7595

  • Drug retention of 7 biologics and tofacitinib in biologics-naïve and biologics-switched patients with rheumatoid arthritis: the ANSWER cohort study.

    Ebina K, Hirano T, Maeda Y, Yamamoto W, Hashimoto M, Murata K, Takeuchi T, Shiba H, Son Y, Amuro H, Onishi A, Akashi K, Hara R, Katayama M, Yamamoto K, Kumanogoh A, Hirao M

    Arthritis research & therapy   22 ( 1 )   142   2020年06月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Predicting factors for disappearance of anti-mutated citrullinated vimentin antibodies in sera of patients with rheumatoid arthritis.

    Ishigooka N, Fujii T, Abe H, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Yoshifuji H, Tanaka M, Ito H, Ohmura K, Morita S, Mimori T

    Modern rheumatology   30 ( 3 )   450 - 457   2020年05月( ISSN:1439-7595

  • 関節リウマチ患者の血清中抗変異シトルリン化ビメンチン抗体陰性化の予測因子(Predicting factors for disappearance of anti-mutated citrullinated vimentin antibodies in sera of patients with rheumatoid arthritis)

    Ishigooka Nozomi, Fujii Takao, Abe Hiroyasu, Murakami Kosaku, Nakashima Ran, Hashimoto Motomu, Yoshifuji Hajime, Tanaka Masao, Ito Hiromu, Ohmura Koichiro, Morita Satoshi, Mimori Tsuneyo

    Modern Rheumatology   30 ( 3 )   450 - 457   2020年05月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)患者の血清中における抗変異シトルリン化ビメンチン(MCV)抗体陰性化の頻度、臨床的意義、予測因子を後ろ向きに検討した。ベースライン時点のDisease Activity Score-28 activity with erythrocyte sedimentation rateが中等度から重度のRA患者95例(女性85.2%、平均64.9±11.0歳)を対象に、2013年と2014年にELISA法により抗MCV抗体と抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)を測定した。胸部CT画像から間質性肺疾患を調べ、Krebs von de Lungen-6(KL-6)と肺サーファクタント蛋白質Dを測定した。抗CCP抗体の陽性率は2013年と2014年で変化がなかったが、抗MCV抗体の陽性率は71.5%から61.0%に変化し、19.0%の患者で抗MCV抗体価が陽性から陰性に変化した。多変量解析では、生物学的疾患修飾性抗リウマチ薬の使用率の高さ、5.0mg/日以上のプレドニゾロン投与、191U/mL未満のKL-6値が抗MCV抗体陰性化の予測因子であることが示された。抗MCV抗体陰性化は臨床的および放射線学的改善とは関連しなかった。

  • 活性化好中球はNETosisとは無関係にmyeloperoxidaseおよび活性酸素種の放出によりalbuminをカルバミル化する(Activated neutrophil carbamylates albumin via the release of myeloperoxidase and reactive oxygen species regardless of NETosis)

    Nakabo Shuichiro, Ohmura Koichiro, Akizuki Shuji, Murakami Kosaku, Nakashima Ran, Hashimoto Motomu, Yoshifuji Hajime, Tanaka Masao, Mimori Tsuneyo

    Modern Rheumatology   30 ( 2 )   345 - 349   2020年03月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    NETosisによるカルバミル化の誘発について検討した。Diphenyleneiodonium(DPI)、Cl-amidine、4-aminobenzoic acid hydrazide(4-ABAH)、Neutrophil elastase inhibitor(GW311616A)をそれぞれ前投与した健常被験者から好中球を分離し、8時間の培養後にAlbuminのカルバミル化を評価した。活性化好中球培地ではAlbuminのカルバミル化が検出された。Phorbol 12-myristate 13-acetateによる刺激下ではNETosisが観察された。DPIや4-ABAHはAlbuminのカルバミル化とNETosisを阻害し、GW311616AはNETosisを阻害した。Cl-amidineはカルバミル化やNETosisを阻害しなかった。活性化好中球によるAlbuminのカルバミル化はReactive oxygen speciesとMPOに依存しており、NETosisは必要ではなかった。

  • Multicenter Prospective Study of the Efficacy and Safety of Combined Immunosuppressive Therapy With High-Dose Glucocorticoid, Tacrolimus, and Cyclophosphamide in Interstitial Lung Diseases Accompanied by Anti-Melanoma Differentiation-Associated Gene 5-Positive Dermatomyositis.

    Tsuji H, Nakashima R, Hosono Y, Imura Y, Yagita M, Yoshifuji H, Hirata S, Nojima T, Sugiyama E, Hatta K, Taguchi Y, Katayama M, Tanizawa K, Handa T, Uozumi R, Akizuki S, Murakami K, Hashimoto M, Tanaka M, Ohmura K, Mimori T

    Arthritis & rheumatology (Hoboken, N.J.)   72 ( 3 )   488 - 498   2020年03月( ISSN:2326-5191

     詳細を見る

  • Activated neutrophil carbamylates albumin <i>via</i> the release of myeloperoxidase and reactive oxygen species regardless of NETosis.

    Nakabo S, Ohmura K, Akizuki S, Murakami K, Nakashima R, Hashimoto M, Yoshifuji H, Tanaka M, Mimori T

    Modern rheumatology   30 ( 2 )   345 - 349   2020年03月( ISSN:1439-7595

  • 関節リウマチ患者においてMMP-3値に各関節の症状がどれだけ寄与するか

    梅本 啓央, 伊藤 宣, 小豆澤 勝幸, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 田中 真生, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S830 - S830   2020年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチ患者の足部超音波検査の臨床的意義

    石江 慎一郎, 伊藤 宣, 村田 浩一, 西谷 江平, 富澤 琢也, 土井 浩平, 梅本 啓央, 橋本 求, 田中 真生, 村上 孝作, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S606 - S606   2020年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチの家族歴は病初期の疾患活動性や治療の反応性に影響するか ANSWER Cohort

    村田 浩一, 橋本 求, 蛯名 耕介, 原 良太, 山本 渉, 村上 孝作, 田中 真生, 伊藤 宣, 三森 経世, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S1150 - S1150   2020年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチのロコモ対策 関節リウマチにおけるフレイルの実態

    伊藤 宣, 布留 守敏, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 村上 孝作, 田中 真生, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S450 - S450   2020年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチに対するローディングTNF阻害薬の臨床効果の検討

    原 良太, 橋本 求, 村田 浩一, 村上 孝作, 山本 渉, 蛯名 耕介, 城戸 顕, 田中 康仁

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 2 )   S150 - S150   2020年03月( ISSN:0021-5325

  • The family history of rheumatoid arthritis in anti-cyclic citrullinated peptide antibody-positive patient is not a predictor of poor clinical presentation and treatment response with modern classification criteria and treatment strategy: the ANSWER cohort study.

    Murata K, Hashimoto M, Yamamoto W, Son Y, Amuro H, Nagai K, Takeuchi T, Katayama M, Maeda Y, Ebina K, Hara R, Jinno S, Onishi A, Murakami K, Tanaka M, Ito H, Mimori T, Matsuda S

    Rheumatology international   40 ( 2 )   217 - 225   2020年02月( ISSN:0172-8172

     詳細を見る

  • SLEコホートを用いた症状・検査所見の関連解析と症状発現予測

    岩崎 毅, 土井 啓史, 田淵 裕也, 橋本 求, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本内科学会雑誌   109 ( Suppl. )   255 - 255   2020年02月( ISSN:0021-5384

  • 関節リウマチにおけるSuperb Microvascular Imagingを用いた再発と寛解の予測(Prediction of recurrence and remission using superb microvascular imaging in rheumatoid arthritis)

    Matsuo Hidemasa, Imamura Akari, Shimizu Madoka, Inagaki Maiko, Tsuji Yuko, Nakabo Shuichiro, Hashimoto Motomu, Ito Hiromu, Tanaka Shiro, Mimori Tsuneyo, Fujii Yasutomo

    Journal of Medical Ultrasonics   47 ( 1 )   131 - 138   2020年01月( ISSN:1346-4523

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)の再発と寛解の評価と予測に最適なカットオフ値を明らかにするため、Superb Microvascular Imaging(SMI)による超音波検査を実施した。RA患者293例をKyoto University Rheumatoid Arthritis Management Alliance(KURAMA)コホートに登録し、28関節を超音波で評価し、293例は2015年および2017年に寛解が認められた患者152例(1群)と、2015年に寛解が認められ2017年に寛解が得られなかった患者60例(2群)に分け比較した。その結果、全関節、第2-5中手指節関節(MCP2-5関節)、手首関節、第2-5中足指節関節(MTP2-5関節)と足根中足関節(リスフラン関節)のSMIスコアは、1群に比べ2群で有意に高値であった。また、2015年に寛解が認められず2017年に寛解が認められた患者27例(3群)と、2015年、2017年ともに寛解が得られなかった患者54例(4群)を比較した結果では、MCP2-5関節のGS-SMI総合スコアとSMIスコアでは、3群に比べ4群で有意に高値であった。さらに、多変量ロジスティクス回帰分析により、1以上の手首SMIスコアは再発の独立予後因子となることが示され、4以下のGS-SMI総合スコアは寛解の独立予後因子であることが明らかにされた。本報により、RA患者の再発と完解の予測を超音波で評価する際に最適なカットオフ値が提示され、実地臨床への有用性が示唆された。

  • Prediction of recurrence and remission using superb microvascular imaging in rheumatoid arthritis.

    Matsuo H, Imamura A, Shimizu M, Inagaki M, Tsuji Y, Nakabo S, Hashimoto M, Ito H, Tanaka S, Mimori T, Fujii Y

    Journal of medical ultrasonics (2001)   47 ( 1 )   131 - 138   2020年01月( ISSN:1346-4523

     詳細を見る

  • Intake frequency of vegetables or seafoods negatively correlates with disease activity of rheumatoid arthritis.

    Murakami I, Murakami K, Hashimoto M, Tanaka M, Ito H, Fujii T, Torii M, Ikeda K, Kuwabara A, Tanaka K, Yoshida A, Akizuki S, Nakashima R, Yoshifuji H, Ohmura K, Usui T, Morita S, Mimori T

    PloS one   15 ( 2 )   e0228852   2020年

  • Increased circulating adiponectin is an independent disease activity marker in patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study using the KURAMA database.

    Minamino H, Katsushima M, Yoshida T, Hashimoto M, Fujita Y, Shirakashi M, Yamamoto W, Murakami K, Murata K, Nishitani K, Tanaka M, Ito H, Inagaki N, Matsuda S

    PloS one   15 ( 3 )   e0229998   2020年

  • SpAモデルであるβ-1、3-グルカン誘導SKGマウスの腸管においてCTLA4-Ig投与でTh17は減少しうるがILC3は維持される

    田淵 裕也, 橋本 求, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 村上 孝作, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本脊椎関節炎学会誌   7 ( Suppl. )   S - 29   2020年

  • Oral steroid decreases the progression of joint destruction of large joints in the lower extremities in rheumatoid arthritis 査読

    K. Doi, H. Ito, T. Tomizawa, K. Murata, M. Hashimoto, M. Tanaka, K. Murakami, K. Nishitani, M. Azukizawa, A. Okahata, M. Saito, T. Mimori, S. Matsuda

    Medicine (United States)   98 ( 47 )   2019年11月( ISSN:0025-7974

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019 the Author(s). Published by Wolters Kluwer Health, Inc. To identify the risk factors for destruction of large joints in the lower extremities in patients with rheumatoid arthritis (RA) during a 4-year follow-up period in a prospective study.We enrolled consecutive patients who participated in both 2012 and 2016. Clinical data, disease activity, and types of medication were collected in 2012. Standard anteroposterior radiographs of weight-bearing joints (hips, knees, and ankles) were taken in 2012 and 2016. Radiographic progression was defined as progression in the Larsen grade or the need for joint arthroplasty or arthrodesis. The association between baseline characteristics and the incidence of radiographic progression was statistically assessed.A total of 213 patient were enrolled, and, after exclusion, 186 patients were analyzed. Sixty 9 patients (37.1%) showed radiographic progression in 1 of the large joints in the lower extremities. Multivariate regression analysis showed that radiographic progression was associated with older age, higher disease activity, and the presence of radiographic destruction at the baseline. The lower dosage of oral prednisolone was a significant risk factor compared with higher dosage when used.Patients with the risk factors should be followed closely to limit the progression of large joint destruction in the lower extremities.

    DOI: 10.1097/MD.0000000000017968

    PubMed

  • Shared epitope defines distinct associations of cigarette smoking with levels of anticitrullinated protein antibody and rheumatoid factor.

    Ishikawa Y, Ikari K, Hashimoto M, Ohmura K, Tanaka M, Ito H, Taniguchi A, Yamanaka H, Mimori T, Terao C

    Annals of the rheumatic diseases   78 ( 11 )   1480 - 1487   2019年11月( ISSN:0003-4967

  • Real World Data解析に基づく関節リウマチ患者における血中インフリキシマブ濃度と疾患活動性との関連

    増井 翔, 米澤 淳, 傳田 将也, 中江 一統, 橋本 求, 田中 真生, 伊藤 宣, 岩本 典子, 嶋田 崇史, 中川 俊作, 早狩 誠, 松原 和夫

    臨床薬理   50 ( Suppl. )   S243 - S243   2019年11月( ISSN:0388-1601

  • 炎症性免疫疾患治療用バイオ医薬の治療薬物モニタリング実現化を目的としたLC-MS/MS一斉定量法の開発

    米澤 淳, 岩本 典子, 横山 琴子, 嶋田 崇史, 傳田 将也, 橋本 求, 田中 真生, 伊藤 宣, 松浦 稔, 山本 修司, 本澤 有介, 松原 和夫

    臨床薬理   50 ( Suppl. )   S302 - S302   2019年11月( ISSN:0388-1601

  • Anti-nuclear antibody development is associated with poor treatment response to biological disease-modifying anti-rheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis.

    Ishikawa Y, Hashimoto M, Ito H, Tanaka M, Yukawa N, Fujii T, Yamamoto W, Mimori T, Terao C

    Seminars in arthritis and rheumatism   49 ( 2 )   204 - 210   2019年10月( ISSN:0049-0172

  • 関節リウマチ患者においてMMP-3値に各関節の症状がどれだけ寄与するか

    梅本 啓央, 伊藤 宣, 小豆澤 勝幸, 村田 浩一, 西谷 江平, 富澤 琢也, 橋本 求, 田中 真生, 松田 秀一

    日本関節病学会誌   38 ( 3 )   193 - 193   2019年10月( ISSN:1883-2873

  • 関節リウマチ患者の予後予測に最適な関節エコー検査部位およびカットオフ値の検討

    松尾 英将, 今村 朱里, 清水 円, 辻 侑子, 中坊 周一郎, 橋本 求, 伊藤 宣, 藤井 康友

    臨床病理   67 ( 補冊 )   247 - 247   2019年10月( ISSN:0047-1860

  • 抗MDA5抗体陽性間質性肺炎合併皮膚筋炎における、寛解期治療の検討 ドラッグフリー寛解は可能か?

    笹井 恒雄, 中嶋 蘭, 三森 経世, 辻 英輝, 秋月 修治, 村上 孝作, 橋本 求, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   47回   121 - 121   2019年10月

  • RA肘の関節破壊に関わる因子の同定

    富澤 琢也, 伊藤 宣, 村田 浩一, 西谷 江平, 梅本 啓央, 橋本 求, 田中 真生, 村上 孝作, 松田 秀一

    日本関節病学会誌   38 ( 3 )   292 - 292   2019年10月( ISSN:1883-2873

  • 難治性不整脈と心筋機能異常を伴った抗ミトコンドリア抗体陽性多発性筋炎の一例

    石橋 茉実, 内藤 遼太, 笹井 蘭, 村上 孝作, 秋月 修治, 吉藤 元, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎, 三森 経世

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   47回   119 - 119   2019年10月

  • Multiplexed monitoring of therapeutic antibodies for inflammatory diseases using Fab-selective proteolysis nSMOL coupled with LC-MS.

    Iwamoto N, Takanashi M, Yokoyama K, Yonezawa A, Denda M, Hashimoto M, Tanaka M, Ito H, Matsuura M, Yamamoto S, Honzawa Y, Matsubara K, Shimada T

    Journal of immunological methods   472   44 - 54   2019年09月( ISSN:0022-1759

     詳細を見る

  • Effect of Physical State on Pain Mediated Through Emotional Health in Rheumatoid Arthritis.

    Nakagami Y, Sugihara G, Takei N, Fujii T, Hashimoto M, Murakami K, Furu M, Ito H, Uda M, Torii M, Nin K, Murai T, Mimori T

    Arthritis care & research   71 ( 9 )   1216 - 1223   2019年09月( ISSN:2151-464X

     詳細を見る

  • 関節リウマチの骨密度管理における解剖学的部位ごとのバイオマーカー

    富澤 琢也, 伊藤 宣, 村田 浩一, 橋本 求, 田中 真生, 西谷 江平, 松田 秀一

    日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集   37回   208 - 208   2019年09月( ISSN:1349-0761

  • Distinct biomarkers for different bones in osteoporosis with rheumatoid arthritis 査読

    T. Tomizawa, H. Ito, K. Murata, M. Hashimoto, M. Tanaka, K. Murakami, K. Nishitani, M. Azukizawa, A. Okahata, K. Doi, M. Saito, M. Furu, M. Hamaguchi, T. Mimori, S. Matsuda

    Arthritis Research and Therapy   21 ( 1 )   2019年07月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019 The Author(s). Background: Rheumatoid arthritis (RA) is known to cause secondary osteoporosis and fragility fractures. This study aimed to identify biomarkers predictive of bone mineral density (BMD) change at three anatomical sites in patients with RA. Methods: We conducted a prospective longitudinal study in patients with RA. In 2012, we recruited 379 patients from an RA cohort, 329 of whom underwent evaluation of blood and urine biomarkers together with measurement of BMD in the lumbar spine, proximal femur, and distal forearm. The BMD in these three regions was reassessed in 2014. We performed multivariate linear regression analysis to identify those factors associated with BMD change. Results: The averages of age, body mass index, and disease activity score in 28 joints (DAS28) at baseline were 63.2 (minimum to maximum, 32-85), 21.3 (12.3-30.0), and 3.2 (0.1-5.9), respectively. Univariate analysis showed that the annual BMD change was significantly associated with the use of steroid, bisphosphonate (BP) or vitamin D (VitD), and serum homocysteine in the lumber spine; DAS28, the use of BP or VitD, CRP, and anti-cyclic citrullinated peptide antibody (ACPA) in the proximal femur; and the dosage of MTX, the use of BP or VitD, and serum tartrate-resistant acid phosphatase 5b (TRACP-5b) in the distal forearm, respectively. Conclusions: Predictive biomarkers for BMD change in RA patients differ at each anatomical site. Practitioners should treat each anatomical site with different markers and prescribe osteoporosis drugs to prevent fractures for RA patients.

    DOI: 10.1186/s13075-019-1956-1

    PubMed

  • 関節リウマチ患者におけるサルコペニアの有病率と関連因子(Prevalence and factors associated with sarcopenia in patients with rheumatoid arthritis)

    Torii Mie, Hashimoto Motomu, Hanai Akiko, Fujii Takao, Furu Moritoshi, Ito Hiromu, Uozumi Ryuji, Hamaguchi Masahide, Terao Chikashi, Yamamoto Wataru, Uda Miyabi, Nin Kazuko, Morita Satoshi, Arai Hidenori, Mimori Tsuneyo

    Modern Rheumatology   29 ( 4 )   589 - 595   2019年07月( ISSN:1439-7595

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)患者におけるサルコペニアの有病率を判定し、RAにおけるサルコペニアに関連する要因を解明した。当施設に来院した18歳以上のRA外来女性患者388例(年齢中央値65歳)を対象とした。筋量、筋力を評価し、身体活動性を6m歩行速度で評価した。過去1年間に生じた転倒、骨折を質問紙調査によって判定した。骨密度を測定し、年齢、RA疾患期間、RA疾患活動性、Steinbrocker病期、Health Assessment Questionnaire Disability Index、併用療法、関節外症状をデータベースから抽出した。栄養状態をMini Nutritional Assessment Short-Form(MNA-SF)とBMIを用いて評価した。その結果、37.1%がサルコペニアで、49.0%が低筋量であった。転倒、骨折、低骨密度の割合はサルコペニア患者が非サルコペニア患者よりも高かった。年齢、RA期間、Steinbrocker病期、高MNA-SFスコア、生物学的疾患修飾性抗リウマチ薬の使用はサルコペニアに関連する独立因子であった。

  • Prevalence and factors associated with sarcopenia in patients with rheumatoid arthritis.

    Torii M, Hashimoto M, Hanai A, Fujii T, Furu M, Ito H, Uozumi R, Hamaguchi M, Terao C, Yamamoto W, Uda M, Nin K, Morita S, Arai H, Mimori T

    Modern rheumatology   29 ( 4 )   589 - 595   2019年07月( ISSN:1439-7595

  • Evaluation of risk factors for atherosclerosis using carotid ultrasonography in Japanese patients with rheumatoid arthritis.

    Yamamoto H, Nakajima T, Kawahara R, Nakabo S, Hashimoto M, Yamamoto W, Masuda I, Ito H, Mimori T, Fujii Y

    International journal of rheumatic diseases   22 ( 7 )   1312 - 1318   2019年07月( ISSN:1756-1841

     詳細を見る

  • Strain-Specific Manifestation of Lupus-like Systemic Autoimmunity Caused by <i>Zap70</i> Mutation.

    Matsuo T, Hashimoto M, Sakaguchi S, Sakaguchi N, Ito Y, Hikida M, Tsuruyama T, Sakai K, Yokoi H, Shirakashi M, Tanaka M, Ito H, Yoshifuji H, Ohmura K, Fujii T, Mimori T

    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   202 ( 11 )   3161 - 3172   2019年06月( ISSN:0022-1767

     詳細を見る

  • Elderly onset of early rheumatoid arthritis is a risk factor for bone erosions, refractory to treatment: KURAMA cohort.

    Murata K, Ito H, Hashimoto M, Nishitani K, Murakami K, Tanaka M, Yamamoto W, Mimori T, Matsuda S

    International journal of rheumatic diseases   22 ( 6 )   1084 - 1093   2019年06月( ISSN:1756-1841

     詳細を見る

  • Correction to: Drug tolerability and reasons for discontinuation of seven biologics in 4466 treatment courses of rheumatoid arthritis-the ANSWER cohort study.

    Ebina K, Hashimoto M, Yamamoto W, Hirano T, Hara R, Katayama M, Onishi A, Nagai K, Son Y, Amuro H, Yamamoto K, Maeda Y, Murata K, Jinno S, Takeuchi T, Hirao M, Kumanogoh A, Yoshikawa H

    Arthritis research & therapy   21 ( 1 )   114   2019年05月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • Drug tolerability and reasons for discontinuation of seven biologics in 4466 treatment courses of rheumatoid arthritis-the ANSWER cohort study.

    Ebina K, Hashimoto M, Yamamoto W, Hirano T, Hara R, Katayama M, Onishi A, Nagai K, Son Y, Amuro H, Yamamoto K, Maeda Y, Murata K, Jinno S, Takeuchi T, Hirao M, Kumanogoh A, Yoshikawa H

    Arthritis research & therapy   21 ( 1 )   91   2019年04月( ISSN:1478-6354

     詳細を見る

  • 関節リウマチ患者の再燃予測に有用な関節エコー検査部位の探索

    今村 朱里, 松尾 英将, 田淵 裕也, 清水 円, 稲垣 舞子, 辻 侑子, 橋本 求, 伊藤 宣, 藤井 康友

    超音波医学   46 ( Suppl. )   S776 - S776   2019年04月( ISSN:1346-1176

  • Interleukin-18 is associated with the presence of interstitial lung disease in rheumatoid arthritis: a cross-sectional study 査読

    T Matsuo, M Hashimoto, I Ito, T Kubo, R Uozumi, M Furu, H Ito, T Fujii, M Tanaka, C Terao, H Kono, M Mori, M Hamaguchi, W Yamamoto, K Ohmura, S Morita, T Mimori

    Scandinavian Journal of Rheumatology   48 ( 2 )   87 - 94   2019年03月( ISSN:0300-9742

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/03009742.2018.1477989

  • 関節リウマチ患者における膝関節破壊に対する予後不良因子の検討 KURAMAコホートにおける4年間の縦断解析

    土井 浩平, 伊藤 宣, 富澤 琢也, 小豆澤 勝幸, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 田中 真生, 岡畠 章憲, 石江 慎一郎, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S1116 - S1116   2019年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチ患者における膝関節機能障害に関与する因子の検討

    小豆澤 勝幸, 伊藤 宣, 西谷 江平, 村田 浩一, 岡畠 章憲, 富澤 琢也, 土井 浩平, 橋本 求, 田中 真生, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S721 - S721   2019年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチ患者において足部超音波所見はDAS28と関係しない KURAMAコホートより

    石江 慎一郎, 伊藤 宣, 小豆澤 勝幸, 富澤 琢也, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 田中 真生, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S722 - S722   2019年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチの肘関節障害における機能障害のリスク因子はなにか

    伊藤 宣, 富澤 琢也, 小豆澤 勝幸, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 村上 孝作, 田中 真生, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S1231 - S1231   2019年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチの治療評価と予測-3 関節リウマチ患者における股関節破壊に対する予後不良因子の検討 KURAMAコホートにおける4年間の縦断解析より

    土井 浩平, 伊藤 宣, 富澤 琢也, 小豆澤 勝幸, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 田中 真生, 石江 慎一郎, 三森 経世, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   517 - 517   2019年03月

  • 関節リウマチの手術:下肢-2 患者立脚型スコアであるNew Knee Society Scoreを用いた関節リウマチと変形性膝関節症に対する人工膝関節置換術の比較検討

    西谷 江平, 伊藤 宣, 中村 伸一郎, 村田 浩一, 橋本 求, 田中 真生, 三森 経世, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   515 - 515   2019年03月

  • 関節リウマチ患者の非炎症状態下の疼痛と破局的思考pain catastrophizingの関連

    吉田 玉美, 橋本 求, 田中 真生, 伊藤 宣, 村田 浩一, 西谷 江平, 村上 孝作, 三森 経世

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   656 - 656   2019年03月

  • 関節リウマチにおいて肘関節のエコー所見は肘関節破壊のリスク因子か

    富澤 琢也, 伊藤 宣, 布留 守敏, 小豆澤 勝幸, 西谷 江平, 村田 浩一, 橋本 求, 田中 真夫, 村上 孝作, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S1231 - S1231   2019年03月( ISSN:0021-5325

  • 光超音波イメージングによる関節リウマチ手指関節滑膜の可視化

    村田 浩一, 布留 守敏, 伊藤 宣, 橋本 求, 田中 真生, 西谷 江平, 村上 孝作, 三森 経世, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   610 - 610   2019年03月

  • 高齢発症の関節リウマチの病初期において臨床的寛解でも骨破壊を完全には抑制できない

    村田 浩一, 伊藤 宣, 橋本 求, 田中 真生, 西谷 江平, 村上 孝作, 三森 経世, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S1098 - S1098   2019年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチ治療における臨床的寛解達成後のステロイド投与量と身体機能障害の関係の時系列変化について

    原 良太, 橋本 求, 村田 浩一, 山本 渉, 武内 徹, 永井 孝治, 前田 悠一, 蛯名 耕介, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 片山 昌紀, 吉良 務, 新名 直樹, 城戸 顕, 赤井 靖宏, 藤本 隆, 田中 康仁

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   673 - 673   2019年03月

  • Long QT syndrome caused by adrenal insufficiency secondary to IgG4-related hypophysitis: a case report and review of the literature

    Ai Yaku, Kosaku Murakami, Hiroki Mukoyama, Shinsuke Shibuya, Ran Nakashima, Motomu Hashimoto, Hajime Yoshifuji, Koichiro Ohmura, Hironori Haga, Tsuneyo Mimori

    Modern Rheumatology Case Reports   3 ( 2 )   150 - 159   2019年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/24725625.2019.1569798

  • Significant joint-destructive association of HLA-DRB1*04:05 independent of DAS28 in rheumatoid arthritis.

    Tsuji H, Ikari K, Ohmura K, Yano K, Furu M, Hashimoto M, Ito H, Fujii T, Yamamoto W, Taniguchi A, Yamanaka H, Mimori T, Terao C

    Annals of the rheumatic diseases   78 ( 2 )   284 - 286   2019年02月( ISSN:0003-4967

  • 大動脈病変を伴うRosai-Dorfman病を発症した58歳男性 1症例報告(Rosai-Dorfman disease with aortic involvement in a 58-year-old man: a case report)

    Shirakashi Mirei, Yukawa Naoichiro, Sakaguchi Maki, Murakami Kosaku, Fujimura Takanori, Yamakawa Noriyuki, Hashimoto Motomu, Yoshifuji Hajime, Kawabata Daisuke, Sumiyoshi Shinji, Yoshizawa Akihiko, Ohmura Koichiro, Haga Hironori, Mimori Tsuneyo

    Modern Rheumatology Case Reports   3 ( 2 )   160 - 164   2019年

     詳細を見る

    症例は58歳男性で、約10年前に胸部X線にて胸壁に潜在性腫瘤が認められ、胸腔鏡下に部分切除術を施行、組織球浸潤を伴う器質化肺炎と考えられた。FDG-PET/CTにて大動脈壁での取り込みが増大していたことから高安動脈炎が疑われ当院紹介となった。造影MRIでは大動脈の壁肥厚がみられ、ダイナミックCTにて大動脈瘤が検出された。また、右肺の病理像ではemperipolesisを伴うS-100陽性、CD68陽性およびCD1a陰性組織球の著明な浸潤を認め、Rosai-Dorfman病と診断した。高用量プレドニゾロン(1mg/kg/日)の投与を開始するも大動脈径は増大し、静注シクロホスファミドを投与したが発熱やESR、CRP高値の改善は得られず、大動脈拡張にも変化はなかった。その後、メトトレキセート、ST合剤、アザチオプリン、トシリズマブを投与したが、多発性脳梗塞をきたして永眠された。剖検所見では肺右中葉、大動脈起始部、後腹膜、胸骨、右鎖骨、右胸壁に出血性線維性病変を認め、S-100陽性組織球の存在は確認できなかった。また、骨髄は低形成を示し組織球の増加はなく、脳内にもS-100陽性組織球は認められなかった。

  • Metabolomic approach to the exploration of biomarkers associated with disease activity in rheumatoid arthritis.

    Sasaki C, Hiraishi T, Oku T, Okuma K, Suzumura K, Hashimoto M, Ito H, Aramori I, Hirayama Y

    PloS one   14 ( 7 )   e0219400   2019年

  • IgG4関連下垂体炎に続発する副腎機能不全を伴ったQT延長症候群 1症例報告と文献レビュー(Long QT syndrome caused by adrenal insufficiency secondary to IgG4-related hypophysitis: a case report and review of the literature)

    Yaku Ai, Murakami Kosaku, Mukoyama Hiroki, Shibuya Shinsuke, Nakashima Ran, Hashimoto Motomu, Yoshifuji Hajime, Ohmura Koichiro, Haga Hironori, Mimori Tsuneyo

    Modern Rheumatology Case Reports   3 ( 2 )   150 - 159   2019年

     詳細を見る

    症例は55歳男性で、2ヵ月前から続く発熱、全身疲労、食欲不振、体重減少、口渇のため来院した。4年前に関節リウマチと診断されたが、メトトレキセートによってコントロールが得られ、2ヵ月前に寛解を得て同剤を中止していた。受診時の身体所見では両側眼瞼腫脹と顎下腺、頸部リンパ節の腫脹がみられ、血液検査にて好酸球増加とCRP上昇を認めた。また、血清IgEとIgG4の上昇をきたしていた。さらに、副腎皮質刺激ホルモン、コルチゾール、下垂体前葉ホルモンが減少していたことから、二次性副腎機能不全と診断した。造影MRIでは下垂体の肥大がみられ下垂体炎と考えられた。このほか、心電図検査にて陰性T波とQT間隔の延長を認め、下垂体副腎不全に続発するQT延長症候群との暫定診断を下した。ヒドロコルチゾン10mg/日の投与を開始したところ、低血圧と好酸球増加は翌日には改善し、その後、全身疲労と食欲不振も著明に改善した。さらに、生検の結果からIgG4関連疾患と診断し、ヒドロコルチゾン開始5週目にプレドニゾロン40mg/日を開始した。その結果、QT間隔は正常化し、2ヵ月後のCTでは下垂体病変などの退縮が認められた。

  • Drug tolerability and reasons for discontinuation of seven biologics in elderly patients with rheumatoid arthritis -The ANSWER cohort study.

    Ebina K, Hashimoto M, Yamamoto W, Hirano T, Hara R, Katayama M, Onishi A, Nagai K, Son Y, Amuro H, Yamamoto K, Maeda Y, Murata K, Jinno S, Takeuchi T, Hirao M, Kumanogoh A, Yoshikawa H

    PloS one   14 ( 5 )   e0216624   2019年

  • Compressed amplatzer vascular plug II embolization of the left subclavian artery for thoracic endovascular aortic repair is efficient and safety method comparable to conventional coil embolization

    Matsumoto K.

    Yonago Acta Medica   62 ( 1 )   24 - 29   2019年( ISSN:05135710

     詳細を見る

  • 乾癬患者での関節エコーを用いたDoppler評価による無症候性乾癬性関節炎所見の検出頻度とその臨床的意義の検討

    田淵 裕也, 本田 哲也, 橋本 求, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 村上 孝作, 吉藤 元, 田中 真生, 西谷 江平, 村田 浩一, 伊藤 宣, 大村 浩一郎

    日本脊椎関節炎学会誌   ( Suppl. )   32 - 32   2019年

▼全件表示

書籍等出版物

MISC(その他記事)

  • 【膠原病のすべて】膠原病各疾患の診断と治療の進歩 関節リウマチ 診断と治療の進歩

    橋本 求

    医学のあゆみ   288 ( 5 )   400 - 406   2024年02月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    関節リウマチ(RA)の診断および治療は,近年,大幅に進歩した.RAの早期診断に最も貢献したのは,抗シトルリン化タンパク抗体(ACPA)という特異性の高い自己抗体の発見である.ACPAはRA発症に先立ち何年も前から検出されるため,RA発症に向けたACPAの量的・質的な変化をとらえることができれば,さらにより早期の診断につながる可能性がある.RAの治療の進歩に最も貢献したのは,生物学的製剤とJAK(Janus kinase)阻害薬の治療導入である.生物学的製剤は腫瘍壊死因子(TNF)-α(以下TNF),インターロイキン(IL)-6レセプター,CD80/86といった単一の治療標的を持つ抗体製剤であり,薬剤により治療標的だけでなく構造特性や免疫原性が異なっている.JAK阻害薬はJAK-STAT経路を利用する複数のサイトカインシグナルを阻害する薬剤であり,JAK1/2/3またはTYK2の阻害について異なる選択性を持つ.リアルワールドデータを用いた解析により,これら薬剤の治療に最も適した患者像を見出すpreision medicineの確立が,現在の治療の課題である.また,これら作用機序の異なる複数の薬剤に対しても治療抵抗性のdifficult to treat RA(D2TRA)患者が存在し,それらの難治性患者の治療,RAの発症予防および治癒を目指した治療も求められている.(著者抄録)

  • 【JAK阻害薬の効果・安全性と展望】血管炎に対するJAK阻害薬の展望

    渡部 龍, 橋本 求

    リウマチ科   70 ( 6 )   578 - 584   2023年12月( ISSN:0915-227X

  • 【マイクロバイオーム創薬研究とその将来展望】遺伝子と腸内細菌叢の相互作用による全身性自己免疫疾患の発症メカニズム

    橋本 求

    日本薬理学雑誌   158 ( 4 )   313 - 318   2023年07月( ISSN:0015-5691

     詳細を見る

    遺伝因子と腸内細菌叢とは相互に影響を与え合い自己免疫疾患の発症に寄与する.TCRシグナル伝達にかかわる主要分子ZAP70に点突然変異を有するSKGマウスは,BALB/c背景において自己免疫性関節炎を,C57BL/6背景において全身性エリテマトーデスを発症する.変異ZAP70によるTCRシグナル伝達低下により,胸腺選択において自己反応性T細胞が負の選択を免れ末梢に出現する.TCRシグナル伝達不全は一方で,腸内細菌反応性T細胞の正の選択を抑制し,その結果,腸内細菌反応性T細胞によって誘導される高親和性IgAの産生の低下により腸内細菌叢のdysbiosisを起こす.腸内細菌叢のdysbiosisは,Th17の分化誘導により自己免疫疾患の発症を促進する.このようにT細胞シグナル伝達不全は,自己および腸内細菌抗原に対する胸腺選択および末梢における反応性の閾値を変えることで,自己反応性の亢進とともに腸内細菌叢dysbiosisを介して自己免疫疾患の発症に至っていた.本稿では,全身性自己免疫疾患に影響をあたえる遺伝子と腸内細菌叢の相互作用について,TCRシグナル伝達不全動物モデルから得られた知見を中心に紹介する.(著者抄録)

  • 関節リウマチの早期診断と鑑別

    神野 定男, 橋本 求

    リウマチ科   69 ( 6 )   716 - 723   2023年06月( ISSN:0915-227X

  • 関節リウマチ患者のサルコペニア管理(Management of sarcopenia in patients with rheumatoid arthritis)

    Torii Mie, Itaya Takahiro, Minamino Hiroto, Katsushima Masao, Fujita Yoshihito, Tanaka Hiroki, Oshima Yohei, Watanabe Ryu, Ito Hiromu, Arai Hidenori, Hashimoto Motomu

    Modern Rheumatology   33 ( 3 )   435 - 440   2023年05月( ISSN:1439-7595

  • 【老化と免疫】老化関連血管炎症

    渡部 龍, 橋本 求

    臨床免疫・アレルギー科   79 ( 1 )   33 - 38   2023年01月( ISSN:1881-1930

  • T細胞受容体シグナル伝達異常が腸内細菌叢と全身性自己免疫へ与える影響

    白柏 魅怜, 橋本 求

    リウマチ科   68 ( 3 )   336 - 340   2022年09月( ISSN:0915-227X

  • 巨細胞性動脈炎の免疫病態

    渡部 龍, 権 好穂, 橋本 求

    リウマチ科   68 ( 3 )   363 - 370   2022年09月( ISSN:0915-227X

  • 【関節リウマチの治療の現状と問題点】JAK阻害薬 関節リウマチ治療における新たな治療選択肢

    渡部 龍, 橋本 求

    リウマチ科   67 ( 4 )   407 - 414   2022年04月( ISSN:0915-227X

  • 【関節リウマチの治療の現状と問題点】JAK阻害薬 関節リウマチ治療における新たな治療選択肢

    渡部 龍, 橋本 求

    リウマチ科   67 ( 4 )   407 - 414   2022年04月( ISSN:0915-227X

  • Transitioning from paediatric to adult rheumatological healthcare: English summary of the Japanese Transition Support Guide(和訳中)

    Mori Masaaki, Akioka Shinji, Igarashi Toru, Inoue Yuzaburo, Umebayashi Hiroaki, Ohshima Shiro, Nishiyama Susumu, Hashimoto Motomu, Matsui Toshihiro, Miyamae Takako, Yasumi Takahiro

    Modern Rheumatology   32 ( 2 )   248 - 255   2022年03月( ISSN:1439-7595

  • 関節リウマチの早期治療戦略 高齢発症RA患者を中心に

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   773 - 773   2022年03月

  • リウマチ性疾患治療に影響する因子 CKD合併RA患者におけるRA治療の実態 ANSWERコホートを用いた後ろ向き調査

    山田 真介, 福本 一夫, 渡部 龍, 岡野 匡志, 山本 渉, 大西 輝, 鬼澤 秀夫, 蛯名 耕介, 前田 悠一, 山本 譲, 山田 啓貴, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 片山 昌紀, 原 良太, 武内 徹, 槇野 秀彦, 橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   480 - 480   2022年03月

  • リウマチ性疾患の疫学/コホート研究 関節リウマチに対する四季の移り変わりの影響 ANSWERコホートデータより

    沖田 康孝, 前田 悠一, 平野 亨, 蛯名 耕介, 山本 渉, 大西 輝, 鬼澤 秀夫, 武内 徹, 槇野 秀彦, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 山本 譲, 山田 啓貴, 林 申也, 前田 俊恒, 原 良太, 片山 昌紀, 渡部 龍, 橋本 求, 熊ノ郷 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   357 - 357   2022年03月

  • アバタセプト継続率と血球分画の関連 ANSWERコホートを用いた研究

    藤井 貴之, 村田 浩一, 鬼澤 秀夫, 大西 輝, 村上 孝作, 中山 洋一, 稲葉 竜太, 西村 望美, 山本 渉, 前田 悠一, 沖田 康孝, 岡野 隆一, 上田 洋, 武内 徹, 斯波 秀行, 原 良太, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 片山 昌紀, 橋本 求, 渡部 龍, 田中 真生, 森信 暁夫, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   584 - 584   2022年03月

  • アバタセプト継続率と血球分画の関連 ANSWERコホートを用いた研究

    藤井 貴之, 村田 浩一, 鬼澤 秀夫, 大西 輝, 村上 孝作, 中山 洋一, 稲葉 竜太, 西村 望美, 山本 渉, 前田 悠一, 沖田 康孝, 岡野 隆一, 上田 洋, 武内 徹, 斯波 秀行, 原 良太, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 片山 昌紀, 橋本 求, 渡部 龍, 田中 真生, 森信 暁夫, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   584 - 584   2022年03月

  • JAK阻害薬:治療の工夫、基礎 関節リウマチに対する分子標的治療薬のステロイド減量効果について 関西多施設ANSWER cohortでの検討

    原 良太, 山本 渉, 村田 浩一, 藤井 貴之, 秦 健一郎, 槇野 秀彦, 蛯名 耕介, 沖田 康孝, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 岡野 隆一, 上田 洋, 片山 昌紀, 橋本 求, 岡野 匡志, 尾崎 裕亮, 岡村 建祐, 川島 浩正, 松岡 秀俊, 巽 恵美子, 大野 史郎, 鮫島 謙一, 新名 直樹, 藤本 隆, 城戸 顕, 赤井 靖宏, 西尾 健治, 田中 康仁

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   368 - 368   2022年03月

  • JAK阻害薬:安全性 関節リウマチ患者における生物学的製剤とJAK阻害剤6666例の継続率と中止理由についての検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    蛯名 耕介, 前田 悠一, 沖田 康孝, 惠谷 悠紀, 平尾 眞, 山本 渉, 橋本 求, 村田 浩一, 原 良太, 片山 昌紀, 永井 孝治, 平松 ゆり, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 藤井 貴之, 岡野 隆一, 上田 洋, 岡野 匡志, 熊ノ郷 淳, 岡田 誠司

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   351 - 351   2022年03月

  • 高齢関節リウマチの治療課題 サルコペニアを中心に

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   796 - 796   2022年03月

  • 関節リウマチの関節外病変 医原性免疫不全関連リンパ増殖性疾患(OIIA-LPD)発症はその後の疾患活動性に影響を及ぼすか ANSWERコホートデータから

    岡野 匡志, 橋本 求, 真本 建司, 山田 祐太郎, 安野 翔平, 山田 真介, 渡部 龍, 福本 一夫, 山本 渉, 藤井 貴之, 大西 輝, 小谷 卓矢, 吉川 紋佳, 前田 悠一, 沖田 康孝, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 山田 啓貴, 山本 譲, 原 良太, 片山 昌紀, 中村 博亮

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   433 - 433   2022年03月

  • 関節リウマチの早期診断と鑑別

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   818 - 818   2022年03月

  • 多職種によるライフステージに応じた関節リウマチ患者支援 多職種協働による高齢期リウマチ患者のトータルケア

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   199 - 199   2022年03月

  • 関節リウマチに対する生物学的製剤およびJAK阻害薬の治療効果に喫煙が及ぼす影響 関西多施設ANSWERコホートを用いた検討

    斯波 秀行, 秦 健一郎, 山本 渉, 小谷 卓矢, 永井 孝治, 平松 ゆり, 吉川 紋佳, 槇野 秀彦, 大西 輝, 鬼澤 秀夫, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 原 良太, 前田 悠一, 沖田 康孝, 神野 定男, 白杉 郁, 片山 昌紀, 山田 真介, 橋本 求, 武内 徹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   585 - 585   2022年03月

  • 当科を受診したIgG4関連疾患患者の特徴と臨床経過

    福本 一夫, 渡部 龍, 山田 真介, 根来 伸夫, 橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   66回   695 - 695   2022年03月

  • 【全身疾患としての乾癬】Overview "乾癬マーチ" 乾癬は全身疾患である

    渡部 龍, 福本 一夫, 山田 真介, 橋本 求

    内科   129 ( 1 )   5 - 7   2022年01月( ISSN:0022-1961

     詳細を見る

    <文献概要>▼乾癬は,慢性炎症性の"皮膚疾患"と考えられてきたが,近年の研究により"全身疾患"であることが明らかになってきた.▼乾癬では,肥満症や高血圧症,糖尿病,脂質異常症,メタボリックシンドロームだけでなく,虚血性心疾患のリスクも高い.▼肥満症合併の乾癬患者は,皮疹がより重症で,後に乾癬性関節炎(PsA)を発症するリスクが高い.▼"乾癬マーチ"とは,肥満症により脂肪細胞からTNFαなどの炎症性サイトカイン産生が上昇して乾癬が悪化するだけでなく,インスリン抵抗性が高まり,動脈硬化や心血管イベントのリスクが上昇するという概念である.

  • 【全身疾患としての乾癬】Overview "乾癬マーチ" 乾癬は全身疾患である

    渡部 龍, 福本 一夫, 山田 真介, 橋本 求

    内科   129 ( 1 )   5 - 7   2022年01月( ISSN:0022-1961 ( eISSN:2432-9452

     詳細を見る

    <文献概要>▼乾癬は,慢性炎症性の"皮膚疾患"と考えられてきたが,近年の研究により"全身疾患"であることが明らかになってきた.▼乾癬では,肥満症や高血圧症,糖尿病,脂質異常症,メタボリックシンドロームだけでなく,虚血性心疾患のリスクも高い.▼肥満症合併の乾癬患者は,皮疹がより重症で,後に乾癬性関節炎(PsA)を発症するリスクが高い.▼"乾癬マーチ"とは,肥満症により脂肪細胞からTNFαなどの炎症性サイトカイン産生が上昇して乾癬が悪化するだけでなく,インスリン抵抗性が高まり,動脈硬化や心血管イベントのリスクが上昇するという概念である.

    その他URL: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2022&ichushi_jid=J00974&link_issn=&doc_id=20220111060002&doc_link_id=issn%3D0022-1961%26volume%3D129%26issue%3D1%26spage%3D5&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0022-1961%26volume%3D129%26issue%3D1%26spage%3D5&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  • Retroperitoneal fibrosis requiring prompt nephrostomy in a case with immunoglobulin A vasculitis

    Ishihama Y.

    Scandinavian Journal of Rheumatology   2022年( ISSN:03009742

     詳細を見る

  • 全身性エリテマトーデスの分子標的薬の現状と課題

    橋本 求

    大阪市医学会雑誌   70   15 - 21   2021年12月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    全身性エリテマトーデス(SLE)は、自己抗体・免疫複合体によって引き起こされる全身性自己免疫性疾患である。関節リウマチ(RA)におけるTNF阻害薬などの分子標的薬の劇的な成功を受けて、SLEでも様々な分子標的薬が開発され臨床試験が行われてきた。しかし、SLEでは多くの分子標的薬が臨床試験の最終段階においてあらかじめ設定した治療目標を達成できず、撤退を余儀なくされてきた。その理由として、SLEがRAと比較して病態が多様(heterogeneous)であることが挙げられる。今後の臨床試験を成功させるためにはそれぞれの分子標的薬が奏功する可能性のある患者を層別化し、適切な治療目標を設定することが求められる。近年、RAFFやI型インターフェロンレセプターを標的とした分子標的薬の臨床試験が成功し、SLE治療は新たな時代に入りつつある。本稿では、SLEの分子標的薬の現状と課題について概説する。(著者抄録)

  • 全身性エリテマトーデスの分子標的薬の現状と課題

    橋本 求

    大阪市医学会雑誌   70   15 - 21   2021年12月( ISSN:0386-4103

     詳細を見る

    全身性エリテマトーデス(SLE)は、自己抗体・免疫複合体によって引き起こされる全身性自己免疫性疾患である。関節リウマチ(RA)におけるTNF阻害薬などの分子標的薬の劇的な成功を受けて、SLEでも様々な分子標的薬が開発され臨床試験が行われてきた。しかし、SLEでは多くの分子標的薬が臨床試験の最終段階においてあらかじめ設定した治療目標を達成できず、撤退を余儀なくされてきた。その理由として、SLEがRAと比較して病態が多様(heterogeneous)であることが挙げられる。今後の臨床試験を成功させるためにはそれぞれの分子標的薬が奏功する可能性のある患者を層別化し、適切な治療目標を設定することが求められる。近年、RAFFやI型インターフェロンレセプターを標的とした分子標的薬の臨床試験が成功し、SLE治療は新たな時代に入りつつある。本稿では、SLEの分子標的薬の現状と課題について概説する。(著者抄録)

    その他URL: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00142&link_issn=&doc_id=20220131410003&doc_link_id=https%3A%2F%2Fdlisv03.media.osaka-cu.ac.jp%2Fil%2Fmeta_pub%2FG0000438repository_03864103-70-15&url=https%3A%2F%2Fdlisv03.media.osaka-cu.ac.jp%2Fil%2Fmeta_pub%2FG0000438repository_03864103-70-15&type=%91%E5%8D%E3%8Es%97%A7%91%E5%8Aw%81F%91%E5%8D%E3%8Es%97%A7%91%E5%8Aw%8Aw%8Fp%8B%40%8A%D6%83%8A%83%7C%83W%83g%83%8A&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F80056_3.gif

  • 【リウマチ・膠原病診療の新展開】関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬の役割

    渡部 龍, 山田 真介, 橋本 求

    日本内科学会雑誌   110 ( 10 )   2160 - 2165   2021年10月( ISSN:0021-5384

  • 関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬の役割

    橋本 求

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   49回   95 - 95   2021年10月

  • ループスモデルマウスにおいて、IgGシアル酸減少はTh17-IL23軸を介して病態増悪に関与しうる

    西田 優理, 橋本 求, 白柏 魅怜, 辻 英輝, 北郡 宏次, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 森信 暁雄

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   49回   108 - 108   2021年10月

  • 【リウマチ・膠原病診療の新展開】関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬の役割

    渡部 龍, 山田 真介, 橋本 求

    日本内科学会雑誌   110 ( 10 )   2160 - 2165   2021年10月( ISSN:0021-5384 ( eISSN:1883-2083

  • TLRアゴニストの短期経口投与はループスモデルマウスの病態を悪化させる

    高瀬 雄大, 橋本 求, 白柏 魅怜, 西田 優理, 辻 英輝, 北郡 宏次, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 森信 暁雄

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   49回   75 - 75   2021年10月

  • 【口腔と全身疾患研究の最前線】歯周病と関節リウマチ

    白柏 魅怜, 橋本 求

    医学のあゆみ   277 ( 12 )   1051 - 1055   2021年06月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    歯周病(periodontitis:PD)は30歳以上の成人では半数以上が罹患しているといわれるcommon diseaseである。PDは、口腔内だけではなく虚血性心疾患や動脈硬化などさまざまな全身性疾患に関わっており、PDの予防がこれらの疾患の改善にもつながる。関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)はPDが関わる全身性疾患のひとつである。PDとRAは疫学的に相関しており、遺伝学的、病態学的な共通項(骨破壊や炎症性サイトカインの関与など)を数多く有し、また双方向性に影響を与えている。近年、RAに特異度の高い自己抗体である抗シトルリン化タンパク/ペプチド抗体(ACPA)の産生に、特定の歯周病菌(Porphyromonas gingivalisやAggagatibacter actinomycetemcomitansなど)が関与する可能性が指摘されてから、PDとRAの関係は一躍脚光を浴びることになった。近年は、口腔細菌叢のメタゲノム解析を行い、RAの活動性や診断などとの相関をみる研究も行われつつある。本稿では、PDとRAの病態や自己抗体の産生への関与を中心に述べる。(著者抄録)

  • 【口腔と全身疾患研究の最前線】歯周病と関節リウマチ

    白柏 魅怜, 橋本 求

    医学のあゆみ   277 ( 12 )   1051 - 1055   2021年06月( ISSN:0039-2359

     詳細を見る

    歯周病(periodontitis:PD)は30歳以上の成人では半数以上が罹患しているといわれるcommon diseaseである。PDは、口腔内だけではなく虚血性心疾患や動脈硬化などさまざまな全身性疾患に関わっており、PDの予防がこれらの疾患の改善にもつながる。関節リウマチ(rheumatoid arthritis:RA)はPDが関わる全身性疾患のひとつである。PDとRAは疫学的に相関しており、遺伝学的、病態学的な共通項(骨破壊や炎症性サイトカインの関与など)を数多く有し、また双方向性に影響を与えている。近年、RAに特異度の高い自己抗体である抗シトルリン化タンパク/ペプチド抗体(ACPA)の産生に、特定の歯周病菌(Porphyromonas gingivalisやAggagatibacter actinomycetemcomitansなど)が関与する可能性が指摘されてから、PDとRAの関係は一躍脚光を浴びることになった。近年は、口腔細菌叢のメタゲノム解析を行い、RAの活動性や診断などとの相関をみる研究も行われつつある。本稿では、PDとRAの病態や自己抗体の産生への関与を中心に述べる。(著者抄録)

    その他URL: https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2021&ichushi_jid=J00060&link_issn=&doc_id=20210621030008&doc_link_id=%2Faa7ayuma%2F2021%2F027712%2F009%2F1051b1055%26dl%3D3&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Faa7ayuma%2F2021%2F027712%2F009%2F1051b1055%26dl%3D3&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_4.gif

  • 関節リウマチ患者において肩関節は,患者VAS,疼痛および機能に最も強く影響する関節である

    梅本 啓央, 伊藤 宣, 小豆澤 勝幸, 村田 浩一, 西谷 江平, 橋本 求, 田中 真生, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   95 ( 3 )   S1147 - S1147   2021年03月( ISSN:0021-5325

  • メディカルスタッフによる関節リウマチ患者支援の実態に関するアンケート調査 ライフステージに応じた関節リウマチ患者支援ガイド作成に向けて

    松井 利浩, 浦田 幸朋, 川畑 仁人, 川人 豊, 小嶋 雅代, 佐浦 隆一, 杉原 毅彦, 島原 範芳, 辻村 美保, 中原 英子, 橋本 淳, 橋本 求, 房間 美恵, 宮前 多佳子, 村島 温子, 森 雅亮, 矢嶋 宣幸

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   711 - 711   2021年03月

  • 「乾癬マーチ」を考慮した乾癬性関節炎の治療戦略

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   767 - 767   2021年03月

  • T細胞免疫学の歴史とRA治療におけるCTLA4-Igの役割

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   748 - 748   2021年03月

  • JAK阻害剤-4:安全性 関節リウマチ患者におけるバリシチニブ・トファシチニブ・サリルマブの継続率と中止理由についての比較検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    蛯名 耕介, 平野 亨, 前田 悠一, 沖田 康孝, 橋本 求, 山本 渉, 村田 浩一, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 武内 徹, 吉川 紋佳, 片山 昌紀, 熊ノ郷 淳, 平尾 眞

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   351 - 351   2021年03月

  • JAK阻害剤-3:バリシチニブとトファシチニブ 関節リウマチ患者におけるJAK阻害剤効果不十分例44例に対するcsDMARDsの追加併用の有効性・安全性についての検討 関西多施設ANSWERコホートによる解析

    蛯名 耕介, 平野 亨, 前田 悠一, 沖田 康孝, 橋本 求, 村田 浩一, 山本 渉, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 小谷 卓矢, 斯波 秀行, 片山 昌紀, 熊ノ郷 淳, 平尾 眞

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   348 - 348   2021年03月

  • 関節リウマチ患者の特性や治療法の推移 10年間のANSWERコホートデータより

    沖田 康孝, 前田 悠一, 平野 亨, 蛯名 耕介, 山本 渉, 村田 浩一, 小谷 卓矢, 秦 健一郎, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 片山 昌紀, 橋本 求, 熊ノ郷 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   65回   544 - 544   2021年03月

  • JAK阻害薬による関節リウマチ治療の新潮流

    橋本 求

    日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会抄録集   30回   35 - 35   2021年02月

  • 乾癬患者での関節エコーによるDoppler所見の検出頻度とその臨床的意義の検討

    田淵 裕也, 本田 哲也, 橋本 求, 村田 浩一, 田中 真生, 伊藤 宣, 森信 暁雄

    日本脊椎関節炎学会誌   8 ( 2 )   57 - 65   2021年( eISSN:2435-6778

     詳細を見る

    当科通院中で20歳以上の乾癬(PsO)患者38例を対象に、関節エコーによるDoppler所見の検出頻度について検討した。症候性17例(女性35.3%、平均64歳)、無症候性21例(女性38.1%、平均66歳)であった。エコー所見としては軽微なものが多かったが、症候性・無症候性を問わず、Doppler陽性所見を高頻度に認めた。Doppler陽性の頻度が高い部位は、症候性・無症候性ともに手関節部の関節腔、次にPIPの腱・腱傍組織であった。また、無症候性例ではcSMIで付着部炎(特にアキレス腱)と赤沈値が有意な相関を示し、アキレス腱付着部のDoppler所見は無症候性患者における炎症所見の把握に有用なマーカーとなる可能性が示唆された。

  • 関節リウマチ患者におけるサルコペニアの新規発症リスク要因:KURAMAコホート研究

    鳥井美江, 板谷崇央, 谷河杏介, 浦井祐希, 木下彩栄, 任和子, 渡辺龍, 村田浩一, 村田浩一, 村上孝作, 田中真生, 伊藤宣, 伊藤宣, 松田秀一, 森信暁雄, 荒井秀典, 橋本求

    日本サルコペニア・フレイル学会誌   5 ( Supplement )   2021年( ISSN:2433-1805

     詳細を見る

  • 関節リウマチの治療(有効性・寛解) 膝関節罹患の関節リウマチ患者には、抗IL-6受容体抗体が有効である 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    前田 悠一, 平野 亨, 原 良太, 橋本 求, 山本 渉, 蛯名 耕介, 村上 孝作, 小谷 卓矢, 秦 健一郎, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 神野 定男, 片山 昌紀, 熊ノ郷 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   397 - 397   2020年08月

  • RA患者の健康寿命延伸を考える-身体機能維持向上を目指した長期戦略- RA治療薬の筋肉量への効果 サルコペニアの薬物治療は可能か

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   246 - 246   2020年08月

  • JAK阻害剤 関節リウマチ患者におけるバリシチニブとトファシチニブの継続率と中止理由についての比較検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    蛯名 耕介, 平野 亨, 前田 悠一, 山本 渉, 橋本 求, 村田 浩一, 武内 徹, 斯波 秀行, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 熊ノ郷 淳, 平尾 眞

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   411 - 411   2020年08月

  • ANSWER cohortにおける高齢RA患者の治療実態 EORAと高齢化したYORAとの比較

    安室 秀樹, 孫 瑛洙, 橋本 求, 村田 浩一, 山本 渉, 武内 徹, 平松 ゆり, 平野 亨, 大西 輝, 神野 定男, 原 良太, 片山 昌紀, 尾崎 吉郎, 野村 昌作

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   548 - 548   2020年08月

  • ACPA陽性RAの病態的特徴とアバタセプトの作用 間質性肺炎合併RAや免疫老化に焦点をあてて

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   810 - 810   2020年08月

  • 関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬の役割

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   804 - 804   2020年08月

  • 関節リウマチの治療評価と予測 骨粗鬆症薬はRA身体機能障害へ影響を与えるか

    富澤 琢也, 伊藤 宣, 村田 浩一, 橋本 求, 西谷 江平, 土井 浩平, 石江 慎一郎, 田中 真生, 三森 経世, 松田 秀一

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   455 - 455   2020年08月

  • 関節リウマチの治療評価と予測 関節リウマチの治療経過における有所見関節の分布 ANSWERコホート

    平野 亨, 前田 悠一, 蛯名 耕介, 橋本 求, 山本 渉, 村上 孝作, 小谷 卓矢, 秦 健一郎, 片山 昌紀, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 神野 定男, 大西 輝, 原 良太, 熊ノ郷 淳

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   457 - 457   2020年08月

  • 関節リウマチの治療(有効性・寛解) 関節リウマチ患者における生物学的製剤4314例のBio naieveとBio switch症例での継続率と中止理由についての比較検討 関西多施設ANSWER cohortによる解析

    蛯名 耕介, 平野 亨, 前田 悠一, 山本 渉, 橋本 求, 村田 浩一, 武内 徹, 斯波 秀行, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 熊ノ郷 淳, 平尾 眞

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   397 - 397   2020年08月

  • 間質性肺炎合併関節リウマチに対するJAK阻害薬の効果 ANSWER Cohortデータでの検討

    斯波 秀行, 橋本 求, 山本 渉, 松尾 崇史, 槇野 秀彦, 平松 ゆり, 吉川 紋佳, 永井 孝治, 秦 健一郎, 小谷 卓矢, 武内 徹, 前田 悠一, 孫 瑛洙, 安室 秀樹, 大西 輝, 明石 健吾, 原 良太, 片山 昌紀, 荒若 繁樹

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   64回   726 - 726   2020年08月

  • RA骨粗鬆症における解剖学的部位別のバイオマーカーと薬剤効果

    富澤 琢也, 伊藤 宣, 村田 浩一, 橋本 求, 田中 真生, 松田 秀一

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   63 ( 春季学会 )   180 - 180   2020年04月( ISSN:0008-9443 ( eISSN:1349-0885

  • 関節リウマチにおける疾患活動性をメタボロミクスを用いて示すことができるか

    伊藤 宣, 布留 守敏, 村田 浩一, 橋本 求, 松田 秀一

    日本整形外科学会雑誌   94 ( 3 )   S922 - S922   2020年03月( ISSN:0021-5325

  • 関節リウマチ患者において習慣的な魚の摂取はフレイルの有病率低下と相関する~KURAMAコホートデータベースを用いた検討~

    南野寛人, 南野寛人, 藤田義人, 鳥井美江, 池田香織, 勝島將夫, 橋本求, 村上孝作, 村田浩一, 西谷江平, 田中真生, 伊藤宣, 大村浩一郎, 荒井秀典, 稲垣暢也

    日本サルコペニア・フレイル学会誌   4 ( Supplement )   172 - 172   2020年( ISSN:2433-1805

     詳細を見る

  • 【高齢者におけるリウマチと膠原病】臨床に役立つQ&A 関節リウマチのサルコペニア合併時の対策について

    橋本 求, 鳥井 美江

    Geriatric Medicine   57 ( 12 )   1189 - 1194   2019年12月( ISSN:0387-1088

     詳細を見る

    ■サルコペニアを有する関節リウマチ患者は多い。■『サルコペニア診療ガイドライン2017年版』では、サルコペニアの治療として運動療法と栄養療法を推奨している。■サルコペニアを有する関節リウマチ患者を対象に、サルコペニアの改善をアウトカムとした介入研究はまだ報告されていない。関節リウマチ患者のサルコペニアの治療にはさらなる検討が必要である。(著者抄録)

  • 【高齢者におけるリウマチと膠原病】臨床に役立つQ&A 関節リウマチのサルコペニア合併時の対策について

    橋本 求, 鳥井 美江

    Geriatric Medicine   57 ( 12 )   1189 - 1194   2019年12月( ISSN:0387-1088 ( ISBN:9784898016749

     詳細を見る

    ■サルコペニアを有する関節リウマチ患者は多い。■『サルコペニア診療ガイドライン2017年版』では、サルコペニアの治療として運動療法と栄養療法を推奨している。■サルコペニアを有する関節リウマチ患者を対象に、サルコペニアの改善をアウトカムとした介入研究はまだ報告されていない。関節リウマチ患者のサルコペニアの治療にはさらなる検討が必要である。(著者抄録)

  • 関節リウマチ治療におけるJAK阻害薬の役割

    橋本 求

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   47回   101 - 101   2019年10月

  • Maintenance Therapy for anti-MDA5-Positive Dermatomyositis Patients with Interstitial Lung Disease: Can They Achieve Drug-Free Remission?

    Tsuneo Sasai, Ran Nanashima, Tsuneyo Mimori, Hideaki Tsuji, Shuji Akizuki, Kosaku Murakami, Motomu Hashimoto, Hajime Yoshifuji, Masao Tanaka, Koichiro Ohmura

    ARTHRITIS & RHEUMATOLOGY   71   2019年10月( ISSN:2326-5191 ( eISSN:2326-5205

     詳細を見る

    掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • 関節リウマチにおけるIL-6の役割と患者立脚型評価

    橋本 求

    日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集   47回   99 - 99   2019年10月

  • 関節リウマチの動物モデル

    橋本 求

    リウマチ科   61 ( 4 )   400 - 406   2019年04月( ISSN:0915-227X

  • 関節リウマチの動物モデル

    橋本 求

    リウマチ科   61 ( 4 )   400 - 406   2019年04月( ISSN:0915-227X

  • 関節リウマチの大関節罹患がMTX初期治療の反応性に及ぼす影響―ANSWER cohortデータでの検討―

    原良太, 原良太, 橋本求, 村田浩一, 村上孝作, 山本渉, 山本渉, 蛯名耕介, 吉良務, 吉良務, 城戸顕, 城戸顕, 藤本隆, 田中康仁, 田中康仁

    日本整形外科学会雑誌   93 ( 3 )   S518 - S518   2019年03月( ISSN:0021-5325

     詳細を見る

  • SLE(臨床)-3 全身性エリテマトーデスにおける各臓器病変と臨床症状、検査所見の相関についての網羅的解析から考えるその病態

    岩崎 毅, 土井 啓史, 田淵 裕也, 橋本 求, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 吉藤 元, 山本 渉, 田中 真生, 大村 浩一郎, 三森 経世

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   478 - 478   2019年03月

  • リウマチ性疾患の超音波検査 乾癬患者の関節エコーによる無症候性乾癬性関節炎所見の検出頻度とその臨床的意義の考察

    田淵 裕也, 橋本 求, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 村上 孝作, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎, 西谷 江平, 村田 浩一, 伊藤 宣, 三森 経世

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   429 - 429   2019年03月

  • サルコペニアを伴う高齢RA患者の治療戦略

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   885 - 885   2019年03月

  • SLE(臨床)-6 SLEのACR/EULAR新分類基準案と1997ACR及び2012SLICC分類基準案の比較

    土井 啓史, 岩崎 毅, 田淵 裕也, 秋月 修治, 村上 孝作, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 田中 真生, 山本 渉, 大村 浩一郎, 三森 経世

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   573 - 573   2019年03月

  • 右肺動脈の完全閉塞を呈した血管型ベーチェット病の一例

    田中 望美, 吉藤 元, 中嶋 蘭, 秋月 修治, 村上 孝作, 橋本 求, 田中 真生, 大村 浩一郎, 三森 経世

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   799 - 799   2019年03月

  • 関節リウマチ(RA)のT細胞におけるFormyl Peptide Receptor 2(FPR2)の機能解析

    村上 功, 村上 孝作, 吉田 亜希子, 臼井 崇, 秋月 修治, 中嶋 蘭, 橋本 求, 吉藤 元, 田中 真生, 大村 浩一郎, 三森 経世

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   742 - 742   2019年03月

  • 進化するIL-6阻害療法 サリルマブの特徴と使い方

    橋本 求

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   864 - 864   2019年03月

  • 小児の膠原病および若年性特発性関節炎 間質性肺炎合併抗MDA5抗体陽性若年性皮膚筋炎患者における胸部CT所見の治療抵抗性予測の検討

    大原 亜沙実, 中瀬古 春奈, 山崎 和子, 西村 謙一, 西田 豊, 山崎 雄一, 竹崎 俊一郎, 佐藤 智, 小林 法元, 岸 崇之, 橋本 求, 小林 一郎, 秋岡 親司, 森 雅亮

    日本リウマチ学会総会・学術集会プログラム・抄録集   63回   425 - 425   2019年03月

  • 抗MDA5抗体陽性間質性肺炎合併皮膚筋炎における血漿交換の有用性と治療適応の検討

    白柏 魅怜, 中嶋 蘭, 秋月 修治, 村上 孝作, 橋本 求, 吉藤 元, 大村 浩一郎, 三森 経世

    日本内科学会雑誌   108 ( Suppl. )   250 - 250   2019年02月( ISSN:0021-5384 ( eISSN:1883-2083

  • 関節リウマチ患者における不安・抑うつと,その疼痛への影響

    中神由香子, 杉原玄一, 武井教使, 藤井隆夫, 橋本求, 村上孝作, 布留守敏, 伊藤宣, 伊藤宣, 宇多雅, 鳥井美江, 任和子, 三森経世, 村井俊哉

    日本精神神経学会総会プログラム・抄録集   115th ( 2019特別号 )   S657 - S657   2019年( ISSN:0033-2658

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等

▼全件表示

担当授業科目

  • 初年次ゼミナール

    2022年度   週間授業   大学