2022/08/29 更新

写真a

ササイ カズミ
笹井 和美
Sasai Kazumi
担当
大学院獣医学研究科 獣医学専攻 教授
獣医学部 獣医学科
職名
教授
所属
獣医学研究院

担当・職階

  • 大学院獣医学研究科 獣医学専攻 

    教授  2022年04月 - 継続中

  • 獣医学部 獣医学科 

    教授  2022年04月 - 継続中

取得学位

  • 農学修士

  • 農学博士

研究分野

  • その他 / その他  / 人と動物の共通感染症学

  • ライフサイエンス / 寄生虫学  / 寄生虫学

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 獣医内科学

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 獣医内科学

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 寄生虫学

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 皮膚科学

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 人と動物の共通感染症

▼全件表示

研究キーワード

  • 獣医内科学

  • 感染症学

  • 寄生虫学

  • Zoonosis

  • 皮膚科学

  • 免疫学

研究概要

  • 鶏消化管寄生原虫の感染防御機構の解明

  • 食品由来食中毒の撲滅

  • 人と動物の共通感染症の鑑別診断法の開発

  • 血液原虫の感染防御機構の解明

  • 小動物皮膚疾患の感染防御の解明

研究歴

  • 動物疾病に関する診断学に関する研究

    1990年04月 - 継続中 

  •  

    アイメリア 

  •  

    サルモネラ 

  •  

    クリプトスポリジウム 

  •  

    原虫 

  •  

    寄生虫 

  •  

    人と動物の共通感染症 

所属学協会

  • The American Society of Parasitologists

    2020年03月

  • The Poultry Science Association

    2019年03月

  • 日本野生動物医学会

    1997年04月 - 継続中

  • 日本寄生虫学会

    1995年04月 - 継続中

  • World Association of Advance Veterinary Parasitologists

    1993年04月 - 継続中

  • American Association of Parasitologists

    1993年04月 - 2021年03月

  • 大阪府獣医師会

    1990年04月 - 継続中

  • 鶏病研究会

    1990年04月 - 継続中

  • 近畿家畜疾病研究会

    1990年04月 - 継続中

  • 日本獣医師会

    1990年04月 - 継続中

  • 日本獣医学会

    1990年04月 - 2006年04月

  • 日独原虫病協会

  • 日本獣医師会

  • 日本獣医学会

  • World Association for the Advancement of Veterinary

  • 野生動物医学会

▼全件表示

委員歴(学外)

  • 副会長   大阪府獣医師会  

    2021年05月 - 継続中 

  • 副会長   公益社団法人大阪府獣医師会  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • 獣医学共用試験センター委員   NPO法人獣医系大学間獣医学教育支援機構  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • 委員   公益社団法人日本獣医師会 獣医学術部会学術・教育・研究委員会  

    2021年04月 - 2022年03月 

  • 大阪府獣医師会      

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2014年04月 - 2015年03月 

  • 大阪府獣医師会      

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2013年04月 - 2014年03月 

  • 大阪府獣医師会      

    2012年04月 - 2013年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2012年04月 - 2013年03月 

  • 大阪府獣医師会      

    2011年04月 - 2012年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2011年04月 - 2012年03月 

  • 委員   大阪市動物愛護推進協議会  

    2010年04月 - 2011年03月 

  • 広報委員   大阪府獣医師会  

    2010年04月 - 2011年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2010年04月 - 2011年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2009年04月 - 2010年03月 

  • 広報委員   大阪府獣医師会  

    2009年04月 - 2010年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2008年04月 - 2009年03月 

  • 広報委員   大阪府獣医師会  

    2008年04月 - 2009年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2007年04月 - 2008年03月 

  • 広報委員   大阪府獣医師会  

    2007年04月 - 2008年03月 

  • 評議員   日独原虫病協議会  

    2006年04月 - 2007年03月 

  • 広報委員   大阪府獣医師会  

    2006年04月 - 2007年03月 

  • 評議員   日本獣医学会  

    2001年06月 - 継続中 

  • 委員長   大阪市動物愛護推進協議会  

▼全件表示

受賞歴

  • 近畿地区連合獣医師会 会長表彰状

    2017年06月   近畿地区連合獣医師会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 会長感謝状

    2011年09月   近畿地区連合獣医師会  

  • 中村賞

    2007年09月   大阪府獣医師会  

  • 研究助成 公益財団法人 浦上食品 ・ 食文化振興財団

    2006年08月   公益財団法人 浦上食品 ・ 食文化振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 会長賞

    2005年09月   大阪府獣医師会  

  • 萌芽研究 昭和シェル石油環境財団

    2005年07月   昭和シェル石油環境財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 奨励賞 財団法人クリタ水・環境科学振興財団

    1999年08月   財団法人クリタ水・環境科学振興財団  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 後藤養鶏学術奨励

    1999年06月   後藤養鶏学術奨励  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

職務経歴(学外)

  • 大阪公立大学大学院 獣医学研究科

    2022年04月 - 継続中

  • 公益社団法人大阪府獣医師会   副会長(兼任)

    2021年05月 - 継続中

  • 大阪地方及び高等裁判所 専門委員(兼任)

    2017年05月 - 継続中

  • 国立大学法人大阪大学薬学研究科 創薬サイエンス研究支援拠点   支援研究者(兼任)

    2016年04月 - 継続中

  • 堺化学工業株式会社   独立社外取締役

    2015年06月 - 2022年06月

  • 国立大学法人大阪大学   工学研究科   招へい教授(兼任)

    2015年04月 - 継続中

  • 公益社団法人大阪府獣医師会   監事

    2011年06月 - 2021年05月

  • 公立大学法人大阪 大阪府立大学大学院   生命環境科学研究科

    2008年04月 - 2022年03月

  • マレイシア農業技術センター   JICA 短期専門家

    1999年

  • 米国インディアナ州立Purdue大学   博士研究員

    1989年

▼全件表示

論文

  • Molecular identification of Eimeria species in liver and feces of naturally infected rabbits in Japan 査読

    Katsui K, Takami S, Ohashi K, Otsuka H, Uni S, Shibahara T, Sasai K, Matsubayashi M

    Parasitol Res.   121 ( 9 )   2733 - 2738   2022年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parint.2022.102557

  • Evaluation of Cryptosporidium parvum oocyst inactivation following exposure to ultraviolet light-emitting diodes by in vitro excystation and dye staining assays.

    Matsubayashi M, Teramoto I, Urakami I, Naohara J, Sasai K, Kido Y, Kaneko A

    Parasitology international   88   102557   2022年06月( ISSN:1383-5769

  • Evaluation of Cryptosporidium parvum oocyst inactivation following exposure to ultraviolet light-emitting diodes by in vitro excystation and dye staining assays. 査読 国際共著

    Matsubayashi M, Teramoto I, Urakamie I, Naohara J, Sasai K, Kido Y, Kaneko A

    Parasitol Int.   88   102557   2022年02月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.parint.2022.102557

  • Molecular identification of Eimeria species in liver and feces of naturally infected rabbits in Japan

    Katsui K.

    Parasitology Research   121 ( 9 )   2733 - 2738   2022年( ISSN:09320113

     詳細を見る

  • The establishment of an optimal protocol for contrast-enhanced micro-computed tomography in the cloudy catshark (Scyliorhinus torazame). 査読

    Ito T, Furuya M, Sasai K

    J Aquat Anim Health   33 ( 4 )   264 - 276   2021年12月( ISSN:0899-7659

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1002/aah.10143

    PubMed

  • The establishment of an optimal protocol for contrast-enhanced micro-computed tomography in the cloudy catshark (Scyliorhinus torazame). 査読

    Ito T, Furuya M, Sasai K

    J Aquat Anim Health 雑誌   Online ahead of print.   2021年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Distribution of Eimeria uekii and Eimeria raichoi in cage protection environments for the conservation of Japanese rock ptarmigans (Lagopus muta japonica) in the Japanese Alps 査読

    Matsubayashi M, Kobayashi A, Kaneko M, Kinoshita M, Tsuchida S, Shibahara T, Hasegawa M, Nakamura H, Sasai K, Ushida K

    Int J Parasitol Parasites Wildl. 雑誌   15   225 - 230   2021年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Phylogenetic characterization of Isospora jaracimrmani oocysts from a veiled chameleon (family Chamaeleonidae; Chamaeleo calyptratus) reared at a zoo in Ishikawa, Japan 査読

    Ekawasti F, Kitagawa K, Domae H, Wardhana AH, Nagasawa J, Shibahara T, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    J Vet Med Sci.   83 ( 8 )   1240 - 1243   2021年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Phylogenetic characterization of <i>Isospora jaracimrmani</i> oocysts from a veiled chameleon (family Chamaeleonidae; <i>Chamaeleo calyptratus</i>) reared at a zoo in Ishikawa, Japan 査読 国際共著

    Ekawasti F, Kitagawa K, Domae H, Wardhana AH, Nagasawa J, Shibahara T, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    J Vet Med Sci.   83 ( 8 )   1240 - 1243   2021年08月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1292/jvms.21-0152

    PubMed

  • Morphological and molecular identification of Eimeria tetartooimia oocysts from a Japanese green pheasant (Galliformes; Phasianidae; Phasianus versicolor) at a zoo in Japan.

    Matsubayashi M, Takami K, Kinoshita M, Tsuchida S, Ushida K, Shibahara T, Sasai K

    Parasitology research   120 ( 8 )   2973 - 2979   2021年08月( ISSN:0932-0113

     詳細を見る

  • Morphological and molecular identification of Eimeria tetartooimia oocysts from a Japanese green pheasant (Galliformes; Phasianidae; Phasianus versicolor) at a zoo in Japan. 査読

    Matsubayashi M, Takami K, Kinoshita M, Tsuchida S, Ushida K, Shibahara T, Sasai

    Parasitol Res.   120 ( 8 )   2973 - 2979   2021年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

  • Morphological and molecular identification of Eimeria tetartooimia oocysts from a Japanese green pheasant (Galliformes; Phasianidae; Phasianus versicolor) at a zoo in Japan.

    Matsubayashi M, Takami K, Kinoshita M, Tsuchida S, Ushida K, Shibahara T, Sasai

    Parasitol Res. 著書   120 ( 8 )   2973 - 2979   2021年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Canine idiopathic chylothorax: Anatomic characterization of the pre- and postoperative thoracic duct using computed tomography lymphography 査読

    Kanai H, Furuya M, Yoneji K, Hagiwara K, Nukaya A, Kondo M, Aso T, Fujii A, Sasai K

    Vet Radiol Ultrasound. 雑誌   62 ( 4 )   429 - 436   2021年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Canine idiopathic chylothorax: Anatomic characterization of the pre‐ and postoperative thoracic duct using computed tomography lymphography 査読

    Kanai H, Furuya M, Yoneji K, Hagiwara K, Nukaya A, Kondo M, Aso T, Fujii A, Sasai K

    Vet Radiol Ultrasound.   62 ( 4 )   429 - 436   2021年07月( ISSN:1058-8183

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/vru.12966

    PubMed

    その他URL: https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33684240/

  • Biochemical Properties and Cell Culture Affinity of Fowl Adenovirus Serotype-4 Strains Isolated from the Oviducts of Layer Hens in East Japan 査読

    Fletcher D.V, Camba S., Umali D.V, Sasai K, Shirota K, Katoh H

    JWPR 雑誌   11 ( 2 )   241 - 251   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Biochemical Properties and Cell Culture Affinity of Fowl Adenovirus Serotype-4 Strains Isolated from the Oviducts of Layer Hens in East Japan.

    Fletcher D.V, Camba S.I, Umali D.V, Sasai K, Shirota K, Katoh1 H

    JWPR 雑誌   11 ( 2 )   2021年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Biochemical Properties and Cell Culture Affinity of Fowl Adenovirus Serotype-4 Strains Isolated from the Oviducts of Layer Hens in East Japan 査読

    Fletcher D.V, Camba S.I, Umali D.V, Sasai K, Shirota K, Katoh H

    JWPR   11 ( 2 )   241 - 251   2021年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Distribution of Eimeria uekii and Eimeria raichoi in cage protection environments for the conservation of Japanese rock ptarmigans (Lagopus muta japonica) in the Japanese Alps 査読

    Matsubayashi M, Kobayashi A, Kaneko M, Kinoshita M, Tsuchida S, Shibahara T, Hasegawa M, Nakamura H, Sasai K, Ushida K

    Int J Parasitol Parasites Wildl.   15   225 - 230   2021年05月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.ijppaw.2021.05.004

    PubMed

  • Prevalence of astrovirus and parvovirus in Japanese domestic cats. 査読

    Soma T, Ogata M, Ohta K, Yamashita R, Sasai K

    J Vet Med Sci. 雑誌   89 ( 9 )   1243 - 1246   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • HSP110 expression in canine mammary gland tumor and its correlation with histopathological classification and grade

    Okada S, Furuya M, Fukui-Kaneshige A, Nakanishi H, Tani H, Sasai K

    Okada S, Furuya M, Fukui-Kaneshige A, Nakanishi H, Tani H, Sasai K 雑誌   232   110171 - 110171   2021年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • HSP110 expression in canine mammary gland tumor and its correlation with histopathological classification and grade 査読

    Okada S, Furuya M, Fukui-Kaneshige A, Nakanishi H, Tani H, Sasai K

    Vet Immunol Immunopathol.   232   110171 - 110171   2021年02月( ISSN:0165-2427

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.vetimm.2020.110171

    PubMed

  • Prevalence of astrovirus and parvovirus in Japanese domestic cats. 査読

    Soma T, Ogata M, Ohta K, Yamashita R, Sasai K

    J Vet Med Sci.   82 ( 9 )   1243 - 1246   2020年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvms/82/9/82_20-0205/_article

  • Prevalence of astrovirus and parvovirus in Japanese domestic cats.

    Soma T, Ogata M, Ohta K, Yamashita R, Sasai K

    The Journal of veterinary medical science   82 ( 9 )   1243 - 1246   2020年09月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

  • Occurrence and genetic identifications of porcine Entamoeba, E. suis and E. polecki, at Tangerang in West Java, Indonesia.

    Wardhana AH, Sawitri DH, Ekawasti F, Martindah E, Apritadewi D, Shibahara T, Kusumoto M, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    Parasitol Res. 雑誌   119 ( 9 )   2983 - 2990   2020年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Prevalence of astrovirus and parvovirus in Japanese domestic cats.

    Soma T, Ogata M, Ohta K, Yamashita R, Sasai K

    J Vet Med Sci. 雑誌   82 ( 9 )   1243 - 1246   2020年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Occurrence and genetic identifications of porcine Entamoeba, E. suis and E. polecki, at Tangerang in West Java, Indonesia.

    Wardhana AH, Sawitri DH, Ekawasti F, Martindah E, Apritadewi D, Shibahara T, Kusumoto M, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    Parasitology research   119 ( 9 )   2983 - 2990   2020年09月( ISSN:0932-0113

     詳細を見る

  • 日本の猫におけるアストロウイルスとパルボウイルスの保有率(Prevalence of astrovirus and parvovirus in Japanese domestic cats)

    Soma Takehisa, Ogata Maiko, Ohta Kaisaku, Yamashita Runa, Sasai Kazumi

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 9 )   1243 - 1246   2020年09月( ISSN:0916-7250

  • Occurrence and genetic identifications of porcine Entamoeba, E. suis and E. polecki, at Tangerang in West Java, Indonesia. 査読 国際共著

    Wardhana AH, Sawitri DH, Ekawasti F, Martindah E, Apritadewi D, Shibahara T, Kusumoto M, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    Parasitol Res.   119 ( 9 )   2983 - 2990   2020年09月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00436-020-06806-0.

    PubMed

  • Efficacy of ultraviolet light-emitting diodes (UV-LED) at four different peak wavelengths against Cryptosporidium parvum oocysts by inactivation assay using immunodeficient mice. 査読

    Takahashi K, Matsubayashi M, Ohashi Y, Naohara J, Urakami I, Sasai K, Kido Y, Kaneko A, Teramoto I

    Parasitol Int. 雑誌   77   102 - 108   2020年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 免疫不全マウスを用いた不活化アッセイによるCryptosporidium parvumオーシストに対する4種類のピーク波長での紫外線発光ダイオード(UV-LED)の有効性(Efficacy of ultraviolet light-emitting diodes(UV-LED) at four different peak wavelengths against Cryptosporidium parvum oocysts by inactivation assay using immunodeficient mice)

    Takahashi Karin, Matsubayashi Makoto, Ohashi Yukio, Naohara Jun, Urakami Itsuo, Sasai Kazumi, Kido Yasutoshi, Kaneko Akira, Teramoto Isao

    Parasitology International   77   1 - 6   2020年08月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    各種波長のUV-LEDによるCryptosporidium parvum不活化作用を、重症複合免疫不全症(SCID)マウスを用いて評価した。5週齢の雌SCIDマウスを7群に割り付けた(5〜6頭/群)。A群には未処理オーシスト10^5、B群には未処理オーシスト10^3、C群にはUVランプ照射(波長253.7nm)オーシスト10^6、D〜G群にはUV-LED(ピーク波長268、275、284、289nm)照射オーシスト10^6を腹腔内投与した。1日当たりのオーシスト排出量(OPD)を算出した。全ての処理群のOPD値は対照(未処理オーシスト)群と同様に、10^7のプラトーに達した。未処理オーシスト群の増殖曲線の標準偏差は比較的小さかったのに対して、UV/UV-LED処理オーシスト群では大きな分散を示した。OPDが10^4、10^5、10^6に達する推定日数については、波長284nmと289nmのUV-LEDで処理した場合の方がUVランプ処理の場合より有意に長かった。10^3対照群における40日後の死亡率は0%、10^5対照群で66.7%(4/6)、UVランプ群では40%(2/5)、UV-LED群では波長268nmが60%(3/5)、275nmが0%、284nmが20%(1/5)、289nmが0%であった。波長約280nmのUV-LED照射はオーシストからの脱嚢を阻害するものと推測された。

  • 子豚の小腸及び大腸パラフィン包埋切片を用いたTritrichomonas foetusの遺伝子学的同定及び粘膜固有層への侵入の特徴

    猜都 勇介, 北原 尚英, 三角 和華子, 伊藤 弘貴, 松林 誠, 笹井 和美, 芝原 友幸

    日本獣医師会雑誌   73 ( 8 )   449 - 456   2020年08月( ISSN:0446-6454

     詳細を見る

    鹿児島県内の一養豚農場で2019年2月に40日齢の離乳豚が水様性下痢を呈し、死亡豚が増加した。下痢を呈した2頭において、病理組織学的に回腸、盲腸及び結腸の陰窩腔にトリコモナスの濃厚寄生が観察された。そのうち1頭では、多数のトリコモナスの陰窩上皮及び粘膜固有層への侵入が認められた。小腸及び大腸病変部のパラフィン包埋切片を用いたPCR検査でTritrichomonas foetusが同定された。超微形態学的検査で、3本の前鞭毛と1本の後鞭毛が観察された。Caspase-3免疫染色及びTUNEL法で、陰窩上皮のアポトーシス陽性細胞の増加が観察された。細菌学的検査でEscherichia coliが分離された。病理組織学的検査と遺伝子学的検査の結果より、T.foetusの豚に対する侵襲性及び下痢への関与が示唆された。(著者抄録)

  • Efficacy of ultraviolet light-emitting diodes (UV-LED) at four different peak wavelengths against Cryptosporidium parvum oocysts by inactivation assay using immunodeficient mice. 査読

    Takahashi K, Matsubayashi M, Ohashi Y, Naohara J, Urakami I, Sasai K, Kido Y, Kaneko A, Teramoto I

    Parasitol Int.   77   102 - 108   2020年08月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.parint.2020.102108

    PubMed

    その他URL: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1383576920300581?via%3Dihub

  • Molecular identification of Trichuris suis worms and eggs in pig feces, infected intestines, and farm environments in Japan 査読

    Muramatsu R, Sato R, Onuma N, Sasai K, Shibahara T, Matsubayashi, M.Ryunosuke

    JARQ   54 ( 3 )   271 - 275   2020年07月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Molecular identification of Trichuris suis worms and eggs in pig feces, infected intestines, and farm environments in Japan 査読

    Muramatsu R, Sato R, Onuma N, Sasai K, Shibahara T, Matsubayashi, M.Ryunosuke

    JARQ 雑誌   54 ( 3 )   271 - 275   2020年07月

  • Evaluation of 3-week-old layer chicks intratracheally challenged with Salmonella isolates from serogroup C1 (O:6,7) and Salmonella Enteritidis. 査読

    Camba SI, Del Valle FP, Sasai K, H. Katoh

    Avian Pathol.   49 ( 3 )   305 - 310   2020年06月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/03079457.2020.1719280

  • Evaluation of 3-week-old layer chicks intratracheally challenged with Salmonella isolates from serogroup C1 (O:6,7) and Salmonella Enteritidis. 査読

    Camba SI(学生), Del Valle FP(学生), Sasai K, H. Katoh

    Avian Pathol.   49 ( 3 )   305 - 310   2020年06月

  • Efficacy of en bloc thoracic duct ligation in combination with pericardiectomy by video-assisted thoracoscopic surgery for canine idiopathic chylothorax. 査読

    Kanai H, Furuya M, Hagiwara K, Nukaya A, Kondo M, Aso T, Fujii A, Sasai K

    Vet Surg.   49 ( 1 )   O102 - O111   2020年06月( ISSN:0161-3499

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1111/vsu.13370

    PubMed

  • Genetic Analysis of Chick Anemia Virus from 11 to 14 weeks Old Replacement Pullets with Clinical and Sub-clinical Infections. 査読 国際共著

    Del Valle Fletcher, Camba S, Umali D, Sasai K, Shirota K, Katoh H, Tajima T

    J. Vet. Med. Sci.   82 ( 5 )   520 - 526   2020年05月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0210

    PubMed

    その他URL: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7273591/

  • Morphological and Molecular Identification of Eimeria Spp. In Breeding Chicken Farms of Japan 査読

    Matsubayashi M, Shibahara T, Matsuo T, Hatabu T, Yamagishi J, Sasai K, Isobe T.

    J Vet Med Sci.   82 ( 5 )   516 - 519   2020年05月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0661

    PubMed

    その他URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvms/advpub/0/advpub_19-0661/_article

  • Molecular and pathologic characterization of avian adenovirus isolated from the oviducts of laying hens in eastern Japan 査読 国際共著

    Del Valle Fletcher, Camba S, Umali D, Sasai K, Shirota K, Katoh H, Tajima T

    Poult Sci.   99 ( 5 )   2459 - 2468   2020年05月( ISSN:0032-5791

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.psj.2019.12.059

    PubMed

  • Parasitic development in intestines and oocyst shedding patterns for infection by Eimeria uekii and Eimeria raichoi in Japanese rock ptarmigans, Lagopus muta japonica, protected by cages in the Southern Japanese Alps.

    Del Valle Fletcher(学生), Camba S, Umali D, Sasai K, Shirota K, Katoh H, Tajima T

    Poult Sci. 雑誌   99 ( 5 )   2459 - 2468   2020年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Morphological and Molecular Identification of Eimeria Spp. In Breeding Chicken Farms of Japan

    Matsubayashi M, Shibahara T, Matsuo T, Hatabu T, Yamagishi J, Sasai K, Isobe T

    J Vet Med Sci.   82 ( 5 )   516 - 519   2020年05月

  • Genetic Analysis of Chick Anemia Virus from 11 to 14 weeks Old Replacement Pullets with Clinical and Sub-clinical Infections.

    Del Valle Fletcher(学生), Camba S(学生), Umali D, Sasai K, Shirota K, Katoh H, Tajima T

    J. Vet. Med. Sci. 雑誌   82 ( 5 )   520 - 526   2020年05月

  • Molecular and pathologic characterization of avian adenovirus isolated from the oviducts of laying hens in eastern Japan

    Del Valle Fletcher(学生), Camba S(学生), Umali D, Sasai K, Shirota K, Katoh H, Tajima T

    Poult Sci. 雑誌   99 ( 5 )   2459 - 2468   2020年05月

  • 日本の繁殖養鶏場におけるEimeria属の形態学的及び分子学的同定(Morphological and molecular identification of Eimeria spp. in breeding chicken farms of Japan)

    Matsubayashi Makoto, Shibahara Tomoyuki, Matsuo Tomohide, Hatabu Toshimitsu, Yamagishi Junya, Sasai Kazumi, Isobe Takashi

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 5 )   516 - 519   2020年05月( ISSN:0916-7250

  • 東日本の11〜14週齢の若雌鶏における鶏貧血ウイルス感染関与が疑われる疾病 症例報告(The diseases suspected of the involvement of chicken anemia virus infection in 11 to 14-weeks old replacement pullets from eastern Japan: a case report)

    Del Valle Fletcher, Camba Sherwin, Umali Dennis, Shirota Kazutoshi, Sasai Kazumi, Katoh Hiromitsu, Tajima Tomoko

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 5 )   520 - 526   2020年05月( ISSN:0916-7250

  • Parasitic development in intestines and oocyst shedding patterns for infection by Eimeria uekii and Eimeria raichoi in Japanese rock ptarmigans, Lagopus muta japonica, protected by cages in the Southern Japanese Alps. 査読

    Matsubayashi M, Kinoshita M, Kobayashi A, Tsuchida S, Shibahara T, Hasegawa M, Nakamura H, Sasai K, Ushida K

    Int J Parasitol Parasites Wildl.   12 ( 9 )   19 - 24   2020年04月

  • Swine multifocal ulcerative colitis and crypt abscesses associated with Entamoeba polecki subtype 3 and Salmonella Typhimurium. 査読

    Ito H, Hosokawa K, Kawamura M, Ito N, Abeto Y, Matsubayashi M, Sasai K, Shibahara T

    J Vet Med Sci.   82 ( 4 )   463 - 466   2020年04月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国内誌  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0682

    PubMed

    その他URL: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvms/82/4/82_19-0682/_article

  • Molecular identification of Eimeria hestermani and Eimeria prionotemni from a red-necked wallaby (Macropodidae; Macropus rufogriseus) in Japan.

    Ekawasti F, Kitagawa K, Domae H, Wardhana AH, Shibahara T, Uni S, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    Parasitol Res. 雑誌   119 ( 4 )   1271 - 1279   2020年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Entamoeba poleckiサブタイプ3とSalmonella Typhimuriumに関連した豚の多病巣性潰瘍性大腸炎と陰窩膿瘍(Swine multifocal ulcerative colitis and crypt abscesses associated with Entamoeba polecki subtype 3 and Salmonella Typhimurium)

    Ito Hirotaka, Hosokawa Kumiko, Kawamura Midori, Ito Naomi, Abeto Yusuke, Matsubayashi Makoto, Sasai Kazumi, Shibahara Tomoyuki

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 ( 4 )   463 - 466   2020年04月( ISSN:0916-7250

  • Molecular identification of Eimeria hestermani and Eimeria prionotemni from a red-necked wallaby (Macropodidae; Macropus rufogriseus) in Japan. 査読 国際共著

    Ekawasti F, Kitagawa K, Domae H, Wardhana AH, Shibahara T, Uni S, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    Parasitol Res.   119 ( 4 )   1271 - 1279   2020年04月( ISSN:0932-0113

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1007/s00436-020-06618-2

    PubMed

    その他URL: https://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00436-020-06618-2

  • Detections of gastrointestinal parasites, including Giardia intestinalis and Cryptosporidium spp., in cattle of Banten province, Indonesia.

    Sawitri DH, Wardhana AH, Martindah E, Ekawasti F, Dewi DA, Utomo BN, Shibahara T, Kusumoto M, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    J Parasit Dis. 雑誌   44 ( 1 )   174 - 179   2020年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The Expanded Role of Roof-Rats ( Rattus rattus) in Salmonella Spp. Contamination of a Commercial Layer Farm in East Japan

    Camba SI(学生), Del Valle FP(学生), Umali DV, Soma T, Shirota K, Katoh H, Sasai K.

    Avian Dis.   64 ( 1 )   46 - 52   2020年03月

  • Detections of gastrointestinal parasites, including Giardia intestinalis and Cryptosporidium spp., in cattle of Banten province, Indonesia. 査読 国際共著

    Sawitri DH, Wardhana AH, Martindah E, Ekawasti F, Dewi DA, Utomo BN, Shibahara T, Kusumoto M, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    J Parasit Dis.   44 ( 1 )   174 - 179   2020年03月( ISSN:0971-7196

  • The Expanded Role of Roof-Rats ( Rattus rattus) in Salmonella Spp. Contamination of a Commercial Layer Farm in East Japan 査読 国際共著

    Camba SI, Del Valle FP, Umali DV, Soma T, Shirota K, Katoh H, Sasai K.

    Avian Dis.   64 ( 1 )   46 - 52   2020年03月( ISSN:0005-2086

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1637/0005-2086-64.1.46

    PubMed

  • Transitions in morphological forms and rapid development of the asexual schizonts of Eimeria tenella through serial passaging in chicks. 査読

    Matsubayashi M, Yamaguchi H, Hatta T, Kawahara F, Hatabu T, Iseki H, Yamagishi J, Isobe T, Teramoto I, Kaneko A, Kita K, Tsuji N, Sasai K

    Infect Genet Evol. 雑誌   75   103993 - 103993   2019年11月

  • Transitions in morphological forms and rapid development of the asexual schizonts of Eimeria tenella through serial passaging in chicks.

    Matsubayashi M, Yamaguchi H, Hatta T, Kawahara F, Hatabu T, Iseki H, Yamagishi J, Isobe T, Teramoto I, Kaneko A, Kita K, Tsuji N, Sasai K

    Infect Genet Evol.   75   103993 - 103993   2019年11月( ISSN:1567-1348

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.meegid.2019.103993

    PubMed

  • Molecular characterization of highly pathogenic Eimeria species among beef cattle on Java Island, Indonesia. 査読

    Ekawasti F, Nurcahyo W, Wardhana AH, Shibahara T, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M.

    Parasitol Int. 雑誌   72 ( 10 )   2019年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • インドネシア、ジャワ島の肉牛で認められた高病原性Eimeria種の分子的特徴(Molecular characterization of highly pathogenic Eimeria species among beef cattle on Java Island, Indonesia)

    Ekawasti Fitrine, Nurcahyo Wisnu, Wardhana April Hari, Shibahara Tomoyuki, Tokoro Masaharu, Sasai Kazumi, Matsubayashi Makoto

    Parasitology International   72   1 - 7   2019年10月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    ジャワ島のEimeria種とその他胃腸内寄生虫を調査し、その保有率を報告した。ジャワ島の農場の肉牛から糞便289検体を収集し、Whitlock法とショ糖液浮遊法によって調べた。陽性検体からショ糖液浮遊法によってEimeriaオーサイトを精製し、ゲノムDNAを抽出してPCRによってEimeria種の分子同定を行った。Eimeria種の保有率はWhitlock法では9.4%、ショ糖液浮遊法では52.3%であった。保有率は1歳未満が63.9%、1〜2歳が75.0%、2歳以上が42.3%で、若年肉牛の方が保有率は高かった。同定した種の保有率はE.bovisが10.4%、E.ellipsoidalisが2.8%、E.alabamensisが2.1%、E.zuerniiが1.4%、E.auburnensisが1.1%、E.cylindricaが0.4%であった。Strongyloides papillosusの保有率が12.8%、Trichuris globulosaが7.3%、Capillaria bovisが0.3%であった。陽性検体中糞便1gあたりのオーサイト数は100未満で、重感染例は限られていたが、インドネシアの農場では病原性Eimeria種が流行していることが示された。

  • Molecular characterization of highly pathogenic Eimeria species among beef cattle on Java Island, Indonesia. 査読

    Ekawasti F, Nurcahyo W, Wardhana AH, Shibahara T, Tokoro M, Sasai K, Matsubayashi M

    Parasitol Int.   72   101927 - 101927   2019年10月( ISSN:1383-5769

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1016/j.parint.2019.101927

    PubMed

    その他URL: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1383576919300297?via%3Dihub

  • Genetic analysis of Streptococcus equi subsp. equi isolated from horses imported into Japan. 査読

    Kasuya K, Tanaka N, Oshima F, Fujisawa N, Saito M, Tagami K, Niwa H, Sasai K.

    J Vet Med Sci. 雑誌   81 ( 6 )   924 - 927   2019年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 日本に輸入された馬より単離されたStreptococcus equi subsp. equiの遺伝学的解析(Genetic analysis of Streptococcus equi subsp. equi isolated from horses imported into Japan)

    Kasuya Kazufumi, Tanaka Nobuyuki, Oshima Fumi, Fujisawa Nozomi, Saito Megumi, Tagami Katsunori, Niwa Hidekazu, Sasai Kazumi

    The Journal of Veterinary Medical Science   81 ( 6 )   924 - 927   2019年06月( ISSN:0916-7250

  • Genetic analysis of Streptococcus equi subsp. equi isolated from horses imported into Japan. 査読

    Kasuya K, Tanaka N, Oshima F, Fujisawa N, Saito M, Tagami K, Niwa H, Sasai K

    J Vet Med Sci.   81 ( 6 )   924 - 927   2019年04月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.18-0656

    PubMed

  • Prevalence of microorganisms associated with feline gingivostomatitis. 査読

    Nakanishi H, Furuya M, Soma T, Hayashiuchi Y, Yoshiuchi R, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K.

    J Feline Med Surg. 雑誌   21 ( 2 )   103 - 108   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Anti-feline panleukopenia virus serum neutralizing antibody titer in domestic cats with the negative or low hemagglutination inhibition antibody titer. 査読

    Soma T, Ohta K, Yamashita R, Sasai K.

    J Vet Med Sci. 雑誌   81 ( 2 )   252 - 255   2019年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 赤血球凝集抑制抗体価が陰性または低値の飼い猫における猫汎白血球減少症ウイルスに対する血清中和抗体価(Anti-feline panleukopenia virus serum neutralizing antibody titer in domestic cats with the negative or low hemagglutination inhibition antibody titer)

    Soma Takehisa, Ohta Kaisaku, Yamashita Runa, Sasai Kazumi

    The Journal of Veterinary Medical Science   81 ( 2 )   252 - 255   2019年02月( ISSN:0916-7250

  • Prevalence of microorganisms associated with feline gingivostomatitis. 査読

    Nakanishi H, Furuya M, Soma T, Hayashiuchi Y, Yoshiuchi R, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K

    J Feline Med Surg.   21 ( 2 )   103 - 108   2019年02月( ISSN:1098-612X

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.1177/1098612X18761274

    PubMed

  • Anti-feline panleukopenia virus serum neutralizing antibody titer in domestic cats with the negative or low hemagglutination inhibition antibody titer. 査読

    Soma T, Ohta K, Yamashita R, Sasai K

    J Vet Med Sci.   81 ( 2 )   252 - 255   2019年02月( ISSN:0916-7250

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.18-0472

    PubMed

  • Novel Characteristics of Mitochondrial Electron Transport Chain from Eimeria tenella. 査読

    Matsubayashi M, Inaoka DK, Komatsuya K, Hatta T, Kawahara F, Sakamoto K, Hikosaka K, Yamagishi J, Sasai K, Shiba T, Harada S, Tsuji N, Kita K

    Genes   10 ( 1 )   22   2019年01月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   国際・国内誌:国際誌  

    DOI: 10.3390/genes10010029

    PubMed

  • Retrospective and histopathological studies of Entamoeba spp. and other pathogens associated with diarrhea and wasting in pigs in Aichi Prefecture, Japan. 査読

    Komatsu T, Matsubayashi M, Murakoshi N, Sasai K, Shibahara T.

    JARQ 雑誌   53 ( 1 )   57 - 66   2019年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Novel characteristics of mitochondrial electron transport chain from Eimeria tenella. 査読

    Matsubayashi M, Inaoka DK, Komatsuya K, Hatta T, Kawahara F, Sakamoto K, Hikosaka K, Yamagishi J, Sasai K, Shiba T, Harada S, Tsuji N, Kita K.

    Genes (Basel).   10 ( 1 )   2019年01月

  • Retrospective and histopathological studies of Entamoeba spp. and other pathogens associated with diarrhea and wasting in pigs in Aichi Prefecture, Japan 査読

    Komatsu T, Matsubayashi M, Murakoshi N, Sasai K, Shibahara T

    JARQ   53 ( 1 )   59 - 67   2019年01月

  • First surveillance and molecular identification of the Cryptosporidium skunk genotype and Cryptosporidium parvum in wild raccoons (Procyon lotor) in Osaka, Japan. 査読

    Hattori K, Donomoto T, Manchanayake T, Shibahara T, Sasai K, Matsubayashi M.

    Parasitology Research 雑誌   117 ( 11 )   3669 - 3674   2018年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Outcome of limb fracture repair in rabbits: 139 cases (2007-2015). 査読

    Sasai H, Fujita D, Seto E, Denda Y, Imai Y, Okamoto K, Okamura K, Furuya M, Tani H, Sasai K.

    J Am Vet Med Assoc. 雑誌   252 ( 4 )   457 - 463   2018年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Genetic and histopathological identification of Cystoisospora suis in a post-weaned piglet with watery diarrhea. 査読

    Kanamori K, Manchanayake T, Matsubayashi T, Imai N, Kobayashi Y, Sasai K, Shibahara T.

    Jarq-Japan Agricultural Research Quarterly   52 ( 1 )   55 - 61   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • First detection and molecular identification of Entamoeba bovis from Japanese cattle. 査読

    Matsubayashi M, Matsuura Y, Nukata S, Daizi Y, Shibahara T, Teramoto I, Matsuo T, Uni S, Hatta T, Kaneko A, Tsuji N, Sasai K.

    Parasitol Res 雑誌   117 ( 1 )   339 - 342   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Feline coronavirus antibody titer in cerebrospinal fluid from cats with neurological signs.

    Soma T, Saito N, Kawaguchi M, Sasai K.

    J Vet Med Sci. 雑誌   80 ( 1 )   59 - 62   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of Ornithobacterium rhinotracheale from commercial layer chickens in eastern Japan. 査読

    Umali DV, Shirota K, Sasai K, Katoh H.

    Poult Sci.   97 ( 1 )   24 - 29   2018年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Pathogenic characteristics of a novel intranuclear coccidia in Japanese black calves and its genetic identification as Eimeria subspherica. 査読

    Koreeda T, Kawakami T, Okada A, Hirashima Y, Imai N, Sasai K, Tanaka S, Matsubayashi M, Shibahara T.

    Parasitol Res 雑誌   116 ( 11 )   2017年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development of molecular diagnostic protocols for detecting three types of Entamoeba from diarrheal and asymptomatic pigs and environmental moist soils. 査読

    Hirashima Y, Manchanayake T, Yano T, Kitahara S, Koreeda T, Kamimura S, Sasai K, Matsubayashi M, Shibahara T.

    Parasitol Res. 雑誌   116 ( 7 )   2001 - 2007   2017年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Serological surveillance for antibodies against six canine veruses in wild raccoons in Japan. 査読

    Aoki E, Soma T, Yokoyama M, Matsubayashi M, Sasai K.

    J. Wildlife Dis. 雑誌   53 ( 4 )   761 - 768   2017年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Report of fatal mixed infection with Cryptosporidium parvum and Giardia intestinalis in neonatal calves. 査読

    Matsuura Y, Matsubayashi M, Nukata S, Shibahara T, Ayukawa O, Kondo Y, Matsuo T, Uni S, Furuya M, Tani H, Tsuji N, Sasai K

    Acta Parasitologica. 雑誌   62 ( 1 )   214 - 220   2017年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of Eimeria acervulina conoid antigen using chicken monoclonal antibody.

    Matsubayashi M, Minoura C, Kimura S, Tani H, Furuya M, Lillehoj H.S, Matsuda H, Takenaka S, Hatta T, Tsuji T, Sasai K.

    Parasitol Res. 雑誌   115 ( 11 )   2016年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Detection of kobuvirus RNA in Japanese domestic dogs. 査読

    Soma T, Matsubayashi M, Sasai K.

    J Vet Med Sci.   78 ( 11 )   1731 - 1735   2016年11月

  • A Serological Survey of Leptospira Spp. Antibodies in Wild Raccoons (Procyon lotor) in Osaka, Japan. 査読

    Saeki J, Nakanishi H, Furuya M, Masubuchi M, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K

    Asian Journal of Animal and VeterinaryAdvances. 雑誌   11 ( 4 )   258 - 262   2016年04月

  • First report of molecular identification of Cystoisospora suis in piglets with lethal diarrhea in Japan. 査読

    Matsubayashi M, Takayama H, Kusumoto M, Murata M, Uchiyama Y, Kaji M, Sasai K, Yamaguchi R, Shibahara T.

    Acta Parasitol, 雑誌   61 ( 2 )   406 - 411   2016年02月

  • Management and outcome of limb fractures in 139 rabbits (2007-2015). 査読

    Sasai H, Fujita D, Seto E, Denda Y, Imai Y, Okamoto K, Okamura K, Furuya M, Tani H, Sasai K

    J Am Vet Med Assoc 雑誌   252 ( 4 )   457 - 463   2016年02月

  • Transcriptional profiles of virulent and precocious strains of Eimeria tenella at sporozoite stage; novel biological insight into attenuated asexual development. 査読

    Matsubayashi M., Kawahara F., Hatta T., Yamagishi J., Miyoshi T., Anisuzzaman, Sasai K., Isobe T., Kita K., Tsuji N.

    Infection, Genetics and Evolution 雑誌   40 ( 1 )   54 - 60   2016年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characteristics of bone fractures and usefulness of micro-computed tomography for fracture detection in rabbits: 210 cases (2007-2013). 査読

    Sasai H, Fujita D, Tagami Y, Seto E, Denda Y, Hamakita H, Ichihashi T, Okamura K, Furuya M, Tani H, Sasai K, Yamate J.

    J Am Vet Med Assoc   46 ( 12 )   1339 - 1344   2015年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The detection of toxigenic Corynebacterium ulcerans from cats with nasal inflammation in Japan.

    Saeki J, Katsukawa C, Matsubayashi M, Nakanishi H, Furuya M, Tani H, Sasai K.

    Epidemiol. Infect 雑誌   143 ( 12 )   2660 - 2665   2015年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Localization of heat shock protein 110 in canine mammary gland tumors. 査読

    Okada S., Furuya M., Takenaka S., Fukui A., Matsubayashi M., Tani H., Sasai K.

    Vet. Immunol., 167(3-4):139-46. 雑誌   167 ( 3-4 )   139 - 146   2015年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Identification of novel tumor-associated antigens in canine mammary gland tumor.

    Furuya M, Funasaki M, Tani H, Sasai K

    Veterinary and Comparative Oncology.   13 ( 3 )   194 - 202   2015年03月

  • First report of molecular identification of Cystoisospora suis in piglets with lethal diarrhea in Japan. 査読

    Matsubayashi M., Takayama H., Kusumoto M., Murata M., Uchiyama Y., Kaji M., Sasai K., Yamaguchi R., Shibahara T.,

    Acta Parasitologica 雑誌   61 ( 2 )   406 - 411   2015年02月

  • Localization of eimeripain, an Eimeria tenella cathepsin B-like cysteine protease, during asexual and sexual intracellular development in chicken ceca.

    Matsubayashi M, Hatta T, Miyoshi T, Anisuzzaman, Sasai K, Yamaji K, Shimura K, Isobe T, Kita K, Tsuji N.

    J Vet Med Sci. 雑誌   76 ( 4 )   531 - 537   2014年04月

  • Elongation Factor-1α is a Novel Protein Associated with Host Cell Invasion and a Potential Protective Antigen of Cryptosporidium parvum. 査読

    Matsubayashi M, Kimata I, Uni S, Lillehoj HS, Matsuda H, Furuya M, Tani H, Sasai K.

    The Journal of Biological Chemistry. 雑誌   288 ( 47 )   34111 - 20   2013年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • High-throughput RNA sequencing profiles and transcriptional evidence of aerobic respiratory enzymes in sporulating oocysts and sporozoites of Eimeria tenella.

    Matsubayashi M, Hatta T, Miyoshi T, Anisuzzaman, Sasai K, Shimura K., Isobe T., Kita K.

    Infection, Genetics and Evolution. 雑誌   18 ( 3 )   269 - 76   2013年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Infectivity of Cryptosporidium andersoni Kawatabi type relative to the small number of oocysts in immunodeficient and immunocompetent neonatal and adult mice. 査読

    Koyashiki-Nagano S., Matsubayashi M., Kimata I., Furuya M, Tani H, Sasai K

    Parasitol. Int. 雑誌   62 ( 2 )   109 - 111   2013年02月

  • Expression of Fat2 mRNA in Canine Skin Tumors.

    Matsui S, Sasai K., Takeuchi T

    J. Anim. Vet. Adv.   11 ( 13 )   2012年07月

  • Phylogenetic identification of Cystoisospora spp. from dogs, cats, and raccoon dogs in Japan. 査読

    Matsubayashi M, Carreno RA, Tani H, Yoshiuchi R, Kanai T, Kimata I, Uni S, Furuya M, Sasai K

    Vet. Parasitol 雑誌   176 ( 2-3 )   270 - 274   2011年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of low pH on the morphology and viability of Cryptosporidium andersoni sporozoites and histopathology in the stomach of infected mice. 査読

    Matsubayashi M, Ando H, Kimata I, Takase H, Nakagawa H, Furuya M, Tani H, Sasai K

    Int. J. Parasitol. 雑誌   41 ( 3-4 )   287 - 92.   2011年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Morphological changes and viability of Cryptosporidium parvum sporozoites after excystation in cell-free culture media. 査読

    Matsubayshi M, Ando H, Kimata I, Nakagawa M, Furuya M, Tani H, Sasai K.

    Paratiology 雑誌   137 ( 13 )   1861 - 6   2010年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Survey and molecular characterization of Cryptosporidium and Giardia spp in owned companion animals, dogs and cats in Japan. 査読

    Yoshiuch R, Matsubayashi M, Kimata I, Furuya M, Tani H, Sasai K

    Vet. Parasitol. 雑誌   174 ( 3-4 )   313 - 316.   2010年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Moprological Survey of Parasitic Infections in Pigs and Cattle in a Slaughterhouse in Osaka, Japan. 査読

    Matsubayashi M, Kita T, Narushima T, Kimata I, Tani H, Sasai K, Baba E.

    J. Vet Med. Sci 雑誌   71 ( 3 )   1079 - 1083.   2010年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Importance of subunit vaccine antigen of major Fli C antigenic site of Salmonella Enteritidis II: A challenge trial. 査読

    Toyota-Hanatani Y, Kyoumoto Y(学生), Baba E, Ekawa T, Ohta H, Tani H, Sasai K.

    Vaccine.   27 ( 11 )   1680 - 1684   2009年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Public health assessment of Salmonella enterica serovar enteritidis inactivated-vaccine treatment in layer flocks. 査読

    Toyota-Hanatani Y, Ekawa T, Ohta H, Igimi S, Hara-Kudo Y, Sasai K, Baba E.

    Appl Environ Microbiol.   75 ( 4 )   1005 - 1010   2009年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of monoclonal antibodies that recognize the Eimeria tenella microneme protein MIC2. 査読

    Sasai K, Fetterer RH, Lillehoj H, Matusra S, Constantinoiu CC(学生), Matsubayashi M, Tani H, Baba E.

    J Parasitol.   94 ( 6 )   1432 - 1434   2008年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Genetical survey of novel type of Cryptosporidium andersoni in cattle in Japan. 査読

    Matsubayashi M, Nagano S(学生), Kita T, Narushima T, Kimata I, Iseki M, Hajiri T(学生), Tani H, Sasai K, Baba E.

    Vet Parasitol.   158 ( 1-2 )   44 - 50   2008年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The role of roof rats ( Rattus rattus) in the spread of Salmonella Enteritidis and S. Infantis contamination in layer farms in eastern Japan. 査読

    Lapuz R(学生), Tani H, Sasai K, Shirota K, Katoh H, Baba E.

    Epidemiol Infect.   136 ( 9 )   1235 - 1243   2008年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Improvement of DNA extraction method for dried blood spots and comparison of four PCR methods for detection of Babesia gibsoni (Asian genotype) infection in canine blood samples. 査読

    Tani H, Tada Y(学生), Sasai K, Baba E.

    J Vet Med Sci. 雑誌   70 ( 5 )   461 - 467   2008年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Electron microscopic observation of cytoskeletal frame structures and detection of tubulin on the apical region of Cryptosporidium parvum sporozoites. 査読

    Matsubayashi M, Takase H, Kimata I, Nakagawa H, Tani H, Sasai K, Baba E.

    Parasitology. 雑誌   135 ( 3 )   295 - 301   2008年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of Salmonella enterica subsp. enterica serovar Enteritidis vaccination in layer hens subjected to S. Enteritidis challenge and various feed withdrawal regimens. 査読

    Piao Z(学生), Toyota-Hanatani Y, Ohta H, Sasai K, Tani H, Baba E.

    Vet Microbiol. ELSEVIER SCIENCE BV   125 ( 1-2 )   111 - 119   2007年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Detection of a mixed infection of a novel Cryptosporidium andersoni and its subgenotype in Japanese cattle. 査読

    Nagano S(学生), Matsubayashi M, Kita T, Narushima T, Kimata I, Iseki M, Hajiri T(学生), Tani H, Sasai K, Baba E.

    Vet Parasitol. ELSEVIER SCIENCE BV   149 ( 3-4 )   213 - 218   2007年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • An epidemiological analysis of Salmonella enteritidis contamination in a rat-infested chicken layer farm, an egg processing facility, and liquid egg samples by pulsed-field gel electrophoresis. 査読

    Lapuz R(学生), Tani H, Sasai K, Shirota K, Katoh H, Baba E.

    J. Vet. Med. Sci., 雑誌 JAPAN SOC VET SCI   69 ( 6 )   649 - 652   2007年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Monoclonal antibodies for the diagnosis of canine mastocytoma. 査読

    Sasai K, Katoh M(学生), Fujita D(学生), Yamashita M(学生), Constantinoiu CC(学生), Matsubayashi M, Tani H, Baba E.

    Hybridoma (Larchmt) 雑誌   26 ( 3 )   162 - 167   2007年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • ホンドタヌキおよびツキノワグマから分離したブドウ球菌の薬剤感受性および分子免疫学的調査による環境評価 査読

    深田恒夫,後藤大介,田代 淳,柴田早苗, 竹田正人,橋川 央,笹井和美

    日本野生動物医学会誌 雑誌   11 ( 2 )   2006年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Therapeutic effects of beta-thujaplicin eardrops on canine Malassezia-related otitis externa. 査読

    Nakano Y(学生),, Matsuo S, Tani H, Sasai K, Baba E.

    J. Vet. Med. Sci., 雑誌 JAPAN SOC VET SCI   68 ( 4 )   373 - 374   2006年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effects of beta-thujaplicin on anti-malassezia pachydermatis remedy for canine otitis externa 査読

    Nakano Y(学生), Wada M(学生), Tani H, Sasai K, Baba E.

    J Vet Med Sci. 雑誌   67 ( 1 )   243 - 247   2006年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Survey of Japanese layer farms for Salmonella enteritidis with vaccination- and infection-specific antigens for egg yolk antibodies. 査読

    Mizumoto N, Toyota-Hanatani Y, Sasai K, Tani H, Ekawa T, Ohta H, Baba E.

    J Food Prot. 雑誌   69 ( 1 )   17 - 21   2006年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Specific adhesion and invasion of Salmonella Enteritidis in the vagina of laying hens. 査読

    Mizumoto N, Sasai K, Tani H, Baba E.

    Vet Microbiol. 著書   111 ( 1-2 )   99 - 105   2005年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differential responses of macrophages to Salmonella enterica serovars Enteritidis and Typhimurium. 査読

    Okamura M, Lillehoj HS, Raybourne RB, Babu US, Heckert RA, Tani H, Sasai K, Baba E, Lillehoj EP.

    Vet Immunol Immunopathol. 雑誌   107 ( 3-4 )   327 - 335   2005年09月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Molecular characterization of crane Coccidia, Eimeria gruis and E. reichenowi, found in feces of migratory cranes. 査読

    Matsubayashi M, Takami K, Abe N, Kimata I, Tani H, Sasai K, Baba E.

    Parasitol Res. 雑誌   97 ( 1 )   80 - 83   2005年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 国内の動物園で飼育されていたシシオザルにおけるイソスポラ属原虫の検出. 査読

    松林 誠, 高見一利, 木俣 勲, 谷 浩行, 笹井和美, 馬場栄一郎

    動物園水族館雑誌 雑誌   48 ( 1 )   9 - 13   2005年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Survey of Cryptosporidium spp. and Giargia spp. infections in various animals at a zoo in Japan 査読

    Matsubayashi M, Takami K, Kimata I, Nakanishi T, Tani H, Sasai K, Baba E.

    J. Zoo Wildlife Med. 雑誌   36 ( 2 )   331 - 335   2005年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Infectivity of a novel type of Cryptosporidium andersoni to laboratory mice. 査読

    Matsubayashi M, Kimata I, Iseki M, Hajiri T, Tani H, Sasai K, Baba E.

    Vet Parasitol. 雑誌   129 ( 1-2 )   165 - 168   2005年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Proliferative responses to canine thyroglobulin of peripheral blood mononuclear cells from hypothyroid dogs. 査読

    Tani H, Nabetani T, Sasai K, Baba E.

    J Vet Med Sci. 雑誌   67 ( 4 )   363 - 368   2005年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The detection of a novel type of Cryptosporidium andersoni oocyst in cattle in Japan 査読

    Matsubayashi M, Kimata I, Abe N, Tani H, Sasai K

    Parasitol Res. 雑誌 SPRINGER   93 ( 6 )   504 - 506   2004年08月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 飼い犬におけるGiardiaとCryptosporidiumの混合感染 査読

    松林 誠, 阿部仁一郎, 木俣 勲, 竹澤康子, 谷 浩行, 笹井和美, 馬場栄一郎

    日獣会誌 雑誌 日本獣医師会   57   317 - 320   2004年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 腸管出血性大腸菌O157:H7の犬腸管内における挙動 査読

    楠 博文, 笹井和美, 馬場栄一郎, 深田恒夫, 高鳥浩介, 植村 興

    日獣会誌 雑誌 日本獣医師会   57   326 - 329   2004年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of stage-specific and cross-reactive antigens from Eimeria acervulina by chicken monoclonal antibodies 査読

    Constantinoiu CC(学生), Lillehoj HS, Matsubayashi M, Tani H, Matsuda H, Sasai K, Baba E

    J Vet Med Sci. 雑誌 JAPAN SOC VET SCI   66 ( 4 )   403 - 408   2004年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Detection of specific antibodies against deflagellated Salmonella Enteritidis and S. Enteritidis FliC-specific 9 kDa polypeptide 査読

    Mizumoto N, Toyota-Hanatani Y, Sasai K, Tani H, Ekawa T, Ohta H, Baba E

    Vet Microbiol. 著書 ELSEVIER SCIENCE BV   99 ( 2 )   113 - 120   2004年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • First record of Cryptosporidium infection in a raccoon dog (Nyctereutes procyonoides viverrinus) 査読

    Matsubayashi M, Abe N, Takami K, Kimata I, Iseki M, Nakanishi T, Tani H, Sasai K

    Vet Parasitol. 雑誌 ELSEVIER SCIENCE BV   120 ( 3 )   171 - 175   2004年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Analysis of cross-reactivity of five new chicken monoclonal antibodies which recognize the apical complex of Eimeria using confocal laser immunofluorescence assay 査読

    Constantinoiu CC(学生), Lillehoj HS, Matsubayashi A, Hosoda(学生) Y, Matsuda H, Tani, H, Sasai K, Baba E

    Vet Parasitol. 雑誌 ELSEVIER SCIENCE BV   118 ( 1-2 )   29 - 35   2003年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Increased lymphocyte subpopulations and macrophages in the ovaries and oviducts of laying hens infected with Salmonella enterica serovar Enteritidis 査読

    Withanage GSK(学生), Sasai K, Fukata T, Lillehoj HS, Baba E

    Avian Pathol. 雑誌 CARFAX PUBLISHING   32 ( 6 )   583 - 590   2003年12月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Recognition pattern of thyroglobulin autoantibody from hypothyroid dogs to tryptic peptides of canine thyroglobulin 査読

    Tani H, Shimizu R(学生), Sasai K, Baba E

    J. Vet. Med. Sci., 雑誌 JAPAN SOC VET SCI   65 ( 10 )   1049 - 1056   2003年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Neuronal ceroid-lipofuscinosis and hydrocephalus in a chihuahua 査読

    Kuwamura M, Hattori R(学生), Yamate J, Kotani T, Sasai K

    J. Small Anim. Prac. 雑誌 BRITISH VETERINARY ASSOC   44 ( 5 )   227 - 230   2003年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 下垂体性副腎皮質機能亢進症の犬3例に対するトリロスタン投与の効果 査読

    谷浩行 笹井和美 馬場栄一郎

    動物臨床医学 雑誌 動物臨床医学研究会   12 ( 4 )   187 - 190   2003年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • X線CT検査による水頭症罹患犬の脳室形態 査読

    深田恒夫、石川佳弥(学生)、笹井和美、馬場栄一郎、谷浩行、嶋田照雅、桑村充、大橋文人

    日本獣医師会雑誌 雑誌 日本獣医師会   56   153 - 156   2003年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 門脈体循環シャント罹患犬の血液生化学に及ぼす結紮の影響 : 1例報告 査読

    上野由佳里, 竹澤康子, 柴崎哲, 馬場栄一郎, 谷浩行, 笹井和美

    動物臨床医学 雑誌 動物臨床医学研究会   12 ( 3 )   157 - 160   2003年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 大阪および中国地方における猫の甲状腺機能亢進症の発生 査読

    宮本 忠、宮田育子 黒羽研二、上島弓佳(学生)、 谷 浩行、笹井和美、馬場栄一郎

    日本獣医師会雑誌 雑誌 日本獣医師会   55   289 - 292   2002年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differences in abilities to colonize reproductive organs and to contaminate eggs in intravaginally inoculated hens and in vitro adherences to vaginal explants between Salmonella enteritidis and other salmonella serovars 査読

    Okamura. M(学生), Miyamoto. T, Kamijima. Y(学生), Tani. H, Sasai. K, Baba. E.

    Avian Dis 雑誌   962 - 971   2001年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Attachment of Malassezia pachydermatis to the ear dermal gels in canine otitis externa 査読

    Masuda. A(学生), Sukegawa. T, Tani. H, Miyamoto. T, Sasai. K, Morikawa. Y, Baba. E.

    J. Vet. Med. Sci. 雑誌 JAPAN SOC VET SCI   557 - 669   2001年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Differences among six Salmonella serovars in abilities to colonize reproductive organs and to contaminate eggs in laying lens 査読

    Okamura M(学生), Kamijima Y(学生), Miyamoto T, Tani H, Sasai K, Baba E.

    Avian Dis., 45 雑誌   61 - 69   2001年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Study of lipid in the ear canal in canine otitis externa with Malassezia pachydermatis 査読

    Masuda. A(学生), Sukegawa. T, Mizumoto. N, Tani. H, Miyamoto. T, Sasai. K, Baba. E.

    J. Vet. Med. Sci., 雑誌 JAPAN SOC VET SCI   1177 - 1182   2000年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Dynamics of lymphocyte subpopulation changes in the cecal tonsils of chickens infected with Salmonella enteritidis 査読

    Sasai. K, Aita. M(学生), Lillehoj. H. S, Miyamoto. T, Fukata. T, Baba. E.

    Vet. Microbiol. 雑誌   345 - 351   2000年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Lactobacillus flora in the cloaca and vagina of hens and its inhibitory activity against Salmonella enteritidis in vitro 査読

    Miyamoto. T, Horie. T(学生), Fujiwara. T(学生), Fukata. T, Sasai. K, Baba. E.

    Poult. Sci. 雑誌   7 - 11   2000年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Cross-Reactivity of Anti-Eimeria Chicken Monoclonal Antibodies with Cryptosporidium Parasites. 査読

    Sasai K, Matsubayashi M(学生), Lillehoj H.S, Matsuda H, Nakai Y, Shimizu S, Miyamoto T, Fukata T, Baba E, Araawa A.

    Tokai J. Exp. Clin. Med., 23(6) 雑誌   1999年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Evaluation of the efficacy of Salmonella enteritidis oil- emulsion bacterin in an intravaginal challenge model in hens 査読

    Miyamoto. T, Kitaoka. D(学生), Withanage. G. S. K(学生), Fukata. T, Sasai. K, Baba. E.

    Avian Dis., 43 雑誌   497 - 505   1999年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Inhibitory effects of competitive exclusion and fructooligosaccharide, singly and in combination, on Salmonella colonization of chicks 査読

    Fukata. T, Sasai. K, Miyamoto. T, Baba. E.

    J. Food Prot. 雑誌   229 - 233   1999年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Secretion of Salmonella-specific antibodies in the oviducts of hens experimentally infected with Salmonella enteritidis 査読

    Withanage G. S. K(学生),Sasai K, Fukata T.Miyamoto T, Baba E.

    Vet. Immunol. Immunopathol. 雑誌   185 - 193   1999年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • デキストラン発酵副産シロップの鶏ひなにおけるサルモネラ定着抑制効果について 査読

    深田恒夫,笹井和美,宮本忠,馬場栄一郎

    日本獣医師会雑誌, 52 雑誌   125 - 128   1999年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Organ culture of chicken cecum: morphologic and physiologic observations after 24 and 48 h of culture. 査読

    Sasai K, Arakawa A.

    In Vitro Cell Dev Biol. 雑誌   23 ( 9 )   604 - 610   1998年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Changes in microflora of the cloaca and oviduct of hens after intracloacal or intravaginal inoculation with Salmonella enteritidis 査読

    Miyamoto. T, Horie. T(学生), Fukata. T, Sasai. K, Baba. E.

    Avian Dis. 雑誌   536 - 544   1998年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • A chicken anti-conoid monoclonal antibody identifies a common epitope which is present on motile stages of Eimeria, Neospora, and Toxoplasma 査読

    Sasai. K, Lillehoj. H. S, Hemphill. A, Matsuda. H, Hanioka(学生). Y, Fukata. T, Baba. E, Arakawa. A.

    J. Parasitol., 84 雑誌   654 - 656   1998年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Salmonella penetration through eggshell associated with freshness of laid eggs and refrigeration 査読

    Miyamoto. T, Horie. T(学生), Baba. E, Sasai. K, Fukata. T, Arakawa. A.

    J. Food Prot. 雑誌   350 - 353   1998年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • T lymphocytes, B lymphocytes, and macrophages in the ovaries and oviducts of laying hens experimentally infected with Salmonella enteritidis 査読

    Withanage. G. S. K(学生), Sasai. K, Fukata. T, Miyamoto. T, Baba. E, Lillehoj. H. S.

    Vet. Immunol. Immunopathol. 雑誌   173 - 184   1998年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Salmonella typhimurium colonization and changes in the intestinal tract in ochratoxin A-administered layer chickens 査読

    Fukata. T, Okamoto. M(学生), Sasai. K, Baba. E.

    Mycotoxins 雑誌   23 - 28   1998年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 食餌性オリゴ糖による鶏のサルモネラ定着抑制効果について 査読

    深田恒夫,笹井和美,馬場栄一郎

    鶏病研究会報, 34 雑誌   20 - 23   1998年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Analysis of splenic and thymic lymphocyte subpopulation in chickens infected with Salmonella enteritidis 査読

    Sasai. K, Yoshimura. K(学生), Lillehoj. H. S, Withanage. G. S. K(学生), Fukata. T, Baba. E, Arakawa. A.

    Vet. Immunol. Immunopathol. 雑誌   359 - 367   1997年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Evaluation of plasma chemistry and haematological studies on chickens infected with Eimeria tenella and E acervulina 査読

    Fukata. T, Komba. Y(学生), Sasai. K, Baba. E, Arakawa. A.

    Vet. Record 雑誌   44 - 46   1997年07月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Localization and enumeration of T and B lymphocytes in the reproductive tract of laying hens 査読

    Withanage. G. S. K, Baba. E, Sasai. K, Fukata. T,Kuwamura. M, Miyamoto. T, Arakawa. A.

    Poultry Sci. 雑誌   671 - 676   1997年05月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Salmonella enteritidis contamination of eggs from hens inoculated by vaginal, cloacal, and intravenous routes 査読

    Miyamoto. T, Baba. E, Tanaka. T(学生), Sasai. K, Fukata. T, Arakawa. A.

    Avian Dis. 雑誌   296 - 303   1997年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Clostridial population and the intestinal lesions in chickens infected with Clostridium perfringens and Eimeria necatrix. 査読

    Baba. E, Ikemoto. T(学生), Fukata. T, Sasai. K, Arakawa. A, McDougald. L. R.

    Vet. Microbiol. 雑誌   301 - 308   1997年03月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Effect of ochratoxin A on Salmonella typhimurium-challenged layer chickens 査読

    Fukata. T, Sasai. K, Baba. E, Arakawa. A.

    Avian Dis. 雑誌   924 - 926   1996年10月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Eimeria tenella: Role of carbohydrates on sporozoite at the penetration into cultured cells 査読

    Baba. E, Uno. H(学生), Sadano. N, Fukata. T, Sasai. K, Arakawa. A.

    Exp. Parasitol. 雑誌   67 - 72   1996年06月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Detection of canine erythrocytes infected with Babesia gibsoni by flow cytometry 査読

    Fukata. T, Ohnishi. T, Okuda S(学生), Sasai. K, Baba. E, Arakawa. A.

    J. Parasitol 雑誌   641 - 642   1996年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Characterization of a chicken monoclonal antibody that recognizes the apical complex of Eimeria acervulina sporozoites and partially inhibits sporozoite invasion of CD8+ T lymphocytes in vitro 査読

    Sasai. K, Lillehoj. H. S, Matsuda. H, Wergin. W. P.

    J. Parasitol. 雑誌   82 - 87   1996年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • The effects of dietary lactose and rye on cecal colonization of Clostridium perfringens in chicks 査読

    Takeda. T(学生), Fukata. T, Miyamoto. T, Sasai. K, Baba. E, Arakawa. A.

    Avian Dis., 雑誌   375 - 381   1995年11月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Eimeria tenella infection induces recrudescence of previous Salmonella enteritidis infection in chickens 査読

    Qin. Z.R(学生), Arakawa. A, Baba. E, Fukata. T, Sasai. K, Withange. G.S.K.(学生)

    Poult. Sci. 雑誌   1786 - 1792   1995年04月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • 鶏におけるオリゴ糖のサルモネラ感染抑制効果について 査読

    深田恒夫,笹井和美,馬場栄一郎,荒川皓

    鶏病研究会報, 31 雑誌   113 - 117   1995年02月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

  • Development and characterization of chicken-chicken B cell hybridomas secreting monoclonal antibodies that detect sporozoite and merozoite antigens of Eimeria 査読

    Lillehoj. H. S, Sasai. K, Matsuda. H.

    Poult. Sci., 73 雑誌   1685 - 1693   1994年11月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Penetration of Eimeria tenella sporozoites under different oxygen concentrations in vitro 査読

    Fukata. T, Sasai. K, Arakawa. A, McDougald. L. R.

    J. Parasitol. 雑誌   537 - 538   1992年03月

     詳細を見る

    共著区分:単著  

  • Organ culture of the chicken colon: morphological observations after 24 and 48 hours of culture. 査読

    Sasai K, Arakawa A.

    Res Vet Sci. 雑誌   44 ( 1 )   1988年01月

     詳細を見る

    共著区分:共著  

▼全件表示

書籍等出版物

  • デジタル化時代のAdditive Manufacturingの基礎と応用

    三重慧一郎、西田英明、秋吉秀保、古家優、谷浩行、笹井和美( 担当: 共著)

    スマートプロセス学会監修  2022年01月  ( ISBN:978-4-915697-37-1

     詳細を見る

    担当ページ:264-268  

  • 鳥の病気

    笹井 和美( 担当: 共著)

    鶏病研究会  2006年05月 

  • 獣医内科学 大動物編

    笹井 和美( 担当: 共著)

    文永堂出版  2005年05月 

  • 腸内フローラと腸内増殖(光岡知足編)

    笹井 和美( 担当: 共著)

    学会出版センター  1997年01月 

     詳細を見る

    担当ページ:85-105  

  • 腸内フローラと腸内増殖(光岡知足編)第6章 ニワトリのサルモネラ定着阻止における腸内フローラの役割について

  • Role of intestinal flora on inhibition of Salmonella colonization of chicks

▼全件表示

MISC(その他記事)

  • キジ科に寄生するEimeria 属原虫の形態学的特徴とその比較. 鶏病研究会報.

    木下萌美, 芝原友幸, 笹井和美, 松林 誠

    鶏病研究会報   56 ( 4 )   174 - 178   2021年04月

     詳細を見る

    掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  • In vitro培養系によるCryptosporidium parvumマイトソーム呼吸鎖関連酵素alternative oxidaseの特性解析

    田中 駿旭, 松林 誠, 稲岡 ダニエル健, 八田 岳士, 寺本 勲, 城戸 康年, 金子 明, 辻 尚利, 笹井 和美, 北 潔

    日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集   90回・32回   70 - 70   2021年04月

  • 金属3Dプリンターの伴侶動物医療への応用

    三重慧一郎, 三重慧一郎, 西田英高, 秋吉秀保, 古家優, 谷浩行, 笹井和美

    スマートプロセス学会誌   10 ( 4 )   2021年( ISSN:2186-702X

     詳細を見る

  • 子豚の小腸及び大腸パラフィン包埋切片を用いたTritrichomonas foetusの遺伝子学的同定及び粘膜固有層への侵入の特徴 査読

    猜都勇介, 北原尚英, 三角和華子, 伊藤弘貴, 松林 誠, 笹井和美, 芝原友幸

    日本獣医師会雑誌   73 ( 8 )   449 - 456   2020年08月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • イヌの乳腺腫瘍におけるHSP110の発現動態の解析

    岡田悟, 岡田悟, 古家優, 谷浩行, 笹井和美

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   162nd   2019年( ISSN:1347-8621

     詳細を見る

講演・口頭発表等

産学官連携可能研究(シーズ)概要

  • 鶏病疾患に対する感染防御機構の解明

  • 小動物の自己免疫疾患の発生機序の解明

  • 小動物腫瘍疾患の診断用マーカーの開発

  • 動物由来感染症の分子疫学的調査

  • 動物由来感染症(特に原虫)の簡易・迅速診断法の開発

科研費

  • ニホンライチョウ寄生原虫の寒冷地共生進化経路の解明と保全に向けた実践的病態解明

    2021年

  • 微量糞便DNAマーカーによる在来および外来野生動物の繁殖分布と感染生態の解明

    2021年

  • ニホンライチョウ寄生原虫の寒冷地共生進化経路の解明と保全に向けた実践的病態解明

    2020年

  • 獣医療における非哺乳動物免疫系を利用した重要原虫に対する抗体医療の基盤技術の構築

    2019年

  • ニホンライチョウ寄生原虫の寒冷地共生進化経路の解明と保全に向けた実践的病態解明

    2019年

  • 獣医療における非哺乳動物免疫系を利用した重要原虫に対する抗体医療の基盤技術の構築

    2018年

  • インドネシアの家畜生産性向上に寄与する原虫感染症の実態解明と病態増悪因子の同定

    2018年

  • インドネシアの家畜生産性向上に寄与する原虫感染症の実態解明と病態増悪因子の同定

    2017年

  • 日本に蔓延する非病原性とされてきた豚アメーバの病態発現機序の解明と診断技術の開発

    2017年

  • 獣医療における非哺乳動物免疫系を利用した重要原虫に対する抗体医療の基盤技術の構築

    2017年

  • インドネシアの家畜生産性向上に寄与する原虫感染症の実態解明と病態増悪因子の同定

    2016年

  • 日本に蔓延する非病原性とされてきた豚アメーバの病態発現機序の解明と診断技術の開発

    2016年

  • アピコンプレックス門原虫の新規治療・予防法の開発

    2013年

▼全件表示

担当授業科目

  • 獣医卒業研究

    2021年度    

  • 動物行動治療学

    2021年度    

  • 獣医卒業研究

    2021年度    

  • 獣医内科学B

    2021年度    

  • 獣医内科学A

    2021年度    

  • 高度医療学特別講義A

    2021年度    

  • 獣医学演習

    2021年度    

  • 総合臨床

    2021年度    

  • 先端的小動物臨床学B

    2021年度    

  • 獣医学関連法規

    2021年度    

  • 獣医学関連法規

    2021年度    

  • 獣医消化器病学

    2021年度    

  • 獣医臨床栄養学

    2021年度    

  • 生物学実験

    2021年度   実習  

  • 獣医内科学総論

    2021年度    

  • 獣医療倫理・動物福祉学

    2021年度    

  • 生命環境科学概論

    2021年度    

  • 獣医内科臨床

    2021年度   実習  

  • 獣医内科学実習

    2021年度   実習  

  • 獣医皮膚病学

    2021年度    

  • 生物学B

    2021年度    

  • 臨床基礎実習

    2021年度   実習  

  • 獣医科学英語B

    2021年度    

  • 獣医科学英語

    2021年度    

▼全件表示

社会貢献活動

  • 第11回 感染症科学研究センター 研究セミナー 人と動物の共通感染症に対する医師と獣医師との連携 (特別講演)

    2021年04月 - 2022年03月

  • 獣医師体験プログラム(公益社団法人Knots) 感染症って何?

    2021年04月 - 2022年03月

  • 出前講義 動物と仲良く暮らすための知恵

    2020年04月 - 2021年03月

  • 出前講義 獣医師の仕事

    2019年04月 - 2020年03月

  • 出前講義 人と動物の共通感染症、ペットの病気を中心に

    2019年04月 - 2020年03月

  • 出前講義 獣医師の仕事を通して動物との共生を考える

    2018年04月 - 2019年03月

  • 出前講義 人と動物の共通感染症の話題を中心に動物との共生を考える

    2018年04月 - 2019年03月

  • 出前講義 「ゴト君となかよく生活するために」-命の大切さを考えよう-

    2015年04月 - 2016年03月

  • 模擬授業 夢ナビライブ2014 in OSAKA

    2014年04月 - 2015年03月

  • 模擬授業 西宮市立西宮東高等学校「高校内ガイダンス」

    2013年04月 - 2014年03月

  • 高大連携 高大連携出張講義(関西大倉高等学校)

    2013年04月 - 2014年03月

  • 高大連携 高大連携出張講義(和歌山県立田辺高等学校)

    2013年04月 - 2014年03月

  • 授業公開講座 堺・南大阪地域学Ⅰ 府立大学の獣医学と堺・南大阪

    2013年04月 - 2014年03月

  • その他 獣医師の仕事

    2013年04月 - 2014年03月

  • その他 地域密着フォーラム(相談コーナー講師)

    2013年04月 - 2014年03月

  • 模擬授業 夢ナビライブ2013 in OSAKA

    2013年04月 - 2014年03月

  • その他 「府大花(さくら)まつり」講演「肥満を予防するためのペットの栄養学」

    2013年04月 - 2014年03月

  • その他 かんさい情報ネットten.(よみうりテレビ)深層究明ゲキ追(動物霊園と動物の火葬について)

    2013年04月 - 2014年03月

  • その他 「地域密着フォーラム2013」動物の病気なんでも相談コーナー

    2013年04月 - 2014年03月

  • 模擬授業 大阪府立泉陽高等学校「大学見学」

    2012年04月 - 2013年03月

  • 高大連携 高大連携出張講義(狭山高等学校)

    2012年04月 - 2013年03月

  • 第1回日本獣医内科学アカデミー 小動物臨床における 人獣共通感染症の認識

    2004年04月 - 2005年03月

  • 大阪市獣医師会 技術講習会 人と動物の共通感染症:  特に新規に追加された疾病について

    2004年04月 - 2005年03月

  • 動物臨床医学会 パネルディスカッション クッシング症候群をめぐるトピックス

    2004年04月 - 2005年03月

  • 高大連携講義(府立千里高校) 獣医師の仕事

    2004年04月 - 2005年03月

▼全件表示

出張講義テーマ ⇒ 出張講義一覧へ

  • 学校飼育動物の飼育と病気について

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 看護学(看護,性教育)

     詳細を見る

    対象:大学生, 社会人・一般, 企業

  • 人と動物の共通感染症、ペットの病気を中心に

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 看護学(看護,性教育)

     詳細を見る

    対象:大学生, 社会人・一般, 企業

  • 動物と仲良く暮らすための知恵 人と動物の共通感染症の話題を中心に

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 看護学(看護,性教育)

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 社会人・一般, 企業

    キーワード:共通感染症, 動物 

     核家族化などの社会情勢の変化に伴い、人と動物の関係性はより親密となった。動物は家族の一員として人と生活空間を共有することになり、人と動物に共通に感染する疾病についてに正しい情報を把握することが重要となってきた。本講義においては、人と動物の共通感染症の理解を深め、動物と共生するために必要な最低限の情報を講義対象者の目線に立って概説する。

  • 獣医師の仕事

    分野:農学(応用生物,生命機能化学,緑地環境科学), 看護学(看護,性教育)

     詳細を見る

    対象:未就学児, 小学生, 中学生, 高校生, 大学生, 社会人・一般, 企業

    キーワード:獣医師の役割, 小動物臨床, 公衆衛生, 野生動物保護 

     小動物臨床、畜産、公衆衛生、野生動物保護、創薬など多岐にわたる獣医の役割について詳細を講義対象者の目線に立って概説する。